←戻る
【劇場104】アイドルたちの人狼劇場 村村 [120番地]
~日曜765ミステリー ~TRIAL DANCE~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 小烏GM
(生存中)
icon 親衛隊
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon ハルカ=アマーミン
(生存中)
icon 川島瑞樹
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon 小早川紗枝
(生存中)
icon ぬこ
(生存中)
icon オメガ11
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon PSP
(生存中)
icon アイ=ヒダカ
(生存中)
icon 阿部さん
(生存中)
村作成:2012/08/05 (Sun) 21:57:37
GM
         ___ __ _ ___ _ __   __  _   _    _ /,,二ニO、 ____ _____ ____ __
         |_  ___|  |__| || ____||__|| __ \/ _,.,_ \| |   |  \ /  |/,,/=-、V ____||___  ___|| ___|| _ ヽ
           |  | |  ___  || ___|| || |▽) | (○) | |__|  ,   , |i / ///ノ ∧___ ヽ  | |  |  __|| 二" ノ
           |  | |  | | |ヽ ̄ ̄|| ||  ̄ /\  ̄ /ヽ___||  |ヽ_/| |ヽ ー= /|___/ .| |  ヽ__|__| \\
            ̄   ̄   ̄   ̄ ̄  ̄  ̄ ̄     ̄       ̄    ̄\二二/        ̄           ̄

                              _                                         ___
                       _ ,ィヽ /ノ                                       /  ̄\ヽ
                   r、=-‐// }/∠匕/                                           ,..=-‐‐‐-...ヽ},ィニニヽ
             <\__{`Y{_リ: :〃ーヲ`ァ‐‐;:、: :\                           ,..イ       /: : : : : : : : : : Y:ヽ  ノ
    〃            >≠‐メ: : : : 、:_:{::.: ̄: : ∧: : :ヽ                         ヽ{:: :|      〃: : : : : ┛┗ : : : ヽ: :\
/Z_゚         /: :{/ /: : : }: iヽ=、:: :Y: : :iハ: : i:∧                         ∨:{.     ∧: : : :, イ┓┏: : : : : : : : :ヽ
  /   ̄フ ゚    〃,.イ:7 〃: : , ハ il ト. ∨: i: : :|:ハ: ::|: ∧                         ヽ}-.、_  _|:::.: :/: : :/;.イ: : : ; : リ: : :}: ハ
 メ ィ:ェ o。゚    // ..:〃/./: :,イ/|} |ヘ _∨|: : :ノ.:}: :|l:ハ:ヽ                          `={: : Y:マ¨X: : ///: : ://: //: : | : ::i
゚。ン¨   ゚     / ..::::::::/:/: :/ノ  |! |/ :i|: : /: :l;:::| : ハ ヘ                            ̄ヾ{ /:∧` く: : : ://: ://: : :ノ、::::}
、 `ー=ニ⊃    ,〈.:::::::__:/:: Xー-、  厂 ,ィ≡|}: /: :リ |:リ: : : } ;}                             `!.:{ ヽ_ Y,く/: : :〃: : :/'.::::::リ
/\{´゚ o    /::>''´ /;.イ::::ヘ =、   '   リ/: : /ノ:': : .::ノ !                            ー{: |   { `≠、\/, : :〃.:::/:/
///:>..    /'´   〃 ノ::::::ハ  j     /'}: : / ̄ ̄ノ:〈__,                          _,..-=、 !:ハ 、 ` ー-'-r- 7X/::::;ィノ
///////>、o゚    //:,ィ:::::::::;ゝ.  ‐-  ./ : / ,ィ=、:: >く                 __,,.. .-‐、 '''"~ .:.:.:.:∨ ヽ{ ヽ \_r‐、 \_.)´ ̄`メ.
////://///>、   ,.ィ'-‐''/:::>´ノ:::::::>..ィ/: ノ /:| |:.:.ヽ /\_              , -‐‐‐ヽ    ',:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.\〃  〈`Y 二 ∀ゝ'、_:}≦_;ノ
//////(:////>.    .〈:'´ ー=__;;:ィ≧{iノ/:{ |:.| |:.:.:.:.:ヽ /|         .     i   ',: : }:    |:.:.:.:.:_:.|:.:.:.//、 ヽ.,ハヽ_ュ.丶}フ:ヽ
/:〈////∧Y////X¨}\ `     / ..:::}´「i:|∧ !:.| |:.:.:.:.:.}:∨ |         .    |   }‐'____,,..'-‐‐千、 :|∨/:.:.:.\|{ | ソ  /:/:.:.:i}
 >\//__ノ'///>:ノノ 〉`丶._  Y_ :ノ i|:.|{:.:〈 }:.l |:.:.:.:.:.:,:.:∨フ            l   |        |:| ∨:/`ー- 、:_||:ヽ  ,{:.i{:.:.:.:||
):.:.{レ_ノ:.:.〉-‐''´`<ニ/    \_|  :{リ:.:ノ''}´ |:.| |:.:.:.:./ }:.:i {             ハ.  :{        |:! .∧/`ilー-.、  ̄ハ   ∨:.:.:.:.|}
ヽ:.:. ( ̄   ,   〈_ . : : .、   \}ヮ <={//ヽ |:.| |:.:.:.:.|: ∨} 〉         .    } ---‐‐、       |l /:/::::::::::::::::::::}l::::ヘ  ∨:.:.:{{
  ‘ ,   .ノ}     ̄¨`彡ヘ   \:{_.〃X´ |:.| |:.:.:.:.:|: Y|」             ∧ i { i:ヽ     |/:/:::::::::::::::::::::/;:::::∧  〈:.:.:.i}
 (   ( //         `ー、\   \i{  ノ:.} |:.:.:.:.:}:  i|               \}_ノ_/ /、    〃::::::::::::::::::::/:::::::::::::',    ̄ ̄}
  ,)ヽ 乂..::ル´            ∧ .\   `< ̄ .>、:.ノ、 卜、ィ:、‐=、             |:`| ̄    }::::::::::::::::::::´::::::::::::::::::::}.   ∨ |
 /.:ノ/..::. .(_,           人  .\   `ヽ  ∧: ∨|:/: : : >、 }       .    _|: 」      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノi   ∨_}
. (´ )c、:.:.ノ ‘,.ヘ             \   \   ∨   }: 〉イ‐--'-='〈__    .    | ::::::|       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,' .!    } |
    /´ {、- 、∧     ___    >、   >=-‐:} ,.イ ̄,.ィ{\.__,.ィ′  \   .    | ::::::!     {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ∧    : |
    ( ‘ _}_ { ̄¨'' ´ ..__   ̄>.、_,.>-イ‐==''´´ ̄ /. ∨{ ̄ ̄`\  //  ..     | :::::|       |`ー-==、__::::::::,:ィ:}.  \_ .イ
、,(,,ノ〈__  }   |            \: : ::}: : : 〃  .ノ<ハ \.    \〃   .     ! ::::|     /`゙''ー‐--/:} /\二}´
=≠//:/:}_ | _,..ィi、             _;ノ -‐ ´   /:.:.:} }:.i、 `ー--、 ′        ', ::|      ∧:::::::::::::くノ|:ヘ\ 〉::::::Y
 ̄  ̄  ̄     >}〉        _,..-'''"       /:.:.:.:.i |:.:} \   〃        , -∨:| ̄ヽ._ | }:::::::::::::/ /:::::} |:::::::::::::ヽ
―――――――‐i:ハ                 /:.:.:.:.:ノ/:.ノ  \/        /..::ヽ ̄..::ノ/.::ハ| |::::::::::/ /::::l{::| |:::::::::::::::::\

                 
      
                           アイマス人狼 8/4  22:00 On Air !
                         
                          会場 : 四条劇場:http://takanegm.com/

仮名 さんが入場しました
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 小烏GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 825 (音無小烏(くされ))」
仮名 は 仮名 に KICK 投票しました
仮名さんの出演は延期になりました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
小烏GM 「おまたせ致しました、只今より四条劇場第104回定期公演、開場いたします。
初めての皆様も大歓迎、奮ってご参加をお願いします」
小烏GM 「なお、本日の開演予定時刻は22時30分を予定しております。
参加定員は17名、お早めのお越しをお待ちしています。」
小烏GM 「あ、入っててもよかったんだけどなー。
入村どうぞー。」
仮名 さんが入場しました
仮名 「よろしく」
小烏GM 「はい、いらっしゃい。」
小烏GM 「ちょっと離席しますね。」
やらない夫 さんが入場しました
かり さんが入場しました
やらない夫
                      __
                     /    ヽ
                    /       \
                    i          \
                    l  、__,ィ、      \
                        V  ヘ _ノ-、      \     よろしくだろ
                   `ゝ 、___ノ    }   >、_   __
                        '、丿_ ,.     /}  // : :/. : 二ニ{ `マ:ヽ ,.- 、
                        `ヽ 、  /;:' ,.イ / : : :i : : : :.{¨V  \:Y  /
      __                   `-ュ<ィ</ ,ィ'"´ : : : : ∧ \  ∧ {
      ( `、               _/イr;;;;;/У: :`ヽ、 : : : :i { ' 、  ヽ  `ト、
  r-、  ヽ ∧、             { : :ノ/〉-{/ : :/ : : : : : :i :〉、 ヽ    ',ハ
  } r-、  〉、 ヽ            `、| :i,';;;;/ : : :/ : : : : : : : ィ:( \ _ヽノ  }:ハ
  } }  {_/ {   {、           }λ:|;;;;/ : : /. : : : : : : : : : : ヘ  . : : : :  r)、:
  } }  {r-、 ,'⌒  ',          /:'〈:'|;/ :./ : : : : : : : : : : :V: :.`ヽ : : : : ._// : :
  ヽ}、 .i  { r-、   人ュ、        /:λ',:r :./ : : : : : : : : : : : : : :'、: : : : 〉二ニ/ : : :
   ⌒}、└i 'ト ィ ノノ:.`ヽ、     /. :} : :i : ,' : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : :{-´ : : : : : :
       ⌒--へ  // : : : : \   r'´`.i : : Y : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : V : : : : : : :
         ',ヽニノ : : : : : : : :ヽ人ミヾ', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V : } : : : : : : :」
かり 「こんばんは」
小烏GM 「はい、いらっしゃい。」
如月千早 さんが入場しました
如月千早 「よろしくお願いします。」
小烏GM 「はい、いらっしゃい。」
ハルカ=アマーミン さんが入場しました
ハルカ=アマーミン 「ハルカ=アマーミンです!よろしくぅ!」
ハルカ=アマーミン 「所属はティダン教です!みなさんも一緒に信仰しませんか!?」
ハルカ=アマーミン 「ハルカ=アマーミン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ハルカ=アマーミン → ハルカ=アマーミン」
やらない夫
                        ── 、
                        /      \
                   /   _,.ノ ゝ、_
                   | U ( =).(=)|
                   |    (_ノ`)---、     >ハルカ=アマーミン
                  _!   /――--;.:.:.:.}
                _/:r | /,r ニニニフ.:.:.:|     すいません、そういうのは間に合ってるんで…
         , -‐.........::::::::::::::| ヽ/ / '´,r―-'.:.:.:.:.:.:!
        /..:::::::::::::::::::::ヽ::::::! !   ハ -ュ|:.:, '⌒ヽl
        /.::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ:::!/    } ` ̄ゝ{.:.:.:.:.:ノ
        /.::::::::::::::::::::ゝ:::::::::::l:/      /::Λ`T¨\
      l ::::::::::::::::::::::::::::::::::/〈     / ゞ:::リ ヽ'|:::::::..\
       | ::::::::::::::::::::::::::ハ:∧、二二ニイ'} |::::::|   !:::::::::::::..ヽ
      ! ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/ |::::::|   |:::::::::::::::: i
      l ::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/|  |::::::|  |:::::::::::::: |
      ヽ::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::|  |::::::| / i::::::::::::: l
        〉:\::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/:::::;|  |::::::|   |::::::::::: !」
如月千早 「・・・春香?
え、なに、宗教にでも入ったの・・・?」
川島瑞樹 さんが入場しました
川島瑞樹 「宜しくね」
ハルカ=アマーミン 「はっはっは!如月さん!何か勘違いしてませんか!
私は自由奔放ティダーンズのPTの一員であるプリーストですよ!」
小烏GM 「はい、いらっしゃーい。
今日は人がおおいわねーって。おお、ええとティダンのアマーミンさんってブリッツPさんのところの?」
星井美希 さんが入場しました
星井美希 「よろしくなの、千早さんprpr」
川島瑞樹 「え、えっと…千早ちゃん、春香ちゃんどうしちゃったの??>千早」
小烏GM 「……総選挙第10位!総選挙第10位の可愛い川島さんじゃないですか!」
ハルカ=アマーミン 「大好きなので、今回初RPです!>小鳥GM」
川島瑞樹 「ふふん、まだ小娘には負けないってことよ>小鳥さん」
小烏GM 「って、今日すごいわね……30分までに埋まると嬉しいわ。」
やらない夫
              / ̄ ̄ \
           /       ヽ
           | U      |
           |       |     (場違い感をひしひしと感じるだろ…、常識的に考えて)
           |       |
           !      ,. -ー┴ 、
            `ヽ_ィ≦.:.:-.:.:.:.:.┴、
             ,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\
           /.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〉
           | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
               | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r {
             i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:|
            i .:.: ̄\.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:|
                | .:.:.:.:.:.:.:\. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:i
            | .:.:.:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:i
            | .:.:.:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:i
            / .:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:i
           / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ノ
          / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|」
星井美希 「いや、うん……川島さんが10位でミキちょーびっくりしたの。」
如月千早 「(・・・しまった!ブリッツPはまだ未巡回・・・!!)」
小烏GM 「ちなみに卓M@S系だったらふぉるくPやウマトカゲPや、ダイヤ☆モンドPもオススメよ。
あとは腰痛Pもかしらねー>アマーミンちゃん」
川島瑞樹 「あら?やらない夫君、そんなの気にしないでいいのよ?>やらない夫」
仮名 「仮名 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮名 → 親衛隊
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 523 (クマ吉)」
ハルカ=アマーミン 「新作きてましたよー(ボソッ」
星井美希 「え、別良いんじゃないかな?
あ、やらない夫さん……
それともプロデューサーにでもなれば良いんじゃない?
きっとやらない夫さんはセンスあるって思うな」
親衛隊 「年上サイコー!」
如月千早 「・・・え。み、美希?
いきなりあんまり恥ずかしいこと言わないで、もう・・・」
ハルカ=アマーミン 「後でみてみます!>GM」
川島瑞樹 「そうね…こうは言ったけど私も10位は想定外だったわ…>美希」
親衛隊 「>やらない夫 そうだね、君は場違いだね。」
ハルカ=アマーミン 「変態にはティダンの鉄槌ですね!>親衛隊」
川島瑞樹 「私も、まだまだイケるってことね(キリッ)>親衛隊」
星井美希 「美希はやっぱり大根Pかなぁ。
卓m@sもだけど、サイト様の方のリプレイも素敵だって思うな。」
やらない夫
   _| |_ 00
  └┐r┐|   ト、
   // |_|  | ヽ  /|
   `    ト、j.  `¨´ .i  ト、
 n.___00.  |      ヽ-'
 |┌‐┘ト、j`
 L.二コN.  ___
.        /       \
... ∩  /           ',
  | |  |-、_j ヽ._/` .l
  | |  || | | | | | | | | | .|     >親衛隊
  | |  || | | | | | | | |  |
  ∪.  |  (__人__) u |     お前が言うな!お前が!
 __    ',  |::::::::::| u .|
└┘/7  ', |::::::::::|   ノ
  <ノ   ,ヽ_ ̄ ̄_,,-''、
.      / | ヽ ̄/.| ヽ
     /   | /‐<  |   ヽ
     l   |/〉-〈 ヽ|   .l
     |     |  .|     |」
星井美希 「何言ってるの千早さん、美希の気持ちは本物なの!」
親衛隊 「川島さん、まじ美人!応援してます!」
如月千早 「765プロはプロデューサー万年不足ですからね・・・
新しい方が来ていただけるのは大歓迎です」
菊地真 さんが入場しました
親衛隊 「>やらない夫 さあ、君も川島瑞樹ファンクラブに入るんだ!」
菊地真 「おっはよー!」
川島瑞樹 「あ、ありがとうね…(ちょっと想定外ね…どうしましょう)>親衛隊」
ハルカ=アマーミン 「やらない夫さんはティダンに入信しましょう!
大丈夫です!あたしがやらない夫さんの悩みを全部解消しますから!」
小烏GM 「大根Pはいろいろぶっ飛んでるっていうか……さすがに千早ちゃんがネクロニカでヒャッハーしながら汚物を消毒しはじめたときはどうしようかと。」
如月千早 「え、えええええ!?
そんな、わわわ、私まだ全然心の準備が・・・っ>美希」
親衛隊 「あと小鳥さんだからムラムラなんだよね、タイトル?」
星井美希 「まあ、あれはあのサークルだからできるのであって……って。
個人的にはサークル側のリプレイの方が好きなくらいだからねーって
卓m@sの話から逸れちゃうね。ごめんなさい。」
川島瑞樹 「やらない夫君、大人気ねw」
如月千早 「モヒカンもつけました。反省はしていません>GM」
やらない夫
          ___
           /    ヽ
           __,ィi.ri、
        i  r、i ij i,}
        ト,  } リ ト /〉          常識は…常識はどこに…
       /ト ヽ{    ∧`ー- 、
      / : : : ヽr==-〈ハ: .ヾ : i
   / : : : : : : :| : : : : |rN. : : >{
  γ. : .`.ヽ、. : : | : : : : lH:、ト、:.ヽ、
  {、 : : : : : ヽ. : | : : : : |:::'i `,.: : ;
   \: : : : : : ヾ |: : : : :|::::|  | : ノ
     \Z_ : : : >i.: : : : |::::!  }:./
     `ト、 : : : : : : : : }:::ノ i/|
       V\ : : : : : /:./  {::|
       }/.`.ー- イ:イ  'ト,
       / : : : : : : : |´ ヽ__ }::ヽ
   rー< : : : : : : : :.厂〔:i〕ニ{、:::{
   > : : : : : : : : : : /::::::::::::::::::iへ}
   〈 : : : : : : : : :/::::::::::::::::::::::|  j
    ヽ : : : : : /:::::::::::::::::::r::::::::|_r´
     V. : : :/::::::::::::::::::::::i:::::::::|」
星井美希 「じゃあ、千早さんの心の準備ができるの、ミキ待ってるよ?>千早さん」
小烏GM 「kwsmさんが10位の理由にはいろいろあってね。
・28歳かわいいから
・アンチエイジングしてるから
・SRになってもきっとみんな「まーたできのいいコラだよ()」としか思わないから

