←戻る
【劇場162】劇場公演 水曜普通の部村 [193番地]
~そう・・・普通村だ!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8
icon ジャック・O・ランタン
(生存中)
icon アーカード
(生存中)
icon 城ヶ崎美嘉
(生存中)
icon 白坂小梅
(生存中)
icon ドロッセル
(生存中)
icon メアリー
(生存中)
icon アンデルセン
(生存中)
icon 双海まみ
(生存中)
icon 前川みく
(生存中)
icon さだこ♡
(生存中)
icon 双海亜美
(生存中)
icon 黒川千秋
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon やらない子
(生存中)
icon 黒井社長
(生存中)
icon 姫川友紀
(生存中)
icon ブロリー
(生存中)
村作成:2012/10/31 (Wed) 22:01:33
GM 「禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 占いCOの発言は一行の占い結果のみ。占い理由はそれ以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能です)
■これから毎日初心者歓迎しようじゃねェか!」
GM 「30分に人数確認を行い,
45分には人数に関わらず開始します」
アーカード さんが入場しました
GM 「いらっしゃいませ!」
GM 「(ハロウィンだから特殊村ありそうだと思ってたら二つあるう)」
アーカード 「さあどうした?まだ私が入ってきただけだぞ!かかってこい!
化け物になれ!体を変化させろ!RPを再構築して立ち上がれ!
言葉を拾って反撃しろ!
さあ夜はこれからだ!お楽しみはこれからだ!ハロウィンは今夜はじまる」
アーカード 「というわけで、よろしくだ」
GM 「RPは再構築する・・・するが・・・
まだその姿とタイミングまでは指定していない
どうか諸君らも(ry」
城ヶ崎美嘉 さんが入場しました
GM 「いらっしゃいませ!」
城ヶ崎美嘉 「さってと、よろしくー☆」
アーカード 「ふむ、歓迎しよう」
城ヶ崎美嘉 「あっれ、渋いおじさんじゃん、宜しくー
私は、城ヶ崎美嘉っていうんだ>アーカード」
白坂小梅 さんが入場しました
白坂小梅 「こ、こんばんわ……
と、トリック・オア・トリート……」
GM 「いらっしゃいませ!」
城ヶ崎美嘉 「あー、そういえば今日はハロウィンだったね
私もそれ用のメイクしてくればよかったな…
ってことで、こんばんは、小梅」
GM 「(人狼的にはトリックが洒落になっていないかもしれない)」
アーカード 「ほう?いやいや、よろしく頼むぞお嬢さん。
私は、まあただの吸血鬼だ>城ケ崎」
白坂小梅 「わ、私も……お化けの用意、しておけば……でも、もう、いるから。」
城ヶ崎美嘉 「あ、おじさんもハロウィンを楽しんでるんだ
吸血鬼とかイケてるじゃん>アーカード」
アーカード 「トリック・オア・トリート、ねえ(ジョージボイス」
城ヶ崎美嘉 「え?ちょ、ちょっと…もう、居るってどういうこと!?>小梅」
ドロッセル さんが入場しました
メアリー さんが入場しました
アーカード 「ああ、楽しんでるとも。これで鉄火場でもあればよりいいのだが>城ケ崎」
ドロッセル 「こんばんは」
メアリー 「トッリク・オア・トリート!」
城ヶ崎美嘉 「ふーん、おじさんって、なんか戦争とか好きそう
ってか、サバゲーとかそっち系?>アーカード」
GM 「いらっしゃいませ!」
城ヶ崎美嘉 「ドロッセルにメアリーいらっしゃい」
城ヶ崎美嘉 「んじゃ、メアリーと小梅には、ほい
お菓子>小梅・メアリー」
アーカード 「そんなお行儀よい戦いはしたことはないぞ、私は。見敵必殺系だな>城ケ崎」
メアリー 「わーい! おねーちゃん、ありがとっ♪>城ケ崎」
城ヶ崎美嘉 「見敵必殺?ふーん?よくわかんなけど
カッコいいじゃん>アーカード」
城ヶ崎美嘉 「まあ、私にも妹がいるからね(なでなで)>メアリー」
アーカード 「私もなにかあげるべきなのか?鉛玉くらいしかないのだが。」
ドロッセル 「パーティの準備もまだのようだし、少しだけ席を外すわ。」
城ヶ崎美嘉 「せめて、飴玉にしなさいよ…」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ジャック・O・ランタン
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 1086 (ジャック・O)」
メアリー 「鉛玉? ・・・ふぅん、いいかもね(ボソッ」
メアリー 「わ、ジャック違いだ―!?」
城ヶ崎美嘉 「ジャック・O・ランタン…超イケてるじゃん!!>GM」
ジャック・O・ランタン 「この姿を見ろ・・・これが飾られたものの末路だ・・・」
アーカード 「よぉバケツ頭」
ジャック・O・ランタン 「私がハロウィンRPを少しでもしようとした証を・・・残させてくれ>美嘉」
メアリー 「ドッスンダンスを後ろからブスッ!>ジャック・O・ランタン」
アンデルセン さんが入場しました
ジャック・O・ランタン 「名前の元ネタではある>メアリー」
アンデルセン 「我に求めよ されば汝に諸々の国を嗣業として与え
地の果てを汝のものとして与えん
汝、黒鉄の杖をもて、彼等を打ち破り
陶工の器物の如くに打ち砕かんと
されば汝ら諸々の王よさとかれ
地の審判人ら教えを受けよ
恐れを持て主につかえ おののきをもて喜べ
子に接吻せよ おそらくは彼は怒りを放ち、汝ら途に滅びん
その憤りは速やかに 燃ゆべければ
全て彼によりなり 頼むものは幸い
アーカード 「戦場に立った時点で女子供もないからな>城ケ崎」
城ヶ崎美嘉 「あー、まあそういうことなら、OKじゃないかな?>ジャック」
アンデルセン 「一撃で何もかも一切合切決着する
眼前に敵を放置して何が十三課か!?
何が法皇庁か!?」
ジャック・O・ランタン 「かぼちゃのつもりだ・・・(キリ>アーカード」
城ヶ崎美嘉 「戦場ね、アタシには関係ないでほしいわ>アーカード」
ジャック・O・ランタン 「よくきてくれた」
アンデルセン 「今度はこの前の様にいかないぞ吸血鬼・・・」
ジャック・O・ランタン 「はぁっ・・・
いいぞ。もっとハメてくれ(旋回と熱量的な意味で)>メアリー」
アーカード 「来たな、アンデルセン、来たな、人間。
待っていたぞ我が愛しき怨敵よ」
ジャック・O・ランタン 「世話を・・・・かけるな・・・・(ボボボボ>美嘉」
メアリー 「・・・狼か共有で同陣営フラグだね!アハッ♪>赤と黒のおじさんたち」
アンデルセン 「お邪魔をさせていただきますは、十三課所属アンデルセン
この度はご挨拶が遅れたこと真に申し訳ございません>支配人・各位」
城ヶ崎美嘉 「まー、アタシ的には、別にどってことないしw>ジャック」
アーカード 「そうか、わかった。覚えておこう>バケツ頭
ああ、そうだといいな?だが立ったのなら、覚悟を決めることだ、少女よ>城ケ崎」
アンデルセン 「騙るに及ばず!」
城ヶ崎美嘉 「えー、戦場に建つとか超メンドイしぃー…やってられないよ>アーカード」
ジャック・O・ランタン 「なんということを・・・
しかし、お前ならハロウィンRPをやりきれるかもしれない>美嘉」
メアリー 「ストーリー中の扱いとアリーナの強さがすっごくかけ離れてて驚くよね>ジャック」
双海真美 さんが入場しました
ドロッセル 「ただいま、なんという体たらく…」
アーカード 「どうする どうするんだ?化け物はここにいるぞ!
キリスト教徒。倒すんだろ?勝機はいくらだ。
千に一つか、万に一つか、億か、兆か、それとも京か。>アンデルセン」
双海真美 「じってーん、よろ→」
城ヶ崎美嘉 「いわ、私とかハロウイン関係ないし…っていうか、ハロウィン
っていったら、やっぱ小梅じゃないかなー>ジャック」
城ヶ崎美嘉 「っと、ドロッセルおっかえりー」
関裕美 さんが入場しました
ジャック・O・ランタン 「よくきてくれた」
貞子 さんが入場しました
アンデルセン 「例え那由多の彼方でも、今の俺には十分すぎる!>アーカード」
関裕美 「関裕美 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:関裕美 → 前川みく」
ドロッセル 「惜しみないわね」
アーカード 「うむ、歓迎しよう、諸君」
双海亜美 さんが入場しました
前川みく 「何もなかったにゃ」
ドロッセル 「わお」
貞子 「                                    
              :ill||||||||||l:                 
             :i|||||||||||||||                 
           /''';:|||||||||||||||||l:、               
          /:i  :||||||貞|||||||i `'!              とりーーーーーーっく…………
          / :|  :||||||||||||||||||l ノ!               
          | ヽ |||||||||||||||||||| :|               
          ! !;ヽ:||||||||||||||||||||!; |              
      .__|  |/|||||||||||||||||||||; |____         
       |  _|  .|/||||||||||||||||||||; |_____  .|        ぉぁあぁっぁぁぉぁぁー………
      | |:='ヾ‐イ:||:|l|l|l|l|l|l|ll|||||' |::::::::::::| |        
      | |:::::::: | |;:|||||:l|:l|l|l|:l|:||||| イ=::::::| |        
      | |:::::::::/ };|||||||||l|:l|l|l|:l|:|||.ノ:=:::::| |         
      | |:::=!川!;|||||!l|||l|:l|l||||ー'‐'.;:::::::::::| |         
      | |:::::::::!l.|ノ      / ./:::::=:::::::| |          おぉぉぉおんりょぉぉぉおおぉぉ……
      | |::::::::::::|:::      ノ }::::::::=::::::| |         
      |  ̄ ̄~|:::      川リ ̄ ̄ ̄ ̄ |        
      | ̄l ̄ ̄|::::      | ~ ̄ ̄ ̄| ̄|         
      |_|:.::.:.:.:|:::::      |:.:.:.:.:.::..:.:.:|_|          
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:|;;;::::      .|.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:」
前川みく 「うわ、なんかとなりの人が怖いにゃ・・・」
ジャック・O・ランタン 「よく来てくれた・・・
私がGMであった証を・・・残させてくれ」
双海亜美 「真美もきたんだね!よろしくー」
貞子 「川д川 さてハロウィンね! おはよう呪うわ!!(キリッ」
ドロッセル 「井戸の主はセンセーショナルな顔ね」
城ヶ崎美嘉 「真美、亜美、みくに…貞子はちょい、洒落になんなくない?」
黒川千秋 さんが入場しました
アーカード 「どうしたクリスチャン。調子はどうだ?満身創痍だな。
腕が ちぎれて落ちるぞ。どうするんだ?お前は犬か?
それとも人間か?>アンデルセン 」
城ヶ崎美嘉 「あ、小梅
ほら、貞子が来てくれたよ>小梅」
メアリー 「・・・文化が違うよ!?>貞子」
双海真美 「亜美じゃん、やふー」
ジャック・O・ランタン 「熱量関係の問題が撤廃されているのかもしれないな>メアリー」
黒川千秋 「よろしく」
貞子 「川д川 とりあえずハロウィンをお盆みたいなもんだと思ってるんだけど
   あんまり違わないわよね?」
白坂小梅 「……あの子たちとお話してたら、こんな時間になってた……」
ジャック・O・ランタン 「いかん!横のやつに手をだすな!>みく」
アーカード 「化け物であることに違いはない。歓迎しよう」
前川みく 「Pちゃんこないかにゃあ?
765のPちゃんはかっこいいよにゃあ」
城ヶ崎美嘉 「っつーか、アンデルセン神父なんだから、貞子くらいなっとかしてよ>アンデルセン」
アンデルセン 「それがどうした吸血鬼?まだ腕がちぎれただけじゃねぇか!
能書き垂れてねぇで来いよ、ハリー・・・ハリー!>アーカード」
メアリー 「ムービーマジックってやつだね! >ジャック」
白坂小梅 「……わ、たし、Jホラーよりも、アメリカンホラーのが、いい……>美嘉さん」
ジャック・O・ランタン 「よくきてくれた。歓迎しよう」
貞子 「川д川 気にしたら駄目よ呪うわよ貴女……って貴女、私と同類系じゃないの>メアリー」
双海亜美 「がんばるぞー>真美」
前川みく 「なんでこんなに怖いんだにゃ!?
おかしいにゃ!>カボチャ」
アーカード 「素敵だ、やはり人間は素晴らしい>アンデルセン」
城ヶ崎美嘉 「あー、そうなんだ…
って、そんなこだわりあったんだ>小梅」
白坂小梅 「Jホラー、でも……貞子、は、お笑い枠だから……女優霊だったら……」
前川みく 「お盆は子供が仮装したりしないにゃ・・・」
ジャック・O・ランタン 「ムービーだけでいうならLRの私はいろいろすごい機動を>メアリー」
アンデルセン 「実はここに私物のハバネロをベースにした調味料があります。
さて、私が使うのと貴方が使うの、どちらが貴方の為になりますか?
>美賀」
城ヶ崎美嘉 「Σマジ?>小梅」
天海春香 さんが入場しました
メアリー 「えっ? ・・・ナンノコトカヨクワカラナイナァ・・・アンマリウルサイト・・・刺しちゃうよ?♪>貞子」
白坂小梅 「お化け、はいい、けど、やっぱりいちばんは、ゾンビかな……?>美嘉さん」
貞子 「川д川 あらやだホラー界のアイドルをお笑い枠とか失礼しちゃうわホント>小梅ちゃん」
メアリー 「無間飛行…クイックターン…後なんだっけ、? 」
天海春香 「こんばんはー」
ドロッセル 「愛でてよし、食べてよしね」
貞子 「川д川 刺すとか貴女いいセンスしてるじゃないの。あ、私に刺したって
     効かないからね。刺すならパンピーにしておきなさい♡>メアリーちゃん」
双海真美 「双海真美 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:双海真美 → 双海まみ」
城ヶ崎美嘉 「んー…それがなんのためになるかわかんないけど、まあ
あれじゃない?アタシ辛いものそんなに食べないから
アンデルセンが使えばよくない?>アンデルセン」
やらない子 さんが入場しました
案山子 さんが入場しました
やらない子 「よろしく」
姫川友紀 さんが入場しました
ブロリー さんが入場しました
双海まみ 「くっ、こんなバケモノだらけの村にいられるか!
まみは帰らせてもらおう!!」
白坂小梅 「うん、小説だとホラーだけど……涼さんが、いってた。
映画館でみた貞子の登場シーンは、お笑いだったって……>美嘉さん
そ、それと、リングはまだホラーだけど、らせんはSFで、ループになるともう……いいわけ……」
ブロリー
.         ', ヽ--─     / / ∠___   , -、  /  /  ,/
.         ',   ─>'"¨¨7 // .i  _>  i i^. ヽ/   /,. -‐' i
           \  //¨二入/i´  ヽ、 ゙''ー┘`)、i } ̄¨゙゙゙゙'''''<,i
            7′  ./ , -‐ゝ'  ,/>     ν.〈、       .i
          /  /i  /¨',  ! | / i       `<0)       |       お前たちがお菓子をくれる意思を見せないなら
.          / ,//i  i/.〉、 i_i// ,、 ヽ   ',     、__|       俺はこの村を破壊尽くすだけだぁ!
          __i_,∠-'" ,i   |_.ノ.∧,>i¨ ./入      i; i.   >`i
.          |/ ̄¨¨ ̄,ゝ i,.. -''"¨7 ,// ./〉     ,|; |: .  /彳|
          !      ̄',.|   '‐べミ_'‐', '¨  /!. |. ./ /¨: . ._===
                    ヽ!     / //>、__,.ノ i  .|/ /: : : : : :
                     `     / i ' ./! | | / ./  /: : :
                   / _,.-i i |  /.//  /:
                   ̄ ̄_,,.....l...l.,,l_/i/  ./
                _,. -‐''"¨_,.. -‐ /;(⌒); ; /
                /´  /¨´ . .,;;.〈;;;;; ̄;/: .」
黒川千秋 「埋まったわね」
案山子 「宜しく、と」
姫川友紀 「こんばんは!
いやあ接戦だね!!>日本シリーズ」
城ヶ崎美嘉 「うげっ…ゾンビ…アタシあんまり、グロ系苦手なんだよね>小梅」
貞子 「貞子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:貞子 → sadako」
sadako 「sadako さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:sadako → さだこ♡」
白坂小梅 「ん……じゃ、はじめる……?」
ジャック・O・ランタン 「こいつは私がここで引き止める
お前は・・・いたずら(インターネサイン)をとめてきてくれ・・・!>みく」
アーカード 「ほお、埋まったな。埋まったぞ。さあ、殺し合おうじゃないか。ん?」
さだこ♡ 「川д川 アンタらが怖い怖いって言うから改名してきたわ。
    これなら可愛らしいでしょ?♡」
アンデルセン 「さて、貴方がご指名しました貞子ですが。我々が認識できるのは
左目部分のみ。そしてハバネロは刺激物。
目薬代わりに使ったらさぞ見ものでしょうね>美賀」
白坂小梅 「小説だったら……大槻ケンヂの「ステーシーズ」なんて、いいよ?>美嘉さん

