←戻る
【劇場143】劇場公演 水曜女神の部村 [170番地]
~女神出てくださいお願いします(迫真)~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開するキューピッド登場 (6人~)女神村
1 2 3 4 5 6 7
icon 四条管理人
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon ミク
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 徳川吉宗
(生存中)
icon 黒川千秋
(生存中)
icon 寺生まれのT
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon 雪華綺晶
(生存中)
icon 貴瑠子
(生存中)
icon 道明寺歌鈴
(生存中)
星井美希 「それじゃ、美希も落ちるの。
お疲れ様ー」
星井美希 「やよいは狐狙いじゃないと吊れないし、千秋は美希は吊りたかったけどすごく空気だったよねぇ

負けても満足、なんてすがすがしくてとっても健康的だよね>春香」
星井美希
◇黒川千秋(97) 「まあ、占いが何とかするのなら
なんとかすればいいのじゃないかしら」
◇黒川千秋(72) 「ふん、女神なんかに気を取られることもないわ
狼に刺さっている場合以外は吊りと狼の噛みでどうにかなるじゃない」


◇菊地真(46) 「3-1-2になる、と。じゃあ安心だね。」
◇菊地真(41) 「3-1-1……ひとまず矢は役職に刺さって無い感じかな?
伏せてる方の共有がちょっと怖いかな、ってくらいだけど共有なら噛まれるよね。」

◇徳川吉宗(93) 「ああ、それもあるな>狩人恋人
村の為の護衛をするとは到底考えられぬ」
◇徳川吉宗(89) 「まあ、それぞれの思惑はあるのは当然至極。
何より勝利を目指し、邁進するのみよ」
◇徳川吉宗(79) 「美希殿が言っておるのも納得ができる。
余としては共有とて恋人の可能性が無いとは言い切れぬ、という点が
非常に困りどころなのよなぁ。そうれはないと信じたいが」

今日の初日吊りたかった発言はこの辺りかな。」
星井美希 「あ、食器洗ってたら春香がいなくなってたの」
天海春香 「美希もありがとう
こうやってお話しするの楽しいね、おやすみー」
天海春香 「1時だね、うん
それじゃ私も落ちるよ
GMさんも、村のみんなも、ありがとね」
天海春香 「やらない夫さん、おつかれさまー」
天海春香 「うん、昨日のアレは滅多に見れない展開だったからこそよかったんだよね
初日共有からの真占い噛み抜きで2-2が狼狐-真狼って、なかなか見れないもんね>美希」
天海春香 「告発して、死体ナシ出してまで吊らせる位置なら
千秋かやよいだろうなあ、って感じだったかな>美希」
天海春香 「きらきーちゃん噛まれなかったら恋人勝ってた感じかなあ>やらない夫さん」
星井美希 「告発させるなら美希じゃないかなぁ。
でも美希は告発は無粋だと思ってるからしないの。
そしてあんな提案してきたら噛まなくて良いかって思っちゃうしねぇ>春香」
やらない夫 「さて、俺も落ちるか
村建て&同村感謝、お疲れ様だろ」
星井美希 「その展開で昨日のような満足が得られたかどうかはとっても疑問ではあるの>春香」
天海春香 「強い位置の狼ならミクか美希って見てたかな
でもミクLWなら告発してまで吊りにいく感じじゃないもんねえ>美希」
やらない夫 「そういやなんとなく今回は吊れる気がしなかったな、恋人」
天海春香 「で、狩人にはショボーンのほうを護衛させるパターンかなあ
そうなると狩人噛み、騙り狼吊り、ショボーン噛みまで規定路線として
そこからの勝負かあ…普通の展開だね>美希」
星井美希 「狼としては恋人は吊りに動くのが良いんだけどねー
確か、だけど」
やらない夫 「で、共有噛めてGJは出ず
恋人を噛んで吊りを減らして
「将軍吊らせて自信がある位置に狼いるよね?」で一吊り凌ぐ
…いやあ、共有GJは強敵だっただろ」
星井美希 「そこでミク狼かなーって思ったんだけど
やっぱり見えなかったの
第一ミクなら告発なんかしなくてもしょーぐん吊るだろうしなって>春香

まったく、羨ましい限りなの>やらない夫」
天海春香 「確かに○出して噛みに行くほうが無難だったかも・・・でも難しいですよね
まあ噛みたいとこに○打って噛むのが狼騙りの手段かなあ
実際、将軍に○打って噛んだのもそういうことだし」
星井美希 「そうしたら、グレランになるから霊能やショボンも出てくるよね。
そうなると狐は多分もぐるから・・・
全然違う村になってたんじゃないかなって」
やらない夫 「村人で噛まれるのは実に久々だっただろ…>星井美希」
天海春香 「これは将軍吊らせて自信がある位置に狼いるよね?って思っちゃったね>美希」
星井美希 「だって美希は初日からしょーぐんは吊り候補だったんだよ?>しょーぐん

ね、昨日の村は楽しかったね>やらない夫」
天海春香 「昨日の村、真占いがいるときの進行としては間違ってなかったはず、うん
初手●で狩人COがあったらどうだったかなあ」
徳川吉宗 「しからばこれにて御免! さらば! また会おう!」
星井美希 「正直千早さんとやよいを無理やり疑ってみようとは思ったんだけど、ちょっとどうしても無理があるような感じに。」
やらない夫 「○で噛み候補が良かったんだろうな>天海春香」
徳川吉宗 「余視点、あの時点でもう遊ぶと決めたのだ(キリッ>美希殿

もしあそこで共有噛みが通っておったり、恋人が無残であったら
まだ希望もあったがのぅ」
徳川吉宗 「ミギャァァーー!>美希殿」
徳川吉宗 「それでは本日もお疲れ様であった。誠に大義である。

同村していただいた皆の衆に感謝の言葉を。」
星井美希 「しょーぐんよっぽど吊らせたいんだろうなぁ。
そんなに死体無し出るようなものでもないし。
それなら、意思尊重しようか。
狐COしてるし。ってね?>春香 しょーぐん」
天海春香 「千早ちゃんは吊れる位置じゃなかった上に
やらない夫さんから●が出ちゃうと、もう、ねえ>やらない夫さん」
徳川吉宗 「では余は決闘村にて少々ウサを晴らしてくるとしよう。

くくく、見ておれよ決闘民ども。今宵の余は一味違うぞ(ゴゴゴゴゴ」
やらない夫 「昨日の村か…、意外と満足してるだろ」
天海春香 「伊織もおつかれさま
濃厚なやよいおり、もっと見たかったな」
徳川吉宗 「おうお疲れ様よ>伊織殿

初手で噛まるとは、お互い不運なものよな」
天海春香 「展開は面白かったけど、私は私らしいプレイじゃなかったのが心残りかな
でも色々考えられる村でよかったよね>昨日の村」
徳川吉宗 「うむ。あれは面白かった。終始村は人外の掌の上であったがな。

あそこまで鮮やかに狐に勝ちをかっさらわれると、見事、という他あるまいて」
水瀬伊織 「っと、それじゃ私お疲れ様さしてもらおうかなー。同村ありがとねっ!」
天海春香 「うん、普通は噛まないね
でもあそこで死体ナシは吉宗吊れのサインだと受け取るよね
なので、狐はかわいそうなのでした>美希」
徳川吉宗 「成程。実際泣けてくるわ(白目>美希殿」
星井美希 「でも昨日の村はとっても楽しかったの。
負けたし吊られたけど、昨日の村は面白かったって美希は言えるよ?」
やらない夫 「というかね、狩人が0票な時点でもう…HAHAHA」
徳川吉宗 「占い語ろうかなとも思ったが、普通に出たのであれば今日は4COになるし、
初手●でも、狼に当てねば意味がない。きついところよなぁ」
星井美希 「まぁ、狼があの村の提案に乗るっていうのは割りと勝ちを捨ててるかなって思ったからね。
美希なら多分噛まないよ。
村に何で噛まなかったって言われても「告発はしたんだし吊る吊らないは村の意思でしょ?狼に甘えすぎ」としか思わないかな。
そういう意味では狼にも狐にもかわいそうだったなぁと思えるかなって>しょーぐん」
徳川吉宗 「うむ。ありゃ泣いた>春香殿」
天海春香 「昨日が村にとっての絶望だったもんね>吉宗さん」
徳川吉宗 「芸術家同士のお茶会……絵になるのぅ。
そしてログを読み終わった次第。なんとも、狐噛み→GJとはもう
余視点泣くしかあるまいて。あそこで余吊りを跳ね除けておったとしても、
どうにも吊られる未来しか見えぬ。(余にとっての)絶望村とはこの事か」
星井美希 「美希はそんなに思い浮かばないの」
天海春香 「うん、そんな感じかな
ときどきキン○マがつってたから、それでなんとなく付けたペンネームだね>美希」
星井美希 「実はそういう名前までは覚えてないんだよね。
美希にわかだから」
天海春香 「こっちには基本的に使い古しの電車しか回ってこないけどね、主に103系とか
最近111系とか115系が増えてきたけど>美希」
星井美希 「金太、マスカット切って
みたいなやつなの?>春香」
天海春香 「『燃える男の金太祭り』名義のエロ替え歌は169曲かな
それ以外の普通の替え歌も入れると、多分200曲以上になるけど>美希」
星井美希 「田舎の電車も味があるよね。
少しレトロな感じがとても良いの>春香」
水瀬伊織 「んー、電車の遅れとかあんまり気にしたことないわねー。
立ち往生は困るけど座席に座ってるなら結構待てるわ。
遅刻?仕方ないからどうでもいいわ」
天海春香 「輸送容量が限界なんだよね、都会の電車は
こういうときは田舎でよかったなって思うよ>美希」
星井美希 「やる夫の鉄道死傷事故スレを読んだら美希は10分くらい遅れても
「駅員さんがんばってるし仕方ないの」って思うようになったかな
朝以外>春香」
星井美希 「常用漢字じゃない漢字とかがくるととっても困るの・・・>春香 しょーぐん

一体いくつくらい春香は替え歌を作ったのかなぁ。」
天海春香 「過密ダイヤは困り者だけど、関西人は特に1分でも遅れるとやかましいからねえ
 
いつだったか尼崎駅を出たとこで地震が来て、電車が止まったんだけど
おっちゃんが運転席のドアを叩いて「はようごかせや!」って怒鳴ってたからねえ>美希」
水瀬伊織 「「なんてこった!電車だ!」」
徳川吉宗 「次の電車は40分後ですとかザラだぞ秋田(白目」
徳川吉宗 「美希殿の縦読みはもう芸術の域に達しておるな。

春香殿の替え歌も、ある意味芸術。うむ。シモ的に考えて」
黒川千秋 「ダイヤきっちりに来るのが不思議だと思う沖縄出身」
徳川吉宗 「まあそれはログで見受けられた。うむ>ない夫殿」
天海春香 「名人芸だよね、美希の縦読み
貴音さんがやるとすごく決まる感じがするよね
 
で、そうなんだよね、ここんとこ新曲が浮かばないんだよ~
年末の公録に向けて、過去の作品の中からベスト50を選出中なんだけどね>美希」
徳川吉宗 「共有にもすぐさま目をつけられておったようだし、
全くもって余もまだまだであると痛感させられるな、うむ。
一層精進せねば。まいぺーすに」
星井美希 「ダイヤはきっちりしすぎると福知山線みたいなことが起こるから・・・
美希はちょっとね。あの時間帯ならあの電車乗ってたかもしれなかったから>春香」
やらない夫 「なんかなー…言い訳じみてるんだが時間不足というかなんというか…」
徳川吉宗 「なんか余、適当に噛まれた感が半端なかったでござるよ!?」
徳川吉宗 「ログを読んだ上で魂の叫びを申し上げる。

噛み先相談ぐらいしてください!!(涙目」
天海春香 「私は鉄道マニアだけど、どっちかというと時刻表マニアのほうだからねえ
もちろん車体も好きだけど>美希」
星井美希 「体感だからやっぱり確実な理屈じゃないし、消そうと思えば消せちゃうしね。
それでも狙ってみる価値はあるかなーって漢字かも>ミク

新曲浮かばないの?
美希も最近縦読みがしんどくてねー>春香」
星井美希 「電車の魅力はやっぱりあの徹底的に洗練された機能美かなぁって美希は思うな。
無骨ながらも美しさを感じるあのフォルム、最高なの。
そしてその中にあるライトなんかのかわいさ。
時々意思を持っているんじゃないかと思うくらいに乗客を守ってくれたりもするよね。
この間の脱線事故とか、中越地震のときの新幹線とか。」
ミク 「私の体感でいうと結構多いですね>内役の数字」
天海春香 「そう言ってもらえるのは嬉しいな
最近さっぱり新曲が浮かばないけど、私のアイデンティティだしね>美希」
星井美希 「美希は別に殴ったりしないからいいんじゃない?
美希はしれっと投票するだけだし>しょーぐん」
星井美希 「それで美希はこっちにいついちゃった感じなの>春香」
天海春香 「サンライズもあれはあれで好きだけど
客車寝台ってやっぱりいいよね>歌鈴ちゃん」
徳川吉宗 「お主に疑われておったとなると後半辛いところだな。
いやはや、まだまだ精進が足らぬようである>美希殿」
道明寺歌鈴 「では私もこれにてお暇させて頂きますね
皆様お疲れ様でしたっ!!」
球磨川禊 「『嘘じゃないけど』『ではまたどこかでねw』」
星井美希 「内役の数字をたくさん言ってるところはなんか人外が多いっていうのが美希の理論かなぁ。
多いってだけだから確定じゃないの」
徳川吉宗 「落ちる方はお疲れ様だ。大義であったぞ」
球磨川禊
                           `ヽ、
                      , ィ ´ ̄ ̄liヽミr==.、
                  ー=チイ/,' ,イ.i! |li!|liハ,Ⅵiヽ、
                  ,.イ'州リi!,i!-Ⅷli州lトⅦli,l|.|lハ
                  ,イ州リ州li| Ⅶlヾ.l|i 州Ⅶl州
                  .〃liイli.州!.,イテミ.ヾ 'テミヽ.リ州|l、    『それじゃお疲れさまだよ』『村立て感謝』
                   / i! .Ⅶlil!.i!.l;リ   .l;リ i!lilハlム、
                 ,   l  l!弋iト、   !    ,リ |イ!     『勝ったお祝いに』『女子は全員裸エプロンで』
                     l イilミ、  r‐┐ .イliト!
                        ,イ l::>.` '.イ:リ lト、      『祝おうじゃないか』
                    ._,ィ'//|ト、ヽ_ヽl.∠ノ,.イl'//ヽ、 __
                  rヘ'////,l'//ミ┐.! .r彡'/|l/////,イl
                 _,ノ'∧'///,l////l、.!ノ/////////'//ハ
                i'ミミヽム////////,O'////////,'///ハ、
               ,ィ仁ニ=ミ、ム'///////////////iチ=ニ二三i、
             ,.イ'//////>ミム'//////////////イ=ミ///////ハ
            ,ィニ二三ニ>' .   Ⅴ/////,O'///////  `ヾ//////,ヽ
        _..イ////////.       i//////////////i     ヾ//////ヽ、
   ,_ィチ'/////////        l'/////////////l         ヾ//////>, 、__
   ,リ:::_;>ミ,.'//////          ,ル'/////O//////{         ヾ/////////≧、
. ,ィ' r―'  ハ;////            l//////////////イ          ヾ//////ヽ、`ヽ,
,イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!
└‐―――┬―――――――――――――――――――――――――┬―――┘
 」
徳川吉宗 「歌鈴殿、な。ああ、狼に弄ばれたせいだな、うむ」
天海春香 「ありがとう、美希。私はそれでいいんだよ
替え歌を歌うためにここに来てる時期もあったし>美希」
高槻やよい 「それじゃ、私はこの辺でーお疲れ様でしたー」
徳川吉宗 「余は何を言っておるのだ(白目」
球磨川禊 「『諦めは大事だぜ』『狐は基本噛まれたら大抵終わりだからね』>徳川ちゃん」
徳川吉宗 「それほどでもない(キリッ>吉宗殿」
道明寺歌鈴 「基本的に今の客車夜行列車は上野と大阪からしか出ていませんねー」
徳川吉宗 「もう駄目だ感が半端なかったぞ、うむ。ログを見てもらえるとわかると思うがw

もう諦めてAA作っておったしな(白目>球磨川殿」
道明寺歌鈴 「てっきり鴨氏は狐ばかりなので告発の経験ありかと思っていましたよっ」
球磨川禊 「『僕が大抵狐になると』『占い霊能騙るんだけどね!!』」
天海春香 「Tさん吊りがネックになったねえ、真は>きるこちゃん」
星井美希 「んー、ぶっちゃけ千秋としょーぐんと真君で悩んでたかな?
千秋は○だったから除外したけど、一番最初に吊ろうと思ったところだったの>しょーぐん

