←戻る
【劇場167】劇場公演 水曜女神の部村 [200番地]
~気を取り直して、18人。~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開するキューピッド登場 (6人~)女神村
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 秋月GM
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon 喜多見柚
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon カイジ
(生存中)
icon 霧雨魔理沙
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon クマ吉
(生存中)
icon 上条当麻
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon C.C.
(生存中)
icon でっていうP
(生存中)
icon 黒川千秋
(生存中)
icon クマ
(生存中)
icon 真紅
(生存中)
icon 七夜志貴
(生存中)
萩原雪歩 「逃げちゃったかー…
次の時はやよいちゃんも可愛がらなきゃね…」
高槻やよい 「ダダッ」
高槻やよい 「ビクッ」
萩原雪歩 「やよいちゃんたら♪」
高槻やよい 「カメラを回収しておこう(コソコソ」
高槻やよい

 | ̄ ̄\
 |  「   \
 | ( ●)(●)    …………
 |     | |
 | U  __´_ノ
 |   `ー'´}
 |       }
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
萩原雪歩 「伊織ちゃんこそ…♪(ぺろっ…… >伊織ちゃん」
水瀬伊織 「うん、いつもありがとね
今日も楽しかったわ(ちゅっ)>雪歩」
萩原雪歩 「うん。ありがとう…。伊織ちゃん、だいすき♪>伊織ちゃん」
萩原雪歩 「           __
        -─'´    `丶
     /           ─ 、
    /                 \
.   / /            ヽ   ',
  / /            、 、   ',
. i i /    ,/    ハ ト、     }
. l | {   〃__{__, / j/´ ̄` ト、 /
. l j∧ / レ' ヽ /    ,ィ=ミ、 | }./}
  ',  .`Y   ,ィf示     トィ} } | i i じゃあ私はここで伊織ちゃんのおうちに行きますね
         { トィ'リ     `´ │l /  お疲れ様でした♪
.     ト、  `¨´    , ´´ 人/
.   \│ >、´´   `  , イ /
.      `\ <\ ̄ヽ ̄ヽ ,} /
       ,'   ', ヽノj__ト、}
        i  Lノ   o   }
        |  |         ,′
       ',  }    o {
       `y       \
       /           \
.      /       o    \
.       ,′             〉
                 o    /
       i                 /
       {              /
      `ー─┬─┬┬──'
            ',   v'′
             、_}」
水瀬伊織 「そういえば雪歩はうち来るの初めてだったわね
ふかふかのベッドで、いっしょに寝ましょ♪」
萩原雪歩 「えへへ…後で食べちゃってもいいんだよ…♪>伊織ちゃん
大福を食べてる伊織ちゃんを想像しても可愛いかも…」
水瀬伊織 「白くてやわらかくて・・・そう
この前やよいが食べてた雪見だいふくみたいよ>雪歩」
萩原雪歩 「伊織ちゃんちで…?
うん。いいよ… 私、伊織ちゃんち行くの初めてかも…>伊織ちゃん」
萩原雪歩 「そ、そうかな…色が白いってことだけは言われるけど……>伊織ちゃん」
水瀬伊織 「ねえ・・・続きは
うちでやらない?>雪歩」
水瀬伊織 「私よりあるくせに貧相とか言うんじゃないわよ、もう・・・
それにしても、キレイね・・・」
萩原雪歩 「ひんそーでごめんね…(ボタンを外す >伊織ちゃん」
水瀬伊織 「雪歩の胸、なんか落ち着くさわり心地ね(もみもみ)」
萩原雪歩 「あっ…も、もう伊織ちゃんたら……うん、いいよ… >伊織ちゃん」
水瀬伊織 「あ・・・う・・・
って、雪歩のほうがやわらかいじゃないのよ(もみもみ)」
萩原雪歩 「私と背も胸も大体3、4cm差だよね…わぁ、やわらかい…>伊織ちゃん」
水瀬伊織 「もちろん、まだまだ成長するわよ
って、あ・・・」
萩原雪歩 「えへへ。伊織ちゃんは成長しそうだなぁって思って……さ、さわるよ…?(もみもみ >伊織ちゃん」
水瀬伊織 「そう言いながら、ほっぺ以外にも手が伸びてるのはどうしてかしら?>雪歩」
萩原雪歩 「り、律子さんも…?もう、恥ずかしいですよ…♪>律子さん」
水瀬伊織 「律子も本当はこっち側に来たいんじゃないの?」
萩原雪歩 「ほんと?伊織ちゃんのほっぺたって柔らかくて♪(すりすり >伊織ちゃん」
秋月GM 「私はまだ眺めているわよ(キリ」
C.C. 「危うく指定で露出するとこだったかもしれんからなぁ…ハッハもう少し狼と村の時との分別をつけねば>伊織

ハッハ…私ならいつでもウェルカムだよ?(きっ>真紅

それではさらだばーだよ」
水瀬伊織 「ちょ・・・どこさわってるのよ・・・
でもきもちいいから、好きにしていいわよ」
萩原雪歩 「うん、幸子さんお疲れ様♪」
萩原雪歩 「い、伊織ちゃんの方が可愛いよ…言うまでもないことだけど(ぷにぷに >伊織ちゃん」
水瀬伊織 「おつかれさまよ、幸子
あんたの可愛いとこ、また見せてね」
水瀬伊織 「こうしてみると、やっぱり雪歩は可愛いわね(なでなで)」
輿水幸子 「そ、それではなんだか素敵な空間になってきたのでボクも失礼しますね!
おつかれさまでしたっ!」
萩原雪歩 「うんっ、甘えちゃおうかな…(肩を抱き >伊織ちゃん」
水瀬伊織 「たまには素直に甘えなさい、にひひっ♪>雪歩」
萩原雪歩 「い、伊織ちゃんっ!?ちゅーだなんて…♪(あたふた >伊織ちゃん」
黒川千秋 「では、私も落ちるわ
渋谷凛と蒼星石はありがとう、ごめんね。もうちょっとうまく動ければよかったのだけど
では、お疲れ様でした」
真紅 「さらだばっ!」
萩原雪歩 「い、伊織ちゃぁん…わ、私年上なのに…♪(頭を差し出す >伊織ちゃん」
真紅 「>伊織
ぶっ!?
そそそそんなことできるわけ無いでしょう!?」
真紅
       r;‐==ミ}:.:.:.:.:.:/:i:i:i:i:/.:.:.:.:.:.:__入:__;ノ⌒ヽ__乂:.:.:.:..入___
        |:L.__/} :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.___)          ` く::::.:.:..}_
      ゞ;≠¨´| :.:.:.:.:|:i:i:i:i:i|:.:.:.::___;}             ∨ ̄.〈
         {:{____人:.:.:.,:ィ≠ミトil_y´ l   /  ,.イ         ∨.:..:.:}
        /`¨¨7/:ト、{l(匀} } j:.|   |.―/-  /  l .|       .|.:::‐〈
.       /   // l:| }:.ゞニ彡'l:.|   | /| / ヽ/  |  /   |:.:.:.ノ
     ,'   // ///ヾ;.:.ト:i:i:i:iLl   斥卞ミ.   /  /}⌒/   リフ′
      |  // ///  |.:ヾ;\i:i|   代:.cソヽ   ィ尓Y  ./   さて、私も落ちましょうかしらね
     ! // // '    `,二ヾ:ト|  ヽ""     ,ヒ:.ソイ   /
      | |_/ /〈!    /.::.:.:.:`¨ミ 、  l       ""厶イ     みんなお疲れ様 CCありがとう
      l   |_/!  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }. ト、  ` ´  ィ .|        働いてくれた役職も 推理してくれたみんなにも感謝を
      | i   | .イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /  爪ミ -<  i  |
      l|   ∨l:l:.:.:.:.:.:.:.:. /  ' .イ:i:i:ィ≠ミx'.i:i:i:》 |     指示遅れてごめんなさいね? では、また会いましょう
      | |    /.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:./   /i:i:i:={ { {匂)l}=:i:i.》..| 
      | l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |   (i:i:i:i:i:i:i;乂辷彡'ミi:i:i:i》.|」
渋谷凛 「あ、蒼星石と千秋はありがと……次は勝つよ。絶対に。」
水瀬伊織 「そうね、共有2人で頑張ったものね
で、夜は相方とイチャイチャしなかったの?>真紅」
秋月GM 「さて、みんな改めて来てくれてありがとう!」
真紅 「>雪歩
えぇ、おかげで村勝ちに持っていけた
感謝しているわ

それと相方、お疲れ様 また会いましょう。ありがとうね」
水瀬伊織 「狩人は疑われるものよ
それでも生きてれば、なんとかなるもの>CC」
水瀬伊織 「うん、雪歩は頑張ったものね(なでなで)」
真紅 「>C.C.
おいバカやめろください……共有ひいた瞬間泣きそうな私を置いて行かないで……
指示出すときとか夜の相談とかビクビクなんだからぁぁぁぁっ!!」
渋谷凛 「さて。私も抜けよう。お疲れ様でした。またよろしくね。」
水瀬伊織 「それにしても、今日は発言から狩人がバレて噛まれるかと思ってたけど
意外とバレなかったわね」
萩原雪歩 「水曜どうでしょうは…まだ中盤の頃かなぁ。」
でっていうP 「おちるっていうwwww
同村村立て感謝っていうwwww」
C.C. 「さて、私も落ちるかな。以外に充実とした村だった。
相方の真紅、また途中疑った伊織はすまなかったな。私の見る目がなかったようだ。
そして占いの雪歩含め感謝を。
…当然みなにもだが、それでは因果の交叉路でまた逢おうじゃないか」
真紅 「>伊織
あなたの判断でGJが出てるもの
そのおかげでこの展開につながった だからあなたのおかげよ
それに、私だけじゃなく相方も頑張ってくれたわ…w」
萩原雪歩 「私もちょっと緊張しすぎて疲れちゃったかも…>伊織ちゃん」
水瀬伊織 「やよいもいっしょにイチャイチャしてもいいのよ?」
蒼星石 「じゃあ、お疲れ様だよ。同村した皆、GMさんに感謝だよ
凛と女神の千秋はありがとうね、楽しかった
それじゃ、またどこかで」
萩原雪歩 「そ、そうですか…?えへへ…>真紅さん」
水瀬伊織 「百合はいいわよ
日々の疲れが吹っ飛ぶもの>でっていう」
萩原雪歩 「魔理沙さん、お疲れ様でしたぁ…」
真紅 「>雪歩
いいえ、最高のタイミングで仕事をしてくれたわ
本当にありがとう」
水瀬伊織 「私のは、たまたま運が良かったのよ
雪歩も共有の真紅も頑張ったんだもの>真紅」
霧雨魔理沙 「それじゃあ私も落ちるのぜ
同村感謝、お疲れ様だぜ」
C.C. 「ハッハ、すまない。
いやてきとーにと思ったがおや、私よりは中々できそうだなという事でならなるべく回すか方向にシフトしたのだが。
まぁ結果的に勝ったしお前の可愛い姿を見れて満足さ(にやり>真紅」
秋月GM 「ほかには14人恋人村とかも候補としてあるけど、これは管理人さんに頭を下げに行かないといけないわね・・・」
でっていうP 「百合っていうwwwww>伊織」
蒼星石 「女神がどこか、で予想がつかなかったのがね…ごめんね、人外保護を優先しようとしたら女神の目星が完全になかった…」
高槻やよい 「●REC」
萩原雪歩 「えへへ…♪ すみません、なんだか活躍するの遅くなっちゃって>真紅さん」
クマ吉 「村建て感謝、お疲れ様
色々あったけど面白い構成だったよ、」
高槻やよい 「逃亡者村とかも面白いぜ>GM
少人数でも楽しめる、ただし狼はちょいと辛いがな

何にせよ、面白い村なら参加させてもらうだろ、お疲れさんだ
楽しませてもらったぜ、ありがとな」
水瀬伊織 「まあでも、狐2で恋人もいる中でよく勝てたと思うわ
雪歩のおかげよ、ありがとう♪(ちゅっ)」
秋月GM 「イケメンでっていう・・・アリだと思うわ(きり>でっていう」
萩原雪歩 「…けどそれでも、嬉しいよ ありがとう…(ぎゅうう >伊織ちゃん」
真紅 「伊織も両方GJね
うん、いい働きをありがとう
雪歩と伊織のおかげね」
クマ 「狐に負ける心配して、村に負けたら世話があれへんからね>やよいっち」
でっていうP 「やめろっていうwwww>GM」
渋谷凛 「そういえば女神は声聞けるんだっけ?w
だったらもう少しやりようあったかも……」
水瀬伊織 「私だって、たまには狩人でキッチリ仕事して
勝利に貢献しないと申し訳ないもの>雪歩」
秋月GM 「でっていうとつなげるのが今週のトレンドよ!>恋人」
喜多見柚 「やよいちゃんができない夫口調なのはちょっと違和感あるね…
まあいいや私はもう帰るよ、ばいばーい」
萩原雪歩 「でも面白そうですよね…>律子さん」
高槻やよい 「いつ呪殺が出るか解らない&騙りが囲う可能性もあるから狼にとって狐2は占い即抜きが基本だよな>クマ」
黒川千秋 「いやいや、こっちから見ていて楽しかったわよw>蒼星石
あなた達が相談してくれたおかげでこっちも方針を決めれたしね」
秋月GM 「次回は22の毒恋村とか考えたけど
集まらないのがめにみえてるし、ううーん。」
水瀬伊織 「そうよね、やるんなら当麻×クマくらいの
思い切ったのが見たいわよね>やよい」
でっていうP 「初日夜は村人でほっとしたっていうwwwww」
霧雨魔理沙 「で、そのあとに萩原雪歩をおいしくいただくわけだな>クマ、水瀬伊織」
C.C. 「まぁ貴様は恋人と見ておったが存外狐だったかという感。
いやはややはり貴様は吊るものよな、ぬかったぞ…>当麻」
高槻やよい 「護衛成功表記がなくても、情報が増えるのは狩人の強みだな>水瀬
俺が狼じゃなくてよかっただろ……」
クマ 「狐2は結構ネックなのよねー」
真紅 「>CC
話を聞いてもらったりで、色々と助かったのだわ
むしろ私は怖かったからお願いしたかった…っ」
クマ 「強いて変えるんだったら、千秋ちゃん>雪ちゃんの噛み切りだけどーんー」
萩原雪歩 「ごめんね、何だか伊織ちゃんが狩人だってわかってから
伊織ちゃんが妙に愛おしくなっちゃって…♪>伊織ちゃん」
水瀬伊織 「噛めばいいのよ、狂人の●なんて
そっからどうにでも戦えるわ>クマ」
蒼星石 「そしてごめんね、いちゃいちゃするようなキャラじゃなくて…w>女神・GM」
黒川千秋 「ごめんなさい、間違えたわ>上条
カイジー上条のカ行繋がりCPだったわw」
水瀬伊織 「恋人同士の熱い抱擁とか、なかったの?>律子」
高槻やよい 「え、でも上条×クマーは鉄板だって真紅さんが>上条」
クマ 「狩人COされるとちょっと困るクマね>いおりん特攻」
輿水幸子 「そ、そうですよね!ボクのかわいらしさがいけないんですよね!
いやぁカワイイって罪ですね!>真紅さん」
上条当麻 「とまぁそんなことを思いつつ上条さんは落ちるとしよう、ごふっ」
蒼星石 「…どっちも当たりなんだけど>魔理沙
怖いなぁ…」
水瀬伊織 「それは惜しかったわね>まりさ」
秋月GM 「ごふっ・・・恋村GMとしてはこういうのが欲しいのよこういうのが!」
クマ吉 「今回の女神はまともでよかったぜ(フゥ
クマ吉ークマだったら呪うね、マジで!」
C.C. 「いやいや、最初の方私が仕切ってたのに後から丸投げの様な状態ですまないね
まさか勝つとは思ってなかったよ…w>真紅」
上条当麻 「というかなに、なんでそんな誰得CPに俺入ってんの>千秋」
水瀬伊織 「千秋狐で噛まれた可能性も見たのよね
じゃあ雪歩護衛ぶらすわけにいかないじゃない、ってね>やよい」
霧雨魔理沙
                  _,,.. --、
                 ,..::''"´::::::::::::::;::\
         |`'ー‐--<:::::::::::::::::::_;;:: -‐ ''"´ ̄`7
       ,'  、_   `ヽr‐r'"´  _     /
     __/  _,,..>=-‐'─'─-<..,,_     ,!>
     }>''"´::::::::::::_;;;;:::::;;;;;__::::::::::`"'<./
    /::::::::::;;::-‐'"´        `"''ヽ;:::::::::`ヽ.
   ;':::::::::/´ ,' /    i   ! __! イ   i\::::::::::::\
   `ヽ、:!  i  | メ_ ハ   ハ_」,_ ハ   '.,  Y:::::::::::::>
       )ヘハ !/7´ハ' |/ '´i´ハ`Y!   )  ',:::::/
          ,ハレ7! iソ    !___ソ ノ! /    V
       / ,/''"  '      "'' ,レ')ノ   ,ハ     (最初は水瀬伊織特攻予定だったとは言えないのぜ…)
      ノ  ハ、   ー-‐-'  u ノメハ   i  / i
     (   /  レ\      ,. ィメノ  ハ   ノ
     `ヽ!/`ヽ),ノ`'iァ-r   /メノ>-ァ‐-、ヘ(
       '   )へ!_,.イゝ-イ(X)/:::/    \)、
           (/´ ./::レ'iヽ}>く_]/        Y
           /   7::::!_/__」,ハ::::;i       ,ノ
         r!   !::::::::!/:::::レ'::::::ゝ、  _,ゝ-へ
七夜志貴 「と、俺は早めに落ちさせてお貰おうかな、お疲れ様、お仲間もありがとう。じゃあね」
高槻やよい 「●REC」
上条当麻 「ツンデレ……見事なまでのツンデレを俺は見た」
黒川千秋 「いやー、でも上条ークマ吉とかクマ吉ークマCPにしなくてよかったわw
クマ吉ークマCPなら占いを抜ければそこそこ強そうだったのだけどね」
真紅 「あ、雪歩はごめんなさいね。占い初日まで考えてたわ
呪殺までしてくれて本当にありがとう」
クマ 「一応、当たりは引いているクマよ」
水瀬伊織 「もう、キスするなら、言ってからにしなさいよね!>雪歩」
クマ 「初手特攻は別に良いんじゃないかな>狂人」
水瀬伊織 「雪歩、ちょっといきなりなにするのよ・・・」
高槻やよい 「2日目 護衛:雪歩/無残:なし
 占いは3人ね・・・普通なら●出し護衛なんでしょうけど
 ここはちょっと攻めてみるわ!まりさを噛みに来ないと見て
 雪歩を守ってみましょう、にひひっ


