←戻る
【劇場160】アイドルたちの人狼劇場村 [190番地]
~日曜765ミステリー ~エージェント夜を往く~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon GMシューコ
(生存中)
icon 鳴上悠
(生存中)
icon ダディクール
(生存中)
icon イヴ
(生存中)
icon 橋本崇載
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon 桂木桂馬
(生存中)
icon 小野塚小町
(生存中)
icon ヌオー
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 佐久間まゆ
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon 諸星きらり
(生存中)
icon 音無小鳥
(生存中)
icon 音有大鳥
(生存中)
icon
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
天海春香 「.   \  r´           n      i   l      .¦    /                            
    \ l            nl !   ▽             /  ◇                          
      \.           ヾてコ      |   ¦     |   /              /               
.   _               ゝ=-!        |     |     /                           
   lr´ ̄   _.         | l.    ¦       rっ-─,           /!    ./                 これにて本日のアイドル劇場は閉幕となります!
        ヾУ        i !ヘ   |   |     .{_Yヨ  ./      / 」  /                   
 \                |   < ´Ⅹ   .|        .| |  ./   /   /       ./                 
   \     \       .|   .i´ |r=ラ, -=-ェカ、  r─┐/              / /                
    \    \    .|   ヽ </〃;/l,,l、_、ヽヾゝ | ̄l    /       /                    人狼陣営PPとなった結末に、皆様拍手を!
      \    \   |   .ヾ/ィ <の の 7ノ   l  l   /     / / /                  
       \       __. .ヾノ入 r‐┐/;:ノ、.─ i  .!─ ‐‐-   _         /              
       _ ィ-─  ̄         '''^ヾ y.¨r.'ノノヘ!_,ノ   !          ̄ ̄∨  /              
      / ̄                  i /-=、`  ̄____ノ               ∨  /7    /         
\    /__                    ///: : : ヾ、ヽ、                      ∨ /〆    /          
  \ ./   >               ./ /、: : : 〈、、 ノ                 ,ィ  .∨                  さて、明日は初心者村の予定となっております!
.    /   7              >-7:.: : : :.ヾ´                   ,ィ<|  .∨  /            
‐─ /  ╋┓"〓┃          i : : :,、_∧ _,,...ィ-──'7.        ●┃.┃┃ .∨               
  / .   ┃┃ .━┛ヤ━━━━━━><;:;:;: ̄ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/'¨7━━  ━┛ ・ ・......∨                時間はいつもの22時!
  /       =-ヽ            /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ . /                ∧  ─ ─         
 /                   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!ヽ、;:;:;:;:/!   /     _          ∧               
:/                        /;:;:;:;:/ !;:;:;:;:;:;|;:;:;ヽ;/ {  ./       r 7     ,::ィ-=7∧   ─ ‐─      
       /{               /;:;:;:;:;/;:;:!;:;:;:>"⌒    i  /      ヾ    1´   / ∧             皆様のご参加、お待ちしております!
      / <            /;:;:;:;:;:/;:;:;>"         ! /            `<_」  ∧            
      `<|             人___/         ./ ./                    ∧ ─ ‐‐  ─‐─  
                    / /          i  しr-rっ                     ∧            
   /\             / /          し∠/¨          ,ィ<>、   .∧           
‐-────--Wゝ---- 、  _.! /            _二二 __,ィ、___,,,,,厂-──フ/ ¨ ̄             ………私は仕事で参加できないんだけどね!
       /              / /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、             \     //:i      丶        
        /       /       ノ /、  ¦      !ヘゝ      \ .,、_    \  / /::::|  \           
   lヾ     ,  /.    .rヘ〃'   |    |            ヾ-=´    l   /:::::::!   丶    \    
 .    ̄   /(         彦/           |          \       | / ィ-ヽ               それでは皆様! 本日は当劇場のお越しいただき、真にありがとうございました!
    /     ̄ / .       ¨´.     |    ¦   ¦                |//           \       
                                                                    お疲れ様でございます! 」
天海春香 「あっれーまた俺……じゃない! 私が〆ですか!? もーしょうがないなー」
天海春香 「おうお疲れさん」
ダディクール 「んじゃ、改めてお疲れー」
ダディクール 「みんな最初期RPのAAだしてたからな(キリッ」
天海春香 「                                         
                ,,-―ー-、                    
              /   ,r,   ゙、                    
            _,,. '^ 、      i                   
           (;;__,..)    ヽi                     ダディがAA……だと……!?
              ,-‐i ゙゙  /  \                  
         ,. ' ´ ̄>、八 ,, テ彡',、 _`ヽ.                
         /  〃∠  ミy-'' ´7⌒Y ``゙`ヽ、             
       { N、/i´⌒>y'′  ハ   :   }  ハ            
     /´``-'y   ミノ    八  ',   ,.._,.._!           
      i /  ~ヘ   〕   _, -へ、≫-‐、ノ  ',ハ            なんという筋肉……!!!
    ノく  \、 ゝ、...ノヽ<     , {  (   n  ハ            
     iー-、.. `〈^〉 ノ´-、`ヽ-‐‐´∧ヾ、.  ハ   }           
    } '`  `` `>、.._   ` 彡´`ヽ>´^,' ⌒',   !            
    \``ー‐- -‐、  `` ヽ  _./ _,..-‐-y ノ!            
      `丶--‐"て_⌒ハ. }. } }彡  _´,,..  '´/_ノ            
           (`´,... } } .!.ノ三三__,,..-‐'"             
           `、-‐'"^^^'´ノ  ',   ∧                
            )-,..-‐'' ⌒',  }   ', i               
            ν´    / .ノ  ,...、 }                
           /      ノ 〃     !                
           /      / /      /                
             /    / / /      /                
        ノ   ノ  /  /    /                   」
天海春香 「へいお疲れ!!!」
ダディクール
                ,.. --‐'"ヽ、
         ,.∠´,,.. -‐/ヾ_\
      ,,..-'"  _,,..===,`'  ,-、゙ヽ.
     /,   ,.. -‐<__,{  ,(´  ``ヽ、
    (´ォi ゙r-‐''"´ ̄ { ,/´' ,    ', ゙i
    'ミーぅ∪'      ∨   ヽ.  リ ノ――-、
    `ー'′       λ、,.-、..ヽ_ /′     i
              i/ハ'  ,'/ ,/    ノ 、 }   ちょっと鴨にウサ耳取られたから
                / ,'   { r,〃    (●(●   もいでくるわ。んじゃ、改めてお疲れさん
             /'     !∨ ,/{   (__ノ_)'   他がやってやらないとか馬鹿じゃないだろJK
               /i'      ヽ/__ヽ  `⌒/〉-、_
              i ゙i       /`ヽフ≫、_ノ´,   ヽ
           {ハヽ   ノ__,.-、  `Y´ `ヽ   ',
               !. {  `,r-{´、 ,..ーヽ ヽ{. ,,..- 、:_   リ
             /!ゝ、  ゝ_ヘ‐'_,..-'"ヽ、._/´_,,. _ ゙ヽ_,ハ
            / ハ.(`},、   `ヽ.-‐''',.ハ _ ̄ 、.  ヽ、,リ
          /', ヽ、゙i、ヽ.   },`=彡ヾ、 、.  、  ∨
       / ヽヽ、 } ヽ}゙¨`)ヒニ彡>、   `` 、.ヽィノ
      /:  ヽ.  ヽ. イ /´'''7´  \.ヽ `ヽ、_ノ
      | ',    ゙ ヽ.  ∨ ´    i′    ``゙ ー‐"
      ! :       ', 、ヽ  ,   !
        ', ヽヽ    i ,リi、∨  .,'
      ヽ、、゙、   } ∨リ :/
          >ヘ }ー、ノ.../´゙i::::/
       /´ノ! ノ' /´  ノ::/
      /  ,'/レ{、  /:/
    i  ,' /  ' /::/
    ノ  ,ノ'′  ,/::i′」
音無小鳥 「うーん・・・
まぁ○を見させない動きだった狼が一枚上手って感じかしらね?そこらは
ま、とりあえず今日はこのくらいね!お先に落ちるわ!御疲れさま!」
天海春香 「吊るんじゃないさ、円高的に言うなら、つっついて反応みて村目or人外目を見る。

人外目と見たならば、そこに○を出した占いは必然的に自分的には信用が……
って感じじゃねーかな。

俺こんな動きしねーけどな!!!!!!」
ダディクール 「あーあれか・・・ぶっちゃけあのあたりで両方狂人くせぇなって思った>音無し」
音無小鳥 「というか、○見るのはいいんだけど吊れないじゃない?
そこら辺が難しいわよね」
音無小鳥 「小町3票の、きらり2票だったとおもうけどね?>ダディ」
天海春香 「灰が狭まる→後に残るのは半○ばかり→今のうちに半○連中がっつり見といたるわボケ!

でいいんじゃないかな うん。どうせ灰の人達大体吊れちゃうし」
ダディクール 「んー?2票と3票・・・?
ん、まぁ、ダディも寝るしいいか(適当」
音無小鳥 「○見ようかーって大体占いが片方噛まれた時だものねー」
音無小鳥 「正直あんだけ灰が狭まってると
○は後回しになるのよねw>春香ちゃん」
天海春香 「見えてない……見えてないさ……ぶっちゃけ賭けに負けたのさ……(白目」
天海春香 「美希お疲れ! 全然絡めなくてごめんねー。
自分のあれこれで手一杯だったよ!」
音無小鳥 「ま、いい時間だし今日はこのくらいにしましょうかねw」
天海春香 「占いが全然見えない時は占われた○なり●なりを見ればいいってエロい人が言ってた>小鳥」
音無小鳥 「まーだからこそ、内訳がみえてますーって人が気になったのよね>春香ちゃん・美希ちゃん」
桂木桂馬 「                   _,,  ,,_
                  , ィ´ミ三彡`丶、
               ,.ィ´ィ:.:/:>:/、 : : : ハ
                / /:.:.:./:/  i- ゞ 、: :_:.:l ,   さて、そろそろ僕もお疲れ様をさせてもらおうか。同村感謝しよう。ではな。
          / , /:.:.:../'/ .....i.f´ミ,l: i ,).lハ
        ./ /./:.:.:.;イ`ヽ;;;;;;! `¨ ',: : l ハ  (さて、じゃ、僕様ちゃんもお疲れ様させてもらうよん。同村感謝するぜ。じゃにー)
         / ,.イ /:.:/!:.:.:.:.:ヘ¨i _  ,.イ:i: : :! ハ
       .(⌒゙./、 //:,' i.:.:.:.:.:.:.:.:i>-- ' `丶: l   ハ  
       `丶、_γ_:_,' .!:.:.,=、:.:.:.i一 ' ´  }ニr- っハ
         ゝ=ォ ‐'.-i,‐っ≦ ir―‐(三Y三ヽ,/ ハ
           /:._: l: : : : : l  / >ニf¨Y;;',..-ッ  (ささやかにフリにノる)
             ∠_./\: : : : l-‐===‐-l/;/_(¨ ´
       __  .r\.\/: : : : l三三三ニ/つ,'
       ヽゞ‐ヽヽ=-¨¨`` ――一≦三三!
        `¨¨ヽ=-r‐===-+之,,_,∠三ノ」
星井美希 「そろそろミキも落ちるね!」
音無小鳥 「今日みたいな日は本当聞くしか無いわよね」
天海春香 「うむ。南無(チーン」
音無小鳥 「で、翌日3票貰いと2票貰い占いでしょ?
判断が付きにくいから、他人がどう見てるのが
凄く聞きたかったのよねー>3日目」
天海春香 「うわあどっちも胡散臭い! でもどっちかっていうと真目っぽいのは橋本!

でも霊能護衛もしたい! ああどうしよう! 

一番最悪なのは占い真を抜かれること、ロリコンは最悪噛まれてもいい。出方的に
なんか胡散臭いし!! 

となるとこっち!!(橋本護衛しました 」
ダディクール 「やー狼陣営じゃなければローラーさくっとの感じかな>音無」
天海春香 「うむ。俺の魂の叫びを吐露してやろう」
天海春香 「落ちた方はまとめてですまねえがお疲れ様だぜ!」
音無小鳥 「ていうか、初日占いどう思ったの?
あたしは正直どっちが真か偽かすら不明だったもの」
星井美希 「・・・まあれなの
一つ言えるのは・・・・吊られたミキが何か言っても大概だよね!」
天海春香 「ぶっちゃけあそこでの灰吊りに大層な理由とかいらないと思う鴨であった にんにん」
天海春香 「狼騙りをがっつり護衛してましたがなにか(白目>小鳥

見えてないどころか明後日の方向へ大爆走してたよ……」
音無小鳥 「というか、村狐狩で理由を付けて吊らないといけないんだから
アラが出るわよね?w」
天海春香 「        
                                            
                                            」
音無小鳥 「うん、まぁ霊能偽交じりが言えるなら
占いも見えてるかなーぐらいの考えだったからね
だとしたら、もっと見えてそうな春香ちゃん投票とそんな感じ>美希ちゃん」
天海春香 「                                          
                                            
                                            
        / ̄`` ー 、                              
       ノ,' 〃,リ   ヽ                             
      /./ '〈 !ゝ-,イ                               にょわー☆ きらりんっ☆ お疲れ!!
       / ,' ; ∨!‐'‐'`´          ,,-―ー-、            ,..._      
      /i : :  !ハ              /   ,r,   ゙、         ./,.-‐‐ ``ヽ、  
    / ! ','  ; ハ       ._,,. '^ 、      iヾ      ..〉、⊃!、  ノ  !  
   i  ',  } ,リ  i___    ..(;;__,..)     i        .`ー--'¨¨! ,  ',  
   { ) ヽ{ ,ノ  ゙', `ヽ.-‐==‐、   .ゝゞ;:;:;:;:;:´,l|\         ノ,}' 、ヘ  
   ∨'ヽ、_.{  __,...=.._ } ''"  ヽヽ  ヽ;:;:;:;ノ:;:;:;:ヾ:\       }'  ハ, ', 
     ヽー-、` ̄ ¬   `ヘ   / '`゙´、 ;:;:;:;:;:;:;:、  \--、     ,'    ハ.}  
     \ ヽ、.  ヽ,.. .. ノ},イ    リ{     i /´  ヽ'⌒ヽ'''''ヽ、.    ゙!  
         `ヽ.ヽ`ーゝ、__,..ノ .ゝ、  ノ \、    {       Y-、. Y´ `ヽ,.  |  
            ヽ、_ー、___,.,.-‐'"¨`ー 、_,.へ ヽ,   ト   ,..ノ`   〉-- <_ ,/  
             ̄  ハ、_      {   リ  〉   /´: `ヽ / ヽ / ' ノ  
                   { \`ヽ.、 ',  /   人  {.  ト-.ァ' ヘ.__, ,.- '´   
                 ,': ヽ`ヽ ` ´` ='.  i} ヽ   j  } !_  _/      
                   i ;   >=ニ'''''''"  ノ‐'⌒` . ゝイ /  ̄        
               {ハ  {       ,/′   ヘ._,.ノ          
                   |'ヘ  ',ヽ   /├-`ヽ  /             
                                            
                                            
                                            」
ダディクール 「まーそれはそうだなーと、まぁ、占いにも言える考察順番だな、うん>桂木」
ダディクール 「あぁ、うん、それでいいと思うよ。ダディ的には。
基本、霊能は複数形じゃないと吊れないし>音無」
星井美希 「きらりお疲れ様なの!」
星井美希 「2-2で霊能真狂と判断したら占いは必然的に真狼が濃くなるんだけど
2-1で霊能真狂って判断しても占いは真狼にならないの>小鳥」
桂木桂馬 「見えるとか見えないとかからの霊能偽からの展開ではなく
状況から展開して霊能偽が引きずり出されてから言った方がいいんじゃないかな
いや、仮定検証は立派というかむしろ推奨するんだが、間違えないためと説得のために」
音無小鳥 「うん、だから投票は美希ちゃんじゃなくて、春香ちゃんになってるはず>ダディ」
ダディクール 「落ちる方はおつかれさーん」
諸星きらり 「おつぁーしゃー☆」
ダディクール 「あ、はいはい、サロンパスな>天海」
音無小鳥 「んーまぁ短い時間で役持ちか?って考えてた点だから穴があるし
だからこそ、役目だなって思った春香ちゃん投票だからねぇ」
諸星きらり 「それじゃーきらりもお先にしつれーするねー☆」
ダディクール 「霊能狂人が見えれば確かにそうなるが、そこまで確定させるのは
チーとばかし難易度がたけぇんじゃねぇかなってダディは思う
無論、見えたら基本は真狼で進めていいと思うけどな?>音無」
星井美希 「あ、そうだ!
ミキキャンペーンシナリオ準備してたりするから声かけてね!>ネクロニカ」
天海春香 「頑張れ……! ふぁいとー!>しゅーこ様」
音無小鳥 「りょーかい!」
GMシューコ 「ってことでお疲れ様。
まったねん♪」
星井美希 「そりゃ死ぬの。
楽しんできてね!>シューコ」
音無小鳥 「でもそれでも3日目よね?乗っ取りでどっちが怖いかといったら
必然占いだろうし、霊能乗っ取りって気が付いたら大体終わってるしねぇ>鴨」
GMシューコ 「んじゃ、小鳥さんにお願いしとくね>村立て
気力あったらあたしも参加するから。

……ネクロニカのシナリオも書かないとなぁ。もう20日ないよ。」
星井美希 「2-1と2-2が混ざってないかな?>小鳥さん」
GMシューコ 「来週はSWのキャンペーンセッションだから、ヘタすれば徹夜ー>美希さん」
星井美希 「あ、いや」
音無小鳥 「問題無ければ建てますよー>シューコちゃん」
星井美希 「単純な推移なの」
天海春香 「いかん真面目な事言ってたらちょっと知恵熱でた。ちょっとそこの
おっちゃん冷えピタ頂戴>ダディ」
星井美希 「んーと」
音無小鳥 「でも霊能が狂人って事は占いは必然真狼か真狐よねぇ?
あるか無いかで言ったら真狼に成る訳だし
そうなると、その人の中ではある程度内訳が固定されてるんじゃないかしら?>ダディ」
星井美希 「お仕事・・・・それとも・・・・
セッション?>シューコ」
GMシューコ 「あたしは、死ぬ、来週は多分確実に死んでる。」
天海春香 「それは飛躍しすぎだろう。警鐘を鳴らす意味での霊偽の可能性への言及。
これは村でも言える事だぞ? 