……映画なんて、なかった。」
姫川友紀 「キャッツなら勝ってくれるってあたし信じてるから!」
城ヶ崎美嘉 「へぇー…まあ、私にはどうも、涼さんと小梅の感覚がわかんないわっ>小梅」
ドロッセル 「わお」
ブロリー
         ./  ,./    /ヽヽ\  /// \ヽ \   ∠,. -‐'"´
    -‐/  //  /      ` '´    |: ,」\  i  ′ , /
     /  / ./  /i |       l    , へ`i /´i\i   ∠___
      .∠- ./ ./ ,、 |_ |   \  | / /, 个' i /i i_  _,.,.,.-‐''''"_,
.     /,  // .i.i^\l. i‐- 、 ヽ 〈._// / .i,-l./   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_.ノ
.       /´   ヘ .(ノヘ `ヘニ 三テ'-^ヘ─'  i,く/   _,.,.-─''''"   埋まった?違うな…
      / ̄_, ' 〉、_,,ヘ       i|  ,、   .iゞノ. _二ニ=‐-      埋めたんだァ!
     / '"´∠_,...イ   i_リヽ、ヽ   ,≧.ノi   /   \
    ̄¨゙'<//i !  :i     ヽ. \ ヽ `ー─'  / i ',   ヽ
       \ ヽ\:|.     ',   i\ ´ ̄`,イ .i  i',   1
         \ \\.___ ',  \.ヽ--‐' :|.  i  i ヽ   |
    _,. -‐'"´ ` ‐->/¨゙'ニ二‐-、\   :| i ト、 i  \ |
.          i.    \     ゙̄'二ヽ、 :| ', \\  ヾ  ,.=-‐-=、_
          ./       \       ゙̄'‐<二¨゙'一`>‐〈´_ ,.-──=ニ」
メアリー 「ウフフ…どうして皆邪魔するのかな? …ジャマスル人はキライキライキライ…」
さだこ♡ 「川д川 霊的なものならともかく、物理的なものは
    私には効かないのよねえ……>アンデルセン」
城ヶ崎美嘉 「Σ…あんた、神父なのに結構えげつないね…>アンデルセン」
ジャック・O・ランタン 「埋まったことに、感謝するぞ諸君
ここからが我々バーテックスの(省略されました」
さだこ♡ 「川д川 いいヤンデレっぷりよ! 貴女も一流のホラーアイドルになれるわ!>メアリーちゃん」
ブロリー 「くくくくくく……
ははははははははは!!!」
双海まみ 「こわい兄ちゃんやおっちゃんでいっぱいだよ亜美ぃ」
ドロッセル 「ハロプロミュージカル版は意外と評判が良かったわね>白坂」
双海亜美 「あ、はるるんだ」
姫川友紀 「…とんでもない村だ…」
ドロッセル 「大事なのはお話することよ」
ブロリー 「俺が怖い?
当然だ…悪魔だからなぁ!!!>双海まみ」
ジャック・O・ランタン 「いかんみんな!
そいつに手を出すな!>ブロリーについて」
双海まみ 「はるるんもふもふっ! もふもふもふっ!!
いやぁ、千早おねーちゃんとは感触が違いますなぁ」
白坂小梅 「そ、それじゃ……よ、よろしく、おねがいします……」
天海春香 「亜美も真美もよろしくね
あんまりいたずらしちゃダメだよ~」
双海亜美 「よし!まみが前衛で私が後衛!
バックアップはまかせて!>まみ」
さだこ♡ 「川д川 怖くないわよー? ほら、名前にハートマークもついてるしね♡>まみちゃん
    元気よくしてないと呪っちゃうぞー♡」
天海春香 「こら!どこもんでるの!>まみ」
白坂小梅 「と、トリック・オア・トリート……お菓子くれないなら……いた、ずら、するよ?」
城ヶ崎美嘉 「あー、そういえば日本シリーズやってたね
アタシてっきり、もう終わったっていったら、
えって、顔されちゃったよ☆>姫川さん」
メアリー 「そんなもの目指してないけどね…あは、貴方ってビデオ壊せば出てこれなくなるんじゃない?…うふふ>貞子」
ブロリー 「お前たちが働く意思を見せないなら
俺はこの村を破壊尽くすだけだぁ!>ジャック」
アンデルセン 「我々神父は、教徒たる皆々様にのみ敬愛を持って接するもの・・・
異教徒の・・・しかもなれの果ての化外など・・・くっくっく>美嘉」
姫川友紀 「なんだと……>城ヶ崎さん」
双海まみ 「まみが前衛か~、ちかたないね。
いっしそーでんの必殺剣パリイの出番っしょ!」
案山子 「案山子 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 6 (水色) → No. 915 (伊織貴瀬03)」
さだこ♡ 「川д川 ビデオは私の念が込められてるってだけだしねえ……>メアリーちゃん
    井戸に霊的結界とか貼られると多分ヤバイとは思うけども。
    まあ結界とか私のきゅんきゅんパワーで一撃だけどね♡」
姫川友紀 「キャッツがジャパハムに負けるわけないでしょ!
昨日は悲劇やったんや……」
ブロリー
         ./  ,./    /ヽヽ\  /// \ヽ \   ∠,. -‐'"´
    -‐/  //  /      ` '´    |: ,」\  i  ′ , /
     /  / ./  /i |       l    , へ`i /´i\i   ∠___
      .∠- ./ ./ ,、 |_ |   \  | / /, 个' i /i i_  _,.,.,.-‐''''"_,
.     /,  // .i.i^\l. i‐- 、 ヽ 〈._// / .i,-l./   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_.ノ    パリィ?なんだそれ…
.       /´   ヘ .(ノヘ `ヘニ 三テ'-^ヘ─'  i,く/   _,.,.-─''''"       うまいのか?
      / ̄_, ' 〉、_,,ヘ       i|  ,、   .iゞノ. _二ニ=‐-      
     / '"´∠_,...イ   i_リヽ、ヽ   ,≧.ノi   /   \
    ̄¨゙'<//i !  :i     ヽ. \ ヽ `ー─'  / i ',   ヽ
       \ ヽ\:|.     ',   i\ ´ ̄`,イ .i  i',   1
         \ \\.___ ',  \.ヽ--‐' :|.  i  i ヽ   |
    _,. -‐'"´ ` ‐->/¨゙'ニ二‐-、\   :| i ト、 i  \ |
.          i.    \     ゙̄'二ヽ、 :| ', \\  ヾ  ,.=-‐-=、_
          ./       \       ゙̄'‐<二¨゙'一`>‐〈´_ ,.-──=ニ= 、」
双海まみ 「んっふっふ~、よいではないかよいではないかー>はるるん」
城ヶ崎美嘉 「なんかー、私の想像してる神父とか全然違うなー…あははは>アンデルセン」
天海春香 「サヨナラ勝ちですよ!」
アーカード 「アンデルセン、貴様との決着は今始まる、はは、さあ、楽しみじゃないか!
私たちの抗争は、彼方ではなく、今ここにあるのだ!!」
双海まみ 「あ……野球終わってた」
さだこ♡ 「川д川 でみるーんでみるーん!」
ブロリー 「あ、さよなら勝ちですね
日ハムおめでとうございます>野球」
メアリー 「…ちぇ、残念だなぁ…」
双海まみ 「ほほぅ、はるるんも野球観戦ですか
気があいますなぁ」
双海亜美 「んっふっふ~まみのパリィは世界一ぃ!」
天海春香 「この勢いで4連勝しちゃうかもね>まみ」
城ヶ崎美嘉 「いやー、野球のことあんま知らなくて
クライマックスシーズンだっけ?あれを日本シリーズと
勘違いしちゃって>姫川」
さだこ♡ 「川д川 楽天が出ない野球なんて見てもしょうがないわ……」
姫川友紀 「まあ仕方ないかもー>城ヶ崎」
ジャック・O・ランタン 「なんてことを・・・しかしお前ならこの村の敗北をとめられるかもしれん・・・>ブロリー」
天海春香 「なんだかんだで気になるもんね>まみ」
案山子 「案山子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:案山子 → 黒井社長
アイコン:No. 915 (伊織貴瀬03) → No. 30 (黒井崇男)」
アンデルセン 「さぁやろうぜ・・・アァァァァァカァァァァド!」
黒井社長 「……ふーむふむふむ」
アーカード 「準備はよろしいか?開始投票は忘れていないか?さて、なにかあったか?」
ブロリー 「止めるのは俺ではない…
ほかのやつらだぁ!俺はただ破壊をするだけだ!>ジャック」
ドロッセル 「 」
姫川友紀 「もうあたしはだめかもしれない(白目)」
アーカード 「いや、もちろん待つとも。私はそこまで狭量ではない」
姫川友紀 「なんでや…さよならとかないでしょ……」
天海春香 「みくちゃんの投票がまだかな?」
前川みく 「おっとっと、待たせて申し訳ないにゃ」
ブロリー
.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
.        /;イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/''''''V''''''''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
       /′i;;;;;;;;;;;;,、;;;;/,  \/  i,;;;;,、;;;;;;;;;;;;;;i
          i;;;;;;;;/‐入i\  O ./レ'-i;;;;;;;;;;;;;;i    いい試合でしたが
         ',;;;;;;「ヽフ,jニ=≧‐‐≦=ニ!〈;iヽ;;;ハ∧_   最後の方の巨人のミスが残念でしたね
          人;;;|、.i ,-t::フコ. ´iエ::ナy,') ル';;;;;;_;\
        /;;;;;;`;;(())', '''   j   ''','i;(());;;;;;;;;;;;;;;;ト、i
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|',.   ‐‐  / |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、|
        / ;;;,イ ;;;;;;;;;;;;;;| ` 、   .イ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
.      // ./;;;;;;;;;;;;;;;;{\'i 'i `¨´ ' ,' /};;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、ヽ
     ′ /;;;;;;;〆 ̄\_ ̄ ̄ ̄ ̄_/i`ヽ、;;;;;;;;;i 、``
.    "´ ̄`ヽ、,ii´    ! T‐i--i‐T  .ノ、  `ii、,:´´ ̄`ヽ
       . ̄>‐:ii:-‐‐‐‐‐‐┴、', ,',:┴‐‐‐‐‐‐-ii-< ̄」
さだこ♡ 「川д川 さあ、楽しい楽しいハロウィンパーティーの始まりよ♡
    そうそう、なんだか貴女ポケモントレーナーっぽいわね>姫川ちゃん」
天海春香 「準備できたみたいだね
それじゃはじめましょう!」
城ヶ崎美嘉 「ん?ジャイアンツファン?>姫川さん」
姫川友紀 「まままっまああだだだああたててるような結果じゃない」
ジャック・O・ランタン 「ブン!!ヤグダダズメ!!(ゲーム崩壊的な意味で)>ブロリー」
姫川友紀 「もちろん!!>城ヶ崎」
アーカード 「来い、さあ来いよアレクサンド・アンデルセン!!」
ブロリー
     |  l /  _!//  ム_イ_____
     ,,! l   /   \ , /-   _    =イ
    | 丶  _=-‐'`゙''、-=_\_=-‐イ´  ≧" ̄ フ   俺がやくたたず?
    ヽ i ̄     !, |‐= `丶    ≧=‐- <_    違うなぁ…俺は悪魔だ!>ジャック
    /i  i /  ,ヽy'ri`!ニ二.__く‐-ニ..___   =‐-__
   /  〈..-、!k∠「  ,r’ノャ= ---‐‐ >‐:.、ニ___-- ...___ニ=- __
   /__  ヘ.`Z_ン`   ト5′ヽ    ,,-‐''"´_  ゙゙'''‐.,,_=-‐‐‐‐
     ̄ .入´ ‐   ,イ i    〉)-..___/ ''"   ゙゙''‐-..,,_  ゙゙''ヽ
      l  \ _,/丿 |_,rイ/-ー''           ヽ   丶」
ドロッセル 「出揃ったようね」
アーカード 「さて、ではカウントを開始してよろしいか」
さだこ♡ 「川д川 ええ。もちろんよ♡>アーカードちゃん」
アーカード 「5」
アーカード 「4」
前川みく 「てぃんときたにゃ
お前ブロリーとからむにゃ>黒井社長」
ジャック・O・ランタン 「世話をかけるな・・・>カウント」
アーカード 「3」
メアリー 「さぁ…楽しい楽しいゲームの始まりだねっ♪」
アーカード 「2」
ブロリー 「遺言は皆さん大丈夫でしょうか?
セットはよろしいですね?」
黒井社長 「……まあいいか。
他のRPと少々悩んだが。たまには私というスーパーセレブの威光を見せつけるのも悪くあるまい」
双海まみ 「よろりんよろりん」
アーカード 「1」
アンデルセン 「異教徒は殲滅だ」
黒井社長 「>前川
……黙れ」
アーカード 「さあ、闘争を、はじめよう」
ゲーム開始:2012/10/31 (Wed) 22:49:47
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆ジャック・O・ランタン 諸君よくきてくれた。
アライアンスによって腐敗しきった・・・何?別に聞きたくもない・・・?
ならば手短に。今日のGMはジャック・O@ふぉうどだ。
諸君らの健闘を祈っている」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆ジャック・O・ランタン 水曜村はCOなどの邪魔にならないようにAAの使用を許可している
節度を保って使用するように」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆ジャック・O・ランタン 後者だ>該当者」
ジャック・O・ランタン は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジャック・O・ランタンさんの遺言                   , 'i´ヽ  ゙i'、
                  i:::ヽ,:l__,l,.ノi  
                 |::::ヾ,| ∟!|ソ:|  <こういうネタAAがあるが今の鴨に通ずるものがあるな
                  |::::ヾ,|.:':|ソ:|
                  |::::ヾ,|::  :|ソ:|
         ,,.ィ'''フ''''=、r'"~ ヽ ,|::  :|/i,, `ヽr''"`ヽ、ヽ、
       ,r'"´ ノ"    )、  _、,..ィ'"´i       ヽ、
       (       ノ  ´ ̄ `Y"´            i
         )     __,,..         レ      _,,,,、       j、、
      r''ヽ. ,.ィ'''i"        J   ,,.ィ'"~  `'ヲ''ー-、ノ、 ヽ、
     / ,,.イ')'"  人  ・     ,,l、     ・   ノt   ) `ヽヽ
    /   /   / `ゝ、       人       ,,イ  jt、 ヽ    i
   f ,   ノ   /、   `ー--;::-ニ"_,ゝ=---‐''"    ノ ヽ、 ヽ  t、、
   )'  f   ノ ヽ、 r  、 f"   `i´ ̄` Y  `ヽ /   ゝ-,ヲ'''   )
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
姫川友紀 「おはようございます!!占いCO!!
……って元気に行きたいところだけどそんな気分じゃないです……
黒川さん○」
天海春香 「占いCOですよ!
姫川さんは●!」
「◆ジャック・O・ランタン 合わせてくるとは・・・貴様・・・>該当者」
双海まみ 「AA……千早おねーちゃんのことかぁ!!」
さだこ♡ 「川д川  うふふ……呪い呪われ占い師宣言よぉ!!
      メアリーちゃんは ○ !!
黒川千秋 「おはよう
占いの人はよろしく」
ブロリー 「気が高まる…、溢れる…、アアアアアアァァァ……!!
この感じは…夜明けだぁぁぁぁぁぁああ!!」
前川みく 「じゃあブロリー以外と絡ませるならこの中なら誰が良いかにゃ?
案外さだことかでも良いんじゃにゃいかにゃ」
姫川友紀 「理由
北海道出身だから」
アーカード 「おはよう。は、吸血鬼が朝の挨拶か、笑えるな。ん?」
ドロッセル 「おはよう」
城ヶ崎美嘉 「はい、おはよう」
やらない子 「おっぱいよう」
メアリー 「それじゃ、楽しい人狼村の開幕だね♪
誰がシンジャウノカ、タノシミダネェ…クスクス」
アンデルセン 「吸血鬼、見逃す訳じゃあない・・・だが今は、手を出さないで居てやる
村に潜む妖狐と人狼・・・ひき潰すぞ」
白坂小梅 「……キャンディとか、チ、チョコレート……」
天海春香 「姫川さんも野球好きなんだね
私も好きだけど、応援してるチームがずっと低迷してるから…
というわけで、姫川さんから調べちゃおう!」
双海亜美 「亜美だよー☆」
黒井社長 「ウィ、貧乏人共。
さて、スーパーセレブの私がCOを聞いてやろう?」
アーカード 「私は生まれてこのかた裏切り者は一人だって許した事はありはしないんだ
いつまでも私がそんなものに行儀よく一対一で戦うと思うか?
くそったれなウルフどももしみったれらフォックスどもは雑作もなく死ぬ
さあ、アンデルセン、人間よ。貴様はどうだ?」
黒川千秋 「…なにこれ?」
双海まみ 「朝になってた 占いに●出てた
あふぅ」
アンデルセン 「人外が・・・神より授かりし能力者を騙るだと・・・!?
気に入らねぇ!」
白坂小梅 「……●……で、でてるよ?」
やらない子 「占いに●でてるけど多分即吊りにはならないんだろうなぁと思いつつ」
城ヶ崎美嘉 「なんか、色々と、ひどい形なんだけど
どうーすんの、これ」
前川みく 「これはまたずいぶんと早い占いたちだにゃあ」
メアリー 「初手●、れーのはふせふせー♪」
さだこ♡ 「川д川 あっれ●いたわ。いけないいけない。ていうか死にたい」
やらない子 「ところでさ」
ドロッセル 「天海春香視点の占い内訳ほぼ確定を確認したわ」
黒井社長 「……あん?>占いに●」
姫川友紀 「いきなり●をかぶせてくるなんて……
ジャパハムの回し者に違いない」
さだこ♡ 「理由

