←戻る
【劇場番外】劇場公演 初心者の部村 [1134番地]
~遅れて申し訳ない~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 赤馬零児GM
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon 舞薗さやか
(生存中)
icon 城ヶ崎美嘉
(生存中)
icon 岡本まなみ
(生存中)
icon 高峯のあ
(生存中)
icon 真壁瑞希
(生存中)
icon 飛竜
(生存中)
icon 原田美世
(生存中)
icon 市原仁奈
(生存中)
icon 徳川まつり
(生存中)
icon 日野茜
(生存中)
icon 速水奏
(生存中)
icon 双葉杏
(生存中)
icon 龍田
(生存中)
icon 中谷育
(生存中)
icon プロデューサー
(生存中)
村作成:2016/12/12 (Mon) 22:20:58
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 赤馬零児GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 1902 (赤馬零児)」
赤馬零児GM 「遅れて申し訳ない
今の時点で初心者枠&優先枠開放とする」
渋谷凛 が入場しました
赤馬零児GM 「【入村許可制】
 ・この村はGMが入村許可を出してから入村になります。
 ・初心者枠>優先枠>全開放いたします。
 ・名称と枠条件を変更したからよく確認してくださいね。

【入村条件】
 ・《初心者枠》
   あらゆる人狼ゲームの普通村が50戦以下

 ・《優先枠》
  あらゆる人狼ゲームの普通村が100戦以下
   または式神研インターフェース、PHP方式人狼(四条劇場及び劇場と同じ人狼インターフェースの人狼)参戦数10戦未満

【トリップについて】
 ・ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるので、自分が好きな文字を入れてください。文字列が作られます。
  成りすまし防止として、無用なトラブルを減らせるので入力するといいでしょう。(入力しなくてもOKですが」
渋谷凛 「よろしく。」
赤馬零児GM 「【はじめに】
 ・ここはアイドルマスターの好きな人を中心に開催されている人狼サーバーです。
  アイマスキャラが多いですが、アイマスキャラ縛りではないので気にせずに参加してください。
 ・楽しく自由に人狼しましょうね。

【禁止事項】
 ・GM許可以外の超過前の噛み。
 ・無益な村人騙り。
  (3人最終日のPP時以外の村人騙りは禁止、という認識で結構かと)
 ・意図的な突然死、暴言。
  (昼夜、霊界下界問わず。マナーだけでなくゲームの面白さを損ねる行為となります)
 ・ゲーム放棄。
  (参加した以上は最後まで。匂わせる発言も控えてください)
 ・ログ破壊、および、ログ破壊に類する行為。
  (改行せずに長過ぎる文章を書いたり、半角英数記号を連打しすぎるのはやめましょう)
 ・暗号、縦読み、難読化、未知の言語等によるCO、ギドラCO(=複数役職同時CO、例:占霊狂CO)。
  (初心者村です。分かりやすいCOをお願いします。)
 ・昼にAAの使用。
  (初心者が画面を見やすくするため。夜や遺言、開始前は自由にどうぞ)
違反した場合基本的に注意や警告を行いますが、悪質と判断した場合最悪管理人に通報させて頂きます。

【その他の注意点】
 ・完全ステルス防止のため入村時には一言挨拶してください。
 ・夜に【あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます】と表示されますが
  狼、占い、狩人以外は関係ないので落ち着いて。
 ・占い師をCOするときは占い結果のみ。占い理由は二言目以降にしてください。
 ・COは出来る限り、○●同時表記などは行わず、また、大声や色付きなどのわかりやすいCOをお願いします。
 ・参加者のアイコンのすぐ下のところにある音声でお知らせをonにすれば、投票はアラームで教えてくれます。
  突然死防止のためにonにしておくと良いでしょう。
 ・アイマス人狼の詳しいルールなどについては、以下のURLも参考にしてね
  http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/1.html」
赤馬零児GM 「【四条劇場の特徴】
1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ませんよー

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されませんよー

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう!

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできないよ(共有は喋れます)

5--占い結果と霊能結果は、朝に出ます。呪殺と噛みが同時の場合、狐は生存しますよー

こちら四条劇場の特徴なので目を通してくださいませ」
赤馬零児GM 「【初心者村に関して】
①--初心者村ですので、普段の村と違い、昼aaはご遠慮頂くと幸いです。夜や開始前、開始後はご自由にどうぞ。

②--早噛み(超過前噛み)の許可は、基本的には出しませんので、ご了承下さい。

③--占い候補の人は、占い結果と、占い理由は忘れずに分けて下さいね!占い結果を一言目、占い理由を二言目、という風にしていただけると助かります!
  (例:◇Aさん「占いCO Bさん○」
     ◇Aさん「占い理由:~~」)

④--初心者村、ということを忘れずに、慣れている方もそれを意識して発言、アドバイスをして頂けると嬉しいです。
  自分の知っていること、自分の常識を、相手がわかっているとは限りません。
  どうか、周りは皆初心者で、自分はその初心者に教える、助けるんだ、という気持ちを、ゲーム中、霊界でもって頂けると助かります。GMも助かります。

⑤--テンプレートには、改めて開始前に忘れずに、目を通していただけると幸いです。」
赤馬零児GM 「【便利な事】
A.1日の終わりに、右上の[別ページ]というボタンを押すと、ブラウザの別タブでその日の発言を残しておけますよ。

B.発言をまとめてくれる手動のツールは、四条劇場の管理人さんが制作された物がありますよ。
使い方は、その日の最後の発言と最初の発言までを選択して、コピーして、
↓のツールに貼り付けると、発言をまとめて見れますよ。
http://www.petitnoir.net/zinro/sasuga/jinrosiki_tool.html」
赤馬零児GM 「【アンカーに関して】
まず、最初の入村者以外の方は、準備が出来ましたら、投票→ゲームを開始する、のボタンを押して、ゲーム開始に同意して下さい。
最初の入村者の方は、全員の投票が終わりましたら、開始するときに、5…4…などのカウントしてから、同じくゲームを開始に投票して下さいね。」
赤馬零児GM 「【四条劇場からのお願い】

1.戦犯とか軽々しく口に出してはいけません。

自分の立ち回りがうまくいかなかったのは残念な事です。
でもそれで自分戦犯とか言い出すのはいかがなものでしょうか。余計につらくなるだけですよ?
あ、人を戦犯とか言うのはもっとNGです。
開始後だからとて人を呪わば穴二つ。出来るかぎり他参加者を尊重してさわやかに終わりましょうね

2.まったり仲良くいきましょう。

勝利を求めるのも一つの楽しみ方ではあります。
でもそれだけだと疲れませんか?
時にRP、時にしっかり。メリハリは大事ですけどガツガツしすぎずほどほどにゆるく、まったりと。
みんな仲良く終了後も和気藹々。それがプロデューサーの目指す理想の公演です。
できれば、協力してくれると嬉しいです。

3.他の参加者を尊重しましょう。

相手も人。その言葉は『自分のやり方』を意識しているとついつい忘れてしまいがちなポイントです。
いや、わかっていても「その考えをしている人はおかしい」
とか思ってしまう時だってあります
でも、そこは結構大事なのです。
やりすぎなければ殴りあうもいいでしょう。論戦もいいでしょう。
でも、勝敗が関係無くなった時・・・
例えば、霊界や終了後に於いて
「言い過ぎたかも」「ごめんね」などの少しのフォローで構いません。
「これが正しいから私は悪くない」ではなく、相手が傷ついているもしくは気にしているようならフォローも忘れずにしましょう
ちょっとした気遣いが、場の空気をよくしてくれます。」
赤馬零児GM 「【最後に】
 ・人狼はみんなで遊ぶゲーム、
 ・本日の代理GMは、【レッドヘアー】プロデューサー」
赤馬零児GM 「非常に申し訳ない、完全に忘れていた」
赤馬零児GM 「40分を以って、全開放としたいと考えている」
赤馬零児GM 「あとひとつ。
一度目の時間延長を実施しても投票が滞っている者には、申し訳ないが指名した上での注意を呼び掛けさせてもらう。
円滑なゲームを進めるためだ、了承して欲しい」
美樹さやか が入場しました
渋谷凛 「了解。」
美樹さやか 「了解だよ」
美樹さやか 「美樹さやか さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 6 (水色) → No. 564 (美樹さやか)」
赤馬零児GM 「残り少ない初心者村だが、初心者村とはルールを覚えるための村だと私は考えている。
投票を2分以内に行うという心がけを抱いて欲しい」
美樹さやか 「え?四条鯖無くなっちゃうんです?」
赤馬零児GM 「残念だが、な>美樹さやか」
渋谷凛 「1133番地を今見てるけど、そうらしいね。
後継鯖の話も見かけるけど…

まだ整理できてないや。」
美樹さやか 「マジですか…寂しいなぁ(´;ω;`)ウゥゥ」
赤馬零児GM 「私から意見を述べるべきではないだろう
今は君たちに初心者村を楽しんでもらえるよう務める、それだけだ>美樹さやか」
渋谷凛 「私ここでしか人狼やって無いから他の鯖でもやれるか自信がないんだよね。
時間が合えば他の鯖にも行くか考えてるけど…ね。
赤馬零児GM 「さて」
赤馬零児GM 「全開放だ」
城ヶ崎美嘉 が入場しました
4 が入場しました
高峯のあ が入場しました
真壁瑞希 が入場しました
飛竜 が入場しました
原田美世 が入場しました
市原仁奈 が入場しました
高峯のあ 「ブルーのあ 参上」
城ヶ崎美嘉 「急ぐ事もなかったかな
それじゃよろしくね☆」
原田美世 「いーやっほー!」
かりりりりり が入場しました
日野茜 が入場しました
市原仁奈 「よろしくですよー。」
真壁瑞希 「よろしくお願いします」
かりりりりり 「かりりりりり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりりりり → 徳川まつり
アイコン:No. 1200 (徳川まつり01) → No. 1604 (徳川まつり02)」
かりー が入場しました
日野茜 「皆さん思うところはあると思いますがまずは私から一言言わせてください!」
双葉杏 が入場しました
龍田 が入場しました
中谷育 が入場しました
日野茜 「ボンバーッ!!!!!」
飛竜 「二航戦、飛竜いっきまーす」
4 「4 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:4 → 岡本まなみ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 34 (岡本まなみ)」
赤馬零児GM 「ところで……この中でポケモンの新作を買った者がいたら聞きたいのだが
本当にLv11~20の特性ものひろいのポケモンはあかいいとを拾ってくるのか?」
中谷育 「よろしくー」
龍田 「あらあら~?」
双葉杏 「よろしく。んじゃ開始まで寝てるから終わったら起こして。」
プロデューサー が入場しました
渋谷凛 「トライアドも…ニュージェネも…

こ な い」
プロデューサー 「おはようございます」
岡本まなみ 「はい、皆様はアイドルとして…
ええっ?私はアイドルじゃないですよ!歌えませんって!!」
赤馬零児GM 「何日も前から粘っているのだが一向に拾ってこないのだが……」
徳川まつり 「まずは今日の村を楽しんで、
後は感想戦でゆっくり話すのがいいのです」
日野茜 「さ、そうと決まればちゃっちゃと準備しちゃいましょう」
原田美世 「ものひろいするより大爆発ロワイヤルした方が早いよ!」
美樹さやか 「アイドル多いなぁ…よし」
赤馬零児GM 「大爆発ロワイヤルだと?
話を聞かせてもらおう>原田美世」
高峯のあ 「赤い糸・・・ ポケットモンスターとやらは良く分からないけれど、恋に恋しているのね、GMは」
プロデューサー 「今日はいつもとは違う強化レッスンですから」
美樹さやか 「美樹さやか さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 564 (美樹さやか) → No. 479 (舞園さやか)」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 速水奏
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 1706 (速水奏01)」
プロデューサー 「皆さんの個性に合わせたメニューを組んでいます」
龍田 「強くなりたいのかしら?」
美樹さやか 「美樹さやか さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:美樹さやか → 舞薗さやか
アイコン:No. 479 (舞園さやか) → No. 564 (美樹さやか)」
岡本まなみ 「わ!超高校級のアイドルさんまで…
これは今回のフェスは荒れそうです…!」
舞薗さやか 「間違えた」
渋谷凛 「舞園の方のさやかになってる…」
日野茜 「今なんとおっしゃいました!?>美世ちゃん」
高峯のあ 「最初の4週は怪我しないから筋トレさせるのね>トレーニング」
龍田 「あら~」
龍田 「菌が舞うのかしら」
岡本まなみ 「それはパワフルプロ野球…>のあさん」
渋谷凛 「うん、カウント、いくよ。」
原田美世 「大爆発を三匹に覚えさせてバトルロワイヤルでひたすら1BPを稼ぐお仕事、まぁかなり最終手段だけど >赤髪」
城ヶ崎美嘉 「まあTPやNGは全解放で被るかもしれないからね
揃わないのはしゃーない」
龍田 「よーく見たら薗ね~うふふ」
渋谷凛 「5!」
渋谷凛 「4!」
渋谷凛 「3!」
日野茜 「そう!爆発!
この村には爆発力が足りないのです!」
徳川まつり 「さやかさんはアイコンはそれでいいのです?」
渋谷凛 「間違えた
2!」
真壁瑞希 「ドキドキ・・・」
渋谷凛 「1!」
舞薗さやか 「だいじょーぶ」
渋谷凛 「0!」
ゲーム開始:2016/12/12 (Mon) 22:47:35
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
原田美世 「狼だねー よろしく。」
市原仁奈 「よろしくですよー」
「◆赤馬零児GM ご来場ありがとうございます
本日の代理GMは、【レッドヘアー】プロデューサー

占い師、狩人の能力実行(投票)は超過前に出来るだけ実行をお願いします。
人狼の噛み実行(投票)は超過後に、相談に則ってお願いします。
意図的な早噛み(超過前噛み)は基本的には止めて頂けると幸いです。

【初心者村に関して】
①--初心者村ですので、普段の村と違い、昼aaはご遠慮頂くと幸いです。夜や開始前、開始後はご自由にどうぞ。
②--早噛み(超過前噛み)の許可は、基本的には出しませんので、ご了承下さい。
③--占い候補の人は、占い結果と、占い理由は忘れずに分けて下さいね!占い結果を一言目、占い理由を二言目、という風にしていただけると助かります!
④--初心者村、ということを忘れずに、慣れている方もそれを意識して発言、アドバイスをして頂けると嬉しいです。
  自分の知っていること、自分の常識を、相手がわかっているとは限りません。
  どうか、周りは皆初心者で、自分はその初心者に教える、助けるんだ、という気持ちを、ゲーム中、霊界でもって頂けると助かります。GMも助かります。

【四条劇場の特徴】
1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ませんよー
2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されませんよー
3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう!
4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできないよ(共有は喋れます)
5--占い結果と霊能結果は、朝に出ます。呪殺と噛みが同時の場合、狐は生存しますよー

【その他の注意点】
 ・暗号、縦読み、難読化、未知の言語等によるCO、ギドラCO、等は禁止です。
 ・COは出来る限り、○●同時表記などは行わず、また、大声や色付きなどのわかりやすいCOをお願いします。」
市原仁奈 「何かやりたいことがある人はいるでごぜーますか?」
原田美世 「さて、誰か騙りに出る?」
速水奏 「じゃ、騙りましょうか」
市原仁奈 「奏おねーさんだいじょーぶでごぜーます?」
「◆赤馬零児GM 質問がある者は>GMで質問して欲しい」
原田美世 「お、奏ちゃん騙るなら了解だよ」
市原仁奈 「誰も騙らなければ騙るですよ。」
市原仁奈 「じゃあお任せするです。」
速水奏 「ん、仁奈ちゃんでもいいけれど?」
速水奏 「じゃあ、いくわ。杏○で」
速水奏 「対応できそうなとこよろしく」
市原仁奈 「龍田おねーさんは対応しておくです。」
「◆赤馬零児GM 村立てが遅れたことに関しては謝罪する。
先日の話は一切関係なく、単純に私が忘れていただけだ。」
原田美世 「んー。なら狩人日記も書いて御国家」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
「◆赤馬零児GM 知らん、私の管轄外だ>該当者」
赤馬零児GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
赤馬零児GMさんの遺言 一度目の時間延長を実施しても投票が滞っている者には、申し訳ないが指名した上での注意を呼び掛けさせてもらう。
円滑なゲームを進めるためだ、了承して欲しい

