←戻る
【劇場135】劇場公演 木曜の部村 [160番地]
~やっと涼しくなってきた・・・っ~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 高槻やよい
(生存中)
icon アンデルセン
(生存中)
icon こいし
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 火力発電所
(生存中)
icon 霊烏路 空
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
icon 前原圭一
(生存中)
icon さとり
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon 河城にとり
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon giko
(生存中)
icon 脇山珠美
(生存中)
村作成:2012/09/20 (Thu) 21:58:42
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
GM 「さてと・・・」
ガソリンスタンド さんが入場しました
ガソリンスタンド 「ウェーイ」
ガソリンスタンド 「ヨロッシグシャー!」
GM 「よろしくです」
できる夫 さんが入場しました
GM 「いらっしゃいませ~」
ガソリンスタンド 「ラッシャッセー
ラーイラーイラーイラーイラーイ
ォッケーィ 」
佐々木千枝 さんが入場しました
佐々木千枝 「こんばんはー」
GM 「いらっしゃーい」
できる夫 「よろしくお願いしますね?最初に来るのはアイドル?イザナミだ。」
ガソリンスタンド 「ラッシャッセー」
ガソリンスタンド 「レギュラーッスカッ!?ハイオクッスカ!?」
火力発電所 さんが入場しました
火力発電所 「よろしく」
ガソリンスタンド 「カキゲンキッ!?」
佐々木千枝 「ハイオクでお願いします」
火力発電所 「EDは自由の女神の顔面爆破だっ!」
ガソリンスタンド 「イオクッリマース!>佐々木さん」
GM 「アメリカに何かうらみでも?!>火力発電所さん」
佐々木千枝 「あと、ついでに窓拭いてください」
できる夫 「斬新ですねー。いい戦隊モノになりそうです。アンチテーゼ的に>火力」
ガソリンスタンド 「ハイザラダージョッスカー?>佐々木さん」
火力発電所 「そうか、今の世代は「チェルノブ」を知らないのか…」
原子力発電所 さんが入場しました
原子力発電所 「うにゅ!よろしく!」
できる夫 「なにちょっと略してんですかw>火力」
水瀬伊織 さんが入場しました
四条貴音 さんが入場しました
佐々木千枝 「千枝は事務所に禁煙言われてるので大丈夫です>ガソリンスタンド」
GM 「チェルノブって自由の女神に攻撃するゲームだったんだ・・・デコってば命知らずね>火力さん」
四条貴音 「どうぞ、よろしくお願いいたします」
水瀬伊織 「それじゃ、よろしくね。」
佐々木千枝 「こんばんはー 四条鯖っぽくなってきました^^」
全自動型狼発見器 さんが入場しました
できる夫 「え?ゲームなんですか?>GM」
ガソリンスタンド 「ウィース!アリットーザーヤシター!>佐々木さん」
火力発電所 「>できる夫 実際に存在するゲームだぞ「チュルノブ」は」
全自動型狼発見器 「よろしくお願いします。」
仮 さんが入場しました
原子力発電所 「うにゅ……チェルノブを知らない世代……」
「よろしくお願いします」
kari さんが入場しました
kari 「こんばんは、よろしくお願いします」
GM 「チェルノブ データイーストでぐぐってみるときっとわかります。
・・・しかもあの事故からあまり間が空けずに作られたゲームでこのタイトルっていうのがヤバすぎるシロモノなのですよ>できる夫さん」
できる夫 「なるほどなるほど、たしかに。知らない世代になりますね。ええ。失礼しました>火力」
火力発電所 「全自動型狼発見器が狼だったってオチですね、わかるわ(KWSM風に)」
四条貴音 「ちぇるのぶ・・・・?「どあのぶ」の親戚でしょうか・・・?」
火力発電所 「ちなみに中の人は原発ネタ使いたくないから火力発電所にしたのであしからず」
星井美希 さんが入場しました
萩原雪歩 さんが入場しました
星井美希 「あふぅ……みんなよろしくなのー」
できる夫 「うん、ちょっと調べただけでぱねぇっすね>GM」
火力発電所 「>GM 若いっていいわねー」
佐々木千枝 「支払いはカードでお願いします>ガソリンスタンド」
球磨川禊 さんが入場しました
佐々木千枝 「こんばんはー アイドル多くなってきて千枝安心しました^^」
球磨川禊 「『よろしくね!』」
萩原雪歩 「こんばんは」
火力発電所 「>できる夫 音楽はいいのよ」
原子力発電所
.           ________________
           |l i! i ゝヽ、_i,!/`ー'  ... , -、_ ..  i_l . i!.∥
           |l i!(~ ゚   i>   . r'~、 、 ,ー,.   }_ i!.∥
           |l i! l <|   っ   :.`ヒ)ヒヒヒi..:   .,]i!.∥
           |l(`ー       _ .. _: r' 、 ノ , ノ :    !.i!.∥
           |l i  。 ゚   /     ヽ、 ィ‐' /'!    i .i!.∥
           |l `7.     i::   ..:::!./`=-' i  _/...i!.∥
           |lく~ r、 ゚   、ト、____ノ!K !   ,l `ー、_イi!.∥
           |l r' ~ 。.  _ ゝ、__,ノX^ ー-‐ク r!_  `'7∥
           |l .}    / ヽー-‐/ヽ   ィ' `ー'' ,.ム'∥
           |l `=-   /::   /`ー'  \ ノ!      く、'∥
           |-'^、   、::::....ノ:      ..:i  ヨ\   `.∥
           |\,-,    `^ヽ::::..      .:::::!  } i!_,!  }∥
           |l i!{_   r-、'、:::::.... __ ,. イ   ̄、.   ∥
           |l i! .!  くuk /、 ̄;;;; ,ノ^、   |ス,  ∥
.            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

              行 け !    チ ェ ル ノ ブ



               我 前 に 敵 は 無 し

こんなのだよ!>貴音」
全自動型狼発見器 「ごめんなさい、ぬけます。ごめんなさい。」
全自動型狼発見器 は 全自動型狼発見器 に KICK 投票しました
全自動型狼発見器さんの出演は延期になりました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
GM 「そろそろじーえむさんがナビゲーションの方に交代しようって頃ですがー・・・どうしようかな、今日は」
ガソリンスタンド 「ガソリンスタンド さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ガソリンスタンド → Vintorez
アイコン:No. 890 (パーキング標識) → No. 1032 (Stalker Freedom)」
できる夫 「音楽がいいなら仕方ないですね。>火力」
火力発電所 「全自動型狼発見器が居なくなった?もう村はお終いだぁ…」
四条貴音 「ふむ、全自動さんはお疲れ様、ですか。」
Vintorez 「チェルノブか・・・あれが起きてから、ZONEは出来たんだ」
星井美希 「雪歩もよくわからない人もこんばんはなのー。
あ、狼発見器さんはまたよろしくねー」
四条貴音 「美希に、雪歩。共に邁進いたしましょう・・・」
萩原雪歩 「うん、よろしくね美希ちゃん
がんばろーね」
火力発電所 「あと、世の中には「ボディコンクエスト」ってゲームがあってだな…」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → さとり
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 246 (古明地 さとり)」
萩原雪歩 「四条さんも伊織ちゃんもよろしく」
原子力発電所 「原子力発電所 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:原子力発電所 → 霊烏路 空」
佐々木千枝 「このペースだと久々に満員御礼に(ry」
星井美希 「うんっ、貴音もいっしょに頑張ろうねっ」
霊烏路 空 「うにゅ!じゃあ普通に戻すね!>火力発電所」
Vintorez 「Vintorez さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:Vintorez → アンデルセン
アイコン:No. 1032 (Stalker Freedom) → No. 964 (アンデルセン)」
河城にとり さんが入場しました
火力発電所 「おー、ネタに乗ってくれてありがとなー>空」
霊烏路 空 「あ、さとりさまだー!アイドル?ねぇアイドルになるんですか?」
佐々木千枝 「折角だから、久しぶりに765キャラで行こうかな」
四条貴音 「30分まで満員となれば僥倖でありましょう・・・>佐々木千絵」
河城にとり 「やあ盟友」
できる夫 「…ふむ。」
河城にとり 「せっかく水力発電所CNで入ろうとしたのに」
星井美希 「こんばんはなのー!
盟友ってミキ達のことー?>にとり」
さとり 「たまには空といっしょに遊ぶのも悪くないと思ってね。
アイドルは……私には似合わないわよ」
佐々木千枝 「佐々木千枝 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:佐々木千枝 → 天海春香
アイコン:No. 1018 (佐々木千枝) → No. 542 (天海春香04)」
河城にとり 「そうだぞー>星井美希
人間は古くからの盟友なんだよ」
天海春香 「えへへ、みんないるから来ちゃった」
萩原雪歩 「萩原雪歩 さんが登録情報を変更しました。」
できる夫 「できる夫 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:できる夫 → 古明地こいし
アイコン:No. 273 (できる夫) → No. 249 (古明地 こいし)」
河城にとり 「発電所で絡まないとRP大丈夫かな、大丈夫だ、よし」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 前原圭一
アイコン:No. 7 (青) → No. 137 (前原圭一)」
萩原雪歩 「春香ちゃん、いらっしゃい」
四条貴音 「・・・む。物の怪の類がいるのですか!?
面妖な・・・除霊などをおこなうべきでしょう・・・」
古明地こいし 「私、参上!ラブお姉ちゃんあとお空!」
四条貴音 「春香、よくまいられました・・・」
アンデルセン 「それはいけません・・・すぐに殲滅しなければ・・・>四条」
霊烏路 空 「えー、アイドルになりましょうよー、目指せAKB越え!
STR(さとり)48とかになりましょうよー、なんかムキムキですよ!>さとり」
星井美希 「古くからって言ったって、ミキ達といっしょか年下くらいに見えるんだけど……
もしかして、貴音と似たような育ちの女の子なのかな?」
河城にとり 「河童として人間の手助けをするわけさ
暇潰し兼ねてね」
さとり 「あら、こいしも来たの? よろしくね」
古明地こいし 「古明地こいし さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:古明地こいし → こいし」
萩原雪歩 「うち、今日は広島弁でしゃべるんじゃけど
わからん言葉があるかもしれんけえ、先にあやまっとくね」
霊烏路 空 「あ!こいしさまいつのまに!」
アンデルセン 「なんとまぁ・・・物の怪に魑魅魍魎が集まったものだ・・・」
萩原雪歩 「ほいじゃあ、みんなでがんばろーね」
こいし 「よろしく!大丈夫安心して。私達にはアイドルのみんながついてるから!
アイドルは希望の偶像!叶える輝ききっらきら!勝てるよ!
もし敵でも私が解体するから安心だね!>さとり お空」
河城にとり 「そんじょそこらの人間よりは長生きだねー>星井美希」
天海春香 「みんなー!よろしくねー!」
さとり 「なるほど、そういうことならば姉として、地霊殿の主として簡単に敗れるわけにはいかないですね」
水瀬伊織 「広島かぁ……広島って言っても広いじゃない。
呉と広島と尾道……とかでも若干違うわよね。>雪歩」
霊烏路 空 「アイドルすごーい!(キラキラ>こいし」
四条貴音 「しかし・・・どうやら「人」に化けている様子・・・
私たちはそれを見抜きだし・・・排除、殲滅しなければならないようですね・・・>アンデルセン殿
・・・しかし、現時点でそのようなものは・・・いる気もしなくはないですが・・・」
火力発電所 「---------、  ./(/人',-=ニ、  ::::::,-==--:::::   ::::::::::::/:::/::|;;/ /
 な 凄 な ヽ   ヾ~~,--、_ :::::: (‘)_,      :::::::::、 ::/::|  |  う
. っ い .ん  |     ヽl (‘)| ::::::::` ̄          ::::::::`-'::::::|  |   わ
 ち. こ だ  |     ヽ`ー| ::::::::::::::        ::::::::::|:::::::::| <   あ
. ゃ と か  |      ヽ  }  ,--、:::::::         :::::::::|::::::::::|-、ヽ
. っ に     >    ヽ (   _,::::::::       ::::::::::|::::::::::/ヽヽ_
 た      /        ヽ `-,-'::::_,...-ーヽ、    :::::::::|::::::/:::::::::|:ヽ二-
 ぞ       /       ヽ .l-<二--^-'~-/   ::::::::::/:/:::::::::::::|~|:::::::ヽ
前原圭一 「と、いうわけで皆よろしくなっ!
綺麗な人がいっぱいいる村だし男冥利につきるってもんだぜ!」
星井美希 「へぇ……見かけによらないんだね>にとり

あ、でも長生きしてる割に胸はあんまり……?」
こいし 「お姉ちゃんかっこいいー>さとり
アイドルはね、すごいんだよ!たぶん!>お空」
萩原雪歩 「んー、うちも違いはあんまり分からんけど
安芸のほうの言葉じゃ思うてもろーたらええかね>伊織ちゃん」
星井美希 「む、気付かない間に別事務所のアイドル達が混ざっちゃってる?
でもミキ達だって負けないのー!!」
四条貴音 「雪歩。貴女の個性がよくわからなくなったのですが・・・>雪歩」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 高槻やよい
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 759 (モバマス・高槻やよい02)」
水瀬伊織 「や、やよい……!」
天海春香 「765プロ~・・・ファイトー!!」
アンデルセン 「なぁに、時が充ちれば・・・いずれ明確に判ることでしょう
狡猾な狼や狐は・・・すぐに・・・>四条」
高槻やよい 「うっうー!よろしくおねがいしまーっす!!」
火力発電所 「                     /   10
              .__;;;:::::::;;;;;;:|    代
          ,;;;;;;;;;;:::::......::|    の
          '`l./../ ....._ヽ   女
          /,,,,,_ ̄,,,,,,_ ヽ   の
             }'e> <'eヽ` ヽ、 子
          | / ,.、     .ヘ/∨`
          | `-'      、'ノ
          { 'ニニゝ    ,/
          ヽ "     ノ/、
    ___......  __ヽ..........-ー'ニ'/: :l-、___
======---ー||-'//`><~~ ̄ /: : |、: : : :
: : : .     .||': :.//彡、  /: : :| ヽ: : :」
星井美希 「おー!!」
霊烏路 空 「あ!この人テレビで見た事ある!>GM」
四条貴音 「ふぅ・・・応ッ!>春香」
こいし 「だが噛まれる>やよい」
萩原雪歩 「これも役作りの一環なんよ<四条さん」
河城にとり
             ,....:.:''" ̄.:.:.:..、    __
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ''".:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙ 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
          !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,...:.:.:.:..,,_、.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.>-‐ァ
          l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.  '"       `''‐-<o'o  ` 、
          ,.:.:.:.:.:/               '.,     丶
           '、.:.:/                ,   |  `ヽ     ',
        /`''!   |    ハ   ハ、_,,/ハ ,!      ',     l
.      /    l    !‐- ,,_, |_/ l_,.ィ-‐弋7ハ       !    '
      l    |    | ,.斗-、    '、 ヽ,,_ノ !     |ハ   /      >星井美希
      l.ハ   l ,. -' ` ヽ_,!   ,    ,.,.,.// ,!  .,' l/
      |! ヽ  V   l ∧ ,.,.,        ,イ ハ  /          なんだよー
         ', l   |    、   , 、  / l / レ′          これでもあるほうだぞー
           ノノ    |ハ  、`'' ‐  -<    'イー-i―  、
                 ' ,  lヽハ r'´::/     |:::::::::l     丶
                 \!´  |::::::l      ,!:::::::::l      .、
             ,.-、   l   ,!:::::::、 _,..:'::::::::::::}      \
               /::;::l   ',  ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.、 ヽ     \
              ,':;::::;l    ン'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー/\     \
              !::;::(ヽ  /:::::::「 ̄ ̄~ `''" ̄ ̄!:::::::::::;'   \    丶
             //::;) ',  {:::::::::| に  と  り |:::::::::::!.     \ ,   、
         〈r'´ 〉  ヽ ';:::::::::、 __,,..,、__,..ノ:::::::::,'l       /    l
           〉   }   | '.、::::::;::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::'::|     /    ,/
           `i _ノ;:':, ノー--ヽ;::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::|   /   ,.. '´
              ` \::;:\    <;:::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::{_/   ,.. '´
                `ー'`''ー/;::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::く_ ¬<
                   ,.:'::::;::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::/  〈
                  ,.':::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::〉  ノ
                 ,く::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::`┬''
              '  ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::!
             ,'    ',`:::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::〉
               l      ';::::::::::::`'':::::‐-::;r-―― ''" |」
水瀬伊織 「後3人くらい来ないかしらねぇ」
高槻やよい 「えとえと、ゆいごんばしーってセットしたらすたんばいおねがいしますっ!」
萩原雪歩 「方言がしゃべれるアイドルって、萌える思わん?」
アンデルセン 「ほう、この人数で開始とは珍しい・・・だが、悪くありませんな」
三浦あずさ さんが入場しました
天海春香 「45分ぐらいから結構ズサりそうですね」
萩原雪歩 「やよいもよろしくね」
前原圭一 「アイドルかぁ…知り合いにもアイドル(偶像)扱いされてた子がいたけどどうなんだろうなぁ」
三浦あずさ 「えーと、大丈夫かしら?」
四条貴音 「貴殿は「専門家」であるとお見受けいたします・・・
ならば、この劇場のひと時の平和に・・・ご協力頂きたい>アンデルセン殿」
こいし 「あると思うよ?…方言によるけど>雪歩」
天海春香 「な、なんか、あずみんって感じがするよね?>雪歩」
高槻やよい 「あずささんこんばんわーっ♪きてくれてうれしいですっ!」
四条貴音 「あずさ、よくぞまいられました。」
giko さんが入場しました
アンデルセン 「なぁに、少なくとも、私が生きているうちは・・・
この村は終わらせません、ご安心を・・・>四条」
giko 「普通村成立枠、と。よろしく」
高槻やよい 「ぎこねこさんこんばんわー!」
星井美希 「あずさもgikoもこんばんはなのー!」
三浦あずさ 「ちょっと道にまよっちゃって~♪
遅れてごめんなさいね?>貴音ちゃんやよいちゃん」
霊烏路 空 「わー、お燐だー!>giko

