←戻る
【劇場88】劇場公演 火曜の部村 [104番地]
~暑さ寒さも彼岸まで・・・って絶対嘘だと思う~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8
icon ELLIE
(生存中)
icon 小早川紗枝
(生存中)
icon 双海真美
(生存中)
icon 荒木比奈
(生存中)
icon 古明地こいし
(生存中)
icon 国広一
(生存中)
icon 高垣楓
(生存中)
icon 双海亜美
(生存中)
icon 美羽
(生存中)
icon ナズーリン
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 日高愛
(生存中)
icon ギコ
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon レーティア・アドルフ
(生存中)
icon 東郷あい
(生存中)
村作成:2012/07/17 (Tue) 21:57:06
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
GM 「点呼は22:30予定ですよ」
小早川紗枝 さんが入場しました
小早川紗枝 「おばんどす~」
GM 「いらっしゃい~」
双海真美 さんが入場しました
双海真美 「よろー!」
荒木比奈 さんが入場しました
荒木比奈 「こういうの苦手なんすけど・・・よろしく」
GM 「いらっしゃいませ」
小早川紗枝 「着て早々やけど少し離れますわ~」
双海真美 「んー、まぁなれればなんとかなるっしょ!>ひなっち」
かり さんが入場しました
かり 「こんばんは、よろしくお願いします」
かりんとう さんが入場しました
かりんとう 「よろしくお願いします。ごめんなさい、少しだけ離席します」
双海真美 「かりのみんなもよろよろー!!」
GM 「いらしゃいいらしゃい。」
かり 「ちょっと席はずしますね~
一応戻ってこれなかったらキックよろしくお願いしておきますね>GMさん」
双海真美 「真美やることないなぁ・・・GMの兄ちゃんにするイタズラでも考えよーっと」
小早川紗枝 「ふぅ~ただいまや~」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ELLIE
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 26 (水谷絵理)」
高垣楓 さんが入場しました
高垣楓 「よろしくおねがいします。」
双海亜美 さんが入場しました
双海亜美 「んっふっふ~!亜美もさんじょーなのだ!
よろしくね、姉ちゃんたち!」
ELLIE 「こんばんは?8人そろって純粋に嬉しい。あと双海タワー完成はレア?」
高垣楓 「あぁ、亜美さんは私が入るのを待っていたと」
双海真美 「楓お姉ちゃんに・・・亜美、遅いですな!!」
双海亜美 「真下になったのは偶然だよ~!? でもでも、やっぱり亜美と真美はウンメーの赤い糸で結ばれてるんだね!>楓っち」
高垣楓 「ふふっ、仲が良さそうで羨ましい。」
双海真美 「で亜美真美タワー完成で1200万超人パワー理論だね!!>楓お姉ちゃん」
小早川紗枝 「ほぇぇ~双子はんで縦にそろっとるわ~」
高垣楓 「運命だけに、連名なんですね>亜美さん」
双海亜美 「ふっふっふ…双海タワーは全てを滅ぼすのじゃ・・・!
嵐よ…嵐よくるのじゃあ・・・!>えりりん」
美羽 さんが入場しました
高垣楓 「そのためには3倍の回転と二倍のジャンプをしないと>真美さん」
双海亜美 「楓おねーちゃん、物静かなのに意外といけるクチだよね!
仲良くなれそー!」
ELLIE 「それは立ったまま死ぬハメになるからやめたほうがいいかも?>楓さん」
双海真美 「おおー!!
これが噂の楓お姉ちゃんのダジャレ・・・!!思わず感心しちゃったよー!>楓お姉ちゃん」
高垣楓 「タワーだけに、くずれたら「たわーっ」とお二人があたふたするのが見えますね」
ナズーリン さんが入場しました
双海亜美 「そこでスカイラブハリケーンですよ!>楓お姉ちゃん」
高垣楓 「何故彼は不遇なんでしょうか?>絵理さん」
ナズーリン 「お邪魔するよ」
双海亜美 「ミウミウと、ナズーリンの姉ちゃんもよろしくね!」
双海真美 「ふたりともよろよろー!」
高垣楓 「彼らはサッカーをするよりもサーッカースにでも入ったほうが良いと思うんだけど>亜美さん」
双海真美 「お姉ちゃん?
ナズナズって歳上なの?あんまりそーは見えないけど>亜美」
ELLIE 「でもプラネットマンの時は泣いた?そして王位争奪編では別の意味で泣いた。

闇討ちとか酷すぎるよね・・・>楓さん」
双海亜美 「楓お姉ちゃんの清楚な口から異質なもの(ダジャレです)がごろごろと・・・(ごくり」
萩原雪歩 さんが入場しました
双海真美 「そもそもあの動きは反則という話があるのだよ楓お姉ちゃん!」
双海真美 「なんだかホラーっぽいよ亜美!?>異質なもの」
美羽 「今日はアイドルましましじゃな うむよきにはからうがよい」
双海亜美 「ナズーリンのお姉ちゃんは実は長生きだし、策士らしいんだよ!油断してると「むむむ」っていうことになるよ!>真美」
ナズーリン 「人を見かけで判断するものじゃないよ。
これでも君の数十倍は生きているつもりだ>真美」
高垣楓 「サッカーゴールに触れるのは反則と聞きましたが>マミさん」
かりです さんが入場しました
萩原雪歩 「あの・・・こんばんわ」
ELLIE 「ひゃっふ。」
ギコ さんが入場しました
双海真美 「お、ゆきぴょんよっろしくー!」
双海亜美 「ゆきぴょんきたー!?アイドルばかりの村だね!」
小早川紗枝 「今日はアイドルが一杯や~狼はんもアイドルぱわーでいちころや~」
かりんとう 「かりんとう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりんとう → 国広一
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 921 (国広一)」
ギコ 「よろしくな」
国広一 「戻ったよ、改めてよろしくね」
高垣楓 「もしかしたら既に亡くなった私の考えかもしれないね。
異質と遺失ってね>亜美さん」
萩原雪歩 「あ、よかった あみなみちゃんいて・・・」
双海亜美 「もっとセクシーよりな内容かもよ!>異質なもの
真美にはまだ早いかもねぇ、んっふっふー」
双海亜美 「おふたりもよろー!」
双海真美 「うあうあー!?亜美がえっちぃ!?>亜美」
でっていう さんが入場しました
双海真美 「んもー、ゆきぴょんはあがり症だね!
真美達を見習いたまえ!いつでも元気120%だよ!>ゆきぴょん」
萩原雪歩 「ひんそーですいません・・・」
でっていう 「        /::`´`´ヽ            r‐ ' _ノ  
        /:::.:.:.   ヽ          _ ) (_   ………。
      /::::::.:.      \      (⊂ニニ⊃)   
     |::::::::::.:.:.:.:.:.     |         `二⊃ノ   
     l::::::::::.:.:.:.:.:.:.     |       ((  ̄   
     `r'ニニヽ__    /       ;;      
     r':ニニ:_`ー三`:く./           [l、     
   /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ     
.   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ     
  | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ    
.   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´      
   |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´       
.   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉        
   |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/」
水瀬伊織 さんが入場しました
双海亜美 「楓お姉ちゃん死んでるの!?
今のお姉ちゃんはいったい…!(高度過ぎて伝わらない)」
萩原雪歩 「だ、だって~知らない人たくさんいるしい~・・・>◇双海真美」
でっていう
        /ニYニヽ                                
   (ヽ  /( ゚ )( ゚ )ヽ    /)                          
  (((i )/ ::::⌒`´⌒::::\  ( i))) でっていうwwwwwwwwwwwwwww  
 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \                        
( ___、  |-┬-|    ,__ )                        
    |    `ー'´   /´                           
    |         /」
かりっぽいど さんが入場しました
水瀬伊織 「よろしくね」
かりっぽいど 「よいしょー」
karinn さんが入場しました
かりっぽいど は かりっぽいど に KICK 投票しました
かりっぽいどさんの出演は延期になりました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
ELLIE 「ひゃっふ。」
でっていう 「よろしくっていうwwwwwww」
双海亜美 「そうだよ!亜美と真美ふたりあわせれば120×120で…えーと
元気1億%だよ!>ゆきぴょん」
小早川紗枝 「雪歩はん落ち着いて~な~
とりあえずお茶でも飲んで落ち着いておくれやす~>雪歩はん」
萩原雪歩 「えええ~満員になっちゃったよおお・・・」
ELLIE 「入ったと思ったら抜けた・・・?!」
でっていう 「     /ニYニヽ      
    /( ゚ )( ゚ )ヽ       ヘイトのアイドルがきてやったぞっていうwwwwww
   /::::⌒`´⌒::::\     
  | ,-)___(-、|    さあ、俺様を崇め讃えろっていうwwwww
  | l   |-┬-|  l |   
   \   `ー'´   /」
かか さんが入場しました
かりです 「かりです さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりです → 日高愛
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 25 (日高愛)」
かか 「ふーう」
双海真美 「んむむ・・・よし、亜美!!
ゆきぴょんを禁断の必殺技「亜美真美ファイナルファイヤー」で盛り上げてあげようよ!」
高垣楓 「うん、血の池地獄からきてるの>亜美さん」
日高愛 「よろしくお願いしまーす!!」
ELLIE 「愛ちゃんやふー。」
双海亜美 「いおりんもきた!これでかつる!
他にもかりさんたちと・・・変なとかげきたー!?」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 古明地こいし
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 249 (古明地 こいし)」
双海真美 「みんなよろよろー!」
ナズーリン 「埋まったね。何よりだ」
でっていう 「一気に埋まったっていうwwwww
いい事だっていうwwwww」
萩原雪歩 「あ、どうも。 お茶おいしいですう^^ 」
ギコ 「おう、埋まったな」
でっていう 「やっぱ俺様がカリスマすぎたっていうwwwww」
水瀬伊織 「うわ、隣にとかげって・・・
ヘンなことしないでよね」
かか 「かか さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かか → 東郷あい
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 727 (東郷あい)」
ELLIE 「そろったから・・・小早川さん以外全員、遺言確認した上でスタンバイしてね?」
美羽 「妾大勝利の流れ 」
karinn 「karinn さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karinn → レーティア・アドルフ
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 617 (レーティア・アドルフ)」
東郷あい 「やぁ、それでは、よろしくお願いするよ。」
双海亜美 「しかし真美…それを使ったら真美の体に負担が・・・!
二度と歌えなくなってもいいというのかー!?>亜美真美ファイナルファイヤー」
双海真美 「覚悟の上だよ亜美!!
(ところで「亜美真美ファイナルファイヤー」の内容どうしよっか)>亜美」
レーティア・アドルフ 「うむ、よろしくお願いする。」
日高愛 「はい、完了です!
絵理さんおつかれさまです!」
でっていう 「ギコさえ吊れば俺様のハーレムが完成すると聞いて、っていうwwwww」
東郷あい 「さて、準備は万端だ。君たち。
よろしくおねがいするよ。」
萩原雪歩 「男の人・・・いないよね」
水瀬伊織 「あんたたち、またなんかたくらんでるの?>亜美真美」
でっていう 「ていうかいつもよりネタ枠少なくねーかっていう?wwwwwww
俺様浮いてるっていうwwwwww」
ギコ 「俺が蜥蜴に負けると思ってんのか?>でっていう」
ELLIE 「トカゲがオスなのかメスなのか、そこが焦点?>雪歩さん」
でっていう 「卵は産むけど俺様男(多分)だっていうwwwww>ゆきぽん」
双海亜美 「なんという覚悟・・・ゆきぴょんへの愛はほんものなのか・・・?
(えっ?真美が言ったんしょ!?真美が責任持ってよ!)」
日高愛 「だ、だいじょうぶだと思います!>雪歩先輩
オスかメスか分からないっぽい人(?)はいますけど!」
小早川紗枝 「気にしたら負けやで~>蜥蜴はん」
水瀬伊織 「あんたはどこにいても浮くわ!>でっていう」
でっていう 「いつでもかかってこいっていうwwwww
俺様は敗ける気マンマンだっていうwwwwww>ギコ」
萩原雪歩 「たしか卵産んでたはずだけどお>◇ELLIE」
双海真美 「んーむ。
ギコは・・・オス?
でっていうは爬虫類だからよくわかんないよー!>ゆきぴょん」
ELLIE 「小早川さん、みんな準備終わったようなのでカウントお任せしちゃうね?」
小早川紗枝 「皆はん準備はいいどすか?」
双海亜美 「でっていうはメスという噂も・・・!そしたらハーレムだ!良かったねギコ兄ちゃん!」
でっていう 「東方勢はネタとは言い難いし、ギコもネタ枠とは程遠いっていうwwwww

つまり、これは俺様のオンリーステージになる予感っていうwwwwww」
ギコ が「異議」を申し立てました
水瀬伊織 「オスかメスか、ひっくりかえして確かめてみたらいいんじゃない?」
双海真美 「だって私達・・・仲間だもんげ!!
(とりあえずゆきぴょんを取り囲もう!!)>亜美」
ギコ 「俺は見ての通り男だぜ」
萩原雪歩 「あみちゃんまみちゃん、もうすぐはじまるから落ち着いて!」
双海亜美 「もちろんだよー!れっつごー!」
小早川紗枝 「かうんと始めるで~」
国広一 「勿論、何時でも行けるよ」
小早川紗枝 「参!」
でっていう
          .     /ニYニヽ        ll    ll          
              /(。)(. ゚)ヽ    ll     ll          
             /::::⌒`´⌒::::\    ll.     ll          さあ、お前らかかってこいっていうwwwww
            | ,-)トェェェェイ(-、|--'、_     lレ--z     
             | l  .|-┬-|  l |    `トl、  八r-x‐テ      
            \  `ー-'´υ/⌒、ー'、 |リlト、V´ ,、‐ヘ、     俺様、ちょっと殴られただけで
                   {  ,ニ、/   ,! //川/`Y  \ \  
                  ヽ{  ハ、__∠//彡イ⌒ ーヽ‐- ヽ- ヽ   こうなるっていうwwwww
                 `ヾ=≦ニ三≦彡イ             ノ  
                     `ヽニt=ヽ {、        _,/   
                       \゙ヽニン´  ̄  ̄ /     
                          ` -----''´」
ナズーリン 「ハハッ、初日から人気(票貰い)な君が想像できるよ>でっていう」
小早川紗枝 「弐!」
水瀬伊織 「たしか、口からタマゴ産むんだっけ?>雪歩」
双海真美 「男の人いたけどがんばるのだゆきぴょん!!」
小早川紗枝 「壱~」
日高愛 「見える・・・見えます!
初日誰かさん吊りが!」
でっていう 「でででで! でっていうwwwwww」
双海亜美 「仲間だよ、ゆきぴょん!ほらみんなもゆきぴょんのもとへ!
(ずるいよ、真美!逃げるなんてー!?)>真美」
萩原雪歩 「それはピッコロだよお・・・>◇水瀬伊織」
小早川紗枝 「零~
みなはんおきばりやす~」
でっていう 「それピッコロ大魔王だっていうwwwww>いおりん」
ゲーム開始:2012/07/17 (Tue) 22:40:18
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆ELLIE 皆さま、本日は電子の海へようこそ。本日のお相手は私、ELLIEこと水谷絵理が承り?