ちなみに、総選挙結果発表の10位は通称「出落ち」と言われるほど、見た瞬間みんなが優しい気持ちになったそうよ。」
ハルカ=アマーミン 「常識は投げ捨てるもの!>やらない夫さん」
小烏GM 「おっと、誠ちゃんいらっしゃい。」
親衛隊 「>やらない夫 常識は投げ捨てるもの(キリッ」
如月千早 「え、ええ、わわ、わかったわ。
すす、少し、風にあたってくくるわね・・・>美希」
親衛隊 「先に言われたぁ!」
星井美希 「はーい、いってらっしゃいなのー>千早さん」
菊地真 「やらない夫の苗字って柏崎?」
川島瑞樹 「・・・>小鳥さん」
如月千早 「・・・」
星井美希 「やらない夫さんの名字って美筆じゃなかったっけ?
まぁどうでもいい事なの。」
川島瑞樹 「ちょっと、小鳥さんお話してきましょうか?>小鳥さん」
如月千早 「(ええええええ)」
菊地真 「小鳥さんも二十ちょめちょめさいじゃ…」
親衛隊 「>川島 そんな貴女は素敵です!10代なんてゴミですよ、ゴミ!」
如月千早 「(美希にいきなり告白された。すごく嬉しい)」
ハルカ=アマーミン 「はっはっは!この野良法王ことハルカさんの前には変態なぞ雑魚同然です!>親衛隊」
川島瑞樹 「(私出落ちじゃないし…ネタ枠じゃないわよ…うん)」
星井美希 「っていうか小鳥だって2×歳なんだしアイドルデビューしても大丈夫って
これで証明された感じなの。」
やらない夫
                       __
                  /    \
                     | \_    .|
                     | (●)   |          いやいや、常識を捨てちゃダメだろ…
                 __(人__) __|,二ヽ- 、
              ∠爪∠!´ ̄    .`l    \     というか川島さん28歳だったんですか…
                  (___∨  ヽヽ、/      ∧
               ∨  ∧ .`ー ‐ヽ、´ヽ      ∧     >菊地真
               ∨  ∧     \ ヽ    ゙∧     いいや、「美筆」だよ
               ∨  ∧      .∨ |      ∧     君こそ「傀」と呼ばれたりしてないか?
                     ∨  ∧      ) `ヽ     |
                     ∨  ∧       /_   .|  ゙\|
                   _∨_, -`─::´ ̄::::::\/.   \〉
                  /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_  \/
                   |::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::,\__ゝ
                 X/:::::::::::::,!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                /:/::::::::::::/ .T'.TT ̄ ̄ ̄ ̄ ̄TT'.T
          /::::/ ::::::::: /  .| | |           | | |
.    ,- 、__/` :::::/::::::::::: /   | | |           | | |
.    \   l `ヽ、__」::::::::::::/    .| | |           | | |
.     \_\   ∧:::::::::/     | | |           | | |
          ゙i__\_ ∧::::/      .| | |           | | |
             ゙i__∨        | |_l           |_| |
                        ̄.            ̄」
川島瑞樹 「親衛隊さん…貴方だけよ、私の魅力をわかってくれるのは>親衛隊」
小烏GM 「http://dic.pixiv.net/a/%E5%B7%9D%E5%B3%B6%E7%91%9E%E6%A8%B9

だって川島さん……実際こうですよ?」
菊地真 「ご無礼……はさすがに別キャラかな……>>やらない夫」
ハルカ=アマーミン 「暴力はいけません。しばいていいのは邪教徒とアンデッドだけです

後ついでに変態も!」
如月千早 「(でも私たち女の子同士だし、だし)」
川島瑞樹 「ええ、そうよ。
やらない夫君は28歳とか年上はダメかな?>やらない夫君」
親衛隊 「>川島 ただ、あまりファンシー系は…」
小烏GM 「はーい。
じゃあ毎度の如くだけど、集まらない場合は45分まで延長で!」
親衛隊 「>ハルカ 変態じゃない男なんて、金のないオタクみたいなものだよ!」
小烏GM 「◇菊地真 「ご無礼……はさすがに別キャラかな……>>やらない

あら、真ちゃん、別の世界線では二代目人鬼してるじゃない。
その世界の春香ちゃんアカギハルカだけど。」
ハルカ=アマーミン 「今日はほうぼうに村が建ってましたからね!
集まるのは遅いかもしれません!>GM」
如月千早 「(でも、自分の気持ちに、素直に、でも)」
川島瑞樹 「…うう…>小鳥さん」
菊地真 「麻雀は…そんなに強くないからなー…w」
やらない夫 「>菊地真
そうか、俺の勘違いだったらしい
悪かった

>川島瑞樹
ああ、すいませんね
もう少し若くみえたもんで」
川島瑞樹 「どう親衛隊さん、この格好かわい…えっ!?>親衛隊」
星井美希 「世界線って便利な言葉だよねw」
親衛隊 「>菊池 タンヤオ(キリッ」
川島瑞樹 「あら?ありがとう、嬉しいわねそう言ってくれると>やらない夫君」
やらない夫 「ダディで再生された>親衛隊」
ハルカ=アマーミン 「タイムパラドックス物は面白いですよね!」
星井美希 「なにしろ、川島さんはアンチエイジングを頑張ってるらしいの!
若く見えるならその成果が出てるんじゃないかな!>やらない夫さん」
川島瑞樹 「>美希
ふふ、美希ちゃん
楓ちゃんに美肌の温泉教えてもらったから、
そこの温泉水を使ったりしてるのよ」
星井美希 「皆頑張ってるんだねー、美希もあと10年くらいしたら頑張らなきゃいけないのかな?>川島さん」
如月千早 「(・・・・)」
如月千早 「ふ、ふう。
いい風でした。」
川島瑞樹 「…(ぐさっ)あ、あと10年…そ、そうね、美希ちゃん」
親衛隊 「美希は自分の才能に溺れて、気づいたらどうしようもなくなってた…そんな10年後」
ハルカ=アマーミン 「千早ちゃん!悩みがあるなら、この私に相談しなさい!
この野良法王ことアマーミンさんが何でも解決しますよ!>千早ちゃん」
親衛隊 「大丈夫ですって、川島さん!奇跡の28歳なんですから!」
小烏GM 「はい、それじゃ45分時点の人数で開始で。」
如月千早 「はる・・・じゃなかった。
アマーミンさんにならいいかもしれませんね」
やらない夫
                              ,- 、_
           ,...--─- 、           ( ,´ヽヽ_ ヽ、 ,-┐
          /   :::::::::::::::ヽ、        <ヽヽ .ヽ ヽ ヽ.( .ヽ
            /     ∠ :::::::::::ヽ        ヽ ヽヽ  ヽゝ ヽ、 l
         l     /;;)) ::::::::::::丶      ,-ゝ、ヽゝ 、     l          >星井美希
         l    ヽ`´  ヽ ::::::::::丶      ヽ ヽゝ 、 ヽ     l  ,-、
           ヒヾ)  ,   _,ノ ::::::::::::丶       ヽ、_      , -─´   丶     ―――最初のお前を騙せ。世界を騙せ。
          ヾ ,  ゝ‐ ´ ...::::::::::::::::::`        ヽ、 ./        l
          `l. /   :::::::::::::::::::;;::::l .,、__         >´    , -‐ ´:;:;l     それはさておき努力することはいいことだろ、常識的に考えて
           ヾ     :::::::::::::::;;;;:::::l〈.ll `ヽ     <  , -‐ ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
             ヽ ./l ., ヘ :::::;;;;;;;;::::丶ll l Ⅱl       >´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
            /  l´ ヾ.、;;;;;;;;:::::::::〉,!ゝ‐‐ゝ─ ´ ̄ ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
            〈    l, -,.l.〉.、;;;;:::::::::l∧:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
            丶 ‐´O lゞヽ ヽ::::::::::l  ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
           ,_´-:;:;:;:;:;:;:;lヽ  ` ヽ、 l / .丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
       ,、_ - ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l ヽ、 ─- l/ / .丶:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;l」
ハルカ=アマーミン 「了解ですよ!>小鳥さん」
親衛隊 「>アマーミン そうやったら川島さんは1位になれますか?」
三浦あずさ さんが入場しました
三浦あずさ 「こんにちは~」
親衛隊 「どうやったら、ですわ…」
如月千早 「あずささんこんばんは。」
やらない夫 「延長把握だ、一応投票もしておいたが」
川島瑞樹 「そ、そうね…気をしっかりもちましょう>親衛隊」
星井美希 「あ……失言ならごめんなさいなの。
けど、頑張って10位になってるんだから凄いと思うの>川島さん」
ハルカ=アマーミン 「信じるものは救われます!むしろ自分を信じずに誰を信じるのですか!>親衛隊」
小早川紗枝 さんが入場しました
三浦あずさ 「                    ,-、
                 ___./.,. i
              ,,;;''"::::::/:/‐ 'r‐- 、
            /::::::::::::::i::/::i ..::::、.:`:、
           /.::::::::::::/ i/`‐v';;;;; i.::::::::ヽ.
          /.::::::::::::/        `i .:::::::::i
          /.::::::::::./___,       │.::::::::i
         i.::::::::::::i '       _    i .:::::::::i
        │.:::::::::i-‐‐‐、      `ヽ、i .:::::::::i
        /i.::::i::::i.::::::::.     -‐-.、ノ ::::::::::i
       ./::::i.:::i:::i     t   ::::::::. /.:::::::::/
       ./:::::::i::`:ヽ.   r‐--、    /::::::./
      /::::::::::ヽi:;;;_ヽ,. `ー‐´ ,,./;/;;/i        ちょっと迷っちゃって遅れちゃったわね~
     ./::::::::::::::::│i`ー`r‐==f、//.::::: i
     /:::::::;;;;;_丿 i _.,;ー---,/./´ .::::::: i
    ,;'-‐‐'│ .i  i,;´ ,;--‐´‐yヽ___.:::::: i
   /     i  i  i,´ ,,;‐;'ニ二; i  i`ヽ:: i
   │    i  i  / i  .'',-‐‐-y' i  i  ヽ
   │   .i ./ / ./   /   /i  i i.  │
   │  i /  .i/   i    i ヽ   i i │
  .│  i i /   .ノ i   ´ヽ .i  i i │
  │  .ヽ/   /i .`ヽ.   \i i .ノ │
  .│  /    / .i   i \   \/  │
  │ /    ./i   i  i  i\   \. │
  i/    /i i   i  i  i i\    \i」
小早川紗枝 「よろしゅう」
川島瑞樹 「あずさちゃん、こんばんは」
小烏GM 「いらっしゃい。
あら、今日はアイドルが沢山で嬉しいわね。」
川島瑞樹 「>美希
失言というか、その若さが羨ましいというかね…
ありがとう、美希ちゃん(なでなで)」
ハルカ=アマーミン 「だから・・・川島さんも一位は狙えます!諦めない限りはね!」
親衛隊 「>ハルカ こっちは収入の8割を川島さんに使ってるんだよ!もっと建設的な意見を出そうよ!」
ぬこ さんが入場しました
ぬこ 「よろしゅうにー
キャットビングにゃ」
小早川紗枝 「あら、かわいらしいネコちゃんやわぁ(なでなで」
小烏GM 「いらっしゃい。」
川島瑞樹 「ふっ!!つまり、小娘達には負けないってことね!!>春香ちゃん」
親衛隊 「キャットファイト!?」
ぬこ 「撫でるついでにカツブシくれてもいいのですよ?>小早川」
如月千早 「かっとビングの精神は猫にも浸透知っているんですか・・・>ぬこ」
ハルカ=アマーミン 「後2割・・・いいえ、家財までぶっこんでからが勝負ですよ!>親衛隊」
ぬこ 「にゃーん!>親衛隊」
小早川紗枝 「あ、ごめんなぁ。
ウチ煮干しかもっとらんわ……>ネコちゃん」
三浦あずさ 「あら~、可愛らしいねこちゃんですね~」
菊地真 「ふわー・・・」
ぬこ 「キャットちゃんから教えてもらったにゃ>千早
アレやばい、まじヤバイ」
如月千早 「ええ、ええっと、美希?」
川島瑞樹 「>親衛隊
えっ!?いや、それはちょっと申し訳ないわね…
えっと、少しでも足しになればいいけど…おかずでも作ってきましょうか?」
ぬこ 「煮干しでもいいのデスヨ?>小早川
それも素晴らしき珍味ですのよ」
如月千早 「そ、そうなんですか?
だいたいなんとかなるとは聞いていますが・・・>ぬこ」
ハルカ=アマーミン 「気を引くための嘘だったら・・・メテオストライク落としますからね?(ニコッ>親衛隊」
親衛隊 「>川島 え、本当ですか!?食べずに家宝にします!」
ぬこ 「どうも、ただのぬこです>あずさ
特技は人語を理解することです」
川島瑞樹 「いやいや、食べてちょうだい
腐ってしまって、大変なことになるから>親衛隊」
やらない夫
      ,. < ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ > 、
    /               ヽ
   〈彡                ト、─ー- 、
   {\    \|_ \>ー 、  リ     i
   人{ >、,___.>、/三 ヾ\ {      ノ     芸能界って怖いな…俺にはプロデューサーは務まりそうもないだろ…
  /./ トミ;,_       Y/  \>ノ>─- ´
  V / /!   ̄ ̄ ゝ  |   /   _
  しr´'┴──----─''|  ン}\-ヾ彡
              ヾ、___ノー'''`」
小早川紗枝 「じゃあどぉぞ。
おいしいやろか?>ネコちゃん」
川島瑞樹 「ね、ねこが喋った!?」
親衛隊 「>ハルカ これ以上バイト増やせないよ…」
川島瑞樹 「大丈夫、やらない夫君、君ならやれるわ>やらない夫」
三浦あずさ 「ん~、煮干しはあんまりあげすぎちゃだめよ~
煮干しはねこちゃんにとって塩分が多すぎるのよ」
親衛隊 「>川島 大丈夫です、フリーズドライか真空パックにして保存して鑑賞しますから!」
ハルカ=アマーミン 「男だったら度胸見せましょう!うちのPTのリョウ君だってやるときゃやりますよ!>やらない夫さん」
川島瑞樹 「んー、そんなもったいないことしないで
また作ってあげるから、食べて食べて>親衛隊」
やらない夫 「リョウ君って誰だ!?>ハルカ=アマーミン」
小早川紗枝 「そうなんどすか?
それは困りました>三浦はん」
ぬこ 「>千早
ヤバイ。キャットビングヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
キャットビングヤバイ。
まずなんでもできる。もうダメなんてもんじゃない。超応用聞く。
どれくらいかというと
敵の親玉がセリフ奪うぐらいまじでやばい
とか、もう、そういうレベルじゃない。」
オメガ11 さんが入場しました
ぬこ 「これはいい出汁が取れそうですにゃー>小早川
具体的に言うとマイウー」
オメガ11 「<<オメガ11、インゲージ>>」
親衛隊 「あと4人か、来てくれるかな…」
ハルカ=アマーミン 「リョウ・ケイメン、エルフのソーサラーですね!
後方支援担当の我らのPTの作戦参謀です!>やらない夫さん」
オメガ11 「こんばんはだ」
三浦あずさ 「だから煮干し上げるときはちょっと煮て塩分を抜いてから上げましょうねー>紗枝ちゃん」
やらない夫
        / ̄ ̄\
      /      \.........:::::::::::...
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.     >ぬこ
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.          素人にはおすすめできそうにないな
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :」
ぬこ 「にゃーん!>川島」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 高槻やよい
アイコン:No. 7 (青) → No. 734 (アニマス・高槻やよい01)」
ぬこ 「まーじーでー>三浦
煮干し美味いのににゃぁ」
小早川紗枝 「カリカリしてへんとネコちゃん食べにくいんやないやろか?>三浦はん

おやつにぴったり?
おいしいなら良かったわぁ>ネコちゃん」
渋谷凛 さんが入場しました
川島瑞樹 「あ、あら?聞き間違いだったかしら?>ねこ」
渋谷凛 「よろしくおねがいします。」
親衛隊 「>川島 貴女は天使だぁ…コラとかBBAとか言ってる奴等は滅びるべきです!」
ハルカ=アマーミン 「あっと三人!あっと三人!」
小烏GM 「はい、いらっしゃい。
14人。だったらあと2人きてくれれば丁度いいわね。」
オメガ11 「<<大変だ、AWACS!男勢が俺とやらない夫と変…親衛隊くらいしかいないぞ!>>」
ぬこ 「大丈夫大丈夫、きっと大丈夫>やらにゃい夫
素人が使ったら100mで新記録出すぐらいですのよ」
オメガ11 「こんばんはだ」
如月千早 「そ、そこまで・・・
やはり私たち765もかっとビングは習得したほうが良さそうですね・・・!!>ぬこ」
やらない夫 「ああ、よく来てくれた>オメガ11
俺も肩身が狭かったところだろ」
PSP さんが入場しました
アイ=ヒダカ さんが入場しました
川島瑞樹 「コラ…BBA…」
ぬこ 「ですにゃですにゃ>小早川
美味しい物をもらったぬこは恩を忘れないのです」
三浦あずさ 「むしろ柔らかいほうがねこちゃんは食べやすいわよ~>紗枝ちゃん

食べすぎは駄目よ~?>ねこちゃん」
kari さんが入場しました
オメガ11 「こんばんはだ」
ハルカ=アマーミン 「おっと!アイちゃん!」
kari 「こんばんずさ」
親衛隊 「>オメガ 君も川島瑞樹ファンクラブに加入しないかい?」
ぬこ 「気のせいにゃー>川島
大丈夫、ぬこがしゃべるわけにゃい」
小烏GM 「はいいらっしゃい。
満員御礼、ありがとうございます!」
PSP 「ドリームクラブヲ プレイシマスカ?

