←戻る
【劇場144】劇場公演 土曜の部村 [171番地]
~絢爛舞踏会~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5
icon 武田GM
(生存中)
icon 水谷絵理
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
icon 日高愛
(生存中)
icon ギコ
(生存中)
icon 命蓮寺の白き聖人
(生存中)
icon 市原仁奈
(生存中)
icon ユウちゃん
(生存中)
icon 向井拓海
(生存中)
icon 風見幽香
(生存中)
icon ワリオ様
(生存中)
icon QBP
(生存中)
icon 脇山珠美
(生存中)
icon 七夜志貴
(生存中)
icon 貞子
(生存中)
icon 星威岳哀牙
(生存中)
村作成:2012/10/06 (Sat) 22:00:28
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 占いCOの発言は一行の占い結果のみ。占い理由はそれ以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能です)
■共有の囁きは聞こえません
■これから毎日初心者歓迎ですよ、歓迎!」
GM 「本日は、代理の者がGMをさせていただきます!
さぁ今宵もアイドル達と絢爛な舞踏を踊りませんか!?」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 武田GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 125 (武田蒼一)」
武田GM 「そう!僕だ!
それでは暫し人が集まるのを待つとしようか」
武田GM 「開始はそうだね何時もの如く30分、後は様子をみつつ40~45分には開催したいね」
水谷絵理 さんが入場しました
水谷絵理 「そう、僕だ!」
武田GM 「やぁ、絵理君ようこそ 一番乗りだね」
水谷絵理 「こんばんわんこ?」
水谷絵理 「イチバーン!」
武田GM 「まだ他に誰も来ていなくてね、ゆっくりくつろいでいたまえ」
水谷絵理 「連休はじまったばかりだから、のんびり待つ?」
武田GM 「そうだね、他に3-4村が同時進行だからね
こちらに人が集まらないのも必然というべきかな?」
水谷絵理 「今日のGMは、ぷかちゃんじゃないんだね?
代わりのお仕事ありがとう」
水谷絵理 「3P、4P、当たり前?」
武田GM 「ああ、彼女の代理でね僕が立候補したのさ
もしかしたら、明日も建てるかもしれないね」
高槻やよい さんが入場しました
高槻やよい 「うっうー」
水谷絵理 「股間が立候補しちゃう系?」
高槻やよい 「ちょっと離席してるー」
水谷絵理 「やよいさん、こんばんは」
武田GM 「やぁ、ようこそ
人の集まりがゆっくりなので、暫く寛いでくれたまえ>やよい君」
高槻やよい 「こんばんわだよー>GM&絵里ちゃん」
水谷絵理 「ゆっくりしていってね?」
水谷絵理 「やよいさん、かわいい・・・」
武田GM 「さて、これでは11人も集まるか不安になってきたね」
水谷絵理 「オレオを牛乳に浸して食べる作業・・・」
水谷絵理 「こじんまる?>武田さん」
武田GM 「少し宣伝してくるとしようか」
武田GM 「こじんまりとも言えないぐらいだね>絵理君」
水谷絵理 「30分過ぎてからのラッシュに期待?」
四条貴音 さんが入場しました
武田GM 「何時もそのぐらいからが本番だからね」
水谷絵理 「最近、替え歌がさっぱり浮かばない・・・もう、限界なのかな?」
四条貴音 「宜しくお願いしますわ」
武田GM 「やぁ、貴音君ようこそ」
水谷絵理 「本番アリなら、お客もいっぱい?>武田さん」
水谷絵理 「いらっしゃいましょ?
目が面白いことになってる?>貴音さん」
武田GM 「演技まで本番と同じか・・・・
それは中々に厳しいと思うがそうなれば集客率は上がるだろうね>絵理君」
四条貴音 「からぁこんたくとなるものをいれてみましたの>水谷様」
水谷絵理 「カラーコンタクトっていうか、オレオっぽい?>貴音さん」
日高愛 さんが入場しました
日高愛 「よろしくおねがいしまーす!!」
水谷絵理 「愛ちゃん、いらっしゃい」
ギコ さんが入場しました
ギコ 「6ゲットズサー」
四条貴音 「いらっしゃいませ」
水谷絵理 「ギコさんも、いらっしゃい?」
武田GM 「愛君もようこそだ
今日は人の集まりが悪くてね、少しほっとしたよ」
ギコ 「よろしく頼む。(砂を払いながら」
日高愛 「武田さん、絵理さん、やよいさん、高音さん、ギコさん、
よろしくおねがいします!!」
命蓮寺の白き聖人 さんが入場しました
命蓮寺の白き聖人 「こんばんは」
四条貴音 「目からオレオ…斬新ですわね(ぽろっ」
市原仁奈 さんが入場しました
武田GM 「今日はまた違った客人達が多いね
それも悪くはないかな?」
水谷絵理 「クリームがはさんであるから、おいしいよ?>貴音さん」
市原仁奈 「狼の気持ちになるですよ」
日高愛 「こんばんはー!!>聖人さん」
ユウちゃん さんが入場しました
武田GM 「市原君も良く来てくれた
暫く待ってくれたまえ」
水谷絵理 「なんだか長い名前の人と、仁奈ちゃん、いらっしゃい?」
ユウちゃん 「うらめしや~!」
市原仁奈 「おねげーするでごぜーますですよ」
川島瑞樹 さんが入場しました
水谷絵理 「30分になる前に、にょろにょろと人がやってきてうれしい?」
川島瑞樹 「こんばんは。
いい夜ね」
日高愛 「時間ギリギリになると、増えるね>絵理さん」
武田GM 「川島もようこそだ
これなら12人スタートは見込めそうだね」
四条貴音 「美味しいのはいいですね(もしゃもしゃ」
かり さんが入場しました
水谷絵理 「村人が増えるよ!
やったね、愛ちゃん!」
かり 「こんばんは」
市原仁奈 「絵理おねーさんが喜んでるのを見ると仁奈も嬉しくなるでごぜーますよ?」
日高愛 「やったね、絵理さん!!」
ワリオ様 さんが入場しました
武田GM 「ようこそ、暫くゆっくりしたまえ」
川島瑞樹 「んー。いえ、ダメね、これじゃ私の大人の魅力が活かせないわ。」
ワリオ様 「オレだよ!ワリオだよ!!」
ギコ 「うお、なにかすごいのが来たぞ!?」
QBP さんが入場しました
日高愛 「大人の魅力?>瑞樹さん」
QBP 「僕と契約して、トップアイドルになってよ!」
ワリオ様 「滑り込みだよ!ガッハッハ!」
脇山珠美 さんが入場しました
武田GM 「おや、見慣れぬ顔だね
まぁ参加者には違いないね、宜しく頼む>ワリオ」
kori さんが入場しました
貞子 さんが入場しました
星威岳哀牙 さんが入場しました
貞子
      _______________       
      | _____________  |       
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |       
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |      怨霊アイドルの登場よ!
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |       
      | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;::::::::::::::| |       さー今日も元気に誰彼かまわず呪うわよー
      | |:::::::::::/ ̄ ̄ ̄`´    `ヽ:::::::| |       
      | |::::::::::|  :ill||||||||||ll: ,-‐‐、l::::::| |       
      |  ̄ ̄|  ||||||||||||||||「しi .l ll ̄  .|       
      | ̄「 ̄|  ||||||貞|||||||i ̄川リ ̄| ̄|       
      |_| ノ   ||||||||||||||||||     |_|       
        /    ||||||||||||||||||             
        /    /||||||||||||||||||              
       / ̄/ ̄ |||||||||||||||||              
       /  /    |l|l|l|l|l|l|l|l               
     / /    |l|l|l|l|l|l|ll               
    / ヘJ      l|l|l|l|l|l|l               
    ノ川        ||l||l||ll 」
脇山珠美 「よろしくお願いしますっ!」
水谷絵理 「この増え方は、ビックリ?
みんなよろしくね?」
貞子 「川д川 なんか一気に増えたわね!? うかうかしてたら
    漏れるところだったわ!? 呪うわよ!?」
ワリオ様 「ん~?とおもったら埋まったぞ!」
ギコ 「満員だな。よかったよかった」
星威岳哀牙 「むむ、ワタクシが最後ですと?
…まあいいでしょう。」
川島瑞樹 「川島瑞樹 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:川島瑞樹 → 向井拓海
アイコン:No. 879 (川島瑞樹) → No. 860 (向井拓海)」
武田GM 「おやおや、ここまで滑り込みが多いと
最初の数十分は何なのかと思ってしまうね!
さてそれでは準備ができたら開始投票をお願いしよう!」
日高愛 「じ、時間寸前で埋まるってすごいですね!!>絵理さん」
四条貴音 「おや、あっという間に満員に皆様よろしくお願いします」
命蓮寺の白き聖人 「埋まりましたね」
kori 「kori さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kori → ドクオ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 338 (ドクオ)」
QBP 「凄い勢いで埋まったね
僕も吃驚だよ」
ユウちゃん 「お~、幽霊仲間はっけ~ん!
よろしくだよ!>貞子」
高槻やよい 「うまったみたいですねー」
貞子 「……あら? 私と同じ幽霊の子がいるわね?