再掲しておく
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
プロデューサー 「おはようございます」
日野茜 「元気のかたまりとも表される私といえど空気はちゃんと読みますよ!
その代わり毎朝最速だけは全力で狙わせてもらいます!!!」
龍田 「おはようございま~す。
それじゃあ~、COお願いねぇ~?」
中谷育 「占いCO! 市原仁奈ちゃん●!」
舞薗さやか 「おはようございます!」
速水奏 「占いCO プロデューサー○」
高峯のあ 「この一歩でまた、私は人間の壁を乗り越える・・・
進化した人類として、成り立つの・・・
人類と人狼って似てるわよね」
原田美世 「おっはよー!」
市原仁奈 「ひつじさんの気持ちになるで・・・すよ・・・zzz。」
飛竜 「おはよーございまーす」
渋谷凛 「おはよう。」
真壁瑞希 「おはようございます」
中谷育 「わ、わわっ、占い師!? 大変だよこれって!!
どうしよう…誰から占えばいいのかなあ…
そ、そうだ、同じパッションで小学生の仁奈ちゃんにしよう!」
岡本まなみ 「おはようございますー」
双葉杏 「あー眠い。寝ていい?」
渋谷凛 「共有CO」
徳川まつり 「おはようなのです
うちのみくにゃんがざぶとんにおしっこ漏らしてるCOなのです
お布団じゃないからまぁセーフなのです…」
日野茜 「最速が取れませんでした…ガハッ…」
龍田 「それじゃあ仁奈ちゃんのCO聞きましょうか~」
速水奏 「チャーミングね。貴方」
市原仁奈 「霊能者さんのきもちになるですよー!」
中谷育 「仁奈ちゃん狼さんだったーっ!?」
飛竜 「じゃあ市原さんのCO聞きつつ霊能でてくださいね」
舞薗さやか 「ああっと!いきなり●が!?」
高峯のあ 「ニナ=チャン・・・
見えるわ、彼女は共有者」
原田美世 「むむ、いきなりの●だね」
真壁瑞希 「あわわわ・・・この場合は・・・・」
徳川まつり 「仁奈ちゃんのCOありますかなのです?」
速水奏 「あら、特攻?」
岡本まなみ 「あら、●が出たのでしたら…
色々と伏せてそこCO聞くべきですかね。」
双葉杏 「黒羊はどんな気持ちかな?>仁奈」
プロデューサー 「そうですか……
霊能者の方は、どうぞ。出るも出ないも自由ではありますが」
舞薗さやか 「しかも霊能という!?」
龍田 「対抗いる?」
飛竜 「対抗いてもいなくても市原さん吊りで」
日野茜 「対抗霊能COありませんかー!」
徳川まつり 「霊能、いるなら出るのです」
市原仁奈 「育おねーさん・・・おねーさん?はにせものでごぜーます!」
中谷育 「う、ウソはいけないんだよ!
ウソついたら針千本飲まされるんだから!」
原田美世 「んー。そしてその仁奈ちゃんは霊能。
他に霊能はいる?」
高峯のあ 「…すこし、ずれていた見たいね>霊能CO
ただ彼女が真霊能だと言うことは、開始前から薄々気づいていたの」
速水奏 「対抗はいないわね。」
プロデューサー 「とのことですが……>●の市原さんが霊能者」
飛竜 「というより真霊能いるなら潜伏して一生COしないほうが
最近効率いいのかもって」
岡本まなみ 「対抗がいてもいなくても、という感じではありますが…(いてもローラーになりそうだし」
市原仁奈 「共有さん相方初日だったら言ってほしいでごぜーます!」
双葉杏 「対抗出ない場合は初日霊能かどうかってぐらいで」
プロデューサー 「では、灰を吊りましょう」
渋谷凛 「相方はCO任せるよ。」
日野茜 「いたほうがすっごいわかりやすいんですよね
単純に占いの真贋だけ見てればいいんで」
舞薗さやか 「共有者です!相方は生きてますよ」
双葉杏 「相方初日なら多分もう出てるはず」
城ヶ崎美嘉 「んー」
徳川まつり 「対抗がいないなら、とりあえず吊らなくてもいいと思うのです」
市原仁奈 「その時点で育おねーさんは破綻でごぜーますから!」
速水奏 「CO任せるという事は、もういるってことだね。」
真壁瑞希 「対抗はいないみたいですね」
岡本まなみ 「分かります。そのまま灰として残れますものね>飛竜さん」
龍田 「いてもいなくてもこの形の霊能信じれるだけの要素って難しいでしょ?
相方初日じゃなければ吊って進んでもいいのよ?」
中谷育 「ん、本物のれーのーさんはいないんだ?
それはそれでしょーがないね、本物さんがいてもいなくても
仁奈ちゃんが狼さんなのは変わんないんだし!」
渋谷凛 「さやか相方で間違いないよ。」
プロデューサー 「ちょっと待ってください>飛龍さん
結論を出すには早すぎます」
市原仁奈 「およよ・・・ざんねんでごぜーます。」
高峯のあ 「ニナ=チャンが真なのを知っていて、その上で彼女に特攻しなかった私、
これは村要素にならないかしら」
飛竜 「初日に●もらった霊能は狩人より価値が低く。
そもそもそんな不運な霊能に村は任せられないので即釣りは自明なのです。
なーに、どうせ最後は数人しか生き残りません。雄々しく死んでください・・」
城ヶ崎美嘉 「まぁ霊残すか吊るかって話か」
原田美世 「お、共有もこれで二人とも。
すると初日に霊能、狼でもあり得なくは… って感じかな。」
日野茜 「いないとまず霊能結果自体が信用出来ないのに
そっちに思考引っ張られますので」
プロデューサー 「難しいからと言って、諦める必要はありません」
岡本まなみ 「初心者のお二人が共有者ですか…
大変でしょうが、頑張って下さい!
分からないことがあったら、村の皆さんに聞いてみてくださいね!」
飛竜 「結論?なんの結論を出すんです?>プロデューサーさん」
速水奏 「じゃあ、灰ラン、かしらね。」
中谷育 「えーっと、誰から占おうかな次は」
龍田 「吊らない場合は1つのまとまりとして考えてね?」
双葉杏 「凛とさやかが共有かー。
んじゃ灰からはある程度妥当な進行提案するのが仕事になるね。」
プロデューサー 「渋谷さん」
舞薗さやか 「今日は仁奈ちゃん吊りで行きます」
プロデューサー 「市原さんを信じるか、それとも信じないか、です>飛龍さん」
徳川まつり 「つまり、共有に霊能が出てる事もないと
霊能欠けか、特攻が霊能に刺さった形ですね
どっちもありそうなのですが、とりあえず共有はどうしたいのです?
まつりは残したいのですが」
日野茜 「こういうときにサポートに回れたはずなので」
渋谷凛 「正直、私はすごいグレランをして一日様子を見たい…」
真壁瑞希 「私としては残してもいいと思います
速水さん真で抜かれた場合かなりきつくなりますし」
原田美世 「占いは騙りが2だから…んー…霊能が本当に狼だった場合…」
日野茜 「霊能者さんっていうのは」
舞薗さやか 「いいかな? >凛ちゃん」
高峯のあ 「霊能は残してもらえるなら嬉しいけれど、
後に吊るなら今吊ったほうが、役職保護になって良い。
中谷さんの真を見るなら、吊りは避けられないから」
真壁瑞希 「ションボボーン」
市原仁奈 「えーっと。」
原田美世 「語りが2じゃ無いね。占いが2だ」
渋谷凛 「相方の言う進行でいいよ。」
プロデューサー 「たった1日で判断を下すのはあまりに早すぎると私は言っているのです」
速水奏 「その場合、占いの評価を初日だけで判断しないって言い切れる?>さやか」
城ヶ崎美嘉 「ぶっちゃけこれなぁ
育ちゃんもになちゃんも手籠めゲフンゲフン
大事に大事に育てたくはあるけど」
舞薗さやか 「じゃあ、今日はグレランで様子見!」
日野茜 「仁奈ちゃんが真であろうがそうでなかろうがそれがいないのは私達がどうにかしないといけないってことですよ!」
徳川まつり 「あ、吊りなんですね了解なのです
占いCCOじゃなくて霊能CCOなら真霊能もあるし、狼だとしても残しでよかったと思うのですが」
市原仁奈 「仁奈を吊る=仁奈の真を切るということでないことは頭に入れてほしいでごぜーます。>P」
飛竜 「身内きりすらありえるのにそこで判断したくないかなー>プロデューサーさん
狼ー狼の場合市原さん狼断定すると実質中谷さん盲信になりかねない」
舞薗さやか 「あはは…」
中谷育 「こういう時はキツネさん探す方がいいかな?」
原田美世 「どっち!?」
日野茜 「どっちなんですか!>共有」
岡本まなみ 「となると占い師の戦いになりますね…
私も真が見れるようお手伝いします!」
徳川まつり 「ってグレランなのですね了解なのです
そっちのほうがいいと思うのです」
岡本まなみ 「っと思ったら!?
龍田 「共有ちゃんたちは決めたならちゃんと方針合わせておいてね?」
原田美世 「えっとグレランで良いの?」
速水奏 「どちらにせよ、やることは変わらないし。 そして、最初から不利な分、目に見える形で頑張らないとね。」
飛竜 「上官がグレランといったらグレランに決まってるでしょう、
何を逝ってるんですかみんな!」
真壁瑞希 「別にここで霊を吊ったところで視点が詰められるわけでもないのでここは灰を推したいです」
岡本まなみ 「改めて、どうぞ!>共有者のお二人」
飛竜 「上官の指示には従うのがアイドルもといアイドル」
双葉杏 「りょーかい>仁奈吊り

んじゃ占いに真がいるだろう想定で、両贋パターンは狐把握してもらうことだけ考えよう。
真霊能に●当たって、真占い不在のパターンはある程度狼にも狐処理手伝ってもらう必要があるから。」
渋谷凛 「今日の段階で占いの真偽や霊能を判断したくないからね>さやか」
真壁瑞希 「あ、ありがとうございます>灰ラン指定」
城ヶ崎美嘉 「育>人外目なら狐でも狼でもいいんじゃない」
舞薗さやか 「二転三転してごめんね!グレラン!!」
プロデューサー 「身内切りならば、その程度は見抜いて見せてください
私達がやっているのは、そういう仕事です」
高峯のあ 「共有者は、今夜指示役を決めておいた方が良い。
指示には従う、でもその指示が二つあったら、どっちに従えばいいか分からなくなってしまうから」
中谷育 「グレランはやだなー、れーのーさん初日なんだから
狩人さんいるんだよ? 仁奈ちゃん吊らないで
狩人さんうっかり吊っちゃったらどーするの? 共有さんはそこも考えて欲しいなあ」
龍田 「死ぬのかしら<逝ってる」
渋谷凛 「グレラン。」
双葉杏 「長々と打ってたら指示が変わってるとかよくあることだよね。」
岡本まなみ 「OKです!」
高峯のあ 「これも経験、ね」
プロデューサー 「できないことをするのが、アイドルです」
城ヶ崎美嘉 「狼見つけたらほぼ噛まれなくなる」
日野茜 「その上官が2つの作戦提示してるんですよ!」
中谷育 「あたし仁奈ちゃんに投票するからね」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
渋谷凛0 票投票先 →真壁瑞希
舞薗さやか0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
城ヶ崎美嘉2 票投票先 →プロデューサー
岡本まなみ4 票投票先 →高峯のあ
高峯のあ1 票投票先 →プロデューサー
真壁瑞希2 票投票先 →飛竜
飛竜1 票投票先 →岡本まなみ
原田美世1 票投票先 →岡本まなみ
市原仁奈1 票投票先 →岡本まなみ
徳川まつり0 票投票先 →龍田
日野茜0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
速水奏0 票投票先 →真壁瑞希
双葉杏0 票投票先 →原田美世
龍田2 票投票先 →岡本まなみ
中谷育0 票投票先 →市原仁奈
プロデューサー2 票投票先 →龍田
岡本まなみ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
原田美世 「むー…どうしよっか」
速水奏 「まあ、灰噛みかな?怪しい所ある?」
市原仁奈 「奏信頼いけそう?」
速水奏 「半々ね。頑張れというなら頑張るわよ。」
原田美世 「そうだね… グレランを言い出した瑞希は保留でも良いんじゃないかな。
飛龍は押しが強すぎる気がするし のあかまつりとか… かな?」
市原仁奈 「んじゃ行ってみよう。」
速水奏 「噛みはどこがいいかしら」
原田美世 「結局噛みどうしようか」
市原仁奈 「時間ないし共有二択でいいよ。」
市原仁奈 「明日銃殺出たら諦める方向。」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
渋谷凛 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
渋谷凛さんの遺言 (オーバーリミッツ)
遺言など…

