←戻る
【劇場87】劇場公演 土曜の部村 [102番地]
~初心者もそうじゃない方も歓迎です~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5
icon GMあずさ
(生存中)
icon 少佐
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 神崎蘭子
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
icon 玖渚友
(生存中)
icon 鬼ヶ島羅刹
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon ミスト
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
村作成:2012/07/14 (Sat) 22:00:39
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/」
GM 「【ルールを知りたい方へ】
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
(左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「【貴音鯖特有の注意事項】

1―狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定メッセージは出ません。

2―夜の共有の「ひそひそ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません。

3―遺言は前日にしか書けないので、温めているネタは今のうちに仕込んで下さいね。

4―夜の超過時間後でも、「共有」は相談できるようになりました!
(人狼は自動で独り言に切り替わるので相談できません)

(特記事項)

1―夜が明けてから15秒の間、発言が行えません。
(オプション:早朝待機制がオンの村のみ。今回もオンにしてます。)」
GM 「今日も22時30分まで様子見でいきますね!」
少佐 さんが入場しました
高槻やよい さんが入場しました
少佐 「諸君 私は、人狼が 好きだ」
高槻やよい 「か、鴨さんに負けちゃいました……」
少佐 「諸君 私は、人狼が 大好きだ」
少佐 「グレラン戦が好きだ指定戦が好きだライン戦が好きだ」
GM 「少佐どの、いらっしゃいませ!
やよいちゃんも、いらっしゃい。」
少佐 「○圧殺が好きだ初手銃殺が好きだストレート勝ちが好きだ」
少佐 「狐に負けるのは、とてもとても悲しいものだ・・・」
少佐 「占い1COで負けるのは屈辱の極みだ・・・!」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → GMあずさ
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 549 (三浦あずさ06)」
少佐 「と言う訳で、よろしく頼むぞ?支配人 
かわいらしい御嬢さんも、だ」
GMあずさ 「なんとなく変身♪
少佐さん、あらぶってるわね~?」
高槻やよい 「あ、はいっ、よろしくお願いしまーす!」
少佐 「久々に満足いく戦いが出来てな 今日は機嫌が良い
こんな日は、日が変わるその瞬間まで、暴れていたいのだ>支配人」
GMあずさ 「暑さを吹き飛ばすくらい暴れてくれると、村を建てた私の身としても嬉しいわね。
よろしくおねがいしますね?>少佐さん」
高槻やよい 「暴れすぎて吊られちゃわないよーに頑張ってください!」
少佐 「安心したまえ 我々は 少なくとも私は
『闘争の本質』に従って、戦うつもりだ
勝敗は約束できんが、満足させることは約束しよう>支配人」
神崎蘭子 さんが入場しました
少佐 「初手吊られなければ、その後は全力の全力だ
初日は精一杯遊ばせて頂く>やよい嬢」
神崎蘭子 「闇に飲まれよ!(お疲れ様です!)」
高槻やよい 「じゃあ頑張って吊られちゃってください!>少佐」
四条貴音 さんが入場しました
GMあずさ 「鴨って美味しそうで少し吊りたくなっちゃうけど、この少佐さんは一味違いそうね?」
神崎蘭子 「大いなる契約に従い、この世界に我、降り立たん
(ええと、きちゃいまた♪みなさんよろしくおねがいしますね♪)」
GMあずさ 「蘭子ちゃん、いらっしゃい。
今日も暑そうな格好ねぇ?」
四条貴音 「ふむ、皆様宜しくお願い致します」
少佐 「努力して吊られるのは・・・いやはや・・・怖いばかりだ>やよい嬢
まぁ、初日は楽しんでほしい 少しばかり『仕込んだ』>支配人」
GMあずさ 「貴音ちゃんもいらっしゃい。涼しそうな人が来てなによりだわ~」
神崎蘭子 「太陽の如く明るき少女よ、太陽の光にかくれ成長せし罪草はおおいなる東の約束の地にて放たれん
(あ、やよいさんこんばんは、もやしの特売だったらあそこのスーパーでやってましたよ?)」
GMあずさ 「あらあら、楽しみにしてるわね?>『仕込んだ』
でも、あんまりやりすぎると、うちのアイドルさんたちが全力で吊りに来るから気をつけてくださいね?」
四条貴音 「涼しそう、ですか?
しかしあずさも私と同じ「くぅる」ではありませんか。」
神崎蘭子 「遊戯の守護者よ、私が来たからにはこの世界もまた破壊と混沌の渦に飲み込まれるでしょう
(あははー。あずささんもGMお疲れ様です。楽しんで行きましょうね~♪)」
GMあずさ 「私は暖かい感じと言われるわよ?だから夏にはちょっと向いてないような気がするわ~
貴音ちゃんは佇まいがいつも涼しげで、風鈴を見ているようだわ。」
少佐 「目指せ50発言と言う訳だな>支配人」
四条貴音 「そういえば神崎蘭子も「くぅる」でしたか。
・・・はて、この三人に共通する要素とは・・・・?」
玖渚友 さんが入場しました
GMあずさ 「混沌・・・?よくわからないけど、楽しんでくれてそうで嬉しいわ~、蘭子ちゃん。
玖渚友 「……うにー」
少佐 「ふむ なんともかわいらしい御嬢さんだ
キャンディはいるかね?>玖渚友」
玖渚友 「僕様ちゃんは退屈だよ。すっごく退屈だよ。わくわくしたいよ。」
神崎蘭子 「私が「涼やかなる者」……その宿命は白銀の王女、あなたとは比べることもなく、そして禁断の双丘をもちしものともまた比べることは、ない
(え?クール……ですか?やだなぁ……私なんて貴音さんやあずささんにくらべべたら、まだまだですよぅ///)」
四条貴音 「なるほど。
しかし私はあずさのほうが羨ましく感じますね。
その包容力は私にはありません>あずさ」
玖渚友 「何味かによるね。どんなのが好きか当ててみてよ>少佐」
GMあずさ 「玖渚友ちゃんいらっしゃい。退屈ならみんなでたのしみましょう?」
少佐 「なに、安心した前 我々は戦争が始まる前夜に立っている
すぐに楽しい戦争になるぞ くはっはっはっはっ!」
神崎蘭子 「ククク……また暗黒を知らぬ哀れなる子羊が一匹
(友さんこんばんは!わぁ……すごい可愛い!)」
少佐 「レモン味・・・ではどうかね?分からないなぁ・・・
ただ、私のポケットにはオレンジにミルク、ココア味のキャンディーもある
好きなのを好きなだけ取っていきたまえ>友嬢」
GMあずさ 「50発言は、もう鴨鍋にしてくれと言っているようなものねぇ~?
これだけ強そうな鴨さんがどんな味かは興味ありますけど。>少佐さん」
玖渚友 「うんうん、大勢でわいわいするのはふたりっきりとは違う趣があるからね>あずさ
地獄という地獄を地獄することを許すよ>少佐
僕様ちゃんは蒼色可愛いだなんて…わかってるじゃないか>神崎」
少佐 「まぁ、流石にある程度まとめて発言はすることを約束する
しかし、言わないと締まらないというのもあるのだよ>支配人」
神崎蘭子 「ふふ……「死線の蒼」……あなたもまた、「選ばれた」1人……
(うん!友ちゃんってとっても綺麗な青色で、すごい可愛いと思う!)」
四条貴音 「50発言ですか。
私の知る限りこの劇場における最高発言数は42・・・記録更新、楽しみにしております」
玖渚友 「正解はブドウ味でしたー。でもミルクもココアも好きだから貰うね>少佐」
GMあずさ 「(双丘・・・?)よく分からないけど、謙遜してるのよね?
蘭子ちゃんは可愛いし(若いし)、魅力的だと思うわよ?」
鬼ヶ島羅刹 さんが入場しました
鬼ヶ島羅刹 「よう、よろしくな」
少佐 「まぁ、期待はするな すべての戯言を1行ずつ言えばそんなのは軽く超えるが
それは『戦いにふさわしくない』>四条」
玖渚友 「そんなあなたも衣装と口調も超イかしてるぜ?>神崎」
少佐 「好きなだけ取っていきたまえ ただし、歯磨きは忘れんようにな?>友嬢」
GMあずさ 「私は貴音ちゃんの方が羨ましいと思うわねぇ。
それぞれに良いところがあって、自分の良さというものは中々見つけ辛いものなのかもしれないわね?」
神崎蘭子 「ククク……それは私もまた、闇に魅入られた「運命」の「1人」だから……
(え、あずささん……わ、私なんてそんな、可愛いとか、魅力てきとか……あううう///)」
玖渚友 「やだ…この少佐(鴨)意外と家庭的じゃねえかに…>少佐」
GMあずさ 「あらあら、冬馬くんまできてくれたの?いらっしゃい、よろしくね。」
星井美希 さんが入場しました
鬼ヶ島羅刹 「それにしても人がいねぇな。765プロも土曜日だとこんなもんなのか?」
星井美希 「Zzz」
神崎蘭子 「邪悪なる木星……ッ!
(わ、わ、本物の鬼ヶ島……あれ?天ヶ瀬冬馬さんじゃないんですか?)」
ミスト さんが入場しました
GMあずさ 「美希ちゃんいらっしゃい……ってこんなとこで寝てたら夏でも体調崩すわよ~?」
高槻やよい 「美希さんも来たんですね!よろしくお願いします!」
鬼ヶ島羅刹 「……あん?」
四条貴音 「ふむ、鬼ヶ島羅刹ですか。
ついに真名を名乗るようになったと・・・>鬼ヶ島羅刹」
ミスト 「よろしくお願いしますわ」
鬼ヶ島羅刹 「……くそっ!ネームプレートがいじられてやがる!?」
神崎蘭子 「これは我が闇の法衣……すべての力を制御するのに必要なもの……
(ありがと!友ちゃん、この衣装、手作りですっごく時間かかったんだ!)」
少佐 「子供は好きだからな 歪みきった老害どもより呑み込みが早い
銃の撃ち方を教えれば1日で的に当て、1週間でモノにする
子供は好きだよ、友嬢」
星井美希 「美希眠いの……>やよい あずさ」
ミスト 「               _ _
          r ´    ̄ 二= 、
        /  / , r        ヽ
        / , ./ / { ,、 |  |    ヽ
      ノ / ./ /γ', i ヽ.|  |.   i  ',
     ´ー./ .//i/ii. ',|  'i从 j    |   i
        ./冫 i      '    ソ∨  |   |
      ,' イ  ノ ┃   ┃  /  .|   |        というわけでみなさん、カブを食べませんか?
        |  {    _    /   / |  /
       |  ゝ.   ヽ ノ   // / i | ,'
.        V|  >ー-, _  ノソノノ  i.| |
.         | / ,.<  |´く.}/>、  ∧|
          ′ / i〈 ノ/ (  ヽ' .ソ
              /ヘハ》《,'   ´i F ゝ≪》
          /  }ハX     ゝヾ  \ゝ- = ニ7
           /  〈  ii     /  }   \  ̄ ラ
          く    |^^^^^^^^^^ i   |     , イ j`ヽ≧
.          `ト-┤: : : : : : : : :i  ゝ―<ノ '
          ー丿: : : : : : : : :ハ
          〃: : : : : : : : : : :ハ」
GMあずさ 「ミスとさんもいらっしゃい、来てくれてうれしいわ~。」
水瀬伊織 さんが入場しました
四条貴音 「そしてミキにミスト。
ようこそ、私の劇場へ・・」
四条貴音 「伊織、今日も眩しいですね」
鬼ヶ島羅刹 「翔太あたりの仕業か!?ちくしょう……」
神崎蘭子 「金と銀の力がここに今そろうか……
(四条さんと、星井さんが揃うなんて……!)」
高槻やよい 「あ、伊織ちゃんだ。」
玖渚友 「戦争が判断基準だと楽しそうでいいね。子供と大人の違いなんて柔軟か頑固か。
うんうん。僕様ちゃんも物わかりのいいのは好きだよん>少佐」
水瀬伊織 「こんばんは」
ミスト 「カブを食べませんか?」
GMあずさ 「学生がほとんどだから、土日くらいは基本的におやすみにしてるのよ?
今日来てくれた子は、有志ってところね~>冬馬くん」
神崎蘭子 「夜霧にまぎれつつも、この世界を照らし続ける太陽となるか
(ミストさんに、伊織さんよろしくです!)」
水瀬伊織 「ありがとう、貴音
って、どこ見て言ってるのよ!」
渋谷凛 さんが入場しました
GMあずさ 「伊織ちゃん、いらっしゃい。」
渋谷凛 「やっほ、こんばんは。」
水瀬伊織 「よろしくね、やよい」
ミスト 「カブを…」
GMあずさ 「凛ちゃんもいらっしゃい。少しずつ集まってくれて嬉しいわ~」
四条貴音 「その麗しい瞳を見ながらですが?>伊織」
玖渚友 「僕様ちゃんの衣装はワンピ一枚に男物のマントだからなあ。
赤色さんにメイド服は着せたことあるけど。
そういうのって似合わないと思うんだよねえ>蘭子」
星井美希 「ん?金と銀?チョコボール?>蘭子」
水瀬伊織 「蘭子もあずさもよろしく
美希は・・・寝てるのね」
GMあずさ 「か、カブ?どんな調理方法がいいかしら?>ミストちゃん」
四条貴音 「かぶですか。
どのような調理をなされるのです?「酢漬け」でしょうか>ミスト」
玖渚友 「おっと、みんないらっしゃーい。えーとあれだ。
遠慮はするな誰にはばかることもない。 我々は美しい世界に誇れ。
ここは死線の寝室だ、存分に乱れろ死線が許す。 」
鬼ヶ島羅刹 「しかしそれにしても……女ばっかじゃねぇか、くそっやりにくい……
よくわかんねー鴨もいるけどよ」
神崎蘭子 「我が世界は無限の広がりをみせ、その世界においてあなたもまた、あなたの物語を紡いで無限の広がりを見えることになるの
(そんなことないよ、きっと友ちゃんだったらメイド服だって似合っちゃうんじゃないかな?)」
ミスト 「はい!まず、カブと言ったら漬物がおいしいんですよ!」
四条貴音 「ちょこぼうる?
ああ、えんぜるですか>美希」
玖渚友 「やべえ蒼モードになるのも面倒くせえ。だりぃ。」
星井美希 「美希はキャラメルが好きかな>貴音」
GMあずさ 「30分ね~?いつものことだけど、もう少し待ってもいいかしら?」
神崎蘭子 「(……友ちゃんのそれカッコイイなぁ。メモして今度プロデューサーの前でつかお……)」
星井美希 「Zzz」
少佐 「鴨ではない 私の階級は少佐だ 今は大隊指揮官でもあるがね」
星井美希 「任せるの……」
渋谷凛 「夜中に美味しそうな話題をするのはやめた方がいいんじゃないかな。
間食欲が捗る意味で。」
ミスト 「カブは一見ダイコンに近いよう見えますけど
実は煮込むとすぐ煮崩れしちゃうんです」
高槻やよい 「はーい!」
少佐 「無論、埋まるまで待つのもやぶさかではないぞ>支配人」
神崎蘭子 「ククク・・・・・我が時間(とき)は無限よ
(かまわないですよーあすささん)」
玖渚友 「そうかなあ?いーちゃんめろめろになってくれるかなあ。
いーちゃんメイドと下ジーンズオンリーな好きな人なんだ…>蘭子」
渋谷凛 「あ、うん、わたしはそれでいいよ>あずさGM」
玖渚友 「あ、待つくらいはいいよー。だるだるしてっから」
ミスト 「待つのぐらい何ともないですよー」
GMあずさ 「分かったわ~、もう45分で足りなかったら私が補充要因になってすぐはじめるわね~?」
水瀬伊織 「ま、準備だけはしておくわ」
鬼ヶ島羅刹 「待っても別に俺は構わねーけどな、一応締め切りくらいは決めておいてくれ」
四条貴音 「ふむ、私はどのような形でも美味しくいただけるのでミストの好きな調理法を行い私に出していただければ・・・>ミスト」
ミスト 「だから煮物に使うとしたらあんまり煮込まないシチューとか
味噌汁などにいれるとおいしいですよ」
少佐 「頼むから埋まってくれよ・・・?くっくっく
戦争は大人数の方が楽しい」
渋谷凛 「あと、よければわたしもカブいただけるかな>ミスト
調理法はお任せするから。」
GMあずさ 「へぇ、ミストちゃんは物知りなのね?
カブって煮込み料理には向いてないのはしらなかったわ~」
玖渚友 「うにーうにー(ごろごろ)」
星井美希 「11人なら補充とか考えなくても良いんじゃないかなって美希思うかな」
GMあずさ 「そうね~、できれば埋まってくれると嬉しいわよね~?>少佐」
星井美希 「カブねぇ。美希大根のほうが良いの。」
ミスト 「やっぱり漬物がおいしいですね>四条さん
カブと言ったら漬物。漬物と言ったらカブみたいなものですから」
GMあずさ 「45分まで誰もいなかったら11人はちょうどいいしそうするつもりよ?>美希ちゃん」
少佐 「まぁ、こればっかりはどうにもならん
露助の国では兵士が畑が取れたらしいがね>支配人」
星井美希 「漬物もたくあんは大根だと思うけど>ミスト

