←戻る
【劇場161】劇場公演 火曜の部村 [192番地]
~秋の夕日に 照る山紅葉~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 秋月律子
(生存中)
icon EBI
(生存中)
icon 持田亜里沙
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 和久井留美
(生存中)
icon やらない夫
(生存中)
icon 社長
(生存中)
icon キョン子
(生存中)
icon 阿部さん
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon イヴ・サンタクロース
(生存中)
icon 河城にとり
(生存中)
icon ギャリーP
(生存中)
icon 泉こなた
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
村作成:2012/10/30 (Tue) 21:59:17
GM 「「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ませんよー

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されませんよー

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう!

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできないよ!」
GM 「22:30点呼予定ですよ~」
仮 さんが入場しました
「こんばんは~」
GM 「いらっしゃい~」
持田亜里沙 さんが入場しました
持田亜里沙 「良い子のみんな、こんばんはありさおねえさんと一緒に人狼頑張りましょうね」
持田亜里沙 「はい、ということで、本日は宜しくお願いします」
GM 「よろしくお願いします~」
持田亜里沙 「はい、今日はウサコちゃんも楽しみにしていたみたいですよ
ね~ウサコちゃん」
天海春香 さんが入場しました
持田亜里沙 「(ウサコも、今日の村楽しみにしてたウサ)ほら、こう言ってますよぉ~」
天海春香 「天海春香です!よろしくおねがいしますっ」
持田亜里沙 「こんばんはぁ~、春香ちゃん」
GM 「いらっしゃいませ~」
天海春香 「亜里沙さん、お願いしますね!」
持田亜里沙 「春香ちゃんは、今日も元気ですねぇ~
(ウサコも、見習いたいウサ)ねぇ~
>春香ちゃん」
アイドルかり さんが入場しました
アイドルかり 「こんばんは。」
やらない夫 さんが入場しました
GM 「いらっしゃいませ」
やらない夫 「よろしくだろ」
社長 さんが入場しました
持田亜里沙 「アイドルかりさんに、やらない夫さんもこんばんはぁ~」
社長 「シクヨロ」
持田亜里沙 「(ウサコ…同じウサギだけど…あれはちょっと違うぞ…)えっと…
そんな事言わないで、やらない夫さんなりに頑張ってるんですよ
ウサコちゃん」
持田亜里沙 「社長も宜しくお願いしますね」
社長 「パーペキ二日酔いだわ、これ……
ザギンで朝までオールしてたからマジで二日酔いだわーつれーわー
キョン子 さんが入場しました
キョン子 「やっふー」
社長 「アリサちゃん? 何キミ、可愛いね、いつからウチの事務所にいたっけ?」
持田亜里沙 「キョン子ちゃん、こんばんはぁ~」
社長 「あー、あとはー、……そもそもウチの事務所って誰いたっけ」
やらない夫 「最近のトレンドがこれってやる夫が…」
持田亜里沙 「つい最近プロデューサーさんに保母から転職しましてぇ~…
あの…宜しくお願いします>社長」
アイドルかり 「アイドルかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:アイドルかり → 和久井留美
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 857 (和久井留美)」
天海春香 「とお、すみません!
ちょっと席離れてました!」
かりにこふ さんが入場しました
かりにこふ 「こんばんは、よろしくお願いします」
和久井留美 「多少は人は入りそうね。
天海さん、持田さん、よろしく。」
持田亜里沙 「ほら、やらない夫さん、ウサコちゃんが
仲間が来たーって喜んでますよ~ねぇ~ウサコちゃん
(ウサコ:宜しくウサー)>やらない夫さん」
社長 「(あれ……? そもそも、俺いつの間に社長になったんだっけ……)」
社長 「あー、ほぼね、ほぼ3ね>亜里沙ちゃん
πはほぼ3でいいんだっけ」
持田亜里沙 「あ、和久井さん、こんばんはぁ~」
萩原雪歩 さんが入場しました
社長 「俺が若い頃は3.14って教わったもんだけど、いやー世代差を感じるなーホント」
萩原雪歩 「春香ちゃん、よろしくね?」
持田亜里沙 「はい、ゆとり教育だと、3であってますよ
ねぇ~そうだよね、ウサコちゃん
(ウサコ:社長ってゆとりだっけ?)こ、こら>社長」
天海春香 「あ、雪歩!
えへへー!一緒にがんばろ!>雪歩」
持田亜里沙 「雪歩ちゃん、こんばんはぁ~」
やらない子 さんが入場しました
やらない夫 「           ___
       ,. -'"´     `¨ー 、
     /          ヾ  ヽ、
    /             };  ヽゝ.
   /      r´   __, ..イ ト┬-、i
   ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,
   i                 }    }よろしくウサー
   |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,
   i                ̄ "'''"´  }
   :                    ./
   i                    ,!
   i                   !
    ',                   {
    i                   !
    .}    !               }
    i     ヽ、          i  ,'
    l      ヽ、         |. /
    /        ヽ..,,____,,..ノノ
  ノ                  {」
やらない子 「やっふ」
和久井留美 「社長は最初から社長でしょう?
で、いつ責任、とってくれるのかしら>社長」
萩原雪歩 「うん。頑張ろうね春香ちゃん♪>春香ちゃん

こ、こんばんはー…>持田さん」
持田亜里沙 「やらない子さんも、こんばんはぁ~」
イヴ・サンタクロース さんが入場しました
社長 「ゆとりゆとりっていうけどさ、いや全然ゆとってないから君たち
「川の流れのように」って曲くらい知ってるよね?」
和久井留美 「萩原さん、こんばんは。」
イヴ・サンタクロース 「こんばんはあ~」
和久井留美 「……珍しいわね、イヴちゃんがくるなんて。」
社長 「川の流れのようにゆとやかにって思いを込めて歌ったんだよ美空ひばりは
それをだな……(あれー……俺、昨日は確か銀座の立ち飲み屋で……?)」
持田亜里沙 「さすがに、美空ひばりさんの曲は知ってますよぉ~>社長」
河城にとり さんが入場しました
持田亜里沙 「あ、イヴちゃんこんばんはぁ~」
社長 「……え、責任? なにそれ、初耳なんですけど>留美ちゃん」
河城にとり 「宜しくだよ ニンゲン」
ギャリーP さんが入場しました
泉こなた さんが入場しました
イヴ・サンタクロース 「和久井さんにも早くプレゼントが来るといいですね~」
泉こなた 「やっほー」
持田亜里沙 「そういえば、和久井さんは元秘書さんでしたねぇ>和久井さん」
天海春香 「今日は私すごいよ!
なんたって始まる前に「対話の強さ」って本読んできたもん!
これで身につけた知識があれば負ける気がしない!ちなみにコンビニで500円>雪歩」
三浦あずさ さんが入場しました
できる夫 さんが入場しました
泉こなた 「そしてずさーしといてなんだけどごめーん、ちょっと離席ー」
イヴ・サンタクロース 「来た人こんばんはぁ~」
和久井留美 「川の流れのように(かわのながれのように)は日本の歌手、美空ひばりの生前最後に発表されたシングル作品である。

作詞は秋元康、作曲は見岳章による。オリジナルの編曲は竜崎孝路によって行われた。元々は1988年12月発売のアルバム『川の流れのように〜不死鳥パートII』の表題曲で、シングルカットは、当初スタッフの意見は全員一致でポップス調の「ハハハ」にするつもりだったが[1]、レコーディングしたひばり本人の強い希望もあってこちらに変更された。なお、「ハハハ」は1990年6月21日に同じく『川の流れのように〜不死鳥パートII』収録曲である「女は昨日のために男は明日のために」をカップリングとしてシングルカットされた。

1989年(平成元年)1月11日に日本コロムビアより発売されたが、同年6月24日、ひばりは52歳で死去し、この曲は遺作となった。没後にシングル盤は売上を伸ばし、150万枚を売り上げた

>社長
ちなみに、ひばりさんはこの歌で東京ドームのライブもしているわね。
ギャリーP 「プロデューサー業いただきね!あ、よろしくお願いするわよ」
できる夫
  |┃
  |┃ 三
  |┃
  |┃            ____
  |┃ 三      /     \
  |┃        /  ⌒  ⌒  \
  |┃ .      /  (●)  (●)  \
  |┃ 三   |   '"  __´___  "'   |     どうも、よろしくお願いしますよ
  |┃       \    `ー'´     /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.   
  |┃ 三   /               \. 
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  | 
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ」
社長 「知ってるって言うけどね、実際のところひばりさんの素顔を知ってるかって言うと君たちは知らないも同然だから>亜里沙ちゃん
テレビで見ている美空ひばりは言うなれば美空トンビか美空スズメのレベルだからね?」
天海春香 「(雪歩ちゃんへの三人称待ち上げた)」
持田亜里沙 「あ、埋まりましたね
(ウサコ:よかったウサ)」
「あら埋まったみたいですね」
イヴ・サンタクロース 「満員ですぅ、今日も賑やかですねぇ」
社長 「もう全然ひばりじゃないから、あんなの
ひばってないから、っていうか本気を出すと美空コンドルになるからねあの人」
和久井留美 「責任は責任です。
印鑑を押したでしょう?>社長」
やらない夫 「この人メチャクチャ詳しいだろ>和久井」
キョン子 「キョン子 さんが登録情報を変更しました。」
ギャリーP 「よく、スタイリストーとか、芸人ーとかでオネエいるじゃない?
別にプロデューサーがおねえでもいい、そう思うデショ?」
天海春香 「ま、間違えた!」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 秋月律子
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 735 (アニマス・秋月律子01)」
やらない夫 「           ___
       ,. -'"´     `¨ー 、
     /          ヾ  ヽ、
    /             };  ヽゝ.
   /      r´   __, ..イ ト┬-、i
   ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,歓迎しよう>できる
   i                 }    }
   |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,
   i                ̄ "'''"´  }
   :                    ./
   i                    ,!
   i                   !
    ',                   {
    i                   !
    .}    !               }
    i     ヽ、          i  ,'
    l      ヽ、         |. /
    /        ヽ..,,____,,..ノノ
  ノ                  {」
社長 「知ってるしー!>留美ちゃん
俺、ひばりさんとは「シャチョサン」「ひーちゃん」って呼び合う仲だったしー!」
萩原雪歩 「あ、あずささんも!こんばんは♪」
できる夫 「そうですね…僕は今「春よ来い」を聴いていますね」
秋月律子 「さて・・・それじゃ準備、お願いね。

あ、遺言は開始したら変更不可能だからヨロシク」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → EBI
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 38 (EBI)」
持田亜里沙 「ほら、和久井さんは元秘書だから>やらない子ちゃん」
やらない子 「何のかんので埋まったわね」
萩原雪歩 「え!?す、すごいね…
そういう本がコンビニに!?>春香ちゃん」
できる夫 「おややらない夫くん、今日も実に非常識的な服装ですね」
和久井留美 「あら、ではひばりさんの弟さんのことなんかもご存知なのかしら?>社長」
萩原雪歩 「では開始投票しますね…」
EBI 「じゃ、準備してない人は早めにしてねー」
イヴ・サンタクロース 「皆さんキャラが濃いのでぇ、私なんだか浮いてる気がします!!」
かりにこふ 「かりにこふ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりにこふ → 阿部さん
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 572 (阿部高和)」
社長 「え、弟?」
萩原雪歩 「あ。律子さんがGMさんなんですね?
私達の初めてのCDの時のメンバーが揃いましたぁ…」
三浦あずさ 「あらあら、雪歩ちゃんに春香ちゃん
よろしくねー」
やらない夫 「俺は常に常識的だろ>できる」
秋月律子 「とりあえずウサギマッチョをいけにえにささげましょうか・・・<阿部さん」
阿部さん 「おっと、おれが最後か。すまなかったな」
社長 「……あ、ああ知ってるけど? 知ってますけど?
あれでしょ、美空孔雀くんだっけ? 上野動物園の」
和久井留美 「昔の話よ>持田さん
今の私は、一人のアイドルだもの。」
萩原雪歩 「はい!あずささんも今日は楽しみましょうね>あずささん」
秋月律子 「なんというか。濃いわよね・・・>イヴ」
イヴ・サンタクロース 「エビですかあ。初日吊ってエビフライ~?」
できる夫 「またまたご冗談を>やらない夫くん」
EBI 「こなたさんは・・・離席中かー」
やらない夫 「ヤメローシニタクナーイシニタクナーイ>律子」
イヴ・サンタクロース 「そうですぅ。皆さん濃すぎます~>律子さん」
和久井留美 「へぇ、よくご存知ですね社長
では、私もあなたの姓になることも問題はないわね?」
天海春香 「そりゃすごいよ
だって東なんとか大学の教授が書いた論文がもとになってるとかで・・・・
何書いてあるかはよくわかんなかったけど、いま自信に満ち溢れてる(ドヤァ・・・>雪歩」
三浦あずさ 「そうね、いっしょに楽しみましょう>雪歩ちゃん」
EBI 「EBI さんが登録情報を変更しました。」
持田亜里沙 「ん~、私は、まだ保母としての癖が抜けなくて
和久井さんってすごいなって思います>和久井さん」
社長 「俺なんて「春よ来い」だけじゃもう満足できないし>できる夫

