←戻る
【劇場110】劇場公演 水曜普通の部村 [129番地]
~普通村ですよー~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6
icon 如月GM
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon トト
(生存中)
icon 花村陽介
(生存中)
icon 泉こなた
(生存中)
icon 水空
(生存中)
icon グレイシア
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon ニャンコ先生
(生存中)
icon 琥珀
(生存中)
icon 十神白夜
(生存中)
icon 古戸ヱリカ
(生存中)
icon 徳川吉宗
(生存中)
icon 天子
(生存中)
icon ラビリス
(生存中)
村作成:2012/08/15 (Wed) 22:01:06
GM 「【劇場101】劇場公演 水曜普通の部」
GM 「ミスったwwwwww」
GM 「禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 占い師COするときの最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能)
■これから毎日初心者歓迎しようじゃねェか!」
GM 「30分人数確認、45分には人数かかわらず開催します」
GM 「ぐにゅにゅ」
星井美希 さんが入場しました
星井美希 「美希だよ?」
トト さんが入場しました
トト 「よお、よろしくな」
星井美希 「亀?」
GM 「よろしくおねがいします!」
くんくん さんが入場しました
くんくん 「  ./  /          /         \::::::.:.`ヽ、
 (  (          ,ィ´           ヾヽ:::::.:.:.\
  \ ヽ           〈::|                〉〉::::::::::.:.\
   ヽ (          ヽト、 _ __ _   _ _//:::::::::::::::::::.:〉
    )ノ         _ ノ          ̄`フ ^ト、.:.::::::::::::/
   ((          ゙ー─r=r──-=_=<"´   l!  ̄`Y´
    )            ,イ;;7    i:(;;;;ソ>:、、    |    i
    (            lソ     |:ト--‐'^l:l   |    |
     )           , ィ´      !::l   j:|   |    |
    r─‐ ┐     .(;;;).        ゞ=ニニノ   .:|    |__
    |:::::::.:.:.|      (人   ノ              .:|    !::::::::::
    l:::::::::.:(_,.っ i 1 Y´               .:l    |:::::::/
    ``ー‐rー<  ゝ-〈              入    !:::://
       |    \    \           _/.:::.\__ノ:://:
       |     ``ー--<フ7:::7r--ーr'"´  \:::::::::::::::::::://:::
         \         こ〉‐〈こコ   .:i   \:::::::::::://:::/
         ``ー-----‐ / ,r'"´ ̄ ̄``┘     |::::::::://:::/::
                 / (               /.:.::://:::/:::::
               /   >‐r一─────'゙── ──
              /    |::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

とりあえずこれで失礼するワン」
トト 「おい、この犬っぽい変な生き物は何だ?」
泉こなた さんが入場しました
GM 「GMも何かRPしよう」
泉こなた 「よーす。よろしくね~。ご・しゅ・じ・ん・さ・ま?」
くんくん 「           ,. -―‐- ,、_
         ,ィ´      ヽヽ
        //         ヽ ヽ、
       / ,イ  _    ,r,=、,、 l、 ヽ、
      / /./'´(:;;;l   |l:;;;ノヾ、 l':,  ヽ、
    /  / ,l   /   ヾ,、  )ll ',   ヽ
  /   /. ,'`ー'´  0   ゞ=ニノ ', ヽ、  ヽ.
 /  /  |   ,_,!、_,      |  ヽ、   )
 `-'´     ',   〈 ' |         ,'    ` ̄
        ヽ、  `‐'      ノ
         >、,,___,、-<、_
     _,..-''´ヾ;::::::ヾ;:ノ:::::::;∧ `' ,、

GM・・・そのミスについてやらしく・・・!そう扇情的に!」
星井美希 「Zzz」
水空 さんが入場しました
水空 「こ~んば~んは~」
グレイシア さんが入場しました
くんくん 「        , --― -- 、
       /}        \
      / /        ト、
     ./ /         l \
    / /  ,-、   r;;;ヽ  |  \
    i  l , イ;;;ノ   iト;;;ノ\ト、  \
    |  |(  /  ,、 ヾヽ_ノノ| \   ヽ
    ! ハ  ̄ , Y  ,`ー' |  ヽ、_)
    {_ノ ゙、   `TTT"   ノ
       人____ `ー' , - ァ<
      /,, -ー 、  , -‐ 、
     (   , -‐ '"     )
      `;ー" ` ー- -ー;'"
      l          l
      |          |
      i          i
      ',     i!     ,'
       ',    i!     ,'
       ',    i!    ,'
        ',   i!   ,'
       (_⌒,,,,ノヽ,,,,⌒)
こちらもしゃべるカメは初めてだワン」
GM 「そう・・・実は101だったんですよ!!!!!
それを修正したかったんですよ!!>くんくんさん」
グレイシア 「ど、どうも……」
GM 「みなさんこんばんは!」
トト 「おいおいしゃべるカメなんてどこにでもいるだろ>くんくん
ニンジャタートルズを知らねえのか?」
水空 「え~っと…大きい亀さんと喋るワンちゃん?」
くんくん 「                  _ __ ____
  ./  /          /         \::::::.:.`ヽ、
 (  (          ,ィ´           ヾヽ:::::.:.:.\
  \ ヽ           〈::|                〉〉::::::::::.:.\
   ヽ (          ヽト、 _ __ _   _ _//:::::::::::::::::::.:〉
    )ノ         _ ノ          ̄`フ ^ト、.:.::::::::::::/
   ((          ゙ー─r=r──-=_=<"´   l!  ̄`Y´
    )            ,イ;;7    i:(;;;;ソ>:、、    |    i
    (            lソ     |:ト--‐'^l:l   |    |
     )           , ィ´      !::l   j:|   |    |
    r─‐ ┐     .(;;;).        ゞ=ニニノ   .:|    |__
    |:::::::.:.:.|      (人   ノ              .:|    !::::::::::
    l:::::::::.:(_,.っ i 1 Y´               .:l    |:::::::/
    ``ー‐rー<  ゝ-〈              入    !:::://
       |    \    \           _/.:::.\__ノ:://:
       |     ``ー--<フ7:::7r--ーr'"´  \:::::::::::::::::::://:::
         \         こ〉‐〈こコ   .:i   \:::::::::::://:::/
         ``ー-----‐ / ,r'"´ ̄ ̄``┘     |::::::::://:::/::
                 / (               /.:.::://:::/:::::
               /   >‐r一─────'゙── ──
              /    |::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

その時くんくんは考えた・・・GMがミス・・・101・・・
これらを繋げる物がきっとあるに違いない・・・と」
泉こなた 「101匹ワンちゃん~。なんちゃっ…ワンちゃんいたね。」
くんくん 「             ,.r‐--t 、
           , イ´'    ヾ.\
            //       \ ` 、
       //           \ ` 、
      〈 〈             〉   〉
       ヽ}‐――――――---、/   /
        ム--――――-、___,,ハ ̄`く
        | iγヽ  r,=ニ、.、    |   ヽ.
        ! iィ_,.ノ  |:|_  ,ィ:j   |    i
        ,jソ /    |:i  ̄ |::|   |    |
      ,ィ廴ノ     |:i   j::j   |    |
        !   〈〉   ゞ廴.ノノ   i|    i
 _ ,,. _ i   (_人__ノ    ̄      j|    !
│   j_’  iて j          ハ     !
弋__ ジ~´ 廴 `~´        ,〃 ヽ、  _ノ
  |  `ー--干ミーπ---――‐ri、    ̄
   ヽ.__   _ 〉 iー{__}二,ー’ j´  ヽ.
       ̄   ~T´    `ー '´    ヘ
             |         i   |
            ノ         |   i
         /          弋__ ノ
           {             |
        弋_           ノ
          マ   ┬-┐   {
           j    |   |    |
           ヽ._ノ   L_   _」

サワキちゃんが結構好きだよ>トト」
星井美希 「この犬は出来損ないだよ……
おにぎりの具にできないの……Zzz」
くんくん 「◇泉こなた 「101匹ワンちゃん~。なんちゃっ…ワンちゃんいたね。」
その時くんくんに電流走る・・・!」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 水橋GM(偽)
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 801 (水橋準)」
くんくん 「成る程・・・つまりGMは(ズキューン」
水空 「あ~準……偽?」
トト 「実写映画のシリーズが好きだったな>くんくん
割とアクションしていて。B級だけど」
水橋GM(偽) 「ついカッとなって始めた。反省はしない」
泉こなた 「おお!推理ものでよくある関係ない人の一言が鍵になるあれだねっ>くんくん」
くんくん 「        , ' ´ ̄ ̄ ヽ、
       /:}        ヽ\
      /::.::ノ ,.ニ、   `ニ、Vハ
    ::'´:::;:ィ /{:。::l   |:。:ト、|::.:::|
 ::.::.:::/ ′{ `/  o lト ' }ハ::.:::|
´ /   ,'  `´ 、_ノト、ゞ=″l::.::|
     {      { j }    }::.::
     ヽ、   `ー ′  /::/
     /丶、       /\
     /         ::::i \
    /  /       ::::|_/
    \/          ::|
       |        ::::|
       i     \ ::::/
       \     |::/
         |\_//
         \_/
くんくん死亡につき、名探偵くんくんは終了となります
御視聴してくださったファンの皆様、真に有り難う御座います」
グレイシア 「ま、まぁ……名物キャラクター化してますし……」
トト 「偽かい>GM」
星井美希 「探偵は死んだらいけないんじゃないかなぁ」
水橋GM(偽) 「だけどどうRPすればいいんだこれzzzz」
グレイシア 「死んだら打ち切りになっちゃいます……その、だから……
死なないような立ち回りをしなきゃいけないんじゃないかなぁ……」
星井美希 「みんな元気なの」
水空 「ワンちゃんは死んじゃった…」
泉こなた 「つシャーロック・ホームズ>グレイシア」
くんくん 「くんくん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:くんくん → 花村陽介
アイコン:No. 358 (くんくん) → No. 807 (花村陽介)」
グレイシア 「……死んだふりして生きてた人じゃないですか……それ……>こなたさん」
トト 「割と探偵が死ぬ推理物多いけどな
…犯人側の視点だったりとかして」
花村陽介 「ま、芝居はこのくらいにしとくか!皆宜しくな!」
星井美希 「そして誰もいなくなったの犯人の人?>グレイシア」
水空 「え?ホームズって100年くらい冷凍保存されてた人じゃないの?」
グレイシア 「既に探偵側じゃなくて……それは……犯人側ですよ、ね……>美希さん」
星井美希 「おー?なんだかかっこいいおにーさんがきたの>花村」
泉こなた 「まあ、よくあることだよ。復活だの死んだふりだの役者交代だのって。
王道だし嫌いじゃないけど>グレイシア」
星井美希 「死んだと思わせるトリックってアレはどうなのかなぁ。
美希的にはちょっと邪道に感じちゃうの>グレイシア」
トト 「なん…だと…!?>いぬから人へ」
花村陽介 「まぁうちのリーダー程じゃないけどな!
あいつは本当にとっかえひっかえ・・・まぁいいか>美希ちゃん」
星井美希 「とっかえひっかえ?
おにぎりの具を?>花村」
トト 「うんうん、ちょっとヨーロッパに出張しちゃって
主役が変わることとかあるよな」
水空 「ワンちゃんが人に…」
泉こなた 「まあ、ワトソン位置の語り部が犯人だったーなんて推理小説なんてのも
たくさんあるしねー。」
花村陽介 「映画版シャーロックホームズだと
仮死薬と、特性ベストで絞首刑を逃れた犯人がいたな!
後は影武者を建てるとかあるんじゃないかな?」
グレイシア 「体系化されてるようなものだし、その……むしろ王道じゃないかな……>美希さん」
水空 「水空ねぇ語り部である探偵が犯人だったっていうの知ってるよ~」
渋谷凛 さんが入場しました
渋谷凛 「やっほ、こんばんは。」
花村陽介 「ああ、うん
まぁこれ以上いうと俺が何か卑しく思えるから
それ以上突っ込まないでくれ>美希ちゃん」
星井美希 「でもずっこいよね>グレイシア」
水橋GM(偽) 「犯人がヤスだったのも知ってるzzzz>水空」
泉こなた 「映画版ホームズは面白かったから許す。いや、許すも許さないもないけど。」
グレイシア 「サスペンスならどうでもいい、です……
ミステリなら手がかりは、残して欲しい……かな>美希さん」
菊地真 さんが入場しました
星井美希 「うんうん、落ちたご飯を食べるのは卑しいかたしたらめっ!だよ?
美希との約束なの☆>花村」
水空 「凛ちゃんと真ちゃんこんばんは~」
グレイシア 「日本の江戸川さんなんかも……主役の探偵=犯人……という構図の
ミステリを描いたりは、してますね……」
菊地真 「よろしく頼むよっ みんな!」
星井美希 「んー、推理者じゃないなら別に美希は良いかなって思うなぁ>グレイシア」
花村陽介 「警察関係者が犯行に関わってるってのは良く有るパターンだよなぁ
身内に情報を漏らしてる奴が居る→お前だったのか!
これも黄金パターンだよな」
渋谷凛 「こんばんは。推理小説の話?」
星井美希 「あっ、真くんなの」
トト 「俺が好きな名探偵は夢水清志郎だな
おもしろくて推理するときはすげえかっこいい
キャラもたっているしな
ただしドラマは無かった」
花村陽介 「まだ2作品目見てないんだよな俺
新作で出たらレンタルしに行くかな>こなた」
水空 「準、多分それ関係ない…>GM」
菊地真 「水…空?」
グレイシア 「ミステリファンの方々の中には、推理する方もいるから……
推理しようがないのなら、それはミステリじゃないと、思いますし……>美希さん」
菊地真 「よろしくね、美希! 今日も頑張ろうっ」
花村陽介 「京極堂シリーズは俺は好きだぜ?
魍魎の箱の映画も悪くなかったしな!」
水空 「水空って書いてみくだよ!よろしくね!>真ちゃん」
菊地真 「ミステリーかぁ… ボクはどちらかというとアクション性がある方が好みかなぁ
そもそも犯人予想とかが面倒なんだよね
星井美希 「ま、それもそうだよね。
でもサスペンス小説とミステリは違う気がするって美希思うなぁ>グレイシア」
星井美希 「美希はがんばらないよ?
がんばるのはみんななの>真くん」
グレイシア 「サスペンスはミステリじゃないから、ね……
あれこそ単純に、事件を描いた小説、だと思います……>美希さん」
泉こなた 「昔は赤川次郎の推理小説好きだったなあ。
第九号棟シリーズっていうのが一番好きだったねー。」
菊地真 「うん、よろしく! 美希と名前が似ているんだね>水空さん」
トト 「あとは乱歩もおもしろいな
…ちと変態入っているが
あの人未来に生きていたよ」
星井美希 「その辺りは美希はよくわかんないからね。
あんまり事件とかある小説は読まないし>グレイシア」
泉こなた 「三毛猫ホームズも嫌いじゃないよ!ドラマは見てないけどネ」
水橋GM(偽) 「さて30分だが・・・
9人ではあれだから45分まで待ちたいが」
渋谷凛 「あ、それで「みく」って呼ぶんだ。ちょっと意外かも>水空
よろしくね。」
花村陽介 「戯言シリーズもあれ最初は推理小説だったんだぜ?w
推理小説と思って読むと、頭の中?になるのは初めてだったぜw」
菊地真 「あはは…美希らしいね!…でも頑張った方が勝った時も嬉しいし、負けた時も楽しいよ?>美希」
トト 「もうちょっと待ってもいいな
ぶっちゃけ真紅に村が建っているし
少人数は覚悟の上だぜ」
花村陽介 「人数は多い方が楽しいもんな!
まぁ何時もの事だしゆっくり待とうぜ!>GM」
泉こなた 「私は別にいいよー>GM」
菊地真 「ボクはいくらでも待つよっ! やっぱり多い方が楽しいからね!>GMさん」
星井美希 「んー、ハニーはほめてくれるかな?>真くん」
水空 「私も待つよ~」
渋谷凛 「んー、任せるよ>水橋GM
どの人数でも、その人数なりの面白さはあるわけだしね。」
花村陽介 「鍋がそろそろ終わりそうだから、まぁ増えるんじゃねーかって予想しとくかな」
星井美希 「任せるよ?
美希は決めたりするの苦手だしね。」
グレイシア 「そうですね……勝手な分類だけど……私は
推理小説=ミステリ、事件小説=サスペンス……みたいな感じに、思ってる……かな>美希さん」
花村陽介 「そういや境界線上のホライゾンの最新刊買ってねぇや
明日買いに行くかなぁ」
星井美希 「でも推理小説も事件がおきないと推理のしようがないの>グレイシア」
菊地真 「そうだね、もしかしたらデートとかもさせてくれるかもしれないよっ!>美希」
花村陽介 「終わりのクロニクルの最終巻はラノベの域を超えてたなぁ
今度の最終巻も楽しみだぜw」
グレイシア 「……大体は、そうですね。
要するに、その……読者にヒントが与えられるかどうかの違い、だと思ってます……>美希さん」
花村陽介 「あれだな、金田一とコナン君がリアルに居ても嫌だけどなw>美希」
星井美希 「かもじゃ美希いやなの>真くん」
菊地真 「グレイシアはポケモンなんだよね? 
モンスターっていうくらいだからあんまり賢そうなイメージなかったけど…謝らないとね」
泉こなた 「探偵が事件を引き寄せる理論はホントはた迷惑だよねー>花村
星井美希 「火サスとかヒントなんて配役くらいだよね>グレイシア

アレは探偵役だから仕方ないんじゃないかなーって美希思うよ?>花村」
菊地真 「うぐぐ…わがままだね美希は…! じゃあボクが頑張って勝ってプロデューサーとデートしにいっちゃうよ! いい!?」
花村陽介 「時刻表を上手く絡めてるのが
十津川警部シリーズだよな、ドラマにもなってるけど
上手くアリバイを作る手段としては最適だよな」
渋谷凛 「??「ひょんなことから海水浴場に来た俺達は」>こなた」
水空 「グレイシアちゃん?きっとグミを一杯食べたんだね!>グレイシアちゃん、真ちゃん」
トト 「金田一とコナン君が一緒のホテルに泊まったらどう事件に巻き込まれるのを
回避するかというスレがあってだな
結論するとどちらもお互いの巻き込むところをカバーしあってどうあっても
巻き込まれるという結論になってしまっていたな」
星井美希 「そ、それはダメなの!?
ハニーは美希のなの>真くん」
グレイシア 「うん……あれは推理のしようがない……
たまには、できる事もあるけど……>美希さん」
菊地真 「コナンは…そろそろあの世界の住人のために処刑した方がいいじゃないかと思ってる。(真顔)」
泉こなた 「サスペンスって人間ドラマ重視でミステリって推理重視だと思ってた。
ほら、火曜サスペンス的な意味で」
星井美希 「探偵役以外で豪華な人を使ってたらその人が犯人なの>グレイシア」
泉こなた 「うわあ、そのモノローグだけで鳥肌が立ちそうだよ。>凛」
花村陽介 「真面目に年間であいつらの周りで
どんだけ殺人事件が起きるんだよ!って突っ込みが入るよなw>美希 こなた」
菊地真 「グミ食べると賢くなれるの!? …じゃあボクもたべようかな>水空」
グレイシア 「……そんなメタな……w>美希さん」
グレイシア 「大体それで合ってるんじゃないかなぁ……>こなたさん」
泉こなた 「でも主人公補正で生き残るんだろうね。理不尽に>真」
渋谷凛 「色黒の関西人が居合わせたらもう最悪>こなた」
双葉杏 さんが入場しました
花村陽介 「寧ろあいつ等とヒロイン役ぐらいしか残るイメージしかねぇなw>真」
星井美希 「コナンくんはまだ一年たってないみたいなの>花村

