←戻る
【劇場138】劇場公演 水曜普通の部村 [164番地]
~むらむらじゃないよ!!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
icon P
(生存中)
icon PJ
(生存中)
icon
(生存中)
icon
(生存中)
icon 秋月涼
(生存中)
icon 紅美鈴
(生存中)
icon 秋月律子
(生存中)
icon Y
(生存中)
icon 水谷絵理
(生存中)
icon 菱宮津軽
(生存中)
icon スモーキンダディ
(生存中)
icon C.C.
(生存中)
icon
(生存中)
icon イリヤスフィール
(生存中)
icon D
(生存中)
icon
(生存中)
icon 日高愛
(生存中)
村作成:2012/09/26 (Wed) 21:59:04
GM 「テンプレ略・・・え、だめ・・?」
GM 「禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 占いCOの発言は一行の占い結果のみ。占い理由はそれ以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能です)
■これから毎日初心者歓迎しようじゃねェか!」
GM 「いつもどおり30分くらいまで待って、その時点で意思を確認。
45分には人数に関わらずスタート致します。」
GM 「入村どうぞ!」
仮 さんが入場しました
「こんばんは
一先ず仮にさせて頂くよ」
L さんが入場しました
仮2号 さんが入場しました
「…まぁいいか。私がLです。」
GM 「いらっしゃいませ!」
GM 「私はGMです>Lさん」
仮2号 「仮2号 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮2号 → M
アイコン:No. 5 (赤) → No. 277 (紅きヒゲ01)」
「私がMです。」
「なるほど
ふむ」
「やあM元気にしてましたか――って誰ですか。」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → PJ
アイコン:No. 7 (青) → No. 985 (戦闘機パイロット)」
秋月涼 さんが入場しました
PJ 「俺PJっす」
PJ 「こんばんは!」
紅美鈴 さんが入場しました
秋月涼 「こんにち・・・
今日は何か濃い面子の方が多いですね」
PJ 「こんばんは!」
紅美鈴 「こんばんは。
勢いで来たのは良いのですがいったいどういう場所なんでしょうか、ここは?」
「>L ははは…冗談がきついな。写真だってあるぞ
                ,  -‐‐   ‐-  ,
                  /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : \
            /: :: :: :: :: :: :: :: :>‐<: :: :: :ヽ            -‐= = =‐- _
           / : :: :: :: :: :: :: :: : / |l∨l| Y: :: :: :}           /: : : : : : : : : : : : : :: : ヽ
           /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ゝ-.==┴- ∠_       /: :: : : : : : : : r ⌒ ヽ : : : : i
        / : :: :: :: :: :: :: : _>'_´〝´  ̄ ¨ Ⅷ7'izヽ    ./: :: : : : : : : : : : {! ||__ }____}
        i: :: :: :: :: :: :y彡'´/へ≧ュ、 ; _,z≦ヽ___)  /: :: : : : : : : : _ -=ゝ-三―‐‐-=`丶
        ヽ: :: :_z,≦ミ,リ   七ツュヾ〈 〉rセユ|      i: : : : : : : : ィ彡==-、   ,ィ=ヽi三ニヾ)
          Y´ミfてヽ彡    _ -‐' . ',‐._ !      {: :: :: :/ミリ  r七ュ 、 (fセュ |=‐ ´
          リ三∧ ヒミ       r z、_,〉  }       \/ヘヽミ    -‐'  ', ー. i        / .〉
          )彡ミハーキ      ,.ィニ彡ミュ、 ,'        { {{てミ        r_、_,〉   } /´.〉  ./ ./
         、__フミ/ ∨i    /ィ"ャ‐-‐ヽ`ヽ        ∨ミ>、ミ    ,ィ彡ア ミュ、,' / 7 /ヽ/
          ヌミ   ',人       ¨三;' /            ∨ ',入.   /ィ´-―- ヾ/ヽ,// ) /┐
          彡/   .':, >        /             i   ', ヽ     ¨¨ //_, ≦: :: :: :): :^ヽ
         /`ー-. .. .__  `≧- _ノ           /、  ∨ >     //: :: :: :: :: :: :: : ): :〈
     _ _/: :: :: :\: :: : ∧ ̄ ¨: :¨ ̄ハ         _ / : : ヽ  ∨ ∨ ≧‐<{' /\: : : : : : : : 〉 /
-‐=<ニニニ:ヽ,: :: :: :: :: :\: : ∧: :: :: :: :: : }> ,_   -‐ ヘニニ∨\ : :: : ̄ ' , ̄' , ̄_才.: :\  \: :: :: :: : /
: :: :: :: : \ニニニ\ー-: :__: : ` ..∧: :: :: :: :/: :: :: :`ヾー-、_'ニニ∨: :` ‐- . _' ,: :〈 ヾ`' ,: :: :.\/: :: :: :/
: :: :: :: :: :: :ヾ;:ニニニ':,: :: :: :: : ‐- ≧\: :.∠: :: :-―: : ヽニニヽ: :¨: :‐: ._  :.: : : : :≧∧: :\.\: :: :: :: :: :/zヽ: :`丶
: :: :: :: :: :: :: :}ニニニニi: :: :: :: :: :: :: :: :: :ヾ: :: :: :: :: :: :: :: : }ニニニ}: :: :: :: :: :ヽ ..:..: : :/  \: :ヾ: :ヾ: :: :/}ニニニ} : : : : ヽ
「(PJってなんでしょう……?)」
秋月涼 「普通の村とそれほど代わりませんよ>美鈴さん」
PJ 「俺はこの村の人外どもを殲滅せよ!との命令を受けてきたんすけど…?」
GM 「ここは・・・・人狼の村のはずです(キリ>美鈴さん」
秋月律子 さんが入場しました
紅美鈴 「いやー、コレだけ濃い面子がいて、普通とか無いでしょ。>秋月さん」
GM 「いらっしゃいませ!」
秋月涼 「多分そこの兄弟が別れるフラグじゃないでしょうか?」
「それルイージさんじゃね?え?なに私ルイージだったの?>M」
秋月律子 「はいは~い りっちゃんですよ~」
Y さんが入場しました
PJ 「こんばんは!」
「ああ…スーパースコープをもって戦ったアメリカの日々、懐かしい…」
秋月涼 「あ、律子ね・・・律子さんお疲れさまです」
Y 「どうも、Yです。」
紅美鈴 「こんばんは。」
秋月律子 「あら、涼じゃない^^ よろしくおねがいするわよ?」
秋月涼 「総統はお休みですか?>Yさん」
「なぁ、Lよ。お前もスーパースコープではしゃいでいたな!」
「来た人はいらっしゃいませ。」
紅美鈴 「何とも言えない空気だなー、うん。」
秋月涼 「ここはオフレコの場じゃないからね!>律子さん」
Y 「総統ならさっきテレビ見てたのでたぶん休みます。 >秋月涼さん」
「え、しかもそんな世代だったんですか私。年齢不詳だったけど>M」
秋月涼 「僕鷹の爪団好きなんですけどねー
担当のヒーローがヒーローなんで、そっちの方が好きって感じですけど!>Yさん」
紅美鈴 「情報錯綜しまくりですね。>M&Lブラザーズ」
水谷絵理 さんが入場しました
紅美鈴 「こんばんは。」
水谷絵理 「こんばんワニワニパニック」
菱宮津軽 さんが入場しました
PJ 「こんばんは!」
「>L おいおい、覚えていないのか?お前は勢い余ってヨッシーまで撃ってたんだぞ」
菱宮津軽 「おじゃましまーす」
「>絵里 もうおこったぞ!だな、知っている」
Y 「おお、なんだか大人気ですよ総統
…って総統いないんでした」
「待ってください―――、だんだんと思い出してきました。
それは兄さんがやったことでしょう>M」
紅美鈴 「アレ、兄弟間で情報が合致し始めてる…。」
秋月涼 「絵理ちゃんこんばんは!」
「L さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 438 (竜崎) → No. 278 (緑のヒゲ)」
PJ 「…おかしいな
Lは緑色をした…

まあいいや サァ行くか」
PJ 「!?」
PJ 「やっぱ記憶に間違いは無かったんだ!」
Y 「!?
どうやら正体を現したようですね!! >Lさん」
「>L ん、そうだったか…いかんな、歳は取りたくないものだ。
ああ、あの時代はよかった…」
紅美鈴 「変形した!?>L」
「───────────────────‐-- 、;:;;:;:;:;j
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;::;;::;:;:;:;>::」
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::      思い出しましたよ兄さん
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',   、ト-‐‐ー、 ....ー ‐‐‐ ア     /::::::::::::::',.:::::::::'
::::::ヾ'、  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ」
水谷絵理 「急にワニの動きが早くなるんだよね>Mさん」
水谷絵理 「涼さん、よろちくび?」
「(>L すまないな。アイコン変えたくないならそれでよかったんだぞ…)」
スモーキンダディ さんが入場しました
「そうですね。あの時代はよかった。当時はセーブひとつにも大騒ぎでした」
「>絵里 二人でやってもトップとれなかったんだが…」
スモーキンダディ 「よぅ、邪魔させてもらうぜ」
PJ 「こんばんは!」
紅美鈴 「こんばんはー。
なんだかまた謎な感じの方が私の下に。」
水谷絵理 「98点がベストスコアかな?>Mさん」
「(>M いえ、特に問題はありません。ヒゲがあるかないかで、私はLです)」
秋月涼 「今日は本当に濃い方が多いですね・・・」
Y 「こんばんはー。
なんだか人外魔境のような雰囲気を醸し出してきました。」
水谷絵理 「毛が濃い人のあつまり?>涼さん」
「>L そうだ。
お前あっての兄弟仁義…俺あってのお前、お前あっての俺だった…
PJ 「…濃い面子っすかね?>涼」
紅美鈴 「何でしょうか、先程から震えが止まりません。」
スモーキンダディ 「おいおい、謎な感じとはずいぶんじゃないか
ま、男はちょっとぐらい謎めいていたほうが恰好が付くんだがな?>美鈴」
「>L だが、RPGには出れなかったよな…」
ゼロ さんが入場しました
PJ 「(サイファーかピクシー来ないかなあ)」
PJ 「こんばんは!」
Y 「Mさん、それ以上はいけない。」
ゼロ 「ドドドドドドドド」
秋月涼 「うーん?雰囲気というかなんていうか・・・
ここでは見られ難いダンディズムというべきかなぁ?>絵理ちゃん」
「お、お前はO(ゼロ)、Oなんだろ!?>ゼロ」
紅美鈴 「謎めくっていうか、もはやUMAばりの謎な気がしますよ貴方。>スモーキンダディ
どうやらここは幻想郷以上に恐ろしい場所らしいです。」
Y 「おお、よくはわかりませんがどうやら僕はダンディ枠に選ばれたみたいですよ」
菱宮津軽 「そこな兄弟は何言ってるべか…(東北弁分からないorz」
水谷絵理 「涼さんもカッコイイとこ見せつけるチャンス?>涼さん」
「そういう兄さんこそ最近ものすごく人に頼りすぎなのでは……?>M」
ゼロ 「貴様なぜそれを知っているッ!>M」
紅美鈴 「こんばんは…。」
「いらっしゃい。歓迎しますよ。」
スモーキンダディ 「ま、少しばかり歳食った子供だと思ってくれ>涼」
秋月涼 「え、そ、そうかな!?うん頑張ってみるよ!>絵理ちゃん

