←戻る
【劇場99】劇場公演 火曜の部村 [116番地]
~夏の始まりに村はいかが?~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 日高愛
(生存中)
icon 水橋P
(生存中)
icon 千早
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 鍵山雛
(生存中)
icon 真っクロP
(生存中)
icon 双海亜美
(生存中)
icon チルノ
(生存中)
icon 双海真美
(生存中)
icon ミスト
(生存中)
icon モノクマ
(生存中)
icon 東横桃子
(生存中)
icon (イロ)モノクマ
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon できない子
(生存中)
icon リン
(生存中)
icon 大佐
(生存中)
水橋P 「ん、みんなお疲れ様…
よし俺も落ちようお疲れ様
亜美真美は共有で出来るといいな…」
千早 「潜伏狂人の勉強をしないといけないわね。お疲れ様よ~」
ミスト 「では私も落ちますねー
お疲れ様でした」
天海春香 「それじゃ、お疲れ様!」
双海亜美 「今度は村人で亜美真美やりたいよ・・・>真美」
双海亜美 「まあ真狼-真狼でも2-2にしたほうがやりやすいってことだよね、結局
亜美の動き方まずかったし、どうにもだったね」
双海真美 「お疲れ様~。約束どーり亜美の中の人と一緒に亜美真美できて楽しかったよー
そんじゃーねー」
大佐 「では私もこれにて失敬
お疲れ様でした」
できない子 「じゃあ私も落ちるよ、お疲れ様」
ミスト 「うん、ありがとう>イロモノ
お疲れ様」
モノクマ 「じゃ、ボクも落ちようかな。お疲れ様……うぷぷぷ」
真っクロP 「そんじゃま、お疲れさんミャ!
色々と勉強になる村だったミャね~」
(イロ)モノクマ 「ログ見てニヤニヤしてから寝るわ~
>ミスト ウィダーインゼリーとかさ、20過ぎたら健康に慢心しちゃダメ、これ鉄則
>春香 鏡あげようか?
GM村建て感謝。四条は雰囲気いいわ~お疲れ様」
星井美希 「1-2の進行論を見つめ直す必要性も出てきたかなって思うな・・むむむ・・・」
東横桃子 「へふー」
天海春香 「歌とかグラビアの仕事とって来ていいのよ!」
日高愛 「春香さんの担当のプロデューサーさんが
「最近バラエティの仕事しか入ってこない」
って頭抱えてました!>春香さん」
ミスト 「霊能で一番悲しいのは対抗が吊れないときですねー」
双海亜美 「せっかくなら銃殺だしてもらうほうが気持ちよかったよね>はるるん」
大佐 「霊能は吊られるのが仕事です」
鍵山雛 「○に狩人っぽいのいるもん
どーしようもないわね>真美>あの段階で」
天海春香 「まぁぶっちゃけ私が狐で良かったね!
私以外だったらただの村ゲーだよ!」
モノクマ 「>美希
ん~~~……それ、実は村陣営と狼陣営が1人ずつでないなら相当危ういんだよね。
具体的には両偽、あるいは……どっちかが狐だったり、とかね!」
日高愛 「正直ライン戦なんていらないです!
迷う要素増やすくらいなら片方と心中した方がマシッ!!
というスーパーゴリ押しなあたし」
星井美希 「ふむむ、たしかにそれもそう、かな?>リン」
千早 「大佐は割と偽目に見てごめんなさいねw
初日は大佐真がダントツだったんだけど、対抗●で
「最初から騙るの準備してた狂人っぽいなー」って思っちゃったw」
双海真美 「囲われてればなんとかなったかもだけど
灰に残ったらどーちよーもなかったね>雛ちん」
天海春香 「うろたえるな小僧ども!
MVPは私、この私、アイドルマスターのメインヒロイン!
天海春香でーーーーー……!?




バラドルってなにぃぃぃぃ!?」
ミスト 「…よ、ようかんなら食べましたよ?>イロモノ」
リン 「それは、誤爆と身内切りに対応できないので非推奨」
鍵山雛 「今回はくそみたいな狂人だったなぁ
…やっぱりまったりするぐらいの余裕がほしいとこだわ」
星井美希 「だから擬似的にライン戦をとるの。
つながった方の霊能を排除すればいいの>モノクマ」
双海亜美 「残しようがないねー>真美」
大佐 「ご自愛ください」
水橋P 「気に戦でいいと思うぞ…>愛」
できない子 「素村だからさ…>日高愛」
チルノ 「同村村建てありがと!
お疲れさまでした!
またね!」
ミスト 「桃子さんが噛まれている時点でチルノ狼は諦めますよ
正直そこ狼なら○は残します」
双海亜美 「村視点だと霊ロラ安定だよ 
1-2でも2-2でも」
日高愛 「表彰しなかったひとごめんなさい・・・」
チルノ 「霊ロラした方が占い欠けにも対応できると思うんだよね
ライン戦やろうとしたらはちゃめちゃだった」
(イロ)モノクマ 「>ミスト ゼリー系はだめなのかい?」
大佐 「>でも流石に一日ソーメン一束だけじゃあ体力が落ちる落ちるw
・・・!?」
星井美希 「・・・やっぱり残すべきだと関心が鬼なったの・・・>霊能ロラ

まあ1COの 占いは 真の確率が単純に高いけどね!」
日高愛 「なんでこんなに自己主張激しい人多いんですか・・・」
双海真美 「亜美はなるたけ保護しよーと思ってたけど、さすがに庇いきれなかったよーw」
ミスト 「まあ、というかもうそろそろ食べないといけないんですけどねー
喉が痛くてまだ食べるがおっくうです
でも流石に一日ソーメン一束だけじゃあ体力が落ちる落ちるw」
モノクマ 「>美希さん
1吊り消耗はまだなんとかなるから、そこまで問題にはならないんじゃないかなあ?
残しておいて霊能どっちが真でSHOW、ってなった後のほうがよっぽど問題なのですっ。」
千早 「チルノちゃんは状況狐ありうる位置。
ただし、リンちゃん偽の時に限る。という印象だったわ>チルノちゃん
リンちゃんへのフォローの仕方とか、狼には見えなかったわね」
できない子 「裏MVPは私じゃないの!?」
チルノ 「がんばる>星井」
できない子 「私がクマ吉を殴ることで一人でも私を村認定してくれる
そういうことに幸せを感じるんだ」
(イロ)モノクマ 「えっ、僕がMVPじゃないのかい!?」
大佐 「天界から拝見して実に面白い村でしたな」
水橋P 「プチ表彰どーも…ふぃ…」
チルノ 「ありがと!>真美
良い共有だったよ!」
星井美希 「じゃあまあその、霊能ロラしてたら吊り数どうするの、って疑問かな>チルノ」
双海真美 「狼と共有だもんね、ちかたないね~」
千早 「ぶっちゃけ、狼視点真でも狂占いの可能性ってありますからね!(キリ」
日高愛 「というわけで、今回の表彰は特に印象強かったこの二人!

あとあえて霊能に出る度胸を披露した狼さんにもプチ表彰。おめでとうございまーす!!」
チルノ 「あたいだった!
RPは終了までがRPだね!」
(イロ)モノクマ 「「ぷるぷる…僕、悪いクマなんかじゃないよ!」→これ非狼COね」
双海真美 「最初のうちはちょっちびみょーかなーって思ってたけど
だんだん○くなっていったよー>チルルン」
双海亜美 「真美とたのしーことできなかったのがかなちかったよー」
リン 「わーい」
真っクロP 「それはよかったのミャ>ミスト
相方はご苦労様ミャ」
鍵山雛 「え、初日占いで霊ローラーしようが勝てないのなら村が弱いってのがすべてよ>美希」
チルノ 「私黒かったー?>真美」
千早 「>美希
狼視点の占いの対応ですね
もし、狼囲い等の理由で狼視点の占い偽が確定したら、その時点で嚙み傾向が変わるものですし」
水橋P 「あれだ、猫だからだ>クロ」
日高愛 「MVP

リン(無双占い)
というわけで1COで残され、吊られない流れを構築した上で詰み状況を作った占いが本日のMVPです。
実は噛まれた日・・・亜美ちゃん占っていたんですよ?
そういう意味でも素晴らしかったですっ

ある意味MVP(色々な意味で)

天海春香(ハイテンション劇場)
一人で自分の世界作りまくった挙句最終日の謎のノリツッコミ。
挙動のひとつひとつが面白くて笑わせていただきました。
あなたが・・・トップアイドル(バラドル)です・・・!」
リン 「私も4〜5回巻き戻されますね>真っクロP」
双海真美 「占い先が○いとこだけだったかんねー
チルルンがちょっち怖かったぐらいかな」
天海春香 「というか真ゲーじゃん!
私の頑張りをかえしてー、かえしてー!」
チルノ 「ミキミキは占い狐って言いだした時に狼だって確信したよ!」
双海亜美 「流れで判断するから、いいんじゃないかな
今日はりんりんがホンモノに見えたわけだし>みきみき」
真っクロP 「ってかミャ~、相性悪いのかしらんが、天界から2回も死亡確認画面に巻き戻されたのはどういうことミャ…」
ミスト 「               _ _
          r ´    ̄ 二= 、
        /  / , r        ヽ
        / , ./ / { ,、 |  |    ヽ
      ノ / ./ /γ', i ヽ.|  |.   i  ',
     ´ー./ .//i/ii. ',|  'i从 j    |   i
        ./冫 i      '    ソ∨  |   |
      ,' イ  ノ ┃   ┃  /  .|   |        大丈夫ですよー>イロモノ
        |  {    _    /   / |  /        今日はちゃんとごはん食べれましたし
       |  ゝ.   ヽ ノ   // / i | ,'
.        V|  >ー-, _  ノソノノ  i.| |
.         | / ,.<  |´く.}/>、  ∧|
          ′ / i〈 ノ/ (  ヽ' .ソ
              /ヘハ》《,'   ´i F ゝ≪》
          /  }ハX     ゝヾ  \ゝ- = ニ7
           /  〈  ii     /  }   \  ̄ ラ
          く    |^^^^^^^^^^ i   |     , イ j`ヽ≧
.          `ト-┤: : : : : : : : :i  ゝ―<ノ '
          ー丿: : : : : : : : :ハ
          〃: : : : : : : : : : :ハ」
(イロ)モノクマ 「リンの占い判断が良すぎて助かった村だと思うぜ」
チルノ 「占い結果と占い先の動きで判断するしかないね>星井」
大佐 「<<村を背負わねば
生き残れるとでもいうのか>>」
双海真美 「占いの○→村人に見える ミキミキ→●にしか見えない
リン-ミキミキの2Wだけが怖かったYO……」
星井美希 「実際あれだよね!
占いにせだったらどこで判断するつもりだったの?>霊能ロラ」
(イロ)モノクマ 「そーいや、ミストは体調大丈夫か?」
双海亜美 「いいとこで占い噛みぬければ勝負にはなるけど、きびちーよね>みきみき」
モノクマ 「>真美ちゃん
ボクは?ボクだってアイドルですよ?(チラッチラッ」
ミスト 「占いが即狩人を囲ってくれたのがよかったですねー
結構そこのイロモノが吊れたら危なかったですよ」
鍵山雛 「まぁ狩人っぽいの二人いたらCOできないもの
あきらめるわよ…>真美」
水橋P 「今日のハイライト
春香=狐これに限るね!」
できない子 「え?表彰あるの?知らなかったわー
       _,-`^--y<_
     」\ _-=-- -- z<_
   _>>  ,-‐ ´ ̄ ̄ `┴<
   「 之′y´  ,.  ,.     ヽ、
    」i ,r'  / 太太v''〈 、, ソ ヽ
   /、 /ソ /リ (●V  リ入ッ ,、 /  計
.   J l | イ l゙i      イ|l●l::/ヘ/
.     l゙i ゙!)!|ヘ.     '"‐'::::::::イ     画
,,, _  ///!/イ` ‘ー ‐=、j:):/
ヽ`' ヽ─'─'┐   ,ニ>:::::/′      通
 ,、 l ',   /'|\   '、::::::.ィ
  l  ! l ,.イ l::「``´:::;;''/,|′       .り
、 | l| トヽ.> ヽ .:.::::;;″/-----、」
双海真美 「アイドルで信じられるのは千早お姉ちゃんだけだったよ……おつつー」
(イロ)モノクマ 「春香=狐、これはひwどwいw」
千早 「美希-リンの双方の信じられなさがマッハで辛かったわよ!w」
チルノ 「あたいさいきょー!」
真っクロP 「はい!、幸福は義務ですミャ!」
双海真美 「村ばっか占ってたから当然だけど、灰に残った人外率www」
日高愛 「お疲れさまでした!では表彰に移行しますので気になる方は待っててね!」
チルノ 「春香狐で雛狂人かー
大佐真霊能だったのか」
水橋P 「えっと…その…あれだ…
初日夜にはしゃぎすぎてすまん>お仲間」
モノクマ 「はい、お疲れ様でしたっ!うぷぷぷ……」
星井美希 「フ・・・霊能ロラされて占い真なら無理ゲーなの・・・」
鍵山雛 「ま・・・お疲れさまね」
(イロ)モノクマ 「お疲れ様、やっぱ10代とかゴミだわ…」
千早 「市民、貴方は幸福ですか?」
天海春香 「ふ、まさか私が狐だったとは思うまい……!(ドヤァ」
できない子 「というわけでお疲れ様」
真っクロP 「お疲れみゃ~」
大佐 「お疲れ様である
これがアイマス鯖であったか
実に見事だ」
チルノ 「お疲れさまでした」
双海真美 「お疲れ様ー」
水橋P 「という訳でお疲れさま!」
リン 「おつかれっしたー」
できない子 「まあそういうことだ、許せ美希
私もとても不本意なんだ」
ミスト 「お疲れ様です」
双海亜美 「おっつー」
ゲーム終了:2012/07/31 (Tue) 23:58:30
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
星井美希 は投票の結果処刑されました
9 日目 (1 回目)
星井美希4 票投票先 →(イロ)モノクマ
チルノ0 票投票先 →星井美希
双海真美0 票投票先 →星井美希
(イロ)モノクマ1 票投票先 →星井美希
できない子0 票投票先 →星井美希
チルノ 「村視点ではあたい狂人もある!
ここまで来てPPなんてごめんだよ!」
双海真美 「んっふっふー、クマちんは剥製になって765プロの玄関を飾るのさ」
(イロ)モノクマ 「みんな、ミキ吊るなら俺を吊れ~」
チルノ 「村視点それは出来ないね!」
星井美希 「ぶーぶー!!!」
チルノ 「出来ない子が狂人だったらどうするのさ!」
星井美希 「みんなで吊ったほうが楽しいの!」
(イロ)モノクマ 「俺には、吊れない…こんな可憐な女性を」
できない子 「投票済みなんだな、これが」
チルノ 「え!
ミキに入れちゃったよ!」
星井美希 「でもその前に変態吊らないかな?」
(イロ)モノクマ 「うっほほい、ミキ吊らなくていいよね!」
チルノ 「早い!早いよ!?」
双海真美 「クマちん噛んでもよかったのにw」
できない子 「おはよう、投票するぞ」
(イロ)モノクマ 「さらばだ…」
星井美希 「あえて・・・あえてハーレムを残すという勇気なの!!」
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
天海春香さんの遺言 ですよねー!?
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
天海春香 は投票の結果処刑されました
8 日目 (1 回目)
星井美希1 票投票先 →天海春香
チルノ0 票投票先 →天海春香
双海真美0 票投票先 →天海春香
(イロ)モノクマ0 票投票先 →天海春香
天海春香5 票投票先 →星井美希
できない子0 票投票先 →天海春香
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
天海春香 「イロモノがぁぁぁ!
メインヒロインなめるんじゃねーぞ!」
双海真美 「はやがみしてねー」
(イロ)モノクマ 「これだから初日抜けたヘイトキャラが狩人って怖いんだよね(テヘペロ」
天海春香 「いやー、うん。
余裕というか、リンちゃんあんなきわどい所に○撃ちまくるんだもん。
思わず「え、狂人?」って自分の役職見直しちゃったよ、うん」
チルノ 「大佐狐もあるかー
どっちなんだろうな
終わってからでいいか!」
星井美希 「致し方ないの!!!
ミキは許す!!!>春香」
双海真美 「春香→美希でおっけー」
できない子 「さすがにネタだ、安心してくれ>クマ吉」
(イロ)モノクマ 「>チルノ リンに感謝だね!」
天海春香 「でもでも、私は千早ちゃんをぺろぺろしたかったの!
占い騙ってる暇なんてなかったの!」
双海真美 「真美以外のアイドルのきなみ人外っぽいじゃんかー」
星井美希 「ミキだって考えたよ!!
でもぶっちゃけ霊能ロラの時点で村は占い吊る余裕なくなっちゃったんだよ!!」
チルノ 「ということは大佐狂人決定?」
(イロ)モノクマ 「リンはいい占い師だった…」
できない子 「確認行くぞー
春香→美希でいいな?」
天海春香 「うんごめん、私が騙れば良かったんだよね♪(てへぺろ」
チルノ 「イロモノクマは人外っぽく見えたけど
狩人だったか
危なかったよ!」
(イロ)モノクマ 「>できない子 自殺志願者かい?現実を認めなよ」
双海真美 「ちはやお姉ちゃん狩人と思ってた真美にスキはなかった」
天海春香 「美希……私の絶望が、あんたに分かる!?
必死に毎晩フォローを考え続けた私の絶望が!」
星井美希 「ええい!!
もういいからとっとと美希に投票するの!!」
(イロ)モノクマ 「メインヒロイン(笑)」
できない子 「よーし、クマ吉吊ろうぜとか言ってみるテスト」
双海真美 「亜美に会えると思ったのにな~、真美生きのこっちまいそうだよ……」
チルノ 「あたいは言ったよ!
グレーに狩人いたなら出ろってね!」
星井美希 「HAHAHA!!!>春香」
(イロ)モノクマ 「一人ノリツッコミwww」
天海春香 「って無理に決まってんだろうがよぉぉぉぉ!!」
双海真美 「はるるん乙カレイドスター☆」
星井美希 「二人いる・・・・だと・・・なの!?」
(イロ)モノクマ 「…」
チルノ 「春香が狩人なら昨日出ない意味がわかんないね!」
天海春香 「ふふふ、実は私が狩人なのだが膝に矢を受けてしまってな……」
できない子 「…」
チルノ 「wwwwww」
(イロ)モノクマ 「狩人日記
1日目 護衛:不可 死体:日高愛
僕が狩人とか…初日脱落の可能性大じゃん!お願い占ってくれぇ…
2日目 護衛:リン 死体:東横桃子
悩む必要なんてない占い1CO、なら噛まれるとは思わないんだけど
噛みチャレされると面倒だから護衛せざるをえない。
3日目 護衛:リン 死体:真っクロP
ペロッ…この村は、天啓封印か!ならGJなのか分からん。共有2人も健在で
灰噛むとは思えないんだけど、もし灰噛みだったなら占いは偽物って可能性が強い
ただ、情報ないから連噛み対策とる他ないんだよね…
4日目 護衛:リン 死体:なし
占い護衛の止め時が分からない、だって4回目なんだもん(テヘッ
5日目 護衛:リン 死体:千早
いい時期に○貰えたよ!これで○潰しの噛みに巻き込まれなければ生き残れそう。
占い偽なら昨日の死体なしで告発する選択肢もあったんじゃないかな?ってことで
きっと真だろうという淡い思いを抱きつつ、占い師護衛。
6日目 護衛:双海真美 死体:リン
占い師が護衛要らないというのなら共有護衛、下手に○護衛しないのが僕。
7日目 護衛:双海真美 死体:
そりゃー、占い師噛まれますよね。引っかかる部分もあるけど…
リン偽ならいい勉強になりましたってことで。」
天海春香 「狩人日記