同じく、それまで、そこからの噛みや占いで占いの内訳予想は変動するのは当然の
事だしな。うむ>小鳥さん」
GMシューコ 「来週、村立てする?
他の人がしてもいいけど。>小鳥さん」
ダディクール 「ねぇなぁ、そいつぁ・・・霊能偽の内訳はぶっちゃけ占いの内訳に影響がすくねぇとダディは思ってる>音無」
諸星きらり 「にょ、にょわー☆>みきみき先輩
時間見てつい素に戻っちゃったにぃ☆きらりん☆」
音無小鳥 「落ちる人は御疲れさま!」
イヴ 「それでは、お疲れ様です
村建て同村ありがとうございました、またお会いしましょう」
星井美希 「むー・・・人の感性は奥が深いの。」
音無小鳥 「はーい?」
GMシューコ 「んじゃ、シューコさんも明日からまたお仕事なわけでっと。
あ、小鳥さーん?」
天海春香 「問題なく信じれるのは、初日共有の上での1COの霊能だけさ……(遠い目」
音無小鳥 「と、いうかあれよ
霊能偽が見えるなら、占いも見えてるって考えないかしらね?>鴨」
天海春香 「別に真正面から疑うってわけじゃないさ>小鳥さん

役職の内訳上、どうしても2-1なら霊偽もあるんだから、そこに完全に
頼りきりにならないように、って事だろう? 多分、うん きっとそんな感じ>小鳥さん

ケアできる状況になれば騙りの可能性のある霊能は普通に吊られるしな」
GMシューコ 「まぁ、確かに同じ人が多いと慣れって生じちゃうから、そのあたりはアレなんだろうけど、
でも、それで研鑽できる環境は悪くないんじゃないかなぁ?
四条の良さのひとつはさ、今はこうやって雑談だろうがなんだろうが、いろいろ話して論議できることなんだし。」
ダディクール 「おやすみ佐久間。今日も勉強させてもらったわ>佐久間」
音無小鳥 「はーいと・・・アタシもそろそろ寝ないと」
桂木桂馬 「霊能に関してはほぼ初日か最終日しかあれこれできないものと考えて
間違いはないと思うが」
ダディクール 「たまにっつーか、むしろ今思えばかなりあったと思うな
20戦に1回は見た気がする>天海」
佐久間まゆ 「さてと、おやすみなさーい」
星井美希 「きらり、にょわーにょわー>きらり」
音無小鳥 「うーん?まぁ狼とかはまだまだだからねーw>シューコちゃん」
ダディクール 「蝶野と健介しかわからねぇ・・・・!>支配人」
星井美希 「ごめん!全然例えがわからない!?」
諸星きらり 「・・・あれおかしいな、11時だと思って時計見たらあれ、もうすぐ1時、あれ」
天海春香 「まあたまに占い4COとかなるけどね(白目>ダディ」
ダディクール 「あ、はい、どうも兎です>桂木

俺AAつかえねぇから!>天海

まぁ、流石に可愛い可愛い後輩(同期)だしな、うむ>きらり」
星井美希 「ようはあのタイミングでのっとりにかけた・・・んー・・・
趣味だよね、こう」
音無小鳥 「うーん・・・でも占いを疑う事はあっても
霊能はそうそう疑い所じゃないからねぇ?
鴨だってそうでしょ?疑うとしても霊2じゃないと
霊能ってのは疑えないもの」
桂木桂馬 「ほぉ……?今日は友で入ろうかなんて少し悩んでいたんだが。
そう言われるとなぁ…>春香」
天海春香 「霊能狂人決め打ちってわけでもあるまいし、当然占いの内訳予想も変動する
もんだと思うぞ うん。 多分(自信なさげ>小鳥さん」
ダディクール 「真紅だと更に潜伏もあるしな・・・むしろそういう面では
四条よりも役の増減は経験あるしな>天海」
GMシューコ 「だって蝶野、武藤、橋本が三馬鹿だったらその後の+1って健介じゃない!
四天王だったら孫弟子秋山にしたいからわくがたりねーもん!」
諸星きらり 「わーい☆太っ腹ー☆
さすがだでぃーだね!ありゃーしゃー☆>だでぃー」
音無小鳥 「いや、一応3-1でも2-1でも
2-1の方は初日の可能性もあるけど
大体霊能は真目じゃない?そこで霊能偽を打ち出されるって事は
占いの内訳は私の中で固まってます~って印象にならないかしらね?>美希ちゃん」
星井美希 「ミキは・・・バカじゃない!(キリ」
天海春香 「くくく、俺はすでに鴨AAをだしているぞ?>バニない夫 友」
桂木桂馬 「よぉバニない夫>ダディ」
GMシューコ 「うん、君等あたしの中では愛情をこめて三馬鹿だもん!>はるるん、ダディ、けーま」
佐久間まゆ 「仲良いなぁ」
ダディクール 「なら許せる!大事にしてやんなさい。>きらり」
諸星きらり 「ナンデぇー!!!??>しゅーこ大師匠」
桂木桂馬 「プロレスで例えたのGMじゃないか…w」
イヴ 「中核さんたちだー すごいなーあこがれちゃうなー」
天海春香 「いや、ちょっと四条に慣れすぎじゃないかなと思うぞそれ>小鳥

2-1な時点で、どっかに役欠けを疑うのは本当はごくごく普通な事だしな。

真狼ー狂も十分に見れるし、場合によってはそこを強く見なきゃいけない
状況もあるしな。うん。多分>小鳥さん

だからこそ、慎重派、というか、そっちに考えが行く人は普通に霊能偽の
危険性も口にするんじゃないかね」
ダディクール 「そんな分かりにくい例えをされましても・・・!?>支配人
だが嬉しいダディであった」
GMシューコ 「ちなみに三馬鹿が三銃士だったらきらりん孫弟子は佐々木健介になっちゃうよどうしよう。」
橋本崇載 「キャ―――!中核の皆さんよ、サインもらわなくちゃ!初級者として」
音無小鳥 「うーん、霊能狂人を考えてるって事は必然
占いは真狼になる訳じゃない?正直発言的にみて
今日の二人はどっちもどっちだから、そこから見えてるっぽい?って思った・・・
こうかしらね?>美希ちゃん」
諸星きらり 「うんうん、きらりの晴れ着ーおっきものー♪京都で着物着てお仕事にゃははー☆>ダディ」
星井美希 「一応推移としてはミキは撤回COに反応して。
それで霊能真っぽい?ってなったときに絶対とは言えないよね・・・ってなった感じかなぁ」
佐久間まゆ 「まぁ、まゆにはわかりませんよぅ
まゆは自分よりダディさんのほうが怪しいとは思ってましたしぃ>小町ちゃん」
GMシューコ 「まぁ、なんだろ?
三馬鹿+ハーネストさん+一太刀さん+ふぉうどさんっていうのはさ。

新人時代からの名勝負数え歌を紡いでる最中だよね。あたしから言わせると。
あれだよ。長州と藤波みたいなもんだよ。プロレス的に考えて。」
諸星きらり 「ししょーありゃーす☆
くーりゃえー☆>春鴨先輩」
ダディクール 「晴れ着か?>きらり」
ダディクール 「おいかも、でっちゃん、俺ら三馬鹿だってよ?>天海・桂馬
うさぎを出しても構わんよ俺は」
諸星きらり 「そーそー、ダディーはきらりの着物の代金つけといたから支払いよろしくおなーしゃー☆
ログにもばっちし残ってるから確認してみてほしいにぃ☆」
音無小鳥 「特に今日はあたしは占いの内訳が見えてなかったらから
内訳が見えてそうな所に敏感になったのかもねぇ・・・>美希ちゃん」
佐久間まゆ 「っ「トリカブト」>きらりちゃん」
天海春香
           ,,-―ー-、                  
          /   ,r,   ゙、                
         _,,. '^ 、     iヾ'"' ̄` ̄ ̄`ヽ、..       
       (;;__,..)    i ' ',     人 ゙ヽ、      どうも。色物枠だと思っていたら中核に
            ゝ   ´,\ヽ.   ノ´r‐''''ヽ、} ヽ     
         /', `ヽ_リ,__,,... ゝ- '´ ,ノヽ   i   }     
.          ./´'´ ̄7´ `/  /   ,'      }  ,{     されていた鴨です。な、なにを言ってるかわからねーと思うが(ry
       /    }   人  !    :      ,∧ノ ゙i    
         {   _,ノ -‐‐-}-- 、   {     , '"´、 ∨, }    
      /!,.ノ`ヽ.     {   ヽァ-、,/i    ヽ∨!    
.      ./ ,      }\   ヽ   i r'´  } ,.-‐'" ',.}'    
    ,∠',{     リ, /`‐-イ `ー--i._,.ゝ- 、     /|     
  /   ∨ ,..-‐-、ノ   ゙i‐‐-/´     ',   / |     
  八    リ 〉   `ヽ`ー‐‐''''''''",,... -‐‐‐-.ノ  /   |     
 /,....-、.._  ヽ、 >/..__ `ー‐--.. -‐ ''"´,. .リ ,...ノヽ    
 (ー- '"Y  ノ \_>―--=、._      ,..-‐'"´ヽ.  ',    
 ( ニ二'ノ/           〉ー---‐'" / ノ   ',  }    
  ヽ--'′              / 〉 、"´ /′/     ', }   」
星井美希 「むー・・・
むー・・・?香っちゃったかな・・・うーん、特に変なことは言わなかったはずなのに・・・」
小野塚小町 「投票がばらけてたから気分の問題じゃないかね>まゆ
というか、あたいは狼を吊りに行ってないんだからあたいの言葉の裏返しじゃないか?」
桂木桂馬 「いつのまにか中核になっていただと……!?」
ダディクール 「あぁ、あれか それなら仕方ないねうん>佐久間」
諸星きらり 「うきゃー!?し、ししょー!?まゆちーししょー!?へーるぷみー!?!?」
佐久間まゆ 「駒田さんがせっかくネタ振ってるんだからノらないと損ですしー>イブちゃん」
音無小鳥 「んーでも、霊能狂人の線を上げられるって事は
占いの内訳が見えてる感じなのかなー?ってのが浮かんだんだと思うわね>美希ちゃん」
天海春香
                 ,,-―ー-、       
                /   ,r,   ゙、       
              _,,. '^ 、     i     くくく……言質はとっているぞ……>きらりん
             (;;__,..)    i、     
                ノ ヾ、__ノ/ !    
            _,,..‐'"´、、 〉フ ∨/     
           / `´ ^ ヽ`ヽ、〈i/`ヽ、   さあ! 気の済むまで撫でさせろ!
            / {      }   ∨レ^ハ \   
            ハ       / ‐- 、∨ミ {   }  
         /  ヽ_  _,,.ィ     ヽ-‐-、 /  たまにしか顔出さんのだから、これぐらい、お前さんの
           { .、 } X  ハ      |    Y    
         ∨ヘノ {   / \、  ノ`、   ノ  師匠も許してくれるさ!(多分  
            〉,、ノ   / >‐、`T´ i }/    
         i { 个、 八 ヘ`ヽヽ´  ノ {     
         ノヘ   Y ヾ \丶<   レ    
        /i  i   !、\,..ゝ   } -く!ノ     
          i i  ハ / 〉^     ',  hl      
          | し // / }´⌒ ヽ 、ノ、 `}      
          |`′ /_ノ/ ̄ ̄``ヽミ  } }     
          | ∨> /       ',ヽ、}      
         ゝー彡 /      ノ  '、∨i     
      /と三彡'{      ハ n  `ヽi.    
      γ  そノ {        ヽ   ヽ.    
      ` ⌒'"´  ヽ            ヽ.   
               `ヽ              ヽ  」
GMシューコ 「まぁ、はるるんさんのいってることが一番じゃないかなぁ。
HNでいうけど、一太刀さんと三馬鹿とハネさん、レジィさんにふぉうどさんって組み合わせはある意味四条の中核みたいなものだし。
その分、いろいろ切磋琢磨できる環境でもあると思う。」
佐久間まゆ 「はい、下のほうの小文字ちゅうもーく
あの発言がなければイブちゃんだったかもしれませーん>ダディさん」
イヴ 「ですよねぇ… まぁ思考停止感は否めないです>まゆさん」
ダディクール 「◇佐久間まゆ 「みちさんだろうなぁ
発言納得できないし吊ろ」

ねぇひどくない?今日はまだ日本語しゃべってたよ?」
佐久間まゆ 「だってまゆあそこまで行ったら2択だとある程度言ったら遊べば良いやですもん
おんなじこと何度も言っても仕方ないしー?>イブさん」
音無小鳥 「んー3日目、3票貰いの小町ちゃん占ってるじゃない?

そこら辺の動きを回りの意見追ってると、狐狙い目の占い~ってのが多かったから
そこら辺から?まぁ今思うと、その発言が早かったなぁってのはあるんだけど」
イヴ 「ダディさんとまゆさん…割と喋ってる方を残せば判断材料も増えるかな? 罪に近いし、いっかとかぬるい考えを」
諸星きらり 「にょわーーーーー!!???」
星井美希 「霊能狂人は狼でもわからないような・・・>小鳥
その発言だけで風真が見えるの・・・?どこで風に触れてたかな・・・」
GMシューコ 「だからまぁ、どんまいなところもあるよ>音有さん
そういう気持ちっていうのがあるかってさ、やっぱり話さないとわからないし。
言われてみればあたしもこーかなって考えるところもあるし、気持ちもわかんないわけじゃないからねー。

なんで、これをちゃんと糧にできるといいんじゃないかな、って。」
天海春香 「                            
               ,,-―ー-、        
              /   ,r,   ゙、      
              '^ 、      iヾ     
           (;;__,..)     i      
              ヽ       \    
           ,. -‐‐'";...'!,;-'"‐'"´   `ヽ  そうか、よし。ぐりんぐりん撫でてやろう>きらりん
          ./  .,.'    ,     ノ,.-   }  
          ,! _,.!、   i!  _,._ /"  ノ ,!' 
          ,}./=-、ヽ_,. '"'"´  7.  ,i ,i   
          i ,戈-'"´   ,. -‐'''‐.、'´ /   
          .!.7 _,.   ,/;;;;;,,,,   .,;i'    
          .'i,;;;;;'_,,.. ;'"`' ‐.、.,,__,,.、,..ノ    
          `"´,! ! '"i!ヽ ノ ,/       
            i. !  i!  /  i       
            / /" .i! "'! ., '、      
           rソ_ !  i  .ノ /_,,..!ヽ     
           }、i/`"""´ ̄ ̄l,.ソノi'´    
          .,!  ! i!    / .i!l.´  !     
          i'  i i'、   / .i! i   .'.,     
          i  .l. i!   ' ,! l   'i,     
          !  i;  'i!;,  ,i!  l  :  !    
          !  l;;  'i!;;;;;,;i!'  l i   l    
          i  l;;;,  'ヾ;;i!   ! i   !    
          '! l;;;;;,       l  i  ,i    
          .'i i`"i';;;;'i!ー'''''i";,  i!.  .i   
          '! ';ヽ!;;;;i    ヾ;;;;,,i::::、 ,i!   
           'i ";;;;;;;;!    .'、ソ::"':::::!   
           i,  ';;;;;;i     i,:::'  ':::!   」
天海春香 「普通にしょうがねえんじゃないかね。なにせ俺ら今年の冬組は
顔合わせる回数も多いんだし>大鳥

そないに肩肘張らんでいこうぜ。鴨アイコン使って真面目な話してるとか
ちょっと違和感しか感じないし(本音」
佐久間まゆ 「みちさんだろうなぁ
発言納得できないし吊ろ」
小野塚小町 「ダティを残していきたいけどまゆ狼もありそうだしひとまずイヴ吊っておくか
ダティ7まゆ3ってところかねえでもまゆラスグレなんだよなあうーむ(6日目)」
諸星きらり 「にゃはー☆背伸びしちってはるか先輩かーわいー☆
しゃがむから思う存分なでなでしていーよぉ☆>春香先輩」
橋本崇載 「メタじゃないけど、こいつ吊りてーなってやつが中身見ると納得ってのはある」
GMシューコ 「あたしとしちゃ、むしろそっちで引っ張られて負けたならおーすげーってその人のことも思うし、
それでもフラットにみないといけないときはフラットで見れると思うよ>音有さん
メタでまずいのは、それこそ終盤?でもそれだって情報かなー。特にウチみたいに同じ人があつまりやすい場所は。」
ダディクール 「俺個人としては『こいつmichiだろ!挙動不審だ!吊ろ』っていう
流れにしなかっただけで嬉しいよ>音有」
佐久間まゆ 「傍観位置に入ったから吊られたんですかねぇ?>小町ちゃん」
音無小鳥 「◇星井美希(4)  「あふり。
別に共有のCOがあったからって、悠は絶対真とは言えないからね。
まあよっぽど真だとは思うけど、狂人の線は普通に残るの。
え?まだ考えなくてもいい?あふう。」

霊能狂人の線を上げた点と・・・

◇星井美希(51)  「うん、信用の形になっていくにしても、噛み狙いの形になっていくとしても。
占いは狐目がって狙って真っぽいことしてほしいって思うな?」

この発言だと、風ちゃん真が見えてるのかなぁ?と>美希ちゃん」
桂木桂馬 「銃殺とか羨ましいわ―。本気で。ああん、とかチュドーンな気分になれるしな」
天海春香 「くくく……私は透けなかっただろう……(ドヤァ>大鳥」
小野塚小町 「次の日にまゆを考えておくつもりだったが気づいたら吊られてたな>まゆ」
音有大鳥 「申し訳なかったな、最後台無しにしてしまって>村」
GMシューコ 「そこはさ、どうしても他の人に引っ張られる、じゃなくて、それも使える、でいいんだと思うよ>音有さん
ついでにいうと、それでメタられる位しか戦術ないなら、もっと他もみせー!ってメタられる人にもいえるわけで。
だから、この人ならこう動く、は昼にださなきゃそれはそれでいいんじゃない?」
天海春香 「呪殺される狐はいい狐!

ということでなでなでしてあげる! きらりんっ☆>きらりちゃん」
音無小鳥 「後は霊能も居ないからねぇ、狼が吊れてるとは思わないから
そうなると、役持ち目に投票するしかないのよね」
星井美希 「ま、それはそーなの。
美希役目もたれみられたのが意外だけど、どこかな>小鳥」
ダディクール 「ま、今回はまさにそれだな・・・・。うむ、心持は大切だぁ>支配人」
諸星きらり 「呪殺されるよにぃ☆と思ってたら案の定された初心者です☆」
天海春香 「そーいう時は逆に、「これは狩人無いわー」ってところに
投票するのもアリっちゃアリだよ!>小鳥さん

まあ死体無しでてないと結構難しいけどね(白目」
音無小鳥 「まぁ今回は灰の残りからしてしょうがない投票だったかなぁって感じね>美希ちゃん」
イヴ 「判断間違って狼吊れなかった初心者です」
GMシューコ 「最後まで残ることは悪いことじゃないと思うよ?
まぁ、これはあたしの持論だけど、9割負けと思っても最終日きてれば1割勝ちの目はあるもん>ダディ
これ、あたしの最終日とかよくある。」
ダディクール 「文体は変えられねェから頑張れ!(AA略 >音有」
諸星きらり 「確定させちった☆きらりん☆>みきみき先輩」
佐久間まゆ 「まぁ、違和感の残る発言の多かったダディさんと特に自然な話の流れだなぁと思ったイブちゃん
占いいなくなってからガツガツいってたダディさんと、まったりしてたイブちゃん
先に吊るならどっちかなぁって思ったらダディさんだったというだけですよぉ
まゆが吊れちゃいましたけどねぇ>小町ちゃん」
ダディクール 「ハハッ>佐久間」
星井美希 「狐あるんだったら2-1の狐は超保護対象だよ!
真がいるかもわからない占いを一撃で真存在を確定してくれるありがたい存在だし。
吊りたくなるのは鉄火場近くかな>小鳥」
音有大鳥 「>GM あと、やってる人が文体で分かってしまった場合に
どうしてもメタ思考が入ってしまって、それをどうしても否定したかった。
もっとうまくなりたいなと思うがゆえに、そこ感情的に引っ張られるのが自分として嫌。」
GMシューコ 「2―1の形で潜狂前提で5で終わらせられるか、どーかだけど、でもまぁ
難しいかなぁ。だからこそ、狼目を仕留める最後のチャンス位に思えると楽だけどねん。」
小野塚小町 「騙りをしないで偶然勝っちまった初心者だよ」
ダディクール 「俺今回仕事してねぇしな~ 持ち味もなにもなかったし>支配人」
桂木桂馬 「真占いが確定してくれなかったら吊られた気しかしない初心者だ」
イヴ 「取りあえずお二人はロラで>春香さん、橋本さん」
橋本崇載 「ブラフに引っかかったな、俺が初心者とは一言も言ってない。言わずもがな、初級者だ」
小野塚小町 「まあ最低限村もそこら辺は考えているかもな>まゆ
しかし手を抜いているようには見えなかったよ」
佐久間まゆ 「3灰で簡単に吊られちゃうような初心者ですよぉ」
音無小鳥 「いやうん・・・美希ちゃんも思い出して欲しいんだけど
あの時点だと・・・ね?w 残ってるのが村狐狩になるから・・・
うーん・・・でも投票しちゃうわよねぇ・・・狐もある訳だし>美希ちゃん」
天海春香 「そこまでわかったら苦労せんわぁ!(くわっ>美希

たまにガンガン当ててく人とかいるけどね? 多分あーいうのは人を辞めてる(白目」
GMシューコ 「なんでまぁ、確かにさ。
ダディが最終日判断になっちゃったんなら仕方ないところもあるけど……位かな。
これはこまっちゃんがすごいや。」
天海春香 「そうやで……か弱い初心者には優しくね……! 
GJの出せない私みたいな人に優しく!!!>イヴちゃん


