←戻る
【劇場111】劇場公演 木曜の部村 [130番地]
~ゾロ目記念?~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7
icon 道明寺歌鈴
(生存中)
icon オメガ11
(生存中)
icon 新田美波
(生存中)
icon 銀ちゃん
(生存中)
icon アイギス
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon 日高愛
(生存中)
icon 伊織貴瀬
(生存中)
icon こぁくま
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon 間桐慎二
(生存中)
icon 真紅
(生存中)
icon 犬走椛
(生存中)
icon 秋月涼
(生存中)
icon 島村卯月
(生存中)
icon 上田鈴帆
(生存中)
村作成:2012/08/16 (Thu) 22:00:34
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
GM 「22:30に点呼予定です」
オメガ11 さんが入場しました
オメガ11 「こんばんは
村立てお疲れ様だ!」
GM 「とりあえず開始する時は3,2,1のカウントは大事ですよと言っておきますね

最近そろったな、よし開始でカウント無しの人が多いので」
新田美波 さんが入場しました
GM 「最初に来た方・・・アンカーの人は留意しておいてください。
心の準備ってやつはあると思うので」
オメガ11 「こんばんはだ」
新田美波 「こんばんはっ。」
チャールズ さんが入場しました
新田美波 「やっぱり知らせることって、大切ですものねっ>GMさん
少し間を置かないと、最後の方に入ってきた人とかは準備できてないかもしれないですし。」
チャールズ 「よぉ、今日も良い波が来てるじゃないか
ちょっと離席するから開始前にちょと異議あり頼むわ」
オメガ11 「こんばんはだ」
オメガ11 「オメガ11、ラジャー>チャールズ」
新田美波 「こんばんはっ。今からサーフィンですか?>チャールズさん
真夏のスポーツはいいですよね!」
アイギス さんが入場しました
アイギス 「お邪魔させて頂くであります。」
チャールズ 「リフってやつだ ここじゃちょっとマイナーなスポーツかもしれねぇな>新田」
でっていう さんが入場しました
チャールズ 「しかしまー今日はこれてよかった
ホントは昨日も来たかったんだがな・・・」
輿水幸子 さんが入場しました
日高愛 さんが入場しました
でっていう 「よろしくなっていうwww」
日高愛 「おじゃましまーす!」
輿水幸子 「ボクの見せ場と聞いて!」
アイギス 「神崎さんを勉強中なのですが、なかなか自信が持てず表舞台へ出す機会が無いのでありますね。」
伊織貴瀬 さんが入場しました
こぁくま さんが入場しました
こぁくま 「失礼致します♪」
チャールズ 「今日の一番の吊りは決まったな なぁ?でっていう」
アイギス 「よって、私が妥協案という帰結に至りました。」
三浦あずさ さんが入場しました
新田美波 「来た方こんばんはですよっ。
調べたらリフティングが出てきました……どんなスポーツなんです?>チャールズさん」
伊織貴瀬 「ふん。あいも変わらず妙ちきりんな顔ぶれのプロダクションだ」
三浦あずさ 「よろしくお願いしますね~」
オメガ11 「来たやつらこんばんあはだぞ」
日高愛 「今日は皆さん集まりがいいですね!」
輿水幸子 「蘭子さんは…あれです結構適当にかっこよさそうなこと言っておけば何とかなります」
karirir さんが入場しました
日高愛 「あずささん!宜しくお願いします!」
オメガ11 「今日は意外と集まりがいいな」
真紅 さんが入場しました
アイギス 「私もP3ではアイドル的な立場なので、某プロダクション所属の方々と境遇は似ていると自負しているのであります。」
karirir 「【RP検討中】」
GM 「リフ:空に流れるトラパーという特殊な粒子に特殊な加工を施したボードで乗る空中サーフィン。
慣れないうちはそこそこ危険」
真紅 「ふぅ、間に合って良かったわね……
よろしく頼むのだわ。」
チャールズ 「要は大気に混じるトラパーっていう物質・・・まぁ、なんか
目に見えない元素、エネルギーでもあるんだが・・・
フォトンとか言って通じるかね?そんなのの流れを読み取って
リフボードっていう特殊な加工がしてあるボードでそれに乗るんだ」
かり さんが入場しました
伊織貴瀬 「折角この俺が来てやったのだ、楽しませてくれるのを期待するがな。
……フン」
かかかん さんが入場しました
チャールズ 「お、支配人は準備が良いねェ そういう気配りできる奴ってのは可愛がられるもんだよ」
かかかん 「どもー」
新田美波 「ありゃ、もう13人ですか。今日は皆さん早いですねっ。
空中サーフィンですか! 危険度高そうですけど、爽快感も高そうです!!>GMさん、チャールズさん」
チャールズ 「さーてと、開始前にビールでも取ってくるぜ 離席」
日高愛 「あっとふったり!あっとふったり!」
オメガ11 「こんばんはだ」
アイギス 「本命(本音)の文章と修飾する仮初の文章を並行して構築するには相応の労力が必要でありますな。 <輿水さん」
新田美波 「フォトンっていうとなんかかっこよく聞こえますっ>チャールズさん
来た方こんばんはですよっ!」
aaa さんが入場しました
かりりん さんが入場しました
オメガ11 「空中サーフィンか、スカイダイビングならしょっちゅうしてるがね」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 犬走椛
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 236 (犬走 椛)」
かりりん 「ズサーと」
aaa 「あぶなーい!」
犬走椛 「よろしくおねがいします!」
GM 「さて・・・本日のナビはどなたにやってもらいましょうか・・・」
karirir 「karirir さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:karirir → 間桐慎二
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 876 (間桐慎二)」
こぁくま 「埋まりましたね。
速めにきてよかったです♪」
輿水幸子 「おや埋まってしまいましたね…済みませんが少々離席しますよ」
オメガ11 「満員御礼だな、仮の奴は早く素顔を明かしてくれよ?」
三浦あずさ 「あら、今日は埋まるのが早いわね~」
間桐慎二 「ふん、よろしく頼むよ?僕が満足するくらい、素敵な展開を希望するね」
新田美波 「あ、もう埋まっちゃいました……すごいですね~。
ではでは皆さん、よろしくお願いしますっ♪」
こぁくま 「ありゃ、椛さんも来てますね。一緒に頑張りましょうねー♪」
でっていう 「      / ニYニヽ
    /(仡ト)(仡心) __人_
     弋cソ弋cソ  ..`Y´ >チャールズ 
   /   ⌒`´⌒\     こんなに愛くるしい俺様が初日吊りとか都市伝説だっていうwww
 /    ,-)   (-、\
 |      l  __  l |
 \     \  /  /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.」
オメガ11 「オメガ11より、GMへ
開始は22:30か?」
日高愛 「珍しいぐらい早く埋まりました!」
真紅 「最近は埋まるのが早いわね……
とても良い事では、あるのだけど。」
GM 「半年に一度あるかないかの早満員!
・・・自分で言ってて悲しくなってきたけどそれはそれですね、えぇ」
輿水幸子 「輿水幸子 さんが登録情報を変更しました。」
aaa 「aaa さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:aaa → 秋月涼
アイコン:No. 8 (緑) → No. 27 (秋月涼)」
間桐慎二 「ちなみに言っておくと”あのお方”ではないからね。君たちと主に僕のための
一応の注意だけどさ。しっかり頭に入れるように。」
秋月涼 「よろしくお願いします」
チャールズ 「ビールなかったぜ・・・ちくしょう」
GM 「全員の準備が出来次第。GMも含めてね。あと、開始前カウントを忘れてはいけませんよ。全員そろってもね

どういうふうにやるかは他の村のログを参考にせよとのことです>オメガ11」
犬走椛 「速く埋まるのは良いことですねっ。」
でっていう 「    (ヽ (ヽ   ( i))) /) /)
  (ヽ(((i (ヽ((/ニYニヽ ( i)))/)   /)
  ((i(ヽ(((i )/( ゚ )( ゚ )ヽ ( i)))/) i)))  集まったなら、早く始めようぜっていうwww
(ヽ (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
.(((/∠_| ,-)___(-,|_ゝ \/)
 (   __、  |-┬-|    ,_  )
 ((\\ |    `ー'´   /´ //\)
 (/ (((i )|         / ( i)))( i)))
   (/             \) \)」
真紅 「ビールなどどうでも良いのだわ。紅茶を飲みなさい、紅茶を>チャールズ」
オメガ11 「カウントダウンに関しては任せろ>GM」
日高愛 「あのお方・・・!真の黒幕さんですね!>慎二さん」
チャールズ 「たまには紅茶も良いもんだな・・・オレンジペコが好みなんだが・・・
こいつは何かわからんな>真紅」
秋月涼 「愛ちゃんがいるからね、僕も出演することにしたよ」
間桐慎二 「へえ、奇遇だね。僕も紅茶は大好きだよ?仲良くなれる気がするなあ>真紅」
GM 「んー・・・ナビリクエストは無いので適当に選びましょうかね・・・」
でっていう 「               / 二ヽ /ニヽ
                /::::::::::::::Υ:::::::::ヽ
             /:::::::r=、::::::r=、:ヽ    ゴーヤオレでもどうだ?っていうwww
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::─}::::::::::`::::::′::::::{―ヽ
         |.::::::::::′ ′:::::::::::::::::::::::::::::,` ` l
         |::::::::,'   ヾ―――――r   |
         |::::::::      `=ニニニニ=′  /
         ヽ::::::`、               /
          \::::::` 、          /
           ノ ̄´"''‐ 、      ¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ| ゴーヤ |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ  オ・レ ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥」
こぁくま 「お茶でも飲みながら待ちましょうか。」
かりりん 「んじゃりせちー。ナビだけに>ナビ」
オメガ11 「歌鈴で頼む>GM」
真紅 「こちらは、貴方と仲良くなれる気がしないのだけど……
貴方にはそうね……水銀燈あたりと似た空気を感じるのだわ……>慎二」
新田美波 「あ、遅れましたけどわたしは準備できてますよっ♪」
日高愛 「ゴーヤオレ・・・凄い苦そうです!>でっていうさん」
こぁくま 「ゴーヤ…は…
ほら、そこの右下の男性に!>でっていうさん」
チャールズ 「ゴーヤとオレっていう言葉はいっしょくたに使うもんじゃなかったとおもうが・・・?>でっていう」
チャールズ 「星井で頼む>支配人」
新田美波 「ゴーヤをメロンとすり替えておきました!!>でっていうさん」
三浦あずさ 「ゴーヤー…」
輿水幸子 「ただいまですよ」
間桐慎二 「う、うん?ソウダネ。きっとそうだ、なかなかの慧眼だよ。びっくりだなあ>日高」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 道明寺歌鈴
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 819 (道明寺歌鈴)」
日高愛 「私の目で見通せないものはありません!(エッヘン>慎二さん」
でっていう 「きゅうりに蜂蜜でメロンというが、
ゴーヤと蜂蜜はどうなるんだろうな?っていうwww」
かりりん 「かりりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりん → 島村卯月
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 896 (島村卯月02)」
チャールズ 「ちゃんと食えよ・・・?>でっていう」
オメガ11 「(画面の向こうでガッツポーズの音が聞こえた気がする)」
間桐慎二 「水銀燈?いったいどこのどのへんが僕に似てるのか皆目見当もつかないケド。
勘違いじゃな?。仲良くなれるって。>真紅」
島村卯月 「じゃあ私はこうしましょう!
どどんっ!」
日高愛 「それだと苦いはちみつじゃないでしょうか!?>でっていうさん」
道明寺歌鈴 「え、えぇと、その!
リクエストの中からやったことない補正+今日はアイドル足りない説により私が抜擢されたそうです!

見、みな、皆さんよろしくおねがいしま・・・ぴゃうっ!?(こけて顔面からばたっ)」
でっていう 「あずさは何、ゴーヤに反応してるんだ?っていうwww」
チャールズ 「悪い、ちょっとRP変える」
犬走椛 「のんびり待ちましょう。(ずずー」
島村卯月 「ちなみにりせちーだったら花村くん辺りにするつもりでした(キリッ」
新田美波 「あぁ、よしよし……大丈夫です?>歌鈴GM」
伊織貴瀬 「まぁ、ワカメと仲良くなりたい奴など居ないだろうな」
オメガ11 「ドジッ子は健在のようだな」
間桐慎二 「へぇ…そうまで豪語するんだ。ちょっと本気で感心したよ。はは。
君のことはよく覚えてくね。>日高」
島村卯月 「あっ、歌鈴ちゃん大丈夫?
まるで春香先輩の如く……」
秋月涼 「わああ、歌鈴ちゃんしっかり!
ほら、怪我とかしてない?>GM」
輿水幸子 「歌鈴さんはある意味いつも通りですねぇ…」
三浦あずさ 「なんでもないわ~>でっていうさん」
秋月涼 「むむ」
日高愛 「慎二さんも宜しくなのですよ!」
オメガ11 「どんがラプター…いやなんでもない…」
でっていう 「かかかんは生きてるのか?」
秋月涼 「GMさん、かりりんをいっかい蹴って欲しいそうです」
間桐慎二 「僕はワカメじゃないから僕じゃないね)キリッ>伊織」
チャールズ 「チャールズ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:チャールズ → 銀ちゃん
アイコン:No. 995 (チャールズ・ビームス) → No. 176 (水銀燈03)」
こぁくま 「仕組みが面白そうですね…>どんがラプター」
オメガ11 「オメガ11より、かかかん応答せよ」
銀ちゃん 「たったかたー!銀ちゃんINしたわぁ!」
秋月涼 「少し戻れなくなってるとのことです」
銀ちゃん は かかかん に KICK 投票しました
オメガ11 は かかかん に KICK 投票しました
日高愛 「それ、空中で落ちそうですよ!?>どんがラプター>オメガさん」
島村卯月 は かかかん に KICK 投票しました
かかかんさんの出演は延期になりました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
道明寺歌鈴 「は、はい!」
犬走椛 「あらー、しょうがないですね。」
でっていう 「再投票忘れるなよっていうwww」
銀ちゃん 「ん~ふっふ~元気そうねぇ真紅ぅ~(ナデナデ」
新田美波 「あれ、サーフィンの人が女の子になりました。
ひょっとして……サーフィン仲間です?>銀ちゃん」
道明寺歌鈴 「反応する前におわったー!?」
かかか さんが入場しました
オメガ11 「案ずるな、たぶん大丈夫>日高」
島村卯月 「再投票ですよー!」
伊織貴瀬 「フン、自覚の無い人間が一番厄介だな。>間桐
哀れな事だよ」
こぁくま 「こんな日もありますよっ。」
道明寺歌鈴 「わ、私はダメダメですぅ~~・・・・」
間桐慎二 「うん、よろしく。>日高」
オメガ11 「ちょっとAIM-9M撃ってやっただけだ、問題ない」
日高愛 「じゃあ着陸前に転ぶんですね!>オメガさん」
かかか 「かかか さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かかか → 上田鈴帆
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 996 (上田鈴帆)」
輿水幸子 「わかめはお味噌汁に入れましょう、ボクは食べませんが」
秋月涼 「空中でどんがらしたらもうおしまいだよね・・・>愛ちゃん」
新田美波 「くよくよしちゃダメですよっ。ほら、もっと元気出して!>GM歌鈴」
オメガ11 「滑走路使えなくなるのでやめてほしい>日高」
上田鈴帆 「いやー、すまんすまん、まさかはいれんようなるとかおもっちょらんかったけんね。
んじゃ、よろしく!」
秋月涼 「アイドルはスピード勝負・・・か。
僕は覚えたよ(キリキリ」
日高愛 「着陸時以外だったらなんとかなるかもしれません!>涼さん」
三浦あずさ 「みなさん準備できましたか~?
ちゃんと希望を確認しておかないと
ついうっかりしていることもありますよ~」
銀ちゃん 「遺言仕込んでー・・・参加者登録してぇ・・・
準備できたわぁ!」
間桐慎二 「ふ、ふん。覚えもないことを自覚しろなんて無理な話だろ?そういうことさ>伊織」
こぁくま 「これで出揃いましたか。
さあて、ファイトファイト、ですねー。」
秋月涼 「発進時もどんがらしたら大惨事だよ愛ちゃん!>愛ちゃん」
銀ちゃん 「うぅ・・・真紅が無視するわぁ・・・ひどいわぁ・・・」
新田美波 「さぁて、それじゃ……そろそろ開始ですね。
みなみ、頑張りますっ!!」
上田鈴帆 「そんんだば、なんじゃ、これから狼の着ぐるみきてなんかするんじゃろ?
ようわからんばってんが、こないだニナがやっちょったことみたいなことかね?」
島村卯月 「よしっ! 遺言準備も完了しましたよ!
いつでも行けます!」
三浦あずさ 「こぁくまさん、投票~」
日高愛 「そこまでは考えていませんでした!>涼さん」
秋月涼 「鈴帆ちゃんもよろしく!」
道明寺歌鈴 「あ、えぇと・・・その、希望役職数は終了後発表がいいんでしょうか」
オメガ11 「オメガ11より、各村人へ
用意はよろしいか?」
こぁくま 「あ、お待たせしました。」
アイギス 「では出撃します。」
上田鈴帆 「まぁ、なんでもよか!
なんでんかんでん、ウチがみんなを笑顔にしてやるけん、かかってきんしゃい!」
秋月涼 「メタにつながるから、終了後の方がいいかな>歌鈴ちゃん」
日高愛 「終了後ですね!>歌鈴GM

