←戻る
【劇場95】劇場公演 木曜の部村 [112番地]
~暑くて溶けそうえまーじぇんしぃ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
icon 高槻やよい
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon マルフォイ
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon 高垣楓
(生存中)
icon 木村夏樹
(生存中)
icon こいし
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 程昱
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon ヤマメ
(生存中)
icon キスメ
(生存中)
icon 天海ノック
(生存中)
icon 初音ミク
(生存中)
村作成:2012/07/26 (Thu) 21:58:38
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
GM 「22:30開始予定っ」
GM 「むむ・・・」
チルノ さんが入場しました
チルノ 「あたい参上」
マルフォイ さんが入場しました
kari さんが入場しました
マルフォイ 「よろしくフォイフォーイwwwwwwwww」
マルフォイ 「あれ?アイドルはどこフォイ?」
kari 「RP考えるよりも早く入村したいきもちが上回った(キリ」
GM 「いらっしゃいませ~」
マルフォイ 「アイドルー!アイドルが見たいフォイwwwww
アイドル来るまで待機してたのにこないフォイwwwwww」
初音ミク さんが入場しました
マルフォイ 「きゃーミクだフォーイ!」
チルノ 「アイドルって何だ?」
初音ミク 「ミクダヨー」
GM 「では今日のアイドルはアイドルにしますね>フォイフォイさん」
GM 「今日のアイドルは→今日のナビは」
マルフォイ 「(おっかけを)ためらわない事さ>チルノ」
GM 「・・・////」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 水瀬伊織
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 737 (アニマス・水瀬伊織01)」
マルフォイ 「きゃーGMすてきー>GM」
初音ミク 「ん~開始5分で人が居ないから心配してたけど特に問題なさそうだねっ」
チルノ 「ぶっかけをためらわないのか!?汁まみれなんだな」
マルフォイ 「キャーいおりんだフォーイ!>いおり
光ってフォーイ!」
水瀬伊織 「よいしょ、よろしくお願いするわ」
如月千早 さんが入場しました
如月千早 「よろしくお願いしますね。」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 高槻やよい
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 546 (高槻やよい07)」
如月千早 「……まあ、ずっと見てはいたのだけど。
カウント位置を回避したかったのよね。」
マルフォイ 「あ、千早フォーイ」
水瀬伊織 「あら、光るって・・・輝かしい私の風格のことかしら?>マルフォイ」
高槻やよい 「とゆわけで今日は私がきちゃいました!よろしくおねがいしまーっす!」
マルフォイ 「いや、デ・・・げふんげふん>いおりん
その通りフォーイ!」
マルフォイ 「きゃーやよいー!こっち向いてー!>やよい」
初音ミク 「デコフォイ!」
高槻やよい 「でも10分くらいほーちだったら自動廃村になっちゃうかもしれなかったなって・・・!>千早さん」
高垣楓 さんが入場しました
高垣楓 「こんばんは」
水瀬伊織 「今何言いかけたのかしら・・・・・・?
・・・まあ不問にしてあげるわ、伊織ちゃんの慈悲に感謝しなさい!>マルフォイ」
マルフォイ 「ははー!ありがたきしあわせフォーイ!>いおりん」
マルフォイ 「『フラッシュ』ッ!!>ミク」
水瀬伊織 「あら、やよいに千早も。
お互い頑張りましょうか」
初音ミク 「にゃーっ!?」
高槻やよい 「   `  ー―- 、       }
           \  , -‐ヽ                       , -‐ァ'´  ̄三三三ミ
             ヽ´//// ヽ                     /:./:. :. , :.-:.―:.―:.-キ-、
                 ∨////∧                       /:. :/:. :. :/:. :. :. :. :._:._:._:. :. :. }
                    V////∧   ,. -――‐- 、__, 、 ___.{:. :., :. : /:. :. :. :. 〃:. :. :. :. :. :. :. ̄:. ヽ
                     ∨////∧´:. , :-:.―:.‐ r― 、_V´:. :. :. :. :.\j:. :./:. :. : //:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.}
                 ∨////ム-- 、:. :. :厂>':´:. :. :. :.、 :. :. :. ヽ: ーく:. :. ://.:. , :-:.―:.―:. :. ―:.:≠- 、
                /:∨/  '.,  ヽ:く//:. :/:. :. :. \:. :. :. :':, :. :ー≠L/:. :. :. :. :. :. :. :., :.-:.―:.‐:.ヽ
                 /:. : /   , -‐、ノ/:. /:. :. /:/: /!:.l、:. :. \:. :. : , :. :. :. :.Vヽ:. :. :. :. :. :. /:. :.-:.― :. :.
            /:./:./  '.,/    V:. /:. :. /:. |:. | |: | \:. :. :\:. :', :. :. :. :.',:. :ーァ―‐<:. :. :. :. :. :. :. :. :
              {: イ:. :. :ヽ _ム    /:. /:. : ./|:. :|:. | |: |  \, -ヽ‐l:. :. :. :. :l:. :. |      ̄ {:. ̄:. ̄:.ヽ:.
            r┴:.=:. :. :. :.ハ    ̄l:l:. :. | |:. :|:. | |:.」  ./ ィテミ、!:. :. :. :. レ‐ '、         ヽ:. :. :. :. 〈
           ノ :. :. :. :. :. :. :. :. :.: ,    L!:. : | L ハ斗     代,圦 ヾ:. :. :. :. | ⌒ }      /:. :. :. :. ノ
       , -≠:.―:. ニ:.二:. ヽ :. :. ∧    |:. : | /         V少 |:. :. :. : |   !     /:. :. :,.  "
      /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヽ:. }:. /: ∧    `ー.ヘ   ,. =ミ           |:. :. :. : |ノ ./   ./_:.  '
     〈:. :. :. -:.=:.=:.=:.、:. :. :. Y/:.〃.∧     ヽ 〃   ,      _ |:. |:. :. :|./   ' ´
   r‐.┴<_:.  -――― - -./:.//: / ∧      ヽ       .  ´  } .!:. !:.: :.:Kヽ
  ノ:. :.,  ´         ∠:.//:. /:./ ∧      'ヘ   ´ヽ.    / !: l:. |:./ ヽ〉
≦_:.ノ              /:. :〃:.,'/  ,      ,>_ .__ ` ー '  j:./:. |/-―- 、
                   /:. :.///   .ハ.      '\     ̄ ̄  l/:. :/.     ',
                    ∠:._:./ 〃       ,      '., ヽ‐ 、    /:. :.∧     ノ
                          r‐ .、,        V \  イ:./  ー、   l`  .
                          |   '.,       }\/\ .レ'r-v-、ム -┴ 、 `  .,
                          ヽ   ,         |  ヽ ∧ ヽ、  ハ __   ヽ     ‐  _
                           て  ヽ     ,.   V∧  ` く {´ _,   ',____z‐ミ
                            ヽ._ \   /    Vハ    ', V _    }       ヽ
                               `ーマー'      Vハ    l} `〈_r‐ 、  |
                                  ヽ       l/ハ   l!   l  `く... __
                                       '.,       !//l   |!   L ハ       ̄
                                    ヽ      |//|   ヽ __ Vハヽ
                                     ヽ     |//|, -‐  \  !Vハノ
                                      }__ ..  !//!          |.ヘハ
                                     / ハ   }//|          |  Vハ
                                          //./ 〉   |//|         ,′ }N
                                   ,/// ./   l!//!       ,   /N
                                   |//!, '    ノ/./    ,    {   /イ
                                           r‐┴≠-- .// / __/  __.l //

はーい!>フォイさん」
如月千早 「それまで誰も入らない事もないとは思っていたの。
……というか、私がカウント位置を取るとミスしそうで……。」
水瀬伊織 「ってやよいはGMじゃないの!
頑張るも何も村に参加しなかったわ!」
水瀬伊織 「そうそう、下僕らしくそうやっていれば・・・

ってあんたら何言ってんのよ!悪意を感じるわ!!>ミク、マルフォイ」
チルノ 「大ちゃんが女の脇はエロいって言ってた!」
高槻やよい 「なんと!?じーえむさんも遺言かえれるようになってます!」
マルフォイ 「くっくっく・・・これで電脳アイドルを【エロイ事するんでしょ!同人誌みたいに!】>ミク
してやるほーい」
マルフォイ 「ひゅーっ!!!!>やよい」
高槻やよい 「びっくりです!うれしーです♪」
高垣楓 「あら?それはおめでとうございます>やよいさん」
木村夏樹 さんが入場しました
水瀬伊織 「・・・え、やよいそれホント!?
これで「僕は(ry」って毎回のように言わなくれ済むのね・・・・!」
木村夏樹 「よ。アタシ、木村夏樹。
ヨロシクな!」
マルフォイ 「イエ マッタク ソンナ コト アリマセン フォイ>いおりん」
木村夏樹 「って楓さんじゃないか。
ちーっす。」
水瀬伊織 「夏樹もよろしく、にひひっ!」
初音ミク 「あ、ごめんなさい、用事が出来たのでぬけるねー また遊ぼう~」
初音ミク は 初音ミク に KICK 投票しました
初音ミクさんの出演は延期になりました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
高垣楓 「ふふ、こんばんは>夏樹さん」
高垣楓 「ミクさん、また遊びましょうね」
マルフォイ 「765の手を逃れたファンを待っていたのはまた地獄だった。破壊の後に住み着いた欲望と課金。アイマス2騒動が生み出したソドムの街。トレードと特訓応援とコメをコンクリートミキサーにかけてブチまけたここは惑星アイマスのキメラ 次回「ガチャ」来週もちひろとログインボーナスに付き合ってもらう」
木村夏樹 「ういーし。765プロのセンパイ方もよろしくおねがいしやーっす!」
水瀬伊織 「あれ、ミクは残念ね。また次一緒にやりましょうか」
マルフォイ 「いやああああ?!ミクちゃんがあああ?!」
マルフォイ 「またフォーイ」
高槻やよい 「来てくれた皆さんありがとうございますっ!」
水瀬伊織 「心がこもっていないわ!
もっと、心の底から言いなさいよ!早く!>マルフォイ」
木村夏樹 「あれ、今日はまだ飲んでないスね。
だりーが楓さんオフだといっつも柊さんと飲んでるっつってたけど。」
如月千早 「あら……ミクさんはまたいらして下さいね。

……隣になったわね、一緒に頑張りましょう>伊織」
マルフォイ 「デコっ!(ソンナ コト ハ アリマセン フォイ!)>いおりん」
高槻やよい 「楓さんって大人のおねーさんなんですねー・・・♪」
こいし さんが入場しました
高槻やよい 「あ、いらっしゃいませーっ」
こいし 「マルフォイが居ると聞いてきたよっ!」
高垣楓 「>夏樹さん
ええ、そうですね
志乃さんとは、昨夜も一緒に飲んでいましたね。」
マルフォイ 「こいしフォーイ!?>こいし
・・・どちらさまでしたっけ(真顔」
水瀬伊織 「きーっ!!
あなた完全に私に喧嘩売ってるでしょ!!
いいわ、その喧嘩受けて立つわよ!>マルフォイ」
マルフォイ 「フォーイ、お酒飲むフォーイ>木村
ビールフォーイ!」
こいし 「あれ、この組み合わせ知らない人か!なら仕方がないね!>まるふぉい」
こいし 「伊織>千早(無意識)」
マルフォイ 「あーあの動画フォイ?>こいし」
木村夏樹 「毎日あんだけ飲んでて素でいるんだから、すごいなーってだりー言ってましたよ。
ホント、それで志乃さんも楓さんもそんだけスタイルいいんだから、どーなってんすかね?
お腹とか、ほら、全然お肉ついてないっしょ?(ぷに>楓さん」
如月千早 「……どうでも良いのだけれど、なんで私のSR+はあんなのなのかしらね。
いえ、孤高の歌姫は良いのだけれど……瑠璃の歌姫は……」
水瀬伊織 「あら、そういえばいつの間にか千早が隣に・・・
ま、一緒に頑張りましょうか!>千早」
こいし 「その通りでございます!>マルフォイ」
マルフォイ 「それならよし!こいし!
マルフォイについてくるフォーイ!」
こいし 「ひゃっはー!」
水瀬伊織 「ああ、あれ「魔王」あたりよね歌っているの・・・>千早SR」
マルフォイ 「ちなみにこいしは人狼の何が知りたいんだフォイ?>こいし
いまならなんと無料!無料でおしえるふぉい!」
マルフォイ 「いおちはって結構珍しい組み合わせフォイ>いおりん、千早」
如月千早 「いえ、そちらはまだ良いのよ。
オペラを歌えるなんて、ボーカリストとして最高級じゃない。
そっちじゃなくて、招待SRの方ね……>水瀬さん」
星井美希 さんが入場しました
マルフォイ 「しゅっしゅっwwww>いおりん
真っ赤なー顔のいおりん~~~~www」
星井美希 「よろしくなの」
こいし 「うーんとね~、CGIの覗き方!>マルフォイ」
程昱 さんが入場しました
程昱 「よーっこいしょーいち」
木村夏樹 「と、星井センパイもちゃーっす」
蒼星石 さんが入場しました
如月千早 「よろしくね、美希」
こいし 「アイドルがいっぱいだね!
こいしなんて道端の小石程度にしか慣れないよっ」
マルフォイ 「そうフォイね、まずスクリプトの打ち方から学ぼうかフォイ>こいし
ちなみに、PHP人狼の開発はIRCにチャンネルがあるから
そこから学ぶ方法もあるフォイ!」
水瀬伊織 「・・・あ、あれね。
千早はああいうの苦手というか・・・中の人というか・・・>千早」
蒼星石 「よろしくね」
高槻やよい 「いらっしゃいませっ」
高垣楓 「んー、お酒と一緒に食べてる肴が、私と志乃さんは厳選してるからかな?
Σく、くすぐったいです・・・>夏樹さん」
こいし 「案外真面目な返答でびっくりした!>マルフォイ」
水瀬伊織 「美希も来たのね!まあ美希とはいえ私は遅れを取らないわ!」
如月千早 「ええ……あんな服装……アイドルにしたって、私には……///
そもそも私はアイドルというよりボーカリスト志望だし、ね……>水瀬さん」
天海春香 さんが入場しました
高槻やよい 「んーと・・・そろそろ遺言&準備、お願いしますっ!チルノさん以外は準備しちゃっててもいいですよっ」
如月千早 「春香もいらっしゃい。頑張りましょうね」
高槻やよい 「春香さんないすですっ!」
天海春香 「こんばんは!春香さんですよ!はるかさん!」
水瀬伊織 「・・・・ちょっと!
765全員であの変な名前の変な頭のやつGUILTYしましょう!GUILTY!!>千早 美希 やよい」
かりー さんが入場しました
マルフォイ 「ふっ、解説役としては真面目にこたえるフォイ!>こいし
(実はやばいネタしか思いうかがばなかったのは内緒フォイ)」
星井美希 「あふぅ……眠いの……」
チルノ 「時間!」
星井美希 「あれ?デコちゃんは誰かに遅れをとるの?>デコちゃん」
こいし 「知名度が上がる→良い作詞家・作曲家がつく→ボーカリストとして大成!
露出度が下がる→人気が上がらない→ゆくえふめい」
かりかり さんが入場しました
かりかり 「こんばんは、よろしくお願いします」
程昱 「すごくかりかりしておるのう。」
河城にとり さんが入場しました
如月千早 「……それなら、それでも良いわ。
私の歌を聞いてくれる人がいれば、それが例え小数だったとしても私は良いの>こいしさん」
こいし 「大丈夫ー?(背中なでぽむ)>程昱
高垣楓 「(はっ!!程昱さん・・・それリテイクなんて・・・)」
河城にとり 「こんばんは~」
星井美希 「お隣の人がなんて読むのかわかんないね」
天海春香 「うんっ、がんばろ!千早ちゃん! 他のみんなもよろしくね!」
こいし 「えー、お姉ちゃん声いいんだからもったいないよ~(ゴロゴロ)>ちーちゃん」
蒼星石 「程昱(ていいく)かな。 >美希」
水瀬伊織 「春香もあのヘンテコ名前をこう、ボコボコにしてやって頂戴!>春香」
程昱 「おおう?参加者さんの名前の話ですぞー>こいし」
マルフォイ 「キャーネタ芸人さんもよろしくフォーイwwwwww>春香」
こいし 「程昱……あ、出た。流石グーグル先生だね!」
星井美希 「ていく……テイク……ならないの!>蒼星石」
かりかりかりり さんが入場しました
高槻やよい 「うっうー♪いっぱいきました!」
かりかりかりり 「アイコン探し中・・・」
程昱 「ぐーぐるとやらでない限り普通は程昱なぞという名前は出てこないので今のうちに辞書登録なりしておくと楽ですな。」
天海春香 「変な頭? だめだよ伊織、人の悪口は!(キリッ」
水瀬伊織 「美希の才能は結構怖・・・・じゃなくて、
遅れなんてこの伊織ちゃんが取るなんて、そんなことはあるわけないわ!>美希」
こいし 「私、ちーちゃんと雪の降る戦線で戦うのが夢なんだ…!」
高垣楓 「テイイクさん、字をチュウトクさんといいま
チュー得・・・なのでしょうか・・・」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → ヤマメ
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 243 (黒谷 ヤマメ)」
初音ミク さんが入場しました
天海春香 「なんですかこのマグル…>マルフォイ」
こいし 「ただ、割と打ちにくい!>程昱」
高槻やよい 「春香さんをノータイムで芸人さん扱いってちょっと酷いと思いますっ!

