←戻る
【劇場91】劇場公演 土曜の部村 [107番地]
~涼しい! 人狼ですよ!じ・ん・ろ・う!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon GM
(生存中)
icon 道明寺歌鈴
(生存中)
icon 少佐
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon 真田幸村P
(生存中)
icon 球磨川禊P
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 高垣楓
(生存中)
icon 白鐘直斗
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon ギコ
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 遠山の金さん
(生存中)
icon 赤羽根P
(生存中)
村作成:2012/07/21 (Sat) 22:00:58
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/」
GM 「【ルールを知りたい方へ】
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
(左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「【貴音鯖特有の注意事項】

1―狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定メッセージは出ません。

2―夜の共有の「ひそひそ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません。

3―遺言は前日にしか書けないので、温めているネタは今のうちに仕込んで下さいね。

4―夜の超過時間後でも、「共有」は相談できるようになりました!
(人狼は自動で独り言に切り替わるので相談できません)

(特記事項)

1―夜が明けてから15秒の間、発言が行えません。
(オプション:早朝待機制がオンの村のみ。今回もオンにしてます。)」
GM 「さてさて、今日も今日とて22時30分まで様子見で!」
道明寺歌鈴 さんが入場しました
道明寺歌鈴 「こ、こんばんは~ってなんでこんなところにバナナの皮が~(すって~ん」
ダディクール さんが入場しました
ダディクール 「どっこいしょ・・・ふぅ、邪魔させてもらうよっと」
道明寺歌鈴 「ふぇぇ…何とも言えない人が…」
GM 「歌鈴ちゃんと、クールな人、いらっしゃいませ!
ごゆるりと待ってね?」
GM 「さすが歌鈴ちゃんあざとい!かわいい!」
ダディクール 「何とも言えないってなんだ何ともって・・・」
如月千早 さんが入場しました
道明寺歌鈴 「な…何とも言えないんです!ごめんなさいよくわかりません!>ダディさん」
如月千早 「おはようございます、皆さん。」
道明寺歌鈴 「あ、あざといってなんですか~ふぇぇ…>GMさん」
ダディクール 「お茶を濁しつつ人を貶すとはレベルが高いぞお嬢ちゃん・・・・>道明寺」
GM 「千早さんもいらっしゃい!」
真田幸村P さんが入場しました
GM 「歌鈴ちゃんを体現してる言葉かと・・・でもかわいい」
真田幸村P 「燃えよ、我が魂! 真田幸村P、見参!」
GM 「幸村Pもいらっしゃい。猛々しいかたが」
真田幸村P 「お邪魔しますぞぉおおおおおおおおお!」
道明寺歌鈴 「ふぇぇ…貶めるなんてそんなぁ…>ダディさん」
道明寺歌鈴 「熱いです…ねぇ」
ダディクール 「うぉぅ、ちょっと煙草吸ってる間に室温が上がった気がするな
主に右の赤い人の影響で」
如月千早 「・・・あ、暑苦しい人ですね?
しかし・・・プロデューサーですか。よろしくお願いします。ともに頑張りましょう!」
真田幸村P 「今宵は村が多く立っておりますゆえ!
人々は集まりにくいと思われまする!ダディ殿!」
ダディクール 「いやまぁ、いいんだけどね、事実だから>道明寺」
ダディクール 「何故その旨の発言を私に当てたのか小一時間・・・>真田」
真田幸村P 「     .∠_::::::::::::::::::::::/」::/‐∨|::::/|:/|::/ ',: : :  >
       /::::::::::_,,.-‐/_,,レ゙-‐/''へ、../‐レ゙...,,}::: : : \__,
     ∠:::::::///ヽ:}:::::::::::{  "心''ー' _,,.,!:::: :_,/
       |/}ィ"::::{ '、..|::::::::!l:|    ":::..〈ィ゙:::::::\,
       〃:::::::::::\_{::ト、:| }     " /}:リ`゙''一`
    .____/||:::::::::::::::::∧| '!    ィ==、 ,'
  イ.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::::::{:゙.、    /ヽ, .゙//
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::!:リ:. \   ゙ー==" /
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::/'j ::   `' ..._ _/`゙''ー-、,_
  /、.:.:.:.:.:.:.:.||/レ|:/        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
かたじけない!この幸村、千早殿の為に尽力する次第!」
道明寺歌鈴 「熱血なプロデューサーさん…たまにはこういうのもいいですかねぇ…」
ダディクール 「まぁ、あれだね 鍋も初心者村も今5日目・・・
ちょっと待てば終わりそうだから、今日は開始遅くてもいいかもなぁ」
GM 「そうですね!裏に村がとっても多い故>集まり辛い

ごゆるりとね!ごゆるりと。」
真田幸村P 「                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
\              ノl:::::::l:::::::::::!.rヘ|:::::::::::::::::::::::::<
\\             |/}:::}:::}::::::}ー |::}:::::}::::::: |:::::::::::\
  \\                |/∨}ヽ.l__|∧.∧:::}、|::::::::/ ̄`
   \\               |:::::/ ''ぅ、 、..rセ´ヽ/:Y!::::::\
     \\         {三三三三|   }     /:::|_}ヽ} ̄`
       \\   r─‐{──- 、 } |   ' '   イ//Vー‐- 、
        \\/ /  >'´ ̄`\ { ̄ ヽ /{/  ./ /
          {  /  / \_ >'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、/ /
        /{ /  //`ー、/ /          ∨ \
        // ∨ ∧ `ー/ /            ∨ }
    /./   ∨///}  .!/        ',   '.  ∨_________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、     !   }     '   }
─r─r─────r────}     }   ′   } ./─────────‐
. /  /          ヽ.      |   /  /    / /ハ
/  /         ∧     `ー'`ーr'`ー、__ノー'/ !ヽ
  /             | ∧     ∧  } ノ   { //!  | }
. /           | |/       ∧ /  ヽ V / {`ーく\
/            .|/         }/     /  \   \\
本日は夏というのに気温は低め!ならば叫ぶ事で体の熱を上げるのが道理!>ダディ殿」
如月千早 「熱血、とでもいうのかしら?
ふふ、期待に答えられるよう私も全力で行きますから>真田P」
ダディクール 「涼しくて過ごしやすいじゃないかー・・・>真田」
真田幸村P 「           /::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/::::∧∧:::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
           /::::::::::::::::::::::::::::/::::::/!::/ ̄ ̄ ̄|::::|:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           〃::::::::::::::::::::: /|:::::/ .|/     |::/\::::|:::::::::::::::::::::r───ヽ
           /::::::::::::/|:::/ |:::/   !       .|/  ヽ|\l::::|:::::::::\
            |:::::::/ | |/   !/────────‐‐ミ.:\|:::::::::_\
            |:/:::::: |-‐ニ|´  、≧ミ、     ィ≦ニ |:::::::::|\::::|  `ヽ
.            } ̄|:::::/ /::::::::|  、(rり 〉ヽ   / (rり ) |:::::::::|  ヽ|ヽ    さすが千早殿!!
          / 〃::::| |:::::|::/             !        | .|:::::|     \
         〃 /::::/!|:::::l/             |       |/|/lノ       \
           /  //  |、ヽ|             , l       lノ|         .:::::\
     . -‐ヘ      | 厂ヽ               /:::/       .:::::::::::/
   /       、      | .!:::/|ヘ    マ  ̄ ̄ ̄ 7  /:::人     .:::::::::::/`\
  /:::      \     |/ ! |ヽ   \     /  .イ:::::|      .::::::::::::/   \
./::::::::        \     ∧|  \    `ニニ´ ∠!::|V     .:::::::::/      \
{:::::::::.   \        \    ∧    へ、    // |/|       ::::::/        /
|:::::::::::::.   \       \/ ̄}_ ヽ    ̄ ̄ / / |    .:::/`ヽ/`ヽ  /   /`ヽ
|:::::::::::::::      \    /     `!`ー、    / '´  /  r─く    `、  V  /   }
|::::::::::::::::::.       \  /       |─-、\___ノ    /.r─'{   ヽ    }   { /   .:::/
|::::::::::::::::::::      /三三ミ、    ノ   }⌒}⌒Y⌒Y/ {   ヽ      ィ三三〈  ..:::::/
|:::::::::::::::::::::..       {三三三三三ミ    / ノ::::ノ::::ノ/  ヽ     .ィ三三三三三} ..:::::/
よき戦にいたしましょうぞ!>千早殿」
如月千早 「涼しくてトレーニングもしやすいですからね。
・・・叫ぶわけではありませんが発声練習も多めに設定してみましょう」
真田幸村P 「「我が炎、消えること無し!」 >ダディ殿」
球磨川禊P さんが入場しました
如月千早 「い、いえ?
私はライブなどに出るのであって合戦に行くわけでは・・・>真田P」
星井美希 さんが入場しました
ダディクール 「いやまぁ、そこまでは言ってないんだけど・・・
まぁ、いいか・・・>真田」
星井美希 「あはっ☆ よろしくねっ♪」
球磨川禊P 「『ふむ
ま 久々に僕が来たよ』
『元気だったかい?』」
道明寺歌鈴 「クールな千早さんと熱血な真田さん…相性はよさそうですね…」
真田幸村P 「オーディション・・・そしてその後のライブもまた戦と言えましょうぞ!>千早殿」
GM 「球磨川P、美希ちゃんもいらっしゃい!
よろしくね。」
如月千早 「あら、美希も来たのね。
ともに頑張りましょう!」
星井美希 「うん、一緒にがんばろ?」
如月千早 「球磨川さん、お久しぶりです。
・・・で、いいですよね?>球磨川P」
水瀬伊織 さんが入場しました
水瀬伊織 「こんばんは」
真田幸村P 「後詰の方々!参加に感謝いたしまする!」
球磨川禊P
                   ,ィ=‐
              ,ィ777チ777>、         『それにしても 僕のプロデュースするアイドルはいないのかな』
             イ////////////ヽ、
               ハ////ハ///l、l//,l//ヽ、     『才能あふれる子も モブキャラもお呼びじゃないんだけどね』
            l/////l‐lトミ|、|ヽ////ミ=-
            ノ/////|` ` ヽ!  リ.|//ト、
            从f.Y:ト| 、_`,.  、__!」;ハl、
             ´ ト|-、  ̄ .l  l/.  ハ
              __,l| ヽ、―‐ .イ|;;;,  , l
                ,|、`ー--`ー_チ |;' |  lハ
           _,.イ///777] Y「77,'|;; |  lハ
         ,r=チ//////////,L」///,l;;;;l;;,  V,;ヽ
         |/ヽ`ヽ/////////○//,l .l;;;;,, .V.ハ
         |,|//ヽ,'ヽ////////////; l''   V .〉
       fチl!///ハ l'//////////'';;;; |    l;/!
       |≧ミ=-チ!|//////////`zz'|__   / |
       ///////Vミ////////○///|l/ミ=イ//リ
        ///////,ハV/////////////|ヽ/////
      .////////  ∨////////////l、` ̄´
     ////////    〉////////○//ハ、
    .////////    l///////////////l
   ////////    ///////////r‐v//ハ」
如月千早 「戦、ですか。
確かに全身全霊を懸けて挑まねばならないのは同じ・・・>真田P」
球磨川禊P 「>千早ちゃん
『やあ こんばんは千早ちゃん
相変わらず胸が小さいね』」
道明寺歌鈴 「この人は何を言っているんでしょう・>球磨川さん」
水瀬伊織 「あー、なんか熱いのがいるわね」
如月千早 「そして、水瀬さんも。
765のみんなも集まってきたわね?」
如月千早 「・・・わ、悪いですか?>球磨川P」
水瀬伊織 「ああいうのは流していいと思うわよ>歌鈴」
真田幸村P 「     .∠_::::::::::::::::::::::/」::/‐∨|::::/|:/|::/ ',: : :  >
       /::::::::::_,,.-‐/_,,レ゙-‐/''へ、../‐レ゙...,,}::: : : \__,
     ∠:::::::///ヽ:}:::::::::::{  "心''ー' _,,.,!:::: :_,/
       |/}ィ"::::{ '、..|::::::::!l:|    ":::..〈ィ゙:::::::\,
       〃:::::::::::\_{::ト、:| }     " /}:リ`゙''一`
    .____/||:::::::::::::::::∧| '!    ィ==、 ,'
  イ.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::::::{:゙.、    /ヽ, .゙//
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::!:リ:. \   ゙ー==" /
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::/'j ::   `' ..._ _/`゙''ー-、,_
  /、.:.:.:.:.:.:.:.||/レ|:/        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
千早殿に対して失礼でござろう!>球磨川殿」
球磨川禊P 「>道明寺ちゃん
『やあ モブキャラちゃん』
『相変わらず声優のいない扱いからは脱却できたかい?』」
ダディクール 「さーてと、飲み物でも取ってくるわ
なんかリクエストあれば持ってくるけどー?>All」
道明寺歌鈴 「うん、そうするね伊織ちゃん>伊織ちゃん
星井美希 「と、隣にデコちゃんが来るとか、運命に違いないの……!(むぎゅー」
真田幸村P 「熱き茶を所望いたす!>ダディ殿」
球磨川禊P
                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、    『別に悪くはないけどね』>千早ちゃん
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li     『人の嗜好は好き好きだし もしかしたら内面を見てくれる人も現れるかもしれない』
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{」
水瀬伊織 「正義感は強そうね>幸村P」
水瀬伊織 「ちょっと美希、いきなりなにするのよ!」
道明寺歌鈴 「zzz…ふぇ?何かいいましたか?球磨川さん>球磨川さん」
ダディクール 「んじゃ、お茶だけ淹れてくるかねー」
星井美希 「だ、だめ……だった……?>デコちゃん」
球磨川禊P 「>幸村ちゃん
『あれ そうかな?』
『みんながわかってる事を言っただけなんだけどね』」
如月千早 「つまり、外面は・・・くっ>球磨川P
やはり、美希のような胸でないといけないのでしょうか・・・!」
高槻やよい さんが入場しました
水瀬伊織 「だ、だめじゃないけど・・・びっくりするじゃないのよ>美希」
ダディクール 「悪い、紅茶しか無かったらコーヒー淹れてきたわ>真田」
高槻やよい 「おはようございまーす!
えへへ、伊織ちゃんのおとなり、もらいです!」
水瀬伊織 「あら、やよいも来たのね」
星井美希 「そっかー……>デコちゃん

あ、やよいも来たの。やよいは今日も可愛らしいねっ!」
GM 「来たかたいらっしゃい。 伊織ちゃんが素晴らしい板挟みに・・・!」
高槻やよい 「はわわ、真田Pって、あの真田Pですか?
お久しぶりです!くにに帰ったんじゃないんですかね?」
星井美希 「み、美希は3人でもいっこーに構わないの!」
水瀬伊織 「美希とやよいに囲まれちゃったわね
ま、悪い気はしないわよ>GM」
如月千早 「やよ、高槻さんもこんばんは」
星井美希 「むしろ、だがそれがいい?……なの。」
真田幸村P 「人それぞれ良い所が有るでござる!
ましてや女人の方の魅力は胸だけでは在らぬぞ!>球磨川P」
高槻やよい 「あっ、千早さんおはようございまーす!
はい、たーーっち♪」
高垣楓 さんが入場しました
高垣楓 「こんばんは。」
球磨川禊P 「>歌鈴ちゃん
『いや?別に』『ただ単に巫女枠なだけで雪歩ちゃんとキャラが被ってるとか』
『そういう事は全く言ってないぜ?』」
GM 「楓ちゃんも、いらっしゃいませ!」
水瀬伊織 「今日の美希は素直なのね
なかなかカワイイじゃないのよ」
星井美希 「ミキ、いつだって素直だと思うな!
いっつも素直にデコちゃんの事を愛でてるの!」
球磨川禊P 「>ちはやちゃん
『さあね』『ちなみに僕は裸エプロンが好きだ』『手ぶらジーンズもいいけどアイドルのする格好じゃないよね』」
真田幸村P 「                       ___, イ/,,,,,,,ノィ/!/!ノ
               )、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠____
             /!ノ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`>
           ト、/:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ー<_
            {::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
           ヽ::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
           , -イ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::__;イ
           /'⌒ノ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:,.:.:i.::{- 、.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.::.:.:.:.:ノ
.           , /|:::::::::::∧ト、.:.:;イイ:.∧ハ リヘ.:.:.:.:.:.:.:.ミ:::彡
.         //::::::|:::::::ハi::.::tーV--V -ヾ!---イ∧∧ゞニ=ー'
        //::::::: |::::::{( |::.::{ 弋≧ェ、,  ,ィイケ}::.:.i:.:.:.:リ ヘ
.       〈〈::::::: : | :::::ヽl::.:.ミ、      i´ ̄ /::.:.:i:::::::ミ Vヘ
.        /、ハ.: : :ハ::::::::::::ト、!`    、 !   ,':::::V.:.::::リ .Vヘ
     /,---ハ: : ノ : :::::::|ヽ     __,  /::::::::::::: :/:::://
    /       ハ:::Vヘ:::::ト!: : \  ´ - /::::::::::::::::///
.   /      }}\ \!:{{ : : : ` ーァ‐ ' ァ:::::::::::レ'>i
  /  r-、_____,∧ .ヘ   ヾ、 : : : /: : }}'}:::::::iVノノ }
帰った・・・というよりは、飛ばされてきたと言う方が正しいと思われまする!>やよい殿」
如月千早 「・・・ふふ、たっち。>高槻さん」
道明寺歌鈴 「そうですか、出はちょっと始まるまでおみくじを…あ~!扇風機の風で切った紙が…ふぇぇ…>球磨川さん」
球磨川禊P 「>幸村ちゃん
『オーケー』『認めよう 確かに胸以外にも服装や性癖は重要なピースだ』」
如月千早 「つまり・・・つまりどういうことですか!?
要求、要求ですか!?>球磨川P」
水瀬伊織 「押しが強すぎるのも考え物だけどね>美希」
高槻やよい 「え?だってあの真田Pですよね?
こないだまで奥州筆頭Pとウチにいて、「自分がここにいていいの?むしろ時代が違うけど俺いいの?」って悩んでたじゃないですか!」
高槻やよい 「あ、高垣さんおはようございまーす!」
GM 「22時半。…もうちょっと待ってもいいですかね?」
水瀬伊織 「ほら、やよいと千早なんて
いい感じのコミュニケーション取ってるじゃないの」
星井美希 「ミキ知ってるの、デコちゃんは実は押しに弱いって。
だからいーっぱい攻めちゃおうかな、とか思っちゃうの」
水瀬伊織 「なんだか、やよいが詳しすぎるわね」
水瀬伊織 「うっ・・・まあ否定はできないわね>美希」
真田幸村P 「人の根源を成すは心!その部分を忘れて何を魅力と申されるか!>球磨川P」
如月千早 「高垣さん、こんばんは。」
白鐘直斗 さんが入場しました
白鐘直斗 「…あ、どうも。」
高槻やよい 「あれ?えとえと、伊織ちゃんもたっちしたかったかな?
あの、ごめんね、伊織ちゃん、寂しい思いさせてるなら……

ええと、はい、たーっち♪」
高槻やよい 「あ、いいですよー!>GMさん」
渋谷凛 さんが入場しました
如月千早 「さ、真田プロデューサー・・・ありがとうございます

