←戻る
【劇場146】劇場公演 水曜普通の部村 [175番地]
~普通の普通っ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8
icon まことGM
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 我那覇響
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon ネコアルク・カオス
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon 小早川紗枝
(生存中)
icon おにぎり
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 道明寺歌鈴
(生存中)
icon 塩見周子
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon Omega11
(生存中)
icon 歌田音
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
icon 星輝子
(生存中)
村作成:2012/10/10 (Wed) 22:00:38
GM 「劇場数間違えました・・・」
GM 「禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 占いCOの発言は一行の占い結果のみ。占い理由はそれ以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能です)
■共有の囁きは聞こえません
■これから毎日初心者歓迎ですよ、歓迎!」
GM 「30分に人数確認を行い,
45分には人数に関わらず開始します」
GM 「(チラ」
GM 「・・・」
GM 「ど、どうしたものでしょうか・・・」
天海春香 さんが入場しました
天海春香 「こんばんわっほい」
GM 「いらっしゃいませ!」
天海春香 「あれ?私が一番乗りですか?」
GM 「ありがとう・・・ありがとう春香さん・・・っ」
天海春香 「もっと人がいてもいいのに、
急に横殴りの雨が降り出したせいですかね?」
GM 「あれ、そんなに強い雨が?私の方は特に問題はないのですが」
天海春香 「さっきはすごかったんですから!
ネコの砂があっという間にびしょ濡れですよ!」
GM 「猫の砂は濡れちゃうとダメになっちゃうのでしょうか(無知)」
天海春香 「濡れると固まるタイプの砂なんですよ
だから、一度濡れちゃうともう使えないんです」
GM 「わあ・・・これはもしかして廃村あるレベルでしょうか・・・」
GM 「あ、そうですね・・・糞尿を固めるんですから」
天海春香 「最低、4人必要なんですよね?」
GM 「私が降りても、3人ですから・・・」
スネーク さんが入場しました
スネーク 「待たせたな!」
星井美希 さんが入場しました
GM 「廃村・・・せずに済みます・・・・っ
ありがとうございます、ありがとうございますっ・・・>スネークさん」
星井美希 「みんなこんばんはなのー!!

……あれ、今日ってオフの日だっけ?」
GM 「美希さんいらっしゃいませ!」
天海春香 「待ってましたよ!」
スネーク 「今真紅の方に偵察に行ってきたが3村同時進行だな、暫く待たないといけないようだ」
セブンイレブン さんが入場しました
天海春香 「私はお仕事だったよ?>美希」
セブンイレブン 「¥よろしくお願いします/」
GM 「ああっ、みなさんようこそ!
GM寂しくて死んじゃうところでした!」
スネーク 「/   二>ゞ、  \i!i!i!i  i !∥ |
  =≡二三≧`ヽ  `ヾj `i // /
┬―--≧ー―― 、__ !     _ゞ、
/  /                |ヽ|
ノ/                     |
/                   /
                   /,
三三ー‐ii!i!i!i!i!i!i!i!≧==‐、_,∠/
三彡  ji!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!j  `iゞ
三二≡=ヾi!i!i!i!i!i!i!>´    i
,       `≧≦´ /    i
彡彡   /        ̄ト、__i
彡彡彡´   /彡iiiiiiiiiiii/ヽ
彡彡彡////斗≦ ̄ ̄`! ∧
ヾ彡彡巛巛彡ノiiiiiiiiiiii!´  i
::::≧=、彡彡ノiiiiiiiiiiiiiiii|   i
:::::::::::::::\ミミミミミミミミミ   i
\::::::::::::::::::::::ゞ≠≠≠ミヾ  /∧
  ≧=ー―  i´           ∧
 `i\   `ヽ \_/ ̄`ヽ  ∧     突っ込み所が多いが・・・まぁいいだろう8人は欲しいな
  i  \__| ヽ      \  |
  `ヾ三三三彡´|        \ |」
星井美希 「うーん、他のみんなもお仕事中なのかなぁ>春香
まぁいいや、それじゃあミキはオフの時間を満喫するってことでー♪」
スネーク 「                       < ̄`ヾヽ、_i‐- 、
                 _斗≦´ ̄  ̄≧‐-    ̄`ヽ、
                /´ ̄                └`ヽ
               / /                    |ヾ
                ー/                     (/`!、
            _, -‐/                       /
_,=≡≡≡≡≡≦_≠-|                       ,/
ー-==≠≡≡==´ ̄     |‐-=≦                斗ヘ`!
               |    `≧‐-=≦二___二≧‐´  | | .|
               ト、                    i / j
                /  ≧‐-‐- 、              ´ ./
                  |    /i ̄`i`ヽ‐-==≦二三____ノ.ノ
                  | .!|  .キ !、`ヾr:::::::::::;     ゞ=彳   ヘ|
                _|/ |  ,ゝ、`ゝ|::::::::::::..............:::::::      ヘ
            ,斗≦´  .| | キf´」`ー‐、:::::::::::::::      ,,,ー┬ ┘、
     ,斗≦´     ./  |,`ヾ |\  ヘ::::::::::::::..     ∥,斗≦)|:::::::::::`ゝ--、
   /|            /   \ゞ |  \  ゝ、:::::::::::::::::::;;;;,,  ー ´| .|::::::::::::::::∨ .\
  / |        /         |\  ≧t_≧__、:::::::::::::::::::::::/ .|::::::::::::∨     \
 /  |          /           |  \rf ̄`ヽ   `≧ー―≦´  |:::::::::∨        \
. i   ヘ       `≧‐- 、    |   ゝ_ノー‐-イ/          |:::::∨          `ヽ
..i    ヘ         |/`ヽ|>   ヘ    ∥   /       _|::∨              |
.i     ヘ    r==l∧||`ヘ     ヘ   ∥  ./  \-‐≡ ̄:::::::.∨               ゝ、
i      ヘ   i |   ̄.Y||ヘ    .ヘ   ∥  /      \ i:::::::::::::∨     __二=-┐  .ヽ
i       〉  i | ζj .|.|| .ヘ    i  ||  /     / |:::::::::::::::|     ∥      .|   |
       ヘ  i  \_ | .||   ヘ   i ||/≠   ./   |::::::::::::::::|     ∥      .|   |
        ヘ i      .| ||   .ヘ   ∨ル   ./    |::::::::::::::::|    ∥      |   .|
        ∨ === .〈〉《      .ヘ  .|| ||   /       |:::::::::::::::::|    ∥____|    |
         ヘ ̄`ー―┤=\=ll   ヘ || |.|/       |:::::::::::::::/   ∥ ̄ ̄   ∥    |
            ヘ     |   ゝ、___,ノノ.|.|         |:::::::::::::/   /       ∥    .|
              ヘf]   _|====\ー==二 ノノ   | ̄ ̄ ̄ .|:::::::::::/   /         ∥    |
           |ー=≠」     ー==≠´|   .|__,斗==ゝ-|    /_____/     |
≧‐-、___,斗≦ |:::::::::::|           .|   .|  〈 。    (      ̄ ̄ ̄ ̄       /
           /`iヽ:::::::::|         |     |   \  ∠|                   /
斗≦´ ̄ ̄ .`ヽ/ ..| .|:::::::::|         |     |___.\   |                 /

確かにな、援軍が欲しいところだな」
天海春香 「うん、満喫だね♪>美希」
GM 「うーん、並行した村が多いとやっぱり大変ですね・・・っ」
セブンイレブン 「24時間オープンしております。どうぞご気軽に」
スネーク 「援軍に心当たりがあるな、暫く待っててくれ」
星井美希 「真紅も早苗も中盤って感じだねー>GM
そっちからの援軍はちょっと望めなさそうなの」
GM 「今日は少人数開催を前提にしなければ、ですねっ>美希さん」
天海春香 「せっかくだし、コンビニでおでんとおにぎりでも買って
食べながら待とうか>美希」
セブンイレブン 「ただいまおでん70円均一キャンペーン中です。」
蒼星石 さんが入場しました
蒼星石 「よろしく」
スネーク 「援軍要請をしてきた、暇な奴等が居れば来るだろう」
GM 「いらっしゃいませー!」
星井美希 「あ、うん、そうしよっか>春香
……えーと、名前はセブンイレブンなのに看板はローソン? 変なコンビニなの」
スネーク 「さてと・・・俺もバトンタッチをするとしようか」
星井美希 「こんばんはー」
セブンイレブン 「うん、まあ正直ネタを滑った感が半端ない」
スネーク 「スネーク さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:スネーク → 我那覇響
アイコン:No. 165 (スネーク04) → No. 742 (アニマス・我那覇響01)」
天海春香 「看板間違えたのかな?おっちょこちょいだよね>美希」
我那覇響 「スネークから任されたぞ!」
セブンイレブン 「変えることにしよう、変にネタに走るべきじゃないな。うん」
小早川紗枝 さんが入場しました
天海春香 「響も来たんだね、よろしく」
星井美希 「あ、隣のおじさんが響になった! こんばんはなのー>響

よかったらミキが買ってくるけど、春香は何か好きなおにぎりとかある?」
小早川紗枝 「よろしゅういたします。
765の先輩方とご一緒させてもらえる機会なんてそんなにあらへんのやし
存分に勉強させていただきますえ」
我那覇響 「今日は自分の誕生日だぞ!」
天海春香 「んー、じゃあツナマヨにしようかな
あ、でも、おでんも欲しいから私もいっしょに行くよ>美希」
GM 「いらっしゃいませ!」
天海春香 「おめでとう、響」
我那覇響 「自分はケーキが欲しいぞ!」
小早川紗枝 「そうなんえ?
それはおめでとうございます。
おいくつにならはったんどすか?>響さん」
天海春香 「蒼星石ちゃんに紗枝ちゃんもよろしくね」
GM 「あらかじめ宣言しますが今日は11人開催のつもりですよっ」
星井美希 「あ、そうなんだ! おめでとうなのー!!>響

うんっ、それじゃいっしょに行こっ♪>春香」
我那覇響 「春香有り難うだぞ!」
天海春香 「それじゃ、おにぎりでケーキ作る?>美希、響」
おにぎり さんが入場しました
小早川紗枝 「はい、緊張してますが、よろしゅうおねがいいたしますえ>春香さん」
萩原雪歩 さんが入場しました
おにぎり 「おにぎり、お待ち!」
我那覇響 「一応17って事にしとくぞ!>紗枝」
道明寺歌鈴 さんが入場しました
塩見周子 さんが入場しました
小早川紗枝 「一応・・・?」
道明寺歌鈴 「こんばんはーっ」
GM 「っとあれ・・・?17ワンチャンある・・・・!?」
萩原雪歩 「よ、よろしくお願いします…
春香ちゃんも響ちゃんも美希ちゃんもよろしくね?」
塩見周子 「ちーっす」
如月千早 さんが入場しました
セブンイレブン 「セブンイレブン さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:セブンイレブン → ネコアルク・カオス
アイコン:No. 78 (ローソン) → No. 601 (ネコアルク・カオス)」
GM 「いらっしゃいませー!」
星井美希 「おにぎりケーキ……そういうのもあるのか!!>春香
でもご飯にクリームはあんまり美味しくなさそうだよね……」
如月千早 「よろしくお願いするわ」
我那覇響 「自分、美味しいケーキを期待してるぞ!」
Omega11 さんが入場しました
星井美希 「わお、いっぱい来た! みんな仕事終わりかな?
ともあれよろしくなのー!!」
塩見周子 「あ、紗枝ちゃんいるじゃん。いやぁ、同じ京都出身とは思えないはんなりぶりだねぇ。」
Omega11 「《オメガ11 インゲージ》」
小早川紗枝 「ご飯のケーキといったらお餅やねぇ。
ほら、英語でいわはりますやろ?
ライスケーキって」
天海春香 「ちょうどいいところにおにぎりがあるね
あれをケーキにしてみようか」
おにぎり 「というわけで、こんばんは」
ネコアルク・カオス 「どっこいしょ、まあこっちもネタとしては変わんないかもにゃ」
我那覇響 「今日はアイドル縛りだぞ!>Omega11」
Omega11 「《今日は響が誕生日のようだな。
おめでとう!》」
天海春香 「ほら、梅干とか、のりたまとかでトッピングすればいいんじゃないかな?>美希」
道明寺歌鈴 「ふぇ?そんな話あったんですか>響さん」
Omega11 「《おい!おにぎりはアイドルかよ!》」
おにぎり 「おにぎりケーキ…どう作るか気になるものだな>春香」
如月千早 「おにぎりはアイドルなの?…アイドルなのかしら。お弁当の」
ネコアルク・カオス 「ふーむ、それにしても見麗しいお嬢さんが多い村だ」
Omega11 「《ISAF軍のアイドル(自称)だぜ?》」
我那覇響 「自分がアイドルと認めたらアイドルだぞ!」
小早川紗枝 「周子さんもかわいらしいしぐさで。
私はそんな風に自然にできませんので>周子さん」
塩見周子 「あれ、響さん、お誕生日だっけそっかー。」
萩原雪歩 「うん、響ちゃんお誕生日おめでとう!」
ネコアルク・カオス 「…変なのも混じってるがにゃ。あ、俺もか」
我那覇響 「自分10月10日のてんびん座だぞ!>塩見」
星井美希 「あ、そうなんだ? お餅にクリームはちょっと合いそうかも>紗枝