だってその通りだよ?>グレイシア」
菊地真 「へっへー! 勝ったら可愛い服着て遊園地とかにいこうかなー?>美希」
双葉杏 「こんばんは~
うう、やっぱり眠い・・・」
グレイシア 「その辺は、コナン=ドイルさんとかは上手でした、ね……
顧問探偵……つまり、事件が起こってから解決を依頼される……
そういう立場にしっかりと、落としこんでいたのですし……」
水空 「グミはグミでも自分に合う味のグミじゃないとあまり効果ないらしいよ?>真ちゃん」
水橋GM(偽) 「状況によっては俺も降りるzzzzz」
花村陽介 「・・・まじで?
掲載的な感じでいっちゃうとあれだけど・・・
そうなると本当どんだけだなw>美希」
渋谷凛 「こんばんは。
……え、それ本当? そうなるともう1日1件以上犯罪起きてるペースになりそうなんだけど>美希」
泉こなた 「そうなの?崖に追いつめてるのがサスペンスなのかー>グレイシア
その団体さんの視界に入っただけでフラグが建ちそうだ…>凛」
菊地真 「…同じ感想かw>こなた 陽介  世界の意思が彼らを残そうとしているのかもしれない…」
双葉杏 「・・・やべえ、会話についていけない」
星井美希 「真くんはかっこいいののほうが似合うって美希思うな!>真くん」
グレイシア 「リラックスして……話題を振っても、良いんだと思う……>杏さん」
菊地真 「杏、こんばんは! ちゃんと起きてがんばろうよ!」
天海春香 さんが入場しました
水橋GM(偽) 「春香ェ・・・」
星井美希 「うん、だから全然年間行事してないって聞いたの
美希もう読んでないからわかんないけど>花村 凛」
グレイシア 「まぁ、そんなイメージが……強いよね……王道というか……w>こなたさん」
花村陽介 「まぁお決まりのサスペンスor推理系についっての御話だな>杏」
渋谷凛 「海水浴場近くのホテルからチェックアウトが続出>こなた

なおホテルの従業員が事件に巻き込まれる模様。」
天海春香 「天海春香 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 744 (アニマス・天海春香02)」
双葉杏 「こんばんは~」
菊地真 「こんばんは、春香! これで11は確保だ!」
双葉杏 「だめだ、眠すぎる
申し訳ないけど落ちる・・・」
双葉杏 は 双葉杏 に KICK 投票しました
双葉杏さんの出演は延期になりました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
天海春香 「一瞬、このメインヒロインたる私の顔が
無個性な棒人間になってたのは目の錯覚だからね、みんな!!
よろしくね!」
トト 「ああいう探偵の原点は乱歩さんの明智小五郎かな?
最後にかっこよく推理を披露して警察からの信頼も厚い探偵は」
グレイシア 「あらら……ご自愛を……>杏さん」
泉こなた 「「ええ、なぜか今とても空いているのでスィートルームへどうぞ」
→その部屋で事件発生>凛」
菊地真 「きゃー GMさーん!>降りる」
水空 「杏ちゃん…バイバーイ…」
花村陽介 「そういや最近見てないんだけど
誰か、多重人格探偵サイコがどうなったか知ってる奴居る?
あれ微妙に気になるんだよねぇ」
水橋GM(偽) 「杏さんはまたよろしく~」
トト 「お疲れさん>春香
ゆっくり眠れよ」
渋谷凛 「こんばんは。
主要キャラの1人が10月中旬に誕生日とかってのは最近やったかも>美希

……始まってから1歳しか増えてないのか、それじゃあ。」
泉こなた 「またねー>杏」
ニャンコ先生 さんが入場しました
菊地真 「本当にはたらかなかった!ゆっくり休みなよ!>杏」
グレイシア 「日本では確かに乱歩さん……けど、彼自体が海外のミステリ作家を……模倣しているから……>トトさん」
花村陽介 「なんでそんな状況で来たんだよw
寝とけ!w まぁお疲れさん!>杏」
ニャンコ先生 「こんばんはだ、この私が支援しにやってきたぞ」
水橋GM(偽) 「こんばんは!」
菊地真 「ネコだ!ねこがきたよ!!」
ニャンコ先生 「先に断わっておくが私は猫ではないぞ!!」
ニャンコ先生 が「異議」を申し立てました
水空 「猫ちゃんだ!」
水橋GM(偽) 「さあズサーとかないかな(チラ」
琥珀 さんが入場しました
菊地真 「かわいーなー! おいでおいで?(ねこじゃらし」
渋谷凛 「っと、またね>杏
もう米花町から幽閉した方がいいと思うの、あの眼鏡の少年>こなた」
ニャンコ先生 「だーかーらー私は猫ではなく高貴なる妖だっ!!!」
花村陽介 「喋る猫かぁ・・・まぁ家のクマを見てると
あんまり驚きはねぇのがなんだかなぁ・・・」
十神白夜 さんが入場しました
琥珀 「華麗に推参☆マジカル割烹着琥珀さん!
さぁさぁよろしくおねがいしますよぉっ!」
水空 「……猫ちゃんじゃないの…?(絶望)」
グレイシア 「ニャンコ先生って聞くと……フェイヨンなんざ素手で……って出てくる……」
泉こなた 「埋めてくれたら…メイドになってもいいよ?元からメイドだけど」
古戸ヱリカ さんが入場しました
十神白夜 「……フン」
ニャンコ先生 「これは依代の姿なのだ!」
菊地真 「琥珀、こんばんは! よろしく頼むよ!」
古戸ヱリカ 「お邪魔します」
琥珀 「期待されてたズザーでっす!(ドヤッ>GM」
渋谷凛 「ねこー。一気に滑り込みが来てるね、みんなこんばんは。」
星井美希 「そうなの?
じゃあ4月にしたりしてたらもうすぐお年玉だね>凛」
ニャンコ先生 「おお、来たやつらはこんばんはだぞ」
グレイシア 「14人……特殊配役。」
泉こなた 「そして巻き起こる米花町での劇場版事件>凛」
花村陽介 「やっぱり滑り込みが多いねぇ、悪くないけどな!」
トト 「というか日本にもともと推理物っていうジャンルは無かったもんな>グレイシア
外国の本翻訳して、それを読んで面白い自分も書いてみようとして人が
推理物というジャンルを日本に定着させた」
菊地真 「特定されかれないコメントだね…w>グレイシア」
トト 「おっとそういえば遺言を仕込んでねえや」
古戸ヱリカ 「ギリギリになってしまいましたか。申し訳なかったです」
花村陽介 「江戸川乱歩は、そういう意味じゃ偉大だよな>トト」
グレイシア 「ええ、そしてその先駆けが江戸川乱歩だった事は……否定できないです、ね……w>トトさん」
十神白夜 「……支援程度だったが。無用だったか?」
徳川吉宗 さんが入場しました
菊地真 「急に増えたね!賑やかなのがやっぱりいいよね!」
琥珀 「どうもどうもこんばんわですよ>菊池さん
こちらこそおねがいいたしますね、ところでこのお薬飲んでみません?」
徳川吉宗 「ハイヨーーッ!!」
天海春香 「おおっと、続々と来たね!
11人村も覚悟してたけど、この分なら16~7人いけそうだね!」
水橋GM(偽) 「美希はカウントを。
で、俺が人数見ながら降りるか決める>美希」
天子 さんが入場しました
徳川吉宗 「うむ。苦しゅうない。よろしく頼むぞ皆の衆」
ニャンコ先生 「こんばんはだ
ほう徳川の将軍とは珍しい」
水橋GM(偽) 「あ、もういいなこれwwww」
花村陽介 「16人、後一人だな!」
ニャンコ先生 「でも今は平成ではなかったか?」
泉こなた 「将軍だー!将軍様だー!」
ラビリス さんが入場しました
渋谷凛 「米花町住民「(黒の組織は)帰って、どうぞ」>こなた

っと、開始時間か。」
ニャンコ先生 「こんばんはだ」
天子 「アイドルと言えば私でしょ!
有頂天アイドル比那名居天子ちゃん参上!」
菊地真 「えー、GMおりちゃってもいいんですよ!(わくわく」
徳川吉宗 「問題無い。余はいつの時代でも人々の心に生き続けておる>先生」
琥珀 「埋まるとは……さすがマジカル力!!」
花村陽介 「揃った揃ったと、んじゃ始めっか!」
グレイシア 「特定は無理、だと思うけど……真さんが知ってるように、知ってる人は、多いから……>真さん」
渋谷凛 「おー、埋まった埋まった。来た人こんばんは。」
水空 「17人来たね~…来たね~…」
ニャンコ先生 「把握した>吉宗」
天海春香 「将軍様だと!?

くっ・・・この主人公たる
わた、春香さんが霞む程の存在感がっ・・・!」
ラビリス 「おはようさんや」
菊地真 「埋まった!みんなよろしくね!」
古戸ヱリカ 「あら、満員ですね。流石です。
では皆様方、招かれざる客ですが、どうか歓迎を。」
徳川吉宗 「うむ。埋まったな。よきかなよきかな。」
星井美希 「投票っていっても、まだ全員投票してなかったって美希思うなぁ>GM」
グレイシア 「黒の組織を追いだすより……彼らを追い出した方が多分、早いですけどね……w>凛さん」
十神白夜 「…………結局埋まるか、
予測はできたが。」
水橋GM(偽) 「水橋GM(偽) さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:水橋GM(偽) → 如月GM
アイコン:No. 801 (水橋準) → No. 745 (アニマス・如月千早02)」
天子 「さあ、私のアイドルパワーに恐れをなして平伏すがいいわ!」
渋谷凛 「彼らは米花町幽閉だから……>グレイシア」
水空 「準が千早ちゃんに!」
トト 「                    __ _
               __...::.:´:.:.:.:.:.ハ:.:`:.....、
              _,rォ':/:.:;ォ=ミ:.:.:.:.:| ¦:.:.:.:.:.:.:`:.<ヽ.   ___ ____ _
           _j:〃/:.:.ィ仍  l|}:.:.:.:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`=≦////{!////{i/≧
.           ノイ:.:.イ/:伐リ_,彡 :.:.:.| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ人:.`ヾ ̄`:.:</{l///   探せば割とAAあったわ
           f/:/:.:.:.:.:.:.:.` ̄:.:.:.:.:.:.:| l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.y':./:.:.:.}:.:.:.:l:.:.:.:.:l}:.:.:\//
        〃´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:! ゚。:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.':.:.:./:.:.:.∧:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:ヾ
        .:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ ヾオ:.:.:.:. イ:.:.:.:.: /:.:.:.:/:.:l}:. /:ヽ:.:.:.:.:.:.
          {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,x≦スフ´丁イ:.:.:. ̄:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:. リ:/:.:.:.l}:.:.:}:.:.:
          乂スフ又乂r‐y'フ´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.: /:.:.:.:/:.:.:./:.':.:.:.〃:.:/:.:.:.
             { ̄ ̄´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:イ:.:. 〃:.:./:.:.:.:.:./:.:.ィ:.:.:.:.:.
             乂:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-===彡':.:.:.:./:.:.:./:.}:.:イ:.:.:.:.:.:′:.:.:.:.:/:.:
              ` <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:./:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:ィ:.:.:.
                ̄ ̄ ̄ `ヾ≧==≠=彡:.:./:.:.:.:.:/:.:./`ヾ':.:.:.:.:.:
                     /:.:イ:.;.:.:.:.:/:.:.:/` <二ニ彡'     \:.:.:
                      .':.:.:/:.:{!:.:.:.{!:.:.′   `Y´          ヽ
                       /:.:./:.:.:.ヾ:.:.:. /」
花村陽介 「年季が違うから張り合ってもしょうがねぇよw>春香ちゃん」
ニャンコ先生 「ともかく満員だ、盛況でよいではないか」
如月GM 「ご同村はまた今度、ね>真」
菊地真 「こんなかわいいいきものが猫じゃないわけない!>ニャンコ先生」
徳川吉宗 「そう萎縮せずともよい。この村ではそちも余もただの一人。
それぞれが思う通りに動けばよいのだ>春香」
ニャンコ先生 が「異議」を申し立てました
十神白夜 「アイドルらしきところなど一遍も見当たらないが
どうやって恐れればいいのだ?>天子」
天子 「キモッ! なにそれキモい!
想像以上にキモい!>トト」
如月GM 「では美希はカウントをどうぞ」
ニャンコ先生 「だから猫ではないわ!小娘!!>真」
花村陽介 「んじゃおっぱじめようぜ!」
泉こなた 「ふっ…このこなたさんがメイド喫茶で磨いたメイド魂を見せてあげよう…!
ひゃぁぁやっちゃいましたー!なんてね!」
グレイシア 「それでは、その……皆様……頑張りましょう、ね……?」
星井美希 「おにぎりが3つ」
天子 「溢れ出るカリスマ性……かしら。>白夜」
琥珀 「さぁーて、ひっかkゴホン
お手伝いさんらしくビッシビッシ頑張りましょう!」
星井美希 「真くんが二人」
トト 「酷でえ!>天子
実際見たら結構かっこいいんだぜ?」
渋谷凛 「ん……開始か。それじゃ、よろしくね。」
星井美希 「ハニーが一人」
ニャンコ先生 「狼になったら真っ先に喰ってやる!!」
十神白夜 「化け猫だな>ニャンコ先生
喋るネコなど妖怪だ」
菊地真 「まぁ確かに有名な作品だからね…ボクはぐぐったんだよ!無知だからね!(キリ>グレイシア」
天海春香 「そ、そうですよねありがとうございます>花村陽介さん

・・・は、という事は
わた、春香さんも数百年って年季を経れば将軍様級の存在になれる・・・!?」
菊地真 「ボクッ!?」
十神白夜 「仮…スま…?>天子」
徳川吉宗 「余こそは八代将軍、徳川吉宗である!

狼どもめらの悪行三昧! 余が成敗してくれよう!」
星井美希 「美希の心はハニーだけのもの、なの☆
じゃはっじまるよ~」
ゲーム開始:2012/08/15 (Wed) 22:49:41
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
琥珀 「うわーおw
よろしくおねがいしますね」
渋谷凛 「……来てしまった。よろしく。」
十神白夜 「……フン。よろしくとは言っておいてやる」
「◆如月GM 四条劇場の特徴
■共有の会話(ヒソヒソ)はありません
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能)」
琥珀 「さ、皆さま頑張りましょう!
っと言うことでどうします?誰か騙ります?」
十神白夜 「やりたいことあるやつは言え
ないならそのまま潜伏だ」
渋谷凛 「うーん……騙る人がいるなら任せるよ。
わたしは潜伏予定。」
琥珀 「ちなみに私も潜伏が好みです
ふーむ、全潜伏いっちゃいます?w」
「◆如月GM 特に天啓封印、遺言なしに各自ご注意を。
健闘を祈ります」
十神白夜 「なら潜伏でよかろう
狂人に任せる形で」
渋谷凛 「あ、何か忘れてたと思ったら、開始前に遺言残すの忘れてた。まぁいいや。

それじゃ、全潜伏でいってみよっか。」
十神白夜 「好きにやれ。
いっそ噛みもすべて任せて相談なしでもいい」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆如月GM 昼AAは・・・COの妨害などにはならないようにどうぞ。
節度を守って使用して頂ければ。>該当者」
「◆如月GM ふふ、期待します>該当者」
如月GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
如月GMさんの遺言 まぁ、私の役職なんて、なんでもいいですけれど
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
トト 「おはよう
そんじゃあ占いは頼んだぜ」
星井美希 「おっはよ~なの~
それじゃあみんなよろしくね?」
古戸ヱリカ 「おはようございます。また妙な所に流れ着きましたよ。ここはどのカケラでしょうか?
我が主も酔狂であらせられることです。」
泉こなた 「おはよー!ふっふっふっー。今日のこなたさんはメイドなのだよ~。
というわけで!白夜様か将軍様のどっちかのメイドになろうと思いまーす!
より速く私に目をつけてくれたほうに仕えるよ!
スルーされたら今日の夜にエンピツとかで決めるよ!」
ニャンコ先生 「おはようだ!
早速COを頼むぞ」
天海春香 「おはよー!

・・・ああっ!千早ちゃんが!?
無念だっただろうね千早ちゃん!でも安心して!

この私が千早ちゃんの遺志を継いで、
プロデューサーさんを一生支えていくからね!
・・・きゃっ☆」
水空 「それじゃあ今日も頑張ろ~
お仕事頑張る人はいるかな~?」
十神白夜 「……フン。
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
念のため貼っておいてやろう。普通村だ。特殊な役職がまざる人数ではない」
渋谷凛 「おはよう。占い師はCOよろしく。」
天子 「有頂天占いCO!
白夜は○!
理由:私のカリスマ性を疑う奴は真っ先に取り調べてやる!!!」
花村陽介
グレイシア 「お、おはようございます……」
花村陽介 「占い師CO!
ペルソナを使って調べたら菊地真は○だった!」
ラビリス 「おはようさんや。今から何始まるん?花村君」
菊地真 「おはよう! ち、ちはやが!」
泉こなた 「じゃあCOかもーん」
星井美希 「あれ、カメさん朝が早いね?
歩みは遅いのにね~」
琥珀 「てややおはようございまーす!
ちなみに20!」
徳川吉宗 「皆の衆! おはよう!
さて役職はCOを頼むぞ」
花村陽介 「理由:
開幕前の推理小説について良く話したからな!
そのよしみで、まことちゃんから占ってみるぜ!
無駄が出ないと嬉しいけどな!」
ニャンコ先生 「占い2か?」
古戸ヱリカ 「占いは一人ですか?」
トト 「おけおけ、占いは二人な
霊能と共有は頼んだぜ」
天海春香 「では占いさんの数見たところで霊能CO! このわた、春香さんがメイン霊能ですよ、れ・い・の・う☆」
グレイシア 「霊能COします、ね……!」
菊地真 「占いは2? ボクを占うなんてお目が高いね!」
十神白夜 「何処から見ても貴様のカリスマは見当たらんが>天子
どこかの方言か?カリスマとやらは」
ニャンコ先生 「くそう、あの小娘が吊れぬではないかっ!!」
泉こなた 「占いは2かなー?だったら○進行だし霊能共有出なよ?」
星井美希 「占い師さんは二人?
でも花村はあわてたんだねぇ。
大丈夫?」
徳川吉宗 「ふむ。占い2.そして丸進行。これならばFOでよいだろう」
渋谷凛 「ん、占い師は二人と。それじゃ霊能と共有もよろしく。」
花村陽介 「頼むぜ・・・無駄だけは無いようにしたいからな!」
水空 「うっらないさんは二人かな~?
あとは霊能さんと共有さんだね~」
「◆如月GM 占い理由の同時張りはお控えください」
琥珀 「ふーむ、この感じだと占いさんはお二方でしょうか
これなら霊能さんや共有さんも出てきてオッケーですね」
十神白夜 「2-2か?
撤回とかないならローラーでよかろう」
ニャンコ先生 「霊能2だと・・・」
徳川吉宗 「む……霊2、とな?」
星井美希 「あれ、霊能さんは二人なんだね。
じゃあローラーなの。
共有さんは撤回あるか混じってるなら教えてほしいな?」
琥珀 「えーっと、霊能がお二方ですか?」
グレイシア 「撤回共有COします。相方は生存中です……」
水空 「ありゃりゃ…霊能さんが二人だ…」
ニャンコ先生 「共有も出てきて良いのだぞ」
トト 「カメの朝は早いんだぜ?>星井」
古戸ヱリカ 「占いは二人ですか。少ないですね。
真狂、真狼、狂狼どれもあります。狐混じりは薄めでしょうか」
天子 「あれ? なんか思ったより対抗が少ないわね。
ぺろっ、これは……ふん、私のカリスマに恐れをなして引きこもったようね!
と思ったら霊能2だと……」
ラビリス 「占いて・・・二人おるんやね。霊能も二人ならロラでえぇんちゃう?できれば共有にも出てもろたほうが嬉しいわ」
徳川吉宗 「うむ。次は気をつけるようにな>てんこ」
花村陽介 「慌てたか?それほどでもないと思うんだけどな?>美希」
渋谷凛 「……ふーむ、霊能が増えたのはちょっと意外。共有者とかじゃないんだよね?」
天海春香 「・・・馬鹿なっ!?
対抗に霊能がいるということは
このメインヒロインが今日明日中には、吊られる・・・!?」
泉こなた 「おーと!ここで霊能2Coだー?共有混じりではないのかー?
どうですか解説の誰かさん?」
トト 「あー、っと
撤回するならいいや」
星井美希 「じゃあ2-1なんだね。
なんでもありうるからイヤなの」
水空 「と思ったらグレイシアちゃん?が共有さんだったね」
徳川吉宗 「と、思ったら撤回か。となると2-1-2.うむ。グレランだな」
ニャンコ先生 「ふん!共有の騙りは気に喰わぬが信じてやる」
菊地真 「ん、グレイシアは霊能から撤回?了解だよ」
琥珀 「何かあるなら共有が撤回や出てきて指示をお願いします
まじりでないならローラーですし」
古戸ヱリカ 「霊能と霊能撤回共有CO了解です。
結局霊能は春香さんだけですかね?」
天子 「とおもいきや共有撤回だって!
驚かさないでよ、もー!w」
徳川吉宗 「相方は出さないのか?>グレイシア」
ニャンコ先生 「相方は出んのか、吊られぬように名」
花村陽介 「ふう、共有が撤回ねオッケー
んで、出ないなら俺か相手の○って事かな?
まぁ詳しくは聞かないけどさ」
トト 「そんでもって相方は生存中と
なら触らんくてもいいな」
十神白夜 「フン、占い2ならアーマーとかはいらん
撤回は賢いだろうな>グレイシア
占い3で意味がある行動だ」
ラビリス 「撤回?あー・・・もうめんどくさいなぁ。できればフルオープンにしてくれへん?」
グレイシア 「ご、ごめんなさい……多少遅いように見えたので、つい……」
星井美希 「え、だって占いCOの前に空白で発言してるよ?
あわてたんだと思ったんだけど違うの?>花村」
渋谷凛 「ん、オッケー。相方生存は信じよう>グレイシア
それじゃグレランしよっか。」
天海春香 「・・・と思ったら撤回ですかー、そうですよね!
このメインヒロインが序盤でいきなり吊られるとか
絵になりませんもんね!

