←戻る
【劇場86】劇場公演 木曜の部村 [101番地]
~本日も開演♪暑いけどがんばりましょう~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7
icon 諸星きらり
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon 小早川紗枝
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon アンデルセン
(生存中)
icon 初心者
(生存中)
icon ショボン
(生存中)
icon 鈴羽
(生存中)
icon 多田李衣菜
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon 『鴨』初心者
(生存中)
icon チャゲ&
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 玉子宏
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon アスカ
(生存中)
icon 徳川吉宗
(生存中)
村作成:2012/07/12 (Thu) 21:59:22
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
GM 「22:30点呼ですよー!」
かりの さんが入場しました
かりの 「よろしくおねがいしますー」
かりり さんが入場しました
GM 「いらっしゃいませ」
星井美希 さんが入場しました
星井美希 「あらま、アンカーになると思ってたら4人目だったの」
星井美希 「よろしくねー?」
かりり 「こんばんはっす…でもすこしはなれるっす
アンデルセン さんが入場しました
アンデルセン 「何の為に力を持ち、戦うか それを今一度見極めん」
かりの 「かりの さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりの → 如月千早
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 732 (アニマス・如月千早01)」
星井美希 「美希アイドルだし、歌とかダンスくらいしか持ってないよ?>神父さん」
如月千早 「では、改めましてよろしくお願いします。」
アンデルセン 「それもまた、力だ つまるところ・・・なぜ、それをするかということですね」
如月千早 「・・・あ、美希も来ていたのね?
一緒に頑張りましょう。」
初心者 さんが入場しました
星井美希 「千早さんと一緒なら百人力なの。
アイドルマスター目指して頑張っちゃお?」
GM 「ちなみにうみゃGMへのRPリクエストは受付中。
複数あった場合GMの気分で決まります(キリッ)」
初心者 「皆さんお手柔らかにお願いします」
小心者 さんが入場しました
GM 「いらっしゃいませ。」
小心者 「よろしくー」
如月千早 「歌で・・・何を?
私は、私の歌を多くの人たちに届けられればそれで・・・>神父さん」
アンデルセン 「ただひたすらに、力を求めていた
亡き者への弔いの為に
己が信念を果たすために
勝つために、生き残るために」
GM 「……突っ込み待ちなんだろうか……黙っているのが作法なのかな……」
如月千早 「なんだか危険なオーラを下の二人から感じます」
小心者 「気のせい>72」
アンデルセン 「『それ』が、つまるところ、為すべき事であり、為したい事なのであろうと>如月」
アンデルセン 「しかし、時として鈍る
如何に我が神が私の正気を保証してくれたところで
いとも簡単に積み上げたものを壊す」
如月千早 「なすべきこと・・・私の・・・
・・・もう一度「歌」と向き合う機会にしてみます。>神父さん」
如月千早 「・・・美希と一緒なら負ける気はしないわね?
いえ、アイドル活動は勝負ではないのだけれども・・・>美希」
アンデルセン 「何の為に戦うか 何の為に生き残るか
少しばかり、見極めてみたいものでもある」
アンデルセン 「誰よりも、俺自身の為に」
星井美希 「勝負は勝負じゃないかな?
けど、美希的にはファンの皆がおーえんしてくれればそれで良いって思うな。」
アンデルセン 「ま、それはきっと、お主だけの、お主の為だけの解だ
大事にするといい それはきっと裏切らぬよ」
如月千早 「ええ、大切に・・・します>神父さん」
かりにこふ さんが入場しました
かりにこふ 「よろしくおねがいします」
多田李衣菜 さんが入場しました
如月千早 「ふふ、そうね。
頑張れば自ずと結果はついてくる。美希と私の二人で。」
多田李衣菜 「こんにちは、えっと、ロックなアイドル目指して頑張ります!
プロデューサーさん、こんな感じでいいですか?」
星井美希 「そーそー、千早さんが一緒ならどこまでも行けるの」
多田李衣菜 「……♪……♪

ん、んー、ちょっと音のキレがないなー。」
GM 「いらっしゃいませ~」
如月千早 「みなさんよろしくおねがいします」
如月千早 「音のキレが悪い・・・?
少し聞かせてもらえるかしら>多田李さん」
初心者 「GMさんの熱い突っ込みを期待してたんですが…がっかりですぅ」
初心者 「初心者 さんが登録情報を変更しました。」
多田李衣菜 「あ、千早さんってヘッドホンの聞こえ方とかわかる人なんですか?
ちょっとこのヘッドホン、なかなか良い感じにいい音聞こえなくって。
……プロデューサーが仕事うまくいったら、いいの買ってくれるって言ってくれたんですけどね。」
菊地真 さんが入場しました
GM 「そろそろRP考えますかネ・・・リクも無いし」
菊地真 「こんばんはー」
かりり 「かりり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりり → 小早川紗枝
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 821 (小早川紗枝)」
初心者 「とか言ってみたりして軽く煽ってみるのもたまにはいいですよね?」
アンデルセン 「では、アーカードでお願いします>GM」
多田李衣菜 「っと、菊地さん、おはようございます。」
小早川紗枝 「みなはんおばんどす~可愛い可愛い紗枝ちゃんや~」
GM 「あ、ごめん、無理・・・あのテンションやりきれない>アンデルセンさん」
如月千早 「・・・え?
えっとその、音楽そのものでは無くて・・・
ご、ごめんなさい、私機械はかなり苦手で、その、音が悪いことはわかるかもしれないけれどソレ以上は・・・>多田李さん」
多田李衣菜 「あれ、紗枝じゃん、今日はこっちだったんだね。」
アンデルセン 「ふむ・・・私もこのRPを完遂できる自信がありません>GM」
小心者 「小心者 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:小心者 → ショボン
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 951 (ショボーン)」
鴨初心者 さんが入場しました
ショボン 「よろしくなんよ」
多田李衣菜 「え、あ、そうなんですか
ええと……うん、ほら、私音楽とかうん、えっとロック!UKとか!
そんな感じだし!ちょっと千早さんには難しいかなって!」
鴨初心者 「鴨初心者CO!」
星井美希 「きらりんとかどうかな?>GMRP」
チャゲ& さんが入場しました
チャゲ& 「どうも、CHAGEです」
かりー さんが入場しました
菊地真 「初心者騙りは初日に吊ったらいいと思うよ(爽やかスマイル」
多田李衣菜 「え、チャゲさんってあのチャゲさん?
すごい、本物みちゃった!」
星井美希 「あ、真くんが来るのちょっとだけ珍しい気がするの」
小早川紗枝 「ほえ~李衣菜はんおばんどす~
はい~プロデューサーはんに今日はここやていわれまして~>李衣菜はん」
如月千早 「ええ、嘘つきは私も嫌いですし(綺麗な顔>真」
鴨初心者 「ふ・・・真よ!何を見ている!私は『鴨』初心者だ!(デデーン」
GM 「では、そろそろ遺言設定、アイコン設定そして準備をお願いいたします。
あとリクは変えるまでは受け付けてますよ?」
菊地真 「え、そ、そうかな・・・(照 >>美希」
チャゲ& 「あれ、僕のこと知ってるんですか>多田さん
いやー恥ずかしいなぁ、でも嬉しいですよ」
飛鳥 さんが入場しました
多田李衣菜 「たしか相方は石川優子さんですよね!>チャゲさん」
如月千早 「「鴨」に関しては上級者では?>鴨初心者」
飛鳥 「どうも飛鳥でぇす!」
初心者 「やだなぁ…別に騙ったりしてませんよ>真さん」
星井美希 「しっ>千早さん」
たまごォ さんが入場しました
かりかり さんが入場しました
チャゲ& 「違いますよ!?>多田さん
つま恋本選会のことはもう忘れてくださいよ!」
かりー 「よろしくお願いします
ものすごいところに挟まれちゃった予感です」
多田李衣菜 「あ、アスカさんですか?
すごいなぁ……まるでミュージックステーションみたい。ね。紗枝もそう思わない?」
アスカ さんが入場しました
如月千早 「ロックは私もよく聞くわ。
ジャンルは選り好みしないから>多田さん」
飛鳥 「飛鳥 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 678 (イリヤスフィール) → No. 864 (北条沙都子02)」
アスカ 「やぁ、こんばんは」
飛鳥 「!?」
たまごォ 「書き物的な用事を終えて―――俺参上ォ!!」
チャゲ& 「あの時は、ちょっと僕も相方と上手くいってなかっただけなんで
あと沖縄の太陽が悪いんですよ全部」
かりにこふ 「かりにこふ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりにこふ → 鈴羽
アイコン:No. 8 (緑) → No. 627 (阿万音鈴羽)」
飛鳥 「これは…」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 諸星きらり
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 707 (諸星きらり)」
星井美希 「……実は美希、今、埋まった事にびっくりしてるの」
多田李衣菜 「いやぁ!
まさかここで「2人のアイランド」の片割れに会えるなんて思いもよらなかったですよ。
あれ、アスカさんが2人もいるけど、この方たちはソロの方ですよね?」
如月千早 「(え、いっちゃまずかったかしら・・・>美希)」
鴨初心者 「そう・・・私こそが真の『鴨』!」
チャゲ& 「        /´〉,、     | ̄|rヘ
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  '´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                `ー-、__,|     」
かりかり 「アスカ多いなぁ」
飛鳥 「できる夫に任せようかしらw」
飛鳥 は 飛鳥 に KICK 投票しました
飛鳥さんの出演は延期になりました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
鴨初心者 「鴨初心者 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:鴨初心者 → 『鴨』初心者」
小早川紗枝 「みーじっくすてーしょんはよくわかりまへんが
なんだかすごそうやなぁ>李衣菜はん」
チャゲ& 「おかしいな……ASUKA……
君は確かに死んだはずなのに……」
アスカ 「さて……ホンモノのアスカを賭けて勝負です(キリッ」
如月千早 「あら・・・?」
星井美希 「あとGMさん、美希ちょっとお花摘みに行って来て良いかな」
徳川吉宗 さんが入場しました
『鴨』初心者 「さぁ来い!私は一票貰っただけで鍋行きだぞー!」
徳川吉宗 「           ,--、、,,,,,,,,,,,,,,,,          
             {::::::::}三三三ミミミ`、、     
            >ー-"'" ⌒,,ィシヽミミiミミ 、   
         /     三彡彡彡ィ`、ミミミ`、     余は徳川家八代将軍。
        /      シ彡彡彡彡ノ'ヽミミミ`、  
        ,'        ,三彡彡彡彡彡ソ,ー--'  
          l    _ _ """'彡彡彡彡彡ノi      徳川吉宗である。
       {;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - 、ノノi     
          kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ}彡i     
.        レ'  ..      シ彡' )ァ' /彡'    
       {_,,,、 ;、      シ彡 ニンミミ{      此度のような遊戯は初めてではあるが、
        l         '''"::.   彡ミi     
         ! ̄"`     ...:::::::: ノ""{      どうか宜しくお願いしたい。
        l    .......:::::::::  /   \_   
        `''ー- 、::::    /     /    
         _,..-'ト、   /     /     
       , -'" /  |l:   /    /      
     /  //  i| l ,/    /  ()     
    / () //   | l//     /         
    / / // ()  | /     /          
                             
                             」
アスカ 「と思ったらあれー!?」
諸星きらり 「とゆーわけで!Pちゃんが後ろで
「ついにこの時が来てしまったか・・・」
とか言ってるけど気にしちゃノンノン☆」
チャゲ& 「駄目じゃないかASUKA!
お前は死んだんだぞ?駄目じゃないか!死んだヤツが出てきちゃ!死んでなきゃああ」
小早川紗枝 「ほぇ~吉宗はんや~暴れん坊将軍や~(じたばた」
徳川吉宗 「デデデーーン!! デンデンデンデーーーン!!」
『鴨』初心者 「う、上様!?ハハァ!(スタイリッシュDOGEZA」
アスカ 「チャゲさんの下狙ったのにズレましたよ!?」
多田李衣菜 「あっれー紗枝ってそういう番組みないの?
ほら、あるじゃん?Mステとかさ、HEYHEYHEYとか!
チャゲさんは石川優子さんが相方だから、むしろ歌のトップテンとか
あと、あれ!ええと……フジで昔やってた歌番組とか!そんな感じだけど。」
鈴羽 「へぇ~。徳川吉宗ってこの時代の人だったんだ(メモメモ)」
徳川吉宗 「暴れん坊将軍!!(カァーーーーッ!!」
諸星きらり 「いってきていいよー☆>美希ちゃん」
たまごォ 「そうやって俺を半熟にして食うんだろ!?卵みてぇに!
ヤメロー!俺なんて鳥の照り焼きみてぇな味しかしねぇただのたまごォだ!」
アスカ 「>チャゲ
ああ、地獄の底から甦って来ました」
徳川吉宗 「ほう、ヌシは鴨と申すか。よい心がけだ<鴨」
『鴨』初心者 「A 「上様がこのような所に来られるはずがない」
B 「上様の名を騙る不届き者だ」
C 「上様でも構わぬ」
D 「上様、お手向かい致しますぞ」
E 「上様、お命頂戴致します」
F 「ここで死ねばただの徳田新之助」」
『鴨』初心者 「G 「悪党らしく死に花を咲かせてくれるわ」
H 「飛んで火に入る夏の虫」I 「我ら幕臣あっての上様ではないか」
J 「八代将軍もこれで終わりぞ」
K 「もはやこれまで」
L 「笑止千万」
M 「吉宗の首を我が殿、宗春公に差し出せ」
N 「上様の顔を忘れた」」
『鴨』初心者 「O 「もはや上様の命に従う必要はない」
P 「腹を切るのは拙者ではなく、上様である」
Q 「どうせ上様には死んで頂くつもりでした 覚悟なされ」
R 「御役御免で一度は死んだ身」
S 「そこまでばれているのなら、毒を食うは皿まで」
T 「何をほざくか吉宗。良い所に現れたものよ」
Z その他」
徳川吉宗 「よくわかっておるではないか。
お主……通だな?>鴨」
チャゲ& 「ならば何度でも送り返してやる>ASUKA
この、煌くステージでなッ」
多田李衣菜 「でも、あれですよね。
ええと、代表曲って私、「2人のアイランド」と「愛は心の仕事です」以外しらないんですけど、他なにかありましたっけ>チャゲさん」
諸星きらり 「にゃっほにゃっほせんきぅ☆
まんいんおんれーできらりんすっごくハピハピ!みんなもハピハピしちゃお☆」
徳川吉宗 「まあどれを選ぼうととりあえず斬り捨てるがな<鴨」
たまごォ 「たまごォ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:たまごォ → 玉子宏」
チャゲ& 「いや、あの、優子さんとのことはもう昔のことなんで……>多田さん」
『鴨』初心者 「じゃ上様を倒してGEKOKUZYOU!>吉宗」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → 三浦あずさ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 736 (アニマス・三浦あずさ01)」
星井美希 「うん、美希はおっけーなの」
如月千早 「あずささん、こんばんは。」
三浦あずさ 「お待たせしました~
ようやく決まったわぁ。」
アスカ 「>チャゲ
よかろう……やってみろッ!
このASUKAに対してッ!」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 水瀬伊織
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 547 (水瀬伊織07)」
徳川吉宗 「余を倒したければ……脚本家とプロデューサーの許可を持ってまいれ!!
あとは、そう……全国の余のファン、全ての承諾もな!!>鴨」
チャゲ& 「いっぱいあるでしょう!>多田さん
CMにも使われた僕の名曲「まわせ大きな地球儀」とかさぁ!」
星井美希 「デコちゃんまで来たの。よろしくね」
諸星きらり 「とゆーわけで、来てくれたみんな・・・おにゃーしゃー☆」
多田李衣菜 「うわ、すご……チャゲさん以外にもあの765のアイドルさんばっかり……!
紗枝、これは負けてらんないね?」
チャゲ& 「やめろ、もう僕に愛ランドを歌わせるんじゃない……!」
『鴨』初心者 「ふ・・・!鍋にされた全ての鴨の恨み!ここで果たしてくれるわ!吉宗公!」
徳川吉宗 「うむ。よろしく頼むぞ皆の衆」
玉子宏 「たまごォじゃわかりにくいだろうし、玉子宏にするわ。
あ、玉木宏にそっくりなのはまあわかってるから言わなくていいぜ。」
多田李衣菜 「あれ、私さり気なくラ・ムーの曲混ぜたのにそこにツッコミはなしですか?>チャゲさん
……本当に、チャゲさんなんですか?」
小早川紗枝 「いえぜんぜんにとらへん…>玉子はん」
徳川吉宗 「お主は弓の的に丁度良い。どれ、一族郎党、尽く余の余興にて
狩り尽くしてくれよう>鴨」
アスカ 「ところでなんだかリストで見ると『チャゲ&徳川吉宗』になっててものすごいコラボ感を感じるのですが」
諸星きらり 「りーなにさえちんもいるねぇ☆
きらりんのきゅんきゅんおもてなしするからばっちしふぁいとできるよ☆
せんぱいもまとめてきゅんきゅんさせちゃえ☆」
多田李衣菜 「◇チャゲ& 「やめろ、もう僕に愛ランドを歌わせるんじゃない……!」