よろしく頼むわ!>ユウちゃん」
星威岳哀牙 「あいや、しばし待たれよ」
日高愛 「ユウちゃんって…幽霊だったんですか!?>ユウちゃん」
ドクオ 「……よろ」
向井拓海 「なんだ、あつまってんじゃねぇか」
ユウちゃん 「そして埋まったのです!
満員御礼感謝感激~♪」
ワリオ様 「ここまで集まったのもオレ様のカリスマのおかげだ!!」
貞子 「おっと、お仲間がいるんじゃ、このアイコンじゃカッコつかない
わよねぇ……ちょっと変えてくるわね?」
向井拓海 「……ガキばっかだなおい?
ここは託児所かなんかかよ?」
貞子 「貞子 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1003 (貞子02) → No. 997 (貞子01)」
日高愛 「ワリオさん…なんかにんにく臭いです…>ワリオさん」
ドクオ 「独身男性仲間は、いないですよねわかります。」
貞子 「川д川 呪いマース」
QBP 「ところで僕と契約してくれる子はいないのかい?」
ユウちゃん 「え~!? この白装束どこからどう見ても幽霊に決まってるじゃん!>愛」
ギコ 「……;」
命蓮寺の白き聖人 「あらあら」
貞子 「川д川 呪ってもいいなら契約してあげてもいいわよ?>QBちゃん」
ワリオ様 「ニンニクは常備だ!!オマエにもやろう!」
星威岳哀牙 「依頼は…この村に狼がいる、という事でしたな?
このアイガにお任せあれ、一晩で解決して見せましょうぞ」
日高愛 「てっきり、仁奈さんと同じく着ぐるみみたいなものかと思ってました>ユウちゃん」
QBP 「呪い、というがよくわからないけど、契約してくれるんだね!>貞子」
ギコ 「そういやかりは大丈夫か?」
武田GM 「所で、かり君は名前を考えてる最中なのだろうか?」
貞子 「川д川 同じ幽霊として、人を呪う尽くす怨霊として……
    頑張るわよ!>ユウちゃん」
市原仁奈 「遅れてもうしわけねーでごぜーます。
準備はできたですよ」
日高愛 「こ、これから収録があるんで、遠慮します!!>ワリオさん」
ギコ 「ごるぁごるぁ、のんびり待つぜ」
ワリオ様 「ん~!?寝てんのか?」
市原仁奈 「ユウちゃんは雪だるまみたいでごぜーます。
雪だるまの気持ちになるですか?」
貞子 「川д川 7日後に死ぬっていう呪いなんだけどね?
     それでもいいなら契約でもなんでもして怨霊魔法少女に
     なってあげるわ!>QBちゃん」
向井拓海 「ったくよ……たまに仕事が休みでバイク乗れると思ったらこれだぜ……
あいつァ、なに考えてんだ?」
水谷絵理 「準備できた?」
脇山珠美 「ニンニク食べればそんなに大きくなれるん…でしょうか?」
武田GM 「かり君の投票を確認したら、カウントをお願いするよ>絵理君」
水谷絵理 「えっと・・・かりの人、いくえふめい?」
貞子 「川д川 私の上の子がまだみたいよ!>絵里ちゃん」
星威岳哀牙 「ふむ、待てというなら待ちましょう…焦るのはあまりにミヤビに欠けますからな」
ユウちゃん 「着ぐるみじゃないよ! 足だって無いもん!>愛」
市原仁奈 「絵理おねーさんは開始の合図をしやがるんですね。
がんばってくだせー」
ユウちゃん 「お~♪>貞子」
ギコ 「どうするGM?いつまで待つか決めとくか?」
向井拓海 「んだ?
一人いねぇのか?」
QBP 「大丈夫
僕はスペアがあるからね>貞子」
ワリオ様 「ニンニクだけじゃ流石に食い足りないぞ!!
レバニラ10皿位いかないとな~!」
市原仁奈 「子供だってあそばねーといけねーでごぜーますよ?>たくみおねーさん」
命蓮寺の白き聖人 「反応がないようですが…」
水谷絵理 「がんばる>仁奈ちゃん」
貞子 「川д川 あらあら可愛いじゃないの>ユウちゃん
    私もこういう可愛い時期があったのよねぇ……(しみじみ」
ドクオ 「ドクオ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ドクオ → 七夜志貴
アイコン:No. 338 (ドクオ) → No. 415 (七夜志貴)」
武田GM 「RPを決めているのかもしれないからね
暫く待とう40分までに動きが無かったら、申し訳ないが
蹴らしてもらうよ」
ギコ 「了解だ」
市原仁奈 「無理をしないようにすると良いでごぜーますよ>絵理おねーさん」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 風見幽香
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 229 (風見幽香)」
貞子 「川д川 あら、それなら呪いたい放題って訳ね? 呪い甲斐がないわねぇ>QBちゃん」
ワリオ様 「ワリオキックで追い出していいのか!?
ワリオパンチでもワリオヒップでもいいぞ!!」
ギコ 「お、生きてたようだな」
向井拓海 「っつーことでだ……
おい、あたしの隣と斜めしたあたりのちびっ子どもはあんまり手間かけさせんじゃねぇぞ?
たのんだからな?」
ワリオ様 「なんだ!生きてたか!開始だー!!」
星威岳哀牙 「おお、シンウチの登場ですな」
ユウちゃん 「だから雪だるまじゃないよ!>仁奈」
水谷絵理 「かりの人とかけて ポコ○ンととく
 そのココロは 反応しないと困っちゃう?」
日高愛 「ドクオさんが、なんか急に変わった!?」
貞子 「川д川 あら、全員準備おっけーのようね! さー今日もがしがし呪うわよー」
武田GM 「よし!準備完了だね!皆それでは開始するとしよう!」
風見幽香 「戻ったわ、お待たせしてしまって申し訳ないわね>ALL」
市原仁奈 「もう皆様きぐるみは決まったでごぜーますか?
仁奈皆様のきぐるみで準備しちゃうでごぜーますよ?」
水谷絵理 「準備できた?それじゃイクよ?」
日高愛 「ぎやーーーー!?足がないーーーー!?>ユウちゃん」
貞子 「川д川 アラヤダはしたない! でもちょっと面白かったわ>絵里ちゃん」
ギコ 「おっしゃ、頑張るぜ」
ユウちゃん 「えへへ、貞子も十分可愛いよ~!>貞子」
QBP 「よし、それじゃあ頑張ろうか
貞子ちゃんが契約してくれるみたいだしね!」
脇山珠美 「珠美の実力をご覧ください!」
向井拓海 「うっしゃ、やんべやんべ、よろしくな」
星威岳哀牙 「さあ、我が好敵手にしてライバルの皆々様
楽しいショオタイムをスタアトしましょう」
水谷絵理 「5?」
日高愛 「ポコペンですか、楽しいですよね!!>絵理さん」
七夜志貴 「いやいや、ごめんね。どうもピンとこなかった。こんな俺でもよろしくおねがいするよ
>愛>ALL」
ワリオ様 「行くぞー!!ウオー!」
水谷絵理 「4?」
貞子 「川д川 あらやだそう言われちゃうと照れちゃって誰彼かまわず
     呪っちゃう♡>ユウちゃん」
市原仁奈 「試合前のこの感じはいいでごぜーますね。なんというかこう・・・血が冷たくなるっていうか 」
水谷絵理 「3?」
水谷絵理 「だれがつついた?>愛ちゃん」
水谷絵理 「2?」
水谷絵理 「1?」
星威岳哀牙 「魑魅魍魎の跳梁跋扈する頓闇の惟が帝都を包む宵、決闘の緞帳が開く!」
貞子 「川д川 私は血とかないから大体ひんやりしてるけどね!」
脇山珠美 「えぇぇ、そ、そういう怖いこといわないでください!>仁奈」
水谷絵理 「スタート!」
ワリオ様 「ヒアウィゴー!!」
ゲーム開始:2012/10/06 (Sat) 22:39:09
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ギコ 「…なんだこの組み合わせ」
貞子 「川д川 すごいチョイスよねこれ。よろしくお願いするわ」
ワリオ様 「ん~!?狼だな!」
ギコ 「あー、そうだな。よろしく頼むぜ」
「◆武田GM 四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能です)
■共有の囁きは聞こえません」
貞子 「川д川 PHPもイロモノだけ集めましたって感じ?」
ワリオ様 「まあオレ様が居るからラクショーだ!!」
貞子 「川д川 ……遺言忘れたわ……死にたい……死んでるけど……」
ギコ 「というか、だな。この鯖での動きはあまり知らないんだがな?誰か経験あるか?」
貞子 「川д川 さて、騙りとかどうしましょうかね? 誰か希望はある?」
ワリオ様 「ん~?配役はふつうどうりだな!」
ギコ 「ああ、そういえば俺も遺言忘れてたな。まあいいか」
貞子 「川д川 一応、私はここに居着いてる人ね。中の人的に>ギコちゃん」
「◆武田GM GMは代理人事、一太刀@武田はRPが楽がお送りします
投票関係だけ、お気をつけください」
ワリオ様 「じゃあオレ様はセンプクしよう!!!」
ギコ 「それじゃ、一応俺が騙りするぜ?どこに出す?」
貞子 「川д川 それじゃあ私が潜伏って感じでいいのかしら?
    占い先はご自由にどうぞ、って感じかしら」
ワリオ様 「べつにムリして騙る必要は無いしな!!ガハハ!」
貞子 「川д川 よろしく頼むわ、ギコちゃん、ワリオちゃん。」
ワリオ様 「ん~?」
ギコ 「了解だ噛みは100辺りでいいか?」
ワリオ様 「下占いでいいだろ!フーン!」
貞子 「川д川 囲いアリなしは明日にでも決めましょうかね?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆武田GM では、今宵の絢爛な舞踏会をお楽しみくださいませ!」
武田GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
武田GMさんの遺言         _ -'''     ,, -‐ '''' ̄         / _ヽ|_|∠_
       /            ,, -‐ '''' ̄   /|   ヽ/
     /   /       /           |  三l三
    / /  /    /  ./   __,,,,,        | _/\__
   / /  ./    /  /   ∠ヘヘ
   / /      /     /   `''''-,,, .|     _/__ ヽヽ
  / /      /     /        ` i    ./ __
  .|  |    / / ./  /./\         .|    /
  .|       / ./ ././ ,,,,_ \       |   /  ヽ__
  .|       i  /  i .|.ヘ:::t ヽ \     ./     |
  ',     | | /  | |  `''       _ノ/ / ./.| /
   ',   |:| || .| | | | |        _,,,,_// ./i /  i
   .ヘ  |:| ', .|  .| | |        弋) ) / /./   ./
    |〉, .|::', ', | i  | ト,|         |  // /  / /
    |! |',|::::', ',',,',., ', |         _ '  ./  /  / /
      ',:::| .|',|',', .', |',   ‐ .、    ./ 彡/  /:|/
       ',|/ ',|.ヘ ',',      `'  ./ // / /|::||
            ヽ|ヽ     / |::// ノ/ ヽ '`'|
                ` - "   |/\ ̄'''''''''ヽ
               ヽ |        ヽ::::::::::::::',
        ヽ        |、    /⌒::ヾ::::::::::: ',ヽ
         ヽ、      |:::',   /`''- 、:::::::::::::::::::::ヽ
          ト `_ ---_'''',ヾ:::',  ',:::::::::::::::'''::::::::::::::::::::ヘ
          ',|    ̄   .ヽ ',  ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          ',         ヽ',   i\::::::::::::::::::::::::::::::::
           ヽ‐-  __  '' ヽ  |   ゝ _:::::::::::::::::::
            \        ヘ .',    /:::::::::::::::
         ',',\   \        ', ',  /::::::::::::ヽ
         ',', .〉   ',        ', .',  |::::::::::::::::|:
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
QBP 「占いCO!僕と契約して潔白さを証明していってよ!
貞子は●だったよ!
ワリオ様 「おはようチミ達!!」
日高愛 「おはようございまーす!!」
貞子 「川д川 おはよう。いい日差しね、絶好の呪い日和だわ!
    さー占いとか霊能とかCOある人はどんどんしちゃいなさい。
    片っ端から呪ってくわ!!」
向井拓海 「おう、こんなん、アタシが本気出せば朝飯前だぜ?
人狼とかよォそれっぽい奴殴って招待はかせりゃ……ハ、ダメ?
んじゃどーしろっつーんだよ!だいたいなぁ、こういうのは気に入らねぇ奴の面ァ殴れば……!」
四条貴音 「おはようございます
それで、COはあるのでしょうか?」
ギコ 「占いco QBPは○だ」
命蓮寺の白き聖人 「おはようございます、みなさん
COはお早めにお願いしますね?」
市原仁奈 「おはよごぜーますですよ。
ちゃくちゃくとCOしてくだせー。」
星威岳哀牙 「ごきげんよう、皆々様。さあれ、人外撲滅の旅へシュッパツですな!
この肉体派の脳ミソと頭脳派の腕っぷしにお任せあれ!」
脇山珠美 「●ですね。吊りましょう!」
ギコ 「理由:なんか俺と姿が似てね?」
水谷絵理 「おはようございます?」
貞子 「霊能COよ! 川д川 くわぁっ!!」
QBP 「理由
僕が占い師になったようだよ?
なら、契約してくれるっていった貞子を占うしか無いよね!
さあ僕と契約して、トップアイドルになってよ!」
向井拓海 「……はぁ?
なんか●でてんぞ?」
七夜志貴 「おはようございます皆様。これより人対人外の喧々諤々の舞踏会の始まりでございます。
存分にご堪能くださいませー―――役者として、ね。」
ワリオ様 「COはいくつだ~!?」
ユウちゃん 「おはよ~!」
四条貴音 「おや開幕●、伏せ伏せ推奨ですわ」
高槻やよい 「うっうー♪」
星威岳哀牙 「ほほう、いきなりの対抗占いですか…」
日高愛 「なんか、●でてるんですけどー!?」
ユウちゃん 「●だ~!」
高槻やよい 「対向霊能者はいないのー?」
水谷絵理 「貞子さんに●?のろわれた?」
市原仁奈 「んじゃ、共有COするでごぜーますよ。」
ワリオ様 「3COか!違った!!」
貞子 「川д川 いきなり●出てるとかちょっと驚いて思わず呪っちゃったわ」
ギコ 「…いきなりの対抗からの●か」
四条貴音 「2-1で●が霊能ですか」
QBP 「いきなり●を引くなんて流石僕だよね!
そして霊能CCOとかどう見ても狼だよ!」
命蓮寺の白き聖人 「まあ、共有は伏せていいでしょう」
脇山珠美 「あれ? ●から霊能で対抗でないんですね。」
七夜志貴 「じゃ、占いCOをお願いしようか?速さは強さだよ―――って●かな?
霊能COしているように見えるけど」
高槻やよい 「相方初日なら素早くどうぞー」
日高愛 「そして、貞子さんが霊能CO
これ、どうするんです!?」
ユウちゃん 「で、貞子が霊能COだね! 対抗はいないのかな?」
市原仁奈 「あぁ、対抗霊能、出やがってくだせー
相方は武田のおにーさんでごぜーます」
水谷絵理 「えっと・・・霊能は貞子さんだけ?
この●、どっちに転ぶか面白そう?」
向井拓海 「おいおい!そうやって狼さがすのかよ!
アタシは殴ってしっぽ出したのが人狼だから好きにやれるってきいてんだぞ!」
ギコ 「それで、●から霊能なんだな?対抗はいるか?」
ワリオ様 「霊能に対抗が無いならそこの占いは破綻だな!ガハハ!」
四条貴音 「ふむ、ギコしてんなら対抗は狂確定してるのもいいですわね」
風見幽香 「おはよー
●でてるけど霊COしてるのね」
QBP 「初日身代わりだね?
なら、対抗は出てくるはずだよ!」
市原仁奈 「いるなら、でやがってくだせー。
いないなら貞子が真でごぜーます」
貞子 「川д川 初日に特攻とか恐れいるわねホント。大した度胸だわ>QBちゃん」
七夜志貴 「ん、霊能に対抗はいるかな?怖がらなくていいよ?どうかな」
星威岳哀牙 「2-1ですなあ、これは熱い夜の決闘開始の予感ッ
ギコ殿視点真狂、ふーむ…」
水谷絵理 「仁奈ちゃんと武田さんが共有さん・・・
夜のお楽しみがなくてかなちい?>仁奈ちゃん」
脇山珠美 「むむむ……共有初日で2-1のままだと破綻になるですね。」
日高愛 「共有初日で対抗いないなら、これは…」
高槻やよい 「うーん、この場合は素直にグレランしてみましょうかー。」
四条貴音 「対抗ないなら霊能はほぼ真でしょうしふむふむ」
命蓮寺の白き聖人 「初日共有で霊能でないならQBP吊ってよろしいのでは?」
向井拓海 「んで、●出されが霊能ゥ……?
やめーや、ややこしいことは好きじゃねぇよ

つーかよ、共有がニナだと?」
ユウちゃん 「対抗がいないのなら、QBが偽か、霊能初日だよ!」
QBP 「いや、ホントに出てよ?
僕視点出ないのおかしいから」
市原仁奈 「さびしいし心細いでごぜーます>絵理おねーさん」
ギコ 「2-1、なら対抗は狂人特攻か?ならば運が無かったな」
高槻やよい 「あ、武田さんってGMじゃん♪」
ワリオ様 「ん?共有が身代わりって事だな!!フーン!」
貞子 「川д川 うふふ、まさか私が霊能とか、狼や狂人、考えて無かったんじゃないの…?
    ここはすぐに誰か出してロラらせる場面よぉ?」
脇山珠美 「武田GMは共有らしいですよ。>ユウちゃん」
四条貴音 「取りあえずはグレランでいいでしょうね
明日以降どうなるか、、ですわ」
水谷絵理 「これ、貞子さん1人だけならもう
QBさんとサヨウナラでよくない?」
ユウちゃん 「って、共有初日か!じゃあ霊能真でいいのかな!」
風見幽香 「で、初日共有相方でないと…
ま、共有の好きにしたらいいんじゃないかしら」
向井拓海 「あ、そうだな。
2-1で武田のオッサン共有で、対抗いねぇならこれ貞子真霊能じゃねぇか」
星威岳哀牙 「ふむ、出ろというなら仕方ありますまい
ズヴァリ!アイガが霊能CO
七夜志貴 「って、ああ、そうか。初日共有なら霊能が偽な訳がない。なるほどなるほど」
高槻やよい 「じゃギコさん視点QBPが○だからー」
水谷絵理 「うん、おかしいね>QBさん」
市原仁奈 「霊能は締め切りでごぜーます
貞子のおねーさんが真
QB吊るでごぜーますよ」
QBP 「え?
マジで霊能出ないつもりなの?」
ワリオ様 「つまり対抗でないなら真確定だー!!」
日高愛 「えっと、つまりギコさん視点QBPが狂人となりますから
狼全潜伏というのことになりますね」
四条貴音 「ホぅほぅ初日共有…」
ギコ 「お、共有初日か?なら2-1だと霊能は真じゃないのか?」
星威岳哀牙 「間に合いましたな。」
QBP 「遅いよ!?」
命蓮寺の白き聖人 「QBP吊りですね」
ユウちゃん 「え~、今出るの~!?>対抗霊能」
向井拓海 「……

