←戻る
【劇場103】劇場公演 土曜の部村 [119番地]
~サッカー日本代表、おめでとうなの村~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 菊池真
(生存中)
icon 芭蕉
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 双葉杏
(生存中)
icon 我那覇響
(生存中)
icon 道明寺歌鈴
(生存中)
icon 木村夏樹
(生存中)
icon ガルーダ1
(生存中)
icon リリーホワイト
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 諸星きらり
(生存中)
icon 一方通行
(生存中)
icon ルーミア
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon ぺとろん
(生存中)
村作成:2012/08/04 (Sat) 22:00:28
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/」
GM 「【ルールを知りたい方へ】
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
(左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「【貴音鯖特有の注意事項】

1―狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定メッセージは出ません。

2―夜の共有の「ひそひそ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません。

3―遺言は前日にしか書けないので、温めているネタは今のうちに仕込んで下さいね。

4―夜の超過時間後でも、「共有」は相談できるようになりました!
(人狼は自動で独り言に切り替わるので相談できません)

(特記事項)

1―夜が明けてから15秒の間、発言が行えません。
(オプション:早朝待機制がオンの村のみ。今回もオンにしてます。)」
GM 「22時30分まで待ちで!参加をお待ちしてます!」
GM 「(まさかニュース速報のテロップが出るとは)」
仮名 さんが入場しました
仮名 「よろしく~」
GM 「いらっしゃいませ、かめいさん。」
GM 「ごゆっくりどうぞ!」
かり さんが入場しました
かり 「こんばんは」
星井美希 さんが入場しました
星井美希 「あ、よろしくね」
GM 「いらっしゃいませ、かりさん、美希ちゃん! しばらくお待ちくださいね?」
双葉杏 さんが入場しました
双葉杏 「よろしく~」
GM 「杏ちゃんもいらっしゃいませ!働いてね。」
双葉杏 「何言ってんのも~今日の杏は超働くよ~?>GM」
GM 「な、なにがあったというのだ(がたがた>杏ちゃん」
我那覇響 さんが入場しました
我那覇響 「みんな、よろしくな!」
道明寺歌鈴 さんが入場しました
道明寺歌鈴 「よろしくです!」
我那覇響 「ちょろちょろって集まってきたって感じだな。
自分もきたことだし入村が加速する!多分!」
GM 「響ちゃんに、歌鈴ちゃんもいらっしゃいませ。
加速するとあれですよね!GMとかが嬉しいですよね(ちら」
双葉杏 「今日は頑張る…といっても宣伝は頑張れない
ごめんね」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 水谷絵理
アイコン:No. 6 (水色) → No. 26 (水谷絵理)」
かりりん さんが入場しました
水谷絵理 「加速装置を手に入れた?」
かりりん 「どうも」
道明寺歌鈴 「えっ、杏ちゃんが頑張る・・・・の?」
双葉杏 「…えっ?>歌鈴」
水谷絵理 「杏ちゃんが頑張るなら、私がゆっくりできる?」
道明寺歌鈴 「・・・・・えっ?>杏ちゃん」
我那覇響 「自分、常にフルスロットルだぞ!>絵理」
GM 「かりりんさん、いらっしゃいませー!」
水谷絵理 「操縦竿を握り締めちゃう?>響さん」
我那覇響 「そう、操縦・・・サオ?
棒じゃなくてサオなのか?なにか深い意味でもあるのか・・・?>絵理」
道明寺歌鈴 「操縦・・・・・・竿?>絵理ちゃん」
オメガ11 さんが入場しました
オメガ11 「オメガ11、インゲージ」
双葉杏 「はっはっは絵理は相変わらずだな、ちなみに絵理も頑張るだぞ?」
オメガ11 「こんばんはだ
操縦の話なら任せてもらおうか!」
道明寺歌鈴 「ひゃ!物々しい軍隊のお方が!?」
水谷絵理 「竿を握ると気持ちいい?」
GM 「オメガ11さん、いらっしゃいませ!」
双葉杏 「おぉ!?空軍か?カッコいいな!」
オメガ11 「操縦桿だ操縦桿
竿ではないぞ>水谷」
GM 「そろそろRPでも、何にしましょ」
我那覇響 「けどあれだな!サオだと操作しにくそうだな!」
水谷絵理 「働いたら負け?>杏ちゃん」
我那覇響 「き、気持ちいいのか!?
素早く動けたりするってことかな>絵理」
道明寺歌鈴 「長そうだもんねー>響ちゃん」
水谷絵理 「棹と桿、似てるよね?」
水谷絵理 「握れば握るほど素早くなる?>響さん」
オメガ11 「漢字は…な」
我那覇響 「長そうだもんなぁ>カリン」
我那覇響 「ふーん・・・ヒートアップしたりとか?>絵理」
オメガ11 「今日は意外と少ないようだな
もっといるもんかと思ったが」
水谷絵理 「長い棹、短い棹、みんなちがって、みんないい」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 菊池真
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 545 (菊地真05)」
菊池真 「なんとなく、ボクでいくよ!」
オメガ11 「そういえばエスコン6とAHには痛戦闘機なるものがあってだな…」
双葉杏 「これから増えるんだよ!きっとな!>オメガ」
星井美希 「あ、真クンがGMさんだったんだね」
道明寺歌鈴 「開始直後が山、ですよ!>オメガさん」
リリーホワイト さんが入場しました
菊池真 「22時30分だね! もう少しまつけど、いいかな! とりあえず45分の人数で開始で行こうと思う!」
仮名 「受付時間は延長するんですか?」
リリーホワイト 「お助けに来ましたですよー♪」
仮名 「っと、失礼」
道明寺歌鈴 「直前です!直前!
間違えちゃった・・・・・」
菊池真 「リリーちゃんいらっしゃい!よろしくね」
かりりん 「はいはい。いいですよ」
水谷絵理 「選手交代しようかな」
我那覇響 「自分いたっけ・・・>オメガ11」
オメガ11 「こんばんはだ
開始時刻了解」
萩原雪歩 さんが入場しました
リリーホワイト 「りょーかいですー♪」
我那覇響 「おっ、真がGMか!
でも頑張って噛まれる仕事なんだよね・・うーん・・・」
萩原雪歩 「こんばんは、よろしくおねがいします」
水谷絵理 「水谷絵理 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:水谷絵理 → 高槻やよい
アイコン:No. 26 (水谷絵理) → No. 48 (高槻やよい02)」
我那覇響 「ん、雪歩もよろしく!」
オメガ11 「こんばんはだぞ」
高槻やよい 「絵理さんがやる気なさそうだったので交代してもらいました!」
萩原雪歩 「真ちゃんの村でむらむらしますぅ」
オメガ11 「ば、ばけただと・・・」
菊池真 「雪歩、いらっしゃい!歓迎するよ!」
オメガ11 「あ、交代か」
水瀬伊織 さんが入場しました
水瀬伊織 「こんばんは。」
リリーホワイト 「なぁに、アイドルの世界も常識に囚われなければいいだけの事ですよー♪
私の台詞じゃありませんがー♪>オメガさん」
菊池真 「へへっ、ボクはそう簡単には噛まれないよ!(フラグ>響」
双葉杏 「絵理の代わりに弥生か!まあやよいのほうが頑張りそうだな!はっはっは」
菊池真 「ちょっ!? 雪歩、どうしちゃったんだい…?」
萩原雪歩 「今日の狼さんは真ちゃんを美味しくいただけちゃうんだね。
うらやましいです」
高槻やよい 「うん、がんばるよ
杏ちゃんもがんばろうね」
菊池真 「伊織もいらっしゃい!加速してきたね 嬉しい限りだよ!」
オメガ11 「高槻やよい:Mirage2000-5
星井美希:Su-33
我那覇響:AV-8B
萩原雪歩:F-117
水瀬伊織:Rafale M」
高槻やよい 「雪歩さんも伊織ちゃんもいらっしゃい」
オメガ11 「まあこの村に来ている方々ではざっとこんなもんだ」
我那覇響 「う・・・なんだか頭痛が・・・!!」
オメガ11 「来た人はこんばんはだぞ」
諸星きらり さんが入場しました
萩原雪歩 「あう、これは……そう、真ちゃんの村だから村人になって頑張りたいって意味です」
諸星きらり 「にゃっほーい☆きらりだよー!よろしくにぃー☆」
双葉杏 「おぉう…きらりか…」
高槻やよい 「雪歩さんが真さんを食べちゃうんですか?」
オメガ11 「こんばんはだ
で、でかい…」
菊池真 「そういう意味には聞こえなかったんだけど… なんかそういう時期なのかな(発情期的な>雪歩」
一方通行 さんが入場しました
諸星きらり 「杏ちゃんにゃっほー☆はぴはぴしてるぅー?>杏ちゃん」
仮 さんが入場しました
菊池真 「きらり、いらっしゃい! 元気そうでなによりだよ。」
かりー さんが入場しました
kariiii さんが入場しました
一方通行 「ったくよォ、ンで俺まで出しゃばらなきゃァなンねェンだよ」
リリーホワイト 「ふあぁ…」
仮名 「アイドルがティーンエイジャーしかいない件…」
オメガ11 「あ、菊池真:Typhoon
が抜けていた」
我那覇響 「収めるぞ・・・自分収めないと・・・!!」
双葉杏 「あ…あぁ、ハピハピはどうだか知らんがやる気は十分だぞ>きらり」
「こんばんは、よろしくお願いします」
菊池真 「一方通行さん、仮さんもいらっしゃい! 埋まりそうだね!埋まるよね!」
萩原雪歩 「夏の暑さで身体が火照っちゃいますぅ」
リリーホワイト 「埋まりましたねー
皆さんよろしくお願いしますー」
オメガ11 「まあ、この村で戦闘機のこと分かる人なんていないと思うがな!ハハハ・・・」
諸星きらり 「にゃはは☆真先輩ちゃんも元気そーでなによりだよー☆」
道明寺歌鈴 「わわっ!ちょっと席外してたら埋まってます!」
我那覇響 「おおー、埋まったぞ!
自分のおかげだな(キリリ」
菊池真 「おっと、埋まった! やりぃ! 満員御礼感謝だよ!」
オメガ11 「こんばんはだ」
菊池真 「やよいも何言ってるの!?」
我那覇響 「ふ・・・エスコンはPSPのやつしかやったことないんだぞ・・・>オメガ11」
諸星きらり 「おー!杏ちゃんがやる気なんてめっずらしー☆
今日はいいことおこりそうだね☆」
kariiii 「kariiii さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kariiii → ぺとろん
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 877 (ペトロ)」
菊池真 「あぁ、暑いからだよね… そうだよね、うん…>雪歩」
ぺとろん 「よろしくっす」
高槻やよい 「雪歩さん、風邪ですか?」
我那覇響 「そうか・・・実は自分も真、いろんな意味で食べたいと思っていて・・・・だな」
オメガ11 「oh...>我那覇響」
菊池真 「それでは アイコン準備や遺言セット次第準備完了ボタンをお願いしするよ!
遺言は開始したらセットできないから気をつけてね!」
かりりん 「おっと、うまったか。」
かりりん 「それじゃ、変更っと。」
萩原雪歩 「はふぅ、私の身体はもう準備万全ですぅ(ゲーム開始的な意味で)」
高槻やよい 「せっかくなら美味しく食べるほうがいいかなーって>真さん」
双葉杏 「残念、戦闘機より銃火器だな>オメガ」
諸星きらり 「準備かんりょー☆にゃは☆>真先輩ちゃん」
萩原雪歩 「響ちゃん! やよいちゃん!
真ちゃんは簡単に渡さないよ!
でも……狼になったら一緒に真ちゃんをモグモグペロペロするのもいいかも」
オメガ11 「重火器でも十分凄いと思うよ」
仮名 「仮名 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮名 → 芭蕉
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 384 (芭蕉)」
菊池真 「ひ、響もどうしたのさ!? そんなカミングアウトびっくりだよ!」
我那覇響 「よーし・・こうなったらどれだけ真を美味しく頂けるかどうか・・・だな!>やよい」
諸星きらり 「あれあれー?よくわかんないけど喧嘩しちゃってうー?
喧嘩はだーめだぞ☆>雪歩先輩ちゃん&響先輩ちゃん&やよいちゃん」
オメガ11 「AWACS<<雪歩-響-やよい
狼フラグの成立を確認>>」
かりりん 「かりりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりん → 木村夏樹
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 978 (木村夏樹)」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 天海春香
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 744 (アニマス・天海春香02)」
高槻やよい 「ケチャップとマヨネーズ、どっちがいいですか?>雪歩さん、響さん」
菊池真 「まぁ不味いよりは美味しい方がよいのかもしれない…って何か違うよ!?>やよい」
双葉杏 「ま~FPSやってるからさ~>オメガ」
我那覇響 「実はずっと燻っていてさ・・・>真」
オメガ11 「成程な」
天海春香 「メインヒロインは遅れてやってくる!!
よろしくね!」
菊池真 「…希望制の村じゃなくて本当によかったよ!>雪歩」
芭蕉 「やせ我慢 負けるな一茶 ここにあり」
萩原雪歩 「最初は何もつけずに食べるのがいいと思うな」
星井美希 「ひさびさにアイドルがすっごく多い感じだね?」
我那覇響 「お、春香も来たんだね!
よろしくだぞ!」
諸星きらり 「いじぇーくと☆>オメガ11」
菊池真 「なんかすごいのいるー!?>芭蕉」
木村夏樹 「オッケイ、それじゃ、アツくいこうじゃないの!
よろしくなっ」
天海春香 「村の雰囲気がなんだか夏休みだね!
色々な意味で!

真がモテモテだね!」
双葉杏 「あっれ~気づいたら夏樹がいるよろ~」
高槻やよい 「なにもつけずに、ですか・・・
最初はそのほうがいいかもですね!>雪歩さん」
菊池真 「本当に食的な意味なの!?勘違いしちゃったよ!でもそれもダメ!>やよい」
芭蕉 「この村は お子様ばかり 犯罪だ」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → ルーミア
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 198 (ルーミア)」
オメガ11 「◇諸星きらり 「いじぇーくと☆>オメガ11」
オメガ11ヽ(0w0)ノイジェークト」
菊池真 「世間は夏休みだからね!…ボクにはないけど(遠い目>春香」
高槻やよい 「伊織ちゃんだったらオレンジマーマレードがいいかなあ」
オメガ11 「オメガ11 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:オメガ11 → ガルーダ1」
萩原雪歩 「ワカメ酒……げふんげふん
ちょっとしたアクセントでお酒もいいかもね>やよいちゃん」
諸星きらり 「ウェーイ☆>オメガ11」
菊池真 「そうだね、こういうノリもやっぱりいいよね>美希」
高槻やよい 「でも、食べられちゃうんですよね>真さん」
芭蕉 「夏休み ニートはいつも 春休み」
一方通行 「ガキが何人集まろうが、俺がメインヒロインだってのは変わりゃしねェンだよ」
星井美希 「……この村はなんていうか、芭蕉さんが上手くやれるかが肝になりそうなの。」
菊池真 「よし、準備OKだね!じゃあ、芭蕉さんはじめてくださいな!」
諸星きらり 「にょわー☆本当にイジェクトしちったー☆
にゃはは☆オメガ11イジェークト☆」
高槻やよい 「ダメですよ、雪歩さん
お酒はハタチになってからです!
火にかけてアルコールを飛ばしてからじゃないと」
ガルーダ1 「エメリア空軍東部防空軍第8航空団第28飛行隊通称ガルーダ隊の1番機パイロットのタリズマンだ
宜しくね」
芭蕉 「満員だ 許可をもらって カウントだ」
我那覇響 「!?
自分はそれに対して何を言えばいいんだ!?>一方通行」
一方通行 「ンじゃ始めようぜ、愉快に無様に踊ってみせろよ」
菊池真 「悔しい!でも食べられちゃう(運命)>やよい」
天海春香 「うわぁ、真は夏休み無いんだ・・・(ほろり)

・・・うん、これだけのお相手がいたら、そうだよね///(違)」
ガルーダ1 「オメガ11がイジェクトしたので代理で来たよ」
諸星きらり 「にゅにゅー!ダメダメメインヒロインはきらりで決まりなの!
きらりん☆>一方さん」
高槻やよい 「ヒーローじゃないんですか?>一方通行さん」
菊池真 「詠んでる!?>芭蕉」
木村夏樹 「うーっし、用意完了、気合十分、焼肉定食、アッツいアッツいライブみせてやろうじゃん!」
我那覇響 「よし、狼こい!いろんな意味で!!」
リリーホワイト 「よーし、いきますよー。」
萩原雪歩 「真ちゃんをトばしちゃう!?
やよいちゃん積極的だね……(ドキドキ)」
天海春香 「おっとっと、響もよろしくー!