最近春香さんのプロデューサーが入るお仕事がバラエティばっかりって悩んでましたけど・・・実は」
マルフォイ 「キャーミクさーん」
蒼星石 「あぁ。埋まったね。あらためてよろしく。」
こいし 「埋まるもんだねー」
星井美希 「楓さんはちゅーしたいの?」
マルフォイ 「【それ以上いけない!】>春香」
河城にとり 「河城にとり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:河城にとり → キスメ
アイコン:No. 235 (河城 にとり) → No. 242 (キスメ)」
天海春香 「急に私の魅力につられて人が集まりましたね!…えへへ、メインヒロインは罪ですね!」
初音ミク 「\真のアイドルミクさんがやってきましたよー/」
程昱 「ほむ。次からは名前変えてから参戦するとしましょうかね。
何、名前なぞまだありますからな」
水瀬伊織 「でしょ、変な頭でしょ!
二人でGUILTYよ、GUILTY!!>マルフォイを>春香」
木村夏樹 「うーっし、んじゃ、ちーっと気合いれていくか!
センパイ方、あらためてよろしくぅ!」
高槻やよい 「さっき帰っちゃった方とは別のミクさんですね!
ぼーかろいどですからいっぱいミクさんはいるんですよね、しってます!」
こいし 「慣れてない文字の組み合わせだと、指が動かないんだよね~
あ、キスメちゃんおひさ~」
天海春香 「そーなんだよ、やよい~…
私、普通にしてるだけでもミスしちゃってそれを笑われたりするんだ(しゅん」
マルフォイ 「【えっ】>いおり
マ、マルフォイはいおりんに嫌われるようなことをしたふぉい・・・?」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 菊地真
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 545 (菊地真05)」
高垣楓 「いえ、ちゅうとくさんで、ふと思いついただけですよ?>美希さん」
天海春香 「ら、ライバルですね!らいばる!>ミクさん」
かりかりかりり 「かりかりかりり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりかりり → 天界アイドル
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 393 (イーノック)」
菊地真 「遅れてごめーん!
みんなよろしくね!」
初音ミク 「ライバル……? なんですかそれは>天海さん」
天海春香 「なんか存在的なあれじゃないですか・・・?>マルフォイ」
ヤマメ 「おお、キスメちゃんじゃない」
天界アイドル 「大丈夫だ、問題ない」
高槻やよい 「みんなひどいですよねー・・・春香さん歌もダンスもすっごく頑張ってるのに!」
マルフォイ 「そんな名前とアイコンで大丈夫かフォイ?>天海アイドル」
星井美希 「そういえば中学生はチューがくせい、なんてダジャレあったね>楓さん」
こいし 「まあ、正直存在意義が殴りたい…の人だし!>マルフォイ、春香
無意識にそう思っちゃうんだ。仕方ないね!」
如月千早 「私も準備はできたわ。
頑張りましょう」
キスメ 「…こんにちは…(ぺこり)>こいし」
水瀬伊織 「・・・まあそういうとこも春香の魅力だもの・・・
一概に悪いとも言えないわね>やよい、春香」
マルフォイ 「そんな・・・いつのまにマルフォイはヘイトアイコンの仲間入りに(さめざめ>春香」
キスメ 「…ヤマメちゃんもこんにちは…元気だった?」
天海春香 「それ違う意味になっちゃいますから!?>天海アイドル>マルフォイ」
こいし 「あ~。そんな可愛い所見せると、食べちゃうぞっ♪>キスメ」
程昱 「ほほー天界というとあのお方と同じ世界なのでしょうな」
天界アイドル 「天界アイドル さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:天界アイドル → 天海アイドル」
高槻やよい 「人間界にたとえるとじゅぴたーみたいな感じ、なのかな・・・?<イーノックさん」
天海アイドル 「大丈夫だ、問題ない」
高垣楓 「美希さん・・・」
マルフォイ 「大丈夫だ、大枠的には問題ないフォイ>天海春香」
木村夏樹 「うお!
まじで豪華じゃん?765オールスターズって感じで。
へへ……こりゃ燃えるな!」
蒼星石 「賑やかで楽しそうだなぁ……w」
天海春香 「そうだよ!頑張ってるのに!…でも、お仕事増えるだけ有り難いとおもわなくちゃ、ね
ありがと、伊織、やよい」
如月千早 「あら、そうね……確かにいつもより、765からの出演が多いのかしら。」
水瀬伊織 「(チュー学生・・・美希と・・・あ、いや)」
天海アイドル 「アイドルだ、問題ない」
ヤマメ 「ああもう、キスメちゃんは可愛いなぁ!」
天海春香 「美希が楓さんにひかれている…!」
星井美希 「うーん、でもいない人もいるよ?
だからオールスターじゃあないかなって>木村」
高槻やよい 「揃いました!ありがとうございまーっす!それじゃチルノさん、カウントお願いしますっ」
チルノ 「投票確認したから10秒後に開始」
天海アイドル 「天海アイドル さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:天海アイドル → 天海ノック」
初音ミク 「しまった……わたしが真のアイドル故にみなさんひいている……!」
蒼星石 「よろしくね」
こいし 「ヤマメ~。キスメちゃんはどこで売ってるのかなっ、かなっ♪」
天海ノック 「ごろがよくなった、問題ない」
ゲーム開始:2012/07/26 (Thu) 22:40:09
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
天海ノック 「狼だ、問題ない」
マルフォイ 「よろしくフォーイwwww」
蒼星石 「よろしく。」
天海ノック 「潜伏する、問題ない」
蒼星石 「凄い面子だねwwww」
蒼星石 「マルフォイは騙りにでる?」
マルフォイ 「騙りする人いるフォイ?いなけれなマルフォイがするフォイwwwww」
「◆高槻やよい 皆さん来てくれてありがとうございますっ!
今日のお相手は高槻やよいです!
いっしょーけんめいおもてなしするので皆さん、今日は楽しんでってくださいね♪」
マルフォイ 「おっけいフォイwwww
んじゃマルフォイがするフォイwwwww」
天海ノック 「一番いい騙りを頼む」
蒼星石 「んー どうしよう。ならお任せしようかな。」
マルフォイ 「私の騙りが心配か?フォイwww」
蒼星石 「うん。ボクは灰を見てるよ。」
マルフォイ 「まあ、マルフォイ目立っちゃったしwwww
しょうがないフォイwww1:30ほどでいくふぉいwww」
蒼星石 「マルフォイってマルフォイって名前だっけ……?w」
天海ノック 「マルフォイだ、問題ない」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆高槻やよい うっうー!まかしてください!こう見えても私おねーちゃんですから甘えてもおっけーです!(キリッ)>がいとうしゃさん」
高槻やよい は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高槻やよいさんの遺言                   ∠三ヽ''|
                 ./::::-::ヘ( )⌒ヘr 、
          ノv':|_,,, --vゝ::::_::ミλ::::rゝ:ヘ,,_
     ._γ::⌒>'::::::::::::::::::::::::三::::::::::::::::::`i::::rミ:::::ヽ
    ,r'::::、/:::::ミ:彡::::::::::::::三:::>:::::r三二::>rヾ/::ヽ、
   γ:::::::/::::::三/ミ:'''::⌒::`:ミ三三彡:、:_;;:彡ゝ-',-ヾi
   γ'':::7:::::::三/ミ:::::ミ::::::::::::::::\彡彡::::ソ、:::::::,::-λ::i:)
  λ::_イ .::::彡ヘミ::::',ヾ::::::\::::::::::',',彡彡:::`n、::::彡::::/
  γ:::/   : : ::::::::::::::',:::::::',:::::ヘ::::::::',',彡/川::::|彡ニ-''
   ゞ,    : :::::|:::',::',::',:::::::',ヾ::::ヘ::::::::',',彡:::::::|/:|
    i:.:.:.:.:|:::::|:::|::::iヘ:',::',::',::',:::',::_ヾ_ヽ:::::::γ⌒',::::::i
   .i:::::|:::|:::::i::::|::::i ',i|:|',:',x'''_x_'x=-,::::::::::', )/:::/
   i::::|:|:::::::',:',:::i',::',  `''  γ'i:::r::::リ:::::::::::i:ノ::::/  _,,_
   .i::::|:::::::ゞ.',::>‐''_,,_      ゞニ' /::::::::::|:::::/ヘ/∠ 'v''⌒r‐、
   |::::|!:::i:,:::::\ .《λ;:ヽ       彡/::::|::i::rミ>'      ̄` ト''ヽ_
   ',:::| !::ヾ:::::_\ ゞ'' 、      //;;:::ソ,ミ.i          `ヽ i_
   ',:| ',λ::ニ> ニミ==- 、   ノ   彡 (ニ.|            ヽ>
    ',:', ヾ /に>     丶`    ∠_ .rニ|       ,      'ヘ)_
     ヾ / ゝ ニミ 、_   .ヽ=-<::>| \ /     γ'__      _ソ )
     .〈 _ソ/     ヽ    ',  \',   /     /       rv' ニ__)
      ヘ  ヾ      .',   ',   ヽ  ./     /ゝ     r'_,,-' |  ヽ

えっとえっと、みんなのこと応援してます!
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
「◆高槻やよい たまにはなしもいいかなーって!>該当者さん」
こいし 「占いCOマルフォイ○!」
水瀬伊織 「この伊織ちゃんが朝の挨拶をしてあげるわ!
役職は全員私のためにきりきり働くこと、いいわね!?」
キスメ 「…お、おはようございます(ぺこり」
天海ノック 「一番いいCOを頼む」
初音ミク 「今度vitaで初音ミクの新作がでますよ!」
木村夏樹 「ういーっし!
ガッコも休みだし、夏みたいに最高にアッつい村やろうじゃないの!
占いはCOしてな!」
マルフォイ 「占いフォイwwwww
いおりんのデコは○フォイwwwwww」
如月千早 「おはようございます。
精一杯頑張って、早くこの勝負を終わりにしましょう。
……私は早く帰って歌の練習がしたいんですよね。」
程昱 「おはようございますぞー」
高垣楓
占いCO 木村夏樹さん ○」
マルフォイ 「ごめんねwwwごめんねフォイwwwwww
デコとかいってごめんフォイwwwwwww
だからおわびに占ってあげるフォイwwww
村人なら楽勝コースフォイwwwww」
菊地真 「みんな、おはよ!
うわぁ、天界(てんかい)にもアイドルがいたなんて知らなかったな・・・
もっとも、ボク達にも天海(てんかい?)がいるけどね!

・・・ごめん、なんでもない///」
こいし 「他に思いつかなかった!(ドヤァ」
星井美希 「おっはよーなの」
ヤマメ 「地底の2大美少女、ヤマメさんとキスメちゃんそろい踏みとか勝ちゲーすぎる件について」
高垣楓 「理由:隣ですし、なにより入村したときにしっかりと
挨拶してくれたのは、好印象です
なので、うらなっちゃおうかな
夏樹さんなだけに、これで私に懐きやすくなる?」
チルノ 「おはよう」
天海ノック 「占い3だ、問題ない」
水瀬伊織 「デコは関係ないでしょうが!!!>マルフォイ」
星井美希 「はい、じゃあ共有者なの」
蒼星石 「占い3だね。霊能と共有もよろしく」
キスメ 「占い3ですね…霊能COです」
マルフォイ 「よし・・・やっぱり真っ白フォイ・・・
(やり遂げた顔)」
木村夏樹 「んで、占いはこいしちゃんはえーなぁ?

