←戻る
【劇場126】劇場公演 土曜の部村 [149番地]
~fallとオータムの違いってなんなんだろ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5
icon GM 川島瑞樹
(生存中)
icon 音無小鳥
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 我那覇響
(生存中)
icon 鴨ウィザード
(生存中)
icon できない夫
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 佐久間まゆ
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon ラプ蔵
(生存中)
icon 巽完二
(生存中)
村作成:2012/09/08 (Sat) 22:01:02
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/」
GM 「【ルールを知りたい方へ】
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
(左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「【貴音鯖特有の注意事項】

1―狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定メッセージは出ません。

2―夜の共有の「ひそひそ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません。

3―遺言は前日にしか書けないので、温めているネタは今のうちに仕込んで下さいね。

4―夜の超過時間後でも、「共有」は相談できるようになりました!
(人狼は自動で独り言に切り替わるので相談できません)

(特記事項)

1―夜が明けてから15秒の間、発言が行えません。
(オプション:早朝待機制がオンの村のみ。今回もオンにしてます。)」
GM 「いつも通り22時半までまずまって、その後どうするか決める感じで!
45分くらいにははじめるよていですよっ」
音無小鳥 さんが入場しました
GM 「小鳥さん、いらっしゃいませ!
ゆっくりしていってくださいね。」
音無小鳥 「はい、事務の音無小鳥です。
本日のナビゲーターを務めさせていただきますね。
よろしくお願いします。」
音無小鳥 「本日はこう……あれですね。
真面目な感じで行けたら良いなと、そう思ってます。」
三浦あずさ さんが入場しました
三浦あずさ 「こんばんは~」
音無小鳥 「よろしくお願いしますね、あずささん。」
三浦あずさ 「私が一番乗りかと思ったら、小鳥さんが先にいらしてたんですね」
音無小鳥 「ふふ……アイドルの皆より後に到着するわけにもいきませんから……w」
GM 「あずささんも、いらっしゃいませっ!
今日はとしm…げふんげふん お姉さん方がおおいですね!」
三浦あずさ 「いつもありがとうございます~>小鳥さん」
三浦あずさ 「あら?何か言いたげですね?>GMさん」
GM 「平井堅の大きな古時計のピッチを上げたら如月千早が降臨した件
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18799915
お時間あるのでBGMにでもどうぞっ」
GM 「な、なんでもございませんよっ あずささんはいつみてもお美しいっ」
三浦あずさ 「美しいだなんて、そんなにほめても何もでませんよ~うふふ~>GMさん」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → GM 川島瑞樹
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 879 (川島瑞樹)」
我那覇響 さんが入場しました
我那覇響 「はいさーい!」
三浦あずさ 「いらっしゃい、響ちゃん」
GM 川島瑞樹 「GMも年齢層に合わせないといけないですよね…って何自虐してるのかしら私は」
GM 川島瑞樹 「響ちゃん、いらっしゃい。
ゆっくりまっててね。」
我那覇響 「わかるわ」
音無小鳥 「……いや、あの私でも流石に
アンチエイジングとか言ってませんからね?!」
GM 川島瑞樹 「あなたもわかるの!?(ガタッ>響ちゃん」
三浦あずさ 「今夜は、いいお酒が飲めそうかしら?」
我那覇響 「うちのばあちゃんがよく言ってたぞ!!<川島」
GM 川島瑞樹 「同じ年よね?小鳥さん 
…私みたいにアンチエイジングしないと大変なことになりますよ!」
GM 川島瑞樹 「いいわねぇ あずさちゃんはどんなお酒が好みかしら?
連れてってあげるわよ?」
音無小鳥 「だ、だだ誰が同い年って……!
いえ、してます!してますけれども!
若い子にそんな事言わないって意味ですよ!」
三浦あずさ 「ウイスキーも焼酎も日本酒も、おいしければなんでも好きですよ~>瑞樹さん」
我那覇響 「お酒は泡盛がイイって聞いたゾ!」
GM 川島瑞樹 「おばあちゃん・・・? 
わ、私の領域にはその位の年齢にならなければ到達できないものね!>響ちゃん」
GM 川島瑞樹 「同い年でしょう?…認めないなんて見っとも無いですよ?
ちゃんと「28」歳であることに、そこまでの人生に誇りをもちなさい!>小鳥さん
あと、若いうちからやっておくべきという経験則からの助言よ。」
我那覇響 「あれ?ここって遺言前日おkだっけ?開始前までしか変更出来ないとかだったような気がするゾ・・・」
三浦あずさ 「泡盛もおいしいわよね~
「どなん」とか、たまらないわ~>響ちゃん」
GM 川島瑞樹 「前日Okというか、開始前しか変更できないわね
ネタみたいなものよ わかるわね?>響ちゃん」
鴨ウィザード さんが入場しました
鴨ウィザード 「                                          
                                            
                                            
        / ̄`` ー 、                              
       ノ,' 〃,リ   ヽ                             シャバドゥビタッチヘンシーン
      /./ '〈 !ゝ-,イ                               
       / ,' ; ∨!‐'‐'`´          ,,-―ー-、            ,..._      
      /i : :  !ハ              /   ,r,   ゙、         ./,.-‐‐ ``ヽ、   シャバドゥビタッチヘンシーン!
    / ! ','  ; ハ       ._,,. '^ 、      iヾ      ..〉、⊃!、  ノ  !  
   i  ',  } ,リ  i___    ..(;;__,..)     i        .`ー--'¨¨! ,  ',  
   { ) ヽ{ ,ノ  ゙', `ヽ.-‐==‐、   .ゝゞ;:;:;:;:;:´,l|\         ノ,}' 、ヘ  
   ∨'ヽ、_.{  __,...=.._ } ''"  ヽヽ  ヽ;:;:;:;ノ:;:;:;:ヾ:\       }'  ハ, ',   ぶりーず(白目
     ヽー-、` ̄ ¬   `ヘ   / '`゙´、 ;:;:;:;:;:;:;:、  \--、     ,'    ハ.}  
     \ ヽ、.  ヽ,.. .. ノ},イ    リ{     i /´  ヽ'⌒ヽ'''''ヽ、.    ゙!  
         `ヽ.ヽ`ーゝ、__,..ノ .ゝ、  ノ \、    {       Y-、. Y´ `ヽ,.  |  
            ヽ、_ー、___,.,.-‐'"¨`ー 、_,.へ ヽ,   ト   ,..ノ`   〉-- <_ ,/   マッソォー! マッソォー! マッソォー!
             ̄  ハ、_      {   リ  〉   /´: `ヽ / ヽ / ' ノ  
                   { \`ヽ.、 ',  /   人  {.  ト-.ァ' ヘ.__, ,.- '´   
                 ,': ヽ`ヽ ` ´` ='.  i} ヽ   j  } !_  _/      
                   i ;   >=ニ'''''''"  ノ‐'⌒` . ゝイ /  ̄        
               {ハ  {       ,/′   ヘ._,.ノ          
                   |'ヘ  ',ヽ   /├-`ヽ  /             
                                            
                                            
                                            」
我那覇響 「開始前でいいんだよな?それ聞いて安心したゾ!!>GM」
GM 川島瑞樹 「若いのに結構イケるクチね?あずさちゃん
飲みに行きましょ!
鴨ウィザード 「へいアイドルの皆様、今日もすすいだ瞬間キュキュっと綺麗な
鴨さんの登場ですよ! はいおはよう! 」
GM 川島瑞樹 「鴨ウィザード…さん? ようこそ!
ゆっくりまっててね。」
我那覇響 「3―遺言は前日にしか書けないので、温めているネタは今のうちに仕込んで下さいね。

って言うのが普通に毎晩変えられるみたいな感じかと思ってちょっと焦ったゾ^^;」
GM 川島瑞樹 「はい、それで大丈夫よ 毎晩は変えられない設定なのよ>響ちゃん」
我那覇響 「おぉ!!鴨ゾー!!来ていたのか!?」
鴨ウィザード 「イエス、お美しいGM、川島様。
この鴨、貴女の命令があるまでいつまでも待ちましょうとも!」
できない夫 さんが入場しました
鴨ウィザード 「へいお嬢ちゃん。羽毛……いるかい?>響」
できない夫
       ,、-‐''"´   ,','
  ,、-‐''"´        ,','二二二二二二二二二二二二二二二二二司
''"´ィ! , ; .      ,','         ,..-――-.、             | i.!
iヽ ._  /i .  .   //       /        ヽ            | i.!
レ’|/-/ iー .'7   //         | 「   へ |             | i.!
/! \/∠/ .  ,イ           | (●) (●) |             │ i.!
 ̄/\ ,ヘ/.   ,'.i         |    |    !           .| i.!
くi k_./i,イ/ .  i .|          |  __´__   l       ,ィ⌒ヽ.  | i.!
\k、 .リ   .  |.|         `、       ,'     (   ノ . ! i.!
 r' .〉'´ iン  . .|          ヽ     ノ       /   i  .| i.i
tァ ̄ .  、|.l.||,,. |       .../⌒ヾニニニニニニシ⌒\ .,,'`ー '´i、 | i.i
 ..  \ i| ! |..`|      .,ィ'´ ̄`ヽ    |○      |     ' .| i.i
  ‐   |´ j,       ../三三.互.',ヽ  |        i    ,′ | i.i
   ‐.´'.l| !,  |!,   ..i三三三三 i i  |○   /`ヽ、',   /  | i.i
     / !.| |!!´i   ..l三三三三| l  |    ,'    `'ー'´  ..| i.i
       . .!´"', ',   .ノ/ ̄ ̄ ̄!,' ! .|○   i           | i.i
          .', ',  .| . ̄ ̄ ̄ i  ',_|__ , |            | i.i
          . ヽヾ .ヽ三三三,'   f..  . リ             | i.i
             ヽヾ、...ゞ三シ⌒ヽ.、 ノ  ... |             | i.i
              ヽヾ、       ヽ.     |             | i.i
                ヽヾ、     ヽ、 . |            .| i.i
                             .ヽ  . |」
GM 川島瑞樹 「30分!待つしかない人数ね! 申し訳ないけど待っててくださいね?
(村の若さが足りないのかしら…)」
水瀬伊織 さんが入場しました
鴨ウィザード 「貴様……アイドルではないな!?>できない夫」
三浦あずさ 「今夜は鴨鍋かしら?」
できない夫 「よろしくーっと」
GM 川島瑞樹 「できない夫さん、いらっしゃい。 …ワイルドな登場のしかたね?」
我那覇響 「ん?なんかこの羽毛臭いゾ・・・>鴨ウィザード」
水瀬伊織 「にひひっ♪よろしく~」
三浦あずさ 「それじゃ、この村が終わったらご一緒させてくださいね>瑞樹さん」
GM 川島瑞樹 「あら、伊織ちゃんもいらっしゃい。
来てくれて嬉しいわ」
できない夫 「…鏡、持ってきてやるよ>鴨」
鴨ウィザード 「イエス? お美しい貴女の舌を満足させる事が出来るのであれば、
この鴨、全身全霊を賭して最高の鍋をご用意致しましょう>あずさ様」
我那覇響 「おぉ、伊織よく来たな!!サーターアンダギー食べるか?」
音無小鳥 「っとー……!
あれですよ、皆アイドルなんですからスキンケアくらいはしてますよ!
わざわざアンチエイジングって言わなくても!>GM」
できない夫 「ワイルドだぜぇ~?>GM」
鴨ウィザード 「なんと凛々しき姿……このクチバシ……流石俺……!(うっとり(鏡を眺めながら」
水瀬伊織 「ってなによ。伊織ちゃんより先に鴨みたいなのとなんかのっぺりしたのが」
GM 川島瑞樹 「了解!局で仕事してた時に良い店を沢山紹介してもらったから、
楽しみにしておいてね?>あずさちゃん」
三浦あずさ 「それは楽しみだわ>鴨さん」
水瀬伊織 「ま、当然ね。私がいなきゃはじまらないわ!>GM」
三浦あずさ 「伊織ちゃんも来たわね、よろしく~」
できない夫 「おいおい、アイドルかどうか確認しろって話だよ
自分にうっとりとかありえねぇだろ>鴨」
三浦あずさ 「できない夫さんはワイルドなんですか?」
水瀬伊織 「ええ、貰うわ響。それ食べたことないのよねー>響」
鴨ウィザード 「へい伊織ちゃん。あんまり鴨をなめると……つつかれるぜ?>伊織」
三浦あずさ 「できない夫さん、ノムラケンジロウ監督に似てるわね~
今日はマエケンさんがよく頑張りましたね」
できない夫
    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |
  |     __´___ノ   うん、俺ワイルドワイルド>三浦あずさ
  |     `ー'´}
  ヽ        }     ワイルド系界隈ではブイブイ言わせてるからな
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |」
水瀬伊織 「うるさいわね。捕まえて血抜きして焼き鳥にするわよ。執事が>鴨」
佐久間まゆ さんが入場しました
鴨ウィザード 「ふ……アイドルも何も、俺はアレだ、ほらアレだよ。なあ? すげーだろ? なー?
……まあそういうわけだ>できない夫」
佐久間まゆ 「よろしくおねがいしますねぇ・・・」
GM 川島瑞樹 「スキンケアとは似て非なるものなのよ…!
それをしらないなんて、そのままだと小鳥さんヤバいわよ?」
GM 川島瑞樹 「まゆちゃんいらっしゃい!
ちょっと背筋が凍ったけどきのせいよね!」
鴨ウィザード 「血抜きする前にちゃんと羽毛は抜くのよ!? 鴨との約束!>伊織ちゃん

血抜きは俺を捌く為には欠かせない工程だけど!」
水瀬伊織 「ええ、よろしく。あずさ。竜宮小町として一緒に頑張りましょうね?>あずさ」
我那覇響 「おうっ!よろしくな!!>佐久間」
三浦あずさ 「夏はキュウリでパックするのが気持ちいいわよね>小鳥さん」
できない夫 「へえ、今日はみてねえけど永川劇場は公演されたかい?>三浦あずさ
いけねえ、四条劇場で聞くようなことじゃなかったな
反省反省」
佐久間まゆ 「Pさん、いないんですねぇ・・・>川島さん」
音無小鳥 「いやそういう意味じゃなくてですね……
若い子の肌って言うのは過剰な手入れが仇になりますから。
……ほんと、若いって良いですよね……>川島さん」
三浦あずさ 「まゆちゃんもよろしくね~」
水瀬伊織 「じゃあ羽を抜く作業だけは私がやってあげる!感謝しなさいよ?にひひっ>鴨」
佐久間まゆ 「えぇ、よろしくおねがいしますねぇ・・・
Pさんってどこにいらっしゃるか知ってますかぁ?>我那覇さん」
三浦あずさ 「今年は永川さん、一軍に上がってきてないんじゃないかしら?>できない夫さん」
できない夫 「確かにこのアイドルだらけの中一羽飛び込むのはすげえよお前…>鴨」
佐久間まゆ 「はい、よろしくお願いしますぅ・・・>三浦さん」
GM 川島瑞樹 「できない夫あたりが、Pっぽくないかしら?>まゆちゃん」
佐久間まゆ 「うふ、うふふふ
Pさぁん、早く来ないと始まっちゃいますよぉ・・・」
できない夫 「俺が…P?
ありえねえだろ、常識的に考えろよ」
鴨ウィザード 「oh…美しい伊織嬢に羽毛を抜いてもらえるとは、この鴨、至上の喜び……!