うん。準備OK!」
星井美希 「み、ミキも狼が良いの!
真クンは誰にも渡さないのっ!」
道明寺歌鈴 「(今日こそドジらず、がんばろう!」
木村夏樹 「ロックにいくぜ?
みんな、ついてきなっ!」
ガルーダ1 「君たちのことはエスコン6で共演したからね
くれぐれもお手柔らかに頼むよ」
一方通行 「…悪ィこと言わねェからババァは黙ってろよ、な?」
菊池真 「そうそうそう、人気者は困るよねー、へへっ…って違うよ!?そうだったらどんなにいいことか…!>春香」
我那覇響 「やよい・・・大人だな・・・(赤面)>やよい」
天海春香 「芭蕉さん上手いなぁ・・・

メインヒロインの座は渡しませんよ!?>一方通行さん」
高槻やよい 「真さんの、もやし祭りが始まります!」
諸星きらり 「おー☆>夏樹」
菊池真 「何をいってるの、何を!?>雪歩」
芭蕉 「5リラさえ 相手いるのに 嫁は無し」
萩原雪歩 「ナニもイってないよ、真ちゃん(にっこり)」
菊池真 「どういうことなの…>やよい
なぜ赤くなるし!>響」
芭蕉 「4ろしくと 挨拶したら 無視をされ」
木村夏樹 「おっ、きらりノってんじゃん?
そんじゃノリノリでいくぜー?」
芭蕉 「3ないでと 言われて見ない 男なし」
我那覇響 「バ、ババアって誰がだ?
・・・ルーミアとリリーか!?>一方通行」
菊池真 「詠むの遅いよ!wもうはじめてもいいのですよ!>芭蕉さん」
芭蕉 「開始」
諸星きらり 「きらりん☆」
ゲーム開始:2012/08/04 (Sat) 22:49:13
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
萩原雪歩 「!!」
芭蕉 「人狼に なってしまった 変えてくれ」
萩原雪歩 「あおおおおん!!」
萩原雪歩 「ゆきぽっぽ大勝利ですぅ」
水瀬伊織 「よろしくお願いね。
久々の村なのに、狼なのね。」
芭蕉 「諸人よ よろしく頼む 狼だ」
「◆菊池真 それでは各陣営頑張って下さいね! 今回の村はぷかぷか◇uC9yX8lIHU がお送りしております。」
萩原雪歩 「騙りはどうします?」
萩原雪歩 「初日噛みに行ける的な意味で私が占いイきましょうか」
水瀬伊織 「どうしましょうねー…」
水瀬伊織 「では、お願いね。」
萩原雪歩 「真ちゃん……はぁはぁ」
芭蕉 「わたくしは 騙りが苦手 トラウマだ」
萩原雪歩 「了解ですぅ」
萩原雪歩 「噛みは2:00でいくね」
「◆菊池真 だ、だめだよ!>該当者」
水瀬伊織 「わかったわ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆菊池真 いろいろおかしい…!>下界
こんな村にいてられるか!ボクはこの村を出るよっ!」
菊池真 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
菊池真さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ぺとろん 「占いCOっす 天海春香さん●
一方通行 「くっだらねェ朝なンざ俺の世界にゃ必要ねェンだよ」
高槻やよい 「うっうー!おはようございます!」
水瀬伊織 「おはよう~。」
ルーミア 「おはようなのかー」
芭蕉 「挨拶は ウルトラソウルと 決まってる」
星井美希 「真クンが初日でいなくなっちゃうのは悲しい定めなの。
けど、ミキ負けないよ?
真クンのために狼さんを滅ぼすの!」
リリーホワイト 「では、よろしくお願いしますですよー♪
COをお願いしますね。」
我那覇響 「おはようだぞ!
さあさっさとCOさー!」
諸星きらり 「にゃっほーい! きらりだよ☆
あれあれ? お仕事でお疲れなのかなぁ?
きらりんのきゅんきゅんぱわーで心も体もスッキリさせちゃうよ!
せーの、きらりん☆」
双葉杏 「見事なフラグだったな真…
とりあえずCOを聞こうか!」
道明寺歌鈴 「おはようございましゅい!
今日も一日頑張りましょう!」
ガルーダ1 「おはよう
占い師のCOはあるかな?」
天海春香 「春香さんのメイン占い師CO! 一方通行さん○●!」
木村夏樹 「おっはようさん!
気分爽快、気力充実、朝がキターーーーーッ!
占いさん、CO、よろしくな!」
芭蕉 「占い師 黒丸ならば はやく出ろ」
萩原雪歩 「おはようございますぅ」
ぺとろん 「いやー俺っちの大好きなアイドルの春香さんがいるっすね
そこを占わないとかマジ考えれないっす
普通。いかにも普通な所。そしてなんといっても魅力的なりぼん
いや、素晴らしい。いかにも平成のアイドルって感じっすね
ちなみに春香さんの「胡麻和え」って曲はいいっすね
え?そんな曲ない?またまた冗談きついっすよ
是非聞いてみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=gy3lTF8DUjM」
リリーホワイト 「黒はいりましたー!!」
天海春香 「春香さんのメイン占い師CO! 一方通行さん○!」
ルーミア 「役職はお仕事お願いしておくのかー」
一方通行 「おーおー、いいねェ」
我那覇響 「伏せだぞー!!!」
道明寺歌鈴 「伏せましょう!危ない!」
諸星きらり 「それじゃーしーおーある人はよろしくにぇー☆
って●出てるー!?」
星井美希 「●とCCOっぽくなる占い1だねー。」
木村夏樹 「って朝一●出しの、あれ、天海さんも占いなんだ。」
ぺとろん 「春香さん、カウンターCOとか、マジぱないっす」
天海春香 「理由:メインヒロインが自分とか言ってたので怪しいかと!
その座は渡しませんよ!というかそもそも男性じゃないですか!?
よーし真のメインヒロイン春香さんが正体をはっきりさせちゃうぞー!」
一方通行 「やっぱよォ、派手にやってくンねェとなァ」
高槻やよい 「「菊池真さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに…… 」
おいしくなかったんですか?醤油マヨネーズは合わなかったんでしょうか?」
双葉杏 「いきなり黒だが向こうも占いCOだ!」
芭蕉 「占い師 大声でCO 頼むぞよ」
星井美希 「じゃあ普通に霊能さんも出ると良いんじゃないかな。」
ルーミア 「●でてるけど占いででてるねー
で、占いはおふたりなのかー」
ガルーダ1 「早速●か
でも●出された先が占いだね」
道明寺歌鈴 「わ、わぁ?」
萩原雪歩 「真ちゃん……こんな姿になっちゃって……ペロペロ」
リリーホワイト 「んん、占いCOがありましたね。
他のCOはありますでしょーかー」
我那覇響 「共有者COするぞ!」
ぺとろん 「ここで、春香さん吊って、俺護衛してみませんか?」
天海春香 「ば、馬鹿なっ!
このメインヒロインに●だと・・・!?」
水瀬伊織 「あら、●の春香が占いカウンターね。
ちょっと遅いかしら?」
一方通行 「ンだコラ、決め打ちしちまうぞ」
木村夏樹 「で、他の占いいないっと。
んー案外霊能でないってのも、ロックな気がするなこれ。
どうだろ?」
ルーミア 「じゃ、霊能と共有はお仕事たのむのかー」
高槻やよい 「春香さんに●で、春香さんがあわてて出てきたっぽく見えちゃいますね」
芭蕉 「霊能は 雑巾みたいな 扱いだ」
双葉杏 「共有CO相方は響であってる!」
萩原雪歩 「春香ちゃん!? 春香ちゃんが真ちゃんを美味しくいただいちゃったの!?」
我那覇響 「相方出ていいぞ!」
ルーミア 「響がきょうゆうねー
相方とかいきてるのかー?」
ガルーダ1 「霊能は出るかどうかは任せるよ」
諸星きらり 「あれあれ?春香さんも占いさんだったんだにぇー?
ふむむ、難しい展開だにぇ?
グレランになりそうだし他のCOもお願いしちゃっていいのかにゃー?」
天海春香 「お、おのれ・・・狩人さんは、真のメイン占い、
天海春香をよろしくお願いします!!

・・・あれっ、でもこういう事言うのって、逆効果?(汗)」
芭蕉 「いないのか 霊能者は それもいい」
リリーホワイト 「共有把握です!
霊能者さんも出ていただければー。」
ぺとろん 「みんな、こっから春香さんの●出て吊る気ないなら、それでいいっしょ、マジ」
我那覇響 「霊能は出ないなら・・・初日と見る!」
ルーミア 「ほいほい共有FOFOなのかー」
星井美希 「んー、春香吊るのも進行としてはあるわけだけど
ぺとろんさんからその提案はなんか嫌だなぁ」
道明寺歌鈴 「共有おっけーです!
頑張ってくださいね!」
一方通行 「ンなこたァどォでもいいわな、共有両方でてグレランなり指定なり好きにしろよ」
ガルーダ1 「響ちゃんと杏ちゃんが共有だね
把握したよ」
高槻やよい 「響さんと杏ちゃんが共有さんですね!
夜はペロペロナイトだったんですか?」
木村夏樹 「まぁ、2COで3人目いないなら狼が身内切りしてるようにもみえないけどな。
霊能は……おおっと。面白いなぁ?
ロックだぜ?杏共有なんてさ!」
天海春香 「ところで、一方通行さん人外だと思ったのに○なんて・・・
一方通行さんがメインヒロインになっちゃうじゃないですかやだー!」
リリーホワイト 「いなければ、2-0-2.
グレランから入ることになりますねー。」
ルーミア 「で、霊能いないのかー?
道明寺歌鈴 「霊脳でます!
私が霊脳COします!」
ぺとろん 「ここでむしろグレランすると霊能の扱い困ると思うっすよ?」
水瀬伊織 「春香が占いならさっさとグレランしちゃいましょ。
FOでちゃちゃっと決めるわよ!」
諸星きらり 「キャー杏ちゃーん☆(抱きっ」
芭蕉 「できるなら あずさの胸を 揉みたいよ」
道明寺歌鈴 「霊脳でます!
私が霊脳COします!」」
ガルーダ1 「霊能身代わりだたっらそれはそれで占い真交じりだからいいんだけどねえ」
星井美希 「ま、良いんじゃない、グレランで。
春香は必死に銃殺出さないと行けないゲームだけどね」
萩原雪歩 「真ちゃん霊能さんの予感……? ペロペロ」
我那覇響 「つまり占いは真生存確定ってことになるぞ!
みんなで真の敵をうつさー!!」
木村夏樹 「んー?
おっとカリン、なんでいまでたの?」
双葉杏 「ふふふ…共有という役内情お仕事するよ!>夏樹」
ガルーダ1 「何という巫女」
芭蕉 「道明寺 霊能CO やや遅い」
高槻やよい 「歌鈴ちゃんが霊能さんでした!
ペロペロするお仕事です!」
天海春香 「メインヒロイン春香さんは残しましょう!
メインヒロインがいなくなったらこの村は終了ですよ!!」
ルーミア 「ああ、いたのかー
できればCOは大文字か色をかえてねー>歌鈴」
一方通行 「ンなもンこの世界が生まれた時から決まってンだよ、残念だったなァ>春香」
水瀬伊織 「神社の娘が霊能者、なんとなく納得できるようなできないような。」
木村夏樹 「んーんー。
だったらめんどくさいことになるまえに、カリン吊りでいいんじゃね?
出方がすごい変だし。」
ガルーダ1 「歌鈴ちゃんが霊能か
何というかぴったりだね」
道明寺歌鈴 「勝手がちょっとわかんなくって・・・・>なつきちゃん」
芭蕉 「キラりんと 光る若さを 無駄遣い」
諸星きらり 「えーとそれじゃー2-1かにゃー?
グレランでいいのかな☆よーしきらり頑張っちゃうよー!
にょにょにょ、にょわー☆」
萩原雪歩 「役職なんて誰も信じられません!
私が真ちゃんの仇をとりますぅ!」
リリーホワイト 「…んー、共有の後にCO、ですか。
ま、噛まれれば真証明だから今は気にせずにいきますー♪」
我那覇響 「ああ、グレランだぞ
別に春香も吊らないし」
ガルーダ1 「霊能はひとまず残していいと思うけどなあ」
ぺとろん 「んー、いやまぁいいんっすけど、俺抜かれた後考えてくださいね
これだと。俺抜かれなければすぐ終わるっすけど」
双葉杏 「むぎゅう…きらり…ぐるじ……(チーン)>きらり」
一方通行 「ンな戦略必要ねェだろ、普通に詰めてきゃいい話だよ」
ガルーダ1 「ラジャー」
芭蕉 「メインだと 慢心してて 交代だ」
木村夏樹 「どうせさー?
これ、カリンが騙りで霊が菊地サンなら、どっちか占いは真だろ?
だったら、ここでいなくなっても問題ないのはカリンだと思うんだけど、
違うの?」
萩原雪歩 「でもまぁ、とりあえずは放置でいいですぅ>役職」
高槻やよい 「あわてて霊能つることもないかなーって」
ルーミア 「占いは個人が特定できる占い理由でも用意しておくといいのかー
理由? 真占いならわかるってけーねが言ってたのかー
あと、占った動機とかもしっかり個人が特定できるのをお願いしておくねー」
我那覇響 「ん?カリンもCO・・・?
ちょっと評価としては微妙かな。」
星井美希 「ん、まぁとりあえず残しても良い気がするけどね、霊能>夏樹
なんていうか、うん……発言とか朝の反応的に、ね。」
芭蕉 「グレランが 乗り越えられぬ 芭蕉なり」
一方通行 「ま、明日占い師が増えっかどォかじゃねェの。くけっ。」
高槻やよい 「真さんの味がどうだったのか気になります・・・
本当においしくなかったのかな?」
ガルーダ1 「ここでの霊能吊りは早計だと思うけどね」
諸星きらり 「この展開でとまどわない方がおかしいと思うよー☆
だからもうちょっと様子見でもいいんじゃないかな☆>夏樹ちゃん」
我那覇響 「まあそれでもグレランさー!」
萩原雪歩 「霊能吊りや占い吊りの意見がでてびっくりしてほぼイきかけました……ハァハァ」
ガルーダ1 「芭蕉さん、そこは気合で」
ぺとろん 「グレランするならルーミア吊ればいいと思うっすよ」
水瀬伊織 「霊能1なら吊る必要は今はないわよね。
吊るくらいなら噛ませたほうがいいでしょ、霊能なんだし。」
木村夏樹 「んー。
なんでここで霊吊るかって、ちゃんと理由あるんだけどな?
早計、っていうんならいいぜ?
だってこれ、ものすごくあとで迷う展開だもん。」
天海春香 「少し時間を置いてCOしようとしたら
まさか自分に●が来ててびっくりだよ!
みんな!メインヒロインを信じて!」
星井美希 「雪歩は戻ってこようよw
それなんか違う世界だと思うよ!?>雪歩」
芭蕉 「我慢○ 集めてはやし ミルキーウェイ」
一方通行 「いいねェ、嫌いじゃねェよ。そォいう提案。」
高槻やよい 「詰め合わせです!
夏の元気なご挨拶です!>一方通行さん」
リリーホワイト 「まあこれといって変なことするわけじゃありませんねー。
グレランはグレランで頑張るので、占い師さんも頑張ってくださいー♪」
萩原雪歩 「やよいちゃん! 今ならまだ鮮度的に大丈夫だよ ペロペロペロペロ」
道明寺歌鈴 「ちょっと仕事してからでもいいと、思う・・・
無視なら結果はみなくってもいい、のかな?」
我那覇響 「くそ、自分共有なせいで暴れられない!!>雪歩」
ルーミア 「まー適当にお話ししながらグレランでいいんじゃないのー
明日以降の展開でいろいろかんがえたらいいだけだしねー」
ガルーダ1 「占いが吊り誘導!?」
水瀬伊織 「それにしてもアイドル増えたわねー…。」
リリーホワイト 「ルーミアちゃんむにむに!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆菊池真 システム:投票制限時間をリセットしました。」
2 日目 (1 回目)
芭蕉2 票投票先 →リリーホワイト
高槻やよい0 票投票先 →ルーミア
星井美希0 票投票先 →リリーホワイト
双葉杏0 票投票先 →芭蕉
我那覇響0 票投票先 →水瀬伊織
道明寺歌鈴0 票投票先 →木村夏樹
木村夏樹2 票投票先 →ガルーダ1
ガルーダ12 票投票先 →木村夏樹
リリーホワイト4 票投票先 →芭蕉
萩原雪歩1 票投票先 →水瀬伊織
水瀬伊織2 票投票先 →ガルーダ1
諸星きらり0 票投票先 →萩原雪歩
一方通行0 票投票先 →ルーミア
ルーミア3 票投票先 →リリーホワイト
天海春香0 票投票先 →リリーホワイト
ぺとろん0 票投票先 →ルーミア
リリーホワイト は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
萩原雪歩 「特攻見えたので潜りました」
芭蕉 「ぺとろんは 偽物なりや 狂人か」
萩原雪歩 「春香さん噛みにいって、噛めればいいなって感じです」
水瀬伊織 「なにげに全潜伏な状態になったわね。」
芭蕉 「ぺとろんを めとろんとみた おっさんだ」
水瀬伊織 「狂人には吊られてもらってもいいわね。
春香護衛は絶対ないし。」
萩原雪歩 「春香さん噛みにいって、噛めなかったら狩人探していく感じでいきましょう」
芭蕉 「下ネタの せいで票を もらったよ」
萩原雪歩 「狐のカウンターもなさそうかな?
最初の占い発言○●だったし」
水瀬伊織 「春香に●に出ている以上、霊能護衛かぺとろん護衛が濃厚でしょ。
いくならいっちゃいましょ。」
萩原雪歩 「真ちゃんに続いて春香ちゃんもいただいちゃいますぅ」
萩原雪歩 「噛み2:00でいきますね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
天海春香 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
天海春香さんの遺言                         _____  / }
                     ,....:::::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..`ヽ{ /
                  ,..::´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\lに二二}
                 fY.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.ヽ、.:.:.:.:.:...:.:.:.:}ミ`ヾ,
              , <j{:.:.:.:.l:::.:|:.|..|:..::|:.|::::::.\:.:::..::::..:::Lハノ:',
              ヽイ:レ':..:::.j.::.:|::|::|::.:.|:.ト、::::::.:.ゞ;.、:.:.:.ヽ:.:.:.:.::`、
                   .':.:.:.:.:.l/.:.:.:ハ:!:.}'.:::!::}:::\:::::\\:::.::}:.:::.:.:.::.::\
                ハ::.:.:.:.:!:::.:/ l|::| 乂ノ\斗<二ト\l::.::ヽ、.::::.::ヽ
                 |:::::.:.:.:.l:::/‐ナナ}/イヘゝ `_ r==ミ'、 |::.:l:ハ:::ヾ:.:.ハ
                  l::ィ::::.:.:.'〈  r≠ミ、       んチハ 》 l::.:j,:::::ト、:.:\:.'. 私こそメインヒロイン!
                  |:{l:::::.:.ハヘ 《 圦ハ     弋辷ソ  ハ/ }::::| ヽ.:.:}:.l キャピっ!(あざとい)
                 l:||:.:.:.:.:.ヽヘ 弋:り       xwx/:/'ノハ::|  `,:l::|
               V::::ハ:.:.:.:`:.xwx     '      /ナ:´::::::::}ト、  }|::!
               ノ::/ V::',::.:.ト`、   r─‐┐  /:::::::\:::l|ゝ二ノl:リ-
                  /:人   V:ヘ::ヘゞ>  ,`ー ´ / L _ヽ::::::::ト:ゞ-´ /
              /:/  ヽ、_幺ヘ.:\:::::::/ 「 ̄ ´_ノ-' ヽ:\:从 (`ゝ 、
             /'´    ー=r:ヘ≠ヘ彳´ ニヽ /`}    j、:ゝ、  /r‐ -\
                   /   `  、|  ハ、{ ,人  /   `ー‐{/ ̄ ‐ `,
                  /        l /YX┴く/ヽ/       {「`二 |
               イ: :  、/ j        lXXX/ ,.         ヾー'   l
                 / !: .   f,ノ      / ̄ 7   ′ _    i  `, 、   |
           rxく      、/       /XX7  r=f二く_}== { ノ  j   }
         / :\ヽ、   /     /XXX,イ   〃r' ヾ、   Y  V   j
       ,  ´   : :.\:',   _,l. : : : : /XXX//   . : l| ||  }}: . j   j   ,′
     / _     :_,人> ´ ヽ: :/XXX/ X{:. . : : :l| || _ノノ: :./: .  ,′  j
    〈    `丶、/ ̄     , <XXX/{XX,」__ . : : 7彡.:´: :,イ: .  /    .'
     ',       ',      /XXX/. : LXX|    f≠ミx   L三7     '
      ヽ      '、   /XXXX/   ハXX」     l|{|  }}  j| ノ    ,′
       、       ヽ /XXXX ,イ    {XXX|    l|||   j|  ,' |       /
       \       /XXXXXXハ. , '. :lXXX|  ノ ゞzx彡', ′,    /
         ヽ、   ヽXXXXX/  }. : : :lXXX|./      V  ヽ__/
          ヽ   `ーァ─ '  _」,.:-‐jXXX|           '、
           \    ヾ-、  j    `ーイ    r      ヽ
                 \   \ーヘ__、__'゚_j_,_-、   __'_/
         __  r、r、 \     }XXXXXXXXXX>-‐'XXXXハ
      /ゞ<XXヾj Vr <j     ノXXXXXXXXXXXXXXXXXXゝ-,
    /XX≧xf二(_ヽ`ー   ,. <XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX\
     |XXXXXXXXXX ̄ ̄XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX≧、
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ぺとろん 「ういっす。GJ」
一方通行 「ひゅー」
ルーミア 「おはようなのかー」
道明寺歌鈴 「霊脳結果出ました!
リリーホワイトさんは○でした!」
我那覇響 「ぎゃーーー!!やっぱりだぞー!!!」
芭蕉 「カウンター 春香の白は 一方だ」
高槻やよい 「うっうー!おはようございます!」
萩原雪歩 「おはようございますぅ」
ガルーダ1 「おはよう
占いと霊能は結果を頼むよ」
木村夏樹 「おっはよ。
そんじゃ……と占いかまれてらーな。」
諸星きらり 「にゃっほーい! おっはよー☆きらりだよ☆
あれあれ? みんなお疲れなのかなぁ?
きらりんのきゅんきゅんぱわーで心も体もスッキリさせちゃうよ!
せーの、きらりん☆」
芭蕉 「噛まれたら そいつが真で いいんじゃね」
木村夏樹 「◇道明寺歌鈴(127) 「ちょっと仕事してからでもいいと、思う・・・
無視なら結果はみなくってもいい、のかな?」

