←戻る
【劇場番外】やる夫アイマス交流探偵村 [1004番地]
~クラインの壷~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)探偵村
1 2 3 4 5 6 7
icon GM
 (dummy_boy)
[霊能者]
(死亡)
icon 小日向美穂
 (姉崎◆
iHLHGlkV5Y)
[狩人]
(死亡)
icon 中野有香
 (骰子)
[人狼]
(死亡)
icon 五十嵐響子
 (ykk33kyy◆
FezOBPmgaqTr)
[村人]
(死亡)
icon 島村卯月
 (有栖酸◆
ARSSNPh686)
[探偵]
(生存中)
icon ケーキ
 (ぱめるぼ◆
vyJ0qLfYQU)
[狂人]
(死亡)
icon 池袋晶葉
 (町人B◆
lllllllllA)
[占い師]
(死亡)
icon 成歩堂龍一
 (キミー◆
xBm2sFoQQs)
[妖狐]
(死亡)
icon ミク
 (ミク◆
rOJ7Nehfqo)
[村人]
(死亡)
icon 丈槍由紀
 (さなちょむ◆
MORIYA/XLQe4)
[人狼]
(死亡)
icon 御剣怜侍
 (やらない◆
e2rIbqsAds)
[村人]
(死亡)
icon 王蛇
 (レッドヘアー◆
m6iQRgerAg)
[共有者]
(生存中)
icon 太郎丸
 ( ◆
Qnc4HXrWjY)
[村人]
(死亡)
icon チノ
 (伊吹疾風◆
1qfrROV/6o)
[人狼]
(死亡)
icon 不知火
 (12346◆
with5o555A)
[村人]
(生存中)
icon 如月千早
 (十六時野緋色◆
aELdi2ITS.)
[村人]
(死亡)
村作成:2016/06/10 (Fri) 22:01:03
GM 「☆大まかな流れ
◇初日夜
 
   システムが探偵を選出
         ↓
      能力発動
         
◇二日目
 
  探偵がワトソンの有無をCO
         ↓
      探偵が指定
         ↓
 GMが超過後にアナウンス
         ↓
    指定された人に投票 


◇三日目以降昼~最終日前日昼
      
      探偵が指定
         ↓
 GMが超過後にアナウンス
         ↓
    指定された人に投票 

※ワトソンが死んだとき
    探偵がワトソン死亡をCO」
GM 「☆注意事項


 ◇探偵
  ・ワトソンが死んだら、宣言してください
  ・ワトソン騙り(別の村人をワトソンと称すること)は禁止です
  ・昼時間に指定を宣言すること ※指定できなかった場合はGMが探偵を指定します
                      その場合、ワトソンが探偵を継ぎます
                      ワトソン死亡の場合は普通村に移行します
  ・指定変更は何度でも可能 ※ログにおける最新の指定が適用されます
  ・占い、護衛指示を出すことも可能です ※しかし強制力はありません
  ・ラン(グレラン含む)権は一度のみ行使可能

 ◇ワトソン(探偵ではない共有)
  ・基本的に制約はありません ※つまり役職COなどが可能です
                      しかし、ワトソンを別の村人に見せかけること騙り(ワトソンがBの時にワトソンをCということ)は禁止です
  ・探偵が指定できなかったり、何らかの理由で突然死した場合は探偵を継ぎます

 ◇村人
  ・探偵の占い、護衛指示に従う必要はありません ※ただし探偵からの信用が落ちます 
  ・村側でありながら間違って投票したら弁解は各自でおこなってください。GMは何も言いません。
 
 ◇人狼、狂人
  ・探偵を噛んではいけません ※間違えて噛んだ場合、ペナルティとして噛んだ狼はCOすること(その場合の騙り禁止)
  ・投票指定に従う必要はありません ※つまりPPが可能ですが、PPについては詳しく後述します

 ◇狐
  ・投票指定に従う必要はありません

 ◇PPおよび引き分け指定について
  ・PP可能な場合でも、探偵に投票する事は出来ません。ただし明らかに探偵と狼狂の場合のみ、探偵に投票をしても構いません。
   ※最終日3人(探偵、狂、狼)の場合に可能です
    5人PPなどの時には探偵以外に票を集めてください
  ・また村2、狼1、狐1が明らかな状況においては探偵は村人に引き分け指示を出しても構いません。
   その場合、探偵は村人それぞれの投票先を明確に指示してください。  ※ラン権を使い果たしていても可能です

 ◇その他注意事項
  探偵村のルールは一人一人のマナーによって成り立っています。
  楽しく遊ぶためにも上記ルールは必読の上、絶対に守って参加しましょう

 ◇三行でルール説明
  ルールと
  マナーを守って
  楽しく人狼しよう!」
GM
四条劇場と他の鯖の違い

1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ませんよー

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されませんよー

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう!

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできないよ」
GM 「報告に行ってきます。入村は悟自由にどうぞ。」
GM 「22:30目安に開始。埋まったら前倒しで開始します。
昼AAはなし。探偵への能力発動は禁止です。13人以下の場合は、オプションをはずして普通村にします。
最大15分延長。」
小日向美穂 が入場しました
小日向美穂 「よろしくお願いします」
GM 「いらっしゃい」
中野有香 が入場しました
中野有香 「よろしくお願いします」
GM 「らっしゃい」
五十嵐響子 が入場しました
五十嵐響子 「よろしくお願いしますっ!」
GM 「いらっしゃいませー」
小日向美穂 「キュートいっぱいですね」
島村卯月 が入場しました
五十嵐響子 「ふふっ、ピンクですね♪」
GM 「いらっしゃい」
島村卯月 「がんばります!」
ケーキ が入場しました
ケーキ 「よろしく。」
五十嵐響子 「明日また会えるポンコツピンクチェックスクールです!」
GM 「いらっしゃい」
池袋晶葉 が入場しました
五十嵐響子 「C・ロズレスクール!」
GM 「6人だと極少人数になるので、15分延長で」
池袋晶葉 「よろしく頼むぞ」
GM 「いらっしゃい」
島村卯月 「ロ・・・ロドリゲス…?」
五十嵐響子 「la Roseraie(ラ・ロズレ)+C5+ピンクチェックスクール!」
ケーキ 「誕生日・・・。」
池袋晶葉 「つまり…どういうことだ?」
ケーキ 「バースデーケーキ・・・。」
ケーキ 「おめでとう。>池袋」
kari暮らし が入場しました
kari暮らし 「こんばわん」
五十嵐響子 「つまり…おめでとう、晶葉ちゃん!」
島村卯月 「私たちのユニット名は…神田川じゃ…!?」
小日向美穂 「おめでとうー!」
池袋晶葉 「あ…ありがとう…え?アレそういう意味だったのか?」
五十嵐響子 「ミルクティーでもフライドチキンでも無いですよ?<卯月ちゃん」
GM 「らっしゃい」
島村卯月 「おめでとうございます!」
池袋晶葉 「なんか照れるな…」
島村卯月 「頑張り本能ガンバリヤがんばります!」
ミク が入場しました
五十嵐響子 「年に1回しかありませんからね!ふふっ!」
ミク 「よろしくお願いします」
kari暮らし 「kari暮らし さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari暮らし → 成歩堂龍一
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 433 (成歩堂龍一)」
成歩堂龍一 「弁護側、準備完了しております!!!」
池袋晶葉 「そりゃあ誕生日は1年に1回だろう
2回も3回もあるもんじゃあるまいし >響子」
GM 「いらっしゃり」
五十嵐響子 「たくさんのアイドルがいても、自分の誕生日は1回、ですよっ!
だからきっと、誰にとっても大事な一日なんです!<晶葉ちゃん」
成歩堂龍一 「弁護側は「僕がキュートであること」を主張します!!!」
ケーキ 「俺もバースデーケーキとして仕事できてうれしいよ。さあみんなで食べてくれ。」
池袋晶葉 「確かに…大事な日だしな!
輝く日としては素晴らしい日であることには違いない! >響子」
五十嵐響子 が「異議」を申し立てました
成歩堂龍一 「             _,、-m‐'iiii'-、、,、
          _ ,、-'iiilll||||||!!゙-゙-ミ7!ソ      _ , 、..-..‐::ー、
        `'ニ=-'iiiilll|||ζ _,、- ' ,.!゙-,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ
         `二'=彡.'゙ヾ!  '~lll ゙ 、 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|
           `´'ヾ,'、'9l.  ,_  -;゙ ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!
             ヾ''ヽ. '-ミエエ!ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/
             _,.' .、_  、_ ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/:::::::::::::::::::::゙..、::::::::!|||i::::/:::::::::::;::, ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;:::::::::::::::::::::::::゙::、:::゙!||!:,'::::::::::::::i゙
┌‐────┐;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙::、!i/:::::::::::::::!
│ ナルホド  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::゙':::::::::::::::::i
├───‐─┴────────────────────────
│いやぁ 申し訳ございませんねぇ
└─────────────────────────────‐
>ケーキ」
五十嵐響子 「とりあえず異議を申し立てます!<成歩堂さん」
池袋晶葉 「弁護人。ちょっと検察側がまだ来てないのでというか
一体何を言ってるのかちょっとわからない」
五十嵐響子 「残り少ないですけど、いっぱい楽しんでくださいねっ♪<晶葉ちゃん」
成歩堂龍一 「        _.. -‐ ' "     ヽ ̄ノ^7__
    `ー ''"--―――-r⌒``~`゙゙`''ヘ/
     `ー--――ー--->  ~-、_, ',
      `ー-- .._ へ/   くてi` 〈
       `ー-_   | ^i        , ノ                    _.. ‐ァ=r‐''⌒゙二ニ二つ
          ヽr''ヘ、_     ,.-=ァ/                _. -‐ '"´  l l    r} } }l
          /   !、   {__//    __      . -‐ ' "´        l ヽ  、 ヽ_ノノ
          ノ       、   ̄ /-‐ ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ーテヽJ
     _.. -‐''フ|フヽr-‐ ''''フ. ̄「´      /   /                __.. -'-'"
  . ‐ '7    く/|〉-rへ. /   l     l   /            . -‐ '"´
┌‐────┐
│ ナルホド  |
├───‐─┴────────────────────────
│であるならば、僕がキュートではないことを立証できるのですか!!>響子
└─────────────────────────────‐」
五十嵐響子 「.               / ̄\
     -----ミ.  |    |   --‐‐‐‐---ミ
.. /: : : : : :.\|   ´: : : : : : : : : \_
. /: : : : : : : __j /: : : : : : : : : : : : : :``丶、
/: : : / ̄ ̄(__/: : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
: : : |     . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘:,
: : : ∧  .//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ‘:,
: : :./: : \/: /: : : :  /: : : /: : /: : : : :|: : ‘:,: : : : : ,
: : :/: :  /: /: : : :  /: : :./: : :/: :|: : : :∧: : :‘,: : : :  :,
: :/: :  /:.:/: : : :  /: :  /: : :/: :/|: :  :./::::::,: : :‘,: : : : : ,
: /: : :.//|: : :   / |: : :|: : l: :| |: : :/ :::::::::,: : :‘,: : : : : ,
/: :  /: : .|: : : : | |: : :|: : l: :| |、_,,.. 斗-‐七'´: |: : : : : :.,   
: :  /: :  |: : :___,l_ ノ|: : l: :| |: :/::::::::::::::::::::,: :. |: : : : |: : : : :l
: : : : : :ハ: |: :  | |: : :|: : |\| |: /::: -‐‐- ::::,:  |: : : : |: : : : :l
: : : : :  ∧∧:_:_| L: : :j\_:_| ::::: |/,ィf竓芋≧ミメ::,: |: : : : |: : : :/
: : : : : : /{L〈:::::::,ィf竓芋ミメ、:::::::::::::::: 乂::ヘ{cノ :: |: /: : : : |: : :/
: : : : : /: {ソハ ぐ 乂ヘ{cノ ::::::::::::::::::::::::: ー一'^ ::: |/::|: : : :.|: :/
: : : : :./: : {〈 .∧::::::::::ー一'^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: |: : : |/
: : : : ./: : {\,ハ:::::::::::::::::::::::::::::: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :|: : : /
: : : :/|: : :{   l`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´′             |: : /
: : /ハ: : {   |      、___  . -‐‐ァ'   //: /
: :/  ,∧: : \ 込、     マ_    __/   ./ :/: /
:/       '\: :. \  〕iト        こ       イ  //
          ≧=‐‐‐一   ≧s。        /  |
    x≦三三≧s。..,,_____r‐}   --     ノ≧=‐--  ..,,__
┌‐────┐
│ キョウコ   |
├───‐─┴────────────────────────
│では、異議ありの色を確認させてください♪<成歩堂さん
└─────────────────────────────‐」
成歩堂龍一 「                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  i'Tj'‐' .ノ
                  __,....i-/Y ´l.        |
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ
┌‐────┐'、          ヽ | .ノ/    /     ゝ-,
│ ナルホド  |  \          Y,- '     イ       ゝ
├───‐─┴────────────────────────
│僕がキュートであることは紛れもない事実ですからねぇ

