←戻る
【劇場698】劇場公演 木曜の部エクストラ村 [1003番地]
~タチバナ料理を食べにいこう~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon タチバナGM
(生存中)
icon アン
(生存中)
icon 栗原ネネ
(生存中)
icon 黒川千秋
(生存中)
icon 川島瑞樹
(生存中)
icon 秦こころ
(生存中)
icon 宮本フレデリカ
(生存中)
icon 一ノ瀬志希
(生存中)
icon ユーリ
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon 日下部若葉
(生存中)
icon 高峯のあ
(生存中)
icon 桑田怜恩
(生存中)
icon 苗木誠
(生存中)
icon 日野茜
(生存中)
icon 双葉杏
(生存中)
icon 十神白夜
(生存中)
タチバナGM 「という訳でお疲れ様でした。アワビを密猟してきます。」
タチバナGM 「最終日に占いの誰が真でも苗木さんが村でなかったら勝てないという形になっているので、
真占いを決め打ちできれば勝てるという最終日にした方が勝算は高いかなと」
タチバナGM 「狐目の占い騙りを吊ってから狼2匹を吊りきる最後のチャンスだった8の日に「念のため」で狼目からの●吊りをしてしまい、
推理が全部あっていたとしても勝てない最終日になる進行を取ってしまっているので、
それはミスかと思いますよ。」
タチバナGM 「◇アン [共] 「川島風に言うなら●乱舞がLWの危険がある狼の展開じゃない
という経験則からまずは狼目削りにいった訳だし」

で、10人時点で灰に狼居ると思って黒川さん狼目で吊りに行ってますね。これはいいとして。

そのあと吊れた灰狼候補が、狼視している黒川さんの投票先の杏さんだけという状態で
黒川さんの●のフレさんを「念のため」で吊って
そのあと6の日にユーリさんを狐視で吊って、
黒川さん狼の場合、居るはずと言う想定の灰狼が吊れた要素が無いのに
占いの残りの二人どっちが真でも灰狼が居たら絶対勝てないという盤面になっています。」
アン 「占い全員吊りきり確定なら占いランの時に占い全ローラーって言うし
吊れた占いと翌日の結果見て吊りきるかどうかも決める感じで
その辺りは川島も全部の村で全ローラーする訳じゃないでしょって言ってる通りで

なんか私がこの村で全ローラーする前提みたいな話になってない?」
アン 「そういえば
何でか占い一切りした後に全ローラー確定みたいな話になってたけど
全ローラーも視野だから全ローラー確定ではないわよ?」
アン 「割りとこう、一から説明しなきゃいけないぐらい独特かしら私って最近特に思う事が多い」
アン 「お疲れ様
GMは村立てありがとう」
川島瑞樹 「大体言い尽くした感じがするので泥のように眠るわ」
アン 「というかやってたら負けたのね>のあ残りで」
アン 「狼吊りきり負け?知るか呪殺出せよオラァッ!
で八人で黒川即吊る程、別にキレてた訳じゃないし」
アン 「そこはもう私噛まれるしかないわね>フレデリカ吊り」
川島瑞樹 「修正するならフレデリカ吊らないっていうのが現実的っぽいなぁ」
アン 「フレデリカに関してはとりあえず、念の為って以上の意味は無いわね
全視点●吊りで」
アン 「川島風に言うなら●乱舞がLWの危険がある狼の展開じゃない
という経験則からまずは狼目削りにいった訳だし」
川島瑞樹 「その路線でフレデリカ吊りもいまいち私としては何狙いなのかがよくわからないんだけどもね」
アン 「八人からの手順が正しいって言うなら
そりゃ苦手だしやりたかないけどやったからでしょ
折り合いつけず全く譲歩しないみたいに言われ続けてきたけど
やる以上は一から十までやるわよ」
川島瑞樹 「そもそも10人の時のアンの投票2回とも黒川じゃね?
その想定で黒川先吊りって危険が危ないからユーリ投票安定だと思うけど」
アン 「黒川吊る気だったのに杏吊れたから
したくはないけど決め打ち路線でまずフレデリカ吊ってから
ユーリ→黒川のルートを選んだ」
アン 「そりゃ杏吊れたからでしょ>なんで黒川先に~」
黒川千秋 「んーごめん、話の途中だけど2時過ぎてるから離脱するわ;
すぐ寝るか未定だけど・・・改めてお疲れ様。」
川島瑞樹 「じゃあ10で投票する場所ユーリだから!!なんで黒川いれてるのよ!?」
アン 「見てた内訳が
志希真 ユーリ狐 黒川狼
ならそりゃ先にユーリ吊るわよ」
川島瑞樹 「それは終わったこととして8人から残り処理って考えてるなら想定においては手順は正しいわよ」
川島瑞樹 「黒川投票してるのになんでユーリきってるの?っていうあれ」
アン 「何故かユーリ切りって他にどんな意味があるの?」
川島瑞樹 「手順ミスとはいってないはずだけども」
アン 「ユーリ吊ってから残った方考えましょうね
っていう手順は取ってないのよそもそも」
アン 「最終日回すというより
ユーリ吊った時で考え直す事が無い限りはだいたい最終日の吊り先まで決めてた感じな訳で」
アン 「黒川狼目で見てユーリ先吊りな訳だから
外した事をミスと言ってるなら解るけど
手順としてミスは違くない?って言ってるの」
川島瑞樹 「別段真狼狂だろうが真狼狐だろうが釣った占い以外の残り真狼だよねって見てるなら意味同じだから!!」
アン 「黒川>というか早苗の前のさとりの前の咲夜の前の鯖からいる」
アン 「理屈の話で私は狐混じりの真狼狐も考えた上で吊ってるんだから
明確にミスかどうかは真狂狼ならそりゃそうかもしれないけどねって話」
川島瑞樹 「アン視点で言うとユーリ狐見て、残り二人に真いるよねで間違えたって話なんだし」
黒川千秋 「正直最近の早苗は割と混迷モードになってる気はするけど。」
アン 「そういう意味で私だけってのは確かなんだけど」
川島瑞樹 「自分が見てるかどうかっていうのはこの際関係がないわけよ
私が言ってるのはすべて理屈の話なんだから」
アン 「真紅の二千回プラスαで」
アン 「いや、私真紅以外にウミガメも平行してやってたから>早苗鯖より前から」
川島瑞樹 「それはアンだけじゃないの?
おねーさんやジョインさんや私は覚えてるわよ?」
アン 「内訳でユーリ狐まで私見てるんだから
ミスとまで断言されるのは違うと思うけど」
アン 「というかまぁもののついでの様に言っちゃうけど
普通村はたまに自分の中のセオリー以外のセオリーってこの鯖だとどうだっけってなる時も正直ある

うん千回単位になるとそうもなるのよ」
川島瑞樹 「灰吊りで勝てなくなってる可能性の占い(黒川)が発生してる時点で真切りなわけで
つまり、杏吊り=黒川吊りみたいなものだから、翌日にすべきことは黒川の真切りなんだけども
そこで何故かユーリ切りに発生してるのがミスではある」
川島瑞樹 「ちなみにもう1回言うけど」
アン 「それで灰ランやるなら私も後悔しないようにやるから、とフッ切れただけの話
そして占い決め打ちを外した
それだけ」
黒川千秋 「そもそもあの日フレデリカが灰ランに乗ったのって
私の提言からだし、私視点ネネ-若葉2Wは否定できなかったし・・・。」
宮本フレデリカ 「なんかゴメンね」
アン 「フレデリカ>指定じゃなくてランにしてるのは
いらん事しいとかそういうんじゃなく
自分が納得できる様に決め打ち先は選びなさいって話だから」
アン 「ようするに、この村がそうであるように
決め打ちが下手なのよ私」
宮本フレデリカ 「いらんことするヤツは要らないよね」
アン 「負けか勝ちかの転換点で言えば、占い三択の時にユーリを私が選んだからでしょ>フレデリカ」
川島瑞樹 「なんでやねん>フレデリカ」
黒川千秋 「その辺は私の場合、最終的な結果は固執してないかな今は。
その時その時で自分が後悔しない選択が出来たかどうか、で考えるようになってる。」
宮本フレデリカ 「つまりはフレちゃんがいなければ勝ててた、そういうことじゃないかな」
アン 「トータルで占い決め打ちでの成功アベレージは低い筈だから
自分の指定はその話でいくならあまり信じていない>黒川」
アン 「そも経験則で言うと、鉄と猫又はそんなに数ないけど
真紅も四条もウミガメも膨大過ぎて混じりすぎてるキライはあるわね」
黒川千秋 「んー、なんと言えばいいのか、言葉が出てこない。
不得意でもトータルで勝てる方法なら選んだほうがいいというのはあるけど、
経験則というのは簡単に捨てられるものじゃないというのも否定できないし・・・。」
アン 「私の場合はまぁ、何が起きても不思議じゃないと達観してる部分は多少あるわね
だいたいの展開は経験したつもりだし」
川島瑞樹 「全部の村を勝とうとしてないから」
川島瑞樹 「平均的な村の展開で、ある程度のルート通りに進めて一定の結果出すっていうやり方」
川島瑞樹 「つまるところ、私はアベレージで見てるのよね」
アン 「それだってできればいきなり死体無し出て
真が決め打つまでもない展開が一番楽で好きだし」
アン 「あくまで私は、だからね>黒川
得意か不得意かで言えばの」
川島瑞樹 「そもそも止めるから」
アン 「真紅でやった上級探偵とかそんな感じなのよね……>黒川
だからって私だけの都合で占い全員死ね!はよっぱどじゃない限りしないけど」
アン 「四条でやってて相方の路線引き継ぐならそりゃやる事はあるけど
あんまり自分からはやらないわね。余程自信が無い限り」
川島瑞樹 「全部っていうか古いのは流石にだけど、初めてから同村してたりとかは全部見てるはず」
黒川千秋 「なんか話聞いてると、だったら極論
初日から占いロラした方が勝てるって聴こえてくるんだけど。」
アン 「なし崩しにしろ>決め打ってるというより」
アン 「寧ろ全員死んでる場合が多い」
アン 「流石にってなら私の全ログ見てるの?とまで言わせてもらうわよこれに限れば」
川島瑞樹 「ということはなし崩しにしろ決め打ちにいって正解引くことは可能ってことだけど」
アン 「根本的に占い死んでる方が勝ってるしね>川島」
川島瑞樹 「そもそも毎回全ロラしてないじゃない」
川島瑞樹 「流石に当てはまるでしょ」
川島瑞樹 「データがあって言ってるわけで適当にでっちあげてるわけじゃないわよ」
アン 「だからさ
その統計って私にも当てはまるのかって話な訳よ」
川島瑞樹 「現実問題として統計取った場合に決め打ちにしたほうが村勝ってるから」
黒川千秋 「勝敗は別に度外視してなくない?」
川島瑞樹 「いや勝敗度外視もなにも」
アン 「別に私が村人や狼ならその辺りの枠組みは共有が好きにしたらいいとも思うし」
川島瑞樹 「だから総合していうと、切ったルートに戻ってそのまま駆け抜けましたって村。
誰が間違えたっていうなら残った村が全員間違えた」
アン 「そこで決め打ちやらなきゃならない
となるのがだから私には解らないのよ
勝敗度外視して好き勝手やればいいの?」
アン 「黒川>指定してもいい、ただその後どんな指定指定しても恨まないでねってのがあるから
可能な限り方針を示した上で吊り先は村が決めるべきとは思ってるのよね」
川島瑞樹 「妥協しつつ進めましょうって感じになる」
川島瑞樹 「でもやらなきゃいけないならある程度対応するわけで」
川島瑞樹 「そもそも私だってグレラン大っ嫌いなんだからなんで占い噛まれるんだって裏でヒス起こしてるもの」
川島瑞樹 「得意じゃなくてもやらざるを得ない形な以上しょうが無いと思うけど」
黒川千秋 「ならやっぱりあの日に私吊りを決行するのが
最終的な勝敗はどうあれ最善だったんじゃないかな・・・。」
アン 「だからって私がソレを得意と決め打たれてもハイとは言えないわね」
アン 「占い見た方が勝てるってのは川島にすればそうなんでしょうね、とは思うわよ」
川島瑞樹 「だからある程度ちゃんと残せるように訓練するのが大事って話。
灰から人外確実に見つけるよりは狂人目切りっていうのは楽に習得できる部類だろうし」
アン 「どっちかで私は占い少なくとも一人は吊るす
そこは明示したつもりよ>黒川」
川島瑞樹 「灰吊りもそこは同じだからそこでどうこうっていうのはない」
アン 「真狼で残せる保証もないじゃない」
川島瑞樹 「真狼残せれば基本決め打ち日or最終日は来る」
アン 「それこそ川島風に言うなら六人時点で実質の最終日に気づけず負ける村だってあるんだから」
黒川千秋 「だからせめてどっちかに決めようって話じゃないの?」
アン 「信頼なら最終日にいけるとも限らないでしょ」
アン 「前提条件からして違いすぎてるわね」
川島瑞樹 「占い3人生きてるなら黙って信用したほうが勝ちやすいと思ってる
っていうか最終日2択になるのを4択にする必要ってなくない?」
アン 「別に吊り数増加を前提にはしてないわよ
ただ何も吊れていないとも前提にはしてないのよ私」
川島瑞樹 「それで3吊りで何も吊れないっていうのは非常によくあるわけで」
アン 「その辺りまで含めて考えるかどうかで
何も吊れて無くて二回灰噛んで狩りまで噛まれて
を前提にするかどうかで、毎回その想定でいくかどうかじゃない?」
川島瑞樹 「そもそもはじめからいない可能性のあるものに頼るって微妙だし>吊り増加」
川島瑞樹 「吊り増える前提で吊りキメたりってしないわよ」
川島瑞樹 「好み自体はわかるけど、すべての村で好みの展開になるわけじゃないんだから
そうなった場合は折り合いつけたほうが良い。

ついでに灰勝負に固定したいなら霊能護衛厳命するとか」
アン 「数が足りるかどうかで、何も吊れて無くて狩り噛みなら、でしょ」
川島瑞樹 「なんで理屈で言うと微妙って話」
川島瑞樹 「12までに1W絶対吊ってるっていうなら一応ロラってLWってなるけど
それも結局狐残りに対応できないから大体負になってる可能性が高い」
アン 「真贋を占いか灰かで
私は占いより灰の方が好みって話になるわよ黒川の話でいくなら」
川島瑞樹 「そこからロラすると12>10>8で残り2吊りで狼2狐残りになって村勝ち消滅してるじゃない?」
川島瑞樹 「12までに2吊りで何も釣れてなくて」
川島瑞樹 「いやそもそもの話として」
黒川千秋 「セオリー通りの手で進めて、その上で真贋を見る目の回数を重ねて行った方が
結果的には後悔しないと思う。
瑞樹が言ってるのってそういう領域まで含んでる気がする。」
アン 「いや私がわざわざ自分苦手な方に進みたいマゾと思われているなら
多分相互理解から始めないと多分無理」
黒川千秋 「多分だけど。」
アン 「川島>得意不得意の域にいかないソレ?
主観的な問題で私も自分が勝ちにくい方にわざわざ行く程酔狂じゃないわよ」
川島瑞樹 「大体勝てないってわかってるからまず選択肢ないコースになってる」
宮本フレデリカ 「お、もうこんな時間だー、フレちゃんは帰るよー
村建て同村ありがとうだよー
志希ちゃんと狼さんたちにおめでとうだねー
なかなか勉強になる村だったね、アンちゃんも川島さんもありがとねー」
川島瑞樹 「経験則であの状況でロラで勝つっていうのは100回やって20もないと思うけど」
アン 「川島>根本的にそこで私と川島でズレてるのよ
私はローラーも視野に入れてるんだから」
アン 「だから、占い吊る事自体はブレてないでしょ>フレデリカ
明確に吊る事自体をブレるなら追って言うわよ」
川島瑞樹 「意味は同じ。灰釣った場合に勝ちが消滅する占いが発生しうるのに灰釣った時点でその占いの真切りみたいなものだから」
宮本フレデリカ 「なるほどね、でもどの占いを吊るって言わなかったから
そこでブレるくらいならフレちゃんは灰吊りを提案した、それだけかな>アンちゃん」
川島瑞樹 「占い吊って翌日灰吊る形を先に灰吊ってるだけだから」
アン 「方針自体は占い一人は吊るって明確だったでしょうが>フレデリカ」
川島瑞樹 「そこ認識が違う」
アン 「そりゃ、占い10で吊らなかったなら考え直すわね
私はそういう進み方をする気は無かったんだから」
黒川千秋 「あのフレデリカ●は露骨ではあるんだけど。
あれで自分吊られるならのあで確定呪殺出ても問題無いタイミングだったし、
むしろ切られる覚悟の●だったのは否定しない。」
宮本フレデリカ 「フレちゃん吊りしてるってことは、千秋ちゃんの真を切ってないってことだよね?」
川島瑞樹 「こういうルートに入りました→共有権限でこっちルートに戻します!!っていう形だから」
アン 「だから占いまず一人吊るんだから意見出しなさいよ、というスタンスなのよ私は>占いどう見てるか各自が>フレデリカ」
川島瑞樹 「灰吊って杏吊りっていうのは一応全視点1W吊りと同義みたいなものはあるけども、大凡黒川真切りに近いレベルだから
翌日切るなら大体黒川なんだけども、フレデリカ吊ってるでしょ?
従ってる村がおかしいって話自体はまぁあるけど」
アン 「組織票が突発的にできる練度の狼がどれだけいるかって話だけど」
宮本フレデリカ 「指定って村が方針を共有するメリットじゃない?
この路線で進むんだっていう決意を共有する」
黒川千秋 「等価、かなあ。
ラン指示の時に極論組織票で真吊りになる可能性もあるし、私でも指定すると思うけど。」
アン 「川島がそっちの方が得意なんだろうし
自分でやる分には良いとも思うわよそりゃ
少なくとも指定する自分自身はルート把握してるんだし」
宮本フレデリカ 「灰吊りからの決め打ちかな
でも、フレちゃんの能力じゃ納得はさせられないかな>アンちゃん」
川島瑞樹 「いやそもそも、10から凄いブレてない?」
アン 「川島>指定は指定で指定役外したら負けなんだから
リスク事態はランだろうがなんだろうが等価よ」
アン 「だから私はどういう進行ルート想定してたのか納得させてくれるなら別にいいのよ
灰吊りでも何でも」
川島瑞樹 「どれだけ信用勝負処理してきたかっていうのも影響するから>フレデリカ」
宮本フレデリカ 「うん、フレちゃんそれ知らなかったもん>川島さん」
川島瑞樹 「あと、占い視でのブレ自体はあるからランだと安定しないんで指定が望ましい」
川島瑞樹 「全員が全員3人残りの占い切りの時に狂人目切りっていうことをわかってるとは限らないっていうのがあるんで」
川島瑞樹 「基本的な話として」
川島瑞樹 「流石にあの残りでのあ噛まないのは狐ケアしなさすぎだとおもうけど」
アン 「そもそも吊られそうになるなら
村全体はそれほど真狼には見てなかったって事でしょ>黒川」
宮本フレデリカ 「占い指定なら従ってた、でもランだったから拒否した、そういうことだよ」
黒川千秋 「あの日にユーリ吊ってたらのあ残った可能性はあるのよねえ・・・。」
アン 「その辺り、可能な限り村に任せる主義ではある>黒川
指定してもいいけど、その場合その後から何から全て仕切らないと嫌なタチっていうのも多少はあるけど」
宮本フレデリカ 「正直、ユーリ吊れる未来しか見えなかったからこその占いラン反対だったけど
どう転んでも勝てるときは勝てるし、勝てないときは勝てない、それだけだね>アンちゃん」
黒川千秋 「ちょっと戻り。
ユーリって真狼目じゃなかったかなって思うんだけど、私が狂人なのも抜きにして。
アンはあの日私に投票してたし、普通に私指定で良かったんじゃ?」
アン 「別に灰吊りでも勝てる時は勝てるけど
占いランで勝てない状況では無かったと思うわ、少なくとも>フレデリカ」
宮本フレデリカ 「なるほどね、そう考えるとわかりやすいねー>川島さん」
アン 「それならログ読み込んで潜伏位置全滅させる方が私は慣れればいけるんじゃない?って感じるし」
アン 「ユーリ吊った私が大丈夫と思えるかどうかな気はするわね>川島」
高峯のあ 「私も帰るわ…お疲れ様」
川島瑞樹 「大体慣れてくればいけない?」
川島瑞樹 「基本的に占い最終日コースにできるなら狐排除は完了するっていうのが占い2残しの吊りだから