春香の替え歌はやっぱり一級品だね!
四条にきたら見たいけど、やっぱりそれだと春香に早く退場しろって言ってることになっちゃってて質例なこと言ってるね。

電車はちょっと・・・よくわかんないの
でも美希トワイライトエクスプレスは好きだよ>歌鈴」
貴瑠子 「では私も落ちますわ すわすわ?
支援感覚で入村して役を渡すPHPさんは改心してー」
球磨川禊 「『いいなぁ』『僕は狐で告発もらったことないよ』>徳川ちゃん」
徳川吉宗 「大体噛まれる前に死ぬ。うむ>歌鈴殿」
天海春香 「いいなあ寝台特急、乗りたいなあ>歌鈴ちゃん」
高槻やよい 「そういうのとは、違うと思うんですけど…
うっうー…>球磨川さん」
道明寺歌鈴 「>狐と告発されるのは初であった。
ふえっ…なん…ですって…」
徳川吉宗 「まあ実は余、狐で銃殺はあっても、狐と告発されるのは初であった。

貴重な体験を出来たと言うわけだな。その点では狼に感謝せねばな。うむ。」
貴瑠子 「いやーでもTさん吊らなかったら私は真吊れなかったかなぁ」
球磨川禊 「『やれやれ』『女の子は難しいね』
『女心と秋の空とはよくいったもんだね』>やよいちゃん」
天海春香 「Tちゃんおつかれー
面白いとこ残しておきたかったのに、残念だったよー」
高槻やよい 「…違います(ぷいっ)>球磨川さん」
天海春香 「津軽海峡冬景色の替え歌なら、ここで歌ったことあるよ>美希」
道明寺歌鈴 「津軽海峡でしたら上野からは寝台特急「北斗星」と「カシオペア」ですねっ!!>美希さん」
徳川吉宗 「もっと余を愛してよいのよ?>美希殿」
高槻やよい 「も、もやしだって栄養は負けてないんですモロヘイヤ!!
はっ!?
>Tさん」
寺生まれのT 「よし、それじゃお疲れさんだろ
楽しませてもらったぜ、ありがとな……黒川は本当の恋だったのね、よく頑張っただろ」
星井美希 「ぶっころり?」
貴瑠子 「いやー○だったので見てませんでしたてへ>黒川 」
水瀬伊織 「ぐぐったら思い出した、ああ、聞くし見かけるわねぇそれww>Tさん」
星井美希 「津軽海峡?
リンゴが食べたくなるね>歌鈴」
雪華綺晶 「では、同村村立てありがとうございました
お疲れさまでした
またお願いしますね」
黒川千秋 「初めてしましたからねー>キル子さん
まあ、途中から夜も昼もRPがはがれていましたけどね!」
星井美希 「まぁ、正直しょーぐんは初日に真と悩んでた位置だよね。
そんくらいの感想なの。」
球磨川禊 「『いやいや、仕方ないぜ』『運が悪かった』>ない夫ちゃん

『照れ隠しだね?わかるぜ』>やよいちゃん」
徳川吉宗 「ぶろっこりーに見えた うむ」
寺生まれのT 「ブロッコリーの栄養を喰らえー>高槻
今後一生、モロヘイヤが語尾になるくらいモロヘイヤを喰らうモロ」
道明寺歌鈴 「上野発の夜行列車もずいぶん減りましたねっ!
ふえっ!聞いていないですって…」
球磨川禊 「        .,ィ
   , z ―=くト- 、
z7´'//////,Nハ///> 、_,
/////////リ|V|lトミ/ハ//ミ、
/////////,イ'`||ト、Vl|ト|/ム、
////////,' リ._--__ V V/lミ=-
//////|リllイ/ fテミヽ  'Vl|ヽ
/////,ハ| lミll、_ヾ/じ   ` i     『大根・・・いや、かいわれ大根かな』>Tさん
/////,| '   `  `´       |
///,トミl|             ',
!|//i|ヽ'ミ、         , -、. |
ィリ`マ  ヽ         '′   l
 >、_               |
ーイ _, 、_             |
     ヽー- __  -―'
       ヽ   ィ' ´」
高槻やよい 「…(ぴしゃっ)>球磨川さん」
寺生まれのT 「漫画でよく見かける歌詞ナンバー3だと思うの>水瀬
ちなみにナンバー2は萩原も歌ってた上野発の夜行列車降りた時から♪な」
徳川吉宗 「恋人噛んでおれば、といったところか>春香殿

いやはや、噛まれた狐でしかも告発となっては余はもうまな板の上状態であったよ」
やらない夫 「そういうことだろ、本当は最後に輿水幸子○までは出したかっただろ>球磨川禊」
高槻やよい 「!?なんか、変な生き物がいるよー!?>Tさん」
球磨川禊
      イリlil.州l! 州Ⅷ   マトⅧ!l|、   Ⅶl|  Ⅵリlil|!Ⅶ州ミミムハ
.     〃i|.i!l liハil|,ルイマ!    ヽ Ⅵ|ヽ   ヾ|   リ' .l州リ'州州l`Ⅶ
.    / .i!|i!l i! Ⅷ.Ⅶ ` - 、    ヾ!   /,ィ二__ lハil l州州i! lil!l
     liイlil, ll|!lリl _,,ィニ三ミ、       イリ''´ ̄`ヾミ.lil,州 州 州|i!    『なるほどなるほど!ここで初遭遇だね!』
.  ,   i!|州!,|州l .州'´  `ヾ      '''         l州州,州 州li
     |il州ハ洲l.''''           |           ,州州州州,州    『じゃあ記念に』『裸エプロンはどうかな』>やよいちゃん
       ll州| ハリミヾ、          {         / リ/州州州 lil
        リil|!lヽll.ハ           ヽ            〃 州州リ从i!
.       i ヽーハ        ,、, ―‐..、ァ    〃 ./州Ⅶハ .lil
           l从トヘ,        Y     .|      ./ハⅦV  li!
.             Ⅶl|ヽ、    ヽ    .ノ       .イ州' li/」
水瀬伊織 「クレヨンしんちゃんでその歌詞が書かれてたから覚えてたの>昭和枯れすすき」
道明寺歌鈴 「入村した後黒川さん居ることに気付いて開始前にprpr出来なかったのは秘密だ」
天海春香 「あのGJなければ吉宗さん生きてたかもだけど
そうなると幸子ちゃん指定吊りで恋人勝ちかなあ>吉宗さん」
貴瑠子 「正直分かりませんでした(ドヤァ>黒川」
寺生まれのT
  /;:;:⌒;:ヽ
  /¨;:;:;:⌒;:;:゙;:;:¨ヽ
 /;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:ノ〟;:く
 ミ;:;:;:ノ¨ソ;:;:ノ;:丶;:丿
  丶ヽソ γノ¨
    ¨│゙ │
    │・ ・│      よろしい、ならば闘争だ>高槻
    / ∇ ヽ
   /      \  
  /        !
  !  /丶  / ヽ !
  ヽ \__)_(  / /
   |\__ノ/|
   |       |
   !   6    i 」
球磨川禊 「>やらない夫ちゃん
『なるほど、そういう考えか』『僕もそう考えたしね』
『でもグレーを一回は最低でも吊るだろうし』『その釣り抜けられたらって感じだね』」
水瀬伊織 「んー、死体なしがね。
うん、2死体なしで気が抜けて3死体なしで考えることをやめた。的な。
それぐらい死体なしはねー。困る」
黒川千秋 「いやいや、気づいてくださいよw>キル子さん
せっかくアイドルRPしていましたのに」
高槻やよい 「うんうん、すれ違いはしてたけど
こっちで一緒に戦ったのは初めてかなーって>球磨川さん」
雪華綺晶 「そ、そうだったんですか?>春香さん」
天海春香 「バレても私はアシストしたんだけどね>きらきーちゃん」
輿水幸子 「それは共有に矢を刺しちゃった自分を恨んでくださいですよ~だ>千秋さん」
徳川吉宗 「おい待て。それはちょっと、ああでも初日銃殺は美味しいよな うん>歌鈴殿」
やらない夫 「完全グレー残りに狼はいない理論に賭けた(棒>球磨川禊」
球磨川禊 「『あははははwそのまんまさ』>徳川ちゃん

『あれこっちの鯖では初めてだっけ』『僕も嬉しいぜ』>やよいちゃん」
徳川吉宗 「あそこで狩人のGJが起きなければ、と言ったところか。

どの道吊られておった未来しか見えぬが(白目」
道明寺歌鈴 「お疲れ様ですっ」
高槻やよい 「うー…もやしのおいしさを食らえーーーー!!>Tさん」
黒川千秋 「相方を噛まなければ私たちの勝ち濃厚だったのに…(恨み目ー>幸子さん」
貴瑠子 「あれ?レジィいました?ってなんだ初手か」
道明寺歌鈴 「占い振られたら鴨氏占っておけば問題ないことを再確認した村でしたっ!」
輿水幸子 「と、とりあえずボクはこんな指示を出したプロデューサーさんに文句言ってきますからね
みなさんお疲れ様でしたよ!」
寺生まれのT 「ピィィィラァァァァニィィアァァァァ カレイ スズキィィィィィ♪
   二人は             枯れすすき      ♪


嘉門達夫は偉大だと思うの」
天海春香 「幸子ちゃんはもっと自信持っていいのよ」
球磨川禊 「『まあほんとに』『輿水ちゃんの位置だよ』
『悪いけど噛み抜きは』『きつすぎると思う』『と思ったのであった』」
徳川吉宗 「実際その通りであるしなwwwww>球磨川殿」
雪華綺晶 「レジィさんとまたこうして組めたのは嬉しいですね
残念ながら勝ちに結びつけることは出来ませんでしたが」
高槻やよい 「なるほどー、こっちでは初同村ですね
なんか嬉しいな、うっうー♪>球磨川さん」
貴瑠子 「ちくしょう>徳川」
徳川吉宗 「うう、ありがとう。優しさが五臓六腑に染み渡るでぇ…>春香殿」
徳川吉宗 「途中銃殺は美味しくないからなぁ。そこは狼の噛み先ヒャッホウといったところか>きるこ」
輿水幸子 「あ…あれですよ、あれ、今回は噛みタイミングが悪かったんですよ…(いいわけ」
雪華綺晶 「そうですね
ばれないようにするのは必死でしたわ>春香さん」
水瀬伊織 「せけーんに負けた―♪」
球磨川禊 「『うん、不運だったってことで』『狼に噛まれたとでも思って忘れようぜ』>徳川ちゃん」
寺生まれのT 「まーずーしさにー負けたー♪>高槻」
球磨川禊 「『僕はPCがどうにも合わないんで』
『この手のRPだと発言が下がって下がって仕方ない』」
高槻やよい 「Tさん、もとい黒井社長は貧乏を馬鹿にしたので
もやし祭りの刑です!!」
天海春香 「狐、大変だったね(なでなで)>吉宗さん」
徳川吉宗 「うむ。まあ最終日遊べたからヨシする……!>球磨川殿

というか、うむ。よく余を噛んだな本当に(白目」
球磨川禊 「『あーなるほど』
『でもあの人ならもう少し長文多いと思うよ』>空木さん>やよいちゃん」
水瀬伊織 「Tさんは面白かったんだけどねwwこの前見たクロイッツォとか黒井社長好きとしては
ほんと素晴らしいわwww」
貴瑠子 「いや、ほんとに銃殺キャンセルは驚きましたよ>徳川」
天海春香 「面白いとこは残していこう主義だねえ、私も」
高槻やよい 「そうなんですかー!!てっきり、中身は空木さんなのかなーって
思ってたので、とてもびっくりしました>球磨川さん」
菊地真 「できない夫が繋がったらきっと占い騙ってたね>>千秋」
球磨川禊 「『どんどん飲むがいいよ』>徳川ちゃん
『君は泣いて良い展開だったしね』」
天海春香 「きらきーちゃん恋人かあ
私にバレないようにするの大変だったよね
せっかく恋人になったのに、イチャイチャできないなんて罰ゲームだよね>きらきーちゃん」
貴瑠子 「呼ばれた気がして>寺生まれ」
黒川千秋 「でもTさんも相方候補だったんですよね
中身候補は限られているので繋がったら面白そうかなーと」
四条管理人 「面白いなら残しでしょう(迫真)」
寺生まれのT 「だが忘れるな
たとえ俺が死んだところで、第二第三のミッ○ーが

    ,.、   ,r 、
   ,! ヽ ,:'  ゙;
.   !  ゙, |   }
    ゙;  i_i  ,/
    ,r'     `ヽ、
   ,i"        ゙;
   !. ・     ・  ,!
  (ゝ_   x  _,r''
   ヽ,:`''''''''''''''"ヽ.
    |      r';
    ゙';:r--;--:、‐'
    ゙---'゙'--゙' 」
徳川吉宗 「余はもうお茶をすすろう……うむ、美味い……(ぐすっ」
球磨川禊
                        ,ィチZZZZミ、_,ィー、
                      ,イ/州州州州州州ハ、
                    _,.イ州,州l|州|li|ll,lili.Ⅷli,.liハ
                    フリ州州!-Ⅶ州lViィli州li州l
                   イチ州州ll. ヽマミ、ヽ 州.lリl州
                    ,リイl州li`,ィニミ   ムニミトl州liミ、
                    l' l |ilハ|l〈.'うリ   .'うリ/イ リト`    『ディ○ニーがくるんじゃしかたないね』
                      ト.ム `´ {   //イ
                        リl〉、 、_, ., 仆'`      『そりゃ吊るわ』
                       /ィ三≧,`ヽ_l>l
                       ,l ´ィ´ー‐{  :|zイヽ、
                    _, ィチ/,l ´,.イ´    トく////>,、_
                     ,ト、/////|  l/,|: __ ,|ム`ヽ/////,イl
                     rf|'∧//¬l  //>ニ二二 ̄  V、////|`l
                     |,ィ、/,〉'|ソ ヽニ!//ヽニ、―-   〉ハ//チli |
                 l/ミマ//oゝ、 //l///,O`7777ヒイ///ヽ//l.l
                ,イ77'/o/////7ィ/////////>///,o/∧-ト、
               f//////////////////////`ヽ////////ヽ,|
               |/////////イ///////O///////l V////////|」
天海春香 「まあTさん投票の位置を注視しとけば、なんとかなるっしょ
って感じだったかなあ」
高槻やよい 「ぐすん…うん、伊織ちゃんが大丈夫なら、いいよ…>伊織ちゃん」
やらない夫 「他のところの理由用意できてないけどな!(キリッ>ミク」
寺生まれのT 「◇徳川吉宗 「Tさん残すとディズニー社がおしかけてくるから>美希殿」

ハハッ」
天海春香 「やよい漂白の伊織噛みだったら、うん、すごいと思うわ」
球磨川禊 「『はっはっはっ』>やよいちゃん
『ヤル気がないんで適当にRPしてたらこいつになったよw』」
道明寺歌鈴 「Tさん吊りは読めなかったので…てへぺろ★」
やらない夫 「灰視に手回せてないからなぁ…、将軍の初日ってそこまでだったのか?>雪華綺晶」
黒川千秋 「そういえば私もTさんがなんでつれたのか不思議でしたね
吊れるのなら大苗字参加輿水さんだと思っていましたから」
徳川吉宗 「Tさん残すとディズニー社がおしかけてくるから>美希殿」
球磨川禊 「『Tさん釣り?』『男だからじゃないかな?』
『絶対の吊り要素だよね!』」
天海春香 「狼のときは発言が鈍るヤツじゃないかな?
私もそうだし>真」
貴瑠子 「正直T様を吊った理由は『スタンド攻撃・・・この人おもしろ あっ』」
輿水幸子 「緊張というか久しぶりで初期のころに戻ってる気がします…>真さん」
ミク 「まあ、銃殺対応が出来てたっていう事で>やらない夫」
如月千早 「というわけでおつかれさまー」
水瀬伊織 「やよい、泣かないで?私は大丈夫だから、ね?>やよい」
寺生まれのT 「状況的には偽告発もありえるのにな>将軍
高槻噛みGJ、で次に天海GJとか……あると思うんです……!」
高槻やよい 「うっうー!?球磨川さんの中身にびっくり!?>球磨川さん」
四条管理人 「(一回目は普通に噛み、二回目はぐっじょぶのようで)>美希」
如月千早 「Tさんは吊られてから気がついた・・・・・」
やらない夫 「四条で占い騙りすると必ず狐を囲う俺を許してくれだろ>輿水幸子」
天海春香 「LWは恋人を利用しつつ生き残る位置だったしねえ」
雪華綺晶 「Tさん吊れたのは私も不思議でした」
球磨川禊 「『将軍噛みはまじめに意外だったよ』『でも偽告発する位置でもないし』」
菊地真 「というか幸子ってこんなに喋らない人だったっけ?って霊界見てて思ったなあ。
緊張でもしてた?」
星井美希 「あとなんでTさん吊られてたの?
美希すっごい不思議」
如月千早 「やったよ春香ー!(ぎゅー>春香」
雪華綺晶 「将軍に○出した時点で真切ってました>やらない夫さん」
徳川吉宗 「いやでもあそこで余がシラを切っておったとしても、か。
噛まれた時点で余の命運は尽きておったのだな」
貴瑠子 「あらあら・・・そうでしたか・・・お仕事お疲れ様です>星井」
如月千早 「しょうぐん・・・・・・・」
天海春香 「千早ちゃん、私を守ってくれたんだね
ありがとう(ちゅっ)」
星井美希 「なんでしょーぐん噛んだの?」
やらない夫 「わかりやすくて何よりということで一つよろしく頼むだろ>雪華綺晶」
高槻やよい 「でも、でも…伊織ちゃんと別陣営…ぐすん>伊織ちゃん」
輿水幸子 「白を噛もうとしたら狐…」
寺生まれのT
  / ̄\    / ̄\
  l     l_____l    l
  \  /   \ /
   /   「   \
   |   ( ○)(○)   ギャアアアアアアア>将軍
   |      | |
   |    ≡__´_ノ
   |     `ー'´}
   ヽ        }
    ヽ     ノ
     /    く
     |     \」
球磨川禊 「『なんか僕の中でやよいちゃんが』『非狼確定してたけど』
『合ってたし問題ないよね』」
徳川吉宗 「マジかよ(白目>春香GJ」
黒川千秋 「こればっかりは狼の噛み次第ですしねー
まあ、しょうがないですかと言ってあきらめるにはやっぱり届きそうなだけに悔しい」
星井美希 「んー、眠いの>キル子」
道明寺歌鈴 「流石ですっ!!」
貴瑠子 「そんな事言ったら私だって結果真です(どやぁ」
高槻やよい 「というか、吉宗さんが早々に噛まれたことにびっくりです」
天海春香 「吉宗さんは、うん、ごめんね
そこ噛むんだねえ、って感じだったね」
ミク 「勝ち目としては、多分、恋人噛まないで、恋人位置をなんとか吊って最終日とかそういう感じ」
徳川吉宗 「潜伏狂人として名高い海氏の言葉を借りる。