あ、尾崎さん余計なことはしないでくださいね?サイネリアも座ってて?

「センパイがアタシを邪険に!?」「……絵理……」


……あぁ、なんか少しマイクにノイズらしきものが被るかもだけど気にしないでね?
とにかく、楽しんでくれれば嬉しいから。楽しみましょう。ELLIEでした」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ELLIE は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ELLIEさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ナズーリン 「占いCOだ

水瀬伊織は○だったよ」
小早川紗枝 「皆はんおはようや~」
荒木比奈 「おはようっす
こういうの苦手っすよ・・・」
高垣楓 「おはようございます。
絵理さんしか入ってはいけない場所っていうものがあるらしいですよ。
絵理のエリア、なんちゃって。
この遊戯のマスターですからね、当然ですか。」
ギコ 「おはようさんっと」
国広一 「おはよう、良い朝だね
……ま、少し暑いけど頑張って行こうよ。
麻雀?メイド?今日のボクはただの女の子だよ。」
古明地こいし 「おはよ~」
双海真美 「じってーん!!
亜美の挨拶をかりておはよー!!」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう」
日高愛 「おはようございまーす!!
・・・ああっ、絵理さんがー!(涙)」
美羽 「おはようなのじゃー
蜂蜜水はないのかの?」
でっていう 「おはようっていうwwwwwwwww」
双海亜美 「おっはよ→!
皆で頑張って狼を追い出すのだ!
あ、亜美真美トラップには気をつけたまえ!
いつも皆引っかかるかんね。」
東郷あい 「おはよう。良い朝だね。
占いはCOをお願いするよ」
レーティア・アドルフ 「占いCOだ美羽は○●」
ギコ 「はええなw」
古明地こいし 「役職さんはお仕事してよね~♪」
萩原雪歩 「おはようございますう」
荒木比奈 「ナズーリンは朝一COっすか?だるいっすね」
高垣楓 「ふむ、お早いCOですね」
でっていう 「それどっちだっていうwwwww>レーティア」
古明地こいし 「占いさんはお二人かな~?
東郷あい 「レーティアは結果をはっきりさせてもらおうか?」
国広一 「占いが飛び出し気味で……レーティアの結果はどっちだい?」
レーティア・アドルフ 「占いCOだ美羽は○」
ギコ 「ん?アドルフは結果を詳しく」
荒木比奈 「レーティアはどっちっすか・・・?」
ナズーリン 「ハハッ、下占いだね。呪殺の場合、対応される可能性が少ないということも考慮したよ」
双海亜美 「あ、真美だめだよとーさくは!
ちょさくけんのしんがいだよ!」
小早川紗枝 「占いはんは…二人やろか…?」
高垣楓 「どちらですか?>レーティアさん
多分○ですよね?」
古明地こいし 「それってどっち~♪>レーティア」
レーティア・アドルフ 「理由:
この村に知っている敵国の気配は感じないのだが…
…少々あの国に似ている気配の者がいるのでな
占わせてもらったぞ」
東郷あい 「ただまぁ、ふむ。
なるほど……な。」
でっていう 「◯進行なら出るっていうwwwww」
美羽 「占い1えらく早いなぁ」
水瀬伊織 「いきなり○もらっちゃったわね
で、占いは2人?あんたのそれはどっち?>レーティア」
萩原雪歩 「占い2だよね?だよね?」
でっていう 「お前ら残念だったなっていうwwwwww

俺様が霊能COだっていう?wwwwww 」
双海亜美 「レーティア姉ちゃん、CO遅めだね?」
高垣楓 「では霊能さん出てください
出い、なんてことはないですよね?」
ギコ 「おけ
占いは二人だな
それじゃあ霊能と共有も出てきてくれや」
日高愛 「ええっ!?そんな場所あたしも知らなかったです!
入ってみたいな~>絵理さんのエリア>楓さん」
国広一 「んー……2-1?
まぁともかく、共有も出てグレランかな」
小早川紗枝 「ほぇぇ…蜥蜴はんが霊能はんや…」
古明地こいし 「○なんだね~、把握したよ~♪
霊能さんと共有さんもお仕事してね~♪」
双海真美 「でっていうが吊れないよみんなー!!!」
荒木比奈 「でっていうが霊能っすか?
だるいっすね・・・」
でっていう 「早朝待機だからなっていう。速度はそこまで重要じゃねえっていう?www>美羽」
萩原雪歩 「(霊能じゃ吊れなくて残念ですう・・・)」
東郷あい 「共有COだ。
相方は双海……亜美君?真美君だったか?」
水瀬伊織 「○2個ね。それじゃ、サクっと霊能と共有も出ちゃいなさい」
ギコ 「あー、じゃあ霊能初日ってわけか…」
高垣楓 「あー……出ましたね。
出なければ「霊能が出れいのう……」と言おうと思ったんですけど。」
双海真美 「んで、共有者CO!」
古明地こいし 「えーそこ霊能とかおかしいよね~
まぁ2-1なのは把握したよー」
美羽 「レーティアは こんな真っ白な美少女をつかまえて占うという…><。」
ナズーリン 「下手に様子を見て、騙るか迷った狂人と思われても嫌だからね。早朝待機なら、飛び出すに限る」
でっていう 「俺様wwwwwww 村役職wwwwwwwwww
え? それでも吊る? マジでっていうwwwwwwww」
国広一 「ええと、共有相方は真美の方だね、了解した。」
双海真美 「だから真美だよー!?>あいお姉ちゃん」
水瀬伊織 「トカゲが霊能って、なんの罰ゲームよ!」
レーティア・アドルフ 「む…すまない。
少々私の動きが鈍いようだ
次こそはドクツの名にかけてきちんとCOしよう>村人諸君」
東郷あい 「いずれにせよそのどちらか、何のだが……

ああ、真美君でいい。」
萩原雪歩 「う、うん残念だね>◇双海真美」
荒木比奈 「出るものもでたっすね
まぁ適当に頑張るっす」
双海亜美 「2-1かな?この村だと潜伏狂人が流行ってるから、2-1で狼が騙ってたり初日役職じゃなかったりするからこわい!」
日高愛 「わわ、この占いさんはどうでしょう・・・?
・・・関係ないけど、アドルフってどこかの教科書で
読んだことあるようなないような~ん~~」
高垣楓 「あの、どちらかきちんと言ってくれないと
共有なんですから今日言うようにしてくれないと困りますよ>亜美さんかマミさんか」
ギコ 「…対抗出てこねえの?マジで?」
水瀬伊織 「共有は、あいと・・・真美のほうね」
小早川紗枝 「とりあえず仕方あらへんから蜥蜴はんにははばかりチョップや~」
古明地こいし 「ほいほい、2-1-2の展開だねー
グレーからのCOっていい展開だねー>共有とかが」
でっていう 「吊られたらちゃんとprprして色を確かめてやるからなっていうwwww>いおりん」
東郷あい 「すまないね。
なにしろ私は姉妹というものをなかなか見分けることができなくてね。」
高垣楓 「東郷さんと真美さん、と」
荒木比奈 「ナズーリンのCOの仕方もそうだけど
レーティアも凄い気になるっすね」
でっていう 「チョップとかwwwwご褒美っていうwwwwwwwww>小早川」
国広一 「いや、早朝待機でも○引いたなら様子見は大事だと思うんだけどね。
……もし隣に●出しの占いがいたとして、
君に護衛が付く可能性って低いんだから>ナズーリン」
双海亜美 「ちょっと!?判断できてない!共有さんがトラップにひっかからないでよ!?>あいお姉ちゃん」
ギコ 「んー、じゃあいいや
噛まれないのなら見るで」
東郷あい 「では、灰ランと参ろうか。」
美羽 「2-1かぁ◎作り進行でもしてればいいのではと思う
初日占いごめんなさいでいいじゃーん みたいな」
水瀬伊織 「2-1はいろんなケースがあるから、このあとの展開次第ね>亜美」
小早川紗枝 「2-1-2出了解や~それにしても"今は"平和やな~」
古明地こいし 「じゃ、グレランなんでてきとーにおしゃべりしとこーよ~♪」
萩原雪歩 「亜美真美ちゃんの見分け方がわかったよね
お姉ちゃんの方が共有だよ!」
でっていう 「諦めろっていうwwwwww
これが世界の選択だっていうwwwwwwwww>ギコ」
日高愛 「でっていうさんが霊能をCOなんて・・・
ちょっとモヤモヤしちゃうのは否めないですね!!!」
ギコ 「そいじゃあグレランってやつをしようぜい」
レーティア・アドルフ 「む、ナズーリンが私の対抗か。
少々と出方に不利があるな…

そして霊能と共有は了解した。」
ナズーリン 「まあ、でっていうだろうとなかろうと、1COならば霊能はほぼ真だろう。」
双海真美 「亜美!私達の個性をきっちりあいお姉ちゃんにみせけよー!!>亜美」
双海亜美 「でも、真美は共有なんだ。よかったよ、狼だったらかなちみしか産まないかんね…」
小早川紗枝 「えい!えい!はばかりチョップ~>蜥蜴はん」
高垣楓 「することがありませんねぇ。
暇です。そういえば暇と言えばひまわりですけど、天気気象衛星にどうしてひまわりなんてつけたんでしょうね?
名前つける人が暇だったんでしょうか?」
ギコ 「狼に即噛まれろっ!>でっていう」
荒木比奈 「んーレーティアはあの出方を不利ととるっすか」
国広一 「霊能1なら真って発言もそうだし、このナズーリン、すっごく気になるね」
古明地こいし 「ああ、お姉ちゃんが占いさんは個人が特定できる理由は書いておいてって言ってたねー
理由は真占いさんならわかるって言ってたけどどーなのかなー?」
でっていう 「ナズーリンは賢い子っていうwwwww
俺様、素直な子が好きよ? っていうwwwwwwwww>ナズーリン」
東郷あい 「ほう……そういう見分け方があるのか

萩原雪歩、君はもしかして天才か?」
水瀬伊織 「性別を調べたらモヤモヤも少しは解消されるんじゃない?>愛」
でっていう 「で? っていうwwwwww>ギコ」
小早川紗枝 「きっとひまわりは太陽のほうを向くからや~>楓はん」
双海真美 「仮に狂人でも大した問題ないしね!>ナズーリン」
双海亜美 「よし、任せろ真美!
せくちーな方が亜美で!どうしようもなく子供の方が真美!」
国広一 「まあ、ぶっちゃけた話……
個人的にはあんまり信用変わらないんじゃないかな、占い二人。
あんまり良い意味ではないけど>比奈」
双海真美 「双子が敵同士なんてやだもんね・・・>亜美」
ギコ 「ちくしょうがっw>でっていう」
ナズーリン 「そうだね。窮鼠猫を噛むと言うが、狼に噛まれては抵抗できない。
……まあ、だからと言って私護衛しろ!などと強要は出来ないのだがね>一」
萩原雪歩 「そうですねーグレランになるますう
ここの土地はいい土をしてますう、堀ガイがありますね」
高垣楓 「萩の宿が食べたいですね。
温泉で。あぁ、温泉に行きたい」
東郷あい 「……むむむ、しかしこれは……
今晩また迷ってしまいそうだな……」
日高愛 「あいが共有、ってなんだか
あたしが共有みたいな感じですね!
えっへん!」
荒木比奈 「>国広
そうっすよね、どっちも出方の信用は悪いっすからね」
でっていう 「まー村人ども頑張れっていうwwwww

俺様はゆっくり吊られた奴をprprするっていうwwwwwww」
古明地こいし 「あと、補足として15秒ルールあるから
個人を特定できる占った動機とかも極力書いてね♪
こいしからのお・ね・が・い・♪ だよ~」
レーティア・アドルフ 「待機制とはいえ朝1COとCOの仕方を間違えた私だとな。
…まぁ幸運に頼らず、実力で攻めるしかないだろう>荒木比奈」
水瀬伊織 「ひまわりが好きだったのよ、開発者が>楓」
双海亜美 「それならわかるのっ!?>あいお姉ちゃん」
双海真美 「違うよ!逆だよ!!
よーぜつなのが真美だよ!!>亜美」
萩原雪歩 「ほかにもまだいっぱいありますよ!>東郷あい」
国広一 「問題は、もはや名物と化した潜伏狂人がいるかもしれないとこかな。
……今から考慮する場所でもないけどね」
東郷あい 「◇高垣楓 「萩の宿が食べたいですね。
温泉で。あぁ、温泉に行きたい」

……楓……その、いいづらいのだが……

……萩の月、では?」
高垣楓 「占いの感想はナズーリンさんが真狂、レーティアさんが真狼
このような感じで。」
でっていう 「ギコも頑張れよっていうwwwwww>ギコ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
小早川紗枝4 票投票先 →国広一
双海真美0 票投票先 →小早川紗枝
荒木比奈1 票投票先 →ギコ
古明地こいし0 票投票先 →萩原雪歩
国広一2 票投票先 →萩原雪歩
高垣楓0 票投票先 →日高愛
双海亜美1 票投票先 →小早川紗枝
美羽0 票投票先 →双海亜美
ナズーリン0 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩3 票投票先 →荒木比奈
日高愛2 票投票先 →小早川紗枝
ギコ3 票投票先 →国広一
でっていう0 票投票先 →日高愛
水瀬伊織0 票投票先 →小早川紗枝
レーティア・アドルフ0 票投票先 →ギコ
東郷あい0 票投票先 →ギコ
小早川紗枝 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
レーティア・アドルフ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
小早川紗枝さんの遺言              __ 
.        ,,-‐''´ ̄::. ::. ::. `ー、_,,,...- 、
      /::. ::. ::. ::. :, __::. ::. ::. :`ー-、-、゙i
     /::./::. /::. ::/ー‐‐ヽ、::. ::. ::. :ヽ| |ヽ
    /:: /::./::./:: :: :| __ ゙i::.ヽ:.i _,、:Yk:、|
   /::./::.::/:: ::|::.:..i::.|´    `'|::. :|::tYk行i k 
   {::. | ,-ナ~:/i: : :ハ:|      |:. ::ト、>米入___}
    |: :|'::. ::i::/ |_;nハ| ,-‐_‐__ |::. :|L化え> 
   | i rレ'レ__        '' ̄ ̄`L;;-Li‐、 |
   VV| ,,==        :: ::  ,-‐ )ノ
   入ri ''               ノ/
   `iーt〉、::::     ,.-┐    .√;;;イ   ほな皆はんお疲れ様どす~
    ~´レ!、.     ヽ '    /;イ;;.::|
         iヽ、      _ イ'´ ノ:..::|
          | ::;`t -┬ ''´ / ~>' :: :ノ
.        |::. ::|/ヽ / /::. ::人_
         |:: ::k  /  /::. ::/_,,-‐ヽ
        λ::i:| 〉'  ./::. ://    |
        / .|:: :|  /|::. :/ 、     .|
       ././└.┘ /  '‐フ  ヽ   |
      / ヽ⊥=='=ニニ'     \ .|
      / _ ヽ    /___    .ヽハ_,,.-・- 、
     /  `- kニニ/\.  ヽ    〈 |     `l
    ノ   _,,-、_}〈´   `ー      Yー・   /
    /   /i   ヽ\          .|ヽ    /
レーティア・アドルフさんの遺言             ハ--,y__―――ー 、 __ ,. '´
            ,ィ{ノノ´____,.. 、_, _ ,〉
          r ' ィ'- '' ''ヤー '''' " 、   ヽ
          /∠,.. - ' ´/!ハ∨  `ヽ\    ヽ ドクツ第3帝国は不滅だ
       /∨゙ /   /  / l  !.N    ハ .\   ハ、
.      /::ゝ、./  /  /! 从 | ',   ∧  \  ∧う.、 
      /:::::::::::::lィ   !  ./!| .!l l .ト、.',   ∧   ヽ ∧ ノ_
.    ノ::::::::::::::::::从l l{:}、 !-l ̄tf`ヽ 〉   .∧   ヽ ∧   ヽ , '       
   ∧::::::::::::::::::::::! l r'´   チ示ャ、、´ヽ   ∧    ', ヽつ ノrノ´
.  /:::::::`ー -- ∧ l     、{ヒ::シ,ゞ .〉   ∧    ヽ ヽノノ Y       
  /:::::::::::::::::::::::イY^∧ヘ     ゙¨   ∠ゝ   ∧    ヽ ヽ、ノ_ ,. ' ´  ,. .
  !:::::::::::::::://ィ::::::::ヽ ヽ     ,. ' ´ ,人 ヽ   ヽ ヽ   \  ` ー  <
  .ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::/`ー'',"__ ,. '´::/ヽ ヽ   ヽ ヽ   .\-ー ´ ヽ  
     `丶、:::::::::::::::::::ノ/::::/l::::::::::::::::イ/::´ヽ`ヽ \  ヽ `ヽ   `丶、ー-ー
        `丶、::./// .リ:::::,. '´/ /::::::::::/:ハ  `丶、 ヽ  `丶、  ー‐ -.  
           /ィ/ //::/::::/:/ /::::::::::::l::、:l゙ー'´`ー‐-`、    ` ー- ‐ ''"
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ナズーリン 「占いCOだ。