川д川 私が占いになったからには、この村にいる人全員呪ってあげるわぁ!! 
     ってことで、まずは同じ怨霊のメアリーちゃんから占うわね?
     うまくいけば怨霊チーム結成よ!! うふふふふふふ……」
ブロリー
  ,-‐ ´:::::::::/::::::::::       _,,-'´ ̄ ̄`-、:::::::::::::::::::::::::::::/
-'::::::::::::::::::/::::::::   ∠ミミゞム/ l彡    :::::ヽ、    _- "
 ::::::::::::::/::::::::  /     `、トム//\ :::::::ト-―'''´
     l:::::::  /-´ ̄ ̄`‐-、_      _ヽ ::::ト‐-、,,,
-┬'''´l::::::  /  ___   `―´ ̄   l  ::::l::::::::::: ̄ ̄ ̄ >
 l   l::::: / ̄ ̄     `_(○)_,―', ::::|___,,-- "
_ヽ  |:: /    j二二二ニ≧`} レ-‐  ',  ', :::l
__l⌒ |/        l_ ( ) /    ≦ニ二ヽ', l/
  l l r'     ,,,,-――‐'    ,  .l ( )//    この村は様子見する占いは存在しないのでしょうか?
.-―l ー、             _ヽ  ̄ / ̄`‐-、   黒はともかく
   l   l           r_ /   l    __ヽ
,-―‐//ヽ=、       F―7    / ̄‐-、二>
:::::::::::l ゝ_ノノ',        `⌒'   / ヽゝ:::::::\
  ,-―l ̄  l .ヽ     '⌒'   /ゝヽ'.ノ::::::::::::::\
'''´   |.  __l_\       /l  ―-、      ヽ
    | ̄       _ヽ___/―l       `‐-,,__ヽ」
天海春香 「っと、いきなり●を見つけたものの
騙り役ですか~」
やらない子 「おっぱいのおをいに変えると、いっぱいになるじゃない」
ドロッセル 「惜しみないわね」
メアリー 「パンダでもないし、即吊りしない意味あるのかな?>やらない子ちゃん」
黒川千秋 「グレランね。占い即吊りだけは無いわ」
アンデルセン 「●が一人、○が二人、それぞれ前後・・・霊能は出ていないと、よろしい」
やらない子 「でも、いっぱいのいをおに変えてもおっぱいにはならないじゃない」
黒井社長 「>メアリー
貴様、●を出された先の占いCOを見ておらんのか?」
アーカード 「ん?●だが、そいつよりも早い占いに出されてるな?はっ。
見て撃ったか?だがタイミング的に、速さ的に出来そうもないと見えるが」
天海春香 「さすがにこれ、かぶせるヒマないって>姫川さん」
白坂小梅 「き、共有COする……ね?
相方は、生存……ひ、姫川さん……CO、ありますか?」
双海まみ 「ぐ……名前でしかメモとってないから苗字で出されるとメモがめんどっちいよーw」
城ヶ崎美嘉 「占いに●でってっけど、
ぶっちゃけ春香の●みてから、出てないってのが
ポイントなんだし、これは残していっしょ」
やらない子 「深いわぁ……」
双海亜美 「んー面白い形だと
はるるんと友紀ちゃんで狼ケースとか」
メアリー 「・・あ、対抗なのか、テヘペロ」
姫川友紀 「いきなりあたしの信用最悪だよねこれ
うわー…」
前川みく 「にゃんつーか、なんで○もらいたちがこんなに早いのかにゃーというところだにゃあ
あ、でも占い師に出てるのかにゃ
確認したから●出せるわけでもにゃいし、CCOなんてものでもないにゃあ」
ブロリー
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
.        /;イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/''''''V''''''''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
       /′i;;;;;;;;;;;;,、;;;;/,  \/  i,;;;;,、;;;;;;;;;;;;;;i
          i;;;;;;;;/‐入i\  O ./レ'-i;;;;;;;;;;;;;;i      
         ',;;;;;;「ヽフ,jニ=≧‐‐≦=ニ!〈;iヽ;;;ハ∧_     まあ、その前に占いに出てらっしゃるようですね
          人;;;|、.i ,-t::フコ. ´iエ::ナy,') ル';;;;;;_;\    なんか速さ的に身内すら疑いたくなりますが
        /;;;;;;`;;(())', '''   j   ''','i;(());;;;;;;;;;;;;;;;ト、i
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|',.   ‐‐  / |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、|
        / ;;;,イ ;;;;;;;;;;;;;;| ` 、   .イ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
.      // ./;;;;;;;;;;;;;;;;{\'i 'i `¨´ ' ,' /};;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、ヽ
     ′ /;;;;;;;〆 ̄\_ ̄ ̄ ̄ ̄_/i`ヽ、;;;;;;;;;i 、``
.    "´ ̄`ヽ、,ii´    ! T‐i--i‐T  .ノ、  `ii、,:´´ ̄`ヽ」
白坂小梅 「……ご、ごめん、た、対抗、でした……」
黒井社長 「速度的にも、CCOには見えん。
だとすれば、これをどう扱うかだ。」
城ヶ崎美嘉 「落ちついて、小梅
もう、COしてる」
ドロッセル 「情け容赦なしね>白坂」
天海春香 「それに私、ハムファンじゃないし~」
双海まみ 「占いCOしてるのであった>きょーゆー」
双海亜美 「小梅ちゃん落ち着くんだYO
占いCOしてるんだよ!>小梅ちゃん」
さだこ♡ 「川д川 ごめんなさいねホント>ぶろりーちゃん
   ……でもアレよ! 潜伏してあたし噛まれたらそれこそキャバイじゃない!?
   ……そういう事にしておいて!!」
黒川千秋 「姫川は占いCOよ>白坂さん
まあ、この状態になったのなら霊能も出てきていいと思うわ」
白坂小梅 「だ、だから……このまま、だったら、グ、グレラン、します。」
やらない子 「なんか、姫川っていうひとがもう一人いて、私が勘違いしているのかと思ったら別にそんな事はなかった」
アンデルセン 「宣言を早くすることはそれだけCCOの可能性が減る・・・
それは真でも人外でも変わらん。どちらがより必要かは、
考えずとも分かるだろう?>ブロリー」
ドロッセル 「霊能いないパターンのやつね?」
天海春香 「小梅ちゃん・・・大丈夫?」
姫川友紀 「霊能出ないの?」
さだこ♡ 「川д川 小梅ちゃんしっかり! ファイトよ! あたしも応援するわ!>小梅ちゃん」
城ヶ崎美嘉 「ん?別にアタシはそうはおもってないけど?
これで、春香より遅かったら、めっちゃ
CCOみてたけど>姫川さん」
黒井社長 「私としてはそのままでも構わんと思うがな。
形としてはもう一人の対抗に○を打ったのと然程変わるまい」
ブロリー
.         ', ヽ--─     / / ∠___   , -、  /  /  ,/
.         ',   ─>'"¨¨7 // .i  _>  i i^. ヽ/   /,. -‐' i
           \  //¨二入/i´  ヽ、 ゙''ー┘`)、i } ̄¨゙゙゙゙'''''<,i
            7′  ./ , -‐ゝ'  ,/>     ν.〈、       .i
          /  /i  /¨',  ! | / i       `<0)       |       
.          / ,//i  i/.〉、 i_i// ,、 ヽ   ',     、__|       霊能が出る前に  
          __i_,∠-'" ,i   |_.ノ.∧,>i¨ ./入      i; i.   >`i    処遇を決めるだけだろう・・?
.          |/ ̄¨¨ ̄,ゝ i,.. -''"¨7 ,// ./〉     ,|; |: .  /彳|   どうせ釣らずにグレランの流れだろうが
          !      ̄',.|   '‐べミ_'‐', '¨  /!. |. ./ /¨: . ._===
                    ヽ!     / //>、__,.ノ i  .|/ /: : : : : :
                     `     / i ' ./! | | / ./  /: : :
                   / _,.-i i |  /.//  /:
                   ̄ ̄_,,.....l...l.,,l_/i/  ./
                _,. -‐''"¨_,.. -‐ /;(⌒); ; /」
ドロッセル 「私の名前はドロッセル。共有者よ。」
姫川友紀 「グレランだね、りょーかい」
メアリー 「両占い視点、内訳はほぼ見えてるんじゃないかなこの状況?
ま、それは占いさんしだいかにゃ!」
黒川千秋 「私も同意見ね>ブロリー
めんどうったらありゃしないわ」
さだこ♡ 「川д川 あらやだ、霊能ちゃんは出てもいいんじゃない? グレランなんだし」
双海まみ 「いいねいいねー、まみもそれ言おうと思ってたんだーw>春香・友紀で●●
あるあ……ねーよ!」
アーカード 「ふん、占い全員が様子見もなく即COか。いやいやいい。死ななれたら困る、困るが。
心情的には好みだ。闘争とはそうでなくては」
やらない子 「一番あれなのって、さだこが真の場合よねって言う」
双海亜美 「逆に予定調和のCCOとかがあるかどうかだけだと思うYO
霊能者さん出てないからこの後どうなるか。」
天海春香 「私は私のお仕事をするだけだしね
さ、がんばって見つけちゃうぞ~」
前川みく 「にゃあにゃあ、ミカちゃんミカちゃん
春香にゃんの●が出てからっていうのもポイント大きいけど、占いに●を出したタイミングでもないというのも大きいと思わないかにゃ?>ミカにゃん」
ドロッセル 「霊能初日の真占い生存の方向で」
白坂小梅 「ど、ドロッセルさん、相方で、あってます。
グ、グレラン……」
黒井社長 「……ところでだな、この村AAの使用はありだったのか?>ブロリー」
城ヶ崎美嘉 「ん?そういやー、霊能でてないのか
どうせ、吊らないんだし、霊能でてきてもいっしょ」
アンデルセン 「反応的に宣言したところに被せたようにも見えない・・・
その点で見れば●出しは狂人が少ない・・・もっとも、特攻なら知らん。
真狂で見ればいいのさ。」
双海まみ 「まじかるどろぴー?>共有」
ブロリー 「>アンデルセン
やつの黒の速度が何かとかではない
様子見すらしない占いにそこに黒出す占い
つながりがあるように見えただけだ」
天海春香 「ね~、向こうもこっちに●だったら面白いよね>まみ」
双海亜美 「霊能者は今後出なくていいんじゃないかな。
もう今でても信用できないYO!」
黒井社長 「……あ、すまん。霊能CO」
黒川千秋 「共有は二人ともでたと
霊能は本格的に出てこないのかしら?
グレランするのなら邪魔なんだけど」
やらない子 「霊能はあれでしょ
潜って潜伏死して実質霊能初日の状態って言うあれでしょ」
双海まみ 「霊能出てないことに今気づいたまみであった……」
メアリー 「共有、了解♪
この展開なら霊能さんは出た方がいいんじゃない? 」
ドロッセル 「微妙に辱めを受けた気がするわ」
姫川友紀 「共有はりょーかい
春香さんは●特攻だよね…うー」
双海まみ 「出てたで」
前川みく 「ところで黒井社長、ブロリーとさだこどっちが好みだにゃ?>黒井社長」
城ヶ崎美嘉 「あ、いたし!?>霊能>黒井社長」
ブロリー 「>黒井社長
ちゃんと確認した>AA
COの邪魔しないならいいはずだ」
アーカード 「は、霊能は出ていないな。出損ねたのか。なら今出ればいい。とは思うが。」
天海春香 「ドロちゃん、小梅ちゃんが共有だね
いいコンビになるんじゃないかな?」
さだこ♡ 「川д川 あらやだ共有FOはありがたいわね。
   さて……対抗さん達が何やら慌ただしい事になってるけど……
   うふふ……面白いじゃないの……呪うわぁ……」
姫川友紀 「社長しっかりしてくださいよお!!!」
黒井社長 「すまん、ボケてた。
占いCOに気が取られていた」
やらない子 「と思ったら出てた」
ドロッセル 「結局3-1、ピリッとしないわね」
白坂小梅 「ほう……ち、で。>霊能」
姫川友紀 「てっきり初日かと思っていたよ!!」
黒川千秋 「もっと早く出ておきなさいよ>黒井社長
まあいいわ、対抗も出てきていないのなら放置放置」
双海亜美 「社長どうしよう☆」
黒井社長 「>前川
どちらも嫌いだ!」
アンデルセン 「私とてそれは最懸念している。だが・・・二騙りならば
噛みが必然、村視点で本来詰める其れと食い違う。
ならば、ある程度見えるであろう?>ブロリー」
ドロッセル 「ち、で。」
前川みく 「んー、なんか気づいてにゃい感じがすごいし、真目で良いと思うにゃあ」
双海まみ 「噛まれ真の方向でよろーといきたいことろだねぇ
狼×黒井しゃちょー ぴよちゃんの本が熱くなるね!!」
天海春香 「そしてゆっくり出てきた黒井社長・・・」
やらない子 「ほうとうなずいて舌打ちしたように見えた」
アーカード 「っと、黒井社長が霊能か。了解した。はっ、まあいい。貴様の闘争はそれだ。励め。
共有も占いも同様にだ。ああ、狩人もいたな。貴様は貴様の戦いをしろ」
メアリー 「普通展開? 
何やかやは明日にごー」
ドロッセル 「問題無いわ」
城ヶ崎美嘉 「あー、狼2騙りでの●だしとか?
ないわけじゃないか>亜美」
黒川千秋 「3-1ならいつもの事じゃない」
姫川友紀 「これで3-1だね
霊能がかなり遅いのが気になるけど」
ブロリー
  \  、\ ,.=-‐-、___// _∠.r.ムイ
ヽー‐デ >_ r-、ヽ.  \ ̄ ̄ _,.  _/
 `7´ ,イ /´,ィkム、ヽ.Yニ、、ヽ-‐'´-=ニ、,___,.ィ
  //// /    \ ヤ‐_ヾ、ト-.、   ,.  /
 /′//i  i / ,.ヘ,ヾy'ri`!ニ二._`く‐''"´   3-1でこの展開なら
    {'  〈ヾi、!k∠「  ,r’ノャ=、- 、,_\   霊能は出にくいのは理解しよう
   _,.、-ヘ.`Z_ン`   ト5′ヽ ` _,.>'^ー 放置。
      ̄`入´ ‐   ,イ i    〉)'´  ⌒
    ∠´.ィ/\ _,/丿 |_,rイ/-ー''⌒`ヽ」
さだこ♡ 「川д川 おっと、黒井ちゃんが霊能ね。」
双海亜美 「まあ噛み見て考えるしかないね☆」
さだこ♡
      _______________       
      | _____________  |       
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |       
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |      さぁ……どんどん呪っていくわよぉぉ……
      | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |       
      | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;::::::::::::::| |       
      | |:::::::::::/ ̄ ̄ ̄`´    `ヽ:::::::| |       
      | |::::::::::|  :ill||||||||||ll: ,-‐‐、l::::::| |       
      |  ̄ ̄|  ||||||||||||||||「しi .l ll ̄  .|       
      | ̄「 ̄|  ||||||貞|||||||i ̄川リ ̄| ̄|       
      |_| ノ   ||||||||||||||||||     |_|       
        /    ||||||||||||||||||             
        /    /||||||||||||||||||              
       / ̄/ ̄ |||||||||||||||||              
       /  /    |l|l|l|l|l|l|l|l               
     / /    |l|l|l|l|l|l|ll               
    / ヘJ      l|l|l|l|l|l|l               
    ノ川        ||l||l||ll 」
双海まみ 「ゆっくり出ていってね!>はるるん」
黒井社長 「え、ええい!うるさい!
スーパーセレブに失敗はありえん!これも……そう、一つの策なのだ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
アーカード2 票投票先 →黒川千秋
城ヶ崎美嘉3 票投票先 →アーカード
白坂小梅0 票投票先 →ブロリー
ドロッセル0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
メアリー1 票投票先 →ブロリー
アンデルセン1 票投票先 →双海亜美
双海まみ0 票投票先 →メアリー
前川みく0 票投票先 →アンデルセン
さだこ♡0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
双海亜美3 票投票先 →やらない子
黒川千秋2 票投票先 →双海亜美
天海春香0 票投票先 →アーカード
やらない子1 票投票先 →双海亜美
黒井社長0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
姫川友紀0 票投票先 →ブロリー
ブロリー3 票投票先 →黒川千秋
2 日目 (2 回目)
アーカード2 票投票先 →双海亜美
城ヶ崎美嘉3 票投票先 →アーカード
白坂小梅0 票投票先 →ブロリー
ドロッセル0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
メアリー0 票投票先 →双海亜美
アンデルセン1 票投票先 →双海亜美
双海まみ1 票投票先 →ブロリー
前川みく0 票投票先 →アンデルセン
さだこ♡0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
双海亜美5 票投票先 →やらない子
黒川千秋0 票投票先 →双海亜美
天海春香0 票投票先 →アーカード
やらない子1 票投票先 →双海亜美
黒井社長0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
姫川友紀0 票投票先 →ブロリー
ブロリー3 票投票先 →双海まみ
双海亜美 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
黒川千秋 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒川千秋さんの遺言 残念ながら私のAAはないわ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
やらない子 「天海春香がブロリー占ってたらほぼ真決めうっちゃうという感じ」
天海春香 「占いCOですよ!
前川みくちゃんは○!」
アーカード 「おはよう。クロカワとクロイが混ざったということだ。
姫川の○をクロイ霊能と誤認したということだ。
…私はカンペキとは程遠い。ただの化け物だ。」
さだこ♡ 「川д川  うふふ……呪い呪われ占い師宣言よぉ!!
      まみちゃんは ● !!」
ドロッセル 「わお」
姫川友紀 「占い結果!
メアリーさんは○だねぅっ! 」
黒井社長 「ウィ、貧乏人共。私が霊能結果を聞かせてやろう。
双海亜美は○だ。」
双海まみ 「おっはー
亜美を助けたかったけど
灰の中で一番吊りたいのが亜美だったという現実