2日目夜 護衛:リン
トップアイドル天海春香は、花も恥じらう××歳
親友の千早ちゃんと一緒に、今日も舞台で歌っています!
でもでも、時々涙が出ちゃう! だって、女の子だもん♪

あ、1COの狩人とか書く事ないですよねー?

3日目夜 護衛:リン
きゅーんきゅーん、きゅーんきゅーん、
私の彼は、プロデューサー♪
きゃっ、まだ彼じゃないんだけど♪

あ、1CO(ry

4日目夜 護衛:真美
天海春香はどこにでもいる××歳のアイドル!
でも、本当の彼女は……
そう、彼女は狩人だったのです!

まぁ共有噛んだならもう一方にシフトで~

5日目夜 護衛:真美
20XX年、世界はアイドルの炎に包まれた!
だが、ぺろりすとは死滅していなかった!
じょいんじょいんはるかぁ!

もうネタが尽きて来たよ!
素直に千早ちゃんぺろぺろしよっかな~

あ、死体無し。狐でも噛んだかな?
それとも素直に共有噛んだ? うーん

6日夜 護衛:真美

失敗した……!
千早ちゃんを護衛していれば、くぅぅぅ!
そうすれば、千早ちゃんは噛まれずに済んだのに!

こうなったら……狼全て、霊界に送ってやる!
覚悟しろ狼、今の私は、阿修羅すら凌駕する存在だ!

7日夜 護衛:真美

まぁそこが噛まれるなら真って事で。
やっふぅ、ならばこのまま最終日まで!
千早ちゃん、待っててね!
今、栄光のラストランディング!(どんがらがっしゃーん!
星井美希 「狩人は春香?」
(イロ)モノクマ 「ふっふっふ~狩人COさ!」
天海春香 「わっほい!」
星井美希 「ミキは投票を済ませた(キリリ」
双海真美 「狩人いるなら出ていいよーん」
双海真美 「あら、死体無し出るんだ」
できない子 「おはよう」
(イロ)モノクマ 「おはよう。」
チルノ 「おはよう
狩人出ろ!」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双海亜美さんの遺言     /i        ____ _             _____
   l:.:.:.|    ,...-...´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.ヽ`:.丶、         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄:.:丶、
.―┴、:.| >‐く::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:\     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、
_;:._:.:ヽ(:.:.:.:.):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:\
/;:.:___;. ( ̄~):.:.:.:.:.:.:.:.:,、:.:\:.:.:.:.\:.:.:.:.:l:.:.:.://:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.ヽ  ,. -‐ .二=-
~´    仆イ\:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.l_!:.:.:.|:.:.:.:.|:.:./´:.:.:.:┼-、/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.::!:.:.:.:.:r'⌒く:.:.:.<
     |:.:.l|::: ヽ:.;ヽ:.:.:.:.:K´|:.:.:|`:.:|:.:.:.:.:!://!:.:.:/:.:/!:.:ィ:.:.:.:.:‐-、/l:.:从:.:.:.:入::;;ノ:.:.:.:.:.:.\
     |:.:.|! / ̄!:.:|:.:.:.:.:|:::`!r≠=xト、:.:.|´:.:.:.|:./ィ=z!:/ |:./:.:.:.:/ /:.:/:::彡:(:::::::):.:.< ̄`
     |:.:.|  r=‐x:ト、:.:.:! ´トィ入i!〉 |:.:レ-、:.! !| 什:::リ  |/:.:.:/テミx.レ' ::::〉:.:.:.: ̄!\:.:.:.:ヽ、
     |:.:丶 仆ィハ ヽi   i弋ツリ  !/r< |:| ! i弋ッタ   | /i仆!::ハ  ::::/:.;':.:.:.:.:.|   ̄ ̄
     丶 トヽ 弋ツリ     ー‐' .::::::|〈 ノ |:|.|:::::.ー'      l:し:シ/  ::/:.:;':.:.:.:.:/
       ヾ!ヘ;:::`¨   、        厂/ | !    ´    ー‐'... ノ⌒fヘ:._/ f´ !
        |\ト.     ー ‐'     /_彡┬い、  丶._   ::::::::::´  广|  i   | |
        |,.人_.\    ´   /トf / / 「~Y'\   `       ィ ー_人 ヽ._ノ |
        ´  「 ̄` ーr─ ´ ./ しし弋ノ ハ⌒i丶 __,. -‐ ´/ ̄`\__〉    _/^ヽ
         / |     ハ    /      /⌒ヽ 厂  人  /   /:.:.:.:| _、/7) 人
    r─-、/:.:.:| _r‐f^~ト、rく    _,/:.:.:.:.:.:.:! |   / ノ./   /:.:./´.!   fて二ィ'
    /:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄f l '  ! Y7─tfニ7:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/  /'´/    ,/:/:.:.:.:.:|     !   ノ
.   /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|  _,. -─く    ニつ:.:.:.:.:.:.:.:.:|! //     /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:ト、 ー.'   ,イ
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 「本当に真なら最強だけど、偽なら終了だよね。
まあだから反対したの、あふぅ」
星井美希 「その進行とった時点で占いにせは考えちゃいけなくなるの、あふぅ」
星井美希 「1-2で霊ロラって真決め打ちだよなぁ」
星井美希 「まー一応稼ぐの」
星井美希 「 」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
双海亜美 は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
星井美希1 票投票先 →双海亜美
双海亜美5 票投票先 →できない子
チルノ0 票投票先 →双海亜美
双海真美0 票投票先 →双海亜美
(イロ)モノクマ0 票投票先 →星井美希
天海春香0 票投票先 →双海亜美
できない子1 票投票先 →双海亜美
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双海真美 「亜美byebye……」
双海亜美 「内訳はわかんないけど、罠だってこれ」
天海春香 「中の人の事は言うな!
小鳥さんの中の人が出来たなら、私だって……!」
できない子 「いや待て、乙女よ大志を抱けはいい歌だ>クマ吉」
(イロ)モノクマ 「>できない子 残念だったね!」
チルノ 「亜美吊るか!」
双海亜美 「イロモノのクマのほうを信じたいよ、亜美は」
(イロ)モノクマ 「ハァ~個性もねェ、歌もネェ、おまけに(中の人が)結婚もできてねェ>春香」
双海真美 「だってミキミキどーみても狼っしょ? それ+1匹○の中に狼で
内訳どうなんのさー>亜美」
できない子 「誘導先がクマ吉なら乗ったのになあ」
天海春香 「ゆるさん……ゆるさんぞ虫けらァ!
じわじわと嬲り殺してやる!」
チルノ 「グレーの中に狩人はいるのかな?」
星井美希 「あれなの。
美希最終日で囲いがなかったという奇跡をミキは祈るの。」
天海春香 「影が薄いと申したか!?
このアイドルマスターのメインヒロインを!!」
双海亜美 「○の中にいるパターンだって、これ」
(イロ)モノクマ 「>春香 あーん?なんか影の薄いキャラが何か言ってるなぁ~」
天海春香 「かえせ、千早ちゃんを返せ!
そしてペロペロさせて!
私もう大分限界! 千早ちゃん分が足りない!」
双海真美 「○みてもさー人外あんましいなさそーな気がする」
チルノ 「大佐真なら潜伏狂人か」
できない子 「◇双海亜美 「ない子ちん吊ったほうがいいと思うけどなー>真美」
デデーン、亜美アウトー」
天海春香 「――――お前の仕業かロリコン!
お前が、お前が全ての黒幕だな!
>イロモノクマ」
星井美希 「んーんー・・・正直思考の限界なの・・・」
双海真美 「真-真狼の狂人残り期待じゃないかなーって思うなー
水橋・ミキミキ・亜美狼じゃね?」
できない子 「ってなるのは間違いないわけで
それを折り込み済みでリン噛んだんなら次の手があるってことだよね」
天海春香 「あぁ、でもかわりにペロペロする人も……


ロリっこと美希しかいない!
くそっ、なんて時代だ!」
(イロ)モノクマ 「春香とアミが灰で残ってるんだけど…」
双海亜美 「ない子ちん吊ったほうがいいと思うけどなー>真美」
チルノ 「占い欠けだったら村負けでも仕方ないってあたいは考えてるから!」
双海亜美 「どう考えても偽を噛んだってことじゃん、これ」
(イロ)モノクマ 「まー、今日はミキミキ吊り確定の日だから」
双海真美 「亜美→はるるん→ミキミキ吊りでおっけーかな?」
星井美希 「しょーじき狂人はみてなかったの・・・」
できない子 「じゃあな美希、一回お前の乳を揉んでみたかったよ」
天海春香 「千早ちゃんを失った世界には、どんな色の花が咲く……