……うにゅ?なんか白くなった……?」
四条貴音 「なるほど・・・確かに・・・普段から没入することで、形をつくるのですね>雪歩」
萩原雪歩 「あずみん、かわいいもんね
ちぃとあざといくらいがええよね>春香ちゃん」
河城にとり 「埋まったねー」
さとり 「可愛い猫ね。
おりんのお友達に連れて帰ろうかしら?」
河城にとり 「遺言できたよー」
水瀬伊織 「埋まったって表現するのはちょっと違う気もするけどね>にとり
まぁ問題人数だからどうでもいいけどw」
萩原雪歩 「そーなんよ、普段から練習しとこう思うて>四条さん」
高槻やよい 「私の事しってくれてるー♪うれしいです!>お空ちゃん」
四条貴音 「ええ、私も支援いたします。
必ずや、勝利を>アンデルセン殿」
四条貴音 「四条貴音 さんが登録情報を変更しました。」
星井美希 「あ、遺言スタンバイおーけーなのー。
あとは、あずさの準備待ちかな?」
かか さんが入場しました
天海春香 「あと1人来るかな?」
こいし 「役に没入するって聞くとヒース・ジョーカー思い出すなあ。
ホテルにこもってジョーカー日記つけて役作りしたんだって。かなり長い間」
かか 「ふい」
前原圭一 「前原圭一 さんが登録情報を変更しました。」
高槻やよい 「大丈夫です!来てくれただけでうれしいなって♪>あずささん」
天海春香 「満員御礼!感謝!」
giko 「…相方ちゃうよ>お空
むう、お望みならばバトンタッチも考えるが」
河城にとり 「・・・あと1人いたや>水瀬伊織
でも大丈夫にとりの透明ロボがいれば埋まるよ」
アンデルセン 「5吊りで何もかも決着する・・・それすらできずなにが十三課かっ・・・!」
星井美希 「あ、埋まったね。みんなよろしくなのー!」
萩原雪歩 「そろーたね
ほいじゃあ、はじめよーかね」
霊烏路 空 「あれ違ったかー、にてたんだけどなー、でもいいや!白も可愛い!>giko」
giko 「ま、よろしく。
締まっていこうか」
火力発電所 「10代ローラーで終わるな」
四条貴音 「良いことです、雪歩。
役とは言え、舞台の上では役こそが己・・・すなわち、己を役に近づければ
より輝きを増すのは必然でしょう>雪歩」
河城にとり 「ここでCNにとりにすればさとりにとりでCNトラップができるなー」
萩原雪歩 「あずささんもよろしくお願いしますわ」
三浦あずさ 「それじゃあまったりいきましょうか~」
かか 「かか さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かか → 脇山珠美
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 971 (脇山珠美)」
さとり 「アイドル全滅路線一直線ですね、一人生き残りますけど>10代ローラー」
三浦あずさ 「えぇ、雪歩ちゃんもよろしくね~
今日はちょっと雰囲気が違うのねぇ」
霊烏路 空 「劇団ひとりもいればさらに……惜しかったのねん>にとり」
星井美希 「誰か劇団ひとり呼んできてー!」
こいし 「よーし。地霊殿でガンバロー。カンパロー♪」
天海春香 「SRになった珠ちゃんだ!!」
火力発電所 「>さとり 10代とかゴミだから…」
星井美希 「あ。空ちゃんと被っちゃった。まぁいっか」
水瀬伊織 「あずさの開始準備待ちね。」
脇山珠美 「失礼します……は、春香さん、確かに珠美は今回はSRですが……!」
四条貴音 「どうやら、役に没頭している様子。
しっかりと見守って差し上げましょう。>あずさ殿」
giko 「むう。可愛いとか言われるとは…
霊烏路 空 「みんなおもうよね!>美希」
さとり 「サブタレ魂で熱くなりますね」
三浦あずさ 「あら~、春香ちゃんも復刻でガチャから出るわよねぇ?」
脇山珠美 「しかし、だからといって向井さんやあずささんのように大きいわけではなく……」
四条貴音 「あずさは準備でき次第開始投票をお願いいたします」
天海春香 「みんな、よろしくねっ」
三浦あずさ 「役にハマるのはあるわよねぇ
私もついつい言葉遣いが荒くなちゃったりすることも・・・
なんでもないわよ~?>貴音ちゃん」
河城にとり 「>星井美希 お空
恋人だねー」
天海春香 「わた春香さんのSRは完全無欠ですっ!!」
脇山珠美 「……!そ、そうです!
珠美は思いました!やっぱり春香さんのSRはあざと、いやなんでもありません!」
萩原雪歩 「はい、ちょっとがんばってみよーか思うたんで・・・
うちの広島弁、似合っとりますかね?>あずささん」
星井美希 「ひとりにとりさとり……
次のスーパーヒーロータイムはこれでいくのかなぁ? 今3人だし」
三浦あずさ 「あらあら、ごめんなさいね
ちょっと色がかわってるのが見づらくって」
高槻やよい 「それじゃ、あんでるせんさんカウントお願いしますっ!」
前原圭一 「10代かぁ…俺はいったい何代になるんだろうな」
アンデルセン 「全員の投票を確認した では、聖戦を布告する」
河城にとり 「気付くのにワンクッションあいたなんていえない」
霊烏路 空 「あ、ことりさんもいた!」
アンデルセン 「AMEN」
アンデルセン 「AME」
三浦あずさ 「とってもかわいいわよ~♪
お姉さんもって帰りたいくらいだもの>雪歩ちゃん」
アンデルセン 「AE」
脇山珠美 「ち、ちびっ子でもやればできるところをお見せしますっ!」
星井美希 「えへへ、ミキにはもう好きな人がいるからノーカウントなのー♪>にとり」
アンデルセン 「A」
四条貴音 「かうんとが妙ではありませんか!?」
天海春香 「ちなみに、アレ履いてないんだよ!!(プロデューサーさんが脱げって>珠美ちゃん」
アンデルセン 「andersooooooooooong!
萩原雪歩 「あ、ありがとうございます・・・>あずささん」
アンデルセン 「では、開始」
ゲーム開始:2012/09/20 (Thu) 22:43:23
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
霊烏路 空 「よろしくー!」
四条貴音 「ふむ、化生でありましたか。」
火力発電所 「あれ?占い師、占い師はどこいったの?」
「◆高槻やよい みなさんきてくれてありがとうございますっ!
今日のお手伝いは私、高槻やよいがやっちゃいます!楽しんでくれたらとーっても、とーってもうれしいですっ!」
四条貴音 「ならば主として、この劇場を喰らい尽くすは道理・・・」
霊烏路 空 「村立てありがっとー!>GM」
四条貴音 「騙り役を決めましょう。
いないのでしたら、私がでしょうと考えておりますが・・・」
霊烏路 空 「じゃあ騙りはどうする?」
四条貴音 「したを・・・噛んで・・・」
四条貴音 「囲いは入りますか?」
火力発電所 「タカネにおまかせしよう。ただし春香とさとりは対応しとく」
霊烏路 空 「とりあえずいいかなー>囲い
美希とさとりさまたいおー!」
霊烏路 空 「あ、さとりさまいるか」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆高槻やよい 今回のcafe

大衆食堂風、おふくろの味でお出迎えします。
定食や手作り甘味がメインっ」
高槻やよい は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高槻やよいさんの遺言 みなさん、がんばですっ!
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
giko 「さて、おはようさん。さくっとCO頼むぜー」
前原圭一 「さぁさぁ朝だ、朝だ!
今日も部活で暴れてやるぜ!」
球磨川禊 「『えー』『モブキャラのみなさんおはようございます』
『どうしました!個性なきみなさん!』
『怪我はありませんかその他大勢のみなさん!』
『具合が悪いのなら帰った方がいいですよ、もう出番のないみなさん――』」
こいし 「おっはよー!じゃあアイドルのみんな!
お姉ちゃんとお空のために一緒に頑張ろうね!
敵だったらお部屋に飾るから!加工して!」
火力発電所 「過激にファイヤッー!!」
三浦あずさ
レコンキスタ
ていぼう
しなのがわ
こんぼう

これらに対応するものはな~んだ?♪」
星井美希 「あふぅ……おはようなのー。
それじゃ、占い師さんはCOよろしくねー」
水瀬伊織 「さて、おはよう。
なんとか今日も17人集まったわねぇ
それじゃまずはCOよろしくね。」
アンデルセン 「さぁ、化け物共 能書き垂れてねぇでかかって来いよ
ハリー・・・ハリー!」
霊烏路 空 「おはよう!じゃあ占い師さんのCOからだね!」
天海春香 「みんなおはよっ!!それじゃあサクサクCOよろしくお願いねっ!!」
萩原雪歩 「おはようございます!」
さとり 「おはようございます」
河城にとり 「おはよう盟友」
脇山珠美 「おはようございます!
気合です!気合さえあれば大きさは関係ないです!いろいろと!
それはそうとしてCOを(ぶんぶん)あ、竹刀振り回したらだめですか、そっすね……」
四条貴音 「破ッ!! 占い師を宣言!! アンデルセン殿○」
こいし 「じゃ、COはじゃんじゃんお願いしちゃおうか。
むしろCO数を限界一杯まで増やそうよ!」
前原圭一 「役職さんはお仕事よろしくだぜ!
できる限り迅速にな!」
四条貴音 「戦う前に・・共にゆくと決めた存在・・・・
ならば、その内訳をあらかじめ把握するが道理。
アンデルセン殿、その実力を。」
火力発電所 「よし、●は出ていないようだから様子見は終わりにして
能力者はCOしてくれ」
球磨川禊 「『ああっ!』『高槻やよいちゃんが死んでる!』
『なんてひどいことを!』『許せないね!』」
脇山珠美 「朝一が……とおい!」
霊烏路 空 「……うにゅ?1CO?」
萩原雪歩 「占いは1人だけかいね?
めずらしいねえ」
さとり 「占い初日ですね、わかります」
三浦あずさ 「こたえは~

 い
  の
   う

霊能COでした~」
河城にとり 「・・・占い師は1人だけみたいね」
水瀬伊織 「ん……あれ……占い1?
まぁ良いか、霊能もどうぞ。」
天海春香 「占い1ですか??」
こいし 「四条さんの占い方がカッコイイ。なんかTさんみたいだ。」
アンデルセン 「・・・その心意気、確かに>四条」
giko 「1CO…ふむ、面白い。
霊、共有は? この局面、伏せる意味は皆無だしね」
脇山珠美 「だがしかし珠美は負けません!
だがしかし占いが1人しかいないっぽいですがどうですか履いてない春香さん!」
星井美希 「んー、まだ寝てる人いないよね? 占い師さんは貴音だけかな?」
前原圭一 「ん・・・占い1だけか?
ま、霊能の人数見て考えようか」
火力発電所 「こんな凶悪そうな顔で村人なのかー」
アンデルセン 「1-1進行、だと・・・?」
河城にとり 「随分と暇な霊能なんだなー>あずさ」
さとり 「と思ったら1出ましたね。」
三浦あずさ 「ということでなんだか増えそうにないからCOしたわ~」
天海春香 「1-1・・・・?」
四条貴音 「・・・む、対抗はなし?化生は何をしているのです・・・?
霊能も出ていただきたい。」
萩原雪歩 「あずささんが霊能じゃね
ナナメ読み、なかなかええですねえ」
水瀬伊織 「後は共有も出てグレランかしら」
火力発電所 「わかりづらい霊能COだが、三浦が霊能者のようだ」
霊烏路 空 「1−1……
遺言残せないんだよね……うわ、これマズいきがするよ……」
球磨川禊 「『僕も朝一で発言できたと思ったんだけどねえ』>脇山珠美
『また勝てなかった』『でも次は勝つ』」
脇山珠美 「あずささん……やはり大きい人は違います……!」
星井美希 「あ、あずさはそれ霊能COだったんだねw」
萩原雪歩 「で、結局1-1なん?」
前原圭一 「1-1とはずいぶん露出が少ないなぁ
パララッチでも警戒してるのかねぇ?」
河城にとり 「共有は伏せても意味ないだろうだなー」
giko 「1-1…どっちかに真はありと。身代わりが仕事した可能性も非常に高い。」
さとり 「わりとアレな形ですね。
人外仕事しろか、初日先生自重しろか
どちらにしろグレーの広さがだるいです」
こいし 「1-1?まぁいいや。共有も出ればいいんじゃない?」
萩原雪歩 「ほいじゃあ、共有COするわ」
アンデルセン 「気に入らねェ・・・複数宣言が出ていいはずだ・・・
何を考えていやがる・・・・化け物共が」
星井美希 「それじゃ、共有COなのー!」
四条貴音 「あずさ、なかなか面白い言葉遊びですね・・・」
前原圭一 「とりあえず共有のCO待ちだな
火力発電所 「しかし、1-1、1-1か…
この鯖では潜伏なんてできないからな、でるなら出てくれ!」
三浦あずさ 「わかりづらいって言われてもねぇ
お姉さん困っちゃう>発電所」
脇山珠美 「1-1ですねー。了解っと。

◇霊烏路 空 「1−1……
遺言残せないんだよね……うわ、これマズいきがするよ……」


なにがまずいんですかー?なにかごぞんじですかー?
と珠美は珠美は初手から攻撃的になる!
星井美希 「うんっ、相方雪歩で合ってるよっ」
天海春香 「これは・・・占い初日が濃厚な気がしてきましたぁ・・・」
giko 「FO把握と。1-1-2のグレラン、だな」
萩原雪歩 「美希ちゃんと共有になったんよ
ええじゃろ~?」
霊烏路 空 「貴音視点は狼全潜伏、狂人潜伏か初日ってケースだけだよね
ふーむ、まぁここからは噛みを見てになるかなぁ」
さとり 「アイドルが役職持っていきまくりですね、これw」
河城にとり 「霊能を疑うつもりはないから内訳を見るなら占いの中身だけでいいかな
具体的に真狂狼のどれか」
三浦あずさ 「うふふ、夜って退屈よねぇ>四条さん」
球磨川禊 「『いいね』『縦じゃなくて斜めってところが気に入ったよ』>三浦あずさ
『僕だけは君を信じるよ!』『だから安心してね!』」
水瀬伊織 「おっけ、共有もFOね。
後は……まぁ、占いについては銃殺の有無を考えつつ
真―真をとりあえず見ながらグレランして行けば良い感じね。」
霊烏路 空 「共有さんわかったよ!」
前原圭一 「共有FO把握っと
こういうケースなら共有初日ならありがたいがそうではなかったと
まぁ両方グレーなのはよしか」
こいし 「あら。すごいわ。アイドルがみんな役職ね!やっぱりアイドルは希望だったのよ!
こんな不安な1-1とかひっくり返す輝きがあるのよ!」
アンデルセン 「1-1-2、認識した・・・では友よ・・・
お前が真の其れだと村全員に信じられることを祈っている>四条」
天海春香 「占いの出方が様子見っぽいですからね・・・

銃殺でないと真っぽく見えないなぁ」
脇山珠美 「そんなん噛みみればいいと珠美は愚行します。
そのあいだに修羅場です!修羅場の3人を決行すべく共有がでましたが、
ここには菊地さんがおりません!」
giko 「多分システム的問題なんじゃないのかな。と推測>珠美
四条は「他PHP系列と違い遺言システムがありません」」
火力発電所 「共有FOで初日欠けの可能性ありっと…
今のうちに占い師の期限決めておくか?」
萩原雪歩 「たちまち、占いがホンモノかどうかがカギになりそうなね
真-真ならラクなんじゃけど、どがなかね?」
天海春香 「共有把握っ!!

美希と雪歩なんだねっ!!同じ765だよ!!」
さとり 「銃殺出たらラッキーぐらいですかね、これ」
球磨川禊 「『まあまあ』『そうカリカリしないで』>アンデルセン
『どうせ弱い奴から死んでいく』『そうだろう?』」
三浦あずさ 「だけ?
他の人は信じてくれないのかしら~?>禊君」
アンデルセン 「様子見をするのが・・・怪訝だと、言いたいのですか?>天海」
水瀬伊織 「まぁ、疑う気持ちはすごくわかるけどね>春香
様子見なんて真でもするものだし、今から考えてもしょうがないわよ。」
星井美希 「言われてみれば、占霊共が今のところ全部そうなの>さとり

ね、言ったでしょ、ミキ達も負けないって!!」
霊烏路 空 「霊能さんのCOは凝ってるのね、こっちは速攻COに近いと見ていいね!
アナグラム自体は単純だから初手●だった時ヤバい作戦だけどw」
脇山珠美 「ということで今日はお空さん吊って色をみましょうと
珠美は珠美は攻撃的になっていきます!

1-1の警戒はいいですが、信じる心がたりません!」
天海春香 「1-1-2だととりあえずグレランかなぁ・・・?」
河城にとり 「占いの様子見って人それぞれなんだよなあ
まあ遅いから狼は薄目って見れるけど当てにするほどじゃないな」
四条貴音 「ふむ、しかし霊能とつながるか、あるいは・・・
狐を切り捨てればよい。比較的ありがたい展開でありましょう・・・」
giko 「よって、潜伏はあまりしないで欲しい本音があるねー、万が一いたら。
いない前提だと霊盲信の占が真狼あたりで想定しつつ。」
前原圭一 「ま、占いさんは個人が特定できる占い理由をお願いしておくぜ
対抗いないからいらないってのは流石にノーセンスだしな
あと、個人が特定できる占った動機もそえておくとなおよしだぜ!」
三浦あずさ 「わかめてさんでも潜伏する人はいるんだから
そういうのは理由にはならないと思うわねぇ>gikoちゃん」
アンデルセン 「『全く持ってその通り』『そうあれかし、AMEN』>球磨川」
萩原雪歩 「まことちゃん、来れんかったんよね・・・>珠美ちゃん」
さとり 「共有が○に入ってないのだけが救いの灰数ですね
私の瞳でも処理しきれるかどうか」
天海春香 「まぁ、どっちにしても初日は何かしら持っていってる気がしますねー」
脇山珠美 「あとですねっ!
春香さん!占いなんて銃殺ださなきゃ……ボンッ!なんですよ!
そんくらいのはかないいきものなんです!」
霊烏路 空 「信じるココロー?>珠美

けっこう異常事態だと思うんだけどなー?」
水瀬伊織 「ん、遅いと狼はあんまりないのかしら?>にとり
そこの感覚があんまりわからないのだけど……
まぁ、言いたい事は何となくは解る気がするんだけどね。
狼なら騙るかどうか決めてるから~って事でしょうし。」
星井美希 「ちょっと楽観的すぎるかなー、そうであってほしいけど>雪歩
でも狼騙りじゃない限りしばらく残せるから、グレランでいいと思うな」
こいし 「んー……一番嫌ーなのは初日が占いもっててる場合かな?
狼全潜伏かつ狂人潜りってことになるし。
逆に一番いいのは狼全潜伏かつ狂人初日で真占い…すごく楽!」
河城にとり 「潜伏するなら他の人が対応できるものじゃないから仕事してねぐらい」
さとり 「1-1で潜伏してる占い・霊能とか出て来ても即吊りでいいです……>giko」
前原圭一 「ま、今日はグレラン以外することないから適当にお話しようぜ!
アイドルの睦言とか教えてくれると嬉しいしな!」
アンデルセン 「村は狼が占い師を抜かんとするか、霊能を潰しに来るか
それだけ見ればいいであろう、まずは、潜む化け物です」
火力発電所 「ま、明日からの占い師の理由と占い先で俺は審議を考える。
共有も能力者の扱いを考えておいてくれ」
giko 「まあそういう人はよほど周りより立ち回れる自信がある人だからねぇ>あずささん
狩人を信じないスタイルが基本だし」
球磨川禊 「『期限ねえ』『まあ今決めなくてもいいんじゃない?』
『優秀な共有者さんがきっと決めてくれるからさ』」
萩原雪歩 「わかりやすーに銃殺が出たらうれしいねえ」
天海春香 「グレランしかここはないでしょうね・・・やっぱり」
河城にとり 「狼は噛まれを怖がらないからね>水瀬伊織」
水瀬伊織 「その想定おかしくない?>こいし
狼・狂人潜伏なら占いは真だものw」
火力発電所 「まっかな、ちか~い」
脇山珠美 「なんで、いろいろ現状役にケチつけつつ生きるき満々のお空さんは
発言を稼いでいるので吊っていろをみましょう!