ハイ
イイエ」
オメガ11 が「異議」を申し立てました
アイ=ヒダカ 「ハルカさんがいたので来ちゃいました!
同じく、自由奔放ティターンズのアイ=ヒダカです!
よろしくおねがいしまーす!」
やらない夫 「>ぬこ
_ノ\_ L
      ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  マ  r         \
      /           ヽ
  ジ  {  `\    /  ハ
     〉 ,‐-‐、`    ._ _   .i
  か / r:oヽ`    /.:oヾ丶 |
     { {o:::::::}     {:::::0 } |
  よ  | ヾ:::ソ     ヾ:::ソ / l
 !? ヽ::ー/..    ,ヘ  `i l
-tヽ/´:::::::::ヘ__/  `、_ノ l
.      J    i    /   l     かなりすげぇじゃん!
          ヽ   /   l
           `ー´    l
                 l
.                 l
.                 l
                /
.              /
           - <」
川島瑞樹 「あははは、そうよね
ねこが喋るわけ…喋る…きゃーーーーー!?
喋ったーー!!??>ねこ」
オメガ11 「俺、アイドルに興味ないんだ…>親衛隊」
ぬこ 「うっす>あずさ
ぬこは腹八分目にとどめておきます」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 8 (緑) → No. 572 (阿部高和)」
小烏GM 「それじゃ、登録情報の変更、
遺言変更してから、投票よろしくね。」
やらない夫 「おい、アイマスやれよ>PSP」
ハルカ=アマーミン 「ティダーンズの特攻隊長こと、アイ=ヒダカを宜しくお願いします!」
渋谷凛 「先輩たちの作品はないの?>PSP」
ぬこ 「そして最終的には宇宙人と合体できるよ!>やらにゃい夫
やったね!」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 阿部さん」
PSP 「アイドルマスターハデータニハイッテイマセン
ダウンロード シマスカ?


イイエ
イイエ」
小烏GM 「ああ。PSPだと10月に新作でるわね。
音ゲで。」
小早川紗枝 「そーなん?そういうんはワンちゃんのほうやと思ってたわぁ>ネコちゃん

たしかに人間もやわらかいもののほうが食べやすいおすしなぁ>三浦はん」
三浦あずさ 「           
       (⌒ヽ___
                /⌒ナ'⌒ヽ::ヽ
                /:::::ハVハヽ :::::';::|
               |::::/^   ^|::::::|::|
                |::::|┃  ┃! ::::|::|
                N〈"   "レ!:::|::|    埋まりましたねー
                レ:>rrrr<|:/:/
                ハリノハヽ ∨|
                 ((_)旦(⌒ソ:::|
                      ̄}リリ川リ{::::リ」
菊地真 「ナムアミダブツ!」
三浦あずさ 「あらあら~髪が~」
ハルカ=アマーミン 「お、良かったですね!やらない夫さん、オメガさん
新しい男性が来ましたよ!」
如月千早 「オメガさんは私たちの絵柄の入った飛行機に乗ったりしたような気も・・・>オメガさん」
川島瑞樹 「あ、あれ?私の縦列…なんかすごくネタ枠っぽい…」
やらない夫 「選択肢は ハイ か イイエ だろ常識的に考えてえええええ!!」
ぬこ 「はっはっはっ、バレては仕方にゃい>川島
あれよ、猿が道具使うのを覚えたら知能発達したとかとおんなじぐらいよ」
アイ=ヒダカ 「                       _,, - = ̄::::::::::::::::::::::::::::::::>.、ヾ;ヘ|:::/
                    ,,x="-', 彡'::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ミリ|/
                  /  ./:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト 、
                    /:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                  /::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                 ./::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,,ニニ、―, 彡ソ,::::::::::::::::::::|
                ,|:::///,':::::::::::::::::::::::::::::::/  《 /::::) ヘ -"_,/ノi/ |::::::::::::| ハルカさんと人狼退治して
                |/ .|/ i::::::::::::::::::::::::/|/   ゝ-'       '"-=|:::::::::::| 人狼のお肉食べるよー!!
                    |:::::::::::::::::::::〈              ,x=ミ, |:::::::::::i
               _   _ ',:|!,:::::::::::::::::::`-,           〈;;丿|| i:::::::::/    _/
             _/_ ヘ--|丶| ',r,::彡::::::::/    .iミ` 、   '   '/::::::/ _ - '"
            .|   ̄,ユ,`i=,にミ-=      ヽ   |    >    /::::::::/         _ - '"
          ./ |   ' イ/彡 `-'"       'ix,  ヽ- '    フ'::::::::::/      _ - '"
         ./  |    /'イ/   ヽ      _/|ヽ_,,  -―''"::::::://    _ - '"
       /    ,|   ノ  .i:|     ヽ,   r' 'vミc<_::::::::::::,;;-''"/  _ - '"
     /    /   /  ./:|      ' r_ ニ彡イ∧_彡'  ̄ ̄  _, - "
    /  _ - '"   /X ̄Xト,_        _//   ___, - "
  / _ - '"     /××××X`v 、_   `'// -''" /」
オメガ11 「7時(左下)の方向にな熱源反応!」
阿部さん 「アイドル村なのになかなかいい男がそろってるじゃないの
よろしくたのむぜ」
高槻やよい 「よろしくおねがいします!」
やらない夫 「NO THANK YOU だろ、常識的に考えて>ハルカ=アマーミン」
オメガ11 「◇如月千早 「オメガさんは私たちの絵柄の入った飛行機に乗ったりしたような気も・・・>オメガさん」
それはガルーダ隊だな、俺はオメガ隊」
ハルカ=アマーミン 「お腹壊さないようにね!>アイちゃん」
川島瑞樹 「そ、そうなんだ
ちょっと、びっくりしたけど
こうやってねこと話せるっていいわね>ねこ」
如月千早 「誤爆臭が」
PSP 「ヤラナイオ ガ ウルサイト オモイマス

ハイ
ハイ」
高槻やよい 「愛ちゃん、お肉食べるの?いいなあ」
如月千早 「なるほど、アイドルよりもイジェクトと>オメガさん」
アイ=ヒダカ 「ハルカさん紹介ありがとうございます!
共にティダン様の力を見せつけちゃいましょう!

・・・あと、遺言誤爆に見えたらそれは気のせいです!(きりっ」
川島瑞樹 「常識的…わかるわ>やらない夫君」
三浦あずさ 「                    ,-、
                 ___./.,. i
              ,,;;''"::::::/:/‐ 'r‐- 、
            /::::::::::::::i::/::i ..::::、.:`:、
           /.::::::::::::/ i/`‐v';;;;; i.::::::::ヽ.
          /.::::::::::::/        `i .:::::::::i
          /.::::::::::./___,       │.::::::::i
         i.::::::::::::i '       _    i .:::::::::i
        │.:::::::::i-‐‐‐、      `ヽ、i .:::::::::i
        /i.::::i::::i.::::::::.     -‐-.、ノ ::::::::::i
       ./::::i.:::i:::i     t   ::::::::. /.:::::::::/
       ./:::::::i::`:ヽ.   r‐--、    /::::::./
      /::::::::::ヽi:;;;_ヽ,. `ー‐´ ,,./;/;;/i        みんな頑張りましょうね~
     ./::::::::::::::::│i`ー`r‐==f、//.::::: i
     /:::::::;;;;;_丿 i _.,;ー---,/./´ .::::::: i
    ,;'-‐‐'│ .i  i,;´ ,;--‐´‐yヽ___.:::::: i
   /     i  i  i,´ ,,;‐;'ニ二; i  i`ヽ:: i
   │    i  i  / i  .'',-‐‐-y' i  i  ヽ
   │   .i ./ / ./   /   /i  i i.  │
   │  i /  .i/   i    i ヽ   i i │
  .│  i i /   .ノ i   ´ヽ .i  i i │
  │  .ヽ/   /i .`ヽ.   \i i .ノ │
  .│  /    / .i   i \   \/  │
  │ /    ./i   i  i  i\   \. │
  i/    /i i   i  i  i i\    \i」
渋谷凛 「人の肉は不味いらしいから人狼の肉もまずいと思う>ヒダカ先輩」
ぬこ 「だろ、あのなんかぬこの言葉がわかる道具あるじゃにゃいか?>川島
お腹すいたって言った時に「奈良県ですか?」ってなった時に覚えようって覚悟した」
阿部さん 「遠慮しなくてもいいぜ?
しっぽり仲良くやろうじゃないの>やらない夫」
小烏GM 「はい、それじゃ親衛隊さんはカウントおねがいね。」
親衛隊 「ん~と、カウントしてOKかい?」
PSP 「ガチャヲ シマスカ?
10レンガチャ 3000エン デス

ハイ
ハイ
ハイ」
やらない夫 「くそっ、このPSPはゲオにでも売っ払ってやらないと気が済まねえ」
小早川紗枝 「緊張しますなぁ……。
大丈夫、ウチにはPはんがいろいろ教えてくれてんから……」
菊地真 「お腹すいたなあ……」
オメガ11 「今日は比較的平和だな
※但しメインヒロインは除く」
川島瑞樹 「奈良県ですか…ひどい誤変換ね…>ねこ」
ぬこ 「にゃーん>親衛隊」
アイ=ヒダカ 「えへへっ
モンスターを退治してお肉食べるのが、あたし趣味で・・・///

うう、ご心配ありがとうございます!」
やらない夫 「だ が 断 る ! だろ>阿部さん」
親衛隊 「シンデレラガール第5位 川島瑞樹」
オメガ11 「          ┌ '' "´\                              ,. ‐'´  ̄_>‐、‐- 、
          |l ̄l ヽ\                       / > ̄`ー'´    ヽ/
          |l |l   ヽ\                     _ .-/ _ 〈     ,..-‐ 7"´
          __ 」| |l    ヽ\ ____ ,. - ' "L - '"´‐ '' ´     `ヽ ¨ | 「' "´
          / 7|l |l.       ヽ\   __ / /||`'"<  `丶、 _ r'" ̄  , ‐'´
       ヽ_>|| |l         _ > '"/ /  ||_   _ ≧=' "´_ __,.=‐く
          || |l  ,..- ' "´  / /    || ¨´ └┘   ̄ i i, ‐'´
_ ,. .- -──┤l _」l-' └ァ _ / /     _レ′          i l,
\ < __ /─¨´r'〈=ァ'´/ / /  ,..- '_´                  i l,
  ` ̄      ̄ ̄ ̄ /__/ jニブ=┴_,ニ´ rイl  ̄" '' =z- _          i l,
                    ̄/|_,. - '"   | l.|_`ー-   ,_- 、           i l,
                   |/|       l  |  ̄"‐ニ._>‐ニ__- ニ __//
                   |  L_      | |            ̄" '' ─ ' ´
                    `丶、丶 、_, ‐' , ‐'´
                       ` '' - ' ´
空対空攻撃は任せろ―」
親衛隊 「シンデレラガール第4位 川島瑞樹」
親衛隊 「シンデレラガール第3位 川島瑞樹」
ハルカ=アマーミン 「よーし!ティダンは世界を救いますよー!」
親衛隊 「シンデレラガール第2位 川島瑞樹」
ぬこ 「何で奈良県?って絶望してエターナルになるかと思った>川島
ニャース先生にはお世話になったニャーン」
親衛隊 「シンデレラガール第1位 川島瑞樹」
阿部さん 「お前のその頭の形、誘ってるんだろ?
さっきから股間がBINBINでもう我慢できないんだ>やらない夫」
渋谷凛 「全部川島さんじゃない・・・」
川島瑞樹 「全部私…ね」
やらない夫 「(俺には何も聞こえないだろ…)」
アイ=ヒダカ 「なんていうカウントダウン・・・!(笑)」
親衛隊 「シンデレラガールランク外 音無小鳥」
小早川紗枝 「ほな、いきましょかぁ」
三浦あずさ 「あらあら~、川島さんは人気者ですね~」
ハルカ=アマーミン 「えいえいおー!」
アイ=ヒダカ 「おー!」
菊地真 「あふぅ…」
ゲーム開始:2012/08/05 (Sun) 22:48:43
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆小烏GM 本日はご来場いただき、真にありがとうございます。
今宵の日曜765ミステリー、進行は私音無小烏@いぬふくが努めさせていただきます。
どうぞよろしく」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆小烏GM なお、先行して皆様にお知らせいたします。
四条劇場はこのたび、公演回数100回を超えた記念の村を
ささやかながら開催する予定です。

公演予定は8/7(火)GMはうみゃPとなっておりますので、お時間がある方はふるってご参加ください。
とくに特別なことはない、通常の村にはなるかと思いますが。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆小烏GM 能力超過、投票は1分~2分を目安に。
投票延長は一回のみ、延長の場合は名指し警告することがあります。
それでは皆様、今宵も週末のミステリーをお楽しみください」
小烏GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
小烏GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
三浦あずさ 「おはようございます
みなさん頑張っていきましょうね~」
川島瑞樹 「おはようー」
やらない夫 「おはようだろ、役職はCOを頼む」
ぬこ 「にゃーん」
小早川紗枝 「もう、夜遊びはあきまへんなぁ
役職の皆はんはこのあとも早めの投票してほしいわぁ。」
PSP 「オハヨウゴザイマス」
高槻やよい 「おはようございます!」
渋谷凛 「おはようございます、よろしく。」
如月千早 「み、美希?
昨日の答えだけど・・・」
菊地真 「おはよーっ」
星井美希 「占いCO 千早さん○なの!」
阿部さん 「ウホッ、いい占いCO。
やらないかもとい、やらない夫は○だったぜ。」
川島瑞樹 「こう、夜更かしは大敵よ?」
親衛隊 「占いCO 川島瑞樹は○」
オメガ11 「おはよう
早速占いのCOを頼むぜ」
アイ=ヒダカ 「おはようございます!