あぁ、私ってば悲劇のヒロイン♪」
チルノ 「星井吊って良いと思う!」
双海亜美 「いやいや、ここでりんりん噛むとかありえないっしょ>真美」
星井美希 「真なら、なの」
(イロ)モノクマ 「噛まれたならリン真で、ごくまれに狂」
チルノ 「リンが真占いだったら詰み進行だろうけど」
双海真美 「亜美ェ……亜美なるたけ助けよーとしてたけど
これはきびちいよー」
星井美希 「おはようなの、あふぅ。」
双海亜美 「え?りんりんやられてる?」
(イロ)モノクマ 「おはよ~、まだ眠い…」
チルノ 「>星井美希 「リン狐あるんじゃ・・・」
これがちょっと気になったかなあ
占い狐あるなら昨日は多分共有噛みだと思う
もう一度平和だしても良いんだし」
天海春香 「トップアイドル天海春香は、花も恥じらう××歳
親友の千早ちゃんと一緒に、今日も舞台で歌っています!
でもでも、時々涙が出ちゃう! だって、女の子だもん♪」
双海亜美 「朝なのだー
みんな起きるのだー」
双海真美 「おっはー」
できない子 「おはよう」
チルノ 「おはよう!」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鍵山雛さんの遺言              /´`ヽ、     , '´ ̄`ヽ、
   / ̄ヽ.  _,,.. -┴=- ..,,_\--/ ,. -==´ー‐-- .,,_
.   /     ヽ´     ,. '´フ=ミ冫><ニニ、`ヽ,__   ヽ,
.  ,'  う   ヽー―./  / '´ /´ `'ヽ,`丶、',. ヽー''´'ー .,,i
  i   ご   ',-ー/  / ./        \ `',   ', \-ー''´
  |   か   | ./ヽ,/ /        i \',,/、 \
  |   な.    | /  ,i`´.| | i  |  ,_i_  | i !  | \  ヽ
  |   い   |'  ./ |' !_L!‐!ナ´!  /レ`ソ7|┼ |i   ヽ ヽ
  |   で   |  / | ! |!´う`iヽノ 'うヾ!'!| | / |   ヽ i
.  ',       ,' .i   !. ',. '、 'ー'    'ー' イ/ / |     '} .|
  ヽ     /  |.   !  ヽ ヽ.,_ ⊂⊃ _ イ! / /   ,./ヽ!
   `ー―‐',  !、  >、  ,-;三ヽ7三ソi'ノ /、<´   ,ノ
        ヽ、 ,.'.,`ス:`ヽ._>ニ(ニ)ー<,. /:::::< \〆
         (゚д゚) '7´`7|::',  (,__`ヽ, /::!ノ_,-t'´
         `~´\'   ,' ';:::', /Xノノ ,'::/ `',   ',
             i \ゝ-{ 、∨:::::::::∨::::ゝ、_',   ',
            _,! i´ニヾ、:::::::::::::::::::::::::、:::、〆ヽ,.〉
         _,../ ヽ.三.ソ\::::/'ヘ,,ノ-‐´`ヾ/ヽ.,___
       /´ '´ i /     ' ~,   /∥///,ノヽ,\ `_ヽ, - 、
       'ー,==!ソ         ', ,'  ```iニニ 、ヽ, \//ヾ`ヽ,
        _ノ / |           |   ∩'、'=ノ ,) ヾ=ニ、ヽ 、 ∨
       i´ /  ',        !    ヾミ三´、!    ヾ-ゝ
       `ー`ヽ、 \      / 、     >丿, -‐==7´
           \     /'´ ̄`' 、_   ,.ノ´
             `'‐---‐ ' ´ ̄`'ー--‐'´
リン は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双海亜美 「噛めたら詰みだよ?」
星井美希 「どーかな、無理ある?」
双海亜美 「りんりんもっかい噛むの?」
星井美希 「で、美希が告発、と」
星井美希 「亜美が狐になってたの・・・」
星井美希 「一応・・・あ、リンリンだ!」
双海亜美 「うん」
星井美希 「死体なし+狩人不在なら」
双海亜美 「ど、どういうこと?」
双海亜美 「ここで死体2個出たら終わりだけど、ちかたないよね」
星井美希 「亜美が本当に狐の可能性にかける・・・?」
星井美希 「じゃあ最終手段として」
双海亜美 「真美噛みしちゃう?」
双海亜美 「りんりん、亜美占いそうだねー」
星井美希 「もう真美はぶれないね、あれだと」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鍵山雛 は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
星井美希1 票投票先 →鍵山雛
鍵山雛8 票投票先 →星井美希
双海亜美0 票投票先 →鍵山雛
チルノ0 票投票先 →鍵山雛
双海真美0 票投票先 →鍵山雛
(イロ)モノクマ0 票投票先 →鍵山雛
天海春香0 票投票先 →鍵山雛
できない子0 票投票先 →鍵山雛
リン0 票投票先 →鍵山雛
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できない子 「信じた方が楽なのは間違いない
だからこそ偽にみる、かな」
双海真美 「○●でわかんじゃん>ミキミキ」
天海春香 「こう、千早ちゃんにはいっそあざとい位の衣装が良いと思うんですよ。
それを来て恥ずかしがってる千早ちゃんが見れてご飯が二度美味しい!」
双海亜美 「自信たっぷりだね、りんりん」
星井美希 「だって狼視点はGJか狐噛みかどうか判断つかないよ?>真美」
双海真美 「真美的にはナゾは全て解けたって感じだかんねー」
(イロ)モノクマ 「できない子より鍵山占っておいてほしかったけど
指定ならば仕方ないよね」
チルノ 「あんたはリン偽で見てるの?>できない子」
天海春香 「あ、雛ちゃん!
霊界に行ったら、千早ちゃんにスケスケベビードール来てベッドで待っててって言っておいて!」
鍵山雛 「COなしね
厄いけど…」
双海亜美 「ひなちんかー」
できない子 「スケープゴートってことだよ、言わせんな恥ずかしい>チルノ」
チルノ 「雛指定はうん
文句ない」
リン 「明日もう一度きてください
本当の占いをお見せしますよ>双海亜美」
星井美希 「なんか占いがニセであるって情報と、噛みの妙なちぐはぐさが凄まじく一致しないの。」
天海春香 「でしょう!
私と千早ちゃんの友情は永遠だよ!
>雛ちゃん」
チルノ 「占った理由って言っても気になるってだけだからね
双海真美 「んじゃー雛吊り指定すんねー」
双海亜美 「りんりんホンモノならラクだけど、そーはいかないよーな気がすんだよね」
双海真美 「リンリンの中身は真狼っしょ。狐があったら告発ないとしんなーい」
(イロ)モノクマ 「>できない子 現実をよく見ろよ(ポンッ」
天海春香 「ユニットにするには一人半端だね。
ふふふ、まぁセンターは私で決まりだけど
>真美」
鍵山雛 「…一部柔らかそうじゃないところがありそうだけど友情ってすばらしいものね>春香」
双海真美 「そこ二人は○だからいいっしょー」
リン 「占った理由なら、書いてあるよ>チルノ」
星井美希 「リン狐あるんじゃ・・・」
双海亜美 「真美はりんりんをどう見てる?
ここ、りんりんの○を吊ってみるのもアリじゃないのかな?」
チルノ 「イロモノクマとできない子
どうしてこの二人なんだ?」
双海真美 「2:00で指定するよー」
できない子 「私がクマ吉より後というのが気に入らない>双海真美」
天海春香 「おのれ狼!
千早ちゃんの柔らかい二の腕や胸やお尻をはぐはぐするなんて……!


感想をお願いします!
一言でいいからぁ!」
リン 「詰み。私信じてもらえるなら>双海亜美」
星井美希 「役職噛みGJ・・・なら、もしかしてというか、本当に」
リン 「って言う事」
(イロ)モノクマ 「んじゃー、まぁ指定ゲーでお願いするよ。
千早は発言強めだったけど、まず共有抜かないなんて…」
リン 「んじゃ、狩人は私護衛外す事
というか、昨日の死体無しが私護衛だったら出ても良い」
双海真美 「リンリンの○についてはどー思ってる?>灰残りの人」
鍵山雛 「って、そこ噛まれ?
予想外のところが死んでるわね・・・厄いわ(自分の考えが)」
双海亜美 「りんりん視点では詰み?」
できない子 「あ、リンさんあざーす
コーラまだっすか?」
天海春香 「違うよ!
まだ視姦しかしてないよ!
>亜美」
チルノ 「役職を噛みに来ないってことは昨日は役職噛みGJだったってことかな!」
鍵山雛 「◇千早 「ありそうなのは共有咬みのGJ
狐咬み……だとすると割かし状況的に白い所咬みになるんですよね」
なんていうか…うん…その…
星井美希 「おはようなの、あふぅ。
で、●出されでうやむやになっちゃったけど・・・20秒も潜伏したの?
正直長すぎると言いたいけど、ここは感性すぎるかなって思うかな。」
チルノ 「共有噛みで護衛ぶらしね
ないとは言わないけどちぐはぐな作戦だね>リン」
双海亜美 「千早ねーちゃん・・・はるるんにもみしだかれちった?」
できない子 「これから毎日指定しようぜ」
天海春香 「ち、千早ちゃぁぁぁん!!」
リン 「◇双海亜美
◇天海春香 ◇星井美希 ◇鍵山雛

私信じてくれるんだったら詰みです」
(イロ)モノクマ 「ち、千早?なんで?」
双海真美 「うん、わかりやすい」
鍵山雛 「占いはお仕事お願いしておくわね…」
リン 「3−3−3のあの日のグレランで、(イロ)モノクマは非狼だったわけで
そこに投票していたグレー。私視点では、まあ微妙にちょろっと気になる位置に入ったんで占いましょう」
(イロ)モノクマ 「おはよう、生きてるって素晴らしい!
チルノ(59)「占いチャレに来るんだったら昨日の共有噛みがわかんない>双海亜美
連続で狩人っぽいの噛んで占いチャレの方が普通だと思うんだ」
つまり落としたモノクマが役っぽかったって狼が考えて占いチャレ
ってことは考えられないかな?言ってて急すぎるとは思うけど、
それなら美希●で、霊能に真狼だったとか?」
天海春香 「20XX年、世界はアイドルの炎に包まれた!
だが、ぺろりすとは死滅していなかった!
じょいんじょいんはるかぁ!」
双海真美 「おっはー」
できない子 「おはよう」
鍵山雛 「…厄いわね」
双海亜美 「朝なのだー
みんな起きるのだー」
チルノ 「おはよう!」
リン 「占いCO
できない子○」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ミストさんの遺言
   ___/ ̄ ̄`ヽ._
  ´           )                   _, ´ ̄`ヽ
 (    ゴ      \                . ´      \
.  〉 く | 暇  こ   )               /   で 何   )
./  だ ヤ  が こ  /     , -――- .    {    す 言   〈
{   さ | あ で  〈   ,.'´ ヘ   =ミ、 ` ,(    か っ    }
|   い を っ 質  j /     | \   \  `{    l  て   j
.\  ね 作 た 問 ノ /  ,' ,  | | \   \ \     る  ノ
 (    っ ら す ) ,'   | l  リ |. |‐ ⌒ヽ   ', (     ん  j
  {    て    る |. | ,   |._」⌒l|乂人メ、 \  .l|  \___ノ
.  \        __ノ !′l i| | .リ,',',',',',',',',',',',|  i| 〉 ∧|
   (      _ノ   |i、イ l| {イ,',',',' -、――-!  :! / |!  __
.   \__ノ      》 ! l| {― ´  ___ ""|   ',∧ 匕´i::::)
              〃  |  〉"   V  }  ,|  !', \ノノ/
               {  i. 从i 込,_  ー' /,!从人\乂_´____
              |i ∧ 人乂厂≧l¨´ 〃  ̄`¨―=‐ァ――‐'
              レ′乂    \《ノ   《    ((´ `ヽ,_
                  r―'⌒' ll- -》    》    |`¨ ヽ
                  (》⌒7  《   〃   i〃   /
                  _/  《__.〉k=ミvk'⌒ミ=〈-‐¬¨¨メ、
                 廴〝 _ヱ〈( _)〉㍉y厂勹==ミ∧  i::::
                 》、ハ  { _r‐「 `  ∨}  |/_,.斗〒 ',::::l|::::
                 仄勹⌒7「 '   \ ヾ〉丿    | i|::::i|:::
                 ,'》  「フ ,' {  ゝ     ハ‐‐、   ,', //:::::
                  厂⌒7ィ ヽ、 ―-‐ / }.  \ }∧
              _ノニニニ〈  〃|\三ニ/ /     |/∧
            _,xく´      ノ 〃 .|/∧¨〝 ´       〔//∧
          /          / 〃|| .〕///7≧x、    ノ///∧
         「\         / 〃. || ノ////∧///7¬7//////∧
        r―ル  \     / 〃. ||////// ∨//////////∧∧
千早さんの遺言                ___
           ,. ::::´:::::::::::::::::::::>.、
          /:::::::::::::::::::::::´ ̄`ヽ:::\
        /´`:::::::::l、/l:::::::::::::::::::::::\::\
       /:::::::::::::::::l::|-‐l::::::、:::、::::::::::::::ヽ::::ヽ
      /::::::::::::|::::::l:::l::|  ∨:、:ヽ:ヽ::::|:::|::lノ::::::l
      !:|:::::::::::|::::::|:_|_|  ´ヽl下|下:|:::|::l:::::::::l えっと…
      |::l:::::|:|::|:::´l/l/    ,.ィ示て}l:::|::lヽ::::::!
      l∧:::l:l:::|:::/rfFマi   弋::クノ|/|/ /::::::l
       ヽト、:|∧ヽヒク ///// ̄  r‐'l::::::::::l
         |::ヽハ    '      ,.イ::::::|::::::::::l
         |::::l:::::>l二二lコココ'__|、_::l:::::::::::!
         i::::l:::::::r┴-、 r┴'二ヽlr' \::::::::l
         !:::::::::|:{二二フフ,´二ヽ \ / \::',
            l:::::::::/'l --く フ_,rr、    l/ / \
         l:::::::/ ∧_|`´  || | ト、_.ノヽ l    ',
        ,':::::/ 〈  l二二ll二 l    _〉|    }
        ,'::::::l  /`ー‐┬'∨/`l ̄ ̄ ∨    ,'
       ,'::::::::| /     / ,'´   l    ∨  ハ
       ,'::::::::::/    /  {     |     ∨. ,':::l
       |:::::::::{     /   |    |     } /:::::l
       |:::::::::ハ   /    |    |     /::::::::|
千早 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双海亜美 「みきみきと夜に会話できるのに、もみもみできないのさびちーよね」
星井美希 「お願いなの。あふぅ。」
双海亜美 「なにか気になるとこある?」
双海亜美 「んじゃ 千早おねーちゃんいくよー」
星井美希 「でも・・・んーー」
双海亜美 「死体2つ出そうだなあ
でも、もう戻れないよね」
星井美希 「しか、ないかな?」
双海亜美 「チルノちんがものずごいブラフだけど
千早おねーちゃん噛みでいいよね?」
星井美希 「 」
星井美希 「昨日の共有噛みが聞くと思ったんだけどなぁ」
星井美希 「かなぁ。」
双海亜美 「やっぱ千早ねーちゃん狩人なのかな?」
双海亜美 「GJ出ちゃったねー
狩人いるねー」
星井美希 「偽路線継続で」
星井美希 「んーむむ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ミスト は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
千早0 票投票先 →ミスト
星井美希0 票投票先 →ミスト
鍵山雛0 票投票先 →ミスト
双海亜美0 票投票先 →ミスト
チルノ0 票投票先 →ミスト
双海真美0 票投票先 →ミスト
ミスト10 票投票先 →できない子
(イロ)モノクマ0 票投票先 →ミスト
天海春香0 票投票先 →ミスト
できない子1 票投票先 →ミスト
リン0 票投票先 →ミスト
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できない子 「霊能以外だと人外がリンか美希のどっちか
灰は知らん」
(イロ)モノクマ 「もう投票した」
ミスト 「COあったら対応できないでしょ?
私は無かったからいいですけど」
星井美希 「こう、占いの問題点は昨日言ったつもりなの。あふぅ。」
双海亜美 「ミストちんかー
りょーかいだよー>真美」
鍵山雛 「む・・・潜伏狂人なんて気にしたら始まらないと思うんだけどってのが持論なのよ>私はね>ミスト」
リン 「護衛ぶらしで共有噛みはあり得る手ですよ?>チルノ
あと、美樹美樹が見つかったんでどうしようもなくなったんで私チャレとか」
ミスト 「COないですよー
あと指定するならもっと早くしましょうねー」
(イロ)モノクマ 「棺桶にはカブをいっぱい入れてやるからな!>ミスト」
チルノ 「今気付いた!
双海って二人いたのか!(驚愕)」
千早 「私白いですか?>亜美
ただ、白い所想定でもチルノちゃんしか思いつかないけど、
ここきつねぇ……? うん、チルノちゃん非狼で考えます!」
天海春香 「猿渡さーん!」
ミスト 「はいー?>雛さん
霊能が真狂と真狼じゃあ進行か違うんですよ?
ぶっちゃけ潜伏狂人が最終日まで落ちてくれるかどうか」
リン 「できない子はどうなのかなぁと
私視点グレランの日に非狼に投票していた人という事なんだけども。うむむむ」
(イロ)モノクマ 「>できない子 これが正義だ!」
双海真美 「まぁ冗談はおいておいてー、ミストちん吊り指定するよー」
鍵山雛 「確定情報だけで人狼やるって面白いのかしら?>千早
それは…なんていうか…ねぇ」
チルノ 「占いチャレに来るんだったら昨日の共有噛みがわかんない>双海亜美
連続で狩人っぽいの噛んで占いチャレの方が普通だと思うんだ」
双海亜美 「んー、むずかちーよね
イロモノのにーちゃん○じゃなかったら吊りたかったかもだけど>真美」
リン 「さて」
できない子 「クソッ、なんて時代だ>クマ吉」
天海春香 「千早ちゃんに白いものをぶっかけると聞いて!(ガタッ」
ミスト 「まあ、ぶっちゃけ狐噛みなら告発なり落とそうとするなり動きがありそうなので
GJでいいんじゃないですかねー
ってーことで」
星井美希 「仮に狼が漂白噛みか何かでリンを狙ったとして
朝にも言ったとおり最悪狐まであるのが怖すぎる。の。」
双海亜美 「千早おねーちゃんの白いとこ、おいしそうだよね
はるるんが飛びつきそうだよ」
(イロ)モノクマ 「>できない子 揉めるほどあるとは思えないんだけど…」
チルノ 「狩人や狐探しだとしたら何故あたいを噛まない?
狼は多分吊らせたいんだろうけど
そんなに狩人っぽく見えないか?」
千早 「リンちゃん狼の狐嚙みならココで●出す場面にも感じますし…
GJ表記無いっていう鯖仕様が凄く面倒臭い。確定情報出ないじゃないですかヤダー!」
天海春香 「えへへへへへへー♪(もふもふもふもふ
>千早ちゃん」
鍵山雛 「んー・・・割とミストのこの発言が引っかかって票かえしたのだけど