狩人だったら知りません!」
四条貴音 「早朝待機で●は即出しが求められます。
それは化生としても同じ、後出しでは信用得られぬのであれば、まつがどうりでしょう?>春香」
球磨川禊 「『誰の発言か忘れちゃったけどさ』」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
アンデルセン1 票投票先 →こいし
こいし6 票投票先 →河城にとり
天海春香1 票投票先 →こいし
火力発電所2 票投票先 →球磨川禊
霊烏路 空2 票投票先 →火力発電所
水瀬伊織0 票投票先 →霊烏路 空
四条貴音1 票投票先 →火力発電所
前原圭一0 票投票先 →こいし
さとり0 票投票先 →天海春香
星井美希0 票投票先 →こいし
萩原雪歩0 票投票先 →こいし
球磨川禊1 票投票先 →アンデルセン
河城にとり2 票投票先 →四条貴音
三浦あずさ0 票投票先 →こいし
giko0 票投票先 →河城にとり
脇山珠美0 票投票先 →霊烏路 空
こいし は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霊烏路 空 「おう、以外と入んなかった!あぶないあぶない」
四条貴音 「思わぬ結果でありますね」
火力発電所 「っていうか、初日占い師なのかよ…」
霊烏路 空 「まず間違いないねー>火力
潜伏してたら怖すぎる」
四条貴音 「私は囲いを入れず、偽を見せる噛みで進行いたしたいと思いますが」
霊烏路 空 「うんおっけー」
四条貴音 「具体的には、共有を排除。」
四条貴音 「どうにか、生き残っていただきたい。」
火力発電所 「囲わないとどっちか死にそうな臭がしたが、タカネがそういうのなら頑張るか」
霊烏路 空 「潜伏いるとしたら珠美」
霊烏路 空 「だけど」
霊烏路 空 「●で伏せるかー?うむー」
霊烏路 空 「ごめんわすれて」
霊烏路 空 「火力の票は全部身内だ!(DOYA
霊烏路 空 「どっちかっていうと私」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
萩原雪歩 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
萩原雪歩さんの遺言        ,. -────- .、
     /: : : : : : : : : : : : : :\
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : ハ
    l: : : : : : : ::/l: :l: : : : l: :l:l : ',
    | : : : : /‐/┼,ハ: :l: ∧_|:l: : :!
    |/l: : :/ /ィケlヽWNィテト/l: : |
    |: l/l/,イ〈 ヒり    ヒク/|/lノ
    l: : : : ::|  ""   、 "l: |
.    V: : : :|、   r‐┐ /: :l
     \: ::| > .,_ ̄イ: : : /
   ,x<ヽヽ:|\_ノ l`ヽ\/  __
   ,'   V⌒ト、o/lヽ〉 l\ / / )く
   |  ( ̄二ユ, ol   ', }/ Y/)、
   l    ゝ、二ニ}  l    V  /`´ー/
   |   / ヽ_ノ  ol    }  _/
   l   /  /    }   ,'  /
  / ´   ,'   /l/  /  /
  ヽ   /     |  / /
   `ーイ     o,'  /'´
     /      l  |
    ./         |  ヽ
   /       o|   ',
   ,'         |    ヘ
  ,'         |    ハ
  |           O|      ',
こいしさんの遺言          ,ィ劣圭圭圭圭圭圭==---{     :::/   /:::::...       /
         /圭圭ミ≫'''"~ ̄ ____〉    ..::::戈;;;:ノ::::       ノ
        j≫'''"~ __,,.::ャ≦圭圭圭圭圭{   >"ミx、 {:::     _r"
       {⌒ ,..ャ≦圭圭圭黒≫'''" ̄   `''''"==弍℡ミト、    ノ
      / ,ィ炙圭≫''''" ̄  /    \          ̄"''ミ:、 _,..イ  えへへ。楽しいなあ
      ,ィ圭ミア"   /    弋                `、  `トミ℡、  
     ,ィ劣i圭j!   /    /,,斗 /     }`ー= =-、    ゙;   }圭ミ心 
   ,ィ然圭圭j!        λ ィ{ 从_ヽ、 j!行示ミz_, ヽハ  }   li圭圭沁
  ,イ圭圭圭ミi       /八i|云ミ  )ノ} {{_::゚:_ツアノ、 | }ィ{j!   ハ圭圭ミ私
 {圭圭圭圭{       r‐ミィ灯心      :ー=彡\Nハ    }圭圭ミハ
  Ⅵ圭圭圭ミ!/    {\レ 代;;:゚/) _    r‐‐ ´\ ヽヽ   トノ圭圭圭リ
  `寸圭圭ミ/ /   ゝ | !\/ /´_ノ   `=¬  ヽ. i |  ノノ圭圭圭㌢
    `≪圭{ λ   {  |  ト=彡 /    __ _,  '′  } | |.ィ"ハ `寸≫'"
         `''∨ミ)从 \|  Ⅳ  / ー< _,ノ /     丿 ノ   `ー-..、
          / ゝト、ミx     `丶、 ゝ-゚ /     //{    `ヽ、ヽ
       ー=彡/   ,..-‐\\    \ ..}   `ヽ/  { \\    } ) )
     ,..-‐''"  /   / 人r--\\    ゙≧く  ∨`、 ゝ  ヽ    ノ/
    ( 〈(    ゝ、(    ヽ:: :: \}      }\   \ー--、  _)_   人_..ノ
     >..、      \   )_ノ: :: :::/    ∧ .\   \: :: Y:::::::j    ヾ"
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
前原圭一 「さぁさぁ朝だ、朝だ!
今日も部活で暴れてやるぜ!」
さとり 「おはようございます」
アンデルセン 「灰数に気を掛けるさとり、初日から飛ばしている脇山
前者は狐狩人気味、後者は村狼だが・・・噛みによっては、という所
占って結果が出るのならば幸いと、私は考えますがね」
火力発電所 「おはようだファイヤー
発言的に脇山が、投票的に球磨川が何か持ってるんじゃないかな
そんな初日だった。無論その辺占いをしてほしい個人的意見」
球磨川禊 「『おはよう』『ここで四条貴音ちゃんが僕に●を出したら』『無条件で盲信してやるぜ?』」
三浦あずさ 「こいしちゃんは○~
村人ね」
giko 「はいおはよーさん、と。」
四条貴音 「破ッ!!! 占い師を宣言、球磨川殿○!!」
天海春香 「おはようございますっ!」
霊烏路 空 「おはよう!じゃあ貴音さんはCOしてね!

いきなり私誘導喰らったけど特に乗ってくる人はいなかったねー>珠美
逆になぜかこいし様に票が集中、と
単純発言数なんだろうけど、内容的には割とどっこいだった気しかしないんだけどなぁ
組織あったとしたらむしろこっちかな?という感触」
水瀬伊織 「おはよ。中々レベルの高いグレランね。
いずれにしても残せないところを落として行って
明日に行くしかない気がするけど。」
アンデルセン 「霊能抜き・・・だと?」
星井美希 「ゆきほー!?」
河城にとり 「おはよー占い師を間違えてちゃった許してねてへぺろ」
前原圭一 「役職さんはお仕事よろしくだぜ!
できる限り迅速にな!」
四条貴音 「行数を稼いでいられますが、よくよく見れば中身はそれほど存在し得ない。
ならば、中を出したくない化生では、と思い占わせていただきます・・・・
どうにも「括弧」つけで、胡散臭くもありますので。」
さとり 「広島弁の雪歩さんはもっと見ておきたかったですが、残念ですね」
三浦あずさ 「●で・・・?>禊ちゃん」
三浦あずさ 「私と共有さんを抜いた場合の投票者さんね。
こいしちゃんが狼なら多分ここに入れた人はいないんじゃないかしら?
村人だったら投票しているかもしれないけど~

アンデルセン 1 票 投票先 → こいし
天海春香 1 票 投票先 → こいし
前原圭一 0 票 投票先 → こいし」
火力発電所 「ゆきほー、微妙に関西弁のゆきほー」
前原圭一 「◇こいし 「んー……一番嫌ーなのは初日が占いもっててる場合かな?
狼全潜伏かつ狂人潜りってことになるし。
逆に一番いいのは狼全潜伏かつ狂人初日で真占い…すごく楽!」

…1-1で占い初日だったって想定で狼全潜伏かつ狂人潜伏ってあれか?
狐騙りを想定してるってことか? あるいはそれを教えたいのか?
この段階でそういう想定してるかもととれる表現してるところなんて残したくないから投票したぜ! 」
脇山珠美 「おはようございます!

◇霊烏路 空(103) 「信じるココロー?>珠美
けっこう異常事態だと思うんだけどなー?」

では問いましょう!
だったらどうするんですか!その想定、この状況!
偽かどうかなんてまだわからない以上、我々は灰を狭めるしかないのです!
だからこそ、それを異常といいきり、怖がる理由を私は知りたいです!

ということで空さんは残してもいいけどCOないなら吊りましょう。
同様に春香さんもチェック。このあたり占うのはいろいろあれですから。」
河城にとり 「霊能違うよー>アンデルセン」
giko 「…共有噛みときたか。
占いは吊らす方針か、それとも面倒な配役が回ってきたか、さて。」
霊烏路 空 「うにゅ、共有さん噛みなのねん……」
水瀬伊織 「ん、共有が噛まれるのねぇ……
まあ、もう1回くらい噛みが見たいところではあるけど……」
球磨川禊 「『良かったね!』『僕占われたよ!』>火力発電所」
脇山珠美 「寝坊したうえに共有噛みですよっ!
四条貴音 「しっかりしなさい、アンデルセン殿!!
共有です!>アンデルセン殿」
天海春香 「◇四条貴音(120) 「早朝待機で●は即出しが求められます。
それは化生としても同じ、後出しでは信用得られぬのであれば、まつがどうりでしょう?>春香」

イマイチ言ってる意味がよく分からないですね・・・
後だしが信用得れないなら、信用得る為に早くCOすべきでは??」
火力発電所 「>球磨川 そんなハズでは…」
アンデルセン 「・・・おぉ、間違えました 失礼>にとり」
星井美希 「……ぐすん。いっしょにもみじ饅頭食べる約束してたのに……
狼さんはひどいの……」
さとり 「共有に嫌われて残念な形だったわね>こいし」
前原圭一 「で、○だったか
割と内訳透かした印象あったから手ごたえあったとみたんだが>霊結果ね」
霊烏路 空 「基本偽目で見て噛み見てけばいいんじゃない?>珠美
1Coなんてそんな感じで進めようってエラい人がゆってた!」
天海春香 「え・・・禊は黒なの・・・?>禊」
脇山珠美 「ふーん、そこ占うんですね。
ちょっと発言あとでみなおしましょう。

んーでんで、投票投票、ですが、こいしさんに投票あつまったんですよねー。」
河城にとり 「お空の珠美への反応がもうちょっとあってもいいと思うんだけどなー」
脇山珠美 「あ、そーだ。」
三浦あずさ 「さて、これがどういう噛みか、よねぇ。
占いを偽に見せるための噛みか
狼が騙っていて、私に護衛が行っていると見ての噛みか。
噛めるところ噛みか。
狩人探しではないでしょうけど。
狩人をはずさせたいのかしら・・・?」
前原圭一 「で、占いも○と
それじゃ今日も適当にお話するとしますかねぇ」
水瀬伊織 「いやいや、春香、ちょっとおかしいわよ。>春香
占いが様子見をするのは●出しに対処するためだからね。
理由としては初手●だしの占いがいたらそっちに護衛が付くわけ。
つまり、もし●出しとかぶった位置で出ちゃうと噛まれる可能性が高くなるから。」
アンデルセン 「そうか、共有抜きか・・・
狼は、どちらであろうな。その四条を吊らせたい路線か
はたまた元より偽なのか お前はどちらを強く見る?>脇山」
giko 「占い位置的にはうさんくさいところから行った印象かな
印象としてはそれなり。悪くは無い程度。」
霊烏路 空 「正直あんま触れたくないのねん>にとり
色々考えると」
四条貴音 「では、遅くでた●CO・・・早朝待機により最速で出せるはずの●COを、他の占いが出る猶予をもって出す。これによるメリットとはなんでしょうか?>春香」
星井美希 「でも、くよくよしてても仕方がないよね。雪歩の分までがんばる!

今日はグレランよろしくなのー!!」
脇山珠美 「この状況で偽とかどうとか考えるなら結局は占いなんで、
このまま様子みながらごーごーで!」
さとり 「占い真でも初手占い噛みはしづらいだろうし
灰or共有or霊能、どこ噛みもアリアリなのでなんとも。
ふつーにグレラン続行でいいですよ」
球磨川禊 「『どんまいどんまい!』『そういうこともあるさ!』>火力発電所
『大丈夫大丈夫!』『僕は全然気にしてないから!』
『いわれなき暴力とあどけない迫害には』『僕は慣れているからね』」
河城にとり 「というか共有噛みか
内訳は見定めつかないな」
火力発電所 「今日のうちは能力者を疑うところはないわけではないが
グレラン希望。ただ、どっちか偽と見せたい噛みに見えるのでそこ要注意」
アンデルセン 「この噛み・・・不穏だ」
三浦あずさ 「そうなのよねぇ、私もそれで投票したんだけど・・・>圭一くん
ただそうなるとあそこは狼たちからとっても投票しやすいところなのよねぇ。
貴方たちの中に狼がいたと考えられないかしら~?>圭一君」
河城にとり 「ふうん>お空」
giko 「グレラン了解、っと。
次の一手で盤面がどうなるかってとこが大事なんだろうケドね。」
脇山珠美 「どっちでもありえるといったうえで、四条さん吊り路線じゃないですかー?
まぁ鉄火まできたら四条さんは吊りですしー。そこまでにどうするか、ですよ。>アンデルセンさん」
さとり 「こいしが村人だったなら是非仇をとりたいところですがはてさて……」
水瀬伊織 「噛みが不穏とか言ってもねぇ……>アンデルセン
誰かも言ってるけど護衛を外させたいのかもしれないしね。
そこは今日の段階じゃ、まだわからないところよ。」
霊烏路 空 「ま、共有噛みならまだまだグレーゾーンでしょ
こいし様白ならその辺から狙っていきたいかな

理由は今朝言った通りね」
球磨川禊 「『どっちだと思う?』>天海春香
『そして僕の色は占い師の真贋と同義だ』『よく考えてね!』」
四条貴音 「球磨川殿・・・
真の姿にありて、村とともに往きなさい。私があなたの存在を保証いたすのですから>球磨川殿」
前原圭一 「まぁここでの共有噛みはごくごく自然な噛みだろうからスルーでいいんじゃない系
だって狼視点どっかで確定○は削らないとしんどい展開になりがちだし1-1なら先に削ることでいろいろ邪推する人もいるとかの反応がみれるだろうからな」
アンデルセン 「なるほど・・・参考になる>脇山」
火力発電所 「>球磨川 ○貰ってるけどさ、アンデルセンにいれてるやん、君?
それで占い信用する気にでもなった?ちょっとこの結果はびみょい」
さとり 「○噛みが候補から抜けてたけど、アーカードさん怖いからいいですねw」
脇山珠美 「ふーん。
なんで触れたくないんですかねー。とは思ったりどうだけど、
実際私としちゃ春香さんとお空さんは途中で吊るっ!ですからねぇ

んー。」
河城にとり 「まあここは遺言が使えないから潜伏占い警戒してなさそうって意味で四条非狼目でもいいけど」
天海春香 「こいしは占い初日で狼狂人全潜伏って言ってたのがアレ?って思ったよ。

