←戻る
【劇場番外】劇場公演 恋色決闘村 [202番地]
~突発開催!~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 1 分 / 夜: 3 分)[1:3]初日の夜は身代わり君自動で霊界の配役を公開する決闘村
1 2 3 4 5
icon 身代わり君
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon 双海真美
(生存中)
icon 坂田銀時
(生存中)
icon 諸星きらり
(生存中)
icon 双葉杏
(生存中)
icon 八雲紫
(生存中)
icon KAITO
(生存中)
icon レミリアP
(生存中)
icon
(生存中)
icon 音無小鳥
(生存中)
icon クロP
(生存中)
icon 八意永琳
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon パチュリー・ノーレッジ
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon 翠星石
(生存中)
icon 上条P
(生存中)
icon 神崎蘭子
(生存中)
icon アレクト隊
(生存中)
icon ナバロ
(生存中)
icon 鏡音レン
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon 神谷奈緒
(生存中)
icon あんず
(生存中)
八雲紫 「では、私も落ちさせていただきことにしましょう。みなさま、同村感謝いたします」
双葉杏 「それじゃお疲れ様ー楽しかったわ―」
音無小鳥 「とりあえず落ちておくわ、御疲れ!」
音無小鳥 「まぁもう10時過ぎてるけどねぇ、どうなるんだか」
KAITO 「          __  -‐-ミ
      /::::::⌒´:::::::::::::::`ヽ
     〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::.
. ー=彳::::::::::::::::/ |:i:::::ト、:::::::::::::::::}      じゃあ俺も落ちるかな、村建て同村感謝感謝
    l{:::::::::i{::ア⌒从::├-:::i::::}::::::ト、
   八::r=ミ!i:{=ミ、 ヾ:ムミⅥ::/::}i::|         ボカロ一人かなーと思ってたからレン来てくれたのは良かったんだけど…w
     }:ヽぅ从    ′ 厶イう八{
      jハ:八   r ‘ 、  ,ハ:/      ま、そういうこともある、仕方ないねwではお疲れー
       j;へ::.、 ` ー ′ト<{ ′
        _リ」 ≧=≦ |:i \_
       _rヽ二i:]_  -‐┴=ニ´:}r 、_
    __√┴:、: : : : : : : : : : : .:__`ー┐}
. /:::::`\: : \‐-: : : : : : : :>―-`ヾ トミ
 ト、:::::::::::::::\: : `: : : : : : : :_:乙ニ、`  |::::::}
 | \:::::::::::::::≫、:_:_:_x≪´:::::::::::ノ   }::::::|
 |   ヽ-‐ ´   |:|   ` ー-{   ∧::::{
 }    :、       |:|        ヽ/:://寸

双葉杏 「みこみこさんですよー>村建て予定人」
音無小鳥 「ふむふむじゃあちょっと待ってみようかしらね」
八雲紫 「無関心なのはいますが」
八雲紫 「BLが嫌いな女の子なんかいませry)」
音無小鳥 「金曜は・・・日曜無理になったから、いぬふくさんかしらね?>村建て」
双葉杏 「何か実験的に建てるって話を聞いたわ
定期的にできる川分からないらしいけど」
輿水幸子 「ササッ             チコ」
KAITO 「あ、建てるって話が今日ちらほらと…」
輿水幸子 「>小鳥
鍋が美味しいのは当然ですが撤回も何も元々からないですし!
僕が可愛いのは当然ですけど!」
如月千早 「BL神が!?>音無さん」
音無小鳥 「あるぇ?w>杏ちゃん」
音無小鳥 「これらが符合する事は一つ!ここに村を建てろとBL神は言っているのね!?」
双葉杏 「え? たしか建つわよ?>四条村」
八雲紫 「でも、久しぶりに決闘できてよかったですわ。なかなか参加できませんし。
その点でも感謝しなければ……」
KAITO 「あ、超過後に会話できるの忘れてた…相手いないけどw」
音無小鳥 「10時・・・そして四条・・・今日は村が建たない・・・」
双葉杏 「昨日とか、割りと速めだったんだけどね
やっぱり村建て人不足が一番の原因かなー」
音無小鳥 「あんまり四条じゃ見かけないもんね、さてどっかで村でも建てようかしら?」
神崎蘭子 「ウロボロスの食い争いよ……
(決闘が建つと、人がそっちに流れて他の村が出来なくなったりするんですよ。
その辺りが原因ですね>決闘建たない)」
双葉杏 「KENさんは昨日ちょこっと勧誘しておいたわドヤッ」
できる夫 「何よりも人を呼び込む要素になりますしね
ではでは!」
音無小鳥 「某鍋が降臨すれば、ほわほわ撤回ワンチャン・・・?>幸子ちゃん」
輿水幸子 「ってことでお疲れ様です!
可愛い僕はクールにさりますドヤッ」
如月千早 「ですね、せっかくですから定期的にやってみてもいいかもしれません・・・」
音無小鳥 「それいいわね?金曜は結構空いてるし
以外と手持ち無沙汰だしね」
八雲紫 「決闘の深夜化現象の原因はこの私の眼をもってしてでもさっぱりわからない。
(ただ建てる人がいないともいう)」
輿水幸子 「>小鳥
そんな正義はありません!
むしろダメな方ですから!可愛い僕を信じてください!!」
神崎蘭子 「       ,-―‐‐ュ /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ、: : : : : `、
       /: ,ィ⌒ y: : : : : : : : : : : : : : r'" ̄`¬ェィ'⌒i: ` 、
      ,.': : 〈  /: : : : : : : : : : : : : : :乂    /}ト_、」: : : ',
     /: : : } /: : ,:: : : : : : : : : ∧: : : ':ゝ-一' } 〉 i: : : :'    終焉を迎えるは黎明の瞬きよ
     .:: : : : √i: : : i: : : : : /: : :/ ':、: :,: : : 辷__] 廴{: : : : : i   
     i: : : : 厶′: :i: : : : /}: : :/   ゙,: : i: : : : i!: : ;: : : : : : : }       失楽園の刻は来たれり!
     {: : : : ゝ{: : : {: : ナゝ、!: / ''゙´¨ ヽi!: : : : |: : :}: : : : : : 丿 
     \: : : :{: : : {/r符 },.'  イ示カゞ!: : : : !: /: : : : : /          嗚呼、大いなる謝辞を述べん!
       ヾ}: :.!: :圦  じ     ヒソ |: : : /: ィ: : : . '゚: ゝ、
       / : :',: ハ     ,       i: : :/"´ゝ、: : : : : : :゚.         (ではでは私も失礼しますねー)
     /: ヾ、: ゚:: |  、  、 ,   ,イ: : :/    乂: : : : : :〉
      ゝ、_,,:_: : :.ヾ!   `  _  ,。≦/: : /    /: : :,.'"~´         (村建てありがとうございます、お疲れ様でした♪)
     ,…-..,_ \: : 〉     _r孑一/:./、    ゝ/
   /   ニュ_ ゞ′辷/ ̄j{ i/ \,'/ /¨f^j‐-..
   ,'     ァ‐、} /Гj{  j{ f⌒r'ヽ./  Гj{   ヽ
   {    /   i Гj{  j{  { ノ  j{  Гj{    i
  !    ,′   ,Гj{  j{. /ミヾ  j{  Гj{/    i
   {~^"~^"7   i廴j{ー-=# /  iー≠=一'≦{     !
   ♭==i   /二二ニ= /  /ニ二二二=yi{     :
    {,_.,,._,._.{  /二二二ニ〈  / 二二二二二i!    .
    i   |  {二二二二 ≧='二二二二二ニ|    i
    i   |  ヾ二二二二二ゞ二二二二二 i!    i
    |   |  マ二二二二二三二二二二ニ!l     i」
音無小鳥 「kenさん来ないかしらね・・・(遠い目」
双葉杏 「超過後に会話できるのは強みよねーっと」
KAITO 「それはイエスだと思うキリッ>小鳥さん」
できる夫 「短時間で終わりそうですし、提案として挙げてみましょうかね!
>金曜日四条で決闘村

この時間の決闘は何故か少ないですし、需要あるかもですよ」
如月千早 「杏さん・・・(ほろり」
輿水幸子
          |                \-‐-、__  /:: :::ヽヽ  __
          .i          _,---- _ `ー、_:: ゙~7:: :: :: :| V´ :
          k        /     |  .i~゙ー〒ュ」:: ::: :: :::ト< :: ::
          Λ       / /   j  i  |゙t  ヽ 〒、‐、__| ::} :: :
            ヽ.     / /.  λ ハ  i  | 1.   ゙  |  ー、  ̄ ー
             \  /./| | LL./ .|  ! | ヽ.-十-⊥i  .i`ーt-、
.               ~,レ / / '´i .|/ ` |   . |  \|k  | ト  |  ヽ
               / レ、  / == ヽ Λ|  二ナヽ | |  .|ヽ、    と言うことで可愛い僕はおちます
       r、     _/  ,イ_Nr侘て〒     -仰て〒ュ'__ ト、_` 
.        | |     -´‐‐┐イ | ヾ ヒえソ      ヒえソ イ~ |  }|    みなさんありがとうございました!
       |. |  i     '´ | | 、 ヽ_:::::   、    :::::::/  .| /.|    
      ノ ノ  j i.      | | 「~            ~´|  .|ノ |
   rく⌒ヽ〈 rュ       | .|| ヽ    r―‐‐┐  ./|  |/^| |    可愛い僕と一緒に入れたので皆さん幸せものですね!
  rく__.ヽ 〉>' /        V |.  |\   ` - '´ _/ |  ,!  V  
.  ├、 ヽ )j t'          ハ  ト、r`!ー、___,,.イ , 'И  |      
   ヽ ー'  /         __」 k|  レ'|;;::    .|='、 | ル'         まぁ皆さんといれた僕より幸せ度は劣りますけどね!それではさらだばー
    ヽ  〈        / ヽ  V 〒 ̄ス、__ノjー, ̄レ7Tフ⌒>、  
     |   k     /    i / } 8 く フrtュt「´ / 8 r' |.|  /  ハ 
     .|   |   ,rニ´_     || ( 8 ヾ^iλ( ./ 8 { //     ハ 」
音無小鳥 「春香ちゃんも居ないしねーw
むしろ居たら積極的に・・・かしらね」
坂田銀時 「ま、面白かったぜ。この時間に決闘があるのは夜が弱い身にはありがてーしな!
んじゃ、またどっかで」
如月千早 「真理ですね(キリ>音無さん」
KAITO 「いや普通にその通りにレンと話したかったなーとかで良いんだよ!
微笑ましいじゃないか、なんかその2人>幸子さん」
蒼星石 「ボクもそろそろ失礼するね、村建てと鯖管さんに感謝するよ
同村した皆、矢をくれたできる夫、恋人になった翠星石もありがとうね
またどこかで♪それじゃ、またね」
「結局よくわからなかったから私は帰るぞ!
お疲れ様だ!」
如月千早 「千早RPでいちゃつくのはむずかしい・・・ww」
音無小鳥 「ほわほわは正義?」
パチュリー・ノーレッジ 「それじゃ私も失礼。
皆さんお疲れさま。」
如月千早 「こうやはりなんといいますか」
音無小鳥 「                         _. -‐=ミ、 /`ヽ‐- .
                      ,..:':´: : : : : : : : : : : : :ヽ: : :`ヽ、
                      /.: : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : :\
                 ,..:´: : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : ヽ
                    /: : : : : : : : :/: : : : :: : : :∧: : : :i: : : :\: : : :\
                  ' : : : : : \、イ: : : : : : : :l/ ゝ: :/: : : : : ',: : : : :Y
                i: : : : : : : :./X、__、:l!: : : :l -‐=';´:.|: : : : : : !: : : : :|
                 |: : l: :./.: :/z≠、: :.l!: : : :l ,z≠=、,!: : : : : :.||: : : : |
                  |: : !: ,: : :.〃l |::!: :.l!: : : :!. |__|:| l!: : : : :[_]: : : |
                 L!::!: !: : :l! !-:::! ̄  ̄ ´ |::::::! l!: : : : : : |: : : : j
                    |:.|: |: : :l! |::::::!.       i::::::! l!: : : : : : l: : : 从
                从:.ノ:.:〃   ̄         ̄ /.: : : : : : l: : lY
           〈`>へ    |: : :《         ̄`ヽ   /.: : : : : : :人: :!
          〈    `>.---|: : : :≫.、  ・ ゝ    ノ ∠: : : : :イ: /  ヽ!
             ゝ ../    .|: :(●)‐-≧====≦´ノ: : / !/
                `  ー-=从/____../〃》ヾ>  |`ヽ、
                        /  ゙"∨   !   \         まぁ中々面白かったのでこれにて撤収!
                     〈    〈`>へ  |    \
                      Y   〈    >、___.、   〉
                          |   O!.\ /     /
                           |    |  ´>-r―= ´
                           |   0|     ∧
                           |   ./、      ヽ
                      ∧  /  \    /│
                       / ヽ/  _.  \/  |
                         /      ̄       .|
                     /__________」
                   /三三/       |三三|
                    /三三/      |三三|
                     /三三/        .|三三|
                      /三三/         !三三!
                  /三三/        |三三|
                     厂 ̄__]        厂 ̄__]
                  〈___〉      〈___〉」
KAITO 「ねーわ!>小鳥さん」
アレクト隊 「《では我々も本国へ帰還しよう。お疲れ様だった》
《アレクト隊。帰還する》」
できる夫 「ということでお疲れさまです!
ワーイワーイビールだー!
今からでも飲みましょうかね……

皆さんお疲れさまですよ!
金曜日は決闘村、有りじゃないですかね?」
輿水幸子 「>KAITOさん
そ、聡明な僕はどういった連想をすれば…っ!」
坂田銀時 「村焼きたかった。>パチェ」
クロP 「あ、あとGMはお疲れ様にゃ」
クロP 「ということでお疲れ様にゃ
こんなBL村なんていられるかにゃ!
オレッチはアイドルがかわゆい村に帰るぞー!!」
神崎蘭子 「真実は深き闇の中……
(そういえば珍しい役職が多いですね)」
諸星きらり 「んじゃんじゃきらりもそろそろフェスではぴはぴきらりんパワーぜーんかいっ
で頑張ってくるにぃ! ばいばーい!」
翠星石 「お疲れさまでした~!
翠星石は失礼するですぅ!
同村村立てありがとうですぅ!」
輿水幸子 「小鳥さん…
そ、聡明な僕が華麗なツッコミを入れるのは当然ですよ!
でもそんな訳のわからないものはないので僕の可愛さをもっとアピールしてください!」
音無小鳥 「妄想を拗らせてからが本番ね!>アレクト隊

もっと、そう体に素直になるのよ?>KAITO」
「そして誰ともつながらなかった、訴訟」
八雲紫 「マダオ…コホンあんずさんとのCPとか予想GAYでしたわー(棒読み」
パチュリー・ノーレッジ 「そりゃ大爆発だな>銀時」
アレクト隊 「《フェス…戦争か。
ドッグファイト頑張ってくれ》」
双葉杏
       ,. - '':: ̄ ̄ ̄"::ー-,、
     ,..:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::l::::::::::::i:::::l::::::::::::::',
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::;斗‐ト:_:::.::|::`ト-、::|::::|.!
  |::::::::::::::::::::::::::::::l__!::_i_:::::::ハ_::|__l:::|::::| l
  l:::::::::::::::::::::::::::::::|〒弐オ ̄   〒テト.|./|.:i
  .|::::::::::::::::::::::::::::::l ト'::ィ;リ      トィリr::ノl:ノ        というかなぁに?
  l:::::::::::::::::::::::::::::| `ー'     .゙-'l |/
  i:::::::::::::::::::::::::::::|  xxx    ` xx',!.:}           レア役職多いわ、これが四条のデフォなのかしら?
   }:::::::::::::!::::::l :'.,l.    _ _  _,ノ|:/    
  /:::::::::::/ :.i,.ヽ_.::!ヾー- ‐‐‐ T´|  ′
  /::::::::::::::::::ノ  }:::|  \__,.ノ |丿
. /:::::::::::::::::/   l:::.! [/(__)ア i
/:::::::::::::::::/    !::l} く_ノ i }_,> |」
できる夫 「>蒼星石さん&翠星石さん
ええ、素晴らしいカップルでした。
満足ですよ!」
双海真美 「というわけでまたね→」
KAITO 「弟と幸子さんを矢で繋げた身としては、だからな!?>幸子さん、レミリアさん
その方向で連想すんのやめて!?」
輿水幸子
                  . : :´: : : : : : : :`丶
             /: : : : : : : : : : : : : : : :\
          / : : : :_/ : : : : :i: : : : : : : :ヽ
            ,: : : : : : :/|` : : : :丁 : : : : : : : :.
.        /: i==| i: /_ ゙ : : : : 人 : : :トミ /: :i
         ノ ト-ヘ灯勿ヽ:/丁勿ト、:├ぅ′ |
        ⌒i/|: : l. じリ    じり ∧ノ:/ーァ-≧  そしてレンさんも人気者の僕を夜の間独占できそうだったのに残念ですね
           |: 从 xx_  __ `xx厶: :/- ': /
           弋ト个/ } マ  ) ィi:/</     でも僕は刺さった瞬間嬉しかったですしファンは大事にしたいと思うので目一杯楽しむつもりでしたよ
                「 ̄}>= </::::::::ヽ_
              l::::::〈L 人  〉、::::::::〃 ̄`ヽ
               |:::::::价:::o:丁:::::::\::::::::::::/⌒j   また機会があったらお話しましょうね ぼ、僕は優しいのでいつでも待ってます
               廴::ノ||c::o:||::::::i:::::/ア´ ̄`ーく」
レミリアP 「続きはいつものところで!
しーゆー!」
如月千早 「◇身代わり君
 (dummy_boy)
[魂移使]
(死亡)  個人的にもったいなかった」
アレクト隊 「《このピヨちゃんもう駄目かもわからんね(棒)》」
クロP 「マダオから発火したのかにゃ
一体誰のせいだろうニャー」
パチュリー・ノーレッジ 「レミリアPの新連載にどうぞご期待ください。
ご愛読ありがとうございました。」
坂田銀時 「俺のとこに変に集まったようだ
双海真美 は 坂田銀時 あんず に愛の矢を放ちました
如月千早 は 坂田銀時 音無小鳥 上条P に愛の矢を放ちました
パチュリー・ノーレッジ は 坂田銀時 パチュリー・ノーレッジ に愛の矢を放ちました」
神谷奈緒 「そんじゃ、私はこのへんでフェスに戻るよ
またなー」
できる夫
::::::::::::::::  ̄ ̄ ̄\
::::::::::::::::       \
::::::::::            \
::::::::::::::二二 ̄  `ニニ l
:::::::::::::''T'''T'    T''T   l.:.:.:.:    BLの皆さん……御愁傷様ですよ
:::::::::::::: ̄ ̄      ̄   |.:.:.:.:.:
:::::::::::::::::::     ′    i.:.:.:.:.:.:.:
::::::::::::::::::::: ―‐-    丿.:.:.:.:.:.:.:.:.:
::::::::::::::::::::::       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:」
上条P 「くそっこんなところにいられるか!
俺は撤退させてもらう!……まー今度はもっとアイドルと刺さりたいですまる」
蒼星石 「できる夫、それに翠星石はありがとうね
銀狼でぼっち遊びしようと思ったけど、恋人も楽しかったよ」
音無小鳥 「その突っ込みが聞きたかった・・・(ドヤ顔>幸子ちゃん」
双海真美 「銀魂鉄板CPつなげただけだし・・・(震え声」
如月千早 「割と内訳がおもしろかったです(こなみ」
できる夫
  ハァハァ    ___
       /      \
      /  ::\:::/::::u\  ハァハァ
    /   <●>::::::<●> \
     |      、__',_,  u.   |          くっ、ください!
      \   u `‐'´    /          ビールを!ブヒヒヒヒーーーッルをッ!!
      /⌒ヽ   ー‐   ィヽ
      /   ■  ■  .冊  冊.         いえね・・・ 好きなんですよ、ビール・・・
    /, ./  ∨  ヽ (.サ.)(.サ.)
    |  .lキリン }キリン { ッポ }ッポ {ヽ
    ゝ つ=.l==l(.ロ.).(と⌒.ノ
   ̄ ̄ ゙ヽ_ソノノ--ィ ゝ-ヘゝゝノ゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
上条P 「俺は犠牲になったのだ……小悪魔二人の思惑の犠牲にな……」
レミリアP 「KAITO×レンか…」
アレクト隊 「《ブラックレーベルは世界を救う?》」
諸星きらり 「おっすおっすばっちし!>なおちー」
音無小鳥 「弟と繋げた身としては恋人勝利でよかったかな

なるほどなるほど・・・>KAITO」
神谷奈緒 「だーーーー!!だから、恥ずかしいことさせんなーーー!!>きらり」
レミリアP 「BLが世界を救うと信じて!」
輿水幸子 「>小鳥さん
僕は可愛いですけどさすがにツッコミを入れますよその捨てゼリフには!?」
双葉杏 「あーこれかぐや姫の効果なの?
地味に強いわね、ありがとー>蘭子」
双海真美
.       r、
      ',ゝ、_                    ,....-==:.、  _>=--.、
        j_`  ヽ                  フ´:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.`ヽゝ_:.:.:.:.:.:i
      ヽ、   丶           ,イ:.:.:,イ:/!:.:.:.:/`ヽ;ヽ」 :.:.:.:.:!
