←戻る
【劇場114】劇場公演 火曜の部村 [135番地]
~夏が終わるのに暑さは終わる気配が無し・・・~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7
icon 秋月律子
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 銀ちゃん
(生存中)
icon 前原圭一
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon 山崎すぎお
(生存中)
icon カナ
(生存中)
icon 水谷絵理
(生存中)
icon 真紅
(生存中)
icon 翠星石
(生存中)
icon ギャル夫
(生存中)
icon ランナー
(生存中)
icon 三条ともみ
(生存中)
icon 十時愛梨
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
村作成:2012/08/21 (Tue) 21:59:20
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
GM 「22:30点呼予定!」
萩原雪歩 さんが入場しました
萩原雪歩 「萩原雪歩 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 83 (萩原雪歩03) → No. 733 (アニマス・萩原雪歩01)」
萩原雪歩 「い、一番出来ちゃいましたぁ・・・」
GM 「いらっしゃいませ」
銀ちゃん さんが入場しました
銀ちゃん 「銀ちゃんINしたけど・・・おねむだわぁ・・・
誰か膝枕と子守唄をしてちょうだい・・・」
仮 さんが入場しました
「こんばんは」
銀ちゃん 「こんばんわぁ」
GM 「いらっしゃいませ」
萩原雪歩 「眠たいんですか・・・?
子守唄・・・ええっと・・・ねんねんころり・・・?>銀ちゃん」
銀ちゃん 「その調子・・・よぅ・・・Zzzzz>萩原ちゃん」
萩原雪歩 「ああ、でも寝ちゃったら村に参加できませんよぅ!!
でも眠いなら寝かしてあげないといけないし・・・ええっとぉ」
菊地真 さんが入場しました
菊地真 「こんばんは」
銀ちゃん 「まぁ、無理そうだったら落ちるから大丈夫~>萩原ちゃん」
萩原雪歩 「あ、真ちゃんこんばんは。」
GM 「今日は珍しく待機と希望が無いのです!
べ、別にミスジャナイデスヨ?」
銀ちゃん 「うりうり~>支配人」
菊地真 「こんばんは、雪歩」
菊地真 「ボクとしては希望制じゃないほうが好きだから、いいんじゃないかな>GM」
「これはお仕置きが必要ですかねぇ(ゲス顔)>GM」
萩原雪歩 「私は待機制も希望もどっちもあってもなくてもいいから、どっちでも歓迎ですぅ>GMさん」
GM 「おまわりさんこのひとです」
GM 「ん、よかった・・・」
菊地真 「どっちかというとバウムクーヘンのほうが好きだけどね」
銀ちゃん 「え、銀ちゃん容疑者?現行犯?」
GM 「ゲスい顔した人がいたので・・・銀ちゃんさんじゃないですよっ」
萩原雪歩 「真ちゃんバウムクーヘン好きなんだ?
(今度作ってみよっかな・・・)」
菊地真 「なにか悪いことやっちゃったの?>銀ちゃん」
菊地真 「バウムクーヘンはいいよ~
ふんわりしてるけど、1枚1枚が層になってて、ずっと楽しめるんだよ>雪歩」
銀ちゃん 「あらーよかったわぁ>支配人

七夕で『お腹いっぱいヤクルト飲みたい』って書いたぐらいだわぁ>萩原ちゃん」
山崎すぎを さんが入場しました
山崎すぎを 「んふふ、きょうはよろしくね! Vi審査はすぎをが担当するわ~」
菊地真 「1日1本にしとかないと、腸の中で乳酸菌が暴れちゃうよ!>銀ちゃん」
山崎すぎを 「あらぁ~どの子もかわいくて、すぎをわくわくしちゃう!」
銀ちゃん 「銀ちゃんぽんぽん弱いから怖いわぁ・・・ガクブル >真ちゃん」
萩原雪歩 「私はパクって丸ごと食べてるな。
そっちのほうがふわふわして美味しい気がするかなぁって>真ちゃん」
菊地真 「えっへへー、可愛いだなんて、照れちゃいますよ~>すぎをさん」
銀ちゃん 「うーん・・・今日は集まり悪いわねぇ・・・」
萩原雪歩 「照れる真ちゃんが一番可愛・・・けふけふ」
菊地真 「もー、雪歩はバウムクーヘンの楽しさを味わってないよ
1枚ずつはがしながら食べていって、だんだん小さくなっていくのが楽しいのに~」
菊地真 「でも最初の一口はかぶりついたほうがいいかな
で、そこから少しずつはがしていくのが楽しいんだよー」
萩原雪歩 「そ、そうなのかなぁ・・・
あれって楽しむために層になってるのかなぁ・・・?でも真ちゃんが言うならそうなんだろうなぁ・・・」
菊地真 「何億体もの乳酸菌が腸の中で頑張ってるんだもんね>銀ちゃん」
山崎すぎを 「あらあら、そういう照れるのもポイント高いわよー
あと雪歩ちゃんはね~どうしたのかしらぁ?ちょっと落ち着きを持った方がいいわぁ」
GM 「30分になってしまいましたね・・・」
菊地真 「バウムクーヘン職人さんの苦労を考えると、
やっぱり1枚ずつ楽しむのがいいんじゃないのかな
ってボクは思うけどね>雪歩」
銀ちゃん 「これは如何に早く霊界に行ってお茶を飲む仕事がメインね」
菊地真 「ポイントゲットだ!やっりぃー!>すぎをさん」
萩原雪歩 「おおお、落ち着いています・・・よ?多分大丈夫ですぅ・・・(ちょっと表に出てしまいましたぁ)>山崎さん」
カナ さんが入場しました
カナ 「こんばんはかしら!」
菊地真 「でも、雪歩が丸ごと食べたいんなら、ボクは止めないよ
それが雪歩の生きる道だからね!(どやぁ)」
銀ちゃん 「あらーカナじゃない 夜更かしはだめよぅ?」
カナ 「う…正直ねむいかしら」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 秋月律子
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 735 (アニマス・秋月律子01)」
kari さんが入場しました
kari 「こんばんは、よろしくお願いします」
萩原雪歩 「そっか・・・
バウムクーヘン職人さんのこと考えたら・・・一気になんて食べちゃダメだもんね。
いただきますにもっと感謝をこめないとってことだよね>真ちゃん」
菊地真 「眠気なんて気合で吹き飛ばすんだよ!
はーーーーーーっ!!!!>カナちゃん」
カナ 「バウムクーヘンはバナナ最強かしら」
菊地真 「バウムクーヘンの美しい層を作る職人になるには、
血のにじむような修行が必要だもんね>雪歩」
秋月律子 「とりあえず45分までは最悪でも待ちますね」
萩原雪歩 「ううん、バウムクーヘン職人さんのこと、考えてなかったもん。
ちゃんと味わってこそだもんね。今度から心を込めて食べるよ真ちゃん!」
菊地真 「うん、分かってくれてうれしいよ
雪歩のいれてくれるお茶で、いっしょに食べたいね>雪歩」
菊地真 「バナナのバウムクーヘンかあ
あれもおいしいよねえ>カナちゃん」
萩原雪歩 「バウムクーヘンの作り方について勉強しないといけないなぁ・・・
帰りに本屋さんで買ってこようっと」
真紅 さんが入場しました
翠星石 さんが入場しました
真紅 「こんばんは。人が集まらないと聞いて加勢に来たのだわ。」
翠星石 「よろしくですよ」
銀ちゃん 「支援感謝するわぁ>真紅」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 水谷絵理
アイコン:No. 8 (緑) → No. 26 (水谷絵理)」
菊地真 「雪歩はバウムクーヘン職人になるの?
すごいな!カッコイイな!」
ギャル夫 さんが入場しました
カナ 「なんか姉妹が多いかしら」
真紅 「あら珍しい。あんたがわたしのやることに感謝する日が来るとは>水銀燈」
秋月律子 「いらっしゃいませ。・・・ふむ、似たような見た目の人が固まってくるのね。・・・これはユニットを組ませる所かしら」
ギャル夫 「よろしくッス」
山崎すぎを 「キャー! 一杯アイドルがきてすぎお、審査のやりがいがあるわぁ!」
銀ちゃん 「ここじゃ仲良くやりたい それだけよぅ>真紅」
山崎すぎを 「あらぁ、ビビッと来ないのが来たわぁん」
萩原雪歩 「うん、職人さんにまでなれるかどうかはちょっとわかんないけど・・・全力で頑張ってみるね!。真ちゃん」
ランナー さんが入場しました
ランナー 「ランナーにだって誇りはあるんや…
よろしく頼む」
三条ともみ さんが入場しました
山崎すぎを 「山崎すぎを さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:山崎すぎを → 山崎すぎお」
真紅 「……ふーん。いいわ、一時休戦しましょ>水銀燈
ちょうど他のドール達も集まってきてることだし。」
三条ともみ 「……まあ、よろしくお願いするわね」
菊地真 「うん、雪歩が作るバウムクーヘン、楽しみにしてるよ!」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 前原圭一
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 137 (前原圭一)」
ギャル夫 「>山崎サン
           ト VVVVVVV_ノ\    *
  ☆        \           \     ☆
         * . ハ            \      +
         ⌒≧ /  /^^\〆 、 \   *
 +   .*     彡  〆     \ \ ヽ    ☆
          〃 ハ   ⌒   ⌒ 、 l  |       +
 *      .   ル从§ (● ) (<)ヾ  |    *
    *     乂§ ⌒(__人__)⌒ 从イ     ウィッシュ ☆ミ
      ☆     \   ∩ `ー´   /   +
   +         / ⊂  \∩ィつ ヽ
           /  ゝィ/ _ノ  丶
            (   /  / \   )
               \    / \    /
                 ー ´    ー ´」
真紅 「あぁ、来た人はこんばんはなのだわ。」
山崎すぎお 「ん~! 13番(ともみ)ビビッときたわぁ」
水谷絵理 「姉妹同士の血で血を洗う戦い?」
前原圭一 「今日は可愛いお人形さんが多い村になりそうだな
皆よろしくだぜ!」
十時愛梨 さんが入場しました
山崎すぎお 「あら、4番(前原)熱くて決まってるわね! でもVi的には、どうかしら?」
翠星石 「みんなズサー大好きですねぇ」
十時愛梨 「こんばんは、よろしくお願いします」
蒼星石 さんが入場しました
山崎すぎお 「11番(ギャル夫)はもっと頑張るべきね……品が無いわ!」
萩原雪歩 「あ、でも丸いバウムクーヘン焼くのは大変そうだなぁ・・・
卵焼き用のフライパンで・・・あ、でもでも」
秋月律子 「いらっしゃいませ。さて、と・・・そろそろ遺言セットできた人から準備してくれるかしら。」
蒼星石 「よろしく頼むよ」
山崎すぎお 「一杯きたわねー!」
カナ 「戦いあう双子が見たいかしら」
真紅 「こんばんは、蒼星石。
……何、今日はここに集まる運命でもあるというの?」
萩原雪歩 「やっぱりバウムクーヘンは丸くてこそバウムクーヘンだもんね・・・
かまどからつくらなきゃ・・・!!」
菊地真 「フライパンだとミルクレープっぽくなるんじゃないかな?
それはそれでおいしそうだけどね>雪歩」
十時愛梨 「え?雪歩さん、かまどからつくるんですか?>雪歩さん」
菊地真 「バウムクーヘン専用の焼き器、あれいくらくらいするんだろう?」
山崎すぎお 「キャー! お菓子作りのガールズトーク! 2番と5番は好印象ね!」
蒼星石 「アリスゲームをするのなら僕は躊躇いはしないよ>真紅」
ギャル夫
  NVVVVVVV\
  \        \
  <         `ヽ、
  </ /"" \ .ノヽ. \
   //, '〆     )  \ ヽ
  〃 {_{   ノ    ─ │i|
  レ!小§ (○)  (○)  | イ 品が無い・・・無ければ買えばいいだけっすけど
   レ § u (__人__)   |ノ   どこに売ってるッすか・・・?
    /⌒゜。  ー‐  。゜ィヽ
   / rー'ゝ∞   ∞ 〆ヽ
   /,ノヾ ,> ∞∞  ヾ_ノ,|
   | ヽ〆        |∞|」
蒼星石 「随分と悪趣味だね>金糸雀」
翠星石 「んー、蒼星石も来たんですねぇ」
萩原雪歩 「はいっ!!作ります!!
レンガとセメントでしっかりとしたかまどを作って・・・>愛梨ちゃん」
蒼星石 「やぁ>翠星石」
山崎すぎお 「11番……いい?品は買うものじゃないの、磨くものよ!
素材はいいんだから、びしっとしなさい!」
やる夫 さんが入場しました
やる夫 「てい」
十時愛梨 「わー、雪歩さんって、本格的ですね、尊敬します>雪歩さん」
カナ 「双子でつぶしあってる間に楽してズルしていただきかしら」
前原圭一 「まぁ品ってものは早々身につくものじゃねーしな…
…俺の周りには周りに品のある子はいなかった気はするし(汗)>ギャル夫」
やる夫 「やる夫 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 271 (やる夫01)」
萩原雪歩 「多分すっごく高いから自作しなきゃだよぅ。
穴掘りの応用でなんとかするね>真ちゃん」
真紅 「ま、水銀燈に免じてわたしはそんな野暮なことをするつもりはないけど>蒼星石
……そちらから仕掛けてくるのなら、話は別よ?」
菊地真 「かまど作りは雪歩の得意分野だもんね!
いいかまどがあったら、いろんな料理が楽しめそうだね」
やる夫 「主役――ここに堂々参戦だお!」
山崎すぎお 「16番お疲れ様、かえっていいわよ」
秋月律子 「いや、主役じゃないから。」
翠星石 「だけどこの村アイマス村ですからねぇ
やる夫は別に主役じゃねーですよぉ」
蒼星石 「水銀燈に免じて? 珍しいこともあったものだね>真紅」
萩原雪歩 「え、つまり・・・プロデューサーさんですかぁ?>やる夫さん」
カナ
ギャル夫
               NVVVV\
       ,,,,,,,,,    彡  \ゝゝゝゝ\
   __ノノノノ""ノルゝ  ノノノルノノ゛ヾヽて
   Z ノノノノ 〆 ―\ ノノハレ ―  ノヾ`
   > ≡く .メ ノ  (● イノ§(●)  \ iヾ (何か言ってっけど
   Z ≡ゝノ ル (●)   __) (⌒  (●) /ノ  よくわかんねーっす)
     ̄てノノル   (__/    ̄ヽ__) /
      レ§ゝ      彡  ___/ノ§   やる夫、品ってどこに売ってるか知ってるっすか?
       レノル \ /       \ルレヽ
           /| ´       |」
やる夫 「うははははwwww
アイドルのおにゃのこ達の視線を釘付けだおwwwwwwwww」
真紅 「はいはい、主役は最後に入ってくると相場が決まってるものなのだわ。
自然、あんたが主役じゃないのは火を見るより明らか>やる夫」
十時愛梨 「えいっ!!(ピシャッ!!)>やる夫さん」
水谷絵理 「やる夫さんの頭の形に視線が釘付け?」
カナ 「乙女戦隊 ローゼンホワイト…?」
萩原雪歩 「それじゃあカウントしますぅ!」
萩原雪歩 「・・・い、いいですかぁ?」
秋月律子 「雪歩、待ちなさい」
山崎すぎお 「16番はViのかけらも無いわ……救いようが無いわね……」
カナ 「いつっでも準備おっけーかしら」
十時愛梨 「いいなー、私もケーキつるくのに使わせてもらってもいいですか?>雪歩さん」
真紅 「先に珍しいことを仕掛けてきたのはあっちの方だから。わたしに不思議がられても困る>蒼星石」
やる夫 「み、みんなツンツンだお……
ツンデレはいおりんと翠星石だけで間に合ってるお!
やる夫はほら、
『優しく……してね?』みたいな感じのが好みだお!」
萩原雪歩 「あ、よくみたら蒼星石ちゃんが準備してない・・・はううう」
秋月律子 「蒼星石さんの準備を待つのよ」
山崎すぎお 「蒼星ちゃん、開始準備、おねがい☆」
蒼星石 「ごめんよ、遅れてしまった」
萩原雪歩 「穴掘って埋まってますぅ・・・・」
真紅 「で、その翠星石の準備が終わってないみたいだから。少し待つのだわ>雪歩」
翠星石 「饅頭好きにはたまんねーですよきっと>すぎお」
ギャル夫
    NVVVVVVVV\
    \        \
    <         `ヽ、
    </ /"" \ .ノヽ. \
     //, '〆     )  \ ヽ
    〃 {_{   ⌒    ヽ_ │i|
    レ!小§ (●)  (<)  | イ   やる夫wwwwwwオレッチと考えてること一緒っすねwwwww
     レ §.  (__人__)   |ノ
      >   |r┬-|   ィ
 ⊂⌒ヽ /      `ー'   く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /」
萩原雪歩 「じゃ、じゃあもういっかい行きます!」
山崎すぎお 「今日のVi審査員は私だから私がルールなの!>翠星石」
萩原雪歩 「3!」
萩原雪歩 「2!」
萩原雪歩 「1!」
やる夫 「チャラ男代表のギャル夫と
愛されフェイス代表のやる夫とじゃ同じ考えでも扱いが違うおwwwwww」
萩原雪歩 「は、はじまりまふっ」
ゲーム開始:2012/08/21 (Tue) 22:53:23
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ギャル夫 「うはwwww狼っすwwwwwww」
前原圭一 「やれやれ、品のないメンツだなぁおいww」
ランナー 「狼こそジオンにはふさわしい!
よろしく頼む」
ギャル夫 「品が無いなら買えばいいだけっすよwwwwwwwwww」
「◆秋月律子 さてと、皆さん集まってくれて有難う。今回のお相手は私、秋月律子が承りました。