なーつなつなつなつここーなーっつ♪」
玉子宏 「ちなみに玉子を卵、宏を博に間違えるたびに生卵ひとつ丸のみのバツゲームだから。」
如月千早 「・・・では、開始のカウントダウンを!」
諸星きらり 「んー・・・初心者ちゃんはそのままでいいのー?」
星井美希 「そういえば、美希の中で紗枝ときらりんってコンビみたいなものなの。
同じくらいのギャラでしかも使いやすくて、初心者Pの味方なの。」
チャゲ& 「いえ、違いますよ僕は菊池桃子さんと関係無いですから>多田さん
べ、別にこっそりデュエットとかしたりもしてないですから、ガチでユニットを組んだこともありませんよ、ああ違いますよね愛とか心の仕事とか違いますよ、ええ」
水瀬伊織 「やっほー
今日は何か個性的なメンツが多いかも?
ま、がんばっていきましょ」
菊地真 「アスカは犠牲になったんだよ…」
『鴨』初心者 「チャゲ&吉宗&鴨、新しいユニットの誕生ですね」
徳川吉宗 「視聴者も驚嘆であろうな>アスカ」
多田李衣菜 「あ、きらりんおっはよー。
今日さ、なつきちがいないんだよねぇ。
借りたCDかえそうとおもってたんだけどね。」
三浦あずさ 「チャゲさんは楽しい人ねぇ」
如月千早 「3!」
小早川紗枝 「きらりはんもよろしゅうなぁ>きらりはん」
如月千早 「2!」
如月千早 「1!」
如月千早 「始めましょう!」
ゲーム開始:2012/07/12 (Thu) 22:42:25
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆諸星きらり にゃっほーい! きらりだよ☆今日はきらりんのきゅんきゅんぱわーでみんなをたーっくさんきゅんきゅんさせちゃうぞ☆
だからみんなもきらりんといっしょにハピハピしちゃお☆
それじゃいつものいくよー☆


せーのっ、きらりん☆」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆諸星きらり きらりの話してるコトバはおおむね日本語だにぃ☆おっすおっすばっちし☆>該当者」
「◆諸星きらり じゃあなんで準備しちゃったのかにぃ?>該当者ちゃん」
徳川吉宗 は無残な姿で発見されました
諸星きらり は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
諸星きらりさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
徳川吉宗さんの遺言   デデデーーン!! デンデンデンデーーン!!
       __                                        _,,
      _.ノ, `ヽ                 r、          ,.-、    r、, -'"rァ `)
   ∧,.=、l /      r,       _    く ヽ {,_ヽ_,..、    /`) ,ノ ,r'、  r' ノ,コ ヾー'
   {. r='_ ,'_     /r'.,イ,}  .ノ.〉    l. 〔_,.- '  ,r'  ノヽ'! l'ニ'、.V ノ  `'^_=' r,`ヽ
    ヽ ー' r'   r_´ `ノil ;_/, '   ヾ´ /.ヽ  '‐、   ヽ-1 l_,ヽ`' `,ン   ヽ ニ r /
   く..ク ''_ r’   / ,〈 ヽ,´,r'  ,,   ,>,冫/.ノ } r'   / .iゝ-,ヾ l´     _ーァ ,.. =ヽ
  (`~_ ,. ヽ>\  ` ヽ' .〈_rヽ..ノ }  く_r' .,r',ハヽ/./  く_,r1.lヽ ..コ |.  r‐'´-┐|
  ` /,rァ, {(<ヽ`ヽ、     `ー'    ノ_/  ヽノ      l_} ` ヽ..」  `'´ .、l l
  `ー'ゝ' J `'゙ `~´                                 ヽ'

朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
小早川紗枝 「可愛い紗枝ちゃんが
占いCO!
吉宗はんは○」
『鴨』初心者 「おはよう!
早速だけど提案があるんだけどさー・・・・!
上様と『鴨』でラン・・・しようぜ!(ニヤッ
三浦あずさ 「おはよう。
きらりちゃんはかわいいわねぇ
元気なきらりちゃんをこれからも見ていけたら良いわね。」
初心者 「おはよーございまーす」
鈴羽 「おはよー」
ショボン 「おはようなんよ
初日から230とか心臓に悪いんよ
そしてじゅうさつなんよ」
星井美希 「おっはよー、それじゃあ頑張っていこーね?
とりあえず千早さん・デコちゃん・真くん・あずささんの5人でユニット組む感じなのかなぁ?
まあ、美希がいれば絶対トップになれるって思うな!」
菊地真 「おはようー」
アンデルセン 「我に求めよ されば汝に諸々の国を嗣業として与え
地の果てを汝のものとして与えん
汝、黒鉄の杖をもて、彼等を打ち破り
陶工の器物の如くに打ち砕かんと
されば汝ら諸々の王よさとかれ
地の審判人ら教えを受けよ
恐れを持て主につかえ おののきをもて喜べ
子に接吻せよ おそらくは彼は怒りを放ち、汝ら途に滅びん
その憤りは速やかに 燃ゆべければ
全て彼によりなり 頼むものはそれ幸い」
水瀬伊織 「おはようー、にひひっ♪
千早、美希、真、あずさ・・・私達が先輩アイドルとして頑張っていきましょ!

・・・あ、あと美希はデコちゃん言わないの~もう~」
多田李衣菜 「オハヨウゴザイマース

2011年、ミスタードーナツの夏季限定商品のTVCMに仲里依紗とともに出演。
CMソングにはこのCMのために新たに録音された、Chageと仲のデュエットによる「ふたりの愛ランド」が使用された。

~Wikipediaより抜粋~

チャゲさん石川さんどうしたんですかぁぁぁぁ!


あ、占いさんはCOよろしくね
んー……やっぱりこのヘッドホン音質よくないなぁ。
小早川紗枝 「理由:ひゃ~うちが占い師か~
とにかくがんばるさかいよろしゅうな~
とりあえずますは将軍様から行ってみよか~」
『鴨』初心者 「う・・・上様ー!!!!!!!」
初心者 「役職さんはお仕事してくんなましー」
如月千早 「おはようございます!
わかりやすい朝ですね!」
多田李衣菜 「そしてすっごい!銃殺だよ!」
菊地真 「初日銃殺は15秒ルールが生きるねー。」
小早川紗枝 「…って呪殺が出たわ~!!」
アンデルセン 「ふむ、確定真と」
三浦あずさ 「あら、紗枝ちゃんははやいわねぇ。」
星井美希 「まあ、どう見ても銃殺なの。
霊能と共有も出てグレランすれば良いんじゃないかな」
鈴羽 「せっかく現代に生き返ったのに、残念だなぁ」
初心者 「初日銃殺いわゆる狼ゲーというやつですかそうですか
占いはもうしめ切りましたー」
多田李衣菜 「うわ、しかも紗枝が……

これは頼もしいな。頑張ってね!」
玉子宏 「…おはよーさん」
アンデルセン 「霊能者、出ろ」
菊地真 「占いは2CO?じゃあ霊能も出たほうがいいかな?」
三浦あずさ 「あ、銃殺だったのね~
じゃあ狩人さんがんばって~」
『鴨』初心者 「な・・・なんて事してくれるんや!小早川!折角上様とランを楽しもうと思ったのに!」
如月千早 「・・・占い1CO。
素晴らしい朝ね。」
水瀬伊織 「・・・呪殺で占い1?
えっと・・・それはなんていうか・・・」
ショボン 「せっかくの待機制で、対応したのが居ないとはまたなんとも
共有と霊能FOでグレー圧殺でいいんよ」
初心者 「ま、霊能と共有でてきたらいいんじゃないのー(ごろごろ」
アスカ 「今、私はアスカを越え……ASUKAを超え……ASKAとなった!
さあ諸君……私が殴りに行くのを止められますか……?」
小早川紗枝 「ということは…あの将軍様は狐が化けた偽物やったんか!」
多田李衣菜 「あ、えっと、水瀬さん、今日は勉強させてもらうんで、よろしくお願いします!」
水瀬伊織 「霊能CO」
アンデルセン 「霊能がおおよそ初日 ならば、灰を詰めるだけでよかろう」
星井美希 「ん、真くん、占いさん2人目、美希には見えないの。
誰が見えてるのかな?>真くん」
玉子宏 「玉子ボケが飲み込まれた!悲しい!けど銃殺で占い1COだから許す。」
『鴨』初心者 「くそっ!こんなんじゃ・・・俺・・・小早川を守りたくなくなっちまうよ!」
ショボン 「占狩が生存している間は、霊能と共有は、吊られないだけの置物でいいんよ」
初心者 「ほいほい、対抗いたらローラーで
いおりんの霊CO把握よー」
鈴羽 「狩人以外全員オープンでいいよー」
小早川紗枝 「はわわ…ごめんなさいごめんなさいゆるしてや~>鴨」
菊地真 「15秒ルールなのに対応をしなかった…そんなこと有るの……?」
三浦あずさ 「真ちゃん、今調べたけど占い師さん紗枝ちゃんだけじゃないかしら?
私見間違えてるのかなぁ。」
多田李衣菜 「……んー?
なんか言ってることおかしい気がする>アンデルセンさん
まーいーや。」
アンデルセン 「どうにも、気になるタイミングではある」
アスカ 「……おや、初日銃殺ですか
ハハッ、これはいい気味です>銃殺された位置」
如月千早 「共有さんも出てきていいわ。
そのままグレランで非狩人を狙って吊って行きましょう。」
菊地真 「鴨の人がCOだと思ってたよごめんっ>>あずささん」
鈴羽 「初日先生銃殺確かなかったはずだし、真確定か~」
初心者 「狩人探して占いかめばいいゲームだもの
狼からしたらそこまで部がわるいゲームじゃないし>真」
星井美希 「逆を言えば、情報も何もない状態で15秒あったって
変な対応したら全然真に見えないだけだからしょうがないって思うな>真くん」
『鴨』初心者 「上様・・・!敵は・・・ああいいか、人外だし(ヘッ」
菊地真 「じゃ共有COするね。相方は潜伏したいって夜の間に言ってたからそのつもりでね。」
星井美希 「デコちゃんの霊能COマジprpr」
玉子宏 「1-1かー。いいんじゃねぇの幸先がいい。銃殺だしなあ。占い真確定だし
共有はどったん?」
多田李衣菜 「とにかく、水瀬さんが霊能さんであることは間違いないわけですよね。
それじゃ、共有さんもでておけばいいんじゃないですかね。

あと、アンデルセンさん、これ真ゲーなんだけど、そこまで霊能偽をこだわる理由があるんですかね?」
初心者 「ま、ここで1-2とか美味しい展開になるはずもなく
共有FOでよろしゅー」
ショボン 「我地汝陶さ地恐子そ全
べつに立て読みは隠されてなかったんよ」
三浦あずさ 「有るからこうなっているのよ~
だってほら、人って沢山いるからね~
あら、鴨さんと見間違えたのね。
めっ(こつん>真ちゃん」
小早川紗枝 「うぅう…将軍様が偽もんやった…芸能界は怖いわぁ…」
如月千早 「まぁ・・・15秒ルールがあっても難しいものはあるわね。
特に初日は目星も付けられないし>真」
星井美希 「あ、ごめんなの。美希霊能じゃないの」
アンデルセン 「初日銃殺、確定はほぼ真 ●が出るはずもなく
ここで警戒すべきは●が出るという事よりも
『乗っ取りではない 自分が真であるという事』
それに尽きるのではないか?>多田」
ショボン 「どう見ても初日共有なんよ」
鈴羽 「占い1、真確定で潜伏する意味がまったくないからひっぱりだしてよ>真」
アスカ 「では1-1-2ですか
グレランをしましょう、幸い銃殺があるので三回まで無駄な吊りを行えます」
『鴨』初心者 「あーはいはい、狼狂人ほぼ全潜伏と・・・!
いいだろう・・・この鴨の目をもってして見抜いてやろうぞ!」
水瀬伊織 「霊能撤回、共有CO、相方真ね
潜伏予定だったけど、これは潜伏する意味ないもの~
霊能乗っ取り警戒で一応霊能COさせてもらったわ」
初心者 「いや、1-1で初日銃殺でてて潜伏したいとかどういう考え方してるんすかね?>共有」
多田李衣菜 「だって、このカタチだったら霊能なんて出て狼さんです。
まずは狩人さん探すしかないんですよ。狼さんは。そう、紗枝をかまないといけないんだから。」
三浦あずさ 「ここで潜伏する意味あるのかしら?
出てくれたほうが占い師さんが共有さん占わなくて良いから良いと思うんだけど」
如月千早 「意味無いですね、FOで。
無駄占いされてもその」
玉子宏 「まあ、出なかったもんは出なかったんだし、真でいいんじゃね。
あんなにはえーし、も、確定でしょ>真さん」
菊地真 「相方次第だよ。ごめんねー>>鈴羽」
初心者 「ああ、そういうことならOK
霊初日ね、了解了解」
ショボン 「遺言無し、そして、初日銃殺で真確定
この状態で相方が潜る理由なんて皆無なんよ
つまり、初日共有を隠したい共有のお戯れである確率90%超えてるんよ」
鈴羽 「し、知ってたよ! 騙されてなんかないし!」
アンデルセン 「1-1-1 初日共有であるならば霊能も確定で真
そうじゃなくても、見れるものがある 良い手だ」
星井美希 「あーなるほどなの。
え、ちょっとまってよ真くん。
美希の可愛い可愛いデコちゃんと夜一緒に遊んでるって事なの?」
ショボン 「とおもったら、霊能騙りだったんよ」
如月千早 「・・・あ、伊織が騙り共有・・・
つまり霊能者はいない。ただし狩人はいる。
慎重に吊りましょう。」
『鴨』初心者 「え?・・・すると霊能0ってこと?>庵」
アンデルセン 「ふむ、そうであったか いやすまない どうにも、霊能に思えなかった>水瀬」
水瀬伊織 「という訳で、初日霊能ねこれ~
狩人は頑張ってよね?
途中で死んだら、承知しないんだからっ!」
菊地真 「ボクに言われても困るかなw>>初心者さん

だって見ての通り伊織が相方だものw」
三浦あずさ 「霊能者がいない、と
それなら狩人さんはいるのね~
良いこと良いこと~」
多田李衣菜 「……おー、すごい、これが765プロアイドルの仕事……!