で、結局3人、おー楓さん、占いあざーっす!」
天海ノック 「一番いいデコを頼む」
天海春香 「おはようございます!やよいのフレンチクルーラーかわいい!」
チルノ 「大ちゃんがvitaは高い!値段下げろって言ってた!」
如月千早 「早い占いがいて、占い3ね。
後、微妙に内訳が見えるところがあるかもしれない
そう言ったところかしら。」
菊地真 「さ、さぁCOを聞こうか!
特に霊能の!」
程昱 「占いは2COかと思いきや3COですな。
ふむふむ普通のCO数で風は安心です」
こいし 「OK、配役大体把握!」
高垣楓 「ということで、夏樹さんは村でした」
初音ミク 「初音ミク-ProjectDIVA-f、みなさんぜひ買ってくださいね!」
天海ノック 「そんな対抗占いで大丈夫か?」
天海春香 「共有CO相方美希!」
蒼星石 「んー 霊能は居ないのかな?」
如月千早 「3-1……共有も出てきて欲しいところね」
チルノ 「フォイフォイCOしてるwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
マルフォイ 「マルフォイのフォースがココを占えって言ったんだフォイ・・・>いおりん
そう・・・!○をだすならここしかないと!」
ヤマメ 「占い4だと思ったら3かー
つまらん」
天海ノック 「いい共有だ、問題ない」
程昱 「粗方役職は出ましたな。
後はグレランでばしゅばしゅーんと狼は吊ってしまうのです」
初音ミク 「妖精なんてお金持ってないでしょう?(邪悪な笑み>チルノ」
星井美希 「キスメが霊能者だね~」
こいし 「春香-美希了解、主人公?コンビだね~」
水瀬伊織 「なによ、私がおでこのおかげで○になったとでもいうのかしら!?
やっぱり許されないわね、このマルフォイ!!」
ヤマメ 「あざとい! 共有メインヒロインあざとい!」
木村夏樹 「あはは、お得意のダジャレっすか?>楓さん
だけど、まぁアタシのそういうところみてくれるのは嬉しいね。
うっし、楓さんのためにも、アタシがんばるよ!”」
蒼星石 「3-0-2だね。グレランで狩人は頑張ってってことで」
天海春香 「これでFOだね、グレランスタートだよ!」
マルフォイ 「よしよし、○じゃないフォイね
いおりんがつっかかってくるからなにかあるかと(ちょっと)思ったフォイ」
天海ノック 「3-1-2だ、問題ない」
菊地真 「へー、春香-美希で共有かあ、知ってる顔だと安心かな
そしてCOも3-1で早々に揃ったね
役欠けはあんまり無さそうかな」
こいし 「キスメ霊能了解だよっ!
占わなくて正解だったねっ!」
星井美希 「はい、春香了解なの
頑張ろうね」
如月千早 「あら、765のアイドルで無職なのは私と水瀬さんだけね。
……春香と美希が共有っていうのは、かなり羨ましいわ。」
高垣楓 「あら?霊は不在ですか?
不在であれば、狩人が確実に生存しておりますので
護衛さえ、しっかりしていただければうれしいですね」
キスメ 「死体の処理はお任せあれ…ですよ…」
チルノ 「大ちゃんがチルノちゃんならすぐに稼げるようになるよって言ってた!」
ヤマメ 「キスメちゃん盲信。
3-1じゃなくてもキスメちゃんなら信じられるけどね。
妹ちゃん(こいし)? まぁ、うん。」
初音ミク 「(しかし今思うとアイマスさんがメインなこの場所にミクを宣伝しにきたのってある意味場違い? からけ? いや、これは戦争です!)」
如月千早 「……ごめんなさい、まことも無職だったわね。」
マルフォイ 「フォイフォイフォーイwwwww>チルノ」
天海春香 「分かり辛いけどキスメ霊能だよっ>蒼星石」
水瀬伊織 「美希は春香とユニットを組んだのね?
・・・ま、二人がかりでも私の魅力にはかなわないけどね、にひひっ!」
程昱 「個人的にまるふぉいの占いCOがとても気になるので頑張ってくださいですな。
信用は微妙ですが」
木村夏樹 「んーと、3-1、
で天海センパイと星井センパイが共有っと……
ええと、こういう場合はまだ占われてなくて、COがないところから吊るでいいんですよね?」
天海ノック 「霊能は地味っ子だ、問題ない」
蒼星石 「あぁ、霊能COだったんだ。>きすめ
見逃してたよw」
こいし 「あ、なんか凄く把握しやすい感じがいい組み合わせだねコレ!
うんうん、こういうイメージで覚えれる場は滅多にないけど好みだよっ!」
初音ミク 「じゃあチルノちゃんちょっと北の方いきましょうねー、寒いからぴったりですよー」
高垣楓 「はい、入村したとき
口調は軽そうでしたが、しっかりとした方だなと
>夏樹さん」
木村夏樹 「そんなら、この場合、男から削っていくのが筋じゃないっすかね?」
蒼星石 「ありがとう。今把握したね>春香」
天海ノック 「大丈夫だ、問題ない>夏樹」
菊地真 「・・・い、いいんだ
女の子っぽく可愛くダジャレを言ってみたけど
誰も反応してくれなくても仕方ないよね・・・
ボク、楓さんみたいに可愛くないし・・・」
チルノ 「すぐに指名とれるようになるから欲しいものたくさん買えるよって言ってた!
アイドルくずれ?もたくさんいるって」
星井美希 「こいし視点だと楓さんが狼狐なの
楓さん噛まれてたらこいし破綻なの。」
蒼星石 が「異議」を申し立てました
マルフォイ 「よし、そろそろ真面目モードに戻るフォイ
狩人は釣られないように、あと遺言はこの鯖はなし
GJメッセージもないのを確認して欲しいフォイ」
ヤマメ 「稼ぎたいのか? 得票を稼ぎたいなら言ってくれればいくらでも投票してやるよ?>チルノ」
如月千早 「くっ……春香とも美希ともコンビが組めないなら……
まこと、水瀬さん……こちらはトリオで対抗しましょう。>水瀬さん・まこと」
キスメ 「…地味っ子…………確かにヤマメちゃんとかに比べたらそうかも…>ノック」
天海ノック が「異議」を申し立てました
蒼星石 「ボクも男だよ!」
天海ノック 「男だ、問題ない」
水瀬伊織 「きーっ!!!!
偽だといってやりたいけど普通に○出されて文句も言えないわ!!>マルフォイ」
星井美希 「でもマルフォイが狼だったら楓さんが噛まれちゃうね。」
木村夏樹 「あー……ウチのオヤジ、そういうの結構うるさくって>楓さん
ロックに熱くいきるなら、ちゃんとトモダチと目上は大事にしろって、
そういっててさ。」
程昱 「やだ…この村男多い…」
如月千早 「……蒼星石さん、男性だったの……?」
マルフォイ 「蒼が・・・男の娘・・・だと?!」
天海ノック 「男の娘だ、問題ない <蒼星石」
初音ミク 「えっ、男さんと男さんがそんなにくっつきたいからって何も自己アピールしなくても……」
高垣楓 「ほむ、霊はいらっしゃいましたね
ならば、これはこれで問題ありませんね
私が噛まれた後は霊軸でお願いします」
天海春香 「天海ノックはアイドルだからだいじょうぶかもしれないよ!?>異議」
こいし 「遺言無いの地味に痛いよね。
こいしメモ代わりに使ってるから>マルフォイ

ついでに言うと、遺言は白紙です。ネタすら仕込んでないぜひゃっはー!
無意識だから仕方がない!」
蒼星石 「ん? なんでマルフォイが狼なら楓が噛まれるの?>美希」
マルフォイ 「やだ、テンションが下がるフォイ・・・
神よ、それもまた良しとかいうなフォイ」
水瀬伊織 「蒼・・・星・・・石・・・??」
キスメ 「…男性だったのですか(びっくり >蒼星石さん」
木村夏樹 「そんじゃまぁ、とりあえずそこのなんとかノック吊りじゃね?
そこCOしてないだろ?」
ヤマメ 「男だらけの村か。
ヤマメさんのみりょくで貞操のピンチ?」
程昱 「まあ男女比比べれば男少ないんですけどね。
こまけぇことはいいんですよ」
天海ノック 「大丈夫だ、ホモじゃない>ミク」
蒼星石 「って、こいしの占い先がマルフォイだからか。」
天海春香 「!?>蒼星石
チルノ 「大ちゃんが男同士は連結できるからスゴいんだよって言ってた!」
星井美希 「なんか大変そうだねぇ。」
初音ミク 「はっ……ミクさんとんでもないことに気づきましたよ!」
木村夏樹 「まぁ別に蒼星石だっけ、それで男ならロックだからまだ吊らなくていいなぁ。」
こいし 「蒼星石男把握~」
如月千早 「というか、春香と美希が大人な関係だったとしても……
私は春香の事を諦めたりしないわ……!」
菊地真 「蒼星石 「ボクも男だよ!」

なん・・だって///
そんなに可愛いのになぁ
ボクなんか・・・む~」
マルフォイ 「しょうがない!>こいし」
蒼星石 「女の子でボクなんて言うわけないじゃないかw >伊織 キスメ」
高垣楓 「ええ、そうすると、こいしさん
破綻なので、その場合は霊軸でお願いします<美希さん」
水瀬伊織 「・・・真はまさか男だったり・・・いや、流石にそんなことはないわね、ええ」
こいし 「…私どっちだっけ?」
天海ノック 「アイドルだ、大問題だ>夏樹」
ヤマメ 「真狂判別してるからな>蒼い子」
如月千早 「だから気付いて……お願い、春香。私の気持ちに……!」
初音ミク 「『バッテリーキレバッテリーキレ、ジュウデンシテクダサイジュウデンシテクダサイ』」
星井美希 「男の子なんだね
かわいいのに>蒼星石」
高垣楓 「護衛があれば、別なのですが・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆高槻やよい でぃーばf・・・うぅー、PSびーたとか高すぎますー・・・」
「◆高槻やよい システム:投票制限時間をリセットしました。」
2 日目 (1 回目)
チルノ3 票投票先 →程昱
マルフォイ0 票投票先 →天海ノック
水瀬伊織0 票投票先 →チルノ
如月千早2 票投票先 →チルノ
高垣楓0 票投票先 →天海ノック
木村夏樹0 票投票先 →天海ノック
こいし0 票投票先 →程昱
星井美希1 票投票先 →程昱
程昱5 票投票先 →如月千早
蒼星石1 票投票先 →星井美希
天海春香0 票投票先 →チルノ
菊地真1 票投票先 →程昱
ヤマメ0 票投票先 →菊地真
キスメ0 票投票先 →如月千早
天海ノック3 票投票先 →蒼星石
初音ミク0 票投票先 →程昱
程昱 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
蒼星石 「即噛み行けるかな?」
蒼星石 「あれ、投票間違えてる……なんとかしないと」
天海ノック 「3票だ、問題ない」
マルフォイ 「んーどうだろフォイ?天海はどーフォイ?」
マルフォイ 「まあ、明日は●出すフォイ」
マルフォイ 「怪しい位置あるフォイ?」
天海ノック 「RP護衛だと抜けないが大丈夫か?」
マルフォイ 「まあ、即噛みするフォイ」
蒼星石 「楓噛まれたら両占い破綻確定だから護衛は五分五分かな?」
マルフォイ 「んー・・・」
天海ノック 「だが狩人がセオリー重視なら抜ける、問題ない」
蒼星石 「グレーだとミクが気になったかなって。」
マルフォイ 「まあ、GJでたら反応で狩人探しするフォイ」
マルフォイ 「おk、ミクに●だすフォーイw」
蒼星石 「うん。頑張ろう。明日もよろしくね。」
天海ノック 「大丈夫だ、問題ない」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高垣楓 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
程昱さんの遺言                     。
                __△_
              //   `ヽ
                 /// y-、 ',      ドヤァ…
              {. 〉〉 弋__ノ. }
              乂____,ノ__
           _    \`/. __ ,f´ /               ¬
            | `ー、- .〉 / \∠___                太
            | |\ヽ/ //ヽ   `ヽ ` 、       私   陽
            | |ミミ.\//// \.    |   \  こ   は   と
            | |_,r-,  r-、___.| |  |     \の.   そ   は
.          / .|¨ '′  し'`‐-| |  |       手.   の    `
         /  i ̄`  ´ ̄ ̄| |  |      で.  英   こ
.        /  ‐t―ァ   .r―‐‐- |  |      日  雄   の
       /   / 乂ノ    乂::ノ | / .ハ.     輪  に   世
     /  ,.イ          iイ / \     を.   仕.  に
.     〈.  / `ー-...,,____ ノ_l ヽ   \.  支.   え   輝
     \ {   /,-‐=‐-、`ヽ/:.:|   \  ヽ. え    `   .く
       } ヽ {  `ー--‐′ .}〃:.:|    }  .|. た      英
.      /  |. `ー.//--一 '´: _,.:.:|.     ,'   |. い      雄
     /   .|_/: //r/ュ::::): _「: : /   /   |i の      の
    /   /___//ヽミ::/: /: : :./   /    ハ.で       こ
.   /   /|r-、 i!r-、 ̄ ̄.: :.:/   /     /   す         と
   ヽハ / /ヽ: :八γ⌒ヽ:.: :/   /_    / .   |          ゚
.     }八: :(: ノ:/ l.\)_ノ: :j/l  〈: : \ /     |
   /: : : : /l /   \: : : : :|.   ヽ:. :.:\   |
  /: : : : /  ト--rヘ_ノ \: : :ヽ    |: : : : :\ └‐
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
水瀬伊織 「千早、切ない思いね・・・
でも、あなたの声もきっと春香に届くはずよ。頑張って!

・・・で、私はこのヘンテコ名前をどうやってお仕置きするかで頭がいっぱいで
センチメンタリズムもあったもんじゃないわけだけど!」
木村夏樹 「おはやーっす
おっかしーなぁ。吊り先がロックじゃないよ。
こういうのはさ、やっぱりガシガシアツく男から吊ってくのが筋じゃね?」
ヤマメ 「おはー」
如月千早 「ああ、春香……まさか美希と大人な関係だったなんて……
けど私は春香の事を諦めない、諦めないから……
一時は諦めて水瀬さんやまこととグループを組もうかと思ったけど、
私にはそんなの無理に決まってるじゃない。
……だって私の一番は春香なんだから。
ねえ、どうしたら貴方の傍にいける?……ねえ、春香。」
キスメ 「れ、霊能COです…程昱さん○でした…
マルフォイ 「占いCO!
ミクの唄は○フォイwwww」
天海春香 「おはようございます!

◇如月千早 「というか、春香と美希が大人な関係だったとしても……
私は春香の事を諦めたりしないわ……!」

だいじょうぶだよ千早ちゃん!私は千早ちゃん一筋だから!(美希にあしらわれたなんて言えない…!)