把握ミスか、それとも狐が騙ってるって言いたいような狐か狼っぽかった」
giko 「どっち道、基本的には四条は後半まで吊る気ないし
あちらさんはGJを最大に警戒して、なんだろうか。」
四条貴音 「あるいは、私を偽に持っていこう・・・そのような魂胆なのかもしれませぬ>伊織」
球磨川禊 「『ふーん』『共有噛み』『ねえ』」
三浦あずさ 「変に煽るのは良くないと思うわよ~?>禊くん」
星井美希 「なんか昨日こいしちゃん以外に吊りたい人いたんだけど、誰だったかなー。
ちょっと見てこよっと」
脇山珠美 「結局どっちゃでも考えられるから1-1でしょう?
護衛もあるていどふりまわせるので、鉄の意思を期待しましょー>アンデルセンさん」
アンデルセン 「護衛外しなんて、ないのだよ、水瀬伊織
それなら情報となる霊能が今潰れる可能性があった
でも、そうではない・・・・
これは単純に『死体無を恐れた』私はそう見る
>水瀬伊織」
火力発電所 「なんでかっていうと、熊川さんマジ目立ってるわけよ
そこで囲ってるって考え方もないわけではない。」
水瀬伊織 「まぁそういう事よね>圭一
それでも占いの真贋ついてないとは言えないけどねぇ。
……あんまり狼っぽくはないから、真狂なんでしょうけどね」
さとり 「偽かどうか視るなら占いよりも○見たほうが建設的ですし
それならばグレランに備えて灰視たほうがいいとしか」
giko 「比較的○位置が一番動いている感じがするのがなんともw」
星井美希 「あ、明言しとこう。
奇数進行になったら、貴音吊る路線でいくよ」
霊烏路 空 「ためらいなく人に誘導するのはって考え方>珠美
後は分かれ」
前原圭一 「逆にあそこに投票するのは村(自分も含めて)だと思うがね>あずさ
SG位置候補を狼がさきに吊ることで吊り消費させてやる義理はない」
アンデルセン 「ふむ・・・それもその通り・・・いやはや、冷静な村人がいると助かります>脇山」
星井美希 「それだけ。じゃ、グレランよろしくなの!」
球磨川禊 「『煽っていると取られるのは心外だなぁ』『僕は僕なりに全力を尽くしているぜ?』>三浦あずさ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
アンデルセン0 票投票先 →霊烏路 空
天海春香3 票投票先 →水瀬伊織
火力発電所1 票投票先 →河城にとり
霊烏路 空2 票投票先 →前原圭一
水瀬伊織1 票投票先 →霊烏路 空
四条貴音0 票投票先 →河城にとり
前原圭一2 票投票先 →giko
さとり0 票投票先 →天海春香
星井美希0 票投票先 →天海春香
球磨川禊1 票投票先 →天海春香
河城にとり2 票投票先 →球磨川禊
三浦あずさ0 票投票先 →前原圭一
giko2 票投票先 →火力発電所
脇山珠美0 票投票先 →giko
天海春香 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
四条貴音 「●を打ちます。
希望はありますか?」
霊烏路 空 「ふーむ」
火力発電所 「身内切ってもえーよ」
四条貴音 「●打ちで次のグレランを回避したい次第。」
四条貴音 「・・・身内、ですか?」
四条貴音 「ここまで、囲いはなし・・・
霊と繋がる、と?」
霊烏路 空 「身内切りはなぁ……1Coだと厳しいね、噛まない理由がなくなっちゃうかも」
四条貴音 「しかし、死体なしを出せる位置がありませぬ。」
火力発電所 「出して信用取って、霊能いずれ噛むとか、でもまかせるよ」
四条貴音 「ふむ。では。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
天海春香さんの遺言 のヮの<春香さん楽しんじゃいますよ!! どんがらがっしゃーん
星井美希さんの遺言                , -フ=─
              ( [_,,,-- ,,,_
             /ヽ!       ` ヽ
              /             ヽ
.          / ,            、 ヘ
          i .i    ト    、  、  ヘ ',
             i .i .i .ハ |ヽ   ',  ',  i } ',
          i { | / __',」 ヽ、 ヘヽ. ', .i .!. ',
         /ィ.',∀´ ̄'j`  ヾx.弋弋┼、|l   ,
      -─'7  .人',斤忝孑  ` ``__!} 从.  ,
          ノ, イ ヽ、ヘ弋゙ツ    〃 ̄ `ソ'^ ヽ、 ヘ       えへへ。
      〆´ ノ    ` ,""   :i   "" ./     ヾ-ゝ    ミキの分まで、みんな頑張ってね?
       ,ノ,-彳  , 、 _ゝ、  ー ‐  ィ"    ヾヽ、
      '´彡/, /  、 ̄7/ゝ.....‐ ヘ t─‐‐-、 ヾヽ `
       // i    ヽ// ! ""/  〉ナ    ', ヘ ヽ
      ノイ, イ' |.    // ̄ヽ /, ‐ /∧゙,    i ', ヘ
      メ´ /  l.   V/ .    「V ム.゙, Vi   i ヾj
     /  l.  l   厂 兀`ー<┤!// \ヘ   'l  ',
        l|  ∧  )⌒^`ーH_{ !」ノ/ .斤   'l i i
          !イ ハ. i.  !         ゝ ~ く }.   i. ハ |
        !/ l i  ',        \  ` 、.  V l|
        'j  ヤハ.  \ _,,,....,,,_ ,ゝ    `ヽ',
           |  'j .!   ツ=      \    .i
            |   ヤ   ̄      {ゝ、 _.ノ
            |    :廴三__==‐ヘ
               ヘ    |_ ! _,-_'=ヾ^ヽ
           ∧i    |さ '⌒`Y。〈0 )ツ‐ヘ
             /:::::::l    |'弌二ノー‐''可__」
          P:::=|   |::::|::::::::|:::::::::::::::::::::::::゚',
          | `ー=:l   |::::|::::::::|:::::::::::─ ̄:::::::i
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
さとり 「おはようございます」
アンデルセン 「Giko投票者や天海投票者の中に、狼がいる気がする
そこは灰についての言及が少ない・・・
特に気になったのは、さとり」
giko 「◇水瀬伊織 「おはよ。中々レベルの高いグレランね。
いずれにしても残せないところを落として行って
明日に行くしかない気がするけど。」

…?こいし大差でやられた気がするけど。社交辞令的に見てマークひとつ

◇三浦あずさ 「そうなのよねぇ、私もそれで投票したんだけど・・・>圭一くん
ただそうなるとあそこは狼たちからとっても投票しやすいところなのよねぇ。
貴方たちの中に狼がいたと考えられないかしら~?>圭一君」

何かしらのラインが存在するかも…?>あずさー圭一間
或いは、といった感じ。(マークするけど占い希望かな程度)
圭一自身は残しておきたいから尚更…かな。」
四条貴音 「破ッ!! 占い師を宣言、giko殿●!!」
前原圭一 「さぁさぁ朝だ、朝だ!
今日も部活で暴れてやるぜ!」」
水瀬伊織 「潜伏占いCO あずさ○ giko○ にとり○」
三浦あずさ 「春香ちゃんは村人でした~」
霊烏路 空 「おはよう!ではCOよろしく!
今日はどこが噛まれたかな?うにゅ」
四条貴音 「◇giko「比較的○位置が一番動いている感じがするのがなんともw」
私の○位置に対する警戒の強さ・・・ふむ、どうにも。
私が真になるのを恐れていられるように感じ受けましたゆえ。」
火力発電所 「おはようだファイヤー
春香の霊能結果の方が俺には大事だ。
票分析しないといけない故」
giko 「あ、素村。」
水瀬伊織 「まず解除条件は共有初日
あるいは銃殺・●引き・○3つってところね。
潜伏を選んだ理由?
ずっと考えてて、ここの村って潜伏を考慮しないわよね。
つまり噛まれる心配をしなくて良いと思うの。
だからこそ、グレーで頑張りつつ潜伏は十分勝機があると思うわね。

今日は765アイドル少ないわねぇ……まぁわりといつもそうだけど。
それじゃ最初は同じ竜宮小町の仲間、あずさを占っちゃうわよ!

あらら、霊能占いかぁ……きついわね。
ま、やる事は変わらないわ。
いずれにしても○3つ持って出るだけよね。
さて、gikoさんが潜伏について触れてる
良く考えてる村狐かしらね、狂狼でわざわざ触れたりはしないでしょう。

噛みを考えるなら確かに潜伏占いを警戒していないわね。
それはにとりの言う通り。
そして狼は潜伏を警戒していない位置にいるとも思うのよ、私と同じ。
だからこそ占っておくべきね。」
球磨川禊 「『おはよう』『おいおいにとりちゃん』『二日続けて投票ミスはいただけないぜ?』
『僕が疑わしいのはわかるけどさ』『今は灰を詰めるときだろう?』」
さとり 「熱い共有噛み切り」
前原圭一 「役職さんはお仕事よろしくだぜ!
できる限り迅速にな!」
三浦あずさ 「今日の共有さん除きの投票者はこちら~
さとり 0 票 投票先 → 天海春香
球磨川禊 1 票 投票先 → 天海春香

春香ちゃん狼の割りには素直だった気がするんだけどどうかしら~?」
河城にとり 「おはよー○を度外視しちゃった許してねてへぺろ」
三浦あずさ 「◇前原圭一(84) 「逆にあそこに投票するのは村(自分も含めて)だと思うがね>あずさ
SG位置候補を狼がさきに吊ることで吊り消費させてやる義理はない」
なるほど~。
確かにそうかもしれないわねぇ。
春香ちゃん吊れちゃったけど。
その発言に気づいていたら圭一君にも投票しないで済んだのにごめんなさいね?」
アンデルセン 「狩人を 吊らせるつもりか 化け物風情にしてはまぁまぁ・・・」
霊烏路 空 「うにゅ!?増えた!

そしてこの●か……」
脇山珠美 「◇前原圭一(84) 「逆にあそこに投票するのは村(自分も含めて)だと思うがね>あずさ
SG位置候補を狼がさきに吊ることで吊り消費させてやる義理はない」

んー

前原圭一 2 票 投票先 → giko

まえはらさーん、ここの投票いとってどんな感じですー?
私正直、今お空さんじゃないならものっそあとめんどいところ吊り考えて投票したんですけど」
球磨川禊 「『うわあ…』」
火力発電所 「…水瀬どうする?>共有」
脇山珠美 「あ、おはようございまーす。

すっごい吊りたいところに●がでました。

どうしましょう。」
霊烏路 空 「噛みは共有噛み切り、と」
四条貴音 「め・・・面妖な!!!
連続共有噛みも占い結果もまさかの潜伏対抗も面妖な!!」
前原圭一 「◇giko 「どっち道、基本的には四条は後半まで吊る気ないし
あちらさんはGJを最大に警戒して、なんだろうか。」

四条さんをやり玉にあげてGJを最大に警戒?
へぇそれはおかしいな 死体なしを警戒なら正しいけどGJ警戒は内訳透けてないですかねぇ?
投票せざる得ないな! って●か 流石俺!って占い増えてるってどういうこったよ」
河城にとり 「噛み切るなら四条真でいいんじゃないかなとか思うけど潜伏ねえ」
水瀬伊織 「gikoは私の○よ、吊らせたりしない。」
さとり 「giko●なら吊りたいし、初日に言った通り伊織も吊りで」
アンデルセン 「確実に化け物を落とさせなければ・・・ん?」
giko 「まあ、吊りどうぞ。
狩人の生存の目は濃いから後は潜伏占いの真に望みを託してね。」
火力発電所 「っていうか伊織はクソ度胸すぎだろ…」
四条貴音 「私には、水瀬殿が狐に思えます。
このままではじり貧と読み、賭けに出たのではないかと思いますが。」
前原圭一 「もちろん理由があるに決まってるよ>珠美
投票理由なしに投票するなんて村人としてもったいないしな!」
河城にとり 「たぶん四条の結果は昨日まで真結果だと思うんだ球磨川投票したけど」
脇山珠美 「ふーむーんー。

とりあえず、Gikoさん吊りましょう。

水瀬さんはいろいろありえる位置故・・・・・共有がいない?
あずささんでいいでしょう?そこ人外だけはないと思いますし。」
霊烏路 空 「うーむ、gikoにゃんはあんまみてなかったからなぁ……

確実に言える事は、共有噛み切りでいける、と狼は判断してるっぽいこと」
三浦あずさ 「どうしたいかしら?」
球磨川禊 「『グレランしようか』『●を吊るよりはよほど人外が吊れそうだ』」
水瀬伊織 「はっ、クソ度胸も何もないわよ。
明らかに1-1だろうが2-1だろうが灰は噛まれない。
そういう流れがあるのがわかってるからこその潜伏だしね>火力発電所」
giko 「狩人の死亡の可能性は、3昼だとだと吊りが入ったこいしのみ。>圭一」
脇山珠美 「正直、これGikoさん後半まで残ってもめんどくさいだけですし。
あ、Gikoさん吊りでいいですよ。」
アンデルセン 「ニトリを吊りたい・・・が」
前原圭一 「gikoさん吊るか灰積めるかはあずささんが判断したらいいことだぜ!
権限持ってるの貴女だけだしな」
giko 「追記:あと、一応身代わりもあるけど。仕事した可能性があの時点では高かったしね。」
河城にとり 「吊り数的にパンダ吊りはほぼ決め撃ちだけど霊能いるんだよな」
さとり 「gikoさんあるなら狐のほうかと思いましたけど
●ならそれはそれで、ですからね」
三浦あずさ 「ここでgikoさん吊って○出てもつらいのはつらいのよねぇ・・・。」
球磨川禊 「『既に村人二人吊ってて後がない状況だからね』
『占いのどちらかを吊るってのでもいいぜ?』」
四条貴音 「あんなに朝早いタイミングで挨拶なされたのに。
よくCO状況が理解して潜伏いたしましたね?>水瀬伊織」
火力発電所 「日数的に共有護衛に行くには早いからなぁ
初日狩人とは言いきれない。
とはいえ、ギコが重なってる以上、吊って色見て、ライン確認」
giko 「まあ、共有連噛みから考えてちょうだい。
これ、かなり四条狼あるぜ?」
脇山珠美 「◇前原圭一 「もちろん理由があるに決まってるよ>珠美
投票理由なしに投票するなんて村人としてもったいないしな!」

理由を教えて下さい!
珠美は……あなたとわかりあいたいと思います!


メイド服になるということでどうでしょう?」
前原圭一 「GJをこの段階で期待したりするのがそもそもずれてるといいたいんだよ
それ以上に内訳透けてそうな前振りも含めてだけど>giko」
アンデルセン 「パンダを吊って考えたい そこ偽でも水瀬の色が想定できる
それはこの場合真贋付きに等しい」
三浦あずさ 「まぁ、仕方ないわぁ
gikoさん吊られてちょうだいね」
霊烏路 空 「むしろ灰噛みしないでどうすんのって気はしてるんだけどね
もし貴音偽なら

吊らせに来てる噛みには見えなくもないね、露骨すぎて」
水瀬伊織 「ていうかパンダ吊りするならどうやっても貴音真決め打ちみたいなもんでしょ。
それでもパンダを吊るっていうならどうぞ。
少なくとも、貴音が狂狼で私が同時に狂狼って事はないもの。」
脇山珠美 「んー?」
前原圭一 「いや、理由はもう言ってるぜ>珠美」
脇山珠美 「◇giko 「まあ、共有連噛みから考えてちょうだい。
これ、かなり四条狼あるぜ?」

んー?」
アンデルセン 「あぁ・・・悩ましい」
水瀬伊織 「CO状況?そんなもの見てないわよ。
共有初日って言われたその時点で出る程度。
最初から潜伏予定なんてそんなものよね>貴音」
河城にとり 「グレランなら圭一なんだけどな昨日の意見が微妙」
giko 「ここで突き捨てるのがセオリー、将棋で言う連打の歩、みたいなものだ。
だから、この黒は狼騙りセオリーとしては、「至極まっとう」

そこを考慮よろしく」
霊烏路 空 「難しいな……」
脇山珠美 「ではメイド服はおあずけです!>K1さん」
球磨川禊 「『うん潜伏占いと同時に信用度はほぼ等価だよ』『かなり低めでね』>giko」
さとり 「貴音さん真決め打ちというか、伊織さん偽決め打ちというか
gikoさん人外だろうというか 吊っていい場所にしか見えない系ですね」
水瀬伊織 「giko吊りなんてさせないわよ。
グレー吊りなさいよグレー。」
脇山珠美 「なんで当たり前だけ強調するんですか?」
前原圭一 「メイド服…甘美な響きだな!
話ができそうでなりよりだぜ>珠美」
霊烏路 空 「貴音狼、か」
脇山珠美 「Gikoさん、こうなること、わかってません?」
giko 「んで、これ珠美狼かね。
そこまで追う理由がわからねえ」
三浦あずさ 「だってgikoさん吊られにきてるじゃない~?>伊織ちゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
アンデルセン0 票投票先 →giko
火力発電所0 票投票先 →giko
霊烏路 空1 票投票先 →giko
水瀬伊織0 票投票先 →霊烏路 空
四条貴音1 票投票先 →giko
前原圭一0 票投票先 →giko
さとり0 票投票先 →giko
球磨川禊0 票投票先 →脇山珠美
河城にとり0 票投票先 →giko
三浦あずさ0 票投票先 →giko
giko9 票投票先 →四条貴音
脇山珠美1 票投票先 →giko
giko は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
四条貴音 「やや想定外ではありますが。
伊織の排除は呪殺がない限り可能なはず。」
霊烏路 空 「さって、どうしようね
占い噛みか霊能噛みか、それ以外」
四条貴音 「結果が真なことを考慮するに。
おそらく正体は真占い。」
火力発電所 「俺切っとけばよかったね…(結果論)
霊能結果出たら、タカネボッシュートよ、大丈夫?」
霊烏路 空 「狩人死んでないよなーこれ」
四条貴音 「ですが、信用はありませぬ。」
四条貴音 「水瀬伊織、排除可能でございましょう。」
霊烏路 空 「狂狼想定で吊りかー」
四条貴音 「・・・よろしいですか?」
霊烏路 空 「いけるかねー、私に来そうだけど」
火力発電所 「まかせるわ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水瀬伊織 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
アンデルセン 「前原圭一の口上が、あまりにも、予測でき過ぎている語り口調なのは
誰か気になった方はいますかね?」
前原圭一 「さぁさぁ朝だ、朝だ!
今日も部活で暴れてやるぜ!」
火力発電所 「おはようだファイヤー
いまのとこ、霊能結果と投票先の因果関係はつかめないが
昨日重要な出来事があった。それはまさかの四条鯖でも潜伏占いCOだ
さらに、ギコで割れ、勝負は今日の霊能結果待ち。」
さとり 「おはようございます」
脇山珠美 「「◇giko 「どっち道、基本的には四条は後半まで吊る気ないし
あちらさんはGJを最大に警戒して、なんだろうか。」
四条さんをやり玉にあげてGJを最大に警戒?
へぇそれはおかしいな 死体なしを警戒なら正しいけどGJ警戒は内訳透けてないですかねぇ?
投票せざる得ないな! って●か 流石俺!って占い増えてるってどういうこったよ」

前原さんがすばらしかった。
ここは終盤まで残すべきです!メイド服で!