本日も楽しんでくれるととても嬉しいです。よろしくお願いしますね」
前原圭一 「それジオンなのかよ!
ヅダとかケンプファーとかかっこいいよな!>ランナー」
ギャル夫 「といってもwwwwそんな流暢に行けそうもなさそうっすがwww」
前原圭一 「まぁグレランされたら誰か落ちそうな気しかしねぇなwwww」
ランナー 「ああかっこいいな、だがまだ実装されてないんだ…
オンラインゲームの中のあだなの超限定的なのだこのRP…>前原」
ランナー 「と、わかった。俺が騙ろう。」
ランナー 「1:30」
ランナー 「銃殺はきたいしないでくれ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
秋月律子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
秋月律子さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
山崎すぎお 「みんな! おはよう! 今日から審査をバリバリいくワァ! 気を引き締めてね♪」
ギャル夫 「チョリ――――――ッスwwwwwwwwww」
蒼星石 「おはよう」
前原圭一 「おはようだぜ!」
ランナー 「占いCO!真紅は○だ」
カナ 「おはようかしら!」
やる夫 「り、りっちゃーん!」
萩原雪歩 「占い師COしますぅ!! 菊地真○」
三条ともみ 「……おはよ。
それじゃ、COよろしく」
水谷絵理 「おはようございます?」
銀ちゃん 「銀ちゃんおねむだわぁ・・・でも頑張る」
十時愛梨 「おはようございます」
萩原雪歩 「バウムクーヘンお届けしますぅ!
真ちゃんに美味しくたべてもらいたいけど、その前に真ちゃんが私を食べに来ないか
チェックしないと・・・
で、でも真ちゃんになら・・・私・・・!」
菊地真 「おっはよー!」
前原圭一 「役職さんはお仕事お願いするぜ!」
翠星石 「おはよーさんですよ。
さっさと朝ごはん食べるですぅ。」
真紅 「はいおはよう。目覚めの紅茶をお願い。
占い師はCO頼むのだわ。」
ランナー 「理由:
ジオン軍として赤い者はあの方を思い出してならない…
ここは占わせていただく!
俺がランナーでもこの方さえいればどうにかなる! 」
蒼星石 「占いは二人だけかい?
それじゃ霊能と共有も出てほしいかな」
十時愛梨 「わー、皆さん占いさんも含めて朝はやいですね」
菊地真 「雪歩から○もらっちゃった!」
山崎すぎお 「あら、占い師さんは二人……か」
三条ともみ 「占い師は二人ね。それじゃ、霊能者と共有者も出てくるといいわ」
銀ちゃん 「様子見の時間はそこまでおかしくない・・・っと
2CO ま、おいおい考えてく感じね~」
翠星石 「2COらしいですねぇ。
れーのーと共有もささっと出るですぅ」
前原圭一 「占いはお二人かな
それなら霊能と共有はお仕事よろしくだぜ!」
やる夫 「りっちゃんが倒れてると……
なんかやる夫の友人がアイマスに○○万円つぎ込むそうですを思い出して悲しくなるお……」
ランナー 「ふむ、対抗は一人のようだな。
それでは霊能と共有の方々にも出動を要請する」
ギャル夫 「ランナー男だから必然的に雪歩ちゃんに真見たいっすねwwwwwww
可愛いからっすけどwwwwwwwwwwwww」
銀ちゃん 「霊能が出ない・・・?」
菊地真 「それじゃ霊能COしちゃうよ
まっこまっこりーん!!」
カナ 「占い様子見なしで割と早めだった
これがカナの印象かしら」
真紅 「紅茶飲んでさっさと目を覚ましなさい>水銀燈
占いは二人と。」
水谷絵理 「雪歩さんの占い先に愛憎が見え隠れすしてる?」
翠星石 「占いはちゃんと占い先が判るよーに
理由書くですよー。」
蒼星石 「また潜伏狂人か狼全潜伏か…
それとも占い欠けかな
まあ今考えることじゃないかもだけどね」
十時愛梨 「雪歩さん、かまどできたら
私にも使わせてくださいね、ケーキ焼いてみたいんです>雪歩さん」
萩原雪歩 「えへへ、真ちゃん大丈夫だった・・・
けど、真ちゃんなら私のこと食べにきても・・・(ほわほわ)」
真紅 「それじゃ、共有CO。相方は金糸雀ことカナ。」
三条ともみ 「……遅いわね>真」
山崎すぎお 「あーら、ラインね」
菊地真 「雪歩のバウムクーヘン、楽しみだなあ」
前原圭一 「真さんが霊能か
○から出たのはもったいないが・・・把握だぜ」
翠星石 「ランナー目線対抗の囲いは薄い、と。
共有COさっさとですぅ。」
ギャル夫 「霊能のCOタイミング見てなかったっすけどwwwwwwwww
可愛いから許すッスwwwwwwwwwwwww」
萩原雪歩 「真ちゃああん!?
ううう、霊能者でしたぁ、ほんのり失敗ですぅ・・・」
銀ちゃん 「ありがとうねぇ真紅(ナデナデ

でも、様子見10秒あたりなら相応だと思うわぁ>カナ」
蒼星石 「真紅と金糸雀が共有なのか
これは奇遇だね
真紅は○貰ってるから出なくても良かった気がするけどね」
翠星石 「物の見事にダブル無駄占いですねぇ。
ま、よくある展開ですぅ。」
水谷絵理 「空気を呼んだ共有者さんだね」
カナ 「おっけーカナが共有かしら 確認したkぁ氏ら」
ランナー 「ふむ、俺の相手は無駄占いをしてしまったようだな…
しかし油断はならん、真紅様が共有であるという事も考えられる。」
三条ともみ 「まあ、雪歩の○だし今は気にするのはよしておきましょう。
それでは共有者も出てきた事だしグレランね」
十時愛梨 「おおー、そこのお二人が霊能と共有ですか…
って、ふたりとも占いさんの○です!?」
菊地真 「愛梨ちゃんはケーキ焼くの?
それじゃボクは雪歩のかまどでローストビーフでも焼こうかなあ」
前原圭一 「って○両方とも役職かよ…
今一なスタートだなおい…ま、共有FO了解だぜ!」
やる夫 「ゆきまこは正義!見た目が暑苦しいランナーは騙り!
世界の真理がそう言ってるお!