◇蒼星石 「女の子でボクなんて言うわけないじゃないかw >伊織 キスメ」
そうなると真も…ごくり」
初音ミク 「ピーピー、シンコクナエラーデス、シンコクナエラーデス、シ……キュ……ウ……ピー……ガガッ……ピー――――」
蒼星石 「ヤマメとキスメ間違えたあげくに投票は共有だった。
でもミスは挽回するよ。」
こいし 「占いCO! 千早ちゃん●!」
天海ノック 「一番いいCOを頼む」
マルフォイ 「真面目に理由作るとwwww
RPでwww一人事多いところフォイwww
◇初音ミク(121)  「『バッテリーキレバッテリーキレ、ジュウデンシテクダサイジュウデンシテクダサイ』」
◇初音ミク(108)  「はっ……ミクさんとんでもないことに気づきましたよ!」

これとか発言稼ぎにしか見えないフォイwww」
菊地真 が「異議」を申し立てました
菊地真 「蒼星石(114) 「女の子でボクなんて言うわけないじゃないかw >伊織 キスメ

ちょ、ちょっと待って欲しい!
ボクはボクって言うけど、その・・・ううう
同じアイドルの皆なら分かってくれるとは、思うけど・・・

そ、そうだ、もっと可愛さをアピールしなきゃね!
いっくよー!まっこまっこりーん♪」
こいし 「割とレベルの高い感じで悩んだんだよね~
純粋に強い所占い!ってやつだね!たぶん、ここ占って損はないと見た!そんな感じ!」
キスメ 「…なるほど…」
木村夏樹 「んで、占い候補2人の投票さきって……楓さぁああああああんっ!」
星井美希 「ふーん。じゃあキスメ吊っちゃおうか?>春香」
天海春香 「うらないりゆうではない!(キリッ」
天海ノック 「そんな占い死体で大丈夫か?」
菊地真 「如月千早(81) 「くっ……春香とも美希ともコンビが組めないなら……
まこと、水瀬さん……こちらはトリオで対抗しましょう。>水瀬さん・まこと

うんっ♪まこともトリオでいいかもしれないって思うな♪
きゅぴぴぴん♪
いっしょにがんばろーね、きゅるりん♪」
マルフォイ 「うはwwww対抗狂人抜きとかwwww
御疲れ様フォイwwwwwwwww」
ヤマメ 「どっちも美少女だからね>ヤマメ・キスメ
間違えるのも無理はない」
木村夏樹 「うっわ、この噛み方みたらすっげぇ吊りたくない●。」
天海ノック 「こいし吊りだ、問題ない」
星井美希 「あ、キスメじゃないの!
間違えたの!」
こいし 「対抗噛まれか~」
如月千早 「あら、私に●が出ているのね。」
初音ミク 「タラン♪(windowsを終了しています)」
天海春香 「ち、千早ちゃんに●!? そんなばかな!嘘よね!?」
マルフォイ 「あ、というかこれ、対抗破綻してるフォイよね?
狩人保護につって欲しいフォイ」
キスメ 「じゃ、占い全部吊り切りましょうか…真残り?
ないですよこれ」
水瀬伊織 「楓がやられたわね・・・
・・・これであのヘンテコ名前をGUILTYできるチャンス到来ってことね!!」
如月千早 「……というか、こいしさん視点の内訳ってどうなってるのかしらね?」
ヤマメ 「おいぃ、パルパルみたいな髪の毛してるからってキスメちゃん吊りはいかんよ」
蒼星石 「うん。こいしとマルフォイは破綻だね。
ただ、マルフォイは明日こいしの色見てから処分を決めてもいいかな。」
天海ノック 「千早のCOは不要だ、問題ない」
菊地真 「って思ったら千早に●出てるぅー♪
やだ、千早狼なの?
こわーい!きゃんきゃん♪」
こいし 「正直、ちーちゃん●は結構意外でござる」
木村夏樹 「ってことでさ。
あたし今日千早さん吊らなくていいからノック吊りたいノック!」
星井美希 「んーと、マルフォイ視点はわかんないの。
でもこいし視点は狩人じゃないとおかしいよねって。」
マルフォイ 「そして狩人はマルフォイ護衛フォイ
噛みきりあるからお願いフォイ」
ヤマメ 「妹ちゃんが派手に破綻してるし、おわかれで」
初音ミク 「(終了中)…………(ぽちっとな」
天海春香 「楓は本当に噛まれたんだ… 噛みやすいとおもったのかなぁ」
如月千早 「……まこと、私貴方のそんな一面は見たくなかったわ……」
蒼星石 「こいしの●は放置でいいかな。」
水瀬伊織 「え、気が早すぎるわよ?>キスメ
あなたの結果次第でマルフォイは吊らなくてもいい可能性は十二分にあるわ。」
初音ミク 「タランタラン♪(windowsを開始しております)」
キスメ 「まぁ正確にはマルフォイさんはまだ破たんしてないけど……まぁ…ねぇ」
菊地真 「どうかなっ♪
どう見てもボク、可愛い女の子だよね!?
ぴゅぴーん♪>千早」
天海ノック 「こいしが狼なら楓先噛みは自殺だからたぶん狼は薄い、問題ない」
ヤマメ 「妹ちゃん破綻してるし、千早の○●は気にしなくてよし
発言見ていく方向でいいよ」
初音ミク 「ふー、危ない危ないなんとか強制終了で一命をとりとめましたね!」
星井美希 「狩人さんいないかもしれないの
もしかしたら信じられなかったのかもしれないね
キスメに護衛いってたのかも>春香」
マルフォイ 「フォイフォイフォーイ!」
天海春香 「こいし吊り? …うーんそれってどうなのかなぁ? >美希」
チルノ 「おはよう」
天海ノック 「こいしは破綻だ、問題ない>春香」
初音ミク 「で、なんですか。気づいたらまわりがわいわいがやがや」
木村夏樹 「なんで、まーぶっちゃけ千早さんとかほっといていいんじゃないっすかね?
灰吊り続行、占い吊るかどーかは任せるで。」
如月千早 「いえ、これはこいし吊りで良いと思うわよ?
この段階だったらむしろ色を見た方が良いもの>春香」
蒼星石 「んー 気になるのはこいし狼の場合だけど。
こいし狼ならベグが濃厚。そんな真似するかな?>キスメ」
こいし 「まあ、この流れなら確定破綻しかたがないね。
マルフォイに○振っちゃったのが私の運の付きさっ♪
後は仲間次第!」
星井美希 「だって確定で破綻だよ?>春香
偽者釣っておいたほうが良いんじゃないかなって思ったんだけど」
初音ミク 「フォイさん語尾もフォイフォイなんですか!」
菊地真 「あ、伊織は同じ(多分)素村アイドルとしてがんばろうーね♪」
ヤマメ 「確定破綻してるし、●ならラッキーぐらいに見てく感じで」
水瀬伊織 「春香、よく考えて。
こいしはマルフォイに○を出したってことはこいし視点マルフォイは狂人じゃないとおかしいのよ」
こいし 「さあ、私を吊れー!私を飼っても情報はださんぞー!ださんぞー!」
天海ノック 「もっともこいしが●だったら千早の狼は薄いからおいておける、問題ない」
キスメ 「破たんしてる占い残す進行が好みならそれはそれでいいですよ
狐全力で吊らない村にすればいいだけですし>春香
まぁ好みの問題ですね、はい」
マルフォイ 「フォイ?>ミク」
天海春香 「あぁ、そっかマルフォイ○だから破綻か。じゃあ吊っていいよね。」
初音ミク 「驚くべき事実です……。え、そこじゃない?」
木村夏樹 「ま、確定破綻者吊りしてもいいし、灰詰めてもいいしって感じだろ。
フォイフォイの真がまだキレるわけでもねーし。」
マルフォイ 「偽確定発言おつかれフォイwwwwwwwww>こいし」
チルノ 「情報は体に聞く、覚悟しておくんだな」
天海ノック 「フォイフォイ、フォイフォイフォイ>ミク」
初音ミク 「やば……、新たな萌えを見つけてしまいました……。しかし私を占ったのでげんてーん!」
星井美希 「ん、じゃあこいし吊るね~」
こいし 「まあ、とりあえず、ちーちゃんには私の愛のこもった一票を……」
菊地真 「・・・あっ
こいし破綻に気付いてなかった♪
真ちゃんダメダメだねー!自分の頭こつん♪」
初音ミク 「あんたはノックノックノーーーーックでいきなさい」
天海春香 「…>真」
ヤマメ 「さらば妹ちゃん、さとりんによろしくー」
如月千早 「そんな愛はいりません>こいし
私は春香に愛して貰えればそれで良いの」
水瀬伊織 「だ、大丈夫かしらいろいろと・・・・」
こいし 「流れ的にいけるかなーって思ったけど、村が冷静なら仕方がない!>マルフォイ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
チルノ0 票投票先 →こいし
マルフォイ0 票投票先 →こいし
水瀬伊織0 票投票先 →こいし
如月千早1 票投票先 →こいし
木村夏樹0 票投票先 →こいし
こいし13 票投票先 →如月千早
星井美希0 票投票先 →こいし
蒼星石0 票投票先 →こいし
天海春香0 票投票先 →こいし
菊地真0 票投票先 →こいし
ヤマメ0 票投票先 →こいし
キスメ0 票投票先 →こいし
天海ノック0 票投票先 →こいし
初音ミク0 票投票先 →こいし
こいし は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
天海ノック 「狂人はお疲れだ、問題ない」
マルフォイ 「こいしwwwwwwwwwwww
御疲れ様フォイwwwwwwwwwwwww
護衛引付けありがとうありがとうフォイwwwwwwwwwww」
天海ノック 「共有か夏樹噛みだ、問題ない」
蒼星石 「狂人はお疲れ様。真占いもね。」
マルフォイ 「共有噛みフォイwwwwwwwww」
天海ノック 「狐探しのグレー噛みもある、問題ない」
マルフォイ 「○は適当になげておくフォイwwwwwwww」
蒼星石 「早々に狩人確認でキスメ
狐探しにグレー
共有噛んでリソースを削る

こんな感じかな?」
マルフォイ 「あー、あと蒼、誘導お願いフォイ
マルフォイ狼みたら【天海ノック】はマルフォイに初日投票受けてる
系統の」
蒼星石 「千早と伊織も気になった感じ。参考にね。」
マルフォイ 「まあ、共有削りフォイ
狩人はまだ分からないフォイ?」
天海ノック 「狩人確認をして大丈夫か?」
蒼星石 「おーけー 噛みは天界ノックにお願いしていいかな?」
マルフォイ 「ん、多分狩人は○だと思うフォイ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
キスメ 「れ、霊能COです…こいしちゃんは○でした…」
マルフォイ 「占いCO!
蒼星石の性別は○フォイwwwwwww」
如月千早 「―――千早の日記、3日目―――

ねぇ、こいし……私に●なんて良い度胸してたわよね。
私の春香を惑わそうとするなんて……ほんと、イケナイ子……
ふふっ……春香、春香ぁ……
私が一番なんてほんと嬉しい事言ってくれるのね。
大好き、大好きよ。……春香、貴女のところへ行きたいわ……。」
ヤマメ 「おはよー」
菊地真 「おはよー、可愛い村人達♪

みんな、ボクの可愛さに心を奪われて声も言えないのかな??
今日もいっくよー!まっこまっこりーん♪」
天海春香 「み、みきー!? 頼りになる方の共有がー!?」
天海ノック 「一番いいCOを頼む」
水瀬伊織 「とりあえずマルフォイは銃殺狙いうんぬんのテンプレを言っておくことにして。
もし噛み抜きがあったならここまでの占い結果は結果真だったと予想するわ。」
マルフォイ 「◇蒼星石(35) 「うん。こいしとマルフォイは破綻だね。
ただ、マルフォイは明日こいしの色見てから処分を決めてもいいかな。」

おまwwwwwwwww何時からマルフォイ破綻したのwww
ねえwww?ねえwwww?wwwww
という事で人を偽にしたい噛みきり狙いの狼狙いフォイwwwwww」
キスメ 「まぁ…そりゃそうですよね…」
蒼星石 「まぁ、○だろうね。
こいし狼なら楓噛んで破綻するなら真決め撃ちの噛み。
逆に●だったら伊織を吊って確認しようかなとも思ったけど。」
初音ミク 「すでにわたしでwindowsの効果音起動音を喋らせたがあった……だと……」
天海春香 「千早ちゃんがやんでれに…!」
天海ノック 「マルフォイ吊りだ、問題ない」
如月千早 「美希が……死んだ……ふふっ……これで春香のところへ行けるわね……」
マルフォイ 「霊脳偽フォーイ!
皆投票合わせるフォーイ!」
木村夏樹 「おっはよー
んー、ミクかノックつろーぜー。」
水瀬伊織 「さあ!!ヘンテコ名前!!
お仕置きの時間よ!!!」
マルフォイ 「あ、まだ狐交じりあるフォイか」
初音ミク 「正直予想外すぎて一番びっくりしました。マルフォイがフォイフォイするよりびっくりしました」
菊地真 「ボクはっ!蒼星石ちゃんやみんなが、
可愛い女の子だって認めてくれるまでっ
まっこまっこりーんを、やめないっ♪」
ヤマメ 「作業吊りが続くね~」
蒼星石 「霊能ならマルフォイ吊りでいいでしょ。」
マルフォイ 「まて!まだ狐交じりがあるフォイ!
飼い狼扱いでもいいからあとワンターンプリーズフォイ!>いおりん」
木村夏樹 「で、共有噛まれたっと。
ま、フォイフォイつるか。
やだねー。占い吊り切りで灰だけが残る展開ってやだねー。」
天海春香 「霊能噛まないんだ、ふーむ…」
菊地真 「霊能○なら、マルフォイさんほぼ確実に
狼だねっ♪
こわーい♪」
水瀬伊織 「千早、千早!?
千早の目の色が!?」
蒼星石 「君は可愛くて魅力的だよ。
だからもっと自信持とう!>真」
天海ノック 「真狂狐?吊っても吊り4狼3だ、問題ない」
初音ミク 「ちょっと! いくら私のが収入あるからって嫉妬しないでよ!>木村さん
そこのノックノックでも吊ってなさい!」
木村夏樹 「んーんー」
ヤマメ 「こいしは吊られる間際の発言とか狐なしで
噛み切りもないし、マルフォイほぼ狼かな
伊織・ミクのどっちか狼囲ってても噛み切りは……ないと思うし」
マルフォイ 「マルフォイは・・・まだ、まだ死ねないんだフォイ!
アイドルでハーレムを作るという野望を達成するまでは・・・!
男で銃殺だすからお願いフォイ!」
如月千早 「別にマルフォイを急いで吊るかどうかは任せるけれど。
……まあ、吊ってしまった方が後腐れはないけれど、狐の事を考えるとそれもありよね、と。」
天海ノック 「ノックノックノック、ノックノックノック」
キスメ 「まぁ飼ってもいいですよ>マルフォイさんを
それに対応した進行とればいいだけですから>春香さん」
木村夏樹 「千早さん除外すんだろ?
んで、菊地サン、蒼星石、ミクサン、ノック、伊織サン、チルノ。」
水瀬伊織 「うるさい黙りなさい!!
仮にそうだとしても、私はあんたを吊らないなんて一切ないんだから!!」
ヤマメ 「マルフォイ残すなら、後顧の憂いを絶つためにも○ローラーはありだけど
ミクなー」
蒼星石 「結局、今日残しても明日明後日には吊るんだし。
だったら今日吊ってもいいんじゃないかな。」
マルフォイ 「ホントかフォイ?!ああ、貴方は女神フォイ!>キスメ」
チルノ 「おはよう」
天海ノック 「千早は●からの反応が微妙に遅かったが大丈夫か?」
木村夏樹 「しょーじきチルノってなにみてるかわからねーからちょっと困る。
だから残り4人。4吊り……んー。」
菊地真 「・・・ほ、本当!?
や、やっとボクの事を認めてくれる子が・・・!
ありがとう、ありがとう・・・///>蒼星石

・・も、もう、まっこまっこりーん♪をゴールしてもいいのかな・・・!?」
マルフォイ 「やめてー!鬼ー!悪魔ー!デコ☆フラッシュ!>いおりん」
如月千早 「いえ、私を除外する意味はあんまりないですね>木村さん
こいしが狂人ならば、村視点で私への誤爆もありえるわけで。」
チルノ 「グレーにいたらネタ吊りされかねないから騙りにでるフォイwwwwwwwwwww
に一票」
天海ノック 「ミクは村目だ、問題ない」
キスメ 「ま、春香さんが決めることですけどね>マルフォイさん」
蒼星石 「まだだよ。ゴールの前に狼を吊りきらなくちゃね。>真」
初音ミク 「機械にこの寒さは辛い。そして機械にこの空気は辛い」
マルフォイ 「というか真面目に止めてフォイ!
3w見つけるから!のこしてプリーズ!」
天海ノック 「そんな速さで大丈夫か?>チルノ」
如月千早 「結果なんて見てなかったのよね。
具体的には春香の朝一発言を読むのが最優先だったから>イーノックさん」
天海春香 「こいし、マルフォイの占い先グレーにして、グレランで!」
水瀬伊織 「いや、もし自作自演の●ならレスポンスが悪くなるってことはないと思うけど?>天海ノック」
ヤマメ 「ただ、灰吊るにしてもだらだらとランは微妙
やるなら指定必須とかいったところ オススメは男のどれかかな」
木村夏樹 「いっやー、千早さん、もし吊るとしても6じゃね?って気はするからなぁ。
んじゃ、そこまでに吊るヤツの算段でもすっか。
あと、完全にミクを村目ってみれるノックもよくわからん。」
マルフォイ 「そ、そそそそそそんな証拠だどこにあるってばよ!?>チルノ」
チルノ 「大丈夫じゃない、援護しろ」
初音ミク 「ノックノックノーーーーック……、あなた自分に疑われるの覚悟で私を擁護するなんて……! ミクさん感激!」
天海ノック 「こいしは狼じゃないが大丈夫か?>伊織」
菊地真 「そ、そうだったね・・・!>蒼星石
ボクの戦いはこれからだ・・・!(フラグ)