そういうわけらしいから、お餅を練ってケーキ作った方がいいんじゃないかなぁ?>春香」
我那覇響 「ありがとうだぞ!」
おにぎり 「おにぎり界のアイドルだ!」
道明寺歌鈴 「まずは開始前に響さんには誕生日おめでとうございますって
お祝いしないといけませんねっ」
仮アイドル さんが入場しました
塩見周子 「あっはっは、またまた、紗枝ちゃんにかなうわけねーっしょ?
紗枝ちゃんくらいはんなりできてたらあたしも実家でまだぬくぬくできてたってー。
あの親父紗枝ちゃんみたいのによわいからなー。」
Omega11 「《おにぎりいなかったら完璧浮いていたぜ!戦闘機だけにな!》」
我那覇響 「こうなると後一人居ると面白いかもしれないぞ!」
仮アイドル 「よろしくですよ、と」
おにぎり 「響は誕生日おめでとうだぞ!」
ネコアルク・カオス 「ほう、誕生日の方がいらっにゃるようで。
バーテン、あちらのお客様に
ウェルダンのキャットフードを!」
萩原雪歩 「私からもプレゼントがあるから
私の遺言を楽しみにしててね、響ちゃん」
天海春香 「それじゃ、餅ケーキにしよっか>美希」
小早川紗枝 「でもお餅といったらやっぱり黄な粉どすえ。
大豆の自然な甘さと砂糖の甘さ、そうして少し混ぜられた塩によるコク
どれも欠かせないどすなぁ>星井さん」
我那覇響 「めんそーれさ!>仮アイドル」
GM 「いらっしゃいませー!」
Omega11 「《こんばんはだ》」
我那覇響 「お!楽しみにしてるぞ♪>雪歩」
天海春香 「そうこうしてたら人が増えましたよ!
みんなよろしくね」
如月千早 「我那覇さん誕生日なの?おめでとうございます」
水瀬伊織 さんが入場しました
おにぎり 「こんばんはだぞ!」
水瀬伊織 「こんばんは。」
GM 「いらっしゃいませ!」
kari さんが入場しました
kari 「よろしくお願いします」
小早川紗枝 「そうはいわはりますけど、それが周子さんの魅力やとウチは思うてますえ?
そういう自由なところを見初めてPさんも周子さんをすかうとしたんやろうなぁ>周子さん」
ネコアルク・カオス 「埋まりそうだにゃ。いいことだにゃ」
GM 「みんな来てくてありがとう・・・GMは感涙です・・・っ」
塩見周子 「お、16人かぁ、ちょうどよさそうじゃん?」
Omega11 「《ハハハ!ガガッと来たな!こんばんはだ》」
星井美希 「こんばんはなのー!
みんなよく滑りこんでくるけど、怪我しないようにね?」
かり さんが入場しました
かり 「ズサー」
天海春香 「普通のきなこと青きなこの2色で飾るのがいい感じかな?>紗枝ちゃん」
我那覇響 「おっと!行き成り埋まったぞ!」
如月千早 「おにぎりで一番好きな具は昆布ね。次点で塩おにぎり」
塩見周子 「どーだろねー?
まぁ、あたしはおかげでさ、事務所に住めるからいんだけどねー>紗枝ちゃん」
Omega11 「《お。満員だな》」
小早川紗枝 「どう見てもきのこです。
本当にありがとうございました。」
おにぎり 「おにぎりの良さを伝える為に…来た…!」
道明寺歌鈴 「錚々たるメンバーが集合ですねっ
…ふえぇ…私埋もれちゃいそうです…」
ネコアルク・カオス 「犬3、猫7といったところだな」
おにぎり 「満員だな、よろしくだ!」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 四条貴音
アイコン:No. 7 (青) → No. 95 (四条貴音05)」
星井美希 「あ、埋まった!」
天海春香 「あれ?きなこじゃなくて、きのこを使うの?>紗枝ちゃん」
蒼星石 「埋まったね」
ネコアルク・カオス 「とりあえず投票するにゃ。」
Omega11 「《雪歩のアイデンティティが!>歌鈴》」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 星輝子」
天海春香 「17人、揃いましたよ!
それじゃ準備できたらカウントダウンいきますよ!」
道明寺歌鈴 「…今言われましても…w>Omega」
塩見周子 「お、よかってね、フルメンバーじゃん?
あとは仮の人の変更まちってかね?」
小早川紗枝 「青黄な粉も良いおすなぁ
普通の黄な粉とはまた違ったアジがありますし>春香さん

はぁ、どこにすんでいるのかと思ったら、事務所に住んではったんどすなぁ。
周子さんの秘密発見?

いえ、かりさんのアイコンがきのこやったんどすぇ>春香さん」
天海春香 「千早ちゃん、昆布おにぎりが好きなんだ?
今度作ってくるね>千早ちゃん」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → まことGM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 738 (アニマス・菊地真01)」
ネコアルク・カオス 「とりあえずおにぎりはニボシかにゃあ」
まことGM 「じゃ、みんな準備してくれっ!」
小早川紗枝 「おにぎりは鮭か昆布どすなぁ」
如月千早 「ホント?嬉しいわ、春香。楽しみね>春香」
塩見周子 「って、あぁ、星君かー。
あいからわらずキめてんねー。」
仮アイドル 「仮アイドル さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮アイドル → 歌田音
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 68 (ボーカル審査員)」
萩原雪歩 「あ。千早ちゃんに伊織ちゃんも!
二人ともいらっしゃい♪
今日はよろしくね…?」
歌田音 「アイドルではありませんが、これでいいでしょう」
おにぎり 「さあ…行くぞ…!」
Omega11 「《大変だGM!女子ではない奴が俺とおにぎりだけだ!》」
まことGM 「響は誕生日だし・・・とびっきりの配役を!」
星輝子 「キノコ…ヘヘ…キノコ…」
萩原雪歩 「あ。四条さんまで!
というかよく見たら村を立てたのが真ちゃんだった!
えへへ、皆集まってくれてるんだ…」
我那覇響 「おーし!それじゃあ頑張っていくぞ!」
天海春香 「お味噌汁のダシに使った煮干を
醤油にからめて具にするのもいいかもですね>ネコさん」
まことGM 「そもそも性別あるの!?>オメガ」
天海春香 「はい、それじゃカウントダウン
いっきまーす!!」
ネコアルク・カオス 「お前は俺が女に見えるのかにゃ >omega」
道明寺歌鈴 「…よしっ、皆さん宜しくお願いしますっ」
歌田音 「それでは皆さん、いい演技を期待しますよ」
四条貴音 「なにやら美味しそうな話をしていますね」
星井美希 「れっつごー! なのー!!」
まことGM 「具体的には僕が占いをもらって・・・」
天海春香 「5!」
塩見周子 「おーい、ほしくーん?
だいじょうぶかー?キノコはおいてきたんだろー?」
天海春香 「4!」
歌田音 「それでは1番(春香)、カウントをどうぞ」
おにぎり 「どんな配役がくるだろうな!」
ネコアルク・カオス 「なかなかうまそうだにゃ >天海春香」
Omega11 「《オメガ11オンステンバーイ》」
星輝子 「フヒヒ…」
萩原雪歩 「はーい、よろしくおねがいします!
今回は女性が多くて安心ですぅ」
天海春香 「3!」
如月千早 「では、よろしくお願いします」
天海春香 「2!」
天海春香 「1!」
ネコアルク・カオス 「せっかくだから俺はこの赤いカオスを選ぶぜ」
Omega11 「《ああ!GMがフラグを!》」
天海春香 「すたーとっ!」
ゲーム開始:2012/10/10 (Wed) 22:48:19
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆まことGM GMはふぉうどってやつだよ!
トリップは面倒くさいから貼らない!」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆まことGM ■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能です)
■共有の囁きは聞こえません

四条の特徴だ!忘れないようにね!」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆まことGM ボクは関係ないだろう!?
リアクション仕掛けたけど!!>該当者」
まことGM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
まことGMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
蒼星石 「おはよう
占いはよろしく」
ネコアルク・カオス 「おはようにゃー」
Omega11 「《おはよう!早速だが占いをCOさせてもらうぜ!》
《道明寺歌鈴のIFF(敵味方識別装置)レスポンス確認。フレンドリー(村人○)》」
塩見周子 「おっはよー。
あたしは紗枝ちゃんみたくはんなりは無理だし、らしくいこうかねー、らしくさ。
まぁ、まずは占いから出てきてねってことで!」
星輝子 「ゴートゥヘーーールッ!」
如月千早 「おはようございます。さっそくなんですけど歌います。
りんだりんだー。」
天海春香 「春香さんの占いCOですよ!
おにぎりは○!」
我那覇響 「ウキミソーチー !おはようって意味さ!
今日は自分の誕生日だからな!頑張っていくぞ!
それじゃあ役職はCOをお願いするぞー!」
おにぎり 「さあ、おにぎりは好きかい?
占いからCOよろしく!」
道明寺歌鈴 「おはようございますっ!
最初の占い結果、聞きたいですっ」
歌田音 「それでは審査を開始します。14番(伊織)合格○です」
萩原雪歩 「おはようございますぅ…
COの方、あったらよろしくお願いしますね」
水瀬伊織 「おはよう。」
小早川紗枝 「おはようさんどす~」
四条貴音 「新しい朝がきた、希望の朝です」
星井美希 「おはよーなのー! 占い師さんはCOよろしくっ」
歌田音 「理由:それでは皆さん、劇場公演を通して次の番組出演へのオーディションを行います。
まずは右隣の14番から」
如月千早 「じゃあ占い師の方はCOをお願いしましょう」
四条貴音 「占い3確認、霊能COいたします」
Omega11 「《対抗は2かあ?》」
ネコアルク・カオス 「ふむ、とりあえず占いは三人か」
星輝子 「フヒヒ…朝…朝ごはん…キノコ…」
天海春香 「今日の主役はおにぎり!
真ん中にどかんと構えてますもんね!
中身が気になるから、さっそく調べてみよう!」
塩見周子 「おー、千早さんがファンキーだねー。
星君はキノコたりてないねー。」
蒼星石 「歌田音のそれは占いCOでいいのかな?」
Omega11 「《ま。初日占いは適当だ》」
星輝子 「スムーズなCOでキノコも捗る」
道明寺歌鈴 「ふぇ…私いきなり占われたんですね」
星井美希 「占い師は三人で……霊能者も出てるね。
それじゃ、共有もどうぞ!」
我那覇響 「ふんふん!占いは3人さ!そいでもって○!
霊能と共有も出てきて順当に灰を狭めていくぞー!」
おにぎり 「おおっと、2人が占いかい?」
如月千早 「共有COします。」
Omega11 「《貴音の霊能COを確認》」
水瀬伊織 「占いは3ね。○進行…普通ね。
霊能と共有でてグレランてところかしらね。」
歌田音 「対抗する占い師は二人ですか。
なるほど」
ネコアルク・カオス 「3-1かにゃ…それなら真狼狂-真が妥当かにゃ」
萩原雪歩 「なるほどー…占いは3人なんですね」
小早川紗枝 「ふむぅ。占いしさんが3人
被りはなさそうやねぇ。
共有はんが占われてへんかったら灰は最大限に狭まってると」
天海春香 「もちろん、おにぎり好きですよ!
○ってことは、塩おにぎりかな?>おにぎりさん」
塩見周子 「で、占い3人の霊1と実に普通だねー。
○進行だし、灰せばめよ?つまり、共有でてねー。」
Omega11 「《千早共有ラジャー》」
星輝子 「さっさとフルオープンでヨロシクゥ!」
四条貴音 「さくさく出ますね、いい感じです」
萩原雪歩 「3人とも○ってことは、○進行ってやつなんだね」
蒼星石 「占いCOらしいと
霊能は出てきたけど共有はまだかな?」
歌田音 「>蒼
ええ、私が占い師です」
ネコアルク・カオス 「共有把握にゃ、ん?一人かにゃ?」
Omega11 「《共有相方は伏せるのか?》」
塩見周子 「おー、千早さん、共有なんだ。
でもさ、千早さんにりんだりんだってあんまり似合ってなくね?」
星井美希 「千早さん共有了解なのー。一応聞くけど、相方は生きてるってことでいいんだよね?」
天海春香 「戦闘機みたいなのと、審査員さんが敵ですか・・・
これは手ごわそうですよ!」
おにぎり 「3-1だな
○進行でグレランってことだ!」
如月千早 「まあ。相方は生存してますね。」
蒼星石 「千早が共有と。相方は生存している?」
萩原雪歩 「では私が、共有COをさせてもらいます…
相方さんは…えっと…お任せします!」
小早川紗枝 「それで、春香さん
青黄な粉なんてちょっと珍しいのよう知ってはりましたねぇ
ウチもほとんど知らないんですよ」
道明寺歌鈴 「あれ?共有さんのCOは1人だけでしょうか?」
星輝子 「被りなしでサクサク…ネチャネチャ、グレーが減ってくぜー」
Omega11 「《俺は戦闘機パイロットだぜ!》」
天海春香 「千早ちゃん共有なんだね!
千早ちゃんがいれば安心だね!」
蒼星石 「生存しているのならいいや。グレラン」
ネコアルク・カオス 「生存かにゃ。了解だにゃ。
じゃあグレランしていくにゃね」
歌田音 「ふむ。
11番が共有者ですか。相方については任せますよ。
私が何か言う事ではありませんので」
我那覇響 「初日占いが対抗占ってると自分的には
そこの視点がわかるから楽になって好きなんだぞー!
でも今回はかぶりは無しっぽいぞ?」
Omega11 「《千早-雪歩だな!ラジャー》」
塩見周子 「あ、狭くなるならFOよろしく。
まぁそのあたりは共有のお好みだけど……と、雪歩さんかー。」
如月千早 「似合ってなくても歌えるなら歌いたいので>塩子」
萩原雪歩 「千早ちゃんが先にCOだったんだね…ごめんね私どんくさくて…
はい。相方千早ちゃんです」
水瀬伊織 「特にかわった形ではないわね。
相方は生存。
ふーん、ま、いいわ。」
星井美希 「雪歩……もう千早さん出ちゃってるよ……w(なでなで
ともあれ両COなら、後はグレランだねっ」
ネコアルク・カオス 「と、思ったら共有FOかにゃ。まあ、いいにゃ」
四条貴音 「相方が遅いので、○の中か撤回もあるやもと思いましたが
灰から出ましたね。
一気に灰が減ってよい感じです」
天海春香 「雪歩といっしょかあ
いいなあ、夜が楽しそうだよ・・・」
おにぎり 「塩おにぎり…
いや、私の中には鮭が入っている!
…嫌いだったかな?>春香」
蒼星石 「ん?雪歩さんが共有なんだ。」
星輝子 「おうおう、フルオープンのかぶりひとつもなし。いい出だしだねェ」
如月千早 「大丈夫よ。萩原さんwええ。相方合ってます」
小早川紗枝 「おー、両方とも灰からのCOっていうのは良えことやねぇ。
灰が狭いわぁ。
狼さんが囲われてなければもっと良いねぇ」
萩原雪歩 「み、美希ちゃん…なでられたらなんか照れちゃうよ…」
Omega11 「《3-1-2進行だな。対抗は狂狼とでも見ておとくぜ》」
歌田音 「8番が共有者COと。
いいアピールです」
道明寺歌鈴 「3-1-2FOですねっ
じゃあまずはグレランでいきましょう!」
我那覇響 「ん、雪歩と千早が共有だぞ!
それじゃあ各自無駄占いは無しと!
悪くない展開だぞ!それじゃあお話していくぞ!」
水瀬伊織 「あら、雪歩が相方なのね。
これで3-1-2、かなり見通しはよくなったわ。」
塩見周子 「ん、いーじゃん?
灰は最大限に狭まってるから、グレラン、しよっか?