よーしがんばっちゃうぞ~♪」
琥珀 「とおもったら撤回してましたか、あはははは…
まぁそれならオールオッケェ!」
徳川吉宗 「安心めされよ。どうやら共有の戯れだったようだ>春香」
菊地真 「2-1か、共有に釣られてもう一人くらい出たらよかったんだけどね」
泉こなた 「ふーんグレイシアさんが共有なのねー。
あれ?もう一人の共有は出ないのかな?」
水空 「という訳で2-1-1だね~うむむ…この灰の中に狼が・・」
ニャンコ先生 「2-1か
霊能は真として占いの内訳はいくらでも考えられる人数だ」
花村陽介 「ああ、すまねぇ間違えて送信しちまったみたいだわ>美希」
十神白夜 「共有何ぞ出ても出なくても
吊られんならいい。灰観ろ灰」
グレイシア 「相方さんは、その……相方さんの意志に任せます……
グレランになりますが、大丈夫だと思いますし……!」
星井美希 「出ないっていうんならそういうことなの、あふぅ
それとも自信ある共有さんなのかなぁ。
ま、占われない吊られないようにね。」
渋谷凛 「いいよ。あとは、相方さんが吊られる前にCOしてくれるよう気を付けてくれれば>グレイシア」
ニャンコ先生 「先ずは灰から落としていくのだ」
古戸ヱリカ 「霊能が若干真より。占いはレアケースの可能性十分というところでしょうか。
ただ役職がCOするだけで。古戸ヱリカはこの程度の推理が可能です。如何でしょうか? 皆様方。
天子 「あ、りょーかい。ごめんなさい。
次は気をつけるわ。>理由を同時に貼らない」
トト 「いいさ、別にいつものことじゃねえか>2-1
狂人潜伏だろうが狼全潜伏だろうが
ぶっちゃけ真が噛まれなければいいんだよ」
泉こなた 「白夜様ー…将軍様ー…私の朝一の発言を見てくれるかなー」
琥珀 「出さないーということはまぁなにか事情があるんでしょうかね
それならそれで、潜伏共有は吊られないならいいんですから」
徳川吉宗 「考えうる限りは対処しておかんとな。それがこの世を生きる所作よ」
ラビリス 「花村君くらいしか見たことある人おらへんし・・・アイドル、て・・・」
菊地真 「この人数は最近多いけど悩むねえ 色んなパターンがあるからなぁ」
十神白夜 「>ニャンコ先生
2-1で霊能は真と即言える理由がわからんが。
真目に見ていくのならわかるが」
ニャンコ先生 「案外暫定○相方だったりしてな」
星井美希 「囲われてるなら占い師を平等に見るためにも使えるの。
なんでまぁ、占いさんの好みだよね。
あふぅ。」
水空 「む~む~どうしようかな~」
トト 「二人とも気づいてくれなかったようだなw>こなた」
天海春香 「はい、恐縮です、押忍!>吉宗様

やっぱり華の主役がいなくなっちゃうとアレですしね、えへへ」
古戸ヱリカ 「吊られないでくださいね。占われるのはまだいいですが>潜伏共有」
花村陽介 「で・・・だ
とりあえずは○を量産するか、銃殺を出してしまいたい所だな
●を引くのは副次的なもので考えたいね

まぁ今日噛まれなければだけどな」
ニャンコ先生 「真目という意味で真と使ったが気に食わんか?>十神白夜」
徳川吉宗 「ふむ、無駄占いや吊られは勘弁願いところではあるがな。
まあそうはならない自信はあるのだろう。任せるぞ」
泉こなた 「ふーん、信頼するってんなら信じるね。
うんうん、そういうのって好きだよ>グレイシア」
十神白夜 「……>泉
いらん」
琥珀 「まぁ占いの真贋は今日の時点ではノーコメントです
今後のアレコレを見て決めちゃうつもりです」
星井美希 「慌ててたんじゃないの?>花村
なら美希の勘違いだね~」
ラビリス 「自己主張激しいなぁ自分。・・・アイドルってこないやないとあかんのやろか・・・>春香さん」
十神白夜 「俺は一人で何でもできる
それが超高校級だ」
泉こなた 「ふ、ふん、最初から想定通りだもん!>トト」
渋谷凛 「2-1なら霊能の方が真目ある……と思ったら、ニャンコ先生は言いきってるのか>白夜
……んー、ただまだ考慮はしなくていいかな。」
十神白夜 「即真といってるように見えた>ニャンコ先生
勘違いなら謝罪する」
天子 「ミスしてちょっとへこんだけど私は負けない!
この失敗をバネに更なる飛翔を目指すのよ!!
それが私のアイドル道!」
琥珀 「ってことでちゃっちゃとグレランでしょう」
花村陽介 「ん、次からは気をつけるさ
まぁとりあえずは他の灰を見る感じだな
対抗についてはとりあえず保留だ」
トト 「そんじゃあグレラングレランっと
…共有を吊っても構わぬのだろう?」
古戸ヱリカ 「さあ、灰色の脳細胞を駆使してグレランに挑みましょう、皆様方!!」
泉こなた 「きゃー!白夜様ー!あなたが私の主でーす!>白夜様」
星井美希 「んーんー、どーなんだろうね。
んふふ~♪」
ニャンコ先生 「みぐぁり霊能は考えたくないぞー」
徳川吉宗 「今日の時点では占いの真贋はつくまい。人外に○が、でもなければな。
明日の咬みを見ようではないか」
天海春香 「・・・はっ!?
ひょっとして・・・謙虚な方がメインヒロインっぽいかな・・?//>ラビリスさん」
十神白夜 「だからいらん>泉」
渋谷凛 「ま、相方吊りを恐れるなと。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
星井美希1 票投票先 →ラビリス
トト1 票投票先 →星井美希
花村陽介0 票投票先 →ラビリス
泉こなた1 票投票先 →水空
水空5 票投票先 →ニャンコ先生
グレイシア0 票投票先 →水空
渋谷凛3 票投票先 →水空
菊地真0 票投票先 →渋谷凛
天海春香0 票投票先 →水空
ニャンコ先生1 票投票先 →泉こなた
琥珀1 票投票先 →古戸ヱリカ
十神白夜0 票投票先 →渋谷凛
古戸ヱリカ1 票投票先 →渋谷凛
徳川吉宗0 票投票先 →水空
天子0 票投票先 →琥珀
ラビリス2 票投票先 →トト
水空 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
琥珀 「初日でないなら花村さんが真占いですね
天子さんが偽物さんで、っと」
渋谷凛 「あ、初グレラン抜け。3票貰いだけど。」
十神白夜 「この形なら即抜きでいいだろう
俺が死ぬが」
琥珀 「おぉ、それはおめでとうございます!>渋谷
このまま頑張っちゃいましょう」
十神白夜 「投票した後気付いたが
渋谷仲間だったな」
渋谷凛 「でー……と、占いは既に真贋ついたと。すぐ抜きにいく?」
琥珀 「ですかね>即抜き
GJ出たらその時で考えていくって感じでしょうか」
「◆如月GM 遺言更新可能なのは「開始前のみ」です
事実上遺言はネタ機能となっています>該当者」
十神白夜 「俺の投票にもう一度だけ耐えられればいいが」
琥珀 「身内とかいいじゃないですか☆」
十神白夜 「真狂で占い残しは運勝負すぎる」
十神白夜 「噛みは俺がやるか
真噛みで文句はないな?」
十神白夜 「あるなら言え。」
渋谷凛 「あぁ、いいよいいよ。吊られない身内票はむしろ大歓迎>白夜
あっさり吊れてもそれはそれで。」
渋谷凛 「いいよ。任せた>真噛み」
琥珀 「それでは噛みの方お願いします>白夜
機能いい忘れててどうしたものかと、助かります」
十神白夜 「いや、俺は噛み通ると吊られる位置に来るんだ>渋谷」
十神白夜 「了解・2分で」
渋谷凛 「あぁ、あとありがとうね>琥珀
お互い頑張りましょ。」
十神白夜 「昨日と同じにする」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
花村陽介 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水空さんの遺言             /             \//\ \//////∧
            /       (:::゚)     \//\ \/////
          /   |\            \//\ \ /
         (:゚) |_ノ           (: : : :)  \//\/
        /     _. -─-  ._         ∨/∧
       ./: ゙)   /:.:.:./:.:.:.: ト、.:\           ヽ//|
      /     /:/:.:.:〃 .:.:.: | ,:.:.:.:.\        ∨
     ./   ./:.:.:.|:.:.:.:||:.l.:.:.:.:.| |:.:.:.:.:.:||\         ‘,
     | /  /:.:.:.: |__||:.|___| l≦こ´  |:\       ‘,
     |.゙ ./:.:.|.:.:.:| ⌒`       ,  __,|:.:.:.:\ 〉   〉
.    八| /| :. |.:.:.:|xチ筑r       '⌒ ̄´|:.:.:.:|:|:|     / 水空のAAはないから代理の子でお茶を濁すよ
      :|.〈 :| :. |.:.:.《 弋zソ         : :|:. ||:lノ    ./   …って準が言ってた
      :|  :|:.:|:|.:.:.:| : :    、      /:.:./イ___/
     八 ゙|:.:ト|.:.:.:ト、      __ノ  /:.:.///    \
       \ヽ|:|.:.:.:|ベ> 。   て_:ノ  _,/:.:./ ̄/       ヽ
.          \.',:.: |  \:.:> 。. _,ノ/:.:,.′ /         |
           ハ:.:ト、_ ゙ー‐ )/ //゙\/           〉
           ハ:|ノ|_ノ)__/:/ 《氷》:/[          〈
           /\\ : \:/《由》'ヽ:/ :|          ト.
    ___   /}:ノ>rー‐く : : : \. /_ノ| /     ノ |
  ./   ヽ. `Vイ.:l |: : \ ノ\: : : :∨.: : :|/          .ノ
. / ̄/ ̄ヽ|   | |ノ |: :_/|   | : /| : : :/        /i
///    | /l人 ノ.: : .: .:|   レi : :/\/|           :|
  /   .//  /゙  \___>ー'′|: /  /`|        /  |
._/   / /  /   / °|     :|/─/_|       ./   :|
花村陽介さんの遺言                  /            ヽ
             _ ,,.{    、         \
             〃/ lヘ. 、ヽ、 \  \      \
             / ' ´7/  ヽヘヽ,\ヾ、`ニ=-\\  ヘ,
         -ニィ´〃    "´ ̄  ̄ヽ、\\ヽ \  \
             {./}′-、  〃イ´f"ヾ>\ヽ、ヽ=、ヽ  、`ニ=-
         /!ノ/.{〃-ヽ     ` ̄´ ヽヽ ト!、`}}`   \\
         ノソ ヘ ,r=          !ハ,! 〉ノノ  \   ` ゞ
             i ,. ヘ   }         ′' k'    ` ∨"´
             l/l  ヽ  ゝ、‐           ! l   ヘ マヽ
          '  !l |、ヘ   _  -,. ′   ノ l∧, lヽl`
            ヘ|ヽ!'ゝ.  ` 二     /   ' ヽヘ!
                !ヘ      /      ヽ
                 ′ \  _ ‐ '     、‐‐-ヽ_
                、--‐ `"マ        |ヽ ,. .、  ``i
              ,.x|ヽ    ヽ     レ'7′,,.`ヾ }
                 /〃! ヽ    }     / .' /./ ヾ、 `ヒ}、
               ' ′:| ヽ  /'´     { :{ .{ .{  ヾ、.},ヘ、
                 { { .:::| 〆} ∧  /´ ̄/ヘr、ゝゝ.   ,!   \
           , '´ゞ、 ' / ,ヘ ヘ   ,, -i /ゞ、:ヘ二´/    `>、
             i  /  `¨ヽ l ヽ ` ´ /! /   `¨^¨´    / ´  `ヽ
           l  /    ヽ |   ヽ./ 〃,′        /       !
         |  ,'       ', |     / /           ,'       l
           |  { !        ! |    / /           i  ,      ,ll
        /{   ll        !|.   /   ,'             l /     / |
          { ヽ  }         l|  /    i l ̄ `7ー ─.ュ  |/      /  l
       /、 \.!         ! /    l.!    {     |  }      /   !
        / ヽ  l         ,ン′   .ll     |     |  { ヘ    /
      /  冫 .|         !C    l!     |     l  |  ヽ  /
     /       |        l      l廴   |     !.  |   ヽ /
    /       .|        !      !  ̄「=ー ′  |    /
   /   //  |       l       ゝ.ノ′       |    /
   `ヽ∠、/   |       l                 |   /
    <.    `丶|       |                 |  /
    /`ヘ   |       |C                    |_ ム   ー ¨ ̄

テレッテポジだと思った?残念陽介君でした!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
トト 「おはよう
今日占い噛みしてくるかどうかってとこ」
古戸ヱリカ 「占いの心象が五分ですね。若干、陽介さんの方が喋っているか、というあたりでしょうか。
喋っていれば真っぽいという訳でもないのですが。5分ですねぇ。」
徳川吉宗 「こなたへ

先日は美味い返答が思いつかんでな。返答できなかった事を詫びよう。
思う存分、白夜に仕え、世話をしてやるといい。
余には爺がおるでな。身の回りの世話等はやる事が無いであろう。」
ニャンコ先生 「おはよう
占いと霊能は結果を頼むぞ」
十神白夜 「……フン。
にゃんこが霊能真といいきったとこより
そのあとの渋谷がどうにも俺の発言の後ノリしたように見えたんでな
あとメイドはだからいらん>泉
…嫌な誰かを思い出しそうだ、くそっ!」
星井美希 「おっはよー。
さくっとよろしくね?
共有さんはもう出ても良いんじゃないって美希思うけどね。」
トト 「って、そっち噛むのか」
天子 「有頂天占いCO!
吉宗は○!」
琥珀 「てややー
おはようございまーっす!」
渋谷凛 「おはよ。それじゃ、結果よろしく。」
グレイシア 「おはよう、ございます……!」
泉こなた 「おっはよーございまーす!白夜さま~
ふっ…たった一言で切り捨てられてもー。折れないのがメイド道。
声をかけてもらえるだけでー。奮い立つのがメイド道ー。
ギャルゲーから私は学んだのですよ。」
ラビリス 「おはようさん。
・・・なんやな・・・どっちかと言うとメインヒロインとゆーより・・・
ほら、がーっといきすぎたらドン引きとかされたるんやないかな、と思っただけや>天海さん」
菊地真 「おはよう!占いが噛まれたんだね」
天海春香 「メイン霊能ヒロインCO☆  水空ちゃんは○い心の持ち主だったよ!」
星井美希 「ありゃ、真狂が大きいのかなぁって感じなの」
徳川吉宗 「さて、おはようだ。さて……早速の占い咬みとな?

ほう……」
十神白夜 「…チッ。面倒な」
ニャンコ先生 「ほう、占いが噛まれたか」
琥珀 「おーお占いが噛まれますかぁ…
さーて、これはどういう噛みでしょ
ベグか、真贋がついたか」
古戸ヱリカ 「占い噛みですか。べーぐるですかね? 囲いの可能性があるかどうかですが」
天子 「理由:◇徳川吉宗 「今日の時点では占いの真贋はつくまい。人外に○が、でもなければな。
明日の咬みを見ようではないか」
様子見するのは人外かなー。」
十神白夜 「ギャルゲーからではなく現実から学べ>泉」
星井美希 「でも真狼でも噛む人は噛むしね。
そうなるとーって感じなの。」
泉こなた 「おろ、占いが噛まれちゃってるねえ。」
渋谷凛 「ふーん、占い候補噛みか。霊能は○と。」
グレイシア 「さて……占いさんをどうしたいか……だけど……」
トト 「あっげ、あっげ
なんかミスったから
結果をあらかじめ用意していたと思っていたのに」
天海春香 「そう・・・主張が強過ぎてアイドルとして引かれるのも悲しい・・・
だから私は思いました、謙虚な霊能になろうと!

水空ちゃんにだいぶ票が集まって
しかも○結果で、霊能は深い悲しみに包まれた!」
ニャンコ先生 「ベーグルかどうかは分からんが占いはどうするのだ?」
ラビリス 「いきなり花村君いなくなってしもたやないの!?
・・・あかん、知ってる人おらへん」
十神白夜 「天子が狼かベーグルか。」
星井美希 「ねね、天子はどう思う?
この噛み」
徳川吉宗 「さて。こうなると残った占いである天子に信用などはおけぬ。当然投げた○なぞ
考慮外だ。銃殺が起こらぬ限りはな」
琥珀 「真贋がついた場合、昨日ですと白夜さんか菊池さん
そこで判断作って事」
天子 「ま、ハズレを引くのもエンターテイナーとして仕方のない事よね。」
天海春香 「oh・・・占い噛みですか、やだー!!