◇ミスト 「流石に即LWは無いと思いますけど
他に何wいるかわからないのでグレランしたいです」

霊能不在で何W生存してるかわからないならグレランしたらまずいんじゃないのって思ったんだけどどうかしら?」
リン 「あ、真美様、おかたに埃が(ぱたぱた」
双海真美 「亜美亜美ー、亜美はどこ吊ればいいって思う~?
って簡単に聞けないとこがきょーゆーのさびちいところだね……」
天海春香 「よし、千早ちゃんの腕を抑える権利をあげよう!>真美
亜美は足を!
私は胸を掴むから!」
できない子 「私の乳揉ませてやるから勘弁してくれ>双海真美」
双海亜美 「共有噛みGJっぽい?
占い噛みに来る感じじゃないってことかな?>チルノちん」
(イロ)モノクマ 「明日ぐらいにまた●出てきてくれれば、ほぼ真決め打ちなんだけど。」
ミスト 「               _ _
          r ´    ̄ 二= 、
        /  / , r        ヽ
        / , ./ / { ,、 |  |    ヽ
      ノ / ./ /γ', i ヽ.|  |.   i  ',
     ´ー./ .//i/ii. ',|  'i从 j    |   i
        ./冫 i      '    ソ∨  |   |
      ,' イ  ノ ┃   ┃  /  .|   |        寝ぼけているんですかー?>真美さん
        |  {    _    /   / |  /        
       |  ゝ.   ヽ ノ   // / i | ,'
.        V|  >ー-, _  ノソノノ  i.| |
.         | / ,.<  |´く.}/>、  ∧|
          ′ / i〈 ノ/ (  ヽ' .ソ
              /ヘハ》《,'   ´i F ゝ≪》
          /  }ハX     ゝヾ  \ゝ- = ニ7
           /  〈  ii     /  }   \  ̄ ラ
          く    |^^^^^^^^^^ i   |     , イ j`ヽ≧
.          `ト-┤: : : : : : : : :i  ゝ―<ノ '
          ー丿: : : : : : : : :ハ
          〃: : : : : : : : : : :ハ」
リン 「私は占いですので、媚びるだなんてそんな」
チルノ 「3票占いを囲うかというと・・・微妙なとこだね」
千早 「似合っているわ、春香っ♪(もふもふもふもふもふもふ」
天海春香 「えへへへへ、犬耳ですよー♪
これで大きなお友達からの支持もばっちり!」
星井美希 「吊り増え自体はありがたいけど、んーんー。」
双海真美 「さぁ、指定されたくない人は真美に媚びへつらうのだー」
リン 「そうはいっても、○ですのだ>できない子」
千早 「ありそうなのは共有咬みのGJ
狐咬み……だとすると割かし状況的に白い所咬みになるんですよね」
ミスト 「あー、ここで死体なし出るとすれば
狩人のGJ濃厚ですかね?
でも狐噛みなら告発してもいいのですよ?」
天海春香 「さて、前回千早ちゃんの犬になる事になった私ですが……

こ、こんなんつけてみました!(犬耳ぴこぴこ)
わ、わんわん♪」
(イロ)モノクマ 「>できない子 これで君の方が早く退場しそうだね(ヘヘヘ」
双海亜美 「よかったね、イロモノのにーちゃん
○いってよ!」
できない子 「>リン おい待ってくれ納得がいかない」
リン 「私GJだと確信するんだったら、結果隠しとかしようと思ったけど流石に村はそれを許さないですのだ」
鍵山雛 「ん…死体無し
行幸行幸吊り数増えはこの上なくありがたいわね」
双海真美 「死体無しなら指定でいい感じだねー」
(イロ)モノクマ 「>リン 忠誠を誓います」
チルノ 「共有噛みGJかなあ
占いチャレだったら昨日共有噛んだ意味がわかんないや」
千早 「おや、ここで死体なしですか」
できない子 「どうみても素村ランでした、本当にありがとうございました」
双海亜美 「死体ナシで吊りが増えたよ!やったね真美!」
リン 「私GJちゃうかなぁ」
鍵山雛 「占いはお仕事お願いしておくわねってもうでてるわね」
双海真美 「やるじゃんやるじゃん」
星井美希 「・・・死体なし?
狐噛みかな。」
リン 「まあ、べつに三票貰いでも占っていい気はします
美希占いを妥当と言いつつ、私真とかに繋げようとしないその姿は実に人外臭いので占います
○であっても、べつに無駄吊りが発生しないというのならば良いんじゃないでしょうかね」
(イロ)モノクマ 「え?死体ないのかい?」
ミスト 「おー、死体なし」
双海亜美 「んっふっふー
今日もいい朝だよー」
千早 「仮に占いを偽とすると一日だけのモモちゃん咬みが気になる所。
占い狼なら囲っていいタイミングですしってのがその理由
占い真狂寄りかなぁ…うむむ」
鍵山雛 「…厄いわね」
(イロ)モノクマ 「おはよう、昨日は散々だったよぉ…
美希占ったなら、春香も占っといて欲しい。
というのも、RPキャラは後々どうにもしにくい位置になるからね」
天海春香 「きゅーんきゅーん、きゅーんきゅーん、
私の彼は、プロデューサー♪
きゃっ、まだ彼じゃないんだけど♪」
リン 「占いCO
(イロ)モノクマ○」
星井美希 「リンは出方的に最悪狐まであるから。
決め打つのは最終日前日でお願いなの。」
双海真美 「おっはー」
ミスト 「こっからの占い結果が重要ですね
リンさんの残っているのは○のチルノさんと
●の星井さんだけですから」
チルノ 「おはよう!
平和?」
できない子 「おはよう」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
モノクマさんの遺言         フ⌒     イ:::::::::`
        イ  ヽ― Y:::::::::::::::::::)
         x      ゞ::::::::::::::ゞ
      イ ツイ   ≡  イ::::::::::::イ
     イ  ゝ ト ::::::: 〃▼`エイ::::i
      ヽ  ヽi     、_,_, ェェ/:::::|        僕がアイドルだなんて照れちゃうなー、えへへへへ……
          ゞ      f千::::::::
       ヽ        !::::::::::::::ヽ
       ノ         !::::::::::::::::::ヽ
                  !:::::::::::::::::::::ヽ
                  i::::::::::::::::::::::`:
      i        '''"¨ ̄丶:::::::ヽ::::::::ヽ_
      i       イ     ハ::::::i ゞ:::::::::::、
      、      l        l::::::i  ゞ::::::,.'
       ト     ト       ノ::::|     ̄
                X) イ::::イ
       ゞ     \ _-=f::::〃
        `    イ::::::::::::::::::ノ
        ノ   ソ::::::::::::::::::::イ
        l  l   ̄l:::::::::l
       ソ  ノ    l:::::イ
      (   )    ト::::ヽ
               (::::::::)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 「おkなの!」
双海亜美 「銃殺出ちゃうと一気に負けだし、今日GJならまた考え直そうね」
星井美希 「んー」
星井美希 「・・・千早さん生存は結構怖いけど、いくのもありって思うな。」
双海亜美 「どーする?占い噛んでみていい?」
双海亜美 「んじゃ、覚悟決めて噛んでみるか」
星井美希 「いや、占いは最終日の前に倒して見せるの。」
双海亜美 「みきみき吊られ覚悟で今日いく?」
星井美希 「最悪今日占いチャレもアリだと思うけど」
双海亜美 「みきみき、さいしゅーびがんばってね」
双海亜美 「はるるんも狐っぽいんだよねー
ここはるるん占いで銃殺出ちゃうかな?」
星井美希 「そこ吊りとか感謝極まれり、なの」
双海亜美 「そこ吊れるの大きいなあ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
モノクマ は投票の結果処刑されました
4 日目 (4 回目)
千早0 票投票先 →モノクマ
星井美希0 票投票先 →(イロ)モノクマ
鍵山雛0 票投票先 →ミスト
双海亜美0 票投票先 →できない子
チルノ0 票投票先 →(イロ)モノクマ
双海真美0 票投票先 →できない子
ミスト2 票投票先 →できない子
モノクマ4 票投票先 →ミスト
(イロ)モノクマ3 票投票先 →モノクマ
天海春香0 票投票先 →モノクマ
できない子3 票投票先 →(イロ)モノクマ
リン0 票投票先 →モノクマ
4 日目 (3 回目)
千早1 票投票先 →モノクマ
星井美希0 票投票先 →千早
鍵山雛0 票投票先 →ミスト
双海亜美0 票投票先 →できない子
チルノ0 票投票先 →(イロ)モノクマ
双海真美0 票投票先 →できない子
ミスト1 票投票先 →できない子
モノクマ3 票投票先 →(イロ)モノクマ
(イロ)モノクマ3 票投票先 →モノクマ
天海春香1 票投票先 →モノクマ
できない子3 票投票先 →(イロ)モノクマ
リン0 票投票先 →天海春香
4 日目 (2 回目)
千早1 票投票先 →モノクマ
星井美希0 票投票先 →千早
鍵山雛0 票投票先 →ミスト
双海亜美0 票投票先 →できない子
チルノ0 票投票先 →(イロ)モノクマ
双海真美0 票投票先 →できない子
ミスト1 票投票先 →できない子
モノクマ3 票投票先 →(イロ)モノクマ
(イロ)モノクマ3 票投票先 →モノクマ
天海春香1 票投票先 →モノクマ
できない子3 票投票先 →(イロ)モノクマ
リン0 票投票先 →天海春香
4 日目 (1 回目)
千早2 票投票先 →モノクマ
星井美希0 票投票先 →千早
鍵山雛0 票投票先 →千早
双海亜美0 票投票先 →できない子
チルノ0 票投票先 →(イロ)モノクマ
双海真美0 票投票先 →できない子
ミスト0 票投票先 →できない子
モノクマ3 票投票先 →(イロ)モノクマ
(イロ)モノクマ3 票投票先 →モノクマ
天海春香1 票投票先 →モノクマ
できない子3 票投票先 →(イロ)モノクマ
リン0 票投票先 →天海春香
「◆日高愛 さぁ、らすとちゃんすですよ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できない子 「よし、じゃあなクマ吉」
モノクマ 「ただ、残すなら何処かで○もラン対象に含めること。それだけかなあ、今は」
双海真美 「ふむ」
(イロ)モノクマ 「グレランなのかい…」
天海春香 「はっ、ちょっと漏れた!?」
チルノ 「でもあたい視点囲いがない
狼が占いならちゃっちゃと囲っても良いと思うんだけどな」
鍵山雛 「ん…グレランね…把握したわ」
星井美希 「最悪狐まであるよね占い」
リン 「おなしゃす>亜美」
双海亜美 「んじゃ、リンリンとミキミキをさいしゅーび送りするつもりで
詰めていく感じでいいのかな?」
千早 「グレラン了解っ!」
モノクマ 「グレランなら?