こいしは○だったよ」
ギコ 「おはようさんっと」
古明地こいし 「おはよー」
高垣楓 「小早川紗枝さんが吊られましたね。
そういえばサザエさんってどうやってあの髪型にしてるんでしょうね。
サザエさん、濁点とったら「さ、紗枝さん!?」つまりサザエさんは小早川さんが吊られるのを予見していたんですよ!」
でっていう
俺様の霊能報告っていうwwwwwww

小早川は ○  だったっていうwwwwww」
荒木比奈 「おはようっす
だるいっすね」
双海亜美 「じってーん!
今日はしんがいされないように先に挨拶しちゃうよん!
昨日は発言数も投票先もお揃いだったね、真美!」
美羽 「投票理由
其処な双子の発言が亜美真美トラップでめんどくさいので
共有でない方でも吊っておくかの?
朝の発言位置も別に狼狙いでも悪くない位置だしのぅ
妾に任せておけば問題ないぞ(きらきらー」
日高愛 「おはようございまーす!!」
国広一 「占いはぱっと見た感じ、レーティアが真狼、ナズが真狂ってとこかな?
灰で残せば良いと思うのは亜美と楓ってとこだね。
ギコか雪歩は吊ってみたい、どっちかっていうと雪歩。」
東郷あい 「おはよう……ええと……相方は真美……亜美…あ……ま……んんぅ?」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう」
古明地こいし 「役職さんはお仕事してね~♪」
高垣楓 「◇東郷あい(125) 「◇高垣楓 「萩の宿が食べたいですね。
温泉で。あぁ、温泉に行きたい」
……楓……その、いいづらいのだが……
……萩の月、では?」

……………………。
の、のっとしんきんぐ

◇水瀬伊織(120) 「ひまわりが好きだったのよ、開発者が>楓」
実際はひまわりのように太陽を追って天気を調べようって意図とかあったんでしょうねぇ。」
萩原雪歩 「こんなのわかんないよ~><; 白進行じゃ適当だったし
荒木さんごめんねごめんね

ちなみに昨日土を掘ったらええ土とれました!」
ナズーリン 「発言的に、当たり障りのない事しか言っていないね。
こういうところは後々残ると困るからね、占わせてもらう」
東郷あい 「と。
噛まれるかい。
なら灰削りを続行。」
水瀬伊織 「そっち噛まれるのか・・・」
ギコ 「あっげ、占い即抜きかよ…」
双海亜美 「楓お姉ちゃん本当にダジャレうますぎてこわい・・・!
何者!?ダジャレのおひめさま!?」
日高愛 「な、なんだってー!!!>楓さん」
でっていう 「あー、対抗噛みかっていう?wwwww
こうなりゃナズは狼でいいんじゃねーかなっていうwwwww」
荒木比奈 「占い即抜きっすか」
古明地こいし 「で、占い候補の人が死んでるねー
残ったネズミさんどーしよっかー」
高垣楓 「占い候補が抜かれてますね。
真狂の全潜伏、真狼どちらもありますが。
さて?」
双海亜美 「ちょっと!ようぜつでよーえんな方が亜美だよ!>あい姉ちゃん」
萩原雪歩 「えええええ、占いが噛まれましたよ
あと夜が長かったきが」
水瀬伊織 「萩の月、ふわっとしておいしいわよね
やよいも喜んで食べてたわ」
東郷あい 「……楓、温泉好きで旅行好きの君が銘菓を間違えるのはその……

致命的、ではないかな?」
双海真美 「うむむ・・・これは真美たちの立場に対する脅威!?>楓お姉ちゃん」
荒木比奈 「12か10あたりでナズーリン吊って色見る、でいいっすね
グレラン継続っすかね」
ナズーリン 「対抗即噛みか……美羽が狼でなければ、ベグということだが………」
国広一 「まぁ待つべきだよ、霊能。
一応真狂もあるんだから……っていうか
霊能に狼とか言われると君狂人?とか思っちゃうじゃないか」
水瀬伊織 「それより、なんでやよい来なかったのかしら?
べつにさびしいとか、そういうのじゃないけど・・・」
日高愛 「占いさん抜かれちゃいましたか・・・
ちょっとこれは狩人さんいないかもわからないですね~・・・」
荒木比奈 「昨日の国広の意見が凄くよかったのでここは残したいっすね」
高垣楓 「つまり、サザエさんのせいで私たちは紗枝さんを失ってしまったんです……>亜美さん」
でっていう 「まあまだ破綻してねーし10とか8で釣りゃいいんじゃねーかなっていうwwww
真ならそれまでで銃殺を根性で出せっていうwwwww>ナズーリン」
美羽 「は? 
え―そこ抜かれるのか
メタ的に言うと絶対そっち真断定していいレベルだったけど
なに●○とかやって真アピするのとかはやってたりするの?初日狩なんだろうか」
ギコ 「…あー、残った占いどうしようか?」
東郷あい 「ああ、占いの処理なぞこの状況であれば決まっている。
故に、今は気にせずともいいよ。
灰戻しについても現在の時点では行わない。」
双海亜美 「と、噛み先は占いさんなのか!
どっちかというと偽っぽいほうだけどねぇ?
そっちを狼さんが噛むのは気になるなぁ。」
古明地こいし 「まー気にせずグレランでいいんじゃないかなー>10までは
でっていうが死んでたら即吊りでいいんじゃないかなーって言う感じー>銃殺でなかったらねー」
水瀬伊織 「ネズミは2~3日放置でいいんじゃないの?>こいし」
荒木比奈 「この場面で占い師どうしようか
って言ってるところはなんか早く吊りたい、って印象に感じるっすね」
東郷あい 「と、いうことでナズ、頑張ってくれたまえ。」
高垣楓 「残したい?占ってほしい、ではなくですか?
そこが狼であなたは疑えるんですか?>荒木さん」
双海真美 「あいお姉ちゃんまだ覚えてくんないよー!!>亜美
で、みやびなほうが真美だから!>あいお姉ちゃん」
日高愛 「あっ、わかります~
あたしも絵理さんが犠牲になっちゃいましたし、
涼さんもいないしで寂しいです~・・・>伊織さん」
萩原雪歩 「えーっとその、●さんでないですね」
でっていう 「はっwwwwwww
真贋よくわかんねーナズに狂人呼ばわりされたっていうwwww
俺様傷ついたっていうwwwww」
ギコ 「あげ、発言が飲まれる」
高垣楓 「どちらにせよ、今占いに手をつけるのは愚作かと。
抜けるほうを抜いたようにも見えますし。」
水瀬伊織 「あら、愛もさびしいの?
それじゃ私たち仲良くなれそうね」
国広一 「……でっていう、良く見ようよ。
君狂人?って言ったのボクだからね?>でっていう」
でっていう 「噛む時は甘咬みからしてね? っていうwwwww>狼ズ」
高垣楓 「◇ギコ 「あげ、発言が飲まれる」
つまりPHPさんが揚げ玉ボンバーをしてほしいんですよ>ギコさん」
双海真美 「そだね。
でもこの噛まれ方には深い意味があるのだよゆきぴょん!!(意味深)」
美羽 「まぁ、銃殺あるかもだし占いはとりあえず残しでいいよ
ナズーリンは早目に私占っておくこと 
噛まれ見越すならうらわなくてもいいけど」
双海亜美 「みやび・・・!なんか良いひびき!
真美だけずるい!亜美は壮絶にみやびだよ!」
荒木比奈 「>高垣
いや、その逆っすよ。
今後継続していい発言残せるならそこは比較的後でまわせるってことっすよ
むしろ、今日死んだ占い師のこと考えるなら占って
とはいえないっすね」
ギコ 「WOった…
あっぶねえ」
ナズーリン 「おや?私はそんなこと言っていないが?>でっていう」
日高愛 「占い真狂、それで噛める方噛んでから
真噛みとか、けっこうありますもんね。

・・・ただ、個人的には狂人潜伏のがあるかなーって気が強いですけど!」
水瀬伊織 「抜ける○○って、なんかこう、アレよね>楓」
でっていう 「並んでて見えてなかったっていうwwwww
こりゃすまんっていうwwww>国広」
萩原雪歩 「占いの処理はいずれ吊るということでしょうか
ひきつづきグレーでいいんですかね・・・」
ギコ 「揚げ玉は関係ねえよw>楓」
双海亜美 「やよいっちはいおりんのそばで寝てるよ!>いおりん」
でっていう 「ギコwwwwwwwww しっかりしろっていうwwwwww」
国広一 「単純に霊能なんだから不用意な発言は控えてくれって事だよ。
そういう発言しなきゃ別に疑うとこでもないんだからさ」
高垣楓 「それがいえるなら私はあなたを信用することにしましょう。
とても気に入りました>荒木さん」
水瀬伊織 「壮絶にみやびってどんな状況よ!
みやびってもっとこう、落ち着いた感じじゃないの?>亜美」
荒木比奈 「レーティアが今日死んだとなると、真か狂かの可能性っす
両方生きているなら、占ってって頼めるっすけど
正直残った占い師にそれを頼むはの微妙っすよ?」
ギコ 「まあ、どちらにせよやることは変わんねえよ
灰を狭めるだけってことさ」
でっていう 「まあ、俺様見るより灰見ろっていうwwwww>国広
俺様が言えるのはそれだけだっていうwwwww」
水瀬伊織 「え?どこ?
・・・いないじゃないのよ>亜美」
東郷あい 「んー」
日高愛 「そ、そうでしょうか、えへへ・・・>伊織さん
あたしなんかでアレかもしれないですけど、あたしのこと
やよいさんだと思ってくれてもいいですよ///」
双海真美 「じゃあ真美は更にぜつ・・・ぜつぜつだよ!>亜美」
高垣楓 「アレですか?
アレはアレですね。
ほら、アレですよアレアレ>水瀬さん」
ギコ 「大丈夫だ>でっていう
もう治った」
双海亜美 「なんとなく、初日で真偽ついて噛んだのかなとかそういう印象も持っちゃうよねぇ。
噛み先は。」
萩原雪歩 「じゃあぽたぽた焼き食べるから
東郷あい 「霊云々はおいておくように。」
国広一 「ま、それも道理だね>でっていう
朝一に出してるけど、雪歩は吊ってみたいとこだしね」
高垣楓 「ではお稲荷さんでしょうか?>ギコさん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
双海真美0 票投票先 →ギコ
荒木比奈1 票投票先 →ギコ
古明地こいし0 票投票先 →日高愛
国広一1 票投票先 →萩原雪歩
高垣楓0 票投票先 →ギコ
双海亜美2 票投票先 →荒木比奈
美羽0 票投票先 →双海亜美
ナズーリン0 票投票先 →双海亜美
萩原雪歩3 票投票先 →ギコ
日高愛1 票投票先 →萩原雪歩
ギコ6 票投票先 →萩原雪歩
でっていう0 票投票先 →国広一
水瀬伊織0 票投票先 →ギコ
東郷あい0 票投票先 →ギコ
ギコ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双海真美 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ギコさんの遺言 AAがみっかんねえ…
双海真美さんの遺言 うあうあー!!
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
荒木比奈 「・・・こういうの苦手っすね
おはようっす」
国広一 「ギコが●か○かわっかんないけど、
●なら雪歩放置だし、○ならやっぱ吊りたいし。
っていうかギコ、役目っぽいんだけど吊るの怖く感じたのってボクだけかな。」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう」
ナズーリン 「占いCOだ。

高垣楓は○だったよ」
でっていう
俺様の霊能報告っていうwwwwwww

ギコは ○  だったっていうwwwwww」
高垣楓 「ギコギコとノコギリを庭で庭木を刈り取ってたんですよ。
そうすると二羽のニワトリがワニに追われて言うんです。
にわか雨がくるのでワニを退治してください、と。
にわかに何を言っているのかわかりませんでしたが、私はワニを輪投げでギコギコと。
そうすると中にはギコさんが、なんて夢を見かけました。」
日高愛 「伊織さんが寂しがってるので、やよいさんの真似をしまーす!
うっうー♪おはようございまーす!」
美羽 「うむ、ご苦労だったの>真美」
双海亜美 「おはっよーん!人が減ってきたねぇ。
狼さんは壮絶にミヤビな亜美を噛まないとは、
味オンチとみたっ!」
荒木比奈 「まだ1Wもつれず・・・っすね」
高垣楓 「さて、真狼目のレーティアさんが噛まれたということは
レーティアさんの真目の方が高く見えるということ。
噛まれた以前に真狼目で噛まれるのは真だけですからね。
もちろん可能性は可能性ですが。」
萩原雪歩 「えええ!真美ちゃん 昨日の噛みは特に変なように見えなかったけど>◇双海真美

あの・・みなさんごめんなさいあんまりしゃべってなかったしダメダメで・・・
もう穴から出ますう! 愛ちゃんみたいに元気でがんばります!
東郷あい 「おはよう
……おやおや、ええとその……あ……ま……」
東郷あい 「相方が噛まれてしまった。」
古明地こいし 「おはよー」
萩原雪歩 「真美ちゃあああああああ」
古明地こいし 「役職さんはお仕事してよね~♪」
水瀬伊織 「WOがどうたら言ってるとこは、早めに吊ってあげるのが礼儀じゃない?
考え方はいろいろあるかもしれないけど>国広一」
ナズーリン 「◇高垣楓 「どちらにせよ、今占いに手をつけるのは愚作かと。
抜けるほうを抜いたようにも見えますし。」