・・・ところで真田プロデューサーは、その、大きいほうが好みなのでしょうか・・・>真田P」
真田幸村P 「     .∠_::::::::::::::::::::::/」::/‐∨|::::/|:/|::/ ',: : :  >
       /::::::::::_,,.-‐/_,,レ゙-‐/''へ、../‐レ゙...,,}::: : : \__,
     ∠:::::::///ヽ:}:::::::::::{  "心''ー' _,,.,!:::: :_,/
       |/}ィ"::::{ '、..|::::::::!l:|    ":::..〈ィ゙:::::::\,
       〃:::::::::::\_{::ト、:| }     " /}:リ`゙''一`
    .____/||:::::::::::::::::∧| '!    ィ==、 ,'
  イ.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::::::{:゙.、    /ヽ, .゙//
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::!:リ:. \   ゙ー==" /
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::/'j ::   `' ..._ _/`゙''ー-、,_
  /、.:.:.:.:.:.:.:.||/レ|:/        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
悩むのは止めたので御座る!この幸村!全身全力でこの戦を駆け抜ける次第!>やよい殿」
水瀬伊織 「はい、たーっち♪
べつに、淋しかったってわけじゃないけど、ありがと>やよい」
渋谷凛 「宜しくお願いします」
GM 「直斗くん、凛ちゃんいらっしゃいませー!」
高槻やよい 「渋谷さんもおつかれさまでーす!
えへへ、アイドルがいっぱいですね”」
球磨川禊P 「>歌鈴ちゃん
『おや ばらまけちゃったね』
『――ま どうせ大凶だと思うけど』」
高垣楓 「人が増えてきましたね。少しわくわくしてきました。」
かりー さんが入場しました
渋谷凛 「あちゃー…11人だとおもって来たら、ちょっと多かったね。
ごめん」
かりー 「こんばんは、よろしくお願いします」
ダディクール 「どうせ埋まるさ 気にしない気にしない>渋谷」
球磨川禊P 「>千早ちゃん
『どうかな』
『僕は要求はしてないぜ?一応ね』」
道明寺歌鈴 「人が増えましたね…今お茶を用意しますね…って床がすべ…(すってーん)ふぇぇ…」
渋谷凛 「高槻さんも、お疲れさまです」
ギコ さんが入場しました
真田幸村P 「胸など関係御座らぬ!肝心要の『愛』が大事なのでありますぞ!>千早殿」
高垣楓 「きっと埋まってちょうどよくなりますよ? >凛」
ギコ 「よろしくだゴラァ」
渋谷凛 「ん…それじゃ、このままお邪魔させてもらうよ>ダディ」
高槻やよい 「おお、それはすごいですね!>真田P
なやみをつきぬけてかんきにいたったんですね!
アニマル浜口なんですね!」
白鐘直斗 「愛なんて…愛なんてっ…!」
渋谷凛 「そうですね。埋まりそう>楓さん」
球磨川禊P 「>幸村ちゃん
『はいはい』『一応僕も内面をどうこうとは言っておいたぜ?』
『だが人は見た目が七割さ』『いや九割だったかもしれない』」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 天海春香
アイコン:No. 9 (紫) → No. 11 (天海春香01)」
真田幸村P 「あ、あにまる浜口殿・・・でありますか?>やよい殿」
ダディクール 「さーてと、気合い入れて気を抜くかね」
かーり さんが入場しました
水瀬伊織 「歌鈴はもうちょっと落ち着きなさい」
GM 「かりさんもギコさんも、かーりさんもいらっしゃいませ!埋まりそうでGMほくほくです」
如月千早 「愛・・・って。
は、恥ずかしいですよ真田プロデューサー!>真田P」
如月千早 「・・・あら、春香も来たのね!
ふふ、俄然やる気が出てきたわ」
道明寺歌鈴 「お、落ち着いてますよ~これでも私のほうがおね…ってさっきのバナナの皮が~(すってーん)ふぇぇ…>伊織ちゃん」
高垣楓 「幸村さんがいるなら……最後はお馬さんで埋まりそうですね。」
水瀬伊織 「アニマル浜口・・・気合だー!の人だったかしら?>やよい」
高槻やよい 「そうです!
あのきあいだー!って人ですね!>真田P
やっぱり、真田Pはすごいです!奥州筆頭Pや丞相Pもくさばのかげでよろこんでるかなーって!」
かーり 「かーり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かーり → 萩原雪歩
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 733 (アニマス・萩原雪歩01)」
白鐘直斗 「…ああ、少し準備をしてきます。」
渋谷凛 「「うま」なだけにですか?>楓さん」
高槻やよい 「うっうー♪
春香さんと雪歩さんもおはようございまーす!」
遠山の金さん さんが入場しました
赤羽根P さんが入場しました
遠山の金さん 「待たせたな!」
高垣楓 「そうですよ♪ >凛ちゃん」
水瀬伊織 「どんだけバナナの皮おいてんのよ、ここ
ゴリラでもいるの?>歌鈴」
道明寺歌鈴 「今日は765の人が多いいですね…私も頑張らなくちゃ…」
高槻やよい 「うんそうだよ伊織ちゃん!>アニマル浜口
アニマルさんはね、すごいんだよ!気合があればなんでもできちゃうんだって!」
ダディクール 「ダディクール さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ダディクール → 少佐
アイコン:No. 275 (ダディクール) → No. 973 (少佐)」
ギコ 「おー、埋まったな」
萩原雪歩 「ちょっと遅れちゃいましたぁ~
でも、よろしくお願いしますぅ~!」
赤羽根P 「危ない危ない、遅れるところだった・・・」
渋谷凛 「プロデューサーおはようございます。遅刻ですよ?>赤羽根P」
星井美希 「あ、ハニーなの。がんばろーね?」
道明寺歌鈴 「き…きっと誰かの陰謀だと思もにゅ(噛んだ…)>伊織ちゃん」
如月千早 「プロデューサー、遅刻は厳禁ですよ?>赤羽根P」
真田幸村P 「ぬ、あの馬鹿の事は言わない約束でござろう!
成る程・・・気合で御座るか・・・!お館様を彷彿とさせられますな!>やよい殿」
水瀬伊織 「みんな揃ったわね、にひひっ」
高槻やよい 「プロデューサーさんも、おはようございまーす!」
赤羽根P 「ってなんで俺が演者側にいるんだ!?」
GM 「2人も一気に!満員御礼嬉しいです。
遺言書いて、開始準備しちゃってくださいね!」
水瀬伊織 「おもにゅ・・・うふふっ>歌鈴」
渋谷凛 「いいんじゃないですか?たまには、こっち側だって?>赤羽根P」
如月千早 「気合だけではいけませんが・・・・
気持ちがなければ何も始まらないのは事実。」
白鐘直斗 「…ショウタイムだ?」
道明寺歌鈴 「わ…笑わないでよ~>伊織ちゃん」
赤羽根P 「ごめんな、別の所の仕事で大御所がヘソ曲げちゃって予定より長引いたんだ・・・>千早、凛」
真田幸村P 「後詰めの方々!宜しくお願い申す!」
遠山の金さん 「おう、遅れてすまねぇな!
俺がきたからには、どんなレアケでも一件落着してやるぜ!」
ギコ 「あっげ…
22人村が建っていやがる…」
渋谷凛 「ほら、あの時代劇で有名な金さんもいるし」
少佐 「諸君、準備が終わったら突撃だ・・・
凄く・・・すごく楽しいぞ・・・」
遠山の金さん 「おう、こちらこそ宜しくな! 真田の坊ちゃんよ!>真田」
ギコ 「だがしかし!
参加したからにはやめねえ!」
如月千早 「萩原さんはギリギリ間に合ったわね。
でももっと時間に余裕をもって>萩原さん」
星井美希 「そういえばGMはGMのままなのかな?」
渋谷凛 「うわ…大御所って面倒そうね>赤羽根P」
天海春香 「そろってるね、よろしく!」
白鐘直斗 「……馬車馬のように働くプロデューサーさんが来ましたね。」
萩原雪歩 「うん、やよいちゃん、みんなもおはよう。
今日は仲間のみんなも沢山でうれしいな。

・・・あっ、プロデューサー(P)さん達も・・・よろしくお願いしますぅ」
高槻やよい 「うっうー!
それじゃみなさん、元気いーっぱい、気合でがんばりましょうね!」
渋谷凛 「ギコさん、大丈夫?やりたい村あるなら、そっち行くのもいいよ?>ギコさん」
真田幸村P 「では、開戦で御座るな!この幸村滾ってきましたぞおおおおおおおお!」
萩原雪歩 「はい、ごめんなさいですぅ~・・・
千早ちゃんはいつも早い感じでしっかりしてて、さすがだよね」
如月千早 「では
狼狂狩-真狐を解決願えますか?>金さん」
道明寺歌鈴 「皆さん準備はいいですか?カウントを始めたいと思いましゅ!(噛んじゃった…)」
赤羽根P 「気難しい事で有名な人でさ・・・なだめるの苦労したよ>凛」
水瀬伊織 「そうね、がんばりましょ>やよい」
高垣楓 「では。宜しくお願いしますね。」
球磨川禊P 「『満員御礼だね!』『さあみんな とりあえず適当に疑心暗鬼になろうぜ』」
ギコ 「うんにゃ>凛
こっちの村も楽しいからいいんだよ」
GM 「では、歌鈴ちゃんカウントダウンよろしく!」
高槻やよい 「そうです!>真田P
元気と気合があればもやし祭りで1週間は戦えるんですよ!>真田P」
遠山の金さん 「全ロラだな>千早

これで問題ねえ」
道明寺歌鈴 「ではいきますよ!3!」
渋谷凛 「あ、それでも、なだめられたんだ…
流石ね>赤羽根P」
道明寺歌鈴 「2!」
真田幸村P 「栄養は大切でありますぞ!?>やよい殿」
道明寺歌鈴 「1!」
如月千早 「す・・・すっきり・・・!!>金さん」
水瀬伊織 「!3! って 顔みたいね>歌鈴」
少佐 「さぁ、戦争の時間だ諸君」
渋谷凛 「そう?それなら、一緒に楽しもうね>ギコさん」
遠山の金さん 「遠山左衛門! ご出座!!」
赤羽根P 「大丈夫、俺はやれる・・・アイドルのみんなはもっと輝けるって信じているから!」
道明寺歌鈴 「0!
ちなみに今日の村の運勢は…
中吉!皆さんの力で勝ちも負けもあり得ますよ!
頑張ってください!」
少佐 「一心不乱の大戦争を!」
ゲーム開始:2012/07/21 (Sat) 22:46:10
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM すみません離席する必要がでてきました!
ごめんなさい、戻ってくるまで能力実行投票はお早目にお願いします!」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう」
天海春香 「おはよー」
ギコ 「おはようだゴラァ!
いっちょやってやるぜ!」
真田幸村P 「我が炎、消えること無し!真田幸村、見参!」
道明寺歌鈴 「お…おはようございます!」
如月千早 「おはようございます、皆さんとともに村に勝利を!」
遠山の金さん 「此度の白洲を任される事になった遠山左衛門である!
これより人外共について吟味を致す、一同の者面を上げい!!

申し開き(COとか)があるなら申してみよ!」
少佐 「おはよう諸君」
高槻やよい 「おはようございまーす!
それじゃみなさん、いきますよー!はい・たーっち♪いぇい!」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~
球磨川禊P 「『占いCO:高垣楓ちゃん○』」
赤羽根P 「おはよう。というわけでスケジュールの確認をしよう。

千早と凛は音楽番組の出演依頼がきていて
美希と伊織はファッションショー
雪歩はドラマの撮影
やよいは子供番組の収録
楓さんと歌鈴は旅行番組の温泉ロケだ。

さぁ、今日もがんばっていこう!」
白鐘直斗 「占いCO:渋谷凛さん○。」
星井美希 「おはよー
頑張って狼さんを見付けよ?」
渋谷凛 「おはよう」
球磨川禊P 「『理由:モブキャラ二号ちゃんこんばんは』
『って事で占ってみるぜ』『きっとモブキャラらしく散ってくれるさ』
『あ 凛ちゃんは声優いるからパスしとこうか』」
如月千早 「では、私が霊能者COします。」
高垣楓 「おはようございます。」
白鐘直斗 「理由:初日ですのでとなり占いから。
…女子高生、ですか。ボクと同じような年って訳だ。」
少佐 「霊能者を、宣言しよう」
萩原雪歩 「・・・ちょ、ちょっと男の人もそこそこいらっしゃる感じで怖いかも・・・
で、でも頑張らなきゃ」
高槻やよい 「それじゃ、占いさんはCOお願いしますね!」
赤羽根P 「たーっち!今日も元気だな、やよい」
水瀬伊織 「ああ、あんた裁判する人だったわね、そういえば>金さん」
真田幸村P 「占いはお二方でありまするか!?」
天海春香 「千早ちゃん霊能者なんだ、ってローラーの予感!?」
渋谷凛 「ん?2-2?共有撤回あるならどうぞ」
星井美希 「ん……2-2になったね。ローラーになるのかな?」
ギコ 「おーっし2-1のスームズの出だしだな!」
遠山の金さん 「よろしい。2-1の白進行とな? ならば共有も出あえい!」
如月千早 「・・・少佐さん・・・あなたは!」
水瀬伊織 「えっと…2-2?」
白鐘直斗 「…ふむ、共有者の撤回があるならどうぞ。
ないようなら、そのままローラーと行きましょう。
共有者のCOはお任せします。」
道明寺歌鈴 「夫ぇぇCOが早いですね…えっと占いさんが2の霊能さん1ですね」
高槻やよい 「共有CO、相方さんは出るか任せますが、霊能さんにはいません!」
高垣楓 「2-2ですか。グレランか霊能ロラは共有者さんの好みに別れそうですけど。」
萩原雪歩 「わわっ、早くも2-2・・・でいいのかな
こんなに早く出揃うのは珍しいかも」
ギコ 「あっげ…
霊能二人かよ」
遠山の金さん 「……なんと、2-2,とな? ならば霊ロラか?」
球磨川禊P 「『対抗は一人に 霊能者は二人と』
『嫌だなあ 占う手間が省けたのはいいけど 噛まれたらやってられないぜ』」
星井美希 「やよいが共有なの、これは勝つる!」
渋谷凛 「あ、霊能にいないんだ
なら、霊能ロラ安定かな」
高槻やよい 「千早さんを吊るのは、とーっても嫌ですけど……
霊能さんひききりかなーって!」
少佐 「対抗がいる・・・ふむぅ、詰まらん
すまんがローラーを頼む ライン戦を所望するなら構わんがね」
白鐘直斗 「では、そのままローラーで良いですね。」
道明寺歌鈴 「ふぇぇ霊能さんが二人いました…」
ギコ 「…てーことは霊能ロラか?」
赤羽根P 「そうだな・・・雪歩は演技してる時は普通に接することできているしこういう時も撮影と同じと考えれば
男の人も大丈夫になるんじゃないか?>雪歩」
天海春香 「やよいが共有者さんだね、頼りにしちゃおっかな♪」
水瀬伊織 「やよいが共有ね、がんばるのよ」
真田幸村P 「む・・・霊能が二人!?撤回なき場合
真狼-真狂とみるべきで御座るか!?」
如月千早 「・・・く、む、無念です・・・!
私の活動は、こんなにも、早く・・・!!」
球磨川禊P 「『別に共有者はどっちでもいいよ』
『潜っているのなら 避ける占いの努力くらいはするからさ』」
水瀬伊織 「そうね、ロラが無難よね」
高垣楓 「個人的にはグレランが好みですが。霊ロラなら共有は出た方が良いかもしれませんね。」
天海春香 「ガーン、千早ちゃ~ん
いっしょに勝とうって思ったのにぃ」
ギコ 「おっけ、やよいが共有な
相方も生存しているみたいだな」
赤羽根P 「霊能者が二人いるならなくさなきゃな。混乱はしたくない」
星井美希 「じゃあ、やよいはきっと共有さんで忙しいだろうし
ミキがデコちゃんを独り占めしちゃえば良いんじゃないかな。
デコちゃんデコちゃん、あそぼ?」
白鐘直斗 「まぁ、灰が削れたということで良しとしますか。
共有占いしてないといいな…」
渋谷凛 「んー…少佐も如月さんも霊能CO速度が
そんなに大差ないからな…
これは、CO見てでたかどうかは判断しにくいかも」
少佐 「明日の噛みだぞ諸君 見るべきは」
遠山の金さん 「ふむ。2-2という形。素直に見るならば真狼-真狂といったところか?
まずはこれを推理の軸とするか」
萩原雪歩 「は、はいっ、わかりました赤羽根プロデューサーさん!

・・・ドラマかぁ
ちょっと緊張しちゃう・・・」
高槻やよい 「えへへ……
春香さん、伊織ちゃん、任せちゃってください!」
白鐘直斗 「(…先輩も居ないし。…どうしましょうか)」
水瀬伊織 「ま、それはおいおい分かっていくんじゃないの?>幸村」
赤羽根P 「・・・千早・・・ごめん、もっと上に連れて行ってあげることができたのに」
高垣楓 「霊能ロラなら出ます。私が共有者です。」
真田幸村P 「ローラー展開で御座るな!解り申した!」
白鐘直斗 「……いやその、グレランするなら
それこそ共有出すのは必須だと思いますけど>高垣さん」
如月千早 「春香・・・ごめんなさい。
でも、私は春香が勝ってくれるってこと信じているから。
・・・村陣営ならね?」
ギコ 「まあ、共有は占われない自信があるなら潜っていてもいいさ
もしかしたら●も打たれるかもしれないしなw」
球磨川禊P 「『ただし それで占ってしまっても 僕は悪くない。』
『霊能ローラーなら狩人ちゃんが吊れないし安心かな きっと僕のような悪役は護衛してくれないのだけどね』」
水瀬伊織 「あそぼって、何するの?>美希」
渋谷凛 「その場合、少佐が狼・狐で出てきたかとか
そういうのが一切考察できないのがな」
少佐 「黒がなかったようなのでな それなりの速度を持って出たつもりだ>渋谷」
遠山の金さん 「共有FOかい。占いにとっちゃいい形か?」
高槻やよい 「はーい。
相方高垣さんであってますよ!」
道明寺歌鈴 「えっと共有さんも二人出てきましたね…
とりあえず霊能さんローラーかな?」
天海春香 「大丈夫、むぁ~っかせて!」
星井美希 「ん……FO了解だよ!
楓とやよいかぁ……落ち着いた年長の楓と、可愛いやよいだから……
良いコンビになるんじゃないかな!」
白鐘直斗 「…ああ、どうも。
少し怖い位置だったので、安心しました。」
ギコ 「結局出るのか
まあ、出るならいいか」
水瀬伊織 「ロラなら出るってのはよくわかんないけど
楓がやよいの相方なのね、よろしく頼んだわよ」
真田幸村P 「しかし、霊能に狼が出る事は稀でござろう!?
ならば2-2展開ならば真狼-真狂が強いと拙者は思う所存!>伊織殿」
渋谷凛 「うん、まあ
でてこないってのは、そうだろうなと
私視点、それしかない感じだったし>楓さん」
天海春香 「共有っていうか、村にいい形かな?
あんまり潜伏共有で余計なこと考えなくていいから>金さん」
白鐘直斗 「違うそれ違う>春香さん」
高槻やよい 「◇天海春香 「大丈夫、むぁ~っかせて!」

あ、春香さんそれって戦うセンパイですね!
私、しってます!」
萩原雪歩 「・・・な、なるほどですぅ~!
赤羽根プロデューサーさん、アドバイスありがとうございますっ・・・!

・・・男の人でも、赤羽根プロデューサーさんなら私、演技しなくても平気ですぅ~
えへへ・・・♪」
遠山の金さん 「霊能二人の信頼はこの時点では5分。ならばどちらも信用しきるとは
到底ムリな話。というわけで霊ロラであろう。」
星井美希 「えーっと……うーん、決めてなかったけど
人前じゃできない事とか、裏に行ってすれば良いんじゃないかな!>デコちゃん」
球磨川禊P 「『チッ』>高垣ちゃん共有
『無駄な占いだった。凛ちゃんも霊能だし いきなり歌鈴ちゃんを占って人外引いても気まずいし』
『流石僕だぜ』」
高垣楓 「ふふ、球磨川Pさんはごめんなさいね? 折角の占いなのに。」
赤羽根P 「うん、共有はその二人か・・・どういう番組が合うかちょっとプランを練ってみよう」
水瀬伊織 「それじゃ美希、おにぎりの中身当てとかやる?」
天海春香 「えへへー、モノマネしてたんだけど似てた?>やよい」
少佐 「白鐘、君は随分と・・・気を張っているようだね
もう少し気を抜きたまえ 『それ』は 匂うぞ?>白鐘」
遠山の金さん 「うむ。素直に物事を考える事こそ、勝利への一歩よ>春香」
渋谷凛 「うん、だから少佐は対抗を見てって動きじゃないんだよね>少佐」
萩原雪歩 「やよいちゃんは相変わらず明るくて
みんなの中心って感じですごいな、大変かもだけどがんばってね」
如月千早 「・・・いえ、私を乗り越えて、次を目指してください。
私が勝利するのではなく、この村に勝利があればいい。
・・・あとはお願いします、プロデューサー>赤羽根P」
白鐘直斗 「どぅわぁ~いじゃうぶ、むぁ~っかせて!