なんだか尊敬しちゃうなぁ。
じゃ、今日はアンデルセンさん吊りでいいかな。ようは狩人つらなきゃどこでもいいです。」
玉子宏 「ありゃ、1-0。霊能初日かい?ますます真占いと狩人頼みになるね。」
ショボン 「つまり、残りの10%だったんよ(キリッ」
アスカ 「……ふむ>霊能初日
これは厄介ですね、確定○が一つありません」
『鴨』初心者 「ちょっと撤回で素に戻った!」
アンデルセン 「そしてようやく言える」
アンデルセン 「五吊りで何もかも一切合切決着する
眼前に敵を放置して何が十三課 何が法皇庁か!?」
初心者 「ま、グレランなり占いが指定するなりしたらいいんじゃないかなーという感じで
如月千早 「美希・・・私とのユニットは遊びだったの・・・?」
水瀬伊織 「ちょっ!?
人聞きの悪い事言わないでよ!?///>美希」
星井美希 「霊能初日かぁ……狩人確定生存はこれは嬉しいね。
占い疑う要素だって全くないんだから、後は狩人と占いに任せて美希ゆったりしてるの」
アンデルセン 「吊りきってやる フリークス」
『鴨』初心者 「え?狐逝ってるから大分楽じゃね?>アスカ」
小早川紗枝 「ひぇ~1-0-2なんて…ひゃ~」
ショボン 「一つ言えるのは、狩人生存確定であるとともに、狂人生存確定でもあるんよ」
玉子宏 「初日共有だったら確定○が減ったーで、悲しいけど、確定真占いの初日霊能は
いい知らせさね。」
三浦あずさ 「あ、そういえば事務所ってどっちだったかしら?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
如月千早1 票投票先 →アスカ
小早川紗枝0 票投票先 →アスカ
星井美希0 票投票先 →『鴨』初心者
アンデルセン3 票投票先 →ショボン
初心者0 票投票先 →チャゲ&
ショボン1 票投票先 →玉子宏
鈴羽1 票投票先 →アスカ
多田李衣菜0 票投票先 →アンデルセン
菊地真0 票投票先 →アンデルセン
『鴨』初心者2 票投票先 →アンデルセン
チャゲ&1 票投票先 →如月千早
水瀬伊織0 票投票先 →アスカ
玉子宏2 票投票先 →鈴羽
三浦あずさ0 票投票先 →『鴨』初心者
アスカ4 票投票先 →玉子宏
アスカ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
多田李衣菜 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
多田李衣菜さんの遺言 んー…ちょっと高音のキレが…やっぱり古いのはダメかなぁ…あっ、プロデューサーいい所に! お願いがあるんですけど、ヘッドホ…ちょ、ちょっと聞いてくださいよ! 話は終わってないんですよー?!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
アンデルセン 「ショボンと三浦あずさで2wあるか否か
そこを考えればあまり問題ではない様に思う

吊るべきは玉子と初心者か・・・?
村が嬉しく思うのは狩人が生きているという事
そこに尽きると思っていたのだがな
少しばかり、見えるものがある」
星井美希 「ち、千早さんとの事も遊びじゃないよ?
ユニットを組むなら千早さんしかいないって美希思うな!
けど、デコちゃんは違うの、別格なの。
千早さんがメインディッシュだとしたらデコちゃんはデザートみたいなものなの!
信じて、信じてよ、千早さん!」
玉子宏 「玉子宏の自慢が男のくせにちょっと眺めのこのサラサラヘアーだ。
おはようさん。」
鈴羽 「おはよー」
菊地真 「おはようー」
ショボン 「おはようなんよ」
初心者 「おはよーござおまーす」
如月千早 「私は美希といれば・・・それで良かったのに・・・
何故水瀬さんを気にするの・・・?」
三浦あずさ 「おはようございま~す。
狩人さんは頑張って隠れてね~」
小早川紗枝 「可愛い紗枝ちゃんが
占いCO!
玉子はんは●」
水瀬伊織 「おはよー!昨日はもし混乱させてたらごめんね?
まあ、村にとっては楽な展開ではあるけど、
油断せずいきましょ」
小早川紗枝 「理由:ほぇ~占いの理由見つけるの大変や~
とりあえずやけど玉子はんが生玉子かゆでたまごかを」
三浦あずさ 「アンデルセンさん、鴨さんはちょっと吊っておきたいわねぇ。
◇アンデルセン(82) 「1-1-1 初日共有であるならば霊能も確定で真
そうじゃなくても、見れるものがある 良い手だ」
初日ってわかってないのにねぇ。こういうの言えるのはちょっと。

◇『鴨』初心者(103) 「え?狐逝ってるから大分楽じゃね?>アスカ」
鴨さんも初日の狐銃殺が村側は辛いのにこういうことを言う辺りなにかあるのかしら?」
ショボン 「鈴羽と玉子宏のどっちか狼、もしくはどっちも狼なんてないかなとおもうんよ
玉子宏は、初日霊能みて、良い事と表現するのは、無理やり元気を出そうとしている感じに見えるんよ
狩人生存確定では有るけど、吊ったり噛まれたりしたら意味がないわけで。占いが死んだ後にはまちがいなく響いてしまう事なんよ


鈴羽は、その逆。あんま元気がないように見えるんよ
真確定でどうしよっかなーって考えてる狼っぽいと思うんよ」
初心者 「OK、ナイスお仕事
紗枝ちゃん最高や!」
アンデルセン 「多田噛みと・・・役職目であるか そんな感じか」
如月千早 「では早速さようなら、ですね>玉子さん」
ショボン 「OKOK
大体想定通りなんよ>玉子●」
『鴨』初心者 「うーん?そこ?発言的に見てこうかなーって思ったら噛まれちゃいました♪」
三浦あずさ 「あらあら、じゃあゆで卵にしちゃいましょうか~」
鈴羽 「アンデルセン投票がわりと不明なんで、多田李と鴨吊りたいと思った」
玉子宏 「…なん…だと?>俺●」
星井美希 「鴨初心者は流石に鴨せんせーじゃないの、鴨騙りなの。
つまり美希が初手で投票するのは全く不思議じゃないって思うな」
チャゲ& 「おはようモーニングムーン」
菊地真 「●釣るよー」
鈴羽 「●だった」
水瀬伊織 「わー、紗枝すごいじゃない~
逆に狼には辛い展開だろうけど・・・
・・・べ、べつに心配してる訳じゃないけどねっ」
初心者 「ま、割と完全ステルスに票が入ってなくてびっくりなんだが大丈夫か?」
ショボン 「結果隠しができない上に、霊能初日なんで、ガンガン狼狙っても良いと思うんよ」
三浦あずさ 「あら、チャゲさんはおねぼうさんですね♪
お茶とかいかがですか?」
小早川紗枝 「玉子はんは狼の卵やった…」
玉子宏 「ぎゃあああ、じゃああれだろあれぇ!
銃殺したけどちょっといろいろあって潜っちゃった真占いがいるんだろ?
そうなんだろ!?」
星井美希 「結果隠しは死体無しがあったらーくらいだね。」
アンデルセン 「あの状況で占いの真贋判断の為の潜伏はいらん
その上で、相方を隠す ならば、不穏に思った霊能の中身も
ある程度予想がつく、そう感じた故
『初日ならば』そういうつけ方をしたまでよ>三浦」
『鴨』初心者 「へいへい!あずささん!いい目してるぜ!
だけどね!後半で狐を探して右往左往するぐらいなら!
俺は最初から銃殺って展開がすきなのさ!>あずささん」
ショボン 「玉子宏は、鈴羽投票か
んー、霊能居ない状態で、昨日の鈴羽に身内できるか考えるんよ」
如月千早 「・・・その、私は美希と・・・
いえ、水瀬さんのことが大切なら、私は・・・・大丈夫だから。」
水瀬伊織 「李衣菜は、私を慕ってくれてたし、
噛まれたのはちょっと残念かな~・・・
・・・まあ、先輩アイドルとしてきっちり役目を果たすのが供養よね・・・」
チャゲ& 「さっそく1匹目と
玉子か…」
鈴羽 「狼は卵生だったのか……(メモメモ)」
菊地真 「そういう占いが居たら昨日出てくると思うんだ……w」
三浦あずさ 「あら、チャゲさん昨日全然喋ってなかったのね。
大丈夫?」
小早川紗枝 「うぅ~ちょっとドタバタしてて気づいたらりいな半が噛まれてはった…」
鈴羽 「あー。衣菜じゃなくて李衣菜だったのに今気づいたw」
初心者 「いや、昨日からまったくしゃべってないんよ>チャゲ&さんが
回線事故かなーとも思ったけど投票できるってことは違うだろうしー」
星井美希 「あわわ……これはまずいの、美希色んな意味でまずいの。
千早さん、そうじゃないの。美希も千早さんの事だーいすきだよ?
……デコちゃんの事も、好きだけども。
真くんの事も好きだけど……」
玉子宏 「完全にみんな納得されてる!?」
三浦あずさ 「ん~、それでもやっぱりちょっとイヤねぇ
あんなこと言っちゃうのは>鴨さん」
水瀬伊織 「き、きのうから一体何を・・・むぅ///>美希」
菊地真 「ショボンとアスカは暫定的に村目でいいかな。
霊能いないのに身内していいことは多分ないと思うんだけども。」
如月千早 「身内は考える必要性ありませんよ。
霊能いない状態でどれだけ意味があるのですか?>ショボンさん」
『鴨』初心者 「おう・・・銃殺の●とか信じない訳がない・・・
やばいやばいわぁ・・・後光が見える・・・ちょっと拝んじゃうよ俺!」
ショボン 「んー、アスカが玉子投票
アスカは非狼吊りと考えておくんよ」
初心者 「って、しゃべったか
…ふーん、意図的ねぇ」
三浦あずさ 「そういうこともあるわよ~
なでなで>卵さん」
玉子宏 「玉子宏のイケメン魂に栄光あれ!!」
ショボン 「え?占いが狼引いたときに強烈に村と見られる>如月千早」
『鴨』初心者 「怪しいなら投票すればいい!貴方に投票されるのならば俺は満足して散れる!>あずささん!」
小早川紗枝 「へへ~ん(どやぁ>鴨
アンデルセン 「しかし たまご狼だとして、2w残りと狂人
少しばかり気になるのもいるのも事実だが
どうにもどうにも、三浦とショボンにいるかいないか
それに尽きる気がしてならんな」
星井美希 「まあ……初日4発言の狼がいるとも思えないの。
あれ、消極的な柱くらいに解釈するべきだと、美希思うな>ショボン」
鈴羽 「●吊れたかどーかより、残りの灰のどこに●いるかのほうが大事だしねー」
菊地真 「吊り先決まってるから投票は早めにしようね~
2分回ることなんてないよね?(チラッ」
如月千早 「・・・そうなの?
(なら、私がここから特別になれる可能性もまだあるってことね)>美希」
チャゲ& 「アスカが吊れるとみての身内票はゼロじゃない
ただ…今は考える必要はないだろ」
玉子宏 「あずささーん!!エッグ!嬉しい!その優しさエッグ嬉しい!!」
初心者 「霊能いない身内と吊れてない身内は身内投票とはいわねーわ>ショボン」
水瀬伊織 「都合のいい考えだってのは十分承知だけど、こうなると
紗枝のパーフェクト神占いにちょっと期待しちゃうかな?
ふふ」
『鴨』初心者 「えーでも・・・鴨としてはー

◇アンデルセン(38)  「霊能がおおよそ初日 ならば、灰を詰めるだけでよかろう」
霊能が初日とか直ぐ言っちゃうとか、何か持ってそうだぜー!怪しいぜー!ヒャッハー!って感じなのよね!
三浦あずさ 「ふむふむ、その考え方はありねぇ>ショボンちゃん
でもだからこそそこ占ってほしい気がするわねぇ。
グレランのときに」
アンデルセン 「初心者と鴨で2wはあるまいて
その様な気の張り方を感じない」
星井美希 「そ、そうだ。
美希と千早さんとデコちゃんの3人でユニット組んで付き合っちゃえば良いんじゃないかな!
そうすれば全部解決……しない?」
ショボン 「消極的な柱だったら、オハステでいいとおもうんよ>美希
ある程度喋ろうとしてたから、普通に発言が少なかった人だとおもうんよ」
菊地真 「卵に●が出ることを見越してまで身内する意味はボクは薄いと思うなー……」
水瀬伊織 「あずさは面倒見がいいわねぇ・・・」
三浦あずさ 「だって狼でもお仕事だものね
大変よねぇ>卵さん」
アンデルセン 「あの時点で早急に出ない霊能など、いても吊るのみよ
事実、共有だったでわないか」
如月千早 「・・・え?
でも水瀬さんはまことと」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
如月千早0 票投票先 →玉子宏
小早川紗枝0 票投票先 →玉子宏
星井美希0 票投票先 →玉子宏
アンデルセン0 票投票先 →玉子宏
初心者0 票投票先 →玉子宏
ショボン0 票投票先 →玉子宏
鈴羽0 票投票先 →玉子宏
菊地真0 票投票先 →玉子宏
『鴨』初心者0 票投票先 →玉子宏
チャゲ&0 票投票先 →水瀬伊織
水瀬伊織2 票投票先 →玉子宏
玉子宏11 票投票先 →水瀬伊織
三浦あずさ0 票投票先 →玉子宏
玉子宏 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
『鴨』初心者 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
『鴨』初心者さんの遺言     ,, -―――
   〃:::〃::::::;;、:::::::::::ヽ
    Yア( ̄  {_:::彡::::|
    {{;ィ..::ャ=ミ ヽ::r:、|
    代・} 弋・フ / ^}リ
     ';::.:L .:::  {  r〈
     ';t‐ェェタ  イ >、_
      i:::二  / // \
       `ー</ /o\  \
        rヘo// ̄ ̄:.::\∧
        ∨//.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽハ
        /7ロ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.} _}
         { |圦:.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::「 |
        V |.:}ヽ.::.::.::.::.::.::.::.::. く|
         {ノ:ノ ハ.::.::.::.::.::.::.::.::.::.}
         Ⅳ   ∧.::.::.::.::.::.::.::.::.:}
         }リ / 〈.::.::.::.::.::.::.::.::.::}
        くく   〔.::.::.::.::.::.::.::.::.:{
reasonさんご免ねw
玉子宏さんの遺言     ./ ,r' ´  ̄ ̄ `'' ‐-r--、     r=ニフ´  ̄ ̄ ~`` ‐、 \
   /      ,r--‐''‐ 、.._,,二フ-、  ,. -‐゙ー-‐ ''、'ー--''-_、     \
 /       /     , '´    ,.イ ヽ__     }ノ´二 -‐ヽ._    \
        {       i     >{    L    ,'ー 'ー ''´ ̄}
         ト、     !.     〈/     }   /      ,.イ
         ヽ、___ヽ、  ./ カパッ   ̄レ'   _, ‐'
  、             " `,二ヽ!        r''二  ̄
    ` ‐- 、..__,. -‐─┴─'         ゙─‐'--''─- 、..___ ,.   けっ、割られちまったか。まあ、なんだ。頑張れ
                    ∥∥
                    ∥∥                      俺食って頑張れ。栄養満点だぞ?
                   ,,.. -―- ..,,
                 /\   /\
                ./ (ヒ]   ヒン) ヽ
                { '"  ,__,  "' .}  
                \   ヾ_ノ   /
                  `ー-----ー^ 
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ショボン 「あと誰だろ
狼を能動的に探していないっぽく見えるのは美希ちゃんと千早ちゃんだけど
そういう人って言われたらそういう人って言う感じもするんよ」
如月千早 「「そ、そうだ。
美希と千早さんとデコちゃんの3人でユニット組んで付き合っちゃえば良いんじゃないかな!
そうすれば全部解決……しない?」

・・・!!そうね、私たちは5人で1人・・・!!共に進む仲間だもの・・・!!」
初心者 「おはよーございまーす」
菊地真 「おはよう~」
アンデルセン 「鴨と三浦の殴りのタイミング、内容を比較するに
私を吊ろうとした両狼陣営はある様に思わぬ

殴りの違和感だけで言えば鴨が三浦に便乗した感じか?
しかしながらまぁ、微妙なものだ
個人的には吊りきりたい」
小早川紗枝 「可愛い紗枝ちゃんが
占いCO!
千早はんは●」
鈴羽 「おはよー」
星井美希 「か、かもししょー!?
じゃないの、だれこれ?」
小早川紗枝 「理由:将軍様も玉子はん人外やった…
そして李衣菜はんも噛まれてもうた…
あと信じられるのはなんだか親近感の湧く千早はんや!」
三浦あずさ 「おはよう~
あらあら、鴨さんかまれちゃった~」
水瀬伊織 「おはよー!
・・・な、何か美希と千早が修羅場みたいになってるんだけど!?///

わ、私は・・・そ、その、美希も千早も真もあずさも、
み、みんな大好きっていうか・・・あうあうあう(照)」
ショボン 「もう、あいつ(占い)だけで良いんじゃないかな」
如月千早 「ああああ!!!」
鈴羽 「とりあえず疑ってかかった場所が全滅してて辛いさん」
三浦あずさ 「あ、今日も●なのね。
紗枝ちゃんすご~い」
小早川紗枝 「そんな…最後の希望やった千早はんまで…」
初心者 「ほいほい、紗枝ちゃんまじらぶりー」
如月千早 「小早川さん自重してください!!」
菊地真 「……神占いすぎる……(呆然」
星井美希 「あ、やっぱり美希はデコちゃんと一緒にいる事にするの……
まさか狼だったなんて……バイバイ、千早さん……」
アンデルセン 「・・・なんというか、鴨が噛まれるところだったのかと
そういう感想ではある
●2つ目と 吊りだな」
小早川紗枝 「もう…もう何も信じられへん…」
三浦あずさ 「私もそう思うわぁ>ショボンさん」
水瀬伊織 「こ・・・これは神占いの予感!!!