└─────────────────────────────‐
丈槍由紀 が入場しました
島村卯月 「 焦 焦  |
  っ っ  |
 て て  |
 る る  l
ヽ_   ノ
  (_)
  o
ー-,,,
vr l l ヽ
 ヽlメlリ@
  == lノリ
ワ "ノリl
ニニ"ノリ l
ロマ::ゝl l l
[SPLIT]」
丈槍由紀 「したいからーしたいならーしたいときーしたいでしょー」
GM 「らっしゃい」
成歩堂龍一 「                    ___,,,,----- 、__
              _____,.. -‐''''´‐‐''´___Z ヽ\`Tー-1
              `ー-.ュ____,    ̄コ-、_i- 、丶 /└!
             -=´、ニ----ァ  (_     `''ー'ヒ「
              -=ュニラ´,rニヽ ,「 .u'''ー-、_ 、 |'
               ̄'ー、_ __」⌒!.V'    ー┬「'´∠!
                  ゙iN゙i ユ;. ゚    ̄   tf
                 ,r.ァx-ー┐  。 .     ' rク
               _/ ! ゙t i ヽ   r___ー─‐イ
          _,,.. -‐'´ /  l  ヽ|   ゚ 、.   ` ̄了
      _,,,. -''´      /   .゙i,   \   `ーァ、....ノ
  ._,r‐''''~`ヽ、      ,'    ',   .ゝ--ァ'''!^!
 /        .ヽ     ''''ー-=- ト、  / ̄`゙i | t'、
..l         ',    ,.-''´   い,/ヽ  .∧ |. ヽ\
.j         ;.    ヽ、     ',   〉‐イ ''|\-'  \
|             ,      \    .゙,  !  ゙! .| oヽ,   \、
|             |      ゙ヽ   ', .j  .! j  ./    ! ヽ
|          j        \  .', ,'   | /  ./    ,' .!
゙!            /           \ .Y    y   /    .,'  |
┌‐────┐            ヽ ゙、  /  ,/       ,'  |
│ ナルホド  ||            ヽ | / _ノ´ ''''ー-、./  |
├───‐─┴──────────────────────
│え!?色をですか・・・>響子
└───────────────────────────」
五十嵐響子 「わたしたーちはここにいますー♪」
丈槍由紀 「わたしたーちはここにいますー」
小日向美穂 「こんばんわー」
丈槍由紀 「一緒に歌ってくれるの?」
島村卯月 「霊結果割れてません?」
五十嵐響子 「                     __/ .r‐v―v' /つ⌒ 、ー . ...
             ___{ |  爿⌒Y ⌒,}二}  /: : :..:.:..: ::...
          /⌒ヽ    | !_つ\ /、{′ /、: : : : : : : : :\
         /____ ).r―入  /了 升、´  /  〉: : : : : : : : }!::.
        // ⌒Y   \r‐ Y   } i !\ー ' /: /:/: /: :// !: ::ヽ
         ,ー―r‐ '   /  / )  _/_/ i : : \/_ ̄_ ヽ/: :〃 |: : : :i
      /:/ }: \   f´― 、/ , ー´/ し': : ::/r乞Tヾ, < / _. !i : : :}
        {:(  /: ': : ::ー´::/ ノ /  / ヾ: : : /   ゞソ    _,=、、刈 ∧!
      ヾ) {: : : : : :: /  (_(⌒V {}ハ : : /          /:ン }}./::/ j
      /  ヾ: : : : (    {: {   〃 !: ::从         丶¨ _/ :/
     (_     \: : :\   ヾ:\ {{ |: /.)八   「 ` y    ハ/
      )     ): : : ::)    ,ゞ::) i! |/、  /\ ` -    /
          /: : :/   / / , -i! \'    ー   _´ /} __      ..-‐..、__
         / ; '´      !/  /  | `つ、\` └‐rfェ}ハ/  }    (:__::::/ .,‐}_
        (: ::(_       し '      } ニゝ ヽ_⊂ニr<⌒Y '}     ヽ `|_/ / }_
         ` ̄       /   〃  しー 〉   ̄{V{旬 } } }__}      {.  Y.ノ, 、}
                   /    ∧  / て入   `辷z匕人ヾヽ    丶  \ \
                /ー 、 /  ∨   / _}     ̄   Tつ     } ゙'  /\/〉
                  /   .V   {    (__  !         | }>、   '    ,′ `
               /     /    !      し|          丿 i  \/    /
┌‐────┐
│ キョウコ   |
├───‐─┴────────────────────────
│キュートなら、異議ありもきっとキュートにピンクですよね♪<成歩堂さん
└─────────────────────────────‐」
成歩堂龍一 「                    , ,i!.   ,;
                   ,nソ!ッ」`!ゝ、!;/'!
         ,.. -‐---、....,..;=ヽ.<! |f .|、|_'!ヾ<.ト;_
        .,r=‐‐‐-、   / f.iイ'! : : .' ´,^) .l と;`!
     ,/'~      ヽ.  { f |! `!    j、.ヾ ノ }!. |
    ノ.|         '! .{ i' y='==_:、,ノヽ,、ソノ.)_!
   ./ ゝ       !ノ. | .ノ   `ヽ,_, ク<ニ!,
   /   ヽ.      〈,>'<リ    〆f_/'T    s!
  ノ    ヽ、     `y'    O/  ノ!    .q
  /.      ゝ   r-イ     /' / .}    |
┌‐────┐、   ∫     ノ./'、  |    .|
│ ナルホド  |, .ゝ       //´  ヽ .}    |
├───‐─┴─────────────────
│うわああああああああああああああああああああああ
└─────────────────────── 」
池袋晶葉 「初手●からの翌日2-2かな? >卯月」
島村卯月 「1-4がんばります!」
成歩堂龍一 「                    , ,i!.   ,;
                   ,nソ!ッ」`!ゝ、!;/'!
         ,.. -‐---、....,..;=ヽ.<! |f .|、|_'!ヾ<.ト;_
        .,r=‐‐‐-、   / f.iイ'! : : .' ´,^) .l と;`!
     ,/'~      ヽ.  { f |! `!    j、.ヾ ノ }!. |
    ノ.|         '! .{ i' y='==_:、,ノヽ,、ソノ.)_!
   ./ ゝ       !ノ. | .ノ   `ヽ,_, ク<ニ!,
   /   ヽ.      〈,>'<リ    〆f_/'T    s!
  ノ    ヽ、     `y'    O/  ノ!    .q
  /.      ゝ   r-イ     /' / .}    |
┌‐────┐、   ∫     ノ./'、  |    .|
│ ナルホド  |, .ゝ       //´  ヽ .}    |
├───‐─┴─────────────────
│弁護側は・・・先ほどの主張を赤で言うことは・・・・できません・・・
└─────────────────────── 」
丈槍由紀 「なんか自動更新重いかも」
五十嵐響子 「ふふふ!私も、ホラーでゾンビな学校、やったことあるからね♪<由紀ちゃん」
島村卯月 「私はゾンビはいませんが学校でスタンドになったことがありますよ!」
五十嵐響子 「論破ですっ!」
御剣怜侍 が入場しました
池袋晶葉 「しかしまあよく見てみたら周りキュート属性ばっかりだな」
丈槍由紀 「七不思議かな?>五十嵐」
ミク 「増えてきましたね」
御剣怜侍 「呼ばれた気がして」
王蛇 が入場しました
成歩堂龍一 「             _,、-m‐'iiii'-、、,、
          _ ,、-'iiilll||||||!!゙-゙-ミ7!ソ      _ , 、..-..‐::ー、
        `'ニ=-'iiiilll|||ζ _,、- ' ,.!゙-,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ
         `二'=彡.'゙ヾ!  '~lll ゙ 、 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|
           `´'ヾ,'、'9l.  ,_  -;゙ ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!
             ヾ''ヽ. '-ミエエ!ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/
             _,.' .、_  、_ ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/:::::::::::::::::::::゙..、::::::::!|||i::::/:::::::::::;::, ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;:::::::::::::::::::::::::゙::、:::゙!||!:,'::::::::::::::i゙
┌‐────┐;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙::、!i/:::::::::::::::!
│ ナルホド  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::゙':::::::::::::::::i
├───‐─┴────────────────────────
│お、御剣じゃないか
└─────────────────────────────‐」
太郎丸 が入場しました
太郎丸 「グルルル...」
チノ が入場しました
GM 「いらっしゃい」
五十嵐響子 「聖靴学園の七不思議♪<由紀ちゃん」
王蛇 「ぁぁ……」
チノ 「おじゃまします」
御剣怜侍 「検察側、無論準備完了している」
丈槍由紀 「太郎丸…?」
GM 「ギリギリ14人になりましたので、探偵村ルールで開始します」
小日向美穂 「わーい。久々の探偵ですよ、響子ちゃん、卯月ちゃん」
池袋晶葉 「ところで今始まるのは裁判なのか人狼なのか」
成歩堂龍一 「             _,、-m‐'iiii'-、、,、
          _ ,、-'iiilll||||||!!゙-゙-ミ7!ソ      _ , 、..-..‐::ー、
        `'ニ=-'iiiilll|||ζ _,、- ' ,.!゙-,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ
         `二'=彡.'゙ヾ!  '~lll ゙ 、 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|
           `´'ヾ,'、'9l.  ,_  -;゙ ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!
             ヾ''ヽ. '-ミエエ!ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/
             _,.' .、_  、_ ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/:::::::::::::::::::::゙..、::::::::!|||i::::/:::::::::::;::, ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;:::::::::::::::::::::::::゙::、:::゙!||!:,'::::::::::::::i゙
┌‐────┐;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙::、!i/:::::::::::::::!
│ ナルホド  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::゙':::::::::::::::::i
├───‐─┴────────────────────────
│そもそも逆転裁判にうみねこ制度いれたらすぐ終わっちゃいますよ
└─────────────────────────────‐」
五十嵐響子 「やったね♪<美穂ちゃん」
太郎丸 「わん!わん!>>由紀」
チノ 「14人の探偵村はどのような内訳だったでしょうか?」
不知火 が入場しました
不知火 「よろしくお願いします」
御剣怜侍 「あ、逆転裁判新作発売おめでとう>ナルホド」
五十嵐響子 「14人は、人狼2、狂信者1、妖狐1、ワトソン1、探偵1だよ!
15人は、人狼2、狂人2、妖狐1、ワトソン1、探偵1だね!」
チノ 「と思っていたら15人になりました」
池袋晶葉 「そういえば新作が出てたな。おめでとう >成歩堂」
GM 「準備が出来た方は開始投票をどうぞ」
成歩堂龍一 「            _, 、- ーiiiiヽ-,,、_
         -=ニ゛|||||||||||i''-''ー、ヾ||!'
           ''三|||||||||ζ  、 _ ` i'´
          `ニ||i゙ ヾ` '~lll` (
            `'||、_ ;       _ _)
            'レ' ゙、.   -―-|
               人. ` 、   /
            _,/(  `' 、 _゙T
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙''レ::::::::::::::::!:::|
;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::!
;;;;;;;;/    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;i;;;;;!::::::!
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;|
│ ナルホド | ;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;|O;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;;!
├───‐─┴────────────────────────
│ありがとう、ただ中の人はまだ買えてないんだ>御剣
└─────────────────────────────‐ 」
御剣怜侍 「…ところでお前からも逆転検事の新作を制作陣に頼んでもらえないだろうか
ずっとスタンバってるのに話が全く来ないんだ」
チノ 「わざわざありがとうございます>響子さん
いつもと比べても変則的な内訳ですね」
如月千早 が入場しました
御剣怜侍 「大丈夫、私もだ」
丈槍由紀 「中の人繋がりのチノちゃんもいるし
占いを引いたときの初手占い悩むなあ」
GM 「どうしょ。もう一人待ちます?」
成歩堂龍一 「           _, 、- ーiiiiヽ-,,、_
         -=ニ゛|||||||||||i''-''ー、ヾ||!'
           ''三|||||||||ζ  、 _ ` i'´
          `ニ||i゙ ヾ` '~lll` (
            `'||、_ ;       _ _)
            'レ' ゙、.   -―-|
               人. ` 、   /
            _,/(  `' 、 _゙T
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―-l::::!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙''レ::::::::::::::::!:::|
;;;;;;;;;;;/ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::|O::::::::::::::/::::!
;;;;;;;;/    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;i;;;;;!::::::!
┌‐────┐;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;|
│ ナルホド | ;;;;;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;|O;;;;;;;|;;;;|;;;;;;;;!
├───‐─┴────────────────────────
│弁護側準備完了しております。
└─────────────────────────────‐ 」
小日向美穂 「ではではーCOはじめますねー」
GM 「とおもったらきた
いらっしゃい」
王蛇 「はははっ
新作なんて無理無理無理……ってかぁ?」
小日向美穂 「まってもいいですよー>GM」
如月千早 「クッ……こんな格好させるなんてプロデューサー……」
丈槍由紀 「16人!みんながここに集まれば探偵は特別になる?」
成歩堂龍一 「           、-`=- `_`'''‐--:、,_
            -=_- 、,,__`''‐-、 ヽ`‐、_
            `=,‐- _- r‐-`‐-、 ! r'
                 'i i´)`r'".-、,_  `'i‐'
              |,!、'!.   lT;j'‐ ,r'
              /" |      ._|
           ,.-'/ '、 ヽ `''‐-r'
    r―,――‐:''"| ヽ. `‐:、` ,-'"
  ,r'゙   ヽ    !_.  \  `/-i`,、_
'"´      ',      `ニ=-\./、,, !',.ヽ`''ー,-:、
.         i    く.    ヽ .! .',`i".、  ヽ ヽ
          |     `:.、.   ':! .',.| ゚.l   ヽ `':、
          i       `:.、.  ',. '| .,'    i   ヽ
        ,'         \. ', |.,' _______ i    \
ニ-、  __  ノ           ヽ'、/     |     \
  `く´ `:<              |O     .|、  _.-  \
    \   ヽ              |      !ヽ_.r     .',
      \  ':,.             |      |.,:'"      i
┌‐┴───┐             |O    /          ノ
│ナルホド   |             |     i        /
├───‐─┴────────────────────────
│僕に任せてくれ(ハッタリ)
└─────────────────────────────‐」
GM 「では任意のタイミングで開始どうぞ>小日向美穂」
池袋晶葉 「さて、そろそろ始まるな。いいむらになるといいな」
小日向美穂 「じゃあ、カウントいいでしょうかー?」
御剣怜侍 「ところでここはなんの裁判だったか…
ああ、そうか「私がクールであること」の実証だったか」
五十嵐響子 「自然な演技を目指しますね!」
チノ 「コーヒーが黒いから、なんて理由で占われそうです>由紀」
小日向美穂 「はっぴばーすでー、 とぅゆー! はっぴばっすてー 5!」
池袋晶葉 「!?」
ケーキ 「ハッピーバースデイ、デビルマン。」
如月千早 「浅倉さんの弁護ですね>この村」
チノ 「おふたりはフィジカル、メンタル、インテリでは?>学級裁判の二人>SideM的な意味で」
五十嵐響子 「ハッピーバースデートゥーユー!!」
王蛇 「王蛇 さんが登録情報を変更しました。」
小日向美穂 「はっぴばすでー、とぅゆー! 4!」
如月千早 「尚、失敗すると殺しに来ます>浅倉さんの弁護」
島村卯月 「がんばります!」
王蛇 「使えねえ弁護士はいらねえ、検事はすぐに死ね」
太郎丸 「池袋博士の発明でしゃえれるようになったって設定で行くワン」
小日向美穂 「はっぴばーすでー! でぃあ あきはちゃーん! 3!」
成歩堂龍一 「              ,. -‐7
       ,.-,. -‐r - '"   /‐.7
    ,.-',"'´, -,'´'´  _, ‐'´  /
  , ‐'´/i // , ‐, ,- '  _, - '7
 ヽ、 ! l .!.,'/,. //-.、,. ‐'.,...、 !_
  くヽ, 、 /'´    .!、 i !`,ヽi´
  'ヽ!` `    ,r'_", 'ヽ!ゞi l.!.i´
    ',.-_、_.、/!.t;:,!l     l' ノ、l
    ヾ.ゞ'i  ``      'i゙  ',
      ヽ. ! ,   _    ,'  ',_
      ヽ`r_'ニ´‐'ヽ  ,_',.-‐;´-ヽ,
.       \'i'-‐_'ノ ./r‐.く´, -‐ ''`' 、
           ヾ,´ _, ,'./ ::: !  _ヽ___`'_ 、
          /´.,!' / .:::/-、'´       .\
        /.>i゙_./ .:::/  ; `ー,        '、
       ,.' .,.' ,..,V、 ::::::!  l  .l `!,.       ',
      ,.' / !ン i ヽrノ,  !  .! l.i        !
       / ./  !  ヽ !..::::: /..、 ,'  !'i       i
.      / /  ,.' ヽ ....`"ーく::./.:ーノ.,'       !
    ,' /  , '   `-、-'、_`ノ'ー '7 /      ,.'i
┌‐────┐  ヽ\ヽ-,. - '´.,.' .:::::::::::::::::, ' /
│ ナルホド |   :::::\`'ヽr,-.'´..::::::::::::::::, '.::.,'
├───‐─┴────────────────‐
|お誕生日おめでとう!!!>池袋
└──────────────────────」
五十嵐響子 「おめでとー!!」
御剣怜侍 「ホモマスへの出演は遠慮させてもらいたい」
太郎丸 「しゃべれる」
チノ 「センターのアイドルも元弁護士ですし」
池袋晶葉 「あ…ありがとう…みんなありがとう!」
小日向美穂 「はっぴばーすーでー とゅー ゆー! 2!」
チノ 「あ、お誕生日おめでとうございます>晶葉」
成歩堂龍一 「                _,. -‐‐''´`ヽ-、-i
             _, -‐'´    _,-‐‐-、_,,'7       ___  -‐―-、
           ー__,- ' ´   i'  、__,._, , `i',-‐‐ ''  ̄        ヽ
            _,ニ-'´__ r‐.、i   i'T;j  〈i                i
            `-= -、! ‐、       、 〉.!        _!ノ      !
                !.ヽ_,    ー‐-- ! ! !       /        /
                 Y´ ヽ、    !'´`'ー--r‐'´            /
.         __      , -'!`ー-、 ` ー-r‐'_ -‐''ヽ/              /
        i'´` ー、`'  ‐-´|  ヽ  ` ーr_!/     `ヽ          /
    , -'´    ヽ    !   ヽ   !'´ iヽ、   ヽ       ,/
  __ノ           ヽ   `ー-、,‐'ヽ、__.!、 l i ヽ    !     ,:'
/              i    <´   ヽ !. ヽiヽ'´    !    , '
             :     ヽ、  ヽ i  'i ゚`!   i   ,:'
             !         ヽ、  ヽ  l .i     i. , '
 ヽ.            /         ヽ、 ヽ i .i _ -‐' i'´
  ヽ   __,. 、/           ヽ、'i,.!/      !
┌‐────┐ `              >'     l
│ ナルホド  |、         l      l.O   l  |
├───‐─┴────────────────────────
|天童君は僕の後輩だからね(虚実)
└─────────────────────────────‐」
如月千早 「でなくても既にホモォされてるのでは?>御劔さん」
丈槍由紀 「しゃべれるようになっても見た目がこわいから
感染チェックしないと…体が冷たかったらどうしよう…」
小日向美穂 「おめでとうあきはちゃん、みのりある日に、改めて、おめでとう! 1!」
太郎丸 「ハッピーバースデーダだわん」
中野有香 「おめでとうございます」
小日向美穂 「それじゃあ、スタートです!」
如月千早 「誕生日おめでとうございます」
五十嵐響子 「おめでとう!おめでとー!」
池袋晶葉 「これで探偵にでもなったら笑ってしまいそうだなぁ」
ゲーム開始:2016/06/10 (Fri) 22:55:23
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者1 探偵1 人狼3 狂人1 妖狐1
探偵は 島村卯月 さんです
丈槍由紀(人狼) 「あっ…これは…」
「◆GM https://www.youtube.com/watch?v=inS9gAgSENE ほい」
島村卯月(共有者) 「がんばりません!」
池袋晶葉の独り言 「お…おう…・」
チノ(人狼) 「よろしくおねがいします」
中野有香(人狼) 「押忍!よろしくお願いします!」
御剣怜侍の独り言 「島村ァ!」
小日向美穂の独り言 「そうですか。ここで狩人ひきますか」
五十嵐響子の独り言 「はじめまして!こんにちわ!探偵、島村卯月です!
…ってやってほしいな!!<卯月ちゃん」
丈槍由紀(人狼) 「初手特攻と初手囲いができるかも」
島村卯月(共有者) 「目に映るものみんな吊ります!がんばります!」
池袋晶葉の独り言 「ある意味誕生日プレゼントってところか。ありがたく頂戴しよう」
チノ(人狼) 「まさかの狼仲間ですね>由紀」
島村卯月(共有者) 「まずはあなたです!王蛇さん!」
池袋晶葉の独り言 「では太郎丸でも占おうか」
王蛇(共有者) 「あぁぁ……」
丈槍由紀(人狼) 「太郎丸●は書いとくだけはしとく」
王蛇(共有者) 「イライラするんだよ……」
「◆GM それでは、皆さん自陣営の勝利に向かってがんばってください
本日の探偵は島村卯月さんです
探偵への噛み護衛占いの能力実行は禁止です」
池袋晶葉 は 太郎丸 を占います
中野有香(人狼) 「占い騙るのであればお任せしますね」
王蛇(共有者) 「(表示はワトソンじゃねえのか……)」
御剣怜侍の独り言 「表示が一瞬バグって
占い師島村卯月に見えた」
不知火の独り言 「探偵村で素村は悲しい物が有りますね。」
チノ(人狼) 「いきなり私を囲ってみるのもいいのでは?>由紀」
島村卯月(共有者) 「教えて響子ちゃん…私はあと何回探偵を引けばいいの…!」
成歩堂龍一(妖狐) 「占いを騙ってもいいがグレー広くとれるしなぁ・・・」
チノ(人狼) 「囲うことになんの違和感もないでしょうし
初手●だったらごめんなさいです」
池袋晶葉の独り言 「あと…GMもありがとう。」
王蛇(共有者) 「前歯へし折るぞ>俺を吊る」
五十嵐響子の独り言 「          rヘrj´) __
         /::じγ´:::::::::::、::\
         |:::::: /::::::::::::::∧::::i:::::i
        |:::::::イ_Lλ」t_j |::::i彡}  村建てありがとうございます!
        |::::::.:「 ┃  ┃ .jノミリ
         t:::::八  r‐┐ 〃^)     猫を描いたオムライスどうぞ!
         .\(. ゝ ` ´ ‐<´      
      コトッ  / ハ ハ    ヽ
         (ミ(〈 (゚ω゚) 〉)とノ }」
島村卯月(共有者) 「相談よりも噛まれないで人外をイライラさせることを優先してください がんばります!」
池袋晶葉の独り言 「(なんかこう、こそばゆくなってきたな…うれしいからこそ。だな)」
島村卯月(共有者) 「占いCOがんばります!!
太郎丸ちゃんは太郎●○

どこからどう考えても太郎●だと思います!
ワクチン間に合うように霊界送りにします!がんばります!


占いCOがんばります! 五十嵐響子ちゃんは○でした!

隣かつピンクチェックスクール繋がりで占いますね!
美穂ちゃんは私服がダサいし隣じゃないので灰で乾いていってください!


占いCOがんばります! 小日向美穂ちゃんは○でした!