ではないでしょうか―――!」
赤羽根P 「・・・そ、そうか。少し照れくさいけどうれしいよ。
有難うな、雪歩(頭撫で)」
星井美希 「そ、それも魅力的な提案なの……!
右からたらこ、しゃけ、こんぶだと思うの!」
水瀬伊織 「裏でやるって、何を企んでるのよ>美希」
ギコ 「あー、球磨川の○だったから即でなかったのか」
高槻やよい 「はわ、プロデューサーさんお仕事、高垣さんとするんですか?
えへへ、それはそれで楽しみです!」
渋谷凛 「え?私霊能じゃないよ??>球磨川」
球磨川禊P 「『これで噛まれたら怖いなあ』
『結果ゼロに等しいしさ』」
真田幸村P 「霊能狐も無きにしもあらずで御座るが、霊能のCO速度的には
人外の乗っ取りには見えないで御座るな!」
星井美希 「え、放送禁止になっちゃうからここじゃ言えないよ?>デコちゃん」
遠山の金さん 「どぅぁぁぁわぁぁいじょうぶぁぁー!!

こ、こうか!?」
高槻やよい 「そっくりでした!>春香さん
ええと、おとなりにご飯が大好きなアンドロイドさんがみえたかなって!」
天海春香 「あはは、亜美たちならもっとうまくモノマネできたと思うけどね>直斗さん」
高垣楓 「そうですね。なんであれ占われるともったいなかったですし。」
水瀬伊織 「惜しいわ、美希
明太子、ツナマヨ、昆布だったわ・・・でもさすがね」
萩原雪歩 「霊能吊りになっちゃうのかな
千早ちゃん達の遺志を継いで頑張らなきゃ、ですね」
ギコ 「よっしゃあ
霊能ロラだなゴラァ」
少佐 「黒がない限り、絶対的に出るべき それが霊能だと思っているぞ>渋谷」
白鐘直斗 「うちの高校、光画部じゃなくて写真部しかないんですよね…」
球磨川禊P 「>凛ちゃん
『あれ 千早ちゃんも青かったから見間違えたよ』
『ならそっちにすればよかったな』」
星井美希 「うーん、残念なの……」
遠山の金さん 「うむ。始めから霊COを予定していた人外の出方に思える」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
道明寺歌鈴0 票投票先 →少佐
少佐9 票投票先 →如月千早
如月千早7 票投票先 →少佐
真田幸村P0 票投票先 →少佐
球磨川禊P0 票投票先 →如月千早
星井美希0 票投票先 →少佐
水瀬伊織0 票投票先 →少佐
高槻やよい0 票投票先 →少佐
高垣楓0 票投票先 →少佐
白鐘直斗0 票投票先 →如月千早
渋谷凛0 票投票先 →如月千早
天海春香0 票投票先 →少佐
ギコ0 票投票先 →如月千早
萩原雪歩0 票投票先 →如月千早
遠山の金さん0 票投票先 →如月千早
赤羽根P0 票投票先 →少佐
少佐 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GM 戻りました、ご迷惑おかけしました。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高槻やよい は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
少佐さんの遺言 ただ、ただ死ぬのなんかいやだ、それだけじゃいやだ!
私達が死ぬにはもっと何かが必要なのだ
もっと!!もっと!!と そうやってここまで来た 来てしまった!!
だから、死ぬなら!満足して死にたいのだ!我々は!
高槻やよいさんの遺言 はい、たーっち♪いぇい!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
赤羽根P 「おはよう。一日の計は朝礼にありって社長も言ってたしここで気合入れてがんばっていこう!」
ギコ 「おはようだゴラァ」
天海春香 「おっはよー。
よなべして、みんなにおにぎり作ってきたよ。
食べて食べて♪」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう」
球磨川禊P 「『占いCO:遠山の金さん○』」
遠山の金さん 「さて……今日も霊ロラ継続である。
霊が何の色を出そうとも、これは覆せぬであろう。

よって見るべきは狼の噛み位置。」
渋谷凛 「おはよう」
如月千早 「霊能結果を宣言します。 少佐○」
白鐘直斗 「占いCO:ギコさん○」
高垣楓 「……成程」
水瀬伊織 「・・・やよい?」
球磨川禊P 「『理由:◇遠山の金さん(125) 「うむ。始めから霊COを予定していた人外の出方に思える」
どちらかと言うと、この発言を始めとして他の人に乗っかった発言が目立つ
後、楓ちゃんが僕の○なのにそこを見ずに占いにとっていい形、というのはあまりいい発言じゃないよね』」
如月千早 「・・・覚悟していたのですが。
生き残ってしまいましたね。・・・それも今日までですけど。」
道明寺歌鈴 「皆さんおはようございます
折角ですのでおみくじ持ってきました
今日の運勢は…吉です」
渋谷凛 「へー、共有噛みね」
星井美希 「や、やよいが、やよいがー……」
赤羽根P 「や、やよい!?」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~!」
真田幸村P 「おはようで御座る!」
ギコ 「共有噛みかゴラァ?」
白鐘直斗 「理由 ◇ギコ(108)  「あー、球磨川の○だったから即でなかったのか」
ちょっとこの発言が溜めが強い感じがして
球磨川さんと繋がってるんじゃないかなーという印象がありましたので。
まぁ、序盤なので狼狙い。」
真田幸村P 「占いは球磨川Pが真・・・直斗殿が偽目にみる所存!
後半はあまり真面目に見えぬゆえの判断で御座る!
何か意見のある方は宜しくお願いいたす!」
渋谷凛 「美希さん、おちついて!!」
遠山の金さん 「ほう……共有噛みとな?
なるほど、信用勝負に持っていくつもりであろうか、罪人どもめは」
白鐘直斗 「…ふーむ>共有噛みと」
水瀬伊織 「こんなに早くやよいがいなくなるなんて・・・ひどいじゃないのよ!」
天海春香 「昨日の赤羽根Pの朝一発言、私だけお仕事ないじゃないですか~
ぐっすん……」
道明寺歌鈴 「今日は…やよいさんということは共有さん噛みですね…」
真田幸村P 「灰の中では伊織殿が役目・・・いうならば狐寄りな気が致す!
後は遠山殿に注視したい所存!」
萩原雪歩 「・・・ああっ、やよいちゃんが!?
そんな、みんなの中心的存在だったやよいちゃんが・・・」
星井美希 「これが落ち着いていられるか!……なの。>凛」
ギコ 「ふん、呪殺を考えねえってか」
如月千早 「当然対抗は狂人。ですか。
そして高槻さん噛み・・・根っからの信用勝負ですね。」
白鐘直斗 「どちらもあるかなという感じですけど
とりあえず、今日の所はローラー完遂で良いかと。」
水瀬伊織 「美希、こうなったら徹底的に狼を懲らしめちゃいましょ」
天海春香 「って、やよい!?
千早ちゃんより先に逝くなんて……」
球磨川禊P 「『○、と』『まあ過負荷の僕がそう簡単に人外を引ける筈がないよね』
『そして共有者噛みか。』
『――信頼勝負してくれるなら楽なんだけどね』」
星井美希 「デコちゃん……雪歩……ミキたちで絶対にやよいの仇を取ってみせよーね……」
赤羽根P 「春香、大丈夫!今日は入ってるぞ!料理番組の収録!カップケーキらしいから腕を活かしてくれ>春香」
真田幸村P 「やよい殿噛みという事は、信頼勝負かつ対抗を吊らせられる自信が狼には
あるということでござろうか!?」
ギコ 「狩人も狙わねえ
狐も対策しねえ」
渋谷凛 「私達が冷静になって、やよいさんの敵討ちしないでどうするの?>美希さん」
白鐘直斗 「ま、信用勝負なら
狐生かしつつ、で良いですし。」
遠山の金さん 「ふむ。この形ならば占いは噛まれんであろう。
……さて?」
高垣楓 「ロラか完遂で。
狼さんは肉にしてしまいましょう。ちょっと憎いですからね。」
如月千早 「・・・まぁ、今日で私も退場ですけれども。
高槻さんと一緒にお茶でも飲みましょうか。」
水瀬伊織 「っていうか、どっちも微妙な占い位置よね」
萩原雪歩 「わぁ、春香ちゃんおにぎりありがとう・・・さすがだね
美希ちゃんは特に凄く喜ぶと思うな」
ギコ 「共有噛みってことはそれだけ自信があるらしいぜ?」
天海春香 「そうだよね、私たちで頑張って狼を退治しないと」
球磨川禊P 「『僕から護衛を外させて』『その隙に僕を噛む路線もあり得るから困る』
『注意して欲しいよ』『まだ僕の○は一つしかないからね』」
星井美希 「落ち着いてはいないけど、ミキ、すっごく冷静だよ?
狼さん見付けたらどういう風にいぢめてあそぼーか考えてるくらいなの>凛」
遠山の金さん 「おそらく占われず、吊られず、なところにLW担当がいると見てよかろう>真田」
道明寺歌鈴 「と、とりあえずローラーを完遂しましょう!
あわてるのはそれからでし(かんじゃった…)」
水瀬伊織 「そうね、美希
雪歩も協力してくれるなら、がんばれそうね」
赤羽根P 「やよいがここでいなくなって、次は千早を自分の手で…

クソッ、俺は・・・俺は何をしてるんだ!?」
高垣楓 「狩人さんは占いさんでいいですよ。
占いさんは人外じゃなくて村目を狙ってくださいね?」
天海春香 「んー、占い噛みないって思うのは早いと思うよ」
水瀬伊織 「おにぎりを目の前に吊るして、ガマンさせるとかどうかしら?>美希」
真田幸村P 「ここで灰を噛まないという事は、占いを両偽で見せようという魂胆なのでござろうか!?
それとも狩人すら怖くないという意志表示か!」
萩原雪歩 「うん・・・やよいちゃんと、今日で千早ちゃんも欠けちゃうけど
まだまだ私達、頑張れるよね・・・!>美希ちゃん

・・・プロデューサーさんもいるし・・・///」
球磨川禊P 「『さて』『初日だけだと真田ちゃんと金さん』『どちらを占うか迷ったのだけど』
『……どうするかな』」
白鐘直斗 「それでいいなら幾らでも占いますけど、まぁ>村目」
渋谷凛 「んー…
共有噛みは、明日も噛み切るかもしれないし
占い噛みあるかもしれない…
あと、そうだ占いは指示役を失わないよう占い先には考慮しておいたほうがいいよ」
遠山の金さん 「本番は明日からだ。皆の物、よく灰を見ておく必要があるな」
赤羽根P 「千早・・・ごめん。
千早は乗り越えろって言ってたけど、俺は・・・

千早を踏み越える礎ってだけにはしたくない。
俺はずっと忘れないよ。如月千早という歌姫の事を。絶対に。
そして、千早がいた事を無駄にはしない。・・・約束だ」
ギコ 「占いに真混じり確定だったら
○が多くなることが人外を苦しめることもあるぜゴラァ!」
天海春香 「よかった~、私だけお仕事干されたかと思ってドッキドキでしたよ」
球磨川禊P 「『悩むなあ』『誰か裸エプロンになって僕の背中を押してくれる心優しいアイドルはいないのかなあ』」
如月千早 「共有噛みの意図というのは信用に見せるというのが基本的な路線でしょう。
・・・あくまで「見せる」ということが重要なのですから。皆さん・・・どうか気をつけて。」
道明寺歌鈴 「今のうちにみなさんを観察ですね…む~」
水瀬伊織 「噛めると思ったら仕掛けてくるでしょうね>春香」
星井美希 「そんなので堪えるのって、実はミキだけじゃないかなーって思ってるの……>デコちゃん
だから、だからね?
狼さん捕まえたら、まず爪を剥ぐところから始めれば良いんじゃないかな」
真田幸村P 「ならばお互い灰を注視で御座るな!>遠山殿」
赤羽根P 「後悔するのは・・・後。今いるみんなを守れれば、それで…!」
ギコ 「…最近のアイドルってやつは物騒だなー」
球磨川禊P 「>楓ちゃん
『村目占いというよりは』
『確定○を作った方がいいんだろうね』」
如月千早 「・・・大丈夫ですよ。
プロデューサーはちゃんと、みんなを導けますから。>赤羽根Pは」
白鐘直斗 「…ま、僕は探偵ですから。
人外にせよ、村人にせよ、素行を調査するだけですよ。」
遠山の金さん 「うむ! 俺の遠山桜で睨みを効かせてやるぜ?>真田」
萩原雪歩 「優しいんですね・・・あ、あのっ
まだ私・・・じゃ、じゃなくて///
私達がいますから・・・元気だして下さいね・・・!>赤羽根Pさん」
星井美希 「……そうなの、ミキたちにはプロデューサーがいるの……!>雪歩
しっかりして欲しい、って思うな。
ミキたちみーんな、プロデューサーの事信じてついていくから>Pたち」
赤羽根P 「入る日と入らない日があるさ。芸能界で安定して仕事があるなんてよほどの売れっ子だよ>春香」
天海春香 「初日だし、とりあえず~で共有噛みはあると思うよ?
狩人の目星がつかなかったとか、真狼で対抗噛めないと思ったとかで>真田さん
両偽は気が早いと思うよ、さすがに……」
渋谷凛 「霊能ロラで、すでに○って見れるのは共有と
各占いの○だからさ、指示役が不在になって村がグダるのが一番危うい
もちろん、占いが生きてる事にこしたことはないけどね」
遠山の金さん 「まさかお前、俺にえぷろんなるものを着せるつもりで占ったのか……!?>球磨川」
球磨川禊P 「『このパターンでいけば』
『明日は僕か楓ちゃん もしくは金さんが噛まれるのだろうから』」
水瀬伊織 「2-2で占い両偽ねえ・・・あんまり考えにくいかもしれないけど>幸村」
真田幸村P 「ふむ・・・個人的に言わせて貰えば金殿を占って戴けた分
球磨川殿の好感度は上がっておりまする!」
球磨川禊P 「『ねーわ』」
如月千早 「美希、水瀬さん、春香、萩原さん。
信じてますよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
道明寺歌鈴0 票投票先 →如月千早
如月千早13 票投票先 →白鐘直斗
真田幸村P0 票投票先 →如月千早
球磨川禊P0 票投票先 →如月千早
星井美希0 票投票先 →如月千早
水瀬伊織0 票投票先 →如月千早
高垣楓0 票投票先 →如月千早
白鐘直斗1 票投票先 →如月千早
渋谷凛0 票投票先 →如月千早
天海春香0 票投票先 →如月千早
ギコ0 票投票先 →如月千早
萩原雪歩0 票投票先 →如月千早
遠山の金さん0 票投票先 →如月千早
赤羽根P0 票投票先 →如月千早
如月千早 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
渋谷凛 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう」
球磨川禊P 「『占いCO:天海春香○』」
ギコ 「おはようだゴラァ」
天海春香 「おはよー」
星井美希 「占いの信用は現状、ほぼ5分かな?
○が少ない分、球磨川Pが噛まれるときついってくらい。真狼だろーしね。
灰については信頼っぽくて○進行なら残せないとこ吊ってくしかないんじゃないかな。
もし占いが抜かれるようならもう1人も吊ってグレラン村で良いと思う」
遠山の金さん 「本日も噛み位置が重要となる!
そして占い衆のCOもな! 共有噛んでからの占い噛みは余程でなければ無いだろうが、
我らはあらゆるケースに対応せねば生き残れん。霊ロラでは灰も縮こまる。
今日からが気合の入れどころよ!」
道明寺歌鈴 「今日のおみくじ持ってきましたよ!
えっと今日は……凶ですね…
と、とにかく頑張りましょう!」
白鐘直斗 「占いCO:遠山の金さん○」
球磨川禊P 「『理由:今日は噛まれ抑制の為に○を狙って占うとして』『真田ちゃんは役持ちっぽく見えるのでここは外す』
『発言のペースも良くて 発想もそこそこ悪くない』『少なくとも即信頼っぽい空気出してる場所よりは信用できる』
『何より 駄目な子っぽい。』『○を狙うならそこそこの位置かな』」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~!」
赤羽根P 「おはよう。」
真田幸村P 「よき朝にござる!」
水瀬伊織 「へー、共有噛みきり?司令塔をなくす作戦なのね」
白鐘直斗 「理由 ◇遠山の金さん(53)  「おそらく占われず、吊られず、なところにLW担当がいると見てよかろう>真田」
どっちの人外と見るにせよ。そういう位置を作らないのが村人のお仕事な訳なんですけども。
割と発言稼いでる、というか。インパクトを与えたいって感じがして、ちょっと印象稼ぎに見えるんですが
んー、このタイミングなら○狙いの噛みはないかな、と。
○でも●でも美味しいので占います。」
ギコ 「ほーう、初手囲いは無いかゴラァ」
星井美希 「んー……直斗の方の○噛み……信頼勝負になるのかな、これ」
白鐘直斗 「ん、僕の○ですか。」
真田幸村P 「昨日の質問への返答でござる!
しかし初手共有噛みは、占い両偽も在り得る次第!
そこを付いた狼の戦術と言えないとは誰か言い切れましょうぞ!>天海春香殿、伊織殿」
道明寺歌鈴 「かまれちゃったのは…凛ちゃん…
確か直斗さんの白でしたっけ」
天海春香 「ダメな子って! ダメな子じゃないのに……」
赤羽根P 「アイドルが一人ずついなくなっていく、か・・・俺は本当に何をやってるんだ・・・!」
高垣楓 「わたし生きてますよ! >伊織さん」
遠山の金さん 「……? 伊織、何を言っておる? 渋谷は○で、共有ではないぞ?」
球磨川禊P 「『僕の○を噛まないのかい?』『呪殺対応もせずに』
『僕の○を削って大丈夫なのかな』」
星井美希 「デコちゃん何言ってるの……噛まれたの凛だよ。
共有は楓だよ?>デコちゃん」
ギコ 「…あー、そういえば共有だったわ」
球磨川禊P 「『おっと 灰だね』」
水瀬伊織 「球磨川が対抗の○をつぶすほうにいくかと思ったら
白鐘のほうが対抗の○つぶしにきたのね」
白鐘直斗 「伊織さんがちょっと狼薄いのか、それとも勘違い狼なのかという感じが
凄くしたんですけども」
萩原雪歩 「あっ、プロデューサーさん、
ドラマ・・・頑張ってきました!
ちょっとでも、プロデューサーさんが喜んでくれたらって・・・えへへ>赤羽根Pさん」
球磨川禊P 「『共有は 楓ちゃんだよ……?』」
真田幸村P 「む?伊織殿・・・?」
ギコ 「…デコ助に騙された!」
天海春香 「◎が一人で各○が一人ずつ。
悪くはないと思うよ。グレランで削っていく感じでいいと思う」
白鐘直斗 「…ドジギコ?」
水瀬伊織 「あれ?あ、ホントね
間違えちゃったわ、てへ>美希」
赤羽根P 「そういえば共有?ギコは何を言ってるんだ?」
遠山の金さん 「そして俺が狼の弁当かい。まあ、今日、共有が噛まれてたら
確定○がいなかったからな。直斗の占いは好感が持てらぁな」
白鐘直斗 「まぁ、割と何というか
道明寺さん吊れる未来しか見えないのは秘密の
逆説的に狼薄いのかなーとか何とか」
ギコ 「ドジじゃねえ!>白鐘」
真田幸村P 「行数が多い割りには内容のない美希殿!
そして内訳の予測を余りしておらぬ春香殿が個人的に気になる所存!
白鐘直斗 「どう見てもドジっ子。>ギコさん」
星井美希 「そのはんのーすっごく微妙なの……w>デコちゃん」
道明寺歌鈴 「とりあえず皆さん一度お茶でも飲んで落ち着きましょう?
…用意はもうできてますよ?」
萩原雪歩 「伊織ちゃんは、渋谷凛ちゃんと高垣楓さんを間違えちゃったかな?
お二人とも漢字三文字の新しい子で似てるもんね。
そんな伊織ちゃんもちょっと可愛いかも・・・///(もふもふ)」
水瀬伊織 「○もらってるのが共有って意識があったから、間違えたみたいね」
球磨川禊P 「『明日あたり占うかなって思ってた』>伊織ちゃん
『囲い引くと面倒ってのと 今日共有者が噛まれてても進行歪みはしないし』」
天海春香 「グレランで素直に吊るなら歌鈴さんかなぁ。
ここ村なら今日からでも頑張って欲しいところだよ」
真田幸村P 「む・・・しかし球磨川殿が春香殿に○を出したので御座るな・・・!」
ギコ 「デコ助の勘違いに混乱しただけだよ!>赤羽根」
白鐘直斗 「個人的に吊りたい位置はそりゃ
イチャモンオンリーの真田さんなんですけれども
多分吊れないんですよねという愚痴を叩きつつ」
星井美希 「まぁ美希、内容がないどころかデコちゃんたちと遊んでたくらいだしね>真田P
けど、ローラー展開も終わったし、明日から本気だそーかな、とか思ってたとこ!」
赤羽根P 「そうか。…よく頑張ったな。嬉しいよ、純粋に>雪歩」
白鐘直斗 「ぶっちゃけ
後2分で頑張っても多分しょうがない気が凄く(ry」
水瀬伊織 「金さんなら、金さんなら明快な裁きをしてくれるわよね?」
遠山の金さん 「まずは見たところ。歌鈴は発言が伸びてねぇ分、役目にも見える。いきなり
吊ってしまうのは怖いところではあるな」
天海春香 「雪村Pは動き激しすぎなんですよね>直斗さん」
赤羽根P 「あぁー・・・混乱、か…それはしょうがないな、うん>ギコ」
球磨川禊P 「『んー』『別に僕としては昨日占う候補だった通り幸村ちゃん落としても構わないんだけど』
『直斗ちゃんがそういうのか』」
白鐘直斗 「何ていうか
歌鈴狼なら、まぁ対抗狼と見るなら
保護ぐらいしてくるかなーとは思うんですよねという話が」
真田幸村P 「では、宜しくお願いしますぞ!>美希殿」
遠山の金さん 「おうおうおう! この桜吹雪が、見えねえか! ってか?>伊織