あとさ、千早さんはやっぱり、遠い音楽とか、5つの橋とかが似合うと思うかな?」
如月千早 「大丈夫よ。春香。あなたのことは忘れてないわ。一緒に頑張りましょう?>春香」
蒼星石 「○の中にいないからすぐに出てもよかったのに
いいや、やることはどうせ変わらない。グレラン」
天海春香 「千早ちゃん調べようかと思ったけど、調べなくてよかったね」
星輝子 「グレーの狭さがキノコッコだぜーちょーキノコッコだぜー」
Omega11 「《で霊能はほぼ真と見る!》」
四条貴音 「おにぎりは○に入ったのなら私が頂いてもよろしいですか?(じーっ」
小早川紗枝 「鮭おにぎりどすかぁ。
じゃあウチの大好物やわぁ。
うふふ>おにぎりはん」
萩原雪歩 「ではグレランですね
皆さん、投票のために発言を見直したりして見てくださいね?」
おにぎり 「共有2人も出たな
グレは少なくなった、グレランだな!」
ネコアルク・カオス 「うにゃ、灰から共有はうれしいにゃね。
グレラン頑張るにゃ」
如月千早 「まあ、グレランです」
Omega11 「《で今日はグレランだ!》」
小早川紗枝 「きのこ・・・?
どんなキノコが好きなんどす?>星さん」
我那覇響 「2-1だと囲いも考えて、確定○作りでも悪くないけど
3-1なら、順当に灰潰しが良いと自分思うぞ!」
天海春香 「あなたのことを忘れないって、蒼い鳥の歌詞みたいだね
♪でも昨日には帰れない~」
塩見周子 「紗枝ちゃん、そりゃそーだけどさ、そのあたりはこれからの噛みとかみていろいろかんがえよーぜw>囲いとかどーとか
まぁそういう方に考えられる紗枝ちゃん、あたしはきらいじゃないよ?」
星井美希 「超高確率で灰の中に1人外はいるはずだから、そいつを狙い撃ちしていけばいいんじゃない?>紗枝
囲いがあるとか占い師の内訳とか、ミキにはよくわかんないし。とりあえず怪しい奴吊ればいいよね!」
Omega11 「《ウィルコ!(了解。共有の命令に従います)》」
道明寺歌鈴 「グレーが狭いのは悪いことじゃないですねっ
頑張りますよ!」
四条貴音 「もぐもぐ」
星輝子 「キノコに上も下もない、キノコはみな平等に、その存在ぞ素晴らしくある>小早川」
天海春香 「キノコとグレランが並んで
一瞬キノコグラタンと見間違えましたよ・・・おいしそう」
蒼星石 「3-1で霊能偽のほうが珍しいんじゃないかな>オメガ
別にわざわざ言わなくていいよ」
如月千早 「そうですかね。綺麗な歌は、好きですけど>塩子」
ネコアルク・カオス 「占い指示は…うにゃ、三人なら自由でいいと俺は思うにゃ?」
歌田音 「Vo系アピールの得意な方は殆ど占ってはいけない位置にいますね。
ViやDaの審査は得意な方ではないのですが」
小早川紗枝 「ただまぁ、共有を占ってないってことは、狼が狂人に囲われてる可能性もあるってことやねぇ
それはとっても怖いことやわぁ。」
星輝子 「キノコ、そう日陰にこっそりと生えるキノコ」
水瀬伊織 「しゃべることないわね。」
おにぎり 「おお、それは良かった!
良かったら、外で食べていってくれ!>紗枝」
天海春香 「エリンギとシメジでグラタン作ろうかな」
Omega11 「《戦場において友軍機の確認は必要。》」
塩見周子 「あ、星君がキノコ不足ですでに口調がかわっている。
やっぱりキノコによって口調が変わるって伝説はホントだったんだ。」
四条貴音 「真狂狼の初日に囲いがなければ灰に狼狼狐ですね、是非狙いたいところです」
星輝子 「時には赤く毒々しく、時には白く神秘的に…」
ネコアルク・カオス 「ニボシが欲しいにゃ」
小早川紗枝 「カエンタケ、とかやろうか?>星さん」
我那覇響 「とりあえず占いと○の発言も少しみてみるぞ!」
蒼星石 「グラタン…」
Omega11 「《ってことさ》」
道明寺歌鈴 「平和な初日ですからねっ>伊織さん」
星輝子 「キノコ食え!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
天海春香0 票投票先 →水瀬伊織
我那覇響2 票投票先 →蒼星石
星井美希2 票投票先 →ネコアルク・カオス
ネコアルク・カオス4 票投票先 →星井美希
蒼星石2 票投票先 →星輝子
小早川紗枝1 票投票先 →我那覇響
おにぎり0 票投票先 →蒼星石
萩原雪歩0 票投票先 →星輝子
道明寺歌鈴0 票投票先 →ネコアルク・カオス
塩見周子0 票投票先 →ネコアルク・カオス
如月千早0 票投票先 →ネコアルク・カオス
Omega110 票投票先 →我那覇響
歌田音0 票投票先 →小早川紗枝
水瀬伊織1 票投票先 →星輝子
四条貴音0 票投票先 →星輝子
星輝子4 票投票先 →星井美希
2 日目 (2 回目)
天海春香0 票投票先 →ネコアルク・カオス
我那覇響1 票投票先 →蒼星石
星井美希2 票投票先 →ネコアルク・カオス
ネコアルク・カオス6 票投票先 →星井美希
蒼星石2 票投票先 →星輝子
小早川紗枝1 票投票先 →我那覇響
おにぎり0 票投票先 →蒼星石
萩原雪歩0 票投票先 →ネコアルク・カオス
道明寺歌鈴0 票投票先 →ネコアルク・カオス
塩見周子0 票投票先 →ネコアルク・カオス
如月千早0 票投票先 →ネコアルク・カオス
Omega110 票投票先 →星輝子
歌田音0 票投票先 →小早川紗枝
水瀬伊織0 票投票先 →星輝子
四条貴音0 票投票先 →星輝子
星輝子4 票投票先 →星井美希
ネコアルク・カオス は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
如月千早 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ネコアルク・カオスさんの遺言                        .   ノ^ヽ、
                    ____/ /乙ヽ
                    /       ∠_三≧
                _/           \
            r―‐'´              \
            K7 ̄|    ∧ ∧/\|\l\
                V,ィl/}  |∨ ∨ ニニニ  |
              \/  |ニニ           ヽ|
                  |  |__, 、_,、__ノ  ー、/ | ̄ おい、ニボシ買って来い
                  l    \ノ      ,.∠\」
.            ̄ヽ  |/|/V´ ̄`Y´ ̄`ヽ/\
            └‐| ̄二= {    |     ト、   }
.           __ノ ̄l_三=-ヽ__人___ノl 丶 |
                 // |/|    |/   /|
             /´ ̄ヽハ   / ̄|     ̄ ̄ |
                〉}/   ,ノ         |
如月千早さんの遺言          __
     ,>'": : : : : : : :` - 、
    /´: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
   ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
   !: /: /: : :,ィ: : : : : : : : : : : : l  大きなのっぽの古時計 おじいさんの時計
   {: ! /: :/ /ハ : : : : : : : : : : :!
   ハ: :!/ヘ  !Lハ : i: : : ': :! : : l 百年いつも動いていた ご自慢の時計さ
    Yi ヒソ  'z-ミ ヘ: : :}: ! : : !
      } 、   ヒソノヽ}! : !/: : : ! おじいさんの生まれた朝に勝ってきた時計さ
     .!、 _     //ソ : : :|
     l: ヽ` '  _ /!: ̄: : : : :| 今は、もう、動かない。その時計。
     {: : ,ィァ<-- ノ1 : : : : : |
    __ヽ/ }r':/ノハ~  V : : : : :|
   〃  ,イ//7,」ハ /^\ : : :!
  _}:}  Y///, !/ ´ , _  ヽ: :!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
蒼星石 「おはよう
占いはよろしく」
Omega11 「《おはよう!占い結果だ!》
《我那覇響のIFF(敵味方識別装置)レスポンス確認。エネミー!(人狼●)》」
星輝子 「ゴートゥヘーーールッ!」
萩原雪歩 「おはようございますぅ…」
天海春香 「春香さんの占いCOですよ!
周子さんは○!」
おにぎり 「おにぎりに合うキノコか…しいたけとかだろうか
さあ、結果を頼むぞ!」
水瀬伊織 「おはよう。」
星井美希 「おはようなのー! それじゃ、結果をよろしくっ」
四条貴音 「ネコアルク●」
塩見周子 「おっはよー。
んじゃ、占いは結果よろしくねー。」
Omega11 「◇我那覇響 「初日占いが対抗占ってると自分的には
そこの視点がわかるから楽になって好きなんだぞー!
でも今回はかぶりは無しっぽいぞ?」

《わざわざ対抗占いに言及するあたり人外臭いと俺は思ったね》
《他に理由は特にないぞ!ハハハ!》」
我那覇響 「おはようだぞ!」
蒼星石 「共有噛み?」
我那覇響 「んー久しぶりに占い師の真偽が付け難いぞ?
とりあえず大佐と歌田音が、真狼ってところで、春香が真狂の狂よりって所かだぞ?
初日の○貰いは、どこもそれなりって感じだぞー!
道明寺歌鈴 「おはようございますっ!」
歌田音 「それでは審査を開始します。7番(小早川さん)、合格○です」
小早川紗枝 「共有はんが噛まれとる・・・?
そしてネコはんが狼なんかぁ」
塩見周子 「んー。
あ、ネコ●なんだ。
だったらさ、春香さんは少なくとも狼じゃないんじゃね?>狼として。」
歌田音 「理由:灰の狭さに数度言及したり、狼が狂人に囲われている可能性(狼が囲っている可能性は?)のみを口に出したりなど、
少々狼よりの役職目のアピールの気配がします。票も私しか入っていませんし、占うにはいい位置かと。
あと、カエンタケは毒茸ですよ?気安く勧めないでください」
天海春香 「割としっかり意見持ってる感じですよね
こういうところは調べておいていいはずです
塩だけに、おいしいもの持ってそうだし」
水瀬伊織 「共有噛みね。まぁ随分弱気ともとれる噛みを選んだわね。」
星輝子 「おうおう●がいくつか見え…なんか結果少なくね?」
萩原雪歩 「ふぇ?…千早ちゃん!?」
星井美希 「千早さんが噛まれて……霊能と占いの一人から●かぁ。
響にCOある?」
道明寺歌鈴 「いきなり共有さんが片方噛まれたんですか…ふえぇ…
でも霊脳結果は●だったんですねっ」
Omega11 「《大佐って誰だよ!俺の階級は大佐だがな!》」
歌田音 「失敬。
少々寝坊しました」
我那覇響 「行き成り霊能●だぞ!w
まぁCOないぞ!」
塩見周子 「んで、オメガから●でんだねー。
んー。」
天海春香 「って、千早ちゃん!」
四条貴音 「占って欲しい場所二人が占われてて満足」
蒼星石 「そしてネコアルクさんが霊能結果●
で、響さんに●と」
小早川紗枝 「んー・・・オメガはん、吊りたい?」
星輝子 「オメガから●と霊から●か」
萩原雪歩 「…●が気になるところですが…どうでしょう?」
おにぎり 「共有噛まれで、ネコが狼と
COは気になる」
水瀬伊織 「占いと霊能から●ね。どうしましょうか。」
天海春香 「千早ちゃん、私のこと忘れないって言ってたのに・・・
おでん一緒に食べようと思ってたのに・・・」
歌田音 「霊能結果は●、と。
いい滑り出しですね。対抗が●を打っていますが、護衛ぶらしでしょうか」
星井美希 「COないなら響吊っていいんじゃないかなぁ。
これでもし響が狼なら、占い残して狐狩りできるし」
四条貴音 「真狂狐で●吊りなら占い噛みでしょうし、フツーに●吊ってもよろしいのでは?」
蒼星石 「なら非狼位置は狭められると
響さんはCOなしなら吊るしかないね」
星輝子 「吊り迷う必要ねーだろ、別に」
Omega11 「《対抗は狂狼と思うので吊って欲しいぜ》」
我那覇響 「それで自分視点でOmega11が偽確定だぞ!
この流れだと吊りを稼ぎにきた狂人な感じだから
今日の自分の占いの真贋はちょっと外れてる感じだぞー!」
道明寺歌鈴 「響さんに●ですか…
私を占っていただいたOmegaさんの●だし、私は吊るかなって考えますっ」
萩原雪歩 「じゃあ今日は、響ちゃんを吊ってみましょう
誕生日なのにごめんね? この村が終わったらプレゼント渡すから…」
歌田音 「私の灰ですし、私の○が先日投票していた位置なので特に吊りに異論はありませんよ?」
小早川紗枝 「狼が囲うのは別に普通に考えることやし。
それよりも狂人に囲われて真贋ついたほうが怖いんとちゃうん?って思ったんやけど?
そういう風には考えへんかったんやろか?>歌田はん」
天海春香 「出しやすいところに●出してきた感ですよね、オメガさん」
塩見周子 「ええとさ、
占いについてはこれだけ。
春香さんはとりあえずおいてみる。理由は昨日ネコさん投票だし。
最初暫定○に投票してるけど、そのあとで同票のネコさんに投票してるから。