ん、ならそれで良いかな。降りてきても楽しいかもだけどね>あずさ」
水瀬伊織 「とろとろになるまで煮込んだカブも、それはそれで美味しいわよ」
高槻やよい 「まあ、45分での人数を見て考えれば良いとおもいますー!」
四条貴音 「ふむ、ミスト殿は大根に関しては・・・ミスト?なにやら面妖な表情をしておられますが・・・?>ミスト」
玖渚友 「スツーカの彼よりかは森の殺戮妖精(雪)のほうが好きだなあ。
なんとなく。」
渋谷凛 「11と12は、吊り数が一つ違うからまた違うゲームになるんだよね。
どちらがいいかは一概には言えないけど、そこら辺もあずさGMに任せるってことで。」
GMあずさ 「どういうことなの~?ロシアは怖いところね~
私が(迷って)行った時は良い人ばかりだったのだけれど>少佐さん
渋谷凛 「もっとも、このまま誰も来ないってこともあんまりなさそうではあるけどさ。」
高槻やよい 「んー……微妙なところかなーって。
真紅鯖見ると、並立すごいから……」
四条貴音 「ただし13だけは地獄ですね。
人外の勝つ要素がまるで見当たらなく・・・」
ミスト 「まあ、私もタクワン好きですけどねw>星井さん」
少佐 「まぁ、すでに化石となった時代の話だ
今を生きればそれよし、というやつだ>支配人」
水瀬伊織 「どうやったら「名古屋に行くつもりがロシアに着いちゃって~」ってなるのかしらねえ>あずさ」
玖渚友 「漬物だったらきゅうりが一番好きだなぁ。そういや最近食べてない。
ずっとノリか納豆でご飯食べてるや。」
少佐 「微妙なところだな 一番早く終わるのは早苗と言った所か
しかし初心者村と普通が並列とは・・・愉快なことだ」
星井美希 「ぽりぽりと食べるの。
おうどんとかと一緒に出てきたら嬉しいね>ミスト」
星井美希 「蘭子はどう?たくあん好き?」
渋谷凛 「見える範囲で、真紅に2、雛苺に1、早苗に1かな>やよい
休日効果ってやつなんだろうけど、それならそれでもう少し見込めそうだよね。」
GMあずさ 「そうなのよねぇ、村の時間を土曜日だけずらすことも検討すべきかしらね?他鯖からも沢山きてくれてるわけだし>少佐さん」
少佐 「そして初心者村が誰も入っていない なんとまぁ
悲しい時代になったものだ・・・」
ミスト 「たくわんはそばと一緒に食べるのが好きでしたねー
そばの汁のちょっとした脂っこさをたくわんが上手に消してくれます」
玖渚友 「色々ずれこんだからねぇ。ちょっとごちゃって先に普通村が建って
いっきに流れ込んじゃったんだに>少佐」
GMあずさ 「ナゴヤもロシアも3文字だからつい…>伊織ちゃん」
高槻やよい 「初心者村は、時間がずれちゃったからじゃないかなぁ……」
ミスト 「あら?初心者村は建たないと思ったのですけど
建ったんですね」
少佐 「私は昨日10時から30分粘ってようやく
『・・・村が立つわけがない 先日言っていたではないか』
と思いだし、泣いた>支配人」
高槻やよい 「45分です!」
四条貴音 「その調子ではそのうち「どせい」などにもいってしまうのでは・・・>あずさ」
少佐 「まぁ、仕方あるまいて、GMとて人間 そこを突くのは好きになれん」
鬼ヶ島羅刹 「まあ色々タイミングが悪いんだろうさ。
たまにはこんな事もあるんじゃねーのか?」
少佐 「モニターの前の諸君 今ならまだ間に合う 参加したまえ」
GMあずさ 「開始しましょうかしら?あんまり待つのも大変でしょう?」
神崎蘭子 「……ククク、ついに時、きたれり!
(時間ですね、よろしくおねがいします!)」
玖渚友 「…まあ仕方ないのかにい。」
四条貴音 「しかし11人なら上々でしょう。
贅沢は敵ですよ。」
GMあずさ 「少佐さんの言う通り、入ってくれてもうれしいわよ!」
高槻やよい 「んと、いつもの方がいなくて、代理村建てっぽいですしね。
色々しょうがない部分が多いんだと思います!」
水瀬伊織 「ぜんざいに漬物がついてくると嬉しいわね
いい箸休めになるし」
ミスト 「少人数もそれはそれで楽しいですからね」
GMあずさ 「先に、「かせい」の方がいいかしらね?
まだ生き物がいそうですし~>貴音ちゃん」
高槻やよい 「11人ですねー、伊織ちゃんと生き残れるように頑張っちゃいます!」
水瀬伊織 「ナゴヤってカタカナで書くと、ナゴヤ球場を思い出すわね>あずさ」
鬼ヶ島羅刹 「……渋谷はいるのか?これ」
鬼ヶ島羅刹 「ああ、いたか」
渋谷凛 「……っと、開始か。ごめんごめん。

ちょっと目を離してた>羅刹」
GMあずさ 「こういう時期もあるわよ~?
しょうがないわ、11人村もたのしいものよ~。」
少佐 「全員の投票を確認した 諸君、遺言は書いたかね?」
星井美希 「ふわぁ……」
少佐 「さぁ、戦争の開始だ・・・楽しい 楽しいぞアーカード・・・!」
四条貴音 「懐かしいですね、ナゴヤ球場。
・・・いえ、私はよく存じませんが>伊織」
鬼ヶ島羅刹 「書いてねーが問題ねー。
俺は死なねえからな」
少佐 「総兵力3万」
ミスト 「…一瞬渋谷とはなんなんでしょう?と思いました」
水瀬伊織 「この伊織ちゃんがいれば安心よ
今日もバッチリ完璧だもの!>やよい」
GMあずさ 「少佐さんよろしくね~?」
少佐 「総兵力2万」
少佐 「総兵力1万」
高槻やよい 「えへへ、うん、だよねー>伊織ちゃん」
少佐 「兵が居ない?私と君で十分ではないか・・・開始」
ゲーム開始:2012/07/14 (Sat) 22:48:50
出現役職:村人5 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
水瀬伊織 「にひひっ、よろしくね」
水瀬伊織 「で、どうしようかしら?」
四条貴音 「ふむ、伊織。
よろしくおねがいいたします。」
水瀬伊織 「やよいと別れちゃったのがちょっと残念ね・・・」
四条貴音 「まぁ11人なら全潜伏が最安全策でしょう。
占いが1COなら私が霊能ででてカバーする程度で。」
水瀬伊織 「潜って勝負する?
いちおうカウンター用意しておくくらいにして」
四条貴音 「狂人であることを祈りましょう>伊織」
四条貴音 「・・・ふむ、伊織は私では不服であると?」
水瀬伊織 「●が出たら、出たほうが霊能で出る
そうでなければ 貴音が霊能に出るかもしれない
 
こんな感じでどうかしら?」
四条貴音 「・・・では
あなたの知らない恍惚を与えましょう・・・ふふ・・・」
四条貴音 「では、そのとおりに。」
水瀬伊織 「不服じゃないわ
貴音なら伊織ちゃんとのコンビも安心して任せられるもの」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GMあずさ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMあずささんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
星井美希 「おっはよ~
ぱちっとお目覚め、美希だよ。
役職の人はCOお願いね。
11人なら●とか出てても出たほうが良い気がするの。」
鬼ヶ島羅刹 「おはよーさん。
それじゃ役職はCOしとけ」
四条貴音 「皆様、おはようございます。
よき勝負になるように・・・各自最善を。」
少佐 「私と共にある村人戦友諸君
君たちはいったい何を望んでいる?更なるグレランを望むか?
嵐のような地獄のような情け容赦のないグレランを望むか?
勇猛無比の限りを尽くし震えきった狐を殺す様なグレランを望むか?」
水瀬伊織 「おはよう、今日もいい朝ね」
ミスト 「カブ君が教えてくれました

美希さんは○ですよー」
玖渚友 「玖渚友が占いCO 神崎蘭子は○」
神崎蘭子 「煩わしい太陽ね
(みんな、おはよう!)