そもそも、俺、裁きの前に事件に首突っ込んで首謀者ぶん殴らねえと
裁きそのものができねえんだよな」
ギコ 「つーかもうそろそろ灰占いよりお互いの○を占って貰いてえ
ぶっちゃけ司令塔がいねえときびしい」
星井美希 「歌鈴については今日の発言次第って感じかな、って思ってるけど……
役目、って言い方してるけど、人外目かどうかで気にした方がいーよ?>金さん
村役なんて1個くらいしかないんだから。」
水瀬伊織 「そうよ、私も明日から本気だすんだから、見てなさいよ!」
道明寺歌鈴 「え~っと状況を整理してみます…う~ん」
白鐘直斗 「んー。対抗の動き見てからでも良かった感が
あったりなかったりして。」
赤羽根P 「真田さんはいちゃもんより占いの見切りが少し早すぎるように見えて気になるな、アグレッシブさよりも」
天海春香 「内訳は真狼か狂狼か狐狼だと思ったけど
凛さん噛まれてるし素直に真狼かなーってところ」
萩原雪歩 「えへへっ・・・

・・・ちょっと元気が無い気がしますけど、大丈夫ですか?>赤羽根Pさん」
球磨川禊P 「>金さん
『歌鈴ちゃんは霊能ローラーしてから発言伸びるか見る位置でしょ』」
水瀬伊織 「面倒な設定ね>金さん」
星井美希 「デコちゃんはそのまま、ドジっこ可愛いデコちゃんでいて欲しいってミキ思うな!>デコちゃん」
白鐘直斗 「見切り方がイチャモンでしょーという話が>赤羽根P」
真田幸村P 「怪しいと思うならば占うべきでござろう!
偽占いが●を出すならば最後まで戦う所存でござる!」
高垣楓 「明日は日曜だからって、変な発言したらゆるサンデー?」
球磨川禊P 「『……あんまり伸びてるようには見えないけどね』」
ギコ 「引きずられただけだから俺はドジじゃねえからな?」
遠山の金さん 「おう。その通り。
よく見てんじゃねえか>球磨川」
天海春香 「そそ、結局は今日の発言しだいなんですよね」
高垣楓 「とかずっと考えてました。」
白鐘直斗 「○だったら
ソッチのほうが処置なしなんで。>真田幸村P」
水瀬伊織 「むきーっ!美希にバカにされたままじゃ終わらないわよ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
道明寺歌鈴1 票投票先 →ギコ
真田幸村P3 票投票先 →水瀬伊織
球磨川禊P0 票投票先 →ギコ
星井美希0 票投票先 →萩原雪歩
水瀬伊織1 票投票先 →赤羽根P
高垣楓0 票投票先 →赤羽根P
白鐘直斗0 票投票先 →真田幸村P
天海春香0 票投票先 →萩原雪歩
ギコ2 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩3 票投票先 →道明寺歌鈴
遠山の金さん0 票投票先 →真田幸村P
赤羽根P2 票投票先 →真田幸村P
4 日目 (2 回目)
道明寺歌鈴0 票投票先 →真田幸村P
真田幸村P5 票投票先 →水瀬伊織
球磨川禊P0 票投票先 →ギコ
星井美希0 票投票先 →萩原雪歩
水瀬伊織1 票投票先 →赤羽根P
高垣楓0 票投票先 →萩原雪歩
白鐘直斗0 票投票先 →真田幸村P
天海春香0 票投票先 →萩原雪歩
ギコ1 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩4 票投票先 →真田幸村P
遠山の金さん0 票投票先 →真田幸村P
赤羽根P1 票投票先 →真田幸村P
真田幸村P は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
遠山の金さん は無残な姿で発見されました
水瀬伊織 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
真田幸村Pさんの遺言       ┏┓    ┏┓      ┏┓    ┏━━┓  ┏┓┏┓┏━━┓     /:::::::::_,,.-‐/_,,レ゙-‐/''へ、../‐レ゙...,,}::: : : \__  ┏┓┏┓
      ┃┃    ┃┃      ┃┃    ┃┏┓┃  ┃┃┃┃┗━┓┃   ∠::::::///ヽ:}:::::::::::{  "心''ー' _,,.,!:::: :_,/  ┃┃┃┃
  ┏━┛┗┓┏┛┗━┓┏┛┗━┓┃┗┛┃┏┛┗┛┗┓  ┃┃     |/}ィ":::{ '、..|::::::::!l:|    ":::..〈ィ゙:::::::\    ┃┃┃┃
  ┗━┓┏┛┗┓┏┓┃┗┓┏┓┃┃┏┓┃┗┓┏┓┏┛  ┃┃┏━  〃::::::::::\_{::ト、:| }     " /}:リ`゙'一゙━┓┃┃┃┃
  ┏━┛┃    ┃┃┗┛  ┃┃┃┃┗┛┃┃  ┃┃┃┃┏┓┃┃┃   ,/||:::::::::::::::::∧| '!    ィ==、 ,' . .    ┃┃┃┃┃
┏┛┏┓┃    ┃┃      ┃┃┃┃    ┃┃  ┗┛┃┃┃┗┛┃┗━:.:.:.:.||:::::::::::::::::{:゙.、    /ヽ, .゙// .━━━━┛┗┛┗┛
┗━┛┃┃    ┃┃      ┃┃┃┃    ┃┃      ┃┃┗┓┏┛| : .:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::!:リ:. \   ゙ー==" /            ┏┓┏┓
      ┗┛    ┗┛      ┗┛┗┛    ┗┛      ┗┛  ┗┛  | : .:.:.:.:::.:.||:::::::::::/'j ::   `' ..._ _/.
水瀬伊織さんの遺言           / / `ヽ_/ _           \\
        / ,r〈_ /     `>、         \ヽ
         / ,r'ヽ/ -ニ ー- '´∠ \         ヽ',
       l 〈  / -=´         \         ',i
       | l 7: /               \         i
        ! ! !:: ./  __           ヽ  i      l
      i  リ::::/ /   `ヽ、     ___ ,  |       l
      !   !::l             ´   ` , !      |
        ! i'´ヽ!      __            ヘl      l
      l  l ゝ  `ー―‐'      __      !     /l
       l ./ 、ヽ             ー―‐'  l     / l
       ! /::::::\j                 /  ./  / .|
     i / ::::::::::::::l     、          /  /  /  |
     / .::::::::::::/\    ` ー‐ '     /ー! /  /    |
      / .::::::::::::/:::::::l ヽ、        ./  l ./  /    |
    ./ .::::::::::::/:::::::::| (:l、` ー-  -イ ´,r‐、 !/  /l     |
   /  , -―ュェュ _j `~ `~~´ r‐、!  ヽ!  /: l      |
  . / /   i r'j.!jく::::::::::::::::::::::::.r‐v' \_`  l /: ト、     |
  /  i     ヽニjヽ; :::::::::::::::::   ト、ヽ、    j/::  l  i.    i
. /  l     \ ! !:::::::     ーi      /::  l   !    l

やよいと美希に囲まれるのも悪くはないわね、うん
遠山の金さんさんの遺言 あの日あの夜あの場所で、見事咲かせた、お目付け桜ぁ、夜桜を!

まさかてめぇら! 見忘れたとはぁ、言わせねえぞ!?
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
白鐘直斗 「占いCO:水瀬伊織さん○」
星井美希 「凛が役目かどうかは○だったし良く見てないんだけど、
○噛みって意味でこれって直斗真っぽいのかな?
っていうか真田Pは占い処理しても良かったんじゃないかなって。
それより雪歩は吊っちゃいたい。
……歌鈴は、なんか吊るにはものすごく怖いから占って欲しいかな。」
白鐘直斗 「理由 ◇水瀬伊織(47)  「っていうか、どっちも微妙な占い位置よね」
三日目のこの発言が凄いダウトというか、じゃあ何処を見たいのか、というのが見えないんですが
昨日の共有関係の発言がそんなに人狼っぽくないというか微妙なので
どっちにせよ占い処理位置になったかな、という感じ。」
天海春香 「おはよー」
球磨川禊P
『占いCO:水瀬伊織○』」
赤羽根P 「おはよう。
…雪歩、大丈夫だ。少し疲れただけだから」
高垣楓 「あら、狼だと思ってたのに。」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~!
昨日、数えたら4発言しかなくって、それはここまで
票貰っちゃっても仕方ないなって」
ギコ 「へいへいクマ助クマ助
昨日の俺投票は俺を囲いと見たのか?
あと呪殺キター!」
球磨川禊P 「『理由:対抗が確定○作ってくれたので灰を継続して占う』
◇水瀬伊織(47) 「っていうか、どっちも微妙な占い位置よね」
『こう言ってる割には灰への意見が出てこない。』『総括して基本【考えた振りをしてるだけ】に見える』
天海春香 「うん、そこ狐は納得の位置」
萩原雪歩 「で、でも、ご、ごめんなさい、私・・・
赤羽根Pが心配で、まだ死ぬ訳にはいかなかったんですぅ・・・」
道明寺歌鈴 「皆さんおはようございます!
えっと今日のおみくじは…えっと…あれ?
なくしちゃいましたぁ…ふぇぇ…」
白鐘直斗 「じゅうさつげっちゅー。」
星井美希 「デコちゃん狐だったの……ミキ……どうしよう」
球磨川禊P 「『っし』『呪殺出た。』」
白鐘直斗 「まぁ、うん
狐狐した狐でした…」
赤羽根P 「伊織・・・まさか、伊織が・・・!」
道明寺歌鈴 「伊織さんが狐…」
萩原雪歩 「・・・はわわっ!?
伊織ちゃんが・・・狐さんだったんですね」
ギコ 「おーけー、真混じりか確定
確定○を作っていけばいいんじゃね?」
球磨川禊P 「『けど少し遅れたかなー』『うっかりうっかり』」
白鐘直斗 「割といいとこ吊れたんで、展開的には期待できるんですけれども、ふーむ。
まぁ、どちらにせよグレランという。」
球磨川禊P 「『あと』
◇ギコ(26) 「…あー、そういえば共有だったわ」
◇ギコ(15) 「ほーう、初手囲いは無いかゴラァ」
『この辺りがどうにも胡散臭過ぎて思わず対抗の○なのにギコちゃん占ってしまったけど』
『僕は悪くないよ』」
天海春香 「銃殺出たなら、雪歩にCO聞いて指定吊りしない?
そこ無職はないでしょ」
赤羽根P 「美希、気をしっかり持つんだ!落ち着いて周囲を見て、信じられる人を信じよう!」
球磨川禊P 「『占ってじゃなくて投票ね』」
ギコ 「…?俺を占っていねえぜ?>球磨川」
星井美希 「ごめんね、赤羽根P……ミキ、赤羽根Pの事は信じてるの。
けど、雪歩は気になってしょうがないの……」
天海春香 「歌鈴投票→吊り逃れは素村ではありえないと思う」
白鐘直斗 「まぁ、何ていうか
発言僅少位置に投票→即票変えという辺りで
雪歩さん役職っぽい空気は凄い否定できませんが」
高垣楓 「『あと』
◇ギコ(26) 「…あー、そういえば共有だったわ」
◇ギコ(15) 「ほーう、初手囲いは無いかゴラァ」
『この辺りがどうにも胡散臭過ぎて思わず対抗の○なのにギコちゃん占ってしまったけど』
『僕は悪くないよ』」

いつ占いました?>球磨川禊P」
球磨川禊P 「『……ちょっと落ち着こう うん』」
萩原雪歩 「私を指定より、他の子を指定のが
いいんじゃないかなって思うんだ・・・!>春香ちゃん」
道明寺歌鈴 「え~っとえ~っと…
と、と、と、とにかく呪殺も出ましたし…狼さんを頑張って吊りましょう!」
赤羽根P 「美希が・・・雪歩を・・・?くそっ、俺はどうすれば…」
萩原雪歩 「でも、指定進行自体はいいと思います。
よかったら指定してみて下さい>高垣楓さん」
球磨川禊P 「>楓ちゃん・ギコちゃん
『いや投票』『急いでタイプしたからミスった』」
ギコ 「まあ、いいか
そんなに俺が胡散臭いのなら占いのはなんでー?なんて疑問は
野暮だもんなー」
天海春香 「どのみち雪歩吊れないなら今日の灰で吊れる場所も決定だし」
高垣楓 「そうですね。奇数ですし占いは最終日に残しましょうか。
なんてどうです?」
星井美希 「うーん……雪歩の吊り逃れもすっごく気になるし
歌鈴こそ役目に見えるんだよね。しかもこっちの方が吊るの嫌な感じ。」
白鐘直斗 「何か持ってそう+狼ありそう、って位置だと
星井美希or赤羽根Pになりますけど、灰からだととりあえず。」
赤羽根P 「でも、残っているのがほとんどアイドルで、アイドルを疑わざるを得ないのなら………」
球磨川禊P 「『歌鈴ちゃん吊っていいのかな』『村でも困るし吊り位置なのかなと思いつつ』」
ギコ 「確定○が残るならそれもいいけどな>楓」
萩原雪歩 「あうう・・・Pさんにも心配かけちゃって悪い子ですね、私・・・」
天海春香 「占いはほぼ真狼でみて、決め打ちの日に決め打つか
噛まれれば灰勝負でいいと思うしね」
白鐘直斗 「四日目割と発言が伸びてるので
今日の発言で判断かな、という感じですねまぁ、ぶっちゃけ。>星井美希の位置」
星井美希 「しょーじき、指定して欲しかったけど、
ないなら二人とも残しちゃって良いのかな?」
赤羽根P 「最終日に残すのはリスキーすぎないか?楓さん。最終日前には一人吊っておくべきだと思う」
球磨川禊P 「『真田ちゃん村でも一応余裕あるし』
『そこ処理しないなら美希ちゃん辺り吊り提案する感じの』」
道明寺歌鈴 「赤羽根さんは…アイドルを心配する裏で…実は…
…考え過ぎですよね…?」
萩原雪歩 「指定はないのですか?」
高垣楓 「指定はしませんよ? 狩人さんは生きてたら頑張ってくださいね?」
球磨川禊P 「>ギコちゃん
『君占ってもなあ』『呪殺出ないだろうし●出ても面倒だし』」
ギコ 「灰を残さなければ最終日残しでも大丈夫だぜ?>赤羽根P」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
道明寺歌鈴4 票投票先 →赤羽根P
球磨川禊P0 票投票先 →星井美希
星井美希2 票投票先 →赤羽根P
高垣楓0 票投票先 →赤羽根P
白鐘直斗0 票投票先 →星井美希
天海春香0 票投票先 →道明寺歌鈴
ギコ0 票投票先 →道明寺歌鈴
萩原雪歩0 票投票先 →道明寺歌鈴
赤羽根P3 票投票先 →道明寺歌鈴
道明寺歌鈴 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ギコ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
道明寺歌鈴さんの遺言                        _ `、
                     ,: :´-‐.:.:`.:.ゞ、  ィ´
       /ヽ< ̄>、-―-、   ,.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,≦.:.:.:ヽ、
      '、/  `¨´  ` ̄ ̄7 ,:,ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.. : ´.:.:.:.:.:., '.:.:ヾ.:.::.:.__
     / ,′      i ̄¨7,' 7.:.,.':.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:'.:,\一'´
    〈 /     , -‐┼‐.// /.:.:.:.:/::.:.:.:.:./ハ.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.`、
     ,:ヽ,     i_.__!. // /7.:.:i/.:.:.:.,.'./ ./_\.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:}
   〈 /    /ヽ.  //  {.:.:.:i.:.:.:.:/"` /  -、ヾ.:.:.:!}从ノ ふぇぇ…
    〉〈     ヽ、'-i//   ヽ:.:.!ハ.:.:!´佗    イ彑`}i:.:.:!':リ         死んでしまいました…
    ∨       .//  ∧ `刈.:.:! "" '  "" j.:/i! !
           ,: ∩、   i \,'!/ ヾ≧ 、⊂ニつ ./!:/ j
           iヾ゙j ' i   {   i! /´,',.,"´`_ァ‐ ´ ,' !/ \.      n、
           ゞ '  j   !    / i!/   / ′/ /  /"`、   /| y7、 -‐'¨7
          //、 ヽ、 \  { 、/  / /  /  /   ‘, __ゝ! ヾ,.'/〉  /
         `  '.. \  冫、/   i!/   i /     }r´  \ `、 ._/
              、  ` y′ {  /     i ,'     ノ、    /  ,.'
              \    ヽ、i′     .i !    ,:  \ /  /
               ` 、_ /___{       冫弋______,/   ,.'
                 _乂ヾニx______.廴〉」 `丶.  i′   /
                厶=-メ一゚'======-''.\ \   /
                  / /:::,:::::::::i:::::i::::::::i:::::::\ i  `ー '
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
球磨川禊P 「『占いCO:ギコ○』」
天海春香 「おはよー」
白鐘直斗 「占いCO:天海春香さん●」
赤羽根P 「おはよう。…そうなるか」
星井美希 「赤羽根Pへの投票理由?
簡単なの、完グレ4人の内、ミキは雪歩と歌鈴に役目見てたけど
どっちにしても指定して欲しい位置だったから……
そうじゃないならミキ―赤羽根Pランになると思ってたよ……。」
萩原雪歩 「おはようございます・・・
・・・ちょっと、寂しくなってきちゃいましたね」
球磨川禊P 「『理由:確定○が楓ちゃん一人になったしギコちゃんを占おうか』
『楓ちゃんが噛まれて指示役がいなくなるのが一番悪いしね』
『●出た場合が面倒だけどそこはもう仕方ないかな』」
白鐘直斗 「理由 四日目の◇天海春香(48)  「グレランで素直に吊るなら歌鈴さんかなぁ。
ここ村なら今日からでも頑張って欲しいところだよ」
というのが結構個人的には微妙というか
頑張って欲しい日の半分過ぎてから頑張ってというのは割となんだかなー感があるのと
まぁ、囲いタイミングの位置というのが凄く大きいという話が。」
白鐘直斗 「何か普通に●でショック(」
球磨川禊P 「『うっわ読まれた』『最悪だ』」
天海春香 「ギコさん村ならよかったー」
白鐘直斗 「まぁ、見つけたので吊りお願いしますという話がありましてありまして」
球磨川禊P 「『というか対抗○占わない理由は昨日の伊織ちゃんの理由にちゃんと書いた筈なんだけどね』
『確定○噛んでも指示役いなくならないからってさ』
『今日は楓ちゃん噛まれるとまずいから占ったけど』」
天海春香 「私に●って自殺行為じゃない?
○もらった日と昨日の私見たら●出せないと思ったけど」
萩原雪歩 「んー・・・
占い吊らないなら春香ちゃん吊り、でいいのかな。
ちょっと、アイドル減っちゃうのは寂しいけどね」
赤羽根P 「歌鈴への投票理由は・・・様子見をしているような印象が見えたかな。
あと、イマイチ見えていなかったということもある」
白鐘直斗 「ぶっちゃけ昨日普通に非狼のが強い位置吊った時点で
余裕あるかどうか判らないんで吊って下さいという。」
球磨川禊P 「『吊られると負けあり得るんで』『吊らずに灰吊ろうぜ』」
星井美希 「んー……春香、●……?
昨日の春香とかはちょっと気になったけどどうなんだろ」
高垣楓 「グレーなら狩人出ていいですよ?」
天海春香 「んで、雪歩がその発言するならそこも狼でいいよね。
サイアク3wあるんだよ? 3W、私村ならカンタンに吊ってる場合じゃなくて決め打ちの日。」
赤羽根P 「非狼強い…?>直斗」
球磨川禊P 「『ここで僕の○吊られると』『3W負けがあり得るので』
『最悪灰吊りで済ませて欲しい』」
白鐘直斗 「ぶっちゃけ
あの位置灰に放置して●出すわけでもないって
凄い狼ないと思うんですけど…>赤羽根P」
星井美希 「雪歩はしょーじき、狩か狼のどっちかだと思ってるんだよ。
けどかりんと一緒で狩もあるからすごく困る場所」
赤羽根P 「ここまでしてでないってことはそういう事だと思う>楓さん」
天海春香 「非狼強いってか、雪歩が昨日あんだけ生きたいオーラ出したら吊れないよね、っていう」
萩原雪歩 「狩人CO! 男の人怖いけど埋めて護衛頑張りますぅ~!