そこで狂狼残りはあるにはあるけどそれは結局最後に間違えた、っていうのと似たようなもんなので見なおして、って感じになる」
宮本フレデリカ 「いいんじゃない、それで
共有っていう強権発動できる立場なら、好きにやればいいと思うよ
それについていくかどうかはまた別の話だからねー>アンちゃん」
アン 「真狼狙って残せるかって方が私には疑問なのよ>川島」
日下部若葉 「はっ…!大人のお姉さんだから早めに寝るので、お先に失礼します~!狼さんたちはおめでとうございました~!
霊界とか含めて、話してくれた皆、楽しかったですありがとうございます~!
おやすみなさい、お疲れさまです~!」
川島瑞樹 「だから1切りは贋っぽいよりは狂人切り狙いっていうのがセオリーになってるわけで」
アン 「そも状況的に私残すにせよ即噛むにせよ灰噛みも挟まざるを得なくなる訳だから
ローラーも結局は合う合わないだと思うわ」
黒川千秋 「んー、読み返すのが怖いけど取り敢えず落ちるわ。
お疲れ様、また次回の公演で宜しく頼むわね。」
川島瑞樹 「真狼残せれば大体狐消えるから」
川島瑞樹 「いや」
アン 「最低限、勝ちルートが納得できないなら
私はその後は自分視点で突き進むとは決めてるけどね>フレデリカ」
秦こころ 「それじゃ私は去るぞ!
今回も最強にはなれなかったよ……」
高峯のあ 「やっぱりそうなのね…>瑞樹」
アン 「残し続ければ勝てるもんでも無い以上、狐負けは残したって消えないわよ>川島」
宮本フレデリカ 「牽制、タッチアウトー>若葉ちゃん」
川島瑞樹 「それは狐死んでる場合に限るわけで、ロラった場合狼に負ける可能性と狐に負ける可能性の2つ発生するんであんまりよくない>アン」
アン 「最終日にPP負けくらうなら自分悪いでしょそりゃ」
宮本フレデリカ 「意地と意地とのぶつかりあい、楽しいじゃん?>アンちゃん」
アン 「狩りにそこまで期待できるの?ってのは私はあったわね」
川島瑞樹 「と言うより10で占い1切らないとNG>のあ」
宮本フレデリカ 「偶数だから狂人を吊るべき人外とみなさない、という考え方だったね>アンちゃん」
アン 「別に共有に絶対に従えとも言わないけど
譲歩できる部分とできない部分はある
という話になるかしら」
日下部若葉 「あーっとランナー飛び出している!」
宮本フレデリカ 「結局、盤面次第なんだよ
エンドランがいいか、バントがいいか、ゴロゴーで突っ込むか、状況次第だよ」
アン 「占いランなら2/3で人外吊れるから
1/2より数値だけなら上よ?」
黒川千秋 「ユーリ連れてたら苗木●出してたかもしれない。」
宮本フレデリカ 「灰は2択だったでしょ?3択より幅狭いじゃない?
真占いもいる、狐もいるかも?な段階だからフレちゃんはそっちに賭けたよ>アンちゃん」
アン 「占いランだから人外吊れない
は灰ランなら吊れるとイコールになる気はしないのよね」
秦こころ 「そこらへんは残った村の判断にもよるから一声には言い難い。
真を見れれば2○に●だろうと吊れるしそうでなければ吊れない>フレデリカ」
宮本フレデリカ 「2個○だから、狂人視点確実に村に●打てるわけだしねー>千秋ちゃん」
アン 「そも灰ランこそ狼は仲間見えてるんだから
仲間吊られないように投票できるんじゃない?>フレデリカ」
高峯のあ 「10で1切り自体は進行としては正しい…よね?」
アン 「川島>決め打ちよりまだしも発言読んで勝負行く方がマシだと思うのよね
負けても納得がある」
川島瑞樹 「PP負けぇ・・・>3人最終日」
ユーリ 「僕もそう言って気にしないで入れるほどじゃないんだよねぇ
次に占い師やれるのいつか分からないけど、次はもう少し頑張ろうかな」
宮本フレデリカ 「時の運だよね、でもあんまり分がいい賭けには見えないかな>アンちゃん」
タチバナGM 「占い3人で3人最終日を目指して輝きの向こう側へ逝きましょう」
アン 「まぁその辺りは、村に譲歩した以上後は暴君も辞なさいルートに入って
ユーリ指定で私がはずしたんだからユーリはそこまで気にする事は無いわよ」
川島瑞樹 「12過ぎたら大体ロラは諦めろっていうのはウミガメ出身の人に100回ぐらい逝ってる気がする」
黒川千秋 「フレデリカ●は苦肉の策ではあるのよね狂人視点。
ユーリ真の確信があったら露骨でも
一手前に怜恩●とかやってたとは思うんだけど。」
アン 「囲い無い限りは狼最大2で
それが真に集中する道理も無いわよ>フレデリカ」
宮本フレデリカ 「ああ、ここぞと●出してきてんなーって吊れないパティーンにならない?>こころちゃん」
日下部若葉 「やっぱり信頼勝負って…良いですね!うんうん!」
ユーリ 「で、誠はなんとなく狩人に見てたから杏に投票したってこと>アン」
タチバナGM 「早々に占って●出ると絶対狂人だって言う人出てくるのであんまり積極的には占いたくないですね >対抗の二重○
村なら今日みたいに噛まれることもありますし」
アン 「まぁ、あの辺りは流石に私も悩ましいくはあったわね
そもローラーも視野にして占い切り始めようと思った訳だし私は>ユーリ」
宮本フレデリカ 「10人で人外票3か4あるときに占いランは回避したかったからねー、フレちゃん的には
指定なら方針は定まるんだけどねー」
黒川千秋 「と言うか本当、苗木狐だけが怖くて怖くて・・・。」
高峯のあ 「多分そうね…私自身が吊り位置から外れそうなら別の所へ投票してたわ>ネネ」
日野茜 「それでは皆さんお疲れさまでした!
私はちょっと走ってきます、
次は噛みさえ返り討ちにする狩人になって帰ってきますよ! トラー――イ!!」
苗木誠 「やっぱり飽きたり、諦めたりなんかしちゃけない、絶望なんかしちゃいけないんだ!!
というわけで、同村ありがとうね、また縁があったらよろしく」
ユーリ 「そこは狂人見てる志希に投票しとくべきだったね、落ち度だった
でも占い師ランをした時、誠とのあが絶対に僕に投げてくるから勝てる気がしなかったんだよね>アン」
秦こころ 「どんな結果でも基本的に美味しいと思う。
●ならユーリの飼い狼だし○なら確定○だし>フレデリカ」
日野茜 「全力アタックです!
全力アタックすれば、投票なんか跳ね返せますよ!>ネネさん」
苗木誠 「あ、くそ、黒川さんと一緒に引き分け勝負すれば面白かったのに!!
>苗木に投票すれば引き分け
>一ノ瀬に投票すれば引き分け」
黒川千秋 「ネネは噛まれないで放置されてたら
頃合いを見計らって○出そうかな、くらいにしか考えてなかったわね。初日は。」
ユーリ 「完全に占い筋読まれてたし、もうホントにダメだったね
はい終わり
お疲れさま」
日下部若葉 「お姉さんはちゃんとチームを……忘れてました!!」
アン 「気遣いできる程、人間できちゃないわよ>ユーリ
少なくとも茜占いは私は評価してるし
占いランの日にまず他から吊ろうと思うぐらいには、思っていた>ユーリ」
宮本フレデリカ 「初手でネネちゃんが吊れたのは、?だったなー
なんであんなに集まったんだろね」
双葉杏 「パッと見、1行発言だけだったからそこら辺で >ネネ」
ユーリ 「あっ、ぷちこれのチーム作るの忘れてた」
一ノ瀬志希 「ということでお疲れ様なのだ~☆
幸子ちゃんも杏ちゃんもありがとうねー
あと、千秋さんマジで信じてました。千秋さんがいなかったらたぶん負けてたかも!

それじゃあ明日からのぷちでれらこれくしょんもよろしくね!お疲れ様~」
黒川千秋 「【>茜
だから貴様は「やれ狐な」なのだぁ!!】」
双葉杏 「そんならおつかれー
あたしはgdgdに去るぜ(ごろごろ」
栗原ネネ 「そういえば、初手落ちの時、人外から3票偶然とはいえ、貰ってんですが、やっぱり寡黙というか特別なこといってなかったりだったりです?>しきにゃん、杏ちゃん、のあちゃん」
宮本フレデリカ 「2個○占いはタイミング次第で
○が出ても●が出てもおいしくないことがあるんだよねー>こころちゃん」
黒川千秋 「茜は中身が狼狐狩、何であれさっさと○を投げる位置だったわね。
狩人だったのは流石に誤算だったけど。」
日下部若葉 「よし!超法規的措置で見なかったことにします~!いってらっしゃ~い!<志希ちゃん」
苗木誠 「一応ボクとしては配慮をして、占い誘導するときは2つ場所を上げてどっちか~
とかするかなぁ」
日野茜 「ゼロかどうかより、真占師が一番心配することではないと思います!!」
一ノ瀬志希 「にゃははー。よし!じゃあ早いところ合鍵を使っていかねば! >若葉ちゃん」
桑田怜恩 「では、お疲れだ
反省点が多いなこれは…」
黒川千秋 「私視点、志希狂人の若葉で誤爆、は筋として成り立つし。」
ユーリ 「いや、別に気遣いとかいらないよ?」
苗木誠 「占い誘導をそのままってのはちょっとリスクが高いんだよね>今回みたいに
誘導を無視して、誘導してる人を占って、自然な流れで前々日の誘導位置を
占ったりとか工夫がいる」
宮本フレデリカ 「レモン牛乳!>茜ちゃん」
双葉杏 「いいよかんがするね >宮本」
双葉杏 「もーっとおーきくつよくーなーあーれー」
宮本フレデリカ 「そこで颯爽と『いよかんタルト』の登場!>杏ちゃん」
川島瑞樹 「薄さはあるんでその辺かな>ネネちゃん」
日野茜 「栃木も負けていませんよ!!」
黒川千秋 「>茜
一応、ネネ狼の誤爆とか私視点であるんだけど?」
日下部若葉 「おめでとうアンドハッピーバースデー!誕生日って加護があるらしいです~!<志希ちゃん」
秦こころ 「茜占いって安牌だと思ったんだけどなぁ。噛み合わされたところで真を切る理由にはならないし。
そこが狩人だったというのは誤算だったけど」
宮本フレデリカ 「ユーリちゃんからフレちゃんに○がきたとこで、
あれ?これユーリちゃん偽じゃないんじゃない?ってなったかな
偽なら●出し位置だったからねー」
日下部若葉 「群馬もよろしく~!」
一ノ瀬志希 「おお~晶葉ちゃんをハスハスせねば! >若葉ちゃん」
栗原ネネ 「グレラン落ちだから、まぁ。何で票集まったかは、まあ特別なこといってなかったしでしょうか」
黒川千秋 「>のあ
正直、私もユーリ吊りで終わらなかった時点で少々驚いたわ。
一応ユーリ狼なら、茜に続いてこころまで噛み合わせする必要は無いとは
考えてはいたけど。」
高峯のあ 「で、今気づいたけど3昼の3W推理の直感って、杏狼だから…かもね
ネネは正直狼ではなさそうかと思ったけど吊った以上そう言うわけにもいかず」
双葉杏 「その点愛媛ってすごいよね最後までみかんたっぷりだもん」
川島瑞樹 「LW担ってないと大体終わってるから普通はしない>6人占い3残し」
日野茜 「あと一応ですね、5昼占師ランのときの黒川さんの発言は!
真切れるのではないか、とは思います!」
栗原ネネ 「初手」
日下部若葉 「えっと、お姉さんはえーと、その……ご、ごめんなさい~!<信じれてない」
苗木誠 「ユーリ狐・幸子狂人という絶望の魅力でBADENDだよ」
宮本フレデリカ 「愛媛ってすごいよねー、私は広島だけど!>志希ちゃん」
アン 「茜占いに関しては、個人的には評価してるわ
吊った私が言うんじゃ説得力ないかもだけど>ユーリ」
苗木誠 「幸子さん狼を決め打っていたのにユーリくんをしんじれないボクの弱さが悪いんだ……」
宮本フレデリカ 「そういう形にするのも面白いじゃん?たまには>クールタチバナちゃん」
日下部若葉 「今日は池袋晶葉ちゃんとトレーナーちゃんの誕生日ですよ~!」
桑田怜恩 「のあを呪殺と見られれば、か
噛まれたと視るから、狼っぽく見えたと」
日野茜 「>ありすちゃん
(ぼんっ)そっ、それはですね……!
……とても言えません!
走ってきます! うおおおお!(どどど」
双葉杏 「か弱いニートによってたかってひどいんだー」
宮本フレデリカ 「♪ ブレーキランプ 5回点滅 『く・び・と・れ・た』の サイン~ >幸子ちゃん」
タチバナGM 「6人で占い3人残っているというのもあまり見ない形ですね」
高峯のあ 「状況がね…ユーリ狼のように見えてしまうのよ、これは本当」
一ノ瀬志希 「みんなも愛媛県を信仰すると信用勝負勝てるよ」
日下部若葉 「愛海ちゃんでしょうか~?>マッサージ師」
桑田怜恩 「ユーリは序盤は結構真見てはいたんだが…どこでひっくり返ったかなあ…」
黒川千秋 「>幸子
了解、ありがと。」
一ノ瀬志希 「うん。やっぱり愛媛県の加護って最強だな~」
アン 「日本だと一部の巫女とか白拍子>タチバナ」
一ノ瀬志希 「えへへ~襲っちゃう前に吊られちゃうのはちょっと残念だったよー >フレちゃん」
宮本フレデリカ 「勝てば官軍、ポンジュースだよ>志希ちゃん」
双葉杏 「マッサージ師のお姉さんのことさ >GM」
ユーリ 「運が悪いっていうか、僕がそういうところばかり占ったのが悪いんだけどね
日和らずに自分の考えで占うべきだったんだよ>フレデリカ」
輿水幸子 「●が出ていたときのテンプレを言いつつ、占い師に投票されているよーっていうのを言ってみただけですし」
タチバナGM 「娼婦ってなんですか?」
アン 「茜>疲れてるんでしょ
優しくしてあげなさい」
宮本フレデリカ 「それにしても志希ちゃんがみごとに持って行ったねー、すごいすごい」
日野茜 「それはまさか娼婦風スパゲティ…!」
桑田怜恩 「ああ、のあ狐か
こうやって配役を見るとすきっとすることばかりだぜ…」
黒川千秋 「ちなみに初手はこころ○と志希○の二択だったのよね・・・。」
秦こころ 「生きてたらユーリだけは生かすつもりだったけど真実を知ってしまったから噛まれた」
輿水幸子 「べつにサインではないですねぇ」
宮本フレデリカ 「村の流れがユーリちゃんの真切ってたからねー
噛みあわせられる、ただただ運が悪かったんだよ……」
一ノ瀬志希 「あ、千秋さん~ハスハスさせて~」
タチバナGM 「狼の虫歯がすっぽ抜けてふっとんで行ってむらびとに刺さって村は燃えました」
双葉杏 「一ノ瀬の願いを聞いたら許してあげよう >黒川」
栗原ネネ 「おつかれさまー」
日野茜 「川島さん、居眠りしてしまうとはまさか……はっ」
黒川千秋 「>幸子
1つ聞きたいのは、あの日に杏を注視しろって言ったのは
囲えというサインだったのかしら。そうだとしたら鈍いこっちが申し訳無いとだけ。」
一ノ瀬志希 「いろいろファンタスティックな形になってしまったけど
私は謝らない。」
日下部若葉 「タイホだタイホ~!<瑞樹さん」
桑田怜恩 「お疲れだ
まぁ、すまんな
最後騙された」
苗木誠 「いや~、ごめんごめん」
タチバナGM 「お疲れ様でした」
川島瑞樹 「ちょうど寝落ちした日に噛まれたと供述しており」
一ノ瀬志希 「お疲れ様でした~♪」
ユーリ 「お疲れさま、残念だったね」
黒川千秋 「お疲れ様。改めて本隊にはごめんなさいね。」
秦こころ 「おつかれー」
日野茜 「お疲れさまでした!!」
高峯のあ 「お疲れ様」
十神白夜 「お疲れ様だ」
アン 「お疲れ様」
日下部若葉 「お疲れさまです~大人のお姉さんですよ~」
宮本フレデリカ 「おつでりかー」
川島瑞樹 「お疲れ様」
輿水幸子 「お疲れ様でした」
苗木誠 「お疲れ―」
双葉杏 「おつかれー」
日下部若葉 「狩人日記描けば大丈夫…じゃなかったですー!?」
ゲーム終了:2016/06/10 (Fri) 00:15:43
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒川千秋さんの遺言                _...::::::´::::::`:::::..、
              /::::::::´¨:ヽ::::::::::::::ヽ
             /:::/:/:::::::,:::::i:::::::i:::::::
               /::/::::/:::::::://::::::l:::::::l::::::::.
              ヽl::/ヽ_///_/:i:::::l::::::::::.
            /:::l沁   二`i.':::::l::::::::::::..   大丈夫、このメッセージが曝け出されても
            /:::::::/!   ,  沁/:::::/::::::::::::::::..  貴方はきっと勝てる。貴方は強いから。
           /:::/;'´i::::. 、 _   /:::::/::::::::l::::::l:::::..
         i::/ /  !::::::\__ ./::::::/::::::::::::::::::l:::::::.
         l{   {   ゝ、f´ j/::::::/.。!::::::/::::::::|:::::::ヽ.
          ヽ    _,/ r;゚。i:::::::l!。゚ V::::::::::::::l:::::::::i:::.
         二ニ=, ´/ヽ、,_.!:::::::!!´ー-!::::::::::::l::::::::::li::
       ,...:´::::{   !_ Y/ハ}ヽ::::l  ノ i:::::::::/:::::::::::!l:l
       `ヽ_,:::::::.、  !_ゝ-'ノ\、'´   !:::::/:::::::::::/ !:!
           \::::iト.  ゝt'ーィ'、 ヽ   |/:::::::::::/ ;リ
        , ´.{ ̄!. ヽ  」 ノ.、_.!    !:::::::::::/ /'
       / ,: j¨ ̄!  `ゝ)}ト、ノ |    !_::::/ /
苗木誠さんの遺言                        _
                     / /
                  ― 、⊥ l
             _ ィ´     丶   ̄ =- 、
          -=ニ               _>
           /               ヽ
          /                   \ \
          -= /               \ \   希望は前に進むんだっ!!
           /                 ヽ ̄
             / .ィ / /斧≧ミl / /ヽ  ト=- ヽ
          ´ / // | 弋zノ }/i/ ィ≦ミ l
           /イ_/ヽム      , ヒソ/Ⅳヾ
           f ̄ヽVヽト  γ=-,  イ
       _ィ-f⌒.lー i: : : :l 〕ヽ ヽ- /: :ヽ
      f .i i  .!  .i : : : :ヽ-、 ̄l: : : : : : Y
      ヽ ヽヽ _l  ヽ、: : : : : } /: : : : :≧l
      /`-´ ̄: ヽー= _)ヽ: : : l l: : : :}ニニニi≧ュ
      {ニニ○ニニニハニニニニヽ: : :l l: : : iニニ○ヽニ Y
      lニニニニニニ/ニニヽニニニヽ: :l l: : :lニニニ=/ニニl
      ヽニニニニノニニニニヽニニヽ: :l l: : lニニニ/ニニニl
        ̄ ̄ヽニニニニニニヽ==ヽ:l l: : lニニ/ニニニニl
           ヽニニニニニニニヽl: l l: :.l/ニニニニニ.l
            iニニニニニニ○ }:l l: : lニニニニニニニl
苗木誠 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
一ノ瀬志希 「苗木クン!ハスハスさせて!!」
一ノ瀬志希 「狩人さえ…狩人さえ…」
一ノ瀬志希 「もう2度と…信用勝負に勝てなくてもいい…」
一ノ瀬志希 「幸子ちゃん!、杏ちゃん!フレちゃん!千秋さん!」
一ノ瀬志希 「志紀にゃんは精一杯やろう!」
一ノ瀬志希 「あーもう!」
一ノ瀬志希 「(うーん…どっち狩人あるんだ…?)」
一ノ瀬志希 「(苗木クンは自動フラグ製造機)」
一ノ瀬志希 「(桑田君はなんか汗臭い)」
一ノ瀬志希 「(さあかんがえよう)」
一ノ瀬志希 「(ホントの最後の。)」
一ノ瀬志希 「(狩人さんがいたら…怖いよう…)」
一ノ瀬志希 「(狩人こわいよう)」
一ノ瀬志希 「志希ちゃんラストスタンディーング!」
一ノ瀬志希 「むっふっふー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
黒川千秋 は投票の結果処刑されました
8 日目 (1 回目)
黒川千秋2 票投票先 →桑田怜恩
一ノ瀬志希0 票投票先 →黒川千秋
桑田怜恩1 票投票先 →苗木誠
苗木誠1 票投票先 →黒川千秋
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
苗木誠 「さらにいえば、千秋さん視点だと幸子さん●は青天の霹靂だったはずなんだ。
視点が確定して、取れる方針がなんでもある。」
桑田怜恩 「…考えさせてくれ、マジで悩んでる」
黒川千秋 「読み返してみれば、3日目の朝一早々で
苗木は私の信用を落としにきていた。
それでさっさと彼を占わなかったのは私の失態だった。」
黒川千秋 「まさかユーリ狐はあるまいと思うけど。
ずっと狼だと思い続けていたし。」
苗木誠 「身内切りが可能性としてあるのはちゃんと知ってるけどね」
苗木誠 「狂人か狐、というか今だから言うけどユーリ狐 幸子狂人見てた>桑田」
一ノ瀬志希 「だよねえ…占い先が噛まれるのが3回もあったし >苗木クン」
苗木誠 「自分の目を信じると言いながら、結局日下部さんを占うこともなかった」
苗木誠 「まず朝一のことからはじめようか、黒川さんは無駄占いをしたくない
自分の目を信じると言いながら、初手の投票は減らすべき位置じゃなかったし」
桑田怜恩 「ユーリ何だと思ってる?>苗木」
黒川千秋 「ただ、昨日私が志希を吊っていたらその時点で2W負け・・・、
いや、同じ事か。」
苗木誠 「ユーリ狼はなくない?って思うんだけど」
桑田怜恩 「話してくれ>苗木」
一ノ瀬志希 「てっきりユーリ君狼だと思ってたし。」
黒川千秋 「>怜恩
ランにはなりようがない。
苗木は志希が狂人なのは知っている、志希も苗木も私に投票する。
君が苗木に投票してくれない限り引分にはならないんだ。」
桑田怜恩 「これでユーリ真ならもう終わってるしな」
苗木誠 「いやいや、まぁ聞くだけ聞きなよ、かなり視点は狭まってるけどね」
一ノ瀬志希 「しかし…割と真面目に千秋さん狼は意外なんだけど」
桑田怜恩 「ユーリを狼と視るなら、そこ真ってなるんだよなあ」
桑田怜恩 「いやな、わりとオレ視点では決まっちゃいるんだが…」
苗木誠 「~議論開始~」
黒川千秋 「怜恩、すまない。引分になってしまった。
私の目が悪いばかりに。」
一ノ瀬志希 「ということで私視点千秋さんが狼だよー」
桑田怜恩 「つまりだ
黒川と苗木のランって事にはなるんだが」
苗木誠 「一ノ瀬さん狼・黒川さん狂人だったら一緒に地獄に落ちよう、そう言う話ではじめようか」
黒川千秋 「ラス灰、だが。ここが完灰のままで戦う狼だというのは
完全に失念していたなこれは。後悔があるとしたら
のあ占いの日に苗木を占うべきだったか。」
一ノ瀬志希 「理由:んー昨日さ、千秋さん占うのも考えたけど
よく考えてみたらちあきんぐ視点苗木クンしか占えないよね?
その上で●しか出せないよね?ふむふむ。なるほどなるほどー。