嫌だなあ……ボクの声がきもちわるいと言ってくれやがった、そこの存在そのものがきもちわるい偽物さんをオシオキするのが今日の目標になりますっ!
そうに決まってるやないですかっ!うぷぷぷ……」
(イロ)モノクマ 「>春香 エリコさん、ちょ中身、中身~」
天海春香 「ふ、ふぉぉぉぉ!
ここではるるん怒涛のえむ方向への目覚め!
ちょっと千早ちゃんがアブノーマルなのに引いたけど!
できるできる私ならぁ!」
リン 「ですけど?え?誰が潜伏しようとしてたんですか?意見捏造して叩かないでくれますか?捏造しないと叩けないんですか?>星井美希」
ミスト 「取っておいてくれるなら大丈夫です
正直占いが狼なら身内切もできないですし
非狼に●を投げるしかない
●を投げられたところの反応と数で決めるしかないですかね」
星井美希 「だからそもそも最初に霊ロラに反対して・・・
敵側と意見があっちゃうのが悲しいの・・・>リン」
千早 「美希最終日了解……え、出来るんですか?
狼吊れてるかどうか割と微妙なのがネックですけどw

というわけで、占い師さんは狐探しがんばっ!」
できない子 「いけるいける、なんとかなるもんだって
だってこの村には私がいるんだぜ?>モノクマ」
双海真美 「んじゃーグレランでー。みんな頑張っていってねー」
鍵山雛 「ま、要するに共有が決めたらいいだけのことね>のちのプランニングを
どういう村にしたいかは権力者が決めておく方がいいこと多いから>共有」
天海春香 「いいから座ってろ、な?(閣下モード)>イロモノクマ」
(イロ)モノクマ 「空気が温いから、指定でもいいと思うよ!」
双海亜美 「残したい人、多い感じだねー
リンリンの真偽とてんびんにする感じかな?>真美」
リン 「特攻がないな→OK」
モノクマ 「>できない子
それってほぼ3W露出になっちゃってる気がするけど、大丈夫なのかなあ?うぷぷぷ……」
リン 「私吊りはもちろん断固拒否しますし説得します
霊能ロラッて、私まで吊ったら、7吊りで2ミスしか出来ないのを2回霊能と占いで消費しちゃいます
それで勝てるわけがない」
天海春香 「い、犬!?
千早ちゃんそっち方向!?
バター犬!?」
(イロ)モノクマ 「>春香 ビデオ役はまかせろー」
できない子 「早苗鯖のいいところその一
「 ←がない」
チルノ 「共有の指定があれば指定でも良いよ!
天海春香 「……千早ちゃんが構ってくれない(ぐすぐす」
千早 「ペロペロでおねがいしますわ。
ただし、貴方は私の戌」
双海真美 「ほぅほぅ。んじゃーリン美希最終日まで持ってく感じにしよっか」
(イロ)モノクマ 「しかし、見事に女性ばかり。
ガンバらないとね!」
モノクマ 「ボクは?-真狼、たぶん占い狼じゃないかなあってのが今の雑感だけれど。
一応、さっきの進行なら身内切り以外には対処できるから、なんとかなる……んじゃないかなあ?」
鍵山雛 「まぁリンVS美希の最終日でいいんじゃないかなーともいう
どこを最終日に想定するかは展開次第だけどね」
星井美希 「ともかくここに尽きるの。
「OK」って確認とってCOしているってことは潜伏しよーとしたの?遺言もないこの鯖で?」
双海亜美 「あると思って動くほうがいいよね>ひなっち」
天海春香 「あ、ところで女の子が大分残ったよね。
ここはガールズトークのフリをして千早ちゃんの性感帯を聞きだしちゃおう!
パジャマパーティーの開催を提案しまーす!」
千早 「うーん、霊能を真狼と余り思いたくないので(大佐偽路線?)
美希ちゃん吊りは割とありかなーとは思います。
大佐真なら……LWですか。」
ミスト 「流石に即LWは無いと思いますけど
他に何wいるかわからないのでグレランしたいです」
チルノ 「●は・・・今のところはキープもありか
飼いという訳でもないけどさ」
リン 「美希さんKPして、私真切って私吊って美希さんつらねーとか最悪なんでそれがないようにお願いはしますけどもね」
モノクマ 「リンちゃんが真狼だと思うなら二人を残して最終日(ないし残して後でロラ)、そうじゃないなら……リンちゃんを吊って、その後で星井さんの処遇を決める。ないし、今日吊る。

個人的には前者の方が良いかなあ?」
できない子 「霊能ローラー後の身内切り、あると思う(キリッ」
双海亜美 「KPってキープのこと?
そのほうがあぶなくないってことだよね?>リンリン」
双海真美 「と思ったけど、●残したい人が多い系なの?」
鍵山雛 「霊の中身が真・狼あると思うのなら吊らない方が無難
そうでないと思うのなら吊りでいいわよ>亜美」
星井美希 「こう、ミキが気になるのは
◇リン(19)「OK占いCO
チルノちゃんは○」」
双海真美 「真美的には●なら吊っちゃえばいいかなーって思うよん」
ミスト 「状況をあんまり動かしたくないのでキープで
これで噛まれない場所が出来ます」
天海春香 「さぁ千早ちゃん!
今日こそ答えを聞かせてもらうよ!

私にぺろぺろされるかっ、私にもみもみされるかっ!
二つに一つッ!!」
リン 「私視点ではもちろんKP狼にしていただいた方が良いんですけどね>双海亜美」
チルノ 「>占いが狼に●出し
リン偽もありえるから、狼とも限らないよ!?>千早」
双海亜美 「真美がクロPをふかふかしすぎちゃった?」
(イロ)モノクマ 「ミキ占いは妥当ではある…
ただ、タイミングがねぇ、イチモツいや一抹の不安がぬぐえないわけだが」
モノクマ 「で、そこに●……うーん、星井さんの印象、ボクはあまり話せないのが困りました。うぷぷぷ……」
リン 「わりかし普通に狼でした
美希さんは、いっぱい喋って胡散臭い事を言ってくださいな」
星井美希 「・・・偽だったの。
霊能ロラしちゃったからリカバリングが聞かないって思うな・・・」
双海真美 「ほほぅ、ミキミキが●とは
興味深いですなぁ」
双海亜美 「どうする、真美?
みきみき吊っちゃう?」
鍵山雛 「まぁキープでいいでしょこの●は
霊結果で一応●見えてるのなら吊る理由はあんまりないはずだし」
千早 「ここで共有咬み、占いが狼に●出し、と」
できない子 「真美ー、黒猫野郎を別室行きにしようぜー
とか言ってたら死んでた」
モノクマ 「ありゃりゃ、共有さんが噛まれるの?
うーん……今日噛まれた、ってところにはあまり情報を見いだせないかなぁ。

昨日のが銃殺GJじゃないだろう、ってことだけははっきりしたけれど」
天海春香 「悪は滅びたのね……(きめっ」
ミスト 「…あれー?>共有噛み星井●」
リン 「答えたよ,狼さん>星井美希」
チルノ 「占いが偽っぽく見えてきたね
もしくは狼が偽に仕立てようとしてるのか」
双海亜美 「みきみき●?」
リン 「◇星井美希 「リンは占い師がほかにいないとこ見てCOしたんだよね??>リン」
正確に言えば特攻●がない事を見てCOしましたね
20秒くらいしてから、●みえないな、良しCOって感じで」
鍵山雛 「…占いはお仕事お願いしておくわね」
ミスト 「だから昨日の噛みは偶然占いと狼の噛みがかち合ってしまったか
GJ出ての呪殺ですね」
リン 「星井美希 0 票 投票先 → チルノ
初日の投票ミスが気になったので、桃子さんとどっち占おうか迷ってたんで今日占っちゃいます
占いの数が少ないときにその数少ない情報も見逃すって素村よりも人外のうっかりかと」
双海真美 「く、くろにゃーん!!」
チルノ 「おはよう!」
できない子 「おはよう」
天海春香 「触手を倒すはるるんに新たな刺客が!
なんと双子は卑怯にも、プロデューサーさんの偽物を使ってきたのだ!
心を許した人に近づかれ、危うしはるるん!
このピンチを救えるのは、大親友の千早ちゃんだけ……!」
千早 「狼占いで狐探し……GJがわからない場だと凄く有効だから困りますw
勝手が色々違うんですよねw
まあ、余りに灰咬みに拘ってくるならその辺を疑わなきゃですね。」
星井美希 「おはようなの。
リンは昨日のミキの質問に答えてくれたら嬉しいって思うな。」
ミスト 「んー、桃子さん噛みが噛み合わせならチルノさん狼は無いですね
正直他に○が無いと疑われるのはチルノさんですし
狼にとっておいしくないです」
リン 「占いCO
星井美希●」
鍵山雛 「…厄いわね」
(イロ)モノクマ 「おはよう!今日もいい天気だねぇ!
>霊界の大佐(86)「変態は吊るすべきだと最後に言っておく」
…この村、男女問わず変態ばっかだぞ。」
モノクマ 「(キーンコーンカーンコーン……)

おまえら、おはようございますっ!今日も一日、はりきっていきましょー!」
双海亜美 「んっふっふー
今日もバリバリだよー」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
大佐さんの遺言  よくもここまできたものだ。
貴様等は私の全てを奪って
しまった。

 これは許されざる反逆行為
といえよう。

 この最終鬼畜兵器をもって
貴様等の罪に私自らが処罰を
与える。

 早苗鯖もよろしく。
真っクロPさんの遺言 ここのアイドルはオレッチが育てた(キリッ
真っクロP は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双海亜美 「偽っぽくなるよね、きょーゆーねらいで」
星井美希 「あ、共有髪でいくの(汗」
双海亜美 「んじゃクロPでいい?」
星井美希 「あ、千早さんいきたいなら千早さんで!」
双海亜美 「おっけー」
星井美希 「今日は共有噛んどこっか。偽路線なの。」
双海亜美 「んじゃ千早おねーちゃんいっとく?」
双海亜美 「銃殺だけは出させないようにしたいとこだよね」
双海亜美 「んー、むずかしいね」
星井美希 「千早さんか共有噛みかな。なんにせよ占いを偽にもってかないとなの」
双海亜美 「きょーゆーかたほうけしとく?」
星井美希 「死体無しが出たら組織票してでも排除するか」
双海亜美 「千早おねーちゃんがいちばん気になる位置だけど
みきみき的にはどこかみたい?」
双海亜美 「モモちん占いで助かったね」
星井美希 「うーん、次の狩人目・・・というかキツネ目を探そうか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
大佐 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
千早0 票投票先 →大佐
星井美希0 票投票先 →大佐
鍵山雛0 票投票先 →大佐
真っクロP0 票投票先 →大佐
双海亜美0 票投票先 →大佐
チルノ0 票投票先 →大佐
双海真美0 票投票先 →大佐
ミスト0 票投票先 →大佐
モノクマ0 票投票先 →大佐
(イロ)モノクマ0 票投票先 →大佐
天海春香1 票投票先 →大佐
できない子0 票投票先 →大佐
リン0 票投票先 →大佐
大佐13 票投票先 →天海春香
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双海亜美 「真美は夜にクロPをふかふかしてるんじゃないの?」
大佐 「ご武運を」
星井美希 「リンは占い師がほかにいないとこ見てCOしたんだよね??>リン」
天海春香 「あ、あと美希?
私のおっぱいはダメだよー、千早ちゃんとプロデューサーさんのものだから」
(イロ)モノクマ 「むしろ、その声聞いてるとザンボ…」
モノクマ 「>美希
正直、ボクは狼2騙りをちょっと考え始めてるけど……うーん。
銃殺GJかどうかが(狩人さん視点で)すぐ分かるなら楽なんだけどねぇ」
リン 「麦茶うめえ」
千早 「ミストさんの意見に同意しますわ>占いをどこまで信じていいか」
ミスト 「狂人ならこうはならないと思いますよー>星井
だからほぼ真狼です」
双海真美 「むしろ保護するのはキツネさんじゃないかなー>亜美」
鍵山雛 「・・・要は占いの中身次第だってことだし」
大佐 「変態は吊るすべきだと最後に言っておく」
双海亜美 「結局は占いがきっちり仕事するかどうかだしね」
できない子 「あ、私コーラで>リン」
チルノ 「占いが狼なら狐探しの可能性も十分あるね!>千早」
(イロ)モノクマ 「お前の声がすっごい胡散臭い>モノクマ」
双海真美 「はるるんとちはやおねーちゃんに挟まれてふかふかしてみたいものですなぁ、亜美」
天海春香 「私は千早ちゃんが全部好きだよ!
だから千早ちゃんのおっぱいprprさせて!」
双海亜美 「亜美は霊ロラして狩人保護できるならいーじゃんって思うけどね
2COの霊なんてどっちがホンモノとかわかんないし」
(イロ)モノクマ 「真っクロP共有だしなぁ…黒くないんだよね」
モノクマ 「>偽物さん
嫌だなあ、ボクのこのまっしろな心を見て貰えれば、結果は言わなくても分かるよねえ?(てれてれ」
星井美希 「こうなぁ、正直怖いよね。
ただリンが狂人はないよね」
リン 「ちょっと飲み物とってこよっと
投票はしときますんで」
ミスト 「               _ _
          r ´    ̄ 二= 、
        /  / , r        ヽ
        / , ./ / { ,、 |  |    ヽ
      ノ / ./ /γ', i ヽ.|  |.   i  ',
     ´ー./ .//i/ii. ',|  'i从 j    |   i
        ./冫 i      '    ソ∨  |   |
      ,' イ  ノ ┃   ┃  /  .|   |        ぶっちゃけ霊能が真狂でも真狼でも占いが真ならどーーでも
        |  {    _    /   / |  /        だからここで問題になるのはどこまで占いを信じていいかですよー
       |  ゝ.   ヽ ノ   // / i | ,'
.        V|  >ー-, _  ノソノノ  i.| |
.         | / ,.<  |´く.}/>、  ∧|
          ′ / i〈 ノ/ (  ヽ' .ソ
              /ヘハ》《,'   ´i F ゝ≪》
          /  }ハX     ゝヾ  \ゝ- = ニ7
           /  〈  ii     /  }   \  ̄ ラ
          く    |^^^^^^^^^^ i   |     , イ j`ヽ≧
.          `ト-┤: : : : : : : : :i  ゝ―<ノ '
          ー丿: : : : : : : : :ハ
          〃: : : : : : : : : : :ハ」
千早 「まあ、単純に灰咬みと見るなら、
狩人探しの咬みとして私的には納得できるかなーと。
裏の裏もありえます。もちろん。大佐が狂人の●出し狂アピとか
思いつくのは結構ありますし」
大佐 「・・・健闘であるな」
真っクロP 「う、うみゃっほ~う!>春香」
天海春香 「千早ちゃんは感度が良いからいいの!
あひんあひん言わせる楽しみがあるから!
>亜美」
(イロ)モノクマ 「モノクマは白なのかな、黒なのかな?」
鍵山雛 「…ま、ローラー続行で後々の展開見た方が有益よね」
できない子 「…お前も別室行きだ>モノクマ」
双海亜美 「マダムンムンだね!>はるるん」
リン 「よし決めた」
双海真美 「千早おねーちゃん、薄いなんて自虐ネタはだめだよ→
はるるんが大好きなOPPAIなんだからさー
大佐 「何はともあれ村人諸君の検討を祈りつつ離脱するのみ」
チルノ 「こんなとこでロラを止める理由がないね!
双海亜美 「やっぱ薄いかー
千早おねーちゃんと同じだねー」
真っクロP 「・・・ま、ロラは続行ミャ」
モノクマ 「>できない子さん
ダメですっ!そこは噛ませるより、じっくりといたぶ……こほん。『オシオキ』するべき場所です!
噛ませて退場だなんて、ボクは絶対に許しませんっ!ぷんぷん!」
天海春香 「ほーら、大人の魅力ですよー!
もうお色気がむんむん(死語)ですよー!
(くねくね)」
(イロ)モノクマ 「霊能ロラに続きっと…
もし、大佐真なら、昨日の感触的に、ロラ反対者はまだ占う必要はないと思う。
むしろ鍵山さんを占っておいて欲しいかなってのが感想だったりする」
千早 「呪殺GJは薄いと思います>真美
だって、どこチャレンジするんですか?
狩人生存濃厚の場で狼がいきなり1COの占い噛んで来るとは思いませんし、
共有を守る狩人もアレですし……ってなわけで、純粋に○被りとかその辺じゃないかと」
ミスト 「まあ、なんとでもーって感じで
霊能の内訳は今となってはもーどーでもいいですよ」
星井美希 「噛みと結果からして呪殺隠れか、じゅさつぎそうっぽいかな。
真狼目が強くなったって感じ。」
双海真美 「触手なんて邪道っしょ!
OPPAIはこの手でMOMIMOMIするのが基本にして絶対だもん!>はるるん」
天海春香 「そこで!
あずささんにもヒケをとらない大人の魅力を持つ!
この天海春香が!
あなたを脳殺しちゃうぞ♡(ばばーん!)」
リン 「なので、●狙いも有りか。
村視点分りやすく銃殺が出ればそれはそれでいいんだけど」
双海亜美 「ごーごー
ひろみごー>真美」
チルノ 「あたい視点囲いが無いのは良い感じだよ!」
モノクマ 「となると霊能狼混じり、という話になるわけですが……
これはちょっと意外ですねぇ。うぷぷぷ……」
できない子 「(なんでクマ吉噛まないんだ…と思っている顔)」
真っクロP 「んん、●かミャ~」
鍵山雛 「で・・・○先が死亡と
ま・・・そういうこともあるでしょ、グレー減ってないのが厄介だけど(判断材料としてね」
天海春香 「そしてクロP……私は考えました。
ロリの道に走ったあなたをどうすればいいのか」
大佐 「対抗はなぜ出てきたし」
双海亜美 「亜美は触手なんて高度なもの持ち合わせてないのだ
でもはるるんが望むならやぶさかではないぞよ」
リン 「霊能は、多分両方とも、私のCO見ないで出てきてる
真狂だって、真狼だって、真狐だってありえる」
モノクマ 「霊結果は●、と。
うーん……大佐さんが偽だとしても、狼じゃない(すなわち狂狐である)場合に霊結果●はあんまり打たない、よねえ?」
チルノ 「狼が占い騙りに出ずに霊能に出た?
狂人任せだったとでも言うのか?
大佐が真だとは限らないけどね!」
双海真美 「ロラするれーのーの結果なんて気にしちゃ負けっしょ
ローラーごーごー続行だよー」
(イロ)モノクマ 「桃子噛むなら共有の方が噛まれると思うんだが…」
千早 「ふーむ、霊能●の○先噛まれ…と
霊能●が正直意外です。というのが本音。」
双海亜美 「かみ合わせより銃殺GJっぽいってことなのかな?」
ミスト 「んー、あんまり即呪殺には期待していないのですけど
でも霊能結果●ねえ…」
天海春香 「というわけで亜美、真美!
触手はだめだよ触手は!
アイドルマスターは小さなお友だちも大きなお友だちも楽しめる健全さがウリなんだから!」
真っクロP 「あ~、占いはこれ噛み合わせか呪殺GJと」
星井美希 「で、大佐が●出してるの・・・霊能に狼出るのかなふつー?」
リン 「べつにあり得る>霊能狼」
双海亜美 「んで、大佐のにーちゃんはみずみず●なのかー」
できない子 「墓には栄養ドリンクを供えてやるよ>東横桃子」
鍵山雛 「あら…霊●なんだ?
まぁ覚えておいてあげるわ>その結果は」
モノクマ 「うーん。ボクの意見としては……
怪しい発言が見つかったら全力で誘導してただろう場所だから、ひょっとすると……ひょっとするかもしれませんねぇ?」
リン 「呪殺GJだったら、ちょっと嫌ですね
ここ、遺言のこせない上に狩人がGJかどうかも分んないんで」
双海真美 「狼にはない特権だね~>クロにゃん」
(イロ)モノクマ 「っていうか、呪殺?」
ミスト 「えー…>霊能結果●かつ○噛まれ」
チルノ 「リンが狼だとしても
いきなり噛み合わせはしないと思う!」
双海亜美 「モモちん○で、モモちんがやられちってるんだね」
(イロ)モノクマ 「灰噛みなのかい?」
千早 「おはようございます。個人的に今日の噛みが一番の情報だと思っていますわ。