オメガさんカウントダウンですよ!」
オメガ11 「出撃カウントを開始する」
こぁくま 「                ,. -─- 、.,_
        |   ,.ヘ ,.'"´:::::::::::::::::::::::ヽ.
        || _ノ:::::::>'::::/;:ヽ:::::::::::::::へ!ノヽ
        |.|  ̄7::::::/:::;:ヘ/|::::/|:::::::i:::';ヘノ______
       /|   /:::::::i::::7!ゝ、!/ レ'|;ハ:::| ,/o oヽ.  アーマード小悪魔がイレギュラーに参上!
   /!  /7`iヽ./ヘ/:くi:l:|イ |_c!`  ァ7/|::|'7 o o o oi
  /:::::ヽ、i l l /二ヽヽ|:::|"" r- 、`' .!::|>ヘ o o o /
  ,':::::::::::::ri ̄ ̄ヽ、フY/|:::|>.、!__,ノイ|:::!___/ ̄「 ̄7  ,.-‐ァニニヽ_______
  i::::::::::::く7⌒ヽ〉 i___|_ヽ!ヘヽ/__7」ヽ:レ'7 ヽ/´7-'77'" ̄7(├ i/_______(>
  |へ:::::::::r!ヘ____>'ヘ /ヽ、__// __`ヽ_|_|---i ,|__ | |>--'"i | !ニ} |>
    `く\7-へ/7__ハ-i.___/| /____i__||ヽ、_」__l__「 `"''ー‐' ` ̄` ̄
    /i>、>  ,.ヽ./\\ヽゝ「____」ンへ/
    `ヽi/\へr'"`ヽノフヽ、」__l_l_」、_
     ∠ヽ., ヽ_!____,r'へ\/||__o_i7 ヽ.
         ̄/ \  く\\!____|\/>
     _,,. --くヘ/_| i\_>'へへ.! ハ ´
    /    r|‐-‐/|ヽ,_/  ̄\>、>、!、
   /   r/「ァ--i7         r|ヽ\>7
  ▽   |/|   | |.       | ヽー-‐!ヘ
     ,く,.---、 / |〉        |ハ/ ̄ Y、
    i i_______ヽ」-'         ',/i-----i」
    T |___///         Yヘ______/ |
     !ー--‐' 7          ヽ、!_____!/
     `'----'」
オメガ11 「5」
銀ちゃん 「銀ちゃん的には構わないわよぉ?むしろウェルカーム
無論、終了後に・・・ね?」
オメガ11 「4」
道明寺歌鈴 「わ、わかりました秋月さん!」
伊織貴瀬 「自覚の無い愚者は哀れだな。>間桐
いや、むしろ頭の中は幸せなのか?」
島村卯月 「それにしてもAA探して思ったけど
凛ちゃんと杏ちゃんのAA数は凄いなあ……
もうやる夫スレで普通に使えそうなレベルだよ」
間桐慎二 「それはいけないなあ。でも安心して?真紅ちゃんと話してた時君の話題が出たんだ。
大丈夫だよ。というわけで僕もよろしく>銀ちゃん」
新田美波 「いつでもいいですよっ>オメガ11
うーん、終わった後でいいかなとは思います。具体的に誰がどの希望出したかも出せますしねっ>歌鈴GM」
オメガ11 「3」
三浦あずさ 「あーまーどこぁですね~>こぁくま」
オメガ11 「2」
秋月涼 「とっつき搭載!?>小悪魔さん」
輿水幸子 「さあ張り切って行きましょう」
オメガ11 「1」
上田鈴帆 「まぁいっちょん役っちゅうのがわからんけど、わからんのやったらあとがええんやないかねぇ」
道明寺歌鈴 「美波さん、心配してくれてありがとうございます・・・

そうですよね、私ががんばんないと」
伊織貴瀬 「……フン」
犬走椛 「さて、頑張りましょうか。」
日高愛 「パイルバンカーでどっかーん!」
オメガ11 「Preparations are complete. Ready for battle.
攻撃準備完了。攻撃を開始する。」
ゲーム開始:2012/08/16 (Thu) 22:30:44
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
オメガ11 「オメガ11ヽ(0w0)ノイジェークト」
日高愛 「ノゾミガタタレター」
日高愛 「よっし!占いに出ます!」
上田鈴帆 「おおう、ホントに狼の着ぐるみきるんね!」
オメガ11 「よし初日は希望を奪った占いを食おう」
日高愛 「囲いが欲しい人は居ますか!?」
オメガ11 「日高が騙りか、宜しく頼むぞ」
上田鈴帆 「あ、あんたしゃんしっとるよ、876の日高愛しゃんやろ?
わかったい。ウチ、潜るけんよろしくな!」
オメガ11 「初日は様子見でいいと思うぞ」
「◆道明寺歌鈴 皆様、お集まり感謝です!きょ、きょうの進行は私、どど、道明寺歌鈴が承りますっ!

至らない未熟者ですが、が、がんばります!
開始前に励ましてくれた方々。本当にありがとうございます!」
日高愛 「りょーかいです!
じゃあ占い分作るので噛みを遅めで2:00ぐらいでお願いします!」
オメガ11 「でっていうは初日吊り上げたいので丸投げないでくれ」
上田鈴帆 「どげんすっかねぇ。
とりあえずは、今日んところはええんじゃないやろか?
ま、ウチとそこのごついアンちゃんまかせときゃいいきに!」
上田鈴帆 「よかたいよかたい。
そんじゃ、あれやね。日高しゃん、なんか景気よく勝どきでもあげんね?!」
オメガ11 「巫女ってだけでオールおkって上官が言ってた>歌鈴」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆道明寺歌鈴 あ、あのですね、その・・・本日の霊界カフェは和を基調とした雰囲気になっております。

音無さん曰く「コンセプトは巫女カフェよ!」らしいですけど・・・よくわかんないです」
道明寺歌鈴 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
道明寺歌鈴さんの遺言 う、うまくいかないですー・・・
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
銀ちゃん 「んふふっふぅ~ ねー真紅 一緒に頑張るもんね~?」
間桐慎二 「おはよー
ま、間桐家長男であるこの僕がいるんだ。
アイドルと麗しい女の子たちを安心させるのは簡単だよ
男?自分の身は自分で守れば?男ならできるだろ?」
こぁくま 「おはようございま…ふぉーゆー♪
さて、COをお願いしますねっ。だばぁ(誤貼り)厳禁ですよ!」
オメガ11 「おはよう
ミッション開始だ」
真紅 「さて、おはよう。
笑顔の素敵な方が多い村ね。
そこのトカゲは別だけれど。
……ああ、水銀燈?
貴方が初手銃殺されるのを楽しみにしているのだわ。」
日高愛 「占いCOします!真紅さん○!
でっていう 「おっは~っていうwww
初日の予想してやるっていうwww
初日から●が出る、それも俺様になっていうwww
覚悟完了したっていうwwwさっさとCOするんだっていうwww」
上田鈴帆 「おはようさん、そんじゃ、景気よくいかんね!
占いちゅーのがでてくるんじゃろ?さっさとでてくるばい」
秋月涼 「おはようございます、と。
役職の人はCOをお願いするね。」
輿水幸子 「おはようございます今日もボクは可愛いですね!
…あぁ役職さんは働いてくださいねこの可愛いボクのために」
島村卯月 「占いCOです! 幸子ちゃんは○!」
犬走椛 「おはようございます!
それでは占いCOをお願いします。わふー。

なんかやけに夜が遅かった気がします!」
伊織貴瀬 「……フン。
おい、COを聞いてやる。ありがたく思うといいぞ」
アイギス 「対人狼特別制圧兵装【占い師】起動  銀ちゃん ○」
島村卯月 「理由
折角だからアイドル仲間を占わナイト!
えーと、じゃあまずは幸子ちゃんからで!
三浦あずさ 「おはようございます~」
でっていう 「にしても、初日からおせーぞっていうwww」
アイギス 「占い使用許可事項:
隣接区域在住の水銀燈。これ以上の理由は無いのであります。」
新田美波 「おはようございますー。それじゃ、占い師はCOお願いしますね?」
日高愛 「理由:
紅いお人形さんが眼についたので
今日初めはこの人を占いますね!」
間桐慎二 「歌鈴が…死んでる…!ひぃぃぃ」
輿水幸子 「それでは可愛いボクが霊能COしますよ!
子の可愛いボクに死体を調べられるなんて光栄ですね!」
三浦あずさ 「あ、霊能COしますね~」
こぁくま 「3CO○進行。
霊共有もお願いしますよ!」
真紅 「……占い3。水銀燈と揃って○とか頭を抱えたくなるのだわ……w」
オメガ11 「占い3か
何だか懐かしい感じだ」
伊織貴瀬 「……少しは愉快な展開になればいいがな。
おい、占い師は3人か?」
島村卯月 「がーーーーーーーん!!!>幸子ちゃん霊能」
アイギス 「そしておはようございます。アイギスです。
皆様のお役に立てるよう頑張ります。」
犬走椛 「極普通に3COみたいですね。
○進行ですし、霊能と共有もFOお願いします。さくさく行きましょう。」
日高愛 「おーし!じゃあ頑張りますよー!」
上田鈴帆 「んで、占いしゃんは3人かね?
よかよか、そんじゃ……(ゴソゴソ)「れーのー」と「きょーゆー」もでんねー!」
銀ちゃん 「そんなひどい事いう真紅なんかしーらないっ!いーっだ!」
でっていう 「占い師三人に霊能二人だなっていうwww」
輿水幸子 「おや対抗にあずささんが…」
秋月涼 「普通の○進行かな。FOでよろしく!」
三浦あずさ 「あら~?
対抗さんが出てきました~」
アイギス 「では霊や共有さんもよろしくお願いしたいであります。」
こぁくま 「おお、3-2ですね。」
オメガ11 「霊能2?
どっちか共有か?」
日高愛 「ん?霊能・・・二人ですか?」
間桐慎二 「こほん……なんでもないなんでもないぞ!
占いは3COで霊能も確認。問題ないな」
島村卯月 「ようし、幸子ちゃん○だよっ!
狼や狐さんじゃなくて良かった、
さあ一緒に頑張ろうって言おうとしたのにー!!」
犬走椛 「可愛い……可愛……死体……

いえ、なんでもありません。止めておきましょう。」
でっていう 「共有は出てきて、霊能ロラかどうか指示頼むっていうwww」
新田美波 「では、共有COしますっ。相方はまだ言えませんが、【生存中】ですよ。」
銀ちゃん 「3-2なら撤回があるなら早めに・・・ないならローラーでいいと思うわぁ」
上田鈴帆 「おお!これウチしっとおよ!
3-1進行いうんじゃろ?
こうなったら、きょーゆーもでてこなあかんね!」
アイギス 「霊能が二名見えるので、撤回が無ければロラがベターと提案するであります。」
伊織貴瀬 「……3-2か?」
秋月涼 「3-2・・・?
共有は撤回あったりするかな?」
真紅 「……なんで今日の貴方はそんなに可愛いのかしら……
いえ、そういうのもありね。……ああ、可愛らしい水銀燈なんて新鮮なのだわ>銀ちゃん」
犬走椛 「と思ったら三浦さんの霊能COが見えましたね。ふむ。」
島村卯月 「ってあれ、霊能2!?
……共有撤回するにしても何にしてもどのみち無駄占いなのは
変わりないんだよねー……あははは」
三浦あずさ 「対抗がもし共有さんなら~
グレランを指示してほしいです~」
オメガ11 「共有COを頼む」
犬走椛 「共有じゃないならさっさと撤回して、共有なら相方さんが言及してどうこう。というくらいですね。」
オメガ11 「新田共有了解」
こぁくま 「霊ローラーでよろしいでしょうか?>共有殿
指示がなければそっちに流れそうですが。」
伊織貴瀬 「少しは面白いじゃないか。
おい、相方は霊能にいるのか?>新田」
輿水幸子 「占いが3で対抗がいるとは…これは珍しくないでかね?」
犬走椛 「あ、間違えました。共有じゃないならローラーですね。」
でっていう 「撤回なしなら霊能ロラだな、理解したっていうwww」
上田鈴帆 「おお!ウチと同じしぇくしー系の新田しゃんが共有ね。
こりゃ、ウチもがんばらんっといかんたい!」
間桐慎二 「ん?あずささんに幸子ちゃんが霊能か?ロラなのかな?
ま、共有に任せるけど、権力って活かした方が楽しいだろ?
それくらいは僕でもわかるさ」
島村卯月 「あれ、相方さん隠すのかな?
見ての通りだから、灰にいるなら出して欲しいかな」
アイギス 「ふむ。」
銀ちゃん 「生存中・・・それなら、ローラーで構わないと思うわぁ
アーマーをしたいっていうならグレラン指示を出すことをすすめるわぁ」
真紅 「ちなみに指示がなければローラーから入ってしまうわよ?
せめてそこだけは指示が欲しいところね」
オメガ11 「霊能ローラーで問題ないな」
新田美波 「で、早めに指示を出しときます。
今日はグレランにしますねっ。」
犬走椛 「グレラン、と。了解です。
……となると、さて。」
三浦あずさ 「幸子さんが共有じゃないならロラでもいいですけど~
3-2の内訳がわからなくなります」
日高愛 「うーん?霊能ロラ指示がないなら、そういう事なんでしょうけど
霊能ロラがあるなら、これ狼の2騙りでしょうか!?それとも霊能に狐が!?」
上田鈴帆 「な、なんね?
三浦しゃんも霊能ね?

っていうかこれ、霊能あーまーしとるんやったらあんま意味ないんやないかね?」
輿水幸子 「おや、僕たちをロラしないんですね?」
銀ちゃん 「ふーん・・・悪くない手だと思うわぁ・・・
銀ちゃん嫌いじゃないわよぉ」
秋月涼 「普通なら霊能ロラで
このまま霊能に共有を混ぜてグレラン・・・ってとこかな?察するに。」
オメガ11 「オメガ11より共有へ
霊能2だが相方でもまぎれてるのか?」
真紅 「グレランには了解ね。
……では、私はこの可愛らしい水銀燈を愛でているから、邪魔はしないで欲しいのだわ」
島村卯月 「ぐ、グレラン指示ですか……
ってことはこのままで進行するのかな
ここは私の決断力とか推理力とか色々試される予感っ!」
アイギス 「となると1/2で敵対陣営に真贋付きの可能性があるでありますね。
狩人の方は要警戒をお願いしたいのであります。」
こぁくま 「ん、大体把握です。
さて、何処からしょっ引いて行くべきでしょうかねえ。」
伊織貴瀬 「まあ了解したが>霊能
○を貰っての霊能騙りやアーマーに意味は無いと思うがな」
オメガ11 「正直あまりメリット無いと思うのだが」
でっていう 「グレランか…霊能アーマーかどうか考える必要はないな、いまのとこっていうwww」
三浦あずさ 「あらあら~。グレランね~
なら共有さんってことね」
犬走椛 「せめて上手く行くと良いですね、くらいでしょうか。僕から言えることは。
これ以上言及するのもアレですし灰を……見てもどうしようも無いんですよねえ。初日ですから。」
アイギス 「グレラン、でありますか。
であればアイギスは察したのでありますと独り言を言っておくのであります。」
日高愛 「グレランと、成る程共有の真意を理解しました!
では私は灰を見ていきますよ!噛まれるのが怖いですけど!」
新田美波 「……? すいません、霊能アーマーってなんです?>鈴帆さん」
間桐慎二 「グレラン……ん、なるほどね、そういうことか。もちろん了解だよ。>美波ちゃん
権力を生かすのはその人の自由さ。当たり障りのないことをすること然り
それしかりね。共有って権力だろ?」
上田鈴帆 「まぁ、共有しゃんがそういっちょうんやったら、深くはきかんけんどね?
ただ、なんじゃ、村が狼みつけにくうなっちゅうたら迷わんと解除せんとあかんね?」
秋月涼 「まあ五分ってとこだよ
狼に対する牽制効果は間違いなくあると思うしね>オメガさん」
真紅 「ということで、朝一の発言は詫びるのだわ。
……何故そんなに可愛らしいのかわからないけれど、たくさん可愛がってあげるのだわ>銀ちゃん」
島村卯月 「とりあえず私たち村は今、色々と察して
行動するべきでしょう! たぶん! おそらく!」
銀ちゃん 「銀ちゃん的には、真紅が生きてればそれでいいわぁ
ねー真紅(ナデナデ」
こぁくま 「あまり分からん殺しは好きではありませんが。
まあ、状況が状況です、やってやりましょう!」
犬走椛 「とりあえずそこの爬虫類さんをなんとかするところから考えましょうか。わふ。」
オメガ11 「占いは自由か?」
三浦あずさ 「まあ、ロラされないのは~
うれしいですね~」
でっていう 「>オメガ まぁいいだろっていうwww大将の指示に従うのが俺ら兵隊だっていうwww」
島村卯月 「あわわ電話電話」
伊織貴瀬 「それでもしたいのならあまり言う事はない。
ただ霊能アーマーとはどちらかと言えば占い師を噛ませる戦術である事を覚えておけ。

