←戻る
【劇場番外】土曜企画村 [1000番地]
~気付かないうちに大人になっている貴方へ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5
icon 社長GM
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon ナターリア
(生存中)
icon 北条加蓮
(生存中)
icon 小日向美穂
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon 宮本フレデリカ
(生存中)
icon 星輝子
(生存中)
icon 棟方愛海
(生存中)
icon 白坂小梅
(生存中)
icon 塩見周子
(生存中)
icon 東郷あい
(生存中)
icon 的場梨沙
(生存中)
icon 及川雫
(生存中)
icon 梅木音葉
(生存中)
icon 森久保乃々
(生存中)
icon 神谷奈緒
(生存中)
村作成:2016/06/04 (Sat) 22:53:09
GM 「【はじめに】
 ・ここはアイドルマスターの好きな人を中心に開催されている人狼サーバーです。
  アイマスキャラが多いですが、アイマスキャラ縛りではないので気にせずに参加してください。
 ・楽しく自由に人狼しましょうね。

【禁止事項】
 ・GM許可以外の超過前の噛み。
 ・無益な村人騙り。
  (3人最終日のPP時以外の村人騙りは禁止、という認識で結構かと)
 ・意図的な突然死、暴言、他の参加者を著しく不快にさせる言動。
  (昼夜、霊界下界問わず。マナーだけでなくゲームの面白さを損ねる行為となります)
 ・ゲーム放棄。
  (参加した以上は最後まで。匂わせる発言も控えてください)
 ・ログ破壊、および、ログ破壊に類する行為。
  (改行せずに長過ぎる文章を書いたり、半角英数記号を連打しすぎるのはやめましょう)
 ・暗号、縦読み、難読化、未知の言語等によるCO、ギドラCO。
  (分かりやすいCOをお願いします。)
 ・昼にAAの使用。
  (初心者が画面を見やすくするため。夜や遺言、開始前は自由にどうぞ)
違反した場合基本的に注意や警告を行いますが、悪質と判断した場合最悪管理人に通報させて頂きます。

【その他の注意点】
 ・完全ステルス防止のため入村時には一言挨拶してください。
 ・夜に【あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます】と表示されますが
  人狼以外の夜投票がある役職の方は、超過前に投票をお願いします。人狼の噛みは超過後にお願いします。
 ・占い師等をCOするときは占い結果のみ。占い理由は二言目以降にしてください。
 ・COは出来る限り、○●同時表記などは行わず、また、大声や色付きなどのわかりやすいCOをお願いします。
 ・COをする際には、COと同時に、その役職の系統も同時にCOしていただくようにお願いします。
 ・参加者のアイコンのすぐ下のところにある音声でお知らせをonにすれば、投票はアラームで教えてくれます。
  突然死防止のためにonにしておくと良いでしょう。
 ・アイマス人狼の詳しいルールなどについては、以下のURLも参考にしてね
  http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/1.html」」
GM 「【便利な事】
A.1日の終わりに、右上の[別ページ]というボタンを押すと、ブラウザの別タブでその日の発言を残しておけますよ。

B.発言をまとめてくれる手動のツールは、四条劇場の管理人さんが制作された物がありますよ。
使い方は、その日の最後の発言と最初の発言までを選択して、コピーして、
↓のツールに貼り付けると、発言をまとめて見れますよ。
http://www.petitnoir.net/zinro/sasuga/jinrosiki_tool.html

【アンカーに関して】
まず、最初の入村者以外の方は、準備が出来ましたら、
投票→ゲームを開始する、のボタンを押して、ゲーム開始に同意して下さい。
最初の入村者の方は、全員の投票が終わりましたら、開始するときに、
5…4…などのカウントしてから、同じくゲームを開始に投票して下さいね。」
GM 「【四条劇場からのお願い】

1.戦犯とか軽々しく口に出してはいけません。

自分の立ち回りがうまくいかなかったのは残念な事です。
でもそれで自分戦犯とか言い出すのはいかがなものでしょうか。余計につらくなるだけですよ?
あ、人を戦犯とか言うのはもっとNGです。
開始後だからとて人を呪わば穴二つ。出来るかぎり他参加者を尊重してさわやかに終わりましょうね

2.まったり仲良くいきましょう。

勝利を求めるのも一つの楽しみ方ではあります。
でもそれだけだと疲れませんか?
時にRP、時にしっかり。メリハリは大事ですけどガツガツしすぎずほどほどにゆるく、まったりと。
みんな仲良く終了後も和気藹々。それがプロデューサーの目指す理想の公演です。
できれば、協力してくれると嬉しいです。

3.他の参加者を尊重しましょう。

相手も人。その言葉は『自分のやり方』を意識しているとついつい忘れてしまいがちなポイントです。
いや、わかっていても「その考えをしている人はおかしい」
とか思ってしまう時だってあります
でも、そこは結構大事なのです。
やりすぎなければ殴りあうもいいでしょう。論戦もいいでしょう。
でも、勝敗が関係無くなった時・・・
例えば、霊界や終了後に於いて
「言い過ぎたかも」「ごめんね」などの少しのフォローで構いません。
「これが正しいから私は悪くない」ではなく、相手が傷ついているもしくは気にしているようならフォローも忘れずにしましょう
ちょっとした気遣いが、場の空気をよくしてくれます。」
GM 「【本日ご来場の皆様へ】
本日はアイドルが光輝く劇場へのご来場、誠にありがとうございます。
それでは本日の公演に対する注意点を告知させていただきます。

・本日の村は「サブ役職なし」「最大人数22名」「人狼追加」「埋毒者追加」「妖狐追加」「早朝待機制」です。

・今まで四条では22人村の経験は非常に少ないです。故に初心者が多数いることを前提にした発言、行動をお願い致します。

・「初日犠牲者への能力行使」は申し訳ありませんが禁止しております。

・最後にお願いですが、皆さん語気を心の中で一段階下げるようお願い致します。
  ヒートアップするのは分かりますが、強い語気で言われると想像以上に相手は凹みます。」
GM 「では入村許可を」
輿水幸子 が入場しました
輿水幸子 「ボクが一番乗り! まぁ当然ですね♪」
かーりっりっり が入場しました
GM 「いらっしゃいませー」
GM 「いらっしゃいませー」
かりりりる が入場しました
かーりーなぎさ が入場しました
GM 「いらっしゃいませー」
QA が入場しました
QA 「こんばんは」
渋谷凛 が入場しました
橘ありす が入場しました
輿水幸子 「ボク意外の人は皆灰色ですね!
いや、これはボクが輝きすぎているのが原因かもしれません! 
カワイすぎてごめんなさい」
橘ありす 「こんばんは」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
QA 「キャラクタは今から決めますね」
かりー が入場しました
かーりーなぎさ 「かーりーなぎさ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かーりーなぎさ → 小日向美穂
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2444 (小日向美穂03)」
棟方愛海 が入場しました
かりー 「かり」
kara暮らし が入場しました
GM 「いらっしゃいませー」
棟方愛海 「                      __   /:. :. :. __:|:. :.ヽ
                  - /':. :. :. :. :. :. :. {{_/:. :. :} :. :. }
                '" :. /:.':. :. :. :. :. :. :. :. :.☆:. :. :/:. :. :,'     \:、    へ  '⌒
             /:. :. :. :.:|: {:./:. :. /_:. :. :.:. :☆ノ:. :. ∠ ノ     〉゙⌒ヽ i  |-/{  | , へ
         _  ':. :. :. :. :. 人:.\:. /:. :. :. :. :. :. .: :. :.>:. <       ノ:.i i_  |  | ゝ 、_ )  i
        /: : : : : :〈:. :. :. :. :. :. :. :. ̄:. :``丶、:. :``丶、:<:. :.',:. :. \――= しハ  し _    i、_ノ
      ':. :/ ̄:.ヽ☆:. :./:. :. :. :. :. :. 、:. :. :. : \:. :. :. :.\\:.',:. :. :. :. :. <__}  ̄_ ノ   } 
      {:\:. :. :. :.☆:. :.' :. :. |:. :. |:. :. :\:. 、:. :. :\``丶:. 〈:.ヽ:.\:. :. :. :. :. : ノノ       イ
      、:. \―:. ナ :. |:. :. :.|:. :. | 、:. :.〈 \> /   ヽ Vへ:. :\ :.< ̄ { r-<   ̄/ ハ
        ―=彡':. :. |:. :. :.|:. :. 、 \:..、  ¨´ x===ミx |ヘ i:. :. :.\:. :. :. (__ノ ハ\ ̄{_/ ヽ
        / 7∧:. :.|:. :. :.ト―=彡    ̄   / f 人; 》 |V :. :. :. :. :.>――  {i  ̄ ̄      i
          /:. :∧:. { ヽ:\  _         vYソ '" |:.〈 ̄ ̄ ̄ ~⌒ー  \         |
   /  /:.> ':. :. :. :ヽ: .、: 〉 xィ''f:人:,         :./ :./ :./ :. : \___{/:/ ̄ / i 、     |
   |:\{:. (  /:. :. :. :./:.( ヽ 《  vY ソ    ,    、   i \ :. :. :. :./   /  人 \
   、:. :. :. :. :. :. /:./:. :. 、〈 i:."'  '"         ノ⌒:、  八〈   ̄ /  /     \     |
      ――=彡:. /:. :i :. :. :. |:. .、 :./ :./ 、 ~ :::::::::::::r っ / | i〉  ノ  /_______  ノ
        , :. :./:. :. | : : : ノ|:. :/ 、     \::::::::::::::ノ  イ  :.|〉/  /{、
    へ   i :. , \:.人:. :/ ,:. / 个   ,,__ ____/ ,  |:.| 〉 '   | \ /|-〈⌒ヽ_
   〈 - \人:. i    ノ :. ,    〈 ∧  \      /_ /'⌒ヽ   八 ' |. ./\./. . .\
 _ ノ  ト '  \   _/_ {:. :{   / ̄ \     ̄ 〉〈r<_ ノ /  '  / /. .{. . ./. . . ./...\
.(  \  }  \  ― 、  、_彡'     乂'\__ / // ∧o\ < _ /_ノ ' |V. ../. . . ./. . . .|. .)
 \_ )   /   - '        \    ―― / /| | ヽ〈 > ――=彡 / |. . . . ./. . . . .|〈
 ̄<  / ノ   ノ〈        ―― 、     乂___彡' o〈 /        //. . . . . ./. ...\.|. ヽ
ヽ__) /  イ |i \    ̄/__/⌒Y. . ト  _  イ\ハ〈ノヽ /  //――/. . . {. ./ヽ. |
(    )  ノ/ 八   ヽ  / (. . (⌒ヽ.人  \    \___彡'/ /イ. . . /――.人(. (. .V
  ̄ ̄ { ̄ ̄ /  i  / へ. {. . .\ ̄ ̄ .、     ―― o  //. .>'". ... . .し. . . .ヽ⌒
     \    _ //  ノ). .v . . . . \. . . ..\  ____ _,/. . ./. . . . .{. /. \ . . .)
         _ ,/   (人__{. . . . . . . . 二=-. . . . . . /. . . \. . . \. . . . ./. { ̄\彡ヘ
                  {. . .\. . . . . /. . . \. . . . ノ. . . . . . ≠. . ./⌒v. . .|
                   、. . ..\. .-‐…. . . .i. ./--. . . . . . . . ./.〈. . . _ ノ       ',
                    ⌒∨. . . .| \ . . し'/. . \. . . . .ノ. /. .V {  \
                           (. .\. . |  \. . .(./⌒ヽ. . ̄ ̄. . . . .ノ 、  \      }
                       ̄   |     ̄   / {、___ 彡'   \ ノ `  _ ,ノ
                           |          /i  }」
棟方愛海 「ふおおおおおおおおおおおおおおお!!!」
橘ありす 「今日の私は最高にクールに決めてみせます」
輿水幸子 「ボクが嗚呼言ったからって別にカラフルな人で入らなくてもいいんですよ?
ボク意外全員灰色でも構いませんからね!」
塩見周子 が入場しました
棟方愛海 「山ー! 山だあああああああああ!!!!」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 社長GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 28 (高木順一朗)」
塩見周子 「よろーん」
社長GM 「君たち よく来てくれた!!!」
棟方愛海 「幸子ちゃんの慎ましやかな山も!(ふにっ」
ggggg が入場しました
かりぃ が入場しました
かりぃ 「お邪魔します」
渋谷凛 「とりあえずー何時まで待つのか、その場合延長するかー。 だけきめてくださいな>社長GM」
棟方愛海 「美穂ちゃんの張りのある山も!」
社長GM 「楽しんでいってくれたまえ~」
及川雫 が入場しました
渋谷凛 「その場合というのは22集まらなかった場合ね」
棟方愛海 「全てがあたしの手の中に! ワールド・イズ・マインだよ!」
及川雫 「よろしくおねがいしますね」
棟方愛海 「雫さんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
小日向美穂 「あ、愛海ちゃん!?」
社長GM 「とりあえず15分まで待つつもりだ 延長するかどうかは参加者の意見を聞こうとおもう」
ggggg 「ggggg さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ggggg → 片桐早苗
アイコン:No. 6 (水色) → No. 1105 (片桐早苗)」
棟方愛海 「なにかな!(ふにっ>美穂ちゃん」
社長GM 「いらっしゃい よく来てくれた」
輿水幸子 「い、いくらボクがカワイイからってボディタッチは許されてませんからね!?
社長に言いつけますよ!」
塩見周子 「とりあえずこれだけ人数いるなら延長なくていいんじゃない?」
かりりりる 「かりりりる さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりりる → 有浦柑奈
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 2060 (有浦柑奈02)」
有浦柑奈 「有浦柑奈 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 2060 (有浦柑奈02) → No. 1432 (有浦柑奈01)」
輿水幸子 「夜も深まってきましたし、ぱっぱと初めてぱっぱとボクの勝ちで良いんじゃないですかね!」
棟方愛海 「うっ>社長」
有浦柑奈 「おはようございます!」
QA 「QA さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:QA → 死神
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 1134 (死神)」
片桐早苗 「愛海ちゃん?ちょっとオイタがすぎるんじゃない?」
社長GM 「遅くなってしまったがアンカーを頼まれてはくれないかな?
君にしかできない仕事なのでね>輿水君」
棟方愛海 「……たとえ」
渋谷凛 「まあ、一応22人したくて集めた企画みたいだからね。GMの意思を尊重する感じでいいんじゃないかな>周子」
棟方愛海 「たとえ社長でも! 今日のあたしは止められないよ!!!」
死神 「起きてたら急に頭痛がひどくなってきたので抜けます」
棟方愛海 「がるるるる! ……あれ? 早苗さん? ナンデ?」
片桐早苗 「/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒\
      ./:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.ヽ          署     ち
       ′/:.:.:/:.:.:. /:.:.:.:.:.: / | .:.:.:.:.:.: |
     :|/ :.:.:.:..:.:‐く:.:/:.:./  '|:.: |:.:.|.:.:|          ま     ょ
    /:.:.:/:.: /:./|/     |:.7ト:.:|:.:.|
.   ⌒7/]:. /' ___      x:=ミ. |: ノ.:.:..           で    っ
      |:|、|/{  ^⌒ヾ    ノ^i} ∨:.:.:.トゝ      __
     .八\_ ゙ :::::       弋ソ /:::イ-ゝ        / /  来    と
.      \:小、      '   ::::〃_ノ     「 i   / /
      _]三\  `ト┬   ノノ.        |/^^ヾ′   い
    /⌒^|.:.: ヾニソTニノT<三[.        |/⌒  |
   ./__ハ:.:.:.:.∨ レ'  ト、 )、:.:.\      |/   /
   ノpolice|.∧:.:.:.|     '/\ \_)、   |   /
  ∧   / ヽ|.:.:.:|    /\:::\. <⌒\>、 '.   |)
  / ̄ ̄\  ノ:.:ノ    /‐| ∧:.:.:∨ハ⌒^∨>f|_( )ノ
. 〈く√ \ \ /   / | |:.:.:.:.∨|   |/>.|  ‘
>>愛海ちゃん」
橘ありす 「何があってもクールでいなければ…」
死神 は 死神 に KICK 投票しました
死神は出演を見合わせました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
輿水幸子 「ええ! この大切な役目はボクにしか出来ませんよね!
まかされました、大船に乗ったつもりでいてください!>社長」
棟方愛海 「なんでそんなに美味しそうなお山をしてるの……?(わきわき>早苗さん」
有浦柑奈 「いつもに比べて狼が多かったり狐が多かったりする?
一緒にラブ&ピースを歌えば平和になります!(自信満々」
輿水幸子 「あっ! 死神さんがセルフを使ってしまった!」
社長GM 「うむ 頭痛ならば仕方ない しっかり休んでくれたまえ>死神」
片桐早苗 「シメる♪>>愛海ちゃん」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 星輝子
アイコン:No. 5 (赤) → No. 1777 (星輝子04)」
kara暮らし 「kara暮らし さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kara暮らし → あの子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1045 (白坂小梅01)」
棟方愛海 「シメられる前に登る!>早苗さん」
あの子 「………」
あの子 「あの子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:あの子 → 白坂小梅」
星輝子 「きーのこー きーのこー」
片桐早苗 「142㎝の子は仲がいいのね」
棟方愛海 「天地魔闘の構え!!!