自由奔放ティターンズのアイ=ヒダカ!
ハルカさんと一緒に人狼退治の依頼を受けてやってきました!
がんばりまーす!」
ハルカ=アマーミン 「おはよう!今日もいい朝です!ティダン様有り難うございます!」
渋谷凛 「それじゃ、COある人は出てきてくれる?」
ハルカ=アマーミン 「この野良法王ことハルカ=アマーミンが霊能COをするわ!!
さぁ、ティダンの力で死体を狼か判断するわよ!」
阿部さん 「占い理由:
俺のいい男センサーにひっかかったやらない夫占いだ。
村人だと信じているぜ?」
星井美希 「千早さんをprprしたいのがミキの定めなの。
つまり占うしかないって事じゃないかな!」
三浦あずさ 「あらあら~、私が一番の早起きさんですね~」
親衛隊 「占い理由 ファンクラブ会員としては当たり前の行為だよ!」
小早川紗枝 「んー、遅めどすなぁ。
これやったら占いはんは○だけやろか」
如月千早 「美希・・・私はあなたと一緒ならどこまでも羽ばたける気がするわ。
だから、私も、美希と一緒に歩みたい・・・!!」
オメガ11 「3か?」
オメガ11 「霊能も了解だぜ」
高槻やよい 「占い3人ですね!スタンダードだけど久しぶりかもです」
ぬこ 「占い三人にゃー
まぁ◯だしそこまで気にしない」
PSP 「ヤラナイオニ ツグ
ワタシヲ ゲオニ ウルコトハデキナイ

ショキフリョウ
ショキフリョウ」
渋谷凛 「占いは3COかな、それじゃあ霊能と共有もでてきてください。」
小早川紗枝 「占いはん3人やねぇ。
ほんなら、霊能さんと共有さんも出てきてほしいなあぁ」
やらない夫 「○進行だな、霊能と共有も出て来てくれ」
川島瑞樹 「あら?私占うとは」
如月千早 「3-1なら共有もいいでしょうね?」
オメガ11 「共有も出てくれ」
星井美希 「久々に3-1の形を見た気がするのw
まあ、共有も出てきてグレランするしかないんだね」
ぬこ 「霊能もおっけー
共有はどうかと思うけどまぁ任せるかにゃ」
三浦あずさ 「あらあら~
占いの人も霊能の人もせっかちさんですね~
でも共有の人はお寝坊さんかな?」
親衛隊 「む、速度で出遅れた?まぁいい勝負は明日からだ」
菊地真 「春香はCOを用意していた見たいだね。と。
まぁ3-1だしそっち考えるのは必要に狩られてからで後回しー」
川島瑞樹 「共有CO」
高槻やよい 「で、春香さんが霊能さんですね
3-1ならばばーんとグレランでいっちゃいましょー!」
阿部さん 「おいおい、いい男候補が対抗に出てるじゃないの
なかなか嬉しいCOしてくれるんだな」
小早川紗枝 「あれ、意外なん?
親衛隊さんが占い師なら普通やと思うんやけど>川島はん」
アイ=ヒダカ 「わー!ハルカさん霊能さんだったんですね!
さすがティダン様の私の師匠!」
渋谷凛 「あれ?共有?
3-1で○展開だし出てきていいと思うんだけど。」
オメガ11 「おい、親衛隊!無駄占いではないか!」
親衛隊 「共有はFOが望ましいけど、考えがあるなら任せる」
ハルカ=アマーミン 「おはようの後に○か●を確認・・・そしてCO!
ここまでは霊能の形式美ね!そして占いは3人!さぁ見極めていきましょうか!」
PSP 「タダイマ アイドルタチノ ジンロウゲキジョウ
データヲ ダウンロードシマス

シバラクソノママデ
オマチクダサイ」
高槻やよい 「大した差はないですよね>クマさん」
やらない夫 「そりゃメーカーに連絡して交換してもらうしかないな、常識的に考えて>PSP」
星井美希 「あ、ミキ噛まれそうでまずいのかな、これ……
狩人さんは良く考えて欲しいって思うな。」
ぬこ 「川島共有にゃー
親衛隊に囲いがないとかそういうアレコレ」
如月千早 「美希が私を占ってくれた!!
いける、いけるわ・・・!!」
三浦あずさ 「川島さんが共有ですか~」
川島瑞樹 「いえ、私うらなっちゃったかーってね>小早川さん」
高槻やよい 「春香さんって、愛ちゃんの師匠だったんですか?」
小早川紗枝 「きょーゆーさんどしたかぁ。
自分占って意外ーって見えたから、役職かなぁ、とは思いましたけど
残念です。」
渋谷凛 「ええと、相方は・・・?>川島さん」
菊地真 「共有は相方はー?」
オメガ11 「もう吊ってメーカ送りにしようぜ!<PSPを」
PSP 「アレレ、イインデスカ?
ソニータイマー キドウシチャイマスヨ?」
星井美希 「共有さんの相方は生きてるのかな?」
ぬこ 「それでもう一人でないってことは色々考えとこ」
小早川紗枝 「だうんろーど、いつおわりますのん?>PSPはん」
やらない夫 「3-1-1、か
共有相方は伏せるのか?吊られないでくれよ?」
アイ=ヒダカ 「これは文句無しで、ハルカさん真霊能でよさそうですね!

あとは普通に○進行の占いさんが3人で、共有さんも出た~」
ハルカ=アマーミン 「このプリーストのハルカさんに霊能が来てビックリしたよ~w>アイちゃん」
親衛隊 「>オメガ 何を言うんだい! ファンクラブ会員としての義務は果たさなければならない!」
阿部さん 「基本的にいい男占い、女子吊りの進行でいきたいと思ってるぜ」
川島瑞樹 「相方はそうね…皆の心の中に居るわ」
高槻やよい 「白出し3人だと、狩人さんも運が試されますよね>美希さん」
三浦あずさ 「相方の人は恥ずかしがり屋さんでしょうか~」
やらない夫 「(これPSP共有だろ…)」
小早川紗枝 「相方はんはださへんのやったら、そういうことなんやろうねぇ。」
オメガ11 「相方は…初日だったら真占い交じりだから相殺でいいけどな」
星井美希 「……あれ、それって初日って事……じゃないよね?」
ぬこ 「やべぇ、この村平和だにゃ>川島」
川島瑞樹 「あ、後霊能締め切り」
ハルカ=アマーミン 「いいえ、同じPTの一員です!>やよい」
阿部さん 「占い候補は少なくなってくるが……そのぶん吟味のし甲斐があるってところだな」
菊地真 「なるほど小鳥さんと合わせて年増コンビってことだね!」
高槻やよい 「心の中ですか?伊織ちゃんが共有ってことなのかな?>凛さん」
三浦あずさ 「あら~?」
親衛隊 「ゆえに無駄か無駄ではないかなど議論に値しない!」
PSP 「ダウンロードカンリョウ コレヨリ
ジンロウモードニトツニュウシマス

ジョウキョウセイリ
ジョウキョウセイリ」
渋谷凛 「・・・ええと、つまり、初日?」
如月千早 「・・うーん。
共有COします、多分そちらやりやすいでしょうね」
星井美希 「あ、なんとなく察したの……グレランと占い頑張る形だね、これ。」
オメガ11 「お、おう…>親衛隊」
アイ=ヒダカ 「まさに、ティダン様のプリーストであるハルカさんに
ピッタリですよね!>ハルカさん

これは村勝利間違い無しやでぇ・・・(フラグ?)」
川島瑞樹 「あ、なら相方、千早ちゃんで」
高槻やよい 「PT・・・なんのことだろう?」
親衛隊 「ああ、僕が共有であったなら!」
やらない夫 「なん…だと…」
小早川紗枝 「はて?○の中におるって考えへんの?>やらない夫はん
普通にださへんのやったら○の中やとおもうけど
PSPはん灰やで?」
PSP 「チャクバライデ オネガイシマス>オメガ11」
オメガ11 「千早が共有だな!了解」
阿部さん 「初日霊能と思ったがそうでもないんだな。
ま、狩人でさえなけりゃそのぶん灰が狭くなるしいいことだぜ」
菊地真 「共有でしょって言われたところが共有じゃ無かった……教授、これは一体!?」
ぬこ 「あぁ◯もらいの方ね>千早
初日じゃないっと
美希も囲いなしにゃー」
三浦あずさ 「あらあら~
千早ちゃんが共有でしたか~
ちょっとびっくりしちゃいました」
オメガ11 「ラジャー>PSP」
渋谷凛 「あー・・・なるほど、出させてごめんなさい。」
ハルカ=アマーミン 「ふむふむ、すると美希さんが無駄占いと・・・
美希さん!真なら頑張って挽回してね!」
星井美希 「……千早さん……共有ならもっと早く出て欲しかったな。
まぁ、出てくれただけ良いけど。」
小早川紗枝 「如月はんが共有と
ほんなら星井はんは無駄占いっちゅーわけやね。」
親衛隊 「千早はどうでもいいけど、川島さんは絶対に噛ませない!」
川島瑞樹 「んー、そうね
こうなるなら、無駄占いとか考えずに、狩人は
対等に占いを視るように」
高槻やよい 「千早さんと瑞樹さんが共有さんですね!わかりました!」
ハルカ=アマーミン 「うーん・・・ここで共有を出したがった人は要チェックかしら?」
阿部さん 「囲いが確定でない場面か……グレランが楽しみじゃないの」
やらない夫 「すまん…俺がどうかしていた>小早川紗枝
許してくれ」
アイ=ヒダカ 「あっ、はい!>やよいさん
あたしは戦士なんですけど神官のお勉強もしてて
ハルカさんは神官系での師匠って感じです!」
オメガ11 「阿部しかまともに占ってねえや・・・」
三浦あずさ 「ん~、でも困りましたね~」
PSP 「ゲンザイ 3-1-2
ゲンザイ 3-1-2

ウチ1キョウユウウラナイ ゴサノハンイ


シュウセイナシ
シュウセイナシ」
菊地真 「占い護衛指示ってこと?霊能抜かれるよ?>>共有」
川島瑞樹 「いい、占いは無駄占いが2いるから
バランスとか考えなくていいからね」
オメガ11 「まあいい気を取り直してグレラン」
如月千早 「少し美希の○だったから考えたのよ。
私が出るべきどうか村を見てね>美希」
阿部さん 「いいこと思いついた。
お前ら、俺の灰の中に投票しろよ」
ぬこ 「まぁ◯もらった3人のうち二人が共有にゃぁ>美希
君視点囲いなしとかそういうアレコレで」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆小烏GM 投票時間です。
2分を目安に、夜に切り替わらない場合は必ず自分の投票を再確認してくださいね?」
「◆小烏GM 投票の再確認をお願いします。」
「◆小烏GM システム:投票制限時間をリセットしました。」
2 日目 (1 回目)
親衛隊0 票投票先 →菊地真
やらない夫0 票投票先 →PSP
高槻やよい0 票投票先 →菊地真
如月千早0 票投票先 →渋谷凛
ハルカ=アマーミン0 票投票先 →ぬこ
川島瑞樹0 票投票先 →オメガ11
星井美希0 票投票先 →PSP
菊地真3 票投票先 →オメガ11
三浦あずさ1 票投票先 →PSP
小早川紗枝0 票投票先 →PSP
ぬこ1 票投票先 →オメガ11
オメガ114 票投票先 →PSP
渋谷凛1 票投票先 →三浦あずさ
PSP6 票投票先 →オメガ11
アイ=ヒダカ0 票投票先 →PSP
阿部さん0 票投票先 →菊地真
PSP は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆小烏GM ちょっと投票遅いですよ?
突然死には気をつけてくださいね。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
PSPさんの遺言 VITAちゃんがんばって!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
三浦あずさ 「おはようございます~」
渋谷凛 「おはようございます、よろしく。」
如月千早 「・・・GJ!!」
星井美希 「占いCO ぬこ○なの!」
阿部さん 「ウホッ、いい占いCO。
ぬこは○だったぜ。」
やらない夫 「おはようだろ、現時点で灰が9人
…多すぎるだろ、常識的に考えて」
川島瑞樹 「あら、死体なし」
ハルカ=アマーミン 「この野良法王ことハルカ=アマーミンが霊能COをするわ!!
さぁ、ティダンの力で死体を狼か判断するわよ!PSP●!
菊地真 「おはよー!」
三浦あずさ 「死体なしですね~」
ぬこ 「にゃーん
死体なしかーふーむー」
オメガ11 「おはよう
占いと霊能は結果を頼む」
阿部さん 「占い理由:
♂候補が広く見積もってオメガ・PSP・ぬこしかいないな。
占い先選びとしては半分RP入っているが
短文発言の多発言。占って悪くないと思う場所だぜ?



投票の間にここまで書いたらPSP吊られ、オメガ4得票ってなんだよ。
仕方ないのでぬこにスライドだ。
現状確認系の発言多めで1得票なら悪くないしな。
ケモショタ(ネコ耳)なかなかいいと思わないか?」
星井美希 「発言のないようがこう、あんまりない感じで。
むしろ囲い無しだ!って発言で無駄占いについて話してるけど
なーんかグレーが広いのを喜んでるように見えちゃったんだよね。
だから占っておくよ。」
親衛隊 「占いCO 三浦あずさは○」
小早川紗枝 「んー、川島はんが出てるから如月はんも出てのできるだけ平坦な護衛させるって言うんで如月はんが出るのは納得できるんです。
ただ、それに対して出させてごめんって謝った凛はんが気になりおす。」
親衛隊 「三浦あずさ(1)「おはようございます
みなさん頑張っていきましょうね~」
朝からシャキとしてるあずささんなんて…冗談はさて置き
10代なんて占いたくないから大人なあずささん占いで」
渋谷凛 「ふむ、死体無し。」
ハルカ=アマーミン 「ある意味笑いが止まらないわね!」
やらない夫 「…>PSP●」
菊地真 「うーん露骨に吠えが少なかったねっと」
アイ=ヒダカ 「おはようございまーす!

・・・おおっ、死体がないです!?」
オメガ11 「ターゲットデストロイ」
三浦あずさ 「あらあら~
PSPさんは狼さんでしたね~」
小早川紗枝 「ほえー、死体無しで●なんやねぇ。
幸先良いわぁ。」
如月千早 「さらに・・・●吊り?面白いですね。」
川島瑞樹 「あらあら、●とは僥倖ねぇ」
オメガ11 「やはり欠陥品だったな」
高槻やよい 「おはようございます!」
星井美希 「あらま、どうせ残せないと思って投票したわけだけど
狼でもあんな事やるんだね。」
阿部さん 「おいおい、ゲーム機が狼か。
なかなか興味深い結果出してくれるじゃないの」
親衛隊 「PSP狼と…本体の色と同じか」
ハルカ=アマーミン 「はっはっは!アイちゃん!狼さんの新鮮な死体がでたわよー!」
ぬこ 「ぬこ2つとかぬこてきにどうしようとしかにゃー
ただPSP●は素でびっくり」
如月千早 「ドリクラなんかやるからですね」
やらない夫 「不良品なら仕方ないな」
アイ=ヒダカ 「PSPさんが狼さんだったんですか、ハルカさん!?

・・・うわぁ、ちょっと機械さんのお肉(?)は
さすがのあたしでも食べれないかも・・・
・・・よし、他の狼さんをまた狙っていきましょう!!」
小早川紗枝 「そにぃたいまぁ言うのがついてはるらしいおすからなぁ>オメガはん
でぃすくもびゅんびゅんとぶんやろ?」
高槻やよい 「PSPさん●で死体ナシですか
ねこさん人気ですね!」
親衛隊 「1W吊れているなら、あとは占い師の仕事になるな、注意深く見て行こう」
阿部さん 「OK、昨日に引き続いて囲い候補は少ないな。
●も一匹吊れたしいい展開じゃないの」
渋谷凛 「あら、●、本体カラーとぴったりね。」
オメガ11 「PSP吊った奴らは一旦除外して考えるか」
三浦あずさ 「あら~、確かに私はちょっと他の子よりも年上ですけどー>親衛隊さん」
やらない夫 「ところで阿部さん、そのぬこ本当にオスなんですかね?」
小早川紗枝 「ウチ紫色とかがえぇわぁ>渋谷はん」
ぬこ 「ところでいつからぬこがショタと勘違いしていた?>阿部さん」
高槻やよい 「愛ちゃんがお肉を狙ってます・・・
特売でトリむね肉でも買ってこようかな」
菊地真 「占いGJだったらいい感じだけれど狐噛みとかだと厄介かなあ?
でも狐噛みだったら占いから●でそうだよね。」
川島瑞樹 「やらない夫君・美希ちゃん・あずさちゃん・紗枝ちゃん・アイちゃんが
投票者ね」
オメガ11 「猫の性別はどうでもいいだろ!!」
渋谷凛 「意図を察することが出来なかったんだから謝るのは当然だと思うんだけど…>小早川さん」
三浦あずさ 「でも、20代…」
阿部さん 「ん? 一緒に確認してみるか?
獣姦+3Pなんてワクワクするじゃないの>やらない夫」
アイ=ヒダカ 「あと、死体無しは何でしょうね~
いきなりGJが出たっていうのはどうかな、ちょっと考えにくいかもなので
狐噛みのがあるかもーかなー」
如月千早 「美希は仕事に集中しているのね。
・・・あの美希が。感慨を覚えずにはいられないわ・・・」
ぬこ 「ぬこはオスよ?>あずさ
しょたではにゃいけど」
オメガ11 「俺入れない辺り悪意を感じる>川島瑞樹」
高槻やよい 「ネコさん、オスなんですか?
ふわふわのキンタマがついてるんですね」
小早川紗枝 「んー、PSPはん吊った人の中に人外はん紛れとったら困るから
占いはんはそっちから占うんがよろしおすえ?
灰吊りはPSPはん吊ってない人を優先的にするとして、です」
星井美希 「そもそもこの状況でグレ噛みってあんまりないと思うの。
まあ、対抗二人の投票先だから真クンは除いて考えたいんだけどね。>真クン」
やらない夫 「謹んで遠慮させていただきますだろ…>阿部さん」
ハルカ=アマーミン 「で、と死体無しは・・・まぁ順当に占いGJでしょうかね
私噛みでGJなら、狩人の読みが良い!それとも役職無視して灰噛みで狐か!
言った順に可能性は低いと思われます!」
菊地真 「ん、でも狼吊れてるなら墓まで持っていくかな?
ちょっとそのあたりまでは読めないなあ。」
三浦あずさ 「あら~?>ねこ」
ぬこ 「んーんー
まぁ死体なしということで釣りが増えたことを喜ぼう」
親衛隊 「女は20代から…10代なんてゴミですよ!」
阿部さん 「3-1で狐噛みは薄いと思うがな
まぁ、灰が広いから全くない……わけではないと思うが」
オメガ11 が「異議」を申し立てました
小早川紗枝 「さて?如月はん迷ってはりましたえ?
凛さんが何かするでもなく出てたんやないかなぁ>凛はん」
ぬこ 「おい、色々と危険にゃ>やよい
ぬこはおすです>あずさ」
オメガ11 「◇親衛隊 「女は20代から…10代なんてゴミですよ!」
いや、その理屈はおかしい」
菊地真 「それは多くのこの村の参加者を敵に回すよ…>>親衛隊」
やらない夫 「うん、確かにオメガ11も欠陥ゲーム機に投票してるだろ」
高槻やよい 「霊能噛んでGJですか?んー、隠すような結果なのかな?」
川島瑞樹 「あらあら、凛ちゃんは素直ね(なでなで)>凛」
アイ=ヒダカ 「あっ、やよいさんお肉買うんですね!?
今度、あたしの退治したモンスターのお肉持ってきますね!