狼がミスれば死ぬ位置の同胞相手に身内かますとはおもえないからね。
星井美希 「千早さんも好きで死んだわけじゃないと思うの。
それに、その鬱憤をぶつける相手は別にいるでしょ?>春香」
水瀬伊織 「響にCOがなければ吊りでいいでしょう。真狂狼ならあとがなくなるわけね。
Omegaが真ならば…。」
星輝子 「響はカオス非投票だし、キノコ曰く迷うなかれ。」
Omega11 「《響は後で●←オレオ 奢ってやるよ……》」
天海春香 「響、ケーキ食べよう?
お餅ケーキだけど」
我那覇響 「ちょうど霊能から●も出てるから
占いの真偽をつけるのに丁度いいと思うぞ!
狩人には自分何も言わないでおくぞ!」
塩見周子 「んー……
じゃ、オメガ視点はあと、占いの中に●1だから、狐探しってことでいいよね?>オメガさん」
蒼星石 「まあ、春香さんは確かに真狂だね
どっちかまだわからないけど」
おにぎり 「吊って判断をしたいところだが…この状態では甲乙つかないのがあるからな…」
天海春香 「オレオは中に白いクリームが入ってるんですよ!>オメガさん」
四条貴音 「初日●吊れて共有噛みはわりとのんびり屋さんな印象ですね」
Omega11 「《おう!そうなるぜ>しおみー》」
Omega11 「《!?>春香》」
小早川紗枝 「春香さんはネコさん投票な時点で狼が誰かわからへん感じの人やと思うねぇ」
塩見周子 「なんかこー、いや、別にいいんだけど。
とりあえず春香さん頑張って、的なあれそれももちつつ、あたし占ってくれてるしなー。」
Omega11 「《ビスケットは黒いから問題ないぞ!!》」
天海春香 「私が仕事すればいいってことだよね?
うん、がんばるよ>美希」
星輝子 「そしてグレーを見渡せば、もうグレーに吊りたい者も少なく」
萩原雪歩 「占いに狂人と狼が混ざっているだろうことを考えると
霊能狂も狼もないと思います…ので、四条さんを信じたいと思います!」
水瀬伊織 「まずは響を吊ってからの判断ってことね。」
星井美希 「すんなり行けばいい、けどなぁ。狩人さんは頑張ってねー」
道明寺歌鈴 「これで響さんが2W目だとしたら、狐を見つけ出さないと
大変なことになりますね…ふえぇ、どうしよう…」
歌田音 「>6番(小早川さん)
狼囲いの可能性が普通だからと言って、言及しないのはそこそこ違和感を覚えますよ。
真贋付きが怖いのなら、そう言っておくべきでした」
我那覇響 「んー・・・
まかでもOmegaが票変えてるのにも関わらず
自分を占ったのは何故かという疑問も出てくるぞー?
理由も結構適当だしな!やっぱここは狂目だと思うぞ!」
小早川紗枝 「ふーん、じゃあオメガはんは銃殺狙い、ねぇ。
できるならがんばってなぁ?」
星輝子 「かぶりゼロでもうグレーこれ何人だ、数えんのもめんどくさいな」
天海春香 「狼が誰か分かってるのって、狼だけじゃないんですか?>紗枝ちゃん」
塩見周子 「だってさ、ネコ●だよ?
で、ここで●出るなら、オメガさん視点はさ、対抗占いキープして狐探しだよね?」
我那覇響 「ん、狐も狩人も無し!吊ってもらっていいぞ!」
萩原雪歩 「………あれ
もし響ちゃんが狼ならこれ占いの中の狼さんでLWなんじゃ」
歌田音 「ふむ。
ま、○狙いで問題無さそうな気配ですね」
おにぎり 「共有噛みで、判断系統をやりにいってということになるが
グレーに狼がいるなら、占い噛まないと辛いのがあるが」
Omega11 「《ザッツライト!>塩見》」
四条貴音 「狼はあるのでしょうか?w>響」
道明寺歌鈴 「昨日票を変えたのは雪歩さんと春香さん…でも吊れたのは●、と」
蒼星石 「んー、共有噛みの意図か
霊能ならともかく共有噛みはわからないな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
天海春香0 票投票先 →蒼星石
我那覇響12 票投票先 →Omega11
星井美希0 票投票先 →我那覇響
蒼星石1 票投票先 →我那覇響
小早川紗枝0 票投票先 →我那覇響
おにぎり0 票投票先 →我那覇響
萩原雪歩0 票投票先 →我那覇響
道明寺歌鈴0 票投票先 →我那覇響
塩見周子0 票投票先 →我那覇響
Omega111 票投票先 →我那覇響
歌田音0 票投票先 →我那覇響
水瀬伊織0 票投票先 →我那覇響
四条貴音0 票投票先 →我那覇響
星輝子0 票投票先 →我那覇響
我那覇響 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
我那覇響さんの遺言      /   \           ヽ;ヽ、 ,r'"::::::::::::::\  _,ィ          /
  ___/      {           \:\:::::::::::::_;....;_:::Y:r'          r'
 、__)    そ   〉    _,。-‐' " ̄ ̄__`ヽ:':、rァr',..r‐-ミz、ー‐‐‐- 、,_     l  
  |     う   |   `ヽ、...,.___ 'ー=:-`:Y/'":-:=、 `__,..r‐'" ̄      l   響
  |  自  だ   l       ,.。-ー:'"::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::i,        l   は
  l  分  ろ   |      /::::::::::::::::::::r:::::::::::::::::、:::::::::::::::::ヽ,::、       |   か
 ノ     !   l    ,r'::::::::::::::::::::::::;:j:::::::::::::::::::::i,::::::::::::::::::::i;:::、       l   わ
. ヽ         l.  /:,r7:::::::::::::::::::/ |::::::::::::::::::::::lヽ:;::ィ::::::::::::':,::':、     |   い
  |  自  そ   〉. レ' /:::::::::::::::::/ヽ、l_::i_::::::::::ハ:_lrヘ:::::i:::::::::::::'ir-=、.、   l    い
 /  分  う    /    .|:::::::::::i;:::/.   \l1:::::::l'~':j  \l:::::::::::i;:i.';      l、  な
 ヽ  !  だ  /    l::::::::::::i;/      \::j  _,.......、1ri;:::::l.lj :i、     ヽ.  l
  .j     ろ   ヽ     ';:::i、:::メ ,r===、   ,r''" ̄`' l:::i;::j1::::::':、     |  l
 〈_     !  ノ     ':;jヽ;::::l  , , ,   .    _ ' ' ' i/:V ノ::::、::::':、    l
  1        |.       人ヽj1   rv--‐ー'"v1   .j /::::::::\ー=:,、_   ヽ、   ノ
   l_      .rヘj    _.r':ァ::`':、_i    l       |  ./'"- 、:::::::::::::ヽ、     `'ー '
   \   ./ .     '"/::::,.r'" ':、, ヽ.      ノ ,ィ'1 ヽ. `ヽ; :::::::::\
     ヽ/       /::::: rl    l l'γr. 、, ___ ,.イ 1 'l  l.   jヘ、::::、;::':、
            /:,ィ::::::j i、  | | l l  :::::::::::l  | .|  | ,r-‐'"( :::::::::'i、:':、
           /r'7:::::::::::l こ'ー-、.__l.        _|_j..ィ'",r~_ィ-‐ー-、:、ヽ;l
          ノ' /:::::::::,r-、z--、   l`'ー、___  _,.。 '/     i'~r'ー-、  l.:i, j
            l:::::::::/  / 7ーl、_  (lj    ̄  r/)     }く~"'ー   j :j
            i,::::::〈     '  / 〉 ヽ     /      く`'ー   ./:/
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
星輝子 「ゴートゥヘーーールッ!」
歌田音 「それでは審査を開始します。3番(星井さん)、合格○です」
天海春香 「春香さんの占いCOですよ!
貴音さんは○!」
小早川紗枝 「◇天海春香(78) 「狼が誰か分かってるのって、狼だけじゃないんですか?>紗枝ちゃん」

うん、せやから真か狂やんねぇって思ったんよ~」
蒼星石 「おはよう
占いはよろしく」
星井美希 「おはよーなのー! 結果をよろしくねっ」
萩原雪歩 「おはようございます…
今日は死体なしですね!」
道明寺歌鈴 「おはようございますっ…ふえ?死体無しですかっ?」
歌田音 「理由:二日目、三日目と発言数は低空飛行。ステルス的な位置に入りかねない動きですね。
響さんが狼なら占い残して狐狩りできる、という発言がそこそこ○系なので占っておきましょう。
Vi系アピールの方ですが。Vo系も中々ですね」
星輝子 「グレーは星井・私・蒼星石」
天海春香 「貴音さん、なんだかじっくり潜ってる感じに見えますね
吊れそうにない感じがしますし、調べておいていいかな」
Omega11 「《おはよう!占い結果だ!》
《おにぎりのIFF(敵味方識別装置)レスポンス確認。フレンドリー(村人○)》」
おにぎり 「おはよう!
狐が占いにいるとしたら、占いを噛むことで、疑わしくも出来るのではないか…と思うな」
蒼星石 「死体なしと」
塩見周子 「おっはよー」
水瀬伊織 「おはよう。」
四条貴音 「○でした」
星井美希 「死体なしで吊りが増えたー、と。霊能者さんはー?」
Omega11 「《ま。対抗の囲いケアで占ってみたぜ》」
星輝子 「から星井抜けの、蒼星石・私か」
天海春香 「死体ナシですよ!死体ナシ!」
おにぎり 「死体無しだな、GJか、狐紙かと」
塩見周子 「◇天海春香 「春香さんの占いCOですよ!
貴音さんは○!」

あれ?なんで霊能うらなってるの?
あと、なんか死体ないね。」
小早川紗枝 「・・・春香さん?
貴音さんは霊能なんじゃあ・・・?」
萩原雪歩 「おにぎりさんに二重○ですね」
歌田音 「死体は無し。素晴らしい朝ですね」
水瀬伊織 「死体なし、と。GJとみていいんじゃないかしら。」
四条貴音 「あ、天海春香……!?」
Omega11 「《異議はないぜ>貴音》」
星井美希 「待った! 貴音さん霊能者だよ!!>春香」
蒼星石 「結果破綻と。ならオメガ吊りだね」
星輝子 「死体なしからの霊能○、フヒヒ…」
天海春香 「あれ?貴音さん、霊能?」
道明寺歌鈴 「ふぇ!? 春香さん、なんで霊能の貴音さん占ってるんですかっ?」
小早川紗枝 「えっと・・・」
萩原雪歩 「そうなるとオメガさんは多分人外なんですね…
吊ってみますか?」
歌田音 「……ふむ」
天海春香 「これはひどいメモミスを見た!」
塩見周子 「んー。いやまー、いっか。
ちょっと信頼おちるくらい、ただ、この状態で狐はないかな。
だから、多分、GJでてる。って思う。」
星井美希 「まぁそれよりもオメガさんの破綻が先なの。
奇数進行になったし吊り上げていいとミキは思うな」
天海春香 「ごめんなさい・・・」
蒼星石 「なんていうか、残念?>春香さんが四条さん占い」
星輝子 「死体なし見えてオメガ即吊りはマジー気しかしねーぞ」
おにぎり 「貴音さんは占い…ゥ…ん…」
塩見周子 「ただ、昨日共有噛んで、今日占い狙うってなったらかなーり、甘えてるけどね。
あ、じゃー、オメガさん吊り?」
四条貴音 「●出て狐噛みはないでしょうし、素直に役職GJでしょう」
星井美希 「勘違いなら仕方ないよね。ドンマイなのー(なでなで>春香」
水瀬伊織 「霊能は真濃厚だし、omegaは偽ってことでいいわよね。
それはそうと春香が霊能占ってるけど、これはどうなのよ…。」
天海春香 「うへえ・・・歌鈴ちゃん霊能にしてるわ・・・
みんなごめん」
歌田音 「12番(Omegaさん)吊りで構わないでしょう。
この死体無しはほぼ狩人ですし、狩人の保護にもなります」
道明寺歌鈴 「…そういえば、昨日の響さんを吊る流れで
なんで春香さんは蒼星石さんに投票していたんでしょうか。ちょっと気になったんですけど」
星輝子 「と思いきや、オメガ狂人見が多数派ってか? これだからタケノコ派はよお」
小早川紗枝 「えーと、オメガはんが偽、これは確定で良いと思うなぁ。
そうなるとオメガはんがどっちか。
狂人と見て良えんやろか・・・?」
萩原雪歩 「オメガさん、もし狼で、もし今朝のが狐噛みだったら
告発の方、お願いしますぅ」
道明寺歌鈴 「…え、えーっと…(汗>春香さん<私が霊能って」
水瀬伊織 「Omegaは吊っていいんじゃないかしら。
貴音偽とは思いにくいし。」
Omega11 「《告発は無いぜ》」
歌田音 「私でGJが出ているならありがたいのですが。
まぁ、期待はしないようにしましょうか」
おにぎり 「それで、霊能とのラインが分れたと
ん…人外というのはあると思うが」
小早川紗枝 「周子さんどう思う?
聞いてみたいんやけど」
四条貴音 「●一匹吊れて、占い生存。
わりと無茶な要求しますね、雪歩は」
星輝子 「狐噛みはねーわな」
塩見周子 「えー?これで吊れて問題ないならさ、あ、うん、これ割ともう決まってきてんじゃん?

