←戻る
【劇場765】劇場公演 木曜の部エクストラ村 [1148番地]
~765人目のむりー・みりあちゃん~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7
icon 橘GM
(生存中)
icon 七尾百合子
(生存中)
icon 高森藍子
(生存中)
icon うえきちゃん
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon 奥山沙織
(生存中)
icon 黒川千秋
(生存中)
icon mio
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon プロデューサー
(生存中)
icon ジークフリート
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
村作成:2016/12/29 (Thu) 22:00:55
GM 「■はじめに■
ここはアイドルマスターの好きな人を中心に開催されている人狼サーバーです。
アイマスキャラが多いですが、アイマスキャラ縛りではないので気にせずに参加してください。
楽しく自由に人狼しましょうね。


■注意事項■

・COはわかりやすく。基本的には独自の形でいいのですが、他の参加者の事を考えて。
・リスキーな戦略を実行した場合は、その後リスクの影響を受けた人との関係に気を配りましょう。
・霊界・終了後の議論は穏やかに。特に相手の人格などを否定するなかれ。


■初心者の方へ■
人狼・共有になった場合は夜の間に素直に仲間へ自分は初心者だと打ち明けて
どのように動けばいいのか指示を仰ぎましょう。
全員初心者だった場合?開き直りましょう(ぉ
また、その他の役職やわからない人狼用語がある場合は
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
で調べるか、過去ログで確認してから参加推奨です。

■経験者の方へ■
この村は人狼をネタにしたアイマス動画をより楽しむために、人狼を知らない人も一度やってみようという経緯でスタートしており、
初心者やプレイ回数の浅い人、ブランクのある人、わかめて鯖以外でしか経験の無い方が多数参加しています。
そのため、細かなミスや用語の誤解、セオリー通りではない言動、タイプが遅く返答や反論が遅いという事がございます。
経験者の方は、その点ご了承していただいた上、間違いを指摘する場合や取るべき戦術を主張される場合は、
何故そうなるかという説明も含めて、あまり強い語調を用いないようお願いいたします。

■マナー(ルールではありません)■

あまり不快感を誘発するような言動は控えましょう。ゲームの楽しみやゲーム性そのものを損ないます。戦犯CO駄目絶対。
本人以外によるニコマスP名での参加もできるだけ控えましょう。
結果から他プレイヤーを責めたりするのも好ましくありません。どちらの結果も人狼なのです。
画面の向こうには他人がいます、熱くなることもありますが最終的に仲良くプレイ出来るといいですね。


★回線等の事情により、投票ボタンを押しただけでは投票がなされていない場合があります。
必ず、「○○さんに投票しました」という表示を確認するようにしてください。
特に、週末等、回線が重い時は気をつけて、締め切り1分前ぐらいには投票を入力するようにしましょう。

名前の変え方:行動内容から名前変更を選んで、発言内容欄に名前を入力して行動
アイコンの変え方:行動内容から追加アイコンの変更を選んで、発言内容欄に番号を入力して行動


■再ログイン方法■
ページを閉じてしまった場合は、以下の方法で再ログイン出来ます。
ログイン→自分が参加している村を選択して「ログイン」をクリック。
→自分の名前を選択→パスワードを入力→「村に行く」をクリック。」
GM 「 【四条劇場の特徴】
1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ません

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできません(共有は喋れます)

5--占い結果と霊能結果は、朝に出ます。呪殺と噛みが同時の場合、狐は生存します」
GM 「■禁止事項等■

・PP回避目的を除く村人騙り
・システムメッセージのコピペ使用
・AAを用いた占いCOまたは霊能CO(占い理由は可)
・占い理由と占い結果の同時貼り付け(騙りによる銃殺対応などに差がですぎるため)
・超過前の噛み実行(※超過前噛みは、原則的に全視点で詰んだor狼側の勝ちが確定したor狼側から投了宣言があった場合のみ許可とします)
・かけもちプレイ
・突然死(可能な限りGM付きの場合は回避させるよう努力しますが万が一回線トラブルなどで突然死した場合は必ず謝罪を)
・他者に対する「戦犯」等の発言
・事件前日を含め、昼の会話で初心者であることを明かす行為(騙り初心者COも禁止です。冗談でもやめましょう)
※アイマス村への初参加COはOKです。但し人狼経験の有無は昼間に言わないこと。

昼AAの使用は自由ですが、過度の大型AAの使用は控えていただけると幸いです
またシステムメタに繋がるので、占いや狩人といった村役職の投票は超過時間前にお願いします
GMは有栖酸◇ARSSNPh686です」
GM 「※13人共有恋人ルール
 
 13人村のときだけの特殊ルールで
 共有の2人を恋人陣営として扱います
 
 すなわち
  1.村陣営
  2.狼陣営
  3.恋人陣営
 の3つの勢力の戦いになります
 
・各陣営の勝利条件
  1.村陣営 :『通常の勝利条件』&『共有の片方(もしくは両方)を死亡させること』
  2.狼陣営 :『通常の勝利条件』&『共有の片方(もしくは両方)を死亡させること』
  3.恋人陣営:『共有2人とも生存して村終了』

・初日犠牲者 が 共有 だった場合
  恋人陣営は不在です。共有は【村人】扱いとなり、COおよび騙り禁止です。
  この場合、他のプレイヤーは恋人陣営不在を知らないまま戦うことになります

・恋人陣営について
  ▼共有が片方死んでも後追いナシ。 
  ▼COおよび騙りは自由。
     後追いによる証明ができないことを利用した相方騙りもOK。
     狂人、狼による恋人COもできます。」
GM 「【四条劇場からのお願い】

1.戦犯とか軽々しく口に出してはいけません。

自分の立ち回りがうまくいかなかったのは残念な事です。
でもそれで自分戦犯とか言い出すのはいかがなものでしょうか。余計につらくなるだけですよ?
あ、人を戦犯とか言うのはもっとNGです。
開始後だからとて人を呪わば穴二つ。出来るかぎり他参加者を尊重してさわやかに終わりましょうね

2.まったり仲良くいきましょう。

勝利を求めるのも一つの楽しみ方ではあります。
でもそれだけだと疲れませんか?
時にRP、時にしっかり。メリハリは大事ですけどガツガツしすぎずほどほどにゆるく、まったりと。
みんな仲良く終了後も和気藹々。それがプロデューサーの目指す理想の公演です。
できれば、協力してくれると嬉しいです。