書いてるんじゃ…

ねぇぇぇぇぇぇぇ!!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
日野茜 「ひとまず各人視点をえーとえーと…
とりあえず丸投げ!」
高峯のあ 「ニナ=チャンを信じるとして、速水さんが銃殺を出したとき以外、一体どういう状況で彼女を残せると言うの?
そして銃殺がでなかったと仮定して、ニナ=チャンが出す結果をどう使うと言うの?
貴方の発言から、それは読み取れなかったわ>プロデューサー」
プロデューサー 「どんな理由があろうと、貴方が本物ならば退場していい理由などありません>市原さん
それが貴方の義務です」
城ヶ崎美嘉 「それじゃまぁよろしく」
龍田 「おはようございま~す。
それじゃあ~、COお願いねぇ~?」
中谷育 「占いCO! 日野茜ちゃん○!」
徳川まつり 「おはようなのです
投票は龍田さん
なんか発言多いけど、どうしたいのかという意見を言わないのが村陣営に見えなかったのです
原田美世 「朝だね!おはよう!」
舞薗さやか 「おはよう!」
速水奏 「占いCO 双葉杏○」
飛竜 「判断するのはその程度を見抜けない村人になることがほとんどなので
その反論はノーです>プロデューサーさん
で、一日判断時間与えたんで結論ください、見抜いたんですか?即答でお願いします。」
市原仁奈 「霊能者の気持ちになるですよー!まなみおねーさんは〇でごぜーます!」
プロデューサー 「……残念です」
中谷育 「◇日野茜 「対抗霊能COありませんかー!」
◇日野茜 「いたほうがすっごいわかりやすいんですよね
単純に占いの真贋だけ見てればいいんで」
ねー、占い師さんだけ見るって言うならそれこそ仁奈ちゃん吊っちゃう方が
早いんじゃないの? 本物のれーのーさんいてロラするのも
仁奈ちゃんだけ吊っちゃうのも占い師さんにちゅーもくするって意味だとおんなじじゃない?
ロラになるの期待してるんじゃないのかなー茜ちゃんって」
真壁瑞希 「おはようございます」
徳川まつり 「共有が・・・」
原田美世 「ん、共有噛み。」
舞薗さやか 「相方ぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」
城ヶ崎美嘉 「あちゃあ
まぁそこなら死体になってても仕方ないね」
龍田 「共有、か」
日野茜 「共有噛みですか!そうですか!」
真壁瑞希 「んー共有噛みですかムムム・・・」
プロデューサー 「少なくとも、私は市原さんにはまだ戦う意志はあると判断しました>飛龍さん
それだけで今日、期待するには十分です」
中谷育 「ちがうのかー、かなりキツネさんあるかなって思ったんだけど」
高峯のあ 「噛みは鴇として残酷、」
龍田 「んー?
霊能吊りしたいとは言ったけれど、それじゃあご不満?>まつりちゃん」
城ヶ崎美嘉 「それじゃ占いは交換やっとけばだいたいなんとかなるよ」
舞薗さやか 「許さぬ…」
速水奏 「一番いいのは、呪殺を出すこと。
けれど、狼も見つけないといけないから、頑張らないとね。
であるならば、でそこそこ共有に意見を言っていた位置を狙いましょうか」
飛竜 「見抜いたんですか、と私は聞いています、昨日一晩必死に
考えたんでしょう?他人に要求するなら>プロデューサーさん」
双葉杏 「んじゃ凡そ育視点で狼-狼なのではないだろーか>共有噛み
あとは普通に初日占いで銃殺出ないから共有噛みましたパターン。」
高峯のあ 「でもうっすらと、湿っている」
プロデューサー 「貴方は呪殺の有無でしか役職を判断できない、と?>高峯さん」
市原仁奈 「仁奈視点特攻なんでごぜーますが、この噛みをするのなら育おねーさんは狂人のほうでごぜーますかね?」
プロデューサー 「そうではないでしょう」
中谷育 「さやかちゃん、明日さやかちゃん噛まれる可能性は
ものすごくあるから、今日はそこも考えて指示出してね?」
日野茜 「まあだいたいあとは交換占いで十分だと思います!
占われちゃった私が言うのもなんですけど。」
徳川まつり 「この場合なら育ちゃんと仁奈ちゃんどっちの真も追うでいいと思うのです
そこで狼狼はアグレッシブすぎるので、今はみないでいいかなって
占いに関しては共有噛みなら真狂、真狼でとりあえずみるのです」
原田美世 「んー……●が出たのに占い噛みじゃないと考えると…
でも露骨っぽいし狩人でみて噛まなかったのか育が騙りなのか どっちもあり得そうかな…」
プロデューサー 「考えました。ですが、結論を出すのは今日ではありません>飛龍さん」
市原仁奈 「狼特攻ならそもそも昨日仁奈に対抗が出てくると思うですよ。」
城ヶ崎美嘉 「共有噛みなら信頼じゃないといけない形にはほぼなってる
変則的に今日噛む布石じゃない限りは概ね噛まないか噛めない路線」
飛竜 「人にその程度見抜け、と要求するなら自分が範を示すべきです」
真壁瑞希 「交換占いでいいと思うんですけど ツリをどうしたらよいものか」
舞薗さやか 「んー…指定したほうがいい?」
双葉杏 「あの状況で狼って共有に意見って言う日なのかな?>奏
霊能吊ろうぜってゴリ押しする気がするけど」
龍田 「遺言の残せない環境だから言っておきたいことは言っておいてね~?
推理とかは言わなくていいから」
速水奏 「共有ね。信用勝負にもっていきたいのかしら。」
飛竜 「じゃあ考えた経緯なり推理をどうぞ>プロデューサーさん」
プロデューサー 「17人という人数は、決して余裕のない人数ではありません
それはあなた方も理解しているはずです」
高峯のあ 「この業界は結果がすべて。つながる占い師が見えている霊能者を残して
ニナ=チャンに多くを求めすぎだと思うの>プロデューサー」
飛竜 「上官の命令は絶対であります!」
舞薗さやか 「グレランにしようかと思うんだけど」
原田美世 「共有が指定しないなら私は良いと思うよ。」
日野茜 「あと仁奈ちゃん視点と奏さん視点は厳密に言えばイコールじゃないですけど
占い狼混じらずの内訳として初手共有噛みというのは狂狐-真だとしても弱いので」
中谷育 「んー、困ったなぁ
仁奈ちゃん残されたままだと辛い」
原田美世 「したいなら 打ち間違い」
徳川まつり 「>>速水さん
速水さんは1wも見つけてないんだから、まずは狼探しでいいと思うのですよ
呪殺出しても対応されたり1死体しかなかったら狼が有利になるだけだと思うのです」
速水奏 「狐だと師弟避けかなっておもったのよね>杏ちゃん」
プロデューサー 「既に述べたとおりです>飛龍さん
もしも市原さんが諦めているのなら、私は彼女を楽にするべきだと判断するでしょう」
真壁瑞希 「私としてはもう一日灰を吊りでいいと思いますね」
双葉杏 「どっちでもいいよ>さやか
1回灰吊った時点で運が悪いとそこで保護する役職消えてるかもしれないし」
市原仁奈 「ちなみに仁奈視点奏おねーさん真ってわけではねーでごぜーますので注意してほしいでごぜーます!」
城ヶ崎美嘉 「共有噛み続く場合や、狼が信頼やるしかない状況に対応する意味で
交換やっておけば概ね最終日にはいける(霊吊りを挟む形にはなるけど)」
高峯のあ 「指定は、できるならすればいいのよ。
できないからグレランになるだけで、私は探偵村でも構わない」
徳川まつり 「共有がしたいようにすればいいのです
指示自体は早めに出しとくのがいいのです」
中谷育 「あのねさやかちゃん、今日になってから指定するなら
昨日仁奈ちゃん吊ってほしかったよ…しくしく」
日野茜 「あなた方視点育ちゃん狼で見ていいと思いますよ!
そうじゃないなら土下座します!」
飛竜 「貴方の主張は今日まで必死に真を考えるべき、真なら真要素を、偽なら
偽要素を提出すべき、なんですよね。そこを言わないと信用は0です」
龍田 「残す選択した以上は灰吊。
その上で、共有がどうしても吊りたいとかそういうのでないなら指定は別にしなくて大丈夫よ~?」
プロデューサー 「彼女が戦うつもりなら、私は彼女を毎日見続けます
それも私の仕事ですから。欲を言えば、あなた方全てにも、とは思いますが」
速水奏 「指定スルなら、早めにね。」
原田美世 「仁奈が偽、真が潜っている場合、狩人の生存の可能性もあるけど、役職吊り以外ならグレー指定も変わらないかなとは思うし」
城ヶ崎美嘉 「まぁそこはグレランでもいいよ
両視点の灰詰まるし」
舞薗さやか 「グレランでお願いします」
高峯のあ 「ふむ、確かにそうね。
今日の死体」
プロデューサー 「今日、結論を出す必要などありません」
飛竜 「私はノイズで情報分析しないのでしません。
すでに霊能情報はノイズに類するものなので」
徳川まつり 「育ちゃんは真なら狐を探して呪殺出してもいいと思うのですよ狙えるならなのです」
プロデューサー 「結論を急ぐ理由が無いからです」
市原仁奈 「そういう点でいうと今日は指定の方がいいんでごぜーますが。」
日野茜 「育ちゃんのその指摘にボンバーポイント30ポイント!」
双葉杏 「育はもう一匹見つけたら仁奈吊りになるんだから早く次の見つける感じでいくといい。」
飛竜 「なら他人にそんなこと要求しないべきですよ>見抜け>今日までに結論も出せないなら」
中谷育 「のあさん…それ、多分ムリ…
明日さやかちゃんまで噛んでどさくさに紛れて
仁奈ちゃんが場を動かそうってのもかなりあるから…共有さんから噛んでくるって
そういうのかなりあると思うんだあたし…」
プロデューサー 「ならば考慮しなければ良いのです
占い師の●貰いが残っている、それで十分でしょう」
原田美世 「ボンバーポイント!?」
高峯のあ 「貴方がそれを貫き通せるなら、
真偽を判断して、村を説得できるなら
私は止めはしないわ>プロデューサー」
真壁瑞希 「少なくとも昨日の時点で仁奈さん吊りは奏さん視点厳しいので反対しましたが
中途半端に吊るより残したほうがいいと判断」
飛竜 「どうせ救おうとしても間に合わない、あ、死んじゃった―って
指くわえてるだけになるんだから」
中谷育 「そうだね、気を取り直していく!>杏ちゃん」
双葉杏 「銃殺出た場合も対応されてもまー仁奈吊りにはなるか。
じゃあどっちでもいいから早くどっちかだね」
速水奏 「とりあえず、私は1Wmitukene」
城ヶ崎美嘉 「まぁ占いの自由だけどねその辺りは」
プロデューサー 「私は両方の可能性で考えています
片方によらなければいい」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
舞薗さやか0 票投票先 →真壁瑞希
城ヶ崎美嘉1 票投票先 →プロデューサー
高峯のあ0 票投票先 →原田美世
真壁瑞希5 票投票先 →飛竜
飛竜1 票投票先 →真壁瑞希
原田美世2 票投票先 →徳川まつり
市原仁奈0 票投票先 →龍田
徳川まつり2 票投票先 →龍田
日野茜0 票投票先 →徳川まつり
速水奏0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
双葉杏0 票投票先 →真壁瑞希
龍田2 票投票先 →真壁瑞希
中谷育0 票投票先 →原田美世
プロデューサー1 票投票先 →真壁瑞希
真壁瑞希 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
速水奏 「今日噛み場所と、●ぶつける場所をお願い。」
原田美世 「何だか票偏るね…」
市原仁奈 「原田潜伏占い師出れる?」
原田美世 「育が占わなそうな場所●なら飛龍かのあ?」
原田美世 「流石に潜伏で占い出ても現状だと悪手だと思う…」
原田美世 「悪魔で仁奈捕捉になってて交換なったら奏さんだって見つかっちゃうし。
育が狂人なのかは分からないけど」
市原仁奈 「占いCO徳川まつり〇


狼狼をみないといっているけれど狂狼はみないのね。
前者をありえないというのなら後者はまだありえそうなのに。
内訳が見えている狼かしら?」
速水奏 「共有かみでいい?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
龍田 「うふふ、おはようございま~す」
プロデューサー 「結論から申し上げましょう
現状では、私は市原さんを残すつもりは2割程度です」
日野茜 「ボンバーポイントというのは、ざっくり言うと評価値みたいなものですけれど
結局ただの私見でしかないことを先に謝罪しないといけないと思いましたまる!」
市原仁奈 「霊能者の気持ちになるですよー!真壁のおねーさんは〇でごぜーます!」
舞薗さやか 「おはよう」
高峯のあ 「プロデューサーは○もらってるわよ>美嘉
メモはしっかり取ったほうがいいわ(ドヤァ
ニナチャンを残すのは、ニナ=チャンが霊能結果●を出してくれて初めて成り立つモノ
月並みだけれども、ニナ=チャンを有効活用したくば、吊りを頑張るしかないのよ」
原田美世 「おはよう!」
中谷育 「占いCO!龍田さん○!」
速水奏 「占いCO徳川まつり〇」
龍田 「あら、死体ないの?」
双葉杏 「おー吊り増えたね―」
城ヶ崎美嘉 「おー、良い死体無し」
中谷育 「対抗の奏さん狼としてそのが初日に投票してる瑞希ちゃんが吊れたorz
ならまなみさん投票してる中から龍田さんを占う!
発言の数のわりに2票なのは吊れない位置だし
◇龍田 「遺言の残せない環境だから言っておきたいことは言っておいてね~?
推理とかは言わなくていいから」
推理って言いたい事なんじゃないの? 発言稼ぎっぽい!」
市原仁奈 「◇中谷育  「んー、困ったなぁ
仁奈ちゃん残されたままだと辛い」
おねーさん視点仁奈が残されても別にいーはずでごぜーます。仁奈をキープを狼として残しておけばいいんでごぜーますから。」
原田美世 「ん、死体が無いね」
プロデューサー 「発言は及第点、しかし投票は狼を狙っている感が足りません

ですが、飛龍さん、
中谷さんが真ならば、この村の狼の残り数は不明のままです」
徳川まつり 「おはようなのです

片方の占いの〇に疑問ぶつけるのもあれなのですが
◇双葉杏 「育はもう一匹見つけたら仁奈吊りになるん
だから早く次の見つける感じでいくといい。」
っておかしいと思うのです
育ちゃんの●、速水ちゃんのグレーとかなら仁奈ちゃんは残して●を吊ればいいなのです
飛竜 「じゃあおおよそいいんじゃないでしょうか、速水さん吊りましょうかね。」
龍田 「んー?
私?」
高峯のあ 「フフ、縁起がいいわね。 風流、風流ね」
速水奏 「狼狼をみないといっているけれど狂狼はみないのね。
前者をありえないというのなら後者はまだありえそうなのに。
内訳が見えている狼かしら?」
プロデューサー 「その意味でも。中谷さん視点でも、市原さんを残すメリットがあるということを忘れないください」
日野茜 「GJにはとても見えないですけどそんないいものなんでしょうか」
城ヶ崎美嘉 「そういえばそうだっけか>プロデューサー○」
飛竜 「まさかKP狼したかったといいだすんじゃあないでしょうね」
速水奏 「死体無し、いいわね」
中谷育 「んー、仁奈ちゃんが身内するとしたらここありそうかなっていう気が
少ししたんだけどなあ…」
徳川まつり 「死体無しなら狐噛みか、占いGJだと思うのです
霊能護衛はこの形ならないと思うのです
共有護衛はあるかもです」
飛竜 「ははっ、なら最初からそういえばいいんですよ 」
原田美世 「護衛なのか狐噛みなのかで見た場合、昨日共有噛みだったから連続噛みで見て護衛かなーって気分」
双葉杏 「んじゃ仁奈吊り自体はできる余裕が奏視点でもできたっていうことで。
今日吊ってもいいと言えばいいけど。」
プロデューサー 「そういうメリットも有る、と申し上げたまでです」
龍田 「GJならいいのだけどね。まぁ17人一回の死体なしは悪くはないのだけど」
高峯のあ 「吊りが増えた今、占いから吊るす意味は無いでしょう?
仮に吊るすというなら霊能からでしょうに>飛竜」
日野茜 「共有噛みするくらいなら私とかプロデューサーさんとか噛むところあるでしょうよ」
中谷育 「プロデューサーさん、それは分かってるの
ただこういう進行になってるのってあたしあまり見たことないから
色々と不安なんだ…」
市原仁奈 「理由に仁奈の投票のことが書いてないのにそのあとにそれは後付くせーでごぜーます。」
飛竜 「興が冷めたのでもういいです。個人的には残酷なことしてるとおもいますけどね
霊能が真でも偽でも●ぶつけられたまま喋らせ続けるのは」
城ヶ崎美嘉 「育>さやか死んだら仁奈がうやむやになる心配してるなら
交換で二重○つくとっけばいいのに」
舞薗さやか 「仮指定:のあさん」
中谷育 「で、共有さん、今日は指定してね
死体無しが出てるから」
速水奏 「そうね、仁奈吊りは余裕できたと思うわね」
高峯のあ 「(何も)ないわ」
市原仁奈 「割かし真狂でみてるでごぜーますから、今日奏さんGJはあるとおもうでごぜーますよ。」
龍田 「というか●もらい霊能を真であろうが偽であろうがという意味で吊るのは
一種リソース確保の意味もあるので」
徳川まつり 「吊増えてる上に、占いが2しかいないから占い吊りはないですね」
プロデューサー 「中谷さんに申し上げるのであれば
龍田さんは貴方から見て◯以外ありえません

城ヶ崎さん、高峯さんもあまりお勧めはしません
原田さんが妥当かと思います」
飛竜 「人を嬲り続けるのは趣味じゃないだけなので」
原田美世 「2人占い片方騙り、●は霊能に対抗無し。 仁奈を吊るって手もあり得なくはって感じにはなったのかな」
高峯のあ 「皆のために狩人COしたかったのだけれども、残念ながら何の変哲もない素村なの」
舞薗さやか 「本指定:のあたん」
双葉杏 「えー?そもそも仁奈って奏視点でも真じゃないかもしれないじゃん>まつり
で、●貰いの霊能判断ってできにくいんだからスパッと切っていいんじゃない?」
中谷育 「のあさんかー、占うかどうか考えてたところだけど
狼さんはなさそうかなって占うのやめたところだなあ」
原田美世 「指定了解。」
日野茜 「攻めの指定って感じがしてすごくボンバーポイントあげたいところですけど」
舞薗さやか 「ミスです…「のあさん」」
高峯のあ 「指定:のあにゃん」
市原仁奈 「間違えたです、奏おねーさんです!」
高峯のあ 「のほうがカワイイわよ」
プロデューサー 「逆に、速水さんならば
市原さんを庇った位置を見るべきでしょう、昨日ならば真壁さんがその位置でしたが」
原田美世 「たんにゃん 」
龍田 「奏ちゃん視点でも結局〇もらいでも何でもないという意味で整理の一環なのよね」
中谷育 「あ、ミスなんだ…のあ「たん」ってちょっとカワイイって思った…」
双葉杏 「実際両贋警戒ぐらいしか残す意味ってないんだけども」
龍田 「のあたんにゃんちゃん」
徳川まつり 「仁奈を吊るのは育ちゃん真決め内だと思うのですよ
まあ誤爆とかもあり得ますけど」
城ヶ崎美嘉 「ぶっちゃけ育視点で仁奈で狼露出してて
対抗が狂人や狼なら交換で囲われた時は潰せばいいし
囲ってないなら灰から吊り殺せる状況整えておけばいいんだよ」
プロデューサー 「残酷だとしても構いません」
速水奏 「正直な話、仁奈は私視点でも、狂人の可能性ってあるので、判断しづらいわよ」
双葉杏 「わざわざ可愛さアッピルするとかあざとい、こののあにゃんあざとい」
高峯のあ 「ニナ=チャンから●が出たら、占い決め打つタイミングで一つ伸ばせるから」
日野茜 「多分仁奈ちゃん吊ったほうが良かった…いやどうかな真混じりで見てるなら問題ないんですけど」
原田美世 「両方騙り=初日占い=霊能真。
初日が役職なのかが考え所だよね」
中谷育 「んー? 占いたいのは…3人かなあ、今日見てると」
城ヶ崎美嘉 「まつりちゃん>だから両視点で詰められる方向目指せばいいじゃん」
プロデューサー 「私は考えるだけです
その上で判断をする、それだけのことです