潜伏占いの可能性を考えましたが、ココ遺言無いので、
そんな博打をうってくる人は居ないですよね!」
大佐 「⇒驚愕する」
鍵山雛 「…役職さんはお仕事お願いしておくわね」
リン 「挨拶の後のCOに気がついてはいるけど、珍しいというだけで止まっているのが気になります
挨拶の後のCOに気がつく人ならその後になんか続く推理があるかなって
実は占いからちょっと遠ざかりたいって臭いがするんですよね」
モノクマ 「ってありゃ、そこ噛まれ……って、占ってる?」
真っクロP 「おっはようミャ!
超過後も会話有に地味に感動中ミャ!」
星井美希 「投票ミスったの・・・
それはともかく、呪殺前提の進行だよね、これ。」
(イロ)モノクマ 「僕は初日を抜けたんだ!ビバ黄金の日々!!」
ミスト 「はあ、じゃあ占いがせめて真狼であることを祈りますよ
ぶっちゃけ占いに出てくるのは狼だと思うので
全潜伏ならそれはそれで、なんですけどね」
大佐 「霊能結果である
水橋Pは●であった」
できない子 「おはよう」
チルノ 「おはよう」
双海真美 「おっはー」
モノクマ 「(キーンコーンカーンコーン……)

おまえら、おはようございますっ!今日も一日、はりきっていきましょー!」
リン 「占いCO
東横桃子○」
天海春香 「奮闘するアイドルマスター天海春香!
しかし双子は卑怯にも、触手をもって襲いかかってくる!
大きなお友達の声援を受け、はるるんを翻弄する触手!
このままR-18アニメになってしまうのか、どうなるアイドルマスター!」
鍵山雛 「…厄いわね」
双海亜美 「んっふっふー
朝が来たよー」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
東横桃子さんの遺言
                        ,,  -----   、
                    , : :´: : : : : : : : : `ヽ: : : `丶
                   //:/: : :/: : : : :\: : \、:: : : :\
                 .//: : /: : : l: : : : : : : ヽ: : : :ヽ: : : : :ヽ
                /:/ : : : / : : : l: : : : : : : : ::l : : : : ヽ : : : : ヽ
                /: : :/: :/: : : : :l : : :l: : : : : : i : : : : : :',: : : : : ',
               .l:: : /: :/: : : : : :l: : : lヾ.:.:.: : ::l : : : : : ::i: : : : : :i
               i:.:.: l: :/: : : : : : :l : : :l l:.:.:: : :.l : : l : : : l: : : : : :i
               l.:.: :l:.:l : : : : : : : l : : l l.:.:.:.: : :l: : :lヾ: : :l: : : : : :l
               |:.:. l:.:.{.: : :: : : : : l: : :{ リ : : : : }: : l l: : : l: : : : : l      ここからはステルスモモの独壇場っすよ(フラグ
               l.:.: l.:.:.:.: : :{从: : : : :ヾ  リリソノソ|ツリl: : ::l : : : : l
               l:.: l.ハゞ州ヘ__弋从ヾヽ  ィ了:.:`ヾ、 l: :::::l : : : : l
               .k:.l.:.ハ ィ'7 :.:ヾ       廴::::} }.Y: : : l : : : ::l|
                l:.l :.:.ハ   ぃ:::}:}       ゝ、:ン .l: : : :l : : : ::l|
                l:.l .:.:.:ハ  `ー´        ⅱ i: : : :l : : : ::l|
                l:l .:.:.:. ハ      `     ⅱ l: : : :l : : : ::l|
                l:l :.:.:.: : :ヽ     、 - ァ   !/:.:.: : l : : : :l |
                l:. l.:.:.: : : : :>: 、       /'.:.:.: : : ::l : : : :l l
.                l.:.l.:.:.: : : : : : : : :> -  ィ ´ { .:.:.: : : :l : : : :l j
                l.:.l ゝ: : : : : : :r;,7ヽ、     ∧.:.:.: : /: : : ://
     /////       ヾヾ ,ヾ,, - ''´,;,;,{  >ヽ.rィ´  }; `丶、::ソ//
   / }'/ー、        _,, ; -¨ ; ; ; ; ;/; ; ; ;l ∧.:.:.:.:.>  l;\; ; ; ; ` ヽ 、
  / / /       /; ; ; ; ; ; ; ; ; ;/; ; ; ; ; l/ ヽ:::::/`ヽ l; ; ; \; ; ; ; ; ; ; /ヽ、
/ / /__       i ; ; ; ; ; ; ; ; ; <; ; ; ; /l  /:::ヽ  /ヽ; ; ; ;>; ; ; ; ; /; ; ; ヽ
|  |  /´ }、     j; ; ; ; ; l ; ; ; ; ; ; `¨7; ; ;;l  l:::::::l  /; ; ヾ´ ; ; ; ; ; ;/; ; ; ; ; /
|  | /  / }     l; ; ; ; ; ;l; ; ; ; ; ; ; / ; ; ; ; l l::::::::l  /; ; ; ; ヽ; ; ; ; ; / ; ; ; ; ;{
|     ´  l、     l; ; ; ; ; ;;l ; ; ; ; ; ;;\; ; ; ; ;l. l::::::::l ./; ; ; ; ;/; ; ; ; ;V; ; ; ; ; ;::..
\      ヾ   ノ; ; ; ; ; ; / ; ; ; ; ; ; ; \; ; ; l l:::::::::l/; ; ; /; ; ; ; ; ; ; ;V ; ; ; ; ;::::..
 /\     }i   }; ; ; ; ; ;/ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \ ; ',::::::::/; ; /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;i ; ; ; ; ;::::::::...
  {.:.:.:ヽ.__ノ; ;l  .l; ; ; ; ; ;/ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;ヽ;ヽ:::/; /'; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;l ; ; ; ; ;:::::::::::::::.... ::::...
 ヽーーニ彡´; ;|ヽl; ; ; ; ; ; { ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ;∨/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;}; ; ; ; ; ;::::::::::::::::...:::: :::...
  \; ; ; ; ; ; ; ノ; ;ヽ; ; ; ; ; ;l;; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ/; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; /; ; ; ; ; ::::::::
水橋Pさんの遺言             _______
        ,, -‐'´:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.`ヽ、
       /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.\
      //:. :. _/ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙̄ー-‐'⌒`ヽ、k
     /:. :. :. :./:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :\
   /:. :. :. :./:. :. :/ :. :. :. :. :. :. :._,,. : :. :. :. ;; :. :. :. :.\
    |:. |. :. :/, :. :./:. :. :./:. :. :/:. :. :. :. :.| :. |k :. 、:. :. ハ
   〈:. |:. ://:. :./:. :./:. :. :./:. :. :. :. :. :.ri:. :.| ハ:. :|: 、:. : k
   |:. :V/:. :. /:. :/. :. :_./:. :. :. :. :. :. :./|:. / ハ:. :|:. | 、:. ヽ、
.   |:./ノ:|. :. |:. /:. :_ナ-..,,__ :./:. :. /ノ:./   ハ: |:. |:. ヽ_: \
    X ゝt:. :|:./:..//:. : _,,.-‐^ー、_ -' /:/ __ノ  リ:. |:. :.ハ `ーヽ
   /: ( _ |:. |/:./ λー┬--=ニ_´_` /ノニ    |:. /:. :. : }
  〈:. :.゙h |:. :./ ムハ |     Tヽ/´イ ̄ ̄'|~7 |:./:. :. :. :.|
   |:. : :.ヽ_V   :::::::ヽtっ__.ノ/::::::::::ik_っ ノ/ /:./:. :. :. :. |
   ハ:. :. :. :. ハ_   ::::::::ー-‐´::::::::::::::::-`ニ:::::〈ノ|:. :. :. :../
    \:. :. :. :. ~゙`ヽ、        '      |:. :|:. :. :./
   (て\:. :. :. :. :.ー、ヽ、 \          Λ:.|:../
    ` ノ>ー--、:. :.k :.ヽ.  \_,,.-''´   _ノ  )/|:./ ちひろさんは普通に可愛いと思いますよ?
    /       ヽ-.:. :. 入_  __,,..-‐へヽ、_ !'    いやステマとかじゃなくて真面目に
.   /       、 ハ:.ヽ:〈  | ̄ヽヽ k     |    
   /.        ヽ |:. :. :) `/ぇ、ヽ. ||  | / |  
.            ヽ hへん'´ー< ヽ| || |/  |
.              \らとk  |  /  || |  |
.               k:.ヽ:.ゝ-'、 /  } } ヽ /i
                〉:. :))  V  //  〉 ヽ
東横桃子 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 「千早さんも気になるの。」
双海亜美 「んじゃモモちんでいくね」
星井美希 「ロラ提案位置を適当に狙うべきかな。」
双海亜美 「千早おねーちゃんも気になる位置ではあるんだよね」
星井美希 「いや、占いCOだから噛めないかな」
星井美希 「ぶっちゃけこの進行占いにせだったらこの時点でおしまいなの」
双海亜美 「んー、じゃりんりん噛みいく?」
双海亜美 「占いが狂人ならいいけど、期待しないほうがいいかな
でもすぐに噛めないしねー」
星井美希 「狐目はリンなの」
星井美希 「リン。」
双海亜美 「ロラってから勝負だけどねー」
双海亜美 「まあロラしていけばいいと思うし、村的には」
星井美希 「んーと」
双海亜美 「狩人っぽいとこわかりそう?」
星井美希 「 」
星井美希 「村が凄まじい進行をとってきたの」
双海亜美 「こっからどー持ってくかだねー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
水橋P は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
水橋P9 票投票先 →大佐
千早0 票投票先 →水橋P
星井美希0 票投票先 →チルノ
鍵山雛0 票投票先 →大佐
真っクロP0 票投票先 →水橋P
双海亜美0 票投票先 →大佐
チルノ1 票投票先 →水橋P
双海真美0 票投票先 →水橋P
ミスト0 票投票先 →水橋P
モノクマ0 票投票先 →大佐
東横桃子0 票投票先 →水橋P
(イロ)モノクマ0 票投票先 →水橋P
天海春香0 票投票先 →大佐
できない子0 票投票先 →大佐
リン0 票投票先 →水橋P
大佐6 票投票先 →水橋P
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 「占いが真だったら全く問題ないんだけどね・・・」
東横桃子 「ぶっちゃけてしまうと
霊ロラって12人から本番を始めようが
今日からグレランしようが
占いの真贋を見るには○の白黒を意識で見るしかないだけっすね
霊の片方を真決め撃てるなら話は変わるっすけど。」
(イロ)モノクマ 「楽観視でRP楽しんでたからね!」
モノクマ 「>偽物さん
ボクとしては一向に構わないんだけどね?キミをオシオキするだけだから……ゲーッハッハッハ!」
天海春香 「……あれ、地雷踏んだ?」
鍵山雛 「占いが偽の場合でどうにかできないなら村が弱いでいいだけのことだと思うわよ
双海亜美 「はるるんのおっぱい、亜美たちも狙ってるのに>みきみき」
天海春香 「え、えーと、えーと……

アイドルには不思議が一杯♪(きゃぴ)>ない子」
水橋P 「なんか俺たちが不安になってくるな…>大佐」
モノクマ 「>東横ちゃん
まあ、それは一理あるかなあ。霊能2で占いの真偽をどう見るのか、っていう問題もあるしね。うぷぷぷ……」
(イロ)モノクマ 「まー、今更グレランとか言われても結構困るんだけどね」
できない子 「残念、頭ハネだ>ステルス」
双海真美 「ほほう、はるるん興味深いですなぁ」
真っクロP 「ふ~む」
千早 「こう、初日欠けを考えなきゃならないばというのは実に幸福ですね!
話すことが増えます!やったねプロデューサー!」
チルノ 「偽霊能はどうせ占いに結果を合わせるに決まってる!>星井
占い先の動きと結果を見た方が良いよ!」
双海真美 「大正義共有者でこの村に平和が訪れるっしょ!>亜美」
できない子 「◇天海春香 「真美、めっ!
いくら2になって大人になったからって!
大人の階段まで登っちゃうなんて、お母さん許しませんよ!
私もまだなのに!」