3.他の参加者を尊重しましょう。

相手も人。その言葉は『自分のやり方』を意識しているとついつい忘れてしまいがちなポイントです。
いや、わかっていても「その考えをしている人はおかしい」
とか思ってしまう時だってあります
でも、そこは結構大事なのです。
やりすぎなければ殴りあうもいいでしょう。論戦もいいでしょう。
でも、勝敗が関係無くなった時・・・
例えば、霊界や終了後に於いて
「言い過ぎたかも」「ごめんね」などの少しのフォローで構いません。
「これが正しいから私は悪くない」ではなく、相手が傷ついているもしくは気にしているようならフォローも忘れずにしましょう
ちょっとした気遣いが、場の空気をよくしてくれます。
GM 「2230開始予定
埋まらない場合の最大延長2240です」
GM 「入村どうぞ。GMはちょっとばたばたしてるので少し離席しますごめんなさい」
最終かり が入場しました
最終かり 「こんばんは」
高森藍子 が入場しました
高森藍子 「お邪魔しますね 宜しくお願いします」
最終かり 「金曜の探偵村と土曜の鍋村がないのでこれが最後の定期村のはずです」
うえきちゃん が入場しました
うえきちゃん 「……・・・○……」
最終かり 「さて、どうやってここにある2647種類のアイコンを移行しますか?」
輿水幸子 が入場しました
輿水幸子 「カワイイこのボクが来てあげましたよ!」
奥山沙織 が入場しました
うえきちゃん 「……・・・(カワイイ)……」
奥山沙織 「うぅっ・・・」
輿水幸子 「フフーン。そうでしょう、そうでしょう!」
輿水幸子 「もっと褒めてくれてもいいんですよ?
ボクはカワイイので!」
うえきちゃん 「……・・・☆∈花粉∋……」
輿水幸子 「おや…?」
うえきちゃん 「……・・・(わかめ)……」
輿水幸子 「なんだか元気がないですね。寒いんでしょうか?」
最終かり 「最終かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:最終かり → 七尾百合子
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 1988 (七尾百合子04)」
うえきちゃん 「……》・×・《……」
輿水幸子 「せっかくカワイイボクが来てあげたんですから、
もっとこう「ワーッ!」って盛り上がってください、スタンディングオペレーションでいいですよ?」
うえきちゃん 「……∈花粉∋∈花粉∋∈花粉∋∈魚粉∋……」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 橘GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2522 (橘ありす05)」
七尾百合子 「四条劇場大図書館からのお知らせは読みましたか?」
輿水幸子 「粉はもう結構ですから撒き散らさないでください!」
橘GM 「床が冷たくて気持ちいいです」
輿水幸子 「大図書館? なんです、それ?」
うえきちゃん 「……》T*T《……」
奥山沙織 「ありすちゃん、氷の上で寝てたら風邪さひきますよ?」
輿水幸子 「そうですよ。氷の上でゴルフをやっても風邪ひきますので
絶対にやっちゃダメですよ?」
輿水幸子 「も、もちろんボクはそんなことしませんからね!
当然ですね。フフーン」
橘GM 「狼に噛まれる前に安らかで静かな死を待っているのですあと橘です」
奥山沙織 「氷の上でゴルフなんてさすが東京発想がちげーです」
七尾百合子 「この図書館は12月31日をもって新規蔵書の受け入れを終了するらしいです。
1月1日からは新館ができるらしいのでそこを使ってくださいとのことです。」
うえきちゃん 「……∈砂鉄∋∈水∋……」
輿水幸子 「ちょっと!? ありすさん、寝たらダメですよ!?」
七尾百合子 「橘さん、どうやら狼の数がまだ1体しかいないみたいです」
橘GM 「30分になりましたが埋まっていないので私の寿命が延長されます」
橘GM 「40分に居る人数で開始ということでお願いします」
輿水幸子 「なるほど。つまりカワイイボクのステージが新しくなるということですね>百合子さん」
うえきちゃん 「……=発煙筒=……」
奥山沙織 「わがりました」
輿水幸子 「…つまり、ボクがカワイイということには何ら変わりませんね!」
うえきちゃん 「……∈桜吹雪∋……」
輿水幸子 「それにしても、プロデューサーさんは何をしてるんでしょうか
こんなにカワイイボクが一人で寒そうにしているのに…」
七尾百合子 「その素敵なステージ(未来さんの話によれば)はまだ試験が終わってないらしいです」
菊地真 が入場しました
うえきちゃん 「……∈砂鉄∋∈水∋……」
奥山沙織 「その格好わざとだったんですか・・・」
黒川千秋 が入場しました
黒川千秋 「よろしくお願いします」
輿水幸子 「そうなんですか?>百合子さん
でも、ボクがカワイイので何も問題はありませんね」
kari が入場しました
kari 「あれ四条どうだっけKari出来たっけ。」
うえきちゃん 「……∈お茶∋=羊羮=……」
kari 「できたできた。」
七尾百合子 「サーバが不安定なら亜利沙さんに叩いて直してもらいますからまあ安心ですけど」
輿水幸子 「ボクはアイドルですから
アイドルはファンの皆さんの期待通りに、いえそれ以上に可愛くあればいいんです」
菊地真 「あ、少し設定ミスったので入り直します」
輿水幸子 「ステージがドームだろうと、公園であろうと関係ありません
そこはプロデューサーさんがなんとかしてくれますから、ね?」
橘GM 「いらっしゃいませ」
菊地真 は 菊地真 に KICK 投票しました
菊地真は出演を見合わせました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
kari 「何にしようね。」
菊地真 が入場しました
うえきちゃん 「……∈玉葱∋……」
菊地真 「迷惑かけてごめんね」
橘GM 「いらっしゃいませー」
輿水幸子 「ぜんぜんへっちゃらですよ>真さん
ボクはカワイイですからね」
黒川千秋 「悲しい。悲しい話をしましょう」
輿水幸子 「…そんなことより」
輿水幸子 「…そんなカワイイボクが「寒い」と言っているのに
いつになったらプロデューサーさんは温かいココアを持ってきてくれるんですか!?」
うえきちゃん 「……・・・(カワイイ)……」
kari 「最後ぐらいはアイドルヤルカ」
うえきちゃん 「……∈昆布∋……<幸子」
黒川千秋 「AAMZ ViewerというAAまとめサイトに私のAAがまとめられていなかった」
奥山沙織 「(これがキュートアイドル最高峰とも言われる輿水幸子ちゃんの真骨頂・・・参考にしなくちゃ・・・)」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → mio
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1672 (本田未央02)」
輿水幸子 「大丈夫です>千秋さん」
mio 「へーいみんな元気ー!?
みおちゃんとーじょー!」
輿水幸子 「カワイイボクのAAはたくさん載っていましたので!」
うえきちゃん 「……∈目薬∋……<千秋」
mio 「mio さんが登録情報を変更しました。」
プロデューサー が入場しました
黒川千秋 「やはり私は弱小アイドル・・・。メジャーどころとはAAの数が違う・・・!」
プロデューサー 「にゃーん。」
橘GM 「いらっしゃいませ」
輿水幸子 「遅いですよプロデューサーさん! 遅刻です、遅刻!」
うえきちゃん 「……☆☆★……」
mio 「ねこだ。」
輿水幸子 「…ふーむ」
輿水幸子 「千秋さん」
黒川千秋 「同情するのなら私のAAを作ってくれないでしょうか?>うえきちゃん」
mio 「チョットマッテネ」
うえきちゃん 「……∈魚粉∋……<ねこ」
プロデューサー 「にゃーん?>幸子」
輿水幸子 「ちゃんと調べましたか?>千秋さん」
橘GM 「さて、40分ですね」
七尾百合子 「10人…ですか」
うえきちゃん 「……》-*-《(植木だから)……<千秋」
七尾百合子 「少し寂しい村ですが仕方ないですね。」
黒川千秋 「クールのところに私の名前はありませんでしたよ?」
輿水幸子 「十分ですね。十人なだけに」
ジークフリート が入場しました
七尾百合子 「5」
渋谷凛 が入場しました
プロデューサー 「よろしくにゃ。」
ジークフリート 「空きがあるようなので寄らせてもらおう」
うえきちゃん 「……∈重曹∋……<幸子」
奥山沙織 「ですね
各所騒がしいのでながなが集まらないとは思ってましたが」
橘GM 「いらっしゃいませ」
mio 「12人はいやくどんなだっけー?」
輿水幸子 「では、こちらをどうぞ>千秋さん
ファンの皆さんはちゃんとあなたのために、用意してくれていましたよ?

               _...::::::´::::::`:::::..、
              /::::::::´¨:ヽ::::::::::::::ヽ
             /:::/:/:::::::,:::::i:::::::i:::::::
               /::/::::/:::::::://::::::l:::::::l::::::::.
              ヽl::/ヽ_///_/:i:::::l::::::::::.
            /:::l沁   二`i.':::::l::::::::::::..
            /:::::::/!   ,  沁/:::::/::::::::::::::::..
           /:::/;'´i::::. 、 _   /:::::/::::::::l::::::l:::::..
         i::/ /  !::::::\__ ./::::::/::::::::::::::::::l:::::::.
         l{   {   ゝ、f´ j/::::::/.。!::::::/::::::::|:::::::ヽ.
          ヽ    _,/ r;゚。i:::::::l!。゚ V::::::::::::::l:::::::::i:::.
         二ニ=, ´/ヽ、,_.!:::::::!!´ー-!::::::::::::l::::::::::li::
       ,...:´::::{   !_ Y/ハ}ヽ::::l  ノ i:::::::::/:::::::::::!l:l
       `ヽ_,:::::::.、  !_ゝ-'ノ\、'´   !:::::/:::::::::::/ !:!
           \::::iト.  ゝt'ーィ'、 ヽ   |/:::::::::::/ ;リ
        , ´.{ ̄!. ヽ  」 ノ.、_.!    !:::::::::::/ /'
       / ,: j¨ ̄!  `ゝ)}ト、ノ |    !_::::/ /
        〉/、__,:-!_   (ー- ' ' !   |-、_,-、
       /: :.   人 ゝ、 ヽ    !   |イ-、ーヽ
      // : :.、    ゝf_ソ-_ -‐   |,__<ノ_ニ)-\
  _,..//  :  _,. -- 、‐  ̄      _」_/ゝ-'ヽ'´¨. \
,/ //    , ´   r-───    ̄          \
    /     ゞ, , .r '´、__ノ    〈     }         ヽ
        `ヽノ\         ヽ _l」
七尾百合子 「5」
七尾百合子 「4」
輿水幸子 「まぁネタバラシをしてしまうと、「クールアイドル」の中に千秋さんの分があっただけですが」
ジークフリート 「共有が出ないギリギリの人数だったはず」
七尾百合子 「3」
mio 「普通の12人だった。」
七尾百合子 「2」
七尾百合子 「1」
黒川千秋 「クールアイドルでひとまとめにされていたのね!」
輿水幸子 「カワイイボクと違って個数がさほど多くなかったので、まとめられていたんですね
フフーン。ボクのリサーチ力が恐ろしい…」
うえきちゃん 「……》爆発《……」
七尾百合子 「サンダーバード、発進!」
ゲーム開始:2016/12/29 (Thu) 22:44:43
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
輿水幸子 「フフーン! カワイイボクが狼さんですね!」
菊地真 「僕僕コンビだね」
「◆橘GM ご来場ありがとうごzアイマス(論破ジョーク)
現行の四条として普通村は最後ですが、
代替のサーバがすでに発足しています
詳しくは四条劇場トップをどうぞ!」
菊地真 「よろしくね!!!幸子!!」
輿水幸子 「さて。占い師と村人さん、どちらを騙ります?」
菊地真 「僕は村人を騙るよ!!!」
菊地真 「幸子が好きなように動けばいいさ!!」
「◆橘GM 占いと狩人の夜投票は超過前でお願いします
大人としての当然のマナーなんです」
輿水幸子 「フフーン。いいでしょう、では最後まで残る役目はお譲ります」
「◆橘GM それでは楽しんでいってくださいね」
輿水幸子 「カワイイこのボクが、このステージをプロデュースしてあげましょう!
真さんは頑張って最後まで逃げ切ってください」
輿水幸子 「では、今夜は1分くらいで行きますね」
菊地真 「そういうことにするよ じゃ一緒に頑張ろうね」
菊地真 「了解>一分」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
橘GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
橘GMさんの遺言                ___
               : : : : : : : : : : : ..―: : :、
.         /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : :\
         /_.: : : :.__: : :. -=彡ヘ: : :.:.:.:ヽ
        /   ]三[    `ヽニニニl: : : :\.::
.    /   _/: : :.∨\   \: : : l: : : : : :}: }
      \_,/l|: : : :| \ \__/_:_:_::l: : : : :/ ,′
       \,/.| : : |  \/ト三ヲ;´!: : : / ソ
       ||  |: : : :|   ヽ: : : /ノ .|_ /}
       ||  |.: : : :.|      :. : l:{  l: :\}      やっぱり占いなんて居ませんでしたね(開始前遺言です)
       ||  |.: : : :.|       : : : :lヽノ、 : : ヽ
       l:\_,|.: : : :.|___|.: : : :.l  ,>、::l 
        | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : lイ´  ,::l
        |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l__, V
        |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  `丶、
        |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |\_/^
        |.: : : : : :.i.: : : : : : :i : : : : : :.l,/   ハ
        | : :|: :.:.:.:| : : : : : : l:.:.:.l.:. .:./    /
        | : :|: :.:.:.:| : : : : : : |.:..:.l:.:.:/    /:
.       乂::|: :.:.:.:| : : : : : : l: /:l::/ ∧ / : :
.        }j\: ::l : : : : : :.:l/ レ   ∨//::  i
          l: ヽ.}: : : : :. :.八       ∨/::  |
          l   ;,\.: : :./.          Ⅵ::  |
          |:  ∧. ヽ;/          Ⅶ  |
.          \  }               Ⅷ  |
           ヽl       __      Ⅷ_,ノ
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ジークフリート 「おはよう