そうじゃないのさ、カリン。
あんたが真だと思うなら、それでも吊りする位のタイミングなんだ。
理由はひとつ、「もうカリンは吊れない」んだよ。
吊る、吊らないってのは、そのタイミングずらしたらもうだめだってコト。

そんでさ……
水瀬伊織 「おはよー」
双葉杏 「みんなおはよ~…さて占いを抜いてきたね…」
諸星きらり 「にょわー!?」
ルーミア 「ほいほい、ぺとろんさよならー」
星井美希 「霊能残したけど悪手だった気がしてきたミキなの。
……殴られたから票返したようにしか見えないし。
霊吊り主張自体は真っ当だから夏樹は別に良いしね。」
ガルーダ1 「あーこれは・・・」
木村夏樹 「いいかいカリン!あんたが真なら!いや騙りでも!
あんたの結果は情報なんだ!無視するなんてなぁ、ロックじゃない!
肝に銘じて、しっかり仕事しなっ!」
高槻やよい 「ぺとろんさん、お仕事終了ですね」
一方通行 「占い増えねェンだな、おーけーおーけー」
我那覇響 「ええい!!
ぺとろん指定だぞ!!!」
萩原雪歩 「真ちゃんに続いて春香ちゃんまで……
狼は女の子ばっかり狙ってうらやま……けしからんですぅ」
水瀬伊織 「春香が噛まれてるわね。ぺとろんは破綻ね。」
諸星きらり 「ということは!ぺとろんさんボッシュート☆」
木村夏樹 「そんでまぁ、ロックじゃねぇこと。
ま、ここで春香サンぬかれんなら、ぺとろんサン吊るかどーかじゃない?
もう吊ってガンガンのグレランでもいいけどね。」
双葉杏 「う~んまあ仕方ないね…ぺとろんばいばーい」
芭蕉 「占いは 木村かやよい 占えよ」
ぺとろん 「割とルーミアは狩人・狐目
だから噛んでて損はない」
ガルーダ1 「指示了解
さてグレラン村ですね」
星井美希 「まあ、ぺとろんさん普通ーに狂人だと思うけどね。吊っちゃう?」
ぺとろん 「後はどこだろ」
我那覇響 「春香の敵も、絶対にうつ!!
覚悟しろ狼ー!!! ・・・あと狐!」
一方通行 「吊りでいいだろ、三下にゃ邪魔くせェし」
芭蕉 「ぺとろんは 短い命だ ボッシュート」
高槻やよい 「歌鈴ちゃんは噛ませたかったら噛ませる感じでいいんじゃないかなーって」
水瀬伊織 「吊るなら早めにつっちゃいましょう。」
ルーミア 「まー誘導してきた時点でそーいうことだろうなーとは思ったよー>ぺとろん
残念だったねー」
道明寺歌鈴 「指定、把握しました
信用はイマイチかもですが、私は結果を流し続けますよ!」
木村夏樹 「そんで、ガンガンロックに灰でなぐりあっていこうじゃないのさ!
そういう展開、そういう流れ、そんなら吊りたいところはまず2箇所!
昨日の時点ではミキさんと大佐だっ!」
我那覇響 「全員保護して自分の家族にしてやるぞ!!うおおおおお!!!」
ぺとろん 「芭蕉は個人的に面白いので最後まで残して欲しい(願望」
萩原雪歩 「占い即噛みですし、狐死亡候補増やさないためにもぺとろんさん吊りでいいですぅ
そこ狐ならもう狼ゲーですし」
芭蕉 「一方は ロリコンですよ 通報だ」
諸星きらり 「美希ちゃん先輩と同じで狂人だと思うにぇー☆
理由は朝1、あんなに早く●を出してきたんだもん☆
狼さんには中々できないことだとおもうにぇー!」
高槻やよい 「ぺとろんさんは吊っておいていいと思うかなーって
ぺとろんさんをペロペロするのは歌鈴ちゃんの役目だし」
一方通行 「どォせ初日からグレーしか見るもンなかったンだから一緒だろ」
星井美希 「個人的に面白いのは確かなんだけど、ネタ切れしたら吊るから安心して欲しいの>ぺとろんさん」
ガルーダ1 「大佐?
僕の階級は中佐だけど…」
我那覇響 「頑張れカリン!応援しているぞ!!>カリン」
双葉杏 「響は目的がおかしいが…共有のサガだ…付き合うしかないね…はぁ」
ぺとろん 「もし、村なら割と吊られるラインまでいったし
それはそれでって感じっすけどね>ルーミア」
木村夏樹 「あと、そんながれでやよいさんを吊るかどうかをみるっ、あとは知らない、
他が吊れっ!」
一方通行 「悪ィなァ、ここじゃ俺が正義のヒーローってワケだ>芭蕉」
ガルーダ1 「正直霊能吊り推していた君の方を吊りたいけどね」
萩原雪歩 「ぺどろさんペロペロはちょっと私の趣味じゃないかな……
歌鈴ちゃん頑張ってほしいですぅ」
高槻やよい 「芭蕉さんを最後まで泳がせるってとこは私も同意見です
最後まで乗り切るのを見てみたいかなーって>ぺとろんさん」
芭蕉 「霊能が 軸になるとは びっくりだ」
ガルーダ1 「霊能軸でいいと思うよ」
水瀬伊織 「芭蕉は赤で発言するからちょっと目につくわね。」
ぺとろん 「ルーミアは


◇ルーミア(106) 「占いは個人が特定できる占い理由でも用意しておくといいのかー
理由? 真占いならわかるってけーねが言ってたのかー
あと、占った動機とかもしっかり個人が特定できるのをお願いしておくねー」

これが明らかに発言稼ぎ。なんでまぁもし噛まないでも、処理に困るよなと」
道明寺歌鈴 「わ、私もぺとろんさんprprはちょっと・・・・」
一方通行 「軸もなンもねェよ、暑さでイカレてンのかァ?」
諸星きらり 「えーとえーとっ
じゃぁじゃあ噛まれ占いさんの一方さんは残ってて貰っちゃってよさそうだにぇ☆がんば☆」
星井美希 「え、霊能吊り主張なんてあの出方じゃされて当然なんだけどね>ガルーダさん
まあ、そこに票投げ返してる時点でわりと歌鈴の信用低いのもあるし、なんともなの。」
ぺとろん 「ただし俺っちが誘導した時点で村は吊りにくいので、狼処理が求められるっすね」
ルーミア 「まー吊り先決まってるしまったりしていいとおもうのかー」
芭蕉 「占いが いない村では 指定でも」
我那覇響 「自分も趣味じゃないぞ・・・
けれどこれも仕事だぞ雪歩!自分たちプロだしね!」
高槻やよい 「軸とか決めちゃうとアレな感じがするから
もわーっていけばなんとかなるかなーって」
ぺとろん 「後はまぁどうにかなるっすよ」
萩原雪歩 「やよい・響・雪歩のジェットストリームじょっぱー最終日が理想ですぅ」
木村夏樹 「美希サンは昨日の反応がなんだからロックじゃなかった1
大佐じゃない、ガルーダサン?は昨日あたし投票、だがその意図がカリンと違って見えない!