ブロリー投票理由?
AAでログが見づらいというアレでそれなアレ」
ブロリー 「.           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
.        /;イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/''''''V''''''''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
       /′i;;;;;;;;;;;;,、;;;;/,  \/  i,;;;;,、;;;;;;;;;;;;;;i
          i;;;;;;;;/‐入i\  O ./レ'-i;;;;;;;;;;;;;;i      
         ',;;;;;;「ヽフ,jニ=≧‐‐≦=ニ!〈;iヽ;;;ハ∧_     すいません、投票素で間違いました>黒川さん投票
          人;;;|、.i ,-t::フコ. ´iエ::ナy,') ル';;;;;;_;\    発言だけ見ているとメアリーさんに投票したくて
        /;;;;;;`;;(())', '''   j   ''','i;(());;;;;;;;;;;;;;;;ト、i    ○に気づいて時点の黒川さんに入れたらそこも
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|',.   ‐‐  / |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、|      ○もらいだったという不思議。
        / ;;;,イ ;;;;;;;;;;;;;;| ` 、   .イ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
.      // ./;;;;;;;;;;;;;;;;{\'i 'i `¨´ ' ,' /};;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、ヽ
     ′ /;;;;;;;〆 ̄\_ ̄ ̄ ̄ ̄_/i`ヽ、;;;;;;;;;i 、``
.    "´ ̄`ヽ、,ii´    ! T‐i--i‐T  .ノ、  `ii、,:´´ ̄`ヽ」
メアリー 「占い印象は姫川真狼、他が真狂で貞子狼目もあるかなぐらいの印象だったけど
・・・今日はどうなってるかなー?」
アーカード 「ちっ。まあいい今日の死体を見せろ。死骸の色を見せろ。」
城ヶ崎美嘉 「おはようー」
姫川友紀 「いきなりあたしに●ぶつけてきた春香さんは恐らく狂人特攻
で、さだこ♡さんがきっと狼騙りと思うので囲い潰しも兼ねてメアリーさん占い」
アンデルセン 「結論から言えば、二騙りだろうが定石だろうが、貞子真は強い。
というのが私の考えだ。

単純に考え真狂狼だとするならば
初手●が出る天海は真狂。
そして●が出れば狼は必然出にくいものがある。
気付いてなかったから考慮できるものではないが・・・
貞子は真狼と言えよう。
消去法で姫川の真は薄いと見ている。

二騙りだとして、それが信用路線ならば
姫川は捨てられる狼に相当する。
他二名を見れば良かろう。
前川みく 「貞子視点にゃあ
春香にゃんが●を出したことで狂人目、姫川ちゃんが自動的に狼目で
噛まれづらいとは言え信用されづらいところにいるにも関わらずあんまりあせってる感じがしにゃーのはイヤだにゃあ。」
さだこ♡
理由

川д川 うふふ……票の少ないとこ占ってくわよ?
発言はどれも無難。でも票をもらわない位置ってのはちょっと違和感よね?
まあ○ならいいし!! ●なら残っちゃう位置と見るわ」
白坂小梅 「し、しろ抜き……
●出て……」
やらない子 「んー?」
城ヶ崎美嘉 「前川みく(82)

「にゃあにゃあ、ミカちゃんミカちゃん
春香にゃんの●が出てからっていうのもポイント大きいけど、
占いに●を出したタイミングでもないというのも大きいと思わないかにゃ?>ミカにゃん」
あ、ごめんごめん私宛だったね
確かに、みくの言うとおり、だけど
あの速度で、姫川のCOみてから●打ったっていうふうにも見えないっしょ
んでさ、ちょっと長いからここで区切り」
黒井社長 「双海亜美 3 票 やらない子 アンデルセン , 黒川千秋 , やらない子 ,

双海亜美 5 票 やらない子 アーカード , メアリー , アンデルセン , 黒川千秋 , やらない子 , 」
天海春香 「1票ももらってないとこを調べる感じかな
前川みく(118)  「んー、なんか気づいてにゃい感じがすごいし、真目で良いと思うにゃあ」
とか、黒井さんを真目に見てるとことか
占いに言及が多いとこを注目したい感じだね」
メアリー 「んーっと、●がでたけど?」
姫川友紀 「って●出し…?」
さだこ♡ 「川д川 あらやだ●。狐狙いのつもりだったのだけれども」
双海まみ 「さだこねーちゃんが亜美のあとにまみを死なせようとする
ありがた迷惑なやさしさだYO!!」
ドロッセル 「ピリッとしないわね」
白坂小梅 「姫、川さんが……対抗占い?」
城ヶ崎美嘉 「へー?ん?ここで黒川さん噛み??」
やらない子 「別に銃殺GJでもないらしい」
白坂小梅 「……ん」
双海まみ 「あ、COなんてねぇ!!」
黒井社長 「……あぁん?>○噛み
なんだ、それは?天海真とでも言うつもりか?
ブロリー 「 \  .....,,,,,__,,....... -- //´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`   ゛゛''‐-、/     /   /
   \       / ̄ ̄7 ,._______       ゙''< ̄¨゙゙''‐- 、 /
     \_   /  二 ̄i ///     ヽ  _i ̄ ゙゙゙゙̄'''─- ._ `ヽ、     ゙''‐-
___,,,..>-/  /´ _=ニゝ'      / ̄\ ヽ、 /⌒ヽ     ̄¨ヾ、     __
.       _,./i  /  /-‐|´         i /i ̄  ∨ lヽ ∨¨    __,,.. =ニ二 ̄    見づらい・・・?
゙'''‐- ,./   i ./  /  .|         i / .j        〔、 }彡'¨ ̄  _   `ヽ   だが俺はAAをやめない!
ニ二.__   |   ム-‐''"|       、_///´        .ノ) /¨\     ,,,..>''" ̄
       ̄¨゙|  .人.,___,|_i二ニニi_`^´  - 、.  i´ (,ヘ人   >‐'''"
   __,,... -| /    ......\`ー┘!   /¨>、  !  」、ゞ"´ ̄`゛''''‐- 、
     ̄¨゙''ー| ム..,,_  _/,.ヘ. └Z_/ /´  ,.-''"              ゙ヽ、
.         i'     ̄/   ∧  `<_/__,,.、/
            _,,..-‐''"__,,... -'" \.   ´ /
    _,,,... -''"                >、 ,/」
城ヶ崎美嘉 「>みく
双海亜美(80)