占師は占い結果のCOを頼むぞ」
プロデューサー 「にゃーん。」
mio 「おっはよー。」
奥山沙織 「おはようごぜーます!
今日のために人狼退治の仕方頑張って予習しできました!」
菊地真 「おはよう!!」
黒川千秋 「占いです 幸子さんは〇」
高森藍子 「おはようございます」
黒川千秋 「理由
それでは遺言にするには遅かったですがAAを見つけてくれた幸子さんを最初に占いましょうか
きっと幸子さんは〇だって信じていますよたぶんきっとはい」
mio 「今日寒いよねー。」
うえきちゃん 「……・・・(朝)……」
輿水幸子 「フフーン! おはようございます、カワイイボクが挨拶してあげますよ?」
高森藍子 「出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
5吊3人外ですね ふぁぁ~・・・ちょっとお目目に水が出てますけど、占いさんはCOお願いしますね」
七尾百合子 「霊能COします!」
ジークフリート 「つまり、占いCOした奴は全員吊れと…?(GM遺言」
mio 「1-1かなー?」
うえきちゃん 「……∈花粉∋……」
黒川千秋 「そしてこうなりますか」
高森藍子 「ふぅむ、占いさんは一人ですね
霊能さんもお願いします」
ジークフリート 「1-1なのか」
輿水幸子 「おやおや。カワイイボクがやはり気になりますか>千秋さん
そうですよねぇ。ボクはカワイイので当然ですね!」
渋谷凛 「じゃ、占いはよろしく」
菊地真 「GM盲信して占い吊ろっか~(冗談」
高森藍子 「ふぅむ、なるほど
1-1ですか」
プロデューサー 「わんおーわんとは…やはり犬か…。」
奥山沙織 「えーっと・・・1-1だから・・・
千秋さんがどっちかって見る話ですね」
mio 「めずらしーてんかいだねー最近。」
うえきちゃん 「……》☆∀☆《……」
七尾百合子 「まさかの1-1ですか。」
黒川千秋 「狼は潜伏を選んだようですが
狂人も潜伏を選んだか初日のようですね。かなりラッキーです」
mio 「☆☆☆」
輿水幸子 「…あの。理由の最後の8文字くらいが不安なんですが…>千秋さん」
渋谷凛 「まぁ1-1なら灰詰めるでいいんじゃない」
プロデューサー 「(てしてし>えうきちゃん」
mio 「粛々とぐれらーんで明日だねーっ」
菊地真 「でも意外だね 2COぐらいになると思ってたけど」
mio 「えうきちゃんとは」
七尾百合子 「まあもしかしたら明日占い師が増えているかもしれません」
高森藍子 「私の考えでは、12で狂人がもぐるのは狼の首を絞めるようなもの、と自覚しているので、初日でなければまず真だと思います」
黒川千秋 「カワイイかどうかはいったんおいてAA見つけてくれましたからね>幸子さん」
うえきちゃん 「……・・・(山)……」
奥山沙織 「12人は17人と違って狼さんの初日好き放題って聞いたから・・・」
ジークフリート 「まぁ、狂人がサボって何するという人数でもないし
初日が占いか狂人かくらいに考えておこうか」
七尾百合子 「粛々と灰詰める作業ですね」
プロデューサー 「えうー。>mio」
輿水幸子 「…ま、まぁ許してあげましょう
ボクの身の潔白は占うまでもない、ということくらいは当然ですが
可愛すぎて不安になってしまう気持ちも十分理解しますよ、ボクはカワイイので!」
高森藍子 「明日増えても扱いが困りますね・・・>七尾さん」
渋谷凛 「ぶっちゃけ最悪のケースは2パターンぐらいだけど
それはもう最後の最後に考えるやつだし」
黒川千秋 「大丈夫です。実際〇だったじゃあないですか」
mio 「えうえうー(なでなでなで>ねこP」
うえきちゃん 「……∈イカ∋……<ねこ」
プロデューサー 「それだと橘が占い持ってったくさいにゃん。」
mio 「明日増えてもしーらない。」
輿水幸子 「当然ですよ>千秋さん
せっかくファンの皆さんが千秋さんのために作ってくれた作品を、
千秋さんが知らないまま終わってしまったら寂しいじゃないですか」
奥山沙織 「12人で狂人さ潜るとどうなるんですか?>藍子さん」
プロデューサー 「(満足顔>mio」
うえきちゃん 「……》×祭×《……」
ジークフリート 「狩人が出る人数だし、真が潜る様な人数でもないからな」
高森藍子 「うう、少し寒いですね いや、武者震いでしょうか?」
mio 「かわいいよー!ねこかわいいよー!(むぎゅー>ねこP」
奥山沙織 「さすがに明日増えることはないでしょう」
渋谷凛 「初日占いはほら、千秋が結果真の狂もありうるから>プロデューサー」
黒川千秋 「一応AA禄では知っていたAAなんですけどね>幸子さん
ただ、最近AA禄が重かったので今はあんまり使っていないです」
菊地真 「流石に出ないと思うけどな~
もう既にGMか黒川さんか考える段階まできてるし」
輿水幸子 「ファンはボクたちに気持ちを伝える、ボクたちはそんなファンの気持に応える
それがルールです、当然ですね」
うえきちゃん 「……[狼有利]……<奥山」
七尾百合子 「最悪のケース=占い初日で霊が潜伏死とか考えてないですか?私は正真正銘の霊能者ですって>凛さん」
プロデューサー 「こいよ!金沢こいよ!>幸子」
高森藍子 「まず、占いが噛めません 場に出ている占いは狼が騙ることもありますが
その考えは今はないです>奥山さん」
mio 「両偽とか考えるだけ無駄だよー。」
渋谷凛 「最悪なのは囲い済みからの漂白や
囲い位置で全然吊れないままずるずる終盤まで行くパターン
なので今はまだ悲観する時じゃないよ」
プロデューサー 「ぷろでゅーさーなのに…。>mio」
うえきちゃん 「……∈花粉∋∈花粉∋∈花粉∋∈金粉∋……」
輿水幸子 「だから、「最後に考える」なんですよ>百合子さん」
ジークフリート 「対抗居るのに出てこない霊能は居ないだろうよ」
菊地真 「12で蛋白って有効なのかな?>リン」
渋谷凛 「潜伏いたら流石に怒る」
輿水幸子 「今は目に見えるものだけを見て信じればいいです」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
2 日目 (1 回目)
七尾百合子0 票投票先 →プロデューサー
高森藍子0 票投票先 →菊地真
うえきちゃん1 票投票先 →渋谷凛
輿水幸子0 票投票先 →菊地真
奥山沙織0 票投票先 →プロデューサー
黒川千秋0 票投票先 →プロデューサー
mio0 票投票先 →ジークフリート
菊地真3 票投票先 →ジークフリート
プロデューサー3 票投票先 →菊地真
ジークフリート2 票投票先 →渋谷凛
渋谷凛2 票投票先 →うえきちゃん
2 日目 (2 回目)
七尾百合子0 票投票先 →プロデューサー
高森藍子0 票投票先 →菊地真
うえきちゃん2 票投票先 →渋谷凛
輿水幸子0 票投票先 →菊地真
奥山沙織0 票投票先 →うえきちゃん
黒川千秋0 票投票先 →プロデューサー
mio0 票投票先 →ジークフリート
菊地真3 票投票先 →ジークフリート
プロデューサー2 票投票先 →菊地真
ジークフリート2 票投票先 →渋谷凛
渋谷凛2 票投票先 →うえきちゃん
菊地真 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)
   |      | |   せっかくなので好き放題やってみることにした
   |     __´_ノ
   |     `ー'´}
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
輿水幸子 「まず」
輿水幸子 「ここで黒川を噛みます」
輿水幸子 「残り9人」
輿水幸子 「高森を吊ります。プロデューサーを噛みます。残り7人」
輿水幸子 「うえきちゃんを吊ります。渋谷凛を噛みます。残り5人」
輿水幸子 「ジークフリートを吊ります。mioを吊ります。残り3人」
輿水幸子 「奥山を吊っておわり」
輿水幸子 「霊能をあえて噛まずに残すか、あるいはどこかで噛むかは考えておこう