二日目 護衛:球磨川禊Pさん 噛まれ:高槻やよいちゃん
はわわわ、頭もひんそーな私なんかが狩人なんて・・・
しかも男の人怖くて護衛できないかも・・・って思ってたら
赤羽根Pさんが励ましてくれました・・・えへへ♪
勇気を貰えたので、これで男の人でも埋めて護衛できますっ!

三日目 護衛:球磨川禊Pさん 噛まれ:渋谷凛さん
球磨川禊Pさんの方が、理由、発言、色々信頼できそうな
感じがしますぅ~!
共有削られても折れない心で護衛頑張ります!
私には、まだ赤羽根Pさんや仲間の皆もいるから・・・

四日目 護衛:球磨川禊Pさん 噛まれ:遠山の金さん 呪殺:水瀬伊織ちゃん
共有さん片方と、確定○さんもいる・・・
GJ狙いで守りたい気もします・・・でも、
それも狼さんの狙いかも!ここで折れない心!
占いさんを穴掘って守りますぅ~!

五日目 護衛:白鐘直斗さん 噛まれ:ギコさん
あああっ・・・皆さん残してくれてありがとうございます
あとは真占いさんを見抜いて護衛せねば!
どっちが真占いさん・・・!?今までの印象は球磨川禊Pさん、
呪殺時の対応としては白鐘直斗さん・・・
・・・うわーん!穴掘って埋まりたいと思いつつ白鐘直斗さんをー!」
赤羽根P 「位置か・・・ふむ・・・>直斗」
白鐘直斗 「それをこっちから言うと
ここで灰吊って3W生存で負けるってアホらしいので
●吊って下さい」
球磨川禊P 「『美希が身内票あるかどうか大分微妙なので』
『赤羽根か雪歩ちゃんになるのかなあ』」
萩原雪歩 「吊り逃れで、これ以上CO隠すのも怪しいですよね
奇数で吊り増やしも望めないので出ちゃいますぅ~」
赤羽根P 「雪歩が狩人だったのか・・・頑張ったな、本当に」
高垣楓 「そういうわけで。」
星井美希 「うーん……狩人COはやっぱ出るよね。」
白鐘直斗 「まぁ、昨日の段階で出とけという話は否定し切れませんが
ここで否定してもしょうがないんでしたはい」
球磨川禊P 「>白鐘ちゃん
『一応君視点の灰狼有る位置吊ってもいいんだけどね』
『真田ちゃんを吊って何だと思ったの?って話だし』」
天海春香 「灰で狼吊る確率より、春香-白鐘ランのほうが狼吊れる確率高いですよ、たぶん」
萩原雪歩 「えへへ・・・
頑張れたのも赤羽根Pが最初に励ましてくれたおかげですよ///」
白鐘直斗 「何かここで
さらっと雪歩狩人見て納得してる赤羽根Pが
ホントに狼に見えて困るんで
春香さん吊って下さい」
球磨川禊P 「『そして雪歩ちゃんが狩人COか……』
『……赤羽根ちゃん狼で吊っていいのかな これはさ』」
星井美希 「灰吊りなら赤羽根P、じゃなきゃ占い―●ランって感じの」
高垣楓 「お好きな所を吊りましょう。」
天海春香 「雪歩狩出るなら、一応灰でも2択でだいじょうぶなのかな
3W残りでも」
赤羽根P 「納得してるのが怪しいの?!」
星井美希 「ちょっと、指定はしなきゃダメなとこじゃないの!?」
白鐘直斗 「ぶっちゃけ
赤羽根P-春香-アナタでしょ」
球磨川禊P 「『雪歩ちゃん狼はあるけど』」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
球磨川禊P0 票投票先 →赤羽根P
星井美希0 票投票先 →赤羽根P
高垣楓0 票投票先 →天海春香
白鐘直斗1 票投票先 →天海春香
天海春香4 票投票先 →白鐘直斗
萩原雪歩0 票投票先 →天海春香
赤羽根P2 票投票先 →天海春香
天海春香 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
萩原雪歩 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
萩原雪歩さんの遺言                 ,. ‐   ̄   ‐
                /               ` 、
              '       /        \,
             /  ,   ,             \
          / , /   / ,   // , 、     ヽ
          ,  / /  ィ′/ / / / ハ      '
           / / /ィ'/_l /∠_  / / i′ Vハ    '
          ,     イ  レ′    〈  」_  丶i  | i !
          /  '  /7  ` ̄`ヽ         `ヽ,ハ ;! ,ハノ
        ,  / /`i  "''        '⌒ヽ / }ィ' /
        / ,. /  !                 / / レ′最近、推理ができてない感じがするので…
      , / /    、    r‐- 、   "' / i' /  全力で頑張ります!
      / / /´ ̄`ヽ\    、 _,/   / , j /
     ,   /      `i 丶     _,. イ  ///
      { / ,ハ._     /|  `二7ヽ─-/{⌒ヽ
    / `´   ,>ァ'´ 〈 !/´      \' }   \
.   /     / /  /|         /_,>'⌒ヽ.  j>、
  /     / /   ,  |   / イ         \   Y -‐─‐‐-  .._
  〈      / ,ハ_/   |  / / ノ        丶ノ    _  _     `  、
.  \   ' /      ¨´ ' / /            ヽ ´     `  、   ヽ
.  \   ' /      ¨´ ' / /            ヽ ´     `  、   ヽ
     ヽ //` ‐-  _  / /, イ               ,  `  、     _,ノ
     V/        7 /,ノ ヽ                 j 丶     、_,ノ
.     〈.{           / /{                 /     j、__丿
      ヾ:,      / /,ノ    、       ,. ‐〈‐---‐'′
       }i        { {       \    /    丶
天海春香さんの遺言                            _   --  _
                 何     __イ┐: : : : : : : :f⌒}\
                     く ̄{こ}ニ}: : : : : : : : :rヽこ}- 、
                  こ    ⌒:/┘: : : : : : : : : >-ヽ}ノ
 ________             i: :/ : : 〃: i : : : !: : :',: : : : !: :',
         _ -  !     の   !: | : : ∥ : |: : : :!: : : } : : : :! : i
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{    !         !: L_ル :」_ 」 _ } : : : !: : !
 _____{_   |     死   !: : 「 ニミ   ィ=ミY : : !: : ,
       |    !  !          !: : l  r'::}   r':::} l: : : !: :/
       |    !  !      体   i: : :!  ̄     ̄ J! : :ノ: /、
       |    !  !          ヽ: :ゝ _ r‐っ _ ノ: :人 : : \
       |    !  !      ・     ヽ\ {>< /}/}/ \ ̄
       |    !  !      ・       /ヽ}  ´ ∨⌒ヽ/   ヽ
       |    !  !      ・     /  / ヽ 〃_    -〃 ̄`!
       |    !  !          /  '   {{     /   i
´ 丁  ̄ ヽ !   :!  l          /   }   :}}    /    :!
  :}   | |   :|   l       _ /ヽ`  :ト 、 :}!    ,     !
  :}   | |   :!  :!      /       ノ   :}!   ./    ノ
  :}   | |   :!  l  /⌒ヽY⌒ヽ    イ‐ゝ _ }! _      ノ
  :}   | |   :!  !rク 〃  ヽ  }  /          \  '

朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
球磨川禊P 「『占いCO:星井美希●』」
星井美希 「終わってないなら2狼以下……
今日球磨川P視点の狼が出てるならそこ吊って
そうじゃなきゃ指定入れて、行くしかないんじゃないかな……
昨日だって最悪3残り考えたら指定しなきゃいけないとこだったと思うの。」
白鐘直斗 「占いCO:赤羽根Pさん○」
赤羽根P 「おはよう。……雪歩…」
白鐘直斗 「理由 まぁその、狩占う理由もないんで
より狼っぽい方を占う方がはっきりしますよねという
それだけの話がそこにはありました。
男は狼なのよ、気をつけなさいー年頃になったなら慎みなさいー
と言いますし」
白鐘直斗 「あら○でした。じゃあ対抗LW、と。」
星井美希 「雪歩真狩さんだったんだね、疑ってごめんなの」
球磨川禊P 「『理由:赤羽根ちゃんにしろ美希ちゃんにしろ正直どちらも●出ると非常に困るんだけど』
『少なくとも昨日思い切り直斗ちゃんから殴られてた赤羽根Pよりは』
『まだ●でも身内票になる美希ちゃんの方が狼はあるかなと占うよ』『灰2だしどちら吊っても同じだけど』」
星井美希 「球磨川P、そりゃないの……」
球磨川禊P 「『じゃあ美希ちゃん吊って最終日にしようか』
『狼位置は真田ちゃんかな これだと』」
高垣楓 「さて。2Wの予感もありますが。
美希さんと赤羽根Pはどう考えてますか?」
赤羽根P 「…どうする?占いをどちらか吊っておくか、美希を吊って最終日安定にするか」
星井美希 「ミキはかくてーだね。
赤羽根P吊って明日、球磨川P吊りなの」
球磨川禊P 「『2Wって僕視点だけだし』『それ赤羽根Pにしか聞いてないよね……』」
白鐘直斗 「出揃うものは出揃って、美希は僕の灰ですので
まさかまさかの美希吊りでさえあまり問題はないというだけですが。」
赤羽根P 「いや、安定じゃないな。ごめん、混乱してる」
星井美希 「って思ってたら○が出てたから……うん、最終日安定ならミキ吊りで良いんじゃないかな。
後は残った村が正しく行ってくれるって信じてるの」
高垣楓 「占いは対抗が狂人って考えてない?
私はどっちかがまんま対抗に●だしたら即吊りでしたよ?」
白鐘直斗 「その場合最終日行くなら僕吊るしかない、というか
まぁ、安定を考えるならまさかの占い真狂でも通せる美希吊りというのが
僕目線赤羽根P村なので問題はないという現実があったりはしますけど。」
球磨川禊P 「『僕視点でも白鐘ちゃん視点でも赤羽根ちゃん村人だから』
『美希ちゃん吊っても絶対最終日だけど』」
赤羽根P 「占い見切らなきゃいけないのか・・・どうするか…」
高垣楓 「たとえば、貴女が吊られたら赤羽根Pが判断役の可能性もあるのです。>美希さん」
白鐘直斗 「いやだって
この展開で対抗○はちょっと…>高垣楓」
白鐘直斗 「>赤羽根Pの言う「占いどっちか云々」の話ですね」
星井美希 「……ミキ、赤羽根Pの事は……ううん、そうじゃなくても
同村してる人の事は信じるよ?
村人に出来る事って、基本的に信じる事だけだから>楓」
球磨川禊P 「>楓ちゃん
『正直 ひたすら占い噛まない噛みをして あまつさえ対抗囲ってないなんていう時点で 対抗狼は無いでしょ』」
白鐘直斗 「まぁ
囲いのタイミングも噛みの展開というか
○噛みしてきてる辺りも
対抗●って言ってますし」
赤羽根P 「でも美希は・・・
俺はどうすればいいんだ・・・!」
高垣楓 「なら、今日だけ指定しましょうか。
美希さん吊りましょう。」
白鐘直斗 「という程度の」
星井美希 「まあミキ視点は直斗真だって事と
あと、身内票があったかどうかを考えて欲しいなって思うくらいなの」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
球磨川禊P2 票投票先 →星井美希
星井美希3 票投票先 →球磨川禊P
高垣楓0 票投票先 →星井美希
白鐘直斗0 票投票先 →球磨川禊P
赤羽根P0 票投票先 →星井美希
星井美希 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
赤羽根P は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
赤羽根Pさんの遺言 アイドル達を輝かせるのが俺の仕事。
だけど・・・少しくらいカッコつけたっていいよな?
星井美希さんの遺言                                  ____
                                   / /     \
                                    \ く
                                -‐─ゝ'二=--
                              ,. ´              ` .
                           , '′ /                 ,
                        /  /                 ′
                          /   /        /           ,
                         ー=7′   .:l  /   /          }     ′      l ̄}
                      /    i |/   /l         ,イ       :        {_l
                       /     抖-==ミ、 |       / |     i                   /〉
    (⌒⌒)                   /    八( んし}ハ |  /  /  |     |                 〈/
     \/             /  /  }{  廴ソ  }/l_彡=ミ、 |   l|   !         o ゚o。. ゚ 。
                    /   ,/   八              んし}ハ}  八  イ         ゚     %
      。゚⌒Y⌒ヽ     /___/    l{           廴ソ 八/}  )八     /⌒Y⌒゚o   。゚    厂 ̄」
     (        )          /,.     八        '        / 八  {     {      }゚。♂        ̄ ̄
      \   /     ー=彡′){    \  「   ァ    -=彡 / } ) │     \   /
        \/           / //八     .}\  ー      ,x兮 /  V  八     \/
                   / /:i(   \   :|  ` 、_  -r=爪 / /    l{   \
                    / /  l〔   \,ノ}       {  リ/ /    八 \_\
                 /  ′_,.〕}   〔          `'ー─-イ(_,    ヽ  \
                ー=彡' //⌒八   { ̄ 丶     __/⌒ヽ}     |    \
              /  /     \ \                {     l|     \_     )
              /   ,′      ,)ヽ  \           | l    八        ⌒ミ=‐'
    (⌒⌒)    /     ′      /  \  )              乂   /  `ー=ミ、     \__
      \/   /      i      }' /     )/              〃  / }       \       ⌒丶
.           {       }      レ:::::.、      l{       ..:::{{   /  ::        \        \
          |       ,ハ    /::::::::::\    .:       /::::::{l /   i          ヽ       }
          |i      / |   .::::::::::::::::::::\   i    /:::::::::::人(     |         / }      /
.          八   ヽ  ,′ |    {:::::r::::::::::::::::::}__} _/:::::::::::::::::::}    !          |       /、
       ー=彡′}ヽ  ー=彡1     ;::::--‐─一'⌒¨7'⌒>‐-;:::::::::::::/      i          ,八     /  \
..   / ̄/    |      |    \      _/       ` ̄ ̄7     |               )ー‐=彡′  \
   (  /     |:.     |      l}           ー    イ       |            /    }l     丶
    ヽ{       八、    l      l                    │     |          /     }|        ヽ
   )八        \   |       |               |       |        /        /        |
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
球磨川禊P 「『占いCO:赤羽根P○』」
球磨川禊P 「『理由:呪殺も起きないし』『どこを占ってもまあ問題はないけど』
『こっち占い と』」
白鐘直斗 「占いCO:球磨川P●」
白鐘直斗 「理由:すべての証拠は、アナタの人狼を証明しています―――。」
球磨川禊P 「『じゃあ対抗吊りで と』『一応理由を上げて行こうか』」
白鐘直斗 「では、まず春香さん人狼の証明として
まず五日目、銃殺出た日ののグレランで
とりあえず吊れる位置を吊っておけ、という感じの吊りに走っていた点が一つ。」
白鐘直斗 「そして大事なのが四日目で。
◇天海春香(48)  「グレランで素直に吊るなら歌鈴さんかなぁ。
ここ村なら今日からでも頑張って欲しいところだよ」
◇天海春香(80)  「そそ、結局は今日の発言しだいなんですよね」
と言って、その道明寺歌鈴の実際の発言内容が

◇道明寺歌鈴(66)  「え~っと状況を整理してみます…う~ん」
◇道明寺歌鈴(44)  「とりあえず皆さん一度お茶でも飲んで落ち着きましょう?
…用意はもうできてますよ?」
◇道明寺歌鈴(19)  「かまれちゃったのは…凛ちゃん…
確か直斗さんの白でしたっけ」
◇道明寺歌鈴(7)  「今日のおみくじ持ってきましたよ!
えっと今日は……凶ですね…
と、とにかく頑張りましょう!」