「逆に予定調和のCCOとかがあるかどうかだけだと思うYO
霊能者さん出てないからこの後どうなるか。」
っていうのみてさ、ああ、速度的に狼2騙りによる
●出しってのはないわけじゃないなーって思ったわけよ」
メアリー 「あ、・・・昨日の投票、ブロリーとまみちゃんは把握ミスか何かかな
ま、いいんだけど」
前川みく 「んー、なんでかにゃあ」
やらない子 「なんだろう
まさかの霊能乗っ取りとか有るのかしら」
天海春香 「たしかにブロリーさんも占いたかったけど
3票もらってるとさすがに吊って処理する位置じゃない?>やらない子ちゃん」
アーカード 「ん?黒川噛み、だと?…どういうことだこれは?あ?私を舐めているのか?」
アンデルセン 「○抜き・・・ふむ?そういうものでしょうか・・・
素直に真狂狼、それなりに、占いは生きる路線と視えましょう」
さだこ♡ 「川д川 うふふ、私は対抗の存在にうんぬんで揺るがないのよ>みくちゃん
    何故なら、そんな事考えてる余裕なんて無いのだからね!!」
白坂小梅 「まみ、ちゃん、吊りで……」
ドロッセル 「共有噛みの形に見えたし確定○作りに動くのはきらいじゃないわ」
姫川友紀 「んー対抗の●だけどさ……
あたし視点狼からの●なんだよね…」
メアリー 「ふむふむー これは●吊っての明日判断かな?」
双海まみ 「まみ・ブロリーで2Wはないから最終日まで残る天海を夢想していた
●が出ていた。 辛いです」
城ヶ崎美嘉 「にしても、○噛みからのスタートってのはなんだろうって感じ?」
天海春香 「なにこれ?メアリーちゃんを占う流れなの?」
白坂小梅 「姫川さんの、○を、噛んだ……?」
ブロリー 「俺が言うのもなんだが
アーカードもやってなかったか?>投票ミス>メアリー
まあ黒にCO菊展開」
やらない子 「かりに、はるかっか真で、姫川友紀狼で、霊能乗っ取りがないという普通のケースで、姫川友紀の○噛みになる理由が良くわからない」
黒井社長 「まあいい。ここで姫川を噛まない狼などほぼいまい。
つまり奴の偽はほぼ確定しているのだろう、ほぼ、な」
アンデルセン 「さてと・・・あぁ、噛みの話題はするべきではない、と。
そういった流れでしょう。」
さだこ♡ 「川д川 ブロリーちゃんの吊り逃れは気になったけど、まあそこは
    おいおいCOとか聞きたいところかしらね。少なくとも
    あんまり占いたくはないところ。」
天海春香 「まみがここでいなくなるのはさびしいねえ」
前川みく 「狼2騙りかにゃあ
にゃんつーか、まだ考えたくはない感じのアレソレだにゃあ>ミカにゃん
それを見るにゃら狂人か真がどこかにいっちゃってるわけにゃし・・・」
メアリー 「○噛み? 対抗の信用落しとか、その辺思いつくけど
初日からってどーなんだろね?」
ドロッセル 「問題無いわ」
さだこ♡ 「川д川 あらやだありがとう>小梅ちゃん
   私、もっともっと頑張っちゃうわ」
双海まみ 「やらない子ねーちゃんここで霊能のっとり言うん?
わざわざ言及しなくても、最終日まで残ってたら考える系でいいっしょ>霊能」
白坂小梅 「春香さんは、自由に占ってくれて……構わない、です。」
アーカード 「は、まみに●か。ふん、●のタイミング的に真狂か。さて色次第だな>さだこ」
姫川友紀 「だから初日●貰いは信用ほぼ0なんだよ!キャッツ(巨人)も負けるし不幸だー!」
双海まみ 「霊能は狐じゃなかったら問題ないし
狐なら狼がんばがんば」
城ヶ崎美嘉 「そーなんだよね
だから、普通に真狂狼っておもいたいわけっしょ>みく」
ブロリー 「>天海
村ならメアリーはほっとけば噛まれることを考慮しておけ
狼にみえないなら占わんでもいい」
やらない子 「まあいいや
霊能乗っ取りじゃない事を祈ってまみ吊り。
はるかっかの真も姫川友紀の真も皆色々考えるだろうけど、さだこは蚊帳の外に放り込まれちゃう占いだから」
アンデルセン 「私個人としまして、存外気になるものではなかったのですがね。」
天海春香 「ブロリーさんは吊り逃れではないかなあ
ただまあ、なんだろうね、あの票替えは>さだこさん」
城ヶ崎美嘉 「でもさ、結構あの速度でそれを見てるところは居るわけなんだよね」
さだこ♡ 「川д川 霊能とか気にしてたら戦えないわよホント。
    そこはいいから皆は灰を見て頂戴。占い真贋もね」
城ヶ崎美嘉 「ブロリー(89)

「>アンデルセン
やつの黒の速度が何かとかではない
様子見すらしない占いにそこに黒出す占い
つながりがあるように見えただけだ」
っつーわけで、ブロリーのこの想定の仕方も
まあ、納得できるかなって思ってたわけなんだよねー
とかさ、>ミク」
双海まみ 「はるるん、亜美とまみのぶんまで頑張ってくれたまへ
765魂見せてね→」
ドロッセル 「霊能言及されると吊りたくなるのが世の常よね」
前川みく 「それにしても、にゃんで●出された姫川にゃんの○を噛んだのかにゃ。
姫川にゃんが狼、春香にゃんが狼から見て真
狼の●は占う価値があると見て占ってくるかも
そこからの○を減らしていく作業みたいにゃ?」
アンデルセン 「そも、この形で霊能偽を考えたらきりはないさ・・・>やらない子」
さだこ♡ 「川д川 私のセンサーにビンビンきたのよ>春香ちゃん
    なにこれ対抗と仲良く話すのってこれ、アリ? 私はどんとこいなんだけど」
天海春香 「霊乗っ取りは、ありうる速度だからねえ
あんまり当てにはしない感じでいくけど」
メアリー 「ブロリーはよく分かんないけど、姫阿波さんの○が2票もらってたのは気のせいじゃないよね? 把握ミス?」
双海まみ 「まじかるどろぴーとは気があいそうだに
今日でお別れだけどねー」
やらない子 「霊能が最終日に居るってわりかし普通なんだけど>双海まみ」
天海春香 「誰と話してもいいじゃないですか
そこから何かヒントが生まれればもうけもんですよ>さだこさん」
姫川友紀 「ここで霊能乗っ取り言い出すのはまだ早いと思うけどね」
ドロッセル 「さよなら人類>まみ」
ブロリー 「黒川は何か持っているように見えたのか
ただ単に丸もらいだから噛まれたのか
正直後者に見えるが」
双海まみ 「最終日にいるなら、最終日に考えればいいって言ってんじゃん>やらない子」
黒井社長 「これはほぼ狩人探しだろう、としか言えんがな。
つまり天海真でいいんだろ多分」
姫川友紀 「それよりも!灰に目を向けようよ!灰に!」
アンデルセン 「往々にしてみなその様な話題だったと思いますが、はて。
特段気になる様には私も思いませんでしたね>美嘉」
さだこ♡ 「川д川 さ、次こそは銃殺を! 出す!
    出せたら苦労しないんだけどね!! 呪うわよ!!!」
双海まみ 「ぐぬぬ、おのれ機械め」
メアリー 「占いはー、どうだろ
貞子が私○はいいけど、このタイミングの占いとかなんとか判断に駒ちゃうね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
アーカード2 票投票先 →双海まみ
城ヶ崎美嘉0 票投票先 →双海まみ
白坂小梅0 票投票先 →双海まみ
ドロッセル0 票投票先 →双海まみ
メアリー0 票投票先 →双海まみ
アンデルセン0 票投票先 →双海まみ
双海まみ12 票投票先 →アーカード
前川みく0 票投票先 →双海まみ
さだこ♡0 票投票先 →双海まみ
天海春香0 票投票先 →アーカード
やらない子0 票投票先 →双海まみ
黒井社長0 票投票先 →双海まみ
姫川友紀0 票投票先 →双海まみ
ブロリー0 票投票先 →双海まみ
双海まみ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
さだこ♡ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さだこ♡さんの遺言                                     
              :ill||||||||||l:                 
             :i|||||||||||||||                 
           /''';:|||||||||||||||||l:、               
          /:i  :||||||貞|||||||i `'!              とりーーーーーーっく…………
          / :|  :||||||||||||||||||l ノ!               
          | ヽ |||||||||||||||||||| :|               
          ! !;ヽ:||||||||||||||||||||!; |              
      .__|  |/|||||||||||||||||||||; |____         
       |  _|  .|/||||||||||||||||||||; |_____  .|        ぉぁあぁっぁぁぉぁぁー………
      | |:='ヾ‐イ:||:|l|l|l|l|l|l|ll|||||' |::::::::::::| |        
      | |:::::::: | |;:|||||:l|:l|l|l|:l|:||||| イ=::::::| |        
      | |:::::::::/ };|||||||||l|:l|l|l|:l|:|||.ノ:=:::::| |         
      | |:::=!川!;|||||!l|||l|:l|l||||ー'‐'.;:::::::::::| |         
      | |:::::::::!l.|ノ      / ./:::::=:::::::| |          おぉぉぉおんりょぉぉぉおおぉぉ……
      | |::::::::::::|:::      ノ }::::::::=::::::| |         
      |  ̄ ̄~|:::      川リ ̄ ̄ ̄ ̄ |        
      | ̄l ̄ ̄|::::      | ~ ̄ ̄ ̄| ̄|         
      |_|:.::.:.:.:|:::::      |:.:.:.:.:.::..:.:.:|_|          
      .:.:.:.:.:.:.:.:.:|;;;::::      .|.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:
双海まみさんの遺言                                      .|  \○
_________________________|    \
|      ,イ , ‐ァ                             _
|     _{:::∨::(  ___        ____γY⌒ヽ.     _  /
|   ∠:::_\:`@´::::::::::::::::::::::`ヽ    /::::::::::::::::::::::::..:;ゞヘ:.: .',      _/
|      >@´ミヘ::::、:::::::::::::::::丶  ./::::::::::::::::::::::::::::::::::@ .',:.:i.   |  ヤ
|     (r'7::三   \ヽ\\:::ヽ|.  |:::/::::/}:::::/}/^彡:ヽi,..亅...  |
|        |:::=|  \_  _/\|  レ|/\//_/  三:::|.!:リ    |
|       |:::::| Y⌒ヽ  '/^Y||   ||Y^ヽ  γ⌒Y |=:::|.r".   .  |
|      _ノ:::(l、""  __,  }L  _|{  、__    j_):::、_...   |
|     ,-、`Z:::::ヽ  (++ ノ /:く  >\ \ ノ   ノ:::::<._     |
|    / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/>      ` ─ ..┌、 ヽ  ..ヽ,.    |
|   /  L_         ̄        /       _l__( { r-、 .ト   |
|   |   _,,二)             |      〔― ‐} Ll  | l)|...  |
|      >_,フ                     [二 コ\  Li‐   |
|___________________________.|
          2012年10月31日 最高の妹と共に、、、

朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
姫川友紀 「占い結果!
みくさんは○だねっ!」
やらない子 「はるかっかをなぜか狂人決めうちしている姫川の真目がやっぱり見れない」
ブロリー
         ./  ,./    /ヽヽ\  /// \ヽ \   ∠,. -‐'"´
    -‐/  //  /      ` '´    |: ,」\  i  ′ , /
     /  / ./  /i |       l    , へ`i /´i\i   ∠___
      .∠- ./ ./ ,、 |_ |   \  | / /, 个' i /i i_  _,.,.,.-‐''''"_,
.     /,  // .i.i^\l. i‐- 、 ヽ 〈._// / .i,-l./   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_.ノ    さだこは真なら噛まれると思っていた、が
.       /´   ヘ .(ノヘ `ヘニ 三テ'-^ヘ─'  i,く/   _,.,.-─''''"       それ以上に護衛される可能性低かったのが姫川だ。
      / ̄_, ' 〉、_,,ヘ       i|  ,、   .iゞノ. _二ニ=‐-      なのに何故噛まれない?とそこから考えると
     / '"´∠_,...イ   i_リヽ、ヽ   ,≧.ノi   /   \          姫川天海の両騙りのさだこ真か
    ̄¨゙'<//i !  :i     ヽ. \ ヽ `ー─'  / i ',   ヽ        素直に天海真を見て行くべきだ
       \ ヽ\:|.     ',   i\ ´ ̄`,イ .i  i',   1
         \ \\.___ ',  \.ヽ--‐' :|.  i  i ヽ   |      灰ではやらない子を占うべき。あと寒い。
    _,. -‐'"´ ` ‐->/¨゙'ニ二‐-、\   :| i ト、 i  \ |         アーカードは俺視点何も言えん。同じ過ち犯したしな
.          i.    \     ゙̄'二ヽ、 :| ', \\  ヾ  ,.=-‐-=、_
          ./       \       ゙̄'‐<二¨゙'一`>‐〈´_ ,.-──=ニ= 、」
黒井社長 「ウィ、貧乏人共。私が霊能結果を聞かせてやろう。
双海まみは●だ。」
天海春香 「占いCOですよ!
やらない子ちゃんは○!」
メアリー 「今日の結果がどうなのか・・・ドッキドキだね!」
ドロッセル 「問題はその次だったか次の次の発言ね」
白坂小梅 「……貞さん……か、み?」
城ヶ崎美嘉 「おはよう」
アンデルセン 「◇やらない子(51) 「かりに、はるかっか真で、姫川友紀狼で、
霊能乗っ取りがないという普通のケースで、姫川友紀の○噛みになる理由が良くわからない」

狼目線、○に妖狐が混じっていた際の処理と対策なのでは?
狼騙りにならば自身からの助言が入れれる・・・そうなること自体を予防できる。
だが、狂人の○自体は狼は指示することができん。
ならば、○潰しを兼ねた狐探しでは?無論、狩人が第一優先ではあると思うが。

同じような感性で安心したよ。私も役職噛み
次手でようやく貞子の○程度に思っていたところだ。」
アーカード 「おはようだ諸君。
鉄火場に立ったからには殺すか殺されるかだ。
そこには女子供も老人もなにも関係ない。
いや、差別することすら冒涜だ。
闘争に対する侮辱だ。」
メアリー
貞子狼なら。春香ほぼ破綻の姫川さん真でしょ
逆に貞子狂なら春香真目が上がる、と
貞子真? それなら春香狂姫川狼!
やらない子 「うーん」
天海春香 「◇やらない子(37)  「なんだろう
まさかの霊能乗っ取りとか有るのかしら」