占い結果と今日の身内票
十分すぎるほどの材料は手に入れた」
輿水幸子 「若干、演出過剰だとすら思うくらいに


さて。ここで黒川が噛めなかった場合(狩人が護衛しているケース)
その場合は、明日以降の○を残します。真贋位置として、そしてこっちは指定をする」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
黒川千秋 「占いです 奥山沙織さんは●」
輿水幸子 「プロデューサーさん、しっかりしてください
そんなんじゃあカワイイこのボクを最後までプロデュースなんてできませんよ?」
七尾百合子 「●でした!」
うえきちゃん 「……・・・(みりあもやるー!)……」
mio 「おっはよー。」
黒川千秋 「理由
真さんが吊れたと思ったら沙織さんが投票を動かしていましたか
こういう吊れない位置に票を動かしてそれ以外が吊れると動かした人が中身が狼村人問わずいろいろ見られるので
村人なら村人で吊れなくできて、狼なら狼でよし、の精神で占ってみましょう」
奥山沙織 「ご、ごめんなさい・・・ずっとうえきちゃんに投票した気になっでだから・・・
これでプロデューサーさん狼なら完全に失敗だ・・・」
mio 「死体なし。」
高森藍子 「おはようございます」
ジークフリート 「おはよう

昨日の輿水君○は信じて良い気はしている
輿水君狂人だったりするのではないかなーと考えたりはしているが

奥山君が票を替えたことで菊池君が吊れたか
霊能結果が気になるところではあるな」
輿水幸子 「おや。おやおやおや
これはいいですねぇ! 実にいいです、褒めてあげましょう!」
プロデューサー 「にゃーん。」
黒川千秋 「ああ、これで終わりですね」
高森藍子 「昨日の話の続きです。」
mio 「さおりんなにかCOあるー?」
奥山沙織 「あっはい。狼だったんですか」
プロデューサー 「にゃー…ん」
うえきちゃん 「……[終了宣言]……」
mio 「にゃんこー!おいでー!>ねこP」
奥山沙織 「どうぞ吊ってくだせえ」
黒川千秋 「COも何もないですよ。沙織さん吊りで終わりですからね」
渋谷凛 「死体無し、で●引き●吊り
終わらなければまぁ基本占い騙りで見て、かな」
輿水幸子 「フフーン!>真さん●

褒めてください! ボクを!」
ジークフリート 「なんと、霊能結果は●か
ん、あれ?それで占いから奥山君に●が出るのか」
高森藍子 「昨日の話の続きをしようかなと思いましたけど
今日●出ているのでそっちの話をしましょう」
七尾百合子 「えっと…これだと沙織さん吊りで終わらなかったら千秋さん私視点破綻になって…」
奥山沙織 「明日千秋さん吊って
それから」
うえきちゃん 「……∈鉄粉∋……<幸子」
プロデューサー 「かなしい…。まこちんさおりんだけの夜とかDVDで販売したい…。」
渋谷凛 「一応霊騙りで昨日吊れてないなら終わらないんだけどね」
高森藍子 「でまあ、今日●でしたら無条件で奥山さん吊で構わないですね」
ジークフリート 「霊能結果●が出るなら奥山君○で良いのではないかと考えていたのだが…」
奥山沙織 「初手囲いだけ見るかどうかですね
凛ちゃんがすっごいうるさくなりそうなのが気になりますけど」
輿水幸子 「カワイイボクが狼を吊っていますよ
カワイイこのボクが! ほら、見てくださいプロデューサーさん!」
黒川千秋 「七尾さんが偽じゃないかぎり沙織さん吊りで終わります
私が真であるかと保証ではないですが」
渋谷凛 「まぁ終わらなければ千秋が頑張って●見つけてねになるんだけど」
うえきちゃん 「……[奥山]→[千秋]→∞……」
高森藍子 「明日続いたら・・・ま、その時はその時ですね 夜考えます」
プロデューサー 「10>8>6>4>2」
輿水幸子 「ご心配なく。カワイイボクはご覧の通り潔白ですので>沙織さん
なんたってボクですから」
黒川千秋 「狩人が私を護衛していてくれたのなら
私非狼は確定しますよね?つまり明日が来てしまうのなら七尾さんを占います」
mio 「残り4吊りー。」
うえきちゃん 「……》鉄壁《……」
ジークフリート 「無残無しだが吊りが増えたわけではないのだよな」
プロデューサー 「沙織ちゃん→千秋さん→百合子ちゃん→輿水でおわりかにゃ?」
渋谷凛 「沙織>なんか私が最悪はもう既に起きてる想定とか想ってない?」
黒川千秋 「七尾さんが狂人でなければ狼ですからね
あんまり12人で狂人が霊能に出るとは思わないので
万が一人外があるとしても狼かと思いますが」
奥山沙織 「昨日の凛ちゃんが言いたかったのは、
おそらぐ12人の霊能偽が一番最悪、と言いたかったんでしょうけど」
高森藍子 「まあ、どっち視点にしろ1Wは吊れているので続いたら
最悪ロラでも構わないわけですが 必ず最終日に行けるルートです」
輿水幸子 「いえ。それはいりません>千秋さん
あなたはあくまで灰を占うべきです」
mio 「12人は最初から1吊り増えてるようなものだもんねー。」
うえきちゃん 「……[Blu-ray]……<ねこ」
奥山沙織 「霊能は基本最後でいいです>プロデューサーさん」
プロデューサー 「うえきちゃん、画質をあげるなんてやるにゃ…。」
黒川千秋 「どうしてでしょう?>幸子さん」
うえきちゃん 「……》×♪×《……」
渋谷凛 「結局そういうのは今夜が来たら考えるでいいんだよ」
高森藍子 「ちなみに、その時は霊能から先吊ることを提案します
霊能視点1W吊れているので占いより先に吊って大丈夫なはずですから」
輿水幸子 「もしも終わらなかったら、の前提ですが
百合子さんが何者であれ、見える位置にいる以上はあなたと同じステージに立っています
それなら条件は五分じゃないですか」
うえきちゃん 「……∈豚肉∋……」
輿水幸子 「本当に怖いのは見えないことですよ。だからボクは見えるものをまず信じます」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
3 日目 (1 回目)
七尾百合子0 票投票先 →奥山沙織
高森藍子0 票投票先 →奥山沙織
うえきちゃん0 票投票先 →奥山沙織
輿水幸子0 票投票先 →奥山沙織
奥山沙織9 票投票先 →mio
黒川千秋0 票投票先 →奥山沙織
mio1 票投票先 →奥山沙織
プロデューサー0 票投票先 →奥山沙織
ジークフリート0 票投票先 →奥山沙織
渋谷凛0 票投票先 →奥山沙織
奥山沙織 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子 「よーしよしよし。これで偶数になった」
輿水幸子 「あとは、もうここから1回のGJも出させない」
輿水幸子 「9の夜
7の夜
5の夜

それぞれ七尾百合子、高森藍子、プロデューサーの順に噛む」
輿水幸子 「七尾百合子は今夜、護衛されない
なぜなら真でも仕事が終わっている

賭けてもいい
狩人は今夜、輿水幸子を護衛する…と言いたいけれど
(少し発言数を調整)」
輿水幸子 「…するかしら?

あ、ちなみに「GJでも構わない」というのは
元から「GJが出た場合、狂人を吊り数に使える」のが理由」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
高森藍子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高森藍子さんの遺言 最近デレステ(でしたっけ?)を始めましたCO
四条鯖での人狼は楽しかったです。次の移転先に失礼することがあればまた宜しくお願いします
奥山沙織さんの遺言 この劇場も最後と聞いたので・・・

わだすなんかがアイドルの世界に飛び込んで最初はすごく不安しかながたですが
今思い返せば全てがキラキラ輝いた幸せな時間でした

環境は変わりますがこれがらももっともっと頑張っていきたいと思いますので、今後どもどうぞよろしぐおねげーします
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
渋谷凛 「藍子>正直、霊が狼は薄いと思う
だから千秋が●引いてない限りは千秋の○含めてラン
同様に千秋が狼なら●はあんまり出さないんじゃないかな
占霊を真狂想定でどちら視点でも一人吊れてるから、占霊を除く位置から吊りにいけばいいよ」
黒川千秋 「占いです うえきちゃんは〇」
mio 「噛みそこー?」
ジークフリート 「終わらなかったな……

どちらかは真だからLWにはなっているのだよな
奥山君が狼で2日目の目立つ票替えをするかどうか」
mio 「おっはよー。」
七尾百合子 「まあ当然○なわけですが」
黒川千秋 「理由
はい、百合子さんは狼か、万が一の狂人でしたか
ただ、私としては霊能に出るのは狂人よりも狼目だと思いますがどうでしょう?
吊ってくれるのならなんとでもなると思いますが

占い先は沙織さんがわざわざ投票を動かして投票したうえきちゃんですね
身内票を考えてしまうと見せた投票に見えてしまいますから
身内投票しても大丈夫、と見えたから動かしたとかもあり得はなくはないと思いますからね」
うえきちゃん 「……∈鬱金之力∋……」
輿水幸子 「フフーン。終わりませんでしたね、まぁあらゆる可能性を想定するのは当然のことです

今日が8人でしょうから、ボクとしてはまず千秋さんに退場してもらうことを考えます
理由は簡単ですよ。半分はお仕事が終わっているからです」
プロデューサー 「かなしい…。千秋ちゃん僕はとても悲しい…。」
うえきちゃん 「……[百合子]→[千秋]→[最終日]……」
七尾百合子 「当然今日は私吊り安定です」
黒川千秋 「では別に身内をしていなかったということでしょう
で、あれば」
mio 「8>6>4>2 残り3吊り。」
渋谷凛 「幸子、藍子>ぶっちゃけ霊か占いに狼いると思う?」
黒川千秋 「自分から言っていますが百合子さん吊りですね
自分から言うとなると狂人ですか」
輿水幸子 「ただ、もしも
もしも千秋さんが●を見つけていたら。そこを最後まで見ます、それは約束しましょう
だから「灰を占うべき」と言ったんですよ