メリットなどは納得をするための副産物に過ぎません」
飛竜 「なら本気で考えてあげるべきでしたね」
高峯のあ 「覚えておいたらにゃんにゃんできるわよ。
まぁ、今日GJが出たのなら、もっと違う角度になってくると思うけど」
日野茜 「決め打てないのに灰吊りって奏さん切り捨てたも等しいとは思うと飲み」
プロデューサー 「速水さん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
舞薗さやか0 票投票先 →高峯のあ
城ヶ崎美嘉0 票投票先 →高峯のあ
高峯のあ12 票投票先 →市原仁奈
飛竜0 票投票先 →高峯のあ
原田美世0 票投票先 →高峯のあ
市原仁奈1 票投票先 →高峯のあ
徳川まつり0 票投票先 →高峯のあ
日野茜0 票投票先 →高峯のあ
速水奏0 票投票先 →高峯のあ
双葉杏0 票投票先 →高峯のあ
龍田0 票投票先 →高峯のあ
中谷育0 票投票先 →高峯のあ
プロデューサー0 票投票先 →高峯のあ
高峯のあ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
原田美世 「誰噛んだ?」
速水奏 「占い指示だと思ったけれど。噛んだのは共有よ」
市原仁奈 「みか まなみ 杏 原田 飛龍 P
今日占い師を噛むと実質3吊り グレーから狩人が出るとしても3吊り4グレ

一応戦えるけど、原田戦えそう?」
原田美世 「だったら狩人生存確定かー…」
市原仁奈 「ちょっとごめん、噛み先言うの間に合わなかった。」
原田美世 「狩人日記なら即座に出させる。
占い日記は後出しとしては流石に厳しいかな」
市原仁奈 「いや違う。」
市原仁奈 「グレラン勝負はできそう?」
速水奏 「ごめんね。 無ければ龍田●でいいかな?」
原田美世 「それはこっちは頑張る次第かな。 確定敵に勝てるとは言い切れない」
市原仁奈 「んー」
市原仁奈 「奏、占い噛んでくれる?」
速水奏 「じゃあ、私が戦えるかで、判断するけどおっけー?」
速水奏 「了解したわ」
市原仁奈 「茜に●」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
中谷育 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
龍田 「のあたんとのんたんって似てないかしら~?
あら、似てない?」
市原仁奈 「のあおねーさんは〇でごぜーますよー!」
プロデューサー 「いけません、速水さん
貴方が言及するべきは、霊能の真贋ではありません」
舞薗さやか 「おはよう」
日野茜 「今更なんですけど呪殺狙いなんて必要ないと思います!
…って言おうと思ったらどっちもそんな狙ってるわけじゃなかったみたいでしたズサーッ」
城ヶ崎美嘉 「そんじゃま、結果よろしく」
原田美世 「おはよう!」
速水奏 「占いCO茜●」
龍田 「うーん、そう」
徳川まつり 「おはようなのです
昨日言った事とはまた違ってくるのですが速水ちゃんを真と見れなくなったのです
まつりに〇くれたところではあるのですが、信用できないのです

◇速水奏 「正直な話、仁奈は私視点でも、狂人の可能性ってあるので、判断しづらいわよ」
なんで狂人が狼に特攻したのみないのです?
狂人が霊能COよりはあるように思うのです
そこを見ないで仁奈ちゃんを狂人という速水ちゃんは信用できないのです

仁奈ちゃんが狼ならなんで占いに出なかったのかと思うのですが
その場合は速水ちゃんが狼で占いにでてたからってのがあるように思うのです」
市原仁奈 「んんー。」
プロデューサー 「想定とズレましたね」
飛竜 「で、漂白みなりなんなり見る予定あります?」
原田美世 「んー…占いの片方噛み。」
速水奏 「じゃあ、囲い場所を狙ってみましょうか。
育を何に想定するかにもよるけど、狂人かなって感じがするわ。
偶然かこったとみましょうか」
城ヶ崎美嘉 「わーお
昨日はさやかでGJかな」
舞薗さやか 「えー…」
徳川まつり 「って育ちゃん噛まれてるのです・・・」
プロデューサー 「速水さんに退場してもらい、明日は残り9人」
双葉杏 「奏視点で漂白かー」
飛竜 「具体的に言うと市原真霊能」
原田美世 「そして片方の占いからは●出し…」
日野茜 「やっぱり占いGJなんて起きてなかった!ということでしょう」
飛竜 「その上で漂白込み」
市原仁奈 「仁奈視点狂人噛みでごぜーます。それで、昨日のGJ先が問題になると思うでごぜーます。」
城ヶ崎美嘉 「まぁ一日ズレた変則形だったと」
龍田 「交換占いが示唆されてる中で漂白噛み。
つまり狂特攻よね」
徳川まつり 「その噛み通るなら占いGJじゃなかったという事なのですね」
舞薗さやか 「指定:仁奈さん」
プロデューサー 「漂白を考える場合は占い初日でしょう
しかし占い初日と霊能初日は両立しません
私の考える内訳には合致しません」
速水奏 「対抗が噛まれてるわね」
日野茜 「私を吊る進行ではないですね!と釘バットで刺しておきます」
双葉杏 「ここで考えるのは育真見るかどうかなんだよねー」
飛竜 「昨日時点で恐らく死体なしがでうるのは、上官さやか
中谷、狐、ここらへんでしょう」
城ヶ崎美嘉 「育ちゃんが狂人なら漂白噛み本線
まぁトレードオフで仁奈ちゃん吊りは否定しない」
プロデューサー 「いえ、待ってください。彼女はまだ早い>舞園さん
占い師の●なのです」
龍田 「狂特攻が霊能に直撃して次の手で即囲った、形にはなるわけで」
市原仁奈 「いや、あるでごぜーます。昨日奏おねーさんGJなら。>まつりおねーさん」
原田美世 「えっと… んー?どう考えるのが良いんだろう。
交換占いの気配有ったなら狂-真とかで噛まれ…  んー……」
飛竜 「上官、それはいけない」
舞薗さやか 「灰指定の方がいい?」
双葉杏 「どっちかって言うと、仁奈残しのほうがいい>さやか
育視点で確定狼だし」
プロデューサー 「3W残りを考えても、残り7人です
私は速水さんを選ぶべきだと進言します」
飛竜 「そこはKPした上で速水さんなり速水さんの○がいいです。
真は追ってないですけど」
速水奏 「私の中身をなんとしてみてる進行?>さやか」
市原仁奈 「茜おねーさん吊ってほしいでごぜーます。」
日野茜 「仁奈ちゃん吊りもないです!
というかそれやると漏れなく私までローラーすることになりますけどその余裕があると思ってますか?」
城ヶ崎美嘉 「育GJ目なら狩りでてるっしょ>飛竜」
龍田 「仁奈残していいわよ。
育視点の狼でしょ?
まだ11人」
徳川まつり 「仁奈ちゃんとしては狂人にシフト噛みしてた主張なのですね」
飛竜 「7人、もしくは5人での吊りがいいと愚行します」
プロデューサー 「理由は。昨日の彼女は、占い師として言ってはいけないことを言ってしまった
切れてしまったからです。可能性の線が」
原田美世 「先に●出した占い噛まれってのが何とも。育を真と見るなら逆に見つけられてる狼って訳だし」
市原仁奈 「しょうじきになとしてもこの進行とてもつらいでごぜーますが。」
舞薗さやか 「1分まで待って」
日野茜 「昨日真混じり決め打ちに近いようなものをやった以上
私と仁奈ちゃんは最後に殺し合う運命なのです!」
龍田 「はーい」
飛竜 「今グレランしても票がばらけて考察が反映されるとおもわないので
一旦速水さん吊るのがいいかと」
城ヶ崎美嘉 「仁奈残すなら妥協案は茜吊り」
プロデューサー 「待ちます」
速水奏 「灰指定する気なら一分じゃ悪阻お岩よ」
飛竜 「そうでなければ指定、どっちにしても狩人吊りしたらサイアクですし」
双葉杏 「吊るなら奏のほう。
狂人噛んで真役職どっちも始末できるっていうのはあるけど
それにしたって、奏真追うにしても○吊り」
市原仁奈 「茜おねーさんを吊れば漂泊の可能性がはっきりするでごぜーます。」
徳川まつり 「まつりは仁奈ちゃんと速水ちゃんで2Wを見るのです
たから仁奈ちゃん吊で速水ちゃん残しでもいいのかなって」
舞薗さやか 「指定:速水さん」
双葉杏 「妥協になるのそれ?>美嘉」
原田美世 「待機了解」
プロデューサー 「かしこまりました」
原田美世 「ん、占い両方潰し?」
徳川まつり 「でも速水ちゃん吊でもいいのです」
龍田 「了か~い」
城ヶ崎美嘉 「メッチャ妥協>杏」
市原仁奈 「〇しかでねーとおもうでごぜーます。どっちにしろ。」
プロデューサー 「ここからは。市原さんに手をかけるまでに、LW。あるいは狐を落とすことを、考えましょう>舞園さん」
原田美世 「指定了解です」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
舞薗さやか0 票投票先 →速水奏
城ヶ崎美嘉0 票投票先 →速水奏
飛竜0 票投票先 →速水奏
原田美世0 票投票先 →速水奏
市原仁奈0 票投票先 →速水奏
徳川まつり0 票投票先 →速水奏
日野茜1 票投票先 →速水奏
速水奏10 票投票先 →日野茜
双葉杏0 票投票先 →速水奏
龍田0 票投票先 →速水奏
プロデューサー0 票投票先 →速水奏
速水奏 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
原田美世 「占い吊りは余り考えて無かった…」
市原仁奈 「改めてグレー
城ヶ崎美嘉・飛龍・原田美世・徳川まつり・双葉杏・プロデューサー
吊は仁奈吊りも含めると実質残り3」
市原仁奈 「 」
原田美世 「「」」
市原仁奈 「奏はお疲れ様。」
原田美世 「狐は消えていないって見るのが妥当かな。
狩人もだし」
市原仁奈 「狐のことは考えなくていいよ。」
原田美世 「その場合グレー噛んでも良いと思う。共有護衛の可能性高いんだし」
市原仁奈 「グレランを生き残ることだけ考えてくれれば。」
原田美世 「了解です」
原田美世 「噛みはどうしましょう」
市原仁奈 「噛みは仁奈がやるですよ。1分45秒で。」
市原仁奈 「 」
市原仁奈 「 」
原田美世 「  」
市原仁奈 「 」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
龍田 「おはようございま~す」
飛竜 「なら狩人さんはいると」
プロデューサー 「一昨日の平和がどこで発生したか、について考えてみましょう>舞園さん

この村では1回の平和が発生しているため、
吊り数には若干の余裕があります」
舞薗さやか 「おはよう」
原田美世 「おはようっ」
市原仁奈 「霊能者の気持ちになるですよー!奏おねーさんは〇でごぜーます!」
城ヶ崎美嘉 「ぶっちゃけ仁奈ちゃん飼い狼確定で吊りませんって考えで統一されてますよってんなら別にいいけど
速水の真追いますよって形も取るなら茜吊って速水の○も撤回して様子見るルートじゃない?」
日野茜 「とりあえず全視点で1人外は確実にデリートできたので
あとは出来る限り獣臭そうなのをトライしていくだけでしょう

育ちゃん真で見る限り灰広すぎてもう2回位死体なしでてほしいところですが!」
飛竜 「普通に灰をみたらまつりさん原田さん城ヶ崎さんから2吊り後に市原さん吊りですね」
原田美世 「お、死体が無い」
双葉杏 「んー、どうなってんのかな」
龍田 「ん~、じゃあ狩人さんはいるとみて」
舞薗さやか 「…は?」
プロデューサー 「……であれば、昨日は狩人の慢心でしょうか>飛龍さん
あまり考えたくはなかったのですが」
城ヶ崎美嘉 「仁奈ちゃん視点どーなってんのさってあれこれ」
プロデューサー 「続けます>舞園さん


1.もしも狐を噛んだのであれば

速水さんが狼なら、中谷さんを噛まないでしょう
噛まねばならないのは、速水さんの◯に狐がいる場合……私か、双葉さんの場合くらいです
その場合は信用勝負が成り立ちません」
舞薗さやか 「え?えー…?」
市原仁奈 「でごぜーますな。」
原田美世 「狩人が生存? 狐の可能性…んー…面倒…」
日野茜 「仁奈ちゃんが飼い狼である以上
私も「飼い狼扱い」されているということですよ美嘉さん!」
龍田 「んー?」
双葉杏 「んじゃ灰指定でいこう。個人的には美嘉の茜吊りが非常に育真切り飛ばしで何の妥協にもなってないっていうのがあって」
プロデューサー 「2.もしも狩人が護衛成功したのであれば

私は中谷さんと、考えていました
しかし、それならば昨日中谷さんが護衛されない理由がありません

狩人の慢心か、あるいは他の位置を護衛していたかです
(もしも速水さん護衛なら、昨日は狩人が名乗りを上げていたでしょう)」
飛竜 「多分私、プロデューサー、杏に狼がいる可能性を追うなら6人のときに吊れば
多少は追えるかと、最終日に市原さん吊りケースは多分実質先程の3人吊り切りになるかとおもいます」
飛竜 「そこ迂闊すぎて逆に残してもいいのかも>城ヶ崎の茜吊り」
徳川まつり 「おはようなのです
昨日も言ったように霊欠け、速水ちゃんと仁奈ちゃんで2W見ていくのです
もし違ったらそろそろ飽和も見えてくるので狼が吊られにこないとおかしいと思うのです
なんにせよ仁奈ちゃんはまだ吊らなくていいと思うのですLWもあるし

飛竜さんが喋ってるわりに噛まれてないのは気になるのです

あんまり疑ってはなかったのですが
プロデューサー 「ここからは。市原さんに手をかけるまでに、LW。あるいは狐を落とすことを、考えましょう>舞園さん
この発言はちょっと人外っぽいかなと思いました
仁奈ちゃんは確かに残していいかなと思いますが仁奈ちゃん真みても偽の狼見ても、明日は狐じゃなくて狼を吊りにいくべきだと思うのです
日野茜 「仁奈ちゃん視点で奏さん即噛みは初日ならできたはずです多分
狂狐主張は3朝の時点で否定しました!」
原田美世 「仁奈が真でも噛みはしないと思うんだよね。
狼から見たらわざと買われて吊られる位置になる訳だし噛む意義もないし」
舞薗さやか 「仮指定:飛竜さん」
城ヶ崎美嘉 「ぶっちゃけ狩りがさやかでGJ出したか速水でGJ出したか
そう思っただけで灰噛んだかって話っしょ>最初のは」
プロデューサー 「以上です

