←戻る
【劇場9】劇場公演 火曜の部村 [11番地]
~春の足音が聞こえる~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM投票した票数を公表する天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5
icon GM
 (dummy_boy)
[村人]
(死亡)
icon 如月千早
 (ふぉうど◆
WUdA2mF4wY)
[狂人]
(生存中)
icon 水瀬伊織
 (いぬふく◆
8XPr.rs71w)
[村人]
(生存中)
icon 橘 純一
 (海◆
XjEBI/8XY.)
[人狼]
(死亡)
icon 巴マミ
 (ないあ◆
NAIA/W2HHQ)
[占い師]
(死亡)
icon 蒼星石
 (コオロギ◆
4aIgIjbj8.)
[村人]
(死亡)
icon 絢辻 詞
 (PIGU◆
5/T/AoDlKA)
[狩人]
(死亡)
icon 春香
 (めろんぱん◆
BxPT8tz2QY)
[人狼]
(死亡)
icon 長谷川平乃
 (時報◆
TRqpTAwczg)
[霊能者]
(死亡)
icon こなた
 (MGHS◆
vZwb35gq3w)
[村人]
(生存中)
icon でっていう
 (tyo◆
homuHoHHOo)
[村人]
(死亡)
如月千早 「お疲れ様でした!


・・・最後の方完全にRP剥がれてましたね、私・・・」
水瀬伊織 「おっけ、じゃ、土曜日、楽しみにしてるから、なんかあったら相談しなさいね。
それじゃ、おつかれさま!」
如月千早 「親切にこんな時間まで、ありがとうございました!」
如月千早 「はい、とりあえず基本的な村を立ててみます!」
水瀬伊織 「そんなところかしらね。
ん、がんばんなさい!応援してあげるんだからね!にひひっ♪」
水瀬伊織 「ええ、設定の「天啓封印」オプションがデフォルトで入ると、そうなるの>千早
だから、他の鯖と同じ仕様にしたいなら、それを外せばOK。」
水瀬伊織 「じゃ、IRCの方はうみゃたん探して案内してもらって頂戴。
実は私いないんだ今w>千早
で、ツイッターの方は私フォローすればそこから広げるから、よろしくー。」
如月千早 「わかめてに近い形ですよね、このルールは」
水瀬伊織 「設定については、鉄村とほぼ変わらないけど、
ただ、ちょっと他の鯖と違う点は、四条は「遺言は開始前のみ」「狐噛み、GJ表示なし」
つまり、わかめてに仕様が近いの。他の鯖も設定でできる場所はあるけど
近隣鯖でこれがデフォルトなのは、四条だけよ。」
如月千早 「はい、わかりました!
あ、今IRC入れました」
水瀬伊織 「こんな感じでいいわ。
で、あとは村を立てて待つ。>千早」
水瀬伊織 「やる夫の方は、当日のテコ入れになるわね。
例文としては

こんばんは。只今、四条劇場にて17人普通村をたてています。
よければあそびに来てくださいね

四条劇場はこちらになります

ttp://takanegm.com/

hは抜いてね。」
GM 「固有能力って・・・!」
巴マミ 「さて、では私は落ちましょう
村建て同村ありがとうございました」
如月千早 「あ、凡ミスでした」
如月千早 「あれ・・・IRCの」
水瀬伊織 「んーそうね、書き方の一例だったらそうね……

Wikiの方には、3/30 22時より17人普通村を立てますよーだけでOK>千早」
巴マミ 「いや、いぬふくさんが何か言ってたきがするなぁって>GMさん」
如月千早 「・・・ありがとうございます!

あ、どうしよう、本当になんて書いたらいいかわからない」
水瀬伊織 「そーすりゃここの事務員もちょっと本気だすでしょ!」
水瀬伊織 「ってことで、ちょっと四条に人を呼びましょう。
村が立つって、そういうことよ。別に4人以上いりゃ人狼はできんのよ!」
水瀬伊織 「円熟してようがなんだろうが、あんたはここにいるってきめたなら、
春香もうみゃたんもいってるけど、もう身内よ、最初は少人数かもしれない
でもへこたれてなきゃどっかでいいこと絶対あるわよ!だから、がんばんなさい!」
水瀬伊織 「もう、直球勝負よあそことか
丁度いい機会かもよ?>うみゃたん」
如月千早 「はい>水瀬さん」
春香 「えへへ~ ///」
水瀬伊織 「それからね、千早」
GM 「づえはPHPに苦手感もっちゃってるから難しいかなー・・・交渉しだいだと思うけど>いおりん」
如月千早 「とりあえずIRCを導入しないと・・・」
水瀬伊織 「ぶっちゃけ、ふじともさんきてくれるとすっごいうれしいけど。」
GM 「でもそんなはるるんが見てて楽しいから大好きです」
水瀬伊織 「OK、土曜ね。
ならちょっと計画たてて、四条でやりますよーってできるようにしていまいましょう。
IRCの連中も場合によっちゃ、くるでしょそれなら。
あと……AVさんとかも、あっち経由からくるかしらね?」
GM 「何を言う。セクハラトークしまくった挙句猥歌発表会がお仕事の人間が」
如月千早 「(・・・それはない>春香)」
如月千早 「ですね、土曜日の10時に建てようかと思います。
それまでに今日のことを確実に行えるように準備しようかと」
GM 「固有スキルって何さ?!>マミちゃん」
春香 「そうですよGMさん!地味っていうのは私みたいなのを言うんです!!(キリッ)」
水瀬伊織 「水曜でも土曜でも22時村タテでいいんじゃないかしらね?>うみゃたん」
水瀬伊織 「時間は大体22時からでいいとは思うけど。
まぁ、明日でもそれなりに人はくるかしらね、まだ。」
巴マミ 「固有スキルもってる人が割りと地味っていうのがすごい」
GM 「土曜・・・何時から?」
春香 「お、明日?来れるようにがんばるよー」
GM 「PLとしての私は割りと地味だけどGMやってくれるなら頑張って参加させてもらうのさー!」
如月千早 「あ、やっぱり土曜で!土曜で!」
春香 「それじゃ今度こそ、おやすみなさーい」
如月千早 「むむむ・・・
ならば思い切って明日やってしまいましょう!」
水瀬伊織 「明日か、土曜ね……
んー、どうかしら、いっそのこと、土曜でも、立ててみる?
あっちからの流入も見込めるし。」
春香 「私も22時過ぎてからじゃないとなかなかこれないけど
ここでは変態村人としてちょくちょくプレイしてるから、よろしくね>千早ちゃん」
巴マミ 「美樹さんあたりに突いてもらったほうが良いのかしら……>橘さん」
如月千早 「立てる前提で話してしまいますが・・・私の日程として、明日か土曜が立てたい日ですね」
GM 「・・・あ、でも明日やるつもりなら時間は教えてね?」
春香 「俺の股間がティロ・フィナーレ?>マミさん」
GM 「来るものは拒まず、去るものは引止め
これが現状アイマス村メインGM扱いらしいうみゃの基本思考ですので♪
だから貴方も・・・GMでいいのよ?>ちーちゃん」
巴マミ 「身内村ってそういうものですよね」
如月千早 「ええ、本当にありがとうございます、みなさん!
失敗しても構わないぐらいの気持ちでやりたいです!」
春香 「ねー>GMさん
 
♪いちど会ったら友達で、毎日会ったら兄弟だ 
って、言うじゃない?だから、ね?立派な身内だよ>千早ちゃん」
水瀬伊織 「任せなさいよ。
あんたみたいな子、ほっとけるような伊織ちゃんじゃないわ。
やるんならいくらでも付き合ってあげるから、感謝しなさいよね!>千早」
如月千早 「こんなことにわざわざ反応しに来るなんて・・・紳士の鏡・・・>橘さん」
GM 「紳士がリターンしたぁ!?」
巴マミ 「恐怖「去った村人が戻る検討会」」
春香 「純一さん~、誰にでも手を出してたらダメですよ~」
GM 「飛び込んで来るなら君も身内です。
去るつもりなら引きずりこむ。そんな底なし沼でいたいと思います。
だから自分を外来者だなんて思わずに私も身内だー!っておもっちゃってくださいな」
水瀬伊織 「まー、んで、私もやるなら時間があるときはお邪魔させてもらうわ。
ここに村が定期以外で立つこと自体は、私だってうれしいもの。
とりあえず、IRCと……ホントはいうのはかなりご法度だけど、
ツイッターアカウントあったら、私(@inufukusan)、フォローしときなさい。>千早
んで、やるとき教えてくれたら、いけるときはいってあげる、約束してあげるわ。
橘 純一 「アレ…だと!?(ごくり」
巴マミ 「どれ!?」
春香 「新しい人が来るって、やっぱり嬉しいもんだよ!
せっかくきてくれたんだもの、千早ちゃん大歓迎しちゃうよ!」
春香 「マミさんのアレをもじょもじょ?」
如月千早 「ひぁっ」
春香 「今日は楽しかったよ、千早ちゃん
またよろしくね。ちゅっ♪」
如月千早 「ありがとうございます!
正直自分が円熟コミュニティに突っ込んで大丈夫かと割と真剣に不安でして・・・」
巴マミ 「もじょもじょってどんな……効果音なんだろう……」
春香 「ひゅーひゅー!GMさん、かっこいい!」
春香 「うん、おやすみ前にのぞいたんだけど
千早ちゃんと伊織が、まだもじょもじょやってたみたいだし」
GM 「とりあえず宣伝と盛り上げは任せて!
人脈フル活用&大人気な私のカリスマ(たぶんない)であなたの人狼ライフを完全サポートっ」
春香 「千早ちゃん、村建ててくれるんだ!ありがとう!!」
如月千早 「あ、春香いたのね」
春香 「お、千早ちゃんも伊織もまだいた!
いおりんのサポート、マジ最高!!」
GM 「まぁ、うん、そうだけどねー・・・やってみる事は悪くないね。フォローはできるし・・・」
水瀬伊織 「そりゃ、最初は絶対少人数よ。
でも、千早みたいな子が出てきたのよ。それって、今のアイマスには
凄いチャンスだし、大事なことと私は思うわよ。だから、四条の住人として私は協力するわ。」
如月千早 「(私ちょっとRP崩れて中の人がでてる気がする)」
水瀬伊織 「やらないよりまずはやる。
今一番大事なのは、千早みたいに、ここでやりたい!って子が
1人でも増えること、違う?>うみゃたん」
水瀬伊織 「こっちからの人だったら、それなりに人がいると思うわ。
あとはツイッターだけど……これは、もう人狼のコミュがそれなりにできているのよね。
癖があるし、実際はここでいうことじゃないから、やるかどうかは任せる>千早」
如月千早 「了解です!
私、頑張ります!>水瀬さん」
GM 「いおりん・・・

IRCにいる人、半分以上村いかない勢だと思う・・・現状」
水瀬伊織 「チャンネル名 #iM@S人狼
サーバー   irc.ircnet.ne.jp or irc.livedoor.ne.jp 」
GM 「サーバはirc.livedoor.ne.jp
ポートは6660
チャンネル名は#iM@S人狼!気が向いたら来てみてね!」
水瀬伊織 「OK、だったら、そこなら確実にアイマス民いるから、
これから村しません?とかやりましょうよー、とか頑張って言いましょう?>千早」
如月千早 「以前使ったこと自体はあるので、大丈夫かと>IRC」
如月千早 「IRC・・・
あ、導入してないのでチャンネルだけでも聞いておきます」
GM 「IRCはもちろんいい。っていうか来てる人みんなIRC来てもイイジャナーイ!」
GM 「だから使えるモンは使う!人脈フル活用で頑張ってる。それが現状、かなー」
如月千早 「わかりました、参考にさせていただきます
実践・・・いつにしましょうか・・・」
水瀬伊織 「千早、IRC使える?」
水瀬伊織 「うみゃたん、IRCのチャンネル、教えていいよね?」
水瀬伊織 「それから、ある意味重要てか、もう一つ、これアイマス村いる人なら
やっといていいかなーってことだけど……」
GM 「そもそもアイマス村勢のレギュラーメンバーのみでやると少人数村すら怪しいからねー。
その上みんながみんなきっちり来るわけではないからしょうがないところはあるの」
水瀬伊織 「なので、やる夫の観戦板の方に、アイマスからお邪魔します。
現在こういう村を立ててますのでよろしければどうぞーという感じで
お知らせをして、四条のURLをはる。これしとくだけでも来るときは来るわ>千早」
巴マミ 「私もうみゃさんの告知とか見てくるようになりだしたしなぁ」
如月千早 「あれっ四条になってる!?」
水瀬伊織 「そうね>千早
で、アイマス系は、残念ながら(とあえていうけど)現状、やる夫からの
支援で持ってる部分があるのと、こちらで告知してくるかどうか、なのよ。」
如月千早 「あー・・・定期村も「小鳥鯖」ですし、リンクもわかめてですし・・・
放置されている感じが凄いですね・・・」
如月千早 「昨日教えてもらった鉄村募集に相当するそれですね?」
GM 「正直、告知といっても今アイマス人狼wiki見てる人いるのかって疑問で困るのよ・・・

