←戻る
【劇場102】劇場公演 木曜の部村 [118番地]
~あつくてぐでぐでなGMがお送りします~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 如月千早
(生存中)
icon オメガ11
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 神崎蘭子
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 内村P
(生存中)
icon ワンコ大先生
(生存中)
icon 高木順一朗
(生存中)
icon 音無小鳥
(生存中)
icon クマ吉
(生存中)
icon ベジータP
(生存中)
icon 天ヶ瀬冬馬
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 鏡音レン
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon 『わたし』
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
村作成:2012/08/02 (Thu) 21:58:24
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
GM 「22:30分点呼にしますよ~」
ニャンコ先生 さんが入場しました
ニャンコ先生 「ぬ、まだ誰もいないではないか」
GM 「いらっしゃいませ~」
GM 「5分や10分じゃこないよね・・・orz」
ニャンコ先生 「ところで酒とイカは無論振舞われるのだろうな?>GM」
水瀬伊織 さんが入場しました
水瀬伊織 「こんばんは」
ニャンコ先生 「まあ気長に待つのだ!」
ニャンコ先生 「こんばんはだ」
GM 「いらっしゃいませ」
karimono さんが入場しました
karimono 「こんばんは」
ニャンコ先生 「こんばんはだ
さあさっさと姿を現すのだ」
karimono 「今日はちょいとRP悩み中~」
水瀬伊織 「いらっしゃい」
高槻やよい さんが入場しました
高槻やよい 「よろしくおねがいしまーす!」
内村P さんが入場しました
内村P 「はい、そんなわけで今夜もやってまいりました。
内村プロデュースです。」
ニャンコ先生 「こんばんはだぞ
…ええい、酒だーイカだー持ってこーい」
水瀬伊織 「いらっしゃい、やよい」
内村P 「テレビなら今この辺にテロップ出てるからね。
内村光良って。」
高槻やよい 「伊織ちゃん、一緒に頑張ろうね!」
水瀬伊織 「そうね、がんばりましょう>やよい」
内村P 「そろそろ芸人のプロデュースにも飽きてきたわけですよ。
そこで今回は平成のアイドルをプロデュース! って訳で。」
水瀬伊織 「いちおう、プロデューサー、でいいのかしら?>内村P」
仮名 さんが入場しました
内村P 「いや、まあ、その前に四十肩を治せとかそういう話ですよね。ハハハッ。」
高木順一朗 さんが入場しました
仮名 「よろろーん」
高木順一朗 「YAHOOO! よろしくたのむよ!」
内村P 「今でこそ番組はなくなっちゃったけどね。>伊織ちゃん
昔は結構人気あったんだよ。内村プロデュース。CDデビューもしたんだからね。」
音無小鳥 さんが入場しました
ニャンコ先生 「こんばんはだ」
音無小鳥 「若さ!若さって何だ!♪」
内村P 「一からやり直しだからアシスタントもいつものオッサンどももいないのが悩みもの。
ふかわくらい居てくれたらいいのに。」
クマ吉 さんが入場しました
karimono 「karimono さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karimono → 神崎蘭子
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 728 (神崎蘭子)」
クマ吉 「よろしぐふふふ」
ベジータP さんが入場しました
神崎蘭子 「皆様ご機嫌麗しゅう」
ベジータP 「ふん、よろしくな」
音無小鳥 「ふりむかな~い事さ! イエス!皆ごきげんよう!
皆のアイドルことピヨちゃんです!」
高木順一朗 「あぁ、内村くんじゃないか。 私の大切なアイドルをよろしく頼むよ」
ニャンコ先生 「小鳥と聞いていい酒のつまみになるかと思ったら人間か…」
内村P 「ちょうどいい。今日のアシスタントは小鳥君、君に決めた!
というわけでちょっとこの台本読んでよ。(ぁ」
GM 「いらっしゃいませ」
ニャンコ先生 「こんばんはだ」
高槻やよい 「あ、ちょっとだけ席外します!
30分までには戻りますので!」
内村P 「高木さんじゃないっすか!
いやぁ、こんな所で出会えるとは思いませんでしたよ。
あいつら元気でやってます?」
天ヶ瀬冬馬 さんが入場しました
高木順一朗 「若いころはもっと可愛げがあったのに…>音無くん」
内村P 「アイコンは用意するのが面倒だったとかなんとか。
ほら、俺もうオッサンだしさ。」
音無小鳥 「はいはい、台本ですねー?ところで何の番組ですか?>内村P」
天ヶ瀬冬馬 「ま、よろしく頼むぜ」
クマ吉 「やよいちゃんの残り香はたまらないねぐふふ」
ニャンコ先生 「>若いころはもっと可愛げがあったのに…
それを言うのは酷だと思うぞ」
仮名 「仮名 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮名 → ワンコ大先生
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 363 (三河武士)」
音無小鳥 「社長・・・それ以上いうと・・・うふふ>高木社長」
高木順一朗 「みんな元気でやっておるよ。天海くんなんかは君の番組に出たおかげで、大成したからね、本当に感謝しているよ」
ニャンコ先生 「Σ」
かりりー さんが入場しました
内村P 「見たことない? 内村プロデュースっていう番組。
今さー、暇だから平成のアイドル達でそれを復活させようと思ってるんだよね。>小鳥ちゃん」
鏡音レン さんが入場しました
水瀬伊織 「ちょっと変態クマ!やよいの下で何しようとしてんのよ!」
ニャンコ先生 「何か下の犬っぽい奴と被ったぞ!!」
鏡音レン 「すちゃ!よろしくねー」
ワンコ大先生 「「大」先生だからな!」
菊地真 さんが入場しました
高木順一朗 「ちょっと罪を犯さないうちに連行しようか>クマ吉くん」
ニャンコ先生 「こんばんはだ」
『わたし』 さんが入場しました
ベジータP 「ちっ、ガキと獣と変態しかいないのか、この村は……!」
かりー さんが入場しました
GM 「いらっしゃいませ~」
ワンコ大先生 「犬先生でも、ウンコ大先生でも、バター犬でもないからな!」
水瀬伊織 「ニャンコとワンコと馬が縦に並んだのね」
クマ吉 「誤解だよ、僕はただやよいちゃんのパンツを覗くためにこの位置にいるんじゃないよ
偶然だよ」
ニャンコ先生 「こんばんはだ
これで満員だな」
内村P 「芸人に変態は褒め言葉だ! ありがとうベジータP!」
神崎蘭子 「おやおや、今日は早く埋まりましたわね…」
天ヶ瀬冬馬 「俺はその中に含めてくれるなよ…?>ベジータP」
『わたし』 「こんばんはですよー
よろしくお願いしますね」
菊地真 「よろしくねっ」
音無小鳥 「あーはいはい、あの番組ですねー
ナレーターの方が好きなんですけどねー>内村P」
水瀬伊織 「これは・・・大喜利力が試されるのかしら?>内村P」
高木順一朗 「お、音無くん!? き、聞いていたのかね!? 今でも十分美しいと私は思うよ、うむ!」
鏡音レン 「                       ト
                      | \    〟
                      |   `ヽ. 〃
                 `ヽ、ー― -     ∨{ ___         ィ
                     \    / `ヽ ヽ、 `ヽ、 / |
                  、 _ > ´  /∧. ¦∨.   V  _丿
                     > 、___,.ィ厶ハ ト、 vヘ  〈       っと、埋まったみたいだねーと
                 /    /`ヽ / ≠⌒、ヽ.`¨¨    .
               ∠   ィ  .卞、   尓Zz、ヽ.ヽ、} ト、 }        満員御礼ってはいいことだね、うん
                   厶ィ/代リ     v.い// >─v \
                     [ |  ′   ¨´厶ィ [][] | 「∨n
                         {{人  マニフ     人  .ロ」「 v V |
                     こフ> `_ . イ /  / ̄ ri   | h
        ¬ r───…ァ ⌒`<⌒「丁く /  . ⊥ト、._{ r=    ニ コ
       | |     /  ィ  〃 |l   `x ´    `ヽ.  |    ┌┐!
        >┴─‐┬/ / }  /   |l /   ____ >.|    | | |
           └… 、厶ィ   こヲ  ̄ ̄ l /   ヽ、}   | |
                  /  / /       |/   / 〉|    | | ′
                  /  / /       〈    / / l    └┘
.     、 _         / ,.   ´ /    ー … →、   /   |
.     \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /         /  `¨ ヽ.   L  二 ィ」
音無小鳥 「あ、遺言セット忘れたたわ!」
水瀬伊織 「真も来たみたいね、よろしく」
かりりー 「かりりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりー → 萩原雪歩
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 733 (アニマス・萩原雪歩01)」
ワンコ大先生 「いつもより早い埋まりで待ち時間がなくてよかったな」
ニャンコ先生 「人間の一生は儚いほど短いものだな」
内村P 「できれば大喜利したいけどねー。ほら、全員が全員ゲストって形式じゃない。
だからちょっとやり辛いかなーって思ってるんだよ。>伊織ちゃん」
高木順一朗 「すこしやよいくんを待つことになるかもしれないね。
まぁかわいい子だから皆も喜んで待つに違いないね」
水瀬伊織 「ニャンコ、ワンコとせっかく揃ってるんだから
冬馬もウマンコとかにすれはいいのにね」
音無小鳥 「               ,  -二二-  、
              /,ィ=-:: ̄ ̄::`ミ、:\
                 //´:::::::::::::::i::::::::::::::::ヾ、ヽ
            //::::::∧::::::::ハ:::::::::ト、::::::ヽ:'.
              l::{:::、/ レヘ/ uゞ‐┘N::::::::!:|
               |::|:::| ●     ● |::::::|::l
               '、|:::|   .:::::::::::::::::.   |::::::|::|   
                l:::|、    、_,_,     l:::::.;:/
               ヽ:::}ト  _・  _,..ィ´|:://
               `iLf圭)ス_人-w从リ (
                ,. イr ぅヽ/ヽ、
               / |: :ヽ爪Y: : : }ヽ、
ま、許して差し上げましょう>高木社長」
クマ吉 「真ちゃんが露出した僕の下半身を凝視する位置にいるなんてなんだか興奮しちゃうな」
内村P 「クマ吉からはふかわオーラを感じるな。
ちょっとネタやってみてよ。」
鏡音レン
          ヾ. . . : : :Y ⌒ヽ: : :._  ',   ∨彡
          ,Y´   }  ::     :.  ¨亥ニ=- }  ,'
      ー=彡:    /! i ::.     : .   \ ,'::ノ
        ,'    /,' A ::.     ヘ: .   \: : , '
          j/    // ./- \     ';::`7 ーj-ミx、 :   そういえば、内村Pってもしかして、内村プロデュースの内村さん?
           '.   /气ノヤ示≧ヾ     ';::」,.rt//: : : :
         从{ 弋}!  マ:i。}  }ヽ i∧. Ⅶ1', ∨: : : :
               Y.  `゙ ノ  ∨〃ヽ} <::::>∨: : :
              く         :{ {    >/. : :/
              ヽ          ヽゝ - 彳   {
                 `r-      "   ∧ {ヽ〉
                  ヽ   ,..イ       i  \!
               〈 i フ }ヽ.r=j     ト --、
                {´ 〈フ¨ヽ} '"   ,. <: ̄:::::::}」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 天海春香
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 744 (アニマス・天海春香02)」
天海春香 「ここで主役の登場ですよ!」
神崎蘭子 「それでは他の皆さまの準備が終わるのを待つと致しましょう…
その間お茶でもいかがです?」
ベジータP 「ふん、なかなか早く揃ったじゃないか。
いい心がけだな」
水瀬伊織 「雪歩もよろしくね
私とやよいと真と雪歩の位置、なんかのフォーメーションっぽいわね」
内村P 「面白かったらレギュラーにするからさ。モノは試しっていうじゃない。」
音無小鳥 「脳内で声が再生されるのが、流石内村Pよねぇw」
天ヶ瀬冬馬 「な、なんだ…?俺が空気を読めてないみたいな言い方するな>水瀬」
クマ吉 「>内村P
嫌だよ、男にふられてもうれしくないよ」
鏡音レン
   ‘,: : : : .      . : : : : :. \ヽ.ハ
    ゝ; : ' . :∧ | ヽ.  . : : : : : .\'.}
   / . : : /  ', ! 〃`≧ュ、 _ : : >i     こー、なんだろうかわんこ先生とニャンコ先生が共有になる予感がする!!
  / . : : /⌒` リ   仡:ハ ! ', }i { !11
< __._:_:/', ,f仡ヾ    乂::ノ   V人マt」
     >、'`乂::ノ  、       !`¨7´     ./〉/.〉
     \ ヾ}、   r== ┐   ′ ′    ./ / /
      \_へ   ∨_ ノ  /, ,'  /^! / / //〉
        \≧つュ。 _,.イ,' /∨ 〆.| l/  '"_/
          _,'      ,'V  ./.:::∧ ',  _,.-一 ’
        ,〃:::::::::ヽ.  {‐-/.:::::::/::::':, イ¨::::フ
      r≦===ュ、::::::ヽ-‐/.::::::::::/::::::::::', ',.i´」
内村P 「そうそう。その内村。アイコンは用意するのが面倒だったんだよ。
俺もオッサンだしねぇ。」
水瀬伊織 「はいはい、主役主役
わかったからさっさと用意しなさいな>春香」
萩原雪歩 「こんばんは、お待たせしましたぁ~
よろしくおねがいしますぅ~!」
ニャンコ先生 「ぬぬ、何か不穏な空気なので私は帰って代わりの者を立てようではないか」
天海春香 「鳳天舞の陣
小鳥さんは死ぬ
>伊織」
神崎蘭子 「小鳥様を含めて765クロス…でございますね…>伊織さま」
内村P 「>レン って付けるのを忘れたのも俺がオッサンだからだな。」
ニャンコ先生 「さらばだ!(誰か呼んでくるぞ)」
音無小鳥 「大抵繋りのある二人は共有になれないのよねw>レン君」
ワンコ大先生 「下ネタおKだよな?」
水瀬伊織 「北斗だったら、何も言わずに空気読みそうだけどね。にひひっ♪>冬馬」
ニャンコ先生 「ニャンコ先生 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ニャンコ先生 → オメガ11
アイコン:No. 987 (ニャンコ先生) → No. 985 (戦闘機パイロット)」
内村P 「だからお前はダメなんだよ!
ここで一発面白いネタ出してみろよ!
女の子にモテるだろ!!!>クマ吉」
萩原雪歩 「ふふっ、本当だね>フォーメーションみたい>伊織ちゃん