「まだ」なのに「お母さん」とはこれいかに」
双海亜美 「んー、ロラロラ反対派がいるんだねー
1-2って特殊だからいろいろ考えたいってことかな?」
星井美希 「あ、それなら春香のおっぱいはミキが揉むね!」
東横桃子 「……それ、ロンっす>銀髪さん」
モノクマ 「霊ロラ、かぁ。
まあ、共有さんがそう言うなら……霊能を残す進行に不安があるって事だろうし、しょうがないんじゃない?うぷぷぷ……」
大佐 「共有の指示に従うのみである」
ミスト 「あんまり占いが1COの時に真がはいっているであろう
霊能を吊りたくないです」
千早 「初日欠けを考慮する場ではありますが、現時点ではなんとも、
初日欠けの今出てる占いが偽の場合は狼の嚙みに違和感が生じるでしょうって事で
そこを見る場、という感じですね」
天海春香 「うまか棒やるから黙ってろ(閣下モード)>イロモノクマ」
双海真美 「んっふっふー、今後吊り指定食らいたくない人は真美にMOMIMOMIされにきてくれたまえ」
東横桃子 「霊ロラって占い真決め打ちできない村は
霊ロラらなくても占い吊っちまうんすよと思うっすけどね」
鍵山雛 「ほいほい霊ローラー把握と」
(イロ)モノクマ 「>モノクマ その体を縦から真っ二つにしてやるよっ!」
できない子 「そういや前に一日一発言で吊られずに生き残ったステルスが居たっけ
それはそうと桃子ー、麻雀やろうぜー」
双海亜美 「ロラロラでばばーんといっちゃうのだ!
亜美たちがいれば安心だもんね>真美」
リン 「待機中に書きましたからね>できない子」
水橋P 「お前らオチツケ!>春香、真美」
真っクロP 「すまんな、真美の相棒の座はもらっていくミャ…>亜美」
ミスト 「ちょっと反対しておきますねー>霊能ロラ」
星井美希 「まつの!
霊能ロラしたら占いにせに全く対策ができなくなるの!!」
東横桃子 「というか霊が偽の場合狂以外なのが軍人さんなのが強すぎるとも言うっすけど」
(イロ)モノクマ 「ロリコンなんていけないね!時代は年増だよチミィ」
モノクマ 「>偽物さん
全くですっ!今日は早速、君を『オシオキ』する予定だったのに!ぷんぷん!」
鍵山雛 「ん・・・共有把握よ
1-2-1 まぁグレーから出てきたのはまだ好材料ってところね>役職が」
天海春香 「真美、めっ!
いくら2になって大人になったからって!
大人の階段まで登っちゃうなんて、お母さん許しませんよ!
私もまだなのに!」
双海亜美 「擬似的にってなんかいやらしいよね>みきみき」
リン 「遺言使えないのに、様子見して特攻有ったら潜るって、自殺行為にしか思えない
様子を見た分、潜伏占いの幅が狭くなって、その上遺言もない状態で潜伏死」
真っクロP 「え?>春香」
ミスト 「ないなら別にほうっておいてグレランしたほうがいいとおもいます
正直この形なら霊能に真は必ず混じっていますけど
占いはちょっとめんどうです」
双海亜美 「クロPが真美の相方かー
かわってくんないかな?>クロP」
千早 「真美-クロP了解ですわ」
星井美希 「今日はグレランで、擬似的にライン戦を行う方が懸命なの、あふぅ。」
東横桃子 「ぶっちゃけこの出方の役職3人見ると
占い狂は薄そうなんでどっちでもいいかなーって感じっす、私は。」
双海真美 「ここは派手に行くよー。 霊能ローラーだ!」
モノクマ 「特に思いつかないなら霊ロラで良いんだろうけど、こういうときの占い師さんが真だっていう試しがあんまり無いのが困るんだよね……うぷぷぷ」
できない子 「◇リン 「おはゆございます」
この「ゆ」ってさ、早く文字を打とうとするとよくやるよね」
鍵山雛 「ああ、共有撤回があるならできる限り早めにお願いしておくわね
占いは…ま、一応個人が特定できる占い理由はお願いしておこうかしら
理由は…ま、察してねと」
天海春香 「ロリコンだー!!!>クロP」
チルノ 「霊ロラが無難だね!
占い欠けにも対応していくよ!」
千早 「1-2…どう見てもローラー場ですわね。
霊能をローラーする場合は現在出てる占いの真は
狼のかみさきを見る程度、そういう印象ですわ」
(イロ)モノクマ 「ふー、初日吊られる心配が失せたよ…
モノクマとできない子は残念だったね!」
真っクロP 「ま~、霊能ロラでいいんじゃね?>相方」
双海亜美 「あ、真美いいなあ
ねえねえ誰と共有してるの?」
大佐 「始まって早々大往生か
共有了解だ」
モノクマ 「うーん……霊能をロラして占いの真偽を見るのが安定なんだろうけど、なーんか嫌な感じだなぁ。
霊能を残してどうにかする進行、確かあったような気がしたけど……どうだったっけなぁ?」
天海春香 「さあ千早ちゃん!
というわけで感度……じゃなかった、守るべきものを再確認するので!

ちょっと揉ませて!
大丈夫、ちょっとだから!」
リン 「というか、結構自己防衛として当たり前だと思うんですけどねー>東横桃子」
星井美希 「え、それは占い新規目打ちと同義だから絶対ないの>雛」
水橋P 「ちい…面倒な対抗だな…」
双海亜美 「はるるんのガード、堅そうだもんね
でも千早おねーちゃんのおっぱいより、はるるんのおっぱいを狙うんだよ!」
東横桃子 「ここでそれやるのは珍しいっすね、ぐらいの意図っす>⑨さん」
真っクロP 「共有CO!
相方真美ミャ!」
チルノ 「共有撤回ないのか!?」
双海真美 「んっふっふ~、共有CO!
真美が共有であるかぎり、この村はおっぱいが正義となるのだー」
リン 「あ、大佐も霊能カ.見逃してた」
鍵山雛 「1-2把握よ
ぶっちゃけ霊ローラーで銃殺出るかどうか判断でいい気がするわね」
チルノ 「他鯖では挨拶後COは結構ある>桃子」
東横桃子 「共有撤回あるならさっくりどうぞ。」
大佐 「IFF反応なし
この感じ…敵か」
リン 「どう見ても霊能よりは先ですけどね>クマ吉さん」
双海亜美 「1-2?なんかめずらしーね」
星井美希 「と、思ったらリンがCOなの・・・挨拶のあと?」
真っクロP 「んわ?1-2かミャ!?」
モノクマ 「……ありゃりゃ、占い師さんが一人に、霊能者さんが二人?
うーん、これは困ったなぁ……」
(イロ)モノクマ 「撤回なければ霊能ロラでいいんじゃないかな?」
千早 「ふむ、霊能即出、占い1、霊能もう一人了解ですわ」
双海真美 「うらないちは挨拶の前にCOしてほしかったよ~>リンリン」
東横桃子 「1-2ということでローラー推すっすかねー。」
ミスト 「むー。1-2ですか
撤回はありますか?」
できない子 「1-2…だと…」
リン 「全潜伏ですか。
豪儀ですね」
真っクロP 「・・・え?1-1?みゃ?」
モノクマ 「おやおや、占い師さんが出てないようですねぇ……これは早速、事件の臭いがしますっ!ぷんぷんします!」
(イロ)モノクマ 「霊能より遅い占いか…ちょっとマイナスだねぇ」
鍵山雛 「…占い1だけなの?
まぁ霊能の人数見て考えましょうか」
天海春香 「というわけで亜美、真美、覚悟なさい!
千早ちゃんの胸は、私が守る!(びしぃ!)


え、鉄壁?
こやつめわはは」
チルノ 「1-1だと!?
人外はやる気ないのか!」
東横桃子 「ほー、面白いっすね>挨拶後占いCO」
双海亜美 「霊能がサクっと出ちゃった?
で、リンリンが占いだね」
大佐 「待機時間とやらがあるのか
ふむ」
千早 「む、占いCOなしですか?」
星井美希 「・・・あれ?
占い師さんでないね・・・?」
ミスト 「…あらー?>占いが出てこない」
水橋P 「それじゃあ逝ってみるか!
霊能だとCOする!」
リン 「初日なので何か面白い所はないかなと思ったので
いちばん「溶けそう」な所を占ってみました
なんか、天気予報だとこれからずっとらしい30度超えるらしいですよ奥さん」
(イロ)モノクマ 「20秒経過か」
真っクロP 「んん~?」
チルノ 「COないのかー!?」
リン 「OK占いCO
チルノちゃんは○」
鍵山雛 「…役職さんはお仕事お願いしておくわね」
できない子 「おはよう、遺言にAAが表示されてると銃殺と勘違いするよね」
大佐 「諸君おはよう
この発言をもって霊能者であることをCOさせて頂く」
東横桃子 「…ん、おはよっす。
じゃ、COよろしくっす。」
水橋P 「とりあえず朝だな!おはようさん」
モノクマ 「(キーンコーンカーンコーン……)

おまえら、おはようございますっ!今日も一日、はりきっていきましょー!」
双海真美 「じってーん☆」
(イロ)モノクマ 「占い師は程々に様子見したら、忘れずに出てきてくれよ!
遺言ないから潜伏は不可能だからね。
あ、僕?紳士COさ!
千早 「おはようございます市民。
幸福で完璧な朝の挨拶は村の義務です。そして適切なCOは役職の義務です。」
チルノ 「おはよう!
人狼も狐もあたいがまとめて凍らせてやる!」
リン 「おはゆございます」
星井美希 「おはようなの!ミキのカンドリョクは53万なの!!」
鍵山雛 「…厄いわね」
天海春香 「20××年、世界はもみもみスト双海姉妹の魔の手に落ちていた!
しかし、そこに颯爽とあらわれる影が一人!
その名はアイドルマスター、天海春香!(びしぃっ!)」
ミスト 「おはようございますー」
双海亜美 「おっはー
今日もガンガンいっちゃうよー」
真っクロP 「おっはようミャ!
役職とかわい子ちゃんはCO!(キリッ」
(イロ)モノクマ 「ぷるぷる…僕、悪いクマなんかじゃないよ!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
日高愛さんの遺言
              __   | i
          ..-ニ" "">"-''":::: ̄::::::::::''''‐-..,,_
        //  ,,.-'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゛ ''-.,
       //  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\::::、 _:::::::::::::::::::::::::::::::.\
        /::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/::/  \\\:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
       /::/:::::::::::/::::::/:::::/::::///     >ェミ=::::ヽ:::::::::::::::::::::ヘ
       /:::i:::::::::::::i::::::/:::::/:==/        ヾ ヽ::ヽ::::::::::::::::::::ヘ
       i::::i::::::::::::::|:::/::::/|::/ /'        ,,≦≒x ヾ,:::::|:::::::::::::::::iヘ,
      .|::::|::::::::::::::|./::/ |x=ニ=-       '|(:::iヘ ㍉ ',:::|::|:::::::|::::::ヽヘ
      .|::::|:::::::::::::::||:/ //ii::::::ヘ       λニ:ノ  " |::::::|:::::::|::',::::::',',',
       |::::::::::::::::::::',:| .《 弋ニ'リ          ̄     |::::::|:::::::|:::|::::::.| '', ,x- 、
       |::::::::::::::',::::::',|    `"     ,         |::::/::::::|::リ::::::::| |/  /
      /::::::::::::::::',::::::::',          _,,,,,.,,、  、__..|ノ:::::::ノ/:::::/|:| ./  /
      |::::::::::::::::::::',:::::::',     γ':: ̄::::::::゛゛'.|   ゛''/‐‐-‐"::::::::/ |',,':::::::/
(  ̄゛''-.,,_||'ヽ_::::::::::::::\::::ヽ     ',:::::::::::::::::::::::/   /:::::::::::::::::_,,.'' /'  :::::ヘ
 ゛''-.,,_:::: ''-.,,7_:::::::::::::::::::::::\_ _,,.  >,::::::::::::::/  ./::::::::::::/7"_,,.-i"     ゛''-.,,_
   /:::::::::::::::::  ̄ヘ />:::::::::::::::: ̄彡"゛''''''"  ,.-"∨|_,.-'"",,..-'"  |:::::::::
,,..‐'"   ::::::::::::::::::  ゛''.ニ=,,_:::::::::::::\゛'''‐--‐"   ヘγi""/     ::::::       _,,..-
       ::::::::::        ゛'"iΠ"', .       .ノ| | /  /          ::::,'
''"i >   ヽ     \   ヽ  |.|.|  ヽ      / .| ',   |           :::',
,.-"     ヾ、    ヽ   ヽ /|| |           | ヘ              \
   /.)         |    / ||ヾ、                       \
 ,-' ヽ'  , 、     r"
"  /   r-i  ヽ~/
  /   /  ',   |"

来てくれた皆さんに感謝と愛を込めて・・・楽しんでってね!
日高愛 は無残な姿で発見されました
「◆日高愛 さすが!かっこいいです!!>該当者」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 「1-3なら・・・泣くの。」
双海亜美 「●出されたら、出された人が霊に回るってことだけ、決めといたらいいかな
んじゃ、噛みは130でいくよー」
星井美希 「真狼-真狂文化に一泡吹かしてやるの!」
水橋P 「なら霊能で出るな!」
双海亜美 「2-2に持っていけるようなら霊騙りもアリだにー
その辺はみずみずにまかせるね」
星井美希 「まー美希も好きにするがいいって思うな!」
双海亜美 「みずみずの、かっこいいとこみてみたい!どんどんぱふぱふー」
水橋P 「霊能!そっちのほうがいいな」
双海亜美 「んじゃ、適当にもぐって適当に吊られちゃうよ
がんばろーね」
水橋P 「和あったよ逝ってやるよ!>騙り」
星井美希 「水橋くん久しぶりに霊能行っちゃう?」
双海亜美 「亜美はいちおう、カウンターだけ用意しておくのだ」
双海亜美 「じゃあ、思う存分ニセモノの占いやっちゃうといいよ!>みずみず」
「◆日高愛 いきなりももいろ空気になってツッコミ担当のプロデューサーが欲しくなる今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。
876プロの、日高愛です!今日はよろしくお願いしますっ!!!