邪悪をみつけせしものよ、古の盟約に従い私の前に姿を表しなさい
(それじゃ、占いさんはCOお願いしますね!)」
渋谷凛 「おはよ。占い師はCO頼めるかな。」
少佐 「我々は渾身の力をこめて化外を吊らんとする『鬼』だ
だが同志を食われ占い師が食われれ化外の蹂躙に堪え続けてきた
我々にただのグレランではもはや足りない!!
高槻やよい 「おはようございまーす。」
鬼ヶ島羅刹 「それじゃ霊能COだ」
ミスト 「占い理由
たなり占いですね
それに絡んできてくれましたし
最初に占うのはこの人からにします」
玖渚友 「理由。
衣装とか口調とか容姿とかなんかこうヒット。
死線の蒼的な意味で
故にレッツ中身オープン」
少佐 「我らはわずかに一個小隊 二十に満たぬ村人に過ぎない
だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している
ならば我らは諸君と私で総兵力一〇〇万と一匹の軍集団となる!」
星井美希 「あれ、占われちゃったの」
少佐 「我々を汚らしい腹にへと追いやり安堵している連中を吊り殺そう
その首に縄を掛け眼を開けさせ思い出させよう
連中に村人の力をを思い出させてやる」
ミスト 「あー、隣り占いですね」
水瀬伊織 「占い2で、両方とも○ね
それじゃサクっと霊能も出ちゃいなさい」
神崎蘭子 「ククク……我、暗黒よりタチて白き翼をえん!
(あっ!私に○くれてる!)」
四条貴音 「ふむ。
占い2まで確認いたしました。
11人なら真狂でしょう。」
少佐 「連中に我々の羽ばたく音を思い出させてやる !」
高槻やよい 「ふつーに2-1ってところですねー
グレランがんばりましょー」
星井美希 「鬼が島が男なのに吊れないの!?
これは困ったの」
渋谷凛 「ん、二人と。それじゃ霊能者も……っと、こっちはもう出てたね。
一応聞こうか、対抗いる?」
少佐 「大グレランだ!一心不乱の大グレランだ!」
玖渚友 「ありゃあ。やっぱ対抗出るか。ま、狂人じゃない。2-1ね」
鬼ヶ島羅刹 「つまんねー役職渡されたもんだぜ、まったく」
ミスト 「ちなみにカブ君は」
星井美希 「あはは、蘭子。美希たち二人とも○もらっちゃったね~」
神崎蘭子 「いかとなれば、さぁあわれなる罪人を暴くものよ!
我が前へ!
(じゃあ霊能サンでてくださいね!)」
少佐 「空に霧が立ち込め狼の遠吠えが響いた場所に
奴ら化け物どもの頭では思い至らないことがある事を思い出させてやろう!」
四条貴音 「では本日はぐれらんと相成りますね。
なに、皆を私は信じています。」
高槻やよい 「どうでも良いかもしれませんけど、蘭子さんに○はなんか嬉しいです。
理由は、発言を頑張って欲しいからですね!」
ミスト 「       ,. - ''"´  ̄ `'' .、
     , '"        ヽ、  `ヽ.
    /      i、  , 、ヽ.ヽ.   ',
    ,' ./ / i i ヽ. !_-!''ハ  ',.rァ i
   イ .i i. i-!‐!''":ァi'"`.ゝ!  |´)  |
    i ,ヘ レ'iァヽ!   ゞ-' ,|   |'´ヽ. !
   ノヘレ'iハ^ゞ'      "|   |   ハ
      | !、   ヽフ  ,イ i !ヘ,ヘ,! 〉     ですね
     〈! |ア`''=r‐r '´7 ./ ,'`''ーァV
   r-、「ヽ./!`',.ァ「イ_「ノ、,ヘ/|ハ ̄
  rヽ:::::::::V:::i//7oo_>=7  i. ',
  `ヽ:::::ヽ:!::/7、r//、_「/`ヽ./i ヽ.
     >'" ̄`ヽ.::::/:::/>r<7ハ、_,ゝ
コレ→ iニ ゚д゚  i:::/´   /´
    iヲ、_   r「´ヽ.   ,〈
    `ー>、/i、〉  |__,.イ:::ヽ.
     ,.く:/::::/`r‐'i"ヘ:::ヽ:::::::>、
    / `'ー' l|    'r--'"  ヽ.」
渋谷凛 「いないなら、ひとまず真見でグレランしよっか。
占い師の占い先は任せるよ、それぞれ疑わしいと思ったとこ占えばいいんじゃないかな。」
水瀬伊織 「2-1ね
とりあえず、やよいと一緒にいればなんとかなるわよね、にひひっ」
星井美希 「蘭子蘭子、出てるよ霊能
甘党だよ」
神崎蘭子 「ククク……金色と暗黒は今、昇華して一つとなる……!
(そうですねミキさん!一緒にがんばりましょう!)
高槻やよい 「うん、私たちが一緒にいれば、それで勝てるよ!>伊織ちゃん」
少佐 「占いはおおよそ真狼 どちらとも、様子見をしていた
真狂だとしてそれはない あったとしても辛いのは人外
ならばよし ならばよしだ!」
水瀬伊織 「カブ?それ、カブなの?>ミスト」
四条貴音 「ふむ、それはやよいと伊織は共の存在であると?
羨ましい限りです>伊織」
高槻やよい 「……少佐さん、なんで真狼って思うの?」
星井美希 「まぁ、金も黒も一緒ってことなの。
占いさんは明日には●を出してほしいところかな。」
鬼ヶ島羅刹 「ハッ、俺達にかかればこんな村楽勝、だぜっ!」
水瀬伊織 「蘭子は相変わらず難しいこと言うわね・・・」
神崎蘭子 「我は地をいくもの……その翼は偽りにまみれ……
(は、はわわすみません美希さん!私ってどんくさくって……)」
ミスト 「           _____
         , '"´    `ヽ.
        /  //_/_i _。! ,!ヽ.
        / ゝイl.i ォ-!、ハ!-!ハ,〉
      / / (| l|'ゞ'  lj'i i|
   r-、「〈rヘ./ /| iト、 ー ノ!|i
  rヽ:::::::::V::ヽrヽ!、|>i`7i´、!ヘ!        カブですよー>伊織さん
  `ヽ:::::ヽ:!::/  /´ k、_7-〉7、
    .>'" ̄ヽ. r'--iー<><>i7'i
    iニ゚д゚_.:i/!  ,.'-‐r-、!-、!__r-、
    | ̄ ̄ !//ゝ、  |r'ニ'´ヽ_ンーr'
    L____,.イ iヽ_/ `ーr'ヽ__「r(◎i
   γ,.-─、!、__!_/'"´ ̄` | l |  l|  ブロロー
   !_//´ ̄/ーァ / _i__,.イ| !ハ_r'ァヽー、
    7/ r'"ヽ∠くr'"ヽ.! ∠l /| l´' ̄ゝi
   C-| [二二三_>-'(_'))/ /i」ヽ○ l|::|
( (   ';'ゝ、_____ノ::ノ ̄`'ー-'" ヽゝ、__ ンノ
     `ー--‐"        `''ー‐'"」
渋谷凛 「真狼想定は割と思い切ったね。速度だけの判別はちょっと危険だと思うけど>少佐」
玖渚友 「まじでか。狂人潜ってんのか…>少佐」
少佐 「占い霊能で確実に1真がある 狂狼?ははっ現状考慮にあたいせんな!
だからグレランだ!一心不乱のグレランだ!」
星井美希 「噛みは狼いないんならいきなり占い師どちらかが噛まれててもおかしくはないね。」
水瀬伊織 「あんたもしょっちゅう響と一緒にいるじゃない?
そんな感じよ>貴音」
星井美希 「甘党は多分のこされるんじゃないかなって美希思うなぁ。」
玖渚友 「あーまあそうだねぇ。ぶっちゃけ発言でここだー!ってとこを探すしかねえわけだに。」
渋谷凛 「ま、少なくとも真想定なだけまだマシか。
これで狂狼とか言い出した日には、うん、まぁ。」
水瀬伊織 「そこで颯爽とカブに乗るあたり、なかなかの切れ者ね>ミスト」
高槻やよい 「というかこうー……真狼を示唆できる感じじゃないと思うんだけどなぁ……
真狂の方が普通にありえそうだと思うけど……」
ミスト 「               _ _
          r ´    ̄ 二= 、
        /  / , r        ヽ
        / , ./ / { ,、 |  |    ヽ
      ノ / ./ /γ', i ヽ.|  |.   i  ',
     ´ー./ .//i/ii. ',|  'i从 j    |   i
        ./冫 i      '    ソ∨  |   |
      ,' イ  ノ ┃   ┃  /  .|   |        ちょっと顔がついていろんなことを教えてくれるカブですよー
        |  {    _    /   / |  /
       |  ゝ.   ヽ ノ   // / i | ,'
.        V|  >ー-, _  ノソノノ  i.| |
.         | / ,.<  |´く.}/>、  ∧|
          ′ / i〈 ノ/ (  ヽ' .ソ
              /ヘハ》《,'   ´i F ゝ≪》
          /  }ハX     ゝヾ  \ゝ- = ニ7
           /  〈  ii     /  }   \  ̄ ラ
          く    |^^^^^^^^^^ i   |     , イ j`ヽ≧
.          `ト-┤: : : : : : : : :i  ゝ―<ノ '
          ー丿: : : : : : : : :ハ
          〃: : : : : : : : : : :ハ」
星井美希 「ね、貴音?
貴音はどう思う?
美希の考えあってるかな?」
神崎蘭子 「故に我、いざや一輪の宿命を背負い、邪悪なる狼をあるべきところへかえさん!

(と、とにかくグレランがんばっちゃいましょう!)
少佐 「出方的にはそうであろうと、そういうことだ
無論、真狂を捨てたわけじゃないぞ?
ただ、それならば囲われてなければ噛みきりがある
ならばそれに伴い情報もふえようよ>渋谷」
四条貴音 「・・・真狼は11人村ではあまり聞かぬ展開ですが。
真狂狼-真となった場合の危険があまりにも大きいゆえ>少佐殿」
星井美希 「カブはカレーに入れるのも良いよね
すっきりとした味わいになるの」
水瀬伊織 「甘党・・・どっちかというと夏より冬のほうが甘いもの食べたくなるわよね」
ミスト 「あと一つだけ告白します」
渋谷凛 「まぁね。役職については明日以降にならないとわかんないっていうのには同意>少佐
だから、今日はこの後のグレランに集中すべき。」
玖渚友 「つかアピールポイントってどうすればいんだろう。困るなあ。」
少佐 「少なくとも、私はそう見ている
どちらにせよ、○と占い師に手を付ける必要なんぞ今はないさ>友嬢」
四条貴音 「問題ないでしょう。
さすが美希、いい思考をしていますね>美希」
高槻やよい 「うん、少佐さん、なんとなくだけど、思うんだ。
狼2人だよ?
……騙りに出るには、怖いんじゃないのかなぁ……>少佐さん」
水瀬伊織 「クリームシチューにカブは入れるけど、カレーに入れたことはなかったわね
こんどためしてみようかしら>美希」
神崎蘭子 「ククク……それでは今宵の晩餐の始まりよ……!
(とりあえずお腹すいたので鴨鍋しますね。)」
星井美希 「真狼ならどうするのかな。
狩人を探す?霊能を噛む?
対抗をがぶりもあるかな?うん。」
ミスト 「私実はゴーヤーのほうが好きだったりします!」
鬼ヶ島羅刹 「……どちらの占い先もあまり印象良くねぇな。
やれやれ、先が思いやられるぜ」
少佐 「それはあくまで結果論さ 真狂よりは真狼の方が狼が遣り易い
無論、人数は考慮すべきだがね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
少佐4 票投票先 →渋谷凛
高槻やよい0 票投票先 →渋谷凛
神崎蘭子0 票投票先 →少佐
四条貴音0 票投票先 →少佐
玖渚友0 票投票先 →渋谷凛
鬼ヶ島羅刹0 票投票先 →少佐
星井美希0 票投票先 →渋谷凛
ミスト0 票投票先 →少佐
水瀬伊織1 票投票先 →渋谷凛
渋谷凛5 票投票先 →水瀬伊織
渋谷凛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
水瀬伊織 「結構綱渡りっぽいわね」
四条貴音 「綱渡りですね」
水瀬伊織 「占い噛み切りコースいく?」
四条貴音 「霊能を抜くか、占いを抜くかの実質二択でしょう」
水瀬伊織 「霊能は、狩人によっては守ってそうな気がするのよね」
四条貴音 「信用の拮抗が辛い限りですね・・・」
四条貴音 「ふむ。では本日は」
水瀬伊織 「となると、どっちの占い噛むか
だけど」
水瀬伊織 「ミストのほうが真っぽいかしら?ミスト狙ってみるわね」
四条貴音 「ミストでしょうね」
水瀬伊織 「GJ出たらごめんなさいね」
四条貴音 「ふむ、気が合いますね?」
四条貴音 「ええ、信頼しております。」
水瀬伊織 「それじゃ、また1:30で噛むわ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ミスト は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
渋谷凛さんの遺言 リンちゃんなう!!

……世界観が違うだろうって。そりゃどうも。
ミストさんの遺言    ___/ ̄ ̄`ヽ._
  ´           )                   _, ´ ̄`ヽ
 (    ゴ      \                . ´      \
.  〉 く | 暇  こ   )               /   で 何   )
./  だ ヤ  が こ  /     , -――- .    {    す 言   〈
{   さ | あ で  〈   ,.'´ ヘ   =ミ、 ` ,(    か っ    }
|   い を っ 質  j /     | \   \  `{    l  て   j
.\  ね 食 た 問 ノ /  ,' ,  | | \   \ \     る  ノ
 (    べ ら す ) ,'   | l  リ |. |‐ ⌒ヽ   ', (     ん  j
  {    て    る |. | ,   |._」⌒l|乂人メ、 \  .l|  \___ノ
.  \        __ノ !′l i| | .リ,',',',',',',',',',',',|  i| 〉 ∧|
   (      _ノ   |i、イ l| {イ,',',',' -、――-!  :! / |!  __
.   \__ノ      》 ! l| {― ´  ___ ""|   ',∧ 匕´i::::)
              〃  |  〉"   V  }  ,|  !', \ノノ/
               {  i. 从i 込,_  ー' /,!从人\乂_´____
              |i ∧ 人乂厂≧l¨´ 〃  ̄`¨―=‐ァ――‐'
              レ′乂    \《ノ   《    ((´ `ヽ,_
                  r―'⌒' ll- -》    》    |`¨ ヽ
                  (》⌒7  《   〃   i〃   /
                  _/  《__.〉k=ミvk'⌒ミ=〈-‐¬¨¨メ、
                 廴〝 _ヱ〈( _)〉㍉y厂勹==ミ∧  i::::
                 》、ハ  { _r‐「 `  ∨}  |/_,.斗〒 ',::::l|::::
                 仄勹⌒7「 '   \ ヾ〉丿    | i|::::i|:::
                 ,'》  「フ ,' {  ゝ     ハ‐‐、   ,', //:::::
                  厂⌒7ィ ヽ、 ―-‐ / }.  \ }∧
              _ノニニニ〈  〃|\三ニ/ /     |/∧
            _,xく´      ノ 〃 .|/∧¨〝 ´       〔//∧
          /          / 〃|| .〕///7≧x、    ノ///∧
         「\         / 〃. || ノ////∧///7¬7//////∧
        r―ル  \     / 〃. ||////// ∨//////////∧∧
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
水瀬伊織 「おはよう、今日もいい朝ね」
鬼ヶ島羅刹 「今日の霊能結果だ。渋谷凛は○だとさ」
神崎蘭子 「煩わしい太陽ね(おはようございます)

謎を秘めし鴨、その命を贄とし世界をさらなる闇へ
(とりあえずもう内訳決め打ちたくて仕方なさそうな鴨さんは今日の霊結果次第で吊ちゃいましょう)
玖渚友 「玖渚友が占いCO 高槻やよい○」
四条貴音 「皆様、おはようございます。
今日の占いがどうなったか・・・確認させていただきたい。」
少佐 「ふむ、実質私と渋谷ランだったようだな
いやはや、戦争とはこうでなければ・・・!」
高槻やよい 「うん、占いさん噛まれるよねぇ……」
星井美希 「8>6>4>2
ふむ。吊っちゃうのもありだよね。」
玖渚友 「理由
挨拶遅い。大佐への関わりあいが他に比べて強い。
ちょっと揺らぎがあるようなないような。
あとは勘。」
鬼ヶ島羅刹 「だろうな」
神崎蘭子 「そして大いなる太陽、そは鴨を贄とせし堕天使たるや?
(あと伊織さんが煮え切らないのがちょっと気になります。だから、霊○だったら鴨さん、●だったら伊織さん吊りかなーって)」
水瀬伊織 「カブがどうこう言ってたわりに、ゴーヤのほうが好きだったとは・・・
って、ミストやられてるじゃないのよ!」
少佐 「占い師が、噛まれていると・・・」
星井美希 「まぁ、占い師さん噛まれちゃうよね。」
四条貴音 「・・・片方、ミスト殿がやられましたか。」
玖渚友 「あら、対抗抜かれてるね。やっぱ狂人だよねえ。」
少佐 「噛み抜きが来るか否かと言った所か、情報的には」
水瀬伊織 「カブはあんまり煮込まないほうがいいって教えてもらったもの>蘭子」
鬼ヶ島羅刹 「即吊りするか、どちらにしろ今日明日狼吊れないなら勝てないで○撤廃したランをやるか」
神崎蘭子 「ああ、宿命のもの1人噛まれたり、
なればそう、これはすでに今宵の贄はさだまろうぞ!」
星井美希 「じゃあ美希と蘭子残しで甘党鉄板護衛でいってみるとか、なのかなぁ。」
神崎蘭子 「いざや、鴨と太陽を吊り、その先の明日へ!」
高槻やよい 「んー……少佐さんにすっごく聞きたいんですよ。
出方だけで真狼決め打てた要因とかその辺」
四条貴音 「しかし、正直信用はどちらもどちらでありますね。
私としてはこのまま残したい。」
星井美希 「偶数だから友はしばらくおいといても良いと思うね。
GJ出たら吊る感じで。」
少佐 「まだ化外が灰にいる可能性の方が高い ならば、撤回に意味はないぞ」
神崎蘭子 「(あ、ええと鴨さんー伊織さん吊ってれば、1W吊れていいんじゃないですか?友さんもう噛まれないのは仕方ないし。)」
水瀬伊織 「やよいに○は嬉しいんだけど
どう見たらいいのかしらねえ」
鬼ヶ島羅刹 「ぶっちゃけ渋谷凛投票組はそこまで信じてねえ。信じてねえが、さて」
玖渚友 「外しちゃったなあ。うーん。どうしよ。残り3吊りなわけでしょ。
うん、ちゃんと探す探す。」
星井美希 「うーん、どうしようね蘭子
蘭子狼じゃあないよねぇ?>蘭子」
少佐 「ではそれ以外になにか見るべきものはあったか?
どちらかの発言にこれは真狂だ真狼だ そう思えるものがあったか?
私にしてみれば、あるものを見つめ直した結果
真狼なのでは そう思ったのみよ」
四条貴音 「真狂の多い状況で○撤廃は・・あまり意味を見いだせません。
このまま灰詰めを徹底すべき。」
水瀬伊織 「太陽って・・・
微妙にバカにされてる気がするのは気のせいかしら?>蘭子」
鬼ヶ島羅刹 「じゃあ友は残す。
ただし友の○は無視していい」
神崎蘭子 「蒼き死線が死を賜るは、それはまた宿命
(もし占い噛み切り路線なら、そのときは美希さんもまた考えればいいだけです。)」
高槻やよい 「そもそも様子見をしたから真狼ってのがおかしいって言ってるんですよ!
狂人だったら様子見をしない、って言い切れるのかどうかとか
そういう話です>少佐さん」
水瀬伊織 「○無視ねえ・・・羅刹が動いてきたわね」
星井美希 「友ちゃんは大変そうだね。
がんばって。」
少佐 「・・・どうにも、この段階で決め打ちにはいるものなのか?
初手囲えたとは、どうにも思わん そうであるなら神崎だ」
神崎蘭子 「おお、邪悪なる木星、
そもまた、正しき道をゆく宿命の勇者の一人……
(うん、友さん切るなら私灰はいい判断ですね。)」
鬼ヶ島羅刹 「とはいっても、蘭子で初手囲いが入ったかどうかくらいしか考える事はねえ訳だがな」
鬼ヶ島羅刹 「>○については」
玖渚友 「まじでか>羅刹
あーいや、ちゃんと見ろよ。僕様ちゃんへの不信とかそんなんで目曇らせないでよ。」
星井美希 「甘党がすっごい指揮ってきたの
ジュピターのリーダーなだけはあるよね」
水瀬伊織 「今日のやよい、切れ味が鋭いわね
もっと私もちゃんとしないと・・・」
玖渚友 「みんなねみんな」
少佐 「少なくとも『真狼ならばしなければいけない』そういう職ではないのか?
狂人だからするしないではない 前者二つはしなければならないのだ」
玖渚友 「うんガンばる>美希」
神崎蘭子 「◇少佐 「・・・どうにも、この段階で決め打ちにはいるものなのか?
初手囲えたとは、どうにも思わん そうであるなら神崎だ」