これが運命力よ>歌鈴殿」
雪華綺晶 「まあ将軍は告発がなくても吊っていました系です
やらない夫さんと一緒に」
輿水幸子 「可s三崎が…噛み先がァァァ…」
貴瑠子 「お疲れさまでした 星井様・・・粗茶ですが>星井美希」
水瀬伊織 「待ってやよい!結果は真じゃない!そんなことは些細なことよ!」
寺生まれのT 「将軍を慰めてあげて……!>如月

高槻護衛の日→将軍噛み
天海護衛の日→天海GJ」
四条管理人 「お疲れさまでした。ご来村、まことにありがとうございます。」
天海春香 「いや、あそこで真が吊れるとは思ってなかったよ
あそこ幸子ちゃんか歌鈴ちゃんでしょ?>真」
如月千早 「あ、GJだったんだ」
徳川吉宗 「1w吊れておった状態で余を告発とか、余ちょっとマジでビビった系」
やらない夫 「いや、こちらこそ拙い騙りですまないだろ>輿水幸子」
ミク 「非狼位置が多すぎて恋人を噛んだ瞬間無理ゲーですよこれ」
球磨川禊 「『最後は大外れだけど』『僕は悪くない』
『というかそこが狼なら』『さすがにかみぬきはしないと思ったよ』」
水瀬伊織 「お疲れ様―」
星井美希 「んー、お疲れ様なの」
道明寺歌鈴 「鴨氏は自重しましょ!なんか最近妖狐ばっかなきがするんですけど!」
高槻やよい 「伊織ちゃん…狂人だったなんて、うそだーーーーー!?」
菊地真 「おつかれさまー いやあ、悪目立ちしちゃったなあ。
恋人入りだからついバーボンのノリで喋ったらこのザマだよwww」
徳川吉宗 「破ぁぁーーーーーーーーーー!!!>T殿」
雪華綺晶 「最短で村勝ちを目指しましたキリッ」
如月千早 「吉宗さんが・・・・・」
輿水幸子 「とりあえずお仲間の人改めてごめんなさいです」
天海春香 「おつかれさまです!」
雪華綺晶 「お疲れ様でした」
徳川吉宗 「うむ、お疲れ様よ。大義であった(白目」
黒川千秋 「お疲れ様です」
球磨川禊 「『あらら』『お疲れさま』」
ミク 「おつかれっした」
高槻やよい 「お疲れ様でしたー」
雪華綺晶 「灰視はほぼ完璧だっただけに残念です」
如月千早 「おつかれさまー」
道明寺歌鈴 「お疲れ様ですっ!」
輿水幸子 「ですよねお疲れ様ですよ」
貴瑠子 「お疲れ様です」
やらない夫 「お疲れ様だろ」
寺生まれのT
          __               ,....-─-、
       /::::::::::::::::::::ヽ、            /:::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l           l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l        l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_,.......-;,==-...ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/     `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/   / ̄  ヽ/⌒ヽ:::::::::::::::::/
      ヽ、:::::::::::::_/::::::::::::/   /        ⌒ ヽ¬-'´
          ̄ /:::::::::::::::::l      /⌒ヽ         l:|
           l::::::::::::::::::l      .l     l  /⌒'l  l:l     破破っ
           l::::::::::::::::::l     l _  l   l   l  l:l
           l::;, -ー 、::l       |l´::::l l   レヽ l .l:l」
菊地真 「まぁボクからの投票以上に喋らなさすぎだよ普通に…w
村も多分終わるとは思ってない。単純に寡黙削りじゃないかなあw」
黒川千秋 「○も貰っていい感じでしたのに>ただし相方は共有」
菊地真 「ボクがLW担当にはならないでしょう・・・www」
ゲーム終了:2012/10/03 (Wed) 23:59:03
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
輿水幸子さんの遺言                   . : :´: : : : : : : :`丶
             /: : : : : : : : : : : : : : : :\
          / : : : :_/ : : : : :i: : : : : : : :ヽ
            ,: : : : : : :/|` : : : :丁 : : : : : : : :.   ふふふ、ボクにこの役とはいいチョイスです
.        /: i==| i: /_ ゙ : : : : 人 : : :トミ /: :i
         ノ ト-ヘ灯勿ヽ:/丁勿ト、:├ぅ′ |
        ⌒i/|: : l. じリ    じり ∧ノ:/ーァ-≧
           |: 从 xx_  __ `xx厶: :/- ': /
           弋ト个/ } マ  ) ィi:/</
                「 ̄}>= </::::::::ヽ_
              l::::::〈L 人  〉、::::::::〃 ̄`ヽ
               |:::::::价:::o:丁:::::::\::::::::::::/⌒j
               廴::ノ||c::o:||::::::i:::::/ア´ ̄`ーく
               ||c:::o|辷 彡イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
               `Y´ ̄i:i:i:i:i:i:リ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:j
                くヽ:i:i:i:i:i:i/i:i:i:r ァ~ 7
                /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:r勺 /__rク
                 〈i:r~~~勺´ / ̄´
                 `^~^i⌒7 ̄`/
                        |. /  /
                      V  /
                        〈__/
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子 は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
輿水幸子5 票投票先 →ミク
天海春香0 票投票先 →輿水幸子
ミク2 票投票先 →輿水幸子
高槻やよい0 票投票先 →輿水幸子
星井美希0 票投票先 →輿水幸子
球磨川禊0 票投票先 →ミク
如月千早0 票投票先 →輿水幸子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
輿水幸子 「ん~ボクとしては美希さんやよいさん…あ~でも全然…」
球磨川禊 「『まあ噛まれるだろうけどね』」
天海春香 「うん、正論セイロン
紅茶がおいしいね>ミクちゃん」
如月千早 「やったー!>春香」
球磨川禊 「『GJ出せたら英雄だぜ?』>千早ちゃん」
星井美希 「美希今食欲より寝たいの。
あー、おにぎりは別なのー>春香」
球磨川禊 「         __ ,ィニ=一'_
       /,´ ̄`´.:..:::..:..:. .:..`ヽ、
      ./.: ..: .: .:_/l:;:.:::.::.:::::. :. ヽ、
      .,イ.:: .: ::./l::/``i‐;::::::.}V: l::. 、 `ヽ、
     ,'.:::: .:: ::::! .!l_ ‐、`.';::::i:! l.}l_i_ ::.:.:.. ::_
    .l:::::: :::.:|l.,ィテミ`ヽ ヽリ リ .l::i`::::. :.ヽ
     ,':::::::..::::| li!l::::リ     ,ィzミ,リ,'::::::. :::
    ノ/lイト;::::|!. `´     /::;;! l.リ::::::::..::   『あれ、あっさりふられたよ』
    .'ヽ、ん:!l       ノ ゝ' /,'.:::::ハ:::.:
     lィーliヽ.            ,イ::::ハ| |!l:.   『おっかしいなーやる夫ちゃんから聞いた方法なのに』
   .._ 从lヘ      , ‐,    /ノⅣ  l l::
    } ≪..ソ : .ヽ    `´  ./
    .,}ト、 ≫x : `:..、_,... ´
  ィ////>、 ≫x:::; イ、
  /////////>、 ≫==≫,」
天海春香 「やったー!>千早ちゃん」
ミク 「もっかい言いますけども、高槻やよいさんが狼だったら、水瀬伊織さんを噛んだあとは貴瑠子さん噛みにならんとおかしいんで
星井美希さんも、昨日の狐関連の発言が村にしか見えないんで」
高槻やよい 「?やらない夫さんの○と完グレで考えたんですけど?
なんで、美希さん限定で狼になってるんです??>美希さん」
天海春香 「美希はあれだよ
なんかこう、伊織を食べそうじゃん?」
如月千早 「誰を護衛してもいいんだやったー!」
星井美希 「ミクは疑いたくないしー。
そうなると、って感じかな。うん」
如月千早 「あ、でもクマーさんもそうだ」
球磨川禊 「                           ー- 、   __
                              ,..-=三Y三ニミ.、
                         /..::::::::.ヽ、:::、:::::::::::.ヽ
                        //.:l:::::l:ヽ:::::li:::::ヽi:::::::::::.',
                          / ./::l|l:::l::l::|.ヽト、:::ll|.l::::l:::l:ハ
                          ,' .i|::::l|ヽl:ヽヽ イ|ヽ!l Vl::::l::::ミ、
                            ,l|:::::!|´ ` ヽ ,,,ィ‐ミ!:,i、!.ハト、    『まあこれから噛まれる』『非恋前提の恋だけど!』
                               ||:::ハ.` __   .ヒリイ/|rlr/
                             !|l::::ハ.'=イ. l    ,/,;./.|l__
                         .l|ヽ:|ヽ ト   ヽ  _ ' ;;/ レ' ト、__
                            ` ヽ  ヾ、 ヽ-' / ////三二7、_
                                  /r>- イ.イ./,///////////∧、
                                 _,イ>.-、`!´r'/////////////////ヘ
                          fニ三´//∧ヽl ! |//////////////////,ヘ
       r‐─―-、.  _           l∧/////////>=〈/////////////////////ヘ
       ィ'''7.;;;;;;;'' ヽイハ          |/∧/////////,○////////∧ヽ、/////////,ヘ
.   ∠´‐' ,i;;;;;ィ = /ヽV!∧、      rf//,∧///////////////////三ミ=、///////////ヽ、
.  イ,ィ―',;;/   l  ,! ///∧.       ,|//ヽ,'∧/////////////////////////l///////////、」
天海春香 「遠慮しておきますね>球磨川さん」
如月千早 「とりあえず春香鉄板してれば
私吊られることないから明言しとく」
高槻やよい 「うっうー!!私は、ミクさんが恋人だと思ってました
それでも、あてたのはすごいです!!疑ってごめんなさい>ミクさん」
天海春香 「ないない、私恋人なら村ガン無視進行しちゃうもん>ミクちゃん」
星井美希 「んー?美希狼なの?
そんなところあったっけ?>やよい」
球磨川禊 「『そうだ僕達は自由だ!』『だから僕と恋しない?』>春香ちゃん」
天海春香 「千早ちゃんは疑ってないよ、うん
ただ、自分から地雷原に突っ込んでいくのはどうなのかなーって」
球磨川禊 「『あ、やっぱりそう思うよねw』>春香ちゃん」
ミク 「どっちかっていうと、はるかっか参加なと思ってたんですけどもねええ>高槻やよい」
天海春香 「自由だー!>球磨川さん」
如月千早 「こんな白い条件でうたがわれるなんてひどいよわーん(ぎゅー>春香」
星井美希 「好きにしたら良いんじゃないかなぁ。
美希は千早さんはもう吊る気ないや。」
高槻やよい 「貴瑠子さん噛むタイミングが、漂白とは思えないので
幸子さんか美希さんかなーと
それで、やらない夫さんが、あそこで●だすとしたら、幸子さん援護なのかな?って」
球磨川禊 「『千早ちゃんは』『狼だったらすごいよね』
『僕には真似できない』」
ミク 「まあ、趣味の範囲でどうぞ>如月千早
偶数にはなりますけど、あなた真証明にはなりますし
といって、あそこで身内切り(というか逆囲い)は薄い気がしますけどもね」
天海春香 「幸子ちゃん恋人かと思ったねえ、うん>球磨川さん」
星井美希 「でも幸子狼なのかなぁ。
んー、でも発言ができない系の狼もいるかもしれないの。」
球磨川禊 「『いやもうLw確定してるし』『指定も何もw』>春香ちゃん」
如月千早 「私LWでやらない夫に●だされて漂白でキル子かんで
なおかつ昨日のタイミングに狩人COって・・・・・・」
天海春香 「もう偶数にしてもいいのよ(なでなで)>千早ちゃん」
球磨川禊 「『幸子ちゃんあたりがきらきーちゃんと恋人だと思ったよ』『ごめんね?』」
天海春香 「攻めの吊りでいきましょか
って、LWだから自由に投票すればいいのか」
如月千早 「偶数にさせちゃうのもあれだけど」
ミク 「輿水幸子さんじゃなかったら、どうしたら良いのか分らんようになりますよ私は」
星井美希 「狼、ね。
これって千早さんを吊らせたい噛みなのかなー、と。
それとも?まぁ、普通に千早さん噛んでもなんだって感じはするしー」
高槻やよい 「ミクさんの共有の恋人疑いが恋人の誘導に見えてたので
こうなると、おおーー!!っとなりました>ミクさん」
如月千早 「私はGJだせばいいお仕事だよね」
球磨川禊 「『あれそっちが恋人か』『きらきーちゃん恋人っぽいとは思ったけど』」
天海春香 「じゃあ狼狙って、ズームイン?」
如月千早 「ああ、美樹護衛ねー」
ミク 「んじゃ、幸子さん吊りませんかね」
天海春香 「あらら、きらきーちゃん恋人だったんだね
これはビックリこきまろだよー」
如月千早 「きらきー南無南無」
高槻やよい 「おお!?ホントに共有恋人だった」
星井美希 「ふーん、黒川さんかー」
球磨川禊 「                       _z、__
                    , '.::::::::::::::::::.ヽ=、
                   ,ィ:::トl:::lメ、ト、;:::::::ハ
                   イ:::ト',_ヽ`テト, |:::::::::l
                     lィハl.lj,! `´ ,l!リ ト`    『さて、今日は楽しい楽しいリア充狩りの日だよ』』
                   ' .ハ `,.ィ ,イYlリ
                          ヽ イィ三ヨ、    『みんな丸太は持ったかい?』
                       .,Fl rニ彡イ//777i
                    ,ィ=イ//Y/////////ハ、  『LW確定狐もいない素敵な状況だ』
                     l'/////o'/////-=ニ三,'l
                  ,ノ/////,o////////r‐=/ヘ
                 ノヽ'///////////// ヽ'///ヽ、
                /////|'//,o///////  {/チニ'ハ
                ,イ////イ/////////,'  //////
               ///// |'//o/////,l、./////
             /////   |////////イ|く/////
            //////     〈//o/////ィリ ヽ_/」
輿水幸子 「おはようございます…共有が恋人だったんですねとりあえず」
ミク 「おっけー
完全に狼狙える」
如月千早 「ほう」
球磨川禊 「『恋妖精CO 徳川吉宗ちゃんは非恋だぜ』『ある意味徳川ちゃんは泣いていいけどね』
『霊能CO』『徳川吉宗ちゃん○』『一応言うけどこの結果意味あるの?』」
ミク 「やよいが狼だったら、いおりん→将軍様っていう噛みはおかしいと思うんで、そこは状況的に村
ミキミキも言ってる事が村っぽいんで多分村
漂白噛みがあり得るとしたら、黒川千秋なんだけど、漂白噛みするにしても、順序がおかしいんで、黒川千秋も村