あ、はっしーの初心者発言はちょっとローラー対象ですね」
桂木桂馬 「狂人潜伏面白いしな。噛まれず、占われるか吊られるかすれば仕事したようなものだし」
ダディクール 「んー、まぁ、村陣営でいうならそうだな。
というか俺は内訳を見て範囲を決めて殴るからよ
どっちにしたって3-2とかじゃない限り基本の動きが変わらねェんだ>小町」
橋本崇載 「ルーキー怖いわ・・・初心者に優しくしてや・・・>イヴ」
星井美希 「役持ち!っていうのは悪くない視点なの。
さらにじゃあ何っぽい?っていうとこまで考えが及ぶと最高かな(キリ」
音無小鳥 「自分吊りの日に愕然としたものねぇ
あれ?これ灰に狼居るの?ぐらいで>灰の数」
桂木桂馬 「ダディ吊り誘導はできた気がしないなあ。根拠なかったし。……ふーむ。」
佐久間まゆ 「狂人潜伏に慣れて、かもしれないですねぇ」
GMシューコ 「◇音有大鳥 「>GM 覚えておくよ。
ただ、自分の中で持ってるイヴへのもやっと感をなし崩しに村認定に持っていくだけの判断に舵を切ることができなかった。」

村認定っていうよりは、どっちがより狼か、で今回のケースは良かったかも。
もちろん、音有さんがイヴちゃんのがダディさんより狼だ!って思うならあれだけど。
だからね、やっぱりあの日の早々な投票がすごい勿体無いって感じたんだ。
だって、ダディさん狼を考えられたでしょ?そのあたりかな。
勝てる状況だからこそ、潜狂考慮することはとってもいいことなんだしね。」
天海春香 「まあ役持ちと見たら、人外陣営3~4:狩人1 だしねえ。

今日は私の動きが、こう、アゴまみれだったね>小鳥さん」
小野塚小町 「ああ初日占いに慣れてて怖がってないってことかダティは」
イヴ 「レジィさんとは大違いのルーキですから、そんなにおびえなくても…>春香さん」
星井美希 「美希は安定しなくなったから考えをひろげていこうくらい。
そこが全てじゃないよ。」
ダディクール 「その通りだな やー肝に銘じておこう>佐久間」
音無小鳥 「まぁ狼が灰に居なかったのがあれかしらね?
そら視点が見えてそうな所に投票するしかないもの」
星井美希 「強いて言うのは。
趣味でしょ?趣味があわなかったときは疑うのが人間だよ」
イヴ 「・・・罪になって手を抜いたのは私もですね
手を抜いてないように見えたダディさんをどう見るかがカギでしたか」
音無小鳥 「あの時点で役持ち目が正直、居て美希ちゃんと春香ちゃんぐらいだったからねぇ・・
きらりちゃんは、完灰が3人の時にまゆちゃんと比べて吊るならこっちぐらいだったし」
佐久間まゆ 「慣れるのと危機感を持たないのは別問題ですよぉ>ダディさん」
天海春香 「ひぃ……このイヴちゃん怖い……!! さすが修羅王レジィの……げふんげふん>イヴちゃん」
小野塚小町 「>美希
さっき言ったようにほぼ詰みって状況なら手を抜く奴が多いのさ」
佐久間まゆ 「だって狂人がいなかったらまゆなにもしなくてももう勝ちですしぃ
それでも狂人いたらイヤだからダディさんとイブちゃんを見比べて変なところは言っておこうってくらいでしたよぉ>小町ちゃん」
ダディクール 「もはや3COの形と同じぐらい経験しちまってるからなぁ
多少皴は増えるけど、そんなもんになっちまったよ>佐久間」
天海春香 「そのへんよく言っちゃう感じですね私。

考えたくもないけど、狐占いは思考のホントに隅っこにはおかないと
可能性として対処できないよねって感じで。考えたくないけど。

……そうか言わなきゃいいんですね?(白目 その発想は以下略(白目>小鳥ちゃん」
音有大鳥 「>GM 覚えておくよ。
ただ、自分の中で持ってるイヴへのもやっと感をなし崩しに村認定に持っていくだけの判断に舵を切ることができなかった。」
音無小鳥 「いや正直・・・灰が・・・ね?w>美希ちゃん」
橋本崇載 「ま、信頼勝負(笑)ってな感じだし狐囲っちまうし、お粗末さまでした。
久々に騙んだから許せサスケ」
小野塚小町 「村ならそこら辺で手を抜く奴が多いと思うんだ>まゆ
お前さんは特にやる気に変化がなかったんでな、村も狼も両方見ていた」
桂木桂馬 「地味に疑われつつそのままなんやかんやで噛まれたわけだが、んー。」
天海春香 「畜生狼護衛しちまった…(白目>はっしー」
音無小鳥 「狂狼はまぁ頭の片隅に入れとくとして
狐が占いの範疇に出るんだ?ふーん?役持ちかしらね?
こんな感じね>春香ちゃん」
佐久間まゆ 「2-1が不安になることを理解していたら、あの場面で悪くない、なんてどっちでも良い言葉は出てこないんですよぉ>ダディさん」
イヴ 「2-2からの撤回だということはすっかり失念してました 霊能偽も十分ありえたかもしれないんですよね…
多分、身内考慮にしても後の方に回してましたかも?>春香さん」
如月千早 「んじゃ私も失礼するだろ
皆お疲れ様、GMは村建てお疲れ様だろ
狼はナイスファイトだっただろ人狼的に考えて」
星井美希 「その見え方はあんまり投票いそがないほうがいいかな?
要は占いが気になって仕方ないってことは狩人狐なほうにぶれるし>小鳥」
橋本崇載 「信じてたよ、護衛がないことをな(キリリリリリ>春香」
天海春香 「無難あぴーる無難あぴーる(白目>小鳥さん」
ダディクール 「あぁ、なるほど?そういうことね。確かに、そりゃそうだな。
そこまで丁寧に言ってもらわねェとダディも理解できないだなんて
まだまだだねぇ・・・勉強になるよ>佐久間」
天海春香 「千早ちゃんのアゴは悪くないわ! だって……思う存分イジって
発言稼ぎしちゃったもの!!>千早ちゃん」
星井美希 「ふーむ、そういう路線もあるんだ。
二分の一にするだけじゃないんだね>小町」
天海春香 「あそこで霊能護衛成功してたら、
私は吊られずにいた可能性が……!?>イヴちゃん」
橋本崇載 「灰がせめーと共有の指定とかあるから、それで吊られたらたまらんべ」
如月千早 「ログよみ終了だろう
アゴのせいで春香に集まったなら悪かっただろうJK」
ダディクール 「いやまぁ、これは仲間と狂人の勝ちだなぁと思うよ 素直に>天海」
佐久間まゆ 「推理というか、二人を見比べてどっちがおかしいかだったらダディさんだったというだけですねぇ>小町ちゃん」
GMシューコ 「んで、まぁ、意識はしてもいいかなって位?>潜狂については
実際それができてたから、だったら、どっちがいいかなーってのは一考があった感じ。

ただ、霊界視点だから下界での考え方はもちろん違っている、というのは付け加えておくよん。>音有さん」
音無小鳥 「◇天海春香(84)  「まさかの狂狼は……うーん? 怖いからあんまり考えたくないですねぇ。
狐混じりはなおさらですし? ううー」
◇天海春香(74)  「占いさんが真狼、真狂になるにしてもまだ○進行ですしね。
この調子で灰を詰めていけば、おのずと道は開けるんじゃないかなーって!
そう他力本願に思うわけです!」

春香ちゃんはここら辺かしらねぇ?」
佐久間まゆ 「別にまゆの言い方が正しいわけじゃないですが
霊能にだって狼の出方や狂人の出方があるわけですしぃ
2-2から2-1になったらやっぱり「うわぁ」ってなるのがまゆですねぇ。
全体でCO3なんてCO4に比べてこわすぎですもの>ダディさん」
小野塚小町 「情報は与えないほうがいいだろ?>美希
無論そこそこの狂アピは混ぜていたが噛まれは怖かったな」
天海春香 「吊れない位置で粘りに粘って醗酵したダディがお美事。小町ちゃんも
残った上でヒャッホイしたんだし、お美事でいいんじゃないかな。

すごい悔しいけど! この! この加齢臭!>ダディ」
ダディクール 「おう、その辺りはその通りだわ。天海が宣言して音無と俺と佐久間だったら
間違いなく俺が死んでた ありがとうよ>橋本」
GMシューコ 「だから、そこの危機感じゃないかな。
割と最終日までの思考についてはもやっとするものは感じちゃったかも。
んー、多分あたしが感じてるのは、最終日前の早すぎるイブさん投票のせいかな?

あそこ、あれで投票しちゃったらさ、もう変更聞かないよね?
あれはもう少し、考えていいかなって>音有さん」
音無小鳥 「いや、美希ちゃんと春香ちゃんは
何か見えてる感じを発言から受けたから
役職持ってるのかなぁー?って思ってたわね
そこは美希ちゃん吊りの翌日に言ってるわ>春香ちゃん・美希ちゃん」
イヴ 「ぬおー狼目で、そこ投票のうち小町-春香に凄く人外が居そうだったもので、つい>春香さん」
星井美希 「ちなみに小町はわかってCOしなかったの?
最終日直前。」
橋本崇載 「ダディに○あげねーと流石にグレランで死ぬからなー
○打つしかないべ。灰が狭い狭い」
ダディクール 「囲い貰うとか久々すぎだよな、うんうん>音無」
星井美希 「うーん・・・」
音無小鳥 「占いの真偽が付かないのもあれだったなぁ・・・
いや、ダディも一瞬何かが引っかかりがあったんだけど○貰ってたしなぁ」
天海春香 「ひぃ……!? アゴアゴ言ってたのが悪かったのかしら!?>イヴちゃん」
GMシューコ 「まぁ、そこまで残れてるこまっちゃんと、ダディさんは見事、って話なんだけどね。」
音有大鳥 「>GM いるという確信はなかったよ、いるなら小町>桂馬というだけで。
イヴ吊りの理由は5日目の段階でここ吊っときたいと思ってたから、
イヴ>ダディ>佐久間、これが自分の吊りたかった順」
ダディクール 「ん、あんがとよ。ちぃと考えを見直してみるかね>佐久間」
天海春香 「村人ほとんどが私と美希を殺しにきてたわ……>美希

これはアイドルへの反逆よ!! 武装せよ! 反撃せよ! 弾圧に負けてはならない!」
イヴ 「みきさんはそんなに怪しいとは思わなかったなぁ…それより春香さん吊りたい気分だった」
小野塚小町 「はっは>春香」
GMシューコ 「例えば、ダディ狼で、ほぼLWだったら、イブさんどうみてたかしらないけど、潜狂危機もってるんだったら、
先に狼目潰しておいた方がいい。奇数なんだし、これは最終日持ってったらヤバイって流れだから、
それは意識した方がいいと思うんだってばー。狂人の有無を気にしないなら話は別だけど。」
佐久間まゆ 「まぁ、せっかくあの針の穴を通すような勝利をしたところをこういう言い方しちゃったのはアレですけど
祝福はしていますよ?
ただ、そういうところをなおしたらもっと強くなれるのにもったいないなぁ、って」
小野塚小町 「ああ殴るというよりは推理するという方が正しいな>まゆ」
ダディクール 「ダディ個人の考えからしてみれば、3COじゃない限り初日役考慮ありけりで
2-2共有撤回の2-1だとしても
はなから『頭数の少ない霊能』と『情報量の多い占いは真交じり』じゃないと
戦えないことはないけど、難しいと思ってるよ
そんでまぁ、こいつはぁある程度割り切ってやらないと
その後の吊りに関わるとダディは思ってる。
だから確定的に何か変わらない共有の霊能騙りは
『悪くねェな。別のこと考えようや』で良いのさダディ的にな>佐久間」
音無小鳥 「なんというか、チャンスが手のひらから零れ落ちる瞬間を
手を届かない所で見せられてる感じだったわねぇ・・・」
星井美希 「ミキはまあ・・・空気だったから・・・
何があったかな?臭かったかなぁ・・・・」
天海春香 「私は共有2人に寝られてましたけどね!(白目>小町ちゃん」
GMシューコ 「いや、それで言い訳しないとかじゃなくて、
ちゃんと何がまずいか、はわかった方がいいよー。
悪いからって落ちるのは違うってばー>音有さん」
佐久間まゆ 「まゆは殴る気なんて皆無でしたけどねぇ
まゆ人なんて殴れませんもん>小町ちゃん」
音無小鳥 「うーん・・・そうねぇ千早ちゃん」
小野塚小町 「吊り逃れの日は美希が占い2人に票もらってたから落としてやった」
天海春香 「心が痛い(ビクンビクン>まゆちゃん」
橋本崇載 「あと、このセリフを言った俺(ハッシー)と佐藤紳哉6段は華麗に負けた」
音無小鳥 「まぁ・・・2Wあるかも?って所でまゆちゃん吊りは間違ってないのかもしれないんだけど・・・
音有大鳥 「うん、言い訳しないわ
お先に失礼。」
如月千早 「モヤモヤしてる時はエクササイズに限るだろ>小鳥さん」
小野塚小町 「まあ強弁で終盤も殴る気が満々だったまゆはそこまで吊れなかったな」
橋本崇載 「将棋ネタだからねw」
GMシューコ 「◇音有大鳥 「>美希 イラッとする時のミッチーは大抵狼というメタを信じたくなかった、それだけだ。」
んー、そういうアレもだけど、なんか、微妙に利敵っぽく見えた。
イブさんとさ、ダディさん狼で、潜狂いるとわかっててイブさんつる理由って、なんなのか?って話。
次の日の夜の発言みてると、ダディさん狼だよね、っていってるみたいだし。」
佐久間まゆ 「というか、まぁあなたに吊られたから私に言う資格ないかもしれませんけどぉ
まゆやあなたのような木っ端の下っ端プレイヤーが二人いた霊能の内役とか
共有の霊能騙りを悪くないからどうでも良い、なんて片付けてうまくなれると思ってるんですかぁ・・・?
春香さんもよく言ってますけど、そこで思考停止しちゃって良いんですかぁ?
まゆは考える子は好きですけど、考えなかったりお話が通じない子は嫌いですよぉ?>ダディさん」
天海春香 「私もちょっと気になって投票したら、案の定ですよ!! 
釣りのがれの日だったのがアレだったんですけど!!」
音無小鳥 「吊られるまでの流れは悪くなかったんだけど・・・
なんだろうなぁ・・・これ?w」
球磨川禊 「『よくわからないネタだった……』」
桂木桂馬 「駒田のやり取りには割と吹いた(キリッ」
天海春香 「なんだそのセンサー。ちょっと私にもくださいよ>大鳥さん」
ダディクール 「!?>音有」
諸星きらり 「うん、呪殺だしてなんで完灰なんだろー?ってきらりも疑問系ー>ことりさん」
小野塚小町 「まあ色々迷っていたが
最初のうちから真狂想定一本で進んでる奴と占いの信頼差をはっきりしている奴よりゃ霊能噛みを長々としゃべっていた奴の方が狼に見える」
橋本崇載 「駒たちの噛みで、駒田>球磨川」
ダディクール 「いやぁ、だから本当に失敗したなとは思ったよ>イヴ」
音有大鳥 「>美希 イラッとする時のミッチーは大抵狼というメタを信じたくなかった、それだけだ。」
イヴ 「ふむ・・・確かにあの日吊りに行ってたのはダディさんでしたね
その辺に気づければ…」
GMシューコ 「だから、最終日前の夜と昼の言いようは、村としてはあんまり関心できないかなー。」
橋本崇載 「負けフラグにならなくてよかったぜサトシン・・・!
            ノ ̄ ̄ヽ
          ノ´::::::::::::::::::`ヽ 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
       ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ
       彡:::::::::::ノ_ヽヽ`ミヾヽ、:::::::ミ
        彡::从ニ-ミ   ィ-ェヽ:::::::ミ          真占い?強いよね
         彡!  `´ .,! ! `´  `! ミミミ         序盤、中盤、終盤、隙がないよね
         彡Y.  ヽ--'   ノ 从          だけど、俺は負けないよ
           ノヽ  -==-  /             駒田っ…駒たちが躍動する俺の将棋を皆さんに見せたいね
            ,ヽ__▲__/ ト、_
       _,. -―'´i      ノ  `''''ー .,_
    ,...-''´     !     ノ        `ヽ
   /         i\  /|          ハ
  ノ      六 段 ト、( ) ノ            ! 」
球磨川禊 「『ところで駒田ってのは結局誤字だったんだろうか』」
如月千早 「おいおい一番筋トレしたのは私だろ(ドヤァ」
天海春香 「アゴ……アゴぉ……うーんうーん>千早ちゃん

そう言ってもらえると、うん、心が休まるよ!」
音無小鳥 「うーん・・・完全灰だったんで吊られるのはまだいいとして・・・
銃殺出して・・・うーん・・・?w」
GMシューコ 「次の日の夜のことを考えると、潜伏狂人わかっててLW残しましたってみえるから。
それは自爆じゃないかなって。>音有さん」
球磨川禊 「『放置してたら吊られるから、折角CO聞けるタイミングがあるんだからCO聞くだけさ』
『その後で灰戻しって言わなかった僕が悪いだけーというかこまちつりたかったー』」
鳴上悠 「いやいや、俺のほうが初心者だし>ヌオー
というか、初日めっちゃグレランレベル高かったし」
天海春香 「CO自体はいいんですよぅ! ぶっちゃけ釣りのがれした時点で
オワタと思いましたし! (まあ釣りのがれしてなくても
大丈夫だったのは内緒」
星井美希 「ちなみに・・・ほんとにわかっていてやったなら
若干あれじゃないかな?>大鳥」
GMシューコ 「んーと、あときになったことだけど、
狂人気にしてるんだったら、わかってるんだったらやっぱりあそこでイブちゃんに投票するのはないかなって>音有さん
ちゃんと、そのあたりの危機管理はしてもいいよ思うかな。」
ダディクール 「おう、そうだな。正直びっくりしたわ、あれは>佐久間」
「狼だと思って占ったのがあからさまな狂だったのが残念でしたねー
2夜では本気で狼だと思ってましたからねー」
ヌオー 「仕事してないのは私ですよねー
仕事もできない私は初心者COして埋まっておきますねー」
如月千早 「春香は別に悪いことは何もしてないだろ
良いアイドルだっただろ常識的に考えて」
天海春香 「私の思考がもうちょっと別に行っていれば!
1GJ出せない配置じゃなかったんですよぅー!!>イヴちゃん」
音無小鳥 「なんだろうね?難しいわ・・・すっごいもやもや感w」
球磨川禊 「『狩人は別にあそこでCOしていいよ』
『狼が狩人しか噛めないんだから』」
佐久間まゆ 「個人的にダディさんを吊ろうと思ったポイントー

◇ダディクール(63) 「おっと、共有が混じってたか。悪くねェ悪くねェ。
ってその共有COは明らかに別の意図が見え隠れすんぞ・・・>千早」

◇ダディクール(66) 「ん?なんか決定的な信用度の差が見受けられたかい?
俺的には『あぁ・・・初日強そうだなぁ』って程度で
そんな片方を重視してなかったんだが>佐久間」

あとはまゆが吊られた日にまゆやイブちゃんはちょっと気を抜いてたのに
ダディさんが吊る気満々だったことー」
イヴ 「・・・灰3人になった時点でダデイ投票しておけば…というのは今更です」
GMシューコ 「あ、多分来週あたし死んでるから、日曜はやるんなら代理!
もしくは気力あったら金曜に立てるね!」
佐久間まゆ 「さてと、じゃあダディさんとイブちゃんにこれをあげましょうかぁ」
鳴上悠 「ばやかろう!一番仕事してないのは俺だ!」
桂木桂馬 「小町は狂人の香りがしてたんだ…僕の隣はヒロインって言ってから猛烈な違和感が。
すまねえ」
ダディクール 「いやーまぁーすげぇびっくりしたわ。正直佐久間とランで吊られる気しかしなかった」
天海春香 「ごめんね千早ちゃん、私が、貴女のアゴを
もっと愛する事が出来れば護衛できていたのに……ううっ(涙>千早ちゃん」
橋本崇載 「サトシン・・・有難う、最高に輝いてるぜ、お前・・・!