◇星威岳哀牙 「ふむ、出ろというなら仕方ありますまい
ズヴァリ!アイガが霊能CO」

高槻やよい 「潜った理由はなんですかー?」
七夜志貴 「と、アイガが霊能COかい?」
市原仁奈 「はぁ、吊っちゃいたい気分でごぜーますね。」
水谷絵理 「出た!しいたけの人が対抗、遅れてきたルーキー?」
日高愛 「えーーーー!?今更でるんですか!?>哀牙」
貞子 「川д川 って事はこの●は相談相手がいない狂あたりの特攻、ってところかしらね?
    まあ人外ってのは私視点分かりきってるから、どっちでもよろしいの
     だけどね?(はぁと」
脇山珠美 「QBP吊って二人の色合わせですかね。」
ワリオ様 「なんだ!?メンドクサイ!」
高槻やよい 「タイム、」
風見幽香 「ああ、初日共有なのね>相方武田GMってことは
まぁ対抗いないのならQBPつりでいいんじゃない?」
四条貴音 「…ここまで出ない理由が分かりませんが
正直」
向井拓海 「おい片眼鏡、今でた理由と、潜ろうとした理由をいいな。」
水谷絵理 「うん、しいたけの人もQBさんもろとも吊っていいんじゃないかま?」
ギコ 「ん?今更霊能が出るのか。なんだこれは?」
高槻やよい 「全員あれだけでろでろいってたよね。
見えなかったとは思えないよ」
星威岳哀牙 「●が出たのですから、潜伏をしたかった所
やあれやれ、出ろというから出たのではありませんか。遅い事を咎められるのは困りますな」
貞子 「川д川 あらやだこの子遅すぎない? この子に真見られると私ちょっと
    泣いちゃうんだけど」
日高愛 「ん?でもまってください
ここで、狼が狂人を援護しにくるのでしょうか?」
命蓮寺の白き聖人 「正直潜伏する意味が分からないのですが」
ワリオ様 「霊能ローラーか!正直信用できないぞ!」
向井拓海 「それがいえねぇならアンタは真でもアウトだ。」
七夜志貴 「いやいや、一応聞いてみただけだったんだけどホントにいるとは。」
QBP 「分かった!
この村は滅びる!」
水谷絵理 「ピッチャー遠山にかわりまして、葛西?>やよいさん」
ユウちゃん 「こんな遅れて出てくる霊能、あんまり信用したくないなぁ!」
向井拓海 「ニナよ。霊ロラはすべきじゃねーといっておくぜ。」
水谷絵理 「ほろびれろ!>QBさん」
市原仁奈 「どうして対抗霊能に●がでてでなかったでごぜーます?
どうして仁奈が武田おにーさん相方って言ってたのにでなかったでごぜーます?」
高槻やよい 「わかりました確定でいることは哀牙さんから吊りましょう」
四条貴音 「初日共有確認できた時点で出るべきでは、という気もしないではないですがね
まぁ、今日のところは置いておき間yそう」
風見幽香 「…ぐだぐだねぇ
霊ローラーにするかどうかは共有が決めなさいな」
貞子 「川д川 状況を理解して、出てきた狂人か、騙りに出てる人のフォローに出たか…
    さてどっちかしらね?」
星威岳哀牙 「●だから伏せ、それだけで筋は通るとアイガは認識しておりますとも
出ろというのは指示に従ったまで、明日出ても今以上に信用ゼロでしょうからな」
日高愛 「んー…
考えられるのは、ギコさん真確定されるのを嫌った
狼が飛び出たというの線にになりますが…」
高槻やよい 「そんで一日考えましょう」
ギコ 「うーん?とりあえず俺は自由占いでいいよな?」
市原仁奈 「正直霊能きめうっても良い気分でごぜーます」
ワリオ様 「なんか演技でもないこと言ってる占い吊りか!」
水谷絵理 「QBラインから吊っていけばいいんじゃないかま?」
向井拓海 「吊るならほぼ決め打ちだ。
ここで後出しの霊なんぞ、単にロラ狙ってる人外にしかみえねぇよ。」
高槻やよい 「それが全視点で一番安定するとおもいますようっうー♪」
七夜志貴 「んー、正直ことここまでくれば霊能ロラだと思うけどなぁ
…というか”残して”信じられるかこれ?」
命蓮寺の白き聖人 「タイミング的には潜伏していた狼か狂人といったところですが」
貞子 「川д川 貴方が真だと言い張るなら、私の後にすぐさま出て、ロラを
    叫ばないと、ねえ?」
QBP 「うん割りとガチでこれ滅びるから
占いいなくてもやれるってなら知らないけど」
日高愛 「QBラインですか?>絵理さん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
水谷絵理0 票投票先 →星威岳哀牙
高槻やよい0 票投票先 →星威岳哀牙
四条貴音0 票投票先 →QBP
日高愛0 票投票先 →星威岳哀牙
ギコ0 票投票先 →星威岳哀牙
命蓮寺の白き聖人0 票投票先 →星威岳哀牙
市原仁奈0 票投票先 →星威岳哀牙
ユウちゃん0 票投票先 →星威岳哀牙
向井拓海0 票投票先 →星威岳哀牙
風見幽香0 票投票先 →星威岳哀牙
ワリオ様0 票投票先 →星威岳哀牙
QBP1 票投票先 →貞子
脇山珠美0 票投票先 →貞子
七夜志貴0 票投票先 →星威岳哀牙
貞子3 票投票先 →星威岳哀牙
星威岳哀牙12 票投票先 →貞子
星威岳哀牙 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ワリオ様 「いきなり霊能をやっつけたぞ!ガッハッハー!」
貞子 「なんか偉い事になったわコレ(白目」
ワリオ様 「っておい!狂人何処行きやがった!!」
ギコ 「…あれだな?霊能が遅かったのはなんでだろうな?」
貞子 「でもこれでワリオちゃんがLW決定。頼むわよ? 気楽にね」
ギコ 「狂人はこの辺だと潜伏が多いんだったか?」
ワリオ様 「作戦を間違えたんだろー!たぶんな!」
貞子 「川д川 まあ●が出ての伏せはセオリー
    そこに私の霊能COが出て迷った、ってところかしらね」
ギコ 「ああ、そこのワリオは基本気楽だそこは心配ない」
ワリオ様 「噛みはどーする!占い放置でも何とかなりそうだがな!」
貞子 「川д川 初日共有だから、アイガちゃんは真霊能でしょうね。狂人は
    多分潜伏してるんじゃないかしら。んでqbちゃんが真」
ギコ 「それと○とかどうするかな?」
貞子 「占いは噛めないわ。噛んだら私とギコが死ぬものw」
ワリオ様 「フーン!呪殺対応はしっかりするべきだ!!」
貞子 「川д川 私は明日、アイガに●を出す。ギコがQBに○出してるからね」
ワリオ様 「まあ占い先はテキトーでいいぞ!!」
ギコ 「そういやそうだったな、じゃあ噛み先とかは任すぜ100で噛む」
貞子 「川д川 噛みどころは、まあギコちゃんに任せるわ♡ 」
ワリオ様 「フーン!どこにしようかな~!」
貞子 「騙りがやりやすいように噛んでちょうだい」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
四条貴音 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
QBP 「占いCO!僕と契約して潔白さを証明していってよ!
水谷絵理は○だったよ!
貞子 「朝一呪いの霊能COよ!

アイガちゃんの死体を呪ったら ● と出たわ!」
ワリオ様 「おはようチミ達!!」
脇山珠美 「哀牙殿は貞子殿の霊能COに気が付いてなかったように見えました。
珠美自身は貞子殿の発言に真目も見てないのですが、だからといって哀牙殿に真……

うーん……ローラー?」
七夜志貴 「おはようございます皆様、ポップコーンにコーラ。
そして言葉(ナイフ)のご用意はできておりますか?
それでは上映を再開しましょう――――。」
命蓮寺の白き聖人 「おはようございます
珠美さんはどのような理由で出遅れ気味の霊能を真目に見たのでしょう?」
QBP 「理由
◇水谷絵理(98)  「うん、しいたけの人もQBさんもろとも吊っていいんじゃないかま?」
多弁であり、かつ、2-2になっても僕を吊りたがっていた位置から占うとしよう
……いや、正直あの霊能だと僕の信用が凄い薄いってのは分かるんだけど
はぁ……呪殺出るといいなあ……」
高槻やよい 「うん」
日高愛 「おはようございます!!」
ギコ 「占いco 水谷絵理は○だ」
水谷絵理 「おはようございます?」
七夜志貴 「昨日気づかなかったが地味にギコがQBを占っていたんだな。
ギコ視点QB狂人と。」
向井拓海 「◇風見幽香(116) 「…ぐだぐだねぇ
霊ローラーにするかどうかは共有が決めなさいな」

◇ワリオ様(123) 「なんか演技でもないこと言ってる占い吊りか!」
◇ワリオ様(105) 「霊能ローラーか!正直信用できないぞ!」

◇七夜志貴(127) 「んー、正直ことここまでくれば霊能ロラだと思うけどなぁ
…というか”残して”信じられるかこれ?」

このあたりか。
昨日霊ロラに関して触ってるところ。
風見除外

んで、みてぇのはワリオと七夜。
どこつれても問題ナさそうなのはよォ。ワリオのオッサンかぁ?」
風見幽香 「おはようございますっと」
市原仁奈 「じゃ、貞子をどうしたいか意見を募集するでごぜーますよ?」
ユウちゃん 「おはよう!
昨日考えたんだけど、ギコがQBに○出してるんだよね?
ギコが真だとしたらQB狂人。じゃあ哀牙は?狂人じゃないなら狼?ないよね。あの出方だと。
あれ、意外と真あった!?」
高槻やよい 「QBPさん自体の信用落ちは星威岳哀牙
が一人でガン落とししてるだけで
実際哀牙さんが多少、アレな真だった場合も考えていいと思います」
貞子 「川д川 あら、アイガちゃん●なの? あそこで出るのねぇ、狼が…」
日高愛 「というか、貞子さん視点それくらいですよねー…」
水谷絵理 「うへ、○2個もらっちゃった?」
ワリオ様 「ん~?灰噛みだな!!」
向井拓海 「ほーお、そこ占いで貞視点はまぁ、そら大体◎だわな。」
ギコ 「理由:多弁どころ、怖いところだな」
高槻やよい 「ギコ真なら別にQBP狂人なんで

ギコかまれるかどうかみながら
グレランでいいんじゃないですかね。>共有」
QBP 「……うわあ
遅い出方に僕の○にかぶせてきたよ……」
日高愛 「絵理さん…確定白おめでとうございます?」
水谷絵理 「うん、言動的にギコさんもちょっと危うい感じがした?>やよいさん」
命蓮寺の白き聖人 「確定○頑張ってくださいね? 」
ワリオ様 「白が出たところは村で確定だー!!」
脇山珠美 「珠美は哀牙殿の出方は真しかできないと思いました。
のでロラでよろしいかと。>仁奈」
向井拓海 「残していいだろ。
ギコ真だったらそこ狼ダロしな。
だって、ギコ視点よ、QB狂人だろ?」
ユウちゃん 「とゆ~わけで!残念だけど貞子は吊ってもいいと思うんだ~!」
高槻やよい 「だってみんなあれでしょ。
もし哀牙さんが普通に対向してたら今現在
占いの信用は真逆だったでしょ。」
水谷絵理 「これ、初日共有で真占いが闇に葬られたあの悪夢を思い出しそうな展開?」
貞子 「川д川 私自身はロラでもかまわないわよ? ただ一つ言えるのは
    すでに●1匹釣れてるって事。だからQBに関しては狂人だろうから
    ほっといてもいいんじゃないかしらね的な感じかしら」
ワリオ様 「じゃあどうする?ローラーするのか!」
ギコ 「…なんだ?姿が似ると動きも被るのか?面倒だな」
七夜志貴 「決め打ちなどなんだのと、品がない――とは言わないさ。
状況証拠においてほぼ有罪なんてどこの裁判にもありふれてる。
ただ、ギコ視点QB狂な以上アイガは狼なわけで。
まぁ霊能でもそう出すだろうし。
―――というかあそこで出る狼いるのか?」
QBP 「まあ村視点確定○が出来たと喜ぶとしよう
パンダにされてたら、○が吊られて無駄吊りになっていたわけだし」
命蓮寺の白き聖人 「安定志向で行くなら吊りきりですが >霊能」
日高愛 「んー…QBPが噛まれるなら、貞子さんは見えてる狼ともできますし
そこは、共有の判断でしょうか?」
風見幽香 「まぁギコ視点でも霊に狼でてるって考えるのなら吊り切りでいいんじゃないって考え方ね>私は
昨日も言ったけど方針は共有が決めたらいいんじゃないの?」
高槻やよい 「変則ローラーですかねぇ。」
日高愛 「でも、そうなったらQBPって噛まれてないですかね?>やよいさん」
市原仁奈 「じゃあ、まぁ
どっち視点でも狼1減らすでごぜーますか
貞子、吊られてくだせー」
ワリオ様 「霊能散りきったらバランス吊りという事に!なるのか?」
ユウちゃん 「ん~、哀牙狼、ね~」
QBP 「とりあえず僕は真霊能の動きのせいで信用マッハになったから、呪殺狙いするよ
それさえすれば信じてくれるだろうしね」
水谷絵理 「私、確定○って言っていいのかな?罠がありそうで不安?」
向井拓海 「アタシは最悪考えても、今は吊らなくてもいいと考えるぜ。
まぁほぼギコ真見だが、貞は最悪吊る場所きめときゃいーよ。
だったら灰つめようぜ。」
七夜志貴 「ああ、ロラロラでいいと思うよ。俺は>共有」
貞子 「川д川 私の処遇に関しては共有ちゃんに丸投げしちゃう系?♡
    残されても私の真、真面目に見てくれるの?っていう疑問もあるしね」
脇山珠美 「共有初日だから確定○ですよw>絵理」
ワリオ様 「なるんだな!まずは一匹だ!」
水谷絵理 「確実に狼1処分できてるってことになる?>ワリオさん」
貞子 「川д川 あいよ! 了解よ共有ちゃん! 呪うわ!(いい意味で」
QBP 「貞子は吊ってくれとしか僕は言えないかな
だって、僕の●だし」
高槻やよい 「んー、でももしギコ狼だったら
多分噛まないとおもいますよー>日高さん」
命蓮寺の白き聖人 「QBP視点まだ対抗狂人と決まっていないと思うのですが…」
高槻やよい 「ギコが狂だったら別ですけど」
向井拓海 「えーローラーすんのかよー。
これよー、そんくらいなら噛みもみて一旦れいのこしてみようぜー。
灰で怪しいところつろうぜー?