だから私は立てたら宣伝をするって方向でやってて、それで続けてるうちに他の人にも定着してきたって所あるし」
水瀬伊織 「やりたいなら前日でも構わないわよ>千早
ただ、デメリットとして……アイマスの告知、そこしかない
=そこ、今殆どみる人がいないのよね」
水瀬伊織 「http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1332174304/

これが、やる夫村の村立て告知すれ、これは知ってる?>千早」
GM 「まずは私と連絡手段とる事ができればちーちゃんが村立てた時に私が即行って私の宣伝工作をやるけどにー。
木曜代理GMの時も宣伝は私がやってたし」
如月千早 「なるほど・・・
何日ほど前に掲載するのが望ましいでしょうか?」
水瀬伊織 「その次、いまいってる告知以外の宣伝展開について」
水瀬伊織 「書き方としては、何日の何時から○○型式の村をします。
こんな感じでOK>千早」
如月千早 「あー、コミュニティも何にもない私には無理ですね、それはwwww」
水瀬伊織 「http://www38.atwiki.jp/ijinrou/pages/12.html

まず、本来の基本はここ、アイマス人狼Wikiね。
ここに、告知を出せるわ。」
GM 「正直個人的なアレなので参考にはならないね。私のやりかたw」
如月千早 「正座して聞きます」
橘 純一 「まぁ僕は村建て経験はほとんどないからなぁ
伊織ちゃんがフォローしてあげると助かるかな
…時間があれば建てたいんだけどそうそうないんだよね…」
GM 「あー、宣伝工作なら私は私の人狼関連の人脈フル活用してるよ?
やる夫村のスレに宣伝貼ったりツイッターで宣伝したり」
水瀬伊織 「うみゃたん。
とりあえず、「普通のアイマスの告知について」説明するわ。」
水瀬伊織 「そこからになるわね……w
んじゃ、私がまずサポートしましょ。」
GM 「募集って何・・・?」
橘 純一 「GMさんは優しいから基本的になんでも教えてくれるよ>千早さん」
如月千早 「では、募集とかはここではどのようになされているのでしょうか?
基本的に定期村しか行われていないので……」
GM 「えーと、まずは何聞きたいのかな」
水瀬伊織 「緊張しなくてもいいわよw
そんな大したことじゃないしw」
巴マミ 「あらあら、かわいらしい」
橘 純一 「と、いたか」
橘 純一 「あ、ちょっと待ってねGMさん呼んでみるから>千早さん」
如月千早 「あっ・・・そうですね
今中の人が無駄に緊張して色々おかしくなってます」
GM 「えーと、おけー」
水瀬伊織 「あ、ちょっとまってね>千早」
橘 純一 「GMさん、村立てありがとうございました
皆さんお疲れ様でした

絢辻さん、何をもって………ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


絢辻さんは裏表のない素敵な人です」
水瀬伊織 「アイマスで、村建てたいならどーするか、ここでいいと思うのよね。」
如月千早 「あれ・・・もしかしてGMさんお帰りに・・・」
水瀬伊織 「と、いうよりも」
如月千早 「日にちや、もろもろの相談をしたいんですが」
巴マミ 「私はながめておきましょう」
水瀬伊織 「はいはい、んじゃ、GM、千早が質問あるから答えてあげてー。
私サポートするから」
如月千早 「あの、村建て希望なんですが・・・>GM」
春香 「本気だけじゃなくて、いろんなものが出そうな気がしますけど・・・>純一さん」
如月千早 「えーと、ちゃんと私から言わなければなりませんね・・・」
絢辻 詞 「村建てありがとうございました。
皆さんお疲れ様でした。 あ、橘くんはこの後オシオキだからね?」
春香 「それじゃ、おつかれさまでした!GMさんもありがとうございました!
千早ちゃんの仕事をうまく活かせなくてごめんね。純一さんにもごめんなさい。
でも楽しかった!千早ちゃんもエロエロに付き合わせちゃったし、ありがとね。」
如月千早 「はい、います!」
如月千早 「春香・・・」
水瀬伊織 「さて、と、千早、いる?」
水瀬伊織 「中の人をみるかぎりでは本気だしてほしいわね>橘」
橘 純一 「絢辻さんと二人で狼だったら負ける気しないんだけどなぁw
いや、本気だしちゃうよ?(いろんな意味で」
GM 「何が本来なのかおねーさんわかんなーい>はるるん」
春香 「できれば伊織ともちゅっちゅしたかったんだけどね
でも私には千早ちゃんがいるから、それだけで満足だよっ」
春香 「っていうか、本来ならGMさんがいちばんピンクゾーンじゃないとおかしいでしょ!」
絢辻 詞 「前回橘・森島先輩いたときも森島先輩初日吊りだったしね。
そういうめぐりあわせなのかしら?w」
GM 「やだなにこれ空気がピンク」
水瀬伊織 「いやもうそれは橘泣いていいわよ……
最後でブレたのは私がアレだけど>橘
ああ、なんか考えはあってたのにすごい投票で損してる私!」
でっていう 「敢えてのヘイトアイコン占いは思ったより強いっていうwww
ということでそれでは落ちるっていうwww」
春香 「やっぱり千早ちゃんはいい声で鳴くなあ
私も負けてられないよ!」
橘 純一 「絢辻さん初日に吊れたのも個人的にはショックだったかな…」
こなた 「あ、ヤバイね、地が出ちゃうかもだから私は退散。
またね~♪」
巴マミ 「でっていうさんはPP発言しないほうが良かったんじゃないかな~って私少しだけ思うわ」
如月千早 「んぅっ!」
春香 「うんうん、いいよいいよ~
千早ちゃんいいよ~(もみもみ)」
橘 純一 「あれは詰んだ気しかしなかったよ!
それに春香ちゃんに○でててもっと詰んだ気しかね>伊織ちゃん」
でっていう 「こういう場面はむしろ狼としては誰の胃を痛めたいのかを考えて噛んだほうが面白いっていうwww
確定村が2人いるならどっちか噛んで役職3のどこに狼が潜んでいるかを残った村に悩ませるほうが面白そうな気がするっていうwww」
こなた 「むにむに>千早ちゃん」
長谷川平乃 「それでは失礼しますね。
お疲れ様でした」
春香 「その、感度良好な胸を!(キリッ」
如月千早 「こ・・・こう?>春香」
巴マミ 「ニートして勝った占いはアップルパイが美味しいわぁ(さくさく」
春香 「もう、千早ちゃんったらマジメなんだから~
もっと胸張っていいんだよ!」
橘 純一 「というか初日のWOするのやめてくださいお願いします……挨拶遅れたのはそれが原因だったしね>初日」
水瀬伊織 「でっていうが○だったことを恨みなさい>橘」
如月千早 「狼陣営全体の敗北、です>春香
私はただ●○言ってただけですし」
こなた 「伊織ん吊りに持って枯れてたら吊ってたねw
うん、ちょっと強い位置だったから」
橘 純一 「正直もっと紳士発言したかったんだよ!
だけど狩人騙らないと初日のこれないとかどういうことなの…>こなたちゃん」
春香 「伊織吊りに動くほうがよかったんだよね
ホントに攻め方が下手だなあ、私」
長谷川平乃 「正直、春香さんと伊織さんで2Wかなとか考えてました。 >伊織さん」
春香 「千早ちゃんは十分すぎるほどの仕事したよ!
それをうまく生かせなかったのは私だから…」
橘 純一 「14人未満の村は遊んでいいと思うんだ……」
如月千早 「私の名前は数字じゃありません!>でっていうさん」
水瀬伊織 「っていうか私がいってることと投票ブレブレでホント私が吊られあるでで
マッハだった。ホントヤバかった今回。」
こなた 「それ凄く欲望が染み出しちゃうけどねw>純一」
でっていう
         /ニYニヽ   >72
        / (0)(0)ヽ  
       / ⌒`´⌒ \  11人での狂人の仕事は対抗の○に●をぶつければ終わりだから
      | ,-)    (-、.|  それ自体十分仕事をしたっていうwww
      | l  ヽ__ ノ l | 
       \  ` ⌒´   /
    .   /            \     」
絢辻 詞 「アマガミキャラプレイは橘くんに巻き込まれる形で私も役職引くわw」
水瀬伊織 「最終日の狂人の大変さがよく出てるわね>千早
実際、結果元にしてもそこからの疑心暗鬼がでてくる。
そういう意味では狂人最終日4人って、狂人にとっても大変なのよ。」
橘 純一 「まぁ6の時に票あわせて勝つってのもあったんだけどね
それって面白くないじゃないか! 少人数村なら楽しまないとさ」
巴マミ 「美味しいんじゃないですかね>橘さん」
GM 「橘さんは不幸、って解釈でいいのかな?」
如月千早 「あれでも生存意欲意欲を見せたつもりだったの・・・>春香」
水瀬伊織 「ただ、この結果は割と千早がブレるかな?という予感はあったのよ……
そこに助けられたわね。」
春香 「せっかく千早ちゃんから初日に○もらったのに、うまく生かせなくてごめんね」
こなた 「エンドゲームに持ち込む投票だったよね>いおりん
ほら、シン(北斗の拳)の執念が出まくってる投票的な」
橘 純一 「というか橘さんやったら今のところ全部役職な気がするよ…どうしようこのCN」
春香 「千早ちゃんからは私が狼ってことしか見えないから仕方ないよ
どこが狼か分からないときは、自分を狼っぽく見せて吊られにいくのがいいのかなって」
水瀬伊織 「灰同士の殴り合いをもってくるにしろ、
実際に噛むなら私よりも長谷川、ならやっぱり長谷川護衛じゃないとおかしいし、
あそこで千早投票してくるのも微妙。」
こなた 「まあ、純一君に関しては0日目からロックオンしてたのだよ(キリ」
如月千早 「狂人ってこんなに神経すり減らす役職と知ったCO」
橘 純一 「あ、絢辻さんは裏表のない素敵な人です!」
絢辻 詞 「さーて、橘くんはどうしてくれようかなぁ(ニッコリ)」
巴マミ 「あぁ、多分私素村だったんですね
でっていうさんは灰吊りをされたと
それで良いですね」
水瀬伊織 「もっと私をなぐりなさいよあんたは!>こなた」
春香 「あそこ、千早ちゃん吊りに村が賛同してくれるかなって思ったのが甘かったね てへぺろ(・ω<)」
橘 純一 「そして絢辻さん狩人とか…スキBADとお仕置きは勘弁してくださいお願いします(がたがたぶるぶる)」
絢辻 詞 「初日COせずに吊られて戦犯確定と思ったけど、残った人がよく頑張ってくれたわ。
ありがとう」
GM 「お疲れ様ー!次回木曜日はたぶんあたしがまたGMすることになる、かな?
先週までのヒトから声明が無いので。連絡取れれば彼がする事になるかもしれないけどその時はその時でよろしくね!
というわけで今回のお相手もうみゃでしたー♪」
でっていう 「    \           /ニYニヽ       /    r'ニ;v'ニ;、
イラッシ \         /( ゚ )( ゚ )ヽ     /    _,!_(9i (9i:
なかまをた\      /::::⌒`´⌒::::\  で/    /  `ヽ,. ┘ヽ
ごようのかた\     | ,-)___(-、|   /     i ′′       }
   スーパード\   | l   |-┬-|  l | /     l、      、   ,!
      ∨    \  \   `ー'´   / /      ヽ.____,ノ` ,∠!
      □     \    ∧∧∧∧∧∧       `ーァ ヘ>
              \ <       で  >       i′  ヾZ___/`i
λ......            \<     w っ >       |  ,  ヾ;.、ヾ;、 !
----------------------<  の w で >       l、 |  |,.、ヾ二_)|
―――――――――――<  勝 w い >――――――――――――
                <   利 w う  >        / ノ Y ヽヽ
                <   !!      >      o゚((●))((●))゚o
                 ∨∨∨∨∨∨\       /:::::::⌒`´⌒:\
       ,、 ,、          /        \ ミ  .|  ,-)    (-|      ミ ミ ミ
     <((・)・), -、       /          \⌒. | l   ヽ__ノ l|   /⌒)⌒)⌒)
     </⌒ヽ  '' )      ./    ,、 ,、       \ \  |r┬-|  / (⌒)/ / / //   バ
     ヽ_,, `ーノ<l__l>   /   , - (・(・))> でっていう\   | |  |  \  ゝ  :::::::::::/      ン
  ┌--z / oQ./o 。/!  /  ( ''  ,r'⌒゙i>,、、.,、,、、..,_   \  | |  |   \/  )  /   バ
  γ⌒ヽ ̄ ̄l7l. __  '、j /   ヽー´ ,,ノ:、. .:、:, :,.: ::`゙:.:゙:\ `ー'´    /    /     ン
   .ゝ_ノニニ○ーヽノ /       '、;: ...: ,:. :.、.:',.: .:: _;.;;..; :..‐\  l||l     l||l 从人 l||l」
こなた 「ゴメン、私役職確定情報を扱うのが専門だから
あんまり話すの向いてないんだよね~w」
長谷川平乃 「最終日は純一さんは確かに噛みに困るところでしたでしょうね
伊織さんとこなたさんのどちらかを噛むことはできないし、
私噛みでも何かしこりが残る……」
如月千早 「私の投票しだいで勝てたという・・・」
春香 「ごめんね、千早ちゃん、純一さん
6人の日に狂狼票合わせで勝ててたのに」
こなた 「最後、何故私がフリーになったし」
でっていう 「まあ、お疲れ様っていうwww」
水瀬伊織 「発言だけみたら橘狼だけど、こなたがすっごい傍観してるようにみえたんだもん!
こわかったー!」
こなた 「考えた結果伊織ん狼なら私が噛まれてる!って見た!」
春香 「ですねえ>純一さん」
蒼星石 「お疲れ様。」
長谷川平乃
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: : : : / : : : / : : : : : l : : : : : : : : : : :V
      /: : : : l : : : : | : : : :| : :| : : : | : : :| : : : :Y`ヽ
     /: /:/: |: : : : /.: : : :.|: : | : : : |: : : :| : : : : V: :ヽ 
      |:/: :| : | : : : /|: : : : :|: :||: : : :|: :><ヽ: : :|ヽ:∧
      ||: : |: : |: : : :| |: : : : :|: :| |: : : l l: :o: //: |: :| ヾ∧
     |.|: :|: : | :,:-+-+-: :: :|:-|-|-:-|、|:::::/|: :|: : |  ヾハ
       ーl ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄  ̄`  ̄|/:|: :.|: : |   `ハ
      //| ト                /:,: |:|: |: : |    ヾ        霊能50段の私がいたんですから、
     ∥|:.|| ハ ≡≡≡   ≡≡≡/:/: |:| :|ハ|     ヽ
    / |:|: :|:|: : ハ 》,    '    // //: :|: |: |:ハ|       `、     間違いない結果ですよね
    《 /||: :|:.|: : :レ/、    ヮ   \ノ|:|: /:/: :ノ: ハ        |
    \::V/: ://: : > _    <へ:V://:/:./: ハ.        |
     /: (_)> ´∥:::::|::\/:::/::::V (_):ー ´: : : ハ       |
    /: : :/:/::O::::∥::::::||:/ \/ |::::::V|: :|、O)、: : : : :ハ      |
   /: : :./:/|   ∥::::::::| 〉‐〈   |::::::::::|: :|   |: : : : : :ハ.      |
  /: : //|   \ ̄`|. |.  | / ̄ ̄.|: :|   |: : : : : : :ハ    |
 /:.//: : :|   | / /:| |  | /\\ \\ |: : : : : : : :ハ 
/:/: /: : : メ|   | \ ::r======q:::::/ /   \\: : : : : : : : :ハ
./::/ : : : :/.    |  `(__‐_`, ー|:::/ /       \\: : : : : : : ハ
: :/ : : : : | \  >―´ つ __ r 、'/ /      / .\\: : : : : : :ハ
:/: : : : : :|   /|  / `、‐'、_`Y__Y、 ̄` 、  /  | :Vハ: : : : : : :ハ
: : : : : : :.ゝー  |   |  l ̄  ̄ ´. `ヽ、  ヽ〈   |: : V:ハ: : : : : : :ハ」
橘 純一 「あら・・・まぁこれは遊びすぎたかな」
如月千早 「うう、最後の最後で……」
でっていう 「最後いおりんと橘の一騎打ちかと思ったっていうwww」
絢辻 詞 「おつかれさまー。なん・・・だと・・・」
春香 「おつかれさま!」
水瀬伊織 「あー最後の最後でぶれた!こなたありがとう!」
巴マミ 「あら?
お疲れ様です」
こなた 「おっと、勝てた!」
春香 「ああ・・・千早ちゃんそっち見たかー」
でっていう 「お疲れ様っていう」
でっていう 「あれ?」
ゲーム終了:2012/03/27 (Tue) 23:35:53
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
橘 純一さんの遺言 (頭がボーっとする、眠気覚ましが必要だ)
(このままじゃ無事に帰れそうもない……うん、どうにかしなくちゃ駄目だ)
(よーし! それじゃあ、しょうがないからプールに行こう!)
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
橘 純一 は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
如月千早1 票投票先 1 票 →橘 純一
水瀬伊織0 票投票先 1 票 →こなた
橘 純一2 票投票先 1 票 →如月千早
こなた1 票投票先 1 票 →橘 純一
水瀬伊織 は こなた に処刑投票しました
如月千早 は 橘 純一 に処刑投票しました
こなた は 橘 純一 に処刑投票しました
橘 純一 は 如月千早 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
こなた 「んー、純一は間違いなく役職の投票なのはわかる。
うむむ」
橘 純一 「だから千早さん狼もあるんじゃね?って思ってる
まぁ春香さんは初手囲いならすっごく納得できるとこだしってのがね>発言的に」
水瀬伊織 「よーは、両方狼あるでしょこれ、
んで、でっていうの吊りについては考える時間ほしかったから昨日説明した。
そこをラストにもってきて疑ったこなたがちょっと強引ぽいのが疑問だけど。」
如月千早 「うーん、私はどうすれば・・・」
橘 純一
◇橘 純一 「難しいところだね
正直千早さん吊って○だったらってのは甘えなのかな?>でっての処遇
僕は狼が騙ってる可能性もあると思ってるから>狂みこしの対抗噛みとして」

