←戻る
【劇場番外】アイドルたちの探偵村 [173番地]
~たんてゐ村~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7
icon 柊GM
(生存中)
icon 秋月涼
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon インデックス
(生存中)
icon 解説の達川さん
(生存中)
icon ちびき
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon 巡音ルカ
(生存中)
icon 水谷絵理
(生存中)
icon
(生存中)
icon 少佐
(生存中)
icon 諸星きらり
(生存中)
icon 安斎都
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon 打ち止め
(生存中)
icon トロ
(生存中)
村作成:2012/10/08 (Mon) 22:01:38
GM 「テンプレ(桂ヒナギク 1.10)
        __
     . : ´: : : : : : : :`: :ヽ
   , '´: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
. /: : : : : : ::::::::: : : : : : : : : : : : : : ',
.l:::li:i: : :|:::l:::|::l:::::::::l_::::: : : : : : : : ',
.l::::l:l::::::|:::|:::|::|::::::::|川〒、: l: : : : : :.| 
l::::l:::l:::::|:::|:::|::|!:::::::|   | : l:l: l : : :.|
.', ',::::l::::lーl、lヽl::ヽ::|´ ̄`|:: :l、l: lヽ、|
.ヽヽ:::l:ハ下ヽヽ  ,オ丁(ア::::|}}:l: ヽヽ         全くお姉ちゃんは・・・
  ヽヽ,_:ハヽ!j    ヽ_!_ノ.|:::|リ-、 _ヽ_\
.  ヽ//Tヽ 、      イ::l   }::::....ヽ\      仕方ないわね、私が説明するわ。
.   //|::::::|`ヽ、 ー.'_ ィ´ノ|:リ   .|:::::.....}:ヽ \
  // l:ヽ:::l  ヽ、 _ -/    l::.ヽ::::.j:ヽヽ ヽ
  {:{ .|:|::ヽlヽ  .\  /    イ:.__ノ::|:}.|:}  ヽ
.  l| |l::::l::ヽヽ ー-ヽ./__ - '´.ノフ 7ー 、リ リ  リ
  ヽ l l::::l:::`ト- 7「 ̄|=--- ´::::::::/:.:.:.:.:ヽ  /
   \lヽ:ヽヽ|イ::>ゝテ:.:.\:::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ヽヽヽ`>´//アー--`ー//:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.        // .//:.:.: :.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

【はじめに】
 ・ここはアイドルマスターの好きな人を中心に開催されている劇場よ。
  アイマスキャラが多いですが、アイマスキャラ縛りではないので気にせずに参加してね。
 ・楽しく自由に人狼しましょうね。

【禁止事項】
 ・GM許可以外の超過前の噛み。
 ・無益な村人騙り。
  (3人最終日のPP時以外の村人騙りは禁止よ)
 ・意図的な突然死、暴言。
  (昼夜、霊界下界問わずにね)
 ・ゲーム放棄。
  (一緒にプレイしてる人に失礼だし)
 ・昼AAの使用。
  (夜や遺言、開始前は自由にどうぞ)
これを破ったら基本的に注意や警告だけど、GMが悪質と判断したら通報もあるわよ。

【その他の注意点】
 ・完全ステルス防止のため入村時には一言挨拶してね。
 ・夜に【あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます】と表示されるけど
  狼、占い、狩人以外は関係ないからね。
 ・占い師をCOするときは占い結果のみ。占い理由は二言目以降にしてね。
 ・参加者のアイコンのすぐ下のところにある音声でお知らせをonにすれば、投票はアラームで教えてくれるわよ。
  突然死防止のためにonにしておくと良いわね。
 ・アイマス人狼の詳しいルールなどについては、以下のURLも参考にしてね
  http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/1.html

【他鯖の方へ】
 ・アイマス村だからといって、アイドルRPをしなければいけないわけではないわよ。なので、気楽に参加しててね。
 ・他には【四条劇場の特徴】も合わせてみてね。

【四条劇場の特徴】
 ・遺言の更新は開始前までよ。常時変更可能ではないから注意ね。
 ・夜の超過時間後も独り言を話せるのよ。推理メモなどに使うといいわね。
  (共有・狐・女神カップルは超過時間後でも会話出来るわよ)
 ・特に記述がなければ、天啓オプション入りよ。
  (死体無しが出てもどこで死体無しが出たのかは狩人にも狐にも分からないわ)
 ・その他はお姉ちゃん(GM)に質問するか、wiki(http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/24.html)を見てね。

【初心者の方へ】
 ・是非参加してね。まずはそこからよ。
  その上でなんでもいいので、自分なりの目標を持って参加するとより楽しく遊べると思うわ。

【ベテランの方へ】
 ・みんなが上手いわけじゃないのを理解してね。
 ・ミスしても許せない人はダメよ。

【最後に】
・人狼はみんなで遊ぶゲーム、一人で遊んでいるわけでないことを忘れないでね。
 ・GMは◇3105NAA55.。何かあればいつでも声かけてね。」
GM 「探偵村村アナウンス(桂ヒナギク 1.00)
                    __
                 _ - : : : : : : : :ー 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                / : : : : : : : : : : : /、_ヽ: : : : : :ヽ
               /: : : : : : : : : : : : /弌从l: 、 : i: : ヘ
            //: : : :/: : :i |: : l: :|     ヘ: !: :|: : : !
              /イ: : | i |: :| イ_|:l |:イ|- ´ `ート|: :|: : : :!
.            |' |: : |: l !:イ/|/|从|リ ィTtセァ:! :.|,、: |:.l
               | !: :ハ l | |ヤ孑ラ    之´j |l: :.|ソ.!:|: l
             | / !| ト! 弋タ      ̄ イ: !:|ノノ ヽ!
             |'  | |: ヘ    '、      |: !:|´: |: :|    探偵村なので、特殊ルールよ。
                   ,|: |:ト、   __    イ| |:.!: : i: :ハ
                    ||: |:|: : ヽ __ ‐´__|}|/ l: : : !: :ハ   はじめて参加するかたは一読お願いね。
                    ||: :!|-─イ´ ̄ ̄:::__ l| 人_:|: : ハ
                  /|: :l|   |, - 、:://: /   ク-、 ハ
                / | | : |   |-‐ -/  l: /  //´\l
.               /7  | ト、|、、  !  /  / / //l /  「i、
.              イ l ヽ .Y、ヽ!_\_| /__ r ソ彡 ´ / l   | iヽ
         / i !   ヽ! ヽ_了ー<´--―/  l    l   \
        /       |    jニニ/   ̄ ̄   l        \
       /          ィ´|   /  i|         ヽ            \

【具体的なルール】
 ・お姉ちゃん(GM)が初日の夜に共有から探偵を決めるわよ
  (よって初日夜の能力発動は探偵を発表するまで待ってね)。

【重要】※絶対に守ってください
 ・参加者は探偵の指定に従ってね。
 ・探偵を噛み対象にしてもだめよ。

【探偵の仕事】
 ・毎日自分以外の誰かを指定してね。指定がない場合探偵吊りになります。
 ・相方は死んだ時点で公表すること。公表しない場合は探偵にペナルティが発生するわよ。
それで村陣営を勝利に導いてね。

【その他】
 ・探偵の指定に反した投票は指定された人、及び、人外でPP出来る場合だけよ。
 ・間違えて投票しても、特にペナルティはないけど、意図的に行なっている人にはペナルティよっ。
 ・探偵がなんらかの原因で死亡した場合は、共有相方が探偵になるわ。(この場合、アナウンスあり)
 ・もし共有相方が生存していない場合は普通村よ。
 ・グレラン権なんてないわよ!」
GM 「簡易テンプレ(桂雪路 1.10)
                     /              \       \
     , -─ - 、           , '        /ヽ          ヽ         \
    /       ヽ       /       /     ' ,         ',          ヽ
   ,'   ─┐O   ',      / /      , '     , -─     i        ',
   i    /    i     ,' /   /__ /    /   ', ',    ', l        i
   l    は    l     i ,'   / / `ヽ        ', ',     i l        l
   l    ぁ    l     l i   ,' /        Tて  ̄イ i     l l  ',      l
   l     )    !    l l   ,' , Tてイ     L::::::::ノ ', l    ll⌒ヽi l    l
   l    (    ,'    l l   i ,' !:::ノ         Ζ z i l    lへ ll l     l
    ',          /     ! !    ! ,イ  i            ll     ト、 l l l    l
    ヽ、___,.へ、   l l   l ,' l               l   ilノ / il l   l
                   l !    l  l   , '  ̄`ヽ       l   ll_ ノ  l l. l    !   ヒナの説明は長いのよね
             ,- 、 ノ   l ,' ヽ  i      ',      イ  ll i   l l l   l
             ( _.ノ  l   l イ li \ !      i    / il   ll li l l   ll  l
        r二二二二'ユ   l  li l l l l \     ノ ,  '´  lイl  ,' l l l !   l',  l
       l ____ l   l  ll l l l l o` ‐-r‐ ' ´      l/ァリ ! l l ,'   l ', l
     r ' ´ ノ ∧   ハ    l l !  l l  ',!, - '´:.l      /: : : lノ ! /   ! '!
     !, - ' ´ノд゚)ノシ', ヽ  ',! ,  ',!' ´: : : : : : l    /: : : : : : :l、
     「, - ' ´ノ プ   ト  l    ハ: : : : : : : : /l  /: : : : : : : : :/: :` ‐ 、
     ヽ、 イ_:ノ  汁 l  ノ  ,.-/: : '; : : : : /      l:ヽ : : : : : : /: : : : : : : :` ‐ 、
      ヽ'´_ノ__ j イ/: :/: : ; :i: : :, イ `   , -‐l: : \: : : :/: : : : : : : : : : : : : \
       l______l /:l : : /:/: : 」:/:::::::` ー--─l: : /: :\/: : : : : : : : : : : : ;. -─ヽ
         l ';:` ‐-‐'´: l: : : : : : 「: :/:::::::::::::::::::::::::::::l: /: : : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : ',
         l: ` ‐-‐'´: :l: ';i: : : : :l: /:::::::::::::::::::::::::::く: / : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :i

【三行まとめ】
突然死・村人騙り・ゲーム放棄ダメ絶対。
アイマス村だけど、誰でも歓迎。
楽しく自由に人狼をしましょう。」
GM 「どうぞっ」
GM 「チラッチラッ」
kari さんが入場しました
GM 「こ、これは少人数村になりそうな予感ですね!」
GM 「いらっしゃい」
kari 「最近探偵村のタイミングが鉄の初心者村に合わせてあることに気づきました・・・オレンジ仮です(キリ」
ポワロ さんが入場しました
ポワロ 「メルシー、私ポアロと申します
宜しくお願いしますよ」
GM 「いらっしゃい!」
GM 「合わせてるというか、遠慮してるのだよーw
バッティングしないようにね!>kari」
GM 「この話言ってなかったっけ!」
ポワロ 「探偵キャラを使うと、案外探偵とは別のキャラになりそうですねぇ
そこら辺はGMはどうお考えでしょうか?」
GM 「ちなみにGMもポワロRPしたことありますね
序盤は可能な限り黙って、後半しゃべるスタイルでよく怪しまれたものです」
ポワロ 「中々特徴的ですからねぇ、きついと感じたら替えたいと思いますよモナミ」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 秋月涼
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 27 (秋月涼)」
GM 「なかなか独特だものねw>ポワロ」
秋月涼 「僕はポワロさんの元ネタを実はよく知らないんですよね。えーっと(google」
ポワロ 「良くNHKでの再放送を見たものですよ
「囁くのですよ、私の灰色の脳細胞がね!」」
GM 「よーしパパ30分開始にしちゃうぞ☆」
インデックス さんが入場しました
解説の達川さん さんが入場しました
インデックス 「めるしーなんだよ!」
GM 「NHKと言えばポワロのアニメありましたね」
GM 「いらっしゃい」
解説の達川さん 「こんばんはですね」
ポワロ 「ああ、ありましたねぇ流石にアニメの方は見ておりませんが」
ちびき さんが入場しました
GM 「いらっしゃい!」
秋月涼 「ああ、アガサ・クリスティーなんですね、ふむふむっ」
ちびき 「よろしくだぞー」
秋月涼 「みなさん、よろしくお願いします!」
かりっと さんが入場しました
GM 「達川さんは義理堅いのか、利益優先なのか、凄い気になる
あの人の性格」
かりっと 「YOろ」
GM 「いらっしゃい」
ポワロ 「私探偵村でいまだに共有を引いておりませんので
但し探偵役は慌ててしまいそうですけどね」
解説の達川さん 「今日は探偵村いうことでですね
ちょっと解説させてもらえるゆーことで」
ポワロ 「ふーむ、今日はちょっとこのキャラという感じではありませんねぇ
変えるといたしましょう」
GM 「探偵村?
普通村と同じだよ。割と村人がゆっくり出来る村で!」
解説の達川さん 「どうなんでしょうねえ
利益もええですけど、スジは通さんといけん思いますよ>GM」
GM 「実況求むっ」
秋月涼 「探偵村らしく頭の良さそうな人が多いなあ・・・
でも響さんは・・・け、けふ」
GM 「あー、なるほど…>達川さん」
かりりんこ さんが入場しました
解説の達川さん 「ポワロさんは探偵が本職じゃないんですか?>ポワロさん」
インデックス 「義理堅さは時にビジネスチャンスも呼ぶんだよ。
つまり、利益優先と義理堅さは矛盾しない。」
かりりんこ 「よろしくー」
GM 「いらっしゃい」
ちびき 「だぞ?>秋月」
解説の達川さん 「勝つためのやり方ゆーんですかね
それをきちっとやらにゃいけんゆーことですよ>GMさん」
ポワロ 「ポワロ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ポワロ → やらない夫
アイコン:No. 440 (ベルギー人) → No. 272 (やらない夫)」
やらない夫 「ポワロさんに代わってJK的な俺が代役をやるだろ・・・JK」
解説の達川さん 「JKゆーんは何ですかいね?>やらない夫さん」
秋月涼 「う、うん、なんでもないですよ!>響さん」
やらない夫 「    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉          さっきも言ったが、探偵役はまだ引いた事が無いから楽しみだろ
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|」
GM 「探偵でろー」
解説の達川さん 「探偵になれるんは、ピッチャーがヒット打つよりも低い確率ですね>やらない夫さん」
やらない夫 「JK=常識的に考えての略だろ、俺の口癖だから略す事が多いので
説明不足なのは悪かっただろ>達川」
かりっと 「かりっと さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりっと → できる夫
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 273 (できる夫)」
やらない夫 「        /´ ̄ ̄  ̄ ̄`\.
      /: : : :          \
     /: : : : :           '.,
     |: : : :                 :|
     | : :u : : : : : .,           :|
     |:: : : :_ ノ゛,, ;、、、 '"ヽ_  :|
     |::::;;;(  ●) ノヽ ( ● ) ;;:::|
     |: : : ´"''",        "''"´ :l
      ',: : . . (    j    )   ./
   _/二L___: :.`ー-‐´`ー-‐′ /ハー、__
 /: : r':| r' ̄二ユ         ./ : ',: :: :: :\__
 : : : : | .| | /  ) `)        ./| : :.ヘ: :: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|
それは具体的に説明しないと解り難い確率だろ・・・JK>達川さん」
解説の達川さん 「常識的に考えるんは大事なことですが
ほいじゃが常識にとらわれん采配ゆーんも、ときには必要なんですよ>やらない夫さん」
やらない夫 「                / ̄ ̄\
               _,ノ ヽ、_   \
               (●)(● )    |
               (__人___)     |
                    '、        |
                |       |
               | ,     /_.{
               `ァニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{

できる夫か、これでやる夫が来ればある意味完璧だろJK」
かりりんこ 「かりりんこ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりんこ → レンきゅん!
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 903 (鏡音レン)」
かりー さんが入場しました
レンきゅん! 「レンきゅん! さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:レンきゅん! → 巡音ルカ
アイコン:No. 903 (鏡音レン) → No. 462 (巡音ルカ)」
かりー 「よろしくお願いします」
GM 「いらっしゃい」
巡音ルカ 「これでいきましょう」
やらない夫 「            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