・・・千早、あなた狼だったのね・・・///」
三浦あずさ 「そのための潜伏とは限らないんじゃないかしら~?
銃殺が出たら狩人保護としての潜伏、とかもありうるわぁ。
そこを真贋保護としての、とだけ言う辺り頭堅そうでイヤねぇ。
あとはまぁ、それでも私には良い手には見えないわねぇ?>アンデルセンさん

で、撤回しなければあなたは共有を吊るつもりだったと、ねぇ。」
鈴羽 「そうか、君は占いじゃなく戦士だったんだね」
菊地真 「でも逆に言うと○が全然ないからもし占いが抜かれた時のこと考えて最後まで気を抜かないでね。」
初心者 「ま、割とそこ占いさきだろーな●でるんじゃねーかなーとは期待したからよし」
チャゲ& 「投票をミスっちまった、すまんすまん
…如月かー」
ショボン 「千早投票は、完ステだったチャゲ&だけか」
三浦あずさ 「紗枝ちゃん……
がんばってね(なでなで」
小早川紗枝 「うちかて…うちかてうらないたくなかったんや!
でも…最後ぐらいかけてみたかったんや!>千早はん」
ショボン 「この占いだったら、狩人いなくても自力で狼の噛みを跳ね返しそうなんよ>三浦あずさ」
三浦あずさ 「チャゲさんすごいわねぇ
千早ちゃんのこと見てなかったもの。」
如月千早 「・・・み、美希・・・
これも・・・全部乾巧ってやつの仕業なの・・・>美希」
菊地真 「チャゲも白いとみていいのかなー。
昨日の伊織投票が狂アピだったりしたらタハーだけれども。」
星井美希 「けんこーって誰!?>千早さん」
初心者 「霊いないのに投票見る価値なぞ確定真占い生存下でどれだけあるのかとといいたいけどどーかね>ショボン」
小早川紗枝 「もうえぇ…もう何も信じへん…」
鈴羽 「投票とか気にしすぎてもしかたないでしょ。
残り1なんだから、発言見ていったほうが楽>ショボン」
三浦あずさ 「ただ、今日占い師さん噛まれたりしそうよねぇ。
確かそろそろチャレンジが入る時期よねぇ>ショボンちゃん」
アンデルセン 「それはあくまで副次的なものであると私は思っている
所謂、『役職臭を振りまいた』その結果の上で微妙な賭けだ
むしろ1COで考えるべきはまぁ、常々そこが真か否か
今回は微妙だったがな
>三浦」
チャゲ& 「これでよし、と
てっきりショボンかショボンに突っ込んだ辺りを占うかなーと思ったんだが」
水瀬伊織 「千早は・・・美希を狙う狼だったのかしら・・・///

うー、でもこうなると、今度は美希、真と私の三角関係!?
・・・あ、あずさ助けてー!///」
ショボン 「情報は全部使っていきたいんよ>鈴羽」
アンデルセン 「まぁ、加えて言うなら
『撤回しない霊能騙りの共有など、吊ってよいものだ』」
鈴羽 「アンデルセンなー。初日は吊らないでいいか、だけど
まぁ明日以降どうなるかって場所か」
如月千早 「美希を・・・美希を舐めまわしたかった!!!!」
三浦あずさ 「んー、結局ね?
私は「良い手」って言ったことが何かひっかかるのよねぇ>アンデルセンさん」
星井美希 「あー……きーな狩人ありそうでちょっと怖いんだよね。
鴨ししょーは……美希には狩人っぽくは見えないけど。」
初心者 「ショボンに突っ込んでる私占いするほど抜けてる占いじゃないでしょうよー>チャゲ
菊地真 「ここまで●がよく出てると潜伏占いが居るんじゃないかって歌が痛くもなってくるね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    |
     |        |        |   | 
     |        | ∧_∧ |   |   
     |        |( ´∀`)つ ミ |   
     |        |/ ⊃  ノ |   |
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |    ミレアケ」
ショボン 「まあそうだろうとおもうんよ
明日死体があったらねてる。占いが死体になってたらホンキ出すって村なんよ>三浦あずさ」
小早川紗枝 「このまま最後の狼も見つけ出したる…
狩人…生きとるんやったら気張りぃや…」
星井美希 「千早さん自重するの!
これから美希がデコちゃんをprprしにくくなるの!」
鈴羽 「情報使うつもりが振り回されるな~んてこともあるし
取捨選択も大事だよ~」
アンデルセン 「おおよそこの感じ、ショボンは吊らなくてよい
そこよりも優先すべき位置が多い
現状は初心者、鈴羽、そう言った所に使うべき段階だ」
如月千早 「せっかくの狼なら・・・美希を舐めまわしたかった!!!」
三浦あずさ 「千早ちゃん……
そういうのは大声で言わないようにしないと……」
チャゲ& 「吊りで死んだ狩人候補が僅かに一人>三浦さん
チャレンジできないなら、それなりの慎重派と」
水瀬伊織 「・・・実は、もう狼1吊れてて
千早がLWとかは・・・ないかなぁ(笑)
今日が終わればわかることだけども・・」
如月千早 「くっ・・・くっ!!!」
初心者 「いたら村終了後に血祭りにするだけやしー>真」
アンデルセン 「逆に、私が人外で『共有潜伏?最高だな』などと
安直に言うように思ったのか?>三浦」
菊地真 「それは違うと思うな鈴羽。

投票を見て白いところを先に潰しておけばグレーを見る範囲はぐっと楽になるよ。
優先順位が立てれるのはとても大事。」
如月千早 「ソレだったらサレンダー宣言しますっ>水瀬さん」
星井美希 「まー、寝て起きて占い生きてたらデコちゃんprprするだけだしね」
鈴羽 「アスカ狼だと楽すぎるわーw>伊織」
アンデルセン 「まぁ、それと
なぜ鈴羽は『自分が死なぬ前提で話しているのであろうな』」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
如月千早10 票投票先 →星井美希
小早川紗枝0 票投票先 →如月千早
星井美希1 票投票先 →如月千早
アンデルセン0 票投票先 →如月千早
初心者0 票投票先 →如月千早
ショボン0 票投票先 →如月千早
鈴羽0 票投票先 →如月千早
菊地真0 票投票先 →如月千早
チャゲ&0 票投票先 →如月千早
水瀬伊織0 票投票先 →如月千早
三浦あずさ0 票投票先 →如月千早
如月千早 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
如月千早さんの遺言 くっ!!
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
小早川紗枝 「占いCOや…初心者はんは○」
チャゲ& 「割とこう、アスカが狼じゃないって何で言えるんですかー?
とか聞かれそうだから答えるとして

「アスカが非狼だったら吊れた狩人候補は一人だけ」という意味でですね
そこっ、内訳が見えているとか言わない
むしろ何も見えていなかったんだから、物理的な意味で」
三浦あずさ 「おはよう~」
水瀬伊織 「おはよー!
・・・個人的には、美希が(違う意味で)狼に見えるんだけど・・・うぅ///」
ショボン 「わーい」
鈴羽 「おはよー」
初心者 「おはよーございます(ごろごろ」
小早川紗枝 「理由:こうも狼が出て狐もいない
余裕もあるしゆっくりいこうかのぉ…
とりあえずはここからかのぅ…」
三浦あずさ 「助けてって言われても~
私どうしたら良いのか困っちゃう~♪>伊織ちゃん
やっぱり若い子たちのことは若い子にまかせちゃいましょうか~」
チャゲ& 「Good!」
アンデルセン 「小早川の占い方針が今一わからん
ここからどこに狼が居るかの判断は
まぁ、私にはつかん
傾向的にみれば、占い師が噛まれるならば不明
灰が噛まれるならば、やはり三浦ショボンを強く見たい


鈴羽は玉子から投票されていたのだな
いやはや、見ていなかった 考慮しなければな
完璧に外すとは言わんが」
星井美希 「おおぅ、狩人さん生きてるんだね。すごいの。」
菊地真 「おはようー」
鈴羽 「あー、隠してよかったのに」
三浦あずさ 「村人でも言わないわよね?>アンデルセンさん」
ショボン 「結果隠ししても良かったけど、べつにまあそこまでする村でもないと思うんよ」
菊地真 「◇水瀬伊織「・・・明日、お昼に美希が私を襲ってくる予感が・・・
どうしよう・・・美希も嫌いじゃないんだけど・・・恥ずかしいよぅ///」

好きにしたらいいんじゃないかな。(トオイメ」
アンデルセン 「ほう、死体無し 狩人も生きていてこれ幸い」
初心者 「…なんで私占い対象になってるんですかねぇ…(困惑」
水瀬伊織 「わあ、GJね!偉いわ狩人!
・・・そ、その、ご褒美をあげてもいい位なんだからねっ・・・///」
三浦あずさ 「なんで?>かくして良かった>絵羽さん」
小早川紗枝 「死体無し…狩人ようやったでぇ…」
菊地真 「何処吊りたいってあるかなー?>>紗枝さん」
星井美希 「美希、デコちゃんのためだけの狼さんだから、他の人襲ったりしないよ?>デコちゃん」
チャゲ& 「ショボンは気になるけどやっぱりアレじゃないかと思うと残したい所存>アンデルセン神父
キラリと光るものがあるから」
アンデルセン 「どれの話だ・・・?>三浦」
鈴羽 「狩人生存確定だから、○隠して占いが指定吊りでよかったのよ>あずささん」
初心者 「死体無しでてるから占いが吊り指定したら○がみえなくてかつ対象が狩人だったとしたらCOしてもらえばいいから>あずさ」
三浦あずさ 「◇アンデルセン(64) 「逆に、私が人外で『共有潜伏?最高だな』などと
安直に言うように思ったのか?>三浦」
これ~>アンデルセンさん」
小早川紗枝 「つりたいところかぁ…チャゲ、アンデルセンあたりかのう…」
アンデルセン 「そこよりも吊るべきがあるうちは吊らんよ
むしろショボンは最終日判定役となる位置でもある>チャゲ」
水瀬伊織 「うわーん!? 放置されたーっ!?
薄情者~~~っ!>あずさ&真

そ、その・・・みんなの前で恥ずかしいのよ・・・うぅ///>美希」
チャゲ& 「明日、確実に小早川が結果を出せることは確定しているので結果隠しについては異論は無いだろ
しかしもう過ぎたことなので追求はしない、それが紳士」
三浦あずさ 「あーなるほどー?
でも、ほら遺言とかもないし
その次の日とかもあるからねぇ>初心者さん」
菊地真 「ボクはアンデルセンがイチオシなんだよね。」
初心者 「まぁチャゲ吊ってればいいんじゃないの系」
星井美希 「ま、流石にみんなの前で襲ったりはしないの。
するならこの村が終わってからだねー>デコちゃん」
鈴羽 「チャゲ吊るなら今日でいいと思うこの頃」
三浦あずさ 「だって見てて楽しそうじゃない?>伊織ちゃん」
チャゲ& 「小早川さん、私はまだ芸能界に復帰したいんですよ
神父の方がおすすめです」
小早川紗枝 「初心者はあれやろ…ごだごだしてしもうたやろうから
どうせなら白でも出したろうと思ってな>初心者」
初心者 「狩人も確定生存下なら明日○の結果も伝えたらええだけやし>あずさ」
チャゲ& 「菊地さんは解っている系、この子は売れる」
三浦あずさ 「チャゲさんは……うーん……
○でも狂人にみられちゃいそうよねぇ……」
菊地真 「そっか、遺言ないんだよね。
紗枝さん、結果お願いしてもいいかな?明日も。」
アンデルセン 「ぐだぐだ共有について騙るのがよしと思えぬだけさ
だから、簡潔に、一言で
『良い手』 それで済むのだ
>三浦」
星井美希 「なんでそこ二人で殴り合ってるのかな……>初心者・あずさ

吊るならチャゲで良いんじゃないかなーって」
小早川紗枝 「今日夕飯はどう思う・わては共有はんには従うで>吊り先」
水瀬伊織 「・・・って!そ、それは終わったらつまり・・・あううう///>美希」
三浦あずさ 「あぁ、そっかぁ>初心者さん
全然思いもよらなかったわ。
初心者さんって全然初心者さんじゃないわねぇ」
小早川紗枝 「了解や…最後まで油断は背ぇ変で>真はん」
初心者 「なぐってないよー
補則しとるだけやでー>美希」
菊地真 「じゃあアンデルセンさん。
この流れみててCOないってことは狩人ないよね。ごめんなさい。」
星井美希 「うふふ……ごそーぞーにお任せするの。>デコちゃん」
鈴羽 「ホンモノの初心者Coだったら蹴られてるしね~」
三浦あずさ 「聞いてるだけだから大丈夫よ~>美希ちゃん」
ショボン 「え?(むくり」
初心者 「…むしろこんなのが殴りとかいわれたらその方が悲しくて泣いてまうわー」
三浦あずさ 「やっぱり何かイヤよねぇって>アンデルセンさん」
アンデルセン 「むしろ、貴様に見え隠れするそれはなんなのだ?
『撤回がなければ共有をつるきだったのか』だと?
その通りだ 村陣営という事を除けば」
星井美希 「ん、まぁそんな心配してるわけでもないんだけどね。
……まあ、嫌な空気にならないのならそれで良いの>初心者・あずさ」
アンデルセン 「宣言はない 吊ってくれ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
小早川紗枝0 票投票先 →アンデルセン
星井美希0 票投票先 →アンデルセン
アンデルセン9 票投票先 →三浦あずさ
初心者0 票投票先 →アンデルセン
ショボン0 票投票先 →アンデルセン
鈴羽0 票投票先 →アンデルセン
菊地真0 票投票先 →アンデルセン
チャゲ&0 票投票先 →アンデルセン
水瀬伊織0 票投票先 →アンデルセン
三浦あずさ1 票投票先 →アンデルセン
アンデルセン は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
初心者 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アンデルセンさんの遺言
                 、yjソ从イイイイツツ:::::::::::::メ
                トV /イ从从イイイイツ:::::::::::::ミ
                     ミミヘヘ//从从イイイイ辷=:::::::ミ
                  Zミミミミ /イイイイ--ーz三ニ=::::::ソ
                  彡,イ`¨''´      `Y彡r-、::{
                / jミ、__  f==-<_/Yイ「 )j
                    `Y =キ⌒{ ==y'   r / }
                       人__/   ゝ__ス、  ,;;Yヾ }
                         トー‐`    \/  ヾ}
                    ヽt-ー- 、 ミ/     |
                     ヽ''''   ,;シ      |ミヽ
          /ヽ         rー{¨Y'ヌシ'''     >イ  }、
            / ._ム-ー-、----''¨´\  |┐   ┌‐:::¨/     > 、__
.          / / ィ-<.    ||  \ヘ::|----|:::::/  彡'l´     `
        レ' / ,、____).   ||   l^l|ー-‐‐レ.l^レ'¨´  ||
         /    / 、 \.   ||   <ニニ>。。。。<ニニ>   ||
       , |     / `ヽノ  ||    {_}|     | {_}     ||
        / .|      ,イ_ノ   ||    |,   |     ||
     /  .|     (      ||    | ' , ,' |     ||
.     /   .|     |     ||     |.  ||  |      ||
    /   .rf、    .}     ||     | ==||==|      ||
.   /  ___|:::::ヽ、____/.     ||    |   ||  |     ||
  /  人/:::::::::::::::::::::::〉    ||      |.  ||  |     ||                ___
. /  / ヘ:::::::::::::::::::::/.      ||     |    |     ||            __  /  |~|
../   {   ヘ:::::::::::::::人'''''─--ム======j     ム======ツ----‐‐‐‐'''´    /ヽミー---ム|
⌒ヾ、 |    |:::::::::::::j/∧ー-、       |、      |              /     >---イ
  j .|    |::::::::::::j///|  ヽ      | ヽ   ノ  |               /     /:::::://
 ./  |     ヽ:::::::::////|   .{      |zzz`y彡zzz|              /    /:::::://
/  |     ヽ:ノ///|    ヾ    | l| ||.|| 人|         /     /::::::://
    |      ¨¨¨  ∧         j  | ||.||   |         /     /::::::://
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ショボン 「ショボンはかなしいんよ」
小早川紗枝 「占いCOや…ショボンはんは○」
鈴羽 「おはよー」
水瀬伊織 「おはよー
美希、あなた私を襲うとかって言っておきながら
けっこう、気配りもできるのね・・・

そ、そういう所・・・嫌いじゃないっていうか・・・///」
星井美希 「まあ、初心者噛まれるよね。」
三浦あずさ 「あらら、初心者さんお疲れさま~」
小早川紗枝 「理由:アンデルセンが吊れて…
できればチャゲは次吊りたい…ならばこのあたりかのぅ…?」
ショボン 「あ、占いが占ってくれるとありがたいんよ」
チャゲ& 「ギリギリセーフ……!」
星井美希 「デコちゃんがデレたの!」
小早川紗枝 「初心者はんお疲れ様やで…」
菊地真 「良かったね美希…… おはようー」
鈴羽 「狩人いるなら詰み~」
ショボン 「チャゲ& 三浦あずさ星井美希 鈴羽 」
菊地真 「あ、そうか。狩人いたら詰みだねー」
三浦あずさ 「狩人さん出ちゃう~?」
ショボン 「グレーに狩人が居たら詰み
居ないんだったら、一人村決めうちなんよ」
菊地真 「でもどうかなー 初心者さんは初日の飛ばし具合から役持ちあると思うんだよね。」
三浦あずさ 「まだでないのねぇ。」
水瀬伊織 「で、でも別に襲われてもいいって訳じゃないから
勘違いしないでよねっ・・うぅ///」
ショボン 「グレーからしたら、自分が残るゲームなんよ」
星井美希 「んー……狩人出す意味あるのかな?
明日また紗枝噛みだよね、これ」
鈴羽 「まぁ今日チャゲ村決め打つかどうかじゃない? 進行としては」
チャゲ& 「ようやくこれで繋がった
菊地真と水瀬伊織を除外して、ショボンも○だってのなら