こんなに早く集まるの滅多にないからどきどきです!皆さん、ありがとうございます!!
いつもロスタイムにどっとくるんですよね」
星井美希 「今日の戦術を考えるの、あふぅ。」
双海亜美 「どうする?騙りたい?」
水橋P 「占い希望やったのに…よろしく」
双海亜美 「みずみず、みきみき、よろー」
星井美希 「ほほう、よろしくなの!」
双海亜美 「んっふっふー
狼引いちゃったねー」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2012/07/31 (Tue) 22:35:02
水橋P 「0!
さあはじめようぜ!」
ミスト 「ちなみにカブを作ってくれる人募集中です♪」
(イロ)モノクマ 「偽物はいらないのさ…」
天海春香 「うわ、薄っ、影薄っ!
だめだよ、もっと目立たないと!>桃子
ほらほら、こっち……うぁ!?(どんがらがっしゃーん)」
星井美希 「さあクルガイイー!!の!!」
大佐 「変態は殲滅である」
水橋P 「1!」
チルノ 「あたいはさいきょーだからきぼーなんていらない!」
東横桃子 「雀ゴロになりたいっすね」
モノクマ 「ボクは準備オッケーなのですっ!うぷぷぷ……」
双海亜美 「お、はるるん、りんせんたいせーだ!
これは亜美も気合入れないとあかんぜよ」
大佐 「モノクマは駆逐せねば」
真っクロP 「…だがかわい子ちゃんに噛まれるなら本望ミャ!(キルッ」
水橋P 「2!」
リン 「ちゃんとお花屋さん希望出しましたー」
(イロ)モノクマ 「僕は独裁者を希望したよ!」
水橋P 「3!」
双海真美 「まったくですな、おっぱいを語るにはまだまだ100億光年早いですぞ>モノクマ」
千早 「ほう、そなたの感度、試してしんぜよぅ!(某悪魔城死神風)>美紀ちゃん」
東横桃子 「……さて、はじめるっすか」
できない子 「大丈夫だ、問題ない>希望」
双海亜美 「困ったらエロいこと言っておけばいいと思うよ!
それで吊られても、そんなのかんけーねー!!」
ミスト 「そういえば希望制ですけど
ちゃんとしましたかー?」
真っクロP 「うみゃっほう!プロデュースはオレッチに任せろ!
え?、人狼?…ナニソレコワイ」
水橋P 「それじゃあいくぞ~」
天海春香 「千早ちゃんは敏感、と……(めもめも)」
星井美希 「ふ・・・感度でもミキは負けないの(キリリ>千早さん」
ミスト 「               _ _
          r ´    ̄ 二= 、
        /  / , r        ヽ
        / , ./ / { ,、 |  |    ヽ
      ノ / ./ /γ', i ヽ.|  |.   i  ',
     ´ー./ .//i/ii. ',|  'i从 j    |   i
        ./冫 i      '    ソ∨  |   |
      ,' イ  ノ ┃   ┃  /  .|   |        みんなもう準備できていますね
        |  {    _    /   / |  /
       |  ゝ.   ヽ ノ   // / i | ,'
.        V|  >ー-, _  ノソノノ  i.| |
.         | / ,.<  |´く.}/>、  ∧|
          ′ / i〈 ノ/ (  ヽ' .ソ
              /ヘハ》《,'   ´i F ゝ≪》
          /  }ハX     ゝヾ  \ゝ- = ニ7
           /  〈  ii     /  }   \  ̄ ラ
          く    |^^^^^^^^^^ i   |     , イ j`ヽ≧
.          `ト-┤: : : : : : : : :i  ゝ―<ノ '
          ー丿: : : : : : : : :ハ
          〃: : : : : : : : : : :ハ」
日高愛 「GMもですッッ!<会話しないと死ぬ病気」
(イロ)モノクマ 「胸は感度より形ッ!」
双海亜美 「エロいクマが下から狙ってるね
これは亜美たちが村を守らねばなりませんな>真美」
できない子 「さっきから遺言いじって遊んでるわけだが
あ、クマ吉?余裕でスルー」
大佐 「なん・・・だと>絡まないと死ぬ」
天海春香 「ふはははは!
私のを揉みたいとな!?
よかろう、かかってきんしゃーい!(あらぶるアイドルのポーズ)
>亜美」
水橋P 「準備はいいか?カウント始めるぞ?」
日高愛 「あたしはいつでも元気ですよ!>春香さん」
星井美希 「あれなの、この鯖は絡まないと死ぬ病気な人が多いの>大佐」
双海亜美 「ふいんきなんて自分で作っちゃえばいいじゃん>大佐にーちゃん」
双海真美 「んっふっふ~。この村のおっぱいは我ら双海もみもみーずが支配するのだー」
千早 「胸は大きさより感度ッ!」
日高愛 「遺言は開始前じゃないと変えれないから気をつけてくださいね!!!!」
東横桃子 「多分適当に遊べばいいっすよ>軍人さん」
天海春香 「愛ちゃんは今日も元気だねー!」
水橋P 「(今日の千早は口が悪いなぁ…)」
(イロ)モノクマ 「>モノクマ 僕よりも後に出てきて、でかい面しやがって!」
日高愛 「というわけで皆さんよろしくおねがいしまーーーーーっす!!」
大佐 「これが他鯖の雰囲気とでもいうのか
ついていけぬ」
双海亜美 「はるるんも負けじといいもの持ってるじゃん
もませろー!」
千早 「バキュラ言うな!255発叩くぞ!」
星井美希 「んーと、ミキはね。
人狼さんをバキってやって、ケーサツに叩き出しちゃうね!」
天海春香 「う、うー、馬鹿にしてる?>千早ちゃん」
水橋P 「熊鍋だー!!鍋とだしの用意だー!!」
千早 「あら、春香ちゃんは甘えん坊ですわね♪(なでなで」
双海亜美 「脇が甘いのだよ、真美くん
そんなことではこの先生きのこれないぞぇ」
東横桃子 「…私のことが見えるっすか、バキュラさん…!?」
天海春香 「あ、千早ちゃーん!
私も、私もなでなでー!」
(イロ)モノクマ 「>できない子 ん?イケメンこっち向いてだって?
   ,. ''"゙ヽ.          ,. ''"¨゙ヽ
  i. r‐ 、,. '''"¨ ̄ ̄¨丶、r.‐、. i
  ゙、 .>'´ __          ヽ、' .ノ
   /   ´ ̄`   '¨¨¨゙ヽ   ヽ'
.  /    ●     ●     ゙、
. ,'       _            ',
. i      i´   ヽ          i
  i   __...>-、‐'"       ,'
.. ',/ 、    _ハ、_...     /
 /  、 丶‐''"-ニニ´      /
./    ヽノ         /
  -、__ノヽ、‐-  --‐‐'''" \
   イ    `‐- -‐''"    ヽ」
千早 「生きてるならよろしい♪(なでなで>モモちゃん」
チルノ 「人狼なんてあたいが凍らせてやる!」
天海春香 「プロデューサーさん……?
やだ、かっわいー!>クロP」
星井美希 「春香もよろしくなの!」
東横桃子 「いや、本気で離席してただけっすよ、花摘みに」
双海真美 「まみとしたことが、亜美との会話に夢中になって
遺言用意しわすれてたYO……」
モノクマ 「おやおや、その名前は……僕への挑戦状と受け取りますっ!」
双海亜美 「オマケじゃなくて減ってるよ…なんか損した気分だね>みきみき」
東横桃子 「ん、どもっす。」
真っクロP 「うミャっほう!、かわいい子はよろしくミャ!」
千早 「モモちゃんがステルス過ぎて怖いです。生きてますか~?」
天海春香 「人狼ですよ人狼!
天海春香でーす!」
チルノ 「もどったよ!」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 日高愛
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 25 (日高愛)」
(イロ)モノクマ 「やっとネタが降りてきたよ!」
大佐 「首領蜂隊最高司令官のシュバルリッツ・ロンゲーナ大佐だ
宜しく頼む」
できない子 「おいやめろ、そのツラを私の前にみせるな>クマ吉」
星井美希 「千早さんの場合は72個にオマケされるの。
理由は押して図るべきなの>亜美」
かりーん 「かりーん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりーん → 天海春香
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 744 (アニマス・天海春香02)」
双海亜美 「あずさお姉ちゃんにはかなわないけど、見事なおっぱいなのだ>みきみき」
千早 「ぺろ、これは熊鍋の気配…」
仮名 「仮名 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮名 → (イロ)モノクマ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 523 (クマ吉)」
モノクマ 「おやおや、麗しき女性の皆さんが、さっそくいちゃいちゃして……むむむ、これはゆゆしき事態ですっ!」
千早 「雛さん、よろしく」
双海亜美 「あれ?ひほうって77個じゃなかったっけ?
はにわがメッチャ強いんだよね?>真美」
アンノウン 「アンノウン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:アンノウン → 大佐
アイコン:No. 7 (青) → No. 984 (ロンゲーナ大佐)」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 鍵山雛
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 234 (鍵山 雛)」
千早 「(もみもみ)>美紀」
真っクロP 「(コロコロ …サイコロの結果2番になったミャ>GM」
星井美希 「とりあえずミキのおっぱいモミモミする?
自信あるよ?>亜美真美」
千早 「真美ちゃんがいつの間にかセクハラキャラに…」
双海亜美 「モミモミストのてっぺん目指すのってタイヘンだね>真美」
チルノ 「じゃああたいちょっとトイレ!」
真っクロP 「かわい子ちゃんがいっぱいで幸せだミャ!ここがヴァルハラかっ…!」
双海真美 「モミモミストとしてはいろんなおっぱいを味わわないといけないのだよ、亜美クン」
水橋P 「今日はやれる気がするんだ…」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 水橋P
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 801 (水橋準)」
GM 「大丈夫、全員が準備終わるまでは待ちますっ」
星井美希 「でもミキはもっとやわらかいの。
壁じゃないし>亜美」
GM 「2、アイドルで来ました。では次の選択肢を

1、765プロ

2 876プロ

3 モバマス勢」
ミスト 「471なんてどうです?>仮名」
双海亜美 「もみもみするんならみきみきのほうがよくない?>真美」
千早 「アッと言う間に埋まってしまいましたね。
さあ、楽しい時間を初めましょう」
アンノウン 「こんばんは」
双海真美 「72個のひほーを集めて神になるゲームだね
ピヨちゃんが事務所でやってたよ>千早おねーちゃん」
ミスト 「ミスト さんが登録情報を変更しました。」
案山子 「案山子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:案山子 → かり」
仮名 「アイコン決める時間プリーズ」
ミスト 「あら?埋まりましたねー」
千早 「ふむ、急に集まる不思議ですね。
みなさんは実に幸福な人狼プレイヤーです!」
アンノウン さんが入場しました
できない子 「私のアイコンのこれじゃない感」
リン 「りんりーん」
できない子 「よろしく」
GM 「アイドルきましたね・・・ラジャです!」
リン さんが入場しました
できない子 さんが入場しました
双海亜美 「やわらかい壁って魅力的だよね>みきみき」
モノクマ 「まあ普通の名前に戻しちゃいましょうっ。」
GM 「んー、カテゴリー聞いてもなかったし適当に決めるかなぁ」
真っクロP 「ぜひ!アイドルで!オレッチがぷろでゅーすしたるミャ!>GM」
仮名 「よろしく~」
かりーん さんが入場しました
仮名 さんが入場しました
モノク   マ 「モノク   マ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:モノク   マ → モノクマ」
千早 「(こそこそセクハラ)>モモちゃん」
双海亜美 「金属が曲がって元に戻んなくなることだよね?>こーふく」
双海真美 「亜美ずるーい、真美も千早おねーちゃんMOMIMOIするのだー」
千早 「この いーじすの いたで みんなをまもるぞ
って何を言わせるんですかっ!>真美ちゃん」
双海亜美 「上に壁作っちゃうけど、いいよね?>真美」
東横桃子 「(こそこそ退席」
モノク   マ 「うぷぷぷ……やあやあ皆さん、お待たせしましたっ!」
東横桃子 「ばんわーっすよー」
星井美希 「たしかに千早さんは壁みたいだけど、けっこーやわらかいよ?>亜美」
チルノ 「こーふく?
こーふくってなんだ?」
東横桃子 さんが入場しました
モノク   マ さんが入場しました
GM 「何かっていうのはPでもアイドルでもない外部の人ってRPですよ」
双海真美 「インペリアルクロスだね、千早お姉ちゃんが壁役っしょー」
ミスト 「               _ _
          r ´    ̄ 二= 、
        /  / , r        ヽ
        / , ./ / { ,、 |  |    ヽ
      ノ / ./ /γ', i ヽ.|  |.   i  ',
     ´ー./ .//i/ii. ',|  'i从 j    |   i
        ./冫 i      '    ソ∨  |   |
      ,' イ  ノ ┃   ┃  /  .|   |        よろしくお願いしますねー
        |  {    _    /   / |  /
       |  ゝ.   ヽ ノ   // / i | ,'
.        V|  >ー-, _  ノソノノ  i.| |
.         | / ,.<  |´く.}/>、  ∧|
          ′ / i〈 ノ/ (  ヽ' .ソ
              /ヘハ》《,'   ´i F ゝ≪》
          /  }ハX     ゝヾ  \ゝ- = ニ7
           /  〈  ii     /  }   \  ̄ ラ
          く    |^^^^^^^^^^ i   |     , イ j`ヽ≧
.          `ト-┤: : : : : : : : :i  ゝ―<ノ '
          ー丿: : : : : : : : :ハ
          〃: : : : : : : : : : :ハ」
双海亜美 「何かって、何か気になるよね?>GM」
千早 「真美もよろしく」
ミスト さんが入場しました
双海亜美 「亜美たちでチルノちんをはさんじったね」
GM 「さて

GM本日はどれがいいでしょうか?

1 P系統

2 アイドル

3 他の何か」
千早 「いえ、そっちのイメージでRPを偏らせたので
まずそこから言動が生まれてるだけですわ。>クロP」
星井美希 「真美もきたんだね!よろしくなの!」
双海真美 「亜美じゃん! やっふー」
双海亜美 「あ、真美だ!」
双海真美 「よろー」
星井美希 「クロPに、亜美、それでチルノもよろしくなの!」
双海真美 さんが入場しました
千早 「亜美ちゃん、チルノちゃんもよろしく。
貴方方は幸福ですか?」
チルノ 「こんばんは!
あたいに任せておけばだいじょーぶ!」
真っクロP 「…パラ○イア村だったのかミャ? 幸福は義務ですミャ?」
双海亜美 「よろー」
星井美希 「よ、よろしくなの!
えーと、何かの練習?>千早さん」
チルノ さんが入場しました
双海亜美 さんが入場しました
千早 「あら、可愛いプロデューサんですわね。よろしく」
真っクロP 「おう、ヨロシクだミャ!」
千早 「とみん?とみんとは何ですか?それは貴方のセキュリティクリアランスに……
ふふ、冗談です。よろしく、美紀さん」
真っクロP さんが入場しました
星井美希 「し、市民!?
美希都民だよ?>千早さん」
案山子 「こんばんは、よろしくお願いします
参加できるかわからないので案山子で入っておきますね」
千早 「あら、市民Miki。よろしく」
案山子 さんが入場しました
星井美希 「あふぅ、よろしくなの!」
星井美希 さんが入場しました
千早 「とある鯖メインですから、そこからストレートに村建てを確認できないのがネックなんですよね
割と、空き人数のお知らせをツイッター上で確認して紛れ込むことが多いです>GM」
GM 「お知らせチェックありがとうございますっ」
千早 「のお知らせアカウントは……ふむ、ありましたね。フォローっと」
千早 「ふと思いましたが、ココ(劇場鯖と呼称させて頂きます)の村建て」
千早 「UV-3-Chiha も考えましたが、やはり限定的なネタですので却下」
千早 「よろしくお願いしますね」
GM 「いらっしゃい」
千早 さんが入場しました
kari 「今晩は~」
kari さんが入場しました
GM 「点呼は22:30です!」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
村作成:2012/07/31 (Tue) 22:00:22