定めを決めしもの、汝がその言葉をいわんとせし意図は……?
(え、鴨さんがそれいうんですね?変じゃないです?)」
四条貴音 「ふむ・・・
とにかく昨日凛を吊ったものに目を当ててみたい。」
少佐 「だから、私は真狼を見たのだ 崩れたがね」
高槻やよい 「じゃあ、結局、狂人ならしない、真狂じゃないって言い切れないわけですよね?
なんで、貴方がそう言い切れたのかって話ですよぅ……>少佐さん」
水瀬伊織 「蘭子の様子しだいね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
少佐4 票投票先 →四条貴音
高槻やよい0 票投票先 →少佐
神崎蘭子1 票投票先 →少佐
四条貴音1 票投票先 →水瀬伊織
玖渚友0 票投票先 →少佐
鬼ヶ島羅刹0 票投票先 →神崎蘭子
星井美希0 票投票先 →水瀬伊織
水瀬伊織2 票投票先 →少佐
少佐 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
四条貴音 「ふむ・・・」
四条貴音 「噛み抜きは危険でしょうね、これは」
水瀬伊織 「さて、噛みきり行くか
霊能噛むかってとこね」
水瀬伊織 「さすがに護衛入ってるかしら?」
四条貴音 「全ての○を○とみられればそれだけで私たちは終了。」
水瀬伊織 「そうなると、美希を噛むか
それとも羅刹噛むか」
水瀬伊織 「まあ、そういうことよね
いかに○を狼に仕立てるかってことだし」
四条貴音 「故に・・・
強気に行くなら美希を。
安全策ならやよい噛みもあります。」
水瀬伊織 「じゃあ、羅刹噛みってことでいい?」
水瀬伊織 「いいわ、それじゃ美希噛みね」
水瀬伊織 「狩人どこかわからないけど
いちおう日記用意しておくわ」
四条貴音 「狩人候補が少なすぎる以上霊噛みはギャンブルすぎる」
四条貴音 「いえ、狩人日記は使ってはなりません」
水瀬伊織 「わかったわ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
少佐さんの遺言
                 , ==、lr、ヽハハハ‐-、、
           ,ィ'三三ミ.llililil,ヘハハ ト,liヘハ‐、_
          ,f三三三ミllilililil l l l l l l l l ハ ヽ、
         ,f三彡´      ∨ハハ.iハ l l l l ハハ
        l彡ィ=-― 、v--、,,,ィ-l从l从lハ l li .l ハlハ
          ,l-イl、   ,ノ--、ll。    ヾl l l l.l,リ.l 洲     ドク、今度の着ぐるみパジャマ、なかなかだぞ
        l lイ'`ー=彳ノ  ヾ,、_  __ノルlリlルイlル州l
        l、リ. ,    `‐'ミ、    ̄ ´ `ヽリ_ノリ州リ
         `l  l ト--、-, ,、_ `  、、、  ´ l,ミlノイリ'
         l  l Yニ'二ニ='‐``ラ .!'   l ノイイリ/
         .l、 ,. 、ゞェェェェェェィリ'    ./`-イ,'´
            >、ヽ、ー----‐イ   ,/彡イ〈、
        ,.イイハ‐、 ` 、 ____,, ィ _,,イ彡イィト ト、
        ,イイ   ヘ ` ‐----‐_彡'´   /   ,' .l`i、__
     _,イ-‐-、 _,.イヘ、 _,, <     / イ//  .l ト、@ヽ、
   ,.イ//   )'´ l i'ミ、r,ミ、     ,ノ ,/イ././  l l 〉、__
.,ィl  ,/,.'    ,' ,! l ,i!l´ `ヾ,il   .,,ィ'´,イ . ./ /   . l.l ,' .l
.l l /,.'    ,' ,' l!,リ..ノr‐,ヽ,イヘ、 ,イ 〃,イ / /    .l.リ .リ.,イ
ハイ, '      l /.レl'l彡◎ミl}  ヘ, @,イ . イ / /    .ll! //
イ.'      l.,'. .Yl iノ.ノ.l、    ,ヽ' ,.' .,' ,     ll/イ l
         ,' ./   .'//.l     ,イ  ,' /     .ll' l ,l
_       ,' ./    //l l     , '   .,' /        ll l ,',.イ
トミ=、______ .l./    .,','={{lト‐_/=、 . /./         .ll l.l! ィ
,》>=‐-ミ.〈    l.l  ,l,ly'´   l,.//         ll! l l,イ!
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
水瀬伊織 「おはよう、今日もいい朝ね」
鬼ヶ島羅刹 「今日の霊能結果だ。少佐は○だとさ」
玖渚友 「玖渚友が占いCO水瀬伊織●」
四条貴音 「おはようございます。
本日の結果をお聞かせいただきたいですね。」
高槻やよい 「美希さん……!?」
神崎蘭子 「煩わしい太陽ね(みんなおはよう!)」
水瀬伊織 「美希・・・」
玖渚友 「理由
あーアプローチを変えてみる。
逆に初日に大佐に突っ込まなかったのはいおりんだけなんだよね。」
神崎蘭子 「ああ!宿命の女神の冷酷なる審判よ!
我が罪、いまここに示さん、我がねらいしものは
太陽の少女でなく、そこに寄り添いし健気なる少女!

(すみません!私伊織さん吊りたいいっていったけど、間違えてた!
伊織さんじゃなくて吊るならやよいさんです!)

だがしかし、太陽の少女、我が動向とはいかなるものや、
そこにありし意図は如何……?

(でも伊織さんも気になるのはたしかです)」
水瀬伊織 「って、私に●?
また出しやすいとこに出したわねえ」
鬼ヶ島羅刹 「つまんねー結果出しやがって。
これだからやってらんねーんだ」
四条貴音 「ふむ・・・この●を吊って霊能結果を見た場合・・・」
高槻やよい 「うぅ、伊織ちゃんを吊るかどうか、ですか……」
鬼ヶ島羅刹 「で?一応意見を聞くけど?」
四条貴音 「今の吊り数が6>4>」
玖渚友 「美希ちゃん…あー、対抗の○かー、そんなに僕様ちゃん偽視させてぇのか。」
高槻やよい 「一応言っておきますけど、
凛さんと少佐の吊りに連続で関わったのは、私と伊織ちゃんだけですね」
水瀬伊織 「友は最初から対抗を狂人だって言い切ってきたのよね・・・
ってことはこれを狂人と見るか狼と見るかで変わってくるわね」
玖渚友 「つか残り2吊りな訳で伊織んを吊ってもらわないと負けるのだぜ。」
神崎蘭子 「……大いなる村人たちよ。
今こそ宿命の審判のとき。
ここで太陽吊りしは、蒼き死線の真をおいし所業

なれば、寄り添う少女に死の接吻を

(えーと、こーなったら狂誤爆ありえて、伊織さん吊るか、それともやよいさんつるかだと思います。

ぶっちゃけ、やよいおり狼ありえるので。)」
四条貴音 「霊能結果からして、ここで玖渚友殿を決め打つかどうか」
鬼ヶ島羅刹 「さーて」
四条貴音 「そう考慮した場合・・・む?」
水瀬伊織 「私吊ったらダメでしょ
かといって、友が狂人でも吊ったらダメっぽいのよね
もう羅刹は疑えないし」
高槻やよい 「んー……伊織ちゃん―蘭子さんはありそうで嫌なんだよね」
玖渚友 「いやいや、だから伊織を吊ってくださいよマジで。
ちょっと●引き当てんの手間取ってますけど。ガチっすから。」
神崎蘭子 「狂いし占い師、其が出した限りない闇にあることも否定できず
(まー、そこ、狂人誤爆すごくありそうなんですけどねー。)」
四条貴音 「いえ、これだと私が狼ということになりませんか>玖渚友殿真の場合」
水瀬伊織 「蘭子が激しく動いて来てるわね・・・」
神崎蘭子 「◇水瀬伊織 「私吊ったらダメでしょ
かといって、友が狂人でも吊ったらダメっぽいのよね
もう羅刹は疑えないし」