百合子さん●や○じゃ、何も残せないのと同じですからね>千秋さん」
ジークフリート 「2日目、再投票発生時に3票だったのはプロデューサーだが
当のプロデューサーは菊池君に投票していた」
七尾百合子 「まずみなさん視点で占いと霊能のどちらかに真は必ずいて、すでに1狼が両視点吊れています」
輿水幸子 「いえ。千秋さん吊り、です」
うえきちゃん 「……[安定板着用]……<百合子」
渋谷凛 「百合子も私の意見を読んでくれると嬉しい」
プロデューサー 「まあ、噛みで迷ってGJっぽいから今日グレーでもいいような気がするけどね。」
黒川千秋 「うーん、少人数村で狂人が霊能に出るメリット
メリットはなくもないと思いますがデメリット(占いを噛めない)が大きいと思いますが」
七尾百合子 「そして仮に千秋さんが狂だとしても6人ではPPが起きません」
輿水幸子 「いないと思います>凛さん

千秋さんが狼なら、真さんが吊れているのに●を出しません」
mio 「んー難しいねー今日の吊りはー。」
黒川千秋 「ここで私吊りは私を何で見ているのでしょう?」
ジークフリート 「>渋谷君
霊能に狼はないのではないかな?
というか今日霊能吊りになりそうだからそうなら終わるだろう」
うえきちゃん 「……[最終日行きっぷ]……<幸子」
プロデューサー 「すまない…。なんとなくでまこちんに投票していてすまない…。」
輿水幸子 「百合子さんが狼なら、せっかく乗っ取れたのに●結果を出さないでしょう
○を出せば千秋さんが●を引いても疑われずに済みます

だからボクは占いと霊能、どちらにも狼はいないと思いますよ」
七尾百合子 「であるならば、確実に4人の最終日にローラーすれば持ち込めます」
黒川千秋 「狼ですか?狂人ですか?
どちらにしろここで吊って意味のある吊りではないです」
渋谷凛 「霊か占い片方吊りでまともなグレランになるのは、偽を吊れた場合は二回
真が吊れたら一回
霊占非狼決め打つなら二回はいけるんだよ?」
プロデューサー 「まあ百合子ちゃんでいいんじゃない?
彼女が真でも偽でもLWってことにはかわりなさそう。」
mio 「百合子ちゃん吊りでいいかなー。」
うえきちゃん 「……[LW確定場]……」
黒川千秋 「狼であるのなら最終日に霊能と対立するように動かなかった理由
狂人であるのならばそもそも吊る理由自体が消滅します」
ジークフリート 「まぁ、プロデューサーと奥山君で2Wとかいうことはないだろうし」
輿水幸子 「ただ。それをあえて見越して、という可能性はあります
そこまではいくらカワイイボクでも見通せません」
渋谷凛 「だから私は霊も占いも吊らずグレランしようって言ってる>ジーク」
うえきちゃん 「……∈満身創痍∋……<幸子」
mio 「ああ今日グレランで明日手つけてもいいのかー。」
黒川千秋 「それに答えきれないのならば想定が不可思議な吊りと言わなければならないでしょう」
プロデューサー 「いやまあしぶりんのいうとおりでもいいけどさあ。
ぷろでゅーさーも役職に狼混じりなさそうだっておもうもん」
七尾百合子 「私視点だと千秋さんは狂濃厚だと思うので、放置でもいいですが、その場合は6人までに狼を吊らないと半PPです」
輿水幸子 「千秋さんから手をかけて、明日百合子さんを吊るかどうかは考えます
もっとも」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
4 日目 (1 回目)
七尾百合子2 票投票先 →渋谷凛
うえきちゃん0 票投票先 →渋谷凛
輿水幸子0 票投票先 →黒川千秋
黒川千秋2 票投票先 →七尾百合子
mio1 票投票先 →ジークフリート
プロデューサー0 票投票先 →黒川千秋
ジークフリート1 票投票先 →七尾百合子
渋谷凛2 票投票先 →mio
4 日目 (2 回目)
七尾百合子1 票投票先 →渋谷凛
うえきちゃん0 票投票先 →渋谷凛
輿水幸子0 票投票先 →黒川千秋
黒川千秋2 票投票先 →渋谷凛
mio1 票投票先 →ジークフリート
プロデューサー0 票投票先 →七尾百合子
ジークフリート1 票投票先 →黒川千秋
渋谷凛3 票投票先 →mio
渋谷凛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子 「◇七尾百合子「であるならば、確実に4人の最終日にローラーすれば持ち込めます」


     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)
   |      | |     そう、それは正しい
   |     __´_ノ
   |     `ー'´}
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
輿水幸子
     / ̄ ̄\
   /   「  \
   |   ( ●)(●)
   |      | |     だが。それは正しいだけだ
   |     __´_ノ
   |     `ー'´}
   >     ∩ノ ⊃
  (  \ / _ノ |
   \. ”  /_|  |
    \_/__ /」
「◆橘GM すいませんちょっとやむを得ない事情で離席するので投票延長は絶対に期待しないでください」
輿水幸子 「最終日に行けば勝てる、というのは
普通のアイドルが狼の場合

今回の狼は輿水幸子」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
黒川千秋 「占いです プロデューサー〇」
ジークフリート 「渋谷君……

うえきちゃんかmio君に狼かな、黒川君も0ではないと思っている」
七尾百合子 「で、GJですか」
mio 「おっはよー」
黒川千秋 「理由
渋谷さんはグレランを主張するぐらいなら狼に見えなかったですが
ここで私が吊られてなし崩し的に霊能が残るぐらいならすみませんが吊られてもらいます。あと、狩人ではなさそうですしね
ここで目立つのが渋谷さんにある程度同意をしておきながら私に投票していたプロデューサーですね
私と百合子さんのどちらにも狼がいなさそうと言いながら私を吊りに来る理由は何でしょう?

偽に見たとしてもあって狂人と考えるのならば渋谷さんの言う通りグレランを押すべきだと思いますがしていない
つまり吊りを稼ぎたい人外に見えます」
ジークフリート 「!?」
プロデューサー 「にゃーん。」
うえきちゃん 「……》刺激的《……」
輿水幸子 「く、首の皮がつながりました…」
七尾百合子 「狩人の生存は決定的です」
mio 「狩人CO!」
プロデューサー 「しぶりんはないっておもうにゃー。」
mio 「未央ちゃんの狩人日記!
一日目
今日は寒いねー!
護衛は出来ないよー。

二日目
1-1の展開、役欠けてないといいけどねー、普通に占い護衛!
護衛千秋さん 護衛成功!

三日目
ふっふっふー♪
未央ちゃん護衛成功ーっ!
凄腕でしょー?
今日は霊能護衛!さぁどっちが偽かな。
護衛百合子ちゃん 死体あーちゃん

四日目
真-狼 狂-狼 狂-真
さぁどーれだ
護衛先迷うねー?
もっかい護衛

護衛百合子ちゃん 死体」
ジークフリート 「狩人生きてるのか
渋谷君がそうだったのではと絶望していたのだが」
黒川千秋 「では百合子さん吊りで誰も文句言いませんよね?
それで私はあと一回占えまして」
七尾百合子 「で、ここからさらに2GJが出ることは期待できないのですけど…」
輿水幸子 「ありがとうございます、誰かは知りませんが感謝していますよ!
褒めてあげます!」
うえきちゃん 「……[占霊不吊]……」
黒川千秋 「それならジークフリートさんが狼でしたか」
mio 「狂-真 真-狂 のどっちか!」
プロデューサー 「7>5>3>1
グレー4」
輿水幸子 「ボク護衛じゃないんですか?!>mioさん

守ってくださいよ! ずっと噛まれると思っていました!」
七尾百合子 「mioさん真なら、少なくとも占霊真狂確定なわけですけど、どうしますか?」
ジークフリート 「凄く良いところから狩人出てきたと思いました(素」
黒川千秋 「簡単になってきましたね
mioさんが少し薄いからで占わなくてよかったです」
うえきちゃん 「……[詰め物]……」
mio 「流石に○噛みしないかなーって>さっちー」
七尾百合子 「で、3人でPPになるので2吊りの間に狼を探さないといけないわけです」
うえきちゃん 「……∈蒲鉾∋……<幸子」
mio 「残り3吊りでーえーっと」
プロデューサー 「この状況でCOしない狩人はいないっしょー。>百合子ちゃん」
ジークフリート 「7人3吊りか私吊っても間に合うか?」
七尾百合子 「あ、ちなみにここで狼がCOすることは絶対にないです。COしたら詰みますので」
輿水幸子 「ちなみにプロデューサーさんは真さんに投票しています
ジークフリートさんは真さんから投票されていますね?