……占いを騙っているなら無駄だからとっとと撤回しろ、と一応言っておくぞ」
オメガ11 「…そうだな>でっていう」
間桐慎二 「まあメリットというかなんというか牽制にはなるね。
ハイリスクローリターンだとは個人的に思うけど。>オメガ」
真紅 「……そ、そうね……
あ、あれ……なんで私がなでなでされているのだわ……?>銀ちゃん」
犬走椛 「(おかしい、真紅さんと銀ちゃんがものすごく仲が良い……どういうことなんでしょう)」
上田鈴帆 「オメガのあんしゃん、そういうん聞くのは野暮もいうもんち?
いろいろあるけんが、明日は明日の風がふくだけったい!」
銀ちゃん 「とりあえず、でっていうがもっともらしい村人風なのが
個人的にぐっじょぶだと思うわぁ 初日ヘイトは不毛よぉ」
アイギス 「ではアイギスは状況・対人用精査の為、戦略分析を開始するであります。」
銀ちゃん 「真紅だから仕方ないわぁ(ナデナデ」
新田美波 「改めて指示、今日はグレランですよっ。
占い師の方は、自由に占ってください。できればしっかりした理由も欲しいです。」
でっていう 「明日の占い先と理由に期待だなっていうwww それに色もどうなるか」
輿水幸子 「うむむ…これって結構珍しいですね…べ、別にボクはうろたえてなんかいませんよ・」
オメガ11 「指示了解」
秋月涼 「むしろ「狩人は霊能を守るな」じゃないかな>伊織さん」
犬走椛 「>間桐さん
ミドルリスク、くらいですかね。何処まで行っても霊能は霊能でしかありませんから。
リターンが低いなーってのは同意させて頂きます。」
でっていう 「あ、色ってのは霊能の色な」
真紅 「そ、そうなのかしら……?
ま、まぁ……水銀燈がそういうのなら、それはそれで良いのだわ>銀ちゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆道明寺歌鈴 ちなみに765プロの音無さんは唐突に現れて脱落者控え室をあっという間に巫女カフェ?に変えていました・・・

コンセプトデザイナーよ!って自称してました・・・わけがわからなかったです・・・」
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
オメガ111 票投票先 →でっていう
新田美波0 票投票先 →間桐慎二
銀ちゃん1 票投票先 →こぁくま
アイギス0 票投票先 →伊織貴瀬
でっていう4 票投票先 →こぁくま
輿水幸子0 票投票先 →犬走椛
日高愛0 票投票先 →秋月涼
伊織貴瀬1 票投票先 →こぁくま
こぁくま4 票投票先 →秋月涼
三浦あずさ0 票投票先 →でっていう
間桐慎二1 票投票先 →こぁくま
真紅0 票投票先 →犬走椛
犬走椛2 票投票先 →オメガ11
秋月涼2 票投票先 →銀ちゃん
島村卯月0 票投票先 →でっていう
上田鈴帆0 票投票先 →でっていう
2 日目 (2 回目)
オメガ111 票投票先 →でっていう
新田美波0 票投票先 →こぁくま
銀ちゃん0 票投票先 →こぁくま
アイギス0 票投票先 →でっていう
でっていう5 票投票先 →こぁくま
輿水幸子0 票投票先 →犬走椛
日高愛0 票投票先 →秋月涼
伊織貴瀬0 票投票先 →こぁくま
こぁくま5 票投票先 →秋月涼
三浦あずさ0 票投票先 →でっていう
間桐慎二0 票投票先 →こぁくま
真紅0 票投票先 →犬走椛
犬走椛3 票投票先 →オメガ11
秋月涼2 票投票先 →犬走椛
島村卯月0 票投票先 →でっていう
上田鈴帆0 票投票先 →でっていう
2 日目 (3 回目)
オメガ110 票投票先 →でっていう
新田美波0 票投票先 →こぁくま
銀ちゃん0 票投票先 →でっていう
アイギス0 票投票先 →でっていう
でっていう8 票投票先 →こぁくま
輿水幸子0 票投票先 →でっていう
日高愛0 票投票先 →秋月涼
伊織貴瀬0 票投票先 →こぁくま
こぁくま5 票投票先 →秋月涼
三浦あずさ0 票投票先 →でっていう
間桐慎二0 票投票先 →こぁくま
真紅0 票投票先 →こぁくま
犬走椛1 票投票先 →でっていう
秋月涼2 票投票先 →犬走椛
島村卯月0 票投票先 →でっていう
上田鈴帆0 票投票先 →でっていう
でっていう は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
オメガ11 「共有乗っ取りも考えたがまあいいや」
上田鈴帆 「さて、どげんすっかね?
どっちの占い、噛めるんかねぇ?」
日高愛 「んーどうしましょうかね?」
日高愛 「上田さん○か、間桐さん○でいきたいと思いますけど
どっちがいいですかね?」
オメガ11 「霊能は恐らく共有交じりだろうしなあ」
上田鈴帆 「多分やけんが日高しゃんに護衛はこんと思うよ。
やけん、ここで霊しゃん噛むのも癪やし、2択せんね、2択。」
上田鈴帆 「そんなん、八割方あずささんやきに。
やけぇ、ここで霊しゃん噛むっやったら幸子しゃんやけど、そりゃつまらん。
やけぇ、ウチはしまむら噛みでもせんかね。と。」
オメガ11 「島村orアイギスなら島村か?」
上田鈴帆 「アイギスしゃんのが信頼とりにはきちょるけど、こりゃわからん、
やけんど、ウチが護衛すんやったら、アイギスしゃんやき。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
島村卯月 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
島村卯月さんの遺言             __ / rュ  ヽ `ヽ ヽー`、
    「T ̄ ̄,~ニ´    |'// ハ t、 ヽ ヽ、 ゙i ヽ
.    | |   '´~゙))   | / |   iλiヽ、___ハ | 〉⌒ャ
    | |    !ニ.〈.    |-tT ̄` ! ` ´ヽ、|l゙t、 k'´ノ .)
.    | |   r-'ノ    .|.|リ==ミ    イ==、| |7ー''´lヽ
     | |    ̄__,,.-―┘|| イ:o゚|     |::o゚:| 》 |k.|个、f、 _ノL_
.     |├‐'´ ̄   | ゙^ik|i, ヒニナ     ヒニナノ| |~〉, | ハ |  V~
      | |   rt.   | i トi ///   `   /// | |/.|| |└'        がんばりました!
     | |  _.ハ._   | || |カ、   r ― ┐   /| |i i |.| |
.      | |  ヽγ´  k.|k| |lヽ、  ゙ー ' _/リ ./ i |.ヽk
      | |   Y     |゙|リリi:::::`ーr、__,..-'|;;;;;;/ /iハ| |  | ヽ
.      | |.       | | |ノハ;;;;;;;;;|    |;;;;|/」_| |. !、ノ )
      | |      ノ_ゝ'〉‐〈‐、'´ 、 _. ノ7r-〈ー、_ .| ノ
.      | |.     /、 `Tt'´‐、ー---'´-'' Y个 ノ ゙i |
       | |    /|  ヽ, .| |_   ̄ ̄ ´   .| | |  |. i|ヽ
     rf~ヽ|r‐ュ//  / ./ ,~`ー---‐'''´~`-' く ||  |ヽ||、ヽ
     (~ヽ-| | /  / /  |三]   十 十 | .|   ヽ|| |ヽヽ、
     〈 こく! | 〈゙+-.{ |  |ニ_   个 .k |  } |__>T| | | V )
 .      ト‐{ | .| .Tー.| |   山 ]   !  ┘/ /--t-'/ |/ /
でっていうさんの遺言      ./ニYニヽ
    / (0)(0)ヽ    <死んだの、でっていうっすか?
   / ⌒`´⌒ \   _
  | ,-)    (-、.|  ヽ\
  | l  ヽ__ ノ l |   ヽ .ヽ_
   \  ` ⌒´   /   (   )

      / Y ヽ
     /::.   ヽ
    /:::::::::..   \  …
   |:::::::::::::::::.    |
   |::::::::::::::::::    |
    \::::::::::::    /


 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧            /\  /\
< _/ ̄/_  ____ロロ>        /\ヽ ∨〃/\
</ __ / /___/  >        /(・) \ゞ/ /(・)  〉
<ー' __ノ /  ____  >    ___/\_/ノ  \_/ \
< /___/  ./__  __/  >   /    ̄ ̄ ̄ ̄\       \
< ││   //      >  /  ソ          \       |
< ││     ̄        >:/           __        |
< ││    ロロ┌┐    >r~~~~~~‐、ヽ\   \         |
< ││    ┌┘│    >|:)jjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjjヽ \    \     |
< ││      ̄ ̄    >|               /    |   /
< ││    ____  >|:           /    /  /
<   ̄    /___/  >|         |/    /  /
<.  ロロ┌┐ ____ >ヽiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii//   /  /
<   ┌┘│./__  __/  >ヽ  ヽ~~"/   /  /
<     ̄ ̄  //    > ヽ、__,,,____/_ /
< ┌┐┌┐  ̄   _  >  _]:::::::   | [>_
< ││││   //  > ̄~       | ゙ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ>
< ││││  / |   >         \     ,~ヽ>
< └┘└┘//||   >           \  ~ ノ ̄\>
<   []  []  ̄ ||   >            ’ノ⌒⌒⌒⌒〉〉>
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
三浦あずさ 「霊能です~

でっていうさんは○でした~」
輿水幸子 「それでは可愛いボクが霊能COしますよ!
あの緑のトカゲは○でしたよ!」
犬走椛 「おはようございます!
なんか凄く吠えが減ってましたね。わふ。

……って、うっわ。そこ噛まれますか。」
オメガ11 「おはよう、早速占いがやられたか」
伊織貴瀬 「……フン。
おい、COを聞いてやる。ありがたく思うといいぞ」
真紅 「とりあえずでっていうは役目っぽかったので投票外したのだけど
まぁ容赦なく吊るのね。
そっち吊るのならとりあえずこぁくまは放置して、伊織貴瀬、オメガあたりを吊って行けば良いのかしらね?」
秋月涼 「あ、あははは・・・投票ミスっちゃうとは・・・
そして露骨なヘイト吊ったなぁ、ってくらい、今日はね」
上田鈴帆 「おはようさん、そんじゃ、今日の結果おしえんね?

とりあえずあれじゃ、でっていういうんか?
あの着ぐるみよかねー?今日から着れるんか思うとワクワクするな!」
アイギス 「対人狼特別制圧兵装【占い師】起動  犬走椛 ●」
間桐慎二 「おはよう
んー卯月ちゃんは無駄占いをした形になるのかな?
正直卯月ちゃんとアイギスちゃんで真狼っぽいかなーってのが雑感だけど。
そうそう卯月ちゃんがでっていう投票 愛ちゃんが涼ちゃん投票(2票でこぁくま)
そんでもってアイギスちゃんが伊織投票(一票のみ)だから。覚えておいて損はないんじゃない?
ほら、初日投票って大事だって言うし。」
伊織貴瀬 「逆に聞くがな。>秋月涼
お前は二人いる霊能COを噛むような狼がいると思うのか?1/2の確率で共有を噛むのに、だぞ?
この時点で狼の戦略は占いCO噛みに固定されるんだよ。
そしてそれが霊能に○貰いがいるのに霊能を騙らせても意味が無い、と言った理由だ」
新田美波 「おはようございます。今日の結果をお願いしますねっ。」
銀ちゃん 「銀ちゃん的にー・・・おそらく共有交じりの霊能に
ついていつまでも言うのはあんまり好きくないかなぁって
そういう点ではでっていうとか、島村ちゃん、アイギスとかワカメ君て
凄いこう、銀ちゃんの好みだなぁって思うのよね~」
アイギス 「占い使用許可事項:
◇犬走椛 「せめて上手く行くと良いですね、くらいでしょうか。僕から言えることは。
これ以上言及するのもアレですし灰を……見てもどうしようも無いんですよねえ。初日ですから。」
灰を見てもどうしようも無いなら私を含めた占い師や暫定白を見るなどは出来るかと思うのであります。やや発言稼ぎのような意図が見えるので気になります。
投票動向を見ても、2>3>1という変動、票貰いと評するべきなのかどうかも微妙な位置だと判断し、この点の考慮はやや薄弱と判断するのであります。」
こぁくま 「さて、どうせ撃沈するでしょうし霊能者アーマーの是非について考えてみます。
利点としては、「2分の1で共有者襲撃にすりかえられる」(狩人襲撃される危険性がゼロに)
       「襲撃先を絞ることによって占い師内訳を見切りやすくする」
欠点とすれば、「確定○をただ損する可能性がある」「解除までは正確な結果が絞られない、あるいはぼろが出て見破られるかも」
       「真襲撃を通されると殆ど無意味?」
このあたりでしょうか。
村へ与える情報を減らし、人外へ与える情報も減らすという手段ですね
正直、発動の仕方などの技量・狩人との相性などがありますし…分かりやすいメリットがあるだけは良いですが。
リソース減少は明らかなので、そこをカバーする必要もある、という感じですか


…ほい、結果よろしくですよ!」
上田鈴帆 「……と、占い候補かまれちょるな。」
日高愛 「占いCOします!間桐慎二さん○!
間桐慎二 「あとはまぁ、でっていうの色と占い理由をおねがいしたいね。しっかりと。」
日高愛 「占いCOします!間桐慎二さん○!
輿水幸子 「…おや僕を占った占い…卯月さんが…」
オメガ11 「ほう、●でか
椛にCOはあるか?」
三浦あずさ 「あら~。噛まれますか」
銀ちゃん 「でっていうへの投票変更理由だけど・・・
アーマーうんぬん置いておくわぁ!っていう姿勢から
他の趣旨の発言がなかったからちょっと
投票を変更させてもらったわぁ
小悪魔投票だったのもちょっと気になるしぃ」
日高愛 「理由:
発言数は多いのですが、長文気味で何かを誤魔化している感じを受けます
しっかりと考えを述べているのなら問題は無いのですが
長文で誤魔化している人外にも思えるので占いました!
票も貰っていませんからここかなと!」
犬走椛 「CO無いです。
んー、わざわざ○の無い島村さんを噛むなら初手で真贋がついていた可能性を見るべき、くらいでしょうか。」
伊織貴瀬 「ほら、こうなるに決まっている。
そして●が出ているがどうする気だ?」
アイギス 「ズバリ一機発見、であります。」
こぁくま 「候補が落ちてしまいましたか、こうなるとちょっと厳しいですか。
椛さん…ううーん、あまり疑いたくないですが。COあります?」
真紅 「そう、占い候補が噛まれるのね。……しかも霊○を出していた占いが。」
犬走椛 「というわけで僕の冒険はここでおわってしまいました!残念!」
秋月涼 「そして、アーマーした以上噛みは占い固定かな。」
銀ちゃん 「で、これ撤回はあるのぉ?ないのぉ?」
新田美波 「ふーむ、占い候補噛まれですか……」
オメガ11 「COがないなら吊りでいいと思うぞ」
三浦あずさ 「では、撤回します
共有COです」
上田鈴帆 「おおう、ほいで、ここで●だしやんね?
あれじゃったら、今日は霊能はもうそのままでよか。
なんちゃ、そこん犬のCOきけばええんやない?」
日高愛 「む?対抗が●出しですね!これは偽者に間違いありません!」
間桐慎二 「卯月ちゃんが噛まれちゃってるか―。○がないねー
そんでもって●が出てるね。椛ちゃんは見てなかったんだけど。」
オメガ11 「ん、分かってはいたぞ>あずさ」
新田美波 「はい、相方あずささんで合ってますよっ。」
秋月涼 「ん、じゃあ君は霊能が噛まれたら有利って事かい?>伊織さん」
輿水幸子 「あぁ…あずささん共有でしたか…」
真紅 「撤回は了解。さて、自分が投票していた位置というのもあるけれど吊ってみたい気は、するわね。」
アイギス 「でっていうは狼と期待を込めていたのですが、案外そうでもなかったのでありますな。」
上田鈴帆 「◇三浦あずさ 「では、撤回します
共有COです」