こっち占おう。冷静に考えたら千秋さんよりは占うべき場所は苗木だ。
こっちの方が詰め切れるね。うんうん。」
黒川千秋 「占いCO 苗木誠●」
桑田怜恩 「一ノ瀬視点では黒川LW
黒川視点では苗木LW…その二人に真がいるならば、狐はいねえでいいよな?」
一ノ瀬志希 「占いCO 苗木クン○なのだ」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
アン は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
一ノ瀬志希 「あ。噛みはあんちゃんで。あんちゃーん。疲労がぽんって取れる何かちょーだーい」
一ノ瀬志希 「さーて。どうなるかな?かな?」
一ノ瀬志希 「千秋ちゃんを吊る」
一ノ瀬志希 「苗木クンに○出して」
一ノ瀬志希 「では、やることは一つ。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ユーリ は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
アン0 票投票先 →ユーリ
黒川千秋0 票投票先 →一ノ瀬志希
一ノ瀬志希2 票投票先 →ユーリ
ユーリ4 票投票先 →一ノ瀬志希
桑田怜恩0 票投票先 →ユーリ
苗木誠0 票投票先 →ユーリ
「◆タチバナGM         /´ ̄ ̄ ̄´` 、
         /   _    `ヽ、
       ` ┬´::::r''ヽ ` 、   `、
         `゛ "  !   ` 、  `、
              !     ` 、 `、       ~デザート~
               '、_:::::   j   `ヽ
                `゛`>‐〈     }
             ,、    ,'   ヽ    i        プリン
      ,.. -‐‐ -- /Aヽ   ', ノ(   }   i
  ― 、/  /        `Y"´;⌒ ノ  ;;i
 ヽ「/    /   l  , ==、、 ," ,'  "´,, ;;/   
    ! , ==|   ノ、/ __):::ヾ ;;    ,";;;;;/    
   ! / __)::ヽ _ ノl::::::::::::| } / /"::'''
  ! { l:::::::::::l }   ヾニニ'ノ   / ´
   ! ヾニニ'ノ t フ        /
   \_)             /
     ゝ _____ ,. <
    <´  /     \ `ヽ 」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
黒川千秋 「私は志希に投票する。
苗木、君が狐でないのならば信じて欲しい。」
アン 「指定変更無し」
桑田怜恩 「なにかすげー見落としあるきしかしねえ…!」
ユーリ 「もう一度言うね
反対者は一ノ瀬志希に投票」
苗木誠 「ユーリ吊りで終わるとはあんまり思ってないかな、偽だとは9999思ってるけど」
桑田怜恩 「いやちょっと違うか?

一ノ瀬とうユーリがフレデリカ○?」
ユーリ 「初日にある程度票をもらっていた誠をいつまでも放置していたことになるし、
その誠も僕を吊りに来ているよね?」
アン 「悪いけど妥協する気はないわ>黒川」
苗木誠 「んー……」
黒川千秋 「詰めたい。もう一度言うが、
ユーリ吊りで苗木狐だったら後悔しか残らないのよ。
そこまで占わなかった私にも非があるとは言え。」
一ノ瀬志希 「多分終わりそうな気がするけど…」
桑田怜恩 「わりとこれで
フレデリカ●の剣も考えると
ユーリ狼、黒川狂見えた気もするが…どうだろうなこれ」
ユーリ 「僕が狼だとしたら、○に全く狼がいないんだけどそこはどう考えてるの?
信用勝負でそれって有り得ないよね?>桑田クン」
一ノ瀬志希 「ユーリ君吊って終わらなかった場合千秋さん占うねー」
黒川千秋 「そうでないのならばせめて苗木を・・・、いやだめか。
その場合私が噛まれて引分に終わってしまう。」
桑田怜恩 「つーか>黒川
もう狐狙いの釣りできるわけねえだろ」
苗木誠 「占い吊り提案の時にこれ言えていれば……!!」
苗木誠 「となると幸子さんは狂人か身内切りした狼となり……ユーリくん真は極薄になる
……ということに昨日の夜気づいた」
ユーリ
◇輿水幸子  「ユーリさん狼で、杏さんを吊りのがすための●とかシンプルに考えたんですが
その、ユーリさんが、杏さんに投票しています」

これなんかさ、狼が必死で取り繕おうとした言い訳が通じなかったから出てきた発言でしょ?」
桑田怜恩 「わりと噛み筋だけ視るなら
ユーリがすごくあれにはなっている…」
黒川千秋 「>アン
ちょっと待って欲しい。恐らくは彼がLWである程度考えてはいるが
苗木が狐の可能性は私視点で残っている。
できれば狂人の志希を先に吊って苗木を占わせて欲しいのだが。」
一ノ瀬志希 「んーと。あたし視点苗木きゅんは灰。対抗はユーリ狼想定だけど。」
桑田怜恩 「ああ、それに賛成する」
苗木誠 「ユーリくんが真だった場合、幸子さん狼で
ユーリくんと黒川さんの信用を下げてたボクに投票したことになる。
となると幸子さんを人外を仮定した場合、むしろユーリくんのアシストをしていることになる」
ユーリ 「反対者は一ノ瀬志希吊り」
桑田怜恩 「…黒川の囲いありそうな位置が死ぬのか?」
アン 「ユーリ吊り」
ユーリ 「うわっ、すっごいね」
黒川千秋 「こうなった以上苗木はもう占えまい。
ユーリは狼だと踏んでいるから、志希の方を占うとしようか。
若葉に●を打ったのをどう見るか、だが。若葉は私が初日に怪しいと感じて
投票した先だ、となると狐での真結果狙いの●の可能性は多少あるか?」
一ノ瀬志希 「理由:昨日からずっとユーリを切りたがっていたっていうのもあって
やたらめったらと言ってたけど中身あんまり見えてこないのよね~
これって言葉少な目で推理しているのかな?っていうのもあるけども
ここまでちゃんとした理由も出てこないので占わせてもらうよー
狐でも狼でもここは絶対に占う位置だしねー」
ユーリ 「結局さ、君は僕を狼に見てるの? 狂人に見てるの?
いつまでもいつまでも同じことばかり話してて、まるで発展してないんだけどさ
それしか話すことないの?
しかも僕の真を毎日のように下げてるけど、その割に理由はすっごい少ないよね?」
黒川千秋 「占いCO 一ノ瀬志希○」
桑田怜恩 「…待てよ、黒川が狂、あるか?」
一ノ瀬志希 「占いCO のあにゃん○なのだ」
ユーリ 「関係ねえよ! 妹と一緒に地獄へ逝け!
高嶺のあは○」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
宮本フレデリカさんの遺言                          __________
                       ´: : : : : : : : : `丶、
               r―- 、/ : : : : : : : : : : : : : : :>ー──┐
               |´\  > : : : : : : : : : : : : : : :\ / `|
               |   ::〉: : : :/ : : : : : : : : : : \ : : 〈::.   /
               ∨::/: : : :/: : / : : : : : : : : : : :ハ: : :∨::/
                   ∨ : : :/: : : : : : : : : : :| : : :\|: : : :∨
                    /: :| : ,: : : ::| : : : : : : ∧: : : : : |: : : : :,
                 ,: : :|: :l\: : |: :/: :| : / ∨\/: : : : :!
                  |/: :|: :|:/|≧トミ_/|_/ 、_x≦ハ:|: : : :|│   みくと勝負にゃ!
                /: : :l : :〃 しハ      ´しハ ∨|: : : :|│
              ; : :|: lハ{{. Vソ     Vソ }}レ宀宀|___r冖冖、
               | : :|: : :∧ :.::::   ,    ::::.: 儿_____丿     「L.. ノ^|
               | : '|: : :lーヘ             |     |     |     |
               |/ :|: : : : : : ..  マ   ^)   イ|_ _|_ _|_ _|`ヽ
               八::. : :∨:个ト   __  イ: / |     |     |     │ ∧
                   ∨\{\レ〉     〈/|/|     |     |     |   〉
             ______,,..r<         >|_ _|_ _|_ _|/ /
           / . . . . . . . .人  丶     rく `|     |     |     |/ヘ
             . . . . . . . . . . . . .\      _/{_ノ|     |     |     |. . . |
          / . . .|: . . . . . . . . . . .  ̄ ̄し´. . . .`'┴──xー―‐┴― ─|. . . |
           _/. . . 八 . ./. . . . . . . . . . . . . ヽ. . . . __/|/{{          ∧. ..ノ
.       / . . . . . . .∨. . . . . . . . . . . . .. . . .\く   /. . . \   ____,/. ./
高峯のあさんの遺言                         / ̄ ̄ ̄  `丶、
                        /           \
                       /
                    /       /',         ヽ
                    ,′l    ハ i  ',      l    !
                    l ,ィ   | _I_|  ',     」    |
                    l 〈 |   」 У\ \ _厶    ,'
                   ,゚ ゝ! i 找メゝ、    \/ ハ  /
                    /   | |\!      衍ア/ j/j/
                     /   圦 |      丶  /|  \
                 / ,ィ7iニ∧!\  ‐-   /l |     \
                  /,ィニ7├ヾ\  \_ ,..<  У      \
               =ニニ二| |  `゙''=…「 \二ニx        \
               二二/ニ! \      |   \二I          \
                /ニニ二lニ/    \    ! r―‐メニ|            \
             /二二二ェ'ー―┬‐ヘ     l/  \二!        \i\  l
            ニ二二二|二二ニ|\ \  | |   寸|          ', \|
            /二二二ニ|二二ニ|  \ ヾ  i    リ          `、
            二二二二 I二二7    \  /    j     \      `、
           /二二二二j|二ニ/      У    /        \     |
           /二二二7二il二/        〉___,ィ二\        \  7
            /二二二7二ニ|ニん    _..イ  〈二二ニ\        \/
            /二二二/|二ニ レ′  ̄       { /ヽ二ニニニ_\ |\     /
          /二二二,  |ニ二/         j_ノ:\\二二二\  \   /
         /ニ二二/  |二7。..,_____.。s≦:::::::::::゚。 ヾ二二二厂¨ヽ、/      ___
         二二二7    ニ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚。 ヾニ=一'`‐-ュア,ー‐ニニ二二二二/
       /二二二/    //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  \二二二二二二-‐―…''゙´/
     '゙二二二/   //l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l                   /
   ,イ二二二/   // I::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l                 /
.  / \二_/     //  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|             /
 // _イ       //   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ            /
. と,イ | l i      ,ニ′   ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:.l           /
 i_/LLlノ      iニ_     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.|          /
           二{       \::::::::::::::::::::::::::/\.:.:.:.:.|_______/
           二I        ヽ____,.'´.:.:.:.:.:\.:.:|
           ニニ|         \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\!
高峯のあ は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
一ノ瀬志希 「死ななかったら●で」
一ノ瀬志希 「ではのあにゃん噛み合わせで行こう」
一ノ瀬志希 「くっそー!狼4Wの絆を粉々にする真占いめ!」
一ノ瀬志希 「敵は…敵は取るからね!!」
一ノ瀬志希 「フレちゃん!!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
宮本フレデリカ は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
アン0 票投票先 →宮本フレデリカ
黒川千秋2 票投票先 →宮本フレデリカ
宮本フレデリカ5 票投票先 →黒川千秋
一ノ瀬志希1 票投票先 →黒川千秋
ユーリ0 票投票先 →一ノ瀬志希
高峯のあ0 票投票先 →宮本フレデリカ
桑田怜恩0 票投票先 →宮本フレデリカ
苗木誠0 票投票先 →宮本フレデリカ
「◆タチバナGM 
           ~今日のメニュー~