魔理沙を守らないにしても、黒川でなく萩原をチョイスした辺りがターニングポイントだったろ
その後に萩原の初手○の俺噛み(萩原護衛をしそうな位置)、んで再チャレンジ
ブレなかった水瀬のおかげだろ」
水瀬伊織 「それにしても、狂人にいきなり●ぶつけられる狐も可愛そうだったわね・・・
幸子、次はいいことあるから頑張りなさいね・・・」
カイジ 「そして腹痛…!圧倒的腹痛…!」
蒼星石 「ボクは素村でまったりしようと思ったら矢が飛んできて死ぬほどびっくりしたよ…
何かすごく生き残れたけど。確定○と凛、女神の保護のおかげだったね、ありがとう」
真紅 「>幸子
幸子さんは可愛いから仕方ないのだわキリッ」
上条当麻 「やめてくれませんか!そういうピンポイントぶち抜きやめてくれませんか!
きっついんだよ!狐渡されるとか想定外なんだよ!>CC」
萩原雪歩 「えへへ。ありがと、伊織ちゃんっ♪(ちゅっ >伊織ちゃん」
喜多見柚 「やったねまりちゃん!>魔理沙=サン」
クマ 「そういう配役を推した理由としては、18狐2の村と、QP村ができるからなんでど、今はちょっとオプションの関連がちょっと妙な事になってる臭いクマ」
黒川千秋 「女神だったからねえ>伊織
こっちとしては真なら吊りきりできるし
偽でも狼が飽和してくれるからどっちでもいい動きをしただけだしね」
真紅 「>C.C.
いやね、むしろ見るところであなたの発言見なかったりでごめんなさいね?
居るだけで心強かったし生存で勝利できて嬉しいわ…w」
萩原雪歩 「…怒り辛党見忘れていたことに今気付きました…>ない夫さん」
水瀬伊織 「雪歩もきっちり仕事したものね、にひひっ」
上条当麻 「まーあれだ、どんまい?
次はいいことあるさきっと>輿水」
クマ吉 「結論 クマ吉-CCのCPED」
C.C. 「◇C.C.(16)「狐2と女神…まぁ面倒臭いな、そこの幻想坊やや腹パン子でも吊れば何かでるんじゃないかとおもうが…」

(どやっ>狐」
輿水幸子 「すみません、SR化して調子にのってすみません・・・(ぶるぶる」
水瀬伊織 「●出し護衛が一般的だから、今日はちょっと目先を変えてみよう
って思ったのよ。いいほうに転んでくれたわ、まったく>やよい」
高槻やよい 「高槻なら今頃、家で水曜どうでしょうを見てるぜ>萩原」
霧雨魔理沙 「上下左右どこに特攻しても役という圧倒的配置っ…!>喜多見柚」
クマ吉 「>上条 笑えばいいと思うよ」
秋月GM 「あ、うん、おめで・・とう?>クマ吉」
萩原雪歩 「私は今回のことで伊織ちゃん大好きになったので
ひとまず私はその要員じゃないですね>クマ吉さん」
クマ 「クマが、確か前に、18を狐2にしてQPオプションを付けたら、狐のどっちかQPにしてくれって頼んだから、その名残で何か変になってる臭いクマよ」
水瀬伊織 「千秋狼で、私に●出して吊りに来ると思ってたもの
まさか女神だとは思わなかったわよ>千秋」
上条当麻 「なん……だと……!?>クマ吉ハーレム」
高槻やよい 「10人中8人くらいは魔理沙を護衛したと思うだろ>クマ
萩原が占い師で水瀬が狩人だったのがツイてなかったな」
七夜志貴 「あ>クマ吉」
真紅 「oh…>輿水狐
見事に当ててくれてたのね……」
C.C. 「ぽんぽんぺいんとかまた可愛い言葉を言うじゃないか
お前だったとはな、頼りにならん相方ですまないよ>真紅」
上条当麻 「むしろ狐渡されて初手輿水落ちた俺はどんな顔すりゃいいんだよ……(遠い目」
萩原雪歩 「やよいちゃん退場したんですねやっぱり>ない夫さん」
水瀬伊織 「んー、どっちにしろ難しいとこね>当麻」
黒川千秋 「ただまあ、あの時私にできるのは
伊織○を伊織●に変えることだけだからねえと
死体なしが見えたのならそうすべきだったのだけどね…」
カイジ 「村に貢献して村勝ちできるって心地いいぜ…!(※貢献してません)」
クマ 「狐2に関しては」
クマ吉 「壮絶な争いだった…そして僕のハーレム村というED」
クマ 「やっぱ、雪ちゃんを初手で噛めるかどうかでしかない気が
あとは、潜伏ででてって信頼勝負なんだけど」
萩原雪歩 「そんな所にもう一人の狐さんが…」
喜多見柚 「まあキツネ吊れたしいいじゃない>魔理沙」
秋月GM 「お疲れ様でした!
不手際で狐2になったけど・・・うん、この件に関してはまた管理人さんと相談してくるわ・・・ごめんなさいっ」
高槻やよい
                 |
              _ 人 _
                `Y´
                 |
        /\
    「r\__} i \          .  / ̄ ̄\
  ___, ∨`ー‐┘ ノム.、         /  「  ヽ \
  | .iヘヽ\ー 、  `ー-ミi  .ヾ\  .  | n(●)(●) |     おめでとうだろ>萩原&水瀬
  Ⅵ `  ̄ ′ 、_,.ノ  〃 ||(:::r、レ!j {  |   |
  \ー―┐     ̄`ヽト彡/ .\ヽ{.{ {'l'レぅ´__   |
    ` ̄ /'  /r―==ト ミ__ _)  .{`^,'/.`ー'´  /
      /{  //    廴_ ヽ   / { ヽ     ノ, --、
      廴_ ノ      /.ノ nト、/ .ノ  _,i''V''ト、ノっ旨
             ┌‐ ´ / }_}_}ハー‐ ´}'′  l   /´    人
                ̄´   _ /ノ   /    l`¨′    `Y´
                 `¨´ 「´       l
              人         \         l
                 `Y´         `iー‐┬―ヘ
                            }   }|   |
                            /´ ̄`八´ ̄l.
                       /  /  ヽ. ヽ
                         ー ´    `ー┘」
輿水幸子 「おつかれさまでした!」
水瀬伊織 「そ、そう・・・それはありがとう>やよい」
真紅

               __
            /r': : :└、
         , ./ r┘: : : : : :乙 
     r‐z- イ(  ' { ' ̄ ヽ 、: : 〕
     に/r'/ // イ」 川 ト、ヾ」
     |i 〈  l::|' ノ_lトリレヽノソ
      li | ヽ l::||.K◯   ○ ||  共有とか渡すんじゃないのだわ
     li | .(6l||ぃ ,-┐ ノ.||
      |i.,!  ヽ|トゝ、ニ.イ .||      ぽんぽんぺいんぇ・・・・
      li |   ,ノ||::、 ◎:`ヽ.||
     .|i |   /:((:::::;i:::}::;;:;:;)((   
    . |i |    ̄))::〈l:::|;;j^  ))
     .|; |  ,ノ::((:ハ:川l:_:ト、 ((
     .| i と'::::::{ミk::|川l,ソ::::ヽ
     ,|ノ   ^^~~~~ヽ^^」
七夜志貴 「おつかれー」
C.C. 「ああうんまぁやっぱりか。
お疲れ様よ…ほう」
上条当麻 「お疲れさまー」
クマ 「んーむ」
萩原雪歩 「お疲れ様ですぅ…」
蒼星石 「お疲れ様だよ」
喜多見柚 「お疲れ様~」
上条当麻 「噛み切りしてもいおりんが狩人COされたら……ってことじゃない?
それならいおりんを強引に吊りないしは噛んで雪歩噛めばとんとんだし>いおりん」
でっていうP 「お疲れ様」
渋谷凛 「お疲れ様でした」
水瀬伊織 「にひひっ、おつかれさまよ」
霧雨魔理沙
   _,,....,,_
-''":::::::::::::`''::..、
ヽ:::::::::::::::::::::::::::`'::.、
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (__
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ
!イ´ ,' | /__,.!/ V  、!__ハ  ,' ,ゝ
`!  !/レi ━━    ━ レ'i  .ノ
,'  ノ   !'"    ______  "' i .レ'     お疲れ様だぜ、狼様すまぬ…すまぬ…
 (  ,ハ u   !______i  人!
,.ヘ,)、  )>,、.,______,. イ  ハ
 (  )',.イ ヽ、__ノ 「ヽ.レ'ヽノ
 ノヽ/  ';::ヽ、/iヽノ::i Y
  ri   !:::::::`ー┘:::! i
  ./ヽー-,イ:::::::::::::::::::::!ンi」
萩原雪歩 「皆さん、本当にありがとうございました。
ここまで生き残れて、遅いながら力になれて、本当によかった」
高槻やよい 「伊達にアイマス初期からやよいの育成をしていないだろ>水瀬
水瀬&高槻のデュオ「ギンザドリル」は俺の数少ないSランクユニットだ」
真紅 「お疲れ様よ」
カイジ 「ククク…お疲れ様だ…」
黒川千秋 「お疲れさまよ」
クマ吉 「お疲れ様」
水瀬伊織 「捕まえ切れるならそれが最高でしょうね>当麻」
ゲーム終了:2012/11/08 (Thu) 00:05:08
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
クマ は投票の結果処刑されました
8 日目 (1 回目)
萩原雪歩0 票投票先 →クマ
クマ吉1 票投票先 →クマ
C.C.0 票投票先 →クマ
クマ4 票投票先 →クマ吉
真紅0 票投票先 →クマ
真紅 「黒川LWがありえるからでギリギリまで迷って
クマ吉で詰めれると思ってね」
C.C. 「と、クマやっぱりか。
それじゃーいんといこうかね」
クマ 「クマ吉吊り>どっちか占わせ>残り吊りで詰められるからじゃない?>クマ吉投票」
クマ吉 「んじゃ、投票するよ」
萩原雪歩 「やよいちゃんも私を信じてくれてありがとう…」
真紅 「うん共有とクマ吉は◯もらい」
クマ吉 「>真紅 なぜ僕に投票したのか?」
萩原雪歩 「伊織ちゃん、本当にありがとう…」
クマ 「それ以降は、まあ蛇足」
萩原雪歩 「じゃあクマさんを…」
真紅 「えー、クマ吊って終わりかしら」
萩原雪歩 「日付…あれ?」
クマ 「初手でユキちゃん噛めるか噛めないかって言う村だったクマよ」
萩原雪歩 「クマ吉さんは○でした…あれ?」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水瀬伊織さんの遺言                    ___
             _,. . _:´ -―――――`-、
          ,. :´,.ィ:´: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
        ,. :´/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
        ,. ´: :._{: : : : : : : : : : :__: : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: _/ ∧: : : : : :,..:::´:::::::/  ̄ ̄ `ヽ、: : : : :、: : : : :.
.     /: :|///7: : ':,: : : : :\ィ/          \: : : ',: : : : :.
    /: : :l///: : : : :\, ´ ̄           ´ ̄ \: :.',: : : : .
    |: : : }77!: : : : :./    __            \l: : : : l
    i: : ///ハ: : : :/    /               __   |: : : : i
    !: : :7--r: : :/ィ  /            ,ィ斥ヽ, !: : : : {
     {: : : :.|/{: : : : {  /                 {」刈   |: : : : :!
     !: : : {/ハ: : : :|    ,..ィチ、 ̄      ∨ソ   i: : : : :|
     ',: : :.∨∧:.:.:.N!   ィ叭」:::㍉             {: : : : |
      |: : : :∨∧: : :{.   {、_弋z)ソ       `      ∨: : :.
      |: : : : :.\/!、:_:、                        八イ: {
      |: : : : : : : :T _ `'                 ノ     /: : :|: :|
      |: : : : : : :.八´ `           ̄      ,. ' : : : |: :|
      ;: : : : : :l: : : :`丶、__,ハ、__              /: : : : : :|: :|
.    /: : : : : :j: : : : : : : : : : :|: : } ─    _/: i : : : : : :{: :{
    /: : : : :_: :l: : : : : : : : : : :.;: /_       /:_: : : |: : : : : :.|: :|
.   /: : :///\: : : : : : : : :.:./イ//`ヽ、   ///∧: !: : : : : :.!: ::.
  /: : ://////∧ ̄ ̄ ̄∨////////   {////l`|: : : : : :.|: : :.
  ,: : ////////∧    ∨///////{   ///// |: : :_:_: :.l、: : !
 ,: : {////   ̄ ヽ∧     ∨///////\/////l  |:{´  `ヽ}: :l
./: : ////       }/∧     \/////// \///{  j:l  {`ヽ_ノr-、
水瀬伊織 は無残な姿で発見されました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
黒川千秋 は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
萩原雪歩1 票投票先 →黒川千秋
水瀬伊織1 票投票先 →黒川千秋
クマ吉1 票投票先 →黒川千秋
C.C.0 票投票先 →黒川千秋
黒川千秋4 票投票先 →水瀬伊織
クマ0 票投票先 →萩原雪歩
真紅0 票投票先 →クマ吉
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
黒川千秋 「どっちかっていうと
両偽路線に持って行ったほうが良かったのにねえと」
水瀬伊織 「じゃあいいわ、千秋からで
って、何か罠っぽい気がするのは気のせいかしら?」
クマ 「恋人が見えない以上、こうする以外、ほぼ勝ち目ないよ>千秋」
水瀬伊織 「って、千秋はQPCOしてたのね」
萩原雪歩 「というより、あの発言はそういう意味だったんだね…
ありがとう、伊織ちゃんっ♪」
クマ 「詰めの手段は思いつくけどどうでも良いクマよ」
黒川千秋 「ぶっちゃけあれよ
クマは出てこなかったほうが良かったわね
というかなんで共有噛まなかったし」
C.C. 「おや、女神CO。

んー?COあるなら千秋吊っていいんじゃないか
正直騙りもわんちゃんと一瞬思った>真紅」
水瀬伊織 「千秋からだと、いきなり終わる可能性があるわよ?>雪歩」
水瀬伊織 「3択、難しいわね
どうするの?」
萩原雪歩 「そうですね、私は黒川さんからでお願いしたいです」
真紅 「とりあえず狩人は雪歩護衛で」
クマ吉 「女神COね。なら魔理沙狂人の雪歩は大体真であり、
上条狐であることまで確定。」
黒川千秋 「雪歩は噛まれないのなら
狼だと思ったんだけどねえと」
クマ 「巻いて行くクマよ」
水瀬伊織 「3吊りキッチリだけど
手順次第で狐が勝つパターンね>真紅」
C.C. 「狼だろうねぇ>真紅