これはもう俺の口癖みたいなもんだから治しようがないだろJK>達川さん」
解説の達川さん 「ゲッツー食らうんが怖いんで、三振して来いよ!
みたいなもんじゃないんですかね>やらない夫さん」
やらない夫 「ますます確率からは遠ざかってる気がするだろ・・・>達川さん」
解説の達川さん 「口癖ゆーんは簡単には直らんもんですよ
私もね、こんな口調でしゃべりょーりますがね>やらない夫さん」
できる夫 「                     , ────- 、
                     /      ‐- 、 \
                       /        ( ●)  `、     
                     {               (●l     ちょっと待ってください。本当にそれでいいんですか?
                    ゝ            '   !     果たしてそうでしょうか……この事件……僕が最終日までもたせてみせます!!
                     \       ー- , '
             _,, -‐‐‐‐'/.. lヽ      , ____/       
            ,-‐'、  ヽ  L.::丶:::: ヽ--'` 、
          /   ヽ ..::l:::::::<´:::::l:::::ノ‐‐l.l z 、
          /  ...... l:::::::l::::::::丶  l‐'`t-l'l´  /l丶、
         r'l...:::::::::::::::l::::::l::::  `、 l / .l/ / l .l
        /l,ヾ:::::::::::::::l:::::l    `、 .l  ./ ./   l /l
       /:::::`..:::::::::::::/:::/...    ヽ .l_.//   l/ .,t
      / :::::::::::::::::://:::::::::....   `y '    ./..::::.:f
     /ミ ::::::::::::イ;;;T:::::::::::     l.0    /:::::::  l
    ト--- 、 wソ .l;;;;;l:::::::::..     .l      l::::::   l
    r'   :::::::::::,'  .l;;;;;l:::::::::::..    .l.0    ll::::::::====ヽ
   ,'  ..:::::::::/    l;;;;;l::::::::::::::...   .l     l ヾ:::::::/二二ヽ」
巡音ルカ 「        ./  ̄ ̄ '' ヽ _i\  \
      // .:/./:. / :l: ::: \lヽ   ',
     / .:/ .:_/_:| : .l ./-/:、 /ヽVi  l
    // ./.:´/ |:;l : :!/: / |:: `|::: l/l  |
   ./,l .::l: :/:,z,=、';:|'/ ',=,=='、l:/ ::L|_ l   レンくんとかこないかな・・・・・・
   l/.| ::|: :| :゙ lイ:i!ヾ   !イ:j;!,!:: :l !l .|. |
    ! l :l l: :lヾ!゙-'    ‐- '/:  | |l l:. l
     ヽ!ヽ::l::! ' ''  _  ' ' /:::::/ ー'l:!: ',
     / \ .\ ゙ '’ ,. ':/:::: :::: | :ヽ:ヽ
    / .::: ,.L.._:::::`r=..´....... !>/::::: /:::...: \\
  ./::/:/   ,`''i'|;;;!L|;;;;//:::: /` ヽ::. :....ヽ ヽ
/::/, --―――---'- ,!/;;;/.:::: /     l:....   `
:/.':/  、   、ヽ.\ ̄;;;;;;;/::::: /    |:ヽ- 、
/.,へ / ̄;;`ヽ\\゙>il;;;/::::: /       l::: ';:.\`
.::/ ,ヽ `ヽ\;;;;;;:\〉´!ノ!/::  /.| i  0 3 |:: |:.ヽ」
ちびき 「33発言でかいけつするだぞー?>できる夫」
巡音ルカ 「        ./  ̄ ̄ '' ヽ _i\  \
      // .:/./:. / :l: ::: \lヽ   ',
     / .:/ .:_/_:| : .l ./-/:、 /ヽVi  l
    // ./.:´/ |:;l : :!/: / |:: `|::: l/l  |
   ./,l .::l: :/:,z,=、';:|'/ ',=,=='、l:/ ::L|_ l   レンくんとかこないかな・・・・・・
   l/.| ::|: :| :゙ lイ:i!ヾ   !イ:j;!,!:: :l !l .|. |
    ! l :l l: :lヾ!゙-'    ‐- '/:  | |l l:. l
     ヽ!ヽ::l::! ' ''  _  ' ' /:::::/ ー'l:!: ',
     / \ .\ ゙ '’ ,. ':/:::: :::: | :ヽ:ヽ
    / .::: ,.L.._:::::`r=..´....... !>/::::: /:::...: \\
  ./::/:/   ,`''i'|;;;!L|;;;;//:::: /` ヽ::. :....ヽ ヽ
/::/, --―――---'- ,!/;;;/.:::: /     l:....   `
:/.':/  、   、ヽ.\ ̄;;;;;;;/::::: /    |:ヽ- 、
/.,へ / ̄;;`ヽ\\゙>il;;;/::::: /       l::: ';:.\`
.::/ ,ヽ `ヽ\;;;;;;:\〉´!ノ!/::  /.| i  0 3 |:: |:.ヽ」
巡音ルカ 「ああなるほど」
やらない夫 「だから口癖っていうだろJK>達川さん」
できる夫 「次々と繰り出される推理に、ガンガン増える一方の容疑者。
その果てに真犯人は見つかるのか見つからないのか。
自分で言うのもなんですが、こうご期待!」
解説の達川さん 「確率はあくまで確率ですよ
結果がすべての世界ですから、どれだけ思い切れるかですよ>やらない夫さん」
やらない夫 「                / ̄ ̄\
               _,ノ ヽ、_   \
               (●)(● )    |
               (__人___)     |
                    '、        |
                |       |
               | ,     /_.{
               `ァニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{
そうう時は身近な人間が犯人だろ、つまりできる夫が犯人だろJK」
できる夫 「これは手ごわい事件ですからね。33発言では足りませんよ。
それに尺も足りないし>ちびき」
解説の達川さん 「すぐには分からんでも、犯人は確実におるんですよ
それを見つけれんようじゃプロとは言えんですよ>できる夫」
秋月涼 「今回のドラマって台本に結末がないんですよね・・・面白いです>できる夫さん」
巡音ルカ 「なるほどねー」
できる夫 「ええ、その通りです。真占い確定銃殺で●出しLWでもまだ事件は終わらないのです。
きっとどこかに真犯人が!>達川さん」
解説の達川さん 「最近の地上波は、中継を延長してくれんですからね>できる夫さん」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 水谷絵理
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 26 (水谷絵理)」
ちびき 「最大7吊りで6日
一日ご発言にとどめればイケルイケル!>できろ夫」
巡音ルカ 「探偵は誰になるのか楽しみだね」
秋月涼 「33発言とかタイプが間に合わない・・・!?」
巡音ルカ 「ボクが探偵になったらふふ、そのときはごめんね」
できる夫 「待ってください。はたしてそれでいいんですか…?尺が足りませんよ。
容疑者は基本18人用意するのが僕流です>やらない夫くん」
解説の達川さん 「どんなにええもん持っとっても、結局は状況判断ができるかどうかで
レギュラーになれるかどうかが決まるんですよ」
秋月涼 「あ、絵理ちゃん。一緒に頑張ろうっ」
巡音ルカ 「ボクとしては18人くるまで待ちたいなー」
インデックス 「ボクっ子なルカさんって新しい気がする。
けどアリだね!」
やらない夫 「16人しか集まらないのに18人も容疑者居ないだろうJK・・・>できる夫」
解説の達川さん 「思い切った采配に期待しとりますけぇ>ルカさん」
巡音ルカ 「そう?歌とかもだけど大分昔からいるよ>インデッスク」
できる夫 「ええ、結末がないということは僕たちの裁量次第なのです。
良く演技して尺を持たせて尺を持たせて尺を持たせましょう!>涼」
水谷絵理 「知ってる人が少ないから、涼さんがいて少し安心したかも?
よろしくね」
解説の達川さん 「今日はアイドルの人らが、あんまりえっとおってんないですね」
できる夫 「僕が目立てなゴフンフェフン>ちびき」
巡音ルカ 「重苦しく続くこの関係で 悲しい程 変わらない心
愛してるのに 離れがたいのに 僕が言わなきゃ    なんてね」
インデックス 「いや、うーん、そういうのじゃなくてなんだろう、つまり……>ルカさん
なんか良い感じに可愛かったんだよ。」
解説の達川さん 「涼くんと絵理ちゃんじゃったら、ええ二遊間が組めるんじゃないですかね」
秋月涼 「尺しかもたせてないじゃないですか!
ドラマチックに行きましょうよー!?>できる夫さん」
雅人 さんが入場しました
雅人 「クックックッ、よろしく」
できる夫 「あれですよ。
孤立した洋館事件で必ず話題に上がる外部犯のことはもちろん話題に挙げなければ
探偵的に>やらない夫」
巡音ルカ 「かわいいだなんて言われたの久しぶりだなぁ ありがとう♪>インクッデス」
GM 「いらっしゃい」
秋月涼 「ああ、確かに今日は知り合い少ないね・・・でも、僕がどーんと頼りになってみせる・・・はず・・・>絵理ちゃん」
巡音ルカ 「あ、最終話付近で散華した人だ」
できる夫 「いらっしゃいませー」
できる夫 「大丈夫です、なんやかんやでどうにかなります>涼」
やらない夫 「あれは外部犯の可能性を挙げた奴が大概犯人だろJK>できる夫」
GM 「さて30分過ぎたね
開始or待つ小声でどうぞ!」
水谷絵理 「愛ちゃんと春香さんの三遊間が熱いかも?(堂林-梵的な意味で)」
インデックス 「折角の探偵村だし待ちたいかなぁ。」
できる夫 「待てまーす>GM」
水谷絵理 「せっかくの探偵だし、待ってみたいところ?」
ちびき 「まちたいぞー」
巡音ルカ 「ボクとしてはもうちょっと待っても構わないよ」
雅人 「待てるが時間によっては抜けるかもしれない」
インデックス 「ファースト涼さん、セカンド絵理さん、サード春香さん、ショート愛ちゃんで良いんじゃないかな。」
やらない夫 「後6人なら来るだろJK」
少佐 さんが入場しました
解説の達川さん 「できりゃあ探偵さんが出てほしいですね」
GM 「じゃあ後15分だけ!」
少佐 「待つと言う言葉が見えたのでね 支援させてもらおう」
やらない夫 「少佐は宜しくだろJK」
少佐 「うむ、よろしく頼むよ>やらない夫・各位」
秋月涼 「・・・あれ、いつの間に野球番組に変わった・・・・!?」
巡音ルカ 「少佐さんよろしく」
秋月涼 「よろしくおねがいしますー」
できる夫 「外部の人と組んだ内部犯、つまり複数犯もありえるんですよ。
ありえなくてもあり得る可能性を追うシーンは絶対入れます>やらない夫」
できる夫 「あ、いらっしゃいませー」
解説の達川さん 「こりゃあなかなか面白い内野陣ですね
サードは思い切りのええ人がやるんがええですよ>インデックスさん」
諸星きらり さんが入場しました
安斎都 さんが入場しました
諸星きらり 「おっすおっすばっちし☆」
安斎都 「探偵村ということは…ついに私の出番ですねっ!」
インデックス 「にょわー☆なんだよ>きらりさん」
GM 「いらっしゃい」
やらない夫 「予算次第になるだろ
国内のチープな奴だとそこまで手が込んだ奴が出せないから
海外系の奴に限られてくるだろJK>できる夫」
解説の達川さん 「堂林は、もっと前に出て取れるようにならんといけんですね
今年の経験を生かしてほしいですよ>絵理ちゃん」
諸星きらり 「そうだにぃ、探偵っていったら都ちゃんだよにぃ☆>都ちゃん」
諸星きらり 「イカ娘ちゃんおっすおっす☆
はぴはぴしてぅ?>イカ娘ちゃん」
できる夫 「いらっしゃいませー」
インデックス 「イカさんじゃないんだよっ!
はぴはぴは一緒にするんだよ!>きらりん」
安斎都 「さすがきらりさん!わかってますね!>きらりさん」
諸星きらり 「えっと、じゃあなんだったかにぃ?
お名前むずかしくてきらりおぼえらんなーい☆>インターネットちん」
解説の達川さん 「きらりちゃんですか?
こりゃあミコライオくらいデカいですね」
できる夫 「セリフだけで言及するならタダなんですよ?>やらない夫」
秋月涼 「と、ちょっと離れてた!
今戻ったよ」
諸星きらり 「シンデレラガールズで探偵っていったらやっぱり都ちんだもんにぃ☆
期待しちゃうにょわー☆>都ちん」
インデックス 「うぐぐ……ま、まぁわかればいいんだよ……!
けど他人と間違えられるのは良くないんだよ!>きらりさん」
諸星きらり 「ミコライオちゃん?誰かにぃ?>達川ちゃん」
諸星きらり 「そうですね。確かにそう思います>インクルードちん」
やらない夫 「俺は演出込みでの外部犯の関与を疑わせる方が好きだろ
実は居ませんでしたとか、ガッカリにも程があるだろJK>できる夫」
インデックス 「え、え、なんでいきなり素!?>きらりん」
巡音ルカ 「さて、埋まるかな?これ」
解説の達川さん 「ヒゲが特徴的なカープの抑えピッチャーなんですがね
背が高いんですよ>きらりちゃん」
水谷絵理 「ミコライオの公表身長約205.7 cm。
すごく……大きいです?
雅人 「雅人 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:雅人 → ナルホド
アイコン:No. 1029 (草加雅人) → No. 433 (成歩堂龍一)」
でっていう さんが入場しました
インデックス 「んー……ずさーな人が多ければ……かなぁ。
微妙な感じに見えるよね>ルカさん」
でっていう 「でっていうwwww」
でっていう 「おらおらwwww俺様が来てやったぞwwww歓迎しろっていうwwww」
やらない夫 「でっていうが来ただろ、相変わらず顔がうざいだろJK」
巡音ルカ 「まあ探偵は発生してほしいよね>インデックス」
インデックス 「でっていう探偵か……胸が厚くなるんだよ……」
秋月涼 「わ、わー・・・かんげいするよ・・・・>でっていうさん」
巡音ルカ 「でっていうさんこんばんは 相変わらず芝が多いね」
解説の達川さん 「あの高さから投げ下ろすんは迫力がありますよ>絵理ちゃん」
できる夫 「がっかり…?果たしてそうでしょうか?
ミスリードを誘う感じでなんかこうあれで面白くします>やらない夫」
諸星きらり 「え、今きらりなにかいったかにぃ?
インノケンティウスちんどうしちゃったのかにぃ?>インノケンティウスちん」
やらない夫 「14だから一応探偵は出るだろ
但し狼涙目だろJK」
打ち止め さんが入場しました
でっていう 「うはwwww俺様探偵とかwwww任せろwwww
四日で終わらせてやんよっていうwwww」
GM 「いらっしゃい」
秋月涼 「(外国人投手の身長詐欺ってすごく多いよね)」
安斎都 「はたしてこの喋る緑のトカゲは一体…これは調査ですね」
打ち止め 「よろしくだよ!ってミサカはミサカは元気よくあいさつしてみたり!」
諸星きらり 「むー、失礼しちゃうにぃ!
きらりそんなにおっきくないよー>達川ちゃん、絵理ちん」
できる夫 「いらっしゃいませ>でっていう 第一犠牲者っぽい顔してますね」
インデックス 「え、あれ……?
ど、どうもしないんだよ、聞き間違いだったみたいなんだよ>きらりん」
GM 「後一人ー」
できる夫 「いらっしゃいませー」
諸星きらり 「うわー☆
すっごいかわいいにぃ☆
にょわー☆>打ち止めちん」
水谷絵理 「欲望の赴くままにヘイト吊りするのもおつなもの?」
ナルホド 「ナルホド さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ナルホド → 兄
アイコン:No. 433 (成歩堂龍一) → No. 277 (紅きヒゲ01)」
解説の達川さん 「今年のキャッチフレーズは破天荒ですからね
でっていうさんなら思い切った采配やってくれそうなですね」
やらない夫 「意外とこれという例が示せないから
演出の話は水掛け論になりやすいだろ>できる夫」
でっていう 「探偵村ならグレランがないwwwwつまり吊られないwwww初日犠牲などないっていうwwww>できる夫」
かりい さんが入場しました
巡音ルカ 「さっきからアイコンの変化が激しいね>赤い人」
打ち止め 「にょわー☆ってミサカはミサカは言い返してみたりー」
インデックス 「まぁ役職じゃなかったら初手安定に見えちゃうけどね!>でっていう」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 柊GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 332 (柊かがみ)」
巡音ルカ 「お、埋まった 投票しよう」
でっていう 「狩人COだっていうwwww>インデックス」
柊GM 「いらっしゃい」
かりい 「ズザー成功。ちょっとまっててね。」
安斎都 「お~埋まりましたね~」
秋月涼 「よ、ようし!
今日こそ僕はイケメンになって、この村に確かな勝利を・・・っ」
諸星きらり 「きゃー、かーわういぃ☆
(抱き上げ>打ち止めちん」
水谷絵理 「少しのスパイスがあれば村完勝も見えてくるところ?」
できる夫 「ふむ、たしかに>やらない夫
グレランヘイトって個人のヘイトの集合体なんじゃ……>でっていう」
諸星きらり 「そっかそっか☆
そういうこともあるよにぃ☆>インスタントラーメンちん」
インデックス 「2日目の狩人なんてCOせずに吊られてれば良いんだよ!
でっていうだし!>でっていう」
打ち止め 「ひゃわっ!?ってミサカはミサカは驚いてじたばたしてみたり!」
インデックス 「そ、そうなんだよ!仕方ないんだよ!>きらりん」
かりい 「かりい さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりい → トロ
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 983 (トロ)」
柊GM 「じゃあ用意できたら投票してね
遺言は開始前しか変えれないから注意ね」
でっていう 「だwwwwがwwwwでっていうwwww>できる夫、インデックス」
解説の達川さん 「グレランがないゆーんをどう利用できるかですね
監督の采配次第ですよ」
諸星きらり 「でも、きらりは吊られそうなら出てくれば良いとおもうかにぃ?
その分占いしが生きていけるにょわー☆」
トロ 「よろしくなのにゃー!」
秋月涼 「僕がそのスパイスになってみせるよ、た、多分!>絵理ちゃん」
柊GM 「ちなみにトロはGMが追加したアイコンなので
使ってくれて嬉しいにゃ>トロ」
諸星きらり 「そうですよね。たしかにそう思います>イカゲッソスちん」
ちびき 「それじゃ、ヨロシクだぞー」
やらない夫 「さ、これで探偵村の始まりだろ!」
水谷絵理 「涼さんの活躍が最大の補強だね?」
柊GM 「というわけで秋月さんはトロさんが投票できたらカウントお願いね」
トロ 「わーい!柊さんありがとうだにゃ!!」
巡音ルカ 「みんなよろしくね お手柔らかにたのむよ」
解説の達川さん 「補強ポイントをきっちり補強できたゆーことですね>絵理ちゃん」
秋月涼 「じゃあ、カウントするよ!」
できる夫 「この事件――――僕が最終日まで持たせて見せます!」
インデックス 「なんでたまに素になるの!?
や、やっぱり聞き間違えじゃないよね!?>きらりん」
秋月涼 「3!」
秋月涼 「2!」
解説の達川さん 「ほいじゃ気合入れていこうかいね」
秋月涼 「1!」
ゲーム開始:2012/10/08 (Mon) 22:47:34
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
秋月涼 「わあ、狼だった・・・っ」
巡音ルカ 「うーん」
インデックス 「ドンマイ☆ミ」
巡音ルカ 「犯人になってしまったようだね」
インデックス 「さってー、どうするー?」
「◆柊GM 本日の探偵はやらない夫です」
巡音ルカ 「さて、僕らはこのまま村人を殺害していくわけだけど、誰か騙る?」
秋月涼 「犯人が負けないと番組的には面白くないんだろうけど。」
インデックス 「探偵の周囲に狼3匹www」
「◆柊GM やらない夫への噛みや能力発動は禁止です」
秋月涼 「すでに探偵は包囲済みってことか・・・!」
巡音ルカ 「でも盛り上げないとまた面白くならないよね」
インデックス 「んー、私は潜りたいかな。というのはある」
「◆柊GM ちなみに本日使った効果は長野オリンピックの記念500円玉です」
秋月涼 「僕らは全力で勝ちにいかないとね」
巡音ルカ 「あー 探偵村初心者COしておくよ」
インデックス 「一応周囲の銃殺対応はするけどね」
巡音ルカ 「で、騙り誰がやる?」
秋月涼 「全潜伏したい気分かなぁ・・・」
インデックス 「グレランのない普通村、探偵が噛めない、ってだけなんだよ。」
巡音ルカ 「全潜伏ね まあ占い一人だけだったらその時はその時で」
インデックス 「ん、じゃあ全潜伏でもなんでも!
狂人と合わなかったら狩人噛んで真抜こう、くらいだね。」
秋月涼 「対応は準備しておくよ。」
インデックス 「噛みは涼さんに任せちゃおう」
巡音ルカ 「ま、ぼちぼち頑張ってるみよ よろしくね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
柊GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
柊GMさんの遺言 簡易テンプレ(桂雪路 1.10)
                     /              \       \
     , -─ - 、           , '        /ヽ          ヽ         \
    /       ヽ       /       /     ' ,         ',          ヽ
   ,'   ─┐O   ',      / /      , '     , -─     i        ',
   i    /    i     ,' /   /__ /    /   ', ',    ', l        i
   l    は    l     i ,'   / / `ヽ        ', ',     i l        l
   l    ぁ    l     l i   ,' /        Tて  ̄イ i     l l  ',      l
   l     )    !    l l   ,' , Tてイ     L::::::::ノ ', l    ll⌒ヽi l    l
   l    (    ,'    l l   i ,' !:::ノ         Ζ z i l    lへ ll l     l
    ',          /     ! !    ! ,イ  i            ll     ト、 l l l    l
    ヽ、___,.へ、   l l   l ,' l               l   ilノ / il l   l
                   l !    l  l   , '  ̄`ヽ       l   ll_ ノ  l l. l    !   ヒナの説明は長いのよね
             ,- 、 ノ   l ,' ヽ  i      ',      イ  ll i   l l l   l
             ( _.ノ  l   l イ li \ !      i    / il   ll li l l   ll  l
        r二二二二'ユ   l  li l l l l \     ノ ,  '´  lイl  ,' l l l !   l',  l
       l ____ l   l  ll l l l l o` ‐-r‐ ' ´      l/ァリ ! l l ,'   l ', l
     r ' ´ ノ ∧   ハ    l l !  l l  ',!, - '´:.l      /: : : lノ ! /   ! '!
     !, - ' ´ノд゚)ノシ', ヽ  ',! ,  ',!' ´: : : : : : l    /: : : : : : :l、
     「, - ' ´ノ プ   ト  l    ハ: : : : : : : : /l  /: : : : : : : : :/: :` ‐ 、
     ヽ、 イ_:ノ  汁 l  ノ  ,.-/: : '; : : : : /      l:ヽ : : : : : : /: : : : : : : :` ‐ 、
      ヽ'´_ノ__ j イ/: :/: : ; :i: : :, イ `   , -‐l: : \: : : :/: : : : : : : : : : : : : \
       l______l /:l : : /:/: : 」:/:::::::` ー--─l: : /: :\/: : : : : : : : : : : : ;. -─ヽ
         l ';:` ‐-‐'´: l: : : : : : 「: :/:::::::::::::::::::::::::::::l: /: : : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : ',
         l: ` ‐-‐'´: :l: ';i: : : : :l: /:::::::::::::::::::::::::::く: / : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :i