とするとですよ
輿水幸子さんくらいしか狼っぽいのが見当たらないという」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
徳川吉宗さんの遺言
|┌──────────┐ 履歴書     2012年10月03日
|│{;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - | ┌────────────────
||kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ .| |氏名: とくがわ よしむね
|│レ'  ..      シ彡' )ァ' /| ├────────────────
|│{_,,,、 ;、      シ彡 ニンミ.| |生年月日 1684年10月21日(貞保元年
||l         '''"::.   彡 .| ├────────────────
||..! ̄"`     ...:::::::: ノ"..| |現住所: 江戸城
||..l    .......:::::::::  /..i....| ├────────────────
||..`''ー- 、:::    /.| i  | | |連絡先: 0120-xxx-xxx ( フリーダイヤル )
|└──────────┘ └────────────────
| ┌───┬─┬─┬────────────────────
| | 年   |月|日|          活動記録
| ├───┼─┼─┼────────────────────
| | 1716 |06|03|八代将軍に就任
| ├───┼─┼─┼────────────────────
| | 1717 |07|09|享保の改革とか?
| ├───┼─┼─┼────────────────────
| | 2012 |10|03|英霊となりて聖杯戦争へと参加。クラス:将軍
| ├───┼─┼─┼────────────────────
黒川千秋 は恋人の後を追い自殺しました
雪華綺晶 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
徳川吉宗 は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
輿水幸子0 票投票先 →徳川吉宗
天海春香0 票投票先 →徳川吉宗
ミク0 票投票先 →徳川吉宗
高槻やよい0 票投票先 →徳川吉宗
徳川吉宗9 票投票先 →黒川千秋
黒川千秋1 票投票先 →徳川吉宗
星井美希0 票投票先 →徳川吉宗
球磨川禊0 票投票先 →徳川吉宗
如月千早0 票投票先 →徳川吉宗
雪華綺晶0 票投票先 →徳川吉宗
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
天海春香 「そうだね、共有護衛は外してもいいね
でも、千早ちゃんが噛まれるよね>千早ちゃん」
如月千早 「後共有噛ませるべきだろうし」
徳川吉宗
  デデデーーン!! デンデンデンデーーン!!
       __                                        _,,
      _.ノ, `ヽ                 r、          ,.-、    r、, -'"rァ `)
   ∧,.=、l /      r,       _    く ヽ {,_ヽ_,..、    /`) ,ノ ,r'、  r' ノ,コ ヾー'
   {. r='_ ,'_     /r'.,イ,}  .ノ.〉    l. 〔_,.- '  ,r'  ノヽ'! l'ニ'、.V ノ  `'^_=' r,`ヽ
    ヽ ー' r'   r_´ `ノil ;_/, '   ヾ´ /.ヽ  '‐、   ヽ-1 l_,ヽ`' `,ン   ヽ ニ r /
   く..ク ''_ r’   / ,〈 ヽ,´,r'  ,,   ,>,冫/.ノ } r'   / .iゝ-,ヾ l´     _ーァ ,.. =ヽ
  (`~_ ,. ヽ>\  ` ヽ' .〈_rヽ..ノ }  く_r' .,r',ハヽ/./  く_,r1.lヽ ..コ |.  r‐'´-┐|
  ` /,rァ, {(<ヽ`ヽ、     `ー'    ノ_/  ヽノ      l_} ` ヽ..」  `'´ .、l l    を、騙るきつね
  `ー'ゝ' J `'゙ `~´                                 ヽ'
            パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ   ヒヒィーーーン!!
黒川千秋 「あー、残りLWだからいいですか」
雪華綺晶 「お願いします」
如月千早 「2GJ出せない>共有」
球磨川禊 「『千早ちゃんか』『恋人疑い避ける意味では』
『COタイミングは悪くはない』『明日一番でもよかったけど』」
如月千早 「灰護衛するよー」
ミク 「別にでたかったらでていい」
雪華綺晶 「出る意味ありましたか?」
徳川吉宗 「余を狐と言っておいて、狼かわいそうもなにも無いと思うがのう」
如月千早 「2GJは出せないや」
天海春香 「千早ちゃん?ここで出ちゃう?」
輿水幸子 「まあこれで結局どうなるのか余計わからなくなってきましたけど」
如月千早 「えっとー吊り増えたしー」
ミク 「もう、GJださないでいいですから>如月千早」
高槻やよい 「?なんで千早さんはでるんだろう??」
黒川千秋 「LW恋人だったら
全くってなんで出てくるのですか!?」
如月千早 「色々考えたけどでよう。
灰護衛したほうがいい?」
球磨川禊 「『ま、気楽に』『恋人は噛ませよう!』
『ほらリア充って』『狼も大嫌いだろ?』」
天海春香 「ははーっ・・・>吉宗さん」
星井美希 「譲歩しないと狼がもういいやーって自棄になったりするかもしれないの
交渉は対等にするべきだって美希は思うな>千秋」
ミク 「明日どこ吊ればいいのかなこれ」
如月千早 「狩人日記


基本吊られないのが狩人の最低条件だから
危なそうなら出ちゃう方針で。


初日護衛『無し』

基本霊能は護衛しなくていいね、
信用勝負にくるならオートで狐恋人処理になるので。

んー、伊織は投票先が微妙
キル子は多分真ならかませていいような気がするわ
消去法でやらない夫
二日目護衛 『やらない夫』


あー抜かれたー、うん、2回死体なしなら
即出よ
まあそこはなー
護衛できないこともなかったかなー
発言はよかったんだよなー
まあ真抜きも考慮して、恋ありで
噛まないと思うし
三日目護衛 『やよい』 死体なし
霊能抜かせなければ私は安泰っぽいけど
吊り増やさないといけないゲーム
私ならやよい死体なしみたら霊能噛みしちゃうけどな
確定○噛むか、やよい噛むはず
四日目護衛 『天海春香』
やよい噛みじゃないんだ・・・・・・?
まあ吊り増えたし

五日目護衛 『天海春香』」
天海春香 「そうだよ、共有は噛めばいいんだよ」
徳川吉宗
            , ‐''''''l.               
        ,/'",-- .'' ヽ              
       /   |     .l..l             ふ、バレてしまってはしょうがない。
      ./  .,' .ー-  - 、 .l             
      .ゝゝ、 ''''ゝ |.''' | .|             
        l..! .,-  ヽ、 .l '´             そう! 余こそが徳川家当主!
      / ,l./ ^)┴、 /              
   ,-‐''=ー'´/   ヽつイ                八代将軍徳川吉宗を騙る不届き者である!!
  /     ヽ. ,``l   |\            
 |     .l ゝ./ .ヽ  l .ヽ       __    
 |     l / ,,'| .| `-..!  l     ./´、,l.   
  .|     .,'´ / .!  |  .,'  l"'、   _,./ : r'、.7   その方ら、頭が高い! 控えおろう!!
  .|    .,'   /  .| ./   .l. . ̄"  .ヽ.`,/   
  !    .ヽ__ ,'  | ./     .l      \    
  l.      ´   !      .l.     ./     
   l        |     |    .,'      
  ./、        l       .!    l      
  l. l       ! ``'‐‐ー--,'    l       
   l..l.         !       .|     l     
   .l|     /       /     .l      
   .| ヽ.    .,' ``‐---ー'''|      .l     
   .|  .ヽ   ./          |         |    
   |  \/        l. .__    .,/     
    !                |    ̄´       
    .l                |           
     ヽ             |           
      ヽ           |          
                             」
如月千早 「んー。んー。」
高槻やよい 「なるほどー、千早さんも間違えることあるんですね
昼の姿からは想像できなかったので、びっくりしてました>千早さん」
雪華綺晶 「そうなるのですか?>球磨川禊さん」
天海春香 「LWかつ恋人ってのもあるよね>吉宗さん」
徳川吉宗 「ふ……!!」
星井美希 「まったくなの>ミク」
黒川千秋 「だって、共有は噛ませればいいのよ?
譲歩すると言っても恋人だと確定しているわけじゃない共有を吊るというのは
あまりにもという感じですけどね」
球磨川禊 「『ついでに』『これでQPー狼恋人も消えた』」
ミク 「そもそも、狐を吊らない宣言というのは狐告発を吊りたくないというのは偽告発警戒でしかないんで
将軍様が狐COするんだったら、何の憂いも有りませんわな」
天海春香 「で、ここから詰めていけばいいんだよ、グリーンだよ
狼と恋人の争いがはじまれぅ」
如月千早 「まちがえたー>やよいさん」
球磨川禊 「『まあ、狐消えてくれるなら』『村は大喜びだけど』
『恋人は泣くよね』」
星井美希 「狐もか。」
如月千早 「あれ、これあれかー」
星井美希 「なんていうか、狼かわいそ。
そんな感じなの。」
徳川吉宗 「というか余を狐とするのはよいが、それで狼の勝ち筋はしっかりと
残しておるのだろうな? 恋人勝利は勘弁であるぞ?>狼へ」
雪華綺晶 「まあ確かに私達が噛まれないと言うのも不可解ですが>ミク」
高槻やよい 「ところで、千早さんはどうして、春香さん投票しちゃったんです??>千早さん」
ミク 「狐COするんだったら、これ、完全に村だけが得しちゃった形ですね」
球磨川禊 「『いやここで嘘告発するなら』『それは村視点きっとどうしようもないしね』」
星井美希 「狐がないなら狩恋の女神側ってことになるけど?>しょーぐん」
天海春香 「殿、もはやこれまでかと!
ここは潔く切腹をなさいませ!>吉宗さん」
黒川千秋 「なるほどね>ミクさん
でもほぼ意味あるとは思えないわ」
球磨川禊 「『クロね黒』」
輿水幸子 「まーうん吉宗さん吊ればいいんですかね」
如月千早 「あ、将軍様が狐COした」
徳川吉宗 「余が! 余が狐なわけがなかろう! 信じて! 余を信じて!(涙目」
球磨川禊 「『前鬼CO やらない夫ちゃんを攫ったぜ』『なわけないけどね』
『霊能CO』『やらない夫ちゃん●』」
ミク 「共有恋人がすごーくすごーく臭うんで、今日は将軍様つるんで、狼は共有噛んでくれないかなぁと」
天海春香 「♪ブレーキランプ、5回点滅
「く・び・と・れ・た」のサイン~♪」
球磨川禊 「『ごめん一瞬落ちてた』」
ミク 「何か申し訳が無いと言うか
GJならGJでありがたいんだけども」
如月千早 「これどーなんだろう?」
高槻やよい 「吉宗さーん…あなたからもらったサインは忘れません…ぐすん」
徳川吉宗 「こ、こここ、これはGJが強いな(白目」
球磨川禊 「『前鬼CO やらない夫ちゃんを攫ったぜ』『なわけないけどね』
『霊能CO』『やらない夫ちゃん○●』」
ミク 「◇黒川千秋 「というか共有吊りが何故かわからない人が私よ」

グレーの狼を吊ったら恋狐が勝つので、狐告発先をぽろっと吊るわけにも生きません
ついでに、狼に何のメリットも無い狐噛みとかするわけがないから、狼は無いけど恋人はある共有を吊って、恋人が居なくなったら5人で狐告発先を吊りましょうという事です」
黒川千秋 「ということで徳川さんは狐でいいわね」
星井美希 「しょーぐん自体は吊る気だったからしょーぐん投票でも良かったなという感じ。
それくらいかなーっと。」
天海春香 「うん、これは将軍を吊れのサインだね」
輿水幸子 「おはようございますですよ…これは…?」
雪華綺晶 「おはようございます
将軍吊りで」
徳川吉宗 「うむ、おはよう。
先日は余にとってはとんだ日であったな。全くもって度し難い」
如月千早 「ふーん。」
高槻やよい 「あ、死体なし」
黒川千秋 「さて死体なしと」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やらない夫さんの遺言                _ , -‐:.:. ̄:.:.ー- 、
            ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ_
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: :7
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨、
     ,     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ、大‐-:.:.:.:.i:.ハ: :\
   ,ヘ}   ,イ:.:.:.{:._,. ィ:.斗:.:.:.:.:.:.:.:! >=`=、:.:.:.:}:.:.ト,.: : \
   ,ム   / !:.:.:..ゝ:.:.ハ:.Lマト:.:.:.:.イぅ:::わ ヽリ:.:.:.:ト、: : : :\
   {:.:ゝ、ノ   i:.:.:.:.:.:.:'v'f ぅかヽ\:.:i `ー-' ,, イ:.:.:.:ノ、: `: : : : >
   `ー'    lト:.:.i:.:.:.:.ヽ 乂_リ  ヽ`   "  j:.,ィ:.:∧:.ヽ: : イ
           〉fヽ:.:.:.:.:.:.ヽ'"   `       ノ´!:.:.:ムハ:.:ハ: :.|
        く: ヽ: :ゝ:.:.ー、ゝ   _  - '   ノ:.:.:.ハル:.:ヽj
         \: : ハ:.:.:.:.:.ヽ        ,イ人:( リ }:.:.:.ハ
            iヽ: :',:.:.:.ト、:.:.`:.:.r 、  _ /ー―ト'   j:.ノノ
            |: : : :ヽ:.:∨ヽjヽレ´         i    ´
              ` 、: :ゝ、:.ゝ く       _」
               >-―‐<_ -      ゝへ _
           /        `     ´      ̄ ̄ヽ
          く                      /  {
           }  \  /              /   i

                       , ノ  、 、
.                     l(● ●)|
.                     | (_人_) |     俺の恋人(予定)の広川武美だろ、女神村的に考えて
.                      ヽ    ノn
                        /      ,た)
                   ||    「
.                      (|      |
                   .し    J
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やらない夫 は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
輿水幸子0 票投票先 →やらない夫
天海春香1 票投票先 →やらない夫
ミク0 票投票先 →徳川吉宗
高槻やよい0 票投票先 →やらない夫
徳川吉宗1 票投票先 →やらない夫
黒川千秋0 票投票先 →やらない夫
やらない夫8 票投票先 →雪華綺晶
星井美希0 票投票先 →やらない夫
球磨川禊0 票投票先 →やらない夫
如月千早0 票投票先 →天海春香
雪華綺晶1 票投票先 →やらない夫
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
天海春香 「それじゃ、やらない夫さんさようなら~
狐告発については、検討します」
如月千早 「いや、恋人ならやらない夫残そうっていわないけど>吉宗」
黒川千秋 「というか共有吊りが何故かわからない人が私よ」
ミク 「ん、まあ、仕方がないんで将軍さんつりましょう」
雪華綺晶 「狐を必ず噛んでくださいね
でなければ将軍を吊りませんから(にっこり)」
球磨川禊 「『・・・ってごめん』『もう一度かませた場合か』」
徳川吉宗 「ふむ、なんとも面白きものよ。

さて……こうなると余吊りと申した千早殿に、恋人が強くなるが?
余をここで吊るメリットがどうしても村視点、弱すぎるぞ?」
ミク 「で、共有吊りとか怠いし恋人がいるときには、恋人共有でないと成立しないと思うんで、いま、やらない夫さんと吊るとかは無し」
天海春香 「左打者だからって左投手ぶつけたら抑えれるってわけじゃないしね」
球磨川禊 「>ミクちゃん
『一応恋人飛び考えると』『釣りは増えないとも言えるかな』」
雪華綺晶 「狐を噛まないと告発の意味がなくなってしまいますから>美希さん」
如月千早 「んー・・・多分だけどね?>やよい」
やらない夫 「それについての言及は控えさせていただくだろ>星井美希
そこについての情報は出せないだろ、交渉的に考えて」
黒川千秋 「徳川さんから吊る意味が分からないわ
というか普通にやらない夫さん吊りしてLWにさせないとという感じね
狼が恋人なら流石にどうしようもないけど」
如月千早 「別に将軍恋人もあるんだから」
高槻やよい 「恋人対策になるんですか??>千早さん」
星井美希 「共有吊らないで狐噛め、っていうのはちょっとむしが良すぎる気がするの。
対価を払わないと狼ものってくれないと思うな」
ミク 「いま、実質偶数進行で,もう一回狐噛むと吊りが実質増えるわけですから」
球磨川禊 「『恋人対策と言っても』『狐ならどのみち排除しないといけないんだよね』
『そして』『ない夫ちゃん狐も恋人も一応あり得るという』」
如月千早 「でも何であれ吊っちゃうでしょ?>きらきー」
天海春香 「さすがにここで残す余裕はないかなあ
2W1F恋人がまるっと残ってるんだよ?>千早ちゃん」
高槻やよい 「真さん、吊られてるのに
将軍噛む理由ってなんだろう?
霊能噛んで結果隠ししたほうがよっぽどなんだけど
あれ???」
徳川吉宗 「それこそ狼の思う壺よ>千早殿
惑わされるでない」
やらない夫 「まあ俺を残したら他を噛むだけだと思うがな>如月千早」
雪華綺晶 「本当に将軍が狐かどうかも分かりませんから>千早さん」
如月千早 「やらない夫恋人とかはまあありえるけどさ・・・・・」
ミク 「ここから、狐を噛めと要求するのならば、共有とか吊って行かないと話にならないんじゃないですかね?」
星井美希 「じゃあなんで食べようとしたの、ってことなの
つまりそういうことだよ?>やらない夫」
如月千早 「それこそ将軍から吊ったほうがいいんじゃ・・・・」
黒川千秋 「ふむ、千早さんは何かあるのですか?」
天海春香 「なに?ピッチャー交代?>千早ちゃん」
徳川吉宗 「ふ。所詮は苦し紛れの戯言。明日も通常通りに無残が出るであろうよ」
如月千早 「狼COあるんなら恋人対策にも残さないとまずくない?」
ミク 「いま、4吊りですから」
やらない夫 「それも込みでそっちに丸投げだろ>星井美希
ただ将軍は「噛めなかった」、GJが出る場所とは考えにくい
なら告発する、それだけだろ」
高槻やよい 「あー、なるほど
でもでも、漂白するなら、もっと前にやってるんじゃないかなーって
私は思うんですよ
>春香さん」
天海春香 「自分の○を噛んでみるパターン?>ミクちゃん」
如月千早 「タイム」
徳川吉宗 「うむ、余は噛みどころではない。噛んだとしても狐、とは
確定では分からぬのが道理。というか狩人に守られておったら余は恋人確定
なのだがなぁ、それだと」
雪華綺晶 「やらない夫さんを吊りましょうか
残った狼さんはきちんと狐さんを噛んでくださいね」
球磨川禊 「『・・・ない夫ちゃん釣り徳川ちゃん釣り』『恋人は噛まれるの祈ってコース』」
ミク 「ただ、それが本当ならば、貴瑠子真の場合、銃殺だされると困るって言う事で今日噛み切りましたとかそういう事はありえそう」
星井美希 「で、なんでしょーぐん食べようとしたのかな?
美希に教えてくれる?」
黒川千秋 「ならやらない夫さんを吊ってからのLWに徳川さん噛みをさせたらいいわ」
天海春香 「そらそうよ?>千早ちゃん」
球磨川禊 「『えーと』『釣り数考えて』」
天海春香 「漂白ともいうし、真噛みともいう
ってとこかな>やよい」
如月千早 「まあそれならあれよ。」
星井美希 「んー?
ねぇ、狩人に守られた恋人って言う可能性は見ないの?>やらない夫」
ミク 「てか、昨日の段階で、確定○を放っておいて将軍を噛みにいくというのがちょっと微い気が」
球磨川禊 「『今告発されても』『恋人もいる以上壮絶に困る』
『というか徳川ちゃんってカムところかな』」
雪華綺晶 「やらない夫さんと吉宗さんはやはり人外でしたか
私の灰視も捨てた物ではありませんね」
天海春香 「噛み切って狐告発ですか?
まあやらない夫さん吊りからでいいですね、これ」
輿水幸子 「…で狐告発なんですか?」
やらない夫 「まあ、こっちも余裕はないんでな
後はの対処はそちらに考えてもらおう」
高槻やよい 「えっと、ここで貴瑠子さん、噛む意味って??」
徳川吉宗 「なんと、余を噛んだとな!? ええい、お主め!! 戯言も大概にせんか!」
黒川千秋 「ここで狐告発ですかー…」
星井美希 「んー、噛みきるんだねぇ。
じゃあキル子とデコちゃんで真狂。と」
如月千早 「将軍が狐なの?」
ミク 「狐告発されても結構困るという」
輿水幸子 「今日も可愛いボクですよ
正直考えがまとまりませんね」
雪華綺晶 「貴瑠子さんをここで噛んでくださいますか」
球磨川禊 「『おお』『これはほんとに以外だ』」
天海春香 「なるほど、ここできるこ噛みですか」
如月千早 「漂白ありそう。」
徳川吉宗 「ほほう。噛み切った、と?」
黒川千秋 「おはようよ
徳川さんはなんで昨日の最後に共有の恋人を疑ったのかしら?」
高槻やよい 「うっうー!?」
やらない夫 「…狼CO 将軍狐だ」
如月千早 「ふーん」
星井美希 「やらない夫狼に見るなら、最初に投票されてた歌鈴吊っちゃったのはなんでかなーって感じなんだけど
なーんか狼吊っちゃったんじゃない?って感じがするの。
どーかな。霊能さん結果まだー?」
徳川吉宗 「共有はいずれ噛まれる、か。成程道理よ。暫くは放っておく事にするか。