     ミ""""""""ミ
   //        \
    i / ━    ━  i
   !゙  〈●〉` ´〈●〉|
  ∩|   (__人_)  |_  俺は負けないよ。
   >\    w  //  
   |         〈                   
   / / ̄ ̄ ̄ ̄\_」
イヴ 「真確定の時間を稼いだんだから、良い狩人だったと思うよ?>春香さん」
鳴上悠 「まあ、何が言いたいかというと佐久間が釣れてお兄ちゃん悲しかった」
小野塚小町 「いやーよく残れたな
狼様いい仕事だよ」
佐久間まゆ 「狼はお見事ー」
如月千早 「お疲れ様だっただろう
筋トレがもう少し足りてればだろ」
諸星きらり 「おつぁーしゃー☆
おーかみ勝利おつぁーしゃー☆きらりん☆」
GMシューコ 「お疲れ様。
狼はお美事!ということで今日もきてくれてありがとね!」
球磨川禊 「『ということでお疲れ様だ』
『また、勝てなかったぜ』」
橋本崇載 「御疲れだ、愛してるぜ、最高の鴨鍋をよ!」
ダディクール 「仲間もお疲れさんだ」
イヴ 「・・・お疲れ様、狼はおめでとう」
「はい、お疲れ様でしたよー
LWお見事でしたねー」
星井美希 「お疲れ様なの」
佐久間まゆ 「はいおつかれさまぁ」
音有大鳥 「お疲れさま」
鳴上悠 「お疲れ様
ダディの粘り強さに感服かな」
天海春香 「お疲れ様です!! しょっぱい狩人で
申し訳ありませんでしたぁーー!!!」
球磨川禊 「『負けるときは清々しく負けようぜ』
『悔しさってのは次に持ち越してさ』
『負け方にもプライドってのがあるさ』」
ヌオー 「おつかれさまー」
音無小鳥 「うーん・・・?まぁいいかなぁ?」
ダディクール 「お疲れ様、ナイス狂人だったぜ」
ゲーム終了:2012/10/29 (Mon) 00:00:14
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
音有大鳥さんの遺言 荒ぶる鷹のポーズ!

 ヘ○ヘ
  |∧
  /
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
音有大鳥 は投票の結果処刑されました
8 日目 (1 回目)
ダディクール1 票投票先 →音有大鳥
小野塚小町0 票投票先 →音有大鳥
音有大鳥2 票投票先 →ダディクール
音有大鳥 「うん、やっぱりという感しかしない」
ダディクール 「最高に、Coolだぜ、小町」
ダディクール 「さてと、お前さんの返事は?小町」
小野塚小町 「鴨鍋で〆を取ろうじゃないか」
音有大鳥 「カラオケの締めにみかんのうた的な感覚でダディ吊り」
ダディクール 「誇り高き人狼を宣言する。我らを狂信するものは名乗りを上げろ。」
ダディクール 「もう、充分だろう?仲間の首は捧げてやったぜ?
もう、何も残っちゃいねぇのさ。だから、終いにしよう。」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
イヴさんの遺言              ,..:''´ ̄ ̄:`ヽ、
          ,.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, - 、
       , -'、:.:.{:.:.:. {:.:.{:.: _( っ ム、
         {  r }:斗=ミト、K´:.:`:<´  ヽ
        「 ̄ `7v{ィ:zr   仍V}ノ}   !
       l   /∧ vッ    ー' ム'   ノ
        !  ,'ー仝 .__-_ .ィ _...ィゥ''′
       /:.ー-...._!  V'ト-<  |:./
     /〃.:.:.:.:.:.:.:.}   ノ:.ヽ:`>::{
      {イ .:.:.:.:.:.:.:./  ´~`^~´,': {
.       {:.:.:.__ノ        ノ.:、{
       `>ヘ        }ヽ{ `
桂木桂馬さんの遺言               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\             
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\            .
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      
           ,′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ        ......
            |::::::::::::::::|:::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::',       ......
    (⌒ヽv~  ',:::::::::::::::ト、::::::::ト、::::: :: ト、::::::::::|:::::::::::::::::::::::ト::::|        
            ∨´ ̄ ̄`ヽ::|::::>‐┴<::::::|:::::::::::::::::::::::| l::|        
      __r┬‐‐〉、    ノ::::(      ∨∨:::/ヽ:::::::/ j/        ....
.   ,-<´ヽ  | |  / u  ̄ ̄ ::::::::::ゝ、__ノ::u::|::/r |::::/-.、          .
 /   ヽ | │| 从     (⌒            lム∠::ノ、  \        
 l     | |  | |  \   (´_   , -<´ ̄ ̄ヽ     ヽ  \      
 ゝ──┴┴‐.LL__ >  , -<´ \  ヽ.   |       |     ヽ     
                /    ヽ  ヽ  |    |       |    |    ....
\    (`ヽ        l        |   l .|    |     ノ      |     
\\   ゝ、ノ⌒ヽ~   ゝ───┴─┴┴─‐L__/ \     !     
  \\                              / 〉   |     
   \\                           / /        ....
     \\                        / /         ......
桂木桂馬 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
イヴ は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
ダディクール2 票投票先 →イヴ
イヴ3 票投票先 →ダディクール
桂木桂馬0 票投票先 →ダディクール
小野塚小町0 票投票先 →イヴ
音有大鳥0 票投票先 →イヴ
「◆GMシューコ はい、投票時間ですよー。
投票1分半でおねがいねん。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
桂木桂馬 「ギャルゲーマーさ」
ダディクール 「あーあ、嫌われちまったよ。もう恋なんてしないなんて~言わないよ絶対~ってやつだな」
小野塚小町 「お前さんロリコンじゃなかったのか>桂馬」
ダディクール 「恐ろしいほど前後のつながりがわかんねぇな>桂木」
小野塚小町 「その前にどこで狼が死んだかだな」
桂木桂馬 「あ、今すごく来たぞ。いいクォリティだキリッ>イブ」
イヴ 「ギャリ―にもらうから、いい(ぷぃっ」
ダディクール 「じゃあおやつに準備したキャンディーはいらないかい?>イブ」
桂木桂馬 「しかも両方初日僕投票の奴が残るとかどういうことなんだ。
ああ、そうか。つまりヒロインは小町だったんだのか…?」
小野塚小町 「狂人いてもまあ
桂馬が噛まれそうなもんだが」
ダディクール 「ぶっちゃけなー○三人の判断一つだしな、」
イヴ 「・・・私、幼女じゃないもん 」
ダディクール 「おいおい、同性愛は悲しくなるぜ?具体的にいうと阿部さん辺りをみると
本当に虚しくなるというか生存本能がだな>小町」
イヴ 「勝敗の要素が割と狂人さんにかかってるので特に殴る用意をしてないのですよね…
という殴りが下手な人の言い訳ですが」
ダディクール 「あぁ、うん、答え分かってるよロリコン>桂木」
小野塚小町 「そう言われると男が死ぬな」
桂木桂馬 「僕に男と幼女を選べってのか…?」
ダディクール 「あぁ、全くだ・・・悪くねぇと来たもんだ>イヴ」
イヴ 「まぁ、ですよね>ダディさん
この場合はかんがえるより、運を天にでよいパターン、です」
ダディクール 「それは俺も言えちゃうことなんだけどね・・・子供と生死を賭すとか
ダディやになっちまうよ」
ダディクール 「おもしろくねぇ下ネタは銃殺刑って知ってるか?>音有大鳥」
イヴ 「○○狂狼グレーが現状最悪のパターン、です」
桂木桂馬 「おーはよう」
小野塚小町 「だろうな」
イヴ 「おはよう
後はこれで、ダディさんを吊りきれば勝ち、ですね」
ダディクール 「◇イヴ(24) 「・・・というか真狂で見るなら詰んでるから、それはない?」

狼の頭数次第だとは思うけど・・・数が分かる能力者も飽和要員もねぇときた
どっちにしたって最終日まで分からんねぇならやるしかねぇと思うぜ?HAHAHA」
音有大鳥 「居酒屋でビールと同時にたこ唐を頼む感覚でイヴ吊り」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
球磨川禊さんの遺言                             ヽ、
                        ,ィチZZZZミ、_,ィー、
                      ,イ/州州州州州州ハ、
                    _,.イ州,州l|州|li|ll,lili.Ⅷli,.liハ
                    フリ州州!-Ⅶ州lViィli州li州l
                   イチ州州ll. ヽマミ、ヽ 州.lリl州
                    ,リイl州li`,ィニミ   ムニミトl州liミ、
                    l' l |ilハ|l〈.'うリ   .'うリ/イ リト`       『いやあそれにしても、なんで王土くんのCVは関智一じゃないんだろうねえ』
                      ト.ム `´ {   //イ
                        リl〉、 、_, ., 仆'`
                       /ィ三≧,`ヽ_l>l
                       ,l ´ィ´ー‐{  :|zイヽ、
                    _, ィチ/,l ´,.イ´    トく////>,、_
                     ,ト、/////|  l/,|: __ ,|ム`ヽ/////,イl
                     rf|'∧//¬l  //>ニ二二 ̄  V、////|`l
                     |,ィ、/,〉'|ソ ヽニ!//ヽニ、―-   〉ハ//チli |
                 l/ミマ//oゝ、 //l///,O`7777ヒイ///ヽ//l.l
                ,イ77'/o/////7ィ/////////>///,o/∧-ト、
球磨川禊 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
佐久間まゆ は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
ダディクール2 票投票先 →佐久間まゆ
イヴ2 票投票先 →佐久間まゆ
球磨川禊0 票投票先 →佐久間まゆ
桂木桂馬0 票投票先 →ダディクール
小野塚小町0 票投票先 →イヴ
佐久間まゆ3 票投票先 →ダディクール
音有大鳥0 票投票先 →イヴ
「◆GMシューコ 投票時間だよー。
1分半までに、おねがいねー。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
佐久間まゆ 「じゃあこれから駒田さんで~>駒田さん」
球磨川禊 「『そうか、僕が駒田だったのか』」
イヴ 「身内があるなら初日のぬおー、とも考えましたが…そこは全部○ですしねぇ、結果的に」
小野塚小町 「そうか、お前が駒田か>球磨川」
球磨川禊 「『なんか個人的にはアレ誤字っぽくて僕とってもあの人信用できなかったんだよね;絵』」
ダディクール 「ん?フィーリングの問題だろ?要は
形的に占い狂人交じりを見ていたけど、まぁ、そこは真でしたと
んじゃま、ふーん、てことだろ?>イヴ」
佐久間まゆ 「駒田さん・・・?」
球磨川禊 「『橋本くんの、駒田ッ……ってのは、駒だの誤字なんだろうか』」
佐久間まゆ 「悠さん・・・
まゆがんばりましたよぉ・・・」
ダディクール 「ランしてる割には、って程度のもんだよなぁ>投票情報」
球磨川禊 「『それにしてもすごい不思議に思ってたんだけどさ』」
イヴ 「・・・というか真狂で見るなら詰んでるから、それはない?」
小野塚小町 「○に狂人がいたら噛まれるさきっとな
まあーダティ最終日にやっときゃいいや」
音有大鳥 「妹の仏壇に菊の花を添えてくるから、家に戻るわ」
佐久間まゆ 「2-2からの2-1になるのが悪くないとはまゆは思えないんですよねぇ」
ダディクール 「んーま、おおよそ似たような感覚と、ありがとありがと>イヴ」
イヴ 「・・・投票のつながりで気になったところって 桂馬さん-橋本さんぐらいなんですよね
あまり役に立たないですね」
佐久間まゆ 「でぇ、いきなり狂狼を3日目に見てた辺りも吊ろうとしてたんじゃないかなぁって感じですねぇ」
ダディクール 「悪くねぇ策だろ?あってもなくてもどっちでも良い程度の策だよ
なら『悪くねぇのさ』>佐久間」
佐久間まゆ 「イブさんは別に変なところをあんまり考えてなかったりー」
イヴ 「うーん、占いはやっぱり真狂とみたい所です>ダディ
繋がりはちょっと待ちを…」
ダディクール 「お、クールだねぇ!ダディそういうホットな女性は嫌いじゃないぜ?
今晩ディナーなんてどうだい?お嬢さん>イブ」
佐久間まゆ 「まぁ、個人的にはぁ
初日に共有が霊能を騙ってたことを悪くないといったダディさんが怪しいですかねぇ」
イヴ 「判断は…○のお3方に任せたいところです…」
佐久間まゆ 「ぽー・・・」
ダディクール 「◇イヴ(67) 「2wだと、ちょっと厳しい?
占い判断をどう見るか、です」

ダディ的にはどうかねぇってところかな。
投票的に繋がりはあっても良いとみるが・・・
お前さんはどうみる?」
球磨川禊 「『じゃまあ』
『もしかしたら潜伏狂人が白にいるかもしれないから』
『早めに終わらせる気概でどーぞ』」
桂木桂馬 「残る灰は 佐久間まゆ  イヴ、ダディ。吊りは3吊りで足りる、が。
○に狂人がいてしまった場合、最終日が3人だから狼はその前に吊り切りたいと。
そういうことか。だ。」
小野塚小町 「だろうな」
佐久間まゆ 「おはよう、と」
音有大鳥 「ズボン脱いでビール片手に枝豆という感覚>イヴ投票」
イヴ 「・・・グレーが3人の現在、だから詰み確定じゃないのでしょうか?
あ、狂人潜伏もありますか… ○に居ないことを祈ります…」
桂木桂馬 「おはよう。僕の帰宅はPFPを抱えることから始まる。
もちろんソフト、機体ともに最高の保管方法を採用している。
僕に手抜かりはない。」
ダディクール 「んじゃまぁ、もう人数変動要素はねぇ、で○に狂人の有無で天国と地獄と」
イヴ 「おはよう
後は2吊で狼1匹吊りあげれれば、勝ちは確定ですね」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
橋本崇載さんの遺言   ( ゚д゚ )
_(__つ___  (  :::)
     \__ヽと  )  ←羽生さん
   八段
  ▲ 橋 本 崇 載
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   _, ,_
  ( ゚∀゚ )
_(/   />___
      \__ヽ
   負け
  ▲ 八段 橋 本 崇 載
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   (_,_)
    ( ゚д゚ )  〆_ _) ,______、  ((_,_ )
   ( ヽ ノ  ̄( ヽノ  | ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ((∞ )
 _L_)_)、   第62回 NHK杯     ̄ ̄ヽ
  ̄ ̄ ̄  テレビ将棋トーナメント
風 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
橋本崇載 は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
ダディクール0 票投票先 →橋本崇載
イヴ1 票投票先 →橋本崇載
橋本崇載7 票投票先 →
球磨川禊0 票投票先 →橋本崇載
桂木桂馬0 票投票先 →橋本崇載
小野塚小町0 票投票先 →橋本崇載
佐久間まゆ0 票投票先 →橋本崇載
音有大鳥0 票投票先 →イヴ
1 票投票先 →橋本崇載
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
橋本崇載 「○にいたら出てると思う」
球磨川禊 「『じゃぁ、まあリザインオススメってところ』」
橋本崇載 「狂人?初日じゃないかな」
イヴ 「2wだと、ちょっと厳しい?
占い判断をどう見るか、です」
佐久間まゆ 「狂人が○にいなければぁ・・・」
「あってますよー>禊兄さん」
音有大鳥 「とりあえずビール的な感覚でイヴ吊りしたい」
球磨川禊 「『残ってるのは、ダディと、イヴと佐久間』」
桂木桂馬 「…?ん?詰みじゃないのか?○3つだぞ?」
イヴ 「占い吊り、そこから狼吊れれば」
橋本崇載 「ま、いいや。任せるか仲間に」
ダディクール 「・・・あれ、今・・・あらホント?ん、悪いね、ありがとう>佐久間」
球磨川禊 「『音無大鳥と、小野塚小町と、桂木桂馬が、風くんの白だよね?』」
佐久間まゆ 「あ、足りてましたねぇ」
イヴ 「・・・うっかり、です
余計に詰み詰み、でした」
球磨川禊 「んー?」
橋本崇載 「狐死んでるね>イヴ」
ダディクール 「おいおい、主人公とかマジかよ、羨ましくて仕方ねェな>桂木」
佐久間まゆ 「9>7>5>3

たりませんよぉ?>ダディさん」
小野塚小町 「狐死亡しているからどう進めても勝ちだ
気楽にいこう気楽に」
音有大鳥 「>イヴ 呪殺されてるぞ」
「んー、あと一人白が多ければ詰みでした」
球磨川禊 「『狐死んだけどね』」
橋本崇載 「ああ、2wの相方がんばってね状態かな」
ダディクール 「んじゃまぁ、しゃくしゃくと吊りを考えればいいだろうよ
あ、吊り足りるんだろ?なら文句ねぇさ」
球磨川禊 「『ん……ああ、4吊りか』
『詰んでるね』」
イヴ 「後は狐処理さえ間違えなければ、村勝です」
佐久間まゆ 「けいまさん人外かなぁって思っていたんですけどねぇ
違いましたぁ」
球磨川禊 「『まあ、橋本くんは確定として、一人村人を決めればいいだけの村さ』」
桂木桂馬 「>ダディ」
イヴ 「あ、違う、4吊りだから全部吊れますね」
音有大鳥 「ハッシーはNHKでも放送事故起こした上に
村でも放送事故起こしたよねw」
桂木桂馬 「そういう感じなのは僕はプレイヤーキャラ、つまりは主人公視点だからだ。)キリッ」
イヴ 「まゆ-ク-ル-私で誰かひとり村決め打てば終わりますね、多分」
球磨川禊 「『ダディ+佐久間+イヴ+橋本の4名だよ』」
橋本崇載 「アーマー詰んでるか?」
「4ですね>私の灰」
佐久間まゆ 「◇イヴ ◇佐久間まゆ ◇桂木桂馬
ですねぇ>風さんの灰」
ダディクール 「んーまぁ、そうなるわな>風」
橋本崇載 「佐久間まゆ 」
小野塚小町 「詰んでいるな」
橋本崇載 「イヴ ◇ダディクール 」
「一応理由ですよー
でも狩人いないからこれやられますよね?」
佐久間まゆ 「でも明日は風さんさようならぁってなるんですよねぇ
残念です」
イヴ 「◇音有大鳥◇小野塚小町◇桂木桂馬 が、風邪さんの占い先
とあるとグレーが…」
橋本崇載 「風さんの灰っていくつ?」
ダディクール 「んでま、騙りも無事発見と・・・いやぁ、ありがてぇな」
橋本崇載 「ちょっと待ってね」
「◇佐久間まゆ
「良いんじゃないですかぁ
銃殺チャンス増えたじゃないですかぁ>橋本さん 風さん」
あからさま過ぎて逆に人外っぽくないかもー
もう一人の完灰からいきましょー」
佐久間まゆ 「じゃあ、風さんごめんなさいですねぇ」
音有大鳥 「ハッシー偽でいいよね」
小野塚小町 「囲いがあるなら大鳥じゃないかと見ていたのに」
イヴ 「・・・ま、今さら、ですけど」
桂木桂馬 「銃殺おめでとうパチパチ。真確定素晴らしい」
球磨川禊 「『多分小町黒ってだそうとしてたんじゃあないかなー』」
ダディクール 「おぉ!?銃殺か!すげぇな、まさか出るとは思ってなかったぜ」
橋本崇載 「マジやべェ」
イヴ 「真狂、と判断した理由としては昨日の発言ですか
後、3日目の占いが信用取りに積極的に行ってはいない気がするのも一つです。 占いと噛みの意思疎通がばらけてる印象なので」
球磨川禊 「『狩人が出たらそこ噛まざるをえないからねー』」
イヴ 「・・・あ、そっち?」
「あ」
橋本崇載 「ぐはっ」
佐久間まゆ 「あらあらぁ」
球磨川禊 「じゃあ橋下くんバイバイ」
「占いCOですー
きらいり○」
ダディクール 「◇桂木桂馬(26) 「信用勝負であればその投票ひとつ自然にしようとするのが道理
…つまりはそういうことだ。まあもうしないが。人数的にもうしないだろうし、
むしろ今度からはなんらかの結果勝負で来るんじゃないか?」