【三行まとめ】
突然死・村人騙り・ゲーム放棄ダメ絶対。
アイマス村だけど、誰でも歓迎。
楽しく自由に人狼をしましょう。
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
解説の達川さん 「プレイボールですね」
少佐 「さて、一心不乱の大戦争を、と言いたいところだが・・・
今回の主役は探偵だ。我々は補佐に回るとしようか?諸君」
諸星きらり 「おにゃーしゃー☆
やらない夫ちんがんばってね☆
きらりはシンデレラガールズの一人としてがんばるにぃ。
打ち止めちんかーわうい☆
ほらほら、きらりのところにもっとくると良いにぃ?」
秋月涼 「よし、気合入れて探偵さんのお手伝いだ!
・・・き、きあい・・・・っ」
でっていう 「占いCOだっていうwwww兄○だっていうwwww」
打ち止め 「おはよー!ってミサカはミサカは皆に元気よくあいさつしてみたり!」
巡音ルカ 「おはよう」
ちびき 「おっはよーだぞ!
探偵の胃を痛める村のかいまくだぞー!」
やらない夫 「おはようだろ!
このやらない夫が不肖探偵役を表明するだろ!」
できる夫 「おはようございます。狼3匹と狐一匹を全滅させればこの事件は終わる。
でも、少し待ってください。この事件……それで終わらせていいんですか?
果たしてそうでしょうか。この事件…僕が最終日までもたせてみせます!」
水谷絵理 「おはよう。
今日の探偵さんは常識的な進行が期待できそう?」
「占いCO でっていう●」
トロ 「おはようございますにゃ!!」
安斎都 「おはよーおはよーここにい…
いえ、私はミルキィホームズじゃないですよ!」
「そこの緑は奈落へ落とすもの」
少佐 「随分と・・・早い宣言だな?>でっていう」
できる夫 「まぁ探偵はやらない夫くんなわけなんですが。
それはそれとして占い師、及び霊能COをお願いしましょう。
まずはそこから始めるのは名探偵も迷探偵も同じですから。」
インデックス 「おはようなんだよ」
解説の達川さん 「初球の入り方が大事ですよ」
安斎都 「そして私が探偵じゃないってどういうことですか!(バンバン)
※ここまでテンプレ」
打ち止め 「占い師さんは占いCOしてね!ってミサカはミサカはCOを確認してみたり!」
諸星きらり 「都ちゃんは残念だにぃ?
探偵なりたかったっしょ?」
やらない夫 「まずは役職はCOをお願いするだろ!」
「ハハッ、なんか緑の生物が飛び出してる」
ちびき 「たんてーはがんばれだぞ!」
秋月涼 「占いたちがカオスってるよ!?」
水谷絵理 「兄とでっていう、初日から息ぴったり?w」
トロ 「占い2COで相互占いにゃ?」
巡音ルカ 「兄視点でっていう狼で真狼だね」
ちびき 「相互占いだぞ!?」
解説の達川さん 「これは、いきなりホームランですか?」
安斎都 「へ~いきなり黒が出るんですか」
でっていう 「うはwwwwワロスwwwwワロスwwww
確かにwwwwこの展開は予想できた事態だったっていうwwww
様子見しなくて正解だわっていうwwww」
やらない夫 「・・・●だが占いに出てるだろJK>兄」
諸星きらり 「でっていうちんが占いだけど後から出た兄に●出されてるにぃ
んー?」
少佐 「宣言は2つ、片方は真狼を主張しもう片方はなんでもありと・・・」
インデックス 「……んー、と?
兄さんがでっていう●で、でっていうは占いCOしてて……」
できる夫 「はっ、わかりました犯人はかがみさ――――って死んでる。
なんてこどでしょう。推理は振り出しに戻りました。」
打ち止め 「お兄ちゃんがでっていうに●だけど、でっていうが先に占いCOしてるから吊れないんだよって
ミサカはミサカは頭を悩ませてみたり!」
トロ 「兄とでっていうは仲良しにゃ~(ほっこり)」
でっていう 「占い理由だっていうwwww

占い師とかwwwwヘイトにこんな役渡すなよっていうwwww
ある意味狩人よりひどいんだけどこれっていうwwww
ヒゲwwww助けろwwww助けろっていうwwww」
水谷絵理 「これはビデオ判定が必要な感じだね>達川さん」
やらない夫 「ふむ、噛まれたらそれはそれでだろ
霊能も出て欲しいだろ」
解説の達川さん 「ほいじゃがアレですね
対抗に●をぶつけた感じですかね?
内角をえぐるような配球ですね」
巡音ルカ 「そして僕ら視点はまだ真狼か真狂か、はたまた狂狼か見分けがつかないことだ
よーく考えてね」
ちびき 「どっち視点も対抗の内訳判明、おもしろいぞ」
できる夫 「でっていうさんに●が出ていますが占いCOを出ているよりも”早く”行っていますね」
打ち止め 「占いCOは二人だけなのかな?ってミサカはミサカはそろそろ霊能者さんのCOに期待してみたり」
秋月涼 「いきなり相互っていうのも・・・いや、一応宿敵どうしだからありえるのかな?」
でっていう 「おっとすまんっていうwwww占い理由を忘れていたっていうwwww
この占い理由でこの展開とかwwww泣けるっていうwwww」
諸星きらり 「でっていうちんは理由無しかにぃ。
それならマリオちんが狐じゃなかったことを喜ばないといけないにぃ」
ちびき 「そんじゃ、れいのーCOだぞ!」
巡音ルカ 「で、探偵さん相方は潜伏かな?」
トロ 「でも占いの片方が●にゃ?
これはでっていう偽なのかにゃ?」
「ふっ、どうやらこの俺の本気を見せるしかないようだな」
少佐 「ふむ・・・この感じは・・・残しても良いだろう。
自ら『早く出るメリットを理解しているしそれを伝えている』なら
ここで吊る意味はあまりないさ」
水谷絵理 「占い3いるなら狼狼のカオスわっほい期待してみたいところだけど
2ならそうでもない?」
やらない夫 「ああ、仮指定しとくだろ!
仮指定:できる夫」
解説の達川さん 「ストライクボールの判定は審判との相性いうんがありますからねえ>絵理ちゃん」
インデックス 「なんでもありじゃないんだよ。
でっていう視点だと真狂なんだよ>少佐さん」
諸星きらり 「っと、貼られてたにぃ♪」
できる夫 「ちびきさん霊能確認いたしましたよ。ふむふむ」
ちびき 「探偵が探偵殺しに来たぞー!?」
でっていう 「やめてくださいwwww死んでしまいますっていうwwww>やらない夫」
打ち止め 「霊能者CO把握したんだよ!ってミサカはミサカは2-1展開を頭の中で想定してみたり!」
できる夫 「ジーザス!!」
諸星きらり 「あれ、できる夫ちんなの?なの?
もう何か吊りたい理由とかあったっけ?
きらりわっかんなーい☆」
解説の達川さん 「2-1からの攻め方ですよね
打者有利のカウントですから」
安斎都 「指定了解しましたよ~」
秋月涼 「できる夫さん!あんなにフラグ立てているからー!?」
でっていう 「すまぬwwwwすまぬwwwwあまりのことにリアクションが先に出ちまったっていうwwww>諸星きらり」
水谷絵理 「同族? から吊りにかかるやらない夫探偵は非情の人?」
「なんという醜い争い」
トロ 「できる夫仮指定にゃ?」
少佐 「あぁ、なるほど?狼が特攻するわけではないという定石判断か
それを加味するのを忘れていたな・・・ふむ
礼を言おう、飲み物などどうかね?フロイライン>インデックス」
諸星きらり 「霊能者ちんも出たにぃ☆
良いことだにぃ。」
「これはうっかりやらない夫吊るフラグとかないよね? チラっ」
やらない夫 「兄は対抗狼で
でっていうは、対抗狂か・・・