                           _
              ,r'´~~:丶, . :"´ : : ``~、,.--.、
                i-‐:‐:ミ: '; : : : : : ``": : : :ヽ/:/',
                '; : ヽ、ヽ!': : : : : : : : : : : : : ヾ: j
                 `ーァ-:彡′: : ;'; :ハ: ; :ト: : : : ヾ
                    〃: : : : :;'; j;ハ:j }ハj ',ヘi: i: :ヘ
                    i: : : : : : iヘ! \     / レヘト:}
                 i: : : :r 、:i  「|    「| |! ゙
              i: : : :{ ,ゞ゙、  |」    |」 |
               /:,ィ: : :ヾ ゙. ', "       " jヘ
                // i: : : i:i:::::::゙、u   Д   ,ィハ:}
                "'′i:iヽ: レィ^`丶 __ ィiハj j'
              ,.-‐',ヾj  {    ヽ  r.;!、      ,.、
              ,⊥、 ,rヾ、 丶:----} rソ ヽ、  ,' 、ヽ,r 、
               {、ヽ.ト-{ `~ヾ、ヾ~~フr彡'  r '   ,'  `' ヽ.j,r‐.
          f~ヽノ`ー'‐'  ',   ``ヽ彡'  ヘ┤ r‐、i  --、  <i !
          ,ヽ-'    _. iィ ヽ  ・ ',    ',.! ', ’ 、   `: ,、`i
          〉、_ヽ ,r'"´   ゝノ     !    }! ,r゙、__   .ノ !ノ
            /, へ、  , -;- く     ・ ,'    ノ.', j 丶、.`ーオ
            〈  `  ̄ 彡i   `ー  ┼‐  ,'   ノ     `~ノ」
星輝子 「>小梅ちゃん
い、今何か、居た…?」
白坂小梅 「よ…よろしくね……」
渋谷凛 「トライアドー!>仲のいい子」
白坂小梅 「…?ううん…?なにも…<輝子ちゃん」
渋谷凛 「呼べばくる、奈緒は犬みたいな子だからね!」
片桐早苗 「>>愛海ちゃん 
どこの骨を折られたい?」
星輝子 「なんだ幻覚か…よくあることだな…うん…」
有浦柑奈 「有浦柑奈 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:有浦柑奈 → 北条加蓮
アイコン:No. 1432 (有浦柑奈01) → No. 2249 (北条加蓮03)」
棟方愛海 「右腕だけは見逃してください! 登れなくなっちゃうから!」
北条加蓮 「呼ばれた気がした>凛」
片桐早苗 「奈緒ちゃんも素直になればいいのに..なおだけに」
白坂小梅 「幸子ちゃんも…よろしくね……あの子も喜んでるよ…」
片桐早苗 「ふふふふえっふふ..(グビグビ」
渋谷凛 「流石加蓮、後は奈緒だけだよ!」
星輝子 「シイタケくんも喜んでる…フフ…」
及川雫 「愛海さんなら這ってでも登るんじゃ・・・」
棟方愛海 「だいたい、今日は朝からずっと我慢してたんだよ!?
もうこれ以上何を我慢しろっていうのさー!」
社長GM 「巷ではユニットで三陣営なんてことがよく起きるらしいがどうなんだろうか」
片桐早苗 「エッフ..じゃあ左腕でいいかしら?>>愛海ちゃん」
片桐早苗 「あーこのビールおいしぃ!」
及川雫 「朝から我慢してたなら最後まで我慢しましょうよ・・・」
棟方愛海 「左腕もご勘弁を! 追撃性能が失われちゃう!」
輿水幸子 「あ、あの子って誰ですか? あっ、ぼボクのファンでしょうか・・!>小梅さん」
北条加蓮 「じゃあもういっそ両腕いこう>愛海ちゃん」
棟方愛海 「えっ?>美穂ちゃん
美穂ちゃんは呼吸を1日我慢できるの?」
星輝子 「ああ、おかわりもいいぞ…」
棟方愛海 「あたしからこの両腕と情熱を取ったら何が残るのさ!?」
橘ありす 「橘ありす さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:橘ありす → 宮本フレデリカ
アイコン:No. 2474 (橘ありす04) → No. 2497 (宮本フレデリカ02)」
宮本フレデリカ 「クールは飽きたから、へんしーん♪」
片桐早苗 「じゃあ両腕ゴキッといっちゃおー♪>>愛海ちゃん」
白坂小梅 「あの子も…幸子ちゃんのファンかも…ふふふ…<幸子ちゃん」
及川雫 「犯罪者っていうレッテルでしょうか?」
片桐早苗 「らいりょーぶおねえはんにまかへなしゃいって」
塩見周子 「ずいぶん白いフレちゃんだ」
棟方愛海 「たとえ腕が曲がったとしても、愛海は自分を曲げないよ!」
宮本フレデリカ 「そよデリカだよー>周子ちゃん」
片桐早苗 「(※この片桐早苗はほろ酔い状態です)」
社長GM 「さて15分になった 延長してもいいかどうか 諸君の意見を聞きたい」
輿水幸子 「時間延長します? カワイイボクは村の総意で動きますけど!」
北条加蓮 「凛、下から狼に狙われてる気がする。どうしたらいいと思う?」
片桐早苗 「それが遺言かしら?>>愛海ちゃん」
宮本フレデリカ 「詳細は今回のデレラジを参照ね
http://hibiki-radio.jp/description/imas_cg/detail」
棟方愛海 「(※この棟方愛海は平常運転です)」
白坂小梅 「私は……アイドルのお仕事から帰ってきた…ばっかりだしどっちでも大丈夫……幸子ちゃん達にお任せ……」
北条加蓮 「一応準備だけしておくよ。どうあれ私の位置はアンカーにならないからね」
渋谷凛 「もまれろ>加蓮」
渋谷凛 「してもいいよー>延長」
棟方愛海 「も う 我 慢 で き な い !>社長」
星輝子 「どっちでも平気…ふひ」
北条加蓮 「凛!?」
かーりっりっり 「どっちでも」
塩見周子 「驚きの白さのフレちゃん」
宮本フレデリカ 「からあげおいしくつくるなら、もみもみ~♪」
塩見周子 「準備だけはしといたからいつでもどうぞ」
北条加蓮 「あっさりメンバーに売られた。泣きたい。」
社長GM 「うむ、それは延長されると厳しい ってことでいいのかな?>愛海君」
小日向美穂 「わ、私も準備はできてるのでいつでも大丈夫ですっ」
棟方愛海 「え? 山登りを?」
輿水幸子 「クール橘さんと真逆ですね、キュートフレデリカさんは!」
北条加蓮 「多分胸をもむことじゃないかな・・・<我慢できない」
宮本フレデリカ 「クール宮本です(きりっ)>幸子ちゃん」
棟方愛海 「愛海はお山以外の全てを我慢できるよ!」
輿水幸子 「延長も何も、もう個人で開始しているんじゃ…
いや、標的になりたくないから言及するのはやめましょう」
片桐早苗 「片桐早苗 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:片桐早苗 → 東郷あい
アイコン:No. 1105 (片桐早苗) → No. 727 (東郷あい01)」
社長GM 「では30分まで待つことにしよう 人数がそろわなければ変更も致し方なしだ」
宮本フレデリカ 「そういえば、クールファイブに宮本さんっていたよね」
東郷あい 「早苗さんがダウンしてしまったので交代しよう」
棟方愛海 「幸子ちゃんは賢いなぁ! お山を拝借!(ふにっ」
白坂小梅 「あいさんだ…えへへ…あいさん…<あいさん」
塩見周子 「師匠は清良さん連れてきたら止められるとおもうよー」
北条加蓮 「まあまだ考え中の人もいるし、のんびり待てばいいよ」
棟方愛海 「今日の愛海はねぇ……本気なんだよ? ワカる?」
輿水幸子 「わ、わからないです・・・ いつもこんな感じでは・・?」
東郷あい 「それと愛海..
① マストレさんと地獄のレッスン
② 清良さんのお仕置き
③ きらりんルーム」
宮本フレデリカ 「ワカメおいしいよねー>愛海ちゃん」
東郷あい 「どれかを選びたまえ」
棟方愛海 「……て、テレフォン!>東郷さん」
宮本フレデリカ 「おお、神宮送りだー>③」
棟方愛海 「ライフラインを使います!」
白坂小梅 「もしもし……あの子の世界にようこそ……<愛海ちゃん」
及川雫 「オーディエンスって使えそうで使えないんですよね」
棟方愛海 「間違いでした!(ガチャッ」
東郷あい 「では真奈美さんへのテレフォンだな、真奈美さんに決めてもらう形になるが>>熱海」
北条加蓮 「オーディエンスが使えるのは100万くらいまででしょ?」
宮本フレデリカ 「オーディエンスは10問目までに使わないとねー」
北条加蓮 「でもテレフォンって確か質問する奴じゃなかったよね?」
棟方愛海 「ぐぬぬ。あたしは(自分に)正直に生きたいだけなのに……!」
渋谷凛 「信じられるのは50:50な気がする」
星輝子 「三択だから…フィフティーフィフティーしたら半端に…」
輿水幸子 「やっぱり50:50が至高・・・」
東郷あい 「50:50はないぞ」
東郷あい 「75:25ならあるが」
白坂小梅 「フィフティーフィフティーしたら…選択肢が増える……かも……」
棟方愛海 「なぜに世界はこんなにもあたしに冷たいの? 不幸だー! 不公平に不幸だー!」
北条加蓮 「たしか電話の前の父親に
「100万ドル獲得できたことを報告したかったんだ」っていう奴だったよね?」
白坂小梅 「か…かっこいいね…<加蓮さん」
棟方愛海 「『もしもし? プロデューサーさん?
うん、あたし

これから……登るよ(ガチャッ』」
棟方愛海 「こうだね!>加蓮さん」
星輝子 「ば、馬謖かな…?」
宮本フレデリカ 「ちなみにフレちゃん、ミリオネアの小切手持ってるんだよー
250万と500万のやつ!」
北条加蓮 「もう少し蒼くなったら凛っぽいんだけどそれ>愛海」
白坂小梅 「犯行予告かな…?<愛海ちゃん」
白坂小梅 「私も……この世に無い駅への切符……持ってるよ……えへへ……」
渋谷凛 「私のこと蒼いというのやめろよ!」
及川雫 「馬謖は切らないといけません」
宮本フレデリカ 「え?蒼くないとでもいうの?>凛ちゃん」
北条加蓮 「蒼くないの?>凛」
棟方愛海 「『登るよっ! 銀河の! 果てまで!』」
塩見周子 「泣いた馬謖を斬る」
東郷あい 「凛風だと.. これかra。。登ってゆくんだよ、正解の路が解らない登山道にね。
になるのだろうか」
梅木音葉 が入場しました
棟方愛海 「ラスト1分! 一本! いっぽーーーーん!(ガバッ」
梅木音葉 「お願いします…」
宮本フレデリカ 「もう廃線になったんだね…>小梅ちゃん」
白坂小梅 「ふふふ……そうかもしれないし……そうじゃないかも……<フレデリカさん」
北条加蓮 「凛ならむしろ飛びそう」
東郷あい 「如月駅というのは有名な話だな..」
渋谷凛 「22には埋まらなくても、17までうまるといいね」
棟方愛海 「B 8 6 !

       ∧: : : : ノ /: : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
          \: : 〉 /: /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::
            >/ {:/: /: : : : : : : :∧: : : : : : : : :| : : : : : :
          / :/ .|//: : : : : : :∧: | \: :{、: : : :| 、: : : : :
        / :/  /: :{/: : : : : :/.,_ヽ{   \.\: : :| \: : :
.       / /   '|: : |:∨ : : /   `"' 、,     ヽ、{   \
.        {/     .|: : /: ∨: :{ ,r≡三ミ、 
.        |      {: : {  ∧ {//だ弌 ヽ
            ∧: :i、/| `{:{ | {:::::::} }
                ∧ /: |、  弋辷少
               {: /: : |:} /// ________
               | { : : ヘ:,     ,'、/
              /.:| |、: :}: ,   | `
          ,r‐‐ 、',|:\:|: :\ ',
            /   ,/`丶r、: : : `. .、
        /  /  /  ヽ-- 、: `. -. .,
          /     '   /´    }-‐´}  >  __  <
       ヽ    {        { / /!
.       / ,ヽ   ',          ヽ {
.        ´ /   \          } | ・
.         {      ヽ         /.∧   ・ (⌒⌒) ・
.         {    ./ ̄〉      /  .∧     \/
         ヽ  /   \      {    ∧」
輿水幸子 「カワイイボクが11時30分をお知らせしますよ! 
準備ができてない子は即急に準備しましょう! 」
社長GM 「うむ 約束の30分だな 準備がまだなものは済ませてくれると嬉しいぞ」
かーりっりっり 「かーりっりっり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かーりっりっり → ナターリア
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 901 (ナターリア)」
社長GM 「ではルールを変更してくる 少々待っていて欲しい」
棟方愛海 「B 8 4 !