歌さんに真どんくらいあるかなー。」
天海春香 「うん・・・なんかごめんね>歌鈴ちゃん」
蒼星石 「オメガは狂人目だから大丈夫だと思うけど?>星
オメガ狼で吊ってLWで狐に注意してほしかったら霊能をかまなければいいしね」
萩原雪歩 「解りました。ではオメガさんを今日は指定したいと思います」
塩見周子 「んーんー」
萩原雪歩 「む、無茶でしょうか…>四条さん」
水瀬伊織 「灰を噛みに行くってことはないんじゃないかしら。
霊能GJだと推測するわ。」
小早川紗枝 「オメガはんが狼の可能性
狂人を噛んで、●出しをしてからの護衛ぶらし?
する意味は・・・あんまりなさそうやなぁ・・・。」
蒼星石 「告発なしというか告発できないんじゃないかなー?
すごい狂人目で見ているけど」
塩見周子 「オメガさん狂見したとして」
星井美希 「というより、オメガさんはどちらにせよ吊っていいんじゃないかなぁって思うな>輝子
正体がなんにせよ、残った二人の占いのうちどちらかが真なの。なら銃殺は十分ありえる。

むしろ、ここで狩人吊り上げる方が怖いってミキは思うな、」
星輝子 「オメガは初日投票で私に変えてきて、カオスを助けてんだよね>蒼星石」
Omega11 「《まあ全陣営頑張れよ!!》」
道明寺歌鈴 「Omegaさんが破綻っぽいって事は、私がもらった○も意味無いですね
改めて私を占うかは、春香さんと歌田さんにお任せしますっ」
萩原雪歩 「ええ。ほとんど、一応言ってみただけなんですけど…>オメガさんへの告発有無」
天海春香 「ちゃんと結果出さないと、これは大問題ですよ・・・
じっくり見極めよう!」
塩見周子 「そんなら、なんで共有初手噛みなんだろ。
割と春香さん真な気しかしなくて、でもまだ灰がみきれない今ってなんかやだ。」
小早川紗枝 「個人的には、まだ春香さんのほうが信じたいおすなぁ>周子さん」
歌田音 「結果的には、私の結果を信じていただけるなら吊りは足りていますが
春香さんが狂人目なのが嫌ですねってくらい」
蒼星石 「オメガの結果も白紙と
また灰が広くなる…」
おにぎり 「ん、指定了解
特攻ということもあるかもだけれど、噛むとしたら、霊能気味はあるかな…」
天海春香 「対抗の○つぶし系でいくのがいいのかな?>歌鈴ちゃん」
星輝子 「私含めてグレー2人なんだから指定吊りすりゃいいと思うけど」
Omega11 「《俺 実は巫女萌えなんだ》

《某所に行ったら弄ってやろうと思って》

《発言ログも取ってたりして…》」
塩見周子 「いーや、春香さんのこせる、そんだけで。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
天海春香0 票投票先 →Omega11
星井美希0 票投票先 →Omega11
蒼星石0 票投票先 →Omega11
小早川紗枝0 票投票先 →Omega11
おにぎり0 票投票先 →Omega11
萩原雪歩0 票投票先 →Omega11
道明寺歌鈴0 票投票先 →Omega11
塩見周子0 票投票先 →Omega11
Omega1112 票投票先 →歌田音
歌田音1 票投票先 →Omega11
水瀬伊織0 票投票先 →Omega11
四条貴音0 票投票先 →Omega11
星輝子0 票投票先 →Omega11
Omega11 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
おにぎり は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
Omega11さんの遺言 オメガ11ヽ(0w0)ノイジェークトしつつ我那覇響誕生日おめでとう!
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
星輝子 「ゴートゥヘーーールッ!」
蒼星石 「おはよう
占いはよろしく」
道明寺歌鈴 「おはようございますっ」
萩原雪歩 「お、おはようございます」
天海春香 「春香さんの占いCOですよ!
歌鈴ちゃんは○!」
塩見周子 「◇小早川紗枝(60) 「周子さんどう思う?聞いてみたいんやけど」

ごめんねー、ちょっとこの噛みと灰どーすっかで考えてた
とにかく、噛みと流れが一致してない感じで気持ち悪い。
ただ、あたしを擁護するわけじゃないけど、初日ネコ投票者はもう少しおいていいと思う。

ともかく、初手の結果と照らしあわせて、春香さん非狼だけはあんまりずらしたくないっていうか、
やっぱり真っぽくてどーしよって感じ。

身内しそーなん、いるかなぁ。>初日ネコ投票」
水瀬伊織 「おはよう。」
小早川紗枝 「おはようさんどす」
歌田音 「それでは審査を開始します。9番(道明寺歌鈴さん)、合格○です」
星井美希 「おはようなのー! 結果よろしくねっ」
四条貴音 「霊能CO。omega殿は○でした」
天海春香 「私を占うかどうかまかせるって言われたのは、ブラフなのかなあ?
でも、結果残すためにはこういうとこはきっちりいきたいよね
結果がついてくるといいなあ・・・」
星輝子 「吠え数見る限りは大丈夫そうかねぇ」
歌田音 「理由:12番(omega11)の初手占い位置ですね。
割と占いに関わっていて、気にしてる位置なのかな、とも思うので占っておきましょうか。
●でもキープいけるので」
塩見周子 「え、おにぎり噛みとかすごいなぁ。」
蒼星石 「歌鈴さんは完全○と」
水瀬伊織 「残った占いは真狼が濃厚ね。」
歌田音 「おやありがたい。>対抗の○先、噛み先」
天海春香 「確定○だね、おめでとう歌鈴ちゃん」
道明寺歌鈴 「ふぇ? おにぎりさんが食べられ…噛まれちゃったんですかっ」
星輝子 「道明寺○コンプおめでとう」
萩原雪歩 「わぁ、歌鈴さんを占ってもらえないかなって
昨夜思ってたところだったんです!
春香ちゃんも審査員さんもありがとうございます…」
塩見周子 「えー、なんかすっごい噛みあわないよー。
なんだろこれ?

歌さん真見るんだったら、初手の春香さんがほぼ神風身内したと思うしかなくなる。」
星井美希 「あ、期せずして確○が一つ。歌鈴ちゃんおめでとうなのー!
オメガさんは狂人だったね、それじゃ占いは真狼見で」
歌田音 「ふむ、対抗は狼、と。
狐なら狼がなんとかしているでしょうし」
小早川紗枝 「急にネコ投票に変えた人が身内してる可能性はあるんとちゃうかなと思うてますえ>周子さん
後から変えた人、最初から投票するかはしりまへん」
道明寺歌鈴 「あ、ありがとうございますっ<○確定
でも、えっと、私あまり推理上手じゃないんで…ふえぇ…が、頑張りますっ」
星輝子 「見えてねーのにカオス助けに行くとかできる狂人だな、すげーな。キノコをやろう。」
蒼星石 「んー、わかんないなー」
塩見周子 「んで、カリン確○……ねぇ
んー」
四条貴音 「灰2択吊りが素直なところですね。
指定もありかと思います>雪歩」
水瀬伊織 「歌鈴は○確定か。
Omegaの囲いはこれでいなくなったわね。」
蒼星石 「狩人だよ」
星輝子 「変わらず灰は2択のまま。」
天海春香 「引き続き、対抗の○つぶし作戦で行くしかないですよね
オメガさん○ってことは音さん狼濃厚でしょうし」
小早川紗枝 「オメガはん狂が濃厚、という感じやろかね。
狐の可能性とかも昨日の散り際からあるような気もするんやけど・・・
そうでもないんやろうか・・・」
蒼星石 「二日目 護衛 歌田音 死体 千早
オメガはたぶん真ではないかな。ちょっと僕には見れない。
だから春香さんと歌田音さんの2択。でも春香さんは伊織さんに投票しているんだよね
そこに投票するってことはたぶん口数だけで判断しているはず。それに伊織さんは非役目だからね
今日は歌田音さんを護衛するよ

三日目 護衛 歌田音 死体 なし
霊能結果●で●だし、ついでに共有噛みと。これは終盤を意識した動きだと思うよ
ここで狼がしたいのは占い噛み。それからのグレランかな。
LWにすべてを任せる動きに見えるから護衛を継続

四日目 護衛 歌田音 死体
うん、これはGJ濃厚かな。ということは春香が狂人目ということになる
それじゃあこれからガン護衛していこうか。」
星輝子 「……おおう、1択」
萩原雪歩 「えっと今の灰色は…蒼星石さんと星さんですか」
歌田音 「>10番
1番が狼だから霊能を見せた可能性はありますよ」
星井美希 「死人に毒キノコ突っ込んでも意味ないって思うな>輝子

で、昨日の時点で既に完全灰は二人なんだっけ?」
小早川紗枝 「ふむ、蒼星石はんが狩人と」
塩見周子 「ネコアルク・カオス 6 票 星井美希 天海春香 , 星井美希 , 萩原雪歩 , 道明寺歌鈴 , 塩見周子 , 如月千早 ,

よろこべ紗枝ちゃん、そのあやしい票変更者は、実際あれだ、カリンちゃんだ。」
道明寺歌鈴 「と、なると…
あと完グレなのは、蒼さんと輝子さんの2人ですか?」
蒼星石 「というわけで歌田音で死体なしが出たんだけど」
萩原雪歩 「蒼星石さん出てくれたんですね
ありがとうございます」
水瀬伊織 「ん、ここで狩人COなのね。」
天海春香 「うわ・・・ここでグレーから狩人
しかも私護衛じゃない!」
塩見周子 「えー?
音さんで死体なし?」
星輝子 「道明寺が灰に戻ったけど、今日でまたリターン2人だな>星井」
萩原雪歩 「…じゃあ春香ちゃんが狼っぽいんですね…」
小早川紗枝 「歌田はんで、死体無し・・・?
ふむ・・・?」
歌田音 「ふむ。これはありがたい話ですね>私GJ」
塩見周子 「ちょっとまった。
んだったらちょっとだけ他GJないし狐噛みを若干考える。」
四条貴音 「輝子吊りでよさそうですね」
星井美希 「あ、狩人出た……のはいいんだけど。
蒼ちゃん、歌田さんで『GJが出た』とはわかんないよ? ここ表記されないはずだし」
塩見周子 「◇萩原雪歩 「…じゃあ春香ちゃんが狼っぽいんですね…」

まった。」
蒼星石 「ということは春香さんが狼で身内票を突っ込んだことになるのだけど
なんでそんなことをしたのかなーと」
萩原雪歩 「はい。輝子さん指定でお願いします」
星輝子 「歌田でGJってのを信じるなら、狂人がカオス助けて、狼がカオス吊って、か」
水瀬伊織 「蒼星石が真狩人なら歌田が真。
偽なら霊能GJもありえて、真狩人は生死不明ね。」
四条貴音 「私はわりと歌鈴さん護GJには納得したいところです」
道明寺歌鈴 「…お二人とも、どっちも…なんというか、ちょっと意見が弱いかなって気はしてましたっ
そして…蒼さん、告発ですか?」
小早川紗枝 「わぁ、それはうれしおすなぁ・・・(遠い目>周子さん」
星井美希 「まぁでも高確率で真噛みだよね。うん、それでいいや」
歌田音 「……そもそも1番が非狼なら霊能噛んでるとかそういう発想はないんですかあなたたちは?」
塩見周子 「雪歩さん、春香さん真切りギリまでまった。
もーいっかいいっておくよ?