・・・765で春香ちゃんだけ(主役のはずなのに)仲間外れになっちゃったけど・・・ふふっ」
音無小鳥 「焼き鳥って意味かしら!?>春香ちゃん」
オメガ11 「オメガ11、入村」
ワンコ大先生 「>レン いやいや、クマとイヌかもしれんぞ」
鏡音レン
   >‐-   __    7             ヘ
 ≦ __     /     /И     `ヽ ハ ハ
    / ¨フ´      /  j        Y/} / ,
.    /  //       イ  ハ    \レ /}     >内村さん
   /  ∠__‐-ミ∠-‐‘〃 厶x:. iト   ー-  __ なるほどー、なんかすごく面白い番組だったってのは聞いたことあります
    ,. tΤ ,x≡ミ    / , '__ 刈 `ー┬= ニ¨
  j/  { :l {{ ん心  厶イ〃乞㍉ミ、ト  k    ところで、今日は南原さんはいないんです?
     f^ヽ 弋:::ソ       ト-'::::ソ 》レ-ミ /
     八( } ,,`¨¨      `ー "   jrら }
      ヽ:.       j      '''  ム シ
      .圦            厶xく
          \   .、    //   ヽ
           、   ,.  〔 j/
              xz|`¨´     |__
  r┬t――=≦:厂      /::::ヽ」
クマ吉 「やめてよ下ネタなんてアイドルの皆が逃げちゃうじゃないかぐふふふ」
天海春香 「ここは神聖なアイドル達の決闘場!
笑いも下ネタもなっしんぐ!
おのれのアイドル分で勝負すべきですよ!」
『わたし』 「OKじゃなくてもやってる方がいますので大丈夫かとー
もうすぐ深夜ですしね>ワンコさん」
水瀬伊織 「小鳥を勝手に殺すな!>春香」
ワンコ大先生 「>オメガ ふざけるな、決闘だ!」
音無小鳥 「ほどほどにね!>ワンコ大先生」
天海春香 「ロン、1000てん!>小鳥さん」
天ヶ瀬冬馬 「いいい…いいだろう…>水瀬

ってにゃんこどっか行ったぞっ!?」
水瀬伊織 「やよいに手出しはさせないわよ、この変態クマ!」
オメガ11 が「異議」を申し立てました
鏡音レン 「>音無さん
まー、そこはお二人の運命力じゃないかなーって言おうとしたら
ニャンコ先生がいなくなっちゃったw」
菊地真 「鋼のシスコン番長?」
内村P 「あー、あの番組に南原は出てないんだよ。
さまぁ~ずとかTIMの方が明らかに多かったね。>レン」
GM 「GMRP設定忘れてた!ちょっと待っててくださいっ」
オメガ11 「おい、貴様なんだと?」
高槻やよい 「すみません戻りました~」
天海春香 「伊織、いくら次の皇帝になりたいからって……謀殺は良くないよ?」
『わたし』 「アイドルと変態が交差する村…
何とあれな響きでしょうか」
音無小鳥 「ふ、あたしは765の鳴きの竜と呼ばれた女・・・!これからよ!>春香ちゃん」
オメガ11 「F-22のAIM-120で撃墜してやる!!」
水瀬伊織 「あら?消えちゃったわね
冬馬がウマンコじゃなかったからかしらね~>冬馬」
鏡音レン 「下ネタもなにも・・・くまきちさんの存在がもう下ネタじゃないのかなって」
萩原雪歩 「えっ・・・でも
春香ちゃんからお笑いを取ったら他に何もげふんげふん///」
内村P 「有吉を見習えよ!
アイツなら遠慮なく全国ネットでシャワーシーン流すぞ!!!>クマ吉」
高槻やよい 「30分までに満員御礼なんてすっごく嬉しいですね!」
水瀬伊織 「殺そうとしたのはあんたでしょ!>春香」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 如月千早
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 755 (モバマス・如月千早02)」
ワンコ大先生 「ベジータベータって飲み物があってだな…」
萩原雪歩 「やよいちゃんはお帰りなさい
真ちゃんも、他のみなさんも一緒に頑張りましょう、よろしくお願いしますね」
ゲーム開始:2012/08/02 (Thu) 22:28:13
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆如月千早 とりあえず何の前触れもなく開始はペケです」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆如月千早 ちゃんとカウントしてくださいね」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆如月千早 ・・・とにかく、本気で思考が止まったのですが本日のナビゲーションは私、如月千早が承ります。

よろしくお願いします。」
「◆如月千早 あぁ、あとアンカー、つまり最初に来た方は他の方が準備を終えるまで準備完了してはいけない
そして全員の準備を確認した上で確認してカウントして投票してください、ということです。
今後は気をつけてくださいね」
如月千早 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
如月千早さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
萩原雪歩 「おはようございますぅ~!」
菊地真 「おっはよー!」
高木順一朗 「おはよう、諸君! さて、頑張っていくとしようか」
ワンコ大先生 「バウバウ…それは松村か、まぁいい
おはようさんだ。今日からよろしくな。」
鏡音レン 「おはよー、それじゃあCOある人はよろしくねー」
高槻やよい 「おはようございまーす。
えっと、狼さんを探して頑張りましょー!
あ、とりあえずは占いさんからお願いしますねっ!」
天ヶ瀬冬馬 「おはよう…
突然の開始に戸惑う俺ではないぜ?
輝く…このステージで一番輝いているのは俺だ。異論はないな?」
音無小鳥 「おっはよう!
昨日の該当者はドドンマイよ!とりあえずCOね!」
内村P 「お前たちはダメだー!
から始まるのが内Pの定番だったんだよなぁ。今じゃ何もかもが懐かしいね。」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう」
オメガ11 「<<オメガ11、霊能CO>>」
天海春香 「わたはるかさんのターン、ドロー!
手札から「エンジェルはるかさん」を召喚!
ファンのみんなにダイレクト☆アタック!」
『わたし』 「占いです
神崎蘭子さんは●ですよ」
ベジータP 「ふん、犬臭い朝だぜ」
ワンコ大先生 「それにしても、初日にすることなんて限られてるからな
占いCO見て、ホネっこ食べて~♪
霊能CO聞いて、ホネっこ食べて~♪
共有COもついでに了解して、ホネっこ食べて~♪
ぐらいしかすることがない…」
神崎蘭子 「この私目が占いを宣言いたします
お犬様は…○、でしたわ」
『わたし』 「理由:あちゃーという事でもないですが占いになったんですねぇ
えーっと、では勘でいきましょうか。
厨2…っていうんですか?
Yが前に言っていたマンガにける要素の一つらしいのでちょっと占ってみましょう」
音無小鳥 「おっと●よー!」
クマ吉 「おはよう
オメガさん投票してるの見てなかったよ
お詫びに僕のパンツを配って回るからこれで許しておくれ
使用済みパンツだよ」
菊地真 「毒ありオプションが良くわかんなかったけど(20人以上で登場)まぁ普通村、気楽にやろうー」
高木順一朗 「朝一霊能か、ふむ。 まぁいいがね」
神崎蘭子 「理由:この私が占いとは何とも、
ではまずはかわいらしいお犬様から…」
水瀬伊織 「バウバウとか久しぶりに聞いたわ・・・>ワンコ」
天海春香 「というわけでおはようございます!
天海春香でーす!」
鏡音レン 「まあ、なんというか、そのあれでそれだけど
霊能CO以下略」
高槻やよい 「●が出てます!けど、蘭子さんも占いCOしてます……」
ワンコ大先生 「オメガはなぜ早すぎる出方を…」
ベジータP 「ふ、伏せろー! 間に合わなくなっても知らんぞ!!!」
オメガ11 「<<ああ!遺言を忘れた!>>」
鏡音レン 「そんじゃ、共有CO
グレラン」
神崎蘭子 「…これは困りましたわね…私に黒が出るとは…」
内村P 「おおっ、いきなり●とは驚きだね。君見る目あるねぇ~。」
天ヶ瀬冬馬 「おっと、オメガは飛び出し失敗みたいだな
それ以前に早朝待機なんだから●ならさっさと出てほしかったもんだ」
水瀬伊織 「蘭子に●で、蘭子も占い?
面白い展開じゃないの」
オメガ11 「クソ!これじゃ犬が吊れないじゃないか!!!」
音無小鳥 「そして占いCCO・・・!
これで『わたし』さん視点で真狼ね・・・!」
高木順一朗 「占い先に●…と。 これはCCOではなさそうだね」
クマ吉 「●は●でも対抗に●だね
ところでアイドルの皆は●かな?○かな?
パンツの話だよ」
萩原雪歩 「春香ちゃん元気だなぁ・・・///

あ、●で伏せ・・・かと思ったけど、COがあるね」
菊地真 「●見る前に霊能COとはアグレッシブな… ん、でもま●だから先にそっちのCO聞かないとね?」
ワンコ大先生 「まぁ、この形なら霊能COもチョンボにはなるまい」
『わたし』 「おや?蘭子さん占いCOしちゃいましたかー。

この感じだと騙り役にあたっちゃったんですかねぇ」
高槻やよい 「えっと、今2-1の形でしょうか?
霊能さんは1人しか出てませんよね」
内村P 「と思ったら●も占いCOしてたのか。」
天海春香 「さー、盛り上がってきたところで!
私天海春香、僭越ながら千早ちゃんのかわりに歌います!
曲は「蒼い鳥」!」
ワンコ大先生 「しょうがないCOラッシュが終わったんだから
マコニーかランニーでもしよう。
ぴよニーはしたって聞いたら想像妊娠されそうでな。
認知してください!とか言われそうで嫌だ」
鏡音レン 「それじゃあ、みんながんばれー!
ファイトだよー!おーおー!」
天海春香 「あおい~、とり~、もししあわせ~♪」
ベジータP 「ちっ、この占い(蘭子)戦闘力をコントロールできるタイプか
やっかいだな……」
音無小鳥 「2-1-1と
あ、ご免ねレン君、相方さんは潜伏でいいのよね?一応聞いておくわ!」
水瀬伊織 「オメガの早いCOも気になるけど
グレランよね、これ」
菊地真 「2-1になったのかな?結局。」
萩原雪歩 「うん、そこは気にしなくても大丈夫~>まことちゃん
ふつうの村だね」
高木順一朗 「懐かしいネタだな…、きみ>ワンコ先生」
ワンコ大先生 「>オメガ 早漏のくせにナマイキだな!」
クマ吉 「女の子が占い師だなんてどちらも信用したくなっちゃうな
オメガさんは霊能か、早く死なないかな。寿命あとどれくらいかな」
オメガ11 「どのみち対抗に●だ!俺のCOの速度は関係ない!!」
『わたし』 「まぁグレランですよねー
ちょっと残念ですが霊能さんもでちゃいましたし。

むむぅ」
天ヶ瀬冬馬 「CCOねぇ…遅出し●と●もらいCCOとはどうも好きじゃねぇ
ま、今後の展開で真偽考えていけばいいさ」
天海春香 「キーが高いよ!
この曲きついよ!?
千早ちゃん声すごっ!?」
高槻やよい 「えっと、CCOができる早さだったかっていうと微妙なラインな気もしますが……」
神崎蘭子 「やれやれですわね…いきなり吊れらる事にならないのは助かりますがね…」
高木順一朗 「如月くんへのレクイエムかい…?(ほろり>天海くん」
内村P 「グレランが妥当だろうね。それじゃあ今回のお題はこちら。
アイドルが溢れる現代社会において、昨今のアイドルたちに足りないもの、それは何か。
みんな考えてみよう!」
鏡音レン 「うむ、相方は初日じゃないよーと>音無さん
まあ、今はまだいいんじゃなかなとは思うけどね」
音無小鳥 「蘭子さん的には・・・
まぁ対抗狂目なのかしらねー?」
菊地真 「共有、相方初日かどうかだけ教えてもらっていいかなー?
潜伏かどうかの情報は知ってた方がいいと思うし。」
ベジータP 「わずかでも気が出れば人狼など簡単に見つけられる。
まったく、楽なゲームだぜ」
水瀬伊織 「ニーニーうっさいわよ、ワンコ!
あんたワンコじゃなくて○ンコなんじゃないの?
オメガ11 「狼はこの生意気な犬を噛めよ!オメガ11との約束だぜ!」
『わたし』 「まこにーとらんにーって何です?>ワンコさん」
天ヶ瀬冬馬 「オメガは飛び出し悪手かと思ったがこの展開ではそうでもないな
グレラン指示が出てから対抗も出ないことだし真目放置だ」
音無小鳥 「はい!有り難うね!>レン君」
菊地真 「あ、初日じゃないって言ってたねーごめんごめん。」
高槻やよい 「何が足りないかっていうと、お野菜が最近足りない気がしますっ!>内村P」
クマ吉 「僕が狩人だった場合に備えて今のうちからアピールしとくといいよ
具体的には僕の好物である使用済みショーツを献上してくれるといいよ」
萩原雪歩 「千早ちゃんは本当に、胸囲の歌唱力だったよね・・・
惜しい人を亡くしちゃったね・・・ぐすぐす」
天海春香 「千早ちゃんは生きてますよ!
私の心とか妄想とか夜のおかずとかの中に!
>社長」
ワンコ大先生 「早漏で思い出したが…ポリネシアンセッ○スというものがあってだな」
ベジータP 「ちっ、共有者も戦闘力を0におさえてやがるのか……
ナメック星人か!?」
菊地真 「ということは初日欠けの可能性も多いにあるんだね。
希望制だしままある感じ、かな?」
高槻やよい 「ちょっと伊織ちゃんもワンコさんも何を言って……るんだろう……わかんないや。」
水瀬伊織 「まあ蘭子を真狼目で見ればいいってことじゃないの?>やよい」
鏡音レン 「>真さん
うーん、潜伏だと何か困るのーってのは思うけどね
素村の君がさ、占い師さんからその発言がでるのであれば
まあ、いんだけどね」
高木順一朗 「私のような、カリスマ性かね…>内村P」
天ヶ瀬冬馬 「おい、お前ら身体的特徴や下ネタで攻めるんじゃない…
オメガ11 「共有も把握したことだしグレランだな」
内村P 「いいね。この下ネタが飛び交う光景。
深夜枠を思い出すよ。」
天海春香 「わた春香さんみたいな親しみやすさとか個性とか歌唱力だと思いまーす!
>内P」
ワンコ大先生 「最低でも30分は我慢しないといけないのだが、犬は1時間から1時間半ぐらい続けられるのだ」
高槻やよい 「初日欠けは希望制かどうかは関係ない気がしますっ!>真さん
けど、うん……希望制だとなんかそんな気がしちゃいますよねw」
『わたし』 「◇ベジータP 「わずかでも気が出れば人狼など簡単に見つけられる。
まったく、楽なゲームだぜ」
彼は知らなかったのです、設定の違いというものが気の違いというのもあると。