「夏よ来い」「秋よ来い」「冬は早く終われ」の全楽章を制覇したわー」
天海春香 「あ、挨拶忘れてました!
あずささん、おねがいします!」
萩原雪歩 「そ、そうなんだ…今度私にも見せてね…♪>春香ちゃん」
阿部さん 「ヒュー♪ なかなかいい身体してるじゃないの>やらない夫」
秋月律子 「それじゃこなたさんのスタンバイ待ちね。
スタンバイ確認次第のカウント、許可するわ」
三浦あずさ 「なんだか眠いわね~
このまま寝てしまいそうだわ~」
イヴ・サンタクロース 「ブリッツェン来なかったなあ…」
泉こなた 「ただいまー」
イヴ・サンタクロース 「オンステンバーイ~?」
社長 「んとね、ちょっと待ってね?>留美ちゃん
あのさ、何か話がおかしな方向性に向かってない?
機械の身体をもらいに行くはずがなぜかイスカンダルに向かってるレベルでおかしくない?」
EBI 「準備できたみたいだしカウントいくねー」
三浦あずさ 「春香ちゃん、よろしくね~」
秋月律子 「よし、確認。EBIさんよろしく!」
できる夫 「冬の部分にずいぶん実感がこもってますね…>社長
まあお気持ちはわかりますが」
泉こなた 「泉こなた さんが登録情報を変更しました。」
和久井留美 「そんなことはないわ。
私は、プロとしての責任を果たしているだけ>持田さん
だから……責任という意味では、きっと社長も果たしてくれるわ。」
EBI 「1」
持田亜里沙 「やらない夫さんの貞操の危機!?
(ウサコ:やらない夫逃げるウサーーーーー!?)」
EBI 「じゃ、開始」
社長 「おっかしーなー、ちょっとメーテルさん?
哲郎が迷子になっちゃってるんですけどォォォ!!? ガミラス星いっちまうよこのままじゃ!」
ゲーム開始:2012/10/30 (Tue) 22:37:45
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆秋月律子 はい、というわけで来てくれて感謝!本日のお相手はこの私・・・秋月律子が承ります。
早めの満員、嬉しく思います!本日も楽しんでいってくださいね」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
秋月律子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
秋月律子さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
イヴ・サンタクロース 「さぁ、今日も頑張るぞぉ~♪
占いさんはCOして下さいね~っ!」
できる夫 「おはようございます
役職の方はCOをお願いしますね」
和久井留美 「……朝ね。
ほら、社長、起きてください……(揺さぶりながら」
EBI 「おはよーさん」
やらない子 「待機中にやらない夫に投票完了
私の一族に、うさみみを付けて喜ぶ男など居ない」
持田亜里沙 「みんなぁ~おはよぉ~!
今日も一日頑張りましょうねぇ
(ウサコ:おーー!!)」
阿部さん 「うほっ、いい夜明け」
萩原雪歩 「律子さん…。

おはようございます!」
キョン子 「おはようさんっと」
三浦あずさ 「おはようございます~」
社長 「社長っていうか占い師になったんですけどォー! モッチー(持田亜里沙)○!」
河城にとり 「占いCO イヴ・サンタクロース○」
やらない夫 「おはようございますだろ」
EBI 「役職はしごとしてーな」
泉こなた 「やっほー、おはよー。
そんじゃま、COお願いー」
天海春香 「よし・・・私の上昇した対話スキルでこの村をリードしちゃいますよ!
・・・えーと、まずは「めんどうな上司のあしらい方」・・・
あれ?どこで活かせば・・・」
河城にとり 「理由:初日だし、左占いと行こうじゃないか。
   季節的にサンタクロースはまだ早いと思うのだがね。
   村人へのプレゼントを持っているかどうか確かめてみよう。」
持田亜里沙 「それじゃ、COあるかな~
(ウサコ:COってなに、ありさおねえさん)
COっていうのはね、占いさんが結果だしたり
霊能さんと共有さんが、私がそうですよって
名乗ることだよ、ウサコちゃん」
社長 「いやなんか保母さんだっけ?
いいじゃない、そういうの
ピィンと来ちゃったからさ、これは手をつけておかないとね?」
和久井留美 「……シーツ、ぐちゃぐちゃになっちゃいましたね。社長」
ギャリーP 「おはようよ。ほら、まずは大きな声で挨拶してみましょう。
あ、ねぼけてちゃだめよー?可愛い顔が台無しになっちゃうもの。」
イヴ・サンタクロース 「占いさんは2ですかぁ?」
キョン子 「ほうほう、占いは二人だけか?
そんじゃあ霊能共有は頼んだぜ」
やらない子 「兄は居た。
でも、兄はもう死んだ。少なくとも私の中では。」
できる夫 「おや、朝一を取り損ねてしまいましたね
イヴ・サンタクロースさんはお見事ですね、○ももらっているようですし」
ギャリーP 「じゃ、占い師COしてもらいましょうか!あ、固くなっちゃだめよ。
自然に、わかりやすく。ね?」
EBI 「占い2把握ー
じゃ、霊もきりきりしごとしようかー」
イヴ・サンタクロース 「では霊能COです~っ!
吊りというプレゼントを貰った村人さんの確認は任せて下さい~っ!」
三浦あずさ 「それじゃ、役職の方たちはCOを
あと、私にマッサージをお願いできるかしら?」
泉こなた 「じゃあ、霊能と共有のCO待つかなぁ。
とりあえず貧乳はステータスで希少価値だと思うんだけど。」
河城にとり 「対抗は一人と。
それじゃ霊、共有もでるといい。」
キョン子 「うし、霊能CO」
社長 「ちょっと聞いてないですけどォォォ!
プロデュース業とか何すればいいわけ? ねぇ留美ちゃんちょっと聞いてる?」
和久井留美 「……占いは2人。
社長、ベッドにいないとおもったら、占い師になってたんですね。」
持田亜里沙 「それじゃ、霊能さんと共有さんもCOどうぞ~」
できる夫 「○進行のようなので霊能と共有もどうぞ」
やらない子 「どうせ狂人が潜伏して、真狼ー真だよ」
やらない夫 「バッカ最近のトレンドはこれなんだよ>やらない子」
阿部さん 「とりあえずは占いは2のようだな。
役職者はどんどん出していいんだぜ?」
ギャリーP 「はい、いいわよー2CO○進行ね
じゃ、共有も霊能も出てもらいましょうか
今日の主役はあなたたちかもしれないわ?」
EBI 「○から霊がでると
あんまりおいしくないてんかいだねー」
萩原雪歩 「2-2ですね!了解しました」
やらない子 「あれ?霊能が二人居る。」
泉こなた 「2-2と。まぁ、共有出ても潜ってもいいけど
ローラーかなぁ。混じってないなら。」
三浦あずさ 「占いさんは2人、そして霊能さんは1人かしら?」
キョン子 「あ、出てくるのならいいや
霊能撤回共有CO相方生存」
河城にとり 「いきなり霊を占うとはついてないねQua.Qua.」
イヴ・サンタクロース 「…なんで対抗が居るんですかぁ!!!」
できる夫 「2-2ですね、共有者の撤回があればどうぞ」
和久井留美 「……撤回があれば。>霊能」
天海春香 「ほおぉ・・・なんだか和久井さん遠い世界にいる・・・」
社長 「俺、自身ないよ?
プロデューサーとプロボクサーの違いすらよくわかんないよ? ねぇ」
三浦あずさ 「あらあら2-2かしら?」
阿部さん 「霊能ローラー や ら な い か」
河城にとり 「ん?霊脳がもう一人と思ったら共有だった。」
EBI 「と、2-2なら共有指示がない限りローラーでいいんじゃない?ってかんじの安直な思考」
三浦あずさ 「それじゃ共有COしちゃうわね」
やらない子 「そんなトレンドは秋葉原のコスプレイヤー以外にないわ!>やらない夫(他人)」
萩原雪歩 「共有スライドですね!?」
阿部さん 「*おおっと 共有!」
社長 「……オーケー、少し待とう>留美ちゃん
えーと、……昨日、なにがあった?」
イヴ・サンタクロース 「私は共有のぉ、騙りは好きじゃないですぅ…」
持田亜里沙 「あら?霊能に対抗さん
ん~…
(ウサコ:なんで悩むの?この場合ロラじゃないの)
もういっぽうは○なんだよウサコちゃん…って
共有さんだったみたいよ」
EBI 「ああ、2-1-2なのね
それならてきとーにおしゃべりしよーやー」
ギャリーP 「頑張ってください社長!アタシはサポートに徹するわ!で、どうします?>社長」
和久井留美 「2―1でいいわね。
灰詰め……社長、ここまできたんですから……


もう、覚悟はしてください、ね?」
三浦あずさ 「相方はキョン子ちゃんよ~」
キョン子 「相方あずさであっているぜ
そんじゃあ楽しい楽しいグレランタイムってな」
イヴ・サンタクロース 「でも共有さんで安心しました~っ!」
泉こなた 「じゃグレランかー。
とりあえず今のところあずささんとかでいいんじゃないかという説を私の胸は叫んでいるんだけど」
やらない夫 「2-1-2か…」
泉こなた 「えっ」
泉こなた 「えっ……」
天海春香 「あずささんの共有!ついに運命の相手が・・・
って、女の子どおしだった。」
阿部さん 「特に意味のないアレでそれだった。
ま、2-1になったのなら熱いパトスがあふれ出るグレランでたっぷりイかせあおうじゃないの」
和久井留美 「◇社長 「ちょっと聞いてないですけどォォォ!
プロデュース業とか何すればいいわけ? ねぇ留美ちゃんちょっと聞いてる?」

……まず、実印をだしてもらえますか?」
社長 「違うからね!?>みんな
俺、違うからね、なにもしてないよ!?
昨日は一晩中、亜里沙ちゃんの素行調査とかしてたし! 働いてるんだよこう見えても!」
萩原雪歩 「2-1ですね では今日はグレランですね」
やらない子 「ぺろっ
これは、キョン子ーイヴ・サンタクロースが共有でじつはあずささんが霊能フラグ」
イヴ・サンタクロース 「2-1-2ですぅ~
グレランですかぁ?」
泉こなた 「巨乳なのに……共有……」
河城にとり 「Qua.Qua.かまれる代わりになってくれると思えば
それはそれでいいものだと思ったのだがね。
とはいえ、ここだと遺言残せないから無意味か。」
できる夫 「2-1-2の○進行確定ですね
河城にとりさんが占ったイヴ・サンタクロースさんをが霊能COしているのでグレーが一つ広い状況ですね」
ギャリーP 「はいはい、一連の流れも一種様式美ね。いいわよ。殿方の心つかんでるわねー。
2-1-2、まあグレランね!了解よ」
EBI 「しかし最近元ネタのわからないアイコンが増えてこまる・・・>からみてきないみで」
泉こなた 「ウキャーッ」
三浦あずさ 「そうだったら楽しいことになりそうね~>やらない子ちゃん」
持田亜里沙 「社長と、和久井さんに何があったんだろう…
(ウサコ:これは、何か大人な事件な気がするよ、ありさおねえさん)」
社長 「えーと、それじゃ何人か担当してくれる?>ギャリック砲P
俺1人じゃゼッテー無理だから」
キョン子 「そいつには同意するが
俺の相方なんだ。投票しないでくれよ?>こなた」
イヴ・サンタクロース 「和久井さんはぁ
感想戦でハンコ押させればいいと思いますぅ!!(キリッ」
持田亜里沙 「…え?>社長」
阿部さん 「男は度胸、なんにでも絡んでみるもんさ>EBI」
やらない夫 「あずささんは共有だろ>こなた」
萩原雪歩 「きょにゅうな人っていいよね…
私も最近育ってきてるけどまだ91には…」
三浦あずさ 「キョン子ちゃんにマッサージしてもらう予定だったんだけど、ね~」
EBI 「貧乳はステータスでもないし希少価値でもないからしゃーないね>こなた」
社長 「とりあえずさ、共有者? とか霊能者?
その辺は別に見なくていいから、適当なアイドル捕まえてプロジュースしといて、レポートとかいらないから」
和久井留美 「状況としては……そうね、まずはなんでも考えられるから……
ともあれ、明日をまちましょう?

そのあいだに社長ともお話はできるわ。」
天海春香 「ねえねえ雪歩ちゃん。
結婚とか遠い話がぽんぽんでちゃうよこの村・・・
私たちまだわかすぎるのかなぁ・・・>雪歩ちゃん」
泉こなた 「海老天にしてやろうかー!>EBI」
キョン子 「する予定なかっただろ!>あずさ」
やらない子 「特に意味はなかったけど、正直共有の騙りは趣味よ>イヴ・サンタクロース
別に害があるわけじゃない形だから寛容に寛容に」
三浦あずさ 「雪歩ちゃんくらいのがちょうどいいんじゃないかしら?
とにかく肩がこるわよ~>雪歩ちゃん」
社長 「いや、ちゃんとシロだったから!>亜里沙ちゃん
仕方ないでしょ、そういう仕事なんだから」
EBI 「すごく・・・大きいです(男の器的な意味で)>阿部さん」
阿部さん 「巨乳よりも、俺は巨根が好みだぜ……(男の股間に目をやりながら)」
やらない夫 「いいか!!こっちに来るなよ!!いいな!!絶対だぞ!!>阿部さん」
イヴ・サンタクロース 「ではグレランです~っ!」
三浦あずさ 「石鹸でマッサージしてくれるんじゃなかったの?>キョン子ちゃん」
持田亜里沙 「えっと…私の素行調査…
(ウサコ:昨日の寝るときに見えた視線は社長か!!
おねえさん、警察に訴えてやろうよ!!)>社長」
萩原雪歩 「私はその、春香ちゃんとなら…(照れ照れ) >春香ちゃん」
やらない子 「いつかその形を成功させてみせるわ……
そうなったら……くくくく>あずささん」
泉こなた 「まぁ、占いは占い先とか理由が特定できるような占い理由を書くと
色々お得なんじゃないかなーって。」
できる夫 「霊共交換アーマーも悪くはありませんが…、いかんせん遺言がありませんからね
そこは素直にいきたいところです
今日はグレランのようですね、先に言った通りグレーが広めなのでお気をつけください」
和久井留美 「……イブちゃん、