春香さんは暫定○→霊結果●のネコ投票、それが事実なら、身内票でとどめさしたってことなんだよ。」
蒼星石 「ああ、それか!>霊能噛まなかった理由」
天海春香 「輝子ちゃん吊りなのはいいとして、んー
あの死体ナシをどう捕らえるかですねえ」
道明寺歌鈴 「あ、狩人COですねっ!ご、ごめんなさい…ふぇ…>蒼さん」
星輝子 「まぁ吊りには何も言うことねーさ」
四条貴音 「星-ネコアルク両狼ならあるある、かと」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
天海春香0 票投票先 →星輝子
星井美希0 票投票先 →星輝子
蒼星石0 票投票先 →星輝子
小早川紗枝0 票投票先 →星輝子
萩原雪歩0 票投票先 →星輝子
道明寺歌鈴0 票投票先 →星輝子
塩見周子1 票投票先 →星輝子
歌田音0 票投票先 →星輝子
水瀬伊織0 票投票先 →星輝子
四条貴音0 票投票先 →星輝子
星輝子10 票投票先 →塩見周子
星輝子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
四条貴音 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星輝子さんの遺言           きのこっのっこーのこ
    /⌒ヽ      γ´⌒`ヽ
   /  ●  ヽ    ./Oo〇oOヽ     ,-''"¨ ̄¨`'‐、
  (●/⌒ヽ●)   (Oγ⌒ヽOo)   (,,(,,i,,,i,,,,,,,,i,,,,i,,),)
   ヽ|´∀` |ノ ))  ヾ(゚Д゚ )゚ノ ))    )  (    ))
    .ゝ___ノ       ゝ_ノ.       (゚ー゚* )
                              ̄ ̄
            げんきのこっ♪

          エリンーギ、マイタケ
    /⌒ヽ      γ´⌒`ヽ
   /  ●  ヽ    ./Oo〇oOヽ     ,-''"¨ ̄¨`'‐、
  (●/⌒ヽ●)   (Oγ⌒ヽOo)   (,,(,,i,,,i,,,,,,,,i,,,,i,,),)
   ヽ| ´∀`|ノ ))  ヾ( ゚Д゚)゚ノ ))    )  (    ))
    .ゝ___ノ       ゝ_ノ.       ( ゚ー゚*)
                              ̄ ̄
            ブナ(゚Д゚)シメジ♪
四条貴音さんの遺言            _ / ̄/ ̄''''‐、        ら
         /::/ /::::::::::::::::::::::\.   お.  あ
        /::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.   か  め
        /_/__i i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  わ.  ん
         ./ | .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  り
        /┃ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        (   (7::::::::i:::::::::::::::::::::::::/
        \ /::::::::::/:::::::::::::::::::::::(
          /:::::::::::く::::::::::::::::::__\___
_______\::::::::\:::::::::::/ __  _  /___
    ,r'―――//_,,..-‐"::::::/ /  / /// /
    ,`‐η‐-' く::::::\::::::::::::/ /ヽ / /~/ /
―――ヽ‐<...,,__/)λ" ):/ / / / / / /―――――
            ヽ ) (/ / "/ / / /

朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
歌田音 「それでは審査を開始します。10番(塩見周子さん)、合格○です」
萩原雪歩 「四条さんが噛まれちゃいましたね…
おはようございます」
道明寺歌鈴 「おはようございますっ …貴音さんが…」
天海春香 「春香さんの占いCOですよ!
伊織は●!」
蒼星石 「狩人だよ、歌田音護衛」
小早川紗枝 「◇天海春香(69) 「輝子ちゃん吊りなのはいいとして、んー
あの死体ナシをどう捕らえるかですねえ」

春香さん視点、蒼星石はんが真なら狐噛みしかなくて
蒼星石はん偽とかもありうるんえ?」
歌田音 「理由:ここが人外ならば割と露骨に過ぎる気はしますが、逆にここを占わなければ始まらないのも確かですか。
しつこく春香真にこだわって、二日目の投票を持ち出すあたり、人外であるなら狼目である気もするのですが。
……モバマスやってないのでどういうアピールが得意かわからないんですよね」
天海春香 「グレー3択!
いちばん目立ってない伊織からにするよ!」
塩見周子 「>ということは春香が狂人目ということになる
オメガ、霊結果○

蒼星石に質問、だったら、
君視点は、春香さん狼?」
水瀬伊織 「おはよう。」
道明寺歌鈴 「あと! ちょっと確認したいんですが塩見さんっ!」
星井美希 「……うー、ん。貴音噛まれちゃうんだ。仕方ないけどさ」
塩見周子 「んー」
道明寺歌鈴 「◇塩見周子 「ネコアルク・カオス 6 票 星井美希 天海春香 , 星井美希 , 萩原雪歩 , 道明寺歌鈴 , 塩見周子 , 如月千早 ,
よろこべ紗枝ちゃん、そのあやしい票変更者は、実際あれだ、カリンちゃんだ。」

どういうことですかこれっ!
票を変えたの、私じゃなくて春香さんと雪歩さんですよ!?
私は最初からネコアルクさんに投票してたのにっ!」
歌田音 「……んー?」
塩見周子 「なんだいかりんちゃん」
蒼星石 「僕を噛まないと
あの死体なしが狐噛み以外ならそう>沙耶さん」
水瀬伊織 「ふむ、貴音を噛んできたのね。」
天海春香 「私にとっては、蒼の子が偽なのかどうか、だからねえ>紗枝ちゃん」
歌田音 「水瀬伊織、ねぇ……
そこラスグレなんですが、なのですが」
小早川紗枝 「ちょっとよくわからんのやけど、蒼星石はんの護衛先が
そして狼が何故蒼星石はんがいるのに狼が霊能を噛もうとしたか、という感じやねぇ」
塩見周子 「あ、ごめん、なら同じ確定○同士、仲良くしよっか?>かりんちゃん

あたしと君が人外の可能性は、全偽のときだけだよん。」
萩原雪歩 「まだ春香ちゃんが偽とは言い切れないんですよ…
蒼星石さんが真かどうか、ちょっと噛みで判断したかったので」
星井美希 「とりあえず塩見さんは確○おめでと、っと。
もう占い身代わりとか見てる人いないだろうから、残った二人の○で確○できるはずだし」
小早川紗枝 「真かもしれへんぇ?>春香さん」
道明寺歌鈴 「…塩見さん、歌田さんから○をいただいてますが、
私はちょっとこれは見過ごせないですっ」
歌田音 「……ふむ。13番吊りについては一回待って頂けませんか?
そこ狐なら呪殺できますし、万一春香さんが狐ならちょっと困った事になりそうで」
道明寺歌鈴 「…って、ふぇ!?
あ、塩見さんも○確定ですか…ご、ごめんなさいーっ!」
天海春香 「私のグレーはあと、美希と蒼星石ちゃんの2人かあ
こうなると、蒼星石ちゃんが狐なのかなあ」
水瀬伊織 「歌田が真てのはこれでハッキリしたけわね。○がこんだけいれば何とかなりそうね。COはないわ。」
塩見周子 「ねーねー蒼星石くーん、あたしの質問こたえてー?
あなた視点はさー?これ、春香さん狼以外なくなるんだけど、

蒼星石くんの言い分だと、票変更で春香さんがネコさんにとどめさした、でいいのかーい?」
蒼星石 「んー、と、両方視点詰め切れると思うよ」
小早川紗枝 「いや、そこをつつき合ってどうするんえ?
真がいるならどちらも村人やよ?>歌鈴さん」
萩原雪歩 「票を多くもらっていたことでの身内切り、は確かに考えられるんですよね…」
歌田音 「あと10番そろそろ黙ってください」
星井美希 「でー……うーん。面倒だなぁ。
いや、割と塩見さん人外だと思ってただけに、どうしよっか迷ってる」
蒼星石 「そうなるね>周子さん
僕はそれで狂人かなーとは思っていたのだけど
オメガさんが本当に狂人だった時は驚いた」
道明寺歌鈴 「え、えっと、ちょっと情報を整理しなおさないと…ふえぇ…(わたわた」
塩見周子 「ってことでさ、春香さんと、それから歌さんの灰残りおしえて欲しい感じ。
霊噛まれてるけど、これ蒼星石くん吊りは勘定いれときたいし。」
蒼星石 「だから昨日出たんだよ
オメガさん○が不思議だったから」
水瀬伊織 「歌田視点、周子・蒼星石・春香を吊ればミッション完了よね。
吊りは4。なんとかなりそうだけど。」
道明寺歌鈴 「と、とにかく今日は、雪歩さんの支持に従いますっ」
歌田音 「黙らせるのもあれですが、
人の話を聞かずにひたすら相手に自分の疑問を押し付け続けるのもあまりよくないと思います」
萩原雪歩 「ローラーは時期として早いでしょうか?」
塩見周子 「それがすっごい嫌なんだけどさ。
あと、今日まで歌さんガン護衛してる理由も含めて>蒼星石君」
小早川紗枝 「◇天海春香 ◇おにぎり○ ◇塩見周子 ○ ◇四条貴音 ○◇道明寺歌鈴 ○◇水瀬伊織 ●
◇小早川紗枝 ◇星井美希
狂オメガ 歌田 狼ネコ

◇歌田音 ◇水瀬伊織○ 紗枝○ ◇星井美希 ○◇道明寺歌鈴 ○
◇蒼星石
春香 狂オメガ 狼ネコ」
塩見周子 「早いかな。
だったら、灰つめていいと思う>雪歩さん
あくまでもこの展開だから、だけど。」
道明寺歌鈴 「あとは…蒼さんと美希さんでしょうか、私が気になったのは
紗枝さんは比較的村目だと思ってますが…」
歌田音 「早いですね」
天海春香 「村としてはどっちがホンモノであろうが詰めれるとこまでいけばいいってことだし
さすがに私が噛まれるのもなさそうだから、グレー2人の占い結果を出せればいいってことか」
蒼星石 「春香さんの投票先がおかしいと思ったからさ>周子さん」
小早川紗枝 「両偽と見るかどうか、やねぇ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
塩見周子 さんは突然お亡くなりになられました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆まことGM ぎゃー!!延長忘れたー!!
ごめんなさいー!」
6 日目 (1 回目)
天海春香1 票投票先 →水瀬伊織
星井美希0 票投票先 →水瀬伊織
蒼星石1 票投票先 →水瀬伊織
小早川紗枝1 票投票先 →歌田音
萩原雪歩0 票投票先 →小早川紗枝
道明寺歌鈴0 票投票先 →水瀬伊織
歌田音1 票投票先 →蒼星石
水瀬伊織4 票投票先 →天海春香
水瀬伊織 は投票の結果処刑されました
塩見周子 は突然お亡くなりになられました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
道明寺歌鈴 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水瀬伊織さんの遺言 まぁ、いいんじゃないかしら。

       /: : ////〉: : : :_: : : __: : : : : : : : : : : : : ヽ: : :.
       ,: : ノ/7´: : : :_∨´//  -`ヽ、: : : : : : : : : : ∨:}
        {:////!: : :イ             \: : : : : : : : : ,: !
       |:\//: :,-             \: : : : : : : :}:!
        |: :{/!:,イ                   ヽ: : : : : :.l:|
        !: :Ⅵ:./    _           _   ∨: : : : |:|
      }: : :l/:{   ´   `       ´   `ヽ }: : : : : !:l
      |: :ハⅥ   ,ィー- 、         ,-‐-、  !: : : : :.!:{
.      ___|: :{ ^ヽ.  {i  ム心        仏心 `ヽ ;: : : : :.;:_',__
     {///∧{_ ハ.   弋(ソ        弋)ソ   ' ;' : : : :////}
     l/∧//ゝ、_,}                ,: : : : ://///!
    //{/////叭          ,        /: : : :./////ハ
     {/ l\/////込、             /: : : :.///////}
     ∧{  `ヽ、////>      r‐、      /: : : :.//////イ:.:.
    /: : ',    7////} }ヽ、       イ/: : : :.///// ;: : : :.
.   /: : : : :.   {/////! l//イ7 ー=≦/ /: : : :.///// /: : : : ::.
  /: : : : : : :.   `ー、/,| ∨/ / /ハ ∧∨: : : :/- ' ´  /: : : : : : :.
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
萩原雪歩 「おはようございますぅ…。」
蒼星石 「護衛雪歩」
小早川紗枝 「◇歌田音(11) 「それでは審査を開始します。14番(伊織)合格○です」
初日の占い結果


◇歌田音(20) 「水瀬伊織、ねぇ……
そこラスグレなんですが、なのですが」
昨日の発言。
はて?自身の結果も覚えてはらへんの?」
天海春香 「春香さんの占いCOですよ!
美希は●!」
歌田音 「それでは審査を開始します。5番(蒼星石さん)、不合格○です」
星井美希 「おはよう。嫌な事件だったの……」
蒼星石 「えっ?」
天海春香 「蒼星石ちゃんは後回しでいいよね
なので美希を調べるよ!」
萩原雪歩 「春香ちゃんが囲いを行っていることを考えて
小早川さんに入れようと思ったんですが遅かったみたいですね…」
蒼星石 「美希●でいいの?」
天海春香 「ええええええ
なにこれ?音さん狐ってこと?」
歌田音 「>6番
あ、忘れてました」
星井美希 「はい、春香聞こうか。対抗の歌田音さん、役職なんだって思ってる?」
天海春香 「この結果にビックリだよ>蒼星石ちゃん」
萩原雪歩 「…春香ちゃん
ネコさんが●だよね
春香ちゃん視点伊織ちゃんが●だよね、美希ちゃんが●だよね