灰を見る参考にはならないと思いますが、今後狩人がCOをした際に整理しやすくする、
あるいは進行を考える参考になればと思います」
龍田 「んー、そこ?」
市原仁奈 「仁奈としては茜さん吊ってほしいとしかいえねーでごぜーます。>さやかおねーさん
ここで育おねーさんが囲ったから狂人噛みしたとおもうでごぜーます。」
双葉杏 「狐噛んでるっていうならむしろいいんじゃないかな?>美世
狐把握してるだろうし、仁奈が真ならそれこそあとで告発出てくると思うよ。」
飛竜 「残念ですね。どうぞ」
飛竜 「少なくとも先程の3人より優先されるとは思いませんでしたが上官の命令なら従います」
原田美世 「んー。飛龍さん指定。」
プロデューサー 「はい、だからこそLWにする。それが難しければ狐、という優先順位です>徳川さん」
徳川まつり 「まあ昨日狩人COが無かった時点で占い護衛ではなかったという事でしょうね
狩人が生きてたとしても」
城ヶ崎美嘉 「ないない
狐噛みなら概ね昨日時点で動きなんかあるって>育で真噛めてるなら」
飛竜 「恐らく推理を残すと、まつりさんは狼だと思ってます。
2吊りならそこと、どちらかというと城ヶ崎さんよりは原田さん」
舞薗さやか 「本指定:飛竜さん」
龍田 「個人的には杏ちゃんと飛竜ちゃんは割と見ていたかったんだけど」
市原仁奈 「今茜おねーさんを吊れば、奏おねーさん視点でも育おねーさん視点でも1w見つける
安定した進行になるでごぜーます。>さやかおねーさん」
プロデューサー 「飛龍さん。貴方が狩人吊りを恐れるのであれば、理解はします」
飛竜 「ですかね、杏ープロデューサーは強い狼を否定しませんけど、
私つるなら多分届かないかな」
原田美世 「育を真に見た場合奏さんを狼と見るか狂と見るか狐と見るか
そこでも味方によって仁奈を騙りとも見ることもできる訳だし」
プロデューサー 「それと、双葉さん」
徳川まつり 「>プロデューサーさん
狙えるなら狼ですが、もし狐にささってもそれはそれでという事なのです?」
双葉杏 「ならないんじゃない?>仁奈
結局そこで3吊りで、そのああと誰吊るってなると仁奈になるけどいいの?」
城ヶ崎美嘉 「そもそも漂白噛みまで見るなら茜で囲われもあるよねーってアレなんで
とりあえず速水の真も追うならだと超妥協」
日野茜 「状況として占い双方ともに「狼狙いの占い」をしなければならなかった
であれば交換されて見つかるのは前提の上で進むはずなんですけどね仁奈ちゃんもまとめて吊れますし

漂白にメリットが正直ないんですよ私の場合」
プロデューサー 「おそらくですが、城ヶ崎さんは中谷さんの結果を見ていないと思います
昨日の発言を見るに、彼女は◯を把握していないかと……」
プロデューサー 「ええ>徳川さん」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
舞薗さやか0 票投票先 →飛竜
城ヶ崎美嘉0 票投票先 →飛竜
飛竜8 票投票先 →徳川まつり
原田美世0 票投票先 →飛竜
市原仁奈0 票投票先 →飛竜
徳川まつり2 票投票先 →飛竜
日野茜0 票投票先 →飛竜
双葉杏0 票投票先 →飛竜
龍田0 票投票先 →飛竜
プロデューサー0 票投票先 →徳川まつり
飛竜 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
原田美世 「セフセフ 胃が痛い」
原田美世 「噛みは共有? グレー?」
市原仁奈 「がんばってくださいですおねーさん!」
原田美世 「頑張りますっ!」
市原仁奈 「龍田噛み。なのでグレーに確定で狩人。茜狩人は切っていいと思う。」
原田美世 「ふむ、逆に龍田さんも狩人除外。
飛龍も狩人と見るにはアグレッシブな気がしたし」
市原仁奈 「噛み先3択をまた考えますです。噛みは1分40秒。ログ読んでていいでごぜーますよ。」
原田美世 「すると美嘉かな…?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
日野茜 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
日野茜さんの遺言                                ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
プロデューサー 「訂正します。城ヶ崎さんは◯を把握していましたね、すみません


今日の選択肢は2つです>舞園さん

1.市原さんに退場して頂き、狩人に期待をする(あと1回の平和で吊り数は増えます)
2.狩人に期待をせず、狼が残り2であると考えて市原さんを残す

私は1の方を勧めます」
龍田 「おはようございま~す」
城ヶ崎美嘉 「プロデューサー>やだなぁ、私がまるで考え無しみたいじゃない

言わないだけで考えてはいるんだよ
狩りはいるって言い切った飛竜が狼はあるのかな、とか」
舞薗さやか 「おはよう」
市原仁奈 「霊能者の気持ちになるですよー!飛龍おねーさんは●でごぜーます!」
双葉杏 「じゃあ仁奈狼決め打ちでいい」
原田美世 「おはようっ」
市原仁奈 「さやかおねーさんすげーでごぜーます!」
龍田 「仁奈ちゃん狼決め打ちで」
舞薗さやか 「はい、うん、なるほど…うわぁ…」
原田美世 「ん、グレー噛み。」
市原仁奈 「奏おねーさん狐だったでごぜーますか!?」
双葉杏 「問題はLWになってるかどうかなんだよなー」
プロデューサー 「理由は。8>6>4>2、残り2Wと考えた場合に
私は「残り2吊りでLWを狙う」ことを勧めるからです

それが少なくとも狼には負けない進行です」
城ヶ崎美嘉 「まぁ茜噛むならあんまりゴチャゴチャ考える必要はないねってアレ」
龍田 「は?」
双葉杏 「グレーっていうか育の○ね>美世」
徳川まつり 「おはようなのです」
原田美世 「仁奈が偽なら結果を誤魔化してる訳だしLWの可能性十分にあるんだよね」
プロデューサー 「私は正直なところ、あまり考えていませんね……>城ヶ崎さん
あまり狼像に当てはまらないので」
舞薗さやか 「まだ吊り余裕あるよね?」
徳川まつり 「プロデューサーの言う事はなるほどと思ったのです
だからこそ良く喋れてるのに初手に占いに〇もらってるのに残したら殴り負けそうでSGにしにくいだろうプロデューサーが残る事には違和感があるのです

仁奈ちゃんに関しては狩人が狂人占い護衛して平和出してたのにその占いが吊られそうになってるのに名乗り出ないという主張してる感じなので、ここは完全に狼だと思うのです
なので茜ちゃんと、龍田ちゃんは村でみるのです」
市原仁奈 「奏おねーさん狐で育おねーさん狂人でごぜーます!3日目の平和は奏おねーさんを
噛んでの狐噛みだったでごぜーます!」
龍田 「これをグレーとは呼ばないと思うのだけれど」
城ヶ崎美嘉 「LWになってるなら育は噛めないし
飛竜LW路線なら保険かける意味では噛みがたい」
プロデューサー 「LWになっているとは考えません
市原さんの投票、そして中谷さんが噛まれたタイミング

真壁さん、市原さん、あと1人はいると思っています」
市原仁奈 「だからそのあと育おねーさんを噛んだんでごぜーますよ!
そうすれば仁奈を吊るすことができるから!」
双葉杏 「凡そ奏狼だろうと見た場合は灰吊って、結果がなんであれ仁奈吊り。
続くなら最終日。終わった場合は仕方ないよねで流す系。」
プロデューサー 「あります、ですがあと3回です>舞園さん
市原さんを含めて3回ですね」
城ヶ崎美嘉 「仁奈を狼仮定した場合、最悪絶望村>さやか」
徳川まつり 「LWになってるとは思わないのです
グレーにまだ狐と狼はいると思うのですよ」
市原仁奈 「仁奈を信じてほしいでごぜーます。」
舞薗さやか 「仮指定:まつりさん」
市原仁奈 「初日からきついでごぜーます。」
龍田 「吊り余裕、で考えるよりはどこを吊りの換算に含めたうえでどれだけ縄が使えるか
もっと言えば残ってる想定人外数よ」
城ヶ崎美嘉 「プロデューサー、今日含めて三回だから最悪足りてない」
原田美世 「でも占い量補吊ってる訳だし狼は確実吊ってるって見ても良いだろうし…
狼全潜伏…… 無いよなぁ」
双葉杏 「仁奈視点でいうと狂狐-真でしょ?
そこで初手共有噛みってする?」
プロデューサー 「その上で。今日、明日、明後日の3回です

狼に負けない進行ならば、今日市原さんを。そして明日も狼あるいは狐を
それでも終わらなければ狼を狙う、という形ですね」
市原仁奈 「初手共有噛みじゃなく初手奏おねーさん噛みだと思うでごぜーますよ?」
徳川まつり 「2W1Fは残ってる気がするのですが初日霊能見るなら狂人がどこかはさっぱりなのです飛竜さんが一応そういう候補ではあるのですが」
プロデューサー 「狩人、あるいは狼のどちらかだと思っています」
プロデューサー 「……いかがでしょうか?>徳川さん」
双葉杏 「その順番自体は変えたほうがいい気がするけど>プロデューサー」
原田美世 「占いをいきなり噛まなかった以上占いに狼出てる気がしなくも無いんだけど
組合せで狼が察知  ってのは余り可能性高いとは思えないしなー…」
徳川まつり 「COなし」
プロデューサー 「徳川さん」
徳川まつり 「ごめん遅れたのです」
舞薗さやか 「本指定」
龍田 「今日含めて3回。仁奈ちゃん吊りで消費するから1回。
残ってる狼数(狐数も混むけどこれに関しては何とも言えないから)の想定の問題で」
城ヶ崎美嘉 「まぁ狩り生きてるなら期待って感じかな>まつり人外なら別」
徳川まつり 「でもまつりは狩人でもないけど村なのです」
原田美世 「指定了解です」
プロデューサー 「……違いましたか」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
舞薗さやか0 票投票先 →徳川まつり
城ヶ崎美嘉0 票投票先 →徳川まつり
原田美世0 票投票先 →徳川まつり
市原仁奈0 票投票先 →徳川まつり
徳川まつり7 票投票先 →プロデューサー
双葉杏0 票投票先 →徳川まつり
龍田0 票投票先 →徳川まつり
プロデューサー1 票投票先 →徳川まつり
徳川まつり は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
原田美世 「んー…明日仁奈吊りであり得そうだし私が残れるか……」
市原仁奈 「残り2吊りなので。」
市原仁奈 「明日仁奈が吊れるのは全く問題がないでごぜーます。」
市原仁奈 「噛みたいグレーはあるでごぜーますか?」
原田美世 「仁奈に問題無くても胃が痛くなるんだよ…頑張るけど」
市原仁奈 「邪魔に感じるグレーでもいいでごぜーますが。」
原田美世 「流石にここまで残るとねぇ。
利嘉は残しても良いんじゃないかなと思うし龍田か杏か」
原田美世 「仁奈が噛みたい所あるならそこでも良いよ」
市原仁奈 「了解でごぜーます。」
市原仁奈 「明日万が一指定されたら狩人COするといいでごぜーます。」
市原仁奈 「明日指定されなかったらなしで。」
原田美世 「あい、」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
双葉杏 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双葉杏さんの遺言                 ,ィ/  _____
            {/,: ´: : - 、: : : : :> 、
          ,. :´: : : : : : : : :\: : : : : : ヽ
        /:,: : : /: : : : : : : : :ヽ: : : : : : ',
          / : /: : : | : : : : ∨: : : : :,: : : : : : .
       ': : :': :|: : {: : : : : :|: |: :_,|: ∨: : : : : : .
      /:/ : |: :|: :l:|: :{: : : :|ー}7从 : ∨__: : : : }
      /: ': : :{: :!_{:从: : : |,イ笊下: |∨}: : : : :.
      |: { : : :',:.|,ィ笊ミ、\_{ 弋zソ'l: |:.|ノ: : : |: ::.
      {:八: : :从 込ソ 、       |イ: |: : : : l: : }
      |{  }、: 〉: \     ,. ― 、  ,|: : : : : /: :/
.      从 |: \: 、人    ∨_...ノ イj: / : : ' : イ
        八 : : \:\>--- r < /:/--=彡'ヽ
         \ : : \」 __,ノ   {://⌒}: :Ⅵ
          }:/\r-、,-ァ、_,ィァ__/    | : : |
            /:{  「/ ´// /´       /: : ∧
         /: ,'  /   ´/       /: : / L_
        ,: /´  ,'   イ   _ィ_     /: : /   ヽ
         /:/   ,   「    申 十; /: : /      }
      /:/   /   ,:     土 | /: : : {      ∧
       /:/   /    j         /: : : : | /   /  〉
     ,: : : 7、 /    , _     {l /: : : : : |'      /
     /: : :/ l{    / ´_>    ∨: l: : : : :|     イ
    ,': : :/   乂_.. イ {l二}!    {: :.{: : : : :|\__/ |
    /: : /    /   ><    |: :l|: : : : :|  :.    ',
   ,: : :/     / l  ´   `    |: :l|: : : : :|    ,    :.
  ,: : /    ,  |           |: :l|: : : : :|   }     }
徳川まつりさんの遺言 先に逝くのですはいほー!
                  _ _ _               _ ィ
                ゝ"z_   C` ヽ、__ _    _y ' ´ /
                   ヽ C  c.ヾr ー-v ‐ "c  C  , '
                   , シ>-―-'-ュz7_ C    c ン
                  ン ":::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、z -‐ く
.                 , '.::::::::::::::::::::: .::::::::::::::::::::::::::ヽ ヘ::::: ',
                7:::: .::::::....:::::: , :::::rv:..:...::::::::::::::ヽ V:::: !
                f:::::::::r:::::::j!:::::ハ::::/. ヘ:::::::::::::::::....::ヽ!::::: !
.               i::::::::::t::::: ハ:::7 t:7.  ', :::リ:::::::i:::::::: ', :::::i
.               ハ::::::::::k::::f__t_!. ヘ!.   t:: ハ::: リ!::::::::: i:::::::!
               f t:::::::::t.彡ycヾ     iン t::/ i::7:::::::i:::::::!
               !::ヘ i:::::氷. k心}.     ,ゞcヾ, iン::::::::j::ヘ::!
              リ !::ヘ!t!   ゙ー'      k心} jイン::ゝj:::::iリ
.              ,'!:::i:::{.λ      ,    ゙ー ' ツ /_::::}::::::::ij
              f !:::t:ゝ_t             /-.j:::i:::::::::i!
              i::i:::::k::::ヽィ、   /.ヽ     y! ン:::j::::::::::i
              ! t:::::ヘ::::y ' ー.. 、.{__ノ   _ -'-=":::::7:::::::::::!
.             i k:::::弋 ー-v::::j  ,.r‐ァ." :::r- ミx::/:::::::ノ:: !
             t:::::ヘ::::::::廴ン:::::ノ`y' ,イt::..:::弋_:::::::: _ン..:::リ
.             弋ヽ、::::::::::::::rニ^ V /ー ゝ::::__   ̄:::::::::::ノ
             r "ー-z __y'ーt ヘ. ヘ {ン 〈/./  ̄ ヘ_少
            /.    y:::〈.t ヘ ' .jr "V::/y.     }
.           / ,  .ン::ンλ'    /tキ/::7. ン     .j
.           7_ン  r":::/.r./    ./i!i!i/:::7-'      !
          ノ "  .f:::::::7、ハ    /ー‐'r "       7
        r "    7 ー- _::::ヘ   .t-‐ {. ‐- - 、_   ハ
       f     .f: : : : :_>‐ヘ.   V-t‐"ー‐ィ- 、ミッ,  .i
.       ハ     {: : :/::::::ン"i   .ヘ:::/-ン´ ー'-ヌヘ_ t .リ
       ゞ升ヘ::::::::t: : t::::::y"/i:::k   .ヘゝf      /tイノ
       tィゝミヌt_ハ: : 廴tン. i乂t   ヘ/     .7
       弋ュkヽ、_.ハ: : : フ:::::f爻ト!    ' ,    .7
        /`ゞーz__ュヘ: : f:::::::i!水i!t     ヽ   7
.       /     ン` i: :t::::::::ト-‐t.ヘ     t .7
     _メ    , '   i: : へ::j::i::i ヽハ     ' .7
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
龍田 「おはようございま~す」
プロデューサー 「……すっきりしません
明日が来る予感がしています

……なんと?」
市原仁奈 「霊能者の気持ちになるですよー!まつりおねーさんは●でごぜーます!」
原田美世 「おはようっ。」
舞薗さやか 「おはよう」
プロデューサー 「双葉杏さんが狼ではない……」
龍田 「杏ちゃん噛まれちゃったかぁ……」
城ヶ崎美嘉 「杏死ぬんだ」
舞薗さやか 「まぁ、杏は狼じゃないよね」
原田美世 「最悪の2Wを考えるなら仁奈吊り固定なんだけど。
Lw-LFは無さそう… かな?」
市原仁奈 「仁奈を残してほしいでごぜーますが。」
原田美世 「杏が噛まれだから狼じゃ無い。。。と。」
市原仁奈 「だめでごぜーましょうか。」
城ヶ崎美嘉 「まぁぶっちゃけ仁奈ちゃん吊るのがベター」
プロデューサー 「間違いを犯さずに済んだことに安堵しますが
……ならば、狼候補は誰になるのか