そこよー、キープしてもいいだろうがよー。・」
水谷絵理 「貞子さんの悲しいサダメ?」
脇山珠美 「ギコさんと貞子さんのライン確認まで残してもいいと思うんですけどね。
二人視点で1W連れてますし。」
日高愛 「なので、高音さんを噛んできてること
そして、QBPが噛まれていないこと
もし、噛まれたのなら貞子さんは見えてる狼として
有用に活用できると思うので、ここで即吊らなくてもいいとは
思います、むしろ露出狼みたいな扱いで吊る日数を決めればいんじゃないでしょうか?」
高槻やよい 「仮にギコ噛みでも
QB吊る必要あんまないわけで」
ギコ 「銃殺、狙わないとな…確定の信用を得るためにもな」
日高愛 「キープとして活用できません?>QBP」
命蓮寺の白き聖人 「ああ、QBPの●でしたね >霊能
失礼しました」
ユウちゃん 「それじゃあ貞子吊ってくね!
貞子は霊界で見守っててね~!>貞子」
市原仁奈 「狐か狂人でごぜーますね。
狐が出るのかどうかでごぜーますよ>聖人のおねーさん」
水谷絵理 「指定できるなら、それでもいいけど
アグレッシブ?>向井さん」
ワリオ様 「ん~?つまり占いは真狂が濃厚って事だ!
まあどっちでもいいから狐を溶かせ!」
風見幽香 「ま、どの占い視点でも1wないし1F(ほぼないけどギコ視点なら可能性あり)は処理できるから…
水谷が確定○になったのも悪くないしね>展開的には」
貞子 「川д川 うふふふ、私視点、貴方は特攻。頑張る事ね……?>QBちゃん」
QBP 「ん?
確かに決まってないけど、どうかしたかい?
どっちにしろ偽だよ 僕視点ではね>命蓮寺」
向井拓海 「おう珠チビよ

あの出方の片眼鏡が真にしかみえない理由おしえてくれや。」
貞子 「川д川 任せときなさい!>ユウちゃん
    あの世で応援してるわよー!」
水谷絵理 「ギコvsQBの、決戦は金曜日方式でいいんじゃないかま?>やよいさん」
脇山珠美 「んー 貞子殿より潜ってる狩人殿のほうが期待できるんじゃないでしょうか。>拓海 愛」
ワリオ様 「早くしないとオレ様が吊っちまうぞー!ガッハッハー!」
高槻やよい 「いや、私も真ありえるようには見えましたよ。」
ギコ 「ま、なんにせよ。だ。頑張るぜ」
風見幽香 「ま、こうなった以上霊よりグレー見た方がいい気しかしないけどね」
脇山珠美 「真以外で出れなくないですか?>拓海」
七夜志貴 「吊る日数を決めるって言うけどさ。●出たりとかなんかで強靭な意志で
遂行できるのかな?むしろ貞子殿を含めて考えなければいけないなんてノイズ
と言ってもよくなってしまう。ご婦人にそんなことにはなってほしくないんda」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
水谷絵理0 票投票先 →貞子
高槻やよい0 票投票先 →貞子
日高愛0 票投票先 →貞子
ギコ0 票投票先 →貞子
命蓮寺の白き聖人0 票投票先 →貞子
市原仁奈0 票投票先 →貞子
ユウちゃん0 票投票先 →貞子
向井拓海0 票投票先 →貞子
風見幽香0 票投票先 →貞子
ワリオ様0 票投票先 →貞子
QBP0 票投票先 →貞子
脇山珠美1 票投票先 →貞子
七夜志貴0 票投票先 →貞子
貞子13 票投票先 →脇山珠美
貞子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギコ 「お疲れ様だ。」
ワリオ様 「フーン!オツカレ!」
ワリオ様 「占いは吊れるまで放置か~!?」
ギコ 「…すまん、銃殺対応が追いつかん。噛みも任せていいか?」
ワリオ様 「呪殺なんてめったに出ないだろう!」
ギコ 「 」
ワリオ様 「オレ様が噛めばいいのか!」
ワリオ様 「どこをだー!」
ワリオ様 「まあ今日は確白でいいかな!!いいな!」
ギコ 「それでも用心に越しておくことは無い、かもな。とりあえず任せるぜ。」
ワリオ様 「キツネは吊ればいい!」
ギコ 「ああ、頼んだ。」
ワリオ様 「ガハハ!占い先はテキトーにやれ!」
ワリオ様 「よーし!占いも本当は噛みたいぞ!」
ワリオ様 「まあ明日以降考えよう!」
ワリオ様 「占ってもオレ様は一向に構わないぞ!!ガハハ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水谷絵理 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水谷絵理さんの遺言 ヤラれちゃった?
それじゃ、いつものイクね?
  
『空がこんなに青いとは』の替え歌だよ♪
 
     /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
     .:: : : : : : : :|: : : :|、: : : : : : : : : : : :、
    /:: : : : : : : :∧ : : l \: : :.: : :. ::| : : : .
    :: : : : : : : :/  V: :|  \:: : : : :|: : : ::|
   l:: : : : .:.:/⌒ 、V:i  , ⌒ヽ: : :レ'7::!
.   : : : : :y′     V     `ー|/: ::!
   ∨:.:.:{ x==ミ、   x==ミ, |: : : :|
    ハ: : |               |: : : :|
    ヽヾ;!        、       ; : : .:i
      `‐ヘ、     __     ハ:: :.:l
        ';:\   ヽ   ノ  r‐、イ: : !: :.:l
       ';: : ::..   ¨ __r‐l ̄丶 :/l:. ::l
        Y: : : ::> /l 丶丶  }‐ョ: ./ -‐ミ、
          l/V:「(l=ヽ      /::/ |/    ,'丶
         _メ、:::::`¨..∧     ∨ /     l  ',
     , ェ<´   ヽ:::::::::::∧     ∨     l   ',
 
♪知らなかったよ
 マラがこんなにショボいとは
 手でつまんで シゴいてイって
 ぐんにょりしぼんだマラ
 ほんとにショボいマラ
 
 マラは教えてくれた 
 大きいフグリを持つように
 カリ首で 手をよごさぬように
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
QBP 「占いCO!僕と契約して潔白さを証明していってよ!
高槻やよいは○だったよ!」
命蓮寺の白き聖人 「おはようございます
ワリオ様 「おはよう!さあ占いは出てこい!」
日高愛 「絵理さーーーーーーん!?」
七夜志貴 「おはようございます皆様。本日はお日柄もよく、絶好の暗殺日和でございます。
おっといけない。今回の俺は殺人鬼じゃなかったな。失礼した。」
QBP 「理由
◇高槻やよい(17)  「QBPさん自体の信用落ちは星威岳哀牙
が一人でガン落とししてるだけで
実際哀牙さんが多少、アレな真だった場合も考えていいと思います」
僕を真と見ない人間が多い中、一人だけ冷静に見てくれていたよ……
でも、逆にそれが気になった
冷静な村、と言われたらアレだけど、どうにも冷静すぎる気もしないでもない
だから、ここが村なら凄く頼れると思う
ゆえに、ここ占いだよ
ギコ 「占いco 高槻やよいは○だ」
ユウちゃん 「おはよう!
霊能をロラしたから、現状での占いについて考えていくね!
まずギコは、QBに○を出している、というのが注目する所。つまりギコ視点対抗狂人。
じゃあ哀牙が何になるのか。狼?
QBは哀牙の出が早ければ普通に真位置かな」
風見幽香 「おはようございますっと」
向井拓海 「◇脇山珠美(4) 「哀牙殿は貞子殿の霊能COに気が付いてなかったように見えました。
珠美自身は貞子殿の発言に真目も見てないのですが、だからといって哀牙殿に真……
うーん……ローラー?」

イヤヨ、貞子の霊COは大声、発言的には

◇貞子(14) 「霊能COよ! 川д川 くわぁっ!!」

◇市原仁奈(39) 「あぁ、対抗霊能、出やがってくだせー
相方は武田のおにーさんでごぜーます」

◇星威岳哀牙(71) 「ふむ、出ろというなら仕方ありますまい

なーおい、この発言()みてよ、きづいてないってのはねーだろさすがによ。」
市原仁奈 「んー、狩人探してる噛みに見えますねぇ」
ギコ 「理由:やけに俺を狂人に見てくるな?臭いな」
脇山珠美 「貞子殿を残すならQBP殿吊りだと思ったんです。
あ、あ、あとチビッコ言うな!>拓海」
日高愛 「なんか、妙に占いがかぶってますね…」
高槻やよい 「だいっにんき、だいにんっき」
QBP 「……あのさ
対抗がどう見てもアレなんだけど」
向井拓海 「……ふーん、なるほどな。」
ユウちゃん 「ん~、まあ確○噛まれるよね~」
ワリオ様 「ことごとく結果が被ってるぞ!なんだコレ!」
七夜志貴 「―――――占いはあれかな?できているのかな?猫CPなのかな?」
ギコ 「…あれだな?なんでこんなに被るんだ?」
向井拓海 「ギコおめーなにかましてんだコラ」
命蓮寺の白き聖人 「こうも連続でかぶりますか」
市原仁奈 「というか、やよいおねーさんとか占わなくても信用してたところでごぜーます・・・。」
風見幽香 「まぁ無難過ぎる噛みなのでなんともねぇ
確定○が減ってないのはまぁ朗報の部類かしら」
日高愛 「七夜志貴(85)

「吊る日数を決めるって言うけどさ。●出たりとかなんかで強靭な意志で
遂行できるのかな?むしろ貞子殿を含めて考えなければいけないなんてノイズ
と言ってもよくなってしまう。ご婦人にそんなことにはなってほしくないんda」