……歌田さんは春香ちゃん視点狐なの?」
歌田音 「で、5番に●打たずにどう切り抜けるのかと思ったらそうするのですか」
小早川紗枝 「じゃ、歌田はんは春香はんをどう思ってはりますのん?」
天海春香 「狐しかないでしょ、これ
それともオメガ狐だった?>美希」
蒼星石 「なら僕は真狩人ということになるね」
歌田音 「>小早川さん
狼以外あるんですか?
そこ以外占ったんですが」
天海春香 「そうだねえ>蒼星石ちゃん」
小早川紗枝 「どうなんやろうなぁ。
狐ってどこやったと思う?>歌田はん」
蒼星石 「星井さん吊りでいいよ。そこ吊って終わらなければ春香さんは破綻」
歌田音 「春香視点を言うのなら
小早川さんを吊って明日に行けば全部わかりますね」
歌田音 「私狐って言うのなら蒼星石さんに私を護衛させて、占わせればいいので。」
星井美希 「うん、ミキ吊りじゃ間に合わないんだよ>蒼星石
輝子さん狼だったならともかく、そうじゃなきゃここで終わっちゃう」
天海春香 「音さんで銃殺出せってことだね>音さん」
蒼星石 「ああ、紗枝さん吊りでもいいのかな?
私は春香さんを護衛するよ」
小早川紗枝 「6人で、歌田はん視点では2W残ってるのに
星井はん吊り提言しはるのん?>蒼星石はん」
萩原雪歩 「じゃあ今日は小早川さんをお願いします…」
歌田音 「だから
春香LWですよ。
私の占い結果も覚えてないんですか」
小早川紗枝 「どこつれても良いように見える」
歌田音 「蒼星石占ってるんですが」
小早川紗枝 「いいや、歌田はん信じますえ」
歌田音 「星井さんも占ってます」
蒼星石 「え?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
天海春香1 票投票先 →小早川紗枝
星井美希0 票投票先 →小早川紗枝
蒼星石0 票投票先 →小早川紗枝
小早川紗枝5 票投票先 →天海春香
萩原雪歩0 票投票先 →小早川紗枝
歌田音0 票投票先 →小早川紗枝
小早川紗枝 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
歌田音 は無残な姿で発見されました
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
蒼星石 「護衛春香」
萩原雪歩 「それにしても春香ちゃんと私、どちらも凄い顔の写真…」
天海春香 「春香さんの占いCOですよ!
音さんは○!」
星井美希 「おはようなのー」
萩原雪歩 「おはようございます」
天海春香 「銃殺出ましたよ!
って、蒼星石ちゃん私を守ったの?」
蒼星石 「あらま、普通に噛んでくると
歌田音さんを護衛しておけばよかったや」
星井美希 「うん、春香視点はそうするしかないよね。それじゃ、春香吊りで終わりなの」
天海春香 「いやいや、なんかおかしいよこれ」
萩原雪歩 「でも私、なんで残されてるんだろう」
天海春香 「雪歩を噛まなくてもよかったからじゃないかな?」
蒼星石 「あー、そういえばこれがGJかそうでないかなんて
表記されていないから噛み合わせかどうかとか断言できないの、かな?」
星井美希 「噛んでられる余裕がなかったからじゃない?>雪歩
霊能とか確○とかずっと噛んでたし、役職の可能性ある方が噛むでしょ。狩人とか」
萩原雪歩 「…解りました
ちょっと色んな変なこと考えちゃったけど」
天海春香 「蒼星石ちゃんが素直に音さん守ってたら
私がホンモノだって証明できたのに・・・」
天海春香 「そうだよ、ここでは護衛成功の表示とかは甘えだよ>蒼星石ちゃん」
蒼星石 「んー、オメガの前に噛む」
星井美希 「そそ、だから3日目の歌田音さんの時もちょっと疑問持ったの>蒼星石
ただあそこで灰噛みとか暫○噛みとかする狼はいないと思ったから、護衛結果は本物だろうなって結局思い直したけど」
蒼星石 「やっぱり霊能を噛まないのはおかしい」
蒼星石 「美希さんは死体なしの日に○を出された」
萩原雪歩 「春香ちゃん吊りましょう
違ったら…ごめんね

春香ちゃんが呪殺して蒼さんが狼で歌田さん襲ってトカかんがえたけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
天海春香3 票投票先 →星井美希
星井美希1 票投票先 →天海春香
蒼星石0 票投票先 →天海春香
萩原雪歩0 票投票先 →天海春香
天海春香 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
天海春香さんの遺言                       __
                _ ,. <:::::::::::::::::::>.、
               /  〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               ,{_/_ノ:::/::::::::::::::::::::| ̄`ヽ:::::::\
            /´/Y::::::::/::::::::|:::::::l:::::|/ヽ_ノ]=- 、ヽ
           <  l /l::::::::l:::::::::::|:::::::|::::::`丁::/ |`ヽ >!
            \_/ |::::::::|:::::::::::l:::::::ト、:::::::|:::,' |\_/:::l
            / |  i:::::::_|_::::::|::::┼l─-|:,'  |  〉:::i
               ̄|-┤:::::::|::::::::::::|ヽ:| .|::::::」レ-':\/::::::\
                l:::::|::::|='==ミ ̄  ,ィ===./:::::::/:::::|::::::::`>
            __,!:::::ヽ:ハらしヲ    らしク:::::::::/::::::::l`ヽ::\_
         _r<ヽ八::::::::::∧ ̄  ,    ̄/::::_ノ>--、) ∨-''´
      ,.--イ`ー──┴''ヽr‐、--─へ /:/   ヽV    l\
_____/  /         `ヾl     〉''´ ,、__ノ=,_ノヽ  !  ヽ
     〈             //,ィア`ー'´ ̄     ̄ヽ\  /ゝ、 ∧
      \__,,.  --<l ̄ ̄ //             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ヽ_ 〈〈__         /
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/10/11 (Thu) 00:10:09
四条貴音 「具体的には最初に噛まれたほうの共有と同じくらいの薄さでしょう」
天海春香 「おつかれさま」
Omega11 「《お疲れ様だぜ》」
我那覇響 「御疲れさまだぞー!」
歌田音 「お疲れ様でした」
道明寺歌鈴 「お疲れ様ですっ!」
おにぎり 「お疲れ様ー」
蒼星石 「お疲れ様でした
あ、オメガが狐だったか」
ネコアルク・カオス 「…あー、はい。お疲れ様でした。すいません、不甲斐なくて」
星井美希 「……あふぅ。ごめん、最後の説得入らなかったの……
おつかれさまー!!」
四条貴音 「お疲れ様です」
萩原雪歩 「変なこと考えちゃってごめんなさい!
そうか美希ちゃんは春香ちゃんに●出されてるし…」
如月千早 「お疲れさ……なんかディスられた」
Omega11 「《私はPHPを恨む。妖狐ではなく人狼だったら歌鈴ちゃん噛めていたものを!》」
塩見周子 「お疲れ様。
改めて、突然死ごめんね。」
萩原雪歩 「とにかく、あの…お疲れ様でしたぁ!!」
まことGM 「レアケ想定はいいけど1人で進めないほうがいいかなくらいじゃないかなぁ」
星井美希 「……本当に真狼狐の内訳だった。なんという」
Omega11 「《まあ狂人役という妖狐で許してくれ》」
如月千早 「萩原さんもお疲れ様」
蒼星石 「狐が、狐の位置が不明だった…。
それだけが気がかりで気がかりで」
四条貴音 「ゲーム終了後の最初の発言がわりとひどかったですね
千早には申し訳ないことを」
道明寺歌鈴 「す、少しは自重してくださいっ!!>Omegaさん」
萩原雪歩 「って、私最後まで生き残っちゃった
えっと待ってね響ちゃん」
天海春香 「粘ってもどうせ負けだし、さっさと終わらせろって感じですよね
ごめんね、ムダに長引かせて>見てた人たち」
我那覇響 「ん、気に病まない程度でいいと思うぞ!
次も一緒に楽しくやろうな!>塩見 カオス」
塩見周子 「狂人内訳想定してみても、なーんか違和感あるなって。
っていうか共有噛み→占いチャレなんてファンキーすぎるよ……」
Omega11 「《これでも自重している方です>歌鈴ちゃん》」
ネコアルク・カオス 「…いえ、真っ先に死んでしまってこちらこそ申し訳ありません。 >春香」
おにぎり 「真狼狐は…何とも言えないね
噛めないというか…」
Omega11 「《皆楽しくやりましょうぜ》」
星井美希 「正直最終日は『あれ、負ける?』って思ったくらいにはドキドキしたの>春香
だから、謝る必要なんてどこにもないと思うな」
天海春香 「しかもホントに狐混じりだったとか・・・
一瞬だけ蒼星石ちゃんが狂人に期待したけど、あながちなくはなかったのか・・・」
如月千早 「…くっ!そこまで薄くないですもん。まあそれはそれとしていいですよ。
許します>四条」
歌田音 「だから
あの時点で春香視点真狂狐
omega11があそこで何故か●投げて吊られた狐とか見ないなら私がほぼ視点狐
なら●か狩人以外を吊って私を占わせて、呪殺が出たら美希を吊る、でいいんですよ」
萩原雪歩
               . ―─ ‐  .
            . <: : : : : : : : : : : : : : > .
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : :丶
       ,.イ, : : : : 、 : : : : : : :!:、 : : : : : : : :ヘ.: : : : :.
      ̄ / : : : : :ム.: : : : : :|= -: : : : : :.トヘ: : : : ヘ
.         ,': : : :.才´ \: : : :| , zz\`: : : l :\: : : : :.
.         l/: : : : レz 、  \: :l"γヾ ヽ: : :リ: : : : : : : ハ    えっと…
        ハ: :∧: |Yヘヽ.  ヽ! 込ノ ノ W/ : : : : : : : : :   響ちゃん、何とかして
        ト: :∧! Ⅵj  ノ     ``   :| : : : : : : : : :| さんぴん茶、っていうの
        |ヘ|:.  `   ゝ          :| : : : : : : : : :| 作ってみたんだけど…
        |: : :',                  :| : : : : : : : : :| お口に合うかなぁ?
        |: : :.ヘ                .:|: : : : : : : : : : 沖縄の名産だ、って聞いて…
        |: : : : 丶   ´ `     イ :|: : : : : : : ,'l/
.          Ⅵ : : : : :>       . :   | !: : : :/ /
.           ∨: :!: : : : : : :≧≠.       リ|: : :イ /
          \|ゝ> "´  ,r1      |/ >≠z ,
            __  ,.イ{ l! '       /' / .///   >.
          /   l/{! l! l! 、 , ― /' / .///      .ヘ
          /  r‐=≡≡=‐┐   /' / ///         :ヘ
.         〃   .{:::_:::::::::::::::::::::::::}  ./' イ ./// ,'  /    ハ
       /   , イ〆 j ::::ヽ::::::: /;;;!zz斗" ///   〃       .:j
.       { γ /  イ:::::::::::::::八::::l‐/'─=〈z〈x、 , /       .:/
        ', !. '  イ ノ:::::::ノ:::〈 ::::〉:{/'/////////>//     .:/
       ',j { ヽ' /Y:::::::::::::::::::::: 」 //////////jイ _ _ zzj!
        }∧ ∨./ :::: > 一 "  ̄ >、////〈l! "      :|
        | .∧ 、 ` ー.( _ , _ _    ∨///|:       |
        |   ゝ` ー - -     ` ,     V// !         !
        ゝ   j77≧z - ─ "´ ヽ    \/l       :
       ,'    ∧//////|///////ヘ.    \      i
.      /   ,'  Y/////////////.ヘ     ヽ     .j」
蒼星石 「はあ…。狐だけが気がかりだった
狐位置が響さんだけしかいなかったもの。」
道明寺歌鈴 「んっと、響さんが村陣営で勝つことができて何よりですっ
改めて誕生日おめでとうございましたっ!>響さん」
我那覇響 「最後まで足掻くのも狼だと思うぞ!
春香が選んだ行動にケチをつける気はまったくしないぞ!>春香」
我那覇響 「うん!有り難うだぞ!>歌鈴」
天海春香 「負けるのが分かってて戦うほうは、結構キツイんだよ
しかも最後、音さん噛みが通るとか思ってなかったし>美希」
歌田音 「実際はなんかomega11狐でしたが」
Omega11 「《合法的にprprする方法はないもんですかね?》」
おにぎり 「謝ることはないと思うよ>春香
ちょっとどうなるかわからないのがあったし」
Omega11 「《初日死にたくなかった。以上>歌田》」
道明寺歌鈴 「そ、そんな事ないですっ!
LWでぎりぎりまで頑張るのはとっても大事だと思いますっ>春香さん<長引かせて」
星井美希 「それでも、諦めちゃそこで全部終わりだよ?>春香
春香は諦めなかったから、最後の歌田音さん噛みが通ってひっくり返す寸前までいけたわけじゃん」
萩原雪歩 「うん、春香ちゃんはよく頑張ってたよ
最後まで私、頭の隅でもしかしたら、が消えなかったもん…」
蒼星石 「うん、久しぶりに狩人で頑張れたから満足かな
最後のほうの詰めは甘かったからまだまだだけど」
天海春香 「あそこは私に銃殺出させればいいだけだし、なんてことはないですよね
村の人たちも冷静に判断してましたし>音さん」
萩原雪歩 「…でも占いに狐がいたのは本当だったんだ…」
歌田音 「>12番
●投げた意味は一体……
我那覇響 「それで最初の身内票はなんだったんだぞ?
占いで入れる理由がまったく無い感じだったぞ?>春香」
如月千早 「っと、それではお疲れ様でした。同村村建て感謝します。では。」
Omega11 「《まあ霊界のログ見てくれればわかると思うけど、響●と見ていた>歌田》」
星井美希 「千早さんおつかれさまー!」
我那覇響 「千早は御疲れ様だぞ!」
Omega11 「《落ちる人お疲れ様だぜ》」
道明寺歌鈴 「特に最終日の、歌田さんを狐に見せるって考えは
私なんかじゃとても思いつかなかったと思います…っ>春香さん」
萩原雪歩 「千早ちゃん、お疲れ様。一緒に共有してくれてありがとう」
天海春香 「でも、突然死が出てなかったら、完敗だったね」
我那覇響 「絶対初手●が来ると思ってたぞw>大佐」
歌田音 「>蒼星石
後、GJ出さないとかいりませんからね、あの場面。
私護衛で死体になってるかどうか見るだけでいいので。
死体無し出ても両占いの視点で狐はいません」
天海春香 「投票ミスだよ、単純に>響」
ネコアルク・カオス 「…その、これにて失礼します。お仲間はありがとうございました。
…どうするかなぁ。うん」
道明寺歌鈴 「いや…むしろ私に初手○出してツヤツヤしてるのが
ものすご~~~~く目に見えたんですけど…>響さん」
我那覇響 「それをいっちゃ駄目だぞw>歌鈴」
萩原雪歩 「オメガさん狂人だとばかり思ってました…
レアなケースだったんですね」
天海春香 「だから、私護衛とか言い出したときは
あれ?やっぱり蒼星石ちゃん狂人だった?って思いましたよ>音さん」
Omega11 「《歌鈴ちゃんいなかったらやってた>響》」
我那覇響 「うーん・・・カオスにアドバイスしたいけど
自分其処までの技量がないぞ・・・」
蒼星石 「だったねー>歌田音さん
あそこでちゃんと護衛できていれば迷わなくてよかったよ」
星井美希 「真狼狐はレアケースもいいとこなのw>雪歩
ただまぁ、今回は別にオメガさん狂人とみても問題ない進行だったかな?」
歌田音 「占い結果ミスったのは申し訳無いですね」
Omega11 「《歌鈴ちゃん可愛いに尽きる。
この村のログは永久保存ですね。ISAF総司令部に連絡だ!》」
天海春香 「あれくらいしか勝ちスジ見えなかったからねえ
伊織●打ったとこで、やってもうた感マンマンだったから>歌鈴ちゃん」
萩原雪歩 「う、うん。そうだよね…
真ちゃんが村だったらこれ、占い4COになってたかもしれないんだね……」
塩見周子 「でもまぁ、レアってほどレアでもないかもよ>雪歩さん
だって、狂初日でかわりにそこに狐が入った、ってだけの話だからさ。」
Omega11 「《ここは四条。狂人は潜るかも>雪歩》」
天海春香 「霊能占いしてる私もいますし、音さんはきっちり仕事してましたよ!
勝てそうにないから噛みに行ったらGJ出されちゃったし・・・>音さん」
我那覇響 「うーん・・・まぁカオスがログを見返す事を思って
代わりに聞いておくぞ!カオスに初手投票は意見とかが薄かったって感じなんだぞ?>初日投票者」
蒼星石 「でもやっぱり真占いを護衛できたら村は勝てるね
春香の投票要素がなかったらもっと迷っていたけど。」
Omega11 「《狂人役のただ歌鈴ちゃんprprprしたいただの狐ですよ。》」
星井美希 「リアルで狂狼狐が怖かったのだけがなんというかアレっていうか……あふぅ」
道明寺歌鈴 「さてと。私もこの辺で失礼します。お疲れ様でしたっ
…ここまで堪能されると、いろんな意味で疲れますよ…ふえぇ…