          `ー-、  ` <       /.:.:/,r'仍i,イノ `ヽ',:.「:::.:.:.:.:i
           丶.   `<     レ」    ,  沙).}.|::::::.:.:.:i
              \   `  、   (_,    _    ノ;ハ:.:.:.:.:.:i
                、     ゛ 、. 、 (    ヽ , ' ).八:.:.:.:.:`ー.、
                  > .       t:、-==-<,.ノー '    ̄ フ::.:.:.:| に→ちゃん達は犠牲になったのDA!
                      `ヽ  / j   ',´ ̄!   ='´ァ.:.:./リ
                       >._/    ',:ヽ`ヽ     i:.::ノ
                       ,(./ーイ>、   i!: i.ノ      !'´
                         / /V i  丶、 '  ′
                     /,イ /j i   ::;..   ,',
                        j' ! i i |   `:;  / 、
              -ゞー-=/ j//  ! 、   /   }
                    `ヽ _/ /:i/   !  丶  /-= ´
                 ´ ̄/ /.::i'   |     `i_」
パチュリー・ノーレッジ 「しかし最初のマダオ吊りからの連鎖爆発……あれは一体なんだったのかしら」
KAITO 「             /イ::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::}
             /::::::::イ::::::ハ:::::厶-';::::::::::::::::::|
               /斗:::::::kヒテxⅣxそテ:::::::::::::::i:|
                jヘ:::::ト、   ′  厶イ::ノぅ从      ま、CPと言っても会話ないし(重要)
                j八   ヽ    从Ⅳ
                  __ヽ ー ‐'  にニニニ7         弟と幸子さん繋げた身としては恋人勝利でよかったかな
               \   〕>-< /:/   /__
                  r‐‐<\_L_  /:/   -‐ :⌒ヽ__
               /:\: : : : : : : ≧=≦:_: : :-‐: : : : : :`Y
              / : : : : \ : : : : : : : / : : : : : : : : : -‐く
         〃´⌒\: : : : : ー=彡: : : : : :  -‐   -‐}i
.          《     ` ー-: :_:_:___:_ -‐ x≦´   ハ
         〈.ヘ         {::::/://   ゝ‐:::ニ;二ニ=ミ \
         }ハ、      ∨:/     /:::::::::::/     `ヽ}_
         ト、        {::{/   /::::::x=く  __  ゝ、____ノ
          | ヽ}      /:厶=‐ 〈^ヽ(  -‐´  ⌒ア:::}}
           |  {      {::{     〈^ヽ(⌒(⌒弋/ /::://
.         |   〉       /://     {`¨^¨¨^::ー‐―く::://
.          |   〈       /:/        ヽ:_:::::::::::::::::::::__彡'
        |   }     {::{          ̄/ ̄
神谷奈緒 「き、きらりん☆」
八意永琳 「             _,,.. --─-- 、..,,_
          ,.:'"´:;:::::::::::::_r┐::::::::::::::`"'':: 、
         i::::::::く:::::::::::l__  __コ::::::::`ヽ::::::::`ヽ、
         ';:::::::::::ヽ:::::::::::l_」::::::::::::/::::::::::::::::::::ヽ
         ,.!;;::-‐──-- 、::;;;___:::::::::::::::::::::::::::::::!
       /  /          `"''ヽ、:;:::::::::::::;'
      ,:'   /  ,'   /!  .  ',   ', `ヾ、:;/!
     ∠,    ;'   ハ   / !  ハ 、_!  ハ   '`ヽ!
      ,'   i  /! 7メ__,/| / ! ,ハ_レ' i   . i ',
      i /  ! ,'ァ /´二、ヽレ' .|/ -、`ヽ .! ,ハ ! i ホモにつける薬はないわ!・・・私は帰らせていただきます
     ノヘ   !,/,从 { l }      { l } } .!/ レ'   ! お疲れ様でした
        )へ.  !   ゞ-'  ,   ゞ-’ '  ! ,/   i
      ,く   ヽ! ////       //// ,ハ / .! ,'
     ,( ヽ、,/ ハ、  u   . -―-、    / !'  レ'
      i  ヽ/i   i >、  `ー― '  ,..,イ / ,  ,'
     ',    ':、 !   ノ`i: 、.,,__,, :;</ ,レ' ハ /
      )、   _,,.ゝ!-=イ^'ー-r--‐''"iヽ、!.,/__!'
     ソヽ.,.:'´    `ヽ、.,__土__,,..イ::::/:::::::::::::`ヽ、
    〈  /   ,i,.      !/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':、
     く7   /    。__7___。:::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::',
    rイ  ./       ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::Y!::::::::::::::::::::ヽ、
    >ヘ、/_;'      ー十--::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::r':::」
  /   Yi、       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノi:::::::::::::r'"ン^ヽ.」
坂田銀時 「せやった!>神谷」
アレクト隊 「《まさかピヨとくっつくとは予想の斜め上だった。てっきりぼっちかと》」
如月千早 「そのQEDはやめましょう!?>レミリアP」
輿水幸子
             _
           ''"    `  <
         ´            `ヽ、
        /                 ∨
     /           ヽ      ∨
      '    ::N    ::|ヽ ヽ ___! \ ∨
     '   l  :::! ヽ   ::l ヽ  [____].  \
    j   ! :::l  ヽ ::|   ノ <二> ー- `=-
    / !  ::, ::l ー  V   卞芯 ! :::!     ∨  礼儀正しい僕が改めてお礼を言いますけど
  /イ |  ::!ヽ ::卞芯    弋_ソ.! :::!   ::!、∨
     |  ::l V 弋_ソ       | ::j  :::! \l   矢をくださったKAITOさんはありがとうございました
      , :::! 八     、___,   ,,|::/ ::/ヽ|
      ∧::|ヽ ::! ー ---、--, ''"`|'::/
         | ヽ|. YYー‐ ri――  `"'<       人気者の僕ををさらに人気者にしようとしてくれるなんて優しい方ですね!
            |   |\/!! ヽ/ r    `<
                 | 〉/_ノ|_/   ヽ"> __ `,r-、   」
翠星石 「できる夫に蒼星石ありがとうですぅ!」
坂田銀時 「だが真美は許されない」
諸星きらり 「どんまいどんまい!せーのっきらりん☆>なおちー」
音無小鳥 「クマ・・・おっとちょっと癖が出るところだったわねーw
それじゃあ、ほわほわ!」
神谷奈緒 「一人、なんかアイコン違うけどな…>銀時」
レミリアP 「昔からの決まりです>アレクト隊」
蒼星石 「ふふ、ありがとう>できる夫」
八雲紫 「       ______ ______
      ,' ,.--、ヽ、, -'─--.、
     /i i   'i γ,´ ̄ ̄`i iヽ、
   r-y-ゝニェィヽヽ---- '´イ.  ',
   'r'´ ̄  ヘ  `"ヽ>´_ゝ、  i
   ',' / , _レ_, ! 、 ヘ 'ヽ)ヽ_yλ  なんとなく恋人っぽい双葉杏さんは始末しておきたかったのだけれど
    レ〈 i r;-;、レ´i ,__ノ_イ, `iヽ,_,イ
    .iイ i。'ー'   r;ーェ;、イ,イ  i |  まあ、おめでとう。おめでとう。おめでとう。
     .!i人"  .   ー'oi/ノ i !〈
    ノ i イヽ、 、 ⊂二 ヽi   | .〉
    レi / r`, ─ イL(   .iヽ!  |
    ノ .i///イ/ーi'i`ー'"´ i  イ
    [><] i//  [><',____,.イル'
, ゝ、_     \ /´ヽ   ゝ、」
双海真美
                       ___/: : :/⌒ヽ
                _,.. -――-、_ >‐-、: : : : : :.
             ,. : ´:,.. -―: : : : : : : :>-、): : : : :ハ
           ,. :´:./: : : : : : : : : : : : : : : : :}-.、: : : : ハ
          /: : :/: : : : : ,: : : : ,: : : /: :/: : :|: : :ヽ、 : : {
            /: : : :/: : : : : /: : /: : :./: :/: : : :ト、_: : 、: : :|
        /: : : :/: /: : : /: :.//: :_/: :/: : :/:.{  ミ: :l: : :{
          l:イ: :/:イ|: : :.:|: ://: :イ/:,イ: :/!:/  Ⅵ:.}: : ;
          {: : : :./- !: : /l:/  ,..- 、 /イ /  __ }:/: :/
        Ⅵ: / /^!: /!   {  ィ㍉       `'イ: :.{
         ∨:{ /{|Ⅵ!      弋ソ     ,.ィ、 /: : :,イ なんて酷い・・・・
          \ヽ_.!: :.|              ムソ/: :.!: |
           、: :|:.:.:|              、 /: : :|: :|
                Ⅵ: :.|            ;': : : {: :{
           ィ⌒!',: !\      ,、    人: :./l: :|
             __/ リ    、        /: : : / j:./
      __/ r,/       >- - く: : /: : { /
     /  `ヽ、 \        /ヽ、_ /:,イ: : :.|
    _/ ,..、   \  \     {、 ∨ ハ{/ j : : /
   〈_/::::::::\      ヽ-、  }   !  ', l: :./
    /:::::::::::::::::::::i、   \  \_j  /  〉 |:./
    ,:::::::::::::::::::::::::l: \   \  ヽ::! / /l:::.
アレクト隊 「《いいと思いますよ。ハイ>ナバロ司令》」
双葉杏 「                  ,..-‐=ア´ ̄ `≧z.._
             ,ィ≦ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
.          , ' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.           ,.' ::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
         /::::::::::::::/:::::,:::: /:l:::i::::::`ヽ:::::ヽ:::::::::::ヾ:::ハ
         ,'::::::/:::::/::::::/:::::i!::i!:::',::::::::::::ヽ:::ヽ_::::::::::ヽ:::',
        ,'::::::;'::::::i:::::::i!::::::::i! lヽ::ヽ',;:イ¨ヾヾ:';¨::',::::::',:::',
.         j:::::::l:::::_;li!:::川≒ハ::l ヽ:ヽ、:ヾ:ヾi:ヘハ:::: ',::::::',::i   f≒
       ヘ::::::l:::''l!:::l:_:」l::::::l i!.  ヾ `.._ニニ、i:::',::::::::::::iN  l  ',      fミt       夢求愛だったけど求愛先生きてるから問題ないわね!
        Ⅳ:l::::::i!:::',.__二__       , '´  `|::::',:::::::/::i  l  i     / .i
         iヽ:jヽ:i:::l:i´   ¨`      xxx l::::::レ'::::::::::i! .l  l    .,.'  .;'        
         l: :`:::::iヾ::i xxx    〈        j:::::::::i!:::::::::::i! .j  ;    ,.'   ./
          i:::::::::::i::::::ハ    r‐― '''´ l   ,':::::::::::l:::::::::::::V  ,'  /  ,.            恋人がかぐや姫!?あっれ!? それ私!
        j:::::::::::j::::: i ::ヽ   ヽ .,_ _ノ .ノ/::::::::::::i::::::::::::/  .|/   ,.'
.          ,' :::::: ,'::::::::i::::::::::::>=、 .,_ _,. ィ1:/:::::::::::::jァi__.;.'       /__
 ̄~""''' ‐- ’::;;_:,:':::::::::,'r=j´〉ー''´i'       /:::::::::::::ノシ./,.'  .l.      '、 ,.  ヽ            
            , ':::::::::::,' f=./___ .',     ノ:::::::::::::/コ././   マ    _,Y  .ノ
.         , ':::::::::::::/ ノニi   〉ァz.,.。zア::::::::::;イく .//7   `゙゙¨¨ ̄==、_.ノ .)
        , '::::::::::::::;:',r''´/   i   f .,.'::::::::::;イア<i /.i l    __zゝ=z''_./
     , ' ::::::::::::::;.', ' ヽ l   人z〈,.'::::::::/:::;' /./|;'..ハ   ‐''.ノ   ,イ'::.
     ,.':::::::::::::::::/./   i ゝァ'_ ././:::::/::::: ,' .jV i.| .l::::≧z..__,. ≦ti:::::\
._   ,.'::::::::::::::::::/ i  ヽ / lー((ニ/:::;:'::::::::::::;'./ j| .i.|..l三三:三三三:三l::::::::::::ヽ、
.  / ::::::::::::::::::;' _,.ハ   ヾ ´ li,'::;:':::::::::::::::l' ノ .l .i.| l三:三:三三三三i::::::::::::::::::`::
. ,':::::::::::::::::::/ァ7´::::マ     rーri:/ :::::::::::::::::i´  ハ |.l三三三三:三:三j \:::::::::::::::
 i::::::::::::::::::::i,' .i:::::::::::〉、   ヽソ.,':::i!:::::::::::::::::'   i .i .| l三 :三:三:三:三∧  `ヽ、:::::
ー|::::::::::::::::::::| . l::::::::::jーz.ニ tーizi:::::i.マ:::::::::::::::', l  i l .i:三:三:三三三リ::::',    `¨
::::l::::::::::::::::::::l  i::::::/    j .‐<l:::::ハヽ::::::::::::::ハ. ', ',.l .l三三三三三:/:::::::',」
神崎蘭子 「か、かぐや姫、だったから>双葉さん」
「いったいなんだっていうんだ!」
神谷奈緒 「きらり、すまん…噛み先間違った」
翠星石 「ありがとうですぅ!>できる夫」
諸星きらり 「もー恋人さんなんていないって思ってたにぃ、にゃははー、残念
次またがんばろーにぃ!>なおちー」
坂田銀時 「ヒャッハー!>パチェ」
ナバロ 「噛まれたうえに独り身で勝利と言っていいのか?アレクト隊よ」
アレクト隊 「《おいィ!どこぞのJSかYO!>レミリア》」
クロP 「なんてこった。ここはBL村だったにゃ」
できる夫 「おビール様のお通りじゃー!
今夜は祝宴じゃー!」
KAITO 「終わってた…お疲れ様」
蒼星石 「うん、まぁ…まだ居たね…w」
できる夫 「翠星石さん、蒼星石さん……
祝って挙げますよ!おめでとうございます!」
坂田銀時 「見事なモバマス残りだ!感動した!」
音無小鳥 「男三人を繫げたのはあたし・・・でも会話が聞けないなら意味がない!(キリッ」
パチュリー・ノーレッジ 「ホモは滅びた!さあ祝杯だ!」
双海真美 「マダノコッテタナンテ・・・・」
八雲紫 「お疲れ様よー」
KAITO 「おビール様!>できる夫」
翠星石 「最初の連鎖は凄かったですぅ」
クロP 「お疲れ様にゃー!」
アレクト隊 「《ナバロ司令。勝利ですよ!》」
双葉杏 「難題って何よー!?」
レミリアP 「アイマス村の住人は全員女子小学生

女の子はみんなBL好き

アイマス村の住人は全員BL好き」
上条P 「なんということでしょう勝ってもいやすぎるCPだってのに……不幸だー!」
神崎蘭子 「                  「二二二{    x≦二}__/   `Y
                 }二二二i{   ̄ ̄ ̄≧x        }
             /⌒}二二/         \__ }
           / ___{≧‰        ``ヽ   ∨二{八  ____
         /   {二二/             \  ∨=}  \ノ      \___    /(
           {  ノ二=_/  /         }V  \ }て__   \     \   \_  { )
.          /  ∨二ニ{ ,:       i    } ∨   \ニ=-__  丶\     }    } \{i(     魂が告げるは絶対遵守
      /     ∨二{ {       /|   八 ∨ \ \ニ=-__     \  ノ    }   } )
..    /  / /了ニ{ {    ノ / i| | /斗r( \ (ヽ(ヽ\二ニ=-___-=彡    ノ   }ノ       破滅的に 破壊的に 破損的に
   /  / / ノ二_{    /}/  | i(\戈cY | 〉 〉 }\\二ニ=- 廴__彡   ノ
  /   __ -=彡〉 /二ニλ {/《弌豕ノイ \\ | ,i_/ / /   \\     廴___彡        ――闇に呑まれよ!
. /      // /ニニ_/ } i{ ハ ""   ノ  \`^   /    ⌒\                    (明日の吊り先を準備していたら終わっていました)
. 廴__ -=彡イ/  ` ̄ ̄ 八i{ }圦    `   {    /__       \
. {       〉       /   八     ー‐ ´ {  ___√二_∧                       (お疲れ様です)
. 廴__ -=彡イ       ,′  /     〕i≧xvx≦て廴_て)二ニ∧
  廴__    八     /          ___}二ノて_て%‰ て二二ニ∧                
  廴__ =彡  Y  /   /    /二て__  %___ て二二ニ_∧
..  廴__ -=彡}/   /      /二て__ % ノて二ニ=}二二二ニ_〉
.    廴___彡イ⌒ソ/     /二て__ % て二二二=}二二ニニ_/
    廴__ ノ 〈(     /二ニて__ % て二二二ニ_}二二ニ=/
      廴て         ∨二ニ て_人て二二二二ニ}二二二/
                  }ニ/二二二{二二二二ニ=}二二二}
                   /ニ{二二二=∨二二二二ニ}二二二}」
神谷奈緒 「居たのか!?恋人」
輿水幸子 「お疲れ様です
可愛い僕の陣営が勝つのは当然ですよね!」
諸星きらり 「にょわー!?」
双葉杏 「あああっぶなかったぁー!」
如月千早 「お疲れ様でした!集まっていただきありがとうございます!」
できる夫 「イヤッホォーウ!!」
八意永琳 「そ・・・そんな」
神谷奈緒 「ん?」
アレクト隊 「《お疲れ様だ》」
パチュリー・ノーレッジ 「お疲れさま」
「なにこれ…?」
双海真美 「ナッナンダッテー」
音無小鳥 「YESYES!」
翠星石 「お疲れさまでしたぁ!」
坂田銀時 「乙!」
蒼星石 「あ、終わった。お疲れ様だよ」
ナバロ 「お疲れさまだ」
音無小鳥 「ホモが嫌いな(ry>レミリアP」
レミリアP 「お疲れ様」
ゲーム終了:2012/11/09 (Fri) 21:51:25
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双海真美さんの遺言
                       __
             ____   _/:_: ハ
        ,. : :´: : : : : : : : : `´: : :.:.!、:l_
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト、,.ィ
      ,.:´: : : : : /: : : : : : : : /: : : : :/: : :,ハ
    /: : : : : : :/: : : : :,: : : :/: : /::}/::::、: :!」
   ,': : : : : : :/: : : : :/: / イ: :./::::/:::::::::Ⅵ
    |: : : : : :.;': : : : :./: /:::::|: /::::::'::::::::::::,イ こんな顔してないように・・・・・・・・・
    l: : :./: : {:i: : : :/:j/::::::::l/::::::::::::::::::::/:{
   {: :/: : :_リハ: :/::::::::_,...  ´ ̄``ヽ、:!: !
   ∨: : /-、 Ⅳ            {:.|
    \:{  (             ⊿   !:{  わたしはきっと幸せになるんだ・・・
      ヾ、ー 、_            八:.
       \∧           イ: : :}
       ,. --.}  >   __,.イリ:./: ;
     __/   <|        |、_  /:イ: /
    / ー {_   `ヽ、   |-、 `ヽ!: /
  _,.{ -―- 、_ `丶、 `ヽ {、 }  /-'、
/    、     `丶、_   } `∨ '   }
八意永琳さんの遺言          , - 、 /::::::╋:::::\
         /とトリ_):::_/ 71ヽ.、::::::ヽ
       / /-‐|// /-| } iハ::::::::::.
     /  /  /イ/レ' ` |ハ/ヽ\:::::}
   //  〈ヽ __{/lz=、  セン| l| ∨
  .´ ゝ\Z}´ ハイ ''' r‐┐''' lノ! }
 /  ヽ. ィー'  | l丶 ヽノ. ィ/ //  えーりん!えーりん!
 {     l、_ - 'ヽ.! /、二ノ/´`ヽ
 ヽ     {:.:.:._:.:.:; ':.:.::二:::\:::::::::::`フ
   \    ソr、}_{:.:.:.: :二:::::::::}ヽ::r<ゝ、
    ` /{ヘ}、 `¨'ー-っ:::::::/_:イ{_レ'¨ヾ)
       7ヽ-イ >;.、   ン:::〈_./ _. イ
     rヘ.__ノ}/ヾニ二ノ7;  ,. '´`¨′
    , -|  l..::´:::::::::::::l.:.:.:.:.` ーく
  ヾ¨.:.:.:.> ´:::::::::::::::::::::l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
  /7/:::::::::::::::::::::::::::::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
八雲紫さんの遺言  \    ' ,   ┼           ,. へ/     ,:'   ./
            ,'〒== 、,. -‐フ´∠ニi |   ,:'    \    -、
  \\       | |__,'  ̄ヽ:y-/∠   ! ! 、        >    ヽ.
     \      >==手ー'`ー==ィ  、   /  く   ノ、__ノ ヽ
            / 7/`ー‐'´ゝ''"⌒、__,.-  、ヽ、//  .!