      ,.:-‐‐ー゛ゝメ,ッ:,,
     ,.':::::‘::::::’::::` ホヘ
     ,':::::’:::::‘::::::’:::::゛i,゛
    ,':::‘::::::’::::‘:::::’::ノ
    ,'::::’:::‘::::’:::‘:::.,.'
    i、‘_;;;’;;‘;;;.-''´ ⌒\\
      /: / : ,へ : \: : : : r‐ァ_
      .′ヘ_ ′ Ⅴ: : \: : Y:ニY       子羊のイチゴソース掛け
      |: :|     `¨¨¨¨.| ::iゝ-く
      |: :| ┃     ┃| :.i|:.i|: | 
      |: {    、_,、_,   |: :j{ i|: |
      | 八   乂ノ   ._|: /: i|: {
      |: :从`l ̄ ̄ ̄ ´.}| ′:i|: i|
      |: : :八:Y:::::::::::  l_-===-==-< ヽ
     /: : : : : :}          、__... l::::..)
    八:从: :ト、」       、 、..:::::: :├彡
       ⌒. |  __  ____.:: :|
.          | ..:|   |  |  |:....|. |:: :|
          乂ノ   乂ノ  乂ノ 乂ノ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
宮本フレデリカ 「真いるでしょ?だから灰詰めたんだよ?
で、ここで吊る占い指定しないとダメだよ?>アンちゃん」
ユーリ 「志希なら乗るけど
あっ、僕は君に投票しないから、当たり前だけどね>フレデリカ」
黒川千秋 「フレデリカ吊りならそれはそれで構わないが。
その場合は苗木占いは撤回するべきだな。」
苗木誠 「決め打つって言っても全視点の●吊ってるあたり冷静だよね
ちなみに全偽は見てないよ、幸子と日下部さんと宮本さん全員村はありえない
これはだいたい共通理念だと思うし」
桑田怜恩 「その上で占いを斬らないのかという話だぞ」
一ノ瀬志希 「私は対抗投票自体が不要だからねー。
というより場合によってはLWあり得るし昨日吊るには怖かったっていうのもあるの」
アン 「昨日吊りなさいよね
杏で吊れてんでしょ?>フレデリカ」
桑田怜恩 「別に真いるの前提で話しているが?>アン」
ユーリ 「ああ、そうするの」
高峯のあ 「うーん…?」
アン 「斬らない
昨日灰吊ったなら
真いるでしょで突っ切る」
一ノ瀬志希 「うう…」
黒川千秋 「飼い狼は見つかったから志希にしろユーリにしろ吊るのは
構わない。残った対抗を占うか苗木を占うか?
そんな事はこの会話の間に私はもう決めている。」
宮本フレデリカ 「断固拒否!
フレちゃんは千秋ちゃんに投票するから、みんなで考えようね>アンちゃん
ユーリ 「僕は一番票が集まりそうなところに投票しただけだよ
あんまりいい手じゃないのは承知の上だけどね」
アン 「悪いけど、もう占い一人決め打つ」
桑田怜恩 「…占い、斬らずにか?」
苗木誠 「なんで君たちはボクを占わないのか、いや占ってほしいわけじゃないけど
むしろボクを占うよりまだ対抗を占った方が得だと思うけど」
一ノ瀬志希 「フレちゃあああああん!!」
宮本フレデリカ 「だって、フレちゃんくらいしか●の出し場所ないじゃん?>千秋ちゃん」
アン 「フレデリカ吊り」
桑田怜恩 「落ち着け>アン」
アン 「フレデリカ吊り」
桑田怜恩 「…うーん
こうなると一の瀬狂人だけはねえよな…オレに●投げるの安定だ」
ユーリ 「大体フレデリカの言う通りかな」
アン 「今すぐ、説明しろって言ってるの」
黒川千秋 「いや、これはやはり苗木を占うべきだったか。
昨日から今日にかけての発言があまり村らしくない。」
宮本フレデリカ 「で、今日ここで占い吊りだよ」
苗木誠 「黒川狼で一ノ瀬真がないと、一ノ瀬真なら黒川狼は薄いはだいたい同じ意味だと思うけど」
桑田怜恩 「あ、それか>苗木
なら納得だ」
宮本フレデリカ 「バラける展開で自由に占いランして、吊れるわけないじゃん
だったらまだ灰2択だよ」
一ノ瀬志希 「何とも素直な子だったよ。ハスハス。」
苗木誠 「あれ?日下部●と千秋さんがそこに投票してることを絡めて考えてたよね?>桑田クン」
黒川千秋 「狼か。昨日は怜恩を占うのは決めていたとは言え
こちらを占う事も多少考えてはいたのだが、失敗だったらしい。
しかしよく私の●を潰しに来ないものだな。」
アン 「灰投票して噛まれてんじゃないわよ!」
高峯のあ 「そこ噛みってかなり意外なのだけど…」
宮本フレデリカ 「占い指定しないこととほぼ同義だよ>アンちゃん」
桑田怜恩 「そりゃなぁ
●が怪しいかどうかも占いを見る手がかりだ」
ユーリ 「はぁ……
でも、ここ●だと逆に面倒くさかったから良かったかな」
宮本フレデリカ 「千秋ちゃんから●が来るのはだいたい知ってた」
アン 「灰吊ってどう勝気なのか説明してちょうだい
今すぐに」
一ノ瀬志希 「理由:占い指定しろといった位置だねー
どうにもなんか推理は重々なんだけども
あくまでも占いの●だけしか見てないのかな?
見てみますかー♪」
黒川千秋 「ここは素直に交換しておこうか。○なら無論それで良し、呪殺だとしても。
●であっても問題はあるまい。というか、昨日の
●が飛んでくる事をやけに意識している辺り、多少の狐目を感じたというのはあるが。」
宮本フレデリカ 「なるほどー、そうきましたかー」
苗木誠 「ユーリクンが吊れて○が噛まれたら(=狩人避け)
狼としては純粋な占い勝負がしたいってことで残った占いロラを提案
逆に杏さんか共有が噛まれたのなら、この中に真占いがいるかもしれないと
覚悟してあと一日だけ視点追い、これがボクの予定だったかな
……まぁ杏さんが吊れるともう前者しかないだろうけど」
高峯のあ 「さて、今日こそユーリを切りたい…」
ユーリ 「僕のことを好きにならな人は邪魔だし、僕の○に置いておく意味もないんだよね
だから占うのはここ一択だよ
●出ると誠やのあと結託されそうで面倒くさいんだけどね
ここ○なら多分ネネで吊れたんじゃないかな?」
桑田怜恩 「つーか、苗木?
オレ昨日の時点でお前と同じようなこと言ってたか?

で、同じ●ならやっぱ輿水よりは日下部のほうが狼っぽくはあるな…一の瀬投票失敗だったかこれ」
黒川千秋 「占いCO 宮本フレデリカ●」
一ノ瀬志希 「占いCO 桑田クン○なのだ♪」
宮本フレデリカ 「おはでりかー」
ユーリ 「君たち、邪魔だよ
秦こころは○」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双葉杏さんの遺言
                 ,. . :  ̄ ̄: `ヽ、
             /: : : : : : : : :.、: : : ヽ、
             ,:': : : : :.:|: : : : : :.|: : : 、: :.\
         /: :.|: :.|: :.|: : : : : :.|: : : :.',: : .、`-'
          |: : :|: :.|: /: : : : ,: ∧: :.|: |: : :.l
          }': : |: :.|:/-l:, : /:/ }-:从!: !: {
           /:,: : |: :.| ●,.イ{/  ● |: |: : 、
        /:/: !: {: :.|             }: |: ヽ:___________
         {:,': :.l: :',: :|     r―ュ   人:|: ,:.:| |             |
         ∨: :|: ∧:|:>_r-- r-=≦: : :リ: :}:.| |             |
        ,.イ≧、イ: :.リ:/´=ミ__ -ヽ\:__,.,. | |             |
      /: : : / ` ̄ /      `ヾ}       }.| |             |
      /: : , '     / }       l ',      ||_|___________|
      {: : {      /  ∨      |∧     }: : : :.| _|_|__|_
秦こころさんの遺言    ノl、       /|
.   i  ヽ、    __ノ {
   {   __>---<´   }
.  ,ゝ ´,r- ,  ,.-、ヽ ./
  ソ /NVヽ. /V∨|`フ
  /,| l|( 0 ) ( 0 )|く`i
  iソl   __二__   |く|.}
  `人  ´、_.ノ  .l ヾ
.   ヽヽ、     ノ ./
   ヽ/ヽー-─.´`V
秦こころ は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
一ノ瀬志希 「にゃん」
一ノ瀬志希 「じゃあかんばろー」
一ノ瀬志希 「お前を暫定狼位置とする」
一ノ瀬志希 「アポ。」
一ノ瀬志希 「のあにゃん○」
一ノ瀬志希 「うん。ここは暖冬の思いでこころちゃん噛み」
一ノ瀬志希 「私視点の残り持ち灰は3つ」
一ノ瀬志希 「ぶっちゃけ占い噛む意味は薄い」
一ノ瀬志希 「千秋が狐かどうか。」
一ノ瀬志希 「ユーリ狼かどうか」
一ノ瀬志希 「やることは一つー」
一ノ瀬志希 「さてさて」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
双葉杏 は投票の結果処刑されました
5 日目 (2 回目)
アン0 票投票先 →黒川千秋
黒川千秋1 票投票先 →双葉杏
秦こころ0 票投票先 →双葉杏
宮本フレデリカ0 票投票先 →双葉杏
一ノ瀬志希1 票投票先 →高峯のあ
ユーリ3 票投票先 →双葉杏
高峯のあ1 票投票先 →ユーリ
桑田怜恩0 票投票先 →一ノ瀬志希
苗木誠0 票投票先 →ユーリ
双葉杏4 票投票先 →ユーリ
5 日目 (1 回目)
アン0 票投票先 →黒川千秋
黒川千秋1 票投票先 →双葉杏
秦こころ0 票投票先 →一ノ瀬志希
宮本フレデリカ0 票投票先 →双葉杏
一ノ瀬志希2 票投票先 →高峯のあ
ユーリ3 票投票先 →双葉杏
高峯のあ1 票投票先 →ユーリ
桑田怜恩0 票投票先 →一ノ瀬志希
苗木誠0 票投票先 →ユーリ
双葉杏3 票投票先 →ユーリ
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
「◆タチバナGM システム:投票制限時間をリセットしました。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
宮本フレデリカ 「フレちゃんは灰に投票するからねー」
ユーリ 「●もらって以降のキョドり方は面白かったと思うけど>フレデリカ」
黒川千秋 「幸子か若葉で誤爆なり身内切りなりがある可能性はあるが
霊能噛んで身内切りは無いでしょう、誤爆はある程度あると考えているけど。」
宮本フレデリカ 「うん、もっともっと続けていこー>志希ちゃん」
桑田怜恩 「他二人はオレもブレてきて悩んでる」
秦こころ 「今の一連の発言はしきにゃん向けだから安心してちょ>ユーリ」
宮本フレデリカ 「幸子ちゃん怪しかった?飛びそうだったのは確かだけど>ユーリちゃん」
桑田怜恩 「黒川は残したくなった>アン」
双葉杏 「ん~んん~?」
苗木誠 「それを昼に言ったらそのままの噛みを真似されちゃうんじゃないかなぁって
わけでどんな吊りでも明日言うよ、ボクが死ぬならその限りではないけどね>桑田クン」
一ノ瀬志希 「志希ちゃん結果だしてるよー >フレちゃん」
桑田怜恩 「んー、黒川真狼…そう言うぐらいしか見えねえか
狂見た限りでは」
秦こころ 「私で判断ついてて霊能→茜って来るのはどうなんだろうなあ」
ユーリ 「とりあえず幸子の怪しさを見てくれないかな?」
宮本フレデリカ 「まあどっちにしろ志希ちゃんが真なら結果出せばいいじゃんいいじゃん>志希にゃん」
アン 「桑田>占いどこ残したい?」
双葉杏 「単純に日下部の発言が素もありえるのかとも出てきて
となるとユーリが生存してる辺りで考えるかな」
黒川千秋 「占いランは反対したい。
霊能噛みで対抗以外に狼が残っていない可能性もある状況だ、
ここで下手にLW吊りなどという事態になったら占い師としては悲しい。」
桑田怜恩 「髪を見るって?
どういう噛みならって話になるが」
ユーリ 「占ってから分かったんだよ?>こころ」
一ノ瀬志希 「志希ちゃん視点だとこんな感じかなー。
逆だったらごめんだけどもねー」
秦こころ 「つまり視点推定狂人の初手○占いをしたと」
苗木誠 「ていうかボク桑田クンとほぼ同じこと言ってるな」
宮本フレデリカ 「そうだねー、フレちゃんもそれに賛同!表参道!>千秋ちゃん」
アン 「ユーリは発言は合わないけど理由はそこそこ好みだから悩ましいんだけど
溶ける気はしてる」
一ノ瀬志希 「千秋ちゃんはねー。
ちょっと迷ったっていうのもあるんだけど
どこともつながってない印象。なので狂人かな?狐もあるかもだけど」
苗木誠 「なんでボクとしてはユーリクンを吊って噛みを見るって方向で行きたいかな」
高峯のあ 「ここは1切り…よね?
私からはユーリ切を推す、真があまり無さそう…」
桑田怜恩 「指定しろ>アン
狼というか狐も残っていたら真っぽい場所に行っちまうぞ」
宮本フレデリカ 「占い消しちゃうかー
灰詰めしてもいいと思うけど、ダメかなー?」
ユーリ 「だから千秋が狼だと考えるよ」
ユーリ 「茜でもフレデリカでも囲ってないなら志希は狂人かな?
誠と杏は両方ともグレランで結構票貰ってたし、あんまり灰に残しておけないと思うんだよね」
一ノ瀬志希 「ユーリ君かな?
ユーリ君狼でも茜ちゃん噛む場面ではあるし >こころちゃん」
秦こころ 「私占いは千秋狼視っぽいけど」
黒川千秋 「アン、この状況なら私に
フレデリカを占えと言うのであれば反対はしない。
今日は杏と苗木のランを提唱する。」
アン 「暫定
占いラン」
苗木誠 「信用度で言うなら一ノ瀬>ユーリ>黒川さんなんだけど
一ノ瀬さん視点だと黒川さんは吊らない方がむしろいいんだよね
初手日下部さん投票だから偽だとしても情報吐き出すことが期待できるし、
非狼の方が大きい」
双葉杏 「ここで全員○をどう考えるかな」
桑田怜恩 「となると、一ノ瀬か
吊りたい位置はって言ったら、なんかオレ狐みたいであれなんだよな…」
秦こころ 「しきにゃんって対抗のどっちで狼見てる?」
宮本フレデリカ 「●1個使っちゃったから、もうむやみに出せないかな?>ユーリちゃん」
桑田怜恩 「んー?
黒川狼ならオレに●ぐらいとは思っていたが…」
一ノ瀬志希 「んー。なるほどなるほど。ありがとねー♪ >こころちゃん」
黒川千秋 「違うのか。かなり●に期待していたのだが。」
秦こころ 「あーちょっと悩む。千秋の占い先自体はいい」
双葉杏 「はい >全員○で死体1」
ユーリ 「結構自信あったんだけどなー>フレデリカ」
一ノ瀬志希 「理由:朝一発言が灰占いを占ってほしいっていうのが出たので
占われたくないのかな?っていうのが感じたっていうのもあるのだ
この場合、灰を詰め切ったほうが楽なんだけども想定が違うのかな?
という感じがしたので占うのだ」
宮本フレデリカ 「おお、フレちゃんに●が飛んできそうな予感がしたけど、違った~」
双葉杏 「黒川-ユーリで真狼想定にすると
三日目か四日目のユーリが狼見つけてると
ユーリ死んでそうながあるから
一ノ瀬狂、ユーリ狼、黒川真と想定するね。」
黒川千秋 「流石に完灰が2で灰占いをしようとは思わない。
苗木も昨日になって占いたいと思ったのが、これならのあより
先に占うべきだったか。杏はもう中身が何であれ放置。
ならば狼目のユーリの初手○である怜恩を占おうか、灰の誰がどうという
推理を出してない辺り、初手に囲われて遊んでいる狼は普通にありえるだろう。」
高峯のあ 「信用はシキ>千秋>ユーリ、だけど…
初手霊というのがユーリ狼説における疑問…狩人探しの方がよさそうに見える…」
双葉杏 「さって~一ノ瀬真狼だと
前日の発言がになるから
まず一ノ瀬狂で後は」
ユーリ 「茜で囲ってないなら初手で囲ってるんじゃないの?
だからフレデリカかこころの二択
個人的にはつまらないギャグを言ったこころを占いたいけど、中身が見えないのはフレデリカなんだよね
茜を噛みどころだと言ったのが、狼の本音に見えなくもないし
茜が噛みで死んだのを確信してるようにも見えるかな」
一ノ瀬志希 「占いCO こころちゃん○なのだ♪」
秦こころ 「完灰が2人だけだし占い一枚切らないのであればどっちか吊り。
占い吊るってーなら千秋かなあ。あの噛みを単純に自分の○減らしと思ってなさそうなのが」
宮本フレデリカ 「おはでりかー」
黒川千秋 「占いCO 桑田怜恩○」
双葉杏 「おはようさーん」
桑田怜恩 「占いか?
こういう場面では狂人位置を吊るすでよかったのか?
真狼保護って意味ではユーリは残したいか