故に、そこ二箇所が役あるかどうかでみたときに、そうも感じない、
ならば!村か狼である可能性が一番ロックさ!」
ガルーダ1 「うーん、最後まで出るのか悩んでいた霊能に見えたけどなあ」
芭蕉 「いおりんに 目を付けられて もう終わり」
水瀬伊織 「ただし、面白い川柳(季語はいってないから俳句じゃないわよね)がなくなった時点で吊るからね。
そこのところよろしく。」
ルーミア 「発言かせぎというよりテンプレ発言だけどねー
稼ぎなんて安直なもんじゃないよー>ぺとろん」
高槻やよい 「歌鈴ちゃんのペロペロテクニックがあればなんとかなるよ!」
ぺとろん 「個人的に芭蕉が最後までRPしてくれたら嬉しいっす
頑張るっす>芭蕉」
一方通行 「伊織吊って雪歩吊ってだらだらやってりゃなンとでもなンじゃねェの」
高槻やよい 「伊織ちゃん、いいこと言った
いい子とイった?」
ガルーダ1 「いや、霊能吊り推していたというはっきりとした理由が」
芭蕉 「やよいさん 霊能以外 どこ頼る」
諸星きらり 「雪ちゃんせんぱーい☆じぇっとすとりーむじょっばーってなにー?」
ぺとろん 「伊織はそれ大声でいうことかねぇ」
萩原雪歩 「伊織ちゃんに見つめながらハッスルしたら……もう……ハァハァ」
星井美希 「ロックも何もミキロックの歌い手じゃないからしょうがないのw
まー、歌鈴については朝の反応が役目っぽかったから良いかなって思った程度だけどねー>夏樹」
道明寺歌鈴 「単純にprprしたくないの>やよいちゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
芭蕉0 票投票先 →ぺとろん
高槻やよい0 票投票先 →ぺとろん
星井美希0 票投票先 →ぺとろん
双葉杏0 票投票先 →ぺとろん
我那覇響0 票投票先 →ぺとろん
道明寺歌鈴0 票投票先 →ぺとろん
木村夏樹0 票投票先 →ぺとろん
ガルーダ10 票投票先 →ぺとろん
萩原雪歩0 票投票先 →ぺとろん
水瀬伊織0 票投票先 →ぺとろん
諸星きらり0 票投票先 →ぺとろん
一方通行0 票投票先 →ぺとろん
ルーミア1 票投票先 →ぺとろん
ぺとろん13 票投票先 →ルーミア
ぺとろん は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
萩原雪歩 「すんなり噛めちゃいましたね」
萩原雪歩 「しばらくは○4択でがぶがぶしちゃおっか」
水瀬伊織 「まぁ●を噛んでくるとは思わないでしょ。春香も出るの遅かったし」
芭蕉 「はるかさん 運がなさすぎ さすがです」
水瀬伊織 「○の一方通行はそれなりに早く噛めればいいかしらね。」
萩原雪歩 「 」
芭蕉 「575を 思いつくまで 吊られない」
萩原雪歩 「噛めればいいところですけど、GJ一番怖いとこだよね」
萩原雪歩 「とりあえずは共有噛んでおこうかな」
水瀬伊織 「確かにそこは護衛されてるかも。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
我那覇響 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ぺとろんさんの遺言 遺言用意までする気力はなかったっす
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ルーミア 「おはようなのかー」
一方通行 「やめやめ、伊織吊りはやめた」
高槻やよい 「うっうー!おはようございます!」
道明寺歌鈴 「霊脳結果出ました!
ぺr、ぺとろんさんは○でした!」
諸星きらり 「にゃっほーい! おっはよー☆きらりだよ☆
あれあれ? みんなお疲れなのかなぁ?
きらりんのきゅんきゅんぱわーで心も体もスッキリさせちゃうよ!
せーの、きらりん☆」
星井美希 「夏樹―ガルーダはとりあえず保留したいかな。
それよりはやよいとか伊織に手をつけて行きたい感じ。」
芭蕉 「諦めぬ 想いはきっと 素晴らしい」
萩原雪歩 「おはようございますぅ」
ガルーダ1 「おはよう
霊能の結果を頼むよ」
諸星きらり 「霊能さんの結果でぺとろんさんが狼さんだった場合ー
いちおー春香ちゃん先輩狂の可能性もあるかもしれないから気をつけたいかなって思うにぇー?
でもでもこんなネコまっしぐらにガブってしてきたからほぼ真と見ちゃっていいんじゃないかにゃー?
とりあえず霊能さんの結果待ち☆」
双葉杏 「な~!!響ー!!」
木村夏樹 「おっはよーさん!
今日もロックにいくぜ!」
一方通行 「先に雪歩だ、これ」
木村夏樹 「◇ガルーダ1(83) 「いや、霊能吊り推していたというはっきりとした理由が」
その理由をアタシはちゃんといってるのさ。
そしてそれは、2-1、このカタチなら明確ではなくとも、間違ってはないのさ……
故に、さ。ガルーダさん、あんたはここは吊れると投票見てる分、村なのか、狼なのか
で考えてしまうところなんだまだ。狩はないだろ。そして、狐もないさ。」
ルーミア 「じゃ、歌鈴は仕事お願いしておくのかー」
芭蕉 「占いが 消えて喜ぶ 狐だけ」
萩原雪歩 「じぇっとすとりーむじょっぱーの一角が……」
高槻やよい 「響さん・・・杏ちゃんをぺろぺろしすぎたんでしょうか?」
水瀬伊織 「おはよう。」
道明寺歌鈴 「やっぱり狂人さんだったのですね」
ガルーダ1 「ん、共有噛みとは無難だね」
水瀬伊織 「まぁ狂人よねー。」
ルーミア 「ああ、普通に○なんだー
めんどくさいなー>霊結果」
芭蕉 「霊能が 正しいならば 真狂だ」
双葉杏 「えぇいぺろぺろから離れろ!お前たちは!」
高槻やよい 「ジェットストリームジョッパー(JSJ)は私たちが守りましょう!>雪歩さん」
一方通行 「雪歩吊って、ガルーダか芭蕉。ンな感じでいこうや」
諸星きらり 「あにゃにゃ、○だったんだー、それじゃあきらりは真狂と考えて
こわーい狼さんは全員潜伏ーって考えるにゃー☆」
木村夏樹 「おいおいイッツー!
どっちかはっきりきめろよな、
アタシはロックに美希サンとガルーダを吊りたい!
だからあんたは!噛まれた占いの○として!全力で雪歩サンか伊織サンをつりにかかりな!」
萩原雪歩 「きらりちゃんはじょっぱーに興味があるんですか?
よかったら私が手取り足取り教えちゃいまよ(フンスフンス」
芭蕉 「とりあえず 一方のこしで グレランだ」
ガルーダ1 「まあぺとろん狂の春香ちゃん真かな」
星井美希 「後霊能は放置して良いと思うよ。
ぺとろん狂人だろうし、春香真なら霊能真狼狐なわけだけど。
狼には見えないんだよね。」
水瀬伊織 「静かだと思ったら響が噛まれたのね。
まぁ天国で友達できるといいわね。」
諸星きらり 「ところでジェットストリームジョバーってなーに?」
双葉杏 「んじゃ今日指定したいんだけどいい?」
ルーミア 「じゃ、共有がどういう展開で村の進行したいかきめればいいよー
一方? 知らんがな」
芭蕉 「一方の 顔色を見て 生きるのみ」
一方通行 「美希も吊っていいたァ思うけどまァまだマシだ」
諸星きらり 「わーい☆
教えて雪ちゃんせんぱーい☆」
木村夏樹 「んでさ、その結果なら占い真狂だろ?
全潜伏、ってなわけで、もうカリンなんかどーこーもいえない。
なら残り……ってんー?」
星井美希 「指定したいとこがあるなら良いんじゃないかな?
ミキとしては伊織かやよいを削っちゃいたいんだけど。」
一方通行 「おーおー、頼むから愉快にゴマすってくれよ三下ァ>芭蕉」
双葉杏 「まあ答えは聞かないけど
指定は美希!」
高槻やよい 「響さんのかわりにきらりちゃんがJSJに加入ですか?>雪歩さん」
ガルーダ1 「さっきからサイドワインダーも真っ青の勢いで吊りにかかってくる夏樹ちゃんをどうにかしてほしいんだけどね・・・」
水瀬伊織 「春香真、ぺとろん狂の全潜伏ね。
狐もいるし、ちょっと厄介ね。」
芭蕉 「共有の 指定はいいと 思うがな」
萩原雪歩 「いっぱいイってる場所を吊って、静かな子を残して噛ませるのもおもしろそうですぅ」
星井美希 「COないよ」
一方通行 「雪歩からだっつってンだろ?」
ガルーダ1 「アグレッシブだねえ
グレランでもよかったと思うけど」
高槻やよい 「美希さんをペロペロするんですか?>杏ちゃん」
木村夏樹 「指定すんの?
最悪だったら明日からな気もすっけど、まぁいいや。
ロックじゃないところ吊ろうぜ。
きらり?ロックだろ、そこは!」
水瀬伊織 「答え聞かないのかいっ!(ビシッ」
萩原雪歩 「私たちは新しいJSJを歓迎しますぅ>やよいちゃん」
諸星きらり 「答えは聞いてないっ☆(キリッ☆>杏ちゃん」
芭蕉 「星井美希 覚醒できず 退場だ」
星井美希 「っていうか美希にCOなんてあるわけないの。
役持ちだったら初日から夏樹に口出しとかしてないんじゃないかな、ってね。」
ガルーダ1 「杏子ちゃん威勢だけはいいね」
双葉杏 「ごめんよ、ちょっと気になるところがあったんだよ」
木村夏樹 「だったら、ちゃんと逃げないとだめだぜ?
あんた吊りが規定に入ってる、それがまずいことだって自覚をもちな?>ガルーダ
もう、村に余裕はないんだぜ?」
萩原雪歩 「美希ちゃんペロペロ、11人みんなでペロペロ祭りですぅ」
高槻やよい 「夏樹さんがずっとシェケナな感じでカッコイイです」
芭蕉 「ペロペロと 舐めたい女 皆無なり」
ルーミア 「ほいほい指定把握だよー
双葉杏 「杏子じゃ別人だ…>オメガ」
道明寺歌鈴 「指定は美希ちゃんですか
了解です、交霊の準備しておきますね?」
諸星きらり 「にゅにゅにゅー、きらりはまだちょっと何度かグレランしてほしいなー☆
って思うんだけど杏ちゃんこの後どうするつもりなのか教えて貰ってもいいかにぇー?」
木村夏樹 「あと、ここで指定入れるなら明日からグレランとかロックじゃないことはいわないでくれよ?
……でいいんだよな?最悪考えるなら。」
一方通行 「美希は後回しにしねェとめンどくせェ気しかしねェけどま、いいや」
高槻やよい 「美希さんの豆もやしに興味アリってことだね!>杏ちゃん」
水瀬伊織 「あんたはどういう女が好みなのよ>芭蕉」
ガルーダ1 「全く同じことを変えさせてもらうよ>夏樹」
芭蕉 「テンションで 負けるだけでも まずいのだ」
ルーミア 「杏子ってもうなにも怖くないの人だっけー?(すっとぼけ」
星井美希 「ま、これで美希吊って……んー、余裕なくなるだろうし。
後はもう中庸で発言見えないとこ吊るしかないんじゃない。
それじゃ美希は一足先に真クンのとこに行ってるねー」
水瀬伊織 「話に聞いたところによると杏ってかなりの怠け者ってきいたけど、
随分キビキビしているのね。」
萩原雪歩 「指名からフリーを挟むよりは、最初に指名する子を決めたらずっと指名でいくほうがいいですぅ>きらりちゃん」
高槻やよい 「芭蕉さんはソラさんでしたっけ?あの人ひとすじだったはずです!>伊織ちゃん」
一方通行 「そォいうこった、めンどくせェよなァ>美希」
芭蕉 「いいおんな それはあずさだ でもいない」
木村夏樹 「だけど、アタシがいまつれるかっていったら、ちがうよな?
アタシを吊りたい理由は、あんたを吊りたいからだろ?
アタシは違うね。それだけじゃないから、あんたを人外目とみてるんだ。」
道明寺歌鈴 「今日の杏ちゃんはちょっとおかしいんです・・・・>伊織ちゃん」
高槻やよい 「杏ちゃんは響さんにペロペロされて目覚めちゃったのかなーって」
芭蕉 「豆チビに 興味ないです そこをのけ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
芭蕉0 票投票先 →星井美希
高槻やよい0 票投票先 →星井美希
星井美希11 票投票先 →萩原雪歩
双葉杏0 票投票先 →星井美希
道明寺歌鈴0 票投票先 →星井美希
木村夏樹0 票投票先 →星井美希
ガルーダ10 票投票先 →星井美希
萩原雪歩1 票投票先 →星井美希
水瀬伊織0 票投票先 →星井美希
諸星きらり0 票投票先 →星井美希
一方通行0 票投票先 →星井美希
ルーミア0 票投票先 →星井美希
星井美希 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
芭蕉 「星井美希 あと何年か 早かった」
萩原雪歩 「なぜか指定飛んできませんでした」
萩原雪歩 「美希ちゃんのおっぱいprpr」
水瀬伊織 「怖いね、かなりアグレッシブな共有ね。」
芭蕉 「狐さえ 存在せねば 怖くない」
水瀬伊織 「そうねー。」
萩原雪歩 「明日噛み通って10人ですし、まだあわてる時間じゃないかな?
私たぶん明日か明後日には吊れると思いますし」
芭蕉 「ルーミアが なんかもってそう どうおもう」
芭蕉 「まあいいや 噛みは任せた 法隆寺」
萩原雪歩 「一方通行噛んでみて、死体なし出たら反応みてみましょうか」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
一方通行 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
一方通行さんの遺言                _,. -―――/⌒ヽ
               //    //  / ̄`ヽ
             // / /// | /_,.'二二 \
 __ト、ト、 ト、    〃// / / //  / // ̄_>ヽ
_>―ミ、\\ヾヽV乂ノ /  レ' ./// //_二彡ハ
Z ̄ ̄`ヾ  \  \\<   トV // イ// //,.イ 「そンで赤ずきンチャンはァ、狼に食われちめェやがりましたァ」
三二          ヾト、\∧{/,イ ! .乂,ィ千イ / |
∠二 _三二≧ミ、     V〃// ∧/ {r⊥//∧!
≧彳「\_,.. ――/三ミ、   彡' / // _   r'イ
 彡' ̄\\ //l 「   {   ミ/イ / {┴ 'T′i!
  \   / /  | |  〃从 `ミ >‐'´ / / | /||
    V 〃    /// / 仆7´7 /!ハ{ ノ/ ヽ
  /   ||   / ̄_/i!  从ミ、/  {{ 〃
/   | }} / ̄    》 /∧ミ
     |〃イV/    // /{{り
 ヽ__〉  /∧   // /
、   ヽ // ヽ  《 /
ハ    V      V
 !    ヽ   \ !
 ヽ、    }ヽ    || ヽ
ヽ_」_  〃  }}\,.リ ノ
 トト「 ̄《  〃≪ ̄`ヽ
 | \_≫'=ミ、   ∧
 |    ||     \\ ∧
 |  __》      \ ∧
 | __二≧_____{ 》
 Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二二]ト、!
 ヽ. ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄\\ ∧
   `┼         \\ \
     V二>、     \\ \
     |こ二フ \    \\ \
星井美希さんの遺言
            { (   , -‐…‐-   .
              >一'         `ヽ、
           , ′                \
             /                      ヽ
          ′ ′    ,k      、      `ヽ
              i     |∧     |_\ k     ',
            i  i|    厶{-\(\{   ∨,ハ   }ハノ
            |/ i|   |/ __{    `  ヽア圷、} }V   ノ}
        /ィ  {人 lk灯 圷ミ     ′ヒッ ハノー=彡 ;
        / 厶イ  ヽ{`弋ッ     , .:.:.: {i }ハ  く┐       あ、美希死んじゃったんだ?
      _彡'′rfア   人 :.:.:.           从ノ    从_
 ー=≦-=≦-=ニ人_ 、  ミ=-    c  ー≠ァ /  {/ニニ}       じゃあ後は皆にまかせて
    { {云==ニ二三ハ_  ー=_,⊇ニ=--=≦ニ=‐ … ‐=ミう厶
      〉'′           ̄              、 ヽ、', \     美希、あっちで真クンと一緒にいるね?
.   /              _,.  -‐…‐-  .  Y } }ハ_}   ヽ
___廴        _,. -=≠ ´               ヽ }、}_/     人__
   三≧=--=≦三ア´     _  -- ─ ─└'…¬冖  ´
    三三三三ア´     rfニ三三三
     三三と7      ,仁三三
      三三{_{      イ三三
            └{_{ k'′
           └'′
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
双葉杏 「ああ今日も朝だ…」
ルーミア 「おはようなのかー」
高槻やよい 「うっうー!おはようございます!」
木村夏樹 「おはようさんっ!
あ、今日霊結果出てたら指定ガルーダ筆頭、
そーじゃなきゃ雪歩サンか伊織サンあたりでロックにヨロシクゥ!」
道明寺歌鈴 「霊脳結果出ました!
美希ちゃんは○でした!」
萩原雪歩 「おはようございますぅ」
水瀬伊織 「おはよー。」
芭蕉 「指定まで 待つ時間こそ 醍醐味だ」
ガルーダ1 「おはよう
歌鈴ちゃんは霊能結果を頼むよ」
ルーミア 「歌鈴はお仕事お願いするのかー」
高槻やよい 「一通さんがペロペロの犠牲になっちゃいました」
芭蕉 「ガルーダと 夏樹はまだだ 吊らぬもの」
双葉杏 「あぁ…白だった?」
木村夏樹 「ルーミアはみたけどまーそこはおいていいやって感じ。
きらり?ロックに生きるなら、最終日でアッツくいくにきまってんだろ!」
ガルーダ1 「んー狼吊れていないねえ」
ルーミア 「ふむふむ○なのかー
一方はベクトル操作(笑)なのかー」
萩原雪歩 「きらりちゃんと一緒にじょっぱー……胸熱ですぅ」
諸星きらり 「にゃっほーい! おっはよー☆きらりだよ☆
あれあれ? みんなお疲れなのかなぁ?
きらりんのきゅんきゅんぱわーで心も体もスッキリさせちゃうよ!
せーの、きらりん☆
今日はぷらすでロックなハートもつけちゃうよー!
にょにょにょ…にょわーっ!
にゃはは☆夏樹ちゃんとの友情ぱわーでおっけーい☆」
水瀬伊織 「○噛みね。これで完全にグレラン。
面倒な展開になったわね。」
芭蕉 「一方の 顔が怖かった せいせいだ」
高槻やよい 「ガルーダさんと夏樹さんを戦わせる方策ですね>芭蕉さん」
諸星きらり 「◇芭蕉(24) 「霊能が 正しいならば 真狂だ」
◇芭蕉(16) 「占いが 消えて喜ぶ 狐だけ」
きらりは芭蕉さんのこの発言が気になったにぇー☆」
ガルーダ1 「昨日の指定は悪手かなあ、と言っておくよ
素直にグレランで良かったかもね」
木村夏樹 「ふーん。
そこ○、ねー。