城ヶ崎さん、原田さん、どちらもこの進行を選ぶタイプの狼には見えなかったので……」
龍田 「最終日が来て生き残ってて村狼って判断の位置だからね、私的には」
龍田 「仁奈ちゃん吊って、かしらね」
原田美世 「てか狐噛んでたらもうちょっと何とかするよねって思うけど」
城ヶ崎美嘉 「美世>それはもう投げ捨ててるからね
仕方ないね」
プロデューサー 「明日が来ることを前提に、話し合いましょう」
舞薗さやか 「指定:仁奈さん」
市原仁奈 「ひつじさんのきもちになるですよ・・・。」
城ヶ崎美嘉 「プロデューサー
それ龍田さんしか残ってない」
プロデューサー 「舞園さん、議題はありますか?
発言から狩人が露出する恐れもありますが……少しでも情報は多いほうが良いかと」
プロデューサー 「ですが、龍田さんは中谷さんの◯です>城ヶ崎さん」
原田美世 「明日来るなら仁奈吊って残り4人で誰が狼かって話になるし
グレー噛まれたら3人?」
龍田 「私が狼に見える?
うふふ>プロデューサー」
市原仁奈 「さやかおねーさん、がんばってほしいでごぜーます。」
城ヶ崎美嘉 「龍田は杏村で見てたっけか?」
プロデューサー 「いえ>龍田さん
2日目、そして3日目の私の投票が答えです

同時に、私が貴方に投票した市原さんを見限った理由も」
原田美世 「仁奈狼で見るなら育真で見て龍田さん除外?」
市原仁奈 「仁奈は。」
市原仁奈 「仁奈は。」
市原仁奈 「おもうがままにじゃあくであったでごぜぜますよー!」
市原仁奈 「かんだでごぜーます・・・。」
プロデューサー 「……舞園さん。情報が欲しければ、動くことを勧めます」
城ヶ崎美嘉 「まぁ両偽見ない限りは吊るそうとは流石に言わないけど
私も美世も違うなら、ねぇ?>プロデューサー」
舞薗さやか 「読みにくい… >仁奈さん」
原田美世 「ひらがな…」
龍田 「私は飛竜ちゃん、杏ちゃん最終日送り派ね~。これは飛竜ちゃん指定された時にちょろっとだけ
プロデューサーも狐見ない場合付随してた感じ>城ケ崎さん」
プロデューサー 「私は出来る限り、情報を提供します」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
8 日目 (1 回目)
舞薗さやか1 票投票先 →市原仁奈
城ヶ崎美嘉0 票投票先 →市原仁奈
原田美世0 票投票先 →市原仁奈
市原仁奈5 票投票先 →舞薗さやか
龍田0 票投票先 →市原仁奈
プロデューサー0 票投票先 →市原仁奈
市原仁奈 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
原田美世 「地味に噛み場所困る…… 共有で殴り合うか龍田… 狩人…こわい…」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
龍田 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
龍田さんの遺言              ___
        -=ニニニニニニニニニニニニニ=-
     .ィ≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ》
    /ニニニニニニ=-‐   ̄ _  -=≦Yニ./
   .乂ニニ/==ニニニニニニニニニニニ> ´
      ` -=ニニニニニニニニ=-_.ィ:≠ミ、
        .ィ=ミ、::::´::::::::::/:::::::::::::::::\
        /:::::::::::::>..、:{::/:::/:::::::V:::::::::ヾ:、
       ./::::::::::::::::|::::::::::::ヽ::/::ニ=-}:::::::::::::::∧
     /:::::::::::::{::::|::>-‐≠ ´   ト、::::::::::::}:∧
      .′::::::::::::lイ:|´       __|{ V:::::::::|:::∧
     .′i:::::::::::::||::レ -‐-    ´  || }:::::::::|:/::::'.
    ./{/i:|:::::::::::::||::|          .|| |:::::::::|:::::::::}
   〃|:::::l::::::::::从Y!         .ィ ≠ト::::::::|》::::::|
   {{ l|:::::|:::::::::::{ V{ ..ィ≠ミ      .乂:::::::::|::::::::ハ
   || l|:::::|:::::::::::|人|      '    }::::::::八::/:::}
  八 V:::|:::::::::八>ヽ      __   ァ l|::::::/::::/::::リ
     ヾ{::八:::{:::V::::}>   ` - '  八::/::::/:::/}
      \::V乂{-≠=- ≧  _. イ:::::/::::/´
       .ィr=ミ、:人 __ .〉 ∧ / .ノ:_//   >- ―: .、
      / : {: : : : :`¨ : }  V  } { __ ノ `丁´ : : : : : : : ハ
      l{ : 八: : : : : : :.リ  .>「」<     {: : : : : : : : :/: :}
     八: : ∧: : : {: :./  〃/ハ{ヽ     |: : : : : : : :/: :.リ
       V: /: ヽ: :|:_ノ  .////  {{ \  .ゞ、{ : } : イ: : /
      V: : : : :ノ    {:{//}l0.{{、  }}    `ヽ/ : : : ′
       }: : /      |ノ{=トvイ }}ヾノ     \: : :{
       》:/       =-|| .}::|::{ ||          .V/
      //        .-‐|l/::八:V}         ∨
       {:′      /::/:∧V\          .}
        ∧      ./::/ノ::|::ヽ`:::\        .八
      ./::个:., r<:::::::::::´:/ \:::::::::::::`ヽ_   イ: : :}
      .V/´:::ィ{/乂::_:::::イ´_:::Y´_::ヽ、:::::::::ノハ、: `ヽ Y
      乂:/ 乂/ノ、: { ̄: : : : : :  ̄:`:7<_/} ヽ: :}: }
       .八   イ: : 》|: : : : : : : : : : :}/乂___ノ  V:ノ
市原仁奈さんの遺言             _ --―´ ̄ ̄≧ト、
          _ ′_,-、_,-、___  ≧__
        .// ノ _     _ .(.  ト、_ ヽ
        |_./ l   _T_____}  .\___ノ
       r-.| ノー:.´: ハ: : : : : : : :ヽ >{_}<
      V⌒マ l./⌒ ̄ ̄ ̄⌒\: : i .〈⌒\
      `ーヘ |:|         |: :|  ゝ、_ノ
          人.|:|  ┃     ┃  !: | /〈
          )(⊂⊃ 、 , ⊂⊃|: :!   \⌒i
         l i >---------イ|: :|   i ヽノ
        /「ノi: :|        i: :|「ノィ___ノ\
      ./   人ノ         !ノ       \
     /                        ヽ
    ./                         .ム
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
舞薗さやか 「おはよう」
原田美世 「おはよう。」
城ヶ崎美嘉 「アッハイ」
舞薗さやか 「知ってた >龍田噛み」
原田美世 「龍田さんが噛まれ…」
プロデューサー 「……おはようございます」
城ヶ崎美嘉 「これなぁ、正直美世あんまり見てなかったんだよね」
プロデューサー 「よろしいでしょうか?」
舞薗さやか 「はいどうぞ」
プロデューサー 「原田美世さんの発言がどこまで演技か
城ヶ崎さんの発言がどこまで本心か

それに尽きると思います」
城ヶ崎美嘉 「前置きよそうよ」
城ヶ崎美嘉 「美世からはなんにもないの?」
原田美世 「で、美嘉かプロデューサーか。
個人的にはプロデューサーが発言結構多かったのだけど杏と話していたのが何ともとは言える。」
プロデューサー 「よって、原田さん
できれば貴方がこれまでに考えた内訳……それと、噛み先の推理を訊いてもいいでしょうか?

それで貴方の本心が理解できるかもしれません、そうであって欲しい」
プロデューサー 「私は……これまでに大体のことは話していますね」
城ヶ崎美嘉 「私に関しては飛竜 仁奈で見てるけど」
原田美世 「杏との強い狼とか言われていたけど杏は噛まれているわけだし。
でもこれで逆にプロデューサーは余り吊らなくても良いと思う。 吊るなら身ぁkでも良いかな。とは思ってる。」
プロデューサー 「狼に関しては。私は真壁さん、を考えています
速水さんは狂人であるとも」
城ヶ崎美嘉 「ただまぁ
三吊りで間に合うとカウントしてたプロデューサーは内訳見えてた味あるよね」
原田美世 「狼安らここまで昨日までに推理をこぼしている場合最終日に残る前提とかも思ったにはあるけど。」
プロデューサー 「理由は投票でしょうか。市原さんと速水さんが仲間同士なら、
そして真壁さんが非狼なら。3日目は真壁さんに揃えるでしょうから」
原田美世 「私の場合龍田さんも噛まれた以上育は完全に真で見て仁奈狼。
狐は最悪グレランでつぶされていて 残りの狼2個の位置」
プロデューサー 「私は「最終日の1日前に狼を仕留める心づもり」を提唱しています>城ヶ崎さん」
城ヶ崎美嘉 「まぁ私は飛竜の発言からだけどね」
プロデューサー 「それだけ怖いのですよ。狼に負けることが
だから8人の時点でも市原さん吊りを提言しています」
原田美世 「飛龍は話具合的に狼とは余り見て無い。 するとまつり-美嘉。
もあり得るんじゃないかなって」
プロデューサー 「他にご質問は?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 4 回目)
9 日目 (1 回目)
舞薗さやか0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
城ヶ崎美嘉2 票投票先 →原田美世
原田美世2 票投票先 →城ヶ崎美嘉
プロデューサー0 票投票先 →原田美世
9 日目 (2 回目)
舞薗さやか0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
城ヶ崎美嘉2 票投票先 →原田美世
原田美世2 票投票先 →城ヶ崎美嘉
プロデューサー0 票投票先 →原田美世
9 日目 (3 回目)
舞薗さやか0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
城ヶ崎美嘉2 票投票先 →原田美世
原田美世2 票投票先 →城ヶ崎美嘉
プロデューサー0 票投票先 →原田美世
9 日目 (4 回目)
舞薗さやか0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
城ヶ崎美嘉2 票投票先 →原田美世
原田美世2 票投票先 →城ヶ崎美嘉
プロデューサー0 票投票先 →原田美世
[引き分け] 引き分けとなりました
ゲーム終了:2016/12/13 (Tue) 00:21:50
飛竜 「お疲れ様」
プロデューサー 「みくは自分を曲げないっ・・・!」
岡本まなみ 「わぁい」
龍田 「ふふふ、お疲れ様」
中谷育 「お疲れ様ー」
速水奏 「おつかれさま!」
プロデューサー 「絶対に曲げないっ・・・!」
原田美世 「ああああ ごめんー」
市原仁奈 「お疲れ様でごぜーます!」
日野茜 「お疲れ様でしたー!」
城ヶ崎美嘉 「お疲れ様」
舞薗さやか 「うわぁぁぁぁぁぁ!」
岡本まなみ 「というわけでお疲れ様でした。初手死亡狐ですまない…すまない…」
原田美世 「お疲れ様でしたー」
双葉杏 「お疲れ様」
渋谷凛 「お疲れ様。
狐には蒼の剣だね(ニッコリ)」
赤馬零児GM 「ご苦労様だ
本日の初心者村は引き分けだ
各陣営、健闘した」
舞薗さやか 「マジですかぁ…」
徳川まつり 「お疲れ様なのです」
真壁瑞希 「お疲れ様でした(ハラハラ」
赤馬零児GM 「ちなみに私は未だにあかいいとを手に入れていない」
高峯のあ 「お疲れ様。自分の意思を貫き通せたのね、プロデューサー」
城ヶ崎美嘉 「まぁ、龍田噛まれ…がわざとらしいかなって」
市原仁奈 「惜しかったでごぜーます!かっこよかったでごぜーますよ!>美世おねーさん」
双葉杏 「方向転換読みから外しちゃった」
中谷育 「美世ちゃんは3日目に吊りたかった…
プロデューサーがあの日に美世ちゃんを占い先に挙げてたのを
信じるべきだったなあ」
プロデューサー 「みくは自分を曲げないよ!>高峯」
双葉杏 「奏-仁奈で狼だろうから育噛みしないっていうのが決め打ちすぎなんだろうなぁ」
高峯のあ 「たぶんイオンとかに売ってるわ>赤い糸」
渋谷凛 「相方のさやか、本当にお疲れ様。
まさか即噛まれて退場すると思ってなかった…」
岡本まなみ 「手芸屋さんに行けば…>GM」
原田美世 「いや、あそこで共有者噛みに行く度胸無い…」
城ヶ崎美嘉 「赤い糸(相手がいるとは限らない)」
舞薗さやか 「Pは信じられると思った。それは間違ってなかった。」
真壁瑞希 「私は一時間で入手しました(キリッ」
龍田 「ふふふ」
日野茜 「それが決め打ちすぎだと狩人は何を信じればいいのかわからなくなります!>杏ちゃん」
徳川まつり 「村は霊能欠けが痛かったとはいえ
狼陣営も初手で2W露出する中でいい勝負でしたね
狐さんは・・・あそこ抜ければ残れたかも
狼陣営の投票が強かったですね」
城ヶ崎美嘉 「美世>そこで感想か何かあればもう少し迷ったかな」
渋谷凛 「だからまゆのシングル…>運命の赤い糸」
高峯のあ 「武内君ならまだしも、貴方に猫耳は似合わないわ。>プロデューサー」
龍田 「まぁ、真壁ちゃん吊りはちょっと弱気だったかしらね」
プロデューサー 「それが村人の仕事よ>舞園

吊らずにおける村人が増えれば増えるほど役職者は気が楽になるもの」
龍田 「そこは龍田も方向転換しなきゃ」
岡本まなみ 「えーっと、人が帰ってしまう前に一つ告知をさせてください。」
中谷育 「いちおー霊界から見てて思ったのは

>でもこれで逆にプロデューサーは余り吊らなくても良いと思う。 吊るなら身ぁkでも良いかな。とは思ってる。

での「でも良いかな」ってのが最終日にしてはちょっちあいまいじゃない? って思ったかなあ」
舞薗さやか 「止めろ!そういう事言うとの人の事だから… >のあ」
プロデューサー
  / ̄\    / ̄\
  l     l_____l    l
  \  /   \ /
   /  「  ヽ \
   |  (●)(●) |
   |     |     |
   | ≡ __´_ ≡|    ニャーン >高峯
   |   `ー'´   | 
   ヽ       |
    ヽ     ノ
     /    く
     |     \」
双葉杏 「しかし長々書いても結局噛まれると日の目を見ないからもう護衛箇所と死体だけでいいのではないだろうか、と供述しており」
龍田 「ふふ、やると思った」
城ヶ崎美嘉 「そんな!私たち親友だよねさやかちゃん!
津之木二中のファイヤーシスターズとまで呼ばれたじゃない!」
舞薗さやか 「ほらー!!絶対やると思ったー!!」
高峯のあ 「次はのあにゃんも信じよう>さやか」
龍田 「正直これネズミよね?」
渋谷凛 「ネズミじゃねーか>Pさん」
日野茜 「せいぜい3日目をグレランにしていれば程度なんでとやかく言うところってないと思う気がします」
舞薗さやか 「しかも鼠っぽいし!」
高峯のあ 「夢の国に通報しておいたわ>できない夫」
プロデューサー 「狼を見つけるのも村人の仕事、だけど役職者に信じてもらうのも村人の仕事だと思うだろ
村人が吊れなければ狼が吊れるもの」
岡本まなみ 「四条鯖定期闇鍋村ですが、今週は四条闇鍋村特別祭といたしまして、
30人の大規模超闇鍋村を開きたいと考えております。
日程は12/17 9時に開村、集まり次第or10時までには開始したい所存。
ルールはいつも通りです。」
中谷育 「まあ潜狂占いを回避できただけマシかなー」
日野茜 「プロデューサーがあまりにも狩人に喧嘩売りすぎてるんでちょっと迂闊すぎると思いました!