珠美?珠美は……剣の道に生きるアイドルですから……」
四条貴音 「破っ!!にとり殿○!!」
球磨川禊 「◇水瀬伊織 「まぁ、疑う気持ちはすごくわかるけどね>春香
様子見なんて真でもするものだし、今から考えてもしょうがないわよ。」

『おはよう』『これは水瀬伊織ちゃんの二日目の発言だ』
『様子見を潜伏の布石と読むか否かって感じかな?』」
霊烏路 空 「おはよう、何よりも霊能COか銃殺希望

んで、伊織自体は特に伏線とかは張ってないんだね……って噛まれた!?」
河城にとり 「四条吊ろうかー」
前原圭一 「役職さんはお仕事よろしくだぜ!
できる限り迅速にな!」
四条貴音 「想定外ではありますが、落ち着いて続けましょう。
・・・なぜ、潜伏占いに関して驚きがないのか。
わたくしでも驚いたというのに・・・ふむ?」
三浦あずさ 「○、ね」
アンデルセン 「四条吊りだな」
脇山珠美 「しかも伊織さん噛まれてますし?!
えー、でもこの状況じゃしかたないですよねー。」
火力発電所 「対抗死んでるんだが…呪殺とか言うなよ、なよ。」
球磨川禊 「『ふーん』『水瀬伊織ちゃん噛むんだね』」
河城にとり 「◇球磨川禊 「『既に村人二人吊ってて後がない状況だからね』
『占いのどちらかを吊るってのでもいいぜ?』」

これすっごく狐臭なんだよねー」
アンデルセン 「それじゃ、前原疑いはなしだな・・・」
前原圭一 「へぇ…そうなるのか
それは予想外すぎるなぁ つーことは例外以外はにとりも○か」
火力発電所 「四条吊って、四条の白戻しでグレランしかなかろう」
霊烏路 空 「あーんじゃ貴音吊りだね>霊○

ふーむ、んじゃ伊織結果真でいけるね」
四条貴音 「呪殺ではありませぬ・・・が。
これは狂人のCOであったと?なおさら面妖な。」
三浦あずさ 「じゃあ四条さん、ということになるわねぇ。
珠美ちゃんと圭一君に2Wはいないでしょう。
そういうことよねぇ」
さとり 「にとり○二つで大歓喜だったと思ったのに
霊能○だった、辛い」
アンデルセン 「四条を囮にして生きていけるかつ、あの噛みをするのは、誰だという話になる」
脇山珠美 「ああ、アレで○なんですね。
じゃあちかたない。
破綻した以上、四条さん真をすこしでも考えたこちらがアレなんですし、
そこは灰戻しで進めていいんじゃないですか。

球磨川さんどうしよう位ですね。」
球磨川禊 「『そりゃないぜ』『僕は今日で君を村人だと確信したというのに』>河城にとり」
脇山珠美 「あ、当然四条さん吊りで。
あとそろそろお空さんどーするかかんがえましょうか。」
四条貴音 「というかあずさ殿が偽なことのほうがその数倍のショックなのですが。」
前原圭一 「実は一番吊りたかったのにとりだったんだけどねー
まぁこうなったらしゃーないこっちから歩み寄るとしようか」
アンデルセン 「脇山か、さとり・・・圭一は最終日判断でいいさ」
河城にとり 「圭一は吊っていいと思うよ>アンデルセン」
霊烏路 空 「ここまで全白かー

しかも伊織の白すっくないなぁ」
アンデルセン 「・・・何故だ?>にとり」
さとり 「伊織さん噛まれの○なら貴音さん吊りですが、なかなかに辛いですね
●の数的に」
三浦あずさ 「結果真も何も、にとりさんしかいないけれどね>空ちゃん」
火力発電所 「ただまぁ、伊織真想定でもにとりしか白がいないという事実。
霊軸で指定でもいいし、俺はあざささんを信じるぜ!」
霊烏路 空 「まぁ私も圭一は吊っていいと思うかな
初手こいし様投票の中じゃ断然人外っぽい」
河城にとり 「あそこで占い吊るって占いロラ路線だよ>球磨川
何も考えずに吊れる位置じゃない」
球磨川禊 「『ま』『四条貴音ちゃん吊りは決まったしいいかな』
『灰戻しはしてくれて構わないよ』『発言はともかくとして僕の行動は間違ってなかったようだからね』」
アンデルセン 「ふむ、理由を聞かせてくれ>空」
四条貴音 「む・・・しかし、いや」
脇山珠美 「K1さんなー、もう少しかんがえたいんだよなー。
でもそこ吊るんだったらさ、ぶっちゃけ空さんでしょう。

割とそこの色を見れて白だったら私がスペースフライングボディアタックですが!」
前原圭一 「なぜ自分の意見をまっとうに言える俺が吊られる候補に入ってるのかが理解できないんだが?」
霊烏路 空 「と言うかにとり○打つのかー
狂目かねぇ
わざわざ確定○増やす理由があんまり」
さとり 「こいし投票者は自分も含めて村人とか、吊っていいようにしか見えない場所>圭一」
球磨川禊 「『占いロラするつもり満々だったぜ?』『僕』>河城にとり」
河城にとり 「それを2○の私が言うのもなー>アンデルセン
まあ3日目の意見がうーんてところ」
四条貴音 「対抗が結果真であったとして、ギコ殿以外」
アンデルセン 「俺は確かに圭一が気になった その口上がどうしようもなく
だが、それは前原と水瀬で2wだった時に限る話だ
噛まれた今、それはない 寧ろ脇山のほうが何分怪訝ではないか?」
脇山珠美 「というかですね、灰がどーたらこーたらいっても仕方ないんです!
だって、あれでも●が出てるなら吊るわーだったんですから!

Gikoさんはそういう位置だったんですから!」
河城にとり 「だったらさりげなく占い吊りを言うより占いロラしようぜって言えばいいと思うんだけどなー>球磨川」
霊烏路 空 「こいし様投票の理由が一番厚かった>アンデルセン
わざわざそこまでして弁明する必要があったのかなと、とうのが3日目」
前原圭一 「おぅおぅこれは流石に妖怪勢は畜生の集まりですなぁ
所詮化生と人は相容れないですか 悲しいねぇ」
脇山珠美 「それは私がGikoさんを吊りこんだからですか?>神父さん」
四条貴音 「あずさが狼であれば収束がつきます。
この状況で最も近い勝利は偽の霊能のあずさを生かす形!」
河城にとり 「案外圭一にヘイトがたまりこんでるな」
アンデルセン 「単純な強度の問題だ」
球磨川禊 「『いやいや』『まず賛同してくれないでしょ』>河城にとり」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
アンデルセン0 票投票先 →四条貴音
火力発電所0 票投票先 →四条貴音
霊烏路 空0 票投票先 →四条貴音
四条貴音8 票投票先 →三浦あずさ
前原圭一0 票投票先 →さとり
さとり1 票投票先 →四条貴音
球磨川禊0 票投票先 →四条貴音
河城にとり0 票投票先 →四条貴音
三浦あずさ1 票投票先 →四条貴音
脇山珠美0 票投票先 →四条貴音
四条貴音 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霊烏路 空 「おつかれー!」
霊烏路 空 「さて……珠美ちんどうしよっかなぁ」
火力発電所 「>四条 お疲れ様だ」
霊烏路 空 「7グレかー」
火力発電所 「>空 好きなのかんどいていいからね」
霊烏路 空 「噛み意見ある?なければにとり間で圭一吊りにいくけど」
霊烏路 空 「おっけー」
霊烏路 空 「ここで狩人GJでたらもう珠美ちんだと思う」
火力発電所 「にとり」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
河城にとり は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
河城にとりさんの遺言
             |   ぽ    |    _,-─- 、      |     ぱ  | | ひ
__          .|   り    / _, -=   、  ~~丶、   |  ぱ り  /  | ゅ
    \        \     /  (           ヽ ヽ り   /  | ォ
     ヽ          ̄`─ ̄  /´( 乙 )         ヽ \_/   | ン
  き   ヽ             _,‐'"´ ̄`"'' ー- ヽ      ~〉○っ     |
  ゅ    |          __ァ'´'~~       __,,.. -=`":〈:〇::::ヾ    | 私
  う   /          て;_ __,,..-‐:.''" / ̄て;;ノし八:::ヽ〈::::〉    | は
  り   /          (:/::八:::八;;;"  u   u (:::ノ:::::| ::ゝ  | ま
     /          /::(::/.,八''ハ`    .;''´´ハ  ノ:::ノ::::::ヾ/   | る
`ー--'             ::, し::::.|:Ui     i_ノ ノ u ノ::ノ::ノ :::〉   | で
                 /::(::ノぐ゙.       u ゙゙゙レヽノ:::に:::ゝ   | 超
                  〈::: ゚::゙ゝ、て ̄(  ,.,uノ -‐:::/レ::人   | 妖
                   .,-/⌒、ー-u`ー~二=-イu,. / /ーー-、 :V    | 怪
                 ,--、ヽ_ |  .|/|`X´~\  //     `゙`ー-、_   | 弾
                / \ヽ ヽ ヽ  O O  ヽ/          __ヽ  | 頭
               /    \   u \ __ /   と      , /'、 | だ
             _,-'~-ー、 _  `    .`(O)´     ヽ (  ,      /', |
           /    `-、 _二--ヽ   / |L_\     X-'~   ,--'ヽ  |
         /~          _.-ゝ ./   l[__  \   (/  ~    り  |
       / ̄           _/ (ノ     ̄   `''-,,_/-'      /   |
      ./ ー、         _/~   |                   /    |
    _/ニ   ヽ     ._,-'~     (___         '~ |、_     /    |
   _| //`ヽ_  .〉 _,--'~~ _,..-ーーー/ゝ `-、 _ヽ  /   ,   ''       |
 /~~| |/ ヽ_|/ー'     (___,-ー^`n-'~`l> ヽ -''~   二--)  /~      |
 |  {|.|/,  /        |    ̄ ̄~~  /    ~ヽ ヽ      八      |
. / {| <~ /         ヽ   __/     |  |     /  ヽ     |
.ヽ |/`/~            `--<>__ ,__,--ノ __//  '   _シ   ∧    |
 |_/.|_/'              /  `---、_,-ー-' ` ̄ヽ彡'~'''~     ヽ    |
   | |             /                         ヽ   |
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
球磨川禊 「『おはよう』『まずにとりちゃんは村だ』『伊織ちゃん偽を考慮してる余裕はない』
『だからにとりちゃん』『アンデルセンちゃんか脇山珠美ちゃんを吊らないかい?』」
前原圭一 「さぁさぁ朝だ、朝だ!
今日も部活で暴れてやるぜ!」
脇山珠美 「おはようございまーす。
今日結果●だったらぶっちゃけ前原さんは残したいです。」
三浦あずさ 「四条さんは●ねぇ
狼だったわぁ。」
火力発電所 「…」
前原圭一 「役職さんはお仕事よろしくだぜ!
できる限り迅速にな!」
霊烏路 空 「おはよう」
球磨川禊 「『だよねえ』」
さとり 「おはよ」
霊烏路 空 「にとりちん噛み、と
狐探す気ないのかな、これ」
火力発電所 「すまない、これだけは言わせてほしい。にとりと遺言AA被ってる件」
脇山珠美 「理由は!
すっげぇ昨日の流れと投票で前原さんが非狼な何かにみえるからです!」
前原圭一 「ああ、●か
それならにと・・・うんそうだよなぁにとり生きてるわけないよなぁ」
三浦あずさ 「なんとか首の皮一枚繋がったところだけど
狂人もいる可能性が高いのよねぇ」
アンデルセン 「前原圭一をやはり最終日に判断したい だから脇山も残そう
そこ2wの要素はあまりないように思う
発言強度的にも、申し分ないだろう」
球磨川禊 「『そしてこれで僕にヘイトが集まるわけだ』『困るなあ』」
霊烏路 空 「たかねちん狼だったのか、ま、いいや」
さとり 「ぶっちゃけ伊織真とか見たくなかったからにとり噛まれて助かった系ですね」
脇山珠美 「んで、○噛みっと。
んー別にそれはいいんじゃないかなぁ」
三浦あずさ 「私に狩人がいるなら護衛がきてるでしょうし
にとりちゃん食べられちゃうわよねぇ」
アンデルセン 「ただまぁ・・・ある種賭けのようなものなのだろうなぁ、これは」
脇山珠美 「あ、吊るならCOなしで空さん変わらずですよ。
もしくはさとりさん。

空さんおすすめ。」
さとり 「とりあえず圭一さん吊ってから考えたらいいです。」
火力発電所 「にとり紙でも、霊能生存ならまだチャンスある。
ただ狐はもう狼に噛ませとけとしか言いようがない。
そんな余裕ないし、呪殺でないもん」
アンデルセン 「球磨川か、お空か、さとりか」
球磨川禊 「『前原ちゃんみてないから最終日送りは賛成』
『だけどそれを言い出したのがこの二人ってのが困りものだ』」
三浦あずさ 「8>6>4>2
これであと3吊り、と。」
前原圭一 「あれー?
それはどっちなんですかねぇ?
村側なら真占い候補の○残っててよろこぶのが普通じゃないかなぁ?>さとり

◇さとり 「ぶっちゃけ伊織真とか見たくなかったからにとり噛まれて助かった系ですね」
さとり 「昨日の最後の発言とか見ても、残す必要性が見えないというか」
霊烏路 空 「うん?そう言う残しかたか……>アンデルセン
私は圭一吊っちゃった方が後腐れないと思うけどね

珠美ちんはまだいいや、霊噛まれたら吊っていい」
脇山珠美 「アンデさんとくまさんで囲いあるかどーか位しかかんがえてませんねー。
すっごいくまさんがいやだけど。私。
でもまだかんがえたい。」
アンデルセン 「どちらか片方を残すくらいならば両方を残せば満足いく
最終日になると私は考えている>お空」
火力発電所 「さとり 「ぶっちゃけ伊織真とか見たくなかったからにとり噛まれて助かった系ですね」
ん?ちょっと言葉足らなくて分からないんだけども」
さとり 「あの出方の伊織を信じろと?
狂狼-真のにとり狼での漂泊噛み。
最後までにとり残っての悩むパターンが絶対イヤですよ>圭一」
球磨川禊 「『どうみても』『ノーミスだよねえ』
『やだやだ』『さとりちゃんは明日あたりに考えるよ』」
三浦あずさ 「んー・・・」
前原圭一 「ま、にとり狐なら処理できないから噛んだにしか見えないけどね>実際のところは
でもそこは残っててほしいのが人情ってもんだけどねぇ」
脇山珠美 「さとりさんは一瞬四条さん真を信じてたんですよね。だからGikoさん吊った。
これは水瀬さん真を否定してるような印象は、今日の発言で受けました。
でもそーなると、その前の日からGiKoさんに投票してる前原さんへの印象がちょっとなーって思います。」
霊烏路 空 「対抗COなしの狼騙りが、身内を囲うか否かでいうなら
球磨川君やアンデルセンも同じ条件だね

ただアンデルセン君は割と好感触かな

さとり様と火力発電はなんか、よくわかんない
非狼だけど狐っぽくはある」
三浦あずさ 「ここで2票は大きいわよねぇ」
火力発電所 「>さとり あそこで伊織が出てくる意味が私には分からない。
なぜなら信用度はあずさ>四条だからだ」
霊烏路 空 「どうしても意見が対立するんだなぁ…….珠美
私は圭一狼目、だと思ってるんだけど」
さとり 「貴音さん真を信じたというか、gikoさん人外を見てたから吊ったほうが正しいですね>珠美さん」
球磨川禊 「『指定頼むよ』>三浦あずさ
『僕指定なら村アピが足りなかった』『そういうことだよ』」
三浦あずさ 「空ちゃんCOあるかしら?」
脇山珠美 「なんで、ぶっちゃけここで前原さん吊りだけは私はないと思います。
それよりはもっと人外みえるところなわけですして。」
前原圭一 「ま、ここで指定しない霊能はちょっと…票見ても微妙だしねぇ」
アンデルセン 「私が考えうるに、球磨川の其れは、どうにも、狼臭くないのだ」
霊烏路 空 「ないよー、これで最悪2W1Fと」
霊烏路 空 「まいったなぁ」
火力発電所 「指定遅いのは、ちょっと…」
脇山珠美 「んじゃ、明日6人で前原さんとアンデさん以外からチョイスかなー。」
球磨川禊 「『絶望か』『いつものことだよ』」
脇山珠美 「あ、火力さんいた。」
さとり 「狼頑張って灰噛めよ系っぽい天海」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
アンデルセン0 票投票先 →霊烏路 空
火力発電所0 票投票先 →霊烏路 空
霊烏路 空7 票投票先 →前原圭一
前原圭一1 票投票先 →霊烏路 空
さとり0 票投票先 →霊烏路 空
球磨川禊0 票投票先 →霊烏路 空
三浦あずさ0 票投票先 →霊烏路 空
脇山珠美0 票投票先 →霊烏路 空
霊烏路 空 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
火力発電所 「LWとかやめてくださいよー」
火力発電所 「はー、狩人日記廃棄か…」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
アンデルセン は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アンデルセンさんの遺言
                   ヾ    >'^ ̄  ゙j´゙ヾ,;ソ'´ ゛´ ´'゙ヾ,;      ∨ ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミi:i.、
                   ミミ  /   ,z=ー´   l!  , ,  /    リ      i}./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ir==、i:i:ヽ
                    ゙ミ/   /、  \、  |  ! / //彡'´ テ     .|!i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ir=彳i  .Ⅵi:i:\
              ,.:fー===グ   /、 ヾ>__.ヾヘ|! |   __' ,ノ       .l!i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:  =-‐介㍉ー=∨  .Ⅵi:i:i:i\
            /  ,z'゙   ノ   〃`゙Yz{了キ。、ゞz-=-zf,k´   ゙j}プ'       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/     {i    \i}、  \i:i:i:i:i:\
          , イ   ^='´   ,〃K  i 弍_`≦ 〉!´ `:::乂__ノ´:::::       乂i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ i{ト、__ =-‐.\    `ー㍉  `ー===彳
    _ _ rヘz-<゙  /´゙ー'^ヽヘ   マ〈=' ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄`j::::::: ̄:::::::::::/    /  )i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i 人____/. }i}|イ i > .     , ィzzzミ \
 , イ´//     ノ  r=ヘ,   〉     >==≡二ニ==-',、::::::::::,z彡´   : : : : i: i/: i!: i: i: i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://./(・)/ソi  /i:i:i:i:i:i:〕>=  双イ¨¨㍉
´/////     /ノ`ー≧ カ 〈.    ,k'´;´ヾ、  〃,;;:::., ヾ='′,ノ´    >'´  /⌒ヽi: i : i : i: i: i: i: i: i:i:i: i:i: i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{i {.i イ`ー=ニ彡_.. / -‐ ¨      マi:iii{    Ⅶ
/////i       〈 >=-{@}、  )   f,:::::::::::::ヘ彡,ヘニ===ヘ、__,ノ';´    : : : : : : i: i: i: i: i: i:i: i:i: i:i:i: i:i:i:i:i: i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i从| ノノ / ̄    i }i     __,, /爻乂    }i:}
/////|      ヾゝ-->z-'ナ.  ノ   `゙==z、_;.ヾトノー'ー'-ヘ∧イ ,jソヾ∧//// : : : :\i: i: i: i:i: i:i: i: i: i: i: i: i: i: i:i: i:i:i: i:i:i:i:ii:i:ム // .人_______. ノノ-‐ '''""/ i} `戔、zzz彡ii}
.////∧      `ヽ,、 `=´_ノ          ̄ ̄ ̄ ̄`j,-=zジ.∧///  : : : : \i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i:i: i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} 〈   /イ 〉i:i:i:i:i:i:i:i:i: /  , .   `¨¨¨¨´
/////∧         `  ̄     〃゙ー-=、___二ノl|i!、ヾ´,∧//  /      `i: i: i: i: i: i:i: i: i: i: i: i: i: i: i: i : i i:ト、i} .Ⅶ  イ^} ,i:i:i:i:i:i:> '"   ..ノ  マ    /
///////トz_j-'='ー-、___,、____     \ /////',////ヾz==='゙.//  /     i: i: i: i: i: i: i: i:i: i: i:i: i:i: i:i: i:i i:i:i\ :i} `ー彡イノiノ / ̄ ̄   ヽ .</   ノ}_,..-'''⌒ヽ
/////////////////////// `´`゙' 、  ヽ、 // ', ///////////  /    i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i `ー==ニハハYイ_//`iー=ニ... <i:i:i:i:i/   /i:i:i
///// /////////////////////// `ヽ  \/.', /////////;   /     i: i:i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i:/∧\`ー--- =彡′./i:i:i:i:i:i:i:i r===彳ヽ /i:i:i:
./////////////////////////////// \  ;! ' , ////////`´;      i: i: i: i: i:i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i: i:i{ { Ⅶ.\      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i乂____ /i:i
__/ヾ.///////////////////////////// `=´ ///\ //////. ,'       i: i: i: i: i: i:i: i: i: i:i: i: i: i: i: i: i: i: i: ii:∧ Ⅶ 会===ニ夭i:i:i:i://i:i:i:i:
霊烏路 空さんの遺言
     * ,,       ,,  ☆         *  、_       _, ☆
   *    ハ ___ハ           *    }: .: `弋ニフ´.: .:{
 ☆ 。 ∵〈, '´: : : : : : :.`ヾ、  。    ☆ 。 ∵<`.:;..:":´::::::::::`:'::.;´>  。
     [><] : : : : ; : : :; : : :.ヾ<] ゚☆        ,.:'´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、  ゚☆
  ☆  (Y) : : : : :ノ): :ノ): : : : :iv)   * *  ☆ ∠;:::::::::::::::::::::人:::::::::::::::::ゝ    * *
     (Y)ミノレl/ノ∨/从ノレiノy)         ∠;::::::; -‐ '"´   ` ー- :;:::;>
    (Y)ミノ ⌒     ⌒ jy)         ∠;::ノ ⌒     ⌒ フ;>
    (Y)(d,  ●      ● iY)           /::::|  ●     ●´!ヽ
 ☆. (Y) ヽ、””    ワ  ””ノ(Y) +    ☆  ,/::::::ヽ””    ワ  ””ノ::::ヽ +
∵゚ (Y)   `'r‐┬r⊂ニ二ニ⊃  +  ∵゚. _/::::::::::::`> .,_ ⊂ニ二ニ⊃::ヽ  +
   (Y) , -‐(⌒)==|       |)      //::::::; -‐(⌒)==|       |::::::ヽ          おいしいごはん
  [><](_,ノ´::::::;::;:::\___(⌒)<]    /:::/:::::(_,ノ´    |\___(⌒)::::::::::ヽ         ┼ヽ ┼、ヽ-|r‐、 レ |
  (Y)   /::'::;::::;::'::;;::::;:└┬'´ (y)   ./::::::/:::::::::::::::::::〉   γ⌒└┬'´:::::::::::::::::ヽ        d⌒) ノ ノ /| _ノ  .ノ
.  (Y)  /::::;:;::''::;::;:::::'::;::';:;⊥-―――‐-、:::/:::::::::::::::::::::i    {  |  }⊥-―――‐-、
 ,,,-―''^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(ー- ___ -‐) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(ー- ___ -‐) ̄`ー- 、 
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
球磨川禊 「『おはよう』『アンデルセンちゃん』『一つ聞くぜ?』