  `  、       i、 /   /` |  ./!    ハ`,、 )       |      お
            7 , / /-r | / | ∧-、 |  |i''"      |
   + .       i /.レ' __」_レ'  レ' _ ∨|/  |     -=ニ二.      |
            | ハ | '´ ̄`    ァ==、! ./、    i    |     |
 _人_      r‐、 _,./´!∨wx   ,. - ,、  xw|.イ/ヽ. _人_  く
 `Y´     ヽ、_).」 |./ ト、.  |   ソ  ,.イ 〉   〉`Y´   |__    ,.‐ト、
.         '、_`ン!,〉 〉,イ>r--r<´〈 〈   /   !     /  レ'  | )
          ゝ-イ|[]<_} Z{{_>[]<_} }{_>[]<_} 〈        ,'     `ア´
           ゝ-イ } /:::: <∧,>::::ヘ ( | 〉ハ        |
           /  )ソー'、_::::::::;::::::::_:;ノ、,ノ久> `ヽ.     .|      |
           /     ,}:::::::::::::::::::::{ ^>'´ ,〉  ノ     |      |
     /    i  i    .:'::::::::::::::::::::::::::、" /  )イ       !
   i (_   /      /:::::::::::::::::::::::::::::::.ヽr  (  |     く     |`!
   ` ー    ∨´ ル /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\  \|      `i    |_|
            /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ.´レリ      |    ロ
           <::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉        \     へ
           `-、:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/          \/
              `rーz__::::::::::::::::::_,r-‐く
              [こ八、 ̄ ̄ ̄ ./こ7 |
              ヽ--‐'       └--‐'
さんの遺言             /
         /!     ,. . : : :  ̄ ̄ ̄:>-.、
           L`:ー ´: : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
       ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : :.
      /:,: : : : : : : : : : /: : : : : : : ,: : : : :ヽ: ヽ: : : ::.
        ':/: ': : /: : : : : /: : : : : : : /: : : : : : ∨:∨: : ::.
       '/: :|: : :|: : /: :./ {: : : : : : :|{: : : : : :.:.:.| : |: : : : :
     :.|: : |: : :|: : ;、:/  |: : : : : :.:| ∨: :、: :.:.:| : |: : : : :l
      |:|: : |: : :|: :∧|`ー {: : : : : : | ーイ、ヽ:.:| : |: |: : : :
      |:|: : |: : :|:/ リ   |:、: : : : :|  __ ヽ: | : |: |: : : :{
      ':j!: : :,: :.{:!  ,.-ォ、{ \:}、_{イ::::::::≧,Ⅵ |_:|: : : :.:
     ': l: : : {: :.|{ ,ィ:::::刈      込こ_ソ |: :|' Y: l: : :.
    /:,: : : ∧: | 弋_z斗   ,         |: :| ,ノ: :}:.|: :.
     {: {: : /{( ,:ト,                    |: ,'イ: : :|:.|: :.}
     |: | : {: ヽ.}:|ム       ,.. -―‐ ,     ィ!/: : : :/:,': :/
    ',: ',: |: : : l:|:込、__  ` ̄´  J   <: :./: : : /:/:,ノ
     \: }_: : :リ: : : : :イ¨¨ T ¨¨´|_ \: /___{ィ彡
      7:ミr---- '  _r,- ´    _,  `ヽ、    }: : : :.
       /: : :{     /  \_  ´       ヽ   |: : : :}
     , : : : |    /       ` ー―-┴‐ ´ ヽ |: : : :|
      { : : : |  /  }       /     l     }|: : : :|
村人CO生き残れる気がしない、訴訟
狼CO生き残れる気がしない騙りとかめんどくさい、訴訟
狐COどうせ吊られる、訴訟
狩人CO護衛先考えるのめんどくさい、訴訟
占いCO占い理由考えるのめんどくさい訴訟
霊能CO対抗出たらローラーされるしどうせ噛まれるだろうし訴訟
恋人CO相方死んだら私も死ぬし面倒くさい、訴訟
八意永琳 は無残な姿で発見されました
双海真美 は無残な姿で発見されました
杏 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
諸星きらり 「やだー☆わーいなおちー☆まってぇー☆」
神谷奈緒 「いや…そりゃ、知った仲間がいりゃ…嬉しい…けどさ…」
諸星きらり 「というわけで明日は真の杏ちんを決めたいと思うの!」
神谷奈緒 「ええい、近寄るんじゃない」
神谷奈緒 「はぁ~…まさか、きらりと二人っきりとは…」
諸星きらり 「にょわー!同じ事を同じタイミングで言うなんてきらりとなおちー
の仲ばっちしだね☆」
神谷奈緒 「ん?そういや、気がついたらシンデレラガールズの二人だけか」
諸星きらり 「てことでふたりっきりだねなおちー!」
神谷奈緒 「っていうか、ここも寂しくなったなー…」
諸星きらり 「にゃはー☆二度目になるとやっぱりこーなるよにぃ
投票したけど許してほしーにゃー☆きらりん☆」
神谷奈緒 「仇は、絶対とってやるからな!!」
神谷奈緒 「ちくしょう…」
神谷奈緒 「紫ーーーーーー!?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
八雲紫 は投票の結果処刑されました
4 日目 (2 回目)
双海真美0 票投票先 →八雲紫
諸星きらり0 票投票先 →八雲紫
双葉杏2 票投票先 →八雲紫
八雲紫6 票投票先 →双葉杏
0 票投票先 →八雲紫
八意永琳0 票投票先 →八雲紫
神崎蘭子0 票投票先 →八雲紫
神谷奈緒0 票投票先 →双葉杏
4 日目 (1 回目)
双海真美0 票投票先 →双葉杏
諸星きらり0 票投票先 →八意永琳
双葉杏3 票投票先 →
八雲紫3 票投票先 →双葉杏
1 票投票先 →八雲紫
八意永琳1 票投票先 →八雲紫
神崎蘭子0 票投票先 →八雲紫
神谷奈緒0 票投票先 →双葉杏
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
神崎蘭子 「                     _┏┰┯ニ=ー-=ニ _      __
                    /`┝┷´ -≠-‐     ``┰┓ ̄__ミ、___
             ┌┿ヾ】” ´ ̄′ ̄ミ 、 ーヽ┷┐´ ̄ ̄ ̄ミ 、
           ┏╂┿ ´   イi   |i    \.   ノ【┯┐ー-   ``
           ┠┿'゙  / ノ  |i     \.    ,┠┿┐```.    `
.              ヽ/  ,  /  ′i |ト、      、 / 】┿┨   \    \
             /  .:′.  ,   ノ| ‘, ,     |i´   】╂┥、.   }.     冫    絶望の園は昏き真実を照らし出す
                ′ / i i| ′ イ i|   ∨    |i  / 】┿┨ \  ノ      /
              ,   /._i| i|  イ 乂 イ´ィ斥ミト、   }. ' ノ】╂ノ   )/    ィ__       真実へ辿り着くのは何時ぞやであるか、と
             .′ ' / }' ) `メ´  )丿' 乂ノ} イ  iレ、´/】”´   /^ 、  _∠ 孑⌒ミ
.            ⅰ  ィ / ,/i|.,r斥* '´   ^¨^i:   /'〉〉'゙/    イ  ゙'ー ´.      ⅰ     きっと冥獄へ辿り着けるのだと
          { r'゙/ ,/ ,/ 八. _乂},.:     イ'  / 'ノ,ノ    辷__  ___ 才¨テ _ノ
              /   ム斗-‐う         /  / /'´       ̄手´__`¨`ー´⌒)    
          /       ー‐´-っ    r =ヲ'  _rーメ,          辷ー‐=チノ /            ……に、にょわーん。
           '′   ,rf二才´个トo。 ` メ_,.イ´`Y´_          ̄``く ノ
        /   _ ィf´``ー‐'´ ,イ/ヽ_/´iーt-辷彡⌒ゝー=ミ       ヽ(
.       /    /_ ̄``ミ.、ー宀: : : :メ 、~^^~´ ノ``,.: : : :. :. :.ヽ        \
      /    %(⌒__彡'´.: : : : : :.メ    ー ´ メー、'゙.: : : : : :. :.弋
.     /    { ``{ー.: : : :. :.__r彳ーtー 、r~,、__ }ーミ ⅰ.: : : : : :. :.\
.      ,     | r辷__: : : :ム辷メvメハヘ' ‐ - ´_「___``i}′.: : : : :. :. :.冫
r厂Y⌒′     :|f孑´ー、r'´.: : : : : : : :. :.^~~``~ト、「~` i|: : : :__.: : : : :.イ
´ , ー.′   ___ノ}、.: : :.ⅰ: : : : : : ー.: : : :. :. :.、: : : : :.ヽノ{、 : : `¨ ー ヾ{
/.......i   「⌒`ノ i}: : :,∧.: : : : : : : : : : : : : : :: :: :. :.,: :}'゙{冫ーく: : : : : : \
........ 八  }`` メ`..i}: :イ  ヽ.,_: : :.,ュ: : :.__.: : : :: :: :._イ: :.}::/    }.: : : : : :. :.\
............∧_ノ~ メ`: :イ.:./  f´ テァfチ,.: :: :.`¨: : : : '´.: .:./′  ∧: : : : : : : : : \
......゙r~⌒-, メ`::/: :./.   /: : { |i:i| }′.:. :. .:.、: : : : :./     ∧.: : : : : :. :. :. :.\」
双葉杏 「ねゆ!」
八意永琳 「姫様の投票先に従いましょう」
神谷奈緒 「まあ、どうにかなんだろう」
双海真美 「こう、ネタ枠がないと吊るところないね☆彡」
八雲紫 「::: :: : : :  ,.'´ 二`ヽ、_____  ,. --- 、 : : :
  ┼   |::|'´ ̄ `ヽ;‐r''"<´__ `ヽヽ       ,. -─
     /ゝ、.,____,.ィ-'>、ヽ、  `ヽ!:::|     /
:::: ::::  !_「 ̄`>---<`ヽ、.,_二ンヽ.   /   
    r'" _>'"      ̄ヽ_7- 、   \ i.    
 * 〈 !/  /   ハ     ヽ_/ヽ_.ノ '、|.      さて、それでは真の杏を決めるべきじゃないかしら?
    /  i /| /i /  i  i   ヽ__,.へ,__ i   
: : : : ::i  i / レ´ ̄!、 | / !.___i  iヽ、_ri、 |   
::: :::  レ、,へi' ´ ̄ヽ  レ' , ! /`i  !   ∠、
     イ .7"       ´ ̄`ヽ!  ,ゝ .| |  `'' ー─
 +   ! /、    '     "/ゝ、!  | |     i
   。 / !/'ヽ.   ー ‐  ///  / ハ  _ __人 __ _
    〈  | / `ヽ、.____ / /   ./ / i   `Y´
    /ヽ! ハ  __/ i/__,.イ   /  i  ',     !
    i / /´  `ヽ:::::::/i  /   |   〉
   ノヾン´       i::::i ハ  i    ハ  〈
    ,.〈 ,       ノ::::|  ヽ!   / !  i」
双葉杏 「                              i. i ii 、
                            i. i i i/ノ
                            ⌒ 、  i
                 ,.            ヽ ` ノ
               ,r' ,′           /  l′
              i  斤           /  i
                 `.i 丶          /  .i
                i  ヽ. , ─ --..、 ./  ,i
      ばんあー     ! ;::'´:::::::::::::::::::::::`.,/  i             何か画期的なアイデアおりてこーい
                 ,.:':::::::;:ハ:::::::::::::::::::::/  ∧
              ,.:':/:::::::,; !l::::/|/i::::i::/i  i i       /i        
                レ´Yl ┳ l:; ┳. i:i/ i .i  i     //  __ _
               ノ::::l::::!  '   ノ:/   Y  |    ノ:::'´::::::::::::::::ヽ
            ,.::::':::::/::::i ヽ、 ⌒)/:/    | . | , '´::::::::::::::::::::....      
     , -- ─...::'.´:::::/:: /  i  ` - ':/     | i/....::::::::::::::::::::::/
   /...:::::::::::::::::::::::::/::::/  i  ._ i:/      i/....::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /....::::::::::::::::, ─ ':::::::: く,.: '´ ̄ ̄`l_i:/    /....:::::::::/     i:)
  .'::::, ':::::::/:::::::::::::: --´ヽ  ノ /i:/   /...::::::/ i       '
 i::/  /::::r::::,'' ' /    /  /  (:: _ ,. '...:::::/ ヽ |」
諸星きらり 「だーめー!寝るならきらりも連れてってー!一緒にねうねうー!>杏ちん」
神谷奈緒 「さて、どうすっかなこれ」
八意永琳 「    |,,,....,,,,,__
    |::::::::::::::::`ヽ.
    |:::╋::::〉:::::::::〉
    |  ̄`""''ー-'ヽ.
    |         ':,
    |/^^i 、i__/  ヽ. |
 .   |   レ,.!/、ハ  | |
 .  |    ト i `i  /| .|
 .   |  .  `′'レ' .|イ'
   |   _   ",ハ  |ノ
   |.、.,__,,. イ  |  i
   || iーr= 7} 、.,!_ノ 姫様― 生きてますかー? 心配です
   i⌒ヽ=/::|:::::\
   L.  \ _イ:::::::::::|
    |;,\   r::::::::::::;|
    |+ :\_I:、_::::ン
    |+::::::::::::::::::イ
    |+::::::::::::::::::::i
    |+____,イ'" ヽ
    |_,___,.__,.イヽ
    |         ヽ」
双葉杏 「       ,. - '':: ̄ ̄ ̄"::ー-,、
     ,..:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::l::::::::::::i:::::l::::::::::::::',
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::;斗‐ト:_:::.::|::`ト-、::|::::|.!
  |::::::::::::::::::::::::::::::l__!::_i_:::::::ハ_::|__l:::|::::| l おっはよー
  l:::::::::::::::::::::::::::::::|〒弐オ ̄   〒テト.|./|.:i
  .|::::::::::::::::::::::::::::::l ト'::ィ;リ      トィリr::ノl:ノ        もうダメポ
  l:::::::::::::::::::::::::::::| `ー'     .゙-'l |/
  i:::::::::::::::::::::::::::::|  xxx    ` xx',!.:}
   }:::::::::::::!::::::l :'.,l.    _ _  _,ノ|:/    
  /:::::::::::/ :.i,.ヽ_.::!ヾー- ‐‐‐ T´|  ′
  /::::::::::::::::::ノ  }:::|  \__,.ノ |丿
. /:::::::::::::::::/   l:::.! [/(__)ア i
/:::::::::::::::::/    !::l} く_ノ i }_,> |」
双海真美
                      │|  l/{/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ\:::::::::|
                      │|  | |::/::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::寸:::::::|
                      | ` :,ヽ {:::::::::::::/::::::::::::::/:::::::::|⌒ヽ::::',:::::::|
                      |   !  ',::::::::/::::::/}/}:::::/:|  `、::|:::::::|
                    ノ  ノ  ノ:::::/:::/ミメ /::::/|/     }|:::::/
                 f^(    /:::|:::|l/ /¨茫iミ|/ /ー―- j/::/|
               f⌒  \__/V/^|:::|    ヒノ    ノ茫゙Y/:::{::|
                /\__)‐┼┘ |} |:::|          、 ー'゛/::::::::::::.
                 /`┘   |:\|:::|     、       {ノ:::::::::::::::.
           '´     /       」/ |:/\     ー‐    八::::::::::::::::|
.       /                  |(  }\       イ:::l::::::::|:::::::ノ
    /       / ┌―- -‐┬ "⌒\厶    ┬<   }:/|/:::::|/{
   /      / ̄”¨',     \     `ヽ》   |、     /l:::/{
.  (                |      ヽ   } '《\ \iト ____ |/  サー!できる夫は天に帰ったのであります☆
        ‐-   ,_  |             ,′ '《i:i\__) '《__ノ\
             } ̄|        ∨   '《i:i:i:i ̄ ̄》,: : : :|
                \_|______,,.  /    '《⌒ヽ〉_,ノi》,∨:|
                    ∨{      《    \i:i:i》,∨
                        ∨{      《      ∨:》小.
                      ∨      《    /  》│`、
                        ヽ      《    /{ /》 |: : `、
                           /       《   /  〉i:i》│.:/」
諸星きらり 「にゃはー!おっはよー☆
今日もいちにちはぴはぴがんばろーにぃ☆」
「もうなんだかわけのわからなくなってきたぞこれ!
つまり私は寝るぞ!寝るったら寝るぞ!」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
如月千早さんの遺言                               ,. -─── 、
                           ,. <::/::::::::::::::::::::ハ,‐┐_
                         /::::::::/:::::::,ィl´「|::::/::::::|::::l
                       /,':::::::/l::::/ ̄ ̄`<l:::::::::!::::l\
                _     /:::::l:::/  |/       |::::::/::::::l:::∧
                  l |     /イ:::::::|/_ノ  l ヽ___  |:::/:|:::::::l:::::::',
                   l |     l:::::::/、_,    ,__,,_,   |/::::|::::::::!:::::::',
             r‐-、/_ム-、__ !:::/,,,´ ̄     ̄三ヽ  |:::::!::::::::l:::::::::l
             l:0: : : ハ ヽヽ--くメメメヽ l´       '''l}  !::::l:::::::/::::::::::}
             `┬-- ,しし':_>ァ〉メメメl         i  l:::/|:::ム::::::::::l
                 !   / レ'´/メメメメメ fニニヽ.     ,、  l/) |/) l::::::::/
           ___.ノ、     /`ー┼''  └‐‐┘    U  /  /:::::::/
          /: |   _,r─ '      \           ,r─‐':::::::::::::,'
        /: : : | /          |:>─┬‐     /::::::::::::::::::::::/
       /: : : : : :|/            |::::::::::::::!      |::::::::::::::::::::::,'
     /: : : : : : : ::!      ,.へ.‐──┴、::_/      !:::::::::::::::::::::|
    /: : : : : : : : : : |_,, -‐''": : : : : : : : : : : ∧ ∧     _>-、::::::::::::|
  /: : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧ ∧   /  /:\:::::::|
 |: : : : : : : : : : : : : : ::l: : : : : : : : : : : |: : : : : : : :∧ ∧/  ./ : /: ::\:::〉
 |: : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : /l: :!: : : : : : : : ∧    /: : : /: : : : : >‐- 、
 |: : : : : : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : ::|: l: : : : : : : : : ::ハ  /: : : : /: : : : : : : : : : :l
. !: : : : : : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : !: : : : : : : : : : ::| /: : : : : /: : : : : : : : : : : :l
  l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : :|/: : : : : :/: : : : : : : : : : : : :|
.  !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::l: : : : : : : : : : /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :|
            こんなに集まるとは・・・感無量です
蒼星石さんの遺言             ┌‐‐┴- 、
             |      ``丶、   .:.:.::::::::::::
           __」        .:::.ヽ  .:.:::::::::::::/
         , .:´:.:.::::.:.:.: ̄``::.:.、  .:.:::.\ .:.:.::/
         .′i::l:::l::| .::|.:.:::i:::i::::.:.`ヽ、 .:.:::.\/
        .l |.:|.:l.:::l.:| .::|.:.::l::::|:::|.:.:::|:::ト、 .:.:::::.\
        | |.:|.:|.:::ト|、.:|.:.:l:::::|:::|.:.:::|:::|::::ト、:.:.::::/
        `V.{.:l.::lrr㍉l:::/l.::ナナ:::::l:::l:::l::::::::Y´
          V .:N じソl/ l/rr=ミ.:::!:::!::::::,′
           `11:::::: ,    」いシ.l/::l:/.:::/
           |.:ト、       :::::::/:::.:,.::,:::/   ん…?
           |.:!::::>、`    _ノ;.:::/:.:,:/   ボクの着替えなんて見ても面白くないよ?
           l::::/l:/ ̄> ''l:::::.:/´/⌒\
           l:/γ⌒∥  l:::::/ /    :
           '/ / l| ly l:/ /    / |
              _厶ニニニニニニニニミ廴__,!
          |ニニニニニニニニニヲ } ̄}
          /  ̄ ̄ ̄       / /__厶_ノ
.          ∧ ┌―-----  / /     |
        /  '. ヽ::::::     ヽ「 ソ    |
          /    '.  ヽ::     トi     '、
.         /___   ヽ        ||       ヽ.
      「 ̄      \       |\      \
      /  __,. -―¬ト、 ` ー-l !        ノヘ.
.     /  :',` ー- 、__|     ..:::!-|=======ァキ´ | ハ
    |  ::∨ ̄` ー‐!   .:::::::l !      / |::| _厶|
     lミニニム     {ミニニニニ匕ト、 _,. -一 '´  `!
     ` ̄ ¨¨´     ` ̄丁¨¨ ´   /         l
                 |      /        /
できる夫さんの遺言        ____             ____
     //::::::::::..\          /     \
    //.:::::::: カ ::::::..\       /       .\      ⌒    ⌒
  //.::::::::::::: ス ::::::::::::..\     /   (:::::)  (:::::) \    ○   ○
  | | ::::::::::::::::: タ ::::::::::::::::: |   |       ___    |      ´
  \\ .::::::::::: .l :::::::::::.. /    \     マ.ジ  ,/      トゥゥイ
   ノ ノ ..::::::::: ド.:::::::::::. \    ノ          \       ソ
 /´              ヽ
 |   l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
来世は白い恋人
クロPさんの遺言   ┌──────‐─┐
  | まいにちいっしょ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`!
    ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄                                       |
           |                                                |
           |                                                |
           |            もう恋なんてしないなんて                 |
           |               言わないよ絶対                    |
           |                                                |
           |                                                |
           |                                                |
           |  ∧\ ∧\                              ,.    ,      |
           |  |::::.  > ̄\!       何回目だその言葉           / ヽ._.._/ ゙ヽ   .|
           |   l::::::ー'::::::::::::::ヽ                       /__,   、_ハ    |
           |   !:::::::( l!i ):::(_li                      7 ●    ● l   |
 .       │. i::::::::::::::::::::::_,:::ノ                      |⊂⊃ー'ー,'⊂⊃|   .!
 .        ヽ_ヾ、_::: - ゙´!  ______________  ヽ.___¨〈ヽ._,,,ノ─''''
           /,イ:レ'ヽ                           〉   ヽ.〉
           ──゙´ ┴─┴─‐                       ──//─────
翠星石さんの遺言           / /:: : :: :: :: :/: :: :: : /: :: :: :: :: ::ノ: :: ::::i: :::.l:: :. :|: :: :: ::: ::: ::: :: :: :: :: :: : :: :
               /,イ:. ,: :: ::: :: .:/:: . . :: /:: .:: .: .. : ./ :,: .:.: .l:.:. .l:. .:.:.!:. :.:..: .:.:.:. ...:. ..、:. .:. : :: ::
               (/:. /.:: .. :. ./:. ..: :: :/:. .:: .: : .:: / ./:. ..: ノ . :ノ:.: .:从.: ..、.: .: :: :: .. :l:. ... :. :: :
               /:. /:. .:. .:. . /l. :..: .: /.: .:.. :.. :. .ノ:../:: :: /!::::.イ:. .:./ ヽ:.:. .ヽ:. :.:.: .:. .l.:. :: .:. ..:
              ,イ.: /:..: .:. .:. :.:. l:.: .. :./:.. :.:. .:. .::´. ノ:. .:.,//: .:/!:. ../  ヽ:.: ..\:. :.: .:.|:.:. :: .: ..:
             /:.. /..:. ..:. i:.: .: ..|.:.: . /:.: .:.: .:.:.: ... /ノ:. .://:.. /.ノ:. ./    ヽ:..: ..丶.:. ..|.: .:..: .. :.
             !.: .:l.: .:..: ./.: .:..: 1.:. :.:l:..: .:.. :.: ::.:://:. :://: //::.: /`ー―――、.: ..:: 、l:. .:. .:. :.:.
             |:. .:l:. :.:. ::!:. :.:. .:.l:.: .:..|.: .:. ::.:: .//: : /// ./:. .:/        `ー= .斗:.: .:. .:. :
                 !:::. |:. :..: .|:. :.:. .:.l、:.: ..|:..: .. ://::.//"  /:. .:/            フ`:.: .. :.. .
                 l:::. .!:.:. .: j.: .: .:.. |.: .: .|.:..://:.,.イ     ./:. /            ノ:.: .: ..:. .:..
              !.:: |.:. :..: |.:. :. .: .lヽ::. l/∠:ィ´.      /:::/  ヘ、       ,、_ /:: .:..: .:.. :....
         .    ∧:.:|、:.: .:.:l:. :.:. :.:.∨ヽl     ,,z   .//    フ`ー=―;;'";;ィ'` /:. :.:.: .:. .:..r::
              ∧l .l:. :.. l.: .:.:. .:.:.∨ _,..._,.ィ;;ヘ  /     ´  ̄⌒    /:.: .:.: .:: .:.:/.: .
             _.    |:. :.: !、.: .::.: .:.:∨弋‐=‐ '"   ,        /// ./:.: .:. :.. :.イ:. :..
           ,;'"ヽ  ∧:. :.|:. ... :. :.:. :.∨         〈!             /:. :.: .:x:: '"./:. ::/
          ./  1   .\:!ヽ.: .: .:. :. :. \                 .∠:. :. - '"  /.:..':"
          ,f   |       .)`ー=::. :_.: .:. \      _., -一'           ,.イ::'".f
          1   |      r :l  、 テ―‐'                       ,イ 蒼星石なら誰よりも立派なアイドルになれるですぅ♪
          |   :j      l i  _ \ ヽ                        / >
          |   .l      ヽ ! ー=, .n \                     イ ! /
          |   .|       >  / .l.! \  、                 /  v|
       _ l    レ'"ヽ    / l     l!    `  、            ,.イ     .>
     _r'"  ヽ!   / /^l!   .l             l`:::                ,イ
   r'"´7    i!l  イ .k'"1   .ヽ          .  ノ::::_,イl:::: ー=イ´       ./ .)
r'"7  j    y ^  !   l!     >          rf-x'  .lhl ̄ヽ/ \  .   ,/  j
  .i!   !   f    |   1    /            レ' "´ ̄  ̄ィ   j r‐ '"´ .  /
  !   ∧   {    /    l    l            j''´
クロP は無残な姿で発見されました
レミリアP は恋人の後を追い自殺しました
蒼星石 は無残な姿で発見されました
翠星石 は恋人の後を追い自殺しました
如月千早 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
翠星石 「霊界から狼の勝利を祈ってるですぅ!」
神谷奈緒 「村陣営め、覚悟しろ!!」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
諸星きらり 「えい!えい!きらりん☆」
諸星きらり 「ありがとー!きらりんパワー全開ではぴはぴがんばう!>翠ちゃん」
神谷奈緒 「そんじゃ、紫にきらり…翠星石と蒼星石の仇取るぞーーー!!」
翠星石 「蒼星石と繋がれて翠星石は幸せでした…(ぎゅー)」
諸星きらり 「えーとえーと、あれれー?とすると、狼陣営これってしんどいんじゃにぃ?」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
翠星石 「皆の勝ちを祈ってるですぅ!」
八雲紫 「あらあら、おしらの最期の逢瀬って奴ね」
諸星きらり 「にょわー!?
あうあう、おしら様残念ー>翠ちゃん」
翠星石 「どんなに離れてても一緒ですぅ…(ぎゅー)」
神谷奈緒 「うげっ…まじか…畜生…」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
八雲紫 「できる夫…!」
諸星きらり 「さ、最初の大連鎖がインパクト強すぎて後続がぼっちばっかりでなんだか寂しいにゃー・・・!」
神谷奈緒 「               . ァァ示ミx   ____
            /:/:.:_(:./:.>''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、__
           /:|:.:{_(:.//:.:.:.:.:.:/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:<⌒ヽ、
            |i: V(:./:/l\_:.:.:./ /:.:. |:.:.:.|:.:.:.:.: l:.:.:.|:.:.:.:\  }
            |:゙:.(:/ィ':.:.| :.:.:.:./|:.:|_:.|:.:.:.|:.: l:.:.:|:.:. |:.:.l:.:.:.:.
            人:/:.:|:.|:.:.\:/ .|ハ⌒ヽ、N‐┴‐L;:.:L:」_:.:.:.|
           /:.:.:.:.:|:.:\_:/   斗=ミゝ≧   /〃⌒>vリ
           /:.:.:.:. /|:\: | 〃r'//| ′   ,x=ミ /
        ./:/:.:.:./:.:.:.Y⌒ヽ|   ゞ‐┘     r'/| Y
       ./:.イ:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:| f⌒リ\           ヽ¨´ |
      /:/゙ |l:.:.:.:.:.l|:.:.:.:人|^〈 ] )) : : : :       . .八
      { 八 :.:.: l|:.:.:.:.:.:.:\{人        , -   / ))   さーて…翠星石、蒼星石
       ./:.:.:|\:八 :.:.:.:.:.:.:.:.\゙\            /      二人が、怖いのはおしらぐらいだ、大丈夫か?
    (__/ イ.:.::|:.:.:.\:\ .:.:.:ヽ:.:.:.\          /
       | :::l|.:.:.:.:.:.:\ :.:.:.:.:.:.\:.:.:\   `7::ー'´|\      }
       人゙八::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ.:.:.\.:.:|\ /___::|:.:.:.\__ノノ
        :|\:\::\::::::.:.:.:.:.:.:.\:.:.:V   )\::::::|\:.:.\:<
         ノ:.:.:.:.:ll:\::\:::::.:.:.:.:.:.:.:\| ゙(   ∨|::::::\::::):.:)
      ./:.:.:.:.:.:八/\:.:.ーー::.:.:.:.:.:.:.:\__\__,ノ゙|::::::::::::\:(」
翠星石 「蒼星石おしらですかぁ…
仕方ねーです」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
できる夫 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
如月千早0 票投票先 →神崎蘭子
双海真美0 票投票先 →クロP
諸星きらり0 票投票先 →できる夫
双葉杏0 票投票先 →レミリアP
八雲紫0 票投票先 →できる夫
レミリアP1 票投票先 →できる夫
0 票投票先 →できる夫
クロP2 票投票先 →できる夫
八意永琳0 票投票先 →できる夫
蒼星石0 票投票先 →できる夫
できる夫10 票投票先 →クロP
翠星石0 票投票先 →できる夫
神崎蘭子1 票投票先 →できる夫
神谷奈緒0 票投票先 →できる夫
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双海真美 「できる夫保護!」
八雲紫 「何が言いたいかというと、できできできでき、でっきーばいびー」
神谷奈緒 「涙…拭くか?」
如月千早 「できる夫さんでいいのでは。」
八意永琳 「世の中分からないものですわ」
できる夫 「ぶっちゃけ……これ恋人全員飛んだ勢いじゃありません?」
双葉杏 「私も寝るぞ!zzz」
神谷奈緒 「できる夫…」
クロP 「というかしにすぎにゃ!これはひどすぎるにゃ!!」
諸星きらり 「にゃ、にゃはは、なんでだろう、大連鎖見たあとだからか
死体がぼっちでかなしいきもちになっちゃったにぃ・・・」
双海真美
                       __
             ____   _/:_: ハ
        ,. : :´: : : : : : : : : `´: : :.:.!、:l_
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト、,.ィ
      ,.:´: : : : : /: : : : : : : : /: : : : :/: : :,ハ
    /: : : : : : :/: : : : :,: : : :/: : /::}/::::、: :!」
   ,': : : : : : :/: : : : :/: / イ: :./::::/:::::::::Ⅵ
    |: : : : : :.;': : : : :./: /:::::|: /::::::'::::::::::::,イ  ピヨちゃんがどうみても仕事を
    l: : :./: : {:i: : : :/:j/::::::::l/::::::::::::::::::::/:{
   {: :/: : :_リハ: :/::::::::_,...  ´ ̄``ヽ、:!: !  しすぎてるYO
   ∨: : /-、 Ⅳ            {:.|
    \:{  (             ⊿   !:{  
      ヾ、ー 、_            八:.
       \∧           イ: : :}
       ,. --.}  >   __,.イリ:./: ;
     __/   <|        |、_  /:イ: /
    / ー {_   `ヽ、   |-、 `ヽ!: /
  _,.{ -―- 、_ `丶、 `ヽ {、 }  /-'、
/    、     `丶、_   } `∨ '   }」
「こんなわけのわからないところにいられるか!私は寝るぞ!zzz」
レミリアP 「なんともまぁ」
できる夫 「ナバロさん……貴公の首は吊るされるのがお似合いです

って死んでますよ!?」
神崎蘭子 「.         /             ィ匕厶斗ミ从斗ミ刈斗ミ从斗ミ刈斗ミ仆
        /           ィ匕厶斗%~    ,,、     _       匕圦
.       /         ィ厶ソ-‐ァ゙:::〉_ ..,,___匕::ヽf'"´゚¨  \      廴ヾ
      /      ィ匕厶斗   /::/      .,,,. \::`y^ミ‐.、  \      匕圦
      /     ィ厶ソ/   ,ィ''゙´i´         ヾ  ヾ:::::::::::〉   ',    廴v
.     /  ィ匕厶斗  /  /:::::, '     ,'        ' . \≦;    '.   ィ厶ソ
   , '  ィ厶ソ     /  圦:::/    /      ;   ':、 }{::ヾ     ,  匕孑
   ィ匕厶斗      |  /:::::/  /   '       ハ    , !:::::::゛、    i .`廴v゚
  ヾん介       i  }::::::i  ,′        | '.   ∨!::::::::::Ⅹ   i ′
   ゞ 廴      ,′ 厶::_{i  :       ,ィ  /  i    Ⅵ::::::::::_ク   i
    \ ノ      |     | i   /   /,' /,..__ Иハ  刈ハ"~     }
      `廴v廴v廴|     i!     /!ナz./ i /'イ斧ア!ハ  ! }  .:´  ;i       天翔ける悠久は漆黒に舞い
            /   ;  :!  孑伐テヾ  !′ 込ソ  }  }刈廴    丿
           /      i{ f´i  弋ソ         |  |乂 `≧<          秘する心を胸に明かす
          ,r'"¨′  -‐ハ ゝi     ,         ,ィ   !ミ、     丶、
         ,r'"""¨二ニ=ノ i  ト           / }   メ`丶ー‐-ュミ孑′       嗚呼、宵闇は、確かに輝いてゐるのだと。
         ヾ  ≦   /  | |  、  `- '   イ  ,′ /、  ミミ':、-‐′
         乂 彡 孑≠}   | i!  ,y≧ __   ´ ト, /  /,. ヾ.   ヽ、
          冫 /  _丿   ! | _  ゞニ辷==斧=r'{ ! / .%  弋_ミヾ、乂
          ヾ/ ,r'"゙¨イ,r'"三=ヾ!圦ー斥三三三三ニ斗!/笊 %三ニ‐、 ヾ彡
           ゞ〈/弋{三三三ニ}=斗 ゙^~^~^~^~^"´  }=}:%三三\j/
               ノ三三三三=斗           匕圦:%=三三ヽ
              /三三三三{三斗      _    ヾ圦:%三三三〉
              〈三三三三ニ}三刈冖冖冖≦=≧冖冖ゞ厶 %三三/
              冫三三三=j三刈辷辷辷=厶ハく辷辷斥\ミ:%三\
              |=三三三三i三ミ}\_三三三三三三三三=仆、:%三ミ|
              |三三三三=|三ノミ、\三三三三三三三=ナ}三}%三|
              |三三三三=!ラ三三ヾ ト、三三三三=≠ィ//=/三_% |
              |三三三三ニ{三三三_i lト、`¨‐-ミ孑‐"´ィ' /=/ニ,-‐‐-、
              /三三三三三!ヾ三三=} }ニ≧...,,__≦//三{/ ニニニユ_」
八雲紫 「        ト ,-、
        |:::|.\\         __
        |:::|  \\,,....,,,_ , '´'´ |::::::|
      __ ,|:::ト、'´ .!:::|   //ヽ、 /:::::;'     /|
    <´::_ノ´ ̄`ァ‐-、|:/-イ/   ,:':::::/      ∨__
   r‐/´>'"´ ̄\ ヽ─-、___,/::/ヽ    r─r|_/
  く./´ /     `ー' ̄ヽノ‐-、-イ   ハ   |_/|\_>
    !    ! メ、/!     └-、 /`ヽー-、 |   /  !::::::',   さて、あいうえお。人は言葉でできている。だから”あい”からはじまった
   '、  .|/ ト、,、!   /、  __ \  ト、::::\  |/,'::::::::|   
    \ ,ハ  |,ハ!  /-‐\ |  ト-ヘ、\r-ヽ.  /::::::::::|  なんてことはよく聞きますが
、       / !,..`'ー'|/ -‐テ‐‐rァ! ./`\ `Y    /::::::::::::,'
:::〉  __/ 人    .    j__,ソ//!   ∨ \/::::::::::::::::/  ほんの昔まではいろはにほへと、人はいろからできてたのかしらね
/ .//  / ! ,>、 、 _   ゙/´|,イ    八  ` 、.,__::::,.'
\ ,'  / |/::::::::ヽ.,_,,.. イ / >‐-.、  \      `ヽ.
::::::`| ,'  /|::::::::::::/ |,ハ_/| ./´:::::::::::::::::\  ` /´l   . ',
 r‐ァこ7/,イ:::::i:::/}>rァ─-|/::/:::::::::::::::::::::ハ / ,'  ./|  |
::::レ'|`ヽ | 〉、:::/::|/ム、__rァiこ7:::::::::::::::::::::::::::'7  ,!‐-'、! /
\/ \|'   `!:::く_/::::|__」∧|:::i::::::::::::::::::::::::::::::;|  _つ  〉レ'
  | /-─‐ヽ、:::::::!:::::::::|/::::::::ト、::::::::::::::::::_ノイ/  `ーァ'/|
  !        \:::::::::::::::::::::::イ>::、イ´ ∨   r '´ レ'
  ヽ.,__,.イ`!    |ー----─ ''"´ ̄ヘ'  ,'    |
       ` ー、j           '、 !    ,'
                       ヽ.__/」
双海真美 「もう男性できる夫しかのこってないYO!
そこは保護しようよ!保護!」
双葉杏 「あのおっさんがこんなに人気何て…訴訟」
翠星石 「できる夫吊って良いんじゃねーですか」
クロP 「おはようにゃ!
できる夫吊りたいにゃ!!」
蒼星石 「おはよう、すごい飛んだね…w」
神谷奈緒 「なんか、たくさん死んでたな…昨日」
翠星石 「おはようですぅ」
如月千早 「          ,...:: ̄ ̄:::::-....__,..、
        ,.-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::}
      ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:::/::::/::l:::l
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/l::::/l::,イリ
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ (l:/ ´ {_
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ}'     }
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::l    ;
      |:::::::::::::::::::::::::::::l:::/::::人.   /
      |:::::::::::::::::::::::::::::|::':::::::::}rー'
      |::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::l::::! ̄ヽ
      |:::::::::l::::::::::::::::/:::::::::{::::::._ /
      |::::::::::l:::::::::::::,:::::::::::::|:::::::} >--、
      |:::::::::::;:::::::::::,::::::::::::::|:::::::l´     ;
      |::::::::::::,:::::::::,:::::::::::::::|:::::::|    {
      |:::::::::::::,::::::/:::::::::::::::j:::l ,:!    l
トリガー位置が意外すぎました」
諸星きらり 「にゃはー!おっはよー☆
今日もいちにちはぴはぴがんばろーにぃ☆」
双葉杏
       ,. - '':: ̄ ̄ ̄"::ー-,、
     ,..:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::l::::::::::::i:::::l::::::::::::::',
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::;斗‐ト:_:::.::|::`ト-、::|::::|.!
  |::::::::::::::::::::::::::::::l__!::_i_:::::::ハ_::|__l:::|::::| l おっはよー
  l:::::::::::::::::::::::::::::::|〒弐オ ̄   〒テト.|./|.:i
  .|::::::::::::::::::::::::::::::l ト'::ィ;リ      トィリr::ノl:ノ        一杯とんだわねー
  l:::::::::::::::::::::::::::::| `ー'     .゙-'l |/
  i:::::::::::::::::::::::::::::|  xxx    ` xx',!.:}
   }:::::::::::::!::::::l :'.,l.    _ _  _,ノ|:/    
  /:::::::::::/ :.i,.ヽ_.::!ヾー- ‐‐‐ T´|  ′
  /::::::::::::::::::ノ  }:::|  \__,.ノ |丿
. /:::::::::::::::::/   l:::.! [/(__)ア i
/:::::::::::::::::/    !::l} く_ノ i }_,> |」
「いったい何が起きているんだ!」
双海真美
                      │|  l/{/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ\:::::::::|
                      │|  | |::/::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::寸:::::::|
                      | ` :,ヽ {:::::::::::::/::::::::::::::/:::::::::|⌒ヽ::::',:::::::|
                      |   !  ',::::::::/::::::/}/}:::::/:|  `、::|:::::::|
                    ノ  ノ  ノ:::::/:::/ミメ /::::/|/     }|:::::/
                 f^(    /:::|:::|l/ /¨茫iミ|/ /ー―- j/::/|
               f⌒  \__/V/^|:::|    ヒノ    ノ茫゙Y/:::{::|
                /\__)‐┼┘ |} |:::|          、 ー'゛/::::::::::::.
                 /`┘   |:\|:::|     、       {ノ:::::::::::::::.
           '´     /       」/ |:/\     ー‐    八::::::::::::::::| 我が隊は壊滅でありますサ→
.       /                  |(  }\       イ:::l::::::::|:::::::ノ
    /       / ┌―- -‐┬ "⌒\厶    ┬<   }:/|/:::::|/{
   /      / ̄”¨',     \     `ヽ》   |、     /l:::/{
.  (                |      ヽ   } '《\ \iト ____ |/
        ‐-   ,_  |             ,′ '《i:i\__) '《__ノ\
             } ̄|        ∨   '《i:i:i:i ̄ ̄》,: : : :|
                \_|______,,.  /    '《⌒ヽ〉_,ノi》,∨:|
                    ∨{      《    \i:i:i》,∨
                        ∨{      《      ∨:》小.
                      ∨      《    /  》│`、
                        ヽ      《    /{ /》 |: : `、
                           /       《   /  〉i:i》│.:/」
レミリアP 「あ…」
八意永琳 「             __,,,,....,,,,,__ 
          ,.::'"::::::::::::::::::::::`ヽ.
           〈:::::::::〈::::╋::::〉:::::::::〉
        /',:-'''"´ ̄`""''ー-'ヽ.
       /  ,           ':,
        ,'./ / / _, /^^i 、i__/  ヽ. |
.        | i  | ,!ニ、/  レ,.!/、ハ  | | 後追い多すぎないかしら・・・?