もうしないがって、おいおい、なにか仕掛ける立場なのかい?
ダディそういうの気になっちゃうタイプだぜ?あ、煙草吸っていい?」
小野塚小町 「おっと」
桂木桂馬 「おはよう。……僕の学校性格は基本PFPを抱えたまま続く…。
もちろん充電機器や予備バッテリーは完備している。
当然だろう。」
イヴ 「おはよう
今日はどうなってるのかな…?」
音有大鳥 「兄貴です…
散々占い師様に妹の結婚運について占ってほしいと言ってきたのに
当人が先に吊られてしまったとです…
兄より先に独身で死んでしまった妹の棺に結婚情報誌でも入れて焼いておくとです…
妹よ、霊界でいい男を見つけるんだよ。
兄貴です、兄貴です、兄貴です…」
「◆GMシューコ 能力発動!」
橋本崇載 「マジやべぇ占いCO 小野塚小町○」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
諸星きらりさんの遺言                    _.   -──-  ._
                      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ :.:.:.:.:. \
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\:.\
                   /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:\:.:.∧:.∧:∧:.:.:.、
               /:.:.:.:|:.: |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.<  > >>:.:.、
                 /:.:.:.:. |:.: |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.: |:}∧{∧{∧{\:.:.:、
             イ:.:.:.:.:.:.|_:.:|:.:.:.:.キ<: ̄|`ヽ:.|:.\\\ >:.:、
              |l.:.:.: /|.:.:.|\:.:.:\:>示≪|:.:.:.:.⌒丁:.:.:.:.i
            八:.:.:.:.:\x示. ⌒⌒  |::心 〉ー:.:.:./. |:.:.:.:.:.| 
             .ヘ\:<〈_ |心     弋:ソ |:.:.:. /:.:.:|:.:.:.: ノ
                / / ゙|^:./ l弋ソ ,      ''|:.:/:.:.: 八:.(
            / /  ,ノ:./ ∧''            〉:.:.:.:.:/:.:.:.):.\         にゃはは☆先輩たちのゲーム!PSPで発売中だよー☆
        ,ノ ___/ |⌒i^Y’/:.∧  `⌒´   /:.:.:.:.八:.:.:.:.:. \\        きらりも出てるって聞いたし☆みんなよろしくおなーしゃー☆
      ((__/: (   | ノ 人'/:.:.:>  _  イ:.:.:.: /:.:.:.):.:):.:.:..:.): )
    ノ_/ : : : : \ ー'ー'’ノー<__ハ    ,ノ:. /:.:.:ノ八:(:.:.:./ノ(
   (:.:八゙.: : : : : : :`ーイノ  //○|  (:.: (:.:.:.:(/  `>く:.:(:.:.:.\
  __ノ:.|: :\___/ ̄/  // ○、 ′ _,|\:.:.:.:.:.:\ /’. . \\.:.:.:)
 (:.:.:.:.:.| : : : : : : : 〉: 斗<⌒  ○   '´ ノ/)ヽ:.:.:.:.:.). . . . . . ∨:)(
  `ヽ:゙| : : : : : : /( )  \___ ○○○//:.:.:.:.):/. . . . . . . . |(:.:.:.\_)
     .八: : : : :/ )   ( )/'   ̄ ̄/-(:.:.:.:.:_ イ / . . . . . . . . ∨:.:.:.:.: )
    /: : : : : :|  ( )    ( ) ./     ヽ:.(  :|. . . . . . . . . . |⌒)/
   ./: .: : : : .:八)      !    /      ))   \. . \_ . . \
  〈: : : : : : /: : >、( )    ( ) ./-         /\_. . . . . . .ト、
   ‘, : : : : // 。厂 ̄\    |         /   ヽ. . . . . . . . ハ
音無小鳥さんの遺言           ┏  ━ゝヽ''人∧━∧从━〆A!゚━━┓。
╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’            △│,'´.ゝ'┃      ●┃┃ ┃
┃┃_.━┛ヤ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
       ∇  ┠──Σ           T冫そ '´; ┨'゚,。
          .。冫▽ ,゚' <           乙 /  ≧   ▽
        。 ┃ ◇ Σ          、'’ │   て く
          ┠──ム┼          ’ 》┼⊿Ζ┨ ミo'’`
       。、゚`。、     i/         o。了 、'' × 个o
       ○  ┃    `、,~´+√   ▽ ' ,!ヽ◇ ノ 。o┃
           ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;
          話 は 聞 か せ て も ら い ま し た
   こ れ は み な ぎ っ て
                            ミ
                                  .'´7'´`´ヽ  あれっ
                              (ヽ  ! 〈(从从リ|
                                とく,《つ¶;゚ ヮ゚ノ、iつ
天海春香さんの遺言 .   \  r´           n      i   l      .¦    /                            
    \ l            nl !   ▽             /  ◇                          
      \.           ヾてコ      |   ¦     |   /              /               
.   _               ゝ=-!        |     |     /                           
   lr´ ̄   _.         | l.    ¦       rっ-─,           /!    ./                
        ヾУ        i !ヘ   |   |     .{_Yヨ  ./      / 」  /                   
 \                |   < ´Ⅹ   .|        .| |  ./   /   /       ./                 
   \     \       .|   .i´ |r=ラ, -=-ェカ、  r─┐/              / /                
    \    \    .|   ヽ </〃;/l,,l、_、ヽヾゝ | ̄l    /       /                   
      \    \   |   .ヾ/ィ <の の 7ノ   l  l   /     / / /                  
       \       __. .ヾノ入 r‐┐/;:ノ、.─ i  .!─ ‐‐-   _         /              
       _ ィ-─  ̄         '''^ヾ y.¨r.'ノノヘ!_,ノ   !          ̄ ̄∨  /              
      / ̄                  i /-=、`  ̄____ノ               ∨  /7    /         
\    /__                    ///: : : ヾ、ヽ、                      ∨ /〆    /          
  \ ./   >               ./ /、: : : 〈、、 ノ                 ,ィ  .∨                 
.    /   7              >-7:.: : : :.ヾ´                   ,ィ<|  .∨  /            
‐─ /  ╋┓"〓┃          i : : :,、_∧ _,,...ィ-──'7.        ●┃.┃┃ .∨               
  / .   ┃┃ .━┛ヤ━━━━━━><;:;:;: ̄ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/'¨7━━  ━┛ ・ ・......∨               
  /       =-ヽ            /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/ . /                ∧  ─ ─         
 /                   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:!ヽ、;:;:;:;:/!   /     _          ∧               
:/                        /;:;:;:;:/ !;:;:;:;:;:;|;:;:;ヽ;/ {  ./       r 7     ,::ィ-=7∧   ─ ‐─      
       /{               /;:;:;:;:;/;:;:!;:;:;:>"⌒    i  /      ヾ    1´   / ∧            
      / <            /;:;:;:;:;:/;:;:;>"         ! /            `<_」  ∧            
      `<|             人___/         ./ ./                    ∧ ─ ‐‐  ─‐─  
                    / /          i  しr-rっ                     ∧            
   /\             / /          し∠/¨          ,ィ<>、   .∧           
‐-────--Wゝ---- 、  _.! /            _二二 __,ィ、___,,,,,厂-──フ/ ¨ ̄            
       /              / /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、             \     //:i      丶        
        /       /       ノ /、  ¦      !ヘゝ      \ .,、_    \  / /::::|  \           
   lヾ     ,  /.    .rヘ〃'   |    |            ヾ-=´    l   /:::::::!   丶    \    
 .    ̄   /(         彦/           |          \       | / ィ-ヽ              
    /     ̄ / .       ¨´.     |    ¦   ¦                |//           \       
    

     狂気の人狼カーニバル!! 始まりですよ、皆さん!!                               
天海春香 は無残な姿で発見されました
諸星きらり は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
音無小鳥 は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
ダディクール0 票投票先 →音無小鳥
イヴ0 票投票先 →佐久間まゆ
橋本崇載0 票投票先 →音無小鳥
球磨川禊0 票投票先 →小野塚小町
桂木桂馬0 票投票先 →音無小鳥
小野塚小町1 票投票先 →音無小鳥
天海春香0 票投票先 →音無小鳥
佐久間まゆ2 票投票先 →音無小鳥
諸星きらり2 票投票先 →音無小鳥
音無小鳥7 票投票先 →諸星きらり
音有大鳥0 票投票先 →佐久間まゆ
0 票投票先 →諸星きらり
「◆GMシューコ とと、投票時間だよん。
1分半までに投票、おねがいねん。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ダディクール 「とりあえず狂人交じり前提で見てるよ 狂狼を見ちまうなら
それなりにもってお話ではある>音無」
橋本崇載 「占い噛まれるとか噛まれないとかいうより狩人露出の方が」
天海春香 「にょわー☆>きらりちゃん」
佐久間まゆ 「真狼なら狩人がしばらくは占いに張り付いてると見て霊能と共有の片方を噛んであとは吊れない灰なんじゃないですかぁ?
それ以外って何かあります?>音無さん」
音無小鳥 「霊能が居ない以上は、どちらにせよ●出しは余裕だと思うのだけどね
それを控えている以上は、誤爆が怖い狂人なのかなってあたし思うわね」
小野塚小町 「お前さんも名前パロディじゃないか>大鳥」
天海春香 「まあとりあえずは私はかまれますんで!

話を次の段階へどうぞ!! どうぞ! ずずいーっと!」
諸星きらり 「きらり的には春香先輩やーな感じしなかったからCO信じう!」
イヴ 「真狂、で占いに操作が行かないからこその霊能噛み>共有噛みかな、と思いました」
ダディクール 「微妙。逆に言っちまえば、佐久間が言うとおりお茶濁し続けてる可能性も
それなりーにあるとはおもうけど、なんだかなぁって>佐久間」
音有大鳥 「ところで、千早さんの遺言と肖像画が全く違う件。
芸能界ではこれぐらいの修正が普通なのでしょうか…」
音無小鳥 「ふむん?でもそれは狂人交じり?それとも狼交じりの話かしら?>ダディ」
小野塚小町 「別に人外を引いてもいいが○が減るんだよねえ
明日の予定いったらもう占い噛まれないぞ?」
球磨川禊 「『一日だけ待ってあげるから頑張ってね』」
橋本崇載 「負けるしかしないよ、でも、おいら負けないよ」
佐久間まゆ 「ありうるよなぁ、というところですよねぇ
春香さん吊り逃れしてますし~」
天海春香 「ごめんねー>桂馬くん

なんだか動きがよくなかったみたい。いっぱい票もらっちゃった」
音無小鳥 「◇佐久間まゆ 「真狂でこの噛みかたってするんですかねぇ・・・>イブちゃん」

んー?じゃあ真狼なら何処噛むのかしら?霊能は噛んでる訳でしょ?
ちょっと聞きたいかなぁ」
橋本崇載 「ん?占いロラ?ちょっと待って欲しいね」
小野塚小町 「共有噛みならまず占いを噛むつもりはなさそうだね
狩人が露出しているが○3つ残せるなら占いは仕事している」
ダディクール 「単純な話で、必要性なんじゃねぇか?
ある程度安全にいきてぇっていう思考の下の○出しなら納得だよ>音無」
天海春香 「私が無い頭ひねりまくって貴方護衛してたんですからね!

これで真じゃなかったら後で覚えといてくださいよ!>橋本さん」
桂木桂馬 「春香狩人ね、了解した。…ご苦労。吊られないのも仕事だ。君はそれを完遂したよ」
球磨川禊 「『おやすみ』」
諸星きらり 「ってログのんびり見てたら狩人COにょわー!?」
佐久間まゆ 「灰が減ってないじゃないですかぁ
共有一人くらい良いんですよ、別に
うふふふ・・・
私風さんあんまり信用してませんし?>風さん」
球磨川禊 「『じゃあ明日進展なければ占いはローラーで』」
イヴ 「うん、それがないと怖かった>春香さん
じゃぁ、残念だけど、近いうちにさようならですね(ぺこ」
橋本崇載 「いや、まぁ吊り逃れしてるんだから即吊に行こうとか考える人なんていないと思うんだけどさ」
音無小鳥 「狩人だったかぁ・・・そこはご免、役職に関して大きく触れてたのが
春香ちゃんと美希ちゃんだったからね・・・」
「狐残ってるって意味ですかねー
でもなんで?」
佐久間まゆ 「真狂でこの噛みかたってするんですかねぇ・・・>イブちゃん」
諸星きらり 「うーんうーんなんだか情報が少ないきがするにぃ…」
音有大鳥 「そして、今日も妹は占われていないとです…
占わなくても分かるぐらいの喪女臭が出ているのですか?」
橋本崇載 「マジやべェ・・・>春香」
天海春香 「すみません、ロリコンとアゴを守りきれませんでした。
深くお詫びいたします(ペコリ」
球磨川禊 「『じゃあそのまま流していこうか』」
音無小鳥 「真狼なら、霊能噛んだ日に●投げても可笑しくないのよねー
でも○な上に占いよりも共有噛み、これは何なのかしらね?」
イヴ 「真狂…? そろそろ占いさんの信用が差が開く印象、カナ」
桂木桂馬 「っと、イロモノ、…いや…アゴ……いや、千早。貴様は良い奴だったよ…」
橋本崇載 「でも、おいら負けないよ」
佐久間まゆ 「どっちなんですか・・・>春香さん」
「銃殺チャンスってどういうことですー?>まゆ姉さん」
小野塚小町 「まあいいか
そこまで印象が下がる占いじゃない」
天海春香 「アイドル陣営主役の春香さんが! 狩人を宣言致します!!




初日
護衛対象:無理難題を仰る!  

二日目
護衛対象:橋本さん        無残:鳴上さん

えぇー……これどっちも胡散臭いですよ!?
でも霊能護衛した上で、占いさんが噛まれるのが想定としては
最悪なんですよねぇ……

ここはまだ真目が見れる橋本さん護衛で! 風さん噛まれたら土下座!

三日目
護衛対象: 橋本さん       無残:

うわあ霊能噛まれちゃった。ごめん!

で、これどうしよう。小町さん占いは私的にはちょっとなぁ。
引き続き橋本さん? それとも、千早ちゃんのアゴを
守る? うーん?  こっち!
橋本崇載 「僕としてはね、対抗が投票してるのを見ると自分も同じとこ投票しちゃってるって怖いと思うよ」
ダディクール 「ってもなーあれはあそこで吊られるタマじゃねぇだろ、
とは思っちまうのがダディなんだが、音無的にはどうだよ
単純にあれは、ダディの中で良い線だったんだが>音無」
天海春香 「ああ、やっぱりですね。すいません。狩人COです」
天海春香 「ふ……私は隠すものはないわ!

つまり朝一言ったので大体説明してます!>小鳥さん」
佐久間まゆ 「良いんじゃないですかぁ
銃殺チャンス増えたじゃないですかぁ>橋本さん 風さん」
音無小鳥 「うーん・・・霊能と共有って噛みで来てるんだけども
これはなんていうか、真狼じゃないわね、どっちかっていうと真狂な感じかしら?」
球磨川禊 「『じゃぁなんか相方が道連れにしたがってたからさ』
『春香くんなんかCOある?』」
小野塚小町 「再投票で長引くのは好かないんでな
ダティ占いねえ」
「なんか全然予感と外れてるのですー
レーダー曇っちゃいましたてへぺろりん」
桂木桂馬 「信用勝負であればその投票ひとつ自然にしようとするのが道理
…つまりはそういうことだ。まあもうしないが。人数的にもうしないだろうし、
むしろ今度からはなんらかの結果勝負で来るんじゃないか?」
音有大鳥 「>如月千早(79)「スタイルの良さが戦いを決定するわけではないだろう>音有大鳥」
妹は通販でダイエットグッズをあんだけ買って頑張ってたんです。
部屋にはダイエットグッズと同人用品と若い娘が読むような雑誌しかないんですよ!そ、それなのに…」
イヴ 「共有噛み…グレーには手を付けないんだね…」
橋本崇載 「おいら負けないよ>千早無残」
諸星きらり 「>如月千早(59) 「きらりちゃん私の筋肉に見とれすぎで誤認はよくないだろ」
そっか!全身筋肉だからまったいらーな体型なんだにぃ☆
んとねーえっとねー!筋肉だけだと抱きついてもあんまりうれしくないから脂肪もつけてほしいにゃー☆」
ダディクール 「風の占い方的に、なんだか狂人ぽいなぁとは思う訳で
そこで真狂か狂狼なんだが、噛みがなぁ
音無小鳥 「美希ちゃんは、霊能共有交じりの発言から吊られた感じなのかしらね?
それなら投票が集まったのは納得できるんだけども・・・
まぁそれをいうなら、役職の内訳に関しての点で気になったのは春香ちゃんもなのよね
だから発言見返して、どっちも役があるのかな?っては思ったんだけども

で、票変えが春香ちゃんなのよね、ちょっとCO聞きたいかな?」
ダディクール 「結構吊りが何を狙ってるかわかんねぇ感じだ。
っても、まぁ、最悪想定で潰すのには違いねぇと来たもんだ。」
球磨川禊 「『だよねぇ』」
桂木桂馬 「おはよう。星井美希は風、橋本両名に投票されていたが、
いたからこその投票継続だな。
霊能がいないから身内投票をしないと誰が決めた。」
天海春香 「ああ!! 千早……アゴさんが!?」
「◇桂木桂馬
「別に霊能噛まれたからから信用勝負っていうのも早計じゃないか?
明日、明後日も抜かれてないようなら信用勝負と見て間違いないと思うが、数的に」
占いが噛まれないことを知ってるそぶりが見えるのですー・・・」
音有大鳥 「兄貴です…
妹の様子を見に、部屋まで行ったらビールの空き缶が床に落ちとったです…
これで恋人と鍋を楽しむなんて言ってたとです…
兄貴です、兄貴です、兄貴です…」
イヴ
占い2人、橋本さんは理解できるかな 占い=吊りたい位置の判断は判別的にはおかしくはないし
逆に、風さんは占いと理由がちぐはぐ? な印象。 そこ狼判断なら占う位置じゃないような気がする…」
音無小鳥 「うーん?共有噛みねぇ」
佐久間まゆ 「んー・・・真狼なんですかねぇ」
橋本崇載 「◇ダディクール(29)「霊能噛み?・・・あんま良くねェ兆候かねぇこいつぁ
いやまぁ、狩人の気質次第か、そりゃ」
◇ダディクール(75)「そう言った意味では、ダディ的にはこれむしろすげぇホットな噛みだけどね
>霊能噛み」
発言がちょっと歪に感じるよ
◇ダディクール(66)「ん?なんか決定的な信用度の差が見受けられたかい?
俺的には『あぁ・・・初日強そうだなぁ』って程度で
そんな片方を重視してなかったんだが>佐久間」
初日を意識っていうのは狐っぽい感じがするしね」
諸星きらり 「ちょっと言葉が足りなかったきがすうから捕捉ー☆
投票して占うっていう疑いっぷり?がいいなって思ったの!」
「占いCOですー
桂木桂馬○」
イヴ 「おはよう
吊逃れ…? 」
小野塚小町 「朝だよ」
諸星きらり 「にゃっほーい!きらりだよぉ☆
にゃふふー☆おにゃーしゃーどしぇー☆
にゃはは!似合う?似合うー?☆」
桂木桂馬 「おはよう。僕の通学はPFPの電源を入れることから始まる……。
ゲームをしながら時速150kmの野球ボールを避けられるくらいの
脳内マクロを組んでおけよ?神との約束だ」
音無小鳥 「おはよう!」
橋本崇載 「マジやべぇ占いCO ダディクール○」
天海春香 「うう……美希、ごめんね……

