←戻る
【劇場93】劇場公演 火曜の部村 [110番地]
~真夏の視線をヒトリジメしちゃえ♪~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon P
(生存中)
icon 楊菲菲
(生存中)
icon おおさか
(生存中)
icon 神崎蘭子
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon キョン子
(生存中)
icon 大槻唯
(生存中)
icon 霧切響子
(生存中)
icon 名誉店長
(生存中)
icon 程昱
(生存中)
icon 東横桃子
(生存中)
icon シテヤンヨ
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon ソルジャー
(生存中)
icon giko
(生存中)
如月千早 「では、私も失礼します。
お目汚し失礼しました!!本当に!!」
大槻唯 「ゆいも春香と一緒におちるね!
皆ありがとー!
さて、はるかー飴をよこせー!」
天海春香 「みるくの部分はうまく舐めないとすぐなくなっちゃうんだよね>唯ちゃん」
如月千早 「たまに強く・・・!いいですね・・・(意味深)」
天海春香 「それじゃお疲れ様でした!GMさんもありがとう。
今日は占いさんが強かったですね。あと大阪さんが白もらってキッチリ進めてったおかげかな。
あとは千早ちゃんと唯ちゃんといろいろお楽しみができそうだよ~」
大槻唯 「春香は長く楽しみたいひとなんだなー!
ゆいはたまーにゴリゴリやっちゃうけどね!」
天海春香 「そ、そうだね、千早ちゃん・・・
唯ちゃんも一緒に、楽しもうか?それじゃ、ウラで待ってるよー」
楊菲菲 「それじゃあ改めて…ばいば~い」
天海春香 「砕いちゃダメだよー
コリコリっとするくらいじゃないと>唯ちゃん」
如月千早 「ええ、でも此処から先は刺激が強すぎる・・・少し裏に行きましょうか、春香」
キョン子 「それじゃあ俺も落ちるぜ
お疲れ様でした」
大槻唯 「ほう!いちごみるく!
いいねー甘くておいしそうだよ!
舐めるもよし、一思いに噛み砕いてもよし!」
天海春香 「千早ちゃんの飴、舐めてもいいのかな?」
天海春香 「いちごみるく、かな>唯ちゃん」
楊菲菲 「そう!ダディャーナザァン!…いや前にツイッターでちょっとね…」
如月千早 「プロデューサーが反応した!?」
P 「リブラ?まさかダディャーナザァン?」
楊菲菲 「よ~し私はこれで撤収だ!
リブラアイコンはプロデューサーに任せよう!お疲れ様!」
如月千早 「ところで・・・春香は、その、お気に入りの飴を舐めようとは・・・思わないかしら?」
キョン子 「お疲れ様だぜ>できない子」
大槻唯 「できない子お疲れさまー!
とってもできる子だったよ!」
大槻唯 「ほんとかー!>春香
ゆいもご相伴に預かりたいな!
ねぇ何味?何味なのさ?」
できない子 「             / /    /=ミ、ヽ_//厶        `ヽ、
           /_/      厶≦二二ミく.:`ヽ.     、_  ',
.       、__/ /   ,  ¬…'"´ ``丶、ヽ、.:',    、 ',`ヽ}
       ` ̄/  /               ヽ.ヘ:}  .ノ  ヽ}
       / /〃                  Vハ: : : : : : ヽ
        |/|/      }             Vハ: : : : : ト、\
         ′  .i .:/ ./    i   ト        }/}: : : : i :} `^`
          l   .:.」/|:.厶    .:l、_.:.L_」  i   .ハ7: : : :ハ:厶
        '. .:.!.:.ト( ●)ヽ、 |^ヽ /\}/  /V: : : :/ }´
          ヽ.ト、|    / \} ( ●) / /} /: :i : i
           {    〈         }/_ ィl/}: :| : |
            、   ____, /〈}  イT.:.|::::|:.:ハ:.:!
                \      { {/ |::l:.:.l::::レ′`
                 _>‐:rr≦} |、 厂\.|::::|
             ,. -‐: : : : : : {/一   ∀. : : : ヾ、}
         /. : : : : : : : : r'¬    } : : : : : : :丶、
           /. : : : : : : : : : 凵   /. : : : : : : : : : :ヽ
        {: : : : : : : : : : : : l   {: : : : : : : : : : : : : :',
.          |: : :i: : : : : : : ∠{   〉、: : : : : :/ : : : : : }
.         |: : :| : : : : / r‐ヘ._/ rヘ: : : : :/. : : : : : :l
           |: : :|: : :/  V7ヘ_/. : : 、 : ,' : : : : : : : l
          |: : :|/    //. : : : : : : :、{: : : : : : : : l
         |: : {      〈´. : : : : : : : : : :^: : : : : : : :l
ま、感想だけ書こうかしらね、占いが強かった・・・!
そしてCOするべき時をもうちょっと考えても良かったかなって感じかしらね
それじゃあお先に落ちるわ、飴談義頑張ってねw」
天海春香 「春香さんの秘密の飴を舐めようだなんて・・・
いまのところ千早ちゃん専用なのになー>唯ちゃん」
楊菲菲 「よーしアークの人のためにリブラを用意しておこう」
キョン子 「そーいやー今日は鴨もmichiも来ていねえな
まあ、はっちゃけたアイコンがねえからきてねえのはわかっていたけどさ」
大槻唯 「春香が服に隠し持ってんのかー!
よこせー春香ー!」
楊菲菲 「私も帰ろう…>giko、できない子」
できない子 「       _   _,
     ___,> Y´'ー-、
    _>z二_ ___`ー≧__
    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   /        ヽ `Y′之>
.  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
  |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
   `|    ヽ   「)'/|/
    ヽ、_  ―  _,.ィT/
     .`,}ー,r'^ヘ-'"、
     /ヽ/ `_}ィ^!'
     ,'r' / /´ l- 、
     ヽl.rー'´ ヽ ィ
     ノ^ヽ-―'´^ヽ、
   ,ィ^ヽ、/==、 _,.ハ、_
それもありね>giko」
如月千早 「・・・
まず春香の上着を脱がし(検閲削除)>大槻さん」
できない子 「             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>
.    ミ  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
     ミ l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ )
     ミ |ハ | (●)  (●)/ / ,/レ′
   クルッ    `|   ヽ    「)'/|/
         ヽ、_  ‐-  _,.ィT/
        ,..ノ:::l 7Eニ::ィ::/ /:::ー...、(⌒)
    _ ,、r‐":::::、: 'イ '   ヽレ::::::::::::::::::ノ ~.レ-r┐、
r-r;''´:::::::::::::::`、::/      `、:;;;..-.,,_ノ__  | .| | |
(,_{::::_::;;::--''-‐ /        l:::〈 ̄   `-Lλ_レレ
        /        ノ′ ̄`ー─--‐‐´
        ノ       /
       /′     /′
     /′     │
喉が痛い時は「龍角散」!地味に良い!」
giko 「…帰ろうか。>ない子」
楊菲菲 「飴?消えちゃうキャンディーがおいしいよ?特にマスカット」
大槻唯 「えーどこの飴なのさー>千早」
如月千早 「ちなみに私のオススメの飴は・・・
あ、これは私専用だから言えないわね。」
できない子 「           ___,> Y´'ー-、
          _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
          /        ヽ `Y′之>
          ./  ,|7Tハ T寸寸  ヽ }<
         l ,ィ { (●) (●) レリ|   }ノ |
        |ハ |   `     (/ / ,/レ′
          `|   口  u 「)'/|/
           ヽ、_ _  _,.ィT/
            l 7Eニ::ィ1│
            'イ/ヽ::::`l┘
             i´ ̄ `|::::|
            j|     |::::|
できない子です、何故か飴談義が始まってます、人狼村は怖い所です」
楊菲菲 「杏は昨日頑張りすぎたのかナs是か寝込んでたよ…サボりじゃなくて本当にね」
天海春香 「おいしい飴を舐めようのコーナーだよ>やよい」
キョン子 「どーせ舐めるなら飴玉のほうがいいぜー
ちなみにレモン味が好きだね」
大槻唯 「杏っちとは飴を取り合う仲だからね!
頑張って奪い取るよー!」
天海春香 「じっくり楽しんだ後に、みんなでシャワー浴びるのが楽しいかな?>千早ちゃん」
如月千早 「・・・そうね。
「大宇宙の真理」といったあたりかしら>高槻さん」
大槻唯 「聞かなくていい話かなー?
聞いてもいいことないから耳ふさいどきなー>やよい」
天海春香 「杏ちゃんがいたら、もっと舐めまわしたくなったかもね>キョン子ちゃん」
できない子 「       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ
      │「ィ::∩ ノ ⊃
      /´:,r/:ヽ__ノ
     (::::::V::::::/ `i:i
      \:::/-‐::::::/
毒選んだら何故か狩人がすっ飛んできたわ>キョン子」
如月千早 「だが私は謝りません(キリリ」
名誉店長 「GMおつ&ありー」
高槻やよい 「この千早さんと春香さんは何の話をしてるんでしょう……」
キョン子 「遠慮しとくわー
というか俺の共有希望を持っていきやがっていー…>千早」
できない子 「                    ,_   _
               、-ー'`Y <,___
            r-、 __≦ー`___ _二z<_
        /て ) > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
       ( _ノ  <之′Y´/        \
        ゝ、 〈 >{  ,' | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
       ./ ハ::::ヽ|.!.、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
       /〃 ヘ::::ヽJ゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
        i !   \::::::゙i|゙i'(1 ,,,   ,  ,,, |
       丶丶   _ >゙iTィ.,_   ―   _ノ
          ゝ'´-::、_::::::y-、::::::/ヽ7:::::::\
        〈::::::::::::::::: ̄  う ´  ̄ ̄`i、::::::ヽ
          `ー― ¬、__ノ      j >:::::/
               /      r'^ヽ'´:::/
              ,′     `く__ノ
ほうほう、続けて続けて!>春香さん」
大槻唯 「実はゆいにもわかんない・・・・
飴の話だとおもったんだけどね?>キョン子」
如月千早 「ああ、参加したいのね?>キョン子」
キョン子 「…なんで舐めあう話になっているんだ?」
如月千早 「むしろシャワーを浴びながらというのは?>春香」
天海春香 「あとでシャワー浴びればいいから、問題ないよ>唯ちゃん」
キョン子 「あー、やっぱり初日に飛び出さんければなあ
画面が白くなって焦っちまってちゃんと見ていなかったな…」
大槻唯 「ゆいはたのしくてきもちいーのは好きだよ?
でも舐めるとかベタベタすんじゃん?なんかさー?」
天海春香 「うん、たまにコリコリっと噛みながら
じっくり舐めたい感じ>千早ちゃん」
神崎蘭子 「こんなので賞もらっていいのかしら(滝汗)
GMさんは運営&表彰お疲れさまでしたー」
天海春香 「蘭子ちゃんの地力、見れてよかった
RP賞おめでとうだよ~」
如月千早 「なるほど、飴を舐めるように二人で舐め回すのね?>春香」
できない子 「         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (<)|ハ|
      ヾi∨| ""    , "|´  ⌒☆
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`
賞貰ったね♪」
天海春香 「えへへ・・・でも唯ちゃんも素質あるよ
私たち2人で気持ちよくさせてあげたくなっちゃった>千早ちゃん」
程昱 「そのぐらいにして私は落ちましょー
機会があればまた合いましょうあでゅー」
如月千早 「春香、私達が本気になってしまったらこの村の対象年齢を引き上げることになってしまうわ?」
楊菲菲 「はっはっは表彰された人はおめでとう!、私もいつかRP賞のほうをもらってみたいもんだ!」
高槻やよい 「この鯖じゃないよ!あくまで、この村だよ!?>gikoさん」
程昱 「もすとででんじゃらすでしたねー
いいぞもっとやれ って言って置きましょうかー」
giko 「うぃ、ではおつかれ。
この鯖のはるちはは全裸卓でも喜んで出席しそうだ…では」
天海春香 「ええ?あれでMDPなんですか?
本気出す前だったのに…」
如月千早 「正直ごめんなさい!!>GM」
大槻唯 「MVPおめっとー!
そんでお疲れさまシテヤンヨ」
高槻やよい 「もう村人ニートで良いんじゃないかな、くらい思ってたよ……w」
如月千早 「あ、ええ、そうね、たしかにそのとおりね!
春香がそんなことするわけないもの、私以外!!」
シテヤンヨ 「では、お疲れさまなんよ」
P 「MVP

シテヤンヨ(圧倒的信頼度)

完全に場を掌握しきって人外をメタメタにした占いさんに本日のMVP.
流石の実力者、お見事でした!