だいたい夏なのになんだおその格好は!」
真紅 「占い結果がほとんど役に立ってないわねぇ。文句を言っても仕方ないのだけど。」
銀ちゃん 「○から出た霊能・・・それじゃー狼は少な目かしらねぇ?
真紅とカナが共有も分かったわぁ」
カナ 「なんという灰の広さ…」
ギャル夫 「人間失敗はあるっすよwwwwww>雪歩
おれっちが失敗回避の方法でも教えてあげようっスか?wwwwww」
水谷絵理 「2-1で雪歩-真で狼狼か初日占いがなければ大丈夫そう?
とレアケースだね」
菊地真 「しょうがないよ、雪歩
初日にはわかんないんだもん」
山崎すぎお 「ごめん、RP崩します。 金糸雀ってだれでしょうか」
蒼星石 「まあ無駄占いになったのは仕方ないさ
二日目なのだから」
十時愛梨 「わー!!ローストビーフに、食後はケーキですね
楽しみですね>真さん」
前原圭一 「グレーが馬鹿みたいに広いのが厄介だが○展開だしグレランだな!
綺麗な女の子もいっぱいいるしお近づきになりたいものだぜ」
三条ともみ 「それにしても2-1なのね……
また不安定なCO数」
水谷絵理 「カナのこと?>すぎおさん」
カナ 「えっっ…」
真紅 「吊りはグレラン、占い師は理由添付した上で自由占い。

以上、村人諸君の検討を祈る。」
ギャル夫 「カナリアっすよwwwwつかカナってヨコっすwww>山崎すぎお」
萩原雪歩 「えへへ、私のかまどはなんでも焼けるからねっ
作りたかったらいつでも使っていいよ?>真ちゃん、愛梨ちゃん」
翠星石 「カナのことですぅ>すぎお」
蒼星石 「金糸雀=カナさ>山崎」
カナ 「(´;ω;`)」
菊地真 「なにそれこわい>絵理」
やる夫 「金糸雀ってったらあれだお、おデコって読んどけば間違いない
すぎおさんの右に居る娘のことだお」
銀ちゃん 「これはちょっと最終日の形が怖いわねぇ・・・
灰噛みが多くなっても、4灰最終日が作りやすいもの・・・」
前原圭一 「カナ=金糸雀>すぎお」
十時愛梨 「あ、カナさんですよ>すぎおさん」
三条ともみ 「>水谷絵理
それはそれで狂人が行方不明だし、気にする事でもないのではないかしら」
山崎すぎお 「なるほど、ありがとう。元ネタ分からないのよねぇ~絵理ちゃんにはフォロー点一点+しちゃう!」
水谷絵理 「涙ふけやよ……>カナ」
真紅 「そこのカナの元々の名前なのだわ>山崎すぎお」
ランナー 「何…だと…
まさか本気でそうなるとは思わなかったぞ…。

しかし霊能のタイミング、俺的には少々遅めに見えるな。
注意は必要やもしれん。
カナ 「ドール一のヴィジュアルクイーンを知らないとは許せないかしら!」
銀ちゃん 「よしよし・・・カナもがんばってるもんねー(ナデナデ」
翠星石 「まぁ、狩人頑張れーって話ですぅ。
働かねーならその時はその時ですよ。」
菊地真 「『私のかまどを自由にして』って、なんかいいねえ>雪歩」
水谷絵理 「奇数進行を維持したいところだね>銀ちゃん」
蒼星石 「ヴィジュアル…?>カナ」
ギャル夫 「ヨコのかわいこちゃんをチェックしないとかダメダメっすねwwwwwww」
翠星石 「何抜かしてるんですかデコッパチ」
ランナー 「ハッ(ビシッ
全力を挙げてやらせていただきます!>真紅様」
萩原雪歩 「うう、そうやって慰めてくれる真ちゃんが素敵ですぅ・・・
そうだよね、こんな展開でも・・・くじけちゃダメだもんね>真ちゃん」
ギャル夫 「ってwwwwオレッチのヨコカワイ子ちゃんイネーっすけどwwwwwww」
蒼星石 「どうしよう…水銀燈があまりにも不気味だ 」
十時愛梨 「まーまー、真さんも、ぼーっとして遅くなったのかもしれませんし
疑う要素すくないですよ。占いさんの○でもあるんですし
>ランナーさん」
水谷絵理 「銃殺出たら吊り減るし、狐はこっそり吊れてて欲しいかなー(チラッチラッ」
三条ともみ 「まあ占い師については囲っていなければ結果は真と同じだし。
なんとでもなるでしょう」
前原圭一 「ああ、占いは個人が特定できる占い理由をお願いしておくぜ
初手役職占いでグレーが広いからふだんよりしっかりお願いしておくぜ
あと占った動機も個人が特定できるもので書いておくとよりわかりやすいと思うぜ」
銀ちゃん 「ん~でも、○もらいの狼なら正直微妙だと思うわぁ・・・
わざわざ霊能に行かなくてもいいもの
そういう意味ではそこ狂人はある程度あるかもしれない
そんな感じに銀ちゃん思ってるわぁ>ランナー」
翠星石 「たまに乳酸菌摂り過ぎてこーなるですぅ
気にしたら負けですよ>水銀燈」
山崎すぎお 「でも、暫定○はみんなVi高くていいわ~ 本当目移りしちゃう♪」
ランナー 「あ、GJが出ても吊りは増えんから注意するように。
それまでに俺が見つけられれば話がはやいがな。」
蒼星石 「(実はこの水銀燈は偽者なんじゃないか?)」
やる夫 「うはwwwwギャル夫ざまぁwwwwwwww
やる夫の隣にはもちろんかわいこちゃんが……………

…………居ないお」
菊地真 「何かあったら噛まれるだろうからね、ボクは
それまでゆっくり遊んでおくことにするよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
萩原雪歩0 票投票先 →水谷絵理
銀ちゃん0 票投票先 →水谷絵理
前原圭一2 票投票先 →ギャル夫
菊地真0 票投票先 →やる夫
山崎すぎお0 票投票先 →十時愛梨
カナ0 票投票先 →水谷絵理
水谷絵理5 票投票先 →やる夫
真紅0 票投票先 →水谷絵理
翠星石1 票投票先 →水谷絵理
ギャル夫1 票投票先 →前原圭一
ランナー0 票投票先 →十時愛梨
三条ともみ1 票投票先 →翠星石
十時愛梨2 票投票先 →三条ともみ
蒼星石0 票投票先 →やる夫
やる夫3 票投票先 →前原圭一
水谷絵理 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギャル夫 「初日はいけたッすかwwww」
前原圭一 「相互身内かよwwww
まぁいいけどさwww」
ランナー 「ふむ、初日御苦労さまだ。
さて、どこか噛みは希望あるかね?」
ギャル夫 「どうするっすか?wwwww即噛みいくッすかね?wwwww
霊能ぬいて信頼勝負もいいと思うッすがwww」
前原圭一 「しっかし案外なんとか生き残れるもんだなおいwww」
ギャル夫 「霊能噛み>真噛みでも十分間に合うと思うッすwwwwwww」
ギャル夫 「噛みは任せるっすよwwwwww」
前原圭一 「16だからワンミスは気にしなくていいしなwwww
まぁ対抗即噛みといいたいけどアイドルだからなぁ・・・護衛されてそうなんだよなー」
ランナー 「即噛みでいけたらいいなと。」
前原圭一 「一応日記は書いておくぜwwww」
ランナー 「と、なら霊能噛みでいくか。」
ギャル夫 「霊能噛み>共有>共有で両偽もなくはないっすがwwwww
それはwww銃殺ないことに期待っすねwwwwwwww」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
菊地真 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
菊地真さんの遺言                ―===、 ヽ
               , _  弋 丿
            "´::::::::::::::::::` ∨l 
          ′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
        .':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ,′:::::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ^|:::::::::::::::::: 
      /:::::::::::::::::::::::::::::/:::::./   |::::::::::::::::::| 
     /:::::::::::/:::::::/ ハ 7:::./     |::|`::::::::::::}
    ./ 7::::/:|:::::::,厶   l/   ``ーリ-|:::::::::::::
      /::::〃|::::,'___,     ー‐一'.|::::i:::::::iヘ
       |:::::`       ′      ,j::/:::::::j
       |:::::::|'     __, 、__,    /::::::::::/
       ∧:::::|ヽ    __        /:::::::/;.| 
        ヾ;|::::ヽ、/´ ,_`二フ ,/:::::::/刈 
          i|:::ハ::i′   `t´, . ,イ:::::::/
          ′ ;: |   丶 !  .;|ヾ::,' 
      _;". "' ヽ ,ヾ   ,'  ._,'ゝ,、
   ./ "ヾ    |i, |   r   . if ,'  `丶
   /     \   l!i |   !    !| / ,/ `ヽ
   |  `    ヾ/ i;/  /   ,|!| l,.′    |
.   、    l゙  'f. ./  /_,''゙i!i!i!i'f. l   ′  |
.   ヽ     j     /  /.i!i!i!i!i!i!i!!.} !  r,  . |
    ∨   |   /  /,.i!i!i!i!i!i!i!i!i!|    |    |
 
みんな、ボクの魅力にメロメロみたいですね・・・
水谷絵理さんの遺言    ヽ   ,: : :ヽ;´: ̄:`:-,,
  ? > /: : : : :ヽ-==ニ\
__ノ /: : : : : : :人: : ト: : : : ヽ
     ,': : : : : :∠,- \{ ヾ-‐: :}
     {: : : イ´ , ─    - 、ト-|
     ヽ: : :{  〈 9   9 '|_」
     ヽ(\ゝ         ,, |: |
      ヾーヽu ''     ノ: |
       ヽ: : :ト ,, ⊆っ/|: :|
       __}/|ノヽ    | `|:/`ヽ
      /  ヽ  \  ヽ_ゝ |
      |   ヽ /ヽ─-|   |

朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ギャル夫 「チョりーっすwwww
やる夫さんの影の薄さに気づいたッスwwwww」
萩原雪歩 「占い師COですぅ! 山崎すぎおさん●」
前原圭一 「おはようだぜ!」
翠星石 「おはよーさんですよ。
さっさと朝ごはん食べるですぅ。」
ランナー 「占いCO!十時愛梨は●だ」
十時愛梨 「おはようございまーす」
萩原雪歩 「ん、んー。
発言数も中身も強度ないないのに得票数0・・・
あとラインってなんのことでしょうか?
ちょっと言っていることがよくわからないから、占わせてもらいますぅ!!」
十時愛梨 「ランナー(86)  「何…だと…
まさか本気でそうなるとは思わなかったぞ…。
しかし霊能のタイミング、俺的には少々遅めに見えるな。
注意は必要やもしれん。

妙に、占いの○なのに霊能疑う素振り見せてるなーって
思ったら、その対抗の占いさんじゃないですかー!?
あわわわわ、うっかりしてました」
やる夫 「ま、まこりーん!」
銀ちゃん 「真ちゃんはわぁ・・・○からの宣言
ちょっと遅かったのが気になるのに貢献してると思うわぁ
この場合、真ちゃんが偽だと
真狼-狂が一番強いように思うなぁって銀ちゃんの意見
ただ、即抜き路線にこない噛みの場合は、二騙り考慮かなぁって

どっちにしろー・・・真ちゃんは噛まれる様なら真!で、いいと思うの」
カナ 「おはようかしら!
朝はモーツァルトかしら」
蒼星石 「おはよう」
前原圭一 「役職の人はお仕事よろしくだぜ!」
三条ともみ 「……おはよ。
それじゃ、COよろしく」
ランナー 「理由:
◇十時愛梨 「まーまー、真さんも、ぼーっとして遅くなったのかもしれませんし
疑う要素すくないですよ。占いさんの○でもあるんですし
>ランナーさん」
すまん、俺視点対抗の○はないも同然なんだが。
水銀燈も似た意見はだしているがそれは認識したうえでだ
これからすすむにつれ気になっていくと思うので占わせていただく。」
ギャル夫 「霊能かまれから両●?wwwww」
真紅 「はいおはよう。結果をお願い。
水銀燈は昨日票を入れたかったのだけど、なでなでするとは思わなかったからパスしたわ。」
三条ともみ 「翠星石と圭一が気になるわね。
占い師が生きているならどちらか占って欲しいけれど」
十時愛梨 「CO無いですよ~」
萩原雪歩 「ま、真ちゃあああん!?」
カナ 「くろいくろい」
銀ちゃん 「それじゃ、霊能真抜かれ・・・少なく狂人、と」
山崎すぎお 「今日のすぎおチェック! 可愛かった子にポイント挙げちゃう!
1位 2番 萩原雪歩 真ちゃんへの占い理由、ん~!乙女チックでキュンキュンきたわぁ!
2位 5番 菊地真  霊能者COのキャピキャピを頑張ってる君に敢闘賞♪
3位 3番 水銀   ◇銀ちゃん 「銀ちゃんおねむだわぁ・・・でも頑張る」 」
やる夫 「吊るの面倒臭いし奇数進行だしで●どっちも吊らずにグレランすればいいんじゃないかと思ったお」
蒼星石 「霊能噛んで●出し放題ってわけか
ここは両吊りがベストなのかな…」
翠星石 「霊噛みのダブル●の
まーまー素直な展開ですねぇ。」
真紅 「……まーた面倒ねぇ。」
山崎すぎお 「Oh....」
十時愛梨 「真さん…ローストビーフが…」
ギャル夫 「可愛い子は先にCOしちゃダメっすよ!>十時愛梨」
三条ともみ 「……そこが乗っ取りでないのは悪くないかもしれないけれど
占い師が両方●」
前原圭一 「霊噛まれっと・・・ふむふむ
で●乱舞と来たか、CO有無を確認しよう(提案)」
蒼星石 「十時愛梨さんから吊ろうか」
やる夫 「というわけで、
りっちゃん、まこりんと純粋なアイマスガールズが居なくなってゆく……」
十時愛梨 「えっと、ランナーさんは対抗の○だけど
霊能気にしすぎだなーって」
山崎すぎお 「まさかあたしに●……雪歩ちゃん! あたしかなしい!」
翠星石 「まー問題は
2●吊って良いのかどーかって点ですけど」
銀ちゃん 「うーん、二人とも●出し・・・吊りが足りたくなる感じなのかなぁって」
萩原雪歩 「あと、●ですか。
この人数だと呪殺出していいのかちょっと怖いけど・・・どうやって占っていこう・・・うぅ」
やる夫 「つまり、これらの事件の犯人は!
アイマス勢の主役になることを目論んだニューカマー、
十時の仕業だお!」
ギャル夫 「山崎さんと比べるとどっちが人類にとって有益かどうかは一目瞭然っすwwww」
蒼星石 「個人的にはやる夫君は狩人なさそうな位置だから先にそっちを吊ってほしかったな」
三条ともみ 「んー。
これ、占い師へのスライド噛みもあり得るのかしら。それともこのまま信用勝負路線?」
前原圭一 「COなし把握
まぁこういう状況ならアイドル吊りもやむなしか…ぐぬぬぬ」
ランナー 「む、実は狼狙いじゃなかったのだが…。
結果は最高なので問題ないか、だが対抗も●という事は恐らく●ロラで。吊り消費。
霊能がいなくなってしまったのが残念でならん。
カナ 「●両吊りしてその後の吊り数大丈夫かしら…」
十時愛梨 「普通対抗の○であれ
霊能が1であるなら、そんなに疑わないんじゃないかなって
だから、そことラインがつながらない時になにかしら言い訳をする気でいた
そのように、思えました
ですが、狼には観えないというのも、これから推察できるかな」
銀ちゃん 「霊能抜かれ・・・この場合はちょっとメリットもあるけど
それでも二人の真を切る理由にはならないと思うわぁ>翠星石」
真紅 「●2択。各自「こいつ狼じゃね?」って方に票を投げること。」
やる夫 「マジレスするとどうせあんまり『真狂-真から霊噛みで、
しかもその後占い候補噛まれない』って発生しないし
発生したとしても追わないお?」
翠星石 「それは別に
明日噛まれ死体見てから考えることだと思うですけど>三条ともみ」
ギャル夫 「お?そっちもいける口っすか?wwww気が合うッすねwwwww>圭一」
三条ともみ 「両偽把握しての噛みでは無い事はわかったけれど、悩むわね」
萩原雪歩 「だ、だって●がでるか○が出るかなんて・・・わ、わかりませんし・・・
狼だったすぎおさんが悪いんですぅ!!」
前原圭一 「でも雪歩さんの占い理由がちょっと薄いんだよなぁ
個人特定できてないのがちょっと気にはなる>占い理由が」
山崎すぎお 「あー、やだわぁ、こんなに早く退場したくなかったワァ・・・ ●釣りみたいだからCOするわぁ」
山崎すぎお 「狩人CO」
三条ともみ 「>カナ
真がどちらか片方にいるなら問題は無いわよ」
蒼星石 「霊能→占いのスライド噛みなんかあるのかい?
狩人は生きてたら占い護衛だと思うけど>ともみさん」
真紅 「ちなみにわたしの好みは今日から占いロラった上で暫●撤廃のグレランなのだけど。
さすがにそんな策は受け入れてくれないわよねぇ。」
山崎すぎお 「山崎すぎおの狩人日記ならぬ審査レポート

初日 護衛対象 犠牲者 秋月律子
さーて、すぎおの審査開始よ! 言っておくけど護衛対象は私のポイント+だからね!
ち・な・み・に☆私のRPは審査員! 毎日みんなのViを審査するわよー!

二日目 護衛対象 萩原雪歩  犠牲者
さーて、ランサーちゃんか、雪歩ちゃんか、真ちゃんね……
真ちゃんの何かあったらかまれる発言がちょっと気にかからなくも無いけど、
雪歩ちゃんを守るわ。 真ちゃんは真―狂あたりでみておきましょうか?
まぁまだ結論には早いけど。


今日のすぎおチェック!
すぎおがビビッ! っときた子にはポイントを挙げちゃう! 毎朝言うけど、忘れちゃうからメモメモ。
1位 2番 萩原雪歩 真ちゃんへの占い理由、ん~!乙女チックでキュンキュンきたわぁ!
2位 5番 菊地真  霊能者COのキャピキャピを頑張ってる君に敢闘賞♪
3位 3番 水銀   ◇銀ちゃん 「銀ちゃんおねむだわぁ・・・でも頑張る」
やる夫 「なら真狂-で誤爆しちゃいましたてへぺろ、以外確実にこの●2つ吊ると
どっちか無駄になるしほっときゃよくねーってのがやる夫の趣味だけど
スルーされてて悲しいお……」
三条ともみ 「……>狩人CO」
山崎すぎお 「正直意味無いけどね……二日分の日誌じゃ。」
カナ 「え、かりう…狐CO・・・?」
十時愛梨 「あれ?両方吊ってしまったほうがいいんじゃないかな?
霊能噛みがなにかによりますけど
信頼なら、明日の噛みしだいですね」
銀ちゃん 「でも、確かに疑う要素は明確にあったかなぁって銀ちゃん思うわぁ
どちらかと言えば山崎占いの方がちょっと気になるかなって」
翠星石 「まー真面目な話
とりあえず対抗わかんねーし霊噛んどけって展開か
それとも霊噛みからの信用勝負志向する狼か
そういう話だと思うんですけどねー」
ランナー 「下手に偽を疑うよりはとプラスに…。
いや、やはりマイナスか。
まぁ下手にグレランで誰かが吊れるよりみなが判断できるという事だろう。」
ギャル夫 「あー・・・>狩人CO」
前原圭一 「…え?>すぎお」
萩原雪歩 「狼さん・・・?
この時点での狩人COはちょっと目的が見えないですよ?」
十時愛梨 「ん?そうなんですか??
なら、私吊り確定ですね。」
カナ 「か、かりうど…ねぇ」
蒼星石 「先にCOなしを言った十時さんから吊らないとダメだよ>真紅
ランだとこのように狩人が出てきてしまうんだから」
銀ちゃん 「なんでここで宣言しちゃうのぅ?
貴方が真狩人なら真狂でも真狼でも明後日には占い死んじゃうのよぅ?」
十時愛梨 「それじゃ、皆さん、あとは任せました」
真紅 「……まーたややこしいことしてくれるのだわ……」
ランナー 「…狩人CO…だと…?」
山崎すぎお 「もーやーよ。 このポジションからの審査楽しみだったのにぃ!
雪歩ちゃん減点よぉ!」
やる夫 「まぁ稀に身内切って狩人カウンターさせるのあるからあれかもだがお
(新たな情報が出たので一応触れておく)」
十時愛梨 「雪歩さん、ケーキ一緒に作れなくて、ごめんなさい」
翠星石 「最終日に●2残しっていうのは
誤爆以外だと割と良い勝負になるって発想は
すげー良く判るんでやる夫はそーゆー意味だと面白い位置じゃあるんでしょーねぇ」
真紅 「十時愛梨吊りで。狩人CO保留。」
ギャル夫 「なんとゆーか、CO無って言ってくれてるんだから有意義に活用してほしかったっすね」
三条ともみ 「まあそれなら十時を吊って、明日噛まれているかどうか次第で今後を考えましょう」
蒼星石 「狩人は吊られるよりは噛まれた方が良い
そしたら君は破綻するのだから>雪歩」
山崎すぎお 「今日釣られて死んでしまったら、どうしようもないでしょう?」
翠星石 「そんじゃまぁ
ランナー真なら明日は銃殺だけは狙うんじゃねーですよ。」
十時愛梨 「んー、だからCOなし言ったのにー…」
前原圭一 「吊り先決まってたから明日COでいい気しかしないがま、受諾しておくぜ
今後の展開に期待ってこと…かな」
銀ちゃん 「少なくとも悪くない、そんな程度ねー>蒼星石」
真紅 「そこら辺は素直に反省ね>蒼星石」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
萩原雪歩0 票投票先 →十時愛梨
銀ちゃん0 票投票先 →十時愛梨
前原圭一0 票投票先 →十時愛梨
山崎すぎお0 票投票先 →十時愛梨
カナ0 票投票先 →十時愛梨
真紅0 票投票先 →十時愛梨
翠星石0 票投票先 →十時愛梨
ギャル夫0 票投票先 →十時愛梨
ランナー1 票投票先 →十時愛梨
三条ともみ0 票投票先 →十時愛梨
十時愛梨12 票投票先 →ランナー
蒼星石0 票投票先 →十時愛梨
やる夫0 票投票先 →十時愛梨
十時愛梨 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ランナー 「さて、何でもできるがどうするかねw?」
ギャル夫 「うっしwwwwww霊能噛み正解だったっすねwwwv」
前原圭一 「まぁ狩人噛まなくてもいい気しかしないがどうですかね?」
ギャル夫 「即噛みでもGJなだけっすけどwwwwww」
ランナー 「しかも狩人COのおまけつきだ>ギャル夫