こうなると、どうしましょうね・・・」
グレイシア 「とはいえ、グレランでしょうか……」
ラビリス 「んで、残った占いはどないするん?」
泉こなた 「んー、まあ噛まれたのなら仕方ないねー。
琥珀さん、星井さんを占ってほしいかったんだけどなあ。」
ニャンコ先生 「銃殺期待で残すか、片占いは信用できぬので吊ってしまうかだな」
琥珀 「あと個人的にはラビリスさんが2票だったのに驚きです
発言見てたらFO求めてますし何かもってるかなーって感じが琥珀さんの印象でしょうか」
古戸ヱリカ 「もしくは占い真狼ですか。これならべーぐるではありませんが、いつか占いを吊らなければなりませんね」
天子 「ベグじゃないの?
とりあえず、狼は占いに出てないって証明でしょ。>美希」
星井美希 「なんで天子の○で真贋ついたって言わないのかなーって思ったけど
発言した人みたの白夜だったのw」
渋谷凛 「偶数進行だけどね、残せないと思うなら吊るのもありなんじゃないかな>美希、グレイシア

ちなみにわたしはもう少し残してもいいかな派。天子狼はあんまりなさそう、直感の範疇だけど。」
ニャンコ先生 「共有がグレラン指示したので従うぞ」
トト 「まあ、いいや。占いを即吊っていいことなんてあんまりない
○の扱いを共有が決めてグレランを続けようや」
泉こなた 「ギャルゲーは現実以上の輝きとか欲望とかそんなんがあるのですよ!>白夜様」
グレイシア 「期待はしませんが……吊るタイミングを決めて放置で。」
十神白夜 「阿呆か貴様>琥珀
菊池で判断付くというのなら
それは漂白になるのだろうが。この場合俺が狼か
天子狼、ベーグルだ」
ラビリス 「そやな・・・こない展開やとグレーよう増えへんやろし、共有もう一人でてもえぇんちゃう?」
菊地真 「今日はグレランで良いとは思うなぁ 狐処理できなければ…ということだろう>占い処理」
星井美希 「そう?まぁ天子はそういうしかないのかなーと言ったところだよね>天子」
グレイシア 「本日もグレランになります……!」
徳川吉宗 「急いで吊る必要もあるまい、とだけ。狐目を積極的に占わせて、銃殺が
起きれば儲けもの。そうでなければ後に吊り上げるだけよ」
琥珀 「ふーむ、まぁ呪殺期待で残してもいいとは思いますかねぇ
その場合吊るときちゃんと釣りましょうって感じで」
ニャンコ先生 「指示了解だぞ
相方はまだ潜るのか?」
天海春香 「困ったねえ。
天子さんは期待せず置物かなー」
十神白夜 「俺で判断付くわけがない。俺視点で>星井」
ラビリス 「潜伏嫌いやねんうち。・・・潜伏されてるうちに吊ってしまうんが怖いんよ>琥珀さん」
泉こなた 「んー?相方出さないの?ああ、ごめん。うんうん、わかったよ。>グレイシア」
トト 「真狼でも真狂でもどっちかで
吊る時期が変わるけどな
まあ、霊能が生きているならまだましか」
古戸ヱリカ 「グレランはいいのですが、天子さんの○についての判断をお願いします>グレイシアさん
後々困りそうですので」
星井美希 「んでーんでー
特に何も思わないの。ま、テキトウに銃殺だしてほしいかなーってところなの。」
天子 「だって私は真占い。
対抗噛まれたら狼は騙ってないって事。
囲われてるなら、もうちょい後で噛んでもいいしね。
GJ出たとしても、狩人にとってはそのGJ出た方が真に見えるだろうし、味方が増えると思っていい。」
菊地真 「真偽つかないとチャレンジしないとこではあると思うね、印象的には」
渋谷凛 「と思ったらグレラン指示出てた。じゃあそれでいこっか。
残せるのはあと2日かな。明後日には切らなきゃ。」
徳川吉宗 「共有の相方は潜伏継続か。その作戦、功を奏す事を祈る」
トト 「霊能が騙りなら
狂ではなさそうだしな」
琥珀 「ベグともその前の発言できちんと申しております>白夜さん
そこあたりも考えてますから、安心してください」
十神白夜 「天子真見てくなら共有は出るべきだが
銃殺か早期狼発見しか証明不可能なのだが」
星井美希 「ね、発言見てから名前見て
あぁ、そりゃあ言わないよなって思っちゃったの。
ごめんね?>白夜」
ラビリス 「本物なら銃殺出してもらわなな・・・」
ニャンコ先生 「潜伏続けるのならば吊られぬようにすることだな」
トト 「なんでほぼ真決め打ち
もう霊能は疑わねえ」
泉こなた 「まあ気にしないよ!なんらかの意図があると思うしー。あるよね?」
グレイシア 「相方さんは、出るタイミングは、間違わないで……ね……?」
徳川吉宗 「○解除ならそれでもよい。ただ指示はしっかりとしてもらいたいところだ。
村人が一つにならなければ人外の思うようにされてしまうぞ」
十神白夜 「ならいい。>星井
ついでに俺の発言もよく見ておけ」
琥珀 「っていうか潜伏共有ならまぁ昨日がそういう事だと思うので
出てもいいかなーっとは思いますけども、どうなんでしょ」
ニャンコ先生 「今日もグレランだな、グッレラーン」
天子 「で、それを無視して噛んだって事は、とりあえず占い機能ぶっ壊せー!
ってのが狼の考えかなー。ってのが私の考えね。」
星井美希 「じゃ、がんばってねー。
美希はねむねむなの。あふぅ」
トト 「共有にあんまりかまうなよ
正直今はそれに構う時期じゃねえだろ」
ラビリス 「ま、残った占いの真贋なんてどうでもいいことやな、結局結果しか見れへんのやから」
天海春香 「ふ・・・
謙虚すぎて語る事がなくなったぜ・・・!」
渋谷凛 「だから相方については言及いいでしょ。出ないってことはよほどの自信があるってこと。
自然、吊られないかあるいは吊られにくい位置にいるってこと。そこをリスクを冒して吊りに行く人は現段階じゃまずいない。」
古戸ヱリカ 「まあ、銃殺出してくださいね、というところで。
灰、灰ですか。見えないんですよねぇ」
星井美希 「そうしておくね。
美希そそっかしいからごめんね>白夜」
泉こなた 「真だったら銃殺狙い頑張ってねー。占ってほしいところはもうあげたからー」
天子 「方占いの信用ガタ落ち度はみんな良く知ってるでしょ?」
徳川吉宗 「そうは言うがな。疑って見て共有でした、はさけたい>トト」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
星井美希0 票投票先 →古戸ヱリカ
トト1 票投票先 →古戸ヱリカ
泉こなた1 票投票先 →琥珀
グレイシア0 票投票先 →渋谷凛
渋谷凛3 票投票先 →ニャンコ先生
菊地真0 票投票先 →トト
天海春香0 票投票先 →古戸ヱリカ
ニャンコ先生2 票投票先 →渋谷凛
琥珀2 票投票先 →古戸ヱリカ
十神白夜0 票投票先 →渋谷凛
古戸ヱリカ5 票投票先 →泉こなた
徳川吉宗0 票投票先 →ニャンコ先生
天子0 票投票先 →琥珀
ラビリス0 票投票先 →古戸ヱリカ
古戸ヱリカ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
十神白夜 「……よし。よく耐えた>渋谷」
渋谷凛 「ほどよく票はもらってるけど吊られない。こういう位置取りはまぁ好みかな。

というわけで共有相方は真じゃないかなと思う。あんまり影響しないけど。」
琥珀 「渡しに疑いも来てますし、渋谷さんLW的に頑張って欲しいところです!キリッ」
十神白夜 「露骨に行くか。」
十神白夜 「相方は真だろうな。」
琥珀 「多分高確率で菊池さんでしょう>相方
違うのなら驚きですものw
さて、狐さん探し頑張りましょう」
琥珀 「露骨にーですか、ふむふむ」
渋谷凛 「正直暫○なってるけど、今日3発言。
「絶対に吊られない」って余裕がないとこのムーブはまず無理。」
十神白夜 「狐候補はいるか?
トトあたり俺は吊り殺したいが」
渋谷凛 「というわけでそこはスルーして。どこ噛みいこっか。」
十神白夜 「とりあえず真噛むということだ
狐見つかってないなら」
琥珀 「候補はラビリスさんとか?
役職呪殺気にしてるなぁーって」
琥珀 「まぁ私のセンサー当てになりませんし
紙の判断は任せます」
十神白夜 「なら今言ったとこを適当に選んで噛もう」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ラビリス は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ラビリスさんの遺言 ウチやあかんかったんやな・・・
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ニャンコ先生 「おはようなのだ
結果を頼むぞ」
渋谷凛 「はいおはよう。結果よろしく。」
菊地真 「おはよう!」
十神白夜 「……フン。
てんこは真だというならトトでも占え
どうにも霊能真を2発言に分けて語っているからな。
役もちに見える。
あとはラビリスといったとこか」
天子 「有頂天占いCO!
こなたは○!」
琥珀 「おはよーございまっす
ジョニーもいい気持ちのようです☆」
トト 「ベグといった人

琥珀 古戸ヱリカ ニャンコ先生 十神白夜
                               たぶん死亡フラグたったはず。というかエリカがさっそく成就した

それはともかくあんまり白夜で判断ついたと白夜の発言から見えないから
今日天子が噛まれないのなら占いの内訳は真狼だと考える」
泉こなた 「おっはよー!
とりあえず白夜様は村だよ。なぜならご主人様だから。
…まあ一応根拠はあるけどね。
占われた時からずっと思ってることをそのまま言ってるし
隠してる様子がないからだね。
うん、女の知覚でティンと来た。あ、もちろん白夜様は深慮の持ち主です!!
あとは古戸ヱリカの色が気になるくらいかなー。」
グレイシア 「おはよう、ございます」
徳川吉宗 「天子については銃殺が起きぬ限り吊る形。色が見れれば幸いと言えるがな。

さて……」
星井美希 「おはようなの。
あれ、ラビリスなの?」
天海春香 「メイン霊能ヒロインCO☆  古戸ヱリカさんは○い心の持ち主だったよ!」
天子 「理由:呪殺言及してる中で、初日に絡む相手を探してたのが
発言水増ししたい人外かなーって感じたのよ。」
天海春香 「昨日見落としてました!

ラビリスさんは私の事、心配してくれていたんですね・・・(感涙)
おかげさまで、私の中のメインヒロイン像がちょっと変わったかもです!

うん、もうちょっと控えめに謙虚に優しくいけば、プロデューサーさんも私の事を・・・ふふふ♪」
菊地真 「そろそろ意味もないし、共有CO」
徳川吉宗 「ふむ。完灰を噛む、か? 」
琥珀 「そして昨日気づきませんでした>ラビリスさん
潜伏嫌いーといってますが、出てこないということに理由を考えたりしないのでしょうか?

とか書いてたらラビリスさんがいない悲しみ
これどうしましょう」
星井美希 「ありゃりゃ、残念なの>エリカ○」
ニャンコ先生 「そこが噛まれるのか、ふむ」
グレイシア 「相方さんはあっています」
十神白夜 「違ったらしい>ラビリス
紛らわしい。占い真贋どうでもいいとかいいながら結果見るとかいうとはな。」
トト 「ふう、噛まれないと
やっぱりなっという感じ」
星井美希 「あ、真くんだったんだね。
なるほどなるほど。」
徳川吉宗 「うむ、先日の発言から見えてはいた」
菊地真 「位置はもんだいないけど話題がとられるのは避けたいんでCOさせてもらったよ」
ニャンコ先生 「やはり暫定○だったか」
天子 「あるぇー?
ラビリスも呪殺言及してたから私にとっては占い候補だったのに。
ま、占う手間が省けてラッキーって思っておきましょ。」
琥珀 「んー、狐狩人どちらか狙いか
あと共有はまぁそうですよね>菊池さん」
天海春香 「・・・って言ったら、ラビリスさん死んでるーっ!?(がびーん)

ううう、良い方だったのに・・・
千早ちゃん、ラビリスさんの遺志を継いで、私頑張る!」
渋谷凛 「今日も両○かぁ。進展しないというかなんというか。

だろうね。むしろ共有じゃなかったら疑いの筆頭にするレベル>真」
ニャンコ先生 「真共有把握したぞ」
泉こなた 「ひどい…メイド泣いちゃう…。私はただ嫌がらせ、死ぬまで絶対的な忠誠を
捧ぐのは誰か真面目に考えてたのに!>天子」
星井美希 「うーん、じゃあ誰だろうね。
狼。難しいの。」
トト 「おけ、共有はそこな
じゃあもう共有の話題は終わりっと」
徳川吉宗 「さて釣り上げたところが○二連。そして占いも○連打。
まだ最悪全人外が残っているというのは怖いところではあるな」
天子 「やっぱベグじゃんw>真共有」
星井美希 「なんかよくわかんないけど
元気だして?>こなた」
菊地真 「初日占いで真偽ついたということを考えるなら、怪しくなる人がいるね」
十神白夜 「俺の村は当然だが>泉
最後の方まで生きてるなら先に吊っておけ
俺は最後までは俺が貴様なら絶対にしたくない位置だ」
琥珀 「そしてまた霊能が◯
そろそろ危ないですねぇ、ラビリスさんは驚きなのでどうしましょ」
グレイシア 「さて、○は解禁したいですか?明日にはどうせ占い吊りでしょうけれど。」
天海春香 「共有さんは、潜るなら潜ってても良かったと思うけど、
村のみんなの声に押されるとちかたないね。」
星井美希 「んー、んー?
なんだか将軍に違和感?
なんなんだろこれ?」
泉こなた 「こほん。まあ真さんが共有なのはわかったよ。でエリカさん○ねー」
渋谷凛 「でー、と。片占いどうするの? 真狂決め打って残すか、真狼見て吊るか。

最悪3W1Fを考えると実はもう余裕ないよ。」
ニャンコ先生 「あー今日もグレランなのか?」
徳川吉宗 「真贋ついたのなら白夜のみ。だがこうなるとよほど胆力のある狼がLW担当と
見える。」
十神白夜 「だから、俺が残せないというなら早期に吊れ>菊地真
殿道吊るとか言うなら時間の無駄だ
その前に天子吊って○の場合だがな」
星井美希 「まだ良いんじゃないの?
美希はもう一日見ても良いと思うよ>グレイシア」
菊地真 「毎日話題にされたら村の利にならないからね>春香」
トト 「まあ、天子はたぶんほぼ狼と
となるとどこを削るかって考えるとなー」
天子 「灰を攻めてもらえてるだけマシでしょ。
狼の噛み含めて灰が2ずつ減ってるんだから、それだけ人外追い詰めやすいじゃない。」
琥珀 「◯解禁ってことは灰戻しという意向でよろしいのでしょうか?>グレイシア」
泉こなた 「うん、元気出すよ…>星井
やだ…流石白夜様、その容赦のない一言がたぶん素敵です>白夜」
グレイシア 「いえ、そうしたいかを聞いているのですが……>琥珀さん」
渋谷凛 「今日○解禁してグレランするくらいなら、今日片占いを吊るべき>グレイシア
その方が後腐れない。」
十神白夜 「○解禁でいい>天子の
天子真でも銃殺の可能性残せる○吊りはありだ」
星井美希 「白夜を吊って大丈夫なのかな?
とは少し思うの。なんだか考えてそうだしね。」
菊地真 「そうだね、だから今は吊らないよ
印象が良くなることを祈る>白夜」
徳川吉宗 「どちらでもよいぞ>グレイシア

狙うは一点、狼のみよ」
トト 「○解禁は明日でも遅くはないと思う
囲っているのなら候補は限られているしな」
星井美希 「元気元気。
元気が一番なの。
ほら、とっておきのおにぎりあげるよ?>こなた」
天海春香 「うん、言われてみると、昨日発言落としてたのは
●貰えたらラッキーって狙ってたのかな、難しいねー>真」
菊地真 「○は解禁しない方向でグレラン」
十神白夜 「先ほどの考えで吊るなら霊いるうちに吊れよ、としか>菊地真」
天子 「なんで狼に見られるのかなー。
やっぱり私のカリスマ性に嫉妬してる?」
琥珀 「意味を取り違えたらって>グレイシア
それなら、私はいいと思いますよ」
泉こなた 「でもラビリス噛みってのがよくわからないなあ。いや、みんなの発言見ても真面目に」
渋谷凛 「オーケー>真」
ニャンコ先生 「どうせ○を灰戻しにするなら占いきってもいいかと思うが、了解した」
琥珀 「とおもったらあっれぇー
タイミング悪いですよ私!?」
徳川吉宗 「ふむ、了解仕った」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
星井美希2 票投票先 →ニャンコ先生
トト5 票投票先 →星井美希
泉こなた0 票投票先 →琥珀
グレイシア0 票投票先 →ニャンコ先生
渋谷凛0 票投票先 →トト
菊地真0 票投票先 →ニャンコ先生
天海春香0 票投票先 →トト
ニャンコ先生4 票投票先 →星井美希
琥珀1 票投票先 →トト
十神白夜0 票投票先 →トト
徳川吉宗0 票投票先 →ニャンコ先生
天子0 票投票先 →トト
トト は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
琥珀 「さーて、ここまでは全員生存っと」
十神白夜 「ほう、やるな貴様ら」
渋谷凛 「わお、言ってたとはいえ全員トト投票か。露骨すぎないかな。」
十神白夜 「狐ではなかったラビリスは置いといて
軽く共有どっちか抜くか」
琥珀 「そこは大丈夫かと>凛さん
さて、狐さん候補が見つからない…っ!」
十神白夜 「かまわん、そんなこともある>とと投票」
渋谷凛 「今日ニャンコ吊れたのならそっちに投げとけばよかったけど、もう遅い話。」
十神白夜 「狐何ぞ吊り殺すものだ」
琥珀 「個人的にはグレイシアさん抜きたいですけど
共有なら抜けるなら真さんですかねぇ?」
琥珀 「やだ、かっこいい!>狐~>白夜さん」
十神白夜 「グレイシアはさすがに…な
むしろ身内して吊れた時GJ狙いで噛みたい」
渋谷凛 「狐がわかんないなぁ。
共有は抜けそうなのは真。噛みたいのはグレイシア。悩みどころだね。
1GJ出れば吊りが増えると考えると、狩人はGJ出したいはず。」
「◆如月GM 承りました>該当者」
十神白夜 「誠噛みでいくぞ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
菊地真 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
菊地真さんの遺言  