は?なんね?なんちここで撤回するん?
やって、これやったら明日まで撤回まってもよかろうもん?」
こぁくま 「と、吊り進行ですね。護衛は幸子さんガンガでお願いします。」
三浦あずさ 「ここで占いが減るのなら
いる意味がないので~」
日高愛 「あずささんが共有と・・・
まぁ霊ロラの指示が無い点でどちらかとは思いました!」
犬走椛 「あ、んー……ここで撤回しちゃいますか。
一番見るべきは僕と明日のアイギスさんの結果だと思うので(誰視点であれ)、保護目的ならここはアーマーを継続しておいた方が良かったかなーと。

霊能を護衛させたい、というのであればまあ。」
こぁくま 「恐らく、護衛をまわすため、と思われます>鈴帆さん」
伊織貴瀬 「個人的には吊っても構わんがな。
上田辺りを占っておいて欲しかったが、こうなっては仕方あるまい」
新田美波 「で、椛さん吊ってみてもいいと思います?>あずささん」
銀ちゃん 「んーこの噛みはちょっと難しいと思うわぁ・・・
ただ、○がないから護衛がこないうんぬんはあんまり
考えなくていいと思うの・・・」
三浦あずさ 「いえ、ここで撤回したほうがいいのですよ~>上田
狩人さんのためにもね」
オメガ11 「狩人の負担減らしなきがする>上田」
アイギス 「共有者両名の状況は把握しました。
私の戦略予想には何ら影響を及ぼさない形であるのでご心配は無用であります。」
伊織貴瀬 「>秋月
言っている意味がわからん。
が、島村真なら霊能が噛まれた方が有利だろうよ」
秋月涼 「今日は椛さん吊りまでが規定路線ですから・・・
アーマー解除はまだは良いように思いますけどね。」
オメガ11 「お、あっていたようだな」
間桐慎二 「あずささんが共有だね。まあわかってた。
で、どうするんだいって言ってもやることは変わらないか。
椛ちゃん吊りだろう?いまのところ女の子ととかげしか死んでないなあ。」
上田鈴帆 「はぁ、なーんち、思うところもあるけんど……

とりあえずあれやね。灰っちうか、おかしいところみんといけんのやろ?
ああ、護衛まわさんといけんね?そりゃ確かに一理あるけんが……そんなもんかんねぇ?」
銀ちゃん 「だって、そういう意味でなら島村ちゃんは噛まれる筆頭
だったと思うもの・・・」
犬走椛 「>銀ちゃん
噛み自体が若干博打染みてる感は否めない気がしますねー。」
こぁくま 「愛さんは狂アピムーブあり。
まぁ…割と見え透いたオチが。うーん。」
新田美波 「では、今日は椛さん吊りでお願いしますねっ。」
輿水幸子 「う~ん…結局どうするんです?」
銀ちゃん 「だから、今日、抜かれて当然!みたいなところは
逆にちょっと見ておくべきだと思うわぁ・・・
ねー真紅(ナデナデ」
真紅 「まぁ、共有に噛みついている連中は、それが意味のある行動なのかを考えるのだわ。
正直私からは……発言稼ぎにしか見えないわ。例え今日稼ぐ必要がないとしてもね。」
オメガ11 「占いは引き続き自由占いかな」
秋月涼 「ようは噛みが霊能に向かえばいいってことになるからね、あくまで単純に逆の言い方をしただけだけど>伊織さん」
こぁくま 「グレー思考:
現状では、初手は私に票を投げた方に信を置くべきですね
考えているか否かの判断基準にもなるでしょう、多分。」
オメガ11 「指示了解」
日高愛 「ふーむ、引き続き、投票を貰っていない所を重点的に見たいですね!
オメガさんは吊っていいような気もします!正直占いたくない場所です!」
上田鈴帆 「ただあれじゃ、おしえてくれたみんなにゃあ、礼をいわんといけんね。

よーし、やったらウチがなんちゃー景気のいい着ぐるみ見せてやるけん、
明日あのトカゲの着ぐるみもってくるけん、楽しみにしとき!」
銀ちゃん 「そう、それが言いたかったのよ椛ちゃん!」
アイギス 「さて、次の一手をさっそく見極めるであります。
一度の成果で喜んでいては巌戸台のメンバーの方々から叱責を受けるであります。」
こぁくま 「了解です。巫女カフェ楽しんでらっしゃい♪>椛さん」
犬走椛 「>こぁくまさん
アイギスさんが典型的な狂の●撃ちなので、まあ真占いさんはもう居ないんでしょうね。
狼がここで●出すとはさっぱり思えませんし。」
オメガ11 「>オメガさんは吊っていいような気もします!正直占いたくない場所です!」」
間桐慎二 「まあ愛ちゃんは朝一で言ったけど狂っぽいなあ。
僕占いってのが案牌だと見たのか知らないけど。
ほら、涼ちゃん投票だったのに。」
真紅 「ええ、そうだけれど……まあ、でっていうに投票集まりすぎな感じもするからあれだけどね>銀ちゃん」
伊織貴瀬 「◇秋月涼(117) 「むしろ「狩人は霊能を守るな」じゃないかな>伊織さん」
◇秋月涼 「そして、アーマーした以上噛みは占い固定かな。」

……ふん?


オメガ11 「よし、村が終わったら撃墜する」
こぁくま 「…まさか…(顔青ざめ>鈴帆sun」
犬走椛 「あと今思い出しました。

……僕遺言書き忘れてます!?」
上田鈴帆 「そんでそのあいだになんちー?
あれか?こりゃ一応犬なんかの?>椛
あんたぁの着ぐるみもつくらんとなぁ!」
アイギス 「?」
銀ちゃん 「ようは真抜きでも狂抜きでも霊能護衛鉄板で
残りがどうかわかるわぁ・・・ここは重要よぉ?」
間桐慎二 「椛ちゃん一人称僕……ありだな!」
秋月涼 「・・・?どうしました?>伊織さん」
真紅 「遺言なんてネタなのだから気にするな、なのだわw>椛」
日高愛 「村ならしっかりと発言を頑張ってください!>オメガさん」
犬走椛 「灰に関してはオメガ11さんを見ておいたほうが良いかな、くらいで。そんなところですね。

……ぐすん。僕の村はもう終わってしまうんですね……(しくしく」
伊織貴瀬 「話題の転換がよくわからんな。思考の流れに矛盾がある」
銀ちゃん 「それもそうなのよねー(ナデナデ >真紅」
オメガ11 「霊能護衛でおk」
アイギス 「島村が好敵手であったと今気づいたアイギスです。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
オメガ110 票投票先 →犬走椛
新田美波0 票投票先 →犬走椛
銀ちゃん0 票投票先 →犬走椛
アイギス2 票投票先 →犬走椛
輿水幸子0 票投票先 →犬走椛
日高愛0 票投票先 →アイギス
伊織貴瀬0 票投票先 →犬走椛
こぁくま0 票投票先 →犬走椛
三浦あずさ0 票投票先 →犬走椛
間桐慎二0 票投票先 →犬走椛
真紅0 票投票先 →犬走椛
犬走椛12 票投票先 →アイギス
秋月涼0 票投票先 →犬走椛
上田鈴帆0 票投票先 →犬走椛
犬走椛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
上田鈴帆 「ほーれ、噛める。」
上田鈴帆 「ちいと撹乱してみるかね。」
オメガ11 「よし、真撃破」
上田鈴帆 「さてと、そげんやったら愛しゃんはもう一番の偽目やけん、明日は結果見せでアイギスしゃんの吊り。」
オメガ11 「<<ああ!椛がやられた!>>
→投票されていたので好都合だ、アイギスナイスワーク」
上田鈴帆 「それやったら今日はどげんすんね。
共有しゃんよりも灰しゃん噛むかね。」
日高愛 「ナイス狂人ですね」
日高愛 「明日はアイギスさんが吊られと・・・後は狐ですね」
オメガ11 「噛み先合わせという手もあるが任せる」
日高愛 「あ、明日は上田さんに○出します」
オメガ11 「ほう、囲うか」
上田鈴帆 「狐?そんなんあったらでよかよか。
銀は村じゃ、伊織、真紅あたりを釣り殺せばよか。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
銀ちゃん は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
銀ちゃんさんの遺言
     レァ/:>::-={ニ薔ニ}=-¬、
  お ほ ゙´/∠゙ニ,!`ー'‐'`ー、__,::'、
       }ソ´          `ヾ.    お お
  ば ん  ( i l // l i   i l !|  i゙ぃ  ば ば
      、i l ト、l l ! ! i ! ! ,!l  | l !   か か
  か と 、i゙ トL、{トLヽ! |,/レレカ ノ,.イ!   さ .さ
      {、i、ヽoゞニフ レ' ゞニ。l/レl/!  ん ん
  さ に /! \ ゝ"" _'__, ∠ ,イ' ノ レ:、
    ,.-ヽ! i  |ヽ (― ノ ,ィ'  |'::_"_:/::レ--、/
\ん/::::::::l l l!:::::`フ、:::´l}:|  lト、:::_:::::'::>
:;:;∨::::::::::: \! !::::{l.{薔}.l}:l! l|:::「:::,-<ヽ:::ヽ
:;:;:;〉、::::::::::::::/:ヽ ヽヾ==='":::|  !/ー(_,`  }:ヾ
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
三浦あずさ 「あら~、銀ちゃんを噛みますか~」
輿水幸子 「それでは可愛いボクが霊能COしますよ!
椛さんは○でしたよ!」
オメガ11 「おはよう
結果を頼むぞ」
伊織貴瀬 「……フン。
おい、COを聞いてやる。ありがたく思うといいぞ」
真紅 「霊能結果待ちなのだわ。
繋がるならアイギスは真狂見て保留。
繋がらないのなら吊ってしまって良いのだわ。
繋がるのなら、そうね……涼は吊りたいところかしら。」
上田鈴帆 「昨日ん印象でつりたかところ?
あれやね、真紅しゃんか、伊織しゃんかね。
伊織しゃんはあれったい、涼しゃんいじめるとかどういうことね!
うちんセンパイいじめるんやったら、容赦せんよ!」
日高愛 「占いCOします!上田鈴帆さん○!」
こぁくま 「同じところに既に振られてますが…。
◇秋月涼 「そして、アーマーした以上噛みは占い固定かな。」
…「噛み」は…護衛ならば、分かりますが。
護衛避け安牌で霊二択を迫る考えはありえなかったのでしょうか、はて。
初手もちょっちカンが囁いたので疑いを振って見ますはい。

オメガさん、か。あんまり行数のある発言が無い=中身微妙かなあ。
そんな感じでしょうか、寡黙票が自然に入りそうな感じかなあ

さて、と。どうなったでしょうか…。」
アイギス 「対人狼特別制圧兵装【占い師】起動  伊織貴瀬 ●」
秋月涼 「視点の位置が違うだけだよ。
最初の発言は狩人の視点。霊能護衛するときに二択になってしまって、「真をほぼ護衛できる」ってメリットがなくなってしまうこと。
3日目の視点は狼から考えて・・・まぁ、終わっちゃった話なんだけどね。>伊織さん」
新田美波 「おはようございます。結果をお願いしますねっ。」
間桐慎二 「おはよう。
まあ、卯月ちゃんが噛まれたのなら雑感を継続してアイギスちゃん狼に見えるね。
霊能結果が気になるところだよ。
霊能に共有交じりは見えていたんだ。狼も臆する必要はないだろうさ」
伊織貴瀬 「>秋月
質問の意味は理解した。アーマーをしない=霊能を噛ませる、という事だな。
答えは昨日言った通りだ、島村の○がいない以上占いCOを噛ませるより霊能の方がいい。

俺の『占いを噛ませる戦術』という発言に対して、お前は
◇秋月涼(117) 「むしろ「狩人は霊能を守るな」じゃないかな>伊織さん」
こう返した。これは霊能を噛ませる、という考えだと思っていたのだが、
◇秋月涼(31) 「そして、アーマーした以上噛みは占い固定かな。」
それがわかっているなら、何故前の発言をしたのか。少々気にならなくも無いぞ?」
アイギス 「占い使用許可事項:
二日目にやや発言から違和感を感じた相手ではありますが、三日目の霊能が噛まれた場合の考察は私も納得するところであります。ただし真は私ですが。
正論を周知させる能力有り、人外と見れば危険と判断し占う次第であります。椛さんへもあまり触れようとなさっていません。」
輿水幸子 「そして銀さん噛みですか…」
日高愛 「理由:
んー潜伏していた共有に突っかかりすぎな気がします!
占いについての感想も有りませんし、なにより二日目票貰ってないのが
凄く気になるので、ここを占いますね!」
オメガ11 「暫定○噛みか」
こぁくま 「うんー、アイギスさん吊りですねえ。」
三浦あずさ 「あらあら~>霊能結果が○」
間桐慎二 「くそ!挨拶が飲まれかけたじゃないか!」
伊織貴瀬 「フン。霊能○か」
上田鈴帆 「そがんであれかん?
これでアイギスしゃん破綻ね。
まぁ、ここは破綻噛みやけんど。
なんねこれ、アイギスしゃんの初手○噛み?」
日高愛 「アイギスさん破綻ですね!やっぱり偽者でした!」
オメガ11 「アイギス吊りで問題ない」
新田美波 「はい、アイギスさん吊りでお願いしますっ。」
秋月涼 「アイギスさんは普通に破綻と。
もう吊っていいと思います。」
真紅 「うん、真噛みだったと見てグレラン村でも良いのだわ。
おそらく愛は真狂に見えるのだから、アイギスを吊って●なら飼っても良いけれど。」
伊織貴瀬 「まあ何も言う必要はあるまい。アイギスを吊るぞ」
間桐慎二 「ふん…ままあそうだと思ったよ。流石僕だね。慧眼とはまさにこのことさ。
じゃ、アイギスちゃん吊りだね。」
オメガ11 「日高が俺吊ろうとしてきたのでアイギスに淡い期待を寄せた俺が愚かだった」
輿水幸子 「アイギスさんが偽だということはわかりました
まあボクを占わないないなんて偽にきまってますよね!」
三浦あずさ 「あら~?なんで●なら飼いになるのかしら~?>真紅」
上田鈴帆 「ただまぁ、そこ村にしかみえんやったけんど。
それやったら、愛しゃんの初手の真紅しゃん、それから伊織しゃんこのあたりがどうかやろうねぇ。

オメガしゃん?涼しゃん?知らなか!」
真紅 「……というか、銀ちゃんが死体になるのは予想外で、何を言ったら良いのか……w」
こぁくま 「以降は灰戦ほぼ確定でしょう。
まずは今日までの3日分の発言、しっかり精査させていただきますよ。」
オメガ11 「つまり島村真ということか?そうなのか!?」
アイギス 「霊能乗っ取りであります!
共有に霊能を占う許可を得たいのでありますな!」
真紅 「偶数で狂人を吊る必要はない、でしょう?
そうじゃなくても○2つの時点で余裕などないのだから>あずさ」
オメガ11 「いや、霊能乗っ取りは無いだろう
大人しく吊られてくれ」
伊織貴瀬 「狩人の視点、と。>秋月涼
少々ズレた解答であるようにも見えるが、まあ俺の言い方に問題があったとも考えられるな。まあいい」
新田美波 「偶数進行になるからじゃないですかね?>あずささん
どのみち、片占いは信用おけないのでフラットにしちゃいたいですけど……」
間桐慎二 「しかしなら椛●出しが気になるところだ…あの多弁、狩人と見て出したんだろうね。
やーいはずれはずれー。」
こぁくま 「が、濃い目ですかね。一応、ここで黒霊結果ならまだベーグルありますよって話ですが>オメガさん
ベーグルでなければー、即ち。」
上田鈴帆 「基本それでよかろうもん?>オメガしゃん

いけんよ?そげん焦っちょったってなーんち、ええことなかけんねぇ。
まずは破綻しちゅう占い吊りして、明日の結果みりゃあよかっちゃけん。」
秋月涼 「伊織さんの扱いは・・・明日の霊能次第ですね。
○なら普通に特に何でもない普通の灰で、●なら・・・あ、これでも普通の灰か、うん」
オメガ11 「◇間桐慎二 「しかしなら椛●出しが気になるところだ…あの多弁、狩人と見て出したんだろうね。
やーいはずれはずれー。」