票の流れが読めないからさ、思わず入れちゃったよ……美希は小鳥さんに
継続投票だったのに……うえーん! ごめんねぇーー!!」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
如月千早さんの遺言
         _ -‐ ''::::::: ̄::ヾミ>...、
     _ - ''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:_::::丶
   ./:::::/:::::::::::<:::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ヘ:ヘ
   /::/::::::::/:::::::::::,: /彡-ヘv::::::::::::::::::::
  ./:/:::/::::/::::::彡//    /:::::::::::::::::::::::::::
  i///::/:::::∠ //     //,i::::::::::::::
 / | //::::::/ .._,,_/`     /,/ |::|!::::::::::
   i:::/|!:| 《 /:::ト     <  |::|.|:::::i::::
   .// | |!  ゝ;ソ     _,, `',:| i::::||::::::::i::::::
   .|!  /           /::::`,, ` .i::|::|:::::/::::::::::::/
     i    '      `-=' ゞ |:::_|::/:::::::::::::/
     .',              // |/::::::::::::::/  常識的なアイドルとして言うけど
      ヘ,   ミ ‐-,,、      /  i::::::::::::::::::i   この村色物が多すぎて困るわ
        ト、 `''"      _ ィ-‐ '::::::::::::::::::::   
       |::ヘ :    _ - ''  .|:::i:::i:::::::::::::::::',:|   
       |::::::7''''', ̄      |::i:::i::::::::::::::::::::',
       ',;ソ  ./|       i|:::|::::::::::::::::',::::',
      // //    _,,,ノ |/:::::::::::::::::::',::::',
    //  ./  _ -‐ ''"    )::::::::::::::::::::::',:::',
    / / | /〉 ̄         i::::::::::::::::::::::::::',:::i
   .i /::::| ''"  ',    _,, -="',::::::::::::::::::::::::::',::|
    ヘ::::::|〉      /" ̄    ',:::::::::::::::::::::::::',:|
    /:::::',    /
    :ミ::::::',
如月千早 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
星井美希 は投票の結果処刑されました
3 日目 (2 回目)
ダディクール1 票投票先 →桂木桂馬
イヴ0 票投票先 →天海春香
橋本崇載0 票投票先 →星井美希
球磨川禊0 票投票先 →天海春香
桂木桂馬2 票投票先 →星井美希
小野塚小町0 票投票先 →星井美希
天海春香4 票投票先 →星井美希
佐久間まゆ0 票投票先 →桂木桂馬
如月千早0 票投票先 →天海春香
諸星きらり0 票投票先 →星井美希
音無小鳥1 票投票先 →天海春香
音有大鳥0 票投票先 →ダディクール
0 票投票先 →星井美希
星井美希6 票投票先 →音無小鳥
3 日目 (1 回目)
ダディクール2 票投票先 →桂木桂馬
イヴ0 票投票先 →天海春香
橋本崇載0 票投票先 →星井美希
球磨川禊0 票投票先 →天海春香
桂木桂馬2 票投票先 →星井美希
小野塚小町0 票投票先 →佐久間まゆ
天海春香4 票投票先 →ダディクール
佐久間まゆ1 票投票先 →桂木桂馬
如月千早0 票投票先 →天海春香
諸星きらり0 票投票先 →星井美希
音無小鳥1 票投票先 →天海春香
音有大鳥0 票投票先 →ダディクール
0 票投票先 →星井美希
星井美希4 票投票先 →音無小鳥
「◆GMシューコ 投票確認してねー。」
「◆GMシューコ 再投票だよん
投票ちょっと怖いことなってるから気をつけて!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
「◆GMシューコ 1分半、投票確認よろしく」
「◆GMシューコ 投票時間だよん。
1分半でよろしく~。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
小野塚小町 「占いの信頼にそこまで差はないね
違和感は特に見えないよ」
天海春香 「アゴ……千早ちゃんのアゴ……」
ダディクール 「前の発言見てくれや>橋本」
諸星きらり 「はっしーはあんまり信じて無かったけど投票と占い理由がけっこー好きな感じだから
ちょっと真目があがったかんじがすう!」
星井美希 「まあ真狂だったら占い即いかない?
とは思うの、あふあふ。」
橋本崇載 「チョと面白いね、おいら、負けないよ」
桂木桂馬 「あれは、なんだ。欲望遺伝子というものがだな>千早」
佐久間まゆ 「別に、ただ風さんのほうが発言が弱かっただけですよ」
音無小鳥 「おい!w>大鳥」
天海春香 「まさかの狂狼は……うーん? 怖いからあんまり考えたくないですねぇ。

狐混じりはなおさらですし? ううー」
ダディクール 「だなぁ・・・うん、命短し悩めよ村人ってな>星井」
桂木桂馬 「あれじゃないか?きっと生き様とかの類だろう。僕的には属性だが>きらり」
音無小鳥 「まぁ風ちゃんに言わせて貰うけど
初日から正直意味のあるセリフって役持ちぐらいしか言えないと思うんだけどね?>風ちゃん
だってそこは視点が見えてる訳だし」
橋本崇載 「◇ダディクール 「そう言った意味では、ダディ的にはこれむしろすげぇホットな噛みだけどね
>霊能噛み」

お?どうしてだい?」
如月千早 「スタイルの良さが戦いを決定するわけではないだろう>音有大鳥」
イヴ 「占いの信用度の差は初日では大して見受けられなかった…
ここから判断していきたい、かな」
球磨川禊 「『ふうん』」
音有大鳥 「>風 私が知りたいのは妹が村人かどうかではなく、結婚できるかできないかなのです!」
ダディクール 「そう言った意味では、ダディ的にはこれむしろすげぇホットな噛みだけどね
>霊能噛み」
天海春香 「占いさんが真狼、真狂になるにしてもまだ○進行ですしね。

この調子で灰を詰めていけば、おのずと道は開けるんじゃないかなーって!
そう他力本願に思うわけです!」
佐久間まゆ 「きらりちゃんの間違いはそのまま村っぽい気がしますね。
狼や狐ならばもう少し慎重に役職を見ているはず。
わざとではない、素はあるかもしれない。
ただ噛み考察と合わせて橋本さんを真目で良いのではないかと考えます」
星井美希 「でも2-1だし。
断定できる要素はないの。噛まれちゃったから考察する必要あんまりないんだけどね>ダディ」
橋本崇載 「僕、アイドルだし、アイドルってわがままだからね☆>イヴ」
小野塚小町 「>大鳥
あたいで呪殺が出た地点で
占い全員3票もらいのあたいを占っているか、狼があたいを噛んだことにしているってことさ」
桂木桂馬 「別に霊能噛まれたからから信用勝負っていうのも早計じゃないか?
明日、明後日も抜かれてないようなら信用勝負と見て間違いないと思うが、数的に」
諸星きらり 「ほえほえまゆちーも風ちんが噛まれると思ったんだ!
でもでもちょっと意見違うにぃ、きらりは風ちん真で見てたから護衛そっちだと思ってた!」
如月千早 「ギャルゲーってほとんど遺伝子が仕事がしない気がするだろう>桂馬」
ダディクール 「ん?なんか決定的な信用度の差が見受けられたかい?
俺的には『あぁ・・・初日強そうだなぁ』って程度で
そんな片方を重視してなかったんだが>佐久間」
音無小鳥 「いやぁ・・・結構どっちもどっちよ?占い
まぁ私も判断が付かないんで占いの判断を聞かせてもらえるのも嬉しいけどね>まゆちゃん」
音有大鳥 「妹は身内が言うのもなんですが、スタイルはいいのに何で男ができないのか…」
「鳥のお兄さん、小鳥さん占いはどうでしょー・・・>
彼女、そこまで意味のあること喋ってますかねー・・・」
星井美希 「お、おどろいたの。
まさかの関係が発覚したかと・・・・!!
スキャンダルものだったよ!>春香」
天海春香 「霊能即抜きのケース、色々ありますけれども、どれも
この状況だ! って決め打ちできるものはないんですよねえ。

まだまだ情報が足りません! なので皆さん! 頑張りましょう! 適当に!」
イヴ 「どちらも票もらいさき占い…これは、どなんでしょう」
如月千早 「きらりちゃん私の筋肉に見とれすぎで誤認はよくないだろ」
佐久間まゆ 「悠さん・・・
まゆ、まゆどうしたら良いんですかぁ・・・」
ダディクール 「ん~ってもなぁ・・・霊能狂人交じりよりは、普通に占いに混じる方が
ベターだと思うけどな。っても?噛まれたからまぁ、放置だが>星井」
音無小鳥 「ふむん?速攻で狐目狙いの占いって事になるのかしら?>小町ちゃん」
橋本崇載 「じょ、状況確認は大切だよね>きらり

っと、今日はいつもより噛むなぁ」
桂木桂馬 「遺伝子仕事してなさすぎだろw>千早」
音有大鳥 「>小町 あの投票で3票は…2票くらいまでは許容範囲なんだけどね」
諸星きらり 「けっきょくおにーちゃんがどーユーことなのかよくわからなかったにぃ>けーちゃん」
星井美希 「うん、信用の形になっていくにしても、噛み狙いの形になっていくとしても。
占いは狐目がって狙って真っぽいことしてほしいって思うな?」
小野塚小町 「お前さんは吊り先を探しているのか?人外じゃなくて>千早」
佐久間まゆ 「では個人的な感想を
今日は風さんが噛まれてると思ったんですよね。
だって風さんに護衛はないでしょう?
むしろこれは橋本さんを噛みたいけど噛めないから霊能でお茶を濁した。
もしくは狼交じりの噛みだと思いますね」
如月千早 「優は俺の妹だろ常識的に考えて>美希」
天海春香 「きらりちゃん! 共有さんは、球磨川さんとち……千早ちゃん……だよ!>きらりちゃん」
「むー、冷静な目を持つのが村人なら、助けておきたいのが人情ですよー>子鳥のお姉さん」
音無小鳥 「ん?きらりちゃん、鳴上君は霊能よ?
球磨川君が、霊能アーマーつけて出てきたけどね>きらりちゃん」
イヴ 「色隠し…? 信用勝負に持っていきたい?
取りあえず、考えていこう…」
諸星きらり 「あれ?あ、ごめーん☆くまっちと鳴神っちできょーゆーだと思ってた☆にゃは☆」
橋本崇載 「◇音有大鳥 「占い師様、はやく妹の結婚線を占ってください!」

こ、駒田が躍動するおいらの占いを見せるよ」
天海春香 「え? 違う違う! ほら、あの人お兄ちゃんCOしてたからだよ!>美希」
小野塚小町 「いや、あたいの位置で呪殺が出せれば信用は上がる>大鳥」
桂木桂馬 「いや、霊能だ霊能、ついでというか蛇足でお兄ちゃんだが<きらり」
如月千早 「ボソっと吊り先が無くなったね思ったのは内緒だろ」
音無小鳥 「ふむ、それぞれ3票貰いと2票貰いを占うと・・・
はぁ、正直占いは真偽が両方とも付け辛い感じなので
この占いもちょっと妥当なのかわからないわね」
天海春香 「うーん、初手霊能噛み。まだ狼さん目線で真贋がついてないのか、
もとからこの路線なのか。うーん? まあそのへん考えてもわかりませんね!」
諸星きらり 「あれあれ共有さん抜き・・・?
ううん、どういう意図かはまだ読めない段階だけど、なんだか自信がありそうでこわいにぃ・・・」
音有大鳥 「小町占いですか…狐狙いにしても信用しにくい位置だと思うのですが」
球磨川禊 「『バイバイ鳴上くん』
『君死にそーだなーとは思ってたけど』『霊能COに張り切りすぎるから死んだんだぜ』」
「霊能がここで落ちたのは痛いですねー」
イヴ 「・・・私占いさんが微妙に怪しい挙動で不安」
星井美希 「えっ!?
春香、悠の妹だったの!?」
ダディクール 「霊能噛み?・・・あんま良くねェ兆候かねぇこいつぁ
いやまぁ、狩人の気質次第か、そりゃ」
如月千早 「霊能噛まれか…いいお兄ちゃんだっただろ」
佐久間まゆ 「悠さん・・・」
桂木桂馬 「お兄ちゃんが死んだ、なぜだ。霊能だからさ……」
小野塚小町 「投票次点のあたいを占うのかい>風」
「・・・あふー
狼さんだと思ったら間違いでしたねー」
橋本崇載 「でも、おいら負けないよ」
橋本崇載 「マジやべぇ>霊能噛み」
桂木桂馬 「まあ占い師を見て行こう。風の投票者は星井美希、橋本の投票者はきらりか。
ふ、む。まあおかしくはないか。
双方ともに2票と。(まあ僕も混ざってるんだが、それにきらりも美希投票だし)」
星井美希 「・・・悠が噛まれたの・・・
占いをしっかり見ていくしかないね。」
佐久間まゆ 「あ・・・」
如月千早 「セイセイセイハァアアアアアアドッコイショ
…ふぅ朝のレッスンはやっぱ大事だろうトップアイドル的に考えて
音有大鳥 「占い師様、はやく妹の結婚線を占ってください!」
天海春香 「ああ……お兄ちゃんが!(霊能が」
イヴ 「霊能噛み? 」
小野塚小町 「霊能を噛むか
占い狼混じり濃厚というところだ」
桂木桂馬 「おはよう。僕の朝食は豆乳だ。あ、二本だから。一本だけじゃ足らないし。」
「◇小野塚小町
「今からレアケースを見ても時間を潰すだけになる
当分は真混じりでも見ておくんだな」
・・・というのをまず言えるのは、冷静な証拠ですねー
逆に何か情報を持っていそうですよー
ダディクール 「大分投票が分かれたな・・・まぁ、そんだけだがな
やることは変わらんて、そりゃ。
佐久間まゆ 「まゆ、悠さんにプロデュースしてもらうために来たんですよ。うふ…ステキですよね…これって運命?
ねぇ、貴方も運命…感じますよね? ねぇ? うふ…まゆの事、可愛がってくれますか?」
音無小鳥 「おはようっと・・・霊能噛みかぁ」
天海春香 「おはようございます! 三日目ですよ、皆さん!

ヌオーさんと小町さんで悩んだんですけども、うーん? 結構そこに票が集まった
ですねえ」
橋本崇載
自分で投票してなんだけど占いたくなったね
状況確認が多いってのが気になったけど
おいらのこと名人と勘違いしてるし悪い気はしないね
駒田っ…駒たちが躍動する
おいらの将棋を皆さんに見せたいね」
「占いCOですー
小町○」
イヴ 「おはよう
可愛い子、吊られちゃった(グスン」
星井美希 「あふり。
別に共有のCOがあったからって、悠は絶対真とは言えないからね。
まあよっぽど真だとは思うけど、狂人の線は普通に残るの。
え?まだ考えなくてもいい?あふう。」
諸星きらり 「にゃっほーい!きらりだよぉ☆
くまちんどーしたのかにぃ? …んあ! きらりのぱふぇが欲しいのかなぁ☆ んもー、欲しいならちゃんと言ってくれればいいのにぃ☆
ねねねっ、食べゆ? 食べゆっ?」
橋本崇載 「マジやべぇ占いCO 諸星きらり○」
音有大鳥 「いつも妹が「プロデューサーさんが…」って呆けてるんですが
このプロデューサー氏は妹の妄想上の存在なんじゃないでしょうか。
いるなら早く実家に連れてきてほしいのですが…」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ヌオーさんの遺言                    . -―-
                   /     ・  \   , γメ < ぬおーん
                / ・ , _,___ ィ  ', / / /´|
                 l ィ´.  -―┤  V    /
                  ヽ V´     /   /   /
                     l ` ー‐ ´   /   /
                     |            イ
                      /    |       l
                 /! |  ' ,        l
                  / l. |   ヽ      l
                /⌒ヽl.ノ  ヽ _j__jノ       .l
           /´ ̄`ヽ!                 |
           l.      \            /
            \__/` ┬――‐-、--‐<
                 (_(_(_ノ      ヽ_)_)_)
鳴上悠 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ヌオー は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
鳴上悠0 票投票先 →ヌオー
ダディクール2 票投票先 →桂木桂馬
イヴ0 票投票先 →桂木桂馬
橋本崇載0 票投票先 →諸星きらり
球磨川禊0 票投票先 →音無小鳥
桂木桂馬2 票投票先 →諸星きらり
小野塚小町3 票投票先 →ヌオー
ヌオー4 票投票先 →ダディクール
天海春香0 票投票先 →ヌオー
佐久間まゆ0 票投票先 →小野塚小町
如月千早0 票投票先 →ヌオー
諸星きらり2 票投票先 →星井美希
音無小鳥1 票投票先 →小野塚小町
音有大鳥0 票投票先 →ダディクール
0 票投票先 →星井美希
星井美希2 票投票先 →小野塚小町
「◆GMシューコ 1分半超えたよん。投票チェックしてねん。」
「◆GMシューコ 投票時間だよん。
投票、1分半までによろしくね?シューコさんとの約束!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
小野塚小町 「今から怖がっても何も出ない>ダティ」
橋本崇載 「Aクラスだけどね(どや」
天海春香 「というわけで2-1-2! 油断せずに行きましょう!
ああ……千早ちゃんのアゴ……気になるなあ……」
鳴上悠 「>佐久間
お兄ちゃんは、佐久間の味方さいつでもおそらくきっと
ただ、いつもお前だけを見てるわけにはいかないのさ」
音有大鳥 「>鳴上 そんなに妹がカワイイものですか…」
ダディクール 「まったくだねぇ・・・っても、こういうのってほら、怖くね?ってお話さ>小町」
ヌオー 「魂の妹?
よくわからないかも~>悠さん」
如月千早 「持っているからそう言えるんだろう>春香」
星井美希 「・・・あああ。
千早さん・・・あれが・・・よくに溺れた末路なんだね・・・!!>春香」
音無小鳥 「・・・やだ、まゆちゃんが怖いわ
鳴上君ご愁傷様ね」
球磨川禊 「『2-2でロラが本当に安定だと思うかい?』
『占い全偽の可能性がないとでも?』
『でもま、その甘さ……嫌いじゃあないぜ』」
橋本崇載 「おいら、頑張っちゃうよ?」
小野塚小町 「今からレアケースを見ても時間を潰すだけになる
当分は真混じりでも見ておくんだな」
佐久間まゆ 「まゆの、ですよぉ・・・?>きらりちゃん」
諸星きらり 「にょわー☆将棋の名人さんなんだ!?
それじゃーそれじゃーあたまいいの!?いいの!?>橋本さん」
音有大鳥 「占い師様、妹がギリギリ結婚適齢期のうちにどうか占ってください!」
鳴上悠 「・・・ここにはいない>きらり
堂島菜々子というこのお兄ちゃんだな

ちなみに、いつでも魂の妹は募集中だ!」
橋本崇載 「名人じゃないよ>まゆちゃん
森内さんって人が現名人だね」
桂木桂馬 「真なるお兄ちゃんは妹のために戦争を根絶し、サンゴを増殖させ、物理法則すら
塗り替える存在だと言う……」
ダディクール 「んー雑感でいえば、宣言の速度がそれぞれ真狼と真狂見せるってことぐらいかね?
どうよ、ダディ的には考慮いれるか迷っちゃう情報だけど
天海ちゃん的にはどんな感じ?>天海」
音無小鳥 「セットは止めてください!w>まゆちゃん

うっさいわね!何時アンタと兄弟になったのよ!w>大鳥」
如月千早 「男たるもの自力で明日を掴みとれだろ>橋本崇載
指揮なんて脂肪と一緒に投げ捨てるものだろう常識的に考えて」
佐久間まゆ 「だって、吊っちゃったらもう悠さんはまゆ以外を見ませんよねぇ・・・?>悠さん」
天海春香 「カメラ目線が得意だって聞きました!>橋本さん」
イヴ 「占い2だと、割と狐さんは涙目?」
星井美希 「いっつオールフィクション!ってやつだね。
安定展開が台無しになったの(ろらできない意味で>禊」
ヌオー 「将棋の世界も奥深いのですね~>橋本棋士」
音無小鳥 「うーん、まぁ撤回は撤回だし、結局2-1-2だもの
占いも被ってないから、灰を順当に見ればいいわ
但しまぁ、例によって2-1だと初日欠けもありうるってのが少し怖いぐらい?」
天海春香 「……美希! あの千早ちゃんは、もう私が知ってる千早ちゃんじゃないんだよ……

胸の為とはいえ、アゴがあんなになるまで……ううっ!(涙>美希」
諸星きらり 「ところでところでー、お兄ちゃんしーおーって誰のおにーちゃんなのかにぃ?>鳴神」
佐久間まゆ 「名人さんでしたっけぇ・・・?
たしかすっごく強いんですよねぇ?>橋本さん」
桂木桂馬 「それとお兄ちゃん属性というものは細分化されるものであり、
実年齢を重視するもの、外見年齢を重視するもの、精神年齢を重視するものと
多岐に渡るものだ」
球磨川禊 「『おやそうなのかシスコン』
『でもロリコンは直せよ』」
音有大鳥 「>小鳥 じゃあ、さっさと男の一人でも実家に連れてこいよ」
ヌオー 「○に露出役職さんがいなくていいかんじですね~
占いさんは個人が特定できる占い理由をお願いしておきますね~
できれば特定できる占った動機とかも書いておいてくれるとなおいいかんじ~」
佐久間まゆ 「もう小鳥さんと大鳥さんセットで良いんじゃないですかねぇ」
橋本崇載 「あ、一応言っとくけど、おいら、将棋界のアイドルだからね☆」
鳴上悠 「や、やめろ!なんで俺を吊れるのがちょっと嬉しそうなんだw>佐久間」
天海春香 「お兄ちゃん霊能さんはひとまずおいといてー、ですね。

占いさんの内訳ですけど、正直今日はわかんないですよねえ。感覚でなら
色々言えるんですけども。

まずはグレラン! そして狼の噛み進行を見てみない事には始まりませんね!」
如月千早 「ふぅミロのビィーナスに匹敵するちーたんに向かって
面白い発言だろ。気に入ったお前は最後に吊ってやるだろう>イブ」
「どっち占うか迷ったのは内緒ですー>鳥のお兄さん」
球磨川禊 「『そんな』
『か細い勇気を振り絞って覚悟を持って霊能COしてみたんだぜ?』
『僕にはこの我ながら惚れ惚れする勇気をなかったコトにすることになんてできないよ』
『まあなかったことにしたけど』」
ダディクール 「2-1-2 んま、灰が最大限狭いってのが現状ありがたい情報かね
ま、真交じりで見ていくとしようや」
イヴ 「2-1…となると潜伏OR役掛けを考慮しとかないとね…慎重に、慎重に」
星井美希 「春香、ねえ春香・・・
美希、千早さんもうちょっと丸い顔してたと思うんだけど・・・>春香」
鳴上悠 「お似合いのカップルじゃないかと^q^>小鳥さん」
佐久間まゆ 「ねぇ、きらりちゃん
まゆは悠さんを吊らなくてすんだみたい♪」
橋本崇載 「おいら、がんばっちゃうよ?>大鳥」
桂木桂馬 「2-1-2だな?じゃ、グレランだな。無駄占いもないようだし好調と言えば好調か」
鳴上悠 「まあ、俺がお兄ちゃんで!霊能ということだよ!!