さて、本日はどう動く? ここからが山場である。努努油断せぬようにな」
球磨川禊 「『星占いCO 道明寺歌鈴ちゃんは投票ありだった』『だったらいいよね』
『霊能CO』『道明寺歌鈴ちゃん○』」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
貴瑠子さんの遺言 遺言なんてございませんわ
道明寺歌鈴さんの遺言 普通の巫女としか書くことが無いです
貴瑠子 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
道明寺歌鈴 は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
輿水幸子1 票投票先 →道明寺歌鈴
天海春香0 票投票先 →道明寺歌鈴
ミク0 票投票先 →道明寺歌鈴
高槻やよい0 票投票先 →道明寺歌鈴
徳川吉宗0 票投票先 →道明寺歌鈴
黒川千秋0 票投票先 →道明寺歌鈴
やらない夫0 票投票先 →如月千早
星井美希0 票投票先 →道明寺歌鈴
球磨川禊0 票投票先 →道明寺歌鈴
如月千早1 票投票先 →道明寺歌鈴
雪華綺晶0 票投票先 →道明寺歌鈴
貴瑠子0 票投票先 →道明寺歌鈴
道明寺歌鈴11 票投票先 →輿水幸子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
道明寺歌鈴 「輿水さんが極端に発言が少ないのでそちらを吊って頂きたかったですけど!!」
黒川千秋 「それなら狼にいつか噛まれるから楽でいいわよ>徳川さん」
天海春香 「2択だからまあ、指定なくてもよかったんだけど、いいか」
ミク 「やらない夫さんの投票とかは気にしないんですね」
貴瑠子 「あらあら・・・今共有者をお捨てになっては
村に勝ちはございませんよ?>徳川様」
徳川吉宗 「だが……恋人がありうる、という事を皆忘れるでないぞ>共有に」
輿水幸子 「あ~なんというか頭が回りませんえ~っと」
天海春香 「きるこちゃんの真投票
無意味な身内というか、決まればデカい身内投票ではあるよね
ただその場合、霊能でGJは出ないと思うけど」
高槻やよい 「真っぽいところ抜いたなーって思ったんなら
ベグとか、真偽ついたとか言わなくてもいいんじゃないかなーって
>歌鈴さん」
球磨川禊 「『んー恋人まじりだと』『真面目に考えにくい』」
道明寺歌鈴 「COはないですっ」
星井美希 「いや、狐とかそういうんじゃなくて
可能性が高いから断定してるのがどうして?ってことなの>やらない夫」
黒川千秋 「で、今日もグレランなのかそうでないのか
狩人懸念なら指定もありといえばありですが
お勧めはしませんね」
やらない夫 「指定ならそれはそれで助かるだろ、頼むだろ」
雪華綺晶 「指定:道明寺歌鈴さん
COあればお願いします」
徳川吉宗 「それもよかろう。共有の思いのままに。
ただ時間があれだ。手早く頼む」
ミク 「身内は別にしてもおかしかぁ無いと思いますが
しかし、役職からの投票が多いんで、見る所は少ないですねこれ」
如月千早 「指定でもいいよー」
徳川吉宗 「こうなってくると、やはり恋人の存在が気にかかる、か。
吊りが減る上、村と考えておったところ、臭いと思っていたところ、などが
一気に落ちると推理想定すら危うくなるやもしれぬ。もちろん、共有の恋人も含めてな」
星井美希 「ただ別にキル子に真目を見ているわけでもないしー」
貴瑠子 「ではでは、灰で吊れて私視点で残りは色狂いが二匹と狐に狼・・・
焦ってはなりませんが・・・くすくすくす・・・あぁ、怖い怖い」
球磨川禊 「『ちなみに占いもクロも釣らないなら』『○解禁位はいっておいた方がいい』」
雪華綺晶 「指定入れても良いですか?」
道明寺歌鈴 「逆に断定できる方が人外かと思いますよっ!!」
星井美希 「というか、二人目を即吊る理由もないよね。
恋人に狐だってまだいるかもしれないんだし
飼い安定で良いんじゃないかなぁ。」
高槻やよい 「やらない夫さん視点、貴瑠子さんが無意味な身内してるってことになりますけど…
なんか、すんごい違和感でしかないです
>雪華綺晶」
黒川千秋 「ああ、そういうことですか>LW懸念
それなら占いロラはまだ早いです」
道明寺歌鈴 「はっきりと言いたくないも何も村視点分からないじゃないですかっ!!>やよいさん」
ミク 「やらない夫さんを今吊るのはあんまりないわけで」
天海春香 「詰めていいんじゃない?占いロラは明日以降でいいでしょ?>千秋ちゃん」
如月千早 「りょーかーい」
徳川吉宗 「うむ、灰詰めな。了解した。」
球磨川禊 「『まあキル子ちゃん?に真見ないなら』『吊ってみてもいいけど』
『あと占いにいる狼つるのまずい?』『そうなんだけど恋人入りだと飼いとか面倒なんだよなぁ』」
やらない夫 「まだ占いロラは早いだろ、常識的に考えて
俺視点その可能性は高い>雪華綺晶
狐騙りをみるなら俺に対抗を占う許可をくれだろ」
貴瑠子 「化外が多いというのならばこの如月千早、吊るわけには相成りません
最悪、やらない夫様視点の飼いにしてくださいまし?
飽和が怖くなればその時に・・・
無論、その時までに真贋つける心意気ですが」
ミク 「ただ、千早さんをちょっと吊っても良いかなっていう気がさっきの吊りが増えた発言でしたんで吊っちゃいましょうか
恋人で吊りが減る勘定をしていない=自分が恋人っていう感じにも見えますし」
高槻やよい 「道明寺歌鈴(67)

「占い噛みは真っぽいところ素直に抜いてきたと見ていますねっ
真偽ついたのかベーグルかはともかく!」
んー?なんか、真っぽいところを素直に噛んだっていう考察をしていながら
最後は、真偽がついたとかベーグルかもって
ぼかしてるんですよね…はっきりと言いたくない
って感じでだから、気になります」
黒川千秋 「ん?まだ灰詰めするのですか?>春香さん」
高槻やよい 「あ、そういえば」
雪華綺晶 「そうしましょう>春香さん」
如月千早 「LWがありえちゃう」
星井美希 「対抗狼?どうして言い切れるの?
濃厚であって確定じゃないよ?>やらない夫」
如月千早 「いや、今ロラもまずいでしょ」
天海春香 「千早ちゃんおいといて、グレー先につぶしていこうか?>きらきーちゃん」
雪華綺晶 「対抗は狼なのですか?>やらない夫」
徳川吉宗 「死体ナシ。GJとするならば、噛みは霊能であると思うが。
実際、一人噛まれた占いなぞ護衛されぬであろうしな。霊能結果●であれば
納得がいく」
高槻やよい 「あ、貴瑠子さん、真さん投票してるから
やらない夫さん、狼濃厚だー!?」
黒川千秋 「パンダは放っておいていいんじゃないかしら?
占いGJでない限り占いロラでいいと思うけど」
球磨川禊 「『ない夫ちゃん吊って色見て』『○だったらクロ見てあげる感じしかないかな』」
星井美希 「で、千早さん●ねぇ。
割かしどうなのかなぁ、という感じ。あふぅ」
如月千早 「まあやらない夫狼なんだろうけど」
ミク 「わりかし、噛み切りにきてGJが見えますかねこれ
その場合、やらない夫はほぼ確実に狼かと
噛み切られる系の人っぽくはあんまり見えない」
やらない夫 「死体なしは僥倖、真●もいい知らせ
対抗狼な以上、如月千早は吊って構わない」
雪華綺晶 「まあ私的にもキル子さんの方を信用したいところですが
ここでパンダは悩みますね」
如月千早 「そーなんだよね>ミク
非常に私視点残念」
星井美希 「真くん狼は割と納得したかな、という感じ。
初日に内役の数字言うのに忙しそうだったしね。」
道明寺歌鈴 「死体無しですねっ
私としては狐噛みよりGJのような気がしないでもないですねっ」
天海春香 「千早ちゃんパンダねえ・・・どうする?吊る?」
貴瑠子 「あらあら、白黒極まり陰陽となる?
つらせわいたしませんが」
徳川吉宗 「ここでパンダか。なんとも仲のよい二人よな」
高槻やよい 「ま、真さんが狼で死体なしですよーー!!」
如月千早 「ならどーしようか。真●なら仕方ないか」
輿水幸子 「そして死体無しで霊能結果が黒で占い結果はパンダ…何ですかこれ」
球磨川禊 「『投票的に』『キル子ちゃんのほうがまだ信じられるね』」
ミク 「増えてないです>千早さん
恋人が居ると、吊りが減るんで」
如月千早 「あれっ?」
黒川千秋 「死体なし霊能結果●と」
天海春香 「真が狼かあ」
高槻やよい 「おはようございます!!」
徳川吉宗 「む、まこと殿は●であったか。これは驚きである」
ミク 「んじゃ、ちょっと残せると」
如月千早 「うんうん。やらない夫から先吊りでいいよね?」
道明寺歌鈴 「ふえええっ、パンダです!」
天海春香 「ここで死体ナシですか?」
雪華綺晶 「狼が吊れました、と
おはようございます」
貴瑠子 「灰をつぶさねば成りませぬとするならば
気になる星井とやよいは占えませぬ・・・
では、どうするかと聞かれれば
占いの発言に注視していた如月千早様・・・
狼らしいのはどちらかと聞かれて言い淀んでおられました
はて?ここで言い淀む理由はなんでしょう
推定狐と言った所でどうでしょうか?
○と灰についても少々気になる発言があったので
では、そういうことになりましょう」
星井美希 「死体無しは嬉しいね。」
やらない夫 「占い理由:
菊地真 輿水幸子 如月千早 道明寺歌鈴の四人のランで唯一の得票0

◇如月千早 「やらない夫が慣れてない、拙い、占いに見えたの?」
◇如月千早 「やらない夫(97)  「占い師では恋人は処理できない、
それも含めてよろしく頼むだろ」
これそんな拙い占いの発言じゃないとおもうんだけど」

ここらへんの発言も怪しいから占っておくだろ」
球磨川禊 「『あれ、以外』『マジで狼だったよ』」
黒川千秋 「おはようよ
占い霊能は結果をさっさとしてちょうだい
ついでに道明寺さんはほぼ役目ね
というか幸子さんが吊れないのが驚きよ」
ミク 「まこっちゃんが○だったら、もう占いを一人吊った方が良いとかそういうレベルなんでしょうかね
その場合やらない夫吊りになるかと思いますが
●だったら、変わるんですが」
如月千早 「わー吊りがふえたー」
道明寺歌鈴 「おはようございますっ
占いと霊能は結果を!
……って灰もうほとんどいないですね…」
輿水幸子 「おはようございますですよ」
徳川吉宗 「先日は単純な失敗をしてしまい、誠に申し訳無く思う。迷惑をかけた。

さて、だ。もし先日の噛みが単なる噛めるとこ噛みとするならば、本日も
破綻上等で占い衆の内、どちらかを噛んでくるのではなかろうかと愚考する。

他噛みであれば、共有であろうか? 恋人探しも兼ねる事が出来る故な。」
天海春香 「おはようございます!」
貴瑠子 「占い師を宣言いたします。如月千早様○
やらない夫 「占いCO 如月千早●」
球磨川禊 「『ひよこ占いCO 菊地真ちゃんは男だった』『なーんてね』
『霊能CO』『菊地真ちゃん●』」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
菊地真さんの遺言                 /.:.:! /.:_`丶
     ,. -r‐ヘ     V.:i|/.:/ `丶\
    /   `ヽ ノ_ -‐ へ.j.:/. .‐‐- .._ 丶
  f     ヽ/´} :..:..:.:..:.:.:..'..:.:..:.:.:..:.:.. . ` 、
  l   ` く __,. |.:  . :. ..:.:..:.:.:..:.:..:..:.:..:.:..:... ..\
  |  `ヽ_,ノ   ノ.:.. ..:. . , . . .  . . . ..:..:.:.::.:..\
  j_______/.:..:.:..:.:..:.:/.:.::.;ハ.:.:j.:.;.:.:..:.:..:.:..:..:..:.:. .丶
  {_」_」__}.:/.:..:.:..:.:, イ/ イ.:.リノ!/1::.:.:.::.:,.:..:.:..ヽ:..:.:.`: ..
  j      {:.'..:..:.:.;/‐/- 、|:./ ノ |:.:.:!:.:,ハ:..:.:.:.:.',.:.:..:.:.:
 {___ ヽ:.:/ .ィ!- _ノヽ   |.:.;ハ/_!::.:..:.::.: .:.::.:.:
   l    |`´:f  f´イ い lヽ     !/'´__  j:.:..:.::.:i:..:.:.::.:
.   !    lヽ:j   { 、ノノ      /ィi´トヽ!:i.:.::.::!.:.:iヽ
    !     !    ,,.,.`¨´        ハ しノ   リ.:.:.;ハ.:.;!
.   !    !     r‐-  _    ー一'  イ.::./.ヘ;/
     !     !ヽ    l      ̄ 7   ,.,, /._ィ}.:.リ
     !- -─ヘ. \   、    /    ノ\_)/
      !---─ヘ._j、 ._\_,/ _   ´    ´
      !   i \\  ̄T<
        j    :.   丶 ー' ノ `ヽ
まこと、いっきまーす!
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
菊地真 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
菊地真6 票投票先 →輿水幸子
輿水幸子4 票投票先 →菊地真
天海春香0 票投票先 →輿水幸子
ミク0 票投票先 →菊地真
高槻やよい0 票投票先 →道明寺歌鈴
徳川吉宗0 票投票先 →輿水幸子
黒川千秋0 票投票先 →道明寺歌鈴
やらない夫0 票投票先 →道明寺歌鈴
星井美希0 票投票先 →菊地真
球磨川禊0 票投票先 →菊地真
如月千早0 票投票先 →道明寺歌鈴
雪華綺晶0 票投票先 →菊地真
貴瑠子0 票投票先 →菊地真
道明寺歌鈴4 票投票先 →輿水幸子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
天海春香 「シビアな進行?ピンポイントに感じるところを攻める系かな?>ミクちゃん」
貴瑠子 「私が恋人ならば占いなんぞに出はしませんよ・・・くすくす・・・
初日恋人を盲信する気も私にはございませんし・・・」
如月千早 「結局暫定○を開放しても
この人数だと普通にグレーがつれると思うわ>ミク」
徳川吉宗 「あっれマジだ! すまん助かった>ない夫殿」
球磨川禊 「『ま、ベーグルでの可能性は否定しない』『だから狼臭い方つることを想定しておこう』『・・・なあにもし真がいるならここで呪殺出して大逆転してくれるさ!』」
菊地真 「真偽ついてたら、かー……うーん。そこまではっきり占いの○は見てなかったなあ…>>春香」
高槻やよい 「あれ?占い1噛まれて
占い考察しても仕方ないような
残った占いは銃殺頑張れでしかないと思うんですけど
あとは、霊能残ってるんだしラインを繋げてとか」
徳川吉宗 「先日の時点で真贋ついておるのか、どうなのかが問題よな。
漂白も見れる形。ふむ……こうなると難しいさな。」
やらない夫 「>自信ありげのきらきーが狼にも見えるが
将軍将軍、雪華綺晶は共有だ
把握はしっかり頼むかだろ」
天海春香 「きらきーちゃんと、きるこちゃん、紛らわしいかもね」
星井美希 「見てたのはそれくらいなの。
そんなことよりねむねむー
って感じかなぁ。」
黒川千秋 「ああ、キル子さんのことですか」
ミク 「今日、村吊りでTさんも村だったりした場合,村勝利は基本条件付きとなります故,シビアな進行をした方が良いかと思うのでこう言う提案をします
真残りも一応あるかと思いますので、真狂っぽいほうの○は除外という」
やらない夫 「占い師候補が噛まれた以上俺の偽が話題に上がるのは避けられないだろ
なら人外を吊れるかは村人のみんなにかかっているだろ」
天海春香 「3-1なら霊能護衛派もいるし、そのぶん余計に狼は噛みやすいんじゃない?
真偽ついてればなおさら、ね>真」
星井美希 「◇貴瑠子(74) 「では・・・目下探すべきは狼と狐が濃厚と・・・
色に狂った人間など、いずれ死ぬでしょうね、くすくすくす・・」
こう、村人に不安を煽ってるだけに見えるというか、いないのを知っているみたいな幹事というか。」
黒川千秋 「雪華綺晶さんは共有ですよ?>徳川さん」
貴瑠子 「きらきーではなく・・・きるこです・・・」
菊地真 「千早とボクの感性がズレてるのを感じる……まぁ仕方ないから感性のあう他の人に任せよう……」
道明寺歌鈴 「占い噛みは真っぽいところ素直に抜いてきたと見ていますねっ
真偽ついたのかベーグルかはともかく!」
如月千早 「あんまよくわかんないわね
どっちが狼っぽいって>ミク」
徳川吉宗 「ふむ、自信ありげのきらきーが狼にも見えるが、さて。
やらない夫殿も十分狼と見れそうだが、どちらかといえば狂臭いか?