Yさんはダンディ枠というには・・・うーんちょっと厳しいですかね?>Yさん」
Y 「しかし濃い村です。果たして僕はこの中で生き抜くことができるんでしょうか?」
PJ 「東北弁って言っても県によってちがうっすね」
スモーキンダディ 「なぁに、種も仕掛けもございますって奴だ 簡単だろう?はっはっはっ>美鈴」
菱宮津軽 「…ハンゲのキャラだったっけかな…」
PJ 「まあ標準語話しておけば問題ないでしょ」
紅美鈴 「私からしてみればあなたも十分濃いです。>Yさん」
Y 「どちらかというと津軽さんは津軽弁を喋るような気がしますが
ぶっちゃけドラマCDの津軽さん普通に標準語でしたし…」
W さんが入場しました
水谷絵理 「みんな方言でしゃべりまくる村とか、楽しそう?」
「よろしく頼むぜ」
PJ 「こんばんは!」
ゼロ 「アルファベット解放戦線に私も参加しろと言うのか…」
Y 「なんと!どちらかというと肉食系普通男児の僕が濃いとな? >紅美鈴さん」
紅美鈴 「こんばんは。
にしてもアルファベット多いなこの村!!」
GM 「暗号村みたいになった来ましたが!」
「>L 俺が、頼る?勝手に助けてくれるだけだが…ま、人徳だな」
スモーキンダディ 「やめとけやめとけ 柄じゃねぇってやつだよ
そういうのはしたい奴だけやりゃいいのさ>ゼロ」
秋月涼 「・・・今日はスーツアクターの方の面接日でしたっけ?>GM」
「アルファベット解放戦線って結局戦争じゃないですか」
菱宮津軽 「…なんでこげにアルファベット一文字の人多いんだべか…」
Y 「ぶっちゃけコードネームで呼び合う村っぽくなってきたように見受けられます >GMさん」
紅美鈴 「普通と言う人が普通だったためしがないんですよ。>Yさん
普通の魔法使いとか…。」
「最近助けてくれたのはオプー…なんとかだな。
俺にいい箔をつけてくれた」
「まあ、なんかアルファベット一語の奴が多い未来だからな。ちょいと合わせてみたぜ
ちなみに中の人が一番知らないライダーだったりする」
菱宮津軽 「一応標準語メインでいきます(苦笑>Y」
ゼロ 「私は戦いを否定しない!」
「Wはきっと一人で共有だな、ネタ的に」
「へぇ、ヨッシーだけに飽き足らずサンシャインのポンプとか、
そしてついには私にすら助けられた兄さんに人徳?初耳です>M」
秋月涼 「サイクロン!ジョーカー!とか掛け声は聞いた事あるんですけどね>Wさん」
「おいやめろ>M」
秋月律子 「(これは空気を読むべきなのかしら・・・?)」
紅美鈴 「ベルトのテンションがやたらと高くなった人ですよね。>Wさん」
PJ 「俺のPJってのは本名のパトリック・ジェームズ・ベケットの略っすね」
秋月涼 「律子さんはどう空気を読むのだろう・・・」
ゼロ 「最も頭を悩ませているのは私だ、律子」
水谷絵理 「これは逆にアイドルがヘイトを食らう村の予感?」
Y 「(君は空気を読んでもいいし読まなくてもいい、と思います >秋月律子さん)」
菱宮津軽 「…怖い事言わないで…>律子」
「私は兄さんを吊りたくはない――ええ、兄弟ですもの?ねぇ?」
「>PJ パトリオット・ジェットの略だと思ってたぞ」
秋月律子 「Rとか??>涼」
秋月涼 「ぎゃおおん、そんな村はいやだー!>絵理ちゃん」
GM 「両親が消えそうだ!」
PJ 「民間のアクロバットチームっすね>パトリオット・ジェット」
「プリペイドジャパンとか考えてました」
紅美鈴 「私の立ち位置って何所…?」
Y 「門の前じゃないですか? >紅美鈴さん」
「>L そんな器の小ささだからマンション経営もうまくいかんのだ
だが、俺とてお前を吊りたくはない…たった一人の兄弟だからな」
「>紅 オチ担当だろ?」
ゼロ 「次の入村者に今後の作戦の全てが委ねられたと言っても過言ではあるまい。」
水谷絵理 「私と涼さんの絆があれば、大丈夫?>涼さん」
PJ 「現在13か」
紅美鈴 「でしたね、ええそうでした。>Yさん
危うく空気に当てられて本分を忘れる所でした。」
菱宮津軽 「…こっちまで怖くたってきただよ…」
秋月涼 「絆かぁ・・・うん、頑張ってみるよ!>絵理ちゃん」
紅美鈴 「オチ担当って何ですか!!>M」
PJ 「美鈴さんはオチ担当っと」
GM 「(誤字していた)」
「そんなに厚顔だからピーチ姫と一歩も進めないのだと思いますが――
ええ、兄弟ですからね。私達は手と手を取り合うべきでしょう>M」
紅美鈴 「メモらないでください!!>PJさん」
Y 「オチ担当がいるのならばどんだけ滑っても安心ですね」
PJ 「それって自分まで落ちるフラグすね>Y」
「ふむ、ズサー希望だ。もうオチ担当決まってるから安心して入村してくれ」
ゼロ 「私がOに名を変えることはCCとの婚姻を認めたことに他ならないのではないか…」
紅美鈴 「スべる前提で会話をしないでください!!>Yさん
というか、私にオチを求めるな!!」
秋月涼 「滑ると挽回が難しいですからねー
僕達はまだマシとして、芸人さんにとっては死活問題ですからね」
「オチ担当とツッコミ役は大事にしましょう。
彼らはハードルが天元突破したりボケが飽和すると死にます。」
紅美鈴 「オチ担当いうな!!>M
…ズーサは歓迎ですが。」
水谷絵理 「んー、なんだろう
このモヤっと感」
「俺は探偵だから落ちも滑りも関係ないな」
PJ 「美鈴さんってどっかのお屋敷の門番って聞きましたけど…
何だか嘘のような気がしてきた…」
Y 「どちらかというと一方的に巻き添え食らわせる感じですけどね >PJさん」
紅美鈴 「ならば私をもっと大事にしてください!!>L」
イリヤスフィール さんが入場しました
PJ 「そうっすね>Y」
イリヤスフィール 「間に合った!よろしくね!」
PJ 「こんばんは!」
「そういえば、この前吉宗の出てくるライダーを見たが…」
紅美鈴 「うぅ、凄くショックです…。>PJさん」
「一応私も世界一の名探て……いえ、世界一の配管工でしたね>W」
秋月涼 「これで14人っと・・・
丁度特殊村になりますね!」
紅美鈴 「こんばんは。」
GM 「いらっしゃいませ!」
菱宮津軽 「えがったー。娘サイド増えたよー」
紅美鈴 「良かった、まともそうな人だ。」
水谷絵理 「まあいいや、うん
多分、初手で私が吊られる流れだとしても」
「あれは…。ノリだから俺とは関係ないな>M」
「活かすことは大事にすることですよ>秋月」
PJ 「14…
狂信者は厄介だ」
「俺は世界一の配管工兼世界一のドライバー兼世界一の医者兼…
肩書きが多くってなぁ、紹介しきれんよ」
秋月涼 「映画版か何かでしたっけ?個人的にはトリックで出て来た方が笑いましたけどね>Mさん」
Y 「流れなんて逆らうものですよ? >水谷絵里さん」
PJ 「Mさんはマルチな方ですね!流石だなあ」
「>涼 なんだと!?トリックにも出てたのか将軍様は!?」
秋月涼 「Lさんは滑れる位置じゃないので・・・同情します>Lさん」
Y 「Mさんは本当にすごいお方ですからね
並大抵の人では肩を並べることはできませんからね」
紅美鈴 「私本業は門番のハズなのに…。」
秋月涼 「映画版に出てきてたような・・・?
将軍様の役ではないのですが、白馬に跨って逃げるシーンはありますw>Mさん」
「いやあ私も世界一の配管工とか世界一の名探偵とか世界一のゴーストスイーパーですよ
ええ、マルチみたいにただ数で勝負するんじゃなくて質で一番ですからねぇ」
菱宮津軽 「テニスとボクシングの審判は?>M」
「>PJ ははは…褒めるなよ。」
水谷絵理 「とりあえず、男祭りっぽいし
どんなエロいこと言っても大丈夫そうな流れっぽい」
PJ 「兄弟そろってスーパースターか
流石としか言えないや」
紅美鈴 「兄弟が壮絶な争いを繰り広げる気しかしない…。」
「私が滑った時には任せましたよ。>秋月」
「>絵里 中身把握したw」
Y 「まあ、Lさんも実はすごい人ですけどね
総統と比べたら天と地ですし。」
秋月涼 「だ、そうですダディさんは押さえ役をお願いしますね!>ダディさん」
水谷絵理 「涼さんの暴れん坊将軍、見てみたい」
菱宮津軽 「やんだ何言うだ!私13歳なのに!>絵里」
紅美鈴 「さらっと恐い発言が聞こえたのですが…。>絵理さん」
秋月涼 「僕も突っ込みポジションじゃないんですけど・・・>Lさん」
スモーキンダディ 「ぉう?よく分からねェが了解した>涼
(やべぇ、何も聞いてなかった)」
水谷絵理 「中に何もいませんよ?
っていうか、分かりやすすぎて困っちゃう?>Mさん」
「いやあ、ありがとうございます。>Y」
D さんが入場しました
PJ 「何か不穏な人がいるな…気を付けないと!」
PJ 「こんばんは!」
「え?>秋月君」
D 「はいはい、支援支援」
紅美鈴 「こんばんは。
…Dさん!?」
Y 「どうもこんばんはDさん」
「いらっしゃい。」
「アルファベットが増えたか」
水谷絵理 「涼さんのツッコミ、気持ちよさそう?」
秋月涼 「この中で突っ込みポジションというと・・・
Mさん、ゼロさん、Wさん・・・後はイリヤさんでしょうか?」
PJ 「アルファベット勢VSその他になりそうな…」
菱宮津軽 「じゃけんどぎゃんして一文字ばっか増えると!?しぇからしかあ!!(それ九州弁…」
紅美鈴 「アルファベットVSフルネームの流れですか?」
Y 「どうやらこの流れは男子勢はアルファベットである流れですね。」
秋月律子 「アルファベッドラン」
秋月涼 「いやぁ、痛くないようにツッコムのは相当の練習が要ると思うよ?>絵理ちゃん」
「>Y やめるんだ、Dにできないダディにプレッシャーを与えるな」
D 「どうせなら突っ込まれるより突っ込む方が好きなんだがなぁ」
PJ 「◇Y 「どうやらこの流れは男子勢はアルファベットである流れですね。」
涼さんって男性なんじゃあ…?」
「あ、門番さんは大事にしたらダメになりそうなんでちょっと。ささやかに応援してます」
秋月涼 「そこはオフレコでお願いします!>PJさん」
「え、こんな可愛いのにおと…こ?」
GM 「うぼー、回線エラってました!」
PJ 「…そういう趣味の方でしたか
すまないです>涼」
水谷絵理 「律子さんはベッドにランしたい人を選ぶんですね、わかります」
Y 「何を言ってるんですか、こんなかわいい子が男の子なわけないじゃないですか >PJ」
イリヤスフィール 「それ以上いけない>PJ」
K さんが入場しました
PJ 「んんー」
スモーキンダディ 「いや、べつに拘りはないんだが・・・>M」
PJ 「こんばんは!」
紅美鈴 「アレぇ…私の扱い…。>Lさん
…いえ、慣れてるからいいんですけどね、ハイ。」
「一文字ランはやめてください。兄さんが吊られてしまうじゃないですか
私は兄さんを吊りたくないんですよ。」
菱宮津軽 「…もう反応したら負けだべな、コレ」
「宜しく頼むぞ」
「流石キングだ…。の人が来たか」
水谷絵理 「膜を破らないように突っ込むのは、至難の業?>涼さん」
紅美鈴 「こんばんは。
またごつい方が…。」
Y 「Kさんこんばんは」
秋月涼 「うーん、いやーその趣味というか・・・
あーもう!w」
GM 「いらっしゃいませ!」
かーりまん さんが入場しました
紅美鈴 「アウトォ!!!>絵理さん」
「>L なんだと?兄より優れた弟なんて存在しねぇ!」
秋月律子 「埋まった」
PJ 「こんばんは!
満員御礼!」
水谷絵理 「涼さんのを反応させるの、楽しいよ?>津軽ちゃん」
菱宮津軽 「…うん、もう結末読めたべ…」
秋月涼 「え?突っ込む時に膜なんかあったっけ?>絵理ちゃん」
「>絵里 どんだけ細いんだよ…」
「大丈夫です。やり遂げたら褒めてあげましょう。マンション提供もしますよ?>美鈴」
GM 「いらっしゃいませー!」
Y 「どうやら埋まりましたね。
皆さんよろしくお願いしますよ」
かーりまん 「かーりまん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かーりまん → 日高愛
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 25 (日高愛)」
水谷絵理 「金魚すくいのアレのことだよね?>美鈴ちん」
日高愛 「よっろしくお願いしまああああああああああああああっす!」
「そんな幻想でっていうと一緒に崖下に放り込まれているのに気付かないとは…>M」
秋月涼 「おっと、愛ちゃんも来たね!宜しく!」
PJ 「金魚すくいのはなしっすよね?」
菱宮津軽 「牛乳あっためた膜くらいしか知らないもん…」
秋月律子 「あら、876が揃ったわね」
Y 「おお、なんだか勢いだけは若手芸人よりすごい人が来ましたよ
よろしくお願いします、日高愛さん」
水谷絵理 「愛ちゃん、来てくれてうれしい」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → P
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 51 (P01)」
紅美鈴 「あー、確かに水に入れた瞬間破れたりしますよねー。>絵理さん」
PJ 「!?」
P 「P さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 51 (P01) → No. 832 (プロデューサー)」
秋月涼 「あれは確か・・・ポイとか言ったと思うよ?
ああ、水の中に突っ込むからあの膜が破れるって事か!
芸人さんの突っ込みかと思ってたから、ちょっと飛んじゃったね!>絵理ちゃん」
ゼロ 「ゼロ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ゼロ → C.C.
アイコン:No. 1038 (ゼロ) → No. 1039 (C.C.)」
菱宮津軽 「とうとうGMまで一文字になっちまっただー!?」
水谷絵理 「湯葉プレイ?>津軽ちゃん」
P 「こっちにしておこう!
じゃあみんな、がんばってくれ!」
「文字村であることが今証明されました」
C.C. 「最初から私が出れば良かったじゃないか」
PJ 「こちらPJ
カウント許可を」
日高愛 「あ、ちょっと遺言つくってくるんでまっててください。」
「ナムコプロがあるならケムコプロがあってもいいんじゃないかな…」
P 「というかなんでここまでPがこないんだ!?アイマス村なのに!!」
水谷絵理 「私、下手だから1匹もすくえない・・・>涼さん」
「AIが止まらんな…」
Y 「これだけアルファベット勢がいれば世界征服できるかもしれませんね
後で総統にも報告しましょう」
P 「了解、PJ
カウントコ-ル」
菱宮津軽 「あ、そだった。ここ遺言更新できないんだべな。
私もいまのうちに…」
PJ 「《ウィルコ。カウントを開始します!》」
「>CC いい尻をしている…」
水谷絵理 「くるんで待つ?オムレツ?>愛ちゃん」
紅美鈴 「初日アルファベットランを推奨します。」
P 「と、愛がまだだった!」
PJ 「《中止ラジャー》」
秋月涼 「あれは確かコツがあるからね
Mさんが器用そうだから、コツとか知ってるかも!」
C.C. 「どうした坊や、遊んでほしいのか?」
水谷絵理 「エロネタ遺言仕込むのも、今のうちだよ?」
紅美鈴 「何故エロネタ強要しようとするんですか!!>絵理さん」
日高愛 「おっけーです!」
PJ 「水谷さんは噂通りっすね…」
水谷絵理 「われわれは、しいられてるんだ?>美鈴ちん」
Y 「どうやら愛ちゃんも仕込みオッケーのようですね」
PJ 「《こちらPJ。カウントを開始する》」
秋月涼 「まったく、絵理ちゃんは冗談が上手いなぁハハハハw」
「ではよろしくお願いしますね?」
P 「《PJ・カウント再コール》」
PJ 「5」
PJ 「4」
秋月律子 「よろしくおねがいしますね」
日高愛 「虐げられてないですよ絵里さん!」
PJ 「3
《俺 実は基地に恋人がいるんすよ》」
秋月涼 「それじゃあ、今夜も最後まで宜しくお願いします!」
紅美鈴 「疑問形!?>絵理さん」
「>CC 地蔵モードでツッコみたいぜ」
PJ 「2
《戻ったらプロポーズしようと》」
水谷絵理 「愛ちゃんに仕込んだ?手が早すぎる?>Yさん」
イリヤスフィール 「改めてよろしくね!」
紅美鈴 「フラグが立った…。」
PJ 「1
《花束も買ってあったりして》」
菱宮津軽 「死亡フラグきたー!?」
PJ 「ZERO!」
ゲーム開始:2012/09/26 (Wed) 22:45:06
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆P 配役の文句はPHPによろしく頼むよ>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆P ■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます

忘れないでくれ!」
「◆P あ、GMはふぉうどってやつだ。
酉?面倒くさ(ry」
P は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
Pさんの遺言 一文字の意思・・・それが集う・・・!
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
水谷絵理 「おはようございます?」
紅美鈴 「おはようございます。
オチ担当とか言われて、実はこっそり泣いてたのは内緒。
とりあえず役職の方はCOお願いします。」
「最初からキングが全力でかかったら、一瞬だ!
キングのデュエルは、エンターテインメントでなければならない!
そして俺は、これからもここに、キングとして君臨し続ける!
瞠目せよ!キングのデュエルを!」
菱宮津軽 「おはよーございまーす」
Y 「おはようございます。」
D 「おはよーさん。
英字の英字による英字の為の人狼はじまんぜ。」
C.C. 「おはよう」
「占いCO M ○」
スモーキンダディ 「気温が低けりゃ、それだけクールスモーキングがってな」
PJ 「《こちらクロウ隊のPJ 占いCOだ!》
《IFF(敵味方識別装置)によるとMさんは○!》
「さあ、お前の結果を教えろ(キリッ
というわけで占いは頼むぜ」
イリヤスフィール 「おはよう!」
水谷絵理 「とりあえず、Pさんがイキました?」
イリヤスフィール 「霊能CO!」
「始まってしまったか、血を血で洗う悲惨な遊戯が…」
秋月律子 「みなさんおはようございます」
「理由
いやあ兄さん吊りたくないわ―私超吊りたくないわ―。
でも●とか銃殺出たら仕方ないよねー。
しょうがないよねー。)ワクワク」
Y 「おお、占いさんが2人?」
C.C. 「坊やたちは仲が良いようだ」
「しかし何も起こらなかった>P遺言」
PJ 「対抗は1か…!」
D 「占いは2人っと。
霊脳はすばやくていいね。んじゃ共有もでるといい。」
秋月涼 「おっと、Mさんが大人気ですね!
流石皆のスターです!」
秋月律子 「Mさんの白さハンパない!!」
スモーキンダディ 「おうおう、2COで同じ所占いねっと
お弁当かね、この形は」
水谷絵理 「Mさん大人気!
占いさんは2人ともアルファベット勢だね」
「きさまらwww>占い師2人」
紅美鈴 「Mさん確○ですか、占いさんたち仲良いですね。」
日高愛 「オッハヨーゴザイマーッス!」
Y 「Mさんまっしろけですね。」
「占いは二人か
でも結果はM二重○と」
菱宮津軽 「なんっ?!いきなしMさん○確定だべか!?」
「Mが共有へと進化したな」
秋月律子 「2-1で占い先同一の白ですか・・・ww」
C.C. 「王の力はお前たちを孤独にするぞ」
PJ 「2-1進行でMさんは村視点でも確定○だ」
水谷絵理 「○いのをぶっかけられるお仕事、完了?>Mさん」
イリヤスフィール 「よし!お仕事終わり!みんな後は頑張ってね!」
紅美鈴 「2-1展開?
なら共有さんも出てきていい気がしますが。」
秋月律子 「これでMさんが共有とかだったら灰広すぎぃ><」
スモーキンダディ 「まったくだね。中年には辛いテンションだよ
美人のおねえさんはこっちで一杯どうだい?>CC」
「なんてこった…言い出せないじゃないか、共有者だって」
日高愛 「Mさんを占って●が出ないなんて両偽ですね!」
菱宮津軽 「…のっけからすごい事になっただ…不覚にも笑っちゃったよ」
D 「占いに真交じりが確定ならなーってま、普通にそうだと助かるが。>めいりん」
「対抗一人で――被りですか!ああ、これは仕方ない。因果だなあ。
私は悪くないですよねぇ」
「まてまて、占い初日を忘れちゃいかんぞー
で、共有は出てこないのか?」
スモーキンダディ 「初日共有くせぇな」
C.C. 「さっさと明かしたらどうだ。それとも明日も床で寝るか?」
秋月涼 「2-1と・・・
とりあえずは○展開ですが
色々内訳が浮かんできそうで、そこだけは嫌な感じですね」
PJ 「え」
Y 「2-1ですかー。
占いが見事にかぶってますけどどうしましょうかこれ」
PJ 「そそんな!!」
D 「。。。>Mが共有」
水谷絵理 「占い狂狼だったらMさん確定○とはいえないけど
限りなく真っ白に近いよね」
「・・・それの可能性を思っていたところだ>M」
菱宮津軽 「Mさんきょーゆーしゃー!?」
「……なん、だと?>M>共有」
秋月律子 「え?マジで・・・?>M」
「共有者を宣言する!」
PJ 「Mさん共有把握っす」
日高愛 「無駄占いだー!」
イリヤスフィール 「あはははは!>Mさん共有
どんまいどんまい!」
「相方はLではない…」
PJ 「クソッ!」
紅美鈴 「ナルホド、確かに一理…いや、やめておきましょう。>愛さん」
スモーキンダディ 「あぁ、おおよそそんな感じだな
0COだから霊能に潜ってるってことも無さそうだ」
「…うん、占い初日なんてなかった
とりあえず囲いは無いと喜べばいい(無理した笑顔」
水谷絵理 「うん、疑ってかかるのは大事>愛ちゃん」
D 「ま、両占いとも初手囲いが無いってだけが情報か。」
「Mで●の方が面白かったな>日高愛」
秋月律子 「これはひどい」
秋月涼 「◇W 「まてまて、占い初日を忘れちゃいかんぞー
で、共有は出てこないのか?」