そうして彼は破滅へとむかっていったのでした」
水瀬伊織 「野菜、大事よね・・・<やよい
そこのワンコは野菜も使いそうだから困るけど」
ベジータP 「吊られ占われなければそれでいい。
万が一吊られたとしても、この俺の責任ではないからな!」
音無小鳥 「2-1ねぇ・・・でも、片方から●飛びと
で、霊能さんは早いけど・・・まぁとりあえずは気にしないって感じかしらね
内訳がある程度見えるって感じかしらね~♪」
菊地真 「推理の幅が狭められるのは大事じゃない?
初日役職かどうかがはっきりするだけでも。」
高槻やよい 「だから伊織ちゃんは何の話をしてるの!?>伊織ちゃん」
クマ吉 「僕も何言ってるのかよくわからないからとりあえずズボンとパンツを脱いで
開放感の中推理することにするよ」
ベジータP 「だ、だにぃ!?>わたし」
オメガ11 「変態発言は容赦なくミサイルで撃墜するぞ(警告)」
内村P 「それはちょっと違うでしょ~w>高木社長」
『わたし』 「あ、ワンコさんが思った以上に下ネタでした。」
ワンコ大先生 「>伊織 使用済みコンニャクでもやろうか?」
音無小鳥 「ま!残りは妄想するわ!
ベジータP×冬馬君とかどうかしら!」
水瀬伊織 「やよいはまだ分からなくてもいいのよ…
キレイなままでいてほしいから>やよい」
天ヶ瀬冬馬 「蘭子真狼は揺らがないだろうな
狂人なら●もらいCCOってのはそんなに良手じゃねぇだろ」
萩原雪歩 「春香ちゃんがアイドルとして
言っちゃイケナイ事を言ってる気がする・・・!?///」
鏡音レン 「うむ!なるほどねっと了解したよ>真さん」
水瀬伊織 「いらんわ!>ワンコ」
高槻やよい 「……つまり、伊織ちゃんは綺麗じゃないの!?」
『わたし』 「さてさて、それじゃまた明日あえたらあいましょうー」
天海春香 「いいからその粗末なモノをしまえ(閣下モード)>クマ吉」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆如月千早 くっ・・・べつに、胸囲とか、いいです

同年代の平均的胸囲を下回っているとしても別段気にすることはありませんとも、えぇ」
「◆如月千早 別に・・・気にしているわけではないですし・・・」
2 日目 (1 回目)
オメガ110 票投票先 →クマ吉
水瀬伊織0 票投票先 →クマ吉
神崎蘭子0 票投票先 →内村P
高槻やよい0 票投票先 →クマ吉
内村P1 票投票先 →菊地真
ワンコ大先生0 票投票先 →高木順一朗
高木順一朗4 票投票先 →ベジータP
音無小鳥0 票投票先 →菊地真
クマ吉6 票投票先 →天ヶ瀬冬馬
ベジータP1 票投票先 →クマ吉
天ヶ瀬冬馬2 票投票先 →クマ吉
萩原雪歩0 票投票先 →クマ吉
鏡音レン0 票投票先 →高木順一朗
菊地真2 票投票先 →高木順一朗
『わたし』0 票投票先 →高木順一朗
天海春香0 票投票先 →天ヶ瀬冬馬
クマ吉 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆如月千早 ガン見はしないで、お願いだから・・・>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆如月千早 ま、まったいら・・・くっ」
菊地真 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
クマ吉さんの遺言          /´ ̄ `ヽ,.   -    ―   、
.        | r'⌒/              __
         、. /               ヾr.、ヽ
.         /      ``ヽ、 ,.         ヾ' ノ
         /    U    ●       ー-一  、
                          ●
                    Y ⌒ヽ    U
        .             ゝ-r. '       |  やよいちゃんのパンツを見ながら
        、         __ 人           真ちゃんが(ピー)してくれる村があるだって!?
        ヘ        ´ l´ ̄``ヽ「`
         ヽ        ム- ―-、.!     /
           ヽ         '⌒      /
          ,.r<>、           ,.ィ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
高槻やよい 「あの、その……良く分かりませんけど
主に雪歩さんの発言を参考にして
変態さんらしいとこを吊って行けば良いんじゃないかなーって。

ちなみに昨日のクマ吉さん投票は仕方ないと思うんだよね。
非狩で非共有だろうし……」
天海春香 「このボケナスどもがああああぁああぁあ!!!!
お前らはわかっていない!! わかっていない!!!!
千早ちゃんの胸ネタなんてとっくに風化してるんですよ!!!
それを補ってあまりある魅力が千早ちゃんには満載なんですよぉぉ!!!
でも千早ちゃんの魅力といってもありあまりすぎるので、ここでは最も普及していると思われる制服系で説明することとする!!
制服系の御三家と言えば何か!!!答えてみなさい!!そうです、制服、体操服、スクール水着でしょう。
ではあなたたちがこれらの内の一つずつが好みであったと仮定しましょう!!
そこのワンコ、あなたは制服!! にゃんこ、あなたは体操服!! 亀田、あなたはスクール水着です!!」
天ヶ瀬冬馬 「おはよう
悪は滅びたな、紳士を名乗るものは大抵悪だ
まあ765プロの社長とのランしか見えてなかったが非狩目ということで変態のほうにいれさせてもらったぜ」
ワンコ大先生 「今日も朝を迎えられてうれしいぞ。
では、吾輩の意見だが
やよい、春香、伊織は占い処理する位置
高木と天ヶ瀬、ベジータベータは占う位置ではないな
まぁ、噛まれるのは霊能だろうと思うがな」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう♪」
高木順一朗 「ふむ、おはよう諸君」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~!

・・・み、みんなの話題が高度ですぅ!?
わ、私も、もっとついていけるように頑張らないと・・・!?」
オメガ11 「霊能結果だ!
クマ吉は○だな」
鏡音レン 「ほー、なんか役持ってそうだと思ったけど
グレーを噛むとな」
『わたし』 「占いです
天ヶ瀬冬馬さんは○ですよ」
神崎蘭子 「この私目が占いを宣言いたします
雪歩様…○、でしたわ」
ベジータP 「西の方角に大きな気……これは人狼か!?」
音無小鳥 「おっはよう!」
内村P 「おはよう。
地獄のアイドル合宿も二日目となりましたがみなさんどうお過ごしでしょうか。(カメラ目線」
音無小鳥 「◇神崎蘭子(62)  「やれやれですわね…いきなり吊れらる事にならないのは助かりますがね…」

んー・・・真とは言いがたい発言よねぇ
私はちょっと蘭子ちゃんの真は切る方向かしらね
と、なると『わたし』さんは真寄りだけど・・・まぁ銃殺に期待かしら?」
神崎蘭子 「理由:正直印象が薄いと思いました
そのまま隠れられても困りますゆえ今のうちに占わせてもらいますわ」
『わたし』 「理由:えーっと、占おうかと思う方はやよいさん、冬馬さん、真さん辺りですね。
とりあえずやよいさんと真さんは放置してても吊られなさそうなので今日は冬馬さんを占いましょう。

いちおー、言ってる事はちゃんとしてるんですよねー。
票もらってますが」
ワンコ大先生 「にゃんこなんかいねーし…」
高木順一朗 「天海くん…お、おちつきたまえ」
天ヶ瀬冬馬 「おい、雛見沢のL5が紛れ込んでいるぞ」
高槻やよい 「真さん噛みはほんと役職狙いって感じですねー……」
水瀬伊織 「この変態クマが!>遺言」
水瀬伊織 「やよい・・・私は大人の汚い部分をたくさん見てきたわ
だから、うん・・・キレイじゃないのかもしれないわね」
鏡音レン 「>蘭子さん
まあ、蘭子さんはこの噛み筋だと非常に
真目があれでそれなのでがんばってねところかな」
音無小鳥 「おおう・・・春香ちゃんが飛ばしてるわねぇ・・・
春香ちゃん!噛んだ狼に言うのよ!」
天海春香 「描けたか?妄想くらい自在に出来ろ、気合が足りんやり直せッ!!!

小鳥さんなら既に二十七種の妄想を扱いこなしているぞっ!!」
『わたし』 「貴方の西はもう村をつきぬけていると思うのです>ベジータさん」
オメガ11 「スク水は駄目だ、巫女装束にするがよい。」
ワンコ大先生 「天ヶ瀬は占い先としては不満だな」
鏡音レン 「それじゃあ、グレラン継続でゴーゴー!」
ワンコ大先生 「話すことないから獣姦について話すか…」
高木順一朗 「真占いが騙り役を引き当てたパターンが一番可能性として高いとは思うが、
2-1というCO数が気になるね。まぁこの村は希望制だし狂人が潜伏は十分にあり得そうだが
音無君が言うように発言もあやしい。」
萩原雪歩 「あうあう・・・なんだか、伊織ちゃんや春香ちゃん
凄いレベル高い事言ってる気がするよね・・・///>やよいちゃん

わたしなんか、まだまだなのかも・・・!?」
オメガ11 「指示了解だ」
水瀬伊織 「まあ「わたし」真目で推移していく方向だとは思うわよ>小鳥」
ベジータP 「ふん、この噛みは真狼or狼狼だな。
まだ気を抑えてるのでわからんが片方から狼の気を感じるぜ……」
オメガ11 「狼は犬を美味しく頂いてもいいんだぜ?」
神崎蘭子 「それでは今のうちに次の占い先を考えさせていただきましょう…
要観察でございますわ」
高木順一朗 「服装など飾りにすぎぬのだよ、諸君…! 大事なのは中身だ」
内村P 「○進行か~。そりゃ今日もまたグレランでしょう。
それにしてもやっぱり春香ちゃんはいい逸材だねぇ。劇団プロデューヌに引き抜きたいくらいだ。」
水瀬伊織 「獣が何語ろうとしてんのよ>ワンコ」
高槻やよい 「あの、とりあえず良く分からない発言が多いので……レベルが高い?のかもわからないので。
けど、意味わからない事言ってるとこから吊って行けば良いんじゃないかなーって思うんです!>雪歩さん」
天海春香 「そう、どんな服を着ていてもッ!
どんな仕草をしていてもッ!

千早ちゃんならそれだけでおかずになるんですよぉぉぉぉ!!!」
天ヶ瀬冬馬 「ま、俺が占われたってことは
俺が一番輝いていたということだ。>ワンコ大先生
不満とは…俺の輝きに文句でもあるのか?」
ベジータP 「小鳥! 貴様、なんて下品な女だ……
男色などサイヤ人にはありえんぞ!」
音無小鳥 「んー・・・まことちゃん噛みかぁ・・・
初日欠けの発言があったから、怪しく思って投票したんだけどねぇ・・・
はて?狼の狙いが良く解らないわね?狩人探しなのかしら」
ワンコ大先生 「たまに馬とか羊とかと異種姦してたニュースは聞くことはあるが、
まぁAVぐらいだろう、普通はあって。」
高槻やよい 「春香さんも伊織ちゃんも……その、おちつこ、ね?」
『わたし』 「まぁうっかり吊られるか吊られないかどうかーのラインでしたのでー。
後一日は持つと思ったんですけどねぇ

せんせー、獣姦はにっちだとおもいますー>ワンコさん」
水瀬伊織 「春香、絶好調ね・・・私なんて到底かないそうもないわ」
オメガ11 「もう駄目猫の春香」
音無小鳥 「票貰いは順当な所かしらねー!高木社長!村なら踏ん張ってくださいね!
でないと・・・妄想の餌食にするわよ?うふふ♪

あーでも雪歩ちゃんが以外と票貰ってないのが気になる感じかしらね?」
天海春香 「はぁ、はぁ、はぁ……

ふぅ~……久しぶりに熱くかたりましたね☆」
ベジータP 「だにぃ!? 貴様この俺のデコが光輝いてるだと!?>冬馬」
ワンコ大先生 「男はナニのオカズにもならん>天ヶ瀬」
萩原雪歩 「なるほどっ・・・!
やよいちゃんはかしこいなあ///」
神崎蘭子 「天美様は絶好調でございますね…」
水瀬伊織 「大丈夫、落ち着いてるわ
お茶でも飲もうかしらね>やよい」
内村P 「それじゃあ今日のお題!
昔々、内村Pにだって小さい頃はありました。
その時にショックを受けた出来事とはなんでしょう!」
音無小鳥 「まー、対抗●出しされてる以上はそんな感じよねー>伊織ちゃん」
高槻やよい 「とはいえ、共有の相方さん出てませんよね?
出てたら教えて欲しいくらいなんですけど。」
音無小鳥 「え?私に妄想に制限はないわよ!?>ベジータP」
高木順一朗 「まぁ今は占いの真偽よりも今日のグレランだと思うね
こういう日に明らかな村を吊ってしまうのが一番手痛い みんなよろしく頼むよ」
ベジータP 「水瀬はどこか親近感を覚えるな。
サイヤ人の血が混じっているのか?」
『わたし』 「なんでしょうこの村
割とへっちです」
天海春香 「大丈夫よやよい。
今の私はとっても落ちついてるの。

そう、悟りの書を読んだ賢者のように!」
天ヶ瀬冬馬 「噛みは狩人狙いにしか見えない。
そして真狂での狂人特攻が真ヒットであれば遠慮なく真抜きにいっているだろう
つまり、真狼濃厚。内訳はそれでほぼ決め打ってもいいはずだ」
内村P 「笑いにはなるだろ!>ワンコ<男のナニ
有吉や濱口のやった事が無駄だとは言わせないぞ!」
高槻やよい 「漫画でかっこいい!って思った男の人が実は女の人だった、とかでしょうか?>内村P」
ワンコ大先生 「というか、吾輩は気が強く、かつ品のある女の獣姦こそがぴったりだと思うが
リアルでそんな女なんかいねぇ!」
オメガ11 「今からでもウェポン・ベイ開いて真下の変態に空爆したいところだぜ」
水瀬伊織 「アイスの棒に「あたり」じゃなくて「あたま」って書いてあった!
こんな感じでどう?>内村P」
高槻やよい 「わ、わかりません!?
あの、悟りの書ってなんでしょうか……?>春香さん」
高木順一朗 「私を妄想のあてに使っても誰得ではないだろうか…>音無くん」
ベジータP 「ちっ、下品な地球人の女め!
ブラやブルマがこんな女でなくてよかったぜ……」
天ヶ瀬冬馬 「…>ワンコ大先生
お前は…貫くんだな、その道を…」
ワンコ大先生 「つまり、想像物で我慢しような!ってことだ」
内村P 「ん~、惜しい!
後ちょっとでボタン叩いてたね!>やよいちゃん」
音無小鳥 「じゃあ今日は・・・!レン君×冬馬君ね!
レン君に攻められる冬馬君・・・、いいわねこれ!」
『わたし』 「そういえば共有さんが出ないという事はそういう事なんでしょうかね。

まぁがんばりましょー」
高槻やよい 「あ、うん、お茶でも飲んで落ち着くのが良いと思うよ。
その……いつもの優しい伊織ちゃんに戻って欲しいなって……>伊織ちゃん」
神崎蘭子 「正直皆様のテンションについていけませんわ…」
水瀬伊織 「賢者モード入ってんじゃないわよ!>春香」
天海春香 「あ、亀田、他の二匹はともかく、
本気で千早ちゃんのスク水妄想でヌいたりしたらブチ殺しますよ☆

>冬馬」
高槻やよい 「何のボタンですかっ!?>内村P」
オメガ11 「共有は身代わりかも名」
萩原雪歩 「やよいちゃんは
悟りの書で賢者になれるのを知らない年代なんだね・・・!