の発言のとおりかな 

だって対抗噛みぬいて狂ポジで残る狼って結構いるから」
こなた 「とりあえず、霊能に対する反応でちーちゃんは偽(狂を強く見てる)
噛まれない狩人と伊織んの対決なわけだ。うむむ」
橘 純一 「発言内容と早期能力決定から狼吊れてることは狩人視点わかったんだよね
朝こなかったから安心してた…くそっ」
水瀬伊織 「んじゃ、橘、あんた視点、千早なんだとおもったかおしえて?
ちなみにこの状態でどふりーのこなたが私すっごくこわい。」
こなた 「霊能にチャレンジ出来る狼ねぇ…
あ、純一が真でも偽でもチャレンジして問題なさげかコレ
(狂濃厚のちーちゃんが場に居るんだし)」
如月千早 「ただ、続いている以上LWですね・・・」
橘 純一 「いや早噛みあるなら僕が噛まれて
僕も吊り対象にするなら水瀬さん噛むでしょって読んだんだけど…>水瀬さん」
水瀬伊織 「っていうか、確定○この村霊しかいないわよね?>橘」
こなた 「うげ、霊能抜きなのかい……」
如月千早 「最終日ですが・・・」
橘 純一 「…まじでここで霊噛むの!?
絶対水瀬さんあたり噛むと思ってたんだけどこれ」
こなた 「おはよう」
水瀬伊織 「……橘、どういうつもり?」
如月千早 「理由
もうここしかないです。
●ならそれまで、○なら・・・橘さんが狼とみます。
水瀬伊織 「おっはよー……実際、ちょっとこれわかんないけど、
橘が千早投票とか……でもそうね、橘、千早を何と思ったかは知りたい。
んで、こなた、と。」
橘 純一
4日目   護衛先 水瀬伊織    噛まれ

ん…この投票結果から早噛みなければ水瀬さんは狼じゃないねこれ
だけど早噛みあるなら……んー…
いや僕が噛まれるだろうから最後の日は心のままに護衛していこうか!
発言的に村であろう水瀬さんを護衛しておくよ!
早噛みないといいな・・・だねこれはもう
如月千早 「占いCO こなた○」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
長谷川平乃さんの遺言 .           ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::寸二二二\
          /:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::∨二二二/
        / :::::::::::::::::::::: i :::::::::'.:::::::::::.:::::::::∨二二/
.       /:::::::.′:i::::::::::: |:::::i::::::'.::::::::::'.::::::::::'.ニニ/
     .′ :: i :::::|::::::i::::ィ´ ̄:::::i ::::::::::'.::::::::::'.二ト、
      i:::i::::: | ::: |::::::|:::::ト x=ミメ、::::::::::::'. :::::: i二!ニ\
      |:::| ::: |V´ト、_,ト- "ト ハ Y::::::::::::::i:::::::::|>'二二.\
     !八:::::|::':.笊_     Vン ,::::::::::::::| :::::: |二二二ニ冫     実は、アイドル検定50段だったりもするんです☆
.         ヽト-ヘVj    ''" .′ :::::::: ! :::: !ニニニ∧
         i|::::::∧"` 、 ┐ ! :::::::::: ;:::::::::::‘,ニニ/ '.
          }|:::::: .个: .    イ:::::::/:::::::::::::::‘,_/
        八::::// :::::::::::〕〔/≠ii≠ー=ァ-ミ ::::: ‘,   |
.        /::::::://i≠:::::::: ,~~!::i/〃//// Y::::: ‘,   ノ
       /:::::::/ 二i7> ^ ´ /://.′////∧::::::::‘,
.      /:::::::/' r‐,ノ /(__)^´/:/!/,i///∧///,::::::::::‘,
     /::::Y.′ノノ  rf(__) /:////!'//,i/,∨/∧:::::::::‘,
.    /::::::::^Y^ ∧ rf(__) /:/"///'///\,l∧'/::::::::::: ‘,
春香さんの遺言 あははっ☆ヤラレちゃいましたねー
それじゃいつものイキますか?
広末涼子『大スキ!』の替え歌だよ♪わっほい!
 