初日から行き成り初日想定ですか?それはどうかと・・・」
PJ 「自由に占わせてもらいますよ」
Y 「なんとMさんが共有者でしたか。
そりゃ真っ白けで当然でしたね」
C.C. 「悪いな、若い燕で手一杯だ>ダディ」
菱宮津軽 「なんだべかそれ!! 2人そろって共有から占うとかはんかくせー!?」
日高愛 「絵里さん大変です!大変な人が大変でした!」
「Pが俺の相方だッ!!」
秋月律子 「相方生存でいいのかな??」
PJ 「!?」
水谷絵理 「・・・Mさん共有?
なんてことしてくれたんだ?」
紅美鈴 「Mさん共有ですか、これは占い一手損しましたね。」
C.C. 「……」
「無駄占いをしたどころか弟の兄への気遣いすら無に帰された……だと?」
PJ 「もうネタじゃないか!」
「グレランだ!それしかない…」
菱宮津軽 「えーと、相方さんは潜伏でいいんだべか?>M」
秋月律子 「初日共有で役欠けなし・・・でも、かなりの無駄占いwww」
秋月涼 「えーと・・・
確定○である共有に○被せですか・・・
うん、そんな日もありますよ・・・ね?w」
「問題はそれだけというところだな>D
すぐにグレラン村になる可能性もはらんでいる」
紅美鈴 「MP共有…。」
日高愛 「なんだってー!」
スモーキンダディ 「ははっ、お盛んな美人さんだ ダディは一人酒を楽しむよ>CC」
Y 「しかもPが相方とはMさん流石スーパースターですね。」
水谷絵理 「困ったね、愛ちゃん」
C.C. 「笑わせてくれる、本当に。」
「だが無条件で確定○だとうかれて喜ぶのはどうなんだ?>涼
ぶっちゃけM狼だったら即占い初日だと分かった状態だぜ?」
D 「相方がPと、んじゃ狩人さんがんばってって事だな。
占いに真交じり。霊脳は真確定。」
イリヤスフィール 「じゃあ暫定○なしのグレランね!
あ、でも初日共有はちょっといい情報かも
真占いはいるってことだもんね」
秋月律子 「これはとんだ灰殴りですね・・・ww」
菱宮津軽 「…とんでもねえ村さ来ちまった気がする…」
水谷絵理 「それじゃ適当に吊っていくしかないじゃない?」
秋月涼 「初日ですか・・・w>Mさん
なんか前日のフラグを完遂したような・・・w」
PJ 「こうなったら人外を見つけ出すしかない…」
スモーキンダディ 「2COだ 形としてない訳じゃないさ 寧ろ懸念する要素筆頭だな>涼」
Y 「しかしどうするんですかこれ
ほとんどグレーしかいないんですけど。」
「・・・>Pが共有」
日高愛 「くんくん…ぺろっ

これは潜伏狂人の予感です!」
「ふふふ、フハハハハ…これがスーパースターの証だ!!(泣)」
水谷絵理 「『村さ来』って居酒屋あったよね?>津軽ちゃん」
秋月涼 「◇W 「だが無条件で確定○だとうかれて喜ぶのはどうなんだ?>涼
ぶっちゃけM狼だったら即占い初日だと分かった状態だぜ?」

共有COされましたよ・・・ええ>Wさん」
PJ 「…いきなり潜伏狂人想定か
日高さん」
C.C. 「むしろそうならば僥倖だろうよ>愛」
D 「灰がひれーことひれーこと。」
スモーキンダディ 「さぁてと?狼さん狼さん
貴方はどんな選択をするのか、ちぃとばかし楽しみにさせてもらうぜ?」
「お前たちの推理力に期待する…以上。」
菱宮津軽 「ここまで手掛かりが無さ過ぎるとどーにもならないよー(泣」
日高愛 「潜伏狂人はあなたですね!涼さん!!」
「初日共有ですか…確定○が一人いないとか無駄占いが洒落にならないじゃなですか)ガーン」
秋月律子 「真狼か真狂ってことですか・・・

まさか潜伏占いとかいないよね?ね?」
「グレー広くても狭くてもやることは変わらん、グレランだ>Y」
水谷絵理 「愛ちゃんは舐めて判別できる系?
涼さんを舐めたらどんな味がした?」
PJ 「俺は対抗狂って思いますね」
「おけおけ、2-1の相方初日はすげえうれしい
霊能真確定で占いが噛まれたら噛まれなかったほうが即偽確定
ついでに狩人もちゃんといてくれるからな」
紅美鈴 「役職真混じり決定なので決して悪い状況とも言えませんね。>P共有」
イリヤスフィール 「Mさーん、護衛誘導とかしていいー?
狩人は占い護衛するべきだと私思うんだけど!」
スモーキンダディ 「真狂だろうが真狼だろうが、明日はそういう流れなんじゃねぇのか?
灰だよ灰、世間は灰ってな」
D 「まー四条だと潜伏狂人多いのはまちがいねーきがするが
メタ情報ってのはどうなんかねーっと。」
Y 「狂人が潜伏だとしても判断早すぎるような気もしますが。
で、Mさんどうしましょう。グレランしかないですけど。」
日高愛 「ばっばーんと解決です!>PJさん」
秋月涼 「で、相方がPさんとなると・・・
全部の役職が生存と、霊能も疑う位置じゃないですね
占いの内訳を考えればいいかと思います」
菱宮津軽 「絵里さん、そのリアクションもどーかと思うだ…
私お酒なんてまだまだ何年も先ですて…」
C.C. 「真狂だとすればどのみち即噛み、明日にはわかるだろう」
秋月律子 「まぁ、信じられるのは霊能ダケって感じですね・・・これだとまだ」
水谷絵理 「CCさんを舐めたらレモンの味がする、とか分かりやすい?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
PJ0 票投票先 →日高愛
0 票投票先 →菱宮津軽
0 票投票先 →
秋月涼1 票投票先 →
紅美鈴1 票投票先 →日高愛
秋月律子2 票投票先 →紅美鈴
Y0 票投票先 →水谷絵理
水谷絵理1 票投票先 →D
菱宮津軽1 票投票先 →
スモーキンダディ0 票投票先 →C.C.
C.C.2 票投票先 →秋月律子
3 票投票先 →秋月涼
イリヤスフィール0 票投票先 →秋月律子
D3 票投票先 →C.C.
0 票投票先 →D
日高愛2 票投票先 →D
2 日目 (2 回目)
PJ0 票投票先 →
0 票投票先 →菱宮津軽
0 票投票先 →
秋月涼1 票投票先 →
紅美鈴1 票投票先 →日高愛
秋月律子2 票投票先 →紅美鈴
Y0 票投票先 →
水谷絵理0 票投票先 →D
菱宮津軽1 票投票先 →
スモーキンダディ0 票投票先 →C.C.
C.C.2 票投票先 →秋月律子
5 票投票先 →秋月涼
イリヤスフィール0 票投票先 →秋月律子
D3 票投票先 →C.C.
0 票投票先 →D
日高愛1 票投票先 →D
W は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
PJ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
PJさんの遺言 《これで戦争も終わる》
Now the war is over.

《俺 実は基地に恋人がいるんすよ》
I've got a girlfriend back at base.

《戻ったらプロポーズしようと》


《花束も買ってあったりして》
I even bought flowers.

AWACS《警告! アンノウン急速接近中!》
Warning! Unknown target approching at high speed!

《ブレイク! ブレイク!》
Breal! Break!
さんの遺言              /!
              /:i!
           /:::i!  ___
             /:::ム´: : : _: : : : ラ===、
         ,イ:::/: : :/´: : : : /: : : : _\ \\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/./
     r、  //::::/: / : : : : _/: : : :/`ヽ',  \/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/
     i ∨/::::/,_、_: ,..-‐´: : : :/: : : :r、ハ   {} お前のパンツを教えろ{}
     ', 、_/::::/´: : : `ヽ : : : : /: : :/´: :ヽi! ∠  お前の罪を数えろ(!? >
      )/ {:::/: : : : :´;.: :',─‐': : ::/: :_r‐‐、リ  {} (翔太郎&フィリップ.) {}
      ` 〉ス: : : : : `: : : |: : : :./∠三三三|/ \______ ,==、/\
       ヽ、.\: : : : : ,イ─‐': : : : : : : : ,.イ /\_____  /: : : }/\\
        ゝ_、 \ ̄: : : : : : : : : : : /イ弍、  ____     /: : : : /
          \. \: : : : : : : : : ::|///,イ≧': : : : : : :_`>イ: : : : 〈
           ヽ \: : : : : : : ///\: : : ,,.. ´ ̄    ̄/: : : /´:ヽ._
            ヽ=ァニ≧─---イr-f´ヽ='´  ,...==¨ ̄ァ: : : :{: : : : : :y\
           _/´: : : : : :,': : : //  \___,.イ´   _/: : : ::/__: :  : :\j
         / /: : /: : __rt_: : _/::::}\      ,..-‐´─‐¨:  ̄: : : :ヽ.: : ¨:ヽ
        /'=ァ´=v´,..., ,;}! ,: /:|::::::ノ: : :`ヽ..__ /: : :{: __}}}_: : : : ノ入_:ノ
.       / /;´`.;´.,,ノ´__/: :∨::ヾ.: : : : :: : /: : : : r‐: : :}}: : : : : ノノ: ̄: : :冫
      √¨{\_/´: : : : :/: : : :\:::ゝ: : : : : !: : : : : ゝ=='=、: : : : :}}: : : : :{´
      ∧_,'.|: : : : : : : : : /〈: : : : : :\::: : : : 人: : : : :i!: : /、_二二二 テ'
      |  .L!_: : : : : : ,イ::::::` 、: : : : : `:::::::::::::::ヽ.:::::::i!、/ゝ、二二二ニ.イ
.     八 ,' /7\:__//´`ヽ.:::ヽ.: : : .:::::::`:::::::::::ゝ=::\二二二二/
      ゝfi !: : : : : : : ,;´: : : : >=、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::て`ー‐´
          |__j: : : : : : : : : :  : : : : : `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/|
         レ `!_/ ̄`ヽ.:  : : : : : ,'::::::::: ̄ ̄:::\::::::::::/!::!
       亅 /: : : : : : : : :>=、: : ::,':::::::::::::::::::::::::: : ヽ: /|::i::}
        }__{: : :_/!: : : : : : : : : : ::,'::::::::‐-...::::::::: : /ー''::::}::iリ
    ___[ヽコ_/7: : : : : : : : : : : ,'::::::::::::::::::::ヽ.: :/ |::::::丨:!:|
   __[_ユj¨Vニニコ__,': : : : : : : : : : : ,'::::::::::::::::::::::::::ヲ|.¦::::::|:i!::|
  {fセ}::ゝ''/´了 ̄!i!i!i!f=======---- ..__::::::::::イ/:!. !:::::::::!l|::|
  ゝソリイi]イ |´:::::::::i!i!i!リ´ノ/¨ ≧` ̄ ̄ ̄``ソ'::::| .|::::::::::リ:i:!
A cyclone joker Masked Rider VV
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
水谷絵理 「おまこんじょっぱー!」
「おはよう。
Yだが・・・共有の指示を促し過ぎ、という感じか
0票なのも気になるところではある
そして、俺が占ってほしい所が2票もらいだった」
D 「おはよーさんっと。
英字の同士が逝っちまいやがった。
んで、Wへの票変えがYとPJ。

Wが狼ならそこ非狼認定できそうだから助かるんだが
霊結果はみれますかねーっと。」
イリヤスフィール 「霊能CO! W○!」
紅美鈴 「おはようございます。
2-1の形で真生存確定となると占い先が非常に重要になりますね。
役職さん、結果ください。」
秋月律子 「おはようございます」
Y 「おはようございます。」
「占いCO 菱宮津軽 ○」
C.C. 「おはよう」
秋月涼 「潜伏占いをCOします! Mさん○>Kさん●」
日高愛 「おっはよーどっかーん!」
スモーキンダディ 「◇秋月涼(90) 「えーと・・・
確定○である共有に○被せですか・・・
うん、そんな日もありますよ・・・ね?w」

『被せ』って、なんだろうな
狼だろうが狂人だろうが、あの速度は
PJがLの○に意図的に被せた其れじゃねぇ
なのに、被せって、なんかあるのかい?お嬢ちゃん
>涼」
菱宮津軽 「おはようだべ…なんか夜が明けるの遅くない?」
「理由
悩みました。彼女のRPに対する忠実さ…最初は占う理由が
見つからなくて吊ろうと思いましたが、私以外投票していないことで
特別湧き上がるシンパシー…これは占うしかないかと。」
D 「PJ噛まれてるし。」
水谷絵理 「露骨な吠え減らしからの占い噛み、うん」
「P…PJ!?」
C.C. 「そうかそうか」
「うん、そっち噛まれはきついな」
秋月律子 「占い片方噛まれましたか・・・」
秋月涼 「初日: Mさん

理由:
国民的ゲームのトップスターですからね!
ここを占っていきたいと思いますよ!Lさんも悩みましたが
まずは兄弟では兄から占っていきたいと思いますね!