・・・でも、春香ちゃんの賢者は何か別の賢者な気がしますぅ・・・///」
鏡音レン 「座っててください!?!!?>小鳥さん」
天ヶ瀬冬馬 「おい…その妄想から俺を除外しろ…>音無」
水瀬伊織 「私は優しいわよ、いつもどおり>やよい」
内村P 「いいセン行ってるよ~www後一押し!w>伊織」
音無小鳥 「薄い本が厚くなります!>高木社長」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆如月千早 どうも、如月千早です。

うちの事務所、どうなってしまったんでしょうか・・・」
3 日目 (1 回目)
オメガ110 票投票先 →天海春香
水瀬伊織0 票投票先 →高木順一朗
神崎蘭子0 票投票先 →鏡音レン
高槻やよい0 票投票先 →高木順一朗
内村P2 票投票先 →音無小鳥
ワンコ大先生1 票投票先 →高木順一朗
高木順一朗4 票投票先 →ベジータP
音無小鳥2 票投票先 →内村P
ベジータP1 票投票先 →音無小鳥
天ヶ瀬冬馬0 票投票先 →鏡音レン
萩原雪歩0 票投票先 →内村P
鏡音レン2 票投票先 →高木順一朗
『わたし』0 票投票先 →天海春香
天海春香2 票投票先 →ワンコ大先生
高木順一朗 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆如月千早 ごめんなさい、専門用語を言われても私にはわかりませんので>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
オメガ11 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高木順一朗さんの遺言
     ./ ̄`ヽ
     |   /
   _.ゝ  ∠_
  /       ヽ
  /         ヽ
 |  ||     ヘ  ヽ
もっとマシなAAはないのかね…
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ワンコ大先生 「おい、挨拶よりも先にツッコんでいいか?
なんで共有に2票入ってる?わけがわからんぞ
あと共有はFOするか、相方生存かぐらい言っとけ。
あと、春香は非役アピのつもりか?吾輩に入れるなど
いいんだぞ、(性的な意味で)ツッコんでやっても?」
神崎蘭子 「この私目が占いを宣言いたします
内村P様…○、でしたわ」
天ヶ瀬冬馬 「おはよう
昨日の投票は悪い、音無が変なカップリングするもんだから…そっちに気がいっているうちにレンに投票しちまった。
…なんで俺と一緒に共有にいれているやつがいるんだ?神崎にはどうして投票したか聞いてみたいものだな」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう♪」
鏡音レン 「鏡音レン 2 票 神崎蘭子 , 天ヶ瀬冬馬 ,
なんだろうこれ・・・」
高槻やよい 「蘭子さんと天ヶ瀬さんはなんで共有投票なんでしょう……
その、色々、あの……拙いと思います。
ベジータPは今のところ吊りたいと思えなくて
春香さんと伊織ちゃんは占い処理して欲しいんだけどなぁ……」
天海春香 「いつもわっほいあなたの隣!
這いよるSランクアイドル、天海春香でーす!

どーでもいいけど『牌寄る』だと玄人みたいだよね!
私も高校時代、麻雀部にいればよかったかな~?」
音無小鳥 「おっはよう!」
『わたし』 「占いです
水瀬伊織さんは○ですよ」
天ヶ瀬冬馬 「ま、今日で吊り5だ。さくっと決め打ちしてしまうのがいいだろう
発言だけでいくと両方真狼目だ。2日目の件まで含めるとわたし真でみるぞ」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~!

心なしか、千早ちゃんのためいきが天界から
聞こえたような気がしますね・・・///」
ベジータP 「ちっ、スピードがたりんな」
内村P 「おはよう。よく考えたら最初にお題を出した方がみんな答えやすいよな!
と言うわけで今日のお題はこちら!
アイドルを初めとした有名人には常にスキャンダルが付き纏うもの。
さあ、ここ最近で一番衝撃的だったスキャンダルは何でしょうか? って訳でみなさんお手元のフリップに回答を。」
音無小鳥 「で、霊能さん噛みーと」
神崎蘭子 「理由:当たりさわりなく発言されておりますゆえ
村に紛れ込もうとしている狼ではないかと思いましたわ」
鏡音レン 「まーた、微妙な所を噛んでくるなーって」
ワンコ大先生 「というわけでおはようだ。噛まれたのは霊能か…」
『わたし』 「理由:クマ吉さんと順一郎さん吊り
両方に関わっていて発言が多くて吊れなさそう

かといって意見を出すというよりはRP、ちょっとのちのち引っ掛かってくるかもしれませんので
占っておきましょうという結論なのです」
水瀬伊織 「そこの2人は壊れてるのよ>レン」
音無小鳥 「うーん・・・内村Pをちょっと吊りたい感じかしらねー?
ここ二日占いに付いても考えてないし、まことちゃんに投票した割りには
そこの噛みに付いても考えてないのよね!

って事で内村Pとあたしの勝負ね!あたしの武器は妄想だけども!」
水瀬伊織 「「わたし」から私に○ね」
天海春香 「この私にツっこむぅ!?
上等! 千早ちゃんのバター犬にしてやる!>ワンコ


待って、かわって!!!」
音無小鳥 「って、ちっ○貰い・・・」
『わたし』 「本当は雪歩さん占いたかった気もするのですが
パンダになると扱いに困りますしと考えてたら霊能さん噛まれてますねぇ」
内村P 「あらま、霊能噛まれちゃった? そりゃ大変だ。
でも番組は平常運行だからね。」
鏡音レン 「なるほど、壊れてるのかー>水瀬さん」
萩原雪歩 「共有さんは、潜伏なら潜伏でよいですが、
投票するのは良くないですね・・・」
水瀬伊織 「ここで霊噛みねぇ…狩人探さずに」
ワンコ大先生 「天ヶ瀬は「わたし」の信用でも落としたいんか?
蘭子も投票で信頼度ダウンだ、真よりで見てたのにな」
ベジータP 「だにぃ!? 霊能噛みだと!?
狼狼の身内●がうっすらと見えてきたかもしれんな
○の中で発言を見るならそこか……」
高槻やよい 「あのその……伊織ちゃんもわりと平常心じゃないんじゃないかな……>伊織ちゃん」
天ヶ瀬冬馬 「ここで霊噛みなのか?
さすがにこれは読めないな。噛みが迷走してると考えるのが一番簡単だが…」
水瀬伊織 「壊れかけの蛾次郎ってとこじゃないかしら?>レン」
天海春香 「千早ちゃんぺろぺろ……
犬にその役目は渡せない!

あ、でも犬にぺろぺろされて涙目の千早ちゃんかわいい!」
鏡音レン 「正直噛みとして微妙ではあるんだよね、グレー噛んでから霊能ってさ」
神崎蘭子 「それと…先日の投票派ミスをしてしまいましたわ…
心より謝罪いたしますわ・・」
ワンコ大先生 「>春香 舐めつくすぞ」
水瀬伊織 「やよい・・・心配してくれてありがとうね
やよいがいるから頑張れるわ」
ベジータP 「灰4、○が5か
とりあえずはまだグレランできると信じたいが」
萩原雪歩 「・・・そういえば!
まことちゃんが噛まれてますぅ~・・・

うわーん、寂しいですぅ・・・」
音無小鳥 「社長吊りは初日なら有りかなって感じかしらね?
まぁ霊能が噛まれた以上は中身がちょっと解らないのがあれだけどね!
案外シルエットと同じで●が出たるのを恐れた狼が霊能噛んだのかもしれないわ!」
高槻やよい 「グレー噛んでから霊能……で一番ありえそうなのは
狂人誤爆から囲われた、とかでしょうか?
……その場合でもそんな露骨な噛みをするかって言われるとノーだと思うのでなんとも言えませんけど。」
『わたし』 「どっちつかずーって感じはしますね。
後一回グレーか○噛んでわたし噛んでくると昨日のあれから思ったのですが。>レンさん」
鏡音レン 「何かやりたいことある人いるー!
指定かグレランか希望をどうぞ」
萩原雪歩 「春香ちゃんは、千早ちゃんがいなくて
元気だね・・・すごいなぁ」
ワンコ大先生 「あー、蘭子ちゃん獣姦してぇ」
天ヶ瀬冬馬 「朝一でいっただろう、ただの投票ミスだと>ワンコ
お前のほうこそ両占いの信用下げとは…どういう意図だ?」
水瀬伊織 「千早も犬っぽいけど、その犬っぽい千早を犬が攻めるのね・・・
春香も深いとこまで行ってるわね」
天海春香 「あぁ?
千早ちゃん以外にイかせられる程ヤワじゃないわよ?
>犬」
内村P 「んー、俺個人としてはさ、占い残るならどうでもいいじゃない?
って気はするんだよね。真がいるなら狼としてはいつか噛まないと詰むし。>内訳」
音無小鳥 「ああ、後ベジータPにね、ちょっと思った事を言ってみるわー」
高槻やよい 「社長が●だったとしても此処で霊能噛むのはなんかこう、チグハグな気がするんですよね>小鳥さん」
水瀬伊織 「言い方が直接的過ぎるわ!>ワンコ」
音無小鳥 「◇ベジータP(36)  「ふん、この噛みは真狼or狼狼だな。
まだ気を抑えてるのでわからんが片方から狼の気を感じるぜ……」

真狼はまだしも、狼狼は無いんじゃないかしら?
狼狼だと、両方○とか●で打ち合うような感じがするのよねぇ
しかも真が出てくる可能性も高いのに、狼狼は無いんじゃないかなーと!」
ワンコ大先生 「あの子14歳じゃねぇだろ、あのカラダ…」
ベジータP 「心情的に吊りたいのは小鳥だが、発言見て吊りたいのはやよいだな
春香は……この俺を持ってしてもわからん。残ると怖いところではある」
『わたし』 「えっと共有さんがいるなら出るか指定
いないならグレランで良いと思います>レンさん」
天海春香 「逆に考えるのよ雪歩。
「居ないから何言っても自由だし好きなだけ楽しめる」って考えるの」
萩原雪歩 「やよいちゃんは良く推理してるし、しっかりしてるし
この村の良心だね///」
水瀬伊織 「たしかにそうね
真がいれば、だけど>内村P」
ワンコ大先生 「>春香 やっぱりアンタ臭いからやめとくわ」
鏡音レン 「見打ち切りって言いたいんじゃないかな?>小鳥さん
まあ、霊能噛むならなさそうだけどね」
萩原雪歩 「犬・・・こわいですぅ・・・!」
高槻やよい 「まあ、伊織ちゃんが心配っていうか、伊織ちゃんの頭がちょっと心配になるっていうか……
夏だしねー……>伊織ちゃん」
内村P 「あの時点であれこれ言えるほど俺頭よくないから、変な事言うより黙ってた方がいいと思ったんだよ。
それじゃダメ?>小鳥」
音無小鳥 「チグハグ?ふむふむその根拠は何かしら?>やよいちゃん」
天海春香 「そして高まった所で本人に会ってルパンダイヴ!
ち~はやちゃ~ん!」
ベジータP 「狼狼 で○に囲いはある。
が、狐警戒に○を噛んでないところがあるからな
確かにそこを見ると薄く見てもいいかもしれん>小鳥」
鏡音レン 「そんじゃま、グレランでゴーゴー!」
ワンコ大先生 「AVってあるじゃん、アダルトビデオ」
天海春香 「し、失敬な!
私毎日お風呂入ってますよ!
>ワンコ」
水瀬伊織 「あんたは、お題を出す係だものね>内村P」
ワンコ大先生 「でもさ、アニマルビデオでもあるし」
高槻やよい 「そんなっ、雪歩さんの方が私にとっては良心ですよっ!
その、伊織ちゃんも春香さんも小鳥さん……はいつもだけど
良く分からない事言ってて、どうしよう……って思っちゃってたので!>雪歩さん」
音無小鳥 「んー・・・蘭子ちゃんの○だしねぇ
とりあえずは保留だけど、噛まれないなら怪しんでおくわ!>内村P」
ワンコ大先生 「アニメーションビデオの略でもあるんよ」
天ヶ瀬冬馬 「霊噛みが結果隠し…?真狼でわたし真なら悠長な噛みにしか思えない
というか思ったより神崎に真の目を残している奴が多いんだな」
内村P 「アテレコするぞこのやろう!www>伊織」
水瀬伊織 「夏のせいにされた!」
ベジータP 「グレランといっても2択だがな、さすがに」
『わたし』 「さてさて、こー。
何と言いますか。
ベジータさんと小鳥さんが対立?ですかね。
やよいさんはこー吊るなら狐目でーと思うのですが。」
高槻やよい 「狩人さんを探してるなら占いを噛むべきですし
霊能を噛むのなら初手でチャレンジしててしかるべきですよね?って事ですね!>小鳥さん」
音無小鳥 「で、今日の妄想は・・・!ああ!時間がぁ!!!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆如月千早 春香・・・真剣に勘弁して・・・」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
水瀬伊織0 票投票先 →ベジータP
神崎蘭子1 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい2 票投票先 →天海春香
内村P0 票投票先 →天海春香
ワンコ大先生1 票投票先 →音無小鳥
音無小鳥2 票投票先 →天海春香
ベジータP3 票投票先 →高槻やよい
天ヶ瀬冬馬0 票投票先 →神崎蘭子
萩原雪歩0 票投票先 →ベジータP
鏡音レン0 票投票先 →音無小鳥
『わたし』0 票投票先 →ベジータP
天海春香3 票投票先 →ワンコ大先生
4 日目 (2 回目)
水瀬伊織0 票投票先 →ベジータP
神崎蘭子1 票投票先 →天海春香
高槻やよい0 票投票先 →天海春香
内村P0 票投票先 →天海春香
ワンコ大先生1 票投票先 →音無小鳥
音無小鳥2 票投票先 →ベジータP
ベジータP4 票投票先 →天海春香
天ヶ瀬冬馬0 票投票先 →神崎蘭子
萩原雪歩0 票投票先 →ベジータP
鏡音レン0 票投票先 →音無小鳥
『わたし』0 票投票先 →ベジータP
天海春香4 票投票先 →ワンコ大先生
4 日目 (3 回目)
水瀬伊織0 票投票先 →ベジータP
神崎蘭子0 票投票先 →天海春香
高槻やよい0 票投票先 →天海春香
内村P0 票投票先 →天海春香
ワンコ大先生1 票投票先 →音無小鳥
音無小鳥1 票投票先 →ベジータP
ベジータP3 票投票先 →天海春香
天ヶ瀬冬馬0 票投票先 →天海春香
萩原雪歩0 票投票先 →ベジータP
鏡音レン0 票投票先 →天海春香
『わたし』0 票投票先 →天海春香
天海春香7 票投票先 →ワンコ大先生
天海春香 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆如月千早 GMからご注意