まぁ、二日目とかの投票視る限りでは
黒川千秋 0 票 投票先 → 日下部若葉
黒川狼で、一ノ瀬真という形だけはなさそうなんだが」
ユーリ 「魅惑の香りで虫を誘う二輪の美しき花よ!今ひとつとなりて、その花弁の奥の地獄から、新たな脅威を生み出せ!融合召喚!現れろ!飢えた牙持つ毒龍。
レベル8! スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン!
宮本フレデリカは○」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
日下部若葉さんの遺言                    /{
.         _   |\ /: :{
     __ >: \|: :V:  /  _
    >――: : : : _ //: : :>     __
 | ̄\: : : : :_/: : :\: :<  --ミ / ∧
 | \ 丶:`フ/: : /≧ミ:.:丶く /: : : 丶/ |
 |   丶 /: : : /≧=ミ≧ミ: :∨/ x≦ヽ:  \|
 l     /: : : \`~^~^~^~^~^㍉x≦x≦l: : : ,
,ノ:‐=≦: : : : :/ \       `~^~^~:|: : : : ,
: : : : : : : :/'   \__,         |/: : : :\
: : : : : :   /     ____       -‐ ‘:,: : : : : 丶
: : : : : : /   イ :|  ト、         ト、: : : : : :,
: : : :  イ   / _|_人__|      イ ト、 |: :\: : : : |
: : : /\!  _/   ̄ Y´ 「       _人_ V: :{く丶: : |: : :.|    タイホする~!!
:  / -ハ   {   :乂l_:ノ     `lYノ  〉-:.{'´ |: /|: : /
: :/ ,/:::.〈        --           ゝ  // /乂 |/ :|/
:/∧ ゝ-|  ⊂⊃             ̄   ∨ /: ≧=‐一
: : \ -        /≧=‐-  -r‐ ⊂⊃V: :\
: : :  ≧s。      /::::::::::::::::::::::::::|      ノ: : 「
: : : : : r‐‐≧s。 :|::::::::::::::::::::::::::/_,,..。s≦: : <
: : <二二ア´ ̄) :| :::::::::::::::::::: /二>: : : : : \
: : : :/__ -‐=≦:乂____/<ニフ: : : : :   \
: :  く`¨¨¨ア/|,,.. -‐〈_〉--<ア 「: : : : :{ ̄ ̄ ̄
: : : :}     |/ }}:.:.:.:.:.:{{ 「\/: : : : : :≧=一
: : : く二二ア´    ㍉,,,,㌢\|   }: : : : :\
: : : /   /}     8  8 |二二/: : : : : <
: : /   /ノ      8  8 /|   {: : : :/ ̄ ̄
:  /   /       8  8/: |   {: : : /
川島瑞樹さんの遺言             //   / ̄` <フ´ ̄ ̄ヽー 、
            /   /   /ヽ/=二|   \ ヽ
 ┌────┐    /.  / /      |  k   ヽ、\
 │     川 |   /    / /       |  ヽ.   |  ヽ
 │ 28     |.  //   /| |        |_|_  i   |   |
 │     島 |  //i | _,,⊥LL   ,-''´ ̄ | ||` |  | |  | .|
 │.歳 .     | //| |   | V     _. _」l|、_,,|.  | |  | |     そうよね、
 │     瑞 |. | | | .|_/_ヽ    ´‐な ノ|~||ュ「 |  | | |  |
 |        |. レ | .|| 杯下`i`. i     り;;ノ ||'i   | | |.  |      やっぱりアンチエイジングとか
 │     樹 |  V | ||ヽLU  ノ        リ.|   | リ|  |
 └────┘    | .|l.|             ||  | | / /         大事よね
             .| |ヽi    `        .ノ 〉 | | //
       わ     V  k    < ̄フ   ./|/ || |,-'つ)ュ
        か    _,,-/~ニつ' フ      ./ .| (こVーノ´ーK__
        る   / .「 /´,,ェニ´>、_,,.‐''´  .| く 'ノス‐~`ー<´
        わ  ./    ┌-‐´   |     .| ‘〒=^ヽ=< ´
            |    /‐-、__,,.ノ     ヽ、/ i i i ヽ
           .|    / ☆/ ー        / ノ | リn | ̄ヽ
川島瑞樹 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
一ノ瀬志希 「では残り2名対応してくる」
一ノ瀬志希 「んじゃこころんに○出すね。」
双葉杏 「んー…いや、いいよ」
双葉杏 「おっけ~、まぁ狩人生きてるならどっちかだろうけどね」
一ノ瀬志希 「ブラフの杏ちゃん○ほしい?」
一ノ瀬志希 「メインはこころちゃん○」
一ノ瀬志希 「今から全位置の呪殺対応してくるね」
一ノ瀬志希 「それじゃあ杏ちゃん、200で共有二択頼むのだ~」
双葉杏 「さてはて」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
日下部若葉 は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
アン0 票投票先 →日下部若葉
黒川千秋0 票投票先 →日下部若葉
川島瑞樹0 票投票先 →日下部若葉
秦こころ0 票投票先 →日下部若葉
宮本フレデリカ1 票投票先 →日下部若葉
一ノ瀬志希0 票投票先 →日下部若葉
ユーリ0 票投票先 →日下部若葉
日下部若葉11 票投票先 →宮本フレデリカ
高峯のあ0 票投票先 →日下部若葉
桑田怜恩0 票投票先 →日下部若葉
苗木誠0 票投票先 →日下部若葉
双葉杏0 票投票先 →日下部若葉
「◆タチバナGM 
           ~今日のメニュー~

             ___ 入    _/^ヽ,      
            /∴}メ∴Y⌒ヽ7∴∵iー7.^ヽ,        娼婦風スパゲッティー!
          ,ヘJ∵_ノ辷ニ冖⌒ヽ ̄`ヽ辷ヾ_∴ }
         ん∠^∠^ヽ∠^∠^ヽ∠^∠^ヽんJ        材料:いちご・娼婦
       ,ィ≪三^^=-三三三ミミx≦三三ミzニニヘ 
      ,ィ三三=- 彡∠^ヽ彡三三三 =--ミ=ニヾゞ 
     ノ'/;:ヽ-ニ三三=-三/⌒ヽニ三三ニニr⌒ヾ三ミん 
   ,ィ彡〈∴∴iΞミゝ、  ,ィ∴∴ 〉三У 三{ ∴ Y三三ヘ
 __λ三=,ヾ∴;ノ≧=‐ 彳彡ヾ、∴厶≠三三圦∴_丿_三三j
 ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ノ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日下部若葉 「私は大人のお姉さんです~!」
苗木誠 「いや、でもどうせ信用勝負なら狐は対応できれば問題はないのか
対応できればってのも難しいけど、むしろ恐れるのは狩人二●をあてることになる」
宮本フレデリカ 「答えは夜に書いておくね>アンちゃん」
日下部若葉 「あと、狐目ですけど、狐目ではないですが、杏ちゃんがやっぱり気になるので!
人外だって認定はしてないですけど、杏ちゃんはチェックしておいて下さい~!」
桑田怜恩 「左右田と一緒にするなよぉ!?>ユーリ」
ユーリ 「カードにするよ?>こころ」
高峯のあ 「杏を占うとかどこから出てきた話…?
そもそも占える位置じゃないわ
黒川千秋 「>若葉
ネネか? 茜との比較で見た限り
私からは特に引っ掛かるものは無かったが。」
川島瑞樹 「明日占い1切るから、どこ切るかは考えておいてね>ALL」
苗木誠 「ユーリ・黒秋さん真狂・一ノ瀬さん狼のパターンで茜さん噛んで灰●のケース
だとしたら勇気があるってレベルじゃないんだけど……狩人と狐が怖くないのかなってなる」
双葉杏 「一ノ瀬真狼だと想定が変になっちゃったよ
参ったね >宮本」
宮本フレデリカ 「強打者ともなると、甘いコースは見逃してくれないよ?>ユーリちゃん」
日下部若葉 「呪殺GJならどこでGJが発生したのか、疑問っていうのもあるので!」
ユーリ 「君はまだ童貞でしょ?>怜恩」
秦こころ 「>桑田
それならそれでユーリ真なら有利に働くだけだし別にいい。
あっ今私上手いこと言ったぞ! 激旨ギャグだ!」
日下部若葉 「幸子ちゃん●、で茜ちゃん占わなくて良かった、って言って結局今日しぶしぶ占って噛まれてる、っていうのがユーリさん真っぽくないので、
千秋さん真に私はベットします!」
アン 「銀座の駅で初めて日本の電車に乗ったとか?>フレデリカ」
桑田怜恩 「オレの初体験?
青少年として言ったら怒られるからなあ」
ユーリ 「そうなんだけどねー
もしかしたら僕噛みとかあると思ってたし、囲い位置にできるからこの時点で噛まれることはないと思ってたんだよね
呪殺だったら、まぁって感じなんだけど>フレデリカ」
宮本フレデリカ 「寝て起きてスッキリしてからが勝負だね>杏ちゃん」
一ノ瀬志希 「ああ、私も杏ちゃんは占わないなー。
理由はまあ2日目の投票なんだけども。」
日下部若葉 「うぐぐ~!!」
黒川千秋 「逆に考えようか。
茜が噛まれた事でのあが非狼非狐であった事から
私の○が減らずに済んだと。」
日下部若葉 「ユーリちゃん、よりは千秋ちゃん、です、今のところは!
昨日のネネちゃんの発言見てないんじゃないか、ってのが千秋さんは気になってたんですけど!」
アン 「?>いやナニの初体験かまでは指定してなかった筈だけど」
桑田怜恩 「オレはユーリ真狼でみてっから
そこが死ぬってのは、割と納得ではあるんだわ」
秦こころ 「チアキングさん視点1囲いどころか2囲い入ってるまでありますね?」
高峯のあ 「さり気なくプライベートを聞き出すのは、スマートじゃない…>アン」
宮本フレデリカ 「6年前に銀座の駅で>アンちゃん」
黒川千秋 「杏? 幸子がああ言ってはいたがよほどの理由が無い限り
占おうとは思わない。それが私の昨夜の総括だとは宣言しておくわ。」
双葉杏 「前の発言が崩れた、寝よう、リフレッシュして
また考え直しだ」
日下部若葉 「アイドルとして、お姉さんとして復唱拒否します!!」
ユーリ 「あーあ、僕のせっかくの楽しみが台無しだよ
これは狼に責任取ってもらわないとね?
二人で震えてなよ」
高峯のあ 「ユーリ狼ね…そうならば真が噛めないという方向性」
桑田怜恩 「呪殺かみ合わせ狙いでやってもおかしくねえんじゃね?>秦」
宮本フレデリカ 「いや、村なら噛まれるでしょ
噛み場所でござるでしょ>ユーリちゃん」
一ノ瀬志希 「うんうん。なんか2日目から見返したら
結構違和感多かったねーというのでなるほどなーと。」
日下部若葉 「うーん、うーん。ちょっと志希ちゃん真目で見てたので、ちょっと考えさせて下さい!」
アン 「狐目あるなら残して置きなさい
後、初体験の年齢と場所」
苗木誠 「日下部さん●ねぇ……、まぁおかしい!ありえない!ってほどじゃない」
桑田怜恩 「で、●位置はちょっとオレからは判断つけにくいか」
秦こころ 「ユーリ狼だとむしろ茜噛みはしないよ。
信用やってんのに狼のかみ合わせに見せる意味が薄いぜベイビー」
黒川千秋 「しかしそうか、のあは狼でも狐でもないのか。
これは失敗したかもしれないな。」
宮本フレデリカ 「灰が詰まってくほうが楽しい感じはするよね>こころちゃん」
日下部若葉 「COありません~大人のお姉さんです~!」
日下部若葉 「え、志希ちゃん真目で見てたよ!?言った方が良かったですか~!?>志希ちゃん」
双葉杏 「あれ? >一ノ瀬から若葉に●」
ユーリ 「これ呪殺GJだと思いたいなぁ
あそこまで言っておいて、いきなり茜噛まれたとか僕はショックだよ」
高峯のあ 「ま、囲いなわけ無いわよね…>茜死体」
アン 「若葉CO」
秦こころ 「ほふーん>茜死体」
桑田怜恩 「ああ、これでこの死に方ならユーリ狂だけは薄そうか」
黒川千秋 「おおよそユーリ狼で噛み合わせた、という噛み。」
宮本フレデリカ 「ほー、志希にゃんから黒いのがでたー」
一ノ瀬志希 「ちっちゃかったので訂正訂正。」
日下部若葉 「あ、茜ちゃ~ん!?<茜ちゃん」
一ノ瀬志希 「理由;初日から占い真目を見つつ
やたらと真とは~とそんな感じな発言が多めだったねー。

んで。誰を真で見てるの?っていうのは触れないんだなぁということで。
さくっと占いましょう。」
双葉杏 「ま、日下部は一ノ瀬が狼なら
庇いっぽい発言だなで考えてて
狂人っぽいなら置いておこうだし」
苗木誠 「ユーリ真ー幸子狼、ユーリ狼ー幸子狂人、ユーリ狐ー幸子狼・狂人かな?>今のところ考えてるパターン
幸子さん村はほぼ見てない、発言は見えてるけど発話者は見えてないっぽいし
言うのを淀んでたからこっちも淀み返したらボクに投票してるしね」
秦こころ 「暫定○占っておいて欲しいけど灰詰めたいって占いだったらまあそれはそれで。
結果と理由次第ではあるけど」
黒川千秋 「ユーリの真贋にばかりかまけて他の部分をまるで見ていない。
役目、それも狼狐目として占うべき相手として彼女は申し分ないだろう。
結果は何かしら出ると私の中ではほぼ確信してる、躊躇はしない。
もし○で生きていたとしたら・・・、申し訳無いが。」
ユーリ 「はいはい分かった分かった
勝たないと面白くないからね
まぁ、あそこまで言っておけば茜噛みはないんじゃないかな?
なんか僕が噛まれてもおかしくない気がするし、確定○作っておくのは大事だよね
ところで君のSSRはいつ復刻されるの?」
宮本フレデリカ 「なるほど、わかりやすい感じはしてきたかも」
高峯のあ 「信用ルートならユーリ狂と見るわ
ただ真を噛めないと見てやむなく、ならその限りではない…」
一ノ瀬志希 「占いCO 若葉ちゃん●なのだ♪」
双葉杏 「ユーリ死体ならわかりやすいけど
それ以外なら信用路線で
狼が焦ってないでユーリ下がる感じはするね
真なら共有にも突っ込まれてたし死んでそうでさ」
桑田怜恩 「ああっと、高峯はユーノ狂人でみてるってかんじでいいのか?
輿水は●ぶつけられた後の発言は悪くねえっていうのは見たが…双葉なぁ。」
一ノ瀬志希 「占いCO 若葉ちゃん●なのだ♪」
双葉杏 「おはようさーん」
黒川千秋 「占いCO 高峯のあ○」
ユーリ 「はぁ……
日野茜は○」
宮本フレデリカ 「おはでりかー」
日下部若葉 「緊張はしないタイプですっ」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
日野茜さんの遺言 .            ∠ : : : }⌒\_. >‐‐ミ、
            /: : : : }_/:./: :/\: :ー‐ .、
         /: : :/:./ : /: : :/ : : : : : : ⌒ヽ:',
.        厶ィ : : /: : : /: : :/: : : / : / : ∧:',
          {: : /: : : /: : :/ : / : /}: :ハ: : ∧:',
.          /: : i: : : ,. : : /:/ }/ ./ : } .}: }: }|: :',  お茶をおかずにごはんを食べる!
.         /: : : : i : : :i: : :〃芳ぅメ  }/}/ |/}: }|: : i
.    _ /: : : : : : :/⌒|: :/{ 比:り    r==ミ}/:|: : |   元気ひゃくばい!!
.  /: _ : : : : : : : :l{  |: {  ゞ‐     f芯 }[/|: : |    ガッツが沸いてきますよぉー!!
 /:/  /: : : : : : : :人  |: {       , 弋りメ/.i|: : |     
/⌒:ー /: : : : : : /: : :\!: !    r   、    /} !: : !
 ̄ ./: :/}: / : : : : : :l|: |、   ::::::::::::}   /ノ .l|: : |
. /: :/ ./:/ : : : : : : : : |: |:i\  、_ /  . .イ:.|  ! : :
イ{: : :{._/:/: : : : :, -、‐く.!: !\  、__  .イ{: /: :{  }/
イ{: : :{: :/: : : : :/  V/⌒>┐ 、 {__ : : | V : /}
:.: !: : :!/: : : : : : ,    {    } }j }>‐‐、}: /: !
: ∧: : V: : : : : :,    ,   /\} {i:i:i',i}\: :{
/ .∧ : }: : : /,   /   /i:i:i:i:i:i} }i:i:i:i\  ',、           /}⌒ ┐
\: : アア:/: :.,   ./   /i:i:i:i:i:i:i:iVi:i:i:i:i:i:i:i,  V:\       {_j   .}
   ̄{: :{ 厶ィ.′ /    ′i:i:i:i:i:i:i:i}i:i:i:i:i:i:i:i:i'.  V: :}        {   ,
     ̄   {  /   /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i}  .V/        /   /
         {/   /i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   V   ,,..     /
         /     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/{    '>''´     /
日野茜 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
一ノ瀬志希 「占いは噛まない方向で。
日野⇒共有1枚⇒ふりー
こんな感じでー」
双葉杏 「ま、賭けは変わらないし、いってみよ-ぅ」
双葉杏 「どーしようかね」
一ノ瀬志希 「まあまあ。
じゃあいつも通り日野ちゃん噛みで若葉ちゃん●出していこう」
一ノ瀬志希 「さあどうしようかにゃ?
幸い杏ちゃんは生き残れる位置にゃ」
双葉杏 「オリーブオイル自重」
一ノ瀬志希 「みち」
双葉杏 「きっついわ~きっついわ~
おつかれさ~ん」
一ノ瀬志希 「もこ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
アン0 票投票先 →輿水幸子
黒川千秋0 票投票先 →輿水幸子
川島瑞樹0 票投票先 →輿水幸子
秦こころ0 票投票先 →輿水幸子
宮本フレデリカ0 票投票先 →輿水幸子
一ノ瀬志希0 票投票先 →輿水幸子
ユーリ0 票投票先 →輿水幸子
輿水幸子13 票投票先 →苗木誠
日下部若葉0 票投票先 →輿水幸子
高峯のあ0 票投票先 →輿水幸子
桑田怜恩0 票投票先 →輿水幸子
苗木誠1 票投票先 →輿水幸子
日野茜0 票投票先 →輿水幸子
双葉杏0 票投票先 →輿水幸子
「◆タチバナGM                l  も  こ
\ ヽ、ヽ ヽ ヽ の     l  っ  う
  l l ヽ ヽ ヽ_,ゝ そっ    l  と   し    ~今日のメニュー~
  ヽ゛_r ヽ ヽ_,ゝー     l   素  た
    ,.:-‐‐ー゛ゝメ,ッ:,,  l   敵  ら   究極のイチゴと及川牧場のチーズのサラダ
   ,.':::::‘::::::’::::` ホヘ  l    だ
   ,':::::’:::::‘::::::’:::::゛i,゛  l     と      真ん中にあるのはどう考えてもオリーブです
  ,':::‘::::::’::::‘:::::’::ノ   l   思
  ,'::::’:::‘::::’:::‘:::.,.'    l   い      これを食べた柚さんは
  i、‘_;;;’;;‘;;;.-''´ーヽ _ l   ま
  Y:::::::::::~´::::::::::::::::::::~ヽ l   せ      肩からバランスボールくらいの垢がでました
  l::::::::::::::::,‐ー-、:::::::::::::::l l   ん
  ト、;;;;;;:::::~''ー'~::::::::::::::ノ l   か
∠ゝ  ^u;;;;:::::,,;;;;u~"~ノ \ ?
l l ~~ー--,.,.,   __,,ノ
l l..,.,.,.     ~~~ーー--、
l l   ~~ー--,.,.,」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日野茜 「>若葉さん
……このカードなんですかね?
バーサーカー……ソウル……?」
苗木誠 「んー?」
宮本フレデリカ 「占い先を同時噛みされるのがいちばんツライかな?占いにとって」
秦こころ 「他の占い視点でも暫定○占いオヌヌメ
だいたいは囲い入ってるだろうから」
桑田怜恩 「呪殺の心配じゃねえの?>川島」
日下部若葉 「ネネちゃんの分まで、お姉さん頑張ります~!」
ユーリ 「確定○になるのを嫌がってるんじゃなくてね、茜が狐かもしれないって怯える狼を見るのが楽しいんだよ」
アン 「幸子>勘でもいいわよ
ユーリ以外が呪殺出せばいいのよアンタ視点」
黒川千秋 「ネネが吊れるとは正直思っていなかった。
それほど怪しい要素は見た限り感じられなかったのだが。」
高峯のあ 「これは忘れてちょうだい、いくらなんでも票の入れ方が無謀すぎる…
ユーリの真が低いという印象は変わってないけど」
双葉杏 「どんだけ身内好きな考えなのさと >のあ」
一ノ瀬志希 「詰めちゃったら積んじゃって志希ちゃん大勝利!
っていう方向性でいってみよう >フレちゃん」
桑田怜恩 「それは納得>双葉
あんまり狂とかで●投げる位置にも見えにくいか?」
宮本フレデリカ 「占ったらたまたま狐だったー、うがー
くらいが普通だよね>幸子ちゃん」
輿水幸子 「それで、いえないって事は人外っぽい!みたいな無茶振りだったら、それ今度からはやめたほうがいいですよと」
日野茜 「私は! いつでも! 全力全速フルスロットルですよ!!
遊んでなんかいません! ファイト! ファイト! ファイアーです!!」
川島瑞樹 「◇ユーリ 「茜は占わなくてよかった
君たちは絶対にそこを占ってくると思ったからね
でも、まさかここまで一致するとはなぁ」