ピンクチェックスクール繋がりとかは関係なく
私服のセンスが人間とは思えなかったので
間違いなく人外なので占いますね!」
成歩堂龍一(妖狐) 「霊ロラあるからグレー広いだろうし潜ってもいいが・・・うーむ」
王蛇(共有者) 「この村には盾がいっぱいあるからなァ、使わせてもらうとするぜ」
丈槍由紀(人狼) 「じゃあ日記が間に合えば130に噛む」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
島村卯月(共有者) 「私は探偵の胃でアイススケートをしたくて探偵村にきたのに…
ひどいよ…こんなのってないよ…
私だって…キラキラしたい…!」
王蛇(共有者) 「ハハハハハハハハハハハハハハ!!!
ざまぁねえな」
五十嵐響子の独り言 「遺言がなんか狼みたいですけど気にしないことにしましょう!」
島村卯月(共有者) 「占いCO! 王蛇さん●!」
丈槍由紀 は GM に狙いをつけました
GM は無残な姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ケーキ 「ケーキ。」
不知火 「おはようございます。」
ミク 「おはようございます」
島村卯月 「時計の針が12をさしたら…私に掛かっていた魔法は解けてしまって…
ぶつぶつ…もっとレッスンすれば…がんばります…がんばります…」
王蛇 「――――変身」
丈槍由紀 「占いCO:チノ○」
成歩堂龍一 「占いCO!!御剣は●だ!!!!」
如月千早 「ではCOをどうぞ」
池袋晶葉 「天才占いCOだ!太郎丸は○だ!」
御剣怜侍 「検察側、準備完了していると言ったな
あれは嘘だ」
小日向美穂 「おはようございます。」
中野有香 「押忍!よろしくお願いします!
卯月さんの指定入るまで瓦割ってれば良いんですか!?」
ケーキ 「霊能CO。」
五十嵐響子 「残念ながら、卯月ちゃんを合わせても、16人です!真実の赤でおはようございますっ!」
チノ 「おはようございます
コーヒーが欲しければ言ってください」
成歩堂龍一 「やっぱり検察であり僕のライバルでもある御剣を占うよ
彼は優秀だ 最初に占っても申し分ない位置だ」
丈槍由紀 「1日目夜:チノ
CV水瀬いのり!中の人繋がりだね!
そういえばごちうさにもゾンビ出てたよね?
(ドッキリだけど)」
池袋晶葉 「理由:ふむ。天才の舞台にはもってこい、といったところか
では私の発明でしゃべれるようになった太郎丸を占おうか!
なぁに、副作用が無いかどうかを確認するだけさ。
それ以上に意味などは不要だろう?」
御剣怜侍 「CO無し」
如月千早 「これは酷い……いきなり●」
ケーキ 「むっ。」
王蛇 「おぉ……弁護士の癖にそこそこ使える奴だ」
ミク 「3-1の初手黒ありねぇー」
島村卯月 「仮指定は御剣さんです!」
中野有香 「御剣さんのCOを聞きましょう」
五十嵐響子 「じゃあ私は、オムライス作るね♪<チノちゃん」
丈槍由紀 「対抗おそーい」
小日向美穂 「卯月さん探偵ですねぇーがんばって!」
王蛇 「検事はいらねえ、すぐに地獄へ送ってやる」
不知火 「ふむ。でちゃってますが。
人外が特攻して最初に霊能潜らせたいルールではない気もします」
ケーキ 「遺言残せないんだからどの道出た方がいいな。ということでよし。」
島村卯月 「ワトソンは生存していますよ。」
チノ 「3-1の●混じりですね
どんな内訳であれ、これはCOを聞いて吊るしかないのでは?」
御剣怜侍 「ナルホド貴様…ッ!
一緒にシンデレラスターになるって約束したじゃないかッ!
あれは…あれは嘘だったのかッ!」
如月千早 「つまりその……御劔さんを吊るして弄ぶナルホドさんなんです?」
王蛇 「気持ち悪い検事だ……」
池袋晶葉 「私や成歩堂と対してタイミングは変わらんだろう? >由紀」
ケーキ 「俺が噛まれたらそれはそれで占い見て頑張りなさい。」
成歩堂龍一 「身内を占って●は少々心苦しいがこうなったら仕方ないよね・・」
チノ 「オムライスとコーヒーって合うんでしょうか?>響子さん
でも、響子さんのオムライスは美味しそうです」
五十嵐響子 「意図せず占い霊能全部出てるっぽいですけど、そもそも潜って乗っ取られるよりはこの方が断然良いと思うので!
卯月ちゃん、とりあえず他に潜ってる占霊いたら、出させた方が良いんじゃない?」
ミク 「黒吊る流れになるけど、狩人の腕の見せ所ね」
成歩堂龍一 「嘘だよ(真実の赤)」
ケーキ 「明日生きてないかもしれないから今言うけどさ。」
如月千早 「不知火さん>そも、遺言残せないですからね」
島村卯月 「では本指定も御剣さんで!閉廷!控訴は却下します!」
丈槍由紀 「初手●なら早めにというセオリーってなかったっけ?
ないなら別にいいんだけど」
不知火 「太郎丸息してないですね」
中野有香 「単独死は別段そこまでなんですけど、複合した場合によろしくないので遺言ない環境であれば出たほうが良いと聞きました!押忍!>ケーキさん」
御剣怜侍 「●引きへの反応が非常に薄い辺りで
ナルホドへの不信に当たると主張させていただきたい」
小日向美穂 「ホモ検事ですか」
ケーキ 「俺、チョコレートケーキに見えるだろ?」
チノ 「だからせめてSideMでやってください>御剣と成歩堂」
池袋晶葉 「逆転裁判かウミネコなのかはっきりしない流れだな」
五十嵐響子 「美味しいよ、喫茶店のメニューでも、オムライスが美味しい喫茶店とかも多いんだよ!
だから、きっとコーヒーとも合うと思うな!<チノちゃん」
ケーキ 「これリコリスなんだぜ。」
中野有香 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
五十嵐響子 「あれ、違うんですか?<ケーキ」
五十嵐響子 「り、リコリス……」
池袋晶葉 「そうだな。 >ケーキ」
五十嵐響子 「それはいけません!いけませんよ!料理として!<リコリス」
ミク 「うみねこと逆転裁判が混ざったもののようね>晶葉さん」
王蛇 「戦いだろぉ?
これは裁判でも推理ゲームでもねえ>池袋」
成歩堂龍一 「占い師なんだ ●が引いたぐらいじゃ驚かないさ
弁護するときのほうがもっと大変だし」
如月千早 「気持ちが大事ですから
食べさせればいいのでは>ケーキ」
不知火 「遺言残せないから潜らない人は優秀ですけど
世の中優秀な人ばかりでもないですからね、優秀な人でも好みで
動いて良いゲームですし>如月さん」
丈槍由紀 「対抗の●で裁判が一瞬で終わっちゃったね」
ケーキ 「つまりこういうことなんだ。もはや俺は甘えを捨てた。」
池袋晶葉 「一応は人狼ゲームなんだから推理はしていいんじゃないかなっては思うぞ >王者」
中野有香 「リコリスって食べれるんですか?」
チノ 「であれば、私はよりオムライスに合うコーヒーを研究してみましょう>響子さん」
五十嵐響子 「だ、だめですよ美穂ちゃん!そういうことは由里子さんに任せましょう!<美穂ちゃん」
池袋晶葉 「貴様まさか正体はシュガカみたいな何かか >ケーキ」
成歩堂龍一 「              ,. -‐7
       ,.-,. -‐r - '"   /‐.7
    ,.-',"'´, -,'´'´  _, ‐'´  /
  , ‐'´/i // , ‐, ,- '  _, - '7
 ヽ、 ! l .!.,'/,. //-.、,. ‐'.,...、 !_
  くヽ, 、 /'´    .!、 i !`,ヽi´
  'ヽ!` `    ,r'_", 'ヽ!ゞi l.!.i´
    ',.-_、_.、/!.t;:,!l     l' ノ、l
    ヾ.ゞ'i  ``      'i゙  ',
      ヽ. ! ,   _    ,'  ',_
      ヽ`r_'ニ´‐'ヽ  ,_',.-‐;´-ヽ,
.       \'i'-‐_'ノ ./r‐.く´, -‐ ''`' 、
           ヾ,´ _, ,'./ ::: !  _ヽ___`'_ 、
          /´.,!' / .:::/-、'´       .\
        /.>i゙_./ .:::/  ; `ー,        '、
       ,.' .,.' ,..,V、 ::::::!  l  .l `!,.       ',
      ,.' / !ン i ヽrノ,  !  .! l.i        !
       / ./  !  ヽ !..::::: /..、 ,'  !'i       i
.      / /  ,.' ヽ ....`"ーく::./.:ーノ.,'       !
    ,' /  , '   `-、-'、_`ノ'ー '7 /      ,.'i
┌‐────┐  ヽ\ヽ-,. - '´.,.' .:::::::::::::::::, ' /
│ ナルホド |   :::::\`'ヽr,-.'´..::::::::::::::::, '.::.,'
├───‐─┴────────────────‐
|逆転裁判6の宣伝のため!!僕の信用のために吊られるんだ!!御剣ぃ!!!
└──────────────────────」
御剣怜侍 「ふーむどうだろうかな…他二人見比べた場合
対抗不信を言っている辺りそちらのぞんぞんしそうな方が
若干ポイント高い」
王蛇 「訳の分からない話はたくさんだ、全員ぶっ殺せばいいだろう>池袋」
不知火 「きっとRPでしょ、いきなり時間間際に襲いかかってくる気ですね
太郎丸おちゃめですね。」
中野有香 「塩化アンモニウムで味付けとか書いてあるんですけど」
小日向美穂 「ゆりこさんのあつかい」
五十嵐響子 「いいですねっ!では私はコーヒーに合うオムライスを作りましょう!<チノちゃん」
ケーキ 「シュガカ・・・そんなやつもいたな。だがやつは消した。>池袋」
チノ 「リコリスで検索してみたらリコリス棲姫というのが出てきました」
如月千早 「有香さん> た べ さ せ て あ げ る ん で す」
王蛇 「俺が焼いたイモリをそこの犬が持って行ったんだが」
御剣怜侍 「霊能噛まれてたらナルホド狼ってくらいだろうか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆GM 本日の指定 御剣怜侍」
不知火 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
ミク は 御剣怜侍 に処刑投票しました
五十嵐響子 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
如月千早 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
王蛇 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
ケーキ は 御剣怜侍 に処刑投票しました
御剣怜侍 は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
島村卯月 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
池袋晶葉 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
丈槍由紀 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
チノ は 御剣怜侍 に処刑投票しました
成歩堂龍一 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
小日向美穂 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
「◆GM システム:投票制限時間をリセットしました。」
太郎丸 は突然お亡くなりになられました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
成歩堂龍一 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
御剣怜侍 は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
五十嵐響子 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
王蛇 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
池袋晶葉 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
丈槍由紀 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
「◆GM 開始前にはちゃんとしゃべっていたので、リア狂ではないと思われます
続行の方向で。」
中野有香 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
ミク は 御剣怜侍 に処刑投票しました
島村卯月 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
小日向美穂 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
ケーキ は 御剣怜侍 に処刑投票しました
不知火 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
チノ は 御剣怜侍 に処刑投票しました
如月千早 は 御剣怜侍 に処刑投票しました
2 日目 (1 回目)
小日向美穂0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
中野有香0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
五十嵐響子0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
島村卯月0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
ケーキ0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
池袋晶葉0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
成歩堂龍一1 票投票先 1 票 →御剣怜侍
ミク0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
丈槍由紀0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
御剣怜侍13 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
王蛇0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
チノ0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
不知火0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
如月千早0 票投票先 1 票 →御剣怜侍
太郎丸 は突然お亡くなりになられました
御剣怜侍 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
島村卯月(共有者) 「ワクチンが間に合いませんでしたか!
もっとレッスンや横ステップして減った吊りを戻さなきゃ!」
五十嵐響子の独り言 「◇王蛇「俺が焼いたイモリをそこの犬が持って行ったんだが」
この発言好きですね……思わず、その光景に笑っちゃいました!」
中野有香(人狼) 「悩ましい」
池袋晶葉の独り言 「ふむ。」
小日向美穂の独り言 「んー。」
成歩堂龍一(妖狐) 「んー大丈夫かなこれ」
ケーキの独り言 「太郎丸霊能なら流石にちょっとどうかと思うが、続行なら違うんだろう。」
島村卯月(共有者) 「王蛇さん吊り増やしてきてください。
がんばればできます」
王蛇(共有者) 「イライラするぜぇ……」
丈槍由紀(人狼) 「これ誰占うべきなんだろう?」
五十嵐響子の独り言 「太郎丸…きっとウィルスに苛まれて……」
池袋晶葉の独り言 「いろいろ仕方が無いがまあ今日私が噛まれたら実質初日占いでいいな」
成歩堂龍一(妖狐) 「まぁ続行するみたいだし全力でいこうか」
中野有香(人狼) 「狩人の護衛が何処につくかわかりません!!」
島村卯月(共有者) 「できないというのは嘘つきの言葉なんですよ」
不知火の独り言 「ゲームとしては微妙っちゃ微妙だけど」
ケーキの独り言 「身代わり霊かな。」
池袋晶葉の独り言 「しかし…ケーキと真でつながりそうとか
とことんバースデー企画だなこの探偵村」
王蛇(共有者) 「あの検事の反応がくせえから狼吊ったんじゃねえかか?」
丈槍由紀(人狼) 「黙ってるからアドバイスあったらよろしく」
中野有香(人狼) 「自分が占うだろう場所でいいですよ>由紀さん」
チノ(人狼) 「即噛みするかどうか、になりそうです」
池袋晶葉の独り言 「では主役の座を自力でもぎ取るか」
不知火の独り言 「ま、今のうちに騒がれないうちに
続行かどうかだけ宣言GMがしとけばいいんじゃないかな。」
小日向美穂 は ケーキ の護衛に付きました
王蛇(共有者) 「霊能結果●なら大体弁護士が真だろ
身内切るなら切るで霊能ロラに持ち込んだ方が得だろう」
池袋晶葉 は 中野有香 を占います
王蛇(共有者) 「ブラック企業はイライラするんだよ……」
「◆GM 続行です」
五十嵐響子の独り言 「うーん、護衛は……探偵村だったら霊能護衛もありなんですけど……」
不知火の独り言 「昼にノーゲームトカ言い始めたらそれが実質のノーゲームだし」
不知火の独り言 「OKOK」
島村卯月(共有者) 「竹槍さんの方が真目って理由に共感できないですし、なにか無理矢理言ったようにみえるのでそこは賛成します」
ケーキの独り言 「明日対抗が出てくることも視野に入れつつ。」
池袋晶葉の独り言 「別に私は後①死んでも構わんぞ」
中野有香(人狼) 「信用に自信があれば霊能もありですけども」
五十嵐響子の独り言 「占霊が否定されてる以上、大丈夫だと思いますけどね……」
チノ(人狼) 「中身が見えにくい、発言数が少なめの位置なんかを占ってみてはどうでしょう
あとは噛み先ですね」
中野有香(人狼) 「即噛みでいいと思います」
王蛇(共有者) 「そこは一番真が見えねえ、今の時点だがな」
不知火の独り言 「まあ寝落ちかなんかでしょう」
池袋晶葉の独り言 「太郎丸が無事ならそれでいいさ」
島村卯月(共有者) 「真の●引きでも特攻でも霊能潜らせるかどうかの判断変わらないと思いますが
なんか特攻って言ってるのと、
太郎丸さん注視してるのって太郎丸ファンなのかどうかしりませんけど
ちょっと視点独特かなーと思うので」
ケーキの独り言 「太郎丸も御剣も人狼だったらどうしようね。」
五十嵐響子の独り言 「占い師突然死とかは結構ゲーム的にピンチですけど、露出前の狩人とかワトソンならまあ、辛うじてでしょうか…?」
島村卯月(共有者) 「不知火さん指定してみましょう」
中野有香(人狼) 「真即で」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
島村卯月(共有者) 「ミクさんと小日向さんも吊りたいので喋って欲しいです!」
五十嵐響子の独り言 「狼狐?……うん……。」
王蛇(共有者) 「メタ入るが、弁護士の●に遅いと文句をつけたってことは●の場合のアクションは違ったんだろ?
潜るしかねえと思うんだが、ここの環境で潜るか?ってのはある」
チノの独り言 「                            ,.r-、 ___
                           ,。-〈:ノ `     ̄ ^'‐:、_   _
                      ,.'゚              `'^´: }
                      r'           ~ .::.      ':、
                    /               .r'ヘ ~      ヽ
                   j                〈__ノ         '、
                   {         ___                 l
                       '、 _,.-‐ ' ^,r'´    `^' ‐=、,          }
                       ,.'フ´   /           .ヾ'ー.、      j
                ,r'^./    ,:'     /            '、 `ヽ,  ./
                / ,r'    /    ./ ./         1   ゙'<'’
                 /i  イ ./  ,./  /  r'j .!          .|     \
            __/7  /l:| ./ ,rf'7 ./ヘ,/ .! r|           j .{      .ヽ
           ./  Y゚ / .!;!/rジ ,' /_l_/_\| j1  .!       ;゙./1 .j  ,!   ヽ
          ,:'゚    ,! /  i;i:/゚  i ./,.rリ=≡ェトl、{  .l     イ/ !_,レ'´.|, l   '、      ……真占いの○が減って、吊りも減りました
          /    /j. '  ,rlヘ  l,rシ'゚,r';r=iヘ^'ミ;1 ∧     /'リ‐'^l/1  l゙!. | .j   ',
        /  ./j { j /' ! '、 .rミ゙ .j':.i;:.::jo'゙} `ヽ.| .1  ,r'=ァ=xl:、i  l 1l./|  1
      / ,.r'" j   j_/ .!  V 1 {。,>=' .V   ^  l ノ r'.,rY^iミ:、1 .l j/ .j ! l l
   ,/ /    リ   l:'  j.   .゙   ヾ,___ン      ,ノ'^ j. i;:.:リ'^} lf!.! l /ヘ, j j! }1     ……ゲーム的にはあまりよろしくないです
_,.r '^/'´      !   l  i   .'               l,r'=く / /' .|.レ i l!l /j l'l.|      太郎丸さんはマシントラブルでしょうか?だとしたらご愁傷様です
 /        .レ'  j.      ,'             '    ゙'ー '゚  ,r'}  j Y'.// |j
'^          ./  .j     j-! u                    ./i .!    lV/ ノ
        /  ,rl .;   ! / ヽ           r'´)        .j j .!    ! ヘ
     _,。‐'^,.r  /7 /   l j  / ヽ、         `~        /1! i   ト、 ヽ
  .. " ./ ,/ ././  ,! .j /  rt,へ、              _,.r'^j .{ ;   j ヽ ヽ、
='^ _,.'^  /  ,ィ'/l   /| .ト<,_ .{  \`' 、      _,..‐'^!i   l、|.!    l  .\. \
 /  ,。‐'^   / .{.j| ./ 1 { // ̄'、   ヽ   `  7<.  {  !{   |1.i.!  j }     ヽ  ヽ」
王蛇(共有者) 「潜る奴は潜るだろうが」
ケーキの独り言 「霊能CO。御剣怜侍○●」
五十嵐響子の独り言 「あ、でも霊能に狂人が出ていない、占いに狂人いる…ッて考えた時点で、結構狂人特攻はありそうなんですよね……」
王蛇(共有者) 「指定は好きにしな、ぶっ殺したい奴をぶっ殺せ」
島村卯月(共有者) 「潜るひとは偶に居ますし
発言から不慣れっぽいのでそこはあんまり」
五十嵐響子の独り言 「潜ってたら真狼狼か真狼狐になりますけど……」
成歩堂龍一(妖狐) 「占いCO 五十嵐さんは○だ!!!」
丈槍由紀 は 池袋晶葉 に狙いをつけました
池袋晶葉 は無残な姿で発見されました
(池袋晶葉 は人狼の餌食になったようです)
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
丈槍由紀 「占いCO:ミク○」
ケーキ 「霊能CO。御剣怜侍○」
成歩堂龍一 「占いCO 五十嵐さんは○だ!!」
不知火 「なんまんだぶなんまんだぶ」
中野有香 「押忍!!まずは三戦(サンチン)です!」
王蛇 「イライラするぜぇ……