と言う前に私が死んでました!」
プロデューサー 「城ヶ崎が最終日、こっちに投票する予感がビンビンしてた
死ぬと思っていた」
岡本まなみ 「出来るだけ多くの方に参加していただきたいので、来ていただければ幸いです。」
城ヶ崎美嘉 「あ、告知までしてなかったやいけない」
原田美世 「曖昧言葉ー…ムムム」
徳川まつり 「長くちゃんと書いてるほうが狩人CO同士の信用勝負になったときは信用取れると思うから・・・でも確かに狩人日記とかは無駄になる事も多いのです
狐日記とか書く人もいるようですが」
高峯のあ 「22時か10時か、」
龍田 「真占いに占われちゃうのはまだまだよねぇ」
プロデューサー 「狩人に喧嘩? まさか」
岡本まなみ 「良かったらこの闇鍋村も軽く書いておいていただけますとありがたいです。
村後の宣伝でもよろしいですけれど。<美嘉さん」
中谷育 「プロデューサーが狼ぽくないから交換しなかったけど
◎狙いのが良かったのかなあ…んー」
城ヶ崎美嘉 「噛みに対する美世の反応書こうとしたら超過してた>プロデューサー」
プロデューサー
 /7 「!            {
.〈/  .|」 ア ⌒ー'⌒ー ‐ ‐ ノ
                }_,___,.__,
  暴力はいけない   /冖宀¬‐-、
   よね       /   - ─ - _ヽ   _i_
              /-‐   _ ,   /__ \   !
ー┐r--─┬=ニ二, --──'⌒ヽ   {'⌒¬}
  | L_  _|   / / ⌒ヽ    ',  ノ⌒ヽ〔     _|_
  丁 ̄ 「     _,r‐ーt=ァぅ  ;   i {rt=ァァ{        |
  |_  }      ' ̄ ̄ ̄      ヽ ̄  Y
   .廴 /                   _}   /
   jr、 Y            /_{  〉 rイ   _i_
   |rクi L_ _   _/__,.イ ゝ,(⌒ーイ {. |   |
  _{ { { |   \,r-_ _,-─'_,ニ二⌒) | |  :: : :
_/{\__}     ゝ  ̄下 ̄`ー-─┴「 L∧  :: : :
  | \ `ー‐- _       `ーー--イ  .{ |__:: : :
 |  \   二 `ー-、_         /  ト    ̄
  〉    \  二     \`ー───イ   ト辷つ」
岡本まなみ 「ああ普通に22時です>のあさん」
舞薗さやか 「思考は混乱しまくったけど、自分を曲げなかったぞ…!」
中谷育 「初日狐吊りだと狐目狙いの目がぼやけると供述しており>龍田さん」
速水奏 「後はLMBG村が、水曜22時からあるのでよろしくおねがいしますー!」
城ヶ崎美嘉 「まなみさん>あいさー」
日野茜 「囲い潰しするだけでも効果てきめんですからねこういう村だと!」
高峯のあ 「そう」
プロデューサー 「人外を狙っていいと思うの、占い師は」
舞薗さやか 「…まだ胃が痛いorz」
龍田 「推理は残さなくていいからっていうのは共有の推理云々残させちゃうと大体狼に利用されるから、方策だけって意味ではあったのよね。
そことか引っ掛からせちゃったならごめんね?>中谷ちゃん」
岡本まなみ 「というわけでお知らせ終わりーです。
その次のクリスマスイヴもなんかしようとは思いますが…特に考えていません。」
高峯のあ 「では祖国へ帰らせてもらうわね。同村ありがとう。お休みなさい」
城ヶ崎美嘉 「育>状況次第かなぁ
自分噛まれない状況っぽいなら囲い潰してけば終盤だいたい詰まる」
日野茜 「考えた結果間違えたならそれはそれでいいじゃないですか!
期末試験を白紙で提出するよりは何倍もマシです!!!>凛ちゃん」
徳川まつり 「村目を占うのはそういう進行になってからでょうしね
育ちゃんはきっちり仕事したかと
というかもうグレーにLWしか残ってなかったですし」
プロデューサー 「>舞園


     ×                /i
   ×        _,,.. -─- 、.,  /  | /i
     ト、  ,. '"´          `'| !/'⌒ヽ./
  ____ | ,ゝ'    胃 薬   `ヽ!/i     ',.
  ヽ. ``ア   /   ,    i  .  ',   Y|     i
    `Y  .,'./  /i  ,   !-/‐-,ハ  i|     |
     i   !,' -‐'ァト./| /レ'!_」_/ ,i  |.     |. +
     i   !  !/__|/ レ'   '´  ` |   |     | ┼
  ×. ',  /ヘ.7'´ `  ,     ".!   | i  !  |      /i
    .× V ,! !"      ,  ,|   !| | ,' ! |   /  .!
       |/i ハ、    `  ´   ,イ  ,ハ| ,ハ/ ハ/ /   ,'
  、.,   / /|/  i`> 、.,,__,. イ _i /、 ,|/Vi / i '"    /
.   `ヽ,' レヘ.  |_!>rァi__,,.インレ'::::/ ̄ヽ.!/ヽト、.,_ノ  /
   、,ノレ'ヽ,アヽ!、l l_/ l'/:::::::ヽ:/   Y      /
  ヽ、   /  /:::::'/__l'::::::::::::'      i_,,. -‐''"
    `' ーi  /:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::, ー- 、,_/ト、
     /`Yl:::::::::::::::l::::::::::::::::::::::,'   /ン'   \
.    ,.'    ! 、::::::::::::::、:::::::::::::::::/    /ヽ、     ヽ.
   /__,,.. ''"| ` ー‐  '` ー‐ /    /、  `''ー----`'」
原田美世 「最終日心臓の音が聞こえて胸辺りが動いてるのが触らずとも分かる身として凄く分かります >さやか」
城ヶ崎美嘉 「育視点だと速水が狼なら●引いてしまえば狼は詰みで村か狐かにはなるし>育」
中谷育 「初日の投票から村狐狙いで瑞希ちゃん占おうかなーって思ってたら
そこが吊れちゃってどーにもこーにも、ってのあったから…w;」
原田美世 「噛みの感想…多分村でも残さない気がするし覚えます…」
龍田
               -=======-
           .ィ≦ニニニニニニニニニニニ>、
             V、ニ=‐   ̄ ̄ ̄  >イ/
             Vニ≧=- __ -=≦ニ/
            Vニニニニニニニニニニ=-
               /≠ミ、¨7:_:: ̄:、:::::::::::::ヽ
           /:::/:::::{:::V´{:{ヽ:::::∨::::ヽ::∧
           .′:{::{:|ハミ{斗≠V:::::∨::::}::::::}
           .′:::|::|:ト::}     _∨::::∨::|:::从
          ./:::::::八{`リ   ´  }::|::::}:::|::::::∧   ふふふ、それじゃあお疲れ様
         {/}:/:::::::l《心   イ衍∨{:::|八::::∧
          /::/{:::从.  、     |:::r:、八:::::Y::∧
         〃:::::/:::|:::::込、 、  ,  l|:∧::∨r‐ァ‐ァ::}
ニニ> ,   八::::::{::八:::::::{:`ヽ ,<.リ:/∧_::{::〈::〈/7′
ニニニニニニ> ,.ヾ人::::/ヾ( : : : ∨ ハ}/ }人}:ヽ:::}:::::《
ニニニニニニニ/ニ=-  {: : : /: : : :ト、.∧_/} {、 ∨:::::}
二ニ=ァ=≦ニニニニニニl|:l{: :{l : : : |∧彳Y{}ミV:ヽ}-=:ハ_
ニニ./ニニニニニニ=-ニニ.l八:l| : : : 八∧{ ヾ≧=ノ|≧=- _ノ!
ニニ/ニニニニニニニニニ.八: :ヾ : : /r――<ノ{{、__.|: : : : : : :{
ニ./ニニニニニニニニニニニ∧ミ、}/: : ̄:フヽ::::`\}、}: : : : : : {
_/ニニニニニニニニニニニニ/Yミj、\: : :  ̄:`ヽ:::::::ノ}ハ : : : : : ト、
′ニニニニニニニニニニニ//{ヽY: : :\: :ー:-: `¨У: :{: : : : :/: ハ
ニニニニニニニニニニニニ.///乂ハ: : : : :\: : ://{ : : ハ: : : :′ : }
ニニニニ=-ニニニニニニ////八:.}\: : : : :`ヽ: : ::|: : :{: :ヽ :{: : :ノ」
中谷育 「今回はねー、3日目の時点で美世ちゃんは
灰のまま圧殺位置って決めちゃってたから
プロデューサーの提言でちょっと迷ったけどね>美嘉ちゃん」
徳川まつり 「育ちゃんが3日目にまつりを占ってくれたらもっと早めに妄信できたのですミリオンシアター組的に考えて」
城ヶ崎美嘉 「プロデューサーの言葉借りるなら、龍田噛みに対する気持ちが見えないっていうか
予想通り噛まれたのか、予想外だったのか
どっちにも見えないなら噛み先解っててすっとぼけたのかなって」
渋谷凛 「うん、間違えたことは怒らないし、責めないよ。
人間は誰だって間違えるから。

でも…私?>茜」
中谷育 「その発想はなかった!
…この初日だとあたしがまつりちゃん占いは…あまりしないかなー」
舞薗さやか 「ログ確認中なんだけど、あの平和って龍田さんだったのね」
中谷育 「多分だけど飛龍さん指定がそこ噛まれたキツネさんに見えたのかなって気が(」
城ヶ崎美嘉 「育>灰に残しておけば吊れるでしょで交換粛々とやるか人外狙いなら一発ツモ狙いのどっちかで極端な方が良かった盤面かなとは個人的見解」
日野茜 「しまった!人を間違えました!
顔が恥ずかしさで茜色に染まってしまったので退散します!お疲れ様でした!」
プロデューサー 「あ か ね 色 に 染 ま る 板」
渋谷凛 「共有最終日って緊張するよね…
負けたらどうしよう、間違えたらどうしよう、って。」
原田美世 「龍田〇貰いとさやかで迷って美嘉orPが狩人考えたら共有噛めない チキン」
岡本まなみ 「ろまさかはいいものだ…」
徳川まつり 「共有護衛と龍田護衛で平和だったのですね?
占いは噛ませとけ的な感じだったのです?」
中谷育 「一発ツモ狙いだったけど狐が初日に吊れちゃってたら以下同文!!(白目」
城ヶ崎美嘉 「まぁあれだよね
龍田さん噛まれた素村の気持ちになりやがれでごぜーますですよ」
舞薗さやか 「飛竜さんは役持ってるかな疑惑です」
プロデューサー 「共有車の仕事は、村を最終日まで送ることよ>渋谷
それでもう、仕事としては十分」
城ヶ崎美嘉 「育>●でもええんやで
ほぼ噛めなくなるから」
プロデューサー 「あとはアフター5を楽しむつもりで気楽に投票なさい
ヒラリーでもトランプでもスフィンクスのわさび味でも」
赤馬零児GM 「負け犬公園を思い出すな……>プロデューサー」
プロデューサー 「◇舞薗さやか 「飛竜さんは役持ってるかな疑惑です」




              何 も 持 っ て な い 枠

                        / ̄ ̄\
                     / 「  ヽ \
.                     |  (●)(●) |
                       |    |    |
                      |   _`__  |
                     |   `ー'´   |
                  「 ̄ ̄ヽ       /  ̄l
                 l    ( ヽ _   /)   l
                    |       ̄TTT ̄    |
                 | __ _ __ 」 l l __ __ |
                 i                 |
                  /| --  ‐  ── ─── ト、
                ,/ .|  G U N D A M | \
               /  l                 ト、   \
     r、        /   !               | \  \      ,、
     ) `ー''"´ ̄ ̄   / .|               |   \   ̄` ー‐'´ (
  とニ二ゝソ____/   |               |    \____(、,二つ
                       |               |
                 | ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄  ` "  |
                 |               |」
舞薗さやか 「ところで、マンソンって誰です? >プロデューサー」
徳川まつり 「いやー、でも龍田さんは育ちゃん真見るならまず噛まれる位置だと思うのです共有との二択?
残ってても吊られる事ないでしょうし」
プロデューサー 「やめろ やめろ>赤馬」
双葉杏 「結局仁奈がなにか?っていうのが噛まれた場合に一番わかりやすいんで>まつり
奏-仁奈の形で噛んで来ないだろうって思ってたのはあるけど」
舞薗さやか 「貴方は何も持ってないと思ってたので >プロデューサー」
渋谷凛 「私はたぶんだけど今回何もしてないなぁ…>Pさん」
徳川まつり 「>杏ちゃん
なるほどなのです」
プロデューサー 「俺さ!>舞園さやか


                     /   ├―〈     \
                    .i  _-――――-、_ :::V
                   ,.- ' 二,-ニ、 ̄ ̄,二ニ=、`ヽ、L、
                  ( /:〉 レ‐--」  レ‐--、j`i‐ '::::
                   >::::〈  ,==、    ,==、 `i:i:::::
                  (:::::::_j  i二コ´ ̄`i二コ   l::Fヽ
                   Y´、i     _(_、__,)‐ 、    Y, i
                   ヽ l    /,‐'' '' '' ''へヽ   i_ノ
    ___             `Tl、  i l i´ ̄ ̄i  i i  ノ-<
 , ‐′    、.V´`>         >-ヽ.l l  ヽ__ノ  l_レイ
V 、 ヽ  `i l .i /      , ‐' ̄/   .「`ゝ- 二-'´:::::::/
.| :::> 〉 /_// /     /   /     V       /___
」  ヽ '‐i´:  /    ./     レ'´ ̄ ̄` 〉 ̄` ´ ̄/´
.!    ノ __ノ    ,..┘          人____入
.` ‐---、_ノV    ノ::::: |         /        i
、      /)   /    〉―――┐  /         | ┌―
 `ー-- ' i /     i      i.  /          i  l」
赤馬零児GM 「……負け犬公園はましろ色シンフォニーだった>プロデューサー」
双葉杏 「凛噛まれたんで、さやか護衛、まぁここはそれなりに出る場所。
育死んだので噛んでくるならさやか、龍田、茜、でも茜●貰ってるし、さやかGJ食らってる狼的には龍田噛むだろうで龍田」
舞薗さやか 「「もしかして:最終日に残るメンバーが双葉、原田、プロデューサー、そしてマンソン」

貴方二人いるじゃねえか…」
赤馬零児GM
                    ,===,====、 では、アンジェも
  よしあたしも          _.||___|_____||_
..   一生独身決定   紗凪   /||___|^アンジェ       かーなーしーみーのーーーー
..               (;ω;`)//||   |口| |ω;` )
.             ./(^(^ .//||...||   |口| |c  )    わたしも
...             愛理   //  ||...||   |口| ||し   桜乃   .┌―――――――――
私は一生独身 (;ω;`) //....  ||...||   |口| ||   (;ω;`)   |  新吾 みう
         /(^(^ //  ....  .||...||   |口| ||    (  )   .| |(。・ω・)(・ω・。)|  <もう一度キスして
 ""    :::'' |/   |/ '' "  :::  ⌒  :: ⌒⌒⌒ :: ""  `  . |  |\⌒⌒⌒⌒⌒\
 :: ,, ::::: ,, ; ̄ ̄ ̄  "、 :::: " ,, , :::   " :: " ::::  "     |   \ |⌒⌒⌒⌒⌒~|」
プロデューサー 「それが非常に申し訳ないだろ>渋谷