あまり乱暴にしたら駄目よ? 皮膚が傷んで鍋にした時に崩れちゃうからね>伊織嬢」
佐久間まゆ 「できない夫さんが、ですか・・・?
そういえば、そんな気がしてきましたねぇ・・・>川島さん」
水瀬伊織 「まぁ、並列に建ってる村がめちゃくちゃあるからねぇ…まぁ、待てば来るんじゃない?」
三浦あずさ 「これで亜美ちゃんがいれば、竜宮小町が完成ね~>伊織ちゃん」
できない夫 「そうなのか、知らなかったぜ>三浦あずさ
何せ俺は永川劇場の存在を「広島カープとやらない子」スレで知ったからな」
音無小鳥 「まあ土曜日ですし、私としては別に待つのも構いませんけれども……
あんまり遅くなっても大変な人もいるでしょうしね。」
鴨ウィザード 「実は俺はアイマスに実際に出演していたりします。つまりは原作キャラ>できない夫

美希は俺の弟子(キリッ」
GM 川島瑞樹 「わかるわ  …じゃなかった!
若さに気持ちで負けた時点でもう若くないのよ!>小鳥さん」
我那覇響 「な、なんかちょっと怖いゾ・・・>まゆ」
佐久間まゆ 「できない夫さん、そんなこと言ってまでまゆから離れたいんですかぁ・・・?
まゆなにかしましたか・・・?ぐす・・・>できない夫さん」
佐久間まゆ 「まゆは普通ですよぉ・・・?>我那覇さん」
GM 川島瑞樹 「あなた、私の入れ知恵をこんなところで使うんじゃないわよw>鴨」
水瀬伊織 「まったく!注文が多い鴨料理ね。ま、任せなさい。伊織ちゃんはやるっていったことは
やるわよ?>鴨」
できない夫
    / ̄ ̄\
   /       \
  |:::::       |
.   |:::        |     マジかよ…>鴨
   |::::         |
   .|::::       __}       俺だけ仲間外れなんかな…
  /::::        \
 |:::         _)
 |::::         i
 |::::        i  |
 |::::        |  |
 \___、_____  ノ _)」
星井美希 さんが入場しました
鴨ウィザード 「ちゃんと動画見たから問題無い(キリッ>川島様」
GM 川島瑞樹 「ひどい人ですね… まゆちゃんをたぶらかすだけたぶらかして!>できない夫さん」
星井美希 「こんばんはーなの」
水瀬伊織 「美希いらっしゃいー」
できない夫 「いやいやいや、そういうわけじゃねえんだ
ただ俺にPなんてできないだろ>佐久間まゆ」
我那覇響 「おぉ、美希よく来たゾ!」
鴨ウィザード 「oh! これは期待できるお嬢さんだ!
よろしい、我が身、我が命を以て最高の鍋になると誓おう!>伊織嬢」
佐久間まゆ 「まゆ、できない夫さんのためなら何でもしますからまゆから離れないでください・・・>できない夫さん」
鴨ウィザード 「そんな事無いって。お前さんモテモテだって。
な? ほら皆きゃーきゃー言うとるで?>できない夫」
できない夫 「俺がいつこんないたいけな娘をたぶらかしたって言うんだよ>GM
ありえねえだろ、常識的に考えて」
GM 川島瑞樹 「…これは11人目標かしらね。
同時に建ってる村とかセッションとか色々あるみたいだし仕方ないわね」
星井美希 「ミキ、しゃーぷでくーるな女になるの!
うん、きっとそう!」
GM 川島瑞樹 「意外と律儀なのね…>鴨」
佐久間まゆ 「星井さんよろしくおねがいしますねぇ・・・」
鴨ウィザード 「などと言っておりましたら我が弟子がご来村。
なんということでしょう(白目」
星井美希 「>響
あ、響こんばんはーなの。
今日も目が青いね」
三浦あずさ 「美希ちゃんもいらっしゃ~い」
佐久間まゆ 「あ、もしかしておなかがすいていますか?
それならすぐにそこの鴨をお鍋にしてあげますねぇ・・・>できない夫さん」
鴨ウィザード 「ネタを貪欲に吸収する鳥類! 鴨!>川島様」
ラプ蔵 さんが入場しました
水瀬伊織 「にひっ♪その心がけは褒めてあげる!>鴨」
ラプ蔵 「支援要請を受けたので飛来
宜しくお願いする」
できない夫 「おいおい、そういうセリフはもう少し大きくなってから好きな人とかに言うべきだろ>佐久間まゆ
俺じゃお前には何もしてあげられないだろ」
鴨ウィザード 「おいちょっとCNとアイコンの関連性を説明するんだ 3行で>ラブ蔵」
GM 川島瑞樹 「あ、美希ちゃんいらっしゃい!私としたことが美希ちゃんに挨拶を忘れるとは。
あと、ラプ蔵もいらっしゃい 支援感謝するわ」
佐久間まゆ 「大丈夫ですよぉ・・・
愛があったら立場も年の差も関係なんてないんですからぁ>できない夫さん」
ラプ蔵 「ラプターとは猛禽類という意味だ」
音無小鳥 「ラプター(恐竜)じゃないかしらね……w>鴨」
鴨ウィザード 「お美しいお嬢さん方に食べてもらえる。それだけで俺は……ああ!!>伊織嬢」
巽完二 さんが入場しました
音無小鳥 「ごめんなさい、猛禽類だったわ。
頭動いてないのかしらねー」
星井美希 「らぷたーって戦闘機の名前なの」
巽完二 「うす!邪魔しやす」
GM 川島瑞樹 「鳥類にしては賢いわね…気に入ったわ>鴨」
ラプ蔵 「我那覇殿、沖縄での貴殿のご加護
私は一時も忘れませんぞ!!」
星井美希 「だからそこの戦闘機は、響のペットなんだって思うな」
鴨ウィザード 「さらっと説明する辺り、只者ではないな、小鳥さん! 伊達に年くっげふんげふん!>小鳥嬢」
GM 川島瑞樹 「完二くん、いらっしゃい!」
できない夫 「ここは…女神村じゃねえだろ…>佐久間まゆ
俺が狼でお前を噛むこともありえるだろ、だから止めるんだ」
音無小鳥 「まぁ、間違ってたけどね!>鴨」
鴨ウィザード 「アイドルが戦闘機に詳しい……だと……!(白目」
ラプ蔵 「こんばんはだ!」
佐久間まゆ 「できない夫さんにならまゆは何をされても良いですよぉ・・・>できない夫さん」
音無小鳥 「765プロは戦闘機プラモとのコラボレーションをした事があるのよw」
巽完二 「今日はアイドルが多いっすね!眼福っす!・・・鳥とかもいますけどね」
鴨ウィザード 「「予防線」 アイドルになら喜んで食われたい 「フラグ」」
鴨ウィザード 「そうか、エスコンか……!!>小鳥嬢」
できない夫 「…鴨、パス
佐久間まゆに教育的指導頼むわ」
ラプ蔵 「今気づいた
↑の鴨と被るではないか!」
水瀬伊織 「ん…なにか繋がりが生まれそうじゃない。いいことよ?えーと。祝福してあげるっ!」
GM 川島瑞樹 「45分ね。 11人開始か13まで待って私が降りるかの二択になりそうだけど
どっちがいいかしら?
多数決にします。」
鴨ウィザード 「ぐわぐわぐわぐわぐわぐわ>巽」
巽完二 「そらを飛ぶ鳥同士って奴っすね、悪くはねぇと思いますよ>ラプ蔵」
ラプ蔵 「クソッ 鴨風情が
猛禽類に敵うとでも持っているのか!?」
鴨ウィザード 「GM様の御心のままに(キリッ」
水瀬伊織 「まー、私は待ってあげてもいいけど。うん、ていうか、待ちたいわ>GM」
星井美希 「ところで響はいるの?」
鴨ウィザード 「飛んでる時、タービンに突っ込んで墜落させてやろうか……!!(くわっ>ラブ蔵」
巽完二 「でも飛行機のエンジンに鳥が突っ込むと大事故っすよね?>ラプ蔵」
佐久間まゆ 「まゆはできない夫さんがいらっしゃるならどっちでもいいですよぉ」
我那覇響 「いるぞー
ラプ蔵 「くっ……!」
我那覇響 「ちょうど遺言書いてたゾ」
音無小鳥 「まぁどちらでも面白いので構わない、と言ったところでしょうか」
水瀬伊織 「何よ。その感極まった声は……>鴨」
できない夫 「うーむ、真紅の初心者村はまだもう少しかかりそうだしな…
多数決でいこうか、俺は待ってもいいぞ」
巽完二 「俺ぁどっちでもいいっす、急いでここまで来たモンで>GM」
星井美希 「待ってても来るかどうかわかんないし、始めちゃってもいいと思うけどな。
ま、ミキはGMさんに従うの」
ラプ蔵 「鴨め、初日貴様を撃墜してやる!!」
佐久間まゆ 「うふふ、ありがとうございます♪>水瀬さん」
鴨ウィザード 「ふふん……この鴨、そうそうやられると思うな!」
GM 川島瑞樹 「なるほど。あと5分待って誰も来なかったら開始にするわね?」
我那覇響 「自分もどっちでも構わないゾ」
できない夫 「オーケー、把握だ」
鴨ウィザード 「イエスGM様。貴女様の思うがままに」
巽完二 「了解っす!>GM」
我那覇響 「了解だゾ!!」
星井美希 「はーい」
ラプ蔵 「了解だっ!!」
佐久間まゆ 「えぇ、わかりました」
三浦あずさ 「三浦あずさ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:三浦あずさ → 高槻やよい
アイコン:No. 549 (三浦あずさ06) → No. 546 (高槻やよい07)」
鴨ウィザード 「シャバドゥビタッチヘンシーン」
水瀬伊織 「おっけー」
鴨ウィザード 「む……胸が!? 貴重な胸成分が!?」
我那覇響 「昨日こっちで村立たなかったからちょっと寂しかったゾ・・・」
高槻やよい 「うっうー!」
GM 川島瑞樹 「村に若返りの波が… 不味いわよ小鳥さん…」
鴨ウィザード 「ああ……嗚呼……この世は地獄……!」
音無小鳥 「四条は現在、金曜日だけ定期村がないのよね。>響ちゃん」
GM 川島瑞樹 「金曜は定期村ないのよね、ごめんなさいね?>響ちゃん」
高槻やよい 「交代しちゃいました!」
ラプ蔵 「ふっ、鴨よ
ステルスの良さが分からんようだな!」
鴨ウィザード 「金曜、突発鴨村を建ててやろうか(白目」
ラプ蔵 「ステルス=ぺったんこ」
高槻やよい 「建ててくれるならありがたいです!>かもさん」
巽完二 「あーそれいいっすね!期待してますよ!>鴨ウィザード」
GM 川島瑞樹 「(来週はお祭り村でも建てようかとおもっているわっ)」
佐久間まゆ 「鉄での初心者村もあったりするので
集まりはよくなかったりするんじゃないですかねぇ>金曜日」
高槻やよい 「それじゃ、どかーんといっちゃいましょー!」
我那覇響 「期待してるゾ!!>鴨」
鴨ウィザード 「なん……だと……>歓迎の声多数」
できない夫 「全員鴨アイコンかよ、ありえねえだろ
せめて鍋村とかよ」
GM 川島瑞樹 「あ、鴨村歓迎ねw」
水瀬伊織 「…鴨アイコンなくない?>鴨」
鴨ウィザード 「まずは四条さんの誕生日を調べねば(白目」
ラプ蔵 「金曜村か!鴨にしてはナイス発想!
期待しているぜ!」
音無小鳥 「まぁ特殊村はあっても面白いかもね。
今でも女神と探偵が隔週であるけども。」
我那覇響 「鴨アイコンいっぱい探してくるゾ!!」
巽完二 「ああ、そういや向こうの初心者村でしたね
まぁ被らないはずなんで、やる夫系の掲示板にでも書きこみゃ
人は来るんじゃねぇっすかね?」
鴨ウィザード 「教えてやろう伊織嬢。
鴨アイコンはな……  「食品」カテゴリだ!」
高槻やよい 「貴音さんは1月生まれだったはずです>かもさん」
佐久間まゆ 「まゆは昨日が誕生日だったんですよねぇ・・・
でもできない夫さんは・・・」
GM 川島瑞樹 「うん、そろそろはじめましょうか!
11人でも若さで元気に行くわよ!
では、ぴちぴちの小鳥さん、はじめちゃって!」
ラプ蔵 「!?」
巽完二 「場当たり的にやっても30回ためしゃいけますね!>誕生日」
鴨ウィザード 「11人村! この鴨、全力でお相手いたす!!」
高槻やよい 「みんなであずささんになって『迷子村』とか、すごくたのしそうです!」
我那覇響 「少人数ドキドキだぞ!!みんな、よろしくなっ!!」
できない夫 「俺の誕生日?2008年12月13日ってことになってるらしいな、Wiki的に考えてよ」
音無小鳥 「それじゃカウントするわよー。
いつもより遅くなってるから、ちょっとペース早めに!」
鴨ウィザード 「おお、ありがたいありがたい>やよい殿」
音無小鳥 「3」
音無小鳥 「2」
音無小鳥 「1」
巽完二 「それ4歳って事になるんすけどね・・・>できない夫」
水瀬伊織 「まー。少人数にも少人数の味があるか。まかせさない!伊織ちゃんが勝たせてあげる!」
音無小鳥 「それじゃ、スタートです!」
ゲーム開始:2012/09/08 (Sat) 22:54:49
出現役職:村人5 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
できない夫 「狼かよ、ありえねえだろ」
巽完二 「うっす!自分は結構少人数の狼は辛いっす!」
できない夫 「なんで相棒がお前だよ、さらにありえねえだろ」
巽完二 「とりあえず狩人日記っすかね?
それとも占いっすか?」
巽完二 「文句はPHPに頼むっすよ!」
できない夫 「あ、狩人いるのか
じゃあ日記はつけとくといいんじゃねえか?」
巽完二 「了解っす!占い騙りは狂人に任せるって感じっすかね?」
できない夫 「じゃあ潜伏して占い騙りは狂人に任せるだろ」
「◆GM 川島瑞樹 それでは両陣営がんばってね?
GMは若さあふれるぷかぷかがお送りしているらしいわよ。」
できない夫 「●出されたら霊能か狩人COって感じでいいだろ」
巽完二 「解りました!んじゃ宜しくお願いするっす!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆GM 川島瑞樹 呼び方やめなさいw>該当者」
GM 川島瑞樹 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GM 川島瑞樹さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ラプ蔵 「おはよう!
さて占いはCOしてくれ」
高槻やよい 「おはようございまーす!」
佐久間まゆ 「お世話になってます。
四条劇場で貴方にプロデュースされてる佐久間まゆですよぉ。
単刀直入に言いますねぇ・・・
どうしてまゆのことをみてくれないんですかぁ・・・?
まゆは毎日できない夫さんを見ていますが、
できない夫さんはまゆと目が合うと逸らしますよねぇ・・・
それも一度二度の話ではなく。
できない夫さんが何を考えてるかどうこうではなく、
まゆのことを見てくれることはプロデューサーとしての義務ですよぉ・・・。
そんなこともできないで、よくまゆを見初めさせましたね。
だけどそんなところも大好きですよぉ・・・。」
星井美希 「みんな、おはよ。
それじゃ占い師の人はCOすればいいんじゃないかな!」
巽完二 「はよっす!」
鴨ウィザード 「シャバドゥビタッチヘンシーン!
へい、おはよう! いい朝だな!(キラッ
この配役、狩人がいるし、何よりこの村では戦略遺言が出来ん!
よって占い師は○引きでも早めに出るがよかろう!!

潜伏占いや霊能は、その時点で信用がガタ落ちするからな?
霊能も●が出ていようとも、出るべきである!」
できない夫 「おはようさん、んじゃ役職の奴はCOを頼むわ
俺?また就職失敗しちまったよ母ちゃん…」
我那覇響 「はいさーい!みんなおはよう!COよろしくたのむぞ!!」
音無小鳥 「占いCO やよいちゃんは○だったわ!」
巽完二 「行き成り長いっすねぇ・・・>まゆさん」
星井美希 「>まゆ
縦読みかと思ったの。」
佐久間まゆ 「狩人がいるのにですかぁ・・・?>鴨さん」
音無小鳥 「あずささんかと思ったらやよいちゃんだったのよねw
まぁとりあえず占っておけば良いんじゃないかしらね。
……決して一番若く見えるからとかそんなんじゃないからね。」
水瀬伊織 「おはようよ!
今日の舞台は任せなさい!」
鴨ウィザード 「ヘイ! 小鳥ちゃんの占い確認! 他にはおらんかぁぁー!」
高槻やよい 「はわっ!小鳥さんから○もらっちゃいました!」
ラプ蔵 「できない夫!
まゆの対処は君に任せた!」
水瀬伊織 「じゃ、占いと霊能は出てもいいと思うわ。
狩人いるしね。」
できない夫 「ずいぶんゆっくり目なCOだな
んじゃ他の奴も出てきてくれ」
星井美希 「ぁふぅ」
我那覇響 「いきなり長文はちょっとびびるぞ>まゆ」
佐久間まゆ 「はい、では霊能者を宣言しますねぇ・・・
うふふ、できない夫さん、見ててくださいねぇ」
高槻やよい 「占いは小鳥さんだけですか?」
巽完二 「んー・・占いは一人っすかね?んで○と
霊能も出て、灰を狭くした方がいいんじゃないっすかね?」
星井美希 「それじゃれーのーさんも出てくるべきなんじゃないかな」
ラプ蔵 「1-1把握だ!」
水瀬伊織 「小鳥が占いで、まゆが霊能ね。りょーかいっと」
高槻やよい 「伊織ちゃん、ちょっとだけお寝坊さんだったね」
鴨ウィザード 「イエス? 全く問題無い>まゆちゃん