役職賞

できない子(欲しい時の護衛)
疑われずかまれずで残り、欲しい時にGJを出す。
簡単なようで難しい狩人の基本をやれたのは素敵だと思います。なので役職賞もってっけ~♪

RP賞

神崎蘭子(新境地)

うみゃPお気に入りRP巧者の一人である海さんの久しぶりの本気RPということで期待していたのですが
初RPでこのキャラをそれっぽく出来るのはやっぱり自力なんじゃないかなーと思い、この賞を捧げますっ!お見事でしたよ♪

MDP(もすと・でんじゃらす・ぷれいやー)

天海春香&如月千早(お前は何を言ってるんだ)

というわけで久しぶりのMDPです。もうあんたら会話が高度すぎるのですよ・・・
多くは語りません。ある意味おめでとう!」
P 「みんなお疲れ様。それじゃ表彰できてるんではっておくよ」
天海春香 「今日は普通に白かったんじゃないかな?
RPも気持ちよさそうだったし>蘭子ちゃん」
できない子 「      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y´/        \
  >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
 | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
 ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
    ゙i|゙i'(1    ,    |
    ゙iTィ.,_   ―   _ノ
     │「ィ::ニE7 l
     └l´::::,r'\ト、
       丶::::ヽ/⌒) /⌒)
       j:::ヽ[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /¨´ | |::| |::| |::| |::| |::| |::| |::|
      /   l | |::| |::| |::| |::| |::| |::| |::|
COしとけば詰みは早まったのにね、でようかどうか迷っちゃったわね」
キョン子 「できない子狩人がもうちょっと早く読めていればなー
でも呪殺時の反応でわかったからなあ…」
神崎蘭子 「我が潜み蠢くものだと? …ありえぬな
(私が潜伏狂人とか都市伝説ですよねー)」
大槻唯 「はるかはほんっとうに言葉っ足らずなのなー?
一緒に舐めただけだよ!」
天海春香 「唯ちゃんと一緒に舐めたのはこれだよ~
『浅田飴』>千早ちゃん」
程昱 「精々仕事したのは三日目にかまれたぐらいでしょうかねー
それでも風はにーとって事にしてくださいなー>できない子」
如月千早 「・・・!?
春香、あなた汚されてしまって!?(?)」
高槻やよい 「うん、響子さんかできない子さん、どっちか狐だよね」
楊菲菲 「あっはっは~いいよいいよ私も途中で吊られちゃったし>唯」
おおさか 「お疲れ様やで」
giko 「まー、真が死なないとこうなると」
大槻唯 「狼さん達ごめんよー・・・・
初日伏せれなかったし、立て直せなかったよー・・・・・」
天海春香 「唯ちゃんといっしょに、先に舐めちゃった>千早ちゃん」
ソルジャー 「報告!村立て感謝であります!」
できない子 「               _」ヽ  /|
                >  ゙V´∠イz‐、
              /   ,イ  ̄ ̄ `ヽ
            _,//  〃    ハ   ヽ
          ,ノイ| l  {   /_l/  }ァ-ハハ
           小|  | Xi八|`  |ナリvi`.l
          /l从 ト{( ●) ( ●,| イ´
          ノハ小 j l       ,    ハノ
         ノ八 |/\  ─   ノ
    rく.へ、   __ イ::⌒ ≧==≦=__
  < |::::::::::::: ̄ ̄::::::::::::::/     ゞ:::::)フ
    ⌒ ー―――― r      '´ ̄
               /       /
ライン繋げてるし、噛まれてないしお仕事してるわね>程昱」
如月千早 「勝利の記念に春香を舐めまわす神事を始めますので。
正直辛抱たまりません。」
程昱 「お疲れ様ですよー
風はにーとな霊能でした」
キョン子 「引き分けぐらい目指さねえと
LWCOしちまったんだし>おおさか」
大槻唯 「お、おつかれさまでしたー」
霧切響子 「お疲れ様。」
おおさか 「粘るのはええけど投票くらいして欲しいかなと」
神崎蘭子 「闇に飲まれよ! (お疲れ様です! ) 」
楊菲菲 「あっはっは~今日は災難だったね~」
できない子 「         、  __,
      、-ー'`Y <,___
   __≦ー`___ _二z<___,
   > 7 >,>-‐ ´ ̄ `'┴<
 <"之Y´;:    /       \
   八 /:/ , ,/ / : / /  ハ  、ヽ
  |;レ;,′: /: |: |: :/l : |.  /|:i|  :ヽ '.
   J : ト、| : l/Ⅳ-|イ{: :/`ト+lノ,: : i: |
   ハ{: :lヽ|:! :!ィ. ─ ∨ィ ─ }: :!:|ハ
   '; : :V八_{ ( ●)  (●)ハ:N
    }j : :;(_∧.      '    ,ソ_)
   /イ :! : V 个 、 ─  ,イ|ノ
    |八 : :{ : !:.:r}>‐ 'l∨L _
    ∨ \{⌒{  ̄>rく  } 「 }\
    /   ∨ {_/ 孑 ∨  Ⅵ  ヽ
    {    |i rく \  〉 /   |i ,/゙ハ
    〉  (\ ヽ\ Y゙i/  _,  ||/ //)
   ∧ __ヽ`ー  ∨/  ( ヽ/ `∠-っ
   {  ‘ー‐ュ `/    }   }  \  (工_
    レ个ー-、    _ノ   人_   _x-r┬ '
はい狩人でした、COすべきだったわね御免なさい」
ソルジャー 「報告!お疲れ様であります!」
giko 「おつかれさまでしたーん」
如月千早 「はい、お疲れ様でした。」
おおさか 「お疲れ様」
キョン子 「ギャフン!やっぱり無理かー」
できない子 「霊界はエロスに満ち溢れてるわね」
楊菲菲 「お疲れ様~」
シテヤンヨ 「おつかれさまなんよ」
天海春香 「おつかれさまです!」
名誉店長 「絶望村が確定しているなら
村は共有に投票する事 狼は狐に勝たせたくないならCOする事で引き分け
交渉に持っていける
ちなみにおおさかは噛まれ占い両方の○なので初日以外非人外あるならやよい
まぁどっちにしてもこの展開でキョン子吊り以外は無い…」
ゲーム終了:2012/07/25 (Wed) 00:09:06
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
キョン子さんの遺言         ィ  r-_、
       〈(厂/:.:.:.:.:.>- 、
      / ̄!:.:.:.ヽー--:.:、:.:.`ー- 、
    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:` 、
   / :. /:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.':.ヽ:.:.   \:.:.:.:.:.:.:.`ー- ._
 /イ/:.:.:.{:.:.:.ハ|:.:.:.:.:|、:.ト、ヽ:.:.',:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー-- _        })
///:.:.:.:.:ハ:.:.l. '. :.:. | ヽ} \!:.:l:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄二ニ=="
/ ./}!:.:.|:.:Lイ┼  ヽ:.:| ー- 」ヽ|:.:.:.:.:.:.\ヽー- _:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   `丶
 /ハ!:.:.|:.:! `!   ヽ|     }ハ:.:.:.:.:.ヽ「`ヽ    ` ‐- .:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 { |:.:.:.!:.!x==ミ    x==ミ |:.|!:.:.:.:.:.:'.   }         `丶:.:.:.:.:.:.:.ヽ   
 | |:.:.:.ヽ!     ,        !:.リハ!:.:.:.|              丶:.:.:.:.:.'.
   |ハ:.:.:.' ' ' '      ' ' ' ' /}/  |!:.:.:|                ヽ:.:.:.|        とりあえずゴーヤー食おうぜ!
   | !:.:.L.  ヽ二ア  / }   |:.:.:.:|                 }:.:.:.|
    ヽ:.:.ヽ`丶.._ . イ   ,/  |:.:/                 .|:.:./
   ___>:.:.V}     .|ヽ__   |:./                  |:/
  /{   \V.     `!    lヽ |/                 /
 ハ ヽ.    `ト   -‐ |    ! ハ{                /
 |::::ヽ ヽ    L_ --- _!   l ,::::}!
  '.:::::ヽ ヽ.   '.====リ   l ,::::/ `ヽ
  ',:::::::ヽ ヽ   '.    {    !,::::ハ  ./
   }:::::::::ヽ ヽ  }    !   //::::/ /
   |:::::::::::::ヽ ヽ |   /  .//::::/-'
   ヽ:::::::::::::ヽ ヽ | n!/  //::::/
    ヽ:::::::::::::ヽヽ!.h/,//::::::ハ
    }':::::::::::::r、} .|//::::::::::::::l:::|
    ,ハ:::::::::::<tへ|く__j:::::::::::::::!:::!
    |:::|::::::::::::`ーァ<二}:::::::::::!::::ヽ
   <::/:::::::::::::::::ヽV.X__:::::::::::|:::::::::ヽ        _
    /::ヽ::::::::::::::::::::ヽ!:::::::ヽ::::/:::::::::::::「 ̄ ̄`:<二:.ヽ `ヽ
  ./::::::::}::::::::::::::::::::::|:::::::::::: /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ ヽ
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キョン子 は投票の結果処刑されました
8 日目 (1 回目)
おおさか1 票投票先 →キョン子
如月千早0 票投票先 →キョン子
キョン子3 票投票先 →おおさか
高槻やよい0 票投票先 →キョン子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
如月千早 「もしあなたが狐ならおおさかさんが狼なのは納得ですねぇ」
高槻やよい 「っていうかそれ考慮する日は結局過ぎてるような……という感じなんですけどね」
キョン子 「ちゃんと指示しねえと!」
如月千早 「いや、まあ私もすごく怖いですけれどね?」
キョン子 「やっぱりおおさかじゃないかなあ…」
如月千早 「ようは私がやよ・・・高槻さんかおおさかさんどちらかが狼かをあてなけてばいけないわけで・・・」
おおさか 「まぁ粘りたいならええねんけど…」
おおさか 「もう投票してもええんちゃうんかな?」
キョン子 「…だって俺狐だもん
狼推測できても確信はできねえよ」
キョン子 「うへーいマジかい」
如月千早 「引き分けるにしても狼がわからないならどうしようもありませんよ」
如月千早 「シテヤンヨさんマジうまかったということで。」
キョン子 「だから引き分けにしようぜーってこと
ぶっちゃけこのまま俺を吊ったら負けるよ?」
如月千早 「でもまぁ、その。」
如月千早 「まーわかります。
不自然な点はたくさんありますから。」
キョン子 「たぶんおおさかあたりが囲いじゃね?
真占いは知らねえ」
おおさか 「これなぁ」
おおさか 「おはようさん」
キョン子 「てーわけで噛まれたってことはたぶんヤンヨは狂人だね」
如月千早 「いえいえ、貴女狐だとしても勝利するのは狼ですよね?」
高槻やよい 「キョン子さん投票……間違えないように、っと」
キョン子 「というわけでまさかの狐でしたとさー」
如月千早 「まさかの展開がないことを祈りましょうと。」
キョン子 「うっはい!やったぜまさかの最終日!」
高槻やよい 「おはようございます」
如月千早 「えーでは」
キョン子 「コォーン!」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
シテヤンヨ は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キョン子 「さーて、最後のあがきをするか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
神崎蘭子 は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
おおさか0 票投票先 →キョン子
神崎蘭子4 票投票先 →キョン子
如月千早0 票投票先 →神崎蘭子
キョン子2 票投票先 →神崎蘭子
シテヤンヨ0 票投票先 →神崎蘭子
高槻やよい0 票投票先 →神崎蘭子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高槻やよい 「ですねー……」
神崎蘭子 「この薔薇に彩りを加えましょう
裏切り者の赤い血と・・・屈辱の涙を!
(…って感じですかね、シテヤンヨさん偽の場合はもうそういうことでしょうし)」
如月千早 「潜伏狂人はいたら拍手で。」
シテヤンヨ 「やったねキョン子ちゃん」
キョン子 「ヤッター
最終日行きだー」
如月千早 「まあ予定通り神崎さん吊ればいいですね」
おおさか 「いやまぁ、ええんちゃうんやろうかね、色々」
キョン子 「んー。ま、いいか」
シテヤンヨ 「神崎蘭子を吊って、ヤンヨが狐で勝つのは
神崎蘭子狼で、キョン子が狂人でLWCOした場合だけなんよ」
神崎蘭子 「光あふれる世界はやはり闇のものには毒が強かったようですわね
…眩しくて眩しくて…
(まぁどういう展開をするかは千早さんにお任せしますね)」
シテヤンヨ 「噛ませりゃいいんよ」
如月千早 「つまりシテヤンヨ狐は事故でいいでしょうね、これ」
如月千早 「狼が霊噛みをして狐を支援したことになる。」
キョン子 「でもなー
吊り増やしたくないだろうしなー」
シテヤンヨ 「それ心配するんだったら、12で占い吊らないで駄目元でヤンヨ占わせるんよ>如月千早」
如月千早 「ただそれは初手特攻をぶち当てつつ、」
神崎蘭子 「盛大なグランギョニルを開きましょう
贄はわたくしということですね
(ま、そういうことならそうなりますわね)」
キョン子 「うーん、これは困った」
如月千早 「シテヤンヨ狐、一応考えられますけどね」
シテヤンヨ 「えーと、これで、大槻唯狐の潜伏狂人以外には対応できるんよ」
シテヤンヨ 「蘭子→キョン子なんよ」
高槻やよい 「おはようございます!」
如月千早 「えーでは。」
キョン子 「へえー」
シテヤンヨ 「どっちが対応手が多いか考えたけど、頭がフットーしそうだよぉ……
ということで、ワンチャンの狐騙りを潰してみるんよ
●だったら、神崎蘭子→キョン子なんよ。○だったら、神崎蘭子を吊りゃいいんよ。」
神崎蘭子 「宵闇の手まねきに応えましょう、わが道を往かん!(さぁ皆さんおはようございます、今日もがんばりましょうね!)」
おおさか 「…」
シテヤンヨ 「占いCO
キョン子●」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
名誉店長さんの遺言 がおーたべちゃうぞー
天海春香さんの遺言               ,'ニj __ i'^ヽ、
            _,ェュ'"´       `゛'ヽrュ__
          (_ー/ ノ          l, lヽ⌒)
          / '´           `' `く
            /    / ! i  l  i i、     ',
          l    /__.l_l  l  l l ',     l
           l    ,r,-―一  ̄ ー-L_'ー、   l
            |   l              ` !.   | エヘヘ…
           l.   !,===、    ,===、 !  |
          l.   l/////  、 ///// l    l
            l.   !    ___     ./   /
          ',   ヽ   ヽ _ノ   /   ./
.           〉    `r、    , ィ     /
.         /   __l   ̄  l__   \
        ' ー-,' ∧_ ノ      ヽ/ ヽ   \
           レ'   〉、      ,へ  ハ-'_ ̄ `
         , -‐/ / r l.      !ヽ \ .ハ  \
       /   ' ´  .ヽ!.____l/   `ヾ、  ヽ
       l  , -―‐┐Ol: : : : : : l _. ┌―‐- 、   l
        |  l  ..  | |: : : : : : |  |  ..   l   l
名誉店長 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キョン子 「ふーむ、どうするかねえ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
天海春香 は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
おおさか0 票投票先 →天海春香
神崎蘭子1 票投票先 →天海春香
如月千早0 票投票先 →天海春香
キョン子0 票投票先 →天海春香
名誉店長0 票投票先 →天海春香
シテヤンヨ0 票投票先 →天海春香
高槻やよい0 票投票先 →天海春香
天海春香7 票投票先 →神崎蘭子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
如月千早 「・・・!?
ちくわぶで、どうやるの!?
あとで詳しく教えて!!>春香」
名誉店長 「シテヤンヨ真かつ噛まれないなら勝ちなんで
噛まれる前提だと最後に吊る位置確定出来てた方が狐負けがうすくなるので
>キョン子占いなわけ」
神崎蘭子 「この口調だととっさに柱とか言えないんですよ・・・>春香さん」
如月千早 「あまりにも関係のない気が・・・!!」
高槻やよい 「喋る事がなくなっちゃった……」
天海春香 「ちくわぶで愛撫ですよ!>律子さん」
神崎蘭子 「汝が魂の赴くままに、彼のもの道に栄光あれ!>シテヤンヨ
(貴方の心の赴くままにすればいいんじゃないですかね)」
天海春香 「いやいや、指定どうこうとかじゃなくて
私か蘭子ちゃんのどっちかが柱に出るだけだから>蘭子ちゃん」
おおさか 「春香さんやなぁ」
如月千早 「そう、おでんプレ・・・・いえ、おでん!?>律子」
キョン子 「さーてと
このまま偶数で逝ってくれるかなー」
シテヤンヨ 「ヤンヨが噛まれてたら、キョン子の狐騙りか、キョン子LWで神崎狐ケアかは色々考えておいて欲しいんよ」
天海春香 「万が一、ヤンヨさんが噛まれたときに
どっちから吊るかだけ考えておけばいいんじゃないですか?」
神崎蘭子 「怒りの日来たれり!
…せいぜい涙を流してたたえることですね
(本日は指定展開を望みます
というか私も柱要因ですねどうみても(汗)」
名誉店長 「おでんプレイ?」
シテヤンヨ 「ありがたいんよ>春かっか」
天海春香 「これで、どっちを占ってもいいですよヤンヨさん」
キョン子 「まあ、最終日行ければいいか」
如月千早 「・・・春香が。
・・・いえ、大丈夫。こういう時にこそできるプレイもまたあるはず・・・!!」
シテヤンヨ 「◇キョン子
◇天海春香
◇神崎蘭子