まさか貴殿が狩人なのか?」
上田鈴帆 「……」
日高愛 「ふーむ・・・となると・・・
こぁくまさんか、オメガさんが狼目・・・
んーむ得票的に、オメガさんが狼でしょうか!正直占いたくはないのですが!」
三浦あずさ 「そうね~。
じゃあ結果を出せなかったらいつ吊るのがいいと思う~?>真紅」
上田鈴帆 「……こりゃそこのワカメ!」
伊織貴瀬 「しかし水銀燈はアイギスの○か。
日高の○では無くそこを噛むというのは少々面白いな?」
間桐慎二 「まあ、僕は狂人だと思うけど、庶民諸君は真がありえると思うんだろう?
残せばいいのさ。銃殺を祈ってね。僕も祈るよ!」
オメガ11 「暗に自分狩人ですCOしているようにも取れなくはない」
こぁくま 「…ワカメェ。」
輿水幸子 「まあボクはボクとしてしっかりお仕事するだけですけどね」
新田美波 「オメガさんはなにを焦ってるんです?(きょとん」
上田鈴帆 「狼しゃんだってがんばっちょうちゅうになーんでそげんなこついうか!
そげんなこといいよったら、ウチのばっちゃにいいつけるけんね!」
真紅 「偶数なら吊らなくて良いのだわ。
吊る余裕なんてない、と言っているのだけど?>あずさ」
こぁくま 「落ち着きましょう、紅茶ぶっかけますよ☆>鈴帆さん」
秋月涼 「究極的に霊能アーマーの魅力って「噛みと護衛の勝負の択数を減らせる」ってとこだと思うんだよね>伊織さん」
間桐慎二 「いや、それに言及しちゃダメだろ、どっちでも。>オメガ」
オメガ11 「日高吊りに来るんだもの、気が気でないよ>新田」
こぁくま 「とはいえ、ワカメさんは…(紅茶だばぁ」
伊織貴瀬 「アイギスが○なら吊る。
●なら8で吊るか>日高」
上田鈴帆 「それがわかったら反省ったい!反省!
そうじゃなかったらあんたも吊り候補ったい!ワカメっぽいけん!」
間桐慎二 「ひぃ!ごめんなさい!>上田」
オメガ11 「否定はしないのか…Oh...」
上田鈴帆 「飲みもん粗末にすんなこのばかちん!>こぁ」
輿水幸子 「わかめっぽいから吊り…まあそれは置いときましょう…」
真紅 「いずれにしても●が出たなら私を残す頭など村にはないでしょうし、ね。」
三浦あずさ 「ん~ん~。
そうね~。ありがとう~>真紅」
伊織貴瀬 「……何故無意味にそこのワカメに絡みたがるのだ?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
オメガ110 票投票先 →アイギス
新田美波0 票投票先 →アイギス
アイギス11 票投票先 →日高愛
輿水幸子0 票投票先 →アイギス
日高愛1 票投票先 →アイギス
伊織貴瀬0 票投票先 →アイギス
こぁくま0 票投票先 →アイギス
三浦あずさ0 票投票先 →アイギス
間桐慎二0 票投票先 →アイギス
真紅0 票投票先 →アイギス
秋月涼0 票投票先 →アイギス
上田鈴帆0 票投票先 →アイギス
アイギス は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
日高愛 「アイギスさんはお疲れさまです!」
上田鈴帆 「ん、伊織かんじょき。
あれ狩狐ったい。」
オメガ11 「立派に仕事を果たして逝ったな」
日高愛 「では引き続いてオメガさんに●を投げます!
逆囲い・・・いけますかね?」
上田鈴帆 「まぁつれんこともなかやろうけどね。
周りに殴り今ひろげすぎやけんアレ。」
上田鈴帆 「せんでよか。
吊られるけん。」
オメガ11 「いや、バランスで吊られる」
日高愛 「伊織さんですね!了解です!」
オメガ11 「こっちは護衛日誌仕込みなのでな」
日高愛 「ん、じゃあ○ですね?」
上田鈴帆 「ちゅうか、ウチん○も割と難しいところやきに。
真紅のこさんちょういかんくなる。」
上田鈴帆 「やけん、伊織噛んで伊織に○でもだしとき。
それで告発するかどうかは自由やき。」
オメガ11 「囲ってもらうのは有り難いが…
君の発言が矛盾するが大丈夫か?」
オメガ11 「俺としては上田の案に賛成なのだが」
上田鈴帆 「その後は一気に役を抜く。」
日高愛 「んー・・・それじゃあワカメさんに●で!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
伊織貴瀬 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
伊織貴瀬さんの遺言 ほう、この遺言が見えているという事はもう退場か。
クククッ、後は精々張り切るといいさ
アイギスさんの遺言 対シャドウ特別制圧兵装、アイギスです。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
こぁくま 「グレースケール
涼(個人的には真っ黒。)>>慎二(狩人が無ければ疑うべき)>オメガ(寡黙位置)>>真紅>貴瀬

オメガさんのアレは村人なら本来はやっちゃアカーン!なプレイですが
故、村人に見る要素があるので一手見たいかな
涼さんについては昨日と同じ思考。失言者を残すつもりはさらさら無いかな


ばりばり思考を上げて揺さぶりをかけてみます。まああまり派手な思考ではないかもしれませんが。
さーて、どうなるでしょうかね…!」
秋月涼 「昨日の若干不思議な噛みだよね、よくよく考えてみると。
何故偽の囲い筆頭候補であった銀ちゃんが噛まれたんだろう?噛まなきゃそのまま自然に吊り位置に入る気がするのに。」
輿水幸子 「それでは可愛いボクが霊能COしますよ!
アイギスさんは○でしたよ!」
新田美波 「おはようございます。結果をお願いしますねっ。」
真紅 「愛が狂人で偶数なら吊る必要はない、と断じるわ。
いずれにしても私を吊らないと進めないでしょうしね。」
三浦あずさ 「ん~、そこを噛むのね~」
上田鈴帆 「おはようさん

◇伊織貴瀬(72) 「……何故無意味にそこのワカメに絡みたがるのだ?」

なんねこれ
あんたぁ、涼しゃんにいっちょったばってん、それでオメガしゃんもどうこういっちょらんかったね?
しょんで、今度はウチ?なーんば、疑い広げまくっちょるん?

いおうおもっちょったらかまれとるし。」
オメガ11 「おはよう、伊織噛みだと」
輿水幸子 「…まあそんな気はしてました」
日高愛 「占いCOします!伊織貴瀬さん○!」
こぁくま 「ほー。」
真紅 「……霊○が出るなんて、それはそれで不思議、ね。」
間桐慎二 「 お前ら僕に厳しすぎだろ!ごめんねアイギスちゃん!
……ま、まあいい。全力で土下座してやるからその話は置いておこう。
置いとくんだいいな!!」
秋月涼 「・・・え?伊織噛み?
なおさらわからないよよこれ・・・」
間桐慎二 「正直な話。伊織がかなり気になるんだ僕は。アイギスの初手投票先(一票)
かつ四日目●出し?なんていうか露骨な逆囲いに見えるね。
もし狼じゃないとしても真占いを噛んだ狼側の習性
”全力で狐を処理しようぜ”の対象だし、処理したい。」
三浦あずさ 「あら、よかったわ~
まだ愛ちゃんは残せるわね~」
上田鈴帆 「そんでなんね、これやったらもう、あれやんね。
愛しゃんほぼ狼やん。」
日高愛 「理由:
噛み先と誘導についての発言が多いので
ここを占います!」
オメガ11 「…日高狼か?」
三浦あずさ 「美波さん美波さん
指定していいかしら?」
間桐慎二 「おい!外れてるじゃないか!僕が!」
新田美波 「……はふ。また灰噛み……じゃなくて、アイギスさんの●噛みですか。」
真紅 「ちょっと待ちなさい、あずさ。
此処まで狼が吊れていないのに、なぜ占いを残すつもりになれるのかしら……」
上田鈴帆 「よかよか、そげんやったら、先にすすめんといかんね。
ちゅうても、吊りたかところつれんし、しかも愛しゃん噛み先だしちゅうし。」
秋月涼 「霊能から考えてほぼ愛ちゃんが狼なんだろうなぁ・・・愛ちゃん・・・」
こぁくま 「幸子さんが残る理由がイミフですが…我が強い狼と見ますね。」
新田美波 「あ、どうぞどうぞ。今日は任せましたっ>あずささん」
間桐慎二 「つかアイギス○だと……!?」
上田鈴帆 「ちゅうかばってん、うちもはずれちょう!>こぁくましゃん」
オメガ11 「◇こぁくま 「幸子さんが残る理由がイミフですが…我が強い狼と見ますね。」
え?俺は心霊農家と思ってるんだが?」
三浦あずさ 「では本人も逝っているように指定真紅さん
残念ですけどあなたは残せないわ~」
間桐慎二 「……愛ちゃんが、狼か。」
真紅 「まぁアイギスの事は考えなくて良いし楽なのだわ。
どうせ○も●も残ってはいなくて、しかも破綻している。」
輿水幸子 「まあどうであれボクは残っているそれだけです」
オメガ11 「誤変換は気にするな」
真紅 「COはないのだけど、指定理由は聞きたいわね。」
秋月涼 「正直よくわからないけど。
狼は真贋全く付いていませんでした、って誇示したかったのかな?」
上田鈴帆 「……んー?
なーんば妙やけんが、ああ、そこ吊るんね。」
こぁくま 「未だ3W全残りなので指定も已む無しでしょうかね…
愛さん狐…は、ギャグでしょう。なくはないですが。」
日高愛 「むむむ!●が全然引けません・・・!
この日高愛一生の不覚です!」
三浦あずさ 「島村さんを噛んで
銀ちゃん噛みだからよ>真紅さん」
オメガ11 「真紅か…俺の中ではステルスだった」
真紅 「ま、どう見ても絶望村よ。
狐が残っていそうなら狐質にして頑張りなさい、としか言いようがないわ。」
日高愛 「真紅さんは私の○ですよー!?>あずささん」
新田美波 「ギャグですが怖いです>こぁくま
その場合、霊能偽まで考慮しなきゃいけません。わたしはしたくないので真狂狼-真で見させてもらいたいですがっ。」
こぁくま 「あぁ、霊だったorz>オメガさん
なるほど、なんか通りました。おk。」
間桐慎二 「アイギス狼から推理する奴だっているんだよ……ま、まあいい。
愛ちゃんが狼なんだろ?愛ちゃんの初日投票先は涼ちゃんで二票だったたしか」
オメガ11 「指示には従うが日高は明日には吊るべきだろう
間違いなくといっていいほど狼臭い」
秋月涼 「どんな最悪でも、まだ終わらないよね・・・
共有が吊りたいっていうなら従うけど・・・共有は真狂狐を見ていると?」
上田鈴帆 「んー?
なんねこれ?ウチも灰もどさんといけんけど、
なーんで、こぁしゃん、灰スケなんば作って最初に村っぽいところみせちょるん?
まぁよか、そこは最後までのこすところやけんに。」
輿水幸子 「ボク…ちゃんとお仕事してますよねぇ…(グスン)」
真紅 「いいえ、むしろこんなの……狐が残っていなければただのノーミス村。
指定したのならやりきりなさい。それしか言えないのだわ。」
オメガ11 「ズコー>こぁくま」
間桐慎二 「真紅ちゃん……あ、見てなかった。ごめん真紅ちゃん。紅茶飲もうって約束
してたのに。」
日高愛 「ぬぬぬ・・・疑ってるオメガさんに狼と言われました・・・!悔しいです」
三浦あずさ 「ああ、○は全部撤回するから~
そう考えてね~」
オメガ11 「YES、問題ないぞ>輿水」
こぁくま 「うん、なんだか普通の暫定○と思ってました。
グレーに頭やりすぎましたトホホ。」
上田鈴帆 「よかよか、幸子しゃんはもっと自信もって進めんといかんきに!」
真紅 「……霊○でその想定は覆されていると思ったけれどね。
ま、良いわ。共有に逆らってもどうしようもないものね。」
オメガ11 「いや、霊能結果から明白だろう>日高」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
オメガ110 票投票先 →真紅
新田美波0 票投票先 →真紅
輿水幸子0 票投票先 →真紅
日高愛1 票投票先 →真紅
こぁくま0 票投票先 →真紅
三浦あずさ0 票投票先 →真紅
間桐慎二0 票投票先 →真紅
真紅9 票投票先 →日高愛
秋月涼0 票投票先 →真紅
上田鈴帆0 票投票先 →真紅
真紅 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
上田鈴帆 「ほいじゃ、狩狐もう探したけん、あとは役職だけぇかんじょこうか。」
オメガ11 「…何故そこを吊るのだ共有」
日高愛 「後は狐は居ないですかね?」
上田鈴帆 「どこかんいくね?
まぁ、最後に1白3灰もありっちゃありじゃ。」
オメガ11 「無難に共有撃破でもいいかもしれんが」
日高愛 「初手囲い警戒でしょうか?>オメガさん」
上田鈴帆 「なーんば、狐きにせんといかんね?
このカタチやったら、もう狐探しおわっちゅうに。
あってこぁ。涼しゃんやったら吊る。」
オメガ11 「成程」
日高愛 「共有でしょうね、あずささんがお勧めです!」
上田鈴帆 「やけんが、今日はぁあずさしゃんでよかろうね。そげんやったら。」
オメガ11 「適当に護衛日誌でっち上げておくから噛みは頼んだ」
日高愛 「上田さんは頼りになります!流石です!」
オメガ11 「(0w0)…」
日高愛 「で、明日私吊りと
1:30で噛むので後は宜しくお願いします!」
上田鈴帆 「よかよか、しかも真紅は狐目やったけん。余計問題なか。
あとウチはもう狩日記今回つけちょらんけん。あんしゃんと一気に押しつぶすよ。」
オメガ11 「後でまたイジェクトだな…」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
三浦あずさ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
三浦あずささんの遺言                               --ァxy爻爻爻爻爻爻爻爻爻_
                        _ ィ  ィァッ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.爻
                      /爻ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.爻
                     ム爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\:.:.:.:.:.:.:.--:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:爻
                   ィ爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::ヘ:::}_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ :.:./
                 ィ爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ≦::::::::::::ハ:V::\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./
                爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__:../:::::::::/㍉:彡ヘ:::::::}}:::::::\:.:.:.://
               爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::/:::::::::/^     ___Ⅵ:::::::::::::ヽ:./
                爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::/::::::: i:{ __     __ ヘ::::::::::::::::::.,
             爻:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:|:::::::::/:::::::::::j:「^´    斧㍉}ハ:::::::::::ト::.、
            爻:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:}::::::/ ::::::::::::|}レ≦    {沁 /{ }::::::::::| }::}
            爻:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.}::ハ::::{:::::::::Ⅸ沁,    、  .:::::.{i::::::::::| }/
             爻:.:.:.:.:.:.:.八__:.:.:.:.:ハ{::::Ⅵ:::::::::i{いiツ        j::::::|:::i./       私を甲子園に連れていって!
            入:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.-‐ァ::::::::::}:::::::::::|{ .::::::.  ,  ア  /}:::/}::/
                ̄ ̄  / ::::::::::::}:::::::::::i::ト    ー   .イ:::}/ /
                       /:::::::::::i::::i:::::::::::::::{  `    _/::::::::::|}
                 -ー' ::::::::::::j{::::::::::::::入{ヒj    八忖ニr┴―=彡ヘ
                 /:::::::::::::::/:::::::::ィ升ヘ,\}    /  )辷__ー-一   \
                 /::::::::::::::::::::::f二二ニ=-ミヘ \     {{`ー--__-一    \
                /:::::::::::::::::::::::/ム-- ミ \_ \ fヘ ー--rッ そー―‐‐ヘ     
               /:::::::::::::::::::::::/ ィ==--、 \ j{ ヽ } {__  __  忖f㍉   `ァ--'  /
              /::::::::::::::::::::::::::/ /{ {:|     \ Ⅵ .}j   ヽ' /-‐ヘ八V^ヽ{V_  __/
          :::::::::::::::::::::::::::::::{ ム} ヽ     ハ ',}      {:i:i:レ'´ ̄, Ⅳ{ う}Lフ
          ::::::::::::::〃≧=-j :{「` i|    ム } }\    / ・・・’’   }  7
          ::::::::::::::{{ー--==} {ヘ_彡i    /⌒} {=う   {/        リ  /
          ::::::::::::::ヘ r‐ァ ヘ V≦_|   : ハレ} トッ'    /ミx       /  ;:、
          ::::::::::::::::ハ乂{  《}{ {{L.|   ir‐「7 /'   , ′ Y ,     /   ′::
          ::::::::::::://}    /j{{  ;   ;ー{」У   / rヘ}j レ     /{  /::::::::::ヽ
          ::::::::::::}_j^ヘ  /ハ{{{  ,′  レ'    . ' ムf{{ {     //  :/::::::::::::::::::.
          ::::::::::::::::::::::} /j{{{j_}} ,  /     , ′ }i{{Ⅳ    {,/ ィ:{    \:::::::|
          :::::::::::::::::::/ ^    / /      1{   ji{j{ }}    j{{f }:}     }::::i
      |::::::::::::::::::::::::::::::/  /   {      イ{jf}i}   リjjjハ    /{{:| //     j::::/
      |:::::::::::::::::::::::::::::{  /   xヘ    / :{ }j^       {:  /}仄r'     //}}
      |ハ:::::::::{`  :::::::::\_       ー    {        V}: //}}仄{    ー'  /
      |{ \::::{   \::}\::::::::=-----  、  }        ン./ }i仄ハ
      |{  \\   }|  `  /升幵ミY}\{   |: / ̄ ̄イ   }i仄仄}
      ヘ    \{   '     /升幵ミ㍉} {j \__ィ乂「 ̄     }⌒ヽ
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
輿水幸子 「それでは可愛いボクが霊能COしますよ!
真紅さんは○でしたよ!」
秋月涼 「おはようございます、と」
上田鈴帆 「おはようさん