とか、霊乗っ取りを結構気にしてる感じだし
まあここの色を見ておくと色々安心な気がする
○ならうまく引っ張ってくれそうだし」
黒井社長 「……わけがわからん!」
姫川友紀 「信用0だろうし囲い潰しの路線で行くよ!」
ドロッセル 「わお」
前川みく 「んー・・・さだこがここで食べられる意味について、にゃ」
メアリー 「つまり貞子-春香で噛まれるようならそこ二人で真狂考えれると思うよ!」
姫川友紀 「え>噛み」
天海春香 「ほー、これはこれは・・・」
城ヶ崎美嘉 「へー?貞子さん真だった?」
メアリー 「貞子真! かな!」
ドロッセル 「惜しみないわね」
城ヶ崎美嘉 「んー、これどっちだこれ?」
白坂小梅 「誤爆……ありえるし……まだ、いいかな?」
ブロリー 「2語りも割と見てたのに
そうではないと噛みに言われてしまった。ブロリーショック」
アーカード 「は、さだこ噛みか。そうか。そして結果繋がり。真だったか」
やらない子 「まずこう
天海春香が特攻狼で真狂に当てた噛みとしてはお粗末すぎるんでそれはなし」
天海春香 「私視点は狂誤爆だけど・・・ねえ>黒井社長」
黒井社長 「あ、なんだ?天海狼の姫川狂人か?
こんな馬鹿げた事が起こる内訳は?」
ドロッセル 「誤爆の真認定に見えなくもないからスルーね」
アンデルセン 「さてと、真は消えたと・・・いうことなのでしょうか?
ふむ、一手だけで抜けたと見るような場所・・・?」
姫川友紀 「うわ春香さん狼じゃん……」
メアリー 「となるとー、割と姫川さんが狼何だろね!
狂特攻大あたりだったんじゃないかな!」
白坂小梅 「だから……まだ、灰、削る?」
黒井社長 「誤爆だったら割と私死んでる予感がするぞ」
やらない子 「なんかさ>アンデルセン
2日目に結構びみょうな感じで出てきた霊能なのに3日目に乗っ取りかどうかを考えたら怪しまれるってなんなのかなぁって」
ドロッセル 「占いは見なくていいわ、グレーに集中して」
城ヶ崎美嘉 「ぶっちゃけ、霊能結果とこれ考えると誤爆からの貞子噛みってのは
違和感、春香さん初手姫川さん●だしてるわけだし」
アンデルセン 「いえ、天海にあるのは初日から見れば狂人なのでは?
さすれば、CCOにならないようあのような宣言をした姫川にも
十分納得が出来る・・・・」
天海春香 「この芸当でどこにLWがいるか、かなあ」
ブロリー 「灰削り>白坂
天海は一応まだ真あるし
姫川は正直飼い狼レベルだが」
前川みく 「あぁ、これみく吊りたい噛みに見えるかにゃ
春香にゃんが狂と判断されたときにみくで判断ついた、だから吊ろうってなるところの位置ってことにゃね。
じゃあ姫川にゃん狼は確定で良いんじゃにゃいか」
ドロッセル 「両方誤爆なら問題ないでしょ?>城ヶ崎」
城ヶ崎美嘉 「あ、ちょいまち
狼視点、春香さんも真に見えたってのがあるっちゃあるのか?」
ドロッセル 「両方誤爆ってなんだ」
天海春香 「いやいや、誤爆だからこそ結果見せるでしょ
しかもここで噛んでるってことは、私を切らせる動きだよ>黒井社長」
やらない子 「ただ
◇アンデルセン(115) 「私とてそれは最懸念している。だが・・・二騙りならば
噛みが必然、村視点で本来詰める其れと食い違う。
ならば、ある程度見えるであろう?>ブロリー」
初日にこう言ってたアンデルセンがそういってくれるんだったら私は吊らない
思考が一貫しているように見えるから」
アーカード 「いや、削れ、削るべきだ。真がいる可能性、ではなく、でもあるが破綻していない
占いは残すべきだ。私はそいつらの闘争を見たい。そいつらの動きが
証拠になるからだ。>白坂」
ドロッセル 「両方●なら、ね>城ヶ崎」
白坂小梅 「灰、削り……」
城ヶ崎美嘉 「そうじゃなきゃ、貞子は初手で噛み殺せる気がするけど」
ブロリー 「>城ヶ崎
春香が初日真に見貞子初日死んできた気がするが」
黒井社長 「これが狂人誤爆であったとして、さだこ噛む意味はそこまであるのかこれ?」
姫川友紀 「グレランだね…わかったよ」
やらない子 「狂狼狐で両方狼に●(わなわなわな>ドロッセル」
前川みく 「この噛みをする狼って誰にゃと思うにゃ?>ミカにゃん」
天海春香 「まあ文句言われないようにするには、銃殺なんですけどね」
メアリー 「狼視点は真贋つかないだろーしね
となると噛めそうな方噛んだ、んじゃないかな」
ドロッセル 「初日から黒川噛んでるんだから噛み先言及も無駄無駄ァよ」
城ヶ崎美嘉 「まあね、だけど
現状占いは吊れないっしょ?
だから、そう考えるわけだよ>ドロッセル」
ドロッセル 「グレーだけ見てればいいわ」
黒井社長 「>天海春香
私が姫川の結果出せる以上、貴様が真結果出してるかどうかは割とわかりやすい物だと思うがな」
白坂小梅 「別に……どっちでも、いい。
貞子さんは、護衛がもらえない、占いさんだから……>黒井さん
●出し状況だったら……なお、さら……」
アンデルセン 「ふむ・・・?嬉しいお言葉ですが、このアンデルセン
村の為に生きれればなによりですよ>やらない子」
前川みく 「んー、よくわかんにゃい。
だれが怪しいかとかは特ににゃーしにゃー」
城ヶ崎美嘉 「んー?わかんない
ぶっちゃけ、これで2騙りとか否定できるかなってくらい?
>みく」
黒井社長 「或いはそれがわかっていない狼か」
やらない子 「なんでもいいけど、流石にここにきて姫川さんの○は除外って事はないわよね?」
ブロリー 「いや黒川噛む狼は謎ではあるんだが・・・
そこ噛むと姫川狼で考えると銃殺対応すらできないはずなんだが」
天海春香 「誤爆=狼視点は真偽がわからない
だから、さだこを真と見て、噛めると判断して噛んだ
それだけじゃないかな?>黒井社長」
城ヶ崎美嘉 「あーそうそう」
アーカード 「城ケ崎に関しては発言引用が目立ち、ブロリーに関しては印象に対する感想。
そこから導かれる発言が目立つ。か。ふむ。」
城ヶ崎美嘉 「アンデルセン(89)

「往々にしてみなその様な話題だったと思いますが、はて。
特段気になる様には私も思いませんでしたね>美嘉」

違う違う、アタシが言ってのはミクあて
あの速度で、そういう考察ってのは出てきても
おかしくないっていうのが、私の考えだし
まあ、あんたもブロリーとそんな話してたね

ただ、アンデルセンの反応が、なんでミクと話してんのに
引っかかってきてんだろっていうのが
ちょいと、違和感かな
ぶっちゃけ、ミクは真狂狼で考えたいって言ってるわけなんだし」
黒井社長 「>白坂
……この私に指図するのか、小娘が!
ぐ……共有者め……」
ブロリー 「おそらく狼はそれなりに強い位置か」
前川みく 「占い噛むにゃら2騙りはまぁにゃいだろうにゃあ
って感じはするにゃ。
だって1W吊れてて2騙りで占い噛むかっていうとにゃいもんにゃあ>ミカにゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
アーカード0 票投票先 →アンデルセン
城ヶ崎美嘉2 票投票先 →アンデルセン
白坂小梅0 票投票先 →ブロリー
ドロッセル0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
メアリー0 票投票先 →アンデルセン
アンデルセン5 票投票先 →ブロリー
前川みく1 票投票先 →アンデルセン
天海春香0 票投票先 →アンデルセン
やらない子1 票投票先 →ブロリー
黒井社長0 票投票先 →城ヶ崎美嘉
姫川友紀0 票投票先 →やらない子
ブロリー3 票投票先 →前川みく
アンデルセン は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
メアリー は無残な姿で発見されました
城ヶ崎美嘉 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
メアリーさんの遺言      __
   γ´   riヽ
   .{   ノノ ソ   ・・・トリック・オア・トリート
   )   t_ノ        
  (  i'  )^ヽ_rュ      オカシヲクレナキャイタズラスルソー・・・゙
  ノィ )ソ  ト'ー--1
  (´ iル'(νレ'(   .|,!
 γヽ、へ  `ヽ
  }__} ij}__} ij,  .(
 (フノ (フノ~、ん_〉
アンデルセンさんの遺言
          ,___
        /゙      ` ̄ ̄`-,―ー,ハ、 _ ,--、 ,_
       l            |   ゙//:´::::|(二二,)
       ゙l \ヽ`ー―-- - |   ,iii,,ゝ:::::|(二二 )
         |    _`、_ 。 。 。.|。 。,ii,l iノ ̄ヽ(゙~l`)
        ゙l  i  ` ̄~`tーーl_,_:/:lヽ、___,/-´
         ゙|  i  ー´~l::::::::::::::::://::::_,(二)
         l  i       |::::○ ::::○::::: | ,ー´
           l, i   イ ゙l::::::::::::::::::::::::::|i:::|ヘー、_
         く  i   i   |:::(二)ヽ::::::::::|i:::|lノ ゙゙  `ヽ
           ゙ゝ`i ノ ,i⌒i⌒i⌒l~ヽ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー、
         <´ゝ- (二| ,i  l  i , |iiニ,__i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
゙\   ,_,ー´ ̄ー ,/ /:゙ヽ,_,_,_,,ノ゙> |i:::|y  _,ー´ ̄/
  ヽ ヽ,   _-ー´,,ノ:::::::。,>`-ーー、,ゝ.|i:::|    i  ゙̄/
   |ー,く (,_,ー゙ ̄´ :::::::。゚::: )/ゝ::/ ゙̄/゙|i:::|   ,i ヽ_」
   ゙| ヾ\ \:::::::::::::::。゚:::::::::i//   / , |i:::| \i  ,l/
    ヽイ-`ヽ ゙\;:::::::::゚。::::::::。\_,/゙。  |i:::|   ヽ, l゙
\    \ヽ \ ゙\ :::::::゚。_。゚:::::::`\ 。 |i:::| 丶  ,|ノ゙
ヽ,ヽ_   ` ̄´`ヽ ゙l ::::://:::::::::::::::: i\、|,ノ  丶/
 `ー-、` ̄`ー,_/ /:iニ, ,ニl::::::::::::::/ / ヽ   _,,ノ
_,-ー´ ̄`ー、_/::::://´::::::::::::://゙ー- ̄(       _,,-ー´ ̄
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::ヽ,ヽ  _,,ー`゙ヽ,_, /     ,__
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::ヽ,ヽ    ,,ノ/ /~ ̄:::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\  ソ/ /::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\_/ /::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,_,/´:::::::::::::::::::::::::::::::
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ブロリー 「           /  /      /   ___       \   /  / .,<_ヽヽ       \   /      /
        /  /      i  ///´   ̄¨゙''\     ヽ   ̄ ̄′i_  ',       \/     /
.        /   i     /ヽ _,.//          \    i      i-‐〉  }       \.    / /!
.      /   |     /-i‐''゙゙゙        /    ./_>、 :i       ',_/  /> 、        ヽ.  // i
  __,. -‐'"    :|     / .,ヘ          /    // |´\!      // ,イ\  \         1/´ ./
  `ー- .._    |   i/ ヘ         ,/   // /           i├ '}i.  \   \       :|    /
        ̄¨¨゙゙'',   :|   ヘ.     { {<,__/,∠./         i:/   ゝヽ'.ノ     \.  \     :|   ./    占いぃいいいい!!!!!
           '.,  |    ヘ;i二ニ=-ゞー' ̄ `            i:    i:`¨.      \./\  |  /    ミクって前川みくのことかぁああああああ!!!
            ',  |  / `>`ー‐' ヽ ;    _.._          /:i         \  \ |/   初音ミクどこにいるかさがしてしまったではないかぁあああ!!!!
                 ', | / __/   ヽ、 :i   , 〃´ `i ペロリ    /::/  }         ー7-ヾ- 、
                ', i //,/     i iヽ j_,./_厶--一'         /::/  /:         /   つーか全体的にこの村名前間違いやすいわぁ!
              '!i/ /       ゝ`=ゝ、   ''""´        /::/  /:         /
                /     /´__,,,... -> 、         /::/  /:        /     んで一応天海真見て丸釣り狐保護もいいかと思ったんだが。
                 /    ,イ//      ゙゙'i'‐ 、.__,,../::/  /:          /      (後付け)
               i   ./ '′/ /       :i `:::::::::::::::::´/  /:        /     城ヶ崎はあの発言がわざとでなければ
               | /   / /    /   ノ       :/  /::       /     少なくとも狼には見えん。(初日狼視点天海真に見えた
天海春香 「占いCOですよ!
城ヶ崎美嘉ちゃんは○!」
ドロッセル 「わお」
やらない子 「ブロリーの思考があんま見えないし、
姫川狼だったら身内してても別におかしくないからブロリー吊っておきたいなぁって言う」
アーカード 「アンデルセン。貴様は化け物にならなかったのか?私ような化け物にならなかったのか?
教えろ、教えるんだ霊能。私はあいつを吊った。あいつはなんだったんだ。
あいつは何色だったんだ。」
白坂小梅 「……ん。」
姫川友紀 「占い結果!
城ヶ崎さん○だね!」
黒井社長 「ウィ、貧乏人共。私が霊能結果を聞かせてやろう。
アンデルセンは○だ。」
天海春香 「◇城ヶ崎美嘉(46)  「あ、ちょいまち
狼視点、春香さんも真に見えたってのがあるっちゃあるのか?」
 
狼視点、春香さんも真に見えた・・・なんか含みがある感じかな?
こういう視点で見てるとこは調べておくよ」
ドロッセル 「惜しみないわね」
やらない子 「おめっとおめっと>はるかっか」
姫川友紀 「って溶けてるし…」
黒井社長 「ほう。>呪殺」
天海春香 「出ましたね」
白坂小梅 「だいたい、決まった、かな。」
ブロリー 「ほう・・・いいな。実にいい>銃殺」
前川みく 「というか、ブロリー
グレランのときまみにゃん以外○しか投票してにゃいにゃね」
黒井社長 「では天海の灰詰めれば良いか」
ドロッセル 「初日から吊れなくてやきもきしてたら溶けちゃったわ」
やらない子 「両占い視点のグレーかぞえよっと」
姫川友紀 「うー」
ブロリー 「決まりだろう、適当に灰を詰めるぞ」
白坂小梅 「ドロッセルさん、決めても、いい?>占いさん」
前川みく 「んー、じゃあもう占い最終日で良いんじゃにゃいか?
狂人は死んでるにゃし」
ブロリー 「うむ、いいわけできん>前川」
ドロッセル 「占い噛み切りにもこないし、役も噛まないなんて。」
黒井社長 「いや普通に姫川吊りでも良さそうだがなこれ」
天海春香 「それじゃ、アーカードさん、ブロリーさん、姫川さん吊り切りで」
ドロッセル 「お好きにどうぞ。>白坂」
ブロリー 「柱CO俺を連れ」
アーカード 「ほう、春香銃殺を出したか。真か。よかった。
貴様は貴様の闘争に勝ったのか。」
やらない子 「◇アーカード
◇ブロリー
◇姫川友紀 ◇黒井社長

はるかっか真だったら、霊能ケアすらできる」
ブロリー 「ミスをしすぎた
俺は残ってはいけない人間だ」
前川みく 「ここで村人は弛緩してしまうのにゃ>ブロリーにゃん」
黒井社長 「ふむ」
ドロッセル 「あなたは口を挟まないで」
ブロリー 「万が一がある、狩人も考えて俺釣りでいい」
白坂小梅 「……柱……いらない、のに。」
前川みく 「柱かにゃー、柱はあんまり・・・好きじゃにゃーが・・・
うぅむ・・・」
天海春香 「珍しくいいとこで銃殺出せた感じかな
よかったよかった」
ドロッセル 「柱吊るぐらいなら姫川吊る話でしょ」
黒井社長 「実際問題としてだな」
ブロリー 「逆だ、俺は残してはいけない
(思いっきりマルに投票してるし)」
姫川友紀 「あたし吊ればいいと思うよ…うん」
前川みく 「まぁ、ミカにゃんは吊れにゃいからにゃー
占うしかないにゃよにゃー>春香にゃん」
天海春香 「そうだね>ドロちゃん」
黒井社長 「ここで姫川を信用する奴がどれほぼ居るのだ……?」
やらない子 「姫川さんのは