っていうか占い1だと…!」
できない夫 「1-1かよ、ありえねえだろ
…霊能者が一番ありえねえけどな」
佐久間まゆ 「縦読みなんてまゆできませんよぉ・・・>星井さん」
音無小鳥 「あれで随分ゆっくりと言われるのね。
早朝待機があるとはいえ、初日だけは特攻警戒で遅れるのも止む無し、でしょう?
狐いないし速度盲信する意味もないのだけど>できない夫」
巽完二 「●出しもあるんで、そう遅くはねぇんじゃねぇすかね?>できない夫」
星井美希 「1-1なんだね。
ま、グレランって感じ。」
ラプ蔵 「ではグレランだな」
我那覇響 「小鳥の占いCO把握したぞっ!初日占いか狂人かが気になるところだな」
鴨ウィザード 「まゆちゃんが霊能か。
っていうか1-1だと……なんだこの言いようのない不安は…!!」
高槻やよい 「まゆさんが霊能さんですね!」
水瀬伊織 「で、えーと4吊りで2w+1狂。
無駄吊りは一回しかできないわ。
むしろ無題吊りなんて一切しないくらいの心意気でいきましょう!」
佐久間まゆ 「だって夜って退屈なんですもの
できない夫さんに対することを考えていたほうが良いじゃないですかぁ」
高槻やよい 「1-1です!
どっちもホンモノならうれしいなーって」
できない夫 「今一瞬ホワイトアウトしたわけだが…
お前ら大丈夫だったか?俺はなんとか大丈夫だったけどよ」
我那覇響 「1-1把握したぞ!まぁ、狼全潜伏はありえるし、あとは狂人が仕事してるかが気になるゾ」
ラプ蔵 「身代わりが占いか狂人もっていったかもわからんな」
高槻やよい 「まゆさんはできない夫さんが好きなんですか?」
水瀬伊織 「あ、アンタも?私もなんかWOしかけたわ。怖い怖い>できない夫」
音無小鳥 「私視点だと初日狂人だったら良いわね、と言った感じかしらねー……
潜伏狂人があったとして、私自身に真証明の手段(銃殺)がないから
さっさと●引くしかないんだけどね。>響ちゃん」
ラプ蔵 「問題ない>やらない夫」
鴨ウィザード 「占いの小鳥ちゃんに関しては、1COだから真だろう、という
安易な考えは捨て、しっかりと騙りであるという可能性も持っておくべきである。
呪殺がありえない以上、ラインが繋がらない限りはそう見る!」
佐久間まゆ 「そうですよぉ
できない夫さんがまゆのプロデューサーさんなんですよぉ>高槻さん」
できない夫 「ちょっとせっかちすぎたか>音無小鳥
俺の体感だからな、悪いな」
水瀬伊織 「んー。じゃあ狩人は意地で吊られないように、
噛まれないように!伊織ちゃんの命令よ!
にひひっ♪」
我那覇響 「初日は何かしらの役職だと考えた方が自然だぞ・・・個人的には真占いか狂人って気がするゾ」
巽完二 「まぁ、これなら霊能はとりあえず疑う事はねぇっすね
何時も通り、灰を順次潰すって感じでいいんじゃねぇんすかね
10>8>6>4 4吊りで狼2匹でいいんで、最速で吊りこみたいっすね!」
高槻やよい 「11人村は狂人さんが潜るのが多いって聞きました
どこかにひっそり隠れてるかもです」
星井美希 「別にまー、様子見する必要ない人数なんだけどね。
この人数」
鴨ウィザード 「ぶっちゃけ潜伏狂人が上手く村を動かすと、それだけで
がっつりヤラれちまうからなぁ。気をつけねばならん>小鳥ちゃん」
我那覇響 「狩人は頑張って釣られないようにして欲しいゾ!!」
できない夫 「まあ●だったら朝一推奨だけどな>巽完二」
ラプ蔵 「この人数だったら狂人は騙ったほうが得と見ている」
音無小鳥 「いえまぁ、自分でも待機があるわりには様子見しすぎたかしら?とは思ったからしょうがないわね。
一応、10秒前後で出たはずよ>できない夫」
星井美希 「>やよい
そーゆー発言をすると狂人に見られるって誰かから聞いたの。」
水瀬伊織 「んー、そうねー。1-1でしょ。で2w1f…んー。素直に真ー真なら
嬉しいことはないんだけど…」
佐久間まゆ 「信じてくれるんですね、嬉しい・・・>完二さん」
高槻やよい 「伊織ちゃんといっしょなら、がんばれるかなーって」
我那覇響 「狂人潜伏はちょっとリスクある気がするぞ?>やよい」
巽完二 「初日狂人なら村が楽っすけどね
村役職が欠けてるって事もあるんで、そこまで楽観視はしたくないっすね」
できない夫 「だからPになった覚えはないと何度言わせれば…>佐久間まゆ」
佐久間まゆ 「Fはいませんよぉ>水瀬さん」
鴨ウィザード 「それは人それぞれだな、うむ>ラプ蔵

潜伏が得意な人狼、騙りが得意な人狼、それぞれいるのと同じ事である」
ラプ蔵 「霊能はほぼ真で揺るぎ無いと思う!」
高槻やよい 「はわっ!それは一大事です!>美希さん」
巽完二 「普通に初日が村なら問題は無いんすけどね」
佐久間まゆ 「川島さんが言ってましたよぉ?>できない夫さん」
ラプ蔵 「だな>鴨」
我那覇響 「狂人潜伏があるところとしては白貰いのやよいぐらいしか考えられないぞ」
音無小鳥 「……あらま、割と初日役職見てる人が多いのね。
私は潜伏狂人もありえるんじゃないかと思ってるから
狂人の可能性が見えるところは避けて占って行くわよ。」
星井美希 「初日占いを疑うなら霊能護衛しとけばいいって思うな。
あふぅ。」
ラプ蔵 「ではグレランだ!」
水瀬伊織 「あ、ごめん言い間違えた。1狂ね>まゆ」
鴨ウィザード 「楽観視はいかん。かといって小鳥ちゃんを信用しさなすぎるのもいかん。

この2つを両立させねばならん! うわめんどい。助けてママ!」
星井美希 「この人数で霊能騙る人外はそーはいないし。」
できない夫 「そうだな、俺も早朝待機の分まで数えてたっぽいな>音無小鳥」
巽完二 「まぁそらそうすよ、でも様子見の真って事もあるんじゃねぇっすかね?>できない夫」
鴨ウィザード 「鴨ー 鴨鍋ー 鴨はいらんかねー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
音無小鳥0 票投票先 →ラプ蔵
高槻やよい0 票投票先 →ラプ蔵
我那覇響1 票投票先 →星井美希
鴨ウィザード0 票投票先 →我那覇響
できない夫0 票投票先 →巽完二
水瀬伊織0 票投票先 →ラプ蔵
佐久間まゆ0 票投票先 →星井美希
星井美希3 票投票先 →巽完二
ラプ蔵4 票投票先 →星井美希
巽完二2 票投票先 →ラプ蔵
ラプ蔵 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
巽完二 「流石の身内っすね」
できない夫 「おいおい、俺0票かよ
ありえねえだろ」
できない夫 「だがおそらく俺はこれで占い候補に入っちまった」
巽完二 「悪くはねぇとは思うんすけど・・・
これぁ占われそうっすね」
できない夫 「だができれば狩人COは最後まで取っておきたいだろ
…で、どこを噛むかだ」
巽完二 「狩人は・・・鴨どうっすかね?」
できない夫 「偶数だから吊りは増やしたくないな」
できない夫 「俺はやよいを噛むのがいいと思う」
巽完二 「占いはきっちり守られそうっすからね
役噛むなら霊能っすけど」
できない夫 「鴨は…吊れねえかなあ」
巽完二 「ああ、○噛んで灰狭めないって事っすね」
できない夫 「まゆは明後日噛むか」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高槻やよい は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高槻やよいさんの遺言        ___/ : ヽ /:\           , -、
      〉: : : :__, - 、: : __j_        ,r―/: : :`ー-- 、
       ヽ: : ム-- ': : : : :z : `ー- 、/: i: : : : : : : : : : : : 丶
      /:, ': : : ̄:` : : : : ―: 、: : : : \'¨¨`┐/: : : : : : : : : :\
      X : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : \  ー、: : : : : : : : : : : :ヽ
    /: :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : ヘ  〈: : : : : : : : : : : : : |
.   /: : /: : : : : :/: : i: : : :i : : : : : : : : :ヘ : : : :ハ {__: : : : : : : : : : : /
  /: : /: :/ /: :/| !: :|: : : :|! : : |i : : : : : ハ: : : : :}-' ヽ: : : : : : : : :〈
  |: : ハ: :|: :| _ i | !: :|: : : :ハ : :i||: : : : : : :|: : : : ,     \: : : : : : : ヽ
  |_|」 i!__ヒニ`  ー ' -=- 、 リハ: : : : : : |: : : :/    /: : : : : : : /
  ∧: : : ヘ,イテz    zァx 、、│: : : : : |: : :/     {: : : : : : : /
  | : : i: : :}弌;ソ     たハ y ! : : : : : |「〉'     \: : : : 〈
  | : : |: : :|xx      ゞzン〃/:イ : : : : |/      /⌒ヽヽ: : : ヽ
   v: :i!: :∧  '  __   xxx/// ,: : : :/>、   /   ハ 〉: : : }
   ヽ:ヽ:N:へ  V_ノ    /ソ/ イ : : / /!ヽ /     } / : :/
    \{: : : : :> 、´     イ ///: /i/  | レ'     /〈: : : ヽ
      ー、 : : : /¨ ´ヽ   /:/〃/   / i_   イヽ >: : :〉
       /: : : //´ ∨ 〉  // /― / /__)    ノ{ : : /
       `ー、: }ム/      /  / /  \   ) `ー、¨}
          /: |  {    , <´  >' /      \/   jノ
          -代´ ¨¨i  > ´ > '         \
         ヽ、`ー十 ´ > ´   ヽ           \
          ,,=v=ミ ´ r' ¨>    ー\           \
          {    }}  <_ン       \           \
ラプ蔵さんの遺言                                          /⌒ヽ_ 
                                       /-‐/´  'ヽ
                 / \                  / /  ∨ヘ/
                   ヽ   \             _/'´    / //、_
                  ヽ   \        , <´ ̄::\    /_// ::::::77
                        ヽ    \   r /  \、::::::ヽ / //:::::::://
                    ヽ_ , -‐ ' ´/ / \  _`_-‐_弋 _ノ_`‐-'/ ` ‐- 、 _
                _ , -‐ ' ´       / /  / /レ' ー───‐ァ、 ´      ` ‐- 、 _
       __ , -‐ ' ´       __/   \ /_/〈 = //〃 / , -> ── _7___  ` ー 、
        'ー-7───∠二二二二>‐ァ7 /`-、 〉/ /互7/互, ヘ// 、 ̄ ̄    ̄   ̄ ̄ ̄
           ̄ ̄ ̄´_ , -‐ ' ´    / / _ `ー、/_∨_ ̄_ ̄/∠/    \
             /__  _, -‐'  ̄´ ` ー '`ー' `ー ' <    __/
                   ̄                    ` ̄

エスコン6とAHではアイマスとコラボ!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
できない夫 「おはようさん
◇ラプ蔵 「できない夫!
まゆの対処は君に任せた!」
おいいいいい!!!丸投げして先に逝っちまうんじゃねえよ、ありえねえだろ!」
鴨ウィザード 「ラプ蔵が吊れたのは、発言数こそ多いものの、
そのほとんどが短文、かつ把握内容が多かった為と推測する。
つまりはあの吊りはいわゆる「寡黙吊り」。
吊りやすきに流れた者を注視すべしとの鍋のお告げがががが。

で、噛みはどこだろうねー」
音無小鳥 「占いCO 鴨のお師匠さん○」
星井美希 「みんな、おはよ。
それじゃCOお願いするの」
水瀬伊織 「おはよー」
音無小鳥 「んー、良く見えてる村、って風に見えるのだけどね。
ただ、発言を増やしてて吊られるのを嫌がってる風にもとても見える。
というか、美希ちゃんや響ちゃんが露骨に信用落としに来てるから占いたくないんだけども。」
佐久間まゆ 「○ 村人ですよぉ」
我那覇響 「みんなおはようだぞ!!やはり白が噛まれたぞ・・・」
星井美希 「小鳥さんが信用できないだのなんだのと言い出してめんどいとか言うなら、
普通に噛まれ真でいいと思うけどな。
なんで普通に残す(というか残る)方向で考えてるのかわかんないの。
占い師に頼りすぎって思うけどね」
水瀬伊織 「んーとね。2wしかいないのに騙り1w出すかって言ったら疑問なのよ。
だって真狂狼になったら占いロラ安定じゃない?
そ、れ、に、ロラならば護衛は霊能にいく。つまりは狼が一番最初に吊れたら
不利どころの話じゃないの。だーかーらー。1COであるなら、真か狂と見る。」
鴨ウィザード 「ふむ。小鳥さんの○が噛まれる、か。」
巽完二 「おはようっす!」
できない夫 「寡黙吊り…になるんかねえ>鴨
んじゃラプ蔵投票者に投票理由を聞いていこうか」
佐久間まゆ 「ふむぅ、高槻さんが噛まれてるんですねぇ」
鴨ウィザード 「いやっ! 占われちゃった! これで俺もお弁当じゃないの!」
我那覇響 「◇星井美希(78) 「初日占いを疑うなら霊能護衛しとけばいいって思うな。
あふぅ。」

これが護衛をぶらしに来た感じに見えたぞ・・・あんまり護衛先を示唆するようなことは言って欲しくないぞ・・・」
星井美希 「○噛みね。
まあ、普通にグレラン続行なの」
巽完二 「噛みは・・・小鳥さんの○で
霊能結果は○っと」
佐久間まゆ 「楽観視する人が多いですよぉ・・・
できない夫さんと鴨さんと我那覇さんが生きてたらなんとかなりそうな気がしますねぇ・・・」
星井美希 「>響
むしろ占い初日が怖いって言ってるのに、占いに噛まれて欲しくないのが理解できないの。」
巽完二 「◇我那覇響 「みんなおはようだぞ!!やはり白が噛まれたぞ・・・」

なんで○噛みって思ったんすかね?>響」
水瀬伊織 「えー…と、それでもって小鳥を辿ると。
狂人にめっちゃ触れてるわねェ…
で、やよい噛みか…んー、真でいいんじゃない?
ホントの狂人だったら狂人に触れるのに気おくれが発生すると思うし。」
佐久間まゆ 「あぁ、小鳥さんをいつ吊るかまでは決めておいてくださいねぇ・・・」
できない夫 「ちなみに俺の巽完二投票理由も寡黙目だったからだが…、後は妙に俺に絡んできたしよ
ラプ蔵の方が話してたと思うんだけどよ?」
鴨ウィザード 「やよいちゃん噛み。これは狼が 占ー霊 を噛もうにも狩人の影が
チラチーノしてしまい、しょうがなくやよい噛み、と見る。
つまりは小鳥ちゃんの真贋は狼目線、ついておらん。」
星井美希 「そーゆーわけで、響かカンジ君を吊っておけばいいんじゃないかなって思うな」
我那覇響 「占い初日は確かに怖いが、ここで占いぬかれて灰で殴りあう方がもっと怖いぞ>美希」
佐久間まゆ 「狩人さんは吊られそうだと思ったら出てくださいねぇ・・・」
巽完二 「んーちょい結果やら纏めてて時間無かったのと
発言数の割りには、内容が微妙かなって思ったんすよ>できない夫>ラプ投票」
佐久間まゆ 「できない夫さん、まゆうまくできてますかぁ?」
水瀬伊織 「ん?理由?狂人に触れてるのに触れきってない。考察しきってないからね。
なんかこう、持ってるように見えたわ。狩人だったら?知らない>できない夫」
音無小鳥 「寡黙目がその二人であったのは事実だったと思うわね>できない夫さん
けど見比べた時に巽さんの方が話をしてる。
だから巽さんよりはラプ蔵さんに投票したわ。」
できない夫 「俺を安易に信用しちゃいけないだろ>佐久間まゆ
だが楽観視できないのには同意だな
今のところ○しか出てねえ、一番重要な狼は2W丸々生き残ってるってことだしな」
鴨ウィザード 「ああ……俺も噛まれる……美味しくいただかれる……
俺が出来るのは、狼が出来れば女性陣2人だと信じる事……」
佐久間まゆ 「どうして占いさんやまゆよりも自分が噛まれると思うんでしょうねぇ・・・」
音無小鳥 「その可能性ってわりと高いのだけどw>鴨」
我那覇響 「自分は小鳥真占いだと思ってる。狂人でも白だしはするだろうし、灰を狭めるよりは白噛んだ方が広いと思うゾ>>巽」
水瀬伊織 「やめてよなんか変態臭いじゃないw>鴨」
星井美希 「>響
霊能とやよいがいるんだからそこ起点にすりゃいいの。
少なくとも占いCOの真偽でどうこう言うよりはずっとマシなの」
鴨ウィザード 「ぶっちゃけ有難いッスよね>小鳥さん」
巽完二 「そうっすかね?占いの出方とか気にしてたんで
俺はちょっと気になって絡んだんすけど、それ何か問題だったっすかね?>できない夫」
佐久間まゆ 「うふふ、まゆは信じてますよぉ>できない夫さん」
鴨ウィザード 「男に食われるより、女性に食われたほうがイイに決まってる
じゃないですかぁぁーー!>伊織嬢」
できない夫 「そこは好みの問題かもな>音無小鳥
俺は朝一に挙げた発言もあってラプ蔵の印象が強かったのかもしれないな」
水瀬伊織 「料理が人選んでんじゃないわよっ!!>鴨」
巽完二 「ああ、灰を狭めない意味での○噛みって事っすね?
でも役職2択もあったんじゃねぇかって思うと
行き成り○噛みだったって思ったって発言は引っかかったんすよ>響」
佐久間まゆ 「まったりまったり、ですよぉ」
鴨ウィザード 「いかん核心突かれた。さすが伊織(S)嬢やでえ……!」
できない夫 「ふむ、ありがたいことに人気だな…
だけど発言精査が大変だろ…」
音無小鳥 「んー……占わずに落としたいとこに投票、か……
潜狂の可能性って厄介すぎるわよ……」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
音無小鳥0 票投票先 →星井美希
我那覇響4 票投票先 →星井美希
鴨ウィザード0 票投票先 →我那覇響
できない夫0 票投票先 →我那覇響
水瀬伊織0 票投票先 →巽完二
佐久間まゆ0 票投票先 →巽完二
星井美希2 票投票先 →我那覇響
巽完二2 票投票先 →我那覇響
我那覇響 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できない夫 「だからなんで俺が0票なんだよ、ありえねえだろ」
できない夫 「これで狩人が三択に絞られたわけだが…どうする?」
巽完二 「突っ込み所がいいからじゃねぇっすかね?」
巽完二 「んー・・狩人目は正直自身ないんすよねぇ」
できない夫 「まあ投票的に狩人COは巽に譲るわ、やばそうと判断したらCOしてくれ」
巽完二 「役見てる、伊織か鴨っぽいんすけど・・」
巽完二 「ういす、了解したっす」
できない夫 「じゃあ鴨噛むか」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
鴨ウィザード は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
我那覇響さんの遺言 お前もサーターアンダギー食べるか??
鴨ウィザードさんの遺言                                           
                                            