タイラント(体長数m)ってモンスターのお肉たくさんあるから!」
三浦あずさ 「あらあら~♪>ねこ」
阿部さん 「いい男には年齢なんて関係ないぜ?
年齢を気にしているようじゃ……まだまだだぜ?>親衛隊」
小早川紗枝 「霊能噛んだんかなぁ。
それよりも占い師狙ったほうがありうるんちゃうやろかなぁ。」
オメガ11 「これはイジェクトしろとの天命か?」
ぬこ 「ただ昨日の時点で共有初日だけを考えてたところが気になるかなって感じ」
高槻やよい 「それこそ、PSPさんだったら身内投票して見せたほうがいい位置なんじゃないんですか?」
如月千早 「まあ共有なので意見は抑えていましょう。」
親衛隊 「>オメガ、真 おかしかない!日本人がロリコンなだけだよ!」
星井美希 「けどまぁ、霊●で身内がないなら霊GJかもね?
結局非投票者から考える感じにしかならないんだよね」
小早川紗枝 「ネコちゃん、カツオブシ用意したえ
カツオブシ食べる?>ネコちゃん」
三浦あずさ 「ちょっと照れますね~」
やらない夫 「(見ないフリ…見ないフリ…)」
高槻やよい 「そのお肉、どうやって食べたらいいのかな?>愛ちゃん」
菊地真 「霊能が居るなら身内もありなん、だねえ。
投票者多いし、そっちの方が自然かな?んー。」
アイ=ヒダカ 「ハルカさんの分析、マジティダン様!」
阿部さん 「ああ……俺の灰の中に票がどんどん入ってイクぜ……」
ぬこ 「それでも仕事は頑張ってにゃ>千早
ぬこは応援してる」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆小烏GM 投票時間です。
投票は2分までにおねがいしますね。」
3 日目 (1 回目)
親衛隊0 票投票先 →菊地真
やらない夫0 票投票先 →アイ=ヒダカ
高槻やよい4 票投票先 →菊地真
如月千早0 票投票先 →オメガ11
ハルカ=アマーミン0 票投票先 →渋谷凛
川島瑞樹0 票投票先 →高槻やよい
星井美希0 票投票先 →渋谷凛
菊地真2 票投票先 →渋谷凛
三浦あずさ0 票投票先 →高槻やよい
小早川紗枝0 票投票先 →渋谷凛
ぬこ0 票投票先 →アイ=ヒダカ
オメガ111 票投票先 →高槻やよい
渋谷凛6 票投票先 →高槻やよい
アイ=ヒダカ2 票投票先 →渋谷凛
阿部さん0 票投票先 →渋谷凛
渋谷凛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
小早川紗枝 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
渋谷凛さんの遺言                _.........._......._
             ,...:'´:::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /::::/:::::::::::::::ヽ::::::ヽ::::::ヽ
           /:/:::/{:::::::::{:::::::: ∨::::∨::::::::.
            /:/::/ |::|:::: ト、:::::::∨::::∨::::::::.
          '::::|:|:|_{::{:::::i \:::: |::::::::|:::::::,:::.
           |::::{:|:{  `从:{ ´ ̄Ⅵ|::::::::|:::::::}::::.
.          /|::::i:从ィ芯    ィチ沁|::::::::|:::::::|:::::.
        { |::::::::|} マじ    弋じ'|::::::::|:::::::|:::::::.
        | |::::::::|i  '      |::::::::|:::::::|::::::i:.
        | | ::::::ム    、    ,.|::::::::|:::::::|::::::|::.
        | |::::::::|::::::::...、__..... イ |::::::::|:::::::|::::::|::::.
          乂::::::::{:::::::|:::: __}     |::::::::|__:: |::::::|::::::.
          〉:::::|:::::∧ ,/  / ̄!::::::リニ`ヽ、:{::::::::.
           /:::、::|ィニ{ ∨ / l |::::/ニニニ ヽ:::::::.
           ,::::::: }:|/ニ!{:.〈 /: イⅥ::/ニニニニニ∨::|
        /:::イ::/ニ| {⌒Y´   {:/ニニニニニニ}:::|
          {::::::,:'ニニ {/- /  //ニニニニニニ{::::|       ?
          |:: /ニニニ{: :/,...イニニニニ{ニニニニハ:: |
         Ⅵニニニニ/ニニニニニニ|ニニニ/ニ∨
         {ニニニ()}ニニニニニニニ}ニニニニ∧
         人ニニニ|!ニニニニニニニ|ニニニニニ}
          \ニニ{!ニニニニニ/ニ∧ニニニニニ,
          {ニニ||ニニニニイニニ{ {_ニニニニ}
         /ニ}ニ (){ニニニ´ニニニ/ニニニニニノ
       /ニニ/ニニ||ニニニニ/¨´ニニニニニ /
        {iニ/ニニニi|!ニニニ∨ニニニニニニニニ/
       |ニ{ニニ()||ニニニニ}ニニニニニニイ
         乂_|ニニニ|ニニニニ\ニ > ´ ̄ニハ
            {ニニニ∧ニニニニニ`ヽニニニニノ
          〉ニニ,': :∨ニニニニニニ> :T:´{
         / ̄ ̄: : : : | ̄ ̄: :| ̄:´: |: : : : |: : :.
        ,: : : : :|: : : : :|: : : : : :|: : : : :|: : : : |: : :.}
         / : : : : |: : : : :|: : : : : :|: : : : :|: : : : |: : : |
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
やらない夫 「おはようだろ、よくみてなかったんだが
渋谷凛はPSP非投票者でなおかつ4発言だったんだな
吊られもやむなし、か?人狼的に考えて」
高槻やよい 「おはようございます!」
菊地真 「おはよー!」
ハルカ=アマーミン 「この野良法王ことハルカ=アマーミンが霊能COをするわ!!
さぁ、ティダンの力で死体を狼か判断するわよ!渋谷凛●!」
三浦あずさ 「おはようございます~」
星井美希 「占いCO 紗枝○なの!」
阿部さん 「ウホッ、いい占いCO。
オメガ11は○だったぜ。」
親衛隊 「占いCO アイ=ヒダカは○」
ぬこ 「にゃーん」
アイ=ヒダカ 「おはようございまーす!」
阿部さん 「占い理由:
初日は吊れそうだったが、PSPと相互投票で一気に吊りづらくなった場所。
自分からPSP投票者を除外する発言もあったし
ここは占って損はないだろう。
いい結果を期待しておくぜ?」
星井美希 「占いか霊能のどっちでGJかわからないし
PSP投票者から占って行くよ!
票貰いもなくしっかりグレー見てる感じの紗枝からかな。」
ハルカ=アマーミン 「こ れ は ひ ど い !」
菊地真 「……LW!?」
親衛隊 「占い理由 
アイ=ヒダカ(55)「あと、死体無しは何でしょうね~
いきなりGJが出たっていうのはどうかな、ちょっと考えにくいかもなので
狐噛みのがあるかもーかなー」
噛み先多いのに、わざわざ灰から狐噛むのかよ…まさか出てる役にいるとでも?」
川島瑞樹 「うん、やっぱりね」
三浦あずさ 「あらあら~>凛ちゃん●」
オメガ11 「おはよう
吠えがやたら少なかったが結果を頼むぜ」
高槻やよい 「うわあ…吠え少ないと思ったらLWですか>春香さん」
如月千早 「これは笑っていいと思いますね!!」
ぬこ 「にゃーにゃー>やよい
高槻やよい(82) 「それこそ、PSPさんだったら身内投票して見せたほうがいい位置なんじゃないんですか?」
これって何で言ったか聞きたいんだけどもー
いきなりこー言っててぬこ分からなかった」
阿部さん 「狼涙ふけよ……>凛●」
オメガ11 「ああ、なるほどな…>吠え少ない」
菊地真 「占いローラーで終わるんだね……狐を何とかしないと。」
やらない夫 「グレー噛みか…、霊能●!?
霊能乗っ取りとかないよな…」
ぬこ 「まじかー>霊能●
これ狐狙おうぜとかそういう系」
親衛隊 「LW確定なら、占いをロラすればまず狼捕まえられるだろう」
如月千早 「どうせ占いに狼混じりなので
灰を詰める作業の始まりです。」
アイ=ヒダカ 「えっと、やよいさん!
昨日の話ですけど、モンスターのお肉は私が解体するんです!
食べるのに丁度いいサイズになりますよー!!」
川島瑞樹 「親衛隊LWで見て進行するわよ!!
異論あるなら、今のうちに意見いうこと」
星井美希 「んんー……?紗枝で銃殺はないよね、多分。」
ハルカ=アマーミン 「えー・・・後は順当に灰を詰めてちょうだいな
占い吊りはお好きな時間で、後は狐だけね!」
三浦あずさ 「だったらもう灰を詰めていけばいいだけですね~
占いさんはお互いの○を占っていけばいいと思いますよ~」
オメガ11 「狐探しだな!相手はMig-31か!」
高槻やよい 「じゃあグレー詰めていって、いいとこで占いを切っていく作業ですね」
親衛隊 「えっ、ちょ…>川島」
阿部さん 「灰を詰めていくだけの簡単なお仕事。
昨日GJだとしても、霊能●●で今日占い噛みない時点で対抗狼確定だろ」
菊地真 「13119753 6吊り。 霊能決め打ちで占い吊りきるとして残り3。
うん、楽なゲームになったかな?」
アイ=ヒダカ 「・・・って、ハルカさんそれ本当ですか!?

この村のグレランは優秀すぎましたね・・・(ほろり)」
高槻やよい 「なくはない、くらいのつもりで見てみますね>美希さん」
川島瑞樹 「ふふ、冗談よ(キリッ)
親衛隊さんは、頑張ることよ」
如月千早 「大丈夫です!あなた真でも勝手に詰まりますからこれ!!>親衛隊」
オメガ11 「容赦なくファン切る川島瑞樹さん流石です」
ぬこ 「あと小早川にも聞きたいことあったけど噛まれたならいいか
でもカツブシありがと」
親衛隊 「何故に、ホワイ?こんなに応援してるのに、あんまりだよ!」
菊地真 「正直占い全残し進行確定だからどこ占いを狼決め打ちっていみないと思うなあ。>>川島さん」
高槻やよい 「確定○が出れば強いですしね!>あずささん」
三浦あずさ 「もう狼さんも狂人さんも●を出せませんし~
確定○を増やすだけの簡単なお仕事です」
如月千早 「美希は・・・・信じているわ(キリリ」
親衛隊 「>千早 そういう問題じゃないよ…ファンとしては泣くしかないよ」
高槻やよい 「誰視点でも詰まる状態になれば問題ないかなーって思います>千早さん」
オメガ11 「PSP、渋谷凛投票者以外を吊ればいいと思うのだが!」
阿部さん 「いい男をあらかた占ったからな。
作業占いになるのは正直ありがたいところだぜ」
アイ=ヒダカ 「それにしても、狼さんのお肉を食べに来たんですけど、
まさか、アイドルの渋谷凛さんが狼さんだったなんて・・・