●出てるわけでもないのに、確定○になること嫌がるの?>ユーリ」
桑田怜恩 「まぁ、お前視点で必要と思ったら日野占えばいいんじゃねえの?>ユーリ」
秦こころ 「ユーリ視点だと灰狼見つけてんだから茜占っておくのが大安牌だぞ
信用なら呪殺って対応されるもんだと思っておいた方がいいし」
宮本フレデリカ 「そうだね、ガンガン詰めていこうね
しまっちゃうおじさんもビックリするくらいに!>志希にゃん」
苗木誠 「なんで、ネネさんの色はなんでもあっておかしくないから判別どころか
推測も成り立たないなぁ、今ざっと考えたけどね」
日下部若葉 「そこは、考えるのは良いと思いますけど、高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に、って偉い人も言ってました~!<杏ちゃん」
双葉杏 「だからそこからの流れで真狼の●っぽいとだけは思ってる」
黒川千秋 「交換するかどうかだが、私は一切の提案は受けず
自分の意志のみで占い先を決める事にする。宜しいだろうか。
参考意見があるのなら、聞く耳は無論傾けるけど。」
高峯のあ 「んー…ネネ-杏-ユーリだから吊られないように●、という安直な事はあると思う…?
なんて思ったけどユーリから票入れてるからこれは無いわ」
日野茜 「さあ占師の皆さんも走りこみの時間です!
走って走って! 人外に負けない足を作りましょう!!
元気があれば占い結果だってガンガン人外結果を引けますよ! ファイトー!!」
輿水幸子 「狐狙いといわれても、初日を見ただけでこいつが狐っぽいから占ったほうがいいよ!なんて思う人ってマレだと思いますが」
宮本フレデリカ 「うおー、つられたー>茜ちゃん」
ユーリ 「いやさぁ、ここがもし狐だったらって怯える狼を見るの楽しくない?>アン」
桑田怜恩 「いや、よくみたら
こいつすっげー遊んでたわ…前言撤回」
日野茜 「>私○ばっかり
これはたぶん!! 私が走る勢いに釣られたに違い有りません!!」
宮本フレデリカ 「ラミレス監督って、ぴにゃこら太に似てるよね」
双葉杏 「あたしとしてはの考えだし
狂人寄りで考えてるだけ >日下部」
秦こころ 「100点持ち点あるから-1点くらいどーってことないぜ(ガッツポ>しきにゃん」
一ノ瀬志希 「んー?なんだか不穏な発言だねー?
まあ、志希ちゃん視点幸子ちゃん灰なので詰める意味ではバイバイなのだ」
宮本フレデリカ 「ターンからのゲッツを猛練習だね>茜ちゃん」
アン 「なによ確定○でもいいじゃない>ユーリ」
日下部若葉 「ターンですか!お姉さんもターン頑張ります~!私のターン!<茜ちゃん」
苗木誠 「栗原ネネさんは杏さんに投票してて
その杏さんは最多得票貰いで占いの一人も投票してるから、占いの銃殺能力を差っ引けば一番情報を奪う噛み>十神クン」
桑田怜恩 「他二人は…特定にはちょっと苦しいか?
でもまぁ、そういうのは明日以降でもいいとしてっと」
黒川千秋 「それにしても不安だった。
私が即座に噛まれてしまっては村は辛い事になる、生きて
朝を迎えられた事を幸いと喜ぼう。」
宮本フレデリカ 「あんちゃんっていうと、ドリフのバカ兄弟を思い出すね」
輿水幸子 「ユーリさん狼で、杏さんを吊りのがすための●とかシンプルに考えたんですが
その、ユーリさんが、杏さんに投票しています」
日下部若葉 「うーん、むしろ、アイドルのみんなからは、逆に好感度高かったですし、
それだけで信用取りに言ってないとも言えない気がしますよ~?<杏ちゃん」
日野茜 「ターン! バックターン! どおぅりゃー!!(ざばざば」
ユーリ 「そのうちね、そのうち>こころ」
宮本フレデリカ 「柔よく剛を制す、だねー>あんちゃん」
アン 「幸子は残った占い師に占い先候補あるなら言い残しておきなさい>狐狙い」
日野茜 「>若葉さん
プールでも大丈夫です!
プールでもターンし続ければえんえん泳ぐことができますし、
何より! プールはターンの練習ができます!!」
一ノ瀬志希 「-1点ね。 >こころちゃん」
ユーリ 「茜は占わなくてよかった
君たちは絶対にそこを占ってくると思ったからね
でも、まさかここまで一致するとはなぁ」
桑田怜恩 「んー?
輿水の占い理由は…まぁ、指揮役が注目している場所占いと」
輿水幸子 「んー、いや。気にしないで良いんでしょうか」
宮本フレデリカ 「信用は後からついてくるんだよ、結果がすべての世の中だからね>杏ちゃん」
秦こころ 「うん、ユーリは茜占っておくといいかもしんない」
高峯のあ 「霊能噛みというと、どうなのか
ユーリ狼で信用はあまり無さそう…」
苗木誠 「逆にユーリくんも狙って行けと言いながらの杏さん投票は安定手の安定手で
発言とズレてる。今のところは、あくまで今のところは、だけど
一ノ瀬さんが一番真ありそうかなってところ」
川島瑞樹 「なら吊りで」
黒川千秋 「では幸子にCOを伺おう。
私視点でも灰だ、COが無いのであれば問題は無い。」
日野茜 「ぐむむむむ~~~
霊能者さんはいませんが、幸子さん吊りでいきましょう!!」
アン 「フレデリカ>柔らかいという事は!硬い事よりも壊れない!」
輿水幸子 「では、単純に杏さんあたりをマークしておいてください」
日下部若葉 「すごいです~!海を渡れるのってすごいですよね~!
お姉さんはいつもプールだったので~!<茜ちゃん」
双葉杏 「●出てるけど霊能死んでるじゃんじゃん」
秦こころ 「噛ませ…あっ」
一ノ瀬志希 「やっぱりメガネをはずすべきだったね >メガネ」
ユーリ 「アハハハハハ! 見ぃつけた」
宮本フレデリカ 「茜ちゃん人気!やったね
で、幸子ちゃんに●?」
輿水幸子 「COはないです」
川島瑞樹 「幸子、COあるならどうぞ」
日野茜 「十神さんが次の犠牲者に!!」
双葉杏 「そういう突っ込み方されると
一ノ瀬次第で考える場所になるけどね、うん」
一ノ瀬志希 「理由:初日が非常に明るく生存したいという意思を感じたのだ。
ということですのでとっとと占っちゃおうということで一つ
こういう位置は死なないからねー♪」
桑田怜恩 「で、噛ませか、やっぱあいつは」
黒川千秋 「灰の中で唯一0票だった位置。村に若葉を吊る意志が無いのであれば
自ら占う事も考えたけど、得手ではないと考えるわ。
特に目立つ発言もせず遊んでいるだけの感が強いし、ここが狼であれば
後々苦しい事になる。早めに占うべき存在だと考えるわ。」
宮本フレデリカ 「なるほどー、霊噛みでござるかー」
ユーリ 「特に発言に目立ったものないのに、投票してるのは霊能と共有だけなんだ
少なからず村役職が怪しんでるってことだし、そこそこ狼目もあるんじゃないかな?
○なら○でそれでいいんじゃない?」
双葉杏 「◇日下部若葉 「あの占い理由で~フレデリカちゃん以外を占ってたら信用大幅ダウンなので~
真偽問わずフレデリカちゃんを意味する占い理由だと思いますよ~?>志希ちゃんの占い理由、杏ちゃん」

誰かかどうかじゃなくてさ、理由無しの部分で考えるだけでさ~
少なくとも真狼より狂人っぽく思ってるけど
理由とか頑張って信用取りに行ってない辺りで」
日下部若葉 「ちっちゃくないもん……」
秦こころ 「占いで●が出ず霊結果○なら各占い視点囲い入ってる感じの陣形だから明日あたりで暫定○でも占っとくといいよ」
一ノ瀬志希 「占いCO 茜ちゃん○なのだ♪」
黒川千秋 「占いCO 日野茜○」
高峯のあ 「ユーリが少し下がる印象…
だけど噛みと結果次第ね」
桑田怜恩 「ぶっちゃけ一ノ瀬は狼はなさそうってぐらいか、占いについては
後は苗木はグレランで吊るす位置じゃねえってぐらいかぁ?

つーか、初日なんて発言見繕っても、遊びが多いからなぁ…」
双葉杏 「おはようさーん」
日野茜 「走って走って!
八丈島から泳いで参りました!!」
苗木誠 「黒川千秋さんは無駄占いをしたくないってスタンスなのに日下部さん投票なんだね
まぁパッと見の印象だけなら入れるのはわかるけど、占う価値はある(主に最後の発言)んで評価は下がるかな?」
ユーリ 「楽しいのは勝った方だけだよ?
輿水幸子は●」
宮本フレデリカ 「おはでりかー」
輿水幸子 「カワイイボクがやってきましたよ!」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
十神白夜さんの遺言                         -―   -
.              ,     /         `
             /                    ヽ
                                     、
.          '
        /                                     十
.         ' ィ   /     {           \    ',    、ヽ          神
      ///       ',    .{     ヽ        ト ゝ、           の
     /   .'  '  /   人    、      ∨   ゙    !           名
         '   ,! .l/ /  \  、` <_  ',    l :. ;               に
         l / !. __>_、_ `<ヽ,. イ-―-V  .l   l             か
          | / l.ヽ.゙,ヽ 弋ッ ヽ._/ '"弋ソ  /.l   l ! l !              け
         l.l } ! i ` ー―― ' ! ` ー―‐' /ハ ! ! ソ           て
.          l.l ! ,: ゝヽ     〈{         / イ l i l               ! !
         ', !ハ{ ! i \.   r―- 、   ,イ i : ハ.ノ        -、
          '  ` V 、 i.` 、 ∨__) ,   l ./ ハ/        /  }
                   Vlヽ ,.!  ._ イ  _, ト、ル'     _--、. ,'   ,
                    ヽ Vl. Tー一r‐'"  /_ヽ_-‐ニ/二ニニノ   ノ
                    ,.イ,l .!.l.O.l l    /二lニニニニニニア.゙  /- 、
            _-/二l .l l  .l .!   ./ニ=l二ニ'二二/   ー    、
          __-‐ニニ,イニニ! / .l  .l l  /ニ二l二/、ニ/、   :     i   , ー、
    ,.-ニニニ二二,イニ二,.l/、 !O.!,.イl /ニ!ニニ/=/ニニ!  }、´  ,../  /  . {
.    iニ二二r=ニ/ニニ/_!Vハl ,イ///lニlニイニ/=ヽニ!ノ .ノ{.ヽ ._.{ '  /  / }
    l=ニニニVニ=‐-イ=! V∧'/// !ニニ//ニニニ`ー仁ムヽ-‐ `ーく__/_,./
.   lニ二二lニVニニニ二l   〉,O'/   lニニ! /ニニニニ`マニ=-、,,,,.ィ/
.    l二二二!ニV二二二l ////∧  lニニ'/ニニニニニニT"-=-‐'
    r二二二lニニVニ二二lイ// V/ヽ.!二ニ/二ニニニニニニ/
十神白夜 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
一ノ瀬志希 「200でいくねー♪」
一ノ瀬志希 「まあ、霊能噛みから行こうかね。狩人思考を確認する意味でも」
双葉杏 「いや占いは一人だけよれでぃーず」
輿水幸子 「行くのなら霊能。行かないのなら千秋さんにすればいいかと」
一ノ瀬志希 「んー。霊能噛み行くなら信用だけども」
輿水幸子 「信頼はいきますか?」
一ノ瀬志希 「じゃあ茜ちんに○準備して…
占えない位置だなぁ」
輿水幸子 「占い二人に投票されているので66%で非狼理論でいきましょう>杏さん」
一ノ瀬志希 「同感かな~千秋ちゃん真っぽい」
輿水幸子 「どちらかというと、千秋さんのほうですかね、真っぽいのは」
双葉杏 「死にそうだ~だめだ~」
一ノ瀬志希 「どーしますかなご主人様♪」
輿水幸子 「強いてどっちも真っぽいとは思いませんけれど」
一ノ瀬志希 「さてさて」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
栗原ネネ は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
アン0 票投票先 →輿水幸子
栗原ネネ5 票投票先 →双葉杏
黒川千秋0 票投票先 →日下部若葉
川島瑞樹0 票投票先 →双葉杏
秦こころ0 票投票先 →栗原ネネ
宮本フレデリカ0 票投票先 →高峯のあ
一ノ瀬志希0 票投票先 →栗原ネネ
ユーリ0 票投票先 →双葉杏
輿水幸子2 票投票先 →苗木誠
日下部若葉1 票投票先 →苗木誠
高峯のあ2 票投票先 →栗原ネネ
桑田怜恩0 票投票先 →双葉杏
苗木誠2 票投票先 →栗原ネネ
日野茜0 票投票先 →高峯のあ
双葉杏4 票投票先 →栗原ネネ
十神白夜0 票投票先 →輿水幸子
「◆タチバナGM ~今日のメニュー~