この発言からだね。狐であるならば、かえって占い残しを提案するだろう、と考えたよ」
双海亜美 「ま、真美ー!?
そんな!ひどいよ!」
でっていう 「さて、○二連吊りっていうwwwww
グレランしっかりしろっていうwwwww」
荒木比奈 「昨日の高垣の私とのやりとりはだるいっすけど
意見出てるし、国広と合わせて今後も見ていきたいっすね」
高垣楓 「おや、これは厳しい。
ギコさんが村だった。
村がギコギコノコギリで惹かれてる気分ですね。」
でっていう 「共有wwwwww 噛まれてんじゃないよっていうwwwww」
古明地こいし 「共有噛まれかー
まー普通な死体なできあがりだねー」
双海亜美 「真美の方がミヤビだったのかな…。ミヤビだと、いいことないかもね・・・」
ナズーリン 「共有噛み……露骨に私を偽にする方向のようだね」
東郷あい 「それでは、ナズ君は明日まで残すとしよう。
今日は美羽君以外を灰に戻してランとする。」
高垣楓 「まぁ、WOなどと言っていると
本人も大変でしょうしね。」
水瀬伊織 「あ、愛・・・あんたはあんたで、かわいいんだから、その・・・
やよいの真似しなくても、いいのよ?(なでなで)」
美羽 「これは…亜美真美トラップなどという詰まらない理由で
亜美を吊らせないために真美をかんだ(訳は無いか」
荒木比奈 「今日○結果なら、ナズーリンをここで吊るのもありっすけどね
それで○出るようなら、占い師の○とか気にしたいっすし」
日高愛 「あうあう、あたしなんてそんな・・・
元気だけで深い発言とかできませんし、見習う事ないですよー嬉しいですけどー///>雪歩先輩」
萩原雪歩 「あの・・・最悪3Wのことも考えて占い処理の日にちを早めに決めるべきですう」
国広一 「ん、役目だからそういう発言するわけでしょ>伊織
役職は役職でも、村役を見てたから怖くないの?って思ったんだけどね」
水瀬伊織 「亜美の言ってるミヤビって、雅とは違うのかしら?」
高垣楓 「灰だけに、はいと返事をすることとしましょうか。
シンデレラもこれくらいの良い返事をしていたんでしょうかね。>灰戻し」
古明地こいし 「占い処理の日にちってもう決まってたんじゃないのー>雪歩
双海亜美 「そーだよ、ひどいよその理由!?沢山かんがえてよっ!…真美のためにもさ>みうねーちゃん」
美羽 「伊織吊っておきたいけど 真狼 潜伏狂だったらすごい無駄吊り感あるなぁ」
高垣楓 「明日、と言っていますよ?>萩原さん」
古明地こいし 「灰かぶりって意味だっけー>シンデレラ>楓」
荒木比奈 「・・・あ」
萩原雪歩 「それならいいんだけど>◇古明地こいし」
荒木比奈 「亜美と真美発言見間違えてたっす、双子ってややこしいっすね」
水瀬伊織 「ここで共有噛んできたってことは、んー
ナズーリンを噛むつもりはないってことよね?」
日高愛 「ううん、伊織さん喜んでくれるなら、あたしも嬉しいですし
やよいさんも喜んでくれるかなーって!
えへへっ・・・(すりすり)>伊織さん」
荒木比奈 「>美羽
それするなら、まず先にナズ吊りっすね」
国広一 「うん、状況的に雪歩も伊織も残したくない場所だね。
……断然、雪歩の方が残したくないんだけどね」
高垣楓 「狂人は吊らないと陣取られそうですね
今日陣取る、狂人とる、なんちゃって。」
でっていう 「まー吊らせたいんだろうなっていうwwww>いおりん」
双海亜美 「灰もどすの?確かにその方がよさげだよね。
囲ってると思うな、これは。」
ナズーリン 「私の○を灰戻しはつまり私を偽で見るということじゃないか……その提案はあり得ないんだが」
萩原雪歩 「明日ですね、わかりました!>高垣楓
あの、愛ちゃんて言うのは共有のあいさんのことじゃなくてとにかくすいません!」
国広一 「その考えはおかしい>比奈
占いと○両方吊るのなら、○が先だよ。」
水瀬伊織 「亜美真美トラップにかかった人いるっぽい?
ま、あの2人はそういうワザを使ってよくイタズラしてるものね」
日高愛 「うーん、ここまで○進行だと正直厳しいですね・・・
狼さんとかって、発言のどこで見分けたらいいのかなぁ」
双海亜美 「何その漢字!よめないよ!むずかちいこと言わないで!>雅>いおりん」
高垣楓 「偽目で見るということなのは当然だと思いますけど。
それを有り得ないと言えるのもあなたにしかわかりませんし>ナズさん」
ナズーリン 「大体、ベグでない可能性を考慮するとむしろ美羽は私視点の狼候補筆頭だ。
今でなくとも吊ってもらわなければ困る」
東郷あい 「ああ……うん、確かにややこしくはあるな。
日高愛に東郷あい
2人の「あい」がここにはいるからな……ふむ」
双海亜美 「うー、いたずられべるじゃないよ!真美!かえってきてー…>いおりん」
荒木比奈 「>国広
狂人って決め打てるなら、そーするっすけど
初日のCOがあんまり狂っぽくないっすけどね」
国広一 「理由は、どんなに薄くても真はありえるから。
占い吊ってから○を吊るのが確定してるなら、
○を吊ってから占いを吊った方が、銃殺の確率が微妙にあるってだけの話だけど。」
日高愛 「とりあえず、村っぽい推理ができてなさそうな方を狙って!
・・・って、あたしかもー!?!?」
萩原雪歩 「え、伊織ちゃんとかも灰にもどすの・・・
グレーがおおすぎるよう・・・」
水瀬伊織 「あ、愛・・・なんか、うしろめたい気がするのは気のせいかしら」
でっていう 「まーお前ら頑張れっていうwwwww
俺様も色を確かめるのを頑張るっていうwwww」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
荒木比奈0 票投票先 →国広一
古明地こいし1 票投票先 →萩原雪歩
国広一3 票投票先 →萩原雪歩
高垣楓0 票投票先 →日高愛
双海亜美2 票投票先 →水瀬伊織
美羽0 票投票先 →水瀬伊織
ナズーリン0 票投票先 →双海亜美
萩原雪歩3 票投票先 →双海亜美
日高愛1 票投票先 →古明地こいし
でっていう0 票投票先 →国広一
水瀬伊織2 票投票先 →国広一
東郷あい0 票投票先 →萩原雪歩
4 日目 (2 回目)
荒木比奈0 票投票先 →国広一
古明地こいし1 票投票先 →萩原雪歩
国広一3 票投票先 →萩原雪歩
高垣楓0 票投票先 →日高愛
双海亜美2 票投票先 →水瀬伊織
美羽0 票投票先 →水瀬伊織
ナズーリン0 票投票先 →双海亜美
萩原雪歩3 票投票先 →双海亜美
日高愛1 票投票先 →古明地こいし
でっていう0 票投票先 →国広一
水瀬伊織2 票投票先 →国広一
東郷あい0 票投票先 →萩原雪歩
4 日目 (3 回目)
荒木比奈0 票投票先 →国広一
古明地こいし0 票投票先 →萩原雪歩
国広一6 票投票先 →萩原雪歩
高垣楓0 票投票先 →国広一
双海亜美1 票投票先 →水瀬伊織
美羽0 票投票先 →水瀬伊織
ナズーリン0 票投票先 →国広一
萩原雪歩3 票投票先 →双海亜美
日高愛0 票投票先 →国広一
でっていう0 票投票先 →国広一
水瀬伊織2 票投票先 →国広一
東郷あい0 票投票先 →萩原雪歩
国広一 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高垣楓 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
国広一さんの遺言                   く    ./:: l         /::::i:::::::::::::::::::::::`ヽ    .|::::::::レ::/::::::::::::::
                   /ァーァア :::::::::::>、        ,.':::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l :::::::::::::::::::::::::: :
                      /./::/::/:::::::::;:::::ii::::〉、   /::::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::::::::ハ  | :::::::::::::::::::::::::: :
                    / /::/;':/:::::l::/i:::l l::::l .l::ヽ/ :::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::ハヘ :::::::::::::::::::::::::: :
                   l /:::::/::::::::,'::i l::l .l:::l | :::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ .〉::::::::ヽ:::::::::::::::
                l l:::::::i::::::::::!i:i .l::l-i::l_ .l ::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::Yヽ:::::::::::ヽ :::::::::
                  l ::: i:::、::::ハ ,」|_.j:| .〉:/j:イ:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| . ';::::::::::::::ヽ : :
                     ', :: l',:lヽ.', `'i:心、ノノ/,'j::;::::::::::::::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l   i:::::::::::::::ハ::::
                   ヽl. `,'    .i::::::lヽミ レ'1 :::::::::::::::::::: | ::::::::::::::::::::::::::::::::::,'   l:::::::::::::::::';::
                   __,ノ    .i::::リ . >  l:::::::::::::::::::::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::: ,'    .l::::::::::::::::::':
                  ハ´        l:::j' ィ'   .i :::::::::::::::::::::: | :::::::::::::::::::::::::::::::/     .| ::::::::::::::: :
f≧=-z.,_              i         ´       | :::::::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::,.'     l ::::::::::::::::::
三三ニ :≧zr.,_         _.人   ⊂二⊃ .r.、  l ::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::ノ      l :::::::::::::::: :
三三三三三ニ:≧z.、   ,.ィ<  ハ       ノ j l::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::/       ; ::::::::::::::::: :
三三三三三ニニ; _ >''´       __ノ      ノ__ノ l:::::::::::::::::::::::::::l::::::::::>''´         .,'::::::::::::::::/i::
三三ニ : ,r―ァーァl、      , < .λ      ̄    l:::::::::::::!i::::::ji ::|::r'''´            /:::;:::::::::::/ j :
ニ:ニ,/'´フ  .i  i'_,へ_>''三ハ  l:::ヽ.,__     l:/i:::::::/i i:::::l i::i:::i               ,.' :,.'i :::::: / .j::::
三, '7 ./  i  ,' /三三ニニニヽ iヘ:::::::r ̄ハ¨::i',. / /::::/ j i:::/ .l:! リ           ,.'::,.'./ :::: ,.' /:::::
: / .'   '.  '  i ,'三三三三三ニハ l ヽ:::l ヽi ヽlハ /:ノ //:ノ  i ト,         ,.':/,.' ::::::,.'  ,': :::::
フ          i.|三三三三三三:j   V      ヘ ´   ´    ヽ        / , '::::::/  ,.' :/
l           '.|三三三三三ニ:/      _,..-''´l          ヽ       '´ /:::::/  ,.'/
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
でっていう

俺様の霊能報告だっていうwwwwwww

国広は ○ だったっていうwwwwww」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう」
美羽 「◇ナズーリン 「大体、ベグでない可能性を考慮するとむしろ美羽は私視点の狼候補筆頭だ。
今でなくとも吊ってもらわなければ困る」
て言うか漂白噛み主張するくらいならさっさと占っとけばいいのに
昨日占わないのは美羽村(狐ですらないと)決めうって噛まれるだろう読みで占わない時くらい一昨日私が占っておけって言ったのに
って言ってもたぶん偽だから意味無いよね」
古明地こいし 「おはよー」
東郷あい 「おはよう。
狼は超能力者かなにかかね。
素晴らしい場所を噛んでくれたな。」
荒木比奈 「おはよーっす
朝はやくなったっすね」
ナズーリン 「占いCOだ。

雪歩は●だったよ」
双海亜美 「おはよーん!噛みはやくない!?」
水瀬伊織 「見事に○ばっかりね・・・>でっていう」
古明地こいし 「役職さんはお仕事してね~♪」
東郷あい 「では、ナズ吊り。」
でっていう 「へえ、暫定○を噛むのかっていう?」
荒木比奈 「じゃ、ナズ吊って色見ようでいいっすね」
日高愛 「おはようございまーす!
えへへっ・・・うしろめたいだなんて、
伊織さんって、絵理さんに似てて実は奥手なのかな・・・?(ぎゅう~~)」
ナズーリン 「他者への追従ばかりで自分の意見が見られない
昨日の票変えも、ここを占いたかったからだな」
萩原雪歩 「ダメダメな私はともかく国広一ちゃんがいなくなったのは意外ですう

と思ったけど割と誘導が大きくて変に目立ったのが原因と判断しますう~」
双海亜美 「ここで●かぁ。あんまり信用はできないかなぁ。」
東郷あい 「ああ、萩原雪歩は普通に吊り候補でいい。
この●は無視するように。」
古明地こいし 「うん、その●ならわりと吊りたいなー>私は
いろんな意味で期待できるしねー」
水瀬伊織 「雪歩●とかまた、すごく罠っぽいわね」
でっていう 「了解っていう>共有
では夢の国へご招待っていう>ナズーリン」
ナズーリン 「……駄目だったか。ああ、呪殺出来なかったのはわたしの責任だ。素直に吊られるよ」
双海亜美 「あいお姉ちゃん、力強いね!真美から力をもらったのかな?」
萩原雪歩 「うー苦し紛れの狂人ぽいですう
全潜伏と推理しますがみなさんはどうですかねえ・・・」
東郷あい 「残り3吊りで是正する。
明日からは結果如何で指定展開。
吊り先を考えておくように。」
日高愛 「んー・・・雪歩さんの、占い処理の日を決めるべき、っていう提案
積極的でいいなーって思いました!
勝ちを目指す村人っぽくて!

・・・でも、あたし、よく騙されちゃうんですけどねー!(涙)
この●もどうだろう、あえての身内●なのか・・・んー」
でっていう 「おとなしく俺様とイチャイチャしようぜっていうwwww>ナズ」
荒木比奈 「んーも雪歩の発言一度見直してみるっすかね
美羽は死んだ占い師の○と発言がいいから
安心できるっすね」
双海亜美 「呪殺目的でゆきぴょんってのもズレてると思う。
生き残りたい感じもするし、狼な気がするな。ナズの姉ちゃんは。」
水瀬伊織 「お、オクテとか、そんなことないと、思うけど・・・
愛がカワイイのがいけないんだからねっ♪」
古明地こいし 「いやー●引いてるんだから説得して吊ってもらわないとだめじゃないのー?>ナズー
ナズー真ならだけどね」
美羽 「というか そこ吊れるのはないよなぁ、票変えときゃよかったなぁ
まぁいいか
狼は楓ー伊織ー愛 ぐらいでヘキサゴンっておこうかなぁ
とおもったけど雪歩絡まないと楓の票替え評価があまり当てにならないか」
でっていう 「俺様的には、自分が吊られるかもしれない中、国広に票替えしなかった
雪歩は印象的には村目が強いっていう。皆はどうだっていう?」
ナズーリン 「だが、雪歩のほかには亜美、それと美羽辺りをわたしは狼と考えている。その辺りを全員残すのは止めてもらいたいね」
荒木比奈 「ちょっと意見まとまらないっすね
生きてたら明日までにはちょっと考え直してくるっす」
萩原雪歩 「あ、その前に私は吊り候補ですよね・・・知ってました
死ぬまでがんばりますう・・・」
双海亜美 「そうだよね、確かに。ここまで●出てないんだし、今必死じゃない占いは信じられない。」
水瀬伊織 「でっていうとナズーリンのイチャイチャ・・・誰も得しそうにないわね」
日高愛 「あたしは占い真狼の方があるかなーって!>雪歩先輩
ともあれ明日の霊能さん待ちですね!