あとは、三浦しかいないじゃないか」
三浦あずさ 「狩人さんがいたらもう詰んでるからね>美希ちゃん」
星井美希 「ないと思うけど、例えばだけど、
怖いのはショボン潜伏狂人とかなんじゃないかな……」
ショボン 「グレーが4で狩人がでたら3で吊りとかみ合うんよ>美希」
鈴羽 「今日チャゲ吊るか、吊らずに村決め打ちか」
菊地真 「チャゲ吊って終わらなかったら鈴羽かなー……という感じ。」
ショボン 「なので、居るのならば出ても良いんよ」
水瀬伊織 「んーと、吊り8>6>4>で3回
グレーが美希、鈴羽、チャゲ&、三浦あずさで4

・・・あれ、狩人出れば詰みなのかな?」
チャゲ& 「誠に申し訳ないのだけれども、狩人じゃないのでその辺りは非常に残念だということをわかってほしい>鈴羽
噛まれるんじゃないかと期待した、昨日だけは」
菊地真 「ボクとしてはチャゲは吊りたくないんだよね。」
三浦あずさ 「?
じゃあ吊られても良いけど、美希ちゃんと絵羽さんは見ないのかしら?>チャゲさん」
菊地真 「というわけで伊織、偶には君が決めて!」
星井美希 「んー……狩人じゃないならチャゲ吊って良いと思うけど>真くん
っていうか今狩人じゃないCOでたし。」
ショボン 「美希と鈴羽吊って、あずささんとチャゲで悩むのが良いとおもうんよ?」
鈴羽 「狩人だったら初日危なすぎたよw>チャゲ
まぁ私もステに気付かなかったけどね」
チャゲ& 「鈴羽は玉子さんに投票されてますぜ?>菊地

狩人を死ぬほど吊りたい初日の投票をそんなことに使うかと聞かれたら、どう?
無いと思うの」
三浦あずさ 「あら、真ちゃんかっこいい
亭主関白って奴~?>真ちゃん」
菊地真 「そもそも狩人なら今日COしていいんだよね。
つまり狩人はもういないー」
水瀬伊織 「えっ!? 私指定!?>真
・・・そっか、狩人出ないってことはやばいかしらね~
気合い入れて指定するかなぁ・・・」
星井美希 「美希はショボン潜狂も捨てたくないの、だから狩人出すのには反対なの。
まあ、初心者の可能性も大きいけど。」
チャゲ& 「ついでに

俺が初日に如月千早に投票したことも忘れないで頂きたい

伊織投票はミス」
小早川紗枝 「たのむで共有はん」
ショボン 「んじゃ、美希に容赦なく投票するんよ?」
三浦あずさ 「頑張ってね、伊織ちゃん」
水瀬伊織 「じゃあ、チャゲ&で
私投票が不自然だったし~」
菊地真 「チャゲは千早投票してるんだけどね。その理屈でいえばチャゲも外したいんだよ僕は。 >>チャゲ」
チャゲ& 「もっとも、あの投票は事故みたいなものだが
結果的に狼に投票しているならセーフだと思うんだ、そこのところは理解して頂きたいわけだ!」
菊地真 「伊織が言うならそれでいいよ。」
鈴羽 「どっちさー」
チャゲ& 「だからアレはミスなんや……!>水瀬」
三浦あずさ 「んー……ただチャゲさんの言い分だと美希ちゃん、なのかしら?」
チャゲ& 「クソぅ、死にたくない!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
小早川紗枝0 票投票先 →チャゲ&
星井美希1 票投票先 →チャゲ&
ショボン0 票投票先 →チャゲ&
鈴羽0 票投票先 →チャゲ&
菊地真0 票投票先 →チャゲ&
チャゲ&6 票投票先 →三浦あずさ
水瀬伊織0 票投票先 →チャゲ&
三浦あずさ1 票投票先 →星井美希
チャゲ& は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
チャゲ&さんの遺言
          ,,..r''"'"´~´ ̄``ヽ、,_
        ,r''´r〃〃彡 彡::::::::::::::::゙ヽ、
      r'"ノ ノノノノノ 彡::::::::::::::::::::::::::::\
      ,f´ )丿ノノノノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      i' (( ! ((ノ:::::::::::,rー''''''ヾ、::::::::::::::::::::::ヽ
    j( ミ ミW/:::::::,ノ"     ヾ,::::::::::::::::::::,f'''ヽ、     かきふらい(かきふらい)
    (ミ( ;:;:;:;:;::::;:;ノ′      `ー:、:::::::::::l lヽ ヽ
   (彡r''^"~` ´            >,<::::t ヒ 〉゙i
    't:::゙i,          ,.:ィ‐==ヽv'ィ′ゞ-ゝ、/ j:、
     ヾヽ       ,.ィ'´: : : : : : :ヽ.    : : 、 人)
      ゙t゙t   _,,.ィ"(: : : : : : : : : : i     : : Y  i\
       ゞ>=''"'''''ヽ^'ゝ、: : : : : : :ノ     : : :゙i, .l j \
         f´ : : : : : :゙i  `゙`''''''''''"      : : : :゙i l !j' `ヽ、
        ヽ: : : : : : :.l゙:.  ,r-:、        : : : : :li,!,!     ゙ヽ、,_
         ゝ、: : : ,ノ t  ,;:::;ノ;,,,,;;:::::;;;,,  . : : : : ノ,/  ,.::--――--=:、_
          ``ヾ′ `ー,.r;;;;;;;;::-‐'ヲ'''' . : : : : ://i ,r'" ,.r-ー――-=::、,_ヽ、
             `ヽ、:;;;;;;r''_,,.ィ',ノ′ : : : : : /イ i,/ ,/´         ``ヽ
              ゙ヾ:;:'‐-=''"_,,_  : : : :,/'// / /
                ヽ、 '´ .`  :,:ノ  //',/
                  `ヽ、  ,.,.ィ'´   / /
                      `~´  ヽ、 /ノ
                       / ヽ'"
                      / /
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ショボン 「んじゃ、美希美希狩人じゃないか」
三浦あずさ 「チャゲさんの言い分からいくなら美希ちゃんと私。
狼さんがお仲間を白く見せようとしたなら絵羽ちゃん。
私は……うーん、困ったわぁ~」
星井美希 「美希が狩人なの、あはっ☆

1日目 護衛:デコちゃん 噛まれ:きらりん☆
2日目 護衛:紗枝 噛まれ:きーな
3日目 護衛:紗枝 噛まれ:鴨
4日目 護衛:紗枝 噛まれ:なかった!
5日目 護衛:紗枝 噛まれ:初心者
6日目 護衛:紗枝 噛まれ:

1日目:
でこちゃんを鉄板護衛したいの、でこちゃん守って良いかな?
きらりん守らなくて良いよね。初日だし良いよね。
2日目:
初日銃殺なの、美希やる気でないのー……
しょうがないから紗枝守るかなーって。
3日目:
理由書かなくて良いかなーめんどくさいよねーこれ。
占われてなかったのはいいけど、○引いて欲しかったなー。
4日目:
チャレンジの日かな?
千早さんが狼だった事に涙を流しつつも
美希は紗枝ちゃんを護衛しつつデコちゃんと愛を語り合ってるの。
5日目:
もう理由とか良いよね。
6日目:
美希もう寝るの。」
小早川紗枝 「占いCOや…鈴羽はんは●!!」
菊地真 「ひゅーっ・・・」
鈴羽 「おはよー」
三浦あずさ 「あらあら」
水瀬伊織 「・・・狩人いたー!?」
小早川紗枝 「ついに…ついに見つけたで!」
三浦あずさ 「美希ちゃんすごーい」
ショボン 「あ、昨日出てもよかったんよ>美希」
星井美希 「ごめんね、ショボン強いから潜狂の可能性捨てられなかったの」
菊地真 「いやあ。ごめんね。ボクの予想は大外れだったみたいだ。」
ショボン 「狩人がグレーからでたら、ショボン潜伏狂人だって詰んでるんよ
グレー4から狩人がでて3人
一人吊って二人。占いの結果は保証されているから二人のうち一人占って○でも●でも終わりなんよ」
鈴羽 「美希かー……昨日COしてよ!」
小早川紗枝 「美希はんほんまにおおきになぁ!」
水瀬伊織 「そっか、昨日も言ってたけど
潜伏狂人警戒で潜伏してくれたのかな

・・・やるじゃない、もう///」
三浦あずさ 「昨日COしてくれないからびっくりしちゃったわよ~」
星井美希 「……はっ、うんごめん。ショボンごめん。うんごめんなの」
鈴羽 「2日目夜一応候補に入ってたあたりが余計に悔しいよ」
菊地真 「ボクは伊織が嬉しそうだったから美希は最終日送りにするつもりだったんだよね。
RP楽しんでる人は残します(キリッ」
鈴羽 「結論だけ、書く。

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した
失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した
失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した
失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した

あたしは失敗した失敗した失敗した失敗した
失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した
失敗した失敗した失敗したあたしは失敗」
水瀬伊織 「鈴羽はおつかれさまね
ついてなかったわよね

私も、指定外しちゃったしちょっと冴えなかったなぁ
みんなおつかれさま~」
星井美希 「あはっ☆ 最後に失敗しちゃったけど美希、デコちゃんにごほーび貰って良いのかな?」
三浦あずさ 「あら、何かかっこいいわねぇ>絵羽さん」
小早川紗枝 「あわわ~トラウマ掘り起こさんでぇ~(※本編はやってません)」
星井美希 「◇水瀬伊織(20)  「わあ、GJね!偉いわ狩人!
・・・そ、その、ご褒美をあげてもいい位なんだからねっ・・・///」
って言ってたし!」
菊地真 「もしかしてそれがいいたかっただけじゃないの?w」
三浦あずさ 「一体なんなのかしら」
水瀬伊織 「・・・お、覚えてたのね・・・ううう///>美希」
鈴羽 「ばれてた」
水瀬伊織 「あずさは知らないのかな?
元ネタがあるのよ」
鈴羽 「さくさく投票かもーん」
菊地真 「しかし玉子は身内してたわけだね。盲点だったなあw」
ショボン 「投票ずみなんよ」
三浦あずさ 「元ネタ知らないわねぇ」
三浦あずさ 「投票したわ~」
星井美希 「ううん、ほんとーに美希忘れてたの……orz>真クン」
7 日目 (1 回目)
小早川紗枝0 票投票先 →鈴羽
星井美希1 票投票先 →鈴羽
ショボン0 票投票先 →鈴羽
鈴羽6 票投票先 →星井美希
菊地真0 票投票先 →鈴羽
水瀬伊織0 票投票先 →鈴羽
三浦あずさ0 票投票先 →鈴羽
鈴羽 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鈴羽さんの遺言 結論だけ、書く。

失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した
失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した
失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した
失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した

あたしは失敗した失敗した失敗した失敗した
失敗した失敗した失敗した失敗した失敗した
失敗した失敗した失敗したあたしは失敗
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/07/12 (Thu) 23:46:49
小早川紗枝 「結局最初から最後まで直感やったCO」
ショボン 「おつかれなんよ」
徳川吉宗 「占いが強すぎたでゴザル」
チャゲ& 「私、お祖父様からマガモ科の方とは交際しちゃいけないって……>将軍」
鈴羽 「お疲れ様ー」
菊地真 「はい、お疲れ様でした。 占いさまさまだったね!」
星井美希 「忘れてたっていうか、間違ってた?
なんで狩人COしてすぐに占い噛まれるそーてーになってたんだろ?」
初心者 「村で勝ったうえで悩めるのは幸せな事だと思う 感謝だね
…んーこのぐう聖
玉子宏 「お疲れ―」
小早川紗枝 「という訳でお疲れ様や~」
『鴨』初心者 「最後に鴨は勝つ!」
徳川吉宗 「お疲れ様でござるよ!」
三浦あずさ 「私卵さんの最後の投票先占ってほしかったのよねぇ」
ショボン 「ショボンは狐希望が通ったら霊能騙りの予定だったんよ……」
多田李衣菜 「おつかれさまでしたー。
久々に噛まれて感謝って感じ。
美希さーん!代わりにかまれたよー!」
初心者 「お疲れ様ー」
アンデルセン 「お疲れ様 占い師が最強すぎてなんともなんとも
占い師はお疲れ様 良い占い師過ぎて鼻血が出た」
アスカ 「お疲れ様でした」
徳川吉宗 「将軍様を呪殺するとはなんたる狼藉!!

出合え! 出合えい!!」
鈴羽 「あずさ・美希2択の日にひよって鴨噛みが失敗した

失敗した失敗したあたしは失敗した」
三浦あずさ 「お疲れさま~」
小早川紗枝 「えへへ~直感占いは最強や~」
諸星きらり 「おっつおっつおちゃーしたー☆
きらりのパーティに来てくれてありあとーした☆次の火曜日もPちゃんが立てるから期待しててね☆」
星井美希 「きっと美希、『なんでCOしないんだろ、あの狩人』とか言われまくってたに違いないの。」
『鴨』初心者 「いえー!あずささんに投票貰ってご褒美です!といいながら散りたかったCO!」
菊地真 「美希吊りは全く考えて無かったなー。
アンデルセンとあずささんが対立してるからそこロラって後は考えよう。って思ってたー」
チャゲ& 「申し訳ないだろ……>狼
突然死しないようにするだけで精一杯だったろ、ちゃんとやってりゃ対応できる位置だったというのに」
徳川吉宗 「それ余の呪縛>美希>想定間違い」
水瀬伊織 「おつかれさまー!
わー、占い水橋さんだったのね!
最近けっこう結果は出してたけど、やっと勝利に繋がったわね~狩人と一緒にMVPかしらね~♪」
玉子宏 「伊織さんですよ?>あずさ」
『鴨』初心者 「狩人かと思った!?
残念ブラフでした!>鈴羽」
鈴羽 「銃殺対応できなくもなかったのをぶん投げたとこから崩壊の始まりだったよ」
菊地真 「この村のMVPは霊能が居ないことを証明してくれた初日くんでいいとおもうよw」
小早川紗枝 「伊織はん…一応占いで勝利は前にもあったんや…>伊織はん」
如月千早 「お疲れ様でした。
狩人探し弱すぎでしたね・・・」
徳川吉宗 「将軍様と思った!?
残念狐でゴザル!」
アンデルセン 「・・・RP重視しつつ詰めていこうとか思ったら
初日でRPが剥げていたじゃないか!」
菊地真 「あ、そうか。吉宗は対応位置だからやっぱりチャゲは白いって主張もできたんだね。


狂人だったけど。

狂人だったけど。」
チャゲ& 「ケータイから繋いで死体2が見えて自分の役職は見えないあのドキドキ感

迷惑をかけて申し訳ないだろ
自分が狂人だということを知ったのは2日目の夜だったという」
三浦あずさ 「あれ?そうだったっけ?
んー、どこだったかしら?>卵さん」
『鴨』初心者 「「上様の名を騙る不届き者だ」
今日のハイライト、皆ここテストに出るぞ!」
水瀬伊織 「あ、チャゲ&の投票はやっぱり狂アピだったのかな?
生きてたらちょっと危なかったかな~」
星井美希 「まあ、デコちゃんと絡んでたから指定されないはずっ!
とか余裕持ってたのはあったんだけどね。」
チャゲ& 「心は村人だったのよ……!>菊地真
2日目の昼は」
菊地真 「まーのんびり村できて楽しかったよw
共有はのんびり推理できるから肌に合うなーw」
小早川紗枝 「狐が将軍様を騙る…普通に時代劇でありそうや~」
水瀬伊織 「あ、うん、そうだけど、占いで結果出してても噛まれて負けた村とかも
あった記憶で~とにかく凄かったな、おめでとうーってことでっ!>紗枝」
チャゲ& 「いや、純粋にミス>水瀬

ケータイから繋いでたんだが、玉子に投票したら一つ上の場所に投票していた
つまりお前さんだったという」
アスカ 「別にこの展開で霊能初日って嬉しくもなんともないんですけどね……。
狩人噛まれなくてよかったです」
玉子宏 「まあ、なんだ。なんだろう。何もいえねェ」
星井美希 「けどその実態は『魂の鴨』な気がするんだけど……>紗枝」
菊地真 「そんなに不安定なら参加は見送ればいいのにーw>>ない夫」
小早川紗枝 「(なお五日目から記録は取っていなかったわ~(てへっ))」
三浦あずさ 「珍しく残されると、疲れるわねぇ」
徳川吉宗 「美希が鴨の中身が違う事に気づいててちょっと吹いた」
諸星きらり 「今日のきらりん的最優秀賞は・・・さえちんでしたー☆