同じボクっ子として頑張ろう!」
木村夏樹 「伊織サン、のっく、ミクサン。
この当たりから明日から吊りでいいんじゃないっすかね?
チルノ?しらね。」
天海ノック 「なら大丈夫だ、問題ない>千早」
水瀬伊織 「春香!!
私の手で、あのヘンテコ名前を、マルフォイを、GUILTYさせてくれないの!?」
マルフォイ 「あ、マルフォイ投票は共有にしておくフォイね」
蒼星石 「ボクは男だから……(真顔 >真」
ヤマメ 「千早たぶん狂人の●でしょ?
あんまり結果気にしないでOKだし」
キスメ 「…グレラン把握です(○も吊り対象に含む)」
天海ノック 「明日は真か蒼星石吊りだ、問題ない」
如月千早 「狼は私の春香を噛んだら絶対に許さないから……!」
天海春香 「ほとんどグレーになるけど、ちかたない、よね?」
チルノ 「投票みてこよ」
菊地真 「・・・という訳で、認めてくれた子もいたし普通のボクに戻ろうかな!
しんどかったー・・・

・・・はるちはが大変そうだけど、伊織がしっかりしてて助かったかも・・・」
初音ミク 「よし、ノックが私側についてくれてるならなんか知らないけど私のことを疑ってるちょっとすごい頑張ってる髪型ってつれなーい!」
天海ノック 「そんなグレランで大丈夫か?」
初音ミク 「ビッタンバッタン」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
チルノ1 票投票先 →マルフォイ
マルフォイ2 票投票先 →天海春香
水瀬伊織0 票投票先 →天海ノック
如月千早1 票投票先 →蒼星石
木村夏樹0 票投票先 →マルフォイ
蒼星石5 票投票先 →如月千早
天海春香1 票投票先 →蒼星石
菊地真0 票投票先 →チルノ
ヤマメ1 票投票先 →蒼星石
キスメ0 票投票先 →蒼星石
天海ノック1 票投票先 →蒼星石
初音ミク0 票投票先 →ヤマメ
蒼星石 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
マルフォイ 「おーう、蒼お疲れ様フォーイ」
天海ノック 「マルフォイ6人ルートだ、問題ない」
マルフォイ 「んー・・・まあよし
誘導はしてくれなかったみたいだけど」
天海ノック 「身内票だがお疲れだ、問題ない」
天海ノック 「○を噛む、問題ない」
マルフォイ 「さて、多分だけど狩人探す余裕はないフォイ
どっちかというと釣り先さがしてたいおりんが狩人っぽいといえばそれっぽいふぉい」
マルフォイ 「おkフォイ
狐目で釣られないように気をつけるフォイ」
天海ノック 「ログを取りに戻る、問題ない」
天海ノック 「別に吊られてもいい、問題ない」
マルフォイ 「んじゃ共有か○、どっちか噛みフォイ」
マルフォイ 「んじゃ噛みは1;00でやるフォーイ」
天海ノック 「夏樹噛みだ、問題ない」
マルフォイ 「んじゃ頼むフォーイ?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
木村夏樹 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
木村夏樹さんの遺言  さんのアイドルに対する思い、伝わってきたぜ…! その想いを受け止めて、絶対トップアイドルになってみせるからなっ!
蒼星石さんの遺言                         _,. -─-  _
                       x:': : : : : : : : : : : :ヽ、
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
                        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ
                         .': : : : : : : : : : : 、: :.ヽ: : : : ',: : i
                     ′: : : : : : : : : : : \: ∨: : : i: :.{
                       |: :. : トヽ:\_ヽニフ_,ニィ i : : : |: ト、
                      i:i:.ヘ:ハ: : iヽ`ー ̄弋り |:|: : : iリヾ
                   八ヘ: ヽ:!:iリx=ミ    '' リ!: : 7rt_  _
                    ヾ>-:リ: : :ゝ'   __  , リ!:/、 ヽヽ   V
                         7i: : : : yー-i{--ヾ ヾ ,.Vヽ=z  V
                      {i |:i: :7/V>i:||  ヘ:',- ´ f|:| t_T',  i
                       ヾ:::|´/冫t.i:!ノ辷z、:,  ノノr-( ヘ  i
                         ヽ,'  / j:{ ゝ:! ti>-< f|i=<  |ハ
                          {   /V' ゝi:i =',    fl=〈 , | {
                         V /  :| |:|. ∧ ノ l| r / 7 ∧
                          }./  ; i |:|_ ∧ r7 ノ 7  7
                            {   / |.|:| { ハ7,' _)  !   {
                          ∨ /  j', ヾ j_  i{ _ノ 7   ハ
                          | '   , V  7 j{ t'  {ヽ、<_ノ
                            八 _,:' / ,.' V  r' 〃ソ   V   .ハ
                           7∠ ィ  Y r: 7, )   ヽ    j
                            八    /{ )'/ _}    .',    ト、
                              Y {z_   / iゝ-v'     ハ   ヾ
                          r:' f=!。   ノハ > '  ̄`ヽ、∧ rt彡-z_
                        =ニ.../ ヒ|。     |<´ ̄`ヽ  .ヘ ヽ=' ---、-ミ=
                            7  ゞ!。    j      ヽz_,. -=ニ´  ̄
                           7  { L_    ノj        /
                         7   ゝ-tr-<∨     .イ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
水瀬伊織 「もし仮に狐混じりだったとしたらそもそも銃殺出せないし
霊能偽以外でマルフォイを信用する手段がないって思うのよね・・・
つまるとこ何が言いたいかっていうと早くあのヘンテコ名前を処刑させなさいよ!!!」
ヤマメ 「おはよー」
如月千早 「―――千早の日記、4日目―――

ふふっ……障害になっていた美希が噛まれてくれたわ。
ねえ春香……今日こそ貴女のところへ行っても良いわよね?
……ダメ?……そう、じゃあ、我慢するわね。
その代わり、このゲームが終わったらいっぱい愛してね。
……ああ、春香……春香……貴女が噛まれてしまいそうで、私は怖いの……」
キスメ 「れ、霊能COです…蒼星石さんは●でした…」
天海ノック 「一番いいCOを頼む」
初音ミク 「てーてーてーってってってってってー
てーてーてーってってってってってー
てーんてーんててんててんててててーん」
菊地真 「おっはよー!
ボクの可愛さを認めてくれた蒼星石が・・・!

ありがとう、キミの事は忘れない!」
マルフォイ 「占いCO!
チルノ○フォーイwww」
チルノ 「おはよう」
初音ミク 「ダメだ……致命的に音感が足りない……orz」
チルノ 「○ ○」
天海ノック 「一番いい霊結果だ」
菊地真 「さあ、女の子としての魅力を認められたボクは
今日からクールな普段のボクでいくよ!
グレランが重要な村になったし、しっかりしていかないとね」
ヤマメ 「そこ狼はうん、わかりやすいね
さすがヤマメさんやでぇ」
チルノ 「○もろた!」
マルフォイ 「狐狙いっ☆
◇チルノ(76)  「投票みてこよ」
真面目に言うと ステ+グレ投票で
これは不味いとおもうんだよね」
水瀬伊織 「・・・あ、これマルフォイまだ残しでいいわね
・・ちっ」
キスメ 「まぁここは見せに来ますよね…
身内も当然あるものと思ってますし」
天海春香 「おはよー!●かぁ。 良い知らせ、だといいなぁ?」
マルフォイ 「あ、不味い、霊脳偽かフォイ」
初音ミク 「速さが足りない!>チルノ」
如月千早 「春香が生きていたわ……ふふっ……わたしはそれなら、良いわ。
木村さん、変わりに噛まれてくれてありがとう、ええ、貴女には感謝するわ」
マルフォイ 「うわ、どしよ」
ヤマメ 「●出たなら灰吊り続行やったね!」
天海ノック 「マルフォイは6人で吊りだ、問題ない」
菊地真 「って、蒼星石が●、狼だったんだ・・・!?
それじゃあ、あのまま残ってたらボクが美味しく
食べられちゃってたかもしれないね・・・///」
天海春香 「ち、千早ちゃん? そ、その…ダイジョウブ?」
如月千早 「ええ、私は大丈夫。春香が生きていてくれれば何も問題はないわ>春香」
菊地真 「千早が春香に、伊織が占いに何だか
病んでる気がするなあ・・・大丈夫かな///」
ヤマメ 「んー? なんで霊能偽?
今思ったのは、ここでそれ言うなら真狂狼-狐?
びみょいな」
チルノ 「昨日吊らないなら最終日吊りでいいと思うけど
最終日までに狼吊れないならどうせ吊れないだろうし」
初音ミク 「男なんて私を擁護してくれたノックノックノーーーーックさんだけで十分よ!

マルフォイ実は女性説」
天海ノック 「千早とヤマメが蒼星石に投票だ、問題ない
蒼星石は千早に投票だ、問題ない」
マルフォイ が「異議」を申し立てました
天海春香 「身内もあるとは思うね、ちょっと票が集まりすぎな気もするもん>キスメ」
水瀬伊織 「この状況であまり身内表は考えられないわね・・・
投票位置は無理に処刑する必要はないと思うわ。」
如月千早 「……まあ、後は○の中に狼がいるかどうか、というのもあるのだけれど。」
マルフォイ 「きらっ☆>ミク」
菊地真 「ボクは(狼だったけど)蒼星石の言葉で我を取り戻せたし
春香も千早に愛を捧げればいいんじゃないかな!(無責任)>春香」
初音ミク 「スクリプトがばぐったか、仕方ない」
チルノ 「ノックさんとあたいを信じればグレーは5よ!」
キスメ 「…となればどうしましょうかねー…
春香さんが生きてるなら春香さんが決めたらいいとはおもいますが>後々の展開まで」
ヤマメ 「身内云々もあるかもだけど、千早は後に回しやすくなったのは確か
相互ね」
天海ノック 「チルノはそんな発言量で大丈夫か?
たぶん村だ、問題ない」
水瀬伊織 「・・・あれ、春香と意見が噛み合わないわ」
ヤマメ 「マルフォイ吊りたいしかいってなかったしね、そりゃ集まるさ>春香」
チルノ 「あと3回グレー吊れるんだから余裕よねー」
マルフォイ 「・・・・・あー、うん
しょうがない3wで狼釣れてるかに賭けるフォイ
グレー釣りフォイ」
初音ミク 「なにあのチルノのノック信じろアピール

パールーパルリーパルリラー」
如月千早 「身内考慮にしても後の話になるわね。
……とすると結局、○の二人が特に候補になるのだけれど。」
菊地真 「ボクのスタンスは、投票は気にしない、かな。
投票した場所を残してそこが狼だったら目が当てられない事になるからね、わりと
あくまで関係なしで発言を見ていくよ!」
天海ノック 「マルフォイを吊るからグレーに使える吊りは3回だ、問題ない
グレーが7人だが大丈夫か?」
天海春香 「マルフォイは残しで行きますよ! 今日もグレランという形になります」
ヤマメ 「告発くるーと思ったけど、キスメちゃんを信じた!」
初音ミク 「大丈夫だ、私に任せておけ>ノックノックノーーーック」
キスメ 「まぁ…ある程度吊るところは決まってそうなきがしますけどね
一人どうしようかなーという方がいるにはいますが…」
天海春香 「まぁ、そういう日もあるよ。微妙なとこだからねぇ>票>伊織」
チルノ 「フォイフォイ残されるフォイwwwwwwwwwwwwwwwww」
マルフォイ 「んー・・・・・・・ていいく辺りか?
じゃないと狼、霊脳きづけ・・・や、ちがうか
霊脳狼じゃないと割りにあわないフォイ、となると」
水瀬伊織 「全然大丈夫じゃないわ!>天海ノック」
初音ミク 「フォイフォイには明日なんか質問考えておこ」
如月千早 「チルノはまぁ、村で良いような気がするわ。
そこ人外だったら2回のグレランで落とせていない方が問題だもの。」
天海ノック 「囲いがあるなら伊織のほうだ、問題ない>千早
しかし発言が微妙だが大丈夫か?」
マルフォイ 「いや、そうなるとこいしも、ニかたりかフォイ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
チルノ3 票投票先 →菊地真
マルフォイ0 票投票先 →天海春香
水瀬伊織2 票投票先 →初音ミク
如月千早0 票投票先 →水瀬伊織
天海春香1 票投票先 →チルノ
菊地真2 票投票先 →チルノ
ヤマメ1 票投票先 →チルノ
キスメ0 票投票先 →水瀬伊織
天海ノック0 票投票先 →菊地真
初音ミク1 票投票先 →ヤマメ
チルノ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
マルフォイ 「フォイフォイフォフォーイw」
天海ノック 「チルノを噛む予定だったが大丈夫か?」
マルフォイ 「大丈夫フォイ(手間が省けて)問題ない」
マルフォイ 「さてと、霊脳噛みいけるかフォイ?」
マルフォイ 「・・いや、共有の方がいいかフォイ?」
天海ノック 「狩人gjを出されるとグレーが5だ、大問題だ」
マルフォイ 「・・・フォイ
噛みは引き受けるかフォイ?」
天海ノック 「噛みはやる、問題ない」
マルフォイ 「引き受けないなら返事無しでそっちがかんでくれフォイ」
マルフォイ 「おうけいフォイ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
天海春香 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
チルノさんの遺言        ___
       /- , -\        
      /|  ・|・  | \      / ̄ ̄ ̄\
    /   `- ●- ′  \    /_____\
   /   ──  |  ─  ヽ  / _, ─ 、 ─ 、 ⊂二)
   |  i ──  |  ─ ヽ、_ヽl |   ・|・  |─|
  └⊃.──  |  ─  l ∪ Ι` - c`─ ′ |
     | ___|__)ノ    | (____   |
     ヽ_二コ/   /     ヽ  / \  /
   _____/__/´     __ヽノ____`´
天海春香さんの遺言        , -──-、/::::::::`ヽ
 , -──-、/   __ `丶、:::::::}
/:::::::::::::::::/  /: : : : : : :\  \ノ  
|:::::::::::::::/   /: : : : : : : : : : :\  ヽ  
ヽ::::::::::/   /: : | |: : : : : ::|:|:|: ∧ ハ 
  `ー/   /: : l_|_|___l」」イlハ  } 
   /   /: : : | ┃    ┃ V:|/ /
  {   ∧: : : :l   ワ   ノイ /
  l   {ミ>、: ∧___,. <_ ィ"
  ヽ _`二ニ==─-ァイコ l
       { :::::::::\くノ|」」  |_
       l\::::::::::::::}   /: : : :`l
      /  `ー一'___ノ: : r┐::|
     /´ ̄ ̄ ̄: :_,__、: :ー':ノ
( (   {: : : : __>'"      ̄
     ヽ__ノ