ふむ、まぁ銃殺に期待だろ」
秋月涼 「まんじゅう界って・・・怖いんだね・・・>絵理さん」
解説の達川さん 「探偵がここで決断下しましたね
早めの継投で細かく行くつもりでしょうかね」
打ち止め 「探偵さんの指定了解したよーってミサカはミサカは仮指定先のできる夫お兄ちゃんに可愛そうな目線を送ってみたり」
巡音ルカ 「潜伏ねー 2-1-1とみていいのかなー まあ指定は変わるだろうし
あとからでいいや」
ちびき 「2-1かー 占い真混じりなら真狼、真狂だぞー
しかしこれどうだろ、どっちもヘイトだしなーだぞ」
でっていう 「◇できる夫 「でっていうさんに●が出ていますが占いCOを出ているよりも”早く”行っていますね」
俺様的に吊りたくねえええええwwwwwっていうwwww」
できる夫 「――――あああああ!」
水谷絵理 「しっかり球をしぼって思い切り振りたいところかな>達川さん」
インデックス 「うっかりやらない夫吊りとかどんなゲームなんだよw
そんなの起こったらルールブレイクしてるんだよw>兄さん」
少佐 「霊能者もそれなりを持って出たと、ならば対抗もなし、真を見て良いだろう」
できる夫 「狩人COですよ!」
諸星きらり 「まぁ、でっていうちんが狼だっていうなら占いに出てるっていうのはすっごくわかりやすいことだよにぃ☆
吊られたくなかったんでしょ?でしょ?
そうも見えちゃう感じかにぃ☆」
トロ 「流石にそれはないにゃ~
あったら爆笑ものだにゃ >兄」
解説の達川さん 「まんじゅう界ゆーんがあるんですか?
おいしそうですね>涼くん」
やらない夫 「できる夫は何かCOあるかだろ?」
「というか俺は村視点吊らなくて良いよね
やったねたえちゃん!愚か者でっていうが信用勝負(笑)してこなければ
圧倒的に有利だ!」
ちびき 「ははっ>狩人CO」
少佐 「・・・ここで、出るのか?>できる夫」
インデックス 「……狩人ェ……」
でっていう 「オワタwwwwオワタwwwwっていうwwww」
トロ 「ってええっ!?
初日で狩人ってどういうことにゃ!?」
やらない夫 「・・・oh」
打ち止め 「はわわ、いきなり狩人CO!?ってミサカはミサカは驚いてみたり!」
安斎都 「それと霊能さんも確認です」
巡音ルカ 「でっていうにヘイトが集結しているけど、狂狼の●特攻もあるから放置でいいよ」
できる夫 「【狩人日記】
一日目 護衛:できない 無残:GM
僕が狩人とか―――なんでさ。前最終日探偵やった時も狩人だったんですけど。」
解説の達川さん 「いきなり狩人に指定を飛ばしたみたいですね
破天荒采配が裏目になったんですかね」
秋月涼 「指定をしないと探偵が死ぬルールがあるからありえなくは・・・ない?>インデックスさん」
水谷絵理 「これはひどい大暴投を見た?
初回ノーアウト満塁から三連続暴投でランナー一掃的な」
巡音ルカ 「狩人CO ?じゃあそのうち噛まれるから放置でもいいね」
少佐 「正直な事を言えばだ。ここで信用勝負に持って行くのは、
お前しかいないと思うがな?>兄」
「ハハッ>狩人」
諸星きらり 「ただ、兄ちんの●の出し方がおっそいんだよにぃ。
つまり遅く●特攻して、あぶりだそうというようにも見えたんだよにぃ☆」
ちびき 「フラグ完遂しすぎー!
初日指定狩人ー!?」
トロ 「ど、どうするにゃ~!?
初日でこんなことになるってどういうことにゃ!?」
やらない夫 「指定変更:水谷絵理!」
秋月涼 「かえて!はやく!」
安斎都 「あ^これはいきなり大変なことになりましたねぇ・・」
「>少佐
つまり占い師はGMってことかい?」
でっていう 「指定変更しろおおおおおっていうwwww」
解説の達川さん 「こりゃあ、マンが悪かったんですよ
こっから立て直すんも監督の仕事ですから」
水谷絵理 「再指定だけは早くお願いしたいところ?」
秋月涼 「ってえりちゃああああん!?」
巡音ルカ 「噛まれなかったら明日吊りでもいいと思うんだけどなー」
解説の達川さん 「面白いとこに飛ばしましたね」
できる夫 「僕が一番混乱してます!ああああ!」
トロ 「してい了解にゃ。」
少佐 「考えうるのは、これが狼狼の茶番でないか否かだ。
おそらく、無いがな」
水谷絵理 「COなし。
達川さんともうちょっと遊んでおきたかった?」
ちびき 「指定が速いのにCO遅いぞ!」
打ち止め 「できる夫お兄ちゃんが即嚙みされる真狩人だったらとっても厳しいかも・・・
ってミサカはミサカは狩人COを聞いて不安に目を曇らせてみたり・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆柊GM 指定:水谷絵理」
2 日目 (1 回目)
秋月涼0 票投票先 →水谷絵理
やらない夫0 票投票先 →水谷絵理
インデックス0 票投票先 →水谷絵理
解説の達川さん0 票投票先 →水谷絵理
ちびき0 票投票先 →水谷絵理
できる夫0 票投票先 →水谷絵理
巡音ルカ1 票投票先 →水谷絵理
水谷絵理14 票投票先 →巡音ルカ
0 票投票先 →水谷絵理
少佐0 票投票先 →水谷絵理
諸星きらり0 票投票先 →水谷絵理
安斎都0 票投票先 →水谷絵理
でっていう0 票投票先 →水谷絵理
打ち止め0 票投票先 →水谷絵理
トロ0 票投票先 →水谷絵理
水谷絵理 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
巡音ルカ 「さて、占い即噛みルートいく? そこ護衛ついてなさそうだけど」
秋月涼 「わかりやすいね!」
インデックス 「……ふっつーに狩人で良さそうなんだよね。」
秋月涼 「狩人を吊っちゃうかどうかって話?」
インデックス 「狩人・占い2択かなぁ。」
秋月涼 「狐らしさはあんまり・・・16人だし死体無しが1でてもどうにでもなりそうでは」
インデックス 「どっちが良いだろう。できる夫狩人だとでっていう護衛ありえるのがめんどくさいんだけども。」
秋月涼 「あー、そういえばできる夫はでっていう見てる発言してたね。」
インデックス 「狩人抜いて、銃殺期待して、その上で占い噛めれば最高なんだけどねw」
インデックス 「できる夫が狐でもあんまり困らないと思う。」
秋月涼 「狩人が無難な感じかなぁ。」
巡音ルカ 「ボクとしてはさっさと占い切っちゃいたいよね
もう一日でっていうから逃げられるなら、できる夫噛みでいいけど」
秋月涼 「・・・ってことでいいかな?」
インデックス 「で、良いと思う。多分だけど。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水谷絵理さんの遺言             ____
         ,,<::::::::::::::::::::`ヽ
        /,イ::::::::::::::::::::::\::ハ
.       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヘ
      /::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::∧
      {::::::::::::人:::::、::::::::::\::::::/)
      .l::::::::/_ \:l\_::_×,イ
        ゙、::::{ィ絵ェ  ヽ´ィ理Y´:::l
       (ヽ!           |:::::::i
        \    `    j:::::::l
         l::\   ̄  /|:::::/
         |::::/| >-<ト、:|::/
        ,,.-'/| l    / |/人__
     r<´: ::/ :|  \_/ |´ハ: : :>.、
     |:\: ::く_: | ̄`YY´ ̄| __」 : : /|
     |:: : :V /: :|_ノY\_ノ| \: |/: : :|
     |: : : :|:ヽ: ::l (  l  j l: :/: l: : : ::|
___|: : : :|: ::ハ: | ゙ー1ー' /::ムn:|: : : ::|
|絵理 .|: : : :|: : ∧|  .| /:/ | } }| : : : .|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
| そんな見え見えの針には、釣られない    .|
|                             ▽ |
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
巡音ルカ 「おはよう」
少佐 「◇兄(117) 「>少佐
つまり占い師はGMってことかい?」

あまりにも、場が綺麗すぎるのだよ。
まるで『吊らないことを前提の進行』と言わんばかりにな
そういう点では諸星きらり、彼女は良く場を見ていると思うがね
はっはっは!」
「占いCO 少佐●」
でっていう 「占いCOだっていうwwww安斎都○だっていうwwww」
秋月涼 「え、絵理ちゃんをいきなり退場させるなんて・・・!!
今日の絵理ちゃん健全な人だったんだよ!!」
ちびき 「水谷絵理○だったぞ!」
インデックス 「えーと……まぁ、いきなり狩人COで思考停止したわけだけども……
できる夫さんは真狩人で良いと思うんだよ。
ともあれ今日の死体如何って感じだね。
でっていう視点では真狂、ヒゲ視点だと真狼。
でっていう真なら即噛みもありえそう、かな?」
解説の達川さん 「2回の攻防が始まりますね」
できる夫 「二日目 護衛:でっていう 無残:
護衛はでっていうさんですかねぇ。なんかもう噛まれる予感しかしませんけど
◇でっていう(84)「◇できる夫 「でっていうさんに●が出ていますが占いCOを出ているよりも”早く”行っていますね」
俺様的に吊りたくねえええええwwwwwっていうwwww」
僕も含めて大騒ぎしている中で周りが見えている余裕があり、なおかつしっかりしている。
なんとなく兄さんは僕に対しての反応がちょっと怪しいんで。こっち護衛で。」
トロ 「おはようにゃー!」
やらない夫 「ん、いいGJだろ」
「信用勝負持込をこの俺が?
ハハッ、その前にでっていう視点狂なんだがなァ!
でっていう 「占い理由だっていうwwww

えーwwww狩人COは本物と信じますっていうwwww
つまりwwww俺様は明日までの命なのでwwww●か銃殺を狙いにいくぞっていうwwww
となるとwwww巡音ルカと諸星きらりは候補から外さざるをえないっていうwwww
うーんwwww打ち止めか安斎都だが潜伏目狙いでこっちだっていうwwww」
諸星きらり 「にょわー☆
おっすおっすばっちし☆
ってわけにもいかないんだろうにぃ。できる夫ちん噛まれてると思うにぃ。
できる夫ちん偽っぽいって言う人もあんまりいないっぽいし、他に狩人っぽい人がいる感じはしないにぃ☆

って、あれ?死体無し?」
安斎都 「おはようございます…ふむ死体がない…犯人はしくじったようですね」
巡音ルカ 「さて、死体なしか できる夫、君はどこを守ったんだい?」
打ち止め 「できる夫お兄ちゃん、狐なのかな?ってミサカはミサカはできる夫お兄ちゃんをじーっと見つめてみたり」
少佐 「だから、自らのレスポンスがおかしいのさ>兄」
秋月涼 「お、これはGJ!」
ちびき 「うえー、でってはそこ占いだぞー?」
解説の達川さん 「ここで死体ナシですか?
これはアレじゃないですかね?できる夫噛んでみたんじゃないんですかね?」
トロ 「GJか狐噛みかにゃ?」
やらない夫 「●二つか・・・
仮指定:少佐」
インデックス 「ん……えーと……?
できる夫さんはでっていう護衛か、ならそこでGJはあるかな。」
ちびき 「…死体なし?
出来る夫はけっかだすぞ!」
巡音ルカ 「でっていう護衛ねー 」
でっていう 「えwwwwなんかマズかったか?っていうwwww>ちびき」
できる夫 「最終日持たせるって言いましたけどねえ!無駄吊りしてまで持たせたくないんですよ!
最終日探偵できる夫のパーソナリティイイイイ」
少佐 「・・・しくじったな 狩人を宣言する」
「誰一人とできる夫狐で噛みされたって発想がでてこないのがこわいな」
解説の達川さん 「監督さんはGJじゃ思うとってですか?>やらない夫さん」
少佐 「狩人日記

一日目
護衛先:不可 死体:なし
あぁ、どうしてこういう時にこういう配役なのか
悩ましいものがある そう思わんか?諸君

 
二日目
護衛先:でっていう 死体:柊支配人
私視点、できる夫は確定で人外 狂人はないとみるが、さて?
そして護衛だが・・・信用度はでっていう>>兄と
そしてでっていう真の場合、村の手はなくなる
兄が真の場合、村は飼い狼を得る、と
無論、前者を優先しよう」
やらない夫 「ふむ」
安斎都 「ふむ兄さんが連続黒…死んでしたら心強いですけどねぇ…」
諸星きらり 「少佐ちん●はなんていうか、信憑性があるように見えてしまうのがにぃ・・・。
んっと、それ以前にでっていうちん●っていうのがまた。
信じたいていうかにぃ」
トロ 「兄がさっきから●出しまくりだにゃー。」
巡音ルカ 「へぇ>狩人を宣言」
秋月涼 「この●飼うメリットはあまり感じないかなぁ。
とっとと吊っての。」
インデックス 「狩人……2人目……」
少佐 「できる夫狐のそこ噛みじゃない場合、でっていう真だ」
でっていう 「いいぞできる夫wwww狐だとしてもその日記はいいぞっていうwwww」
トロ 「って狩人またでたにゃ!?
これ本物?」
解説の達川さん 「私はここ、狐噛みじゃ思いましたがね>松沼兄さん」
ちびき 「いや、私視点胡散臭いってだけだぞそこ
だから吊りたかった位置って>でって」
でっていう 「なwwwwにwwwwこwwwwれwwww」
インデックス 「しかも両視点ででっていう護衛……w」
「>少佐
で?っていうwwwwwwwww」
巡音ルカ 「兄はこれは狂人の目でみていいかな?
これだけ●を連発するのはちょっとあやしい 一応真の可能性でもみてるけど 」
やらない夫 「では狩人は最終日送りでもいいな
少佐視点で、でっていうは真でいいのかな?」
安斎都 「狩人が二人ですか…何ですかこれ?」
打ち止め 「初手にグレー嚙むとは思えないから、ミサカはミサカは普通に役職嚙みだと思ってみたり!
その場合、考えられるパターンが
1.できる夫お兄ちゃんが実は狐で噛まれた
2.できる夫お兄ちゃんが実は狩人ででっていうでGJを出した=ヒゲ破綻