3吊り3グレだから、狼に勝ちはなくなったんよ」
キョン子 「んー、んー」
天海春香 「んじゃ、私吊って次にいきましょう」
シテヤンヨ 「それで詰められるんよ。
ヤンヨがキョン子でも、柱に出なかった方でも占えば良いんよ」
如月千早 「柱COあるかしら?」
名誉店長 「柱出てなかったのか
怖いとこ吊るなぁ そこキョン子非狼時めっちゃ狼候補やったわ」
天海春香 「うん、この形ならもう大丈夫だね」
おおさか 「なかなかやねぇ」
シテヤンヨ 「天海春香か、神崎蘭子のどっちか柱募集なんよ」
神崎蘭子

盛大なグランギョニルを開きましょう
踊り疲れないように…憑かれないようにお手を拝借…
(さぁ…どうしましょうかね、グレー削ってればどうにかなりそうではありますがさてはて)」
キョン子 「えー?」
如月千早 「ん、んー?」
高槻やよい 「おはようございます!」
シテヤンヨ 「キョン子占いはちょっと出来ない
ヤンヨのグレーが3+キョン子なんで、グレー占いをして、残りのグレーに柱で出てもらって、残りかキョン子を占って詰みの方が良いと思うんよ」
神崎蘭子 「・・・さぁ狂気の宴の始まりよ!!(おはようございます)」
キョン子 「おろ?」
シテヤンヨ 「占いCO
できない子○」
天海春香 「おはようございます」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
楊菲菲さんの遺言       , -―-rn, -==三三 三 `ー- 、
      f   nノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
     l  _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐/ ̄ヽ、
     | .(/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐/ '"   i
     ゞ(/::::/:::::/::::::::::::::::::::_ニ‐/:::/ l::::::) |     l
   ┌-=./::::/::::/::;;;;_::ニ‐'"   //  |::::(_ |     l
   ンーノ/i:::i:::/~フ''" ~=   ≠==-,,,_ |:::::::).l ー-  .ノ
   // .//,ゞ;::i::,乍不A         `l:::::::`イトハ- イ    
  ./.( ./ l:::::∧:::杙_.キ汐    .乍不A l::::/=| |ギゞミシー- 、  今日も元気に行ってみよ~
  (j" | .|:::/:::/:|         弋 キ汐./::::::l^ ト|~l   `ー 、ヽ、   
    l .i:::::.;、:ll     '       /;:::::::lノ' | |      `ヘ)    
    ゝ~リ /ノ八   vー-  ,  ∠::イ:::::/ノ  .| |
      .し    \ ヽ、 ノ    ノ:::/    | |  .fヽ    /)/ )     
       ___  l 、  _ -‐少'イ    .乂  l .}_ /./ ./ )    
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヘ  ̄_ =="" `ー 、 _     / .r' "./ ./ /、    
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rュ _ V 品      _ ニヽ、 l  .ノ    "./ ./
    ,イ.:.:.rュ.:..只,-‐='"        /    l ./       " /
   |.:.:.:.:.-=": :            /   . .  l/        /
   ヽ、/: : :            ./.)    =-‐/    ,ィー '' "
    i/: :              l   /  /    /
    从: : . . .            l : :./   /    ,'
   ./  V; : : : : : :          ゝ l  /     .,'
できない子さんの遺言              /{  /!
             /   V  }
         _{  /  厶_
          /    {  ´   `ヽ、
    、__/  _x≦三三≧、   \_,
     `ーァ ´         `}トヘ  く
       {/L_           WN   ト|
      /  /      , 、_j } V丿
     ム__」{、 i   TV二厶」 Li〔
      {  ̄「ヽl、 :ト   ハ }|A{^V\_,
     ヽ _」x  \l (●)″ 〉 厂
        \イ(●)     , /}  イ¨´
         }    ` /,」 Kl |
         `ー─ァ≦::::{_ ト、|
              /.::/厶::{ {:::}
           {::::{くA/{レ':l:::|
           |::::|   |:::::l:::|
           |::::|   ∧::::_ノ
         /|::::|     ̄`丶、
         /  L:::}           ヽ、
.      /    し'             \
.     rく     /            ハ_
      Vム、_   /            _,厶V
       ̄VムV__            __,ムV厂
        ` ̄Vムマ艾艾艾艾マムV ̄´
            l:::|   l:::|
            {:_|_ _|_:}
               V_〕〔_V
アタシは可愛い、可愛いは正義・・・よね?
できない子 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キョン子 「だーれーを噛もうかなー」
キョン子 「そんじゃまか
頑張りますか」
キョン子 「ぶっちゃけ初日●ってこいうことだしな」
キョン子 「まあ、いいんじゃねえのってことで」
キョン子 「  」
キョン子 「これで俺を占えばいい」
キョン子 「決まってらあ
シテヤンヨを狐に仕立て上げるのさ」
キョン子 「さーて、どうするかい?」
キョン子 「  」
キョン子 「うはーい、本当にLWになっちまったよ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
楊菲菲 は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
楊菲菲5 票投票先 →天海春香
おおさか0 票投票先 →楊菲菲
神崎蘭子1 票投票先 →できない子
如月千早0 票投票先 →楊菲菲
できない子2 票投票先 →楊菲菲
キョン子0 票投票先 →できない子
名誉店長0 票投票先 →天海春香
シテヤンヨ0 票投票先 →神崎蘭子
高槻やよい0 票投票先 →楊菲菲
天海春香2 票投票先 →楊菲菲
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キョン子 「さあーてねー」
おおさか 「楊菲菲吊りやろかね」
天海春香 「狂人がLWCOしますかね?
グレー詰めると狼のクビ〆るだけな気がしますけど」
神崎蘭子 「さて・・・今宵のサバトの贄はいかがしたものか
素直にはいを削るべきかしらね
(まぁグレー削ればいいんじゃないですかね、これ)」
シテヤンヨ 「こまった」
名誉店長 「狂人はメリットゼロだけど狐はまぁあるかな的な」
できない子 「うーん・・・狐目が吊れてるかと言われると・・・
吊れてないような・・・」
おおさか 「一応狐のLWCOも微レ存やけど
それはヤンヨの判断やな」
シテヤンヨ 「キョン子占って、狂人の場合が一番無駄になるんよ」
楊菲菲 「…ん~」
天海春香 「って、自分から言ってた」
キョン子 「ぶっちゃけこのまま行ってもいいんだぜ?」
天海春香 「これ、キョン子さんキツネじゃないですか?」
高槻やよい 「全く信じられないってわけでもないけど……
それだとすごくうかつかな、って」
キョン子 「俺狐だと思うのなら占ってみればー」
名誉店長 「ヤンヨ真前提ならね<キョン子●出しておいてもらえば~」
神崎蘭子 「そもそも死者の声も聞けないのにそれを信じろと?
闇の獣にしては躾が足りてないのでは?
(それなら内訳しっかり言ってもらわないとなんともいえないんですけど)」
シテヤンヨ 「スッゲー嘘くさいんよ」
キョン子 「桃子に大槻の狼2騙りさ」
如月千早 「つまりこれは私が狼を吊ってしまった可能性が高かったですね(血反吐)」
名誉店長 「キョン子狐もあるから キョン子占って●出しておいてもらえば
後は順に灰吊って最後キョン子吊るだけになるけど」
天海春香 「銃殺出ても吊り減らないから、どうにでも詰めれますねこれ」
おおさか 「放置でええで。このままグレー詰めればええねん。ヤンヨの」
シテヤンヨ 「一応、狂人や狐のLWCOはあるんよ」
キョン子 「大槻吊るとは思わんかったわー
というか普通に灰吊る展開だと思っていたわー」
高槻やよい 「なんでLWCO……?」
おおさか 「んー」
如月千早 「LWCOなら仲間くらいは宣言してください」
神崎蘭子 「汝は孤独な狼なりや?
…迷いの森にいざなわれた哀れなる獣?
(・・・LWCO? それどういう内訳なんですかね?)」
キョン子 「いんやー
灰噛み」
できない子 「狐っぽいのは・・・春香さんなのかしらねぇ?
ヤンヨさんには、蘭子ちゃんか響子さん辺り占って貰ってもいいのかなって
感じがするわね」
シテヤンヨ 「んじゃ、ヤンヨのグレーから柱出て欲しいんよ。詰めるんよ。」
天海春香 「ヤンヨさん真で詰めていっていいんだよね、もう」
名誉店長 「占い噛みGJの今日銃殺?>キョン子」
如月千早 「正直すみませんでした」
できない子 「おはようっと」
シテヤンヨ 「全占い視点で8人で一人吊りで間に合ったんよ……」
天海春香 「キョン子さん、LW?」
シテヤンヨ 「なんで、対抗吊ったんよ……?」
高槻やよい 「おはようございます!」
シテヤンヨ 「流石に、狼狐は占い吊り投票はしないと思うんよ
狼狐は正しく有ろうとして、グレーに投票してると思うんよ
なので、グレー投票者の霧切響子を占うんよ」
神崎蘭子 「"しらべ"を司る者はそれを奏でてくださいな(役職の方はお仕事お願いしますね)」
名誉店長 「おはよー」
天海春香 「おはようございます」
キョン子 「おーけーLWCO」
楊菲菲 「ふわぁ…みんなおはよう」
シテヤンヨ 「占いCO
霧切響子○」
神崎蘭子 「霧の向こうを除いてみたくてここまで来たわ(いい朝ですね、おはようございます)」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
霧切響子さんの遺言
               .  -  ´ ̄`´ ̄ ̄ `   、
.          ,  ´                  \     スーパーダンガンロンパ2、今週木曜日発売よ。
                             ヽ
.        /                      \
       /  /                      ヽ      ここまで言えばわかるわね?
.      /   ′    !                ,
      ′ ,     |        }      ヽ    ′   i
.       i   {     N      /{      i |    }    |
..    !  `'マニ=‐┘L __ / └‐-=二L|__| ′
           ト 丈≧k      イ´ 爪__八チ/ /
       !  |  戈z丿         戈z ン / / }   イ
       Ⅵ  |                 / / 丿 /.:{
       ヽ   l                    / /く,__/厶',
        、 ` : . .     __     ._/ 人ニニ]|X|ヾ_\
          人)  .:::::::7二ニ‐┬ -=ニ´/  ∧=\ |X| |X|X}
          /.::::∨ .:::/\//∧_へ  /  ∧二ニ=>{X} {X}У,
        / -=ニ∨ :/z/ニl!/ ̄У∨   ′V=/Y{Z} {Z}丿′
_,. -==ニニ二二二} iニ|ニニ=}、―/  !  .!ニニV´二l〃  `ヽ  \
ニニニニニヽ_二=- | |ニVニニ//スi  |  i|ニ/二二l、 __ 彡′  ヽ
二,==-‐=ニ/ ノ.::::::| |二V=// V |  |  l|,仁二ニニl /  `ヽ    ,
´/.::::::::/ /.::::/} |ニニ∨/   |  |  l|二Ⅳニニlゝ _ 乂⌒ヽ ′
大槻唯さんの遺言