¨~ ̄ ̄~¨: ‐- .   , . . 、
: :/ : : ;ハ: : : :``:く; -:vヘ
イ: :/: :/ : : }; : : : ヽ:ヘブ :ノ!
L;4-/:!: ; : !';-:_}: :}、: ';:彡'
レ レ' !;ノV ';ノ レ1';〈ヾヽ
__    __ i: ';ヘ )'′
 ̄ ̄     ̄ ̄ i: :i: :ヽ、
ニ⊃  __  ⊂⊃: i!:ヾヘ
    ヽ ノ    ) !i : i
      u    イi :ル ノ」
社長GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
星輝子 「再投票…ふひひ」
小日向美穂 「開始準備しなおし、忘れないようにしてくださいねっ」
北条加蓮 「おっとと」
ナターリア 「よろしくナ!
ホッカイドーから参加してるゾ!」
宮本フレデリカ 「オレオおいしい」
輿水幸子 「やですねぇ、ボクが間違って投票しちゃうとかそんなことあるはずないじゃないですか、あはははは(危なかった)」
渋谷凛 「かりぃさん、大丈夫、いる?」
梅木音葉 「今日はアイドルの皆さん…沢山ですね」
白坂小梅 「流石幸子ちゃん……」
かりぃ 「あ、いますよー
お待たせしてすみません」
東郷あい 「いないようだな」
森久保乃々 が入場しました
東郷あい 「被ってしまった」
渋谷凛 「時間なので、さっくり準備よろしくね」
森久保乃々 「その…支援、しておきますね…」
棟方愛海 「(愛海の超個人的ドリームフェスティバル! はっじまーるよー!)」
宮本フレデリカ 「出席取るとき、先生に「いないんだったら返事しない」ってよく言われてたよねー」
渋谷凛 「ののちゃん、ありがとー」
星輝子 「ぼののさん…!? 帰ったはずじゃ…!?」
棟方愛海 「( B 7 3 !)

.       ,.、 _ __  ,.、
       (:::r7'´:::::'::::::::::`:tュ::::)
.        `i:r::::::::::::::::::::ヽ::`Y
.         {:レノレiノvtiメiノ}:::::}
        lイ==  == ,イミ.i
        /人 ヽフ  〃^) ヽ
        (;、;、ゝY^Y^Y<´::,::,、)
         { '^父'^ヽ }゙´
          j`‐'  `ーく」
渋谷凛 「はからずしもシンデレラ村だよ、やったね」
かりぃ 「かりぃ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりぃ → 的場梨沙
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2473 (的場梨沙03)」
社長GM 「うむ よく来てくれた 歓迎しよう」
小日向美穂 「う~っ、緊張するなぁ……」
北条加蓮 「そうだね<シンデレラ村」
東郷あい 「なぜ乃々がここにいる..まさか自力で脱出を?」
渋谷凛 「なお、奈緒はいない模様」
北条加蓮 「しかし奈緒は来なかったね。
一人だけ狼とかになりそうだしいいのかな」
宮本フレデリカ 「引田天功さんもビックリだねー>あいちゃん」
輿水幸子 「支援保乃々さんはありがとうございますね!」
社長GM 「時間であるから 全員が準備完了したらカウントを初めてくれたまえ>輿水君」
棟方愛海 「まったく小学生は最高だね!」
渋谷凛 「奈緒は尊い犠牲になったのだ」
塩見周子 「彼女は瑠璃ではない」
北条加蓮 「奈緒ェ」
森久保乃々 「その…奈緒さんのRPは…TPまだ充分掴めてなくて…むーりぃー…>加蓮・凛」
東郷あい 「君は美嘉だったのか>>愛海」
輿水幸子 「はーい! ではカワイイボクのカウント、いきますよ~」
塩見周子 「って常務がいかにも言いそうな台詞だよね」
輿水幸子
                   ¨゚ ̄ ゚̄¨
          /   ./ ⌒¨¨⌒ \  \
           , '   /        i   :...  ' ,
.         //   /    |i    |    ::.   ´,
        //===./.     ||    i :|   |::    ´:
.         iノ|.  i. ト . ⌒八  :i |/|⌒ . /..|  .|\
.   ー=≦_|.  |. |:.\ (  \リノ ノノ/|/:|  .|_≧=‐
     ー<_|.   fテで示.      テで示テf   .|_>-
       | |   i| ヒ::::ン       ヒ::::ン |i  | |
         ::!  八    ┌――┐   ノ   !:
        ゚。 ト     丶   ノ    ノ|  /           3!
           \.从> 。  ___  .。<从./
                /\二V二/\
               / : Y 〈/゚\〉 Y : \
           \.\| : |・  ・| : |/./
                \| : |・  ・| : |/
               /‐-=====-‐\
              /.: : : : : : : : :. :. :. :.\
             /.: : : : : : : : : : : : : : : :. :.\
         〈.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. :.〉
            \.:.‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐.:./
             ‐-======-‐
                (__|      |__)
神谷奈緒 が入場しました
渋谷凛 「奈緒はいればいるだけ勝手にいじってるよ」
輿水幸子
        _____ _,__
       .:'゙:´: : : : : : : ヾ: : ',:\
      /: : :/{ : : : : ∧:',: : ', :!
      ,′: 厶 {: : : ,オ¬、:i: : :ト、:i
     И: /  {/!/ て莎}: : :|: :\
       N 乏リ    〃}: : i:_:一'              2!
       {: } 〃 ,.-‐ '7   |: :j_ノ: |
       Ⅵ    ̄ ´   j,:イ: :,ヘ{
     ____ゝ、__ _ ィ′:、ゞ 、_
     ヽ、 `ー'¨} /\ /  }}::::::::::::::::`:: 、
      _\__」.,〈___ムー‐‐ィ'゛:::::::::::::::::::::::::::::`丶、
      }。:::::::::::/:::〈¨ 〈__ノ::::::::::::::::i=-- .:::::::::::::!
      }゚:::::::::/::::::::У´::::::::::i{::::::::::::':、   /::::/
      !::::::::/:::::::::,へi!::::::::::::::ヾ、::::::ゝ、 /::::::::/
      i:::::::::::::::/  ヾ::::::::::::::::::::i{:::::::/::::::::::。,′  ___
      ゝ、::::/     ヾ:::::::::::::::ヾ/ ̄i ̄{゛¨ ̄ ̄. . . . . . !l }7
       __ ̄_____} ̄ ̄ ̄´. . . .└一'. . . . . . . . . . . !l }〉
      /. . . . . . . . . . . . . . ゝ、-=ニ -‐. . . . . . . . . . . . . . . . !l {〉
     ./. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ヾ\
     /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . `〉 ゝ
     /. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ,..'´/
    ゝ、==ヽ、. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . '゚ /
       } ===============--='-一'::::::::`丶.
        ̄ %:::::¬i! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゛ `丶、::::::::':.
           ヾ.:::::ゝ                         `%、:::::::`:、
           ゝ::::::,、                         >‐--=ゝ
       r'"~¨=-~”'}                         〈__ ;__}
       弋___,,...'                            ̄ ̄ ゛
星輝子 「ひゃあ!我慢できねえ!ゼロだ!」
神谷奈緒 「とぉーう!」
北条加蓮 「奈緒だ・・・」
小日向美穂 「噂をすれば、ですねっ」
白坂小梅 「スプラッターショウの…はじまり…」
宮本フレデリカ 「ドリルでルンルン、くるるんるん♪」
輿水幸子

   "'‐=二_二=‐ _        V∧      、-‐ニニ=‐``
  |i(        ̄"' ‐=ニ二ニ=‐  __)∧_-‐ニ=‐``
  ヾ        ヾ   __r─-ミ==竺竺≦_              j|
           ,,::::::::::::::::::::::::::7ニ=-ミ``トミ ‐=ニニ=‐        ノリ
       //:::::::::::::::::::::::::::/ /::::}|「≧トミ ``ト  "' ‐=ニニ=‐
      ..::/ /:::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::l|lィ⊂⊃.|ト____. \     ‐=ニニ=-
.    /¨¨   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  └─‐||)l‘.'l/||:::::::::|.|  |
.  /_,,.. -‐=/ ̄ ̄ ̄ 〉  / ̄ ̄l||_〕T〔ニ| ゙¨¨¨ |\|   __,彡    厂|
.   |      |:::::::::::::::::::/  /:::::::::::./||∧lハ「 |    |.  \       /  |
         、:::::::::::/ ,/≧‐-...,,_||LA..」 .|    |    \__,ノ三> V/
   \_  '" ̄ ̄\ 冂  )ハ   ̄¨ニ=┴‐---'        ``'く ≧c≦
.      `''<       ∨\_| .|       <`'く ̄ ̄ ̄ ̄)三≧ー‐/ハ
      //―--===ゝ..,__≧=‐-    ≦_),ハ         \__|
    〈∨{ {            / / ̄三二ニ=‐-==ニ
      ̄三二ニ=‐-==ニ三{_

渋谷凛 「流石だ、奈緒。社長をファックしてもいいぞ」
神谷奈緒 「いればいるだけいじってるってなんだよ!!」
輿水幸子
.ー┼‐〃       /     …      …        ∨////// ____
ノ 」 ヽ         /      , - ‐ … …‐_- ,:    ∨//,//       \
ノ―ュ  い か  l  :/⌒ー ´ ̄ ̄ `ヽ ヽ.:    〉/  |
  /.  い わ.....l   / ,=====、   〉__ ハ  //⌒`|   飛  だ
 は.   で  っ . l :{///マハム \-‐\二,ヾ_`ヽ//.     |   ば  か
イ 戞.. す . て . l  ├' ∧‐-マ ム ´___|\  ト、ミ_/´     |   す  .ら
|.夂  よ . あ....l  :〉/_,-t‐c ` ` '´匕゚`>' }  /.         |   ん  .っ
 |.   ! げ...l / ヽム ゞ='    ,,,,,,  / }_/  <ニニニニニ.   で.  て
 `ー'      て...レ'l>イ ゝ'''' `    u. //〈`ヽ.        |   す  本
 l  ヽ    も.. / :{ 人 u 、-‐''フ  // ∧  ヽ.       |   か  当
 ゝ.        /   ∨  \___` ´ , -‐//⌒∧   ヽ.     |   !?   に
 の         /__:\ ,/ / ̄⌒ヾソ´⌒`∧    ヽ   |
 で.         /   {_/⌒ヽ ,'⌒∨====∧    ヽ  \____/
 !       /…,___・/ ,'   ∨ ___∨   .∧     ∨
  /\/\  |`ヾー ´゙∧ ∩∩..∨´ ハ}   ∧    ∨
/_/  ノ  \|    ) . / / ∪∪../〉  }{       }       }       ∧ ∩∩
   `ー<     ノ   i . / /  ∧  <二二>.゙__∧゙.゙∩∩.... }         / / ∪∪
  / :.`ー<.      / /  | |  <二二フ -/ /.-∪∪.  }      / /  ∧  <二二
/   /   :` < ,../ /   .| |..У〉.  / / . / /  ∧  <二二>. / /  | |  <二二
   /    / :/゙/ /.... {=.∨...{ ∧...../ /..゙゙/ /  | |  <二二フ.゙/ /   .| |     /
 /  //, :(......|/.    ゝゝ `{   / /..../ /   .| |....   }../ /.゙/ /    ∨     /