2日目:Kさん

理由:
◇K(91)  「問題はそれだけというところだな>D
すぐにグレラン村になる可能性もはらんでいる」
◇K(71)  「Mで●の方が面白かったな>日高愛」
◇K(56)  「・・・それの可能性を思っていたところだ>M」

村に絡んで、自分を白くみせている気がしたのでここを占いました!
票も貰っていないので占いどころです!」
菱宮津軽 「あらー、占いが一人噛まれたべか…」
D 「あーん?潜伏占いだと?」
紅美鈴 「占い抜いてきましたか…。
べグリ?どうなんでしょうかね?」
日高愛 「はわわ涼さん!潜伏占いだったんですか!」
水谷絵理 「涼さんがここで仕掛けた?
愛ちゃんの舐め方が絶妙だった系?」
Y 「占いさん片方やられましたね…どうしましょうかこれ。」
秋月律子 「おい、潜伏もそこかよww」
スモーキンダディ 「秋月の嬢ちゃん
初日共有で出なかった理由を聞かせてくれ」
「対抗が噛まれている。狂か……と思ったらなんか潜伏対抗が出てきた件について」
「秋月涼はあって真狂っていう考えでいいと思う」
「なんだと潜伏占いだと…貴様まで初日俺占いと言うのか!?」
紅美鈴 「潜伏占いですか…。」
Y 「っと?潜伏ですか!?」
D 「しかもM○持って出てくるとか信用がマッハ。」
C.C. 「どうでもいいな、至極どうでもいい」
水谷絵理 「真狼(のつもり)で噛みに来たけど
涼さんが出てきて狼ダイコン乱?って絵が見えるね」
Y 「ほらやっぱりMさんスーパースターだから」
「兄さん……まったくあなたという人は……」
「昨日出ていても出ていなくても、今日の噛まれを見て出てきたのだからな」
菱宮津軽 「んー、Lさん昨日私に投票してたし、占ってくるかなーって気はしてたべ。
村人だって分かってもらえてホッとしただ」
スモーキンダディ 「あんまり信用できそうな形じゃねぇのは確かだねぇ>D」
日高愛 「ふふーん、だからいったじゃないですか!
涼さんの汗はうそをついている味だって!」
水谷絵理 「うん、Mさん○ってのがまら
絶妙にうさんくさい感じ?」
C.C. 「いいじゃないか●を吊ってやれば。
信用なんぞ微塵もいらん」
「>ALL Kを吊りたいか?」
D 「そもそも、この鯖遺言不可なわけで。
なんでそんなことしてんかね。」
水谷絵理 「涼さんの司令塔を舐めて、感じるかどうかチェックしてみるといい?>愛ちゃん」
秋月律子 「意味が分からないわよ・・・なんで潜伏してたのよ・・・
しかもMが白って言う前結果がどういうことなのよ・・・」
秋月涼 「すいません!初日Mさんが共有と仰ったので、潜ってみました!
○を引くまで待とうかと思ったのですが!●を引いたので
ここで出たいと思います!」
「問題は、昨日出てきた、より、今日出てきたところを見とくべきと思うが>スモーキンダディ」
イリヤスフィール 「占い二択は外れかー、困ったなぁ」
菱宮津軽 「…潜伏はいいとして、涼さんまでMさんを占ってるってのは
メタにしても出来すぎな気がするべ…」
Y 「個人的に●が出たら吊りたくなる病気にかかってまして…」
スモーキンダディ 「霊能者護衛を指定するんなら、いいと思うぜ
そうじゃないなら残したい そこ、あんまり狼っぽくねぇ」
「指定なら断るが>M」
「ふむ、私はですね。そこが狼だと困る場所を占うことにしてるんですよ。
ええ、別に悪いとかじゃないですから。ああ、村ですから期待してますよ>津軽さん」
紅美鈴 「K吊りよりは…私は占い師ローラーを押したいです。
真の可能性のある所抜かれてるわけですから。」
イリヤスフィール 「うーん…微妙…>M」
日高愛 「この汗はうそをついている味の元スタジアムですよ!
多分、すっごく、仕事がらみのうそっぽかったです!」
秋月涼 「律子さんには悪いですが、Mさんをスーパースターと思って占ったんですよ・・・
でも共有とか普通思いませんよね?」
D 「Kが言ってる通り狼であれするか?って気もするので
真狂の●なら吊っても良い。ただ護衛は考えろよ狩人って感じ。>M」
水谷絵理 「吊ってあそぶ方法もあるけど
8割がたPJさんが真っぽいから、にんともかんとも?>Mさん」
C.C. 「そのあとは初日の投票数が多い奴をラン、
吊り先を固めていかんことにはにっちもさっちもいかないだろう」
スモーキンダディ 「いや、真要素を見るならこの場合、潜った理由で十分なんだ
初手の情報がねぇのに潜るだなんて、俺にはちっと分からんしな>K」
「グレランしねーで俺を指定するメリットを教えて納得させろ」
菱宮津軽 「Lさんから○貰ったから言うわけじゃないけど、なんかこの●は微妙な気がするだよ」
日高愛 「◇秋月涼(132)  「で、相方がPさんとなると・・・
全部の役職が生存と、霊能も疑う位置じゃないですね
占いの内訳を考えればいいかと思います」


こんあこといってますしー!」
秋月涼 「対抗が噛まれた以上はPJさんは狂人確定です
Kさんは吊って戴きたいですね」
水谷絵理 「涼さん、味の素だった?
いろはにほんだし、基本です?>愛ちゃん」
「涼吊りでいいんじゃないですかね。狼でしょうし。吊れば色でそれがわかりますし。
―――というのはまぁ、しないんでしょうね皆さん。してくれたら嬉しいですけど。」
秋月律子 「Kさん吊るくらいなら噛まれなかった方の占いLを吊ったほうが色々見えてきそうな気がしなくもない・・・」
「Kはキープ、グレランだ!」
スモーキンダディ 「ここで出てくる秋月は真狂なんだよ おおよそな
そこを確定できるかできないか そこだ
お前さんは身内ぎる位置じゃねぇ
だから確認ができる>K」
C.C. 「おまえも黒を背負って生きるのは辛いだろう?」
Y 「どうしましょうかねー。なんとなく嘘くさい気もしますし。
占いローラーやグレランも一つの手だと思います」
イリヤスフィール 「身内●とか誤爆とかあったら怖いなーって感じかな」
日高愛 「ぽんずぽんずですよ絵里さん!」
「狩人は霊能者を守ってやれ」
水谷絵理 「Lさんを吊るっていう選択肢もあるけど、どうかな?」
「あ、俺●もらってたかw」
Y 「Mさん了解です。」
菱宮津軽 「…涼さんが狼陣営でPJさんを狙って噛んだようにも見える」
「COなし、吊れ」
秋月律子 「グレラン把握です。仕方ないですね。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
0 票投票先 →紅美鈴
0 票投票先 →日高愛
秋月涼1 票投票先 →
紅美鈴1 票投票先 →日高愛
秋月律子1 票投票先 →C.C.
Y1 票投票先 →C.C.
水谷絵理0 票投票先 →
菱宮津軽0 票投票先 →スモーキンダディ
スモーキンダディ1 票投票先 →Y
C.C.3 票投票先 →秋月律子
イリヤスフィール0 票投票先 →C.C.
D1 票投票先 →
3 票投票先 →D
日高愛2 票投票先 →秋月涼
3 日目 (2 回目)
1 票投票先 →紅美鈴
0 票投票先 →日高愛
秋月涼0 票投票先 →
紅美鈴1 票投票先 →日高愛
秋月律子1 票投票先 →C.C.
Y1 票投票先 →C.C.
水谷絵理0 票投票先 →
菱宮津軽0 票投票先 →C.C.
スモーキンダディ0 票投票先 →Y
C.C.4 票投票先 →秋月律子
イリヤスフィール0 票投票先 →C.C.
D1 票投票先 →
3 票投票先 →D
日高愛2 票投票先 →
C.C. は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
M は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言 ~若かりし日々~
               -‐-
              /: :: :: :: :: :: : ヽ              〈\
            {: :: :: :(M) : :: :: :/               \.\
            ゝ≦_ >´7、           _  \ \
             ヘ'.  j_  ミl/、         / ,r-‐)-、ヽ i: : ',
             ` ',:彡ミ≧ / ノ>ーュ、__  ///  `¨´゚ヽ}i: : .: '.
            ,.ィニ: ゝ ¨ .イ, '/: : |ニ|〃 //  {`i    ノ,' |:: : : :.
         <`: ::|ニ|: ::ヽ: : /∠-‐:|ニ|//: :: :ヽ ヽゝ‐-‐´ノ l::.: : : ;
     ____/ァ-‐- <`ー---‐ ヽ: :: : >/: :: :: :: :: : ト、  ̄    .i:.: : : : i
     \: :/,o⌒ヽ. `: : : :__ }>´/ヽ  ,r'  ̄: : -‐-、     !: : : : : l
    ≦¨ / `ー- 彡  〆^^^^^<´|ニ|: : ` {: :: : /  彡∨   !:.: : : : :|
     \/: : :,ィ=‐---イ,、,、,、ィ≦フ: :: :|ニ|: : /ヽ: :i_ ,.. -‐  ∨  |:: : : : : :|
   <´ 7: : :./〈  / ̄ ̄: : :/ニニ[O]<:ニ三} /ミ  / ∨ .|: : : : : : |
    .>{:.: : :{   ̄       /ニニニニニニニニ二三i/ミ /  /  !::.: : : : : |
   /: :.ヽ: : ヽ.      /} ニニニニニニニニ二三/ミ   /    i:::.:. : : : : |
    ̄ ̄ iヽ.: : i     //iヽ ニニニニニニニ_〆、  , '"      ,':: : : : : : : |
        |/ゝ i   / メ 〉 ニニニ__/: :: :: :ヾ,,く         /::.: : : : : : : |
          `{ーュ-‐‐≦ヽ_/ヽ、/ -{ i l i ,_ノ´└‐ヽ    /:::.:. : : : : : : |
        └┴[回]< ii |ヽ//\-ミ、  / }ニニニニヽ  /:::.:.:. : : : : : : i
           |_{ i {i__!}   li i./ {>.二二ニノ//ニニニi! ̄¨ ‐-: :_: : : : :.i
         l .l   ̄    |i/_ノ: : : :.:ト―‐/三二ニニl!:..: : : : : : :.:ヽ: :i
            l: :',        |: : : :∧: :: :|三二ニニニニl: : ::-‐-: :,: : :.i
          l: :∨       |:.: : ,'l i: :: : |三二ニニニニl´:..: : : : : : :',:i
         / : :.:∨       丿: : ! | i: :: : |三二ニニニニ:l::.: : : : : : : :.{
        /: :/ {∨   /: : :.丿乂二ニ!ニニニニニニニl:.:.: : : : : : : :}
       /: : i.   !ニ∨ / _./"´       !ニニニニニニニl::.:.:. : : : : : :i
      / i! i!、ヽ  lニニ:/: : :.〈         Ⅷニニニニニ|::.:.:. : : : : : ,'
      〈/ |/ \〉 lニニ:! !! {\〉        Ⅷニニニニニ|≧ー<:: /
               !、 〈/ i/  ` ー- - - -― Ⅷニニニニニニニニニニ≧ー-v‐ュ、_
C.C.さんの遺言                 r‐^‐、
              {l   l}   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             へヽ='' < スンマセン、直ぐに片付けます
     -=≡    //    ヽ  \_______
         / /| |   |. |
   -=≡  /  / \ヽ/\\_
        /   /    ヽ⌒)==ヽ_)= (;;゚;;)(;;゚;;)
  -=  ⌒i_,,./ /⌒\.\ ||  || (;;゚;;)(;;゚;;)(;;゚;;)
        / /`⌒"´> ) ||   ||(;;゚;;)(;;゚;;)(;;゚;;)(;;゚;;)
       / /     / /_||_ ||(;;゚;;)(;;゚;;)(;;゚;;)(;;゚;;)
       し'     (_つ ̄(_)) ̄ (.)) ̄ (_)) ̄(.))
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
紅美鈴 「おはようございます。
順当に文字が死滅しつつありますね。
さて、個人的には今日は占い吊ってしまいたいなーという気分。
正直PJさん噛まれてる時点で真の可能性もあったわけで、なら占い残しておいても…と言う感じですね。」
D 「狩人保護狩人保護。
霊脳が真で狩人生存なのに
なんで狩人候補削ってやらにゃーあかんのよ。

そもそもそれで霊結果みれて秋月の真贋つくならそれでいいんじゃないの??
秋月かまれなら、真結果だったって事だろうし。
c.c.狩人だったらどうすんのかと。」
水谷絵理 「おまこんじょっぱー!」
日高愛 「さーかかってこいおおかみ!あたしは一回噛まれただけでしぬぞー!」
イリヤスフィール 「霊能CO! C.C.○!」
「◇紅美鈴(24)「占い抜いてきましたか…。
べグリ?どうなんでしょうかね?」
◇紅美鈴(58)「K吊りよりは…私は占い師ローラーを押したいです。
真の可能性のある所抜かれてるわけですから。」
紅美鈴はこの発言をするんであるのならば
狼というよりは狐目、Lが真の可能性は薄いが占うべきだろう?」
秋月涼 「占いCOします!スモーキンダディさん○です!」
「占いCO スモーキンダディ○」
Y 「おはようございます。」
D 「おい、夜おっせーぞ。」
スモーキンダディ 「ダディにしてみればこの形、どこが真か狼か見たかったんだが・・・
ま、いいさ 村の流れが悪いなら挽回するのがお仕事お仕事ってな」
秋月律子 「おはようございます」
紅美鈴 「此処で共有抜いてきますか…。」
「理由
いきなり私吊りを主張したりした絵里さんとかロラ主張の美鈴さんと
迷いましたが―――、そこは吊れるんじゃないかなって思うんで。
吊れそうないところを。
絡みが目に付いた彼を。」
水谷絵理 「うん、司令塔を噛むとふくらむよね」
菱宮津軽 「おはようって言うか超過3分ギリギリは怖いよー!」
秋月涼 「理由:
◇スモーキンダディ(65)  「いや、真要素を見るならこの場合、潜った理由で十分なんだ
初手の情報がねぇのに潜るだなんて、俺にはちっと分からんしな>K」
◇スモーキンダディ(55)  「霊能者護衛を指定するんなら、いいと思うぜ
そうじゃないなら残したい そこ、あんまり狼っぽくねぇ」

初日から考えていますし、投票も全くと言って良いほど貰ってません
ここが村ならば嬉しいと思うので、真っ先に占いたいと思います!」
秋月律子 「そして、占い仲良すぎるでしょww」
D 「んで共有噛み?」
スモーキンダディ 「◇菱宮津軽(83) 「…涼さんが狼陣営でPJさんを狙って噛んだようにも見える」