上条銃殺
クマと千秋吊っていいんじゃないか」
クマ 「違うんなら、女神か
青の子も囲ってるし女神よ」
水瀬伊織 「○の出し方と噛みを考えたら、千秋が8割方狼だと思うわよ>真紅」
黒川千秋 「私は渋谷凛と蒼星石を繋いだQPよ
今日は渋谷凛が噛まれていると」
真紅 「ん、詰みなの?」
真紅 「黒川吊って強気で行くか
それともギリギリまで見て他を釣るか?どうする>CC」
萩原雪歩 「狐さん二人いますからね…>クマさん」
水瀬伊織 「クマ吉⇒クマ⇒千秋の順番でいいのかしら?」
クマ吉 「とにかく共有を信じられるのはいいことだね。」
萩原雪歩 「…はぁ、凄い狐さんでしたぁ…」
クマ 「どうみても、占い方が狐だとおもってたけど」
クマ吉 「恋人が死んだねぇ…どっちが相方なのか分からないけど。」
黒川千秋 「まあ、素直に噛んでおけばよかったのにねえと」
水瀬伊織 「それじゃキッチリ詰めきって終わりましょうか」
クマ 「あれ?千秋ちゃん狐じゃなかったクマ?」
C.C. 「7、おやおやこれは悲しいねぇ。>○が消える

おはよう」
真紅 「んー、黒川は狐か狼か」
萩原雪歩 「理由:まず私はクマさんを騙りと見ました
   意見の濃い、残った2人の灰の人から1人を。」
水瀬伊織 「へえ・・・死体3つが並んだわね~」
黒川千秋 「あーごめんこれは無理だわw」
クマ 「盛大に死んだー!
あ、真紅ちゃん護衛してましたですよ」
クマ吉 「黒川千秋(65)「ちょっと!そこ吊るのなら、水瀬を吊ったほうがいいわよ?」
黒川真なら水瀬伊織は狂QPのどっちかと言うことになる。
なぜなら黒川は護衛されていないという理由で自分の○から狩人が出ていると考えていないから。
ここでまとめると、黒川真であるなら雪歩は狼になる。
(魔理沙の霊能結果○から狂QPであることが明白なので)
…信用下がるひとことだったよなぁ」
C.C. 「ああ、力合わせてもらうよ>真紅」
黒川千秋 「占いCO クマ吉は○」
萩原雪歩 「占いCO
上条さんは○でした」
水瀬伊織 「6日目 護衛:雪歩/無残:
 私に○だったのは、もったいなかったわね、千秋
 噛まれると思うけどいちおう、雪歩護衛継続よ、にひひっ♪
真紅 「呪殺と恋人かしらねぇ」
クマ 「昨日、伊織が千秋ちゃんの○になってたクマね
んじゃ、そこは女神か狂で、放置。他吊って狼全滅目指した方が良いクマ
素村恋人だったら片割れを吊る方針で」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
渋谷凛さんの遺言               /:::,..::-:::_::::::::::::::::::、::`ヽ、
              /:::/:::::/::::::::::::::::::}::::ヽ:::::::ヽ
            '::::::/:::::::/::::::::::::/ :::::: |:::::::∨::::::::..
           /:::::/:::::::/::::,::::: ∧::::::::::|マ:::i:::,::::::,:::::.
          , :: /:::::::/:::::/:/:/ }::::,:::::} i::::|!::,:::::::,:::::.
            /:: /::::::: {:::::/:/:/  ':::/:::,' |:::}|: |:::::::,::::::
         /::::: |::::::::::|-/-{/、 /::/:::/_}/ |: |:::::::|:::::|
          /::: /::!::::::::ィ__ /イ/     j/|:::::::|:::::|
         ,'::: /::::|::::::::::| 弋zソ`   ,.ィtztォァ  |:::::::|:::::{:.
       /:::::,':::::::|::::::::::|         ゞ-゚'   /|:::::::|:::::|::}
        / ::::::::::::: |::::::::::|      ,       .イ_,|:::::::|:::::|!:|
     /:::::::: | ::::: |::::::::::|:、           ,..::::::: |:::::::|:::::|l:}
      /::::::::::::| ::::: |::::::::::|:::_ト  ´`   ィ::::|::::::::::|:::::::|:::::Ⅳ
    /::: ,:::::::: |::::::: l:::::::: l'´ |  ` - ´  | ̄\:::/:::::::,::::: |:{
.   /::::: |::::::::::|:::::::∧:::::::| __|      |、  ,イ:::::::/:::::: |::::.
   ' :::::: |::::::::::|:::::/ }::::: |- '       .ーヽ {:::::::{::::::::::|::::::.
  /:::::::::: !::::::::,.ィ/   |::::::|          }  |:::::::ト 、:: |::::::::.
  l:::::::::::,.ィニニ{_,...イ|::::::|、 ̄ `ヽ  イ ̄/ ,.|:::::::|_、ニ`ヽ、:::.
  {::::::::/ニニニニニ{ll|::::::|__\     ..イ / |:::: リニニニニ}::::.

11人め支援のつもりだったのに埋まってた……
上条当麻さんの遺言
                       ヘ(^o^)ヘ Fine.
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ So you think you can do whatever you want?
                /(  )    
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  For starters, I'll obliterate your fuckin' illusion.
七夜志貴さんの遺言                ,    ,.イ ____
           /:.  /::://::::::::::::/-‐:.、
             {::::Ⅴ::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::ヽ\
         __∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、
           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐
        ‐=彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
          `,>:::::::::::::/:::::::::::ト、:::::::::::::l:::::::::::::::::::::ヘ   じゃあね
           {:::::::::::::::ハ::ト、::ヘ \:::l`┼、‐l:::::::::::::::::\
         lハ:::::ヽl二ヽ.、ヽ:ヘ´,代心`ァ:l::::::::::::::{⌒ヽ
              ';::ハ::代j) `,  \  `¨´ ' l:::,ー、::::l
             ヽi >   、          |/  }Ⅳ
             ゝ',   ____    ,__,,人
              \  ` ー‐ ´  . イ::/
                     ` 、    <  l:;'
          ,,.....,,   _l__二___l'__
      >,/´/////>,,、|'/////////////|_
.      /´////////////∧> 、////////,ノ//l___
.      l'//////////////ハ'///////○/////////`,ー  、
      l////////////////`ハ'////////////////∧'///ハ
.     l'/////////////////,∧'////////////////,l/////,
蒼星石さんの遺言       /,                      ,、..-―‐―‐- 、
      /,   ' /    /   /!l |          Zニ=ー――-、;;;
.     // / /   /__∠. 斗‐ | l、  | l      \ミミ.  /
    /イ /| ′ ///二ヽ!  | | \ | |  ,|     ヾ... /
     | / l| l/ ,イ:'〈 f!ハ '|l l! !__ メ、'  / !  .:l:    !
     l'′l| l //::,′ |l:::}   l l|´ ,二ヽ \/ /  .:;'::::::::  ,|
     {   | 'l..:/:::,'  、ゝ'′   l | 〃「「`ヽ/ X  .:::/:::::::::::::::` !
         ! l:::l::{ "" `     l|   | !::::::i}/  .::/::::::::::::::::::::,′
.          l |:ハ   !       ゝtzノ'   .:/:::::::::::::::::::;/
         l|::∧  _     """ `ー/  .:/:::::/::::::::〃    は、恥ずかしいから見ないで欲しいな…
          |:':/::>、 ヽ __  - ´::::::;::::::'::::::/::::::://
          }/l:/  ヽ.__/ ̄ ー=<彡::;:::イ/::::::://
          / /′ /イ/       イ::/:/::;:イ '
            ′   .イ          l//:/::ハ ヽ
      /⌒ー‐、 //            ! / イ    i
      / __/ ,.-イ /             lヘ       {
    }/´⌒Y   /             l ,      ヽ
.    {     | / ..:/        i;  l ',     \
上条当麻 は無残な姿で発見されました
渋谷凛 は無残な姿で発見されました
蒼星石 は恋人の後を追い自殺しました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
七夜志貴 は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
萩原雪歩1 票投票先 →七夜志貴
水瀬伊織2 票投票先 →七夜志貴
クマ吉0 票投票先 →七夜志貴
上条当麻0 票投票先 →七夜志貴
渋谷凛0 票投票先 →七夜志貴
蒼星石0 票投票先 →七夜志貴
C.C.0 票投票先 →七夜志貴
黒川千秋0 票投票先 →水瀬伊織
クマ0 票投票先 →水瀬伊織
真紅0 票投票先 →七夜志貴
七夜志貴8 票投票先 →萩原雪歩
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
クマ吉 「黒川真は割と見てたので困ると言えば困る」
C.C. 「お前の○じゃないか>千秋」
上条当麻 「あれ、二重○じゃないっけ水瀬伊織って」
クマ 「あれ?クマメモミスってる?」
水瀬伊織 「ありえないわね
アンタの○よ、私>千秋」
真紅 「あ、ごめん読んでなくていってしまったわ>CC」
クマ吉 「共有の指示なら仕方ないけど…」
上条当麻 「しかしこうなると七夜吊りがベター?
じゃないのか?狩人は放置しててもなんか良い感じで死ぬかもしれないし。
俺たちから手をだす意味があるのかこれ」
C.C. 「ならいこうか。」
黒川千秋 「ちょっと!そこ吊るのなら
水瀬を吊ったほうがいいわよ?」
萩原雪歩 「よかった。
じゃあ七夜さん吊りましょう。」
渋谷凛 「伊織が偽はほぼないでしょ。
逆に伊織偽想定なら占いロラしてから考える。

こんな感じ?」
クマ 「雪ちゃんーいおりんで狼デショ、この形
ので、そこは占わないでいい
他優先してくれてかまわんですよ」
水瀬伊織 「七夜吊ってから考えてもいいんじゃないの?」
蒼星石 「クマがグレー、伊織は一応ほぼ確○…だね」
七夜志貴 「ふむ、つまりちょっとまて整理する。ってクマ吉が言ってくれたな」
黒川千秋 「残念ながらもう占っているのよ…>クマ」
C.C. 「ん?対抗か。

ならどっちかだな、さてどーする?>真紅」
真紅 「七夜釣りで」
上条当麻 「両狩人視点でGJ対象が違うあたり
なんか信用勝負くせーわー超くせーわーと思いましたまる。」
クマ 「いおりん占わなくていいから>千秋ちゃん」
渋谷凛 「クマと志貴ロラでいいじゃない。」
クマ吉 「うーん、狩人2COで日記は真逆だね
クマは黒川真で見てて、水瀬は雪歩真で見てる」
真紅 「伊織は雪歩で死体なし
そこでGJか狐かはっと」
上条当麻 「確定○から狩人COとは……しかもこれ色々人外多いので
本気でわけがわからない。」
萩原雪歩 「伊織ちゃんが…狩人さん?
それなら私はそっちを信じたいと思うな、占った先だし」
水瀬伊織 「いいんじゃない?これで二極化できたじゃないの」
クマ 「多分そういう事クマ>千秋
真狂女神とかだったら、スライドすると思いますけん


クマ視点だと、真狂女神で、千秋ちゃん漂白噛みして、そのうえでユキちゃん放置しか、雪ちゃん真ないクマ」
C.C. 「七夜が喜多見投票でその前クマ吉投票なわけだが
この●吊るかね、狩人出たしいっそ雪切るか…にはどうだかという感もする>真紅」
真紅 「ふむー。>伊織」
黒川千秋 「へえ、そう出ると
やっちゃったわね。QPか狂人を囲ってしまったと」
七夜志貴 「とりあえず俺が雪歩ちゃんに関して発言した
その次の日に●をぶつけてくれた雪歩ちゃんの
偽さは言っておくとして」
渋谷凛 「ん? だからどっちの占い視点でも●を潰していけばいいじゃん。>蒼星石

千秋で死体なしって、それGJ証明できるの?」
蒼星石 「…伊織も出てきて、こっちは雪歩GJ主張…だね」
萩原雪歩 「って。」
萩原雪歩 「取り敢えず少しはお仕事が出来たみたいですけど
呪殺がまだなんですよね私…」
クマ吉 「対抗いないのかい?」
上条当麻 「ちょwwwwwまwwwww」
水瀬伊織 「<伊織ちゃんの狩人日記>
 
1日目 護衛:なし/無残:律子
 にひひっ♪伊織ちゃんが狩人になったわよ
 狼なんて私が退治しちゃうんだからね
 ま、初日は守れないし、のんびり紅茶でも飲んでましょうか
 
2日目 護衛:雪歩/無残:なし
 占いは3人ね・・・普通なら●出し護衛なんでしょうけど
 ここはちょっと攻めてみるわ!まりさを噛みに来ないと見て
 雪歩を守ってみましょう、にひひっ
 
3日目 護衛:雪歩/無残:やよい
 へぇ…昨日は死体ナシだけど、どこ噛んだのかしらね
 狐も占いに出てる可能性もいちおうだけどあるのよねえ
 となると、カイジ噛みもあるかもだけど、そこは噛まれ真でいいわよね
 それじゃ引き続き、雪歩を護衛っと

4日目 護衛:雪歩/無残:なし
 やよいがこんなに早くいなくなるなんて…
 悲しいけどやよいの分も頑張らないとね
 やよいが噛まれるなら、普通に千秋が狼でいいと思うのだけど
 
5日目 護衛:雪歩/無残:
 また死体ナシ?今度は狐でも噛んだかしら?
 さて、私に○が来たわね・・・こうなると千秋から○もらって噛まれるか
 それとも●が飛んでくるか、ね。●ならCOできるけど・・・」
真紅 「七夜or他の指定いるかしら?」
上条当麻 「まぁ遺言残せない仕様上COするのは問題無いと思いつつ了解。
そっち護衛のときに両方死体がないと……。
じゃあどうすんだ?雪歩の●吊りする意味あるのか?」
水瀬伊織 「あ、じゃあ出るわ
狩人CO」
クマ吉 「クマが狩人CO?
信じるなら占い師(黒川)でGJ?」
蒼星石 「その●が千秋ちゃんの○だからだよ>凛」
黒川千秋 「まあ、そう出てくるのなら
雪歩が狼ってことよね」
水瀬伊織 「へ~、クマ狩人ねぇ・・・
千秋護衛主張?」
クマ 「なもんで、千秋ちゃん真じゃないかとおもいますばってん
昨日言った、狐噛み+狼護衛とかはないデショ」
七夜志貴 「……雪歩ちゃんが俺に●、偽か」
蒼星石 「狩人把握だよ…どっちも千秋ちゃん護衛時、ね」
萩原雪歩 「クマさんが狩人なら灰が狭まっていいんですが…」
渋谷凛 「え? なんで今日出るの。●つりだろうから潜ってていいじゃない」
真紅 「両方千秋ね、了解よ>クマ」
水瀬伊織 「オッケー、わかったわ>七夜」
上条当麻 「……霊能が噛まれたのはいいんだけどさ。
むしろ七夜志貴をグレーから除外していたことに今更気づいた上条さんです。
あれ、ヌルゲーじゃないの?え、ちょ、ま、えっ?」
クマ吉 「霊能抜いてくるの?それなら昨日は共有か○でGJだったんじゃね?
まぁこれで霊能CPは否定で来て魔理沙は偽物だって判明したわけだが」
黒川千秋 「あらまあ、うれしいと>クマさん狩人私護衛」
クマ 「狩人COするクマよ
死体無しが出た時はどっちも千秋ちゃん護衛ですばってん」
真紅 「あー、クマ狩人なのね…ふむ」
七夜志貴 「いや、真狂狼が本線ってわけじゃなくて、QP、狐、狂人、とりあえずこの三者が魔理沙
であり、魔理沙吊り、どこかどう騙っていようとこのどれかが減ったってことだね。>伊織」
萩原雪歩 「残った人の中で意見が無難に感じました
あと黒川さんが初手囲いをしていたらそれを調べることにもなりますし」
水瀬伊織 「千秋はそういう路線なのね」
蒼星石 「…カイジが噛まれた。霊能…」
上条当麻 「なんかもう占い真混じりならほぼヌルゲーの気がしてきた。
恋占いで潜伏で狂狼QPとか狂狐狼とかあるなら知らん。
恋人のこともあるしそうそう勝ち確定とは言わんが
なんとでもなる範囲内じゃないかこれ?」
クマ 「狩人日記


2日目 護衛先 千秋ちゃん 襲撃先 死体無し
魔理沙を護衛する気が何か起きないクマよ
人外村でやたらと気楽すぎるクマ

◇黒川千秋(97) 「あ。どうせなら共有には出てきてもらったほうが良かった…」
共有占いの心配をしているこっちの方がまだ真と思うクマ
ので、今日は千秋ちゃん護衛よ

3日目 護衛先 雪ちゃん 襲撃先 やよいちゃん
んー、これは素直にGJであると考えた方が良いと思うクマよ
そしてだ。これ、真狂女神とかもあるクマよ
千秋ちゃんGJだったら、多分連続では噛みにくいクマ
ので、今日だけ雪ちゃん護衛とかしてみるよー


4日目 護衛先 千秋ちゃん 襲撃先 死体無し
ゆきちゃん噛みで、銃殺とかあるクマ?
んー、微妙だけど今日は千秋ちゃん護衛に戻すとよ
雪ちゃん護衛は、シャレの範疇でもありますけん

5日目 護衛先 千秋ちゃん 襲撃先
これ、もうでた方がいいんじゃない?
グレー的に相当狭いし、情報を村にだすのが良いと思うクマ」
真紅 「おはよう、さて今日はどうなってるかしら」
七夜志貴 「吾(われ)は面影糸を巣と張る蜘蛛。―――ようこそ、この素晴らしき惨殺空間へ」
黒川千秋 「理由
雪歩が狼で恋人ならここらへんで囲うかしら?
まあ、そうなったのなら占ってみて○なら噛まれないで疑えばいいし
●なら囲ってと見ていいと。なら占って損はない。
私は占い方針を変えないわよ?」
渋谷凛 「さて。◎もらったししばらくは発言控えるね。共有いるし。
クマ 上条 蒼星石 真紅

初日幸子にCO聞いたのがこの4人。真紅は共有。蒼星石は○だから除外。
COの役職は霊能か狩人だけ。
つまりはどっちも自発的にCOするんじゃない?
でっていうが言ってたけど、渋った時点で吊りかなって。
そうしたらグレーを見るんじゃない?