>もう羅刹は疑えない

疑えない……?」
鬼ヶ島羅刹 「蘭子か伊織しかもう吊る気ねーけど」
神崎蘭子 「◇水瀬伊織(54) 「蘭子の様子しだいね」」
高槻やよい 「なります、そこ伊織ちゃん―貴音さん2狼です>四条さん」
玖渚友 「あれ…ちょっと待った。今残ってる灰四条さんしかいなくね。
あ、その2wなのかー。」
神崎蘭子 「我、いざや太陽をつらん。」
神崎蘭子 「(伊織ちゃん吊って最終日どうするか考えればいいや)」
高槻やよい 「ん、そういう結果になりますね、友さん真だと、っていう話」
水瀬伊織 「霊能が偽ってことまで考えてたら間に合わないってことよ>蘭子」
鬼ヶ島羅刹 「蘭子に投票するか」
四条貴音 「故に・・・蘭子殿吊りですね。これは。」
四条貴音 「一番狼が見えるのはそこでしょう。」
玖渚友 「伊織さんを吊ってくださいよー。まじで。よく考えてね。お願いだから
後悔しないで」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
高槻やよい0 票投票先 →水瀬伊織
神崎蘭子3 票投票先 →水瀬伊織
四条貴音0 票投票先 →神崎蘭子
玖渚友0 票投票先 →水瀬伊織
鬼ヶ島羅刹0 票投票先 →神崎蘭子
水瀬伊織3 票投票先 →神崎蘭子
4 日目 (2 回目)
高槻やよい0 票投票先 →神崎蘭子
神崎蘭子4 票投票先 →水瀬伊織
四条貴音0 票投票先 →神崎蘭子
玖渚友0 票投票先 →水瀬伊織
鬼ヶ島羅刹0 票投票先 →神崎蘭子
水瀬伊織2 票投票先 →神崎蘭子
神崎蘭子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
四条貴音 「ふ・・・」
四条貴音 「ではやよいを」
水瀬伊織 「やよい・・・ごめんね」
水瀬伊織 「じゃ、噛むわね」
四条貴音 「伊織、貴方が噛みたいでしょう?」
水瀬伊織 「うん・・・ありがとう、貴音」
四条貴音 「お願いいたします。」
水瀬伊織 「勝負のためにやよいを裏切る・・・ひどいわね、私」
水瀬伊織 「じゃ、かむわよ」
高槻やよい は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高槻やよいさんの遺言          r‐- 、
         | \ \
.          , -|  > ´ ̄ ̄ ` ー--――‐- 、
         /  レ'   /   i ヽ ヽ. , -‐ ´〈
.        〈 〃  〃//   ! i '.  V    ノハ
        V   /77i   |l  i   V /   }
.       !   / ,斗x‐- 、ノ}ノ`ヽ.  V     ノ
.         |   / }{ rテ}   厶、}ハ  |   〃
.        ∧ { i {ヒノ   rテ心.  |  〈
        (  Ⅵ 人"      辷ソノ   人   ヽ.
         \ ( iレ'^>、`_____"Z   〃 ) _ノ              にゃーにゃー
         `ヽ{ {{  ゞニィル'厶イY (__(´
.             '. 7¬-‐- 、{{′   i   `                えっと、にゃーにゃー言うだけなんですか?
           l{      }   /〈7´ ̄ !     ___
               lト、   _;′ /  }、/ |   /, -―-、`ヽ      あ、はい、わかりましたー
               |  `匸勹   厶イ} }ト、,ノ //    ノ  i
.            ├―-トr┴ 、/〃厶イ ^ヾく      ゝ- ′
.            │   !|   /≠ _,    K- 、__
             !   ∥   厶∠´      i〈  ヽ{
            ∧   !  ,厶ニ>、`ヽ   r'   _i〉
            / ヽ  l/   `℃ヽ._ ノr' / ̄`=ニニ⊃
.          /    /  -‐<^ヾL≧=¬'´         i
.           !   /       }   i     . -―――‐ ′
.            l   i         ノ  厶 -‐ ´
.             ̄ ` ー---―く-‐‐'
神崎蘭子さんの遺言                         ヽ_:.:\: /: : : : : : : : : : : : :/:
                        `ヽ_ー-、 : : : : : : : : :.:/:
               ,r‐-vイヽ-‐ 、_ rヾ_ , -‐ 、ヽ_≧、: : : : : :/:
          _/: ,、ィ/ _=、:.ムzー、,、: ハ  ヽ:.:.:\: : /:
          く: : Xー⌒ーrf-、: : : : : : ノj}ヽ:.ノ: :ハ    ̄`ー=、ー- _
          fー^ー'^ー{ィ: 'ヽ:,ィ: : : : :ハ:.::}ヽ: :ヘ        // ヽ:.:.:.:
  ⌒        j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝソ:ハ: : : : : ∨ ハ: : ハ    ..//    ̄
  お.        ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./メ /}:jl: : : : : : :ト: : : ヘ    //....  闇
  疲.        ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./イ fdj ー }ハ: : i: : : : l ',: : : :\ //...   に
  れ        ,:.:.:.:.:.:.:.:.:./!{: ! /    !: :リヽノ:ノ ! : : : : //..    飲
  様      /;.:.:.:.:.:.:.:./{:ゝ: l  `‐_-   l: :lノ: /   }: : : :/,イ      ま
  で.     /: l:.:.:.:.:.:.:.:"ーヽ ゝ     j: イ‐く  イ: !: ://:{       れ
  す..  /: : l:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.>ー- 、,イソ:ノ:.:.:.:.:.ヽ∧ノ //: :l      よ
  !..i<: /: :`ーr、〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: :`//=-'ゝ、....   !
  ー'゙l: : : > y ´:.:.∧ー、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{: : //: : : : : : ヽ
    !、: : : /:.:.:.:.Lハ{:.:.:\ <:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ//: : : : : : : : j
     ヽ: l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j==ミ==ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://ニニヽ : ヽ/
    r: ´: ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニ^〃ヾニヾ_:.:> ://_: : : : : : :`ヾ
    >、: : ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、:.:.:.:._:.:.:-.:―{、,ィ-' ヽぅ: /ー-ノ
     r': r' ∨:.:.:.:.:.:.:.::.//:.:. ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.r^ハ j ゝ: >,
     ヽ{    ̄i:.:.:>イk:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:r'_r'   }ノ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/07/14 (Sat) 23:26:15
四条貴音 「いえ、これはこれで耽美な結末・・・」
少佐 「お疲れ様、と」
玖渚友 「おつかれれー」
鬼ヶ島羅刹 「お疲れさん」
ミスト 「                    ,. -‐   ̄  ‐- .
                   /  ´       `  ` 、
                 / ,:  ,  ,   ,.      ヽ
                     / ′ ′ ′ ハ   ヽヽ   ミ
                  ' l l l   ハ  L.」  ハ ', '   ヽ
                l l l l |l l ノ厂i ! l l¦l l  トミ
                 l l l l¬ナ大ノ 从TTナ从ハ  ゝ
              ノ 从 l_ィf云     云f y_リ ハ|
           <  ̄    乂j l マェり      ヒェりィ′l ハl
           フ´ ̄  、 丨,ハ ゙゙゙   、  ゙゙゙ jル| }l          お疲れ様です
          〃_ 二 zシノ  人     r  ァ  ノノ  l :八
            レ´  <   イ¦;>.  `´ イ  ノ リ
                )爪: ¦:l |〔.」_ `::´ _ムイ从リ
                  r┴(: :ヽ:リ:_| ̄}}  r┴ 、 マ__
             | 匸 >ァ¨´ ヽ }} ⊂二ヽ` Y寸 ヽ
             )ーr'{{        入.`ファ  / レノ  i
               〃:/| \、   イ(⌒Y´ { / [(__ |
              ル´: : |   Y´   ミ=1   レ′ 》'亅|
.           -=彡乂: : |   lレ-、  _{__.ノ   〃 マヌ
.           〃:.ノ: : : : !    |:⌒i Y´::::::\   イノ   ⅵ
         {{ (: : ノ_小、_」l::|i::ゝ.ニニニニ「ト彡'     ⅵ
            从いイノ |_.rヘ|l::|i::::::|i:::::|i::::| |::\     ヽ」
水瀬伊織 「おつかれさま
ごめんね、やよい」
星井美希 「お疲れさま」
GMあずさ 「それを捨てるなんてとんでもない!>書き溜め>少佐さん」
渋谷凛 「おつかれさまー。狼が上手だったね、完敗。」
四条貴音 「お疲れ様でした。」
少佐 「いやまぁ、ぶっちゃけ使わんだろうしなぁと>支配人」
神崎蘭子 「お疲れ様。
凛ちゃんはともかく、少佐さんは吊られるのはあれ、
あとは私かなーという村かなぁ。」
高槻やよい 「伊織ちゃん狼っぽいなーって思ってたのに私弱かったなぁ」
四条貴音 「少佐殿は狩人COしてもよかったのでは?」
GMあずさ 「お疲れ様でした~。
狼がなんとか逃げ切ったわね。」
星井美希 「そりゃあ噛まれるっていうのが一番の真に見られるところだったからね」
鬼ヶ島羅刹 「吊られるってーか吊ってんじゃねーかよ」
水瀬伊織 「貴音に助けてもらったわ、ありがとう」
神崎蘭子 「あーうん。
これなんで狩人COしなかったんだろう?」
少佐 「狩人宣言するのを躊躇ったは不味かったかね?>神崎」
玖渚友 「まあごめんね。信用取れなかったよ。」
ミスト 「               _ _
          r ´    ̄ 二= 、
        /  / , r        ヽ
        / , ./ / { ,、 |  |    ヽ
      ノ / ./ /γ', i ヽ.|  |.   i  ',
     ´ー./ .//i/ii. ',|  'i从 j    |   i
        ./冫 i      '    ソ∨  |   |
      ,' イ  ノ ┃   ┃  /  .|   |        狂アピを精一杯していたんですけどねー
        |  {    _    /   / |  /
       |  ゝ.   ヽ ノ   // / i | ,'
.        V|  >ー-, _  ノソノノ  i.| |
.         | / ,.<  |´く.}/>、  ∧|
          ′ / i〈 ノ/ (  ヽ' .ソ
              /ヘハ》《,'   ´i F ゝ≪》
          /  }ハX     ゝヾ  \ゝ- = ニ7
           /  〈  ii     /  }   \  ̄ ラ
          く    |^^^^^^^^^^ i   |     , イ j`ヽ≧
.          `ト-┤: : : : : : : : :i  ゝ―<ノ '
          ー丿: : : : : : : : :ハ
          〃: : : : : : : : : : :ハ」
水瀬伊織 「ああ、少佐に狩人COされてたらきつかったわね」
鬼ヶ島羅刹 「灰吊って狼吊れてない時点で勝てないゲームだし」
四条貴音 「まずいどころでは・・・
あの展開なら初日にCOしても文句はありませぬ>少佐」
星井美希 「あー……初心者村の初日を見逃してしまったの……」
神崎蘭子 「んー。
いや実際、伊織狼は結構あったと思いますねー>やよいちゃん
だから、友ちゃんの結果が真狂であることをどう思ったか。

狂人ならそこに●だすの、ちょっと怖いとは思うけど。」
ミスト 「ぶっちゃけ噛まれるとは思っていませんでしたw」
渋谷凛 「生存欲が出るのは仕方ないよ、1GJ出れば吊り数増えて楽になるしね>少佐」
水瀬伊織 「うん、AAは狂アピかなって思ったけど
最初から対抗を狂人って決め打ってた友に狂人の目を見たのよね>ミスト」
少佐 「ふむぅ、そういうものか 分からんものだ 少人数の宣言は本当に」
星井美希 「まずいというか、吊られるくらいなら出ないと負けちゃうよ?>少佐」
四条貴音 「伊織、貴女のお陰で勝てました。
フフ、素晴らしい勝利をありがとうございます>伊織」
GMあずさ 「してもいい、位の感じだったけど私ずれてるのかしら~?>狩人CO」
神崎蘭子 「まぁ、霊さんもこれが真狼だったらどうか、
で私吊りが安定だと思ったならそれはそれで考えるべき、なんだけどまぁ
そこはいいや。」
鬼ヶ島羅刹 「しない意味もなかったろうけど吊る意味もわからねえ。」
鬼ヶ島羅刹 「>狩人」
水瀬伊織 「やよいの優しさにつけ込んじゃったわね、ごめんなさいね
でも、村が終わったらまた、仲良くしてくれるかしら?>やよい」
少佐 「ふむー申し訳なかった 欲が出たな これは」
神崎蘭子 「んー……
少佐さん。
ちょっと考え方かえよう。」
星井美希 「というか、初日次点の辺りで次の日占われてなければした方が良いとおもったかな>少佐」
玖渚友 「あれか、あふれ出るダウナーが悪かったのかな。」
高槻やよい 「自分の意志を貫けない程度の強度でした!……ほんと、ダメだなぁ>蘭子さん」
鬼ヶ島羅刹 「真狼だったら友吊るし、そうは全く見てなかったけどな」
ミスト 「友さんの無自覚狂アピに負けるなんて…」
神崎蘭子 「まず一点、あなたの役職はなんで、やるべき仕事はなんなのかな?ってこと
そして、村陣営だってこと、少人数だから難しいっていってたら、多分同じ事を
普通村でもするよ?>少佐さん」
少佐 「出来るならば私に理解できる手順を踏まえて頼む
自慢ではないが私は馬鹿だぞ」
星井美希 「蘭子狼はなさそうだと思ったんだけどね。」
四条貴音 「ちなみに私は人外に見えたかどうか確認したいのですが・・(チラ」
少佐 「占い師を抜かれんことだよ」
少佐 「どちらかといえば、真を見極めそこを護衛する だな」
鬼ヶ島羅刹 「自○に反応する時点で俺の中では評価を下げる」
星井美希 「違う。吊られないことだよ
狩人の仕事は生きること」
神崎蘭子 「だからこれって村のミスだし、あと私のミスでもあるかなって>鬼ヶ島さん
だってそれは「伊織と貴音をまったくみない」吊りだもん>私吊り」
玖渚友 「あれか、身内票なんかデフォだろっていう理由を消してはっちゃったからか。
少人数なんてそうしねえと人外勝てないし。」
水瀬伊織 「まあ噛み切りまで考えてたんだけど、貴音が止めてくれたのよね>ミスト」
四条貴音 「ふむ。
それは「ずれて」いますね>少佐」
鬼ヶ島羅刹 「>蘭子
見たぞ。
見た上で切った。」
高槻やよい 「最終日の反応ではあるかな?とは思いましたー……>貴音狼
具体的には伊織ちゃん吊って考えてみようじゃなくて、
蘭子さんに飛んだあたりでは。」
渋谷凛 「3日目で相方に票入れてるのは見事だなと思った>貴音さん
あくまで霊界視点だから、より詳しくは下界にいた人に。」
四条貴音 「良いですか。
理論上3-1なら33%でしか、2-1なら50%しか狩人は真を守れませぬ。」
少佐 「要は『狩人の存在をちらつかせ占い師ないし霊能を抜かせに行かない』
だから私は宣言をしなかった 噛み抜きさせても良い展開だったのは
私の頭が足りなかったのだがね」
水瀬伊織 「最後は友を吊りにいくつもりだったんだけど
なんか、蘭子のほうになっちゃったのよね」
神崎蘭子 「そーでもないとおもうよー
真なら主張すべきで、村が真あるかもおえなくて、
すっごい最悪なところで●がでるべきところにでちゃったかんじー>友ちゃん」
四条貴音 「いえ、あれは玖渚友が真目になった瞬間私は吊られる!
ならそういう発言が自然な気がしまして・・・>やよい」
ミスト 「んー、四条さんに●が出ていたのなら
ちょっと怖かったと思いますよ」
水瀬伊織 「私●ってあからさまだけど、逆にそれが真ゆえの結果なのよね」
神崎蘭子 「んーだったら、だけど
なんで私が伊織きっていいか、そこもちゃんとみるべきだったかな。
私が伊織吊りを言い出す理由ってそれはそれでちゃんと理由あるし。

それが、蘭子様子見だったり、「鬼ヶ島偽を今更疑わないわよ」だし。
それは村要素かどうかっていうのは?>鬼ヶ島さん」
鬼ヶ島羅刹 「四条●ならもう少し悩んだかね」
四条貴音 「つまり、真への護衛など所詮運、ということです。」
高槻やよい 「だって四条さんは前日、伊織ちゃんに投票してるしね……
今日誤爆想定しないで蘭子ちゃんに行くのはーって>四条さん」
神崎蘭子 「んーと」
少佐 「日数と人数で宣言するタイミングを知らずと捨てたのは私に非があろう」
四条貴音 「当然成功すれば最上ではありますが、こう考えましょう
1GJで一吊り増やすとします。」
神崎蘭子 「◇少佐 「要は『狩人の存在をちらつかせ占い師ないし霊能を抜かせに行かない』
だから私は宣言をしなかった 噛み抜きさせても良い展開だったのは
私の頭が足りなかったのだがね」

だったら少佐さんは、死んでもつられちゃいけないよ。>そう考えるなら」
星井美希 「蘭子ちゃん吊りっていうのはホント最終日で良いの。
それよりもデコちゃんと貴音で考えたほうが良かったと思うな」
鬼ヶ島羅刹 「>蘭子
ぶっちゃけ真あり得る占いがいるのに貴音-伊織で身内するかどうか
ついでにお前の村要素もそんなに拾ってないんだが」
渋谷凛 「ただ、COしたら確定で1手占いも霊能も護れるんだよね>少佐
構わず役職を抜きに来ても5割。」
鬼ヶ島羅刹 「ぶっちゃけやよい-蘭子まで見なかったとは言わないが」
玖渚友 「そうかー。>神崎
んーやっぱ占いは苦手だ。」
四条貴音 「それと貴方が狩人COし、吊られを防いで噛まれる。
これもまた、1吊り稼げてはいませんか?>少佐殿」
GMあずさ 「要は狩人COをせずに吊られないよう少佐さんは頑張ってたのではないかしら?」
神崎蘭子 「だからー。
日数と人数でタイミングがないじゃないって。
それ、大人数村でも同じだってば、同じ間違いを大人数でもするよ?>少佐さん

吊られたらまずいんだよ。狩人は、だから分からない、まずいならいっそでるはありなんだよ。
それは人数とか関係ないよ。」
少佐 「明確に宣言を持って死ににいく方が問題ではないのか?
私がしんで渋谷と私が狩人候補
まだ生きているのでは?噛みはどうすれば?
そう思わせる方が重要なのではないか?」
四条貴音 「ふむ、難しいところですね・・・>私の最終日の主張」
神崎蘭子 「それで偽で吊られるっていうんならそれはそれでって思うかもだけど、
少なくとも一日真を守るとか、他を守るとかできるんだ。

なにより、狼は狩人は探すよ?でも噛むときは噛むんだからそんなの怯えないよ。
怯える狼はまず負けるんだから。」
四条貴音 「まだ生きているのでは。
という効力に関してですが」
水瀬伊織 「少佐はCOせずに狩人の位置をわからなくするほうを選んだってことなのよね
ま、実際それで占い、霊能を噛みにいけなかったわけなんだけどね」
四条貴音 「確かにそれはアリましょう。
しかし狼は元々狩人が生きているかどうかなど判別は基本つかない>少佐殿」
星井美希 「吊れないが故の身内は考える
してもおかしくないと思うの。
だから美希は貴音と伊織は見たもん」
水瀬伊織 「私と貴音が狼だったから、少佐に狩人COされるとすごく厳しくなったのよね
まあ結果論だけどね」
GMあずさ 「この人数では、占い霊能チャレンジ行き辛いってことよりは、
吊り数が確実に1つ稼ぐ方を選んだ方が得かな?程度にしか思えないわね~。