んじゃ、ちょっと芭蕉サンもいれよ。
ルーミア、きらりアウトの伊織サン、雪歩サン、やよいサンの三人から今日の吊りっと。」
萩原雪歩 「杏ちゃんのドキドキ指名タイム2日目のはじまりですぅ」
諸星きらり 「うにゅー、○だったんだにぇー、ぴーんち☆」
芭蕉 「指定なら ゆきほかきらり あとわたし」
ルーミア 「この状況でグレランとかどういう最終日思考してるのかねー>伊織
水瀬伊織 「きらりは噂には聞いていたけど、疲れるわねー。
アンタ、普段もそんなテンションなの?」
双葉杏 「最終日ガルーダ夏樹残すとして…あ~胃も頭も痛い…」
ガルーダ1 「ここまでくると見当違いも甚だしい村に見えてくるもんだから困っちゃうね」
高槻やよい 「春香さんが消えた時点でかなり面倒なことになってるよね>伊織ちゃん」
木村夏樹 「◇芭蕉 「指定なら ゆきほかきらり あとわたし」

うっわー、ズルいね芭蕉さん、そうやって名乗りを自分から上げるあたりがロックじゃないね。」
芭蕉 「きらりさん 占い真偽 どうみてる?」
ガルーダ1 「ハハハ、杏子ちゃんそれ本気?」
萩原雪歩 「木村くんは男の子怖いけど、村を本気で心配してる感じがゾクゾクしてグッドですぅ」
高槻やよい 「JSJ狙いですか?>芭蕉さん」
芭蕉 「ガルーダと 木村は村と 見ています」
水瀬伊織 「夏樹、アンタ変な髪してる割にはまともなことたくさん言うわね。
意外だわ。」
萩原雪歩 「JSJ=女子高生じょっぱー でもいい感じかもですぅ」
諸星きらり 「にゃはは☆きらりんはいつだって元気りんりん勇気まんまんできらきらりんだよー☆
疲れてるのー?それじゃーきらりのはぴはぴぱわーわけてあげゆー☆
>いおりん先輩」
ガルーダ1 「自分を吊り候補っていうのは頂けないね」
高槻やよい 「雪歩さんがイキそうです!カウントダウンジョッパーです!!」
ガルーダ1 「ステルス狙いならルーミアかなあ」
木村夏樹 「んー?ふーん、
だとして、敵にしてどうしたいのさ、あんた?>ガルーダ
あんたがアタシを吊りたい理由はアタシが霊能をつりあげようとした、そんだけで、
アタシがあんたを吊りたい理由は、アタシだけに対抗を剥きだしてる(これは私がいってるからもある)からだろ?
なら、最終日判断って話もあっておかしくない。
ただだからって、あんたの狼目がきえるわけじゃない。」
高槻やよい 「JSJだったら女子小学生ジョッパーじゃないかなーって>雪歩さん」
水瀬伊織 「木「村」だから村ってわけじゃないわよね?>芭蕉」
萩原雪歩 「ガルーダさんはまだなんとも言えないですぅ。
もっと自分を出してイってくれると見やすいんですけど」
諸星きらり 「よくわかんないけどカウントダウンジョッバー!☆>やよいちゃん先輩」
ルーミア 「杏子さんってここにいない気がするよー>ガルーダ
まぁ割と伊織吊ってればなんとかなりそうなきがするけどねー>最終日想定わからないみたいだしー」
双葉杏 「指定:やよい」
芭蕉 「女性の マン○あつめて リンスする」
木村夏樹 「ってことでさ?
ここ、伊織サンか雪歩サンあたり指定希望っていっておくぜ?
……あわねぇなぁ?」
ガルーダ1 「乗機がF-22だからね、ステルスなのは仕方がないんだよ」
高槻やよい 「夏樹さんとガルーダさんの2Wないと見て最終日送りまではいいですけど
あとはどこをどうやって詰めてくか、なんですよね」
芭蕉 「共有よ やよい賛成 あときらり」
水瀬伊織 「気になるのはガルーダあたりかしら。
萩原雪歩 「カウントダウンを抜かしてやよいちゃんにじょっぱーがイくのが意外かもですぅ
私か伊織ちゃんか芭蕉さんの3択だと思ってました」
高槻やよい 「私指定ですか?
いよいよあとがないです!>杏ちゃん」
諸星きらり 「まんとー?>芭蕉さん」
芭蕉 「ルーミアが 印象残る 気配なし」
ガルーダ1 「伊織ちゃんは乗っかりかな?
具体ウ的な理由が欲しいね」
高槻やよい 「絶望村のスタートです!」
木村夏樹 「えー、きらりのこそーぜー?
きらりのこすなら芭蕉さん吊りでもアタシ、いいぜー?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
芭蕉0 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい9 票投票先 →水瀬伊織
双葉杏0 票投票先 →高槻やよい
道明寺歌鈴0 票投票先 →高槻やよい
木村夏樹0 票投票先 →高槻やよい
ガルーダ10 票投票先 →高槻やよい
萩原雪歩0 票投票先 →高槻やよい
水瀬伊織1 票投票先 →高槻やよい
諸星きらり0 票投票先 →高槻やよい
ルーミア0 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
萩原雪歩 「ふむむ」
萩原雪歩 「本格的にルーミア狐あるあるかもですぅ」
水瀬伊織 「狐がこわいところねー。」
萩原雪歩 「やよいちゃん 霊界からのじょっぱーで応援しててね」
萩原雪歩 「吊れない場所でいったら夏樹くん噛みだけど」
芭蕉 「ルーミアの 役ありそうと 言ったのに」
萩原雪歩 「夏樹 ガルーダ きらり ルーミア」
萩原雪歩 「じゃあルーミアちゃんいっちゃいましょうか」
萩原雪歩 「夏樹さんとガルーダさんは敢えて放置もありありですぅ」
水瀬伊織 「狐のセンもあるし、いいと思うわ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高槻やよいさんの遺言           /.:.:/.:.:.:/.:.:/ i:.:i:.:.:.:i:.:.:.i:.:.:.:.:ヽ:.:.}}
            〈:.:.:.:.′:.:.i:.:.:′|:.:!:.:.:.:!:.:.ハ:.:!、:.:.Ⅵ         十_,
           ヽ、:{:.:.:i:.:|:.:.i_,厶从ト、! ≧=xトⅥ〃 L|」   (」_/ )
.             〉Ⅵト:{ Ⅵf:{_ji    f:{_ji V}≪  L」_」   /
          〃.:.:.:i:.:i { 込ソ    込ソ ノi:.:.:》 ┼─  ∧_ノ
          〈:.:.:.:.:.:!:.:.}'"( ( ‘  '"( (" !:〃  二)    ―ァ
              ヽ、:.:.:l:.:{   ) f7´ ̄ ̄`ヽ )≪     や   、_
            〉:.:!:.:> 、 廴_    ノ/.:.:.》  |  l  ┼、ヽ゛
              /.:.:∧ハ:.:.i:.{≧、二二 イフ:〃   レ   ′  | )
               ヽ、:{  Ⅵv'´i l トミ==r―≪   ニ|ニ
              ___    /: : N lー-i|-‐  ヾ  Cト、
          r'´ ,-‐L. /: : : : | |`Y^l二   }} ‐┼
          |   -‐{^Y: : : : : :! | 人_{  , ≪  C|
          |   -‐{.ノ: : : : : :.! |   `ーi   }}   ′
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
道明寺歌鈴 「霊脳結果出ました!
やよいちゃんは○でした!」
木村夏樹 「おっはよーさんっと。

◇萩原雪歩(36) 「木村くんは男の子怖いけど、村を本気で心配してる感じがゾクゾクしてグッドですぅ」

ハッハッハ、雪歩サン、アタシ女だぜ?
そんで、ここからでいくならさ、伊織サン削り、んで、明日芭蕉サンか雪歩サンで二択じゃね?
アタシとガルーダは最終日行きって前提なら、さ。」
萩原雪歩 「おはようございますぅ」
ルーミア 「おはようなのかー」
双葉杏 「ん…死体無し…」
ガルーダ1 「おはよう
お、死体なし」
諸星きらり 「にゃっほーい! おっはよー☆きらりだよ☆
あれあれ? みんなお疲れなのかなぁ?
きらりんのきゅんきゅんぱわーで心も体もスッキリさせちゃうよ!
せーの、きらりん☆
よーし今日はもひとつおまけにきらりんぱわーあげちゃうよー☆
にょにょにょ…にょわーっ!
せーの!きらりん☆」
芭蕉 「諸星きらり(22)「きらりは芭蕉さんのこの発言が気になったにぇー☆」への返歌
◇芭蕉(24) 「霊能が 正しいならば 真狂だ」
殴るのに 自分の意見 ないのかね
◇芭蕉(16) 「占いが 消えて喜ぶ 狐だけ」
おまえさん 狐吊れてる 気がするの?」
水瀬伊織 「おはよー。」
諸星きらり 「あとねあとね、道明寺さんの声ももっと聞いてみたいにゃー☆
もっときらりとはぴはぴしよ☆せーの!きらりん☆>道明寺さん」
道明寺歌鈴 「ううう・・・・ん」
木村夏樹 「っていうかアツいねぇ……ここで死体なしがでてるとかさ!」
芭蕉 「萩原雪歩(40)「JSJ=女子高生じょっぱー でもいい感じかもですぅ」への返歌
じょっぱ~と 出そうとすると 傷つくよ 」
ルーミア 「歌鈴はお仕事ってもうでてるねー
そんでもって死体無し、吊りが増えていいことなのかー」
萩原雪歩 「なん……だと……>女
元キャラ知らなくて失敗です」
水瀬伊織 「死体なしね、吊り増えたのならいいことだわ。」
道明寺歌鈴 「き、きらりん!
ご、ごめんきらりちゃん!」
木村夏樹 「死体なし、そんなら、狩人がいるかどうかだろ。
ただまー、そんばーいは杏かカリン護衛してるってことで。」
芭蕉 「共有を 噛むぐらいしか 死体なし」
ガルーダ1 「吊りが増えても狼は吊れぬ」
萩原雪歩 「やよいちゃん吊れて私LJ(ラストじょっぱー)ですぅ」
水瀬伊織 「ここんとこお腹の調子が良くないのよねー…。」
諸星きらり 「占いさんが消えて喜ぶのは狼さんも一緒だと思うのになんで抜いてるのー?
きらりそこすっごく気になったの☆>芭蕉さん」
諸星きらり 「芭蕉(34) 「きらりさん 占い真偽 どうみてる?」
きらりは真狂!春香ちゃん先輩真でぺとろんさんが狂人さーんでみてゆー☆
あ、もしかして霊能結果次第ーって文見逃しちったかにゃ?それならごめんにぇ?
朝のは霊能結果が●ならーってお話だったんだよー☆」
ルーミア 「じゃー今日も指定どうぞーってことなのかー>霊結果から」
ガルーダ1 「霊能or共有でGJだと狩人生存で希望はあるんだけどね」
木村夏樹 「んーあーんー。
そんならさ、1増えたし、伊織サンまず吊りかねぇ。
芭蕉さん、きらりで5で当たりで悩む。
ガルーダ?みんないってるけど最終日でいいだろ?そこ一番狐ないし。」
萩原雪歩 「ロリータさん噛まれでわりと狩人生存は絶望でしたので
死体無は良い意味で想定外ですぅ」
諸星きらり 「にゃは☆おっけー!おっけーそのちょーしでいっしょにがんばろー☆>歌鈴ちゃん」
双葉杏 「指定:雪歩…」
道明寺歌鈴 「確○抜いてきているあたりから、私か杏ちゃん噛んでGJが順当かな・・・・って」
萩原雪歩 「じょっぱー」
芭蕉 「きらりのが 怪しい感じ するけどな」
ルーミア 「ほいほい、指定把握なのかー」
芭蕉 「しかしだな 狐いるなら 無風位置」
萩原雪歩 「狐噛みました。
今日の吊りで投票しておきますぅ」
木村夏樹 「……えー?
それ人外狙ってる吊り?
そこより先にさー?伊織サンだろ?まぁ雪歩サンも吊るけどさ。」
水瀬伊織 「まぁ吊るならガルーダ辺り、あとはルーミアだと思うんだけど、ここは狂人が投票してたところだし、うーん。」
ガルーダ1 「ステルス吊りだね、異論はないよ
夏樹ちゃん除くとそこが怪しかったしね」
道明寺歌鈴 「指定、わかったよ杏ちゃん」
双葉杏 「告発付き…」
諸星きらり 「あ、狐さんはきらりわかんない!
正直狼さんだれかわかんなくててんてこまいでそこまで頭まわらにぇー!
だから狼さんに噛んでもらっちゃえばいいと思うにゃ☆>芭蕉さん」
水瀬伊織 「あら、雪歩ね。
って狼COかしら。」
芭蕉 「萩原か 荻原かをや 混ざるなり」
木村夏樹 「ふーん。
そんで、告発付きねー。
ま、ありがとありがとで、残り2Wさがそーじゃん?」
ガルーダ1 「伊織ちゃんは僕を吊りたいようだけど夏樹ちゃんのように理由を提示してもらいたいね」
萩原雪歩 「4吊りWWWFで頑張ってください~。
私は真ちゃんたちと霊界でじょっぱってきますぅ」
ガルーダ1 「でないなら乗っかりとみなしますよ」
芭蕉 「やっぱりね 狐いるやん たのしみだ」
ルーミア 「ふーん、狐噛みなんだー
悠長だねー>雪歩」
ガルーダ1 「狐噛みか」
水瀬伊織 「そうか、まだ1匹も吊れてないのよね。
3Wに狐がいたら、今日村吊って村噛んだら狐勝ちか。」
諸星きらり 「にゃにゃにゃ、雪ちゃん先輩狼さん?
狐さん指定助かるにぇ!
でも他の狼さん探しは手を抜かないにょわー!」
萩原雪歩 「ごめんね、狐さん。
告発はあんまり好きじゃないけど、私といっしょにじょっぱーしてください~」
木村夏樹 「んーんー
そーなるとさ。
今日の投票内容(雪歩サンの)でちょっと考えるかねー。」
芭蕉 「村と見て ガルーダ夏樹 あと吊ろう」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
芭蕉0 票投票先 →萩原雪歩
双葉杏0 票投票先 →萩原雪歩
道明寺歌鈴0 票投票先 →萩原雪歩
木村夏樹0 票投票先 →萩原雪歩
ガルーダ10 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩7 票投票先 →ルーミア
水瀬伊織1 票投票先 →萩原雪歩
諸星きらり0 票投票先 →萩原雪歩
ルーミア1 票投票先 →水瀬伊織
萩原雪歩 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
芭蕉 「やっぱりね 狐ルーミア おおあたり」
水瀬伊織 「狂人いい勘してるわね。」
水瀬伊織 「ゆきほお疲れ様。」
芭蕉 「残り吊り 護衛なければ 三吊りなり」
芭蕉 「ゆきほさん もっと育って また来いよ」
芭蕉 「粗末では 興奮せぬは 男なり」
水瀬伊織 「難しいわね。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆菊池真 システム:投票制限時間をリセットしました。」
木村夏樹 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
萩原雪歩さんの遺言                     , -‐:‐ 、. ‐―
                  /: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                 , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
                ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
                i: : : : : : : : ,ィ: :ハ: ヘ: : : : : : : ヽ、: : ゙
                {: : : : i: : :/ |: :ハ: : 、: : : : : : : ヾ: : : }
                、∧: :i: : :| |: !,.:'ヽ: トヽ:_ヽ、: : ヘ: : !
                 !: : : i: : :i!''゙´!_  ヾ:! ,"´ ̄ヘ: : : : : !
                 !: : : i: :i!。イ斧㍉    气ミア。}: : : :!
       yー-、{⌒ヽ;'´`ヽ i!: : : :{! { //゚//////// `o ,}: : : |
     r'⌒.{   i  f   i_!: : : !、 j  ィ====ュ  /! : : !
    ,:'゚   ' .  ヽ、 ゝ   〉|: : : ! ヽ  fr'    j} /、 !: : :!
    |  ヽ 丶、 ヽー'  .{゙、ヾ: :! ヾ` 、ー―一'_ィ′ i `!: :リ.
    }、  ヽ、__)¨´ .  { i!ヘ:.!  \  ̄/¨ヽ、i  { !:/丶
    {丶、___),'      ', ! ヽ    ヽ、|Oi `′ ‘,′  i
    ヽ    / rz     ヾ|  }       ',     ヽ.   |
      \ /  f_,'      ∧  /        ' .     ヽ. !
       /     ,:    ,' :j.‐'        O' ,      ヽ.|
      ,.'    ,     , '. :.丿             \     ',
     {    ,' , : ''゙イ¨` ̄∨             ヽ    }
     {    /,r'"~´    ∨             i   丿
     `ー‐一'-'        ∨             o}_. ''゙´!
                   ,r   ヾ、 __ ≠´ィ"´   i
                   i!゛    ¨ ̄      i     !
                   /         o   !     !
                  丿          ,′ !     |
                /           {   .!     |
               /             }   .!     !
             ,'´             0.|   !    !
            /                !   !    iヽ、
           ./                |   !    i  ヽ