  |二二|
   ||
γ~ヽr[]、
| ( ̄   ̄ヽ   ウサミン星人の5万年前の
ヽ_ ̄`ー"~i |
     `リ′   お風呂の残り湯です
     /リリヾ`
    ゚。リ川||i。
     リ 川 ・。゚ どうぞ
    。川川川
   ゜ リ゚リ。 °   睡眠不足で投票が遅れ突然死しなくなります
     (ノi|!l)
   。  リlリ リ 。
   ヽ リし`Jリ〃」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
苗木誠 「希望は前に進むということが証明しやすい状況だ」
桑田怜恩 「明日からは個人特定ぐらいはしておけばいいんじゃねえの>占い」
アン 「いわゆるモース硬度ね>ダイヤ」
日野茜 「何ですか! 私は何をすればいいですか!!
走りますか!! 走ったらいいですか!?
走りたくなってきました!!
いや、走りましょう!! 走ろう!!!!」
川島瑞樹 「紅茶お化けってイメージは酷いと思うわ」
栗原ネネ 「茜さん、太平洋横断チャレンジですね」
一ノ瀬志希 「あっちのメガネなんかちょっと… >十神クン」
宮本フレデリカ 「堅い=脆い ってことだからねー
壊れかけのRadioくらい壊れやすいかもね>幸子ちゃん」
黒川千秋 「さあ、今日もアイドルしての矜持を忘れず、愉しみましょう。」
双葉杏 「はは~麗しい友情ですな~ >一ノ瀬」
日下部若葉 「あの占い理由で~フレデリカちゃん以外を占ってたら信用大幅ダウンなので~
真偽問わずフレデリカちゃんを意味する占い理由だと思いますよ~?>志希ちゃんの占い理由、杏ちゃん」
栗原ネネ 「まあ、明日の遺体、そして占い結果を見てですね。 占いは理由で、しきにゃんこのみなぐらい」
苗木誠 「いや、初手囲いがないから、とか結果が足りないとか、で護衛がブレたり
するでしょ?それがないっていいよね>高峯」
日野茜 「ガタッ」
秦こころ 「味付け海苔がいい!」
ユーリ 「噛ませ眼鏡くんから僕の知り合いの臭いがするなぁ
でも後々裏切りそうなんだよね」
桑田怜恩 「占い理由は初手なら呪殺でなければ別になあ…出てたらちっとあれだったが」
輿水幸子 「へむへむへむへむ>茜さん」
十神白夜 「だったらもう一つ用意してやるからそっちを使え>一ノ瀬」
高峯のあ 「金剛というと、最近だと紅茶戦艦しか出ないな…
厳ついイメージはそれ以前よ」
アン 「生すか!サンデースペシャル
響チャレンジvs茜チャレンジ」
一ノ瀬志希 「理由はあるけど理由はないよ。
むしろ理由があればほしいよ >杏ちゃん」
宮本フレデリカ 「おにぎりに味付け海苔派と焼き海苔派がいるみたいなもんだよね」
十神白夜 「俺がフラグなんかに屈するとでも?>苗木」
苗木誠 「それは明日占いが死んでないことを見てはじめて言えるかなぁ
今のところ沼南の風しか感じられない>宮本さん」
輿水幸子 「ダイヤモンドの固さは、あくまで引っかき傷がつきにくいというだけで、壊れにくいというわけではないのです」
日野茜 「なんか幸子ちゃんがケンケンみたいな笑い方してませんでしたか!!」
桑田怜恩 「一つ言ってやる
十神は太ってからが本番だ!」
双葉杏 「あ?なんか理由少ないと思ったら一ノ瀬理由無いのか
いやあるのかな?まぁいいや」
日下部若葉 「とは言えよくある流れじゃなくてもたいていグレランだったりしますよネネちゃん~<ネネちゃん」
秦こころ 「剛の拳よりストロングな柔の拳」
黒川千秋 「もっとも、私が狼の牙によって退場させられたら
後は貴方達の力を信じるしか無い。・・・後は言わずとも分かって貰えると。」
一ノ瀬志希 「きゃー♪食べられるー♪ >フレちゃん」
ユーリ 「灰に1匹はいるだろうから、君たちはそいつらをハンティングしてよ
初日で狼で吊れたら色々楽だからね
僕が噛まれても戦えるんじゃない?」
輿水幸子 「日本語で金剛は、ダイヤモンドという意味もありますからね
ただ、ダイヤモンドってトンカチで普通に壊れますけど>茜さん」
高峯のあ 「偽が無駄占いする分には別に……運も何も>誠」
アン 「幸子>マラソンなら響がやってくれるから」
十神白夜 「金剛・・・あれは二年ぐらいの前のイベントの時だったな・・・・」
苗木誠 「あと十神がこの村を導くには共有全滅しなくちゃいけないんだけど……
あ、これもしかしてフラグって奴かな?(学んだ)」
栗原ネネ 「金剛瑞樹、強そう」
宮本フレデリカ 「いい感じだよね、おフランスの風が吹いてるよね>誠ちゃん」
一ノ瀬志希 「ふっふっふー。そのメガネ。前々からメガネだと思ってたんだー♪ >十神クン」
桑田怜恩 「金剛…ストロング金剛って単語が頭に浮かんだけど…なんだっけか‥」
日下部若葉 「絆パワーで攻守アップです~!親愛度MAXです~!<ネネちゃん」
栗原ネネ 「川島さんは年を関係しないキュートなアイドルですね」
日野茜 「あっ、でも金剛って名前は強そうです! 強そうじゃ有りませんか!!」
一ノ瀬志希 「理由なんて後からついてくるしね」
アン 「流石に榛名をやらせるのは残酷かなって……>苗木」
宮本フレデリカ 「フレちゃんのはんげきー、がぶー>志希にゃん」
輿水幸子 「シシシシシ」
秦こころ 「出てみればすっごいスタンダードな始まりなのであった」
黒川千秋 「では私は私の目を信じて、占い続ける事にしましょう。
それがアイドルして、一人の頂点を目指す者として、為すべき事。」
十神白夜 「おいっ、おまえ何をする やめろ!!!!>一ノ瀬」
苗木誠 「そういえば誰も無駄占いがないね、運がいいのかな?」
栗原ネネ 「まあごくごくよくある流れなので、このままグレランですね」
日野茜 「う~ん、川島さん、コスプレですか……」
輿水幸子 「アンちゃん(福山マサハルcv)」
双葉杏 「結果的に共有にも○してないし
灰が狭まったねやったねきらり」
日下部若葉 「戦艦さんなんです~?<瑞樹さん」
宮本フレデリカ 「フレちゃんと志希にゃんの仲だもん、理由なんていらないよね」
桑田怜恩 「安心しろ、オレは共有じゃねえよ>ユーリ」
川島瑞樹 「流石にそれはどうかと思うの>金剛コス」
栗原ネネ 「しきにゃんの理由かわーい。絆ですね」
一ノ瀬志希 「がおーっ >フレちゃん」
高峯のあ 「全部で揃ったようね、それじゃグレラン」
苗木誠 「さっき17歳って言ってなかったっけ!?>アンさん」
双葉杏 「パッと見、全員役職に○やってないみたいだし
いいんじゃないの~?」
一ノ瀬志希 「よし、じゃあそのメガネ外そう >十神クン」
ユーリ 「あー、良かった
これでもし怜恩が共有者とか言い出したら、僕何するか分からなかったしね」
宮本フレデリカ 「きゃー、おそわれるー>志希にゃん」
苗木誠 「一ノ瀬さんの理由がストレートすぎ。ボクは好きだよ」
十神白夜 「俺にかかれば人狼や妖狐を処分することなんて容易い」
アン 「相方は金剛コスプレ川島さん(28)
黒川千秋 「共有はFOを。無駄占いはしたくないわ。」
桑田怜恩 「と言うか導くなら共有じゃね?>輿水」
日野茜 「変だった川島さんがなんと共有者さんでした!!」
日下部若葉 「スタンド使いは惹かれ合うって位に自然な占い先です~!<志希ちゃん」
日野茜 「どうしたんですか川島さん!!
言葉が変ですよ川島さん!!!」
川島瑞樹 「共有CO 相方アンちゃん」
輿水幸子 「霊能に導かれた結果、身内投票みれませんでしたーとかですし」
黒川千秋 「なるほど。狼でも狐でも無し、貴方は
このまま普通に最強の座へと突き進む事ができるでしょう。」
桑田怜恩 「ユーリお前…!
オレ殺す気かよアポォォォ!!?」
一ノ瀬志希 「じゃあ志希ちゃんはあとはhshsしながら背後を回っていくねー」
秦こころ 「どっちかってーと川島さんの声って霧島寄りだと思う」
アン 「共有者よ」
苗木誠 「3-1で○進行かな?共有も出てきてくれていいよ」
栗原ネネ 「3-1.共有でてきていいですよ」
宮本フレデリカ 「3-1だねー、アンモナイトだねー」
ユーリ 「はぁ……空気読めないからモテないんだね」
高峯のあ 「普通の展開に、なりそうね」
輿水幸子 「人狼で導かれるのって霊能じゃなくて占いのほうですよね」
日野茜 「3-1になりました!
共有者さんもガンガンいきましょお!!」
双葉杏 「はいはいは~い
3-1とふっつーな感じ」
桑田怜恩 「3-1か
まぁ、普通ではあるな…見た目は」
苗木誠 「はじまる……疑心に満ちた推理……疑い……発言……結果
人狼裁判が……」
宮本フレデリカ 「パクチーは少なめがいいな>志希にゃん」
ユーリ 「なんかすぐに死にそうだし、死ぬ前に僕がカードにして永久保存してあげるよ
あと名前が変換しづらいから邪魔なんだよね
●出るか溶けるかしてくれない?」
一ノ瀬志希 「理由:いる?いるの?理由?」
日下部若葉 「新手のスタンド使いですか~!?」
川島瑞樹 「HEYテートク、バーニングLOVEネ」
黒川千秋 「占い師とは自分を信じる者、自分1人の力で戦わねばならない者。
ならばプロダクションの誰かを占うよりは
異世界からその身一つで最強の座を賭けて戦いに来たという少女から
占ってあげましょう。その答えはいずれなるか。」
十神白夜 「この俺が導いてやる 霊能COだ」
双葉杏 「ま、用事があれば呼んでね
呼んでも特になにもしないがな!」
ユーリ 「僕が占い師だよ、桑田怜恩は○」
一ノ瀬志希 「占いCO フレちゃん○なのだ♪」
日下部若葉 「ふぁ~…」
桑田怜恩 「オレは…超高校級のボーカルになる!
ということでだ、占い師はさっさと出ようぜ」
高峯のあ 「フラグが成立すれば…ユニーク、ね」
日野茜 「おはよおぉぉございまあぁぁぁぁぁす!!」
栗原ネネ 「おはようございます」
双葉杏 「おはようさーん」
黒川千秋 「占いCO 秦こころ○」
輿水幸子 「カワイイボクがやってきましたよ!」
秦こころ 「あなたが落としたのはこの占い希望ですか?
それともこの狂人希望ですか?
あと私カワイイ?」
宮本フレデリカ 「おはでりかー」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
タチバナGMさんの遺言                                         ↓ スタンド
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.           .r⌒ヽ          、 _,,
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{          |    \    ,.:-‐‐ー゙ゝメ,ッ:,,
    {   ,.|:::{':::/::::/__ ,.ノ    乂.∨:}::|リ          |   .i  \ ,.':::::‘::::::’::::` ホヘ        、 _,,    _
    \,  |::r∨:::イ ,rぅ心;ミ    ィチ }:,::/'          │  .i   ,':::::’:::::‘::::::’:::::゙i,゙^    ,.:-‐‐ー゙ゝメ,ッ: {!!! _ ヽ、
      乂 _;::{ Ⅵ:| 弋つソ    ら;ンイ|「           .| . ノ\ ,':::‘::::::’::::‘:::::’::ノ    ,.':::::‘::::::’::::` ホ   `、  \
         /::乂ム:::} 。´:::.     .::::ン'ム}            |  ./   ,'::::’:::‘::::’:::‘:::.,.'     ,':::::’:::::‘::::::’:::::゙i,゙ ^ ,‐'`  ノ
         ,:::/:::/:::}::|::.、o rー ~、  イ:::|            | /   i、‘_;;;’;;‘;;;.-''´      ,':::‘::::::’::::‘:::::’::ノ "  .ノ/
      /::/:::/:::::j:/::::|>`⌒ '´ イ::::l::∧          / /    /   /       ,'::::’:::‘::::’:::‘:::.,.'   , r '
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ         (_/    /  /        i、‘_;;;’;;‘;;;.-''    ̄
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}              / /          {  /
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ            / ./            _|  (_,,-,
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'           /./             / __ノ
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |          (_./ 
タチバナGM は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
一ノ瀬志希 「そうなったらお察しくださいですにゃ」
「◆タチバナGM >該当者
タチバナです!ただじゃおきませんッ!(プンスコ)」
双葉杏 「フレデリカに●打たれたりしてね(ニヤニヤ」
一ノ瀬志希 「対応は桑田、苗木、メガネでいくねー」
輿水幸子 「はーい」
「◆タチバナGM >該当
お客様の体調に合わせたイチゴパス…料理をを振る舞います。任せてください」
一ノ瀬志希 「じゃあ志希ちゃんがフレちゃんに○出しておきましょう」
双葉杏 「一応希望者が占い騙り行って後は好きにするかな」
輿水幸子 「ボクは潜りたいです」
「◆タチバナGM 占いや狩人の夜投票は『超過前』でお願いしますね」
一ノ瀬志希 「どーしようかな?」
輿水幸子 「よろしくおねがいします」
「◆タチバナGM 噛み時間の目安は超過後130~200
超過後であれば早い分には構いません」
双葉杏 「おや」
「◆タチバナGM ようこそ、レストランタチバナへ…
楽しんでいって下さい

希望…? そんなもの…ウチにはないよ…」
一ノ瀬志希 「にゃー」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2016/06/09 (Thu) 22:48:00
アン 「開始よ」
アン 「川島さん十七才」
宮本フレデリカ 「あぶりカルビ?>桑田ちゃん」
苗木誠 「身長は関係ないだろ!!」
アン 「苗木、攻め/十神、受けになる
2」
桑田怜恩 「お、いいな!>栗原
なく寸前まで炙るのがポイントだ
泣かせない程度にな…」
双葉杏 「ひゃあ、我慢できねぇ0だってね~」
宮本フレデリカ 「おっけー、次の営業が四国であったら楽しみにしといてねー>志希にゃん」
高峯のあ 「さあ、どんな結末が待っているのか…?」
アン 「苗木は平均身長下回ってるのよね……」
栗原ネネ 「じゃあ、火をくべましょう>桑田さん」
日野茜 「平均ですか!
ならば平均越えを目指しましょう!
さあ、私と一緒にレッツトレェェェニンィィィング!!!」
黒川千秋 「じゃ、改めて宜しく。」
桑田怜恩 「…宝箱にでも引きこもったのかと思ったぜ」
日下部若葉 「それじゃあ行きましょう~!」
宮本フレデリカ 「そっかー、第13章まであるのかー>若葉ちゃん」
栗原ネネ 「あ、大丈夫そうですね。アンさんよろしくーです」
一ノ瀬志希 「じゃあポンジュース用意して待ってるねー >フレちゃん」
タチバナGM 「ではアンさんは任意のタイミングで開始投票をお願いします」
アン 「幸子、宇宙へ
3」
輿水幸子 「カワイイボクはうっかりなんてしてませんよ!」
苗木誠 「食べてるよ!少なくとも男子高校生の平均だよ!>日野さん」
タチバナGM 「カワイイ!カワイイ!(撒き餌)」
双葉杏 「ダイビングの用意をしろ、磯野~」
栗原ネネ 「さちこさーん?」
ユーリ 「幸子いるの?」
宮本フレデリカ 「母恵夢は飲み物と一緒に食べないとノドに詰まるから気を付けてね>志希にゃん」
十神白夜 「フフフフ・・・・当ててやろう 舞園さやかをやったのはXXXXXXXXXXだ」
タチバナGM 「投票をご確認ください」
秦こころ 「誰も君のことだとは言ってないんだよなあ…あっ(察し)>桑田」
日下部若葉 「いえいえ~美優さんと言えばロードだったんです~今は違いますけど~<フレデリカちゃん」
日野茜 「>苗木さん
私のタックルが耐えられないなんて……ごはんちゃんと食べてますか!!」
高峯のあ 「希望ヶ峰学園の生徒が入れ替わったわね…」
一ノ瀬志希 「楽しみにしてる~♪ >フレちゃん」
日下部若葉 「バックメンバーはコス比が重要ですからね~<ネネちゃん」
十神白夜 「ふん この俺様が来てやったんだ つまらない試合なら許さんぞ」
苗木誠 「カヲ、じゃなくて十神クン!!」
桑田怜恩 「オレを巻き込むな!?>秦」
アン 「さやかはまたね」
宮本フレデリカ 「愛媛、いいとこだよねー
一六タルトと母恵夢(ポエム)をお土産で買ってくるねー>志希にゃん」
桑田怜恩 「おい、噛ませ眼鏡来たぞ
確かジェノサイダーが苗木と掛け算してたか?」
十神白夜 「十神白夜 さんが登録情報を変更しました。」
アン 「③
現実は非情である
苗木はクレイジーダイアモンドの餌食に」
タチバナGM 「いらっしゃいませ 満員御礼です(二回目)」
苗木誠 「やめて!!ボクの身体じゃモタないから!?>日野さん」
日野茜 「どかーん!!」
秦こころ 「三 角 関 係」
タチバナGM 「では再投票をお願いします」
桑田怜恩 「じゃあまたな、舞園」
日下部若葉 「のあさんも私より大人のお姉さんです~うう~」
高峯のあ 「準備ができたから、代わるわね」
タチバナGM 「今回は残念でしたが またの参加をお待ちしております」
十神白夜 が入場しました
日野茜 「うおおおおお!
苗木さんに向かってダアァァァァッシュ!!!!」
黒川千秋 「残念ね、また次の機会に。」
栗原ネネ 「何気に、私は乙姫の頃のSRは発揮値がとても高いので、いまでもそれなりにバクメンのお供だそうですよ」
三船美優 「三船美優 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:三船美優 → 高峯のあ
アイコン:No. 1535 (三船美優) → No. 1869 (高峯のあ02)」
<投票がリセットされました 再度投票してください>
舞園さやかは出演を見合わせました
タチバナGM は 舞園さやか に KICK 投票しました
タチバナGM 「掲示板で反応が確認されました
申し訳ありませんが今回は参加を見合わせて頂くと言うことで…」
苗木誠 「(どうしよ、モノクマのマークが思い浮かばない、そうだ)