この四つだけであるにもかかわらず、展開的に吊れない、というかまぁ
吊らせまいと動きましたが。その結果として吊れそうになった萩原雪歩投票していた点。
発言内容と行動の矛盾は、彼女の人狼を証明しています。」
高垣楓 「何処で1W吊れたかをお願いしたいです。」
白鐘直斗 「四日目の行動で、天海春香はほぼ尻尾を出しています。」
白鐘直斗 「真田幸村でしょうね。>1W」
球磨川禊P 「『白鐘ちゃんについては』
『春香ちゃん吊りの日に真田ちゃんを何だと思って吊ったのかという話と』
『五日目に言っていた美希ちゃんについての評価が』『結局宙ぶらりんになったまま放置されていて』
『言及だけして吊り位置から外す という仲間庇いの動きかな と言っておくけど』」
球磨川禊P 「>1W
『多分幸村ちゃんかな』」
白鐘直斗 「結果論的な話をするなら人狼と言いましたけど。普通に。
そもそも「残してはいけない村人かもしれないし狼かもしれない位置」として吊りましたけれど。」
球磨川禊P 「『直斗ちゃんが誘導して吊ってるけど』『どの道その前日に僕がそこを占い位置と評価していたのは』
『評価しれ欲しいんだけど』」
高垣楓 「球磨川P視点囲いはなかったと。
逆に直斗さん視点は囲いありと。」
白鐘直斗 「少なくとも状況的に
幸村から僕を「偽っぽい占いだ」と言う理由は存在せず
対抗目線の幸村人狼にはとても無理があるわけですが。」
高垣楓 「ついでに、真狂を疑った理由は。
村目を占ってと言ったのに占い先はガチガチに人外探してたからなのです♪」
白鐘直斗 「そしてまぁ
春香が発見された以上、昨日の段階で確実に最終日に行き着くには
かなり非狼っぽい2人のどちらかに●を出さなければいけない訳ですね>対抗のムーブとして」
球磨川禊P 「『美希ちゃんについては』
◇星井美希(2) 「凛が役目かどうかは○だったし良く見てないんだけど、
○噛みって意味でこれって直斗真っぽいのかな?
っていうか真田Pは占い処理しても良かったんじゃないかなって。
それより雪歩は吊っちゃいたい。
……歌鈴は、なんか吊るにはものすごく怖いから占って欲しいかな。」
◇星井美希(42) 「うーん……雪歩の吊り逃れもすっごく気になるし
歌鈴こそ役目に見えるんだよね。しかもこっちの方が吊るの嫌な感じ。」
◇星井美希(35) 「うーん……狩人COはやっぱ出るよね。」
◇星井美希(25) 「雪歩はしょーじき、狩か狼のどっちかだと思ってるんだよ。
けどかりんと一緒で狩もあるからすごく困る場所」
『この辺りの煮え切らない動きと』『雪歩吊りに行かない辺りとか』
『雪歩偽に思考が傾いてないあたりとか見て欲しいけど』」
球磨川禊P 「『春香ちゃんは○狙いだけど』」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
球磨川禊P1 票投票先 →白鐘直斗
高垣楓0 票投票先 →白鐘直斗
白鐘直斗2 票投票先 →球磨川禊P
白鐘直斗 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
白鐘直斗さんの遺言
         _ ____
      //: : : : : : : : : >、
     /: : {: : : : : : : : :/: : : :\
     ヽ-  ̄ ̄` ー-:: _: : : : : : :\
     /-―― -.__  ヽ : : : : : : :ヽ
    /.: .: .: .: .: .: .: .: .: ‐  \ : : : : : i
   /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \ \ : : /
 ∠イ.: /.: .: .: .:/.: .: .fィ l.: . N_ヽ、j:/
  ル.: /.: イ.: .:/ .: ./ {i_l |.: .:l iソ !:〈            …ああ、お疲れ様です。
   |/ l.:/ .: /.: .: .l .: 〉 i.: .:l ` 从::!、
     ソ.: .:l/.: .イ. /i l.: .!  _」 トv‐、‐-、
     /.: .: イ.: / Vリ l  V c┘ | イ { r→、
    ル/l/l/l/::: ‐-ヽ_ /   l ヽ Ll_t }
    l::::::::::::: >    !  ゝ ‐ l
    「 ̄ ̄ ̄ ̄`ー―┴――、 ヘ (  /
   /         /      l/ニニ= 、<
  イ         /       l    ヽ〈
 / l         l        l_   /
. 〔 l_ -―┬―¨ \  こ二ニ‐ニ〕  /
  ヽl      !     \      \/
   i|      l       \      〈
   l     l         \    \
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/07/22 (Sun) 00:11:32
少佐 「ギコ 素村で気楽に『化外を殺す心持』を持った結果が
私と真田の様な者なのだ」
水瀬伊織 「吊られ即負けじゃないものね、素村は
適当にやって適当なときに吊られるのは問題ないもの」
天海春香 「お疲れ様ー」
高垣楓 「お疲れ様でした。」
赤羽根P 「ゆ、雪歩!?////」
遠山の金さん 「お疲れ様だ! 」
少佐 「おおう・・・」
真田幸村P 「     ┏┓    ┏┓      ┏┓    ┏━━┓  ┏┓┏┓┏━━┓     /:::::::::_,,.-‐/_,,レ゙-‐/''へ、../‐レ゙...,,}::: : : \__  ┏┓┏┓
      ┃┃    ┃┃      ┃┃    ┃┏┓┃  ┃┃┃┃┗━┓┃   ∠::::::///ヽ:}:::::::::::{  "心''ー' _,,.,!:::: :_,/  ┃┃┃┃
  ┏━┛┗┓┏┛┗━┓┏┛┗━┓┃┗┛┃┏┛┗┛┗┓  ┃┃     |/}ィ":::{ '、..|::::::::!l:|    ":::..〈ィ゙:::::::\    ┃┃┃┃
  ┗━┓┏┛┗┓┏┓┃┗┓┏┓┃┃┏┓┃┗┓┏┓┏┛  ┃┃┏━  〃::::::::::\_{::ト、:| }     " /}:リ`゙'一゙━┓┃┃┃┃
  ┏━┛┃    ┃┃┗┛  ┃┃┃┃┗┛┃┃  ┃┃┃┃┏┓┃┃┃   ,/||:::::::::::::::::∧| '!    ィ==、 ,' . .    ┃┃┃┃┃
┏┛┏┓┃    ┃┃      ┃┃┃┃    ┃┃  ┗┛┃┃┃┗┛┃┗━:.:.:.:.||:::::::::::::::::{:゙.、    /ヽ, .゙// .━━━━┛┗┛┗┛
┗━┛┃┃    ┃┃      ┃┃┃┃    ┃┃      ┃┃┗┓┏┛| : .:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::!:リ:. \   ゙ー==" /            ┏┓┏┓
      ┗┛    ┗┛      ┗┛┗┛    ┗┛      ┗┛  ┗┛  | : .:.:.:.:::.:.||:::::::::::/'j ::   `' ..._ _/.」
星井美希 「お疲れ様」
白鐘直斗 「ふー、ちかれたー。」
渋谷凛 「お疲れさまー」
球磨川禊P 「『お疲れ様』『っと』」
水瀬伊織 「へー、楓やるじゃないのよ」
赤羽根P 「お、お疲れ様」
ギコ 「お疲れ様だゴラァ」
遠山の金さん 「共有、球磨川、いい踏ん張りであった。見事!」
高槻やよい 「あ、そっちいったんだ。
楓さん、おつかれさまでーす♪」
道明寺歌鈴 「お疲れ様でした…ふぇぇ…お仲間さん足引っ張っちゃってっごめんなさい…」
白鐘直斗 「んー。まぁしょーがないかなーということで。」
天海春香 「勝利わっほい♪」
GM 「おつかれさまでした!」
如月千早 「か、勝ちましたか!」
渋谷凛 「おー、楓さん、球磨川Pさんお見事」
真田幸村P 「うおおおおおおおお!勝ちましたぞ!
お館さまぁああああああああああああああああああああ!」
白鐘直斗 「決め手どこだったんでしょーか」
高槻やよい 「えとえと、最後の決めてって、なんでした?>楓さん」
少佐 「人狼諸君は任せてしまって申し訳ない限りだ」
萩原雪歩 「おおっ・・・すごいです!
楓さんGJ!
でも白鐘直斗さん達狼さんも凄かったです、途中から真占いさん誤認しちゃいましたし・・・うぅ
おつかれさまでしたー!」
GM 「ほんとすごい最終日でしたね。 しゅらのひとたちこわい。」
遠山の金さん 「四条で素村が久々で、思いのままに遊んでたら
弁当になったでござる>ギコ」
ギコ 「ここ2,3日で久しぶりの勝ちだぜー」
真田幸村P 「球磨川殿!狼と見た点だけ修正を希望する所存!」
赤羽根P 「楓さん、ありがとう。俺の想いを引き継いでくれてありがとう」
水瀬伊織 「惜しかったわね、終始狼ペースだっただけに>白鐘」
星井美希 「勝負の分かれ目になったのはミキの発言かな?って思っちゃうね、これ。
最終日前日の段階でミキの事怪しんでたっぽいしね、楓は。」
渋谷凛 「わりと、白鐘さんは、囲いを一切していないというのがあったからね
そこも含めて、狼陣営お見事だとおもう」
球磨川禊P 「『あっれー幸村ちゃん村か』『ふむ』」
天海春香 「私吊った日の翌日に赤羽根Pに●打ったら素直に狼勝ってたと思うよ?」
白鐘直斗 「悪くないゲームだったのでうん」
白鐘直斗 「そんな感じ」
遠山の金さん 「俺も霊界にくるまで、直斗が真として考えていたからな……
見事という他あるまい>狼、村ともに」
真田幸村P 「やりました…やりましたぞお館様ぁぁぁぁ!」
萩原雪歩 「男の人は怖いけど、感謝の気持ちですー・・・///>赤羽根Pさん

村のみなさんも、吊られそうだった情けない狩人でしたが
空気を読んで生かしてくれてありがとうございましたー!!」
白鐘直斗 「アンマシスキクナイ>●2で押し切り」
赤羽根P 「765プロのみんな、守れなくてごめん。でもこんな俺でよければまたプロデュースさせて欲しい。
これが償いになるかはわからないけど、俺はまたみんなと夢を見たい」
高槻やよい 「これ、多分このカタチならどっちが信頼挑むかなー?まで考えた、とは思うんですよね。
単純にくまPに入れられるとも思えないけど、どうだろう?」
渋谷凛 「白鐘さんは、霊界でも絶賛された騙りだったよ>白鐘さん」
ギコ 「そりゃああんだけ遊んで○貰ったら吊れねえ判断されて噛まれるがなw>鴨奉行
ぶっちゃけ白鐘が狼だったし狐怖いからな」
天海春香 「私吊れた時点で狼勝ちゲーじゃないですか、ヤダー」
真田幸村P 「直斗殿偽と見たのは、初日!
後半の発言がどうしても真には見えなかった次第!」
GM 「それは確かに。>春香」
星井美希 「まあ、直斗の中身見て強さに納得っていうか、凄かったなぁほんと。」
水瀬伊織 「最終日前に美希を吊らせて勝負するのは上手かったと思うわ
美希も含めて2W主張のほうが説得力を増したような気もするけど>狼陣営」
遠山の金さん 「まあそうなるのかねえwwwww>ギコ」
赤羽根P 「感謝、か……有難う。有り難く受け取るよ。
……これからも、よろしくな?(頭撫で)>雪歩」
高垣楓 「美希と赤羽根Pで●なら美希吊りですよ。」
高槻やよい 「ああ、やっぱり春香さん吊りって本来はそういうことですよねー。」
白鐘直斗 「あっこから逆転されてるのはアホやでーという感じの>春香あっさり吊れて」
如月千早 「どうしましょう。
ロラされたくなかったですねこの村。
狼か素村で参戦したかったです。」
白鐘直斗 「だからまぁんー
仕掛けるタイミングって大事かなやっぱり」
水瀬伊織 「普通は春香吊れた時点で狼勝ちなんだけど、
ちょっとしたスキをつけた共有のGJよね>春香」
真田幸村P 「伊織殿と、春香殿を怪しんだのは
拙者の占い両偽に対しての発言に絡む割りには
占いの真偽についての発言が無かったからで御座います!」
白鐘直斗 「道明寺歌鈴を働かせる手を
1手打ててたら多分勝ててたかなって感じ」
星井美希 「ほとんど直斗に任せちゃって申し訳なかった部分もあるかなーとは思いつつ、
けどデコちゃんと遊ぶのは止められない感じ!」
少佐 「私が狂人なら無条件ローラーなのだよ はっはっはっ!>如月」
高垣楓 「あぁ、その前の話ですか。春香さんじゃなくて赤羽根Pに●?」
白鐘直斗 「後はもう単純に
判断役の選定ミスなんで」
遠山の金さん 「もし赤羽根に●を出していて、美希吊りならそれだけで狼がマッハな気がするんだが」
ギコ 「ぶっちゃけ呪殺対応が真より上手にできた時点で狼有利になったんだけどね
本当に占いと共有が頑張った」
白鐘直斗 「そんな感じの。」
天海春香 「占いの真偽はねー。
あの時点で○だったギコさんがなんとも言えなかったから、なんとも言えなかったw>雪村P」
道明寺歌鈴 「ふぇぇ…足手まといでごめんなさい…>直斗さん」
高槻やよい 「んー、最後の決めてかなぁ?
春香さん吊るって、くまP切るような吊りにも感じていたので>楓さん
一旦フラット、んで、最後にどう判断したかはしりたいなーって。」
水瀬伊織 「それもあるわね
赤羽根Pに○出して味方につけたんなら、そのまま押し切ってもよかったかしら>白鐘」
如月千早 「くっ!!
霊能ローラーとは悲劇なのに!!>少佐さん」
白鐘直斗 「ギコが死ぬほど何とも言えなくて
あーこれ○投げたけどどうしようって思ったんで
銃殺で涙出るぐらい助かった…>春香」
渋谷凛 「球磨川Pも粘りに粘った感じかな…
いい勝負だったよ、ふたりとも>白鐘さん・球磨川さん」
真田幸村P 「美希殿は二日で御座るな!
発言は多いように見えて、その実中身は空っぽだったで御座る!>美希殿」
星井美希 「霊ロラの2日目なんてミキの発言いつもからっぽ!>真田P」
赤羽根P 「噛まれて本気で驚いたぞ正直…」
水瀬伊織 「歌鈴はいい位置だったと思うんだけどね
雪歩のなぜか吊れないスキルに負けた感じだったわよね」
少佐 「霊能初日だったら確かに私にとっては悲劇だったがな
そうじゃないのだからありがたい限り>如月」
星井美希 「雪歩はまぁ、あそこで吊っちゃいたかったけど……
吊り逃れしてる時点でグレランじゃ、吊れないからねー」
遠山の金さん 「霊ロラは遊んでしまうからな……!」
真田幸村P 「熱血路線は吊られやすいのは判明しましたな!少佐殿!」
ギコ 「そんなに狐に見えたんかいw>春香、白鐘
ぶっちゃけ狐の時ならもっと真剣に遊ぶぜ?」
白鐘直斗 「4で雪歩吊って5で真田残せてると
そーとー変わったかなー」
赤羽根P 「何故か吊れないスキル…昔の俺と同じって事か?>伊織」
白鐘直斗 「いや狐というか
…あー何か人外臭いなーみたいな?>ギコ」
萩原雪歩 「はい、あそこで吊り逃れ無しで
私を生かして下さった真田幸村Pさんとかも・・・
今回はほんとみなさまに助けられました~

赤羽根Pさんの心も、ちょっと助けられたらいいなーとか・・・///
えへへ、それではおつかれさまでした~!」
赤羽根P 「いや、熱血路線とか関係ないんじゃないかな>真田」
水瀬伊織 「ま、タイプ的には似てるんじゃないの?>赤羽根P」
天海春香 「歌鈴さん吊った日の雪歩の生きたがりっぷりはすごかったもんね
前日なら吊れたろうけど、あの日は吊れないですよね」
少佐 「熱血路線と言うより、強直路線はそんなもんだ
どんだけ頑張っても吊られるし人外に見られる
この路線で村と見られる人はまぁ、すごい訳だ>真田」
ギコ 「2-2の時点で灰の人外ってほとんど狐しかいねえじゃねえかw>白鐘」
球磨川禊P 「『どーせ身内のライン切り入れてるんだろうなーと考えつつ春香の○狙いの分手が足りないかなーとか考えてた』
『二日目夜は人外引けないんだよね』」
遠山の金さん 「霊能に少佐と千早が出た時点で、すごいメタなアレが働いて
少佐狂人じゃね、と思ったのは内緒。うん」
如月千早 「だって・・・だってRPできないじゃないですか(真顔)>少佐さん」
天海春香 「霊ロラ&共有噛みでやよい・千早がいなくなってさびしかったです」
少佐 「だろう?そう思うだろう?私もそう叫びたかったのだ」
白鐘直斗 「身内のライン切りは真田には使わないかなー
めんどくさくて(」
水瀬伊織 「あれでCOなかったら、私なら吊るわね>春香」
少佐 「ふっはっはっはっ!私が狂人を貰った時点で
霊能者など・・・霊能者など・・・ふふふ>如月」
遠山の金さん 「俺が占われるような動きをしてしまったのがアレだな、
球磨川には申し訳無いが、うむ。」
渋谷凛 「道明寺さんもかなり吊られない位置にいたけど
そこは、村側が頑張ったなーと思う」
星井美希 「ぶっちゃけあの日はミキー赤羽根Pのランでミキが吊れると思ってたの。」
真田幸村P 「拙者は吊り逃れは致しませぬ!狩人殿がそれで逃れるならば重畳でござる!>雪歩殿」
萩原雪歩 「あうあう、確かにギリギリで吊られない
ところはあるかもー・・・///>なぜか吊れないスキル

でも、狩人としてはもっと発言数頑張らなきゃ、でしたね・・・///
穴掘って埋まって反省してきますぅ~!」
如月千早 「やはり・・・狂人の霊能COははギルティですよ・・・!!>少佐」
渋谷凛 「君達は、どれだけ仲がいいんだ…>少佐、金さん」
ギコ 「潜伏狂人もたまには楽しいぜー>少佐
俺一回しかやったことねえけど」
天海春香 「歌鈴さんも残ってたし、雪歩残しちゃってもいいかなーって
銃殺出てたから狩狼のどっちかだろうしね>伊織」
球磨川禊P 「『ぶっちゃけ春香占いの時点で美希と伊織が何か持ってそうなのはわかってたし』
『美希占わないのは身内票あったからだけだから』」
白鐘直斗 「まー
なんかの間違いで道明寺が生き延びてたら
雪歩噛んで春香●ぶっぱしてるかなー程度」
遠山の金さん 「矢張り……! しかし霊能2な時点でロラせずにはいられん!
なんというジレンマ!>少佐」
白鐘直斗 「まぁ
展開的にしょーがないね」
少佐 「なんなら共有COをしても構わんのだよ?>如月」
遠山の金さん 「今度少佐に酒奢る予定です>渋谷」
白鐘直斗 「狂人の霊COは
乗っ取って勝てるとか
残されるとかでちゃんと狼に繋げるならいいんじゃないですかね」
白鐘直斗 「しかし蒼星石とまじりますよ先輩…」
水瀬伊織 「ま、銃殺出てる展開なら吊りにいかなくてもってとこではあるわね>春香」
渋谷凛 「そうなんだ、本当仲が良くて微笑ましいわ>金さん」
高垣楓 「最終日直前までは直斗さん真だったんですけどね。
美希さんと春香さん比べて前者が狼だったんじゃないかと。」
真田幸村P 「少佐殿は発言的に真を切らせて頂申した!
ゆえに初日は少佐投票でござる!霊ロラゆえ関係ないと言えば関係無いので御座るが・・・!」
少佐 「私とそれはすごく仲が良い 気が合うのだろうな >渋谷
やって文章量で圧倒した結果噛まれた>ギコ」
ギコ 「ん、雪歩は怪しいけど
なんか役持ちに見ている人がいるからここで
吊らんくてもいいかーって思考になったな」
赤羽根P 「…ヤバイ、今の発言は大分キた。
……ホントありがとう雪歩。俺すごく嬉しいよ」
高槻やよい 「んーそうなると、占い単体よりも残り灰みた判断ですねー。
お見事です!>楓さん」
渋谷凛 「なんか、長年来の友人というか、私達の同期に似てる的な?>少佐」
水瀬伊織 「狂人の霊COはロラになってくれればうれしいけど
乗っ取りだと旨味がなさ過ぎて吐きそうになるわよね>白鐘」
白鐘直斗 「やっぱんー」
白鐘直斗 「●位置間違えると辛い」
遠山の金さん 「いつ奢るかは未定だがな!>渋谷