さ、さすがに、あたしでも
女の子のお肉とか食べるのは・・ううう///」
やらない夫 「残りグレーが高槻やよい 星井美希 菊地真
この中に狐が居ればいいんだけどな」
菊地真 「んー、霊能ケア吊りを言う人はいない、かー。
誰か1人は言うかなーって思ってたけれど、じゃあ決め打ち路線で3吊り頑張ろう。」
オメガ11 「AWACS<<狐狙いだ!寝ぼけるな!!>>」
如月千早 「もう狼いないから意味ありませんね!>オメガさん」
ぬこ 「ただ暫定◯に狐いることも少し考えつつ夜に発言見なおそうかにゃ」
オメガ11 「あ、関係なかったな!」
星井美希 「っていうかもう、ミキとか吊る意味すらないよねw
ミキ狼だったら狼2連続で吊りあげてる事になるんだけどw」
三浦あずさ 「オメガさん、もう狼狙いでは無くて狐さんを狙っていかないといけないんですよ?」
高槻やよい 「愛ちゃんがお肉をさばくの?すごいです!!
おいしく焼いてみたいかなーって>愛ちゃん」
ハルカ=アマーミン 「あー・・・そうねぇあたしでも吊る?
役職ケア+狩人保護的な意味合いで仕事終わったし」
親衛隊 「おっかけるか、やよい占いか…」
菊地真 「LWだとするならそれは無意味だよ>>オメガ11」
川島瑞樹 「ん?ぶっちゃけ、霊能信じるなら、占いに狼1だから
投票要素なんてないわよ??>オメガ」
星井美希 「やらない夫、やらない夫……ミキ、占い……>やらない夫」
ぬこ 「それもうぬこリーチかかってるやん>確定◯>やよい
キャットビングや」
如月千早 「美希?>やらない夫さん」
オメガ11 「AWACSが突っ込んでく入れたので助かったぜ
すまぬ」
やらない夫 「あ、ミスだ
すまん>星井美希」
阿部さん 「確定銃殺出したらローラーで終わるが、銃殺出たら吊り減るしーで
占い噛まれ引きわけコースを考えて狐っぽいとこ狙うのが妥当かな>吊り」
アイ=ヒダカ 「・・・えええっ!?
ハルカさんを吊るなんて・・・状況的にアリなのは分かりますけど、
あたし個人としては・・・・できないっ!(涙)」
オメガ11 「お詫びにイジェクトレバーを…」
菊地真 「美希に狼要素は薄いのは分かるけどね。まぁひとまずグレランだよね。」
高槻やよい 「ネコさんはこの村のカギになると思いますから、がんばってください!」
阿部さん 「そのへんは好みかな。
おれも好きにイかせてもらうぜ?」
三浦あずさ 「占いさんが噛まれなければ
なんとかなりますよ~」
ハルカ=アマーミン 「まー狼も狂人も露出してるからねー」
やらない夫 「あれ?俺メモミスってる?」
如月千早 「アマーミンさんは、まぁ、大丈夫じゃないですかね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆小烏GM 投票時間です。
投票は2分までに。」
4 日目 (1 回目)
親衛隊0 票投票先 →菊地真
やらない夫0 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい8 票投票先 →菊地真
如月千早0 票投票先 →高槻やよい
ハルカ=アマーミン0 票投票先 →高槻やよい
川島瑞樹0 票投票先 →高槻やよい
星井美希0 票投票先 →高槻やよい
菊地真5 票投票先 →高槻やよい
三浦あずさ0 票投票先 →高槻やよい
ぬこ0 票投票先 →菊地真
オメガ110 票投票先 →菊地真
アイ=ヒダカ0 票投票先 →菊地真
阿部さん0 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
三浦あずさ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
三浦あずささんの遺言                               --ァxy爻爻爻爻爻爻爻爻爻_
                        _ ィ  ィァッ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.爻
                      /爻ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.爻
                     ム爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\:.:.:.:.:.:.:.--:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:爻
                   ィ爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::ヘ:::}_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ :.:./
                 ィ爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ≦::::::::::::ハ:V::\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./
                爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__:../:::::::::/㍉:彡ヘ:::::::}}:::::::\:.:.:.://
               爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::/:::::::::/^     ___Ⅵ:::::::::::::ヽ:./
                爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::/::::::: i:{ __     __ ヘ::::::::::::::::::.,
             爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:|:::::::::/:::::::::::j:「^´    斧㍉}ハ:::::::::::ト::.、
            爻:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:}::::::/ ::::::::::::|}レ≦    {沁 /{ }::::::::::| }::}
            爻:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.}::ハ::::{:::::::::Ⅸ沁,    、  .:::::.{i::::::::::| }/
             爻:.:.:.:.:.:.:.八__:.:.:.:.:ハ{::::Ⅵ:::::::::i{いiツ        j::::::|:::i./
            入:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.-‐ァ::::::::::}:::::::::::|{ .::::::.  ,  ア  /}:::/}::/           遠いところに出かけましょう
                ̄ ̄  / ::::::::::::}:::::::::::i::ト    ー   .イ:::}/ /
                       /:::::::::::i::::i:::::::::::::::{  `    _/::::::::::|}             きっと素敵な出会いがあるはずよ
                 -ー' ::::::::::::j{::::::::::::::入{ヒj    八忖ニr┴―=彡ヘ
                 /:::::::::::::::/:::::::::ィ升ヘ,\}    /  )辷__ー-一   \
                 /::::::::::::::::::::::f二二ニ=-ミヘ \     {{`ー--__-一    \
                /:::::::::::::::::::::::/ム-- ミ \_ \ fヘ ー--rッ そー―‐‐ヘ     
               /:::::::::::::::::::::::/ ィ==--、 \ j{ ヽ } {__  __  忖f㍉   `ァ--'  /
              /::::::::::::::::::::::::::/ /{ {:|     \ Ⅵ .}j   ヽ' /-‐ヘ八V^ヽ{V_  __/
          :::::::::::::::::::::::::::::::{ ム} ヽ     ハ ',}      {:i:i:レ'´ ̄, Ⅳ{ う}Lフ
          ::::::::::::::〃≧=-j :{「` i|    ム } }\    / ・・・’’   }  7
          ::::::::::::::{{ー--==} {ヘ_彡i    /⌒} {=う   {/        リ  /
          ::::::::::::::ヘ r‐ァ ヘ V≦_|   : ハレ} トッ'    /ミx       /  ;:、
          ::::::::::::::::ハ乂{  《}{ {{L.|   ir‐「7 /'   , ′ Y ,     /   ′::
          ::::::::::::://}    /j{{  ;   ;ー{」У   / rヘ}j レ     /{  /::::::::::ヽ
          ::::::::::::}_j^ヘ  /ハ{{{  ,′  レ'    . ' ムf{{ {     //  :/::::::::::::::::::.
          ::::::::::::::::::::::} /j{{{j_}} ,  /     , ′ }i{{Ⅳ    {,/ ィ:{    \:::::::|
          :::::::::::::::::::/ ^    / /      1{   ji{j{ }}    j{{f }:}     }::::i
      |::::::::::::::::::::::::::::::/  /   {      イ{jf}i}   リjjjハ    /{{:| //     j::::/
      |:::::::::::::::::::::::::::::{  /   xヘ    / :{ }j^       {:  /}仄r'     //}}
      |ハ:::::::::{`  :::::::::\_       ー    {        V}: //}}仄{    ー'  /
      |{ \::::{   \::}\::::::::=-----  、  }        ン./ }i仄ハ
      |{  \\   }|  `  /升幵ミY}\{   |: / ̄ ̄イ   }i仄仄}
      ヘ    \{   '     /升幵ミ㍉} {j \__ィ乂「 ̄     }⌒ヽ
高槻やよいさんの遺言                            -‐- 、
                  ___ . イ__ /: :.\
     .ィf⌒ヽ    '"´: : : : : '"´ ̄ >く__: : :\
    升十xヘry'´. : :ミx.. : : : : : : : : ´: : :.:}\ト、\: :.:\
     |: : : : ry/: : : : : : : : : : : : ⌒ :、/: :.:.′: ヽ 〉:.:\:. :.\
     |: : : r y′: : : : : : : : : : \: : : :\/:..:.:}l: :l:ヽ. :. :.ヽ.:.:.:.\
     |: : : レ′: : : : : : : : : : : :. :.:\: : : :\/,′!:ハ\: : : : : : : ヽ
    ',: :./: : /: : : : : : : : :ヾ . : : :.:.:.\: : : :゙ ,:..:l: : :ト、 \: : : : : : :.)
.     y′ .′:.|: : : :.|: : : :.|:! ト、: : : : :ヽ. : : :V: : : ト、\: `二ニ=-:::  ┐
.      ′:.:.l: : : l!: : : :|: : : :.l:l:.l: :.\:.ヽ : :. : : :.'.: :} |: :`二ニ==---:::: :.::.ノ
      l: : |: |:.i : |l: :. :.:|: : : :.|:!:レヘ⌒ヽ.ト、: |: :. :.:V .:!、:.:. : : : : :.___):`)
      |.:.:.|: |:.|:.:.|:!: : : ト、:. :.:l:|:ト、_xッ==ミ|! !: :. :.:.|:.:八\: :. .イ:./: : :/
      |:.:.:|: |:.l: : Y⌒ :'.. \从j  レiし:::.j}| ト、: : :.レ′ `¨¨´ l_{: : :.:く
      |:.:.:|: ト、\_〉`ー┘     V(/_ソ| l '.:.:.:|        `7/
‐-    |.:.:.|: ヽ.:ト、  x≠z        '''''' j/ ハ:.:.i⌒ヽ      (
   \'. : '. :. :.'. Y′    ,          イ│:.l>ヘ
.      \:.:.ヽ. l. 人'''''    、__, '`ー‐'′┴┴┐´ ̄ `ヽ
.      \ノ:.ヽ>`¨¨¨¨¨´            /  ̄   、}
\       \ノ          __     '"´  ./ ̄ `ヽ.\
.  \         `¨´           ̄\/     /′    ', .〉
⊂  >                     J \  / /           }
.   .′し   ( ・ )       ( ・ )       V: : /    }    .V
⊂ ,            _        .=====キv′    ′    ',
二二ニニ===        `¨´          -‐<    /
 l^Y¨¨ _┐       ___       / ,.ヘ   \_〈       |
. /Y / ̄ )    '"´      ` 、   て二二 ヽ ゙ ,\_     |
│.| ´ 7  /    ⌒   ⌒ \  `ゝ       〉 〉 `ヽ
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
やらない夫 「おはようだろ
11>9>7>5>3
あと4吊りで間違いないよな、じゃあこの4吊りをどう使うかってことだな」
星井美希 「占いCO あずささん○なの!」
ハルカ=アマーミン 「この野良法王ことハルカ=アマーミンが霊能COをするわ!!
さぁ、ティダンの力で死体を狼か判断するわよ!高槻やよい○!」
ぬこ 「にゃーん」
阿部さん 「ウホッ、いい占いCO。
星井美希は○だったぜ。」
オメガ11 「AWACS<<おはよう。オメガ11が意気消沈なので代答する>>
<<占いと霊能は結果を報告せよ>>」
菊地真 「おはようー!」
親衛隊 「占いCO 菊地真は○」
星井美希 「もう狐狙いなんだけど、狐目強く見えるのってあずさくらいしかいないの。」
アイ=ヒダカ 「おはようございまーす!
・・・ああっ、モンスターのお肉を焼いてくれるって言った
やよいさんがいなくなっちゃいました・・・ぐすん」
阿部さん 「占い理由:
完全灰が真。
その他があずさ・アイ。
正直、ここで一番怖いのは占いローラーになったときに
真狐狼残りのLW吊りで狐が勝つことだ。
本人も言っていたが2連続狼吊りだし狼の可能性は低い。
狐警戒で占っていいと思って占ったぜ。
親衛隊 「一応のラス灰潰し、あとは対抗の○をおっかけていくしかないね」
菊地真 「あ、うーんラスグレのボクを占うかー」
オメガ11 「AWACS<<あずさ噛み?>>」
星井美希 「……なんでミキの占い先が死んでいくの。」
ぬこ 「あ、うん 親衛隊そこ占うのね」
アイ=ヒダカ 「ふむふむ・・・
これで完全グレーはいない、ってことでしょうかっ。」
如月千早 「真占いですかー・・・」
阿部さん 「そこ噛んでくれるなら詰みすぎるぜ?」
菊地真 「ラスグレだから占わせず処理して対抗の○占ったほうがいいと思ったんだけどね。
銃殺でたらゲームセットだよ?>>阿部さん」
親衛隊 「まだ灰いて、対抗○よりも対抗占う趣味はないんだよ」
ぬこ 「んで阿部さんも美希占いか
ちょっと良く分からにゃい」
ハルカ=アマーミン 「あずささんと、オメガさんが狐狩目だったのよねー
あんがい、銃殺+GJもありうるかしらね」
阿部さん 「○の数的に1手余裕があると思ったからな>真」
菊地真 「あ、ごめんクマ吉だったw」
オメガ11 「AWACS<<阿部視点では狼か狂or狐の判断はついたようだな>>」
やらない夫 「これでグレーはなくなった
あとは殴り合いになるわけだが…
この展開なら俺はノーガード戦法を採用するだろ」
阿部さん 「親衛隊の真切って、アイか真 吊 ら な い か」
菊地真 「んー。残り2吊りだからいずれ銃殺出るのは目に見えてるんだけれどね。」
アイ=ヒダカ 「とりあえず、本来なら霊能吊りも手っていうのは分かりますけど、
ハルカさんが生きていてくれて、あたし嬉しいです!(ぎゅー)」
阿部さん 「たぶんそれが一番楽だと思うぜ?」
親衛隊 「はっきり言って、真占う気はさらさらなかった」
如月千早 「まーあれです
好きに吊ってください(キリリ」
川島瑞樹 「アイ-真からラン」
オメガ11 「AWACS<<共有の指示了解>>」
阿部さん 「真完全グレーじゃなかったら占ってもよかったがな、ってところだ」
親衛隊 「あんだけ危ない占い方してる阿部さんの主張信じる村はいないでしょ…」
川島瑞樹 「異論求めるわ」
星井美希 「正直異論はないの。」
やらない夫 「把握した>アイ-真からラン
異論…ないなぁ」
オメガ11 「AWACS<<異論はない。指示に従う>>」
アイ=ヒダカ 「おっとっと、そのランになっちゃいますかー!
というか、阿部さんのいけず!
これは仕方ないですね!私の正体を明かしましょう!」
アイ=ヒダカ 「狩人CO! 冒険者・自由奔放ティターンズの盾、このアイ=ヒダカが狩人です!

二日目 護衛:ハルカ=アマーミンさん 死体 無し。GJ?
初日の印象は・・・うーん、これはちょっと占いさんの真偽判断は難しいです!
よって、3分の1の不確かな確率に賭けるより今は、
RP繋がりって訳じゃないですが、霊能さんを確実に守っておきましょう!
・・・えへへっ、でもハルカさんの盾になれるなんて嬉しいなー!

三日目 護衛:阿部さん 死体 小早川紗枝さん
昨日は恐らく、霊能結果から言ってもハルカさん噛みGJでしょう!
そうなるとー・・・狼さんの心理的には、次は占いさん狙うはず!
頑張って3分の1を狙ってみるとして・・・占いで一番頑張ってるのは阿部さんかな
ちょっと雰囲気がアヤシくてハルカさんから護衛外すのも怖いですけど、守ってみます!

四日目 護衛:阿部さん 死体 ?さん
こうなると、ハルカさん守る意味はあんまり無くなっちゃいましたね・・・
呪殺出れば勝ちなので、占いさんを3分の1に賭けて守るお仕事!
印象は昨日に引き続いて、あたしの中では阿部さんリードなので護衛!
・・・あれっ、これってもしかして、恋・・・!?」
菊地真 「う、うーん。
まぁラスグレとして吊られるつもりだったからボクとしては問題ないよー>>川島さん」
如月千早 「あれです。各自どうすればいいのかわかり・・・あ、いえ、相方の指示を。」
ハルカ=アマーミン 「まぁその二人から狩人COなかったら・・・
アイちゃんにはご免だけどね・・・」
阿部さん 「俺の灰がお前入れて3だから、信じられなくても詰んでるんだぜ……?>親衛隊」
ぬこ 「んー
そこランね まぁそこまで異論はにゃい
けどそれって親衛隊の真きったでOK?」
やらない夫 「よし、菊地真はCOあるか?」
オメガ11 「<<ここで狩人CO?真吊り一択か?>>」
親衛隊 「おいおいおいおい…僕の真切ってんの?」
ハルカ=アマーミン 「オッケー!アイちゃん!よくやったわ!」
川島瑞樹 「霊能が偽でないなら、親衛隊真はうっすいかなと」
阿部さん 「俺も一応凛吊ったしな。
美希の真追うなら灰の数的に、狐警戒で俺占わせればいいだろ」
ぬこ 「ってアイ狩人だったにゃ
一回票入れてごめんと謝っとくぬこなのです」
親衛隊 「ほら村人じゃないか!」
菊地真 「仮にCO会ってもこれだけ吊られたがってるボクが狩人COしても誰も信じてもらえないと思うw

無いんだけどね>>CO」
アイ=ヒダカ 「占いは安部さん護衛だったので、
呪殺成功+GJは薄いかもしれません!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
親衛隊1 票投票先 →オメガ11
やらない夫0 票投票先 →アイ=ヒダカ
如月千早0 票投票先 →菊地真
ハルカ=アマーミン0 票投票先 →菊地真
川島瑞樹0 票投票先 →菊地真
星井美希0 票投票先 →菊地真
菊地真8 票投票先 →親衛隊
ぬこ0 票投票先 →菊地真
オメガ111 票投票先 →菊地真
アイ=ヒダカ1 票投票先 →菊地真
阿部さん0 票投票先 →菊地真
菊地真 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
如月千早 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
菊地真さんの遺言        /⌒ヽ  〃
     /´ ゙ 刈_/,´.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
      /".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     . /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
   .,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:^ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
    .i.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/l.:.:|   ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:ヾ.:.:.:.:゛
   |.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. |::.:|    ヽ.:.:l\ヽ.:.:.:.:.:.:.:i
   |.:.:.:.:.:l.:.:.:.:〃.:.:/ . |.:.:|      メ∠ヽ.:.:\.:.:ヾ
   |.:.:.:.:.:|.:.:.:.:|.:.:;/  ヽ;!    _/_, i.:.:.:.:.:ヾ
    .!.:.:.:.:,' :.:.:.:||.:,ーー-'     rーtッ‐ァ|.:.:.:.:.:.|
   lハ.:.:.:.:.:.:.:.:|ヾ,r==、      ー  |.:.:.:.:.:.!
    ∨.:.:.:.:.:ヽ //////// /////// j.:.:.:.:.:.| 
     ヾ.:.:.:.:丶ヽ          /^"⌒ ̄\
      ヽ.:.:.:.:\     r_ ‐ つ f  \ \ .〉
       ヽ.:.:丶; 丶 、     / ^  } _},≠
        \ヾ∧   }` ー  |  /-廴__丿
         〆⌒丶ゞ j     j  `´__一''゙´
        fー゙-=丶  \   /    /ヽ   ヽ
       /     \  ヾ;/    ′ ヾヽ   |
       i       ヽ  /    ,'    ヾヽ ヽ
       |     ,     /          厶ゝ 丶
        .〉   ′⌒゙´ ./     ,'ヾ.ーー≠::::\ ヾ
        \ 〈:     /      . :::::::::::::} .|
         ヽ__|   /      ,′::::::::::::;  ,'
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|  やめろ!僕はホモじゃない!!        |
|____________________|
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
やらない夫 「おはようだろ
俺の投票がやけに浮いてるけど常識的にスルーしてほしい
まあ万が一ってやつだろ」
星井美希 「占いCO オメガ○なの!」
阿部さん 「ウホッ、いい占いCO。
アイは○だぜ。」
親衛隊 「占いCO ぬこは○」
星井美希 「いや、正直親衛隊狼でしょ、これ?
だったら吊りで阿部さん>親衛隊の順で吊れば良いから占う意味ないよね。
そう考えるとすっごい真霊なハルカかオメガの2択なんだけど……
まぁ、オメガで良いかな?」
アイ=ヒダカ 「五日目 護衛:阿部さん 死体 ?さん
よりにもよって、男の人好きの男の人を
女のあたしが守るってどうなんでしょう・・・?///
これが、もしかして、叶う事の無い禁断の恋ってやつでしょうか!?
・・・うーん、ところでお腹空いたなぁ(←花より団子の子なので多分恋と違う///)」
阿部さん 「占い理由:
吊り4で俺の灰が3。
銃殺が出なければ明日は俺の○吊り。
ここは愛占いで十分だ。」
ぬこ 「にゃーん」
親衛隊 「確定○つくり」
オメガ11 「親衛隊 1 票 投票先 → オメガ11」
アイ=ヒダカ 「というわけで、おはようございまーす!
男の人好きの阿部さんの護衛してて、ちょっとドキがムネムネです!」
ハルカ=アマーミン 「真ちゃん○!」
阿部さん 「おいおい、嬉しい告白してくれるじゃないの>アイ」
オメガ11 「理由を頼む」
川島瑞樹 「ち、千早ちゃーーーん!?」
ぬこ 「阿部さん真ならほぼ積みの形」
親衛隊 「いや、僕の○なんだから入れるわけないじゃん」
阿部さん 「俺は実は両刀説もあるがなw>愛」
やらない夫 「補足するならアイ=ヒダカの狩人日記に異常はなかったと思う」
星井美希 「ミキ真でもアイちゃん狐じゃなきゃ詰んでるよ。>ぬこ」
オメガ11 「返答次第では撃墜も辞さない!
AWACS<<オメガ11、レーダーロック>>」
親衛隊 「信用なくてもそこまで落ちぶれてないわ!」
川島瑞樹 「美希ちゃん視点、やらない夫君、ネコ君、アイちゃんね」
ぬこ 「万が一の意味がよくわからにゃい>ない夫
投票ミスならまだわかるけども」
星井美希 「……あ、やらない夫が抜けてる!」
阿部さん 「ハルカに●出なきゃ詰みだが、アイ初日霊能護衛だし、●二つ連続だしでたぶん真霊能だろうな」
アイ=ヒダカ 「ハルカさん、これってもしかして
禁断の恋なのかな・・・!?