スタート(無慈悲)」
棟方愛海 「あたしは大人も子供もどっちも大好きだよ?」
ゲーム開始:2016/06/04 (Sat) 23:38:27
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
的場梨沙 「よろしくね!」
東郷あい 「狼か、よろしく頼む」
及川雫 「狼さんですか。久しぶりですね。」
東郷あい 「何かやりたいことはあるか?」
及川雫 「特にはないですねー」
的場梨沙 「私も特にはないわねー」
及川雫 「なにか色々考えた結果普通が一番って言う事になりました」
東郷あい 「私からもとくにはないな」
「◆社長GM お集まりいただき感謝するよ 
今日のGMはこの私とキミーPがお送りするよ
頑張ってくれたまえ」
及川雫 「騙りをどうするかという話ですけども」
及川雫 「誰も出ないのであれば私がでますか」
東郷あい 「頼んだ」
及川雫 「では1:30で」
的場梨沙 「なんかやらせちゃったみたいで悪いわね
騙る気力はそこまでで」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
社長GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
社長GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
宮本フレデリカ 「おはでりかー」
棟方愛海 「おはようございます!
いただきます!>幸子ちゃん」
神谷奈緒 「おはよう!」
東郷あい 「図らずしてシンデレラの舞踏会か..」
梅木音葉 「おはようございます…」
北条加蓮 「なんとなくだけど凛が奈緒に●出してる気がするよ。
当たってたら妄信していいかな。」
的場梨沙 「私がやるのはパパのためよ!
アイドルも人狼もね!」
塩見周子 「深夜村だからぶっちゃけるけど深夜村は狼が平気で2騙り3騙りしてくるから気をつけようね。
なんでそんなことするかってーと深夜だから」
星輝子 「う、占いCO 小梅ちゃんは…○」
森久保乃々 「そう言えば…今日は珍しくプロダクションからの参加だけで
埋まってますね…森久保的にはそこそこ嬉しいですけど…」
渋谷凛 「おはよ」
及川雫 「占いCO 棟方愛海○」
白坂小梅 「爆発すれば…いいのに…」
輿水幸子 「なんと、ボクが占い師なのでした! 小梅さんは○でしたね!」
小日向美穂 「れ、霊能COですっ」
宮本フレデリカ 「朝でりかはサンドイッチかなー」
棟方愛海 「ごちそうさまでした(ぱんっ」
ナターリア 「ホッカイドー!
もうすぐ夏だっていうのにとってもサムいから不思議ダナ♪」
星輝子 「小梅ちゃんだから占った…
黒坂小梅だったら、だれも小梅ちゃんには勝てない…
●だったらエクソシストごっこして遊ぼう…」
及川雫 「真上から狙われてるオーラがひしひしと感じます・・・!!
ここは占って●か溶けていることを祈りましょう!!
○だったら諦めます・・・ドナドナドーナドナー」
輿水幸子 「理由
い、いったい「あの子」って誰なんですかァー!!!
はっ まさかあの子とは私の精神エネルギーが実体化した存在、
名付けて【スタンド】なのでは!? 
いやぁ、皆さんと別のステージに行ってしまってすみません! 
まさにボクだけ第三部ですね!」
ナターリア 「共有者ダ♪」
宮本フレデリカ 「小梅ちゃんが人気だねー
3-1かな?」
棟方愛海 「いただきます!>雫さん」
神谷奈緒 「なんでだよ!!>加蓮
あたしは村だよそれ起きたら凛特攻だから!!」
白坂小梅 「も…盲信した…よ…えへへ…<輝子ちゃん、幸子ちゃん」
森久保乃々 「あっ…(察し<小梅さん2CO」
塩見周子 「あたしの読みはあたるから霊能2枚出てくるね間違いない」
北条加蓮 「142sは仲がいいなあ(CO二人は見ない」
渋谷凛 「この瞬間、142は戦い会うことになったのだった」
梅木音葉 「占いは…三人ですね。」
星輝子 「幸子が敵だった…(しょぼん)」
小日向美穂 「小梅ちゃんが2○ですねっ。ナターリアちゃんの共有も確認しましたっ」
棟方愛海 「ごちそうさまでした(ぱんっ」
神谷奈緒 「小梅人気だなー……」
的場梨沙 「同ユニットから大人気ね?>小梅」
及川雫 「oh・・・>愛海さん○
延々狙われるじゃないですかやだー!!」
輿水幸子 「いただきますって… 愛海さんが狼なんですかー!?
ボクはおいしくないですよ! 甘ったるい味してますよ!!!」
北条加蓮 「落ち着いて小梅ちゃん。二人いたらどっちかは騙りだからね?」
的場梨沙 「TPも見習うべきね!」
棟方愛海 「ふぅ……」
東郷あい 「いい2○だな。だが無意味だ(ほぼ142CMS別陣営的な意味で)」
森久保乃々 「あの…小梅さん、幸子さんと輝子さんが
両方本物って事は無いんですけど…」
渋谷凛 「哀しい定めだね。 じゃあ、奈緒短い間だったけど……」
宮本フレデリカ 「幸子ちゃんと輝子ちゃんの、小梅ちゃんをめぐる熱い戦い!いいよいいよ!」
星輝子 「>小梅ちゃん
じ、じゃあ私も幸子盲信する…ふひ」
白坂小梅 「みんな仲良し……ユニットの仲間だもんね……えへへ……」
ナターリア 「相方はシャチョーだからナ!
覚えといてネ!」
北条加蓮 「カオスだ」
塩見周子 「バカな……深夜村なのに3-1……?
普通、普通すぎる……」
及川雫 「特に何もなければ共有さんも出てきていいですよ」
渋谷凛 「相方生存かな>ナタちゃん」
棟方愛海 「◇及川雫 「○だったら諦めます・・・ドナドナドーナドナー」
的場梨沙 「あっ(察し)>ナターリア」
梅木音葉 「しかし、霊能は1。
乗っ取りも少し怖いですが…占いの内役が気になりますね」
渋谷凛 「死んでた」
北条加蓮 「おっけおっけ、真が丸ごといるね」
梅木音葉 「社長……」
東郷あい 「記念村でまで共有者を持っていくのか、まったく..」
宮本フレデリカ 「どっち?どっち?どっちもだよ?>加蓮ちゃん」
神谷奈緒 「142's同陣営の確率が幸子輝子が狼陣営の小梅が囲われ狼しかない感じか
つまりそう言う事だな……トライアドプリムスはそんなことはないよな!!」
梅木音葉 「しかし、これで霊能は真確定ですね」
小日向美穂 「142sの皆さんは仲がいい……はっ!?もしかして輝子ちゃんと幸子ちゃんと小梅ちゃん、全員狼陣営の可能性がっ(錯乱)」
塩見周子 「この瞬間霊能乗っ取りという深夜特有の深読みが意味をなさなくなったのであった>共有初日」
北条加蓮 「美穂ちゃんが霊能確定、あとは占い真交じりで。
真狂狼ってところかな。」
渋谷凛 「というわけでグレランでしょう」
輿水幸子 「じゃあ、僕も皆さんを信じます! 完璧な布陣ですね!!>輝子さん 小梅さん」
森久保乃々 「あー…共有初日ですかー…
やる事は一緒ですけど、ちょっと勿体無いですね…」
白坂小梅 「大丈夫……きっとあの子がなんとかしてくれる……」
棟方愛海 「愛海を乗せてー 仔牛は揺れるー♪」
的場梨沙 「やっぱりね、ここのGMは役職を持っていくものなのよ(遠い目)」
星輝子 「さっそくオーディエンスを使おう…
きのこの力を…借りる…」
東郷あい 「それをフラグというんだ>>奈緒」
及川雫 「あらら>初日共有
なら噛まれないように頑張らないとですね。
私が死なないだけで村勝利しやすくなりますから。」
宮本フレデリカ 「ナターリアちゃんは寂しい夜を過ごすのでした、まる
占いも霊能も本物がいるってことだから、いいねー」
ナターリア 「じゃあグレーの中にいるオオカミとキツネを倒そう!」
神谷奈緒 「んー、3-1でGM初日ってのもなぁ
ほぼ占いに真いるの見えてるし……灰広くなるし美味しくないんだよなぁ」
梅木音葉 「ならグレランでも依存は無いわ…」
北条加蓮 「奈緒が人外じゃなければ大丈夫じゃないかな(凛は信じる路線>奈緒」
小日向美穂 「あう、社長さんが共有さんなんですね……
私の真が証明できたのはいいですけど……」
森久保乃々 「普通の展開ならそれに越した事は無いと思うんですけど…>周子」
渋谷凛 「占いは、142はまあ……しょうがないというか、どっちも占うの小梅ちゃんというのが」
棟方愛海 「大丈夫だよ、雫さん
たとえ雫さんがいなくなっても、そのぬくもりはちゃんとここにあるから」
宮本フレデリカ 「①ぶなしめじ②えのき③えりんぎ④まいたけ>輝子ちゃん」
星輝子 「シイタケくん…今日は誰を吊ればいい…?」
神谷奈緒 「フラグはないと信じてる……信じてるから……>あいさん」
白坂小梅 「あの子に頼んで……幸子ちゃんと輝子ちゃんとあいさんを守護って貰わなきゃ……」
梅木音葉 「占いに狐がいたら、面倒ね…」
棟方愛海 「ちゃんと、ここに
絶対に忘れないから。だから、大丈夫だよ」
渋谷凛 「奈緒……ケモノなの?」
北条加蓮 「確信が持てるのをいい判断材料とみるかどうかじゃない?>奈緒」
森久保乃々 「依存してどうするんです…?
その…異論、だと思うんですけど…それを言うなら…>音葉」
神谷奈緒 「なんで凛を信じてあたしだけ信じられてないんだよ!!>加蓮」
宮本フレデリカ 「ケモノ娘って需要があるからねー>凛ちゃん」
塩見周子 「まー占い視点だと○1枚減るし狂人とかもいるの確定だし美味しくないよねー
わかるわ(川島さん顔)」
東郷あい 「確定白が一人マイナスという時点でも痛いからな..詰めたいのに妖怪1足りないが出てくる>>奈緒」
白坂小梅 「(袖ひらひら)」
棟方愛海 「ふっふーん。音葉さん、それはちょっと違うんですなぁ」
星輝子 「>フレデリカさん
⑤カエンタケ ⑥ドクツルタケ ⑦コレラタケ ⑧きのこの山」
神谷奈緒 「どっちかというとケモノの発想してたのは前日社長に対してゲフンゲフンしてもいいぞとかあたしに言った凛だよな!?」
渋谷凛 「GM共有ということは、逆に言うと欠けがない。狩人もいるし、+にとっていこう」
梅木音葉 「気にしないで…異存の打ち間違いよ >乃々」
北条加蓮 「だって奈緒は2ndside(第二陣営)だから」
森久保乃々 「ユニットの皆さんは大変そうですね…
森久保にはそういうの…むーりぃー…」
的場梨沙 「柚がどうしたの?(違う)>小梅」
宮本フレデリカ 「ダシの素、いれとく?>周子ちゃん」
輿水幸子 「シャチョさん… 何か、悪いことしてそうな響きですね・・・
まぁ共有初日で対抗が二人なのは悪くないです、私だけがcoってのもよかったんですが、
この状況から信用を奪っていくのが私がカワイイ所以ですので!!
カワイクてすみません!」
渋谷凛 「狩人は釣られないようにがんばって。」
白坂小梅 「みんなと一緒…う、嬉しい…」
北条加蓮 「(きりっ」
棟方愛海 「大事なことは、探しものが目に付く場所にあるか?
それとも目に付かない場所にあるか、なんだよ

目に見える範囲にある探しものは、もはや探しものじゃないんだよ」
小日向美穂 「加蓮ちゃんが上手いこと言ってますね……」
星輝子 「きのこの山…山…そうか愛海さんが狼だったのか…」
塩見周子 「フレちゃんのキノコチャレンジカップ50cc?」
及川雫 「露出人外多いっていうのはメリットですよ>奈緒さん
両贋がほぼ無いだろうっていう2-1のほうが好まれるのはわかりますけど、
探さなきゃいけない人外がすでに出ているっていうのはバカにできないです」
宮本フレデリカ 「食べれるの⑧だけじゃん!>輝子ちゃん」
神谷奈緒 「だなぁ、まぁ3-1でも真がいないケースってのはなくはないし……>加蓮
占いや霊能初日が0と0じゃないってのはそれだけで違うし」
星輝子 「愛海さん…どうしてそんなに耳が大きいの…?」
梅木音葉 「てれってれてーれー」
渋谷凛 「私は純情だから>奈緒」
塩見周子 「あたしは八ツ橋カップ」
白坂小梅 「袖と柚…似てる…?>梨沙ちゃん」
棟方愛海 「取り扱い方法を考えるだけ、なんだよ
そう。まるで掌の中に収めた幸子ちゃんのお山のようにね」
星輝子 「どうしてそんなにお口が…」
東郷あい 「狩人はまぁ..頑張ってくれとしか言いようがないな」
神谷奈緒 「ちくしょう加蓮がなんかうまい事言ってる……」
北条加蓮 「それも違う気がする>凛」
宮本フレデリカ 「レインボーロードでクッパに体当たりされるんだよ>周子ちゃん」
塩見周子 「ボケないフレちゃんって珍しい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
輿水幸子0 票投票先 →東郷あい
ナターリア0 票投票先 →梅木音葉
北条加蓮1 票投票先 →神谷奈緒
小日向美穂0 票投票先 →北条加蓮
渋谷凛0 票投票先 →神谷奈緒
宮本フレデリカ2 票投票先 →的場梨沙
星輝子0 票投票先 →梅木音葉
棟方愛海0 票投票先 →塩見周子
白坂小梅0 票投票先 →塩見周子
塩見周子2 票投票先 →宮本フレデリカ
東郷あい2 票投票先 →梅木音葉
的場梨沙2 票投票先 →神谷奈緒
及川雫0 票投票先 →森久保乃々
梅木音葉3 票投票先 →宮本フレデリカ
森久保乃々1 票投票先 →東郷あい
神谷奈緒3 票投票先 →的場梨沙
2 日目 (2 回目)
輿水幸子0 票投票先 →東郷あい
ナターリア0 票投票先 →梅木音葉
北条加蓮1 票投票先 →神谷奈緒
小日向美穂0 票投票先 →北条加蓮
渋谷凛0 票投票先 →神谷奈緒
宮本フレデリカ2 票投票先 →的場梨沙
星輝子0 票投票先 →梅木音葉
棟方愛海0 票投票先 →塩見周子
白坂小梅0 票投票先 →塩見周子
塩見周子2 票投票先 →宮本フレデリカ
東郷あい2 票投票先 →梅木音葉
的場梨沙2 票投票先 →神谷奈緒
及川雫0 票投票先 →森久保乃々
梅木音葉3 票投票先 →宮本フレデリカ
森久保乃々1 票投票先 →東郷あい
神谷奈緒3 票投票先 →的場梨沙
2 日目 (3 回目)
輿水幸子0 票投票先 →神谷奈緒
ナターリア0 票投票先 →梅木音葉
北条加蓮1 票投票先 →神谷奈緒
小日向美穂0 票投票先 →北条加蓮
渋谷凛0 票投票先 →神谷奈緒
宮本フレデリカ1 票投票先 →的場梨沙
星輝子0 票投票先 →梅木音葉
棟方愛海0 票投票先 →塩見周子
白坂小梅0 票投票先 →塩見周子
塩見周子2 票投票先 →神谷奈緒
東郷あい1 票投票先 →梅木音葉
的場梨沙2 票投票先 →神谷奈緒
及川雫0 票投票先 →森久保乃々
梅木音葉3 票投票先 →宮本フレデリカ
森久保乃々1 票投票先 →東郷あい
神谷奈緒5 票投票先 →的場梨沙
神谷奈緒 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
東郷あい 「真が判別数..どうする?」
及川雫 「さてどうしましょうか」
的場梨沙 「集まったわねぇ」
東郷あい 「つかず だ」
的場梨沙 「真狂判断ができないわね、どうする?」
東郷あい 「どっちかを囲ってもらわないとまずいか?」
及川雫 「ぱっとみわかんないんで噛み切りまで視野に入れるかなって感じなんですけども」
的場梨沙 「騙りをお願いしちゃったし、雫の取りたいルートでいくだけよ!」
及川雫 「囲い自体はやってもいいんですよね」
及川雫 「んー」
的場梨沙 「信用するか即噛みするか、なんだけど」
及川雫 「どっちか噛みます」
的場梨沙 「占い師を噛むのなら囲いはいらないんじゃない?」
東郷あい 「雫に任せるが」
東郷あい 「いや、明日どちらかに指定が飛ぶ可能性がある」
及川雫 「そこは別段関係っていうのはないんですよね」
的場梨沙 「ただの感だけど私は噛むなら輝子のほうかしら?
間違ってるかもだからアテにはしないでね!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
星輝子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星輝子さんの遺言           _, -――- 、
       ,ィ´ ノ: : : : : : : : ヽ、
      ,イ: :`‐'(´ ヽ: : (⌒ヽ: :\
    /ノ: : : : : :ヽ-': : : :`ー': : : :ヽ
   /_,:.ィ-‐'  ̄ ̄ ̄ `'‐- 、(⌒): : ',
  (〈// o      o   ヽ_:._: : :i
    Y    `‐'`ー'      ト、 〉;ノ
    i            ,―‐ァ--、
    |            i.―‐i‐rォf
    |           └‐ ┴i‐┘
    ヽ、              i
      ヽ、           /
        ` ――---―― '´
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
棟方愛海 「結果なんて見なくてもわかるもん
音葉さんの真っ白なお山、愛海は忘れないよ!」
宮本フレデリカ 「おはでりかー」
白坂小梅 「朝…。ゾンビは眠りにつく時間…。でも私たちは…起きなきゃ…」
小日向美穂 「れ、霊能COですっ
奈緒ちゃんは○でしたっ」
梅木音葉 「…おはようございます。」
及川雫 「占いCO 森久保乃々○」
塩見周子 「パッと見た感じあんまりアンテナに引っかかるようなところなかったからおやつ感覚でフレちゃんに投票しといた」
ナターリア 「ショーコー!?」
森久保乃々 「朝ですけど…凛さんが奈緒さん投票…
諸行無常って感じですね…勝負だから仕方ないですけど…」
白坂小梅 「………」
輿水幸子 「占い師です! あいさんは○でした!」
渋谷凛 「占い即抜きと。」
北条加蓮 「実は灰が広いといった瞬間に票が飛ぶことは決まっていた。
つらいです、トライアドが好きだからと供述しており