思いっきりすでに狂狼で考えておるのはご愛嬌」
球磨川禊 「『まあ僕としては』『とっととクロ見つけてくれれば』
『語りかどうかわかるしすっきりするんだけど』『こういっとけばたぶん語りなら出さないかなぁ』」
黒川千秋 「なるほどね>共有
どこに投票するかは自己責任と」
高槻やよい 「はい…伊織ちゃんのためにも、私は頑張りますよ!!>吉宗さん」
天海春香 「寺の人吊りはちょっと攻めすぎてる感じがしたんだよね
そこ投票した人、要チェックやで~」
星井美希 「んー、キル子のほうが何か気になるところがあるんだよね。」
如月千早 「少なくとも伊織は投票間違いもしてるし
狂の可能性は十分ありそう」
菊地真 「遠まわしに霊能護衛誘導してるとも取れるからどうかなーとは思ってたんだけれども。
狼も余裕はそんなにないと思うんだけどなー。 >>春香」
ミク 「残りの占いのどっちが
狼っぽいと思う占いの○はもう吊り解禁するべきそうすべき

私的には、やらない夫なんですが、私の立場からこう言うのは微妙だったり」
雪華綺晶 「参考程度に、です>黒川さん」
如月千早 「やらない夫(97)  「占い師では恋人は処理できない、
それも含めてよろしく頼むだろ」
これそんな拙い占いの発言じゃないとおもうんだけど」
輿水幸子 「ん~やらないさんと貴瑠子さん…」
道明寺歌鈴 「Tさんは発言は多かったのですが読めない人でしたので投票しましたね」
徳川吉宗 「よろしい。グレランな。

占いに関しては銃殺を出せぬ限り、日取りを決めての引きつぶしが肝要。
残す事は出来ぬ」
貴瑠子 「村に余裕がないというのならば、尚更吊られる訳にはいきませぬ
それが使命と・・・いやはや、難しい限り・・・」
黒川千秋 「残った占いの結果はどうするのかしら?>共有
あとついでに星井も忘れていたわ>真贋付くポイント」
やらない夫 「で、将軍は○だったと
霊能結果も○、…すでにノーミスか
村人頼りになるな、すまないだろ」
球磨川禊 「『ない夫ちゃんかな』>ミクちゃん
『真狼くさいし』」
星井美希 「ん?もしかして真っ黒い人から色どおりの●が出ると思ったの?
なんで?>えらそうな人」
天海春香 「まあ3択なら噛んでもいいよね、噛めるうちにってとこで>真」
道明寺歌鈴 「指示了解ですよっ」
如月千早 「やらない夫が慣れてない、拙い、占いに見えたの?」
徳川吉宗 「悲しむでない。我らは死んだ者の思いを引き継ぎ、勝利を目指さねばならぬのだ>やよい殿」
ミク 「んでこう
どっち狼だと思いますかねみなさん」
高槻やよい 「Tさんって吊れるところなのが
すっごく不思議でした!!>千早さん」
球磨川禊 「『残り占いは今日だけは』『待ってあげてもいいけど』
『結果でないなら明日から釣られることも覚悟してね?』」
雪華綺晶 「占いは放置で行きましょう
本日もグレランでお願いします」
如月千早 「えーーーー?」
天海春香 「真占い噛み本線だけど
まだ占いに手をかけるのは早いと思うかな>吉宗さん」
黒川千秋 「そうね、真贋付く結果になるのなら村視点化私かやよいね
そうじゃないのならベグリよ」
菊地真 「昨日ミクが信頼勝負にしたい、的なことを言ってたから逆に占い噛んだんじゃないかなーとか思う。」
やらない夫 「ふむ、水瀬伊織が噛まれたか
まあ狂噛みで問題ないだろ」
貴瑠子 「おやおや・・・前者でしたか・・・
そして狂噛み、連鎖もなし
少しばかり、思考を変えていきましょうくすくす」
如月千早 「ミクは可愛いわね。
ええ、言ってることは正論だから残していいんじゃないかしら
なんで笑ったの?意味なく笑うのはアイドルのつとめ」
ミク 「信頼勝負が崩れているとなると
村ー女神の恋人でTさんが村人だったりしたら、今ノーミスのはずです」
徳川吉宗 「ふむ、Tは○、とな。」
如月千早 「とりあえずTさんが吊られたのは少し謎ね。」
星井美希 「んー?
デコちゃんが噛まれてるの。
じゃあ残りは偽目として、と
やらない夫は発言が拙い、慣れてない占いって感じはするけど
どうなのかなぁ。」
高槻やよい 「ううう…伊織ちゃんがいない村に絶望しかないよ…ううう」
球磨川禊 「『やれやれ』『悲しい…実に悲しい結果だね』>伊織ちゃん噛まれ」
天海春香 「夜からの即抜き!
狼さん、いやらしいですよ!」
徳川吉宗 「む、早速占い衆の一人が噛まれたか。

これは共有、如何とする?」
輿水幸子 「占いの一人が…噛まれてますね」
道明寺歌鈴 「ふええっ、早速占い1噛まれちゃってます!!」
如月千早 「あれまー」
黒川千秋 「水瀬が噛まれると」
ミク 「信頼勝負がいいって言ったじゃないですか……」
天海春香 「んー、伊織が噛まれたかー」
やらない夫 「占い理由:
8発言と発言力の高いところ
村人なら心強く人外なら怖いところ、よって占う」
球磨川禊 「                   ,ィ=‐
              ,ィ777チ777>、
             イ////////////ヽ、
               ハ////ハ///l、l//,l//ヽ、
            l/////l‐lトミ|、|ヽ////ミ=-     
            ノ/////|` ` ヽ!  リ.|//ト、
            从f.Y:ト| 、_`,.  、__!」;ハl、     
             ´ ト|-、  ̄ .l  l/.  ハ
              __,l| ヽ、―‐ .イ|;;;,  , l     『せっかくAA許可か聞いといたのに』『使うのすっかり忘れてたよ』
                ,|、`ー--`ー_チ |;' |  lハ
           _,.イ///777] Y「77,'|;; |  lハ   『だが僕は悪くない』
         ,r=チ//////////,L」///,l;;;;l;;,  V,;ヽ
         |/ヽ`ヽ/////////○//,l .l;;;;,, .V.ハ
         |,|//ヽ,'ヽ////////////; l''   V .〉
       fチl!///ハ l'//////////'';;;; |    l;/!
       |≧ミ=-チ!|//////////`zz'|__   / |
       ///////Vミ////////○///|l/ミ=イ//リ
        ///////,ハV/////////////|ヽ/////
      .////////  ∨////////////l、` ̄´
     ////////    〉////////○//ハ、
    .////////    l///////////////l」
雪華綺晶 「おはようございます
即抜きですか」
高槻やよい 「伊織ちゃーーーーん!?」
輿水幸子 「とにかく今日の結果はどうなっているんですかねっ?」
貴瑠子 「初音ミク様は化外の数と詰みを考えることに随分と熱心なご様子
さりとてミク様自身に狩人はないと言った発言内容
しかしながら、銃殺に怯える狐の影もなし・・・
推定、村狼濃厚と・・・ミク様恋人を考慮しても
繋がり先は狐はないでしょう・・・
では、占わせていただくとしましょう
この位置、吊りきれるとも思いませぬ故
徳川吉宗 「おはよう。T殿が吊られるとは余としても正直驚きを隠せぬ。
まあ多少票のバラつきはあったが、のぅ」
星井美希 「真っ黒い人を吊る意味が美希にはちょっとわかんないかなーってところなの。
アレだけしゃべってるんだから占うところであって吊るところじゃないって美希思うな。」
天海春香 「おはようございます」
輿水幸子 「さて今日も可愛いボクなんですよ
……可愛いったら可愛いんです」
やらない夫 「占いCO 徳川吉宗○」
菊地真 「おはよー!」
ミク 「まこっちゃんとか、怪しいけど、別に占っちゃっても良い気が」
道明寺歌鈴 「おはようございますっ
占いと霊能は結果をお願いしますねっ」
貴瑠子 「占い師を宣言いたします。初音ミク様○」
球磨川禊 「『夢狩人CO 寺生まれのTちゃんGJ』『嘘嘘』
『霊能CO』『寺生まれのTちゃん○』」
黒川千秋 「おはようよ
占い霊能は結果をさっさとしてちょうだい」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水瀬伊織さんの遺言                    _
                 _/, ノ二 ̄ \
   !、_ノヽ _ ノ(    k'>く⌒r'⌒ヽ.:.:.:ヽ
   ノ      ー ヽ   /}.:.:/_>=ミx.:.:ヽ.:.:.\
 /  ⌒    ー  ヽ  {.:.rく「  ),__ ミx rゥ、:.:..、
 \   ̄_    っ  /  、{ヽ 、_k'f㍗}`  リ)9j.:.:.:.\
   }  () )   ー  [_  ┴rc、 `¨゙  J ;「.:.:.:.:.:.:.:ヽ,
   7   、、  '一  /  ヽゝ'  r ⌒ヽ ' 'v'⌒ヽ.:.:.:.:
   }  ノ ヽ    っ  ヽ   ゝ_ ゝ ,ノ/  !   .:ヽ.:.:.:.
   ヽ  _}_   ・   ゝ __ノ  ` ―<シ`_ ,ハ   .:!:}、.:.:.
    \ 厂 }  ・     r'゙    ,rヘハ、_ ノハ  :トr;!.:.:.:.
      } __}__ヽ  ・     ヽ、   { _}川川川i,  ijリ|:.:.:.:.
      } ノ \       「   x=「 r-⌒ヽ川;、  ';リ!.:.:.:.:
      ヽ    う      \ // ! :| 。 ;!」j/ヽ  ;リ.:.:.:.:.
       \ \       「 ノ j  | ト、,_rv/  _,ノリ!.:.:.:.:
        ノ  _ _     (ゝ-  j  リ .リr<「「川リj!.:.:.:.:
         ヽ }/}/     /    ーイ⌒ ir≠=ミr=从rく
          } o o    /    _〃  ノ)  }  ;! ;i {
          }/⌒ヽ/    ( _- ノ}-/7´   j  j!  い,
                    └'<,ノ 、 ヽ,  ;!     }
                     /   ヽ_ ) ノ
寺生まれのTさんの遺言                              A:煙草吸ってもよろしいですか?
                             B:どうぞ。ところで一日に何本くらいお吸いに?
                             A:ふた箱くらいですね。
     / ̄ ̄\                B:喫煙年数はどれくらいですか?
   /   「    \                A:30年くらいですね。
   |    ( ●)(●)                 B:なるほど。あそこにベンツが停まってますね。
   |       | |                  A:停まってますね。
   |     __´___ノ     ( ;;;;(       B:もしあなたが煙草を吸わなければ、
   |     `ー'´}      ) ;;;;)        .C:ちくわ大明神
   ヽ        }      /;;/       .B:あれくらい買えたんですよ。
    ヽ     ノ      l;;,´         A:誰だ今の?
    /⌒    ヽ                 T:破ァー!気にすんな。もう祓ったからよ
   ./   \    Y´ ̄了━・           A:寺生まれってスゲエ
  /       \|\_/            B:改めてそう思った
  |       ヽ、__)|
  |     ヽ ̄⌒Y ̄ ̄⌒ヽ
  \___y  ゙|___ィ   |_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |  |   |_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |  ̄ |  |
            {___゙)   {___゙)
水瀬伊織 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
寺生まれのT は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
菊地真2 票投票先 →寺生まれのT
輿水幸子3 票投票先 →寺生まれのT
天海春香0 票投票先 →輿水幸子
水瀬伊織0 票投票先 →やらない夫
ミク2 票投票先 →道明寺歌鈴
高槻やよい0 票投票先 →ミク
徳川吉宗1 票投票先 →輿水幸子
黒川千秋0 票投票先 →道明寺歌鈴
寺生まれのT4 票投票先 →如月千早
やらない夫1 票投票先 →ミク
星井美希0 票投票先 →菊地真
球磨川禊0 票投票先 →徳川吉宗
如月千早1 票投票先 →菊地真
雪華綺晶0 票投票先 →輿水幸子
貴瑠子0 票投票先 →寺生まれのT
道明寺歌鈴2 票投票先 →寺生まれのT
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
徳川吉宗 「とにもかくにも、情報が出なければ始まらぬ。
占い衆は頼むぞ」
如月千早 「くす>ミク」
寺生まれのT 「いいかね、常にポジティブにシンキングする
それがセレブというものだよ、わかるかね」
星井美希 「美希は目だけじゃなくて全身かわいいよ?
すごいでしょ?>キルこ」
道明寺歌鈴 「恋人が思ったよりかなり厄介だあ…」
天海春香 「自刺し女神さんだったね、そういえば」
寺生まれのT 「そうやって互いに足をひっぱり

その可能性については考えるな!>水瀬クン
バッドイマジネーション!」
黒川千秋 「まあ、占いが何とかするのなら
なんとかすればいいのじゃないかしら」
やらない夫 「占い師では恋人は処理できない、それも含めてよろしく頼むだろ」
ミク 「指定ゲーにしろたぁ言いませんが>如月千早
狐以外にも恋人という勝ちをかっさらう陣営がいて、そいつらをなるべく排除しつつ、狼もKPするとなると、信頼勝負が一番なんすよ」
水瀬伊織 「狩人はあれよ。頑張りなさい。恋人なら滅べ」
徳川吉宗 「ああ、それもあるな>狩人恋人

村の為の護衛をするとは到底考えられぬ」
球磨川禊 「『あ、占いはとっととクロなり銃殺なりよろしくね?』『この村通常より寿命が短いと思っていいから』」
貴瑠子 「みな、それぞれの仕事をしたらよいのですよ、くすくすくす・・・
あぁ、星井美希・・・とても良い眼をしておられますね・・・」
菊地真 「共有が恋人なら噛まれるんじゃないかな。>>上様
自挿しだから共有の相方が狼、ってことはあり得ないんだしさ。」
徳川吉宗 「まあ、それぞれの思惑はあるのは当然至極。
何より勝利を目指し、邁進するのみよ」
星井美希 「美希はお話できるよ?>真っ黒な人」
寺生まれのT 「狼とて信頼勝負をしづらいことも理由になるな>ミク君
なにぶん、後を託すための潜伏狼が色恋沙汰に走っていないとも限らないのだ
はっ! まったくお笑いだよ!」
輿水幸子 「まあ恋人はちょっとだけおいておきましょうかね
まずは狼でもつれれば上々なんじゃないですかね?」
如月千早 「ええ、春香、私夜にくだらないこと考えてたの
私恋人にならないなら、多分春香は恋人じゃないって>春香」
水瀬伊織 「考えたくないけど狩人恋人とかもあったりするのが嫌なのよねー>T」
高槻やよい 「んー、でもでも
恋人って、村村だったら一気に人数が減っちゃって
狼飽和とかありますから、まずは狼を狙うべきですね
伊織ちゃん、頑張ってー!!」
天海春香 「本当は千早ちゃんと共有したかったんだけど
今日の夜はきらきーちゃんとしっぽり楽しもうっと」
やらない夫 「さて、暫定○に霊能と共有はいない
つまり無駄占いはなし、灰は最大限に狭い
…絶好のグレラン日和だろ、村人のみんなは頑張ってほしいだろ」
星井美希 「ということで、美希は眠いの。
誰か面白い話してくれないかな?
右上のえらそうな人で良いよ?」
徳川吉宗 「美希殿が言っておるのも納得ができる。