◇球磨川禊 「『おはよう』『まずにとりちゃんは村だ』『伊織ちゃん偽を考慮してる余裕はない』
『だからにとりちゃん』『アンデルセンちゃんか脇山珠美ちゃんを吊らないかい?』」

◇アンデルセン 「私が考えうるに、球磨川の其れは、どうにも、狼臭くないのだ」

『僕のこの発言を受けて』『そう言うんだね?』」
さとり 「おはようございます」
脇山珠美 「◇球磨川禊(53) 「『絶望か』『いつものことだよ』」
きもちわるいよー。なんだよー、この僕は村だよアピー

んー、私としてはさとりさん、火力さん、球磨川さんから3択
でもなんか囲いある気がしててあれ。」
前原圭一 「さぁさぁ朝だ、朝だ!
今日も部活で暴れてやるぜ!」
火力発電所 「おはようだファイヤー
狩人出るなら今日中なー、潜伏はマジカンベン
灰詰めていこう!」
三浦あずさ 「●だったわ~♪」
さとり 「噛まれて欲しいところが次々噛まれていく嬉しさ」
球磨川禊 「『…ごめん』」
前原圭一 「まぁ空●にしか見えないんだけどどうかねぇ」
脇山珠美 「んで、アンデさん噛みなー。

なら想定の3人から。前原さんは吊らない。
ほら、●。」
三浦あずさ 「あら、まぁアンデルセンさん噛まれるわよねぇ」
さとり 「●出たなら狩人COしとくわ」
火力発電所 「1Wは確定っと」
さとり 「狩人日記
私の第3の瞳が狼の獲物を映しだします。

2日目
護衛:あずさ 犠牲:雪歩
1-1とは面倒ですね。
初日に占い師即噛みはやりづらい。
ここはGJ狙いで霊能でも守ってみましょう。

3日目
護衛:あずさ 犠牲:美希
共有2択でGJでしたけど、さすがにそこまではいけませんでしたね。
さて、占いの○が二つですか。
占い真でも噛ませつつ、1GJ狙いの方向でどうでしょう?

4日目
護衛:貴音 犠牲:伊織
伊織狼の可能性は低いので、狂か狐。
となると、ここでGJの危険を冒してまで霊能は噛みづらい。
なので、貴音さんを守りましょう。

5日目
護衛:あずさ 犠牲:にとり
伊織狂人のにとり狼が一番イヤな形。
あずさはここまできたら信じる。
伊織真は見たくないから、狼狐ならおめでとうでいい
というわけで霊能護衛、ね。

6日目
護衛:火力発電所 犠牲:
唯一村と信じる場所護衛。
ここで霊能噛むような狼は知らない。」
球磨川禊 「『どうやら僕は完全に的外れだったみたいだ』」
脇山珠美 「うわあい。」
さとり 「COしなかったら指定される気しかしないから」
前原圭一 「だよなぁ
予想道理すぎてうん、あれだ、あれだわ」
火力発電所 「なんですとー」
脇山珠美 「んー。」
三浦あずさ 「あ、さとりさん指定する予定はなかったのだけれど~」
脇山珠美 「まえはらさーん。
私割とあなた最終日でいいとおもってるからさー」
球磨川禊 「『まあ僕は脇山珠美ちゃんを吊る気しかしないわけだけど』」
火力発電所 「割と昨日指定なかったら、さとり吊ってたわ…
マジあずさ女神」
さとり 「これで4人から2吊りと~」
前原圭一 「えーそこ狩人とかまじですかー(棒)」
脇山珠美 「火力さん吊らない?

この噛み方で攻めるんならあとは囲いっぽく見せるところからの漂白を狙った球磨川さん位なんだけど、そこは最終日でいいや。」
球磨川禊 「『狐?』『わからないなあ』」
前原圭一 「じゃ、狐狙いでいいんじゃないかな(提案)」
三浦あずさ 「でもね、禊君。
昨日珠美ちゃんもお空ちゃんを吊りたいって言ってたのよねぇ。
狼が身内切るなら昨日じゃないと思うのだけど~>禊君」
さとり 「狐一本釣りなんて難しいですね~」
脇山珠美 「あれ?」
脇山珠美 「ねぇ、球磨川さん、「今日私吊りですか?」」
球磨川禊 「『最大で1W1F』『一吊り余裕あるね』」
三浦あずさ 「もう、1-1なんだし指定しなくても良いわよね・・・?(ちらっ」
脇山珠美 「◇球磨川禊 「『狐?』『わからないなあ』」

これを言った以上、球磨川さん、私を狼見ですよね?
それで、LW確定状況で、今日、私吊りですか?」
さとり 「こいし・春香で吊れてる可能性あるし
素直に最終日残したくない場所吊っておけばいいんじゃない?」
三浦あずさ 「ないわよ・・・?>禊君
6>4>2」
球磨川禊 「『まあぶっちゃけ昨日の脇山珠美ちゃんの発言はみてないよ』
『gikoちゃんを殴った印象でそう思っただけだからね』>三浦あずさ」
脇山珠美 「◇球磨川禊 「『まあ僕は脇山珠美ちゃんを吊る気しかしないわけだけど』」


これを言ってる以上、そうですよね?」
火力発電所 「球磨川か脇山と思ってたけど、そういわれるなら脇山吊り押しでいいや。
ここで押し押しなら狐ありうるし、明日クマーK1で判断」
球磨川禊 「『狐探しという意味で』『だよ』>三浦あずさ」
前原圭一 「んー・・・指定しないなら俺が吊られそうだけどどうしたものかねぇ
しかしさとり嬢狩人かぁ 空に乗っかってきたからこっち本命だったんだけどなぁ」
脇山珠美 「あ、これやだな。
火力さん明日とかどうするんですかこれ。

火力さん狼で、この噛みする理由はない。」
三浦あずさ 「前原さんは明日考える位置だと思うんだけどねぇ」
脇山珠美 「いや、おかしいでしょ?
なんで霊いて、。LW確定状況で、そんなこといえるんですか?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
火力発電所1 票投票先 →脇山珠美
前原圭一0 票投票先 →火力発電所
さとり0 票投票先 →脇山珠美
球磨川禊2 票投票先 →脇山珠美
三浦あずさ0 票投票先 →球磨川禊
脇山珠美3 票投票先 →球磨川禊
脇山珠美 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
さとり は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さとりさんの遺言 |
\__     __________/
     `ヽ--'´                          ___
       ○                          / __ \::\
        O                         / ./::/  ヽ. ヽ::ヽ
         o                       |_|__|   |  |:::::|
           ト、  _,,.. --- ..,,_                __/ /::::/
          / '"´___    `ヽ-‐ァ            / ._/::/
        _/  ''"´ - 、    `7⌒-、 `ヽ       / /::/ ̄
      <´    ,  !  ヽ   |___ノ、  ハ      |_|_|
      /    / / |   ハー-|- 、  `' ト|、      _
     ∠、   /   !-‐ヘ.  /ーrテ‐r、    ./ ! \   /\::\
      |.  ,'  /|-‐イ∨   ! rり八  |  |   ヽ.\/::/
      ',  |  ,〈,ハ rリ  ,   `"´ ,.,.ノ   八    |    ̄
       ) !/ヽ. ` ´    _   <.,__ノ   `> ./  ┌────────┐
     <.,__ノ ハ"    ´    / |   /! /  /.    | 相手の思考に
        / ,  〈`ヽ.、.,,__,,.. イ  八-<//ヽ, '   ←| 専門用語が多くて
        |/|  ∧ ∨ ,ィト、/|/  /`ヽ./ |      | 理解できない
          ∨__,|  '二Y´)⌒)  /r┘/\./    └────────┘
         / | !  -‐、}/、/\ r┘/   ,ハ
          | / |  rン||/  , '´ ̄` '     |
         ∨ヽ ト-':::::! |  | <O/      ハ
         ,'|  | \::::::| |  ヽ、 /     / .|  |\_/| ?
         / !  \/ ̄|/「 ̄ ̄`"ヽ- 、  ,'__ノ /o::::::::o:::ヽ
         ! `    ̄/_」         /    (:::ー'ー::::::::ノ
        く|      /__/`       ,イ     ` T:::::::::::\
脇山珠美さんの遺言 珠美もようやく強く可憐なアイドルになったと思いませんか!この衣装も似合っていると自画自賛してしまいます!えっ?竹刀は…つい…こ、小道具…はい…アイドルは竹刀持たないです…はい
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
火力発電所 「最終日だファイヤー
脇山珠美(44)「あ、これやだな。
火力さん明日とかどうするんですかこれ。
火力さん狼で、この噛みする理由はない。」
脇山珠美(46)「いや、おかしいでしょ?
なんで霊いて、。LW確定状況で、そんなこといえるんですか?」
…自分で結論だしてるじゃん。俺SG位置になってるけど、この噛みなら
メリットないからここ狼で勝てるとは思えないって。
さらに、7日目の殴り先が全方向すぎて、人外疑いたくなるちゅーねん。」
球磨川禊 「『おはよう』『そりゃ残されるよねえ』
『これだけ迷走した僕だ』『使わない手はない』」
三浦あずさ 「ふぁ、ふぁいっ!」
前原圭一 「さぁさぁ朝だ、朝だ!
今日も部活で暴れてやるぜ!」
前原圭一 「ファイっ!」
火力発電所 「でも、終わらんのなら、狼じゃないですよね。
まずいなSG位置から逃げられん。」
球磨川禊 「『さとりちゃんが狐じゃなくて良かったよ』『というのが正直な感想だよ』」
三浦あずさ 「狐狙いで珠美ちゃんを吊ったのに?>禊君」
火力発電所 「あと疑うならK1
初日にこいし吊りに参加してるんだよね
でも、俺は初日狼から投票されてたことが村アピの一つになる。」
前原圭一 「言ってみたかった反省はしていない
とまぁどっちも割と微妙なんだよなーってしか見えない>感想としては」
三浦あずさ 「静かねぇ」
球磨川禊 「『おいおい』『SG位置なら僕だろう』
『君たち二人ともみてないから判断ついてないしね』」
球磨川禊 「『うん?』『まあそうだね』『昨日終わるんじゃないかと思ってたしね』>三浦あずさ」
前原圭一 「さとり狐なら死体無しがきてさとり吊りにしかならんから別におそるるに足らんっしょ>禊」
球磨川禊 「『まあそうなんだけどさ』>前原圭一」
前原圭一 「しゃーない一番殴りたかったひとが昨日あの世に逝ってもうたんやし」
三浦あずさ 「狐で吊りたいって言ってたのに?
禊君想定がめちゃくちゃすぎるわよ?」
球磨川禊 「『うん』『もうすでに僕の想定はガタガタだ』
『アンデルセンちゃんが噛まれた時点でね』>三浦あずさ」
三浦あずさ 「うーんごろごろ
考えるのが大変よ~」
火力発電所 「困った。狼から○もらいの球磨川か、不穏な投票のK1か」
前原圭一 「うーん・・・」
球磨川禊 「『なんというか』『賭けだねえ』」
前原圭一 「ま、困ったら霊能投票でOK
俺は霊に投票するでー>狼」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
火力発電所1 票投票先 →前原圭一
前原圭一1 票投票先 →三浦あずさ
球磨川禊1 票投票先 →火力発電所
三浦あずさ1 票投票先 →球磨川禊
8 日目 (2 回目)
火力発電所0 票投票先 →前原圭一
前原圭一2 票投票先 →三浦あずさ
球磨川禊1 票投票先 →前原圭一
三浦あずさ1 票投票先 →球磨川禊
前原圭一 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
火力発電所 「やったね!」
火力発電所 「ナイス狂人?」
球磨川禊 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
球磨川禊さんの遺言       ,ilil州li!.i! 州 i州!.l州il!__ⅦⅥli, l!州`Ⅶlil `
      ,州州il!il!.州 .l州i!.lil.l|il     ⅥⅦ|l.i州! i!Ⅷ
     州リ'州.il!.州!.i!l州Ⅶ!.li!     ヾi, マトⅦl! .i!`
     ,iリ'il .lili!.ll!i州!.il!lil!.l!Ⅶ i!      ヾ、ヾ,Ⅶ、
    iリ' i! lil!.li!l州l lil!Ⅷ.i! li!. , ‐ ___     ヽ
    il!' l! lil!.li!l州il.lili!lil!  i! _____ `
    il!   li!.lill州lil.州i|l!-‐',ィテニ云ニ气ミ`                    『―――僕は悪くない』
    i!    li!lliliハ!ⅦトⅦli .州、 l//ゝリ
    ′   .l州!V ,'Ⅶ Ⅶli!   `ヽー‐'"
          l州. ヽ, Ⅷ l Ⅶ、            |
        lilil!  ヽーヽVli、            |
          .lilil    ゝ、_ハ.ヾ         |
         .Ⅷ    lリl州lハ `            |
        lil!    ' |liリ Ⅶl.、
           li!    .リ'  Ⅷlム、    ヽ、.___
前原圭一さんの遺言 これで今宵はおしまいだぜ!!俺たちは惨劇に打ち勝った!!
もう俺たちは互いを疑わない。 だからいつまでも結束している!!
だからどんな惨劇が訪れようとも、二度と屈すると思うんじゃねぇ!!
悲劇など知るか惨劇など知るか!悪魔どもが喜ぶ脚本が、今後どれだけやって来ようとも。
俺たちが全部、ブチ壊してやるぜえええッ!!!
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/09/21 (Fri) 00:09:27
前原圭一 「ま、禊狐でも吊るにはリスクが高すぎてあばばばばだったからなーという感じ」
水瀬伊織 「お疲れ様。」
萩原雪歩 「まあ、そっち吊っときゃ狼は安定よーね」
霊烏路 空 「うにゅ!お疲れさま!」
天海春香 「おつかれさまー」
giko 「はー、お疲れ様、と」
さとり 「お疲れ様でした~」
球磨川禊 「『お疲れ様』」
火力発電所 「お疲れ様!ナイス狂人」
三浦あずさ 「あら、火力さんだったのねぇ
これは失敗しちゃったわ」
アンデルセン 「お疲れ様」
星井美希 「お疲れ様なのー!
うーん、負けちゃったぁ」
こいし 「お疲れ―」
脇山珠美 「おつかれさま。
んー。球磨川さんー。最後のあれは狼だったらいわないかなぁ。」
天海春香 「村は引きわけマデだったな」
水瀬伊織 「さて、潜伏とかやった時点で負けた責を受ける準備はあるわ!」
こいし 「さあ!私を慰めて!」
三浦あずさ 「あー、疲れたわぁ
最近ホントダメねぇ」
萩原雪歩 「さすがにええ仕事しちゃったわ>圭一さん」
霊烏路 空 「うまく圭一と私にヘイトが集まってたから、火力さんで行けると思ってた
にとりの後のアンデルセンは理想的な噛みだったよ!」
giko 「こいしちゃんわっしょーい(地球一周投げ」
脇山珠美 「あと、すごい面倒。
さとり投票で「あ、コレ前原さん狂人だよね」ってきづいたけど
選択肢が「吊る」じゃなくて「残す」だったのがすごい面倒。」
火力発電所 「前原がアレすぎて、最後のに乗るか迷った」
前原圭一 「ちょっと煽り過ぎたのは反省だけどねorz
ごめんね>空、さとり、にとり」
四条貴音 「お見事でございます……よき仲間と、共になれたことに万感の感謝を」
アンデルセン 「SGになった私への慰めの言葉募集中」
霊烏路 空 「こいしさまプギャー!>こいし」
球磨川禊 「『うん』『ごめんね』>脇山珠美
『他をみてさすぎたね』」
giko 「なんだろう、この、何処に怒りをぶつければいいの?w」
星井美希 「だから今回は別に悪手じゃないからいいんだってばー>でこちゃん
こいしちゃんは、その、なんというかドンマイ?」
萩原雪歩 「いやまあ、潜伏じゃろうがどうじゃろうが
狼と狂人がそれ以上に上手かったんよね>伊織ちゃん」
アンデルセン 「別に潜伏占いもありだ だから別になんもないさ>水瀬」
球磨川禊 「『みてなさすぎた』『だね』」
河城にとり 「おっとお疲れだよ盟友
最終日にこれたんだから頑張ったよ」
脇山珠美 「でも村視点からみたら、仕方ないとおもうよ。
正着は、あそこで火力さん吊りだけど、ああいうつられ方私がしちゃうと、
球磨川さん見るしかなかったんじゃないかな?