                                            
        / ̄`` ー 、                              
       ノ,' 〃,リ   ヽ                             シャバドゥビタッチヘンシーン
      /./ '〈 !ゝ-,イ                               
       / ,' ; ∨!‐'‐'`´          ,,-―ー-、            ,..._      
      /i : :  !ハ              /   ,r,   ゙、         ./,.-‐‐ ``ヽ、   シャバドゥビタッチヘンシーン!
    / ! ','  ; ハ       ._,,. '^ 、      iヾ      ..〉、⊃!、  ノ  !  
   i  ',  } ,リ  i___    ..(;;__,..)     i        .`ー--'¨¨! ,  ',  
   { ) ヽ{ ,ノ  ゙', `ヽ.-‐==‐、   .ゝゞ;:;:;:;:;:´,l|\         ノ,}' 、ヘ  
   ∨'ヽ、_.{  __,...=.._ } ''"  ヽヽ  ヽ;:;:;:;ノ:;:;:;:ヾ:\       }'  ハ, ',   ぶりーず(白目
     ヽー-、` ̄ ¬   `ヘ   / '`゙´、 ;:;:;:;:;:;:;:、  \--、     ,'    ハ.}  
     \ ヽ、.  ヽ,.. .. ノ},イ    リ{     i /´  ヽ'⌒ヽ'''''ヽ、.    ゙!  
         `ヽ.ヽ`ーゝ、__,..ノ .ゝ、  ノ \、    {       Y-、. Y´ `ヽ,.  |  
            ヽ、_ー、___,.,.-‐'"¨`ー 、_,.へ ヽ,   ト   ,..ノ`   〉-- <_ ,/   マッソォー! マッソォー! マッソォー!
             ̄  ハ、_      {   リ  〉   /´: `ヽ / ヽ / ' ノ  
                   { \`ヽ.、 ',  /   人  {.  ト-.ァ' ヘ.__, ,.- '´   
                 ,': ヽ`ヽ ` ´` ='.  i} ヽ   j  } !_  _/      
                   i ;   >=ニ'''''''"  ノ‐'⌒` . ゝイ /  ̄        
               {ハ  {       ,/′   ヘ._,.ノ          
                   |'ヘ  ',ヽ   /├-`ヽ  /             
                                            
                                            
                                            
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
できない夫 「おはようさん
やっぱりグレーで4発言だと潜伏を疑っちまうな、我那覇響は霊能○ならすまねえだろ
で、霊能噛まれてねえよな?」
水瀬伊織 「おはようよ」
星井美希 「みんな、おはよ。
それじゃCOお願いするの」
巽完二 「はよっす!」
佐久間まゆ 「○、村人ですよぉ」
音無小鳥 「占いCO 伊織ちゃん○」
星井美希 「きょーについては、噛み先と霊能結果でいろいろと変わるの。
とりあえず最悪の場合の、●が霊能から出なくて、小鳥さんがまだ噛まれてなかった場合。
この場合○も入れてのグレラン(もしくは指定)でいいと思うな。」
音無小鳥 「中身が見えないのと、朝一の長文が気になった感じね。
11人村の占いなら真狂を見るのは普通過ぎる事だし、
わざわざ長文にする必要を感じなかったのよね。
私や霊能共々、票が浮いてるのも気になったところね。」
巽完二 「○2連打・・・正直これがラストチャンスって事っすね」
できない夫 「また占いの○噛みかよ、ありえねえだろ」
佐久間まゆ 「鴨さん、できない夫さん、美希さん、完二さんですねぇ」
音無小鳥 「……わりと響ちゃん狼はありそうだと思ってたんだけども。
だからこそ伊織ちゃんを占ったのに……」
水瀬伊織 「んー…美希を占ってほしかったんだけど…。まぁいいわ。」
星井美希 「てってー的に○噛むんだね。
それじゃグレラン(指定)でいいかなあ。それで100%負けちゃうのって、伊織ちゃんと小鳥さんが狼の時だけだし」
巽完二 「鴨は噛まれたみてぇっすけどね・・・>まゆさん」
佐久間まゆ 「6人ですかぁ。
今日狼吊れないと、厳しいですねぇ」
できない夫 「おいおい、2W生存とかどういうことだよ
俺以外の灰が全員狼とか言うつもりかよ」
佐久間まゆ 「指定して良いですかぁ?」
水瀬伊織 「…は?」
巽完二 「お願いするっすよ!>まゆ」
できない夫 「そうだな、指定してもらった方がよさそうだな」
音無小鳥 「私視点だと潜狂が一番濃厚なのよね、美希ちゃんは。
それと噛み筋から見てると狼っぽくはないと思うのよ。
○噛みをするような狼が霊能護衛を示唆したりはしないんじゃないかしら>伊織ちゃん」
星井美希 「んー、ちょっと悩むの。昨日からの思考を通すなら完二君なんだけど」
佐久間まゆ 「じゃあ星井さん何かありますかぁ?」
水瀬伊織 「おっと失礼、そんな意図はないわ。いいんじゃない?>まゆ」
星井美希 「あ、指定してもいいなって思うな。
それと狩人さんはいたらCOしてもいいんじゃないかなって?」
星井美希 「COないの。
でも吊られるわけにはいかないの」
できない夫 「水瀬伊織○は俺的には納得なんだけどな
んで星井美希指定か、まあ文句はないな
これで明日が来たら役職が偽ってことだろうしな」
佐久間まゆ 「狼でもそう言いますよねぇ・・・。
個人的には完二さんと星井さんの二択ですよぉ」
巽完二 「狂人っすか・・・
確かに傍目からじゃわかんねぇっすからねぇ
吊れたかどうかも結局は村と同じ判定なんで
解り易いのは投票で狂アピした奴ぐらいっすからね」
星井美希 「……んー。完二君吊りにならない?
というか小鳥さん真ならミキじゃないならどっちでもいいんだけど」
巽完二 「あ、俺吊りならCOするっす!」
巽完二 「狩人CO!」
音無小鳥 「明日が来たらってどういう事ですか……
美希ちゃんが●なら普通にありえるわよ。>できない夫さん」
できない夫 「巽なぁ、こいつが一番わかんねえかもしれねえな
つかず離れずって感じだろ」
巽完二 「漢完二の狩人日記!

初日:護衛不可

2日目:噛みGM 吊り:ラプ蔵 護衛:音無小鳥

理由:
占い1なら此処を護衛するしかねぇっすよね?
霊能が噛まれる可能性もあるんすけど、正直占いを護衛してた
方が勝率は高い感じがするんで、俺は小鳥さん護衛するっす!


3日目:噛み:やよい 吊り: 護衛:音無小鳥

理由:
引き続きここを護衛するっすね
真なら、○圧殺でも勝てるはずっすよね?
なもんで、小鳥さんを護衛していくっすね!
GJ欲しいんすけどねぇ」
星井美希 「えー?」
佐久間まゆ 「じゃあ星井さんで確定ですよぉ」
星井美希 「それだと小鳥さん偽か完二君が騙りなんだけど」
巽完二 「GJ出せなくてすいやせん!
でも俺小鳥さん真だと思ってたもんで!
そっから抜けなかったんすよ!」
できない夫 「そこ狩人かよ、ならまあ動き的には納得なんだけどよ」
星井美希 「はー。まあグレラン弱かったね、って事でいいの」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
音無小鳥0 票投票先 →星井美希
できない夫0 票投票先 →星井美希
水瀬伊織1 票投票先 →星井美希
佐久間まゆ0 票投票先 →星井美希
星井美希5 票投票先 →水瀬伊織
巽完二0 票投票先 →星井美希
星井美希 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できない夫 「あぶねえ…」
巽完二 「勝ちましたね」
できない夫 「最終日手前はどうしてもぼろが出るな…、さっきもそうだったしな」
巽完二 「これで伊織噛みで、勝ちって奴っすね
有り難うっす!できない夫さん」
できない夫 「ベリーナイスな狩人COだっただろ、助かったぜ」
巽完二 「何、ここまで来たんでいいんすよ
導いてくれて有り難うっす!」
巽完二 「んじゃ、さくっと噛んで勝ちにしますか!」
できない夫 「俺は何もしてねえよ、んじゃ噛みどうぞだろ」
巽完二 「一応超過までは待機っすよね?確か」
できない夫 「早噛みは許可なのかわからねえからしゃべってるわけだが」
巽完二 「うす!ごちになりやす!」
できない夫 「あ、やっぱりそうなのか」
巽完二 「GMの声もしないんで、一応待ちっすかね」
できない夫 「狂人誰だったんだろうな」
巽完二 「初日もありますね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水瀬伊織 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星井美希さんの遺言                      _____
                            \`ヽ
                         . -- . 〉/
                      ,. ´     `¨` 丶
                      /              \           アピール☆
                   /  {            ヽ
                    ,′ ! |   |    ト、       ;
                     l   |八   |\  | \      ′
                     l:  l |   \j  \} _ \    .;     ∩     ,.. -- 、
                     |i:..l抖ャ=x       _  ヽ}  i    } |   r‐<,.ァ─一'
   .               ,仆八ヾ V心    ´ ̄¨ /\ \,  / `¨´し‐‐ }
               /八  ハ     ,         /   八 ヽ {     } -ヽ
                /  込、  _   ,    /  /厂ヽ! ′    〈つ /
                 /   {仆〕ト。.     イ    /   }  ヽ   >‐'
                   / l|  |八   〕=-‐ ´ ,{    {   八, _|   {
             ー=彡 八 |  ヽ___ノ   ー=彡    |  (}-、 {廴___込、
              ハ {   ヾ厂o。   ー‐=彡   人_.ィ: : :i |: : : : : : : :〉
           //: : 〉|  /    ゚0゚゚´(/   /: : : : : : :.V: : : : : : : :{
          (,/: 仁八  |       //_彡':/: :_;_: : : : : 〕:ー一'⌒ヽ〉
           /: : :|ニニニ} 人   ,.  / /⌒ヽ:.{( : :´¨ : : `:.厂}: : : : : / /{
          /: : : : :iVニイニニハ {,.仁}..ィ: : /: : : : \; . : : : : 〉 .|.: : : :.∧ Vハ
       ァ一′: : : : :.|: : |: : |ニ仁《ニニ| : : :.:l: : : : : : : ヽ: : : : :{ ∧: : : :/∧ Vハ
     /: : ̄ヽ: : : : :_〉 ;ゝ: :》´¨¨¨`ヾ.{ : :_;⊥: ;_:_: : : 人; : : : : \}: : : :/: :| }: :}
.    ∧: : : : : { :\: { : :{ : :〃       /: / : : : : :`ヽ{/ ハ: : : : : :.} : : : : : | |::/
   .,′l: : : : : : :〈¨¨厂 ̄勹       /_:/ : : : : : : :_⊥  / \: : : /: : : : : : | |:{
   {.  レ'⌒ヾ: : } 〈三フ一'      〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/〉  / /\: ヽ : : : : : i {:.|
   .廴/: : : : :o。{   /         `ー=ニ.___〈/ /l /  \: : : : : :./ 厂
   ヽ : : : : /Ⅵ /。       i       ∨ // 八(     \: : : {_/
    L_:./  У   ゚0o。 .  '           ∨{(     \   
水瀬伊織さんの遺言     ,,, -――-i   ゝ-=t    iミミ::::::::::\、
   ヘ     彡 ,イ:::::::::i::|::ノ:::::ノ=、::ヾ、::::::::>...、
    \    /:::ヘ:::::i::|:::::,彡"   ヽ:::ヽ:: \:::::::::>
      〉、 ./:::::二>::|:_::<:      ヽ:::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /::/|:::ゝ":_::ュ"''|i ヾ     , --_ヾ;:,、::::::::::::::::::::::::::::::::
     |:::| |::::::/    .`ゝ-    / xて'ヘ ヘiヘi:::::::::::::::::::::::::::::::::    いい!後悔すんじゃないわよ!いっちょやれるってこと、私に見せなさい!
     i::::i |:::::|          .イ/'ミ::〉  ,' .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ヽ:ヾ:::::i    ,,,_,,,,,      `"   ∨::::   :::::::::::::    :::::::::
      ∨:::::彡 / .,ィ=ゝ           i:::::::::::::    ::::::::::::::::::    ::::::::::::::::    :::::::::::::::::::
       丶::::::::',  《.弋:::)   `      /:::::::::::::::::::::::    :::::::::::::      :::::::::::::    ::::::::/
        ヽ::::::::ゝ        /⌒ヘ  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γヽ'
         ヽ:::::ヽ(ヽ      丶   ' ヘ::::::,:ヘ_:::::::_ ,,/ |_    ____,,,,,,,,,, ------=' :,,,,,,,,,,、
          ヽ:::::::ミ`.ヘ _   ` _ / \' /   ̄   | 〉  ̄ ̄                   .)
           ヘ:::::::::::::::::::::::::::: ̄::(     7       .| i                       ./
            ヽ:::::::::::::::::::::::::x<_)_彡ァ.ト 、     /.r-ヽ            _ ,,,,,-x,    /
            .ヽ::::::::::::::::::::〈      ヘヘゝ_>- =ニ_丿×x\-――――''''' ̄'::::::/:   |    ./
           (ヽ ヽ::::::::::::;ヘ::::ヽ     .ヽヘ_ ゝ' `"××× ヽ、::::::::::::::::::::::γヽ_|   |    /
           ヽ \::::::ノ>‐ヘヘ:::::ヽニ= --ニ'  〉×××××××ヘ:::::::::::::::::::::::|     ./    /
             \  \'_   ヽ:::::::\二' `"××××××××ヘ::::::::::::::::::::/    ./    /
              i⌒ヽ   ヘ  `ト,:::::::ミヽ 、××××××××ヘ:::::::::::r"     /    /
             〈 、 .\ / /  ノ | \:::\、::ミ- 、×××××× ',::::::::ソ     /    /
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/09/08 (Sat) 23:31:03
できない夫
    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)   お疲れさん
  |       | |
  |     __´___ノ   俺の中身ができない夫さんなわけがないだろ、常識的に考えろよ
  |     `ー'´}
  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
    /    く  \        \
    |     \   \         \
     |    |ヽ、二⌒)、          \」
星井美希 「お疲れ様なの」
ラプ蔵 「お疲れ様だ!
初日吊られてすまぬ……」
巽完二 「うす!お疲れっす!」
音無小鳥 「お疲れ様でした。」
鴨ウィザード 「へいお疲れ! シャバドゥビタッチヘンシーン!!」
佐久間まゆ 「負けちゃいましたねぇ」
水瀬伊織 「あら、初日占い」
GM 川島瑞樹 「お疲れ様でした。良い狩人騙りだったわね」
巽完二 「さっき鍋で会ったっすよw>できない夫の中の人」
鴨ウィザード 「とりあえずPHP殴ってくるわ>男2人が狼」
我那覇響 「お疲れ様でした。まぁ、自分が吊られた時点でそうなると思った。」
巽完二 「はは、狂人だったんすかw」
音無小鳥 「いいえ、私は真占いよ(どやっ」
高槻やよい 「11人村って、ちょっと歯車が狂っただけで村が負けちゃうからむずかしいです」
佐久間まゆ 「あの狩人騙りはまゆには無理ですねぇ」
できない夫 「なるほど、そういう配役だったのか
怖かったから小鳥さん噛めなかったけどな」
鴨ウィザード 「男に噛まれるとかいやなのぉーーーー!!