ゆいは頑張れたかな~?
霧切響子 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キョン子 「ああ、そうだ」
楊菲菲 「OK次でするつもりだね?」
キョン子 「ぶっちゃけそれしか方法はねえ」
キョン子 「でも噛めたのなら打ち合わせ通りに発言をしないでくれよ?」
楊菲菲 「まあそうなったらシカタナイネ…」
キョン子 「いいや、今日シテヤンヨを噛めないのなら終わり
ぶっちゃけけっこう積んでいる」
楊菲菲 「む~」
キョン子 「大槻は狂人だったわー…」
キョン子 「うんしまったって感じだ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
大槻唯 は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
楊菲菲1 票投票先 →神崎蘭子
おおさか0 票投票先 →キョン子
神崎蘭子2 票投票先 →キョン子
如月千早0 票投票先 →楊菲菲
できない子0 票投票先 →大槻唯
キョン子2 票投票先 →大槻唯
大槻唯4 票投票先 →シテヤンヨ
霧切響子0 票投票先 →神崎蘭子
名誉店長0 票投票先 →天海春香
シテヤンヨ1 票投票先 →天海春香
高槻やよい0 票投票先 →大槻唯
天海春香2 票投票先 →大槻唯
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
楊菲菲 「ん~まあ難しいこと考えるのは他の人に任せよう
私はそれをくみ取ることに専念しよう」
如月千早 「あ、なるほど」
おおさか 「いやそっちは狼目やで?>千早さん」
シテヤンヨ 「グレから柱出て」
如月千早 「判断は各自に任せます。」
高槻やよい 「は、はい……がんばってのんびりしますね!>やんよさん」
神崎蘭子 「美しき鳥の御心のままに…
(千早さんが指定したいのならそれでいいんじゃないですかね)」
おおさか 「んで、今日グレー吊ると吊り先ほぼ固定やからキョン子吊りでえやろ…これ」
シテヤンヨ 「いや、噛まれた霊能が●だから、全占い視点で、1W吊りなんで占い吊る意味が全占い視点でないんよ>千早」
如月千早 「ふむ、では占いきりが必要そうなら大槻さんに投票を。」
キョン子 「どっちも>名誉店長
ぶっちゃけ占い予告して底を噛まれたら噛まれ損じゃねえか」
天海春香 「そんなことより、おでんの続き聞かせてよ>千早ちゃん」
霧切響子 「少なくとも発言が少ない、という理由で人を占うのがあまり好きではない、というのはおいておいて。

噛まれた霊能が●を出しているなら最悪は無いし、占いきりは明日からでも構わないのではないかしら」
キョン子 「というかぶっちゃけ身内切をするなら隣り占いってのがねえ
ぶっちゃけ○を投げたほうが狼にとっていいだろうし
だから俺は狂誤爆だと思っているぜ」
如月千早 「・・・あれ、吊りいらない空気ですかこれ?」
おおさか 「なんでシテヤンヨは非狼やから
あっても狐ちゃうん?狂人よかは」
名誉店長 「ついでに言うとおおさか占わなかったのは村決めうち?噛まれ警戒?
>キョン子」
天海春香 「切るんなら唯ちゃんかな>千早ちゃん」
シテヤンヨ 「そんなもんかなぁ
ヤンヨだったら、それは怖くてできないんよ>おおさか」
神崎蘭子 「まぁ今宵も引き続きワルプルギスの夜ですね
涙を拭って闘いの雄たけびをあげることにいたしましょうか!
(まぁ気を取り直して本日もグレランですね、お話しながら情報集めましょうか!)」
天海春香 「まあ残したいとこを残していけばいいんじゃないかなって思いますけどね」
名誉店長 「あとグレーにいる狼はランで吊るんで囲い警戒でよろしくね
>まだ●出してない占いさん」
高槻やよい 「おかしくはないんだけど、この時点での霊能噛みがあると
色々考えなくちゃいけなくて……って>できない子さん」
楊菲菲 「しかし…う~んここで霊能なんだよね…う~ん」
如月千早 「最悪想定の場合占いを一人切らねばいけませんよね、これ」
おおさか 「けど、身内って露骨でええんやろ?>シテヤンヨ
そういう戦略やし。身内してひねる必要性がないんや」
キョン子 「あー?実際菲菲はとびぬけて発言が少なかっただろうが
少なくとも昨日はそうだったぜ」
できない子 「残していきたいのは、蘭子さんと響子さんって感じかなぁ
蘭子さんは初日は残したいって思ったんだけど・・・
昨日の発言みると、やや微妙にって感じになったけどね

響子さんは考えてるって感じがいいよね」
シテヤンヨ 「まあ、のんびりすると良いんよ>やよい」
霧切響子 「ソルジャー狼で詰んだ可能性自体はあるけれど、>シテヤンヨ
その場合あなたが生きるから真なら結局詰むし気にしなくても。」
如月千早 「ええ、でもとびっきり優しく、けれどゆっくりゆっくり噛んであげるわ・・・」
天海春香 「もう噛めない、もしくは噛みに行く度胸がないってこと?>キョン子さん」
おおさか 「グレー噛んで身内見せれなくてもしゃあないし
共有噛んだほうが安全
もしくは霊能COする」
高槻やよい 「ええっと……そう言われてもどうしたらいいのか……
が、頑張りますけど!>やんよさん」
シテヤンヨ 「いや、初手共有は流石に露骨すぎると思うんよ>おおさか」
できない子 「高槻やよい 「え、霊能噛み……?」

そこまで驚く程でもないんじゃない?●一つだしてくれてるから
占い合わせて2Wは出てるんだから安心しましょうよ>やよい」
神崎蘭子 「フェイフェイが2重○の刻印を受けていると
…ふむ贄から外れましたか
(んー・・・思ったよりグレー減ってないですねこれ)」
天海春香 「千早ちゃんに噛まれるなら、いいよ」
如月千早 「私も春香のいろんなところを噛めるうちに噛みたいわね。」
シテヤンヨ 「ちなみに、その場合、やよいに●がくると思うんで、やよいは頑張るんよ。」
おおさか 「そもそも身内路線なら初手共有噛むわ>シテヤンヨ」
名誉店長 「キョン子 悪いけど占い理由をもう少し個人特定可能な理由にしてくれないかしら?強引に言えば過半数に当てはまるわその理由」
キョン子 「まあ、いいや
どのみち占いを噛まねえってことは
そういうことなんだろうよ」
霧切響子 「身内切りを危惧する展開ではあるけれど、逆にそう思わせる狼の策略の可能性も有り得るわ……
落ち着いて考えて行きましょう」
おおさか 「キョン子吊りでええんちゃうかなと」
シテヤンヨ 「ヤンヨ身内切り路線で闘うんだったら、受けて立つけど」
神崎蘭子 「魂の葬列は平等に…ですか
あれほど死者の声に呑まれるなと教わったでしょうに…
(霊噛みですか…お疲れ様です)」
おおさか 「ま、せやな」
天海春香 「見せたくなかったのか、噛めるうちに噛んだのか、ってとこじゃないかな?」
おおさか 「んー」
できない子 「んで、霊能噛みと、ふんふん」
シテヤンヨ 「ソルジャー狼とかって、悲しい事が有ったりするんよ?」
霧切響子 「ふむ。」
キョン子 「おっけ
霊能偽は無かったか」
名誉店長 「ほむほむ 狼は身内切り路線演出と…」
楊菲菲 「ふふ…私も人気者か」
大槻唯 「理由!
発言が大味というかあんまり実がないかなって!」
霧切響子 「最悪の可能性はシテヤンヨによる身内切り。
ただし、この場合遠からず霊能が噛まれるので危惧するのはそこからで構わないわ。
なので現状としてはシテヤンヨ真想定の吊りをしていって構わない、という所ね。

灰の中ではそこまで大した事を喋っていない神崎蘭子が少し気になるわね。
票もあまり入っていないわ」
できない子 「おはよう」
天海春香 「今度はフェイフェイちゃんが人気ですよ!」
キョン子 「占い理由
一行発言が多くあんまり内容を話していねえ
というか発言自体少ない
というわけで占ってい見るぜ」
楊菲菲 「むぅ…霊能が噛まれているね…ふぅむ…」
神崎蘭子 「"しらべ"を司る者はそれを奏でてくださいな(役職の方はお仕事お願いしますね)」
シテヤンヨ 「ちょっと、不安になったんで、人外ねらうんよ
◇高槻やよい(61) 「んー……?
狐さんなら騙りに出た方がいいんですか?>ヤンヨさん」
初日のこれが気になってたんよ。狐だから、こんな事いっているように見えたんよ。
狩人占っても時期的にまあ悪くないんよ」
高槻やよい 「え、霊能噛み……?」
天海春香 「おはようございます」
大槻唯 「ゆいの占いCOコーナ-!
今日のお客さんはフェイフェイさん!
結果は○だったよー!」
如月千早 「霊能者噛みですか。」
キョン子 「占いCO!