あ、あっちのケは無いのでご心配無く」
ギコ 「遊んでいたら確定○になったけど狼が詰んでいた>少佐
狼の霊能騙りは乗っ取り以外は全部失敗だと思うんだ…」
少佐 「潜伏狂人も占い騙りも得意じゃないのだよ
まぁ、手抜き腑抜けと罵られるのも事実の
理由だからなんら弁明するつもりはないさ>白鐘」
白鐘直斗 「乗っ取れたらいくらでも勝負できますよ!
噛まれなければ(>伊織」
赤羽根P 「あとさ、俺もなんかよくわかんないけど吊られなかったよなぁ・・・どういうことなんだろう・・・w」
水瀬伊織 「美希と春香の天秤か・・・楓は冷静に判断したのね、すごいじゃない」
白鐘直斗 「狼の霊騙りは
計算ずくでやると強いですけどね」
白鐘直斗 「狼2駒出して真沈められるのが
どれだけ強いか考えたら強いというか
真沈めてラス1が生き残れるなら確実に強い」
遠山の金さん 「あそこで雪歩票が0だったからな。そこは雪歩の力であろう」
白鐘直斗 「センプクデモイイノヨ>少佐」
少佐 「乗っ取り以外の霊能COは失敗などと私は考えぬからな
乗っ取り成功で私が悩むだけ 失敗ならローラーで狼が選べる
なんら分の悪い賭けじゃないのさ>ギコ」
星井美希 「だよね、占い同士の信用より●同士の信用になっちゃうよね。
やー……ミキ、いつでも役目に見られるんだよねー」
白鐘直斗 「まぁ真面目な話
投票時間たっぷりあったんで
銃殺対応はほぼ全対応してましたしねぇ…」
球磨川禊P 「『雪歩ちゃんよりは美希ちゃん歌鈴ちゃんの方が優先対象だったしなー』」
水瀬伊織 「1狼消費して霊ロラさせるのも有効なこと、あるのよ>ギコ」
真田幸村P 「この幸村、怪しいと思った所に全力で行かなかったのが悔やまれるまする!」
少佐 「苦手なのだよ・・・情報量がおおいということが
見えてしまって喋れんのだ 私は>白鐘」
遠山の金さん 「なんという……ものすごい見習いたいものであるな>直斗」
渋谷凛 「みていなんだw>金さん」
白鐘直斗 「三日目はごちゃごちゃしててギコと伊織だけで
伊織○はヤバいんでギコ○ぶん投げて」
遠山の金さん 「潜伏狂人はな……まだまだ動きはわからなすぎる。吊られるだけでもいいのだろうが、
それでは普段の素村となんら変わらんしな」
白鐘直斗 「四日目からは結局力ずくの全対応でしたね」
渋谷凛 「そういえば、気がついたら赤羽根P吊られず噛まれていたわね>赤羽根P」
白鐘直斗 「であであ」
水瀬伊織 「でも、美希も私もやよいも、みんな別々の陣営になっちゃったわね
ちょっと残念だったわね」
如月千早 「プロデューサーは、その。
プロデューサーですからね(?)」
白鐘直斗 「グレランやったほーが
狐候補減る分楽と言えば楽ですし
灰減る分厳しいといえば厳しい」
遠山の金さん 「未定未定。その気になれば来年でも(ククク>渋谷」
星井美希 「別に狼と狐と共有のカップルでも美希は構わないの>デコちゃん」
水瀬伊織 「私は占われ位置だし、そっちが先に○出すわけにいかないものね>白鐘」
遠山の金さん 「今日の村もまた勉強になる好き村であった。一同、感謝するぞ」
高垣楓 「霊能居ないのに身内票とか言葉使っちゃだめですよw
今回は狼でしたけど、村で漏らしたら一大事ですw >美希さん」
少佐 「そこは一長一短だな グレランで落ちる狩人は計算しない
というのが私の詰め方だから こういう出方なのかもしれん」
真田幸村P 「灰は見れたとなれど・・・攻めが足りぬ!
風林火山の心持で行きたい所存!」
遠山の金さん 「む、そうか。霊2ロラなら真を噛まない限り灰が縮まるのか。
今日の村もそうであったように」
真田幸村P 「落ちる方々はお疲れ様で御座る!」
星井美希 「え、霊能なんていなくても身内票するよ?
っていうか占い真狼に見えてる以上、あんまり発言変わらないんじゃないかなぁ。
先に球磨川Pが使ってたしね。」
赤羽根P 「俺だからって何さ!?>千早」
渋谷凛
                    ______
                  ,....:::::´::::::::::::::::::::::::>、
                  /::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ヽ\
               /::::::,:::::::::/::::::::::::::::::::::,:::::::::|::::::..
                 /::::::/:::::::/::::: /::::,::::::::/::::::::::}::::,:::::.
             '::::::/::::::/:::::::/::::/::::::/ }:::::::::ハ:: !:::,:::.
             j:::::::i:::::: |:::::::/:::/::::::/ ,'/:::/ |_:|:::|:::|
               '::::: ':::::::::|::::/:::/:,.:イ--/{:::/ ´}イ:: |:::|
            ' :::: |:::::::::|::/::/',ィ斥ォ、  ¨´ イ芯|::::|:::|
             /::::::::|::::::::Ⅳ{::| 弋)ソ      ゞ' |::::|:::;  それじゃ、村の皆お疲れさま
              / ::::::: |::::::::| _}ヾi          ' ;:::::|::;  占い師対決は、お見事だったよ
          /:::::::::::::|::::::::|ゞ゚ 、       ,., /|:::::|/  見ていて、面白かった、またね
            /:::::::::::::: |::::::::|:::::::}  、..       ,.:::::|:::::|
        / ::::::::::::::: |::::::::|,イ/    ` ,:::ー '::: /|:::∧ _
         /:::::::/:::/::::::}:::::: ! \     ∧:::/::/ j::/{,.イ_と_ヽ、
       /::::::::/:::/:::::::::|::::: |    ヽ   {_ \:.:' /イ//   >-、
        /:::::: /:::/:::::::::/|::::: |!    \_ }!ヽ __ヽ {/   /,.ィ⌒ヽ
     /::::::::/:::/:::::::::/ニ}::::::|{    _,.., \'o ∨ニ、/\  ¨  と,.、 〉
.    /::::::::/:::/:::::::::/ニj!:::: | ニニ\{___\_,.ト,ヽニ:. \       \
    /::::::::/:::/::::::::::,'ニニ!::/リニニニニ\  \:/^:} ∨ 、  \   /⌒)
.   /::::::::/:::/{::::::::::{ニニj/ニ\ニニニニ`丶、 〉:イⅥニ', | \/ _,.イ
  /:::::/://::::/::::|ニニ'ニニニヽニ/ニニニニ 、:/:j!ニニ, {ニニニニ}」
少佐 「真田P おすすめはアンデルセンRPだ
『そこが村人なはずはない!異教徒だろう?異教徒なのだろう!?』
『ならば吊りだ!吊りしかない!眼前に敵を放置!?愚かおろかぁ!』
これだけでいける 訳もないけど>真田P」
如月千早 「つ、つまり・・・・
プロデューサーだから!!>赤羽根P」
真田幸村P 「中々にこの幸村RPも乙でありますぞ!少佐殿!」
遠山の金さん 「いかん、吊られるアンデルセンが目に浮かぶ>少佐」
少佐 「灰の広さ狭さはよく分からんから考えないことにしている>遠山鴨の助」
遠山の金さん 「いいから実写RPしろと…!>真田
アイマス村で何を言ってるんだ、という意見もあるが!」
高垣楓 「それは役持ちと素村の差だと思います。
身内票という言葉を使うなら、誰がいつなんで使ったのかと説明しないとですかね。
少なくとも、私はそう考えてるだけですけども。>美希さん」
遠山の金さん 「いかんすごい同意したい>灰なんぞよくわからん>少佐」
真田幸村P 「                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
\              ノl:::::::l:::::::::::!.rヘ|:::::::::::::::::::::::::<
\\             |/}:::}:::}::::::}ー |::}:::::}::::::: |:::::::::::\
  \\                |/∨}ヽ.l__|∧.∧:::}、|::::::::/ ̄`
   \\               |:::::/ ''ぅ、 、..rセ´ヽ/:Y!::::::\
     \\         {三三三三|   }     /:::|_}ヽ} ̄`
       \\   r─‐{──- 、 } |   ' '   イ//Vー‐- 、
        \\/ /  >'´ ̄`\ { ̄ ヽ /{/  ./ /
          {  /  / \_ >'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、/ /
        /{ /  //`ー、/ /          ∨ \
        // ∨ ∧ `ー/ /            ∨ }
    /./   ∨///}  .!/        ',   '.  ∨_________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、     !   }     '   }
─r─r─────r────}     }   ′   } ./─────────‐
. /  /          ヽ.      |   /  /    / /ハ
/  /         ∧     `ー'`ーr'`ー、__ノー'/ !ヽ
  /             | ∧     ∧  } ノ   { //!  | }
. /           | |/       ∧ /  ヽ V / {`ーく\
/            .|/         }/     /  \   \\
この幸村!狼を一匹でも巻き込んでから落ちる事を此処に誓う所存!」
如月千早 「みなさんもアイドルRPしましょう(チラ」
遠山の金さん 「耳が痛いでござる」
球磨川禊P 「『占い師なら3日目夜にはほぼ人外引けるしなー』」
星井美希 「あー……まあ、そういうのはあるかも。
ミキその場その場で喋ってるから、誰かが使ってた言葉をそのまま使う事が多いんだよねー
っていうのは自分でしかわからない情報だしねw>楓」
少佐 「ただの熱血では最早足りない・・・
狂ったRPを!狂い切ったRPを!そうでなければ最早満足できんのだ!
ただカワイイのはなんか(自分がやるのは)嫌だ!
それで、ここまで来てしまった!これてしまった!
だから私はこれからも狂った者RPしかできないのだ!
この世は狂喜と狂気に満ち溢れ!私が吊られることすら
受け入れられるRPがあると!そう信じてやまないのだよ!
真田幸村!」
真田幸村P 「     .∠_::::::::::::::::::::::/」::/‐∨|::::/|:/|::/ ',: : :  >
       /::::::::::_,,.-‐/_,,レ゙-‐/''へ、../‐レ゙...,,}::: : : \__,
     ∠:::::::///ヽ:}:::::::::::{  "心''ー' _,,.,!:::: :_,/
       |/}ィ"::::{ '、..|::::::::!l:|    ":::..〈ィ゙:::::::\,
       〃:::::::::::\_{::ト、:| }     " /}:リ`゙''一`
    .____/||:::::::::::::::::∧| '!    ィ==、 ,'
  イ.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::::::{:゙.、    /ヽ, .゙//
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::!:リ:. \   ゙ー==" /
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::/'j ::   `' ..._ _/`゙''ー-、,_
  /、.:.:.:.:.:.:.:.||/レ|:/        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
拙者、赤きヒゲがアイドルになってしまうのでありまする!>千早殿」
球磨川禊P 「『今回○狙ったから○引いただけで』
『割と冷静に俯瞰すればその辺りを占いで当てる程度はできる』」
星井美希 「少佐も真田Pもすっごく暑苦しいよね。
嫌いじゃないけどw」
少佐 「ちょっとまてい 私は暑苦しくない 暑苦しくないぞ
そこは断じて違う 違うぞ」
遠山の金さん 「お、俺にはとっておきの鴨先生RPが……!!>千早

や、あれを、「RP? え?」って言われたら何も返せないでござるが!」
道明寺歌鈴 「おみくじですよ~
なになに…大吉
あいます村だけどアイドルじゃなくても(ええんやで)
…だそうですよ~」
真田幸村P 「この幸村、燃える心を抑えられぬ!>美希殿」
遠山の金さん 「矢張り俺は黒く見えたという事か……>球磨川

少々遊びすぎたようだ…!」
如月千早 「鴨=貴女でしょう!>金さん」
星井美希 「あ、追記。 金さんも大概暑苦しいよね。」
少佐 「アイドルだろう?最後の大隊のメンツからしてみれば>如月」
遠山の金さん 「暑苦しいとか心外すぎた。目指す位置は江頭様ですが>美希」
球磨川禊P 「>金さん
『二日目夜は当てられないしなー』『二日目と三日目の発言統合して考えるだけで』
『割とここ2つの発言じっくり眺めれば一人くらい当たる』」
遠山の金さん 「アイマスなら鴨はゲーム内に登場するらしいからな……!>千早

そこの美希と絡んでりゃ立派なアイマスRP……!(ちょっと苦しい」
真田幸村P 「今宵は狩人の代わりに吊られたと言えば聞こえは良いが!
実際に吊られてはならない時に吊られぬよう!この幸村精進いたしますぞ!」
星井美希 「2日目夜でてきとーに役目っぽいとこ纏めてみて
後から戻って読むと1人くらい人外当たるよね、くらいのあれでそれ?」
遠山の金さん 「ふむ、なるほど。言動を統合して、かー。
占うに情報は多いほうがいいのは至極当然。勉強になる>球磨川」
球磨川禊P 「『いや二日目と三日目の発言見てそれっぽい場所占うと大体一発で当たる』」
少佐 「もう最近役持ちか否かも考えんからな 私は
なんか吊ろう なんか残そう なんか私吊られよう
その程度でやってる 気がする」
真田幸村P 「寡黙目は統合しにくいから微妙なのでありますな!>球磨川殿」
球磨川禊P 「『狼→狩人→狼→狐→狼で占ったのはそこそこ伊達じゃないと思ってる』」
少佐 「それっぽいが分からんからなぁ 経験値が足りんよ」
遠山の金さん 「少佐……その動き、まるで俺じゃないか!>少佐」
少佐 「いやまぁ、実際は考えるぞ?でも、突き詰めればこんな程度なのだ>遠山」
真田幸村P 「今は当って砕けろの姿勢で御座る!
後は、怪しいと思った位置に対しての攻めをもう一押し身に付けたいで御座るな!>少佐 遠山殿」
遠山の金さん 「考えをしっかりとロジック化出来れば、そういう「なんとなく」
な動きが今よりはぐんと減るとは思うんだがな。なかなかどうして、上手くいかぬ
ものよ>少佐」
少佐 「当たって砕けろも大事だと思うぞ
私は私が砕けるのを認識しているからやらんが>真田」
少佐 「たぶん なんとなくの定義が違うのかね 私と遠山は>遠山」
球磨川禊P 「『発言の一貫性とかは大体見るかなって感じ』」
遠山の金さん 「強誘導する時点でいろいろと素村から票をもらう気はするがなwww>真田

それとなく素村に「それっぽい」と思わせるような思考の過程を説明できねば
それは単なる「いちゃもん」にしか過ぎぬのだと思う。
や、怪しい、と感じる事自体はもちろん問題無いがね」
少佐 「それは見るなぁ あと、投票の差異もかね
ここを見ると、極端じゃない限り1w捕まえられる」
真田幸村P 「故に其の疾きこと風の如く
其の徐(しず)かなること林の如く
侵掠(しんりゃく)すること火の如く
知りがたきこと陰の如く
動かざること山の如く
動くこと雷霆(らいてい)の如し

正に風林火山の教えが重要で御座る!>少佐殿」
真田幸村P 「うむ、そこを身に付けるべきでありますな!遠山殿!」
少佐 「私はよく消極的戦法とったつもりが強誘導と思われるからな
いやはや、こわいこわい 無論、RPのせいもあるが
どうなのであろうな そんなに私の発言は誘導チックかね?>遠山 真田」
遠山の金さん 「ふむ。面白いものよ>少佐

自分の動きを理論化し、そこに自らの印象、感情も乗せていく形ができればなと
常々思っておるが、思うだけでアレコレなのが、うん。ワロス」
球磨川禊P 「『今日の伊織ちゃんなら』『占い師に喧嘩売る割には内訳考察が出てこないとか』
『占い先に文句つける割にはどこを占って欲しいかの宣言がない』『気になっている灰を言ってないとか』」
少佐 「まぁ、そこはなんとも言わんよ>真田」
遠山の金さん 「偉そうな事言うても俺自信、そないなスキルなんぞ持っとらんがな! ガハハ!>真田」
少佐 「そこで占えるのが球磨川Pの強さなのであろうなぁ・・・
どうにも、怖いのだよ そこが村人だった時が」
真田幸村P 「攻める点は見えてたで御座るな・・・!
しかしそこを纏めていなかったが、拙者の不覚とするところ・・・!
狼や狐が見えていただけに悔しく思いまする!>球磨川殿」
遠山の金さん 「うむ。人狼とは怖いものよ(ブルブル>少佐
なんであろうな。たまに少佐の殴りだけぽっかりと浮く形になり、目立ってしまっている、というのは何度か経験しているな。」
球磨川禊P 「『幸村ちゃんについては三日目に占い師の信用について語ったり』
『初日の霊能狐がどうとか』『全体的に内訳推理がとっちらかってる印象を受けたので』」
遠山の金さん 「占いの時に怖い、とかは考えておらんなぁ。

○ならばよし、●ならば尚よし。狐だったヒャッホゥ、ぐらい」
少佐 「良くも悪くも、村の雰囲気とは違う発言ということか・・・>遠山」
真田幸村P 「ふーむ、中々難しいで御座るな!>球磨川P」
少佐 「後半二つは怪しく思うが、3日目の信用度考察についても
結構重要な点になのかい?いや、興味本位なのだがね>球磨川」
遠山の金さん 「まあよく見る、という程でも無いがな。
ぶっちゃけ印象だ。そこは許せ>少佐」
球磨川禊P 「>少佐ちゃん
『ぶっちゃけ』『速攻で噛まれて無駄になりかねない位置について考察するのって無駄になりやすいし』」
少佐 「ふむー いや、印象は大事だ 私も印象型のプレイヤーだからな
大事にしなければならん点だ すまんな鴨山 >遠山」
球磨川禊P 「『美希ちゃんについちゃ内容寡黙 二日目と三日目の発言ペースに大きな差がある』
『ついでに発言稼ぎというかそんなオーラが見えたかなという感じかなあ』」
少佐 「あぁ、なるほど そういうことか 納得した ありがとう>球磨川」
真田幸村P 「ふむ、それで狼目でみられたで御座るか
中々難しいでござるな本当」
遠山の金さん 「俺も印象、感覚型だからなあw 
努々気をつけ、大事にせねばならぬのは俺も同じ>少佐」
遠山の金さん 「うむ。だからこそ面白い>真田

俺たちの人狼はこれからだ!」
少佐 「占い師の視点と言うものは本当に参考になる・・・
有り難い限りだ お礼に遠山が裸エプロンをやってくれるそうだ>球磨川」
真田幸村P 「そういえば拙者もどちらかと言えば印象型なのでござろうか?」
遠山の金さん 「やはり俺のエプロンが見たくて占ったのか……>球磨川」
遠山の金さん 「印象だけでは今日はどうしても直斗が真目に見えてしまったからな。
あそこで対抗の○の俺に○を出した時点で、どうしても。
噛まれてよかったと思える」
真田幸村P 「うむ、吊られるにしてもその前に仕事はしたいで御座るな!>遠山殿」
少佐 「中間では?どちらかと言えば、同族の匂いがするがね>真田」
球磨川禊P 「『いらねえ……』>裸エプロン」
遠山の金さん 「やはり印象だけでは一杯食わされるのは必然という事か。
くくく、おもしろき事この上無し」
真田幸村P 「初日の印象だけで言うならば、球磨川Pが真目でござったな」
少佐 「真狼の場合は確定○を作る意図を考えるのが良いな
まぁ、めんどくさそうなところに○当てて単○でも
噛むっていうのもよくあるから微妙だがな
その場合は信用が上下するから、まぁ、路線には合わないのだが」
遠山の金さん 「桜吹雪が満開ですぜ旦那>球磨川」
高垣楓 「春香さん狼として、幸村さん狼でそっちを先に囲うのかな、とか。
占い勝負はどこでやってもフラットじゃなさそうとか。
色々ありましたが、何とか勝ててよかったです。

まずは相方のやよいちゃんはお疲れ様でした、ありがとうございます。

同村のみなさまもお疲れ様でした。では、またの機会にノシ」
星井美希 「真面目に見るなら初日から球磨川Pが真目。
けど真狼って考えるなら凛噛みの時点で直斗真も多少。
みたいな感じじゃないかな。」
真田幸村P 「直斗殿はそう・・・噛まれる事に警戒しておらず
噛まれない立ち居地に見えたゆえの偽判定だったので御座る」
遠山の金さん 「おう、お疲れさんだぜ>楓