余としては共有とて恋人の可能性が無いとは言い切れぬ、という点が
非常に困りどころなのよなぁ。そうれはないと信じたいが」
球磨川禊 「『ま、もしオオカミさんに矢が刺さってるなら』『黙ってるだろうし』
『普通に3COになるだろうけどね』『それはそれで悪くない』」
道明寺歌鈴 「占いの内訳は色々と考えられますけど…うーん」
如月千早 「ほんとに其のレベルの危機感でゲームをすすめると
指定ゲーでつまらないという悲しみ。>ミク
ええ、つらくても面白さを優先するわ」
寺生まれのT 「ウィ、いいアドバイスだ>星井クン
だが奴らは所詮、獣であり話が通じるとは思わないことだ
いいかね、我々の敵である765プロダクションも話が通じないことで有名な連中だが」
貴瑠子 「では・・・目下探すべきは狼と狐が濃厚と・・・
色に狂った人間など、いずれ死ぬでしょうね、くすくすくす・・」
星井美希 「美希村だけど、狼さんだって恋人さんはやっつけたいよね?
ほらほら、信頼した仲間が恋人かも知れないのー
ちゃんと持ち回りで噛まないとダメなの。」
黒川千秋 「ふん、女神なんかに気を取られることもないわ
狼に刺さっている場合以外は吊りと狼の噛みでどうにかなるじゃない」
水瀬伊織 「んー、恋人はまぁ、どうかしら。最優先で滅ぼせばいいんじゃないって思うけど
個人的に。
まぁそれはそれとして普通に進行やりつつついでで処理ったほうがいいんでしょうね」
天海春香 「矢が刺さってたら表に出てきたくないもんね>千早ちゃん」
寺生まれのT 「所詮、貴様にはみすぼらしい村人かあるいは人外の化け物と交際するのがお似合いだなのだよ、盗人め!」
如月千早 「3-1-1で片方共有でてないことで
ぴくっと来てしまうのがこの千早だったがFOされてしまった悲しみ」
ミク 「真面目に言うと
結構人外の数がマッハで、下手したら1ミスしか出来ない村だった気がするんで,占いに無双してもらうとかそのへんのほうが勝ち筋が有ると思うんで、狩人は占い護衛鉄板、狼は信頼勝負にきてもらえればって言う感じじゃないでしょうか」
徳川吉宗 「霊能が2人おるのならばまだしも、3-1という形であるならば
ひとまず球磨川殿は真目で見てよいだろう。というか放っておく形。

問題は占い衆よな」
星井美希 「霊能と共有も出てくる、と。
うーん、狐が出てる、とかは多分ないと思うんだけど
もし村側役職が恋人じゃないとしたら、狼や狐が恋人の可能性が出てくるの。
狐はまだしも、狼はちょっと辛い気がするの。
狼さん、噛みはローテーションでするんだよ?」
菊地真 「ボクは出るデメリットのほうが大きいと思うけど?>>千早」
球磨川禊 「『さて、恋人入の村で3COって珍しい気がするけど』『悪くはないかな?』」
天海春香 「○じゃないとこから共有が出たぶん、まだよかったですよね」
寺生まれのT 「フフン、私の灰色の脳細胞がフル回転をしている
どうやら自撃ちの女神様は村の役職を掠め取るような真似はしなかったらしい
実に結構!」
高槻やよい 「うっうー!!伊織ちゃん、一緒に頑張ろうね
わたしも、もやし炒めて応援してるよ>伊織ちゃん」
貴瑠子 「おや、出てきてくださいましたか。これはこれは、ありがとうございます」
道明寺歌鈴 「3-1-2進行ですねっ
今日はともかくグレランでしょうかっ」
水瀬伊織 「ふむふむ、霊能も共有、春香と雪華綺晶ね。了解っと。FOはもちろんグッド。
あとは、対抗二人か」
やらない夫 「3-1-2、○進行確定
展開がスムーズで実に常識的だろ、じゃあグレランを頼む」
如月千早 「とりあえず3-1-1をみて
矢は役職に刺さって無いっぽいっていうのはよくわからないけど」
天海春香 「3-1の○進行って久しぶりな気がしますね
ただ恋人がいるのがクセモノですけど」
貴瑠子 「あぁ、潜られている共有者様 灰におられて私の○を貰っても知りませんよ?」
雪華綺晶 「相方春香さんで合ってます」
球磨川禊 「『あっはっは』『ごめんごめん』>道明寺さんやらない夫」
寺生まれのT 「スタンド使いか、これは珍しいものを見たな」
輿水幸子 「占いが三人と霊脳と共有も二人ですね、まあ安定のグレランですかね!」
道明寺歌鈴 「共有のお二人了解しましたよっ」
黒川千秋 「全員出てこれる人は出てきたわね?
それじゃあグレランよ」
菊地真 「3-1-2になる、と。じゃあ安心だね。」
寺生まれのT 「天海クン、君のそばに半透明の少女が見えるが」
徳川吉宗 「んん、占い3か。4かと思ったが球磨川殿の戯れ、か。

ふむ、3-1-2という形。悪くない」
高槻やよい 「うっうー!!3-1なら、占い霊能が恋人になってるって可能性は
排除できそうですね」
球磨川禊 「『やだなあ』『誰か勘違いして相互とか言ってくれるかと思ったのに』」
菊地真 「3-1-1……ひとまず矢は役職に刺さって無い感じかな?
伏せてる方の共有がちょっと怖いかな、ってくらいだけど共有なら噛まれるよね。」
やらない夫 「球磨川…紛らわしいことしないでほしいだろ…」
天海春香 「相方、きらきーちゃんです」
貴瑠子 「はいはい・・・対抗は二匹・・・ならば定石通り詰めればよしと
なんとも温い斬り合いですこと・・・」
水瀬伊織 「ほっ、よかった。やよいは味方のようね。私今凄いモチベーションあがったわ」
寺生まれのT 「だが、どうやら不届きな賊は追い払えなかったようだな
生きている人間が相手となるとさすがの私とて万能というわけにはいかん
わかるかね?」
星井美希 「んー、占い師が3人、普通に考えれば真狂狼ってところだね。
こうなると恋人が占い師を持っていった可能性は低いかな?」
道明寺歌鈴 「ふええっ、球磨川さんは霊能でいいんですよね?」
天海春香 「はーい、それじゃ共有COですよ!」
如月千早 「ま、そういうお茶目はきらいじゃないわ」
やらない夫 「対抗は二人か、○進行と
なら霊能と共有も出てきてくれ」
徳川吉宗 「ふむ、占い衆は2、と。丸進行ならば霊能、共有もfoでよいだろう」
球磨川禊 「理由 『嘘だけど何か?』」
ミク 「ペロ
これは、真恋人潜伏2騙り」
高槻やよい 「伊織ちゃん、盲信!!」
黒川千秋 「占いは3人ね
じゃあ霊能と共有もさっさと出る!」
雪華綺晶 「共有coします
相方は生存ですわ」
天海春香 「3-1かな?○ばっかりだね」
道明寺歌鈴 「占いは3でしょうかね?」
水瀬伊織 「理由
まぁ、やよいよね。まずは。常識よ常識。
やよいが敵か味方かは最重要要素だもの。」
如月千早 「おはようございます」
輿水幸子 「ところで役職さんはどなたですかね?」
寺生まれのT 「・・・ふんっ、この私を矢で狙うとは不届きな輩もいたものだ

もちろん全員追い払ってやったよ、他愛のない!
少し驚かしただけでご覧の有様だ!」
貴瑠子 「いえ、髪形にあいでんてぃてぃの被りを感じましたので。
しかし羨ましゅうございます・・・
私の髪はまるで墨を塗ったような醜い黒・・・
あぁ、羨ましい・・・」
雪華綺晶 「おはようございます」
球磨川禊 「『占いCO 四条管理人◎』『嘘嘘』
『霊能COだよ』」
ミク 「スシ食いねェ!」
星井美希 「あぁ、おはようなの
さくさくとね」
やらない夫 「占い理由:
初手は隣占いだろ、常識的に考えて
隣が一人しかいないと対応されにくい理由でいいな」
水瀬伊織 「占いCO 高槻やよい○」
徳川吉宗 「うむ。よい朝だ。

さて? 人外どもめらの他にも女神なる者が紛れ込んでおるという。
恋人の事を考えると、例えCO者であっても信頼はそうそうにはできぬ」
寺生まれのT 「破ぁっ!」
天海春香 「おはようございます」
菊地真 「おっはよー!」
やらない夫 「占いCO 星井美希○」
貴瑠子 「占い師を宣言いたします。黒川千秋様、○」
輿水幸子 「おやおはようございます」
高槻やよい 「うっうー!!おはようございます」
道明寺歌鈴 「おはようございますっ!
そういえば女神入りでしたね、飛び込んでから気が付きましたよ…ははは
…気を取り直して占いはCOをお願いしますっ」
球磨川禊 「『やあ』『みんなおはよう』
『今日もいい天気だね』『台風来るとか聞いたけどね!』」
黒川千秋 「おはようよ
占いはさっさと出てきなさい」
ミク 「すっしっくっいっねー
すっしっくっいっねー」
「◆四条管理人 お、恐ろしや・・・?>該当者」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
四条管理人さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
四条管理人 は無残な姿で発見されました
「◆四条管理人 私は天上から」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆四条管理人 自分刺しのみでございます。
最適なバランスを模索しているのですが・・・>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆四条管理人 私の村はAAは許可ですが、節度はお守りいただきたく存じます」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆四条管理人 配役への文句はPHPに・・・みんなしておられますね」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆四条管理人 四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能です)
■共有の囁きは聞こえません」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1 女神1
ゲーム開始:2012/10/03 (Wed) 22:50:33
菊地真 「1」
菊地真 「2」
菊地真 「3」
四条管理人 「ありですね>春香」
菊地真 「でははじめるよー 3カウントだけ待つ!」
寺生まれのT 「アイドルに貧乏な思いをさせる事務所がいけないのだ!>星井美希」
球磨川禊 「『やだなあ、エライ人だからこそ』『語る意味があるんじゃないか』>徳川」
輿水幸子 「 」
天海春香 「貴音さん、中身アリですか?」
水瀬伊織 「ちょっと祓いすぎでしょwww」
星井美希 「貧乏をバカにするとやよいにボコられるよ?>真っ黒な人」
道明寺歌鈴 「マヨネーズ入りですって……」
球磨川禊 「『正直17恋人入りは』『マゾゲーな気がするけど』
『みんな好きだね』」
四条管理人 「私はまだここに>春香」
寺生まれのT 「破ぁっ! 破ぁっ! 破ぁ――――――!」
徳川吉宗 「なんと余の祖先、英霊様を騙るとは不届き千万!>球磨川殿」
寺生まれのT 「なんだというのだね、この貧乏プロダクションは!
いったいどれだけ心霊スポットなのだ!」
貴瑠子 「まだ準備中なのです・・・>真」
高槻やよい 「あれ?埋まった?GMさんが来たことじゃないんですね」
四条管理人 「埋まりました、ありがたく思います」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 貴瑠子
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 301 (キル子)」
菊地真 「ってあれ開始投票してよーw」
寺生まれのT 「おっとこれは失礼破ぁっっっっ!!!>雪華綺晶」
球磨川禊 「『やれやれ』『賑やかしにきただけなのに』
『騒がしくなりそうだね?』」
天海春香 「12~13人で止まりそうな時に
このルールを貼ると16人集まるんですよね、不思議なことに」
星井美希 「えぇと・・・うん・・・たぶん、大丈夫だと思うの・・・たぶん」
徳川吉宗 「待たれぃ! まだ準備が出来ておらぬものがおる!>まこと殿」
菊地真 「1-」
徳川吉宗 「いや埋まったのはよいが、こう、心臓に悪いのぅ本当に」
菊地真 「2-」
輿水幸子 「ははは普通に埋まりましたね
でもやはり来るならもう少し早くしてほしいですね」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 四条管理人
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 750 (アニマス・四条貴音02)」
水瀬伊織 「まったく、ずざーは嗜みってこと?ま、いいんじゃない」
高槻やよい 「わー、さすが伊織ちゃん、私も一緒にオーレー!!>伊織ちゃん」
球磨川禊 「『ご丁寧ににどうも』『徳川3代将軍です』>徳川」
如月千早 「よろしく」
黒川千秋 「流石のズサーね
もっと早く入ればいいのに」
道明寺歌鈴 「とと、こんばんはっ!」
徳川吉宗 「よいズサーっぷりよ! 褒めて遣わす!!>ズサー衆」
ミク 「ざざざざざーっと入ってきましたね」
如月千早 「如月千早 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 89 (如月千早02) → No. 732 (アニマス・如月千早01)」
GM 「・・・あれっ」
道明寺歌鈴 さんが入場しました
kari 「これで出るよな?」
水瀬伊織 「あと少しよー?」
菊地真 「3-」
星井美希 「これはもう普通の狂信者村になったの
13人も面白いと思ったんだけどな、美希は」
徳川吉宗 「よくぞ参られた。歓迎致す>千早殿」
球磨川禊 「『いきなりひどいな』『僕は幽霊とかじゃないよ?』>寺生まれ」
kari さんが入場しました
雪華綺晶 さんが入場しました
菊地真 「4-」
徳川吉宗 「バランスなぞどうとでもよいわぁ!(キリッ」
寺生まれのT 「危ないところだったな、またアイドルの魅力に憑かれた怨霊が迷い込んできたか」
如月千早 さんが入場しました
高槻やよい 「あれ?これってえーっと??どういうルールなんです??」
星井美希 「あぁ、これで恋人が出てきたわけだね」
徳川吉宗 「よくぞ参られた。歓迎致す>球磨川殿」
水瀬伊織 「まあ、アイドルなわけだし。歌っれ踊ってオーレ!なんてね>やよい」
GM 「13人だとバランスががが!」
寺生まれのT 「破ぁっっ!>球磨川」
輿水幸子 「ズザータイムですかね?」
GM 「あ、GM降りる準備します」
菊地真 「カウントするよー 5-」
徳川吉宗 「ふむ、それは残念至極。まあ世代の差もあるでな。仕方あるまい>伊織殿」
球磨川禊
                   ,ィ=‐
              ,ィ777チ777>、
             イ////////////ヽ、
               ハ////ハ///l、l//,l//ヽ、
            l/////l‐lトミ|、|ヽ////ミ=-     『やあ』『よろしくね?』
            ノ/////|` ` ヽ!  リ.|//ト、
            从f.Y:ト| 、_`,.  、__!」;ハl、     『全国90兆人のファンを持つアイドルの登場だよ』
             ´ ト|-、  ̄ .l  l/.  ハ
              __,l| ヽ、―‐ .イ|;;;,  , l     『嘘だけど』『人類そんな数いないけどね』
                ,|、`ー--`ー_チ |;' |  lハ
           _,.イ///777] Y「77,'|;; |  lハ
         ,r=チ//////////,L」///,l;;;;l;;,  V,;ヽ
         |/ヽ`ヽ/////////○//,l .l;;;;,, .V.ハ
         |,|//ヽ,'ヽ////////////; l''   V .〉
       fチl!///ハ l'//////////'';;;; |    l;/!
       |≧ミ=-チ!|//////////`zz'|__   / |
       ///////Vミ////////○///|l/ミ=イ//リ
        ///////,ハV/////////////|ヽ/////
      .////////  ∨////////////l、` ̄´
     ////////    〉////////○//ハ、
    .////////    l///////////////l
   ////////    ///////////r‐v//ハ」
菊地真 「じゃあ始めるけどいいねー?」
球磨川禊 さんが入場しました
寺生まれのT 「紹介しよう!
我がプロジェクト・フェアリーの中核を成す(予定の)星井美希クンだッ!」
GM 「なんにせよ時間ですから、始めましょう!」
天海春香 「17人揃うのが理想ですよ、もちろん>GMさん」
星井美希 「ねむねむなの>えらそうな人」
水瀬伊織 「んー、見たことないわねえ、また聞きしたことはあっても>徳川」
GM 「いらっしゃいませ!」
徳川吉宗 「よくぞ参られた。歓迎致す!>美希殿」
寺生まれのT 「悪いことは言わないから今すぐ事務所を移りたまえ>菊地クン
我が961プロダクションでは最新鋭の設備と最高級のプロデューサー陣が常に万全の構えでスタンダップ・トゥ・ザ・ビクトリーなのだよ!」
星井美希 「ふわぁ・・・」
徳川吉宗 「ふむ、仕方あるまい、か。
真紅鯖で普通村が建っておらぬから埋まると思うたが」
黒川千秋 「ただいま」
ミク 「享有が死亡した場合、告知はあるんですかね?」
GM 「それをきちんとした女神でできないか?というのが今の考えだったり>春香さん」
星井美希 さんが入場しました
天海春香 「13人のときのローカルルール、いちおう貼っておきますね
採用するかどうかはGMさん次第ですけど」
高槻やよい 「うっうー、伊織ちゃんもオーレー!!って騒いだりするんだね>伊織ちゃん」
天海春香 「※13人共有恋人ルール
 
 13人村のときだけの特殊ルールで
 共有の2人を恋人陣営として扱います(共有による騙りCOもアリ)
 
 すなわち
  1.村陣営
  2.狼陣営
  3.恋人陣営
 の3つの勢力の戦いになります
 
・各陣営の勝利条件
  1.村陣営 :『通常の勝利条件』&『共有の片方(もしくは両方)を死亡させること』
  2.狼陣営 :『通常の勝利条件』&『共有の片方(もしくは両方)を死亡させること』
  3.恋人陣営:『共有2人とも生存して村終了』
     共有の相方が死んでも後追いはありません。負け確定のまま生き続けましょう。 

・初日犠牲者が共有だった場合
  恋人陣営は不在です
  共有は村人陣営扱いとなり、CO禁止です
  この場合、他のプレイヤーは恋人陣営不在を知らないまま戦うことになります」
徳川吉宗 「余が好きな時代劇は、そうさな。
遠山、桃太郎侍、黄門、仕事人、3匹が斬る、剣客商売、八丁堀、鬼平犯科帳。
こんな具合であるな。もちろん、余自身の番組も含まれておる>伊織殿

この内幾つかでも見ておられたのであれば余としても嬉しい事この上なし」
GM 「これは11人村っぽく・・・っ」
菊地真 「急に胡散臭くなったよTさん?!」
寺生まれのT 「事実を事実のままに言っただけだ>菊地クン
そもそも、キミ達のような才能あるアイドルがいつまでたっても売れないのはなぜだと思う?