./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::,
          /::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::Y:::::::::::::::!
       ′/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::八::::::::::::::::::::::::::リヾY::}:::::::::::::::|
       .//:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/   ¨!:::::::::::::::!
       イ:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/     |::::::::::::::ハ
__..-=≦::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::イ}::/      .!:::::::i:::::{:::}
≧=- :::_:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::イ:::::イ:::::::::/ /:/.、     .从:::リ:::::::リ
      }:::::::::::::::::::´ ̄:::::::::::;:ィ彡_/´/:::::::>.ィz、.}/_   \  /::::::/:::::::/
      |::/|:::::::::::::::::::-=≦:ハ  |::::::::/_:::ィ::{   {! ̄/テミ、   .イ:::::/}:::::::/
  ___レ !::::::::::::::::::::::::::::/::::}  !:::::::::::::|:::::::::|    .ハ/   ///}:ハ::/
 ィ≦二二二V::::::::::::::::::::::/:::::::ゝ..|::::::::::::::!:::::::::!.    ゞ'   〈:::/:::::/}  レ
/〈////ィ≦二Ⅵ::::{、:::::::レ::::::::::/ l::|::::::::::|:::::::::|          ヽ::::::::::!
//\∨//\//Ⅵ:|ハ::::::|::::::/  |/!:::::::::|:::::i:::|         >:::::::!
////\.////\:ヾ{: :}:::/!::/   / |::::::::::::::ハ::!        ./:::::::::::
//////\.////\ : |/: :レ、   /  V::::::::/ }'     _  ハ:::::::::::::::!
////////\////.\ : : : : \     .|:::::/、      ィ   .}::::::::}、::|
//////////≧=-<.\: : : : :,\    V:{:ヘ\    /    |:::::::ハ:|
//////////////////,\: : : : : \. ハ:|ヘ}//>-イ     .|::::/  リ
みんなの…検討を祈るよ!
トトさんの遺言                       ...._
               _, ィフ'"´:;ノミ`ヽ,_
             rー'´ // : :, イツ川: : l }\ _
                Y: ://, イミ三彡:|ヽ: :l:ヽ: トミヽ`ーュ、_
              {ィ"7´::_:_:_:_:_:_:;;:| ∨: :.:`ヽヽー‐-=ミーゝ、
.             /ゞ'"´;_;_;_;_;_;_;_;;;;;|从ヽ::: : :: :: :;; :: : : : ::ノゝ `ー‐- 、
        ト 、  ヽ::z'^^^^^^^^´ゞヽミ彡:;; :;; ;; ;;;; ::; :::.ノ: :ノ:⌒ヽ   メ` 、    小さな勇者たちってそんなにいい評判にはならなかったけど
.        \ ゝ、 ゞΣ"´}´`l´メメ::/: : : :ノ::: :::;; ::: : : : : : : : :: :ミ: :.`ヽ   ゝ
             \乃ゞ{: lゝ ヽノ メメ:/:::::: :/: : : :: ::: ::: :: : : : : : : : : : : ミ : V '"´ `ヽ あのストーリーは確かに陳腐だけど嫌いじゃなかったぜ
.              `ー=ミ:ヽWWメメメ:::::::::ノ:: :: :: :: :: :: : : : : : : : : : : :: ::: :. ハ     ',
                  ,ゝミ三彡':::::,ゝ'"´⌒ーr―――<´:_:' : :彡: :: : : : :ヽ,  _,ハ
              メミ: : : : : ヽ:::,ゞ'"´ゝ-'ー}: : : : : : : : : : : ̄`ー=ミ: : : : ミY´   `ヽ
                メミヽ: : : : : : :::⌒ゝ-‐ミゞ、): : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: : :ミ     }
             {ミヽハ: : : : :/\: :く__ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: :ミー―― ヽ
        ,ィー.、 メ彡ィミ: :.:./    ̄ l   `ヽ:_:_::::::.:.: : : : : : : : : : : : : : :ハ: :ミ       ハ
   r‐く⌒ー'ヽヽ;_ハ 彡´: : :./       /・\      `ヽ::::::::::::::::: : : : : : : :/: :}: :ミー――‐ハ
   ゞ<、: : : : : :\/:.} :} : : /     /・ ・ ・ ヽ     / `ヽ::::::::::::::::::::: : : : : l:ノ:.ミ       }
    ゞ<´ : : : : : /: : ノ:ノ :.:/      l ・  ・  ・ >― '      `>ミ:::::::: : : : :ノノ: : ミヽ     |
    ヽ_ノー: : : : : l: :/:/: : :.:|_____Λ ・ ・ ・ / \       /三三三三三三ニ彡} `ー― }
    く>-ミ: :_: ノ:/:/: : : :.:l       / ヽ_,/    ヽ__Λ三三三三三三三ニ}     ;
          ヽ: :ノ:ノ: : : /: |    /__/|\___/      V三三三三三三ミミト、    l
          `ー-=ミ彡ィ ト、___ハ   /\    /      /ヽ三三三三三三ミ} \   ,
                |:.l       \/   \/       /: : : : : : : : : : : : : : : /    ヽ /
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
徳川吉宗 「何故昨日トトが吊れたのかが皆目見当もつかぬレベル(将軍白目

残った灰は、投票先であるにゃんこ先生が一行、把握発言が多く残せん位置。
凛や美希は発言から見える匂いが人外のソレではないと今は判断しておる。

さて、今日は占い吊りか? 銃殺が起こっておれば僥倖なのだが
星井美希 「白夜は残して良いかなーという感じ。
まだ話せそうだもんね。
そことこなたはセットで良いんじゃないかな。見ててほほえましいし。
くすくす、美希面白い子好きだよ?」
十神白夜 「……フン。
トトは俺の発言見ておいて
ベーグルといったのは…だと?
俺視点は真狂(もしくは狐)ならそれ以外ないのをわかれというのだ
漂白はないしな」
ニャンコ先生 「おはようだぞ
共有噛みとはまた無難な」
渋谷凛 「はいおはよう。結果よろしく。」
天海春香 「メイン霊能ヒロインCO☆  トトさんは○い心の持ち主だったよ!」
琥珀 「さぁ、おはようございまっす!
良い朝ですねぇ」
グレイシア 「おはようございます」
泉こなた 「トト村なんじゃないかなーって思ってたけど白夜様が投票してるならいいや。
恐ろしい発言稼ぎ臭だったけど
露骨すぎてむしろ人外に見えない法則なんてどうでもいい。
ハールハイル白夜さーまー!あとなんか私の投票、悪目立ち!
ニャンコ先生は全然見てなかった。」
天子 「有頂天占いCO!
琥珀は●!」
ニャンコ先生 「>「何故昨日トトが吊れたのかが皆目見当もつかぬレベル(将軍白目
同じく」
星井美希 「と、真が噛まれるんだねぇ。」
徳川吉宗 「やはりか>トト○」
十神白夜 「共有噛み、か…
決まりだ。天子吊る」
琥珀 「まじですかぁ…>トト◯
んー、割と狼狙ったんですけども」
天子 「理由:一々共有にお伺いを立ててる印象。
お伺いを立てるって事は目立ちたくないって事。
違う解釈をして変な事を言いたくないから石橋を叩いてるみたいなもんね。」
天海春香 「おはよー!

わた、春香さんは思った!
初日に、共有が片方ないし両方潜伏するって決めたら、
それ以降は話題に出すのは慎むべきだと!
そうすれば共有潜伏って戦法も取り易くなると思うしね!

・・・っていうのは、今日これからの村には関係なくて申し訳ないけどね!」
グレイシア 「では、占い吊り、ですね」
ニャンコ先生 「おー●が出たか」
十神白夜 「霊能も○だと…チッ…
外したか」
天子 「あー、狐じゃなくて狼かー。
失敗した。」
琥珀 「えーこのタイミングで●とかー
まぁそうですよねーとしか」
星井美希 「ありゃ、○3つはやべぇの……。
ここまで噛まれないなら天子狼で良いんじゃないかなぁというところかなぁ。」
泉こなた 「真さんが噛まれるんだー…んー?」
渋谷凛 「妙に集中したよね。何があったかは知らないけど>トト
天子は悪いけどそれじゃ心証の足しにはならない。今日は○を出さなきゃいけなかった。」
徳川吉宗 「さて、この●は正直考えるに値せぬ。占い吊りを決行すべし」
十神白夜 「天子を吊る。
琥珀は天子が霊能○かどうかで考える。
共有噛んだ時点でほぼ捨ててるが」
天海春香 「うむむ、真が・・・おつかれさま!

765プロの仲間が美希だけかぁ。
個人的には信用してるけど、占われてない以上、絶対とは言えないのが難しいな~」
琥珀 「そうしましょう>グレイシア
私視点では確定で偽者さんですしおすし」
ニャンコ先生 「占い吊りで、暫定○灰戻しでいいと思うぞ」
星井美希 「将軍はなんだろうなぁ。何に違和感持ったんだろう。
発言を見直さないといけないの」
天子 「私吊っても○しか出ないってば!
もう一日チャンス頂戴!」
泉こなた 「琥珀さん●とか私の心狙い撃ちなのかなー……そして白夜様が占い吊りをなさる、と。」
星井美希 「うん、美希がんばるの。
春香と一緒に勝ちたいもんね>春香」
渋谷凛 「だから、言ってる通り天子吊りのグレラン。当然暫○は灰戻し。」
徳川吉宗 「霊能で色が見えれば僥倖ではあるがな。
●の場合、これまでの投票からわざと色を見せてくる場合もある。
それだけは注意せねばな」
グレイシア 「猶予は既にありませんので、そのまま。」
ニャンコ先生 「真なら潔く吊られるのも役目だぞ」
天海春香 「正直あれだね、天子さん吊って○だったら
狼残数的にやばすぎると言わざるを得ない!
●でも安心とは言えないレベルではあるけどね!」
天子 「ほら、偶数! 私狂人でも残せるし!
あって引き分けよ!」
琥珀 「ん?天子が狂人とか考えてないんですか?>美樹さん
真贋ついたとかで」
十神白夜 「天子吊って○なら俺か吉宗あたり
●なら泉。あとあえて仲間に黒打った可能性も考えておく」
徳川吉宗 「くまなく見てくれてもよいぞ>美希

なんだったら着物も脱ごうか?」
星井美希 「こなたは琥珀さんを疑ってたの?
美希はよく見てなかったよ。
良かったら教えてくれると嬉しいな>こなた」
ニャンコ先生 「>私狂人でも残せるし!
こんなこと言う占いが信用できるか!!」
渋谷凛 「却下>天子
申し訳ないけど狼混じりが普通にあり得る形。」
琥珀 「あー、つまり私を狼目で見てたと>こなたさん
ふむふむ」
天子 「ってかなんで私狼に見られてんのよ!
納得いかない!」
十神白夜 「というか天子○なら狐いること願って
狐質したいレベル」
星井美希 「んー、なんかそんなにわかりやすくするのかなーって感じが少しして
ないんじゃないかなぁって思っちゃうの>琥珀」
徳川吉宗 「そなたは真ならば銃殺を起こさねばならなかったのだ……許せよ>天子」
天海春香 「ちょっ・・・
この将軍様、へんたいだー!?>なんだったら着物も脱ごうか?」
天子 「チャンスを掴むためにはなんだってするのがアイドルだもん!>ニャンコ先生」
十神白夜 「俺視点貴様はほぼ狼だがな>天子」
琥珀 「ベグから真贋なら吉宗さん
はじめから真贋付いてるなら白夜さん
割と両方あり得る感じではあります」
天子 「もーいっかい!
もーいっかい!」
渋谷凛 「というか、「わたし狂人でも」とか真占い言わないよね。
これ以上言ったところで何の足しにもならないことはわかってるけど。」
泉こなた 「んー?位置的な意味で、美希ー琥珀さんに1wいるんじゃね的な。
だったら琥珀さんかなーって思って投票してた。>星井 琥珀」
ニャンコ先生 「今日の占い結果はどっちもありえたから驚かんがこの発言は頂けぬ
吊るのだ!」
星井美希 「ぬ、脱がなくて良いの!?
というかハニー以外の裸なんて見たくないの!>将軍」
徳川吉宗 「余に向かってなんと失礼な…!>春香

手打ちにしてくれよう……!」
グレイシア 「そもそも……貴方の色が重要な……情報になりますから。>天子さん
というか、吊り決まってる占いに絡みすぎ……でしょう……」
天海春香 「美希・・・プロデューサーさんを巡るライバルだと思ってたら
そんな嬉しい事を・・・(うるうる)」
ニャンコ先生 「天子天人じゃなかったのか…」
渋谷凛 「……で、さりげなく湧いてるそこの変態将軍はどうしてやろうか。」
琥珀 「ふーむ>美希さん
あ、時間がないので言葉にするのは明日にします」
天子 「だから私吊っても霊能○しか出ないんだって!
明日もっと肩落とす展開になるんだって!」
十神白夜 「…誰か朝俺と泉セットだ…と…?」
琥珀 「こなたさん然り」
星井美希 「位置かぁ。美希位置はわかんないからなぁ。
よくわかってないけど理由はわかったよ>こなた」
天海春香 「よ、余は霊能であるぞよー!?>将軍様」
十神白夜 「よし、死にたい」
徳川吉宗 「さて、明日からは壮絶な 殴り愛だ。
その方ら、準備はよいか?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
星井美希0 票投票先 →天子
泉こなた0 票投票先 →天子
グレイシア0 票投票先 →天子
渋谷凛0 票投票先 →天子
天海春香0 票投票先 →天子
ニャンコ先生0 票投票先 →天子
琥珀1 票投票先 →天子
十神白夜0 票投票先 →天子
徳川吉宗0 票投票先 →天子
天子9 票投票先 →琥珀
天子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
琥珀 「さーて、正念場」
十神白夜 「悪くない狂人だった、といっておこう>天子」
琥珀 「えぇ、最後までよい仕事ぶりでした>天子さん」
渋谷凛 「◇徳川吉宗 「どちらでもよいぞ>グレイシア

狙うは一点、狼のみよ」

昨日の発言。これ狐じゃないかな。
村人が「狼一点狙いでいく」とか言わないと思う。」
十神白夜 「いっそ貴様ら俺投票しないか?
共有噛んで俺吊りで霊能見せる形で」
渋谷凛 「あ、天子はお疲れ。いい狂いっぷりだった。
もし狐なら、その時はその時でありがとう。」
十神白夜 「狐を探してもいいが
残るのは貴様らだ、選べ」
琥珀 「吉宗さんは割と誘導しようかなっとは
そしてその投票ですか、ふむふむ」
十神白夜 「天子○なら俺は残せない。絶対に
そう主張しろ」
渋谷凛 「白夜吊れる位置なのかなぁ。」
十神白夜 「おそらく渋谷が残るんで」
琥珀 「明日指定しないなら投票しましょう>白夜さん」
十神白夜 「俺が共有なら指定する。なくても吊る」
十神白夜 「まあほかにあるならまかせるが」
十神白夜 「共有噛みぬく。」
琥珀 「釣りどころではありますね
多分明日は指定はいると思いますが」
渋谷凛 「んー……わかった>白夜」
十神白夜 「GJでもそれはそれで」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
グレイシア は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
ニャンコ先生 「おはよう
暫定○戻しのドッグファイトだな」
星井美希 「◇徳川吉宗(35) 「さて釣り上げたところが○二連。そして占いも○連打。
まだ最悪全人外が残っているというのは怖いところではあるな」
これだったかな?んー、でも今見ると特に違和感もつ発言じゃない気もするね。
んー?どうしてこれに何か違和感を持ったのか美希もわかんないの。
ごめんね将軍、変なこと言っちゃって。」
徳川吉宗 「さて。余は継続してにゃんこ先生を暫定吊り先とする。
天子の色次第、霊能が噛まれるかどうかで色々変わってくるのが面倒ではあるがな。

天子●ならば白夜が吊り先となるのだが、発言からどうもそういう匂いはせん。
それよりならば●である琥珀のほうが余程、と言ったところか。
色を見せてくるのならばそう考える」
琥珀 「さぁーておはようございます
どうなってますでしょうか」
渋谷凛 「はいおはよう。どうなったかな。」
琥珀 「>美希さん
いかにもな感じこそ基本といいますか
だからといってそれを思考から抜くのはよろしくないかと
今日の色次第ではその覚悟も違いますし、今言っても遅いですが…w

>こなたさん
その場合はありえますがそれだと天子さんをどう考えてるかが気になります
私に●で喜んでるなら天子さん真を考えてるということでよろしいのでしょうか?」
十神白夜 「……フン。
発言から臭いのは渋谷。
理由?全体的に発言があと載せ臭い。
泉は発言だけなら村狐」
泉こなた 「おはようございます!」
天海春香 「メイン霊能ヒロインCO☆  天子さんは○い心の持ち主だったよ!」
星井美希 「むむ、共有が噛まれてるの」
徳川吉宗 「共有が噛まれた、か。」
泉こなた 「白夜様…!ついに私たちは主従として認められたのですね…!
星井さん的に!
こんなに笑えゴフンフェフン、嬉しいことはありません!
あ?紅茶いります?」
十神白夜 「…霊能○か」
天海春香 「おはよー!
アカン、これはアカン・・・!

うーん、残ったメンツは比較的、発言数も多い所だから
そろそろ発言数よりは、中身を精査すべき所かなー」
泉こなた 「投票で見てみました
四日目琥珀さんトト○投票吊り
以前はずっとエリカさん○投票で吊り。
で、星井さんはラビリスラビリスラビリス、エリカ吊り、ニャンコ先生投票継続…
うん、やばい両方吊りたいごめんなさい。」
ニャンコ先生 「な、」
徳川吉宗 「さてどうしようもない霊能○。狐、狂人が生きておったら
それこそ絶望村まっしぐら」
十神白夜 「コーヒーで>泉こなた
最後のいっぱいにはよかろう」
琥珀 「わぁーい…>噛み
あーあー、指定して欲しい日なのにですねぇ
霊能さんに任せましょう」
星井美希 「んー、真贋ついてたなら白夜、になっちゃったね。
これはこまっちゃったの
狼じゃなかったから美希の目がすっごく悪かったね……>琥珀」
天海春香 「・・・うわっ、しかも共有噛まれてるってことは・・・
今日は私が指定しなきゃ、やばすぎ・・・!?」
渋谷凛 「共有噛まれで、霊能は……○、と。
指定展開かなこれ。そうでなくてもこの上狐が生き残ってたら勝ち目なし。」
十神白夜 「天子黒なら俺吊りでもまだましかと思ったが」
泉こなた 「天子さん真も十分ありえると思うよー。でも狼もありえる。
だから、どっちも詰めるべきだって、私は思うなー>琥珀」
ニャンコ先生 「狼3か」
徳川吉宗 「こうなるとトト吊りのあの場面、トト投票者に少なくとも1~2wはいるのでは
ないか?」
十神白夜 「指定しないでいつするというのだ>天海春香
しろ。絶対に」
琥珀 「私はエリカさんは生きたがってると見て投票してました>こなたさん
それよりも釣れそうだから吊る、そっちのほうが村釣りになっちゃう時が多いですし」
星井美希 「んー、んー。
でもなぁ、白夜は残してみてても良い気もするしなぁ。
そんな感じなの。」
泉こなた 「どっちの最期かわかりませんがよろこんでー。>白夜様」
徳川吉宗 「一番いい指定を頼む>春香

必要とあらばふんどし一丁になる覚悟は出来ておる」
十神白夜 「正直位置だけはどうしようもないから
吊ってほしいレベルだったのだが>星井」
渋谷凛 「◇徳川吉宗 「どちらでもよいぞ>グレイシア

狙うは一点、狼のみよ」

とりあえずそこの変態将軍吊ろう?
4日目の発言、村人が「狼一点狙い」とか言わない。なんで狐を考慮から外したの?」
琥珀 「ふむ、天子狂人は考えてないってことですね>こなた
私は昨日の●とあの態度で狼ではない気がするのですけれども」
星井美希 「ここで考え決めちゃわないとね。
白夜は……疑うかどうか。そこなの。
あんまり疑いたくもないんだけどなぁ。」
十神白夜 「いいたくはないが俺は天子○なら残しておいてはいい位置ではないんで」
ニャンコ先生 「灰ならば美希かね
いろんな人に絡んで発言稼ぎ、そして占い残しも言っていたな」
徳川吉宗 「狐を気にして狼を吊らず、は本末転倒よ>渋谷

狙って狐を吊り上げるのはしかるべき日でよい」
天海春香 「なんという重圧・・・だが乗り越えてこそメインヒロイン!