       ,ハ !/i. ト i    ト i `i  /| .| まぁそれはどうでもいいとしてできる夫吊りましょ
        ヽレヘ.|``'′ .   `′'レ' .|イ'
          ノ ハ、    _   ",ハ  |ノ
       〈ヽレ'i`>.、.,__,,. イ  |  i
         ) _,>'"く| ̄|><、.,!_ノ
         /´   | ヽ/:::::::|::::::::`\
       /    , ヽ、_,ハ、_;::イ:::::::::::::::::',
      rく_/  Y  。__|___。:::::::Y::::::::::::|
     iヘ/ヽ_,..、!  。_.|___。:::::/:::::/::::::;ゝ
      7、,ヘi  `ヽ____,,...-‐-、r'‐ヽニ7_ン
     / -'" ̄ ̄     _/   /
     ヽ、.,____,,,...-─=ニ二___  /」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
あんずさんの遺言 だが働きたくねぇ
あん?俺ゲンドウだから超ゲンドウだから
だから飴とか超欲しいから
鏡音レンさんの遺言                       | \    〟
                      |   `ヽ. 〃
                 `ヽ、ー― -     ∨{ ___      >
                     \    / `ヽ ヽ、 `ヽ、 ヽ      何
                  、 _ > ´  /∧. ∨.   V  _/  嫌    が
                     > 、___,.ィ厶ハ ト、 vヘ  厶  い
                 /    /`ヽ / ≠⌒、ヽ.`¨¨   /  か
               ∠   ィ  .卞、   尓Zz、ヽ.ヽ、} ト、 /   よ
ヽ, fヽx/ Ⅵ.  /7     厶ィ/代リ     v.い// >─≦_   り
 ∨!       ''"'´ /}        [ |  ′   ¨´厶ィ [][] | 7
              レf          {{人  マニフ     人  .ロ[[ ム,イ  , ィ
   自   何   厶        こフ> `_ . イ /  / ̄ ri   厶イ^}| ,/^ヽ{^
   分   が   /…ァ ⌒`<⌒[[丁く /  . ⊥ト、._{ r=    ニ コ
   を.   好  ⌒>  ィ  〃 |l   `x ´    `ヽ.  |    ┌┐!
   語   き   イ‐/ / }  /   |l /   ____ >.|    | | |
   ろ   か   >… 、厶ィ   こヲ  ̄ ̄ l /   ヽ、}   | |
   う..  で    `>   /  / /       |/   / 〉|    | | ′
.   !!!        く   /  / /       〈    / / l    └┘
            [[ / ,.   ´ /    ー … →、   /   |
坂田銀時さんの遺言 闘争だ!
輿水幸子さんの遺言
             /   /    i    ヽ、  \  ヽ、::::::|
  ナ┐   ー十-〃 /   / / λ.  lヽ ヽ、   ゙i  \__  ゙̄|
 /  」   ノ 」 ヽ  レ| / /  ハ   l ヽ_⊥k--.,,_ |   |\__|.  仕  全
 ┌-┐  ノ―ュ   / | i (.  | ヽ  l ヽ ヽ ヽ、 `|   |、 .|.  方  部
   ノ    /   |  {.| |,-t十  ヽt、 i. ,-‐比_ヽ |   | .ヽ|.  .な  似
   ノ         |ヽ、iハ. 'k |り-‐-  ヽ!  '下て不`,ー-  kヽ|   い  合
  ‐'´|    は    |  / ヽ |`,イてミ      ー=' 7   .|ー、 |  で   う
   ノ         |/ ノ.ト女.Y=┘      /// / ィ  |子)|   す.  か
  -'´|.         |__ | | ///  '       /ノ|  | ノノ |   ね  ら
            |_ ノノ|ヽヽ、.            |  ├'´  |  !
  の         /.   | `t-`   t_´ ̄フ    |  | /  .|
  で         |    |  |k_         _, |   | /  <_
  !!.        |.    | | | ! ゙ー.,_     _/.  |   レイ ノ ノ ヽ    ノ
             |    Vi | ヽ、|、`弋ーイ    |   |  レ'レ'    ̄ ̄
/\/\/ ̄ ̄ ̄ ̄/ .   ハ |  `' `ー`.゙ー|   / /tノ    \     \
      /    /  ┃    ┃┃ ┃     レ'    \   \
     /    /     ┃   ┃┃ ┃ ┏┓      ┃┃    \
   /    /      ┣━┓    ╋┛ ┃       ┃┃ \    \
  /    /     /  ┃  ┗━  ┃    ━┓ ┃┃   \    \
      /     /   ┃      ┃    ┃┛ ・ ・
上条Pさんの遺言            ト、  ト、 |\   ∧
         _|:.:.:\|:.::ヽ!:.:.:.\/:.:.|
        _>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/|
        \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.へ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.¨フ
       弋´:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.く
       <:.:.イ:.:.:.:/.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.!:.:!.:.:.:.ヽ:.:_,>  えーと四条鯖には真紅鯖で普通村がたってないときに
      弋´.:.:.:.:.:.:/.:.:.:./ |:.:.!:.:.:.:!:.ハ.!.:.:.::.:\   出稼ぎみたいな感じで村にいくピンチヒッター要員だけど
       <:.:./.:.:/:/T ト、∨:.:.:/!レ小:.:!:.小、>  まぁ俺みたいな半端者がいなくても村が賑わってくれれば
       <:八 小| 代圷 |:.:Ⅳイタヽ小|ヽ!    それが一番いいなぁ、と俺は思ってるようん。
        厶込、N   ̄ レ !  ̄ ム、
         rイ!.ハ     , j   八 \
         / V  ヽ  ー : -'  イ    \_
      ,. -へ.  \  >、 _, ィ \ /¨「 ̄ ̄ `ー 、
     /     ヽ   \  /  ',  \ !       }、
     /     / !   \   |\ソ |       /  \
.    /     /  ,    /マニ/ / ,厶    ∠、    ヽ、
   /     /   ',  ∧ G〉/ / /  \/   \     \
  厶-―-、 /    |./  ∨|/ r' つ  ノ Yヽ    \     \
  |     \  !      |イ| {レ '´ ィク )     ` 、    \
  |       ヽ !      |d |    '   / )        \.    \
  ∨   \  |/        | ! 〉    ' , ィ }            \   \
  ∧     \/        ! /    ,. -―'            ヽ    ヽ、
  i ヽ     }       /   /                  |     !
  |    ,. --- ∨     /   ∠、                  ! ,__   ノ
  /ー‐ 彡'  ̄¨ 弌  /     / ヽ \___              ヽ_ト― ´
  `ー<_∧     }/    , '| ! /      |
     | ∧    /      / | ∨      |
     ヽ ∧        /   | /         |\
      |  \    /    |G 、        !::::::\
      |   >‐'        | |>`ー-、     !:::::::::::\
ナバロさんの遺言 多数のエンジンを一体化した高翼配置の巨大な主翼と、水平尾翼上に4枚の垂直尾翼を持つ漆黒の機体で、衝撃波弾道弾「SWBM」による遠距離空域制圧や、衝撃波砲「ショックカノン」による広域対地爆撃能力を有する他、光学迷彩システムを始めとしたステルス能力によって、レーダーによる探知は勿論の事、視認すら難しいという非常に高度な隠密性を持つ。巨大な機体の全体が迷彩機構で覆われており、コックピットも外観からは確認出来ない。
アレクト隊さんの遺言 レサス司令部《馬鹿な…アレクト隊が全滅だと…》
音無小鳥さんの遺言                          ,-─-、
                       ┌┘●  ヽ
.                       冫     |
                        {      ヽ、_
                        ヽ      _,ノ┐
                 __,,,,--≧ァ==ヾ 、─┴───-、
   __|∨∨|_     /,' ,'  ,,-''"i‐┬ ‐┬──弋ヽ、,' ,' i   ヽ
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ  ./ ,' ,' / | /∨ |,、 |\∧_,ノ|  ヽi  |    ',
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〉 |  i i .l.  |┘    ̄  _  .|   } .|    i
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  {  i i .{  .| '´ ̄` _ ´  `` |   } .|    }
   `ー‐ァ;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ ,;;,, ', ', ', ヽ  |""  .ゝノ  "" |.  /  ヽ   ノ
     /;;;;;;;;;;;;\  /;;/ ヽ ', ', \|ヽ、──────| .ノ ',',  \_ノ
    /;;/|;;;;;;;;;;;;;;;ヽ三/    `ー─┴‐-ゝ匸フ──┬レ'─‐‐" ̄ ̄
   く;;;┘;;;;;;;;;;;;;;|.             ハ [><]  |
     ̄|;;;;;;;;;;;;;;;;|.             ハ_,ノ7  /ヘ
      |;;;;;;;;;;;;;;;;|             ハ__,ノ\ / ∧
      |;;;;| ̄ |;;;|            ノ   // / .ヘ
      |;;;;|  |;;;|            人_  〉 `'" _,ノう
      |;;;;|  |;;;;〉           ゝ、_二二二ィ ´
       ̄    ̄              'l |   | ,i
                         'l |  | ,i
.                         'l |  .| ,i
                         'l_ノ  レ'
KAITOさんの遺言                   -―…‐-
              , : ´: : : : : : : : : : : : : : ` : .
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
             : : : : : : :/: : : :/ : : : : : }i : : : : : : : .
             / : : : : : : /: : : :/ : : : : : : ハ: : : : : : : : :.
         /: :,': : : : : ' : : :〃: : : : : : / i: j : : : i: : : :.
  ________': :/i : : : :斗‐=ァ|i: : : : : :‐ァ=トミ : : : |:!: : : :.
 /「 : : : : : : : : |イ: | : : : : :|: / |l : : : : 〃   j∧: : : :l:| : : : i  _______
 | |: : : : : : : : : | !: ! : : : :/|/  八 : : //      i: : : :小: : : | 「 : : : : : : : i: 、
 | |: : : : : : : : : | i八: : : :抖==ミ )イ/ ,ニ==ミ |: : : : | } : i.:| |: : : : : : : : |:|         冬でもアイスっていいよね!
 | |: : : : : : : : : | |: : \: :{:::::::::::::..   '   ..::::::::::::И.:/: レ : :ハ| |: : : : : : : : |:|
 | |:_:_:_:_:_:_:_:_:_| | : : : : }トミ    〈!       |/j/7|: / | |: : : : : : : : |:|         …あ、カメラ回ってる…?
 |/ : :┌┐: : :/ : !i: : :八     r   ┐     八{7 | ′   |: : : : : : : : |:|
 `  ̄ | | ̄ ´  }ハ: :Νi\    ::::::::::ノ  (⊆テァ'′j     |:_:_:_:_:_:_:_:_|:|
    i⌒ⅵ⌒  {  Ⅵ レ个: .  `ニ´  .ィ: /j/ ___    丶―Π!ー`┘
    ト   う)廴  f´:. ̄ ̄三¨二≧==≦二¨三 ̄.:::::::::}    ノ^| ||____
    ト  _`)  `Y:ゝ,..............:..:..:..:.:.:.::.:::::::::::::::::::::::::::::::_,.〈     /  /|/   ノ
   〉、___ ):、 人:::::\:::::.:.:.:..`. ー---‐..:..:..:.:.:.:.:::::::::::::::L_  '  (´_ -‐ ´ヽ
 r :´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::`ニ=‐-:::::::::::::::::-‐=ニ:::::::::::::::::::ノ厂::::i   厶-―…く
 |:::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/':::::::::: 〉  ゝ‐-   _ノ
 |::‘:ー―――――┤::::::≧===‐┬┬┬‐===≦::::::::::::f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::: |||:::::::::::::::::::::::::::::::「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ::::::}
パチュリー・ノーレッジさんの遺言    r,ヘ──- ,ヘ_
   rγー=ー=ノ)yン´
   `i Lノノハノ」_〉       _。_ ∫
   Y|l |i| ゚ - ゚ノi| ∬   c(_ア   最後まで生き残ってたらこの劇場を乗っ取って図書館の分館にするつもりだったんだけど・・・助かったわね諸君。
  |!γリi.ハiつ〔凵 -=ニニニニ=-
  ||(ン llゝヘヽ)        ||   
   厂 ̄ル(ノ、j┘      儿
ナバロ は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
神谷奈緒 「恋人は、応援するもの…だろ」
翠星石 「ありがとです!」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
諸星きらり 「なおちー本音と建前かわいーにゃー☆」
八雲紫 「老婆心で応援するわよ?>翠星石>蒼星石」
神谷奈緒 「まったく、きらりはハピハピしすぎなんだよ」
翠星石 「ちなみに狼は坂田銀時さん 諸星きらりさん 八雲紫さん 神谷奈緒さん ですぅ」
諸星きらり 「あれあれー、どっちもいたんだにぃ、てへ!きらりん☆」
八雲紫 「銀狼だから噛めないけどね>奈緒」
翠星石 「す、翠は裏切り者じゃないですぅ!」
神谷奈緒 「ぜ、全力で、翠星石と蒼星石応援しよう…」
諸星きらり 「あり?てんろーじゃなくてぎんろー?あり?
役職確認してなかったにぃ☆きらりん☆」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
八雲紫 「こうして世界は平和に、に、あれ、できる夫」
神谷奈緒 「よーし、翠星石は裏切り者な」
翠星石 「蒼星石と繋がることが出来て一安心ですぅ(すりすり)」
神谷奈緒 「ん?あれ、銀時天狼いってなかった?>きらり」
八雲紫 「こんなおばあちゃんが繋がるわけないわよねー。ふんだ」
諸星きらり 「翠ちゃんがんばりぇー!」
翠星石 「翠星石も蒼星石としか刺さってないです」
神谷奈緒 「お疲れ様、落ちたみんな」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
翠星石 「蒼星石は銀狼ですかぁ!」
諸星きらり 「てんろーさんは生きてるみたいだね!>なおちー」
神谷奈緒 「はぁ…まあ、いいか…」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
八雲紫 「アオーン」
翠星石 「そ、それはそうと翠星石は狼ですぅ!
よろしく頼むです!」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
神谷奈緒 「うぉーーーーーい!>早速すぎんだろーーー」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
諸星きらり 「あ、あんずちーん!?」
翠星石 「死に過ぎでしょう!」
神谷奈緒 「天狼ーーーー!?」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
上条P は恋人の後を追い自殺しました
パチュリー・ノーレッジ は恋人の後を追い自殺しました
あんず は投票の結果処刑されました
坂田銀時 は恋人の後を追い自殺しました
輿水幸子 は恋人の後を追い自殺しました
KAITO は恋人の後を追い自殺しました
アレクト隊 は恋人の後を追い自殺しました
鏡音レン は恋人の後を追い自殺しました
音無小鳥 は恋人の後を追い自殺しました
2 日目 (2 回目)
如月千早0 票投票先 →あんず
双海真美0 票投票先 →できる夫
坂田銀時0 票投票先 →できる夫
諸星きらり0 票投票先 →できる夫
双葉杏0 票投票先 →あんず
八雲紫0 票投票先 →あんず
KAITO0 票投票先 →あんず
レミリアP0 票投票先 →できる夫
0 票投票先 →あんず
音無小鳥0 票投票先 →あんず
クロP0 票投票先 →できる夫
八意永琳0 票投票先 →あんず
蒼星石0 票投票先 →できる夫
パチュリー・ノーレッジ0 票投票先 →できる夫
できる夫10 票投票先 →あんず
翠星石0 票投票先 →できる夫
上条P0 票投票先 →できる夫
神崎蘭子0 票投票先 →あんず
アレクト隊0 票投票先 →あんず
ナバロ1 票投票先 →あんず
鏡音レン0 票投票先 →あんず
輿水幸子0 票投票先 →あんず
神谷奈緒0 票投票先 →ナバロ
あんず13 票投票先 →できる夫
2 日目 (1 回目)
如月千早0 票投票先 →あんず
双海真美0 票投票先 →上条P
坂田銀時0 票投票先 →できる夫
諸星きらり0 票投票先 →できる夫
双葉杏0 票投票先 →あんず
八雲紫0 票投票先 →できる夫
KAITO0 票投票先 →あんず
レミリアP0 票投票先 →上条P
0 票投票先 →あんず
音無小鳥1 票投票先 →あんず
クロP0 票投票先 →できる夫
八意永琳0 票投票先 →あんず
蒼星石0 票投票先 →できる夫
パチュリー・ノーレッジ0 票投票先 →できる夫
できる夫9 票投票先 →あんず
翠星石0 票投票先 →できる夫
上条P3 票投票先 →できる夫
神崎蘭子0 票投票先 →あんず
アレクト隊0 票投票先 →音無小鳥
ナバロ2 票投票先 →上条P
鏡音レン0 票投票先 →できる夫
輿水幸子0 票投票先 →あんず
神谷奈緒0 票投票先 →ナバロ
あんず9 票投票先 →ナバロ
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
八意永琳 「司法解剖は任せろ―!ばりばりー!」
クロP 「好きな子に投票したらいいんじゃないかにゃ? >上条」
諸星きらり 「きらきらきらりんパワー!>蘭子ちん」
蒼星石 「面白い配役だよね、見て笑っちゃったよw
さて…じゃあ…んー、できる夫辺りからかな」
できる夫
       . ─―─‐ 、
      , "          \
    /           \
.    /        _/::::::\_ヽ
    |            :::::::::::::: :..
    |  u    ( ー):::::::::( ー)
.    \             ´   /     ですけど……でっていうもクマもいないですね
     ,\        ` ー‐‐/
    /  ` ー─         \」
音無小鳥 「じゃあ・・・まずは親父から吊りましょうか(ニコッ」
双葉杏 「投票は済ませたから…zz」
パチュリー・ノーレッジ 「ねえレミィ、とりあえずさくっと投票して寝ても構いませんかね?」
アレクト隊 「アレクト1《ぴよちゃん吊りたい》」
レミリアP 「じゃあ上条P吊ろうか!」
坂田銀時 「できる夫、逝け!」
神谷奈緒 「まあ、天狼なんてどうにかなんだろう
あんま、意味ないだろうし>千早」
クロP 「とりあえず男は葬るにゃ」
上条P 「……結局誰をプロデュースすりゃいいんだ俺は……」
翠星石 「とりあえずできる夫でいいんじゃねーですか?」
鏡音レン 「そこのマダオを吊ればいいんだよね?ぼくしってる」
双葉杏 「…にゃむ、おやすみ」
八雲紫 「おはようよ。さてと」
双海真美
                _,.. -――-、_ >‐-、: : : : : :.
             ,. : ´:,.. -―: : : : : : : :>-、): : : : :ハ
           ,. :´:./: : : : : : : : : : : : : : : : :}-.、: : : : ハ
          /: : :/: : : : : ,: : : : ,: : : /: :/: : :|: : :ヽ、 : : {
            /: : : :/: : : : : /: : /: : :./: :/: : : :ト、_: : 、: : :|
        /: : : :/: /: : : /: :.//: :_/: :/: : :/:.{  ミ: :l: : :{
          l:イ: :/:イ|: : :.:|: ://: :イ/:,イ: :/!:/  Ⅵ:.}: : ;
          {: : : :./- !: : /l:/  ,..- 、 /イ /  __ }:/: :/
        Ⅵ: / /^!: /!   {  ィ㍉       `'イ: :.{
         ∨:{ /{|Ⅵ!      弋ソ     ,.ィ、 /: : :,イ
          \ヽ_.!: :.|              ムソ/: :.!: |
           、: :|:.:.:|              、 /: : :|: :| アをエに変えるだけで何かが変わってしまう
                Ⅵ: :.|            ;': : : {: :{
           ィ⌒!',: !\      ,、    人: :./l: :| そんなことが大人の世界ではあるってに→ちゃんがいってた
             __/ リ    、        /: : : / j:./
      __/ r,/       >- - く: : /: : { /
     /  `ヽ、 \        /ヽ、_ /:,イ: : :.|
    _/ ,..、   \  \     {、 ∨ ハ{/ j : : /
   〈_/::::::::\      ヽ-、  }   !  ', l: :./」
レミリアP 「おはよー」
諸星きらり 「にゃはー!おっはよー☆
今日もいちにちはぴはぴがんばろーにぃ☆」
アレクト隊 「《上条Pと女性陣吊れば村陣営勝てると思うのだが?》」
クロP 「へいへいへーい!おはようにゃ!」
ナバロ 「おはよう諸君」
輿水幸子
          |                \-‐-、__  /:: :::ヽヽ  __
          .i          _,---- _ `ー、_:: ゙~7:: :: :: :| V´ :
          k        /     |  .i~゙ー〒ュ」:: ::: :: :::ト< :: ::
          Λ       / /   j  i  |゙t  ヽ 〒、‐、__| ::} :: :
            ヽ.     / /.  λ ハ  i  | 1.   ゙  |  ー、  ̄ ー
             \  /./| | LL./ .|  ! | ヽ.-十-⊥i  .i`ーt-、
.               ~,レ / / '´i .|/ ` |   . |  \|k  | ト  |  ヽ
               / レ、  / == ヽ Λ|  二ナヽ | |  .|ヽ、 
       r、     _/  ,イ_Nr侘て〒     -仰て〒ュ'__ ト、_` 
.        | |     -´‐‐┐イ | ヾ ヒえソ      ヒえソ イ~ |  }|   可愛い僕が朝を告げますよ
       |. |  i     '´ | | 、 ヽ_:::::   、    :::::::/  .| /.| 
      ノ ノ  j i.      | | 「~            ~´|  .|ノ |
   rく⌒ヽ〈 rュ       | .|| ヽ    r―‐‐┐  ./|  |/^| |
  rく__.ヽ 〉>' /        V |.  |\   ` - '´ _/ |  ,!  V  
.  ├、 ヽ )j t'          ハ  ト、r`!ー、___,,.イ , 'И  |      
   ヽ ー'  /         __」 k|  レ'|;;::    .|='、 | ル'      
    ヽ  〈        / ヽ  V 〒 ̄ス、__ノjー, ̄レ7Tフ⌒>、  
     |   k     /    i / } 8 く フrtュt「´ / 8 r' |.|  /  ハ 
     .|   |   ,rニ´_     || ( 8 ヾ^iλ( ./ 8 { //     ハ 」
アレクト隊 「アレクト1《始まってるな。恋人ってのはどいつだ?》
アレクト2《こっちは、お前らの噂をイヤってほど聞かされてるんだ。》
アレクト2《ウソかホントか、確かめてやる!》
アレクト1《幻想郷勢に告ぐ! 俺たちの邪魔はするなよ!》」
坂田銀時 「オルァ!行くぞ!」
「なんなんだこのカオスな配役は!