to be continue√」
日野茜 「>一ノ瀬さん
私も愛媛県に行ってみたくなりました!」
一ノ瀬志希 「ここでおもむろにOPを貼っといたほうがいい? >苗木クン
https://www.youtube.com/watch?v=2lFmxJ-vVBw」
栗原ネネ 「コンプガチャ門番の系譜」
桑田怜恩 「ゴロゴロゴロゴロ…」
一ノ瀬志希 「愛媛県ってすごいなーあこがれちゃうなー」
苗木誠 「うわあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」
日下部若葉 「懐かしいですね~!<ネネちゃん」
タチバナGM 「43分までにお戻りにならない、あるいは反応がない場合は
申しし訳ありませんが今回はキックということで…」
苗木誠 「舞園さん……?(ギィー)……」
日下部若葉 「掛け算の女神コトリサバス様じゃないですから~<アンちゃん」
日野茜 「おおぉぉぉ! 太陽! みかん! 鯛……何だか明るくておめでたそうですね!!」
苗木誠 「ウチにも音無さんいるから、ちょっと媒体違うけど、
あとカヲルくんは今ちょっと御曹司やってる」
栗原ネネ 「そういえば、若葉さんと私で、技の一号、力の二号いわれてたのが懐かしいですね」
秦こころ 「ここは女神村だった…?」
双葉杏 「(ごろごろ」
アン 「あ、カヲルでもいいわよ」
宮本フレデリカ 「美優ちゃん、しわくちゃだったの?>若葉ちゃん」
アン 「苗木は音無と掛け算させるわ」
宮本フレデリカ 「鯛めしも有名だよねー>茜ちゃん」
一ノ瀬志希 「じゃあ志希ちゃんはみんなが落ち着くお香を準備するねー」
タチバナGM 「ご不便をお掛けします
少々の間ご歓談してお待ち下さい」
アン 「もしさやかが間に合わなかったら……」
日下部若葉 「それは美優さんのような~!<フレデリカちゃん」
ユーリ 「カードにしてあげるよ」
日野茜 「愛媛県はたいようとみかんの土地だと聞きました!」
日下部若葉 「大人の刑事ですよ~えっへん!」
宮本フレデリカ 「♪なんでもないようなことが しわくちゃだったとおもーう」
桑田怜恩 「じゃあ、オレもちょっと模擬刀を用意しねえとな…」
宮本フレデリカ 「トラブル?虎舞竜?」
タチバナGM 「もし再ログインができないという場合は、四条劇場のトップから行ける掲示板に
その旨書き込んで頂けると対応ができます」
苗木誠 「40分になったら、「心配だから様子を見てくるよ」してこようか>一之瀬さん」
三船美優 「大丈夫でしょうか…?」
日下部若葉 「別のゲームが始まっちゃいます~!?>誠くん」
一ノ瀬志希 「苗木クン見に行ったらどう?
彼女が待ってるかもしれないし」
宮本フレデリカ 「蛇口からポンジュースが出るからねー>志希にゃん」
苗木誠 「一回異議あり押して、それで駄目だったら「うわああああ」→気絶→捜査パート→裁判パートでいいんじゃないかな」
タチバナGM 「■再ログイン方法■
ページを閉じてしまった場合は、以下の方法で再ログイン出来ます。
ログイン→自分が参加している村を選択して「ログイン」をクリック。
→自分の名前を選択→パスワードを入力→「村に行く」をクリック。」
ユーリ 「アッハハハハハハハ!!!
初日犠牲者を再現ってことかな! 面白いことするね!」
桑田怜恩 「おい、苗木!
お前がクロになってくれ…オレは悪くねえ!」
日野茜 「そんなまさか…村が始まる前から犠牲者が!!」
宮本フレデリカ 「こんなときは早朝バズーカじゃない?どかーん!って」
ユーリ 「これさぁ、もしさやかが抜けたら誠と怜恩になるわけでしょ?
言っちゃ悪いけど繋がり薄いよね」
一ノ瀬志希 「そうなのかー。愛媛県ってすごいねー >フレちゃん」
日野茜 「おぉ! 頑張りますで卯月ちゃんです!」
双葉杏 「し、死んでる…とかなんとかな展開だね、わかるわ(パクリ」
宮本フレデリカ 「猫デリカは未完成だからねー
みかんは心の太陽だしねー>志希にゃん」
タチバナGM 「舞園さやかさん、いらっしゃいますか?」
桑田怜恩 「舞園…いや、これオレが様子見に行ったらダメなフラグか…?」
黒川千秋 「こういう時は慌てずに待ちましょう、最終的にGMの裁量に任せる事にして。」
日下部若葉 「はい~!頑張りましょう~!<茜ちゃん」
桑田怜恩 「ぶっちゃけオレもそんなにしっかり覚えてねえし、大丈夫じゃね?」
アン 「っと危ない」
一ノ瀬志希 「にゃんだって~!そういえばいつもより
猫ロックの匂いがすくなかったよーなー? >フレちゃん」
宮本フレデリカ 「♪ずんたかたったー ずんたかたったー」
日野茜 「(うず…)」
タチバナGM 「さやかさん、いらっしゃいますか?」
双葉杏 「はは~は~はは~」
ユーリ 「やめとくよ
ダンガンロンパやったのが二年くらい前だからうろ覚えなんだよね」
タチバナGM 「投票まだです 少々お待ちを」
苗木誠 「……舞園さんのことだって忘れなかったんだから、キミのことだって忘れないよ>桑田クン」
日野茜 「なんとホントに風邪でしたか!
では私が隣で暖めてあげます!!
うぅ~~~~ファイアー!!!!」
栗原ネネ 「さやかさんまだです」
アン 「3」
宮本フレデリカ 「そう、あれは猫耳をつけたフレちゃんだったのだ!>志希にゃん」
栗原ネネ 「安ちゃんストップ!」
一ノ瀬志希 「わーい。じゃあ一緒にハスハスしようそうしよう」
アン 「4」
日下部若葉 「Tulipって大人の歌です~!」
苗木誠 「風邪ひくと大変だよ、ボクも学園生活(絶望)の終盤で風邪ひいたけど
酷いことになったからね」
アン 「変えるなら今のうちだからね
5」
宮本フレデリカ 「フンフンフフーン♪
志希にゃんがとなりだから、みくにゃんからバトンタッチ~」
栗原ネネ 「(あっ苗木君にフラグが)」
桑田怜恩 「それお前と別陣営だとオレ死亡フラグじゃねえの…?>苗木」
ユーリ 「ここまで希望ヶ峰学園の生徒が揃ってるなら、そっちでも良かったかなぁ」
双葉杏 「風邪ならそっとしておこう、いや風邪でいいや暖かくしてくるまるんだよ」
一ノ瀬志希 「みくちゃんかと思ったらフレちゃんだった!」
前川みく 「前川みく さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:前川みく → 宮本フレデリカ
アイコン:No. 2065 (前川みく05) → No. 1441 (宮本フレデリカ)」
苗木誠 「桑田クンも来てたんだ、なんだかコノゲームで勝てるような気がしてきたよ」
桑田怜恩 「特にアイドルなんてな…あぁ、やめよう
ろくなこと思い出せねえか」
日野茜 「えっ、元気がない!?
風邪ですか! 風邪じゃないならちゃんとご飯食べてますか!!」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → ユーリ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2390 (ユーリ)」
一ノ瀬志希 「あーあるある。
ちょっと背伸びする子の匂い多いよねー >みく」
日下部若葉 「私より更にお姉さんな美優さんが隣に…!」
かり 「ちょうどか、すぐ選びます」
タチバナGM 「では開始時間です。アンさんは投票を確認次第開始して頂いて結構です」
双葉杏 「あんま元気じゃないからさ~
触れるんじゃないよ、ほら他いったいった」
三船美優 「…お待たせ、しました」
桑田怜恩 「よう、じゃあ行くとするか
…オレも野球なんてやめてアイドルってかボーカルにでもなろうかって思ってるんだけどなあ…」
苗木誠 「そんなパンドラの箱開けたくないし、そもそも女装なんかもしたくないよ!>川島さん」
前川みく 「女子独特のニオイってあるよね
女子高の男の先生はニオイで時々めまいがするって言ってたにゃ」
日野茜 「>若菜さん
おぉそれはよかったです!
茜も元気元気ですよ! 張り切っていきましょお!!」
仮です 「仮です さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮です → 三船美優
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1535 (三船美優)」
タチバナGM 「満員御礼です」
アン 「というかアイマス765プロのも全年齢もっと取り扱いなさいよね大手三社!」
日下部若葉 「元気です~!<茜ちゃん」
karrri 「karrri さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karrri → 桑田怜恩
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 483 (桑田怜恩)」
日下部若葉 「美味しいですよ苺~<ありすちゃん」
双葉杏 「どっこいしょ」
日野茜 「ボンバアァァァァ!!
皆さん! 元気! でしたか!!」
一ノ瀬志希 「そろそろ薄い本サミットでも開けばいいんじゃないかなー?」
双葉杏 が入場しました
日野茜 が入場しました
タチバナGM 「>若葉さん
イチゴは高い糖度を誇る優良な食品です
\ ヽ、ヽ ヽ ヽ の
  l l ヽ ヽ ヽ_,ゝ そっ
  ヽ゛_r ヽ ヽ_,ゝー
    ,.:-‐‐ー゛ゝメ,ッ:,,
   ,.':::::‘::::::’::::` ホヘ
   ,':::::’:::::‘::::::’:::::゛i,゛
  ,':::‘::::::’::::‘:::::’::ノ
  ,'::::’:::‘::::’:::‘:::.,.'
  i、‘_;;;’;;‘;;;.-''´」
アン 「薄い本なら苗木も大人気じゃない
十神とか狛枝とか日向とか」
川島瑞樹 「女装して女子校当たり潜り込めば良いと思うわよ」
栗原ネネ 「伊織ちゃんはそもそも、年季が……」
川島瑞樹 「男の子は女性に幻想抱いてるかもしれないけども>苗木くん」
日下部若葉 「ネネちゃんは15歳ですからきっと全年齢ですよ~はい~刑事が言うんですから間違いありません!」
苗木誠 「舞園さん!アイドルの知り合いがいるのはいつも嬉しいけど
それがこんな心強いのは初めてだよ」
アン 「薄い本はやめましょう
何故か私のが多い気がする
大人気アイドル伊織ちゃんと私は別人だけど」
苗木誠 「これが女子会の会話って奴なんだ、想像以上だね>薄い本」
舞園さやか 「苗木君、応援に来ました!」
前川みく 「羊って独特のにおいがするよね
よく蒸したアタマのニオイに近いかも」
kariiiiiiii 「kariiiiiiii さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kariiiiiiii → 舞園さやか
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 479 (舞園さやか)」
日下部若葉 「……………あ、すみません砂糖を追加で~<ありすちゃん」
栗原ネネ 「何気にキュート薄い本が多い3人揃ってますね。」
日下部若葉 「群馬出身のお姉さんの方、ですよ~よろしくお願いしますネネちゃん!<ネネちゃん」
一ノ瀬志希 「ああ…羊が恋しい…あの匂い…」
黒川千秋 「不穏な会話が聞こえる。」
栗原ネネ 「同郷の若葉さんだー。」
日下部若葉 「私も大人ですから砂糖は~(ごくっ)<ありすちゃん」
一ノ瀬志希 「大体自爆だけどねーにゃはは >ネネちゃん」
アン 「そして苗木がゲッソリ
志希がツヤツヤ、と」
苗木誠 「しきちゃん(が)プレゼントじゃなくてしきちゃん(の注射)プレゼントってこと!?
やめよう!それはよくないよ!?」
栗原ネネ 「少なくとも、10冊は超えてます」
栗原ネネ 「しってますか? しきさんは媚薬飲んであれこれしちゃう薄い本が滅茶苦茶多いんですよ>苗木さん」
タチバナGM 「>若葉さん
カプチーノどうぞ
砂糖は入れますか?」
前川みく 「え?それじゃアタックにゃ!」
一ノ瀬志希 「スッ(裏手に回る >苗木」
日下部若葉 「どうも~、群馬出身のお姉さんの方、若葉お姉さんですよ~」
タチバナGM 「いらっしゃいませ」
苗木誠 「えっ?>栗原さん」
karaaa 「karaaa さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karaaa → 日下部若葉
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 2051 (日下部若葉02)」
kariiiiiiii が入場しました
アン 「苗木のハーレムね」
タチバナGM 「華麗にみくさんにトスします」
輿水幸子 「ボクは当然指定席ですね!」
栗原ネネ 「あ、男の人がきたので、苗木君にしきちゃんプレゼント」
前川みく 「そのテーブル、みくがもらったにゃ!」
栗原ネネ 「それじゃ、しきにゃんに、この媚薬入り栄養ドリンクを飲ませて、ありすさんにパスします」
苗木誠 「あ、よろしくー」
タチバナGM 「いらっしゃいませ」
一ノ瀬志希 「スヤァ・・・」
苗木誠 が入場しました
一ノ瀬志希 「(ぱたり)」
karrri 「こんばんは」
タチバナGM 「テーブルは二つしかないので席を争って貰わないと…」
karrri が入場しました
仮です が入場しました
karaaa が入場しました
タチバナGM 「いらっしゃいませ。」
輿水幸子 「カワイイボクが村にやってきましたよ!」
輿水幸子 が入場しました
かり が入場しました
アン 「ええっとファイルのどこに書いてあったかしら
あったわ
『自分ではカッコイイと思ってるみたいだけどあの変態紳士も橘純一だし』
『タチバナ呼びとか誰が気にいるのかしら。ロリコンの変態大人(ターレン)なら名字読み主張する幼気さを気にいる、かも』」
一ノ瀬志希 「(ふらふら)」
一ノ瀬志希 が入場しました
前川みく 「よろしくにゃ!」
前川みく が入場しました
タチバナGM 「いらっしゃいませ。
いい笑顔です」
アン 「流石に泣くわよそれ>更にロリロリしくなった」
秦こころ 「私と最強の座を賭けて戦え!」
秦こころ が入場しました
タチバナGM 「いらっしゃいませ。さらにロリロリしくなりました」
川島瑞樹 「よろしくね」
川島瑞樹 が入場しました
アン 「いや全員がって訳でもないんだけど」
黒川千秋 「何の話かよく分からないわね。」
タチバナGM 「黒川さんはロリだった…?」
アン 「あら、何を許さないのかしら>ありす」
アン 「ちなみに公式設定じゃないけど
フーゴの小説だと弟いるのよね>トニオ」
タチバナGM 「>アン
ただじゃおきませんッ!!!」
アン 「なんか全体的にロリロリしい村ね」
タチバナGM 「いらっしゃいませ。」
黒川千秋 「よろしく。」
アン 「というかトニオはトニオって呼ばれてるんだしありすでいいんじゃない?」
黒川千秋 が入場しました
栗原ネネ 「キュートタチバナでいきましょう」
タチバナGM 「私は一億光年先からでも見紛うことがないくらいクールですので
たぶんスタンドがみえているのでしょう」
アン 「デコも真ん中右左と揃って出してるわね」
アン 「そして謎の二度目の書き込み
これはスタンド攻撃を受けている!」
栗原ネネ 「キュート3人ですね!」
タチバナGM 「レイバンのサングラスが2499円なのも今だけです」
アン 「アンタが喧嘩売ってるのだけは解るわ>タチバナ」
アン 「今だけなのよ
四条の村を見て回れるのは」
タチバナGM 「いらっしゃいませ。病の妹のためにアワビを密漁しましょう」
栗原ネネ 「ふふ、よろしくお願いしますね」
栗原ネネ が入場しました
タチバナGM 「いらっしゃいませ。キリマンジャロの5万年前の水道水をどうぞ」
アン 「今だけなのよ
四条の村を見て回れるのは」
アン が入場しました
タチバナGM 「延長するかどうかは希望を鑑みてになります」
タチバナGM 「(役職希望なんて)そんなもの…うちにはないですよ…」
タチバナGM 「2230開始予定です
入店どうぞ」
タチバナGM 「【四条劇場からのお願い】

1.戦犯とか軽々しく口に出してはいけません。

自分の立ち回りがうまくいかなかったのは残念な事です。
でもそれで自分戦犯とか言い出すのはいかがなものでしょうか。余計につらくなるだけですよ?
あ、人を戦犯とか言うのはもっとNGです。
開始後だからとて人を呪わば穴二つ。出来るかぎり他参加者を尊重してさわやかに終わりましょうね

2.まったり仲良くいきましょう。

勝利を求めるのも一つの楽しみ方ではあります。
でもそれだけだと疲れませんか?
時にRP、時にしっかり。メリハリは大事ですけどガツガツしすぎずほどほどにゆるく、まったりと。
みんな仲良く終了後も和気藹々。それがプロデューサーの目指す理想の公演です。
できれば、協力してくれると嬉しいです。

3.他の参加者を尊重しましょう。

相手も人。その言葉は『自分のやり方』を意識しているとついつい忘れてしまいがちなポイントです。
いや、わかっていても「その考えをしている人はおかしい」
とか思ってしまう時だってあります
でも、そこは結構大事なのです。
やりすぎなければ殴りあうもいいでしょう。論戦もいいでしょう。
でも、勝敗が関係無くなった時・・・
例えば、霊界や終了後に於いて
「言い過ぎたかも」「ごめんね」などの少しのフォローで構いません。
「これが正しいから私は悪くない」ではなく、相手が傷ついているもしくは気にしているようならフォローも忘れずにしましょう
ちょっとした気遣いが、場の空気をよくしてくれます。」
タチバナGM 「※13人共有恋人ルール
 
 13人村のときだけの特殊ルールで
 共有の2人を恋人陣営として扱います
 
 すなわち
  1.村陣営
  2.狼陣営
  3.恋人陣営
 の3つの勢力の戦いになります
 
・各陣営の勝利条件
  1.村陣営 :『通常の勝利条件』&『共有の片方(もしくは両方)を死亡させること』
  2.狼陣営 :『通常の勝利条件』&『共有の片方(もしくは両方)を死亡させること』
  3.恋人陣営:『共有2人とも生存して村終了』
     共有の相方が死んでも後追いはありません。負け確定のまま生き続けましょう。 

・初日犠牲者が共有だった場合
  恋人陣営は不在です
  共有は村人陣営扱いとなり、CO禁止です
  この場合、他のプレイヤーは恋人陣営不在を知らないまま戦うことになります」
タチバナGM 「■禁止事項等■

・PP回避目的を除く村人騙り
・システムメッセージのコピペ使用
・AAを用いた占いCOまたは霊能CO(占い理由は可)
・占い理由と占い結果の同時貼り付け(騙りによる銃殺対応などに差がですぎるため)
・超過前の噛み実行(※超過前噛みは、原則的に全視点で詰んだor狼側の勝ちが確定したor狼側から投了宣言があった場合のみ許可とします)
・かけもちプレイ
・突然死(可能な限りGM付きの場合は回避させるよう努力しますが万が一回線トラブルなどで突然死した場合は必ず謝罪を)
・他者に対する「戦犯」等の発言
・事件前日を含め、昼の会話で初心者であることを明かす行為(騙り初心者COも禁止です。冗談でもやめましょう)
※アイマス村への初参加COはOKです。但し人狼経験の有無は昼間に言わないこと。

昼AAの使用は自由ですが、過度の大型AAの使用は控えていただけると幸いです
またシステムメタに繋がるので、占いや狩人といった村役職の投票は超過時間前にお願いします
GMは有栖酸◇ARSSNPh686です」
タチバナGM 「 【四条劇場の特徴】
1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ません

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできません(共有は喋れます)

5--占い結果と霊能結果は、朝に出ます。呪殺と噛みが同時の場合、狐は生存します」
タチバナGM 「■はじめに■
ここはアイドルマスターの好きな人を中心に開催されている人狼サーバーです。
アイマスキャラが多いですが、アイマスキャラ縛りではないので気にせずに参加してください。
楽しく自由に人狼しましょうね。


■注意事項■

・COはわかりやすく。基本的には独自の形でいいのですが、他の参加者の事を考えて。
・リスキーな戦略を実行した場合は、その後リスクの影響を受けた人との関係に気を配りましょう。
・霊界・終了後の議論は穏やかに。特に相手の人格などを否定するなかれ。


■初心者の方へ■
人狼・共有になった場合は夜の間に素直に仲間へ自分は初心者だと打ち明けて
どのように動けばいいのか指示を仰ぎましょう。
全員初心者だった場合?開き直りましょう(ぉ
また、その他の役職やわからない人狼用語がある場合は
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
で調べるか、過去ログで確認してから参加推奨です。

■経験者の方へ■
この村は人狼をネタにしたアイマス動画をより楽しむために、人狼を知らない人も一度やってみようという経緯でスタートしており、
初心者やプレイ回数の浅い人、ブランクのある人、わかめて鯖以外でしか経験の無い方が多数参加しています。
そのため、細かなミスや用語の誤解、セオリー通りではない言動、タイプが遅く返答や反論が遅いという事がございます。
経験者の方は、その点ご了承していただいた上、間違いを指摘する場合や取るべき戦術を主張される場合は、
何故そうなるかという説明も含めて、あまり強い語調を用いないようお願いいたします。

■マナー(ルールではありません)■

あまり不快感を誘発するような言動は控えましょう。ゲームの楽しみやゲーム性そのものを損ないます。戦犯CO駄目絶対。
本人以外によるニコマスP名での参加もできるだけ控えましょう。
結果から他プレイヤーを責めたりするのも好ましくありません。どちらの結果も人狼なのです。
画面の向こうには他人がいます、熱くなることもありますが最終的に仲良くプレイ出来るといいですね。


★回線等の事情により、投票ボタンを押しただけでは投票がなされていない場合があります。
必ず、「○○さんに投票しました」という表示を確認するようにしてください。
特に、週末等、回線が重い時は気をつけて、締め切り1分前ぐらいには投票を入力するようにしましょう。

名前の変え方:行動内容から名前変更を選んで、発言内容欄に名前を入力して行動
アイコンの変え方:行動内容から追加アイコンの変更を選んで、発言内容欄に番号を入力して行動


■再ログイン方法■
ページを閉じてしまった場合は、以下の方法で再ログイン出来ます。
ログイン→自分が参加している村を選択して「ログイン」をクリック。
→自分の名前を選択→パスワードを入力→「村に行く」をクリック。」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → タチバナGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 1747 (橘ありす02)」
村作成:2016/06/09 (Thu) 21:59:46