せめて小鳥さんが! 狼であって! 欲しかった!!!」
GM 川島瑞樹 「私と変わらない働きをしてくれてありがとうw>小鳥さん」
巽完二 「できない夫さん○だったら正直楽だったんすけどね
まぁ乗っ取りの割りには怖かったっすよw」
鴨ウィザード 「それ、狼も思う事なんやで>歯車>やよい嬢」
水瀬伊織 「んー……まぁ結果は全部真だったわね。>小鳥」
できない夫 「俺はさっき普通村で会った、…狼だった>巽完二」
音無小鳥 「なんだかんだ生き残りそうなとこ占ってもしょうがないしね>伊織ちゃん」
鴨ウィザード 「いかん洗濯物を取り込まねば」
佐久間まゆ 「我那覇さんはやっぱり信じて良かったですねぇ
できない夫さんはまゆには吊れませんしぃ・・・」
高槻やよい 「狼は負けるのが前提というか、隙を突いてうまくやらないと普通は勝てないですから>かもさん」
巽完二 「指定が飛んできたらCOするつもり満点っしたよ!
投票も貰ってるんで、美希に指定が飛んだんで嬉しかったっすけどね!>まゆ」
できない夫 「それがRPなのか素なのか判断できなくて怖かっただろ…>佐久間まゆ」
GM 川島瑞樹 「美希ちゃんに狩人COがない時点で狩人のいる確率は10%を切るものね
分の良い賭けだと思うわ
待っても良かった気はするけどw」
音無小鳥 「……あ、あれ?
終わったけど日付変わってない……」
巽完二 「闇鍋で恋人で、投票で道連れでおちてましたねw>あの人」
高槻やよい 「小鳥さん、霊能さん占って狂アピするかなーって思ったんですけど」
佐久間まゆ 「できない夫さんはともかく、我那覇さんを吊った人をまゆは信用できなかったんですよぉ・・・>完二さん」
巽完二 「まぁ11人で3吊りで終わりっすからね!有る意味最速っすよ!>小鳥さん」
我那覇響 「自分が白だと相対的に美希が黒くなっちゃうからね・・・自分は巽か美希が狼だろうなぁ・・・って思ったけど、乗ってきた巽のほうが若干怪しく感じたかなぁ」
GM 川島瑞樹 「もう一村いきましょうかっ!>小鳥さん」
音無小鳥 「終わったら日付変わってて私誕生日おめでとう!って言おうと思ったのにw>巽さん」
ラプ蔵 「さて私は特に話すこともないので撤退する
村陣営申し訳ない」
星井美希 「初日に完二君が吊れてればよかったの。あふぅ」
GM 川島瑞樹 「人によっては待ち時間の方が多かったわね…
なんかごめんなさいねw」
巽完二 「ま、指定に備えての狩人COが役に立ったって感じっすかね!>まゆ」
佐久間まゆ 「できない夫さんと我那覇さんと鴨さんとまゆの最終日だったらできない夫さんを吊るつもりでしたよぉ・・・>できない夫さん」
GM 川島瑞樹 「私より年上にもう少しで!?>小鳥さん」
音無小鳥 「まー良いわ!ちょっと早いけど全生存勝利をプレゼントだと思っておきましょう!」
佐久間まゆ 「本当ですよねぇ
まゆは狩人COしないので、すごいと思いますよぉ>完二さん」
できない夫 「ですよねー>佐久間まゆ
最終日前なら間違いなく佐久間まゆ噛んでたわ」
巽完二 「突っ込める部分があったんで
そこ質問してから翌日投票って感じでしたね
ラプさんは正直吊れそうって思ったもんで>響」
音無小鳥 「ならない!ならないから!
ずっと永遠の2×歳なんです!>川島さん」
GM 川島瑞樹 「(生活臭のある鴨さん)」
我那覇響 「自分あんなに疑われるなんて思ってなかったぞ・・・確かに発言数は少なかったが・・・>>まゆ」
巽完二 「まぁここらはできない夫(真)さんの教えっすからね
対抗もでなきゃ勝てるなってのは踏みました>まゆ」
GM 川島瑞樹 「来年には3×歳ね!(にっこり>小鳥さん」
できない夫 「ぶっちゃけ狩人日記書いてなかったわ」
佐久間まゆ 「我那覇さんが吊れたのが意外も意外でしたからねぇ・・・
でもその3人と比べたら狼っぽいというだけで、最終日に残っててくれたら嬉しいなぁってくらいには村人で見てましたよぉ・・・>できない夫さん」
鴨ウィザード 「へいただいま!」
巽完二 「お、誕生日っすか!そりゃ目出度いっすね!
できない夫さんが奢りでケーキ買ってくれるらしいんで!
俺等はご相伴に預かりやしょう!>小鳥さん」
星井美希 「響はなんか反射的に吊ってたの。」
音無小鳥 「ならないものー!
続編が出ない限りずっと変わらないの!>川島さん」
鴨ウィザード 「伊織がでっちゃん……やと……(白目」
できない夫 「我那覇響は吊れなかったら泣く、狼陣営的に」
水瀬伊織 「え?えー、あー、おめでと?小鳥」
巽完二 「小鳥さんの寿退社ってのも見てみたいもんすけどね
それはそれで味があると俺は思いますよ、ええ」
鴨ウィザード 「思えば俺も初日から響投票であった うーむ。
灰視とかどげんしたらよかとですかぁーー!」
佐久間まゆ 「初日に誰を一番信用するかって聞かれたら我那覇さんって答えてましたよぉ・・・>我那覇さん
もうちょっと発言に慣れれば強くなりそうですよねぇ・・・

対抗がいなければ狩人COは強いですからねぇ・・・>完二さん」
我那覇響 「突っ込める部分があったか・・・
やっぱり中々うまく言語化出来ない自分はダメダメだったんだな・・・>>巽」
GM 川島瑞樹 「驚いたわよね、かわいかったわw>伊織ちゃん>鴨」
高槻やよい 「伊織ちゃんともうちょっとワイワイやりたかったです・・・」
できない夫
        / ̄ ̄\
.         / 「 u. ヘ \
       |  (○)(○) |
       |      | u. │   安月給の俺に奢り…、ありえねえだろ!?
       | u. __´___  .|
       |   |!!|!|!l|  |
.         ヽ  |ェェェェ| u/,_ii_,
      ,,i-='゙ヽ       /゙::ヽ:::"''=- i,
.    /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ,,.::''"ヽi、   をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/
    ヽ" | ゙''' -r|    |    !゙
       | "''ヾ!|     .|」
水瀬伊織 「にひひっ♪、とりあえずやってみましたー>鴨」
鴨ウィザード 「遊んでたら○出されて噛まれました。
遊び足りないよママー!」
我那覇響 「なにそれひどい>>美希」
鴨ウィザード 「流石はでっちゃん……この俺が全く気づかなかっただと……(白目」
巽完二 「○噛みについての言及っすかね
噛まれると思ったよ・・・とか言うと、噛んだ奴なんじゃねぇかって
考えが浮かぶんで、そこを利用した感じっすかね
こっちも深くは突っ込まなかったっすけど」
鴨ウィザード 「この子はやる時はやる子なんです!>GM様」
鴨ウィザード 「やよいちゃーん。ちょっとこの村の人狼、蹴りにいこうぜー」
水瀬伊織 「え?そうなの?ぶっちゃけ気付かれてると思ってたわ私。>鴨」
我那覇響 「初日は別に仕方ないと思うぞ、発言数もそれほどあったワケじゃないし、なにせ自分は初日吊りがデフォだからなっ!!>>鴨」
巽完二 「ま、相方が票を貰わずにここまで来れたってのもデカイっすかね」
星井美希 「◇我那覇響(76) 「狂人潜伏があるところとしては白貰いのやよいぐらいしか考えられないぞ」
なんだかここが微妙に違和感があったようななかったような。
そして殴ってきたから反射的に」
佐久間まゆ 「我那覇さんは初日から吊る気がまったくおきませんでしたけどねぇ・・・」
鴨ウィザード 「やっぱフィーリングって大抵はずれるよねー うん>響鬼さん」
音無小鳥 「いやまぁ、結果真占いですけど……
本当に真占いだったらできない夫さんは占ってますね、早々に。」
我那覇響 「まぁ、確かにあの発言は「自分が狼だったら・・・」って部分で言っちゃった部分があるからなぁ・・・そっち対応してたら発言が出来なかったぜよ>>巽」
GM 川島瑞樹 「私としてはそろそろ小鳥さん(30)をプロデュースしたいわね…」
佐久間まゆ 「霊能が吊る気なさそうですからねぇ>音無さん」
巽完二 「鴨占いまでは、別段不思議じゃなかったっすけどね
そう考えると、最終日に票を貰ってない所を占わないのも
また微妙なんすかね」
高槻やよい 「狼さんたちは上手く勝ったから、蹴るよりもほめてあげたいです>かもさん」
鴨ウィザード 「俺に●出しても……よかったのよ?(ニコッ>小鳥さん」
できない夫 「事務員センサーは怖すぎただろ、最後の俺の発言への突っ込みにもな>音無小鳥」
鴨ウィザード 「あらやだこの子いい子!>やよいちゃん
そうよねー うふふふふ いいこいいこ」
我那覇響 「やよいの「潜伏狂人」発言に対してのレスのつもりで書いたんだ、狂人なら白判定貰わない限り潜伏しづらい(仕事が出来ないと言う意味で)だと思っただけだぞ>>美希」
音無小鳥 「だってできない夫さん、占いの真贋を一番見極めようとしてたんですもの。
狼あるかなあるかなー?という感じではありましたねw」
鴨ウィザード 「ぶっちゃけ 全然 わからんかった >伊織嬢」
音無小鳥 「狐がいないから、占いが狂人になって負ける事もあるのよ……>響ちゃん」
巽完二 「ま、今日は比較的物怖じできずに
話せたって感じっすかね、そういう意味じゃ疑いを向けてくれた
相方にも感謝しなきゃなって感じっすけどね」
星井美希 「白判定貰うと噛まれるし、だったら何かCOした方がましなんじゃないかな。」
高槻やよい 「もし私が潜伏狂人だったら、占い1だし、○もらいの段階で霊能COしてたかなーって」
水瀬伊織 「んー。生き残れた、けど、なんかこう、うん。なにかしら、残念ね。」
我那覇響 「まゆは結構自分と同じ思考をしてるなぁって感じたぞ、吊り投票先も同じだったしな。もっとこっちと絡めば白く見えたのか・・・それとも擦り寄りに見えたのか・・・難しいところだぞ>>まゆ」
鴨ウィザード 「それは言葉足らずだなw>響鬼さん

もーちょい色々発言に慣れりゃ問題無くなるんじゃないかねー。
少なくとも意図してないところを突っ込まれたりされなくはなると思う」
できない夫 「あー、いや別にそんなつもりはなかったんだがな
なんか話してるうちにそういう流れになった>音無小鳥
だからいつ●出されるかとビクビクしてただろ」
巽完二 「鴨が狩人かと思ってたんすけど・・・
俺のセンサーはどうにも狩狐には働かないっすね」
水瀬伊織 「へぇー、私も捨てたもんじゃないわね。>鴨」
鴨ウィザード 「○もらった後の霊能COだと……なにこの子怖い>やよいちゃん」
鴨ウィザード 「俺が狩人だともっと胡散臭くなります オス!>巽」
できない夫 「高槻やよい狩人?HAHAHA、ヨソウガイデース」
水瀬伊織 「それじゃー。お疲れ様!同村ありがとね?感謝してあげる!じゃあね~」
音無小鳥 「けど吊られる気配も全く見えなかったし灰放置で良いかなーというのが本音でしたね>できない夫さん
響さん吊れた時に響―伊織あるんじゃないか、って一瞬思いましたけど杞憂で良かったわ。」
鴨ウィザード 「いおりんおつかれーい!」
高槻やよい 「だって、そのまま噛まれるよりよっぽどいいですよ
占い1なら乗っ取りにくいし、乗っ取ってもさほど問題ないですし>かもさん」
GM 川島瑞樹 「吊られないための、ちょっとずるいコツは+αね
セオリーに自分なりの意見を加えるのよ>響ちゃん」
佐久間まゆ 「別に狂人もぐってるとは思ってませんでしたけどねぇ・・・。
必死に考えてるなぁ、村人っぽいなぁって感じでしたぁ・・・。
まゆは疑うよりは信じるようにこのゲームはするんですよぉ・・・>我那覇さん」
我那覇響 「実際占いの真贋は狐ない状態じゃ見定めづらいぞ・・・自分は真よりに見てたけど、狂人あるならココって感じだったな>小鳥」
GM 川島瑞樹 「伊織ちゃん、おつかれさま。 また待ってるわよ」
高槻やよい 「いきなり○もらいとか、悲しみしか見えなかったですよ>できない夫さん」
巽完二 「発言多目で、役に関する事が多かったんで
こらぁ狩人あるか?って感じでしたね、伊織もそんな感じでしたけど
やよいが狩人とは思わないっすからねぇ・・・」
巽完二 「お疲れっす!>伊織」
高槻やよい 「伊織ちゃん、おつかれさま!
今度はもっといっしょにワイワイしようね」
できない夫 「響吊りは本当に助かっただろ>音無小鳥
占い騙りもな、特に初手狩人○はいい目印に…」
我那覇響 「中々その+αが難しいゾ・・・でも、確かに自分の意見は大事だな>>GM」
高槻やよい 「せっかく久しぶりに狩人引いたのに、何もできないなーって」
音無小鳥 「そこは正直実力じゃなくて運だからなんともねぇw>できない夫さん
後、響吊りは私加担してないからやっぱりなんとも言えないわねw」
我那覇響 「お前いいヤツだな!!今度うちでゴーヤチャンプルーごちそうしてやるぞ!!>>まゆ」
佐久間まゆ 「高槻さなは残念でしたねぇ・・・
まゆもPCが治って久しぶりにきたらとんちんかんなことをしてましたよぉ>高槻さん」
できない夫 「あれ?響に投票してなかったっけか?>音無小鳥」
巽完二 「鴨が影で支えてくれやしたね>響吊り」
鴨ウィザード 「ログ見た アタシは男に噛まれた がぶっ すいーつ(白目」
GM 川島瑞樹 「うん、私も戦歴浅いから難しいのだけどね
考えの筋はとってもいいからそれを気にかけながら発言すると
ぐっと良くなると思うわよ>響ちゃん」
音無小鳥 「私はその日美希ちゃんに投票してたわ>できない夫さん」
できない夫 「さすがに占い即噛みにいく度胸はないな…>高槻やよい」
鴨ウィザード 「女性陣が狼だと信じて疑いませんでした(キリッ>巽」
GM 川島瑞樹 「○貰ったらしょうがないわよ・・・>やよいちゃん」
高槻やよい 「響さん吊りは、狂人の位置からだと動きにいきにくいかなーって>小鳥さん」
佐久間まゆ 「だって疑うのって疲れるじゃないですかぁ?
それに星井さんのほうが我那覇さんよりも怪しく見えてましたしぃ・・・
ゴーヤチャンプルーは美味しいですよねぇ・・・。
できない夫さん喜んでくれますかねぇ・・・>我那覇さん」
できない夫 「oh...>音無小鳥」
巽完二 「意味わかんねぇ理論っすねw>鴨」
鴨ウィザード 「そうそう……しょうがないよ……(白目>やよいちゃん」
鴨ウィザード 「そういえばまゆちゃん、パソコン復活系?>まゆ様」
高槻やよい 「まあ○噛みがいちばん無難ですよね
私が○もらってなかったら○護衛とかしてたかもですけど>できない夫さん」
我那覇響 「そう言われると自分照れるゾ・・・///>>GM」
音無小鳥 「わりと村っぽかったから別に良かったけどね。
……まあ、そういう事言うと今日は狼見えてなかったからあれだけど>やよいちゃん」
佐久間まゆ 「だけど、隠し事しながら喋ってると疑われちゃいますよぉ・・・>川島さん」
高槻やよい 「くやしいです・・・>瑞樹さん」
鴨ウィザード 「占い 霊 ○もらい

どれが噛みやすいかっつったらやっぱ○貰いだからなぁ。
やっぱ少人数は怖いでぇ…」
できない夫 「それは詰むから勘弁してほしいだろ>高槻やよい」
佐久間まゆ 「まだ辞書登録は終わってないですけどねぇ・・・
人狼、霊能、妖狐、♡、我那覇
とりあえずこれだけ登録しておきましたよぉ・・・>鴨さん」
巽完二 「狐と狩人は嘘付くのが上手い人の方が成功する感じっすね」
鴨ウィザード 「いやはや、使い慣れたパソコンが変わるってのは中々大変なのは俺自身
実体験してるからなー。 ファイトやで!>まゆ様