ワンコ大先生さん、正直やりすぎです。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
『わたし』 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
『わたし』さんの遺言              _,.  ´_   `ヽト、__
             ア    `ヽ      `ヽ
            /    /         ゚。
              ′  {__Α   Α |::}   ゚
            { :{ {  o :,_____{ oリ:′   } 多分吊られてますよねー…村人のみなさnがんばってくださいね
             乂ゝ._>      / /  ,ノ
           ′ :|:{       \ィ__,ィ ´{
          /   |入   ^    ノ: : |  ゝ     ノ)
            /    .| : :≧=---=≦,′ ′\ `¨¨¨¨´/
         ;     |  |rv' }{ ̄ト/ /: : :.  \_/
         | / /:∧ │:.:ゞY/:/ /:} : : :.   ゚。
         | / / : : ハ {ー‐o}--{  ′|\: :    ゚
         |/ / : :.:i:.:^ヾ:.:./、:.:.^ヽ{:.:.|:  ヽ:   |
         /ィ  : :_j/:.:/xノx\:.:.:.:\ハ:..  ゚。 ,′
        /   |  : 弋:/ V. ヽ  /\:.:.:.:.:}: .  ゚./
          。  : : ∧  ∨ } /  / ー'’: : :.  ゚.
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
音無小鳥 「おっはよう!」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう♪」
ワンコ大先生 「理知的に行くぞ、これからの吾輩は!
高槻やよい(82)「狩人さんを探してるなら占いを噛むべきですし
霊能を噛むのなら初手でチャレンジしててしかるべきですよね?
って事ですね!
それは分かるんだが、そうなると狼の噛み方針が一貫してない
ってことになるよな?もう少し話したいから今日占うのはここ一択だ。」
ベジータP 「ちっ、きたねぇ花火だ……」
鏡音レン 「なんだ、その噛み!?」
天ヶ瀬冬馬 「おはよう
昨日の投票はミスじゃないぜ?
霊噛みを結果隠しと考えるならそれでもいいが、そうじゃないなら人外全く吊れていない状態になるわけだ
ここでグレ挟むのは高木狼で見る進行だ。俺にはそんなに黒くは見えなかったからな
悠長にしているよりはさくっと決め打ってしまったほうがいいだろう、という意味での占い師投票だった。最後は吊り逃れを見て天海に入れたがな」
天ヶ瀬冬馬 「で、ベジータは吊り逃れするだけの何かがあるんだろうな?
何気なく生き残っているようなら吊るぜ?」
水瀬伊織 「噛まれちゃったわね・・・」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~!

◇天海春香(58) 「逆に考えるのよ雪歩。
「居ないから何言っても自由だし好きなだけ楽しめる」って考えるの」

な、なるほどっ・・・!?
発想の転換で春香ちゃんは寂しくても頑張ってたんだね!
その春香ちゃん姿を私、忘れないよ・・・!

(無理矢理いい話に///)」
内村P 「おはよう! 今日のお題はこいつだ!
テレビが生活に浸透して早ウン十年。史上最大の放送事故とはなんでしょうか!
ってここで占い噛むのか。」
音無小鳥 「あーはいはい、それじゃあ蘭子ちゃんねー」
ワンコ大先生 「む、占いが抜かれたか」
鏡音レン 「それじゃあ、相方COどうぞ、ここで潜る意味ないからねと」
高槻やよい 「ごめんなさい、昨日の完グレで考えた時に
小鳥さんより春香さんの方が残したくなかったので投票しました!」
神崎蘭子 「この私目が占いを宣言いたしますわ
ベジータ様…○、でしたわ
天ヶ瀬冬馬 「あと発言には気をつけろ。なんでも言っていいというわけではない」
水瀬伊織 「「わたし」のグレーは6ね」
音無小鳥 「◇ベジータP(30)  「だにぃ!? 霊能噛みだと!?
狼狼の身内●がうっすらと見えてきたかもしれんな
○の中で発言を見るならそこか……」

だとすると狂人潜伏で、真初日なんだけども・・・
春香ちゃんも大概なんだけど、やっぱこっち投票が先って感じかしらねぇ
春香ちゃんは・・・うん、狐目な感じがするわ!」
萩原雪歩 「『わたし』さんが噛まれちゃいましたか・・・
これは恐らく真噛みですよね」
ベジータP 「昨日の吊りはどう考えてもやよいor春香の2択だ。
やよいならともかく、春香吊らずに俺吊るのは勝ちが見えないから票逃れしたぜ>冬馬」
神崎蘭子 「理由:ここで吊れないのであれば…
吊れる気がいたしませんはここで色を見ておきましょう」
ワンコ大先生 「占い切りたい、信用できんぞ、この占い方針は!」
内村P 「さすがに噛まれ占いの●は残せないねぇ。頭悪い俺でもそれくらいはわかるよ。」
鏡音レン 「共有CO!相方雪歩さん」
天ヶ瀬冬馬 「真噛みには間違いねぇが…
それなら昨日の霊噛みは結果隠しになるわけか」
水瀬伊織 「生放送での鶴瓶師匠のポロリ>内村P」
鏡音レン 「というわけで、蘭子さん吊るかグレーから指定するか
意見をどうぞと」
高槻やよい 「まあ、いずれにしてもわたしさんが噛まれるなら蘭子さん吊りしか……
あ、蘭子さん最終日固定でも良いですけど。」
ベジータP 「だにぃ!? 囲いあるなら雪歩第一候補だと思ってたがな。
そこならありがたい」
ワンコ大先生 「レン、共有だしと…」
音無小鳥 「いや、わたしさんから●貰ってるわよ?蘭子ちゃんは>ワンコ大先生」
水瀬伊織 「は?雪歩が共有?
よく吊られなかったわね・・・」
音無小鳥 「ふむふむ、雪歩ちゃんかぁ
正直やよいちゃんかと思ってたわね!>レン君」
ワンコ大先生 「まー、占われてないでよかったなとしか…
すでに占われてるジャン!」
内村P 「おおぅ。共有そこだったんだ。いやぁ、わからないもんだねぇ~。
アイドルじゃなくて役者でいいんじゃない?>雪歩」
鏡音レン 「まあ、それもありっちゃありなんだけどね>やよいちゃん
それを言ってくれる人がいるのでまあ、割りとよかったよと」
萩原雪歩 「ああっ、早いよ・・・>レンくん
今日は狩人さんいたら護衛をレンくん一択にできたから、
出る必要なかったと思うけど・・・仕方ないね。
今まで潜ってました、恐縮です~」
ベジータP 「霊能噛まれてる以上残しづらいな。
蘭子最終日固定で、今日から指定吊り連発していく手もあるがな」
天ヶ瀬冬馬 「ああ、そういう理由ね。りょーかい>ベジータ」
ワンコ大先生 「>イオリ 本気か?蘭子の○だぞ、それも3日目の」
ベジータP 「ちっ、貧乏くさいガキ(やよい)と意見があっちまったか」
高槻やよい 「グレーから指定も、蘭子さん吊りも一長一短だとは思うのでなんとも!
吊るメリットは狼が1減る事、吊らないメリットは最終日に固定で吊れる事、ですよね」
内村P 「鶴瓶師匠は俺にもどうにもならないよwwあんな大御所wwww>伊織」
水瀬伊織 「今日グレー指定で、明日蘭子吊りでいいんじゃないかしら?>レン」
天ヶ瀬冬馬 「ま、一日遅くなったが蘭子吊りだな
ベジータP 「明日吊るぐらいなら、今日吊り固定だ。
今日吊らないなら蘭子は最終日だろ>伊織」
ワンコ大先生 「明日あたりにはいれば狩人COさせておいたほうがよかろう」
高槻やよい 「伊織ちゃん……明日吊る意味が私にはわからないかな……
今日吊らないなら最終日固定だよ……>伊織ちゃん」
音無小鳥 「んんん・・・さて蘭子ちゃんの○に囲いがあるか・・・
ありそうねぇ、具体的にはワンコ先生か内村P辺り!」
神崎蘭子 「それでは処遇を待つと致しましょう…(ゴクゴク)」
水瀬伊織 「2日目の時点での話よ
あの流れだとあんたが共有だと思ってたわ>ワンコ」
鏡音レン 「それじゃあ、蘭子さん釣りの意見が多めなんで蘭子さん吊りでー」
ベジータP 「が、わたしの○か…… 犬共有とばかり思ってたからな、貴様の発言を見直させてもらうぞ」
内村P 「一長一短って言ってもさ、霊能不在だから数がわからないだろう?
なら万が一グレランとかで狩人吊っちゃう可能性よりも狩人ありえない蘭子ちゃん吊るべきじゃないかな。>やよい」
鏡音レン 「いや、まあ、わたしさんが抜かれるなら狩人さんの期待値がねーと>雪歩さん」
萩原雪歩 「◇高槻やよい(74) 「そんなっ、雪歩さんの方が私にとっては良心ですよっ!
その、伊織ちゃんも春香さんも小鳥さん……はいつもだけど
良く分からない事言ってて、どうしよう……って思っちゃってたので!>雪歩さん」

そうかもね、でもそんな伊織ちゃんを
やよいちゃんが浄化させてあげるといいかもっていうか・・・ふぁいとー///」
神崎蘭子 「それでは皆様…ごきげんよう…」
天ヶ瀬冬馬 「昨日と一緒だ。グレ吊りは高木狼決め打ち進行で神崎キープでしかありえない
もうすでに一手遅いんだ、占い吊りしかないだろう」
水瀬伊織 「固定でも悪くはないけど、そこまでに狼が吊れてないとどうにもならない
なのでギリギリのラインとして明日蘭子吊りだと思うわ>やよい」
ワンコ大先生 「おいおい…どんだけ吾輩が共有だと思われてたんだよ…」
音無小鳥 「さて!では妄想タイム!伊織ちゃんと雪歩ちゃんでキマシタワー!」
高槻やよい 「わたしさん抜かれてる時点で……って事ですね>内P」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
水瀬伊織0 票投票先 →神崎蘭子
神崎蘭子9 票投票先 →鏡音レン
高槻やよい0 票投票先 →神崎蘭子
内村P0 票投票先 →神崎蘭子
ワンコ大先生0 票投票先 →神崎蘭子
音無小鳥0 票投票先 →神崎蘭子
ベジータP0 票投票先 →神崎蘭子
天ヶ瀬冬馬0 票投票先 →神崎蘭子
萩原雪歩0 票投票先 →神崎蘭子
鏡音レン1 票投票先 →神崎蘭子
神崎蘭子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
天ヶ瀬冬馬 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
神崎蘭子さんの遺言 .         /             ィ匕厶斗ミ从斗ミ刈斗ミ从斗ミ刈斗ミ仆
        /           ィ匕厶斗%~    ,,、     _       匕圦
.       /         ィ厶ソ-‐ァ゙:::〉_ ..,,___匕::ヽf'"´゚¨  \      廴ヾ
      /      ィ匕厶斗   /::/      .,,,. \::`y^ミ‐.、  \      匕圦
      /     ィ厶ソ/   ,ィ''゙´i´         ヾ  ヾ:::::::::::〉   ',    廴v
.     /  ィ匕厶斗  /  /:::::, '     ,'        ' . \≦;    '.   ィ厶ソ
   , '  ィ厶ソ     /  圦:::/    /      ;   ':、 }{::ヾ     ,  匕孑
   ィ匕厶斗      |  /:::::/  /   '       ハ    , !:::::::゛、    i .`廴v゚
  ヾん介       i  }::::::i  ,′        | '.   ∨!::::::::::Ⅹ   i ′
   ゞ 廴      ,′ 厶::_{i  :       ,ィ  /  i    Ⅵ::::::::::_ク   i
    \ ノ      |     | i   /   /,' /,..__ Иハ  刈ハ"~     }
      `廴v廴v廴|     i!     /!ナz./ i /'イ斧ア!ハ  ! }  .:´  ;  それでは皆様ご機嫌よう…
            /   ;  :!  孑伐テヾ  !′ 込ソ  }  }刈廴    丿
           /      i{ f´i  弋ソ         |  |乂 `≧<
          ,r'"¨′  -‐ハ ゝi     ,         ,ィ   !ミ、     丶、
         ,r'"""¨二ニ=ノ i  ト           / }   メ`丶ー‐-ュミ孑′
         ヾ  ≦   /  | |  、  `- '   イ  ,′ /、  ミミ':、-‐′
         乂 彡 孑≠}   | i!  ,y≧ __   ´ ト, /  /,. ヾ.   ヽ、
          冫 /  _丿   ! | _  ゞニ辷==斧=r'{ ! / .%  弋_ミヾ、乂
          ヾ/ ,r'"゙¨イ,r'"三=ヾ!圦ー斥三三三三ニ斗!/笊 %三ニ‐、 ヾ彡
           ゞ〈/弋{三三三ニ}=斗 ゙^~^~^~^~^"´  }=}:%三三\j/
               ノ三三三三=斗           匕圦:%=三三ヽ
              /三三三三{三斗      _    ヾ圦:%三三三〉
              〈三三三三ニ}三刈冖冖冖≦=≧冖冖ゞ厶 %三三/
              冫三三三=j三刈辷辷辷=厶ハく辷辷斥\ミ:%三\
              |=三三三三i三ミ}\_三三三三三三三三=仆、:%三ミ|
              |三三三三=|三ノミ、\三三三三三三三=ナ}三}%三|
              |三三三三=!ラ三三ヾ ト、三三三三=≠ィ//=/三_% |
              |三三三三ニ{三三三_i lト、`¨‐-ミ孑‐"´ィ' /=/ニ,-‐‐-、
              /三三三三三!ヾ三三=} }ニ≧...,,__≦//三{/ ニニニユ_
             〈三三三三三 {.  }三三} } ≠-‐斥⌒ヽ、 /   -一ァ'゚^,.、
              ヾ三三三三=厶__|三三乂仆√介}__/    ィ个'.(_/__i    ,、
              冫圦-=ニニ三三,r'二二¨¨三三介 {      /= 匕{t/_____j   ヾヽ
             匕仆イ三三三/三三三三三斗 圦 ――一'三三介ゝ、_と_イ    ノ ノ
              i{ ! l三三三三三三三三三三√辷}  |三三{ 三辷{    \`,一' , :'
              └i!」三三三三三三三三三三孑匕}  !三三\ニ斗}     i `  ̄´
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
音無小鳥 「おっはよう!」
高槻やよい 「私は人外の数がわからないからキープを主張したんだけどなぁ……
例えば社長―蘭子さんという狼の形があったとして、
今日以降の吊りでLWが吊れちゃうと狐勝ちが見えちゃう。
だから確定狼として蘭子さんを最終日に残せばそれは薄くなるんだよ。>内村P・伊織ちゃん

そこまでに残りの人外を吊りきれるかどうかって勝負にしたかったわけだけど……
あと、私は狩人の生存なんてこれっぽっちも考えてないので。」
ベジータP 「俺が、スーパーベジータ様だ……」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう♪」
鏡音レン 「ほー、共有じゃなくてそこを噛むのかー」
内村P 「ああ、占い鉄板的な意味で、噛まれたから居ないだろって考えかー。おk、言いたい事わかったよ。>やよい
それじゃあ今回のお題。
私もこうしてプロデューサー業にせいを出しているわけですが、
プロデューサーに必要な素質とはなんでしょうか!」
ワンコ大先生 「今日も理知的な吾輩カッコイイ(キリリッ
蘭子ーベジータが狼なら、あからさますぎる。
また、天ヶ瀬、伊織噛みならば蘭子○に注意が向いてしまうだろう。
囲いあるなら内Pと吾輩だが、灰詰めれるか?」
音無小鳥 「さてさて、とりあえず『わたし』さんを真で見るとしてと
ほぼ村なのは、伊織ちゃんと冬馬君・・・・

さてと、蘭子ちゃんの○の中で真っ先に吊りたい場所は・・・うーん
占い狼狼というベジータさんか、私の質問を受け流してた内村Pか・・・
ワンコ大先生はなぁ・・・なんだろう発言だけみてると狼っていうより
狐狩人目なのかしら・・・」
鏡音レン 「吊りたい先をどーぞってね」
水瀬伊織 「いいたいことは分かるわ
でももう狐だ狼だとか言ってられないのよね>やよい」
内村P 「あれ、共有だと思ってたら違う場所だったって顔。」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~!