◇やらない子
◇アーカード
◇ブロリー
◇天海春香
◇黒井社長

こっち」
白坂小梅 「……違う、の……そういうことをいってるわけじゃない……でも。」
ブロリー 「別に灰詰めればいい話だし
焦る意味もない>ドロッセル」
やらない子 「柱か
うん、疑って悪かったわ」
白坂小梅 「もうCOなしいってるから……ブロリーさん、で。」
アーカード 「おいそれ言ったら私もそうだぞおい>ブロリー」
ドロッセル 「ま、どっちでもいいわよ。どっちでも同じ。任せたわ>白坂」
天海春香 「今日は村の流れを読めた感じだったね
私にしては上出来かな>みくちゃん」
ブロリー 「信用はしてないが別に急いで釣る意味あるか?>黒い
はい詰めない理由がない」
黒井社長 「まあそれならそれで構わんがな」
前川みく 「んー、灰の狼を探す感じかにゃー
どこだろにゃー」
ブロリー 「言うな!>アーカード
貴様は黙って占われろ」
やらない子 「あんた狼だったら、私に●とかしとかないと詰むよ>姫川友紀」
前川みく 「んー、黒井社長か
狂人も狐もにゃいにゃいね。」
ブロリー 「限界まで両方の真見ていいんだ
急いで決め打つ意味がない」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
アーカード1 票投票先 →ブロリー
白坂小梅0 票投票先 →ブロリー
ドロッセル0 票投票先 →ブロリー
前川みく0 票投票先 →ブロリー
天海春香0 票投票先 →姫川友紀
やらない子0 票投票先 →ブロリー
黒井社長0 票投票先 →ブロリー
姫川友紀1 票投票先 →ブロリー
ブロリー7 票投票先 →アーカード
ブロリー は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
前川みく は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ブロリーさんの遺言
.         ', ヽ--─     / / ∠___   , -、  /  /  ,/
.         ',   ─>'"¨¨7 // .i  _>  i i^. ヽ/   /,. -‐' i
           \  //¨二入/i´  ヽ、 ゙''ー┘`)、i } ̄¨゙゙゙゙'''''<,i
            7′  ./ , -‐ゝ'  ,/>     ν.〈、       .i
          /  /i  /¨',  ! | / i       `<0)       |       お前たちがお菓子をくれる意思を見せないなら
.          / ,//i  i/.〉、 i_i// ,、 ヽ   ',     、__|       俺はこの村を破壊尽くすだけだぁ!
          __i_,∠-'" ,i   |_.ノ.∧,>i¨ ./入      i; i.   >`i
.          |/ ̄¨¨ ̄,ゝ i,.. -''"¨7 ,// ./〉     ,|; |: .  /彳|
          !      ̄',.|   '‐べミ_'‐', '¨  /!. |. ./ /¨: . ._===
                    ヽ!     / //>、__,.ノ i  .|/ /: : : : : :
                     `     / i ' ./! | | / ./  /: : :
                   / _,.-i i |  /.//  /:
                   ̄ ̄_,,.....l...l.,,l_/i/  ./
                _,. -‐''"¨_,.. -‐ /;(⌒); ; /
                /´  /¨´ . .,;;.〈;;;;; ̄;/: .
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
やらない子 「はるかっか=アーカード●
姫川さん=私●
が一番適切」
黒井社長 「ウィ、貧乏人共。私が霊能結果を聞かせてやろう。
ブロリーは○だ。」
天海春香 「占いCOですよ!
アーカードさんは●!」
ドロッセル 「惜しみないわね」
天海春香 「らすぐれー」
ドロッセル 「そうね>ない子」
姫川友紀 「占い結果…
やらない子さん●」
白坂小梅 「アーカードさん吊りで……」
天海春香 「狼、グレーにまだ残ってましたかー」
やらない子 「いいこいいこ
そうでないと詰むからね>姫川友紀」
黒井社長 「ほう>アーカード●」
アーカード 「おはよう。さて、残り灰うんぬんは昨日言ってたからそうとして。
ブロリーが柱COしてて村だと考えるなら2w残り。
つまり姫川と黒井社長2wということになるわけだ。春香視点。
つまり霊能偽か。」
ドロッセル 「ほうもなにも、アーカード●じゃなかったらあなたが偽よ>黒井」
黒井社長 「まあ大体内訳は見えたので、明日私が生きていれば勝てるのではないか」
黒井社長 「>ドロッセル
まあではあるがな」
アーカード 「……はあ?春香偽…つか姫川真だと>私●」
天海春香 「いやまあ、なんというか
ここからひっくり返るの?>黒井社長」
やらない子 「はるかっか視点詰みだから、別に噛まれないというのはどうでもいい
さだこ噛みで、はるかっかを偽(狂人枠でしょうが)にして、吊るなりなんナリする路線を狼が取ってきたのであるし」
やらない子 「なおさら、噛まれないというのはどうでもいい」
天海春香 「そういうことだよね
まさかの誤爆もあったわけだし>やらない子ちゃん」
ドロッセル 「そのとおり、ない子はえらいわね」
アーカード 「馬鹿か私」
やらない子 「姫川さんの、怪しい所とか言った方が良いの?」
ドロッセル 「いらないわ、眠いし」
やらない子 「じゃあ、逆に狼くさい事とか言った方が良いの?」
黒井社長 「天海偽なら私噛まれないのが一番怖いな」
ドロッセル 「もう充分、おなかいっぱいよ」
天海春香 「子守唄歌おうか?>ドロちゃん
♪ねんねこしゃっしゃりまーせー」
白坂小梅 「……この方向なら。」
黒井社長 「勝てる気がせん」
ドロッセル 「春香偽もどうでもいいことよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
アーカード5 票投票先 →天海春香
白坂小梅0 票投票先 →アーカード
ドロッセル0 票投票先 →アーカード
天海春香1 票投票先 →アーカード
やらない子1 票投票先 →アーカード
黒井社長0 票投票先 →アーカード
姫川友紀0 票投票先 →やらない子
アーカード は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ドロッセル は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ドロッセルさんの遺言
           ┌丶_, へ
          / φ' ヽ┘Y.ヘ
 =ヲ⊂〒   i ¶ヌ仄_) (.フ;¶ヘ  おい シシカバブー!
 __」Ε三    | i l.,今;-rπづ| |  シシカバブーは居るか?
 L゚_゚」L__    | ! |ヾ>:e:( | ! |
         └-.! ,フ/Y7’ !-┘
            .(。/ I。)
アーカードさんの遺言                     \
               、____>\_ノ|
         \     >::::::::::::::::::::::::::::::ノL_
          ヽ‐-‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ'lヽ::::::::::::::|__       ハッピー、ハロウィンだ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ノ⊥L::::::r、::|.:.:.:.:.:.:.|\
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ,ィTフ|::::l ノ::|:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:\
      //7::::::::::::::::::::::::::::::::/l/|    ̄ ノ:::::::::::!.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.\_
      /  |:::::::::::::::::::::::::::::::/  l::|   __ l:::::::::::!.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
.         |:/l:::::::::::::::::::::::::| 、___7 /::::::::::|.:.:.:.:.∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
        /i':::|:::::::::::::::::::::::::ヽ `==´ /lイ:::::::〈.:.:.:.:.:|.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        /:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::\ _ / .| 〉ノl|ノ\.:.:.|.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:/
        /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::|ヽ!ー-、_/ /、.:.:.:.:.:..:\l.:.:.:.:.:.:.:\.:./\
        /::::::/:::::::::::::::::::::::::::/{.:.:.:.\/\/  \.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:..:.\.:.:.\
.     /:::/::::::::::::::::::::::::/.:.ゝ.:.:.:.:.\.:.:.:\  \,-─<___.:.:.:.:.:.:\.:.:.\
.      //:::/:::::::::::::::::::::/l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l\ /´ヽ   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:
    /´:::/:::::::::::/!::::::/::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\.l.:.:.ハ\_ \.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:./.:.:.:.:.
    /:::::/::::::::,ィ/::|:::レ:::::|.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.\.:.:.:\.:.:.:  ̄ヽ、:.:.:.|.:./\.:.:.:.:.:
   〈::::::|:::::::/:::::::::::|:::|:::::::!.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.`ヽ、.:.:.:.:.:\| /:|   \.:.:.
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
やらない子 「姫川さんの狼っぽい所
●貰って「春香さんは●特攻だよね…」と自分視点の確定事項をなぜか言葉を濁す所
さだこの●をみて、なぜかさだこ狼ち(はるかっか狂人)決めうちしている所
さだこ噛み以降なにかを言い様が無いにほど寡黙になっている所」
姫川友紀 「春香さん●」
天海春香 「占いCOですよ!
黒井社長は●!」
黒井社長 「ウィ、貧乏人共。私が霊能結果を聞かせてやろう。
アーカードは○だ。」
天海春香 「なんじゃこりゃ!!!」
黒井社長 「……は?」
やらない子 「むくり>黒井社長●」
白坂小梅 「ん、姫川さん、で。」
天海春香 「どうりで黒井社長の動きがおかしいはずですよ!」
やらない子 「やっぱ、2騙りはあり得るか」
黒井社長 「どういう事だ!
ちょっと待て!まるで計算が合わんぞ!」
天海春香 「すげえ・・・3狼まるのこりやってんな、昨日」
白坂小梅 「おかしいから、しかたない。」
やらない子 「ジュサツの時に、姫川さんの理由がないのはオマケしておいてあげるよ」
白坂小梅 「でも、ありえるから。そうする。」
黒井社長 「いや、待て!
やらない子か天海を吊れ!そこで2Wだ!」
やらない子 「ちなみに」
天海春香 「やらない子ちゃん、小梅ちゃん!
黒井先吊りでいいよね?
白坂小梅 「いや、だめ。
姫川さんから。私はもう、投票した。」
やらない子 「◇黒井社長(107) 「すまん、ボケてた。
占いCOに気が取られていた」
◇黒井社長(92) 「……あ、すまん。霊能CO」
◇黒井社長(85) 「……ところでだな、この村AAの使用はありだったのか?>ブロリー」
◇黒井社長(70) 「私としてはそのままでも構わんと思うがな。
形としてはもう一人の対抗に○を打ったのと然程変わるまい」
◇黒井社長(54) 「速度的にも、CCOには見えん。」
黒井社長 「その二人を吊らないと負けるぞ!
……く、おかしいと思っていたのだ、前々から」
天海春香 「姫川さんね、わかった!」
やらない子 「彼は、初日にこう言う発言をしていました」
天海春香 「やらない子ちゃんも合わせてね」
白坂小梅 「これはもう、こういう勝負だし、姫川さん真だったら、勝てない。」
やらない子 「占いに気を取られていたから遅れたらしいけど、その間にブロリーにAAについて突っ込んでいる」
黒井社長 「>やらない子
普通によくある流れにけちを付けるな!」
やらない子 「おっけー>姫川投票」
黒井社長 「AAに気を取られたんだよ!」
白坂小梅 「……黒井社長は、昨日が、おかしいもの。」
黒井社長 「人に難癖付けおって、この貧乏人め!」
白坂小梅 「だから、もう、このままいく。」
やらない子 「あと、霊能を今日噛めば一応わたし吊りで明日姫川吊りで盤石の勝ちだったのにそれをしていないのにも注目」
7 日目 (1 回目)
白坂小梅0 票投票先 →姫川友紀
天海春香0 票投票先 →姫川友紀
やらない子2 票投票先 →姫川友紀
黒井社長0 票投票先 →やらない子
姫川友紀3 票投票先 →やらない子
姫川友紀 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
やらない子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
姫川友紀さんの遺言 oh...>サヨナラ負け
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
天海春香 「そりゃ狼があきらめないはずだわ」
8 日目 (1 回目)
白坂小梅0 票投票先 →黒井社長
天海春香1 票投票先 →黒井社長
黒井社長2 票投票先 →天海春香
黒井社長 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/10/31 (Wed) 23:58:48
姫川友紀 「お疲れ様です……」
ブロリー 「お疲れ様だ
まあ即噛みか」
メアリー 「お疲れ様ー」
前川みく 「お疲れ様だにゃあ」
さだこ♡ 「川д川 って思ったら早噛みしおったー!?(ガビーン」
ドロッセル 「おつかれさま」
アーカード 「お疲れ様だ」
城ヶ崎美嘉 「はい、お疲れ様」
天海春香 「おつかれさまー」
双海まみ 「おつかれー。最終日早いねw」
黒井社長 「ミスだな。噛み切りしていればよかったか」
メアリー 「お疲れ様ー♪」
アンデルセン 「お疲れ様です」
白坂小梅 「……黒井社長は、自信が、ありすぎたよ。」
城ヶ崎美嘉 「いやー、春香さん、やられたよー>春香」
ブロリー
     ̄/    /'''''''''''''';;;;;;;;;;;;;;;,,,, ! ,,,;;;;;;;;'''''''\    ヽ、..::: \    ',
.     /   /    .i         ¨         \    ',    \  ',
\.  ./  /;;;;;;;;;;;,,,,,.i .i                 i i;;\   ',  .....:: \ \
  \_/ / '''''''';;;,-、;;i__ |                  | _| /ヽ、  i::::''''''     `>‐-
‐-  ,'/ニ>--‐┤,、 ',/ ' ,.、   `::..    ..:::´ .>、 ∨/ !::..i  .i ''''':::;;;<二_
___  ´/      i !λ', く..__\  `:::::::::::´./ __.」 /(  /,,,¨ i  |       ___  \  お疲れ様だぁ
  /_____', 〈' ',.  ',\ヽ、`::::´ / ./,'  i__.! /\_,,.i i-‐‐''""´   ̄ ̄  占いお見事だ
  ¨ ̄  |.|   !   \___.i   \\__.}|{.__//  /、_,/   ! |/||  ,:
      :|.|   ',  ((ノノ'!、.   ̄.゛⌒" ̄   /(())  .! ' .|| ,:'     ___
‐‐- .,,   ||:.   `  `.´', i',  ト、 ..:i  ,.イ  /. `.´       :||ノ´ ̄
     ``゙.||ヽ.....      ', i',  ';ー ̄ ̄-/ .イ ,'       ./:ii
       .'',, \      ', .i \ `ー--‐´// .i    /  :ii
. : ¨´ ̄ ̄.'',, ̄`¨ニ=:、..::i '., \'''''''/ /  .|_...,,, -´¨  ̄,,'' ̄¨¨""''''''‐
       「¨\     `゙゙''‐-\  ̄  / . : ´     ノ ̄!
  '''''''''''''''' !.  \        \   ./´      /   ! ''''''''''''''''''''''''」
黒川千秋 「お疲れ様でした
うん、かりゅうどなんていらなかったわ」
やらない子 「お疲れさま」
双海まみ 「はるるぅん、まみの無実を信じて欲しかったYO……w」
さだこ♡ 「川д川 お疲れ様よ!! 狼のみんな! しょっぱい狂人でごめんなさいね!?
    美嘉ちゃんに●出しゃよかったわ!(キリッ」
やらない子 「よく勝てたわね」
ドロッセル 「噛み切りは必須だったわね」
前川みく 「さだこ?
4人の時点で終わってない時点で
春香ない子の2Wは否定されてるにゃん?」
姫川友紀 「狩人初日抜きだったんだ……」
天海春香 「まみは白かったよ、うん」
メアリー 「真占い二人・・・村は盤石でした♪」
ジャック・O・ランタン 「きてくれてありがとう、助かったよ。」
白坂小梅 「噛みきってどうか、位だった……かな。」
城ヶ崎美嘉 「吊れそうな私に●だせたら、それはそれですごいきがするw>貞子」
さだこ♡ 「川д川 うふふ、私とGMの仲じゃないの♡>ジャックGM」
黒井社長 「霊能者に自信が無くてどうするのだ?
役職持ちなのだぞ?」
やらない子 「なんか、カチッとこないと思ったら」
さだこ♡ 「川д川 そこはこう、三日目の●という魔力で>美嘉ちゃん」
姫川友紀 「人手支援足りないようだったので支援に来たら16人目だった……
狼サイドへの謝罪の言葉が見つからないです……」
天海春香 「私を噛み切ってたら狐勝ちじゃないかな?
美嘉ちゃん吊れてたかな?」
城ヶ崎美嘉 「まあ、ぶっちゃけ狂人ってより
真吊らせようとしたら、銃殺しちゃったって村だから
狂人はあんまり、気にする必要ないんじゃない?>貞子」
黒川千秋 「まあ、噛み切り路線でも
春香さんは守っていたと思うわ」
アーカード 「ぎりで死なないまでは行けたが
銃殺からのほぼ真殴りの殴り根拠が結局出てこなかった…か」
ジャック・O・ランタン 「そうか・・・・ハメさせ・・・いや、このネタを使うどうかで躊躇し続け何だがどうすればいいだろうか>さだこ」
ブロリー 「噛み切り、か
乗っ取れてたならそれもありだった、かもな。まあ銃殺の賜物だが」
城ヶ崎美嘉 「まあ、三日目の●なら釣れてるよねw>貞子」
天海春香 「それにしても、最後の最後まで3狼が残ってるとか、ねえ
危ない危ない」
黒井社長 「さだこ噛みから天海噛むと狐が面倒な事になると嫌ったが、別にどちらでも良かった」
やらない子 「やるんだったら、さだこ即噛みで、友紀吊りさせて○結果だすかなぁ」
アンデルセン 「ふむ 寝るとしよう お疲れ様ー」
さだこ♡ 「川д川 今更何言っちゃってるのよ。ここは四条鯖よ? 四条村よ?
   そして……貴方がGMなのよ。やりたいことやりなさいな(キリッ>ジャックGM」
城ヶ崎美嘉 「んー…ドロッセル次第かな
たぶん、村でアタシ殺したそうなのは、ドロッセルだったし
指定くんなら、狩人COしかないっしょって構えてたんだけどねw>春香」
前川みく 「正直なことを言うとみくも霊界で驚いたにゃあ>春香にゃん」
天海春香 「私の灰が噛みで2個減ってたからどうにかなったけど
そうじゃなかったら持ってかれてたよ、これ」
メアリー 「いやー、霊能乗っ取りとかすっかり視点から抜け落ちてたね!危なかったぁー」
黒川千秋 「さだかもは見えた位置なのに出てきたっていうのはね
それで即噛みなら春香さん狼以外にないし?
姫川さんが狂人じゃないとちょっとねえってね」
さだこ♡ 「川д川 占い先おかしくない? という質問に対しては
    「うっさいわね呪うわよ!(キリッ」でなんとかしのぐ方向で(白目>美嘉ちゃん」
白坂小梅 「……自分を残せば勝てる、そう言い切れる点で、春香さんをどうしようか、というのが見えた。
あとは遅さ。そこだけなら狂人もありえる。だから……春香さん真だとして、それでも、黒井社長は後、なんだよ。