だから貴方を役目で見てる。だから吊るか占って欲しいのだけど。>上条」
上条当麻 「村に人狼がいるなんて……不幸だー!
役職はCOしてくれ!」
萩原雪歩 「占いCOです
七夜さんは●」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう♪」
クマ吉 「確定○でも必ずしも盲信してはいけないのが恋人村の恐ろしさ
いままでのところ恋人の後追いが出てない、狼吊れてないのが現実
そして残る吊り数は5吊り…狼に恋人でもいないとヤバくね?」
蒼星石 「ん、おはようだよ…
今日辺り銃殺でも出ないかな…?」
黒川千秋 「占いCOよ 水瀬伊織は○」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
カイジさんの遺言 .        | llllllllllllllllllllllllllllllj  丿lllllllllllllllll_lllllllllllll
      | :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(   (;;;;;;;;;;;;;;;;:::://v::;;;;;:::
       | ;:::::::::::::::::::::::::::::::)  ):::::::::::::/:::::::::::::::::::
        | ,:::::::::::::::::::::_;:::::::::ゝ )::::::/:::::::::::::::::::::::::
.      | ,::::::::U:::::::::::::)::::: ) )/ U ::::::::::::::::::::
.       | ,::::::::::::::::/::   (./)     ::::::::::::::::     くそっ…!くそっ…!くそっ…!
..     | ,::::v:::::::/l     /( j      ::::::::::::::::
      | ,::::::::/ .丿  /ヽ ∪  ,ヘ   :::::::::::::::       志半ばで果てる死なんて…!
       | ::::/   ̄ ̄   \_/  |   :::::::::::::::::     
       し'´          `´.   |  :::::::::::::::::::::      だれにもうかばれねえ…!
                  ∪    | ::::U::::::::::::::::::
                      |::::::::::::::::::::::::::/
.                      |:::::::::::u::::::::/
                       |::::::::::::::::::/
.                       |::::::::::::::
                       \_ノ
カイジ は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
喜多見柚 は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
喜多見柚7 票投票先 →上条当麻
萩原雪歩0 票投票先 →喜多見柚
カイジ0 票投票先 →喜多見柚
水瀬伊織0 票投票先 →喜多見柚
クマ吉2 票投票先 →喜多見柚
上条当麻3 票投票先 →喜多見柚
渋谷凛0 票投票先 →上条当麻
蒼星石0 票投票先 →クマ吉
C.C.0 票投票先 →喜多見柚
黒川千秋0 票投票先 →クマ
クマ1 票投票先 →クマ吉
真紅0 票投票先 →上条当麻
七夜志貴0 票投票先 →喜多見柚
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
黒川千秋 「私は、私の考えに従ってあなたの○を占っている>雪歩
あなたが何もしないのならこのままってことよ」
七夜志貴 「ぶっちゃけ発言云々だと雪歩ちゃんちょっと怪しいんだけど占い先はいいんだよなー。
んー」
C.C. 「はいっと、まぁグレラン」
上条当麻 「噛まれ狐って判別つかないぞ今回。
どういう理由で俺をそういう疑いするのかは謎だが>渋谷凛」
水瀬伊織 「真狂狼が本線ってことよね>七夜」
クマ吉 「でまー、グレランだろうけど
そろそろ指定も考えてほしい気もするね。
霊能結果が正しいなら3Wは生存してるのは確実だから」
カイジ 「死体なし→狐噛み
誤字は危険だ…!」
C.C. 「もう5日目でグレラン発生してない時にお前のような者を占うとなぁ…と
まぁ朝思いついたんだが、浮ついてるという感じはちょっとかね>伊織」
萩原雪歩 「普通に見て占ってるだけなんですけどね…>黒川さん」
蒼星石 「…あぁ、狩人にGJ表記ないんだっけ…遺言なしだけでも面倒なのにね…」
上条当麻 「狐噛みっていっても……○噛みばっかりしてきたわけだし
まぁそれ逆手に取って渋谷凛GJとかもあるのかもしれんが。
だとしたら狩人うめぇでいいよね」
カイジ 「ならば、初日にGJだと仮定するなら今日は死体なし濃厚かな」
七夜志貴 「ふー、とりあえず、だ。昨日なんかスルーしちゃったけど
魔理沙は狼じゃない。それは確定。
で、どれがあり得るかーって言ったら、まあ純粋に狼が占いにいるんじゃないか
とは思うが、魔理沙○的に」
水瀬伊織 「それは片腹痛いわね>クマ」
渋谷凛 「ふぅん。私も貴方かでっていうが噛まれた狐って考えてる。
だから占って欲しかったのだけど。>上条」
喜多見柚 「まーこれは狩人さん待つしかないかな~でもやっぱり狐は怖いよね~」
クマ 「クマは真が●引いたときには、狩人探すよりかは逆信頼勝負の方がいいじゃん(いいじゃん)って思っているのが有るクマ>渋谷凛」
真紅 「少し見たけど指定の声もなしわ
グレランで行きましょう>CC」
萩原雪歩 「伊織ちゃんは私から見て○で生きてるから
恋人疑いじゃない限りは吊って欲しくないです…」
黒川千秋 「あなたが囲いをしてくれないのなら
ずっと○しかでないことになるけどね>雪歩
まあ、私視点あなたが狂狼QPわからないから
必ず囲いしてくるわけじゃないっていうのはわかっているけど」
水瀬伊織 「なんというか、狼から
○を増やしたくない匂いがプンプンするわね>雪歩」
カイジ 「あ…そうか。死体なしでGJでないの忘れてた…」
上条当麻 「ぶっちゃけていおう。ない(多分>渋谷凛
俺なら怖すぎる」
クマ 「逆に、狐噛み+狼護衛とかだったらあれなんだけどクマ
護衛成功表記がでーへんからね」
C.C. 「んー、私としてはここで伊織吊りもありかなと思ってたからな。
グレランでいいか…真紅が誰か吊りたいというのならそれを推せばいいさ>真紅」
萩原雪歩 「はい。どうしても気になってた1人で…>CCさん」
渋谷凛 「QPだったとかじゃない限りはもう大丈夫かと思うわ
千秋視点魔理沙は狂人? 一応覚えておこうかな。」
上条当麻 「まー狐噛みの方がありえるかもだけど渋谷凛あたりがーとか言おうと思ったけど
二重○だし放置でいいんじゃないですかね。というかマジでどこ狙ったのやらこれ。
霊能とか噛みで信用でもしたかったのか……?」
クマ吉 「昨日のが呪殺で、一昨日の死体なしがやよい噛みだった
という前提で考えると、共有もしくは蒼星石でGJもあると思うんだ。
それは灰を狭めるわけにはいかないから」
蒼星石 「最初のと、今回のとでGJと狐噛み1回ずつな気がするよ…」
水瀬伊織 「雪歩から見て、私が浮ついてる感じがしたんじゃないの?>CC」
七夜志貴 「死体なしねえ……どこだろうなあ。とは思うが。まあ狩人日記待ち?
前回も含めてGJだったらいいなあとは思うけども。
あ、わからないんだった」
渋谷凛 「魔理沙真なら2Wで霊能とか潜伏占いやるかな?
まぁ、いいか。ありがとう。>クマ」
萩原雪歩 「黒川さんは交換占いしてくれてることになるのかな…?」
水瀬伊織 「まあ、あるとすれば今日が狐噛みかもしれないけどね」
C.C. 「ほう、13か。
それでどちらか真なら凛は○と。
…それで伊織占うかね。」
カイジ 「死体なしはいいことだろう…ただしGJであるならという条件がつくが…!
違う狐噛みなら割とまずい。」
黒川千秋 「これで凛と蒼星石はほぼ村と
QPだったとかじゃない限りはもう大丈夫かと思うわ
それに万が一QPでも噛まれるし恋人なら以下同文ってね」
クマ 「千秋ちゃんは、狂人はありませんよっていう占い方クマ
狩人がそこ護衛で死体無し、ようするにGJ臭かったらそこ真で良いと思うクマ
囲いを全く作らない真狼の占い方で、GJでたんだったら真クマ」
渋谷凛 「え? 昨日やよい死体から今日役職噛むと思う?>上条」
上条当麻 「こう、仮に初手で占いあたりでGJもらって、狩人候補削って(といってもでっていうとやよいくらいだが)
もう一回占いチャレンジ……はない、よなぁ?」
水瀬伊織 「どっちかが狐噛みってのは、まああるかもしれないわね>蒼星石」
真紅 「ふむ、ではどうする?>CC
グレランで行く、指定する?一応全員にも聞いておくわ」
喜多見柚 「ん~これだと狐噛んだ感じかなぁ?どうだろう?」
水瀬伊織 「でっていう吊りは、ちょっと攻めすぎたかしら?>当麻」
渋谷凛 「魔理沙真の可能性を今更考える必要があるのかっていう>りん

私が言ってるのは二日目の状況。
魔理沙が真なら狼はグレーを噛む。それで狐にあたって死体なし。
そう考えるのが普通じゃない? それをさも占いでGJって魔理沙偽見えてましたって発言にしか見えない。

ってことが言いたかった。吊ったけど。>でっていう

私個人はここからは二人のグレー詰めでいい。
灰に恋と狐がいるなら勝手に死んでいく。
○に恋と狐がいるなら噛みと対抗占いで死んでいく。
問題はどこでそれを切り替えるか。
共有噛まないし、狐狩り探しが本命の信用勝負。

一応置いておいた朝一はこんな感じ。」
蒼星石 「えっと…なんだろう、GJと狐噛み…?GJ2連続ってあるのかな…」
萩原雪歩 「今回の死体無しはなんでしょう…」
上条当麻 「とか書いていたら死体なしかよ!
またかよ!……えーと、マジでどうなってんだこれ?
役職チャレンジでもいったのか?」
黒川千秋 「また死体なしと
へえ、と言った感じね」
萩原雪歩 「理由:灰の人達から、最終日まで残すべきかなと思った人や
   目をつけてた人以外で視点の外にいたなぁと思って。」
水瀬伊織 「そして凛に2個目の○ね、おめでとう♪」
クマ吉 「また死体なし?ちょっとこれは予想できない結果なんだが」
カイジ 「昨日は占い先確認ミスだ…!
メンゴ…圧倒的メンゴ…!」
クマ 「あ、まだ増えてないか
恋人で減るんだったクマ」
上条当麻 「あと○投票している奴がいたので殴ろうかと思ったら霊能だった終わり。
喜多見柚とか吊っておいた方が事故らないんじゃないのかなって
思ってるんだけどどうなんですかねこれ。」
七夜志貴 「ほう>また死体なし」
黒川千秋 「理由
確定○を作ることを続行するわ
やよい占いの時も言ったけどこれが一番
恋人対策にもいいし、私が噛まれない限り
狼は苦しいはずよ。渋谷凛は狩人には見えないし
占っても大丈夫だとは思う。」
水瀬伊織 「へえ・・・また死体ナシ?」
渋谷凛 「死体なしと。」
上条当麻 「でっていうがものすごい勢いで銃殺GJ主張してたので
なんか狩人とかあるのかどうかもわからん(天啓封印だから)
ので放置してたら吊れてて吹いた。」
喜多見柚 「おはよ~…また死体なし?」
クマ吉 「占い狐混じりにちょっと疑問が沸いたんだけど
17人村で狼が騙りに出るのは狼が3人いるからであって
狼が2人しかいないときの構成なら騙りに出るのは少ないよね。
狐も同様に言えるんじゃないかな。
喜多見柚(72)「ん~やっぱり占いはキツネ交じりっぽいんだよな~」
だからこそ、こういえる彼女の発言って、どうしてそう思ったのか
というバックボーンが薄いから首をかしげたくなるわけだよ」
クマ 「おう、吊りが増えたクマよ」
黒川千秋 「占いCOよ 渋谷凛は○」
蒼星石 「…また死体がないよ」
真紅 「おはようっと死体なしね」
七夜志貴 「救われないな、俺も、お前も」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう♪」
カイジ 「霊能で一稼ぎだ…! でっていうは○…!」
萩原雪歩 「おはようございます
占いCO 伊織ちゃん○」
上条当麻 「村に人狼がいるなんて……不幸だー!
役職はCOしてくれ!」
蒼星石 「おはよう…圧倒的なでっていう人気…
あと、夜考えていたけどやっぱりオーソドックスに考えるよ…
あんまりレアケース考えすぎるとダメになりやすいし…ね」
クマ 「魔理沙真でも、狩人探しとかしてないで、潜伏占いにでて信頼勝負とか、霊能にでてみるとかが普通だと思ってるクマよ>渋谷凛
ただ、その路線だったら、灰噛みで狐にあたった事は有るかもしれんクマ
そこは、クマの考えが足りんかったですよ」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
でっていうPさんの遺言      /フYヽ
 o ゚ ゚o/( o)(o )ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \   ほんとは最終日まで生きたいんだお…
  | ,-)___(-、|
  | l    `⌒´  l |
   \       /

     /´Y`ヽ
 o ゚ ゚o/(/)(\)ヽo゚ ゚ o
   / ⌒`´⌒ \   でも皆は吊られろって言うんだお…
  | ,-)___(-、|
  | l    `⌒´  l |
   \       /

     /ニYニヽ
    /( ゚ )( ゚ )ヽ
   /::::⌒`´⌒::::\   でっていうwwwwwwww
  | ,-)___(-、|
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
でっていうP は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
喜多見柚3 票投票先 →でっていうP
萩原雪歩0 票投票先 →でっていうP
カイジ0 票投票先 →渋谷凛
水瀬伊織0 票投票先 →でっていうP
クマ吉3 票投票先 →喜多見柚
上条当麻0 票投票先 →喜多見柚
渋谷凛1 票投票先 →でっていうP
蒼星石0 票投票先 →クマ吉
C.C.0 票投票先 →喜多見柚
でっていうP7 票投票先 →クマ吉
黒川千秋0 票投票先 →でっていうP
クマ0 票投票先 →でっていうP
真紅0 票投票先 →でっていうP
七夜志貴0 票投票先 →クマ吉
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
萩原雪歩 「呪殺GJの考えを出した人はちょっと狼さんの作戦かなぁとか
思ったりもしてます…」
でっていうP 「魔理沙真の可能性を今更考える必要があるのかっていう>凛」
蒼星石 「占いに狐なら結構チャレンジャーだね…って思ったけど狐2だから無いとは言えないのか
まぁ…あまり考えすぎるとあれかな」
水瀬伊織 「チャンスをつかみなさい!>雪歩」
クマ 「初日●で狩人探すってマレよ?>渋谷凛」
C.C. 「別にここで占い先が死んでる…!銃殺GJだ!とはならんよ