ティダン様、あたしが変な方にいったらちゃんと導いてくださいませー!!(涙)」
ぬこ 「あぁ、そうか>美希
ちょっとぬこ抜けてた」
オメガ11 「阿部真で見てるから詰んでると思うのだが」
親衛隊 「つーか、霊能騙りで2つ●出す意味なんてまずないし…」
阿部さん 「汝のなしたいようにするといいんだぜ?>アイ」
星井美希 「うん、どういうこと?>川島さん」
ぬこ 「これでもぬこ確定◯なのよ?>川島
隅で丸くなってていい系ですか」
ハルカ=アマーミン 「いやだから私をケア吊りするなら2日ほど遅いのよね
しかも占い3出て狼が霊能とか自殺行為じゃない?>阿部さん」
阿部さん 「今日は残念だがやらない夫吊りで、明日美希にオレかアイ占いさせりゃ詰みだろ」
川島瑞樹 「ん、そうね
ねこちゃん…進行お願い」
アイ=ヒダカ 「そ、それは邪神の教えですよね!?///>阿部さん

・・・ととっ、それはさておき
どこ吊りが一番いいのかな・・・?」
星井美希 「ミキ視点だと今日はやらない夫吊って
明日から占いローラーで詰んでるね、霊能疑わないなら問題ないの。」
やらない夫 「さて、占いの信用度を挙げるだろ
阿部さん>>>星井美希>>>親衛隊
って感じだろ、今日は親衛隊吊りでいいと思う」
ハルカ=アマーミン 「大丈夫!あたしがついてるわ!アイちゃん!」
星井美希 「やらない夫、それLW吊る危険が大きすぎるの。」
ぬこ 「ぬこは日向で丸くなるのです>川島」
川島瑞樹 「まあ、吊りはやらない夫さん当たりでいいんじゃないかしらね」
阿部さん 「おそらく親衛隊詰みで村勝つと思うがな。
石橋叩くなら、いい男の犠牲が必要ってことだ」
川島瑞樹 「ダメです」
やらない夫 「あー、そうか…>星井美希
どうするべ」
川島瑞樹 「>ねこちゃん」
星井美希 「ごめんなさいだけど吊られて欲しいの>やらない夫」
アイ=ヒダカ 「ハルカさん、ありがとうございますー!(ぎゅー)

・・・ハルカさんだったら、あたし・・・
えへへ・・・///」
オメガ11 「親衛隊LWと想定してどうするか」
ぬこ 「んー、その順で吊るならまだ狩人CO釣りのほうがマシかなってぬこ思うの<ない夫」
阿部さん 「お前が黒じゃなきゃ大丈夫だよw>ハルカ」
やらない夫 「え、俺吊られて大丈夫かこれ?」
ハルカ=アマーミン 「やらない夫さん吊り→オメガさん占いかしらね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
親衛隊1 票投票先 →やらない夫
やらない夫8 票投票先 →親衛隊
ハルカ=アマーミン0 票投票先 →やらない夫
川島瑞樹0 票投票先 →やらない夫
星井美希0 票投票先 →やらない夫
ぬこ0 票投票先 →やらない夫
オメガ110 票投票先 →やらない夫
アイ=ヒダカ0 票投票先 →やらない夫
阿部さん0 票投票先 →やらない夫
やらない夫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
オメガ11 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
オメガ11さんの遺言 オメガ11ヽ(0w0)ノイジェークト
やらない夫さんの遺言                  ___
               ´::::::::ヽ
                 {::::::::::::::∧
                   '、:::::::::::::::ムヘ
                >:::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::i
               }::::::::::::::::::::::::::::::::从
               /:::::::::::::::::::::::::::::::从          ―――ない、まだ勝負はついていないんでね
                |::::::::::::::::::::::::::::::::/
                /::::::::::::::::::::::::::::::::{
             「::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
             〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
             イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ
              }:::::::::::::::::::::::::::::::::イ
            {::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 i:::::::::::::::::::::::∧:/
                !::::::::::::::::::::::{
             '.:::::::::::::::::::::i
              '.::::::::::::::::::::i
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
阿部さん 「ウホッ、いい占いCO。
ハルカは○だぜ。」
星井美希 「占いCO アイ○なの!」
ぬこ 「にゃーん」
親衛隊 「占いCO オメガ11は○」
星井美希 「いやまぁ、ラスグレなの!」
阿部さん 「普通に 詰み だった」
親衛隊 「占い理由 両対抗のおっかけ占い、というかどこ占ってもそんな理由しか出てこない」
アイ=ヒダカ 「六日目 護衛:川島瑞樹さん 死体:?さん
んー、あとは守るのは
確定○か共有さんか大穴で霊能のハルカさんー
んー、共有さんにしようかな?実は初日占いとかいう可能性も、ほんの超わずかですがありますし!
ところで、あたしとハルカさん年齢を合計したくらいが大体川島さんの年齢ですよね?算数、わかるわ。」
ぬこ 「オメガ噛むん?」
ハルカ=アマーミン 「うん、じゃあ占いをサクサクと」
川島瑞樹 「ん、それじゃもう占い手をかけようかしら」
星井美希 「非狼の阿部さんを先に吊って欲しいかな。
明日美希もハルカ占うよ。」
阿部さん 「俺吊り→親衛隊吊りで詰みだ。
流石にここから親衛隊の真は追わないだろ?」
親衛隊 「僕に彼女ができるぐらいの確率でハルカは狐」
ぬこ 「あ、アイも確定◯か
ならいいのか」
川島瑞樹 「じゃあ、阿部さんからで」
阿部さん 「で、親衛隊LWにしちまうと狼負け確定だから
美希は明日ハルカ●出すと思うが、親衛隊吊りでよろしく頼むぜ?」
ハルカ=アマーミン 「後は占いさんはあたし溶かして真証明ね!
・・・うん言ってみただけよ」
親衛隊 「吊るなら美希よりは阿部さん、長らく頑張ったけど…ね」
川島瑞樹 「まあ、確定○のねこちゃんと、アイちゃんと頑張るしかないわね」
星井美希 「いや、ハルカが狐は正直ねーの。
あって狼で、それもすっごく薄いの>ハルカ」
阿部さん 「美希の愛で春香が溶かされるのか……
なかなかいい話じゃないの」
ハルカ=アマーミン 「ああ、結果
やらない夫さん○ね」
ぬこ 「阿部さんはお仕事終わってるしにゃ
霊界でやらない夫とお幸せに…」
アイ=ヒダカ 「親衛隊さん視点、LWはどこになるんですか??

・・・さすがに真はないかなー」
ハルカ=アマーミン 「いやーここまできたら、私狐で溶かします!ぐらいの気概が欲しいかなと!>狼には」
親衛隊 「>アイ 美希じゃないかな。だってそれ以外ないし」
阿部さん 「いいこと思いついた。お前、俺のケツの中に投票しろよ」
川島瑞樹 「えっ!?ケ、ケツ…」
アイ=ヒダカ 「そこに、ハルカさんも一緒になれたらいいですね!>川島さん

あと、日記にネタを仕込んでくれたの気付いてくれましたか!?
あたし算数できます!わかるわ」
阿部さん 「ん? もう投票済のヤツもいるのかい?
意外と早いんだな」
ぬこ 「よし、ぬこは隅で丸くなろう!」
親衛隊 「つか連日投票遅いのはなんでか…」
川島瑞樹 「アイちゃん…ネタ仕込まなくていいのよ?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
親衛隊3 票投票先 →阿部さん
ハルカ=アマーミン0 票投票先 →親衛隊
川島瑞樹0 票投票先 →阿部さん
星井美希0 票投票先 →阿部さん
ぬこ0 票投票先 →阿部さん
アイ=ヒダカ0 票投票先 →親衛隊
阿部さん4 票投票先 →親衛隊
阿部さん は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星井美希さんの遺言               , -‐ァ
                / /
               V_,, ´ ̄`丶、
            , ´        \
              /    、          ヽ
           ′,   ,ハ    k      ',
            i /  /{‐トヘ.  |´\,、 N
            |ハ  Ⅳ _  \{r=ミ ハ∧
            }/^ヽ{ '⌒’  '   、、 |i ト\
           _/1 ∧`` r  ┐  从 {  トミ,_
              ノイ 个 丶 ノ .イ     k ⌒
            } |   ∨〕ト  イ_,ノ ,'   j∧
            / ]   i{メ    {⌒∨   ハ  、
          / , ´ヽ   ヽ 、  ,,/  , ′ l    、
    、_彡  ァ ′  ‘,  ハ    ′ /{ 、  l     \
       / | 、 ∧} ∧}    {∧{ ∧ぃ l      )
         . :|  / ヘ、  、    //∧} l   /
.      /   . : : |  i{   \  }   /   W l 、 (
     {  . : : : :| 从::..    >v<      从 k  ヽ ≧=-
     人 : : : : : |  `トミ辷(__ハ_,ノ≧=‐爻  W ,ハ
      }/: : : :/   ハ    {j {j     ,′k  ∨ハ |
      ∠ィ ; : ′   } }         / : /    } リ
       i{/W   ,シ´           {: :/  /      あっついねー。
.          ll   /      ,     ∨ /
.         l!  ′      {      ∨         だからミキ、ちょっとだけサービスしちゃうの☆ミ
           | /                 }
           k′               ∧、
        〈《}\ー-= _    _  -=彡ヘ》〉
         , ´{  ` 、    ̄     /  ',
      / !     \      ´
      n/  !       ヽ-く         i
     し_,, !        |             |
       ゝ'´!     |   |       |
阿部さんさんの遺言             _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    ウホッ! いい男・・・
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
親衛隊 「占いCO 星井美希は○」
ぬこ 「にゃーん」
ハルカ=アマーミン 「親衛隊!w」
親衛隊 「占い理由 占うとこないもん…自分占えるならしとるわ!」
川島瑞樹 「あらあら」
アイ=ヒダカ 「・・・あれっ
美希さんが死体??」
川島瑞樹 「春香ちゃん→親衛隊さんでも、十分詰めるという…」
アイ=ヒダカ 「親衛隊さん、降参ってことで吊っちゃっていいのかな

・・これで明日が来たら、その時はその時ですね(汗)」
川島瑞樹 「まあ、勝負決めましょうか?」
ぬこ 「これでハルカさん偽ならどーしたものか
という感じに思ったけど徹底的に積めばいいか」
川島瑞樹 「アイちゃん、わかるわ…
ケアって大事よね」
親衛隊 「はいはい、投了投了…」
ハルカ=アマーミン 「いやもう指定でもいいわよ!川島さん!
ティダンは正しき路を示すからね!」
親衛隊 「なんで僕が共有じゃなかったんですか?」
アイ=ヒダカ 「ハルカさんが狐だったら、●2連とか自殺行為ですし、ないないー

狼の可能性はわずかにありますけど、そしたら明日考えればいいだけです!」
川島瑞樹 「まあ、親衛隊さん…さようなら」
ハルカ=アマーミン 「ふ・・・変態にはお似合いの末路かしらね!」
ぬこ 「徹底的に詰むにゃらハルカ→親衛隊
まぁどうするかはニャーって感じ」
川島瑞樹 「んー、また今度の機会に、共有一緒にやりましょうね?>親衛隊」
ハルカ=アマーミン 「いやもう疑われるの面倒だから吊って欲しいと言ったんだけどね?w」
親衛隊 「それでも川島さん噛まなかったのは僕のファン魂の成せる業」
川島瑞樹 「うん、ごめんなさい、そう思っちゃった…>親衛隊」
ハルカ=アマーミン 「ふ・・・そのファン精神だけは高く買うわ!>親衛隊」
ぬこ 「まぁにゃー>ハルカ
ただぬこは臆病なのです」
親衛隊 「大切なものは、汚せないんだ…」
アイ=ヒダカ 「親衛隊さん・・・そこまで川島さんの事を・・・(ほろり)

・・・よし、川島さんが食べるお肉にしてあげますね!!!(おい)」
ぬこ 「やべぇ、ここまで来ると親衛隊かっこいいと思う不思議」
川島瑞樹 「えっ!?親衛隊さんを食べるだなんて…それは」
親衛隊 「いつまでも応援しています…今度こそ一位になれますよ!」
ハルカ=アマーミン 「いやーアイちゃん噛んで~、共有かんで~
アタシに●!みたいな展開を思ってたわね!
まぁ・・・アイちゃん有り難うね!」
川島瑞樹 「あ、ありがとう…
なんで、親衛隊さん、狼なのよーーー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
親衛隊4 票投票先 →アイ=ヒダカ
ハルカ=アマーミン0 票投票先 →親衛隊
川島瑞樹0 票投票先 →親衛隊
ぬこ0 票投票先 →親衛隊
アイ=ヒダカ1 票投票先 →親衛隊
親衛隊 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
親衛隊さんの遺言
      ,-‐-、
     / ,=、,>-;;,,,_
     .>´    ,ノ `'ヽ<´ヽ
    /    ̄●   \_ヾソ
    i          ●  i
   .{       (´`)    }
   .ヽ    ヾ,,__,入__    /
    \    ヽ_ノ    /    ハッ、また僕か まいったねどうも
     ,衣ヽ,__   ____,,/
   /   `-===ーイ  ヽ,
   /            i
  ./ |            i
 /  i        |   .l
 7ヽ、|        l    ゝ
./  /.|        ヽ-=イ┐  ノ⌒ァ-、
  /  |         | └┴ー"   ノ)
 /   |         ヽ、_______ノ´
∠----!---------ァ-i  | ||
           //  .|T´
           . //| |_イ.| |
        //  .| | ノ .| |
二二二二二|/   | |
     | |      | |
     | |
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/08/06 (Mon) 00:12:14
やらない夫
                    / ̄ ̄\
                   /       \
                     |          :|
                     |        .:|
                   |         .::|     お疲れ様だろ
                      |        ...::::|
                      ヽ   .......:::::/     やはり俺の素村での動きはうさんくさくなるがこれはもう仕方ないと思うしかないだろ
                    ヽ.......:::::::::::/
                  _, - ''" ̄  ̄` ー、
                 ヽ_..:::-=―--:..、>
               _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
              斤ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、                 _, -‐
             .<:::::::::: 丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::i           _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              .〉:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;::::::::',    _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
              i:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::/   ,~'_, -‐  ̄`ー-----― '
             !::::::::::::::::〉'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'/::::::::!~'_ッ'-
             <:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;i'::::::::::::::|
             !::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!l:::::::::::::::〉
             〈::::::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ:|::::::::::::::!
             /::::::::::::::!/::::::::::::::::::::::::::\:;'〈::':::::::::::::::',
            ヽ::::::::::::/:::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.ヽ::::::::::::::ノ
             i、:::::ノ/::::::::::::::::::::::::::::::::、/ ` ー-イ
             | ヽィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',」
三浦あずさ 「お疲れ様よ~」
阿部さん 「おつかれさん」
ぬこ 「お疲れ様にゃん」
ハルカ=アマーミン 「                        . . -‐=ニ二¨¨二ニ=‐- . .
                     ___,. : ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`.: .、
                       乃r/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.乃ヘ : :.:..、
                     rくr/:..:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: jノヽノ⌒Y.:..
                    弋/:.:./:.:.:.:.:.: /:.:./: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:〈  ノヽ,ノ`ヽ.
                   /:.:./:.:.:.:.:.: /:.:.イ: :/⌒!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.\{_,ノ⌒Y´:.:.
                /:.:./:.:.:.:.:.: /: :/ |.:.′ |:.:i:.:.i: : : :.|: :i.:.:.:.:.:.:} `ーrーく:.:.:.:.:
                    ,.′:.i: :.:.:.:.:/ _:_| l:.i   |:.:|: :|: : : :.|: :|:.:.:.:.:.:.}  |   }:.:.:.:i
                   / i:.:.:N:.:.:.:.:/l´: : |`ヽ|   |:.:|: :|:._:_: :|: :|:.:.:.:.:.:.}  |   }:.:.:.:|
                ′|:.:.:l:L:_:_j从:_:_:j,_ jノ   }从´l:.:.: ::`ヽ|:.:.:.:.:.:.}  |   }:. : :!
              {  |:.:.:l:::::::::.  ィf芹ミメ    メ ー―'ヽ|:.:.:.:.:.:.}  |   }: .:.,
                \|:.从::::::::::. {{ rし}      yf芹ミメ、,|:.:.:.:.:.:.}  |   }:.:/
                  |:| |::::::::::::i ^ ヒツ         r'しi} 犲 :.:.:.:. }  |   }/
                  |:| |::::::::::::|           ヒソ ノ゙|:.:i:.:.:.:.}_,,|__}
.          Y'¨Y    |:| |::::::::: i|    ′           |:.:l:.:.:.:.:.:.:. |:::/、
          |  l     ,jノ |::::: : 八               |:.:l:.:.:.:.:.:.i. |/:::::::>
          |  |       从 ::::::::::::..  丶 __,         |:.:l:.:.:.:.:.:.l. |ー<
          |  |       ヽj::::::::/\          _イ|:.:iニ= =ニ |:::::::::::>
.      ___ ___|  |     ,     }:::::/ ノ:.\    . .<ニニア´      ` 、´
     / ̄\ \ \!    / \   }::/ '⌒ーイ`千ヘ_:_:_:_/(/          \
.    / rヘ |  | (,l ̄ ̄〉   \j/      ノ:::ノ _}二ニ=-/             \
   { ´  ー'ー'ー' ̄ /      `ー――=彡'´ ノ‐-=ニ〈                \
.    l         /|                 /     \               \
ティダンは世界を救います!」
オメガ11 「お疲れ様だ!」
親衛隊 「お疲れ様でした」
小早川紗枝 「おつかれはんやわぁ」
川島瑞樹 「あらあら、お疲れさま」
親衛隊 「長引かせてすまなんだ>ALL」
星井美希 「やらない夫は別に悪くなかったよ?ミキの頭から消える程度にはw
吊った理由が単純に、ミキ視点も詰めようとしたからだしね」
アイ=ヒダカ 「よかったー、後半、平和すぎてなんとなく不安になっちゃってましたけど///
普通だったですね!」
渋谷凛 「おつかれさま、人外ごめんとしかいいようがない。」
ハルカ=アマーミン 「ま、積めだからしょうがないよ!ドンマイ!>やらない夫」
PSP 「お疲れ様ー
狼陣営は初日に吊られてごめんよー」
小早川紗枝 「ウチもずっと胡散臭いいわれとったんえ?
最近ようやく吊れない言われるようになったんよ>やらない夫はん」
ぬこ 「あー狐は菊池やってんか」
小烏GM 「はい、お疲れ様。
ちょっと狼が早く落ちすぎた。という感じね。」
川島瑞樹 「やらない夫君は、ただの詰みのためだから気にしないでね」
オメガ11 「AWACS<<全ての敵勢力撃破を確認。ミッションコンプリート。お疲れ様だ>>」
阿部さん 「いい男の神、ヤマ=ジュンも悪くないぜ?>ハルカ」
アイ=ヒダカ 「きゃーハルカさーん!(ぎゅー)