――女はね、やるべきときは、やるべきなの。
それが――プロのしごと、よ?」
河城にとり 「ま、やることは変わらない。
灰に最低でも3匹は人外がいるんだ。」
イヴ・サンタクロース 「巨乳は正義って私のプロデューサーも言ってましたぁ~!」
阿部さん 「フリってヤツだな。
しっかりと期待にはこたえようじゃないの>やらない夫」
ギャリーP 「なにそのドラゴンでボールな技みたいな名前のプロデューサー。
じゃあわかったわ。やらない夫とか阿部さんは任せましたわよ。
アタシその路線わかんないし>社長」
EBI 「HAHAHA、180℃にしっかり温度管理するんだぞー>海老天にするときは>こなた」
社長 「いやね、明日もあるとは限らないけどね?>留美ちゃん
俺がいなくなっても、探さなくていいけどね?
ちょっとコンビニ行ってるだけかもしれないしぃー」
イヴ・サンタクロース 「流石ですっ!>和久井さん」
萩原雪歩 「そうですね、四条さんや律子さんが羨ましかった…」
三浦あずさ 「あらあら、春香ちゃんと雪歩ちゃんは仲良しさんね~」
和久井留美 「社長、いいから実印だしてください。
あとはゆっくりと……ね?夜は、長いわ……」
やらない夫 「今日のヘイト枠って俺か…?」
天海春香 「えっ・・・(かぁあ
で、でも私たち女の子どおしだし・・・(もじもじ>雪歩」
持田亜里沙 「(ウサコ:ねぇねぇ、霊能と共有がどうのって気にするの?)
ん~」
阿部さん 「いいこと思いついた。
お前ら、占い師の灰の中に投票しろよ」
社長 「特定できる理由ねー、まぁこなたちゃんのお願いなら」
ギャリーP 「やだいいオンナ>留美」
社長 「がんばろうかな!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
EBI2 票投票先 →萩原雪歩
持田亜里沙0 票投票先 →できる夫
天海春香0 票投票先 →やらない子
和久井留美1 票投票先 →阿部さん
やらない夫4 票投票先 →できる夫
社長0 票投票先 →EBI
キョン子0 票投票先 →和久井留美
阿部さん1 票投票先 →できる夫
萩原雪歩1 票投票先 →やらない夫
やらない子1 票投票先 →やらない夫
イヴ・サンタクロース0 票投票先 →できる夫
河城にとり0 票投票先 →やらない夫
ギャリーP0 票投票先 →できる夫
泉こなた1 票投票先 →EBI
三浦あずさ0 票投票先 →やらない夫
できる夫5 票投票先 →泉こなた
できる夫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
イヴ・サンタクロース は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できる夫さんの遺言
             イ´   `ヽ 
           / /  ̄ ̄ ̄ \
          /_/     ∞    \_
         [__________]     「できる夫とできない夫はコンビのようです」
         |      __    |
         \_        _/        の作者さんがどうにも人狼界隈の住人に思えてなりませんね
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
イヴ・サンタクロースさんの遺言 《ミサイルのプレゼントなら任せろー》
                                         /⌒ヽ_ 
                                       /-‐/´  'ヽ
                 / \                  / /  ∨ヘ/
                   ヽ   \             _/'´    / //、_
                  ヽ   \        , <´ ̄::\    /_// ::::::77
                        ヽ    \   r /  \、::::::ヽ / //:::::::://
                    ヽ_ , -‐ ' ´/ / \  _`_-‐_弋 _ノ_`‐-'/ ` ‐- 、 _
                _ , -‐ ' ´       / /  / /レ' ー───‐ァ、 ´      ` ‐- 、 _
       __ , -‐ ' ´       __/   \ /_/〈 = //〃 / , -> ── _7___  ` ー 、
        'ー-7───∠二二二二>‐ァ7 /`-、 〉/ /互7/互, ヘ// 、 ̄ ̄    ̄   ̄ ̄ ̄
           ̄ ̄ ̄´_ , -‐ ' ´    / / _ `ー、/_∨_ ̄_ ̄/∠/    \
             /__  _, -‐'  ̄´ ` ー '`ー' `ー ' <    __/
                   ̄                    ` ̄
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
河城にとり 「占いCO 天海春香○」
三浦あずさ 「おはようございます~」
やらない子 「これは、どんな姿になろうが認めてやれという神からの試練なのだろうか……」
ギャリーP 「おはようよ。発声練習よ。せーの、ママミムメモマモ!さんはい!
あら?知らない?音楽の授業とかでこういうのしなかった?」
阿部さん 「うほっ、霊能噛み」
キョン子 「おはようさんっと」
やらない夫 「おはようございますだろ」
泉こなた 「やっほー、おはよー。
そんじゃま、COお願いー」
持田亜里沙 「みんなぁ~おはよぉ~!
今日もいい朝ですね。
みんな朝食はちゃんとたべたかな~
(ウサコ:はーーい!!)」
河城にとり 「理由:できる夫は狩もあると思ったから
   今日占いたかったのだがね。
   それじゃ5発言で内容も無いのに0票なここの色を確認しておこう。」
社長 「社長っていうか占い師になったんですけどォー! EBIちゃん○!」
ギャリーP 「社長が超のびのびとしてて個人的にそういう人好きなんだけどまあそれはいいわ。
占いが噛まれたないといいわね。
あとは、そうねえ。割とできる夫の色が気になるくらいかしら?」
萩原雪歩 「おはようございます… にとりさんの〇がかまれたんですね」
和久井留美 「……社長、昨夜遅くまで……たのにもうお仕事ですか……
たまには――私より後に起きてもいいんじゃないかしら

――ベッドの上の交渉はこれまでかしらね。
それじゃ、今日もはじめましょう?」
やらない子 「あとで見てみましょう>「できる夫とできない夫はコンビのようです」」
泉こなた 「ふーむー>霊噛み」
持田亜里沙 「イブちゃん…」
EBI 「おはよーございます」
キョン子 「霊能噛みっと
まあ、これならどっちでもあり得るな」
社長 「何か吊れないんですけどー? なにこの甲殻類、おかしくね?
発言スッカスカなのに水増し臭いっていうか
この手のタイプは吊れそうで吊れなかったりするし残しておきたくないですハイ」
天海春香 「なんだか変に偏った投票になったね。
・・・あ、そうそう対話術に書いてあったことひとつ思い出した!
「物事を確定したように言わない人はどこか後ろめたい」って!・・・あれ、どうつかえば・・・」
三浦あずさ 「あらあら、霊能さんがやられちゃったのね」
泉こなた 「まぁ、狼混ざってるっぽいなーって感じなんで
グレランとりあえず続行コースで」
ギャリーP 「イーーーヴウウウウウウウ」
EBI 「役職はお仕事終わってるかー
ん、霊死亡かー」
和久井留美 「――霊噛み、ね。」
社長 「シロかよ!>甲殻類」
三浦あずさ 「この次の噛み方次第ね~>キョン子ちゃん」
やらない夫 「妹よ
やる夫は言った…
これが今の流行りだと…」
ギャリーP 「はっ、別人だったわね!ならいいわ!いや、よくないけど!」
河城にとり 「Qua.Qua.霊脳かみと。
できる夫で吊れてそこ狼を見せたくなかったとかであればいいのだがね。
それとも信頼勝負かさてはて。」
萩原雪歩 「春香ちゃんが〇なんですね、よかったー…
昨日は変な事いってごめんね…でも春香ちゃんのこと好きだから♪>春香ちゃん」
やらない子 「新城直衛が登場するスレで人狼をモチーフにしているのが有った気がするけど、スレタイが思い出せない」
EBI 「いや、あんたのイヴとは違うからさー>ギャリーP」
持田亜里沙 「あら?雪歩ちゃんイブさんじゃなくて
にとりちゃんの○ってみるのね、霊能噛みってみないで
(ウサコ:ちょっと一人だけ見方が違うね、ありさおねえさん)」
阿部さん 「グレランならいい男はなるべく残していきたいんだがな……
やら&できコンビは生き残れるほどいい男には見えなかったんで、投票させてもらったぜ

おそらくここローラーする間に状況の変化を待つ、こんな展開になるんじゃないか?」
キョン子 「グレラン続行で頼むぜ?
霊能噛まれたからって1w吊れたと思わねえようにな」
社長 「あー、なんだろうこの変な感じ
手応えあるかと思ったらこれとか超がっかりなんですけどーねぇ聞いてる?」
天海春香 「うん、私自身すごい気になってたから占われたのはすごいわかるんだ・・・>にとりの占い理由
・・自分に対して考察はいらない?ですよねー!」
三浦あずさ 「霊噛みからの、囲い、●出し、いろいろできそうな展開ね~」
ギャリーP 「ぶっちゃけこの流れをやりたかっry)>EBI」
やらない子 「みっみとめない!>やらない夫
そもそも私は自前のミミが有るのに、動物のミミを付けるのをかわいいと思えない立ちの人間でしょ!」
EBI 「いや、●い甲殻類とかあかんやろ>社長
○いのも割とどーかと思うけどさ」
三浦あずさ 「ゆで方が足りないんじゃないかしら?>社長さん」
社長 「ねぇところでさーにとりちゃんが投票してるやらない夫どっちだと思う?
俺、そこが狼だとは思えないんだよね、占っていい?」
やらない夫 「霊能いかれたか…」
持田亜里沙 「狼混ざってるって考えると、潜伏狂人に警戒しないといけないですね>こなたちゃん」
和久井留美 「……?
萩原さん、あなた……「霊能が噛まれた」じゃなくて、「にとりちゃんの○が噛まれた」っていうのね……?」
河城にとり 「なにもしなければやらない夫が吊れるだろう?
狩人かどうかぐらい聞いて上げてもいいと思うがね。Qua.Qua.」
天海春香 「えへへ・・・でも雪歩ちゃんとなら・・・ちょっといいかも・・・なんて(ぽっ>雪歩ちゃん」
阿部さん 「初日占いが狼視点バレるのは狂狼・社長狂人・亜里沙狼ぐらいか
どっちかっつーと、占いよりかは霊能噛めそうだから噛んだって感じに
見えるところだな」
社長 「発言が素直すぎるもん
すんげー素村っぽい」
萩原雪歩 「そっか、霊能さんでもあったんだイヴさん…
ひとまず狩人さんが守ってくれると思ってましたが…」
泉こなた 「ぶっちゃけ、今んとこどーだと言うにはあんまり
ちょっと社長の占い先がストレートで面白いかなーって程度?」
EBI 「まぁIbのハッピーエンドはいいよね、すごくいいよねーってのはわかるけどね>ギャリーP」
萩原雪歩 「そ、そう…?>春香ちゃん」
やらない夫 「お前も着けるかね…>妹」
やらない子 「あとまあ、霊能噛みを見て、霊能が噛まれたじゃなくてにとりの○がかまれたっていう発想をする雪歩っぽはなんか人と違う気配がするから吊るか占うかした方が良いと思うでしょ」
社長 「黒い甲殻類だっているだろ? ブラックタイガーとかさ>EBI
つーか俺、伊勢海老とかよりブラタイ派だし」
三浦あずさ 「ストレートが速いピッチャーは魅力的だものね>こなたちゃん」
持田亜里沙 「社長、占いしようとか宣言しちゃうと
狼に利用されますよ?
(ウサコ:社長はおっちょこちょいだなー)>社長」
阿部さん 「潜伏狂人は噛まれ・吊られでいつの間にか消える可能性が高いし
偶数のままならそこまで警戒する必要ないだろ?>亜里沙」
和久井留美 「ねぇ、聞かせてくれるかしら、萩原さん……
あなたは、この噛みをみたとき、なんで「にとりさんの○」を気にしたの?
私には、少し、気になるわ。」
ギャリーP 「んーそうねー。霊能噛みってことはまあ、真狼濃厚でー。
ふむ、たしかに囲ってる疑惑がちょっと上がるわね。まあ灰詰めっていきつつ
見極めていきましょう」
キョン子 「さて、雪歩の発言に
突っ込んだ奴の真意はなんだろうな?」
やらない夫 「ところで今日もグレランなのかね?」
持田亜里沙 「和久井さん、おんなじところに目を付けましたね>和久井さん」
三浦あずさ 「雪歩ちゃんは霊能護衛派なのね」
河城にとり 「とおもったら対抗が露骨にかばいにくると。」
キョン子 「グレランだよ>やらない夫」
社長 「そりゃガチで狼狙ってますから、少なくとも村人じゃねーだろーってことで投票したし」
やらない子 「占いに狼混じり(というか社長視点にとりが狼)だとすると、4票貰いの兄さんをそのままグレーに放っておくカビミョイと思うでしょ>社長」
萩原雪歩 「どっちが真か、霊能さんが真か気になったんです
単純にメモの上の方に、占いさんの欄があるせいもあったんですけど…>和久井さん」
阿部さん 「俺は雪歩には突っ込まないが
いい男に突っ込みたい男なんだぜ?>キョン子」
EBI 「伊勢海老よりかは甘エビ派だなー私は>社長
ブラタイもきらいじゃないがね」
和久井留美 「手応えはいいですから、昨晩の回答、まだもらってないわ。
……実印は、こちらで用意させてもらいましたけど、ね?>社長」
ギャリーP 「イヴ最高にかわいいわ異論は認めない。アタシが>EBI」
やらない夫 「把握>キョン子」
天海春香 「んー。
雪歩ちゃんの発言は狼からの目線ではないような・・・・
狼ならふつう、夜会話で「占いか霊能か」って話すと思うし。」
社長 「だっておめー、あんなこと言えるか?>にとり
「自分がヘイト」とか、言えるか? あれでどうして吊ろうって発想になるよ?」
やらない子 「それは、にとり視点でもにたようなもん
狼はないと思うけど気になるんだったら占ったら?くらい」
阿部さん 「ロブスターも……なかなか悪くないぜ?>EBI」
社長 「いやいやいや、実印とかまだ早いからね?>留美ちゃん
まだ俺たち、お互いのことよくわかってないし、ね?」
三浦あずさ 「ほどほどにしてくださいね~>阿部さん」
EBI 「まーグレラン以外にやることないしグレー削っててんかいみるぐらいしかなくねってかんじー」
やらない夫 「ねぇ気になってたんだけどなんで俺より先にできる夫は吊られたんだろうね?」
萩原雪歩 「今日はグレランですよね
発言薄めの所に昨日は投票していました」
持田亜里沙 「そうあればいいけど
そうやって忘れた頃に猛威を振るうのが潜伏狂人ですよぁ~
ただ、自然と処理できるなら、いいと思うんですけどね
いるかどうかもわかりませんし>阿部さん」
天海春香 「だって、雪歩ちゃん女の子らしくて・・・それに可愛らしくて・・・>雪歩ちゃん」
社長 「こーいうのはさ、もっと時間をかけてゆっくりやるべきだと思うんだ
うん、あと3年くらい待っててもいいんじゃないかな」
社長 「でも俺は急がないとね、結果出さないとね」
阿部さん 「おっと、注意1がきたな
ちょっとは自重しようじゃないの>あずさ」
和久井留美 「ん、それはどういうこと?
確かに、どちらでもある話だとは思うわ。