占い2連続噛みして狩人がGJGJとはないだろうからな。
狩人探して灰狐噛みましたーもなんだかだしそれならせめて私達を噛んだ方がいいさ。」
クマ吉 「もし仮に呪殺だったとしたら
昨日の死体なしはやよい噛み(狐噛み)で今日も連噛みの可能性がある
前日は灰ではなく○噛みという僕はリスクあると思える行動をとったということになる。」
上条当麻 「あぁ確かに狐騙りなくはないよなぁ……。
ただ初手●出す魔理沙が狂女神(一応狐?)もなんで
そう考えると無難に真狂狼(キリッとか言えなくてすごく困るんだけど>水瀬伊織」
喜多見柚 「ん~やっぱり占いはキツネ交じりっぽいんだよな~」
水瀬伊織 「狼的には○を増やしたくないって考え方はあると思うわ
とくに今日は千秋がやよいに○だったってことを考えると、ね」
七夜志貴 「えーと、2重3重ショックは置いておいて。
そうだね。つまり千秋ちゃんか雪歩ちゃん、どちらが真か、って考えればいいんだ。
うーん、銃殺GJって文字が踊ってるのは見えてるけどねえ。」
黒川千秋 「ちなみに気になる灰はでっていうかな
死体なしの時に狐噛みあり得るってはっきり言ったのがちょっとねと」
渋谷凛 「あとは初日にCOを聞いたクマ。

狩人が仕事したクマかね
灰を噛むような初日じゃなかったしクマ
占いに狐がでて、狐噛みとかも(わなわなわな

魔理沙真なら狼は狩人を探す噛みをすると思うんだけど。
そのあたり無想定?」
クマ 「ちなみにこう、これ銃殺GJだったら、昨日雪ちゃんか千秋ちゃんをベグって、スライドか連続噛みとかそういう感じだと思うクマよ
狼混じりで連続噛みとかは、ちょっと蛮勇だと思うしクマ」
萩原雪歩 「狐2っていうのは占いにとってチャンスなんですよ
真を証明するチャンスが2回あるってことなので…」
水瀬伊織 「もしくは占いに狐が出てて、そこを噛んだパターンね
昨日の死体ナシは>当麻」
黒川千秋 「伊織とやよいと雪歩の誰かが繋がっているかと思っていたのだけどね
まあ、他に予想はつくけどどちらも確定○か暫定○だから噛まれると」
でっていうP 「狐に拘ってた?
意味がわからないっていう>凛」
上条当麻 「そういう無茶なことするのか?というだけ。
確かに狩人が遺言残せない環境だから、ある程度むちゃぶりしても
狩人吊りないしは噛めればご破算ってのはあるけどさ……。」
七夜志貴 「グレラン了解だよ。」
でっていうP 「役職を連続で噛むのは何も問題ないっていう>上条」
蒼星石 「…まぁ、○噛みなのかな。銃殺GJはかなり稀だと思うし
と、グレランだね。分かったよ」
カイジ 「GJを前提で考えることがそもそも間違いだろうか…‥‥!
あれば僥倖…!基本は考えない…!」
渋谷凛 「でもそのわりには狐に随分こだわってたよね?
夜の推理で変わったのかしら?」
クマ吉 「グレラン把握」
喜多見柚 「それじゃあ今日はグレランかぁ…まあそうなるね」
水瀬伊織 「さあ、そのへんは私には分からないわ
でも、やよいが噛まれてもなんの不思議もないってだけよ>でっていう」
上条当麻 「だって初手死体なし出たよな?
多分だけどさ普通に占い抜き失敗したんだと思うんだよ。
で、更にここで銃殺GJ出るってなると……すげえ無茶な噛みをしてることにならないか?>でっていう」
萩原雪歩 「グレランですね、解りました」
でっていうP 「どっちかというとGJの方が色濃いと思ってるっていう>凛」
真紅 「っとミス
指示変更 ね」
七夜志貴 「いや、あー、雪歩ちゃんの初手○で、千秋ちゃんが占ってて、死体で、
そして遺言、遺言。遺言(大事なことなのでサンカイry)」
C.C. 「ああ、今日はグレランで。」
水瀬伊織 「いい噛み、夢気分?>凛」
真紅 「今日は私事変更でもしない限りグレランでお願いね」
でっていうP 「先に蒼星石は噛まないのかっていう>伊織」
クマ 「魔理沙○なら、特攻狂人か、ワンチャン狐くらいじゃない?って思うクマよ
昨日言った通り、女神はちょっと残りたいと思うクマ」
渋谷凛 「上条のいうことはまだわかるけど。
でっていうの発言がなんともわからない。
狐噛みとGJどっち推してるの?」
カイジ 「しかし…今日は灰吊りか…
しかも…余裕的に精度高いものが求められる…!」
上条当麻 「遺言ェ……どう見てもできない夫です本当に(ry
まぁそれはさておいてもグレランしようぜでいいと思うよ。」
萩原雪歩 「或いは私視点、呪殺GJを狙った噛みのようにも思えます」
黒川千秋 「ちなみに遺言には突っ込まない
あと恋人じゃなかったのも意外かな?」
蒼星石 「銃殺だとしたら、GJか狐噛みがあったことになるね
…同時に起こりうる可能性は低いと思うけど、一応頭の片隅には置いておこうかな…」
でっていうP 「なんでっていう?>上条」
喜多見柚 「千秋さんが○出してるけど…
呪殺GJは…まあないかなぁ?」
水瀬伊織 「ちなみに、やよいは雪歩の○よ
噛まれる理由はあると思うわ>でっていう」
クマ吉 「やよいが死体で占い師が一人占ってる?」
上条当麻 「○噛まれかと思ったらそこを同時に占ってるのが千秋か。
まぁここで銃殺GJって結構きついんじゃね初手の死体なし的に考えて>でっていう」
クマ 「千秋ちゃん視点銃殺もあるけど、今日銃殺だと思うクマ?
だとしたら、昨日の死体無しはどういう感じになると思うクマ?>千秋ちゃん」
七夜志貴 「なん……だと……>やよい」
黒川千秋 「呪殺…?
GJ呪殺ならうれしいのだけど
その場合狩人には私の真を証明できたと」
真紅 「ふむ、やよい◯で死体ね
一応見ときましょう」
カイジ 「やらない子にしか見えなかった…!>やよい遺言」
水瀬伊織 「GJ銃殺ってこと?>でっていう」
でっていうP 「ここでやよい噛みは正直よくわからないっていう
一番可能性が高いのは霊能GJ+銃殺かなっていう」
萩原雪歩 「やよいちゃん…噛まれちゃったんだ…。」
C.C. 「ふーむ…?ああ、森か。
おはよう」
七夜志貴 「昨日、魔理沙ちゃんまでも蒼星石ちゃんに○を出していることに素で気づかなくて
ちょっと恥ずかしかった系殺人鬼だ。
いやだって霊能見て、満足しちゃったしなあ……言い訳はこれ以上やめておくけど。」
蒼星石 「…やよいは雪歩の○だっけ
○噛み?にしては早いような気がするけど…」
渋谷凛 「やよい噛みと。良い噛みかな。」
カイジ 「まあ十中八九QPだろう…」
クマ吉 「昨日の死体なしを考える…
狐2人という特殊事情ゆえ占い師即襲撃は考えにくい
なら、あるのは灰狐噛み、○噛みGJ
○噛みGJというのは、そこで狩人に真占い師を誤認させられる可能性というメリットがあるが、リスクにもなる。
しかし、まだ灰が広い(あの時点では共有潜伏)なら灰噛みの方がありうるだろう。」
水瀬伊織 「やよい・・・」
クマ 「が、基本方針クマよ


おまえか>遺言」
喜多見柚 「むむ?やよいちゃんが…」
上条当麻 「正直初手GJ出た気しかしないので
そういうわけで狩人さん頑張ってください遺言残せないので。
という人並な言葉を言っておく上条さんです。」
七夜志貴 「受け取れよ…アンタへの手向けの花だ」
でっていうP 「銃殺まであり得るっていう」
黒川千秋 「理由
まあ、魔理沙真切ってくれるのなら私も動きやすいと
なら確定○を作って噛ませることが恋人対策になるし
狼も追い詰めやすい。だから対抗の○のやよいを占うわ」
萩原雪歩 「理由:発言に少し気にかかる部分があったのと
   他の人への視点が妙にこまかかったので。」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう♪」
真紅 「おはよう、さてさて」
カイジ 「霊能で一稼ぎだ…! 霧雨魔理沙は○…!」
黒川千秋 「占いCOよ やよいは○」
クマ 「共有が恋人って言うのもあるけど、そこは狼に噛んでもらうしかないから放置
占いGJだったら、狩人がそのうちでてくると思うから、そこまでは放置」
上条当麻 「村に人狼がいるなんて……不幸だー!
役職はCOしてくれ!」
喜多見柚 「今日も朝が来たよ~霊能結果はどうなってるかな~」
蒼星石 「おはよう…ほぼ確○なんて…;」
でっていうP 「魔理沙の色が●なら霊能噛もうとした可能性が一番高いっていう
それなら昨日の平和はグレーの狐に当たった可能性が一番高いっていう
草は面倒だから生やさないっていう

魔理沙が○なら占いチャレの方が可能性が高いっていう
それで平和が出るってことは狐噛みか狩人グレイトだっていう」
萩原雪歩 「占いCOです!
渋谷さんは○でした」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高槻やよいさんの遺言
               }:\       , 、
        ,、/`ヽ ィ,j: : : :\    /: :|
        |: : : : : /: :ヽ: : : : \_  /: : :|
      , .-.j: : : /`: : : : :` ヽ: : : :ィ、;z-≦ ̄ヽ
    ィ´: : /: : :/: :|: ヽ: : : ヽ: : `ヽヽ: :ゝ: : : : : : !
    ∨: :{: :У: : :{: :{ ヽ: 、 : ヽ: :ヽヽ/: : : : : :/
.     ∨j: : : : : :_ィ__ハ ヽ斗<: : :ヽ!: : : ヽ /
     //: : : : : :ハ{ 「   へィ孑ミ: :ヽ: : : :〈
     ,'/: : /: : :/ (●) (●)  ヽ: : : }
    , f: : :ハ: : 〈     |      f マ: : }            高槻だと思ったか……?
    | |: : リハ: :{ヘ   __`__   :{: : : : : ヽ
    ! }: : : : :ヽ',ハ   `ー'´  i ハ: : : : : :{ ヽ         残念、あいつには帰ってもらった
    '/イ: : : : :イヽ、r 、    イ :リ: :ii: 、: : :}、ヽ
.   / '/: : : : /: : : : : : : ≧r≦zz{: : : }|: : :ヽ: ! ヽ',
  /, f: : : : :ハ: : : : イ{:_:_}i:i:i:i:i:i:i:i:i|: : :八: : : : ヽ リ
.イ / .{: : : : { 〉´ ̄fi:i:i:i:iミ‐-i:´/i:i:i:i:i',´⌒ ヽ `ヽ: : :}f
. { {   乂: : ゞ´   ,/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i', ,   ヽ '; :/ {
 ``.  /   , イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i ヽ   \ソ
.    /     ノ |;l;i,i,i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;i;i;l|  ',   \
.  /    ィ   l;l;l;l;l;l;l;i,i,i,i,i;l;l;l;l;l;l;l;l;l;|   ヽ     \
./  、 /      |;l;l;l;l;l;l;l;_l;l;l;l;l;l;_l;l;l;l;l;l     ヽ    \
、   \       ァ-‐l;l;´l;l;l;l;l;l;l;l;`l;l;l;l}        >´   ヽ
 \   ヽ     !l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;/      /    /
   \   ヽ    {l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;l;j     /   ,  ´
霧雨魔理沙さんの遺言                                _,.、
                            ,...<:::::::::::丶
                          ,..:´:::::::::::::::::::::::::::;\                       //
                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ                    //  <
                       ,イ:::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::l:::ゝ,_、                 / _<
                           r'――― - 、} \:::::::::::l、__::ノ                ///∨|    <
                     /      三<j    }-、r┴ 、              //::::/∨, <
                     ,.....-≦:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~廴_ノーイ   {             //::::::::/∨
             ,....:≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::廴 _}.、           //- ' /∨
           ー=ニ___;;;;;;;;z-←=フヒ二丕 ̄ヽ  `≧ュx:::::::`ヾ:::\         //::|    /∨   _, <
             ` < (ミ廴>/)-'゙ ll   ハ丁「ヽ l` ー } マ ` <::::::::\    //::::::::|.  /∨ r '"
                   ̄ `'ーイl i l_Vレ ァテTマij ,  ij l ー}⌒ヒフ≦:::\//::::::::::>  ./∨ |
                     'ヽノハ.j  、うノ l/l ノノ l  l´////////>\__. ' ´    /∨        _
                      Ⅳl´      {、' ./  i、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄" ´     /∨  |,    "´
                          从 、    .:( ‐ ' j    \//:::::::::::|         /∨' ´    |
                     〈.ー丶 .-、:::::/ -'/ ̄.ヽ   `丶:::::::::::_l, -. ' ´ /∨
                          ` ヽ:. ) { `[ニ0ニl     V ヽ \ヽ´ .       /∨.        |
                        |.  !j:}ー'( i .ノ     V   ヽヽ .|      /∨        _ |   -
                        l  .l.l:l_Ⅵ/         }    ヤl       /∨_   - ' ´
                           j  l.l:o:::::::::ゝ‐z、_  /     レ ┴ l' /∨
                       ,   l.V:::::::::ヾr' ヒフス:l   ト、 , {     l /∨/\     ∩
                           .    l/ヽ::o:::/   /゙~'゙:ヽj、/ .)/ヾ`     /∨/////\__l/!
                           _l __、.j- ― '    ,::::::::::::::::\    rzir-!Vx/////////>l/l  _
                         ,r孑ーゝ:::ヒニ)ヽー―-く::::::::::/\┴- 、 rj    〃ゝ///r /l   ̄
                  /´:::::::::::::::::::::::::::`¨´ヽ) .__  ` >ー フ、  、l , , ,/ 〃///! l/l
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::`´ 廴rz rz_ノ`:::ヽヽ ゞ=z、 _ィ'/////! l/l
                      l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';:::::;:::::::::::: ̄::::::::::::::::::>'  ´゙`l////// l l/l
                  / l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::i::::::::::::::::::::::::::::/   /i l///// l l/!
                 / /:}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V;l::::::::::::::::::::::/    //  !///_  --'' ―     ̄ ̄
             / /:::::::从::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::ヾz----/       /  .l//////!.         |
            / /:::::_/:::::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::::ム:::/.{:|:/        レ'  l//////
.         / /:::::::::| /:::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::YY::|/       〃 i   !/////l
.         / /:::::::::::::::l.r{:::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::ノY/         /  l/////l          |
..      / /:::::::::::::::::::::l弋\_::::::::::::::::::_:ゝ;_:::::::::::::_;zイ / //      _j   l/////l          |
.   / /:::::::::::::::::::::::::::l `ヽ廴匸iゴユノ廴ヒiニrv>'ィ  ヾ    /    /   l l―///zi   ''     ̄ ̄ ̄
  / /:::::::____  |    一.(廴_ノ}{廴_ノ.{ イ'    ,   /      /   |」/////V
/ /:::::::::::.!           l     i゙    ).}    ノ∠// /         /    l/////V
:/::::::::::::::::::!           l     `iー-- 'l }`ー‐' } )_,彡彡彡,ノ∠,    /    .l/////j
::::::::::::::::::::::::|          |      j'" ̄ヘ!_j´ ̄`i !{彡彡彡彡彡彡廴//     l////V
::::::::::::::::::::::::|          |     /´ ̄ `./ ̄ ̄` / '彡彡彡彡彡彡〃//   l l////l
::::::::::::::::::::::::|          |     V___V__,ノ   レ逆/r彡彡彡彡ヾ_,_l jメ´///l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
高槻やよい は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
霧雨魔理沙 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
喜多見柚0 票投票先 →霧雨魔理沙
高槻やよい0 票投票先 →霧雨魔理沙
萩原雪歩0 票投票先 →霧雨魔理沙
カイジ0 票投票先 →霧雨魔理沙
霧雨魔理沙15 票投票先 →水瀬伊織
水瀬伊織1 票投票先 →霧雨魔理沙
クマ吉0 票投票先 →霧雨魔理沙
上条当麻0 票投票先 →霧雨魔理沙
渋谷凛0 票投票先 →霧雨魔理沙
蒼星石0 票投票先 →霧雨魔理沙
C.C.0 票投票先 →霧雨魔理沙
でっていうP0 票投票先 →霧雨魔理沙
黒川千秋0 票投票先 →霧雨魔理沙
クマ0 票投票先 →霧雨魔理沙
真紅0 票投票先 →霧雨魔理沙
七夜志貴0 票投票先 →霧雨魔理沙
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
渋谷凛 「ふぅん。なるほどねー」
でっていうP 「魔理沙で良いっていうwwwww」
真紅 「うん、この感じならそれでいいでしょう>CC」
霧雨魔理沙 「で、グレラン頼むよ
私吊りはダメなのぜ」
七夜志貴 「おお、ありがとう>しーつー」
萩原雪歩 「占い方針なんかはありますか?」
水瀬伊織 「盗聴ねえ・・・そこのゴミ箱とか怪しいんじゃないの?>クマ」
蒼星石 「んー…?
まぁ、死体なしはまだ分からないね…魔理沙吊り、なのかな?」
黒川千秋 「ならまあ、確定○を作っていくことがいいのかしら?
確定○なら狼も噛まざるを得ないし、恋人対策にもなると」
渋谷凛 「死体なしならグレー噛んで狐にあたったとかじゃない?
魔理沙真想定ならグレー噛むだろうし。残りの二人で死体なしでるかな?」
クマ吉 「前に合ったのは霊能恋人でうその結果を貼った例があってね
狼ー霊能だったよ、そのときの恋人」
C.C. 「なら魔理沙吊りでいこうか」
霧雨魔理沙 「まあ潜伏ってのはなぁ…いないと同義だと思うんだけどな」
萩原雪歩 「私視点偽なので魔理沙さん吊りでも私は問題ないです」
上条当麻 「魔理沙視点では霊能初日でカイジ人外と「霊能恋人で潜伏、カイジ人外」の
2パターンあるのに後者考えてないから以下省略。
魔理沙が疑わしいので逆説的に霊能は真想定>渋谷凛」
水瀬伊織 「なんだか私の考えを発展させてくれたみたいね>七夜」
カイジ 「だがっ…!一人を偽物と断定できている…!
それならばまた違った選択肢も取れる…!」
クマ 「女神村だったクマよ
んじゃ、多分、魔理沙は女神ないと思うクマ
女神だったら、恋人の会話盗聴したいだろうから、初手特攻は無いクマ」
高槻やよい 「伊織ちゃんも、やっぱり狐さんが占い師になるかもしれないって思いますか?
私、狐さんが二人いるなら、一人くらいは占い師になると思いました!
そうすれば、本物をどうにかできるんじゃないかな、って」
真紅 「ふむー、今日魔理沙釣りかしら?>CC
まぁ任せるのだわ」
C.C. 「さて、真紅。
私は魔理沙吊りでもいいと思うがどう思うかね?>真紅」
萩原雪歩 「なんか照れちゃうよ…♪>やよいちゃん」
喜多見柚 「ん~この死体なしで霊能結果は白か~とするとね~ちょっと見てこよう」
カイジ 「占い候補が3人いるなら、狼潜伏が一番考えやすいが…
考えやすい故に…しないという選択しも強い…」
霧雨魔理沙 「霊能の中身まで考えてもな…、私視点偽ってだけだしな>上条当麻
まあQPとかその類だろ、恋人が乗っ取りってのはなくないか?」
水瀬伊織 「色鮮やか・・・雪歩、なんか目線が下に向いてない?」
C.C. 「ああ、構わんよ坊や>志貴」
クマ 「ちょいまち
確認を」
上条当麻 「恋霊能潜って騙りがCOした可能性あるのに霊能初日想定ってスラっと言ってるから
まーうんあれだよね的な。それとも残すのかな?わからんが」
クマ吉 「さらに霊能結果から狂QPになる訳だけど…」
七夜志貴 「ああ、なるほど。魔理沙偽なら千秋、雪歩に真濃厚。故に確定○が出来てよろしい。
と。その考え方はなかった。いいね>伊織」
でっていうP 「占い噛んだら狐の天下っていうwwww
狼はそれを覚えておけっていうwwww」
黒川千秋 「まあ、共有を占っていないだけましね」
渋谷凛 「恋人で嘘をついてる。そもそも騙り。どっち?」
高槻やよい 「雪歩ちゃんが守られてたら、私はとっても嬉しいなって>雪歩ちゃん
だって、雪歩ちゃんは頑張ってますから」
C.C. 「さて、魔理沙どうすrかね。
魔理沙自身がいうように初日うんぬんという手はあるが
まぁ魔理沙視点1W吊れてほぼ確定○を作ったのを功績として吊るという感じがいいと思うが」
渋谷凛 「恋霊能考えるならカイジはなんになるのかな?>上条」
クマ吉 「まぁ、この場合初手●なら真狂QPだよね」
水瀬伊織 「まあそういうのもあるにはあるわね
狐も2匹いるわけだし、1匹が騙りに回ることもできるものね>やよい」
萩原雪歩 「共有さんも出ましたね
凄く色鮮やかだと思います…」
クマ 「んじゃ、雪ちゃんか千秋ちゃんのどっちかでGJで良いクマよ
この村、占い無双するしかない村としか考えて無かったから、なんとかなりそうクマ」
高槻やよい 「ただ、もしも輿水さんが村人さんなら、やっぱり魔理沙さんは女神さんか、狂人さんか、狐さんかなって思います!」
でっていうP 「まあ普通は占いチャレっていうwww
ただ、狐が占いに出てる可能性も十分あるっていうwwww」
黒川千秋 「魔理沙を吊ってくれるのならうれしいけど
霊能が一人だけっていうのもまた不気味よね…」
上条当麻 「とりあえず魔理沙が恋霊能について欠片も考慮してないんで
まぁ人外のテンプレ発言乙と言いつつ魔理沙吊りしていいと思うんだ」
蒼星石 「真紅ーC.C.が共有者だね、了解したよ」
七夜志貴 「真紅、しーつーが共有も確認だ。しーつーはしーつーでいいよね?」
渋谷凛 「逆に合わせてこないなら。占いに狼まじりでいいでしょ。
ただ気になるのは、真Q狼-真なら狂人はいないかも。」
水瀬伊織 「共有2人にほぼ確定○1人、これはいい感じね」
カイジ 「QPの騙り…それは厄介…
そして厄介故に面倒…常套手段…!」
萩原雪歩 「カイジさんが霊能で真紅さんが共有ですね、了解しました。
やよいちゃん、応援ありがとう♪」
高槻やよい 「うーんと、うーんと
恋人が霊能者さんだったら、ここで出ないかなーって
だけど、輿水さんがどっちだったのかなって、ちょっとわかんなくって……」
クマ吉 「CCと真紅が共有把握」
喜多見柚 「相方さんも出てきたねc.cさんか」
真紅 「はい相方確認 OKよ」
霧雨魔理沙 「おいおい、騙り枠が多いのに初日みる奴がいないのはどういうことなのぜ」
クマ吉 「普段は16人中1人が狐なのに
今回は17人中2人が狐なのよ
なら灰噛んで狐もありうるという死体なし感想」
蒼星石 「ボクそういうの苦手なんだけど…;>伊織」
水瀬伊織 「で、幸子○ねえ・・・
まりさの●はなんだったのかしら?」
喜多見柚 「えっと霊能さんがカイジサンで真紅さんが共有っと」
黒川千秋 「そして蒼星石が3重○
というか確定○。示し合わせていないわよ?」
七夜志貴 「っと、霊能気付きかなかった。そうか。彼女はいいさっちんだったのか。
残念だ>カイジ」
上条当麻 「霊能結果○で死体なしとなると占いチャレンジいって失敗したんじゃないかとか
そんなことを適当に思う上条さんです。
あと蒼星石がすごく白いなこれ。普通に村でいいんじゃねこれ」
C.C. 「ああ、共有COだ。
真紅相方確認」
真紅 「したいなしだから狩人はその情報をお願い
あと蒼星石は第三の共有として頑張ってちょうだい」
渋谷凛 「霊能○なら魔理沙はQP目ね。吊って明日でいいよ。」
クマ 「ほう>霊能○」
蒼星石 「あ、カイジ霊能なんだ…結果は○、と」
高槻やよい 「あ、カイジさんがいました!
○、ですか?」
でっていうP 「他に霊能がいないなら魔理沙は吊ってしまえっていうwwwww」
水瀬伊織 「よかったわね、蒼星石!
あなたの思い通りに村を操作できるわよ!」
クマ吉 「で、カイジが霊能COで○だったっていう結果な、ちょっとわかりにくい」
霧雨魔理沙 「霊能初日まで把握したのぜ☆」
蒼星石 「………あれ?>ボク真っ白」
C.C. 「ふむ、後1で吊り増えか。
おはよう