◇音無小鳥(61) 「さて!では妄想タイム!伊織ちゃんと雪歩ちゃんでキマシタワー!」


そ、それは新しいですぅ・・・///
でもやよいちゃんに悪いような・・・!
ベジータP 「昨日発言見直してみたがな。
内村→犬と○ローラーしないか? 小鳥・やよい2Wがあるようには見えん。
蘭子騙りでここまで2W灰に放置はないだろうしな」
高槻やよい 「ベジータPは狼っぽくはないんですよね、あって狐だし、吊りたくなかったり。
内Pも初日の発言なんかを見てると人外見にくいところだと思います。
だから、囲いにいるならワンコさんだし、囲いの外なら小鳥さんだと思うんですよ」
音無小鳥 「んで、わたしさんの○噛みと・・・
伊織ちゃんはこれで村確定でいいわねぇ、でも確かになんで共有噛みじゃないのかしら?
狩人生存を恐れた?」
ワンコ大先生 「内Pか吾輩ランになりそうだな…
いるなら狩人出せせておいた方がいい、COされて対応しきれんぞ、遅いと」
水瀬伊織 「狐探しもしないつもりね、狼」
ベジータP 「LW吊って狐勝ちのほうはあるかもしれんが、昨日蘭子吊った以上
霊能もいない状態で狐は気にしても仕方ないからな」
水瀬伊織 「さすがにいないと思うわよ、狩人>ワンコ」
鏡音レン 「内村さん盛大に初手身内ができる狼とみるかい?>ベジータさん
蘭子さんについて、内村投票なんだけど」
萩原雪歩 「噛みは、うーん、狩人さん警戒の噛みかな?
どっちにしても、あとは伊織ちゃんと共有の3人の誰かから噛まれそうではあるかな」
内村P 「んー、今回噛んだのは蘭子ちゃんの○ね。おっけーおっけー。よくわからないけど。」
鏡音レン 「まー、指定しようかワンコ大先生COどうぞと」
ワンコ大先生 「COはない!」
鏡音レン 「個人的にそこを残してーってのがちょっと無理かなーと」
ベジータP 「やよい残すのは少々怖いが、小鳥・やよいで狼狐じゃないことを祈るしかない」
萩原雪歩 「とりあえず、蘭子ちゃんの○は考慮しないで
グレランにいってみるべきかな」
水瀬伊織 「ちょっとわかんないわね
グレー噛むと吊られそうな危うい位置にLWがいるってことかしらね>小鳥」
ワンコ大先生 「ただ、指定理由だけ聞きたい」
内村P 「あれ、指定早いな。ビックリしちゃったよ俺。」
ベジータP 「初日内村そう吊れそうになくないか?
発言みた限りではクマ安定だったし、内村もそこまで残せる発言はしていない>レン」
鏡音レン 「>ワンコ大先生
うん?囲い位置+狩人うんぬん発言その他だねーと
そこ気にするところじゃないし、君の位置でねと」
内村P 「わたしの○はともかく、蘭子ちゃんの○は全撤廃でグレラン的じゃない?
それとも3W残ってると見てるの?」
ベジータP 「最高でも2Wで○がこんなに残ってるところで灰噛みはないだろ>伊織」
音無小鳥 「うーん・・・
狐噛みを恐れて真目占いの○噛み?いやそれなら共有いくわよねぇ
狩人探しの噛みで、狐が灰に居るように見せかける動きなのかしら?」
萩原雪歩 「私は定番カップリングが好きです!
やよいおり大好きです
ゆきたか、ゆきまこも大好きです!

・・・が、頑張りました!」
高槻やよい 「クマさん安定だったのは確かだと思います。
けど、内村Pとしてもあの6発言で安心できるとは思えないんじゃないかと思うんですよね>ベジータP
あ、狼だったとしたら、ですが。」
ワンコ大先生 「その理由なら後悔することになるぞ…とだけ言っておく。」
水瀬伊織 「こうなると明日はベジータ-小鳥で天秤にかける感じになるのかしら?」
鏡音レン 「うーん、もうちょっと突っ込むと>ベジータさん
僕に投票するようなやからが初手身内するかなーかな」
ワンコ大先生 「では、さらばだ!」
萩原雪歩 「・・・はっ!? で、でも村の雰囲気がそろそろ本気モードで
それどころじゃなかったですね・・・///

穴掘って埋まってますぅ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
水瀬伊織0 票投票先 →ワンコ大先生
高槻やよい0 票投票先 →ワンコ大先生
内村P1 票投票先 →ワンコ大先生
ワンコ大先生7 票投票先 →内村P
音無小鳥0 票投票先 →ワンコ大先生
ベジータP0 票投票先 →ワンコ大先生
萩原雪歩0 票投票先 →ワンコ大先生
鏡音レン0 票投票先 →ワンコ大先生
ワンコ大先生 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
萩原雪歩 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
萩原雪歩さんの遺言             ,. -‐ ─- 、
             / ,. -      ⌒ヽ
            / /            \
        //  ,   / {   、 ヽ  ハ
        , イ ' /  // ハヘ  !  ',  l
         i ! { ィ7フ  ヽ>ト、 l }   |
         トハ. ,. ‐-   -‐ 、 リ/  '
            トヘ}' り    り }/' / / 最近、みなさんのRPが上手くて
             、 ゝ''   '    '' j, / /  私なんか埋まっちゃいたいですぅ・・・
            _,ゝ」> ^ -ァ¬7/ /  で、でもがんばります
        《二二}}ィ_人/ 〉、
         \/⌒) 。i `Y l
          {   }  :!   l  l
           ト-fヘ 。i  |  |
            l  | 〉ヘ _」  |
            | ,ハ   __ノ
           `7 。V__,/ \
             /   i Vヘ.  丶
            /   。i Vヘ   \
           /    i  Vヘ    \
          /    。i  Vヘ──┐ 、
         /     i /   ~^ |  〉
         〈     i \^~    |/
            \    i  \     ノ
             ` ┬ ┬ ┬` ー ′
                 |  |  |
                 |  |  |
                 ' │ |
              /   l   !
             ,.ィ′ /   ヘ、
         rュヘ. ハ   厂 ̄j l}
        ゞニ二二7{ ̄ フ'/
                 ゝニ二ノ
ワンコ大先生さんの遺言 豆知識
犬は遅漏(犬のセックスは時間的には最初に挿入されてから抜けるまで1時間から1時間半ぐらい)
妊娠やめぇぇぇ(チン×2の付け根に近い方にあるコブが中で大きくなって射精が終わってしぼむまで抜けなくなる)
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ベジータP 「ファイナルフラーッシュ!!」
鏡音レン 「ちきしょう!!噛めよ!」
音無小鳥 「おっはよう!」
内村P 「おはよう。それじゃあ今回のお題を行ってみよう!
謎に包まれた小鳥さんの経歴。それはそれは色々あって今の事務員に辿り着いたわけです。
それでは、小鳥さんの謎に包まれた半生とは一体なんでしょーか!
っというわけで皆さんお手元のフリップに回答をお書きください。」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう♪」
音無小鳥 「雪歩ちゃん・・・!敵はとるわよ!」
高槻やよい 「おはようございます。
やっぱり霊能噛みが気になるので、社長●じゃないかと思うんだよね。
だから結局ベジータPは狼たりえなくて、だったら小鳥さんで終わるんじゃないかって。」
音無小鳥 「◇高槻やよい(14)  「ベジータPは狼っぽくはないんですよね、あって狐だし、吊りたくなかったり。
内Pも初日の発言なんかを見てると人外見にくいところだと思います。
だから、囲いにいるならワンコさんだし、囲いの外なら小鳥さんだと思うんですよ」

うーん、やよいちゃんは初日だけって言ってるけど
それでも二日目にもあんまり推理してないのよねぇ
後は、まことちゃんに何を見て投票したのかもを聞いたけど
曖昧な答えだったからねぇ

だから、今日吊るならば内村Pからかしらね!」
水瀬伊織 「半生(はんなま)イチゴ大福>内村P」
内村P 「音頭取ってたレン君じゃないのね。こりゃびっくりだ。」
音無小鳥 「やよいちゃんはとりあえず内訳推理とかもしてるから、あたしは村目と見るわ!
よって、内村PとベージタPを吊りたい感じかしらね!」
鏡音レン 「へいへいー!指定するんで!廃視をプリーズ」
内村P 「ん~……保留ッ!>やよい」
ベジータP 「ワンコ吊りからの内村吊りでいいと思うがな。
共有投票云々だが、狼票に安易に見過ぎだと思うぜ。
発言見直した感じだが、内村Pは正直残せる場所には俺は思えん」
水瀬伊織 「この流れだとどこか決め打たないとだけど
私は内村Pを村で見たいわね」
鏡音レン 「まあ、いおりん狼が頭をよぎったけど
ちょっと無理だねとその内訳だと」
高槻やよい 「昨日の共有の、蘭子さんの初手身内があるかって言われると無さそうに見えて
社長さんからベジータPへの票もあってベジータPを吊りたいと思えなくて
占い真なら小鳥さん吊りで終わるのが私の視点ですかね。」
水瀬伊織 「正直な話、私はやよいを吊ってから考えたいわ
小鳥とベジータを最終日判断にしたい感じね>レン」
ベジータP 「内村Pを吊るなら今日、今日吊らないなら逆に最後まで放置でいいと思う。」
音無小鳥 「ベジータPは、占い狼狼想定だったのが気に掛かる感じかしらねぇ?
行き成り占いについての想定が飛躍してるような気がしてしょうがないのよね」
水瀬伊織 「やよいと小鳥で終わりそうな気がするのは、甘い考えかしら」
内村P 「んー、小鳥さんは村じゃない?
序盤からかっ飛ばしてたイメージ。狩狐とかだったら目立ちたくないものだろうし。
狼でもこう、気を使いそう。」
高槻やよい 「あ、違う。ベジータP→小鳥さんが私の中で一番安定なんだね。
狐目でベジータPを吊る余裕がある。」
ベジータP 「半分はネタだがな! 噛み筋的にあるかもと思ってきたが
○残ってたし、そんなことはなかった
逆に聞きたいのが、昨日の小鳥の噛みへの言及だな。
灰に狐残ってる云々とかよくわからんかったのだが>小鳥」
水瀬伊織 「占い狼狼はちょっとだけ私も考えたわ>小鳥」
高槻やよい 「占いレアケは十分ありえる噛み筋だったとは思います>小鳥さん」
音無小鳥 「やよいちゃんは・・・うーん、村だと見たいんだけどねぇ
こう突っ込む内容が・・・探しきれてない感じではあるわね!」
ベジータP 「狐噛みを恐れて真目占いの○噛み?いやそれなら共有いくわよねぇ
狩人探しの噛みで、狐が灰に居るように見せかける動きなのかしら?

この発言の意図というかどういう思考で至ったのかがわからん」
内村P 「えっ、ベジータってば何言ってるのよ。
狩人狐がいなきゃ今日と明日しかないよ?>俺は最後まで放置」
鏡音レン 「うーん、あの信頼度で囲うか否か!内村Pを」
水瀬伊織 「あれ?内村-小鳥の2wってある?」
高槻やよい 「小鳥さんについては昨日の発言とかも情報出したくないように見えすぎてるんですよね。
狼視点の話なんてしてもしょうがないと思うんです
◇音無小鳥(35)  「うーん・・・
狐噛みを恐れて真目占いの○噛み?いやそれなら共有いくわよねぇ
狩人探しの噛みで、狐が灰に居るように見せかける動きなのかしら?」
これとか。」
鏡音レン 「指定:内村P!」
ベジータP 「というわけなので、内村吊らんなら最終日放置確定で小鳥吊り、だな」
鏡音レン 「というわけで、間違ってたらごめんね!」
音無小鳥 「んー、まぁ狐より
狩人恐れの噛みだって事に結論がいったけどね>ベジータP」
鏡音レン 「多分、そこ吊りが一番フラットになる」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
水瀬伊織0 票投票先 →内村P
高槻やよい0 票投票先 →内村P
内村P5 票投票先 →ベジータP
音無小鳥0 票投票先 →内村P
ベジータP1 票投票先 →内村P
鏡音レン0 票投票先 →内村P
内村P は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
鏡音レン は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
内村Pさんの遺言             _,ィ彡彡彡ミミュ
         _,ィ彡彡彡彡彡彡彡ミ彡彡ミミュ,_
       _ィ彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡ミミミミミミミュ
     彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡ミミミミミミミミ、
    /彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡ミミミミミミミミミ、
   /彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡ミミミミミミミミミ、
   /彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡ミミミミミミミミミ、
  /彡彡彡彡彡彡彡彡彡 彡  川川川川ミミミミミミミ
  /彡彡彡彡彡彡彡彡彡 彡  川川川川川ミミミミミミミ
  川川川川川川川川川  川  川川川川川川ミミミミミミ
 川川川川川川川川      川川川    川ミミミミミミ
. 川川川川川川川       川川川     川川ミミミミ
 川川川川川川 ,,,,,,,,,,,,   川川川  ,,,,,,,,,,,,, 川川川川リ
 川川川∧ミミ ,;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙        ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;,,川 川川/
  川川リ      ,ィi ̄7-、      /て ̄)ヽ__,  川リ |
  !川川  `ー´_二二二       二 ̄ ̄ノ    川 /
   !ヾ川                   ̄ ̄     川 /  こんな
   ヽ ヾ |         ,       、        | /
    \_!        ,イ        )、      |´    私と
       !       / \_  _/ \     i
       i    /       ̄        \   /     一緒に遊んでくれた
       !       、   __   _   ,    /
       ヽ、     ̄ ̄   ̄ ̄  . ̄ ̄   /      君に…
        |\       ヽ-- ´      /
           !  \              /l       | | ̄ ̄|  __|__○  / \    |    | |
         |.   \           /  |       | |    |     |   /|      / |\  | |
         |     \_____/   l       | |__|  / | \  |  _/   |     o o
鏡音レンさんの遺言
 ',  //     /}}     }、      \ __ >
ー=彡 '    ´ ̄`メ |     / \ー=ニ _≧=-
\/   x≦一 ´  |   ′ ⌒ヽ ヾ  ヽ
∠-‐≪ /┌笊テ¨ミメ、 /    j∧  }i   :.     僕の歌をきけぇえええええ!!なんてね
γ⌒メ〃 {{ {i::::`1}   j/   xそ¨ヽ、', |   |
 / う}   弋zシ      {i:::`1 j/∧ l   |
 ゝ (_  "'〃/`7`〟       辷"  /うヘト . {
ヘ ‐-{             〉"〃厶イ     `
 レ}` 込      __       ′ `
__,//レく\    (`ー-   ¨ア   ノ
ニニニニニ\丶、 `    ´  /
ニニニニニニニ‘, 丶
ニニニニニニニハ   >=<
ニニニニニニニ/二≧x
.ニニニニニ/∠ア⌒≫x、
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう♪」
ベジータP 「最終日か。
絶対に勝ってやるぞ、カカロットー!」
高槻やよい 「それじゃあ伊織ちゃんが判定役で3人だね」
水瀬伊織 「うわあ・・・私残されるのね」
音無小鳥 「おーし!おっはよう!」
ベジータP 「一応聞いておくが、伊織吊りはなしでいいな?」
音無小鳥 「◇高槻やよい(32)  「小鳥さんについては昨日の発言とかも情報出したくないように見えすぎてるんですよね。
狼視点の話なんてしてもしょうがないと思うんです