  
                 /`フ__
              _rく/: : : : : : > 、
             「 //: : : : : : : : : : : : :\ __
            /Lノ_/: /: ://: : : : : : : : : : /  >
              /: : : : //__//: : /li: |: : :|: : : ハ_/l
             ,': : : : /」|i_」|ミ|/ |i: !: : :!: : : : レヘ
           l: : : : /ィニニヽ   |」|i--:|、l: : :∧ ハ
           !: : : :l´トしクハ    `ヽノ:/: :|:`Tト-┘
            |: : |: | `ー'    ___  Y//: : :|:!
          ノ!|: :|: | ''''   ,  ,,, ̄ヾ/,‐ァ=、/::! ヽ   /|
        <: :||: :|: |   、       ///´: ::|  | ̄  \
         <リ、::|/\  ` ー _ノ /'::|/: : : :|  /_  /
           ムヘ| |ノ| \ _,イ´  /、ト/: : : :|ノ    ヽ/
          / / |     弋  イ_ /: /|/、
      ,.<´  ム  |_     ∧  / \'  /∧
      ハ    l |i  ! ̄`ヽ / く`'´   ヽ`>< l
       | ハ   .| l|  ト-ヘ-^^^ハ      `メ/  l
      |  \ | l|   !: : : : : : : :∧    //`ヽ |
 
♪とってもとっても 
 とってもとっても 
 とってもとっても 大スキよ
 ダーリン I like you. 
 ダーリン いい いい
 
 2回目のドライブ
 Doki Doki しちゃう
 ふくらむしょぼいマラ
 最高だね
 
 あなたといると楽しい
 愚息はまるで乾電池
 なんかもう うれしすぎて
 
 どっかでピュッってしたくなる
 だけど今は運転中
 イチモツを なだめてみよう
 
 とってもとっても
 とってもとっても
 とってもとっても 大スキよ
 ダーリン I like you.
 ダーリン いい 
 
 チンチンチンチン
 チンチンチンチン
 チンチンチンチン 感じちゃう
 ザーメン 検問中
 ザーメン ぴゅー ぴゅー 
 
 ドピュドピュ ザーメン
 
 ザーメン 検問中
 ザーメン ぴゅー ぴゅー 
長谷川平乃 は無残な姿で発見されました
(長谷川平乃 は人狼の餌食になったようです)
橘 純一 は 長谷川平乃 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
こなたの独り言 「純一はどこ護衛するかな~。
霊能は現状もう情報に意味はないよね」
こなたの独り言 「想定が、いおりん-春香、ちーちゃん

あれ、何このアイマスアセン」
如月千早の独り言 「春香は仲間だった気が・・・」
水瀬伊織の独り言 「なら、春香真贋つきってことで、橘も等価なんだけど。」
こなたの独り言 「霊能はたぶん真だと思うんだよね~。
というか、ちーちゃんの○への反応でそれでいいやって感じ」
水瀬伊織の独り言 「はやかみないわよね?」
如月千早の独り言 「占いCO こなた○」
橘 純一(人狼) 「まぁ最悪引き分けはいけたかなってとこかな?」
こなたの独り言 「狩人で中身見たいって投票か、狼でエンドゲームにするための投票って感じ」
如月千早の独り言 「うーん、生存意欲を見せて狼を疑わせる作戦は失敗に終わったようですね・・・」
橘 純一(人狼) 「霊噛んで引き分けとかないだろうからにゃーこれ」
長谷川平乃の独り言 「うぅん……指定するべきでしたよねぇ私……」
水瀬伊織の独り言 「橘なんで初手千早投票したのよ!」
こなたの独り言 「純一の投票が凄く役職」
橘 純一(人狼) 「さて・・・これからが本番なわけだけど」
長谷川平乃の独り言 「さてと」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
春香 は投票の結果処刑されました
4 日目 (2 回目)
如月千早1 票投票先 1 票 →こなた
水瀬伊織0 票投票先 1 票 →春香
橘 純一0 票投票先 1 票 →春香
春香4 票投票先 1 票 →如月千早
長谷川平乃0 票投票先 1 票 →春香
こなた1 票投票先 1 票 →春香
4 日目 (1 回目)
如月千早2 票投票先 1 票 →こなた
水瀬伊織1 票投票先 1 票 →春香
橘 純一0 票投票先 1 票 →如月千早
春香2 票投票先 1 票 →如月千早
長谷川平乃0 票投票先 1 票 →春香
こなた1 票投票先 1 票 →水瀬伊織
長谷川平乃 は 春香 に処刑投票しました
如月千早 は こなた に処刑投票しました
水瀬伊織 は 春香 に処刑投票しました
こなた は 春香 に処刑投票しました
橘 純一 は 春香 に処刑投票しました
春香 は 如月千早 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
橘 純一 は 如月千早 に処刑投票しました
長谷川平乃 は 春香 に処刑投票しました
水瀬伊織 は 春香 に処刑投票しました
如月千早 は こなた に処刑投票しました
春香 は 如月千早 に処刑投票しました
こなた は 水瀬伊織 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
春香 「千早ちゃん、あとでいっぱい楽しもう
だから今は…」
水瀬伊織 「で、ここで春香が村だったら、千早吊る理由、千早狼じゃないとないわよね?」
こなた 「とりあえず、霊能真のちーちゃん狂人なら、
千早投票のオオカミ派居る。それだけを見るなら
伊織んが怪しめかな?でっていう吊り押しだったし」
橘 純一 「…?」
如月千早 「何を弁解したらいいか全くわかりません・・・」
水瀬伊織 「だから、こなたがわりとどフリー、そこは怖い。けど。」
橘 純一 「僕は千早さん吊りたいって言った理由は昨日言ってるからね
といっても……これはどうしたもんだか>霊結果からね」
春香 「伊織が○もらって安心してる狼っぽく見えてきたよ…
でもここは、心を鬼にして千早ちゃん吊り!」
水瀬伊織 「でっていう吊るなら、本来春香は吊れないと考えたわ。
そこで悩む村とみたのよ私は。」
如月千早 「いや・・・霊能から●が出たのが意外すぎて・・・」
水瀬伊織 「◇春香 「ダメだって、私吊っちゃダメだって
千早ちゃん吊っとかないと」

長谷川、春香こーいってるけどどー思う?」
長谷川平乃 「伊織さん、でっていう吊り思考から千早さん投票……って思ってたら、
理由は出ていましたわね」
春香 「千早ちゃんは疲れてるだけだよ…」
こなた 「狼が千早投票……あるのかなぁ?」
如月千早 「うぅ・・・しかたありません
ただ、霊能が初日の可能性は頭にいれてください」
水瀬伊織 「で、こなた吊れるかっていったら、今はそうじゃないし。
とりあえず最終日いく方策とりたいわ。これ。」
橘 純一 「そして千早さんが言ってることもよくわかんない

◇如月千早 「あ・・・あれ?
なぜ●がでるんですか・・・?」

から


◇如月千早 「占いCO 水瀬伊織○」
だし」
長谷川平乃 「春香さん狼なら、それこそ千早さんを噛むと思いますね
彼女が狼でない限りは」
春香 「ダメだって、私吊っちゃダメだって
千早ちゃん吊っとかないと」
こなた 「ちーちゃん狂路線で放置しか無いよねっと
とりあえず、昨日の時点ででっていう投票の伊織んと純一は狼じゃないと勝手に思って……数合わねぇ」
水瀬伊織 「ぶっちゃけ、この噛み方なら私視点、春香、こなたが吊り候補。
橘?最終日ぶっちゃけるかどうかでしょ?」
春香 「ええええ私吊り?
千早ちゃん信じた結果がこれ?」
如月千早 「あ・・・あれ?
なぜ●がでるんですか・・・?」
春香 「千早ちゃん、ニセモノなの?
うそだよね・・・」
橘 純一 「…んー…千早ちゃんこれ吊れるのかな?ってのが
僕を残すのがよくわからないけどさ」
長谷川平乃 「千早さんを狂人と決め打つなら放置でいいですわね」
水瀬伊織 「……どういう噛みよ、これ。
っていうか、これちょっと本気で千早放置よ?
……春香吊りたい。」
こなた 「ぐふっ、マミさん真なのか~」
如月千早
◇水瀬伊織 「んじゃ、そうね。
千早狂人なら、春香で真贋ついた可能性mある、と
で、春香はでっていう吊りたいのね。
で、でっていうはそういう主張……」
全体的に意見が述べれていて、ここを○にしたいです」
長谷川平乃 「さて、そういうわけですわ」
春香 「・・・でっていうさん○?」
長谷川平乃 「さて、そういうわけですわ」
こなた 「ちーちゃん狂特攻、ちーちゃん真、ちーちゃん狼噛みあわせ
全部考えてみたけど、現状じゃちーちゃん真が妥当かな。って感じ
主に●を出す速度がね。狂噛みは考慮しない。
占いCOが噛まれたって事実事態が狼の筋と予想してるよ。」
水瀬伊織 「おっはよー。
ぶっちゃけ、昨日の発言で春香が千早に囲われた狼にみえた
そうかんがえたとき、でっていうー春香は千早狂ならどっちかしか吊れない
それを考えたかったから、思考時間とるために千早投票

……これ、千早狂だとしても、今日は春香以外から吊りよね
春香考えるのは最終日、つまり、私か蒼星石かこなた」
長谷川平乃 「池波流霊能術をとくとご覧あれ! でっていうさんは〇でした。」
春香 「おはようございます!!」
橘 純一 「3日目   護衛先 長谷川さん  噛まれ

本日はさすがに霊護衛固定だね
正直千早さんの色を見た方がいい気はするけどそういう選択をするなら
それにそった展開で答えるまでかな

個人的には


◇春香 「感度良好な千早ちゃんを信じたい気分だけど…
でも純一さんが噛まれてないってどういうことなんだろう?」

と疑いを向けてきてるのが気になるかな?