別に、どっちかが真なんですから
●がでようが詰めれませんか?
むしろ、この信用でQBPが噛まれていないってことが気になりますが」
脇山珠美 「じゃあ、どっち真でもグレランですね。」
ユウちゃん 「んっとさ~!明日占い生きてたらギコから結果出してほしいな!」
ワリオ様 「まあパンダでないし確白は美味しいからいいがな!ガハハ!」
QBP 「……まあいいや
対抗は気にせず僕はグレーを狭めるだけだ」
高槻やよい 「意味ないよそれ」
市原仁奈 「んじゃまぁ、グレランでごぜーますよ。」
向井拓海 「ああ?おいやめろ、ギコテメーがマジメにしねーとあたしが人外臭くなる。
アタシは、片眼鏡つって貞つらなくていいいとおもってたんだからヨ」
ギコ 「…ああ、わかった。こうも対抗より遅くちゃ、な。絶対だ。」
高槻やよい 「>ユウちゃん。
別にどっちも囲ってないならそれが一番いいじゃない。」
命蓮寺の白き聖人 「というか共有
自由占いならゾーン分けしてもいいのでは?」
風見幽香 「ま、グレランなり吊りたい奴がいるなら指定なり好きにしたらいいんじゃないのとしか言えない展開よね」
七夜志貴 「まぁいいや。灰ひろいことを嘆きたいけど。哀しい場面だけじゃ観客は喜ばない」
ワリオ様 「まあ狐は死んで無いだろーからそこから探すか!」
日高愛 「まあ、両視点○なのでいいのですけど
なんでしょう?絵理さんが噛まれて…この占いかぶり
故意なのかなってくらい、違和感が」
QBP 「つまり僕にあえて様子見しろってことかい?>ユウちゃん」
ワリオ様 「占い吊りたがりが狐の法則だ!誰かいるか~?」
向井拓海 「あ、今日灰詰めるなら初日に占いだろうが霊能だろうが指示さえあれば吊ったっぽいワリオのおっさんな。」
脇山珠美 「ついでに占い先も出せばいいんじゃないですか?
そうすればQBP殿が騙りなら被せることもないと思うのです。」
日高愛 「なるほど、ゾーン選択、それならかぶるということはないですね
>聖人さん」
ユウちゃん 「確○になって噛まれる。それだけの展開なんて嫌だよ!>やよい」
七夜志貴 「んー、そうだねぇ。貞子を残そうと言っている奴を見てみたんだが。
脇山さんはライン確認としての提案か。
これはかなり村っぽい発言ではあるね。
今は吊りたくない」
高槻やよい 「えっとどーなのかなー
結構人外あたりついてるきがするけど、つっていいのかなーこれ」
ワリオ様 「ゾーン指示するなら早めに大きくな!
結構見逃されがちだ!!」
市原仁奈 「かぶらせる意味はねーと考えますけどね。」
QBP 「ああ、ゾーン占いするなら指示は早めに頼むよ」
日高愛 「占い先を出すのはNG、狼にそこ狙われる可能性がありますから>珠美さん」
ユウちゃん 「そうだね。●だったなら別だけど>QB」
命蓮寺の白き聖人 「そういうことです >愛ちゃん」
ギコ 「ゾーンか?ならば早めに頼むぜ」
脇山珠美 「噛みあわせならいいとおもうですよ。
QBPさん真ならグレーつぶれますし。>愛」
市原仁奈 「じゃあギコさんは2列目まで
QBPさんは3列目より舌」
風見幽香 「やよい(というか確定○)は生きてるうちに言いたいことは言っておいた方が無難ね」
向井拓海 「んでヨ、チビ珠もうちょいみてみようや。
七夜?男だったら死ね。なんでアタシがのこしたのか、最悪かんがえりゃ、少なくとも残せる余地があんだよ、ああ?」
ワリオ様 「占いに頼り切る気はないからどっちでもいいがー!グレランだー!」
市原仁奈 「むぅ、あせらせるからかんだでごぜーます」
高槻やよい 「多分QBしてんワリオか向井あたりが狐だとおもうから>QBP」
QBP 「了解したよ
三列目から下だね」
高槻やよい 「参考にしておいて」
ギコ 「2列目までか、把握だ。」
七夜志貴 「んー、たしかに真は必ずいるのだし詰めれば普通に勝てるよ?
たださ。真がいるから絶対抜くって固定観念に縛られてないかな?君は。
この信用差だから信用勝負というのも十分考えられるんだ。
わかるところから詰めていった方がいいと思うよ>愛」
向井拓海 「あと、風見がすげぇいや。
占い共いいから風見占いも視野にいれろや、なぁ?」
ユウちゃん 「あっそう。範囲指定ならそれでいっかな~。
ごめん、忘れて!>QB」
日高愛 「んー?○潰されるって詰み遠のいて
あんまり有用にみえないんですけど>珠美さん」
QBP 「うん、分かった>やよい
参考にさせてもらうよ」
ワリオ様 「フーン!目だって占い吊りを言うヤツは居ない!」
七夜志貴 「ああ、いや、失礼バカ倒れバカだ今のなし」
日高愛 「信用勝負ですか…うーん」
ワリオ様 「じゃあメンドクサそうなとこから吊ってくか!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
高槻やよい0 票投票先 →七夜志貴
日高愛0 票投票先 →脇山珠美
ギコ0 票投票先 →命蓮寺の白き聖人
命蓮寺の白き聖人2 票投票先 →向井拓海
市原仁奈0 票投票先 →ワリオ様
ユウちゃん1 票投票先 →ワリオ様
向井拓海2 票投票先 →ワリオ様
風見幽香2 票投票先 →命蓮寺の白き聖人
ワリオ様3 票投票先 →向井拓海
QBP0 票投票先 →風見幽香
脇山珠美1 票投票先 →風見幽香
七夜志貴1 票投票先 →ユウちゃん
ワリオ様 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ギコ 「……えーっと。あれだ」
ギコ 「LWだなぁ…これは」
ギコ 「 」
ギコ 「 」
ギコ 「一応稼いでおくが…どうするかな」
ギコ 「 」
ギコ 「白蓮が狐臭いんだよな…」
ギコ 「 」
ギコ 「…なんとか引き分けまでいけるか?」
ギコ 「 」
ギコ 「まあ、ワリオはお疲れ様だ。」
ギコ 「やれるだけやってみるか。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
七夜志貴 は無残な姿で発見されました
命蓮寺の白き聖人 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ワリオ様さんの遺言      ワーーーーーーーーリーーオさーまだーーーーーーーー!!!
                    __
                  , <   `ヽ,                        _
                 /   ヾ、、 iハ                      / )
               /      ,ヘil_」__                   ../ /
              /      ,..-‐ ´ _ =`=つ             ,..- ´  .ィ
            __ ''     , <=...=_, T ___          __./   - ´ ノ
            ,'      /::j i:::イl`-uj y'   ヽ      ,,.. -ヽ ヽ     ./
          il 「、` ーr ´::::::/、   ゞ,、´,,/´    ム    , ´    ヽ ヽ  __ノ
          ゝハ \_ j::::::::ヘヾゝヽ:::`´`ー- t'ー--', r- '       ヽ__T
            i`,.、ゝ弋::_:'ィ´ ノ':へ:/丶' il__/ ヘ         /
           ,、_ ゞ::i.. -‐   .ィチ_,,..t-‐i ´ '  ゝ 、_  ヽ      ./'
          r-y/    / .ノ弋__,,.. -‐ ´   l   \  r- '
      ,.. -‐  ̄ ヽヽ    /rく_    __ -ー- _ ェ '     ヽ/'
     /      ヽム  _ノ 'ハ   ̄ ̄     ヽ::\  ._ > '
    l        ゝ' ̄ i ,, l          ヽY ヾ ヽ,
    il       ,/    iY⌒Yト 、_      __.....:'ヘゞ='j`ヾ'
    ヽ、    -j ィ'  , 弋= ノ::::::::::: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      `ー- -' ´ir:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
            l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::il
            i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,'
            ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
            , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::__、:::::::::::::::::::::::::::ハ
              /::::::::::::::::::::__ ノ   ̄ ̄ ̄ ̄    ー,:::::::::::::::::::;ノ
         _ /::::::::::::::::/               il:::::::::::::rィ
       , '  ヾ  `_ ィ                 / ̄ ―'  `,- ヘ
      il       」                 i、       _ノ
七夜志貴さんの遺言        ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨i_
    ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≦、
  ,.イ彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミx、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\`
  //::::::::/:::::::{::::::::::::ト、:::::::\:::::\:ヽ::::::::::::::ヽ ま、もとより壊れやすいもの 夏の雪に千切れて消えるのがお似合いか
  //:::/:/::i::::;':::::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ::::::ヽ::}::、:::::::ハ
   l:::/:::i::::l:::;'i::::::ト::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ:::::ヽ::}`::::ヘi
.   Ⅵ:::i::::l::ハ::::八:::::.',::::ト、:ヽ:::::::|ヽ::}ハl::::::::}
    ハ::ハ;'i\\: \:;_,斗ヒ升、ト、::/::::::::,::;'
.       l弋l:::ヽヾ  \、卞:::::オ |::/ヽハノ
           ¨´      ` ̄´   |/ l´ l
       ',  ,'          __/
  _, - 、   \   _  _,      |
≦//////\.  \      /  | _
'//////////,≧zzヽ _ , ィ   _, ィチ_,ノ‐,
/////////////l/l´l_ _, ィチ, ィチ///∧
'///,/////////,'/〉ー≦'///////,//\
'//,/////////,ハ'//////////,.イ//////,\
'//l'////////γヾ>x、斗ヒ升'///////////\
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
日高愛 「あ、銃殺」
QBP 「占いCO!僕と契約して潔白さを証明していってよ!
七夜志貴は○だったよ!」
高槻やよい 「あーよかたよかた」
風見幽香 「おはようございます」
ギコ 「…あー、だめだな。これは」
ユウちゃん 「おはよう!
やよいは囲いが無いから良い、って言ってたけど。逆に言うと狼は何の気兼ねも無しに真の○を噛みに行けるってことなんだよ!
だと、真占いがもし確定したらきついでしょ?という」
QBP 「理由
正直占いならワリオ様か向井を占いたかったんだけど……
ゾーン指定されて、ワリオ様が吊られてる
で、そうなると風見、脇山、志貴のどれかになる
でも風見は占う位置じゃないと思うんだ ここは吊るべき位置だと思う
だから、脇山か志貴 なら多弁であり、意見がしっかりしてる方を占って村かどうかを確定させる
村なら安心 狼なら吊れる 狐ならやった! だからね」
高槻やよい 「QB真だねこれ」
向井拓海 「よぉ……ああ?死体2だぁ?」
脇山珠美 「噛みあわせは「させる」のですよ! 愛殿!
なぜなら。真占い殿が居る。これは確実です。

噛みあわせが起きる。
つまり騙りが●を出せないのです。
そして騙りが囲えない。
さらに噛み合わせ=占いは噛まれてない。

狼の占い抜きを遅らせられるのです。

……どちらかといえば真狼で使う村の手なんですけどね。
ついでに霊能殿が居ないとあまり意味も無いです。
ですが、占い先を提示することで狼の噛み筋に圧力をかける。
そんな考えはどうでしょうか?」
日高愛 「え!?QBP真だったの!?」
QBP 「ほら、僕真だって言ったじゃないですかああああああああ!」
向井拓海 「……なーるほーどなぁ?」
市原仁奈 「ん、じゃあQBPが真
貞子は狼でごぜーましたか。」
ユウちゃん 「で、こうなったね……」
脇山珠美 「あれ、銃殺ですね。」
高槻やよい 「あっはっは、よかったねw
初日はさぞ楽しかったろうにwwww>QB」
日高愛 「ギコさん、QBP噛めばよかったのに…」
向井拓海 「すばらしいな。
おいこら、飴食うか?>QBP」
QBP 「すっごく楽しかったよ!マジで!!>やよい
ホントにね!!!」
ギコ 「…あー、そうだなぁ。でもなぁ >日高」
市原仁奈 「じゃ、今日はギコ吊りでかまわねーんですかね?
ギコ狼でQBが●だしたから貞子がでた可能性を見る人はごぜーますか?」
高槻やよい 「あっはっはっはwwwwww」
ギコ 「LWCO」
日高愛 「つまり、囲いをさせないということですか?
なるほど!!とはいえ、この結果ならですね>珠美さん」
脇山珠美 「噛み先で○出せないなら狂人じゃないでしょうか?
時間も少し早かったですし。」
向井拓海 「んじゃ、貞狼の片眼鏡真か。
まぁここまではいんじゃね。」
高槻やよい 「うーん?てことはワリオ様ー?」
QBP 「だから僕を偽って疑った人は僕と契約して魔法少女になってよ!
畜生!呪殺出て良かった!」
市原仁奈 「仲間をいわねーと信用できねーでごぜーますよ?」
日高愛 「じゃあ、ギコさんさようならです」
風見幽香 「ま、ギコ真なら相当内訳おかしくなるから極めてだとうなてんかいねってとこね
ギコ吊るかQBPの灰を狭めるかは占いが決めたらいいんじゃないの」
ギコ 「ってこと、だ。噛んでも残された俺は吊り確定。だから詰んでるんだな。これが」
高槻やよい 「ギコ狼で対応してないわけ無いとは思うけど」
ユウちゃん 「え~、LWだったの?」
日高愛 「あ、そういえば狂人が残ってましたね」
高槻やよい 「むしろ狂人であってほしいね。
潜伏狂がいるほうがめんどい」
ユウちゃん 「というかそれなら、聖に○出せば……」
市原仁奈 「んー、まぁ狐いねーでごぜーますし
吊っちゃうでごぜーますか。」
日高愛 「んー、確かに潜伏狂人いると面倒ですもんね」
風見幽香 「真ー狼ー真ー狼ケースは想定してたからまぁそういうこともありえるわねってことじゃないの」
向井拓海 「はー。
灰詰めっか?
じゃねぇと、ワリオが人外っつー割とありすぎる話になっちまうわ。
あ、吊るのな、了解。」
QBP 「僕の占い先指定とかないよねー?」
高槻やよい 「風見ー日高ー向井ー脇山ーユウちゃん。
まだあんまり余裕はないね」
ユウちゃん 「ま、何にせよ、吊っていくしか無いね~」
日高愛 「灰詰める必要ってなくないですか?>拓海さん」
ギコ 「…あー、そうだなー。でも正直言うと騙り慣れてないんだ。 >ユウ」
市原仁奈 「QBP、信じてたでごぜーますよ!(棒」
日高愛 「いや、正確にはギコさんを残してまでってことです」
向井拓海 「この吊り順でギコLWだったら
貞-ギコ-ワリオしかねーわ。」
QBP 「嘘つけ!?」
高槻やよい 「わりと私はそこそこ信じてたようっうー!」
市原仁奈 「嘘でごぜーます」
日高愛 「ごめんなさい、まったく信用してませんでした>QBP」
脇山珠美 「哀牙殿真ならQBP殿真ですからね…」
ギコ 「だからなー…あー、すまんな。お仲間。」
QBP 「酷い……酷いや……
うぅ……やよいちゃんだけが癒しだよ……」
市原仁奈 「共有の気持ちになるですよ。
あの霊能を信じるのは難しいでごぜーます>QBP」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
高槻やよい0 票投票先 →ギコ
日高愛0 票投票先 →ギコ
ギコ8 票投票先 →QBP
市原仁奈0 票投票先 →ギコ
ユウちゃん0 票投票先 →ギコ
向井拓海0 票投票先 →ギコ
風見幽香0 票投票先 →ギコ
QBP1 票投票先 →ギコ
脇山珠美0 票投票先 →ギコ
ギコ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/10/06 (Sat) 23:21:50
貞子 「川д川 吊り順=真霊→狼→狼→狼(途中キツネ銃殺