というか凛も投げてたことにトライアドの闇を感じた二日目の夜」
宮本フレデリカ 「なんで奈緒ちゃんってあんなに敵視されちゃうのかな?」
的場梨沙 「おはよ!」
及川雫 「割りと一歩引いてる感じがしますね。
もうちょっと突っ込んでも良さそうなんですけど
あまり多くを語ってない感じが目立ちたくないのかなと」
白坂小梅 「あいさん○って結果は盲信した……<幸子ちゃん」
東郷あい 「村で見たいのは奈緒。視点が近いからな。
と思ったがグレラン次点になるのか..そして吊られるのか..
凛と花蓮はネタ投票だろうが梨沙、そして幸子の投票理由を知りたい」
塩見周子 「美味しく食べられちゃったかー」
棟方愛海 「輝子ちゃん……! せめて、最後にひと登り……!」
宮本フレデリカ 「で、きのこが消えたの?」
輿水幸子 「理由
狩人に中途半端に触れているのがとくに目立ってましたね!
雫さんに投票されている森久保さんと私が入れていますし、
対抗はすごくここは占いにくいハズ! 
銃殺が来ても大丈夫ってわけですよ!」
北条加蓮 「私は奈緒を信じてた(掌返し」
小日向美穂 「う、占い即抜きですかっ」
梅木音葉 「(愛海さんに死んだことにされて…」
森久保乃々 「輝子さん噛み…真狂どっちもあるかなって感じで見てたから
なんとも言えないです…」
白坂小梅 「輝子ちゃん……(ぐすん)」
北条加蓮 「梨沙はちょっと気になる位置だけど、ここは結果次第かな。
後、二○もらいの小梅ちゃんが判断難しくてちょっと辛い。」
棟方愛海 「あ。退場したの、音葉さんじゃなくて奈緒さんだった
(*ノω・*)テヘ」
ナターリア 「今日はまだグレラン!」
渋谷凛 「奈緒がつれると思わなかったんだよ、おのれ狼め成敗してくれる!」
梅木音葉 「けれど、占い一人を即抜いてきましたね…
狂か真確定…」
的場梨沙 「占い即抜きね、判断はついてたのかしら?」
宮本フレデリカ 「んー、こうなるとどうするかなー
占いをどこまで残すか…」
東郷あい 「占い候補が死んだか,,」
塩見周子 「うーん、きのこちゃん噛みだと狼視点真贋ついてるかどうかは微妙なラインだね」
森久保乃々 「雫さんは…森久保に投票しての森久保占いは…
予告票のつもりだったのでしょうか…?」
棟方愛海 「まぁまぁ、結果的に残れたんだから良かったじゃん?>音葉さん
結果オーライ結果オーライ♪」
及川雫 「んー、狂人噛まれてるっていうのは明日の我が身を考えると良くないですねこれ。
うまく結果引けると良いんですけど・・・」
輿水幸子 「ああ、輝子さんが噛まれてしまいました… 
でも安心してください、ボクが貴方の意思をつぎますからね!
自分を責めずに霊界でゆっくりしておいてください!」
小日向美穂 「その割には引き分け後に票変えてなかったですね……あはは>凛ちゃん」
宮本フレデリカ 「昨日の流れだと、抜けると踏んだんだろうねー>美穂ちゃん」
的場梨沙 「小梅に二重○だったし、そんな感じはしないんだけど……」
渋谷凛 「辛いです、奈緒が好きだから……(嗚咽)>奈緒吊られ」
北条加蓮 「小梅ちゃんはいったん放置でいい位置となったかな。
他の二人もまだどうこうする必要はないね、ってくらい」
棟方愛海 「さて。ここで幸子ちゃんの昨日の投票先
ならびに雫さんの投票先を拝見」
的場梨沙 「えっ?>凛>吊れると思わなかった」
白坂小梅 「雫さんは……そのうち私占った方が良いよ…真で見てもらいたいなら……<雫さん」
北条加蓮 「辛いです・・・>凛」
梅木音葉 「狼視点真偽が付いているのなら…
同じ小梅さんに〇を出している…幸子さんが怪しくなりますね」
小日向美穂 「まあトライアドの3人が仲良しなのは置いときましょうっ。
雫さんは予告占い……というわけではないでしょうか」
森久保乃々 「それ…雫さん狂の幸子さんと愛海さんで2Wってパターンになるんですけど…
森久保は昨日の感じだと、それは無さそうかなって思います…>周子」
ナターリア 「明日のレーノーケッカが○だったらウラナイシを切る
●だったらもう一日グレランか、どっちかの●を吊るで行こう!」
輿水幸子 「ボクもあいさんに投票してあいさんを占ってますよ! 
ボクにも注目してください!!>乃々さん」
宮本フレデリカ 「ついてなければ幸子ちゃんが続けて噛まれる候補かな?
ついてれば幸子ちゃんは狼ってことだけど>周子ちゃん」
棟方愛海 「東郷さんは危うい位置だったね、なるほど
乃々ちゃんは半々、吊れる位置じゃないかなー、援護射撃とか必要なさそう

となると幸子ちゃんが狼さんかな?」
東郷あい 「真偽ついているなら雫が死体になっているはずではないか?
真偽ついている=小梅狼だろう>>周子」
塩見周子 「小梅ちゃんで囲ってるならきのこちゃん噛みにはなんないし、
師匠が狼のときだけ真贋がついたって感じになるかなー」
白坂小梅 「輝子ちゃん輝子ちゃん……(ぐすん)」
及川雫 「予告っていうよりは気になったんで吊れないのであれば占うッて感じでしたね>乃々さん

と言うより遺言銃殺がない環境で予告したところで意味ってないんで」
渋谷凛 「だって加蓮が投票すると思ってなかったんだよー! 加蓮ー!」
森久保乃々 「凛さん…悲しくなるからそういう事言うのやめましょう…」
渋谷凛 「醜い擦り付け合い」
棟方愛海 「そして幸子ちゃんが東郷さんに◯を出している
つまりそれだけの余裕がある、と」
梅木音葉 「…あれ、怪しく見るのってこっちでしたっけ
合ってます…?」
白坂小梅 「あいさん投票するなんて幸子ちゃんひどい…(ぷいっ)<幸子ちゃん」
北条加蓮 「霊能結果●の時にどっちかの●を吊るの?(ぐるぐる」
宮本フレデリカ 「トライアドの友情って…感じだよねー」
ナターリア 「フツーの進め方なんだけどネ……
シャチョーに教えてもらったんだ」
棟方愛海 「ふふふ……いいでしょう、幸子ちゃん」
北条加蓮 「だって凛が投票すると思ってなかったし・・・>凛」
塩見周子 「やー、特に囲いは初手○のどっちにも見てないことにしといてー>あいさん」
宮本フレデリカ 「こすりつけるのはハナコだけでいいよー>凛ちゃん」
渋谷凛 「まあ、占いは後々吊ることにして今はグレランだね」
及川雫 「吊れるならばそれでよし、票が入って吊れそうであれば経過を見て、吊れないのであれば占う、っていう方針でしたよ?」
小日向美穂 「霊能結果が●でも占いで●が出てるとは限らないんじゃ>ナターリアちゃん」
棟方愛海 「大丈夫大丈夫!>ナターリアちゃん
今はそれで大丈夫だよ、バランスは取れてるし
明日以降、が問題かな?」
東郷あい 「それはまた誰に●が出ているかによるだろう>>加蓮」
輿水幸子 「んんー? 危うい位置だったからって、どういう想定でボクが狼って事になるんでしょうか?
周子さんに入れててその発言して、説得力に欠けると思いますよ!」
森久保乃々 「幸子さんは…森久保と同じ投票だったので…
むしろ雫さんの方が気になってたのはあります…」
小日向美穂 「あ、と思ったらグレランって言ってましたね」
白坂小梅 「死んだような目は、しないように…」
梅木音葉 「けれど狼は占いに二人出ないと思いますし…
グレランが狼に当たると良いのですが」
塩見周子 「初手○2つは放置しとけばどっちかは狼が噛まざるを得ないはずだし。
少なくとも真の○が1つ入ってるはずだし?」
棟方愛海 「この場合、

1.●が吊れる
2.◯が吊れる
3.そもそも美穂ちゃんが噛まれる
4.占い師が噛まれる

全部のパターンを考えて対策を取ればオッケー!」
北条加蓮 「まあ雫さん非狼の愛海ちゃん狼以外だとベグの気はするのでどうするかは別じゃないかな状態」
宮本フレデリカ 「何かにおびえてるの?>音葉ちゃん」
及川雫 「TPのKIZUNAってなんなんでしょうね>フレデリカさん
NGも似た感じですけど、TPはなんか毎回ワイワイしてて楽しいです」
棟方愛海 「基本的に最悪を想定するのがオススメだゾ☆」
梅木音葉 「もしも狼がまた占いを狙うか…ですね」
渋谷凛 「がんばろう加蓮!」
森久保乃々 「さっき周子さんに言った仮説は…やっぱり無さそうです…」
ナターリア 「ウラナイシが●出してたらそこを吊る
そうじゃなかったらグレランのつもりだヨ!」
輿水幸子 「わわわーっ!? 違うんです、これはあいさんを占う為に…
あいさんと皆で村を勝ち抜くためにですね!!>小梅さん」
北条加蓮 「よしがんばろう>凛」
棟方愛海 「ふふふーん>幸子ちゃん
聞きたい?」
宮本フレデリカ 「うにだね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
輿水幸子0 票投票先 →渋谷凛
ナターリア0 票投票先 →渋谷凛
北条加蓮1 票投票先 →的場梨沙
小日向美穂0 票投票先 →的場梨沙
渋谷凛4 票投票先 →的場梨沙
宮本フレデリカ1 票投票先 →梅木音葉
棟方愛海0 票投票先 →渋谷凛
白坂小梅0 票投票先 →塩見周子
塩見周子3 票投票先 →北条加蓮
東郷あい1 票投票先 →塩見周子
的場梨沙3 票投票先 →東郷あい
及川雫0 票投票先 →塩見周子
梅木音葉1 票投票先 →渋谷凛
森久保乃々0 票投票先 →宮本フレデリカ
渋谷凛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
東郷あい 「提案なんだが,,幸子を噛まないか?」
及川雫 「ここで残ったのは大きいですね」
東郷あい 「漂白というやつだ」
的場梨沙 「抜けたみたいね、よかったわ」
及川雫 「無い手ではないです」
的場梨沙 「ふむ、漂白……悪くはないわね」
的場梨沙 「問題は狐対策ってところかしら」
及川雫 「ただその場合梨沙さんがどれだけ耐えれるか?というのがあって」
東郷あい 「その場合、噛み先が幸子⇒共有になるか..?」
的場梨沙 「多分私はそこそこのタイミングで吊られると思うから、LWはあいさんよ」
及川雫 「んー」
東郷あい 「私LWでほぼ確定だからな..」
及川雫 「梨沙さん囲っちゃいますかぁ」
的場梨沙 「それは怪しいんじゃない?>雫」
東郷あい 「漂白でいいか..?」
及川雫 「噛み切るなら囲わないほうがいいのかな」
及川雫 「では漂白で」
的場梨沙 「私はそこそこのタイミングで灰で消えるわよー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
輿水幸子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
輿水幸子さんの遺言           ,,-―――――-、
        /,         、 ヽ、
.       //         、ヽ、 ヽ
       //      .ハ    t  ヽ  i
.      ,j./.    ,イ ,   | i 、__  |  .}  |
   _ノ .||   イi´  .| ヽ  ` k  ノ |  ヽ_
    `ーz_|tλ _jtj=tj`、_N  ゞt==M、/ トz_t ‐'´
       |レ ゙iオ|::::::|    . |:::::::|`「  |  |   ボクがカワイイばっかりにご迷惑を
       |  .|.  ̄       ̄,,, .|  | |
       λ t '''   r-‐‐j    __| ./ /′
    ι .( レV`ー-..,__゙ニ´‐t‐''´rレレ'レ'
    ι  ヽ、    (r‐tj-ュノ`く
         `ー-、/ く`六´ゝ 、ヽ
            /  |・ ・ |   |  t、 _,-tィ^ユ、
           ヒ.__ |・  ・ |  |  ノ゙'´  ||__ノ
            ノ~~ー―┴ く ヽ、  ,r'′
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
白坂小梅 「お日様が…高い所に…。あんまり強い日差しは…溶けちゃう…」
北条加蓮 「これは明日私吊りの気がする、流れでわかる
(なおその場合方針が無視されている模様)」
宮本フレデリカ 「おはでりかー」
小日向美穂 「霊能COですっ
凛ちゃんは○でした」
塩見周子 「今日も○しか出ないようならあんまし灰に狼はいないんだろーなーって感じの気分ー」
梅木音葉 「おはよう…ございます。」
東郷あい 「初日で判別がついたとするパターンはもう一つあったな
愛海ー幸子2Wで雫狂人のパターンだ、まぁ今日共有や霊能が噛まれれば真噛まれたと思っていいのだろう」
森久保乃々 「その…梨沙さんは発言が止まるのが早すぎたので…
トラブルの可能性もあるかと…途中から黙っただけで吊ろうとするのは
早いかなと思ったんですけど…」
及川雫 「占いCO 塩見周子○」
白坂小梅 「………」
北条加蓮 「梨沙ちゃんが実に反応に乏しい感じがするかな。
凛にその反応は気になるよ。しかも投票してないのが。
必要最低限のことしか話していない感じだし。