菲菲は○だった!」
シテヤンヨ 「占いCO
高槻やよい○」
霧切響子 「おはよう。
それじゃ……推理を始めましょう」
神崎蘭子 「煩わしい太陽ね(おはようございます! )」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
程昱 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キョン子 「おけ
そこ噛むよ」
楊菲菲 「霊能で行こうか145で」
キョン子 「あー、霊能を噛むか
それともヤンヨを噛むか」
楊菲菲 「あはは…できるだけ頑張るよ」
キョン子 「なんとか明日乗り切ってくれ
そしたら明後日LWCOができる」
楊菲菲 「あはは…本当にまずいね…」
キョン子 「うーん、けっこうまずい展開ってとこかな」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ソルジャー は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
楊菲菲4 票投票先 →ソルジャー
おおさか0 票投票先 →楊菲菲
神崎蘭子0 票投票先 →高槻やよい
如月千早0 票投票先 →楊菲菲
できない子0 票投票先 →天海春香
キョン子0 票投票先 →楊菲菲
大槻唯0 票投票先 →楊菲菲
霧切響子0 票投票先 →ソルジャー
名誉店長0 票投票先 →天海春香
程昱0 票投票先 →天海春香
シテヤンヨ0 票投票先 →ソルジャー
高槻やよい1 票投票先 →ソルジャー
天海春香4 票投票先 →ソルジャー
ソルジャー5 票投票先 →天海春香
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キョン子 「…狐特攻は結構あるんだよ?>できない子」
程昱 「分かってるとは思いますが、ライン合ったのならば霊はただの棒人間故。
狩人はしっかりと占い師の中から護衛絞ってくださいな」
如月千早 「お、おでん!?>春香」
神崎蘭子 「皆のものの奏でるしらべと獣が悶える姿が最高の晩餐となるでしょう!
(まぁ情報あつめて人外が苦しむ展開になるといいなー)」
シテヤンヨ 「んー、噛まれちゃうかなぁ>おおさか」
できない子 「まー占われてるけど、キョン子ちゃんは真切りたいかなーってのあるかな
行き成りヤンヨさん狐・・・ってのはどうかと思うのよねー
あって初日●って真狂じゃない?破綻しに狐がそうそうでるかなって思うのよね」
天海春香 「千早ちゃん・・・
じゃあ夜に律子さんと何してるの?おでんプレイ?」
おおさか 「いや、占い噛むなら今日噛むとおもうで?>シテヤンヨ」
キョン子 「まあ、いいや
あんまりギコの感触から狐でなさそうだし
これから結果を出して行けばいい
…噛まれなければいいんだけどな」
高槻やよい 「んー……ここから霊能狙うのってどうなんでしょーね?
ちょっと弱い狼さんに見えるかなぁ、それだと>おおさかさん」
おおさか 「で、唯狂人のシテヤンヨ真にしかみえへんねんけど」
程昱 「そうですのう。
狩人・霊探しと考えればこの噛みは納得ですからな>響子
そう考えればシテヤンヨ氏は真狂。
流石に無いとは思いますが、シテヤンヨ狼の身内切りもありますが、それならば占いどっか噛むと思うので無いですの」
霧切響子 「呪殺GJの可能性自体はあるけれど、今気にしても全く仕方ないわ。
では、グレランをしましょう。朝言った通り報告しかしていないソルジャーさんを吊るす事を提案するわ」
ソルジャー 「GIKO殿・P殿が霊能者であるという可能性は否定できないであります!
ただ、その場合ならいずれ噛みに対して不自然さが生じると判断できますので
現状真狂狼―真の狼1吊れというGOODな状況であると想定して動くであります!」
天海春香 「大阪さん、意見合いますね」
シテヤンヨ 「狩人が居なくても、多分あと1回くらいは結果が出せると思うんよ」
神崎蘭子 「本日はワルプルギスの夜ですね
せいぜい食い殺されないようにしなければ…
(本日はグレランですね、お話しながら情報集めましょうか!)
楊菲菲 「まあグレーが狭まるのはいいことこの調子でいってみようか」
おおさか 「おそらく霊能狙いつつ、噛めなくてもそこから霊能噛めばええやんみたいな?」
如月千早 「・・・この体はあなたのものよ?
律子はいい友人だけど>春香」
名誉店長 「あー、まぁ分かってると思うけど
今日のわっほいは完グレからランでよろしく」
天海春香 「まあヤンヨさんとか噛めないでしょうし、狩人探すだけ探して
頃合見て噛みにいくくらいじゃないのかな?」
キョン子 「だとしたらヤンヨは狂狐
あんまり身内切は考えられない」
神崎蘭子 「霧の向こうから光がこぼれたのはまずまずな展開といったとこでしょうか
(グレーから役職が出てるのも結構いい感じですねー)」
おおさか 「噛みでいうならキョン子狼でグレー広め希望なんちゃうん?」
できない子 「はいはい、千早さんと名誉店長さん共有ね
昨日出ないから○に居たのかと思ったわね」
霧切響子 「FOね……占いの被りなどは無いようでよかったわ。」
シテヤンヨ 「その場合、ヤンヨ狂人特攻誤爆で、ヤンヨを噛んでみたらキョン子が真でしたーとかなんよ>ソルジャー」
高槻やよい 「千早さんと律子さんで共有者さんなんですね!
うっうー、頼りになる二人が共有者でとっても嬉しいです!」
霧切響子 「噛みが不穏、というよりは、普通に狩人を探しているのでしょう、という結論になるわね。>程昱さん
霊能結果も合わせて」
神崎蘭子 「繋がるものの片割れが青い鳥ですか…優雅なささやきが聞けそうですね
(共有千早さんですね、FO把握ですよ!)」
キョン子 「あー…
ぶっちゃけ誤爆か霊能にせじゃねえのかてところか
…誤爆の線が大きそうだけど
灰噛みの時点でな」
如月千早 「ふふ、心はすでに貴女とつながっているわ、春香・・・・」
大槻唯 「千早ちゃん共有ねー
わかったーがんばってね~!」
できない子 「うーん・・・霊能狙いと狩人探しって所じゃない?gikoさん噛み」
シテヤンヨ 「蘭子だと思ってたんよ>共有相方」
天海春香 「千早ちゃん・・・夜は律子さんと楽しいことしてるんでしょ?」
楊菲菲 「共有のもう片方も出てFOまあうん」
ソルジャー 「報告!呪殺+GJの可能性はキョン子殿が真だった場合にのみ
限られるであります!
なお、シテヤンヨ殿は1人表明の霊能者とつながっているであります!」
名誉店長 「相方あってるわ」
高槻やよい 「やんよさんが霊能さんと繋がりました!
……んー、まぁ、そんな感じですか?」
おおさか 「せやなー>春香さん
で、キョン子に●出されて、吊るされる未来がみえるな!」
天海春香 「ヤンヨさんと霊能さん、つながりましたね
私も千早ちゃんと・・・」
如月千早 「・・・と今のうちに共有者を宣言するわ」
神崎蘭子 「"死者の魂を知る者"はそこですか・・・ああ、一応対抗募集しておきますね
(霊能把握ですよ!)」
霧切響子 「……そこが霊能者であるなら、疑う手間が省けたわ。>程昱
乗っ取りの可能性もあるけれど、それなら霊能○を出しているでしょうし」
程昱 「噛みがちょっと不穏ではありますが、今のところ私とシテヤンヨさんとのラインが合ったということです」
できない子 「灰で残したいのはとりあえず蘭子ちゃんかなぁって感じ
後は●吊り確定な日って感じか皆発言に覇気がないかなぁ?ってところね

占いはヤンヨさんが真狼・・・後の二人は正直?って感じね」
シテヤンヨ 「霊能じゃないんだったら、共有も狩人も避けられたと思っているんよ」
キョン子 「あっげ…
俺の○が…
しかも霊能と繋がっちまうのかよ」
楊菲菲 「霊能さん確認だよ…ふ~ん黒だね」
ソルジャー 「報告!役職表明者ではなく、灰のGIKOどのが無残になっているであります!」
如月千早 「ああ、なるほど。
誤爆の線は消えましたね。」
大槻唯 「理由!
あんまり皆おかしいところなかったからさー
適当に占っちゃったよ、ごめんね☆」
できない子 「ふむふむ、霊能とのラインが形成されたねー」
天海春香 「大阪さん、人気者ですね!」
霧切響子 「今日霊能者が出るとして、東桃さんが白であるならシテヤンヨ吊り。
そうでないならグレランをしましょうか。
……東桃さんが村人であるなら、占い師のどちらかは噛まれてしまっていると思うけど。

グレランをするとして。
ソルジャーはこのままの発言ペースなら吊りになるでしょうね……。
程昱さんについても、【どう信頼取って行くか気になる】という発言から少し気になるわね。」
シテヤンヨ 「◇おおさか(57) 「共有出るならFOにしたらええのにな」
非共有狙い占いなんよ
これ以外の発言も、●で暇になった素村に見えるんよ
狩人占わなきゃどうにでもなると思うんよ」
神崎蘭子 「"しらべ"を司る者はそれを奏でてくださいな(役職の方はお仕事お願いしますね)」
キョン子 「占い理由
なーんかちっとばっかし突っかかってきたところ
まあ、潜れなかった俺が悪いんだけど
ちょっと潜った霊能を気にする反応もポイントかな」
できない子 「おっはー!」
程昱 「霊能COですぞ
東横桃子●でしたぞ」
楊菲菲 「ちょっと遅かったね~みんなおはよう」
霧切響子 「おはよう。
それじゃ……推理を始めましょう」
大槻唯 「ゆいの占いCOコーナ-!
今日のお客さんはおおさかさん!
結果は○だったよー!」
如月千早 「・・・giko噛み?
また妙なことを。」
おおさか 「そこ抜いてくれるのはありがたいなぁ」
高槻やよい 「えっとあの……勉強って何を勉強するんですか?
勉強はあんまり得意じゃないんですけど……
けど、千早さんたちと一緒にいたいから、一緒に勉強するのも良いかなーって!>千早さん・春香さん」
名誉店長 「おはよぅ」
天海春香 「おはようございます」
キョン子 「占いCO!