このどちらかだと思うよってミサカはミサカは考えてみたり!」
諸星きらり 「なんだかにぃ・・・。
できる夫ちんに微妙なことを言っていたというのはあるかにぃ?
そんな感じのあれそれかにぃ☆」
トロ 「ど」
ちびき 「…微妙に狩人日記ずれてるぞ、死体と護衛が>少佐」
秋月涼 「えーっと、狩人CO2の、んんー・・・・www
でっていうさんが圧倒的人気・・・」
解説の達川さん 「で、●出されたとこが狩人宣言ですか?
こりゃなかなか面白いことになってきた思いますよ」
できる夫 「……対抗ですか!!ちょっと待ってください。この死体なしです。
僕を噛まなかったのはなぜですか?普通にでっていう噛みGJ?
噛みぬけると見て、噛みぬければ僕が吊れると見たのか?」
でっていう 「もうwwwwやだwwwww狩人が両方俺様護衛とかwwww
これwwww狩人狐混じりだろっていうwwww」
巡音ルカ 「どちらか偽でしょ 占っちゃってもいいと思うよこれ」
「狩人のGJ表記ないのに凄いなーあこがれちゃうなーって言いたくなる発言の
連発である。
村が不安だ」
トロ 「ごめん、ミスったにゃ…」
インデックス 「少佐視点で一番強いのはGJより、できる夫噛みの死体無しじゃないかな。
できる夫さんは真狩か狐濃厚だから。>探偵」
少佐 「という訳だ。やらない夫。すまんが指定変更を頼む。
狼が占いを噛んでGJの場合、私を噛まなければならん
そうしておいてくれ」
打ち止め 「どっちも狩人COってどういうことなの・・・って
ミサカはミサカは困惑してみたり!」
諸星きらり 「で、●出されたでっていうちんを噛むとは思えないんだよにぃ☆
ってことで、昨日出てたできる夫ちん狐じゃないかにぃ?」
秋月涼 「えーっと、これなら狐位置もある狩人はあんまり触れる必要はないかなぁ。」
トロ 「でも気になるにゃー。
なんで狼は狩人噛まなかったのにゃ?」
ちびき 「あー、結果でないのかー」
でっていう 「ヒゲとの信用差は素直に嬉しいがっていうwwww
これ狩人占った方がいいの?っていうwwww>ALL」
やらない夫 「でっていう視点だと兄は狂人だったな・・」
諸星きらり 「どう?どう?
きらりの推理ばっちし?ばっちし?☆」
解説の達川さん 「できる夫が偽狩人なのが分かった上で
いきなりでっていう噛みに来たゆーんは考えられんですかね?>きらりちゃん」
少佐 「狂人がだ、狼視点真に●を撃てば、噛めると思わないか?」
やらない夫 「好きにして欲しい>でっていう
かみ合わせがあるからな」
秋月涼 「噛んだら狐だったというのがこの狩人VOで普通に出たと思う>トロ」
少佐 「ちなみにだ、日記は昨日の夜発動したからそのまま書いたのみさ」
インデックス 「狩人は噛まれなかったら考えれば良い気がするんだけどね。>でっていう
なんていうか、序盤で狩人2COで銃殺も出るのはあんまり良くない気がする。」
ちびき 「でっていう噛みはないと思うぞ!
となると噛まれる位置って私か出来る夫ぐらいだぞ!」
やらない夫 「では指定変更:ルカ」
打ち止め 「少佐を信じる場合、兄―できる夫で人外、でっていう真占い目ってなってみたり!
後者の場合は、でっていう視点で狼がまだ見つかってないから即嚙みもありえるかもって
ミサカはミサカは少佐嚙み、でっていう嚙みの展開を想像して怖くなって見たり!」
諸星きらり 「はっ!?
そういうのもあったにぃ!>達川ちん」
巡音ルカ 「COないよ つっちゃって」
秋月涼 「んー・・・狩人占いはあんまり好ましく思えないような。
あ、でも吊りは減らないのか。」
打ち止め 「自分が噛まれることを想定してグレー占うべきだよって、
ミサカはミサカはでっていうにアドバイスをしてみたり。」
トロ 「指定変更確認にゃ。
できる夫が怪しい気がするにゃ…」
解説の達川さん 「そこの状況判断はプレイヤーにゆだねられとる思いますよ
でっていうさんのセンスゆーんですか、それで考えてみちゃってくださいや>でっていうさん」
ちびき 「狩人占うならどっちがどっち占うかは指定した方がいいんじゃないか!だぞ!」
でっていう 「じゃあwwww止めとくわwwww>やらない夫
正直グレー潰したいっていうwwww
狩人共はwwww放置安定っていうwwww」
諸星きらり 「あーん、失敗失敗、てへぺろ(こつん」
やらない夫 「すまんな、狩人を最終日辺りで問題が無いだろう
狩人は己の采配に任せる」
でっていう 「ルカもwwww村っぺえんだよっていうwwww」
少佐 「まぁ、あれだ でっていう 無駄占いも考えて私を占うのはやめておけ
そこは噛み合わせがある」
解説の達川さん 「監督の考え方を理解するとこから、ですね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆柊GM 指定:ルカ」
3 日目 (1 回目)
秋月涼0 票投票先 →巡音ルカ
やらない夫0 票投票先 →巡音ルカ
インデックス0 票投票先 →巡音ルカ
解説の達川さん1 票投票先 →巡音ルカ
ちびき0 票投票先 →巡音ルカ
できる夫0 票投票先 →巡音ルカ
巡音ルカ13 票投票先 →解説の達川さん
0 票投票先 →巡音ルカ
少佐0 票投票先 →巡音ルカ
諸星きらり0 票投票先 →巡音ルカ
安斎都0 票投票先 →巡音ルカ
でっていう0 票投票先 →巡音ルカ
打ち止め0 票投票先 →巡音ルカ
トロ0 票投票先 →巡音ルカ
巡音ルカ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「◆柊GM どうでも良い知識
them←ぜむ
theme←テーマ 英語ってイミフっ」
インデックス 「ナイス狂人としか言いようが無いんだよ」
秋月涼 「お疲れ様」
秋月涼 「狂人がエースだよねこれ」
インデックス 「できる夫噛み死体なしでOK?」
秋月涼 「うん、あってるよ。」
インデックス 「とはいえ、探偵が鋭かったら勝てないね、これ。」
秋月涼 「このまま狩人>占いと行くかい?」
インデックス 「少佐噛んででっていう抜き、だけどもw」
インデックス 「ここで銃殺して欲しくないのは狼視点も一緒だからねぇ。
二人ともその旨を発言しちゃってるし難しいとは思う。
まぁ頑張るしかないんだけどもw」
秋月涼 「外道されても付き合えないけど、外道されそうな悪寒がっ」
秋月涼 「今日僕失言多いよね・・・・www」
インデックス 「村視点でも狩人露出+銃殺はあんまり良くないから微妙なラインではあるけどね!」
秋月涼 「よいしょ、じゃあ普通に少佐を排除させてもらうね」
インデックス 「これが探偵村じゃなければ、だけどw」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
少佐 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
少佐さんの遺言
   /             \   f三=、ミヾi{ノjリハ|l | l|l|! |l| l li iliヽ   /          \
.  /              |  ,仁ニ≧ー''゛''"'ヘ|l i i|l| |i| | li ll トl  /           ヽ
 │    く  誰 一     l. /彡ィ',r=-_、、、 ,,jNHトl、_lトl、l |l |l|l| /     正 君       |
  |     れ が 体     | k彡イr;≦ニ_ミk==衫ニ仕ミNトl、| |l |l l|│     気. ら     |
  |    る 保 .ど     l,/´-ト《 '┴゚'ヾソl;=t{く(_句ヾYl}ト|l | l|l l| |    は の      |
  |    の 障 こ    j{ { rj ` ー=彳{  `ヽ二≧'人lハlリハリ│       神      |
  |    だ .し の    /ヘヽ!|      ヽ) ゝ   ` ̄  lKイナ"  !        の    │
 │    ね て     /  ト、l   ^ー‐--、、____,う フ ム'/    ヽ             /
.  l    ?       〈   ヽl.      ̄`ー-     jノ     厶         /
  ヽ           /ヽゝ   」l 、            /        \ ____ /
    \ ___    /   _ノ>'´小、ヽ、      ,.  /\_
       _,.二ニ-‐フ´ / /!| \ ` ー --‐ '´ , イl、 丶、ト、__
  ,r‐<´     /  '  /´ |j    ヽ、   __/ ' ハl、   ヽ  `丶、   /⌒〉
 ノハ   \   /    /   jl|  ,'  jゝィ厂   ′/l∧   \    \/   /
∧丶ヽ   V       /    /リ ;   /⌒l|   ; / / ヘ    ヽ   /   /、
l l、 、 }   ヽ     /     ハノノ  /  ∧  ,' / /   ハ     \丿   厂\
、_}/ノレー‐-、\  / 、    |/'´ / ン=c'、{ヽl  ' / /    }、     レ- '⌒ヽ__ ヽ
´ /´{    `ヽV___、>--、 く  /7个i/ ヘ.0/ /      ハ     /   _,. イへ\ \
 ∧0 ノヽr─-、___)一´- 、/ ) ∨ / / jl   ∨/=-、  (⌒>‐イ  _∠´ /l /! \ \
 {. ハ |  {、_     ____) / /   / |    /    \ (⌒(   __`二´-‐┬' 7/l |   ハ ヽ
 ヽ、ハ   \ ̄ ̄ - '´ /i /  '  / 'l   /       ヽ\  ̄ヽ、  _, / /∧リ--  〉 〉
、 〈 `>‐-`ニ>─<   !/     /  | /        \\,_  ̄ 丿_∠´  厂丶 / /
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
安斎都 「おはようございます…やはりこれは…」
打ち止め 「おはよー!ってミサカはミサカは4日目も元気にあいさつしてみたり!
できる夫は真薄そうだから、狼か狐で考えてみたり!
その場合、狼なら少佐は生きてる可能性が高くて、狐なら狼視点で噛まない理由がないから
少佐が死んでると予想してみたり!あくまでも少佐が狩人って想定の場合ってミサカはミサカは推理してみたり!」
でっていう 「占いCOだっていうwwww諸星きらり○だっていうwwww」
諸星きらり 「おっすおっすおにゃーしゃー☆
えーと達川ちゃんの言うことだとー
マリオちんが狂人で、でっていうちんが真占い師~☆
んで、できる夫ちんが偽とわかった上でってことで狼ででっていうちんを噛んだってこと、になるにぃ☆
・・・うーん、どうなんだろうに?」
「・3・」
やらない夫 「指定:できる夫」
秋月涼 「今日もCO、よろしくお願い。
都さんは異常に発言が落ち込んでいるけれど・・・」
ちびき 「巡音ルカ●だったぞ!」
トロ 「おはようございますにゃ!!」
解説の達川さん 「3回の攻防が始まりますね
序盤の山ですね」
できる夫 「三日目 護衛: でっていう 無残:
ちょっとマジで本気で混乱してきたんですけど。少佐は確定人外。狂人で狩人騙りはないでしょうし狼か狐。
今一瞬兄さんが狼で少佐噛んで狐だと判明●出しとか考えましたけど、僕が出ているのに灰噛みに意味はないから違うでしょう。
なら狼確定。占いの内訳が真狂であり占いの即噛みを選択、それででっていうさんGJが出た、か?
で、兄の●で真偽が判明、でっていう噛み?」
でっていう 「占い理由だっていうwwww

どうやらwwww俺様の命は繋がりそうだっていうwwww
素直に残したいところを占っていくぞっていうwwww

◇諸星きらり 「で、●出されたでっていうちんを噛むとは思えないんだよにぃ☆
ってことで、昨日出てたできる夫ちん狐じゃないかにぃ?」
考察もしっかりしているっていうwwww俺様偽をみるのは致し方ないっていうwwww
よってここの占い結果は残すぞっていうwwww」
秋月涼 「あ、これはわかりやすい」
諸星きらり 「えっと、じゃあできる夫ちん吊っちゃうにぃ☆」
インデックス 「おはよう。今日の噛みで狩人の真偽見れると思うかな。
もし死体なしが出たならでっていうGJがあるだろうし
少佐噛みならできる夫さん狐の目が強いと思う。」
やらない夫 「兄は明日だな
さて、でっていうの命も明日までか・・・」
ちびき 「…ふむぅ、少佐噛み?」
トロ 「少佐が噛まれたということは…できる夫さん人外だにゃ!」
解説の達川さん 「少佐さんがホンモノの狩人じゃったゆーことですね」
打ち止め 「想定どおりだったかも。ってミサカはミサカは警戒してみたり。
兄破綻で、でっていう真の場合は、できる夫、兄狂人かもってミサカは言ってみたり。」
安斎都 「おや、黒が吊れたのですか少し楽になりましたね」
できる夫 「早い!もっとドラマを!ドラマティックファンタスティック!尺が足りません!」
秋月涼 「狐っぽい位置だから調整役で残しちゃっていいんじゃないかな?>探偵」
でっていう 「死wwwwんwwwwだwwww
すまん村人共wwww●は引けなんだwwww
狙ってないけどっていうwwww」
「そりゃ・・・まぁ・・・」
やらない夫 「ほう?ルカ●かそれはそれで嬉しいな」
諸星きらり 「少佐ちんが真なんだったらでっていうちんも真目だにぃ
兄ちんは狂人だから~♪」
解説の達川さん 「ルカちゃん●じゃったですか?」
打ち止め 「先に破綻してる兄吊って霊能者の色を見てみるのはどう?ってミサカはミサカは大声で言ってみたり」
トロ 「そして●が出たのは心強いにゃー!
やらない夫さんすごいにゃー!」
秋月涼 「わかりやすい状態である意味ホッとしてるよ、うん!」
解説の達川さん 「狩人が両方ともでっていうを守っとったゆーんがアレじゃったですね」
でっていう 「つーかwwwwルカ●かよっていうwwww
んで少佐噛まれてヒゲ破綻wwww
できる夫狐としてだwwww残り2Wだなっていうwwww」
ちびき 「兄は破綻だぞー! ここで噛みが来るなら狼に見捨てられたわけだぞ!」
やらない夫 「できる夫を狼とみるか狐と見るかだ・・・
少し意見を聞かせてほしいだろJK」
諸星きらり 「にょわー☆
でっていうちんに占われちったにぃ☆
でっていうちんあざーっす☆」
できる夫 「少佐狂人の可能性がありますよ!あるってあるって!」
「>打ち止め
そもそも俺が狼だというなら今日の噛みは凄いおかしい噛みなんだけどな」
インデックス 「狼1吊れてるし残す意味はあんまりないと思うんだよ。
狩人抜かれてるし次は占い抜き……だけど、探偵は残るから
うん、狐吊っても勝負になると思う>涼さん」
でっていう 「ヒゲは狂で納得してくれよっていうwwww>打ち止め」
ちびき 「色? ○シカでない気がするぞ?」
打ち止め 「この場合、でっていう真で兄を狂人と見てるわけだけど、
でっていうが本当に真って確証は持てないんだよってミサカはミサカは
兄・でっていうで狼狂人の場合のでっていうの○囲いを警戒してみたり」
解説の達川さん 「破綻しとるとこは処分しといてもええ思うんですが
まあ指定進行じゃったら監督の思いでいごかせるんがあるんで」
やらない夫 「でっていうが真なのだから
結果は狂人だろう>打ち止め」
諸星きらり 「できる夫ちんを噛んだかでっていうちんを噛んだかはわかんないにぃ。
それなら狐もありうるという感じかにぃ?
それなら兄ちんの色のほうが重要なんじゃないかにぃ☆」
秋月涼 「普通に狂人っぽいというか、狼狂の両偽パターンでこの噛みってどうなの!?
という話だから割と、こう。」
打ち止め 「できる夫お兄ちゃんをほぼ狐と見ての、兄先吊り提案だよってミサカはミサカはもう一度叫んでみる!」
でっていう 「おkwwwwなら好きにしろっていうwwww>打ち止め
両偽を懸念するのはわかるからなっていうwwww」
安斎都 「私は…先の死体無しができる夫狐での噛みだと思います>探偵さん」
インデックス 「おそらく兄さんは狂人で全潜伏じゃないかな。
一応でっていう狼の狂狼はありえるけど、それは明日の噛みでわかるはずだし>打ち止めさん」
諸星きらり 「あ、忘れてたにぃ。
じゃあできる夫ちんつりだにぃ!」
解説の達川さん 「いやまあ、でっていう視点は松沼兄が狂人じゃあゆーことなんですがね」
打ち止め 「でっていう真で進めて言った場合の保険だよ。ってミサカはミサカは探偵さんに説明してみたり。」
「そもそも吊り増える保証0なのに俺吊る暇あるの?探偵村で」
やらない夫 「どの道●は出にくいだろJK
ならできる夫の色が俺はみたいだろJK」
ちびき 「ルカが●なら安斉は違うのかー
ふむふむ」
「なら俺吊って良いよ キリッ」
トロ 「どちらかというとできる夫は狐だと思うにゃ。
おそらくだけど狼は狩人を噛みに行ったとみるにゃ。
あの場面で狩人が生きてるってのはおかしいと思うにゃ」
でっていう 「しかしwwwwルカ●で助かったなっていうwwwwやらない夫マジナイスだっていうwwww」
できる夫 「この事件を最終日まで持たさせてくれええええええええ!!」
秋月涼 「ん、んー。そっか。
まあ確かに霊能結果も消滅しかねないし、外道要員として不適合か・・・・>インデックスさん」
解説の達川さん 「状況的にできる夫狐はほぼ確実でしょう」
諸星きらり 「あ、なんか狼っぽいCOだにぃ?>できる夫ちん」
ちびき 「占い初日も一応考慮はしとくべきだぞー!」
安斎都 「?どういうことでしょう>ちびきさん」
でっていう 「うるせえwwwwさっさと崖に落ちろっていうwwww>兄」
「狂人の俺が言うのもあれだが
できる夫の色見るって選択肢は素晴らしい選択肢だぞ」
解説の達川さん 「監督さんの言うよーに、そっちの色を見てみるんもええですね」
できる夫 「わかりました!犯人は兄涼トロですね。空気でわかる」
インデックス 「っていうかまぁ、昨日私もちょっと間違えたけど
探偵は確実に残るから、あんまり外道に向いてるかって言われると微妙なんだよね。
できる夫占いで銃殺は十分ありだったのかもなんだよ。>涼さん」
ちびき 「…ん? 狩人COで噛まれ…これで真じゃない訳がない…? 内訳がー」
打ち止め 「ミサカはミサカは初日占い、で兄とでっていうで狼混ってた場合の保険として
ほぼ狐で見れるできる夫よりは、兄を釣って霊能者とでっていうが繋がるかを見る。
ここで兄狼なら割れるし、割れないならでっていう噛まれたあとにほぼ真で進めたいんだよって