     うわぁ……(白目」
七夜志貴 「はい、お疲れ様」
QBP 「お疲れ様だよー」
日高愛 「本当に終わった!?」
命蓮寺の白き聖人 「2票もらいで噛むなら向井さんでしょうね」
ワリオ様 「クソー!オツカレ!」
四条貴音 「おつかれさまですわ」
ユウちゃん 「うわ~ん、ごめんなさい~;;」
ギコ 「…すまんなぁ。お仲間」
武田GM 「御疲れさまだ!
アイドル陣が強かったね!」
水谷絵理 「真がわからない霊能をどうこう考えるより
今いる占いがどうなのかを考えるほうが、よっぽどいいよね」
命蓮寺の白き聖人 「おつかれさまです」
星威岳哀牙 「申し訳ありませんでした
このアイガ、誠心誠意反省しております」
貞子 「川д川 お疲れ様よ。お仲間、ごめんなさいね。初手●もらっちゃって」
日高愛 「お疲れ様ですー!!」
高槻やよい 「あれまっ」
脇山珠美 「お疲れ様です」
星威岳哀牙 「特にQB殿には謝っても謝りきれませんな。
今後精進してゆく故、どうか今回ばかりはお見逃しを。」
ワリオ様 「狂人コノヤロー!!」
ユウちゃん 「おつかれさま~!」
高槻やよい 「おつかれさまー」
向井拓海 「ああ、こりゃひでぇ、追っかけすんだったらギコはもうちょい自信もってやるべきだったな。」
武田GM 「狩人が狼を護衛しようと、吊りきってしまえば勝てるという事だね!」
風見幽香 「まぁお疲れ様ね」
高槻やよい 「まあ知らなかっただけみたいだしあるあるある」
命蓮寺の白き聖人 「いやぁニートって楽でいいですね
アイドル占い師は無双しますし」
貞子 「川д川 あそこで聖人○で最速で出ても、銃殺が出てる以上、占いは
    ロラ安定だしね。仕方ないわ>ギコちゃん」
日高愛 「護衛QBPだったんですから、噛めばよかったのに…」
市原仁奈 「なんというか、びっくりでごぜーます」
ユウちゃん 「        <'⌒ヽ,
      /  0__0ヽ
      (   ァリ)ノ)i )
      \ (l_^ヮ゚ノゝ ←狼全員に投票した狂人
        ン⌒'vfつ
       く/ 、 ハ〉
       .`⌒)ノ′
          ′
        -━━-
向井拓海 「七夜殴り殺す準備してたら死んでた。」
ギコ 「追っかけじゃないんだな、これが。ただ単に遅れたんだ >向井」
高槻やよい 「割りと真面目に真はみてたお!」
水谷絵理 「狂人もどうにもできない展開だったから、うん
つらかったよね>ユウちゃん」
貞子 「川д川 (あれ? 初日霊能? マジで?)ってちょっと
     希望を持った私を慰めていいのよ?>アイガちゃん QBちゃん」
四条貴音 「しかし、対抗噛みが出るとどこかで占い吊られちゃいませんかね?」
ワリオ様 「まあやれることはやったな!仕方ない!」
市原仁奈 「哀牙おじさんは慣れてないのでごぜーますか?
今回失敗したことは次はしなければ良いでごぜーますよ」
武田GM 「残っているのがほぼアイドルだね、これはいい事かな」
風見幽香 「ギコ視点の内訳相当おかしいからQBP真よねぐらいしかね・・・」
七夜志貴 「ほどよく吊られそうな位置に行くはずだったのに行くまでに銃殺とは。
まぁ俺を占った占い師に勝算を」
貞子 「川д川 いい投票じゃないの……同じ幽霊でも呪っちゃうわ…!>ユウちゃん」
日高愛 「ワリオ様LWで勝負という布陣ですね>貴音さん」
ギコ 「だからな…なんというかなぁ。ただ単に俺のスキルが低かったって事だ。」
星威岳哀牙 「それはQB殿にお任せしますよ>貞子殿」
市原仁奈 「七夜おにーさんは正直初日から吊りてーところでごぜーました。」
QBP 「正直、真霊能が出てこなくて超焦った」
ワリオ様 「まあオレ様的には占い噛めなかったのが心残りだ!」
向井拓海 「それで理由がああなっちまうとどうにもならねぇかもな。
方針が偶然になっちまったのは仕方ねぇが、テメェ視点の理由は厚目でもよかったかもしれねぇ。

こっちじゃみねぇが、初めてさんか?>ギコ」
ユウちゃん 「む~、志貴の方だったか~。
狐っぽいとこ潰そうと思ったのにな~」
貞子 「川д川 私も焦ったわ(白目>QBちゃん」
ギコ 「ああ、とある人の紹介で支援で来たんだ。 >向井」
星威岳哀牙 「オ、おじさんッ!?
…いえ、冷静に考えればすぐに分かったこと、ワタクシの落ち度ですな>仁奈殿」
日高愛 「灰→確定○って回りくどい噛みしてくるから
ギコさん真なの??ってなってました…うぐぐぐ」
QBP 「多分、ゾーン指定されてなかったら、まだ占わなかった気がするなあ>志貴
それよりも向井さんの方とワリオ様のが占いたかったんだ」
高槻やよい 「途中QB狐の真狐ー真狼真面目に考えてた」
ワリオ様 「霊能語りまでは良かったんだがな~!
オレ様が占い騙るべきだったか!」
向井拓海 「まーその、なんだ……片眼鏡はよ、ああいうときはすぐにでてもいいんだぜ……
あんた視点潜っても仕方ねぇのはたしかないんだしヨ……その、疑ってすまねぇな。」
貞子 「川д川 初日。QB噛みはアリだったのかしらね? ワリオちゃんに
    全てを託す事になるけど」
ユウちゃん 「うみゅう……呪われる~……;;>貞子」
高槻やよい 「ちがうちがう、ギコ狐の」
星威岳哀牙 「言い訳はしませんが、事実のみを述べるのであれば四条は初めてですな
初見の方々と同村できていい経験でしたよ」
貞子 「川д川 いえ、結果論で言うなら私ね、占い騙ってたほうがよかったのは>ワリオちゃん
     そうすれば灰に2狼、っていう形にはなってたわ」
向井拓海 「ワリオはどこが吊れてもいい感が満載だぜ?
早苗だとそれでもいいかもしれねぇが、初日だけだったら場所によっては吊り候補だ。」
日高愛 「ありだと思いますよ?真占いを抜けるなら抜いたほうがいいですし
信頼勝負なら、銃殺しっかりしないとですけど>貞子さん」
高槻やよい 「確定○作りする占いを狐って見やすくなっちゃってるなー」
七夜志貴 「殴ってもいいのよ?」
武田GM 「久々に村ゲーを見た感じがするね
ああ、市原君は御疲れ様 一人であろうと
君は立派に役目を果していたよ」
市原仁奈 「おじさんじゃねーでごぜーますか?
それでも慣れていないのならわからないこともたくさんあるでごぜーます
そこの拓海おねーさんや七夜おにーさん、QBPや貴音おねーさんに色々聞くと良いでごぜーますよ>哀牙おじさん」
QBP 「あ、そういえばまた占いで呪殺出してる
何か一回除いて毎回呪殺出してるなあ……」
貞子 「川д川 それだとギコ真だからQB溶けてるわよ……!?>やよいちゃん」
ワリオ様 「占い結果に露骨に被せたから信用が落ちたのだから
被せる相手が居なければ信用が落ちないというスンポーだ!」
高槻やよい 「ワリオ様はこー溢れる胡散臭さにニマニマするRP
どっちかっていうと後半残りに強い感じだね」
向井拓海 「おーそうか、んじゃようこそ、だなぁ?>アイガ
ま、またこいや、そんときゃもっとうまくやってやろうぜ。」
脇山珠美 「珠美は初日に貞子殿吊って哀牙殿視点を見たかったのですけどね。」
ギコ 「というかなんで騙りしようと思ったんだろうな…普通に潜伏でよかったような。」
QBP 「僕に聞かれても困るよ!?>市原さん」
星威岳哀牙 「申し訳ありませんでした>拓海殿
いやはや…」
貞子 「川д川 そのほうが安全路線だったかしらね。駄目ね、ひよっちゃったわ>愛ちゃん」
日高愛 「哀牙さん視点って●しかでないのでは?>珠美さん」
向井拓海 「ああ?>ニナ
オメーがしろやコラ」
高槻やよい 「面白いからあんまり投票する気にならないんだよねwww」
ワリオ様 「正直初日からどんどん心証が下がってった印象だからな!
ソッコー噛んでれば決め打ちも夢じゃ無かった!と思う!」
貞子 「川д川 またいつでもいらっしゃい>今日初めての方々
    歓迎するわよぉ♡」
四条貴音 「騙りはしないと成長しませんからね…、今日の事もいつかのための練習と思って>ギコ殿」
武田GM 「向井君はRPも相まって実に恐ろしいアイドルだったね!
僕としては正面切って話したくない感じだったよ>向井君」
ユウちゃん 「最初QBに○出しちゃったのが運悪かったかな。
あれが無かったら哀牙狂、QB狼にも持ってけたかも。
あとは共有初日」
脇山珠美 「そうですけど。それならQBP殿とラインできますからね。>愛」
高槻やよい 「多分QB噛んでもある程度の時間は
ギコ真に見せれるはずだよ」
向井拓海 「まぁ、だけどヨ?あの出方だって理解したチビ珠みてぇのもいるわけだ。
アタシのが猪突猛進だった、ってことだってかんがえられるんだぜ?>アイガ
そのあたりはよ、結局考え方だが。」
日高愛 「初手仲間が露出した時点で、狼は不利ですからね…仕方ないです>貞子さん」
市原仁奈 「きかれたことに説明できてこそ先輩でごぜーますよ?
それで無理だったら仁奈や愛おねーさんが一緒に考えるでごぜーます。
それで無理だったら風見おねーさんややよいおねーさんや珠美おねーさんやたくみおねーさんや絵理おねーさんが説明してくれるでごぜーますよ>QBP」
高槻やよい 「だからそこら辺は割りとあり」
貞子 「川д川 なにそれちょっとそのパワー分けなさいよ。呪うわよ!>QBちゃん」
高槻やよい 「●吊ってぐれるぐらいはいくんじゃないかな」
星威岳哀牙 「やあれ、ご迷惑をかけながらも村のスイリと素晴らしき占い師殿のスーパープレイを堪能できて満足ですな
次はもう少し冷静になって足を引っ張らぬよう挑むとしましょう」
向井拓海 「おう、人と話すならまず目ェ合わせろ>武田のオッサン」
高槻やよい 「というわけでおつかれさまー」
ワリオ様 「まあグレランは狂人いたしなな!
事故みたいなもんだな!」
高槻やよい 「うっうー」
QBP 「成程……
確かにそうだね>市原さん」
貞子 「川д川 色々位置とか運が無かったって事よね。
    ギコちゃんのQB○が無かったらもちろん、私はアイガちゃんに○出してたし」
市原仁奈 「たくみおねーさん、仁奈の言ったことはちゃんと見ると良いでごぜーます?」
武田GM 「ははは、初日から霊界行きなのだから
目は合わせられないけどね>向井君」
貞子 「川д川 あらやだ気があうわね>GMちゃん
    私もちょっと拓海ちゃんは呪えないわ。呪ったらヤバそうなオーラが
    漂っているもの(白目」
QBP 「そもそも僕占い経験が4回だけだからね!
そりゃ出るさ!>貞子」
星威岳哀牙 「ふむ、そうですなあ…」
ギコ 「やれやれだ、次はもうちょいとうまくやりたいな。
無理に銃殺対応作ろうとして遅れるなんて笑えねえ」
市原仁奈 「まぁ、特に大きな事故もなくてよかったでごぜーます・・・」
向井拓海 「うっ……いやまぁなんだ、オメーでもおしえられるんだろーが>ニナ」
ユウちゃん 「やっぱ遅れてでも占いで出るべきだったかな……
●が早すぎて、後だしじゃあ信用取れ無さそうだから潜っちゃった」
貞子 「川д川 私もね……あらやだ二人とも四条初!? なら私が潜伏して
    頑張らないと! ヒャッホウ! ってテンション上がっちゃったのよね…>ギコちゃん」
武田GM 「向井君を霊界に寄越されても正直手に余っただろうね
その点では君たちに感謝すべきかな?>貞子君」
日高愛 「んー、哀牙さん視点でQBPと繋がらないとなると、真狐でギコさんと繋がるという
妙な視点となりますね>珠美さん」
四条貴音 「私占い経験8回ぐらいだけど一回も出てませんわ…、やはり実力なのでしょう、頼もしいですわね>QBP殿」
ギコ 「初ではないがな、2回目だ。まあ、前は初日に吊られたけどな >貞子」
貞子 「川д川 …あらやだ私より少ないじゃない。私も6回ぐらいよ?>QBちゃん
     お互い頑張りましょうね」
日高愛 「まあ、ないわけじゃないですが、すごい内訳になりそう」
ワリオ様 「初日共有でなければもっと楽だったろう!
なんか色々運が悪いぞ!フンガー!!」
向井拓海 「あー、結局、ギコ視点は、QB狂って情報があるからか?>やよい」
市原仁奈 「んー、じゃあギコさんにアドバイスでごぜーます。
最後の聖人のおねーさんを噛んだとき。
灰を噛むときは噛む灰の占い理由くらいは作っておくと良いでごぜーます。
今日などはそれだけでまだ戦えていたと思う出ごぜーます>ギコさん」
日高愛 「あれ?ワリオさんは、前に遊びに来られてましたよね」
武田GM 「最終日に、ユウ君が指摘しているのだけど
噛み+占いで銃殺に見せかけられるのだから
最後まで足掻くべきだったのではないかと思うよ>ギコ君」
脇山珠美 「そこまでは考えませんっw レアケになっちゃうのでw>愛」
星威岳哀牙 「ふむ、潜伏狂人というのも割とアリなのですかな
ギコ殿狂としか思っておりませんでしたが」
貞子 「川д川 あらやだこれは失礼♡
    まーアレよ、今回は色々運が無かったって事よ!
    というわけで元凶のQBちゃんを、こう、ちょっと、縛りましょうか♡>ギコちゃん」
ワリオ様 「オレ様は初めてじゃないぞ!?」
QBP 「そう言われると嬉しいものだね>四条さん
運の要素もあると思うけど