音葉さんは狼が占い狙うかとか、少し想定がずれてる気がして
うーん、こっちはあんまり吊りたい感じはしないね。

まあ二人とも頑張ってる感じあるし、二人とも狂人ではなさそう、
という感じはちょっとしてる。」
棟方愛海 「では、ここで愛海の華麗な推理をお聞かせしましょう

万が一の漂白噛みに備えて、
小梅ちゃんとは投票先を変えるそれがあたしイズム」
的場梨沙 「(あいさんが幸子の○だって見ていなかった顔)
しょうがないでしょ見てなかったのよ!(土下座)」
ナターリア 「あっ……ソッカ」
宮本フレデリカ 「おお、噛み切りコースだー」
梅木音葉 「また占い…」
棟方愛海 「万が一ね、万が一」
及川雫 「◇塩見周子 「小梅ちゃんで囲ってるならきのこちゃん噛みにはなんないし、
師匠が狼のときだけ真贋がついたって感じになるかなー」
なんか若干抜けてませんかね?って思ったらそうでもなかったことに気づきました・・・」
塩見周子 「噛み切ったかー」
白坂小梅 「幸子ちゃん……輝子ちゃんと仲良くしてね……(ぐすっ)」
棟方愛海 「?」
森久保乃々 「真狂…噛み切り…
それと、回線…少し重いかもしれないです…」
東郷あい 「噛み切りで来たか..!」
北条加蓮 「雫さん狼かな、これは。そうかそうか」
ナターリア 「シズク吊りダ!!!!!!!」
小日向美穂 「噛み切りですね……じゃあ今日は雫ちゃんでしょうか」
白坂小梅 「ほ…ほら…!言ったよ私…!両方盲信するって…!」
棟方愛海 「雫さん、あたしが狼だと確信した狂人が「それならそこに投票すれば大丈夫!」と思ったパターンじゃないの?>雫さん」
森久保乃々 「つまり…小梅さんは確定村…」
宮本フレデリカ 「キノコ同盟3人の絆だねー」
的場梨沙 「噛み切りコースみたいね
吊りを使わずに済んだと考えましょう」
塩見周子 「占いに使う分の吊り縄増えたようなもんなので灰吊っていいと思うけどー」
及川雫 「狂人が二人いる普通村って珍しいと思いました(MGMG」
棟方愛海 「そういうパティーンじゃないの!?」
ナターリア 「タイホー!!!!!」
宮本フレデリカ 「雫ちゃんはもう、ねー」
的場梨沙 「狂人は退場してるんだし、もう一日残してもいいんじゃない?>ナターリア
狐対策によ」
塩見周子 「だいたいは及川ちゃん狼だからそこKP狼にしたいんだけど、ダメ?」
及川雫 「?>愛海さん」
森久保乃々 「ここで噛み切った上の周子さん○は…
露骨に囲ったか…そう見せたか…の判断が重要になると思うんですけど…」
北条加蓮 「これだとそうだね、小梅ちゃんだけじゃなくてあいさんも○扱いでいいや。
(あいさん狐の可能性は否定できないから噛んでくれの図)」
棟方愛海 「でもあたし、周子さんに投票しなかった! ホメて!>小梅ちゃん」
白坂小梅 「……狼見るなら、残して良いと思う……吊っても幸子ちゃんと輝子ちゃん噛んだ罪は償わせられない……
散々使い倒してボロ雑巾の様にゾンビにしてやる……!<雫さん」
梅木音葉 「狂人二人狼が出ないのは…あまり無いのでは」
宮本フレデリカ 「雫ちゃん、置いとくの?>周子ちゃん」
東郷あい 「確定人外を速攻吊っていいのかという疑問がのこるが」
小日向美穂 「だいたい、とは言っても確定じゃない以上は不安要素ありますし、どうでしょう?>周子さん」
白坂小梅 「うん……そ、そうだね……すごい…な…<愛海ちゃん」
北条加蓮 「それは狼が今日吊れることを前提にしないと賛成できないかな>梨沙ちゃん」
塩見周子 「狼は切れるのー? なんでー?>加蓮ちゃん」
森久保乃々 「森久保は反対です…半端に残すよりは
クリーンに考えた方がいいかなと…>周子」
小日向美穂 「とはいっても狼以外では狐だけですか」
宮本フレデリカ 「そだねー、これであいちゃん狼はほぼ考えなくてよさそー」
及川雫 「どのみち小梅さんはもうしばらくしたら霊界で一緒になれますよ>小梅さん」
棟方愛海 「意味なんて無いから、考える必要はないよ>乃々ちゃん
ここでの占い結果なんて、男のひとのお山くらいに意味が無いんだ」
ナターリア 「うーん、○二人吊ってるしシズクを残しておく余裕がないと思ってるんだけど……
ダメか?
ダメなら急いで指定先選ばないとなんだけど……」
梅木音葉 「しかし吊ったのは〇のみで狼は1人もいない…
霊能は真確定なのですから… 狐考えて~よりも吊った方が良いと思うのですが」
白坂小梅 「えっと……最大人外数が4だから……少なくとも明日まで置いておいていいよ…?>ナターリアちゃん」
的場梨沙 「KPがいるってのはでかいわよ>加蓮」
塩見周子 「>フレちゃん
見えてる狼はギリギリまでのこそーってやつ。
十中八九狼ってだけで断言はできないけど」
宮本フレデリカ 「吊れるときに吊っとかないと面倒なことになりがちなんだよねー」
北条加蓮 「幸子ちゃん噛みが漂白になるけどわざわざやるの?>周子」
棟方愛海 「ちょーっと考えさせてね。いち、にい」
及川雫 「それが男の娘だとどうですか?>愛海さん」
ナターリア 「ミホはどうしたい?
シズクを残したくて、指定したいところあるなら言ってもいいよ!」
東郷あい 「だがまぁ、ヘタに灰をつって狩人をつっては困る 確定人外吊りでいいだろう」
及川雫 「男の娘のお山、興味ありませんか?>愛海さん」
森久保乃々 「となると…愛海さんはやっぱり初手囲いに見えないので…
灰に狼は確実にいるかと…」
北条加蓮 「もし仮に○が出るなんてミラクル起きたら真狂狐確定だけど」
白坂小梅 「残ってる人外が狼3と…狐1があるかないか…だから……
狂人は絶対にいないから……」
小日向美穂 「いや、私は雫ちゃん吊りでいいと思います」
棟方愛海 「乃々ちゃんに投票。吊れるとは思っていなかったかどうか
微妙。これは今夜、考える」
的場梨沙 「噛まれたふたりのうち片方は絶対に狂人
だから、のこり人外は4人
小梅の言うとおりよ」
梅木音葉 「んー…狩人は残っているかも分かりませんからね。
遺言は残せまん…から」
塩見周子 「>加蓮ちゃん
噛み切るなら漂白は可能性として残すべきだよー。
スパッと切っていいとは思わないかなー」
白坂小梅 「狩人を保護する必要も無し、グレランで良いと思うよ……」
宮本フレデリカ 「えっと、吊り増えなければあと5吊りでしょ?
3W1Fいるとすればミスは1回しかできないんだよね?」
棟方愛海 「ありません>雫さん

乃々ちゃん。乃々ちゃんをまず、見る。あと登る」
白坂小梅 「最大人外数は4なの……今5吊りあるの……」
北条加蓮 「考えるのは終盤でよくない?>周子」
ナターリア 「ん、でもコウメの言うこともそうだね
キョージンが噛まれてるから、一応吊り余裕はあるんだ
ウーン……ウーン……」
東郷あい 「ど っ ち だ」
宮本フレデリカ 「だから、ここは確定人外を減らして考えたほうがいいと思うけどなー」
及川雫 「どのみち初日二日目で狩人落ちても遺言のこすことってないですよ」
棟方愛海 「そうなると、もう一人は?
周子さんは除外、梨沙ちゃんは続行、……でも微妙」
森久保乃々 「小梅さんと愛海さん以外に…もう1人くらい
ここは村だな…って思える人が見つかるといいんですけど…
今夜はちょっと…頭が痛くなりそうです…」
梅木音葉 「小梅さんは〇確定… で良いんですよね?」
白坂小梅 「灰狼をなるべく吊って……狐勝ち防止装置にした方が良い……雫さんは……」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
ナターリア1 票投票先 →及川雫
北条加蓮3 票投票先 →及川雫
小日向美穂0 票投票先 →及川雫
宮本フレデリカ1 票投票先 →及川雫
棟方愛海0 票投票先 →北条加蓮
白坂小梅0 票投票先 →北条加蓮
塩見周子0 票投票先 →北条加蓮
東郷あい0 票投票先 →及川雫
的場梨沙1 票投票先 →梅木音葉
及川雫5 票投票先 →ナターリア
梅木音葉1 票投票先 →宮本フレデリカ
森久保乃々0 票投票先 →的場梨沙
及川雫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
東郷あい 「小梅⇒ナターリア」
的場梨沙 「漂白だって言ってたから」
的場梨沙 「そのまま噛んじゃったわ」
東郷あい 「途中で愛海噛みも入れたい、そこは○い」
東郷あい 「梨沙が殴りにくい相手を途中で噛みたい」
的場梨沙 「狐探しは完全に放棄する上に狩人がGJだしたら
吊りが増えるけど大丈夫?」
東郷あい 「どうだ?」
東郷あい 「まず護衛は霊能に入っていると読む」
的場梨沙 「狐を探したいわね、殴りにくい相手というよりは」
東郷あい 「だが狐を探すべきか?」
東郷あい 「ではりさに任せよう」
的場梨沙 「了解よ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
白坂小梅 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
白坂小梅さんの遺言          /7, -、
         ,' /,` ‐'  ,、
        ¨ ゝ_ヽl`´。`,
  , ---‐‐‐ 、     7ィ‐' ___ 
'´        ゝ、      `つ_)
  イ    ム 、  ヽ
 /      /   Y  !
イ     /  ` !  i
′,   斗 ‐ミ、 i  !
., '   /`l . な:;'】i  i    /
/ イノ r ,   ,イィ  ,'   /
:::込、 _    _ イ/'イ/  / / /
/:::::::ヽ 三:::イヌ/ //  / / /
及川雫さんの遺言                        ___
                __ ___ -‐=ニ二:::::::::::::::::::::..
             (ニゝ--> X ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::..
           γ    ゝム-ミ:::::::::丶:::::::\::、::\:::.、
             / ´ ̄    -‐'′:::::::::::\::::::゚。‘,::::,:::::,
              _,,,,...イ |:::{-‐― ミ::ハ:::::‘,:゚。:::,::::::,
            / |∧´ |/|:::{\{\ハ{:::: {::::::::}:::: 〉::}::: }
      /    / Ⅵ:::∧ミ∧{ ィf芹刈メ|:::::}ハ/::::/:::::::: ′
                |∧杙リ::::::::::::::::::::: |:::んハ}::::::::::::: /
         /      {:「  ::::::::::::::::::::: ノィ レ/:::::::::/|/
          ∧__   込、 、__   u  =彡::::::::/
 /      /: : \: : :\´: :_:_:\ ゝ^    イ  }ハト、/
. 乂    ,.′: : :./: : : : : : \: : : ≧=≦     { :,
   ≧=彡: : : : /: : : : : : : : / ィア´  :,     }: :,
   乂:_:_:_:_:_/---ミ:_:_:s≦ア   \  __ }: :廴..,,_
     __,,..  --‐‐=≦ニ/        ´    }: : : : \:`ヽ
     l二二二ニニニニ/    l           // ̄ ̄: : : :,
     |ニニニニニニニ{     ノ-‐‐ ミ  /く\(\: : : : : :,
     l二ニニニニニニ{_,/--‐‐==ニ二´=(r‐    、: : : :トミ_
      寸二二ニニニニ /ニニニニニニニ(r‐        、: : : : }
      寸二二ニニニ/ニニニニニニニニ ゝ-      寸: : :{
        -=ニニニニ ニニニニニニニニニ} トミ≧、   ∨: :}
        ≧ミニニ {ニニニニニニニニニ//   \ハ    、:≧:、
        \__ 寸ニ∧ニニニニニニニニ         ,∧   ∨: : :丶
           }   寸込、ニニニニニニ∠..,,__       ,∧    寸: : :.}
          \  }ニ/≧=‐- -‐=≦:ー‐-ミ `丶、  ,ハ    : : :/
           〉≧=‐-  -- } ̄「ア´: : : : : : \: : : .、 ,ハ    }: :.|
           }〉-≧=-  -=L 」: : : : : : : : : : : : 、:ハ ,∧   ′/
                、: : : :}}、_: : : : : : : : : : : : : : : :-‐: : : :、: :,   ≧'′'′
             :,: : :.`Y}、_: : : : : : : : : : : ´: : : : : : : :}: :,
             :,: :≧=`Y}、: : : : :. :./: : : : : : : : : :{:.|
                 :,: : : : : :≧=‐- ァ'′‐-: : : : : : : : }:.|
               :,: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :{:.|
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
宮本フレデリカ 「おはでりかー」
森久保乃々 「えっと…雫さん吊りを主張しておいて梨沙さんに投票した理由ですけど…
昨日の発言を見ていて…何かが引っ掛かったのがあります…
視点漏れなのか…上手く言えないですけど、森久保の直感が訴えたというか…」
的場梨沙 「おはよー」
梅木音葉 「あの…吊るんですか…?」
小日向美穂 「霊能CO、雫さんは●でしたっ」
北条加蓮 「狐対策結構。だけどそれは狼を減らしてからの話でしょう?
それとも「今日必ず」狼を吊れたとでも?
周子の投票は発言から疑問に思ってだと思うけど、
私噛まれてる場所の○とか終盤まで見る気ないんだよ、
漂白をみるならあいさんをどうするかをもっと深く考えるべき、と思うな。

小梅ちゃんは主張の違いからの投票とみてるけど、
愛海ちゃんからの投票は疑問が残るなって感じ。
で、相変わらず梨沙ちゃんをロックオン続けている状態なわけだけど。
音葉さんとフレデリカはまあ今のところ信じたいかな」
塩見周子 「どーも加蓮ちゃんと噛み合ってない気がする。
◇北条加蓮  「これだとそうだね、小梅ちゃんだけじゃなくてあいさんも○扱いでいいや。
(あいさん狐の可能性は否定できないから噛んでくれの図)」

これであいさん狼を切ったのはなんでって質問に見るのは終盤で良くない?
と言われるとそれほんとに見れるのという疑問がー」
棟方愛海 「乃々ちゃん:雫さんの初手投票先。

ただし、あの日は「吊れないと思って」投票した可能性はあるね。あたしはそう評価する
発言は保留、投票先はポイント高め。東郷さんと2Wはないね


東郷さん:漂白を考えるなら
発言はもう一つ、でも最終日に送るから問題ないよね」
ナターリア 「コウメの作戦で行くなら、オオカミに協力されないように灰を指定するべきだったんダ
でもナターリアもミホも指定できるようなところはなかった
だからシズクを吊った方がいいかなって思ったヨ」
小日向美穂 「まあ、噛みはそこですよね」
宮本フレデリカ 「まあうん、そこまではいいとして
ここからだねー」
森久保乃々 「それと…困った事に、誰が村打ちたい、という位置が…
決め切れなかったです…一晩だと…むーりぃー…」
塩見周子 「だよねーとは>●」
東郷あい 「おはよう、やはり小梅が噛まれるか..」
的場梨沙 「雫吊りに反対した理由は述べたけど、それならグレラン派で表を合わせられないと効果は薄いのよえ」
宮本フレデリカ 「きっちり仕留めに行くなら指定展開になるからねー>ナターリアちゃん」
的場梨沙 「やっぱり●じゃないー」
梅木音葉 「狼が1吊れ確定
狐は不明。 …ふむ……。」
ナターリア 「とりあえずシズクの○はカイホー!
サチコとショーコの○はそのまんまでオネガイ!(アイしかイないけどナ)」
北条加蓮 「見るよ。場が詰まったら否が応でも見ることにもなる。>周子」
ナターリア 「とりあえずシズクの○はカイホー!
サチコとショーコの○はそのまんまでオネガイ!(アイしかイないけどナ)」
棟方愛海 「ここからが問題だよ

周子さん:非狼。3日目の投票は「確実に吊るための投票」
問題は周子さんが狐の場合だけど……ここまで言えば、噛んでくれるよね?