・・・指定!ニャンコ先生!
COあるなら今のうちにどうぞ!」
泉こなた 「でも本気で村に見えるのが白夜様しかいない罠。」
十神白夜 「ただ、それなら狼は狐噛め、探せとだけ
狐生きてるなら勝つぞ、と」
琥珀 「指定するなら白夜さんー徳川さん
もしかしたらCOあるかもなのでお早めに、と」
渋谷凛 「ニャンコ先生と白夜が次点。
前者は吊れそうなのに吊れない位置、後者は囲いがあるならいちばん疑わしい位置。

ただ、わたしの主張としてはまず将軍。」
星井美希 「占い残しは一昨日ならまだ言うんじゃない?
現に真の可能性もあったしね。
狐噛んだら告発してもらえたかもなの>ニャンコ先生」
ニャンコ先生 「私の力量不足で村が負けてしまうのは残念だ」
十神白夜 「渋谷は残したくない
泉はむしろ狐だったらいいなと。いざとなったらで
徳川吉宗 「しかも四日目、余の投票ではないトトが吊られ、それが○だったのだぞ?>渋谷
その辺りも見て欲しいところではあるのだがな」
天海春香 「理由は、今日になって発言に困ってる狼っていうか
そんな印象を受けたためかな~」
琥珀 「にゃんこ指定…ですって
んーありなんでしょうか…考えてなかった!」
十神白夜 「星井―三木で1wという感じ
将軍はわからん」
渋谷凛 「然るべき日っていつよ?>吉宗
もう過ぎ去ったとでも抜け抜けと言い放つの?」
ニャンコ先生 「ストックしておいた酒とスルメでも食いながら村に詫びるぞ」
星井美希 「将軍ねぇ。
なんか見返してもあんまり怪しさは感じなかったよ?
狼一点狙いは確かに変だけど>凛」
天海春香 「あ、狼さんが狐警戒でCOするなら
それも今のうちですよーって時間ない!」
ニャンコ先生 「さらばだ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
星井美希1 票投票先 →ニャンコ先生
泉こなた0 票投票先 →ニャンコ先生
渋谷凛0 票投票先 →ニャンコ先生
天海春香0 票投票先 →ニャンコ先生
ニャンコ先生7 票投票先 →星井美希
琥珀0 票投票先 →ニャンコ先生
十神白夜0 票投票先 →ニャンコ先生
徳川吉宗0 票投票先 →ニャンコ先生
ニャンコ先生 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ニャンコ先生さんの遺言                      , ヘ       _ノ^~
            ,-、___.  -‐r‐〈  '、   ~'"
           __{   { : : : : V/ノ  \   ~~'^ー'⌒
        ,.x≦//7   ` ‐--‐'´-‐"¨ ヽ  _.-、_,~~
      /. : : : : : ,'  -‐ "¨  、,    _ }
   /⌒/. : : : : : : : {  _   t__ノ >'   -,′
    { ,'. : : : : : : : : 入  -    V  {   ノ
   ヽ!: : : : : : : : ノ   `‐z、_______ゝ_ノィ '´
     { ` ‐--‐ '        ̄¨`‐'´ }
    ヽ                 /
      `ー ------ --------- ‐'
[妖狐勝利] マヌケな人狼どもを騙すことなど容易いことだ
ゲーム終了:2012/08/15 (Wed) 23:49:53
菊地真 「お揚げは厚いのがいいなぁ」
十神白夜 「うむ、すまない」
水空 「おつかれさま~」
星井美希 「はい、お疲れ様でしたなの」
花村陽介 「へい!GM狐うどん一丁!」
菊地真 「…と、お疲れ様!」
ニャンコ先生 「ほれみろ!」
グレイシア 「おつかれさま、です……」
琥珀 「狐生きてるじゃないですかうわーん!」
泉こなた 「おつかれー。うん、後悔はない!」
ニャンコ先生 「お疲れ様だ」
トト 「お疲れさん」
渋谷凛 「あー……そこかぁ。お疲れ様。」
天子 「だから私からは○しか出ないって言ったでしょー!(狂人)」
星井美希 「てへぺろ」
如月GM 「熱々の狐うどんをどうぞ」
徳川吉宗 「く……お疲れ様である」
古戸ヱリカ 「お疲れ様です。狐はおめでとうごさいます。早々に吊られてしまってすみません」
十神白夜 「俺指定しないとか思わんかった。反省はしてる。後悔はしてない(きりっ」
水空 「ようこそ超人外村へ!」
花村陽介 「狼柱建てようよw
天子が一番報われないwww」
ニャンコ先生 「私の美希吊りは正しかったのだ!
むふう」
琥珀 「しかも仲間的に超勝ちたかったんですけど!ど!」
天海春香 「oh・・・これはなんていうか
狐の美希が見事だったかなー・・・
指定外してごめんね!」
徳川吉宗 「なるほど、狐がすでに落ちている事にかけたか」
天子 「私は隠し事はしてもウソはあんまりつかないのがモットーだから!
みんなもっと信用して!!!(ぇ」
花村陽介 「戴きまーす!>GM」
十神白夜 「全力で俺吊らせる気だった>花村」
星井美希 「久しぶりの狐勝ちゴチ~なの」
ニャンコ先生 「酒だーイカだー持ってこーい!」
十神白夜 「すまんな>琥珀
俺も勝ちたかったが」
泉こなた 「うん、琥珀さんと美希さん占ってほしかった、超合ってた。
白夜様にお仕えは後悔していない」
ニャンコ先生 「ぬぬっ!凛もやはり乗っかり狼だったか」
如月GM 「潜伏人外が全員いいポジション過ぎたというのが感想ですねwwwww」
水空 「ごめん猫ちゃん…する目はもう食べちゃった…>ネコちゃん」
天子 「きつねうどんだー! のりこめー^^」
菊地真 「狐が万が一吊れても、天子の仕事が完璧すぎてどうしようもなかったな
完敗だよ、うん」
グレイシア 「ごめんなさい、私生きてても将軍様指定だったと、思います……w」
花村陽介 「まぁ個人的には狐!狐!と心の中で連呼してたw>白夜」
古戸ヱリカ 「2杯でも3杯でも持ってきてください。ヤケ食いです>GM」
琥珀 「割と指定で白夜さんだって>花村さん
この指定はホンキで考えてませんでした(遠い目

いい仕事してくれたのにごめんなさーい!?>天子さん」
徳川吉宗 「全然見えんかったな……>美希が狐
これは見事也」
渋谷凛 「うーん……未熟さが出た。ごめん>狼二人と狂人」
十神白夜 「俺も狐勝つ!そんな気がする!とはw>花村」
徳川吉宗 「oh……>グレイシア」
如月GM 「あ、スルメとお酒をどうぞ。
水空さんの焼きたてですよ>先生」
ラビリス 「お疲れ様や!」
十神白夜 「いや、俺が吊れるべきだった>渋谷
狐探しも甘かったしな」
天海春香 「初日で区別付いてたんだね~くぅ。
あと推理も外したのもそうだけど、RPも今日はちょっと不発だったな~
ごめんね!絡んでくれたみんなはありがと~」
琥珀 「発言的に初心者さんもいましたしねw>白夜さん
それにあなたと組んで勝つとか素晴らしすぎじゃないですかうわーん!w」
星井美希 「白夜狼でもいいやって感じはしたの(にやり」
渋谷凛 「お察しの通り>ニャンコ先生
喰いつくにはいいネタだったよ、ありがと。」
ニャンコ先生 「おお!有り難く頂くのだ!>GM」
琥珀 「あ、言ってませんでした
お疲れ様です!」
十神白夜 「何、俺もまさか貴方が中身だとはなw>琥珀
きつい発言のRPで悪かった」
ニャンコ先生 「人外2人当てたのは良いが、吊られてしまっては元も子もないな(もぐもぐ」
十神白夜 「と、いうか。」
徳川吉宗 「余のふんどし姿では足りんかったようだな…>春香」
古戸ヱリカ 「でも、狐噛みを挟んでいるならともかく、この流れで狼柱するかは好みだと思いますよ。
狼も狂人も良かったですが、狐がその上を行ったという感じでしたか」
星井美希 「凛は狼だろうなーって思って触らなかったよ?
それ正解だったね、良かった良かったなの>凛」
花村陽介 「後まこっちゃん、初日でちゃおうぜw
あの状況で出ないなら多分どっちかの暫定○しかほぼ無いしw」
如月GM 「春香はこう、私が下界にいたらもう絡みたくて仕方なかったわね・・・www>春香」
十神白夜 「天子○なら俺何ぞマッハで吊るとこだぞ。
絶対残してはいけないとこだぞ、と。」
グレイシア 「初日は自由かな。
けど花村さんが噛まれたなら3日目に出て良かった>共有潜伏」
如月GM 「お酌しますよ>先生」
ニャンコ先生 「やはりオメガ11で入っていれば…うごごごご」
菊地真 「むしろ天子●なら琥珀かな、指定は ボクの場合は
○だと…悩むねホント 先生かもしれない… 」
水空 「村人という犠牲は人外勝利の犠牲となったのだ~」
琥珀 「正直透かすとか普通村では考えてない私ですキリッ>白夜さん
そこは気にしてませんのでお気になさらずに、むしろ司令塔お疲れ様でした」
徳川吉宗 「この狐様になら村を蹂躙されてもいい(キリッ

あ、人狼のほうでもいいです(キリリッ」
ニャンコ先生 「ん、すまぬな>GM」
渋谷凛 「……くっ>美希
しかし事実負けたのでなんともいえない。上手く利用されるってことはいよいよまだまだと。」
泉こなた 「吊りたいところは人外あってたからいいやー。うん、白夜様狼だったけど。」
星井美希 「あと自分を吊る勘定に入れてる白夜は正直狼だよね。
狐勝ち怖がったのがありありだったの」
十神白夜 「司令塔とかやらすな!www>琥珀
俺も苦手だというのに!1」
天海春香 「やだ・・・
この将軍様からMの波動を感じる・・・///」
天子 「とりあえずI☆NO☆THI☆GO☆Iを全力でしたから満足した。(ほっこり」
十神白夜 「むしろ吊れとww>泉こなた
あとRPで絡んでくれて感謝はしよう」
天海春香 「千早ちゃんありがと~!

今日はちょっと会話のとっかかりが掴めなかったな~」
渋谷凛 「とりあえず試合終了まで生き残ったのは四条で初めてだからいいや。
それを収穫にする。」
泉こなた 「(実は白夜様と私が残る→私裏切りを算段していたのは内緒だ。負けたし)」
天子 「あ、言うの忘れてたわ。
みんなお疲れ様ー!(遅すぎる」
グレイシア 「とりあえず……その……潜伏共有すると、村の発言がマッハ……までは、わかった……」
徳川吉宗 「間違いない狼だ(ドヤァって思ってたにゃんこさんが村人でした死にたい(白目」
十神白夜 「だが、俺は最終日とか残されても絶対に無理なんでな>星井
村でも諦めてるとこだ」
琥珀 「こちらこそもごめんなさい!あそこまでいい位置に行ってたのに!>凛さん
グレラン初めて抜けたって言ってたし勝たせてあげたかったんだけど、狐に及ばなかったのですヨヨヨ…」
菊地真 「迷ったんだけど、やっぱりそうか
メリットないなとは思ってたんだよね
デメリットも感じなかったからそのままでいたけど>陽介、グレイシア」
ラビリス 「なんやいつの間にか噛まれとったわ・・・w」
星井美希 「人狼視が合ってれば狩人いなければ勝ちなのになー、どこかなー。
って思ってたの。
どうせなら指定されてCOしないかなーとかも>凛」
花村陽介 「ニャンコ先生と殿は占う所じゃなくて
ラビリスは吊り候補、でエリカちゃんぐらいしか
占おうって感じじゃなかったんだけど・・・
狩人だったしなぁ、狼が上手く潜ってたよね」
泉こなた 「いや、超☆楽しかったです。こっちこそありがとう>白夜様」
徳川吉宗 「ふふふ……>春香」
十神白夜 「真はまあ、うん。
あの位置で潜り続けても。」
渋谷凛 「あ、ごめんごめん。それ「四条で」なんだ>琥珀
こっちに遠征来ると何故か初日にサクッと吊られちゃってさ。
せっかくの記念だし勝ちたかったのは同じだけどね。」
星井美希 「こう、露骨に自分吊れって感じの発言してたよね?
意図はなくても、そんな風に感じたの>白夜」
十神白夜 「おかげで発言稼げたぞ。クク…>泉」
琥珀 「私も超苦手なのでだいたい指示に乗っかりますキリッ>白夜さん
でもいい作戦でしたよ、狐さえいないなら勝ってましたしね
次は狐釣り殺しましょうwキリリッ」
ラビリス 「吊り候補やとか言われるとへこむわー・・・」
古戸ヱリカ 「狩人は初日だったということで……
初日の護衛なんで勝負してなんぼでしたねぇ」
菊地真 「ラビリスは普通に狩人探し?>狼」
十神白夜 「俺の位置で残すって俺が村視点でも無理なので>星井
吊れよ超吊れよと心から願ってた。グレランとか血迷ったこと言ったら仲間に俺投票させる気だった」
天子 「あ、私もラビリス噛みはちょっと不思議だった。ログ見ればわかるのかな?」
ニャンコ先生 「臨がレティっぽいと思ったら同じ鯖の人だった!
…ただそれだけだ」
花村陽介 「やっぱあれだな、俺が占いのときはヒゲか小鳥さんしかないなw」
泉こなた 「いえいえこっちこそ。互いに負けてしまいましたけどねw>白夜様」
星井美希 「ま、ようやく初めに教えてもらった先生に一矢報いた感じかな?>白夜」
琥珀 「というかあの感じだと菊池さんー白夜さんしか共有なくって
私が狼でなくとも共有はどっちかで絞られるのであまり話題にするものでもなかったと
ただ、占い噛まれて判断させるなら、今回は3日目がベストだったかなーって」
十神白夜 「個人的には俺を吊る想定ですすめていたのだがなw>琥珀
狐は今度こそ吊り殺す(キリッ」
徳川吉宗 「天子●だったら白夜よりそこのほわ琥珀さんほわ釣りたかったです(キリッ」
渋谷凛 「くろまく~>ニャンコ先生

……えっ。それホントに?」
花村陽介 「初日の発言的には?って感じだけどねぇ
殿かニャンコ先生は狩人かなぁって思ってたし」
十神白夜 「まあ、村は初日不利な形だったしなw>泉
狼視点真見えたし仕方あるまい。こちらは不始末で負けたが」
ニャンコ先生 「いやあ、発言がなーんか見覚えがあったのでな>凛」
十神白夜 「いや、もう追いこされてるだろうと>星井
たぶん噛み候補にしてたが」
徳川吉宗 「余から狩人臭とかどこ情報よ、それどこ情報よー>花村」
琥珀 「四条でとか気にしたら負けなんですよキリッ>凛さん
抜けれたら嬉しいのには変わりませんしw
いい位置だった分だけ本当にry」
天海春香 「ラビリスさんはうん、優しくて良かったな~///
噛まれたのは残念~

それにしても、4/7で人外の指定外すとか無念・・・!」
星井美希 「美希がんばって推理しないでとんちんかんなことを言おうとしてたのに……>白夜」
菊地真 「…たしかにそうだね どちらにせよ早く出るべきだったようだ、反省するよ>ほわ琥珀さん」
花村陽介 「発言水増し臭?>殿」
徳川吉宗 「ぶっちゃけ初日とかほっとんど他の発言とか見てないから
こなたを仕えさせれんかったのが悔やまれる。うむ。>こなた」
十神白夜 「安心しろ、俺たちも残念だ>天海春香
吊ってほしかった…!」
天海春香 「あとは、ぷか×らいさんが共有だったのに噛まれちゃって
違う意味で無念!(おい)」
徳川吉宗 「oh……>花村」
ニャンコ先生 「吉宗は一瞬囲いかと思ったが、トト吊りの反応を見て村と見たな
私と考えが同じだった」
渋谷凛 「キリッ>琥珀

……いやうん、自分自身いつ吊れてもおかしくない位置だと思ったから。
こう、「LW頼むね!」って言われた時は気が気でなかったというか……」
グレイシア 「デコさんの春香さんは……その、色んな意味でコメディアンにしか……w」
十神白夜 「いや、泉かお前噛むのがいいんだろうなーと>星井
俺が死んでる次の日想定の噛みだけどw」
琥珀 「白夜さん吊りーのどこ噛もうかなーのってかんじでしたw>白夜さん
狐釣りの時はイケメンが5割増しでしたよすてきー!」
菊地真 「凛は途中から白く見えてしまったな、初日は結構臭かったんだけど」
星井美希 「こなたと白夜はセットだったからね
どっちか減ってるならホントにそのまま吊り殺そうと思ったの>白夜」
十神白夜
      /:/ /: : : : : : : : : : /:ヾ: :、: : : : : : : ミ、: : : : : : : : : : : : : : : : :',: : : :ヽヾミ:.、
.     /'´ /: : : : : : : : : : /::::::::ヾ:\: : : : : : :ヾ''-=:,_: : : : : : : : : : : : ':,: : : : \  ̄
      /: :./: : .;: : : 「r¨ラ¨,===-\:ミ:、: : : : : :.\; :-==-ヽ: : : : : : : ':, : : : : :.ヽ
.     , ': :,.イ': : {,':.j: : :{ {/ / i::`:。:..,、 `ヽ二≧,ir''´ /,.ィ:::。:::j´./、!!: : : i、:.':,: : : :iヾ:ミ:、   俺がイケメン?
    /:./ /: : : // |: : ヘ 、'`ー`=--‐' 〃¨¨¨ヾ.、 ,く...`.ー‐'',ィ .,λ: : : ',>ミ:、: :', ヾ:',
.   /'´  /: : :.〃:ヽ!: :i: ',`ー======‐'゙  ..:  ` ー======'゙ : :ト: : : ',: : : : : : ',   `` 当然だ>琥珀
       ,': :/|: :.ヘ |ヾ:、        ..:::::::               ,'λ: |``: : : : : :.',
      ,' :/  ', : : ハヾ`ヾ',       .::::::::::               /´: :',:.!:ト、: : |ヾ: : ',」
徳川吉宗 「余のにゃんこ先生誘導も反省せねばな。
あそこは完灰よりも○や●に目を向けるべきであった。猛省。」
琥珀 「キリッ>吉宗
あの場だと身内切りまでありましたからねぇw」
泉こなた 「ぶっちゃけノリと勢いだけの妄言だったから別にいいよw
まあ楽しかったけどね私!>吉宗」
菊地真 「…春香w いきなり指定者になってどんまいだよ、結果○だとつらいねあの場面は」
十神白夜 「なぜセット…!>星井
いや、まあなんとなくわかるがw」
徳川吉宗 「うむ。腹かっさばいて詫びよう>にゃんこ先生

余と同じ反応を返した時点で疑いから外してもよかったはずであった」
グレイシア 「灰に目を向けるのは間違ってない……けど、まぁ。
吊る気の無かった人が順調に吊れてw」
星井美希 「そりゃあ、残してたら面白いからなの>白夜」
十神白夜 「と、いうわけで占い真狂で初日の真贋位置など吊ろう!
残しておいても絶対吊れるから(真剣」
泉こなた 「主従セットになるなんてメイドに尽きるぜ…そういってくれた時、うれしかったぜ?
>星井さん」
花村陽介 「でも多分二日目以降だったら、狼には手が届いてたと思うなぁ
まったく、久々の占いだってのに残念だぜ!」
徳川吉宗 「というか言葉足らずだったな、終わる前の日。トト投票から指定、を
強く進めておれば……!」
ニャンコ先生 「道理で先ほどから腹が痛かったのだな…っておい!>吉宗」
渋谷凛 「うーん、やっぱり自分がどう見られてるかはわかんないものだね>真」
十神白夜 「俺はコメディアンではない!!!>星井
そういうのは琥珀だの徳川だのにやらせておけ!」
琥珀 「 >凛さん
いえいえ、白夜さん●を見せるとあなたが一気に白くなるんですよ
2,3日目のグレランで凛さんへ投票してる上にギリギリで吊られてない感じでしたから
だから私としては白夜さん吊られ→色見せ→凛さん村認定の流れを作るつもりだったんですがw」
グレイシア 「天子さん狂人見てたけど、狂人でも狼でも吊るしかなさそうな……」
星井美希 「面白いところは残すの
当然だよ?>こなた」
徳川吉宗 「いやあ、反応できずに申し訳ないな>こなた