狩人はCOするテンプレみたいなのがないから私には難しいわ~」
ミスト 「んー、中~後半の狼はあんまり狩人は考えないですよ>少佐さん
ぶっちゃけ生存していてGJがでるなら負けって割り切ることが多いですから」
鬼ヶ島羅刹 「吊れたら非常にアホらしい事になってたけどな。狂人でなきゃ負けだし」
四条貴音 「更に言えば四条は遺言もありませんからね。
狼はそのあたり狩人に関してはやる夫系より無警戒・・・というより警戒していられない、というのが正しいところでしょうか」
渋谷凛 「村陣営が『吊られて死ぬ』のと『噛まれて死ぬ』のは違うと思う>少佐
人外、特に狼を減らせるのは吊りだけなんだから、それを村の分に使うのは勿体ない。」
神崎蘭子 「んー。」
玖渚友 「狩人COしようとしてタイミングを逃したことは何度か…」
四条貴音 「そう、そこに限りますね。>凛
霊能初日吊り論争が激しくなるのもそのあたりが理由でしょう」
鬼ヶ島羅刹 「結果論で言うとあそこで少佐が狩人COしてりゃ勝ってたと思うけど」
四条貴音 「今回のパターンで詰めてみましょう。」
渋谷凛 「……あぁ、なるほど。だから霊能初日COが推奨されてるのか。
自分で言っておいてなんだけど、今更わかった。」
星井美希 「少佐、村役職の大事なところは、吊られない
これもあるの。ただでさえ少佐は疑われてるんだもん。」
水瀬伊織 「狼はやよいと蘭子を吊らないと勝てないものね>羅刹」
神崎蘭子 「◇渋谷凛 「村陣営が『吊られて死ぬ』のと『噛まれて死ぬ』のは違うと思う>少佐
人外、特に狼を減らせるのは吊りだけなんだから、それを村の分に使うのは勿体ない。」

凛ちゃんのこれがすごい正しいかな。
ちょっと少佐さんのそれは、「自分が死ねば村が勝つ」って前提になりすぎてる気がする。」
鬼ヶ島羅刹 「流れ的に多分お前が吊れるしな>水瀬伊織
そしたらラス灰の貴音吊ってゲームセットだ」
神崎蘭子 「ぶっちゃけた話、私は初手●打たれの狩人でもCOする価値はある、
そうおもうからなー。」
水瀬伊織 「せいぜい、友と貴音の勝負になるかってとこね>羅刹」
四条貴音 「まずあの日の状態・・・少佐殿以外の灰は私(四条貴音)、水瀬伊織。
玖渚友殿が偽で奇跡的に2連続で囲いに成功していない限り。
高確率で人外がここの中にいるとは思いませんか?」
高槻やよい 「まあ、簡単に言うとあれですよね。
狩人が吊られるのは、狩人が吊りを増やすのと等しい損失」
少佐 「吊られない が果たせなかった できれてばーと
なるほど」
高槻やよい 「吊りが増えるのも、吊りを逃れるのも等しい1吊り分だから。」
鬼ヶ島羅刹 「>伊織
伊織吊って●出るなら友はあって狂人だから友との勝負にはなんねぇけど、
吊り余裕あって貴音がラス灰なら吊った気がする」
星井美希 「まぁ、正直
蘭子狼なら美希噛まれないよね。
理屈で考えるとさ。だから蘭子吊ったのは村のミス。それだけ。」
少佐 「重い言葉だ」
GMあずさ 「初手●で出ていいのかしら?いくらなんでもリターンが少なすぎるような。>蘭子ちゃん」
四条貴音 「初手●でも真占いの結果を2つも残せますからね。
十二分に有用でしょう>蘭子」
四条貴音 「いかんせん、強気の噛みでした。
やよい噛みも考慮はしていたのですが。」
星井美希 「美希も初手●もらった狩人なら出て良いと思うな。」
神崎蘭子 「っていうかね。
少佐さん、きづいてる?
少佐さんの言ってる論法はホントは「狩人が吊られないから成り立つ」んだよ?

だって、いるかもしれない幻想、噛みをどうするか考えさせる幻想、これは結局、
狩人が生きてるからこそなりたつんだから。
狼の噛み方針が決まってたら、GJでたらああ狩人いたね。ならどうしようか。
そんなもんだよ。」
渋谷凛 「初手●での狩人COは個人的にはあり、かな。
むしろそのまま吊られると、真贋ついてるからすぐ真占い抜かれそう。」
少佐 「私は宣言できんな」
四条貴音 「真占いの結果が2つあれば、それだけで恐ろしい効力をもたらしますよ>あずさ」
玖渚友 「まああれじゃね。狩人COは自分を吊らせない魔法の言葉なんじゃね。(テキトー)」
星井美希 「だって狩人がいてもいなくても占いは噛まれること多いもん。
それなら狩人がCOして噛まれて確実に結果を残させるほうが良いの。
それで噛まれなかったらその分占い師に情報が渡るの。」
ミスト 「初手●でも噛まれたら破綻させることができますし
結構いけると思いますよ」
少佐 「そうだなぁ いつの間にか、自分以外に狩人を置いてたのやもしれん」
神崎蘭子 「んー結局、
そこでいる、いないってさせてもあんまり意味ないし。
結果あとで吊られるとしても、少なくとも、1回は真に占いをさせられる>あずささん

だって、占いに真がいるなら狼は方針たてない限りは絶対に噛みにくるからね。
だからまー、そこまでかわらないかなーっていうのが私の考え。」
ミスト 「それはあっていますねw>友さん
狼が出す出さないに限らす狩人日記を書いておいたほうがいいのは
狩人COしたらすぐには吊られないからですし」
四条貴音 「合っているといえば合っていますね。
吊られない、実に重要です>玖渚友」
高槻やよい 「狩人COって本当に魔法の言葉だと思う……って
こないだ狼で狩人COした時に思ったよ」
鬼ヶ島羅刹 「対抗出ちまってるなら狩人COはしていいだろうけど、潜ってるならそのまま吊られる>●打たれた狩人」
GMあずさ 「分が悪そうねぇ。
でも、初手●で狩人COされた場合、村からの視点でどう思うかしら?
私なら狼濃厚で狩人の場合もあるかな、と思うレベルだと思うのだけれど。
それに対し、狼視点では真狩人がはっきりして、かつ始末できるわけだし、
狼に有利のような。」
神崎蘭子 「だから、狩人臭がするなーって思われても、少佐さんはもっと生き汚くなっていいと思う。
例えば、今回私は凛ちゃん吊りしたあとに少佐さん吊るのってホントはすごい迷ったけど、
でも残しても後で吊るもの。そういう位置にいたってこと。

その位置になる理由が、真狼決め打ちの発言関連ね?>少佐さん」
鬼ヶ島羅刹 「真が結果2つ残せるのは変わらねーし、霊能いるなら偽の証明自体はそっちがしてくれる。
仮想狂人と狩人の死亡を天秤にかけたくはねーな、俺は」
GMあずさ 「でも、吊らずに残すパターンが多いかしら?それだとCOしてもいいかもしれないわねぇ・・・」
渋谷凛 「本当に狼なら、噛み先でボロが出てくると思うよ>あずさGM
別に、その日だけで判断しなくてもいいわけだし。」
四条貴音 「いえ、真狩人は対抗COしません>あずさ殿」
星井美希 「噛まれなければ、どうせ吊られるの。でも真かもしれない占い師に情報は残させることができるの。
噛まれれば、自分に●出したところが破綻するの>あずさ」
高槻やよい 「初手の狩人COは、
真の●引きに狼がCOしたか、狂人や狐の特攻が狩人HITしたか、
あと身内切りのパターンも一応ありますねー。
けど、真の●なら噛まれなければ考えられるし、潜伏狩人から真に護衛も行くし。
特攻に狩人COしてる場合は噛まれるけど、最低2個の結果を占い師が残せるわけですね」
玖渚友 「しかし、やはり僕様ちゃんは怪しいのか…
シンプル過ぎるっていっつも言われます。簡潔過ぎて寡黙枠として吊られます。
悲しみの寡黙枠。」
少佐 「私が思い描く狩人と狩人が 違うのか そうであろうに そうであろうと」
神崎蘭子 「うん、だから人外場寄りであることは認めないといけないね>あずささん
でも、そこで黙って吊られて、即噛みされることもありえるんだよ。
灰1挟むかどうかは状況でしかない、ここはすごく大事。」
四条貴音 「あ、今回のような11人村なら別ですね。
対抗COすれば大きな戦果になるはず。」
渋谷凛 「あ、いい流れだしついでに聞こっか。
初日にわたし投票した人、理由を伺えると幸い。」
GMあずさ 「確かに、狩人CO=真(と思われる)占い師に一回占い数を確実に稼がせる
って考えるともうちょっと気軽にしても良いのかもしれないわね>蘭子ちゃん」
星井美希 「んー、なんだろうなぁ。
友ちゃん、もっと自分の○吊りって言ったことには抵抗して良いよ。
言わないとすっごく狂人っぽい。
無駄でもそこは抵抗しないとダメ>友ちゃん」
神崎蘭子 「んー。
素直なことはいいことだし、真としてのあがきは正しいから、
そのあたりは仕方ないと思うかな>友ちゃん
ついでにいうと、私も真占いだと序盤に人外あぶり出さないと勝てないw」
高槻やよい 「◇渋谷凛(57)  「ま、少なくとも真想定なだけまだマシか。
これで狂狼とか言い出した日には、うん、まぁ。」
◇渋谷凛(50)  「真狼想定は割と思い切ったね。速度だけの判別はちょっと危険だと思うけど>少佐」
私は主にこの辺>凛さん」
神崎蘭子 「ああ、そうかぁ。
私を吊ることに抵抗したんじゃなくて、伊織さんを吊ることをおした。
ここかな?>美希さん」
鬼ヶ島羅刹 「少佐は初日からああいう事言ってると潜伏狂人アピールにしか見えねえから注意しておくといいと思うけどな」
少佐 「ふむー 凹む マリアナ海峡並みに凹む」
少佐 「どうしても書き溜めておいたTxtを使いたかった
どうしても どうしても 先週から考えていたのだ
使った結果がこれだったから捨てるがな>鬼が島」
四条貴音 「これを機に考えるのがよいでしょう。
なに、私も正直そのであれであるので、共に頑張りましょう>少佐殿」
星井美希 「◇渋谷凛(25) 「ん、二人と。それじゃ霊能者も……っと、こっちはもう出てたね。
一応聞こうか、対抗いる?」

この最後の1文、かな?>凛ちゃん」
ミスト 「騙りの時のほうが信用とれますw
まあ、結果を自由に出せるからなんですけどね」
鬼ヶ島羅刹 「>少佐
というか潜伏狂人を殊更に話題に強調するのはあんまりしない方がいい。ネタがどうとかはともかく」
少佐 「出るべき狩人かー 全く考えてなかった」
玖渚友 「あれよりもっとなのかー。なるほろ。ガンバル>美希
そかにー。うーんけどまあもっとこう緊迫感?を出してみるよ>神崎」
神崎蘭子 「◇少佐 「私が思い描く狩人と狩人が 違うのか そうであろうに そうであろうと」

個人的な感想としては、少佐さんが思い描く狩人になるなら少佐さんは投票を貰わないタイプにならないといけないと思うよ。
つまり、狩人臭しないから噛まれない票もらわない人。
この位置だったら、恐らくは少佐さんの考えでもいける。

なぜかって?私が今回少佐さんに投票したのはそこに狩人はないよなーって思ったからだよ。」
星井美希 「あと美希が噛まれる前日とかね。
ショックは受けてたけど、ちゃんと見てというだけで抵抗らしい抵抗はしていないの>蘭子」
GMあずさ 「・・・ふむ、確かにその日で判断させる必要はないのだし、初手●で狩人COもアリなのかしら・・・?

このあたりの思考はいつまでたっても慣れないわねぇ。」
ミスト 「あー、そういえば今日の村でも狩人に思われず吊られていましたねw>友さん
…ぶっちゃけ私も思っていませんでしたけど」
神崎蘭子 「緊迫感はまぁ、人によるけど。
っていうか私はでっちゃんさんの友すきだからきてくれてうれしかったなー。」
少佐 「あぁ、真狂?噛み抜きがなければ囲ってるんだろう?ん?
噛み抜き?ならば結果真なのだろう?ん?
→真狼想定して真狂なら対処できないことはない
これが私の持論だ 人数によってはそうじゃないことを
痛感したばかり 耳が痛すぎて禿げる>鬼が島」
渋谷凛 「さんきゅ>やよい、美希
対抗はうん、いつもの癖が出たかも。ここだと占いCO後即だろうから聞く必要なかったのに。」
星井美希 「大声出してでも、意義ありおしてでも
露骨にして良いと思う>友ちゃん」
神崎蘭子 「抵抗があるのは仕方ないかなー>あずささん
実際、でないのだって否定はできないもの。」
玖渚友 「うえーいどうもー。まあぶっちゃけ最近不調で初心思い出そうとしてんだけどに>神崎
狩りも狐も狼の違いはわかんねえっていうww
役職臭だから吊るっていうwww>とあるでっていうの言葉>ミスト」
GMあずさ 「色々理由があるのねぇ、凛ちゃん投票したことにも。
私には気になる発言じゃないわね。
特にやよいちゃんの挙げているものは私には村人判定にするわねぇ」
少佐 「・・・それも私は分からんのだよ ある程度役を見せる発言をするべきなのか
全く持って頓珍漢な事を言えばいいのか>神崎」
高槻やよい 「初手からレアケをわざわざあげる必要ってないよね、というのが一番ですねー。」
星井美希 「あとはもう2人出てたの。
真狼想定をしないなら霊能にもう一人出るなんて考えたらいけないって美希思うかな?なんだか甘党が狼で凛ちゃんも狼で、真霊能がいないのを様子見てるようにも見えちゃった>りんちゃん」
少佐 「事前情報と現状証拠と、推理論法が全くかみ合わないのが
私の問題なのであろうなーこれ」
玖渚友 「まじでか。そんなに?うーん、なるほど。真の責務って奴なのかねん>美希」
四条貴音 「そこはぷれいんぐ次第、となります。
何、また今度色々試せばいいのです。私達の勝負はまだまだこれからでしょう>少佐殿」
鬼ヶ島羅刹 「>少佐
これは本筋とは離れるんだが、
潜伏狂人が狼に噛まれない為に潜伏狂人(だったり占いだったり)の話題を出す事がよくある。
そうやって狼に内訳見えてますよアピールする訳だな

後多分囲ってた場合も俺は噛み抜く」
星井美希 「逆に美希は真狼想定している少佐は最終日まで持っていく位置だったの。
だからこういうのは個人の感性もあるよね。」
GMあずさ 「少佐さんは少佐さんの考えで真剣に動いてたわけだから、
それは尊重すべきだと思うわね。
そういう行動が出来る人がいないと、村の流れが停滞してしまうし。」
高槻やよい 「11人村だったら霊能2もわりとレアケに近いし、
狂狼―真だってそう。」
渋谷凛 「2-2だと真狼-真狂でなければメリットなし、と>美希
確かにローラーするなら霊能の方からだろうし、それもあるかなー。
ありがと、勉強になるよ。」
星井美希 「自分は死んでも○は吊られたらダメ!
それくらいの心持でするの>友ちゃん」
GMあずさ 「狩人に関しては私も勉強になったわ~。
3回くらいしかやってないから、すごい動き方が不安なのよ。
みんな、ありがとうね。」
四条貴音 「それは私も思いますね。
ただ、どうしても狩人はGJ出すのが難しい生き物なのです・・・>あずさ」
神崎蘭子 「んー前にもいったけれども、多分今回はこうしようってテーマが少佐さんの中にあってね?
それがハマらない状況でも無理やり当てはめようとするから、ものすごいずれる?