梨沙ちゃん:3日目に囲うかどうか、音葉さんがいるから平気だと思った?
でも雫さんの投票先は周子さん。うーん、な位置」
ナターリア 「コウメに指定先言ってもらえばよかったナ……」
森久保乃々 「幸子さんが狂人であいさんが狼の漂泊、まで考えてみたんですが…
あいさんの昨日の発言だと、どちらだと断言は…むーりぃー…」
小日向美穂 「昨日の投票は私自身雫ちゃん吊り推してましたし、灰位置の指定もありませんでしたからね」
東郷あい 「狼が投票先を合わせてくる可能性も考えると..指定だろうな」
北条加蓮 「まあさすがに真狂狐なんて甘えはないか」
宮本フレデリカ 「全開放、じゃんじゃんばりばりーー>ナターリアちゃん」
棟方愛海 「こんな感じです

音葉さんは梨沙ちゃんと同じ位置ね
だから昨日はフレちゃんと加蓮さんで悩ませていただきました」
塩見周子 「及川ちゃんの○に1Wいるかどうかだけど囲い入ってるなら噛み切りってあんましてこないような気がするから師匠ともりくぼーんは別にいいや」
森久保乃々 「真狂狐って…甘えなんですか…?>加蓮」
北条加蓮 「それでいいよ>ナターリア」
宮本フレデリカ 「それはそれで面白いけど、なかったねー>加蓮ちゃん」
小日向美穂 「完全狂人任せって意味では甘えといえば甘えでしょうか>森久保」
梅木音葉 「雫さんの〇で囲いを考えても全部生存ですから難しい…ですね」
北条加蓮 「甘えでしょ。狼が語りださない+狐が出ている&それを普通に村に見せる。
期待はするけど甘えだよ>乃々」
棟方愛海 「乃々ちゃんはあたしへの評価とポイントを的確にあげられると、
たぶんそれが一番の嘘のない意見になると思う

頑張って!」
宮本フレデリカ 「で、指定する?>ナターリアちゃん」
的場梨沙 「あいさんの漂白は周子の言うとおり見るべきだけど
今日吊りに行くのはちょっと怖いのも事実
愛海の言うようにかんでくれるといいけど、と」
塩見周子 「じゃあ見れるようにがんばってーと返事だけしとくー>加蓮ちゃん」
森久保乃々 「フレデリカさんは3日目に投票はしましたけど…
昨日の発言を見る限りだと…人外っぽさは下がってますね…森久保の中では…」
棟方愛海 「あたしも頑張るから! 1W、1W吊れれば最終日に行けるんだから……!」
北条加蓮 「おっけー。しっかり見るよ>周子」
宮本フレデリカ 「真占い噛めて、漂白でわざわざ噛みに行くかな?
それやるくらいなら狐探さないかな?っていうのはある」
ナターリア 「シテイはしない!
明日になったらするヨ!
ミホもシテイしたいところを考えてて!」
的場梨沙 「その可能性から追うのは甘えね>乃々
ないとは言わないけど」
小日向美穂 「残ってるのは狼2票に狐1~0票ですか。10人ですから組織票的な怖さはないですけど」
梅木音葉 「けれど雫さんは森久保さんに投票…
雫さんが●だったことを考えて身内切り投票の可能性…」
棟方愛海 「噛まないと思う、けどそれは今日明日だから>梨沙ちゃん
最終日に残れるのは4人だけだからね」
塩見周子 「基本的にあいさん吊れないとは思うんだよね。
KP狼吊っちゃったし」
森久保乃々 「森久保から見ると…囲いが無い可能性すらあるので…>音葉」
小日向美穂 「わかりましたっ>ナターリアちゃん」
北条加蓮 「と言いつつ今のところ端々の反応がいいからそんなに単体でも人外見てないけどね>周子 <あい」
宮本フレデリカ 「票の動きを見るんだね
それもあとあと大事になってくるよねー>ナターリアちゃん」
棟方愛海 「ナターリアちゃんにアドバイス

最終日に残る4人、それを考えておくといいよ」
東郷あい 「明日は死体が出れば8人 組織票が怖くなってくるな」
梅木音葉 「うーん…難しいですね… >森久保」
棟方愛海 「どんなに頑張っても、残るのは必ず4人。もしくは3人だから
そうしないと狼も負けるケースが多いもん」
的場梨沙 「加蓮も言ってたけど、見るなら今じゃなくてもうちょい後ね>愛海」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 4 回目)
5 日目 (1 回目)
ナターリア0 票投票先 →梅木音葉
北条加蓮3 票投票先 →的場梨沙
小日向美穂0 票投票先 →的場梨沙
宮本フレデリカ1 票投票先 →梅木音葉
棟方愛海1 票投票先 →宮本フレデリカ
塩見周子0 票投票先 →北条加蓮
東郷あい0 票投票先 →北条加蓮
的場梨沙2 票投票先 →梅木音葉
梅木音葉3 票投票先 →棟方愛海
森久保乃々0 票投票先 →北条加蓮
5 日目 (2 回目)
ナターリア0 票投票先 →梅木音葉
北条加蓮3 票投票先 →的場梨沙
小日向美穂0 票投票先 →的場梨沙
宮本フレデリカ1 票投票先 →梅木音葉
棟方愛海1 票投票先 →宮本フレデリカ
塩見周子0 票投票先 →北条加蓮
東郷あい0 票投票先 →北条加蓮
的場梨沙2 票投票先 →梅木音葉
梅木音葉3 票投票先 →棟方愛海
森久保乃々0 票投票先 →北条加蓮
5 日目 (3 回目)
ナターリア0 票投票先 →梅木音葉
北条加蓮3 票投票先 →的場梨沙
小日向美穂0 票投票先 →的場梨沙
宮本フレデリカ1 票投票先 →梅木音葉
棟方愛海1 票投票先 →宮本フレデリカ
塩見周子0 票投票先 →北条加蓮
東郷あい0 票投票先 →北条加蓮
的場梨沙2 票投票先 →梅木音葉
梅木音葉3 票投票先 →棟方愛海
森久保乃々0 票投票先 →北条加蓮
5 日目 (4 回目)
ナターリア0 票投票先 →梅木音葉
北条加蓮4 票投票先 →的場梨沙
小日向美穂0 票投票先 →梅木音葉
宮本フレデリカ1 票投票先 →梅木音葉
棟方愛海0 票投票先 →宮本フレデリカ
塩見周子0 票投票先 →北条加蓮
東郷あい0 票投票先 →北条加蓮
的場梨沙1 票投票先 →梅木音葉
梅木音葉4 票投票先 →北条加蓮
森久保乃々0 票投票先 →北条加蓮
[引き分け] 引き分けとなりました
ゲーム終了:2016/06/05 (Sun) 00:35:29
渋谷凛 「やっぱり、週に一度は凛をやらないと調子がでない」
宮本フレデリカ 「おつでりかー」
北条加蓮 「お疲れ様」
白坂小梅 「お疲れさま……ふふ……あの子もそう言ってる……」
星輝子 「お疲れ様。平和な世界が訪れた…」
渋谷凛 「あ、はい、おつかれさまー」
梅木音葉 「お疲れ様でしたー」
的場梨沙 「あ、引き分けちゃった
お疲れ様よ」
棟方愛海 「みくは自分を曲げないよ!」
森久保乃々 「お、お疲れ様ですけど…ああ、やっぱり梨沙さんにするべきでしたか…」
北条加蓮 「なるほどあいさんが漂白ね」
塩見周子 「引き分けたー」
社長GM 「諸君お疲れ様だよ 今日の村は 引き分けだ!!!」
小日向美穂 「お疲れ様ですっ」
梅木音葉 「お疲れ様でしたー」
ナターリア 「うーん、やっぱりシテイするべきだったカナ?」
白坂小梅 「あいさんに噛んで欲しかったな………(ちらっちらっ)」
輿水幸子 「お疲れ様でした! もう、ボクが噛まれちゃったからって終わらないでいいですのに!」
東郷あい 「ふむ、引き分けか」
宮本フレデリカ 「引き分けならオッケーだねー
狼はもったいなかったかも」
小日向美穂 「狐初手でしたかっ」
北条加蓮 「奈緒ェ<狐」
森久保乃々 「4日目の加蓮さんが…
奈緒さんと凛さんとで狐が吊れた可能性を考えてないのが
視点漏れっぽく感じたんですけど…」
渋谷凛 「まあ、狼が二人いるからね。そこで二表は案外大きい>ナタちゃん」
塩見周子 「発言見返しててこれ吊るなら的場ちゃんではという思いが過ぎったのだけども2票ラインだと変えられなかった」
宮本フレデリカ 「指定しないのがジャスティスだと思えばそれでいいんじゃないかなー>ナターリアちゃん」
梅木音葉 「最後争ってたのが二人とも村人で囲いは存在していなかった
ぐぬぬ…」
東郷あい 「引き分けが嫌だから共有に合わせたとでも言って音葉ヲつりに行くべきだっただろうか」
白坂小梅 「幸子ちゃんを飛ばしつつあいさんを漂白する……良い……ふふ………」
神谷奈緒 「あれ?!」
棟方愛海 「みくは! 自分を! 曲げないよ!」
的場梨沙 「相応のタイミングで吊られると思ってただけにさっきので決戦位置にもならなかったのがちょっと驚きね」
神谷奈緒 「よくわかんないけど実質勝利!!」
宮本フレデリカ 「とりあえず、ダメ狩人だったのが…だねー」
星輝子 「囲いはありまぁす!(シイタケ君で腹話術)」
森久保乃々 「加蓮さんは…真狂狼を決め打ってるようで
真狂狐をちらつかせていたのが…
森久保的には残せない位置になってしまったので…」
北条加蓮 「死亡が確定してない狐は生きてるものとして扱うのが私の流儀でさ。
まあそのおかげで疑われるかもしれないけど>乃々」
的場梨沙 「やっぱりトライアドって……>奈緒狐」
宮本フレデリカ 「キノコ護衛できなかったねー、うん」
棟方愛海 「狩人の仕事はGJを出すことじゃなくて生き残ることだから平気平気

(東郷を狼と考えた場合に、繋がりのある位置も仲間だと考えていた模様)」
白坂小梅 「狩人は占いを抜かせるのが大半だから……大丈夫……<フレデリカさん」
北条加蓮 「ん? あれは雫吊りを遅らせないための方便>乃々」
東郷あい 「これは音葉にずらすべきだっただろうか」
ナターリア 「ウヅキのフィギュア壊しちゃうし、引き分けちゃうし、ユーギオーは碌なの当たらないし、今日はダメな日だったナ……」
小日向美穂 「加蓮ちゃんとフレデリカちゃんを村目で見て、あとどこかなーって感じでしたね
あいさんは見えませんでしたっ」
渋谷凛 「私と梨沙の時、梨沙がつれないのが凡てじゃない? そういう位置はずれるとあんまつれないよ>梨沙 私がそうだった(狼時代)」
東郷あい 「引き分け嫌だから共有に合わせた。とでも言いながら」
宮本フレデリカ 「あいちゃんは、ずらしてよかったねー」
的場梨沙 「加蓮に同じくね
吊れてたらよしでも、吊れてなくて狐に勝たれるのは嫌だもの」
白坂小梅 「幸子ちゃんと輝子ちゃん両方護衛したいから……
バランス取って雫さん護衛……?(フィフティーフィフティー)」
東郷あい 「漂白噛みは初めてでな..どう動いたらいいかよくわからなかった」
的場梨沙 「そこが一番のびっくり要素よ>凛吊りの日に連れてない」
神谷奈緒 「なんだよ!! こっちだって狐引いた時点でこれ無理かなって察しながら頑張ったんだぞ!?」
星輝子 「け、傾向として、引き分け回避したいときは共有に合わせると上手くいくことが多い…」
森久保乃々 「ああ…そういう事でしたか…>加蓮」
宮本フレデリカ 「護衛順は、美穂→雫→美穂だったよー」
渋谷凛 「多分トライアド連続つりの犠牲に(ry>梨沙 絡んでしかなかったからね」
棟方愛海 「コナンくんに出てくる犯人(「誰がこんなことを?!」)の逆をやればバレないのよ>東郷」
白坂小梅 「最終日に漂白で生き残るためには……噛まれない理由が必要だから……
共有さんか霊能さんのどっちかを最後まで残す……とか……?<あいさん」
的場梨沙 「私は加蓮を村目で見てる流れを作ってたから
票変えはちょっとできなかったわ、ごめんね」
北条加蓮 「うまいこと言ったと思ったら本当に人外の奈緒に刺さっていた。
反省はしているけど奈緒投票はやめない」
星輝子 「>小梅ちゃん
幸子はあいさん投票してたからたぶん小梅ちゃん狩人なら護衛しないかなーって…」
宮本フレデリカ 「漂白噛みは私が白だと強気で押して行く、それくらいでいいんじゃない?>あいちゃん」
白坂小梅 「…………あ……うん……それある……<輝子ちゃん」
白坂小梅 「でもかわいいから許しちゃう……えへへ……」
森久保乃々 「ほとんど勘の領域ですけど…
あいさんの方が、雫さん吊りを狼なのを承知でという感じはしてました…
あの場合、灰狼であっても自然ではあるのですが…そうした方が怪しまれないので
むしろ雫さん非投票の方が村残っているかなと…」
塩見周子 「師匠と森久保ちゃんに狼っぽい匂いなかったから外したけどそれは当たってたからいっか」
神谷奈緒 「そこはやめろよ!!>加蓮」
棟方愛海 「コナンくんに出てくる犯人がバレるケースは以下の3つ