ギコは○だった」
シテヤンヨ 「占いCO
おおさか○」
ソルジャー 「報告!朝が来たであります!」
神崎蘭子 「闇に飲まれよ!(皆さんおはようございます!)」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
東横桃子さんの遺言
                       ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                   /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::: ヽ:::::::::::::::::: :.
                    . :::::::::::: : /   ′       、 ヽ:::: : :.
                    /:::::: : ′ ′::: l::::::: |:: : ∧:: l.|.l:::::::::     i:.
                 ′ ′.|: : i....|::: |:::: : |: : ′l:: l.|.l.|:::::: |i:: : |l|l:.
                    |: : l:|:::|l.l:: |.. |::: |:::: : | ″ l:: l.|..l|:::::: |l:: : |l|l :.
                    |::: : |:::|..l:: | l.|::: ||:::::::|:ll _|:::j」_l|:::::: |::: : |l|:: :
                    |::: : || |::i:l | l.|:: 八: : |:il _人ノ|/ノ::: : |::: : |l|:: :
                    | : l::|| |::|乂从/  \レ tラll刈'il|:|:::: |::: : |l|:: i         ここからがステルスモモの独壇場っすよ
                    | : l::|i人ltラiilハ      弋ztlソノil:|::::::|::: : |l|:: |
                    | : l::||:l:|弋ztiソ        |   |i.|::::::|::: : |l|:: |
                    | : l::||从 |     ,       |   |i.|::::::|::: : |l|:: |
                    | : l::||: ハi|         |  リ}:::::|::: : |l|:: |
                    | : l::||: |:::人     ィ _フ   i|  イ::|::::::|::: : |l|:: |
.     ,  ,、           | : l::||: |:::|:::个ト     . イ li|: l::::|.|::: : |l|:: |
  // / /  /`l       | : l::||: |:::|:: ||l:|: l|i/` ´_彡'"i|/:::::|.|::: : |l|:: |
.  :.::/ / /  / ′       il l::l::リ: |:::|:: ||l:i:/ 〉-く      i| |::: l||: : ̄: :`:  .
 .:: :. ′l  ' / /l      il l::k':::::|斗.七´/ イi:i:i:i:〉、  /ij |:::/||: : : : : : : : :./`:.
 ,; : : : | ′' / :'      乂'.:.\j /.:. .:./.' /`ヽ'  y.: : :. :.V...ij.: : : : :. :.:.:./: : :.:.
  :  ': └' ト' ′     ′|: : : :./.:. :.:.′/i:i:i:l   /.: : : : :. :.ノ.: : : : : :.:.:./.: : : :.:
            〈      l: :.|.: :. .:.>.:.:l /i:i:i:i:l /: : :.< : : : : : : : : : : /.: : : :. :.:
giko は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
楊菲菲 「ところで次はどうする?」
キョン子 「ぶっちゃけいくつか吊りを挟まないと
出来ない策だけど」
楊菲菲 「了解だよ」
キョン子 「んー、俺がいつかLWCOする
んでLWCOしたら発言しないでほしい
するなら超過後で」
楊菲菲 「こうなったら私は意地でも生き残らないとね…」
キョン子 「まあ、初日●は事故さ
まだ占いを噛めれば勝負ができる」
楊菲菲 「ふっふっふ面白くなったけど大変だね」
キョン子 「あー、やっべ
WOって●が見えんかった」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
東横桃子 は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
楊菲菲0 票投票先 →東横桃子
おおさか0 票投票先 →東横桃子
神崎蘭子0 票投票先 →東横桃子
如月千早0 票投票先 →東横桃子
できない子0 票投票先 →東横桃子
キョン子0 票投票先 →東横桃子
大槻唯0 票投票先 →シテヤンヨ
霧切響子0 票投票先 →東横桃子
名誉店長0 票投票先 →東横桃子
程昱0 票投票先 →東横桃子
東横桃子14 票投票先 →シテヤンヨ
シテヤンヨ2 票投票先 →東横桃子
高槻やよい0 票投票先 →東横桃子
天海春香0 票投票先 →東横桃子
ソルジャー0 票投票先 →東横桃子
giko0 票投票先 →東横桃子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
神崎蘭子 「今宵は クロ 吊り…良い出目の賽を期待いたしましょうか
(●吊りで明日どうなってるかな)」
如月千早 「あら、やよ・・・高槻さんも一緒に勉強する?>高槻さん」
キョン子 「まあ、霊能初日でなければ明日わかるさ
でも誤爆なら知らねえ」
giko 「この黒、若干ヤンヨに有利に働くかも。
まあ、霊伏せられたしこの後どうなるかだなあ」
高槻やよい 「な、なるほどっ……
その辺は要注意ですね!>やんよさん」
天海春香 「上下交代しながらがいいのかな、やっぱり」
程昱 「3COならば共有潜伏は幾らかプレッシャーがかかるでしょうて。
気にしない騙りならどうしようもないですけどねー」
大槻唯 「今日は伏せてていいんじゃないかな?多分・・・・・」
楊菲菲 「まあここで共有者さん問題にしてもしょうがないよ」
霧切響子 「>大槻唯
そんな事より、あなたは自分の生死を気にするべきだと感じるのだけど。」
如月千早 「・・・どうしましょう。
実に、実に悩ましいわ>春香」
高槻やよい 「あぅぅ……千早さんと春香さんが何言ってるのか全然わかりません!?」
シテヤンヨ 「だって、ヤンヨ真だと思ったら、もうかなりの村ゲーがみえるんよ
だから、狐だったらワンチャンに賭けて騙るってことがあり得るんよ
この場合、狂狐が対抗だったら、グレーの狼吊りきりとかぽろっと狐が勝てちゃうんよ>高槻やよい」
できない子 「ふーん?狐が行き成り●特攻なんだ?>キョン子ちゃん」
霧切響子 「メリットもデメリットもあるし、私は何も言う気はないわね……>共有者の潜伏」
天海春香 「どっちが仰向け?>千早ちゃん」
神崎蘭子 「繋がるものは全部暴露してもいい形ですね
まぁその辺の判断はそちらがすることなので特に…ですけれど
(共有FOするか否かは共有さんが判断することですしどっちでもいいですよ)」
大槻唯 「明日偽はっきりするみたいだし、明日からがんばろうねっ!」
キョン子 「あー、たぶんヤンヨが狂なら俺が噛まれると思う
ヤンヨが狐ならわからねえ」
如月千早 「そうね・・・
当然仰向けから開始よね?>春香」
giko 「まあ出方次第、情報次第だなまだ。
状況的に、キョン子狂人あるかな程度」
できない子 「うーん、速度的には真狂かしらねー?
遅れてきたキョン子ちゃんは・・・狂目強しって感じになるのかしら?
んで、唯ちゃんは真狼な位置かしらねー

占いの発言に期待したいところー」
霧切響子 「共有者も了解。
……相方は伏せるのね」
シテヤンヨ 「相方を出さないって事は、自力で避けろって事だと受け取ったんよ」
ソルジャー 「報告!
共有者が一名、陣頭指揮に出たであります!
相方は潜伏のまま、●指定での吊りとなる進行であります!」
如月千早 「共有片方CO了解したわ。
占わなれないといいけど。」
程昱 「遅れて出てきた占いというのはどうも分かり辛いのう。
この後どう信頼取って行くかがとても楽しみじゃ」
東横桃子 「まー、どうせ共有伏せとくとこでもねーっすし
FOでもいいっすよ、多分。趣味っす。」
名誉店長 「まぁ●いて遅めに出てきちゃう占いはまぁね うん」
天海春香 「伏せてからどうもっていくか、なのかな?>千早ちゃん」
高槻やよい 「んー……?
狐さんなら騙りに出た方がいいんですか?>ヤンヨさん」
神崎蘭子 「繋がるものは律子と・・・(共有律子ですね、了解ですよ)」
giko 「ほいほい、色々了解」
如月千早 「伏せプレイ・・・
どうかしら、立つよりは伏せのほうがいいわね・・・>春香」
おおさか 「共有出るならFOにしたらええのにな」
キョン子 「あー、●だしなら潜っていたのに!
いきなり白くなっから焦っちまった…」
ソルジャー 「報告!
●判定の東横桃子殿に役職の表明はないとのことであります!
さらに、遅れて占い師の表明がさらに発見できたであります!
こちらは○判定であります!」
楊菲菲 「初日からこうとはね…楽しくなってくるね」
天海春香 「律子さん共有ですね!
からあげくんください!」
シテヤンヨ 「ちょっと機転が利く狐だったら、ヤンヨの●見てから騙るとかしてもおかしく無さそうだけど
それよりかは、ヤンヨの●見ないででちゃった狂狼で良いと思うんよ」
神崎蘭子 「…まぁ過ぎたことを悔やんでもしかたありません
覆水盆に返らずですし」
天海春香 「千早ちゃんは伏せプレイがいいの?」
霧切響子 「CO無しの東桃さんを吊りつつ。
明日の出方を見ましょうか」
名誉店長 「共有CO 相方潜ってていいよ 霊潜伏で●吊りスタート」
大槻唯 「なんかいきなり●いの・・・・」
giko 「まあ、吊り先固定だけどねー。」
程昱 「と思ったらCO無ししてたのう。
●吊りでお休みじゃ」
如月千早 「春香に●ならその瞬間偽決め打ちだったんですけれど。
そうじゃないなら吊ってあげましょう」
東横桃子 「…まぁ、狩人さんガンバとしか言えないっす。」
おおさか 「んま、今日の吊りは安定やな」
高槻やよい 「えっと……それじゃあ桃子さんが吊りで……
また明日がんばりまーす!」
できない子 「さてさて・・・占い3と・・・だいたい真狂狼で・・・
桃子ちゃんはCO無しっと」
ソルジャー 「報告!占い師を自称する者が二名確認できたであります!
かたや○判定、かたや●判定!
以上であります!」
シテヤンヨ 「んじゃ、後は狩人を占わないようにする作業なんよ>対抗2」
天海春香 「それじゃモモちゃんとお別れして、そこからですね」
程昱 「ふーむ3CO。まぁ●のCO待ちで良かろう」
キョン子 「あー?マジで-?」
楊菲菲 「・・・でいきなり黒が出ちゃうのか…」
神崎蘭子 「クロ…がでていますか 者ども伏せるがよい!(●出てますね、そこがCOないかどうか聞いてから考えましょうか)」
霧切響子 「……。>●が出ているのに占い師が二人」
東横桃子 「何か遅かった気がするっすね…」
キョン子 「うっが!
画面が白くなった」
シテヤンヨ 「村はステルスモモの話題で持ちきりになるんよ
独壇場にはさせないんよ」
giko 「今、完全に見えたよね…>キョン子」
程昱 「●じゃし、霊は潜って●のCO待ちじゃな」
楊菲菲 「凶みんなおはよ~今日も頑張ろうね!」
できない子 「行き成り●が見えますよ先生!」
霧切響子 「……それでは、COを聞きましょうか?>東桃」
おおさか 「いきなり●かいな」
天海春香 「お、お~
いきなり●ですよ!」
東横桃子 「COねーっすよ。」
キョン子 「占いCO!