……少し、把握漏れがあったように感じるのよね。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆秋月律子 システム:投票制限時間をリセットしました。」
3 日目 (1 回目)
EBI0 票投票先 →やらない子
持田亜里沙1 票投票先 →阿部さん
天海春香0 票投票先 →やらない子
和久井留美2 票投票先 →泉こなた
やらない夫1 票投票先 →阿部さん
社長0 票投票先 →阿部さん
キョン子0 票投票先 →和久井留美
阿部さん3 票投票先 →泉こなた
萩原雪歩2 票投票先 →和久井留美
やらない子2 票投票先 →萩原雪歩
河城にとり0 票投票先 →やらない夫
ギャリーP0 票投票先 →萩原雪歩
泉こなた3 票投票先 →持田亜里沙
三浦あずさ0 票投票先 →泉こなた
3 日目 (2 回目)
EBI0 票投票先 →やらない子
持田亜里沙0 票投票先 →阿部さん
天海春香0 票投票先 →やらない子
和久井留美2 票投票先 →泉こなた
やらない夫1 票投票先 →泉こなた
社長0 票投票先 →阿部さん
キョン子0 票投票先 →和久井留美
阿部さん2 票投票先 →泉こなた
萩原雪歩2 票投票先 →和久井留美
やらない子2 票投票先 →萩原雪歩
河城にとり0 票投票先 →やらない夫
ギャリーP0 票投票先 →萩原雪歩
泉こなた4 票投票先 →三浦あずさ
三浦あずさ1 票投票先 →泉こなた
泉こなた は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やらない子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
泉こなたさんの遺言 お疲れ様ー
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
三浦あずさ 「おはようございます~」
和久井留美 「おはよう――社長、昨日は回数もこなしたのに、随分元気ね?
お互いをしらない……?ふふ、どうかしら。私とあなたは――もう何回も共にしているはずなのだけれど?」
河城にとり 「占いCO やらない子○」
社長 「社長っていうか占い師になったんですけど……萩原雪歩ちゃん◯」
阿部さん 「うほっ、いい吊られ回避」
天海春香 「うー・・・耳がキンキンする・・・
昨日なんだかうるさくなかった?雪歩ちゃんとの関係もこともあって寝不足気味に・・・えへへ・・・ふわぁ・・・」
持田亜里沙 「みんなぁ~おはよぉ~!」
河城にとり 「理由:やらない子(81) 「それは、にとり視点でもにたようなもん
   狼はないと思うけど気になるんだったら占ったら?くらい
   Qua.Qua.もし占ってそこ○だったらどうするんだい?
   対抗が狼かどうかわかっていないわけで。
   占う位置と削る位置って分けるべきだと思うのだがね。
とはいえ、両視点で追える発言は村なら頼もしい。色を確認させてもらうよ。」
キョン子 「おはようさんっと」
萩原雪歩 「おはようございます…
やらない子さんが噛まれましたね…」
EBI 「おはよーございますー」
三浦あずさ 「あらあら、やらない子ちゃんが~」
持田亜里沙 「萩原雪歩(13)

「おはようございます… にとりさんの〇がかまれたんですね」
が気になった理由は、簡単にいえば
みんなが霊能噛まれたという意見に対して
一人だけ、にとりさんの○って認識を持っていたことね
だから、見ていて違和感があったので聞いてみたのだけど
なにか不服だったかな?」
ギャリーP 「おはようよ。じゃ、笑顔の練習ね。鏡の前に立って
”わたしのかんがえたさいこうのえがお”を見極めて作ってみて?
それだけで劇的に変わるはず、アタシが保証してあげる。
それだけでみんな素敵になるわ!」
やらない夫 「おはようございますだろ」
社長 「やらない夫を占おうかと思ったけど、どーせ素村でしょ
やらない子ちゃんも多分素村じゃないかな、んでそのない子ちゃんが
「○がかまれたっていう発想をする雪歩っぽはなんか人と違う気配がする」、うん確かにその通りだわいいとこ見てるじゃん」
三浦あずさ 「やらない子ちゃんとやらない夫ちゃんがちょっとだけ紛らわしかったのよね~」
EBI 「役職さんはお仕事してますねー
今日も○進行っと」
河城にとり 「んー かみ合わされたか銃殺いけたか どっちだろうね
Qua.Qua.」
持田亜里沙 「ここで、やらない子さん噛み?」
和久井留美 「さて――
萩原さん、なんで私があなたの発言を気にしたか、
そして、多少の人外目を見ながら票を外したか、ここを話しましょうか。

◇萩原雪歩(53) 「そっか、霊能さんでもあったんだイヴさん…
ひとまず狩人さんが守ってくれると思ってましたが…」

あなたは、最初にここでイヴさんをはじめて確かに霊と認識している。
だけど……そのあとね。

◇萩原雪歩(73) 「どっちが真か、霊能さんが真か気になったんです
単純にメモの上の方に、占いさんの欄があるせいもあったんですけど…>和久井さん」

あなた……狩人が守る、とわかっていて、なんで真か気になるの?
あなたの仮定する、内訳をききたいわ。

そして、共有、それが私が萩原さんを気にする理由よ。
だけど話せる――だからまだ、投票しない、それだけよ。」
阿部さん 「ふむ、にとりの占い先が死亡か」
持田亜里沙 「後は、和久井さんがの意図としては
私と同じ違和感があったから質問したのであって
吊り殺す気であるなら、昨日投票したんじゃないかなって
思うんだけど、だから、どっちかというと狼には
ちょっと見えづらいって感じかな?
狼で、違和感覚えたなら、有無を言わさず吊りに持って行くんじゃないかなって
でも、和久井さんは一手待つ構えをしてるんですよね」
三浦あずさ 「この占い先はなかなかいいところじゃないかしら?」
キョン子 「GJ呪殺ならうんぬんでーよろー」
やらない夫 「んー○続いてるだろ…」
天海春香 「んー・・・これはなんというか。
よくわかりませんね!(キリ」
社長 「こなたちゃんとかすっげー狩人に見えたんだけどさ
捨て票をしたってことは違うんだよね彼女
じゃあ狩人はあの子かな」
河城にとり 「そもそも昨日対抗はやらない夫占いといってたはずなのにね。」
和久井留美 「そのうえで、噛みはそこ、と。」
阿部さん 「わりと気になる場所が○の中に出尽くした感はあるな」
ギャリーP 「雪歩ちゃん。
ちょっと聞きたいんだけどにとり○の件は留美ちゃんが聞いてるからいいとして
◇萩原雪歩(53)
「そっか、霊能さんでもあったんだイヴさん
…ひとまず狩人さんが守ってくれると思ってましたが…」
霊能でもあったんだー…なんてその時気づいたような感じで言ってるのに
「ひとまず狩人さんが守ってくれるなんて
言ったのかしら?どうして狩人が守ってくれるって、そう思ったの?
教えてくれる?あ、長くてごめんね?>雪歩ちゃん」
天海春香 「一応言っておくとここは天啓封印だからね!>キョン子ちゃん」
社長 「留美ちゃん、今日の発言よく見ておいて!
俺すっげーいいこと言うから」
三浦あずさ 「なるほどね~
和久井さんは何か持ってそうな感じね~」
和久井留美 「……ふふ、いけない子ね、社長――お仕置き、したくなりますよ?」
河城にとり 「問題は遺言が無い事だがね。>キョン子」
EBI 「で、にとり視点では銃殺はありえると
グレーが思った以上に減らないのがなー」
社長 「あと、阿部さんだけどできる夫が狼だったらそこは違うと思うんだ
雪歩ちゃんも違う、でこなたちゃんも違うでしょ?
捨て票してるし」
河城にとり 「あ・・天啓封印か」
阿部さん 「ま、銃殺かどうかはさておき
ここまで○が出続けるなら今日も灰削る感じでいいと思うぜ?」
三浦あずさ 「阿部さん、昨日はああ言ったけど
どんどん自由にやってくれていいのよ~」
ギャリーP 「って、あら?社長雪歩ちゃん占ったの?真ならすごくGJだと思うけど」
萩原雪歩 「特には意図はないです…
朝1の反応だったので…>和久井さん」
キョン子 「どこか占いで死体なしなら
まあ、狼は把握してんだろってことで>春香
それなら狩人が出てこないように噛まないといけねえしなあ」
持田亜里沙 「社長…それ、どう考えてもフラグですよ
(ウサコ:フラグ、死亡フラグってやつか!?)
ち、違うよ、ウサコちゃん>社長」
天海春香 「そ、それでさ雪歩ちゃん・・・
この村終わったら。デートとか・・・なんちゃってっ、あはは。気にしなくていいよ>雪歩ちゃん」
社長 「となるとさー、繋がる場所がすんげー少なくなるわけ
できる夫を狼と見るなら」
阿部さん 「昨日の票見て思ったんだが、やらない夫はなんで俺→こなたと票変えしたんだ?
お互い3-3だったのに」
萩原雪歩 「うん。私も春香ちゃんと…よければ♪>春香ちゃん」
和久井留美 「阿部さんは現状で非狼っぽい、は同意できるわね。
その○については、じつは同意できるわ。社長。

占う位置では、あるでしょうね。萩原さんは。」
キョン子 「グレラン続行で
明日の結果次第でどちらかの占いを削ることも考えるぜ」
EBI 「ま、共有が吊りたいところがなければぐれー削っていく感じでいくしかないかねー」
三浦あずさ 「そうね~灰を削っていく方向でいくわ~
両偽警戒もちょっとだけ必要かもしれないけど」
社長 「1人だけ◯噛みって言ってたからさ>ギャラリーフェイクP
やらない子ちゃん、あの子すっげーいい目線してるわ」
河城にとり 「やらない夫は票変えの理由とかあるのかね?」
キョン子 「削るっつうかまあ
ロラなんだけどな」
やらない夫 「グレランだったから>阿部さん」
河城にとり 「っと阿部さんが先に聞いていたね。」
阿部さん 「できる夫狼で進めていくのもアレだとは思うがな
もちろん、俺非狼で見てくれるならそれにこしたことはないが」
持田亜里沙 「社長と、秘書のお仕置きな関係…
(ウサコ:きゃー、これは子供には見せられないウサー!!)」
三浦あずさ 「票を動かしに行ったやらない夫さんを占うかな、って
実はちょっとだけ期待してたんだけどね」
やらない夫 「ないだろ>ニトリ」
萩原雪歩 「確かに投票2回目では引き分け防止には早すぎる気がしますしね…」
和久井留美 「意図はない……と?
……仕方ないわね。「私」の社長から○をもらっているのだし、今はいったん収めましょう。

いずれにしても、今日も灰を削るしかないのだから。」
社長 「投票理由がなんか吊れそうなところを狙う狼っぽかったんだけどさ>留美ちゃん
できる夫次第では阿部さん残したいなーって思うわけ」
ギャリーP 「なにその贋作師TUEEE漫画みたいな名前のプロデューサー
なるほどね>社長」
阿部さん 「いや、俺もこなたもグレーだったんだが……
そのうえで、何故吊り候補の俺から対抗のこなたに替えたのかをだな>やらない夫」
EBI 「ま、こなたは投票引き分け時に共有に捨て票してるからそーいうのは期待しない方がいいだろうしさー

2回目に

泉こなた 4 票 投票先 → 三浦あずさ  だからね」
社長 「狼3匹いると見るには灰がすんげー微妙だもん>阿部さん
にとりが狼なら話は別よ?」
ギャリーP 「あ、雪歩ちゃん明日できれば答えといてね♪」
天海春香 「灰に雪歩ちゃんいたらギリギリで吊りたくなるような感じだったよ。
でも社長からは○。ちょっと見るべきポイントかな。」
社長 「でもそろそろやばいね、うん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
EBI0 票投票先 →和久井留美
持田亜里沙0 票投票先 →阿部さん
天海春香1 票投票先 →和久井留美
和久井留美5 票投票先 →天海春香
やらない夫3 票投票先 →阿部さん
社長0 票投票先 →河城にとり
キョン子0 票投票先 →和久井留美
阿部さん2 票投票先 →やらない夫
萩原雪歩0 票投票先 →和久井留美
河城にとり1 票投票先 →やらない夫
ギャリーP0 票投票先 →やらない夫
三浦あずさ0 票投票先 →和久井留美
和久井留美 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
持田亜里沙 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
和久井留美さんの遺言 私に任せなさい。いいわね?
持田亜里沙さんの遺言 ありさおねえさん、みんなの元気なおうたが聞けて、とってもうれしいですよぉ!
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
河城にとり 「占いCO 萩原雪歩●」
やらない夫 「おはようございますだろ」
EBI 「おはよーございますー」
キョン子 「社長の初手○を噛むと」
ギャリーP 「おはようよ。いい?女の子にとって大事なものは顔もあるけど姿勢もそうなの。
背筋をピンっ、と伸ばして、胸を張って歩きなさい?
それにね。姿勢をよくしてるとダイエット効果があるのよ!
無理な食事制限とはやめて、まずは姿勢をよくしてみましょ?」
河城にとり 「理由:それじゃ各方面から疑われているここを占うとしようじゃないか。
   昨日銃殺でなければここで出る可能性はあると見るがね。
   幸い、対抗はもう占っているしね。
社長 「もうそろそろ本気だす占い師CO。阿部さん○」
三浦あずさ 「おはようございます~」
阿部さん 「うほっ……ネタがつきそうだ」
萩原雪歩 「霊能でもあったんですね    は「イヴさん」に対する言葉
狩人さんが守ってくれると   は「霊能さん」に対する言葉です

なので、
イヴさんが噛まれたんですね

イヴさん?確か…そだ、にとりさんの〇!