あと、俺はロリコンではないシスコンだ!間違えるな>球磨川
菜々子おらんけど」
音無小鳥 「ぶん殴るわよ!?w>大鳥」
小野塚小町 「撤回するほうが安全でいいだろう>球磨川
グレランにさせても狩人の護衛という問題もある」
音無小鳥 「はい、アーマーですね御疲れ様です>球磨川君

あ、ところで、音有大鳥って私のペルソナみたいよね?
どう思う?>鳴上君」
音有大鳥 「占い師様、私のことを占うより不肖の妹が嫁に行けるかどうか占ってください!」
ダディクール 「あ、単純に時間差か・・・悪い悪い、勘違いしちまったよ>千早」
諸星きらり 「撤回りょーかー!ってことは2-1だにぃ!
えーっと、そうなると、ぐーれらん☆」
天海春香 「千早ちゃん……うう……いずれ狼に食べられちゃうかもしれないんだね……

そのたくましいアゴを……>千早ちゃん」
佐久間まゆ 「共有・・・なに遊んでるんですかぁ・・・
もう少しでまゆはこの手で悠さんを・・・悠さんを・・・
くふ・・・♡」
星井美希 「って思ったら共有のお茶目だったの。
なかったことにした?>禊」
橋本崇載 「おっと、指示は任せるぜ?>如月千早」
イヴ 「・・・ゲルテナ作品が共有さん?」
「共有者はとっとと相方確認ですー」
球磨川禊 「『はいはい相方あってるよー』」
ダディクール 「おっと、共有が混じってたか。悪くねェ悪くねェ。
ってその共有COは明らかに別の意図が見え隠れすんぞ・・・>千早」
如月千早 「ふぅ相方は球磨川で合ってるだろ
んじゃグレラン開始だろ」
球磨川禊 「『後はご自由にどうぞ』
『そのままCO継続する道も考えたけど、鳴神くんの妹に対するなみなみならぬロリコンに敬意を評して撤回するよ』」
小野塚小町 「共有が混じっていたようだ
まあ2-1だな」
イヴ 「了解…ということは、グレラン?」
天海春香 「あ、熊川さんが撤回した。じゃあ2-1でいいのかなこれ。

それで千早ちゃんが……共有!?」
ヌオー 「ん、2-1-1把握ですよー
ではではグレランなのでてきとーにおしゃべりでも~」
鳴上悠 「と思ったら、球磨川が撤回共有ねっと
了解了解と」
音無小鳥 「一応共有も出てきていいんじゃないかしら?
片方だけなら、鳴上君はそういう事で」
音有大鳥 「2-1-2まで確認しました。」
諸星きらり 「あれあれ2-2?うーん、出てくるタイミングぴったり同じで息ぴったりだね☆」
橋本崇載 「おもしろいCOだね、マジやべぇ>霊能’s」
「紛らわしいのですよー」
佐久間まゆ 「はぁ・・・まゆの手で悠さんを落とさないといけないなんて・・・
くすんくすん・・・」
桂木桂馬 「2-2か。んー、ロラか。共有はどうし…ああ、共有か、了解」
星井美希 「ギドラCoとか偽の所業なの(キリ>悠」
鳴上悠 「それじゃあ、
占いがものすっごく真狼チックなんで
そのままロラでいいと思うべさ

そこの球磨川出方的にねもね」
如月千早 「2-2か
共有CO」
小野塚小町 「分かった分かったお前さんは兄でいいよ>鳴上
2-1かい?」
「霊能者2COですかねー」
イヴ 「2-2展開だね。
共有さんが出ないのかな?」
球磨川禊 「『じゃあ撤回共有COだ』」
ヌオー 「2-2把握ですよー
ローラーするなりしないなりは共有さんに任せますねー」
ダディクール 「・・・最近本当に・・・いやなんでもねぇ」
橋本崇載 「無駄占い?怖いよね、でもおいらないと信じたい」
音無小鳥 「うん・・・?撤回あるかしら?>霊能ズ」
音有大鳥 「霊能2COなんだけど、撤回あればよろしく」
天海春香 「……一体どういうことなんです!?>鳴上さん」
如月千早 「占い2CO確認だろ
なら常識に霊能もCOするだろ」
諸星きらり 「占いさん2人かにゃー?
それじゃー霊能さんもそろそろCOおなーしゃー☆」
佐久間まゆ 「・・・悠さん?」
星井美希 「2CO・・・あふ。
2COどこがだっけ?」
音無小鳥 「うっさいわw>鳴上悠」
鳴上悠 「霊能者 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人)

[霊能能力] 処刑者情報:有り / 火車:有効
霊能者系の基本種。
-------------------------------------------
お兄ちゃん(占い結果:村人 / 霊能結果:村人)

お兄ちゃん陣営の基本種。勝利条件は「村陣営の勝利と妹の生存」。
村に妹アイコンらしきものがなかった場合ものすごく悲しむ。
「堂島菜々子」アイコンがいるのならば「堂島菜々子」の勝利が自分の勝利となる。
ここまで、読んでくれた、君、うん、ただのネタなんだ、すまない
桂木桂馬 「さて、2COか?
確認した。それでは霊能共有も出てもらおうか。以上同文でな。」
天海春香 「はい! 占いさん2人確認!
○進行なので霊能さんも共有さんも、ばバーンとFOしちゃいましょう!」
ダディクール 「ふんふん?1・・・じゃねぇな、2COと」
イヴ 「・・・美術館を抜けて出たところは、不思議な村でした」
鳴上悠 「霊能&お兄ちゃんギドラCO」
球磨川禊 「『やあ』
『僕が霊能だよ』」
鳴上悠 「2COかねこれ?」
橋本崇載
「Ib」?怖いよね
序盤、中盤、終盤、隙がないよね
でも、おいら負けないよ
駒田っ…駒たちが躍動する
おいらの将棋を皆さんに見せたいね」
小野塚小町 「早いねえあんたたち」
音有大鳥 「占い師様はいらっしゃいませんかー」
音無小鳥 「と、そうイージーモードにはならないかぁ・・・残念ねぇ」
「理由
紛らわしい名前なので
さっさと占っておきましょー
ヌオー 「役職さんはお仕事してくださいね~」
桂木桂馬 「じゃあ占いCOを頼もう。出るべき情報が出きってこそだろう。
予断によって判断を誤ることはしたくないしな。」
佐久間まゆ 「悠さんにプロデュースしてもらうことになって、まゆ、とーってもうれしかったんです。
つまりまゆにとって貴方は大切なパートナーですよ。貴方にとってのまゆも大切な存在ですよね? …ねぇ?」
諸星きらり 「それじゃー、COある人達は元気にはぴはぴCOおなーしゃー☆」
橋本崇載 「マジやべぇ占いCO イヴ○」
如月千早 「ふんッふんッふんッはーーーー
やはり朝は大胸筋を鍛えないと始まらないだろ
星井美希 「あふ、眠たいの・・・zzzzzz
zzzzz・・・zzzzzzz・・・
・・・んあ、役職はCOお願いなの・・・むにゃ。」
桂木桂馬 「おはよう。
僕の朝は昨夜から徹夜でやり続けてるギャルゲーの電源を落とすことから始まる。
まあ、普通に夜寝ることもあるが、それは稀だ。」
イヴ 「おはよう
役職さんはCO…お願いね?」
天海春香 「おはようございます、皆さん! 人狼村のスタートですよ!

とりあえず千早ちゃんが本当に本人なのかどうなのか……知りたいです、とっても!(切実」
ヌオー 「おはようございます~」
ダディクール 「ふぅ・・・朝一ってのは、コーヒーと煙草が最高に美味い時間だな
さて、クールにいこう、能力者はCOしな」
「占いCOですー
音有大鳥○」
鳴上悠 「ほい、おはようさんとそれじゃあCOある人はよろしくねっと
楽しく健やかに優雅に行こうか!」
音有大鳥 「どうも、音無小鳥の兄の大鳥です。
いつも愚妹がお世話になってます。
中の人は結婚してるのに、まだ独り身のようで
そろそろ嫁の一つでも行ってほしいのですが…
誰かもらってやってはくれませんか?」
諸星きらり 「にゃっほーい!きらりだよぉ☆
最近、きらりんサイズの着物、仕立ててもらったんだ見て見てー☆ モチ、お代はダディちゃんのお名前でりょーしゅーしょーもらったにぃ☆
どぉどぉ? 似合ってるぅー?」
音無小鳥 「おっはよう♪それじゃあCOできる人はしてねぇ~♪
できれば銃殺が出て~、尚且つ他が破綻して~
なんかこうもう心平穏を持って過ごせると嬉しいわね♪」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMシューコさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
GMシューコ は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GMシューコ 意味がわかんないっす>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GMシューコ 昼AAなし
あと、投票と能力発動は1分半めやすでおねがいね。
延長は1回までするよー。それ以降は名指し注意!」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆GMシューコ さてさて、みんなきてくれてありがとうねー。
ということで今日のGMは、あたし塩見周子@いぬふくだよ。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2012/10/28 (Sun) 22:41:43
天海春香 「とりあえず千早ちゃんが本人かどうか知りたいなぁ……」
鳴上悠 「それじゃあ、仲良く喧嘩しよう!開始だ」
如月千早 「春香酷いわ、私を忘れるなんて一緒に大胸筋鍛えた仲じゃない」
鳴上悠 「1」
星井美希 「千早さんもどきが・・・」
桂木桂馬 「じゃ、よろしく頼む。攻略開始だ」
鳴上悠 「2」
鳴上悠 「3」
佐久間まゆ 「がんばりましょうね、きらりちゃん」
音無小鳥 「おし!隣に何かいるけどがんばりましょう!」
鳴上悠 「4」
天海春香 「人の為に頑張る姿は美しいですっ!>まゆちゃん
ふぁいとー!」
GMシューコ 「じゃ、改めてカウントでヨロシクねん。」
「んー・・・この状態、空気になれてなによりですねー」
鳴上悠 「5」
佐久間まゆ 「おちついてますよぉ・・・?>悠Pさん」
イヴ 「・・・よろしく」
鳴上悠 「それじゃあ、改めてカウント」
如月千早 「と思ったら美希だった件について
まぁよろしく頼むだろう」
天海春香 「……美希! 美希だ!
やっと同じ事務所からのアイドルが! やったぁ!>美希」
星井美希 「よろしくなの!」
諸星きらり 「はーい☆まゆちーも一緒にがんばりょー!>まゆちー」
鳴上悠 「と、とりあえず佐久間は落ち着こうなうん」
如月千早 「私のファンが続々くるわね。ちーちゃん困るだろ」
鳴上悠 「番長は待てる男ですから>GM」
佐久間まゆ 「えぇ、がんばりましょう。
そうすれば悠Pさんもきっと喜んでくれますし・・・♡>春香さん」
諸星きらり 「うんうん☆きらりとー春香先輩とーまゆちーと千早先輩だけだもんね!
がんばろー!ふぁいおー☆>春香先輩」
ヌオー 「      _,、-―- 、_
    ,、-'´        `ヽ,
   /           `l,
  /      ・      |l)   まったり まったり
 ( `′  __,      `l、 
 `l, ̄ ̄´         | |lト,      
   `l, ー - ‐´      `|llノ   )  )  ) 
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 星井美希
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 741 (アニマス・星井美希01)」
天海春香 「いいズサです! 「主役」の私がお礼申し上げます!>かりさん」
GMシューコ 「あ、ちょっとまってねー>番長」
GMシューコ 「あ、いらっしゃい。
17人なったね。良かった良かった。」
天海春香 「まゆちゃんも一緒に、アイドル組としてがんばろー! >まゆちゃん」
鳴上悠 「ともったらが待機」
鳴上悠 「それじゃあ、カウントをするぞー!」
音有大鳥 「>ヌオー しかし外れた」
かり さんが入場しました
天海春香 「にょわー☆ きらりちゃん、今日は頑張ろうね! 数少ないアイドルだしね、
私達!>きらりちゃん」
佐久間まゆ 「きらりちゃんはちゃんと落ち着いて
皆さんに迷惑かけちゃダメよ?」
ヌオー 「っ ストーンエッジ >大鳥」
鳴上悠 「それじゃあ、リスト作るからちょっと待ってね」
佐久間まゆ 「まゆは悠Pさんが望むならなんでもするの・・・♡」
音無小鳥 「何いってんのよ!w」
諸星きらり 「にょわー☆春香先輩がきらりんしてくれたー☆はぴはぴー!
せんぱーい!(がぱぁっ)>春香先輩」
桂木桂馬 「あ、なんだ兄か。どうりで、似ていますね>大鳥>小鳥」
音有大鳥 「>小鳥 貴女よりビッグなんで!」
GMシューコ 「ほい。じゃ、カウントダウンしよっか?
16人で四条劇場、キックオフするよ!」
鳴上悠 「開始でいいのかね?>GM」
イヴ 「・・・よく似た名前の人?」
音無小鳥 「知らないわよ!w>春香ちゃん」
如月千早 「やっややらない夫ちゃうわ!人類みな兄弟っていうだろう」
音有大鳥 「荒ぶる鷹のポーズ!」
音無小鳥 「ちょっと!人の名前をパクらないでくれる!?w>音有大鳥」
天海春香 「小鳥さん、あの大鳥さんて人、お兄さんか何かですか?>小鳥さん」
如月千早 「これは失礼>GM
ちょっと筋トレしてて忘れただろう」
鳴上悠
              z  ̄` 、
           _ <       >、
          , ´           ヽ
         ,::             '、
         ,:::   乂       ヽ  ;   いや、常識的ですからやらない夫さんですか>如月さん
         ,::::. |   \ 、 、 ヽヽ i
         ,:l:::ム   \弌 、 \__弌イ
          ,V::::_ゝ_\ ヽr-r辷リ´フfリ_    ねー、ちょっとどこかで見たことがあるお顔ですからね>天海さん
             〉ヽ_ 辷リ /--ヽ__-' ヒく l
         ,' ヾ`ー一  l     ,'/ 〉ハ
         i  ,l ヽ     〈    , / .///\
       _<|   ',`ヽ ` ̄ ̄´, ./ィ//∧∨>x_
     <////\`ヽl  l> ―― ――,'//////////ヽ、
  γ´/”,//////|| ソ ´     `⊇〈/////////////ヽ
   l////”,//////|      ー一「////////∨//////l
   '/////”//////{        ク{///////∨///////!
   }/////”/////〈     _ ーl/ !//////∨////////|
   {///////〉///j \ γ´ /   l/.!///☆∨/////////}
   V/////”///〈   \| /  { !/|////イ∧////////」
ヌオー 「っ げんきのかたまり >悠Pさん」
天海春香 「きーらりんっ☆>きらりちゃん」
仮名 「仮名 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮名 → 音有大鳥
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 865 (鴨)」
GMシューコ 「仮名さんはアイコン変更、それから投票までお願いしますねー。」
諸星きらり 「はっぴはっぴがー☆はっぴはっぴがー☆
きーらりん☆」
如月千早 「アイドルたるもの自信が大事だろ
自分に自信が無くてはファンの人は付いてこないだろう>春香」
天海春香 「顔だけ見ればやらない夫さんの親戚みたいな感じです!>鳴上さん」
佐久間まゆ 「ディアラハンしておきますねぇ・・・>悠Pさん」
GMシューコ 「ヌオーさんと千早さん……?は投票おねがいしまーす。」
鳴上悠
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.!
:.:. : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.、:.ト:.:!:!:.}
:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.ヾ「r―ヾリイ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、\ヽ≦三三{i:i{==:、}i:}
:.:.:r‐=≦三三三三> ⌒ヾiヽ_j:/
:.:/  ̄` 、:.:! ̄      i::i::`¨¨ \
:.:| i⌒ヽ Ⅵ、      ι      \
:.:| |  ( `¨              /
:.:ゝ `   }     ι        ´ィ     それ、らめぇええ!全体効果になってるからー>まゆ
∧ >r--               〉
::∧:.:.:|    :          /ニ'′    アッー!
::::∧:.:|     :    ι    ゝイ}
::::::∧i|    :,           イ
::::::::∧     \            l
::::::::::∧___  丶       :
::::::::::::∧/fョ/fョ/≧ュ.,_>__..,_    ノ
::::::::::::::∧/fョ/fョ/fョ/fョ/fョ> `¨´
::::::::::::::::∧/fョ/fョ/fョ/fョ/fョ/f ,:=、> 、」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!    ところで、あなたご親戚にできない夫さんってかたいません?>如月さん
 ヾ(6'     |  |ノ
   .`i     '  /      
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|」
如月千早 「COPさんまた今度ね。次回をお待ちしてるだろう」
天海春香 「満員は嬉しいけど、その憎たらしい程の自身はどこから
湧いてきてるのかな……!?>千早ちゃん」
佐久間まゆ 「マハラギオンカレー、食べたいんですかぁ・・・?>悠Pさん」
「ぐー・・またよろしくー・・・」
GMシューコ 「四条劇場、空きが1つありますよん。
今だったらまだ入れる!」
如月千早 「満員ね。これも私の魅力のおかげだろ常識的に考えて」
鳴上悠 「っと、Copはまたよろしくなっと」
天海春香 「クールPさーん!?