ダディ的にはさ、抜きやすいところ抜きに思うんだけど
それってなんか津軽の嬢ちゃん的にこう、ぐってくるものあった?
それならちーと教えてほしいんだが」
Y 「共有さんが噛まれてしまいましたか…」
イリヤスフィール 「あらら…」
「兄さああああああああああああん!!」
紅美鈴 「そして霊結果は○、正直ヤバい気もしますが…。」
日高愛 「そうなんですか!?
司令塔ってすごいですね!>絵里さん」
Y 「もうこの占い二人は結婚したらいいと思います。」
水谷絵理 「じゃあもうこれ、涼さんとLさん吊りきって
踊る大グレラン大会でいいじゃない?」
秋月律子 「とりあえず、まとめは霊能さんがやってくれればいいかと。」
スモーキンダディ 「・・・あーこれ一番どうしようもない形かもしれねぇ」
菱宮津軽 「…なんでこの村、占い先がこげにダブるだか…?」
「それを言うならば、Wが狩人の可能性も視野に入れるべきだろ>D」
水谷絵理 「涼さんの司令塔は、まだふくらんでない今がチャンス?>愛ちゃん」
秋月涼 「ここは発言も良い場所ですからね!
昨日Kさん以外で占いたい場所でした!>律子さん」
日高愛 「これはイリヤちゃんがばばっと判断するとき!」
D 「3W生存かー もうK吊らないなら、秋月吊れってレベルだけど。
そこ非狼なきがするからなんともなんだよなー」
イリヤスフィール 「野郎ども!グレラン村がしたいか!」
Y 「それも悪くはありませんね!
選択肢としては十分な気もします >水谷絵里さん」
水谷絵理 「涼さんとLさん、なにかで連絡取り合ってる感じ?」
「いつもなら全力でざまぁなのに…今回だけは手と手を取り合えると思っていたのに!」
日高愛 「Wさんがいるからじゃないでしょーか!>津軽さん」
紅美鈴 「そろそろ占い吊らないとヤバい気がします、正直。」
秋月涼 「僕としてはKさんを吊って戴きたいのですけどね!」
「秋月涼は噛まれてない時点で偽確定だ。潜伏占い主張ならばあって狂
Lを狼とみる」
日高愛 「おーーー!!!」
スモーキンダディ 「落ち着けよD 俺もお前も、村全員が『そこ狩人ねぇだろ』って位置を示して
投票集められなかったんだ どうしようもねぇさ
挽回しようぜ>D」
D 「そら可能性はあるにきまってんだろ。
ただ、候補を削る必要があるかどうかって話だろ?>K」
水谷絵理 「真占いいないよね、これ>Yさん」
イリヤスフィール 「よし!占いローラーだ!」
秋月律子 「連絡取り合うってことは狼同士ってこと??>絵理」
「占いロラだ」
菱宮津軽 「んーと、涼さん狼のKさん逆囲いなのかなーって気がしたべ。
Lさんは私視点真に見えるからってのもあるけど。>ダディ」
水谷絵理 「ニューヨークへ行きたいかー!?」
スモーキンダディ 「はっはーしかしこれPJ真だとすっとガチグレランねぇ・・・
あぁ、嫌になっちまう・・・」
D 「ただ、Wは吊り逃れしてねぇ。
つまり狩人生存の可能性がたけえって事だろ。>K」
日高愛 「ひゃっはー!ロードローラーだー!」
Y 「やったー!みんな大好き占いローラーだー!」
「あ、あとKさんの言うことはたしかに。ってあれ?」
水谷絵理 「股間シーバーでヒミツの会話?>律子さん」
イリヤスフィール 「真占いがいたら?ごめんね!」
日高愛 「おーーーー!!」
菱宮津軽 「…なんだべか、このノリ…」
秋月律子 「まぁ、ここは占いに手をつけるしかないですね・・・」
紅美鈴 「どさくさに紛れて何言ってるんですか…。>絵理さん
アメリカ横断でもさせる気ですか?」
秋月涼 「ちょっと待ってくださいよ!
最低でもKさんは吊ってください!」
D 「ローラーオッケー」
秋月律子 「生き残った片方は銃殺でワンチャンですよ。」
スモーキンダディ 「だったらそれはそれでK最終日判断でいい
●出して噛みが発生しない占い師の●なんて
そういう扱いにするもんだと古今東西きまってんのさ>津軽の嬢ちゃん」
「俺に●を出している秋月涼を信じたい輩がいるのであれば
L霊能●の場合8までものこせばいい
銃殺は絶対に起こらないが」
D 「●でたらストップでok?」
Y 「どっちにしても両方吊られるんだからあきらめてくださいよ >秋月涼さん」
水谷絵理 「初手占い先が共有で、占い噛みぬかれた時点でもう、狐と狼のガチバトルの様相だし
そこに村が乗っかれたらおいしい感じだよね」
菱宮津軽 「Kさんを吊るのに異論はないけど、涼さんもどっちみち吊らないと
先に進まない気がするんだ…」
日高愛 「知力体力時の運です!
絵里さんは知力担当!あたしが体力担当!涼さんは時の運担当してください!」
スモーキンダディ 「・・・おいおい?ここから銃殺を期待・・・?
眼鏡の美人さんよ、それはちっと希望的観測すぎやしねぇか?
今からはグレランの流れだぜ?>律子」
菱宮津軽 「そーなんだべか、わかっただ。
読むのが遅くて面目ねえです>ダディ」
秋月涼 「え?ど、どう準備をすれば?>愛ちゃん」
秋月律子 「今日占い吊って黒出たらロラ一回やめるってのもアリかな?
白なら問答無用で吊る」
イリヤスフィール 「たぶん吊れるんじゃないかな?>秋月涼
涼くんの信用次第だけど」
「よし!涼くん先に吊ってください。彼は狼です!霊能でその結果が出るんで!」
水谷絵理 「Lさんから吊る感じでいいと思う?
真狼でスパっとPJさん噛み抜いた系にしか見えなかったし」
「無駄吊りしたい人外に見えるのでやめて頂きたい>菱宮津軽」
Y 「しかしまったくみんなグレラン大好きですね!僕もです!」
日高愛 「運パワーをためるんです!>涼さん」
スモーキンダディ 「いやまぁ、古今東西言いたかっただけなんだ>津軽」
「ぐれらんむらなのだから」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
7 票投票先 →秋月涼
秋月涼4 票投票先 →
紅美鈴0 票投票先 →秋月涼
秋月律子0 票投票先 →
Y0 票投票先 →
水谷絵理0 票投票先 →
菱宮津軽0 票投票先 →秋月涼
スモーキンダディ0 票投票先 →秋月涼
イリヤスフィール0 票投票先 →
D0 票投票先 →
1 票投票先 →
日高愛0 票投票先 →
L は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水谷絵理 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言        ,. -- ──── ──--、
      ./;:;:;:;:;:;:;:;:,. - ─- 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;γ え ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ゝ る ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ    
     !;:;:;:;:,. -‐─── ────‐-- 、;:;:;:;j
     レ<;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:>:」
       i::/::::::::/'oヾ、:::|ヽ::Y o\:::::i!::::ヽ::::\
      l:::i:::::::::lゝ- ' ヾ、゙ ! ー '、ヽ:::::!:::::ヽ::i ヽ
     !::!:::i:::::! ;;ー-、` ` ヽ_.ィ;;;   i:::::!::::::::::::i
       l:!:::l:::l !ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  l::::!::::::::::;::i
      !|:.!::',   i'/ ̄ ̄ i     l:::::::::::::ハ:!
    .   l::::::ヽ.  i    i    ィ::/i:::::ハi  !
        i::li:::\ `ー--‐'   / リ |:::リfハ、_
         _..!:ハ::::l;ヽ、    /  " l::/i ヽ. ``''ー- 、._
   ,r‐'''"´  ! リ!i ヽ `='"   ,   リ /  ン       /ヽ、
   /ヽ       ヽ ヽ ヽ   /   /        /   ヽ
  l   \      \  '     //          /    i
水谷絵理さんの遺言 ヤラれちゃった?
それじゃ、いつものイクね?
  
郷ひろみ『2億4千万の瞳』の替え歌だよ♪
 
     /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     .:: : : : : : : :|: : : :|、: : : : : : : : : : : :、
    /:: : : : : : : :∧ : : l \: : :.: : :. ::| : : : .
    :: : : : : : : :/  V: :|  \:: : : : :|: : : ::|
   l:: : : : .:.:/⌒ 、V:i  , ⌒ヽ: : :レ'7::!
.   : : : : :y′     V     `ー|/: ::!
   ∨:.:.:{ x==ミ、   x==ミ, |: : : :|
    ハ: : |               |: : : :|
    ヽヾ;!        、       ; : : .:i
      `‐ヘ、     __     ハ:: :.:l
        ';:\   ヽ   ノ  r‐、イ: : !: :.:l
       ';: : ::..   ¨ __r‐l ̄丶 :/l:. ::l
        Y: : : ::> /l 丶丶  }‐ョ: ./ -‐ミ、
          l/V:「(l=ヽ      /::/ |/    ,'丶
         _メ、:::::`¨..∧     ∨ /     l  ',
     , ェ<´   ヽ:::::::::::∧     ∨     l   ',
 
♪いきり立つ 股間のレイザ-ビ-ムで
 女体に描く 色とりどりの汁模様
 この俺の タ○キン2億の精○が
 素敵な汁を飛ばしてるのさ
 
 股のビラビラ震わせる 君の恥じらい見たくて
 俺は君を指名せずに いられない 今日も
 
 出会いは 6千円の前払い
 まばゆいくらいに エキゾチック 股間
 出会いは 6千円の前払い
 見事な潮吹き エキゾチック エキゾチック
 ジョッパー! ジョッパー!
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
紅美鈴 「おはようございます。
現在までの犠牲者が全てアルファベット…。
いえ、なんでもないですね。
さてLさんが●でるか○でるかですが、結果にかかわらず涼さん引いてグレラン村の方が私は好みです。」
D 「おはよーさんっと。
Kは自分視点騙り確定してる秋月じゃなく、L投票なのな。」
イリヤスフィール 「霊能CO! L●!」
秋月涼 「占いCOします!菱宮津軽さん○です!」
Y 「おはようございます。」
「狩人ほどを第一義とするDは人外よりも狩人保護を優先するらしいので
吊ってあげたいと思う、今のうちにな。
◇菱宮津軽(51)「んーと、涼さん狼のKさん逆囲いなのかなーって気がしたべ。
Lさんは私視点真に見えるからってのもあるけど。>ダディ」
津軽は逆囲いの根拠が乏しいので説明していただけるとありがたい」
スモーキンダディ 「なぁ、中国娘の嬢ちゃんよ 占い吊りたい、○出て危ないってんなら
あんた、一体どこを村人と見て狼とみているんだい?」
秋月涼 「理由:
◇菱宮津軽(51)  「んーと、涼さん狼のKさん逆囲いなのかなーって気がしたべ。
Lさんは私視点真に見えるからってのもあるけど。>ダディ」

この発言から、占いの内訳が透けてるように思えるので
ここを占いっていきたいと思います!」
日高愛 「絵里さあああああん!!!」
秋月律子 「おはようございます」
紅美鈴 「此処に来てグレー噛み…。
狩り狐探しでしょうか?」
イリヤスフィール 「わー…嫌なところ噛まれたなぁ」
菱宮津軽 「おはようございますだー。 って絵里さんか…」
スモーキンダディ 「あぁ・・・くそっ・・・最終日に行くべき人間がやられちまった」
秋月律子 「まぁ、Lが黒でしょうね やっぱりw」
D 「おっけー L●と。
んじゃ秋月のこしでいいんじゃね?そこあって狂人だろ?狼で追加なんてするか?」
「この霊能結果ならば津軽は村狐か?」
日高愛 「みててください!876プロ最後の一人として日高愛特攻します!!!」
Y 「この噛みはこわいなぁ…
Lさん●は好材料ってところですけども」
秋月涼 「ふうん、Lさん狼と
悪くない展開ですね、何故か僕が信じられてないのが
あれですけども!」
菱宮津軽 「んー、涼さんも私占って来ただか。
…少なくとも、私がLさんの囲いじゃねえって分かったなら嬉しいです」
日高愛 「見切った!!!」
秋月律子 「自分も涼は置いといてイイと思いますね。あっても狂人」
「狩人保護するならばそこ吊り安定だろ、君の考えに基づくなら>D」
菱宮津軽 「…村狐ってなんだべ…>K」
Y 「で、秋月涼さんの扱いどうします?
残していてもあれですし。」
日高愛 「秋月さんが狼です!」
「狼は無さそうって意味ね>津軽」
イリヤスフィール 「よし!グレランするぞ!○も解禁だ!争え!もっと争え!」
秋月律子 「んで、白2つ貰ってるスモーキーと津軽も放置してイイと思いますね」
Y 「どっちですか? >愛ちゃん」
D 「第1義っていうけど、お前さん視点は秋月が騙り確定でも
俺らからしたらわからねーわけよ。
お前さんこそ自分COなし、吊れって言っておきながらなんで生き残りたがるわけ?霊護衛してもらってそこが騙りなの村にわからせたほうがいい立場じゃねーの?」
秋月涼 「村か、狐目って事ですよ、菱宮さん
まぁ僕が占ってるので貴方は村人ですけどね」
スモーキンダディ 「あーあーOK この形ってようは真交じり確定の狼or狂
で、事後情報になるけどその後真判断できる涼が噛まれてないんだ
ってことはだ?これって、暫定的にPJ真が一番つえぇんだ
こんなもんでいいかい?ちっと俺が喋れなくなっちまう>K・津軽」
紅美鈴 「グレランですか…了解です。」
イリヤスフィール 「私が死んだら涼くん吊っておいてね」
スモーキンダディ 「◇水谷絵理(80) 「Lさんから吊る感じでいいと思う?
真狼でスパっとPJさん噛み抜いた系にしか見えなかったし」

ダディイズム的に、発言強度で噛みやすいほう噛みっていう感じに
思えたんだが、それ、結構攻めちゃう系の意見てやつ?
いやまぁ、秋月が出たのをみちゃうとそうなるんだけどさ」
菱宮津軽 「んー、私元々潜伏占いって苦手なんだ。
最初はLさんに○貰ったから…って思ったけど、
Lさんの霊能判定が●なら考えを改めないといけないべな>K」
日高愛 「765プロの事務員さんの協力のもと、居眠りしていた秋月さんを舐めてみたら
うそをついている味がしました!
それも涼さんがらみで!」
D 「あのさ、Lが狼で、秋月が狂人な可能性はまだあるんだけど?
その場合別に囲いはまだあるだろうよ>菱宮津軽」
「CCの分も頑張ると誓ったのだよ>D」
秋月涼 「んー・・・
愛ちゃんが何か気になるんですよね
正直初日から飛ばしてますから、まぁ票を貰ってるので
余り占う気がしないんですけどね」
紅美鈴 「正直涼さん残すのであれば今日は…Kさん吊ってみたいですかね。」
Y 「グレランですかー。
涼さん吊ってもいいと思うんだけどねぇ…」
菱宮津軽 「…あとは、やたら大文字でばっか喋る愛さんもちいっと気になるだよ…」
秋月律子 「Kさんは狼って感じしないんですよねぇ・・・
最終日に持って行ってイイかと。」
日高愛 「コレは何かしっていると思います!」
紅美鈴 「でもPJさん真目もあるんですよね…。」
D 「CCの分もとかいわれたら何もいえなくなっちまうぜ・・・>K」
スモーキンダディ 「んで、だ 共有噛み抜いて村狼考えずに最終日候補の水瀬がやられてんだ
これ、さ 優秀なリーダーがいるか、訳も分からずか
どっちだと思うよ」
Y 「そいつはどういう意味?
どちらかというと狂っぽい涼を残してKさん吊るってのは危ないと思うけど。 >紅美鈴」
「俺がCOなし吊った時に吊れよ、それなら>紅美鈴」
秋月涼 「律子さんと、美鈴さんは微妙な所ですね
後は優先して占ってみたいのはDさんって所でしょうか?」
紅美鈴 「あ、そうか、Kさんは普通に飼う位置か。」
日高愛 「普通の声ですよー!>津軽さん」
菱宮津軽 「んーぐぐぐ…! これはKさんの●は…にー;」
秋月律子 「涼を真目で見てる人なんているかな??>紅」
スモーキンダディ 「いやいやだから・・・こう、なんだ?
負けが見えてきてるのにその余裕>律子」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
秋月涼0 票投票先 →日高愛
紅美鈴4 票投票先 →秋月律子
秋月律子2 票投票先 →紅美鈴
Y0 票投票先 →紅美鈴
菱宮津軽0 票投票先 →日高愛
スモーキンダディ0 票投票先 →紅美鈴
イリヤスフィール0 票投票先 →紅美鈴
D1 票投票先 →
1 票投票先 →D
日高愛2 票投票先 →秋月律子
紅美鈴 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
日高愛 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
日高愛さんの遺言                        _,, - = ̄::::::::::::::::::::::::::::::::>.、ヾ;ヘ|:::/
                    ,,x="-', 彡'::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ミリ|/
                  /  ./:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト 、
                    /:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                  /::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ         ゴールを信じてー 俺らは叫ぶー!
                 ./::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',         さあ行け桜の戦士ー 誇りを胸にー!
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/,,ニニ、―, 彡ソ,::::::::::::::::::::|
                ,|:::///,':::::::::::::::::::::::::::::::/  《 /::::) ヘ -"_,/ノi/ |::::::::::::|
                |/ .|/ i::::::::::::::::::::::::/|/   ゝ-'       '"-=|:::::::::::|        ラララーラーラーラーララー ラララーラーラーラーララー
                    |:::::::::::::::::::::〈              ,x=ミ, |:::::::::::i        ラララーラーラーラーララーラ ラララーラーララーラー
               _   _ ',:|!,:::::::::::::::::::`-,           〈;;丿|| i:::::::::/    _/
             _/_ ヘ--|丶| ',r,::彡::::::::/    .iミ` 、   '   '/::::::/ _ - '"
            .|   ̄,ユ,`i=,にミ-=      ヽ   |    >    /::::::::/         _ - '"
          ./ |   ' イ/彡 `-'"       'ix,  ヽ- '    フ'::::::::::/      _ - '"
         ./  |    /'イ/   ヽ      _/|ヽ_,,  -―''"::::::://    _ - '"
       /    ,|   ノ  .i:|     ヽ,   r' 'vミc<_::::::::::::,;;-''"/  _ - '"
     /    /   /  ./:|      ' r_ ニ彡イ∧_彡'  ̄ ̄  _, - "
    /  _ - '"   /X ̄Xト,_        _//   ___, - "
  / _ - '"     /××××X`v 、_   `'// -''" /
紅美鈴さんの遺言    北         ,. ''"´∧ ̄ ̄ ''' ‐ .,
   月   総   /  < 龍 フ     `ヽ.     ┌┼┐
   フ|<       i  ゝレ'ヽ、!─-ィ..,,_ノ  i    └┼┘
   の   勢  r〉'7´::/::::::ハ::i、,___:::::i:::ヽ、_イ.
  f7 十        7:/::::_!,.ィi_! i_:!,ィ=t、i:::i::::i:::::',
.   !{ Elヨ   1   i:::i::::i:!ィテi'  ' !,_rハ i_::i::」:::i     ┌─┐
  「 十        !_ハLハ'ゝ' .    " iハ)::::i:::|.    │玉│
        名    !Y!、"  -   .ハノ::::|:::|     └─┘
             〈ン:::>.、.,__ ,.イ7Y〉、::::|:::|
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
D 「昨日投票してから思ったわ。
1W吊れてるならKは銃殺でるまで狼候補として飼いでもよかったって事。
ただ、銃殺で無かった場合はどうすんだという点がジレンマ。」
イリヤスフィール 「霊能CO! 紅美鈴○!」
Y 「おはようございます。」
秋月涼 「占いCOします!秋月律子さん○です!」
「Dは灰考察するならば残す。
Yは指定してほしい。
律子は吊るべきだろう、考察が薄い。」
D 「んー日高噛み?」
スモーキンダディ 「◇秋月律子(30) 「んで、白2つ貰ってるスモーキーと津軽も放置してイイと思いますね」
◇秋月律子(57) 「涼を真目で見てる人なんているかな??>紅」