あ、鴨さん、の後に♡入れたりすると飛んではしゃぎますがどうでしょう?」
巽完二 「1-1だと確かに悩みますもんね、そうなると○が一番楽なんすかね」
音無小鳥 「別に嘘つく必要なんてないわよどっちも。
ただ、目立ち過ぎない事の方が重要な気がするわ>巽さん」
音無小鳥 「明確に嘘をつかなきゃいけないのは狂人と人狼だしねぇ……」
佐久間まゆ 「今はできない夫さんにしか出せませんねぇ>鴨さん」
GM 川島瑞樹 「響ちゃんへの話の件かしら?
隠し事とかではないわよ?正直な意見として話すだけよ。
セオリーから派生して話したらちゃんと考えてるな感が増さない?>まゆちゃん」
鴨ウィザード 「俺、嘘つくとバレるからな。
狼でも狐でも狩人でも、大体正直。うん。」
佐久間まゆ 「狐で嘘をつかなさすぎて白くなると噛まれますよぉ・・・
狩人はほどほどのところで噛まれれば良いんですよぉ・・・」
鴨ウィザード 「そんな……ひどい!>まゆ様

やっぱりアレか、中途半端にウィザードRPだからか……」
GM 川島瑞樹 「♡の重要度高いのね…>まゆちゃん」
できない夫 「えーっと、佐久間まゆ佐久間まゆと…(検索」
巽完二 「まぁ全面に出ると、噛まれたり吊られたりするんで
正直難しいっすよね狩人は」
佐久間まゆ 「考えて発言してるなーってなると少し怪しく見えちゃいますよぉ・・・
素直が一番、ですねぇ・・・>川島さん」
GM 川島瑞樹 「それいじょういけない>できない夫さん」
音無小鳥 「狩人でも前に出過ぎて●出されたのが私ですねw
……そしてギリギリ詰んでなくて負ける、と。>巽さん」
できない夫 「どうみても我妻由乃系アイドルじゃねえか、ありえねえだろ」
できない夫 「…」
音無小鳥 「よし、私誕生日おめでとう!」
できない夫
        / ̄ ̄\
.         / 「 u. ヘ \
       |  (○)(○) |
       |      | u. │  ダッ
       | u. __´___  .|
       |   |!!|!|!l|  |
.         ヽ  |ェェェェ| u/,_ii_,
      ,,i-='゙ヽ       /゙::ヽ:::"''=- i,
.    /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ,,.::''"ヽi、   をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/
    ヽ" | ゙''' -r|    |    !゙
       | "''ヾ!|     .|」
音無小鳥 「ついでに中の人もおめでとう!」
我那覇響 「小鳥、おめでとう!!」
佐久間まゆ 「♡は誰かをからかうときか、RP上で重要なときにしか使いませんよぉ・・・>川島さん 鴨さん」
鴨ウィザード 「おめでとう!! ピーー才、おめでとう!!」
佐久間まゆ 「あらあら、おめでとうございます>音無さん」
音無小鳥 「やめて!年齢の話はやめてー!?>鴨」
GM 川島瑞樹 「私の個人的な考えだからまあ参考程度よ。
私としては美希ちゃんよりも響ちゃんの方が黒く見えたのよ。>まゆちゃん」
佐久間まゆ 「大丈夫ですよぉ・・・
できない夫さんとまゆは赤いリボンでつながってますからねぇ・・・♡」
巽完二 「お、おめでとう御座います!小鳥さん!」
GM 川島瑞樹 「小鳥お姉さんおめでとう♡」
音無小鳥 「同い年だからー!
私、続編出ないと年なんて増えないの!>川島さん」
鴨ウィザード 「バキューンいやだなぁ小鳥さバキューン
年齢なんtバキューン大丈夫っすyバキューン>小鳥sバキューン」
GM 川島瑞樹 「あっ 使った>まゆちゃん」
佐久間まゆ 「我那覇さんはどちらかというと、判断できない感じだと思いますよぉ・・・。
初心者村とかはあぁいう感じの発言多いですしぃ・・・>川島さん」
できない夫
          :/ ̄ ̄\:
        :/       \:
      :|:::::       |:
.       :|:::        |:   やっぱり無職の俺にモテ期とか嘘だっただろ…
       :|::::         | :
       :.|::::       __} :    あ、小鳥さん誕生日おめでとうございます
      :/::::        \:
     :|:::         _):
     :|::::         i :
     :|::::        i  | :
     :|::::        |  | :
     :\___、_____  ノ _):」
鴨ウィザード 「RP上で♡が重要なのって、どんなRPなのだろうか……!>まゆ様」
我那覇響 「自分黒いのは肌だけだぞ!!ピチピチだぞ!!??>>川島」
GM 川島瑞樹 「確か、28歳の設定は無印の時よね?>小鳥さん」
巽完二 「ひでぇ会話っすねw」
鴨ウィザード 「にゅーちゃん……なんて羨ましい! 」
佐久間まゆ 「できない夫さんですからねぇ・・・>川島さん」
GM 川島瑞樹 「まゆちゃんに好かれるなんて羨ましいじゃない…
あのリボンでキュッっとしてくれるわよ?>できない夫さん」
できない夫 「首か?首なのか!?>GM」
我那覇響 「自分が黒く見られたときの対処法が上手く出来なくて悩んで結局発言出来なかったゾ・・・まぁ、頑張れよと言われたらそのままだぞ・・・」
佐久間まゆ 「今とか、でしょうか?>かもさん

ほかの女の子とのおしゃべり楽しいですかぁ・・・?>できない夫さん」
音無小鳥 「その頃は2×歳だったの!だから今は2×歳なのよぉー……!>川島さん」
GM 川島瑞樹 「アンチエイジングを教えてあげようかしら?(にこ>響ちゃん」
できない夫 「ほーら、佐久間まゆー
そこにさみしがっている鴨がいるよー
ぷかぷか泳いでてかわいいねえ(ソソクサ」
佐久間まゆ 「じゃあ黒く見られないようにすれば良いんですよぉ・・・
まゆはどちらかというとそういう動きらしいですよぉ・・・?>我那覇さん」
鴨ウィザード 「よし、俺がよくやる必殺技を伝授しよう>響鬼さん」
佐久間まゆ 「そうですねぇ
ご飯は鴨南蛮が良いですかぁ・・・?>できない夫さん」
GM 川島瑞樹 「その辺りの経験はまゆちゃんの方が豊富だから、
そうなのかもしれないわね…>初心者村」
巽完二 「そっから反論できるようになればオッケー!
俺なんか人外臭をどう消そうか悩んでるんで
色んな人と話すといいと思うぜ!>響」
できない夫 「メッ、鴨川の鴨は食用じゃないの!>佐久間まゆ」
GM 川島瑞樹 「NGワードばかりで何もわからないわね…w>小鳥さん」
佐久間まゆ 「メタになっちゃうんでしょうけど、発言傾向から考えてるんで問題ないですよねぇ・・・>川島さん」
鴨ウィザード 「必殺「 突っ込まれても大体スルー 」」
佐久間まゆ 「できない夫さんが食べたいんでしたらまゆは頑張りますよぉ・・・>できない夫さん」
鴨ウィザード 「自分が素村なのに発言的にまずいのを言ってしまった。
このままじゃガンガン突っ込まれる!
そこでコレ! 朝一にその発言に対する言い訳的なものを書いて、
あとは知らぬ存ぜぬを貫き通すのだ! 」
できない夫 「(…あ、今まさに必殺技を使うべきときなんだな)」
GM 川島瑞樹 「非常に良い技だわ 自分に有利なのは後日返せばいいのよ!>鴨」
巽完二 「たまーに効果はあるっすねそれw>全スルー」
我那覇響 「反論すればするほど、必死に回避してるように見えるんじゃ・・・とかなって・・・色々な人と話すか・・・チャット慣れてないとやっぱ難しいんだな>>巽」
GM 川島瑞樹 「傾向、って発言の流れに矛盾がない…というか統一感があるかどうかかしら?>まゆちゃん」
我那覇響 「それでその日吊られたら意味ないぞ・・・>>鴨」
GM 川島瑞樹 「思うまま素直に喋って、
間違ったら、ごめんと言えば良いのよ!
若い子は素直が一番よ>響ちゃん」
音無小鳥 「個人的には、最初から有無を言わせなきゃ良いと思うわね。
○○だから××だと思う。そして××だから△△でしょうね。
みたいな感じで理由を先に入れてしまえば、それが正しければ突っ込みも入らないわね」
鴨ウィザード 「イエス、その通り!>GM様

Aに対するツッコミに、Bという反論をし、そのBに対してもさらに突っ込まれるという
スパイラルが存在するからな。それをなるべく早く断ち切らねば、後は吊られて
しまうのを待つのみとなってしまう。

下手な言い訳はせずに、「なるほど、それもアリだよね」 「あー、そっちもあるかー」 等と 半同意的な、お茶を濁す系がたまに役立ったりする!」
我那覇響 「やっぱり年の功ってヤツだな!!尊敬するゾッ!!>>川島」
佐久間まゆ 「いいえぇ、初心者さんっぽいなぁ
初心者さんの狼だったらもっと萎縮するしこんな発言はしないなぁ
って感じですねぇ・・・
ラプターさんは初心者さんの発言ではないんですよぉ>川島さん」
GM 川島瑞樹 「その技は、結構必要レベルが高いと思うのよね… レベル29くらいは必要じゃないかしら>小鳥さん」
音無小鳥 「逆にこれができれば29レベルって事じゃないかしらねー。
まぁ、意識できるならそうしてみるとぐっと良くなったりするわよ、というくらい>川島さん」
巽完二 「ラプは、発言数の割りには内容が薄い!(キリッ
で投票に関してはそこで終了って感じでしたね」
佐久間まゆ 「逆にだからこそ役職目ということもあるんですよねぇ・・・>完二さん」
佐久間まゆ 「違いましたけどぉ」
鴨ウィザード 「Aに対するツッコミに、下手に反論をしてしまうと、
その日のリソースがほぼそちらに費やされてしまうのは、わかるか?

反論に終始する=ぶっちゃけ黒い 後に残しても吊られそう 

反論ばかり、というのは相手をしっかりと納得させる事ができない、という意味の
裏返しに見られるからな。

こりゃやべえ、と思ったら適当に返しておくのも手である>響鬼さん」
GM 川島瑞樹 「正面からぶつかり続けても損の場合が多いからね
鴨の人はだから長く生き残れるのね…w」
佐久間まゆ 「初日に役職目で見ていたのは星井さんと完二さんのお二人でしたぁ。
星井さんが狩人目、完二さんは狼目だったんですよねぇ・・・。
どこで入れ替わったんでしょうねぇ、まゆの目はぁ」
鴨ウィザード 「レベル20代って一番楽しいよね>GM様

具体的に言うとイオラ覚えた辺り」
我那覇響 「初心者COと言うか、かなり前にちょこっとかじった程度なんだぞ・・・
しかも、最近やり始めて 狂人→狼→狐→狂人→狼 とかだったんだぞ・・・」
巽完二 「今日の場合は
響「○噛みだと思った!それは灰を狭めない為!」
俺「あーなるほど、灰を狭めないって事ね でもなんで○噛みだと思ったの? 吊るわ」

こんな感じの流れで響に投票だったかな」
できない夫 「鴨先生!村人の大半にツッコあれた場合はやっぱりスルー安定なんですかね?」
佐久間まゆ 「そもそもぶつかられなければ殴られませんよぉ・・・?」
GM 川島瑞樹 「私は28歳だからその域ではないわ>小鳥さん」
巽完二 「わーおw>響」
鴨ウィザード 「ほんとに最近胃が痛いです。新手のいじめかと!!>GM様」
我那覇響 「実際に美希でそうなったから分かるゾ・・・
あの時、巽と一緒に来ててウギャー!!ってなったゾ・・・>>鴨」
GM 川島瑞樹 「…冗談はともかく、自然と突っ込みを入れられない意見を言えるようになりたいわねw>小鳥さん」
鴨ウィザード 「それはもうスルーしてもしなくても同じだから遊ぶといいよ(ニコッ>できない夫」
佐久間まゆ 「そこの鴨さんも水瀬さんも、できない夫さんも完二さんも最初は我那覇さんみたいな発言してましたよぉ
だから安心してくださいねぇ・・・>我那覇さん」
我那覇響 「だから、ずっと胃をキリキリさせて騙ったり潜伏したりしてたんだゾ・・・」
GM 川島瑞樹 「響ちゃんはお灸を据える必要があるわね?
アンチエイジングの。」
音無小鳥 「後、殴り合いにならないように上手く会話するように誘導できるようにもなりたいわね>川島さん」
巽完二 「発言が多いと狩人ってのも確かにあるんで
そっから狩人遺言とか出てきたら怖いっすけどね
そっから投票の関係で突っ込まれますし、まぁこっちだと
遺言が出ないんで、若干無理はできますけど>まゆ」
GM 川島瑞樹 「はがねのつるぎを買うためにザコを倒すあたりね! わかるわ。>鴨」
巽完二 「未だに響みたいな発言しちまうのが俺っすけどね!w>まゆ」
佐久間まゆ 「別に狩人に投票したからってツッコミは入れませんよぉ・・・
だって狩人なんて村人じゃないんですからぁ・・・>完二さん」
できない夫 「うんうん、狼は二日目グレラン吊られが基本
間違いない>佐久間まゆ」
GM 川島瑞樹 「それはやろうと思えばできるようにはなったのだけど、
殴り合いの方が楽しいのよねw
…大体ふるぼっこかつ吊られるけど>小鳥さん」
巽完二 「そっすか?俺狩人投票で突っ込まれた覚えがあるんすけどね?>まゆ」
鴨ウィザード 「2人同時にきた? 問題無い。スルーだ。適当に返しておくべし。
「パっと見、殴り合ってない」と他の村人に見せるのが肝要だ。
ガチで殴りあうと、そこを見てなかった人までそちらを注視するものだしな>響鬼さん」
佐久間まゆ 「完二さんやできない夫さんは我那覇さんの少し上なんですから、ちゃんとわかりやすく教えてあげてくださいねぇ・・・。
それでわからなかったら鴨さんや水瀬さんや小鳥さんに相談すると良いですよぉ>完二さん」
鴨ウィザード 「ピエール……おお、ピエール!!>GM様」
できない夫 「そも響の発言に大きな問題など…
俺狼だから投票してダシに使ったけどな…」
鴨ウィザード 「場数だと俺よりそっちの人狼組のほうが上ですまゆさん!!」
我那覇響 「実際は占いも霊能も真狂把握出来るワケない状態で狩人が居る50%にかけるよりも、灰を狭めない白噛みをするのは普通だと思ったから変に突っ込まれてどう返答すべきか迷ったさ・・・>>巽」
巽完二 「俺の場合殴りより、単なる質問っすからね
殴るならもうちょいガッツリ行ってますから」
佐久間まゆ 「狩人がCOしてないのに狩人かわかるなんてあなたエスパーですかぁ・・・?
まゆは怪しいと思ったから投票しただけですよぉ・・・
これで良いと思いますよぉ>完二さん」
佐久間まゆ 「知りませんよぉ・・・>鴨さん」
佐久間まゆ 「ロッキーちゃんが仲間にならなくて、レベル40くらいまで死の火山に篭っちゃうんですよねぇ」
音無小鳥 「それを素直に言えば良いと思うわよ>響ちゃん

うん、その発言で何の問題も感じないもの」
巽完二 「成る程、それいいっすね
使わせて貰うっすよ!>まゆ

俺結構人に教えるの苦手なんすけどねw」
できない夫 「どーどー、落ち着いてくださいお願いします>佐久間まゆ
この村に初心者枠などいないと今の今まで思ってたから俺
ほら…真紅鯖で初心者村2村目建ってるし…」
GM 川島瑞樹 「おお、カトリーヌ!…ってこれは違うやつね>鴨」
鴨ウィザード 「その発言をするまでに至った「過程」をうまく説明できてればよかったかもね>響鬼さん

まあぶっちゃけ初っ端からがっつり突っ込んでくるのは人狼だ! 逆に吊り殺して
くれるわぁ!! ってのもアリっちゃアリ。結果は知らないけどwwww」
星井美希 「ミキはレベルマイナス13なの。
あふぅ」
鴨ウィザード 「メッキーが3匹ぐらい仲間になりそうですねそれw>まゆさん」
巽完二 「ん、それでも
◇我那覇響(37)  「自分は小鳥真占いだと思ってる。狂人でも白だしはするだろうし、灰を狭めるよりは白噛んだ方が広いと思うゾ>>巽」