腹ぁかっさばいて詫びよう」
古戸ヱリカ 「狩人の動きとか聞こうと思いましたが、これだけ早く退場してしまうと聞くことがありませんね。
私には収穫のある村でした。」
十神白夜 「>グレイシア
天子吊るのは仕方ない、というか吊らないとかないぞ。」
星井美希 「面白いところは誰でもいじるのが面白いの>びゃくや」
菊地真 「まぁでもLWになるのは白夜かほわ琥珀でしょう、あの場面では>凛」
グレイシア 「うん、白夜と凛で両狼は見てなかった……>琥珀さん・凛さん」
泉こなた 「まあねえ。やっぱグレランでのトト吊り、とエリカ吊りが痛かったかなあ。
いやあエリカさん吊った人外の力だねこれは。」
ニャンコ先生 「例え白夜が凛に投票していたとしても私だったら凛は吊っていたな
理由は3 日目 (昼)の投票を参考にするのだ!」
花村陽介 「久々にものごっつい勢いで役持ちっての見た気がするかなw>エリカ」
天海春香 「あはは・・・そうでしたね、まず
白夜さんは指定すべきだったかなー・・・>十神白夜さん」
徳川吉宗 「へい聞き捨てならないでござるぞ にんにん>コメディアン>白夜ボーイ」
琥珀 「あー、エリカさん狩人
生き残りたいにほひがしたのはその性でしたか…w」
十神白夜 「うむ、気が付いたらいなくなってたという感じだ>古戸ヱリカ
生きてたらたぶん狩人とは気付かなかった」
グレイシア 「まあ、吊らないのは、ないね……それは当たり前……w>白夜さん」
菊地真 「グレランが弱かったのが一番の敗因かな、やっぱり」
花村陽介 「いや、投票者が狼狐霊村村だから・・・
なんとも言えないw>こなた」
泉こなた 「それには全力で同意するぜ。>星井さん
いやだからいいって、また機会があったらねw>徳川」
十神白夜 「>グレイシア
そりゃ初日渋谷吊り殺す気で投票したし

>徳川
謙遜するな。コメディアンではないのか?」
琥珀 「作戦通りですねキリッ>グレイシアさん
ここまで上手く行ったのに狐に取られて結構悔しい琥珀さんなのでしたw」
徳川吉宗 「次があったら全力で応えよう!>こなた

というか全体的にはっちゃけ不足でこう、もやもやするね。もっと早くから
ふんどし一丁になってりゃよかった」
古戸ヱリカ 「四条に初めて来て狩人当たるとか、神はいないです(ボソッ
次こそは貴方を護衛してッ 狼を泣かせて差し上げますからぁー!!>陽介さん」
天海春香 「ううう・・・///
いつか、メインヒロイン(笑)から脱却できるのはいつの日か・・・!>グレイシアさん&真」
十神白夜 「>グレイシア
吊った後だな。いっそ霊能真路線なら狐生存確定見るなら柱募集するレベルでもいいくらい」
琥珀 「3日目の凛投票ですか、ふむ
その後も印象が変わらなかった、という感じなのでしょうか?>にゃんこ先生」
徳川吉宗 「余がコメディアンとかどこ情報よー 余は真面目な将軍ボーイであるぞ?(キリッ>白夜」
菊地真 「凛もやや白くなるけど一番白いのは琥珀じゃないか?>琥珀」
十神白夜 「(←初日投票したあと渋谷仲間と気付いた)」
グレイシア 「まぁ、私の最終日想定は……
こなた―美希―凛―(白夜or吉宗)ではあったけど
色々と、ぶれぶれ……。」
花村陽介 「3-1だと霊能護衛もありなんだけどねぇ
まぁ今回は狂人の初日囲いがぶち当たって
狼が真捕捉できちゃったから、まぁ事故だよ事故>エリカ」
渋谷凛 「そう言ってくれるなら相方に感謝だね。わたしは綱渡りしてただけだし>グレイシア

吊り返しご苦労様。でもそれならなんで4日目外したの?>ニャンコ先生」
菊地真 「4,5回くらいにやった初々しい通常春香さんがだいすきでしたよっ!>春香」
徳川吉宗 「久々にがっつり普通村で推理できてよかったな。うむ。やはり村人はよい……」
十神白夜 「つ 鏡>徳川」
ニャンコ先生 「投票されたら投票し返す、これがモットーである(キリ>琥珀」
古戸ヱリカ 「もう少し気配を消して、グレランに強くならなければいけませんね。狼方もアドバイスありがとう。
では、私は主の元に帰ります。皆様お疲れ様でした」
花村陽介 「ほいほいお疲れさん」
ニャンコ先生 「その日は狐探しだったのだー>凛」
菊地真 「お疲れ様です、また来てくださいねっ!>ヱリカ」
徳川吉宗 「にゃんこ先生吊りの後に続いていたらば、
当然、白夜や琥珀が吊り先に上がっておったであろうな。美希については
正直無理くさい。マジで。」
花村陽介 「まぁ各言う俺も、真占いとしての発言が出来てたかというと疑問だしなぁ」
十神白夜 「>グレイシア
俺が言うのもなんだが。まじめに俺の位置を最終日送りはやめとけと
最終日来ても俺村でもフリこの上ないし」
天子 「もっと早い段階で●出せてれば展開変わってたのかな、って思うとちょっと力不足を感じるとかなんとか。」
古戸ヱリカ 「2-1で霊能は消極的過ぎましたね>陽介さん
事故です事故。こっそり反省しますけど」
徳川吉宗 「お疲れ様でござった>エリカ嬢

またのご来村を心よりお待ちしておるぞ」
琥珀 「天子さんの●はガッツポーズでした…w>菊池さん
村認定するなら凛さん、その他を仮想狼とおいて、凛さんを白くしようかなってw」
星井美希 「あー、ゴロゴロゴロ。
つかれたのーあふぅ」
泉こなた 「私も久しぶりにまともに推理したよ!二人は合ってたから嬉しいなー
でもやっぱ説得って言うか強弁なのかなあ」
渋谷凛 「◇徳川吉宗 「こうなるとトト吊りのあの場面、トト投票者に少なくとも1~2wはいるのでは
ないか?」

1~2Wどころか3W全員いて少しどきどきしたのはまた別の話。」
徳川吉宗 「目がぁぁー! 目がぁぁー!>白夜」
古戸ヱリカ 「と、本当に失礼します」
ニャンコ先生 「4日目
狼っぽい凛吊るぞ!⇒美希狐っぽいし残ったら吊れなさそうなので吊るか」
天海春香 「くぅぅ・・・昨日は千早ちゃん、今日は美希あたりが
メインヒロインだよね・・・おめでとーだけどくやしい///
で、でも今度こそわた、春香さんの出番に違いない!って」
十神白夜 「バルス!!!!>徳川
…って貴様はムスカか!」
琥珀 「そこですかー!?w>にゃんこ先生
それなら我々もワンチャン行けましたねキリッ」
徳川吉宗 「そこをもっと強く推せておればと反省しきりである>凛ちゃん

腹ぁかっさばいて村に詫びるでござる びくんびくん」
渋谷凛 「っと、お疲れ様。またね>ヱリカ
そっか。狐探しなら仕方ないね、納得>ニャンコ先生」
徳川吉宗 「なんか鏡に鴨鍋が! 嬉しそうに煮込まれる鴨の姿が見えたよ! 助けて!>白夜」
ニャンコ先生 「落ちる人お疲れ様だぞー」
天海春香 「そっか!そっちが良かったんだね、ありがとー///>真

・・・よし、今度はこう、無理してはっちゃけるより
初心に帰ってみようかなー」
花村陽介 「2-1だと、霊噛みは真狼、占い噛みは真狂・・・がやっぱりしっくり来るねぇ」
グレイシア 「そのくらい白く見えていた、というだけではありますけどね……。
……というか私の死んだ段階だと天子さんが●か○かで大きく変わるのでなんとも。
一貫性を持たせて次の日に向かうのであれば、琥珀さん吊りですけど……まあ、ぶれてたのでどうなったかはわかりませんね。>白夜さん」
十神白夜 「煮込まれろ(真剣>徳川
煮込んでも食べられなさそうだがな!」
星井美希 「つっても美希別に狼でも村でも同じような動きするしねぇ>ニャンコ先生
絡みにいかないと日中とか話すことそんなにないの。
推理垂れ流すだけとかする気もないしねー」
渋谷凛 「見えないところでやってね。もうグロ展開は終わったから>吉宗」
琥珀 「そうですね、目の付け所は完璧だったと>こなたさん
ただ疑ってる理由が薄かったので私も即興で返し安かったですねという印象でした
だから何で疑ってるか、をもう少し言えたらこちらも逃げ場が少なくなるかと」
十神白夜 「まあ、天子狼なら確かに想定は変わるがな>グレイシア
どのみち囲い場所一号だしな。」
徳川吉宗 「そも、にゃんこ先生への疑いはそうそうに外すべきであったのだ。トト吊りに
加担しておらぬ時点でな。

まだまだ精進が足らぬ……!」
琥珀 「っと、そうです。全く関係ないですが>白夜さん
あいかわらず某上条さんが寂しそうでしたw」
十神白夜 「うむ、安心しろ。
どうせ吊れんから生きてたらお前噛んでいただろうとw>星井」
星井美希 「そもそも疑われてるのこれ?って思ってたよ>こなた 琥珀」
菊地真 「いや、でもコメディアン春香もいいとは思うよ…w>春香」
ニャンコ先生 「美希は推理よりも他キャラに絡んでいるの多かったのが目についたな
…それ以外は突っ込めなかった」
十神白夜 「無茶を言うな…w>琥珀>例の
すまんとだけ」
徳川吉宗 「次こそは! 次こそは覚えておれ!>凛ちゃん

ちきしょー! 盆休みのばっきゃろーー!」
花村陽介 「あ、決闘建ったから俺はそろそろ行くぜ!
今回は生き残りたかったけど中々難しいもんだw
それじゃあお疲れさま!」
グレイシア 「白夜さんに初手囲い……?
天子さん狼でそれは、ないでしょう……とは>白夜さん」
星井美希 「がーん
なんてひどいことを言うの!?
美希村陣営のときいつも噛まれてるんだよ!?>白夜」
泉こなた 「うーん。殴りって難しいねえー。>琥珀 星井」
徳川吉宗 「確かに夏に鍋とか地獄である>白夜

ああ、ひやむぎたべたい」
菊地真 「まぁ動きとしてはそうされるのが一番辛いけど、もうどの流れでも琥珀か白夜が残る未来しか見えない…w>ほわ琥珀」
十神白夜 「いや、全力で噛む(きり>星井
吊れる気がしなかったし

>グレイシア
まあ初手囲いは嫌いだが、ありえんことでなはないしな」
徳川吉宗 「どうにも、日中の発言のバランスがまとまらんな。
にんともかんとも難しい。」
琥珀 「釣りたい、とはわかりましたが>美樹さん こなたさん
ふむーという感じでしょうかw
美樹さんは最後の日に白夜さん残りを言って あ、釣りたいと思いましたが時すでに遅く…っ!!」
星井美希 「あんまり殴れても遺恨が残って吊られちゃうの
あふぅ>こなた

えー、めっちゃ怪しまれてたの>白夜」
徳川吉宗 「白すぎるからやぁー!>いつも噛まれてる>美希」
渋谷凛 「お疲れ様>花村
交換がない環境だと、狼初手囲いはそこそこありそうな気はする、けど……違うのかな>白夜、グレイシア」
十神白夜 「琥珀はタイミングから霊能結果白の天子の黒もらってもほぼ意味はなかったが
残るは俺以外の二人だろう想定だ」
琥珀 「まぁ本人さんもわかってるとは思いますがw>白夜さん
今度あった時、私が飲むブラックコーヒーがどれだけ甘くなるか楽しみにしていますキリッ」
ニャンコ先生 「落ちる人はお疲れ様なのだ」
星井美希 「今日とか怪しまれてたのに?>吉宗」
十神白夜 「だって泉とお前なら狐がまだお前さんの方がありそうかなーと>星井
まあだから俺の吊れた後の話だろうがな!w」
グレイシア 「ありえなくはないですが、まぁ、その可能性の低そうなケースを追える余裕はありませんでしたしね……>白夜さん」
徳川吉宗 「終わった日の夜があったら噛まれてたね(キリッ>美希」
十神白夜 「お前は何を言って(ry>琥珀」
天海春香 「他キャラに自分から絡むのって難しくて、なかなかできないや~
アイドルの子だったら幾分できそうだけど、それ以外の人はなかなかむずかしー・・

だが将軍様は格が違った///」
星井美希 「だってそこ狼のほうが美希的に美味しいの♪>琥珀」
十神白夜 「まあ、ついでに言うと
霊能結果から俺は絶対に吊れとか言ってはいけないはずなんだ>グレイシア
俺が村なら」
十神白夜 「自分をな。村なら負けるんだし」
泉こなた 「んー。私の推理は位置推理を除けば。
ふっ…?隠してる匂いがするぜ…?哂いの匂いがするぜ…?
だからなあ。誇張表現だけど
菊地真 「そろそろ決着とかなんとか…(ガタッ>琥珀、白夜」
徳川吉宗 「自由気ままに動きたかったが、どうにも今日は硬かった。ガッチガチやった。
もっとフリーダムに動きたいものだのぉ(アイス食いながら」
琥珀 「>こなたさん
殴り、といいますかあの場では狼がほとんど残っているので
何故釣りたいか、どういう印象だからか を言うだけでもだいぶ変わるかと
ただ釣りたいから!だと、生き残りたい狼の可能性もありますしね
あなた自身が村というのは、殆どの人がわからないので 何でそこを疑うか、が大事なんじゃないでしょうか」
星井美希 「なんてひどいことを言うの……
いつも狐に見られるんだよ美希>白夜

なんでかな?>吉宗」
十神白夜 「座ってろw>菊池」
琥珀 「忘れません、あのコーヒーの糖度をキリッ<白夜さん」
天海春香 「美希は、自分で言うほど怪しまれてないと思うけどな~
4~5票集まってる人が多い中で、最多でも2票もらいくらいだったと思うよ~」
十神白夜 「くくく、それだけ白く見られているということだろうよ>星井
いちばん白い村人、それこそ狐だというしな」
徳川吉宗 「余とてそう出来るものでもないぞ>春香

これはいける! と確信せねば空回るだけであるしな うむ」
菊地真 「はい…>白夜」
琥珀 「えぇ、だからこそです!w>美樹さん
村認定から あぁ、残したくなくなったですよ!?という感じが一気にw」
十神白夜 「フン。さてな>琥珀
『俺』は知らん。『私』はどうかは知らんが」
琥珀 「そのうち何かが起きますので私は楽しみですw>菊池さん 白夜さん」
泉こなた 「なるほど……まあやってみるよ!>琥珀」
グレイシア 「それは上から見ていて感じましたね。
……おそらく、その発言を見ていれば、
白夜さん指定して想定を練り直すところですか。>白夜さん」
十神白夜 「起きないからな?絶対に起きないからな?>琥珀菊池」
徳川吉宗 「指定役として霊能は残し。そして灰咬みとなれば噛まれるのは美希しかおらぬで
あろう……余とこなたは絶賛吊り位置よ>美希」
十神白夜 「だな。と、いうか指定が遅すぎた感じもある>グレイシア」
菊地真 「美希は怪しいとか以前に考慮にもいれる余裕がなかった印象かな
なぜだろう」
琥珀 「ふむ、そういう事にしときましょうw>白夜さん
私はただ待つだけです」
星井美希 「正直、なんでそこ吊れてるのかわからない吊りばっかりだったよ?>春香」
十神白夜 「トト吊りの時とかもう指定していいと。
あの日グレランで狼吊れるとはほぼないんで」
徳川吉宗 「遺言供養しておこう うむ

|┌──────────┐ 履歴書     2012年08月15日
|│{;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - | ┌────────────────
||kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ .| |氏名: とくがわ よしむね
|│レ'  ..      シ彡' )ァ' /| ├────────────────
|│{_,,,、 ;、      シ彡 ニンミ.| |生年月日 1684年10月21日(貞保元年
||l         '''"::.   彡 .| ├────────────────
||..! ̄"`     ...:::::::: ノ"..| |現住所: 江戸城
||..l    .......:::::::::  /..i....| ├────────────────
||..`''ー- 、:::    /.| i  | | |連絡先: 03-xxx-xxx ( IP電話 )
|└──────────┘ └────────────────
| ┌───┬─┬─┬────────────────────
| | 年   |月|日|          活動記録
| ├───┼─┼─┼────────────────────
| | 1716 |06|03|八代将軍に就任
| ├───┼─┼─┼────────────────────
| | 1717 |07|09|享保の改革を開始する
| ├───┼─┼─┼────────────────────
| | 2012 |08|15|成敗した悪人の総計が万を越える
| ├───┼─┼─┼────────────────────
琥珀 「私もそこまで上手くないので参考程度にッテ感じでいいと思いますけどねw>こなたさん
うまい人に聞くともっといい答えが帰ってきますから!」
菊地真 「まぁ、それは後から分かることなので楽しみにしておきますね あ、パソコンご愁傷様でした>白夜」
星井美希 「そーかなぁ?
美希も吊り位置な気がしたけど>将軍

どういうことなの……>真くん」
泉こなた 「つか星井さんはちゃんときっちり誘導できるの…?
材料もさることながらぽわぽわの雰囲気過ぎて飲み込まれるんだけど…私だけ」
琥珀 「かーらーのー!キリリッ>白夜さん」
ニャンコ先生 「トト吊りの日は何故そこが吊れたのか最後まで分からんかった」
十神白夜 「壊れたのはHDDだがな…w>菊池
PC壊れたらそもそもここに来られんw」
菊地真 「良い遺言ですね…ww>将軍」
十神白夜 「>ニャンコ先生
トト吊りは狼が票ぶちこんだし」
琥珀 「便乗して遺言供養!キリ