検事の反応がくせえから弁護士が真だろ」
丈槍由紀 「2日目夜:ミク
発言数少なめだけど
ミク 「黒吊る流れになるけど、狩人の腕の見せ所ね」
なんとなくこの発言が気になったかなー」
ケーキ 「さよなら成歩堂。」
ミク 「ふむ。。。そっち噛むのか」
王蛇 「おぉ……」
成歩堂龍一 「「意図せず占い霊能全部出てるっぽいですけど、そもそも潜って乗っ取られるよりはこの方が断然良いと思うので!
卯月ちゃん、とりあえず他に潜ってる占霊いたら、出させた方が良いんじゃない?」
この発言からだね もっともな意見だろうと思う
だけど一つだけ懸念がある このルールだと霊能はいつも以上に重要視される
狂人が霊能を騙る可能性が高いんだ 1COを見て潜伏狂にCOさせたかったようにも見えたんだよね」
ミク 「おはようございます」
不知火 「ハッピバースディ>池袋」
五十嵐響子 「今日の晩御飯は何にしようかな?カレー…それとも肉じゃが…うーん」
チノ 「おはようございます、キリマンジャロをどうぞ」
小日向美穂 「あらら……」
如月千早 「アッハイ」
丈槍由紀 「特攻乙>ナルホドさん」
五十嵐響子 「誕生日おめでとう…!<晶葉ちゃん」
チノ 「晶葉さん……お誕生日、おめでとうございます」
王蛇 「弁護士をぶっ潰せッ!」
ケーキ 「真の○突然死したんじゃないですかね。甘えのない村だぜ。」
不知火 「いいですねー。少なくともこれで太郎丸が非狼ということが判明しました」
成歩堂龍一 「あっちゃぁ・・・・だとすると狼が語ってローラーさせようとしてたんだな」
島村卯月 「なるほどうさん指定します
あなた達変換で一発で出ないのでローラーできて嬉しいです!
がんばります!」
如月千早 「となると占い噛み切りもあるかどうか>ナルホドさんが狂人で真抜きもありますか」
王蛇 「ミラーワールドに検事も弁護士もいらない」
ミク 「龍一さん吊りですね」
チノ 「由紀さん視点は狼特攻の形でしょうか
即噛み路線ならばないとは言いませんが……」
小日向美穂 「変換……w」
不知火 「まあ占いにいるだろう狼キープなんていってらんないから
しかたないねー」
丈槍由紀 「池袋狂人のナルホド狼の…」
ケーキ 「丈槍とか晶葉とか変換しにくい人多いよね。」
王蛇 「ハハハハハハハハハハハハハハ!!
ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!」
中野有香 「成歩堂さん吊りから由紀さん吊りまで既定路線で良いと思います。
この形で由紀さん真っていうのはほぼ無いでしょうし。」
チノ 「そんなときはカタカナで『ナルホドさん』というのがオススメです>卯月」
如月千早 「非狼の根拠って何です>不知火さん」
島村卯月 「太郎丸さん霊能とかで狼の乗っ取りだったら諦める方向で
狂人の乗っ取りならこの噛みはないでしょうね…」
成歩堂龍一 「待ってくれ!!!一日だけでいい!!証明するチャンスを要求します!!
五十嵐響子 「噛まれた占いの○が太郎丸ちゃんなので、狼が突然1人減ってた……みたいなことは無さそうですね。」
如月千早 「つ ディケイド龍騎の世界>王蛇さん」
島村卯月 「>なるほどうさん
40秒あげます」
ミク 「由紀さんが狼となれば、チノさんと私の扱いをどうするかが問題になりそうね」
小日向美穂 「突然死で、吊り縄の数ってどうなっています?」
チノ 「素直に見るなら、由紀さんが狼で初日に真判明に思います」
王蛇 「大体池袋が真だろうから、真の○が死んでやがる死ぬほど面倒くせえ村だ」
中野有香 「狼特攻のパターンであれば霊能追加すると思いますよ>千早さん
しないで噛み切りコースはどうでしょう。微妙な気がしますけど。」
成歩堂龍一 「狼であろうがこのルールで霊能を騙る意味はあるのはわかるでしょう!!」
ケーキ 「わざわざ池袋噛んでるんだからさ。
誕生日祝いたかった狼でもなければ丈槍狼なんだろうよ。」
王蛇 「あれに「王蛇」は参加してねえ>如月」
如月千早 「ああそういう意味ですか>噛まれた占いの○だから」
中野有香 「減りました>美穂さん」
王蛇 「遅えんだよ」
不知火 「成歩堂さん狼時に偶数だから竹槍さん残すかというと
どうでしょうね。、ありっちゃありなきも。ただ探偵が決めることではあるけど」
丈槍由紀 「占いもラストチャンスかー
結果出さないとなあ…」
チノ 「あっ、太郎丸さん晶葉さんの○……」
如月千早 「いえ、ミラーワールドに裁判官や検事だらけだな、と>王蛇」
ミク 「それ、言葉を返せば村側が減ったことになるから嬉しくはないね。。。>響子さん」
五十嵐響子 「うーん。仮に霊能に狂人の乗っ取りがあったとしても、成歩堂さんは偽では?
狼乗っ取りで狂人襲撃とかするとは思えませんし……」
ケーキ 「丈槍さんがラストチャンス確信してるらしいんでやっぱり狼ですね。」
成歩堂龍一 「                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  i'Tj'‐' .ノ
                  __,....i-/Y ´l.        |
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ
┌‐────┐'、          ヽ | .ノ/    /     ゝ-,
│ ナルホド  |  \          Y,- '     イ       ゝ
├───‐─┴────────────────────────

|弁護側を呪殺証明のチャンスを要求します
└─────────────────────────────‐」
王蛇 「あいつらは戦いを裁判ごっこかなんかの勘違いしてやがる
苛々するぜ、虫酸が走る>如月」
成歩堂龍一 「あ、申しわけない・」
五十嵐響子 「嬉しいわけじゃないですけど、突然おうどんってことはないかなって<ミクちゃん」
不知火 「理想は奇数にして最終日前日に狩人が生きててCOすることなんでしょうけど」
中野有香 「ちなみにAA禁止ですよ」
如月千早 「特攻でも占い噛みなら悪くない
気はしますね>有香」
小日向美穂 「さっさとしょけいだいにたちましょう>なるほどくん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ミク は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
ケーキ は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
不知火 は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
王蛇 は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
中野有香 は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
島村卯月 は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
如月千早 は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
「◆GM 本日の指定 成歩堂龍一」
チノ は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
成歩堂龍一 は 丈槍由紀 に処刑投票しました
小日向美穂 は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
五十嵐響子 は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
丈槍由紀 は 成歩堂龍一 に処刑投票しました
3 日目 (1 回目)
小日向美穂0 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
中野有香0 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
五十嵐響子0 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
島村卯月0 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
ケーキ0 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
成歩堂龍一11 票投票先 1 票 →丈槍由紀
ミク0 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
丈槍由紀1 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
王蛇0 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
チノ0 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
不知火0 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
如月千早0 票投票先 1 票 →成歩堂龍一
成歩堂龍一 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ケーキの独り言 「狂人の霊能乗っ取りって嬉しくないんだよなあ。」
王蛇(共有者) 「あの弁護士の態度は完全に仕事終えた人外だろうな、霊能乗っ取りは無え」
丈槍由紀(人狼) 「生き残るにはナルホド狐主張しかない」
中野有香(人狼) 「問題は狐ですねこれ」
王蛇(共有者) 「ガードベントが一枚減りやがった、イライラする」
島村卯月(共有者) 「もう鉄火場ですよ。嬉しいですか?」
小日向美穂 は ケーキ の護衛に付きました
五十嵐響子の独り言 「シンプルに考えた場合、成歩堂さん狂人だと思うんですけど……」
丈槍由紀(人狼) 「露骨に噛み合わせしとく?」
中野有香(人狼) 「吊り数は残り4で増えなければまぁいける数」
ケーキの独り言 「狐に見られて告発されたら笑えん。」
五十嵐響子の独り言 「それにしても」
チノ(人狼) 「逆転裁判は興味はあるのですが、まだ未プレイです
なので、123が一緒になったやつを頃合を見て買おうと思います、お疲れ様です>ナルホドさん」
チノ(人狼) 「問題は狐、ですね」
中野有香(人狼) 「んー。どうしましょう。」
王蛇(共有者) 「どうして俺に気持ちよく人狼させねえんだ!って気分だな」
島村卯月(共有者) 「灰噛ませるために明日は竹槍さん吊ります」
中野有香(人狼) 「灰から狐っぽいところ噛んでも良いんですけども」
王蛇(共有者) 「不知火は指定でいいだろ」
中野有香(人狼) 「目星がですね?」
チノ(人狼) 「狐を探した噛みをして、狐を噛めると吊りが増えてしまいます
もどかしいですね」
王蛇(共有者) 「◇不知火  「いいですねー。少なくともこれで太郎丸が非狼ということが判明しました」

これの何処がいいんだ?」
島村卯月(共有者) 「もう吊り余裕ないので物理的に疑い先減らしてもらいます」
五十嵐響子の独り言 「ルールもう一度念の為に見なおしてますけど、aaは別に禁止じゃなかったような……」
王蛇(共有者) 「イライラするからぶっ殺せ」
中野有香(人狼) 「ただ結局2灰吊りで吊れないとデッドラインではあるんで」
王蛇(共有者) 「おぉ、いいぜ
テメエの腕の見せ所だ」
中野有香(人狼) 「1回増えても元に戻ったと思えばわりかし」
チノ(人狼) 「露骨に発言が減っている場所に狐がいるのか
はたまた発言が増えている場所で張り切っているのか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
チノの独り言 「そうですね>元に戻った」
島村卯月(共有者) 「狐も切れないのでなるほどうさん狼でも吊るします」
王蛇(共有者) 「村でまともに喋ってんの少ねえな、中野くらいか?」
五十嵐響子の独り言 「狂人が乗っ取ってる
→対抗が噛まれたので偽

狼が乗っ取ってる
→意図的狂人襲撃で吊らせるようにした?
疑問:それだと真狂狼の場合全露出している、真狂狐か?」
チノの独り言 「.          /                        \
       /  :iV  i     |       i       \
         :i/Vi   |  i: /|       |:i     Vi
       /i /Vi  |  i/  |       |:|\   i Vi/i
     i i/ |i/Vi/ .小 厂 ̄|:|     .┼-\i | Vi   i
     | | :.|     |人,厶 _八 |.   |「   |\ i/Viノ  |
     | | :.|     |:x仏--=ミ |:| :| 人ト  _| 人|  |   |
        | :.|   :fiハ__)しか  ト| :|/'た式ミx|/ィi  |   |
     〔j.人 |   :i i`'V^_xソ  ^\|  r:iしtリ狄 |   | | i:|
        | |   :i人 :.:.:.      '   乂xノ '^ |   | | i:     指定されたら、変なことはせずに沈みましょう
      \| 人i   i:|i: \           .:.:.:  /)|   | |
.      |  i   |トi.       ( )         厶]| /i | |/
.       |   i人 Vi :l>.,_            イ i リ:イ.:| | |
.        |   . :|\\|人j≫x..  xrt≦i  | :i//i|/| ||
      |  .:__j;二><¨¨'TLr: く穴トi┴t ヒ__i/ |/|/: |
       | / ̄Vi i |   i人O人i   | i i7 ̄V人/i:. |
        |i/ .   ⌒i |x= 衣ハ__厶ァ=ミ_j i:   t対:. i:.|
.      |:|  :Xj __彡'’    Y⌒Y    ¨`くi[/  |:.:.i: |
.       | |:.  ̄\    \人__人/    人/  |:.:.i: |
     ||:      \|     イト    __彡     |:.:.i  |
      l八      :|  /リi八   i~      |:.:.i  |
      |//l       ̄ソ  仁ス \__,ノ :i/   人:.i  |」
王蛇(共有者) 「あとは香風くらいか」
五十嵐響子の独り言 「でも、それだと狂人かまなくても普通に成歩堂さん結果割れば吊れますよね?」
丈槍由紀 は ミク に狙いをつけました
ミク は無残な姿で発見されました
(ミク は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
成歩堂龍一さんの遺言               ,. -‐7
       ,.-,. -‐r - '"   /‐.7
    ,.-',"'´, -,'´'´  _, ‐'´  /
  , ‐'´/i // , ‐, ,- '  _, - '7
 ヽ、 ! l .!.,'/,. //-.、,. ‐'.,...、 !_
  くヽ, 、 /'´    .!、 i !`,ヽi´
  'ヽ!` `    ,r'_", 'ヽ!ゞi l.!.i´
    ',.-_、_.、/!.t;:,!l     l' ノ、l
    ヾ.ゞ'i  ``      'i゙  ',
      ヽ. ! ,   _    ,'  ',_
      ヽ`r_'ニ´‐'ヽ  ,_',.-‐;´-ヽ,
.       \'i'-‐_'ノ ./r‐.く´, -‐ ''`' 、
           ヾ,´ _, ,'./ ::: !  _ヽ___`'_ 、
          /´.,!' / .:::/-、'´       .\
        /.>i゙_./ .:::/  ; `ー,        '、
       ,.' .,.' ,..,V、 ::::::!  l  .l `!,.       ',
      ,.' / !ン i ヽrノ,  !  .! l.i        !
       / ./  !  ヽ !..::::: /..、 ,'  !'i       i
.      / /  ,.' ヽ ....`"ーく::./.:ーノ.,'       !
    ,' /  , '   `-、-'、_`ノ'ー '7 /      ,.'i
┌‐────┐  ヽ\ヽ-,. - '´.,.' .:::::::::::::::::, ' /
│ ナルホド |   :::::\`'ヽr,-.'´..::::::::::::::::, '.::.,'
├───‐─┴────────────────‐
|逆転裁判6!!好評発売中!!!
└──────────────────────
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
チノ 「おはようございます」
丈槍由紀 「占いCO:ケーキ●」
ケーキ 「霊能CO。成歩堂龍一○」
如月千早 「10 8 6 4
四吊り2W残りなら村三人吊りで勝ちですからね
楽とは言いませんが苦しい程じゃないですからね>有香」
中野有香 「押忍!!息吹で呼吸を整えます!」
中野有香 「コオオオオオオオオオオオ」
五十嵐響子 「緊張するけど、がんばるねっ!」
丈槍由紀 「ナルホド狐かー」
ケーキ 「まあそういうことだよね。」
王蛇 「あの弁護士の態度は完全に仕事終えた人外だろうな、霊能乗っ取りは無え

灰で吊りてえのは不知火
今の状況のどこがいいんだ?」
不知火 「探偵村の特性を利用すればどんな進行でもできますから
おまかせ」
丈槍由紀 「3日目夜:ケーキ
◇ケーキ 「丈槍さんがラストチャンス確信してるらしいんでやっぱり狼ですね。」
これが目についた」
チノ 「であれば、やはり由紀さんが狼なのでしょう
残念です……(中の人的な意味で)」
如月千早 「アッハイ
それじゃ丈槍さんに現実を突きつけましょう」
不知火 「よかった、私もとてもあなたがつりたかったんです。>王蛇さん」
ケーキ 「君は・・・もういいよ。>丈槍」
島村卯月 「由紀さん指定します
めぐねえのところに贈ってさしあげますがんばります」
王蛇 「丈槍を地獄に送ってやれ」
小日向美穂 「おはようござます。竹やりさんつりでいいんじゃないでしょうか」
不知火 「王蛇  「イライラするぜぇ……
検事の反応がくせえから弁護士が真だろ」

これ朝一番急いで貼ってるんですよね」
ケーキ 「ワトソンと狩人の腕の見せ所ですかね。」
五十嵐響子 「霊能を狂人が乗っ取ってる?→対抗が噛まれたので偽だよね

霊能を狼が乗っ取ってる?
→ほぼ意図的狂人襲撃になるよね?
→そもそも狼乗っ取りで結果割れば狂人かまなくても吊れるのにわざわざ狂人噛むのは疑問だよ?