それで、蒼星石がほぼ確定○と」
高槻やよい 「あれ……?
霊能者の人、いないんですか……?」
クマ 「狩人が仕事したクマかね
灰を噛むような初日じゃなかったしクマ
占いに狐がでて、狐噛みとかも(わなわなわな」
黒川千秋 「死体なしと
GJならいいのだけどね」
渋谷凛 「なんか重かった?
したいなしだね。」
真紅 「霊能は1ね
ふむ、共有CO 相方生存」
上条当麻 「で、死体なしとかうめぇなおい。
……で、霊能結果○……か?」
カイジ 「ククク…
どうやら偽物が一匹炙りだされたようだ…」
七夜志貴 「へー、死体なし。実にいい。」
でっていうP 「蒼星石が真っ白だっていうwwwww」
高槻やよい 「あと、あと、狐さんも、女神さんも、占い師になるかもしれないって考えたら、なんでもあるかなーって……やりました! 誰もいなくなってません!」
萩原雪歩 「理由としては、発言数が多くもなく少なくもなく
狐さんに言及してた方から一応。」
クマ吉 「うーんと死体なし?」
水瀬伊織 「うわあ・・・蒼星石大人気じゃないのよ」
蒼星石 「……わぁ、死体なし」
霧雨魔理沙 「占い理由:
◇蒼星石 「狐2、確かに当てやすくはあるね>占い
…ものすごく面倒ではあるけど…1匹処理してももう1匹かぁ…」
狐が当てやすいってのに賛同してくれたのはいいんだけどな
1匹処理してももう1匹ってのがよくわからなかったんだぜ
状況把握が危ういところは占って結果を残しておくのぜ」
上条当麻 「霊能ラインがつながるならグレラン。
繋がらないなら魔理沙吊り。
霊能複数ならロラ視野に入れて霊能いないならグレラン。
そんなところだろ?」
喜多見柚 「お~死体なしか~ん~」
でっていうP 「平和って言うwwww
狐の可能性も高いって言うwwww」
クマ吉 「これ女神COじゃないよなーという冗談みたいなツッコミ
カイジ(82)「な…?そうすれば、俺は害獣を気にすることなく…プロデュース業に励める…!」
カイジ(94)「問題は…その…俺がプロデュースできるアイドルがいないんだよな…はぁ…」
それ考えると占い師3人の内訳どーよということなので忘れてくれ」
七夜志貴 「というわけで幸子ちゃんの色をお願いしたいね。
彼女がいいさっちんだったのか悪いさっちんだったのか。
殺して判断なんて実にいい―――と夜に考え直したよ。
殺人鬼の面目躍如だね。」
黒川千秋 「理由
対抗はともかく狐2にちょっと反応したところを占うわね
処理した後のことも考えているっていうのは
しんどい狼か狐かって思えるから
今日は蒼星石を占ってみる」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう♪」
霧雨魔理沙 「普通の占い師だぜ、蒼星石○」
蒼星石 「おはよう…霊能さんは結果を貼ってくれると嬉しいな」
上条当麻 「村に人狼がいるなんて……不幸だー!
役職はCOしてくれ!」
カイジ 「就職…!念願の就職…!そう…それは霊能者…!これさえあれば…稼げる…!
そう…!輿水幸子は…○…!」
高槻やよい 「あの! 考えたんですけど、いつもの村よりも女神さんが占い師になるかなーって

だって、狐さんが2匹ってことは、恋人さんが狐さんになるかもしれないですし、
それならいつもより占い師がいると困るとおもいます」
真紅 「おはよう
そして死体なしっと」
喜多見柚 「みんなおはよ~」
七夜志貴 「斬刑に処す。
その六銭、無用と思え」
萩原雪歩 「占いCO!
蒼星石さんを占いました
結果は○でした」
黒川千秋 「占いCOよ 蒼星石は○」
でっていうP 「おはようっていうwwwww
役職はさっさと出ろっていうwwwww」
クマ 「おはっくま」
高槻やよい 「うっうー! おはよーございまーす!」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
輿水幸子さんの遺言                   __
              ,, ': : : : : : : : :ーミ、
            , ': : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
             , ': : : /: : : : : , : :´ ̄: : : : : : :_ヽ
          ': :// : : : /: : : : : : : : : : : : : ヾ、
         l/: / : : /: : : : : : : : : /: : : : : : :,
     、_,,: :': : : 辷==: /: :_/:/: : /: : : : : : :,
      ≧==-: イ===}イ/} イ/}: : : / : i : : : : : l
        ̄「:l .|: : : 、ィ===ミx ノイ / ̄`ト / : : /
        |: :、|: : | ヒ云 `   .j/ _ }イ : : /{
         .ノヘ: `| : : |``       ヒ戎ヾ アイ: :\
     _   }Ⅵ: : |           .イ://`ー一   ふふん?どうです?順位報酬ですよ順位報酬
.   ,,:::::::::::ヽイ |: :|、  、_  '    /ィ : /        あ、ちょ、ま、やめてください
   /::::::::::::::::::::}‘、‘、: :| ィ丶 ー'  _ イノ: : /         プロデューサーもう空の旅はいいですプロデューサァッー!?
  」::::::::::::::ー-'-、‘ ヽ{ l::::::≧ァ⌒ ア_ イ 、
  {:::::::::::::::\::::::}「 ̄Y「^}::::::::`T⌒{メ ___   l
 ./::::::、:::::::::::::`ヽ::廴_LLノ:::/:::‘'┐    /  l
../:::::::::‘;::::::::::::::::‘;:/__}_>;_::::::{    /ーミ,廴
'::::::::::::::‘;:::::::::::::::::‘;:::::::::::::::|::::::::::::::',    j:::::::::::ヾハ
:::::::::::::::::‘、::::::::\:::‘,:::::::::::::l::\:::::::::, ,ノ:::::::::::o::ン
:::::::::::::::::/',:::::::::\',::::::::ハ::::::\::::} ./:::::::o::::/
:::::::::::/:o:::‘;::::::::::::::::‘;::/ ‘,::::::::::::::}イ:::::::::::イ
:::::/:::::::::::::::‘、::::::::::::::::{_   ‘、:::::::::::::::::::::::::/
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子 は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
輿水幸子16 票投票先 →霧雨魔理沙
喜多見柚0 票投票先 →輿水幸子
高槻やよい0 票投票先 →輿水幸子
萩原雪歩0 票投票先 →輿水幸子
カイジ0 票投票先 →輿水幸子
霧雨魔理沙1 票投票先 →輿水幸子
水瀬伊織0 票投票先 →輿水幸子
クマ吉0 票投票先 →輿水幸子
上条当麻0 票投票先 →輿水幸子
渋谷凛0 票投票先 →輿水幸子
蒼星石0 票投票先 →輿水幸子
C.C.0 票投票先 →輿水幸子
でっていうP0 票投票先 →輿水幸子
黒川千秋0 票投票先 →輿水幸子
クマ0 票投票先 →輿水幸子
真紅0 票投票先 →輿水幸子
七夜志貴0 票投票先 →輿水幸子
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
クマ吉 「狼は大変やなー>噛み」
萩原雪歩 「確かにそれはありますよね…」
輿水幸子 「ボクもさっちんですが?(ちらっちらっ>七夜さん」
水瀬伊織 「押すなよ、押すなよって3回言ったら「押せ!」の合図なのよ
ダチョウルールってヤツね>やよい」
高槻やよい 「雪歩ちゃん、応援してるからだいじょうぶです!
フレー、フレー、頑張れ! 負けるな、イェイッ!」
黒川千秋 「あ。どうせなら共有には出てきてもらったほうが良かった…」
渋谷凛 「共有は出といたほうがいいんじゃない?
狐2ならグレー狭くなったほうが呪殺出るし。」
蒼星石 「狐2、確かに当てやすくはあるね>占い
…ものすごく面倒ではあるけど…1匹処理してももう1匹かぁ…」
カイジ 「問題は…その…俺がプロデュースできるアイドルがいないんだよな…はぁ…」
七夜志貴 「幸子ちゃん?あ、さっちんなら好きだけどなあ。」
上条当麻 「クマ吉とクマがいて紛らわしい?
いや確かにそうだけどどっちかが○もらいとかにならない限りは事故は起きないって!
両方グレーならこう、事故らないよ多分>クマ吉」
クマ 「共有は、雪ちゃん、千秋ちゃんの真見るんだったら潜る
魔理ちゃん真を見るんだったら、でる
そういうもんよ」
水瀬伊織 「ちゃんと早起きできるやよいはエライわね(なでなで)」
高槻やよい 「フリって、なんですか……?」
霧雨魔理沙 「んでまあ占い師は恋人をどうこうするのが難しいからそこは村に任せるのぜ
恋人○だったら噛み位置になるってのはあるけどな」
でっていうP 「でっていうがプロデューサーだっていうwwww>カイジ」
萩原雪歩 「な、なんだかごめんねーやよいちゃん…>やよいちゃん」
真紅 「あら、ありがとう>蒼星石
そうね、いただくわ 何かつまめるものでも準備しましょう」
クマ吉 「これで初手から占い師抜いてくるなら
狼は何も考えてないか、恋人にいるかっていう予想」
水瀬伊織 「なーに、クマ吉
フリなの?それフリなの?」
カイジ 「な…?
そうすれば、俺は害獣を気にすることなく…プロデュース業に励める…!」
高槻やよい 「雪歩ちゃんは悪くないです!
あの、やっぱり朝一番を目指したいのはみんな同じだと思いますし、私もがんばって早起きしましたし」
輿水幸子 「ふんっ、こんなにカワイイボクを初日吊りなんてみなさんわかっていませんね!
いいです、そのうちボクのかわいさを世界中に広めて見せますから!」
真紅 「まぁ狐2だし
騙りも十分ありえる 相違ことも考えつつ、かしら」
上条当麻 「流石でっていう……鬼畜だな……。
まぁ実際霊能COとかを仮にしたとしてもどう考えても輿水先吊りになってた気がしたが……>でっていう」
水瀬伊織 「ずばーんと決めちゃいなさいな!>まりさ」
クマ吉 「まぎらわしいからって吊るなよ、吊るなよ!」
喜多見柚 「ばいばいさっちん…さっちんのことは忘れないよ、明日の昼まで」
萩原雪歩 「狐さんが2人いるんですよね
呪殺、頑張りたいと思います!」
蒼星石 「それじゃ、ボクも紅茶を飲もうかな
真紅も飲むかい?」
カイジ 「なら…この村の食物連鎖の頂点ともいうべき狼がだ…この害獣を駆除する展開になるのがいいではないか…!」
七夜志貴 「しかしま、気が早い。千秋ちゃんとか雪歩ちゃんとかが死んでないといいな。
あ、もちろん魔理沙ちゃんも死んでほしくない。ああ、なんてことだ――って
こういう社交辞令に俺のご主人様は本気で切れるからやめておこう」
C.C. 「狐2だし占い内訳なんざ何でもあるというかな
CPが村2の組み合わせならさぞや面倒だろうよ、ああ面倒くさい…」
でっていうP 「おやすみっていうwwwwwww」
水瀬伊織 「ああ、クマとクマ吉がいるのね、そういえば
なんかまぎらわしいわね」
霧雨魔理沙 「んじゃま、次は銃殺か○狙いだな
狐は二匹いるわけだしな、いつもより当てやすいだろう」
黒川千秋 「COなしね…
まだ、幸いだけど、流石に私が噛まれたら
厳しいとしか言いようがない」
高槻やよい 「もう輿水さんとお別れですか……? 寂しいです」
上条当麻 「んじゃー吊りでいいか。COないっていったし。
その割には間が明らかにこう、胡散臭い感じだった気がしなくもないが。
霊能伏せておけばOKOK、明日出てこないなら遺言の関係上初日or噛まれたと
適当に判断しますですよ俺は。」
クマ 「遺言が使えないという観点からして、潜って噛まれると死ねるだけって言う考え方もありますばってん、ドンマイよ>千秋ちゃん」
輿水幸子 「あーもう!あとは霊能に任せましたよ!ボクは知りませんからね!」
でっていうP 「っていう?>カイジ」
萩原雪歩 「待つって言われても私、占いですし…>クマさん」
クマ吉 「…>幸子」
真紅 「出た占いはどうしようもないでしょう
色々言わないで、まぁ輿水はCOなしだし、お疲れ様 霊界で紅茶でも飲んどきなさい」
水瀬伊織 「そうね、やよい
頑張った人が勝つってステキよね」
渋谷凛 「占いは3。明日は霊能が2でるかな。
1なら占いにQP混じりでいいと思う。」
カイジ 「しかし…
なんというか…害獣が駆除されない村のサービスというのもなあ…」
「◆秋月GM 雪歩、理由文と結果は別の書き込みでお願いね?」
水瀬伊織 「残念ね、幸子
それじゃ可愛い幸子を吊って次に行きましょ」
高槻やよい 「あの、恋人さんは大変だし、狐さんも大変だと思いますけど、きっとみんな大変なんだと思います
だから、一番がんばった人が勝ちます!」
喜多見柚 「それじゃあ今日は幸子ちゃんか~仕方ないね」
蒼星石 「COなしなら吊って、霊能さんの結果待ちでいいとおもうよ
他の役職さんは潜ってていいと思う」
でっていうP 「どっちにしても吊るっていうwwwww>上条」
霧雨魔理沙 「さあ、カウンターがあるならすればいいぜ>輿水幸子」
黒川千秋 「うん、ごめんなさい
もうちょっと慎重に行動するべきだった
初手特攻を予想できなかったわ…」
C.C. 「COはないようかな