あ、霊能さんなんだ…霊能さんって確か

2-1で1人しか出てなかった霊能さんが噛まれたんですね…
そこは狩人さんが守ってくれると思ってたんですが…

くらいの意味です>ギャリ―さん」
社長 「春香ちゃんはいずれ吊れる位置なんで
それよりも灰を潰します、特には阿部さんね
自分で言ってるように多分狼じゃない、けどこの人生きたがりって感じがするんだよ全体的に」
天海春香 「おはようございますっ!」
EBI 「役職はお仕事してねーとおわってるかー」
三浦あずさ 「なるほど~ここで雪歩ちゃんパンダですか」
河城にとり 「狼だったと。
Qua.Qua. あの変な発言は視点漏れということかね。」
キョン子 「ほー」
ギャリーP 「んー、占いに関してだけど。…昨日社長、にとり投票してるわね。
なんでかしら。まあそれは置いておきましょう。
で、にとりちゃんがやらない夫投票ねー」
萩原雪歩 「にとりさんから私に●ですか!?
CO…ないですが…」
EBI 「んーここでパンダなのかー
どうしたものかねってとこだけど」
やらない夫 「●が出てるだろ」
社長 「俺の観月ありさが! どうしてくれんだこのヤロー!」
三浦あずさ 「灰を先に詰めるか、雪歩ちゃん吊るか、
どっちがいいかしら?」
天海春香 「この村は雪歩ちゃんをどう見るかってことに尽きるを私は踏んでるんですけど・・・
昨日占われで少し視点が解れた感じです。
まあ一つ言えるのは、昨日の時点で私の嫁になっちゃったことは確定ですね(キリ」
阿部さん 「今日パンダ吊りは社長真決め打ちっぽい気もするし
灰吊って明日決め打つ方向にするか?」
EBI 「観月ありさって誰なんですかねぇ・・・>社長」
社長 「できる夫とにとりと春香ちゃんで狼3匹だとしたらさ、俺は遥ちゃんを占うべきじゃないよね>阿部さん」
河城にとり 「ここ誘導の和久井が昨日吊れているあたり、と思ったが
共有と私の○以外だとebiのみか。」
三浦あずさ 「えっと・・・両方のグレーは
ない夫さんとギャリーさんの2人かしら?」
ギャリーP 「ああ、なるほど、繋がってなかったのネ。ふむ、なるほど。
解答ありがとね?とっても納得したわ
●を貰っているようだけど>雪歩ちゃん」
キョン子 「占いロラろうぜ!」
やらない夫 「んー霊能が落ちてるから判断難しいだろ」
天海春香 「狼らしくはないように思うだけどなぁ・・・雪歩ちゃん」
萩原雪歩 「霊能さんがいたら吊って証明できたんですけどね…
どうでしょう、私を吊る時間があれば吊っていただきたいですが…」
阿部さん 「雪歩は●出ても、わりと納得はできるとこではあるが
かといって確信できる場所ではないんだ、俺的には」
EBI 「ローラーね、把握ー」
キョン子 「というわけで今日からロラりたいね
最悪3w生存を見据えてな」
社長 「投票的に、できる夫に投票していないところを除外するとさー
マジでそんな感じがするんだけど

おし、じゃあにとり吊るそうぜ!>キョン子」
河城にとり 「意味がわからないよ 何故社長真決め打ちなんだい?>阿部」
三浦あずさ 「雪歩ちゃんは、自分が吊られるほうがいいって思ってる感じかしら?」
やらない夫 「昨日は発言少なくてごめんだろ
Pcの調子が悪くてあんまり喋れんかっただろ」
河城にとり 「重い」
ギャリーP 「ふーむ、割と結構雪歩ちゃん狼あるんじゃないかー、なんて思ったけど。
解答が限りなく村っぽいわね雪歩ちゃん。ロラ賛成、かつ了解よ」
萩原雪歩 「ローラーですか…?」
キョン子 「ちなみにその場合吊るのは社長からになる
なんせ生きている○が多いからな>社長」
社長 「そーいう弱気なのダメだから>雪歩ちゃん
いつも言ってるでしょ? 2-1の霊能とか信じるなって
むしろ占い師以外信じるなって俺いつも言ってるから、キミ死んでる場合じゃないから」
三浦あずさ 「それは占い狂狼も見据えるってことかしら?>キョン子ちゃん」
天海春香 「占い方としては社長の方がすんなりいくっていのも多分にあるわけですよ。
だかろこう・・・ううーん。」
河城にとり 「●出てるし、3w残りみるなら何故吊らない!」
萩原雪歩 「す、すみませんー…>社長さん」
社長 「いやいやいや、無いから>キョン子
○の数とか関係ないから」
やらない夫 「グレラン村に突入だろ…」
ギャリーP 「あ、占いのことね。わかってると思うけど」
阿部さん 「両占い真みていくなら、パンダ吊らずに灰吊るだろ?
今日でパンダ吊るなら社長決め打ちにならないか?>にとり
だから、俺は灰吊りを推すって意見だ」
天海春香 「ここまで引っ張ったあたり、占いに狼はいる、それは確定的だと思います。」
キョン子 「だからロラるって言っているだろーが>にとり
お前さんは対抗狂人で見ているんか?」
社長 「つーか、明らかにこれにとりが狼くせーから
だからにとりを吊しつつ狐が溶ければスッキリっしょ?」
萩原雪歩 「そうですね、3Wあるかもしれないなら私は
吊られる覚悟はできてます ですがなるべく早くがいいかなって…」
三浦あずさ 「私も灰吊りのほうがいいと思うんだけど>キョン子ちゃん」
河城にとり 「対抗の色なんかわからぬよ>キョン子
対抗から吊るのならいいが、それならば指定にすべき。」
社長 「万が一のにとり狐でもカバーできるわけだから
俺まだ占ってないのがいるし」
EBI 「ローラーなら社長吊って考える系でいいんじゃないかなー
にとりの○ほとんどいないし」
キョン子 「しゃーねえな!
灰吊りでいいんだろ!どっちか!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
EBI0 票投票先 →社長
天海春香0 票投票先 →ギャリーP
やらない夫1 票投票先 →ギャリーP
社長1 票投票先 →河城にとり
キョン子1 票投票先 →ギャリーP
阿部さん0 票投票先 →ギャリーP
萩原雪歩1 票投票先 →キョン子
河城にとり1 票投票先 →萩原雪歩
ギャリーP5 票投票先 →やらない夫
三浦あずさ0 票投票先 →ギャリーP
ギャリーP は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
キョン子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ギャリーPさんの遺言
     、_,. -z: 、
.       {/: jノ: :} :ヽ
    -イ: : -=イノ:}}、
    z‐'ヽ}jルヘ{ 〉'′
    ゙Y ‐、≧z'ーァ
      '   `^Y {
    {   {   ゙L}           _
.    }:.  V} ; ト、     . '´ \
       :.  V  {k   . ´   }_〉 \
     '. :.   V/y'7<   /^´\  ヽ、          r┐
.       }∧ =ミ}/ ´ ̄ ̄ ̄ ̄` ー-=ニミx      ノ }}
     ,z‐' ∧  `≧=- 、_ ..ィ=- ...      ` ―t- '〉 ,r'′
    ー―‐=≧=:z〈_ミ}        `ー‐zァ- .. _/‐〈__{}
キョン子さんの遺言                  ,....-....、
             ,....:::'::´: ̄:::`::'゛::..、
          ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:ヽ、
.         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.;;:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.ヽ
.        /:.:.:.:.:.:.:l;:.:.:.:;;:.:.:.;;l:.:.:.:;;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.、
       /:.:.:.:.:.:.:.:l;;:.:. ハ;;:.:.;;;;:.:.:.:l、;;;;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::、
       /:.;:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:i' l;:.:.:;;;;:.:.:.:lヽ;;;:.:ト:.:.;.:.:.:.:.:.:.:ヘヽ:、
.      l:.;;;:.:.:.:.:.:.:i'゙i:ナ‐、:.l'i;;;:.:.:i' ヽ;;:.i.ヽ:;:.:.:.:;;:.:.::.i:.iヾ、
      l:i.!;;;:.:.:.;.:.:.l-ァト-、ヾlヾ;;:.:i'--ト: ユ.,_i;;:.:.:.;;;:.:.:.l:.l, `
.      l:ハ;;;;;.:.:.:;:.`゙{::i;;;::i ' ` ヽ:i   l:i'  l;:.:.:.;;;;;:.:.:l'i:l
.      l:l.ヽ;;;;.:.:.:;:.l ヾ:::ソ    ゛ ,_- ′ .l:.:/;;;;;;:.:.l ';l   そんじゃあいっちょやってやりますか
      li./;、;;;;;:.:.ヽ,     '   ` ゙̄' ,l:,ィ;;;;;;;;:.:.l 'l
      ソ;',:ヽ;;:;;,,:.ヽ          ,/ィ/l;;;;;:.;;;:.:.l '
    ィ゛Y//:.:l.ト;;;.:.:.:ヽ、  ´ _ ヽ   ,/ ソ .ヽ;;;;:.;:.:.i
.  /゙゙゙l. ヽ'i:.:i i:.ヾ;;;,:.:ヽィヽ、_ ,. イヽ、.    ヽ;;:.:.:.l'
 ,l´、 .ヽ , ヽl_l;:.:,ゞ;、;.:.ヽi    ヽ.、:.`゙' '' ヾ::l;;;:.:./:ヽ、
.〈 、 ヽ  Y´: ヽ,ヽ:ヾ;:l、:.:ヾ_ , ィ丶.、_'i:    l::l;;:./:::::::::`:':::ヽ、
. r、ヽ.ヽ、.`]‐ィ l::i,'l:.i,ヾヾ;:.l‐'´: ., ‐- 、.ヽ   l::i;:/l::::::::::::::::::::::::ヽ......、
./:::`::゙:`:´:::::::ヽ.ィ::l 'l:.i,  .ヽi‐‐'´,ィ' ヽミ,i    i/l l::::::::::::::::::::;;;::::::::::::::::`::::::.....、
l:::::::::::::::::::::::::::::::::イ l:.::l  ヾ ゙ ´: :.    l   ソ:l l::::::::;::::;;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
.\:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::ヽ. ヽ:ヽ.  ヽ  : :    l   l::l l::ヽ//::::::;;;;;:::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::l
  lヽ;:;;;;;;;;;;;;;;;:/´:ヽ. ヽ:ヽ  ヽ  :  . ./   ノ::l /::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::/:_;::::::::::::l
  l::l. ';:::ヽ::/:;;;;;;:ヽ ヽ:ヽ  ヽ   : /  ,イ:ノ/:::::::::l‐''  `゙ 'ー-=:テ::':´::::::::::::::::::l
.  l:l ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::ヽ ヽ::.ヽ  ヽ.:  : :/ //イ::::::::::::l       l´;;;/::::::::::::::::::i'
   '!  l:.:i 、;;;;;;;;:::::::::ヽ、 ヽ:.:.ヽ、ヽ :////:::::::::::::::i       /:::::::::::::::::::::::::::/
   '  l:.l  lヽ::::::::::::::::::`ヽ. `ヽ、:ヾ,.i:.//l;;::::::::::::::::;l      /::::::::::::::ヽ:::::::::/
      i;.l  l;;:.:ヽ:::::::::::::::::| `ヽ,、.ヽi'// l;;::::::::::::::::;;ヽ    ./:::::::::::::::::::::::i::::::/
      l::i  l;;:.:.:l.ヽ::::::;;;::::l   ヽ:`´::/  .l;;:::::::::::::::::::::ヽ.   /:::::::::::::::::::::::::::::::/
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
河城にとり 「占いCO 阿部さん○」
EBI 「おはよーございまーす」
社長 「やらない夫○!」
萩原雪歩 「昨日は灰探ししてるうちに間違って共有であることを忘れてました…」
三浦あずさ 「おはようございます~」
阿部さん 「うほっ、おはよう」
やらない夫 「おはようございますだろ」
EBI 「役職さんは仕事してねー」
河城にとり 「理由:対抗の○をおっかければいい。
   EBIがすりよりに見えるし、ここ非狼だと思うが狐あるかどうか。」
天海春香 「うーん・・・にとりちゃんの囲い候補がない・・・っていう事実に気づいた。」
三浦あずさ 「あらあら、キョン子ちゃんがやられちゃったわ~」
社長 「宣言通りにやらない夫を占います
いや春香ちゃんが擦り寄ってきてるし、むしろ村人じゃないかなって気もするけど
でも投票を考えるとこっちのほうがいいと思うんだよ絶対に」
三浦あずさ 「で、ここでキョン子ちゃん噛みってことは
やっぱり両偽だったってことかしら?」
河城にとり 「当然だろう?私は真占いなのだから>春香」
萩原雪歩 「これでない夫さんは〇ですね
初日はちょっと疑っちゃいましたけど…」
やらない夫 「阿部さんが確定○だろ」
阿部さん 「見事なまでに○いな」
三浦あずさ 「ぶれさせちゃってごめんなさいね」
萩原雪歩 「凄い濃い確定〇さんですね…」
社長 「ッシャこいやこのやろー!>にとり
負けねーかんな、もうこれで俺の灰吊り切れるし」
三浦あずさ 「あくまでも、阿部さんも確定○ではないかしらね」
EBI 「やだなー囲い候補は春香ちゃんがいるじゃないか(棒)>春香
とはいったものの変な展開だねー」
天海春香 「両偽だとしてどこで判断付けたって話じゃないですか、あずささん」
社長 「いや、それを言われるとすんごく辛いんだけど>三浦さん
違うから、狂狼ではないから
少なくとも真はここにいるんだ、うん」
三浦あずさ 「さて、ここからですけど
社長さんはない夫さんを占っちゃったんですよね~」
やらない夫 「で結局占いロラやんの?」
阿部さん 「社長噛みだと詰んでたし、にとり真だとしたらどうだろな
俺放置は銃殺が怖いはずなんだよ、社長偽の場合は>あずさ」
EBI 「すごく・・・○いです>阿部さん
社長 「なのでさ、囲い狼ありえる春香ちゃんよりも、ワンチャン狐ありそうなやらない夫を占ったわけだし」
三浦あずさ 「いちおう、お互いの灰をリストアップしてくれるかしら?」
天海春香 「おー、たしかにー(棒>EBIさん」
萩原雪歩 「にとりさん割と真で見てましたけど私視点、昨日で違うとわかりましたしね…」
河城にとり 「あくまで狂狼みるというのかね。
どちらにせよ対抗が狂人であればそろそろ噛んでそうだから狼だと思うが。」
河城にとり 「EBIとやらない夫と社長>あずさ」
三浦あずさ 「社長の灰は 春香ちゃんだけ?
にとりちゃんの灰は EBIさん、ない夫さんの2人?」
社長 「だろ?>阿部さん
お前さんの言う通りだって、ここでお前さんが狐だったらアウトだもん
でもそんなことないから、○が出て生きてるし」
EBI 「にとり EBI やらない夫 社長
社長  春香   にとり    じゃないかね」
阿部さん 「両偽があるとすれば春香-雪歩だと思ってたが
ここにきてEBIも臭く見えて来てどうすりゃいいんだよ」
三浦あずさ 「わかったわ、ありがとね」
社長 「俺の灰は占ってないって意味じゃまだ2人いるけどね>あずさちゃん
えーと、俺がここで吊られた場合でも残り2吊りあるわけで」
社長 「仕事終わってるじゃん、俺!」
三浦あずさ 「それじゃ社長から吊っていく方向でいいかしら?」
EBI 「海老だし磯臭いのか仕方ないね
イカ臭くはないよ?>阿部さん」
天海春香 「うーん?
・・・うーん?いや、真はいると思うんですよ?
判断つけられないでしょうし、狼は」
阿部さん 「社長吊りつつ、明日に引き伸ばす系か」
やらない夫 「了解」
河城にとり 「狐がやらない子の可能性を忘れないでくれ。
狩人は日記残せないんだ。」
三浦あずさ 「判断付けられないの?どうして?>春香ちゃん」
社長 「キッチリ残り2吊りで吊りきってくれればオッケー、既にLWだったりしてもどっちかが狐じゃなきゃ平気」
阿部さん 「磯臭ぇ!!」
萩原雪歩 「社長さんを信じれば春香ちゃんなんでしょうか…」
萩原雪歩 「けどひとまず今日はローラーですよね」
社長 「俺吊るすなら、最終日ににとりな>阿部さん
ソッチの方が狼ありそうだし」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
EBI0 票投票先 →社長
天海春香1 票投票先 →社長
やらない夫0 票投票先 →社長
社長7 票投票先 →天海春香
阿部さん0 票投票先 →社長
萩原雪歩0 票投票先 →社長
河城にとり0 票投票先 →社長
三浦あずさ0 票投票先 →社長
社長 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
阿部さん は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
阿部さんさんの遺言             _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \
        /                    ヽ
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ
       ' 「      ´ {ハi′          }  l
      |  |                    |  |
       |  !                        |  |
      | │                   〈   !
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !    ウホッ! いい男・・・
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_

社長さんの遺言 フレーフレー頑張れ さあ行こう    イェイ
フレーフレー頑張れ さあ行こう♪ (遺影!)