村人の心模様については夜中に色々と出してみたけれど、
お前さんに測ってもらいたかったな。共有者に見られて村人は輝くのよ」
原田美世 「いつもの4人だ!」
プロデューサー 「マンソンはマンソンだろう。俺じゃあない」
中谷育 「奏さん狼と仮定すると2W露出なら狐探す方が楽だよねーになっちゃう四条での呪殺率が無駄に高い経験則」
プロデューサー 「そう、いつもの4人」
徳川まつり 「ふむふむ、なるほどなのです
やっぱりあそこで杏ちゃん噛んだ狼陣営のセンサーは凄いのです、ね」
プロデューサー 「渋谷凛、本田未央、島村卯月、そしてマンソン
いつもの4人だろ」
双葉杏 「そんで、茜護衛しなかったのは茜護衛で死体なしっていうのが結局GJなのか狐噛みなのかはっきりしないので外した。
(凡そ灰噛みはしないからそこ護衛で死体なしならGJ見ていいと思うけど」
赤馬零児GM 「.            /         `ヽ  ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
           / /l   _ ー- _ー- _\ ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,
             //l/ ヘ .ヽ\`丶、 `丶、  ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
          l// l   \l  \  \ r=、 ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
         / l l    \  ヽ  >f ヘ,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
.        ト、l l l     l  ./_-‐/ヽォ},,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,
         ヽl l ヽ    / ./-‐ォ l !l|ノ,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
         |_`ー-`丶、|l/-‐ '_ノ l| ,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,ヽ __
        _-‐= _辷ニ-ヘ´` ̄    / ,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,/::::::::::::::`ヽ
        弋`ー `ヽヘ lヽ_ ー _ -┐ / .l/,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,/:::::::::::::::::::::::::|i
         | f⌒ヽ ヘ  ≧ 、  ̄ // ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,, l::::::::::::::::::::::::::::li
         | |::::、::::∨ヘ \ `ー '  ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,, l::::::::::::::::::::::::::::|ヘ
         i |__::ヘ::::∨ヘ 、≧ー-≦ ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,-、;;;;;,,, ::::::::::::::::::::::::::::::::\
         / {__:::`ヽ:::∨ヘ  \   ,,;;;;;_ノ´};;;;;;/ /;;r‐、;;,, ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\、
.        / .l:::::ヽ:::ヘ:::∨ヘ    ̄/;;/ ノ;;;;;/ /;;/ //;;;ー-:::::::::::::::::::::\::::::::::::\ー- _
        l  ノ::::::::::`ーヘ:::\_/   ノ /-‐ ' ./ノ / ノ┐::::::::ー-=::::::::::::::::::::::::::::::\ . . . . ー-─ ´
        l ./:::::::::::::::/::〉、:::::::::::`ヽ l    _ - ´/,/::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::::::::::l:::::\ . . . . . . . . . .
        l/::::::::::::/:::::/ /\-、:/ヽ/       -‐' :::::::::::::::::::::/、  \:::::::::::::::::::|::::::l:::`/`ヽ. . . . .
       /:::::::::/::::::::/ l  _l/::::::::l      _ -"::::::ー-::_:::::::::::::/  ` ー-\ :::::::::::|::::::/    ∨. . .
       l:::::/::::::::_l_  <:::::::::::::::ヘ  ノ ":::::::::::::::::`ー:::_:::/l.       \::::::::/        ∨ .
       l::::::::/´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::\´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/        乂/        ∨ 」
城ヶ崎美嘉 「それじゃお疲れ様でした
GMは村立てありがとうございました」
中谷育 「そんなこんなでお疲れ様ー、また次回の公演で宜しくー」
舞薗さやか 「   ,'| /    // _,.∠.、丶 |     .::八  .:/   |   ヽ  : : : :.  : : : :.
  ,' |八    :/ /⌒ヽ   |     .: |   \  │  : : .l   : : :l   : : : :.
  ,' ′ ヽ :/     ,:しハ    |   .:/│ .::/  `ヽ|  : : :l    : : |   : : : :.
 .:     ∨    /:じ//    八..::/  l .:/,. == 、\ : :│   : : |   : : : ::
 : /    :/   (ヽヾ;/      ∨  ∨    ,二ヽ  :.:|     : ::|,二二/
 :'   ..:/   /⌒ ー'                /し;ハ ∨  |/   : :|  /
 |   .::/        _,              /.:じ/リ |l  .:     : : |,二二/
 |   :〈   .:                (ヽ ヾ.::;/  :リ .:    : : ;′ /
 |   ; ヽ /                  ⌒ヽ  '⊃′.;:    : : ,:
 '.   |/ヘJ     ト 、                厂    /   : :/ ⌒ヽ  / <   ,'| /    // _,.∠.、丶 |     .::八  .:/   |   ヽ  : : : :.  : : : :.
  ,' |八    :/ /⌒ヽ   |     .: |   \  │  : : .l   : : :l   : : : :.
  ,' ′ ヽ :/     ,:しハ    |   .:/│ .::/  `ヽ|  : : :l    : : |   : : : :.
 .:     ∨    /:じ//    八..::/  l .:/,. == 、\ : :│   : : |   : : : ::
 : /    :/   (ヽヾ;/      ∨  ∨    ,二ヽ  :.:|     : ::|,二二/
 :'   ..:/   /⌒ ー'                /し;ハ ∨  |/   : :|  /
 |   .::/        _,              /.:じ/リ |l  .:     : : |,二二/
 |   :〈   .:                (ヽ ヾ.::;/  :リ .:    : : ;′ /
 |   ; ヽ /                  ⌒ヽ  '⊃′.;:    : : ,:
 '.   |/ヘJ     ト 、                厂    /   : :/ ⌒ヽ  / <もう、みんな死ぬしk
  :  :|///∧      <.::..>          |     /    : :/   ノ  /
  :  :|////,∧                   ;│  /   //   イ /
   :, .:|:////l/∧                .ノ //  :/..:/ー    /
   Ⅵ/// |//卜、. ___    .. <し  / .:/ ..::/   /
  :  :|///∧      <.::..>          |     /    : :/   ノ  /
  :  :|////,∧                   ;│  /   //   イ /
   :, .:|:////l/∧                .ノ //  :/..:/ー    /
   Ⅵ/// |//卜、. ___    .. <し  / .:/ ..::/   /」
舞薗さやか 「ギャー!バグった!」
渋谷凛 「残念だったし、もっとみんなと語っていたかった、かな。
うん、私もまだまだ未熟だね…もっと村人を見ていけるようになるよ>Pさん
徳川まつり 「それではお疲れ様なのです
まつりは馬にのってKOOLに去るのです
                         /|
                      /^y´  |  , ィ¬
                    ,.ゝ、=--=.≪ __├x
                  , イ: : : : : : : : : : : `ヽ‐-┘
                /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
         f ^!     /: : : /: : : : /|: ∧:_: : : }: : :ゝ
.    r-、   | |     ム: : : :{: 人: :| j/ ̄ j\ハ: 从\
   (ヽ \\ j |  / )  {: : : 乂ーヘ:l    f竓カ |/: : : :\
    \\ゝ `i ヽノ /   ゝ、:_:ヘイf竹    ゞ゛'ム: : : : : : '
     ゝ   ..:  /    厂:圦ゝ ¨  ‘ _   j_ノ: : : |: : :|
 ⊂ニ二__     _/    /: : : 〈ゝ、  r   ノ /: : : : 丿: : |
       ゝ一' /     〔: : : : :ヽ,r'⌒ヽー一' /∠⌒ヽ : : /     ,ィ、
        |   |     ≧=z,:_z:_:_:_ノ=一'|: :〈: ヾ′:_:_ノ      / | l
        |   l    /      |.....i    l⌒ ゙―一'       / / l
        l   |   ,ィ⌒ヽ    |......ヽ、  \           f/  |
            ,.ィ'´⌒ヽ:::Y   ,ム-‐‐ヘ   j⌒ヽ,        |l   |   ,.---k
       i    I,     i::ノ__,,.丿    ヾ一ヘ...ノ ハ       |l  ∠^ ̄⌒`  \  /
           j   ,. '´ |         ゝ/ Y   1      ,ィ ̄          ヾ/
       |     ,. '´   |          :,  V  |    /
       `_   /      !               I  /   /
                 ,イ          /   }ニ7   /′
               _ノ         _ノ    ノ i   /l   /
           ,.. '´     ニュx_        /  |  / j/j/|  ,ィ_/!/ゝ/|    /|
          f_             _.,,ィ‐' l   | / _/  |/       ノ _ノj/
         ,イニ二ハ `_      _, イ  /   l   | |  i,,_          ̄ ̄
       /二二二∧   ̄        /     l   !j  【圦
       '´ ̄`ヽ二二へ       =---/    l  _ノ /`¨“.:.         ,ィ爰ミ、   /
     /     ヾ二二二ミz____丿     |/   j{  .::;     /:   ゞ~゙”   /
  ___,,l       寸二二二二二ニヘ      ,イ    /{   .::}    /:        /
/ /.:.:.:i        Y二二二二У  \___/    ,: |  .:::j    /::       /
.  /.:.:.:.:.l         `ニニ二二/_, イ'"  /     ,′ヽ  ..:jl.   /::       ,‘
 /.:.:.:.:.:.:l         I ̄ ̄ ̄.:.:./   _ノ     ,′  },r'" ̄ ̄~ヾ      ,.'    /
./.:.:.:.:.:.:.:.l          |.:.:.:.:.:.:.:.:/   /       |   f::::::::::::::::::::::::`ヽ    , '     /
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l         !.:.:.:.:.:/   ,彳       ,  |   j;'´ ̄¨¨ ̄`ヽ:::::\ /    /
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          |:.:.:.:/   /{       ハ  |  /        \:::::v′   /

原田美世 「ではこれにてお疲れ様でした」
双葉杏 「奏>さやか>さやか>龍田>さやか>さやか
だったかな。

初日は育護衛でもいいかもしれないけど、奏真パターンを考慮した形」
舞薗さやか 「「マンソンはマンソンだろう。俺じゃあない」

誰が残る予想なのか真面目に考えてたのに…」
プロデューサー 「そして、今度は見られる側になるのよ>渋谷

舞園いわく、今回のプロデューサーはいい村人だったらしい
少しでもお手本になれば幸いだろ」
プロデューサー 「夜の独り言で真面目なことを言うわけがないだろう!」
渋谷凛 「村人でもできる仕事はありますからね…
Pさん視点で村を見返してみます。少しでも技術を吸収していくために。」
渋谷凛 「知ってた(小声)>プロデューサー 「夜の独り言で真面目なことを言うわけがないだろう!」 」
舞薗さやか 「全然参考にならないな!私も人の事言えないけど!」
プロデューサー 「遊びなのだから気楽でいいのよ
まじめにふまじめかいけつゾロリくらいでちょうどいいだろ」
渋谷凛 「ダメな気がする…>ゾロリ」
プロデューサー 「ただ、これは「狼を探すゲーム」であると同時に
「相手を理解する、相手に理解してもらうゲーム」でもあると思うんだ」
プロデューサー 「相手を理解すれば、その人が嘘をついているかいないかが分かれば有利になるし
相手に理解してもらえれば、今回のように役職者の助けになる

実生活でも役に立つんだぜ、このスキル」
渋谷凛 「相手を理解する、理解してもらう、か…
まだまだ難しいけどしっかりできるようになりたいな…」
プロデューサー 「ピーマンとか好きそうな人の皿に苦手なピーマンを投げ込むときとか」
舞薗さやか 「思ったよりしょぼい!」
プロデューサー 「なんだと! ピーマンは栄養素が豊富なんだぞ!」
プロデューサー 「たとえば>渋谷

「こいつを吊ろう」と思って殴った相手がいるとするだろ」
渋谷凛 「私もそろそろ帰るよ。

GMは村立てありがとう。そしてお疲れ様。
相方は本当にお疲れ様。ログ見返すと本当にフラグが建ってたよね…(今更)
同村してくれたみんな、今日はありがとう。」
舞薗さやか 「じゃあ投げ込まずに食べなさいよ!」
舞薗さやか 「相方ありがとう。また遊ぼうね」
プロデューサー 「相手も殴り返してきて、お互い吊れずに延々と殴り合い

だけどそれはお互いを理解するチャンスでもあるだろ
「貴方のここが怪しい」「私はこう思っている」「じゃあこれは?」「それはこれ」とお互いに言葉を重ねる」
渋谷凛 「(うまく殴れた事)ないです>こいつを吊る」
プロデューサー 「そうすると、いつの間にか相手を吊りたくなくなることもあるんだ
それが楽しい

なのでコミュニケーションを楽しもう、俺からは以上だろ」
プロデューサー 「(殴らなくても)ええんやで」
プロデューサー 「俺はただ、ピーマンを投げるから……」
舞薗さやか 「そしてその殴り合い見てると、村判定にも役立つんですね」
プロデューサー
  世界が癒やしで満たされますように……


         γ:;;:⌒:;:;:;⌒:;:`ヘ
        イ;;::""::;;::;;::;;:⌒::;::;;:ヾ:;:;ヾ
      /:;:;::(;;:::;;::⌒:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ:::;;;)ヽ
      (:;:;:;:::;;;ゝ;;::;:;、:;:;,;;、;:;:ヾ:;::::ヾ:;:;;:;:;;)
      ゞ;;::(.:;:;:;:::::;;;;:;:;.:;:;:;:ノ;:;:;:;ノ:;:;:;;:ノ
         ゝ;;:::;ゝ.....|  |..;;:;;ノソ
             ゝ''!  i_ノ
              l ! |
              |l  |
              "''''
  n.____  ◎        ┌―‐┐  __   
  |┌‐┘    に二二l   └Fマノ └┘/7 
  L.二コ             ` ┘   <ノ  」
舞薗さやか 「一昨日くらいに別鯖でやったときも、プロー飛竜と同じ匂いのする殴り合いがあった。
実際それも村同士だった。」
舞薗さやか 「ブロリーにしか見えない…」
舞薗さやか 「違う、ブロッコリー」
プロデューサー
          γ:;;:⌒:;:;:;⌒:;:`ヘ
         イ;;::""::;;::;;::;;:⌒::;::;;:ヾ:;:;ヾ
       /:;:;::(;;:::;;::⌒:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ:::;;;)ヽ
       (:;:;:;:::;;;ゝ;;::;:;、:;:;,;;、;:;:ヾ:;::::ヾ:;:;;:;:;;)
       ゞ;;::(.:;:;:;:::::;;;;:;:;.:;:;:;:ノ;:;:;:;ノ:;:;:;;:ノ
          ゝ;;:::;ゝ.....|  |..;;:;;ノソ
              ゝ''!  i_ノ
               l ! |
               |l  |
              /   \
            /  「  ヽ\
            |  (●)(●)|     ブロリーです
            |     |     |
            |   __´_  |
            |   `ー'´  |
            >     ∩ノ ⊃
           (  \ / _ノ |
            \. ”  /_|  |
             \_/__ /」
プロデューサー 「今回の村も、プロデューサーは飛龍のこと
嫌いじゃなかったわ(ツンデレ)

殴られたからと言って、自分を否定したからと言って
相手が間違っているわけじゃない、それが本心なら間違っていないもの
赤馬零児GM 「私も失礼しよう」
舞薗さやか 「「MER」に居たなぁこんなキャラ」
舞薗さやか 「私もそろそろ帰ります。」
プロデューサー 「自分が正しい≠相手が間違っている
自分が正しいと思う=相手の正しさも理解できる
自分は化物ですか?=いいや、俺は悪魔だ(byブロリー)」
プロデューサー 「コミュニケーションを楽しもう
きっと明日、明後日も愛らしいアイドルが待っているだろ
アデュー」
舞薗さやか 「>プロデューサー
考えが纏まらず焦ってた時に発言に助けられました。
本当にありがとう。」
プロデューサー 「コミュニケーションを楽しもう
きっと明日、明後日も愛らしいアイドルが待っているだろ
アデュー」
プロデューサー
                  / ̄ ̄\
                /  「  ヽ \
                |  (●)(●) |
                |     |     |     バスケットマンですから>舞園
                |   __´_  |
                |   `ー'´   |
                ヽ       |
              _,.-‐‐ ヽ     ノ..‐-、
            /:::::::::::::::::ヽ' t- イ_>´i:::::::ヽ
           {`ー---、;;;;;;;;i --(o)一 |;:-''"´〉
           ヽ      j___,.-ハ`ヽ_j   ノ
            ゝ、__,,____ノ`゙'ヾ/ l l〃}___,r'´
            ヽ____/   ,  / j | /___,j
            /  /  /  / /i | ハ,.- !、
           i   `ヽ /  / / l l { { ___!_
           \    /`ヽj___!__ l !\ヽ{::_r‐‐、
           /`'ー-{:::::::j____ , i i〉ー-、__/ フノ//
           / /   `゙゙フ /`i冖 `ヽ___ノ /^i`ト,
          / /     /  ! }  !   一'/ .|  `゙ー、
          !/       〃 ! l  丶  /  !     | |
          /      //  i j    ヽ_ノ   ト、   l l
         {     //  ノ ノ_,.-‐''"ー--一'>|\r┴!
         ト、  /ヽ//____ゝ ̄!    |    l'Z_j  \,j
         `ヾ/  //_,,,,___|--|--─-|-‐‐一'´
           `ヽ〃:::::::::::|  l::::::::::::::l           ┼ヽ  -|r‐、. レ |
              {:::::::::::::l  l::::::::::::::l           d⌒) ./| _ノ  __ノ」
舞薗さやか 「台無しだよ!www」
舞薗さやか 「台無しだよ!www」