ミサカはミサカは難しいけど、次嚙まれるのがでっていうなら先に兄で霊能者結果みてみたいかもって言ってみたり」
「とまぁ敵陣営だけどひとついっておくと
占い師第一想定するなら明日でっていう死なないよねって話」
解説の達川さん 「どっちの味方しよーるんですかね>松沼兄さん」
できる夫 「兄さん狂人じゃないです。ワイルドなウルフボーイですよ!ええ、犯人はあなたです!」
やらない夫 「できる夫が狼でも、兄が居るから
その次からチキンランだろJK
各自灰を見て置くだろ」
打ち止め 「うぐぅ・・・ってミサカはミサカは探偵さんの指示に従うんだよ。って涙目になってみたり」
「だからでっていう狼なら明日生きてるでしょ・・・」
インデックス 「……あ、あれ、できる夫狐じゃなくて狼見てる人が結構いるんだよ。
それは全く考えてなかったw」
トロ 「できる夫観念するにゃー!この場面で残ってる狩人は偽だにゃー!」
でっていう 「範囲指定とかなwwww>インデックス
まあでもグレー占いは間違ってなかったと信じたいっていうwwww」
諸星きらり 「占い両偽ならありうるんだよにぃ☆>ちびきちん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆柊GM 指定:できる夫・3・」
4 日目 (1 回目)
秋月涼0 票投票先 →できる夫
やらない夫0 票投票先 →できる夫
インデックス0 票投票先 →できる夫
解説の達川さん0 票投票先 →できる夫
ちびき0 票投票先 →できる夫
できる夫11 票投票先 →
1 票投票先 →できる夫
諸星きらり0 票投票先 →できる夫
安斎都0 票投票先 →できる夫
でっていう0 票投票先 →できる夫
打ち止め0 票投票先 →できる夫
トロ0 票投票先 →できる夫
できる夫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
秋月涼 「ふー」
インデックス 「でっていう噛み固定で」
インデックス 「後は○を噛んでわとそんを探す作業なんだよ」
インデックス 「都わとそんありそうに見えるけどね。」
秋月涼 「今でっていうを残し続ける電波を受けたけどあんまりにも現実味がなかった(キリ」
秋月涼 「発言薄いのに指定されてないあたりは何かありそうだよね」
インデックス 「いや、でっていうの○なんだよw」
秋月涼 「さーて」
秋月涼 「割とギリギリになっちゃってるよね・・・・www」
インデックス 「死体なしの要因は消えたからでっていうから霊能と○噛んで行けばまぁ
偶数だしワトソン残っても吊られない限りは勝負になるね」
「◆柊GM ベジータ?>該当者」
秋月涼 「まあ、お互い頑張ろうか。
生き延び勝負だよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆柊GM トランクスか…」
でっていう は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
でっていうさんの遺言                     , ―、 ,─ 、
                   / ─ Y ─ ヽ
                    / γ∩Υ∩ヽ ヽ
               /  ヽ∪人∪ノ  ヽ
             /  ´ ̄` ´ ̄`   \
             /  、          ,    \
             |   ―}         {─    |
             |   ′ ′           `  ヽ  |
             |  |   \ ______ ノ   |  |
           \       ` ´ ̄`  ′    /
             \                /
                /               \
          /                      \
         /                        ヽ
          /                         ヽ
           |                     |   |
           |                     |   |
           ヽ   |                  |  /
          \_|                  |_ ノ
              |                  |
              |                  |
できる夫さんの遺言               i                      〈
              ヽ               ー---〈
                \                イ
                 「 ̄ ̄ ―- __      _ノ
                /}_        У ̄ ̄
                 人!//≫x      /::\
              ////≪///≫x /}::::::::}
            //////////≪x//∧T:::〈
            //////////////////∧':::::::.
              ////////////}/∧////∧'::::::::,
          /////////////}//∧////ハi::::::::,
          /////////////|///∧////}|::::::::,
          /////////////!////∧///||:::::::::i
          //////!////////////∧//||::::::::::!
          //////!/////////////∧/||}:::::::::!
            } //////!//////////////∧|!|:::::::::|
         /.///////////////////////!|:::::::::|
          / /////∨////////////////|!:::::::::|
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
「◆柊GM 私も愛してるよ☆」
解説の達川さん 「4回の攻防が始まりますね」
「でっていうざまぁwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
諸星きらり 「できる夫ちん狐ならちびきちんが噛まれてるんじゃないかにぃ?☆」
打ち止め 「おはよーってミサカはミサカはまずは皆にあいさつをしてみたり!」
ちびき 「できる夫○だったぞ!」
秋月涼 「今日の噛みなんて見なくてもわかる(キリ
・・・ちょっと遺言で笑った・・・wwww」
やらない夫 「指定:兄」
トロ 「おはようにゃ!」
ちびき 「できる夫狂なら狩人真狂、占いがでって視点破綻になるぞ
真も同様の理由でないぞ
つまり○出れば狐確定だぞ」
諸星きらり 「って思ったんだけどにぃ、残念残念、だにぃ?」
「バンバン!バンバン!」
安斎都 「おはようござますす」
解説の達川さん 「だいぶん、わかりやすい形になってきたんじゃないんですかね」
インデックス 「でっていうはまぁ、明日の結果次第って言ったけど真占いだよね。
って事は狼は全潜伏を選んでて、できる夫狐だと思ってるから……
ルカもそうだったけど、発言多めなところに狼さんいるんじゃないのかな、って。
だからトロさんは村目に見ても良い気がする。」
ちびき 「…あれ? 私生きてるぞ?」
「フフフフフフフフ」
トロ 「狂人か狼かわからないけど兄さん覚悟にゃー!」
打ち止め 「みんなの想定が、でっていう真決めうち、兄残しなら仕方ないけど、
私が怖いのは、明日でっていうが嚙まれてる場合で初日占い、
兄:狼 でっていう:狂人の 場合だったりした場合、でっていうの○が怖いかもしれないって
ミサカはミサカは昨日はそう伝えたかったの。ただ、あくまでこれはミサカの中で、
兄とできる夫吊りがほぼ覚醒路線だと思ってるからだったり。兄は確定破綻で間違いないけど、その色次第では内役ははっきりするんだよ?」
安斎都 「さて、あとは探偵さんの腕の見せ所ですよ!」
「この俺に戦いを挑むとは命知らずの探偵め・・・」
やらない夫 「ふむ、できる夫は狐か、それはそれで嬉しいだろJK
では兄が狂人だとして、後灰に2W
兄が狼なら1W 1狂人だろ」
諸星きらり 「狂狼が吊れた、ということかに。
なんていうか、いやな感じだにぃ」
ちびき 「狐吊れたぞ! ほぼ吊れたぞー!」
秋月涼 「今日はもう兄吊りでいいんじゃないかな・・・と思ったけど」
解説の達川さん 「えっと・・・兄さん吊って
1W1Fと狂人を処理できたことになるんですね」
諸星きらり 「マリオちんが狼ならでっていうちんが狂人になるにょわ!>やらない夫ちん」
打ち止め 「それじゃあ、兄ちゃん吊って、霊能者が噛まれて
8人3吊りで2Wの殴り合いスタートかも!ってミサカはミサカは覚悟を決めてみたり!」
やらない夫 「銃殺を出されるぐらいなら、でっていうを噛むだろ
お前は残念ながら明日消える感じだろJK>ちびき」
ちびき 「…喋ることがないぞ?
てっきり死ぬとばっかり…」
秋月涼 「ぶっちゃけ攪乱要素足りえない(探偵村である以上)ので
ふっつーに残して、吊りを浪費することもないような。」
解説の達川さん 「3吊りで狼2を仕留めんといけんのですよね
監督さんの采配にかかってますね」
トロ 「1W1Fと狂人(もしくは狼)処理かにゃー。」
やらない夫 「それは初日占いって事かだろJK>きらり」
諸星きらり 「つまりもうマリオちん以外で狂人はいないと見るにぃ。
狐もできる夫ちんくらいしかいないにぃ」
ちびき 「やっぱりだぞー!?>やらない夫」
「残してもいいのよ?チラチラ」
解説の達川さん 「そこが噛まれるんは明日の朝ですよ>ちびきちゃん」
打ち止め 「昨日、できる夫を吊ったならもうでっていう真決め打ちってことだと思うんだよ。
ってミサカはミサカはここまでくるならもう兄残しって思ってたみたり。」
やらない夫 「ああ、すまんでっていうは対抗●だったろJK」
秋月涼 「偶数ですし、ここから先奇数になる要素も消え去りましたしの。」
トロ 「誰が残すかにゃー!!
ぺしぺしするにゃー!! >兄」
諸星きらり 「だってマリオちんはでっていうちんの○だよにぃ?>やらない夫ちん」
やらない夫 「○だ、またまたすまんだろ」
解説の達川さん 「さすがに残されんでしょう>兄さん」
「残してもらえるの?やったねたえちゃん!」
秋月涼 「今一瞬我が目を疑ったよ!?」
「いやーうれしいナァ。
でっていうと一緒に霊界にいきたいわけがない」
安斎都 「10-8-6-4、今回含めて三回ですね
ふむふむ」
解説の達川さん 「偶数じゃけえ狂人じゃったら残しとってもええ
ってことですか」
やらない夫 「では灰に2Wか・・・
明後日以降の噛みが勝負か?
それともでっていうの○を素直に噛んでくるか・・・だろ」
ちびき 「インデックスー打ち止めあたりで最終日行けばいいんじゃないかだぞ?」
インデックス 「狂人を残すかどうか、かぁ……
最終日前に終わらせられるなら良いけど
最終日に持って行くと引き分け処理されて終わりそうだけどね。」
トロ 「そうは問屋が卸さないにゃ!! >兄」
「よかったよかった。じゃあかわりにちびきあたり消えるといいよ キリッ」
打ち止め 「昨日の吊りは兄を残すって吊りじゃないの?って
ミサカはミサカは首をかしげて混乱してみたり!今日はでっていうの○以外から指定吊りを提案してみたり!」
諸星きらり 「んー、マリオちんは7人までは残しても良いんじゃないかなって気はするんだけどにゃー
ね、ね、ダメ?ダメ?」
やらない夫 「ああ、指定は兄だからな
ゆっくり霊界で蜥蜴と休むだろJK」
「やめろーーーーーーーーーーーー!」
秋月涼 「でも吊り数は変わんないから>インデックス」
解説の達川さん 「なるほど、ここで残すのに一理あるのは確かですね」
打ち止め 「偶数展開だよ。ってミサカはミサカはきらりちゃんに教えてみたり。」
「俺はまだ死にたくない!」
インデックス 「まぁ、確かに私も発言良い場所じゃない気がするけどね。>霊能
打ち止めさんは私も気になってるから、それはそれでダメじゃないんだけども。」
やらない夫 「見えてる人外は吊るのが俺のポリシーだろ>きらり」
安斎都 「神妙にしてください>兄さん」
「ほら、占い師GMとかなくて俺狼ないから チラチラ」
インデックス 「だったら情報を多く出せるように最終日まで見たいのが私なんだよ>涼さん」
解説の達川さん 「確実にバントですね
ランナーを少しでも先の塁に進めとくゆーことですね」
秋月涼 「まあ、いいんだけどさっ」
トロ 「でも灰に2Wいるとなると結構難しいにゃ。
というかきらりさんはなんで兄残すって主張するかニャ?」
打ち止め 「ミサカはミサカはちょっと俯いてみたり・・・
どうせ狂人なら狼の場所なんてわからないんだよ?ってミサカはミサカは」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆柊GM 指定:兄」
5 日目 (1 回目)
秋月涼0 票投票先 →
やらない夫0 票投票先 →
インデックス0 票投票先 →
解説の達川さん0 票投票先 →
ちびき1 票投票先 →
9 票投票先 →ちびき
諸星きらり0 票投票先 →
安斎都0 票投票先 →
打ち止め0 票投票先 →
トロ0 票投票先 →
兄 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
インデックス 「狂人さんお疲れ様。本当に良い狂人だった。」
秋月涼 「霊結果どこまで見せる?」
インデックス 「どこで噛むか、だよねぇ。」
秋月涼 「ああ、狂人はありがとう!
おかげで勝負になるよ!」
秋月涼 「微妙に意見の違う位置を君と僕とで演出できてるんだけど・・・」
インデックス 「きらりはワトソンはないでしょうね。後打ち止めも。」
秋月涼 「うーん。」
インデックス 「だから都さん噛んでみてワトソンか確認してから霊能噛むのはアリだと思うかな」
秋月涼 「まあ、普通に霊能でいっか。」
秋月涼 「ん?そうかい?」
秋月涼 「じゃあ都さん噛んじゃおうか。」
インデックス 「だって兄狂人はでっていう噛まれた時点で確定みたいなものだしねw」
インデックス 「ここまでは見せて全く構わない結果。」
秋月涼 「まあね・・・www」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
安斎都 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言                             /: :: :: :: :: :: :: :: :`ヽ
                      /: :: :: :: :: :: : x≦三三ミ、
     x==ミ             /: :: :: :: :: :x≪-‐…‐ミ三三℡、
   〃 =ニ==‐`ー‐-ミ -‐―ィ==x__ {{: :_≫rァニニ(   r。㍉寸三三℡、
  .イ{ 任三三三℡、 }}: :: :: : }ニニ}㌘У.: : :レニニニフ: : : .`ヾ’::::寸三三沁
/: : ゛ 辷三三三三℡{{: : : :./ニニ// . : : :/㌻¨7: : : : : .   (r㍉》三ニヲ
∨ /: : \寸三三三三 ヾ.: :/ニニ// .: : : ,′.::::/. : ー‐=ミ、う}`Y=-‐
: ∨ / :: :: ー┬三三三三}}/ニニ/:/ .: : :: :  .:::,' ///77ヽ)リ)Y ::\
ニ ∨ /: : : : {{三三三三 リニ/ /  .: : :: :{:   ///////'"´ノ:: :: :: \
ニ- ∨ /: :: :l|三三三三 {lラ:: :; i  .: : : : : .    《////〃 /:::: : :: :: :: ::}}ヽ
ニ=- \: :: : {{三三三三 |l: :: :l l  i: : : : : . \  ゝ _ノ /: :x-―‐t==彡  ’,
三ニ=- ⌒〃三三三三 }}: :: l { l     __ヽ   /: :: :/    {三彡=x }
三ニ=- /三三三三三 ハ: :: : \x-=彡´: :: :|ニ〕¨´: :: :: :/     ~气少㌢
三三㌢三三三三三三  }} : : : ::::::::/: :: :: : lニ!: :: ;  '"           `¨´
三三三三三三三ニニ=- ‘,ゞ=ミ:::〃: :: :: :: :/ニ/:/
三三三三三三三二ニ=- ‘,:::::::7: :: :: :: ::/ニ〃
三三三三三三三二ニ=-  ‘,: :: :: :: :: :://
安斎都さんの遺言 ちょっと!私のAAがないってどういうことですか!
これは調査しなければ!
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
解説の達川さん 「5回の攻防が始まりますね
試合が成立するイニングですよ」
トロ 「おはようにゃー☆」
諸星きらり 「せぇーのっ、きらりん☆
兄ちん狼ででっていうちんを噛む?
ないと思うにぃ
なら兄ちんは狂人が濃厚だと思うんだよにぃ
そんでー、それを言える打ち止めちんは村っぽくて良いんだと思うんだよにぃ☆
狼なら自分が吊られる候補になるかもしれないのに兄を残して灰吊りなんていわないんじゃないっかなって思っちゃうんだよにぃ☆
そんな感じにょわにょわ☆」
ちびき 「○だったぞー」
打ち止め 「おはようー!ってミサカはミサカは朝一にあいさつしてみたり!」
やらない夫 「相方:安斎都だ」
インデックス 「昨日も言った通り、わりとトロさんは全潜伏を選ぶ狼には見えないんだよ。
だから気になるのは発言の強い位置で……具体的に言うなら1番は打ち止めさん。
ついで達川さんってところかなぁ。」
秋月涼 「今日からは○が少しずつ消えていく展開、ってことかな。
聞くCOがないのはなんだかさみしい。」
解説の達川さん 「これは、兄さんの色を見せるほうをえらびましたか」
諸星きらり 「と、いうことでごめんにぃ、打ち止めちん。
偶数だっていうのすっかり忘れてたにょわ☆」
ちびき 「…そっか、結果決まってるから噛まれないのかだぞ」
諸星きらり 「あ、そんな感じがしたにょわ・・・」
解説の達川さん 「○が相方じゃったんは、ちょっとさえんですね
まあ気を取り直していかんといけんですね」
トロ 「相方さんがやられてしまったにゃー…」
ちびき 「死ぬ覚悟しかしてなかったぞ!」
「◆柊GM 相方:安斎都 おっけーです」
打ち止め 「霊能者が生き残ってるってすごく不気味だよね。ってミサカはミサカは思ってみたり。
でも今は吊る場所じゃないかな。ってミサカはミサカは先にグレーのインデックスさんを吊りたかったり!」
インデックス 「涼さんはなんか絡んでるせいかあんまり疑えない感じがこう……うん。」
やらない夫 「さて、ではちびきをとりあえずの相方にしようか
ちびきは何処か吊りたい場所はあるか?」
解説の達川さん 「打ち止めさんとインデックスさんを残す進行になるんですかね」
諸星きらり 「まぁ、狂人だもんにぃ
見せても痛くもかゆくもないにょわ☆」
ちびき 「打ち止めーインデックスはいったん置いて、他を見るぞ!」
秋月涼 「んー・・・別に一応の混乱要素として残せるんなら霊能噛むべきとも思えるんだけれどね。」
トロ 「でもこれで灰に2Wいることが確定したのかにゃ?」
打ち止め 「はぅっ!!?
共有相方がグレーに居たらまだ戦えるかなって思ってたのに・・・
ミサカはミサカは深い絶望に包まれてみたり!」
ちびき 「え? いいのか?
なら解説吊りたいぞ!」
解説の達川さん 「吊り候補にあげるんなら、涼くんと私じゃないんですかね?>インデックスさん」
インデックス 「霊能偽じゃなきゃ確定だけどまぁ、霊能偽疑うケースでもない気がするんだよ。>トロさん」
秋月涼 「僕からはそれを言われてなんと答えればいいんだい・・・www>インデックス」
やらない夫 「ふむそれは何故だろ?>ちびき」
やらない夫 「ああ、仮指定:涼だろ」
解説の達川さん 「まあ、それが分かりやすくはなるでしょうね
ただ私を吊ってしもうたらミスができんくなるんですけどね>ちびきちゃん」
ちびき 「解説の達川さん(72)  「できる夫が偽狩人なのが分かった上で
いきなりでっていう噛みに来たゆーんは考えられんですかね?>きらりちゃん」
この辺が見えすぎてる感があってうさんくさいだぞ!」
トロ 「解説さん吊るのかにゃ?
理由が知りたいにゃ。」
諸星きらり 「狂人か狼かわかんないって兄に対して言ってるトロちんがー
こう、わかってない村人さんって感じがするにょわにょわ?
どうなのかなぁ。ねぇねぇ?
トロちんはなんででっていうちんの○のマリオちんを狂人か狼かわかんないなんっていったのかにゃー?☆
きらりんに教えてはぴはぴしよー?>トロちん」
秋月涼 「正直はいいちで臭いといえばどこ?と言われると、困るけれど。
打ち止めはなさそうな。」
解説の達川さん 「まあ後先どっちか、ゆー感じじゃ思いますよ」
打ち止め 「私がインデックスさんが気になってるのは昨日の発言全体を見てだよー