それじゃ吊るとするか…」
クマ 「見る限り様子見する気があんまりないように見えるクマけど?>黒川千秋」
水瀬伊織 「で、●が出てるわけだけど・・」
輿水幸子 「ええいCOないですよ!ちゃちゃっとどうぞ!」
上条当麻 「輿水のあれがCO気づいてないのか演技なのか見極めるのが
死ぬほど面倒だなと思っている上条さんです。」
クマ吉 「黒川は仕方ないとして、雪歩はもうチョイ待てなかったのか…」
七夜志貴 「さてと、じゃ、COをお願いしようか。もう出てるけど。
3COで●出…ね。COを聞きたいところだけど」
高槻やよい 「えと、輿水さん、何かありますか……?」
でっていうP 「このままでっていうは吊られないまま最終日まで行く流れかっていうwwwww」
萩原雪歩 「う、うん、おはよう伊織ちゃんやよいちゃん
いつの間にか夜が明けててびっくりしたよ…」
真紅 「COも聞かずに釣るのね>渋谷
ま、それはそれでありかもしれないけれどどうなのかしら」
カイジ 「そして、今日のやることは決まっている…!
黒い付き合いがあるもの…!そのネタが上がっている以上しかたあるまい…!」
喜多見柚 「お~しょっぱなから●か~どうなんだろどうなんだろ」
高槻やよい 「うっうー! 黒丸さんが出ました!」
霧雨魔理沙 「というわけで●が引けたのぜ☆
対抗も勝手に出てきてくれたのでありがたい展開になったな」
輿水幸子 「ってえ、ちょ!?」
水瀬伊織 「ま、適当にがんばっていくしかないわね
って、雪歩も占いなのね」
蒼星石 「ん、●でたね。COあるかな?>輿水幸子」
上条当麻 「とか思ったら●もらいがいるらしいので。
どうだ、COあるんでせうか?>輿水」
高槻やよい 「雪歩ちゃん、おはよう! 伊織ちゃんも、おはよーございます!」
輿水幸子 「ま、まぁ、なってしまったものは仕方ありませんし、頑張っていきましょう>蒼星石さん」
黒川千秋 「ぬかった…>もうちょっと潜るべきだった」
クマ 「りらっくまの後がまを狙うおはっくまよ
んじゃ、幸子ちゃんにCO聞くクマ」
でっていうP 「…でっていうを吊らないってどういうことだっていうwwww」
水瀬伊織 「狐2匹に恋人もいるとか・・・どうすんのこれ」
上条当麻 「というか恋人入りは知ってるけど妖狐2とか知らなかった上条さんです。
なんか宣伝しちゃってごめんな!(土下座」
真紅 「●ね…
さて、COがあるなら聞きましょう」
クマ吉 「基本吊り数8吊り
狐2人もいるなら、狼が占い師噛まないといけない
重要性が普段よりずっと薄くなるような…」
喜多見柚 「あ~みんなおはよ!」
七夜志貴 「いけない子だ。
こんないい朝に出歩くのは、もっとオトナになってからでないといけないよ」
カイジ 「挨拶…!圧倒的おはよう…!」
渋谷凛 「●だね。吊って霊能見ようか。」
C.C. 「狐2と女神…まぁ面倒臭いな、そこの幻想坊やや腹パン子でも吊れば何かでるんじゃないかとおもうが…
まぁおはよう

占いは頼むぞ」
黒川千秋 「理由
まあ、最後の人占いということで
あとはこじつけとして名前に数字が交じっているとかでもいいかしら?
まあ、千と七じゃあ桁が違うけどね」
高槻やよい 「朝一番です、イェイッ♪」
霧雨魔理沙 「占い理由:
どうにも私の上の奴が気になってしかたないんだよな
別に、腹にマスタースパークを撃ち込んでしまっても構わないんだろう?」
萩原雪歩 「占いCOです!
昨日、やよいちゃんの寝顔を見させてもらったよ…
結果は○でした

理由:かわいいからです」
でっていうP 「おはようっていうwwww」
真紅 「おはよう
誰か紅茶でも入れて頂戴な」
水瀬伊織 「にひひっ、おはよう♪」
クマ吉 「村人陣営:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 
人外陣営:人狼3 狂人1 妖狐2 女神1
普通村の三竦みに恋人というイレギュラーが混ざった構成
女神が誰を選ぶのかで難易度は大きく動くんだけど…」
クマ 「おはっくま」
上条当麻 「村に人狼がいるなんて……不幸だー!
役職はCOしてくれ!」
霧雨魔理沙 「普通の占い師だぜ、輿水幸子●」
黒川千秋 「占いCO 七夜志貴は○よ」
輿水幸子 「おはようございます!
こんなにカワイイボクと同村できてみなさんは光栄ですね!
ま、頑張っていきましょう」
蒼星石 「んっ…おはよう、良い朝だね
村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐2 女神1

…狐2ってこの村の設定なのかな?って思ったけど反応的に違うみたいだね…
恋人が村人2なら 村9人、人外9人(初日で村か狂人1死亡)…
……人外村?;」
高槻やよい 「うっうー! おはよーございまーす!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
秋月GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
秋月GM は無残な姿で発見されました
「◆秋月GM 女神オプションONで置換設定のはずなんですがうごご
が、がんばって!!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆秋月GM いやいちおうあれ
修正されたんじゃあれー!!!!????」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆秋月GM ってあれ!?
また狐が2にー!?」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆秋月GM 四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■共有のヒソヒソ・・・は聞けません
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能です)」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐2 女神1
ゲーム開始:2012/11/07 (Wed) 22:52:05
上条当麻 「つーかなんでそんな嫌なカップリング主張すんだよお前ら!?」
水瀬伊織 「頬を膨らませて、なかなか可愛いじゃないのよ>凛」
輿水幸子 「開始です♪」
萩原雪歩 「楽しみですぅ…」
輿水幸子 「1」
クマ吉 「クマ-クマでCPだったら、そいつの顔が見てみたい…」
輿水幸子 「2」
蒼星石 「まったりゆったり…よろしくね
クマ吉-上条当麻でいいと思うよ」
上条当麻 「やめろォ!>渋谷凛」
秋月GM 「七夜がナチュラルにはぶられてる・・・>クマ吉」
輿水幸子 「3」
喜多見柚 「よしくまートカゲにしよう」
輿水幸子 「4」
渋谷凛 「クマ吉×上条?」
輿水幸子 「5」
高槻やよい 「私、オセロ持ってきたんですよ♪
トランプはカードが何枚かどこかにいっちゃって……」
上条当麻 「そ、そうか。でっていうクマ吉!……いやないか」
輿水幸子 「はい、ではカワイイカワイイボクが僭越ながらカウントさせていただきますよ!」
七夜志貴 「他打ちオーケーなのか。自打ちは、ま、俺はしないけど?してもいいのか。素敵だね」
霧雨魔理沙 「クマ吉-でっていうPか、なるほどな」
水瀬伊織 「恋人になったら、ひっそり甘えてみるわね>やよい」
上条当麻 「その幻想をぶち殺す!
適当にアイドル同士でもいいだろ!?>クマ吉」
でっていうP 「でっていうーアイドルもありっていうwwwww>クマ」
クマ 「クマー」
秋月GM 「どーぞ!
幸子、おねがいね」
クマ吉 「クマ吉-アイドルか上条-アイドルしか選択肢がないのは確実」
萩原雪歩 「うん。お茶とか飲んだら落ち着けるし
朝が来るまでリラックスタイムっていうのもいいかもね>やよいちゃん」
上条当麻 「むしろ男が少ないと場違い感がマッハだからな。」
輿水幸子 「えーと、それではカウントしてもよろしいですか?」
カイジ 「しかし…男も増えたな…。
同業者が多いのは…悪くない…。むしろいい…」
高槻やよい 「うっうー! それじゃ、今夜は朝まで起きてます!>伊織ちゃん」
喜多見柚 「王道からカオス自由自在だね!」
七夜志貴 「よしよし、了解準備完了。五体満足、っと」
渋谷凛 「……ただの誤字だもん>伊織」
高槻やよい 「伊織ちゃんはいつもかっこいいです、でもたまには甘えて欲しいかなーって」
秋月GM 「今回は他撃ち許可ですよ!!
好きなカップルを作ってくださいね!!」
でっていうP 「皆食べちゃうっていうwwwww>やよい」
水瀬伊織 「眠くなるまでゆっくりおしゃべりしましょ>やよい」
萩原雪歩 「律子さん、よろしくお願いします!」
上条当麻 「とりあえず(チラッ 遺言は村開始したら変えられないことと(チラッ
狩人のGJ表記がないことは確認しろよ(チラッチラッ」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 七夜志貴
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 415 (七夜志貴)」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 秋月GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 735 (アニマス・秋月律子01)」
高槻やよい 「いらない人なんていません!>でっていうさん
カエルだって、オケラだって、みんな生きているんですよ!」
水瀬伊織 「病気ならしっかり治しなさいよね>凛」
萩原雪歩 「えへへ…伊織ちゃんは頼もしいね…>伊織ちゃん」
喜多見柚 「うまったね~」
蒼星石 「ん、埋まったね…支援いらなかったかな?
まぁ、入ったからには頑張るよ。よろしくね」
カイジ 「満員御礼…。悪くないな…。」
真紅
:.:.:.:.:|i:i:i:i:i:i|.:.:.:.:.:.:.:〉/  /    / /  /      ハ   ヽ  ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:|i:i:i:i:i:i|:.:.:.:.: /l l   |   /  /  /  /  ト、 /         ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:r'ーく二トミ: { l |  ̄ | ー/ _/  /      | |    |     ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ヽ:ノ くムゝ八:.:.ミYトミ  |      厂`メ 、 | l | |    }     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:{ 〈 <r〉ゝゝ 〉:.:.:/  ヽ {  /  |  /   | l | |           l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 ヽ Yヘ_,ノ /_:_ノ゙-=彡=≠=ミメ}  |     | l ト、   八       ':.:.:.:.:.:.:.:ヽ :.:.:.:_;ノ
  廴辷,,,ソi:i:|  |i   {f斧抃ミメ从{    | l | | ヽ/}  ヽ     ,:.:.:.:.:.:.く⌒ヽノ
    \ Ⅵi:i:|  |i   乂zツノ   ヽ    }从; | |/ イ  i|   /ノ⌒ヽノ
   く辷ゝミi:i:|  |i―ヘ ´¨`       f斧抃ミィ| |/ }  /|  '
    }:.:.:.:.:.:.`ヽ  |li:i:i:i:ム""      乂zツ 》 i |   l/ } /
.   ,ゝ-:=:ミ:.:.:} |i:i:i:i:i:i:ム      '  ´¨`/`ノノ /   ノ ´
.  /゙ー':⌒:ー=ミ| |i:i:i:i:i:i:i:}  ´ '   ""イ ´ ´ ´  ´
/:.:.:.:.:.:.:.`ヽー=:| |i:i:i:i:i:i{_r-=ミ _, . イ  |/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ーハ マi:i:i:r'ーくニムヘY i|  i|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.ヽ ヽi:i:ヽ{ 〔 〕}ゝ〉ノ ,ノ   それじゃ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\}:i:i:i:`マ辷ソ:i:i/´
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.マi:i:i:i:i:i:i:Ⅵi:i:/      改めてよろしくね
:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゞミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: Ⅵi:i:i:i:i:iⅥ{
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: Ⅵi:i:i:i:i:i:i:iY
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:ー=ニ三ミゞー=ミi:i:i:i:|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `ー'、
:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:`:ー:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.,:'"´三ニ=ミヽ」
萩原雪歩 「あっ。埋まりましたね」
GM 「とおう!ありがとうございます!!」
黒川千秋 「埋まったわね」
水瀬伊織 「ふふん、かかってきなさい
この伊織ちゃんの手にかかれば、なんてことないわよ>雪歩」
渋谷凛 「でも、せっかくだから楽しもうかな。」
でっていうP 「初日はクマ鍋だっていうwwwww」
渋谷凛 「本当にそんな気分w 今日は感染者のきぶんだったんだけどw >でっていう」
輿水幸子 「おや、いらっしゃいませ!満員ですね!」
kari 「あ、入れた。ちょっち待っててね」
真紅 「と思ったら埋まる と」
霧雨魔理沙 「>クマ吉
中の人なんていないぜ☆
確かに今日は酷かったな…、そりゃ村建て人も手が縮むよな…」
真紅 「ふむ、17
それなりなところではあるのね 良かったわ」
上条当麻 「あ、埋まった」
水瀬伊織 「今日の女神村は18ってことで、女神の矢を他人に撃つのね?」
上条当麻 「まだ埋まってなくね?」
kari さんが入場しました
上条当麻 「え?18村だろ?」
上条当麻 「まぁ俺はここ最近掲示板すら見てないが。
もっと自分で動くべきかなやっぱり」
クマ吉 「これ、恋人選びが実質2択じゃね?」
でっていうP 「支援要らなかったっていうwwwwwww」
GM 「いちおう下界準備してますのでゆっくりめにカウントどぞ!」
上条当麻 「あるある>クマ吉」
萩原雪歩 「ほ、ほんとう…?>伊織ちゃん」
高槻やよい 「夜中におしゃべりするの、楽しいけど眠くなっちゃうから……」
渋谷凛 「あー あと一人だね」
水瀬伊織 「望むところよ!>雪歩」
萩原雪歩 「あとお1人入れますよ…!」
喜多見柚 「あっとひっとりあっとひっとり!」
蒼星石 「ん、まぁボクはあんまり普通村得意じゃないけど、頑張るよ」
渋谷凛 「え? なんで埋まってるの?w」
輿水幸子 「おや、埋まりそうですね!」
GM 「あ、イラないね」
C.C. 「…入ったか、それじゃあよろしくな」
萩原雪歩 「うん。伊織ちゃんややよいちゃんと一緒になったら私
その、いちゃいちゃしてみたいなって思うよ…>伊織ちゃん」
クマ吉 「>魔理沙 中の人が分からないけど、スレに1ふっひゃ~もないと建てようかという勇気すら出て来ないんだよね…
真紅 「よろしくお願いするわ」
GM 「いちおう下山準備してます!」
水瀬伊織 「ま、私が可愛いのは当然だもの、にひひっ♪>雪歩」
クマ 「よろしクマ」
真紅 さんが入場しました
クマ さんが入場しました
上条当麻 「まぁどうせ俺の宣伝効果じゃなさそうだし
遺言AAでも探してこよう」
GM 「ありがたや・・・ありがたや・・・!!」
輿水幸子 「おや、緑色のお二方とも息ぴったりですね!」
黒川千秋 「よろしく」
上条当麻 「馬鹿な……宣伝したら本当にきただと……」
高槻やよい 「えと、CDも歌も、欲しい人をあたらしくつくるんだってプロデューサーも言ってました!>クマさん
泣いちゃダメです、応援しますよ!」
水瀬伊織 「確かに、恋人同士でイチャイチャできるのは楽しいわよね>雪歩」
萩原雪歩 「そうだよー、伊織ちゃんが可愛いからついつい私も言っちゃうんだよ?>伊織ちゃん」
黒川千秋 さんが入場しました
でっていうP 「支援だっていうwwwww」
蒼星石 「ずさ、っと」
でっていうP さんが入場しました
C.C. さんが入場しました
輿水幸子 「どこぞでカードバトルでもしていらしたんですか?>上条さん」
萩原雪歩 「でも私、2週にいっぺんのこの女神入りの村を楽しみにしてるんですよ
今日も楽しみで♪」
霧雨魔理沙 「そこにしかこない奴もいるから一日一村はほしいところだな>クマ吉」
蒼星石 さんが入場しました
クマ吉 「呪殺…圧倒的呪殺(物理)…!」
水瀬伊織 「あ、うん・・・まあそうなんだけど、ね>幸子」
上条当麻 「だったら四条で恋人考慮しながら満足するしかねえ!」
上条当麻 「悲しいよな……>クマ吉」
高槻やよい 「上条さん、渋谷さん、おはよーございまーす!」
クマ吉 「正直、最近のやる夫普通村の需要のなさは泣けてくるレベル…」
輿水幸子 「お二人ともいらっしゃいませ!」
カイジ 「説教…!圧倒的説教(物理)…!」
輿水幸子 「かわいらしくていいじゃないですか?>水瀬先輩」
渋谷凛 「こんばんは」
GM 「いらっしゃいませ!」
渋谷凛 さんが入場しました
上条当麻 「……え?宣伝しろと?
まぁちょっとしてくるよそれなら」
GM 「一応してはいたり・・・あ、やる夫のほうワスレテタ>魔理沙さん」
高槻やよい 「クマさんです! おはよーございまーす!」
クマ吉 「このまま男が一人しかいないと、カイジ-アイドルの誰か
っていう罰ゲームになるから支援に来たよ!」
カイジ 「…こいつは男じゃあない…!ケダモノだ…!」
上条当麻 さんが入場しました
輿水幸子 「おやクマさんこんばんは?(着ぐるみにしては随分軽やかな身のこなしですね…)」
萩原雪歩 「私もついさっき宣伝してきたところです
反応があればいいなぁ…