昨日もいったけんが、こぁは最終日残して考えるところやきに。
やけんが、のこせんところかんがえゆう。
今日はあれじゃ、もう既定で愛しゃん吊りじゃろ?」
オメガ11 「おはよう
共有噛みとは無難だな」
こぁくま
なんだか鈴帆さんと幸子さんがしっちゃかめっちゃかです
モバマス勢の方々も覚えなくては…辛い。

グレースケール
涼(個人的には真っ黒。)>>鈴帆さん>オメガ(寡黙位置)>慎二
吊り順希望:オメガ→涼

昨日の展開から見てさらに思考転換を試みてみますっ
最早3手しかなく、一手を愛さんに使うのが確定。よって残りの2手をどこにすべきかを示すのが私の役割。
涼さんはペースダウンなので、ここはもう固定したいなぁ…

鈴帆さんと慎二さんの評価をこうも動かしたのは第一発言
そこで演技をしていそうかしていないか、で考えてます。コピペにまま含まれるのはちょっと疑問。
日高愛 「おっはよー!ございます!」
新田美波 「おはようございます。結果お願いしますねっ。」
輿水幸子 「…さて…」
秋月涼 「うぐ、○結果。」
上田鈴帆 「ほいで、幸子しゃん視点はまだ1Wもつれちょらん、本気でまずかけんね。」
間桐慎二 「おはよー。ま、愛ちゃん吊りだろ?
君は悪くないよ。ただ狼だっただけさ……
ふん、まさかこうなるとは全く思ってなかったね」
新田美波 「……あずささぁん……」
オメガ11 「まあ日高吊り一択だろう」
上田鈴帆 「やけんが、ちくーとかんがえんといけんが、こぁ?ちょといいかの?」
新田美波 「愛ちゃん吊ります。残り時間は明日のグレラン戦に向けて備えてください。」
日高愛 「慎二さんとは一緒になれると思ったのですが・・・!
これも運命というものでしょう!>慎二さん」
こぁくま 「愛さん吊り、と。
んまー…厳しい、としか。」
輿水幸子 「美波さん、今日は日高さんでいいですよね?」
秋月涼 「こう、オメガさんは共有噛みが無難だというのですか?」
オメガ11 「俺を疑っていた哀れな娘に手向けの花を」
こぁくま 「はいはいどうぞどうぞ。>鈴帆さん」
間桐慎二 「で、愛ちゃんが狼となると気になるのは
初日に涼ちゃんに投票してたのに占われて、いや、囲われていなかった涼ちゃんと。
涼ちゃん投票者のこぁちゃんだね。
グレスケって奴にするなら涼>こぁちゃんかなあ。」
オメガ11 「護衛もついてないだろうし一番噛みやすいと思うがね>秋月」
上田鈴帆 「うちん発言数えちゅうが、なーんば、オメガが寡黙ね?
なんば、その灰スケいうんはええんじゃけど、あんしゃんの思考自体がようわからんけんが。」
秋月涼 「僕は思うんですがね。
もし狼が狐を探すなら間違いなくこのタイミングだと思いますが?」
オメガ11 「狩人が居るならば共有護衛鉄板だろう」
新田美波 「はい、お願いしますっ>幸子ちゃん
あなた偽は今更見れないですしね……」
こぁくま 「寡黙、というよりも発言量が薄いんですよ。
血液に含まれる鉄分がどうたら、って感じで。ただ、吊り順はまだ思考中の所で変えていなかったのでまた今夜書き換えます。>鈴帆さん」
秋月涼 「だってまだ霊能結果で●が出ていない=3W確定」
間桐慎二 「んー、かなり厳しいものではあるよね。残り2吊りしかないし。」
上田鈴帆 「ばってんが、そげやったら明日はぁもう吊る場所だいたいきまっちゅうに。

一番こわいんはあれじゃ、そこのワカメじゃ。
なんちゃぁ、ワカメっぽくていけん。ワカメ以外にみえんちゅうてもええ。」
新田美波 「霊能ではなく、共有鉄板、ですか?>オメガ11

わたしも今日は灰噛みだと思いました……びっくりです>涼」
日高愛 「ふんふんふーん♪」
オメガ11 「霊能鉄板といったぞ?」
輿水幸子 「それではボクは次の仕事に備えながら考えていきましょう」
秋月涼 「告発場所として愛ちゃんは特にやりやすい位置のはずでしょう?」
上田鈴帆 「なんばようわからん。
それで吊り位置変えるっちゅうこっちゃ、あんたぁの中でまだなーもさだまっちょらんちゅうことかいね?>こぁ」
上田鈴帆 「それともあれかいね。
ちいとウチの頭がよくないかいねこれ?」
日高愛 「幸子ちゃんお疲れ様でした!」
間桐慎二 「そんなの好みじゃない?
ていうか今までの狐候補って椛かでっていうぐらいしかないとぼくは思うし
むしろ探してほしいね、>涼」
こぁくま 「定まっていません。敢えて定まっているなら、涼さん吊りだけ、かな。
そこを外すようなら、私はもうダメ、と。>鈴帆さん」
秋月涼 「しゃべるわかめはある意味人外だけど
それは倒さなくていいと思うよ!?>上田ちゃん」
上田鈴帆 「っていうかみんな発言せんね!
どげんしてちかっぱだまっちょっとか!」
こぁくま 「ぶっちゃけますよここは。
手札を隠すのは、咲夜さんとかお嬢様のやり口です。」
間桐慎二 「印象ワカメってなんだよ……>上田」
上田鈴帆 「やけんがこのワカメ芸人の臭いしちゅうしのう>涼しゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
オメガ110 票投票先 →日高愛
新田美波1 票投票先 →日高愛
輿水幸子0 票投票先 →日高愛
日高愛7 票投票先 →新田美波
こぁくま0 票投票先 →日高愛
間桐慎二0 票投票先 →日高愛
秋月涼0 票投票先 →日高愛
上田鈴帆0 票投票先 →日高愛
日高愛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
上田鈴帆 「お疲れさんじゃ。日高しゃん
ここまできちゅうなら、勝つよ。」
オメガ11 「日高お疲れ様だった、見事な騙りだったぞ」
上田鈴帆 「やけんが、明日ウチらからしたら吊るのは涼しゃん。
そんで明後日の噛みで灰2択やき。」
オメガ11 「秋月吊りで問題ないな」
上田鈴帆 「どげんするかね。
こりゃもう新田しゃん噛み一択でよかろうけど。」
上田鈴帆 「やけん、明日は全力で涼しゃん誘導で。
明後日2択はずすんじゃったら、もうこっちのまけったい。」
上田鈴帆 「よかよか、問題はワカメじゃき。」
オメガ11 「了解!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
新田美波 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
日高愛さんの遺言        / /⌒ヽ__ \  | l /:::::::::::::::::::`/ノ‐-..、 //  /
  ご お > j   / ) \   /:::::::::/::::::::::::ィ::::::::::::∧  / /
  ざ は /  {   ノ`|     /::::::::/::\_>''´l:l:::::\::::∧ /
  い よ ヽ__ ヽ_ノー l、    /::::::::/  ̄     .lト<::::|:::::::l
  ま |  /__ \  \  |::::::::{ ==ミ 、   _  ヽ:l:::::::}
  |    \_  \  \_|:|::::::| 〃   ,  -=ミ、 /:::::::|
  す    /___ \  /::〉、:::::ト、 />─1 〃 /::::::::/
  !    >--─  ∧/::/: : \|_ l::::::::::::l  イ::::::::/ \
      (       >‐'': : : : : | |゙┴─‐┼<::/|/ノ    \
       >''"´ /  ∨: : : : : ∧|\  /r‐-=┐::`ヽ \
新田美波さんの遺言              ,. -‐――:::::::::.、
           /二二二¨ニ'`、:::ヽ、
          ,イ"´::::::::::::::::::::`ヾゝ::::::\
          ,f′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
         /::::::::::::::::::::::::::/i:::|\:::::::::::::::::i
         i:::::::::::::::::::::::::/ !/_ハ:::::::::!::::i
         ゙ヘ::::::::::-‐-y  '´ ̄.`И::::!:::_i
           ヾ:::::/´    ィ芳ヤ∨//iォ‐-.,,
           i;::::! イ芳    ``` !::|_]i_|(/j
           |::i^、 ```  '     /.:::|l孑'´ ̄` :、
           |:::`ー、   ヽ_::ァ /::::::!l::|     \
           |::::::i!::::]:≧z 、_,ィ |:::::〆:::ヽ,      \
          .,__.!::::/r''\  j    ¨|:::|`'ャ‐ \      `丶、  暑い夏こそ、スポーツでいっぱい汗を掻きましょう!!
         ,ァ‐‐!:乂ヾ辷ヽ、丶 -‐  |:::|、/   \       `、
       /    \\ニ⊃   / i:::!∧     \       ヽ、   その方がきっと、気持ちいいですよっ♪
      ,.'     __匕}    /  圦:!  i      `  、   ,〝
      /      / / ヾ, ,:/    ∧  }  /,______.--一'
      /    /  /    乂    .:´ '∨.:i  {:::::i
    /     {  /:¨: : : : ,斧=   ._: : : ノ.:.:i  i::::i
   /      ∧_{: : : :/^~゚\: : : : : : :./.:.:.:i!  i:::i
  〈      / `i::_/     丶,=≠/.:.:.:.:.i!  i::::i
   ヽ     /   |         \/.:.:.:.:.:.:.i!  i:::i
    \ ::::, '    !          !.:.:.:.:.:.:.:.:i   !メ
     `"´}    i          ,′.:.:.:.:.:.:.:i!  /
       i\   i!         {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!  }
       ヾ、`ー,′  ,       ', ___|¨´i
       / `ー′  i;       ':、    |/
       沁ヽ、,,__ ,..-‐- 、   ,,.._/i
      / ヾ   f .'⌒ヽヾ ̄     ,,_}
      /   {"`弋辷二'丿―一'''〝  \
     ,′   }. . . . . . . . . . . . .|    ヾ ヽ
     i    {. . . . . . . . . . . . .!      ',  、
     !    i . . . . . . . . . . . : i      ‘,  }
     ヾ、_  }. . . . . . . . . . . . . !        }≠'
         ̄i ̄`‐――‐;:――!_,,,,,._,..'''
         i`ー――一'i!、___,,i
         i:::::::::::::::::::::::.i::::::::::::::::::::::i
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
輿水幸子 「それでは可愛いボクが霊能COしますよ!
愛さんは●でしたよ!」
秋月涼 「◇オメガ11「霊能鉄板といったぞ?」
◇オメガ11「狩人が居るならば共有護衛鉄板だろう」

連続した二発言で矛盾してるよ!ちょっと感心しちゃったよ!!」
上田鈴帆 「おはようさん

今日考えるところはあれじゃ、オメガしゃんか、秋月しゃんちゅうところか
ワカメ?そこにウチ狼目みれん!ワカ目ったいワカ目!」
オメガ11 「おはよう
さてドッグファイトの時間だな」
こぁくま 「グレースケール
涼(個人的には真っ黒。)>>(慎二>オメガ)>鈴帆
吊り順希望:涼→噛み次第。慎二&オメガ天秤で、現状慎二寄り

◇秋月涼 「僕は思うんですがね。
もし狼が狐を探すなら間違いなくこのタイミングだと思いますが?」
自分から絶望村にしてしまいかねないような手の打ちかた。
それ以前に、狼の視点デスヨねソレ。

三度目の再思考。
…昨日のアレで色々ひっくり返った感じでしょうか
もう、これで行きたいかな。慎二さんが狼に見れないならば、オメガさん、という程度で考えましょう」
間桐慎二 「おはようだよ!印象わかめとか芸人とかさんざんだな!」
間桐慎二 「とりあえず涼ちゃんは残せない。
愛ちゃんの初日投票で囲われてないとか狐だとめっちゃ見えて
囲わなかったのかもしれないし。
そもそも身内票としてもやりやすく見える。
狼狐が濃厚過ぎる。君を吊って最終日行きたいよ。」
輿水幸子 「さて…共有さんを噛み抜いてきました」
上田鈴帆 「そげんちゅうところであれやね。
まぁ日高しゃん狼は当然としてじゃ。」
オメガ11 「あ、すまね
間違って発言しちまった★」
こぁくま 「何をデスカ?>オメガさん」
上田鈴帆 「しぇからしか!
今ん状況であんしゃん吊りだけはなか!>ワカメ!
やけんあれじゃ!あんしゃんはワカ目じゃ!」
こぁくま 「ああ、ふむふむ。」
オメガ11 「後者が正しいぞ、霊能護衛鉄板」
間桐慎二 「愛が狼は当然だな……運命って残酷だな…愛(昨日反応してなくてごめんね)」
秋月涼 「そんなとこに目をつけられても・・・
いいですか?僕はオメガさんが「共有噛みが鉄板」という点を問題視しました。
あなたも鉄板だと思います?>小悪魔さん」
上田鈴帆 「ちゅうことでかんがえんね。
こぁももうよかったい。やけんが、それやってん
涼しゃんかオメガしゃんちゅうことなる。

あと、幸子しゃん、今日は票のブレがこわかけん、指定せんね。」
こぁくま 「ん。そこまで疑いを逸らしたいですかね?>涼さん
霊鉄板でしょうが、そこで私に振るかな?」
オメガ11 「上田間桐は村とみて、秋月こぁくまが狼か?
吊るなら断然俺に突っかかってきた秋月だが」
秋月涼 「ストップ」
輿水幸子 「はぁ…指定ですか…まあ仕方ありませんね」
秋月涼 「狼狐が濃厚過ぎる。君を吊って最終日行きたいよ。」」
間桐慎二 「んー、位置>発言だからな僕は。涼ちゃんの発言から推理がひっくりかえせる要素
がなかったから…」
オメガ11 「もう既に秋月に関しては皆が突いているので俺は突っ込まん」
間桐慎二 「ん?どうした涼ちゃん」
上田鈴帆 「なんねーこれ……ここでオメガしゃんなんばそういうこというとね。
>ウチ村とか で、涼しゃんなんね?」
秋月涼 「狐想定をこの場面でしてどうするんですか?>慎二さん」
こぁくま 「鈴帆さんが理屈抜きの勢いでノーマークにできてしまうのがなんとも。
裏は…今回そこだったらかかれてもいいくらいです。
そのくらいの思考の勢いがあります。」
こぁくま 「狐がいようがいまいが、鉄火場ですよ鉄火場。
いたら絶望ですよ。」
間桐慎二 「え、そこ?普通に推理した結果なだけだよ>涼」
上田鈴帆 「ん?
それはワカメの最初の考察ね?」
秋月涼 「もうそもそも狐目なんて村は思考していられないはずなのに」
オメガ11 「秋月に俺は入れる」
こぁくま 「◇秋月涼 「狼狐が濃厚過ぎる。君を吊って最終日行きたいよ。」」
貴女が言ってはw」
秋月涼 「凄まじい違和感を感じるんですが・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
オメガ110 票投票先 →秋月涼
輿水幸子0 票投票先 →こぁくま
こぁくま1 票投票先 →秋月涼
間桐慎二1 票投票先 →秋月涼
秋月涼4 票投票先 →間桐慎二
上田鈴帆0 票投票先 →秋月涼
秋月涼 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[妖狐勝利] マヌケな人狼どもを騙すことなど容易いことだ
ゲーム終了:2012/08/16 (Thu) 23:45:17
新田美波 「……こぁはこれ、なんで発言捏造やってるんです?」
真紅 「狐で確定。」
島村卯月 「お疲れ様でしたー」
アイギス 「お疲れ様であります。」
銀ちゃん 「お疲れさまぁ」
日高愛 「うわぁーん!(泣」
こぁくま 「…あー、はい。
すいませんでした。どうにかしてました。」
オメガ11 「ズコー」
犬走椛 「お疲れ様ですよー」
三浦あずさ 「お疲れさまです~」
輿水幸子 「あぁうぅ…すみませんでしたお疲れ様ですよ」
オメガ11 「お疲れ様だ」
伊織貴瀬 「フン。」
島村卯月 「私を噛まなければ銃殺だったのに……>狼s」
上田鈴帆 「だめだめ。あかんかった>オメガ
今日つれちょらんかったら、もう飽和。ごめんな?」
秋月涼 「わかってたよう!!!
この内訳は見えてたよう!!!!」
間桐慎二 「……やばかった。超やばかった。鋭い>涼」
こぁくま 「捏造はしていませんね、全部刷ってきてます>新田さん」
新田美波 「昨日も見ましたよこの図……!
それはともあれ、皆さんお疲れ様でしたっ♪ 狐さんはおめでとうございます!」
道明寺歌鈴 「お疲れ様でした。えぇと、その、あの・・・本日はありがとうございました。それで、その・・・アンケートをとりたいのですけどよろしいでしょうか」
日高愛 「慎二さんなんか嫌いです!もう!w」
真紅 「おつかれさまなのだわ。
ちょっとあずさの思考は聞きたいところではあるのだわ。」
アイギス 「残念ながら鯖初参加初勝利はならなかったアイギスです。」
秋月涼 「説得力なくて御免ね本当に!」
上田鈴帆 「しらんよ。
絶対に鉄板だけはさせんけね>しまむら」
銀ちゃん 「あぁ、狐は勝利おめでとうだわぁ
押し切ったのはGJねぇ」
島村卯月 「こぁさんがコピーしてた発言は、
そもそもワカメさんの発言のコピーですね」
こぁくま 「なんというか、泣いていいですか…」
日高愛 「上田さんは有り難うございました!
とても心強かったです!」
オメガ11 「ワカメ狐ではないか
謝罪と賠償と機体の修理代を請求する」
三浦あずさ 「ん~、狩人初日とはいえ~
占いを初日から噛んだ狼も見事ですし~
生き残った狐もお見事です~。…生きていたら指定していたと思いますけど」
新田美波 「◇こぁくま 「◇秋月涼 「狼狐が濃厚過ぎる。君を吊って最終日行きたいよ。」」
貴女が言ってはw」