あの場面で狼があなたに投票すると思います?>ジークフリートさん」
黒川千秋 「そして私GJでしたか少し自信を失いかけていましたが
であればどうします?私を信じてくれるのならばジークフリートさんを吊れば終わりですが」
プロデューサー 「2回グレー吊りでいいじゃない。」
うえきちゃん 「……[真―真][希望的]……<百合子」
七尾百合子 「3人時にはPPなので、2吊りでmioさんを除く全グレーから処理を要します」
mio 「真真はないよーないよー。」
ジークフリート 「最終日は来るはずだが
私吊っても黒川君破綻するだけだし」
プロデューサー 「沙織ちゃんの存在…。>うえきちゃん」
黒川千秋 「グレランするというのならばそれはそれで
ジークフリートさん吊り以外あり得ませんよね?」
輿水幸子 「いやいやいや>mioさん
ボクですよ、カワイイボクとかどう見てもお弁当じゃないですか
だからボクが残っている間に少しでも良い形にしたいと思って提案したんですよ

凛さんの意見も理解はします、だけど占いに狼が混じっていないって保証もできないじゃないですか」
うえきちゃん 「……[追分羊羮]……<ジーク」
プロデューサー 「もうあきらめなよ輿水」
輿水幸子 「可能性がいくら低くても、ゼロじゃないんです
それを昨日、言おうとしたら時間切れでしたが」
七尾百合子 「あー、ジークさん吊りで破綻確定ですか」
mio 「LW確定で2吊りで決めようねー。」
プロデューサー 「ぐっじょーぶがでとるで。>輿水」
うえきちゃん 「……[うっかり八兵衛]……<ねこ」
輿水幸子 「灰を吊る、というのならジークフリートさんではなくうえきちゃんさんからにしましょう
それで条件はイーブンです」
黒川千秋 「百合子さんが狼でないのでジークフリートさんが狼で確定です」
七尾百合子 「ジークさん吊りでもし終わらなければ千秋さん破綻で千秋さん吊りで私食べて最終日です」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
5 日目 (1 回目)
七尾百合子0 票投票先 →ジークフリート
うえきちゃん2 票投票先 →ジークフリート
輿水幸子1 票投票先 →うえきちゃん
黒川千秋0 票投票先 →ジークフリート
mio0 票投票先 →ジークフリート
プロデューサー0 票投票先 →輿水幸子
ジークフリート4 票投票先 →うえきちゃん
ジークフリート は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子
      / ̄ ̄\
    /      「ヽ
    |       ( ●)    (やっぱり幸子の言うとおりだったよ…)
    |        |
    |       _´      (まぁ、狩人がCOしてくれたおかげで助かったけど)
    |      `nl^l^l
    ヽ      |   ノ
      ヽ    ヽ く
      /     ヽ \」
輿水幸子 「6の夜に狩人を噛む
4の夜に霊能者を噛む
最終日に3灰

これで勝ち筋としては十分」
輿水幸子 「プロデューサー 0 票 投票先 → 輿水幸子

この投票がちょいと気にかかるところではあるけれど
猫だからしょうがにゃい

AAで遊びたいが、発言数でバレるといけないので静かにしないと


狼の思考
2夜:占いを噛もう
3夜:噛めなかったので狩人探し
4夜:狩人噛めたかもしれないので霊能噛み
5夜:狩人噛み
6夜:霊能噛み」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
mio は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
mioさんの遺言 烏賊でした
色々合ったねー架空戦記村から
お疲れ様のりつきさん。
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
輿水幸子 「プロデューサーさん、うっかりとはいえ投票ミスは頂けませんね
ま、まぁ許してあげますよ! ボクは優しいので!

…うっかりミスですよね?」
プロデューサー 「かなしい…」
うえきちゃん 「……[フゴフゴ]……」
七尾百合子 「まあそうなりますよね」
黒川千秋 「ふっ、ここまで来たら言い逃れができないですからね」
プロデューサー 「割と殺意満々です。>輿水」
輿水幸子 「狩人を潜らせて指定するべきでしたね
気が利かなくてすみません」
うえきちゃん 「……[千秋吊最終日]……」
黒川千秋 「私を吊って最終日に考えるか
今決めて私という不確定票を混ぜるか」
七尾百合子 「狂吊る場合と吊らない場合で吊る回数が変わらないです」
黒川千秋 「まあ、考えるまでもないですね
後は最後の狼次第です。頑張ってください」
プロデューサー 「いやあ、それは結果論といいますかなんというか。」
うえきちゃん 「……[うえき][ねこ][さちこ]……」
輿水幸子 「プロデューサーさんは冗談が得意ですね
カワイイボクを疑うなんて、今時小学生でも信じませんよ?」
七尾百合子 「私も明日の朝には死んでるはずです」
プロデューサー 「まあ、釣る人は変わんないし。」
黒川千秋 「票がばらばらになったときに
私という1票が非狼に投票したときに結果を知りませんね・・・?」
七尾百合子 「それでは明日、3人が正しい決断を下せることを祈ります」
黒川千秋 「なお、私はmioさんをガチで狼目に見ていたので
今誰が狼かちょっとわかんないですね」
プロデューサー 「とりあえず今日はグレー釣って、明日生き残った村人は狼COの準備でいいんじゃない?」
うえきちゃん 「……[勝負がけ][浪漫]……<千秋」
プロデューサー 「だめじゃんねえ…!ゆりりんいきのこっちゃうよそれ!」
輿水幸子 「任せてください>百合子さん
ボクはちゃんと灰を見ていますので」
うえきちゃん 「……[賛成]……<ねこ」
黒川千秋 「あっ、それやられると非常に困るのでやめてほしい
私が決めることになってしまうじゃないですかやだー」
七尾百合子 「今日グレーを吊ったら私と千秋さん残してグレー食べて私吊りで終わりですよ?」
黒川千秋 「と思いましたか?
狼が残れば百合子さんを残せばいいのでその手は村としてはお勧めしません」
うえきちゃん 「……[あっ]……<ねこ」
プロデューサー 「ですよねー。」
輿水幸子 「ただ。…ひっじょーーーーーに嫌な最終日になることが確定しています」
黒川千秋 「百合子さん自身もわかっているみたいですしね」
うえきちゃん 「……[不覚]……<百合子」
黒川千秋 「村としてもあれですし
狼としても少しあざとすぎませんかね?どちらも素手やりそうなので私はノーコメントですが」
プロデューサー 「まあ、結局輿水がうえきちゃんか僕なんですよ。」
うえきちゃん 「……[浪漫飛行失敗]……」
輿水幸子 「なので百合子さん、真さん人狼結果に対してどう思ったか
なんでもいいのでヒントになりそうな情報をください」
七尾百合子 「なので、千秋さんという不確定票を残したまま今日終わらせるか、あるいは千秋さんという不確定票を排除した上で明日決断するか、どちらかしかないです」
輿水幸子 「ボクにプロデューサーさんが疑える訳がないじゃないですか」
うえきちゃん 「……[三択の女王][竹下景子]……」
プロデューサー 「輿水…土下座しちゃうの…?狂人にドゲっちゃうの…?」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
6 日目 (1 回目)
七尾百合子0 票投票先 →黒川千秋
うえきちゃん1 票投票先 →黒川千秋
輿水幸子0 票投票先 →黒川千秋
黒川千秋4 票投票先 →うえきちゃん
プロデューサー0 票投票先 →黒川千秋
黒川千秋 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子 「 」
輿水幸子
 | ̄ ̄\
 |  「   \
 | ( ●)(●)
 |     | |
 |   __´_ノ
 |   `ー'´}
 |       }
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
輿水幸子
 | 彡
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
七尾百合子 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
輿水幸子 「ですよねー…」
プロデューサー 「にゃーん。」
うえきちゃん 「……[飛翔]……」
プロデューサー 「僕の村アピ。まこちんを殺した。
ころしましまったのだ…。」
うえきちゃん 「……[悶絶]……」
プロデューサー 「しましま。」
うえきちゃん 「……∈花粉∋……」
輿水幸子 「プロデューサーさんを村と決め打ち発言をすれば、ボクが噛まれるのではないかと少し期待していました
甘かったですね。それは認めましょう」
輿水幸子 「では、お二人に質問をします」
うえきちゃん 「……[うえき吊りでイーブン][とは?]……」
プロデューサー 「輿水はあれだよ。なんかかわいいから狼っぽい。」
輿水幸子 「◇うえきちゃん  「……[奥山]→[千秋]→∞……」
◇うえきちゃん  「……[百合子]→[千秋]→[最終日]……」


◇プロデューサー  「沙織ちゃん→千秋さん→百合子ちゃん→カワイイ幸子カワイイ」
◇プロデューサー  「まあ百合子ちゃんでいいんじゃない?
彼女が真でも偽でもLWってことにはかわりなさそう。」


お二人は3日目は「千秋さんを先に吊る」と言っていましたが
4日目には「百合子さんを先に」とも言っています
この理由は何でしょうか?」
うえきちゃん 「……[うえき][うっかり][連発]……」
プロデューサー 「にゃーん?>輿水」
輿水幸子
◇輿水幸子  「ちなみにプロデューサーさんは真さんに投票しています
ジークフリートさんは真さんから投票されていますね?
あの場面で狼があなたに投票すると思います?>ジークフリートさん」

これです>うえきちゃんさん
投票周りで考えるなら、あなただけが真さんに関わっていません」
うえきちゃん 「……[不覚]……<幸子」
プロデューサー 「真っぽい百合子ちゃん吊れば噛みはグレーにいくじゃん?>輿水」
輿水幸子 「だからボクは最終日に送るなら、ジークフリートさん、プロデューサーさん
そして誰かという形を考えていました

それなら全員が平等です」
プロデューサー 「なんかどっちも吊りそうな空気だったしにゃ。」
うえきちゃん 「……[真くん][イケメン]……<幸子」
輿水幸子 「なるほど…って、それ単にボクが噛まれません?>プロデューサーさん
いえ、ボクは護衛されてしかるべき存在ですが」
うえきちゃん 「……[状況判断力][うえき]……」
プロデューサー 「村なら噛まれは誉れでしょ。>輿水」
うえきちゃん 「……[羊羮]……<幸子」
輿水幸子 「ちなみにボクの村人アピは簡単ですね
カワイイこと、真さんを吊っていること