発言が矛盾してるし、前者の発言は村の流れにそった其れじゃねぇ
前日も同じような旨の発言をしている
その上でだ、もっともと吊り易き吊ってるんだよ投票的に
なぁ、ダディはそろそろパンクしそうだよ」
秋月律子 「おはようございます」
秋月涼 「理由:
全体的に発言も薄く、それでいて吊りたい先などを明記していません
美鈴さんが吊れたので、セット的な考えで今日はここを占ってみたいと
思いますよ!」
菱宮津軽 「おはようございますだ。…愛さんが…」
D 「秋月視点のLWどこよ?」
秋月涼 「んー・・・銃殺が出せませんでしたね」
スモーキンダディ 「あーそうですかそういう噛みですか 
中年に頑張れとか狼てめぇ、髪の毛よこせよ畜生」
Y 「しかしまあ、涼さんここまで残ってますけど…
もう吊っていいんじゃないですか?」
D 「あ、秋月って2人いんのか。」
秋月律子 「放置って言うのは、どっちかに1wはあってもどっちもって言う可能性がないと思ったからよ??
この2人は放置してイイ場所って思ったわ>涼」
D 「お前さん昨日俺占うっていってなかったっけ?」
イリヤスフィール 「涼くん吊りでいこうか!
ただどのルートでも一吊り足りないので絶望村もありえるね!」
「あ、秋月2いんじゃん」
菱宮津軽 「昨日の返答忘れですだ。

◇D 「あのさ、Lが狼で、秋月が狂人な可能性はまだあるんだけど?
その場合別に囲いはまだあるだろうよ>菱宮津軽」

それは承知してるだ。んだども、だからって
私かダディさんかが囲いとは限らないべ。
私は勿論自分で分かってるし、ダディさんも狼にはちょっち見えねえだよ」
スモーキンダディ 「いや、これ目下絶望だよ 現実みようぜ
それかダディとお茶しようぜ?>イリヤ」
秋月涼 「◇Y ◇K ◇D さんで2Wです>Dさん」
D 「あって狂人なら別に吊る必要なくねー?
そこ狼狐みてるん?>Y」
秋月涼 「占いたい位置だとはいいましたけどね?>Dさん」
「律子の方吊りてぇな」
菱宮津軽 「絶望とか怖い事言わないでほしいだよぉ>イリヤ」
Y 「まあ、正直よくここまで生き残ったなぁって感じがしますね >涼さん」
イリヤスフィール 「お茶しようか…>ダディ」
D 「そらかぎらねぇよ。
ただいきなり、ぱっとその断定発言が出てくるのが何故だっつー話>津軽」
秋月律子 「考察が薄い??
言っとくけど、占いに黒出された涼に投票せずにLに投票してた時点であなた相当印象悪いわよ??>K」
「そこで霊能●ならば俺は無実確定だしな」
スモーキンダディ 「DもKももう吊る位置じゃねェ そんでもって
K●の時に
え?お茶?よ、よし!スーツを着込んでネクタイ占めて!」
「Lの方が狼の可能性が高い、それを言っただけだ>律子」
菱宮津軽 「どっちにしても占が真狂狼なら、涼さん吊れば狂は確実に消せるし…」
Y 「いやー、ぶっちゃけ残しててもどうあがいても狂っぽいですし
何の意味がないと思うんで吊るってのも手かと。 >Dさん」
スモーキンダディ 「まぁ、真面目にいこう ん?涼って●出されてたか?」
秋月涼 「だから僕としてはKさんを吊りたかったのですけどね
そうすればもうLWなのですから、今日僕を吊るなら
先ほど提示した中に居ますよ、あ、ちょっと訂正ですね
先ほどの中ならLWでしたね」
「あと、自分の考察が薄いことには反論しないんだな」
秋月律子 「涼はKに黒出してるわ>スモーキー」
D 「もーここで律子つっていいのかといわれると非常に悩む。」
Y 「占いはされてないみたいですね >ダディ」
菱宮津軽 「断定と言うか、中途半端にうじうじ迷ってるくらいだったら
私の考えはこうだべ!ってはっきり言い切る方が後悔しないべ。
そんだけの事ですだ>D」
秋月律子 「反論もなにも薄いって言われてあーだーこーだ言うほどじゃないの>K」
スモーキンダディ 「あぁ、そうだったのか悪い
占いはあんまりみてなかった>秋月
って、どっち?>Y」
D 「秋月の真ケアでYを吊る余裕があるのか?」
「厚い考察し返せばいいだけだろ?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
秋月涼4 票投票先 →
秋月律子2 票投票先 →秋月涼
Y0 票投票先 →秋月涼
菱宮津軽0 票投票先 →
スモーキンダディ0 票投票先 →秋月涼
イリヤスフィール0 票投票先 →秋月涼
D0 票投票先 →秋月律子
2 票投票先 →秋月律子
秋月涼 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
秋月涼さんの遺言                              /: : : : : : : : : : : : : : : : : .
                      /: :,. ''" ̄ ¨ 二ニ=― : : : : . .             _
            ヽニニニミュ、   .〃"´       . : : : : : : : =- 〃: : : : : : : . .     //  ,、
.                  ) }   /´      ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . fニニニニニ」
.               「ニニノ  /      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . . . .     //__
                   /       ,‘: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : . . .   ‘ー=ア )
             「l  〈ヘ   '       〃: : : : : : ": : : : : :/ : : : : |: : : ,': : : : : . .   //
            |l|   ',ヘ        ./: : : : : : : ′: : : : :/ : : : : : ! : :/: : : : : : : : :    ̄ . /7
            |l| ノ!   レ'        /: : : : : : :/ : : : : : : ′: : : : : !: /: : : : : : : : : :     //
            ゞン          /: : : {: : : /: : : : /:/: : : : : : : |/: : : : /: : : :/: :   //-、   ,、
      _                ノ´ : : ,} : :/: : : /: :/.: : : : : : :.:/ : : : :/: :! : /: : :   .//ヽミ彡’
     { r'    .「ニニニカ     ./: : : : /:l: /=-∠: : :/: : : : : : : :/____;/: 斗:/ : : :
   fニニニj      //   /´: : : : :,': :|/ィ'_   =- ̄ ̄ ̄´   ' " _l/_,У: :
     | |       .( (   .〃/ /: : : : :l :// l 「{丐Ftュミ:.ヽ    ィrf≦芹丐/./: : :   f二ニニ三フ
   fニニニj      ヽニ〉.Y :/:イ: : : : : :{///l| 、气三ン` : : Y  ゝ`气三ン'./: : : : :       ´
.    rzj |ー┐        {ノ{爪: : : : : ‘/// :.  こつ¨: : : : : :l    ¨ こつ /: : : : : :       ,、
.    ゞ='’.`' 「}  ,、      VY ! ト:. : : : :.ゝ//∧       : : : :j       /: : : : : : : 「二ニニ二ノ
      fニニニニj     乂 l :|: 丶 \: :\ ∧              〈 : : : ,' : : :
.        _| |          \{ゝゞ\ \: :\ヘ                   ∨: /: : : :
        (O |                 \「\「ヽ\   /:.ー─一'ヽ -=彡,イ: : : : :
.           `j |  __                    ``\丶  ゝ ___ ノ   イ ー=彡'’
         `ー’ j {  <ヽ           cっ  ヽr> .     . <, "!
   _ <ヽ. .fニニニミ、 ヽ:〉                 У:〉二二ニニ, "  |_
    } }  ヽ;〉   l |   } }                    イ  ∧ニニニ, "    | }
    {込ニミ:、    .ノノ .ノノ              ,.イ / /ニ.Vニ, "       { l> .
.    ,、   } }           γ´ ̄ ̄ ̄≦千   ./ /二.∧"       ゞ!   > .._
   ゞ竺彡'  「7 「7     ./   -=≠     / ,仁, "  ',           !         ̄
            l/  .l/   .-=/         -=≠/ //             {
          O  .O ./´  .〈           ノ  ′ ―=            ',
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
D 「おい、そこ偽決め打つの?
まぁ俺村だし、秋月涼が真でも明日銃殺でないけどさー

Kを村決め打てるか考えろって事かー」
イリヤスフィール 「霊能CO! 秋月涼○!」
Y 「おはようございます。」
D 「お、死体なし。狩人は即。」
スモーキンダディ 「俺的にはよ、KとDを残す意図はもう伝えた
あとは秋月と津軽とYのどこを吊るかだ ダディ的に
そうすると2wのつながりは消してぇ
そういったことをかんがえると、だ
互いの投票に一切名前がないっていうのは
こりゃ、あんまり良い要素には取れねぇだろ」
「そう言えば津軽は涼に○もらって、その上で涼釣りを提案したんだな
村目で見るわ。村狐って想定は取り消しだ」
菱宮津軽 「おはようございますだ…って、死体無し!?」
イリヤスフィール 「狩人どうぞ!」
秋月律子 「死体なしですか、狩人いたらお願いします」
スモーキンダディ 「偽決め撃つっていうかじゃあ、どこ真に見てるんだよ・・・・>D」
菱宮津軽 「これは狩人が出てくるべきだべ!」
D 「えーと・・狐生存?」
スモーキンダディ 「お、死体無しか 手が増えるってのは、ありがてぇ限りだ」
「律子投票してんだろ・・・あんたも>D」
Y 「狩人は…?」
イリヤスフィール 「いないかー、だよねー」
菱宮津軽 「…じゃあ、これは狐噛み…」
D 「両方みてたけど?PJも秋月も。
秋月は真狂目。ただし、狂人の可能性たかし>ダディ」
スモーキンダディ 「・・・あーもう、狐ですかそうですか!?
霊能●って二つ出たっけ?>ALL」
Y 「…えーっと。これってもしかして…」
「いねぇな、最大2w1f」
イリヤスフィール 「出てません!>ダディ」
Y 「霊能は…●一つだけ…ですね。」
「霊能○だから最低想定のままだ」
スモーキンダディ 「OKだ じゃあその上で●出して噛まれない秋月に
『どうやったら真を見るか教えてくれ』>D」
イリヤスフィール 「W > C.C. > L > 紅美鈴 > 秋月涼 >
○ > ○ > ● > ○ > ○ >」
スモーキンダディ 「あんがとよ>教えてくれた各位」
D 「狐生存なら今日噛まれる位置から推測。
っつーか、霊結果からまだ2W残り確定じゃないっけ?>K」
「俺はDが灰考察するならば残したいと思う>ダディ
明日、考えておいてくれ」
イリヤスフィール 「以上!指定いるよね!?一分でするよ!」
菱宮津軽 「…となると…私、Yさんが狐ある気がしてきただ。
読み返してみたけど、なんか普通で大人しい事ばっか言ってたし、
誰が特に怪しい!とかビシッと言ってない感じがどうしても頭から離れないよ」
スモーキンダディ 「狼は、告発をしねぇと、どっちも告発する位置じゃねぇと」
Y 「…これはいろいろな意味で危ないっぽいですね。」
「指定必須だ、霊能は頑張りな」
秋月律子 「狐を吊らずに狼を吊らなくてはいけないってこと??ですか??<2w1fの場合」
D 「村からの信頼がマッハだったからじゃね?
あくまで全視点詰めるならそう追っていくべきだと思うけど>ダディ」
イリヤスフィール 「うん!指定Yさん!」
「律子が噛まれた狐っぽいのでY指定おすすめ」
イリヤスフィール 「大方の予想通りってやつだね!」
菱宮津軽 「Dさんは私に結構攻めてきたけど、
私は○2つ貰ってダディさんと同じ立場だ。
狂狼で無い限り、ダディさんが狼狐は無いかなって」
スモーキンダディ 「灰考察ってもな、前提条件が違い過ぎるよ、K
こいつとダディの想定じゃ吊るべきところが違い過ぎて
話にすらならねぇ 悪いとは言わねェがよ>K」
D 「ま、噛まれる位置はY大いにありそう。
だからこそ、指定は別にすべき?」
Y 「ん?僕ですか?」
菱宮津軽 「…Kさんに出された●は最終日でいいと思うだよ」
「Y噛みはねーだろ」
スモーキンダディ 「全視点詰めれる余裕はあるのか?PJ真は?
そいつが真ならばもう村は鉄火場どころの騒ぎじゃねぇよ
なんで秋月が優先されんだ?って話さ>D」
D 「ちょっと意味不明。明日生きてたら回答>津軽」
「ダディが候補であるが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
秋月律子0 票投票先 →Y
Y6 票投票先 →スモーキンダディ
菱宮津軽0 票投票先 →Y
スモーキンダディ1 票投票先 →Y
イリヤスフィール0 票投票先 →Y
D0 票投票先 →Y
0 票投票先 →Y
Y は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
Yさんの遺言    __iー-、/レ'"゙フ_
   ,>:::::::::::::::::::::::::´:::::゙ゝ
   <::::::::::::::::::::::::::::,、jミ、>
  /:::::y'ヽノン`゙ー' ゙r_,〉、
 r'"ヽ、{ ヽ、trjr=Jレ'、ヒソ `ヽ
 |   `  ヽ=' -ーY_)ー―}
 `ヽ、  , - '"´,へ、_j}     !   誰ですか僕のバーチャルボーイを改造したのは
    `ヾ、     `´   ノ
     /`ヽ、_ _ ,. -―r'
      /:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:jハ
    /.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:!
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
D 「PJ真の場合って○ねーからどうせ全部灰だろ?
○だろうが●だろうがかわんねーっつの。
なら両方おえんじゃないの?>スモーキンダディ