木村夏樹さんの遺言 アタシがみんなを元気にしてやる!
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
芭蕉 「ありうるは きらりといおり あとわたし」
道明寺歌鈴 「霊脳結果出ました!
雪歩ちゃんは●でした!」
ルーミア 「おはようなのかー」
水瀬伊織 「おはよー。」
双葉杏 「夏樹噛まれか…うぐぐ…」
諸星きらり 「にゃっほーい! おっはよー☆きらりだよ☆
あれあれ? みんなお疲れなのかなぁ?
きらりんのきゅんきゅんぱわーで心も体もスッキリさせちゃうよ!
せーの、きらりん☆
おっすおっすばっちし!」
ガルーダ1 「おはよう
ルーミア吊りは決定事項として残りの狼はだれとだれかが問題だ」
双葉杏 「とりあえず…ルーミアをどうするか…」
芭蕉 「まじおそい 能力者は はやくやれ」
ルーミア 「まー●なのはどーでもいいのかー
で、グレー噛みとやる気あるのかー」
諸星きらり 「にゃー・・・夏樹ちゃん・・・
夏樹ちゃんの分もきらりロックではぴはぴすゆー!」
双葉杏 「…ミスった気にしないで」
水瀬伊織 「告発は本物だろうし、ルーミア吊っておく?」
芭蕉 「ガルーダは 村だと思う 前からな」
ガルーダ1 「夜の投票は早めに頼むよ」
ルーミア 「あん?
ここで私吊りとか寝ぼけてるの? >ガルーダ」
ガルーダ1 が「異議」を申し立てました
芭蕉 「ルーミアの 吊るタイミング 今明日か」
諸星きらり 「うーんうーん、もう一晩取っといたらもう一匹出てきてくれたりしないかにぇー?>杏ちゃん」
ガルーダ1 「ここは素直に雪歩ちゃんを信じさせてもらうよ
吊られてくれ」
芭蕉 「異議ありの わけを話せよ ガルーダよ」
双葉杏 「難しいと思うね…>きらり」
双葉杏 「という訳で指定:ルーミア」
ルーミア 「いや、意味がわからん
私が仮に狐だとしてもなぜ今日吊る必要性があるのかって点でね」
ガルーダ1 「決して寝ぼけているわけじゃないんだけどね
理由は言わずもなでしょう>芭蕉」
ルーミア 「馬鹿じゃねーの?」
芭蕉 「ここで吊る 明日の方がと 思うがな」
諸星きらり 「にゅにゅー、そっかー・・・
うんうん!それじゃあきらりもっと頑張って狼さんさがすにゅー!>杏ちゃん」
ガルーダ1 「使えるものは使っておくものですよ>異議あり」
ルーミア 「グレー先に削れよ」
水瀬伊織 「ルーミア吊って2Wか。もう一度も失敗はできないし、慎重にはなりたいけど、
ルーミア残して村勝ちが完全に消滅するのは避けたいわ。」
芭蕉 「馬鹿とはね あまり関心 できぬなり」
ガルーダ1 「ルーミアも灰だったんだから灰削りも兼ねていいだろう」
ルーミア 「いや完全に消滅しない方法あるじゃん
何それ放棄してるのよ>伊織」
芭蕉 「お前たち 霊能結果 見てるのか」
ルーミア 「見てるからグレー削れといってるんだがなー」
水瀬伊織 「2W残ってるのに狐の可能性があるならそれ削るに決まってるでしょ?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
芭蕉0 票投票先 →ルーミア
双葉杏0 票投票先 →ルーミア
道明寺歌鈴0 票投票先 →ルーミア
ガルーダ10 票投票先 →ルーミア
水瀬伊織1 票投票先 →ルーミア
諸星きらり0 票投票先 →ルーミア
ルーミア6 票投票先 →水瀬伊織
ルーミア は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
水瀬伊織 「さて、ここからが問題ね。」
芭蕉 「伊織さん 噛みまかすなら はよいえや」
水瀬伊織 「ガルーダが狩人でなければ後は役職を潰していくだけなんだけど。」
水瀬伊織 「え、芭蕉噛みじゃないの?」
芭蕉 「マジビビる 噛み先なんも 浮かばぬし」
芭蕉 「ガルーダは 吊れぬ位置なり いきますか」
芭蕉 「それともや 狩人おらず 霊能か」
水瀬伊織 「役職かまないの?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
道明寺歌鈴 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ルーミアさんの遺言                    /               \  ,,rfヨ!
                  /        , 、        ヾ三ヨ7
           _ _     7   /      l !゛          寸ハ
      _ γ´   `ヽ   /   / ,   .! __V ゛ !,  l      t,゙.¨¨
    r ´   ヾ.   う   ’ レ! /".' l   ' t´ ' `  ', ', 、_,゙,_ !  .!.!!ヽ   ,r_ 、
   '        ん   i  !l   !,ハ  .! ハ/_    、! ∨ ゙,`.  iリl   r‐‐:辷ノ
   ′  頑 今   !   く  !l    ', ∧r''⌒ヽ      ヽ', ', リ, l.「.!.t‐__コ
  i   張..日      ノ¨`/ !    ヽ l**      、'⌒ヽiV∨. v l_j.f o ,`>   ___
  :   る. も   iー ´  /イ  l   !   l . __ _     **l  !i    `'''    , ´   ヽ
  ',.   の      l      l  .!   !l  ゝ 、     ヽ;   .ノ  !l  __    _.!  え  ',
   ,  だ     l      l_ノィ .八  l __` 、ー_".. ´    i!l __ヽゝ   ヽ   へ  .
    ., !     /        !ノ  ヽ.r'´  ` 、ltァ ´-ヽ リi  ハl `ァ ィ'’    '  へ  j
     ゝ _  _ ..'        .!    /    ィ_!.!_/   ゚, ゙,,∨ ヾノ、 コ    ヽ   .ノ
                   `.     \   ヾ.!,i     i,                ̄
                    )、    vミーァ''’j ぇ-J /.゙、_
                    `ト、,   V´ ̄ .! .ij` "く_j !
                      l ヽ   ヤゝ l {    ハ !
道明寺歌鈴さんの遺言


私、頑張れましたか?


朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
芭蕉 「残り吊り 二回しかない どうするか」
水瀬伊織 「おはよ。」
ガルーダ1 「おはよう
灰同士でドッグファイト(殴り合い)だね」
双葉杏 「さてと…ラストチャンス…」
諸星きらり 「にゃっほーい! おっはよー☆きらりだよ☆
杏ちゃん普段働かない分すっごく疲れてるでしょー☆
よーしきらりのきらりんパワーいっぱいあげちゃうよー☆
せーの!きらりん☆
みんなにもー!きらりん☆」
芭蕉 「道明寺 桜餅しか 浮かばない」
水瀬伊織 「一番最初に目についたガルーダがずっと残ってるわね。」
芭蕉 「ガルーダは 村だろうと 思います」
ガルーダ1 「霊能噛み、あくまでも共有は今日は残すつもりか」
諸星きらり 「きらりは芭蕉さんと伊織ちゃん先輩で2W想定!

伊織ちゃん先輩はにぇー
いっぱい絡んでくれてるんだけど!村に関してほとんどなーんにも言ってくれてないのが
気になるの!だから吊りたいと思いまーす☆」
ガルーダ1 「伊織ちゃんは僕を吊りたいようだけど理由を提示してほしいものだね」
水瀬伊織 「私はガルーダと芭蕉かなー。」
芭蕉 「そうくるか それでは伊織 あときらり」
水瀬伊織 「なんとなく。」
水瀬伊織 「しばらく人狼から離れてたしもともと推理出来る方じゃないから直感。」
ガルーダ1 「◇木村夏樹 「……えー?
それ人外狙ってる吊り?
そこより先にさー?伊織サンだろ?まぁ雪歩サンも吊るけどさ。」

この発言で最終日直前に吊られると思ったんじゃないかな?
だからこの日の晩に噛み」
芭蕉 「きらりさん 気になるところ おかしいと」
諸星きらり 「芭蕉さんは狐さんをきにかけてるのがすごく気になったの!
だってだって狼さん優先して吊るべきだってきらり思ったの!」
ガルーダ1 「まあ自分でいうのもあれだけど狼にとってはいい羊だったんじゃいかな?
怪鳥なんだけどね」
芭蕉 「伊織さん あまりメタネタは 言わんのよ」
ガルーダ1 「そいうわけで僕は伊織ちゃん吊りを推すよ」
芭蕉 「占いが 居ぬ村狐 吊り難し」
水瀬伊織 「これってメタネタに入るのかしら。まぁいいわ。
諸星きらり 「一昨日まで3Wだったから、狐さんを気にするのは狼さんだって思ったのー!」
芭蕉 「そのわりに 貴方ノリノリ 狐吊り」
水瀬伊織 「霊能生きてたし狼の数もはっきりしてたから村でも狐を気にしてるのいたじゃないの。」
諸星きらり 「吊り難いのは確かだけどー!それなら狼さんがめぼし付けて勝手に吊ってくれるんじゃないかにゃー!って思うのー!>芭蕉さん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
芭蕉1 票投票先 →諸星きらり
双葉杏0 票投票先 →水瀬伊織
ガルーダ11 票投票先 →水瀬伊織
水瀬伊織2 票投票先 →ガルーダ1
諸星きらり1 票投票先 →芭蕉
水瀬伊織 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
芭蕉 「おつかれと 言いたいわたし 明日怖い」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ガルーダ1 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水瀬伊織さんの遺言 まぁ私にかかれば、ザッとこんなものよっ!

          / / `ヽ_/ _           \\
        / ,r〈_ /     `>、         \ヽ
         / ,r'ヽ/ -ニ ー- '´∠ \         ヽ',
       l 〈  / -=´         \         ',i
       | l 7: /               \         i
        ! ! !:: ./  __           ヽ  i      l
      i  リ::::/ /   `ヽ、     ___ ,  |       l
      !   !::l             ´   ` , !      |
        ! i'´ヽ!      __            ヘl      l
      l  l ゝ  `ー―‐'      __      !     /l
       l ./ 、ヽ             ー―‐'  l     / l
       ! /::::::\j                 /  ./  / .|
     i / ::::::::::::::l     、          /  /  /  |
     / .::::::::::::/\    ` ー‐ '     /ー! /  /    |
      / .::::::::::::/:::::::l ヽ、        ./  l ./  /    |
    ./ .::::::::::::/:::::::::| (:l、` ー-  -イ ´,r‐、 !/  /l     |
   /  , -―ュェュ _j `~ `~~´ r‐、!  ヽ!  /: l      |
  . / /   i r'j.!jく::::::::::::::::::::::::.r‐v' \_`  l /: ト、     |
  /  i     ヽニjヽ; :::::::::::::::::   ト、ヽ、    j/::  l  i.    i
. /  l     \ ! !:::::::     ーi      /::  l   !    l
ガルーダ1さんの遺言           ┌ '' "´\                              ,. ‐'´  ̄_>‐、‐- 、
          |l ̄l ヽ\                       / > ̄`ー'´    ヽ/
          |l |l   ヽ\                     _ .-/ _ 〈     ,..-‐ 7"´
          __ 」| |l    ヽ\ ____ ,. - ' "L - '"´‐ '' ´     `ヽ ¨ | 「' "´
          / 7|l |l.       ヽ\   __ / /||`'"<  `丶、 _ r'" ̄  , ‐'´
       ヽ_>|| |l         _ > '"/ /  ||_   _ ≧=' "´_ __,.=‐く
          || |l  ,..- ' "´  / /    || ¨´ └┘   ̄ i i, ‐'´
_ ,. .- -──┤l _」l-' └ァ _ / /     _レ′          i l,
\ < __ /─¨´r'〈=ァ'´/ / /  ,..- '_´                  i l,
  ` ̄      ̄ ̄ ̄ /__/ jニブ=┴_,ニ´ rイl  ̄" '' =z- _          i l,
                    ̄/|_,. - '"   | l.|_`ー-   ,_- 、           i l,
                   |/|       l  |  ̄"‐ニ._>‐ニ__- ニ __//
                   |  L_      | |            ̄" '' ─ ' ´
                    `丶、丶 、_, ‐' , ‐'´
                       ` '' - ' ´