って感じで成歩堂さんの真は無いかなって、昨日言ってたことの整理!」
チノ 「この発言の敵対具合から見てケーキさんは非狼目に見えます」
王蛇 「霊能に●出しといて、そいつの霊能結果を前提の発言するなんざ有り得ねえ」
如月千早 「オーバードライブ使えそうな息吹ですね」
不知火 「多分に、事実と違うことを大急ぎで貼って、非狼アピいれてから
発言しようとしたんじゃないかと。」
不知火 「だってそうでしょう。」
島村卯月 「鉄火場で吊りがよりにもよって真濃厚の○から死んで減りました!
恐いよ凜ちゃん…このまま何も見つからなかったらどうしよう…!」
丈槍由紀 「ナルホド狐ならもう銃殺出ないからなあ」
中野有香 「残そうが残すまいが灰は噛むでしょうし吊って構わないと思います。
そもそも論として告発期待で残すなら3より2のほうが後々楽になるはずです。
絶対告発してくれる、という前提ですけど。」
ケーキ 「そりゃ非狼ですともさ。>チノ」
不知火 「本当にそう思ってる人はまず死体をみて、そうじゃないことを悟るものです」
五十嵐響子 「明日また会えるよね♪<有香ちゃん」
チノ 「小松伊吹さんでしょうか、それとも伊吹翼さんでしょうか?>息吹」
王蛇 「何が言いてえのか全く分からん>不知火」
不知火 「だったら前日の夜に用意したそんな発言を
慌てて貼ろうなんて普通思いません。」
小日向美穂 「ミクさん噛みということは、狐と狩人探しですよね。といっても、それしかないですが」
五十嵐響子 「大丈夫卯月ちゃん!ピンクチェックスクールのみんなもいるし、がんばろう!<卯月ちゃん」
如月千早 「丈槍さん>ナルホドさんが狐なら3W残りですが」
中野有香 「凛さんも未央さんもいませんよ!?>卯月さん
気をしっかり持ってください!!」
不知火 「あなたが分かる必要ないんですよ、探偵がわかれば>王蛇さん」
丈槍由紀 「めぐねえはちゃんと生きてるよ?」
如月千早 「どことどことどこをそう見てます?」
[密]五十嵐響子 「……美穂ちゃんワトソンかな?ワトソン探しが含まれてないって突っ込もうと思ったけど……やめておくよ……」
小日向美穂 「卯月ちゃん、大丈夫私がいるよ」
ケーキ 「だったらそのめぐねえさんとやらをここにつれてきてもらおうじゃないですか。」
チノ 「色はとても黒いのに、不思議ですね>ケーキさん」
王蛇 「で、真が噛まれて、そこの○は突然死した状況をどうしていいと思ったんだ?>不知火」
不知火 「普通、想定と違ったことに関する感想なりくるほうが自然です」
ケーキ 「チョコじゃなくてリコリスだからだろうね。>チノ」
島村卯月 「美穂ちゃん…私服がださいのに心は優しい…!」
チノ 「実は私がめぐねえだったんですよ(適当)」
丈槍由紀 「冷たい…雨振ってる…あれ…窓割れてる…」
五十嵐響子 「私たちがね!<美穂ちゃん、卯月ちゃん」
如月千早 「丈槍さん>めぐねえさんなら今日も元気に研究所で生物兵器をつくってますよ」
不知火 「あたりまえじゃないですか
太郎丸狼だったとき村はわからないんですよ>王蛇さん

あなたわかるんです?」
中野有香 「これは酷い>唐突なdisり」
王蛇 「俺の私服はヘビ柄のジャケットだ」
不知火 「おそらくあの状況で死んだ太郎丸に対して漂白があるというなら別ですけど」
五十嵐響子 「ほら、アイドルですから私服も……」
如月千早 「良かったですね、ちゃんと生きて
地獄をつくってますよ>めぐねえ」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
丈槍由紀 は ケーキ に処刑投票しました
不知火 は 丈槍由紀 に処刑投票しました
島村卯月 は 丈槍由紀 に処刑投票しました
ケーキ は 丈槍由紀 に処刑投票しました
王蛇 は 丈槍由紀 に処刑投票しました
如月千早 は 丈槍由紀 に処刑投票しました
チノ は 丈槍由紀 に処刑投票しました
中野有香 は 丈槍由紀 に処刑投票しました
「◆GM 本日の指定 丈槍由紀」
小日向美穂 は 丈槍由紀 に処刑投票しました
五十嵐響子 は 丈槍由紀 に処刑投票しました
4 日目 (1 回目)
小日向美穂0 票投票先 1 票 →丈槍由紀
中野有香0 票投票先 1 票 →丈槍由紀
五十嵐響子0 票投票先 1 票 →丈槍由紀
島村卯月0 票投票先 1 票 →丈槍由紀
ケーキ1 票投票先 1 票 →丈槍由紀
丈槍由紀9 票投票先 1 票 →ケーキ
王蛇0 票投票先 1 票 →丈槍由紀
チノ0 票投票先 1 票 →丈槍由紀
不知火0 票投票先 1 票 →丈槍由紀
如月千早0 票投票先 1 票 →丈槍由紀
丈槍由紀 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ケーキの独り言 「明日人外COが安定しそうではある。」
中野有香(人狼) 「美穂さんワトソンなんですかね」
小日向美穂 は ケーキ の護衛に付きました
王蛇(共有者) 「ククク……笑えるよなあ?」
中野有香(人狼) 「由紀さんはお疲れ様でした」
五十嵐響子の独り言 「鉄火場なんで残せないですね……」
五十嵐響子の独り言 「というより。狩人不在ならば、明日から狼→狐→狼or狐→狼→狼で吊らなくてはいけないという……」
中野有香(人狼) 「◇不知火 ◇五十嵐響子 ◇如月千早 ◇小日向美穂◇王蛇◇チノ◇中野有香
残り7人」
島村卯月(共有者) 「王蛇さんは噛まれないでしょうね
殴りあい位置ですので」
チノ(人狼) 「◇チノ ◇不知火 ◇中野有香 ◇五十嵐響子 ◇如月千早 ◇小日向美穂 ◇王蛇
これが晶葉さんの完グレで合ってるはずです
ここから狩人とワトソンが引かれたとしてのこり五人」
中野有香(人狼) 「ここから狼抜いて5として
ワトソンかめれば狐候補は4」
王蛇(共有者) 「ぁぁ……」
チノ(人狼) 「あ、かぶりました
すみません」
五十嵐響子の独り言 「美穂ちゃんワトソンっぽいんだけどっ!それとも単純に何か発言数少ない村人?」
小日向美穂の独り言 「霊能護衛と」
王蛇(共有者) 「狐を意識し過ぎてる不知火はそれなりに狼目を見るが、テメエはどう思う?」
中野有香(人狼) 「不知火さんと王蛇さんは放っておけばいいので」
五十嵐響子の独り言 「っていうか狼ならぜーったいワトソン探しって意識入るはずだから、非狼かつすごくワトソンっぽいんだけどどうかな?」
チノ(人狼) 「吊り数的には詰みには程遠いので
狐とワトソンを探しましょう」
中野有香(人狼) 「千早、響子、美穂さんから噛みましょうか」
チノ(人狼) 「村同士で殴り合わせるんですね」
島村卯月(共有者) 「狼で非狼でよかったなんていうの迂闊すぎるのと
私が独裁者なので最終日かその前日まで贈ります」
ケーキの独り言 「んー、丈槍○出すか。」
チノ(人狼) 「その三人なら千早さんな気がします」
島村卯月(共有者) 「といっても明後日なんですけどね 最終日の前日」
中野有香(人狼) 「ではそこにしましょうか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
王蛇(共有者) 「指定のタイミングはテメエに任せる
俺は奴を殴り続ける」
チノの独り言 「    -―-、             { \  __
 // ̄ ̄\               >ミ二ニニニ  ̄`ヽ
//       )          >''"            ⌒\
/l__                 //l!  //    //    ヽ ヽ
l {~ミ、          ///  l/  //  / / /     、 Y
い   \         ∥/ /l! /-‐- // //|     }   l
  ヽ   \         l  //l ,,{/{ / /`メ /j      !  }
   \   `ミー-----‐{  / ハlf~沁l / //Y ∨ |j   /
\   \     ー--/Y { 「l } {;シ乂  ⌒>ミ、j l ∧ l/ l /
      \    ..ィ"  人{ l { ''  ,    (r炒〉 /!    l  {/
`''ー-ミ `ー---‐'''" -‐''"  _} 人   、 「l ''' /イ〉l  /| {      由紀さん、占い騙りありがとうございました
      ̄ ̄ ̄/     } ⌒ート..._ } }///ノ ノ / l |
        //{⌒::~く/⌒~<〉/ハ/ ー=彡イ /ノ  l 人
        //  Y:::::::::::::{::::::::::::::::r‐-く_/___l 乂    l \ \     できる限り頑張ります
    ///  / 廴;;;;;;;;;;;l::/::::::弋/ /Y ‐-、Y ヽ  l l\ ⌒ ヽ
   // / /  /  _〈:::::::::::ノ⌒ )-┘    V  ハ |l   ̄)ノ }
  //   / /   /  く::::::::\/    /     / / ノ   }-‐''" ノ
  ∥   {/{   └---弋::::::/   _/    // //   ノ-―''"
  {{    {八       弋/  / ノ} >''" ̄_二-‐'''"::ヽ
 八    人 \__ノ   j    >'" xィ" ├{ { / ̄l::::}
   \    \___/   └--‐/  /   ∨八 l \  j:::l
                  /l/ /     ヽ/::\  \::j
                  /l::{ j /|         /:::::/     \
               j l  ̄ { {ol     /:::/ \   / /‐-....
             / { {   八 !l l    \/      / /:.:.:.:.:.:.:.`丶、
            /:.:.:.∧ 、  /`ミ=-          / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            }/:.:.∧ヽ //:.:.:\\       / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        _ /:.:.:.:.:.:.:.∧X/:.:.:;x-、\\  / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ 」
チノ は 如月千早 に狙いをつけました
如月千早 は無残な姿で発見されました
(如月千早 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
丈槍由紀さんの遺言                          _
                   __/ミミ',
        __    ,z‐'三三三三ニニニ三ミl
        /ミー<三三三三三三三三三ミ∧
         {:三:三:三三三三三三三三三三ミ',
       〉三:三:三三三三三三三三三三ミ',
        /:三:三:三三彡イ ̄T`┬‐┬‐〒^。。〉
      {:三三彡イフ   {  { イ⌒ト、 }人~.ィ
       Vィ     レイ⌒ヽ!  V i   VV≧;≦ハ
       イ   i / _V ハ  ハ∨示ミ、 }  `} ヽ
        / ヒzzz∨〃芹ミ       ん-ハ 〉V  ト、 \
.      / 八   i〈 {イ‐ハ     辷:ソ  ハ ∧ゝ ヽゝ
     / イ ヽ   ヽ 辷ソ   、     、、、、 / Yヾ、 ヽ
    ∠ノ {  rヘ ハ 、、、、、   ― 、    //j i}_',
        {  ∥, ヘ    (    )    八i i  ⌒))
       ',  》  ̄ゝ     ー  ´   イ ノ人ノ 人ハ
       ヽ〃人 ハ ハ>┬―  ´トVノノ /ノ
        Vゝゝ `   ノ┤     {へ _
           /⌒/:‐:´: Y , ― 、 Y: : ヽ ヽ-ァ、
         //  /: : : : : Y/:⌒:ヽj: : : ヽ ∨/ ー ア
       r‐' V  ト、\ : : ヽ : : : : /: : : : :i  }  コ〈
       へ_,へ!  {  \\: ヽ: : :/: : :/∧  i /  >
       \ / {  i┌。‐{:{`ヽヽ∨ニィ:イ__', K /⌒\
    /⌒/ヽ,∧  {└‐‐へ\___//L_゚__」 />     \
   /   /  `ヘ /     `7/∧ミヽ    ∨ ヽ       \
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ケーキ 「霊能CO。丈槍由紀○」
五十嵐響子 「これでも、お姉ちゃんなんですよ♪」
不知火 「占いが真狂狼なら
狐確定生存。
吊り方針としては狼→狐→狼or素村吊りです
狐を初手で吊った時に村の不利が確定するので」
チノ 「おはようございます」
中野有香 「押忍!!站樁からやり直します!」
王蛇 「おめえは状況を理解しているのか?
人外は5匹、吊りは6回で検事を無駄吊りしちまったから残り5回
一回も無駄吊りできねえ状況で真が噛まれた
狐以前の問題だろ、これのどこがいい状況なんだ?>不知火」
ケーキ 「あ?」
小日向美穂 「えっ」
王蛇 「どういう……ことだぁ!?」
不知火 「この状況は狼に確実に伝わってるはずなので。」
[密]チノ 「!?」
ケーキ 「おーい。3W全生存。」
チノ 「えっ……!?>霊能結果」
ケーキ 「ヤバいよこれ。」
五十嵐響子 「………う、うーん……狼乗っ取りでこれをする必要はない……
霊能偽があるならせいぜいあって狂人で霊能偽を知らせるためでしょうか……?」
不知火 「想定よりだいぶわるいですね。」
中野有香 「んー?」
島村卯月 「頭痛いですね」
ケーキ 「狐と狂人は成歩堂と丈槍で占めてる。真は池袋で確定として。」
不知火 「いいじゃないですか、ノーミス。
探偵の腕の見せ所。それに今日を凌げばまだ吊り増えチャンスはある」
チノ 「ということは、狂人と狐が退場して3W生存ですか……!?」
不知火 「今ノーミスでも明日ノーミスとは限らない

ただし」
五十嵐響子 「占い真狂狐で霊能真だと、狼は全潜伏を、この探偵村で選択したってことになりますよね……」
王蛇 「真狂狐で狼があそこまで狐を意識した発言をする必要はねえ、か」
中野有香 「狐は死んでるのは確定として
じゃあ初日の晶葉さん噛みを考えた場合に」
ケーキ 「まあノーミスはもともとノーミスではあるから。
占いに狼混ざってたとしても御剣狐じゃないとダメだったしね。」
不知火 「おそらく人外はほぼ狩人CCOしてくるので探偵は指定して狩人CCO
あっても指定そのままで」
五十嵐響子 「いや、16だから銃殺出ても吊りが減る、だから潜った…って言うのもあり得るんでしょうか…?」
不知火 「最悪なのは人外と一緒にこの後の希望の真狩人露出させることなので

真狩人指定したら?滅びましょう」
チノ 「ということは、最初の噛みはべグリだったことになりますね
てっきり由紀さん狼で判断付いたものとばかり思っていました」
中野有香 「1.真贋ついたので真噛みました
2.とりあえず見比べて非狐っぽいほうを噛みました

になると思います」
ケーキ 「そうね。>狩人CCOでも吊る。
逆に言えば吊られたくないなら今COするのもありよ。>真狩人」
島村卯月 「昨日は優しい言葉ありがとうございました
小日向美穂さん指定します」
小日向美穂 「ということは、残り灰6人に、狼3 」
五十嵐響子 「むしろ、それまでだと指定してからCO聞かなくても良い気がしますね……<狩人あっても吊る」
ケーキ 「吊り増やしてほしいのはあるけど吊られて死ぬとゲーム終わるから。」
不知火 「で、王蛇でいいと思います。狼」
小日向美穂 「狩人だよ」
王蛇 「そもそもテメエ視点では最初からベグりだろう>チノ」
小日向美穂 「ひなたの護衛日誌

初日
できません><

二日目 護衛 ケーキ 
んん。指定、指定でいくわけで。
この、みつるぎさんの色って大切だとおもうんですよね。
占い護衛いくなら、なるほどさんだけど……んー霊能かなあ
ですので、霊能護衛で。