・・・でも、でっていうさん、普通なら怪しまないんですけど
どうしても心配になっちゃうのは、キャラ補正ですよねきっと・・・///」
荒木比奈 「>でっていう
3W生存考えるならかなり微妙っすね、その推理は」
古明地こいし 「というか国広って吊る要素ない気しかしなかったけどねー>むしろ
なんで投票されてるのって感じだったけどー>でっていう」
荒木比奈 「でっていうの今の発言が凄い嫌っすね、真霊能なら」
でっていう 「まー全てはナズの色次第っていうwwwww>これからの方策」
水瀬伊織 「でっていうの意見も一理あるわね>雪歩村目」
荒木比奈 「>こいし
昨日の発言があんまよくなかったからっすね、ちょっとばかし」
水瀬伊織 「ま、でっていうだしね>愛」
でっていう 「確かに、っていう。吊られてもかまわなかった、という事かっていうwwww>比奈」
双海亜美 「真霊能じゃない方がもっといやなよーな?>比奈っち」
日高愛 「あうう・・・伊織さんに可愛いなんて言われちゃいました・・・///」
荒木比奈 「>でっていう
むしろ狐懸念して減らしに来た可能性もあるっすからね」
でっていう 「俺様怪しむとかwwwww prprしちゃうぞっていうwwww>愛」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
荒木比奈0 票投票先 →ナズーリン
古明地こいし0 票投票先 →萩原雪歩
双海亜美0 票投票先 →ナズーリン
美羽0 票投票先 →ナズーリン
ナズーリン8 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩2 票投票先 →ナズーリン
日高愛0 票投票先 →ナズーリン
でっていう0 票投票先 →ナズーリン
水瀬伊織0 票投票先 →ナズーリン
東郷あい0 票投票先 →ナズーリン
ナズーリン は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
東郷あい は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
東郷あいさんの遺言 さと、どうなるかね
ナズーリンさんの遺言      ./ ̄ ̄\
     / ./ ̄\  ヽ,_,. -──‐- ..,,,/ ̄ ̄\
      | |    y‐亠、    __/ / ̄ヽ ヽ
     ', '、_,/       ´    \i    .| .|
     ヽ__/             ',___/ ./
      ./    /     ヽ ヽ,   ..i__/
      /  ./ /|   i   |、. ',   |   |
      |   i  |‐ト  |   i」_!   i   |
      ,ノィ  |  riテ、 ヽ  /_L__i ` ヽ ',   i
       ! i .| .八'、_ソヽ!∨´ |-':::Y、 .i  〉 ',
      ノ ヾレ i    ,     'ー´ |/レ'   ヽ       ,´ヽ
     〈  i  .ハ   、__    ./    i  |  ._    / /
       )ノ!イ  \ `ー'´  ,/   / / /  .| `i  / /
        \|ヽ)`''r-‐'''<_,. イ  /|/   ノ, ─< {
         ,' ̄\ヘ〉、ィ´フ´ . _, -|/|    .// __ `〉
        ,|:::::::::::::7^| ̄`7 ̄:::::/ . ト、   ./ .〉" _ .{
       / |:::::::::::::i::/::::::/::::::::/  / \  i ヽ´  __ )
      .i |::::::::/`|:::::/-‐''フ   ./    ヽ ', ヽ‐´  /

探し物は見つかったかい?
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう」
古明地こいし 「おはよー」
でっていう

俺様の霊能報告だっていうwwwwwww

ナズは● だったっていうwwwwww」
荒木比奈 「だるいっす、おはよー」
双海亜美 「おはよ→!きょうもはやい!?」
古明地こいし 「役職さんはお仕事してねー♪」
でっていう 「助かったっていうwwwwwww」
萩原雪歩
私はもうナズーリンちゃんの○をあたっていきますう
亜美ちゃんと荒木ちゃんはもう疑ってません
どちらかというと伊織ちゃんと愛ちゃん。これは個人的なしt・・・じゃなくて!
いちゃいちゃ発言が目立って推理してないですう」
日高愛 「うっうー♪おはようございまーす!

・・・ちょっとクセになってきちゃいました、やよいさんのマネ!」
荒木比奈 「夜改めて考えて、でっていう疑いは不毛だから考えないっす
さて、灰っすね」
水瀬伊織 「ナズ●ね、なるほど
まあでっていうだしね」
でっていう 「で共有wwwwww 何噛まれてますのんwwwwwwww」
萩原雪歩 「あいさああああ」
古明地こいし 「ですよねー
むしろ○だったらもうちょっと抵抗してるだろうしーだしー>ナズー」
荒木比奈 「っと、共有抜きっすか。
指定展開想定してたならでっていうに委託っすけど
どーしたものっすかね」
双海亜美 「あいのお姉ちゃんまで!? 進行どーすんのさ!
霊能はいまいちだし・・」
水瀬伊織 「やよいみたいに無邪気になれるって、ステキよね>愛」
日高愛 「ナズーリンさん○とか言われちゃったら悩んじゃいましたけど
●なら信用しようかなー?
でも雪歩先輩を怖がらせるオスさんだしなぁ~」
水瀬伊織 「思うところをそれぞれ上げてって、方針を煮詰めるしかできないわね>亜美」
古明地こいし 「まーだからこそ雪歩吊りたいんだけどねー
逆囲いとしては最適な位置だからー
出すタイミングも完璧だしー」
荒木比奈 「水瀬・日高・亜美はちょっと発言が見えてこないっすからきになるっすね
発言と投票でいうなら亜美・雪歩はちょっと狼かどうか、なら微妙っすね」
萩原雪歩 「でっていう●なのでグレーに完全に戻しますう」
でっていう 「最低2W。最悪2w1f1k.この状況でグレランとかアホすぎるっていうwwww

でも俺様の指定もアホの極みだと思うけどっていうwwwwww」
荒木比奈 「こいし-雪歩ならこいしが粘着してる理由がわからないっすからそこ2Wも
考えにくいっすね
水瀬-日高で今日は考えたいっすね」
日高愛 「えへへっ・・・伊織さんも絵理さんみたいな
しっかりもののお姉さんみたいで甘えたくなっちゃいます・・・///>伊織さん

・・・うーん、でもほんとはもっとしっかりしないとあたしー!」
美羽 「●出るのか じゃあ雪歩は 身内に●出して●だから●じゃない理論で
助かること期待した身内●本線で見ようかな
高垣楓 0 票 投票先 → 国広一
これがわざわざ共有と逆に入れて雪歩 助けに行ってるから
ここ2Wなんじゃないの?って言う感じ本線で見てるんだけど」
古明地こいし 「ん?
私と雪歩の2w想定?
ありだけどそれなら私が雪歩を殴るのが一日早いんだよねー>荒木」
双海亜美 「グレーの中では、愛ぽんかなぁ。
強弁しないで発言をうまくしてる。
比奈姉ちゃんは村だね。ちゃんと悩んでる感じがする。」
水瀬伊織 「雪歩●は、さすがに残しておけないってとこかしらね
あとは私とあんたがナズの○ってことになるけど>こいし」
でっていう 「雪歩●は扱いにこまるよなーっていう」
萩原雪歩 「指定でもいいと思いますう、このままだとずるずる不利な状況になるとおもいます!」
古明地こいし 「楓噛まれてるよ~>美羽」
双海亜美 「亜美はいおりんも少し気になってるんだけどね?
ナズ姉ちゃん狼ならなおさら。」
水瀬伊織 「ま、こいしと雪歩のつながりは薄いって見立てね
それこそ罠かもしれないけど」
美羽 「まじか、まじだ」
萩原雪歩 「●が多すぎてなにがなにやらわかりません!>◇美羽」
日高愛 「あたしは・・・んー、古明地こいしさんかなぁ
中盤、どう発言しようか悩んでた人外っぽい雰囲気がちょっとしたかなぁ」
水瀬伊織 「でっていうに指定させる?
あの、でっていうよ?>雪歩」
荒木比奈 「>美羽
おちつけっすよ」
でっていう 「んじゃこいし指定になるっていうwwwwwww」
古明地こいし 「ま、レーティアの○だからスルーするけどねー>美羽」
双海亜美 「ゆきぴょんはグレーでいいよ。
ナズお姉ちゃんは信じられない」
荒木比奈 「えっ>こいし指定」
水瀬伊織 「●とか○とか多いと、伏せ字っぽくて淫靡よね>雪歩」
でっていう 「こいしー伊織で見た場合、俺様的にはこいしが狼目強いっていうwwww
COはあるかっていう?www」
双海亜美 「指定は嫌だなぁ、亜美。」
日高愛 「でっていうさんちょっとアレですけど
この状況で霊能疑ったらちょっと勝てないかもっていうのもありますね・・・むむむ」
水瀬伊織 「そっちを先に判断?>でっていう」
でっていう 「ここで指定が嫌だとか勘弁してくれっていうwwwwwww>亜美」
荒木比奈 「そこ指定するなら雪歩先に指定すべきっすけどね」
でっていう 「後に残したくない位置ではある>いおりん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
荒木比奈0 票投票先 →古明地こいし
古明地こいし6 票投票先 →でっていう
双海亜美0 票投票先 →日高愛
美羽0 票投票先 →古明地こいし
萩原雪歩0 票投票先 →古明地こいし
日高愛1 票投票先 →古明地こいし
でっていう1 票投票先 →古明地こいし
水瀬伊織0 票投票先 →古明地こいし
古明地こいし は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双海亜美 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双海亜美さんの遺言
       ,イ
      { /::|      ,, -....――........、_     .......- ― -...,, _
      ヽ:{:::;!z_ _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::\\_/:::;::::::::::::::::::::::::::::..ヽ      N
     ィ⌒ヽ(;;; )⌒ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ Y:/::::::::::::::::::::::::::::}:::::: - 、   ヽ}::ヽ
    /::::/,イ⌒Y、:/´⌒ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::Y´:::::::::::::::::::::::::::;:::::FミxニミY⌒Yソ::::::)
.   //  {{ ゞ-'::::/    ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ!::::::::::::::::::::::::/:::::ノ.   Yニゝ _ス-<
  〃     ト.、{  ,,ィ=ミ \ト、:::ト.、:::::::::::リ:::::::::::,イ///::/-- 、  }彡(;; )ヽ::ヽ
         |ヽ::{ 〃  __   ` \{ \::::::::i:::::::/ 〃/´     ',  }彡'`¨´ }::}ヽ:i
            !:::N.  ,イんハ    ,ィ⌒ヾヽノ ≠≡ミ、   r≠ミ、  r'ヅ    リ リ
         ヽ;rヽ 圦ゝrリ         |         {::J:;;ハ /彳
              ヽ「ハ  `¨´   '  ノ   小  ( ヽ _ '  ゝ-'' 'r'ヽ:!
           }:;>、   ` ̄    /:从ヽ  `  _ フ    /_ン:|
           /!/!::::>―ァ‐ァ― <イ ̄ヽ,r‐く> _ ,, ... イ::::::::N
             !/ ヽ/ッイ  〃    :!  ヽx_ K}:从/!:::/リ/
              r'" 〃 ` 〃     i    ヾ` ヾ}⌒ヽ
              { _〃_ ソ(  i    ,   !  )ヽ _」ヽ, }
            r「ヽ7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ!    ,   ; /.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽhぅ、
           」 ヽノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   ;   :!ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「/ ;!
           ヽ r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   i   i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:(,/ }
            ソ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   i   ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.てノ
               ,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j   ;!   !.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.リ
            ,..:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:._,.:.:.:,!   :{!   !.:.:r'.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ソ
               ,.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.l   リ   :!.:.:ヽ.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
              ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:!   }    !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
やっぱり二人一緒だと、たのちいね!
古明地こいしさんの遺言               _ ,,..,, _ __
          ,. ''"´:::::::::::::_::::::::::`ヽ、/´>
        ∠-‐ '' " ´  ̄    ̄ >l_7/ ̄ }
       / _ ,,.. -.─::''::"::´ ̄:::: ̄::`"''ー<
     ,. :''"´ >-‐'"´ ̄`ヽ'´ ̄`ー-<:::::::::::::`ヽ、
   /::,.:''"´/                 `ヽ、:::::::::::)            そ
  / /::::::::/                    \::/           い  ん
  V::::::::::::/      ,       ハ        ',            っ  な
   `'ー∠_     /-‐- 、 ,.イ  / _},,_ノ  ',   |        .地  し   こ
     〈,/     ア-‐-'< |/ _」_/l  l  ノ          霊  ょ  と
     ノイ    /,'´l `i     ´rァ,ヽ| / ! /      来  殿  に.  よ
     { ,ノ l  ,イ! ヒ'___,!     , !_j !レ'  レ'       ま  に      り
     ノ〈  レ'  l''"     __   ''' 〉  / /´`'⌒ヽ   せ
   ∠, ノ'´ /  ヽ、   (   ソ   ,.イ ノ  |    ノ   ん
 / ̄/\   !     〉、.,, _ __,,..<´_ノ´    l  ,. '´     か
/  ./   ヽノイ  /::::::\   l:::::::::! `ヽ、  !/
|  ´ ̄/ ,:'´ `')'´ |::::::::::::::`ァ-ト;::::::::l    ':, /!
'、   レ'     `ー\:::::::::/〈_〉 ';:::/ ',  Λ|
 ヽ、 /     i     \/‐- 、 Y _ ! /  \
   /      !       〈_〉V´、_,V    `"''ー-r‐ァ-─ァ
,.:''´_       /l         ゝ.,___,ノ          /:::/  '´フ
´:::::::::`ヽ、   /〈       〈_〉    ト、       |:::::! つ´
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう」
美羽 「おはようなのだー」
でっていう 「こいし○だったっていう……」
荒木比奈 「びっくりするぐらい朝早いっすね」
水瀬伊織 「あ、亜美・・・
指定嫌がってたのに」
でっていう 「だからwwwwwww 指定とか嫌なんだっていうwwwwwww」
荒木比奈 「>でっていう
雪歩か日高で狙い撃ちした方がいいっすね
そこ○は正直、嬉しくない結果っすよ」
水瀬伊織 「こいし○なのね?>でっていう」
でっていう 「さてもう狐は考えてらんねーっていう。
狼目。これに尽きるっていう。2Wは確実にいるっていう」
でっていう 「イエースっていうwww>いおりん」
荒木比奈 「亜美が死んで、こいし○なら雪歩吊りがいいっすかね
二人の意思を汲みたい、というとこっすね」
萩原雪歩 「伊織ちゃんと愛ちゃん どっちかには人外さんになるとおもうなー
発言が一番無難っぽいのはこの2人かなあ
荒木さんは最終的に考えをはっきりさせてたかな~と」
萩原雪歩 「あみちゃあああああ」
日高愛 「うっうー♪おはようございまーす!