できない子は○だった」
giko 「桃子COは」
高槻やよい 「おはよーございます!
ちょっと眠いですけど
張り切っていきますよー!」
名誉店長 「●だーふせろー」
神崎蘭子 「"しらべ"を司る者はそれを奏でてくださいな(役職の方はお仕事お願いしますね)
如月千早 「伏せてください!!」
ソルジャー 「報告!朝が来たであります!」
東横桃子 「ん、おはようっすよー。
じゃ、COお願いするっす。」
シテヤンヨ 「ちょっとかまっておかないと夜に「ステルスモモの独壇場っすよ」とかドヤ顔するに決まってるんよ。
それだけは阻止しなければ行けないんよ」
程昱 「おはようございますじゃの」
天海春香 「おはようございます」
おおさか 「おはようやで」
大槻唯 「ゆいの占いCOコーナ-!
今日のお客さんは霧切響子さん!
結果は○だったよー!」
霧切響子 「おはよう。
それじゃ……推理を始めましょう」
giko 「さて、おはようさんだ。
COどぞー」
名誉店長 「あふぅ ってちがうちがう」
神崎蘭子 「煩わしい太陽ね(おはようございます! )」
シテヤンヨ 「占いCO
東横桃子●」
如月千早 「おはようございます!
春香は私の味方ね。空気でわかる!!」
できない子 「ういーす!おはよう!んじゃCOを待つとしましょうか」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
Pさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
P は無残な姿で発見されました
「◆P 俺は希望してないけどね。
デフォ設定が毒付きってなってるから希望の選択肢に入るんだよ、毒が>該当者」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
楊菲菲 「先に決めておこう噛みはきほん1:45にしよう」
「◆P 何故か希望にあるけど」
キョン子 「おけー
じゃあ全潜伏か俺が騙るぜー」
東横桃子 「んー、申し訳ねーっすけどお願いするっす>キョン子さん
無理そうなら全潜伏で」
「◆P 毒は確か20人か18人辺りからだったはずだから17人村では無意味なんだよな・・・」
楊菲菲 「私は台湾なんだけどな~私は潜ってたいかな?」
東横桃子 「私は消えるっすけど
中国さんか普通さん、騙り頼んでもいいっすか?」
キョン子 「そんじゃまか
騙りしたい人はいるか?」
「◆P はい、というわけでみんな集まってくれて感謝。本日の進行は俺がさせてもらうことになった。
みんな、待った分楽しんでいてくれると助かるよ」
東横桃子 「人狼とか妖狐とか、そんなオカルトありえないっすよ(しゅわしゅわしゅわ)」
キョン子 「まあ、いっか
よろしくな」
東横桃子 「何かそんな気はしてたっすね」
楊菲菲 「ふふ、人狼だったねよろしく」
キョン子 「あれー?」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2012/07/24 (Tue) 22:53:05
楊菲菲 「零!
みんな頑張ろう!」
如月千早 「如月千早 さんが登録情報を変更しました。」
できない子 「          _   _,
       ___,> Y´'ー-、
      _>z二_ ___`ー≧__
      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
     /        ヽ `Y′之>
.    /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
    l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
    |ハ. |(●) (●) / / ,/レ′
      `|   ヽ    「)'/|/
      ヽ、_ ― _,.ィT/
        /::/ヽ:::::::::丶
.      /::::|´ ̄ ̄`、l:::::',
.      |::::::!     .i::::::| ))
       i:::::ヘ__ ___j::::::|
   ((  ゝ:::::::::X::::::::::::ノ
     / / ヽ ~ \ `ヽ~\
     |            |
     |   レジ袋    /
     ヽ______/
ま、何時もどおりいきましょ」
如月千早 「え、ええ!?
そんな・・・いきなり春香との関係が・・・はぁ、滾って、あ、いえ!」
P 「自覚しつつ言ってるんだけどな・・・」
楊菲菲 「壱!」
楊菲菲 「弐!」
楊菲菲 「参!」
楊菲菲 「それじゃあカウントしようか!」
P 「というわけでカウント、お願いするよ」
霧切響子 「……相手を待たせている、という自覚程度は欲しいのだけどね。」
ソルジャー 「とっとと経験を積んで精鋭部隊に昇格したいでありま~す」
東横桃子 「ん、ただいまっすよ」
楊菲菲 「まあいつものことだよね、さてもう少し待とうか」
天海春香 「だって、私も千早ちゃんのこと・・・」
キョン子 「埋まったなー」
如月千早 「・・・あ、え、いいの春香?
なんとなく呟いただけなのに・・・>春香」
できない子 「             . _   _,.
           ___,> Y´'ー-、.
         _>z二_ ___`ー≧__
          >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>
        /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
         /!i |r'7Y `丶!、」! ,'|  }ノ |
      /|ハ ( ●)  (●)〃/_// /レ′
      ' イト i   `     ィJ}リ'/|/´
         ヽ  ー    -‐1//
          `ーr‐ ´='1ハ トリ
           _iY「´ r'⌒,._
         , イイoノノ   i 〃 ヽ
       / レヰo /´ ̄`ヽ  '、
      / /     {二二´ !   ',
    / / ─‐---  `r─   ヽ  ',
   /   ヽl       ー‐,ィ'   \ヽ
  /    /!          / ヽ   `ヽ
  ヽ    く  l           /    ヽ    !
   ヽ   ',. |       〈      丶、_ノ.
開始前に埋まる!これが村クオリティ!」
P 「来てくれたみんなに感謝!後は戻り待ちだな。少しの間待っていてくれ!」
大槻唯 「ともかく、よろしくだよっ!」
程昱 「ほうほう。一兵卒が来るとな」
大槻唯 「安定と信頼の滑り込み万歳なのね~」
giko 「ずざーっと。」
ソルジャー 「支援するでありま~す」
giko さんが入場しました
楊菲菲 「桃子はちょっと離れるって」
ソルジャー さんが入場しました
P 「そうでもしないと人、来ないしなぁ・・・>霧切」
大槻唯 「蘭子っち相変わらずなにいってるかわっかんないな~
でもまぁ一緒にがーんばろっ!」
楊菲菲 「とりあえずゆっくりしてよ~」
天海春香 「えへへ・・・いいよ、千早ちゃん」
できない子 「桃子ちゃんが投票押してぬぇ」
おおさか 「よろしゅうな」
神崎蘭子 「私の力に身を焼かれぬよう、せいぜい気をつけなさい。フフ、フフフフフ(頑張ります!! )」
如月千早 「春香、こんばんは。
もっと撫で回した・・・あ、いえ。」
P 「とりあえず東横が遺言セットして準備したらフェイフェイにはカウントをお願いするよ」
できない子 「         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
      /:.: :::::E7 l.:.::_|\
     /:::::::::::::/ヽ:::::::::::::::\
     |::::::::::::::: ,― 、,―、:::::::::|
     \  ̄ ̄ (⌒⌒)  ̄ /
        ̄ ̄\\// ̄
反計の使い手だった程昱は帰ってこないのだ・・・>程昱」
シテヤンヨ 「ドンジャラが終わってもまだ始まってなかったから支援なんよ」
東横桃子 「あ、ちょっと退席っす」
霧切響子 「決めた時間より後に来るのなら、それはもうあまり勘定に入れた所で無意味に思うのだけど」
楊菲菲 「確か麻雀やってる人とポケモンやってる人がいるのかな?」
東横桃子 「大体、待つより待たせる方が気楽なもんっすよ
支援しに来たって大義名分が立つわけっすし」
シテヤンヨ 「ヤンヨはちょっとドンジャラしてたんよ」
程昱 「ほうほう。あの軍師は可愛い顔してえぐいことをなさるのですなー>できない子」
P 「来ないと決め付けるのもどうかと思うわけでなー・・・むしろみんな決めた時間より後に来るから正直信じ切れてないんだよそういうの・・・」
大槻唯 「こんばんわ~よろしくぅ!」
できない子 「       _   _,
     ___,> Y´'ー-、
    _>z二_ ___`ー≧__
    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   /        ヽ `Y′之>
.  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
  |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
   `|    ヽ   「)'/|/
    ヽ、_  ―  _,.ィT/
     .`,}ー,r'^ヘ-'"、
     /ヽ/ `_}ィ^!'
     ,'r' / /´ l- 、
     ヽl.rー'´ ヽ ィ
     ノ^ヽ-―'´^ヽ、
   ,ィ^ヽ、/==、 _,.ハ、_
春香さんもきたわねー、やったわね響子ちゃんメジャーアイドルが一杯よ」
キョン子 「あっと二人!」
天海春香 「こんばんわっほい」
天海春香 さんが入場しました
霧切響子 「来ない物を待っても仕方がないわ……」
できない子 「        _   _,
     ___,> Y´'ー-、
    _>z二_ ___`ー≧__
    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   /        ヽ `Y′之>
  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
  |ハ .ハ( ●) (●) / / ,/レ′
  '/(|.ハ    ヽ     「)'/|/
.      ヽ、  ― _,.ィT/
        r-l   l= 、i
     r‐'  `ヽ、 l つ
     'v――-、¨ r'' ヽ
    /     l l i .l
    i   /   .! l ヽ
    /   i      l /
ま、私にとっては十面埋伏の計の使い手だけどね>程昱」
如月千早 「・・・あら、やよ、高槻さんこんばんは。
今日も可愛くて舐め回した・・・あ、いえ。」
楊菲菲 「さぁさぁ!早く準備するんだよ!40秒でしたくしな!」
東横桃子 「後2人で普通村っすね」
P 「というわけでフェイフェイ以外は遺言仕込んで準備頼むな?」
高槻やよい 「遅くなっちゃいました、よろしくお願います!」
キョン子 「あっと三人で埋まるなー」
できない子 「         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       / Eニ::ィ -、 |
      /::::;/ ヽ:::/:::/'::
     /:::/へ ヘ/::::/:::
     /:::::\ ヾミ::::/|:::
    (;;;;/| \;;;;ノ/:::
       /    〈:::
ん、これで13人ね」
程昱 「蜀の軍師辺りが言ってそうですなぁ>できない子」
楊菲菲 「お~案山子は蘭子だったよ」
大槻唯 「おとと、ちょっと目を放した隙に人がたくさん来たよ!
みんなよろしくねー!」
高槻やよい さんが入場しました
案山子 「案山子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:案山子 → 神崎蘭子
アイコン:No. 6 (水色) → No. 728 (神崎蘭子)」
名誉店長 「あら、風にモモ なんという強力なアイドル属性持ち」
程昱 「似て非なる云々って奴ですなー>揚菲菲」
できない子 「            ,、 , ィ
              _> Y <_
            /\     /\
            >┴ `⌒´ ┴<
        //        \
         〈,i  ,  l、  ,.l  ,  ゙i
        /il | 寸寸T T寸寸| } li
       ヽi,ヘゝ(●)  (●) //レ′
.          |/(ゝ   ヽ    /)'|
            ヾi丶.,_ ―  _,ィ
               ムEニヨマ
             /:::::::/ヽ:::::ヽ
そこの程昱は、「はわわご主人様、敵が(以下略」の三国志だったかしらね」
東横桃子 「東横桃子 さんが登録情報を変更しました。」
楊菲菲 「そうなんだよね…三国志だけど三国志じゃない…ってところかな?>程昱」
シテヤンヨ 「よろしくお願いするんよ」
シテヤンヨ さんが入場しました
程昱 「三国志だそうですねぇ。もっとも私が出てるかは知りませんよ?」
楊菲菲 「楊菲菲 さんが登録情報を変更しました。」
キョン子 「来た人はよろしくなー」
東横桃子 「こんばんわっすよ」
できない子 「         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`
はいはい、新しく来た人達はいらっしゃい」
東横桃子 さんが入場しました
楊菲菲 「程昱…三国志の武将さんだね?」
大槻唯 「ん?確かにゆいもアイドルだね?
知ってる人は知っている~知らない人は~覚えてね~」
程昱 「はいよろしくお願いしますねー」
できない子 「るる鯖だと平気で狐が入るから困るのよねー、11とか12で」
程昱 さんが入場しました
如月千早 「夏バテでしょうか・・・・
普段から体はよく動かしているのでけれど・・・>大槻さん」
P 「案山子の人の反応が無くて困るんだが・・・どうしよう」
キョン子 「ぶっちゃけ誰がアイドルなのかわからねえキョン子であった」
キョン子 「あと一人で11人
結構燃える人数になるな!」
大槻唯 「は~い>P」
楊菲菲 「そうだよ?あと唯もアイドルだよ!」
P 「とりあえずフェイフェイ以外は準備をしておくといいと思う。なるべく早い開始の方がいいと思うしね」
大槻唯 「やーやーどもども!
店長さんよろしくねー!」
名誉店長 「サクッと埋めに来たわ 
スケジュールに穴をあけるわけにはいきませんからね」
霧切響子
          ____  ____
.        , ''"´,.    `´     `ヽ         それを言うならそこの楊さんもアイドルね。
     ,   /               丶
.    /   . ´
    ′                  ハ
   , .   i   .         |
    { .i| .| ..:|  i  | |    |  | li  il  |  |
    | .l| .| :::|  |  | |    |  | ||  ||  |  |
    l| .| :::|  |_|_|__|_|_||_||_|_|
    '.;| .|./ヌ|  | 斗示卞、    ィ示=7 /≦フ
.    リ . 八(l,|  | 戈zツノ`    ヒソノ/ ,<\
.    /  ハ. ヽ|  |           / /.   ヽ\
   /  / i| |.|  ト。         ′ , !. :ハ   )/
.  /  / , |∨ |  |___iト    ` .‐´ ィ , | .|)ノ    ´
 /  / / .| >|. ‘。r-. _`__.<〔l| i | .|ハ)、
./  / 厶 ´ .|  .!|   | |圦‘, iト.| .|fY)、
'  /  \   .∧  :||   | |}{|il ‘. `| .|>〈、
 / _,.-‐\/ |   iト 。___|_トvィ\i   .! .ト _fY)、
./ /⌒` .、/  .|   | ‘。 ̄〉ィ⌒ゝ'.  | .| _> ‐x
. /{    ‘iト .|   |.  ‘。 ヽ___〉‘ | .|\.   i|
/ .|i     ‘,.|   |   ‘。  |//∧ } .! .|/   ∧」
大槻唯 「おお?千早ちゃん夏バテか~い?」
名誉店長 さんが入場しました
如月千早 「なんだかぼぅ、としていました・・・」
キョン子 「…千早さんってアイドルでしたよね?」
如月千早 「・・・」
P 「締め切ろうと思ってからドッと来るんだよな・・・いつものパターンだと>霧切」
できない子 「        _   _,
     ___,> Y´'ー-、
    _>z二_ ___`ー≧__
    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   /        ヽ `Y′之>
.  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
  |ハ |(○)::::(○) / / ,/レ′
    `|   ヽ   U「)'/|/
    ヽ、_  コ  _,.ィT/
響子ちゃん・・・千早ちゃんが・・・」
P 「とりあえず45分くらいまで待とうか。案山子の人がどうなるかわからないし」
できない子 「8>6>4 と3吊りで狼2編成よね確か」
霧切響子
              ′ : , ′              ヽ
         ,     /
           /     ′                ハ      (それにしても、アイドルがいないわね……
        ′            |   i
             {. .:゜   .! |i   |   | i     ヽ 、 |      資料にあったアイドルも全く見ないし、今日は出払っているのかしら)
.         {  i: :| i i   .:' |.:||   |   | |   |   | | |
          |: :| l |  i  ! ||   |   | |   |   | | |
           . !  レ¨|  |‐┴--x__|__|_| _|__|_|__i|
          ∨  | { |  |.‐==示㍉     ,ィ示=ァ/≦フ
          /  人__|  | ゝ 戈zシ     似ソノ/<\
.         /  /| : | |  |                /.|.   ヽ\
        /  / :| : | |  | '.         ′ イ |ハ   )/
.       /  /:/ | : | |  | l \.   ー ‐ /|.i| |∧   ´
      /  /:/ : | : | |  |''γト`._/¨/フY|.i| |逖〉
.     /  /:/ , -‐'"^|  | |     i| ′´/ハ:| |\ハ
    /  /i/ : \_   |  | |     ||。。。。 :::`Y.:| |/逖〉、
.   /  / .| /.:/:\ |  |\゚_   ||。。。。__:::::}゙:| |~゛'' ‐-.., _
   /  / , -‐''"´/ |  |  \. ゚ '''r‐テテ‐--x:.| |\.   / |
.  /  / /|´⌒`¨'\ |  |    \/ //   .::\.|  \ / .|、
 /  / / :{       \ .|    ./ //   .:::::::: 〉    \ |ハ
./  / / 人         \{   ./ //   .:::::::: /.|   // |逖〉、」
霧切響子 「待つのも構わないけれど、ある程度で締め切っては欲しいわね。」
キョン子 「真っ二つに切ってさいの目に切れ目を入れると綺麗に食べれるぜ>できない子
見た目もいいしな」
できない子 「      ,_   _
    、-ー'`Y <,___
 __≦ー`___ _二z<_
 > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
<之′Y(ヽ三/) ))   \三/) ))
  >{  ,'  |( i))),.  ,.l  ,   ゙i )))
 | !、{  |' |::::|寸T ハT7} ィ, l
 ′J゙i, ゙i ゙.|::::|●) (●)| ハ|
    ゙i|゙i' |::::|   ,    |::/
    ゙iTィ|::::| ―   _ノ/
     │|::::|::ニE7,:::::/
     └K:::゙,r'\ト:::/
       l::::,´  ̄`Y
       i:/     |
何時もの如く45分ぐらいになったら増えるんじゃない?>GM」
楊菲菲 「少人数なのもたまにはいいか~」
楊菲菲 「楊菲菲 さんが登録情報を変更しました。」
大槻唯 「ゆいは待ってみてもいいって思うかな~」
おおさか 「どっちでもええで>GM」
できない子 「       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
  ′J゙i, ゙i ゙i (●) (●)| ハ|
     ゙i|゙i'(1    ,    |
     ゙iTィ.,_   ―   _ノ
      │「ィ::∩ ノ ⊃
      /´:,r/:ヽ__ノ
     (::::::V::::::/ `i:i
      \:::/-‐::::::/
そう・・・今のアタシに足りない物は・・・
サイダーで割った梅酒!