つまり、もう火力さんはほっとく位の勢い。>あずささん」
こいし 「わああぁぁぁぁぃ……>giko」
天海春香 「吊られず、噛まれずだったから別にそこまでの責はなかったと思いますけどね?
>伊織」
さとり 「空とこいしが敵だったことに比べればなんてことはなかったですよ(にっこり)>圭一さん」
三浦あずさ 「発言見てて前原さん狼陣営でこいしちゃん狼でも吊るだろうなぁって感じがしたし
すごく不穏だったけど、うーん」
水瀬伊織 「悪手じゃなくても奇策ってのはそんなものよ。責はどこかしらある。
ただまぁ、それで潜伏しなくなるわけじゃないけど>美希」
霊烏路 空 「想定では珠美さん狩人かなとも思ってて、さとり様全然見えてなかったのは反省かなー
そこは吊るつもりだったからちょっとヒヤっとした」
星井美希 「どっかフラストレーション展開あったっけ?>giko
そんなこと言うとまた勘違いされるよ?」
萩原雪歩 「狼視点は圭一さん吊りで安定じゃろうねえ
あれでも狐ゆーこともあろうけえ>火力さん」
giko 「いやまあ、護衛奪い取りたかったなと>美希」
脇山珠美 「◇球磨川禊 「『みてなさすぎた』『だね』」

それもあるし、あとは結果として空を執拗におってる私の票と、噛みをみたときに、私が何にみえるか、かな。

球磨川さん視点、あそこで私吊るなら狐として、だと思います。」
アンデルセン 「そうだGiko 殴り合おう 拳で」
こいし 「お空!いいわ!もっと罵倒して!抱きしめるほど!>お空」
三浦あずさ 「禊君の吊り方がもう
なんでもいいけど構わないから吊る、に見えちゃったのよねぇ>珠美ちゃん」
水瀬伊織 「ていうか、特に四条での潜伏は信用取れないの知りつつやってたわけだしね。
どうすれば多少なりとも信用取れたのかって話をすると、ちゃんとgiko●見てもう1日潜るルートなんだろうけど。」
霊烏路 空 「アンデルセンの想定は良かったよ?だから噛んだんだろうし>アンデルセン
あれ火力さんを消す形なんだよね」
球磨川禊 「『まあ』『物の見事に外してたわけで』」
火力発電所 「初日占いだと思ったDokiDokiを返せっ>伊織」
星井美希 「うーん。
じゃあ、責っていうなら、負けた村人陣営全員分のうち、均等に一人ずつ分けた分だけ。
それでいいじゃん>でこちゃん」
四条貴音 「対戦相手も人であることを理解して発言はしていただきたいですね>ぎこ殿」
giko 「OK、屋上が今空いているな。>アンデルセン」
霊烏路 空 「地霊殿はバラバラだー!>さとり、こいし
どうしてこうなった!どうしてこうなった!

要はお燐だったのかもしれない」
さとり 「1GJも出せなかったし、霊能以外で唯一信じてた場所が火力さんだったしで
全くいいところがありませんでしたね、はぁ」
こいし 「敵だけど敵じゃなかったから許して!>さとり」
アンデルセン 「うぼぁああああお空・・・ありがとう>お空」
giko 「エースたるもの、ってことで。>四条」
アンデルセン 「あ、すいません・・・それ来月からなんですよ>Giko」
萩原雪歩 「アンデルセン噛みがファインプレイかねえ
普通ならあそこSGにするんじゃが、あれで火力さんがキレイに気配消せたよね」
脇山珠美 「そこが見えると、割と球磨川さん狐目じゃないかなーって気が。
ぶっちゃけ、前原さんをどうみるかだけど、案外火力さんと球磨川さんは
見方次第でイーブンな気もしますね。

だからこそ、前原さんがめんどくさいんですけど。」
球磨川禊 「◇三浦あずさ 「禊君の吊り方がもう
なんでもいいけど構わないから吊る、に見えちゃったのよねぇ>珠美ちゃん」

『これが大正解だ』>脇山珠美」
河城にとり 「◇火力発電所 「共有FOで初日欠けの可能性ありっと…
今のうちに占い師の期限決めておくか?」
これ見逃してたなあ見てればもうちょっとチェックしたのに」
四条貴音 「遺言が無いゆえ……村の手は狭まりますね」
霊烏路 空 「あそこで伊織護衛できるか、かー
割と普通に噛み通るとは思ってたけど、白の少なさ見る狩人いたらヤバかったかなー」
前原圭一 「メタばれ?
それでも負けないならどうってことはないわ」
giko 「だって黒死とかふつーにがっくしくるじゃないですかーやだー!
本気で他意はないぞ!」
火力発電所 「ただ、さとり噛めなかったことに後悔してたのは秘密だ!」
脇山珠美 「多分あのタイミングは一番護衛とれなかったかもですね。
どうしても霊にいってしまう。
そういう意味ではGikoさん捨て駒までしてよかったかも。

ただまー、その場合はいっそ最後まで潜るだったかもですけど>伊織さん」
霊烏路 空 「うん、そこは全然狩り視してなかった!やばいね!>火力」
天海春香 「giko黒吊って、霊能とのラインが切れて、四条さん吊りが決まった段階で出て行ければ良かったかもしれませんね。
噛まれてる可能性はありますけど>>伊織」
前原圭一 「空じゃなくてさとり吊りたかったんだよねぇ>空指定の日
空ーさとりで狼ならどんまいだけどw」
三浦あずさ 「珠美ちゃん吊るのは良いのよ?
狐狙いって言っているんだから。
じゃあそこでさとりちゃんが狐だと怖い、って言うのはちょっと・・・。
なら何を思って吊ったの?ただ生き残りたいから吊ったの?としか見えないの>禊君」
四条貴音 「はぁ、いえ、全ての参加者は平等に1ぷれいやぁであると思うのですが>ぎこ殿」
脇山珠美 「遺言の有無は気にしてもしかたないかなって思います。
そういう場所なんですから。」
水瀬伊織 「いや、パンダにして出てきた時点で滅多な事じゃ護衛貰えないわよね、うん。>空
後giko投票されてる時点で私真見されてないし。」
さとり 「役職の内訳が初日から変則的だったのでそちらのほうに意識を引っ張られすぎましたね。
圭一さん以外の灰がほとんど見れませんでした」
こいし 「それじゃ、お疲れ様―だよ。同村ありがとねー。」
giko 「んや、言いたいことはそういうんじゃなくて。
仕事はまだ足りて無いからなって感じ、まだぬるかったしな>市場」
星井美希 「一人怪しいのが見えちゃうと、吊れるまで他見れなくなるよねー。わかるわかる>さとり
こいしちゃんお疲れ様なのー!」
三浦あずさ 「あら、圭一君メタられていたの?」
さとり 「あっぷあっぷで吊られそうな私噛みはなかなかマゾいですよ?>火力発電所さん」
脇山珠美 「前原さんはもう暫く真占いしててくださいよ。」
萩原雪歩 「これはもう、狼陣営を褒める!でええ思うよ
 
潜伏で出てきてビックリしたとこでも、落ち着いて真占いを噛んだし
LWの気配を消すために、空ちゃんも一役買うたわけじゃし
狂人も最後に大仕事しちゃったし、とにかく狼陣営が上手いこと勝ったんよ。おめでとう」
霊烏路 空 「私はあの日か次の日まず吊られるからいいのよw >圭一
珠美のロックオンが全くはがれる気配なかったし、そこまでで目だっちゃってるしね

さとり様は難しかったなぁ……うーん、後でよく見直しとこう」
脇山珠美 「私半メタでした。>あずささん
だからこそ悔しいですけどね。」
火力発電所 「村建て感謝、相方sは組めてよかったです。
お先に失礼」
四条貴音 「では私がそれを潰すことに成功いたしたということで、ふふ>ぎこ殿」
球磨川禊 「『んーとね』『さとりちゃんが生きてたら単純に選択肢が増えて嫌だなぁ』
『とかそんな感じだったと思うんだけどね』>三浦あずさ」
アンデルセン 「うーあ・・・こいしいいっていねええええ」
前原圭一 「いつものことだから気にしないことにしました
メタられても負けなきゃええんやし>あずささん」
火力発電所 「>さとり そこ狩人かよ…ていう落ち込み含め」
こいし 「なんだどうしたアンデルセンw」
天海春香 「狼陣営は本当にあっぱれだったよ。

空さんは割りと狼目で見れたケド、やっぱり珠美ちゃんの誘導っぽい感があったんだよね・・・」
萩原雪歩 「たいがいのもんは、圭一さんに関してはメタる思いますよ
まあ基本的に敵に回したら面倒な相手ですしねえ>あずささん」
アンデルセン 「慰めてくれ 昨日大分頑張れて今日これとか私べっこべこや>こいし」
giko 「いや、そういうボケでもしなきゃ自虐しそうなタイプの人間だからね。>四条
割と、人狼やるたびに人格が歪んでいるのが自覚できる。うん」
星井美希 「んー、ごめん。お喋りしてたいけどミキもそろそろ落ちるね。
お疲れ様、やよいは村立てありがと。またよろしくなのー!

あ、雪歩はもし次組めたら、その時はもっとお喋りしようね!」
四条貴音 「しかし、仲間に助けられました……。あそこで万が一火力殿がやられていたらと思うと。」
霊烏路 空 「giko●も大成功だったしねー、あれでは伊織は出るしかないし……
いやでもなー、出ない事もできた?どうせパンダなら吊られると冷徹に考えて?

……しかし信用がなー」
giko 「大成功、される時点でまだぬるい。
オツカレサマです…orz」
こいし 「キミは初日吊られた狐に何を言ってるのかなw>アンデルセン」
霊烏路 空 「遺言なしの潜伏占いは結構興味ある過らどうなるかは考えても面白いかな

もちろん自分が吊られない、が大前提だけど」
アンデルセン 「ブランク明けやん>こいし」
三浦あずさ 「メタるほど器用なことできないわよぉ>珠美ちゃん

狐を狙って吊って最終日ならもう別のところで良いんじゃないかしら?>球磨川君」
霊烏路 空 「4日目ぐらいでほぼ透明になってたから大丈夫とは思ってたよ!>貴音
さっきも言ったけど狐目処理だけが怖かった」
天海春香 「自分が吊られないって言う立ち回れる人しか出来ない芸当<潜伏占い

それが出来ないって思える人が噛まれても仕方ないからCOするんだろうなぁ」
こいし 「いやそれは私が言ってるだけでたった三日なのだぜw>アンデルセン」
四条貴音 「更に自分の○を保護するのも大切ですね」
アンデルセン 「3日とかでかくね?私24時間ぐらいしか空いてないんですが我が蛾が>小石」
霊烏路 空 「狼から見ればめっちゃ真なんだけどねぇw>伊織
狂人の可能性はほぼ考えてなかったかな」
アンデルセン 「SGになるのは勘弁ならああああああん!」
こいし 「うん、どうやらでかかったみたいだよ神父さん。
なにせあんな発言ミスをするくらいだからね!>アンデルセン」
水瀬伊織 「吊られない・噛まれないが前提だから私自身も滅多にはやらないわね>春香
まぁ、誰もやらないから考慮しない、って流れがありそうだったからやっただけで。
……今後やるやらないは別として、一石になってくれれば良いわね、くらい。」
球磨川禊 「『なんで前原ちゃんと火力発電所ちゃんのどっちかと思ってたら』
『最後の前原ちゃんの発言で終わったね』>三浦あずさ

『あずささんの票がくるのはわかってた』『うん』」
天海春香 「GMは村立てありがとうっ
同村のみんなもおつかれさまでした」
こいし 「SGは位置と村の流れと狼のゲームメイクと運です。」
アンデルセン 「まぁ、そりゃ狐に鈍感な私が あぁ、狐しかねぇわ と思うぐらいだもの・・・>こいし」
さとり 「1-1で潜伏するなら出てる占いの○おっかけでよかったんじゃないかな
真占いの初日○あずさだったし」
前原圭一 「この動き方で潜伏占い…面白そうだけどそもそも占い引いてこないしなぁ」
アンデルセン 「そこに本人の発言強度補正がだな・・・>こいし」
こいし 「私から生き残りをとったら何が残るというのだ…だよ!>アンデルセン」
三浦あずさ 「最後まで聞かずに投票しちゃったのは申し訳なかったわねぇ>禊君」
脇山珠美 「まぁメタといっても、要素はかんがえたんですどね?>あずささん
ようは、さとりさんへの投票、それから前原さんの吊られるようにヘイトをしむける動き、あとはあずささんの結果です。

状況は、前原さん吊り○がでてもものすごい悪くない状態でしたから。>あずささん」
アンデルセン 「ロジックのこるやん>こいし」
霊烏路 空 「それじゃあ私も帰るね!みんなお疲れ様ー!お仲間お見事!
やよいちんは村立てありがっとー!」
脇山珠美 「だから、逆にいったら。よく前原さんがいってる「途中自分の狂人アピをした」というアレについては
ものすごい、よくわかりました。それは収穫ですねー。」
水瀬伊織 「正直、そうすれば良かったとは思ってるわね>さとり
無駄占いだったのも含めて、ね。
まぁ、それ以上に私視点で村っぽいとこがあったからそっちに流れちゃったんだけど。」
こいし 「ロジックはみんなが持ってるものじゃないかな…>アンデルセン」
球磨川禊 「『いや』『村にみられるとは思ってなかったからね』
『そこについてはむしろ僕が謝るべきだよ』『ごめんね』>三浦あずさ」
三浦あずさ 「珠美ちゃんが吊れちゃったのがつらかったなぁ、という感じかしら?
でも私が信用してるだけじゃあアレだし、そこをとやかく言うなら指定しろという話だから良いのだけどねー>珠美ちゃん」
アンデルセン 「私にあると、本気で思うか・・・・?>こいし」
三浦あずさ 「理論はみんなが持ってるけど
ロジックは誰が見ても答えはひとつよ?>こいしちゃん、アンデルセンさん」
萩原雪歩 「17人村の共有で、はじめて狼に負けたわ~
ほいじゃが今日の狼陣営は上手かったわ、さすがじゃわ」
天海春香 「結局、それを考慮して灰を見ると人外に集中出来ないって思っちゃうんだよね。
これだけ短い中で全部見れないし、その発言=狼が占い騙りしてるのを知ってる仲間って見られかねないかなーって。

だからこそ、潜伏占いって考えるよりも初日占いで占い偽って考える方がスマートだと思うんだよね>伊織」
こいし 「んー…霊界でも言ったけど真占いが生きてる○3つくらいを溜めれば超上々なのよ。
だからそれができればいいんじゃない?今回は霊占いかつ●かぶりで灰減っちゃって
ああなったけど」
三浦あずさ 「そこはそのうち追々、ね?>禊君
私も200くらい近くになるまではどうしようもなかったし。
今もどうしようもないしねぇ」
アンデルセン 「うぇーい・・・>あずさ様」
球磨川禊 「『うーん』『前々から思ってたけど』
『思いついたことを吟味せずそのまま口に出すのと』
『思ってもないことを考えて言葉にすることをどうにかしないとなあ』」
水瀬伊織 「そういう意味じゃ貴音視点での●打ち位置を外すのも大事だったのかもね>こいし
……まあ、それならそれこそ追っかけ占い安定なんだけどさ。」
四条貴音 「(私も、灰での戦闘力を鍛えねば……っ)」
脇山珠美 「そこは珠美の非も大きくあり……実際、さとりさん吊らないなら火力さんか球磨川さんで、揺れたんですよ。
でもどうしてもあの時期にあの発言を霊がいるときにされてしまうと……がありまして……>あずささん」
こいし 「でも前提ミスとか条件ミスとかある。ロジックマジック>あずさ」
アンデルセン 「四条 ここのアンデルセンとか言う男はな 灰で生きることに
命を賭けているのにSGになったり●もらって納得されたりとしている
・・・お前の戦闘力は53万だ」
三浦あずさ 「それに気づけなければ一緒だしね>こいしちゃん

どちらにせよこちらの思い通りの最終日想定なんてできないからねぇ>珠美ちゃん」
水瀬伊織 「共有噛み切りの4日目の●が吊れると思ってなかったのもまぁ、あるのだけど
その辺しょうがないわねぇ……」
アンデルセン 「私は狂人を感じたニトリ吊りたかった・・・>水瀬」
脇山珠美 「共有噛み切りの●だったらむしろ吊るのは一興、になるかもですね>伊織さん
なにしろ、噛みは四条さんを吊る方向にむかわせるようにみせかけているのですから。」
さとり 「潜伏中に灰占って○出てもグレランで吊られる可能性ありますしね
今回みたいにパンダになっても悲惨ですし」
前原圭一 「しかしHNを変更すべきか希望制で狂人以外を希望すべきか…どっちがいいんだろうね」
水瀬伊織 「初日の○は諦めるしかないわねぇ……
3日目、4日目の○はグレランで落ちそうもないところを占えるけど
パンダについては、まぁ……追っかけ安定なのかしらね。>さとり」
アンデルセン 「HN変えてもたぶん気づける気がするよ 特徴がすごい分かりやすい>前原」
三浦あずさ 「あら、でも私はあなたのプレイング好きですよ?>圭一君」
水瀬伊織 「私は以下の発言で中身がわかっちゃったのよね……ってわけでペタリ>前原さん
◇前原圭一(96)  「ま、占いさんは個人が特定できる占い理由をお願いしておくぜ
対抗いないからいらないってのは流石にノーセンスだしな
あと、個人が特定できる占った動機もそえておくとなおよしだぜ!」」
脇山珠美 「球磨川さん、そういうときは灰視のポイントを考えるといいかもしれません。
「状況」「投票」「発言」この要素から切り出しをしてけるようになると面白いと、珠美はおそわりました。

3要素複合はまず無理なので、まずどこからみるか、ということですね。
ちなみに、投票はみれるようになるといろいろ考えられて面白いです。」
萩原雪歩 「村視点じゃったら、パンダ吊って考えたほうが分かりやすくなるんよね
あそこで出てきた占いを積極的に真で見ようってことにはならんし、
霊能の色見てからでもええじゃろ?ってなるんよね>伊織ちゃん」
こいし 「というかこう、中身ばれってあれじゃない。主にRPとかアイコンじゃない。」
前原圭一 「もちろんキャラもアイドル固定にするよー>アンデルセン
まだ使ってないアイドルいるしね」
脇山珠美 「珠美はいつか前原さんを蹴ったくるのです……!
だけどその潜伏に憧れた珠美のとった狂人道は騙って吊られて村の首を締めるなのです……!」
アンデルセン 「それでも気づけるよ 溜めとくだりがあんまり見ないもの
これが愛か>前原」
前原圭一 「ああ、今回はばれててもかまわないと思って書いてるからそれはいいのよ>伊織
ばれ上等、メタ使ってもいいよ、でも勝つからってぐらいの気概でやったからさ」
さとり 「CN仮のときから前原さんの中身はなんとなくわかってたw」
アンデルセン 「いぬふくさんカッコいいなぁ ああいう村人になりたい
→霊能者を宣言する ローラーしたまえ(満面の笑み」
水瀬伊織 「ま、この発言ある時とない時もあるものね>前原さん
いやまぁ、ある時はほんとにそれだけでわかるからメタ全開になるけど」
球磨川禊 「『最初の方の投票をみてた』『後半は発言をみてた』『そしてどっちも外してた』>脇山珠美

『投票かあ』『最終日は一回は引き分けになるんじゃないかなあと思った』」
三浦あずさ 「かっこいいプレイングができる人は良いわよねぇ」
アンデルセン 「私にしてみれば貴方様も大分こう、高いんですが>あずさ様」
三浦あずさ 「私は何もできずにおろおろしてるだけよ~?>アンデルセンさん」
脇山珠美 「んー例えば、珠美の空投票やそこまでの疑いだって一要素にななるかもしれないですね?