クマ春香さんですよ、くまはるか!
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
マルフォイ 「占いCO!
ヤマメの糸は○フォイ!」
ヤマメ 「おはー」
如月千早 「―――千早の日記、5日目―――

春香、今日こそ……ええ、うん、仕方ないのね。
ゲームの後はたくさん愛して貰うわよ?
ふふっ、私狼さん見付けちゃったから……うん。
その分もいっぱい、ね……?
ああ、春香……私か貴女が噛まれるわよね、これ……」
キスメ 「れ、霊能COです…チルノちゃんは○でした…」
水瀬伊織 「おはよう!
霊能結果が見えないと正直言うことも言えないわね

ただ○が出たなら真は処理したい位置かしら・・・」
如月千早 「はる・・・か・・・?」
菊地真 「おはよー!
なんだか、春香みたいに死ぬほど愛されるって
羨ましい気もするよね。
ボクも誰かに愛されてみたいかな~」
マルフォイ 「◇ヤマメ(30)  「んー? なんで霊能偽?
今思ったのは、ここでそれ言うなら真狂狼-狐?
びみょいな」

やだー、村の流れマルフォイ偽になってるのに
ここで可能性拡げるって何か見えてるじゃないですかー(女子高生風
だからーヤマメちゃん~占うべきー?みたいなーフォイ」
天海ノック 「そんな処刑で大丈夫か?」
水瀬伊織 「千早、千早!!
しっかりしなさい!!」
初音ミク 「6日目にてようやく初めてのおはよう!」
如月千早 「春香……春香……ああ、仕方のない子ね……そんなところで寝て……」
初音ミク 「つまるところネタがない」
菊地真 「・・・うわっ、春香が!?
千早大丈夫かな・・・
それにこれ、狩人いないよね、まいったなぁ」
ヤマメ 「2択外したかなー。伊織とで迷ったけど」
初音ミク 「こらそこのデ……じゃなかた水瀬さん!!」
キスメ 「大丈夫じゃない問題だ…というかそこ吊り先だと思ってなかったからちょっとどうしようかなーってとこですね>ノックさん」
如月千早 「狩人はいるとしても霊能鉄板なんでしょうね>まこと」
マルフォイ 「フォイフォイフォフォフォフォフォーイフォーイw」
天海ノック 「グレーにおける村候補が減った、問題だ
グレーで2吊りだが大丈夫か?」
水瀬伊織 「あ、投票位置で全く狼が出ていないって点でね・・・といったところで」
初音ミク 「(ミクとりあえず待っているの図」
マルフォイ 「フォイっ!」
ヤマメ 「伊織吊って千早か私噛ませーの○ならマルフォイ吊りってところか」
菊地真 「・・・あ、そうだ、他に護衛先は霊能がいたよね>千早
何か、生きてて当然って感じで気付かなかったな
ボクもしっかりしないとなあ」
キスメ 「まぁ割と伊織か千早をどっちか先に吊ってマルフォイ吊りで残ったメンツで最終決戦でいいんじゃないかなーと」
水瀬伊織 「なんか非狼っぽい発言で固まっちゃう伊織ちゃん」
如月千早 「どうしましょう……ええ、とりあえず私は春香を連れて帰って寝かせてくるわね」
ヤマメ 「壁の人以外はだいたいキスメちゃんと同じだった」
初音ミク 「なんか気づいたら吊り先というか今後の展開まで話されて固まってるミクさん」
天海ノック 「明日霊結果●が出るならマルフォイは最終日だ、問題ない
○ならマルフォイ吊って最終日だ、問題ない
伊織を囲いと見るかどうかだが大丈夫か?」
マルフォイ 「・・・チルノの遺言、何狙いなんだフォイ」
水瀬伊織 「千早、千早ー!?
春香はもういないのよ!?どうしたの!?しっかりして頂戴!!!?」
マルフォイ 「ルールル♪ルルルールルルー♪ルールールールー♪」
ヤマメ 「昨日チルノ投票はごめんだけど、伊織は残せないかなーっていう
○の位置というか発言的なあれそれで」
如月千早 「ええ?春香ならここにいるじゃない、何を言っているの?>水瀬さん」
マルフォイ 「ルルルー♪ルルルルルー♪ラーラーラーラー♪」
菊地真 「ボクとしては
いお×ちはに期待せざるを得ない!

・・・こう言えば、小鳥さんが(腐)女子っぽいって言ってたしね!」
初音ミク 「(こ、この世界でも大人気を誇るミクさんを華麗にスルー……ですって……!?ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」
キスメ 「とりあえず釣り候補の二人はCOあるなら今のうちに」
天海ノック 「真を吊りたいがここで吊って大丈夫か?」
初音ミク 「マルフォイマルフォイ」
水瀬伊織 「千早が・・・
千早が遠い世界の人に・・!!」
マルフォイ 「丸々♪フォイフォイ!マルフォイフォーイ!>ミク」
水瀬伊織 「あ、COあるならとっくにしているわよ?」
ヤマメ 「キスメちゃんがその二人吊りたいなら、生存欲の弱いほう吊るかどうか
菊地真 「ミクはボク達アイマスとゲームでコラボもしてたけど
ボクあんまり知らなくてごめんね!」
天海ノック 「伊織千早ランだ、大丈夫か?」
如月千早 「とはいえ、真面目に言うなら水瀬さんは残せない位置なんですよね。
残せないというかほぼ人外、だと思っています。」
初音ミク 「こん中だとマルフォイ誰が好き?」
菊地真 「一番いい根拠をたのむ>天海ノック」
キスメ 「じゃ、その二人のランで残った方は最終日のメンツで」
マルフォイ 「自分>ミク」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
マルフォイ0 票投票先 →キスメ
水瀬伊織5 票投票先 →如月千早
如月千早1 票投票先 →水瀬伊織
菊地真0 票投票先 →天海ノック
ヤマメ0 票投票先 →水瀬伊織
キスメ1 票投票先 →水瀬伊織
天海ノック1 票投票先 →水瀬伊織
初音ミク0 票投票先 →水瀬伊織
水瀬伊織 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
マルフォイ 「いおりんがCOしてくれなかったのは助かるフォーイw」
天海ノック 「そんな偏り方で大丈夫か?」
マルフォイ 「じゃ、千早→霊脳でいけるかフォイ?」
天海ノック 「千早噛みだ、問題ない」
マルフォイ 「大丈夫だ、問題ないフォイ
もう情報出さない方がいいし」
マルフォイ 「・・・あー、これ狐高確率で残ってるフォイ
(ちるのか、最初しか候補がないフォイ)」
マルフォイ 「最後、霊脳噛みじゃないのも考慮にいれるべきフォイね」
マルフォイ 「まあ、体力的にむりだろうから
頑張って探してフォイ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ヤマメ 「おはよー」
如月千早 「―――千早の日記、6日目―――

春香……もうしょうがないわね、いつまで寝てるのかしら?
外で寝ているし、服はところどころ破けているし……
きっと狼を必死で探していたのね。
けど、危ないからほどほどにしなきゃダメよ?
ふふっ……春香が起きた時のために、食事の準備をしておくわ。」
キスメ 「れ、霊能COです…伊織ちゃんは○でした…」
初音ミク 「yahoo」
マルフォイ 「うん、狐噛みだフォイ」
天海ノック 「一番いいCOを頼む」
菊地真 「おはよー!
いお×ちはを期待してたら、いつの間にか
その二択になってたなんて・・・!

春香も伊織もいなかったら、千早をどうすればいいんだ・・・!(絶望)」
如月千早 「水瀬さんについては私に絡みすぎな感じを抱いていましたからね。
それも初日からではなく、高垣さんが噛まれて以降ですし。
進行については口を出さず、私に絡んで発言を稼いでいたように見えていました。」
天海ノック 「>真
3日目のこいし破綻に気付くのが遅い、微問題だ
蒼星石●への反応が遅い、RP交じりだが微々問題だ
これらが人外の発言稼ぎのテンプレに見える、問題だ
チルノを吊るときに真を吊りたかったが吊るタイミングは大丈夫か?」
ヤマメ 「伊織○か、きついな……」
キスメ 「…じゃ、マルフォイさんに告発があるなら受け付けますよ♪」
マルフォイ 「そこ狐かー、あ、告発聞くかフォイ?」
初音ミク 「google」
天海ノック 「そんな霊結果で大丈夫か?」
如月千早 「いえ、吊りが増えましたし、そこまで大きな問題でもありませんね。」
ヤマメ 「スーパー告発タイムクルー?」
マルフォイ 「今日マルフォイ釣り>キスメ
投票先で告発するフォイ」
初音ミク 「MIKUMIKUDANCE!」
菊地真 「あ、狐かGJかは謎だけど
死体無しで吊りが増えたのはいいね

マルフォイは、もう一日だけ飼える感じかな」
ヤマメ 「マル→狐→で最終日はいけるっぽいね」
キスメ 「一応聞きます
私もある程度は想定してますけど…>マルフォイさん」
マルフォイ 「多分、そこ護衛はないから確実に狐フォイー」
天海ノック 「吊るタイミングを問題にしていたが吊りが増えた、問題ない
狐を告発するなら人外露出だ、問題ない」
ヤマメ 「あー、狐先吊りのほうが偶数じゃなくていけるか」
初音ミク 「マルフォイ自分が好きだからって自分噛まないでよ! そりゃ死体でないわよ!」
菊地真 「・・・て、狐噛みなんだ?
それじゃあ言ってくれたらマルフォイ→狐でいいね」
マルフォイ 「それ狙うなら引き分け狙いするフォイよ?>ヤマメ」
菊地真 「あ、投票先で?了解ー」
天海ノック 「今2w、狐噛みなら今夜偶数にしてもらうのもありだが大丈夫か?」
キスメ 「まぁ今日の吊り先は決まってるんですけどね…」
如月千早 「さて、私は春香の様子を見てきますね。
昨日からずっと起きなくて……心配です」
ヤマメ 「デスヨネー まぁLWとか楽勝ですしおすし」
初音ミク 「(でもグレー3の最終日もめんどくさいよねーという個人的なミクさんの感情をチラリチラリと見せることによって」
マルフォイ 「まあ、つかまってよかったフォーイ・・・・
あ、相方忘れてないと思うけど、打ち合わせどおりに狐噛みしてねフォイ」
ヤマメ 「まぁ最悪灰4の最終日だけどね! てか濃厚か!」
天海ノック 「マルフォイ吊りで投票先告発だ、問題ない
吊りが増えるなら真吊るタイミングもできたが狐告発次第のようで大丈夫か?」
菊地真 「あ、ごめん根拠は伝わってきたよ!問題ない!>天海ノック

もっとも、発言が遅れたのは単にボクのタイピング速度の問題だからね
それで狼って見られちゃうと、まこまこりん正直困っちゃうな~」
如月千早 「ふふっ……春香は丸1日以上寝てたって聞いたらどんな反応をするかしらね?
驚くかしら?……そんな春香の顔を想像するだけで、愛しく思えてしまうわ。」
初音ミク 「狩人いても知らないよ!>さらに狐さん噛み」
菊地真 「まあ、天海ノックが村なら
ボク以外に目を向けた方がいいよ!って言っておくね!」
天海ノック 「扱いに困ったから本当はチルノを吊るときに吊りたかったが大丈夫か?>真」
マルフォイ 「大丈夫・・・大丈夫!>ヤマメ
まだ狩人がいれば偶数で釣りが一つ増えます!
我々は・・・そんな貴方達を応援するものです・・・!」
ヤマメ 「春香・夏樹噛まれで狩人なんていないでしょ(フラグ)」
如月千早 「なんでまことなんですか!>イーノックさん
この村で一番扱いに困るのは私だと思うんですよ!」
菊地真 「千早・・・病んでるけど
見てるところは見てるんだね・・・!>伊織のこと」
天海ノック 「真を村決めうつならヤマメとミク吊りだ、問題ない」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
マルフォイ6 票投票先 →如月千早
如月千早1 票投票先 →マルフォイ
菊地真0 票投票先 →マルフォイ
ヤマメ0 票投票先 →マルフォイ
キスメ0 票投票先 →マルフォイ
天海ノック0 票投票先 →マルフォイ
初音ミク0 票投票先 →マルフォイ
マルフォイ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
マルフォイさんの遺言 フォーイwwwwフォイフォイフォーイwwwwwwwwww
フォイフォイwwwwwフォイフォイフォイフォイwwwww
フォイwwwwwwwwwwwwwwwwwwフォイwwww
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
キスメ 「れ、霊能COです…○ふぉいさんは●でした…」
ヤマメ 「おはよー」
如月千早 「―――千早の日記、7日目―――

おかしいわね。もう2日も起きてくれない……。
もしかして具合が悪いのかしら?
それならこんな遊戯は止めてさっさと病院に運ばないと!
春香、貴女の身に何かあったら私……私……
春香、絶対元気になるわよね?春香……春香……春香ぁ……」
天海ノック 「一番いいCOを頼む」
菊地真 「おはよー!
千早が、狐・・・!?