   ┌─────―───────|┐
   |┏━━━━━━━━━━━━┓l
   |┃   / / ̄ ̄\ \.     ┃|
   |┃  / / 「   へ \ \  ┃|
   |┃/  | (●) (●) |   \ ┃|
   |┃    |     |    l     ┃|
   |┃    |   __´_   |.      ┃|
   |┃    |   `ー'´   l       ┃|
   |┃     ヽ       /     ┃|
   |┃     _,,ゝ    (,._       ┃|
   |┃   /´  `ー-一´ `ヽ、.   ┃|
   |┃  / 、       ,  }..   ┃|
   |┃                   ┃|
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
河城にとり 「占いCO やらない夫○」
三浦あずさ 「おはようございます~」
萩原雪歩 「…確定〇さんが…」
河城にとり 「理由:EBIとやらない夫でやらない夫を村決め打ちできるか?
   となると、こっち占わなきゃならんだろう。」
やらない夫 「おはようございますだろ」
EBI 「おはよーございまーす」
やらない夫 「ここで確定○いただきました」
三浦あずさ 「ない夫さん○ね」
河城にとり 「阿部かあずさしか噛めんのだろう。
となると、やらない子狐があり得るか。」
三浦あずさ 「ありうるわね>にとりちゃん」
EBI 「ふむ、そこ○と
どうしよっか、ローラー続行でええんかね?」
河城にとり 「私真きめ打ってくれるのであれば、EBI吊り→最終日雪歩だな。」
萩原雪歩 「ない夫さんが確定〇ですね」
三浦あずさ 「にとりちゃん的には
雪歩ちゃん吊って春香ちゃんとEBIさんの2択ってことね」
やらない夫 「ロラ続けるのか?」
天海春香 「テスト」
三浦あずさ 「あ、春香ちゃんはにとりちゃんの○だったわね」
河城にとり 「いや違うぞ あずさ」
EBI 「いや、にとりのグレー私だけだしねー>あずさ
共有だしそーいうのはしっかりしてほしいかもー」
天海春香 「ああ、やっと書き込めた!」
三浦あずさ 「春香ちゃん、大丈夫?」
河城にとり 「春香は○だ。」
三浦あずさ 「ちょっと勘違いしただけよ」
EBI 「と、はるるん、いきてるかー」
萩原雪歩 「私視点、にとりさんは人外なので
ローラーは完遂して欲しいと思っています…」
やらない夫 「落ちてたのか」
天海春香 「何故か更新だけできる状態になったよ・・・」
萩原雪歩 「だ、大丈夫!?春香ちゃん…。」
EBI 「【朗報】メインヒロイン帰還(765) >春香」
三浦あずさ 「それじゃEBIさん吊りか
にとりちゃん吊りか
どっちがいいかってことになるわね」
河城にとり 「雪歩-EBIの2Wが可能性として残る。
EBI狐の可能性は薄いが一応ある。
となると私としてはEBI→最終日私VS雪歩を希望する。」
天海春香 「あはは・・・なんとかね。
まだ挙式あげてないし倒れてるわけにはいかないよ!>雪歩」
三浦あずさ 「にとりちゃんVS雪歩ちゃん
このほうがわかりやすいかしら」
河城にとり 「社長真でみるなら春香吊りなんだろうが、2W残りであればその場合負けだな。」
萩原雪歩 「にとりさんと最終日ですか…
4日目までは信じてただけに…」
EBI 「まぁあずささんが決めたらいいんじゃないってまるなげー」
天海春香 「その二択なら安全性の面からみてEBIさん先吊りだけど・・・
私が抜けてるんだよね。」
河城にとり 「という事でEBIを吊って最終日雪歩vs私で頼む。」
やらない夫 「今度は俺が落ちてただろ」
EBI 「一応にとりにはいれておくねー」
三浦あずさ 「それじゃ EBIさん、にとりちゃんの2択
好きなほうを選んでね」
萩原雪歩 「私はにとりさんに入れたいと思います…」
EBI 「・・・だいじょうぶですか」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
EBI4 票投票先 →河城にとり
天海春香0 票投票先 →EBI
やらない夫0 票投票先 →EBI
萩原雪歩0 票投票先 →河城にとり
河城にとり2 票投票先 →EBI
三浦あずさ0 票投票先 →EBI
EBI は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
三浦あずさ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
三浦あずささんの遺言                      ,.へ   _
             /⌒/ヽ._}_/: : : :\
            /: : : /: : : : : : : : : : : : :\
              /: : : : : :./⌒ヽ/⌒ヽ: : : : :ヽ
          / : : : : : / ̄`~`´⌒´~ヽ : : : : ヽ.
           //Wレ: : /          '; : : : : : ',
.          ,': : : : : : /==―-    -―=='; : : : : : ',
        /:/ : : : : :i  __     _  '; : : : : : i
         /:/: : : : : : lィ行示`    ´ネ示fト: : : : : :l
         ,':.,': : : : : : 〈!弋辺      匕りj: : : : l :│
   .     l: :{: : : : : :i: :|       .       l: : : : l: : !
   .     |: :i!: : : : : N|           |: : : :.j : :!
   .    |: :ハ: : : : :ト、ゝ   rァ: : : : :y   j : : : / : |
         |: リ:'; : : :.トr\.   ` ー ´  /:| : :./イ: :!
         ∨: :∧: : |:|:::::::ヽ、 .へ   .ィ':::::|: :/ |: :|
        /: :/ ∧: :|:|::::::_」〉' へ ). : : :l::::: |:/  .!:./
        /: :/ / ∧:j::// //ヽ: : :ト、:::lイ  レ゙
   .   // :/: : : r< 〈    ノス〉、  }\!
      /: :r< ̄ ̄\\}   イ、_人_ }  !  \
EBIさんの遺言 遺言とか甘え
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
河城にとり 「色々な人から言われているが3日目のこの発言。

萩原雪歩(13) 「おはようございます… にとりさんの〇がかまれたんですね」
萩原雪歩(53) 「そっか、霊能さんでもあったんだイヴさん…
ひとまず狩人さんが守ってくれると思ってましたが…」

占いが誰で○が誰、霊脳と共有が誰。
夜中にそれすらメモって見返していないと?

バランス護衛で初日に私が抜けないから○噛みとでも話してたんじゃないかね。」
萩原雪歩 「おはようございますぅ…。」
やらない夫 「おはようございますだろ」
天海春香 「ふうぅ・・・ファイ!(キリ
といってもやらない夫さんも一緒に考えようかだけど。」
河城にとり 「そして私真なのだから当然なのだが、
社長真で にとり-春香狼であれば今日は来ずに終わっている。」
河城にとり 「私が囲っているかどうか?見てもらえばわかるだろう。」
萩原雪歩 「それは言ったとおり、霊能さんを真濃厚とみてて
3日目、気になるのは占いさんの真贋だけでした>にとりさん」
萩原雪歩 「そうですね…春香ちゃんが狼ということもないんだろうなって
少しほっとしています」
河城にとり 「霊能さんを真濃厚とみているのに、
その真の霊脳さん噛みではなく、私の○噛みと言うと?」
天海春香 「うええええ。
割とどっちも好みの占い方してるんだよなぁ・・・」
萩原雪歩 「だから、序盤に誰かが狼として吊られていたのかなっていうのが
私の考えなんですが…」
やらない夫 「ハハッ!!わかーんね」
河城にとり 「君視点どこが狼なのか言ってみたまえ。
私が囲わない理由とともにね。」
河城にとり 「初日のできる夫狼は確かに有りうる。
私も投票したかったが、狩人あるかと思って占い候補だった。」
河城にとり 「占うまでもなく5票で吊れていたがね。」
萩原雪歩 「とりあえず私はローラーは完遂すべきだなと思ってたので…
今日春香ちゃんが狼じゃないことがわかってよかったと思ってます」
河城にとり 「初日のやらない夫投票は発言から非狩人を見たから。」
天海春香 「進行としては信用に突入する気マンマンの進行・・・」
萩原雪歩 「うーん、吊られた人までは見えていなかったんですが…>にとりさん」
萩原雪歩 「疑ってた人は割と吊られた後だったので
私からはこの状況がまず意外でした…」
やらない夫 「はるかどっち入れる?」
河城にとり 「できる夫狼でなければそうだろうね。
初日の信頼度で正直かっていたとは思えないが、
無駄占いしていたからかね。」
やらない夫 「従うから」
天海春香 「え!?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
天海春香0 票投票先 →萩原雪歩
やらない夫0 票投票先 →河城にとり
萩原雪歩2 票投票先 →河城にとり
河城にとり2 票投票先 →萩原雪歩
8 日目 (2 回目)
天海春香0 票投票先 →河城にとり
やらない夫0 票投票先 →河城にとり
萩原雪歩1 票投票先 →河城にとり
河城にとり3 票投票先 →萩原雪歩
河城にとり は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
やらない夫 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
河城にとりさんの遺言 死んでしまうとはね。Qua.Qua.
皆最後まで楽しむとよい。
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/10/31 (Wed) 00:05:31
EBI 「まぁそっち埋められるわなぁ・・・(涙)」
泉こなた 「お疲れ様ー」
萩原雪歩 「ごめんね春香ちゃん!!」
やらない夫 「ウェーイ!!」
阿部さん 「おつかれさまー」
イヴ・サンタクロース 「お疲れ様でしたぁ」
できる夫
        ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\     お疲れ様です
    /   ( ⌒)  (⌒)\
    |       ___´__   |     暫定●のできる夫でございます
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \」
三浦あずさ 「おつかれさま~」
キョン子 「お疲れ様だぜ」
持田亜里沙 「お疲れ様でした」
和久井留美 「お疲れ様。」
河城にとり 「お疲れ様。」
ギャリーP 「お疲れ様よー」
天海春香 「ごめん・・・・なさい(白目」
持田亜里沙 「最後の最後で、狂人…
(ウサコ:これは、仕方ないウサ…)」
イヴ・サンタクロース 「霊能希望通ると負けるのはぁ
慣れましたよ~っ!」
和久井留美 「春香ちゃんは、やらない夫さんの発言、もう少し考えた方がよかったかもね。」
泉こなた 「そんなもんそんなもん>春香」
萩原雪歩 「うん、1回目の再投票の時絶対負けたと思いました」
河城にとり 「んー ギャリーで銃殺だせてればかぁ・・・」
社長 「もしも萩原が●で吊れていた場合は最終日がEBIvs春香になってただろ
それはそれで見てみたい気もするな」
やらない夫 「はるかっかありがとうございますだろ」
和久井留美 「でも、やらない夫さんはお美事。
勝利おめでとう。」
泉こなた 「ぶっちゃけやらない夫の発言は
最終的にそんな影響ないよーな」
キョン子 「信用勝負仕掛けてるのなら囲いは警戒するべきだったなーと
あとはやらない夫を吊ることが出来なかったこともあるか」
萩原雪歩 「わぁ、狩人さん阿部さんだったんだ…」
できる夫 「潜伏狂人は強敵でしたね…、狼陣営はおめでとうございます」
やらない夫 「あ、でも最後に噛まれるのは俺なんですね」
社長 「死人に口なしとはよく言ったものだな>できる夫
すまないだろ、利用させてもらったぜ」
イヴ・サンタクロース 「潜伏狂人さんは見事でしたねぇ」
持田亜里沙 「やらない夫がしっかりと、狼を見ていたのも
勝因じゃないかなって」
和久井留美 「そっちのがもしかしたら、かもしれなかったわね>社長
私も社長に絡みすぎたわ……ホントに、罪な人。」
萩原雪歩 「うん、確かに私
多分噛もうとした人の家の前に阿部さん立ってたら襲えなかった」
三浦あずさ 「ギャリーさんはグレー押し込みで吊る位置にしちゃったから、
仕方ないわ~>にとりちゃん」
泉こなた 「何が失点かと考えるとまぁ
グレランやりすぎぐらいなんだろーけど
あそこで占い吊りやると勢いでにとり吊れてる危険は否定できないのでそんな程度かなぁ」
できる夫 「全くですね、まさか死してなお役を押しつけられるとは思いませんでしたよ>社長」
イヴ・サンタクロース 「阿部さん…敢えて何も言わないですぅ」
阿部さん 「キョン子噛まれの日は共有護衛できたよなー
にとり噛まれても狩人COで灰3吊り3なわけだし」
萩原雪歩 「あっ…>ない夫さん狂人」
三浦あずさ 「やらない夫さんが見事に最後まで残って
大仕事を決めたわね~お見事だったわよ」
天海春香 「そう、そうなんだよ・・・
理屈は理解してたのに・・・雪歩即囲ってくるか?信用なのに切り捨てない方針なのかって・・・おもっちゃいまいした>涌井さん」
持田亜里沙 「そこは、雪歩ちゃんが春香ちゃんと生き残りたいから…
(ウサコ:狼勝利に貢献したんだから、そこは気にしちゃだめウサ)>やらない夫」
河城にとり 「信頼勝負なのに、囲ってないってアピはしたんだけれど。
信じて貰えなかった真占いが悪い。
ギャリーを占えるかどうかかぁ・・・」
社長 「萩原もEBIも、それに残された村もよく頑張っただろ
思考停止でにとりまでローラーしてりゃ俺達の勝ちだったし、持ち直した村から逃げ切った2人も大したもんだ