えーと例えるならファミコンしようとしてファミコンのカセットもってきてて、
実際に遊ぶ場所にきたらあるのはメガドライブで、でも持ってきたファミコンのカセットねじ込んでる感じ。

結果として、両方壊れるよね?みたいな?」
星井美希 「でもだから美希は今日は負けても良いから狼で遊びたかったんだけどね>凛ちゃん
占いCOしたかったの」
高槻やよい 「狩人は生き残るのが仕事だよー……
結果的にGJの出る出ないは、別かなーって。」
ミスト 「あんまりそこまで考えないくてもいいと思いますけどね>少佐さん
私なんか特に役持ちの時ほどあんまり考えずはっちゃけますw」
少佐 「トライアンドエラーで折れない心をください>四条

それが本当に分からんのだ・・・
『○に投票?狂人アピ?だからなんのだ!』
『放置でいいだろうが!放置で!狂人なんだろ!?』
『狼じゃないんだろう!?その前に狼吊れよ!』
とか毎度発狂してるんだが 過剰反応なのかね
>鬼が島」
玖渚友 「なるほど……>美希」
神崎蘭子 「……そっか、凛ちゃんの地元だったら
112-2もありえるっけ。」
星井美希 「美希は吊られそうだと思ったらさっさとするけどねー」
神崎蘭子 「どうせ最後にものをいうのは灰の村力で、やるだろうし」
高槻やよい 「んー……潜伏狂人の恐ろしさ、かー。」
星井美希 「早苗って11で2-2もあるの!?」
鬼ヶ島羅刹 「112……だと……?」
ミスト 「するとあら不思議
こいつ役目じゃねえだろと思われていいところまで残されますw
狼にも噛まれにくくなりますし」
星井美希 「発狂したら話通じないから美希は吊るよ」
高槻やよい 「……ミストさんはこう、あの、役職じゃなくてもはっちゃけてるイメージが……」
ミスト 「占い112CO…!」
四条貴音 「さ、最高設定でも100人のはず・・・!!
げに恐ろしき、早苗鯖・・・・!!!」
ミスト 「え?>やよいさん」
GMあずさ 「そうよね、だからこそ皆が時間を割いてその理由を主張しあってるわけだし。
議論が盛んで嬉しいわ>貴音ちゃん」
鬼ヶ島羅刹 「>少佐
狂人が最終日に残ってるとまず自吊りさせるぞ。
吊るのは大変でも吊られるのは簡単だ」
神崎蘭子 「あー、当然11、2-2ね?」
高槻やよい 「あの、モモメノの時とか、その……>ミストさん」
渋谷凛 「たまーにあるかな>11人2-2
遺言があるから、霊能が潜伏するんだよね。で、3日目に2人出てきたりとかは。
いちばん無難な例は、●出され→霊能CO→対抗霊能出てくる、だけど。」
玖渚友 「…あー、あれかなあ。タイピングの練習でもしようかなあ。」
星井美希 「はっちゃけるのって難しいよね。
美希そういうのできないの」
GMあずさ 「何言ってるの・・・?>占い112」
少佐 「駄目なのだ 神崎 駄目なのだよ
『こうしよう』って思って動かないと 私は動けんのだ
消極的吊りに動いて、負けて 誰にも顔見世できんような敗北をしてしまう
そんなのは嫌なのだ 絶対に嫌なのだ
でも『こうしよう』も動かせんのだ どうしても
どうしてもそれは出来んのだ 」
神崎蘭子 「潜伏狂人って究極の結果論だよなーと思ってるかなぁ。」
玖渚友 「占い112とか人狼村じゃないよね。市だよねそれ。」
高槻やよい 「まあ、究極の結果論ではありますねー。
けどまぁ、それでも、怖いものだよ……」
ミスト 「あのシンヤの時だけじゃないですかー>やよいさん」
星井美希 「少佐、目標を立てるのは良いの。
でも、目標は目標。結果じゃないの。
できないと思ったら路線変更をするのも考えて良いと思うの。」
鬼ヶ島羅刹 「やること自体は決まってるぞ>潜伏狂人
初日役職を村にちらつかせつつ吊りを稼ぐ(自吊りで)」
高槻やよい 「それだけで最低限の仕事はできるのがねー……」
ミスト 「目標があるのはいいですけどそれにガチガチに縛られるのも駄目ですよ>少佐さん
ぶっちゃけ目標なんておまけみたいなものですし
クリアしなくちゃいけないなんてないんですよ」
四条貴音 「ふむ。貴方に必要な力は「対話」でしょうね>少佐殿」
玖渚友 「あー、そうか…そういう勝つ気概っていうか、
思い切りがねえのかなあ……僕様ちゃん。>少佐」
鬼ヶ島羅刹 「前者が無意味に難しかったり、後者で欲張って狼が吊れたりするのが失敗例」
渋谷凛 「潜伏狂人もたまーにやると効果大だよね。役職が欠ければそれだけで疑念は増幅するし。
ただ、村と見られて噛まれちゃうとそれはそれで複雑な気分だけど。」
星井美希 「気概なんて美希もないよ?
どの役職が来ても気分落ちるもん。
あーめんどくさいって>友ちゃん」
少佐 「ただいま 顔洗ってきた
気張りすぎなのかねー私は 熱くなりすぎる感じがある」
ミスト 「潜伏狂人になんで煮え湯を飲まされたことやら…!
ぶっちゃけ占ってもわかりませんし
役を見るまでわからないというところが扱いがすごい難しい…」
四条貴音 「四条に来ればいっぱい煮え湯を飲めますね>潜伏狂人」
神崎蘭子 「んー、えーとね、少佐さん、そんなに難しく感がなくてもいいんだよ。
顔見せのできない敗北なんてそんなもんどこにもあるわけじゃないし。
ゲームだしね。そりゃ、悔しい、これは恥ずかしいはあるけど。それくらい。

そーとらえないと人対人、すごいきつくなるよ?
少佐さんがいろいろ考えるように、他の人もいろいろ考えるんだから。」
渋谷凛 「勝負に対して熱くなれるのは長所だと思う。
ただ、熱くなりすぎて周りが見えなくなると短所になるから、そこは調整かな>少佐

ま、その加減を覚えるのが難しいのは言わずもがな。初日グレランの抜け方と同じだね。」
玖渚友 「なかーま。>美希
それは置いておいて、この僕様ちゃん限定吊られフィーバーをどうにかしたい。」
高槻やよい 「潜伏狂人については、『わからない危険』っていうのが正しいよね。」
ミスト 「まあ、狩人になって張り切りすぎたっていうのもあると思いますよw>少佐さん
わたしも最近それで狩人失敗しちゃったことがありましたもの」
星井美希 「熱くなって良いんだよ。
勝負なんだもん。だけど熱くなりすぎて会話にならなかったらいけないんだよ
そういうゲームなんだもん>少佐」
鬼ヶ島羅刹 「噛まれるのと自分の代わりに狼吊らせちまうのが完全な失敗なんで、
その他の例は小成功。
最終日自分吊らせて勝てたら大成功」
少佐 「そうなんだろうけどなー
自分の芯を他人と共存できる形にしないのがあれであるなー」
星井美希 「そこは練習だね。
美希だって最初は吊られまくりだったよ>友ちゃん」
少佐 「ミミガイタイー>熱くなりすぎて会話にならない」
玖渚友 「いやまあ、村が始まると客観視とか冷静さが削れるのはわかるけどね。>少佐」
星井美希 「ん?美希の真は
吊られなきゃなんとかなるかも。だよ?
それって他の人吊られろって言ってるの。
共存できてないよ?>少佐」
星井美希 「で、甘党。
美希噛まれたら蘭子吊っちゃダメだと思うな。
蘭子が狼なら美希残されるよ?」
玖渚友 「そうかー。半年たってるんだけど、まだ経験って奴が足らないのですね>美希」
星井美希 「だって美希がこうなるまで1年かかったよ?>友ちゃん」
神崎蘭子 「私」
少佐 「冷静さの欠片もない私になんかヒエぴたでもくれ>友

それもそれでいいと思うぞ 自分が何であれ勝てるじゃないか
私の場合はそういう訳ではないからなぁ>星井」
鬼ヶ島羅刹 「星井美希と神崎蘭子に関係はねーと思うんだが」
GMあずさ 「ちょっと呼ばれたから席を外すわね?
みんな、村に来てくれてありがと~。とってもうれしいわ~」
神崎蘭子 「あれ、もう三銃士が半年なんだ。早いねぇ。」
渋谷凛 「お疲れ様、村立てありがとうね>あずさGM」
少佐 「すまんのぅ、村の皆・・・申し訳なさとありがたさでお腹いっぱいだ今回」
鬼ヶ島羅刹 「美希非狼で残して得するケースってあんのか?」
高槻やよい 「村たてありがとー>GM」
ミスト 「お疲れ様ー>あずささん」
玖渚友 「そうかー……半年後も同じこと言ってそうだけど頑張って見るよ。
少しくらいはマシになるかもしれないし>美希」
少佐 「GMありがとー愛してる 今回も愛してる>支配人」
少佐 「半年とか おい冗談であろう?私はこんなにも闘えていないHAHAHA」
玖渚友 「だったら僕様ちゃんにも冷えぴたをくれ。
ダウナーな視野狭窄なんて笑い話だよ>少佐」
星井美希 「あるよー
蘭子が狼なら美希を残して最後殴り合いが安定だもん。
蘭子狼なら美希噛んだ次点で怪しがられるもん。
噛まれてない○がいるって双方二人いるから言えるんだよ。
美希を敢えての狂噛みの囲いに持っていけるんだよ。」
高槻やよい 「意外に見る事のできないケースってありますからねー。
ずっとべんきょー」
神崎蘭子 「んー?
ミスト 「こんなときこそ村をやりましょう!>少佐さん
具体的には真紅鯖で普通が建ちそうです」
神崎蘭子 「んー。」
少佐 「ダウナーは私もだ それ以上に熱くなってその後痛い目をみるが
友のロジックは凄く納得できる 好きだぞ?>友」
神崎蘭子 「私もう3年たつけどできはじめたの最近な感じかなーとかいったら怒られるかしら。」
ミスト 「そういえばわたしもやっと半年ですねー
それだけやっているのにまだ殴りが出来ない…」
鬼ヶ島羅刹 「すまんその想定はわからん
2W残りなら押し切れば勝ちだし」
高槻やよい 「ダウナーで生きられる人ってすごいとおもうなー。
私、テンションあげて行かないとダメな子だから……」
星井美希 「冷静さなんていらないんだけどね、別に>少佐

いやだなぁ、美希吊られちゃいそうなの♪>友ちゃん」
四条貴音 「半年ですか。
えーと・・・・私はまだその半分ですね・・・」
少佐 「ふむ、ならば、参加してこようかなぁ・・・
レジィさんはあれだな 毎村見る気がするけど実は分身してない?>ミスト」
渋谷凛 「今年の10月から5年目とか言っても信じてくれなさそう。」
ミスト 「そんなわけないですよw>少佐さん
ただ村に参加するのが楽しくて建つとつい参加してしまうだけですよ」
少佐 「他人を害する熱だと、ただの悪害だよ まぁ?自覚があるのに
直らない私はそれ以上だがね はっはっはっ>星井」
玖渚友 「9回連続普通村で吊られてたけどこの村で生存敗北したよん!
実は結構ダメージをくらっているぞっ!」
星井美希 「蘭子狼なら美希噛んで吊られるようなことはしないと思うな。
偽目濃厚な占い師の○として残るなんて吊ってくれって言ってるようなものなの。
だから最終日想定位置だよ蘭子はどちらかというと>甘党」
高槻やよい 「ぶらして負けると凹む。
負けた事じゃなくて、特にこー……自分を信じ切れなかった事に。」
玖渚友 「わーいありがとー>少佐
わははー♪…>美希」
少佐 「お互い傷をなめ合おうぜ 私も最近傷心気味だ>友」
ミスト 「あ、参加村が決闘鍋も合わせると400超えていた」
少佐 「それそれ それなのだ それがもう、耐えられないから
こんな思考になってしまった>やよい」
鬼ヶ島羅刹 「どっちにしろ囲い位置で吊られるのは蘭子にしか見えねえからなあ、俺は。
星井と蘭子が残ってたところでノータイムで蘭子投票するし」
渋谷凛 「あぁうん、すごいわかる>やよい
自分の信念を曲げて負けると、結構心に来るよね。」
星井美希 「ならその熱を修行して変えてみちゃうの
そうなるほうが良いよ?>少佐
ダメだダメだってうじうじするよりはそこからそれをどう「利用」するか、なの」
鬼ヶ島羅刹 「ミスト噛まれた時点で友は偽目だろ?」
神崎蘭子 「へーきへーき、
あと2年もしたらふつーに吊られなくなって困るから。>友ちゃん」
ミスト 「雛苺鯖の鍋は含まれていないから実際はもっといっているかも…?」
高槻やよい 「っていうか、伊織ちゃんを疑いきれるわけないじゃないですかー!(何
ぶらした理由はそこじゃないけどね。
単に推理に自信が持てなかっただけだから。」
四条貴音 「ふーむ。何度ロジックしても蘭子噛みがあそこは正着手でしたね。想定的には」
少佐 「ガスタービンを付けるという訳だな?
しかしこれ、どうしていいか分からんぞ
亀以上に難しい>星井」
神崎蘭子 「◇鬼ヶ島羅刹 「どっちにしろ囲い位置で吊られるのは蘭子にしか見えねえからなあ、俺は。
星井と蘭子が残ってたところでノータイムで蘭子投票するし」

たんまー。それノータイムってことは真狂みてないってことになるよ?」
玖渚友 「なんて後ろ向きなんだ…。素敵だぜ…?
無理やりポジティブより素直にネガティブのほうがストレスにならないしね。
気分は暗くなるけど>少佐」
神崎蘭子 「多分その考えは真狼じゃないと通らない気がするんだけど、違うかな?」
星井美希 「別に最終日に吊るならそれでも良いの。
でも、そんな残され方してるSGにしか見えない蘭子をそのまま吊っちゃうのは
狼1匹も吊れてないときにするのはちょっと無謀かなって思うの>甘党」
鬼ヶ島羅刹 「>蘭子
真狂で蘭子囲い想定なんだが。何かおかしいか?」
ミスト 「灰視なんてもっとも自信がないところだから
自分が村だと思った人の疑い先にいつも投票しています」
玖渚友 「長い目って奴なんだねん。若さとは振り向かないことさっ!>神崎」
少佐 「私はさっきやった村でそれなりだから幸福貯金があってよかった
なにもないままこの村だったらたぶん泣いていた 中の人が>友」
鬼ヶ島羅刹 「蘭子囲いにしか見えないし、最終日残ってたらどうせ吊るし」
星井美希 「弱点って思ってるところはね、ちょっと加工すればそれはとっても良い武器になるんだよ?>少佐」
少佐 「方向性が分からんが・・・・探してみよう
ありがとう、星井 気が楽になった」
神崎蘭子 「あとはこー、決めうち真狂で、もう一切合切友の真を信じないって場合奈良ノータイムか。
ようは神崎は狼だって決めてかかってるんだから。」
鬼ヶ島羅刹 「>蘭子
要するにそういう事だ」
神崎蘭子 「◇鬼ヶ島羅刹 「>蘭子
真狂で蘭子囲い想定なんだが。何かおかしいか?」