占いは中々巡ってこなくてね……
だから僕と契約して占いを回してよ!>貞子」
市原仁奈 「噛める狂人を噛んで信用落としをさせようとしている
という風に見えることもあるでごぜーます。」
QBP 「や、やめろおお!?>貞子」
貞子 「川д川 今よワリオちゃん! QBちゃんを亀甲縛りにするのよ!!>ワリオちゃん」
ギコ 「…んーとだなぁ、一応作ってたんだが…折れちまった。 >市原」
日高愛 「ってなると、やっぱり
ほとんどどっちの霊能を吊っても色決まっちゃいますね>珠美さん」
武田GM 「ああ、早苗鯖からの来場者達には有り難うと言おう!
市原君と向井君は相応の実力者だからね、彼女らに教えを請うといい!」
ワリオ様 「ボンレスハムの縛り方しかしらねーよ!!」
向井拓海 「あれだ、風土かもしれねぇがここは潜狂を選択するヤツも少なくねぇナ>アイガ
こういうときに残ってられると厄介以外のナニモノでもねーが。」
向井拓海 「バ、バカやめろっ!
アタシはそんなにえらくねぇつ!」
貞子 「川д川 なるほどね……大体噛めるQBを噛む事によってギコ護衛ぶらしと
    村に考えさせる……か。 ちょっと考えればわかる事だったわ。
    やっぱりひよっちゃ駄目ねぇ。貞子反省♡」
QBP 「僕食べても美味しくないから!
僕縛っても意味ないから!」
ギコ 「ああ、こっちは潜伏狂人が良くあるってのは聞いていた。だから狂人とかなったらどうするかなとかひやひやしていた。」
四条貴音 「潜伏狂人のムーブがよく分かりませんわね
どういう動きが最適なのでしょう」
星威岳哀牙 「初日の失敗が全てですからなあ…質問したいのはやまやまですが
後は霊界で見、説明していただけで満足ですよ」
市原仁奈 「仁奈の考えでよければ、ですが。
安定はしねーでごぜーますね。
おそらくは占い師よりも難しいと思うでごぜーます。
つまりですね、とっても腕が必要なのでごぜーます。
占い師騙りなら自分の○が簡単に怪しまれるですよ。
でも潜ったら吊りを誘導できるですが、狼に噛まれるかもしれねーでごぜーます。
つまり、人によるですよ。そこの風見おねーさんが潜伏狂人うめーです>哀牙おじさん」
ワリオ様 「まあ負けた腹いせに占いをボコボコにするのは悪くないぞ!」
貞子 「川д川 まあ潜伏狂人がちょっと多いね、ぐらいでいいんじゃないかしら。
    騙るも何するのも自由よ♡>ギコちゃん」
日高愛 「んー…真あるならQBPと思ってたんですが
どうしても、初日で印象が決まっちゃうとダメですね…
護衛できませんでした…」
星威岳哀牙 「ふーむ、私は潜狂など高等なことはできませんが、ログを見て勉強させて貰いますよ>拓海殿」
武田GM 「質問を自分で考えるのも上達する一環だよ>哀牙君」
市原仁奈 「仁奈なんて絵理おねーさんややよいおねーさんや風見おねーさんや珠美おねーさんに比べると爪の先ほどのもんでごぜーますが・・・」
QBP 「僕と契約してくれても良かったんだよ?(チラッ>日高」
貞子 「川д川 そんな弱気でどうするの!>アイガちゃん
     もっとアグレッシブに! 常連組なら
     なんでも喜んで答えるわよ!」
ワリオ様 「潜伏狂人は潜った時点でただの村だからな!
活躍する例を見て見たいもんだ!!」
脇山珠美 「出ただけで仕事ありましたよ。残念ながら吊られてしまいましたけど。
じゃなかったら二日目に真占い殿が吊られる事件にw >愛牙」
星威岳哀牙 「ほほう?風見殿が潜伏狂人のプロ、と?」
七夜志貴 「やっぱ真占いが残って信仰勝負路線になると狐にできることは少ないねぇ」
ギコ 「まあ、とりあえず俺はそろそろ失礼させてもらうぜ。
全く、難しいもんだな。騙りってやつは」
ユウちゃん 「まあアタシも狂人で潜伏したの初めてだったけどね。
潜伏すると役職の内訳が見やすいから推理しやすくていい感じ!
後はそれを捻じ曲げるだけ♪」
貞子 「川д川 そうよね! これがアイドルが真占いだったらちょっと躊躇っちゃうけど、
     QBちゃんだしね! >ワリオちゃん」
日高愛 「もう、3日目あたりから、もう、えーーーー??どっち真って
悩んでましたよ!!>QBPさん」
七夜志貴 「信仰勝負ってなんだ。進行勝負ねw」
貞子 「川д川 騙りはとにもかくにも経験よぉ♡
    お疲れ様よ、またいらっしゃいね♪>ギコちゃん」
日高愛 「狼に占いを即抜いてもらうしかないですからね>志貴さん」
ワリオ様 「はじめてかよ!今度はもっとうまくやれ!!>狂人」
市原仁奈 「まぁ、貞子が●出されて霊能COって
「あー、ぽい」って思って即対抗霊能がいるだろうと呼びかけたんでごぜーますよね。
あんまり同じ動きばかりするのもよくねーでごぜーます>貞子」
武田GM 「初日の観点をギコ視点でみるなら
対抗は狂、霊能は貞子が真 それでは哀牙が出てきたとして
そこは何か?これを考えると結構内訳が可笑しくなりやすいからね
ギコ視点の内訳を整理するのが良かったのではないかと、僕は思うよ」
貞子 「川д川 何それ私その展開待ち望んでたのに!>珠美ちゃん」
向井拓海 「ああ、あんま難しく考えなくてもいいんじゃねぇの?
風見が潜狂の鬼なのはたしかだけどよ?ありゃ、人を選ぶ
アタシは基本、狂人するなら4日目までに死んで狼に後を託す仕事が一番しやすいしな>アイガ」
向井拓海 「おう、おつかれさん、またこいよー>ギコ」
QBP 「とりあえず初日はホントに死にかけた
そして呪殺を渇望してたら出たんだよね!」
星威岳哀牙 「そういえばワリオ殿に疑いが向いたのが驚きでしたな。
拓海殿をはじめ、そこに匂いを感じ取った方々はお見事でしたよ。
ああいった感性を磨く方法をご教授願いたいですな」
貞子 「川д川 ちょっと泣きたくなったわ>になちゃん」
武田GM 「落ちる人達は御疲れ様だね」
七夜志貴 「やっぱり殺人鬼的に●特攻をすべきだったか……!>愛」
日高愛 「ギコ視点は、狼でしかありませんよ
ただ、私は狂人の援護に狼1枚でして
真確定させたくないのかなーでしたけど>武田GM」
向井拓海 「初日だとなー>ニナ
あれでいろいろかんがえちまったわ。」
脇山珠美 「貞子殿視点でもなんで真霊能でないってびびってたんじゃないでしょうかw>貞子

ここはすぐに誰か出してロラらせる場面よぉ?
って発言がずっとひっかかったのですよねw」
市原仁奈 「んー、仁奈はワリオは狩人じゃないだろうから吊ろうと思っただけでごぜーますよ?>哀牙おじさん」
ユウちゃん 「まあ今回の場合アタシ視点真狼ー真狼が見えちゃってて、
そうなるとどうあがいてもQB真で……どうにもならないー!」
武田GM 「向井君が指摘しているが
何処を吊ってもよいというのは狼の特徴だからね
彼女はそこを敏感に拾ったというべきかな?>哀牙君」
四条貴音 「それではお疲れ様
村建て同村感謝、またいつか」
日高愛 「特攻してたら、私が泣きました!!>志貴さん」
貞子 「川д川 なんか●出てたから思わず出ちゃったのよねえ……
    初手●とかほんといやだわぁ……(白目
    契約しなきゃよかった……」
ワリオ様 「4COか!いいぞ!ガハハ!」
脇山珠美 「珠美は貴音殿を噛んだ理由が知りたいです?」
QBP 「契約したらまさか●が出るなんてね……>貞子
僕も吃驚だよ!」
星威岳哀牙 「後、早苗では占い範囲指定もあまり見かけませんな。
あれは早苗でももっと行なって良いのではないですか?」
貞子 「川д川 こう、ロラを見据えた真霊能としての余裕を演出過剰にしてみました(白目>珠美ちゃん」
武田GM 「ただあの出方をするのは寧ろ狂人よりだろうからね
狼があの出方をするのかと思うと、何かしら歪みそうではあるよ>愛君」
市原仁奈 「COの仕方は変えるものでごぜーますよ。
仁奈は占いの○でのCOの仕方は3つ4つは考えてるでごぜーます。
霊能でも2つ3つはあるでごぜーます
狼の初手●だって4つほどもってるでごぜーますよ>貞子

仁奈もどうしたものかと考えていたら遅くなっちまったでごぜーます>たくみおねーさん」
四条貴音 「あ、それは私も知りたいです(チラッ>珠美殿」
ワリオ様 「何かそこらへんに狩人が居るような気がしたのだ!
ちょっとずれたがな!!>貴音噛み」
日高愛 「範囲指定は、こっちでもあんまり見ないですね
というか、初めて見た感じですね。今日は決まりましたけど>哀牙さん」
QBP 「それじゃあ僕も失礼するね!
村建て感謝&同村の皆はお疲れ様だ!
僕と契約して魔法少女になってよ!」
星威岳哀牙 「ふむ、どこが吊れても良い空気、と…
正直2,3日目だったら「自分が吊られたくない気持ちは分かる」と片付けてしまうところですよ」
貞子 「川д川 なるほどね、バリエーションは大事よね、ホント。
    ちょっと色々考えてみるわ!>になちゃん」
日高愛 「いいえ、それはギコさん視点でQBP狂人が決まってるので
狂人が霊能に援護ででてくるというのはありえないのですよ>武田GMさん」
市原仁奈 「早苗は確定○上等でごぜーます。
範囲指定よりは同じところを占え、とするものではないでごぜーましょうか?
早苗の占い方は正直な話、面白みはないでごぜーますが最強に近いのではないかと考えているでごぜーます>哀牙おじさん」
七夜志貴 「範囲指定は……正直嫌な予感はしていた。そしてあたったジャストミート」
貞子 「川д川 契約しといて●出して吊るとか詐欺もいいとこよね!?>QBちゃん
     この怨み……呪わずにいられようか……(ゴゴゴ」
脇山珠美 「真霊能ならQBP吊りを強く押すと思ったんですよ。
だってあの時対抗居なかったんですからw
テンション上がった真とも思ったんですけど…んー? って感じでしたw>貞子」
星威岳哀牙 「確かに早苗は交換占いなのですがね>仁奈殿
しかし選択肢としては面白いと思ったのですよ」
日高愛 「狂人視点で、ギコさんがQBPは偽(狼狐)がみてるので
QBPを援護する必要がないということですね>武田P」
ワリオ様 「早苗でも昔流行ってたぞ!ゾーン指定!
なんでも占い先縛られたくない!とか言って廃れたらしい!」
向井拓海 「ああ、あれか?>アイガ
ありゃな、初日に霊でも占でも吊れるのどっちでもいい的な発言がきにいらなかっただけだ。
あと、あたしはアイドル以外は殴り殺す。」
市原仁奈 「逆でごぜーます
早苗はわからないでやがりますが、やる夫系列や鉄、四条などは素村ならば序盤3人までなら吊れてもかまわねーのでごぜーます
何故3人かわかりやがるですか?>哀牙おじさん」
ワリオ様 「まあたまにはいいがな!今回はたまたまうまくいったのだ!!フンガー!」
星威岳哀牙 「確定○作りは更に占い先縛ってるじゃあありませんか…」
ユウちゃん 「状況的にギコ偽になってくから、
ギコが○出した先を囲い疑いで誘導していこう、っていうアタシの作戦が……」
武田GM 「ああ、哀牙君の出方が狼より狂人的な出方だったからね
哀牙狼では少し見られないので、そうなるとギコの対抗○出しが
歪む感じがすると言うべきだったかな?>愛君」
市原仁奈 「確定○を作ることを強いられるほうが縛られてる気がするでやがります>ワリオおじさん