見事な踏ん張りだったぜ」
高垣楓 「s」
真田幸村P 「お疲れ様でござる!>楓殿」
遠山の金さん 「他の村視点ではそうなるかい。印象も人それぞれ。
やはり面白い」
少佐 「お疲れ様だ>高垣」
真田幸村P 「球磨川殿は無駄占いした事に焦りを感じたがゆえの、真目といった所であろうか」
少佐 「そこはまぁ、参考程度だな 言及し過ぎるのも?だし
まぁ、全く言わないのも・・・という感もある
そも、初日にCOする=抜かれる可能性は付きまとうのだ
そこを考えれば、白鐘は肝が据わっている という
言い方もあるけど、まあ、知らん 私は考えない>真田」
遠山の金さん 「そこで真目か。そこはどうだろうな、狼でも初日共有占ってたら
普通にそういう事言うような気はするが>真田」
遠山の金さん 「やはり占いの真贋見極めも難しい物よ。
簡単に見極めついたら苦労はせんであろうしな。うむ。」
少佐 「球磨川が焦って、なおかつ対抗の○占いを3日目にしていたのなら
まぁ、少しばかり人外を強く見ても良いかもしれんが
どうだろうな、そこだけ評価は」
真田幸村P 「後は3日目のこの発言で違和感を少し
白鐘直斗(17)  「ん、僕の○ですか。」
誰もが言っても可笑しくは無いとは思うが・・・うーむこれも直感ゆえか?」
遠山の金さん 「ああ、でも俺が騙りに出たら速攻で真切られるのはどげんかせんといかんでござる」
少佐 「それはこう、すごく、真らしいというか なんというか
それは半ば思考が固まって白鐘偽決め打ちになってると思うぞ>真田」
少佐 「希望制で偶然感を出されればそりゃ( >遠山」
少佐 「でもいいんじゃね?『狐いないし吊られても良いや』で吊られる占いより>遠山」
真田幸村P 「あ、4日目のセリフだ「ん、僕の○ですか。」
後は3日目、球磨川殿は灰も見つつなのに対して
直斗殿は余裕の素振りが見えていた、灰視も特にせず・・・というところでありましょうか」
少佐 「ん~そこは考え方ひとつ 噛み合わせもあるから
うかつに言うのは微妙なわけよ>真田」
星井美希 「真田Pの問題は、それで真を切っちゃう、ってとこじゃない?
真目薄いけど、そういう動きをする真の可能性が見えない。」
遠山の金さん 「そこはおいとけwwwww>少佐」
真田幸村P 「まぁ2-2展開で、占いが真狼見えてるような展開だったから
そこから来る先入観も多少あったのかもしれませんがね、そういう点では固まってるかな>少佐」
少佐 「そこだな いやぁ、女性が来て華が出た>星井」
遠山の金さん 「次は占い希望しよう……うむ……。
正直まだ3回しか占い引いて無いからな……3回目はアレだったし…」
遠山の金さん 「うむ。漢臭くてたまらん。もっと前に出てきていいのよ>美希」
星井美希 「まあ、けどミキも、直斗真なら噛まれてグレラン村かな?
くらいの心持ちだったかもね、素村なら。」
少佐 「そこは違うな真田
『真狼が見えているからこそ 両方の真を切らないのだ』
だからバランス●吊りなんてものがある
つまるところ、どちらでも詰めれるならばそれ幸い
それが村としての理想なわけだよ>真田」
真田幸村P 「うーむ、何処に絡もうかも難しいでありますな>美希殿」
少佐 「真狼ないし狂狼の噛みだったからな どちらか噛まれたらグレランだ」
真田幸村P 「ふむ?となるとあそこで決め撃ってる方が人外に見えてしまうのか、成るほど>少佐」
星井美希 「確かに最近は即抜きが多いけど、信頼高くても信頼勝負する狼はする。
ってとこがポイントかな、って思うかな」
少佐 「そこはまぁ、球磨川が言った通り、あまり今後に生きる考察ではない
そういうことだな 別に言うのが絶対悪などと言うつもりはないが
最後に『まぁ、こっち少し偽目で見るけど、両方の視点で進めたいね』
ぐらい言えればもう、ハナマルだな ハナマルハンバーグ食いたい>真田」
球磨川禊P 「『人外かどうかはともかく』
『あまり極端な動きする位置は吊り処理するかな』」
遠山の金さん 「真狼ならば極論、両方から出た●を吊り、そして占いをロラれば
それだけで最終日は確実よ(狐は考えません。」
少佐 「どちらかと言えば、信用路線の難易度が高いから
と、言わざるを得んね 好んでやる人種もいるのもすごく納得だが>星井」
真田幸村P 「ふむふむ、突っ走ったからこそ見えた課題・・・!これは良い事だ!」
少佐 「耳が痛いなぁ・・・>極端な動き」
遠山の金さん 「俺はドンキーのハンバークが食いたい。うむ>少佐」
遠山の金さん 「耳が痛いのぅ……>極端な動き」
星井美希 「まぁミキも別の意味で極端だから人の事言えないけどねw
序盤は基本的にRPだけの事が多いのw」
少佐 「では飲みに行く時は飯屋はドンキーにでもするか>遠山」
真田幸村P 「で、あれば極端な所を吊って
村目に見える所を占って○作るか、人外目占うかは個々によると>球磨川殿」
少佐 「私は『極端すぎて最早頭がおかしいのじゃないか』レベルの
傾いた推理を出すからな いやー本人はいたって真面目なんですよ?」
球磨川禊P 「『○が必要じゃない状況なら僕は人外狙うかなーって感じ』>幸村ちゃん」
真田幸村P 「ふむ・・・村村してるというのが段々解ってきたような」
少佐 「そういうことだな まぁ、どっちにしろ
『囲いじゃないか?』と懸念される位置に○を出すのはちと避けたい
人外狙いで○だった時はもう、泣きたくなるな>真田」
球磨川禊P 「『2回までなら村吊れるんだよ』」
少佐 「どうする遠山 真田が村らしくなると相対的に我々が人外位置だぞ」
遠山の金さん 「いかんな。もっとレアケ発言をするんだ>真田」
少佐 「二回まで と、言える辺りがもう、流石としか言えんよ
乾いた笑いしかでん」
真田幸村P 「極端な事言ってる、鴨と少佐吊ればいいよね^^ 発言も怪しいしさ!
こうですか>< >少佐殿」
星井美希 「むしろ基本事項として覚えておくと良いんじゃないかな>2回までは村吊れる」
遠山の金さん 「いかんそれ言い逃れできん>真田」
真田幸村P 「村吊りの場合は霊能が生きていれば情報も増えるし
そこに投票した人も透けると>美希・球磨川殿」
少佐 「残念ながら我々は発言自体は怪しくないのだ
ただ、なぜか結果的に怪しく見られるのだ>真田」
少佐 「いやー理解してるんだがな どうにも、そういう吊り方ができんのだ>星井」
遠山の金さん 「ドンキーの雰囲気、飯の旨さ、どれをとっても
そこらのファーストフードよりは上位よ、うむ>少佐」
遠山の金さん 「村村したい! ムラムラしたい! いつもそう希っております」
真田幸村P 「あっれぇ?○だった?おっかしぃなー?でも皆投票してるよね?
誰よ怪しく思ってなかった奴は!

次点でこういう流れですね!>遠山殿」
星井美希 「だから結局、序盤のグレランって『残せなさそうな場所』を吊るんだよね。
役職目狙いすぎて狩人吊ってもあれだしw」
少佐 「あまり外食にいかんからなぁ・・・特にチェーン店は
あぁでも、和幸は好きだな 吉野家も好きだが>遠山」
遠山の金さん 「でもここって初手グレランで寡黙位置って吊れませんよね(白目>美希」
球磨川禊P 「『狙っている場所を吊るのに邪魔な位置』『最終日に残しておくと負けるだろう位置』
『その辺りからまず削って』『後は想定法が村っぽくなかったり振る舞いが理想的じゃない位置狙うかなー』」
真田幸村P 「真霊能から○が出た場合は、そこに投票してた輩から
自分が怪しく思った所を探して、そこの発言を洗ってみると
で、もしそこが占いからの○貰いならば、芋づる式にその占いの偽も検討と」
少佐 「私はもう気にせず叩き込むからな はっはっはっ>星井」
高垣楓 「あぁ。霊界見て思ったのですけど。
春香さん吊り=直斗さん決め撃ちじゃないんですよ。
2Wならバランス吊りでも勝負できる。●の発言で真偽見切れるのかなって。
3Wならどーにでもなーれって感じでしたw

最終日前日赤羽根P◎でも美希は吊ってましたしね。」
遠山の金さん 「俺は逆だな。、外食が多い。
まあよく行く店は馴染みの個人ラーメン店であるが>少佐」
遠山の金さん 「うむ。なにか決め打ちっぽい空気だったので違和感を覚えてた>楓」
少佐 「気にすべきは『なにも言わずに投票しているところ』かな
殴り合っての投票は吊りきりか、両方占い処理
そんなのが理想的やもしれん>真田」
遠山の金さん 「かかってこい!>真田

俺は撫でられただけで黒く見えるぞ!」
球磨川禊P 「『○吊った位置自体は見てないなー』」
少佐 「そういう思考の割り切り方 大変好みだ 飴はいるかい?フロイライン>高垣」
真田幸村P 「狂人で●投げときますね^^>reasonさん」
球磨川禊P 「『投票見る場合に見るのは【誰が投票したか】くらいかなーって感覚』」
遠山の金さん 「ビクンビクン>真田」
少佐 「よく言っていたイタリア料理店はサラダが抜群にうまくてなぁ・・・
いや、もう、遠い地なのだがね >遠山」
真田幸村P 「ふむ・・・
うーむ、まだ理論と思考が上手く混ざってないな
後100戦ぐらいやらないと見えない気がする!」
少佐 「○ならばそんな感じだなー ●でもだが
どちらにせよ、発言との誤差が無ければ特段気に留めないかな
身内もあまり考慮しない 基本的には 強いものほどしそうと私はよく言うが」
少佐 「100戦ぐらいでどうにかなると思うだろう?
私も思ってた しかしそこの鴨と私をみろ
もう一桁ぐらい増やしておいても構わんのだよ?
>真田」
真田幸村P 「100戦で乗り越えてみせましょうぞ!少佐殿!」
遠山の金さん 「よく行くラーメン屋の主人が作る炒飯がこれまた絶品でな……
イタリア料理? ぺぺろんちーのがすきです>少佐」
球磨川禊P 「『300戦やったってこんなもんだよ』『うん』」
遠山の金さん 「おいまて俺まだ70だ(白目>少佐」
真田幸村P 「今宵!意見を聞けた事は大きな収穫!これを伸ばせば勝てる道理!
目指せ!村村ムーブ!」
遠山の金さん 「今は普通村に参加する事自体が楽しいでな。
しかも毎回経験になるときたら楽しくないわけもなし。
強さ? そんなの追々ついてくるさ程度の認識。うむ」
少佐 「ラーメン屋でチャーハンがうまいって・・・いや褒め言葉なんだろうがw
ラーメン褒めてやれよwラーメンをw >遠山」
遠山の金さん 「真田は頑張ってるなぁ(茶を啜りながら」
球磨川禊P 「『やった回数よりは』『その村から何を学ぶかが大事だよ』」
真田幸村P 「となると研究だ研究!できる夫さんのログを参照にしたい、寧ろ目指すならあの人」
球磨川禊P 「『真面目にね』『どうすれば勝てたか』
『そこを考察するところから村陣営の進歩は始まる』
『ってクロコダインが言ってたような気がする』」
遠山の金さん 「ラーメンも旨いと思う。多分。
だがそれ以上に炒飯の味付け、焼き加減、全てが俺の好みとマッチしていて、
まさに芸術品。>少佐」
少佐 「そこだなー そこなんだが
どうにもなー 最近素直になれんよ」
遠山の金さん 「く、クロコダイーン!?」
真田幸村P 「                       ___, イ/,,,,,,,ノィ/!/!ノ
               )、/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠____
             /!ノ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`>
           ト、/:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`ー<_
            {::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
           ヽ::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>
           , -イ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::__;イ
           /'⌒ノ:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:,.:.:i.::{- 、.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.::.:.:.:.:ノ
.           , /|:::::::::::∧ト、.:.:;イイ:.∧ハ リヘ.:.:.:.:.:.:.:.ミ:::彡
.         //::::::|:::::::ハi::.::tーV--V -ヾ!---イ∧∧ゞニ=ー'
        //::::::: |::::::{( |::.::{ 弋≧ェ、,  ,ィイケ}::.:.i:.:.:.:リ ヘ
.       〈〈::::::: : | :::::ヽl::.:.ミ、      i´ ̄ /::.:.:i:::::::ミ Vヘ
.        /、ハ.: : :ハ::::::::::::ト、!`    、 !   ,':::::V.:.::::リ .Vヘ
     /,---ハ: : ノ : :::::::|ヽ     __,  /::::::::::::: :/:::://
    /       ハ:::Vヘ:::::ト!: : \  ´ - /::::::::::::::::///
.   /      }}\ \!:{{ : : : ` ーァ‐ ' ァ:::::::::::レ'>i
  /  r-、_____,∧ .ヘ   ヾ、 : : : /: : }}'}:::::::iVノノ }
球磨川殿!美希殿!ご指南有りがたく受けたわまる次第!」
少佐 「私的には負け戦こそ楽しかったのだがな
今はなんだか、アヤフヤになってきてしまった」
遠山の金さん 「うむ。俺も頑張っていくとしよう。マイペースに。」
遠山の金さん 「勝っても負けても楽しい。これ凄く大事アルね」
真田幸村P 「     .∠_::::::::::::::::::::::/」::/‐∨|::::/|:/|::/ ',: : :  >
       /::::::::::_,,.-‐/_,,レ゙-‐/''へ、../‐レ゙...,,}::: : : \__,
     ∠:::::::///ヽ:}:::::::::::{  "心''ー' _,,.,!:::: :_,/
       |/}ィ"::::{ '、..|::::::::!l:|    ":::..〈ィ゙:::::::\,
       〃:::::::::::\_{::ト、:| }     " /}:リ`゙''一`
    .____/||:::::::::::::::::∧| '!    ィ==、 ,'
  イ.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::::::{:゙.、    /ヽ, .゙//
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::::!:リ:. \   ゙ー==" /
   |.:.:.:.:.:.:.:.:.||:::::::::::/'j ::   `' ..._ _/`゙''ー-、,_
  /、.:.:.:.:.:.:.:.||/レ|:/        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
狐と狼一人は見えていた・・・!後は村の発言と思わせられれば
そこを吊れたやも知れませぬ!不覚…!この幸村、慢心しておりました」
真田幸村P 「         ミミ二ミミ=}ヽN、
     >=≡≦///////////ミ、
=≡三彡////////////////////Nハ
   ≧////////////////////////ミミ、、_
 =≦彡//////////////////////////≦
=二////////////////////////////ミミ、
  イ////////////////////////////≦彡
≧=彳///////////////////////////ミ、
〃 ////彡//,ィ//////ヘ/////////////トミ
 ノ イ' |/|/ }/ |..::: | /:::::::| |::|//////////ミ、
/  //|〈/// ヽ、 |/ー‐‐/-}/,,≧j//r、/ミミ、
<   j/i//,〈 f゙ひ 、ッ 、_,ィfひj;゙ // }ノ|N
、   / }/l ゝ  ̄ `:  ゛` " ////Ⅵ
 \    j ヘ    i      ,WV!    /
ヘ  ヽ   /::jヽ 、__, ゛_,、 ,,:'::::}   /
ハ  | } /   { .:::\ -   /::::;;;j//
i{`" ''"/';';'  {{ :::::::ヾ:-=''゙:::::::::::ノ{/
:ヘ   {';';';';' ヘ  .:::::::::::::_,,,,,r ィ ト=  --ーャ
',∧  |';';';';';'; ( Y/Y/Y/Y/Yノ;';{     ∨
',','∧  {ヽ';';';';'; ~''=''='{''''~";';';';'ヘ    ∨
',',',',∧ j/ヘ、,,,____ ,,八,, __';';';ヘ   ∨
',',',',','',〉ノ/∧ __,,,  -―" -     ヘ ∨
',',',',','イ////j  `ー= ! ー    ヘ
',',',',','/////∧ "~   }       ヘ
少佐殿と遠山殿のご尽力忝く思う次第!何時もながら有難く思いまする!」
遠山の金さん 「俺もほぼ序盤から狼殴って、最終日前でもその狼吊れなかった事もあるからな。
よくある事よ。>真田
球磨川禊P 「『勝った村よりは負けた村の方が学ぶ事は多いのさ』
『勝った村のプラスよりは負けた村のマイナスの方が見つけやすいからね』」
星井美希 「その狼ってミキだよね? なら正直この村ではパーフェクトなの。
歌鈴はグレランで落とすところだし。
……後は、美希とデコちゃんが二人でいちゃいちゃしてたから、っていう理由じゃなければOKじゃないかなー」
球磨川禊P 「『正直灰視よりは展開論と進行論鍛えた方がよっぽど勝てるし』」
球磨川禊P 「『それじゃ僕はそろそろ御暇するかな』
『お疲れ様』

『――いや、チャオ!』『とでも言っておくかな?』」
高垣楓 「                , -=ニニニ≧ 、
            / ´+ ※  ※ +ヽ\
          // +_r冖^::丁:「:トミヽ、\ヽ、
            〃 /:l:::l::j::.::l|:::|::|::.:ヽ::.\}〈
.          ハ/::.::.:|::.|::l::.::l|:: ト:レく::.::、::.:lハ
         l {::.::.::.l|::|::|:::/|l:::| l|x=ャ、|::.:l}::.ヽ
         | l::.l::、::Vィ7厶lハ:j ヘ:::ノ!|ハノ|::.::.:\
         `T:ト、:ヽヽれ:::〉  ,  "リl ノ:_::_::_:::ヽ、
.            ヽ:::ヽ::\ミ`゙  <__} ,.仏 ト{ r'´: :`丶ミー--冖、
              `ヽト、`丁≧┬r彡' _」/ ヽ: : : : : : : :`: : :八:_ヽ-ュ             /^h
             j:::} }:」 rー≠()く⌒ヽ  \: : : : : : : : :/イ l「 ` ー--―rv、  / //
             /:::| /: r1V/ノlト、\_}\ >r  ̄、l ,‐┐ヽV | |        { l|冫´-クノ
               /::.:「//: r1イ / |:ト、\   `丶、 /|ヽ }_:_:;:ィ! Y¬ー- 、  }||廴/
           /::.:rく: : : >}{// |::Vヘ }  r-vハ ̄`ヽノ::.::∨ト、ハ\    ̄
          /::.::厶: ヽ:勹 ,'::|  ヽ:∨乙ヘノ, イ::.:丶、 ::.:::\::.:|: : /〉 〉
         /:::_r1{><\/:7::::トヘr-ヘ:\r-'´≧ヽ、__::`ヽ、::.` | :〃:/
        /r‐'´※ ハ|: : ハ{:_:_广:;ゝ二ニこr'′: : : :Y>、::`丶、V/ト、
.     /::.::;ヘ _/   ヽ/: : ∨_/: : `ヽ「∨: : : : : : : : \}\::.::.::丶、::ヽ
    ,.イ::.::/::.:rヘ、   /: ; :-'´/: : : : : : : : : :/: : : : : : : ヽ〉:` ー- 、:丶、\
 ,.:'´::.::./::.::.:r=ミ、 _/::}/ r彳 : : : : : : : : : ∠: -:'´: : : : : : : :\: : : : : `丶、:_ヽ         _
./::.::.:∠::r-r'´ /ヽ>'´: :r‐' /: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / 〉: : : : : : : : : : `T¬ー―く  }

蒼じゃねーですか。よろしくですよ?」
真田幸村P 「◇球磨川禊P 「『正直灰視よりは展開論と進行論鍛えた方がよっぽど勝てるし』」
ここは後で師匠に聞いてみようと思いまする!かたじけない!」
遠山の金さん 「灰視とかどっかいきました>球磨川」
少佐 「むしろあの狐がよく見えていたと・・・その目、交換しない?>真田」
高垣楓 「って間違えたw 決闘とw」
遠山の金さん 「へいwwwwwwww>楓」
高垣楓 「間違えると大変だから落ちようw お疲れ様w」
少佐 「よし、高垣 よく分からんが落ち着け」
真田幸村P 「はっ!お疲れ様で御座います!>球磨川殿」
遠山の金さん 「っと。決闘建ってたのか。それじゃあ俺も自分の戦場(決闘)に
向かうとしようかね…!」
遠山の金さん 「チャオー!>球磨川」
少佐 「そいじゃ、俺も決闘にいこう
お疲れ様 楽しい戦争だったよ」
真田幸村P 「まだ狩人が解り難いのでありますがな!>少佐殿」
遠山の金さん 「うむ。今日も楽しき村であった。皆の者、改めて礼を言うぜ」
真田幸村P 「落ちる方々はお疲れ様でありまする!」
遠山の金さん 「じゃあ、あばよ! また会おうぜ! お疲れさんだ!」
真田幸村P 「         ミミ二ミミ=}ヽN、
     >=≡≦///////////ミ、
=≡三彡////////////////////Nハ
   ≧////////////////////////ミミ、、_
 =≦彡//////////////////////////≦
=二////////////////////////////ミミ、
  イ////////////////////////////≦彡
≧=彳///////////////////////////ミ、
〃 ////彡//,ィ//////ヘ/////////////トミ
 ノ イ' |/|/ }/ |..::: | /:::::::| |::|//////////ミ、
/  //|〈/// ヽ、 |/ー‐‐/-}/,,≧j//r、/ミミ、
<   j/i//,〈 f゙ひ 、ッ 、_,ィfひj;゙ // }ノ|N
、   / }/l ゝ  ̄ `:  ゛` " ////Ⅵ
 \    j ヘ    i      ,WV!    /
ヘ  ヽ   /::jヽ 、__, ゛_,、 ,,:'::::}   /
ハ  | } /   { .:::\ -   /::::;;;j//
i{`" ''"/';';'  {{ :::::::ヾ:-=''゙:::::::::::ノ{/
:ヘ   {';';';';' ヘ  .:::::::::::::_,,,,,r ィ ト=  --ーャ
',∧  |';';';';';'; ( Y/Y/Y/Y/Yノ;';{     ∨
',','∧  {ヽ';';';';'; ~''=''='{''''~";';';';'ヘ    ∨
',',',',∧ j/ヘ、,,,____ ,,八,, __';';';ヘ   ∨
',',',',','',〉ノ/∧ __,,,  -―" -     ヘ ∨
',',',',','イ////j  `ー= ! ー    ヘ
',',',',','/////∧ "~   }       ヘ
村と思わせる動き・・・!それが身に付けばどのような役が来ようと
強みになるはず・・・!某、その動きを身に付けて見せようと此処に誓う所存!
今日の発言を反省し、次回へと繋げていかん!
ではお疲れ様でありまする!」