私はもうやってられんもう寝るぞ!zzz」
神谷奈緒 「おぅ…」
できる夫 「おはようございますよ皆さん!
さぁ核のお時間です!」
鏡音レン 「おはよー」
神崎蘭子 「       }ュ、
       |ニム                     ,ィニニア
       |ニム       ___    ,ィコ|    .,ィニニニア
     ム  マニニ}  ,....ィ'"::::::::::::::::::::`:::..|ニニ!  .,イニニニア
     マムイア'"/_::_::_::_::_:_:_:::::::::::::::::::マニム、.,イニニア
     `'マ:::/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘‘:.‐:::::_、マニム|ア⌒:.ヽ、
        /::/: : : ; ': .; ': : : : : : : : : ヽ: :.:.ヽ:`マア::.:.:‐-:、:.ヽ
       .i:/.:/:.:./.:.:,:'.:.:.:.:.;ィ:.,:ィ:.:.|:.:.:.:.!:.:.:.:.‘:,::::l{:::.:.:.:.:.:.:ヽ:‘,
      |;'::;'::::;'::::;:':::::::/::/:::ハ:::';:::::::i!:.:.:.:.i:.';'´:マ::::.:;.:.:.:.:.i:.:.}
       |!::i!::::!-┼-X::;.ィ´:/ マ::';::::::|::::!::::i:::!::/:ト、;ノ:.:i:.:.|i::;'
     .|!::|::::|:::::i,ィュ、´,ノ;ノ  ‐'マ¨マ:ト、!::::i:::i/:;'://:.:.ノ.:.ll:;'!      煩わしい太陽ね
     .|:::|::::l:::::f´ら:心    ,ィ≠≧、::|`::!:::|:/〃:.:ィ彡ノ;'ノ
     リ::l|::::|::::| .夊z/     5;r.;;:斥:i::::!:::lレ'イ:.:.:.\:;ソ            (おはよう!)
     .(:!:|:!::::::::|!  `¨ ,    圦zソ}:::;':::;!::::} .!:::.:.:.ミ、`:.、
     .{::!|::マ::::圦           `¨i!::/::/!::/  .ゝ、ミ:.:ヽ:.‘:,
      ゝミ、マ::::ト、>、   r_,   ,リ/::/ i::;′  .,ィ`>、:ミソ
         ゝマ::i:::} `>ュ._. .ィ'".//:∧ l/   .,'::i:.:./:彡'´
       ,ィ彡マ;ノ .r 、∧!lニ| rf7/:/ニム-、   !:.:.V:(
      ,イ:,:'/.マr'"7f,7∧f_,rV/7/ /ヲ7=ュ、八::.:ヽ:ヽ
      V;/  .,'ヽ7,マf`¨介'¨勹iレ'/_ヲ/_ヲ  .ヽ.ヽ:.ヽ:::)
      ヾ  /.,ィ f7/,フ/ .}.V.7ん/_ヲ |7    .|  ミノ/
          /.:,' E7f.レ' ! | .}.l.i ./_(´ !    .!  ソ
         ./ :l 弌!|!..」 Lノ.|.〉|7´  |    !」
KAITO 「             -‐…‐-
          . : ´: : : : : : : : : : :`ヽ-ミ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
      ./: : : : : : : : : : : : : : : : イ: : : : : : : : : :` 、
      / : : : : : i: : : : : :/: : : :/ | : : : :∧: : : :ヽ ̄
    厶イ: : i : :|: : : : /:/: : /_ ! : : /  ': :.i :. :}
      |:i: : ',: :! : : : '〃.:./ ̄`}: :./, ニ¨|: :l :i :|         みんなおはよう、この場合どこ吊ればいいんだろうね
      | i: i :Ⅵ: : : :|i!: :厶=ミ/::/ 斗ァ} /:小}
      | li |: :{ ', : i jハ/、じリ厶'′ じリ j/ : jリ         とりあえずアイスうまい
      }ハ|:i人_Ⅵ: |        ,  ´ル :/
          }从レr(ヘ {    、 _ _,   イハ/
            {: : :\リ≫x     ∠
        _x=く`: : : :`¨ニ=-`≧=彡': :}ニユ
     /⌒: : :.\: : : : : : : : : : : : : : : : ∧
    〃⌒\: : : : `ー- : : : :_____彡/:::{ >ュ
    ,iK :::::::::::`::::::ー-: : :_:_: : : : : :__彡'ヽ::::}  }
  /:| 「¨{ ‐-ミ:::::::::::::::/ `¨¨¨¨|i|   Y   \
 ./ } j }   \:::::::/       |i|     |    \
 ′{´ / /      〉、′      |i|    |、.     \
/: : :} { {     /:::::〉      .|i|    }::::、 ノ   .\
: : :/  L.」     /::::::::}        ,|i|    /\:::、   /::::>=ァ´
: :/ / 〉     /::::::::::}         |i|
蒼星石 「おはよう…」
如月千早
             _,......::―:::...、
           ,..:´::::::::::::::::::::::::`´`ヽ、
           ,.:´::::::::::::::::::::::::,、:::,、::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::/::::ハ}/:{::::::::::::::::::.
         /::::::::::::::/::::::/l:::/    ::::;:::::::::,:::.
         /:,:::::::::: イ::::,:'_/:/  、_',:::l::::::::{:::!
       {イ:|::::;:::::,'/イ /イ       Ⅵ、:::::}::l
       {::l::::l:::/,ィチ㍉     ィ斥圷, }Ⅳ::!
       |リハ:Ⅳ 弋zリ     弋zリ ハ/:: !
        |::ヽ,ム      ,      {-'::::::!
       ,::::::::::∧           u  /::::::::::|
        /::::::::/:::::\   r っ   /:::::::::::::{
        ,:::::::::/::::::::::r >    イ:::::::::::::::::: |
       ,::::::::/:::::::::::/\ |  `´  |/ヽ::::::::::::: !
      ,:::::,. - T  ̄!   >  / / ∧_::::::::::i
     ,::::/   |  \_/__   _{  ` } >、::.
     /::/   {    /  `  ´ \_/   / `ヽ
    ,:::::l    l    {ヽ     /}    {   }
天狼の存在感がすごい」
パチュリー・ノーレッジ 「出現役職:おしら様6 人狼4 天狼1 銀狼1 狢1 求愛者1 かぐや姫1 女神4 弁財天1 小悪魔2 魂移使1 夢求愛者1 恋妖精1

なかなか面白い配役じゃないの。 とりあえずできる夫あたりから葬り去りたいんだけど。」
双葉杏 「       ,. - '':: ̄ ̄ ̄"::ー-,、
     ,..:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::\
  ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::|::::::::::::::::ヽ
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::l::::::::::::i:::::l::::::::::::::',
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::;斗‐ト:_:::.::|::`ト-、::|::::|.!
  |::::::::::::::::::::::::::::::l__!::_i_:::::::ハ_::|__l:::|::::| l おっはよー
  l:::::::::::::::::::::::::::::::|〒弐オ ̄   〒テト.|./|.:i
  .|::::::::::::::::::::::::::::::l ト'::ィ;リ      トィリr::ノl:ノ        それじゃ私寝るから
  l:::::::::::::::::::::::::::::| `ー'     .゙-'l |/
  i:::::::::::::::::::::::::::::|  xxx    ` xx',!.:}
   }:::::::::::::!::::::l :'.,l.    _ _  _,ノ|:/    
  /:::::::::::/ :.i,.ヽ_.::!ヾー- ‐‐‐ T´|  ′
  /::::::::::::::::::ノ  }:::|  \__,.ノ |丿
. /:::::::::::::::::/   l:::.! [/(__)ア i
/:::::::::::::::::/    !::l} く_ノ i }_,> |」
音無小鳥 「           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.\ ヽ:.:.:.:.:\
             /:.:.:.:.:.:|:.:.l、:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ' ;.:.:.:.:.:.,
         /:|:.:.:.:.:.:.:!、:| \:.:.:.:.:.:.:':,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,‘;:.:.:.:.:.:.',
.        /:.:.:.:!:.:.:.:.:.:Λ\  ` <:.::.V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Λ!:.:.|:.:.:.:.:.
       /:.:.:.:.:|:.:.|:.:.:.:.Λー- ―   ̄V:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:|:.:.:.:.:}
        l:.:.:.:.:八:.|:.:.:.:.:.ム        ヽ:.:|:.。:.:.:.:.:.:.:.:V:!:.:.:.:.:!
        |:|:.:.:.:.:.:N`¨´      _=__ム `:|:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:V:.:.:.:.:|
        |:|:.:.:.:.:.:| ノ       7/⌒○  !:.:|:.::人:.:.:.:.:',:.:.:.:.{
       V〉:.:.:.:.:',          ///  |:.:|:.`Y´|:.:.:.:.|:.:.:八
          .:.:.|:.:.:.ヘ  ,.ニ           |:.:|:.:.。:.:!:.:.:.:.|:.:.:.:.:.\__/
          |:/|:.:.:.:.:.:. 7/¨′   __       !:.:!:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          |:| !:.:.:.:.:.:.し// //⌒\    ‘;:.|;:.:.:.:.:|:::\弋:::::::::::::>          ピーヨピヨピヨ!最高よ!今日は御飯が美味しくなるわ!
          |:| V:.:.:.:.:.:ハ    V     }     ヾ\:.:..|::::::个:ゝ:::/
          |:| V:.:.:.:.:从   \ _  '        \ト-式`¨´              夢が色々と適ってもう最高!
          |:|.  \:.:.:.:.:.:>、    .    /    /  \_   _ ___ _
     r 、  `\   V:.|:.:.:.:.:.::> .     /_    /      /三三三三/  / \
     | }     ヽ  V|:.:.:.:.:.:.:.:|  个爪:.:ム   /     ./三三三三/ /    \
 .  √¨ス   .{ ヽ   \ト、:.:.:.Λ .レー´/У         /三三三三/        \
  「 ̄ フ ヽ_ ‘、 、   \`<ム    /  ´  . -―-、/ . . . . . . . ./ /            \
   「 ̄ノヽ  ヽ-’ \         | /ヽ/      }. . . . . . . . . / /            \
    |  ー-――-    ` ヽ   x―<|_|_/      ’. . . . . . . . .{ /               `
    ー--.、           } .’   /          /. . . . . . . . . .∨
        ` 、      '  {   人 、       /\_ _. . . . . Λ
          \    |_ ハ    厂| 、    /.  \__|. . . . . .Λ
        人  / |     レ`|     , 1 !  ー ’     イ. . . . . . . . .Λ
      `Y´ |\L__ / .| Λ / | Λ       /_人_ . . . . . . Λ
    +       .|         |/    N. . \ /人  ̄Y ̄ . . . . . . . Λ」
翠星石 「おはようですぅ!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
神谷奈緒 「よーし、今日からお前らは敵だ!!
…おめでとう」
諸星きらり 「えー?きらりは全然恥ずかしくないよぉ~?むしろはぴはぴ☆きらりん☆だよ!>なおちー」
翠星石 「翠星石も刺さったですぅ」
坂田銀時 「ああ、刺さったとだけいっておく」
神谷奈緒 「って、なに恥ずかしいことやらせるんだーーーー!!>きらり」
諸星きらり 「音無さんが女神さんだったら間違いなくグサーってピュイーって刺してきそーだにぃ>ゆかりん」
神谷奈緒 「き、きらりん☆」
翠星石 「暗殺者がいなくておしらですか…」
神谷奈緒 「そういや、四条の決闘って、蒼鯖時代のだったな…」
八雲紫 「覚醒してなんになるのかしら……w>天狼」
坂田銀時 「出た!
あ、でも初日で死にそう」
諸星きらり 「にゃはー!びっくりさせちった?ごめんにぃ☆
なおちー一緒にはぴはぴしよーね!
せーのっきらりん☆」
神谷奈緒 「天狼wwww
そんなん、でるのか!?>銀時」
八雲紫 「これ男の方が繋がっている展開あるかもしれませんわね。いえ、戯言ですが」
翠星石 「狼6匹って多くないですか?」
神谷奈緒 「うわ!?きらり?びっくりした…」
坂田銀時 「あ、なんか天狼ひいてる」
諸星きらり 「狼さんだにぃー☆みんなー!はぴはぴはぴー!できらりんがんばうー☆」
神谷奈緒 「ん?狼か宜しくな」
八雲紫 「あら、狼、よろしく」
翠星石 「お、狼ですかぁ…」
坂田銀時 「あー、よろしゅう」
出現役職:おしら様6 人狼4 天狼1 銀狼1 狢1 求愛者1 かぐや姫1 女神4 弁財天1 小悪魔2 魂移使1 夢求愛者1 恋妖精1
ゲーム開始:2012/11/09 (Fri) 21:30:34
鏡音レン 「   ‘,: : : : .      . : : : : :. \ヽ.ハ
    ゝ; : ' . :∧ | ヽ.  . : : : : : .\'.}
   / . : : /  ', ! 〃`≧ュ、 _ : : >i
  / . : : /⌒` リ   仡:ハ ! ', }i { !11
< __._:_:/', ,f仡ヾ    乂::ノ   V人マt」
     >、'`乂::ノ  、       !`¨7´     ./〉/.〉
     \ ヾ}、   r== ┐   ′ ′    ./ / /
      \_へ   ∨_ ノ  /, ,'  /^! / / //〉    ごめんごめん、アイスおごるから>KAITO
        \≧つュ。 _,.イ,' /∨ 〆.| l/  '"_/
          _,'      ,'V  ./.:::∧ ',  _,.-一 ’
        ,〃:::::::::ヽ.  {‐-/.:::::::/::::':, イ¨::::フ
      r≦===ュ、::::::ヽ-‐/.::::::::::/::::::::::', ',.i´
    〃::〆 ⌒`ヽ、::\:::::::{,:::::::::::, '::::::::::::::∨}
    {/ _____∨>/:::::::::::::::::::::::::::>¨
     ( / ,ィ====ュ',/:::::::::::::::::::::::> ´
     {::彳::-―‐-/:::::::::::::::::::::::/ },  \」
KAITO 「…はっクールに、クールに…」
クロP 「なんだかあれにゃ。上等な料理にはちみつぶちまけたような」
蒼星石 「…ぼ、ボクの知らないところで勝手にプロデュースが始まってた…」
如月千早 「始めます!」
神谷奈緒 「まあ、諦めるんだな…
そんなに男同士が、いやらな私が相手してやっても…いや、なんでもない>レン」
アレクト隊 「《上条P吊ったら何人撃墜されるか見ものだな》」
如月千早 「1!」
坂田銀時 「腐ったら滅ぼせと聞いたぞ!」
諸星きらり 「にゃは☆杏ちんうっかりうっかり☆」
輿水幸子 「さ、さっちんって気安く呼びますねぇ…>きらり
で、でも僕は優しいのでありがたくその名で呼ばれましょう
可愛い僕と一緒に成長できることをありがたく思ってくださいね!」
如月千早 「2!」
八雲紫 「八雲紫 さんが登録情報を変更しました。」
上条P 「くそっプロデュースする意欲がどんどん減衰していく……!
ここが四条か!」
ナバロ 「フェンリアの光学迷彩は完璧だ」
如月千早 「3!」
音無小鳥 「杏ちゃんに、あれ的な意味でおもちゃにされるクロP・・・
ふふ、今日はいいわ・・・!絶好調よ!」
八意永琳 「    |,,,....,,,,,__
    |::::::::::::::::`ヽ.
    |:::╋::::〉:::::::::〉
    |  ̄`""''ー-'ヽ.
    |         ':,
    |/^^i 、i__/  ヽ. | 医者は体の傷は治せても心の傷は治せない・・・
 .   |   レ,.!/、ハ  | | ブラックジャック氏もそうおっしゃってました
 .  |    ト i `i  /| .|
 .   |  .  `′'レ' .|イ'
   |   _   ",ハ  |ノ
   |.、.,__,,. イ  |  i
   || iーr= 7} 、.,!_ノ
   i⌒ヽ=/::|:::::\
   L.  \ _イ:::::::::::|
    |;,\   r::::::::::::;|
    |+ :\_I:、_::::ン
    |+::::::::::::::::::イ
    |+::::::::::::::::::::i
    |+____,イ'" ヽ
    |_,___,.__,.イヽ
    |         ヽ
できる夫 「あ……なんかいやな未来が見えましたね>輿水さん
その……御愁傷様です……」
あんず 「なんだよ谷底って
俺は司令官でニートするんだよ邪魔すんなよ天パオイ」
パチュリー・ノーレッジ 「私はアイドルたちが恋路成就のために殺し合う村だと聞いてた」
如月千早 「ではカウントします!」
KAITO 「やめろやめるんだ!そういういじりレンだけで十分!
俺を巻き込むなー!>小鳥さん」
レミリアP 「結局上条さんが鬼作する村になりました>黒P」
神谷奈緒 「…どっちかっていうと、その幻想ぶち殺すって
腹パンされる、幸子しか想像できないんだけど…>小鳥」
翠星石 「一番のアイドルは蒼星石ですぅ!>クロ」
如月千早 「しかし、プロデューサー候補の方もこんなに・・・
・・・私のパートナー、ですか。」
上条P 「で、大丈夫か、杏は。投票的な意味で。」
「あ~ごめんごめん遺言やってた」
アレクト隊 「アレクト1《アレクト1よりアレクト隊全機へ!矢は避けろよ!》」
クロP 「あれ?この村…アイドルたちがキャッキャウフフする村じゃなかったのにゃ?」
坂田銀時 「<<腐ったら焼き払えば良い!>>」
鏡音レン 「うん、よくわかったよ…>神谷さん」
輿水幸子 「みんなもうカップリングの相談ですか
まぁ人気者の僕は狙われると思いますが、他の人にも矢を上げてくださいね!
僕一人に集中しても皆さんが困りますから」
音無小鳥 「いやいや・・・幸子ちゃんにドヤ顔されながら
踏まれる上条君もなかなか・・・」
翠星石 「あんずって女の子みたいな名前ですねぇ…>上条」
KAITO 「          __  -‐-ミ
      /::::::⌒´:::::::::::::::`ヽ
     〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::.
. ー=彳::::::::::::::::/ |:i:::::ト、:::::::::::::::::}
    l{:::::::::i{::ア⌒从::├-:::i::::}::::::ト、      オッケーお前後で覚えてろよ>レン
   八::r=ミ!i:{=ミ、 ヾ:ムミⅥ::/::}i::|
     }:ヽぅ从    ′ 厶イう八{      こんなことでよければいつでもってね>幸子さん
      jハ:八   r ‘ 、  ,ハ:/
       j;へ::.、 ` ー ′ト<{ ′
        _リ」 ≧=≦ |:i \_
       _rヽ二i:]_  -‐┴=ニ´:}r 、_
    __√┴:、: : : : : : : : : : : .:__`ー┐}
. /:::::`\: : \‐-: : : : : : : :>―-`ヾ トミ
 ト、:::::::::::::::\: : `: : : : : : : :_:乙ニ、`  |::::::}
 | \:::::::::::::::≫、:_:_:_x≪´:::::::::::ノ   }::::::|
 |   ヽ-‐ ´   |:|   ` ー-{   ∧::::{
 }    :、       |:|        ヽ/:://寸
諸星きらり 「にゃはー☆そーだんねそーだね!きらりもみんなと一緒に成長して伸び盛りー☆
今日も元気にはぴはぴしよーね☆>さっちん」
上条P 「とりあえず男以外で>翠星石」
神谷奈緒 「レン…小鳥さんにそれいっても無理じゃね?>レン」
如月千早 「杏さん・・・えーと本名も杏さんは投票をお願いします」
鏡音レン 「だめだこの人腐りきってるー!?>小鳥」
パチュリー・ノーレッジ 「ねえレミィ・・・なんかここ・・・腐った匂いがしません?」
上条P 「まぁお人好しだからってお前らのどうでもいい妄想に俺が振り回される云われはないんだけどな……」
アレクト隊 「《ウィルコ!>ナバロ司令》」
音無小鳥 「だ、大丈夫よ・・・レン君(じゅる」
翠星石 「上条は誰とくっつけて欲しいですかぁ?>上条」
アレクト隊 「《クソッ 腐ってやがる!》」
ナバロ 「アーケロン要塞まで滞りなくな」
諸星きらり 「記憶とは時と共に消え行くもの…(気をつけてね☆)>蘭子ちゃん」
鏡音レン 「男同士で繋げるのはやめてよ!?>小鳥さん」
坂田銀時 「マダオー、そっちは谷底だぞー」
音無小鳥 「というか、アイスがないとKAITO兄ってあんまり個性がないよね>KAITO
というか、アイスがないとKAITO兄ってあんまり個性がないよね>KAITO
というか、アイスがないとKAITO兄ってあんまり個性がないよね>KAITO

ほう・・・」
八雲紫 「できる夫×上条×マダオ……コホン、あんず、ありですわ。大いにありですわ。
苦労人かつお人よしの上条さんの板挟みがいい味が見えますの」
輿水幸子
                          . . . . . . --、__
                      . .-´‐: : : :´ : : : :\ ` . .