3日目 護衛 ケーキ 死体 あきはちゃん
読みはずれでよくないなぁ。
吊り縄減ってますし……
んーでももう、こうなったら霊能守り抜くしかないんですよね。

4日目 護衛 ケーキ
いや、灰をこのまま削ってくれるなら本望でしょう。
○が増えないって辛いはずなので、向こうにも。
私は、このまま霊能を守ります。」
島村卯月 「対抗即どうぞ」
不知火 「質問のレベルが前日から上がってないので。
あんまり思考してないと思われます」
中野有香 「oh・・・>狩人指定」
五十嵐響子 「……ああ、これは……。美穂ちゃん、さよなら……。」
不知火 「真いてもでなくていいです。」
チノ 「いえ、由紀さん狼で晶葉さん真が見えたんだとばかり思ってたんですよ>王蛇」
小日向美穂 「卯月ちゃんの役に立ちたかったけど、個々まで見たい。」
ケーキ 「真指定で狼が対抗COしたら結局終わるから割り切って吊った方がいいよ。」
チノ 「Oh...狩人日記」
島村卯月 「続行します」
王蛇 「池袋が真、弁護士が村に●、ベグじゃねえならテメエで判断がついてる>チノ」
五十嵐響子 「いえ、卯月ちゃん、指定続行で良いです。必要なのは、狩人が潜って吊りを1増やすのが何よりも貴重ですから。」
小日向美穂 「発言落としてたのは灰噛みになるから、できるだけ抑えてたの。ごめんね」
五十嵐響子 「だから、対抗は潜って良いと思います。真狩人だったらごめんなさいで良いんですよ。」
不知火 「というよりも前日からの質問レベルが正直高くないので」
チノ 「由紀さん狼なら由紀さん偽は見えてる、という考えです」
不知火 「おそらく私の判断は変わらないかと」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ケーキ は 小日向美穂 に処刑投票しました
チノ は 小日向美穂 に処刑投票しました
島村卯月 は 小日向美穂 に処刑投票しました
王蛇 は 小日向美穂 に処刑投票しました
不知火 は 小日向美穂 に処刑投票しました
「◆GM 本日の指定 小日向美穂」
中野有香 は 小日向美穂 に処刑投票しました
小日向美穂 は 五十嵐響子 に処刑投票しました
五十嵐響子 は 小日向美穂 に処刑投票しました
5 日目 (1 回目)
小日向美穂7 票投票先 1 票 →五十嵐響子
中野有香0 票投票先 1 票 →小日向美穂
五十嵐響子1 票投票先 1 票 →小日向美穂
島村卯月0 票投票先 1 票 →小日向美穂
ケーキ0 票投票先 1 票 →小日向美穂
王蛇0 票投票先 1 票 →小日向美穂
チノ0 票投票先 1 票 →小日向美穂
不知火0 票投票先 1 票 →小日向美穂
小日向美穂 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
王蛇(共有者) 「あれ、真だろ」
中野有香(人狼) 「はい」
五十嵐響子の独り言 「美穂ちゃんがワトソンじゃないなら狼だと思うんですけど!?」
チノ(人狼) 「狐ならここで結果を割る必要がないので
おそらく霊能狂人かと」
ケーキの独り言 「俺への告発無いところ見るにほぼ真狩人でー。」
中野有香(人狼) 「霊能狐or霊能狂人で確定です」
チノ(人狼) 「むしろ狐なら真結果に近いほうを出したいはずですから」
ケーキの独り言 「じゃあ明日俺吊られればいいね。」
王蛇(共有者) 「続いた場合は残り2W
中野、五十嵐、香風、不知火の中に2W」
五十嵐響子の独り言 「えっ、ワトソンすっかり忘れてた真狩人?」
中野有香(人狼) 「どっちにしろ霊能噛みましょうか」
島村卯月(共有者) 「真だと思ってたら吊りませんし
明日くるかどうかで分かりますよ」
五十嵐響子の独り言 「うーん、うーん……判断付かないです……」
チノ(人狼) 「狂アピでしょう、おそらく
美穂さん狐はありそうですが果たしてどうなるか」
不知火の独り言 「真狩人ありますかねえ」
王蛇(共有者) 「おぉ、そうか」
チノ(人狼) 「狂人で決め打つなら残すのもアリかと>霊能」
中野有香(人狼) 「美穂さん狐だと結果騙りしてることになるので美穂さんは狩人確定ですよ」
不知火の独り言 「というよりここで狩人狼2COしていいかと」
王蛇(共有者) 「俺は依然不知火がくせえと思っているが、真狂狐が見えているならあそこまで狐意識した発言する必要があるか?というのはある」
中野有香(人狼) 「噛んでも問題無いと思いますので噛みましょう」
五十嵐響子の独り言 「チノちゃんか有香ちゃんにワトソンがいたら楽ですね……」
中野有香(人狼) 「ナルホドさん狐決め打ちできる要素が見えませんし」
チノ(人狼) 「全部霊能護衛の日記は偽でもかけるのでは?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
王蛇(共有者) 「だが、俺の質問に答えねえでイライラすることばかり抜かすからぶっ潰してえ」
チノの独り言 「了解です>霊能噛み」
中野有香の独り言 「内訳的にありえないんですよね」
中野有香の独り言 「狼視点真狂狼の配置で2W残りで霊能贋なので」
中野有香の独り言 「人外数が埋まっちゃってます」
チノの独り言 「                 /              \   \
           ,:       |          \  i】:ハ     ヽ
.          / 【i     |          i     . 】i】  |
.          ,  【i【   /| |    | |\   i i】】: |       i
         '  【【i   | | |    ト. |  ∨ ト | i】  |      |
           i :【i   | | |    |-i十¬i :八|    |      |
        ¦ | . . ト十∨! :l   i/ |/ _..|/  |    |      |
        | | i:.:| .八| .._|八  |   yれ斥x |    |       |
         ∨| |.:.| :l yれ斥x\|    いしi小    「∨   |
           | |.:.∨爪 いしi      弋(り |    |丿   i .:|
          〈小:.:.ト:ぃ 弋り       :.:.:. |    |     i.:リ
            \V[:.:小 .:.:.   '           |    |:!.   i/      なんというか、すごい波乱の村ですね……
                |.:.:.|人     r:,        |    川.:.'/∧
                |.:.:.lV个: .,       . イリ  i  八|.:.:.'/∧
.   X辷辷辷X      |.:.:.i.i:.:|:.:/.:.:≧=‐r<   八 :i ://八:.:.:.'/∧
   f‐┴ミ_‐x,辷    ∨:.:.:.:∨.:_」厶:」,:L;〕  /  イ:/ア¨`丶、:.:.  ,
.  ‘rー-、_) \     |八.:.:.:∨ ア´   ,ノ  / /ノ/{     ∨:. `、
   r'ー‐x.,,_)   `,      //\∧{{ ¨`ヽ  //'¨イ゙ /      }i:.:.. `
  (二ア、,,)   r‐‐ -ミ,/  / `T{{          {{ i/       八:.   i
.  厂 ̄ ̄ ̄ アr─‐   \/   :|,{{        {{ _/      /:i:.:.. ト. |
. x仁二ニニ二人jッ‐'     \〔火i火i火i火i火i火iグ      /:.::i:.:.. | i.|
'′       {/´__     \((i介i))     /        /:.:.:.:i:.:...| i.|」
不知火の独り言 「ああ、御剣狐パターンありましたね真狂狼なら」
中野有香 は ケーキ に狙いをつけました
ケーキ は無残な姿で発見されました
(ケーキ は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ケーキさんの遺言 甘えを捨てたケーキCO。
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
五十嵐響子 「リボンって女の子らしくなれるアイテムっていうか…好きなんですっ」
チノ 「おはようございます」
中野有香 「押忍!!TOUGH新作出てるってこの前知りました(ネタが切れた)!」
不知火 「素晴らしい。」
島村卯月 「対抗いるか聞いたの本当に無駄でしたね」
王蛇 「会話する気ねえならいらねえ、消せ」
王蛇 「あぁ……」
不知火 「ワトソン生存したまま明日にいければベスト」
中野有香 「美穂さんで狼吊って残り2ですね」
五十嵐響子 「……なるほど、狂人乗っ取りがほぼ否定されて、となると霊能真なら、美穂ちゃん狼も確定しますね<不知火さん」
チノ 「えっと……これは……?
美穂さんが狼だったのでしょうか」
不知火 「狂人乗っ取りは見てませんでしたね。>五十嵐さん」
チノ 「となると狩人の死亡も事実上確定ですか……」
五十嵐響子 「あるとしたら狼乗っ取り、ですか。<不知火さん」
不知火 「はっきりいって私五十嵐さん中野さんチノさん見てないので。」
不知火 「王蛇さんは第一声が間違ってます今日も」
島村卯月 「スポットライトにだーいぶ」
不知火 「なぜ、今日吊られることを考えていたのですか」
中野有香 「霊能真だと3W残りで6人はゲーム終了ですので美穂さん狼で確定です>チノさん
霊能贋見えて噛むとも思えませんし」
島村卯月 「私らしさ光るボイス」
不知火 「今日は、来ないかもしれない今日でしたよ」
王蛇 「真狂狐が判明した後に
ということは、と言いながら最初の噛みはベグだと言うのはおかしいだろう
丈槍が狂人か狐かはしらねえが、ベグならテメエで判断付いた以外無えんだよ」
島村卯月 「きいてーほしいーんだーおっきーなー指定」
五十嵐響子 「チノちゃんと有香ちゃんが、やけに素直に狩人COを信じたのが引っかかりましたけど…
どうして信じたのでしょう?狼3残りなら人外もCOしてくると思うんですけど……」
不知火 「そして来たら確実に自分が村なら負ける状況のゲームですよ」
チノ 「ですよね、3W生存していたならゲームが終了してしまいます>有香さん」
不知火 「だから多分私の判断は変わりません。」
不知火 「最もこのゲーム判断するのは探偵ですけど。」
チノ 「ベグじゃないなら、の間違いでは?>王蛇」
王蛇 「おお、そうだ……>香風」
中野有香 「割りとワトソンあるのかなって思ってた位置なんですよ>卯月さんのさわり具合から>響子さん
それでそこからCOあったんでじゃあ狩人かなって」
不知火 「そして勘でいうならチノー王蛇」
島村卯月 「中野有香さん指定します 霊界でキラキラしてください!」
不知火 「真狂狐で即占い噛むのは狐噛みこわいから判断ついてたはあるかと」
中野有香 「変更を」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
不知火 は 中野有香 に処刑投票しました
島村卯月 は 中野有香 に処刑投票しました
王蛇 は 中野有香 に処刑投票しました
中野有香 は 五十嵐響子 に処刑投票しました
チノ は 中野有香 に処刑投票しました
五十嵐響子 は 中野有香 に処刑投票しました
6 日目 (1 回目)
中野有香5 票投票先 1 票 →五十嵐響子
五十嵐響子1 票投票先 1 票 →中野有香
島村卯月0 票投票先 1 票 →中野有香
王蛇0 票投票先 1 票 →中野有香
チノ0 票投票先 1 票 →中野有香
不知火0 票投票先 1 票 →中野有香
中野有香 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
不知火の独り言 「存外当たってる気もしますね」
五十嵐響子の独り言 「GMからの指定指示前に投票してごめんなさいっ!」
チノ(人狼) 「お疲れ様です、有香さん」
王蛇(共有者) 「自分でもなに言いてえのか分からなくなってきたがイライラはしている」
五十嵐響子の独り言 「警告音鳴ったら流石にいいかなって……」
王蛇(共有者) 「不知火に対しては意見が変わったのか?」
不知火の独り言 「ワトソンチノかな」
島村卯月(共有者) 「心の痛みは笑顔で和らげましょう」
チノ(人狼) 「……最終日、私は乗り越えられるでしょうか
ここまで同陣営のみなさんが引いてくれたレールがある以上
無様には負けたくないですし」
チノ(人狼) 「 」
五十嵐響子の独り言 「チノちゃんか王蛇さんのどっちでしょう?どっちかがワトソンなら話が早いです。」
王蛇(共有者) 「五十嵐が狼ならば無理だろうな、誰も見ていねえ
そこが噛まれるのがめんどうくせえパターン」
島村卯月(共有者) 「私には中野さんの方が遙かに狼にみえた。それだけです。
間違ってたら死ぬだけですよ」
チノ(人狼) 「王者さんは残しましょう、あとは不知火さんも」
王蛇(共有者) 「だが、一番ありそうなパターンではある」
五十嵐響子の独り言 「チノちゃんワトソンですね?そこで指定しないってことは。」
王蛇(共有者) 「俺が噛まれることはねえだろうぜ」
チノ(人狼) 「……となると、響子さん噛みしかないですね
ワトソンが残っていても、もうひとりの灰を吊りに行きます」
チノ(人狼) 「 」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
五十嵐響子の独り言 「私が噛むならチノちゃん……チノちゃんと有香ちゃんの2択で、チノちゃんの方が囲いで怪しいですよね。」
五十嵐響子の独り言 「でも、そこを指定しなかったってことは……」
不知火の独り言 「存外面白い村になったじゃないですか」
五十嵐響子の独り言 「でもそこを指定しないってことは。チノちゃんワトソンですねこれ。」
チノの独り言 「              __ ┐
             r y'´      `ヽ
          ノ   ・_,_,・     )ハ、
        「「「{               ノ ノr‐ァ
          〉 ゝ           人/⌒ ⌒ヽ
       _て二ヽト、 ___   イ   Y     ',
     /    ヽ   /l {    ! Ll_ \    ヽ
     / /   //7レイ'ト   ! j ハハ i ><ヽ    ヽ
     レ′  l/>< ∧ハzヘ   レ'〒ミ、V∧〉 〉/   〉
     /  丶 {∧〉i イ心 \l  V/リ V  |    /
.   〈    Ⅵ i |  辷ソ  ,  `´,,,│i  |    /     ……では、いきます!
    ヽ     | | ハ '''   、 ,     ハ!  |    /
     \  l l トへ       イ ノ  j   /
       \ ∨! ヽ \二 ェ‐ エ y7   ノ  /
        |\Vヘ ヽ l.l.∧_/lol∨/  /  イ       
       ,′ \ \∨.!.! /:.:{:}:.\イ::::ヘ / }
        { i    ヽ l::‐::く:.:.:.:}::{:.:.:.:>:∧Y  l
        |│     ヽ!∧/:.\:!∧:.:./. . . } i }
        |│ |   ', . . . ̄.´. i i. . . . . . .| ! !
       Vハ ヽ   ∧ . . . . . . i i. . . . . . .! //
        Vハ ヽ  ∧. . . . . . i i. . . . . . j//
        \ \へヘ 〉. . . . . .i i. . . . . .〈
                V. . . . . . .i i. . . . . . .}」
チノ は 五十嵐響子 に狙いをつけました
五十嵐響子 は無残な姿で発見されました
(五十嵐響子 は人狼の餌食になったようです)
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
五十嵐響子さんの遺言 .               / ̄\
     -----ミ.  |    |   --‐‐‐‐---ミ
.. /: : : : : :.\|   ´: : : : : : : : : \_
. /: : : : : : : __j /: : : : : : : : : : : : : :``丶、
/: : : / ̄ ̄(__/: : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
: : : |     . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘:,
: : : ∧  .//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ‘:,
: : :./: : \/: /: : : :  /: : : /: : /: : : : :|: : ‘:,: : : : : ,   『知っちゃったんだ…この村の秘密…。』
: : :/: :  /: /: : : :  /: : :./: : :/: :|: : : :∧: : :‘,: : : :  :,
: :/: :  /:.:/: : : :  /: :  /: : :/: :/|: :  :./::::::,: : :‘,: : : : : ,
: /: : :.//|: : :   / |: : :|: : l: :| |: : :/ :::::::::,: : :‘,: : : : : ,    『私たち、もっと仲良くなれると思ったのに、残念だなぁ…』
/: :  /: : .|: : : : | |: : :|: : l: :| |、_,,.. 斗-‐七'´: |: : : : : :.,
: :  /: :  |: : :___,l_ ノ|: : l: :| |: :/::::::::::::::::::::,: :. |: : : : |: : : : :l
: : : : : :ハ: |: :  | |: : :|: : |\| |: /::: -‐‐- ::::,:  |: : : : |: : : : :l       『ふふふ…さようなら…』
: : : : :  ∧∧:_:_| L: : :j\_:_| ::::: |/,ィf竓芋≧ミメ::,: |: : : : |: : : :/
: : : : : : /{L〈:::::::,ィf竓芋ミメ、:::::::::::::::: 乂::ヘ{cノ :: |: /: : : : |: : :/
: : : : : /: {ソハ ぐ 乂ヘ{cノ ::::::::::::::::::::::::: ー一'^ ::: |/::|: : : :.|: :/
: : : : :./: : {〈 .∧::::::::::ー一'^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: |: : : |/
: : : : ./: : {\,ハ:::::::::::::::::::::::::::::: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :|: : : /
: : : :/|: : :{   l`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´′             |: : /
: : /ハ: : {   |      、___  . -‐‐ァ'   //: /
: :/  ,∧: : \ 込、     マ_    __/   ./ :/: /
:/       '\: :. \  〕iト        こ       イ  //
          ≧=‐‐‐一   ≧s。        /  |
    x≦三三≧s。..,,_____r‐}   --     ノ≧=‐--  ..,,__
中野有香さんの遺言                     _____
               ,..x≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
              ,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::/ i:::::::::::::::::{\::::::::::::::::::::::::::::::\
           /:::::::::::::::/\ \:::::::::::N/\::::::::::::::::::::::::::::::.、
            /:::::::::::::::厶≠ゝ、 \_;:」,ィ--‐xゝ、::::::::::::::::::::::::::,
          イ::::::::::::,イ::::::::¨ヽ    f:::::::::::::‘, !:::::::::::::::::::::::::::
          {ヘJ::::j 弋:::::::::::ノ    ',::::::::::::::ノ |::::::::::::::::::::::::::|
           >"´  `¨¨´      `‐一'  |:::::::::::}⌒ヽ::::l
          /  ,/,/./                   |:::::::::::}  }:::/
          i         /⌒ヽ.         |:::::::::厶イ/
          ヽ、       ヽ    |      i|:::::::/:::,イ::::: ̄ ̄⌒ヽ
           ,ィ::。..,__       ー一'      j:::::/ヘ、::::::::::::::::::::::::::....\
         /::::::::::::::::::} ̄/ ̄「 ̄ ̄ ̄7 ̄ ̄|j/  \ \:::::::::::::::::::::::::::::.\
        /:::::::::::::::/⌒>´ |  l____/  /  /  ∧ \::::::::::::::::::::::::::::::\
  / ̄〕┐ /:::::::::::::::/ /   .|  |   /  /  /    ∧  :、:::::::::::::::::::::::::::::::::\
  {  ̄〕ノ ̄⌒ヽ.‐xj_/  /   i  | /  /、  i/     ∧    :、::::::::::::::::::::::::::::::::i
  | 二〕ヘ `|    i  /   i  /  /7 由  {      ∧    :、:::::::::::::::::::::::::::|
  \ ,ィ   |    | /    |/  /  个 .!   /     ∧     :、:::::::::::::::::::リ
    |:::¨ ̄/     /   /  /   ,    /  _    ∧      :、::::::::::::::/
    |::::::::/     |   /   /    Ξ r┼`   ,,r┬ヘ゛ }   |      |:::::::::::/
    ∨:/       ゝ、 /   /     ロ h.ヤ__ r| | ! ′ト、  l      |:::::/
     ∨____/ 〉≧s。_厶___.。s≦ ̄:::: L___/::|  jノ      j/
       \:::::::::/ /   /:/::::::::::∧::::>"´     \:::::::j  /
         \_/ /  /::/`¨¨¨⌒i::\       \  ̄  丿
          `7メ、  /::/       |::::::|        ヘ ̄ ̄
           /  \i::::i_____|::::::|_______∧
            /    |::::|      i:::::::|          ‘,
         /      |::::|       |:::::::|          ',
         /     |::::{ ≧=‐,r´ i:::::::|           ‘,
          /       ヾ/    7! |:::::::| =--        ‘,
        ,′          / |   ̄             ‘,
       ,′          / |                 ',
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
王蛇 「俺達は人類の、自由と! 平和を! 守る仮面ライダーだ!」
島村卯月 「ラン指定 ワトソンさん出てどうぞ」
不知火 「探偵はワトソンが生きてるなら誰かをバラさないように
指定ゲーなんで好きなところ殴れるのが醍醐味なので」
チノ 「おはようございます」
不知火 「いいよ、わからないまま殴るのがいいんじゃない、
私王蛇ワトソンじゃないし人外だと思うから王蛇吊り変わらず」
王蛇 「ワトソンだ
今日は村の平和を守るために戦うぞ!」
島村卯月 「不知火さんがワトソン殴りまくるの見ても何もいいことがないので出て良いですよ」
不知火 「対抗ワトソンいないのー?」
王蛇 「どうせならミラーワールドからミラクルワールドに移動しようと思ってな……」
チノ 「……そちらがワトソンさんですか
狼ならそちらだとばかり思っていたので、ちょっと出鼻をくじかれました」
王蛇 「戦え……戦え……」
島村卯月 「ごめんなさい。なにもいいことは無いっていうのは言い過ぎですが
少なくとも私はそこから何かを得られる自信がありません」
チノ 「対抗ワトソンとは一体……」
不知火 「えええええ、王蛇ワトソンなのぉーーーー
島村卯月 「ワトソンさんは投票割れたら私に合わせていいですよ」
王蛇 「対抗ワトソンなんていても意味ねえだろ……」
チノ 「その言葉、そっくりそのままあなたにお返しします>不知火」
不知火 「怪しいのはならしょうがないか。
え、村アピ?」
王蛇 「ああ、了解だ、龍騎!>島村」
島村卯月 「こんな3吊りで3W吊らないといけない村…
燃えようが燃えまいがあとで私が笑顔の波動でバラバラにします」
不知火 「今までのワトソンへの傷害活動のすべて>村アピ」
王蛇 「ガードベントどもは頑張ってくれたぜ」
不知火 「別に指摘するならしてもいいけどチノの。
チノが応対できそうにないし。 」
島村卯月 「不知火さんは血溜まり上に立ってますね!」
チノ 「見返してみても不知火さんの発言に殴れる要素が見つかりません……」
不知火 「それよりいかに私が熱くワトソンを殺す使命感に燃えてたかのほうが
村を守る人のオーラ出まくりでいいと思う。」
不知火 「王蛇を絶対に殺さなきゃ村は滅ぶ、そう信じてたこの今日までの
動きに曇りがない自信はあります。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
チノ は 不知火 に処刑投票しました
不知火 は チノ に処刑投票しました
「◆GM 本日の指定 ラン指定」
王蛇 は 不知火 に処刑投票しました
島村卯月 は チノ に処刑投票しました
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
不知火 は チノ に処刑投票しました
島村卯月 は チノ に処刑投票しました
王蛇 は チノ に処刑投票しました
チノ は 不知火 に処刑投票しました
7 日目 (1 回目)
島村卯月0 票投票先 1 票 →チノ
王蛇0 票投票先 1 票 →不知火
チノ2 票投票先 1 票 →不知火
不知火2 票投票先 1 票 →チノ
7 日目 (2 回目)
島村卯月0 票投票先 1 票 →チノ
王蛇0 票投票先 1 票 →チノ
チノ3 票投票先 1 票 →不知火
不知火1 票投票先 1 票 →チノ
チノ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
チノさんの遺言               __ ┐
             r y'´      `ヽ
          ノ   ・_,_,・     )ハ、
        「「「{               ノ ノr‐ァ
          〉 ゝ           人/⌒ ⌒ヽ
       _て二ヽト、 ___   イ   Y     ',
     /    ヽ   /l {    ! Ll_ \    ヽ
     / /   //7レイ'ト   ! j ハハ i ><ヽ    ヽ
     レ′  l/>< ∧ハzヘ   レ'〒ミ、V∧〉 〉/   〉
     /  丶 {∧〉i イ心 \l  V/リ V  |    /
.   〈    Ⅵ i |  辷ソ  ,  `´,,,│i  |    /     おつかれさまでした
    ヽ     | | ハ '''   、 ,     ハ!  |    /
     \  l l トへ       イ ノ  j   /
       \ ∨! ヽ \二 ェ‐ エ y7   ノ  /
        |\Vヘ ヽ l.l.∧_/lol∨/  /  イ       これからも四条劇場をよろしくおねがいします
       ,′ \ \∨.!.! /:.:{:}:.\イ::::ヘ / }
        { i    ヽ l::‐::く:.:.:.:}::{:.:.:.:>:∧Y  l
        |│     ヽ!∧/:.\:!∧:.:./. . . } i }
        |│ |   ', . . . ̄.´. i i. . . . . . .| ! !
       Vハ ヽ   ∧ . . . . . . i i. . . . . . .! //
        Vハ ヽ  ∧. . . . . . i i. . . . . . j//
        \ \へヘ 〉. . . . . .i i. . . . . .〈
                V. . . . . . .i i. . . . . . .}
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2016/06/11 (Sat) 00:08:50
GM 「ワトソンは探偵にあわせるのとちがうかな」
ケーキ 「これは王蛇合わせちゃいそうだな。探偵村だし。」
池袋晶葉 「まあ、王蛇はそうなるな」
丈槍由紀 「しまむーの投票入っちゃったなあ」
ケーキ 「お疲れーい。」
五十嵐響子 「お疲れさまです!」
GM 「おつかれさむ」
丈槍由紀 「お疲れ様でした」
小日向美穂 「チノワトソン視>響子ちゃん」
池袋晶葉 「お疲れ様だ!」
中野有香 「お疲れ様です」
御剣怜侍 「覚悟がある奴は村だ
王蛇だけは吊り殺すという覚悟が」
王蛇 「なんだこれは」
不知火 「マモッタゾッ!シシッ!」
チノ 「王蛇さんと戦うつもり満々でした、おつかれさまでした」
如月千早 「私だと探偵に責任転k……ゲフンゲフン
合わせますねこの状況なら」
中野有香 「吊られてるのが微妙ですかね」
小日向美穂 「おつかれさまー」
ミク 「お疲れさまでした」
ケーキ 「でも一度引き分け持ってっただけでも大したもんだよ。」
五十嵐響子 「いえ、怪しい位置を指定しないってワトソンじゃないかなって!<美穂ちゃん」
御剣怜侍 「お疲れ様」
不知火 「ケーキ・・・?」
丈槍由紀 「できたことはミク噛まないくらいだったかなー」
中野有香 「何処で狼見られたかを聞いておきますか」
御剣怜侍 「よー勝てたなって」
如月千早 「お疲れ様でした」
チノ 「霊能狂人なのが見えていたら残しても良かったのでは、とは思ったのですが
狐を切りきれずこうなりました」
池袋晶葉 「ちなみに私噛んでなかった場合は有香に●飛んでたぞ」
不知火 「小日向さんって狼だよね?」
成歩堂龍一 「お疲れ様です」
ケーキ 「甘えるんじゃない。>不知火」
不知火 「あれっ」
島村卯月 「お疲れ様でした
辛いことも苦しいこともいっぱいありますけど私は笑顔です」
ケーキ 「そう、俺は(村にとって)甘えのないケーキ。」
不知火 「ケーキはケーキでもシュガカということかよ・・・>ケーキ」
五十嵐響子 「不知火ちゃんと王蛇さんに2Wはなさそうなら、チノちゃんと有香ちゃんに最低1Wはいるので2択、って発言が時間に飲まれましたね…」
小日向美穂 「怪しいだけいったら、王蛇さんと不知火さんを残し続ける、かつ無理に他をしないってことは、そのどっちか(多分王蛇さん)にワトソンいるんだなーって>響子」
チノ 「この形でも狼が負けるのが人狼です
面白いですよね」
池袋晶葉 「ある意味2日目の私の発言正解じゃないか >ケーキ」
王蛇 「真狼狐-狂で霊能初日
狼が狂人噛んだ理由がよく分からねえが狐警戒で噛まざるを得なかった辺りが濃厚か」
小日向美穂 「狩人真だったよ(にっこり)>卯月ちゃん」
五十嵐響子 「というわけで、卯月ちゃんお疲れさま!晶葉ちゃんもバースデーウィンだね!」
不知火 「でも確かに霊能に狂人出るのはあってるっちゃあってる
霊能超強いし」
御剣怜侍 「いやぁ…ひでえなこれ本当に
霊能乗っ取り真占い即死○突然死狩人吊り