一応発言としては返してるんで、まぁ今日は
俺が狼だったから、攻めようって思ったんで
響に突っ込んだって感じだからなぁ」
できない夫 「俺はすでに成長限界だろ…、レベル1くらいで」
鴨ウィザード 「美希がマイナスだと俺はどうなるんですかぁーー! やだーー!」
我那覇響 「名前がポンポン自分のが出てきて焦ったゾ・・・特に美希からは「響と完二」って名指しされたからな・・・>>鴨」
佐久間まゆ 「教えることで自分の考えが言葉になって村でも説明しやすくなりますよぉ・・・>完二さん できない夫さん
まゆは発言の仕方からそうかなぁって思っただけですよぉ>できない夫さん」
音無小鳥 「私はロッキーよりジュエルをとりあえず仲間にしたいわねぇ……w」
GM 川島瑞樹 「まゆちゃん、ロッキー好きそうよねw」
できない夫 「ちょっとログを失敬」
鴨ウィザード 「そうそう。こーいう意地の悪い狼がいるからこそ、ツッコミにいちいち
完璧に対応してたら、ぶっちゃけ生き残れないってのがあるわけだよ>響鬼さん」
GM 川島瑞樹 「私もやばいことになるわね>美希ちゃん、鴨」
星井美希 「誘導しないと怪しんでる場所は吊れないの。
ミキ以外は皆吊られればいいの(しろめ」
佐久間まゆ 「メッキーもかわいくてよいですねぇ>鴨さん」
我那覇響 「今ゆっくり考えてるからこうやって言語化できたけど、やっぱり焦るとダメだったさ・・・実際似たようなことを書いてたら投票になってorz>>小鳥」
巽完二 「な、もんで俺が村だったら多分一旦はスルーしてたかな?
狼だったから吊らざるを得なかっただけで>響」
佐久間まゆ 「ロッキーとエミリーとクックルがミルドラース戦の先発ですよぉ>川島さん」
鴨ウィザード 「村からしても、自分が怪しい、と思ったところをしっかり吊らないと、
逆に自分が吊られる恐れがあるからな。
そこは素村でも仕方の無い面はある。少人数だとなおさらね>響鬼さん(轟鬼さん」
我那覇響 「そう見えるから余計に黒く見えるんだよwww>>美希」
巽完二 「まぁ、そこは追々だな!
俺も最初は全然話せなかったし
回数こなすっきゃねぇってのが事実だな!>響」
鴨ウィザード 「メッキー、ピエールはもう、最後まで連れてくね……!!>まゆ様」
GM 川島瑞樹 「なんでそんな最高レベル低いメンツなのよ…>まゆちゃん」
音無小鳥 「もう、防御だけ固めて生き残れば良いのよ。
村が1生き残るだけで有利さが上がるんだからw」
鴨ウィザード 「実際 事実だから困るwwww>美希

素村にも、流れに任せる素村、自ら誘導して流れを作る素村、遊ぶ素村、鴨、
いろいろあるからなー>響鬼さん」
巽完二 「狼としては、同調して吊れる状態にしとけば
殴りも最小限で済むから楽だしなぁ、寧ろ村にしか見えない場所を
吊ろうとすると正直かなりきついw」
我那覇響 「自分もまゆと一緒で疑うよりも信じてしまうタイプかもしれないぞ・・・
怪しいと思ったところがない、というか自分を怪しいって言う人が思わず怪しいって思っちゃうんだぞ・・・>>鴨」
GM 川島瑞樹 「とりあえず落ち着きなさい響ちゃん…」
鴨ウィザード 「ニトロも! 序盤エースのニトロも!>まゆさん」
佐久間まゆ 「自分以外は吊られろ、って言うのは確かにそのとおりですよぉ・・・
でも、それで相手を説得できるかっていうのとはまた別問題ってことなんですよねぇ
そして結局自分以外は最低でも一人は残っちゃうんですよねぇ。
だから私は仲間を作るように動くんですよぉ・・・。
信じている村人が自分を疑わなければ勝てるんですよぉ?」
GM 川島瑞樹 「金の亡者?(ぼそ>小鳥さん」
できない夫 「えー…響の問題点がみつかりません、割と本気で
霊能には村認定されてるし、殴ってるのはほぼ巽だけだし」
音無小鳥
音無小鳥 「あれ、ジュエル可愛くないかしら?>川島さん」
GM 川島瑞樹 「小鳥さんのことだから売ってお金にするのかと…」
我那覇響 「実際にやっぱりあの状態だと美希のロックオンに乗ってきた巽が凄く黒く見えたって言うのが自分視点だったな・・・>>巽」
巽完二 「そういう時は質問だな、何が怪しいのか明記しろと
そっから反論の糸口が出るかもしんねーから
何が怪しいのか聞くべきだと思うぜ?
何かしら響の行動に怪しさを見てそっから発言したのかもしんねーし>響」
音無小鳥 「……ひどいわ。流石の私でもそんなむごい事できないw>川島さん」
鴨ウィザード 「疑い返しは、した人が大体黒く見られるのは覚えておいた方がいいかもしれん。
その逆もあるけどねwww

怪しいと思ったところがない。やたら突っ込んでくる人がいる。でも自分は素村。
つまり結論は……自分以外吊り殺せ、だ(白目」
できない夫 「>我那覇響
◇できない夫 「俺を安易に信用しちゃいけないだろ>佐久間まゆ ←CHECK
だが楽観視できないのには同意だな
今のところ○しか出てねえ、一番重要な狼は2W丸々生き残ってるってことだしな」」
佐久間まゆ 「ピエールは強いんですけど、終盤ちょっと火力不足なんですよねぇ。
まゆが吊れてる子たちよりずっとマシですけどぉ
ニトロはなんだかまゆは仲間になってくれないんですよぉ・・・
そしてメガーザを仲間にするためにレベル60くらいまで迷いの森でうろうろですよぉ>鴨さん

かわいいからです>川島さん」
GM 川島瑞樹 「あとは、殴ってきたからって敵だと思っちゃいけないわね
終わってみると大体同陣営なのよw」
我那覇響 「なんか、それは喜んでいいのか??>>できない夫」
巽完二 「そしたらそこだなぁ
まぁ俺としては、そこで美希に乗れば吊れそうかなって
踏んだしな>響」
できない夫 「←自分を怪しいって言う奴の典型例」
GM 川島瑞樹 「もうパソコンが人狼に適応してきたわね…w>吊れてる>まゆちゃん」
鴨ウィザード 「ただし、自分が加担せずともそれは可、と……」
佐久間まゆ 「それをいえるのは結構好評価でしたよぉ・・・?
RP抜きで>できない夫さん」
我那覇響 「やっぱりみんな頭の回転が速いぞ・・・」
GM 川島瑞樹 「でも、沢山倒してG増やして進めるタイプでしょ?>小鳥さん」
佐久間まゆ 「それはもう、吊れてばかり打ち込んでたらそうなっちゃいますよぉ>川島さん」
音無小鳥 「響ちゃんの発言を見てきても問題点とまで言えるのはなさそうですよね。
惜しむべきは発言が減ってしまった事くらい、かしら。」
鴨ウィザード 「5は強さとかじゃない。愛だからな(キリッ

ぷっくるも使い続けます。続けますとも。
ついでに俺は何故かホイミンが仲間にならずに、レベル30近くまでウロウロ
してた覚えが……ロムのアレとか色々あるんだろうか……>まゆ様」
音無小鳥 「戦わなくて良いのは極力逃げたいタイプねw>川島さん」
できない夫 「ふひひ、あざーす>佐久間まゆ

それぐらいしか投票理由がなかった…>音無小鳥」
巽完二 「ま、慣れだぜ慣れ
回数次第で正直なんとかなるしな
俺と、できない夫の投票はまぁしょうがないとして
美希と鴨の投票が決めてだしな今回は>響
鴨ウィザード 「何故頭の回転が早い(速そう)か?

ぶっちゃけ、俺ら大体全員、そういうの体験してるからだよwww>響鬼さん」
我那覇響 「実際に初日から護衛先を言う人はどうしても・・・GJがあったり、役職噛まれたりした時に指摘するぐらいならそこまで黒く見えないんだけど」
音無小鳥 「まぁ、皆同じ道を通ってきてるものねぇ……w>鴨」
音無小鳥 「1-1の占いなら噛まれろ、はそれはそれで正しいわよw
特に11人なら霊能はほぼ盲信できるしね。」
GM 川島瑞樹 「問題点はないのよ。発言数や内容の濃さを鑑みると吊り先になってしまうのよね>小鳥さん」
佐久間まゆ 「まゆは
ロッキー、エミリー、クックル、メガーザ、ブリード、サーラ、メッキー、主人公(死体)で挑みましたよぉ>鴨さん」
できない夫 「それは俺も正解だと思うわ>我那覇響」
巽完二 「主人公死体かよ!ひでぇw」
GM 川島瑞樹 「勝つか負けるか微妙なラインを攻めるのが好きなM的プレイヤーだったのね…>小鳥さん」
GM 川島瑞樹 「え、ゲレゲレよね?>鴨」
音無小鳥 「んー……考え方の違いかしら。
村としては、ラプ蔵さん○が出てる時点で余裕はないから
発言数とか濃さよりももう、狂狼目で見てるとこ吊るしかないはずなのよね。>川島さん」
佐久間まゆ 「えぇ、だからまゆは狩人目も見ての保護投票ですよぉ
まさか吊られかけてるとは思ってませんでしたけどぉ。
そして星井さんが狩人COしないなら吊っていいやって思いましたよぉ>我那覇さん」
GM 川島瑞樹 「趣味が人との相違がありそうよ、それ…>まゆちゃん」
佐久間まゆ 「人間強いから面白くないんですよぉ>完二さん」
鴨ウィザード 「誰がなんといおうとプックルである(キリッ>GM」
我那覇響 「発言数は分かっててもどうしてもログ確認してるうちに時間が(ry
そこらへんもきっと慣れなんだろうな・・・」
佐久間まゆ 「でもミルドラースに初挑戦したときが主人公レベル80だったんですよぉ
そんなの連れて行っても楽勝じゃないですかぁ>川島さん」
音無小鳥 「昼間にログの確認なんてしてないわねw
読み飛ばしちゃったところは夜に読んでおけば良いわ、くらいw>響ちゃん」
巽完二 「あーそれはあるかな
俺もゴレムスと戦いのドラムで正直どうにかなる気がするもん>まゆ」
GM 川島瑞樹 「あぁ、確かにあの場面なら吊り先ではないわね
でも、初手では情報得られないかも?って判断で削る対象にはなり得るでしょ?>小鳥さん」
鴨ウィザード 「まず、黒く見る、のをちょっとやめてみたらいいんじゃないかな。

黒く見る、ってのはいわゆる減点方式になる。それだと素村でも狩人でも発言に関しては
黒く見られる部分がちょいちょい出てくるのが人狼の常。

逆に、これこれこういう発言は村っぽい! のほうが偏見無しに灰を広く見れる
んじゃねーかなーと俺は思ったりなんだりグワグワグワ」
巽完二 「夜のうちに自分への質問を拾って
翌朝まとめて、返事を出すってスタイルかな俺は>響」
できない夫 「そうだ、ちょうどできない夫のガワを被っているから我那覇響に送る言葉はこれだ
「人狼は発言数を競うスポーツ」である
目標は1日10発言ぐらいにしとくだろ、常識的にな」
鴨ウィザード 「俺自身できてるかどうか怪しいけどね! 知るかー! オラァー!」
音無小鳥 「初手ならありね。
けど初手は8発言あるし、短文だけど頑張って情報出そうとしてる感じは高評価だったのよね>川島さん」
佐久間まゆ 「いのちの木の実でクックルのHPを上げてミルドラースの灼熱で落ちないようにしますよぉ・・・>完二さん」
我那覇響 「自分もあの状況で美希指定は見えてたし、あの負けは結局吊られてしまった自分のせいなんだなぁって思ったさ・・・>>まゆ」
鴨ウィザード 「11発言して初日に吊られた戦闘機がそこに>できない夫

そういや俺も12発言して初日吊られたわ ここで(白目」
巽完二 「あー鴨だわぁ・・・どうやって鴨鍋にすっかなぁ
><こうですか解りません!>鴨」
佐久間まゆ 「1日10発言って余裕じゃないですかぁ?
まゆ今日発言ノってないなぁって思ってましたよぉ・・・?>できない夫さん」
GM 川島瑞樹 「あの淫靡な響きが分からないなんてまだまだ子供ね!>鴨」
鴨ウィザード 「俺も長文多くしたせいか10に乗らんかったな。無念である」
佐久間まゆ 「我那覇さんを吊った村人の目が悪かったってことですよぉ
それくらい思っておきましょう?
そして次は吊られないようにって思えば良いんですよぉ>我那覇さん」
巽完二 「レベル80とか、もうエスタークチャレンジでいいじゃないですかぁ!ヤダーw」
できない夫
      / ̄ ̄\
     /      \
      |    -‐'  へ |
      | u.(● ) (● ) |
      |      | u |   いやー不思議だなー(棒>鴨ウィザード
      l U  __´___   l
     ヽ        !
      ヽ       ノ
      /      く
      /        ヽ」
鴨ウィザード 「まさか初日0票とは思わなかったぞ……(白目>巽」
我那覇響 「なるほど・・・そういう風にすればいいのか・・・>>巽」
巽完二 「そうだな、今回吊られたのは狼の組織票もあるし
今回の反省を次に生かすのがすげぇ大事だと思うぜ!>響」
佐久間まゆ 「メガーザが仲間にならなかったんですよぉ>完二さん」
GM 川島瑞樹 「あ、なら問題ないわね
初日の印象なかったからもっと少ないと思ってた。
あとは不測の事態に対応できるか、かしらね>小鳥さん
ってこれは小鳥さんじゃなく響ちゃんに話す内容ねw」
鴨ウィザード 「うむ。ぶっちゃけラプ→響鬼吊りでもうノーミス村超えてっからな。

吊ったお前らが悪いんじゃボケー! ぐらい言うときゃええねん」
できない夫 「実際7発言ぐらいがちょうどいい感じだと個人的には思ってるだろ
6発言だとちょっと少ない印象を与えると思う」
巽完二 「テンプレにもあるけど
朝読んで全部返せるのは、本当一部の人間だけだからな
返しきれない質問は、夜に書くといいぜ!>響」
鴨ウィザード 「未だに生ロムでロビンを仲間にした事がありません(白目

そりゃレベルも簡単にアホ程上がってくわ(白目」
GM 川島瑞樹 「すごい甲斐甲斐しい努力…(ほろり>いのちの木の実」
佐久間まゆ 「1行で7発言だと投票きますよぉ>できない夫さん」
GM 川島瑞樹 「はぐりん、仲間にできたときは軽くガッツポーズとるわよね」
我那覇響 「とりあえず自分の白さをしっかりアピール出来るように頑張るさ>>まゆ」
巽完二 「正直そこまで貪欲に仲間集めた事がねぇわw>まゆ」
GM 川島瑞樹 「私未だに油断すると5発言くらいになるわね…」
鴨ウィザード 「というわけで初日から投票してすみませんっしたぁーー!!>響鬼さん

俺の! 俺の目が節穴やってん! そこの人狼2匹に投票しろって脅されててん!」
音無小鳥 「初日以外の私も大抵5発言前後だけどねw>川島さん」
GM 川島瑞樹 「RPだけの内容なら12以上よゆうなのに!」
巽完二 「お陰で鴨を美味しく戴いたからな
主にそこの相方が」
鴨ウィザード 「5発言でも長文2個ぐらい混ざってりゃ大丈夫じゃねーかなーと思う鴨」
GM 川島瑞樹 「そうね、あのバランス感覚は流石だと思うわw
ちゃんと数行に渡ってるし内容あるからでしょうね>小鳥さん」
巽完二 「鍋にできない夫さんだなぁこれ・・・」
音無小鳥 「まぁ、初手は普通村だと特に、人数多いから発言数も大きな比重になる(全員の発言精査する余裕がないから)けど、
段々と内容に比重が傾いて行く印象かしらね。」
鴨ウィザード 「よし覚えとけ>できない夫
エロいRPしてもらうわ決闘で(白目」
できない夫
|
| ̄ ̄\
|  「   \
| ( ●)(●)
|     | |
|   __´_ノ   やだ…修羅怖い…
|   `ー'´}
|       }    たしか一行発言を二行にするというイカ娘テンプレートなるものが…、どれどれ
|     ノ
|    ヽ
(⌒ー─' )」
鴨ウィザード 「イカ娘(紅きヒゲ)テンプレートの登場である」
GM 川島瑞樹 「村終わって一時間経つのに、半分以上がまだいるわね…うれしいわw」
できない夫 「ブラフで有名なヒゲさん作のがどっかの初心者村のログに…
無断で拝借…、ヒゲさんならきっと許してくれるだろ…」
音無小鳥 「11人村なら一通り目を通す余裕はあるから、発言数よりは内容見ちゃうかしらね、私は。」
佐久間まゆ 「アピールする白さは黒さにもかわりますよぉ・・・
ただ、論理的に白くなることはできたりするので、そのあたりとかは言ってもよかったりしますよぉ>我那覇さん」
佐久間まゆ 「油断すると13発言くらいになっちゃいますねぇ・・・」
巽完二 「まぁ吊るも吊られるも人狼の一部だしな
用は吊られても納得できるだけのプレイをするのが重要じゃねぇかな
そこに辿りつくまでに色々試すのが良いと思うぜ
俺もそういう意味じゃまだまだだしな!お互い頑張ろうぜ!>響」
鴨ウィザード 「よくあるよくある>GM様

ぶっちゃけ村そのものと同じぐらい楽しみにしとるんやでコレ」
GM 川島瑞樹 「あんな長文打てるくらいだからね…
そういえば、初日のは斜め読みとかもないのかしら?
必死でさがしたのだけれど>まゆちゃん」
できない夫 「というわけでいつも配ってるイカ娘テンプレートを張っておこう

シチュエーション 3-1○展開共有片方COグレラン

◇イカ娘 「おはようじゃなイカ!
これからこの村の侵略を開始するでゲソ!
まずは侵略の第一歩として占い師はCOするでゲソ!」

◇緑のヒゲ「占いCO でっていう ○」
◇クマー「占いCO カイジ ○」
◇やる夫「占いCO やらない夫 ○」

◇イカ娘 「占いは3COで○進行じゃなイカ?
霊能はCOしてもいいと思うでゲソ!
潜伏?人外に霊能が侵略されても知らないでゲソ!」

◇できる夫「霊能者を宣言します。」

◇イカ娘 「霊能CO確認したでゲソ!
3-1の普通展開じゃなイカ?