                      /: :,: : : :/ : :-: : : : : :\: : \
                        /: : :/: : : :′: :|: : : : `: : : : ヽ : : ヽ
                     ′: :′: : l l : : ト、 : : \: :ヽ: : : :. : : : .
                   l: : l l_l_l l 、: :| \__ヽ: :l: : : : : : : : i
                   .:|: : l |_N`.」\|  ´ ヽ_lヽlニニニl : : Vl
                    / |: : l | ___      ___    |─‐ | 、: :\
                 ′l__,N ¨下 丁    ¨下 丁丨 ̄:卜.\┬一
                 /ィ 、:| 乂ソ       乂ソ . : : : :|: : : :|     >KAITO
                     |: :\|***    '      ***//: : :l⌒i: :l|
                     | : : |:|         __    /|: : : :. .ノ: :l|     お、おぉ!ほ、ホントに食べていいんですか!!
                     | : : 代     (/   )  u: : /: : l刈
                       : : ト个:...     -   イ|: : /:! : :/      ぼ、僕は優しいのでくれたあなたに感謝しますよ!
                       : : | V\∧: :T :l       リ: :/|/            大好きなんですよ!ありがとうございます!
                       \|      _`_j>」    //\
                        -/  /  x<   ´   >-、
                       / 〃フぅtチ-、        ´   ハ
                         /v‐{_八,  /_  ´      ∧
                           /<_/l___\//       、       i」
上条P 「それはない>レミリア」
アレクト隊 「《ナバロ司令の護衛は任せろー》」
鏡音レン 「   >‐-   __    7             ヘ
 ≦ __     /     /И     `ヽ ハ ハ
    / ¨フ´      /  j        Y/} / ,
.    /  //       イ  ハ    \レ /}
   /  ∠__‐-ミ∠-‐‘〃 厶x:. iト   ー-  __
    ,. tΤ ,x≡ミ    / , '__ 刈 `ー┬= ニ¨
  j/  { :l {{ ん心  厶イ〃乞㍉ミ、ト  k
     f^ヽ 弋:::ソ       ト-'::::ソ 》レ-ミ /     というか、アイスがないとKAITO兄ってあんまり個性がないよね>KAITO
     八( } ,,`¨¨      `ー "   jrら }
      ヽ:.       j      '''  ム シ
      .圦            厶xく
          \   .、    //   ヽ
           、   ,.  〔 j/
              xz|`¨´     |__
  r┬t――=≦:厂      /::::ヽ
γ{:::| |:::::::::::::::::::ト __    -‐/:::::::::::≧=-
,  |:::| |::::::::::::::: レ´⌒≧x /:::::::::::::::::::::::://::7」
KAITO 「ちょっと待とう、レンの教育によくない>小鳥さん」
レミリアP 「上条さんはぎんときのほうが好きだって?」
クロP 「ふっふっふ。さあ始めるにゃ!
おれっちの理想郷を手に入れるために!!」
あんず 「なんだよそこの天パ、お前なんか知らねーよ俺ゲンドウだから」
双海真美
                       __
             ____   _/:_: ハ
        ,. : :´: : : : : : : : : `´: : :.:.!、:l_
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト、,.ィ
      ,.:´: : : : : /: : : : : : : : /: : : : :/: : :,ハ
    /: : : : : : :/: : : : :,: : : :/: : /::}/::::、: :!」
   ,': : : : : : :/: : : : :/: / イ: :./::::/:::::::::Ⅵ
    |: : : : : :.;': : : : :./: /:::::|: /::::::'::::::::::::,イ  アイドルと恋人になれる村、はっじまっるよ→
    l: : :./: : {:i: : : :/:j/::::::::l/::::::::::::::::::::/:{
   {: :/: : :_リハ: :/::::::::_,...  ´ ̄``ヽ、:!: !
   ∨: : /-、 Ⅳ            {:.|
    \:{  (             ⊿   !:{  
      ヾ、ー 、_            八:.
       \∧           イ: : :}
       ,. --.}  >   __,.イリ:./: ;
     __/   <|        |、_  /:イ: /
    / ー {_   `ヽ、   |-、 `ヽ!: /
  _,.{ -―- 、_ `丶、 `ヽ {、 }  /-'、
/    、     `丶、_   } `∨ '   }」
諸星きらり 「にょわー!?ひげもっしゃもしゃしたあんずちんがいるー!?
うーんうーん、もっしゃりあんずちんもきらりとはぴはぴすう?」
上条P 「というか遺言は本当にゲーム開始したら残せないから今のうちに残せよなー?」
音無小鳥 「KAITO×レン、禁断の兄弟絡みアイス掛け・・・!」
神谷奈緒 「うげっ…遺言忘れてた!?」
ナバロ 「この人数での戦闘は流石に重いな」
双葉杏 「うわぁ…うっわぁ…w」
坂田銀時 「遺書は残すよーに」
上条P 「おいバカやめろ>レミリア」
パチュリー・ノーレッジ 「矢なら勝手に用意させてもらったわ。
QPになれなくても勝手に打たせてもらうね。」
如月千早 「音無さん・・・
いつもその積極性が空回りして・・・」
八意永琳 「姫様の騙り・・・許せません・・・治験に回します」
輿水幸子 「遺言のことを言ってるみなさんはやさしいですね!
僕の次に!」
KAITO 「             -‐…‐-
          . : ´: : : : : : : : : : :`ヽ-ミ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
      ./: : : : : : : : : : : : : : : : イ: : : : : : : : : :` 、
      / : : : : : i: : : : : :/: : : :/ | : : : :∧: : : :ヽ ̄
    厶イ: : i : :|: : : : /:/: : /_ ! : : /  ': :.i :. :}
      |:i: : ',: :! : : : '〃.:./ ̄`}: :./, ニ¨|: :l :i :|         バナナアイスか、えーとあったあった>レン
      | i: i :Ⅵ: : : :|i!: :厶=ミ/::/ 斗ァ} /:小}
      | li |: :{ ', : i jハ/、じリ厶'′ じリ j/ : jリ         ま、好きだし?あとアイデンティティって大事
      }ハ|:i人_Ⅵ: |        ,  ´ル :/
          }从レr(ヘ {    、 _ _,   イハ/
            {: : :\リ≫x     ∠
        _x=く`: : : :`¨ニ=-`≧=彡': :}ニユ
     /⌒: : :.\: : : : : : : : : : : : : : : : ∧
    〃⌒\: : : : `ー- : : : :_____彡/:::{ >ュ
    ,iK :::::::::::`::::::ー-: : :_:_: : : : : :__彡'ヽ::::}  }
  /:| 「¨{ ‐-ミ:::::::::::::::/ `¨¨¨¨|i|   Y   \
 ./ } j }   \:::::::/       |i|     |    \
 ′{´ / /      〉、′      |i|    |、.     \
/: : :} { {     /:::::〉      .|i|    }::::、 ノ   .\
: : :/  L.」     /::::::::}        ,|i|    /\:::、   /::::>=ァ´
: :/ / 〉     /::::::::::}         |i|
神崎蘭子 「忘却の旋律を奏でよ!
(完璧に遺言の事を忘れてました)」
翠星石 「お、面白い遺言が思いつかないですぅ…」
できる夫 「なんだかダディに似てますね>ナバロさん」
如月千早 「四条は遺言変更できない仕様でして。
・・・ま、まあゲームには問題ないはず(きり」
坂田銀時 「中身一緒じゃねーか>マダオ」
双海真美 「あんずね→ちゃん・・・・・ちょっと渋くなったんだね・・・」
レミリアP 「上条Pとできる夫に誰が最初に矢を打つかの村ですね」
神谷奈緒 「な、なんだ?この杏人気はw」
双葉杏 「そこのマダオ吊りで、私を騙る何ンて許されざるわ」
できる夫 「ですから今から恋人を予想して書く、でもないと無理ですね」
翠星石 「蒼星石なら立派なアイドルになれるのです!>上条」
音無小鳥 「                    __
           ,  -‐:ィ  ̄¨/:::::::::::`::: 、
         /:::::::::::::::::i  /:::::::::::::::::::::::::ヽ
        ./::::::::::::::::::::::|  ,′::::::::::::::|::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::::::::::::::::!  '::::::::::::::::::::!:::::::,:::::::::::丶
       .::::::::::::::::::::::::::::i! |::::::::::::::::::::|:::::::ハ:i:::::::'.ヘ
       ,:::::::::::::::::::::::::::::::! |::::::::::::::::::::|::::リ__,リ_:::_:}
       {::::::::::::::::::::::::::::::ヽ |::::::::::::::::::::|::ノ'  i
       !:::::::::::::::::::::::::::::::::`i:::::::::::::::::::.:!    |
       、:::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::| ァ=' 、_
       ',:::::::::::',:::::::::::::::i´!::::::::::::::.::::!     !
        丶、:::::::',:::::::::::::、.|:::::::::::::::::::|       !
          ゙:::::::::::',:::::::::::i !::::::::::::::::::|   一  , -‐――-、
          ::::::i:::::::',:::::::ヾ:::::::::::::::::::!    ・ !  .|     : : (\         ま、今日のアタシは一味違うわよん♪
          }::::i:::::::丶、:ゝヽ:::::::::::::::!- ― ‐'  |;:;: : . . : : ::(ヽ.}
          从ノ,::ハヘ‐-ヾ゛_ \::::|、!        !_,..-‐_''つと_ j
           /___  ̄ ̄  ̄ ‘、_       /  ィ'__:j_/〉
          ////////y 、    i_i     /      ___, ','
          ////////////`丶/¨.:´〉ヽ   {    ____,,,,-‐'
          y´   ̄¨ヾ///: : : 〈.:.:.:.:.:{.:..:', ,r'"~`丶'¨  /_
        ,'       \: : : : :ヽ.:.:.:.,'.:.:.!/     ヽ、一'
        i         ヽ、: : :〉、/iゞy′'゙´¨ヽ   /  j
        |           ヽ: 廴.:.:.!/      \,' _ノ
        、          i j: : : ヾ/        }  i
         i          | i: : : : /        /   i」
蒼星石 「遺言は開始前のみだよ>翠星石」
八雲紫 「つ、ツボに入りましたwwww>あんず」
あんず 「あれだよ、今エヴァやってるしさ、俺ゲンドウになりたいわ」
できる夫 「>翠星石さん
遺言は今しか書けませんよ」
如月千早 「投票お願いします!」
上条P 「というかこの面子からアイドルプロデュースって難易度高くないかな」
八意永琳 「この配置・・・そしてこの私の場所・・・ビンゴしましょう!」
神崎蘭子 「ククク……。混沌《ケイオス》に身を委ねよ……>上条P
(気にしたら負けだと思います。)」
双葉杏 「な、なんですって・・・・(ガクガクブルブル」
KAITO 「             /イ::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::}
             /::::::::イ::::::ハ:::::厶-';::::::::::::::::::|
               /斗:::::::kヒテxⅣxそテ:::::::::::::::i:|         はいはい、どうぞ>幸子さん
                jヘ:::::ト、   ′  厶イ::ノぅ从
                j八   ヽ    从Ⅳ         これしかないから、もっとはないけどね?
                  __ヽ ー ‐'  にニニニ7
               \   〕>-< /:/   /__
                  r‐‐<\_L_  /:/   -‐ :⌒ヽ__
               /:\: : : : : : : ≧=≦:_: : :-‐: : : : : :`Y
              / : : : : \ : : : : : : : / : : : : : : : : : -‐く
         〃´⌒\: : : : : ー=彡: : : : : :  -‐   -‐}i
.          《     ` ー-: :_:_:___:_ -‐ x≦´   ハ
         〈.ヘ         {::::/://   ゝ‐:::ニ;二ニ=ミ \
         }ハ、      ∨:/     /:::::::::::/     `ヽ}_
         ト、        {::{/   /::::::x=く  __  ゝ、____ノ
          | ヽ}      /:厶=‐ 〈^ヽ(  -‐´  ⌒ア:::}}
           |  {      {::{     〈^ヽ(⌒(⌒弋/ /::://
.         |   〉       /://     {`¨^¨¨^::ー‐―く::://
.          |   〈       /:/        ヽ:_:::::::::::::::::::::__彡'
        |   }     {::{          ̄/ ̄
翠星石 「そういえば一つ聞きたいですが
遺言で○○と繋がってたっていうのもなしですかぁ?」
神谷奈緒 「んじゃ、宜しく」
八雲紫 「…wwwww(バンバン」
坂田銀時 「マダオ!?」
輿水幸子 「こんにちはきらりさん、天使のように可愛い僕がSRになるのは当然ですよ!>きらり
みんなと一緒に成長してる証ですよ」
アレクト隊 「《クソッ!妄想の餌食にされそうだ!》」
双海真美 「に→ちゃん達・・・・・・いかがわしいんだYO///」
あんず 「働きたくねぇ」
できる夫 「さぁGMそろそろ時間ですよハリーハリー!
核の時間ですよ!! 環境に優しいエネルギーです!」
鏡音レン 「          ヾ. . . : : :Y ⌒ヽ: : :._  ',   ∨彡
          ,Y´   }  ::     :.  ¨亥ニ=- }  ,'
      ー=彡:    /! i ::.     : .   \ ,'::ノ
        ,'    /,' A ::.     ヘ: .   \: : , '
          j/    // ./- \     ';::`7 ーj-ミx、 :
           '.   /气ノヤ示≧ヾ     ';::」,.rt//: : : :
         从{ 弋}!  マ:i。}  }ヽ i∧. Ⅶ1', ∨: : : :
               Y.  `゙ ノ  ∨〃ヽ} <::::>∨: : :
              く         :{ {    >/. : :/
              ヽ          ヽゝ - 彳   {     うーん…じゃあバナナアイス貰おうかな
                 `r-      "   ∧ {ヽ〉
                  ヽ   ,..イ       i  \!     にしても、KAITO兄ってほんとアイス好きだよね
               〈 i フ }ヽ.r=j     ト --、
                {´ 〈フ¨ヽ} '"   ,. <: ̄:::::::}
              〈 \〉,≧  ! ,. ::':::::::::::== 、::::l
            ,彳:::Lヽ 〉{ ,. <::::::::≠ ´ ̄`ヾ∨:':,
             {ゞ===彡:::::::::彳r´      ', V:::':,
           〉::::::≧´:::::彳´ /        ':, V::::',
          /:;;.r/≦´   . :/         ', V:::.',
        /:/{!// /   : :,{          }',.V:::.',
       /{⌒ヾ イ.    /         . :/:::', V:::i
      /:::: ゝ‐": :     〉ー::::ュ、      : :i: .:.::}:i i:::|」
音無小鳥 「えー今一なんかこう絵面が・・・>真美ちゃん」
上条P 「馬鹿な……全体的に色々ひどいぞ!アイドルじゃない奴らが!?」
あんず さんが入場しました
神谷奈緒 さんが入場しました
八意永琳 「大丈夫ですよ姫様 いつもはもっとでかいのを知らない間にうってるだけですから」
双海真美 「はいっピヨちゃん!空をとぶアレクト隊攻め!
きたよきたよ→!」
諸星きらり 「れたす?>なばろ」
アレクト隊 「《おうよ!恋人の殲滅は我々に任せろ!》」
できる夫
         ____,,,,,,,,..... -一ァ
        /      |    で ,!
       ./       | お す .,!
      /          | 断 が.,!
     / ____   | り   ,!
     // \  /  \ | し ,!
    /./( _) ( ●) ./ ま ,!   >八雲紫さん
   //   、_',__,    ̄!.す.,!
   / |           Y~,!
  /  \         /,!
 /             .,!
 ゙゙゙゙゙゙'''''‐┘----、、、、_____,!」
音無小鳥 「               . -‐―::::ー‐- ,
            . :::´::::,::::::::::::::::::::::::::::ヾy:.ヽ
           /:::::/::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::丶
          /:::::::::/:::::/:::::::::::::::,.':::::::,::::::::::::、:::::ヽ、
         ,′::::,:::::::/:::::::::::::::≠-/::::::::::::::::',:::::::、
         i!:::::::,′::::ヾ:::::::厶/:::::::/::::::::::::::::::::::}:::::::::::.
         i:::::::{:::::::::::!:::::ヾ/f万ヽ¨`ー_::_::_辷_:_::j::::::::',
         i:::::::!:::::::::::、::::{ 辷ソ     仍 j:::::::j::::i::::::',
         }:::::::',:::::::::::',::::!        ヒ:j ,‐::‐:-:!-
        /:::::::乂:::::::弋ゝ       `   /:::::::::::::::!
       /イ:.リ::::!::::、:::::::',    , _    /::,.'::::::::,':!
       _.-厶从::::\:::::',     ー‐'    ,′,::::::::/
      ,:'   ヽヽソ.| \、 \ ゚    _/:::, :::,'::/
      /       ilj     `,ァ:: ̄:::И /::从/
     .        .il     ,′,. : ´¨`ヽ、
     ,         ilヽ   / ヾ、     、      今日はちょっと攻めるわよ?
     i         il  \ ` /ヾ    }
     i      i   il        iヾ  _j_
     .     {/  il   ` 、   '¨゚ ̄   ` 、
     ,    /   il     `ヽ、          、
     ',     ,′  ノヾ、      丶          ;
      ',   ,:   /   `ヽ      ',        ,:j
      ',   {   i      \    i      /゙`:、
       ゙   、  {    ;   `、   }    ./   ,}
        、  ヽ__!        ゝ===一==≠゛    ./
       !   i ! ̄`ヾ.,. __,,:,:/   /   ヾ、,:__:イ
       |  ,′\          , '         :/
       i  ;    ` . ___ ., ‘  ,ヾ.____, :. : ´
輿水幸子 「グルメな僕はハーゲンダッツを所望します!>KAITO」
諸星きらり 「あ!さっちんおっすおっす!新ライブ決定でSR化おめでとー☆>輿水さっちん」
双葉杏 「          ,..::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'::.、
:::::.......   , ',.::"/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ      ...:::::
   ::::...,' /::::/::::::/:::/::::::::::::::::::::i::::::::、::ヽ:::::',::::::::'   ...::::
     ;' ,'::::/:::::,.'::::::/:::::,':::::八::::::::l:::::::::i:::::i:::::::i::::::::::', ;
::::: :::..... /:::,':::::/::::::/!:::::::!::::!  i::::::ハ:::::::;L:::!:::::::i::::::::::| {          な、なによそれ・…お注射ってレベルじゃないわよ…
    ; l:::::l:::::,'::::::/'´ ̄` ┘::::`ー::'´ ̄`ヽl:::::::/::::::::::| ..:::::.....::::::.....
     ; |:::::i::::i::::::::!  ;'´,ハ ::::::::u:: ;'´,ハ  !_/:::::i::::::| {
    .} |::::::!_;:|_;::人 弋__ノ ::::::::::::: 弋__ノ ノ::::::!::::::|::::::| l|    .......::::
 :::....    ̄  l:::!::|w     ,      xw|:::::::i:::::::|::::::| } ...:::::
    ::::... } |:::|::| u            u  |:::::::!:::::::!::::::|
 :::::.....    { j::::l:人     rァ─-、    /i::::::|:::::::i:::::::| l|
    ::::....... |::::i::::::i丶   `ー‐‐┘  /:::i::::::}:::::::l:::::::| l  :::::.......
       } |:::::!:::::l::::i::`ヽ.,___,. イ::::::::::!::::::!:::::::i::::::::!      ::::...
        { |:::::|::::::!:::i;: -―!    ! ̄ '::::::ノ::::::::!::::::::! {
::::::::...    |:::::i::::::|'"    l   /  /::::/\::::::i:::::::::! } :::::...
       |/|::::::| 「 ̄`r┴‐ァ'" ̄/::::/    / ̄`ヽ | ;    :::::....」
如月千早 「・・・い、いや・・・
わ、私は遠慮する方向性で・・・>真美」
双海真美 「空を・・・飛ぶ?>アレクト隊」
輿水幸子 「そんな目でってどんな目ですかねぇ…>できる夫
ダメ人間でも僕は優しいので見捨てませんけどね!」
ナバロ 「よしアレクト隊も到着したようだな」
坂田銀時 「人身売買!?>真美」
KAITO 「          __  -‐-ミ
      /::::::⌒´:::::::::::::::`ヽ
     〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::::::::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::.
. ー=彳::::::::::::::::/ |:i:::::ト、:::::::::::::::::}
    l{:::::::::i{::ア⌒从::├-:::i::::}::::::ト、
   八::r=ミ!i:{=ミ、 ヾ:ムミⅥ::/::}i::|         おっレンよろしくー、アイス食うかい?