でもこれ、言ったのは涼さんじゃないですよね……?」
島村卯月 「まさかのマジレス!?>鈴帆ちゃん」
上田鈴帆 「◇秋月涼 「説得力なくて御免ね本当に!」

理由はあっとるったい。
ただ、もうワカメはつれんきに。
つるんやったら、ちゃんと狼目っていうこといわんといけんけぇ。」
こぁくま 「恥ずかしいですねコレ。うん。
色々鍛えなおさなければ。特に倒された相手がもう…」
日高愛 「オメガさんと狼同士で殴りあうのも悪くないですねw>オメガさん」
間桐慎二 「いやあ、よかった。もうダメかと思ったまじで」
秋月涼 「浮いた発言を見つけていったのに疑われちゃった・・・
難しいな、ううん・・・」
こぁくま 「最終日の発言です>新田さん」
オメガ11 「怖いこと言わないでください…>日高」
間桐慎二 「僕は好きだぜ…?>愛ちゃん
やだよー>オメガ」
アイギス 「霊界視点でありますが、共有片方でも居れば間桐さんを指定する思惑が多少なりともあったようなので、よく言えば「噛み順」だったのかもしれないのであります。」
こぁくま 「というか、何を考えていたか分からなくなってしまいました。
揺さぶりでやられるとか、私らしくない」
真紅 「それ自体がコピーである事は、慎二の発言を見返していたら気付けたのだわ……>こぁ」
三浦あずさ 「えーっとね
島村さんを噛むのなら狩人は○のなかにいるはずと考えたの>真紅さん
灰の狩人なら囲い候補が無い島村さんを護衛する可能性が高いから」
犬走椛 「ジリ貧、とは言えもう少しなんとかなるルートはあったかなぁと。
2W飽和はなんとか防げた感がありますし。

まあそれでも絶望村なんですけど!」
道明寺歌鈴 「火曜日と木曜日がうみゃGMの時間ですが・・・

どちらかを22:30開場にするのも手かな、と思います。いかがでしょうか?」
上田鈴帆 「あったりまえったい!
こちとら、生粋の博多っ子やきに!>しまむらしゃん」
銀ちゃん 「さじ具合ねー・・・今回は村に余裕がなかったってのも一つだと思うわぁ
だからそんなに落ち込んじゃだーめよ?>秋月」
伊織貴瀬 「◇上田鈴帆(75) 「な、なんね?
三浦しゃんも霊能ね?
っていうかこれ、霊能あーまーしとるんやったらあんま意味ないんやないかね?」
「まぁ、共有しゃんがそういっちょうんやったら、深くはきかんけんどね?
ただ、なんじゃ、村が狼みつけにくうなっちゅうたら迷わんと解除せんとあかんね?」

「は?なんね?なんちここで撤回するん?
やって、これやったら明日まで撤回まってもよかろうもん?」

この辺りで新田は普通に吊るしか無いと思っていたのだが、まあ仕方無いな。
俺と村人では違うのだから」
秋月涼 「いや、オメガさん慎二さん人外までは見えたんだ。
上田さんは・・・アウトオブザガン中・・・・>上田さん」
こぁくま 「涼さんは悪く無いですよ。「本気で。」」
日高愛 「◇間桐慎二(22)  「で、愛ちゃんが狼となると気になるのは
初日に涼ちゃんに投票してたのに占われて、いや、囲われていなかった涼ちゃんと。
涼ちゃん投票者のこぁちゃんだね。
グレスケって奴にするなら涼>こぁちゃんかなあ。」

前日のこれで、凄い狐目が浮上したんですけど・・・
あー投票しとけば良かったー!なんで共有に入れたんだー!」
真紅 「新田じゃなくて上田なのだわw>伊織」
新田美波 「いえ、ですからその発言自体が、慎二さんの引用なのですよ……>こぁくまさん
見直したら、確かに涼さんの同じ発言ありましたけど……」
こぁくま 「なんというか、初日にアレだけ票を貰うと焦りますね…ほんと」
オメガ11 「左から縦2列目の役職揃い…」
こぁくま 「あれ、そうだったのですか!?>新田さん」
上田鈴帆 「ちゅうか、ウチが進行ぼけちょったけんな。
だめやん。今日涼しゃんつっちょったらワカメ噛みでどうとかできんちゃけ。

ほんとごめんなー>オメガ・日高しゃん」
こぁくま 「ああもう/・」
犬走椛 「>歌鈴さん
もう10分早い方が個人的には好きですね。」
輿水幸子 「あぁ…綺麗ですね…(現実逃避)>オメガさん」
秋月涼 「GMの好きなように、かな。
僕はどっちでもいいよ!>GM」
新田美波 「◇間桐慎二 「とりあえず涼ちゃんは残せない。
愛ちゃんの初日投票で囲われてないとか狐だとめっちゃ見えて
囲わなかったのかもしれないし。
そもそも身内票としてもやりやすく見える。
【狼狐が濃厚過ぎる。君を吊って最終日行きたいよ。】」

涼さんが引用したのはここ……ですね>こぁくまさん」
銀ちゃん 「私はどっちでも構わないわぁ 貴方の負担にならないようにって意味なら
後者をすすめとくわぁ>うみゃたん」
三浦あずさ 「それで初日の○の銀ちゃんと真紅さんが私からは狩人候補に見えて
霊能を噛まずに銀ちゃんを噛まないのなら
たぶん真紅ちゃん狼じゃないのかなーっと」
オメガ11 「くそう負けるくらいなら巫女カフェ行きたかったぜ」
日高愛 「いえいえ、あそこまで3Wで来れたのは上田さんとオメガさんのお陰です!
微妙な騙り占いでこちらこそ申し訳ありません!」
日高愛 「どんまいですよー!>こぁくまさん」
オメガ11 「微妙?謙遜なさらずに、見事だったぞ!>日高
二人のおかげで楽させてもらったんだ、有難うよ!>日高&上田」
日高愛 「木曜・・・ですかね?んーどっちがいいだろ」
こぁくま 「なんというか、うんー…いいように利用されてしまいましたね
こういう負け方だけは最悪、と教わっているはずなのに…うん。」
新田美波 「ま、まぁ、見間違いは誰にでもありますし、わたしも責めてるわけじゃないので……
だから、その、ドンマイですっ>こぁくまさん」
上田鈴帆 「ちがうっちゃん。
やけんが、あの状況やったらぁ、霊結果みえちょるんやけ、」
道明寺歌鈴 「早くしたらまず来れない固定客がいるので22:00はぶらせません・・・ごめんなさい>椛さん」
銀ちゃん 「あずさー?あずさー?
狩人込みでもたぶんその噛みはないわぁ
しかも偽発覚したのならば>あずさ」
間桐慎二 「ちょっと息切れしてるから喋れねえ……勝ててうれしいけどね」
秋月涼 「つまり人外の感情コントロール能力が高かったってことですね・・・くやしいですけど>小悪魔さん」
犬走椛 「>歌鈴さん
ああ、誤解させたなら申し訳無い。『22:30から少し早める』という意味ですね。」
銀ちゃん 「色々尻尾は見え隠れしてたけど、それでも勝ちは勝ちよぉ?>間桐」
真紅 「狩人じゃないから狼……か。
狐目ならまだ、わからなくもないのだけど……まぁ言っても仕方ないわね。」
上田鈴帆 「まぁ次はかつったい!>オメガ・アイギス・日高しゃん

勢いつきすぎたんはもうこっちもあれやけんがねw」
こぁくま 「ですね。>涼さん
少し、鬼になる必要があるかもしれません、私は。気が抜けすぎましたね…w」
道明寺歌鈴 「それだと集まらないって何度もいってるじゃないですか・・・>椛さん」
オメガ11 「何かいつもと雰囲気違うなと思ったら春香で入った人いなかったのか」
銀ちゃん 「んー位置としては疑いだったけど、それも初手抜かれでぱーね
そこを言えなかったのは噛まれた村人の辛いところだわぁ>真紅」
道明寺歌鈴 「言ったこと忘れられてるんでしょうか・・・」
日高愛 「やっぱり狐居ましたねぇw
慎二さん噛みをやるべきだったのかなぁ?>上田さん」
真紅 「開始時間を遅くしても……おそらく集まる速度は変わらないような気がするのだわ……>歌鈴」
間桐慎二 「ふはは、まあそうだね!>銀ちゃん」
犬走椛 「>歌鈴さん
あうあう。」
こぁくま 「2230開始だと、途中で倒れる人が出る可能性のある時間まで延びる恐れがありますね。
000以降に伸びるのはそもそも不味いかなあ」
輿水幸子 「オメガさんもここになじんできましたかね?>オメガさん」
秋月涼 「そして明らかに村をぐちゃぐちゃにしたのは
そこのわかめと大阪人でしょうこれwwww」
真紅 「まぁ、私も水銀燈を疑ってなかったとは言わないのだわ。
噛まれる村人は良い村人なのだから、それは良いのだわー」
アイギス 「間桐さんを噛むチャンスは灰噛み一回目のみだと思うのであります。
一回目で噛めなかったのなら二回目は無いのでありますな。 <日高さん」
銀ちゃん 「うみゃたん 落ち着いてーどうどう
そんなかっかしてどうするのぉ」
こぁくま 「次は…修羅になりましょう。
では」
伊織貴瀬 「そもそも逆効果だと思うがな、村の開始時間を遅くするのは」
島村卯月 「開始時間を遅めるのは……特殊村でも無いと
逆に人が減っちゃうかもって思うかなー。
こう、終了時間的に。」
こぁくま 「あと、紅茶ぶっかけますよ紅茶!>GM」
オメガ11 「まったりプレイさせていただいていますよ>輿水」
伊織貴瀬 「早くから来ていた人間が他の村に行く可能性もあるのに」
オメガ11 「◇こぁくま 「あと、紅茶ぶっかけますよ紅茶!>GM
巫女にそのような仕打ちは許さねえ」
道明寺歌鈴 「ほぼ毎回間に合わなかったーって言ってる人が数人毎回見受けられるからが理由です。集まる速度より。
いろんな人に来てほしいんですよね>真紅さん」
オメガ11 「オメガ11、レーダーロック!>こぁくま」
新田美波 「はいはい、飲み物を粗末にするのはダメですよっ(がしっ)>こぁくまさん」
日高愛 「伊織さんか真紅さんを狐想定でしたからねー
まさか終盤で尻尾を出してくるとは思いませんでした!>アイギスさん」
三浦あずさ 「普通に今のままでいいですよ~>GM」
こぁくま 「すいません、ヤケクソです。次は勝ちます」
オメガ11 「<<ああ!俺がやる前に新田が先にやった!>>」
真紅 「まぁ、狐目で見られてるのはわかっていたから、霊●出たら素直に吊られようとは思っていたのだけど。
……霊○で指定されて頭の中身が吹っ飛んだのだわw」
輿水幸子 「まったく歌鈴さんに小道具使うなんて…
使っていいのはバナナの皮だけですよ!」
新田美波 「というのはさておき、時間は特に遅らせなくてもいいんじゃないかな? とは思いますっ>歌鈴GM」
アイギス 「◇三浦あずさ [共] (レジィ◇jVO.2NVEU6)(共有者) 「そうよ
それに狂人を吊らない理由が余裕が無いと言った点
つまり狐を吊りにつかいたい狼の思考だと思うわ」 」
真紅 「……ええ、おそらくその、遅くするのは終了時間という意味でも、まずいと思うのだわ……」
新田美波 「おかしいと思ったら即時行動。基本ですから(にこっ)>オメガ11」
アイギス 「位置関係無く発言から見ての帰結から位置までも考慮した顛末、とアイギスは予想するのでありますな。」
間桐慎二 「よし落ち着いた。僕は多弁をすると息切れするほどの寡黙枠だから。
今回はマジ頑張った。」
三浦あずさ 「あー、あー、
初手囲いを考えちゃうと~
止まらない~。ついでに占い噛みの前提そのものが間違っていた~」
オメガ11 「流石新田である」
真紅 「……なるほど、ね>アイギス」
日高愛 「狼騙りは忙しいですね!やっぱ!その分充実感はありますが!」
道明寺歌鈴 「わかりました・・・時間変更しません・・・余計な事考えてごめんなさい」
上田鈴帆 「はかたんもんに大阪人いうちなんね!>涼しゃん」
真紅 「あずさ、あずさ……村でも狼でも狐は吊りじゃなきゃ処理できない上……
その、狼なら狐を噛んだら告発できる余裕すらあったのだけど……」
三浦あずさ 「それもある~
それで狩人切ったのもある~>アイギスさん」
犬走椛 「>日高さん
真占いを噛めたら後は暇ですよ!たぶん。」
秋月涼 「くそう、でも絶望じゃなかったとしても上田ちゃんを捉えられたかなぁ・・・
そう考えるとやっぱり厳しかったか。悔しい。」
日高愛 「ど、どんまいですよ!GM!
試験的にやってみるっていう手もありますから
落ち込まないで下さい!」
銀ちゃん 「うみゃたんうりうり~」
新田美波 「はい、お疲れ様ですっ>慎二さん
狐勝ちはおめでとうございます、ですが……次は負けませんからねっ。」
銀ちゃん 「そういえば上田ちゃん?どうかしらぁ、ちょっとプレイスタイル変えてみたんだけど」
真紅 「まあ狐噛みしたら吊りが増えるのだから余裕があるって程でもないけれどね。」
島村卯月 「私が言っても説得力無いかもだけど
そんな落ち込まないで(なでなで」
日高愛 「囲いと、霊能噛んだ場合の●出しも考えないとなので
微妙に暇じゃないんですよね!占い理由も私結構作るので!>椛さん」
アイギス 「銀ちゃん噛みがあった(しかも通った)以上は二回目に狐狙いで狐を噛む事は考え難いと考えるのでありますな。
だから告発というイベントが発生する可能性はやや低いのであります。」
間桐慎二 「はは、ありがと>美波ちゃん」
道明寺歌鈴 「だ、だって、私皆さんに迷惑ばっかりで、いらんこと言って・・・」
島村卯月 「それにしても、銃殺出来たはずの狐が勝つって展開も多い気がすゆ……!」
真紅 「ええ、正直噛むとは思ってなかったし。
だから余計余裕がないと思っていたのだわ>アイギス」
アイギス 「ただし夜の会話を見る限り、銀ちゃん噛みをいわゆる狐探しの噛みの範疇に入っていなかったようではありますが。」
犬走椛 「>歌鈴さん
……(じー」
三浦あずさ 「それもこれも四条鯖を楽しんでほしいからですよね~>GM
なら何も問題ないです~
問題なのは私の今回のロジックだけです」
アイギス 「17人村で占い即抜きの後に、霊,共,共,占いの○(この村の場合は真紅)を狼が全て噛むと、平和が発生しない限りは灰噛み一回の権利+最終日が灰四人という形になるはずでありますな。」
間桐慎二 「あ、僕銃殺されるところだったんだ。>卯月ちゃん」
オメガ11 「牛乳でも飲んで落ち着くといいぞ、誰も気にしていない>歌鈴」
銀ちゃん 「うみゃたんわぐわぐ」
真紅 「いらん事などは言ってないと思うけれどね。
思った事があるなら口にする、意見を聞く。
それができているのだから何も問題ないのだわ>歌鈴」
アイギス 「灰を二人噛むと確定白+灰三人を作れるのであります。」
日高愛 「んー・・・・確かあせあせしてて噛みを決めてなかったような?
そうですね、上田さんが噛みをやっていただいたので
上田さんに聞かないとちょっと解りません!>アイギスさん
オメガ11 「狼としては序盤は狐より真占いの方が怖いので抜きに行くのさ」
道明寺歌鈴 「……ぁぅ>椛さん」
新田美波 「あまりマイナスなことばかり考えてると、心が病んじゃいますよっ>歌鈴GM
ほら、オメガさんも言ってる通り、ホットミルク飲んでリラックスリラックス。」
道明寺歌鈴 「わぐわぐってなにがなんだかわかんないです!?>水銀燈さん」
アイギス 「ただしこの村の場合は真の○が霊なので、灰が更に狭い故に灰を二人噛んでも灰四人になるはずでありますな。」
島村卯月 「うみゃちゃんもふもふ」
犬走椛 「>歌鈴さん
(ぽふぽふむぎゅー」
島村卯月 「○狙いだよ! やったね!>シンジくん」
オメガ11 「…隣が同郷(鯖)の人だったが全く気付かんかった」
新田美波 「えへへ、見抜けなかったのなら幸いですよっ♪>オメガ11」
オメガ11 「くそう…巫女カフェ…」
アイギス 「つまり灰三人噛んでも最終日に白1+灰3という四人を作れる訳であります(たぶん)。」
道明寺歌鈴 「なんか気持ちが空回ってるようなきがするんですよね>あずささん」
伊織貴瀬 「そもそも指定する必要を感じないが、まあいい」
間桐慎二 「ホットミルクってうまいよな。ー>美波ちゃん」
道明寺歌鈴 「あの・・・オメガ11さん・・・お茶、いりますか?」
銀ちゃん 「!そういえばこの銀ちゃんが少佐RPをこよなく愛するあの人だとは
今回見抜けなかったわよね!?どう!?こっちの方が村っぽい!?」
アイギス 「その点では通常の白進行+真即抜きの場合よりも狐に対する狼の灰減らしのプレッシャーは大きい余地があった訳ですが、狐はそれを回避した訳ですから、実に評価すべき事項なのであります。」
新田美波 「あー、そういえばカフェの存在を忘れてました……
抹茶パフェ、ちょっと楽しみにしてたんですけどね……残念ですっ。