でも…まぁこの段階ではなんともだけど」
如月千早 「占いCO 水瀬伊織○」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
蒼星石さんの遺言 ……ところで、何で開始前に胸の話題で盛り上がってるんだい?
蒼星石 は無残な姿で発見されました
(蒼星石 は人狼の餌食になったようです)
橘 純一 は 蒼星石 に狙いをつけました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
こなたの独り言 「仮にでっていう村なら、ちーちゃん狂として……
ちーちゃんの●の出し方は占い噛まれを見てそく●にしたって感じはしないよね」
水瀬伊織の独り言 「こーなったら、灰吊りするしかない。けど。
こなたか、蒼星石、ねぇ。」
春香(人狼) 「じゃあ、噛みは純一さんに任せますね
噛み先だけ教えてくれて、あとはご自分のタイミングで」
春香(人狼) 「霊能がでっていう○、千早ちゃん吊りになればそれはそれで
じゃないかなって思うんですけど?」
水瀬伊織の独り言 「まずったなぁ。」
如月千早の独り言 「まぁ、明日破たんするわけですが・・・」
水瀬伊織の独り言 「でも千早が狂人で春香囲ってんなら、でっていう吊っちゃだめなのよ。」
橘 純一(人狼) 「千早吊りなら勝ち確定にもっていけたんだけどなぁー
あ、噛みはゆっくりでお願いするね」
こなたの独り言 「ん~。ここででっていうに投票するのは狼っぽいかな~。ちーちゃんが偽の場合だけど」
水瀬伊織の独り言 「明日の言い訳、考えなきゃ……
春香が狼にみえんのよ。」
春香(人狼) 「となると・・・残ると厄介なところを噛む方向ですねえ
霊能は放置するとして」
如月千早の独り言 「ふふふ・・・見事に私の手の上ですね・・・」
蒼星石の独り言 「今朝のリアクションがわざとらしかったんで吊っていいや。」
橘 純一(人狼) 「でっていう吊るのかw
これはちょっとまずいかも知んない」
水瀬伊織の独り言 「これ、私吊られるなぁ。
やっばい。」
春香(人狼) 「RPで千早ちゃんサイドに付けるのが大きいなあ
でもさすがに明日は純一さん吊りですよねえ」
水瀬伊織の独り言 「……まずい、失敗した。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
でっていう は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
如月千早3 票投票先 1 票 →でっていう
水瀬伊織0 票投票先 1 票 →如月千早
橘 純一0 票投票先 1 票 →如月千早
蒼星石0 票投票先 1 票 →でっていう
春香0 票投票先 1 票 →でっていう
長谷川平乃0 票投票先 1 票 →でっていう
こなた0 票投票先 1 票 →でっていう
でっていう5 票投票先 1 票 →如月千早
水瀬伊織 は 如月千早 に処刑投票しました
こなた は でっていう に処刑投票しました
長谷川平乃 は でっていう に処刑投票しました
橘 純一 は 如月千早 に処刑投票しました
如月千早 は でっていう に処刑投票しました
でっていう は 如月千早 に処刑投票しました
蒼星石 は でっていう に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
長谷川平乃 「明日、人外全生存でも2W1狂。引き分けになるだけです
狼がそのような事はしないでしょう」
春香 「でっていうのビラビラの色を見るんじゃダメなのかな?
トカゲの生態、気になるし」
橘 純一 「どっちもかわいい女の子だからすっごく悩んだけどね!>護衛先
しかし…これは…」
こなた 「狩人が仕事してくれるのに期待する…のはちょっと辛いかなぁ
とりあえず、狩人COを目の前にしてスルーしたのは事実なんだし」
如月千早 「それは・・・ちょっと・・・>でっていうさん」
長谷川平乃 「明日、人外全生存でも2W1狂。引き分けになるだけです
狼がそのような事はしないでしょう」
蒼星石 「実質今日が決める日? っていうか、何というか。どしよっかな。」
でっていう 「ということで千早吊って明日から狼2連で吊るしかないっていうwww」
春香 は でっていう に処刑投票しました
でっていう 「ま~、そこは好みっていうwwwだがでっていうはアイドルっていうwww>橘」
如月千早 「ここで私吊り・・・
しんこう上仕方ありませんが、生かしてもらえば結果は出します」
春香 「千早ちゃんを吊るなんてとんでもない!
そんなことより噛まれてない純一さんのほうが…ですよ>純一さん」
水瀬伊織 「んじゃ、でっていう吊りして実際に色みる?
○2でも、一応明日からストレートで吊りはできる。
狂人?偶数なら間違えさせれば村の勝ちでしょ。」
でっていう 「オレ様吊ったら明日狼陣営でのPPっていうwww
多分占いきりが話題になってもう間に合わなくなるっていうwww」
橘 純一 「いや・・・でって初日占いする占い護衛は勇気いるよ!>でっていう」
こなた 「でっていうの色を見て、霊能に護衛確定……これが美味しいかなって疑問
でも、狼があえての狂噛みしてくるとしたら、相当強い位置だろうし……
と、思ったけど、この人数ならそれもアリなんだよね。とりあえず抜ければ大きいんだし」
如月千早 「まぁそうなりますね>こなたさん
確定○が欲しかったのですが・・・」
橘 純一 「難しいところだね
正直千早さん吊って○だったらってのは甘えなのかな?>でっての処遇
僕は狼が騙ってる可能性もあると思ってるから>狂みこしの対抗噛みとして」
でっていう 「狂人なら尚更吊りどころを占う必要はあるかっていう>蒼星石」
蒼星石 「狩人いるからあえての狂噛みします! ってのは割かし納得できるんだよなー。
千早本人の発言が不穏だけど。」
長谷川平乃 「偶数ならば、でっていうさん〇でも千早さん狂と割り切れば
無理な話ではありませんが」
水瀬伊織 「んじゃ、そうね。
千早狂人なら、春香で真贋ついた可能性mある、と
で、春香はでっていう吊りたいのね。
で、でっていうはそういう主張……」
春香 「感度良好な千早ちゃんを信じたい気分だけど…
でも純一さんが噛まれてないってどういうことなんだろう?」
蒼星石 「>でっていう
>マミが狼陣営なら吊りどころであるオレ様を占う理由がほぼない
マミ狂人だったらあると思うよ。君狼ならまず死ぬしね。」
如月千早 「そして理由を張るのを忘れる……と」
でっていう 「まだ橘はオレ様から見ても真の可能性はあるが正直ここでマミを守れてないのはなぜかなっていうwww」
春香 「でっていうの色を見る?」
長谷川平乃 「狩人噛まれ、あるいはマミさん護衛されてると思っていましたのに
どちらも外れると」
こなた 「マミ噛みかぁ。で、千早さんはあえての狂噛み主張?」
水瀬伊織 「んーんー。
どーなんだろこれ。」
如月千早
理由
対抗の○をはっきりさせます。
確定○が必要でしょうから。
パンダになればそれはそれで、です。」
橘 純一 「そりゃ絢辻さんが●のわけないじゃないか!
裏表のない素敵な人なんだよ!」
蒼星石 「とりあえず橘に霊能護衛させておいてー、と。」
春香 「うわあ・・・マミさんがマミったよ~
って、マミったの使い方、これであってるのかな?」
如月千早 「狩人が生きてますね・・・私護衛はうれしいのですが」
でっていう 「マミ死んでて千早がオレ様に●を出した
村はオレ様を釣りたいかっていう???」
長谷川平乃 「あら? そちらが噛まれたんですか?」
水瀬伊織 「んで、巴マミがかまれて……うっわー、そこででっていうに●だすのね。」
橘 純一 「…うげげ…そっちが噛まれるのか…」
蒼星石 「や、おはよ。」
こなた 「あはは、私の電波先が狩人COしてるでやんのw
まあ、仕方ないよね。そういう事もある!」
でっていう 「ま~普通に考えてマミ真の千早狂ですすめていいんじゃないかなっていう
マミが狼陣営なら吊りどころであるオレ様を占う理由がほぼない」
春香 「おはようございます!!」
長谷川平乃 「池波流霊能術をとくとご覧あれ! 詞さんは〇でした。」
水瀬伊織 「おっはよー。
なんか橘の知り合いが見事に吊れたわね」
橘 純一 「狩人日記

2日目   護衛先  千早    噛まれ

まぁあの状況下でCOしちゃうのは仕方ないね
ってことで占い護衛なんだけど…

正直初手の段階だとどっちが真かわからないんだよね
ただ

巴マミ 「私が占い師なんて……魔法少女としてぴったりね
ではそこに重要役職があったら困るので
でっていうさんを占ってみましょう。
だってほら、ズサさんだしね?」

初手でいくらズサとはいえそこ占うかというのが……んー・・・
悩ましいけど千早さん護衛かなこれは」
如月千早 「占いCO でっていう●」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
絢辻 詞さんの遺言 ;::::::::::l::::::::::::::|l::::::::::::::::::ト:::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::!l
l:::::::::l|:::::::::::::|ll:::::::::::::::::|!|:::::::::::|l:::::::::::::|!l:::::::::::::::::|l
|;;;;;;;;」|;;;;;;;;;;;l| |l::::::::::::::;| l!::::::::::ll|::::::::::::!|l:::::::::::::::::l!
 ,,>≧ミx.、 !L:::l:::::::ll lL:::::;;;|ll:::::::;;;;;l| |::::::::::::::::l!
'" /::::::(_j卞ミ        ,,斗=≦< !l:::::::::∧!     /\       l        ‐十    ┃ 
 ':::::{iiiiiii}::::|         〝/::riゝヘヾ, ll::::::::ノ:l!      /   \    |   ヽ    ‐十    ┃
|:::::゙艸'::::;         |:::{iii}:::::! 》 リ::;;;イ:::ll     /     \   ∨       、_       . 
⊂ヾニ二シ,.        弋辷_.ソ⊃ lr /::::::!l
     ̄´             `        !ノ:::::::::l|
 //////      ′   ////// /::::::::::::::!|
                        /:::ト:::::::::::l!
                         /:::::ヘ::::::::::||
                         ィ:::::::::i:::::::::::!l
\      (二ニ==ニ)      イ:::::::::::::ll::::::::::!|

巴マミさんの遺言  ________________________
 .                  ,. -―‐―‐- . _         ....|
                  _,.-‐^爿 >-―--v__ 〉        ....|
                  ア 〈X´           ' ,       ......|
 全国共通特別鑑賞券  ./    /  人    ',       ...|
  一般¥1300    {  i   / __{__ ノソ }_}__  ',      ....|
              从ム .i|ノ斗、     ャ-、Ⅵ }ー、      |
 .              ァ{ A {!〈 ◯     ◯ 〉} /‐、 }    ...|
                 { ∧ b辷ゝ ¨´  !  `¨ ム´厄ノ ハ   ....|
                ∧ `ーァ-ゝ、  冖  _. ィ´‐〈ン ノ }    .|














 ---------切り離し無効--------- |
   劇場版       {/`¨ー/ {|.  ヾ≧≦ノ  |}  Y´_,イ}  ......|
   魔法少女     !  < ー ゙y´  `∨´  ∨ ノ >彡′    |
  まどか☆マギカ     丶__/  ⊂本つ  ∨ /       |
               ヽ∠ゝ、___,|||、___ノニ/        |
                 l_l }:l::⊂|||⊃:::l:{ l_l       ..|
                 l´  l l:l:::::::|||::::::::l:l |  `l       |
                 |   V/::⊂|||⊃:::';V   |       .|
                  /   //:::::::::|||::::::::::';ヽ  ',     .....|

┏━━━━━┓
┃. 巴マミ  .┃
┣━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  体が軽い、こんな気持ちで歌うの初めて……