いやはや実にいい展開といえよう。」
前原圭一 「まぁ雪歩護衛されてる気しかしなかったしなwwww
初日占いっぽいのがいいことだが」
ギャル夫 「共有一枚かんでからでも遅くない気はするッすけど」
ギャル夫 「でも、明日俺らが吊れる可能性もあるっす」
ランナー 「おや、同意見。
では共有噛みでいこうか!」
前原圭一 「共有抜いてゆさぶりかけてもいいですね
多分ランナーさん護衛せざるえないでしょうし>狩人」
ランナー 「ではどちらか囲いいるかね?>ギャル夫の意見」
前原圭一 「そのときはそのときよwwww
狐ケアだと思えばOKOKwwww」
ギャル夫 「オレッチに〇欲しいっすねwwwww」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
真紅 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
十時愛梨さんの遺言                          ,. -‐…: .、__
                    /:.:./^:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
                   __ ,:_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.ヽ:.:.:.
                   /ノノ'゙ ノ_,/:.:.:.:.:.:// }:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           __,, //<./.ィ」L瓜:.:.{:.{ 」_/:.:.:.:.:i:.:.|
            j爪{(    /:.:|:jレ恣ヽ{ ;  _j〕iト:、:|:.:.|__
          ,.イ {....{.....、__,  \:.:N{ 炒    r苡マi:.:.|:.:.|り
.       /: :{.  \....._j」:.:.:.:.ヽ){ ' ''     i炒 八)]:.爪:.\
     /{   .: : : : .__≠ニ⊥:.:.:.:|:.:..   r‐  、   _彡//:.:.:.:.ヽ:..、
    / . . . . . .  ,/⌒`, . .j」:.:.:.:.:|刋ヘ、 _ ノ  . ′ /〈:.:.:.:.:.:} }:}  シンデレラガールズも宜しくお願いします
.   { 丶. ..-=≦: : : .  圦:.:.:.:.{ :.{    ー=≦〔   /∧}:.:.:.:.{  ;
    ー-= : ; _ : : : : :.   ヽ:.} \     ,* 〕iト、_  \:.:.:.:\ノ
           ̄”¨ヽ、}  /}′ ゚+.  ,+  // / \  \:.:.:.:\
              /: : : { ′   `ェ゚   // / /{    \ー--‐
                 ;   乂\ }:_ ?__//../イ- ァ′     ー
              ‘;.:...,_  ≧=‐--‐=≦-‐__j/
                  个 :::::::::::::::::::......,_    }:.:..イ
                ,. i〔| .... ≧=‐-::::::::::::.:.:.:::ノ-‐;′
          rく. . . 、 \..........ー---‐...ア´__ ./
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
三条ともみ 「……おはよ。
それじゃ、COよろしく」
蒼星石 「おはよう
占いロラするか決め打ちするか…真紅と金糸雀はどっちで行くのかな」
萩原雪歩 「占い師COしますぅ! 前原圭一○」
前原圭一 「おはようだぜ!」
ランナー 「占いCO!ギャル夫は○だ」
カナ 「しんくぅぅぅぅぅ」
萩原雪歩 「占い師を気にしすぎですぅ。
正直この狩人のCCOで私への村評価がどうなるかちょっと予想がつきませんし、狐目占いですぅ!!
発言自体も割としっかりしてますし、占ってもそんはないかなって。
初日のグレーの広さを気にするあたりもチェックですぅ。」
ギャル夫 「おはようっすwww圭一さんのアイドル好きは共感するところがあるっすねwww
まwww圭一さんやる夫さん霊界送ってオレッチハーレム目指すッスけどwww」
山崎すぎお 「なんで生きてるのかしらぁ?」
三条ともみ 「◇やる夫(62) 「なら真狂-で誤爆しちゃいましたてへぺろ、以外確実にこの●2つ吊ると
どっちか無駄になるしほっときゃよくねーってのがやる夫の趣味だけど
スルーされてて悲しいお……」
◇やる夫(50) 「マジレスするとどうせあんまり『真狂-真から霊噛みで、
しかもその後占い候補噛まれない』って発生しないし
発生したとしても追わないお?」

◇翠星石(83) 「最終日に●2残しっていうのは
誤爆以外だと割と良い勝負になるって発想は
すげー良く判るんでやる夫はそーゆー意味だと面白い位置じゃあるんでしょーねぇ」

なんだか対照的というか、真狼見えてるか真狂推すかの違いというか。
あまりやる夫からそういう提案を感じないというか、『無駄吊りだからやめよう』以上を感じないというか
そんな感じ。」
ランナー 「理由:
◇翠星石(89)「そんじゃまぁ
ランナー真なら明日は銃殺だけは狙うんじゃねーですよ。」
この意見を尊重し占うとしよう。
となれば翠星石を占うのが最も安直ながらも確実だと思うが…
どうせなら狼を狙うか。
◇ギャル夫(85)「なんとゆーか、CO無って言ってくれてるんだから有意義に活用してほしかったっすね」
◇ギャル夫(70)「あー・・・>狩人CO」
この前のCO為しに対する反応、またこの展開だと残ってしまいそうな位置。
占っても損はないだろう。」
翠星石 「おはよーさんですよ。
さっさと朝ごはん食べるですぅ。」
銀ちゃん 「霊能噛みからおおよそ狩人探しの躊躇か信頼勝負
でも萩原ちゃんの理由は信用勝負足りえるそれに思えなかった
ランナーも目は良いけど、占い位置のみが評価されるに思うわぁ

つまりこれは真狂-真の狼全潜伏ないし、
ランナーが狼である可能性が高いと銀ちゃん見るわぁ」
やる夫 「真紅が噛まれるのはネタ抜きで悲しいから残念だお。」
前原圭一 「役職の人はお仕事よろしくお願いするぜ!」
カナ 「雪歩なにやってるのかしら・・・?」
ギャル夫 「・・・ほう」
山崎すぎお 「もう今日完全に死ぬ気だったんだけど・・・」
蒼星石 「もう占いは噛まれないかな
このままなら」
カナ 「あ、勘違いだったかしら」
銀ちゃん 「ランナー ちょっと山崎占いなさい」
翠星石 「まー、めんどい展開っぽい気配のー。」
やる夫 「「無駄吊りだからやめよう」以上を昼時間中に村人に説得できるとは思わないから
それ以上の含意なんて持たせてないけど」
銀ちゃん 「霊能噛みからおおよそ狩人探しの躊躇か信頼勝負
でも萩原ちゃんの理由は信用勝負足りえるそれに思えなかった
ランナーも目は良いけど、占い位置のみが評価されるに思うわぁ

つまりこれは真狂-真の狼全潜伏ないし、
ランナーが狼である可能性が高いと銀ちゃん見るわぁ」
前原圭一 「おいwww馬鹿やめろwwww
男ならこういうのは黙って揃って鑑賞がルールってもんだぜwwww>ギャル夫」
萩原雪歩 「こうやってグダるだけなのに・・・悪あがきもいい加減にしたほうがいいって思うんですけど・・・」
三条ともみ 「真狼でランナーが●引いたりしたら負けるから別に噛まずに信用に賭けるの自体は不思議じゃない」
やる夫 「んじゃまー」
蒼星石 「山崎が狐だと言いたいのかい?>水銀燈」
やる夫 「しょうがないから自称狩人吊ればいんじゃないかお」
山崎すぎお 「正直あたしが噛まれると想定した上での占いだったらある意味当然じゃないかしら?>銀ちゃん」
前原圭一 「…で、こういう展開になると
めんどくさいがグレランか指定でいいだろこれは」
三条ともみ 「ただまあ狂狼判明とかだとだるいわねというくらいで」
ランナー 「ふむ…狩人COが噛まれない…?
これは俺を吊ろうとしているのか…?

共有の指示によるがその案を尊重したい、この展開ではな。>銀ちゃん」
ギャル夫 「山崎さん狐主張もあり得無くはないんすけど
今占うべきじゃないと思うッすけど」
やる夫 「今から両偽に舵切ったりはしないんでしょ?多分」
翠星石 「占い噛まれは薄そうっていうのが一歩
占い先のびみょーんさが二歩ですかねー」
やる夫 「ホントに両偽なら奇数で共有噛むことあんまりないし」
蒼星石 「占いをいつ吊るかによって今日狩人を吊るか変わってくるよ>金糸雀」
山崎すぎお 「あら、あたしを釣って釣り数減らそうって魂胆? それだからViイメージ上がらないのよ>やる夫」
銀ちゃん 「正直狼にしてはあきらめがよすぎる 真狩人としてもそれ
今回の●が噛まれないならその価値はあると思うけど
>蒼星石」
カナ 「夜会話では占いランという結論に至ってたかしら」
三条ともみ 「ふーむ。>やる夫」
ギャル夫 「死体なしが出たら占うべきかなと思うっすけど、どー思うっすか?」
翠星石 「雪歩●で狩狐に●投げちゃったけど
どうしよーかなー信用勝負続行しよーかなーは
割とありそうなんでまぁ
両偽考えるかーなんですけど」
蒼星石 「じゃあ今日狩人吊っていいね>金糸雀」
銀ちゃん 「ラン、なの?ローラーではなくて?」
やる夫 「なら吊っても占い噛まれない可能性/
別に吊っちゃっても全然構わない存在である可能性を信じて狩人候補バイバイってのが進行の一貫性として」
やる夫 「えー」
萩原雪歩 「んんー・・・狼の進行意図がちょっと読めません。
CCOして何がしたかったかが問題ですぅ」
蒼星石 「ラン? ローラーじゃなくて?」
三条ともみ 「確かに両偽なら灰噛んだ方がいいのかなあこれ」
ランナー 「と、いう事でそういう意見がでたがどうかね?>カナ