共有のCOは任せるでゲソ!ただし一人は出て指示役になって欲しいじゃなイカ!」


◇紅きヒゲ「安心と信頼の共有CO!」


◇イカ娘 「共有COも確認したでゲソ!
ヒゲが共有とか侵略もらくしょーそうでゲソ!
相方は潜伏でゲソ?」


◇紅きヒゲ「おっと、相方は潜伏させてもらうぜ」


◇イカ娘 「ヒゲの相方は吊られないように気をつけるでゲソ!
もし吊られたら侵略するどころじゃなくなるでゲソ!」


◇イカ娘 「3-1は真狂狼ー真とみるでゲソ!
レアケはいま考えるところじゃないと思うでゲソ!
噛みとか結果をみて気にする程度でいいじゃなイカ!」

◇やる夫 「対抗は2人かお、まあやる夫がいればこの村は安全だお」

◇イカ娘 「なんかお饅頭みたいで美味しいそうでゲソ!
ちょっと食べてもいイカ?>やる夫」


◇イカ娘 「今日はグレランでいくでゲソ!
狩人と潜伏共有は釣られないように気をつけるでゲソ!
釣られるとつらいでゲソ!針とか痛いでゲソ!」


◇イカ娘 「っとこんなかんじで8発言ゲソ」」
鴨ウィザード 「占いから○もらった→やべえ俺白いわー マジ白いわー
→その占いが吊られた→やべえ俺マジ処理位置だわー 囲い囲い言われてるわー
(よくある例 その1」
できない夫 「あったよー」
GM 川島瑞樹 「決闘深夜とかでは恒例みたいよね>鴨
あなたは人狼と雑談どっちが好きなのかしらw」
鴨ウィザード 「どっちもです(キリッ>GM様」
GM 川島瑞樹 「これはとりあえず吊られないわねw>できない夫」
佐久間まゆ 「ありませんよぉ
アレはモバマススレであったものをちょっと改変しただけですよぉ>川島さん」
巽完二 「決闘は刺さらなかったら
暗殺引いて大連鎖かボッチ消しを狙うのが
通かな!」
できない夫 「さあこれで今日から君もブラフマスターだ!
ブラフの効果的な使用法については第65代紅きヒゲである巽完二さんに講義していただきます
では巽さん、どうぞ」
巽完二 「共有初日!?共有騙りに違いない!吊れ!」
GM 川島瑞樹 「あ、そうなの…いつものアレかと思ったわ…
あれで縦読みだったら恐怖だものね>まゆちゃん」
巽完二 「誰かそれに乗ってきたら→
共有疑うわけねーだろ!?こいつ人外だぜ!俺のブラフに引っかかったな!

以上解り易いブラフ講座でした」
GM 川島瑞樹 「知ってたわw>鴨」
できない夫 「(俺は何もみていないだろ…)」
我那覇響 「そこなんだよね・・・なんかこうどう見えるのか分からなくなって思考の迷路に(ry・・・>>まゆゆ

納得させるゲームですもんね、ずっと見る専だったのでやってみるとやっぱり冷静になれないww>>巽」
GM 川島瑞樹 「ブラフとかそういうレベルじゃないわね…w」
巽完二 「あ、使う時と場所を考えないと
一発で自分が吊られるので、悪魔でミスリードを装うのが吉だ!」
佐久間まゆ 「http://mobamas.jp/blog-entry-2469.html
ここを読めば良いですよぉ・・・>川島さん」
GM 川島瑞樹 「じゃあ私もおいとまするわね?
おつかれさま、参加してくれてありがとうね。」
鴨ウィザード 「大丈夫。吊られまくってりゃそのうちそれが快感になるさ(キリッ>響鬼さん」
巽完二 「例えっすよ例え、ぶっちゃけリプレイを読むのがお勧め>ブラフ云々」
鴨ウィザード 「ぷかちゃんお疲れ様ー♡」
巽完二 「GMお疲れっす!」
GM 川島瑞樹 「感謝するわ…なにこれw>まゆちゃん」
我那覇響 「吊られるのが快感とかお前変態か??>>鴨」
GM 川島瑞樹 「ぷかちゃんゆーな!」
できない夫
    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |
  |     __´___ノ   GMお疲れさん
  |     `ー'´}
  ヽ        }     村建てありがとな
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |」
我那覇響 「村立てありがとうさー!!」
巽完二 「後俺はブラフってより
紅いヒゲのノリが好きで使ってるからなぁ
ブラフは正直中々真似出来ないw」
できない夫 「響さんそれ以上いけない」
巽完二 「そこのまゆさんは吊られるのは嫌派だぜ
あんがい響と相性がいいかもな」
鴨ウィザード 「如何にも蟹にも!

いやぶっちゃけね。吊って吊られて、噛んで噛まれて、ミスってポカして
いやんあはんのゲームだからねこれ。
そんぐらい楽しむ気でやってほうが気分が楽よー?って事だよ(多分>響鬼さん」
我那覇響 「でも、この間潜伏ステルス狐で最終日「村村狼狐」の状態のときは「もういいから俺を吊ってくれー!!耐えられないんだあああああああ!!」ってなったゾ」
佐久間まゆ 「例えばぁ
ABCの占い師がいたとして・・・
Bだけ普通文字でCO、CはAに○を出していたとしますよぉ?
そうなるとBはCから見たら狼なんですよぉ。
そこにBのCOを気づいていなかった人がいたとしたらぁ。
Bが狼ならそのBに気づいていない人は非狼目なんですよぉ。
だって狼仲間ならBが狼ならCOしていることを知っていますからねぇ・・・。
そこでもしCからそのBに気づいていない人に●が出たとしてぇ・・・。
ちょっと変ですよねぇ・・・?>我那覇さん」
佐久間まゆ 「初日のアレの改変元ですよぉ・・・>川島さん」
できない夫 「その村のログ
つhttp://takanegm.com/old_log.php?room_no=147&add_role=on&heaven_talk=on」
我那覇響 「いや、詳しく言うと「霊村狼狐」で霊と狼にめっちゃ攻撃されてたときだな」
音無小鳥 「あぁ、ごめんね。攻撃した狼私だしね、それw」
佐久間まゆ 「うふふ♡」
鴨ウィザード 「経験が、キミを強くする…!

その場面、もし俺が狐なら…? どっか他さえ吊れりゃ勝てるんだ。
ニヤけてよだれをススりながら、他に誘導しつつウヒャホヘ笑うね、うん。」
巽完二 「俺のばらしーRP晒すなしw」
佐久間まゆ 「アレは見ながら千早狼でしかないなぁっと思ってましたねぇ」
鴨ウィザード 「それ余が残された村じゃないですかー! やだー!」
佐久間まゆ 「佐々木さんを吊ってる場面じゃないよなぁ、としか思えませんでしたが。」
できない夫 「いやほら検討材料…>巽完二
他意はないよ、うん」
我那覇響 「なるほど、そういう見方もあるのか・・・自分だったら単純に内訳しか考えられないケド、確かに心証破綻気味を受けるのか・・・>>まゆゆ」
鴨ウィザード 「オメガが悪いねん 全部オメガが悪いねん(白目(責任転嫁」
我那覇響 「千早は小鳥だったのか・・・>>小鳥」
我那覇響 「狐が生き残ってるのは狐だけ、それが分かってるのに思わず狐がいるって自分でバラして世話ねぇなって感じで枕を濡らしましたわww」
音無小鳥 「まぁ、その時いるメンバーで見えてる人を削れるのが狼の特権ですからね、という事で。
……結果的にベアトさんを削ってなきゃ狐勝ちもあったでしょうし。」
佐久間まゆ 「そういう考え方もできるようにそのうちなるのでぇ
頑張ってくださいねぇ?
ちなみに鴨さんはもうできますからねぇ・・・>我那覇さん」
巽完二 「いやー!身内を初手で殺した悪夢がー!w」
鴨ウィザード 「余からしたら、狐に見えるが、そこはいい! とにかく千早だ! 狼だ!
って感じでした(白目」
佐久間まゆ 「最終日は狼吊らないとダメですからねぇ・・・>鴨さん」
我那覇響 「狐ってあそこまで最後残るもんかいな・・・って感じで心臓がやばかったですわ。。。初日発言数的に吊られるって思ったしww」
音無小鳥 「私が吉宗さん=鴨のポジションでも佐々木さん無視してたでしょうからねぇ……w
そこ狐なんてもう吊り足りないのでどうでも良いです、そんな事より千早ちゃんを……ってw」
我那覇響 「千早は充分狼で見てたのに、真霊能がバリバリ自分疑ってたので「あぁ、これ戦える気がしない」ってww」
鴨ウィザード 「もう村決め打ち状態でしたよホント>響鬼さん まゆ様

そうでなくてもベアトが噛まれて、なら千早しか無いじゃないの! って、こうwww」
鴨ウィザード 「霊能は吊った人の色は見えるけど、その情報は村と共有されるし、
ぶっちゃけ一番情報無いんだよねー(白目」
佐久間まゆ 「ベアトさんを疑うのもちょっと遅い感じですねぇ・・・
ベアトさんも狼はなさそうな感じでしたよぉ。
でも前日の吊りにも文句はとくにないですからねぇ>鴨さん」
我那覇響 「ベアト様はオーラがやばすぎてwww生き残ってたら絶対狼だと思ったましたわ」
鴨ウィザード 「だからオメガは悪くない。いや余は呪うけど(白目」
できない夫 「ベアト…許せん、でも今日勝たせてもらったしなぁ」
鴨ウィザード 「ぶっちゃけな……情報が増えんとどうにも俺のしょっぱい頭は
巧い事回らんらしくてな>まゆ様

なので最近はもっぱら、確定情報が増えるよう動いております」
鴨ウィザード 「あー見た見た。かっこよかったでホンマ>でっていう」
我那覇響 「でも、確かにベアトは言い方誇張してる感じはあるけど、冷静に全体を見てるなぁって感じでしたね。それが狼じゃないとは言い切れないですけど。」
できない夫 「あざーす、だが遊んでただけのような気が…うがあああ>鴨ウィザード」
音無小鳥 「んー……けどまぁ、狼目よりは狐目ですかねー、それでも。
だから最終日に行くなら結局放置するしかないような。」
巽完二 「ま、色んな人が居るって事でと
決闘が建ったみたいなんで、俺はそろそろ行きますよ
お疲れさんっす!」
佐久間まゆ 「煽るような言い方、で疑うのは良くないですよぉ・・・」
我那覇響 「だから、あの状況で自分はとにかく千早に入れ続けるしかなかったんだなぁって反省しました。そうすれば引き分け以上だったのに。」
水瀬伊織 「あれ、まだ話してたのね?」
鴨ウィザード 「ぶっちゃけそこは反省点。もしベアトー余ーオメガー誰か
だったらまず間違いなくベアトに向かっていって返り討ちにされてた予感>まゆ殿」
鴨ウィザード 「やっほー>いおりん」
我那覇響 「疑ってたって言うより、単純に圧倒されてたって感じだな。
まぁ、自分は人外だったからその発言の内容を村視点でしっかり見れなかった。
>>まゆ」
音無小鳥 「その時点で誰か、って千早ちゃんしかいないじゃないのw>鴨」
できない夫
.          r ,、__
       ┌<|ノ  `>┐          r//'<
     r〔,ゝ'′  ゝ"ヽ ゙̄ヽ、       z`r.、r=、≦彡
.      `i′       .l ̄ Y  ̄ヽ-‐ 、>i/、>\≦=
.      |        |___.,丿   }  ..ヽ!. '   /≠ァ     んじゃ決闘行くんで落ちるわ
.       l           l_,`ー-=='`>、   `'< lミヾ
      ゝ       ノ   `ーr- '   ヽ    `Y´ ヽ、    同村ありがとな、お疲れさん
      /       ヽ   ゝ `    ゝ--‐―-、   }ヽ
       l       l  |     `i    ,.  _,./´_.「ヽヽノ }
       |         |  |       ゝ、/  r-┴-、i`.{_/`、ノ
       ヽ      }ィrノ        /`ー≦=-__∠二、 \}
      |  `i   |        {.___/ーr-=彡}__ノ
      |    l    |       /  〃 / {!   、i!`ヽ
      |    l   |       ノ / / /iゝ,   }.-‐{r.、
       ヽ___ヽ___〉      /<__/ / l. i!\\.| /,.<ヽ」
我那覇響 「おつかれさまー色々教えてくれてサンキューだぞ!!>>巽」
鴨ウィザード 「遊んで勝てるとか羨ましいじゃねえか(白目>できない夫

え? 余? 知らんなあ(キリッ」
水瀬伊織 「やっほー?>鴨」
水瀬伊織 「私はとりあえず残念よ)キリッ」
佐久間まゆ 「狼と疑っているところを吊り殺さないといけないですよぉ
佐々木さんは尻尾だしてましたけど、千早さんもアレは尻尾どころか耳も牙も爪もだしてましたからぁ・・・>我那覇さん

返り討ちにはされてないと思いますよぉ・・・。
吊られるくらい疑わしかったならともかくですがぁ・・・>鴨さん」
鴨ウィザード 「同じ狼ばらしーの○だしなー うーん こう、悩むよねー うごご>小鳥さん」
我那覇響 「その中に入れる狼は千早だけですねww>>鴨」
佐久間まゆ 「むしろ狐なら逆に多少つっついてみても良かったかもですよぉ?
そうしたほうが会話ができて信じ込ませやすかったかもしれませんしねぇ>我那覇さん」
鴨ウィザード 「お前狐か! 狐なんか! 狐とちゃうんかコラァー!! って勢いで
千枝ちゃんに掴みかかってたからねー、千早ちゃん(ほのぼの>まゆちゃん

むしろあのベアト様なら、俺をいなしつつ千早を、こう、酷い目に合わせてくれてた
と思う所存。え? 余? 余が怪しいとかそんなバカな(白目」
水瀬伊織 「なんか決闘に鴨が3匹いる……」
我那覇響 「今回村をある意味初めて経験したけど、やっぱり視界がクリアになるね。
人外だとパニックになって意味分からんこと言ってたりするからなぁww」
鴨ウィザード 「なん……だと……>決闘鴨3匹」
音無小鳥 「いやまー、霊能がこっちに変えて狐勝ちでも
結果として狼勝ちでも私は別に良かったしね……w
というかあの形になった時点で負け濃厚だし引き分け以上になれるなら上々かと。
というのがあの村の最後の感想ですか。」
我那覇響 「他から見たらアレってそう見えたのかww
そこをちゃんと突っ込めれば良かったのかもしれないけど、実際の狐だとひるんじゃったぞ>>鴨

対話をしっかりしないとダメなんだな、うん>>まゆ」
佐久間まゆ 「狐に反応したってことはそうなりますからねぇ・・・>鴨さん」
我那覇響 「千枝ちゃんは合法!!」
水瀬伊織 「んー、やっぱ決闘行ってくるや。ホントにおつー」
佐久間まゆ 「信じるためにはちゃんとおしゃべりしないとダメですからねぇ・・・>我那覇さん」
佐久間まゆ 「ニナチャーンは?>我那覇さん」
我那覇響 「おつかれさまだぞ!!自分もここまでにしておくぞ!!
みんな、色々教えてくれてありがとな!!」
鴨ウィザード 「よくあるよくある。そうやって強く育つのよ(ニコッ>響鬼ちゃん」
鴨ウィザード 「おうお疲れー! 皆おつかれー!

さて、ちょっと俺も決闘にはびこる鴨どもを退治してくるわー」
我那覇響 「仁奈ちゃんは非合法!!」
鴨ウィザード 「それでは皆さんお疲れ様!! また明日な! さらば!!」
佐久間まゆ 「ちなみにこの村には神埼さんのRPをする方がたまにあらわれますよぉ>我那覇さん」
音無小鳥 「はふ、私もそろそろお暇しますね。
ありがとうございました。」
佐久間まゆ 「ではまゆも落ちますねぇ・・・
うふふ、できない夫さんってば、そんなにテレなくて良いんですよぉ・・・?
それではお疲れ様です」