クマ吉さんこんばんは。」
カイジ 「路傍の石である俺が…金剛石を磨く役目になる…!無価値なものこそ…価値を高める材料となる…!>魔理沙」
霧雨魔理沙 「………」
霧雨魔理沙
           , -──--,,_
         /        /
      ___/__   ________   '、
      > -=ゝn<=-  <=-,ヽ,
    _,r`---────--'´----ヽ,
  ,,-'" ,-~'~'~'~'~'~'~'ヽ "'-,,
  ヽ、〈 i イ_ノ_,ゝ ノヽ,_ル__イ、ゝヽ   )
    'くiノ i/-─ `  ──- .i λイイ-'
    ノレ.イ〃       〃 レ'   i     どこかに宣伝してくればいいんじゃないか?>GM
     ノi人  i ̄ ̄ヽ u  ノi イ  ゝ
    〈r´(Y,ヽ、i,    」_,, .イル ノiヽノ
      ,Y)レ' _r ̄i ̄_」ゝ-、ヽノ
     [><},/i L__o___/ i  `ヽ,
      iリ  ,'      .i、 、 〉」
クマ吉 さんが入場しました
水瀬伊織 「雪歩まで、何を・・・
もう、誰かツッコミいないの!」
輿水幸子 「なるほど、やよい先輩はかわいらしい方ですね!ですがボクも負けませんよ!」
萩原雪歩 「ですよね…最低限、女神さんは出てほしいと思いますけど…」
高槻やよい 「はい♪>輿水さん
もっと、もっーといろんな人が来て、みんなでいただきますしたいです!」
輿水幸子 「深呼吸深呼吸、すーはー…」
GM 「もしここから18になったりすれば他撃ち可能になるんデスガ・・・」
萩原雪歩 「私も伊織ちゃんはおいしそうだと思うな♪」
輿水幸子 「そ、そそそそうですよね、一緒にご飯を普通に食べるのが一番ですよね!>やよい先輩」
萩原雪歩 「別の鯖で村が行われていたみたいですし
今終わった分これから来る人は望めると思います!」
輿水幸子 「先ほどのを聞いた後だと、怖く聞こえてしまいます!?>雪歩先輩」
水瀬伊織 「ちょっとやよい!
私を食べるだなんて・・・」
喜多見柚 「(そうだ…今日は18人村…)」
萩原雪歩 「まぁとにかく、事務所の皆は大好きなんですよ、私…>幸子さん」
輿水幸子 「あ、あわわわわ、こ、ここは秘密の花園という場所でしたか!」
高槻やよい 「でも、でも伊織ちゃんは食べるよりも一緒にご飯を食べたほうがおいしいです!」
輿水幸子 「!!?>雪歩先輩」
輿水幸子 「ボクとしたことがうっかりうっかりですね!」
萩原雪歩 「女神村だけにそういう意味もあったりして…>幸子さん
伊織ちゃんもやよいちゃんも可愛いから…」
霧雨魔理沙 「路傍の石にも意味はあるらしいぜ?私は蹴っ飛ばすけどな>カイジ」
萩原雪歩 「そ、そうですか…?>GMさん」
輿水幸子 「あ、なるほど、すみません、変な意味に捉えてしまいました!」
GM 「では律子さんが来られなかった場合席を律子さんに譲りましょうか>雪歩さん」
輿水幸子 「ええーと、伊織先輩は食べられるものでは、というよりも人ですよ…?」
水瀬伊織 「あ、みんなを食材にたとえてるのね・・・」
カイジ 「アイドルになる資格がある…。それだけで…大差!路傍の石と金剛石のごとき大差…!>魔理沙」
輿水幸子 「そうなんですか、ま、好きな方に変身されるといいと思いますよ?
どんな方でもボクのカワイさには適いませんけどね!>GMさん」
GM 「天上から見守るだけ・・・>カイジさん」
水瀬伊織 「ど、どういうことなの?>雪歩」
高槻やよい 「雪歩さんは、やっぱり白いご飯で……春香さんは、にんじんさんかな?」
萩原雪歩 「ど、どうしました?」
水瀬伊織 「牛なのね・・・ありがとう、やよい
でも、やよいといっしょに食べればなんだっておいしいわよ」
輿水幸子 「ゆ、雪歩先輩・・・?」
カイジ 「ああ…そうだな…。なんというか、ゲームが始まったら、無力になる分、反動がでかそうだな…>GM」
萩原雪歩 「伊織ちゃんをご飯に乗せてつゆだくとかおいしそうだよね…」
高槻やよい 「えーと、えーと……伊織ちゃんは牛肉……かな?」
萩原雪歩 「そういえばたまに律子さんがGMさんだったりもしますよね…」
GM 「RPはまだ特に決めてなくて>幸子さん」
輿水幸子 「まだ、という事はこれから変わるんですか?>GMさん」
霧雨魔理沙 「非アイドル同士隅っこで体育座りしながらぼーっとしてようぜ>カイジ」
水瀬伊織 「私がもやし?>やよい」
萩原雪歩 「あ、そういう意味だったんだね…」
GM 「一応私もまだ男ですよ(キリ」
高槻やよい 「伊織ちゃんも恋人になったら、合挽き肉にもやしまでついちゃいます!」
高槻やよい 「伊織ちゃん、こんばんわ♪」
霧雨魔理沙 「あと10人か、軽い軽い」
カイジ 「ふう…。男一人というのは肩身が狭いな…。
まあ、男しかいない鉄火場よりはましだが…」
萩原雪歩 「ううん、多分皆これから来る所だし
伊織ちゃんも楽しもうね」
水瀬伊織 「雪歩にやよい、待たせたわね
よろしく♪」
水瀬伊織 「遅れてごめんなさいね」
萩原雪歩 「伊織ちゃん、こんばんは♪
よかったぁ、来てくれて」
水瀬伊織 「こんばんは」
GM 「いらっしゃいませ!!」
水瀬伊織 さんが入場しました
GM 「不条理・・・不可解・・・不相応・・・
そういうもろもろ・・・!!
・・・文が思いつかなくなった()」
萩原雪歩 「魔理沙さんよろしくお願いします!」
高槻やよい 「おはよーございまーす!>霊夢さん」
GM 「いらっしゃいませ!」
カイジ 「上等だ…!俺の夢を…誰かの夢に上乗せだ…!倍々ゲームの勝者となる……!>GM」
高槻やよい 「牛肉だけのハンバーグよりも、合挽き肉のほうが美味しいってお母さんが言ってました!
きっと牛さんだけでも、ぶたさんだけでも駄目なんだと思います」
霧雨魔理沙
              ,, - ― ‐‐ -  、
           ., ' "´
          /     ./            ' ,
         /    ./   |    ハ _/ イ i     ヽ    ああ、私?
         ,'     .|、 |∧  / レ'-‐  |  /   !
        |      レ>‐、∨    _ ,iイ  |  .!    そうだな、博麗霊夢、巫女だぜ
        .八 、  |〈 l´ハ    '  ` !  /!
         .)ノ \,ハ. ゝ'゚ .     ".|/ .|    \   よろしくな
           / ,|"    -‐ '    /   |     ノ
          /  / ゝ、,        , イ  / /    | (
         〈   ,ハ  / |`ミ7ァr '" ハ|  .レ'  __ハノ
          ) イ  レ' `ヽrく__∧_ 「\rート'´|   `゙く
             , - '"´|/   ハ |_/ゝrヽ」.     ヽ
           /   {7  ./| |   |ノ::|/        \
          r'  /)' i::| /,_|__||  /|::::|         ' ,
          |>、/  'ー‐''つ::::::::::::|_/ ̄:::::::'、    __  ___ 〉
         //    ‐ァ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、 ,イ´ _」__/
       ./ /   _ノ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/` ーく´   `\」
霧雨魔理沙 さんが入場しました
萩原雪歩 「は、はい…」
カイジ 「※アイドルプロデュースが」
カイジ 「よろしく…。ま、俺も初心者だ。みんな、気楽にいこう」
GM 「夢・・・この業界は夢を賭けます・・・・!
それも自分ではない・・・別の誰かの夢・・・!!>カイジさん」
萩原雪歩 「…!?>やよいちゃん」
喜多見柚 「(うわぁ…一度はとてつもなく失敗しそう…>カイジサン)」
高槻やよい 「おはよーございまーす!>カイジさん」
GM 「いらっしゃいませ!」
高槻やよい 「私と雪歩さんが恋人になったら、まるで牛肉とブタ肉の合挽き肉ですね!」
萩原雪歩 「よ、よろしくお願いしますぅ…」
カイジ 「ククク…プロデュース業で一儲けしてやる…」
カイジ さんが入場しました
萩原雪歩 「ただ、顔文字に関してはちょっと保証しかねます…>幸子さん」
萩原雪歩 「宜しくお願いします、きたみさん」
輿水幸子 「そうでしょうそうでしょう(ドヤ顔>雪歩先輩」
高槻やよい 「ありがとうございます!>きたみさん
最近、難しい漢字がなかなか読めなくて……」
喜多見柚 「流行らせないよ!(びしっ!)>GM」
GM 「その顔文字は・・・・(*´ω`*)ハヤル」
喜多見柚 「"きたみ"だよ~>やよいちゃん」
高槻やよい 「えーと、……きたさん? それとも、きたみさんでしょうか?」
萩原雪歩 「幸子さんのかわいさ「は」流行ると思います!>幸子さん」
萩原雪歩 「うん、よろしくねやよいちゃん♪
やよいちゃんと恋人になっちゃったら私…凄く照れちゃうかも…」
輿水幸子 「ボクのかわいさももっとはやる(*´ω`*)」
喜多見柚 「おっと、ちょっと目を離したすきに…やっほ~」
GM 「ハヤルハヤル・・・女神村はハヤル・・・」
高槻やよい 「はい、雪歩さんもこんばんわです♪」
輿水幸子 「みなさんよろしくおねがいします」
萩原雪歩 「皆さん、宜しくお願いします!」
輿水幸子 「ふふん、ま、かわいいかわいいボクが来たからにはこの村も大繁盛間違いなしですね!」
GM 「いらっしゃいませ!」
高槻やよい 「今日はよろしくお願いします!」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 輿水幸子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 817 (輿水幸子)」
萩原雪歩 「やよいちゃん、こんばんは♪」
萩原雪歩 さんが入場しました
高槻やよい 「こんばんわー!」
高槻やよい さんが入場しました
GM 「あううう。
以降ないように気をつけます・・・」
かり 「いえいえこちらこそテンプレ中に申し訳ない・・・w
というか村名見ずにはいっちゃったボクが悪い・・・w」
喜多見柚 「まったく…仕方のないGMサンだね!」
GM 「すいまえんでした;;」
かり 「んー、酉つけてないけどいっか・・・w」
かり 「(よそみ」
GM 「こんばんは!」
GM 「事故なんですね・・・悲劇なんですね・・・>かりさん」
GM 「30分に人数確認を行い,
45分には人数に関わらず開始します」
GM 「・女神が登場します。初日に二人を選択し、陣営を「恋人」に変更します。
「恋人」が両方生存すれば勝利となります。一方が死亡した場合、もう一方は自殺します。また、夜に恋人同士で会話できます」
喜多見柚 さんが入場しました
かり 「あ、ごめん、建て直し済み・・・てへぺろ」
GM 「「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能です)
■これから毎日初心者歓迎しようじゃねェか!」
GM 「いらっしゃいませ!」
かり 「・・・」
GM 「禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 占いCOの発言は一行の占い結果のみ。占い理由はそれ以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php」
かり 「よいしょ」
かり さんが入場しました
GM 「すいませんでしたっ」
村作成:2012/11/07 (Wed) 22:07:54