占い最強伝説☆」
アンデルセン 「まぁ、どちらか真いればそれで上等であるしなぁ・・・>アスカ」
菊地真 「そうかな?狩人生存確定なら詰まらないかもしれないけど指定展開でロジカルに詰めていけるから楽なゲームにはなると思うんだけどねw>>アスカ」
水瀬伊織 「ううん、美希も吊り増やせたし、潜伏狂人想定で
潜伏したのは悪くないわ、指定進行で吊れる心配も無かったんだしね

・・・そ、その、狩人としてよく生き残ったわね、褒めてあげるっていうか・・・うぅ///」
玉子宏 「三日目っすねえ。俺に●でて吊られた日>あずさ」
『鴨』初心者 「はっはっは!w
完全に狩人は俺だよ!ぐらいで話して行ったら噛まれた!
これは純粋に嬉しいところ!」
小早川紗枝 「えへへ~希望も通ってしかも呪殺もでて今日は満足やわ~」
チャゲ& 「今日になって急に来やがってな>菊地
さっきまでは平気だっただけに、未だに理由がわからん
ちょいとしばらくは様子見をするつもりだが、なんだろーなーと」
アンデルセン 「私は突っ込まれると思ってなかったところに必要に
アタックが来て焦った焦った>三浦」
菊地真 「日頃の行いじゃないかな(ボソッ >>チャゲ」
チャゲ& 「占い師がここまで仕事をしちゃ、狐も狼も何もできないだろ……

狼をやると10回中8回くらいはこういう展開になると思うの
だからこそ狼勝利は美しいと思うの」
水瀬伊織 「そうだったのね>チャゲ&
すごい警戒しちゃった~」
アスカ 「>アンデルセンさん
初日銃殺で占い1なんていう真確定展開で霊能がいないのは確定○が足りないだけなんですよ……」
星井美希 「鴨がなんか違うのは何故かわかったの>吉宗」
菊地真 「紗枝さんはおめでとうー。 
5日目に鈴羽●出してたら伝説になってたよw」
『鴨』初心者 「   /. :: :: ::_::_:: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  .: :: :: :γ ト、/lヽ :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.:.
 /.:.:.:.:. ::弋!V!ノ_:: :: :: :: :: :.:.:.:.:.:.:.
. {.:.:.:.:>:: ::¨ ̄:: :: :: :`>x.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 、::≫== ===≪.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 //州__: : : : : : : :`>≧≡= ≧、.:.:.:.:.:.
 {(:州へ≧=x 、≦rビテ‐`   川⌒ヽ:i
  ゛¨沁 <ツゝi !::''     、__彡イ/^} }i
  -=彡   |        ̄ }!_ ノ/:i:i
      j!   ,{、ム )     )}  〔彡'州:i
     ∧ ,ィ升_守≧=≦ノ  ,' _))川:i:
     辷彡ノ辷ニ≧≡'"   / ー=≦彡
       ヘ  `:::::7´    ,:′  从州
.        ';      / ;;   /:/ニニ
       ,.斗`ー‐一 升i/:ミ  /.:.:i二ニ
     ,ィ劣/∧、 ______,//:: ::.:.:|二ニ
-‐: :: :,ィ仁:i/:: ::∧:.:. :: :: :: :/: :: ::.:.:.:.:」二ニ
: :: : /ニ二/: :: :: :∧:.: :: :: :/:: :: :__二=!≠ニ
: :: /ニ二/三二ニ=‐、: : r=ニ ̄: :: :: :|三二
そう・・・私は鴨ではない!鴨のような何かだ!」
小早川紗枝 「(が、結果として信じたかった人に裏切られるという結果に…)」
徳川吉宗 「余が……将軍でなければ! 将軍でなければ!
初日銃殺は無かっただろうに!」
アンデルセン 「まぁ、あれだ それなりに、悪くない それでいいじゃないか>アスカ」
三浦あずさ 「んー?じゃあどこだったかしらねぇ?
狼の投票先は占っても良いかなぁって思ってた日って。
過ぎちゃうとわかんなくなっちゃうわ~>卵さん

私は気になったのよねぇ>アンデルセンさん」
徳川吉宗 「いい目をしている……さすが余専属のSだけはあるな>美希殿」
チャゲ& 「好きな言葉は『博愛・清純・潔白・毒タイプ・滅私奉公』だというのに!?>菊地」
アスカ 「>真さん
狼は狩人噛めるんですよ
そういう狼相手だと詰みが遠くなるだけなんです」
『鴨』初心者 「なんで・・・なんで上様とランしてくれなかったんやー!
は本心でした、サーセンw」
小早川紗枝 「そうや~将軍様やなかったら呪殺はでなかったンや~(ジタバタ)>吉宗はん」
ショボン 「初日銃殺は、村が強くなるから狼はドンマイなんよ」
玉子宏 「ほんと占い師は強い役職だよねェ。初日銃殺は鬼畜だよねぇ」
星井美希 「まーはっきり言ってそうだね>アスカさん
狩人は噛めるものだから、それを念頭に置いた動きをするのが普通。
……美希狩人だから、デコちゃんと遊んでられたけど。」
アスカ 「>アンデルセンさん
結果として勝てたので問題は無いのですが
美希さんが噛まれてたら怖かったですね、実際一回は見られてましたし」
菊地真 「それは好きな言葉であって行動と伴ってないと思うんだ…>>チャゲ」
徳川吉宗 「将軍じゃなかったら中村主水(必殺仕事人)だったけどね!!>紗枝殿」
小早川紗枝 「一番上の段がなんかきれいや~」
アンデルセン 「まぁ、ずれているとの指摘は受けた
存外、間違ってるとは私は思っていないがね>三浦」
チャゲ& 「実際問題、狂人の常套手段として確定○投票はあるので>水瀬
そこは残さないでいいと思うだろ、特に少人数の狼2、2-1の状況で狂人の投票アピは常套手段だったりするだろ

その日1日だけでも自分の居場所をアピールできればいいしな、霊能者に投票したり
玉子宏 「あれじゃねぇかな。俺の初日投票のことじゃね?たぶんだけど。
俺鈴羽に投票したし>あずさ」
星井美希 「あと初日にきーな護衛するか考えてたのは内緒。」
アンデルセン 「ま、そこからは村の本領発揮さ それが仕事だとも思うしな
圧倒的票を叩き込んで人外を殺す 最高じゃないか>アスカ」
『鴨』初心者 「狂人ムーブはそうすると・・・ふむふむ」
三浦あずさ 「それならまた質問してあげるわね~
ただまぁ、共有吊りって言う人はやっぱりどうかと思うわねぇ。
誰かの受け売りじゃなくて、自分で考えれる程度には戦績を詰んでるんだし、本当に遅い霊能を吊るのは良いのかどうか、じっくり考えてみるのも良いかも~?>アンデルセンさん」
チャゲ& 「人数が奇数だと、死体無しが出てもどうせ吊り増えないからやっちまおうぜヒャハー!とかする狼もいるから気をつけた方がよくてよ>星井
反応から狩人を探すタイプの狼もいたりとか」
水瀬伊織 「まあ、総じて村陣営が優秀だったかしらね~
噛まれた村も狩人の代わりに噛まれたって訳だし
それ以外の皆も、美希やあずさも、村っぽかったからあんまり指定する気なかったしね~」
三浦あずさ 「あぁ、それならありうるわねぇ>卵さん
いつのことだったか忘れてたわ~」
初心者 「吊れない身内票と霊能いない状況の身内票に身内票としてみるだけの価値とかないようなものなのにねー」
『鴨』初心者 「あずささんと、アンデルセンが噛まれるかどうかで見てたかなー」
星井美希 「その可能性があるから結局やらなかったんだよねー>チャゲさん」
チャゲ& 「それを利用した狩人の狂人ムーブなんかもあったりするけれども>鴨
その辺まで行くともはや何でもアリなので真っ当にやるのが一番だと思うだろ」
鈴羽 「身内に翻弄されてるのをよく見かける気がする」
三浦あずさ 「あまりないわねぇ。
でも全然ないとも言いづらいのも?
ショボンさんの言ってた●もらったときに白くなるのもあるし~>初心者さん」
『鴨』初心者 「まー、狼目あるなら
アンデルセンとあずささんなのかなーと?
ここ対立してるしね!(俺も地味にだけど)だからこの二人が噛まれるか
どうか見ていけばいいんじゃないかな!発言も良いしね!

まー後は鈴羽ちゃんかなーと、ステ的に思う訳ですよ!鴨として!
投票と発言的な意味合いではショボンは・・・どうかなってところー以上今日の鴨視です!

4日目残れてたら発言した内容」
小早川紗枝 「(言えへん・・結局噛みも投票も発言も見ないで直感だけやったなんて…)」
菊地真 「あずささんはちょっと危なかったかなー…w>>伊織」
『鴨』初心者 「狂人ムーブとかそこら辺がまだ理解してないのでねー、参考になりまさぁ!>チャゲ」
初心者 「それは村の見方が悪いだけよ
身内票の前に発言と動き方みればいいだけのことですし>あずさ」
徳川吉宗 「ヌシはガイア教に入る事をオススメしよう>紗枝殿」
アンデルセン 「いや、私は今回撤回がなければ本気で吊る気でいたぞ?
結果的に『共有だった』だけで、それが騙りなのは変わらんしな

霊能釣りは、まぁ、あれだ よほどない限り、だ
少なくとも、今回はそのよほどの例外にあったと思っているが>三浦」
三浦あずさ 「鴨さんは正直、噛まれる前日に「あ、信用しても良さそうかな~」って思ったのよねぇ」
玉子宏 「身内投票してる事実ってのが大事なのですよ。
身内に投票してることが頭の片隅にでも入ってれば
村がぶれてくれるかもしれないすから。割と重宝できるっす。」
鈴羽 「鈴羽は発言見たら最終日まで残れる発言じゃなかったしねー
アンデルセンの代わりに吊られるのもアリアリぐらい」
三浦あずさ 「確定○吊り言ってるところはやっぱり残せないわねぇ>アンデルセンさん」
水瀬伊織 「ふふっ、あと鈴羽も危なかったわね
でも、総じて頼りになる相方だったわ、ありがとー>真」
『鴨』初心者 「むしろ初日から狩人ブラフをいかに巻いた発言でいこうか!?
とか思いながら発言してました、はい>あずささん」
菊地真 「ボクは伊織が真霊能で、共有騙りをやったとしてもそれに合わせていたかなーw」
菊地真 「美希を狼の眼から反らしてたんだから結果的に伊織も凄かったんだよー」
三浦あずさ 「狩人ブラフ巻くのは良いけど、それしたら今度噛まれなかったら辛いわよ~?>鴨さん」
チャゲ& 「狂人にとって、噛まれることだけは避けたいのですよ>鴨

なので普通村でも闇鍋でも狂人は占いや霊能を騙る、一番てっとり早くアピールできるからな
占いを騙るにしても、●を出すのはさらにてっとり早い

潜伏狂人がオススメされない理由は、ひとゆえにアピールの難しさが理由として挙げられるだろ」
『鴨』初心者 「ふ、吊られる準備も覚悟もできておりますとも!>あずささん」
アンデルセン 「だから、それは『結果的に』であろう?あれが狼狂人ならば
まぁ、泣いていたぞ 私はな 故に
私は少なくとも人外を見て吊りに行ったのだ
賛同者はいなかったようだが、まぁ、うむ・・・>三浦」
菊地真 「それじゃ僕は寝るねー お休みなさいっ」
チャゲ& 「さて、ログ読みも完了だろ
ご迷惑をおかけして申し訳無い」
三浦あずさ 「あらすごい。
私はやっぱり吊られるんはいやだわぁ>鴨さん」
『鴨』初心者 「なるほど・・・潜伏しつつーの適度な所でアピールしつつの
噛まれないようにー・・・・うわっ!むずっ!」
水瀬伊織 「そ、そうかな? ありがと・・・///>真

もっとも、美希の実力が大きかったと思うんだけどね
・・・そういえばご褒美あげるとか言っちゃった・・・ほんとに美希なんて、うう///」
徳川吉宗 「今日の状況ならば。
占いがほぼ真確定しており、霊能COが無い事を受けて人外が乗っ取りに
動いた、は少々穿って見れば行き着いてしまう位置ではあると思う。
あくまでも可能性の話ではあるのは否めんがな。
まあ結果的には共有の霊能騙りだったわけではあるが。>アンデルセン殿 あずさ殿」
三浦あずさ 「賛同者がいないなら、まぁそこはあなたが一気に吊られ位置になったということよねぇ>アンデルセンさん」
星井美希 「あはっ、まぁ美希狩人とか忘れて普通にデコちゃんと遊んでただけだけどねw」
徳川吉宗 「余も村できゃっきゃうふふしたかった……!」
『鴨』初心者 「むしろ初日から楽観視してた発言をした方が、狼から狩人目にみられるかなーと、今回は>あずささん」
水瀬伊織 「と、という訳で美希、そ、その・・・
ご、ご褒美、いる・・・?」
初心者 「割と気の利いた狼さんがいたら潜伏狂人は楽にできるものなんだけどねー
初心者の私がいうんだから間違いないとはおもうけど」
アンデルセン 「言わずに死にたくなかった 逆に言えば それさえ言えれば
吊られても何ら構わんとも思っていた
それだけの価値がある それほどまでに脅威
>三浦」
三浦あずさ 「まぁ、やっぱり一番あったのが
良い手だって言い切ったことなのよねぇ>鴨さん」
アンデルセン 「その通りだ・・・少し熱くなっていたようです、感謝します>徳川」
玉子宏 「(玉子宏とかちょっと無理があったけどやり通した俺に乾杯。占われたけど)」
徳川吉宗 「くくく、余の裁きに感服するがよい>アンデルセン殿」
『鴨』初心者 「あれで役持ちに見られたならそれはそれで嬉しいかなぁと!>あずささん」
『鴨』初心者 「え?もう全部「ブラフだ!」で良くね?>アンデルセン」
小早川紗枝 「駄目や~ログ見たら初日で笑ってもうたわ~」
水瀬伊織 「あずさとアンデルセンは・・・んー
アンデルセンの言う事もわかったし、あずさはそこまで怪しむ事もちょっとないかなーとは思ったけど
でも、あずさもきちんと考えてる感はあったから、どっちも村目で見てたかなー」
徳川吉宗 「役持ち=狂人、人外臭も見られる場合があるんやで…?>鴨」
星井美希 「いらないわけないよね!
デコちゃんが言わなかったら美希が言い出してたとこなの!」
アンデルセン 「そこも言った通り、共有について延々喋るのが癪なだけさ
ずっとずっと『共有出せ共有出せ』なんて、不毛だろう?>三浦」
徳川吉宗 「うるせえなwwwwww>紗枝」
三浦あずさ 「どうかしら……?でも狩人の動きをしていたから今回噛まれたんでしょうしね。
すごいすごい(なでなで>鴨さん

うーん……。最近のやる夫の風潮が遅い霊能は即吊り路線、だから吊るといったわけではない?
自分で考えた結果?条件反射ではない?>アンデルセンさん」
徳川吉宗 「そこは我慢するところだwwwww>紗枝」
玉子宏 「霊能騙りがいくら脅威だったとしても、
占い無双村じゃ、形無しだったりするぜ。ソースは俺>アンデルセン
小早川紗枝 「がま、我慢できひんかったんや!あはは>将軍様」
『鴨』初心者 「村からは人外に・・・!そして狼からは狩人目に・・・!
初日から狩人のような匂いを出しつつ、狐は死亡している!←ここがミソ
銃殺がなかったら多分違ってたと思う、うん」
三浦あずさ 「でも、うん。
鉄火場で怪しまれて吊られないようにね?>鴨さん

私は別に~。
発言稼ぎして○く見られるようにするのが私だもの~
第一共有さんなんて出ないならそういうものなんでしょうねってくらいだし~>アンデルセンさん」
徳川吉宗 「占い無双村&狩人無双なら、霊能ケアできる状況はいくらでも
出来るであろう。
だが、初日の時点ではそれが果たして上手くいくかどうかは夢、幻よ>タメィゴゥ」
『鴨』初心者 「あ、あずささんにご褒美貰ったので今日は満足して帰ります、池に」
徳川吉宗 「殿中で御座るwwwwwwww>紗枝殿」
徳川吉宗 「余も! 余もご褒美欲しい!>あずさ殿」
アンデルセン 「どちらかと言えば私は盲信して泣くタイプとだけ言っておこう
まぁあと、最近のやる夫は私には分からん 行ってないしな

精査する前に撤回がきたから、黙っただけー
なければ精査して真が見えなかったら叩き込んでたさ>三浦」
水瀬伊織 「おつかれさま~ ・・・べ、べつに羨ましくなんてないんだらねっ///>『鴨』初心者