うん、おかしいっていうか、多分そこしか考えてないのが問題なんだと思う。
もっというと、友の真がどうしてみえなかったか、ってことだけど。」
鬼ヶ島羅刹 「>蘭子
お前が村に見えなかったから」
星井美希 「でも実際蘭子村で負けてるよね?
それ、怪しかった蘭子が悪い。真見られなかった友が悪いって言っちゃうの?>甘党」
神崎蘭子 「美希がいってるのは、安定して最終日をこさせる一番の方策なんだよ。
だから、そこで違和感感じないとダメなんじゃないかな?ってことなんだと思う。」
鬼ヶ島羅刹 「友狂人だったら絶望村に入るのに自吊り許容するような言動されると困る」
星井美希 「美希だって殴れなかったのがすっごい弱いなぁって思ってたけど
殴らなかったら疑いが来ないんだから>少佐」
鬼ヶ島羅刹 「>星井美希
無論俺が悪いが、
後悔する気はあまりない。」
ミスト 「村が建ったので逝ってきます
お疲れ様でした」
少佐 「私の場合はどういう風に錬金術すればよいのであろうな
熱意を持って・・・見えん
>星井」
星井美希 「まぁ、別に良いんだけどね。美希村だったら蘭子投票してなかったし。」
神崎蘭子 「ん……あーそうか
違和感っていうか。ノータイムで私吊るなら」
ミスト 「…熱いRPチャレンジチャレンジ>少佐さん」
四条貴音 「正直甘えが通った勝利でしたね、とは。
蘭子狼視にうまくつけ込めたいえばそういうことになりますが」
神崎蘭子 「少佐吊りの日に、私吊らないといけないとだめな気がする。
それこそ、鉄火状況だから。」
少佐 「でっていうしかないな>ミスト」
鬼ヶ島羅刹 「だからまあ投票してたんだが。
少佐吊れちまったんだよなあ」
神崎蘭子 「その場合に限り、翌日もう一回考えられる。
ようは、あまとうさんは決め打ってるんだから。

そこに2Wどうこうっていうのはちょっと関係ないような。」
少佐 「そこはすまん>鬼が島」
ミスト 「嫉妬仮面もおすすめw>少佐さん」
星井美希 「別に後悔してーってことじゃなくて
もっと視野広く持てばよかったんじゃないかなって。
貴音も伊織も普通に捕まえれたの
まぁ、美希も見つけるのが遅かったけどね。>甘党

まず、どうなりたいか、かな。
どんなプレイヤーになりたいか、考えてみると良いかもなの。
この人みたいな動きがしたい、とか>少佐」
神崎蘭子 「後悔っていうか、何が問題だったかっていうよりも
こういう考え方もできたんじゃないかな?ってことを美希さんはいいたいんだと思うよ>あまとうさん」
四条貴音 「ふーむ、難しいですね・・・
私が村ならどう動いたでしょうか・・・」
水瀬伊織 「少佐吊りが通ったのがありがたかったわね、狼としては
蘭子を吊りに行くか、友を吊りに行くか迷ったけど
やよいを吊りに行くことは私にはできなかったし」
神崎蘭子 「実際、やよいちゃんの票替えはあったとして、最初から蘭子吊る気だった村はあまとうさんだけなので。
そこは考えてもいいかなって。」
星井美希 「美希が狼ってこともあるんだけどね。
真狂なら。」
少佐 「難しいなぁ・・・私が参考とするべき人・・・あまり候補が思いつかん
まぁ、それが私でもあるのだが>星井」
水瀬伊織 「村なら、伊織と蘭子吊ってから考える、でいいんじゃないかしら?>貴音」
水瀬伊織 「だからこその私への投票だったと思うもの>貴音」
鬼ヶ島羅刹 「伊織も貴音もある程度見た上で蘭子投票してるしなあ>夜言った通り貴音の伊織●への反応に疑問は持ったし
なんでまあ視野というよりは路線変えられないのが問題なんだが」
玖渚友 「まあ熱くなるな冷静さを失うななんて酷な話なんだよ。
そうなるにこしたことはないけどね。
だったら時間を決めればいいんじゃないかなあ。投票は超過1分半まで待つとか。
夜の書き溜めはいついつからでとか。そのあいだあいだはしっかり発言投票を見る。
なんてね。必要なのは、時間なんじゃないかなあ?」
ミスト 「師匠を見つければいいと思いますよ>少佐さん
この人みたいになってみたいって思える人がいるといないとじゃあ
結構変わるから」
四条貴音 「そうですね、結局そういう展開でしょう。
よくみれば私が鬼ヶ島羅刹に乗っかかりにいったのはみえみえですし>伊織」
星井美希 「美希じゃあキミとは動きが違うしね>少佐
でも、少佐の言ってた村に見られながら投票を貰わない狩人なら美希は少しはできるよ、一応w」
少佐 「ある種の制約か・・・考えたこともなかった
時間はいつもぎりぎりでGMさんごめんなさいしてる>友

師匠かぁ・・・そういうのは分からんよ>ミスト」
星井美希 「熱くなるのは大いに結構だと思うかな。
熱くない最終日は見てて面白くないしねー」
水瀬伊織 「たまたま蘭子が吊れて勝てたけど、6の日に私を吊っておいて、
そこから勝負をしかけるのもアリだったかもしれないわね>貴音」
四条貴音 「ただ周りが見えなくなるとそこまで、ですね>美希」
鬼ヶ島羅刹 「ぶっちゃけ吊る気はなかったんだよなあ>三日目には少佐を
あって潜伏狂人だと踏んでたし」
渋谷凛 「鬼ヶ島羅刹→天ヶ瀬冬馬→あまとう(甘党)、か。

てっきりHNで呼んでると思って「えっ?」ってなった……」
少佐 「なんだろうな、最早別系統のやり方になれればいいんだろうが
それなりに愛着あるやり方でなぁ・・・
HAHAHA あなた村を見られる究極系じゃないですか>星井」
四条貴音 「本来の路線としては前日の投票も含めてそちらが安全策だったのでしょう。
玖渚友を狂人あつかいすればそれで事足りますゆえ>伊織」
星井美希 「うん、熱くなって会話が通じない人なんて美希さっさと吊っちゃうしね>貴音
貴音もそうじゃないの?」
少佐 「え、HN呼んでたんじゃないの・・・?」
少佐 「会話が通じない人で申し訳ありません」
神崎蘭子 「あー、まぁそうだねw>凛ちゃん
アイマス2わからないとわからないネタだねこのあたりはw」
四条貴音 「原作ネタですね>少佐殿」
玖渚友 「時間は余裕を持とうねって感じ?え、僕様ちゃんが言うな?
ごめんなさい>少佐」
ミスト 「そんなに深いものじゃないですけどねw>少佐さん
ちょっとした同村したときにアドバイスを貰ったり
絡んでもらったりとかそういう感じでw」
星井美希 「美希はまだまだ白くなるように頑張るの
狼で「ここ人外なら勝てない」って占われるくらいに!
……あれ?>少佐

だからあのHNはホントのHNじゃないと思うの>りんちゃん」
少佐 「アイマス人狼の参加条件:アイマスに興味がある人
まずこの段階で条件を満たしていないCO HAHAHA
いや、やる様になってキャラは好きになったがな>四条

まぁ、お互い様だな>友」
渋谷凛 「よもや村中でHNを呼ぶなんてことはないだろうと思ったけど、調べてみてすっきり>蘭子

しかし最初に抱いたイメージはスイーツ系男子だった。」
ミスト 「でも、やっぱり意識して参考できますし
この動きとか目指す方向とかをかなり見えてきましたね
…まだまだ目指すものは遠いですけどw」
少佐 「絡みは私も大好きだぞーバリバリー>ミスト

本末転倒過ぎて『○狙い』→『え?』のパターンですね
わかります>星井」
四条貴音 「アイマスに興味がある人

この文変えたほうがいい気もしますね」
少佐 「凄いばりばり言っちゃうCO>渋谷」
神崎蘭子 「あぁ、あまとうさんはこれでいて硬派ですよ?>凛ちゃん
趣味はフィギュアあつめだけど」
ミスト 「え?>アイマス人狼の参加条件:アイマスに興味がある人
…知らなかった」
玖渚友 「会話=説得ってのは相手に響かないといけない。振り向かせないといけないからね…
労力の釣りあいが取れそうにないと吊っちゃうよねえ。
今のところ僕様ちゃん説得とかそんなんできねえけど。」
玖渚友 「興味はあるよ。全然タイミングってか機会がなくて買えても見てもないけどねっ」
少佐 「あれ、そんな文なかったっけ?勘違いか?
まぁ、似たような文面があったような気が」
星井美希 「まぁ、それくらいのほうがやる気出るよ?>少佐」
鬼ヶ島羅刹 「普段なら8人2Wとか指定するんだが。
少人数だとやりにくいんだよな」
少佐 「まずPSPがない というか我が家の最新ハードはPS2だぞ
しかも初期の」
四条貴音 「正直問題無いとは思うのですがね・・・ふむ」
星井美希 「興味あるならニコニコとかでマンガとかもあるから見てみたら良いんじゃないかなぁ」
ミスト 「ゲームそのものを持っていないCO…」
少佐 「究極系過ぎて後光が差しておるぞ>星井」
渋谷凛 「うん、調べてわかった。トリップメインの人なんだね>美希

感想戦ではもちろん構わないけど、進行中に呼ぶ人はいないだろうなと思っただけ>少佐
よくよく見返すと「甘党」って漢字だったし、そんなことはないだろうとすぐ分かるんだけど。」
少佐 「あぁ、そうであったか すまんすまん
良く私はぼやきそうになるからなぁ・・・w>渋谷」
少佐 「さて、埋まった様だ また戦場に行ってくる」
鬼ヶ島羅刹 「まあすまねぇな。
俺も少し落ちる事にするわ、お疲れさん」
渋谷凛 「あと、実はわたしもアイマス系ゲームは全く未プレイだね。
アニマスは何故か全部見たけど。」
星井美希 「この動きができたらかっけーよね。って感じのをさ
目指してみたら良いんじゃないかな~。
煮詰まったら呼んでくれれば役に立つかわかんないアドバイスくらいはしてやんよ?>少佐

多分羅刹するからあまとうってつけたんだろうねぇ>凛ちゃん」
玖渚友 「白さか…白さ……あーそのアプローチは考えたことなかったなあ。」
少佐 「この場を借りて、同村のすべての人に感謝を
きっとまだまだ時間がかかる
それでも、上を目指そうと思う
今一度、感謝を」
星井美希 「美希もアニメを13話だけ見たの……
ここにくるようになってから一生懸命勉強したの。
だってみんな楽しそうだもんね。」
星井美希 「白さってなんだろうねぇ」
玖渚友 「吊られないことかな>美希」
星井美希 「占われるけどね」
玖渚友 「じゃあ僕様ちゃんもそろそろおちるかにー。
今度こそまともに爽快感とか幸福感とかそんなんが欲しい。
お疲れ様―同村感謝だよーんばいにー」
玖渚友 「占われたいよ。むしろ占っていいよ。銃殺とか大歓迎だよ>美希」
星井美希 「まぞいの……>友ちゃん」
渋谷凛 「うーん、その質問は難しいね>美希
個人的には「信用されること」だと思う、かな。それはたぶん「吊られない」にも繋がるんだろうけど。」
玖渚友 「どれだけ僕様ちゃんは占われないか。
そして占われて○でも指定されて死んでるか…ううっ。
本当に白さをください。」
玖渚友 「おっとじゃあホントに落ちるね。ちょっと白さを探究してくるよ。
二度目のばいにー!」
星井美希 「白さは自分で稼ぐの!>友ちゃん

でも灰にいると吊られちゃうことも多々あるよね>凛ちゃん」
星井美希 「ばいにー」
渋谷凛 「お疲れ>友

その時はその時で、疑わしかったから吊られたのかなって割り切るようにしてる>美希
ただ、吊られた後でも自分の意見を汲んでくれて吊りたい人を吊ってくれたなら、それは「信用された」ことになるのかな、って。」
渋谷凛 「なんか定義とずれた感じがするけど、まぁいいや。」
星井美希 「なんか凛ちゃんかっこいいの……
美希もそういうのが言えたら良いなぁ」
渋谷凛 「……ん、わたしもそろそろ落ちよっかな。
お疲れ様、村立てと同村ありがと。またよろしくね。」
星井美希 「それじゃあ美希も落ちるの。お疲れさまなの
ふあぁ……眠いの……」
GMあずさ

                 /::,二ニヽ
            __,.へ __/:/___ `ヽ
          ,/::::::::::::::\/:::::::::::`:.、
        ,ィ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         //:::::::::::::::::::/V二>、::::::::::::::\
.       //::::::::::::::::::/ ̄    -\:::::::\::ヽ
      //::::::::::::::::::/´ ̄       ∨:::::ハヽ|
.      l/::/:i:::i::::::::::l         _ V:::l::::!
      !:::|:::|:::|:::::::::| ,ィ==   ´ ̄` l::::ト、|
      |/|::::l:::l::::::::::!,,,,,   __,. ''''''/イ:|  ♪
      |:::|::∧:ヽ:\|   (´::::ヽ/ /::/|/
      /::|/::::\l\|`>ァ┬┬<__:l_
     /:::/:::::::::::::::::::::::::/ /Y::}::}:_ノ----、_(   ┌┐
     ,':::/|::::::::::::::::::::::::::ヽヽj:::|::|::||:::::::l:::|    d d
     |::,' .∨::::::::::::::::::::::::/ー' ̄ ̄|::::::,'!::l
     |/  \::::ト、:::::::::/ ̄  ̄ ´|:::/ |/
         ヽ| \/` ー - |/
             lー┬─┬‐l
                ヒ/   ヒ/

かなり遅くなっちゃったわね~。
締めにきました、この村の感想戦は参考にして、私も頑張りたいわ。
皆さん参加してくれてありがとうね~」
水瀬伊織 「みんな、お疲れさま。あずさも村建てありがとう。
蘭子が動いてきたとこに乗っかれた感じだったわね。
貴音がうまく導いてくれたおかげね、ありがと。それじゃ、またね。にひひっ。」