F-22で来た
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
芭蕉 「諸星きらり(27)「吊り難いのは確かだけどー!
それなら狼さんがめぼし付けて勝手に吊ってくれるんじゃないかにゃー!
って思うのー!>芭蕉さん」への返歌
狐吊る その日貴方は 意見なし
その理屈 返せば貴方に 跳ね返る
大体に 霊能結果 見てました?
占いが 真狂ならば 殴る意味なし」
諸星きらり 「にゃっほーい! おっはよー☆きらりだよ☆
よーしきらり最終日頑張って行っちゃうにぇー!
にょにょにょ…にょわーっ!
せーの!きらりん☆」
双葉杏 「私噛まないのか…それじゃあ残った人…ふぁいっ!…はぁ…」
諸星きらり 「芭蕉(25) 「そのわりに 貴方ノリノリ 狐吊り」
ノリノリ?霊能さんの結果が●だけどまだ2W残ってるのに目に見えない人外吊りあげてる余裕なんてないと思うにぇ!
というかノリノリだったら杏ちゃんに狐さんとっといてなんて発言しにぃー!
きらりは芭蕉さん狼でファイナルアンサー!」
芭蕉 「双葉さん ファイッとかさ 言ってくれ」
諸星きらり 「意見言ったってばぁー!
狐とっとかにぃ?って杏ちゃんに聞いたってばぁー!」
双葉杏 「いったよ~…>芭蕉」
芭蕉 「芭蕉(26)「ここで吊る 明日の方がと 思うがな」
だがしかし 共有指示は 代わらない」
芭蕉 「一応は 狐吊りをば 反対し」
諸星きらり 「投票反逆してれば文句無かったのー?>芭蕉さん」
芭蕉 「困るのは 残る村人 ネタばかり」
諸星きらり 「むむぅー!ネタってにゃによぉー!
きらり真剣!ちょー!真剣!
はぴはぴするためにちょーしんけんなんだからぁー!」
芭蕉 「投票は 共有指示に よるもので」
芭蕉 「反逆は やる意味あらば 我もする 」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
9 日目 (1 回目)
芭蕉1 票投票先 →諸星きらり
双葉杏0 票投票先 →諸星きらり
諸星きらり2 票投票先 →芭蕉
諸星きらり は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
諸星きらりさんの遺言                    _.   -──-  ._
                      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ :.:.:.:.:. \
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\:.\
                   /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:\:.:.∧:.∧:∧:.:.:.、
               /:.:.:.:|:.: |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.<  > >>:.:.、
                 /:.:.:.:. |:.: |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.: |:}∧{∧{∧{\:.:.:、
             イ:.:.:.:.:.:.|_:.:|:.:.:.:.キ<: ̄|`ヽ:.|:.\\\ >:.:、
              |l.:.:.: /|.:.:.|\:.:.:\:>示≪|:.:.:.:.⌒丁:.:.:.:.i
            八:.:.:.:.:\x示. ⌒⌒  |::心 〉ー:.:.:./. |:.:.:.:.:.| 
             .ヘ\:<〈_ |心     弋:ソ |:.:.:. /:.:.:|:.:.:.: ノ
                / / ゙|^:./ l弋ソ ,      ''|:.:/:.:.: 八:.(             きらりん☆
            / /  ,ノ:./ ∧''            〉:.:.:.:.:/:.:.:.):.\
        ,ノ ___/ |⌒i^Y’/:.∧  `⌒´   /:.:.:.:.八:.:.:.:.:. \\
      ((__/: (   | ノ 人'/:.:.:>  _  イ:.:.:.: /:.:.:.):.:):.:.:..:.): )
    ノ_/ : : : : \ ー'ー'’ノー<__ハ    ,ノ:. /:.:.:ノ八:(:.:.:./ノ(
   (:.:八゙.: : : : : : :`ーイノ  //○|  (:.: (:.:.:.:(/  `>く:.:(:.:.:.\
  __ノ:.|: :\___/ ̄/  // ○、 ′ _,|\:.:.:.:.:.:\ /’. . \\.:.:.:)
 (:.:.:.:.:.| : : : : : : : 〉: 斗<⌒  ○   '´ ノ/)ヽ:.:.:.:.:.). . . . . . ∨:)(
  `ヽ:゙| : : : : : : /( )  \___ ○○○//:.:.:.:.):/. . . . . . . . |(:.:.:.\_)
     .八: : : : :/ )   ( )/'   ̄ ̄/-(:.:.:.:.:_ イ / . . . . . . . . ∨:.:.:.:.: )
    /: : : : : :|  ( )    ( ) ./     ヽ:.(  :|. . . . . . . . . . |⌒)/
   ./: .: : : : .:八)      !    /      ))   \. . \_ . . \
  〈: : : : : : /: : >、( )    ( ) ./-         /\_. . . . . . .ト、
   ‘, : : : : // 。厂 ̄\    |         /   ヽ. . . . . . . . ハ
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/08/05 (Sun) 00:22:34
一方通行 「場当たりでやってりゃ知らねェけどよ、
テメェの頭で棹そっちに向けたンなら正解だよ>やよい」
ぺとろん 「お疲れ様でした」
諸星きらり 「あうー」
双葉杏 「…え~っとお疲れ様」
一方通行 「おつかれさン」
我那覇響 「普段のネタの方向性が見えるぞ>やよい」
星井美希 「お疲れ様なの。」
芭蕉 「おっぱいや ああおっぱいや おっぱいや」
道明寺歌鈴 「お疲れさま、でした!」
高槻やよい 「おつかれさまです!」
ガルーダ1 「お疲れ様だよ」
菊池真 「お疲れ様!両陣営ナイスファイトだったよ!」
ぺとろん 「っすね。RPでちゅぱちゅぱするのってコスプレH的な感覚っすよね>やよい」
双葉杏 「とりあえず…
     ,. < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ > 、
    /               ヽ   _
   〈彡                Y彡三ミ;, 全力でごめんなさい
   {\    \|_ \>ー 、  ト三三ニ:}
   人{ >、,___.>、/三 ヾ\ |わ三彡;!
  /./ トミ;,_       Y/  \>ノー~=- "
  V / /!   ̄ ̄ ゝ  |   /  _
  し/'┴──----─''|  ン}\-ヾ彡
              ヾ、___ノー'''`」
我那覇響 「うーぐぐ、申し訳なかったぞ!」
ガルーダ1 「おや、意外だね」
木村夏樹 「あーだめだったか。
きらりおつかれさん。最後、村っぽかったぜ?
だから自信もっていいよこれは。」
萩原雪歩 「うすっぺらな正義よりも巧みの性戯で大正解ですぅ」
一方通行 「霊界が長ェと喋りすぎて困ったもンだぜ、どこの老害だよ」
高槻やよい 「芭蕉さんの押し切り勝ちです!うっうー!」
天海春香 「ありゃりゃ・・・惜しかったー!!
あん×きらでいけると思ったけど、残念~
芭蕉さんの俳句とかこう、怪しさがまぎれる感じでうまかったね・・・///」
萩原雪歩 「お疲れ様ですぅ」
芭蕉 「初日は 狩人なりや ひどい村」
諸星きらり 「やっぱりきらりには説得力がたりにあ・・・」
ガルーダ1 「僕残ってたら芭蕉さん吊り一択だったね」
菊池真 「やよい…ww>誤変換」
木村夏樹 「いーんじゃねぇの?>イッツー
こういうのもま、ありだろ。」
高槻やよい 「なんということでしょう!>雪歩さん」
水瀬伊織 「お疲れ様。」
ガルーダ1 「杏ちゃんは惜しかったね、どんまいだよ」
芭蕉 「っていうか 私ネタしか 言ってない」
高槻やよい 「やめられない、とまらない、ですね>ぺとろんさん」
双葉杏 「(ぐだ~)もういいもん働かないもん」
星井美希 「いやあの、やよいの誤変換っぽいのは誤変換じゃなくて
ただの『いつもの事』なんじゃないかな、ってミキ思うの」
菊池真 「すごいありがたいですよ!へへっ!>いっつーさん」
一方通行 「……イッツーサンショシンシャダヨ>夏樹」
萩原雪歩 「私もペロペロハァハァしてただけですぅ。>芭蕉さん」
ぺとろん 「霊界ではなんとでもいえるさ。
あのプレッシャーで正しい選択できるかどうかがゲームの楽しさなんだ。
自分は正解だったアピは何もうまないっすよ>ガルーダ」
芭蕉 「最初に 吊れる狼 我のハズ」
道明寺歌鈴 「ネタ吐いてるだけで生き残るって、すごいと思います!>芭蕉さん」
諸星きらり 「きらりもぐでぐですゆ~まぜてぇ~>杏ちゃん」
ガルーダ1 「F-117とラファールMに敗れたのは悔しいね(分かる人は分かるネタ)」
高槻やよい 「杏ちゃん、たくさん働いたね」
双葉杏 「あ~あ結局遊んでる狼だったか…今日はセンサーが働かなかった…」
星井美希 「面白かったから、良いんじゃないかなw」
芭蕉 「だからこそ ガルーダさんは 噛んだのさ」
木村夏樹 「ハハハ、おもしろいこというなぁロリコン超能力者は!>イッツー」
ルーミア 「センサー(笑)」
我那覇響 「いや、きらりはよかったぞ!お疲れ様だ!」
双葉杏 「杏を噛まないなんて狼は鬼畜だと思います」
ガルーダ1 「芭蕉さんはネタ狼だと思っていたけどね
きらりちゃんは終始安定していて村決め打ちだったよ」
芭蕉 「まじつれえ 575のネタ 考える」
星井美希 「え、あんな進行したらミキが狼でも最終日まで残すよw」
ぺとろん 「ですね。そんな俺っちとちゅぱちゅぱしたいなら、いつでもどうぞ(ドヤッ>やよい」
萩原雪歩 「杏ちゃんは最後外したのは仕方ないけど、5人の日は絶対に指定しないとダメだったよ」
ガルーダ1 「いやはや僕を噛んだ芭蕉さんの方が上手だったってことだね
噛まれないように精進しないと」
木村夏樹 「ん、でと。
杏、センサーもいいけど、そろそろ先もみような?
せっかく最終日までもってく、そんで指定シフトをしいたんなら、サ。」
芭蕉 「狂人の 働きぶりは 助かった」
一方通行 「最終日に残してもらうための作戦で指定しなかった、って勝ったら言えちまうけどな、くけっ>雪歩」
ガルーダ1 「<<オメガ11だったらもっと先にイジェクトしていた>>」
ぺとろん 「狼の なりきりRP おもしろす>芭蕉」
芭蕉 「最終日 残すなハート 砕けるわ」
菊池真 「芭蕉も働いたよ…w」
一方通行 「へェへェ、1000から先は覚えてねェロリコンだよ、くけけっ>夏樹」
諸星きらり 「きらりのも こっぱみじんで こーなごな>芭蕉さん」
高槻やよい 「こういうRPする人は最後まで残して頑張ってもらうのが楽しいですし>芭蕉さん」
芭蕉 「今回は ラッキーだったね 我の勝ち」
星井美希 「……まあ、最終日が来るとしたら芭蕉さんLWだろうっていうのは
美希は霊界に行った段階から思ってたの……w」
天海春香 「そしてみんな、真占いなのにいきなり●貰っちゃった
悲劇のメインヒロイン、春香さんがいたことを忘れないでね!

ここでは初めての経験でした、ううーやられたー///」
芭蕉 「きらりさん 前日ラスト まずかった」
木村夏樹 「だっろー?
アタシがよーやく1000超えたところだっつーに
もっとさきにいんだからさぁ、アンタw>イッツー」
萩原雪歩 「真ちゃんを美味しくいただいて、狼チームも勝って大勝利ですぅ」
一方通行 「くけけっ、テメェが来た頃には越えてたよォな気もするよ。
今さらだろォが1000越えオメデトウ>夏樹」
双葉杏 「あ~あ~色々痛いまあこういうのもよく味わっておくべきだよね…痛い痛い」
星井美希 「良く考えればまぁ、狩人初日で狂人特攻真HITとか相当人外場のはずなんだけどね。
ある意味良く最終日行けたなーっていう感じかな。」
ガルーダ1 「◇天海春香 [占] (デレデコ◇Ioriptb23o) 「来た!可愛いけだるげな美希ちゃん来た!
遺言で真と一緒にいる宣言来た!カップル成立でこれで村勝つる!」
ああ、メインヒロインちゃんはフラグ立ててたんだね…(遠い目)」
木村夏樹 「んでっと。
杏、センサーでもいいけど、例えば、狐残しについて、
例えば、他の吊りについて、指定ってのは自分のカンだけを押し付けるものじゃない。
もし押し付けた場合は、最後までそれを押し通さないといけない、ここはおぼえておきな?
特に5の日だ。雪歩サンもいってるけど、今回の展開で、狐つったらあそこで指定しないのはありえないからな。」
高槻やよい 「あとは、ルーミアちゃんを7人の日に吊ったのが気になったかなーって」
ぺとろん 「1000戦超えはめでたいのかー
と、100↓が叫んでみるなう」
我那覇響 「あれだ、自分の発言がノイズになっちゃったな。
正直ごめんな?>杏」
星井美希 「気になるっていうか、
杏がこう、『7の日に灰指定をする進行を知っていたか』って話になるの。」
高槻やよい 「狐噛みで狐の勝ちを消せたのが大きかったんじゃないかな?>美希さん」
ぺとろん 「さて、そろそろ落ちるかね。
お疲れ様でした」
一方通行 「ぶっ殺した数だけ英雄に近づくのよォ、くけっ>ぺとろん」
菊池真 「ダウト>ぺとろんさん」
星井美希 「いやまぁ、あくまで確率論での話だから、勝つ時は勝つし負ける時は負けるんだけどねw>やよい」
ガルーダ1 「落ちる人お疲れ様だよ」
木村夏樹 「あははは、きづきゃーもう3年近くこの界隈にすみこんでっかんねー。
アタシもある意味立派な老害みたいなもんさwあんがと>イッツー」
星井美希 「夏樹とガルーダをなんとか和解させようとしたら吊られたのがミキだったw
……あれ、そのくらいの感想しか出てこないのw」
諸星きらり 「にぁ-?どこが不味かったのかkwsk!>芭蕉さん」
双葉杏 「ぺとろんお疲れ様~_(:3 」∠)_」
菊池真 「本当に良い経験だと思うよ。
ボクとしては今日の動きは称賛したい。攻めの姿勢が強く感じられたよ>杏」
我那覇響 「あれだ。
自分が美希-夏樹どうなっているかな?って言ったんだ。そのせいだぞ・・・>美希」
高槻やよい 「あそこで狐噛まなかったら狐勝ちだったよねっていうお話で>美希さん」
木村夏樹 「美希サン吊りはこう、うん、ゴメン?
あそことやよいサン吊りはまぁうんって感じだったか。
そーなると伊織サンとガルーダのこってそんで芭蕉ときらりなぁ……?だったんだけど。」
星井美希 「いやまぁ吊られた事がどうこうって事じゃないの。
美希の今日の村での動きを感想として出そうとしたらそれくらいしかw>響」
天海春香 「しまった!私が逆のフラグ立てちゃったせいで!?
やだー///>ガルーダ1さん

でも、噛まれるより残ってた方が占いの信頼度的に
村の未来が無残な事になってた予感もするけど・・・きっと気のせいだよね、うん///」
諸星きらり 「ぺとちゃんはおつかれさまぁ~☆」
星井美希 「美希吊るとやよい吊る余裕はない感じかな。
両方吊ったからかなり厳しくなった感じはあったのかもね>夏樹」
高槻やよい 「流れのまま吊られた私が悪いってことですしね>美希さん」
木村夏樹 「だから、そのあたりの兼ね合いだろうな。
実際後の発言みて、うわこれガルーダ村狼でいいけど芭蕉と伊織サンどうする?
だったし。>美希

ちょっと美希サンとやよいサン吊りに対しては反対すべきだった。
自分の想定でも雪歩サン→伊織サン吊りってのがあったせいもあるけどね。」
芭蕉 「ログを見て あとは寝るだけ お気楽だ
GMさん 村建て感謝 言っておく」
星井美希 「いやまあ、グレランならともかく、指定じゃどうにもならないのw
やよいが悪いわけじゃないって思うな……w」
諸星きらり 「ま、まってぇー!どこが怪しかったのかwksk!>芭蕉さん」
木村夏樹 「もっといえば、芭蕉サンときらりは村狐でみてる部分大きかった。
ただ、芭蕉サンはルーミア噛まれの前日にルーミア気にしてんだ。それがひっかかったんだよなーと思ったら噛まれた。」
菊池真 「でも、流れのまま吊られる以外に難しいような気もするよね
まぁ村なんだしもっと必死に発言する場面かもしれないけどそれにどれだけの意味があるかなぁ>やよい」
萩原雪歩 「流水に身をまかせ、そのまま達してしまう鳴嬌至水のじょっぱーですぅ>やよいちゃん」
高槻やよい 「いい当て字です!>雪歩さん」
木村夏樹 「んーきらりー?」
木村夏樹 「きらりはさ、ようは最後の吊られる要素、
自分が疑われるプロセスみたなもんが知りたい、それでいいかい?」
ガルーダ1 「きらりちゃんは僕の中では真っ白すぎたね」
諸星きらり 「うんー!おねがいおねがいー!>夏樹ちゃん」
道明寺歌鈴 「ログ見終わりました!
なるほど今回初日役職という考えが頭からすっぽ抜けていたのです」
木村夏樹 「ん、そんじゃ。
ちょっと発言みなおそか。
ちょっとまってな>きらり」
ガルーダ1 「ではそろそろ僕も帰還することにするよ
お疲れ様でした」
我那覇響 「カリンは、そうだな。
初日の霊能COまでの発言見たら実に素直でよろしかったぞ!!」
道明寺歌鈴 「ガルーダさんお疲れでした!」
諸星きらり 「おやすみなっしゃ~☆>ガルーダさん」
星井美希 「うん、台詞の流れをざっと見てこの霊能吊らなくて良いよねぇ、ってなったミキがいるの。」
菊池真 「2人には何か共鳴するものがあるんだろうね…(遠い目)>やよい、雪歩」
道明寺歌鈴 「あはは、出るタイミングであたふたしてたんだよ、アレ>響ちゃん
もしかして、そういうのも含めて自然に見えた?」
我那覇響 「まあそうともいうぞwww>カリン」
芭蕉 「ニヤニヤ」
星井美希 「変態コンビでは雪歩を見てなくて
やよいとデコちゃんを落としてからで良いかな―とか。
きらりんとルーミアは狐だったら噛まれて欲しい、とかw」
道明寺歌鈴 「私、これでようやく役職の半分くらいを経験したんだねー(しみじみ」
木村夏樹 「◇諸星きらり(24) 「芭蕉(34) 「きらりさん 占い真偽 どうみてる?」
きらりは真狂!春香ちゃん先輩真でぺとろんさんが狂人さーんでみてゆー☆
あ、もしかして霊能結果次第ーって文見逃しちったかにゃ?それならごめんにぇ?
朝のは霊能結果が●ならーってお話だったんだよー☆」」
木村夏樹 「あれ、カリンそうなんだ。
おめでとー!」
我那覇響 「・・・アレ。
カリンってまだ役職そんだけだったけ・・・?恐ろしいぞ、なんか。」
木村夏樹 「◇諸星きらり(18) 「うーんうーん、もう一晩取っといたらもう一匹出てきてくれたりしないかにぇー?>杏ちゃん」」
道明寺歌鈴 「あとは占いと共有だけですね、占いは4回程騙りましたけど・・・・」
天海春香 「うん・・・なんだか、やよ×ゆきって新たな何かに目覚めそうな感じ///