それは偽から●のところは
心理的に吊りにくいしね、そこ警戒して噛んだなら納得ではあるかな~・・・
でも、千早とさよならか・・・」
如月千早 「私告発!?……そう、偽告発ね。
狩人がいるはずなので出て下さい。
霊能GJを隠すための告発でしょうから。」
初音ミク 「おかしい、語尾のフォイフォイはかわいいかなーって思ったんだけど遺言を見たらなぜかイラッとした。なんでだろう」
天海ノック 「よりにもよってなところが狐告発を受けてるが大丈夫か?」
キスメ 「…さて・・・千早さんの扱いどうしましょうか
あえて飼うってのもあるんですけど」
ヤマメ 「村吊って狐噛ませーはさすがに引きわけルートかな」
菊地真 「千早はそう主張するんだね
うん、狩人いたら出ていいと思うけど・・・
個人的には、楽にさせてあげたいかな・・・」
天海ノック 「千早を飼うならほぼ引き分けだが大丈夫か?」
如月千早 「もし狩人が出ないのなら私を吊るしかないんじゃないかしらね>キスメさん
……それで、明日狩人がGJを出してくれる事を期待するしか、ないわ。」
初音ミク 「引き分けなら勝負しようよ! 女の子には意地があんだよ!(男1人含」
キスメ 「私はそれでも構わないんですけどねー
狼さんのやる気次第ですし>ヤマメちゃん」
ヤマメ 「偽告発なら狐いたら狼の自滅だし
それはそれでありおりはべり」
如月千早 「春香が起きないのよ、まこと、どうしよう……
あんな元気だった子が丸2日も起きないなんてひどい病気に決まってるわ。
……こんなゲーム中断してさっさと春香を病院に運ばないと……」
天海ノック 「狩人はこれらが狐噛みじゃないなら出るべきだ、問題ない
出てこないから狐噛みだ、問題ない」
ヤマメ 「うん、キスメちゃんにまかせるのもありあり。
ただ狼指定したら狐勝つけどw」
如月千早 「狐噛みじゃないのを判断する術がこの村にはありませんよ>イーノックさん」
初音ミク 「アレー」
菊地真 「千早・・・春香は、もう・・・

ボクも辛いけど・・・もうすぐ、春香のところに
千早を連れていってあげるね・・・ぐすっ」
キスメ 「んー・・・どうにも旗色が・・・」
キスメ 「いや、大丈夫
私指定にするからそのときは>ヤマメちゃん」
如月千早 「……私を春香のいるところに連れていってくれるの……?>まこと
それなら私……うん、ええ、連れて行って欲しい。
何をおいても、春香に……元気な春香に会いたいから。」
ヤマメ 「ただ千早吊って最終日灰4濃厚なのも厳しいのよね」
天海ノック 「狩人の可能性だ、問題ない>千早
千早を吊るなら真ヤマメミクの3択だが大丈夫か?」
菊地真 「あれ、霊能は千早以外を吊りたいの?
うーん、でも狼ヒットも怖いしね
ちょっと分は悪いけど最終日4人勝負でいいんじゃないかなー」
初音ミク 「まーミクさん最終日頑張る前提で頑張るからぱぱって今日すましちゃって!」
キスメ 「…んー…」
ヤマメ 「ノックさんよか私のほうが噛まれに近いがな、ふふん」
如月千早 「ちなみにヤマメは放置して良いと思うのよね」
キスメ 「ま、いっか千早さん吊りで頑張ろうか」
如月千早 「……というか、この配置ならミクかまことだと思うけれど。」
菊地真 「千早・・・
ごめん、ごめんね・・・
最後のアイドルとしてボク、頑張るから・・・おやすみ・・・」
キスメ 「狼さんせっかく死体なし出してくれたんだし」
天海ノック 「ヤマメが千早を噛むような狼に見づらいが大丈夫か?」
初音ミク 「どの配置! 差別だよ!」
如月千早 「ふふっ……じゃあ私は、春香のいるところへ、行くわね……さよなら。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
如月千早4 票投票先 →菊地真
菊地真1 票投票先 →如月千早
ヤマメ1 票投票先 →如月千早
キスメ0 票投票先 →ヤマメ
天海ノック0 票投票先 →如月千早
初音ミク0 票投票先 →如月千早
如月千早 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
天海ノック 「狩人警戒で灰を噛みたいが大丈夫か?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ヤマメ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
如月千早さんの遺言                 ,ィ´二二>-三ミヽ、
                 ,.ィ'"`:::::::::ィ'::>-、`ヽ `ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\:::ヘ
               ∠:::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::ヘヽヽヘ:',
            /::::::::::::::::::::::',`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::∨ニ}}::',
             /::::::::::::::::::|:::::::| .ヽヽ:::::::::::::::::::::::::r‐‐}}:',
          l::::::::::::::::::/ ,::::::|   _、_、::::::::::::/丿ィ=ミ:',
          {:::::::::::::::::l |:::ハ|'"´, _,,>、ィ、::|' ././  ,=、:l
          ヽ:::::::::::::l` .|/ | イ/ Yミリ〉 YY/  /: : }::|
           ヽ::::::::|`ミY     ゞイ   | |.li Y: : /:::|
            } |ヽ|` ゞィ         ヽヘゝ.ゝィ:::::::|
            / ヘ: : ヘ. <   _    /Y==イ:::::::::::|
             /   ゝ-ヘ  < .ノ      |:::::::::::::::::::::|           歌があればそれで良いんです。
         r‐./   ,. -∠ゝ      ィ  /.Y:::|::::: ::::::::|
          / `ヽ、 /7 {:::::::::::> -< /   ∨::::::::::::::::|           いえ、少し違いましたね。
        {     \  |::::::::::::::::::ハ <    / }.|:::::::ハ::::::{
 < ̄ヘ  /ヽ __/  ヽ::::::>':: ̄イ-\O./ / |::::::| `ヽミ>、         プロデューサー……
   \ .}\, イ´: : : : : :`ヘ ィ´ ̄   |::::/   ヽ ./.ノ::::::;  /  Y
    Y/: : : : : : : : : :..:..:ヘ    Y::::|      / ;:::::::/  /    .|        貴方と歌があれば、私は他に何もいりませんから。
     /ヽ: : : : : : : : : : : : : ヘ. . ,' :: |     { ;::::::/ /     .|
     / 〈\: : : : : : : : : : : : ヘ  ,'::::: | __ { ,'::::::{/      ノ
    /   Y、ヽ: : : : : : : : _::_ヘ., ::::: | |    }/:::::::}   /  ./|:l
   ./    ヘヽ.\:>'"´{    {:::::::::| .\O_ ..}l:::::ハ:|  / /  .|::!
  〈/     ヽヽ ヽ、 ) Y. . .; ::::::: |    ≪{::::| .リ .//   /:::|
  {         Y     Y  ;:::::::::::|    ≪|::::! l/     ./:::::|
  }      . ハ       |  ;::::::::::::|    ≪ハリ {      ./:::ハ:|
  {___,, .ノ  ヘ    人__{:::::::::::: |    ≪  /      /::::} .||
ヤマメさんの遺言                   r--、     , -- 、     , -------、
                 ノ。::::::\  /    \  /:::::::::::::::::::::/
          二|ニ     〈.。:::::::::::\/       i/::::::::::::::::::::::o〈
          く厂      〉。:::::::::/  ̄ ̄ ̄ ̄ `丶、:::::::::::::::::o:::〉
         ┼ ll       i:::::::/             \:::::::::::o〈
           丿こ      i/                .ヽ:::::/
          ‐七_      /   ./| /   .∧         .i/
         く乂 )     /   ./―|/∨|/ ̄∨\|\     |
    |ニl土   ┼       | ハ/           |    i     .|  ))
    └' 寸   フ⌒)      |/i     |          |    /    .i
    曰 曰  一ァ      /  j │            /     i
   │日│   (_,   (( ∠  |          ≦     ./
         ー_ァ      / 八     rっ    ≦    /
    | ll    ´c)     /_  |≧=- --zァ= ≦〔_\ハノ
    l__ノ   ├        \{    // /_/ /⌒゙ヽ
     や   く厂                // 。 。 .〈:::::::::::::i
     ┼ l    ,ゝ、          Z^⌒iヽ人. 。 。   Y:::::::::i
.    丿よ    ノ          `⌒\:::::::マ=。 。Z¨¨i⌒:::l
    /     ┼ l               ー´L___`T¬┘
     レ )  丿よ                /       ̄ \
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
天海ノック 「一番いいCOを頼む」
キスメ 「ファイッ!!!」
菊地真 「おはよー
ボクから見たらヤマメ、天海ノック、初音ミクの三択
他の皆から見ても三択だよね
それじゃ、ボクなりの予想を」
初音ミク 「世界で一番お姫様CO!」
キスメ 「まぁ千早さん○ってのはどうみても明らかなんで…」
菊地真 「・・・ってあれ、霊能噛みじゃないんだ
狼、慎重だね
じゃあボク視点二択だ」
初音ミク 「世界で一番可愛くてお姫様な私がそんな獰猛で野蛮なオオカミみたいな行動とりません!!」
天海ノック 「霊能を噛まないなら少し楽だ、問題ない
もっともヤマメは吊る気があまりなかったが大丈夫か?」
初音ミク 「とか思ったらあれ」
キスメ 「私の投票先噛むんだー
そこ吊りたかったのになー」
菊地真 「この三人なら、一番怪しいのは初音ミクかな。
ヤマメと天海ノックは、グレランで伊織を吊りたいとか
意見を出していたけど、ミクには特にそういうのが見当たらない。

・・・まあ、ヤマメは噛まれちゃったけどね」
初音ミク 「ヤマメさん死んじゃってる」
天海ノック 「ミクと真の2択だ、問題ない
ミクのRPが次第に枯れているが大丈夫か?
真を村と見るかどうかに見えるが大丈夫か?」
初音ミク 「ヤマメをずっと吊りたかったあたい(投票から容易に想像できる)
真スキーだから吊りたくないあたし
ノックノックノーーーックはなんかずっとずっと前からあの木のところで私のことを待ってくれてた

これだけ見ればもう誰を吊りたいか一目瞭然なんだけどミクさんは気づいてしまった
ヤマメ 1 票 投票先 → 蒼星石
天海ノック 1 票 投票先 → 蒼星石
菊地真 0 票 投票先 → チルノ
(初音ミク 0 票 投票先 → ヤマメ )

そう……投票がね!(キラーン

こんなかっこいい推理用紙をB5サイズに書き収めたのに……」
菊地真 「で、この噛みは恐らく、天海ノックを生かして
ボク吊りに来させたい噛みなのかもとも思うな。

だから、やっぱりミクがボクの中では一番狼が濃いな。」
初音ミク 「えー、あー、うー? 枯れている……?」
天海ノック 「そんなネタギレで大丈夫か?>ミク」
初音ミク 「じゃあノックノックノーーーックに質問!
私の使っているwindowsのOSはなんでしょう! ヒントはさっきの終了音と起動音!!」
初音ミク 「よし、考えている間にほかのネタをネタを(コソコソ」
菊地真 「・・・うん、言いたいことは大体こんなところかな
あとはミクが狼である事と、霊能と村なら天海ノックが信じてくれることを
祈るのみかな

まあ、自信は五分五分なんだけどね。天海ノック狼もやっぱり怖くはあるしね」
初音ミク 「というか噛みとか言われても昨日あたりかノックノックノーーーックはなんか真村を信じるならうんたらかんたらとか言ってたし!
吊らせたい噛みなんて言ったらキリがありません! って反論しとく!」
初音ミク 「ネタがない!! もう出し切ったよ!」
菊地真 「ただまあ、死んでいったアイドルのためにも
自分なりに考えてはみたんだ」
天海ノック
◇初音ミク(48)  「タランタラン♪(windowsを開始しております)」
◇初音ミク(43)  「(終了中)…………(ぽちっとな」
◇初音ミク(28)  「タラン♪(windowsを終了しています)」
XPと7しか知らないが大丈夫か?
真は発言の中身がつまってるが大丈夫か?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
9 日目 (1 回目)
菊地真2 票投票先 →初音ミク
キスメ0 票投票先 →菊地真
天海ノック0 票投票先 →初音ミク
初音ミク2 票投票先 →菊地真
9 日目 (2 回目)
菊地真2 票投票先 →初音ミク
キスメ0 票投票先 →菊地真
天海ノック0 票投票先 →初音ミク
初音ミク2 票投票先 →菊地真
9 日目 (3 回目)
菊地真2 票投票先 →初音ミク
キスメ1 票投票先 →菊地真
天海ノック0 票投票先 →キスメ
初音ミク1 票投票先 →菊地真
菊地真 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
初音ミク は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
菊地真さんの遺言        /⌒ヽ  〃
     /´ ゙ 刈_/,´.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
      /".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     . /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
   .,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:^ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
    .i.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l.:.:|   ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:ヾ.:.:.:.:゛
   |.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |::.:|    ヽ.:.:l\ヽ.:.:.:.:.:.:.:i
   |.:.:.:.:.:l.:.:.:.:〃.:.:/ . |.:.:|      メ∠ヽ.:.:\.:.:ヾ
   |.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|.:.:;/  ヽ;!    _/_, i.:.:.:.:.:ヾ
    .!.:.:.:.:,' :.:.:.:||.:,ーー-'     rーtッ‐ァ|.:.:.:.:.:.| ボ、ボクだって
   lハ.:.:.:.:.:.:.:.:|ヾ,r==、      ー  |.:.:.:.:.:.! 女の子なんだからね
    ∨.:.:.:.:.:ヽ //////// /////// j.:.:.:.:.:.| 
     ヾ.:.:.:.:丶ヽ          /^"⌒ ̄\
      ヽ.:.:.:.:\     r_ ‐ つ f  \ \ .〉
       ヽ.:.:丶; 丶 、     / ^  } _},≠
        \ヾ∧   }` ー  |  /-廴__丿
         〆⌒丶ゞ j     j  `´__一''゙´
        fー゙-=丶  \   /    /ヽ   ヽ
       /     \  ヾ;/    ′ ヾヽ   |
       i       ヽ  /    ,'    ヾヽ ヽ
       |     ,     /          厶ゝ 丶
        .〉   ′⌒゙´ ./     ,'ヾ.ーー≠::::\ ヾ
        \ 〈:     /      . :::::::::::::} .|
         ヽ__|   /      ,′::::::::::::;  ,'
初音ミクさんの遺言 かんがえてなかた
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/07/27 (Fri) 00:11:53
天海ノック 「大丈夫だ、問題ない」
こいし 「お疲れ様だよ~!」
キスメ 「そこかー
ああ、それは無理だわw」
初音ミク 「ノーーーーーーーック!!」
星井美希 「お疲れさまなの」
高垣楓 「はい、お疲れ様でした」
如月千早 「お疲れ様でした。
あの日記を書くのに全ての力を使い果たした狐です」
蒼星石 「お疲れ様、ありがとう!」
ヤマメ 「おつかれさまー」
水瀬伊織 「ごめんね!怪しくてごめんね!!」
菊地真 「あちゃー、ごめーん!
これはやられたなあ」
ヤマメ 「ひたすら外しまくった狩人でごめんねー」
マルフォイ 「最高のLWを頼むフォイ!」
マルフォイ 「お疲れ様フォーイw」
キスメ 「で、やっぱりヤマメちゃん狩人だよねー
そんな気がしてたから投票したのに噛まれるかー」
天海春香 「良い潜伏だった、美希が言うように尻尾はあったけど、掴むの難しかったなぁ」
ヤマメ 「ラヴ・スパイダーの狩人日記
この私が狩人とはな、狼には悪いが
今日の村はヌルゲーと化す。

2日目
護衛:妹ちゃん(こいし) 犠牲:楓
迷ったときのバランス護衛。
○の数的にはここかなー。
噛まれるのはマルフォイorキスメちゃんな気もするががが
楓? 霊能軸とか言ってるし噛まれればいいと思った

3日目
護衛:キスメちゃん 犠牲:美希
○ふたついるし、占いはどんどん噛ませていくムーブ
GJ狙うなら夏樹だけど、占い噛ませるなら○も噛ませておっけーかと

4日目
護衛:キスメちゃん 犠牲:夏樹
3択の護衛が続く現実。
霊能守って明日以降2択にすればいいと思うけど
私が噛まれてる気もする

5日目
護衛:キスメちゃん 犠牲:春香
さて、ここからが2択。
噛みやすいのはどちらか……●一個見えたしキスメちゃん噛んでくる
かなぁ?

6日目
護衛:千早 犠牲:なし
2択を外しすぎて生きるのが辛いです……
霊能は残すだろう、うん。ここは変態護衛をせざるを得ない!