◇インデックス(52)

「狂人を残すかどうか、かぁ……
最終日前に終わらせられるなら良いけど
最終日に持って行くと引き分け処理されて終わりそうだけどね。」

◇インデックス(14)
「でっていうはまぁ、明日の結果次第って言ったけど真占いだよね。
って事は狼は全潜伏を選んでて、できる夫狐だと思ってるから……
ルカもそうだったけど、発言多めなところに狼さんいるんじゃないのかな」

割と言葉を慎重に選んで発言してる?って感じがするの。物事を断定的に言えないのは気を使ってるってことなんじゃないかなって。
インデックス 「え、私と打ち止めさんが見られてるのは明らかだと思うんだよ>達川さん
ゆえにまぁ、正直そこの色見たい感じなのはあるかな、って言っても霊能見れる気がしないけど。」
秋月涼 「当たり前だけどCoないからね!」
ちびき 「判断材料のひとつだし、探偵にすべてはかかってるぞ!」
解説の達川さん 「あらゆる可能性は考えとかんと
いざとゆーときにいごかれんのですよ>ちびきちゃん」
やらない夫 「一応は参考にさせてもらうだろ
お前の期待には答えられないかもしれないけど
頑張ってみるだろ>ちびき」
インデックス 「強く断定するのはどうも苦手なんだよね、というくらいしか言えないんだよ。>打ち止めさん
一応主張はちゃんとしてるはずだけど。というか割と浮いてる気配だけど。」
秋月涼 「とりあえず狼は全潜伏を選んでいるっていうことは間違いないから、そこを念頭に推理してほしいな・・・・。」
打ち止め 「トロさんはRPなのかどうか分からないけど、前に出てこない印象で
秋月さんと解説さんは兄残しに積極的?だったから保留!
ただし解説さんは最後に野ッ掛かって来た幹事がするから怪しさはインデックスさんの次かなってミサカはミサカは思ってみたり!」
ちびき 「まーそうなんだけどね! 考えた結果の一つだぞ」
諸星きらり 「霊能さんは流石に明日噛まれると思うにょわ・・・>イントロダクションちん」
解説の達川さん 「まあ、さすがに噛まれるでしょうね>インデックスさん」
やらない夫 「本指定:涼だろJK」
トロ 「えっとね。トロはね
占い内訳は真狂もしくは真狼だとおもったにゃ。
でっていう○が出たとしてもでっていう狂の可能性もあったと思うにゃ
まちがってたらごめんなさいにゃ。 >きらりん」
打ち止め 「最終日は一緒に残りたいかなってミサカはミサカは宣戦布告してみたり!>インなんとかさん」
ちびき 「解説>秋月>トロだぞー、疑い先としては

トロはうん、村に見えるしなー」
インデックス 「だよねー……>霊能噛まれ
っていうか結局、全潜伏選ぶ狼って考えると意見の強いとこしか考えられないんだよ……」
解説の達川さん 「偶数の狂人は人外じゃない言いますもんね>打ち止めさん」
秋月涼 「ギリギリだからがんばって!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆柊GM 指定:涼」
6 日目 (1 回目)
秋月涼7 票投票先 →トロ
やらない夫0 票投票先 →秋月涼
インデックス0 票投票先 →秋月涼
解説の達川さん0 票投票先 →秋月涼
ちびき0 票投票先 →秋月涼
諸星きらり0 票投票先 →秋月涼
打ち止め0 票投票先 →秋月涼
トロ1 票投票先 →秋月涼
秋月涼 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
インデックス 「んー」
インデックス 「まぁ霊能」
インデックス 「あときらり噛んで最終日」
インデックス 「けどまぁ、勝てる気は、しないよね」
インデックス 「トロ残って1対1だよねぇ。」
インデックス 「 」
インデックス 「打ち止めの気になってる場所は公開するけども」
インデックス 「明日達川さん吊りが一番嫌だなぁ」
インデックス 「まぁぶっちゃけ」
インデックス 「位置的に残れない!」
インデックス 「 」
インデックス 「 」
インデックス 「だからどうしたと言われるとあれだけどもw」
インデックス 「 」
インデックス 「 」
インデックス 「打ち止めさんに負けそうだなぁ」
インデックス 「 」
インデックス 「 」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ちびき は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
解説の達川さん 「6回の攻防が始まりますね」
トロ 「おはようにゃ!」
解説の達川さん 「さすがに噛んできますか」
諸星きらり 「おっすおっすばっちし☆
にょわー☆」
打ち止め 「おはようって!ミサカはミサカはあいさつしてみたり!
流石に嚙まれるならちびきちゃんかなって予想しつつも、
トロさん、インキュベーターさん、解説さんならミサカはミサカは
インデックスさん>解説さん>トロさんの順番で吊りたいかなって思ってみたり!」
やらない夫 「おはようだろ」
打ち止め 「きらりちゃんは昨日の発言から安置で慢心してる狼ってイメージはないから
村決めうちかもってミサカはミサカは断言してみたり!!」
解説の達川さん 「あれでも涼くん○じゃったら色見せて私を吊らせにくるパターンは
あるかもしれん思いましたがね」
トロ 「霊能さんが噛まれてしまったにゃー…
最悪ここが鉄火場にゃ…」
やらない夫 「一応吊り先を示して欲しいだろJK」
インデックス 「正直トロさんが村に見える、くらいしかないんだよ。
打ち止めさんと達川さんで2狼だったらわりと勝てる気がしない。」
解説の達川さん 「吊りが残り2手しかないんがアレですね>打ち止めさん」
やらない夫 「でっていうが真の場合はきらりは村だろJK>打ち止め」
諸星きらり 「んでね、んでね、きらり昨日考えたんだけどね?
インデックスちゃんと打ち止めちゃんで残して、寡黙目のトロちんか多弁の達川ちゃんを今日吊れば良いと思うんだよにぃ
個人的には達川ちゃんが気になるところではあるんだよにぃ
でもにゃー、きらりよくわっかんないんだよにー」
インデックス 「つまりトロさんはよほど何か無ければ吊る位置じゃない、って事でしょ>達川さん」
トロ 「トロのグレースケールだと
解説>打ち止め>インデックスなのにゃ
発言内容が薄目な気がするのにゃ。
なので解説さんを吊りたいのにゃ。」
打ち止め 「トロさんと解説さんがのこったのこったで均等してるから、私は昨日と引き続き
イカデックスさん疑いだよ!ってミサカはミサカは疑い先をはっきりしてみたり!」
解説の達川さん 「インデックスさんはトロさん村決め打ちコースですか?
ほいじゃあ私は打ち止めさんを村ゆーことで動いてみましょうか」
諸星きらり 「きらりが狼だったらでっていうちんが狂人で、それだったらちびきちんが何?ってことになっちゃうにょわ>打ち止めちん」
やらない夫 「仮指定:インデックス」
打ち止め 「あんまり、私以外の3人に村決めうち要素とかなかったり・・・ってミサカはミサカは疑いの目を光らせてみたり。」
インデックス 「……その発言意味がわからないんだよ?>達川さん
それじゃあ、ってどういう事なんだよ。
トロさんが吊れないから私を吊る、って言ってるように聞こえるんだけども。」
解説の達川さん 「結局そこなんですよね
私VSトロ、打ち止めVSインデックス
こんな構図じゃないんか思うんですよ>打ち止めさん」
諸星きらり 「まつにょわ!」
トロ 「そもそもでっていうが噛まれた時点ででっていうは真狂確定にゃ
初日占いでもなければきらりは村だと言い切れるにゃ。」
インデックス 「COないよ。
けど吊られたくはないんだよ。
2狼なら負けだから。」
諸星きらり 「それならきらりは達川ちんが気になるにょわにょわ!」
解説の達川さん 「結局、構図の問題なんですよね
左対左にこだわるわけじゃないんですけど

私VSトロ、打ち止めVSインデックスじゃ思うんですよ>インデックスさん」
打ち止め 「ミサカはミサカはそれに同意してみたり。>解説さん
つまり、目の前の相手を倒すだけだよって、ミサカはミサカはもしも解説さんとトロで2Wならお手上げ侍の構えだったり。
ただミサカにはインデックスが人外っぽいって覚悟があったりなかったり!」
やらない夫 「いや、インデックスでいこうと思う
外したら済まないがな>きらり」
諸星きらり 「ここにきて打ち止めちゃんと達川ちゃんがよくわかんなくなってきたよ?きたよ?
インデックスちんはまだきらりよくわかるもん」
インデックス 「涼さんで吊れてるのを期待するんだよ。」
やらない夫 「本指定:インデックス」
トロ 「トロは解説さんがいいと思うにゃ…
でも指示なら従うにゃ。」
解説の達川さん 「今日の判断位置、明日の判断位置を
それぞれどこに描くか
それで吊れんかったらどうにも、ゆーことですよ」
諸星きらり 「達川ちんはマリオちん吊りに積極的だったのに急に引っ込めたのが気になるにょわ!」
インデックス 「っていうか、達川さんが今日に来てものすごーく怪しいけどね。」
解説の達川さん 「ほいじゃけえライン的には
トロ-インデックスゆーんは十分あるんですよね」
打ち止め 「ここでトロさんと解説さんが身内殴り合ってる2W以外なら明日が来るとミサカはミサカは信じてみたり!」
諸星きらり 「だからかんがえなおしてー!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆柊GM 指定:インデックス」
7 日目 (1 回目)
やらない夫0 票投票先 →インデックス
インデックス5 票投票先 →解説の達川さん
解説の達川さん1 票投票先 →インデックス
諸星きらり0 票投票先 →インデックス
打ち止め0 票投票先 →インデックス
トロ0 票投票先 →インデックス
インデックス は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/10/08 (Mon) 23:58:06
でっていう 「お疲れっていうwwww」
「お疲れ様」
打ち止め

         /   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
       /   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.
        /:./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l、:ヽ
    _ , : : -=7 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :. ヽ:!
         /: : : : : : : : : : : : /: : / : : : : : : : : : : : : : l/!: : : : : :l ';|
        /:ィ : : : /!:.l: : :.!: : /!: :/| : : : : : !: :l : : : /: :.!㍉: : : : :.!  !
     ///: : : :/`!:ハ: : :!: :.! l: :! .'; : : : :/: /!: : :/ !: :l  ミ!: : : l      間違ってたら全裸になるから許して欲しいかも!って
      / ./: : :.ハ(ィ|:! !: :.|l: :l ヽ! !: : : /: / ,: : / !:./_  /!: : : ::.,
.     / ./: : :/|: :.ゝ_lくlハ:.!ヽ:! `|ー='; : :.ノ /::メ=-//´ ,.'/:|: l\: :.     ミサカはミサカは一人で叫んでみたり!!!
      /:ィ:/ |: : ヽ.` _ ヽr x=≠=ミ,ヽ( // x=≠ミ-ぅ: : : : :. \!
      /' ' l  |: :ハ: :|ヽ:l、 ` ´    `''         `/: :.ハ: : :l
        , ヽ:! ヽ:! :!ヽ     __     '       /: : :| ヽ:.|
       r 、     ヽ :|  \ /   ` ー -- ‐ ァ ,イ!:ハ:| rハ:!
       ト、ヽ     ヽ   ゝ、_      _,./'   |'__ -‐′
       | ´ ',       ',    ` ー 7´    / /
         ゝ、 ',        ヽ-    /    /  /
         ヽ ヘ      :.  /     /  /」
できる夫
              ( ヽ、
     /.:. ̄ ̄__\ \          ―――この事件もまた、最終日までもたなかった。
    /: : :    <__ \ \
  /: : : _  <__ \ \ ヘ /⌒/     お疲れ様です。名探偵。
/: : : : ´  , `└--ミ ヽ、\ - \ |
: : : : :/´ `ヽ    丶  -     〉     
: : : :.( ー‐ l    ( \        !
: : : : ヽ_ ` _ノ      \_ヽ     {
: : : : : : ´"''"   '   "''ヘ      > 、
: : : : : : . .    `     \   ∠/ヽヘ
\: : : : : : :. ⊂ニニつ    \(⌒)   ノ \
/ヽ: : : : : : : : : : :         ヾ、 /    \
   /: : : :``ー- -‐'"´     \/ \(
,'⌒ ゝ ハァ
ヽ_ノ」
秋月涼 「役職がすごかったよ、うん・・・。」
インデックス 「というわけだったんだよ!」
少佐 「お疲れ様」
水谷絵理 「おつかれさまー」
やらない夫 「ふー!」
柊GM 「お疲れ様」
でっていう 「うはwwwwやらない夫wwwwお前がナンバーワンだっていうwwww」
巡音ルカ 「おつかれー」
ちびき 「おつかれだぞー」
安斎都 「共有引いたのに探偵来ないってどういうことですか!※ここまでテンプレ」
トロ 「解説さんごめんなさいにゃ!!
狼だと思ってたにゃ…」
「リーダーのいってたことはほとんどビンゴだったかんじである」
解説の達川さん 「ありゃ、終わったんかいね・・・」
諸星きらり 「なんだかきらりはやっぱり迷走してたにょわー」
巡音ルカ 「できれば探偵さんには狼に囲まれていた感想をきかせてほしいな」
トロ 「お疲れ様にゃ~☆
楽しかったにゃ!」
やらない夫 「決めては3日目のここだろ