ティダン様の勝利ですね、ある意味!」
ハルカ=アマーミン 「残念!あたしは女性なので!>阿部さん」
川島瑞樹 「真ちゃんは、即占って欲しかったわね>ねこちゃん」
ハルカ=アマーミン 「よくやったわ!アイちゃん!」
親衛隊 「どうみても、私の技量では無理です、本当にありがとうございました」
アイ=ヒダカ 「うん、阿部さん真占いも合ってたし
今回は狩人の役目が果たせて良かったです!」
阿部さん 「ところで俺の股間のグレートソードを見てくれ。
こいつをどう思う?」
やらない夫
              / ̄ ̄ \
           /       ヽ
           | U      |
           |       |     詰めの理論…今だにわかってないだろ…
           |       |
           !      ,. -ー┴ 、
            `ヽ_ィ≦.:.:-.:.:.:.:.┴、
             ,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\
           /.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〉
           | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`
               | .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r {
             i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:|
            i .:.: ̄\.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:|
                | .:.:.:.:.:.:.:\. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:i
            | .:.:.:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:i
            | .:.:.:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:i
            / .:.:.:.:.:.:.:.:.: ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:i
           / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ノ
          / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|」
小烏GM 「それでは、本日の出演、ありがとうございました。
改めて、8/7のうみゃ村は四条100公演記念となりますので
よろしければ是非、お越しください。」
ハルカ=アマーミン 「やらない夫さん!阿部さんの相手お願いしますね!」
星井美希 「んー……まあ、狂人としては全く囲えなかったからあれなんだけど。
PSP狼でも霊能放置して占い噛み安定だったかな、とは。」
川島瑞樹 「                     ,, -‐'~ ̄`く⌒kィー-、
.                   /  ,, -‐へ、レ´___  \
.                  /  /   __  )'´ _  ヽ  ヽ、
                   /./    /ミえv=彡」  ヽ   l
                 レ'/   / /       |   ハヽ .|
                /,イ    イ /       |.   ハヽ|
.               //|'   / | |         |」    | ヽ、
               // |  | _」__||_    ,..-‐十ii    lヽ .ヽ
                {{ |  | .|.  | __ `    ='〒t|.|Lィ   k )i .|
                k| | j| .」r'〒杯      いハYt_ヽ  Vノノ _
                 t ハ. l` いノ           ゙iヾjヽヽ .j'´~_ゝ
                  |.| | .ヒ     、     ノi/ヽ )ノーく_ィj  >親衛隊
                  ヽi k lハ    _  _,    りこう´) jく_rj   親衛隊さんは、ファンなのにごめんなさい
       ┌^>-、っ       ヽi ヽ、.   ̄   /( ス´`´ノ´k   次は、同陣営で頑張りましょうね
       r' ー''´こヽ>            `ー、__/ | 7´ ̄´  }ヽ
        |  ´ r、ヽi'   rえヽ、__   _ノ       !/  /   λ| |
      |   | /^ー'   )ー { / ̄ ̄_   ._ / /.  //_ ヾ-、_
        |   ノ/    /ヽ ーi |        ´ /_, イ、___ノ/ ‐ラ `ーr==ュ、
      |   i'    /  ) -k i         /イ´ ,  `┬フ'´~ノヽ  fミニュ、ヽ、」
ぬこ 「ぬこ的にはやよいの方がそれっぽい雰囲気だったのよね>川島
菊池はそこまで見てへんかってん…」
やらない夫 「オメガ11、パス!」
オメガ11 「GMへ
人数はどうするんだ?
22人でもいいと思うぞ」
星井美希 「22人で希望制とかだったらミキすっごく良いなぁw」
オメガ11 「無茶振りかよ!!>やらない夫」
川島瑞樹 「初手、私の護衛についてに敏感だったからね、そこは狩狐目かなって>ねこちゃん」
渋谷凛 「それじゃ一足お先に、おつかれさま。」
ぬこ 「今回は占いに真がいてそこで全員が占って◯ばっかりにしようぜって感じにゃ>ない夫」
PSP 「それじゃまたねー」
アイ=ヒダカ 「えへへっ
一時は阿部さん護衛しててドキドキしちゃいましたけど、邪神を進行してるみたいで何かの間違いだったと思います!
あたしにはやっぱりハルカさんが一番ですー///(←でもそれはそれで禁断の道に入りそうだっ!)」
星井美希 「うん、真クンがすっごく役目だったね。
●打つ場所でもない(対抗の投票先)だったからやよい●してれば良かった、かな。」
やらない夫 「さっきの村では何故か狼で二日目を0票で抜けただろ>小早川紗枝
…その後わざわざ身内切りしたけど」
ぬこ 「大丈夫
阿部さんなら二人同時とかもきっと出来る>ない夫、オメガ」
親衛隊 「川島さんマジ女神…」
川島瑞樹 「さてと、それじゃ私はこのへんで、皆さん
アンチエイジングって大事よ?」
ハルカ=アマーミン 「んー霊能ケアなら4日目よね
そして狐狩はやっぱり見つけられない・・・(ガクッ

オメガさんか、あずささん辺りを予想してたよ・・・」
星井美希 「アンチエイジングはともかく、フェイスケアは知りたいかなぁ>川島さん
おつかれさまなの!」
川島瑞樹 「小娘になんか、負けないってことを証明したわ、次は一緒に頑張りましょう>親衛隊
ではでは」
菊地真 「おつかれさまー!」
やらない夫
        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ○)(○)
    .  |   o゚ (__人__)   \          すいません!阿部さんだけは勘弁してくださいだろ!
       |  0   `ー'´ノ   \ \
    .   |        }
    .   ヽ       }    __
        ヽ     ノ´ ̄ ̄´    ̄\
      /  ⌒゚ '"'"´(;          \
     / ,_ \ \\ \          }て・,‥¨     ビターン
      と___)_ヽ_つ_ヾ_つ___ _ノ そ¨・:‘ .
                  ゚ 。  YY ̄ ̄YY        ビターン
                         ・; ∵ .
                            .」
三浦あずさ 「ん~、割と占いさんを噛まれたら怖い村だったわね
たぶん狐との戦いになったでしょうし」
ハルカ=アマーミン 「そっちはある意味邪道だからねー!興味があったらマイさんに聞きなさい!>アイちゃん」
オメガ11 「オメガ11ヽ(0w0)ノイジェークト」
星井美希 「いや、あの、この形で霊ケアはないの。
具体的にはハルカはほぼ真、あって狼なんで
そのケースだと吊った瞬間狐勝ちとかありえるの。」
ぬこ 「まじかー、そこ見逃してた>川島」
やらない夫 「ふむ…人柱に近いものと理解した>詰め」
アイ=ヒダカ 「100記念村も楽しみですね!
それでは、ティターンズへの人狼討伐依頼も完了という事で帰還しますね!
ハルカさんや絡んでくれた皆様も、ありがとうございましたー!」
星井美希 「あ、そうそう、その理解で今回は大体あってるの>やらない夫」
阿部さん 「村も終わったことだし、ここから2次会と行こうぜ?>オメガ・やらない夫」
ハルカ=アマーミン 「アイちゃんお疲れ!頑張ったね!」
ぬこ 「それじゃお疲れ様にゃ
ぬこ夕飯食べてへんの思い出したからぬこまんま食べて来る、ぬこまっしぐら
それではまた さらだばー」
やらない夫 「記念村か…入村競争に勝てそうにないだろ…」
小早川紗枝 「0票って初めてなるとうれしいやんねぇ
ウチもうれしかったよ。
やらない夫はんはもう何度もしてたりするかもやけど>やらない夫はん」
オメガ11 「(11 0w0)阿部を避けつつ感想戦に挑むのは実に難しいことである」
三浦あずさ 「落ちる人はお疲れ様よ~」
ハルカ=アマーミン 「意外と四条だと速攻で埋まらなかったりもありますけどね>やらない夫」
小早川紗枝 「何でウチ噛んだ……
何でウチかんだん……ホンマに……
もっと下界おらせてぇやぁ……」
星井美希 「PSPに身内票しないで霊能放置して阿部さん噛み、だとすっごく面白かったかもねw」
オメガ11 「村が立った瞬間を狙うんだ!!」
オメガ11 「落ちた人お疲れ様だ」
ハルカ=アマーミン 「今日は鍋で、初めて票貰い0だぁ!→鬼に攫われる
という貴重な経験をしました・・・」
阿部さん 「初日俺だけ○がいたから、噛まれる気しかしなかったが
死体無しでテンションがBINBINになっちまったぜ」
如月千早 「・・・っと、回線落ちていました!
お疲れ様でした!」
やらない夫 「狼になりすぎて得票を覚えてないという不具合だろ…>小早川紗枝
でもグレランに強い人外と言われたのは初めてだっただろ…
嬉しかっただろ、勘違いかもしれないが」
星井美希 「阿部さん噛み→ミキ噛みでも戦える形ではあったしね、
凛の負担がものすごーく大きくなってただろうけど。」
ハルカ=アマーミン 「小早川紗枝は正直なんで噛まれたんでしょうね?
役目?それとも発言的な意味合いで噛んだのかなぁ?」
やらない夫 「記念村だとやっぱり不安だろ…>ハルカ=アマーミン」
小早川紗枝 「そっから強みが見つかっていくとえぇねぇ>やらない夫はん」
三浦あずさ 「ん~、狼が身内投票していないと初手吊られはきついわね~
やっぱり霊能抜きか真抜きかで迷っちゃうし」
星井美希 「身内票してないなら真抜きで良いと思うかな>あずさ」
三浦あずさ 「割と私噛みは狐対策だと思うわ~
でも私噛んだら詰むのが早くなると思うのだけどね~」
如月千早 「そんなことよりも美希が真でなかったことが悲しいですね(キリリ」
星井美希 「どうせ投票してない人全員吊りきれないし、村は勝手に身内警戒してくれるし。」
星井美希 「死体に○を打って最後に春香に●を投げ……ても詰んでる!」
ハルカ=アマーミン 「連続●を見て、正直 あ、これ吊られてもいいかなって思った!」
親衛隊 「ログ見たけど、こいつはひでぇ!」
三浦あずさ 「うん、私も真抜き狙うわ~>美希ちゃん
LWになりそうと感じたら真抜きして狐探しになるわね~
それで引き分けになったこともあるし~」
小早川紗枝 「身内警戒なんてするつもりなかったなぁ。
投票してない人も実質3人やったし」
小早川紗枝 「○と役職除いて、な?」
ハルカ=アマーミン 「なんかこう・・・グレラン人外死ぬ死ぬ村でしたね!」
星井美希 「ああ、今回は吊りきれるケースだったんだねー。
うーん……難しいね、今日は。」
親衛隊 「んじゃ、お疲れ様。」
如月千早 「そもそも潜伏狼が二連で吊れたら厳しいとかそういうレベルではないですよね!」
小早川紗枝 「信用で勝つしかないわなぁ>如月はん」
三浦あずさ 「諦めて狐を探すわ~>占いで騙りがLWになったら」
小早川紗枝 「PSPはん吊ってなくて、○でも露出役職でもない人って、高槻はんと菊地はんと凛はんだけやったから>星井はん」
ハルカ=アマーミン 「親衛隊・・・ちょっと同情しちゃったわ・・・(ログ読んで」
星井美希 「信用になりそうだったらミキ狂人COしてたねー……
けど凛投票者に阿部さんいた時点でそうなったら無理だし。」
やらない夫 「ログ読み中だろ…」
親衛隊 「>ハルカ もっと同情してもいいのよ?」
星井美希 「霊能騙りか潜伏か3日目に●が正解だったかなーという振り返り方。
……まあ、ほぼカンでするしかないから選びようがなかったけど。」
三浦あずさ 「私噛みって狐の時に困るからよね~?>親衛隊
夜の発言見たらそう読めたのだけど~」
ハルカ=アマーミン 「でも変態と相殺ね!>親衛隊」
小早川紗枝 「どちらも結果論やからねぇ>星井はん」
ハルカ=アマーミン 「まー・・・流れが狼陣営に無かったよね>美希」
星井美希 「3日目●は頭にはあったんだけどね。
かと言って、選べたとしても狩人が強敵だった気がする感じ>紗枝」
三浦あずさ 「狂人の霊能騙りは人それぞれだと思うわ~
霊能乗っ取り出来ちゃったら割と困っちゃうけど~」
小早川紗枝 「なんでウチ噛まれたんやろうなぁ、ほんまに」
小早川紗枝 「狩人は吊れる位置におらんかったから問題ないやって思ったもんなぁ、霊界いったときに>星井はん」
星井美希 「狩人はほんと良い位置だったねぇ。
全く役目に見れなかったよ。>紗枝ちゃん
ちなみに3日目特攻しようと考えてたのはやよいだった。」
親衛隊 「>レジィ まぁそんなとこだが、半分は俺の趣味だ(キリッ
中の人が分かってたら初日から噛みに行ってたかもしれん」
小早川紗枝 「ウチもあぁありたいもんやわぁ>星井はん」
三浦あずさ 「絶対にわからない自信があったわ~>親衛隊
初めてのアイドルRPだしいつもとは違う感じだったしね~」
ハルカ=アマーミン 「よし!ではそろそろ落ちるとします!
何か不完全燃焼気味ですけど!では皆さんお疲れ様でした!」
星井美希 「……紗枝は大抵役目に見えない位置にいるような。」
小早川紗枝 「なぁなぁ、親衛隊はん?
なんでウチ噛んだん?」
小早川紗枝 「もっと、もっと>星井はん」
やらない夫 「ログ読み終了だろ」
やらない夫 「◇やらない夫 「グレー噛みか…、霊能●!?
霊能乗っ取りとかないよな…」

5 日目 ( 1 回目)
やらない夫 0 票 投票先 1 票 → アイ=ヒダカ

そういえば霊偽を疑い、なおかつ真狩人に投票…
ひねくれすぎだろjk…、この場を借りてお詫びするだろ」
オメガ11 「ログ読み終了」
親衛隊 「>小早川 灰かつ占い理由作れず狐だったら対応できない位置と踏んだからだったような…」
三浦あずさ 「正しい迷走する村人姿ですね~>やらない夫さん
それぐらい誰だってやりますよ~」
オメガ11 「RPの話題があったがアイマスキャラで一番RPしずらいのって誰だろうな…」
やらない夫 「だと助かるだろ>三浦あずさ

というかアイマスキャラのRPはできないだろ…
星井美希 「本家ならあずさか貴音か……方言的な意味で響かな。
モバマス入れるなら蘭子はやっぱ難しいよw」
オメガ11 「さあWikiで台詞を確認する作業に勤しもうではないか」
三浦あずさ 「響ちゃんはあんまり方言使っていないから
やりやすいほうだと思いますよ~」
やらない夫 「俺には真で御無礼というRPしかできそうにないだろ、im@s雀姫伝的に考えて」
小早川紗枝 「んー、アラを探すのが占い師じゃああないと思うんよね、ウチは。
それってつまり吊れない位置って思ってくれたんやろ?
ウチは考えでは占い師っていうのは吊れない位置を判断する位置やと思っとるんよ。
せやからそういうところは無理やりにでも理由つくらなあかんよ。
○を出すことで疑いを向けたり、噛むために○を出したりっていうんをするよ~
灰においたまま噛むんはあかんと思う~>親衛隊はん」
オメガ11 「春香RPはテンションの維持が大変そうだと毎度思っています」
三浦あずさ 「一度は蘭子ちゃんRPしてみたいんですけどね~
正直あの類の台詞は得意じゃないんですよ~」
如月千早 「アイドルRPのやり方ですか?」
小早川紗枝 「決闘でしたけど正直蘭子はんのマネは厳しいわぁ」
如月千早 「簡単です。
口調を覚えます。呼称表を確認して相手の呼び方を確認します。
あとは好きにしましょう」
オメガ11 「()の中だけ発言してまあ独特の口上は各自脳内補完してねということで一つ>蘭子」
如月千早 「そうしたらこっちが勝手に絡みますので(キリリ」
やらない夫 「モバマスはニートアイドルしかわからないだろ…」
三浦あずさ 「それでは決闘が本格的に始まりますので落ちましょうね
お疲れ様でした」
オメガ11 「お疲れ様だ、俺も撤退だな
楽しい村だったぜ!」
小早川紗枝 「えぇ、お疲れ様。
ウチも落ちようかなぁ。
やらない夫はんがんばってなぁ~」
やらない夫
              ./ ̄ ̄\
             _ノ  ヽ,_ . \
            (●)(● )   |
            (__人__)     |     じゃあ俺も失礼するだろ、同村に感謝だ
            ヽ`⌒ ´  .   |
             {       .  i     よく考えたら早苗鯖で1回お世話になってるからこの村で普通村93戦目
             ヽ      ノ
                 >ー,-- ':;\     …緩みは少しはマシになったんだろうか
               /:;:/レ'/;:;:;:;;:;:;:\
                 {:;:〈/:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;\     時間も時間だから寝なきゃな、お疲れ様だろ
               ∧:;:;:;:;:;:;;:;:;:;\:;:;:;:;:;:;:;}
             /:;:;:;〉:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;〉:;:;::;:;/
            /:;:;:;:;:/:;:;:;:;;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;/
_______<:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;::;:;:;/:;:;:;:;:;:;:/___________
          {~ >/:;:;:;;:;:;:;:;:;:> 、:;:;:;/
'T''''T T''''T T'''''T/:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:{   厂┐  ┬─┐   ┬─┐   ┬‐
| | | | | /:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:: ̄~7|  |  |  |   |  |   |」