・・・やよいさんのマネで余裕あるように見えるかもですけど、
実際は超悩んでるかなーって!(涙)」
水瀬伊織 「でっていうを信じるなら2w
そうなるとやっぱり雪歩吊っておけってことになるんじゃないかしら?」
荒木比奈 「狼に関しては狙うとしたら日高か伊織、が私の意見っす
ただこれがあってる自信はないっすね」
日高愛 「◇萩原雪歩(8) 「私はもうナズーリンちゃんの○をあたっていきますう
亜美ちゃんと荒木ちゃんはもう疑ってません
どちらかというと伊織ちゃんと愛ちゃん。これは個人的なしt・・・じゃなくて!
いちゃいちゃ発言が目立って推理してないですう」

雪歩先輩・・・しt・・・?
何を言おうとしたんだろう・・・?///」
水瀬伊織 「さすがに余裕かましてる場合じゃないものね
でも、どんなときでも元気いっぱいなのはいいことよ>愛」
でっていう 「ふむ。雪歩吊りが票多めっていう?」
萩原雪歩 「嫉妬・・いやいわせないで~>◇日高愛」
日高愛 「◇水瀬伊織 「●とか○とか多いと、伏せ字っぽくて淫靡よね>雪歩」

淫靡、って何だろう・・・教えて下さい!
・・なんて言ってる場合じゃなさそうですね!(汗)」
荒木比奈 「>でっていう
こいし○なら雪歩吊りで信じてあげたいっすね」
でっていう 「村目で見た比奈といおりんの意見、信じるっていう。

正直日高はわかんねーっていう。」
萩原雪歩 「この人数でいまさら後にひけませんよ、トカゲさん>◇でっていう」
日高愛 「うーん、そこ○だと狼さん全然見えない~
それこそ、あたしと伊織さん狼がピッタリじゃないですかやだー!!」
でっていう 「あと美羽wwww もっと喋ってくれっていうwwwww」
水瀬伊織 「しt・・・下着、かしら?>愛」
でっていう 「プレッシャーやめてwwwww
でっていう泣いちゃうwwwww」
荒木比奈 「どうでもいいっすけど昨日今日で狩人COないってのも
正直最悪っすね」
美羽 「荒木と雪歩が日高ー伊織押し?
で愛伊織が雪歩押しか」
水瀬伊織 「それは・・・絵理に聞いたほうが詳しいかもしれないわね>愛」
でっていう 「んじゃゆきぽん指定っていうwwww
COあるかっていう?wwww」
日高愛 「霊能真、信じるなら、美羽さんは○として
荒木比奈さん、雪歩先輩、伊織さんの中に狼2・・!?」
美羽 「GJ出てないから出ないでいい」
萩原雪歩 「私の考えはもう決まりました! 今日は先に申したようにどっちかですよ!」
水瀬伊織 「あんただけ蚊帳の外って感じね>美羽」
でっていう 「ぶっちゃけ俺自身は自信ねーぞっていうwwwww
でも一蓮托生wwwww 飽和がきてもおめーら怨むなよっていうwwwww」
萩原雪歩 「ないですよ~>◇でっていう」
日高愛 「あわわ、そうだったんですね・・・
雪歩先輩ももっとお構いしてあげたかったです・・・

・・・でも、逆囲い疑惑で、ごめんなさい!」
水瀬伊織 「愛、しっかりするのよ
私たちの情熱、見せつけてやりましょう!」
でっていう 「村ならwwwwww もっと反抗してくれよっていうwwwwww
おめー村なら敗けるっていうwwwww>ゆきぽん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
荒木比奈0 票投票先 →萩原雪歩
美羽0 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩5 票投票先 →日高愛
日高愛1 票投票先 →萩原雪歩
でっていう0 票投票先 →萩原雪歩
水瀬伊織0 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日高愛 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
日高愛さんの遺言                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:':;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:/l:./‘:ヘ:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.                 ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;':.:./:.:.:.///   ヽ:',;.:.:.:.:.:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
                ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:/_斗--/     ゝ-=._:.:.',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::
.               ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;/´ ''__´         ` ``',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
               l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!l ,/て:::Cヽ      //:::>㍉|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| 頭使うの苦手ですけど
             l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.N弋‘;:::::ノ       i!::::::リノ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  がんばるぞー!
               ‘.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト_',  `¨´        `¨¨  ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
                ‘:.:';.:.:.:.:.:.:.:!`:、      `       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
              ヽ:',;.:.:.:.:.;‘.. ゝ、  ゝ.___,,  ......:.':.:.:.:.:.:.:.:.:./
                X\:.:ヘ`¨ ,'ヽ.        .イ¨T´/:.:./' ヽ 、
             / /   `゙゙゙ヽ i ‘. > .. < /  レ'-゙'´    λ
             λ l        !   ’.         |       ,' ',
            ,' ‘.‘.     ト、          _,.イ       /   |
            /  ヽ      |  `丶    , ‐'´  !     イ  八
             ノ    \    |           !   / |    ヽ
          /       l ヽ,,   |           ,  ,ィ'´  |       ヽ
.          l        .|  〃ヽ l          i / i!   |       }
         ハ、       |,..〃   ',l         〃  ,.iL..._ |     ハ
.           人` -=.....=r/´  ヽ  i!ヽ、   i!    ノi! /     ヽL_  _,./ ノ
.         / ヽ===-<l   リ   i!ヽ ヽ _八,. '/i! l    リ|_  ̄   ,イ
.         /         /`‐‐ ´   ト  ヽ ___,/   i!  ゝ .....イ |`_ェ‐='´  ',
           ` ‐- _   .,'i       i! \     /i!        i!´       ‘.
                  `/  ',      iト-‐‐=-- '´   i!         ハ    _ .. '
                 〈   .     i!   }     i!      ,' 〉= ¨´
              ハ   ',      i! _,. イ   /¨¨´|      ,  ハ
萩原雪歩さんの遺言 萩原組総出で潰してやるですううう
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/07/17 (Tue) 23:52:30
小早川紗枝 「えぐざくとりぃや>でっていう」
荒木比奈 「おつかれー」
国広一 「お疲れ様」
でっていう 「ァーーー!!!」
高垣楓 「お疲れさまでした」
古明地こいし 「お疲れ様ー」
東郷あい 「おつかれさま。んー。」
萩原雪歩 「うう・・・」
小早川紗枝 「お疲れ様や~」
ギコ 「お疲れさんっと
でっていうはwwwwwwって感じだ」
水瀬伊織 「おつかれさま、にひひっ」
ナズーリン 「お疲れ様だよ」
東郷あい 「でっていう、ちょっといい?」
双海真美 「おっつー!!
狩人はすまんかった・・・」
荒木比奈 「なんとかなったっすねー」
水瀬伊織 「いい位置を攻めてくれたわ、ありがとうね」
双海亜美 「おつかれさま→!
こうしてでっていうは悲しみを背負うのであった・・・!END!」
美羽 「ま、そんなとこだよな」
東郷あい 「指定云々ではなくてさ。
雪歩吊りも実は12でしときたかったけどこれはこのさいまぁいいや。
伊織について。」
国広一 「ボクとか超村じゃないか!」
古明地こいし 「まー狼さんが優秀だと遊べるからいいよねーこれってー(棒」
でっていう 「お疲れ様っていうwwwww
だから指定は嫌なんだっていうwwwww」
荒木比奈 「で、こいしは狂人っすか
納得っすね」
高垣楓 「荒木さんは疑ったところでかまれましたね。」
日高愛 「・・・あちゃー
そこ2Wは無いと思った所に限って~~」
ナズーリン 「こいしは本当にありがとう。
君があそこで吊られて○まで見えてなければ、負けていたかもしれない」
でっていう 「へい、なんだっていう?wwww>東郷」
水瀬伊織 「ま、そんな気はしたんだけどね
雪歩を叩きに行くあたりで>こいし」
双海亜美 「き、きた!あいねえちゃんのスパルタの時間だぜぇ!
みんな、ここは亜美にまかせてにげるんだー!」
萩原雪歩 「トカゲちゃん説教部屋いきですか・・・ かわいそうですう・・・」
荒木比奈 「蜥蜴にはちょうどいいっすね」
古明地こいし 「伊織に指定飛んだらまずいかなーだったからおとなしく死んだよ~>ナズー
東郷あい 「うん。
まず、ナズはなんだとおもってた?」
双海真美 「亜美・・・先にいって!
真美はここに残る!」
小早川紗枝 「蜥蜴はんお気張りやす~」
ELLIE 「お疲れ様?今回の総評としては・・・
オオカミが強いの一言に尽きるという印象。
だからMVPは荒木さんと伊織さん?

あとちょっとRP低調に見えたのがちょっと残念?
でもみんな楽しんでくれたみたいで嬉しいです。

では、また次回お会いしましょう。本日のお相手はELLIEこと、水谷絵理でした……♪」
水瀬伊織 「ごめんね、愛
あなたとのいい関係を利用させてもらったわ、にひひっ」
でっていう 「ばっか、このスパルタ生き残るとレベルアップするんだぜっていうwwww>亜美」
東郷あい 「>でっていう
まぁ結果でたら狼だよね。
そして君視点、2Wだ。」
日高愛 「古明地こいしさん人外はかなり自信あったのに
狂人さんでしたかやだー;;

・・・でも、そこは合ってたのは、救いかなぁ
でも全然だなぁあたし・・・うわーん!!!」
東郷あい 「雪歩●とかあそこでだすなら無視していいよ。
その上で、なんで囲いを無視したのか、教えてくれる?>でっていう」
国広一 「まあ、中身見るとこいし狂人ですごく納得するよね」
双海亜美 「狩人さんは、ほんとごめんに→…
さすがの亜美も、猛省ッ…!」
でっていう 「吊る前でも狼強目で見てたっていう>東郷」
双海真美 「真美亜美セットでRP賞なし・・・だと!?
む、むねん・・・!!次こそはとる!!>GMと」
ナズーリン 「君視点、雪歩も伊織も囲い候補だったろうねぇ。
そこで伊織狼を当ててくれたのは、流石としか言えないよ>こいし」
日高愛 「絵理さんもありがとうございました!
推理もRPも絶賛スランプっていうかブランクっていうか・・・
新しい何かを開発してみたいなぁ」
東郷あい 「多分、今回の村の敗因はそこ。
囲い位置を無視して、それだから負けたんじゃないかな、って。」
双海亜美 「比奈姉ちゃんは村にしか見えない・・・!どうすればいいのこれ!」
水瀬伊織 「ナズと比奈がお膳立てをしてくれて、こいしが上手く動いてくれたおかげよね
私は愛とイチャイチャしてただけだったもの、3人ともありがとうね>ナズ、比奈、こいし」
国広一 「比奈が見えるのは、楓が霊界で言ってたけどボク投票のところかな>亜美」
東郷あい 「愛ちゃんはなんだろう……少し、狼目に見える何かがあるね。」
高垣楓 「そうですね、国広さん吊りの日が少し矛盾がありますよ>荒木さん>亜美さん」
国広一 「まぁ、あの投票無かったらボクにも全く見えてなかったけど。」
双海亜美 「頑張ったのに (*´・д)(д・`*)ネー >真美」
日高愛 「にゅう・・・すぐ籠絡されちゃうあたしですね・・・///>伊織さん

推理といちゃいちゃは切り離して考えてるつもりではあるんですがー!!」
荒木比奈 「灰の詰め方、かなという印象っすね
国広一吊りが一番意外なところだったっすし」
水瀬伊織 「私が絵理か涼になって、もっと絡みやすくしたほうがよかったかもしれないわね
でも、愛は可愛かったから、その・・・またお願いしてもいい?」
東郷あい 「◇でっていう 「吊る前でも狼強目で見てたっていう>東郷」
その上で囲いなしって思った?そこなのだよね。
雪歩●が出るまえの状況で、君視点○しかでてないんだ。その点はどうだい?」
ギコ 「そういえばナズーリンの○ってあの時伊織しか残ってないんじゃね?
どっちかっていうと○も●も吊ってやるって感じでよかったと思うけどな
…余裕がなかったけど」
双海真美 「うう・・・次こそは双子パワー全開だよ亜美!!」
日高愛 「比奈さん上手かったなぁ
日高-伊織で考える、なんて言われて
あたし視点、伊織-比奈の狼消えちゃいましたもん~」
萩原雪歩 「人外有利で勝ちも賞もとれないなんて・・・
やっぱり私ダメダメでした~ あなほってうまってますううううう」
でっていう 「囲いってのは残った伊織だなっていう?

俺様個人の考えだと、伊織ーこいしで、どうにも狼に見えたのがこいしだったっていう。
ならば即真噛みでナズの色まで見せたのならば、そこで囲いは無かったものだと
考えたっていう>東郷」
荒木比奈 「ではお疲れっす」
水瀬伊織 「あの国広一吊りはおいしかったわね>比奈」
双海亜美 「矛盾?前日の発言がおかしかったって話?ちょっとみてくる!>楓お姉ちゃん、国広一ねーちゃん」
国広一 「ああ、持ってくるよ>亜美」
双海亜美 「強く…強くいきるのだでっていうよ・・・!」
美羽 「国広一ないよな 個人的には小石吊りも?だったけど。狂人だから
結果ははずれではないけど」
双海亜美 「おうよ、がってんだ真美ぃ!
亜美真美パワーは永久に不滅なのだ→」
双海真美 「ゆきぴょん・・・ゆきぴょんはがんばったよ・・・!!>ゆきぴょん」
ギコ 「俺吊りはともかく国広吊りは意外だったなー
俺を吊るならそこ吊らねえだろって思っていたわ」
高垣楓 「伊織さん-こいしさんで、狼に見えたこいしさんを吊って○だったなら伊織さん狼になるんじゃないですか?>でっていうさん」
国広一 「3日目の
◇荒木比奈(36)  「昨日の国広の意見が凄くよかったのでここは残したいっすね」
とか、4日目の
◇荒木比奈(22)  「昨日の高垣の私とのやりとりはだるいっすけど
意見出てるし、国広と合わせて今後も見ていきたいっすね」
これがあってボクに投票してるのをどう見るか、かな」
でっていう 「囲いがあるのならばこいし。そこだけは譲れなかったっていう。
で、こいしで○。それなら囲いは無いと判断したのが、まあアレだけどっていうwww」
水瀬伊織 「雪歩は惜しかったわね
でもRPはとっても雪歩だったわよ、にひひっ」
ナズーリン 「まあ、万一私が狂人に見られでもしたら、それこそ伊織は完全に囲い位置だ。
だからちゃんと狼で見てもらえて良かったよ」
日高愛 「あはは・・・村人の時は
素で狼っぽいとはよく言われちゃいます・・・///>東郷あいさん」
でっていう 「任せろっていうwwwww>亜美