…なんで勝てたんだ本当に(震え声」
島村卯月 「3吊り3人外なら負けてた村ですね。」
チノ 「由紀さんの霊能結果○って言われた日は軽くフリーズしましたね、ええ」
ケーキ 「狩人即吊りできたのと護衛とったくらいの意味はあった霊能乗っ取りだった。」
不知火 「や~、楽しい村だった。
またねー!探偵はおめでとー!」
池袋晶葉 「しかし太郎丸は無事だろうか…」
五十嵐響子 「……あっ……殴り合いしてるところ普通は両方最後まで残さない…って可能性もあるってことかな…<美穂ちゃん」
中野有香 「それ結局どっち選んでも2択で変わらないのでは?>響子さん
確率論で言うとチノ-有香2W高そうな後者にしようはありそうですけど」
小日向美穂 「狼じゃないですよ!>不知火」
如月千早 「探偵の眼が良かったのではないですか>御劔」
御剣怜侍 「状況的にケーキ狐で由紀○出す意味ないから
他噛む場所なかっただけと思う>王蛇」
成歩堂龍一 「                ,; i, il;l! , ; il
          _,,,,,,,,,__ , 、,く〈 ll~i||||||||||、
        ,;;彡-::::::::;;;;/;;li'!!|‘ とニ)||||ニ l
      ,;;l;;;;;;;;;;;;::::`、;;;l;;l |_,,!、_ ノ||||||||):ノ
      /;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;:::l;ノ;;l /;;;;`;::=<`"!/'_=l
     /;;;;;;;メ;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ〉y;;;;;;;::::8インT;;;;;;::::l
     /;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;::_::ノ;;;;;;;::::::ン;;;;;/l;;;;;;;::::|
    ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;';;/;;;;;;;;;:::::/;;,イ;;;;|;;;;;;;::::l
┌‐────┐/;;、;;;;;;;;;;;;;;:::::// l;;;;;!;;;;;;:::::|
│ ナルホド |_;;_;;`;、;;;;;;_:::ノ´    、;;;;;;;:::ノ
├───‐─┴────────────────────────
│なんでこういう時に限って欠けているんだ・・・・
└─────────────────────────────‐」
池袋晶葉 「勝てるときは勝てる。じゃないかな?単純に。 >御剣」
池袋晶葉 「まあうん。卯月の指定が冴えわたっていたっていうところだろうな!」
小日向美穂 「そもそも、卯月さんが底の殴り合い無視してるんですよ。ということは気にする必要性が無い、片方確定○が想定できるんです>響子さん」
五十嵐響子 「美穂ちゃん~!霊能護衛するなら、探偵村だから狩人と霊能生きてれば真噛まれても
狼はとっても苦しい、って書いて欲しかったかも!いや、これ私の好みだけど!」
島村卯月 「>美穂ちゃん
王蛇さんが吊れっていいました!私は悪く無いです!(言ってない)」
ケーキ 「御剣以外全役職吊りだからね。灰でこっそり生きるものを許さない村。」
王蛇 「だったら灰にいるワトソン候補でも狙っておくべきじゃねえか?
味方を殺す意味はねえだろ>検事」
中野有香 「狐の可能性が否定できない。残して確定引き分け担保でもいいっちゃいいんですけどね」
御剣怜侍 「でも探偵村で霊能2人なら残したい派CO>不知火」
王蛇 「狐怖かったって言ってるし狐だろうな」
中野有香 「不知火-王蛇に手かけないってなるとケーキor響子さんで」
池袋晶葉 「いや、最悪詰む可能性がある。 >王蛇」
五十嵐響子 「なるほど!あ、ワトソンチノちゃんっていうのは、有香ちゃんとチノちゃんの二択で有香ちゃん先に選んだからだから、最後の日だけかな?<美穂ちゃん」
島村卯月 「有り得るは有り得るんですけど、負ってられません >霊能狂人」
チノ 「霊能に出ていても狂人さんと一緒に霊界行きですよ?たぶんですけど>ナルホド」
小日向美穂 「狩人経験初なので、勘弁してね……>響子ちゃん」
中野有香 「響子さん噛むと指定確定で入るので噛まない選択肢はちょっときつい」
ケーキ 「朝一人狼COするつもりだったけど反応を想像すると楽しみだ。
そんなことをして人狼にメリットがあるかどうかを考えてはいけない。」
丈槍由紀 「占い先を決めるときに役職が頭から抜けるんだよなあ…つらい…」
御剣怜侍 「外したら致命の一撃だぞ残り灰数的に>王蛇」
成歩堂龍一 「            _,、-m‐'iiii'-、、,、
          _ ,、-'iiilll||||||!!゙-゙-ミ7!ソ      _ , 、..-..‐::ー、
        `'ニ=-'iiiilll|||ζ _,、- ' ,.!゙-,:::'::'::゙:::´::::::::;;;;;;;;;;;:::::::::ヽ
         `二'=彡.'゙ヾ!  '~lll ゙ 、 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;;;::::::::::|
           `´'ヾ,'、'9l.  ,_  -;゙ ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;::::::::::::::!
             ヾ''ヽ. '-ミエエ!ーi;;;;;;;;;;;、-';;;;;;;;;;;;:::::::::::::::/
             _,.' .、_  、_ ノ _,,,_ ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::, ゙
    ,、-=,;;;;; - 、_,イ;;;\ `' -、_l、,;;';;゙;;;;;;;;;ヾ;;:::::::;;;;;;;;::::::::::, '
  _,ノ;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;!;;;;;;;;ヽ.   i,iiヾ.、:::::::::::::;;;;:::::::;;;;;:::::::::, ゙
_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::゙、::::::::゙' -、/ヽ、_.!||||i゙;::ヽ:::::::::::;:::::::::::::::: , ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::;;;;:::',:::::::::::<゛:::::::::\`||i、i-<::::::::::::;::::::::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::!:::::::::::::゙'..、:::::::::゙.,|||||',::::゙;::::::::::,:::::::, '
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::/:::::::::::::::::::::゙..、::::::::!|||i::::/:::::::::::;::, ゙
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;:::::::::::::::::::::::::゙::、:::゙!||!:,'::::::::::::::i゙
┌‐────┐;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙::、!i/:::::::::::::::!
│ ナルホド  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::゙':::::::::::::::::i
├───‐─┴────────────────────────
│流石にロラ率が高い村で霊能は騙りませんよ>チノ
└─────────────────────────────‐」
五十嵐響子 「明日また会えなくなっちゃいます…<有香ちゃん」
チノ 「あそこで霊能は狂人決め打ちで残していたら……
いえ、次の日の響子さんの発言からするに察せられてはいそうですね」
小日向美穂 「一応二回目だけど、初日吊りなんで、実質初です」
ケーキ 「ケーキが狂人だからというより
丈槍○にしちゃうとチノ真贋位置になっちゃうかもというのはあるね。」
小日向美穂 「最後の日ってなんでしょー?>響子ちゃん」
五十嵐響子 「べ、別に占い護衛しても良いんだからねっ!吊っちゃってごめんね、でもお疲れさま!」
王蛇 「ああ、そうか、そうなるか
ならば狐警戒もこめて、そこを噛むべきか>検事、池袋」
ケーキ 「丈槍●でも初手囲い位置とか言われそうだけども!」
五十嵐響子 「最後の夜だね。有香ちゃん吊りの後、噛まれるまでの夜の間!<美穂ちゃん」
成歩堂龍一 「            、-`=- `_`'''‐--:、,_
            -=_- 、,,__`''‐-、 ヽ`‐、_
            `=,‐- _- r‐-`‐-、 ! r'
                 'i i´)`r'".-、,_  `'i‐'
              |,!、'!.   lT;j'‐ ,r'
              /" |      ._|
           ,.-'/ '、 ヽ `''‐-r'
    r―,――‐:''"| ヽ. `‐:、` ,-'"
  ,r'゙   ヽ    !_.  \  `/-i`,、_
'"´      ',      `ニ=-\./、,, !',.ヽ`''ー,-:、
.         i    く.    ヽ .! .',`i".、  ヽ ヽ
          |     `:.、.   ':! .',.| ゚.l   ヽ `':、
          i       `:.、.  ',. '| .,'    i   ヽ
        ,'         \. ', |.,' _______ i    \
ニ-、  __  ノ           ヽ'、/     |     \
  `く´ `:<              |O     .|、  _.-  \
    \   ヽ              |      !ヽ_.r     .',
      \  ':,.             |      |.,:'"      i
┌‐┴───┐             |O    /          ノ
│ナルホド   |             |     i        /
├───‐─┴────────────────────────
│●吊りになっても狼特攻を完全に否定できないなら割ってくれるだろうという希望的観測での特攻でしたね
└─────────────────────────────‐」
御剣怜侍 「とりあえずナルホドお前後で屋上な(パキポキ」
島村卯月 「響子さん狼だったら一生燃えた村の跡地で飼って貰うつもりでした!」
成歩堂龍一 「             -,,_----------:、__
            -=;;-`----   ヽヽ `-‐i
             -;=---   _r'-''‐`‐、,. .!、
              `-:、.r‐、、!. -、,,,_  .|'"
                   i ! ri    (.・)`' ir'
               |-`'i     _ _!  ヽ‐z
              ノ、  ヽ  (二ニ'r'    ', Z
     ,..--、------r''"i `'-、_ -、,,_,,/    i >
     ,'   `:、   |  ':,   `‐r:,!、_      ,'r`
    ,'     ',  |   ヽ、_  ,' `i',':,ー-、-、
    ,'      i  `''ニ-" `:、-:'`:i-,'ヽ,ヽ  ヽ `、
   i         l.   `:、   \ | ', |`:、.  ', ',
   ,'       ,'     `:.、   ヽ.|  ',| ゚./   i .i
  ,'       ,'       `:.、  `:、 i. ,'   .| .|
  ,'       ,'          `-、 ヽ,!.,' ―--.|  |
 ,'       ,'            `、,'/    i  |
./       ,i             i"     i  .|
       /|             |O     i  ',
┌‐―───┐                |      .|   .i
│ナルホド   |                |     l   |
├───‐─┴────────────────────────
│えっ・・ちょっおまっ!!!
└─────────────────────────────‐」
五十嵐響子 「あ、そっか!狂人なら霊能●でつなげるって発想は必要でした!
それなら、霊能は特攻に繋いでないから真かも、って意見も言わなくちゃだったかな…」
御剣怜侍 「狼視点でケーキ狐はほぼ無いと思うが」
チノ 「探偵村ですからね、ここ>ナルホドさん
まあ何が言いたいのかというと……
占い師がかけてるんじゃない限り、狐の勝率はそこまで変わらないと思いますよ?
なのでそこまで気にしないほうがいいと思います>こんな時に限ってかけてる発言に対して」
如月千早 「屋上で愛の告白ですね解ります」
ケーキ 「検事なんだから屋上呼び出さずに法的に戦えよ。>御剣」
五十嵐響子 「遺言が怪しいけど、ゾンビ的な何かなだけで狼じゃないよ卯月ちゃん!<卯月ちゃん」
チノ 「ええ、私もそう思っていました(夜発言参照)>御剣さん」
王蛇 「逆転裁判のアニメが2クールで終わるなら中途半端過ぎてイライラするんだよ……」
ケーキ 「成歩堂は不知火のワトソン暴行罪を弁護してから裁かれてね。」
池袋晶葉 「さて…誕生日は過ぎ去ったがこれで私は終わりなわけじゃないからな。
また今日から次のステップに進むために邁進していこうじゃないか!
みんな!今日はありがとう!GMもハッピーバースデーのBGMありがとう!
とても落ち着いてリラックスができたよ!」
五十嵐響子 「むしろ、狂人なら霊能●が一番安全、真結果でもそうそう噛まれない
…ってなると、狼視点霊能狐の狂人特攻の方が以外とありそうな?」
成歩堂龍一 「でも割れてないと吊られる可能性は高いのは確かだと思うんですよ
いくら霊COしてくる可能性が高い村であっても>チノ」
ケーキ 「ではお疲れーい。」
島村卯月 「勝ったのに王蛇さんが血溜まりの中で横たわってます…ダイイングメッセージは落ち度」
小日向美穂 「なるほどー。私は私指定のとき、ちのさんかわたしにたくと思ってたので、そんな感じですね」
チノ 「そこですね、由紀さん狼で判断付いていたという流れにして
初手囲いであることを誤魔化そうと思ってましたから>ケーキ
真贋位置に押し上げられてしまったのは誤算でした」
池袋晶葉 「ではまたよろしく頼むぞ!」
御剣怜侍 「大丈夫大丈夫ナルホドは何故か格ゲーに呼ばれたほどの武闘派だから
百程なら殴っても許される、現に冥は許されてる(無言の腹パン」
成歩堂龍一 「     `ー-、_-- ,,`ー--    `ー-、_ `‐-、ヽヽ.`-、_
     ,,___`''‐、 ` - _      、_ ` ‐、 `ヽ ' l .i 'ー'"i   -------------
     `''‐、_ ̄ ` - _ - --   ` - ` 、`:、ヽ  | ,' ' .,'
------- -、,,,ニ、`ー- _ ニ _  .("`''ー、=-,_、-:、ヽノ //ノフ______________
       `ー、 `, '"_`':、- >''''      `  `ー" '.i/
   -------.,r'-/ ´.`i ':, ,!.   _,,         i"      ________________
         `i ! r‐-,.! `l     ""ヽ、     .l_______
__________________ ,:r', '、'(__|       i'".l":';i`ー ノ ,,r'
       _r‐'/ i-、'、__       ` -`"' .::   .|i
.    __/" ,' l゙ `  |.              |!
__,.:-''" ./  .l  .',     |.           __   i        ---------------
     /   .|.   ',  l |         _,,,,_   .i'''''´
.   /    |   ヽ l. ヽ     r'"'ー-"==r"
.   /    |    `'、.  \   ヽ=,,_r',i_           -----------------
  /       i       `-、  `:、_   ....-r' `:、
/       |       `'=--、=‐-,--:'i    `'‐:、_
`ー-、_      .l、      /-‐-:、,|  ,'.  ',      `-、----------
    `‐-、_ -.|ヽ    /    |. !   ',        `‐、
┌‐────┐':、 ,.:'i    ,.:'| |、  _, !       i  .',
│ ナルホド  |  '、/ .)  / |/| `、"         |  ',
├───‐─┴────────────────────────
|ちょっとその弁護受けたくないですねぇ・・・>ケーキ
└─────────────────────────────‐」
五十嵐響子 「怪しい所を指定しないって、ワトソンじゃないかなって……」
五十嵐響子 「おめでとう!<晶葉ちゃん」
島村卯月 「地獄はここでしたか」
王蛇 「寝る」
成歩堂龍一 「            、-`=- `_`'''‐--:、,_
            -=_- 、,,__`''‐-、 ヽ`‐、_
            `=,‐- _- r‐-`‐-、 ! r'
                 'i i´)`r'".-、,_  `'i‐'
              |,!、'!.   lT;j'‐ ,r'
              /" |      ._|
           ,.-'/ '、 ヽ `''‐-r'
    r―,――‐:''"| ヽ. `‐:、` ,-'"
  ,r'゙   ヽ    !_.  \  `/-i`,、_
'"´      ',      `ニ=-\./、,, !',.ヽ`''ー,-:、
.         i    く.    ヽ .! .',`i".、  ヽ ヽ
          |     `:.、.   ':! .',.| ゚.l   ヽ `':、
          i       `:.、.  ',. '| .,'    i   ヽ
        ,'         \. ', |.,' _______ i    \
ニ-、  __  ノ           ヽ'、/     |     \
  `く´ `:<              |O     .|、  _.-  \
    \   ヽ              |      !ヽ_.r     .',
      \  ':,.             |      |.,:'"      i
┌‐┴───┐             |O    /          ノ
│ナルホド   |             |     i        /
├───‐─┴────────────────────────
│お疲れ様でした 昼AA件は申し訳ございませんでした。またよろしくお願いします
└─────────────────────────────‐」
如月千早 「改めてお疲れ様でした
GMは村立てありがとうございます」
五十嵐響子 「あれ、昼aaってダメでしたっけ?」
丈槍由紀 「部室に戻って頭冷やそう
お疲れ様でした」
小日向美穂 「まあ、ようは王蛇と不知火どっちかにワトソンいるなら、 探偵、ワトソン、不知火か王蛇、灰と残してたら、 残された灰が怪しいんですよね。 
狼側としても、王蛇と不知火の相互殴りは作ってくと思ったのでまあ、なら最終形とるなら、やっぱりどっちかにいるかなと>響子ちゃん」
五十嵐響子 「あ、ありましたー!告知の下じゃないですか!!」
島村卯月 「昼AA 以前は平気だったはずですけど…」
五十嵐響子 「別の所を見てました!!ごめんなさい!!」
チノ 「ああ、少し噛み合ってない気がしましたが
ナルホドさんは狐で特攻した場合の話に絞ってましたか
少し私が論点をずらしてしまったようです、すみません
どんな動きをしようが、占い師が生存している限り狐の勝率はそこまで変わりません
ということを言いたかったのです」
島村卯月 「ところで探偵引く度に村役職初日なんですけど…
占い初日→狩人初日→霊能初日」
小日向美穂 「卯月さん指定は、何があっても、寡黙気味な私を殺すは創造できたので、まあ、察しが」
島村卯月 「誰を笑顔しかできない体に変えればつじつまが合いますか?」
GM 「昼AAは前から禁止」
五十嵐響子 「寡黙はあんまり関係なくて、ワトソン探しって発想がないから、ワトソンかワトソン探してない人外かなって……ごめんね<美穂ちゃん」
島村卯月 「>小日向さん
さすがに吊り余裕ないの分かってるなら寡黙吊りはしないです
あとそう思ってるならせめて喋りましょう」
GM 「わかりにくいんだろか」
島村卯月 「初期の頃に聞いた時はOK貰ったんです…」
五十嵐響子 「前の探偵村で、『aa』で検索しても引っかからなかったので、勘違いしてました、ごめんなさいっ!<GMさん」
小日向美穂 「寡黙は意識的にしてるので、どうにも>卯月」
GM 「まったく覚えてない
そんな時期もあったのか>OK貰った」
島村卯月 「>小日向さん
村要素を出さないというリスク込み込みでやってるのなら
終わったあとにわざわざ文句つけるみたいに言わないでください」
小日向美穂 「ワトソン探しはまあ普通に前提として思ってて自分が狩人だったので、そっちのほうに意識がいってしまったかも、次からいうようにしますね>響子ちゃん」
小日向美穂 「文句だったでしょうか……? 申し訳ないです」
五十嵐響子 「えっと、村の中のテンプレートに注意書きが足されたのは今回から見たいですっ!
前回までは特に、村の中には無かったですっ!<GMさん」
島村卯月 「http://takanegm.com/old_log.php?room_no=717
この村の開始前に…