でもそれは、姫川さんに真がなかったから。」
さだこ♡ 「川д川 地味に本気で見落とした件について>千秋ちゃん」
城ヶ崎美嘉 「力技で来るねー>貞子」
白坂小梅 「そんな、感じ……」
黒井社長 「>小梅
自分が残っていれば天海春香の●の霊結果が見れるという以上の意味ではないがな。」
前川みく 「ただ、そうにゃると
「狼が初日に●を出すのか?あんまりにゃいんじゃにゃいか」という話になってしまうのよにゃ>千秋にゃん」
さだこ♡ 「川д川 ぶっちゃけ霊能偽とか思ってなかったしね。2吊り稼げりゃ
    万々歳だったわよホント>美嘉ちゃん」
城ヶ崎美嘉 「まあ、アーカード、メアリー、アタシの三択で
当てた、春香さんおめでとうかな
くぅー…きついな、真残ってると」
黒川千秋 「www>さだかも」
城ヶ崎美嘉 「霊能偽はね…ちょっと考えなかったのは
まずったかな>貞子」
天海春香 「アーカードか美嘉ちゃんの2択だったよ
私にしては珍しく正解を引いた感じだったかな、ごめんね~>美嘉ちゃん」
さだこ♡ 「川д川 霊界でまみ●出した社長を二度見したレベル(白目>美嘉ちゃん」
ブロリー
  ,-‐ ´:::::::::/::::::::::       _,,-'´ ̄ ̄`-、:::::::::::::::::::::::::::::/
-'::::::::::::::::::/::::::::   ∠ミミゞム/ l彡    :::::ヽ、    _- "
 ::::::::::::::/::::::::  /     `、トム//\ :::::::ト-―'''´
     l:::::::  /-´ ̄ ̄`‐-、_      _ヽ ::::ト‐-、,,,
-┬'''´l::::::  /  ___   `―´ ̄   l  ::::l::::::::::: ̄ ̄ ̄ >
 l   l::::: / ̄ ̄     `_(○)_,―', ::::|___,,-- "
_ヽ  |:: /    j二二二ニ≧`} レ-‐  ',  ', :::l
__l⌒ |/        l_ ( ) /    ≦ニ二ヽ', l/     それでは私もこのへんで失礼します
  l l r'     ,,,,-――‐'    ,  .l ( )//       お疲れ様でした、天海さんはお見事です
.-―l ー、             _ヽ  ̄ / ̄`‐-、   
   l   l           r_ /   l    __ヽ   …寒くて手が震える…
,-―‐//ヽ=、       F―7    / ̄‐-、二>   この環境でもはや丸なんぞ把握できるかぁ!w
:::::::::::l ゝ_ノノ',        `⌒'   / ヽゝ:::::::\
  ,-―l ̄  l .ヽ     '⌒'   /ゝヽ'.ノ::::::::::::::\
'''´   |.  __l_\       /l  ―-、      ヽ
    | ̄       _ヽ___/―l       `‐-,,__ヽ」
城ヶ崎美嘉 「ブロリー…貴方つかれてんだよ…お疲れ>ブロリー」
さだこ♡ 「川д川 流石にアレ見えてたら潜ってるわよガッデム!!>千秋ちゃん
   なんていうの? リロードの妙っていうの? そんな感じ?」
さだこ♡ 「川д川 いいこいいこ>ブロリーちゃん」
アーカード 「ふーむ、今回は、なあ、なんだ、私は何を思えばいいんだ」
双海まみ 「はるるん占いリベンジせーこーだね!
ナイス銃殺だったっしょ」
城ヶ崎美嘉 「あちゃー、二択か
そりゃ、メアリーの白さに負けたって感じっしょ
アーカード占ってくれてたら…それはそれで、完グレで狩人COできたかな
くらいか…どっちにしろきっついな>春香」
さだこ♡ 「川д川 ……私に●出されなくてよかったなぁ、とか、うん(白目

    ごめんね候補に入ってたわ(白目>アーカード」
天海春香 「えへへ~どうにかお返しできたかな
この前は残念だったもんね>まみ」
黒井社長 「●出しの時点で天海噛みで良かった辺りがなんとも言えぬ」
さだこ♡ 「川д川 いい……占いだったわ……春香怒りの銃殺である>春香ちゃん」
前川みく 「占い引きまくりでうらやましいにゃあ>春香にゃん」
やらない子 「ブロリー占わせのアーカード吊りの方がより詰められたかなぁ」
城ヶ崎美嘉 「その怒りの銃殺がアタシってのが、なんか悲しいけどねw
まあ、今日の春香は最高にイケてたよ>春香」
メアリー 「それじゃ、お疲れ様ー♪
また、遊ぼーね? うふふ」
さだこ♡ 「川д川 私も銃殺されたいのに! のに! 狐フィーバーうらやましいわぁ>美嘉ちゃん」
アーカード 「いや、別にそれはいいんじゃないか?>さだこ」
さだこ♡ 「川д川 怨霊仲間のメアリーちゃんお疲れ様よ! また一緒に呪いましょ?」
城ヶ崎美嘉 「つーか、ブロリーも完全灰なの忘れてたw」
双海まみ 「そんじゃ、おつかれさまー
まったねーノシ」
城ヶ崎美嘉 「この狐フィーバーはアーカードに私たいよもうw>貞子」
黒川千秋 「それじゃあ私も落ちましょうか
お疲れ様でした」
さだこ♡ 「川д川 多分私が霊界で悶えるから却下ね♡>アーカードちゃん」
黒井社長 「乗っ取り入れてるんだし噛み切りでも割と勝てたのは確かだな……
プランミスだ、完全にプランミスだ」
城ヶ崎美嘉 「ってことで、アタシもこのへんで
お疲れ様ー」
さだこ♡ 「川д川 へいお疲れちゃんよ、千秋ちゃん」
黒井社長 「……ぐぬぬぬ、765プロめ!」
さだこ♡ 「川д川 美嘉ちゃんもお疲れ様よ。いい銃殺されっぷりだったわ♡」
アーカード 「銃殺とか羨ましいなあおい。狐フィーバーは素の動きが狐っぽくなるからな!>城ケ崎」
さだこ♡ 「川д川 社長、いつかここのアイドルを根絶やしにするわよ(キリッ>社長」
黒井社長 「もしくはメアリー噛みではなくやらない子噛み……はないな流石に
狐候補減らんし」
さだこ♡ 「川д川 堂々としてればいいのよ。そのほうが銃殺された時に美味しくなれるわ!>アーカード」
黒井社長 「明らかに誤爆狙いっぽかったし天海噛み切るのがあの場での正解か」
黒井社長 「初日にさだこ噛むルート?知らん」
前川みく 「あげるにゃ>さだこ
貞子視点にゃあ
春香にゃんが●を出したことで狂人目、姫川ちゃんが自動的に狼目で
噛まれづらいとは言え信用されづらいところにいるにも関わらずあんまりあせってる感じがしにゃーのはイヤだにゃあ。」
前川みく 「さだこ破綻させて吊って●出せばよかったんじゃにゃいかにゃあ」
アーカード 「狐の時は超堂々としてるぞ私は!銃殺を求めて!>さだこ」
さだこ♡ 「川д川 必死で●撃つとこ考えたのよ……!>社長
    朝になる10秒前に書き終わったもの(白目」
前川みく 「銃殺はご褒美だにゃあ」
天海春香 「それじゃ私もこのへんで!
みなさん、おつかれさま!GMさんも村建てありがとう!
今日は久しぶりに勝利に貢献できた気がします
次はまた楽しいRPをやりたいかな、うん」
アーカード 「むしろ狼時のほうが死なないことを優先して信用がなくなって死ぬ」
さだこ♡ 「川д川 あらやだご丁寧にありがとうねみくにゃん
 
    そうねえ、やっぱりまだまだ騙りだと、真ならではの「焦り」が
    出せないのかしらね私。騙り経験不足かしらねぇ。

    もっと色々磨かないとね。指摘してもらえるのは助かるわぁ」
アンデルセン 「あと、真はそこまで銃殺と言わん気もするな>さだこ」
さだこ♡ 「川д川 ……呪殺ってちょっと言葉がアレじゃない?
   だからさ……呪殺って言葉を=緊縛とかそういう感じに出来ないかしらね?(キリッ」
アンデルセン 「何を言ってるんだ?>さだこ」
黒井社長 「では私も行くとしようか。スーパーセレブは忙しい。
姫川、アーカード、貞子には詫びよう。この負けは私のミスだ。
……だが、次はこうは行かんぞ!」
さだこ♡ 「川д川 実はあの日、もう気が抜けてたのよね。まみちゃんが狼っぽくなかったから
    「ああ、よかったぁ……(涙目」って。気ぃ抜きすぎたわねー
    
    あ、私真でも銃殺出すわよウフフフって多分言っちゃうわ(白目>アンデルセン」
アーカード 「ばっかお前あれだぞ、人外の○対象を囲いって言うだろ?”囲い””囲う”だぞ?
これほどいい言葉もない。銃殺はつまり真だけの特権、囲いではなく無残。
つまりこれは、一途な弾丸だといえないだろうか、いや、言える。>さだこ」
前川みく 「じゃ、みくも落ちるかにゃ
お疲れ様だにゃ」
さだこ♡ 「川д川 いいのよ、気にしないで。ちょっと私の妄想爆発しただけだから♡>アンデルセン」
アンデルセン 「全く言わんのもあれだが、別の表現を覚えると便利かもしれんな
私?騙りなんぞせん(白目>貞子」
さだこ♡ 「川д川 お疲れ様よ、社長さん。次組んだ時は、相手に一泡吹かせてやりましょう」
アンデルセン 「ハレルヤ歌いましょうか?>貞子」
アーカード 「こっちもすまんな社長。ふがいない私で済まなかった。今度もよろしく頼む」
さだこ♡ 「川д川 みくにゃんお疲れさまよ♡
  
   そうね、色々トライしてみるわ>アンデルセン
   アドバイスありがたいわあ。ありがたすぎて拝みそう」
さだこ♡ 「川д川 賛美歌歌いましょう賛美歌>アンデルセン」
アンデルセン 「いや、何もまともな事は言ってないと思うが・・・>貞子」
アンデルセン 「え?鎮魂歌?(バヨネットを構えつつ>貞子」
アーカード 「ああ、そうだ。アンデルセン、伝達依頼がある。少し聞いてもらえるか。」
アンデルセン 「真面目な話か なんだ?>アーカード」
さだこ♡ 「川д川 天使にラブソングを、は不朽の名作(キリッ」
アーカード 「2-1慣れてきたからこそ気を付けるべき。
2-1の代表的例は真狼ー真 真狂ー真 狂狼ー真。
だけども霊能初日を考慮にいれるだけで
真狼ー狂
真狂ー狼
狂狼ー真という風に3つも増える。
このように2-1は初日潜伏両方ありえるうえに一要素を加えるだけで爆発的に内訳が増える。
考えなくていいことと考えないと楽なだけなことは違うのである。
あと複数霊能がいたら霊能の中身を考えない、なんていってた鴨にも伝えておけ
◇ダディクール [狼] (michi◇kv64XfFGCs) 「もはや3COの形と同じぐらい経験しちまってるからなぁ
多少皴は増えるけど、そんなもんになっちまったよ>佐久間」
その発言を見た私の眉間に皺が寄ったよ?
BY女神 」
さだこ♡ 「川д川 狐に対してもっとSになればいいのかしらね?
    狙って出せるようなもんでもないし、どんどん追い詰めていくわよー
    うふふふふ的な  次機会があったら色々試してみましょうかね」
アーカード 「あ、そうだ。鴨にも向けてたな。」
さだこ♡ 「川д川 oh……>アーカードちゃん」
アンデルセン 「ふむ 耳が痛いはなしだ。全く・・・。」
さだこ♡ 「川д川 そうねぇ、最近色々と「慣れて」きたせいで、色々雑になってる
    部分はあるのも確かね、実際。駄目ねぇ、もっと頑張らないといけないわねえ」
アーカード 「という風に、久しぶりに某、某な?(強調)女神の受講を受けてたらコレを伝えておけと
仰せつかった。私の言葉で伝えろと添えてな。」
アーカード 「考えることが少ないことはいいことだと思ってしまうが、実際は違うのだよ。
という話だな。総括で」
さだこ♡ 「川д川 やっぱり頭が上がらないわねホント。
    流石は女神様ね(キリッ」
アンデルセン 「なるほど。」
アーカード 「っと、じゃ、依頼は果たした。お疲れ様だ。同村感謝する。ではな」
さだこ♡ 「川д川 アーカードちゃんもありがとうね。お役目ご苦労様」
さだこ♡ 「川д川ノシ またねー」
アンデルセン 「あぁ、すまんなアーカード 伝達感謝する」
アンデルセン 「ふむ。落ちるとしましょうか。お疲れ様です。」
さだこ♡ 「川д川 こう、気をつけてるつもりだけど、慣れって怖いわよねえ実際。
    昔の私なら、2-2ならそれなりに内訳考えてた気がするもの。

    でも結局は霊ロラで残った占いの真贋、内訳見ればいいじゃない、で
    ちょこっと怠けて省略しちゃったのもあるのよね。実際の話」
さだこ♡ 「川д川 さて。多少数こなしてるとはいえ、やっぱり人狼って奥が深いわぁ。
    だからこそ楽しいんだけれどもね。 これからも頑張っていくわよー
    まともなプレイもだけど、ネタのほうも! 楽しんでいかなくちゃね!」
さだこ♡ 「川д川 というわけで本日の怨霊村はこれにてTHE END よ♡
   
    明日も同じ時間に建つからね? うふふふ………
    ……まあ、私は仕事でこられないんだけれどもね!! 

    それじゃあまた! 川д川ノシ ばいびー!」