◇インデックス(62)  「少佐視点で一番強いのはGJより、できる夫噛みの死体無しじゃないかな。
できる夫さんは真狩か狐濃厚だから。>探偵」」
安斎都 「という訳で相方さんの疲れ様でした!ナイス推理です!」
諸星きらり 「お疲れ様でしたにょわにょわ」
「という感じに探偵は見事
狼側は反省会だ!」
打ち止め 「ヒャッホー!やっぱりミサカのミサカの感は当たってたよ!
ってミサカはミサカはみんなにお疲れさまをしてみたり!」
やらない夫 「見えすぎていた、それだけだろJK」
インデックス 「打ち止めさんに勝てる気はしなかったから逆張りに賭けるというダメなゲームだった。」
少佐 「主義主張の違いさ 芯はあった しかし、共有の其れとは違った
それだけさ>きらり」
巡音ルカ 「ああ、視点漏れはいってるねこれ>やらない夫」
解説の達川さん 「そりゃ私VSトロになるんじゃし
トロさん視点じゃったら私が狼になるんよ
私もトロさんとの最終日の叩き合いを想定しとったけえね>トロさん」
秋月涼 「うぐぐ、打ち止めさんを黙らせるルートがなかったのが辛かった。」
「>やらない夫
あそこで死体なしはできる夫噛みが凄い濃厚であるよ・・・」
トロ 「やらない夫さんお見事なのにゃ!
トロにはそこまで見れなかったのにゃ…」
「>インデックス
あきらめるの早すぎるよー」
やらない夫 「ふう、心臓が縮み上がっただろ>ルカ

ルカと涼を吊ったのは相方の良い視点だったろJK」
秋月涼 「ちなみに僕は・・・?>やらない夫」
解説の達川さん 「監督さんは思い切った采配しちゃったですね
ええ試合じゃった思いますよ、ありがとう>やらない夫さん」
やらない夫 「いや、それゆえに見えすぎてた感じをうけただろJK>兄」
柊GM 「ちなみに、トロは愛の告白ありがとうね☆」
打ち止め 「秋月さんよりは解説さんとトロさんで見てたから、探偵の指定はGJだったね!
ってミサカはミサカは思ってみたり!」
安斎都 「…あっそう言えばルかさん提示したの私でした・・(忘れてた)」
諸星きらり 「きらりは基本迷走するからねー>少佐」
インデックス 「諦めてたわけじゃないんだよ!
あくまでそれが最も勝算が高く見えたんだよ!>兄さん
私どっちかっていうと寡黙目だから、喋れる位置を狼にしないと勝てないという感じの。」
トロ 「でもでも、疑ってしまってごめんなのにゃ…
トロ、発言苦手だけど一生懸命狼を探したのにゃ…」
トロ 「にゃ~☆柊さん大好きにゃー!」
柊GM 「個人的にはやらない夫凄い!とか思うのと
兄凄いなとか思うのもあるけど
トロかわいかったなー!という村な印象が(ぇ」
「>インデックス
今回の場合、インデックスLW位置だったから
おとなしくなっちゃったのがもったいないかなぁという感じかも」
諸星きらり 「達川ちんごめんにぃ?
きらり疑っちゃったにぃ」
柊GM 「私も大好きだよ☆(なでなで>トロ」
少佐 「迷走しても村に見られるとはなんと強きことか 美しいことか
ま、これは私の言葉だがね>きらり」
やらない夫 「打ち止めとインデックスを吊れば勝てると思ってただろJK
ただ涼を怪しむには材料が足りなかったからそこは相方に従っただろ」
水谷絵理 「達川さんと絡みたかったのに初日に吊られは悲しかった?
でも探偵さんはナイスだったと思う、お疲れ様でした」
やらない夫 「できる夫がきつねで本当に良かっただろJK」
トロ 「しあわせにゃ~☆」
インデックス 「私は涼さんLWに仕立てる気満々だったからね!
途中で吊られるの想定してたからわりとどうしようもなくなった!」
諸星きらり 「きらりでっていうちんの○にょわ?>少佐」
できる夫 「探偵村初手狐指定、初めて経験しましたよ。お見事。」
打ち止め 「それじゃ、ミサカはミサカはこっそりあの人の所に帰るんだよ。って
ミサカはミサカこっそり乙カレーを置いて退散してみたり!
みんな同村できて楽しかったんだよ!ばいばい!」
解説の達川さん 「トロさんと天秤にかけたら、私が疑われるんは仕方ないんよ
あそこで怖かったんは、涼くん○で霊能を噛まんパターンじゃったんよね>きらりちゃん」
「ではではお疲れ様ー」
柊GM 「トロかわいいにゃー(なでなで」
やらない夫 「できる夫なら吊っても心が痛まないからだろJK>できる夫」
少佐 「それを加味しなくても、さ。いやこれは私が死に逝く狩人だからだったからだが。
直観、フィーリング、第六感 もろもろ、疑えなかったよ>きらり」
秋月涼 「なるほど、都に見抜かれてたかぁ・・・無念。
ワトソンが長々と隠れているって厄介だね・・・。」
できる夫 「おいこら名探偵w>やらない夫」
諸星きらり 「それがあったらホントに怖かったにょわー・・・>達川ちん」
ちびき 「お疲れ様!皆ありがとだぞ!
少佐 「私も痛まぬということか・・・!」
解説の達川さん 「打ち止めVSインデックスの構図がいちばん見えとる分
村としては私と涼くんを吊るんがわかりやすくなる進行じゃ思いますよ>インデックスさん」
諸星きらり 「よくわかんないにぃ>少佐ちん」
トロ 「にゃあん☆ >柊GMさん
でも振り返ってみると、兄狼説破綻してた気がするにゃ…
初日占いでもなければあれはなかったにゃ。きらりんごめんにゃ。」
解説の達川さん 「まあそれじゃったら負けしか見えんですよ>きらりちゃん」
少佐 「あまり仕事をしてくれない感覚さ。単純に
『あぁ、狼ではないな』そういったものだ。>キラリ」
やらない夫 「トロはどうしても村目に見えただろ
達川さんは同じく3日目の発言をインデックスと比べてみて

◇解説の達川さん(72)  「できる夫が偽狩人なのが分かった上で
いきなりでっていう噛みに来たゆーんは考えられんですかね?>きらりちゃん」

こういう発言をしてるだろ、ゆえにインデックスの視点が見えてる感じを受けただろJK」
インデックス 「ていうかトロさんはどうやっても疑える位置じゃなかったと思うんだけどね。
なんとか達川さん吊って最終日で寡黙目か多弁を選ぶ感じにするしかなかったわけだけど。
っていうか村でも人外でもやらない夫には疑われてる気配マックスなんだよ。」
秋月涼 「僕かインデックスさんどちらかを最終日に送り込ませる路線のつもりだったんだ・・・ごめん!>狼陣営」
やらない夫 「少佐は●二つ目だから、吊ってみようかという考えだっただろ
まぁ狩人COだったからそれはそれで嬉しいだろJK>少佐」
諸星きらり 「ここで2Wありそうなところはどこかって考えたにょわ。
そうしたら、打ち止めちゃんと達川ちゃんの2Wが怖かったにゃー・・・
そう思っちゃったにょわー・・・>達川ちゃん」
巡音ルカ 「うーんまあ序盤につかまったボクの原因でもあるんだし、そこらへんは気にしない方向で>涼」
トロ 「でも正直これで最終日まで残されてたら泣くところだったにゃ…」
やらない夫 「しかし疲れただろ・・・」
インデックス 「できる夫が正直狩人に見えすぎて噛んだわけで、
その時点での狂人の●がGJだったけどルートに選択の余地なかったしね。>涼さん」
少佐 「あそこで私が
『宣言はある が、言えない』と言ったら吊ったかね?>やらない夫」
秋月涼 「全潜伏だから早々に誰かがやられちゃうのは想定の範囲だよ。
僕がやられるとばかりに思っていたけどっ>ルカさん」
解説の達川さん 「そこを比べちゃったんですね
ええとこ見とってですね>やらない夫さん」
やらない夫 「ルカも相方のお陰だろ
喋らなくて言い分見ててもらえたから
それで吊れたのはでかいだろJK>ルカ」
インデックス 「素直に狩人COして正解じゃないかなあ、と>少佐さん
狼視点で狐噛みしててCOあるけど言えない、だったら狩人確定だから噛むもん。」
解説の達川さん 「さすがに狩人噛まんわけにいかんですしね>インデックスさん」
巡音ルカ 「うーんまあボクもまだまだ未熟だってことかな?
やらない夫 「そこは正直に言って欲しかっただろJK
さもないとできる夫を吊るのが遅くなったかもしれないだろ>少佐」
少佐 「ですよねー・・・>インデックス」
巡音ルカ 「自分でもちょっとボロ出しちゃった感はあるけど」
少佐 「ふむ、そういうものか>やらない夫」
解説の達川さん 「ルカちゃんを一本吊りしたんも見事じゃったですよね」
やらない夫 「しかし周りに人外が固まりすぎというか
師匠は絶対俺を探偵にする気だっただろJKw」
トロ 「でも一番楽しかったのは兄さんとでっていうさんの占い相互な気がするにゃ
仲がいいにゃっておもったにゃ」
諸星きらり 「きらりは全然にゃー
もっとちゃんと見てないとだめにょわ」
秋月涼 「と、僕は家庭の事情でお先に失礼!」
でっていう 「というかwwwwヒゲwwww間違いなく被せやがっただろっていうwwww」
やらない夫 「まぁあれのお陰で大分絞れただろ
できる夫狐ってのもうどんを考えなくて良い分楽になっただろ>トロ」
少佐 「あぁ、お疲れ様、落ちる人はな」
トロ 「でも今回はやらない夫さんの視点が広かったおかげで勝ったのにゃ!
やらない夫さん本当にありがとにゃ!」
できる夫 「めっちゃ楽しかったw露出人外、いいね」
やらない夫 「御疲れ様だろ>涼」
やらない夫 「正直あんまりやりたくないだろJKw」
巡音ルカ 「初日の占いCOにはびっくりいたなlまったく」
トロ 「…露出狂にゃ? >できる夫」
安斎都 「ルカさんはこれですかね~
◇巡音ルカ(103) 「でっていうにヘイトが集結しているけど、狂狼の●特攻もあるから放置でいいよ
初日で狂狼に言及ししてたのがルカさんだけだったんで
多分そこにビビッと…」
インデックス 「私はなんだろうなぁ。
疑われる人と疑われない人の差が滅茶苦茶激しい感じなのが、うん。
疑われた発言にしても、
死体なしから『できる夫狐で噛んだ』か『できる夫真狩だけど占い噛んでみた』
くらいしかなさそうだし狩人COもう1個出てるし、というあれそれだけだしね。」
やらない夫 「成るほどなぁ、ルカは見れてなかったから
真面目に有りがたいだろJK>安斎都」
少佐 「では私も落ちよう PHPさん村人をください」
できる夫 「なんでさw確定人外だから気兼ねなく暴れられる、その一瞬の閃光です(キリッ>トロ」
水谷絵理 「それじゃー、お疲れ様でした。 ノシ」
巡音ルカ 「狂人か狼の特攻もあるだろうし占いは無視して・・・・・・一応理にはかなっているつもりだったんだけど、
視点漏れだったのかな>安斎都」
でっていう 「俺様も落ちるかっていうwwww
村建てと同村ありがとなっていうwwww
せめてヘイトのときぐらいは村人くださいっていうwwww
お疲れっていうwwww」
安斎都 「まあ吊りたい場所あるかと聞かれぱっぱと三竹kkなんですけどね…(汗>やらないさん」
トロ 「トロも落ちるにゃー!
みんなありがとうにゃ!柊GMさんもありがとにゃ!!
またくるにゃー!」
インデックス 「間違ってはないかな。>ルカさん
ほとんど考え方の差だけ。」
やらない夫 「いや、少なくとも数回は間違えられる訳だからな
素直に吊りたい先を言ってくれるだけでも嬉しいだろJK>安斎都」
巡音ルカ 「そこ人外だという人もいれば言わない人もいう、やれやれ潜伏というのは奥が深いね」
解説の達川さん 「ほいじゃあ私もここらへんで
みなさん、おつかれさまでした
GMさんも村建てありがとう!」
安斎都 「初れじゃあ私もこれで
探偵ではない探偵アイドル安斎都でした、それでは!」
できる夫 「では僕もお疲れ様でーす。同村ありがとうございました!」
やらない夫 「相方も御疲れ様だろ
落ちる人達もだろ」
諸星きらり 「そんじゃ、きらりも落ちるにょわ。
んー、8月の終わりに復帰してから良いとこないにゃー
じゃ、おつかれーっしたー☆」
やらない夫 「きらりも御疲れ様だろ」
巡音ルカ 「じゃボクも落ちるよ
村立てしてくれたGMと遊んでくれたみんなありがとう
あと勝利できなくて狼陣営の人はごめんね」
柊GM 「トロはお疲れ様」
やらない夫 「師匠の前で勝利を飾っただろ」
柊GM 「おめでとー(なでなで>やらない夫」
インデックス 「吊られタイミングはむしろ良かったし良いと思うかなー。
あそこで吊られてなかったら、多分狐飼いもあっただろうしね。」
やらない夫 「ん、ここまで来れたのも師匠のお陰だろJK
正直まだまだな部分も多いから、まだまだ師匠から
学ぶ事も多いだろ」
柊GM 「やらない夫は良い探偵だよ
自分の意見を通しすぎず、かといって周りに流され過ぎず」
柊GM 「ちなみに浦村でりいあちゃんが初狐勝利してたしね」
やらない夫 「狐勝ちになろうとも、俺は見えてる人外は削りたい派だろ>インデックス」
柊GM 「いい日だ」
やらない夫 「おお、それはおめでとうだろJK>初狐勝ち」
インデックス 「そこも人それぞれ、状況次第。
だから安定した行動をしたい私にとっては良いタイミングに思える、という事だよ>やらない夫さん」
やらない夫 「ふむ、でも間違ってる可能性も有る訳だから
最善手を常に撃てるように意識していきたいだろ>インデックス」
やらない夫 「次は狼で探偵を負かすぐらいの実力にはなりたいだろ
師匠と今日集まってくれた人達にお礼が言いたいだろJK」
やらない夫 「それじゃあ失礼するだろ!」
インデックス 「ん、私も落ちようかな、おつかれさま。」
柊GM 「お疲れ様ー!」