ちなみに、珠美は球磨川さん狐見で吊りにいきました。」
前原圭一 「まぁKちゃんとか使わなくてそういう前振りかかなくてアイドルのRPとそれらしい受け答えすればいいんだろうけど…そっち方面にいまさら行ってもなぁって気しかしない
GMが希望するならそっち方面がんばるけど(ゲス顔」
脇山珠美 「た、珠美は別にカッコイイとは思わないのです……泥臭いだけですね。」
アンデルセン 「おろおろする方向性が自分とは違いますし・・・
私はむやみに注意を振りまくだけですよ>あずさ様」
アンデルセン 「そこで無機物RPですよ>前原」
水瀬伊織 「とりあえず私もまだなんでもやってみよう、くらいだしねぇ……
まあ、今日みたいに奇策打って負けたりもするけどまぁ。」
球磨川禊 「『僕はgikoちゃんを殴ったのをみて珠美ちゃんを吊りにいった』
『正直に言うよ』『仮に狐が残ってたら狐勝ちでいいと思ってた』
『村人としてありまじき姿なのは承知の上でね』」
こいし 「んー私のプレイってどういうのだっけ?またこういうの繰り返すの嫌だし確認したいな」
前原圭一 「無機物RPって…どうやったらいいのかな、かな?>アンデルセン」
萩原雪歩 「結局、自分の持っとるもんを出し切ってプレイすりゃあええんよね
メタを説得の材料には使われんけど、自分の中で処理すりゃあええんよね」
アンデルセン 「四条は特殊ですからなぁ・・・応援していますよ>水瀬」
三浦あずさ 「そのあたりはよくわからないわねぇ
今日もそうだったし~>アンデルセンさん」
アンデルセン 「ガソリンスタンドRP「ウェーイオライッオライッ?」>前原」
萩原雪歩 「のらりくらりっていう印象があるけど、どうなんかねえ>こいしちゃん」
球磨川禊 「『特に前原ちゃんが狐なら僕には吊れなかった』
『基本的に潜伏されると発見できないんだよねえ』」
アンデルセン 「前提が崩れるとぼろぼろになるのですよHAHAHA>あずさ様
その上で思ったことを言うからちぐはぐに」
三浦あずさ 「雪歩ちゃんからは私ってどう見えてるのかしら~?」
アンデルセン 「音波>こいし」
萩原雪歩 「考えた上で、きっちり奇策ができる人はやりゃあええんよね
伊織ちゃんみたいになんでもできる人はそうそうおらんじゃろうし」
水瀬伊織 「遺言の有無はあんまり関係ないけどね。>アンデルセン
遺言ないからやらない、やっちゃダメ、なら最初から考慮しなくて済む分
村も狼も楽になっちゃうからねぇ」
さとり 「それではみなさんお疲れ様でした」
前原圭一 「…ペルソナ4のあの人だったりするのかしら?>アンデルセン
んー・・・おもしろそうではある」
こいし 「のらりくらりかー。あれ…?なんでだ…?その評価が嬉しいぜ>雪歩」
脇山珠美 「うん、そこで状況、かな……
狐いないならいいとしても、それだったら他は全部村にみるということです。
そして、Gikoさんを吊ったのは、前原さんも等価なんですよ>球磨川さん
+お空さんを吊りしたのを身内とみるかどうか、私は初手からずっと第一候補の吊りをお空さんにしていましたから。
つまり、狼であれば、「お空を身内殴りし続ける狼はどうか?」で見てもよかったかもしれません、と珠美は講釈を垂れてみます。」
三浦あずさ 「まぁ、今日やってて思ったのは
珠美ちゃんと圭一君とアンデルセンさんで2Wはないしここ残しで良いかなぁ。
あと一人は誰になるのかしら?
って感じだったわねぇ>アンデルセンさん」
アンデルセン 「一回の村の中でも強弱がある感じだ それも明確に
そっちの方が友っぽい印象がある
淡々と情報を集めて、理路整然と碁詰めしていく
その上で~って感じ>友」
こいし 「お、音波?>アンデルセン」
アンデルセン 「ま、だから応援してるのですよ、水瀬
内心、『やられた!これは良い』と思ってしまいましたよ>水瀬

いえ、特になにかをしたわけでは・・・>前原」
アンデルセン 「ふむぅ・・・難しいものです>あずさ様」
萩原雪歩 「あんまり言うたら、それこそメタに使われるかもしれんですけど
素村のときの切れ味がものすごいですよね>あずささん」
アンデルセン 「通りやすいんですよね、貴方の言葉って
あんまり裏を感じないんですよ>こいし」
水瀬伊織 「まあ、なんでもできるわけじゃないけどね。
まだ何ができるかわからないから挑戦してみてる段階なのよね>雪歩」
三浦あずさ 「素村以外はなまくらなのよねぇ>雪歩ちゃん」
こいし 「すごくわかりやすく言ってくれてありがとう。感謝感激雨あられだぜ>神父様」
球磨川禊 「>「お空を身内殴りし続ける狼はどうか?」
『ここで前半の発言をみてないのが響くわけだね』
『僕の印象だと珠美ちゃんがgikoちゃんをいきなり殴ったようにしかみえなかったなあ』」
アンデルセン 「俺もそう見ていたがね それも踏まえて前原と脇山の反応が
込みこみで正反対だから残したかった
ここは趣味だがね>球磨川」
三浦あずさ 「珠美ちゃんはgikoさん投票をしているので
正直なことを言えばいきなり殴りだした、というわけではないのよねぇ。
まぁ、だから貴音ちゃんの占いと合わせて狼候補であると思ったのよねぇ。
そこに繋がりを見た、ということね>禊君」
球磨川禊 「『あ』『そこは逆だね』>アンデルセン
『僕は単純に「狼が村を吊りにいった」と思って珠美ちゃんを残せないと思ったよ』」
萩原雪歩 「うちも狼のときは、ホンマにもうさっぱりですしねえ
まあ人からどうゆうふうに見られとるんかは分からんですけども>あずささん」
脇山珠美 「そこはありえますね。>あずささん
つまり、珠美は「空みたいからあとでめんどそうなGikoつっとけ?」でしたから、それであそこで●だされると、
そこは狼見されてもしかたないです。>球磨川さん」
アンデルセン 「なるほど ま、進行の取り方は人それぞれさ>球磨川」
三浦あずさ 「村陣営のときは自由で、狼陣営のときは隙が見つけにくい感じねぇ>雪歩ちゃん」
giko 「(カーッとなった件についてはマジでスイマセンでした@中の人代理)」
球磨川禊 「『まあぶっちゃけ三日目のgikoちゃんへの投票はみてなかったんだけどね』
『●を出された反応がgikoちゃんは村にみえただけだよ』」
アンデルセン 「許せるっ>GIKO」
球磨川禊 「『君は悪くない』giko」
三浦あずさ 「で、それでいてあそこであそこまで目だって狼のお空ちゃんを吊るのかというと
私は疑問に思ったから、狼目だけど狼であることに疑問、つまり村で良いわねぇ、となったわ~>珠美ちゃん」
アンデルセン 「んじゃ、そろそろ落ちよう 次は勝つ 必ずだ」
萩原雪歩 「なるほど、参考になりますわ。自由にRPするんが身上なとこもありますしねえ。
ほいじゃが、うちは常に隙だらけじゃ思いますがねえ
なによりも狼のときは、まず自分に負けとるんかもしれんですね
「こりゃ勝てんわ」ってすぐあきらめるクセがありますし>あずささん」
こいし 「じゃ、ホントにお疲れ様―。うん、話してくれてありがとねー。ばいにー」
三浦あずさ 「なんというか、その辺りで私の心情では村目になっちゃうというか
私にはなんとも難しいのよ~、あなたを吊るのは>雪歩ちゃん」
球磨川禊
.        ィ    ./|
      //    .| .|/|                              . --ミ __
     / ./    | ./ /                          .  '::::::;ム '´ ー- 二つ
.     /  /  /| |/|/       /|                . イ::o:ο::/     ー- 二づ
    /  /   |  |      〃,ィ|ム'::匕二            _. イ:::::/:::::::::::::ハ___ `゙ ー- ァ‐'
.   /  /    .|  |       {::!/:::ム--ァ:::≠::-z__r~y-/:::::/ /:::::::::::::::「:::::::::::::厂 ̄ ̄
  /  /     |/      ア::::L:::__'::_::::ァ':::::::::/::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::: ノ           『さて僕も落ちようか』
. /  /              イ:::爪:::ア´. -‐/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::; -‐   ̄ ̄ ̄ ̄´
/  /              j/}::::://::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  '´                        『村建てと同村ありがとう』
. /               '^Vム::::'´:::::::::::::::::::::::::::::::::; '´        _____
´           ┌-<ア´:::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::;:{:、    _.. '´ ̄::::::::::::::::::__二 ーミ          『お疲れ様だぜ』
          r~'::ーヘ:::::、:::::::::::::::i:::::、:::::::::::::::::/:::::::::::::ァ''´:::::::::::::::::::::;:::::::'´:::::::::::::::::::`ヾx
          /:::::::::::::::::::\:\::::::::::l:::::::ヽ:::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::;:::::'´:::::; -- 、::::::::::::::::::ヾx
           ヽ::::::::::::::::::::::::ヾ::\::::::::::::::::::、::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ム-‐ ´     ヽ:::::::::::::::::Ⅵ
            ー ´ ̄¨}::\:::::::::i::::::::::::〉:::::::/::::::::::::::::::::::/       _  _ 、:::::::::::::l:l
                    └― ミ:x:}:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/      / /__/ /'  ヽ:::::::::l:!
                         `リ::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::∧    _/    ./_   ゚,::: |i
                        「:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::ー.、 ./_  _  _/   ゚。::::|!
                     ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ // ./ /      }:::/
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ. ./ /   /77/7′
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧. ̄   ≠≠_/」
萩原雪歩 「うちは説得で勝てるようなプレイヤーじゃないですし
常に自由奔放にプレイせんといけんですね>あずささん」
三浦あずさ 「私も狼のときに素村みたいな感じでいたいわぁ>雪歩ちゃん」
萩原雪歩 「お互い、そこらへんが課題なんかもしれんですね>あずささん」
三浦あずさ 「あと2週間くらいおやすみしてたら、どうしたら良いのかわからなくなっちゃっててねぇ。
今リハビリ中なんだけど、ダメねぇ>雪歩ちゃん」
萩原雪歩 「とにかく楽しんだらええんじゃないですかね
RPでワイワイしよったら、そのうちカンも戻るでしょう>あずささん」
萩原雪歩 「うちもここんとこ負けが多いけども
楽しまんと損じゃ思うて、開き直ってやりよるんですよね
うちの場合、印象に残る村いうのは勝ち負けよりも、RPが上手くいったかどうかですし」
三浦あずさ 「楽しんでるつもりはあるんだけどね。
こう、納得できないのよ~」
萩原雪歩 「うちと同陣営になった人には申し訳ないですけどね」
三浦あずさ 「私もよ~♪」
萩原雪歩 「考えて考えて、自分が出した結論で負けたんなら
もう納得するしかないんですよ
ほいで、なにがいけんかったんか考えたらええんですよ」
三浦あずさ 「今回はその負けだから、私は満足、というか不満はないのだけどね。
他の人がどうかなぁ、と思っちゃって~」
萩原雪歩 「「うちはこう考えて結論出したんよ。でも負けたね、ごめんなさい。」としか言われんのですよ
今日でもあずささんなりの考え方で最後まで戦っちゃったんじゃし、それでええんですよ」
三浦あずさ 「でも負けは悔しいわねぇ。
火力さんを狼では見れなかったわぁ」
萩原雪歩 「自分が思うように皆が皆いごくわけがないですしねえ
残った人らがそういう結論に達して、勝ち負けになったいうじゃし
他の人らは見守るしかないんですよ
そりゃ明らかにグレー管理ミスったとかいうたら怒られるでしょうけど」
三浦あずさ 「雪歩ちゃん大人ねぇ」
萩原雪歩 「あずささんもじゃし、他の人もそこ狼に見れんかったいうんじゃったら
そりゃあ火力さんが上手かったいうことですよ、褒めたげましょうや」
萩原雪歩 「うちは基本的に、負けたときは自分の責任の所在を考えて
勝ったときは仲間の頑張りを考えるようにしようるんで。
それでもなかなかスキルアップできんですけどね」
三浦あずさ 「えぇ、今回の狼さんはとっても強かったわねぇ
狐さんは残念だったけど、そういうこともあるわよねぇ。
そして狂人さんは言わずもがなよねぇ」
萩原雪歩 「狂人のあの人はもう、さすがとしか言われんですね。強いですわ。

じゃあ、うちみたいなんが普通にやったら勝てん相手にどうやって勝つか、ゆーたら
もう、自由に遊ぶしかないんですよね。ほいで流れに委ねるしかないんですよ。」
三浦あずさ 「ここ狼はないだろう、って思わせれたら私としては勝ちねぇ
狩人もないから吊ろうとかはあるけど~」
萩原雪歩 「ちょっとした失言で吊られてしまう、怖いとこですよホンマに」
萩原雪歩 「いろんな動き方がありますよね
前へ前へ出て敵をなぎ倒すスタイルもあれば
おるんかおらんのか分からんような位置に入ってやりすごすスタイルもある」
前原圭一 「まぁ狼さんが最終日まで行ける位置なら狂人の私はそれに乗っかればいいだけですから………あとは最終日に行けない狼さんをフォローできる動きを覚えたいところかねぇ
狂人とばれにくい状況で」
萩原雪歩 「3wのバランスとしては騙り1人がバランス取りつつ
潜伏役2人が前と後ろに動くんが理想なんでしょうねえ」
萩原雪歩 「最終日まで残れん狼ゆーことはもう、そういうことなんですよね
そこまでフォローいうのはさすがに難しすぎますわね」
三浦あずさ 「だから圭一君はそこ狼なら残れないから吊る、っていう動きなんじゃないかしら~?」
萩原雪歩 「そこらへんは、よー分かっとってじゃし上手いですわ>あずささん」
前原圭一 「まぁ現状それが無理なのはわかってるんですけどね…>お二方
すべて拾いあげるのって難しいなぁと」
三浦あずさ 「そういうことができるあたりかっこいいわよねぇ」
萩原雪歩 「狂人で潜伏するゆーのは、やっぱり自信がないとできんのですよ」
前原圭一 「自信があるというか騙るとどうあがいても絶望なんですよねぇ(白目)」
萩原雪歩 「じゃけえ、うちが狂人引いたら、吊り1手を消費さすんが精一杯ですよ
占い騙って村を混乱させて、真占いを噛ませれたらええほうですよ」
三浦あずさ 「えーと、ネット環境とかだったかしら?
一昨日も大変そうだったものねぇ」
三浦あずさ 「私なんて狼なさそうなところに○出して疑ってくれないかしら~?って感じねぇ。」
萩原雪歩 「騙るほうがラクなですよ、自分を活かすかどうかを狼に委ねるわけじゃし」
前原圭一 「それもありますけどね(遠い目)
それ以前にいままでの騙りした場合の狂人での敗北の積み重ねという黒歴史がががが」
萩原雪歩 「あとはまあ、囲えてから漂白噛みされると、してやったりですわねえ」
三浦あずさ 「いらぬ
三浦あずさ 「誤爆っちゃったわ・・・」
三浦あずさ 「じゃあ潜伏が圭一君にはやっぱり向いているのねぇ
すごいけど怖いわぁ」
萩原雪歩 「はあ、ええ時間ですね。うちはそろそろ寝ますわ。おつかれさまでした~
GMさんも村建てありがとうでした。ほいじゃあ、また~」
前原圭一 「●出したいところなんでことごとく狼なんですかねぇ…○出しっぱにしてたら狼が勝手に全滅するし…etc」
前原圭一 「お疲れさまでしたー」
三浦あずさ 「お疲れ様ぁ
じゃあ、解散かしら?
もう遅いしねぇ。ふわぁ」
三浦あずさ 「じゃあお疲れ様ね?
狼陣営はお見事でした~」