◇GM [村] (dummy_boy) 「◇安斎都 「普段の四条は昼AAありなんですけどやる夫村ってどうでしたっけ」
アスキーアートで発言というのがありますし、邪魔にならない程度で」」
五十嵐響子 「んーとね、美穂ちゃん。吊られるっていうのは、別に寡黙だから吊ったわけじゃないのに。
寡黙だから吊ったんですよねー、寡黙だから仕方ないですねー。
って言われたら、そりゃ卯月ちゃんも怒っちゃうよ?>美穂ちゃん」
GM 「そういえば、四条ではべつに良いかって思ってた記憶がある」
GM 「じゃあ、今度から四条はオーケーにしよう
忘れなければ」
五十嵐響子 「もちろん、狩人COしたのに吊るなんて!って思う気持ちもあるよね、そりゃそうだよね。
私だって狩人COしたのに吊られたら嫌だもん。吊られるのいやだ!って思う気持ちも分かるよ。」
チノ 「.        /          ヽ \_  \     ::,
        /  /      |     iハ  \\「|∨     ::,
      ,:   ;   : :  |     i八   \ \V: .    ::,   / ̄ ̄\
        |:   |  : i: :  |     |/\ :ハ|」\〉: : .   ::,                それでは私もこのへんで行きましょう
        |:   |  : |: :i:八| :   | 二斗糸ミ : : :マ⌒: .  ::,│ 緒  池
        i : | j|   : : |: :八|: :  | ィしrハ∨ : : :i:  | : . 八|  方  袋
       i <| ハ ー:七Ν :八:.: :i :|  乂.::ソ    : :i_,ノ : : .   |  智  晶
.        i; :| | |、: i: i斗糸ミ\|八   ////| : : i.:|.: : : : : : . .|  絵  葉
       八| |\> i/ハJrハ         u | : : i.:| |\ : : : : |  里  さ
  / ̄ ̄\  |ト∧ :{\ 乂:ソ  '  _      | : : i.:| |`゙ア>‐、|  さ   ん
        V八 ∧:∨iト、//   ヽ _)   | : /|人∨/    |  ん 
   ごお誕    \ :、: j{ヽゝ ..,,___,,.xく丿/:厶イ)\   八             村立て同村お疲れ様です、同陣営の方々はありがとうございます
   ざめ生 │   ∨\ハ \ヽ} ∨{{  {∨  |  {{      \__/
   いで日 │    \: ∧\ `  ∨{{ 乂   |  {{.      ∨//
   まと     |.       \{\    }ヽ{{∧_,厶 --{{      ∨/
 |  すう   │          |\_,/  {{/::::::::::::\__{∧  |     ∨/
                     |: :〈   └\::::::::::::::::::::o::: \|    ∨
  \___/          |: :∧___,,.   ´\o::::::::::::::::::::::人
                     |: :| ∨   ー=ニ>、:::::::::::::::::o:::\」
小日向美穂 「いや、そういうのじゃなくて、こっち側の問題ですので、ごめんなさい>響子ちゃん」
チノ 「こういうAAいじりは初めてなので
いかんせん少しずれていますね……」
五十嵐響子 「でも別に嫌いで吊ったわけじゃないんだから。つまり、美穂ちゃんを見て、私も卯月ちゃんも皆も判断するよ。
美穂ちゃんのプロデューサーさん(HN)を見て、判断したり吊ったりしてるわけじゃない。」
小日向美穂 「卯月ちゃん探偵になった時ほぼほぼ初回に指定がはいるので、まぁなんかそういう要因が私自身にあるんだろうなってだけです」
五十嵐響子 「だから、嫌わないで欲しいな?……わがままでゴメンね?<美穂ちゃん」
島村卯月 「こちらも寡黙の中から要素拾おうとがんばっているのに
「美穂さんだから」何があっても中身メタで指定したとか
「寡黙は何も考えずに指定するひと」みたいにしか取れない言い方されたら
少なくとも良い気分はしないです。」
チノ 「状況が悪かったのもあると思います>狩人即吊り
あの日は鉄火場だと村が思っていたので、その狩人COが信用できるか
短時間で考えなければいけなかったのも原因かと
その結果、運悪く吊られてしまった」
小日向美穂 「御免なさい>卯月さん」
五十嵐響子 「その……人狼嫌だって思わないで欲しいな……。」
島村卯月 「そんなに何回も初手吊りした覚えないですし、中身見て指定している訳でもないですし
探偵で時間無い中で初日に吊るのは、吊りたい発言してるひとがパッと見でいなかったら寡黙目になるのは許して下さい…」
小日向美穂 「空気悪くしてしまってごめんね」
五十嵐響子 「だめだめ!それは違うよ!!」
島村卯月 「空気悪くした責任は折半だから…
発言自体だけを謝って欲しいなあ…
ごめんねと分かってくれてありがとうで済ませられるから…」
五十嵐響子 「そんなこと言っちゃダメだよ、美穂ちゃん!
なんていうか、違うんだよ、誰が悪いとかじゃなくて。自分を悪いと思わないで。
だから謝らないで。」
五十嵐響子 「そんなこと言ったら、私なんて何回……ってなっちゃうから……」
チノ 「……こういう時に私はどんな言葉をかければいいのかわかりません
でも、誰も美穂さんだから指定してるわけではないんです
みんなゲーム中に少ない時間で頑張っているんです
勝ちを目指すゲームなので、たまにそういう時もあるかもしれません
でも、村が終わったら私は笑って話していたいです」
五十嵐響子 「えっと、うーんと……」
五十嵐響子 「なんていうのかな……吊られるって、別に悪いことでもなんでもないんだよ。
それと同じで、吊ることも。」
五十嵐響子 「だってこれは、そういうゲームだから、チェスの駒を一個進めるのと一緒で。
それは間違うかもしれない、正しくないかもしれない、でもしなきゃいけないことで。
で、間違ったから悪いとか、責任が、って違うんだよね。」
小日向美穂 「いや、だからごめんなさい。」
五十嵐響子 「だから、美穂ちゃん。寡黙でも良いし、吊られても良いんだよ。
だから、寡黙だったから吊られちゃった、なんて自虐はしないで。」
五十嵐響子 「うーんうーん、違うの、美穂ちゃん。なんていうか……美穂ちゃんに、これからも、楽しく人狼してほしくて。
謝る、っていうのは、何か間違ったから、なんだけど、美穂ちゃんは間違った訳じゃないから、謝らなくていいんだよ。」
島村卯月 「ん、私は、終了後の発言を謝って貰ったからもう十分…。ありがとうね。」
五十嵐響子 「下手でご、ごめんね、ちょっと不器用で……」
GM 「謝らんと、自分の中で収まりつかんって事もあるからさ」
小日向美穂 「んん? 卯月さんは発言を謝ってほしいといわれたので私はそれの通りにしたのですが」
五十嵐響子 「えっと、空気悪くして、とかは違うよ、って言いたくて。えっとなんだろう……
絶対謝るな!じゃなくて、謝らなくて良いことは謝らなくて良いよ!
って、ああー、説明下手でごめんなさい!」
小日向美穂 「そういうリスクもわかってたし、ただそこでちょっともやっとしたのをウッカリ出してしまったのは申し訳ないですし、はい」
島村卯月 「空気悪くしたことを謝ったことについてじゃないかな…響子ちゃんが言ってるのは…」
五十嵐響子 「えっと、少なくとも空気悪くしてごめんなさい、っていうのは違うよ!って言いたくてこんなわかりにくい説明を!
うー、言葉の説明は、絵みたいに上手く行きません~!」
五十嵐響子 「う、確かに心の整理で謝ること私もあるかも……とりあえず謝る、っていうのは私の悪い癖かもしれなくてそっちはやめようかなって思ってるんですけど……」
五十嵐響子 「あー!私はみんなに楽しく人狼してほしいから、いろいろ大丈夫って言いたかっただけなのにー!!(ごろごろ)」
中野有香 「とりあえずお二人だけ残してそっとしておけば良いんじゃないですかね?
終わってるなら良いんですけども」
五十嵐響子 「有香ちゃん!なんとかしてください!!その拳で!」
小日向美穂 「昨日みたいに……?w>ゆかさん」
島村卯月 「がんばったんです…私もがんばってたつもりで…
頑張ったんです…頑張ってたら、もっともっとレッスンしたら…
でも、ちっともわからなくて…人外位置、わからなくて…」
島村卯月 「『笑顔』なんて、『笑う』なんて、誰でも出来るもん…!
何にもない…私には何にも…。」
中野有香 「私にできることは瓦を割ることだけです!押忍!」
五十嵐響子 「有香ちゃんってあえて馴れ馴れしくしてますけど、本当は有香さんって呼ぶんですよ!」
五十嵐響子 「瓦割りは確かに誰でも出来ないです…!」
島村卯月 「北斗!有情破顔拳!カラテ+笑顔です!(テーレッテー)」
五十嵐響子 「明日また会えるよね?……いえ、実際は明日っていうか次の機会って感じですけどっ!」
小日向美穂 「まぁ、正直に言っちゃうとちょっと血が上ってたきらいがあるので、そういうのもふくめて、ごめんなさい、です>響子ちゃん」
島村卯月 「お疲れ様でした!
ガラスの靴を、私に探偵をしつこく押し付けた上で占い狩人霊能と持っていくPHPさんの
口の中に詰め込んで笑顔の右ストレートします!がんばります!」
五十嵐響子 「私も、なんかわかりにくい上にややこしくしちゃって、あと傷つけちゃったかもしれなくて、ごめんなさいっ!<美穂ちゃん」
小日向美穂 「買い言葉に売り言葉、という感じでしたので、はい、ごめんね>響子ちゃん」
五十嵐響子 「ごめんなさいっ!……キリが無くなっちゃうので、これで許してくれると嬉しいですっ!<美穂ちゃん」
小日向美穂 「まぁ、後はそれこそ、スタンスの問題の話、だと思います>響子ちゃん」
五十嵐響子 「スタンスとか、ライフワークとか、考えとか……いろいろあって、人間変わるのって、自分から変わるのだって難しいし、
他人が変えようとするのは絶対に無理だから…意見の違いとか考えの違いっていろいろあるよね。」
五十嵐響子 「だから、そういうのもあるんだ、あれもあるね、これもある、って寛容になれるように、私は頑張るねっ!」
小日向美穂 「改めて申し訳ありませんでした」
五十嵐響子 「私も申し訳ないですっ!」
五十嵐響子 「          rヘrj´) __
         /::じγ´:::::::::::、::\
         |:::::: /::::::::::::::∧::::i:::::i   お疲れさまでした、ありがとうございました!
        |:::::::イ_Lλ」t_j |::::i彡} 
        |::::::.:「 ┃  ┃ .jノミリ  ごめんなさいのオムライス置いておきますね!
         t:::::八  r‐┐ 〃^)  
         .\(. ゝ ` ´ ‐<´    智絵里ちゃんと晶葉ちゃんは誕生日おめでとう!
      コトッ  / ハ ハ    ヽ
         (ミ(〈 (゚ω゚) 〉)とノ }」