そしてボクくらいの才能なら漂白なんてしませんし、そもそも霊能者なんて噛みません」
輿水幸子 「完璧すぎる理論ですね!」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
7 日目 (1 回目)
うえきちゃん2 票投票先 →輿水幸子
輿水幸子1 票投票先 →うえきちゃん
プロデューサー0 票投票先 →うえきちゃん
うえきちゃん は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
うえきちゃんさんの遺言 ∈∀∋
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2016/12/29 (Thu) 23:53:35
mio 「おーえるさーーーーーーーーーーーーーーーーn」
ジークフリート 「お疲れ様」
奥山沙織 「おづがれさまでした」
mio 「なに逆噴射してるの!wwwwwwwwwwwwwwwww」
橘GM 「お疲れ様でした。やっぱり占いなんていませんでしたね(どやぁ)」
菊地真 「お疲れ様!!ありがとう幸子!!!」
輿水幸子

          ,,-―――――-、
        /,         、 ヽ、
.       //         、ヽ、 ヽ
       //      .ハ    t  ヽ  i
.      ,j./.    ,イ ,   | i 、__  |  .}  |
   _ノ .||   イi´  .| ヽ  ` k  ノ |  ヽ_
    `ーz_|tλ _jtj=tj`、_N  ゞt==M、/ トz_t ‐'´
       |レ ゙iオ|::::::|    . |:::::::|`「  |  |   ボクがカワイイので許してください
       |  .|.  ̄       ̄,,, .|  | |
       λ t '''   r-‐‐j    __| ./ /′
    ι .( レV`ー-..,__゙ニ´‐t‐''´rレレ'レ'
    ι  ヽ、    (r‐tj-ュノ`く
         `ー-、/ く`六´ゝ 、ヽ
            /  |・ ・ |   |  t、 _,-tィ^ユ、
           ヒ.__ |・  ・ |  |  ノ゙'´  ||__ノ
            ノ~~ー―┴ く ヽ、  ,r'′」
高森藍子 「お疲れ様です
幸子ちゃんが強かったですね・・・残念です」
うえきちゃん 「……》爆死《……」
ジークフリート 「まぁ、仕方ないだろうw」
黒川千秋 「お疲れさまでしたー。やりましたね」
渋谷凛 「お疲れ様」
奥山沙織 「逆噴射とかじゃない
漂白が本当に見えなかったってのは割とあるから>未央ちゃん」
渋谷凛 「いやまぁなんで私殺したし」
mio 「悪目立ち>しぶりん」
輿水幸子 「そもそも、初日占い&輿水幸子が狼という時点で村陣営の勝ち目がないのでは…?」
プロデューサー 「やっぱ輿水じゃん!」
mio 「やっぱり逆噴射じゃん!!!!!!」
輿水幸子 「そう、輿水だよ」
黒川千秋 「初手漂白はそうそうないかなーと思っていましたが
なんか漂白されかかっていましたねびっくり」
奥山沙織 「初日に関しては藍子さんの動きにかなり助けられたなあと
あれで割とまあどうにでもなるかって気分ではいられたので」
うえきちゃん 「……[千秋吊主張][噛んだから][説得不足]……」
渋谷凛 「mio>そら説明しなきゃいけないなら説明しなきゃ
解らん奴が悪い、は怠惰だよ」
輿水幸子 「(次のシンデレラガールは)」
プロデューサー 「ちょっと迷ったよ!だってなんか輿水の頭が長そうだったんだもん!」
ジークフリート 「>輿水君
そうでもないかも、私は2日目君に人外の可能性を僅かながら見たぞ」
輿水幸子 「唯一、誤算は2回目のGJ
あそこで霊能を噛まずにプロデューサーを噛むのが正解かしら

輿水の声に従うべきだったな」
mio 「漂白ってなにがみえて・・・?>さおりん」
渋谷凛 「こんな逆噴射聞いてない
もういい私アイドルやめる」
奥山沙織 「さすがに中身メタはいげねえですよ!
そこは理性持ってきっちり判断したんだから悪ぐ言わねえです!」
輿水幸子
       ,. -────- .、
     /: : : : : : : : : : : : : :\
    /: : : : : : : : : : : : : : : : ハ
    | : : : : /‐/┼,ハ: :l:_|:l: : : !
    |/l: : :/ /ィケlヽWNィテト: :|
    |: l/l/,イ  ( ●)(●)|/lノ     長くないです!>プロデューサーさん
    l: : : : ::|      |  l: |
    l: : : : ::|    __´___ l: |
.    V: : : :|、   `ー'´ノ :l
     \: ::| > .,_ イ: : : /
   ,x<ヽヽ:|\_ノ l`ヽ\/  __
   ,'   V⌒ト、o/lヽ〉 l\ / / )く
   |  ( ̄二ユ, ol   ', }/ Y/)、
   l    ゝ、二ニ}  l    V  /`´ー/
   |   / ヽ_ノ  ol    }  _/
   l   /  /    }   ,'  /
  / ´   ,'   /l/  /  /
  ヽ   /     |  / /
   `ーイ     o,'  /'´
     /      l  |
    ./         |  ヽ
   /       o|   ',
   ,'         |    ヘ」
mio 「6昼で狼確定してたじゃんさっちーが!!!!!!」
うえきちゃん 「……[カワイイ][完敗][乾杯]……<幸子」
輿水幸子 「ジークフリートは最終日まで残さないから平気」
mio 「ちがう5昼!」
奥山沙織 「確定してたのは千秋偽だけ
漂白したかまでは確定してない>未央ちゃん」
輿水幸子 「いいや4昼?」
渋谷凛 「ジーク残しはうーん
下界にいて説得しきれた自信はない」
mio 「◇輿水幸子 「灰を吊る、というのならジークフリートさんではなくうえきちゃんさんからにしましょう
それで条件はイーブンです」」
うえきちゃん 「……[うえき力不足][無念]……」
輿水幸子 「あざとすぎるくらいがちょうどいいのです、アイドルは
それを今回の教訓にしたいと思います」
黒川千秋 「プロデューサーさんとジークフリートさんは私視点ほぼ非狼
その点を考えると最終日前に吊りに行きますからねー」
mio 「これを村が言うわけがないじゃん!
ジーク残しはそもそも無い!」
輿水幸子 「村人じゃなくて輿水幸子ですから…」
プロデューサー 「にゃーん!」
うえきちゃん 「……[カワイイは正義][瓜生正義]……<幸子」
ジークフリート 「そもそも、渋谷君吊りがだな」
mio 「おーえるさんめー!!!!>ぺちぺちぺちぺちぺち」
mio 「しぶりん吊りはあれ仕方ない!」
ジークフリート 「七尾君から吊らなくて良いなら、黒川君から吊りたいさ」
輿水幸子 「次は占い師のいる村で正々堂々とリベンジを受けて立つのです。輿水幸子が」
うえきちゃん 「……[謝罪]……<村陣営」
高森藍子 「なんだか皆さんたのしそうですね・・・フフッ
では、私はそろそろ失礼させて頂きます
村を立ててくれたGMさんと同村者の皆さんありがとうございます
次の新設鯖にも参加していきたいと思いますので同村したときは宜しくお願いします。」
輿水幸子 「輿水幸子が」
菊地真 「じゃありすは村建てありがとう、お疲れ様でした!!!」
渋谷凛 「mio>百合子が自分吊り言い出したのは参った」
輿水幸子 「相手が輿水幸子だから仕方がないのよ>うえきちゃん
高校野球で初回の相手がアストロ球団みたいなもんよ」
プロデューサー 「ぐんない!」
輿水幸子 「だからみんな、輿水幸子にリベンジするためにまた村に来るといいのよ
全部輿水幸子が悪いのだから」
奥山沙織 「そうやって凛ちゃんは吊られでいぎますたとさ・・・」
うえきちゃん 「……[中トロ]……<幸子」
mio 「あれで百合子ちゃん吊りはちょっとないね今考えてみると
本当錆びついてる途中でグレランでいいって気づいた」
黒川千秋 「私としては真霊能と相打ちできるのならいいかなーと
狼が一番なんやかんややりやすい進行だったと思いますし>私百合子さんロラ」
うえきちゃん 「……∈桜吹雪∋……<幸子」
輿水幸子 「(よし、これで輿水の喧伝は十分やな)」
橘GM 「>うえきちゃん
ジークフリート 「奥山君吊って終わらない時点で黒川君の真はほぼなかったのだ…」
うえきちゃん 「……[錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう]……<未央」
奥山沙織 「念には念を、であれば4日目霊能吊りも正着ですが
その場合最終日に連れて行く灰をもっと考えないといげねえですね。凛ちゃんが残ってたかどうか。