…真紅様に聞けなかったのが残念である」
やる夫 「今日そうする気があるのになんで昨日とりあえずでとときん吊るのかよーわからんお」
カナ 「というかカナ占い真狂とおもうかしら…」
ギャル夫 「んー占いランならば狩人の扱いを今、決めた方がいいっすよ」
前原圭一 「奇数進行でランなのか?
いまいちやりたいことが見えてないのだが?>共有の指針が」
三条ともみ 「ちょっと読めない。
ただここで占い吊るならランじゃなくローラーにすべき」
蒼星石 「占いを決め打つってことかい? それは別に構わないが>金糸雀」
翠星石 「ぶっちゃけちまうと
灰吊りで吊りてー灰が別にないのが本音なんでまぁんー。」
銀ちゃん 「ノンノン それはないわぁ・・・
狼が狩人宣言を噛まないのは死体無or狼が確実だから
狐の宣言なら吊りでもいい
ここから狩人を噛まない進行なら吊るべきだとも思うけどぉ?」
やる夫 「今日ゆきぽ切るならいいけどね別に」
萩原雪歩 「霊能に狼送り込んだのなら、ちょっとはあるのかな・・・
でも真ちゃん○だし・・・ううーん?」
やる夫 「でもやる夫あんまりそっちが優先順位高いとは思わないし」
三条ともみ 「ここで決め打ちじみたランって実際意味が無い」
ギャル夫 「真狂なら無理に吊りに行く必要は感じられないっすよ・・・>カナ」
山崎すぎお 「昨日14番を釣ったのはどっちなのかしらね、バランスなのか、一応の狩人保護なのか。」
ランナー 「俺が残ればいいがランとは一体。
それと狩人はどうするのかね?」
カナ 「ここはロラするかしら!

決断は速やかに!」
ギャル夫 「ランよりは指定を望むッす」
やる夫 「真狂と思うなら別に占い候補今日吊らなくていいお。
すぎおさん吊りでごーごーだお」
翠星石 「真狂でこの噛みするん?と言われると
凄い別にしないというか」
前原圭一 「決め打つなら決め打つって言うべきだぜ…まぁ相方不在で大変だとは思うが>カナ」
山崎すぎお 「一番恐いのは狂狼だけど……ね。」
蒼星石 「占いロラする前に狩人吊っても良いと思うよ>金糸雀」
三条ともみ 「真狂ならどちらか噛めばいいよねとしか」
やる夫 「自分の考えを信じられないならそもそも口にする意味がねーお!」
三条ともみ 「えー」
前原圭一 「ほいほいローラー把握
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
萩原雪歩5 票投票先 →ランナー
銀ちゃん0 票投票先 →ランナー
前原圭一0 票投票先 →萩原雪歩
山崎すぎお0 票投票先 →萩原雪歩
カナ0 票投票先 →萩原雪歩
翠星石0 票投票先 →蒼星石
ギャル夫0 票投票先 →ランナー
ランナー4 票投票先 →萩原雪歩
三条ともみ0 票投票先 →やる夫
蒼星石1 票投票先 →萩原雪歩
やる夫1 票投票先 →ランナー
萩原雪歩 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギャル夫 「勘がいい共有っすね…今日無駄吊りさせる予定ができなかったのは結構痛いっすね」
ランナー 「お見事、勝ったらMVPは貴女だろう>雪歩殿」
前原圭一 「ま、ここは雪歩先に吊っても違和感でないっしょ
というわけで狐探しのお時間ですね、はい」
ギャル夫 「問題はどうするかっす」
前原圭一 「雪歩さんはまじGJでしたねー」
ギャル夫 「狐探し、良いっすね」
前原圭一 「すぎお○ですぎお噛みは露骨過ぎるんだよなwwww
どうしよっか」
ランナー 「と、候補はいるかね?>噛み先
なければ俺の独断噛みにするが」
ギャル夫 「翠さんが狐候補たりえるっすかねーおれっちは」
ランナー 「すぎおは放置でいいだろう。共有護衛しかあるまいし。」
前原圭一 「噛み先は一応言っててくださいな
独断でもいいですよ」
前原圭一 「多分ギャル夫さんがLW役だろうしね」
ランナー 「良い目だ。>ギャル夫

では小細工で翠星石○しながらやってみるか。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
翠星石 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
カナ 「おはようかしら」
ギャル夫 「おはようっすwwwww
下界に女の子減ってるじゃないっすかwwwwwwww
やべーっすwwwwww
ってことでランナー吊りたかったっすね」
三条ともみ 「……おはよ。
それじゃ、COよろしく」
前原圭一 「おはようだぜ!」
ランナー 「占いCO!蒼星石は●だ」
蒼星石 「おはよう
翠星石か…共有噛めなかったってことは狩人を恐れたな」
やる夫 「さらばツンツン、だお」
山崎すぎお 「ん~そこは守れないわぁ」
三条ともみ 「あの時点で占い吊るというかローラーするなら両偽考慮だけだけど、
共有は両偽考慮してるようには見えないし、そもそも狩人COをどうする気なのかしらという感じの」
前原圭一 「役職の人はお仕事よろしくだぜ!」
銀ちゃん 「萩原吊りだからランナー吊って山崎吊ってで
残ったところで1吊りで仲良く最終日ねぇ・・・」
三条ともみ 「そこじゃないでしょ占うの>ランナー」
蒼星石 「雪歩さんが真だったか…」
カナ 「ランナー吊ってすぎお吊りというつたない構想かしら…」
ランナー 「理由:
銀ちゃん-蒼星石の発言がほぼ同じ。
ここのランになるだろうが恐らく1Wか1Fいるだろう。」
山崎すぎお 「あーら、あたしじゃないのね。 どうしても吊らせたいようね、狼ちゃん」
銀ちゃん 「ランナーと山崎吊りましょうか 萩原ちゃん真狂でよさそうな感じだしねぇ」
ランナー 「すまん、理由が消えてしまって今急造だ。」
三条ともみ 「ふむ」
ギャル夫 「んー共有による占い噛まれ回避ブラフじゃねーと思うっすけど
まーのこるっすね」
銀ちゃん 「すっごい私に注目してくれてるのね・・・
けど、あんまり嬉しくないわぁ?」
蒼星石 「ここでグレー噛んだと言うことは山崎さんが真狩人の可能性はある
先にランナーさん吊りだね」
前原圭一 「なるほどねー・・・
そこ占いするタイミングじゃないような気しかしないが」
カナ 「というか一応護衛記録貼ってほしいかしら」
やる夫 「噛み時間の変動の無さからてきとーに考えるとまぁその吊り順の方が
期待値ほんのちょっとはマシかなぁ」
ギャル夫 「んんん?ザキさん吊る予定なんすか???」
銀ちゃん 「とりあえずは、そこをローラーするとしてどこを残すか、だと思うんだけど」
山崎すぎお 「……あたしね、本格的に狂-狼を想定し始めてるの……ここで私占いなさいよ。
私狩人で吊られたら1吊り損よ?」
三条ともみ 「んー
蒼狼ってあるのかしらこれ。
まあいいや、狼なら最終日送って狐なら噛め」
やる夫 「護衛記録まともなの貼らせる位なら今日狩人の側から吊った方がいいと思うけどもういいや」
山崎すぎお 「ん、あぁ、ごめんなさいね。今貼るわ」
ギャル夫 「何のために雪歩ちゃん吊ったかわからないっすよ???」
蒼星石 「山崎さんは金糸雀を護衛していればいい
グレーを噛んでくれたらそれだけ村有利だ」
山崎すぎお 「三日目 護衛対象 三条ともみ 犠牲者 真紅
無駄だと思うけど、いちおう……ね。万が一、私を釣ろうという豪胆な狼さんだったら……
ってことで、アイマス組で噛まれる可能性のある子を守るわ。 正直どうでもいいわ。

四日目 護衛対象 ランナー  犠牲者
さて……これはあたしを吊る気は無いわね……?
なら明日私が真狩人だとわかるはず。なら狙うは、ランサーちゃんね。
ただ、個人的には信用勝負のために雪歩ちゃんの○のK1君を守りたいけど。
銀ちゃん 「この感じで山崎が噛まれるとは思えないわぁ
共有噛んで灰噛みですもの、GJ回避狙いなの見え見えだわぁ>ギャル夫」
前原圭一 「ああ、すっかり忘れてたけどすぎおは日記書いてるなら朝一に出してくれよなw
俺も昨日日記でてたっけ?と思ったんだけが」
やる夫 「さておき」
三条ともみ 「そんなモノよね」
やる夫 「蒼がどーなのかは置いといてランナーが狼騙りだと個人的に思うので」
三条ともみ 「>ギャル夫
そもそもすぎお吊らないならランナー吊らないし」
蒼星石 「あ、そうか
僕視点雪歩さん真占いなら山崎さんは狼決定だ
うっかりしてたよ」
銀ちゃん 「蒼星石は見ていたところだし確かにちょっと絡みとかが
村人なのかなぁ?って思うとこがあったけど・・・
●でるなら少し考えたいわぁ」
山崎すぎお 「あたし、狐じゃないって証明したかったんだけど……今日の噛みとかで、あるとしたら狼だと思わない?私。」
やる夫 「灰吊りで吊りたい先が
十時の分+翠星石の分とを勘定すると三条になるんだけどどーだろなーだお」
ギャル夫 「ザキさん吊りって偽って思ってるからの吊りっすよね?>銀ちゃん
GJ回避目的だとしても吊る必然性がわからないっすけど」
ランナー 「今思えば狩人占う必要があったかもしれん。
謝罪しよう。