んでPJの○ならまだしも、狼のLの○と椋の○なだけで
お前さんたちPJ真ならただの灰だよ?>津軽」
イリヤスフィール 「Y●!」
「霊能結果次第」
D 「んーまた死体なしと。」
「それじゃ、律子を吊ろう」
D 「お?Y●なんだ」
菱宮津軽 「おはようござ…え?また死体無し!?」
秋月律子 「ん?死体なし??」
「昨日の反応が噛まれた狐くせぇ」
イリヤスフィール 「1W1Fだね!」
菱宮津軽 「じゃあ、あと1w1f?」
D 「投票でのダディ告発があるかどうか。」
秋月律子 「ちょっと待って、Yが狼なら狐告発が投票先じゃないの??」
スモーキンダディ 「情報の多さ的に考えて優先されるべきはPJだって言ってんのさ
秋月なら溜まった○が仕事してくれるだろう?
俺は纏めてないけどな
そうじゃねぇんだからって話よ」
「問題は1w・・・津軽があるかどうかだな」
「じゃ、なぜ昨日寡黙だった?>律子」
イリヤスフィール 「えー…ダディ狐だったら○出した二人が悪いということでなんとか…」
D 「そもそもPJは○がMしかねーんだって
だから秋月の真おっかけても別に一緒だろ?両方つめれんなら>ダディ」
スモーキンダディ 「Yの位置的に考えてそんな手の込んだ真似はいらねぇさ
直接言って吊られて●が出て終了だ」
菱宮津軽 「Dさんごめん、昨日はちょっと混乱してただ。
ようするに、○2つもらいの私とダディさんのうち
私に主に攻めてきたのが気になって仕方なかっただよ」
秋月律子 「寡黙だったら狐??>K」
スモーキンダディ 「・・・OK この論議はお互いの主義主張の違いってことにしようぜ
これ以上は少なくとも、今の状況でやることじゃねぇさ>D」
D 「そら、お前さんのほうがダディよりうさんくさかったからだよ。
発言みかえしてみ?>津軽」
「村じゃねーよ」
スモーキンダディ 「OKOK、ちぃとDとの討論で熱くなっちまった
悪いねD ダディもまだまだ青二才だ・・・

俺が考えうるに昨日の死体無は『全く予期できなかった死体無』だ
だってわざわざ、自分の首を絞めてまで狐探しを
位置がこの村にはもう、数えなくても分かるぐらいだ
だからよ、急な進路変更したところか、全くさわってないところ
誘導をした狼なんじゃねぇのかなってのがダディの纏めだ

んじゃぁどこよって、
秋月の無反応さが1つ目
Kの俺誘導が2つ目
津軽も候補っちゃ候補なんだが
これまでのK誘導を加味すると、そこはSGにできるはずだ」
スモーキンダディ 「ちなみに考えていたないようだ」
イリヤスフィール 「指定は律子さん、寡黙は問題じゃないけど指定はそこ」
菱宮津軽 「…考えてみたら、律子さんもYさんと同じで、
特に昨日は言葉が少なかっただ。
狩人のCOがなくて、狼が2日続けて狐を噛んだなら、そこになる気がする!」
D 「正直かまれるならYかなっと思ってたんだわ。
そこ狼が予想外。」
「ん?俺ダディに誘導したっけ?」
「俺ダディ村目だから絶対吊らんよ?」
スモーキンダディ 「ダディ的にはさ、ここでDから
『投票的には』のくだりが一番最初に出るのも疑問なんだがね」
D 「おっけー>指定」
秋月律子 「そう、まぁ1w1fならそれでいいでしょ。

とりあえず、私はスモーキン狐のDが狼だと思ってる とだけ言っとくわ」
スモーキンダディ 「・・・じゃああの候補うんぬんの話はなんだったんだよ・・・>K」
菱宮津軽 「…発言の迷走については謝るだ。
でも私は考える事は言えるだけ言ってるから、なんも悔いていないです」
D 「え、告発疑わないの?>ダディ」
「ダディ狐ならもう一回カメ」
D 「まーお前さんはそういうしかないけども」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
秋月律子4 票投票先 →D
菱宮津軽0 票投票先 →秋月律子
スモーキンダディ0 票投票先 →D
イリヤスフィール0 票投票先 →秋月律子
D2 票投票先 →秋月律子
0 票投票先 →秋月律子
秋月律子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
秋月律子さんの遺言 ご一緒にから揚げ君はいかがですか?
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
D
おはよーさん。
さぁ最終日。ここまできたら狐は律子で吊れたと踏むしかない。
ダディ?そこ狼なら俺には無理。
Kと津軽で悩めばいい。なんでYが告発しなかったかは不明だけど。
吊り勝てると思った感じ?」
「貴方視点涼真がないことがわかるか?>D
なぜなら涼視点貴方がが狐になるからだ。
それをわかったうえで最終日を楽しもう。」
D 「へー・・・死体なしなんだ。」
イリヤスフィール 「あっはっは!」
菱宮津軽 「…は?」
「・・・まさかダディ狐あるのか?」
スモーキンダディ 「◇D(37) 「え、告発疑わないの?>ダディ」

繰り返す、『Yという位置の狼がとるべき手段じゃねぇ』
だって狼的には二回、狐を噛んじまったことになる
初手で噛んだ後Yが指定されるならば
『ダディ狐です 僕吊って確認どうぞ』それで済むはずだ
それが狼にとって最上手段のはずだ

でも、それをしねぇ
なら考えられる要素は2つ
『流れに乗ったら勝てる』
『どちらも告発するに値しない』

そしてここから考えうるに
後者の視点では津軽狼は確定的にねぇ
理由は前日の最後の考察を参照してくれ
では前者の位置では?Kかお前だ
そしてKは昨日俺に対して
『投票しない』そう取れる発言の胸をした
最終日引き分け覚悟の狼か村人しか言えねェセリフだ

そして要素追加
◇D(12) 「投票でのダディ告発があるかどうか。」
いの一番に発言するべきは、Kなんだよ」
D 「うん 涼真はきった>K」
イリヤスフィール 「律子さん○、…○」
菱宮津軽 「どういう事だべ、これ!?」
スモーキンダディ 「狩人、出ろ もう流石に乗らないぜ」
「うん、このままいくんならダディ吊るわ」
菱宮津軽 「まさか…本当にダディさんが狐だっての?」
D 「ダディ長い。 ちとよむからまってろ」
スモーキンダディ 「おう、そうしろそうしろ>D」
イリヤスフィール 「うーん…告発と呼べるようなものはないよね」
イリヤスフィール 「ダディさん、昨日のDさんへの投票理由お願い
今朝一読んでるから」
「そういえば天啓だし狐は噛まれたことわかんねぇよな てへぺろ」
スモーキンダディ 「俺は俺の潔白を証明するしか手段がねぇ
ただ、負けたくねぇ
1w1fで負けだ?冗談じゃないさ、そんなもん」
菱宮津軽 「…狼がイリヤさん噛まないのは、イリヤさん自身が狼って事も考えられるけど、
その可能性は限りなく低い。単にここまで来てイリヤさんを噛むメリットが
無いだけだと思う」
「反応で狐とかわかんねーわ すまんな律子」
D 「Yが告発すべきってのはその通りだとおもうぜ。
そいつは間違いない。んで、Kも非狼だろ?昨日律子吊るす必要ってあるか?」
「初日共有だから限りなくないよ>津軽」
菱宮津軽 「…Yさんも律子さんもはずれただなんて、私…悔しいよ…」
イリヤスフィール 「ごめん、ギリギリになる」
スモーキンダディ 「俺的にはだ
『目下最終日候補であるダディという村人をだ』
『狐位置を把握して、あえて噛むことで吊らせられる』
そういう流れに感じた そしてじゃあその要素は?Kはねぇ
津軽はまぁ、そうならダディの目が腐ってた
じゃあ、Dしかいねぇ」
菱宮津軽 「分かっただ>イリヤ」
D 「そこ狐だと思ってなきゃそういう行動しねえだろ。
ということはダディ狐と仮定すると、津軽との一騎打ちしかねーんだけども。」
「1wだから別に指定はいらねーけどなwww」
イリヤスフィール 「じゃあいいや、自由投票!」
「Dと津軽なら津軽狼にしか見えんが、現状」
D 「津軽狐でダディ狼でこういう行動とるかっていうととらない。」
「俺はダディに入れるぜ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
9 日目 (1 回目)
菱宮津軽0 票投票先 →スモーキンダディ
スモーキンダディ3 票投票先 →D
イリヤスフィール0 票投票先 →
D1 票投票先 →スモーキンダディ
1 票投票先 →スモーキンダディ
スモーキンダディ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
イリヤスフィール は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
イリヤスフィールさんの遺言
< やっちゃえ、バーサーカー!

               _ _
              (´ `)) _
               -' 「 、__ `f⌒ー-'⌒l!
             /, ' /\ー、ゞfニ薔ニヲ
            //, ' /    `ー-=ヘ、/メ
            { l! / ノ    `ヽ l i|
            (,キ | ●  三  ● l| i
            ゙i| ゙i⊂⊃ 、_,、_,  ⊂l|´     「■■■■!!」
           ,..-‐- 、   (_.ノ   ノi|
        ┌、. /     ヽ、 ,__ 、 <
         ヽ.X、- 、   ,ノi      ハ
      ⊂>'">┐ヽノ〃     / ヘ
       入 ´// ノ        } ,..,.._',.-ァ
      /   `ー''"´      ,'  c〈〈〈っ<
     /          __,,..ノ ,ノヽー'"ノ
      {          ´    /  ``¨´
    /´¨`'''‐、._        ,'\
     ∨´     `ヽ、     ノ   ゙ヽ
      ∨      ヽ _,,..-'"    `ヽ
     ∨       〈-=、.__       }
      ヽ、     }   ``7‐-.  /
          ヽ     リ    /′  ノ
          /′  , {     /   /
        {     !   ,ノ  ,/′
          !    /  /   `‐-、
        !   ,/   ゙ー''' ー---'
          ',  /
        {   }
           ゙Y `ヽ、
            ゙ー--‐'
スモーキンダディさんの遺言
    /\___/ヽ
   /ノ    ─:::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|      
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      Oh myってやつだな
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|     
   \  `ニニ´  .:::::/      
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙  \,|  i |
    >         |   ||
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
D 「◇菱宮津軽(31) 「…となると…私、Yさんが狐ある気がしてきただ。
読み返してみたけど、なんか普通で大人しい事ばっか言ってたし、
誰が特に怪しい!とかビシッと言ってない感じがどうしても頭から離れないよ」

ダディが最初に噛まれた日。

◇菱宮津軽(28) 「…考えてみたら、律子さんもYさんと同じで、
特に昨日は言葉が少なかっただ。
狩人のCOがなくて、狼が2日続けて狐を噛んだなら、そこになる気がする!」

翌日。
この誘導で狐からはずすか?」
「ファイ!!(デュエル!!」
菱宮津軽 「………OH MY GOD。」
「ダディ狐か・・・危なかった」
D 「昨日Kから外すと思ったけど最終日再考すべきと思った。」
菱宮津軽 「私視点、涼さんから●貰ったKさんと一度も占われていないDさん…」
D 「ふぁいってお前もお前も。」
「涼真はねーって」
「>津軽」
菱宮津軽 「どっちが怪しいんだべ!?
涼さん真ならKさんだし、偽ならDさん…」
「だって、俺とDの1wか、俺が狼だろ」
D 「津軽の怪しい点



◇菱宮津軽(34) 「どっちにしても占が真狂狼なら、涼さん吊れば狂は確実に消せるし…」

狂人なら放置しとけよ、狼位置わかんねーんだし。
そもそも狂人だって何故わかったの?俺やKからすれば破綻はわかるけど」
「つか、ダディ狐で涼真キレるべ」
菱宮津軽 「じゃ、私視点、もうDさんしかLWがいないべ…
狼占はLさんなんだから、狂人の涼さんがKさんを確実に逆囲いなんか出来ないし…」
D 「おい、涼真ならダディ狐がありえねーだろうが」
菱宮津軽 「あ、そっか…ごめんなさい!この土壇場でそんな大事な事を!!」
D 「誤爆があるかどうかって話だろーが。」
「狂人だから誤爆あんだろ、可能性だけを求めるなら」
D 「なんかもう津軽が迷走村なのかどうか」
菱宮津軽 「じゃあ、もうDさんしかいない!!
以前に言ったけど、私のあやふやな発言はDさんからしたら
私をLWにする格好の餌だもの!!」
「俺はすでに村アピを終えた・・・
全てはログにおいてきた」
菱宮津軽 「Kさんは私をそこまで徹底的に疑ってなかった。
一方のDさんは途中からひたすら私に突っ込んできた。
この差はどうしようもないです!」
D 「津軽狼でK残すか?ってのが非常になんとも。」
「噛みが遅い&朝一長文ってのも怪しいけどな」
D 「あーもうK狼ならすまんだなこりゃ。」
菱宮津軽 「狼のLさんが私に○を投げたのがブラフだったとはね…!」
D 「紙はまいかいおそくね?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
10 日目 (1 回目)
菱宮津軽2 票投票先 →D
D1 票投票先 →菱宮津軽
0 票投票先 →菱宮津軽
菱宮津軽 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
菱宮津軽さんの遺言 言えない…IIDX引退したの○年前なんて言えないべ…
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/09/27 (Thu) 00:34:23
「お疲れ様―」
水谷絵理 「狼が勝負をかけた以上、非情にならざるを得ない?>律子さん」
D
お疲れ様。
K噛みと超なやんだ。」
イリヤスフィール 「お疲れ様ー」
秋月涼 「わーい!」
「負けたか、御疲れだ」
日高愛 「おっつかれさまーーーーーーーー!!!!!!!!!」
Y 「お疲れ様ー。」
紅美鈴 「と言うわけで終了後第一声でダディさんを称えましょう。」
菱宮津軽 「おつかれさまですー」
PJ 「ん!?」
秋月律子 「はい、おつかれさま」
スモーキンダディ 「D まず言いたいことがある 貴方はSです」
PJ 「お疲れ様です
あちゃー」
D 「津軽は初心者っぽかったからすまんなー」
「!!!!!?????」
Y 「いやぁ、Dさん申し訳なかった。あの場面狼COするべきだった。」
C.C. 「後の元キングである」
紅美鈴 「お疲れ様でした。
特にダディさんはホントに。」
イリヤスフィール 「K噛んでたら負けてたね、確実に>D
おめでとう!」
秋月涼 「潜伏占い師は初でしたが、吊られるお仕事までできたのでOKです!」
水谷絵理 「というわけで、狼は狐を噛み続けて勝利をもぎ取ったのでした。おめでとう?」
秋月律子 「狐おつかれさまー!!」
菱宮津軽 「「ふえぇ~~~!!早苗からの遠征2回目で最終日殴り合いとか
心臓に悪すぎますよ~~~~~!!!」」
D 「ダディお前さん吊れそうにねーんだもんよ すまんな>ダディ」
「俺の愛欲の日々が…なくなっちまった…」
「んーやーだめだな
初日の俺を信じればよかった」
D 「npnpちと指定がおそかったからな しゃあない>Y」
C.C. 「おつかれさまだ」
紅美鈴 「津軽さんはお疲れ様。」
スモーキンダディ 「もうね、あんまり愚痴は言いたくないが
お前ら大好きだよ>狐をほめてくれてる奴ら」
水谷絵理 「初手のグレランで吊れずに生き残ったDさんが
しぶとさを見せたいい勝負だったね、うん」
秋月律子 「内訳が当たってたから、負けても個人的には満足。