【なんか前回来た時から全然成長してないなあ…(苦笑】」
萩原雪歩 「そういう部分でも違いってあるんですね…>オメガさん

狐さんが潜らないのも珍しくて…はい、心に留めておきます!>塩見さん」
Omega11 「《あ!早苗鯖のアイドルAM氏がご帰還なさるぞ!》」
Omega11 「《お疲れ様だぜprpr》」
萩原雪歩 「それじゃあ私もここで、失礼させてもらいます!
皆さん、ありがとうございましたぁ!」
我那覇響 「大佐は御疲れ様だぞ!」
星井美希 「落ちる人はお疲れ様なのー!!
うん、ミキはそんな感じで投票したかなー>響」
道明寺歌鈴 「ふええぇえ~~!!!
もういいですってばぁ~~~~!!!>大佐」
塩見周子 「まぁ、よくあるっちゃよくあるよん。>雪歩さん
正直、オメガ○ならえーこれ狐混じり?と思いつつも全偽まではみれなかったしねぇ今回。」
おにぎり 「それじゃ、自分も落ちますね!
村建て&同村ありがとうございました(ごろんごろん」
Omega11 「《だから俺はオメガ11って言ってるだろ!階級は大佐だが!》」
歌田音 「>春香
6番に最後ちょっと迷惑をかけてしまったのが。
どうも私のミスで蒼星石●に見えていたようですので」
四条貴音 「では、皆様お疲れ様でした」
星井美希 「大佐がはっちゃけておられる……」
我那覇響 「落ちる人は御疲れ様だぞ!」
天海春香 「私が霊能噛むってよっぽど困ったときくらいしかやらないし
結果がどうあれ初手霊能噛みはまずやらないかな
投票もとくに気にしない派だし>蒼星石ちゃん」
我那覇響 「うーん・・・カオスが狼で初手吊られをちょっと気にしてたので
アドバイスを送りたいんだぞ、でも正直ここは投票者に聞かないと
解らないから、結構難しい所なんだぞ」
Omega11 「《実は☆か響●投げで迷っていたんだぜ?》」
Omega11 「《まあネタに走ったので破綻しても大満足だったが》」
我那覇響 「大佐を満足させてよかったと思うぞw
南へさんのフォローだけは任せたぞ?>大佐」
Omega11 「《ウィルコ(了解。貴機の命令に従う)だ》」
我那覇響 「大佐を信頼してなきゃ頼まないさ!宜しく頼むさ!」
蒼星石 「私も初手霊能噛みはしないけど共有噛みもしないかな>春香さん
占いか、役目の灰を噛んでいく。だからあれで共有噛みにすごく違和感を持ったし
それに春香さんの伊織さん投票で引っかかったしね。それで歌田音さん護衛にしたし」
天海春香 「グレー狭めだったし、役なさそうなとこ吊っていこうぜ!じゃないのかな?>響」
塩見周子 「◇ネコアルク・カオス(110) 「占い指示は…うにゃ、三人なら自由でいいと俺は思うにゃ?」

こういうのは割とクティリカルかなー。>響さん
占いに触るのって、触り方次第なんだよね、特に指示なんかは、早苗だとわかんないけど、
こっちだとやっぱり「?」でじゃあ吊ろうになることが多いし、そうじゃなくても、マーク対象にはなると思ってる。」
Omega11 「《初手共有噛みは意外だったね。うむ》」
塩見周子 「個人的には必要のない占い示唆って、嫌う人は嫌うからね。」
星井美希 「あふぅ……ミキも疲れたからそろそろかえるー……

みんなお疲れ様、GMさんは村立てありがとうなの。また遊ぼうねー!」
我那覇響 「うん、大体はその辺りに起因するとは思うけど
それでも、ここらを直せば・・・ってのは春香でも見えると思うぞ?
よければ書いといて貰えると自分としては嬉しいぞ>カオスについて」
Omega11 「《お疲れ様だぜ!
美希はフランカーに乗れていいよな》」
天海春香 「伊織投票はもう、単純にミスだよ
狩人とかそうそう抜けないし、噛めるうちに対抗を噛む路線で行こうだったけど
灰狼が吊られそうな展開だったから、共有噛みきりコースで行こうかなっていう感じだったよ>蒼星石ちゃん」
塩見周子 「あと、周りの発言が割とどんぐりになってるから、票が自然と割れちゃったのも悲劇だったかもね。
だからこそ、あたしはえ、春香さん●にとどめさしたの?ってなったんだけど。」
我那覇響 「うんうん、こういう的確な感じの意見は嬉しいぞ!>塩見」
天海春香 「ほぼ狼露出状態だったから、噛めるとこを噛んでいこうっていう方針だよね>オメガさん」
Omega11 「《塩見さんの意見は俺も参考になるねえ》」
Omega11 「《ラジャー>春香》」
我那覇響 「今日はもうチャットいかないから
カオスにログに目を通して貰うようにいっておいて欲しいぞ>大佐」
天海春香 「狼ランならさすがに入れない手はないですよね>周子さん」
我那覇響 「んー、自分も狼で速攻で吊られて
仲間に申し訳無く思う事が多かったぞ!
だからなんで吊られたのかを、吊った人に聞くのは
凄い大事な事だと自分の意見だけど思うぞ!」
Omega11 「《ラジャー>響》」
塩見周子 「んーそれもそうだし、今回はね。
ちょっとそこみた上で、考えこんじゃったからさ。>春香さん」
蒼星石 「うん、ミスだと思った。それでも最初に伊織さん投票ってことは
口数少ないところが無難に吊れ欲しいというのが見えたから
そこは真ないんじゃないかなーと>春香さん」
我那覇響 「占いが狼に票を入れるのは真目の要素といえるかというと・・・
うーんって感じにはなるかだぞ」
我那覇響 「悪魔で灰に居る狼が、灰の狼に対して行って結果を見せる事が有効な訳で
・・・色々考えると難しいぞ!w」
天海春香 「結局、初手吊られるかどうかは、流れに乗れるかどうかで決まるんじゃないかな?」
天海春香 「基本的にあんまりしゃべらないとこから吊るからね、私は>蒼星石ちゃん」
Omega11 「《初手吊りは事故って認識かなあ>早苗鯖》」
Omega11 「《まあ》」
Omega11 「《こういう日もあるさ》」
我那覇響 「色んな要素は確かにあると思うぞ
3票で吊られることもあれば多目に票を貰う事あるから
3票ぐらいで吊られたなら、運が悪かったかーぐらいで
やはり多数票を貰った場合は、原因が有ると思うからそこは聞くのが大事だと思うぞ」
Omega11 「《流石響である。言いたいこと言ってくれたんよ》」
塩見周子 「正直、言い訳覚悟でいうとね、
あの日、伊織さん吊ってもいいんホント?で吊り先考えたら、吊りたいところがなくて困った。
それが凸に繋がったから余計申し訳ないんだよね。」
我那覇響 「でも塩見を占うのは優先事項かなーってのは初日夜の雑感だったぞ」
蒼星石 「歌田音さんとの比較でみて、だけどね>春香さん
でも伊織さんは初手囲いと考えると非役目なんだよ
だからたとえ間違いでもそこに投票するのはちょっとおかしいなと」
我那覇響 「道明寺が3日目露骨に吊りたくなってたのは内緒だぞ
これ囲いだろ!って思ったら村で、初日狂人だったぞ・・・」
Omega11 「《響
つ●》」
我那覇響 「どんとこい!>大佐」
Omega11 「《流石俺たちの響(一太刀ん)だぜ!》」
我那覇響 「ん、まぁ塩見とカオスは気を落とさないで欲しいさ
それじゃあ自分は先に落ちるさ!」
我那覇響 「うるせぇw>大佐」
天海春香 「初手投票は役持ちっぽくないとこを狙うから
○把握ミスだとしたら、伊織投票は別におかしくはないと思うけどなあ
考え方の違いかな>蒼星石ちゃん」
Omega11 「《投票間違いかあ。人外の時に多いなあ…ハハハ…》」
蒼星石 「というかあれ、初手○に囲いがあるかどうかと考えると
一番わかりやすいのは共有霊能だけど生存欲が無いというのもあると思うんだ>春香さん
だから春香さんと歌田音さんとで真狼を考えると、ちょっとその投票は疑問点が。
囲いっぽいとかならまだしもね。それに票変え先がネコアルクだから狩人保護のためというにもまた疑問点がとで決まったかな」
蒼星石 「まあ、それでも絶対に自信があってというのじゃなかったよ
そういう占いもいるから間違っているかも、って護衛しようか迷っていたし」
天海春香 「なるほどねえ>蒼星石ちゃん」
蒼星石 「いろんな占いを見てきた占いになってきたというのが僕の武器の一つだからね>春香さん
まだまだ3ケタだけどそれなりに見えてきたものはあると自負しているよ」
Omega11 「《では私もこれにてお暇させて頂きますね。お疲れ様でした!》」
Omega11 「《ああ!EF81牽引のE657系甲種の写真編集してねえ!》」
Omega11 「《オメガ11ヽ(0w0)ノイジェークト》」
天海春香 「それじゃ私も帰るね
GMさんも村のみんなもありがとう
狼で村をコントロールして勝てるようになりたいね」
天海春香 「ログを見て、ふと思ったこと
 
7日目はロジックだけで言うと、村視点は○吊りが最善手なんだよね
 音さん護衛さえしておけば、音さんが死体=銃殺で、私が真占いになるわけで
 もし、死体がなかったり、音さん以外が死んでたら、私は破綻だから
 あそこで私を偽だと決め打たなくても○吊りでOKなんだよね
 
ただまあ、私視点の狐である音さんが、
私の●を吊りに来ないうえに、私を吊りにも来ない時点で
音さんが狐なのをあんまり考えなくてもよくなるんだけどね
そうなると私を偽だと見ていいわけで・・・
 
っていうのを考えちゃったから、
最終日は何も主張することが出来なくて、言葉に詰まっちゃったんだよね
美希を狼だっていうアピールを持っておかなかった私が悪いんだけどね
 
やるんなら蒼星石ちゃん●だったかなあ・・・
雪歩と美希を味方につけることができたかもだけど、それもキツイかな、うん」
天海春香 「まあ、突然死で吊りが1つ減ったからギリギリの勝負になっただけで
本来はどうしようもなかったわけだし、ね
ネコさんも輝子ちゃんも、力になれなくてゴメンね」