一応仕事はしたので大人しく吊られるが…」
ギャル夫 「噛みがGJ回避ならば、です」
蒼星石 「つまりこの噛みは狐探しだね
真占いの可能性がある雪歩さんを先に吊ってしまったから」
三条ともみ 「すぎおは死体無し出してせめて狐候補にはなればいいのに」
三条ともみ 「真なら」
銀ちゃん 「総合評価よぉ>ギャル夫」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
銀ちゃん0 票投票先 →ランナー
前原圭一0 票投票先 →ランナー
山崎すぎお0 票投票先 →ランナー
カナ0 票投票先 →ランナー
ギャル夫0 票投票先 →ランナー
ランナー8 票投票先 →蒼星石
三条ともみ0 票投票先 →ランナー
蒼星石1 票投票先 →ランナー
やる夫0 票投票先 →ランナー
ランナー は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギャル夫 「狐候補は外したっすね」
前原圭一 「さてと・・・狩人吊れる可能性まで浮上してきたわけですが
次どうします?」
ギャル夫 「ともみさん狐ならば吊れることはできるっすけど
つまり、噛む必要はないっす」
前原圭一 「だねー、ちょっと発言呑まれすぎてめげるわww」
ギャル夫 「んー」
前原圭一 「まぁ共有護衛してそうではあるよね
となると・・・」
ギャル夫 「○噛みたいっすけどいねーっすwwwwwwwww」
ギャル夫 「共有護衛一択っすよ」
前原圭一 「○って私らしかいないんじゃwwww」
ギャル夫 「銀ちゃん噛みで狩人吊りに行くッすかね」
ギャル夫 「オレッチは反対する姿勢で行くッすけど」
前原圭一 「ま、それが無難だよね」
ギャル夫 「圭一さんは吊り賛成の方に回ってくださいっす」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
銀ちゃん は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ランナーさんの遺言                            ト、
                     __   ||
                      /_/\_,.|├‐-ミ
                //\/`Y |/   |\  __     ,
               //i/´ ̄,'7込t‐ァ=ュf|彡'´  > /
           __//ヽ/_  /乂7ニニ≦/´      、 ..イ
            i〔{i:ーrr=ミ==勹} / /.::::Y三Y^7\        }
           `ニニ彡='::厂|_「{ /.:::::::::::_/   \     ∧ 中継で1000ポイントはとる
        xく.:/∠ニ、_r‐‐v‐‐‐/(  )\  /. :>、 彡'=‐-
.       xく.:/rく     V|__j_/o    j/Y^ヽ:_/}_〕     味方がやられてても状況によっては行かない時もある
     xく.:∠二く/∧___〔__ `Y二[:::::::::::|/厂 /_7
    (O/    `ゝ{_くー'ー'=ニ≧仁フ二l二l二l二>'           それでも感謝と義理は忘れない、それがランナーのあるべき姿だ…
            ,..‐v-‐ 7  ̄/ >、>、く    _{
              〈:::/{  ,'   / /ヽ'  /|   〈ハ
             マ(_\   /   7′ /=| i     ',
               〈   ̄`ー{ / ,  //^Vl___〉
             〉     `=‐-==' i   ` ー―|'′
.             / ム、     / }  |   __ ト、
            ト=- }丶、    リ  ヽ _「::l]:::]_/\>、
           `=弌__彡'′   | ∨:::::.V^! ∨〕
                            |_.:'.:::::::::V!、 [_〕
                            (( {::::::::::::∨〉 [_〕
                         l∧::::::::::::| {∨7
                            ,'  ';::::::::::| lハ′
                         ;   iニニ l ∧
                          |   |   l 〈  .
                          |  ノ __l_ ヽ_j、
                         〉_彡 /|   |i\  〉
                            { {__/, |   |i:::.厂「
                         Y:|  | |   |i:/\l
                            |::|  ヽ:._l/  /
                          V::..、_____/
                             \___彡′
銀ちゃんさんの遺言
        ,.:''::´:: ̄::`:::.、
       /; '´T 丁l `ヽ:ヽ
        /{:/l |l ト、 l Nトl`iハ
      l∞|l kノノヽノ`ヽリil l|
       |∧l lK ◯   ○ ソイ|
     ,l (l ぃ  ,-┐ ,从!|      _____
     l  ヽ トゝ、 ニ イ ト、lト、    / /      /
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ  / /      /
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧   / /      /
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|ji二二二/____/
  i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
カナ 「おはようかしら」
蒼星石 「おはよう
占い欠けじゃないのなら僕視点では前原君は村で確定だ
逆にギャル夫君が囲われた可能性はあると見てしまうよね
三条さんは狩人か狐っぽくも思えてしまうけれど…どうなんだろうか
やる夫君と水銀燈は村目かな」
三条ともみ 「……おはよ」
山崎すぎお 「五日目 護衛対象 カナ 犠牲者
難しいわねぇ~ まー多分狼ちゃんは私が真って気づきつつあるわね。
昨日の噛みなんて絶対逃げてたわよぉ
正直守る場所も無いので、共有ね。 安定してるけどすぎおつまんない!

……となると、私=狩人を追及して無い人ほど怪しいのかしら? まぁそこはカバーしてくるでしょうけど。」
前原圭一 「おはようだぜ!」
ギャル夫 「カナさんの想定だと占いは真狂なんすよね?
で、あれば占いロラ&狩人までもひき潰して確定で1w吊りに行くってのは
オレッチには効率的とは思わないっす」
蒼星石 「これは本格的に狐探しだね」
やる夫 「ぎ、ギンチャーン、ギンチャーン!」
三条ともみ 「やる夫は対抗狩人COとか無い限り残す気はあんまり無い。
微妙に推しというか主張の弱い前原が悩む位置で、
昨日言った通り蒼星石は最終日送っておこうという感じ
ギャル夫と銀ちゃんについてはあまり見てない」
ギャル夫 「銀ちゃん噛みだと露骨に狩人吊りたがってますね…」
前原圭一 「役職の人はお仕事ってすぎおしかいねぇぇぇ
日記を拝見させてもらうぜ」
やる夫 「ランナー狼騙りを仮定すると、
狼騙り的に排除したい灰は十時だったらしい。

じゃあその十時の投票周りを見てみると
ランナー(仮定狼騙り)と山崎(真薄そうな狩人候補)が十時に投票、
十時本人は三条に投票。

人外(ぽい)2人にグレラン票貰ってる十時を、
狼はグレラン死させるよりも
●でさっさか吊ることを選んだらしいお。

じゃあなんでだろ、と考えたら、
仮説その1.三条が潜伏狼だからリスクを極力減らしたかったが浮いてくるお。」
やる夫 「ついでに補強としては、
三条→翠星石なんで、

『三条は翠星石が気になっていた』というのは確かだお。
で、まぁ狐だか狩人だか探して灰を噛むとして、
潜伏狼の意見が反映されることは結構多いお。」
三条ともみ 「そこ噛まれならそこそこ有りがたいけどね」
蒼星石 「ふむ、三条さんも狩人はなさそうなのか?
だとすると初日に吊った水谷さんが狩人の可能性あるってことか…」
やる夫 「以上三条を吊りたい理由終わり」
やる夫 「でも三条吊っちゃうとただでさえ相当アレになったおにゃのこの比率が相当ヤバくなっちゃうお……」
三条ともみ 「別にどちらでもいいけど
あの時点で●打って一番得をしたのはやる夫のような気がするけど。」
前原圭一 「まぁ護衛先はそこしかねーよなぁ…
で今日もグレー噛み? なんていうかすぎお吊りを前提に考えてるって感じなのかねってところかしら」
ギャル夫 「んーというかもうそろそろ指定の時期なんすけど」
蒼星石 「僕としてはギャル夫君か三条さんを噛んでほしかったけどね
吊りたいから」
山崎すぎお 「さて大事な場面だからいっておくわ。 もし、占いに欠けが無い場合、私視点ランナー真ってことになるわけだけど、 私釣って蒼ちゃん吊ったとしたら、一匹狼残ってるわけね。 んで、狐も残っちゃう。 正直、初日のグレランだけでつれたとは思いたくないのよねぇ。」
ギャル夫 「組織票、なくはないんすよ?」
カナ 「いえ、占い真狼な気がしてきたかしら

ランナー狼って感じかしら」
三条ともみ 「どう考えても次のグレランで吊られる位置なので」
蒼星石 「山崎君は吊らないとダメだよ>金糸雀」
カナ 「そうすると何かギャルおが怪しい感じかしら

囲いと仮想意味じゃなくて」」
カナ 「杉尾はどっちにしても吊るかしら」
やる夫 「霊死体&投票してた水谷が死んでるからやる夫に来るの実質1票なんで、
組織票でもすりゃー余裕で逃げれる位だお」
やる夫 「(やる夫狼だと仮定してね)」
ギャル夫 「別にオレッチ怪しんでもでもいいっすけど」
蒼星石 「やる夫君は初日につりたかった位置だね…
狩人なさそうだったし
今更だけれど
正直吊ってる余裕ないかな」
三条ともみ 「ギャル夫よりは前原の方が吊りたい」
山崎すぎお 「勘弁してもらえるかしらぁ……そもそも、この状況で、完全に噛み回避に来てる中でGJ狙うのは無茶よ……」
やる夫 「やる夫は雪歩真一定以上考えてるんですぎお吊らないのはあんま考えてないんだけど残すん?」
前原圭一 「まぁ
◇山崎すぎお 「あたし、狐じゃないって証明したかったんだけど……今日の噛みとかで、あるとしたら狼だと思わない?私。」
のところがなーと・・・狩人ならこれ言ったらあかんだろというのがどうにもってのがあってだな」
ギャル夫 「そこでも狩人の崎さん吊りは違うと思うっすよ」
蒼星石 「そもそも真狩人なら雪歩さん吊った時点で共有守ってると思うんだけどね
僕としては>山崎」
三条ともみ 「やる夫>>>前原>>ギャル夫で、
蒼が最終日思考位置
というのは想定」
山崎すぎお 「それは、「いいからあたし占いなさいよ! 吊られて死ぬ狩人なんて真っ平!」って意味よ>前原」
ギャル夫 「なにより、共有の貴方が噛まれてないのがいい証拠っす」
蒼星石 「ギャル夫君はランナー真占い決め打ちなのかい?」
三条ともみ 「自分に投票してた霊噛むのは狼要素じゃないの?>やる夫」
山崎すぎお 「あの時諦めたって言わなかったかしら? あの時点ではRPを重視してたからね。」
カナ 「今日は杉尾吊りかした」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
前原圭一0 票投票先 →山崎すぎお
山崎すぎお5 票投票先 →蒼星石
カナ0 票投票先 →山崎すぎお
ギャル夫0 票投票先 →三条ともみ
三条ともみ1 票投票先 →山崎すぎお
蒼星石1 票投票先 →山崎すぎお
やる夫0 票投票先 →山崎すぎお
山崎すぎお は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギャル夫 「ふー」
ギャル夫 「共有噛んで」
前原圭一 「さて・・・どうしよっかw」
前原圭一 「狐いたらごめんなさいでいいかね?」
ギャル夫 「ともみさん吊りに行く感じっすかね」
ギャル夫 「いいっすよ」
前原圭一 「まぁそれなら仕方ないか」
ギャル夫 「すぎおさん狐が一番いいっすけど」
ギャル夫 「雪歩さん狐もそれなりにあるっすが、低いっすね」
前原圭一 「あれ・・・狩人だろうねぇ…たぶん
となると候補は2人かw」
前原圭一 「吊った狐はね」
ギャル夫 「水谷さん、愛梨さん、狐であってほしーっすよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
カナ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
山崎すぎおさんの遺言 それじゃあ結果発表で会いましょうね~
カナさんの遺言
                   l`ヽ、-―- 、 _
                  /| l  \_  `ヽ、
                 {, '´い  //⌒ヽ   \
               /  ム \{_レr行ミ⌒ヽ   `、
                  l ー'´ ヽ、Vヘ_彡ヘ. ノ    l
               ノ 、_,  `ヾヽ _>彳    |
               「   xx ̄xx  _V    l     l
            lr‐1         》⌒! |   /
            ヽ/7┐ ヾ==彳_,ノ  ノ    /
            _rク/ /     r'⌒ヽ、__ /
         __/)'´ 丿rク{ ̄ _〕仁ニ、  \
       /{{くヽ._,.ィ-‐兀/l:レ―ヘ / ̄`ー- 、
   _, -‐'´  ||厶|¬t┴ / ゚/└rー、ノ,        l
  「      ll ノ|く rこ7 。//{三ヲ l       n|
  `、      ||ヽj‐'⌒7    匸フ  |    _ |lく
   ヽ.     || く> ∧ ゚  >くノ   `ー┬ーヘ.   \
      ヽ、   |トィ> ノ‐rr<´       {    \   \
       \ ||_>く::./ヽ. ::\         ヽ、 /     |
        \|>‐'¨,、   \ノ          レ'´       |
        /  ,イXヽ          /=、        |
          / /t┘└ヘ、       <ィ  ヾ、   |

朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
[妖狐勝利] マヌケな人狼どもを騙すことなど容易いことだ
ゲーム終了:2012/08/21 (Tue) 23:56:58
水谷絵理 「狼-真ならわりと勝てることもある?>真紅さん」
十時愛梨 「はーい、お疲れさまでした」
ギャル夫 「そっちかー」
蒼星石 「お疲れ様」
萩原雪歩 「ですね・・・狩人なのが逆に災いしたかも・・・>山崎さん」
翠星石 「でも割と
三条-やる夫残してそこ2人+誰かって最終日だと」
水谷絵理 「おつかれさまー」
カナ 「おつかれさまでした…」
銀ちゃん 「お疲れ様ー」
三条ともみ 「お疲れ様」
やる夫 「ん?共有噛んだんだ
お疲れさんだお」
蒼星石 「占い欠けだったか」
真紅 「お疲れ様。狐はおめでとう。
相方はよく頑張ったのだわ(なでなで」
萩原雪歩 「うぐぐ・・・・ごめんなさいですぅ!!」
山崎すぎお 「泣けるわ!」
翠星石 「三条もやる夫も吊れねーと思うんですよねぇってことで
おっつーおっつー」
前原圭一 「ああ、その位置は一応考慮したけどまぁ死体無しだして吊れる位置じゃないわな
お疲れ様」
菊地真 「おつかれさまです!」
翠星石 「大体普通に
三条-やる夫が凄い2Wない位置で」
カナ 「うわぁあああああああああああ」
三条ともみ 「蒼星石噛めとは言ったわよ」
ランナー 「そこ狐だと吊れんだろうなと。後はこう候補があまり絞れなかったというのもあるが。>翠星石」
蒼星石 「ギャル夫君が狼なのは当たったけど
前原君が狼か…占い欠けはやっぱり最後まで見れないな、僕」
ギャル夫 「んー銀ちゃん噛みの時に蒼の子噛みっすか・・・。んー」
翠星石 「ギャル夫-蒼星石が削り位置の
三条ーやる夫にK1突っ込んで最終日考慮の
すぎおほぼ真決め打ちでしたね>翠星石の思考」
カナ 「真紅がいなくてかなりやってしまってる感があったかしら…」
やる夫 「蒼噛めって言って蒼噛んでくれるような狼どこに居んの」
秋月律子 「皆、お疲れ様。・・・ごめんね」
菊地真 「雪歩はしっかり仕事したじゃないか
狐がいい位置に入ったらどうしようもないよ」
萩原雪歩 「狐の立ち回りが拍手物でした・・・無念ですぅ!」
三条ともみ 「言わなくても噛まないじゃない」
翠星石 「まー
噛めと言われて噛む狼はいねぇ!ですぅ」
十時愛梨 「?なんで律子さんが、謝るんですか!?>律子さん」
やる夫 「蒼スルーしてこいつ吊れねーなーって『自然に狼が思う』方がよっぽど噛んでくれる」
蒼星石 「何気に普通村での狐勝利は全鯖通して初めてだったりする」
水谷絵理 「占いロラせずに灰吊りだったら狼ゲーだったけども
占いロラで狼困っちゃった系?」
真紅 「わたしもかなりミスしてるから気にしなくていいわよ>カナ
「ローラー」を「ラン」と言い間違えたのは100%わたしのミスなのだわ……」
やる夫 「おー、おめでとーだお>蒼星石」
ランナー 「あ、しまった。
狐と狼二人で5人ならそりゃ狐勝ちか…余計な事して本当にすまない>ギャル夫・圭一・雪歩

お疲れ様だ。」
蒼星石 「ありがとう>やる夫君」
十時愛梨 「あれ?そうだったんですか?
おめでとうございまーす!!(パチパチ)>蒼星石さん」
萩原雪歩 「うう、ありがとう真ちゃん・・・」
翠星石 「おめっとーですよー、蒼星石」
菊地真 「おめでとー!>蒼星石」
ギャル夫 「狂人がいい働きしてくれたんすけど、スマンっすね・・・。
いやー狐当てられないのはダメっすね」
前原圭一 「まぁ狩人吊りが計算に入ってなかったからにゃー>最後の方まで
吊れると思ってなかったのよねw」
銀ちゃん 「あら蒼星石おめでとう~」
蒼星石 「ありがとう>十時さん」
カナ 「とりあえず蒼星石おめでとうかしら」
翠星石 「灰吊るんなら蒼なんですよねぇ
でも蒼星石吊りしたくねーんですよ」
水谷絵理 「初体験おめでとう? お赤飯炊いておくね>蒼星石さん」
菊地真 「バウムクーヘンで盛り上がれて楽しかったし、
今日はありがとう>雪歩」
三条ともみ 「要するにそこ狐なら狐勝ちの可能性残すぞ噛めよ、って脅迫してるんだから」
ギャル夫 「おめでとうっすよ!>蒼の子」
ランナー 「おや、おめでとう。
俺は経験がないから羨ましい>蒼星石」
蒼星石 「ありがとう>翠星石 菊池さん 水銀燈」
翠星石 「まー
狩噛みしねーなら
絶対狩噛み行く水銀燈噛みは
必須になりますからねぇ」
真紅 「あら、おめでとう。特別な茶葉で紅茶を淹れてあげましょう>蒼星石」
蒼星石 「ありがとう>金糸雀 水谷さん 菊池さん ギャル夫君 ランナー君」
十時愛梨 「あ、じゃあ私はケーキ焼いてきます>真紅さん・蒼星石さん」
蒼星石 「真紅が紅茶を淹れてくれるなんて…ありがとう>真紅」
銀ちゃん 「だってー どうせ残ったら吊るでしょ?
なら銀ちゃんさくっと吊りたいわぁとも思うのよねぇ>翠星石」
山崎すぎお 「ともみと共有しか守れるとこないわねぇと思ってたら、実際そうで泣けてくるわ」
萩原雪歩 「そ、それじゃあ私はバウムクーヘン持ってきますね!」
カナ 「ここらへんでおいとまするかしら

今日はありがとうございました」
菊地真 「噛まれなかったら吊れるよね
狩人噛まなくていい展開だったし>圭一」
蒼星石 「山崎さん狩人は雪歩さん吊った時点でランナーさん護衛してた時点であまり見てなかったな
僕と考えが違うってだけかもしれないけど」
三条ともみ 「狼が乗らないなら狐に勝たすわ」
十時愛梨 「そういう時もありますよ、元気出してくださいね>すぎおさん」
真紅 「ここ最近、参戦した村は全部狐が勝ってるという不思議。」
萩原雪歩 「うん、私も楽しかったよ。
盛り上がれてよかったなぁ>真ちゃん」
蒼星石 「同村村建てありがとう
お疲れ様
ランナー 「んー普通に○出せばよかった。
油断、慢心以外の何物でも。

村建て同村感謝、お疲れ様だ。
因果の交叉路でまた逢おう。」
真紅 「お疲れ様よ。次組んだ時は勝ちましょうね>カナ」
菊地真 「すぎおさんは泣いていいよ
一発に沈んだ感じだったもんね」
翠星石 「じゃーそんな感じで
お疲れさんですよー」
前原圭一 「やっぱり狼苦手だわー
めげるわー 」
十時愛梨 「狼は狐が居なければでしたね…ドンマイです!!>前原さん」
秋月律子 「私さ・・・「役職持ってくGM」らしくって>十時さん」
やる夫 「ほいじゃーお疲れさんだお、
村立てありがとー、
狐おめっとー」
ギャル夫 「んー狩人は初日占いが残念なのと、共有一枚噛むタイミングが
まだ占い護衛すべき時期ってのが不運っすね…。
あそこで死体なし出たら狐候補として吊られるかもしれねーっすけどwww」
菊地真 「えへへ、雪歩は可愛いなあ
バウムクーヘンいっしょに食べようね」
銀ちゃん 「よしよし・・・律子さんがんばってるもねー?ねー?(ワシャワシャ」
萩原雪歩 「役職持っていかれない人狼とか面白くないよ。律子さん」
前原圭一 「まぁ狐いる確率の方が高かったからね>すぎおさん狩人以外ないから
でもここで死体無しだしたところで吊れる人ほとんどいないという罠>十時さん」
真紅 「3週連続で占い持っていったGMも世の中には普通にいるのだわ、気にすることないわよ>律子GM」
菊地真 「でも久しぶりに会えてよかったよ>すぎおさん」
十時愛梨 「あははは、もしそうだとしても
初日役職なんて、よくあることじゃないですか
元気だしてください!!>律子さん」
ギャル夫 「オレッチはどーるず喰いまくった割に最後のところで逃がしちまう男っすから>圭一さん
オレッチの方が反省点多いっす」
前原圭一 「狂人だけ渡してくれるのならなんだっていいんですけどねぇ…絶対に働きませんけど」
十時愛梨 「あー…そうでしたか、死体なし出しちゃうと
狼陣営もきついって思ってたんですね
うー…それは、仕方ないです>前原さん」
十時愛梨 「それじゃ、私はこのへんで、お疲れさまでしたー!!」
水谷絵理 「狼は●吊った日に狩人噛んでの両偽ルートのほうが勝ち目あった感じかな?」
十時愛梨 「律子さん、めげないでくださいね!!
ファイト!!です」
真紅 「落ちる人はお疲れ様。」
萩原雪歩 「16人の場合50%の確率で初日役職ですし・・・」
三条ともみ 「単純に蒼星石噛めーって言ってたし狐噛みあったら吊ったけどね」
山崎すぎお 「夏の間はまた審査に来るかもしれないわ!>5番ちゃん」
萩原雪歩 「うん!真ちゃん!
もっと美味しいの焼いてくるね!」
蒼星石 「ギャル夫君は吊れる場所だったけど…占い欠けを見てないと前原君は吊れなかったかなあ」
ギャル夫 「狩人吊りは棚ボタ的なもんすから、グレラン予定はしてたんすけどね」
真紅 「さて、わたしもそろそろ帰るのだわ。
お疲れ様、GMは村立て感謝、村人は同村感謝。またよろしくね。」
山崎すぎお 「吊られるのだけは避けたかったわぁ……狩人として一番悲しい死に方よ。」
水谷絵理 「おつかれさま。せっかくの占い初日なのに最初に吊られて残念だったかも?
それじゃーねー」
山崎すぎお 「さて、あたしも帰るわね、またビビッ!っときさせてちょうだいねー」
ギャル夫 「それじゃ、御疲れっすよ&村建て感謝」
菊地真 「それじゃ、ボクもそろそろ帰るね
律子も村建てありがとう!」
蒼星石 「お疲れ様」
銀ちゃん 「今日は全然可愛くできなかった これもすべて狼が悪いんだギリィッ
ってことにして、銀ちゃんも落ちるかなぁ」
萩原雪歩 「そ、それじゃあ私も失礼しますぅ。
またお願いしますね。」
銀ちゃん 「よし、落ちましょう 同村の人には感謝を 狐には祝杯を
律子さんは村立てありがとうねぇ?今日もお疲れ様よぅ」
蒼星石 「僕も落ちるよ
お疲れさまでした
失礼するよ」