うう、貴方の分まで、頑張ります!」
GMシューコ 「おっと、残念。
では、皆さん投票おねがいしまーす。」
鳴上悠
                         l | l…-
                        ,l''l´| | | l   `ヽ
                    /  .ヽ   ヽ. ヽ  ヽ
                      /   ト、\\\ \ l!
                  i ,-、トゞ:::::::::::::::l::::::::、j    なんだろ・・・この触れてはいけないもに触れてしまった感触は
                 ',{レ i!´`ヽ::/´l\::::リ
                       ヾ-、     ,r==ァ ./       そう、さながら今の俺はムドオンカレー前にした花村!
                   | ム   /_/ ./
                      ,l,' ilヽ、   ̄/
                    _/:.! il  ` ー/、            と、とりあえず妹であるなら問題無い>まゆ
             ,, r<´:.:.:l:.:.:l!  ',   |!:.:ヽ
            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:l',_      .il:.:.l:.\
.         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| ',`ヽ  r,'|:.:.l:.:.:.:\
.       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:! '     ' |:.:.ト,:.:.:.:.:.ヽ
      /__:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.,':.:.: !:.:.:!  ',   .,' .|:.:.:.:}:.:.:.:.:.:ハ
.      /´: :`ヽ :.:.:.:.:|:.,':.:.:.:.!:.:.:!,   ',  / .!:.:.:.:!:.:.:.|:.:.:.:l
     / .:.:.:.:.:.:.:. ヽ:.:.:.:!,':.:.:.:.:l:.:.:l ',  ',./  ,l:.:.::.l:.:.:.:|:.:/:.',
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: i!:.:.:.:.:.l:.:.:l ',  ./  /j:.:.::.!:.:.:. !/:.:.:.|」
小野塚小町 「小野塚小町 さんが登録情報を変更しました。」
<投票がリセットされました 再度投票してください>
CoPさんの出演は延期になりました
CoP は CoP に KICK 投票しました
CoP 「回線が不調につきベイルアウトする!すまない!」
佐久間まゆ 「はい、そうしますねぇ・・・>周子さん」
CoP 「社長!あんな千早プロデュース無理ですが!!!
社長《撤退は許可できない。》」
GMシューコ 「なんだかんだで埋まってよかったよかった。」
「それじゃ、よろしくお願いしますよー・・・
ぐー、ぐー・・・」
天海春香 「きょ、今日はいつにもましてアイドルが少ないです……特にウチの事務所の……

でも! 私は負けません! なにせ強そうな千早ちゃんもいますしね!」
佐久間まゆ 「うふふふ、大丈夫ですよぉ、悠Pさん♡
まゆはあなたのもので、あなたはまゆのものですよぉ・・・>悠Pさん」
鳴上悠
                      ___
                   />´     ¨>
                  V く        ヽ
                 V{  ヽ        ヽ
                    | V \ \    ハ  ヽ
                 ハ  V  ヽ  ヽ  ヽ、  {
                 ∧ 、ト-__\ >r==r フ  ミ  兄ちゃん黒崎一護みたにに卍解とかできへんし>小町
                  ∧|`ー一"~ゝー一 ソΝ
                   ヽ    |〉   ,/>
                    へ  、_ ,  イ >
                   >- ヽ   // { ____
                 >| , ヘ ,  ̄  {  |///////ヽ
              ><//ゝ \ ヘ ゝ   V  トV///V/ハ
           ノ///ヽ////////>> ヘ   ',  V////|//ハ
          //////ハ////////O | ヘ  i   V///|///ハ
          |///////ハ////////リ   \」   ,///////ハ
          |////////∧///////|    0ヽ   V///リ//∧
          |////////〉ハ/////リ  //  i   V/V|//V∧
          |.///////女/|\////__/ /  |__  V/イ///V∧
          |///<⌒>リ/ .// ̄ ̄ ̄ ̄   >V__////V∧」
仮名 「ちょい、お待ちを」
GMシューコ 「では、仮名さんのアイコン変更と、遺言更新終わったら投票おねがいしますねー。」
桂木桂馬 「ぐ、ぐぐ、少々作画が特徴的なくらいでゲーム忌避するようなゲーマーではない。
ではないが……何かそれ以上の禁忌要素があるような気がするぞお前>千早」
「ふわあー・・・最後になっちゃったのです」
天海春香 「あ、埋まった。流石ですよ、皆さん! 
「主役」として、お礼申し上げます!!」
小野塚小町 「あたいの兄になるのか?なら仕事を手伝いな>鳴上」
鳴上悠
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.!
:.:. : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.、:.ト:.:!:!:.}
:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.ヾ「r―ヾリイ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、\ヽ≦三三{i:i{==:、}i:}
:.:.:r‐=≦三三三三> ⌒ヾiヽ_j:/
:.:/  ̄` 、:.:! ̄      i::i::`¨¨ \
:.:| i⌒ヽ Ⅵ、      ι      \
:.:| |  ( `¨              /
:.:ゝ `   }     ι        ´ィ     な、なんだこのオーラは>まゆ
∧ >r--               〉
::∧:.:.:|    :          /ニ'′    アッー!
::::∧:.:|     :    ι    ゝイ}
::::::∧i|    :,           イ
::::::::∧     \            l
::::::::::∧___  丶       :
::::::::::::∧/fョ/fョ/≧ュ.,_>__..,_    ノ
::::::::::::::∧/fョ/fョ/fョ/fョ/fョ> `¨´
::::::::::::::::∧/fョ/fョ/fョ/fョ/fョ/f ,:=、> 、
::::::::::::::::::∧/fョ/fョ/fョ/fョ/fョ〃V }/fョ|」
GMシューコ 「あ、満員御礼、ありがとうございまーす。」
諸星きらり 「おっまたせー☆それじゃーおなーしゃー☆」
CoP 「埋まったな」
GMシューコ 「うん、一途だよね。
だからまぁ、鳴上にくっついとくと幸せかな?>ままゆ
CoPさんいらっしゃーい。」
天海春香 「そういえばダディさんはまだ離席中だったと思います!」
風 さんが入場しました
CoP 「こんばんはだ
宜しく頼むぞ」
音無小鳥 「うーん、それでもジャンキーなら、ジャンキーならきっとなんとかという
仙道方式が成り立って欲しいわね!>春香ちゃん」
仮名 さんが入場しました
佐久間まゆ 「どうかしましたかぁ・・・?>音無さん」
CoP さんが入場しました
天海春香 「ち、千早ちゃん!? アイドルがそんな乱暴な言葉使ったら駄目だよ!>千早ちゃん」
鳴上悠 「俺がお前も妹プロデュースだ!>小町」
佐久間まゆ 「まゆは一途なんですよぉ・・・?
うふ、うふふ・・・>周子さん」
GMシューコ 「はいはい。じゃ、22時半なんで、開始用意おねがいね。
遺言は今だけ、あと噛み情報GJ狐噛み表示ないから、気をつけて!」
イヴ 「・・・なんだか賑やかなところ(にこにこ」
鳴上悠 「え?なんでご愁傷さまなの!?>GM」
小野塚小町 「間違っちゃいないね>桂馬」
天海春香 「こっちに来てくれる層がいるかはどうかは運次第ってヤツですけどね!

ま、気楽に楽しく頑張りましょう!>小鳥さん」
音無小鳥 「なん・・・だと・・・?>まゆちゃん」
桂木桂馬 「というか今更だが馬並って完全におっさんの表現じゃry)」
佐久間まゆ 「悠Pさん・・・♡」
GMシューコ 「あ、戻ってきた、番長、この子(ままゆ)よろしくね


……ご愁傷様」
如月千早 「止めて!私をそんなに視姦しないで!私も落とすのでしょう、ギャルゲーみたいに>桂馬」
音無小鳥 「あらそう?なら来るかしらね>春香ちゃん」
GMシューコ 「あ、その……ええと……それでもいいんじゃないかな?>ままゆ
あと、ほら?球磨川君とか桂木君でもいいかもしれないけど、ほら!
ままゆが好きなのえらんでいいよ?」
佐久間まゆ 「そういえば女子力のある音無さん、お金に汚くないちひろさんなんて人が花と夢で出るらしいですね」
小野塚小町 「観客じゃなかったのかい>鳴上」
諸星きらり 「ちょっとりせきすぅー☆ごめんねー☆」
音無小鳥 「千早ちゃんの口調が安定しないわねw」
天海春香 「多分カウント始めたらズサで埋まるんじゃないかなーって!

真紅鯖さんのほうの普通村、終わったみたいですし!>小鳥さん」
鳴上悠 「ところで、俺は何をしたらいいんだ?」
如月千早 「ふぅ人の特徴をそのように連呼するのわどうかと思うけど
嫉妬してるのよね?困るだろ」
鳴上悠 「俺が俺たちが高校生プロデューサーだ!!>まゆ」
天海春香 「こ、これは……一体どうしたら……よく見ると千早ちゃんのようにも
見えなくもない……?」
小野塚小町 「バストアップ、何か違わないか?」
音無小鳥 「うーん、今日は14人村かしらね?」
佐久間まゆ 「そうなんですか・・・?
まゆの、まゆだけのPさんですかぁ・・・?>周子さん」
桂木桂馬 「スーザンボイル的立ち位置はやめよう(迫真)。アイドル成分はどこいったんだ>千早」
如月千早 「えぇ私のバストは馬並みだわ…恥ずかしいこと言わせないで欲しいわ///>小町」
GMシューコ 「ああ、ほら、あたしの隣のさ>ままゆ
鳴上っていうんだけど、これからままゆプロデュースしてくれるらしいよ?」
天海春香 「胸じゃなくてアゴが大きくなったの!? 人体の神秘!?>千早ちゃん」
佐久間まゆ 「白くて長いですねぇ」
天海春香 「いやいやいやいや!? 千早ちゃん(?)、どう見ても非常識的なアゴですよ
それ!」
如月千早 「あぁバストアップの為に鍛えたらこうなったわ…」
諸星きらり 「えっへん!きらりはまだまだ伸び盛りー☆もっとのびてはっぴはぴー☆>GM」
小野塚小町 「馬面アイドルだって?>千早」
天海春香 「色が白くなっちゃって……ていうか長くなっちゃって……>千早ちゃん」
諸星きらり 「にょわー!?なんだか隣の千早先輩のっぺりしてうー!?」
佐久間まゆ 「番長さん・・・?」
音無小鳥 「いえーい!皆頑張ってる!?」
GMシューコ 「おーきらりん今日もでっけーなぁ。
ってことでまとめていらっしゃーい。」
如月千早 「ふぅ…常識的なアイドルが私しかいないわね>春香」
天海春香 「千早ちゃんだー! ちは……や……ちゃ…?」
GMシューコ 「いらっしゃーい。
あれ千早さん……長くね?」
イヴ 「・・・ゲルテナ作品?>千早さん」
諸星きらり 「にゃっほー☆みんなはぴはぴしてうー!?よろしくおなーしゃー☆」
天海春香 「まだ始まってもいませんよ周子さん!
これからです! というか、なんというか本当にアイドル勢力が
ヤバくないですか!?」
音無小鳥 さんが入場しました
GMシューコ 「良かったね番長、ままゆきたよ?たしか妹好きでしょ?>鳴上」
桂木桂馬 「……!?」
佐久間まゆ 「うふふ、Pさんどこですかぁ・・・
あなたのまゆですよぉ」
小野塚小町 「んあ?劇場なのか」
諸星きらり さんが入場しました
如月千早 「よろしくお願いするわ」
如月千早 さんが入場しました
GMシューコ 「あ、春香さんにままゆおつかれー。」
佐久間まゆ 「こんばんはぁ・・・」
天海春香 「人狼劇場ですよ、プロデューサー!!」
佐久間まゆ さんが入場しました
イヴ 「・・・(なんだか可愛い?)」
天海春香 さんが入場しました
ヌオー 「よろしくお願いします」
GMシューコ 「いらっしゃーい。」
小野塚小町 「死にたい奴はいないようだ
立ち話でもしていよう」
ヌオー さんが入場しました
小野塚小町 「目の前で自殺されると仕事が増えるじゃないか」
イヴ 「・・・また、遊ぼうね>水谷さん」
小野塚小町 「数人程度いるようだな」
<投票がリセットされました 再度投票してください>
水谷絵理さんの出演は延期になりました
水谷絵理 は 水谷絵理 に KICK 投票しました
GMシューコ 「あれ、そうなの?仕方ないかな……お疲れ様>絵理さん」
水谷絵理 「調子を整えてから、また来るね」
桂木桂馬 「さて、よろしく。」
GMシューコ 「いらっしゃい。」
小野塚小町 さんが入場しました
水谷絵理 「んー、なんか波に乗れる気がしない?
ごめんね、今日は帰ることにする・・・」
桂木桂馬 さんが入場しました
球磨川禊 「『でも、僕の声優緒方さんなんだよねえ』『最近の僕にはちょいダウナーにすぎる気がするんだけど』『ま、ベテランだしいっか』」
GMシューコ 「いらっしゃい。」
球磨川禊 「『祝、CV決定!』」
球磨川禊 さんが入場しました
水谷絵理 「ダメなのは私のほうだから、うん」
GMシューコ 「はいいらっしゃーい。
まぁ、絵理ちゃんがただしいんだけどねー。ほら、最近アイドル枯渇激しいから……
い、いや、他の人がだめってことじゃないよ?」
イヴ 「・・・(どうやら美術館からは脱出できた?)」
橋本崇載 「マジやべぇ>絵理」
水谷絵理 「なんか、私、浮いてるっぽい」
イヴ 「・・・よろしく」
橋本崇載 「ま、よろしくっと。」
橋本崇載 さんが入場しました
GMシューコ 「ま、これる人がきてくれればいいんだよね。実際。
そんじゃまずは30分までまとー。」
イヴ さんが入場しました
GMシューコ 「いらっしゃーい。」
鳴上悠 「GM・・・一言だけいうのであれば
ジャンキーをなめない方がいい・・・かもしれない」
ダディクール 「よぉ、今日も邪魔させてもらおうぜ と、すまんが離席だよ」
水谷絵理 「金太祭り?」
ダディクール さんが入場しました
GMシューコ 「ってことでそれだったらいっそお祭りオプションぶちこんだ方が楽しかったなぁ。
次から検討、しよっかな?人少ないようなら。」
鳴上悠 「っは!番長がアンカー・・・・照れる」
鳴上悠 「というわけで、俺もまったりと待たせてもらおう」
水谷絵理 「こんばんは?」
GMシューコ 「はいいらっしゃい。
うん、まぁ、4人入れば人狼できるし、いっかな。」
水谷絵理 さんが入場しました
鳴上悠 「>GM
多分、あと2~3人はくると思うからまったりと
待っていればいいさ」
鳴上悠 「ほい、よろしくね」
鳴上悠 さんが入場しました
GMシューコ 「最悪廃村選択かなぁ。
曜日かえてもそのあたりは代わりなさそーだけど、日曜はこの時間帯は厳しいかもしんないね?」
GMシューコ 「……4村か、こりゃ、厳しいかな。」
GMシューコ 「さーて、じゃあ人まち。」
GMシューコ 「17人普通村、開始は22:30予定だよー。
早く集まるとシューコ感激!……ってね」
GMシューコ 「四条劇場のお約束

遺言は開始前しか更新できません。
死体なしの際のGJ、狐噛みは表示されません。
超過後もしゃべれます。

以上を確認の上、楽しい人狼劇場を!」
GMシューコ 「.

                 -――- 、
              / / ̄`ヾフ´ ̄`ヽ.
             〃∠ __」 _____   \
              .'_〃_i__i ____ . イ、   '.
.              i i   |  ハ  i i   | i    ハ
            | l   l 厂`V从从リト!リ   l }               【禁止事項】
            | l    xf示    示x ト、__」ノ               無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
.              l l    { ヒり     ヒり∧  |         , -‐ぅ-―‐ァ   突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
              V   ト、     '   { ノ  |      /  i´ニ厂    ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
.              V  八   「 7   ノ7   l      {  人フ′
               Vハト、ト≧=⊇__. イ /ル'レ′    ,イ` ー‐イ      【参加者全員へ】
              ⅥⅥ}   iⅥN{           ! ` ーァ |      完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。
               xく `ヽ、 ト、≧=x__      |     !
              ∠ /\ , -―xY_  {、__     !       l        【占い師候補へ】
             / ̄`ヽ  く   ー }フ^ ト、>- 、__|     |      最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
               i     \ `ス   i !\ノ } `Y {     |
               |       } `ヾー-' ト、 |ノ  }  !、    l       【初心者の方へ】
           , -- 、       |      `ヽ  ノ___     ノ       詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
.          / 'ニ二Y)     i l           oイ     ̄         http://www34.atwiki.jp/imasjinro/
.           〈  r‐く-―く  |ノ 、 __ .. '´ /;                http://www38.atwiki.jp/ijinrou/pages/12.html
          \ `  }     l '.       く〈

GMシューコ 「.

                            な こ 食 お |          //: ::/: : :l: : : : :ヽ |:: : :}
                           .に れ べ 昼  !            |': :l:,|-|: ::|--l、:|: :|/、: ::l
                            す か た も  |           レ'|,=  ̄==、|: ::ト、: :{
                         貴 る ら し    l     __     /|: :l  l     |: : |: l: :ヽ
                         音         / __ /:::::`ー、   |: |: ハ  一' ./|: ::|/: : : }
                         ?       _/ ___\__〉-、_:::ハ.  ヽ|: : |:> -イ=ウ| : | : : :/
                         ヽ      r、|  >‐Vニ>く_ >∧  (ヽ: >"`-:-<|: :ヽ:_: \
                          \___ノ /:::::::::::::::::::::ヽ::ヽ::::::::| /:::}: ::)  :  ∧: : |::\ノ
                                 |:::::::r-/l:::/|/-:::\|:::::::!.|:://: /ヽ : r‐'":/: :/:::::::|
                                 |/|/´F)|/ ´F)|::∧|:::::::!.|::l::ヽ::ヽ:|==|:::::/: :/|:::::::::|
                                 ヽ|'''  '   ,,リ_ノ::::::::||: l: : |ノ/   ヽ:::ヽ::ヽ!::::::::|
                                   \ 「 ̄ノ, ィJ::::::::::::l|::::〉::/ l \  \::}ノ:|::::::::|
                                   _,ノ」´c三ト 、:::::::ト、|::::レ::::|       |\|::::::::|
                                  /| | ト==='||  ∧:/ |:::::`T|       トイ:::::::::|
                                 / | | |   .|| / l   l:::::::::| l \  /  `i |:::::::::::|
                         
                         
                                          / :/: : : : : : : : : : : : :l: : : : : : ヽ  |: :
                                    /´ ̄`ヽ {: / : /: :_/_: : ::/:: --|-、: : : : : ::l |: :
                                    ,'  ご  l Y: : :| ̄:|: : : : |: : : /|: ::_l : : : :∨: ::
                                 _ _ l  は   | L: :_|_,ィァ=、 ̄ ̄,ィァ==、 |: : : : :|: : :
                             ト 、  /:::::::`|  ん   >|: : :|ヽ「Uタ   「Uタ ノ | : : : :/: : ::
                           , --\`二>‐r‐|     ノ /|: : :|っ ̄ /     ̄っ ! : : : ,': : : :
                           ´二>、レ´ ̄`<ヽ___/ /: l: : : !           |:: : : :l: : : : :
                          /:::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::| /: :/: : : ト、  ┌─┐  /|:: : : :|: : : : :
                         /::::::::::::|:::::::::::/l:::_::::::l::::|:::::::! |: :/: : : /: :|:\`ー '  / /: : : : |: : : : :
                         |:::::::::‐||、|:::、//|_/::::|:::|:::::::| |:/: : : /: :/: : />-<ヘヘ/|: : : : : |: : : : :
                         |/l:::/´◎|:/ ´ ◎ノ∧|/::::::::|/: : : /|: :/: :/: :|`ー──'''|: : : : : |: : : : :
                          ヾ|   ,   ̄u _ノ::::::::::/: : : :/_|_>‐'〈   o   ヽ: : : : ヽ: : :
                            ヽ  r─、  /U:::::::::::l: : : : l::|     `ー---<´ヽハ: : : : ト、
                             `ー┬ <|:::::::::::::::::/\: : :|:|        o     /: : : /::::
                              /|三三ヲTニ>、|  !: : |ハ         o    /: : : /:::::::

              ___ __ _ ___ _ __   __  _   _    _ /,,二ニO、 ____ _____ ____ __
              |_  ___|  |__| || ____||__|| __ \/ _,.,_ \| |   |  \ /  |/,,/=-、V ____||___  ___|| ___|| _ ヽ
                |  | |  ___  || ___|| || |▽) | (○) | |__|  ,   , |i / ///ノ ∧___ ヽ  | |  |  __|| 二" ノ
                |  | |  | | |ヽ ̄ ̄|| ||  ̄ /\  ̄ /ヽ___||  |ヽ_/| |ヽ ー= /|___/ .| |  ヽ__|__| \\
                 ̄   ̄   ̄   ̄ ̄  ̄  ̄ ̄     ̄       ̄    ̄\二二/        ̄           ̄

                               四 条 劇 場   第 1 6 0 回 定 期 公 演

                              2012年10月21日 22:00開場 22:30開演予定

                                     出 演 者 大 募 集 !
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → GMシューコ
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 1083 (塩見周子02)」
村作成:2012/10/28 (Sun) 21:59:08