・・・美希は私のご褒美いらないのかしら、うぅ///」
『鴨』初心者 「多分、銃殺なかったら別でしたね
今回は占い無双なかんじだったんで、まぁブラフの時間かなと」
星井美希 「◇星井美希 「いらないわけないよね!
デコちゃんが言わなかったら美希が言い出してたとこなの!」
美希ここにいるよ!ずっと美希だけを見てて欲しいの!>デコちゃん」
三浦あずさ 「ご褒美……?」
星井美希 「うん、デコちゃんは美希がお持ち帰りしちゃうの>あずさ」
『鴨』初心者 「え?上様は初日銃殺がご褒美じゃないですか!いやー憧れちゃうなぁ!」
玉子宏 「ま、だよなー。霊能が●だした状態で初日銃殺した占いが●二つだして吊ったら村が
終わらない→霊能偽だこれー!は、淡い夢物語か、俺遭遇したけど>徳川」
アンデルセン 「まぁ、あれだ うん どんまい?来世目玉焼きで頑張れ>玉子

そこは違いというやつだな
『出さないなら黙って別要素考えようそうしYOU』で
目下一番の懸念事項を振るだけさ>三浦」
小早川紗枝 「ひゃ~逃げるわ~>将軍様」
如月千早 「うぐぐ・・・やはり占狩ゲーの辛さを改めて理解しましたね・・・」
三浦あずさ 「うーん、それなら良いのだけど。
そうねぇ、ちょっと強行に動きすぎたのもあったのよねぇ。
それを取り繕うための、にもみえたから信用したくなかったのよねぇ>アンデルセンさん」
星井美希 「ぶっちゃけ占いが強すぎただけなの。
美希を噛めてたら、それなり以上に目はあったよ>千早さん」
三浦あずさ 「あらあら、美希ちゃんは良かったわねぇ>美希ちゃん」
徳川吉宗 「よくぞ申した。市中引き回しの上、磔獄門とする>鴨」
水瀬伊織 「気持ちは分かるけど、諦めなさい・・・(笑)
狐としては運が無かったわね~
でもあなた以外の鴨がいたなんて何だか鴨も市民権を得てきたのかしら、ふふ>吉宗」
アンデルセン 「私はむしろ、ショボンや三浦があそこまで言えて
『なぜ霊乗っ取りを懸念しない』とずっと悶々なやんでいた>三浦」
三浦あずさ 「将軍様は一体どんな語法日がほしいのかしら……?」
星井美希 「っていうか、美希が鴨っていうとややこしくなっちゃうから中の人の名前で言っちゃうけど、
一太刀さんものすごーく頼もしくなってるよね、すごいと思うの。」
水瀬伊織 「あずさは、天然でご褒美をあげちゃうのよねえ・・・(笑)
そんなところも、あずさらしいけど~」
初心者 「このまま初心者として埋もれていたい…」
如月千早 「美希をターゲットにできなかったのは美希が強かったから、ね。
そこは自信持っていいわ>美希」
ショボン 「◇ショボン(68) 「どう見ても初日共有なんよ」
>アンデルセン」
徳川吉宗 「ふ……灰が詰め切られてしまえば、あとはもう吊られる未来が
見えてしまうのは仕方あるまい。
だが霊能乗っ取り、そこには浪漫あふれる未来が待っているのも確か>タメィゴゥ」
玉子宏 「俺たちは頑張ったんだよ…身内票も割と効いてたんだよ…でも村が強かっただけやねん」
『鴨』初心者 「うん・・・まぁ
アンデルセンさんとあずささんで、どっちが狼目あるかな?って思ったら
アンデルセンさんだったかなぁと
なんで、霊能おおよそ初日って発言が直ぐ出るんだ・・・?みたいな感じで」
三浦あずさ 「そうねぇ。あそこで霊能に出てもあんまりうまみはないから、かしら?
確実に狩人が抜けるならともかく、抜けないと勝てないわけだけどね。
それなら灰で頑張ろうと思うのが大抵の狼だとは思うわ~>アンデルセンさん」
『鴨』初心者 「次は人気投票ランだぜ!>上様」
アンデルセン 「あまりそう感じなかったのだがなぁ・・・私の目は節穴だからなHAHAHA
>ショボン」
徳川吉宗 「とりあえず蹴ってくれると跳ねて喜ぶでござる>あずさ殿」
星井美希 「候補に名前挙げられてるから、あれだけどね。>千早さん
というか実際は、占いが●2個だして噛まれるとLWが強いと結構やばいんだよねー」
玉子宏 「霊能騙りを最終日判断役にもっていくのはたしかにロマンだな。うん>徳川」
『鴨』初心者 「狩人が生きていれば勝てる展開でしたからね!>美希」
徳川吉宗 「よかろう。期待して待っておるぞ>鴨」
水瀬伊織 「じゃ、じゃあ・・・すごく頑張ったし、約束だし・・・
(おでこに)ちゅっ・・・

・・・で、でも、い、いつもデコちゃんなんて呼ばれてる仕返しなんだからね
勘違いしないでよねっ///>美希」
ショボン 「昼間に話しているけど、遺言が使えなくて真占い確定の状態で相方を出さないって、既に居ないとしか思わなかったんよ
だから、霊能に関しては非常にどうでもよかったんよ」
徳川吉宗 「いかんやはりアンカーに鴨って打つ違和感が凄い」
『鴨』初心者 「まぁ・・・
上様-鴨ランとか誰得レベルではありますが!>上様」
星井美希 「あ……えへへ、デコちゃんのご褒美貰っちゃったの。
けど、どっちにしてもデコちゃんお持ち帰りだからね!
今夜は寝かさないの。>デコちゃん」
三浦あずさ 「蹴る理由がないわねぇ>将軍様」
アンデルセン 「来るのならば狼 しかし玉砕覚悟の狂人込 ふむ
そんな程度の考えだよ メリットデメリットはまぁうむ
>三浦

結構私はずばずば思い違いを言うぞ
>鴨初心者」
徳川吉宗 「余はこんな違和感を持ってしまうほど、
鴨鍋になってしまったというのか……」
『鴨』初心者 「中身で呼んでもいいのよ?(チラッ>上様」
徳川吉宗 「初日の素村同士ランなら問題無い!>鴨」
水瀬伊織 「鴨と吉宗がいいコンビっていうか・・・(笑)
ほんと、鴨も初手噛まれといい良い仕事したわよね~」
三浦あずさ 「狂人さんなら○になった瞬間に狂人COとかしても良いしねぇ>アンデルセンさん」
徳川吉宗 「一太刀ちゃんはあっというまに余を抜いていきそうな勢いで御座る。
むしろもう抜かれてる気しかしないでござるよ にんにん」
『鴨』初心者 「まーね、だから狼目であずささんと挙げて
噛まれるかどうか見たかった部分だったからねー>アンデルセン」
アンデルセン 「ふむ 流し読みだと『共有について喋ってるー』ぐらいしか
認識できなかったのが痛手であった
>ショボン」
星井美希 「あ、結果論で潜伏解除しなかった理由に1個追加しとくね。
生きて勝ちたかったって!
……まあ、詰み想定自体はしてたのに間違えてた時点でもう、ひどいけど。」
『鴨』初心者 「噛まれないかなぁ♪とか夜言ってましたw>伊織」
徳川吉宗 「理由:上様が喜ぶ>あずさ殿」
アンデルセン 「まーそこは個人個人の度量だな私は速効いうだろうが>三浦

狩人要素が無ければどちらも噛まれんとだけ言っておこう!>鴨」
玉子宏 「素村だったら初日から卵食えよだったんだけど
狼だから自重した…けどそれでよかったのか。
玉子は食べるものじゃなかったのか。俺に覚悟は足らなかったのかもしれない。」
星井美希 「っていうか初心者騙りだれかと思ったらEBIさん……」
『鴨』初心者 「まーだからアンデルセン-あずささんのどっちかを占ったら
凄く鈴羽さんに興味があります!>< とか言ってたかも>アンデルセン」
三浦あずさ 「えーと……えい!(けり>将軍様」
徳川吉宗 「これで、でっちゃんは卵RP完成だな。
そこにサンマと鴨があらわれて三銃士の爆☆誕」
小早川紗枝 「おやもうこんな時間…
それじゃあうちはこれで帰ります~みなはんお疲れさまや~
あとプロデューサーはんに妖しい宗教には入るな言われとるんや~」
『鴨』初心者 「じゃあ俺が赤きヒゲで四天王結成!>上様」
三浦あずさ 「状況状況で考えたりしても良いかもしれないわねぇ
私もできていないけど>アンデルセンさん」
アンデルセン 「秋刀魚はあれだ ふざけてしまうから自重してんのよ>徳川」
星井美希 「ヒゲじゃダメなんじゃないかな……
もっとこう、人外じゃないと……>鴨」
玉子宏 「完成しちゃったんだなァ…そして気に入ったのか三銃士w>吉宗」
『鴨』初心者 「この雰囲気・・・・でっていうRPか?>美希」
星井美希 「んー……面白そうなのあるかなぁ……」
三浦あずさ 「三銃士?」
『鴨』初心者 「草付けるとログ見返すとだるいから
あんまりやりたくは無いRPなんだけどなぁ、でっていう」
徳川吉宗 「           ,--、、,,,,,,,,,,,,,,,,          
             {::::::::}三三三ミミミ`、、     
            >ー-"'" ⌒,,ィシヽミミiミミ 、   
         /     三彡彡彡ィ`、ミミミ`、    あずさ殿に可愛く蹴られた。
        /      シ彡彡彡彡ノ'ヽミミミ`、  
        ,'        ,三彡彡彡彡彡ソ,ー--'  
          l    _ _ """'彡彡彡彡彡ノi      吉宗はその感動をまず痛覚で感じ、
       {;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - 、ノノi     
          kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ}彡i      次いで触覚にて堪能し、痛みが脳に届いた時には
.        レ'  ..      シ彡' )ァ' /彡'    
       {_,,,、 ;、      シ彡 ニンミミ{      既に半ば呆然としていた。
        l         '''"::.   彡ミi     
         ! ̄"`     ...:::::::: ノ""{      
        l    .......:::::::::  /   \_   更には あずさ殿に蹴ってもらえた という事実を心中にて
        `''ー- 、::::    /     /    
         _,..-'ト、   /     /      反芻すると共に、生きていてよかった、という実感をも
       , -'" /  |l:   /    /      
     /  //  i| l ,/    /  ()     手に入れたという。
    / () //   | l//     /         
    / / // ()  | /     /           まさしくここは、地上の極楽であったと、後に吉宗は語る
                             
                             」
アンデルセン 「長期戦というか、私は短期決戦型だからなぁ・・・後半まで持たんのだ
『そことそことそこぉ!貴様ら・・・フリークスだなぁ・・・?』
『~と~を持って貴様らを吊る 有象無象なく絶滅だぁ』
『指定?宣言はない 安心していろ』
大体これが1日ごとな感じだと気分よく死ねる>三浦」
徳川吉宗 「あずさ様の手によって育てられた2月初心者3人組の総称よ>あずさ殿

発案者はそこの多田殿ね」
星井美希 「174のカブとかどうかな!>鴨」
『鴨』初心者 「おー>三銃士」
水瀬伊織 「そ、それは・・・あうう・・・///>お持ち帰り>美希

まあその、潜伏自体はさっきも言ったけど問題無かったわ、指定進行だったし・・・
それに、私も美希が最後まで生きてて、嬉し・・・う、ううん、なんでもない///」
徳川吉宗 「  デデデーーン!! デンデンデンデーーン!!
       __                                        _,,
      _.ノ, `ヽ                 r、          ,.-、    r、, -'"rァ `)
   ∧,.=、l /      r,       _    く ヽ {,_ヽ_,..、    /`) ,ノ ,r'、  r' ノ,コ ヾー'
   {. r='_ ,'_     /r'.,イ,}  .ノ.〉    l. 〔_,.- '  ,r'  ノヽ'! l'ニ'、.V ノ  `'^_=' r,`ヽ
    ヽ ー' r'   r_´ `ノil ;_/, '   ヾ´ /.ヽ  '‐、   ヽ-1 l_,ヽ`' `,ン   ヽ ニ r /
   く..ク ''_ r’   / ,〈 ヽ,´,r'  ,,   ,>,冫/.ノ } r'   / .iゝ-,ヾ l´     _ーァ ,.. =ヽ
  (`~_ ,. ヽ>\  ` ヽ' .〈_rヽ..ノ }  く_r' .,r',ハヽ/./  く_,r1.lヽ ..コ |.  r‐'´-┐|
  ` /,rァ, {(<ヽ`ヽ、     `ー'    ノ_/  ヽノ      l_} ` ヽ..」  `'´ .、l l
  `ー'ゝ' J `'゙ `~´                                 ヽ'」
三浦あずさ 「んー、動きのスタンスが違うのかもしれないわねぇ、私とアンデルセンさんだと
今日ちょっと殴りとか頑張ってみたけど全然だったしねぇ>アンデルセンさん」
水瀬伊織 「ほんものの徳川吉宗も、まさか自分が
ここまでMにされるとは夢にも思ってなかったでしょうね・・・(笑)」
三浦あずさ 「……?>将軍様」
『鴨』初心者 「RPが思いつきませんw>美希」
徳川吉宗 「余にかかればどんなRPであってもドMよ>いおりん」
星井美希 「それくらいやれないと、鴨とか秋刀魚とか玉子のレベルには行けないの……>鴨」
玉子宏 「超攻撃的だなぁwwwいいねぇwww
俺簡潔すぎて発言頑張れが常に課題だから羨ましいぜ>アンデルセン」
アンデルセン 「私は『私人外を見られているならばここでアレを無視すると死にかねん』
と内心思ってたから必死だったぞ 必死だったぞ 必死だった(泣)>三浦」
『鴨』初心者 「なん・・・だと・・・!?>美希」
徳川吉宗 「緊張感が常に無い余ではあるが、この前猫アイコンで
にゃんにゃん言ってたらすげえ楽しかった>タメィゴゥ」
『鴨』初心者 「みんな~RPなら自信があります!(キリッ」
三浦あずさ 「人外かどうかはわかんないけど~
村人でもなんか残したくないからいっか~って>アンデルセンさん」
アンデルセン 「私はそんなにレベルの高い秋刀魚じゃないぞ!?>星井
余計な事喋っていらないことを考慮して
後半残ったらまぁ、燃料切れ それが私だ>玉子」
『鴨』初心者 「ちょくちょく来てるけど、もずくさんとか、リイアさんとかには
頑張って欲しいよねー」
『鴨』初心者 「これから毎日殴りにいこうぜ!>アンデルセン」
星井美希 「っていうか皆頑張れば良いんじゃないかな、鴨もだし>鴨
美希あたり頑張ればすぐ追い抜けるよーな気がするし。
っていうか既に追い抜かれてる可能性が結構!」
玉子宏 「その気持ちはなんかわかる気がするにゃんにゃんわんわんうきーうきーは楽しい>吉宗」
アンデルセン 「攻撃型というより、目の前の事しかできんのだ
だからメリットデメリットに対して長期的な考察が出来ない
同じく噛み考察について、2手先の意図が把握できない>玉子」
徳川吉宗 「初心者が強くなると、なんというか言い表せぬ喜びが、こう。