指定されて吊られたなら仕方ないし。」
秋月涼 「Dさんはお疲れ様でした!」
菱宮津軽 「ええ、人狼始めて1ヶ月の三下です>D
…って、最近早苗鯖でもちょくちょく見かける玖慈羅さんじゃないですかw」
「玖慈羅さんは鬼だ…」
イリヤスフィール 「狩人いないならギリギリまで悩んでもいいよね☆」
D 「涼は仕事完璧だったぜ ナイスだ>涼」
PJ 「《開始前に死亡フラグ立てなければ…クソッ!》」
スモーキンダディ 「霊能者さんをお願いします・・・・>D」
Y 「投票で告発したけど…みーんな読まないもん… >Dさん」
「いやあお仲間には感謝します。ちょっと自分の考えずれてたんで。
もう、ホントありがとうございました。
秋月律子 「Kさんの強ロックが面白いほどに村っぽく見えてきました(ドヤァ」
菱宮津軽 「って、美鈴さん狩人!?」
水谷絵理 「いいタイミングで狐噛めたよね>狼さんたち」
秋月涼 「Kさんが吊れなかったのが残念でしたけどねー」
D 「仕事がちょっと落ち着いてきて
また村に顔だせるようになってきたからな。
あっちでもまた宜しく>津軽」
イリヤスフィール 「イエー!みたけどスルー!>Y」
スモーキンダディ 「読ません!読ません!流を!流れを!と思って頑張った>Y」
PJ 「やっぱひとたちんは許さねえっす」
「俺は村ならいつもこんなだ」
日高愛 「はいはいはい!あちゃしこの前初早苗鯖で最終日でした!」
C.C. 「ずいぶん長引いたな、ピザが足りんよ」
水谷絵理 「律子さん吊りは引き分けをにらんだ吊りだった?>律子さん」
D 「正直Kつれないから、津軽噛んで引き分け路線にしようか超悩んだ。
まぁ負けたらすまんってことで勝負いったけど」
菱宮津軽 「んー、Kさんに主張が届かなかった私の負けです。
私を攻撃する材料をガッツリ用意したDさんの勝ちですねこれは。本当、強敵でした」
Y 「むしろDさんには感謝してますよ。
狐噛んだあの日、津軽さん噛もうと思ってましたし
あれで逆に助かったってものです。ありがとうございます。
Lさんも占い騙りありがとうございます。」
イリヤスフィール 「初手占い噛まれで最終日にいけただけよかったのかなぁ…」
秋月涼 「ふふん、初手噛みの占い師は残念でしたね!>PJさん」
C.C. 「それじゃあ縁があればまた
坊や、いつかの君の為に貞操は守っておいてやろう>M」
水谷絵理 「この3人の最終日が絶妙だったね>Dさん」
「くそ、この無念をどこに投げつければ…
村建て感謝、寝るしかねぇ!
アルファベット一文字の流れにしちまって悪かったな>ALL」
PJ 「緑のヒゲ占っておけば…クソ!!」
紅美鈴 「四条初遠征、かつ狩人経験が12人村の一回しかない私に狩人渡してくれるとは、此処のCGIはなかなかやりますね。」
「津軽噛み位置でもあるのか、あめぇな、俺」
D 「んじゃちょっとログ見直してくるわー」
菱宮津軽 「私が初心者なのまで見越して最終日に残されたんですよね、これ…(苦笑
いや、最終日は大きな糧になるんで、むしろありがとうと言うべきですかねここは」
秋月律子 「考察が薄いと言われて、なんつーかしょぼーんってなったお・・・
発言の矛盾とか言われるならまだしも・・・」
「>CC 素振りして練習しとく、股洗って待っていろ」
日高愛 「かわいいはせいぎなのがこの鯖の特徴です!>津軽さん」
「んー最終日なー」
スモーキンダディ 「律子さんは緩急が激しすぎる様に見えたな>律子」
紅美鈴 「はい、スリーアウトぉぉぉぉぉぉ!!>其処の髭」
D 「あれだ、Yが俺かばってるのとか言うと良かったぞ初手グレラン>津軽」
Y 「いやぁ、津軽さんかわいかったです
正直嫁にしたいです。」
PJ 「《同意だ!>日高》」
秋月律子 「いや、完全に狐だと思って吊ったって言われたのでwww>絵理
引き分け狙いになる理由がイマイチ分からないけど・・・」
秋月涼 「んー潜伏占い師も面白いもんですね
ここの鯖だと今一信用は低いですけど」
菱宮津軽 「愛さんの大文字は単純にRPとして妥協すればよかったですね…」
スモーキンダディ 「今回はあれだな、村が予想以上に秋月真を見ていてびっくりした>涼」
「明日もかなり早いんでここでお疲れ様さしてもらいましょう。
お仲間には感謝します。そして同村ありがとうございましたっ!」
イリヤスフィール 「律子さんは寡黙は別に良かったんだけど…
◇秋月律子 「狐を吊らずに狼を吊らなくてはいけないってこと??ですか??<2w1fの場合」

狼吊りって言ったのがね、…狐吊っても良かった場面だと私は思ったから」
「グレラン村だしな、吊りたいとこ言ってくれ。
つか、灰考察しねーなら吊るしかないべ」
菱宮津軽 「って、Yさん貴方かー!今気づいたー!!!www」
スモーキンダディ 「おつかれー>L」
秋月律子 「グレラン時は好き勝手言うけど、指定入る時はどうしても文章を読んでしまうんですよね・・・中々上手く伝えられない・・・>ダディ」
紅美鈴 「お疲れさまでした。>Lさん」
秋月涼 「内心ほくそ笑んで、霊能の結果みてましたけどね」
Y 「ばれた!?」
「極論俺以外吊れば勝ちなゲームだしなwwwwwwwww」
「>秋月 出るなら初日に出て俺に○投げてくれ」
秋月涼 「お疲れ!>Lさん」
菱宮津軽 「早苗鯖で「潜伏は真偽じゃなくて悪だ!」って言っちゃう私よりはマシかと…w>涼」
PJ 「初日対抗勢○だったのに潜伏するうらないはいらない!」
スモーキンダディ 「ダディはあきらめてマイペースで話続けるよ
村の流れに乗る様にはするけどね
指定が入ろうが、基本的にはお構いなしかな
でも、そういうスタイルもダディは好きだよ>律子」
秋月涼 「Mさんに投げる予定満点だったんですけどね
他の二人も○出しだから、別にいいかなぁとw>Mさん」
秋月律子 「あれ?6人で2w1fなら狐吊った時点で狼勝ちじゃないの??
自分把握間違えてた・・・??>イリヤ」
イリヤスフィール 「9割9分ないよね…>ダディ
だから最終日は私噛みで大☆正★解!」
PJ 「早苗鯖で潜伏占いすると真偽関係なく吊られるのでご注意を」
Y 「まあ今回のNO.1は全占いから○もらったMのヒゲでいいと思います。」
イリヤスフィール 「死体なしで7人になってなかったっけ>律子さん」
秋月律子 「吊りたいところを言うって言うのは誘導なんですよ。
自分は誘導するような発言はしないんで>K」
菱宮津軽 「にしても疲れたー!Dさん明らかに実力者だったからなー、
もう推理してる最中緊張でお手洗いが近くて近くて(爆」
秋月涼 「ピンポイントで共有なんですから
本当に笑いましたよw」
スモーキンダディ 「少なくとも、今日の進行に限りダディは完璧に真を捨てる>イリヤ」
D 「律子あってるぞ、狼つらなきゃだめだ6なら。
ただ、あの日狐噛んでるから7じゃね?>イリヤ・律子」
菱宮津軽 「あーもう!人狼歴1ヶ月にもなってこんなガチガチになる私とか!
本当にはんかくせー!!」
水谷絵理 「2W1Fなら狼吊らないとダメだけど
村としても狼か村を吊るつもりで行くべきだし
そこで狐狙うのは狼だけだよね」
D 「まだまだ気持ちは初心者なんだけどな。あと1ヶ月もすれば1年かー」
秋月涼 「ま、真も噛めて、狂人としては吊られまでの仕事をしましたからね
狼が最後までグレランで吊られなかったのが大きいのでしょう」
Y 「とりあえず僕の初戦としては
・狐告発のタイミングは指定もらう前にやっておくべき
ってことを学びました。
みなさんありがとうございました。またよろしくお願いいたします。」
「え?何初心者COのチャンス?」
イリヤスフィール 「あれ?私なんか計算ミスってたっぽい?」
PJ 「因みにAM氏って早苗鯖初心者勢では一番勝率高いんっすよ            恐らく」
水谷絵理 「6人の場合の2W1Fね」
菱宮津軽 「ダディさん対等に見ちゃってたからなあ…狂狼から○貰って生き延びる狐とかすごいですよ

…前に狂狼から●貰って勝った狐を知ってますが(ボソッ」
日高愛 「これは…チャンス!」
秋月涼 「はいはい、初心者COは吊られ予備軍ですよー>Kさん」
日高愛 「初心者しーーーーおーーーーー!!!!」
「指定もらってからでもいいと思うぜ」
D 「指定もらってからでもいいぜ。
ただ、投票だけだとあれだな。告発後、ダディ狐ならもう1回死体なしだせって言われ
→翌日ダディ噛みぐらいがベスト>Y」
D 「ダウト!>日高」
水谷絵理 「指定もらってからの告発がいいと思うよ
狐に指定が入れば狼は大笑いできるもん>Yさん」
「狐告発は。問題は素早くできることか否か。」
紅美鈴 「よし、初日初心者ラン、特に出遅れ組から。」
スモーキンダディ 「いや、真噛まれの時点で狐場に近いんだが
どうにもなぁ>津軽」
菱宮津軽 「ちょっとPJさんそんな買いかぶらないでくださいよー!!
さっきのダディさん○貰ってるのに涼さん真を捨ててなかった私で分かるでしょ!?
私とんだ思いこみ勘違い大魔王ですよー!!」
スモーキンダディ 「よし、落ちよう お疲れ様」
秋月涼 「しっかし初日は本当凄かったですね、何か漏れました?>愛ちゃん」
イリヤスフィール 「えーっと、Yさん指定して●が出ての…
6人時点で1W1Fだから…」
水谷絵理 「愛ちゃんが初心者なら、私はもっと初心者だよ?」
秋月涼 「お疲れさま!」
「初めてでも
心から楽しめる
者になりたい
CCれもん
Oいしい
PJ 「今の菱宮津軽が脳内で道明寺歌鈴にされるので困る>AM氏」
秋月律子 「あ、ごめん、把握ミスしてた。
6から7になってたんだ・・・そう、Dが白いアイコンだから数に入れ忘れてたんだよね・・・ww>D・イリヤ」
PJ 「おちる人お疲れ様っす」
イリヤスフィール 「…律子さん吊った後によくダディ噛んだねってことかな?」
水谷絵理 「メモが混乱することは誰でもあること?
落ち着いておっぱい揉めば大丈夫?>津軽ちゃん」
菱宮津軽 「…敢えてそこはツッコみませんからね>PJ」
Y 「Dさんありがとうございます。
参考にして、次は狐4回噛みますね。」
日高愛 「勘です!>涼さん」
秋月涼 「ないあさんの真似はしないでくださいw>Kさん」
秋月涼 「素村だったら、本気で何いってんだこいつ状態でしたけどねw>愛ちゃん」
PJ 「なんだと・・・」
イリヤスフィール 「うん、灰の村人なら仕方ないね>律子さん
私も霊能だったからカウントできてたようなもんだし」
菱宮津軽 「最後の最後までそれですか絵里さんは!!
どーせ私まだ発展途上ですよー!!」
PJ 「やんわりと
次は道明寺歌鈴ちゃんRPでよろ☆と伝えたのに…」
秋月涼 「内心動揺しましたけど
Wさんが格好の投票先でしたからねー
んー愛ちゃんに●撃った方が良かったのかな?」
Y 「皆さんもありがとうございました!
Lさん、Dさん、涼さん、今日はありがとうございました!!
ちょっとしくじっちゃったけど、次は狐告発は間違えないよ!!
また来ますねー!」
「それじゃ、御疲れ様&村建て感謝
久しぶりの最終日楽しかったぜ!」
PJ 「ふええっ!?
と語尾に「っ」「!」付ければおk」
秋月涼 「お疲れさま!」
D 「誰が生きてても死体じゃ!>律子」
PJ 「じゃ俺も撤退しますね!
お疲れ様です!」
日高愛 「あ、あとブラフです!」
日高愛 「では、お疲れ様でした!
また来てくださいね!」
秋月律子

D 「それじゃお疲れ様っと。
同村の方はまたよろしくだ。」
秋月涼 「当たってるから怖いんですよ!w>愛ちゃん」
紅美鈴 「さて、私もそろそろ退散します。
オチ担当どころか凄くどうでもいい場面で吊られてしまって申し訳ありませんでした。
また遠征に来ると思いますので、その時はよろしくお願いします。」
秋月律子 「てか、名前がアルファベットばっかりで把握しづらいんだよww>イリヤ」
日高愛 「だって反応ないんだもん!>涼さん」
菱宮津軽 「…さてと。長丁場になっちゃったけど、この辺で私も帰りましょう。
お相手ありがとうございました。またいずれ来訪したいと思ってますので
その時はよろしくお願いしますね(一礼 それでは!」
秋月涼 「潜伏の難しさも解ったところで
落ちたいと思います、お疲れさまでした!」
秋月律子 「落ちる方はお疲れさまでした」
イリヤスフィール 「だよね!>律子さん
つまりヒゲが悪い!」
菱宮津軽 「…いや、一文字だらけは自分でまとめるには楽でしたけどね?w」
秋月涼 「あーはい?ぐらいしか返せませんよw>愛ちゃん」
水谷絵理 「GMさんありがとう、みんなもおつかれさま?
今日は狼さんの押しの強さが見事だったです?
狐を噛み続けてでも勝ちに行くのはかっこよかった・・・」
秋月涼 「そして地味に絵理ちゃんのセクハラ発言をいなしましたね、ええ」
水谷絵理 「涼さんのアレを反応させるのは、
押すだけじゃなくて引いてみるのも手?>愛ちゃん」
水谷絵理 「この流れなら、なんでも言える!って感じだったね>涼さん」
秋月律子 「てか、狼が「L D Y」とか・・・っ

やっぱりアルファベットランをすべきやったんや!!」
イリヤスフィール 「うん、ログ読んで落ちるね
進行グダグダでごめんね!よく最終日いけたなぁ…でも噛まれたヒゲが悪い!」
イリヤスフィール
                   rfミヽ、 ,.、
                 `ヾゝ、´ /
                  〉、j_,ハ
             __     {::.「+:::ノ    ___        n
               `ヽ_ /.:`:.:´::}-‐ ¨ ̄`ヽ `)    _,{ ゝ-‐=- 、
            ‐=ー-、__」:.:.::.::::::! ,. '´,、,、   Y、  ,.ィ´.:L_`_,二ニン
         ,、,-、-=ニ三._ {.:.:.::.:::.:|/,ィく /lィ !j j /.::、:.x.:ノ:)
         ゝ-、:.;>、 ̄ニ=-.|..:.:.::.:::j.f=ミ`リノj.ィノ/::.:.:..:.:.::´:/´
              `ヽ_.\_彡'」.:-=:´ノ "',.へ ,,テハ!::.:.:..:..:.:/
         ,r'フ¨´、  ̄ Y´ィ:´.:.::::;':i、(__ノ_,ノ{ {::.;. -‐'′     それじゃあお疲れ様!同村ありがとね!
   _,.,. -─/ `丶、ヽ  _}.イ:、:;.:':.:レゝ< j´::.:.:.:| |/
  ,.イ rェ」___ノ‐- ._  `Y´.:.:;ノ.:.:,.-r'7フj:.:」_;.: -‐j |           思う存分ログを汚して私満足!
  し'´     {_   ` ー{:.:.:.::!:.::.:.V_/´/|.;ノ  し'ノ
        i!   ̄ ̄¨¨{.:.:.:.:.:ー:.;.ィ^t-v´
        ヾ __.. -‐´|__,. ‐ T.:/
           `\_,. -<__,. -'¨´」
秋月涼 「まぁ、いなすのも結構頭使うので面白かったですよ
それでは皆さん、お疲れさまでした!」
秋月律子 「GMは村立てありがとー
同村もサンクス

これからは厚い考察目指して頑張りますわぁ」
水谷絵理 「涼さんも愛ちゃんもありがとう
楽しかったよ」
水谷絵理 「律子さんをもっといぢってもよかったかな?
キレのあるツッコミ、もっと見たかったかも」