高木が無能だからか?
それもあるだろう、だが一番の問題は風水なのだよ!」
菊地真 「いわくつき物件……失礼な……」
寺生まれのT 「ふむ、どうやらここにはよくないものが集まっているようだ
やれやれ、高木の間抜けめ、よほどのいわくつき物件を買ってしまったらしいな」
徳川吉宗 「うむ。春香殿の言う通り。
画面の前の諸君! 女神村だからといって臆する事はないぞ!」
高槻やよい 「もー、プロデューサーが変な仕事とってくるからだね
真さんってっそういう心霊系は苦手だっていってるのに>真さん」
水瀬伊織 「べ、別にそこまでじゃないけどね!>徳川
そうね、リズム感もいいし>やよい」
徳川吉宗 「何やら様々なハプニングが置きそうなとらぶるであるのぅ>みく殿」
菊地真 「ボクにもよくわからない…>>やよい」
天海春香 「11人で打ち止めなのかなあ?
もっとみんな来ていいんですよ?」
水瀬伊織 「>破、邪ッ、ッチェリアアア。そうねwww
この払い方はインターナショナルでハイソサエティーねwwww>T」
徳川吉宗 「ええいお主、日本語で喋らんか! 横文字なぞ読めたものではないわ!>てぃー殿」
高槻やよい 「うっうー、生の将軍さんのサンバだー!!」
ミク 「投票しておこっと
これから多分席を外す事もToLoveる以外ではないと思うので」
高槻やよい 「えっと、真さんは心霊番組に出演してるのかな??」
徳川吉宗
                _, ._                   
              ィ'ロフ⌒ゞヽ           {二二_¨¨7 
             fミリ    }ミ`、           ,へ/ ./ 
             {jf'.ニ、.f'ニ^iシ}             \__ >   では待機の間、ここで余興として
             ゞ ィ、_ト  レj      ┌i ┌i  ,-、,-、 .,-、 
              ハ ゞニア ノド、_ 人  {二 二 二}ヽ-`-゙/ ./  
            ,..- '゙。 ゞ、≡//x:`Y´、 凵_j |  、─ ' ノ   
     ,-.、   /*:x・'┼゚ ゞ/(~)_..:::..::x.X  匚..,,ノ   ,ニ ´     一曲をば……
    _,ノミ}ハ / X..|。.::*.+゚// `ヒ \...*  く~> ,.へ ノ ,_ ̄二}  
  / iゞ_ノY人。.:x|・.'゚x。'゙//::+`ゞ  人※   _/ / `¨_ノ ノ   
 / X | /:x`Y´, 。|.::・'゚。/./::*.+∧ゞ `、o:: ゞ_,/   ヽ- '゙    
 !:x・人,レ'::::+::・ix: ・|::x../ /.x,/..゚。:..:ハ. ハ x ,ヘ r-ロロ く~> ,.へ  
 l  `Y´。.:x・'..xl..::x..l//,/..:::.::x.。.l八/:::i / .ハ. ヽ、 _/ /  
 ゞ、X 。.::*:;+:;:。''xトく;;ノ_..:::x.::...+。l.*ハ、j〈_/...X 廴.>ゞ_,/   
   }。.:+:*...:::...::x..:/  / /~`7''ァ‐ィハ:;:。''x:::.: /          
  j;:;+:;x:;:。''x-.. /⊥∠ノ ,ノ ノ ノ|Y※:::.::x.。/.          
  i:+:。*x:;%..。/ゞ:x・ゞ|` ̄`;'─ヶ-|:;%..。:;:。'/            
  `ー- -一'   `Y´゙|;;'‐、'`''ー-、,`ー-、イ             
               |:+:|・。 ヽ、X 。.::*               
                                      」
寺生まれのT 「私は確かに寺生まれだがあんな古くてナンセンスな場所に囚われるような男ではないのだよキミィ>水瀬クン
今や時代はインターナショナルでハイソサエティーなのだ、ドゥーユーアンダースタン?」
菊地真 「よ、よくわからないけどありがとうございます・・・?」
高槻やよい 「結構、意外なノリがあって、楽しいよねー>伊織ちゃん」
徳川吉宗 「光圀公の番組か。そなたは時代劇好きと見える>伊織殿」
寺生まれのT 「・・・ふぅ、危ないところだったね菊地クン
よくないものが憑いて来てしまっていたようだ、まったく気をつけたまえ!

君の魅力に惹かれて集まるのは健全なファンだけとは限らんのだよ!」
水瀬伊織 「あら、ありがと、にひひっ♪わかってるじゃない>徳川」
高槻やよい 「はーい、春香さんにそう言ってもらえるように頑張ります>春香さん」
徳川吉宗 「うむ、GM殿の思いのままに。
ズサーを期待してもよいやもしれぬが。」
水瀬伊織 「きちんとしてるわねぇ。水戸黄門だと入浴シーンがあったけど>将軍
ええ、執事が聞いてて知ったの>やよい」
菊地真 「(ビクッ」
寺生まれのT
                                    i      从⌒゙ヽ,
        _人人人人人人人人人人人_        ,; |i 、、)iリ,/,⌒ヾ, |!
       >   邪ッ           <          .ヽミミ川彡;';、人 l!
       >    ッチェリアアアァッ  <、.      从~彡|'光'|ミミ ,〉 k
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄       γ゙    ハロハ/ 〈,k_ノ
                                 (    ハ.,_,ノ~r
                                 )'‐-‐'l   γ´⌒゙ヽ、
                              ,、-ー''(    |!~、,il      ゝ、
                            γ    |!   〈   ヽ ミ、    丿
                           ゝ (     |  ノ  _,,,..、,,ゝ、 _,.イ  /
                        \'´  γ゙ヽ.,_  ) ゙|! ̄    ̄~゙il γ⌒ヽ`(/
                        Σ    ゝ.,__゙゙'k{  ヾ /      !、,___丿 て」
徳川吉宗 「よくぞ参られた。歓迎致す>やらない夫」
寺生まれのT 「破ぁっっっ!!!」
徳川吉宗 「ふむ、余の曲を聞いてくれておったと申すか。
誠に嬉しいものよ。では、あるばむをそなたに送ろう。余からの贈り物である>伊織殿」
GM 「いらっしゃいませ!」
やらない夫 「よろしくだろ」
やらない夫 さんが入場しました
高槻やよい 「帰ったら、お父さんに自慢するんですよ、うっうー>吉宗さん」
GM 「ところで30分ですが、女神諦めてGM降りて・・・で行きますか?
それとも待ちますか?」
輿水幸子 「某所ではとある追加ルールのため共有が恋人化する羽目になったところがありましたね…」
菊地真 「はい?>>Tさん」
高槻やよい 「あー、将軍様のサンバだね、伊織ちゃんも聞いてたんだね>伊織ちゃん」
寺生まれのT 「菊地クン、こちらに来たまえ
今、君の肩に・・・」
水瀬伊織 「寺生まれってすごいってセリフはよほどのことしないと言わないわよ?
伊織ちゃんそごまで甘くないの」
天海春香 「変なのは私のほうだから、やよいはいつまでも可愛いままでいてね>やよい」
徳川吉宗 「うむ。健全将軍吉宗である。時代劇は全年齢対応也>伊織殿」
GM 「いえ、流石に事務所にアルコールはおいておけませんので・・・>Tさん」
寺生まれのT 「――むっ?」
高槻やよい 「はーい、なんか変なこと言ったのかと思って心配しちゃいました>春香さん」
天海春香 「人数が揃わない頃に『13人共有恋人ルール』ってのを試験的に導入したことはあるけどね>GM」
寺生まれのT 「とりあえずマティーニを>GM
いくら貧乏プロダクションでも、そのくらいは当然あるのだろう?」
水瀬伊織 「天下の将軍にしては健全ねw感心感心ww>徳川」
高槻やよい 「社長は社長でも、黒井社長みたいだね」
徳川吉宗 「よくぞ参られたT殿。歓迎致す」
菊地真 「Tさんはそんなこと言わない!(偏見)」
菊地真 「高木社長かと思ったら黒井社長の方だった…」
徳川吉宗 「うむ、喜んでもらえて何よりだ>やよい殿」
寺生まれのT 「社長? ノンノン、私のことはT先輩と呼び給え>菊地クン
親しみを込めてTさん、でも構わんよ」
水瀬伊織 「んー、やよいが貰うなら私も貰おうかしら。そうね。あのサンバCDにでも>やよい」
天海春香 「え?うん、あ、気にしなくていいよ>やよい」
徳川吉宗 「ふむ、気を悪くしたのであれば、この吉宗、いつでも頭を下げよう。

そして弁明させてもらうと、余にとってのイチャコラは膝枕ぐらいな感じである>伊織殿」
GM 「たとえば13人とか14人で女神村とかワンチャンある気がしません?しない?」
高槻やよい 「うっうー!!ありがとうございます>吉宗さん」
寺生まれのT 「ふん、随分と安っぽい作りだ
これだから貧乏プロダクションは困る、まったくなっちゃいない!」
高槻やよい 「何か私、変なこといいました??>春香さん」
菊地真 「社長なにやってるの…?」
寺生まれのT 「ウィ、ここが次の収録現場かね」
GM 「いらっしゃいませ!」
寺生まれのT さんが入場しました
GM 「17人だったかな・・・>真さん」
水瀬伊織 「そうね。合法って言葉が本気すぎる気がしたんだけど全部ジョークだったのね。
でも合法って言っても限度があると思うのよ。>徳川」
徳川吉宗 「そうかそうか。しらかばしばし待たれよ>やよい殿

爺! 筆を硯を持てぃ!」
高槻やよい 「>伊織ちゃん
うっうー!!あの有名な時代劇の収録見れるなんて思わなかったよ
伊織ちゃんも、サインもらう?」
菊地真 「女神出現って何人からになるの?」
天海春香 「◇高槻やよい 「はい、できれば入れてくれると嬉しいです!!>吉宗さん」
 
・・・これは・・・聞き方によってはなんとも言えないセリフだよね?」
徳川吉宗 「余が分身できればよいのだが>GM殿」
徳川吉宗 「余の第一声については、ほれ、ちょっとした、じょぉく、みたいなものよ>伊織殿」
GM 「次回あたり、22人でやってみようかなとか思っていたのですが・・・
集まらないのが目に見えてうごごご」
高槻やよい 「はい、できれば入れてくれると嬉しいです!!>吉宗さん」
天海春香 「うん、将軍が女神になりそうだよね、これ>真」
黒川千秋 「というわけでちょっと離席
始まるころには戻ってくるわ」
徳川吉宗 「よくぞ参られた。歓迎致す>千秋殿」
水瀬伊織 「あ、収録なの?私完全なダメな方の将軍イメージしてたわ。
へー、暴れん坊将軍の収録なんて貴重ねー>やよい」
GM 「いらっしゃいませ!」
徳川吉宗 「うむ、よい。そなたへの名前も書けばよろしいか?>やよい殿」
輿水幸子 「千秋さんよろしくですよ」
菊地真 「上様軸でCPかー…」
徳川吉宗 「余も歌って踊れる故、あいどるを名乗っても構わぬ、と
かしこきところからのお達しがあった。
なので余もこれにて全力であいどるとして頑張る所存」
輿水幸子 「今日は珍しく765の人が多いですねぇ>GMさん」
高槻やよい 「吉宗さん、すいませんサインもらっていいですか?>吉宗さん」
黒川千秋 「よろしくよ」
黒川千秋 さんが入場しました
徳川吉宗 「あれは余の戯れよ>まこと殿」
水瀬伊織 「第一声から下心満載ね。いらっしゃい」
GM 「(久しぶりにアイドル村っぽい)」
高槻やよい 「>伊織ちゃん
わー!?すごいよ、伊織ちゃん
暴れん坊将軍の収録やってるよ!!」
天海春香 「こんなとこでイチャイチャしなくても、大奥ですればいいじゃないですか>吉宗さん」
菊地真 「吹いたら打ち首シリーズ・・・?」
GM 「いらっしゃいませ!」
徳川吉宗 「うむ。よろしく頼む。下心なぞは持っておらぬよ?」
徳川吉宗
           ,--、、,,,,,,,,,,,,,,,,          
             {::::::::}三三三ミミミ`、、     
            >ー-"'" ⌒,,ィシヽミミiミミ 、   
         /     三彡彡彡ィ`、ミミミ`、    合法的にアイドルと
        /      シ彡彡彡彡ノ'ヽミミミ`、  
        ,'        ,三彡彡彡彡彡ソ,ー--'  
          l    _ _ """'彡彡彡彡彡ノi      イチャコラ出来ると耳にして(キリッ
       {;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - 、ノノi     
          kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ}彡i     
.        レ'  ..      シ彡' )ァ' /彡'    
       {_,,,、 ;、      シ彡 ニンミミ{      
        l         '''"::.   彡ミi     
         ! ̄"`     ...:::::::: ノ""{      
        l    .......:::::::::  /   \_   
        `''ー- 、::::    /     /    
         _,..-'ト、   /     /     
       , -'" /  |l:   /    /      
     /  //  i| l ,/    /  ()     
    / () //   | l//     /         
    / / // ()  | /     /          
                             
                             」
徳川吉宗 さんが入場しました
菊地真 「来た人やっほー」
高槻やよい 「今日のオーディション会場はここだって、聞いてやってきましたー
>春香さん・伊織ちゃん」
水瀬伊織 「あら、やよい、いらっしゃい」
GM 「いらっしゃいませー!」
天海春香 「いやミクちゃん、それ死ぬから…」
天海春香 「いらっしゃい、やよい」
ミク 「大丈夫ですよー
ちょっと2リットルばかし献血してきたあとなので」
高槻やよい 「うっうー、みなさんよろしくお願いしまーす」
高槻やよい さんが入場しました
GM 「いらっしゃいませ!」
天海春香 「ミクちゃん、顔色悪いけど大丈夫?」
水瀬伊織 「いらっしゃい」
ミク 「ミクダヨー」
ミク さんが入場しました
水瀬伊織 「いいじゃない。ピンク可愛いでしょ」
GM 「そういえば私たち以外赤系ですね・・・」
天海春香 「真もピンクゾーンに来ればいいよ」
菊地真 「ただい・・・なんかすごくピンク!」
天海春香 「伊織もいらっしゃい!」
水瀬伊織 「よろしくおねがいするわね?」
GM 「いらっしゃいませ!」
GM 「集まれ・・・集まれ・・・集まって・・・っ(ねんぶつ」
水瀬伊織 さんが入場しました
天海春香 「イチャイチャできると聞いてやってきましたよ
真も幸子ちゃんもよろしくね」
GM 「いらっしゃいませ!」
天海春香 「こんばんわっほい」
輿水幸子 「それじゃあ人が来るまでボクはゆっくりしてましょうかね」
天海春香 さんが入場しました
菊地真 「そしてさっそくで悪いけどちょっとお手洗いに。」
輿水幸子 「こんばんは
今日も可愛いボクですよ!」
菊地真 「どもー」
GM 「お二人共いらっしゃいませ!」
GM 「30分に人数確認を行い,
45分には人数に関わらず開始します」
輿水幸子 さんが入場しました
GM 「・女神が登場します。初日に二人を選択し、陣営を「恋人」に変更します。(今回は自分を必ず選択してください。)「恋人」が両方生存すれば勝利となります。一方が死亡した場合、もう一方は自殺します。また、夜に恋人同士で会話できます」
菊地真 さんが入場しました
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能です)
■共有の囁きは聞こえません
■これから毎日初心者歓迎ですよ、歓迎!」
GM 「禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 占いCOの発言は一行の占い結果のみ。占い理由はそれ以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php」
村作成:2012/10/03 (Wed) 22:01:54