            注目の情報
__________________________
´ ::::::/  /   /_//_ / /::|  | ハ
7:::∨ミ==|i   |/|厶/ /:::::|-/| l i |   「うわっ…秋葉様の胸囲、無
::::::リ  Y^|i   |Y^じ∨:::::rリト レlノリ   すぎ?」
〉:::'  {. |i | | `   _rvゝ' イ/|     40万人が受けた大人気の
::/イ   \|i | |u  ///Y} ,′|     健康診断。たっ
:::::j │ ノi | | ry'// /YVi  |     た5分で秋葉様の胸囲、翡翠
\|i /|  イi Niト/ノ,'/ / } |i  |     ちゃんの可愛さ、秋葉様の秘密
rーレ'八 从i |\{      〃从 |     がわかってしまう…
|////∧|\lノ/八    {{ ハ/|八」
星井美希 「ぽわぽわの雰囲気は美希の特性だよ?>こなた」
徳川吉宗 「余、こなた、美希。余とこなたは疑わしき天子の○。そなたは完灰。
これならばどうにも美希吊りには行けぬな、余だと>美希」
天海春香 「やだ・・・将軍様超長生き・・・///>2012/8/15」
渋谷凛 「活動記録に「享保の改革」とありますが、そこからなにか得たものはありますか?
また、それを弊社でどのように活かせると思いますか?>将軍」
グレイシア 「うん、それはわかってる……んだけどね。>白夜さん
まあ、指定嫌いというだけのわがままだから。」
ニャンコ先生 「ああ、票合わせか>白夜」
十神白夜 「星井何ぞ噛んでから考える(きりっ>泉こなた
まじめに言うと狐候補としか誘導できん」
徳川吉宗 「正直ズレまくって泣きたいでござる>まこりん」
琥珀 「狼の3レンダァ!と残りの、でしょうか>トト釣り>にゃんこ先生」
ニャンコ先生 「亡霊じゃないのか?>春香」
泉こなた 「                 _r- ーf ⌒スr - 、
               _r ヘ. , -ー' lー-丶_
               ト、 /  /|!  !ト 丶` `ヽ
              /  // /7ト,'!  ll|'-',、 ヽ ヾヽ
              ヒ、// // l/ | /l! .',ト,ヽ 丶ヽ
            tーメ/ ,tマ::¬ l / t-..ニ',.ヽ lヽ',   メイドの土産、なんちて
             ヽ/',' /l | !::::::! l'  |:::::l '!', ト. l '!  
             /l l ハ l l ー '′  ` ┘l lYl!',!
             ,'Y l' `', ',', 、 、_,、_,  ,ン! l |l|
             l l l l 〉.','F に¬Tl´l ! l l'j
             | | ! j/::', ',、γY`ftヽt_l |l.l,'
             Ч,.l/::::::::', ',.  ハ {ノ:T⊥l.|l
               K::::::::::::', l ,' `ヾ 介(.!l.l
              ,' `Y::-:(',!l/ー.-rt:!,':ヽ!,|l
              ,' ,' l::'::::: ̄:フヽエ --ェ:t、l !
              ,' // ,>7`ヽ::::'、ー'-,ニ二 'ノ_',
              ,'/ l,イ/:::>-r' ヽ '`´ヾ   _ノ:::ヽ
            l ! ,'irヽ:/ /::`::-、 _,、_, ..ィ:':::::::::::::::',_
             ||l lノ、:::'、」::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::人⊃ヽ
            `ヽヽ:、::_::::::::::::::::::::::::::::::/::_:::::::::::j_:: ノ`´
              ``  ` - ― ¬ ー' ´   ̄
私も遺言供養便乗~」
菊地真 「分からないけど、印象に残らない位置だったんだと思う
美希よりも見るべき人がおおすぎたのかな今日は>美希」
十神白夜 「>グレイシア
まあ指定は嫌なのはわかるが。グレランも十分してたし指定もありだとは覚えておいてくれ

>ニャンコ先生
合わせる打ち合わせはしてないが、夜俺が吊り殺すと宣言してたせいだと思う」
徳川吉宗 「余はいつまでも生き残るのだ。皆の心にな>春香

だが松平が主演でなくなった時、暴れん坊将軍はどうなっていくのか……
それが心配よ」
渋谷凛 「うん、主に狼の組織票だね>ニャンコ先生
正直変えずにそのまま先生吊ってよかったと思ってるけど、反省も後悔もない。」
星井美希 「どやっ>吉宗」
泉こなた 「素敵な特性ですね!いえ、本気で>星井さん
ですよねー>白夜様」
徳川吉宗 「あそこでのトト吊りは本当にわからんかったからな。
こりゃ票合わせあるでぇとか思っとったら狼3匹とか泣きたい」
星井美希 「美希はいつもそんなんだよ>真くん」
徳川吉宗 「ははぁぁーー!(平伏>美希」
十神白夜 「どーーーーーーーしても星井と誘導するなら
泉とセット価格で。割と似ているんで」
ニャンコ先生 「凛がツンツンし過ぎて話すのが怖い」
星井美希 「まぁ、だからその特性を否定する理由で殴られるとどうしようもないの
ニャンコ先生とかね>こなた」
菊地真 「トト吊りの日まではボクはグレランで良いかなと思ったんだけどね
狼吊れないのは位置のせいで、いつもなら悪くはない方策じゃない?>白夜」
徳川吉宗 「余は今日はどうであったろうな。○がなかったら早々に吊られておった
ようにしか思えぬが」
渋谷凛 「ごめん、自覚はしてる>ニャンコ先生
治そうと思ってるんだけど……どうしてもね。」
琥珀 「私はそんな感じでしたね>吊り殺すと~>白夜さん
ただ発言的にニャンコ先生も入れておかしくなかった
けど狼狙いで言った という言い訳が次の日の発言でしたw」
菊地真 「早めに吊られるっていってなかったっけ?>美希
あ、関係ないけどキミの美希はすぐにわかるね…w」
グレイシア 「いや、その……狼3残りの状態でグレランで狼が吊れるか?ってなると
票の推移を考えてもやっぱり、基本的にはないよ……>真さん」
星井美希 「美希を無理やり吊ろうとするなら
自分が疑われることも覚悟に入れて、かなぁ?」
十神白夜 「>菊地真
いや、霊能結果から狼吊れてないのはわかるな?
おまけに天子狼とかなら囲いに狼いるのも十分あるし。
3票は重い。マジで」
星井美希 「え、なんで?>真くん」
琥珀 「凛ちゃん、夜は可愛かったですよキリッ>ニャンコ先生」
徳川吉宗 「そのツンツンさ加減がよいのではないか>にゃんこさん

それがわからぬとは……」
ニャンコ先生 「把握したぞ!>琥珀」
十神白夜 「星井吊るなら相内覚悟で、だろうな。
噛み殺すのが楽である。完結(きり」
渋谷凛 「……へっ?>琥珀」
徳川吉宗 「トト吊りの日。指定展開ならばまた変わっておったか。うむ。
展開の妙よ。げに面白き事である」
菊地真 「あのけだるい美希に絡むのはボク三回目だからね…
というか、ちょっとやる気少な目の時に美希選んでないかい?」
ニャンコ先生 「指定吊りされるならばオメガ11で入って
オメガ11ヽ(0w0)ノイジェークト したかった」
星井美希 「あれ、わかる?>真くん」
琥珀 「グレラン抜けたと喜んでたのを見てほっこりした琥珀さんなのでしたキリッ>ニャンコ先生 凛ちゃん」
泉こなた 「説得不足だったことを除けば従者RP人狼できたから超満足。
これいいかも。」
十神白夜 「まあ、狼だって連れたくないのである>徳川
身内もするが組織票もするのである」
徳川吉宗 「ウェーイ!(0w0)ノ>にゃんこ先生」
琥珀 「美希狐は最終日にしっぽが見えたけど
時すでにおそしで…ルールルー」
十神白夜 「2,3日目渋谷生きてるか?吊れてないよな?と
気が気でなかったがw」
天海春香 「ぷかぷかさんの美希はすごく元気で、
ないあさんの美希はダウナーっていうか・・・
どっちも美希ではあるけど、だいぶ違いっていうか別の個性が出てるね、ふふ」
徳川吉宗 「怖いでござる怖いでござる>白夜

グレランで捕まらぬ狼が揃った場合、灰を見てもわからぬ事のほうが多いのぅ。
いっそこれだ、と思う逆をいけばよいのか、と本気で思うぞ」
ニャンコ先生 「凛は危ない橋渡ってるなあという感じであったな」
十神白夜 「2日目に渋谷吊れてたらむしろ天子噛んでいただろう、と
だから渋谷はいい仕事してた」
菊地真 「そうはっきりと言われると言い返せないな…w
12人なら狼3でも指定なしで良いと思ってたんだけど
勿論囲いがあるのも承知はしているけれどね>グレイシア、白夜」
琥珀 「私は信じてましたよ、凛ちゃんを!キリッ>白夜さん
そしてその通りにいい位置に行ってくれましたw」
星井美希 「だって春香なら美希を指定しないって信じてたの>琥珀」
渋谷凛 「あぁ……すごく理解した>琥珀
いやまぁ、人狼で初日に吊られるとすごく切ないし。最初から仲間が分かるだけ。」
菊地真 「やっぱりか… けだるくても許される的なところがあるからね!
ボクもそういう時があるし>美希」
徳川吉宗 「凛の発言の中身的に、しっかりと後を見据えた上での発言と見えた。
票は入れれなかったな。」
十神白夜 「正直狐が怖くて狼が身内入れるかもしれない日のグレランだし、票も当てにならんぞ>菊地真
(天子が非狼なら、だけど)天子狼なら身内はあまりしないかもしれんが」
琥珀 「あの場であなたに指定が行くのはほとんどないでしょう…w>美希さん」
菊地真 「実はたまにダウナーも使うよっ>春香」
十神白夜 「俺は仮面かぶりつつ
夜戦々恐々してたが(きりっ>琥珀>渋谷生きてるか」
星井美希 「こう、誰もこなさげだしいいかなーって>真くん」
天海春香 「美希、すごい他の人に話しかけて
その人が人外かどうが探って頑張ってるように見えちゃったんだよねー・・・

ないあさんの狐にやられるの二回目かな、うう、全然察知できないや、とほほ~」
徳川吉宗 「ダウナーだとドクオになります。将軍です」
琥珀 「キリリッ>凛ちゃん
私も似たような経験があるのでわかりますw
だから今回、いつも以上に頑張る気がでましたよw」
グレイシア 「……そして私にダウナーな時なんてなかった……!」
十神白夜 「初日吊られそうならいっそ開き直って身内票もいいぞ>渋谷
仲間が生きるかもしれんし」
泉こなた 「ダウナーRPなら任せろー。)バリバリ」
徳川吉宗 「凛は最後に余に矛先を向けていたが……後に吊れる程の返しが出来たか、と
なるとわからぬな。むしろ負ける。全力で」
渋谷凛 「ありのままでいいと思う>グレイシア

具体的にはなでなでしたい。」
十神白夜 「ダウナーRPなら任せろ(きりっ」
菊地真 「狼3なら狐目のところを吊りに手伝ってはくれるでしょう?
それは正直な票のような>白夜」
菊地真 「えっ>グレイシア」
星井美希 「最後の灰だしねぇ>琥珀
だからニャンコ先生は狼っぽくないし別にいいやーって。
狼ならまずいって思ってはいたけどね」
琥珀 「でもそれが功をなしてのあの位置でしたしGJでっす!>白夜さん
私なんてわかってるふりして進行丸投げしてましたw助かりましたよキリッ」
グレイシア 「ダウナーで村に来てる時、って……あんまりないから……>真さん」
菊地真 「えっ>凛」
天子 「ダウナーかぁ……んー、無気力系?」
十神白夜 「いや、噛みと吊りで探す、の方がそういう狼は多い気が>菊地真
と、いうか3wで狐目吊らせてどうする」
星井美希 「やる気でないときとかねー>天子」
十神白夜 「貴様…w>琥珀
まったく。RPから司令官位置につくしかないし辛かったぞw」
徳川吉宗 「ふむ。今回は悔いも多いが収穫も多かった。うむ。」
天海春香 「わわっ、そうだったんだ!?>真
さすがお嫁さん(美希ちゃん)の事は深く知って実践してるんだね・・・!」
泉こなた 「でもやる気がない時に限って働かなくてはいけない。
そんなダウナー」
渋谷凛 「仲間が減るとますます不安になる臆病さをなんとかできたら……>白夜
LWになった時とかもう毎日胃が痛い。」
十神白夜 「3wとか狼多い時は
狐は吊らせると死ぬぞ、村が。」
菊地真 「狼の見当は付けやすかったので、指定展開はそのあとでもいいのかなぁとか。
実際は明後日の方向だったし吊れたのも村だったので間違ってる感すごいけどね>白夜」
琥珀 「なるほど、ただ村っぽすぎてどうでしょうw>美希さん
ニャンコ先生は釣る位置ではありましたが、あの日の指定は白夜>徳川だと思ってて
それで一瞬思考が止まってしまいました…w」
十神白夜 「安心しろ、俺もLw超弱い>渋谷
勝つのはいつも仲間が生きてる時だけだw」
徳川吉宗 「先ほどの村、よき銃殺対応であった>こなた
正直感服したぞ」
菊地真 「まぁ…それは確かに…w>グレイシア」
琥珀 「ちゃんと白夜さんが釣られたあと、継ぐ気まんまんでしたよ?w>白夜さん
結果的に来ませんでしたがw
帝王的なRP素敵でしたw」
泉こなた 「やめろーその後采配ミスった私を見るなー。>吉宗」
グレイシア 「私がダウナーな時ってほんと、色々まずいから……
村に入れる状態な時点でダウナーじゃないし……w>真さん」
十神白夜 「狐目吊ると狼が狐探さなくなる可能性すらあるんでな>菊池
狼多いと思ったらもう素直に狼狙っていいぞ。そういう時は村の仕事は狐はどうでもいいんで」
十神白夜 「絶対もうこのRP何ぞせん(断言>琥珀
まあ、その続きを見たかったがな」
菊地真 「じゃあ、ボクも失礼するよ! あまりここでは同村しないメンツと遊べたのも嬉しかった! 勿論いつもの人もね
またよろしく!」
グレイシア 「4日目に狐狙いする人が、だから……怪しく見えるというのも、あるかも、ね。」
ニャンコ先生 「落ちる人お疲れ様だ!」
星井美希 「美希村だったかなぁ?>琥珀」
菊地真 「そんなヤバいんですか…w
でもなんか惰性で入る日とかはありません?>グレイシア」
琥珀 「私は霊で色見せるために残して、釣れそうにない所を噛む気でしたね>白夜さん
そこを夜に決めようかと、いやーお見せできないで残念でしたwキリッ
あ、次もカリスマ的RP楽しみにしてますねw」
渋谷凛 「落ちる人はお疲れ様っと。」
菊地真 「確かにそうかもしれない、4日目から指定かあ。
考えたこともなかった、柔軟じゃないなあボク>白夜」
グレイシア 「自分的には普通にダウナーなだけ、なんだけども……
周囲に不機嫌そうなのが伝わるくらい……?
だから、そういう時は、しずーかに読書とかしてる……w>真さん」
天海春香 「真おつかれさま!
グレイシアさんはきっといつも「愛しのぷかぷかさんがいるかも・・・」って
テンションがいつも最高潮に違いないっ!(妄想///)」
十神白夜 「ぜーーーったいにやらんw>琥珀
ああ、次の狼っぷりは期待するが」
ニャンコ先生 「琥珀はステルス狼だったな、天子に●出された時の反応でもしや狼か?と思ったくらいだ」
十神白夜 「うむ、素直でいいのだ。素直で>菊地真
村不利なら本気で狐質とか覚えておくがいいと。(狐いること前提だが)」
グレイシア 「デレデコさんは……その……平常運転だねー……w」
渋谷凛 「あぁ、ぎゅーってしたいなぁ。うん。」
十神白夜 「世の中には狐何ぞ探さない狼もいたりするし(待て」
十神白夜 「では、俺もこの辺で行くか。
仲間には感謝を、狐には称賛を。
村建て感謝。さらばだ。」
星井美希 「狐質を取るなら狐に勝ちをくれてやるって狼もいるしねぇ」
泉こなた 「狐考慮しない進行なんてよくあるよくある。狼に丸投げする村もよくあるよくある。」
琥珀 「なにげに狼は好きな私ですキリッ>白夜さん
またその時は組みましょうね。その時はぜひその系列のRPでw」
琥珀 「ふむー、ありがとうございます>ニャンコ先生
それは意識してやったのでそう言われると参考になります
今はやめましょう」
琥珀 「                          __.. - ''  ̄¨7
                          r'´   _,,,∠
                     _ .-└- 、∠´_ ノ豸
            _.._-_''_三_`_〆´        ⌒ミZナ 、
         , .‐'´ ヤ⌒ ー、/       、  ヽ  ゞi`ヽ、
        く     \彡イV   / / ,' ハ  ヽ  ヽ、 \ _
         \ !  ,>Zンi   / / /j j ゙i,. - 、 }、\ゝ、\
          ゞLくイ  ,イハ  !r'/⌒//  | i }ト!  ト 、 `' !  \
           / ヽ /ミ|ト| ,ィ|_ムノ_/   Hゥt}i  ト、`''ー┼ … 1   さーてさて
           /   X/!∥ V|| Yi'ー|,`    ヒレ ハり\\  |   |
         /    ミジ〃| |   ! ll`¨´     " 八j  ヽミi !/^ゞ    私も落ちましょう
       /    V   l|  i.ll|、   ,ー⌒'く从|\_  i
      /  _  |    !l゙i   .lト!|ハ>':´::::::::::::::::` ー 、 ヽ亅         もう一歩でしたがお仲間はすみませんでした
     /,.‐'´  ヽ亅   l、\ 刈ヽ\::丶:::::::::::::::::::::::::「::ヽ、          狐さえ生きてなければ…ヨヨヨでも狐さんはおめでとうございますw
     '´            斤リ:.:.:.:.:.:.\::\::::::::::::::::::::i!、:::::\  
              /⌒V八 `へ、:.:.:.:.`、:::丶、:::::::::::!::l::::::::::::\        司令塔としての白夜さん       
              〕 iへ;;__`ーく >- 、_{::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::丶       Iいい位置に行った凛ちゃん
             〈ン ┤::::::::::\ く〔   〕-:ー::…::-::::、 ::::::::::::::::::::}        そして素晴らしい仕事をしてくれた天子さん 本当にありがとうと感謝を
              匸 l , -- 、_`一ラ'´::::::::::::::::::::::::::::|1`'ー_-、::j
              じ.{:::::::::'::´:::::ノ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  \i 丿    村の皆さまもお疲れ様でした それではまた会いましょう それではさらばだー
               Xl::::::::::::::厂::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::|ト, 、 ヽヽ
                |:::::::::::::|:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::|!. U \ソ
天海春香 「・・・はっ!?
つ、次は真の言ってくれたこともあるし、
もっと初心でがんばろうと思いました、まる///>グレイシアらいちさん」
渋谷凛 「お疲れ様。次組んだ時は、ぜひ今回のリベンジを共に>琥珀」
星井美希 「じゃ、美希も落ちるの。
あんまりやる気ないときに限って残されちゃうね、あふぅ。
久しぶりの狐勝ち嬉しかったの。
それじゃあお疲れ様。」
ニャンコ先生 「では私も帰るとしよう
最後に吊られて申し訳なかった
狐は見事であったぞ
さらばだ!」
グレイシア 「いやまぁ……今のままでも良いんじゃないかな……
段々、小鳥さん寄りに見えちゃうけど……w>春香さん」
天子 「それじゃーみんなお疲れ様。
次こそは天下一の有頂天アイドルになってみせるわ!」
渋谷凛 「ん、それじゃわたしもそろそろ帰ろっかな。
お疲れ様、GMは村立てありがと。またよろしくね。」
菊地真 「普通に戻ったら体調を心配してしまうレベルに定着してますからねw (さっ>春香
泉こなた 「私も落ちるかなー。同村、楽しかったよ。ありがとね。じゃあにー。
あと…まあ、褒められて悪い気はしなかったよ。>徳川」
ニャンコ先生 「>有頂天アイドル
スキャンダルですぐに転落しそうだな

皆お疲れ様なのだ!」
徳川吉宗 「ログ読んできた。余にもっと余裕と、慎重さと、バファリンの優しさ以外の半分が
あったならば……と思わずにはいられんかった」
徳川吉宗 「おっと、落ちた方々はお疲れ様である。」
徳川吉宗 「では余も落ちるとしよう。今日は生き残ったはいいが、生き残ったのならば
それなりの責務を果たさねばならぬところであった。

余の力不足を痛感させられたな。これからも精進に励もう。

では、楽しきひと時を感謝する。さらば! (パカラッパカラッパカラッパカラッ」