狼視点の噛みを考えるの大事ではあると思うけどね
じゃあなんで6日目に、共有が噛まれずに真目の占いの○が噛まれのかしら?
そこはやよいちゃん説明しないと駄目よ!
だからあたしは、狼が狩人GJを恐れて○を噛んだと予想したのよ」
高槻やよい 「やっぱり小鳥さんがLWだと思ってます。
ベジータPはあって狐なので、狐だったらおめでとう、で」
音無小鳥 「そこが狼なら、あたしは脱帽でいいわ!」
音無小鳥 「それでベジータPに返すけどね
灰に狐の幻想を抱かせて悩むのは、村人なのよ?
まぁ狼にも同様な事は言えるけどね!でも狼には噛みで狐を捕捉できるわ
村としては狐を処分するには、占いか吊りしかないのだからね!」
ベジータP 「わたし噛まれの時点で狩人生存の可能性は低かったがな
狩人恐れるのはまだわかるが、灰に狐見せかける噛みというのがひっかっかった>小鳥」
高槻やよい 「狩人が生きてると思ってませんし、狼視点で○も共有も同じ○なら変わらないですよね?
だから○噛みだから特別な意味があるっておかしいと思います。」
水瀬伊織 「狐がいるかどうかは分からないけど、狼は生き残って勝つ自信があるのね」
ベジータP 「余計なノイズをバラまくほうだと思うがな。
霊能死亡+蘭子残さない天海で狐を気にする余裕は村にはない」
音無小鳥 「銃殺が出てない以上は、狐の存在は常に考えるべきよ
それともどこかで吊れたと考えるほどサイヤ人はあまちゃんなのかしら?>ベジータP」
高槻やよい 「後、蘭子さん吊りをした時点で狼視点でも狐を狙う余裕なんてないはずなんですよ。
だから結局、あの日の小鳥さんの発言はおかしいんですよね」
水瀬伊織 「だったら灰を噛めるギリまで噛んで狐対策するわよね>ベジータ」
音無小鳥 「んー・・・そうなると、よ」
ベジータP 「やよいのほうに聞きたいのは、昨日狐ケアと言っていたが
2W残りは考えなかったのか?」
水瀬伊織 「今日も白を悠々と噛むとこ見ると
狼は狐をどうこう言ってられない位置なんじゃないのかしらね」
ベジータP 「ふん、吊れそうで必死な場所ということか>伊織」
高槻やよい 「私視点で2狼があるにしてもベジータP―小鳥さんしかありえませんから。
狐ケアというよりは、ベジータPが人外かどうかを考えるだけの事でしたよ?>ベジータP
まぁ、小鳥さんを先に吊って終わらなければ結局ベジータPですからね」
音無小鳥 「やよいちゃんが怪しくなるのよね
確かにあたしは狐も考えた、ただやよいちゃんの此処に来てからの
あたしへの殴りが少々不審なのよね
なら、最初から吊り位置にもってくるなり、投票すべきであるのよね」
ベジータP 「やよいと途中から意見が合い過ぎるのが少し怖いがな」
水瀬伊織 「ギリの狐ケアなら灰噛んでタイマン勝負にしてもいいもの>ベジータ」
ベジータP 「内村狼は見ていなかった、ということか>やよい」
水瀬伊織 「内村-小鳥の2wは見なかった?>やよい」
高槻やよい 「最初から吊り位置に持って行けるわけないじゃないですか……
役目だとしても共有かどうかすらわからないんですから。
共有が潜伏していた以上、そこを私に求められても困ります>小鳥さん」
音無小鳥 「そして序盤でやよいちゃんはあたしに投票してないのよね!
これは絶好の吊り場所を確保した人外・・・!あたしはそう思うわ!」
高槻やよい 「内村Pを人外で見ていませんでしたからね。
特に、初日の発言と3日目の発言で生き残れる自信があるようには。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
水瀬伊織0 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい2 票投票先 →音無小鳥
音無小鳥2 票投票先 →高槻やよい
ベジータP0 票投票先 →音無小鳥
8 日目 (2 回目)
水瀬伊織0 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい2 票投票先 →音無小鳥
音無小鳥2 票投票先 →高槻やよい
ベジータP0 票投票先 →音無小鳥
8 日目 (3 回目)
水瀬伊織0 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい2 票投票先 →音無小鳥
音無小鳥2 票投票先 →高槻やよい
ベジータP0 票投票先 →音無小鳥
8 日目 (4 回目)
水瀬伊織1 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい2 票投票先 →音無小鳥
音無小鳥1 票投票先 →高槻やよい
ベジータP0 票投票先 →水瀬伊織
高槻やよい は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
音無小鳥 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
音無小鳥さんの遺言           ┏  ━ゝヽ''人∧━∧从━〆A!゚━━┓。
╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’            △│,'´.ゝ'┃      ●┃┃ ┃
┃┃_.━┛ヤ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
       ∇  ┠──Σ           T冫そ '´; ┨'゚,。
          .。冫▽ ,゚' <           乙 /  ≧   ▽
        。 ┃ ◇ Σ          、'’ │   て く
          ┠──ム┼          ’ 》┼⊿Ζ┨ ミo'’`
       。、゚`。、     i/         o。了 、'' × 个o
       ○  ┃    `、,~´+√   ▽ ' ,!ヽ◇ ノ 。o┃
           ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;
          話 は 聞 か せ て も ら い ま し た
   こ れ は み な ぎ っ て
                            ミ
                                  .'´7'´`´ヽ  あれっ
                              (ヽ  ! 〈(从从リ|
                                とく,《つ¶;゚ ヮ゚ノ、iつ

毒を選択して何が来るのかしらね!
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/08/02 (Thu) 23:57:09
オメガ11 「お疲れ様だ」
高槻やよい 「うん、あの分け方した時点で勝てないよねー」
神崎蘭子 「それでは皆様ご機嫌よう…」
天ヶ瀬冬馬 「お疲れ様」
高木順一朗 「やよいくん、おつかれさま。」
水瀬伊織 「おつかれさま」
ワンコ大先生 「お疲れ様だワン」
神崎蘭子 「おつかれさまでしたわ!」
オメガ11 「狐は惜しかったなあ」
音無小鳥 「って!狐かい!(こんしんの突っ込み!」
内村P 「お疲れ様! いやぁ、小鳥さんはいい視点だったんですけどね!
一歩及ばず、と言う事で優勝はベジータ君!」
鏡音レン 「まあ、進行がまずかったということで、ごめんね」
高木順一朗 「諸君、お疲れ様。」
ベジータP 「お疲れ様ー……やよい狐だと!?
く、くくく。 もちろん計算通りだったがな!」
萩原雪歩 「ありゃりゃ、やよいちゃん惜しかったね、強かったよ!
おつかれさまでした、狼さんおめでとうございます~」
高槻やよい 「狐ですよ?わりと良く最終日付近まで残って吊られますw」
如月千早 「お疲れさまでした。では表彰の準備をしますので少々お待ちください」
水瀬伊織 「なるほど、この形なら狐に勝てる算段ってわけね」
クマ吉 「お疲れ様」
ベジータP 「真狩人合ってたのは嬉しいぜ」
内村P 「あ、今この辺に「優勝 ベジータ」ってテロップ出てるからね。」
神崎蘭子 「(三回表分けといてなにをおっしゃっているのでしょうか…>ベジータ様)」
音無小鳥 「どっちも人外とはねー・・・あたしの視点もまだまだだわね・・・
いや・・・当ってたのか・・・がっくり」
菊地真 「おつかれさまだよー!」
高槻やよい 「実は6人の段階で絶望村なのでなんともかんともw」
高木順一朗 「感想戦をやりたいところだが、ちょっと今日は早めに退散させてもらうよ
またよろしくたのむよ!」
音無小鳥 「       ,, ───_
    /:::://::´ ̄:::::::`\
    /:::::://::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.   /::::::/::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::i
   |::::::/::::::::::///:/:::::|:::::||::::||
   |:::::|:::|:::i:::|`ーレ |::::_ト,_||::」j
.   |::(|::|:::|::| -─   ─ /:|
   |:::::::ヘ::N |  |   | |j:::i
.   |::::::::::ト\\rー, |ノ:::/
    vNw::i ヽー⊂⊃ヾ/
      /´\  {\ー、
   /::´: :\ \ ) ヽー\
.  / ⌒ ヽ ̄<´⌒`rf´ ̄ヽ ヽ
  {    }: : : >、 ノ-\⌒/ ヽ
  |     |: : :ヽ/」  ー: :ヽ_ヽ_
  ヽ     |: : : : : : : \/: : : ノ  三}
   ヽ⊆二二`- _: : :/`ー、  r
つ、次は負けないもん!」
萩原雪歩 「ベジータ様・・・(ほろり)>計算通り

うん、真ちゃん狩人をいきなり抜かれたのが大きかったかな」
音無小鳥 「お疲れ様!>高木社長」
水瀬伊織 「ごめんね、やよい
私には残せなかったわ」
神崎蘭子 「お疲れ様ですは>社長様」
鏡音レン 「まあ、ベジータPー小鳥さんで2W無いで、
かつ、やよいさんを村認定したのがあれだったわけだね

うーむ、難しいす」
オメガ11 「お疲れ様だ>高木」
ベジータP 「カンタンに狐が吊れてもつまらんからな。
少し希望を持たせてやったぜ>蘭子」
水瀬伊織 「どう持っていってもベジータは吊れなかったと思うわ>レン」
鏡音レン 「それじゃあ、お疲れ様でしたと」
神崎蘭子 「それはそれはお優しい…で本心はいかがなものでしょうか?>ベジータ様」
高槻やよい 「ベジータPを吊るなら春香さんのところか、その次の日の指定ですね」
音無小鳥 「んー・・・やよいちゃん狐は見えてなかったわねぇ
やっぱり狼狼とか言ってるサイヤ人は吊るべきね!」
ベジータP 「蘭子が●にカウンターで出てくれたぶん狩人候補を削れたし
内村が吊れてくれなければ狐勝ちも十分あったからな。
貴様らの力も……無駄ではなかったぜ」
水瀬伊織 「春香のとこで吊れないってことは、そういうことだしね>やよい」
ワンコ大先生 「では、吾輩もおさらばしよう
GM村建て感謝、みなお疲れ様だ」
音無小鳥 「ま、最終日久々に頑張った気がするわね」
ベジータP 「春香吊りの日が危なかったな、その後は占い噛みから狼にいい流れでいってたと思うぜ」
オメガ11 「狐勝利の可能性をみせておいてから吊るという何というSですな」
水瀬伊織 「私がやよいを村認定してなかったものね>レン」
内村P 「そういわれると俺も助かるよ。やっぱり優勝するような芸人は器の広さが違うね!
お前らも見習えよ!(ぁ」
水瀬伊織 「あそこ生き残ったら勝ちね
最後、狐にもっていかれそうになってたけど>ベジータ」
ベジータP 「俺はヤムチャの野郎と違って足元がお留守じゃないからな
ヤムチャなら狐に持っていかれたろうな!>伊織」
音無小鳥 「やれやれ、中々難しいわねー
とりあえずログ見ようかしらね」
如月千早 「MVP

ベジータP(最後の粘り)
狼だろうな狼だろうなとじわじわ疑われていたにも関わらずかっちり生き残り勝利最有力と目されていた狐を落としたファインプレー
生きていればどうにかなる、を体現した力・・・お見事でした。

敢闘賞
高槻やよい(最有力勝利候補)
だった狐に敢闘賞。何せ終盤まで対して疑われていなかったのが大きいです。
霊界支店「あぁ、狐だな」と思う程度には。
疑われない生き残りのテク・・・お見事でした。惜しいっ


RP賞
天海春香(スーパーテンション)
もうなんかすごかったですね・・・テンポが。アップテンポのまま突っ走り、アップテンポのまま走りきったような印象があります。その思い切りの良さに敬意を評して、今回もRP賞・・・受け取ってくださいっ


MDP
ワンコ大先生(今日の問題児)
ある意味今日の村を席巻したシモネタ大王。
なんというか・・・いっそ清々しさを覚えますね。
惜しむらくは、無修正すぎた。そこを修正してもっとテンポよくいけば胸を張ってネタの1ジャンルになれるでしょう(ぁ)
ある意味おめでとう」
音無小鳥 「ま、皆有り難うね♪
次は村を勝利に導くわよー!」
神崎蘭子 「正直吊られる日小鳥様に白だそうかベジータ様を囲うか悩みましたわ…」
水瀬伊織 「あとはまあ、ワンコと内村を比べてワンコを吊ったわけだし
ことごとく外したってことよね、力不足だったわ」
高槻やよい 「私の予定だとワンコ先生吊って小鳥さん吊って最終日のはずだったからねーw」
オメガ11 「では私も撤退だな
お疲れ様だったぞ」
ベジータP 「はーははははは! この俺様がMVPなのは当然だな。
頼りになる仲間もいたしな! ありがたく受け取っておこう!」
音無小鳥 「ふ、私の最後の抵抗って奴ね!>やよいちゃん」
神崎蘭子 「ベジータ様MVPおめでとうございますわ」
高槻やよい 「お疲れ様でした。
というか、小鳥さん……あの、5日目の発言は全視点でダメだと思います。」
音無小鳥 「覚えてなさいよー!そこのサイヤ人!次は吊るからねー!」
高槻やよい 「ちがった、5日目でした>小鳥さん」
音無小鳥 「えーと、どれかしら後学のために聞かせてちょうだい」
高槻やよい 「あ、ぅ……6日目だった……」
萩原雪歩 「小鳥さんもいつも頑張ってますよね
私も共有二連敗・・・次こそはー!