・・だ、だめよ春香・・・小鳥さんみたいになっちゃ・・・///
私は正統派清純派ピュアーなメインヒロイン!!」
木村夏樹 「んー。
つまり、だ。
これは芭蕉にとってもアキレス腱なんだけど。」
我那覇響 「(そういや真占いやっていないのに騙りする時点で恐ろしいぞ)」
芭蕉 「フムフム」
木村夏樹 「きらりはさ、多分「霊が真なら」ここにこだわりすぎるようにみえたのじゃないかな?
内訳で考えるとわかることだけど、噛まれ1、霊結果ただしいなら、必然、カリンは真狼でしかないんだよな。
んで、吊る時期はすぎてるからそもそもそこの真贋どうこうで話をすすめるのは?ってなる。
だから、そこにたいしてつけ込む芭蕉も?はあるかもな>きらり」
木村夏樹 「万が一という意味で狐もありえるかもしれないけど。
このケースはルーミア告発があった時点で消滅。
そうなったときに、狼として見るべきポイントは、あたしの場合はルーミアへの言及がある位置、となった。」
道明寺歌鈴 「最初の一回目なんか酷かったと思うよ?>響ちゃん
無計画な●特攻とかを二回やったからねー」
木村夏樹 「春香サン……確か同僚(属性)に大西ってのがいたよな?」
我那覇響 「最初からうまくいくPLなんていないからなぁ。
仕方ないぞ!>カリン」
木村夏樹 「◇諸星きらり(24) 「一昨日まで3Wだったから、狐さんを気にするのは狼さんだって思ったのー!」
◇諸星きらり(18) 「芭蕉さんは狐さんをきにかけてるのがすごく気になったの!
だってだって狼さん優先して吊るべきだってきらり思ったの!」
◇諸星きらり(10) 「きらりは芭蕉さんと伊織ちゃん先輩で2W想定!
伊織ちゃん先輩はにぇー
いっぱい絡んでくれてるんだけど!村に関してほとんどなーんにも言ってくれてないのが
気になるの!だから吊りたいと思いまーす☆」」
道明寺歌鈴 「居ました、ええ居ましたとも>なつきちゃん」
木村夏樹 「個人的に24発言目は好印象。、」
木村夏樹 「春香サンの頭のなか大西にみてもらえばいいんじゃね」
道明寺歌鈴 「現状の課題は一応判ってる、つもりだよ>響ちゃん
結果がどうあれ発言に慣れていかないとだしね!」
木村夏樹 「うん、そんで芭蕉さんはあれか、ちょっと狐気にしすぎたな確かに。って感じ。
このあたりの危機感をどうとるかというのはあるか。
でも芭蕉さんうまくなったなぁ。割とこれ狐もある位置?と思っただけに。
成長したなーって思うわ。」
道明寺歌鈴 「やめようよ・・・・>頭の中診察
春香ちゃん絶対悪化すると思うよ・・・・」
芭蕉 「ティンと来ただけなんで、感覚派から抜けられませんよ…」
木村夏樹 「ああ、そんで芭蕉さんやい
きらりがさ、ちょっとアヤシイとおもったところ聞いてるから、
そこに対して答えてあげるといいと思うよ。」
芭蕉 「アテにはならんと思いますが、まぁいぬふくさんに同時にダメ出しして頂けるなら。
ちょっとお待ちを」
木村夏樹 「感覚は感覚でいいのさ>芭蕉さん
大事なのは生き残るために道理をどう捻じ曲げるかだ。
アタシの人外の時のやり口に近いけどな。
芭蕉さんはあの時点できらり相手にしだした、結果ガルーダをおいた。
その上で吊らなそうなところを残して最終日にもってった。これは正解なのさ。

噛みはまーちょっとまだまだかもしれないけどなー。これはまあ別の話さ。」
諸星きらり 「うーんとー正直霊が真狼かは考えてなくて真だと思ってたけど
結果はどうなるかわかんないけどこうじゃないって言い方がまずかったのかなー?」
木村夏樹 「そこはつけこまれてるかなぁという感じ
だから、割とそこでごちゃごちゃしてる印象はあるんだよね>きらり
少なくとも、芭蕉の殴りの位置は霊能真贋というところから、ただし、
実はもうそこっていってる場合じゃないっていう感じかな」
芭蕉 「気になったのは二つ
「◇芭蕉(24) 「霊能が 正しいならば 真狂だ」
きらりは芭蕉さんのこの発言が気になったにぇー☆」
気になったのはいいんですけど、それ以上の押しがない。
私もきらりさんも真狂で見ていることを表明しているのに(別段致命的な部分ではない)、
そこに注目しているってことは霊能結果見なくても分かる位置なのかと思われるかなと」
木村夏樹 「それ以外の場所、特に狐に対する言及や、残しも考えるって懸念はすごく正しいと思うよ>きらり
アタシも吊る気だったからなー。狐。まったく、そのあたりが甘いや。」
諸星きらり 「あぁ、それいちゃもん付けたかっただけだからにぇー
怪しいと思ったけどこれって物がよくわかんなくってにぃー>芭蕉さん」
木村夏樹 「ふむふむ。
んーあれそーなると。」
諸星きらり 「むーんー、いちゃもんの付け方ももっとうまくならないとにぃ・・・」
木村夏樹 「んー?」
木村夏樹 「◇諸星きらり(24) 「芭蕉(34) 「きらりさん 占い真偽 どうみてる?」
きらりは真狂!春香ちゃん先輩真でぺとろんさんが狂人さーんでみてゆー☆
あ、もしかして霊能結果次第ーって文見逃しちったかにゃ?それならごめんにぇ?
朝のは霊能結果が●ならーってお話だったんだよー☆」」
芭蕉 「もう一つは
諸星きらり(27)「吊り難いのは確かだけどー!
それなら狼さんがめぼし付けて勝手に吊ってくれるんじゃないかにゃー!
って思うのー!
狐吊りの日、大して狐に対する意見言ってないで、私個人に来てるところが
ご自分の意見を自分で証明していると思いました。
「勝手に吊ってくれる」=きらりさんの意見薄さが重なってしまったのです。」
芭蕉 「それに575でうまく返せるわけないじゃない(泣)」
木村夏樹 「あーうん。
なんか違和感あるとおもったらここだ。

ここで真狂以外って、あんまり考えなくてもいいところで意見が交わされてて、
このあたりからの殴り合いってのもあるんだよなー。」
木村夏樹 「ちなみに。残してもいいって意見についてはきらりのあれはわかる、
んで、そこできらりがもう少し押せればかわったかもしれない。
そういうのはあるかな。まーお互いRP崩さない姿勢はアタシ大好きだけどなw」
芭蕉 「>木村 そこですよね。霊能の真偽に踏み込んでないのに(実際は踏み込めない)
真狂以外の可能性について言及していると他に捉えられるのが惜しい」
諸星きらり 「自分の意見を自分で証明してるってどゆこと?
芭蕉さんが狼だろーって言ってるってこと?>芭蕉さん」
我那覇響 「正直自分」
我那覇響 「あの殴り合い見てあそこにいたら自分どうにもできなかったんじゃ・・と割と思ったぞ(キリ」
諸星きらり 「思い当たる節がよくわかんなかったからこれかなって!>夏樹ちゃん」
芭蕉 「まー、私も狐残していい派でしたが、ルーミアさんの反応が過敏すぎて
庇えないと思ったのと、それ以降共有の意見なかったので乗っからせてもらいました。」
木村夏樹 「ふむふむ。
つまりさ、そこは芭蕉さんのいちゃもんに乗ったとも考えられるか。
その場合はこー、もうわからないならわからないで言い切ってもいいかもしんないなー>きらり

ようはいきなりかぶせてきてるわけで。」
木村夏樹 「んー、自分の意見を自分で証明ってのはアタシも聞いておきたいかな。」
芭蕉 「>きらりさん あの日は反対なのであれば、まず私に絡まずに吊る派筆頭の伊織に
行った方が良かったのではないかと。」
我那覇響 「あれだよな」
芭蕉 「>木村 「勝手に吊ってくれる~」=きらりさんの意見薄=吊らせたい張本人
っていう図式が浮かんだのですが、間違ってますか?」
我那覇響 「一番吊りたいとこにメリット求めようとするのって実に人外的だよね。個人的にだけど」
木村夏樹 「んーそこについては、割と狼の反応を見たいっていうのはあると思うんだけどね。
そのあたり、きらりはどうだい?」
芭蕉 「RPと言えばそれまでですが、殴りに行く方向性が固まってないと感じました。
ツッコんだかと思うと、まったく別の方に行ったりと興味がぶれているような…」
諸星きらり 「えーとね」
諸星きらり 「キレてて怖かったから見守ってた」
木村夏樹 「つまり。
どこを吊りたいか、何をしたいのかが、あの時点で見えづらい>人外だろうと
いう理屈かな?>芭蕉さん

なるほど、そりゃ一理あるな。」
芭蕉 「それに、諸星きらり(18) 「芭蕉さんは狐さんをきにかけてるのがすごく気になったの!については、吊ったリリホワさんが狐でもない限り、役っぽいのは吊れてないと感じたのですよ、指定が大目で全てCOなしでしたからね。」
木村夏樹 「あー……ルーミアか>きらり」
木村夏樹 「あーそこは気にしなくていいよ>芭蕉
狐なんて、最後までキにする位置じゃない、だから、そこはきらりのいってる方がただしい。
だって、その発言してるときはもう2W残りのあと、特に絶望前提の村で村人は狼を吊るしかないから、狐とかいってられないんだよ。」
諸星きらり 「霊能さんの連○見てそんな余裕持ってられるほど屈強な精神はにぃ!(どやぁ>芭蕉さん」
芭蕉 「>木村 「勝手に吊ってくれる~」がなければあのムーブで正解だとは思ってます。
でもそれ言うのなら、私にではなく、周囲に~だから今日は吊らない方がいいと表明すべきだったと思います。」
諸星きらり 「ふーむー、狼固定するのが遅かったって事でいいのかなー」
木村夏樹 「そういう意味では怖くて言えなかったって気持ちもわからないこともない。
逆にルーミア擁護じゃないけど、理解示せば少し違ったかもしれないね。
そのあたりの意見も大事になってくるからさ>きらり」
芭蕉 「>木村 だから、そこに絞ってくれればまだボロが出たのに…惜しいなぁっていう。
うん、自分でも狐気にし過ぎた、そこは発言すべきではないと後悔してましたから。」
木村夏樹 「狼固定するのが遅かったは、あるかも
だからふんわりだれかをーっていうよりは強くいくなら
「誰を吊りたい!」を明言する勢いの方が必然、強くなるかもしれないな>きらり
ほら、アタシ外れてても吊りたい場所明言してたら、それだけで今日なんか最終日送り的なあれになったろ?」
木村夏樹 「だよな。
だからこそ、芭蕉吊るならルーミア絡みの発言の前後だって思ってた。」
芭蕉 「というか、夏樹ーガルーダでいちゃいちゃしてるのに嫉妬してたw」
木村夏樹 「ああ、まぁアタシが勢い良く殴り倒してたからなー。
あれ、人外ヒットしてんならいいけど、そうじゃないなぁってなったら方向修正大変なんだわw>芭蕉」
芭蕉 「LW要員で想定してなかったので、発言に困った…」
芭蕉 「>木村夏樹 「狼固定するのが遅かったは、あるかも
だからふんわりだれかをーっていうよりは強くいくなら
「誰を吊りたい!」を明言する勢いの方が必然、強くなるかもしれないな>きらり
それこそグレスケですよね…」
木村夏樹 「んーグレスケとはちょっと違うな。
アタシは、グレスケって弱いって思ってるから。
トップだけでいいのさ。だからこそ、「どこが吊りたいか」これが一番大事だと思ってる>芭蕉」
芭蕉 「>木村 そこは明らかに人外だろうって気にならんと、初級者はそこまで強くはいけませんぜ…私じゃあ経験則が足りない足りない」
諸星きらり 「む、むむむむぅー、明言むずかしいにぇー・・・w」
芭蕉 「>きらり 狼固定するのが遅かったってこともあるけど、
今回の場合共有の考え方と実際の内約が噛みあってなかったっていうのがあるので
そこまで気にしなくてもいいと思うよ。」
芭蕉 「そろそろ失礼させてもらいますが、ルーミアさんの反応は他鯖なら稀によくある感じ。
ただ、雰囲気のいいこの鯖だと珍しいなぁって感想でしたが。」
諸星きらり 「うーにゅー、むつかしいね!
二人とも付き合ってくれてありがとー☆
それじゃーきらりはそろそろばいばいすゆねー☆おつぁーしゃー☆」
木村夏樹 「明言についてはそれこそカンな部分もあるけどな。
ま、芭蕉もきらりもそこそこやってんだ。そろそろそういう部分も見つめるのは
いいことじゃねーの?
そも、いまこうやってきらりと芭蕉が意見かわしてることだって、すごい大事なことなんだしな。」
木村夏樹 「ん、じゃ、そろそろお開きかな。
アタシもねるとすっかー。芭蕉はおめでとさん。
じゃ、おつかれー。」
芭蕉 「>いぬふくさん 最近村建ててるんでよかったら来てくださいね~」
リリーホワイト 「 」
高槻やよい 「そうそう、7人の日に狐吊るとどうこうって言いましたけど
狐を吊った場合、村を吊った場合、狼を吊った場合、それぞれこんな感じになるんですよね」
高槻やよい 「【7人の日に狐吊りした場合】
 7人(2W1F)狐吊り、村噛み
⇒5人(2W)<村が勝つには狼2連吊り>
 
【7人の日に村吊りした場合】
 9人(3W1F)狼吊り、村噛み
⇒7人(2W1F)村吊り、狐噛み
⇒6人(2W1F)<引き分け>
 
【7人の日に狼吊りした場合】 
 9人(3W1F)狼吊り、村噛み
⇒7人(2W1F)狼吊り、村噛み
⇒5人(1W1F)狐吊り、村噛み
⇒3人(1W)<村が勝つにはLW吊り>」
高槻やよい 「はわっ、9人の日からのを書いてました…
7人の日からだと、こうですね」
高槻やよい 「【7人の日に狐吊りした場合】
 7人(2W1F)狐吊り、村噛み
⇒5人(2W)<村が勝つには狼2連吊り>
 
【7人の日に村吊りした場合】
 7人(2W1F)村吊り、狐噛み
⇒6人(2W1F)<引き分け>
 
【7人の日に狼吊りした場合】 
 7人(2W1F)狼吊り、村噛み
⇒5人(1W1F)狐吊り、村噛み
⇒3人(1W)<村が勝つにはLW吊り>」
高槻やよい 「7人の日に狐を吊っちゃうと、村が勝つには狼2連吊りしないとなんですよね
 
だから、7人の日に狐を吊らないのは
村としては、引き分けをにらみつつ、LWと対決する方向をとるってことかなって
 
このへんは村も狼も分かってないと、交渉にならないかもですけど」
高槻やよい 「実際にプレイしてると、私もこのあたり冷静に判断できないことがあったので
覚えておいてもいいかなーって思いました!」
高槻やよい 「狼は、7人の日に狐を吊るほうが有利だから、そっちに持っていこうとするんですけど
狐にしたら、もう引き分けを狙うしかできないから、それはやめてくれってなるんですよね」
高槻やよい 「というわけで、メモっぽいものを残しておきました
真さん、村建てありがとうございました!
またJSJで波乱をおこしたいですね!」