まあ俺様が投票して吊った先の国広が村だった時点で、俺様もうズタズタだった
けどなっていうwwww」
日高愛 「雪歩先輩も、途中からだいぶがんばってる感じで
村めに見ちゃったなぁ~惜しかったですね!」
水瀬伊織 「そこ攻められるとキツイから
こいしか雪歩、どっちか狼っていう方向にそらせたのよね>楓」
萩原雪歩 「いおりちゃああん、愛ちゃんとイチャイチャしたうえに勝つなんてずるいよおおおお
>◇水瀬伊織」
東郷あい 「んー……もう一点、
国広吊りについてはどうだい>でっていう」
双海亜美 「ゆきぴょんは妖艶なめぎつねだったよ!」
古明地こいし 「ああ、そうそう偶数進行の狂人は人外じゃないからねー>愛
国広一 「だから3日目に落ち着けって言ったじゃないかw
霊能なんだからドンと構えてれば良いんだよ。>でっていう」
ナズーリン 「国広は噛まなければならないと思ってたから、あそこで吊れたのはラッキーだった。
まあ、雪歩が吊れていても私達視点良かったんだが、それは結果論だな」
日高愛 「いえいえ、あたしこそやよいさんで来ればよかったかもー!
あたしこそまた仲良くしてくださいー///>伊織さん」
水瀬伊織 「ま、私としてはもっと亜美真美のパワーを堪能したかったってのもあるんだけど
狼だしそんなこと言ってられないものね」
高垣楓 「それ言われても私は疑ってみていたでしょうねぇ。
噛まれてしまいましたが>水瀬さん」
でっていう 「そこは本当に反省してるっていうwwwww>東郷

殴りすぎで俺的には怪しさマックスだったっていうwwwww」
東郷あい 「んー……印象として、灰考察よりも、占い真贋に主眼を置いているせいなのかも>愛
ただ、それだと案外狩狐ともとれそうなもの……だが……

◇日高愛(26) 「んー・・・雪歩さんの、占い処理の日を決めるべき、っていう提案
積極的でいいなーって思いました!
勝ちを目指す村人っぽくて!
・・・でも、あたし、よく騙されちゃうんですけどねー!(涙)
この●もどうだろう、あえての身内●なのか・・・んー」

これなんかは私は個人的に好みだけど、やはり雪歩の立場をみると、ちょっと擁護してるかな?とかんぐってしまうね。」
萩原雪歩 「ありがとおー>◇双海真美  うええええ>◇双海亜美」
水瀬伊織 「にひひっ
今度は雪歩も一緒に、楽しみましょ♪」
でっていう 「まさかwwwwwwww 残されるとはwwwwwww>国広」
水瀬伊織 「愛はカワイイわ・・・持って帰りたいわね」
ギコ 「というか霊能を殴る人外はほぼいないって印象かな
ぶっちゃけ霊能を殴るメリットが人外にないし」
双海亜美 「ありがと!うーん、確かに。

◇荒木比奈(45) 「>こいし
昨日の発言があんまよくなかったからっすね、ちょっとばかし」

これとかで火消しされちゃったよ。
票は正直だってのが見に染みたかも>国広一姉ちゃん」
でっていう 「今から考えると本当にそうだっていうねー>ギコ」
東郷あい 「即噛みの時点で真贋付きは考えていいと思うよ>でっていう
ちなみに、私の想定では
雪歩→ナズ→伊織or愛→伊織or愛→最終日だった。
これは君だけでなく、村全体のことでもあるけど、割と国広吊りが痛かったね。」
日高愛 「えへへっ、嫉妬だなんて照れちゃいました~>雪歩さん
今度は嫉妬させちゃう側になっちゃうのもいいかもーですねー///」
国広一 「殴りに行ったというよりは苦言を呈した感じだけどね、こっちからしたら……
霊能、ふわふわしすぎだw」
ギコ 「霊能を殴るのは霊能が騙りだったときが怖い村なんだよ
人外だったら霊能が偽だったほうがいいから基本殴らない」
東郷あい 「ちなみに。
伊織を吊らないかなーって思う展開の場合は。」
東郷あい 「ナズ狂のケースの場合にちょっとあるくらいかな。」
双海真美 「むねん・・・!むねんだよー・・・
でっていう 「伊織と比奈を村目で見た俺様の目をえぐり出したいっていうwwwww>東郷」
水瀬伊織 「ま、普通の進行なら私とナズと雪歩、あとこいしあたりまでが吊り予定に入る感じかしらね>あい」
双海亜美 「愛ぽんは、判断し辛かったから殴りにいってみたけどスルーだったよ!
ちょっとやり方が甘いかな?」
でっていう 「そりゃそうだよねっていうwwwww> ギコ
アホやらかしたっていうwwwww」
双海真美 「今回の狼の布陣は最強だったよね、って思うなぁ」
日高愛 「そうですね・・・あたし、雪歩先輩と
伊織さんのかなり味方になってましたし・・・
今回、最後まであたし指定されなかったのが不思議なくらいでした!(汗)
でも、指定されなかったので最終日まではいけると思ったんですけど、無念~>あいさん」
萩原雪歩 「どっちかでもいいから疑ってほしかったですううう>◇でっていう」
でっていう 「ちょっとはしゃぎすぎた感はあるよねっていうwwwww>国広」
水瀬伊織 「霊偽は狼にとってもあんまり嬉しくないけどね
ま、放置しておくわよね>ギコ」
萩原雪歩 「私の必死な気持ちだけ愛ちゃんに伝わってよかったよ・・・>◇日高愛」
でっていう 「悪いっていうwwwwww>ゆきぽん」
双海真美 「「騙り」と「疑われる狼」「疑われない狼」がそろうと強いってのがすごくわかった!」
水瀬伊織 「ナズが思い切って初手○投げてくれたのと、占いが噛めたのがラッキーだったわね>真美」
でっていう 「ていうか前の霊能の時も最後に狐吊って
やらかした覚えがあるっていう。泣きてぇwwwwww」
ギコ 「まあ、殴っている奴を疑うのは基本だけどよw
でもお前さんが役を持っているってことはこういうこともあるってことだぜ?>でっていう
だから役の自分に突っかかるのはなんでだろうって考えねえと」
双海亜美 「一緒にかなちみを背負うのだ…!>でっていう」
水瀬伊織 「愛と雪歩、なかなかいい感じじゃないの
すごくお似合いよ、にひひっ♪」
でっていう 「おうwwww いくらでも泣いてやるっていうwwwww>亜美」
東郷あい 「多分私はこいしは吊らないかな。>伊織
メタ云々でなく、目にはいらない、吊る気がおきない。
その位置が楓、亜美、こいし、比奈。

だから、その4人が最終日に残りそうな配置を考えた。」
ナズーリン 「本当はこいし占うつもりだったんだけどねぇ。
比奈がぽろっと初日囲いとか言うものだから、ね。」
でっていう 「でっていうだから、で済ませてりゃよかったっていうwwwwww>ギコ」
ギコ 「ぶっちゃけ霊能偽でうれしくないのは狐の場合だけじゃね?>伊織
その場合は噛んで告発しないと吊れないけど」
双海亜美 「いおりんは終始怪しんでたんだけどなぁ。
尻尾がつかめずそのままって感じだった。」
水瀬伊織 「亜美は愛の甘みにやられてるのね・・・私もだけど>亜美」
日高愛 「国広一さんは上手くてあまり人外には見えなかったんですけど・・・
それは比奈さんにしても言えますし・・・どっちも普通なら吊れないところだったと思います

それでも吊れちゃったのは・・・アイドル補正?(何)」
レーティア・アドルフ 「む?…あぁ、終わっていたか。
問題…といえば国広一吊りと後は伊織を吊れなかったところか。
では村建て同村感謝
お疲れ様だ、因果の交叉路でまた逢おう。」
双海亜美 「修羅への道は遠いぜよ、真美…!」
水瀬伊織 「霊狂もそれはそれで面倒だわ
作戦的に色を見せてどうこうってのができないもの>ギコ」
東郷あい 「ああ、そうか
愛は思いが強くて、かばってしまうのか……
だから、冷静にみたときに、狼目にみえるのかもしれない
……ふふ、いけないな。アイドル同士がかばうのであれば、疑いたくなくなるのは世の常、実際私もそうだったはずなのだが……
日高愛、その思いと気持ちは常にもっていてほしいものだね?」
でっていう 「囲いをするなら初日、二日目、どっちでもありなんだっていうねー。
こりゃまた悩む要素が出たよねっていうwwwww」
でっていう 「お疲れ様だっていうwwwww>レーティア」
双海真美 「うーむむ
初日に頑張っている人吊るのは致命的な間違いってことだよなぁ・・・猛省・・・」
荒木比奈 「ちょっと気になったけど伊織は囲い、という理由だけでは吊る動機には正直
足りなさすぎっすよ」
水瀬伊織 「国広一なんて吊れるはずないでしょ?って票投げたら
雪歩と人気を分ける結果になったものね、ちょっとビックリしたわよ>愛」
ギコ 「それはそれで作戦を建てれるぜ?>伊織
めんどくさくなったら噛めばいいし」
国広一 「投票もあるよ、3連続○吊り投票してるんだ>比奈」
水瀬伊織 「でも私が吊り位置なのは変わりないけどね>比奈」
水瀬伊織 「尻尾も耳も触り放題よ、にひひっ♪>亜美」
荒木比奈 「>伊織&国広
伊織は吊り位置ではあるんだけど、狼狙いとして吊るには動機不足っすね
○解禁グレランでようやく吊れる位置っすよ
投票と囲いだけで指定するにしてもきついっすね」
双海亜美 「ナズお姉ちゃんへの信頼性もあると思うなぁ>比奈姉ちゃん」
美羽 「荒木は最終日」
東郷あい 「あとはまぁ」
東郷あい 「んー」
荒木比奈 「そもそも伊織自身が暫定○だから○吊りずっとしてる、は情報としては
あまり成り立たないですし
グレラン回避でつりやすきに動いた、にならないっすからね」
古明地こいし 「ああ、その最終日ならノータイムで亜美殴りにいくか吊られにいくかどっちかだねー>あい」
双海亜美 「尻尾と耳!?どこかに動物がいるの?ひびきんのペットかな?>いおりん」
国広一 「○解禁グレラン以降っていうのは同意。
指定については、とりあえず置いておくけど。」
東郷あい 「ああ、いや。私だったら吊る、かな。
伊織単体での人外たる要素は感じていたので。
あと、自分の想定する最終日に伊織はいない、というのもあるがね。>荒木

君は最終日送り、吊り想定はすでにいってはいるのだが。
あと、弱いというよりは純粋に真贋付きをかんがえるかどうかだ。」
荒木比奈 「>あい
問題なのは、そこじゃないっすね
村が吊る動機としてのピースが足りなさすぎた、という方が大切っすよ」
東郷あい 「あとはまぁ、正直私がみたのは初手の小早川吊りだから>比奈」
双海亜美 「自分の発言だった!脳みそがもうなくなってきてるよ亜美!?>いおりん」
荒木比奈 「共有2枚抜きしたのはそもそも伊織吊り回避を確実にするためのもの
っすからね」
東郷あい 「んーなので、これは村が弱いで成り立つと思うよ。
いずれにせよターニングは国広吊り、ここだと思ってるし>比奈」
美羽 「荒木の国広一投票は咎めどころか
てか、吊れる位置が希望と違いすぎたしせっかく◎気味で残ってるんだから主導権取れって話か、結果論だと」
でっていう 「俺様噛めよっていうwwwwwwwwww>比奈」
国広一 「疑いとして弱い……のは確かかな。
ボクとしては単に最終日に残したくない位置だから吊りたかった、
というのはあるけど。」
荒木比奈 「あと共有も軽率に指定展開をおおっぴらにしなくていいっすよ」
荒木比奈 「でっていうが結局2択で迷った要因で考えるならそこまでってところですし
あと、でっていうは村の意見汲んでたら伊織指定はできた、というところっすね、自分の考えで言うのであれば」
東郷あい 「ただしまぁ、国広吊らずに雪歩吊ったところで、君の言であれば
きっと村は伊織を吊らず、国広と愛あたりを吊った可能性は高いのだけどね。」
でっていう 「泣きてぇwwwwwwwwww>比奈」
水瀬伊織 「亜美、あなた疲れてるのよ・・・
愛と雪歩に癒されるといいわ」
荒木比奈 「でっていうは、自分だけで考えず村と同調する、を覚えるといいっすよ
1人で考えても答えはでないっす」
東郷あい 「んーそこを軽率とみるか。
まぁいいのだけど>比奈
割と私のやり方、なのでねそこは。」
荒木比奈 「>あい
大切なのは狼がそれを見て、作戦変更や容易な進行変更ができるから
迂闊になっちゃうことがある、ということっすね」
ギコ 「…鍋で速攻呪殺された」
荒木比奈 「特に遺言残せないここのルールだと、尚更っすね」
水瀬伊織 「強権発動!ついてこれるやつだけついてこい!
っていう強引さでも面白いんだけどね。それが指定ってもんだし」
でっていう 「その結果が雪歩吊りだけどなっていうwwwww>比奈

まあ言いたい事は分かるっていう。俺様テンパりすぎたっていうwwww」
荒木比奈 「ではお疲れ様っす」
でっていう 「よくあるよくある>ギコ」
ギコ 「しかもでっていうに…」
でっていう 「お疲れっていうー>比奈」
でっていう 「可哀想にwwwwwwwwww>ギコ」
東郷あい 「そこは確かに。
もっと大事に考えるべきだろうな。ありがとう>比奈」
ギコ 「あっとお疲れ様>荒木」
日高愛 「あっ、お呼びですかー!?
えへへっ、亜美さんも(物理で)癒しまーす!(ぎゅー)」
古明地こいし 「しかしアイドルRPそろそろしないと存在意義がマッハになったりしないかなー(汗」
でっていう 「そんなことwwwwwwww
俺様を見てから言えっていうwwwwwwwww>こいし」
水瀬伊織 「思うようにやればいいと思うわよ
あんたの強さは武器だものね>こいし」
国広一 「別に良いんじゃないかなー?>こいし」
でっていう 「でも実際俺様も悩んでるっていう。
そろそろアイドルRPをしようか、それとも鴨先生として開き直るか……
っていうwwwww」
国広一 「そういえば比奈の中の人が比奈でびっくりした」
ギコ 「アイドルRP一回もしたことないぜ?>こいし」
でっていう 「今日の村も色々勉強なったっていうねー。毎日これ精進だっていう。
よきかなwwwww よきかなwwwwwwwww」
水瀬伊織 「亜美相手だと、お姉ちゃんっぽさが出るのね>愛」
でっていう 「アークさんがいるならちょっと本気で40発言ぐらいすべきだったかなっていう>いおりん」
でっていう 「いおりんちゃうわwwwww 国広だったっていうwwwww」
水瀬伊織 「誤爆っていうwww>でっていう」
高垣楓 「やれやれ、国広さんには申し訳ないことをしましたね。」
ナズーリン 「さて、ログも読み終えたし、私はそろそろ落ちるよ。
同村してくれた皆、特に狼仲間と狂人には深い感謝を。
それでは、お疲れ様でした。」
国広一 「いやー、霊能に目をつけられてる時点でわりときっついからねー。
楓はむしろ、すごく村で見る事ができたし良かったよ。」
日高愛 「でっていうさんの指定、悪くなかったと思うんですよね
こいしさんも雪歩先輩も狼ではなかったですけど人外ではありましたし!」
高垣楓 「噛まれてしまいましたが>国広さん」
高垣楓 「偶数最終日の狂人って人外じゃないんですよね。
だって狂人からは狼が誰かなんてわかりませんから。」
でっていう 「誠に申し訳無いっていうwwwwwwwww