         "Credens justitiam"
solti ola i
amaliche cantia masa
estia

e sonti tolda i
emalita cantia mia
distia

a litia dista
somelite esta dia
a ditto i della
filioche mio
sonti tola

solti ola i
amaliche cantia masa estia
e sonti tolda i
emalita cantia mia distia

alita della
maliche sonta dia
mia sonta della
i testa mia
testi ola
solti ola

solti ola i
amaliche cantia mia
dia, dia
ah

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
巴マミ は無残な姿で発見されました
(巴マミ は人狼の餌食になったようです)
春香 は 巴マミ に狙いをつけました
春香の独り言 「超過後のおしゃべりって、相方さんに見えてるのかな?」
如月千早の独り言 「占いCO でっていう●」
水瀬伊織の独り言 「あーいや、でも、うん
マミに真あるかしらね?」
水瀬伊織の独り言 「んーんー
結局、でっていうと蒼星石の投票は私が目立っているから、かしらね。
そーなると、だ。」
春香の独り言 「それとも純一さんに噛み任せたほうがよかったのかな
てへぺろ(・ω<)」
春香の独り言 「2分っていったけど、間に合いますよね?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
こなたの独り言 「んいや、厳しいかな?」
こなたの独り言 「これで詞さんが狼なら生き残れそうかなっと」
如月千早の独り言 「あ・・・間違えました」
長谷川平乃の独り言 「うぅむ、発言しにくいですね……」
巴マミ は 春香 を占います
水瀬伊織の独り言 「どうかしらねー。
春香狼とかあるかしらねー。」
春香(人狼) 「わっかりましたー
じゃあマミさんを超過2分で噛みますね」
如月千早の独り言 「占いCO でっていう○」
春香(人狼) 「マミさん噛みからの純一さん吊りで
あとどうするかですね」
こなたの独り言 「気になる位置は蒼星石だよねーって所かなぁ」
如月千早の独り言 「でっていうに●を出して終了、ですね」
長谷川平乃の独り言
                              ー=ァ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
                                   ,...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ー―-  __       __ -
                             /イ :::::::/:::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::゚。            ̄ ̄ ̄
                             / ∠:::::::/::::::::::::::::/:::::::::::;:::::::::::::i::::::r―‐ 、::::.
                             / /∨`ヽ'‐- :::::::::/:::::::::::/::::::::::::::|::::::| o /::::::'.
                             / /   \:::::::::i  ヽ ー- :/i:::::::::::::: | ::: \/',:::::::::'.       池波流霊能術の腕前、とくとご覧あれ!!!
                       / /      `7:::ハ ,x≧ミ、   ` ,x≦ミ、┤:::::::::i::::::::::丶 _
                       / /        / ::::: :.  {/ハ     {//ハ ,/ :::::::: ∨::::::::::::::::::::.... 
                       / /        / ::::::::::::: i 乂リ       乂/リ:::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::::ー-...
                 / /           { :::::::::::::::::八    r` 、    /::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::‐-
                 /、\/          `γ⌒ヽ: /::...  |   }  _{:::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
               へ '_ 丶  }、            弋___ノ´:::::::::::::>    x≦_ \::::γ⌒ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.           / ///\ イ \          /:::::|:::::::::::::::_  -‐ ´ ☆    弋___ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::
.           ー、i//////,\≠ー――――――――――‐'ニ=-         ..:::::i:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐-:::::::::::
..      /  /\///////! j                   ............     .:::::::::::|:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐-
      /  /    ー=ニニー′                      ..:::::::::::::::::::::::/|:::::|i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.   /  /      i|::::::::::i|                    ..:::::::::::/ ̄ ー.:::::/::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
....../  /          |:::::::::::|               .    ...:::::::::::::/:::/:::::::::::::/::::/::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/  /          |:::::::::::|                 :::::::::::::::::: ィ::::`:<:::::::::::::::::/::::/::  '. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ./             .|:::::::::::|                ::::::::::/:::}:::::::::::i:::......... /::::/::...:::::::'. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::」
橘 純一(人狼) 「日記しっかり書くから噛みはゆっくり噛んでくれると嬉しいかな」
春香(人狼) 「ですね。マミさんがぶっといっちゃいましょう」
橘 純一(人狼) 「いや、占い噛みでワンチャンスあるよ?
これ」
春香(人狼) 「純一さんをかばってたっぽいからですね
私も投票しちゃいましたけど」
でっていうの独り言 「あ、遺言忘れてた」
如月千早の独り言 「ふぅ、投票先も真占いにあわせられましたし、上々でしょう」
水瀬伊織の独り言 「んー綾辻かー
まぁいいかな、実際、だからどーしたというところもあるわけで。
千早真のマミ狂、あるかしらね。」
でっていうの独り言
          / ノ Y ヽヽ
        o゚((●))((●))゚o    俺様が吊られるわけがないっていうwww
        /:::::::⌒`´⌒:\
 ミ ミ ミ  .|  ,-)    (-|      ミ ミ ミ   
/⌒)⌒)⌒. | l   ヽ__ノ l|   /⌒)⌒)⌒)
| / / /  \   |r┬-|  / (⌒)/ / / //   バ
| :::::::::::(⌒)    | |  |  \  ゝ  :::::::::::/      ン
|     ノ     | |  |   \/  )  /    バ
ヽ    /       `ー'´     /    /     ン
 |    |   l||l 从人 l||l     l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、
      ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (⌒_(⌒)⌒)⌒))」
橘 純一(人狼) 「あれはしゃーないよwww
とかげ○とか事故だよ!」
春香(人狼) 「まあ、明日は純一さん吊り確定っぽいかなあ」
でっていうの独り言 「ワケワカンネ」
橘 純一(人狼) 「絢辻さん吊るとか…なんてこったい」
巴マミの独り言 「狩人さんなんで出るのー!?
あ、あと投票遅くてごめんなさい」
こなたの独り言 「ふーむ、二票貰いかぁ~」
長谷川平乃の独り言 「さて……」
春香(人狼) 「ナイスCOですよ!!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
絢辻 詞 は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
如月千早0 票投票先 1 票 →絢辻 詞
水瀬伊織2 票投票先 1 票 →こなた
橘 純一0 票投票先 1 票 →蒼星石
巴マミ0 票投票先 1 票 →絢辻 詞
蒼星石2 票投票先 1 票 →水瀬伊織
絢辻 詞4 票投票先 1 票 →こなた
春香0 票投票先 1 票 →絢辻 詞
長谷川平乃0 票投票先 1 票 →絢辻 詞
こなた2 票投票先 1 票 →蒼星石
でっていう0 票投票先 1 票 →水瀬伊織
巴マミ は 絢辻 詞 に処刑投票しました
「◆GM システム:投票制限時間をリセットしました。」
でっていう は 水瀬伊織 に処刑投票しました
如月千早 は 絢辻 詞 に処刑投票しました
春香 は 絢辻 詞 に処刑投票しました
蒼星石 は 水瀬伊織 に処刑投票しました
絢辻 詞 は こなた に処刑投票しました
長谷川平乃 は 絢辻 詞 に処刑投票しました
橘 純一 は 蒼星石 に処刑投票しました
水瀬伊織 は こなた に処刑投票しました
こなた は 蒼星石 に処刑投票しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
でっていう 「普通に怪しいところでいいっていうwww」
こなた 「なん…だと…?>狩人」
巴マミ 「……えー……>橘さん」
長谷川平乃 「あらら」
絢辻 詞 「初日から狩人COとか……どういうことなのよ!?」
如月千早 「あぁっなんてことをしてしまったのでしょうか私たちは!」
こなた 「でっていうを吊れないなら仕方あるまい……!
私のアホ毛が受信した電波に従うのみ!」
春香 「たしか…ティロ・フィナーレ、でしたっけ?
何かがあふれ出す呪文ですよね!」
巴マミ 「んー……
じゃあ対抗占いで良いかな、多分
○って大事だし」
橘 純一 「まぁ、初日なんで日記はないんだけどね」
蒼星石 「ふむ?」
絢辻 詞 「べ、別に橘くんを守ろうとかそういう意図がある発言じゃないわよ!」
水瀬伊織 「ちょっと春香、あんたなんとかしてでっていうが実は灰だった、
ってことにできないの?」
でっていう 「それはオレ様ですら聞きたいっていうwww>橘」
橘 純一 「ごめん、これはさすがに無理だよ
狩人COしておくよ」
絢辻 詞 「欲望の赴くままに橘くん吊りも悪くないけど、真面目に吊りに走ったほうがよさそうというわけよ」
如月千早 「面子的吊られる流れかと・・・>橘さん」
長谷川平乃 「さて、グレラン検定50段の腕前、見せて差し上げますわ」
こなた 「GOOD!>春香さん」
巴マミ 「あふれ出るって……
よくわからないですけど……>春香さん」
春香 「おのれ、でっていう!っていう気持ちかなあ」
水瀬伊織 「変態大人に人権なんかない!>橘」
でっていう 「というか○もらいだとわりかし橘を吊るとかどうとかはあんまりどうでも良くなったっていうwww」
蒼星石 「ほら、そこの男の人とか、噂では紳士らしいよ。
紳士って言葉が具体的に何を指すかは分からないけど。」
長谷川平乃 「大声で霊能という言葉を交えて喋っていますわ
霊能以外ならこんな紛らわしい事しないと思いますわ >純一さん」
絢辻 詞 「ま、冗談はおいておいて。
11はGJ出ないと基本つらいから、初日から無駄吊りもしづらいのよ」
橘 純一 「というか蜥蜴なぜ○もらったし…」
水瀬伊織 「そんで、明日からこの伊織ちゃんが人外ギッタンギッタンにしてあげるわ!覚悟しなさいよね!」
巴マミ 「はぁ、そうですか
頑張ってくださいね>千早さん」
如月千早 「そういうことを昼間に言わないで!>春香」
春香 「アンテナ3本立っちゃうくらいだもん!>こなたちゃん」
でっていう 「ねえねえ!
でっていうを吊るつもりで待ち構えていた気持ちってどんな気持ち?っていうwwww」
橘 純一 「やめて><
紳士にも生きる権利はあるんだよ!>伊織ちゃん」
巴マミ 「し、しんじゃいやー!?>でっていうさん」
春香 「マミさんはあふれ出る何かがありますから」
水瀬伊織 「……あーもう!仕方ないわね!
橘!あんた死になさい!」
如月千早 「奇遇ですが・・・敵同士です。
私の真を証明して見せます>巴さん」
こなた 「感度が抜群と聞いて!」
絢辻 詞 「素直な進行ね。某○の位置を除いては」
巴マミ 「吊りどころだからこそ
狩人とかがいたら困りますよね>千早さん」
橘 純一 「と、そこ霊ね把握したよ!
でもできるならわかりやすくCOしてほしいかな>長谷川さん」
長谷川平乃 「死亡フラグ50段のマミさんからの○貰い……
ああ、さようなら……! >でっていうさん」
水瀬伊織 「まったく!信じらんないわ!
アイドル村でトカゲがいなくならないなんて!」
こなた 「あ、霊能も確認。真狂-真の潜伏狼2想定でいいよね」
春香 「だって千早ちゃんの胸、感度が抜群だもん」
巴マミ 「み、魅力?
どういうことなんでしょう……」
でっていう
      / \Y/ヽ 僕はほらアイドルとして格が上だからっていうwww(キリッ
     / (ー)(ー)ヽ
    /:::::::⌒`  ´⌒:\  
   | ,-) ヽ__ノ(-、| 
   |  l   |r┬-||   |
    \    `ー'´   /
    ノ        \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          / ノ Y ヽヽ
        o゚((●))((●))゚o    俺様が吊られるわけがないっていうwww
        /:::::::⌒`´⌒:\
 ミ ミ ミ  .|  ,-)    (-|      ミ ミ ミ   
/⌒)⌒)⌒. | l   ヽ__ノ l|   /⌒)⌒)⌒)
| / / /  \   |r┬-|  / (⌒)/ / / //   バ
| :::::::::::(⌒)    | |  |  \  ゝ  :::::::::::/      ン
|     ノ     | |  |   \/  )  /    バ
ヽ    /       `ー'´     /    /     ン
 |    |   l||l 从人 l||l     l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、
      ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (⌒_(⌒)⌒)⌒))」
如月千早 「巴さん、そこは吊りどころですよ(ドヤァ」
蒼星石 「霊能初日かー、と思ってたら長谷川が霊能COしてた」
長谷川平乃 「あうぅ……ごめんなさい、またミスを」
水瀬伊織 「あんたなんてところうらなってんのよ!
そうなったら橘つるしかないじゃない!」
絢辻 詞 「橘くん……初日でお別れになるのかしら……?」
春香 「ほらほらGMさん、こういうコンビもいいでしょ?
千早ちゃんの魅力も、マミさんの魅力も引き立つ!」
こなた 「でっていう占いとはいきなり渋い位置だねぇw
まあ、その辺は気にしないけどさw」
巴マミ 「あら、千早さん
奇遇ですね?」
長谷川平乃 「占い2で〇進行を確認しましたので出ました。
この後3人目が出ても私が出たのは間違いにならないはずです」
橘 純一 「…でっていうに○…だと…!?」
巴マミ 「様子見はしません
どちらかというとここで潜るといつ出るか困ったことになりそうだから」
長谷川平乃 「占い2で〇進行を確認しましたので出ました。
この後3人目が出ても私が出たのは間違いにならないはずです」
水瀬伊織 「で、占い2?霊能は1人でいいわね。
んじゃ、でっていう吊りましょ……ともえまみぃぃぃぃぃ!」
如月千早 「なんで胸ばっかり・・・!>春香」
橘 純一 「あ、占いはお二人のようだね
霊能さんは出てくれたらいいんじゃないかな?」
でっていう 「なん・・・だと・・・!
マミから○貰い」
蒼星石 「で…でっていう占い……?」
春香 「千早ちゃんと、マミさんが占いさん?
凸凹コンビktkr!」
絢辻 詞 「『絢辻さんは裏表のない素敵な人です』
橘くん、はい復唱!」
こなた 「ほうほう。占いは2、普通の流れだね~」
橘 純一 「(計画通りじゃないか! まさか、ここまで上手くいくとは……)」
水瀬伊織 「あ、おはよ。
占いはCOしなさいよ?」
如月千早 「理由
春香だからです」
でっていう 「>橘
                           //  /_,. -;=''" _,       
    はああああああああああああ!   // '-'"`" -‐ニ‐"___=__---
       /ニYニヽ        / )`) ) :/レ    ____-__-_  /`''-w´ヽ  ,√"´\       /`''-w´ヽ  
 r、r.rヽ. ./( ゜)( ゜)ヽ     .////ノ.,/′     /:::::::::    : ̄ ̄0 ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄oヾ  ̄ ̄ ̄`゛ ̄ ̄
r |_,|_,|_,|/::::⌒`´⌒::::\   /ノ )´`´/; i:::″    ;::...::::....  ::::::.  ....○...........o.......〈..............................〉..
|_,|_,|_,|_,| ,-)___(-、| /   ノゝ / .!::^:     丶、 ::::::::,.... _ _.........../...............................\............................./
|_,|_,|_人 (^ i |-┬-|  l || 、_,,ィ '__/  .!::^:       ヽノ:::::... _ _   ,/´O ゚      ○ ゙`'i、     ,      
| )   ヽノ | `ー'´   / \ _/     i:: :: :      ヽ ::;;:   _-__  o ヾ _  ,        O /         
|  `".`´  ノ                  ヽ  ヾ    ヽ` :;;...  三__ ̄ ̄ ̄`ヽ、_,/ ̄ ̄ヾ_/ ̄ ̄ ヾ
 \_/                         ヾ\\:  \,. -;=''" _,.-;-\         \ ̄ノ
橘 純一 「おはようございます!」
長谷川平乃 「処刑死体の判定は霊能50段の私にお任せください」
巴マミ 「私が占い師なんて……魔法少女としてぴったりね
ではそこに重要役職があったら困るので
でっていうさんを占ってみましょう。
だってほら、ズサさんだしね?」
絢辻 詞 「おはようございます」
春香 「おはようございます!!」
蒼星石 「おはよう。」
巴マミ 「体が軽い……こんな気持ちで占うの初めて……
でっていうさんは○」
「◆GM やー、使ってもいいけど全部AAっていうのはやめとけよってだけよん?」
長谷川平乃 「おはようございます。
狩人出現人数ですから、占いの出る出ないはお任せします」
でっていう 「おはようっていうwww
こいよ橘
この村に男は一人で十分だっていうwww」
如月千早 「占いCO 春香○」
こなた 「おはようっ! 今日も元気だ牛乳が美味いっ!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
GM は無残な姿で発見されました
(GM は人狼の餌食になったようです)
春香 は GM に狙いをつけました
水瀬伊織の独り言 「           /`ヽ__/⌒)
           {  -、ヽrイ_  { ̄`ヽ
          ∧__, ィ'´ ー'>、__ノニヽ ∧
            / \\_ヽ_|_ノ_/z-─ハ ∧
         l z'' ̄  /ハ     ̄`ミl ',
         l∨    l:l リ   __ | |  !
         | |\     リ   /  ` l l  |
         l ハ `ー- ノ  `  ___. |_/l |
         ! _ ! { ̄心    イりl  } 〉l|
           | | }l ー┴''    └┘ ' l_ノ .|
           l/l ∨///     | | | ||/l l l |
         ,'ハl '\_   --、   /l | l l l  っていうか再世篇引きでこれゼノあるでいわれてたのに
        ,' | |>、_   `ヽ_`_, イ|___l l | ',  
        ! l /  l`ヽ_  }    /|〉i | `ヽ ハ  結局歌枠はファイアーボンバー……冒険すればいいのに
          | .|l  、{ i_|   |     { l〉.i l   } ∧
          l lハ  ∨l  l、  ,-ト'、rイ   l ∧
          ! l ',  V  |ppppl_/l_ノ   ,'   ∧
          ! | ハ  /  .l:l:l::l::|:::|:|::|:|l   l   ∧
          | _,--l /   l:|:|:|::|:::l_|_|_ノ   !    ∧
          |//// ',   /─一''´  `ヽ  l      ∧」
巴マミ は でっていう を占います
春香の独り言 「変態という名の紳士さんですね!」
でっていうの独り言 「>GM
どう見ても使うなって意味じゃないかっていうwwww」
絢辻 詞の独り言 「GMのアイコンの人は今何をしてるのかしらね……」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
橘 純一(人狼) 「だめだ、僕は紳士なんだ紳士なんだ紳士な…(以下略」
春香(人狼) 「噛みは1分後に」
水瀬伊織の独り言 「                    ,. -‐<⌒ヽ-y―-、
                  /:∠ニ>ー'ー'ーrく
                 ,:' : : : : :>ー`ーrく : :',
                  .': : : : :./´      ハ Vノ
                    l : : :_:./    ̄´  `ーイ
               |: :〃ヾ ‐「幵 テ   ィzl|
                l: : ゞ、 ,,,,,゚ー'゙    じ!!
                   l: : : :八       ' ''''j:|
                    l: |.:/: : :>、  ⊿   ノl:|  っていうかゼノやよいと正当やよいが
               |: l>r-ト `ー=テ刀_:_l:|
                レ'   |:::|_  r、r'゙O.OYヽ 一緒になったらどうなんのかしら……
                  {.   |::::::::::::::::>ヘ ^  儿ノ
                              むしろ気があいそうだけど」
こなたの独り言 「伊織んか千早が占い? 」
春香(人狼) 「まあ、潜っていくしかないかな
様子見●出されのカウンターCOだけは用意して置きますね」
長谷川平乃の独り言 「これはちょっと不具合出過ぎましたね……
今度もこれだときついです」
橘 純一(人狼) 「僕に揉めない胸なんてないよ!……はっ!?」
「◆GM あ、AAはうざくない範囲で許可してるわよ?私の村では。
ほどほど使った方が面白いでしょ?」
春香(人狼) 「潜伏狂で1-1になるのもそれはそれで」
こなたの独り言 「私の役職センサーは……
橘君、狼な気がするんだよね~。蒼星石が霊能で、
マミさんは村人、でっていうも村人で(適当)」
水瀬伊織の独り言 「           __
       , :':´: :,>--Y⌒lケヽ
      /: : : //´ ̄ ̄ ̄`く
     /: : : : ://:三フ'´ ̄`ヽ: :}:ヽ
    ,': : : : ://: :// ─‐-、  l}:〉::}
    !: : : : :l,ノ-v: / ┌-ミ ヽ' l' V
    !: : : : :l ) l/    ヒクハ   ー}
    ,': : __: :ハ、    ヽヽヽ  lクメ
   ,' : ノ 、}::∧}    u       `!
  ./:r「  `ヽ::| \      ̄`ー /
  /: :ヽ.    l'   > .,_  /   っていうかねぇ、ゼノRPもとりいれたいのよね
/ィ‐<¨lヽ   }    /:/:l¨´
/⌒ヨ 、.rヘ.  ト、   l`マ=、___    割と面白かった。私は有りだわ、声優云々は抜いて
    `マレ:l   l、_\ / {ヽュ┐〉
、     Vノl  ', (__,r‐'イl:l:{ l ハ
∧    ∨!   V:|:|:|:|:l:l:l:l:ノノ ',
::{∧    ゙|     V:|:|:|:|:|:|:|ハ_ ',
: :Y∧    |     V |:|:|:|_/l l、_l/ ヽ
: :∧:|:ヽ  ,'     l:::|:|:,'.  し'  n |
: : : :V:l:l\      「「「{  ・ .・}し'
: : : : l::|:|:|:l:\    ノ//ノヽ  ^ ノl」
橘 純一(人狼) 「そうだね…難しいところなんだけど
潜伏狂あるかどうかってのがね」
長谷川平乃の独り言 「あれ? 超過までの時間も見えない?」
「◆GM というわけで今回もはじまりました!
今日のうみゃさんは割とロックなおねーさん♪とにかく楽しんでいってね~!」
春香(人狼) 「んー、千早ちゃんのおっぱい揉めれます?」
でっていうの独り言 「AA貼りたいけど禁止だしなあっていうwww」
橘 純一(人狼) 「僕も絢辻さんが占いだったら確定で初日に落ちるねw」
こなたの独り言 「まあ、いっか。何気に二ヶ月ぶりの人狼だし」
長谷川平乃の独り言 「       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: : : : / : : : / : : : : : l : : : : : : : : : : :V
      /: : : : l : : : : | : : : :| : :| : : : | : : :| : : : :Y`ヽ
     /: /:/: |: : : : /.: : : :.|: : | : : : |: : : :| : : : : V: :ヽ 
      |:/: :| : | : : : /|: : : : :|: :||: : : :|: :><ヽ: : :|ヽ:∧
      ||: : |: : |: : : :| |: : : : :|: :| |: : : l l: :o: //: |: :| ヾ∧
     |.|: :|: : | :,:-+-+-: :: :|:-|-|-:-|、|:::::/|: :|: : |  ヾハ
       ーl ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄  ̄`  ̄|/:|: :.|: : |   `ハ
      //| ト                /:,: |:|: |: : |    ヾ        噛まれるだけの簡単な仕事ですねぇ
     ∥|:.|| ハ ≡≡≡   ≡≡≡/:/: |:| :|ハ|     ヽ
    / |:|: :|:|: : ハ 》,    '    // //: :|: |: |:ハ|       `、
    《 /||: :|:.|: : :レ/、    ヮ   \ノ|:|: /:/: :ノ: ハ        |
    \::V/: ://: : > _    <へ:V://:/:./: ハ.        |
     /: (_)> ´∥:::::|::\/:::/::::V (_):ー ´: : : ハ       |
    /: : :/:/::O::::∥::::::||:/ \/ |::::::V|: :|、O)、: : : : :ハ      |
   /: : :./:/|   ∥::::::::| 〉‐〈   |::::::::::|: :|   |: : : : : :ハ.      |
  /: : //|   \ ̄`|. |.  | / ̄ ̄.|: :|   |: : : : : : :ハ    |
 /:.//: : :|   | / /:| |  | /\\ \\ |: : : : : : : :ハ 
/:/: /: : : メ|   | \ ::r======q:::::/ /   \\: : : : : : : : :ハ
./::/ : : : :/.    |  `(__‐_`, ー|:::/ /       \\: : : : : : : ハ
: :/ : : : : | \  >―´ つ __ r 、'/ /      / .\\: : : : : : :ハ
:/: : : : : :|   /|  / `、‐'、_`Y__Y、 ̄` 、  /  | :Vハ: : : : : : :ハ
: : : : : : :.ゝー  |   |  l ̄  ̄ ´. `ヽ、  ヽ〈   |: : V:ハ: : : : : : :ハ」
春香(人狼) 「どうします?
3-1になっちゃうのもアレなんで、潜ります?」
蒼星石の独り言 「ふむ。」
巴マミの独り言 「これ、でっていうさん占っても良いですかねぇ?>GMさん」
水瀬伊織の独り言 「                     __       __
                     {   `Y⌒Y´   }
                      > ‐=〒=‐ < _
                    /.:ヽ:.:.:.:i:.:|:.:i:.:.:/.:.:.:>:、ヽ.
               〃:.:ヽ:.:.:'.:.:.!:.:.:.:!:.:':.:.:/.:.:∠:い
               ,イ:.:-:、:厶 -‐ァxく¬‐-<:.:-:.:Vハ
                 i:!!:.:.ァ'´   ({   })     ヾ:ニ|i:.i
                  l:i{:V              V:!!:.!
                  l:.!:.{ , ―- 、    , -― 、 }:リ:.:!
.                |:.iN 〃7示       示ハヾ ル'Y:|
              |:.:.い { ヒ:り .:::::::::.. ヒ:り } fj ∧|
              |:.:.:ヽi        :.      レ′.:!
               |:.i:.:.:∧    .____.     /.:.:.:.:.:.|
                |:.l:.:.:.:.:.:>、      ̄     .イ:.:.:.:.:.l:.:|  私さっきゼノ一話みてたけどなにあのやよいのこれじゃない感
                 |:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、      . イ:.:.:!:.:.:.:.:.l:.:|
                 l:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| `¨¨´ |:.:l:.:.:.|:.:.:.:.:.l:.:|
                  |:.l:.:, -=‐x≦!       l:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.l:.:|
                  |:.l/'´ ̄  r小. 、__  `勺Tiぃ:.:.:.:.:|
             l:.:′    ∨「iト、 `   }≧}}`ヽ:.:|
             |:i      ∨|!|!|!iT≠≦ル'^Y  i:|
             |:| \      ∨!|!|!|!|!ル' {__ノ-‐― ¬
              |:.ト--ヘ     V!i|!iY    .  ´ ̄{__j`ヽ、
              |:.:ViTiハ       V!l!{_   ´    _,    ト、)
               |:.i.:.V|i|!}ハ      `´        . '´`ー- 、 ヽ
               |:.l:.:.:}レ'  '.             /‐-- 、  Y}_ノ
                |:.l:.:/    '、       . ´     ` |
                |:.l:〈     ,小. __ . ィ ‐- .          l
                |:.|.:.:ヽi ∠|!|!|!|!|!||    |i!i≧:.、    ノ
                |:.l.:.:,ハヽ--'l!|!|!|!|!|| r-┐ !|!|!|!:.:.:.`T:T´」
こなたの独り言 「AAでも貼りつければよかったかな~」
橘 純一(人狼) 「春香ちゃんは何かやりたいこととかあるかい?」
春香(人狼) 「あっさりロックオンされそうですね
狂人さんに頑張ってもらうしかないかなあ」
こなたの独り言 「うん、やっぱ無理だね。」
こなたの独り言 「村人ー」
橘 純一(人狼) 「と、いうわけでよろしくだよ
絢辻 詞の独り言 「絢辻さんは裏表のない素敵な狩人です、と(カキカキ)」
如月千早の独り言 「11人村の場合・・・うーん・・・」
春香(人狼) 「純一さんが相方さんですね
よろしくおねがいします」
こなたの独り言 「ちぇっくちぇっく」
橘 純一(人狼) 「ははは、やっぱり狼だったよ
ここのPHP壊れてるんじゃないかなw」
長谷川平乃の独り言 「あー……」
でっていうの独り言 「ま~、こういうときは大人しく吊られるしかないっていうwww」
こなたの独り言 「あ、ココ遺言残せない村だった気がする」
巴マミの独り言 「私ここではよく占い師ひきますね」
如月千早の独り言 「うわ、狂人ですか・・・」
春香(人狼) 「うわあ…狼とか」
絢辻 詞の独り言 「ふむ……なかなかナイスな役職ね」
こなたの独り言 「村人だー!」
出現役職:村人5 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
ゲーム開始:2012/03/27 (Tue) 22:48:36
長谷川平乃 「失礼しました。発言が残る不具合が……」
如月千早 「始めるっていう!・・・あれ?」
こなた 「ふふふ、コルセットを外したらどうなるのか
こなた先生が見てあげようではないか~(わきわき)>マミさん」
長谷川平乃 「ゼノ……ああ、ゾハルがどうのっていう長編SFRPGですね」
春香 「♪飾りじゃないのよバストは、あっはーん」
水瀬伊織 「巴マミさん、人にはね、触れちゃいけない過去があるのよ>ゼノ」
如月千早 「1」
でっていう
◇GM 「あ、踏み台だ。天高く舞い上がるお仕事が始まるわね☆」
 