汁が飛ばない工夫とか見た覚えがあるのよねー本の題名が覚えてないけど>キョン子」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → P
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 832 (プロデューサー)」
キョン子 「もうちょっとまってもいいと思うぜ>GM」
GM 「一応30分になったけどどうする?」
大槻唯 「そーそー>できない子ちゃん
蚊取り線香とかって、たまに効いてない?って思っちゃうほどにね~」
キョン子 「湯船で食ったことねえなー>できない子
ぶっちゃけ湯船に入ることも(以下略」
できない子 「             _   _,
          ___,> Y´'ー-、
         _>z二_ ___`ー≧__
         >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
        /        ヽ `Y′之>
.       /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ )
       |ハ | (●)  (●)/ / ,/レ′
         `|   ヽ    「)'/|/
         ヽ、_  ‐-  _,.ィT/
           l 7Eニ::ィ::/ /:::ー...、∩
          /     ヽレ:::::::::::::::::::| |- /}、
           /      `、;;;..-.,,_ 丿},ノ / ノ
            /        l:::/⊂ニ  '"  ニ⊃
        /        ノ′   `' ='''"´
         /         {
窓開けてると、蚊が地味に入るから困りものね>唯ちゃん」
大槻唯 「おおー大阪のひとだー!
よ、よろしゅうたのみまんがな?」
大槻唯 「最近暑いよねー>できない子ちゃん
不用意に部屋締め切って寝ようものなら起きたときフラフラだもんね~」
できない子 「       _   _,
     ___,> Y´'ー-、
    _>z二_ ___`ー≧__
    >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
   /        ヽ `Y′之>
.  /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
  l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
  |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
   `|    ヽ   「)'/|/
    ヽ、_  ―  _,.ィT/
     .`,}ー,r'^ヘ-'"、
     /ヽ/ `_}ィ^!'
     ,'r' / /´ l- 、
     ヽl.rー'´ ヽ ィ
     ノ^ヽ-―'´^ヽ、
   ,ィ^ヽ、/==、 _,.ハ、_
マンゴーね、昔読んだ本で完熟マンゴーを
食べる時は湯船の中でってのがあったわね>キョン子」
おおさか 「よろしゅうな」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → おおさか
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 284 (春日歩)」
キョン子 「あーうまかった
なりは小さかったけどちゃんとマンゴーしていたマンゴーだったな」
できない子 「SPLIT]
            _   _,
         ___,> Y´'ー-、
        _>z二_ ___`ー≧__
        >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       /        ヽ `Y′之>
.      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
      l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ ))
    (( ,ヘ, |(●) (●) / / ,/ /
      '、 `|   ヽ    「)'/|/ /
         \ヽ、_  ―  _,.ィT/=/
        < l 7Eニ::ィ1    〉
         ゝ'イ/ヽ::::` 、 /
           i´ ̄ `ヽ::|
          j|       <
         /    ヽ  \
おかえり>唯ちゃん」
楊菲菲 「さ~てともう少し人が増えないかな?」
できない子 「     {ー- 、∧ノ{
     _ ゞ ≦    ̄ ヽ
   r ′ - > -―  ̄`ー 、
   |/  /   ヽ    ヽ  ヽ
   /  /  /      ヽ ヽ  `、
  ム. l  /      \  l _L  l
  |l | /  l  l  ト、  l 斗七ハハ ノ
   川 l |  {、 |」斗ヽ、|/レ'レ 从!
  ノ リ!八 l  k<! ヽ!    (● )l l
    ヽ ヘ  ヽ (● )      リ
     } 人ヽヘ ゝ     ′  ノ
     ノ   `~ゝ      ━・<ーフ
          廴 ` ー  ≦ } ヘ く
         /  ヾ   彡 _,イ._ノ、._ゝ
         /   , ゞ- _ノ〇l `ー'
          /   /  〇  〇|
テンションが何か上がらないわね、暑さの所為かしら?」
大槻唯 「響子さんよろしくな~!」
大槻唯 「やーやーただいまー!
ゆい戻ってきたよ!」
できない子 「         、_  _
       ィ-‐ ` Y <__
   _≦―'´__ _二z<_
    >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<
  <戈、 Y  /        \
    >{ /   l, 、 ,  ,l_   、 ヽ
   | ゝ{   l`寸寸T ハT7 } ,、 l
   ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ|
      ヾi∨|     ,   |´
       ヽT、,_  ―  _ ノ
          | lヽ::ニヨ7l
          └l´:::/ヽ |`
なんか気分が乗らないから今日はこっちね」
武田蒼一 「武田蒼一 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:武田蒼一 → できない子
アイコン:No. 125 (武田蒼一) → No. 300 (できない子)」
霧切響子
              ′ : , ′              ヽ
         ,     /
           /     ′                ハ    観客参加型の推理劇、と聞いているわ。
        ′            |   i
             {. .:゜   .! |i   |   | i     ヽ 、 |    楽しみにしているわよ。一応、ね
.         {  i: :| i i   .:' |.:||   |   | |   |   | | |
          |: :| l |  i  ! ||   |   | |   |   | | |
           . !  レ¨|  |‐┴--x__|__|_| _|__|_|__i|
          ∨  | { |  |.‐==示㍉     ,ィ示=ァ/≦フ
          /  人__|  | ゝ 戈zシ     似ソノ/<\
.         /  /| : | |  |                /.|.   ヽ\
        /  / :| : | |  | '.         ′ イ |ハ   )/
.       /  /:/ | : | |  | l \.   ー ‐ /|.i| |∧   ´
      /  /:/ : | : | |  |''γト`._/¨/フY|.i| |逖〉
.     /  /:/ , -‐'"^|  | |     i| ′´/ハ:| |\ハ
    /  /i/ : \_   |  | |     ||。。。。 :::`Y.:| |/逖〉、
.   /  / .| /.:/:\ |  |\゚_   ||。。。。__:::::}゙:| |~゛'' ‐-.., _
   /  / , -‐''"´/ |  |  \. ゚ '''r‐テテ‐--x:.| |\.   / |
.  /  / /|´⌒`¨'\ |  |    \/ //   .::\.|  \ / .|、
 /  / / :{       \ .|    ./ //   .:::::::: 〉    \ |ハ
./  / / 人         \{   ./ //   .:::::::: /.|   // |逖〉、」
kari 「何のRPしようかな」
楊菲菲 「…あんな悲劇にはさせたくはないね…>響子」
霧切響子 「……アイドル達の劇場公演。
舞園さんのような人達がいるのかしら」
キョン子 「マンゴーウマー」
武田蒼一 「ようこそだね、響子君歓迎するよ」
GM 「いらっしゃいませ~」
霧切響子 「……よろしくお願いするわ。」
GM 「アイドル系統でも選択肢があまりにも広いから別にこれ使ったから来なくなるとか無いと思うけどねー」
霧切響子 さんが入場しました
大槻唯 「っと、ごめんねみんな、ちょっと席はずれるよ~」
楊菲菲 「何やら面白そうなことしてるね~私は1ばんがいいな~」
楊菲菲 「や~ただいま~」
如月千早 「っと、皆さんよろしくお願いします!」
武田蒼一 「そしてようこそだ、キョン子君、大槻君」
キョン子 「Pでいいんじゃね?
アイドルならそいつをやりたい人がいたら入れなくなりそうだし」
武田蒼一 「GMの好みに任せるよ」
大槻唯 「や!こんばんわー!」
大槻唯 さんが入場しました
GM 「とか唐突に聞いてみます」
GM 「GMRPは本日どっち系統の方がいいでしょうかー?

1、P系統

2、アイドル系統」
GM 「いらっしゃいませー」
キョン子 「やっふー」
キョン子 さんが入場しました
武田蒼一 「宜しく頼むよ、皆」
武田蒼一 「そう、僕だ!」
武田蒼一 さんが入場しました
如月千早 「よろしくおねがいします!」
案山子 「人数合わせで入っておきますね
参加できそうならそのまま参加いたします」
GM 「いらっしゃい!」
如月千早 さんが入場しました
案山子 さんが入場しました
楊菲菲 「さっそくだけどちょっと離れるよ~」
GM 「いらっしゃいませ」
kari 「よろしくー」
kari さんが入場しました
楊菲菲 「こんばんは~」
楊菲菲 さんが入場しました
GM 「点呼予定は22:30で」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
村作成:2012/07/24 (Tue) 21:58:04