踏んだり蹴ったりしてくれてもいいのよ? っていうwwwww>国広」
古明地こいし 「私は指定されてほくそ笑んでたけどねー
しいていうなら雪歩を先に吊ってくれないかなーって感じだったけど>愛」
でっていう 「救われるっていうwwwwww>日高

でもそれって、狼の味方みてぇな指定だったよなって思うwwwwwwww」
国広一 「村に見えるだけで良いんじゃないかな……
そういうのがあったからこそボクの視点からは
雪歩―伊織―ナズは残せない位置で見えてたっていうのは勿論あるんだし。」
日高愛 「いえいえ、いざとなったら狼COとかで自分を吊らせることもできますし
やっぱり人外ではありますよ~>楓さん」
でっていう 「ナズーリンはお疲れ様っていうwwww」
国広一 「だから落ち着けと(ry>でっていう」
高垣楓 「狼COってそうそう信じる気がしませんけど>日高さん」
でっていう 「やっぱ俺様の灰視はアテになんねーっていうwwww
また痛感させられたっていうwwwwww
こりゃもっと頑張らねーとやべえっていうwwwwww」
高垣楓 「私は愛さんと伊織さんと荒木さん、だったんですよ>国広さん」
水瀬伊織 「ま、その3人残さないのが普通の流れよね>国広一」
国広一 「ボクは楓―亜美―比奈―こいしで最終日になれば良いな、と」
でっていう 「今日のログは熟読しねーといけねーっていうwwwwww」
古明地こいし 「そもそも狼わからなかったら自分が吊られるように狼が誘導しやすい材料用意しておけばいいだけだしねー」
高垣楓 「ナズはそもそも残す気がなかったからもう見てませんでしたね。」
でっていう 「潜伏狂人の強みだなっていうwwwww>こいし
まあ潜伏狂人とか出来る気しねーけど俺様wwww」
水瀬伊織 「最終日を見据えて動く、すごく大事
私がどうこう言えるほどじゃないけどね」
高垣楓 「狼COなんてまだるっこしいことをするよりもそちらのほうが楽そうですよね>こいしさん」
でっていう 「俺様に足りねーのはそこかなーっていう>いおりん

まあ俺様の想定だと、村目に見た比奈がどうしても残るんだけどなっていうwwww」
高垣楓 「荒木さんが凄く恐い……
この発言と投票の矛盾が恐い
でも最終日残るよこの人うわぁって思ってたので最終日想定も何もしてませんでしたね。」
日高愛 「吊らなくても狼からは狂人かもって分かるじゃないですか
そしたらPPにも利用できますし、やっぱりそこはアレです!
上手く言えませんけど吊らなかったらやっぱり危ない感じです!>楓さん」
水瀬伊織 「吊り1手稼いでくれるとすごくありがたいものね>こいし」
古明地こいし 「まぁCOせずに狼の変わりに吊られるのがベストだしねー>楓
COするのは非常事態のときだけだし」
高垣楓 「所詮「かも」なんですよね
狐だったら最悪なんで狼は噛みを入れるかもしれない。
そういう辺りで潜伏狂人の狼COや狩人COはすごく微妙、と考えます>日高さん」
国広一 「というかまぁ、自分がいない場合の想定がそんな感じで、
わりと自分が残される感じじゃない、これ?って思ってたら吊られた。」
高垣楓 「村っぽいところを殴っておけばその村っぽいところを疑わせることもできたりしますからね。>こいしさん」
でっていう 「俺様をナジってくれてもいいのよ? っていうwwwww>国広」
古明地こいし 「まぁ狩人COはありっちゃありだよ?
狩人っぽいの残ってるときは・・・お仕事することは検討するかもねー」
高垣楓 「そこはまぁ、申し開きもできない感じで>国広さん」
国広一 「詰ってはあげない。そっちの方が君には薬になりそうだしね>でっていう」
でっていう 「泣けるwwwwwwwww>国広」
水瀬伊織 「潜伏狂人の狩人COは噛まれる可能性あるぶん、あんまり美味しくない気がするわね」
でっていう 「なんか最近俺様の扱いに慣れてきたっていう?wwww>国広

これは俺もいろいろ変えていかないといけねーかなっていうwwwww」
高垣楓 「偽狩人COってわかれば良いんですけどね>水瀬さん」
水瀬伊織 「潜伏狂人狩人COで、キツネ噛みをGJ誤認したりとか、あったわね
よく考えれば偽っぽい護衛の仕方なんだけど、そこGJかーってパニくったわ>楓」
高垣楓 「それは……霊界で見ていると面白い話ですね>水瀬さん」
でっていう 「どうしても、狂人になった時点で占い騙り考えちゃうんだよなーっていう。
霊能騙りはそこまで、かなーっていう」
水瀬伊織 「それじゃ、私はそろそろ落ちるわね
GMは村建てありがとう、みんなもお疲れ様
仲間が強かったおかげでなんとかなった感じだったわね、ありがとう」
ギコ 「…狩人COして真狩人を吊らせるときが一番楽しい」
東郷あい 「……ふむ」
でっていう 「いおりんお疲れーっていう」
高垣楓 「◇でっていう [霊] (reason◇uRt6hvo6i6)の独り言 「速度的にはナズが真目。でもレーティアも発言的には5分っていうwwww
明日のCO次第っていうwwwwww」

……?
レーティアさんそんなに遅かったですかね……?」
ギコ 「早朝ってことを考えたら遅いかもな
でも騙りが特攻してくることも考えると様子見もそう悪いことじゃないと思う」
でっていう 「ちょろっと様子見が過ぎたかなーとは思えたっていう>楓
早朝待機ってのもあったしね、っていう
偽を見る程じゃねーっていう?」
高垣楓 「というよりも、様子見ってそういうものなわけで
●じゃなければ早朝であろうとオプション無しであろうと同じで良いんですよね。
ただ遺言がないことを考慮しての朝一もあったりするわけですが。」
高垣楓 「むしろ銃殺でもないのに○が早朝だからと早く出る意図が私には理解できませんが。
その辺りを是非ご教授頂きたいですね。」
国広一 「レーティアの様子見も10秒くらいじゃなかったかな?
ボクはそのくらい様子見する方が好みだけど。」
国広一 「村中にも言ったけど、様子見は特攻に対処するためのものだしね。」
でっていう 「俺様的には様子見は5秒ぐらいかなーっていう。
多分そのへんは感覚かなっていう」
高垣楓 「10秒くらいなら様子見としては速いレベルですね。
狂人なら10秒待って●特攻をしかけたりします。」
高垣楓 「5秒なんて様子見ともいえませんね。
それなら個人的見解では様子見なんてせずにCOした方が印象が良いです。」
でっていう 「なるほどなーっていう>5秒じゃびみょい」
高垣楓 「あと5秒様子見してたらもぐれたのに!なんて占い師を私は見たことがありますからね。」
国広一 「まあ、早朝待機で10秒過ぎてから●出す占いを真なんて思わない、というか思いたくないのもあるけど。」
国広一 「早朝待機じゃないなら、当然もっと様子見して良いよ。」
ギコ 「そういやあ俺様子見したことねえや
いつも結果を張っていたわ」
でっていう 「色々難しいもんだっていうwwwwww
次に占い引いた時はちょいとやってみるっていうwwwww」
高垣楓 「まぁ、私は15秒くらいですかね。様子見は。
ほかにも潜るための戦術として色々持ってますけど
それは教えてあげません。」
高垣楓 「何故様子見をするのか。
皆がしているからしてる、ではなく
何の意味があるのか。これを考えてみるのも良いと思いますよ。」
でっていう 「うむ。人外の特攻対処が大きな理由っていう?
●出てるのに出ちゃったら、速攻噛まれそうだっていうwww」
ギコ 「●を即見つけたけど狩人に護衛されなかったあの日の夜…」
高垣楓 「えぇ、そうです。
それで5秒しか様子見をしないで、遅く●を出されたら潜れませんよね。
そういうことです>でっていう」
高垣楓 「狂人なら噛まれませんし、真なら狩人か霊能を探す。
そう考えて護衛しないこともあるんですよ>ギコさん」
でっていう 「目からキノコっていうwwww
初日◯引きの場合は、様子見こそが大事だって事っていうねwwww」
高垣楓 「http://alicegame.dip.jp/suisei/old_log.php?room_no=4284&add_role=on&heaven_talk=on&db_no=5
こんな狂人もいるんですよ>でっていう」
でっていう 「うわこえーっていうwwww
色々すげえっていうwwww>楓」
高垣楓 「様子見は本当に大事です。
様子見しすぎてもダメですけどね。」
でっていう 「護衛まで持っていっとる……(白目」
高垣楓 「●だしというのはそれだけ信じられますから
私は絶対しないと思いましたが」
でっていう 「俺が狩人ならどうだろうな。
初日●出しがいてーだとなあ。 共有が出てて、対抗の占いが○が無いって
分かってるなら○の無い占いを護衛するだろうけど」
高垣楓 「そこで見るべきは●の出し方ですよ。
村陣営は信用されるように動くものです。
あの出し方をする●、そして高圧的な態度。
真でも護衛いらないんだねそうだね。
と私ならば護衛をはずしますね。
理由重視の私としてはしっかりと理由のある文さん護衛をしていましたよ」
国広一 「ログ見てきたけど、ボクも文さん護衛してそうだなー。」
でっていう 「うむ。●引きならば何をおいても速度が大事ということだっていうね?wwww

村に信用される為の第一歩を怠ってるっていうwwww」
でっていう 「まあそれよりもハシビロさんが霊能騙ってるのがすげえこれ
面白ぇっていうwwwww」
高垣楓 「この村が終わったあとはいらっとしてましたね。」
高垣楓 「ただの狼場になっただけですけどね~」
でっていう 「狐で騙るとかよく出来るなっていうwwww
俺様とてもじゃないけどできねーっていうwww」
国広一 「実際、狐が全力で勝利を狙うなら超悪手じゃない、これ」
高垣楓 「騙りもうまくいかないしかまれますし、私はどうにも狐には向きません」
でっていう 「狐は潜伏で遊ぶのが正義っていうwwwwww
それだけで本当に楽しいっていうwwwww」
国広一 「ボク、狐希望の多い人だけど、遊んでるけど割と狐は自信ある部類なんだよね。
まぁ勝てないけど。」
ギコ 「んー、3-2になって占いが一人噛まれたら即残りの役を
全吊りしたくなるな
狐が混じっているか狼2騙りかでその後の展開が変わるけど」
でっていう 「全ロラは正義っていうwwwww>ギコ」
高垣楓 「狼二人を完全グレランで吊れるのかな……?」
国広一 「んー……霊ロラから入って、占い噛まれたとしてそこから全ロラ……とすると残り3吊り?
まぁ、分の悪い勝負とは言いにくいかもしれないけどなんとも。」
ギコ 「占いを一人抜かれている以上決め打ちはできねえしな>楓
霊能も複数出るならやっぱり吊らねえといけねえし
むしろ狂狐が出てきてくれたって思わねえと」
国広一 「メリット自体は狩人が吊りで落ちる事があまりない、って事かな。
デメリットはほぼ全員が灰の中で3吊り2狼を吊りあげなきゃいけない事。」
高垣楓 「この村の内訳はどちらの霊能が真か偽かで考えたらすんなりきますよ
ちょっと理屈で考えてみるのも良いかもですね>ギコさん 国広さん」
国広一 「17人村、もしどこかでGJ出れば4吊り2人外になってわりと有利だけどね。」
国広一 「ロラしない選択、かぁ。
3-2ならアリなのはわかってるんだけど、安定とは遠いのがどうもね。」
高垣楓 「まぁ、色々考えるのじゃよー
うにうに」
国広一 「まあ、霊残しはアリなんだよね、実際……
けどロラして灰から人外見付けたくなる系の。」
ギコ 「んー、やっぱり俺は霊能を決め打つのは躊躇するなー
真狂ならいいけど真狐はすげえ怖い」
でっていう 「今日の村みたいに、普通に進行しても狼吊れねーって事は多々あるっていうwwww

占い即噛まれの3-2なら俺様なら全ロラしちまうっていうwwww」
高垣楓 「この村、修羅の多くが金糸雀真に動いている、もしくはすぐに吊るところじゃないと動いているんですよね。
狼修羅でさえも。
つまり、この村に限って言えば霊能は真確定たる見方ができるということ。
それを考えてみるのも良いのではないですかね。」
国広一 「ああ、あの村ならカナは残すよ。
真狂狼―真狐か真狂狐―真狼で、
どっちであってもカナ真じゃないか。状況的に。」
高垣楓 「霊能真狼なら金糸雀偽ですよ>国広さん」
国広一 「ん、ちょっとまって、ログからまとめなおす」
高垣楓 「http://alicegame.dip.jp/suisei/old_log.php?room_no=4284&watch=on&reverse_log=on
こっちで見たほうが役職情報や夜会話、霊界会話がないから見やすいかもしれませんね」
国広一 「というか、最終的な状況から言えば……
文―真、美魚―狂、白熊―狼、ハシビロコウ―狐、カナリア―霊が強すぎるんだね。」
高垣楓 「そう見られたから金糸雀は噛まれた、ということですね」
国広一 「ついでに言えばカナリア、悪くても狂狐の位置なんだよね。
狂人は文噛まれてるから否定されるし、狐の場合狼が困るだけっていう。」
高垣楓 「だとしても、ホワイトクマーの破綻の時点で真しか見えなかったりがあるんですよ>国広さん」
国広一 「まあ、綺麗に破綻してるしね、しろくま……
あの時点で、あの結果を偽は出せない、ってのはすごくある」
高垣楓 「アノ頃の私には理解が及ばなかったですがね>国広さん」
国広一 「今のボクにもわりと理解が及ばないよ……特に狐霊能騙りあたりで、村にいたら混乱しそう。」
国広一 「先にカナリア真じゃね?ってなってから
ああ、じゃあ内訳がこうなって……で、狐騙りが見える感じじゃないかなぁ」
高垣楓 「真狐狼-真狂
真狂狼-真狐
のどちらかが見えていれば良いと思いますよ?」
国広一 「狂人特攻か狐特攻かって感じに落ち着くよね、結局。」
国広一 「さて、そろそろ寝るよ!
お付き合いありがと、おやすみなさい!」
高垣楓 「お疲れさま」
高垣楓 「じゃあ私も落ちましょうか。
結局ここで話したことは私の個人的な主観ということ」
高垣楓 「週刊誌でも出しちゃおうかな、主観だけに」
高垣楓 「皆さんお疲れさまです。」
でっていう 「しまったこっちに参加できてなかった(In決闘

皆さんお疲れ様っていうwwwwwwww」
でっていう 「今回もヘボ霊能だったけど、次こそはっていうwwwwwwwww
お疲れ様でしたっていうwwwwww」