・露骨に振る舞う(「誰がこんなことを!」「許せない!」) → うっかり口を滑らす
・明らかに発言が減る(「…………」) → そのままストレートに怪しい
・誰かに罪をなすりつけようとする → 読者視点でバレる」
北条加蓮 「さすがに確定人外を吊るなって言っている人の中に狼狐いそうって思って。
飽和に近づし、確定人外の占い結果が無意識に邪魔をするだろうからね」
小日向美穂 「それでは、お疲れ様ですっ」
白坂小梅 「引き分けだからみんな同陣営だったねってことで……えへへ」
神谷奈緒 「それじゃあお疲れ様、なんだかんだ言って残ってたけど眠い」
的場梨沙 「やっぱりトライアドって……(二度目)>凛」
北条加蓮 「いいことを教えてあげよう、奈緒」
渋谷凛 「引き分けになりそうだったら、さくっと表換えしちゃえばいいと思うよ3回目なら。引き分けになりそうだったから、でその後別のことどんどんいっていけばいいし>あいさん」
宮本フレデリカ 「狩人むずかしいねー
フレちゃん、割とバレてると思ってた」
北条加蓮 「指定以外で奈緒に投票したの・・・今日が初めて・・・」
森久保乃々 「周子さんは…森久保が多少疑いの眼を向けた割には
こちらを放置してたので…少なくともあの日に吊る位置ではありませんでした…」
輿水幸子 「あ、あいさん投票は狼と見抜いて占う為の口実づくりですから・・・
ビジネスアタックですから、他意はないんですよ!」
北条加蓮 「やったね!>奈緒」
星輝子 「わ、私だった雫さん残すから加蓮さんには疑われるな…」
渋谷凛 「あの振りは奈緒を吊るふりだと(ry」
社長GM 「それとコナン君達と一緒に発見したケースも多くはないかね?>犯人」
ナターリア 「引き分けになった日の発言でなんとなく気付いたヨ!>フレデリカ」
北条加蓮 「まあ灰が広いといった瞬間冗談じゃなく吊りに行った系プリムス」
輿水幸子 「今日のコナンくんの犯人は女の人が見つかった時のリアクションがすごかったですね!
ボクの目にはあの人が犯人だってすぐに分かりました!」
渋谷凛 「加蓮のPと私のPが一緒になると、奈緒を容赦なく弄って容赦なくする。かわいそうな奈緒化する」
森久保乃々 「◇宮本フレデリカ 「ついてなければ幸子ちゃんが続けて噛まれる候補かな?
ついてれば幸子ちゃんは狼ってことだけど>周子ちゃん」

3日目のこの発言が引っ掛かって投票してしまいました…
役目が狩人目なのか人外目なのか…見極めるの…むーりぃー…>フレデリカ」
宮本フレデリカ 「まあ何か持ってるっぽいよねー>ののちゃん」
北条加蓮 「梨沙吊った後狐狙い連打して、あいとだれかで判断すればいいやと思っていた

と供述しており」
棟方愛海 「『なんだか嫌な予感がしたんだ。ちょっとあそこら辺を探してみよう(殺害現場へ誘導)』 → 『し、死体が!』


この場合、「何で◯◯が噛まれたのか?」を解説するケースかしら
発言が思いつかない狼に稀によくあるケース」
輿水幸子 「ログをぱっとみました! 皆さんもカワイイですけど、やっぱりボクが一番カワイイですね!
皆さんも見返してもらえれば分かると思います。
夜も遅いですし、ボクと一緒に居たいと言う方には悪いんですが、そろそろ失礼しますね!
gmは村立有難うございました! 次は皆さんで同陣営になれますようにっ♪」
的場梨沙 「狩人が簡単に分かったら狼は苦労しないわ、終わるまでわからなかったわよ?>フレデリカ」
棟方愛海 「それはさておき」
宮本フレデリカ 「グレラン状態だと、誰を最終日に残すかのビジョンだからねー」
白坂小梅 「シュワシュワ♪∧(川ヮO)∧シュワシュワ♪∧(川ヮO)∧」
北条加蓮 「いつものパターンの気がするのはなんでだろう>凛」
渋谷凛 「私も梨沙釣ってから判断だった>加蓮」
棟方愛海 「(的場梨沙を捉えきれませんでしたァーッ!)


                          , ;-ミ;
                    , ,イ _   , ;彡'´ ., '∠
                 _/;r<、、,>'" ´   〃 ,
            , :彡´/:ク   /         ,':;' ./
         , '´ ̄`ヽ,/彡'    {         ハ /
      │     .r';'⌒丶、   ヘ 、     , ,':::::ソ,:彡ニ
         ', ', ヽ人!__    ヽ   --一    :j>'"´
        ,. :'´ア"´``i `丶 人        ,イイ:|
     ,' ; イ:{ ヾー-;7     ' i 丶、 ;r'´  !.';:',
     V  ヾ'、:>;-:!     i   , '    ,}ヽ`ー-ミ、
       _,ノ:ノ! ノ. イ     |   i  , '"´ ̄``丶、ヾミミ
         "´ノ イ         .,'  .!           丶、
        ' " ゙、      .,'   ゙、           `ヾ
                ` ‐-- イ     `       .」
森久保乃々 「一応加蓮さん吊った後は…音葉さんを村で考えてましたけど…
最後の森久保への反応が…狼にしては素直すぎたので…

そんなところですね、今日の灰視は…」
宮本フレデリカ 「吊られるんじゃないかとびくびくしてたんだよ
落ち着いてカフェオレも飲めなかったよ!>梨沙ちゃん」
渋谷凛 「波長があうのね>加蓮>パターン (私は大体読んでる同人のせいだけど)」
渋谷凛 「(しょっぱなから怪しくなかった?w>師匠)」
塩見周子 「的場ちゃん吊ってたらどうだったかなー。
加蓮ちゃんと和解できるかどうかだけって感じになりそう」
的場梨沙 「吊られるつもりまんまんだったこっちの気にもなって欲しいわ(小声)」
棟方愛海 「『及川雫が狼である』と仮定した場合に、そこに何の助け舟も出さないのは明らかに明らかなんだよ!>しぶりん

          , -‐-、     ___     _
         〃j:j l_r゙>; :´: ; : : : : :ヽ`: : 、∠/; ヘ
         {〃'r', ':/ : : / : ;ハ: ト: : }、: ヾ丶: ヾ !
            >レ': ;' ; : : ∧: ;' ヾ!ヾ: }:'; : : '; :ヘン
          // ,': :4{;ハ、/ V    V ヾ:ノVV ',
           {;' !ヘ i  γ⌒ヽ三三 γ⌒ヽ  }: :ハ
         , ':'; :ミ', .乂._.ノ 三三 乂._.ノ   !:/∧
         , ': : :'/ミ:,.    r────┐   ,';V : ヽ
          / ; : : { '.i,:,    Ⅳ∨∨∨Ⅵ   .,: ! ,!: :}:丶
        i: ハ: : :iヽj: ',   |       |  .,': レ: ; :j: ;、)
       ',:{ ゙、 i、!.」: i丶 Ⅳ∨∨∨Ⅵ ∠!:〃,';r'‐;ゞ'
        `  >'´',ヘ ',  `゙';ー.── .‐ィ´  r<ノ'-'-r ミ
            /   ', .{ヘ   ',_ ̄_/    7ヾ  /ーナ、、
         ,r' ,-,r‐, ',{ ヽ  ヽ  ̄ /  / .レヽ、 ,イ j ',丶
      /r'ヾ:、)、.}r、',   丶 ヽ , ',  '   i  <ヾ‐- '    )」
北条加蓮 「なんか話してたらピンと来たし凛と奈緒の曲たたけるようになったのに
私の薄荷まだたたけないし。 そうだ奈緒吊ろう<2nd SIDE話」
梅木音葉 「何回吊られるだろうなぁとなったことか(当然だけど」
棟方愛海 「例えるなら司馬懿が攻めてきた時に城門を開けっ放しにしておくようなものなんだよ!」
宮本フレデリカ 「キノコ同盟が噛まれて、トライアドが吊られる
そんな流れかと思ってたけど、やっぱり吊られる不安はぬぐえないわけで」
宮本フレデリカ 「夏候惇!」
森久保乃々 「雫さんからの票が無かったら森久保ふつーに吊られてたと思うんですけど…(」
的場梨沙 「それじゃ私も行くわ、村立て同村お疲れ様!」
北条加蓮 「周子と乃々が当落線上、フレデリカと音葉さんは村置き、
あいさんは最終日判断位置、梨沙を吊って愛海もできれば吊ろう

それくらいの印象かな」
棟方愛海 「空城計

空城計(くうじょうけい)または空城の計(くうじょうのけい)は
兵法三十六計の第三十二計にあたる戦術。

あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略のこと。
敵方に見破られた場合は全滅の危険性があり、心理戦の一種である。


                , .-:=≠==‐- 、
                  ,.r/        `ヾ.r‐',
          γ⌒Y:/     . { ィ ト !ヘ .i、ヽソ
            {Y彡〃   , / | ハ !ヽ', ヽ!ヽト:ヘ
            ,ゝ‐{,',{ ,{ ,'{;'ー{'"   `゙`ー ヘ!',',}
             (   iト、! {V γ⌒ヽ   γ⌒ヽN
              iγ '、!   ,ゝ. ノ   ゝ. ノ、!'
            ii ゙、ヽ',u ゝ'         `"iヘ
             ii /``:', 、 "        "ノヘ!
             !!.i  i .}. 丶、    △   イ│i'
              ', i', Lム !', i`   _, ;彡i ;.j ノ
                `',yヘイc ヾ.ノ丶、 i ノ'"〃i'ノ
              i',`',゙i.ー、.ヽニ=-'xノ 〃 i」
渋谷凛 「梨沙が?w>愛海」
棟方愛海 「そう……例えば、そこに肉が落ちているとするよね?>しぶりん」
ナターリア 「オツカレサマ!」
棟方愛海 「その肉をそのまま食べるのは簡単

しかし、「なぜ肉がこんなところに?」とまず考える
「肉を食べられても平気かどうか? いや平気じゃない」
「ならばこの肉には何らかの仕掛けが……?」

これが空城の計だよ!」
北条加蓮 「ほら、凛吊りの時に投票してなかったのと、梨沙がすり寄って来たのが目に見えて、
あ、これ梨沙の壁になって吊られるパターンかなと思ったんだよね。
だから吊りたいなーと>梨沙」
渋谷凛 「うん>師匠」
星輝子 「兵法はき…き…キノコだかなんだかなり…」
白坂小梅 「あの子に……確かめてもらう……」
渋谷凛 「いや、なんか想定通りで動けなくなってる子かなあと判断してた……w>師匠」
北条加蓮 「じゃあおっぱいが落ちてたらどうする?>愛海ちゃん」
宮本フレデリカ 「おいしいから大丈夫だよーって食べるのが、かな子ちゃんだねー」
棟方愛海 「つまり、そこで警戒しすぎた結果がしぶりん吊りであり、的場梨沙を捉えきれなかった理由

漂白噛みはシンプル、「そうするメリットがある」から見破るのは難しくない
だけど落ちている肉にはメリットがない……そう、まさに空城の計なのです」
棟方愛海 「◇北条加蓮 「じゃあおっぱいが落ちてたらどうする?>愛海ちゃん」


                __
                γ´X;>、, . ': ̄: : : : :  ̄ : : .
            レ'"´: ; :-: : : : : : : : : : : : : : :`
                ,': ;': : ;': :/ : ;': ;': : : : : : : : : : : :
                i:,': :,ィ:/レ∧:{'; ;ヘ: :!'; ;'ヽ: : ;、
                i;' ;/‐'"´ヘ:{ ヾヾ! ヾ!ヾ!:、ヾ' ヾ
            /i∠ ---─‐    -  _  ``ー-
              ,'⊂ニニ⊃         `丶、
           i       ,' ̄`ー─‐--- 、    `
          !       `  、__  _ノ   ⊂ニ
          ',            し′
             丶、          ,  -──-
              `ー-  _   _γ
                  ¨';´ `¨´
                       `ー'´`ー'^ー'`ー‐'」
北条加蓮 「私はその肉を処理せずに負けるのが嫌だから処理しちゃうタイプかな>愛海ちゃん」
塩見周子 「それじゃばいちゃー。漂白は久々に見たし終盤まで行きたかったなー」
北条加蓮 「あ、これ引っかかるな、って顔」
白坂小梅 「胸だけ落ちてるってことは……死体……?ゾンビ……?(わくわく)」
棟方愛海 「敗因:飢えが足りない」
棟方愛海 「飢えねば」
森久保乃々 「そ、それじゃ森久保は帰りますけど…
また次回の公演で宜しくお願いします…

そろそろ何か役職引かないと…色々とむーりぃー…(何」
白坂小梅 「ゾンビも飢えてる……ゾンビになる…?」
北条加蓮 「しかしなぜか初日に「なんで奈緒は薄紫なんだろう」とか考えてたら夜が明けてた」
宮本フレデリカ 「そこにおっぱいがあれば、絵を描きたくなるよね」
北条加蓮 「結論:やっぱりCu混ざってるから?<青+ピンク=薄紫」
宮本フレデリカ 「それじゃそろそろ帰るねー
狩人フレちゃんはキレがなかったねー
でも、シンデレラ村は平和な結末だったね
村建て同村ありがとうだよー」
北条加蓮 「などなど考えながら私も立ち去るかなあ。
それじゃ、同村村たてありがとう。またね。」
星輝子 「キノコ食べる…?
さて…お疲れ様…平和な村だった…ふひ」
社長GM 「         _
       /三三"ヽ
       /三三三三ミ`、
      .lニ三三三三ミ〉
       ',ニ三三三ミ/ _,-‐、
        ',ニ三三三.,' i´三ミ`h  今日は来てくれてありがとう!!
    _, ,/ニ三三.ノ .'、ニ三ミ.l
. ,.r ''三三三三三.i、  r'三ミ/     トラブルはあったが村が無事終了したことを心から喜ぶぞ
i三三三三三三三ミYニ三ニ{          
',ニ三三三三三三三三三ニ/       機会があるかは分からないが次あったときは是非とも参加してくれると嬉しい
..',三三三三三三三三三ミ,'       
 `、三三三三三三三三〈      明後日には初心者村があるから是非参加して欲しい 以上だ
  .`、三三三三三三三三.',
   ',三三三三三三三三.i
    .',.三三三三三三三ミi
     i.ニ三三三三三三三',  .,r、ヘ、
    ,'ニ三三三三三三三ニ',,r'ニ三ミノ
    ,'.ニ三三三三三三三三三ニ-.'」
白坂小梅 「あの子が呼んでる……スプラッタな平和が一番……それじゃあお疲れさま……みんなありがとう……」
星輝子 「恒久平和なんて人狼の歴史上存在しなかった…
でも一日二日の平和な村はある…我々が後世に残すべき価値があるとすれば、その一時の平和をこそさ(紅茶キノコで腹話術)」