7日目
護衛:キスメちゃん 犠牲:なし
変態護衛成功?
一応COして灰3吊り2まではいける

8日目
護衛:キスメちゃん 犠牲:
護衛ヒットと思ったけど狐かー
CO出るか迷ったけど出て灰3の最終日
私噛まれも同じで、キスメちゃん噛みのみ吊り増やせるから
潜伏を選んだわ」
天海ノック 「狩人が生きていた、問題ない」
チルノ 「おつかれ」
菊地真 「ヤマメ狩人かあ、惜しかったね・・・」
ヤマメ 「私かノックかキスメちゃんの3択だよねー>最終日噛み」
こいし 「ドーモ・とりあえず狐に●ぶつけれたキョージンデス」
天海春香 「あの日記は、処分した方がイイヨ?>千早ちゃん」
如月千早 「私護衛はありえる位置だし、狩人死んでる気がしなかったから出て欲しかったのよね。
……私は狼より狩人に負けた気分ねw」
高垣楓 「吊られそうなところで、身内を徹底してやっていたのですから
狼の度胸をほめましょう」
マルフォイ 「霊界いったとき絶望しかけたフォイ!>天海ノック
よく狩人警戒を怠らないでくれたフォイー!」
天海ノック 「惜しかった、問題ない>こいし」
水瀬伊織 「あとRPも乗らなかったわ・・・
今回の村は色々とアレね!」
キスメ 「…千早噛みってGJだったんだ…」
初音ミク 「おー、狩人噛みだったんだー」
星井美希 「やれやれ、なの
狼はお見事だったの」
ヤマメ 「実際1回目の死体無しの日は千早護衛だったしねw」
如月千早 「―――千早の日記、2日目―――

ああ、春香……まさか美希と大人な関係だったなんて……
けど私は春香の事を諦めない、諦めないから……
一時は諦めて水瀬さんやまこととグループを組もうかと思ったけど、
私にはそんなの無理に決まってるじゃない。
……だって私の一番は春香なんだから。
ねえ、どうしたら貴方の傍にいける?……ねえ、春香。

―――千早の日記、3日目―――

ねぇ、こいし……私に●なんて良い度胸してたわよね。
私の春香を惑わそうとするなんて……ほんと、イケナイ子……
ふふっ……春香、春香ぁ……
私が一番なんてほんと嬉しい事言ってくれるのね。
大好き、大好きよ。……春香、貴女のところへ行きたいわ……。

―――千早の日記、4日目―――

ふふっ……障害になっていた美希が噛まれてくれたわ。
ねえ春香……今日こそ貴女のところへ行っても良いわよね?
……ダメ?……そう、じゃあ、我慢するわね。
その代わり、このゲームが終わったらいっぱい愛してね。
……ああ、春香……春香……貴女が噛まれてしまいそうで、私は怖いの……


―――千早の日記、5日目―――

春香、今日こそ……ええ、うん、仕方ないのね。
ゲームの後はたくさん愛して貰うわよ?
ふふっ、私狼さん見付けちゃったから……うん。
その分もいっぱい、ね……?
ああ、春香……私か貴女が噛まれるわよね、これ……


―――千早の日記、6日目―――

春香……もうしょうがないわね、いつまで寝てるのかしら?
外で寝ているし、服はところどころ破けているし……
きっと狼を必死で探していたのね。
けど、危ないからほどほどにしなきゃダメよ?
ふふっ……春香が起きた時のために、食事の準備をしておくわ。

―――千早の日記、7日目―――

おかしいわね。もう2日も起きてくれない……。
もしかして具合が悪いのかしら?
それならこんな遊戯は止めてさっさと病院に運ばないと!
春香、貴女の身に何かあったら私……私……
春香、絶対元気になるわよね?春香……春香……春香ぁ……」
高槻やよい 「MVP

天海ノック(潜伏力の勝利)
まんまと疑われない場所に潜り込んだ狼。
なんというか、ネタCNでそこまで生き延びるって事自体が凄いのに勝利までするなんて・・・凄いと言う他ないですね。お見事でした

RP賞
如月千早(ヤンデレ)
凄みを感じさせるRP・・・ちょっとぞぞっとしたけど素敵でした。
辛いって言ってましたけどその苦労のぶんすごかったとボクは思います♪」
高垣楓 「んー、霊軸ですと、身内切されたときに、弱いという感じなのかな?」
天海ノック 「狩人がグレーを守るなら千早と見ていたが、そんな狩人gjで大丈夫か?」
高槻やよい 「というわけで今夜の表彰でしたっ!」
菊地真 「ミクはごめんね・・・
天海ノックは本当に、村っぽく
よく考えてる感じがしてやられたなあ・・・」
マルフォイ 「おかげで千早-いおりんに絞れたし問題ないフォーイw>こいし」
こいし 「村も冷静で狼も冷静だったって感じだねー
あの流れで私破綻に気づかず吊ってくれたらニヤニヤもの

正直、ちーちゃん人外の予感だったから、私が吊れても割と悩んでくれるかなーとは思ってた!」
ヤマメ 「身打ち切りに弱いというか、単に残った灰の中でノックが強かったねっていう感じだと思う」
天海ノック 「一番いい表彰を頼む」
蒼星石 「囲ったこいし。騙ったマルフォイ。逃げ切った天海ノック。
ありがとう。ボクも次は頑張るよ!」
菊地真 「これは納得の受賞、おめでとー!」
如月千早 「表彰はありがとう……ええ、頑張った苦労が報われた気がするわ……」
マルフォイ 「二人ともおめでとーフォーイw>天海ノック、千早」
天海春香 「ダサナクテイイカラ…>狐日記」
初音ミク 「え、イインジャナイカナー?
なんかノック好きだから残していいやーって思ってたし
真スキーだから残したいなー思ってたし

そんな私に謝られても!>真君」
蒼星石 「ボクは投票見ないから解らないけど。グレラン凌ぎきったのは凄いと思うよ。>楓」
こいし 「春香ちゃん大丈夫ー?(なでなで」
天海ノック 「日記は投げ捨てたが大丈夫か?」
キスメ 「まぁヤマメちゃん狩人なら木村さんなんで死んでるのかなーという疑問もないわけではなかったけど
やっぱりチルノちゃん吊ってたら吊り足りないよねってことですよね、はい」
菊地真 「・・・ああ、らい×ぷか・・・じゃないはるちは、
お幸せにね!!(にやにや)」
天海ノック 「遺言を初日に残し忘れたが問題ない」
星井美希 「あれ?春香
ノック言うの忘れてたけど、蒼星石も千早さんも美希気になるって言ってたね、そういえば>春香」
高槻やよい 「でれでこさんは本当にそのカップリング推すんだなぁ・・・w」
高垣楓 「霊噛まずに徹底して、色見せてるのですから
その要因もあったのかなとは、ヤマメさん
もちろん、それだけでなく、疑いの要因を払拭させて天海ノックさんも
お見事なのですが」
ヤマメ 「夏樹・春香護衛できなかったのはごめんとしか言えないわ
GJ狙う天海だったし、霊能はりつきは失敗だね。
まぁ霊能キスメちゃんだったから張り付いたってのはあるけどw」
天海春香 「さすが同じ姓の人!敵陣営だけどGJですよ!>天海ノック」
天海ノック 「最初の共有噛みで天海を残したのはCNつながりだが大丈夫か?」
如月千早 「まぁ、村のターニングポイントはチルノさん吊りでしょうね、と言ったあたりかしら。
厳しくなる気はしたの、よね。
私狐だから結果オーライだけども。」
天海春香 「割とダイジョウブジャナイ?>こいし」
こいし 「問題ない!>春香さんもふもふ!」
天海春香 「これは全然違うようなきがするよ!?>真」
天海ノック 「らい×ぷかだ、問題ない」
如月千早 「わ、私だってあんなRP……したかったわけじゃっ……///
狐という配役で、初日の時点で生き残るの無理だと思ったんだもの……」
天海ノック 「一番怖かったのは夏樹だ、問題ない」
菊地真 「いやー、最終日、
一方的に意見言うだけじゃなくて、もっと話し向けるとか
耳を傾ければよかったね>ミク

個人的な反省っ。今回に懲りず、またよろしくね!」
高垣楓 「しかし、レクおねーちゃんと、村同村したのは久しぶりでうれしいですね>ミク」
天海ノック 「一番いいRPを頼む>千早」
天海春香 「いつも、村だと迷ったら吊って違和感のないとこに逃げちゃうけど、それがあとあと首を絞めること多いよね
ちょっと反省。」
蒼星石 「狩―狐は伊織―千早見てたけど、吊れた噛めたは別問題だから結局仲間が強かったんだよ。>美希 春香」
水瀬伊織 「今回の村は「慣れたRPno偉大さ」を噛み締めたわ・・・(発言的な意味で)」
星井美希 「ミクちゃんは久しぶりだね~
いつ復帰したの?>ミク」
初音ミク 「いや、待って!w あのミクさんに耳傾けるのわずかな時間じゃ無理だから!w
気にしないでー>真君」
天海ノック 「千早狐決め撃って狩人警戒するなら8日目で霊能噛みが正解だが狩人が変態で大丈夫か?」
天海春香 「むいしきならしかたない!もふもふ!>こいし」
マルフォイ 「千早連れたか微妙だったから問題ない>天海ノック」
菊地真 「ふふっ、伝説の恋人勝利カップリングでもあるしね~///>やよい

それは置いておいても、らいちさんのRP力もやっぱり凄いなあ
あの日記はゾクゾクきちゃったよ、うん///」
初音ミク 「え、暇だからあいてる村に入っただけだよー>美希ちゃん
やることなくなったからまた村でもやろうかなーって、今日が初復帰だし」
キスメ 「お疲れさまでした
…こいしが狂人持ってたかー…あとで井戸にどじこめておくか(ぼそっ」
菊地真 「ミクは優しいね、ありがと~

うん、ボクもそう思ってね>美希」
星井美希 「あれ、他のゲームとかはもういいの?
エクバ?とかしてなかったっけ?>ミク」
こいし 「わたし こいし いま貴方の後ろにいるの(もふもふ)>キスメ」
ヤマメ 「妹ちゃん狂人はある意味納得の役職ではあるねw」
高垣楓 「PSOも廃人のペースでやりつくしちゃったんですね・・・>ミクさん」
こいし 「私もそう思った!w>ヤマメ」
如月千早 「開始してから方向転換するのは初めてだったのだけど……
春香以外には好評だったのなら、多少は……嬉しいわ。
……やっぱり、春香に不評だったのは堪えるけれど、ね。」
星井美希 「あ、PSOやWIZもだっけ>ミク」
天海春香 「あれはRPとは違う別なあれだと思うな…ゾクゾクはしたね、うん…>真」
キスメ 「ここ古井戸の底なんだけど大丈夫か?>こいし」
こいし 「キスメちゃんの肌があれば問題ない!(すりすり頬ずり)」
キスメ 「しかし狂人引いてこないなー…潮時か…ん?」
星井美希 「さてと、それじゃあ美希は落ちようかな
お疲れさまなの」
天海春香 「ばいばい、美希。すごく頼りになったよ!今度はかてるといいね!」
マルフォイ 「マルフォイもクールに去る!
それじゃあフォーイwLWありがとフォーイw」
初音ミク 「ようやくはいれたああああああ」
初音ミク 「とか思ったらみんな去ってたあああああああ」
菊地真 「あれっ、」
こいし 「ミクお帰り~? こいしも退散!」
ヤマメ 「お疲れ様ー
狼の噛みに翻弄された狩人でした、まる」
こいし 「するのやめてミクもふもふ!」
蒼星石 「あら、解散かな。
仲間はありがとう。
お疲れ様、またよろしくね。」
初音ミク 「わたし負けたからダメっ!(てしてし」
天海ノック 「一番いい仲間だ、お疲れ様」
菊地真 「春香には不評だったんだ・・・(笑)

・・・ま、まあ、いつか恋は叶うんじゃないかな!?がんば!(無責任///)」
初音ミク 「まーそーだねー」
菊地真 「さすがに、希望無しでそんなに沢山
狂人引いたら、うん、大変だー///>キスメさん

それじゃあボクも、またね、みんなありがとー!」
天海春香 「わ、私もすごいとは思ったよ、うん…
千早ちゃんは色んなことに才能が有ってすごいなーって
演技じゃなくても、ちょっと怖いけどやっぱり嬉しいかも。
いつもの千早ちゃんの方が安心できるけどね!えへへ。」
初音ミク 「私はノックノックノーーーックさん狼ならその時は綺麗にネタに絡めて負けよう思ってたけど
まさか向こうからネタ切れ言われるとは思わなかったなー

そこが反省だね!」
高垣楓 「さて、それでは
皆さん、おつかれさまでした」
如月千早 「ふふっ……春香は優しいのね……
私もそんな貴女だから、つい……ね」
マルフォイ 「某SNS鯖が落ちたっぽいので戻りもどりー」
天海春香 「私もそろそろ! あんまりうまく動けなかったけど、次は頑張ろうっと!
うん。気持ちで負けちゃいけないよね!気合いだー!おー!」
如月千早 「そのようね……どうしようかしらw」
天海春香 「つい…アンナコトニ!?(発作」
マルフォイ 「と思ったら解散気味フォイ・・・・これがミクの気持ちなのねフォイ」
如月千早 「春香なら許してくれると思って……」
初音ミク 「マルフォイなんて嫌いダシ(ペッ」
マルフォイ 「ふぉぉーいぃ?!>ミク」
蒼星石 「マルフォイは面白かったし楽しかったよw」
天海春香 「ち、千早ちゃん…!?」
天海春香 「ふぉいみくならずっですね!」
如月千早 「ごめんね、春香……そんなに怖がられると思ってなくて……」
初音ミク 「最後なんかかまってくれなかったし(ペイッ」
マルフォイ 「ありがとうフォーイw>蒼星石
蒼も素晴らしいネタ(男の娘)だったフォイ!(ほめ言葉になるがわからないが」
マルフォイ 「いや、めっちゃぎりぎり返答したフォイ!>ミク
狐噛みの時はマジモードだから仕方ないフォイ!」
蒼星石 「良い意味で転がってくれてよかったかもねw>マルフォイ」
天海春香 「ち、千早ちゃん…そんな悲しい顔をしないで?私どうしたら分からなくなるから(わたわた」
如月千早 「いいえ、私が悪かったから……けど、嫌いにならないで……?」
初音ミク 「マジモードなんて存在しない私とのすれ違いだね……!」
天海春香 「…ふふっ 嫌いになんてなるわけないよ? 千早ちゃんは私の一番大切な友達、だもん(にこー」
マルフォイ 「だってー!切り替えしないと生き残れないんだものー!>ミク」
如月千早 「……うん、とても嬉しいわ。
私は、春香の事大好きだけどね……///」
初音ミク 「私生き残ったし! はい論破!>マルフォイ」
マルフォイ 「ぬわー!マルフォイのRP力がなくなっているというのかー>ミク」
マルフォイ 「初日の意義ありは霊界でもいったけど何事かと思ったフォイw>蒼星石」
初音ミク 「これは鍛えなおすべきだね!」
初音ミク 「まったく、私がいなくなってたから成長してないだなんて(プンスカプンスカ」
マルフォイ 「よし、基本にもどってマーラ様RPかでっていうでもやってくるフォイ!」
天海ノック 「一番いいRPを頼む>マルフォイ」
マルフォイ 「マルフォイ、ピュア族だから・・・>ミク」
マルフォイ 「こんなRPで大丈夫か?>天海ノック」
初音ミク 「族関係ないと思うンダケドナー」
天海ノック 「大丈夫だ、問題ない>マルフォイ」
こいし 「大丈夫だ。問題ないふぉい」
マルフォイ 「よっし、そろそろ落ちるフォーイw
皆またねふぉーいw」
初音ミク 「それじゃ寝るー、おやすみー」
マルフォイ 「ふえたぁー?!>こいし、天海ノック」
蒼星石 「お疲れ様」
マルフォイ 「改めてお休みフォーイw」
天海ノック 「お疲れだ、問題ない」