それでは受賞おめでとうございました、おつかれさまでした!」
音無小鳥 「有り難うね!お疲れさま!>雪歩ちゃん」
萩原雪歩 「あと、余裕あればやよいおりちゃん達とも
もっと仲良くしたかったけど、その余裕はもう無かったね・・・///
RPも推理も序盤からアクセル上げていかなきゃ・・・!」
音無小鳥 「◇音無小鳥(35)  「うーん・・・
狐噛みを恐れて真目占いの○噛み?いやそれなら共有いくわよねぇ
狩人探しの噛みで、狐が灰に居るように見せかける動きなのかしら?」
◇音無小鳥(15)  「んで、わたしさんの○噛みと・・・
伊織ちゃんはこれで村確定でいいわねぇ、でも確かになんで共有噛みじゃないのかしら?
狩人生存を恐れた?」

ええと・・・ここらかしら?」
高槻やよい 「狼目線で、しかも○噛みの話しかしてなかったところですねー。
結局、あそこで本気で狼だと思いましたし。」
音無小鳥 「ふーむ、なるほどああいう発言だと狼目に見られちゃうのね」
高槻やよい 「だって村視点じゃないですもん。
村人視点で考えるなら、共有も○も単なる村であって、○なら狩人もあるかもね、くらいです。」
音無小鳥 「あれねー○○ならここ噛むだろー見たいな予想がまだ出来なくて
噛まれた人から、狼は何故そこ噛んだかーって予想になっちゃったのよねぇ」
音無小鳥 「ふむふむ、成る程ねぇ
んーあそこで何について発言すれば良かったのかしらねぇ」
高槻やよい 「というかまぁ、今回の村の場合……最終日が灰灰灰○がほぼ確定だったので……」
音無小鳥 「そこでグレスケとかそこらかしら!?>やよいちゃん」
高槻やよい 「共有じゃなくて○噛みな事が気になったなら、そこが誰に誘導してたかなんかじゃないでしょうか。」
ベジータP 「俺もその発言見るまでは狐あるならやよい>小鳥だったからな。
あの発言見て尻尾が見えたと思ったぜ>小鳥・やよい」
高槻やよい 「わりと皆発言数が落ちてる日ではあるんですが……んー、そうだなぁ。
私やベジータPはそうですね、怪しんでる場所あげてたりします。」
音無小鳥 「ふむふむ
でも今回は、冬馬君に誘導してる人は特に居なかったから、この線もないか
じゃあ冬馬君を噛みそうなのは誰か?みたいな感じかしらね?」
高槻やよい 「っていうか自分が狐じゃなくても私は蘭子さん最終日提案かなぁ。
どっちにしてもそこまでに狼狐吊れなきゃ負けだから。」
高槻やよい 「そうですね、それなら良かったんじゃないかって思います!」
音無小鳥 「なるほどねー!まだまだ修行が足りないわね!
はい!そこのサイヤ人!ポイポイカプセルで人狼の修行が出来るを出しなさい!」
高槻やよい 「逆にまぁ、私が狼でも共有2と冬馬さん抜いてたでしょうし、後は順番の問題だけかなーとか。」
内村P 「ログ見終わったよ。みんな一緒に遊んでくれてありがとね。」
音無小鳥 「一応、ワンコ大先生以外は狼は見えてるのよねぇ・・・
後はやっぱり狐狩センサーが欲しいわねぇ」
ベジータP 「ちっ、ブルマに作らせておこう。
人狼仲間が強くなるのは俺も歓迎するところだからな」
音無小鳥 「ま、他にも色々あるだろうけどね♪
色々有り難う、やよいちゃん!」
高槻やよい 「狐をやって絶望村になったら私の勝ちですからっ……!」
ベジータP 「狩人候補が真・やよいだったから今日は比較的見えていた日だな。
最後危なかったがw」
高槻やよい 「逆に言うと残したくないとこはガンガン落としてたんで
小鳥さんくらいしか残ってなかったんだけどね」
音無小鳥 「あら?それは色々な意味で発言が良かった・・・って
+に解釈していいのかしら?w>やよいちゃん」
音無小鳥 「あれで私が吊れてたら、狐勝ちだったのよねぇ>ベジータP」
高槻やよい 「ちなみに伊織ちゃん狼の可能性までは考えてました。
最終日言ったらそれだけで私が死ぬから言わなかったけど。」
ベジータP 「伊織には感謝、だな
デコキャラ同士の絆のおかげだ」
高槻やよい 「あんなにはっちゃける人外はいない、っていうのが基本ですからね。
まぁ、ベジータP―小鳥さんで比べると明らかに小鳥さんの方が人外っぽかったんだけども。」
音無小鳥 「なかなか村ムーブは難しいわねぇ
ま、追々頑張るわ!>やよいちゃん」
音無小鳥 「それに・・・あたしははっちゃけるのが好きだからね!どんとこいよ!」
ベジータP 「はっちゃけ系が生き残ると吊りづらくなるな。
そういう意味では春香が吊れてくれて助かったぜw」
高槻やよい 「それは私も思ったねー……だからベジータP―春香さんランになりそうな時に
一生懸命春香さん落とそうとしてたわけだしw」
音無小鳥 「とりあえず怪しむ先を考えつつ、はっちゃける!
最終的には一日20発言ね!頑張るわよー!ついでに勝ちも目指すわ!」
高槻やよい 「まぁ、私の視点だけで言うとベジータPより内村Pの方が落としにくかったりもして。
生存欲が見えないとこが生き残ると厳しいねw」
ベジータP 「生存欲の人外が生き残ってしまうと終盤吊りづらいのはあるなw」
ベジータP 「生存欲の低い人外、だw」
音無小鳥 「ま、そこであたしは票から攻めた感じね
あたしと同じで真君投票、でもその投票には何を見たのか?って感じね
あたしは真君について一応理由付けたけど
真君投票についての理由をぼやかしたのが怪しく思った理由かしらね>内村Pについて」
高槻やよい 「初日の投票なんて深い理由がない事が多いからなぁ、私……w」
音無小鳥 「何日目かは忘れたけど、蘭子ちゃんから○貰った日に
噛まれないなら吊りたいと明言してた気がしたわねー」
音無小鳥 「んー、まぁ真君が速攻で噛まれたからって感じかしらね?
後は得票2って事は、寡黙でもないし発言が薄い訳でもないからねぇ
そこら辺で、じゃあ何を見ての投票なのか?って感じかしら>やよいちゃん」
高槻やよい 「役目狙いだからねー、真さん投票は。
共有まで潜伏してるとこだから、ぶっちゃけ吊りにくい。」
音無小鳥 「まぁ素直に狩人と見ての投票でしたとは言えないわよねぇ・・・w>やよいちゃん」
高槻やよい 「っていうか、私が狐だといつも狼に殺されるんだよね。
銃殺より全然多い気がするw」
高槻やよい 「え、真さんは噛まれてなければ人外だからおかしくはないよ。
噛まれてるからああ、多分狩人なんだろうなーってくらいで。」
高槻やよい 「それだけ役目が強くて、まぁなんでもありそうに見えるかな、って位置。」
音無小鳥 「狐は正直経験が薄いから、なんとも言えないわねー
やっぱり、最後の私の誘導で、格好の吊り先を見つけた人外って感じに
なったわねぇ・・・」
高槻やよい 「いやあの、それは小鳥さんの視点だからだよ……
私やベジータPの視点だと実質2択だから。
ついでに私がベジータPを人外視してないのは最終日より前に言ってたしね」
音無小鳥 「ふむふむ、とりあえず注視しておいて・・・
でもどちらかというと、狼ではないって感じを受けると
うーむ、発言からの役持ちを拾うのはまだまだねぇ」
高槻やよい 「人外視してないわけじゃないか。狐はあっても狼のない位置。
で、蘭子さん先に吊った以上吊る位置じゃない、と。」
水瀬伊織 「私はワンコ吊れた時点で、やよいと小鳥吊るつもりでいたのよねえ
狼2人を村で見てたんだから、どうにもならないわよね。そりゃ生き残らされるわよ」
音無小鳥 「まだ中々全体的に見れてないわよねぇ・・・
いや見てはいるんだけど・・・うーん言葉にすると難しいわね」
高槻やよい 「まあほら、私ってば絶望村を演出してから吊られる狐だし!」
水瀬伊織 「で、最終的に小鳥とやよいのどっちが村っぽくないかって考えて
やよいに入れたのよねえ・・・んー、むずかしいわね」
音無小鳥 「ま、やっぱりここが怪しいってのを相手が納得するまで
どんどん言わないと駄目ね!まだまだだと思うわ!>伊織ちゃん」
ベジータP 「最初はレン噛む予定だったが、伊織がやよい-小鳥吊りたがってたのを見て
利用させてもらったぜ」
水瀬伊織 「絶望村で引き分けられないなら、狐に勝たせないといけないんだけどね
ごめんね、やよい」
高槻やよい 「客観的に見るとどっちも微妙だね、というのはあると思う。」
水瀬伊織 「まあベジータ吊るつもりはまったくなかったしね>ベジータ」
高槻やよい 「まあ、私が村で伊織ちゃん生き残ってたら全力でベジータP誘導なんだけどね。」
音無小鳥 「難しいわねぇ、本当に」
ベジータP 「灰4の日のグレランがポイントだったな。
灰に村村狼狐で狼吊れかけてたし」
高槻やよい 「投票するかは置いといて、誘導全くしないってのはなかったと思う。」
水瀬伊織 「ワンコのとこグレランだったらやよいに入れてたかなあ
だとしても、やっぱり狼が勝つのよねえ・・・」
音無小鳥 「ああ、春香ちゃんを吊った日ねー
初回春香ちゃん投票だったけど、ベジータPと並んでるを見て
票を変えたわねー、どっちかていうと人外目は
春香ちゃん<ベジータPだったからね」
水瀬伊織 「まあベジータが上手かったってことね、結局」
高槻やよい 「あとごめん、私からは最終日のマシンガントークが余計狼に見えた>小鳥さん」
ベジータP 「薄氷の勝利だったがな。
仲間二人もかなり頑張ってくれてたしな。狂人は知らんw」
音無小鳥 「まぁ村だったし、久々の最終日だったからねぇ
吊られる訳にもいかないし、頑張らざるを得ないからね
そこら辺は感性の違いかしら?>やよいちゃん」
高槻やよい 「本来で言うならまぁ、こう、最終日前には村アピ終えて悠々としてるくらいが正しいからねー。
そういう位置になっちゃうと銃殺されるから狐はめんどくさいんだけどもw」
水瀬伊織 「ここまでを総合的に判断して悩んだ末にやよいに入れたわけだしね、最終日の私は」
ベジータP 「小鳥は殴りやすい失言を人外×2に目をつけられてそのまま押されてしまった感じだな」
高槻やよい 「結果的にはそういう事だね。
まぁ、真面目にLWだと思ってたわけだけどw
社長or春香さん―蘭子さん―小鳥さん、もあるんじゃないかな、とか。」
音無小鳥 「ま、そこは経験が足りないという面もあるかしらね?
ま、まだまだ色々頑張ってみたい時期だからね、発言にも熱が入るわね!
これが狼だとまだまだ萎縮するけどね!>やよいちゃん」
高槻やよい 「村でも狐でも狼でもそうだけど、もうちょっと肩の力抜けば良いんじゃないかなw
その方が村っぽく見えると思うよ、後半の話だけどw」
音無小鳥 「んーそうかしらね?まだ力の抜き方が解ってないのかしら?」
高槻やよい 「前半良かったのに後半一気に人外に見えてきてどうしよう、って位置だったから。」
水瀬伊織 「私も小鳥と一緒で、狼のときはさっぱりだしね」
ベジータP 「力を抜いたら抜いたで、終盤なのに全然危機感がないのは人外だって言われることもあるがなw」
高槻やよい 「それは抜きすぎじゃないかなw
まぁそれは私もあるけどw」
音無小鳥 「色々難しいわよねぇ、そこは十人十色だわね!>皆」
水瀬伊織 「それじゃ、私はそろそろ帰るわね
心配してくれてありがとね、やよい」
高槻やよい 「中身見て納得したから大丈夫だよーw
お疲れ様、また遊ぼうねー」
音無小鳥 「    .'´7'´`´ヽ
    ! 〈(从从リ|
    ヽ¶_゚ ヮ゚ノ、i
      /)卯i、.
     く/_j_jゞ
       し'ノ
じゃあ私もそろそろ落ちます!有り難うね!>皆」
水瀬伊織 「中盤を乗り越えると吊れない位置に入る不思議なプレイヤーなのよね、あんたは>ベジータ」
高槻やよい 「私はわりと、吊れそうで吊れない位置を漂って最後に吊られるプレイヤー。」
ベジータP 「おつかれだ、また会える日を楽しみにしているぞ!」
高槻やよい 「っていうか、強い人外ってそういう人が多いと思うよ>中盤超えると吊れない」
水瀬伊織 「どっちかというと私もそっちね
最後まで残された挙句、私が最後に吊られて負けるパターンが多すぎるわ>やよい」
ベジータP 「信頼と安心のぴぐゾーンw」
高槻やよい 「まぁ、だから狐向きって説もあるんだろうけど。
白すぎても黒すぎてもダメだからねー」
水瀬伊織 「さすがに終わるまで中身は見えなかったけどね
でも、上手かったわ>ベジータ」
高槻やよい 「まぁだって、ベジータPに最終日付近で突っ込み入れる要素もないし。
その分発言数少ないから、人外なら早めに落としておかないといけない位置なんだよね。」
水瀬伊織 「私は狩人で噛まれる心配をあんまりしなくていいってのはあるわね」
高槻やよい 「ぶっちゃけ吊り逃れした時点でCOの有無は聞いて良かったかな、とか。
そのくらいじゃないかなぁ。」