        ./ニYニヽ
 r、r.rヽ.  / (0)(0)ヽ
r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \   え?っていう
|_,|_,|_,|_,| , -)    (-、.|   
|_,|_,|_人 (^ iヽ__ ノ l |
| )   ヽノ |  `ー'´   /
|  `".`´  ノ
   入_ノ
 \_/
   /
  /」
長谷川平乃 「ゼノ……ああ、ゾハルがどうのっていう長編SFRPGですね」
絢辻 詞 「占い師が橘くん、でっていうで占いローラーから入る未来もありね」
如月千早 「2」
如月千早 「3」
水瀬伊織 「おっと、丁度いい人数でいい吊り先もきたじゃないの♪
さ、はじめましょ?」
如月千早 「それでは、カウントします!」
GM 「あ、踏み台だ。天高く舞い上がるお仕事が始まるわね☆」
巴マミ 「ゼノ・・・?」
巴マミ 「あんまりしめあげてはいないんですけど
そうなのかなぁ……>こなたさん」
こなた 「おめでとう、初日にトカゲを吊ればハーレムだね!>橘君」
絢辻 詞 「胸なんて飾りです……!」
春香 「大きい人どうし組むのも迫力満点ですけど、
大きい人と小さい人のコンビネーションってのも捨てがたいですよ>GMさん」
如月千早 「カウント・・・っていう?」
GM 「ちーちゃんよんじゅうだいなんてなかった。ありえなかった」
でっていう 「最強のアイドルが爆誕したっていうwww」
でっていう さんが入場しました
巴マミ 「余りそういうのは意識していないから
でも褒めてくださってとっても嬉しいです>GMさん」
如月千早 「くっ……いいんです
私に胸があるとゼノるからこれでいいんです……」
GM 「あ、ちーちゃん!
そろったみたいだし、カウントして開始してもおっけーよん♪」
こなた 「マミさんはコルセットを締めあげすぎだと思うんだよね~
っていうか、74って普通以上になくない? 私幾つあるか考えたこともないけど」
GM 「いないいない!稀有なアピール力よ!>マミちゃん」
春香 「みんなちがって みんないい」
GM 「貴音と組ませれば凄い事んなるよ・・・!
よーし、他のPと一緒に計画つめとこ♪」
巴マミ 「えええ!?
でも私くらいならそれこそいくらでもいるような>GMさん」
巴マミ 「ふむ?
そうですか?>千早さん」
GM 「そう、その雰囲気よ!おねーさん適にティンと来たポイントの一つ!>マミちゃん」
巴マミ 「え?えっと、あれ?>こなたさん」
春香 「私はマミさんみたいなおっぱいより、千早ちゃんのおっぱいのほうが好きだけどなあ」
巴マミ 「どうかしら?
余り自信はないのですけど>千早さん」
如月千早 「……いえ、なんでも……>巴さん」
こなた 「貧乳はステータスだ、貴重価値だって言うけどさぁ~
マミさんみたいにぼっきゅっぼんな人なんて滅多に居ないよね~」
巴マミ 「雰囲気……
優雅でいようと思っているからでしょうか、どんなときも>GMさん」
長谷川平乃 「実は私、カラオケ検定やダンス検定も合わせて50段だったりするんです」
GM 「これはこれはらっしゃーい!タイプの違う可愛い子かくにーん!」
水瀬伊織 「そうねぇ……あと2人位、いつもならさくっときたりするけど、
ま、3吊りあれば上等よね。上等。」
巴マミ 「いえ、なんだか私の胸を見ていたような……>千早さん」
こなた 「よろしくね~」
如月千早 「歌唱力は聞いてみないとわかりませんが、ダンスは得意そうですよね>巴さん」
こなた さんが入場しました
絢辻 詞 「すみません、戻りました」
GM 「あや、そういうふうに言われないんだー。勿体無いなー。
こんなに美人さんなのにー♪雰囲気もなかなかいい感じだと思うし>マミちゃん」
如月千早 「あ、プレイヤー数的に11人がバランスの目安ですので・・・」
巴マミ 「えっと、あの、千早さん、でしたか
どうかなさいましたか?」
春香 「冗談いっちゃう千早ちゃんは、こうしてやる~
(後ろからおっぱいもみもみ)」
巴マミ 「でも本当に私で良いんでしょうか……
その、恥ずかしいんですけど、そういうこと言われたの、初めてで……>GMさん」
如月千早 「11人村までいくとうれしいのですが……」
GM 「うんうん!おねーさん待ってるからね♪>マミちゃん」
如月千早 「ふふっ、冗談よ春香」
春香 「はーい、きをつけまーす>伊織」
如月千早 「如月千早 さんが登録情報を変更しました。」
春香 「うぅ…千早ちゃんのいぢわる~」
GM 「やー、アイドル以外でも美人さんがいっぱーい♪
よっしゃ、女の子みんなまとめて765プロで面倒みちゃるからこいっ!