そもそも12で霊能狼考える事自体がレアケースなんで・・・」
橘GM 「>うえきちゃん
悪くなかったですよ。春は近いです。」
うえきちゃん 「……∈ありす∋……」
うえきちゃん 「……[感涙][春はあけぼの]……<ありす」
奥山沙織 「でも実際霊能自身が霊能吊ってまた明日、って言い出してるとなんか「あれー?」ってなりません?>ジークフリートさん」
橘GM 「【……∈橘∋……】
こうですね」
輿水幸子 「涙の数だけ強くなれるわ アスファルトに咲く花のように」
うえきちゃん 「……∈イチゴ∋……<ありす」
輿水幸子 「このフレーズ、いいな。今度からキャッチコピーに使おう」
橘GM 「夏は朝青龍。秋は白鵬。冬は玉子焼きです。」
奥山沙織 「幸子ちゃんこげなくらいかわいいのに・・・
幸子ちゃんが全部悪いわげない!悪いのは白長饅頭だ!」
橘GM 「涙の数だけ強くなれるのなら今頃くるみさんは人の力の及ばない化け物なのでは?」
うえきちゃん 「……[アクメの数だけ潮を吹けるよ♪][旭川にいる熊のように♪]……<幸子」
黒川千秋 「それじゃあ私もそろそろ落ちましょう
またできれば新しい鯖で会いたいですね。お疲れさまでした」
ジークフリート 「>奥山君
騙りだと自白でもしない限りは信じて良い霊能だと思った」
奥山沙織 「うえきちゃん!カメラ!カメラ!」
輿水幸子 「いいえ、この村の勝者は輿水幸子>奥山
羨望も憎しみも予習も復讐、全て輿水幸子が引き受けるのよ

それでもなお、勝ってみせるのがトップアイドル」
うえきちゃん 「……[巨人][大鵬][玉手箱]……<ありす」
奥山沙織 「美しさは罪、ですか・・・>幸子ちゃん」
輿水幸子
                   ソミ~           ~゙'ミ、
                 xミ~゙               ヽx
                彡                   ゙ミ
               ノミ r=-:、    ,.;っxフミヾ、      ミ
               彡 / ,,  "''''リ''""     リ、      ミ
               ミ 丿;;;__―--‐''''' ̄'''‐''' ̄  "''‐t、   ミ
               ミノ-、,.,, ̄"T'て ̄E-、_,,r--、,   ミ  ゙xr;、
              r=l ,.,,_,r,=ヽ (  ( /''゙゙'―‐''゙゙ ̄~~゙''  ゙;、 / /l
              l 'i' 、 丶ヽ'i ':  'i / /L,.,.;.,.;,.,.,_;/ ノ  Lノ レ 'i
                l l‐-、' ,.,.;.,.;_ヽ  ノ   ,;;;;;;;;;;;;;;;;;-二、   E二/
                'i lヽ二;;;;;;;;;;; ヽ  l r=' '''''''''''゙゙--、''-、=   ) /ヽ      私の方が哭いているッッ>橘ありす
               ヽ lr-,r""y ヽ,i ノ リ  _ェ―-、 二 ヽ   (_ノ
                 V / ,イ ,r- l  !  _ '―‐-、ヾ、ヽ   l丶
            r-'''"゙゙入 ノ,i"/゙i'゙'l i..:'~゙) ゙'‐r=ハ‐、,ヽヽ    l
 r-'゙゙ ̄ ゙゙̄''―、_/゙   _ノ リi゙ (<ト_''(_,>''゙,、rヘ7_,l‐'゙  ヾi    ノ\
''゙      ___t|_r==―'゙~入l ! ゙'-l┬┬┬l_!-'゙~    ノ l、  ,r'―、
            |     / \ ゙i゙、  ̄ ̄ ̄        / / ゙ /
       ∠_」゙   . : / ゙̄\゙i゙i  _r-、 __ ,―‐、,、_/ / /、
           ゙\-'"      ヽ i ├l'゙ ̄ .:゙   rf/ /  /\_   _
          ,,.―'゙ヽ、      ノヾi'fユ___ _、rF/ /_ノ゙   ゙゙"ブ
        /      ヽ    ノ  ゙iゞ-゙-'-'-'゙'-'-'゙ /'゙    /
       . :゙       ゙丶、/     l゙'-'゙ ゙̄'―-'゙ 人   /
      /           \    l゙J( 'ー,`)し__/  ゝ'"
   __」゙              `ヽ、<`'‐-----'゙  イ"
     |                  `ヽ、   r-'゙」
うえきちゃん 「……[おめでとう][おめでとう][パチパチ]……<幸子」
渋谷凛 「沙織>上手く伝える説得が下手だからね私
もう少し分かりやすく村に伝えられたら良かったのかな」
うえきちゃん 「……[村たて][同村][感謝]……」
奥山沙織 「――嗚呼、あの頂に立てるのは一体いつになるのかしら。可愛さの頂点に。

                                     ~Fin~」
うえきちゃん 「……》うえき大爆発《……」
輿水幸子 「別の村でも、別のサーバーでもきっと輿水はリベンジを待っているだろ
いつでもチャンスはある、だから「またね」だろ」
渋谷凛 「それじゃお疲れ様
GMは村立てありがとう
狼陣営はお見事」
奥山沙織 「4日目まで行けば多分分がりあえたと思います
狂人に黒さ打だれてなければ・・・>凛ちゃん」
ジークフリート 「私も失礼しようか
GMと同村した皆お疲れ様だ」
うえきちゃん 「…………爆発したうえきちゃんの残骸に
いつかまたキレイな花が咲くでしょう……

おわり」
奥山沙織 「そんじゃ本当の本当におづがれさまでした。

GMのありすちゃん、共演者の皆さん、本当にありがとうごぜーました。
またいつかどこかで(ぺこり」
橘GM 「 びえええええええええええええええ!! 〈
                             〈
..YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY´
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.           .r⌒ヽ          、 _,,
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{          |    \    ,.:-‐‐ー゙ゝメ,ッ:,,
    {   ,.|:::{':::/::::/__ ,.ノ    乂.∨:}::|リ          |   .i  \ ,.':::::‘::::::’::::` ホヘ        、 _,,    _
    \,  |::r∨:::イ ,rぅ心;ミ    ィチ }:,::/'          │  .i   ,':::::’:::::‘::::::’:::::゙i,゙^    ,.:-‐‐ー゙ゝメ,ッ: {!!! _ ヽ、
      乂 _;::{ Ⅵ:| 弋つソ    ら;ンイ|「           .| . ノ\ ,':::‘::::::’::::‘:::::’::ノ    ,.':::::‘::::::’::::` ホ   `、  \
         /::乂ム:::} 。´:::.     .::::ン'ム}            |  ./   ,'::::’:::‘::::’:::‘:::.,.'     ,':::::’:::::‘::::::’:::::゙i,゙ ^ ,‐'`  ノ
         ,:::/:::/:::}::|::.、o rー ~、  イ:::|            | /   i、‘_;;;’;;‘;;;.-''´      ,':::‘::::::’::::‘:::::’::ノ "  .ノ/
      /::/:::/:::::j:/::::|>`⌒ '´ イ::::l::∧          / /    /   /       ,'::::’:::‘::::’:::‘:::.,.'   , r '
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ         (_/    /  /        i、‘_;;;’;;‘;;;.-''    ̄
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}              / /          {  /
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ            / ./            _|  (_,,-,
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'           /./             / __ノ
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |          (_./ 
橘GM 「ふう最強の風格を得てしまいました
私は感情が昂ぶると泣いて喚いて頭をスッキリさせるんですよ
エシディシさんもそう言ってました」
うえきちゃん 「夢と感動をありがとう」
輿水幸子 「              /           >'´          |
.           /     _  -‐  ア/           /
           /    > '´    >'´ィ -┬―― 、      /
             /    >' .ィ |   | ハ | |  >- /
          l /  >'´  イ斗-||  | 「lTト|   l| /
          |/ -‐'´  ィ l.イト、| __∨ /レニュlハ  ||/
         -‐'    ィ  |lリ斗モテ‐ レ  {爿∨|./リ>      夜空に笑顔でキメッ☆
      ´     .ィ  |  _'レ'/辷ク     ,`´ |l/|
  r'´_  -=ニ∠ィ.|   |  い           { |
           .リ_ ノ| l ヽ\   - ーァ   ノ: | __
           彡i ハ | .|   ト``    ー   イ==ト= ニ≧‐- 、
            |{ ∨|Nハ ハ   -r- イ ノイ / >'´ --ト-'⌒ヽィ⌒l
              ヽ>-\ハ、_/从|   レ' /    く`Y::::::::::/::::/
              ム―-ミ`゙`マTト、\     /     └弋:::_八ノ
 :::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::。:::::::::::::::..☆ . :: . 。  : . .. ..:...。::::::::::。:::::::::::::::::::。::::::::::::::
 ::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::゚:: : : ..:.. .. ..:.. .。. . .: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::: : :。 ::.. 。.:  . . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::: :: : : . . . : : ..:。.: :::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::
 ::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::。::::: 。:. .. :☆. . : :::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::. .☆ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.. .. .:::.::...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::..:..:::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::. . . . 。.::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::☆::::
 ::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  。. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::。::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: . ..:  ::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::. .☆ .:::::::::::::::::::::::::。
  ̄`''--、__,,,_,,,,__,;;w--─--、___:::::::::::::。: . :.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::::::::。::::::::::
     _  ___  ____--─ー──~'''~`─-、._,,、w─''"" ̄  ̄ ̄`''--、__,,,_,,,,__,;;ー-‐''''"~~~
 ─''"~   ̄   ̄    ̄^ー-‐''''"~~~`‐-‐''~^ヘ,,__,, __            (;; ;: :    ::::
 ::::                                        (;;; .; : :;;;::: ::;;;;;;::::::::::::::
 ::::::::::                                    (;;(;;;;;(;;;;;○;;;;;;;;;○;;;;;::::::::::」
橘GM 「現行の四条ではこれが最後ですが
来年からは代替四条が続きます。どうぞご贔屓に。
詳細はトップページからどうぞ」
橘GM 「歴史が終わり伝説が始まる…」