ありがとな、久々に勝たせてもらっただろ」
阿部さん 「俺本人は直接噛めるのにかw>雪歩」
泉こなた 「まぁ、グレランで狼吊れない展開で
狼吊れない吊りを選択させちゃったからしょーがないかなーって感じ
最終的に3W吊り切るチャンスはあったしね」
萩原雪歩 「LWで勝ったのなんて初めてでしたよー…」
和久井留美 「囲いというか、どう見てるか、かしらね。>キョン子ちゃん
信頼というよりは、途中までは両偽の空気だったし。」
ギャリーP 「囲いなさいよもう…ww
信用勝負だったらそれくらいしかできないんだからサww
銃殺でもいいのに!」
社長 「俺だって占い師になりたかったんだ……!>和久井
いや、しかしお前さんどうして吊れたんだろうな……毎晩呪殺対応はしてたのに」
泉こなた 「信用勝負は味方切り捨てる勝負じゃないよん?>春香」
天海春香 「・・・は!
まさか雪歩・・・・私とラストスタンディングしたくてこの噛みを!?」
キョン子 「うん、信用勝負なのに
にとりの囲いは無いんだよな…
にとり自信が最後まで生き残れる保証もないのに」
持田亜里沙 「あ、LW勝利おめでとうございます>雪歩ちゃん」
やらない夫 「初狂人初勝利だろ!!」
社長 「いい経験をしただろ>萩原
最後に三浦あずさを噛んだのもイイ判断だったぜ

最終日勝利は格別だろ?」
ギャリーP 「あら、それはおめでとう!>雪歩」
萩原雪歩 「最終日までは割とそのつもりなかったんだけどね…!?>春香ちゃん
ひとまずこれからたっぷりとその、甘噛み、するから…」
和久井留美 「私や、持田さんの発言は、参考にできたかも、くらいかしらね。
ただ、やっぱりあの位置で○囲いされると、少し考えるかも
――彼女が、絶好の囲い位置だった、それもポイントだと思うわ>春香ちゃん」
萩原雪歩 「あ、ありがとうございますぅ…>ギャリ―さん」
イヴ・サンタクロース 「◇萩原雪歩 「LWで勝ったのなんて初めてでしたよー…」
◇やらない夫 「初狂人初勝利だろ!!」
おめでとうございますぅ!!」
持田亜里沙 「おや、こっちも初勝利
おめでとうございますね>やらない夫さん」
泉こなた 「どーやっても勝ったら勝利が信用勝負
どーやっても勝利するのがグレラン勝負
何かもう勝てないのが負け試合(真顔」
できる夫 「初LW勝利に初狂人勝利とはめでたいですね、おめでとうございます>萩原さん、やらない夫くん」
阿部さん 「LW・狂人での勝利は初めてか? 力抜けよ」
泉こなた 「初勝利おめっとー>初勝利組」
萩原雪歩 「いやぁ、なんだか申し訳ない気分もあるけど
なんだかほっとしたのもありますね…>社長さん」
イヴ・サンタクロース 「狂人で勝ったことないですね~
4年ほどやってますけどぉ」
河城にとり 「さてログを読み直して反省してくるとしよう。
村人は済まないね。」
三浦あずさ 「雪歩ちゃん、おめでとう~」
和久井留美 「それはそうよ。だってあの日、私をつったのは
狼2匹にそれから、私を役とみて逃さなかった共有。
実質、組織票といっていいくらいだわ>社長」
社長
    / ̄ ̄\
  /  「  ヽ \
  |  (●)(●) |   もっと早く狂人アピールをしてくれると助かります>やらない夫
  |     |     |
  |   __´_  |    "狐だったらどうしよう"って怖かったんだから……!
  |   `ー'´   |
  ヽ       |
   ヽ     ノ
    /    く
    |     \」
できる夫 「阿部さん阿部さん、社長を差し出しますのでやらない夫くんは許してあげてください」
天海春香 「あ・・・うん、いいよ・・・?
やさしく・・・ゆっくりね・・・?>雪歩ちゃん」
社長 「持田、阿部さん、やらない夫、この3人の中に狐がいたら、簡単に破綻しちまうからな
その点において運が良かっただろ、いくら占い先を吟味してもダメな時はダメ出しな」
持田亜里沙 「社長…阿部さんの生贄になるわけですね…」
ギャリーP 「あら!おめでとう”潜伏狂人最終日残り勝ちとか貴重だし>やらない夫」
やらない夫 「狂人アピールとかやり方知らないのごめんなさい>社長」
できる夫 「●REC>天海さん、萩原さん」
EBI 「お仲間はおめでとうねー
いやーお仲間が強いから何もしなくても勝てるっていいね♪」
社長 「阿部さん阿部さん、できる夫を差し出すので俺は見逃せ」
泉こなた 「実際まーうん
狐位置ゴリゴリ削れる展開だったのはラッキーよねぇw」
和久井留美 「で、書類のサインは?>できない夫さん」
キョン子 「お-、初勝利か>雪歩 やらない夫
最終日にあれだけやれるのはたいしたもんだぜ
ってーか本当は占い対●って占いが若干有利なんだけど
それを跳ね返しちまったのはすごいぜ」
三浦あずさ 「実質、指定吊りみたいな感じだったわね>和久井さん」
やらない夫 「せっかく勝ったのにこの仕打ち…>阿部さん」
できる夫 「社長、名案が
ギャリーさん男性みたいなんですよ、ええ」
萩原雪歩 「えへへ、最初はその…ペロペロ舐める感じから…♪(ちゅっ>春香ちゃん」
ギャリーP 「4日目に、あ、これ無理だって直観したわwww>こなた」
阿部さん 「和久井留美は灰同士、なぜ吊れたかよくわからなかったなw
役職集中ならちかたない」
三浦あずさ 「我は狂人なり!(シャキーン)

とかでもいいのよ?>やらない夫さん」
イヴ・サンタクロース 「雪歩さん凄いですぅ。もう私なんて見る影もないですね」
天海春香 「ん・・・っ
みみ・・あうっ・・・>雪歩ちゃん」
やらない夫 「いやうん俺もほんとは引き分け狙いだったんだけど…」
和久井留美 「ただ、それは私が役もち、と見られてた、なら仕方ないのかもね>あずささん
いや……あそこで吊るのは役もちじゃないわ。人外、ね。」
イヴ・サンタクロース 「砂糖ですかぁ?」
泉こなた 「あそこで狩COして狼なんて知るかよバーカってできてたら
気づいたら村の時に狼は信用勝負なんて選んでくれなくなって
苦労できること請け合い(真顔>ギャリー」
社長 「簡単なのは占い師や霊能者としてCOすることさ>やらない夫
それが一番シンプルだな
本物にはなれなくても「自分はここにいる」ってアピールはできるだろ

もう一つは、今回のように最終日になった場合
自分、狼、村、村なら、「狂人です。○○に投票します」って宣言すると狼視点で1票が確保できるだろ

この場合、投票先は絶対に狼じゃない場所を選ぶといいぜ、共有者とかな」
EBI 「和久井はのこすとめんどうだから痕跡のこさないようにサラッと吊る気しかなかったからあれは助かったねー」
萩原雪歩 「春香ちゃん…かわいい♪>春香ちゃん」
やらない夫 「ただのバカじゃないですかやだー>あずささん」
社長 「ナイス妙案、すぐにやってくれたまえ>できる夫」
和久井留美 「阿部さんは初日はホモだから、で投票したけど
もう翌日の発言みたら、吊る気にはなれないもの。
非狼、それだけでよかった。」
キョン子 「あー、雪歩の霊能の見方は
狼ないと思っていたというか
狼なら霊能噛むよで霊能だと認識しているはず!と思っちまったからなー。
うっかりだからほっこりだけど!」
阿部さん 「今日の場合は狂人COして春香投票宣言で引き分け以上確定だったしな>やらない夫」
できる夫 「承知しました>社長

では阿部さん、近くのトイレの個室を確保しましたのでごゆっくりどうぞ」
社長 「◇和久井留美 「で、書類のサインは?>できない夫さん」

    / ̄ ̄\
  /      「ヽ
  |       ( ●)    サボテンが花をつけていますね(遠い目
  |        |
  |       _´
  |      `nl^l^l
  ヽ      |   ノ
    ヽ    ヽ く
    /     ヽ \」
萩原雪歩 「そういえば明日は女神村でしょうか…?
先々週が女神の所を普通村になっちゃって
その代わりに先週が普通村の所を女神村になったので
今週からは平常通りってことで…」
三浦あずさ 「役持ちだけど、狩人ないなって判断して吊らせてもらったわ~
あの日に狩人っぽさが見えたらためらったかもしれないわね>和久井さん」
やらない夫 「あ、うん俺も最初は霊能騙りに出るつもりだったんだけどPC先生が拒否しちゃって…」
持田亜里沙 「うっかりというか、夜に余裕がないとも見えるけど
どうなんでしょうね?>キョン子ちゃん」
天海春香 「く・・・くちびるなら私も一緒に甘噛み・・・>雪歩ちゃん」
萩原雪歩 「うん…じゃあ…(ちゅうう   >春香ちゃん」
天海春香 「明日は普通村の予定だったけど・・・女神村。楽しみ?>雪歩ちゃん」
できる夫
             イ´   `ヽ 
           / /  ̄ ̄ ̄ \
          /_/     ∞    \_
         [__________]     ふぅ…
         |      __    |
         \_        _/
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄」
キョン子 「で、本当のところはどうなんだい?>雪歩さん
うっかりか!わざとなのか!」
和久井留美 「逆、かな>キョン子
なんであそこに着目して、それから発展させたか、は少しみてもいいと思う。
彼女は、「○を噛んだ」って認識してるのに「狩人は霊守ってるかと」そのあとに「真かどうかわからなかった」そういってるんだよ。」
泉こなた 「大体信用勝負というのは
村も狐も付き合ってくれないと成り立たない平和なものなので
そーゆー意味で凄く貴重で面白いかもしれない
要素多いし。」
イヴ・サンタクロース 「初日噛まれただけに村進行に関しては内訳見えてるので~
特に話すことが無いですぅ」
三浦あずさ 「でも、最終日はそれでいいのよ
「狂人だよ!春香に入れるよ!」
って宣言すれば引き分け以上確定だもの>やらない夫さん」
萩原雪歩 「(あと噛んだあずささんのもおいしかった…どこの部分とは言いませんけど)」
やらない夫 「誰かそこの生き残り二人止めてくれだろ」
和久井留美 「だったら無理、かしらね。
それで萩原さんから目線が外れるのは若干納得はいかないけど。それはもう、割り切るしかないわ。>あずっさん」
できる夫 「お断りします!(カッ>やらない夫くん」
持田亜里沙 「あ、それ無理です(きっぱり)>やらない夫さん」
キョン子 「うん、雪歩の見方を非狼で見てしまった視点は反省だ>留美さん
それでそのあとの発言をろくに見なかったのが今回の反省点だよ」
泉こなた 「大体まー
うっかりする奴は吊ると
何か情報増えるかもしれないかなーとは思ふ>キョン子、和久井」
天海春香 「ん・・・(あむ 
えへへ・・・・♡>雪歩ちゃん」
萩原雪歩 「今回、私は〇ですよって言ったこと以外
何も嘘ないんですよ…>キョン子さん

占いさんの真贋に着目してあれを言ったのも
共有さんに間違えて投票したのも
素です…」
社長 「最終日に狼を吊るすのには最低でも2票は必要だからな>やらない夫

もしも狂人が自分の投票先を明言した場合、それに+狼の1票で2票が確定する
引き分けになる可能性も高くなるけども


あとは、占い師全員から○もらいの場合(今回の阿部さんと同じ)
その場合は噛まれる可能性が高くなるので、早急に「狂人CO」をするなり、投票で示すなりするといいだろ(共有者に投票とか)」
泉こなた 「割とそんなイメージ。」
イヴ・サンタクロース 「無理じゃないですかぁ~>やらない夫さん」
三浦あずさ 「はるゆき、いいわね~
今度は私も雪歩ちゃんと春香ちゃんで楽しみたいわ~」
キョン子 「ほっこり」
天海春香 「そりゃ終わったら入籍するつもりだったし・・・・>やらない夫さん」
やらない夫 「引き分け狙いだったけど占い真はわかってたからね
だってホントに引き分けとかつまらないじゃない」
萩原雪歩 「(ああ、私春香ちゃんに食べられてる…)>春香ちゃん」
和久井留美 「次は占い騙りにも挑戦してみるといいと思うわ>やらない夫さん
でも、本当におめでとう。勝ててよかったわね?」
泉こなた 「大体まー
よーしゃべる奴って情報ポコポコ出す奴になるから
どこで吊るか考えるといいよ!>霊見られるなら
見られないなら自分で霊能になるがいい」
イヴ・サンタクロース 「私はですねぇ
初日の昼中身透けていたかどうかだけが気がかりです~っ」
阿部さん 「希望制の村で狩人引いてのニート生活が続くなw
暫くは他の役職にでもいくとするか。
お疲れさん、せっかく用意してもらったしトイレで待ってるぜ? ノシ」
河城にとり 「んーギャリー占えるかなぁ・・・」
泉こなた 「どーせどっかで判断しなきゃならないので
どこで判断するかは自分自身が決めるのー。」
萩原雪歩 「(割と本気ではるゆきもえりゆきもあいゆきも行けるのは秘密です…
 やよゆきも一番好きだったり)>あずささん」
持田亜里沙 「全然、わかんなかったですよ?>イヴさん」
社長 「狩人に働かせないための噛み筋だからな、無理もないさ>阿部さん
和久井の言う通り、お前さんだけは非狼というかこちら視点でも非狐と見てただろ
狩人だっていうのがむしろ驚いたくらいだ、恐ろしい子……!」
三浦あずさ 「目線は外してないけど、雪歩ちゃんは残しておこうと思ったのよね
そことリンクするとこがどっかあるかもしれない、って思って>和久井さん」
天海春香 「このまま・・・食べ尽くしちゃうよ?>雪歩ちゃん」
河城にとり 「それじゃお疲れ様、
同村の方は又宜しくね。」
泉こなた 「とりあえず
中身とか考えるよりEBI吊る方が先決かなぁって>イヴ」
泉こなた 「何か阿部さんは凄い
潜狂の話題出た瞬間が役っぽかったかな」
三浦あずさ 「私はみきいおが好きなんだけど、どうかしら?>雪歩ちゃん」
天海春香 「EBIも食べ尽くし?>こなたちゃん」
泉こなた 「海老天うどんに>春香」
イヴ・サンタクロース 「とりあえずオメガ11で入るの自重して良かったですかね~」
泉こなた 「じゃーおっつおっつ」
EBI 「名前釣りとかダメに決まってるじゃないですヤダー>こなた」
イヴ・サンタクロース 「落ちる人お疲れ様でしたぁ」
和久井留美 「多分キョン子さん、というよりレジィさんは、そこは直した方がいいかもしれないというのは、私が感じてる素直なところかしらね。
一点、そこをみると「後は発言を見てなかった」で吊ることが多い気がするわ>キョン子さん