新規参入とか、嬉しいじゃないの」
アンデルセン 「まぁ、気持ちは分かる 凄く分かる 凄く言われるしな それ
>三浦」
『鴨』初心者 「いやいや・・・まだまだですよ!
10戦やって8戦発言で吊れるようになったら抜けたと強気で言えます!>美希」
徳川吉宗 「噛みについてはまだまだ未熟であるな。
狼をもっと引かねば。」
如月千早 「アンデルセンさんは」
如月千早 「あ、ミスですwwww」
三浦あずさ 「村でもいいや、吊ろう。って考えは覚えておいても良いかも~?>アンデルセンさん」
星井美希 「いやまー、美希そんな強いプレイヤーでもないしね……>鴨
っていうかこっちだと一応同期なのかな?
美希5月参入組になるんだけど。」
アンデルセン 「ほら 早く言えよ 気になっておちおち煙草も吸えん>如月」
『鴨』初心者 「普通に強く見えますけどねぇw>美希」
徳川吉宗 「アンデルセンに愛を叫ぶなら今だ!>ちひゃー」
玉子宏 「俺もあんまできてねぇよ、それは>狼戦略を読み取る
まあ、課題がわかってるんならいいじゃん。>アンデルセン」
徳川吉宗 「なんだこいつめんどくせえ 村でも吊っちまえ は
人狼界隈じゃよくある事だと思ってた>あずさ殿」
『鴨』初心者 「      __  , -─=──- 、
      ノ、_ヾ/ , -─- 、
.  |  r''_rァ,/  { (ハ_ハ) }
 、ヽ、l  ヽ !,. -‐─ ─‐- 、
  \` i  <______>-
     l. l:::::::::r仝ヽ`tヾ-ハ:::::::
     ,|. i:::::ヾ、・     ・ i i!
    ,.:イ廴.ッ、:::゙、       u i
   l`k、.....-'i:::ヽ彡三ミミ  ,人
    |:.l:. :. :. :.l.ヾミヽ ー''' //ッヽ、
   l:..リ:. :. :. i :. :.i`:.`iー'ニ-'´  i:. :. :i
  /. i:. :. :. :l :. :.i、:. ,:.i /:::ヽ /i:.<~. :. :.i :. :., :. l
  /:. :.i:. :. :..iヽi :. :フ:. :V`i::::i´V.i:. :. :.>:. :.! :. /:. : i
  ,':. :. :.i:. :. ili .:li :〈:. :. : i. l:::::i. i:. :. :/:. :. :. :/. :. :. i
. i:. :. :. 〉:. :.l:.| .:::l :.ヽ :. :i l::::::l l:. :../:. :. ',.i:/.:. :. :.:. i
 ',:. :.´:. :. :ノ..:/::l :. :ヽ:. i!:::::::l. l.: /:、:. :. :.ly .: へ:. :.l
  ヽ:. :. /'''´~ .`l :. :. !i. l:::::::::il./:. :.',. :. イ.i:. :. :. :.ヽl
   ー '       l :. :. :!i:i::::::::::|:. :. :..', :. |::i :. :. :. :. :.i
          ヽ:. :. :..!|::::::::l:. :. :. :.':./::; :. :. :. :. :.l
ま、とりあえず今日はここまでで!皆さんお疲れ様!
後は名前とアイコンをお借りした、上様ことreasonさん有り難う!」
『鴨』初心者 「ではまた後日!」
アンデルセン 「いやぁ、そういう考えはあるぞ?というか私はそれの反対の意図で
『死んだ村人への義理を果たす』という行動条件?目標?指標か
まぁ、そんなのを基準に動いてる 何時だったか、話しただろう?
『死んだ村、吊った村への義理を果たさないと死ねない』と
>三浦」
玉子宏 「と、じゃあ俺落ちるわ。楽しかったぜ。ばいびー」
如月千早 「違います、違います!
こう、先に言われていたことに気づいてそのまま放置してた文を更新とともに送信してしまって!!>アンデルセンさん」
徳川吉宗 「待ってwwwwwww
別に鴨アイコンは俺のじゃないからね?wwwwwww>鴨」
三浦あずさ 「変な発言は村でも吊るわ~
それで負けたら人外が強かったのよ~>将軍様」
アンデルセン 「課題は目下別の事でな HAHAHA>玉子」
徳川吉宗 「落ちる下郎共はお疲れであった。また会おうぞ」
三浦あずさ 「そういう意味で私ローラーされようかなって思ったんだけど
よく考えたら柱する意味もなかったのよねぇ>アンデルセンさん」
アンデルセン 「ほれほれ、もう一度いっても構わんのだよ?チラッチラッ>如月」
アンデルセン 「まぁ、正しいかどうかは結果論だが、それも戦略だからなぁとは思う>三浦」
如月千早 「うーん、一応別のことを思いつきましたが・・・ww>アンデルセンさん」
徳川吉宗 「村と潜伏狼とのチキンレース。
変な発言しないよう、ぎこちなくなると更に怪しく見られてしまうしなー>あずさ殿
うむ、やはり面白い。」
星井美希 「最悪遊ぶのが正解だって美希思うな!>アンデルセン」
三浦あずさ 「アンデルセンさんはずしてたからまぁ、吊られてもよいかなぁって
公平には見られないでしょうしねぇ>アンデルセンさん」
水瀬伊織 「あずさは、その、自覚が無いみたいだから気を付けた方がいいわよ
色々ご褒美になってるから・・・(笑)

・・・あ、でも誰も別に損してないし、いいのかしら・・・?」
三浦あずさ 「私は怪しいなら狩人でも吊ってしまえって思うしねぇ>将軍様」
徳川吉宗 「余は霊界で遊んでたがな! ガハハ!>美希」
星井美希 「美希はアンデルセンもあずさもあんまり見てなかったの。
正直チャゲ吊りたいなーって。」
三浦あずさ 「ご褒美って言われても……?>伊織ちゃん」
徳川吉宗 「うむ。誰もが笑顔。これは素晴らしい事だ>いおりん」
如月千早 「・・・予め言っておきますが私はこういう解説とか発想がそもそもずれていることを前提に!」
水瀬伊織 「美希はかなり実力者だと思うなー
少なくとも私よりは上な感じっていうか・・・///

もっとも、ほとんどの方は私より実力ある気がするけどもね
ほんと皆レベル高いっていうか・・・今日も共有じゃなかったらどこまでいったかなぁ、うーん」
如月千早 「そうですね、アンデルセンさんの叩き方として思ったのが「自分の考えた推理に意義を唱えた相手を攻撃する」点ですね」
初心者
アンデルセン 「全部頼む >如月

いやはや、私も遊んでいるぞ?w私は不真面目だからなw
その上で『気分よく死にたい』のだ 究極的にな>星井

まぁ、ずれてる私に非があるのだから仕方ない
三浦が人外でそれで勝ったらそれは三浦が上手かった
むしろ取り入れるべき戦術だ
そう思っていたからまぁ、そこまで悪い気分じゃない>三浦」
星井美希 「美希、初手銃殺だった時点で、
千早―美希―伊織の3人で発言稼ぎする予定しかなかったしね。
……まぁ、まさか修羅場になるのは予想してなかったけど」
如月千早 「そして「その推理をする上でどれくらいその推理が状況で補強されているか」が少し弱いかな、と」
三浦あずさ 「私は狼だとあそこまで喋れないわねぇ>アンデルセンさん」
アンデルセン 「あー・・・そう、見えたのならばそうなのであろうなぁ・・・
いやはや、耳が痛い>如月」
初心者 「「アッタマ来た。何だろ! あれは!」
「今日だけは負けられなかった。村の参加者にはガッカリした」

こういって狐で勝つ…うん、これは畜生だわ………」
徳川吉宗 「それは、やはり吊られる狩人が悪いんだぜグヘヘという感じだろうか>あずさ殿」
アンデルセン 「それはとても実感する>『補強の少なさ』>如月」
如月千早 「今回のパターンですが「この遅い霊能を吊ろう」という発言がまずありましたよね」
徳川吉宗 「いきなりどうしたね初心者殿」
アンデルセン 「私はステルスを決める自信があるな>三浦」
初心者 「いや、狐希望してたから遺言の前振りとして書いてたのを見返してみたら
…書かなくてよかったなぁってw>吉宗」
アンデルセン 「うむうむ」
如月千早 「確かに乗っとりはありえました、この時点での主張は問題ないと考えます。」
如月千早 「しかしそれが共有だった時に・・・そうですね・・」
徳川吉宗 「なんと狐希望であったか。
では余はヌシの希望をぶん取った上、初日銃殺されたわけか。
なんという運命>初心者殿」
玉子宏 「人外で目立ってるやつがいる時がいるときはたいてい真占いがいない時か
身内票してる時じゃないかなと個人的に思う。」
水瀬伊織 「ま・・・そうね、あずさはそんな
天然なところが良い所なんだろうし・・・>吉宗、あずさ

・・・べ、べつに吉宗が羨ましいとかって訳じゃないんだからねっ///」
初心者 「初日銃殺はまだ未経験なんですよねー(うごごごごごご>吉宗」
徳川吉宗 「ふはは、いおりんもあずさ殿に撫でてもらえばよかろう。>いおりん

ほれ、あずさ殿。伊織が頭を撫でてほしいそうだ。よければこう、ぐりぐりと
かましてやってはくれまいか>あずさ殿」
三浦あずさ 「喋ろうとして視点漏れするわぁ~>アンデルセンさん」
玉子宏 「あ、ただいま。三ツ矢サイダーを飲みながら用事を済まして俺参上。」
如月千早 「前提を取り下げないと表現すべきでしょうか・・・なんといいますかえーと」
初心者 「まぁ村から消える前には初日銃殺は体験しておきたいものですね(真面目な話
星井美希 「柔軟性がない、とか?>千早さん」
徳川吉宗 「なんと……!
楽しいぞ? 思わず大文字で暴れ回るぐらいには>初心者殿
というかこれで初日銃殺2回目なんだがうごごごごご」
アンデルセン 「よくあるよくある>三浦」
水瀬伊織 「こう、千早と美希がいい雰囲気(?)っぽくて、
私、(昨日もそうだったけど)やっぱ遠慮しちゃうのよね、
仲良しの二人に割り込んだり入っていくとか、ね///>美希」
徳川吉宗 「狐希望しつつ、誰彼かまわずに開始前に絡むのが初日銃殺のコツではある>初心者殿」
三浦あずさ 「えっと……私そういうふうにするのはちょっと~……>将軍様 伊織ちゃん」
アンデルセン 「あぁ、なんというか あれか
『人外だったのならば、吊るべきだけど』
『撤回で共有なら納得だわ うんうん』
で、済ませれるレベルであったと >如月」
玉子宏 「銃殺はいいものだよ…あの無念さがたまらない。それが欲しくて参加するけど
大抵吊られるか生存だったりする俺」
星井美希 「今日の美希的には
◇星井美希(72)  「そ、そうだ。
美希と千早さんとデコちゃんの3人でユニット組んで付き合っちゃえば良いんじゃないかな!
そうすれば全部解決……しない?」>デコちゃん」
徳川吉宗 「視点漏れとか日常茶飯事ですな(ドヤァ」
三浦あずさ 「そのうち狼でもってやりたいわねぇ>アンデルセンさん」
水瀬伊織 「あうう・・・吉宗はありがと、でもいいのよ、
私、今回は特に褒められたりご褒美もらうような事なかったのだもの>吉宗、あずさ」
玉子宏 「この前はついに俺ほとんど仕事してねぇのに完全に展開で勝ったし>狐」
アンデルセン 「俺は村人が好きだよ・・・ふふっ・・・久々すぎてぶっちぎったが>三浦
初心者 「なるほど…>吉宗」
徳川吉宗 「全てがそこに集約するであろうな。
こだわる必要もなければ、後に尾を引く理由も無し。
軽く、「おっと撤回共有か。なら霊初日だねー」 これでよかろう>アンデルセン殿」
三浦あずさ 「今日はちょっとマジメにしようかと思って村人希望にしたのよねぇ~>アンデルセンさん
殴るのって難しいわねぇ」
如月千早 「そうですね、終わった事項に関して触れ続けていると「今の状態はどうでもいいのか、なら吊ってもいいんじゃないかな」という思考は少なからず生まれてくるものだと思います>アンデルセンさん」
玉子宏 「まあ難しいよなあ。霊能偽って。俺も霊能偽を四日目くらいまでずっと言い続けて
吊られたことあったし。霊能偽に言及できるのは初日と最終日だけらしいぜ。」
徳川吉宗 「誰が占いになるのかわからんのがアレだし、初日位置占いする人もいるからな。
確実ではないが、初日銃殺の確率は多少上がるはず>初心者殿」
アンデルセン 「基本的に私は止まらないし止まれない
まぁあと、言い方に少しばかり気になったものがあったのも事実だ>徳川鴨」
水瀬伊織 「でもほら、千早は美希一筋っぽかったっていうか・・・///
・・・あ、千早や美希が悪いって言ってる訳じゃなくて、
私がうまく対応できなかったっていうか・・・つまりやっぱりスランプ気味なのよね~
お昼はあんまり絡みに行けなくて、寂しい思いさせちゃってたらごめんね>美希」
如月千早 「その主張の背後に何があるかを見ていければ多分強力になれるというか・・・
やはり私は解説とかはやめたほうがいいですねwww」
星井美希 「んや、一応タイミングは3つだね。
初日、最終日、●2個出したタイミング
最後のはどっちかっていうとケア吊り示唆だけど>玉子」
徳川吉宗 「だからこそ霊能乗っ取りは脅威なのよな>タメィゴゥ

いつまでも噛まれない。そして推理の軸が霊能軸。うむ、これは恐ろしい」
アンデルセン 「ふむ そこか・・・いや、疑問に答える形で永遠続く場合でも
流すのはいかんと思っているのだが うむ 並列してやるべきだったな>如月」
星井美希 「デコちゃんはそんな受け身っぽいところが良いんじゃないかな!
昨日のやよいみたいなこう、ぐいぐい来るのも良いけど!>デコちゃん」
玉子宏 「ああ、ケア吊りあったなあそういえば、忘れてた忘れてた>星井」
アンデルセン 「なるほど ふむ 発言の裏の意図を読めとはレベルが高すぎて
目から血が出てきた>如月

みんなそんなこと考えてるとか脳味噌1つじゃないだろおい」
徳川吉宗 「ふむ、なるほど。やはり人狼は難しいものよ。
なればこそ面白いのがまたアレなのだが>アンデルセン殿」
如月千早 「難しいですね、私も修行中の身でして・・・
まだまだ足場がありませんから、しっかりそこを固めなければ。」
徳川吉宗 「誰の意見であっても、咀嚼し糧にするのはその者自身よ>千早殿

そう自分を卑下するでない。こういう議論は意見があればあるほどよいのだ」
水瀬伊織 「そうかな・・・?///>美希
今日はありがとう、それじゃあ私はそろそろ・・・おやすみなさい」
アンデルセン 「まぁあと、個人的には初日だけだな 霊釣りは
だから、初日で吊れなかったら結果無視で吊りに行ってる」
如月千早 「ああいえ、そうではなくて主張の骨格ですね
何故その主張が成り立つのか(メリットとデメリットなど)を意識できればな、と!>アンデルセンさん」
如月千早 「しかし苦手なものは苦手でして・・・っ>徳川さん」
アンデルセン 「あーなるほど、そういうことか・・・
優先度を持って話をすれば、おのずとそれはっていうことか
ふむふむ >如月」
星井美希 「うん、おやすみデコちゃん。
美希すっごく楽しかったよ!」
徳川吉宗 「いおりんはお疲れ様よ」
玉子宏 「「事実1」により○○がこうなる以上「事実2」を合わせると○○が怪しい。
故に○○を吊りたい。みたいな。
「霊能が噛まれた以上」占いは信用勝負になるから「占い師が全員噛まれてない以上」
囲われているだろう。故に囲われ濃厚な○○をロックオン、みたいな。
主張に絶対的事実を混ぜれば、まあ、強いんじゃね?的な。
で、できたらリスクとリスク以上のメリットを言えばいいんじゃね。
俺そんなんできねぇけど」
如月千早 「同時に純粋に霊を吊りたい、となった時にその骨格部分を提示できれば村からの信用も得やす・・・いのかどうかは私ではわかりません(キリリ」
徳川吉宗 「苦手を克服するのもまた一興。
これを機に歯に衣着せずに意見を言うのもよいのではないか?>千早殿」
アンデルセン 「ガイア教の私に考えるなどと言う崇高なことができようか>玉子
難しい 難しいぞ そこまであんまり考えないしな>玉子」
玉子宏 「やった…俺にも長文ができるんだね…!三行以上が苦行な俺でもできたよ!
やったね!」
徳川吉宗 「なにそれ頭パンクするわ>タメィゴゥ」
三浦あずさ 「さて、私はもう話題なさそうだし落ちるわね~
おやすみなさ~い」
徳川吉宗 「あずさ殿マジあずさ殿。お疲れ様で御座いますぞ」
如月千早 「あずささんお疲れ様でした。」
アンデルセン 「私も落ちよう 全然上達してる気がしないCO
ではおやすみなさい 意見をくれた人はありがとう
活かしたいけど、努力するけど・・・グヘェア」
アンデルセン 「ありがとうー感謝するぞー>三浦」
如月千早 「やはりこのゲームは難しいですね。私の目標は果たして達成できるのでしょうか・・・www」
玉子宏 「安心しろ。俺もできねぇから。その証拠にテキトー臭が溢れてる>吉宗>アンデルセン」
徳川吉宗 「うむ。アンデルセンはお疲れ様だ」
徳川吉宗 「うむ。人生何事も適当が一番よ。
人狼もあれだ、適当に遊んでりゃそのうち強くなるさ 」
徳川吉宗 「余はそう信じてる! そして決闘建ってる!」
玉子宏 「まあ、ノリと勢い十割でなんとかなるものでもあるし。
緻密な推理でなんとかならないものでもある。
だから俺は人狼が好きです。」
徳川吉宗 「というわけで余も落ちるとしよう。

今日もまた楽しい村であった。全然疲れてない。何これ不思議」
徳川吉宗 「ではまた会おうぞ皆の衆! ハイヨォーー!!」
玉子宏 「あ、俺もホントーにお疲れ。じゃにー」
如月千早 「そうですね、私も人狼のこの「危うさ」といいますか。
そういう部分が好きなのかもしれません・・・www>玉子さん」
如月千早 「では、皆さんお疲れ様でした!」