仁奈も今日初めて指定したでやがりますよ>哀牙おじさん」
貞子 「川д川 ええ……実はね?
   「え? なにこれ? 対抗いないの? ……QB吊れんの? マジで?」
    てな感じで逆になんか悪いような気がしちゃって!(白目>たまみちゃん」
日高愛 「早苗でも流行ったのですか、やはり廃れたり流行ったりするもんですね>ワリオさん」
星威岳哀牙 「7吊りで狼+狐で4だから、ですかな>仁奈殿」
向井拓海 「ああ、覚えとくといいぜ>アイガ
どこがつれてもいーのは、人外か村だけだ。
役は少なくとも吊りたくねぇから、そのあたりも見分けるポイントにゃあならぁな。」
市原仁奈 「そのとおりでごぜーます。
つまり序盤は狩人じゃないならば吊られても問題がねーでごぜーます。
終盤でもそのとおりなので狩人がありそうなところを、吊るのではなく指定するのでごぜーます>哀牙おじさん」
日高愛 「それは、私も昼に違和感感じましたね
だけど、人って無理やり理由付けちゃうんですね
「ギコ真を確定させたくない、狼が考慮の末、QBPを破綻させに行かなかった」って
まあ、素直に考えればQBP護衛できたんですけどね…あははは」
ワリオ様 「まあオレ様は万能だから戦法を依り好んだりしないのだー!!」
日高愛 「>武田GM」
貞子 「川д川 ほら、私って気の優しい純情乙女じゃない?
    だから真といえどもなんか悪いかなって……ね?♡>珠美ちゃん」
星威岳哀牙 「肝に命じておきますよ>拓海殿」
向井拓海 「まぁ大体ニナがいってるとおりだけどなー。」
ワリオ様 「オレ様はローラーが好きなだけだ!
無我に考えることなくなるしな!ガハハ!」
武田GM 「そうだね、それだから
QBP視点とギコ視点での内訳の整理が必要だったのではと僕は思うよ
少なくともQBP視点では内訳の歪みは無いのだからね>愛君」
星威岳哀牙 「ふむ、なるほど…序盤3人は素村吊れていい、と。
考えてみればもっともなことですなあ」
脇山珠美 「ついでに言うと、
貞子殿真なら対抗出た時点で狼確定ですからロラの必要もないんです。
することはただQBP殿吊りかグレランだったんじゃないかと。」
星威岳哀牙 「そう考えると早苗の村は昼に合意形成が弱く、中盤以降もグレランが混ざったりしがちで不安定ですな…」
市原仁奈 「仁奈は占いがいないほうが考えがおよばねーでごぜーます。
仁奈は色々な人を見て構築していきます。
だからただ怪しいところとして吊る動きはやっぱり得意ではねーでごぜーます。」
七夜志貴 「んじゃ、お疲れ様。同村感謝するよ。じゃねー」
市原仁奈 「序盤に喋る力の弱い人を吊るのはそういうためでごぜーますね。
この人はもし村でも終盤殴り負けるから序盤に吊ってしまおう、という>哀牙おじさん」
向井拓海 「だからヨ、そこに狂人がもぐりこみゃ、村追い詰められんだよ>アイガ
素村3吊るってことは、あと1ミスすれば村ァ絶望だかんな。」
武田GM 「御疲れ様だ>七夜」
ワリオ様 「遺言が無いから戦法も違ってくるだろう!
まあ基本は同じだ!グレラン当てれば勝てる!」
貞子 「川д川 あらやだお疲れ様よ>しきちゃん」
七夜志貴 「占いは偽濃厚でも破綻してない限りずっと残す方だね。追いつめられても頑張って
真たろうとするその動きこそ見る価値がある―――と、まぁ、それっぽいことを言ってみる」
七夜志貴 「)サッ」
武田GM 「そうだね、狂人の仕事は吊られる事も入るからね
自分が生存して役に経つのは他人を吊る事もあるが
やはり3W生存している方が狼としては有り難いからね」
星威岳哀牙 「ほほう、得心がいきましたぞ>狂人紛れ
やはり人狼とそのセオリーというものはよく出来てますな!」
ワリオ様 「フーン!オレ様も今度センプク狂人して見よう!」
市原仁奈 「グレランだけで充てるなんてーのは仁奈には無理でごぜーます。
役職の情報は大事でごぜーますよ。」
星威岳哀牙 「やあれ、勉強になりましたな。
ズヴァリ!次こそは名探偵が活躍して見せましょうぞ。」
市原仁奈 「期待してやがるですよ>哀牙おじさん」
武田GM 「噛まれないように、吊られる動きというのは
見ていて中々に難しいけどね、的確に狼の邪魔をする場所を
削っていけるのが優秀な狂人というべきだろうか?」
星威岳哀牙 「ではアイガも失礼するとしましょう。
皆々様、名誉を求めて破滅した、哀れなピエロにお付き合いいただきありがとうござあい…」
貞子 「川д川 私が強くQB吊りを推していれば、
    アイガちゃんがさらに狼に見られて、私とアイガちゃんが
    残される可能性が微粒子レベルで……?」
貞子 「川д川 お疲れ様よー>アイガちゃん」
武田GM 「まぁだとするならば
今日は向井君を攻撃するほかないのだが・・・
少々殴り負かすにはきつい相手だろうかね」
脇山珠美 「仁奈殿噛めば多分吊れましたよw>貞子」
武田GM 「ふむ、それはあったかもしれないね
そうすれば狼は有利だったかな、QBPを吊ろうという意見も
あったわけだしね>貞子君」
貞子 「川д川 ところでつかぬ事をお伺いするんだけど、拓海ちゃんの
    キャラってヤンデレ(ヤンキーデレデレ)だっけ?」
ワリオ様 「フン!今回はちょっと油断しただけだ!!
オレ様も帰るぞ!覚えてろよ!オツカレ!」
ユウちゃん 「ん~、それじゃあ落ちるね!
むむ~……今度ゆっくり潜伏狂人について考えよう!
お疲れ様でした!」
武田GM 「ああ、参加有り難う>ワリオ」
貞子 「川д川 マジかよ……>GMちゃん 珠美ちゃん
    これは反省ね。ガンガン強気で行くべきだったわ!! っもう!」
貞子 「川д川 お疲れ様よ! ユウちゃんにワリオちゃん!」
武田GM 「まぁ初日占いを噛まないという選択をして
霊能はロラ気味、だとすると共有は護衛されてそうだからね
初手噛みは躊躇ったという感じかな?>初手共有噛み」
日高愛 「どっちかというと、真狂で信用勝負を仕掛けてきてることに違和感を
感じましたね、真狂ならどっちか噛むよねっという
んー、ダメだな、素直に護衛すればよかった>武田GMさん」
貞子 「川д川 噛み相談をもっと煮詰めればよかったわねぇ……反省しきりだわぁ>GMちゃん」
日高愛 「仁奈さん吊っても、QBP真は完全に捨てれないので、両残しで詰めるてたかな?
貞子さん残しもQBP真考慮でしたし>貞子さん」
武田GM 「哀牙君の遅いCOで、皆の考えと信用が逆転していたからね
仕方の無い事であるとは思うよ>愛君」
市原仁奈 「仁奈は指示遅かったですが、結構落ち着いてたつもりでごぜーます」
向井拓海 「ああ?表でるか?>貞子」
日高愛 「どうにも、狼でもああいう動きするんじゃないのか?って思考がですね
いろいろ遭遇してくるといろんなのケースが頭を…うぐぐぐ」
貞子 「川д川 どこまでもついてくわ!! さあ!! どこいくの!? 
     路地裏とかで私ボコられちゃうのかしら!? ああ……ドキドキする!>拓海ちゃん」
貞子 「川д川 全ては初手●が悪いのよ……うごごご(白目>愛ちゃん」
武田GM 「市原君は初日ぼやいていたがね
それでいてしっかり進行できていたのだから
問題は無いと思うがね>市原君」
市原仁奈 「働いてくれるかどーかわかんねー狩人よりも相方のいる夜のほうが正直大事でごぜーます>武田おにーさん」
日高愛 「初手●の速度的に…あ、護衛楽ーと思った私を返してください!!>貞子さん」
貞子 「川д川 しかし日が変わる前に終わるとか、やっぱり
     色々失敗しちゃうとそりゃ早く終わっちゃうわよねえ しんみり」
日高愛 「ロラ推奨しちゃうと、狩人目線になっちゃいますし」
貞子 「川д川 いきなり●もらって、どうにか霊能COって喉から絞り出した
     私を慰めてちょうだい!>愛ちゃん」
武田GM 「ロラ展開になるとして
自分が速攻で吊られるような出方を、霊能で狼がするかどうか・・・
リスクの割りには狼側のリターンの少なさをどう取るかかな?>愛君」
貞子 「川д川 ていうかなんか雨の音がゴッツイんだけど。何これ台風?」
日高愛 「だが、断る!!(なでなで)>貞子さん」
日高愛 「真を確定させるよりは、ですかね
ものすご~く違和感は感じてましたが>武田GM」
武田GM 「何、君は今回村を勝利に導いたのだからね
誇りを持っていいのさ、まぁ相談できる相手が居るというのは
確かに重要ではあるけどね>市原君」
貞子 「川д川 ギコ真と考えて、QB狂。なら決め打ち体勢はよくないって
    ことで霊能ロラらせる為に狼が出た、ってのはどうかしら!>GMちゃん
     っていうかこれ以外に主張できないんだけどね私視点!」
向井拓海 「んじゃ、アタシ明日浦和に昼までにでねぇといけねーから落ちるぞ?
おつかれさん。」
向井拓海 「あ、そーだ武田のオッサン」
日高愛 「あの場合、信用こそないですが
占い真確定されることがあれですからね
共有初日というのがあいまって」
貞子 「川*ー川 癒されるわぁ……>愛ちゃん
     心の傷もみるみる塞がっていくわ……!」
向井拓海 「明日もすんならやっていーゾ?
多分帰ったらアタシ死んでるからな。」
市原仁奈 「というか、それがしっくりはきたのですよ。
かといってあんな胡散臭いことをその狼が言うのかどうかという話でもあるでごぜーます>貞子

ま、そういうことにしとくでごぜーますか>武田おにーさん」
貞子 「川д川 共有初日でなければ、私が初手●じゃなかったら、ギコがQB○じゃ
    無かったら。あらぁ……たらればニラレバね……! キィィー!」
武田GM 「私も参加はしたいが
まぁGMをやるのも面白いからね
10時を過ぎたら検討させてもらうよ>向井君」
向井拓海 「んじゃ、検討しとけヨ。
できるだけこっちもどうするかはしらせっからよ>オッサン」
日高愛 「狼が3枚手札があるなら、2wのためにああいう手を打つということが
ないわけじゃないから、頭を悩ませていたわけですね、はい」
貞子 「川д川 QBの「本当に対抗霊能出てきてよ……」のセリフが
    狼に対する呼びかけ、って感じで攻めれたかしらねえ>になちゃん」
日高愛 「まあ、今日は不運だったということで、次回です!!次回!!>鴨君」
武田GM 「正直狼側のリターンが少なすぎる+それをやるなら狂人の方が断然良い
これらを加味すると、ギコのQBP○が非常におかしな事になると思うのだがね>貞子君」
市原仁奈 「んー、ま、仁奈も勉強になったでごぜーますよ。」
貞子 「川д川 そうね! 凹んでばかりはいられないわ! まあ実際凹んでないけど。
    元気いっぱいだけど!(涙目になりながら  >愛ちゃん
    世の中元気に生きないと人生暗くなっちゃうわ!」
脇山珠美 「初日に決め撃つ必要はなかったかなとは。考えるには本当に時間は少なすぎたんですけどw
貞子殿真なら二人とも偽。実際はワリオ殿しか狼は居なかったんですけどねw」
日高愛 「どうにも、いろんなケースが頭をよぎってだめですね
ではでは、私はこのへんで!!お疲れ様でした」
武田GM 「解った、8時ぐらいに呟いてもらえればいいさ
明日は楽しんできてくれたまえ>向井君」
武田GM 「落ちる方々は御疲れ様だ!」
貞子 「川д川 それはもうしょうがない系じゃないかしらね、マジで>GMちゃん
    ギコ真ならQBは狂でほぼ確定しちゃってるんだし。
     そのあと共有噛んでQB噛んで、ならまだなんとかなった感じかしら」
日高愛 「あ、絵理さん
絡めなくてごめんなさい!!また今度お相手してくださいね!!」
市原仁奈 「まぁ、気分ってだけできめうってなかったから問題ないじゃねーですか。
きめうちそうだったから皆さんにどうしたいかも聞いたでごぜーますよ?
仁奈の共有は民主主義でごぜーます>珠美おねーさん」
貞子 「川д川 落ちる方々はお疲れ様よーって村陣営じゃないの、敵ね、呪うわ!>愛ちゃん」
水谷絵理 「こっちこそ、うまく絡めなくてごめんね
今度はじっくり楽しもうね?>愛ちゃん」
武田GM 「QBPを噛むと、またそれはそれで歪みそうだけどね
正直占いを最終日にもっていく展開だと霊界では見ていたよ
LWを任せて、かつ狐を捕捉できるのなら有りかもしれないがね>貞子君」
市原仁奈 「あわただしかったでごぜーますからねぇ
仁奈ももっと絵理おねーさんに甘えたかったでごぜーます」
水谷絵理 「(なでなで)>仁奈ちゃん」
脇山珠美 「三日目に貞子吊れたのはある意味運がよかったですねw
だから貴音殿噛みの理由が知りたかったのですが……>仁奈」
貞子 「川д川 そのへんはもう出たとこ勝負よねえ。あらやだあらやだ>GMちゃん」
武田GM 「狩人探し・・・という事になってしまうね>珠美君」
水谷絵理 「それじゃ私もこのへんで?みんなありがとう
武田さんも村建てありがとう、またよろしくね」
武田GM 「最悪ギコを吊って
翌日ワリオ吊りからの狐勝利も見えただろうからね
初日共有の初手●はある意味厳しすぎるというべきだろうかね>貞子君」
市原仁奈 「まったくでごぜーます。
仁奈だけじゃあキメあぐねてごぜーました>珠美おねーさん

きゃー>絵理おねーさん」
武田GM 「絵理君も御疲れ様だ、参加有り難う」
脇山珠美 「上手く言えないんですけど。2W露出したけれど……
QBP吊る噛みではなかった。でしょうか……>GM」
貞子 「川д川 元凶ね。呪うわ>初手●」
貞子 「川д川 えりちゃんお疲れ様よー ノシ」
武田GM 「狼視点で見ると、迂闊に噛めなくなった心理だと思うよ
村視点でみるならば、さっさと占いを噛めばいいのにという感じだろうけどね>珠美君」
市原仁奈 「ワリオさんと七夜おにーさんは吊りたかったですから
えーと、七夜おにーさんとワリオさん、どっちを吊るかの勝負でしかなかった気がするでごぜーますね」
市原仁奈 「もしQBPが噛まれていたら」
武田GM 「占いを噛んでしまうと、多分ギコ吊りの流れ
そうなると4日目からLWに全てを託す展開が見えたからね
そうなると、占いを噛まずに進行させた方が・・・
という狼側の心理が見える感じだろうか」
貞子 「川д川 ワリオちゃんをLWにして戦わせるにしても土台作りというか
    なんとかそのへん頑張れないかなーと思っていた矢先の事故でした(白目
    になちゃんかんどきゃよかったわぁてん…」
貞子 「川д川 全くもってその通りよ(白目>GM」
武田GM 「この通り共有がしっかりしているからね
村勝ちか狐勝ちになっていた感じではあるね>QBP噛み」
脇山珠美 「怖かったのは仁奈殿噛みからのQBP殿吊りでしたから?」
貞子 「川д川 それじゃーちょいとログ見てくるわ。お疲れ様よ! またね!
    ……今日のログは薄いわねぇ……容量的に考えて……(白目」
武田GM 「それも初日対抗霊能が出なかったら・・・になるだろうか?
つまり狼的には初手共有噛みが今回はベストになるだろうね」
市原仁奈 「ギコさんは真狂狼どれもありうるとして先にグレランしてしまうのもありだったかもしれませんね」
武田GM 「騙りに、うかつな●を出させないという意味では
グレランも悪くないかもしれないね」
武田GM 「さてと、それではそろそろ僕も失礼するとしようか」
武田GM 「では、早苗鯖のチャットルームに帰るとしよう
明日もGMをやる事になった場合は宜しくたのむよ!」
市原仁奈 「じゃ、仁奈も落ちるとするでごぜーますか。
皆様お疲れ様でやがります。」
脇山珠美 「じゃあ、珠美も失礼します。楽しかったです、お疲れ様でした!」