美味しいですよね! あれ飲むと心も体もほっとします>慎二さん」
オメガ11 「(オメガ11は心の中でガッツポーズをした!)
有り難く頂きますぜ!>歌鈴」
三浦あずさ 「ならいったん落ち着きましょうね~>GM
暑い夏ですけど温かい飲み物でも飲んで
私今飲んでいるのは白湯ですけど」
日高愛 「後は占いの発言かー・・・
ここはまだ研究と研鑽が足りないなぁー
正直真がミスしないと切られそうですもん」
銀ちゃん 「COのタイミングと死ぬことへの懸念はちょっと違和感を感じたわねェ>日高ちゃん」
道明寺歌鈴 「で、では今抹茶パフェお出ししますっ!>美波さん」
真紅 「私はそちらの方が好みよ>銀ちゃん
良い感じに力が抜けていて……まぁ、初手○だったわけだけれど。」
日高愛 「落ち着いて見えましたーw
真紅さんアイコンが入った時に一瞬そっちかと思いましたしw>銀ちゃん」
間桐慎二 「いやお前アイコン変更する前チャールズだったじゃねえか>銀ちゃん」
間桐慎二 「おっと素で突っ込んでしまった。まあいいんじゃない?僕はほっくりしたし」
三浦あずさ 「んー、だめですね~
今回狼に目が逝っていません~
やっぱり灰視がまだまだか~
というか位置だけで判断したのがー、思い込みがー」
オメガ11 「少佐の人だったのですか…HN見て納得」
アイギス 「占いの○(この村の場合は真紅)←失敬、これはミスでありますな。輿水の方であります(訂正)」
上田鈴帆 「まぁ、あれったい。
ワカメがワカ目になってしもうた時点で、この村結果みえちょったな!
わははははは!」
輿水幸子 「歌鈴さんはもっとでーんと構えてればいいんですよでーんと」
新田美波 「あ、ありがとうございますっ♪>歌鈴GM
えへへ、楽しみにしてたんですよね……いただきまーすっ♪」
日高愛 「噛まれの心配をしない占いは偽!ってのが
自分の中のスタンスなんで、それはしょうがないですね!>銀ちゃん」
三浦あずさ 「チャールズで透けますよ?>銀ちゃん」
道明寺歌鈴 「ワカ目ってなんですか?>鈴帆さん」
銀ちゃん 「ありがとう真紅!大好きよぉ!>真紅
おー・・・落ち着いてる・・・!これは好印象ね!>日高
チャールズさんは銀ちゃんの犠牲になったわぁ・・・・>ワカメ」
オメガ11 「いっそRPGでも持ってみれば?」
道明寺歌鈴 「あー、でも今日の水銀燈さんには癒されたかもです・・・♪」
日高愛 「まぁCO自体は若干早いかなぁ?と思わなくもないですけど」
アイギス 「ちなみに霊界でも言った事項でありますが、オメガどう見ても役持っているとしか見えなかったのであります。」
アイギス 「二日目夜の段階から占い理由を最初にストックしていたのでありますよ。」
間桐慎二 「僕はデフォでワカメなのか…?」
輿水幸子 「どう見てもわかめです>わかめ」
三浦あずさ 「そうか!今日何か力が出ないなーって思っていたら
ご飯を食べていなかった」
銀ちゃん 「納得って・・・・こわいわぁ・・・>オメガ

ん~どちらかといえば『初日COしてるぐらいだしバランスで死ぬかもだけど』
『初手から数手は必死に探すわ』『それが○でも頑張って頂戴』
ぐらい言えれば最高にぐれいとー ね>日高」
オメガ11 「あーここに来てからはよく役持ち(特に狩人)と間違われる>アイギス」
アイギス 「おぉ、私とは真逆であります。 <日高さん
私は占い師が噛まれの事など気にしている時間があれば人外を探せと思う派でありますなー。」
日高愛 「あ、やっぱりそう思います?
オメガさんの初日であんな感じだから
狩人ありそうって思うんですよね!>アイギスさん」
新田美波 「な、何か食べた方がいいですよそれは……>あずささん」
銀ちゃん 「私は過去に秋刀魚RPで『RPG-3MA』というRPをしたことがあるわぁ>オメガ

実はこれ一回こっきりなんです>うみゃたん」
犬走椛 「そう言えば何でワカメなんでしょう、と思いつつお暇しましょうか。ではまたっ。」
オメガ11 「どうみてもアイコンのせいです」
アイギス 「いえ、狩人あると思ったら●投げてるであります。
あけすけに言うとこれ人外(狼か狐)と感じていたでありますが、●を投げる必要があったので置いたのでありますw」
銀ちゃん 「椛もまたね~」
オメガ11 「…すげえ>銀ちゃん」
オメガ11 「落ちた人たちお疲れ様だぜ」
三浦あずさ 「たしか今日は一時に起きて
甲子園見ながら1村して、そのあと1村して
ちょっと眠くなったから9時まで寝て、ランキング村をして
で四条鯖に参加しました~」
日高愛 「噛まれの心配しない占いは偽!ってバッサリきられた事があるので
教訓として生きてるんですよ!>アイギスさん

ふむふむ・・・まぁまだ狼占いだと萎縮してるんでしょうね!
もっと信用取る発言をしたいですね!>銀ちゃん」
三浦あずさ 「うん、一回もご飯とっていません
というか忘れていました」
間桐慎二 「まあ狐ってのは村から村に見えてかつ狼から見て潜在的にSG位置にいれば
勝てるのさ…理屈では。」
銀ちゃん 「今回のアイギスなんかすごい参考になる発言だと思ったわぁ>日高」
新田美波 「あっさりとお茶漬けあたりでも……胃に溜まらない可能性ありますけど……>あずささん

あ、落ちる方はお疲れ様でしたっ♪」
オメガ11 「雰囲気違うなと思ったら春香だけじゃなくやる夫やクマ吉もいなかったんだな
…その中での安定のでっていう有難うございました」
間桐慎二 「なんつーか、さすがだな>あずささん」
輿水幸子 「オメガさんはやっぱり染まってきてますねぇ…」
銀ちゃん 「うーん、上田ちゃんの反応がないわぁ・・・お疲れなのかしら?」
オメガ11 「…アイギス性能良すぎて敵に回すと撃墜されそうだ」
道明寺歌鈴 「たまにでいいからもっと使うといいと思うの。癒し系だし>水銀燈さん」
アイギス 「占い師が二日目にCOする、という事は噛まれるリスクを背負っている訳でありますな。
噛まれるリスクを背負ってでも二日目にCOするべきと考えた占い師が噛まれの心配をするとは何事、という思考なのであります。」
上田鈴帆 「んー?なんねー?」
オメガ11 「今日は割と静かだなあ…と>輿水」
銀ちゃん 「アンデルセン神父がこちらを見ているようです>うみゃたん」
三浦あずさ 「よし、といわけでもう遅いけど夕飯作ってくるわ
お疲れ様でした」
銀ちゃん 「うんうん!聞かせて聞かせて!>上田ちゃん」
日高愛 「ふむふむ・・・んーむ占いは難しいw
まぁこれからも積極的に狼占いに参加ですかね!
銃殺対応分作るのが結構難しいですけど!

今頑張ってテンプレを作ってる最中です!」
アイギス 「もっとも、別に噛まれる心配をしたから真だ偽だと思う訳ではないのであります。
むしろ、噛まれる心配をしなかったから偽、という主張をしたその誰かに少々異を唱える程度の事でありますな。」
伊織貴瀬 「潜っても普通に噛まれるがな。」
銀ちゃん 「それはまた対極の考え方ねぇ・・・でも、信用取れるだけの発言してる
からこそのあれね・・・見習いたいわぁ」
上田鈴帆 「ああ、そういえやあれやんね?今日ちゃなんばぁ、四条と早苗の合同みたいになっちょったんやね?」
三浦あずさ 「ごはんすら炊いていなかった…」
新田美波 「はい、お疲れ様でしたっ♪>あずささん
相方として、とっても心強かったです。次組んだ時はいっしょに勝ちましょう!」
輿水幸子 「そういえば今日は比較的静かでしたねぇ…」
上田鈴帆 「な、なんね?
なにきかせんといかんとね?>銀ちゃん」
銀ちゃん 「白米おいしいわぁ>あずさ」
日高愛 「んーそこは遺言が有るか無いかもちょっと関係しますかねー
ここだと寧ろ、遺言無いのになんで潜伏したしってのがありますから>アイギスさん」
オメガ11 「あずさ…うんドンマイだ
お疲れ様だぜ」
銀ちゃん 「今回の私といつもの私の優劣と今回の私の評価が聞きたいわぁ!
狼から見てでも、村人視点から見てでも」
間桐慎二 「米と水は至高だ!」
日高愛 「難しいですよね・・・占いの発言は
狩人さんとの相性もありますし>アイギスさん」
アイギス 「そうですね、ここは遺言システムが無いので潜伏というシステムは使い難いと私も容易に予想が出来るのであります。
その点では、そもそも遺言システムというもの自体が、占い師に選択肢を与えていると考えると村寄りのシステムに思えるのであります。」
上田鈴帆 「ぶっちゃければそこ村にしかみえんき、
吊れんばってんが噛んだ、そういうことやきに>銀ちゃん」
日高愛 「何時もの毒が無い気がします!(ドーン>銀ちゃん」
上田鈴帆 「ばってんが、アイギスも吊られとして最高のしごとしちゅうし、
日高しゃんも狼騙りとしては合格とは思うけどな。
護衛が取れるのが一番のしごとであるんはたしかちゃけど。」
銀ちゃん 「・・・ヴぁー?つまり、
『殴って死ぬ 狼に見られるけど』←いつもの私
『特に喋ってないけど村人』←今回の私
こんな感じ?>上田ちゃん」
日高愛 「日中の発言がちょっと甘い気がしますよ、なのでまだまだです!>上田さん」
銀ちゃん 「毒ってなによ毒って>日高」
新田美波 「うーん、占い師というよりは霊能者じゃないでしょうか?>アイギスさん
いえこう、わたしが占い師は初日に出て村に情報を与えていく役職だと思ってるからなのですけど……」
日高愛 「アーメンだの?ラーメンだの?フリスクだの?>銀ちゃん」
銀ちゃん 「フリスクなんて言った覚えないわぁ・・・>日高」
アイギス 「狩人がどう考えるかは、占い師にはどうしようもないのでありますな。失言が無ければ護衛が来るかどうかは水物だと思うのであります。
RPで決める方もいらっしゃいますし。」
日高愛 「ああ!フリークスですね!間違えました!>銀ちゃん」
上田鈴帆 「んー?しゃべっとろうもん?
やけんが、いつもよりもケンちうか、そういうもんはなかったかもなぁ>銀ちゃん

吊れんところは噛む。ただあれじゃ、アイギスん○ちうことがぬけちょったけどなw」
アイギス 「霊能者の潜伏は、某有名プレイヤー曰く『武器が無いので厳しい』でありますよ。 <新田さん」
銀ちゃん 「言われないと気づかないわぁ・・・・w>日高

ケン・・・・?あぁ、言葉の棘みたいなものかしら?
・・・ありがとう!銀ちゃんもっとがんばるわぁ!>上田ちゃん」
輿水幸子 「それじゃあボクはもうなんか言うことないので帰りますよ
おつかれさまでした」
銀ちゃん 「潜伏霊のメリットは基本0よーそして対抗手段も真証明もないわぁ
だから基本的に潜伏はしないほうが村の為になるっていう感じねぇ」
銀ちゃん 「お疲れ様ぁ>輿水」
新田美波 「武器……というと、占い師でいう「銃殺成功」のようなものですかね?>アイギスさん
そう言われてみれば、確かに納得できるかもです……」
日高愛 「ボケてみました!(ドーン>銀ちゃん

お疲れ様です!幸子さん!」
オメガ11 「俺も撤退だな
仲間たちに感謝
来てくれた人々に感謝
GMは村立てと歌鈴RPの希望きいてくれて有難うよ!
ではまたな!」
間桐慎二 「僕もお疲れ様しようかな。同村感謝、村建てありがと。じゃあねー。」
銀ちゃん 「わかりづらいわぁ・・・・w>日高」
日高愛 「オメガさんもお疲れ様です!」
新田美波 「あ、落ちる方はお疲れ様ですよっ♪」
銀ちゃん 「お疲れ様ぁ>お二人」
アイギス 「別鯖で宜しければ、潜伏霊能のおかげで人外が崩れ去った霊もありますが。
http://alicegame.dip.jp/shinku/old_log.php?room_no=708&add_role=on&heaven_talk=on
ただし初手○という条件であります。」
アイギス 「白進行で三日目以降にCOされても扱いが困るでありますしね・・・ <新田さん」
銀ちゃん 「うーん・・・当分この路線でいこうかしらねー・・・
好評だし、村としても貢献できてるだろうし」
三浦あずさ 「ちなみに初手○から三日目に霊能COするのはたいてい人外だから~
吊ってしまっても構わないわよ~」
真紅 「占いみたいに能動的に起こせる力じゃないからねぇ……」
日高愛 「へー・・・こんなのもあるんですねぇ!」
真紅 「占いの力っていうのは要するにあれよね。
●引いて吊れば霊能と繋がるかも、銃殺出れば真確定できる……だから。」
銀ちゃん 「それじゃ、落ちるわぁ!今回は色々と新境地だったわぁ!」
日高愛 「お疲れ様でした!>銀ちゃん」
新田美波 「ふむー……場所が変わるとやっぱりいろいろ考え方違いますねっ。参考になります。
銀ちゃんお疲れ様ですよっ。」
真紅 「そのくらい肩の力が抜けた貴方が好きよ>銀ちゃん
ま、力の入れ具合は加減する必要はあるかもしれないけどね。」
アイギス 「私もお暇するのであります。明朝の出撃時刻に対するリミットが迫りつつあるのを失念していたのでありますな。人狼は時間を忘れるであります。
四条劇場でも以後宜しくお願いするであります。村建てに感謝しつつ帰還するであります。」
日高愛 「私村だと結構前に行きたがりですからねー!
おーし素村でも頑張ろう!」
日高愛 「アイギスさんお疲れ様ですよー!」
三浦あずさ 「ご飯が炊けるまで暇になりました~
そしてついに普通村が建ちませんでした…」
真紅 「あずさは本当にジャンキーねぇ……」
三浦あずさ 「お疲れ様~>銀ちゃん、アイギスさん」
新田美波 「アイギスさんもお疲れ様ですよー!」
日高愛 「じゃあ私もこれで解散しますね!
上田さん今日は凄い頼もしかったです!色々有り難うございました!
では、みなさんお疲れ様でした!」
日高愛 「今何ふっひゃーですか?」
三浦あずさ 「お疲れ様~>愛さん
あー、でも決闘が建ちましたね~」
日高愛 「お、じゃあそこ参加して寝ます!w」
日高愛 「それでは!」
新田美波 「皆さんお元気ですね……すごいですっ。
ではでは、わたしも失礼しますね。お疲れ様でした、またよろしくお願いしますー!!」