私も良く言われることであるけど、フラットで見直す、を心がけるといいかもしれない。
私も、その話をしたのは翌日のことだから、あまり言えないのだけどね。」
持田亜里沙 「海老フライじゃだめ?>こなたちゃん」
三浦あずさ 「最終日前のEBIさんの投げっぷり見たら
にとりちゃん真を強めに見たくなる感じだったけど…難しいわね」
やらない夫 「ねぇはるかっかもしかして雪歩殺したくないからニトリに票入れたの?」
萩原雪歩 「伊織ちゃんと美希ちゃんですね!凄くいいと思います…♪
後はちはまことか…みきゆきとか…みきりつとか…ゆきまみとか…
あずちはとか…ひびまことか…りつゆきとか…りつまことか…(ry >あずささん」
持田亜里沙 「それじゃ、お疲れ様でした
(ウサコ:お疲れ様ウサー)」
できる夫
        ____
       /      \
     / ⌒    ⌒ \     それでは僕も失礼しましょう
    /   (●)  (●)  \
    |      ___'___     |    同村ありがとうございました、お疲れ様です
     \     ` n´   ,/
    /     | |    \
..         ノ .ュ
         { ..ニj
        . | "ツ」
泉こなた 「いや名前はどーでもいいけど
貧乳否定は許せぬぇ>EBI」
三浦あずさ 「でも、占い最終日送りで行こうと思ったのに、結局雪歩ちゃんを吊れなかった
そこは私の采配ミスだと思うわ、ごめんなさいね」
萩原雪歩 「(最終日、勝ち負け関係なく春香ちゃんへの愛を囁くつもりだったけど
 これしたら逆に負けてたかもしれません…)」
EBI 「だって私が村だとしても確定視点取れてないしねー
負けたら共有が悪いでながしたらいいやーだし>あずさ」
キョン子 「一点集中の時はいいんだけどな>留美
ちょっと視点を絞りすぎることがあるからなー
今回もそんな感じだったし」
萩原雪歩 「…うん、いいよ(その場にあったソファに寝っころがる >春香ちゃん」
三浦あずさ 「雪歩ちゃんも、かなりイケるクチね~
なんだか楽しみになってきたわ~」
EBI 「だって貧乳キャラも飽和してる気がするんだけどさー・・・>昨今の業界>こなた」
泉こなた 「まぁそれはうん>EBI」
天海春香 「頭の中で五分五分で
まず理性が雪歩に入れて。
伸びまくって頭がパッパラパーになって・・・というのは否定しきれないかも・・・>やらない夫さん」
三浦あずさ 「でもあの位置でEBIさん村だったら
ものすごい切れ味で迫ってくるんだけどね~>EBIさん」
社長 「共有者なんてそんなものよ>キョン子
そういう役職だもの、だから時々は信頼できそうな村人の目線を借りることに着目してみると捗ることもあるぜ」
泉こなた 「雪歩の何があれだったかなーって考えると
◇萩原雪歩 「私はにとりさんに入れたいと思います…」
にとり偽強調するとかじゃなくてこれが何か凄い
意識漏れてたかなーって感じぐらい?」
三浦あずさ 「勝敗上は狼勝ちだけど
形の上では、はるゆき勝利よね~>春香ちゃん、雪歩ちゃん」
EBI 「え、あのだんかいで本気っぽくなったらそれこそ狼にしかみえないっしょ
村ならその2日前から行動してるし>あずさ」
天海春香 「えへへ・・じゃあボタンはず(自主規制>雪歩ちゃん」
泉こなた 「理屈とかじゃなくてこれが何か
にとり吊れたらいいなーって狼の意識感じる発言かなーって思うけど
意識は完全に主観の話なので自分レベルでしか何とも言えないw」
和久井留美 「もうちょっと、話を聞くというか、そういう視点をもった考え方をしてもいいかもしれないな、って。>キョン子さん
言い方があれかもしれないけど、恐らくあなたは剛球なのよ。
一点突破、という意味ではそういう方法もあると思うけど、一旦見返す、をしてみるのも悪くないわ?
これは、今丁度私が心がけ始めてることでもあるのだけど。」
キョン子 「今回はちょっと信頼できる村が見つけられなかったのがねえ…>社長
灰見渡してもいなさそうなのに○を見てもあれ?って思うところが多々あったり
やらない夫はほぼ非狼だけど頼りにはならんしな…」
イヴ・サンタクロース 「もう少し生き残りたかったですね~っ」
萩原雪歩 「私のむね…
育ててね…?>春香ちゃん」
ギャリーP 「……ああ、狩人CO。すっかり忘れてた。」
社長 「あれ、なぜかしら……萩原へのSHIT心が、こうメラメラと」
萩原雪歩 「そ、そうですか!?照れちゃいます…>あずささん
あずささんもおいしかったですよ♪」
イヴ・サンタクロース 「和久井さんの話は私も一点集中型なのですごく参考になりますっ!」
天海春香 「はっ!規制から放たれた!
うん。でも形は・・・綺麗で・・・>雪歩ちゃん」
社長 「積極的に語りかけに行くのもアリだろ>キョン子
俺は阿部さんとのやり取りで「こいつは狐じゃないな」って確信できたもの
豪速球もいいけど、時にはキャッチボールもいいものよ」
キョン子 「うん、あれだわ。最近殴りでうまく行けたから調子乗っていたんだわ
調子をというか灰視を戻さねえとなー。範囲を広くしねえと」
三浦あずさ 「結局、今日は獲物を狙う目じゃなかったってことね~>EBIさん」
やらない夫 「狂人が村に取って頼りになるわけにはいかんでしょ>キョン子」
泉こなた 「大体まー
見返し型も一点突破型も
村にとってはどっちも欲しいというか
どっちも居て輝くと思うけどねw」
萩原雪歩 「うん、色々噛んでくれると嬉しいな…♪
とりあえず、電気消しとくね?>春香ちゃん

それでは皆さん、春香ちゃんと寝ます(意味深)ので
お疲れ様ですぅ…」
三浦あずさ 「狐さんは自由に遊んでいいのよ~>ギャリーさん」
泉こなた 「大体私は誰かのキャッチボールから相手見るから
誰か動いてくれる人が居るとそれが一番ありがたいかなー
適当に村人になったら、最終日には正解が見えてるから。」
三浦あずさ 「雪歩ちゃん、春香ちゃん、ゆっくり楽しんでね~」
EBI 「まぁ・・・獲物にする予定の子が雪歩のあれだったらさすがにちょっかい掛けるのも野暮だしねぇ>あずさ」
泉こなた 「おつかれー」
キョン子 「潜伏狂人はな
実はミスリーさせることが強いんだぜ>やらない夫
村と見られたら非狼だと思うけど臭いところに誘導できれば万々歳ってな」
ギャリーP 「ふむ、社長、護衛してました→銃殺の流れも面白そうだったわ。
まあ、狩人のかの字も頭になかったんだけどねw>あずさ」
三浦あずさ 「いろんなタイプがいて、それをまとめるのが共有だったり
確定○だったりするのよね>こなたちゃん」
イヴ・サンタクロース 「私も帰ります~。皆様お疲れ様でしたぁ~☆」
社長 「ギャランドゥPとのやり取りは「あ、この人役職あるかも?」と思いました」
泉こなた 「うみゅうみゅ
あたいは灰居るほーが好きだけどねー>あずささん」
三浦あずさ 「あらあら、奥ゆかしいのね~>EBIさん」
天海春香 「うん、一緒に落ちよう……?(意味深)>雪歩ちゃん
じゃ、私もこのあたりで。お疲れさまでした。」
泉こなた 「じゃあそゆことでー」
和久井留美 「話をすることを意識なさいな。
発言数は減っても、それだけで変わることもあるわ>キョン子さん」
ギャリーP 「なにその歌の題名になってそうな意味のない英語名のプロデューサー。
そんなに臭かったのねアタシw>社長」
やらない夫 「はははなにいってんのかわかーんね>キョン子」
キョン子 「今回はねー、全く相方以外と話せなかったからな>留美さん
そいつでちっと灰を見渡すのも精度が悪くなったし
視線を固定しちまったっていうのもある」
社長 「『面白いやつを見かけたら狐だと思え』ってお祖父ちゃんが>ミザリーP」
三浦あずさ 「私がジャマしてたみたいね
ごめんなさいね~>キョン子ちゃん」
社長 「役職の説明に書いてある通りさ>やらない夫
「できる限り場をかき乱す」のが狂人の務め、もうどんどん明後日の方向にブーメランを投げるといいだろ
それに村が付き合ってくれたりすると正解にたどり着ける確率がどんどん下がるらしい」
キョン子 「つまり村のふりして狼以外の人を吊るよう誘導するのさ>やらない夫
しかも芸が細かいと最終日に自分が吊られるようにするとかなんとか
というか潜伏狂人は高等戦術なんだぜ?村として動きつつ
狼に噛まれないことも意識しないといけないからよ」
三浦あずさ 「それじゃ私もこのへんで~
みなさんおつかれさまでした~
GMさんは村建てありがとうございました~」
ギャリーP 「まるで作家を監禁するような介護者(凶)の名前みたいなプロデューサーは知らないけど
面白いって言われるとちょっと嬉しく感じちゃうじゃないのよw>社長」
キョン子 「いやいや、共有っていうのはそういうものさ>あずささん
ただ俺がもうちょっとだけ余裕を持てればよかっただけ
うん、お腹がすくとあかんなー」
やらない夫 「やらない初心者だからみんながなにいってんのかわかんないお…」
和久井留美 「シンプルに、噛まれず、吊られる狂人、そして吊られずに最終日狼を見れる狂人はいい狂人ってことよ>やらない夫さん
今日はそれができたってことかしらね。」
和久井留美 「ん……」
和久井留美 「ねぇ、やらない夫さん、わからなくてもいいわ。
ただ、今日勝てたことは覚えてていいと思うわ。
誰だってはじめての勝ちはとっても嬉しいものだから。」
やらない夫 「やったね!!」
和久井留美 「それで続けてけば、多分言ってることもわかるのよ。
だから負けたときは見なおしてどこがまずいか、考えるし、
勝ったときはそれが報われたと思えばいい、私はそう考えてる。
雪歩ちゃんと同じね。私も、はじめてLWで勝ったときは、本当に嬉しかったもの。>やらない夫さん」
和久井留美 「次はああしよう、こうしよう、で楽しくなってきて続けてれば、多分いま言ってることだって理解できるようになるわ。」
やらない夫 「LWになれた試しがない」
天海春香 「(ひょこ
うん、私も初めての勝利はわけもわからないまま狐勝利だったけど、あの感触はまだ覚えてるよ。」
キョン子 「ま、経験っていうのはいいものさ
自分の能力をある程度は底上げしてくれるからな
ただしそれに頼りすぎると足を引っ張るものでもあるがな」
やらない夫 「よしきた!!この調子で頑張るだろ!!
…でも潜伏狂人はもうやんね…」
やらない夫 「それってメチャクチャスゴくね…>はるかっか」
キョン子 「それじゃあ俺も落ちるぜ
お疲れさんでした」
天海春香 「今のうちが何がどうなって、何がどういう方向に向かいやすいのか知る期間、かな。ある意味一番楽しい時期かも?」
社長 「最初の10回は慣れるために参加してみるといいって婆っちゃが言ってた
慣れたら、このログを見返してみると面白いだろ

「あそこでああいう風に動いたらどうなるか」「あの時、あの人はこんな事を考えてたのか」とか、色々見えてくるもの」
やらない夫 「それじゃ俺もログ読んで落ちるだろ!
お疲れさまでした!」
やらない夫 「どうしよう俺もう20回くらいやってるけどまだ訳わかんね」
ギャリーP 「じゃあアタシも落ちるわねー同村ありがと!じゃね」
天海春香 「偶然なんだよね……www でもなんで勝ったかは考えてみた。今日勝てた理由、考えてみるといいかな?」
社長 「それにしても、よく最終日まで持ち込んでくれただろ……
よくよく見るとホントに綱渡りだな、狐を囲ったり、途中で吊られて呪殺出されてたらアウトだったし
久々の狼で特にプランもなかったんだもの、仕方ないじゃない……!」
社長 「ログを読むときに「村人」「狼」それぞれの発言に注目してみるといいと思うぜ>やらない夫
後はアレだ、狼を何度もやるのが一番いい、だって犯人役だもの」
やらない夫 「勝てた理由ステルスは正義」
天海春香 「村としての勝ち方は反転させて打ち抜く、みたいな?>社長さん」
社長 「http://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-641.html

ここのリプレイを見て基本的な流れは覚えて、あとは参加して役職の動きを体験して
まだ経験していない役職については他のログとかで上手い人の動きを真似てみたりしただろ
特に夜の発言が多い人は参考になるぜ、あとは霊界で他の参加者と色々話してみたりとかもオススメ」
社長 「キッチリとグレランで狼を落とされたり、あるいは狼をマークされると辛いだろ>春香
今回で言えば萩原だな、そこに○を出したことをどう受け止めるか
あとは「にとりが狼ならばこの進行は妥当か?」とか、その辺から突き詰められれるとすごくつらいだろ」
社長 「どうしても狼の進行は不自然になるからな、そこをキッチリ詰める
あるいは早期の占いローラーでフラットにする、対処法はいくらでもあると思うの
今回は2-1で初日占いもありえたから、村としても思い切った動きはしづらかったんじゃないかと思うだろ」
天海春香 「そこは考えたけど、エビが囲われる人……?って不安が同時に……ぐぐー>社長さん」
社長 「もっとも、信頼勝負は村もほぼ2分の1の確率で勝てる上に、狐に負ける心配がほぼゼロ>天海
おまけに狐の位置次第では狼が勝手に破綻するので、村が付き合うのも悪くはないと思うだろ
ちゃんと最終日を目指す進行をすることが前提だけども」
社長 「というより、この展開でちゃんと最終日まで持ち込めただけで騙りとしては負けてただろ
あとは囲われ狼に見えなかったEBIと、LWとして繋いでくれた萩原のおかげ
2人のどちらかが1人でも動きをミスってたらアウトなので、やっぱり最終日っていいものですね(結論)」