社長には事後承諾ってことで♪」
長谷川平乃 「あらら、発言が送信しても残りますね……」
橘 純一 「橘 純一 さんが登録情報を変更しました。」
如月千早 「……本当はいつもより多く転んだとか……>春香」
水瀬伊織 「まったく、ソレは仕方ないけど、本番に間に合わなかったら、
ファンが悲しむのよ、気をつけなさいよね!」
橘 純一 「橘 純一 さんが登録情報を変更しました。」
春香 「クッキーでよければどうぞ~>GM」
GM 「おねーさんさ・・・最近杏ちゃんとすっごい気が合う気がするんだよねー・・・仕事 わりと だるい。ヒースのにーさんみたくのんだくれはしないけど」
長谷川平乃 「長谷川平乃(はせがわ ひらの)と申します。
ヨコハマ警察Genius4で、現場の近接戦闘を担当しています。
皆さん、よろしくお願いしますね。」
巴マミ 「いえ、ありがとうございます
私から出向くときは是非、お願いいたします>GMさん」
長谷川平乃 さんが入場しました
GM 「やっほー春香ー。お菓子ちょーだい。」
春香 「ちょっと道が混んでて>伊織」
GM 「そかーざんねーん。久しぶりにおねーさんもマジモードだったんだけどふられちゃったかぁ。
でもでも、気が変わったらいつでも来てね?いつでも待ってるからっ!
あ、これ私の名刺!>マミちゃん」
春香 「ふぅ…なんとか間に合った~」
橘 純一 「こんばんは、よろしくお願いします>春香さん」
如月千早 「よろしく、春香」
水瀬伊織 「あら、春香じゃないの。遅かったわね?」
春香 「こんばんわっほい!」
春香 さんが入場しました
水瀬伊織 「はい。遺言準備完了っと……7人村だったら、ちょっと特殊かしらね」
橘 純一 「ははは、紳士な僕がデレデレするわけがな……いなじゃいですか」
巴マミ 「素質なんて……
それに今私にはやらないといけないこともありますし……
でも、そんな風に評価してもらえてすごく嬉しいです>GMさん」
絢辻 詞 「こんばんは、橘くん。
可愛い女の子がいっぱいいるからって、あんまりデレデレしちゃダメよ?」
GM 「というわけで30分になったんでちーちゃん以外は遺言と準備、しといてね~!」
橘 純一 「あ、絢辻さん、こんばんは」
GM 「いぇいらっしぇー!」
絢辻 詞 「こんばんは。よろしくお願いします。」
絢辻 詞 さんが入場しました
GM 「支援感謝ー!お礼にウチのPの一人をマスターにして拉致っちゃっていいわよん♪」
水瀬伊織 「……ウチの事務所の連中はなにしてんの!」
GM 「大丈夫!おねーさんに任せなさい!
貴方をばっちり、素敵なアイドルにしてあげちゃうわよん?
素質はあるんだから磨けばいけるわっ!>マミちゃん」
蒼星石 「やぁ、支援に来たよ。」
如月千早 「(また胸の大きい人が……ネタにされる……)」
蒼星石 さんが入場しました
巴マミ 「えっと、あの
アイドル?
私なんかがそんな……>GMさん」
水瀬伊織 「だって友達いなさそうじゃないのよっ!」
GM 「やー、これだとセクシー路線で売れるわー。
貴音とかあずっさん辺りと組んだら凄い事になるかなー・・・」
GM 「いおりん!出会いがしらぼっちは失礼でしょっ!
これからうちのアイドル候補生になる(ように説得する)んだから!」
水瀬伊織 「あーだめよP、だってこいつ、孤高の魔法少女()でしょ?」
橘 純一 「よろしくお願いします>マミさん」
GM 「おっ!スタイルも良く美人さん!
ねね、ウチの事務所でアイドルやってみない?
いわゆるピーンときちゃったわけよ私としては!」
如月千早 「よろしくお願いします、巴さん」
水瀬伊織 「あらぼっちじゃない」
巴マミ 「お邪魔しま~す」
巴マミ さんが入場しました
如月千早 「ログでは拝見したことがありますね・・・」
橘 純一 「…まぁアイマス村でいろんな意味でいろいろやったプロデューサーのアイコンなのだよ(しみじみ)>千早ちゃん」
GM 「あー、これたくさん使ってたヒトがいたんよー。
その人がこなくなってしばらく使われなくなったのもあってたまーにサルベージしたわけよん>千早ちゃん」
水瀬伊織 「ああ、気にしなくてもいいわ千早、ちょっとそのP、ウチの担当をしてたことが
あるだけよ。最近みなかったんだけどねー。」
如月千早 「(中の人が新参で懐かしいとかがわからない……)」
GM 「OK,Pさんはりきって宣伝しちゃうぞっ!ロスタイムまで試合はわからない!」
水瀬伊織 「なんでここに変態がくんのよ!
まったく、信じらんないわ!」
橘 純一 「大丈夫だよ、僕はちゃんとした紳士だよっ!>GMさん」
GM 「変態です>いおりん」
橘 純一 「こんばんは、よろしくお願いします」
水瀬伊織 「……あんた誰よ」
GM 「き、きた!ふつうそうに見えて超ド級紳士の橘さんだ!」
如月千早 「よろし・・・・くっ>橘 純一のプロフ」
GM 「やっほーいおりん。せっかくこんだけ美少女&美女がいるのに来ないのって勿体無いわねー・・・」
如月千早 「水瀬さん、よろしくお願いします」
橘 純一 さんが入場しました
水瀬伊織 「はいきたわよ・・・・・・えらく懐かしいプロデューサーね。」
水瀬伊織 さんが入場しました
GM 「こういうときこそ宣伝してくるわ!プロデューサーたるものギリギリまで諦めないっ!」
如月千早 「来ませんね・・・」
GM 「さてさて・・・」
GM 「いらっしゃーい。ゆっくりしてってねん」
如月千早 「よろしくお願いします。」
如月千早 さんが入場しました
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 330 (女P)」
GM 「22:30点呼予定ですよー。」
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
村作成:2012/03/27 (Tue) 21:58:33