     }:ヽぅ从    ′ 厶イう八{
      jハ:八   r ‘ 、  ,ハ:/
       j;へ::.、 ` ー ′ト<{ ′
        _リ」 ≧=≦ |:i \_
       _rヽ二i:]_  -‐┴=ニ´:}r 、_
    __√┴:、: : : : : : : : : : : .:__`ー┐}
. /:::::`\: : \‐-: : : : : : : :>―-`ヾ トミ
 ト、:::::::::::::::\: : `: : : : : : : :_:乙ニ、`  |::::::}
 | \:::::::::::::::≫、:_:_:_x≪´:::::::::::ノ   }::::::|
 |   ヽ-‐ ´   |:|   ` ー-{   ∧::::{
 }    :、       |:|        ヽ/:://寸
八雲紫 「あら、やろうと思うなできるんです。とか言ってた人はどこにいったのかしら
大丈夫よ。そっちもできるわ>できる夫」
神崎蘭子 「我が魂は濁世に舞い、総ては群集を頽廃させるべき運命……
(人が多くて緊張しますね)」
クロP 「ふふふ、やはりこの村はオレッちの理想郷にゃ!」
アレクト隊 「《ナバロ司令に敬礼!!>ナバロ司令》」
蒼星石 「よしよし(なでなで)>翠星石」
双海真美
                ___       ,..: :― - 、
           _,. : : ´: : : : : : : : : :`ヽ、  /: :--:、: : :ハ
         ,. :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ__: : : : : :`: : :!
         /: : : : : : : : : : : : : : ;: : : : : : : (__。)_: : : : : : : !
       /: -: : : : : : : : : : : : : : :}: : :_,: : : : : ,(__。): : : : : :.{
      ,イ: : : : : : : : : :,: : : : : : / ̄ァ、__: : : : : : : }ト、 : : : : i
      /: : : : : :./: ://: : : : : ;'   、-': : : : : : :/:l{: :.,: : : :.{
     ;: : : : : : /: :/ ,: :,: : : : :/    ヽ_: : : ̄: :ィ!: : :,: : : :l 銀さん今お安くしとくYO☆>千早おねーちゃん
     ,: : : : : :./: / /:/: : :イ:/      ∨: : :-/{: : : :!: : : i
     |: /!: : :.l: / /イ!: : / /   _   }: , -、 イ: : : l: : : :{ 今ならセットで上条にーちゃんもつけたげる!
     j/ ,: : :l/ `ヽ l: :/ /__ィ´    `  ,ィ /  } |: : : : : : l: :.
         ∨:.l,ィ升㍉、'    ,ィrォrfァ  ;:! ' ) / !: : : : : : ハ:.:.
          Ⅵ  弋(ソ      弋_(ソ  l:{__/ |: :; : : : リ ',: :.
         {_ハ     ,             |:|`ヽ、 /:イ: : : :/  \、
         {:.ム   __,..-_ァ   ,. j:{ ,.  /´ !: : :/
         |:{ ㌧、  `ー― '  イ  リ/ {.   |: :./
         レ' //≧-、_,.. ィ´    / /  ,/|: / }
            {::::{ \ i、. ∨ |    /   / /イ`ヽ、
           ヽ::ヽ. \ }、    / ,イ /  /::::::::::::::ヽ
            、:::}  Ⅵ   /イ´ ̄    /::::::::::::::::::::}」
坂田銀時 「村だった>KAITO」
オメガ11 「オメガ11 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:オメガ11 → アレクト隊」
ナバロ 「今日は我がレサスの最新式のグレイプニルの宣伝に来た」
八意永琳 「 選 好 .座  | ,. '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、.           |
 び  き. 薬 .|´::::::::::::<::::::╋::::::>:::::::::::::::::ヽ         ┃
 な  な か  |::::::::_,.-─‐-ァ-─-::、::::::::::::::::ヽ        ┃
 さ  方 注 .|,. '"    /      `ヽ、::::::::::〉       . ┃
 い を 射  | / /  i ハ ヽ 、   ヽ::/         | ̄ ̄|
      か  ノ/  /.ゝ!、ハ i  ! ,!ィ! ハ  !ハ      | ̄ ̄ ̄|
ヽ       .i ハ   ハ'T7ヽ!ヽ! レ7'"7T'! /   i     .|≡┼≡|
 `''ー---‐'^ヽ!/ ヽハ .!'ト___リ     ト__,.リ レ'  /      .|│┼│|
     ほ  〈ヽ、  ! "        "/! rイ        |│┼│|
     れ   ヽ. ヽ.ヽ、   r─ 、  ,.イノ ノ .         |│┼│|
          〉ヽ、ヽ.>.、.,,___-' ,.イハイ           |│┿│|
          ヽ/ ´ ̄`ヽーr‐'"i´ ̄:::ヽ、          |│┼│|
        __ rイ、__、___   iヽ--‐ヘ::::::ヽ:::ヽ.      |│┼│|
      と__ ̄`ヽ、ニ、 ヽr」/ . 十::::`ヽ.::::::::::::>、    .|│┼│|
      ,. '",   :..`ヽ、!,イ .   十::::::::::!、_r:、_rン     .|│┼│|
     /./7 ,.  .  !ン `   - ''^:::::::-イ、   ヽ、     |│┿│|
     `´ / /7 ハ !ヘ       十::::::::i ヽ、   .\  |│┼│|
>姫様」
輿水幸子 「可愛い僕がきたんですからこの場が盛り上がるのは約束されましたよ!
よろしくお願いしますね!」
オメガ11 「オメガ11ヽ(0w0)ノイジェークト」
鏡音レン 「あ、KAITO兄もいるんだ!一緒に頑張ろうね!」
KAITO 「おかしい…俺達が来た当初は常識的なむらだったはず…>銀さん」
できる夫
      ____
     /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
   /( ○)}liil{(○)\   /   /        やめろぉー!
  /    _'__     ヽ/   /  /  )     そんな目で僕を見るんじゃないー!!
 |     |i|||||||i|     /  /  /  /    この僕に近寄るなァーー!!
 \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
   r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
  /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
 /        -、      }        (  ̄¨´
/           ヽ._       __  \
             `   --‐'´ `゙' 、_.)」
クロP 「オレッち参上にゃ!」
双海真美 「携帯機による定額制恋人キャンペ→ン
すごくいかがわしいんだよ!>ゆかりん」
翠星石 「えへへ~♪(なでられすりすり)>蒼星石」
輿水幸子 さんが入場しました
蒼星石 「…いらっしゃい。一気に増えたね」
如月千早 「え?銀さんが時間で買える・・・?>真美」
鏡音レン 「よろしくねー」
パチュリー・ノーレッジ 「あらレミィじゃない。いらっしゃい。」
まりんかりん 「まりんかりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:まりんかりん → クロP
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 928 (クロ)」
オメガ11 「《?!>ナバロ》」
音無小鳥 「あ、絶対にそこの二人には矢は刺さないわね」
蒼星石 「もぉ…びっくりしたよ(なでなで>翠星石」
鏡音レン さんが入場しました
オメガ11 「《大変だ司令部!そこのピヨがすでに手遅れだ!》」
神崎蘭子 「煉獄の宴、歩むは地獄の淵……
(皆と仲良く出来るかな。よろしくお願いします♪)」
双葉杏 「アメ舐めてないでお注射してきなさいよ>私」
ナバロ 「やあ」
ナバロ さんが入場しました
諸星きらり 「カイトちんもアイドルだからじゃないかにぃ?」
如月千早 「できる夫さん・・・
し、閉めておきましょうか?>扉」
翠星石 「もう離さないですぅ!>蒼星石」
オメガ11 「《オメガ11.インゲージ》」
坂田銀時 「嫌な予感しかしねーから?>KAITO」
できる夫 「今晩はですよみなさん。
今日も元気にできる夫です。

みなさん、やろうと思うんじゃないんです。できるんですよ」
オメガ11 さんが入場しました
音無小鳥 「ふふ・・・ふふふ・・・いいわ・・・いいわよ!燃えてきたわ!」
八雲紫 「Pが二人いる。ああ、PPね。見えたわ。ふふ。」
八意永琳 「うちの姫様はアイドル余裕で行けますよ 可愛らしいです」
諸星きらり 「                   _.   -──-  ._
                      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ :.:.:.:.:. \
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.\:.\
                   /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:\:.:.∧:.∧:∧:.:.:.、
               /:.:.:.:|:.: |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.<  > >>:.:.、
                 /:.:.:.:. |:.: |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.: |:}∧{∧{∧{\:.:.:、
             イ:.:.:.:.:.:.|_:.:|:.:.:.:.キ<: ̄|`ヽ:.|:.\\\ >:.:、
              |l.:.:.: /|.:.:.|\:.:.:\:>示≪|:.:.:.:.⌒丁:.:.:.:.i
            八:.:.:.:.:\x示. ⌒⌒  |::心 〉ー:.:.:./. |:.:.:.:.:.| 
             .ヘ\:<〈_ |心     弋:ソ |:.:.:. /:.:.:|:.:.:.: ノ
                / / ゙|^:./ l弋ソ ,      ''|:.:/:.:.: 八:.(          くっちゃらはぴはぴー☆
            / /  ,ノ:./ ∧''            〉:.:.:.:.:/:.:.:.):.\         きらきらはぴはぴー☆
        ,ノ ___/ |⌒i^Y’/:.∧  `⌒´   /:.:.:.:.八:.:.:.:.:. \\      きーらりん☆
      ((__/: (   | ノ 人'/:.:.:>  _  イ:.:.:.: /:.:.:.):.:):.:.:..:.): )
    ノ_/ : : : : \ ー'ー'’ノー<__ハ    ,ノ:. /:.:.:ノ八:(:.:.:./ノ(
   (:.:八゙.: : : : : : :`ーイノ  //○|  (:.: (:.:.:.:(/  `>く:.:(:.:.:.\
  __ノ:.|: :\___/ ̄/  // ○、 ′ _,|\:.:.:.:.:.:\ /’. . \\.:.:.:)
 (:.:.:.:.:.| : : : : : : : 〉: 斗<⌒  ○   '´ ノ/)ヽ:.:.:.:.:.). . . . . . ∨:)(
  `ヽ:゙| : : : : : : /( )  \___ ○○○//:.:.:.:.):/. . . . . . . . |(:.:.:.\_)
     .八: : : : :/ )   ( )/'   ̄ ̄/-(:.:.:.:.:_ イ / . . . . . . . . ∨:.:.:.:.: )
    /: : : : : :|  ( )    ( ) ./     ヽ:.(  :|. . . . . . . . . . |⌒)/
   ./: .: : : : .:八)      !    /      ))   \. . \_ . . \
  〈: : : : : : /: : >、( )    ( ) ./-         /\_. . . . . . .ト、
   ‘, : : : : // 。厂 ̄\    |         /   ヽ. . . . . . . . ハ」
神崎蘭子 さんが入場しました
上条P 「なんという事でしょう俺が入村したせいで何かが起きてしまったようですだが俺は悪くない」
蒼星石 「ハリネズミ候補…!」
KAITO 「           _.. -=:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.=-
         . :´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     /.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:/ i.:.:.:.:.:.:.:./ .V:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
     / ,'.:.:.:.:.:.:.:.:,′ i.:.:./i:.:/ー‐-V:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
.       i.:.:.:.!.:.:i.:.:イ⌒ i.:,' .i.:.j     V.i、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
     i.:.:.:,.i.:.:.i:.:.i  i,'  i.,'  ィ=f=ミト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!         ここは君たちアイドルがメインであって…なんで俺たち男の話題が多いんだろうか
     {.:,' .i.:.:Ⅳi fT:fY }     弋汐 i:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:!
     i/   i:.:.:.N ` ¨’ j       i:.:.:.:.:./ム }:.:.!            なんか銀髪の人は情緒不安定だし
     }    ゝ:.:.:!     ヽ         i:./.:/_ノ_ノ/
         ヽ:.:,          u }ハ/〃:.:./
          ヽiゝ.   ⌒ヽ  ⊂孑=≒∧{
              、       /_,..-''""/
              \ __,,...'''": : : : : : : : 〉
           r-‐'''""~: : : : : : : : : : : : : : ノー――
       イ~""'''‐ヽ: : : : : : : : :__,,.. -‐'''""~/::::::::/  \
      /{:::::::::::::/: : : : _,,.-‐''": : : : : : : /::::::::::/     丶
     / i:::::::::::::\: : : : : : : : : _,,.-‐''"/::::::::::::/   ┌┐ i
.     /  i:::::::::::::::::\: : : /: : : : : : :/::::::::::::/i    || i
    /   イ::::::::::::::::::::::::`/ : : : : : : : /::::::::::::::{::{    || {
.   /    i::i::::::::/ ̄ ̄〈 : : : : : : : :{ ̄\:::::i::::ヽ  || i
双葉杏 「わ、私お嬢様じゃないから! 杏ちゃんだからっ! 注射なんていらないのー!?」
音無小鳥 「よし!薔薇も百合もいける!上条P褒めてあげるわ!」
坂田銀時 「よし、そこのできる夫か上条を犠牲にして逃げる!」
上条P 「ま、まともなアイドルが……あれいr……いやアイドルじゃないの絶対混じってるよなこれ」
できる夫 「あれ、ずれてしまいましたね」
上条P 「……」
できる夫
  |┃
  |┃  
  |┃
  |┃        ____
  |┃        /     \
  |┃        /  ⌒  ⌒  \
  |┃ .      /  (○)  (○)  \
  |┃     |   '"  __´___  "'   | ……
  |┃       \    `ー'´     /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃     /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃         |              |ヾ___ソ」
双海真美 「銀さんとかできる夫さんがきっとやってくれるYO!>定額制恋人>千早おねーちゃん」
諸星きらり 「如月先輩も一緒にはぴはぴすうー?せーの!きらりん☆」
上条P さんが入場しました
八雲紫 「::: :: : : :  ,.'´ 二`ヽ、_____  ,. --- 、 : : :
  ┼   |::|'´ ̄ `ヽ;‐r''"<´__ `ヽヽ       ,. -─
     /ゝ、.,____,.ィ-'>、ヽ、  `ヽ!:::|     /
:::: ::::  !_「 ̄`>---<`ヽ、.,_二ンヽ.   /   
    r'" _>'"      ̄ヽ_7- 、   \ i.    
 * 〈 !/  /   ハ     ヽ_/ヽ_.ノ '、|.      むしろPSPとかその辺っぽい気がするわ。知らないけど>真美
    /  i /| /i /  i  i   ヽ__,.へ,__ i   
: : : : ::i  i / レ´ ̄!、 | / !.___i  iヽ、_ri、 |   
::: :::  レ、,へi' ´ ̄ヽ  レ' , ! /`i  !   ∠、
     イ .7"       ´ ̄`ヽ!  ,ゝ .| |  `'' ー─
 +   ! /、    '     "/ゝ、!  | |     i
   。 / !/'ヽ.   ー ‐  ///  / ハ  _ __人 __ _
    〈  | / `ヽ、.____ / /   ./ / i   `Y´
    /ヽ! ハ  __/ i/__,.イ   /  i  ',     !
    i / /´  `ヽ:::::::/i  /   |   〉
   ノヾン´       i::::i ハ  i    ハ  〈
    ,.〈 ,       ノ::::|  ヽ!   / !  i」
蒼星石 「わ、わわっ!?」
双葉杏 「                            i. i i i/ノ
                            ⌒ 、  i
                 ,.            ヽ ` ノ
               ,r' ,′           /  l′
              i  斤           /  i
                 `.i 丶          /  .i
                i  ヽ. , ─ --..、 ./  ,i
      ばんあー     ! ;::'´:::::::::::::::::::::::`.,/  i   くっちゃらはぴはぴー
                 ,.:':::::::;:ハ:::::::::::::::::::::/  ∧
              ,.:':/:::::::,; !l::::/|/i::::i::/i  i i       /i        ききゃらーんはぴはぴっ☆
                レ´Yl ┳ l:; ┳. i:i/ i .i  i     //  __ _
               ノ::::l::::!  '   ノ:/   Y  |    ノ:::'´::::::::::::::::ヽ
            ,.::::':::::/::::i ヽ、 ⌒)/:/    | . | , '´::::::::::::::::::::....      ・・・割と疲れるわねこれ
     , -- ─...::'.´:::::/:: /  i  ` - ':/     | i/....::::::::::::::::::::::/
   /...:::::::::::::::::::::::::/::::/  i  ._ i:/      i/....::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /....::::::::::::::::, ─ ':::::::: く,.: '´ ̄ ̄`l_i:/    /....:::::::::/     i:)
  .'::::, ':::::::/:::::::::::::: --´ヽ  ノ /i:/   /...::::::/ i       '」
レミリアP 「せっかくパチェがいるので、こっちで」
如月千早 「この扉は・・・閉めるのが礼儀・・・(すっ>できる夫」
翠星石 「蒼星石ー!(抱きつき)」
八意永琳 「           _,, -──- .... ___
        ,...."´::::i ̄!::::::::。:::::::::::::::::`゙ ヽ
      ./::::〈:::匸  二!:::〉::::::::::::::::::::::::::::`..、
     〈::::::::::::゚:::::::!  i,.'"´   `ヽ、:::::::::::::::::::;i
      ヽ,.'´ ̄` 7´        `ヽ::::::::::::::;
      /      i     i     `ヽ::/
     /    i  |   i  _L_  ヽ、   `ヽ
      |  i  レ' -ハ  .ハ|´ レ'ヽ、 ヽ、_    ! 大丈夫ですよ姫様 いつものお薬注射すれば元通りです
       !  !  ! ,.'-'、V   '´ ̄`|`' ーr'   イ.      | さぁ 腕をまくってください
      ',  ヽ、!,,    ,    " レ^lノ/  /     .」_
      ` ''ーr-!.    _ _,.   ,.-i'ノ   i.      | ┤
          ! `>.、     ,.イン  ,,ン'      | ┤ 
        / ./ ノ!`iーr= 7´」ゝ、‐',. -‐- 、  (`ヽi/'^ヽ.
        ,.! / インヽ=____,.イ:::::::::::/:::::::::::::::`ヽ.`ヽ〈 _/´>、
      /:::Y´、ノ,.イ〒i::::::::.::::::.::::::::::::::<´::ハ ヽ__>'__ノ!
      〈ヽ;(_iノ/  ┼l:::::::::::::.  :::::::::://:::::::::〉 7ヽ、ゝィ
      7イ,.ィ´ ヽ ┼:::.:::::::::::...〈.::::::::/r'"⌒ヽ>、/   /
     く(ン!:!    ┼:::::::::::::::::::::::>、::l」/´ ̄ヘ /   / 」
宇佐見P 「宇佐見P さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:宇佐見P → レミリアP
アイコン:No. 269 (宇佐見蓮子) → No. 205 (レミリア)」
諸星きらり 「にょわー☆みんなよろしくにぃ☆きらりん☆」
如月千早 「わ、私たちはそんないかがわしい活動をしてはいないわ!>定額制>真美」
坂田銀時 「…決めた!この村は焼き払う!」
音無小鳥 「あ、でもできる夫だけはノーサンキューかしらね?」
できる夫
  |┃
  |┃ 三
  |┃
  |┃    ガラッ     ____
  |┃ 三      /     \
  |┃        /  ⌒  ⌒  \
  |┃ .      /  (⌒)  (⌒)  \
  |┃ 三   |   '"  __´___  "'   |
  |┃       \    `ー'´     /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ」
蒼星石 「あ、翠星石も来たんだ…いらっしゃい」
宇佐見P 「さて、誰をプロデュースしようかしら(チラチラッ」
坂田銀時 「来た奴らは頼むぜー」
翠星石 「よろしく頼むです!」
宇佐見P 「よろしくね」
パチュリー・ノーレッジ 「ここね。決闘なんて物騒なことしているのは。」
蒼星石 「いらっしゃい」
如月千早 「きゃ、きゃぴゅ・・・にょき??
私の知らない言葉が・・・業界用語でしょうか・・・」
かりりん 「かりりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりん → 宇佐見P
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 269 (宇佐見蓮子)」
翠星石 さんが入場しました
双葉杏 「あら、えいr…げふん
…ワタシハカワイイフタバチャンデスヨー」
できる夫 さんが入場しました
蒼星石 「…今のところ、この村にいる男性は2人だね…」
KAITO 「             -‐…‐-
          . : ´: : : : : : : : : : :`ヽ-ミ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
      ./: : : : : : : : : : : : : : : : イ: : : : : : : : : :` 、
      / : : : : : i: : : : : :/: : : :/ | : : : :∧: : : :ヽ ̄
    厶イ: : i : :|: : : : /:/: : /_ ! : : /  ': :.i :. :}
      |:i: : ',: :! : : : '〃.:./ ̄`}: :./, ニ¨|: :l :i :|
      | i: i :Ⅵ: : : :|i!: :厶=ミ/::/ 斗ァ} /:小}         まとめてになるけど来た人はよろしく
      | li |: :{ ', : i jハ/、じリ厶'′ じリ j/ : jリ
      }ハ|:i人_Ⅵ: |        ,  ´ル :/         盛況みたいで良いことだよね
          }从レr(ヘ {    、 _ _,   イハ/
            {: : :\リ≫x     ∠
        _x=く`: : : :`¨ニ=-`≧=彡': :}ニユ
     /⌒: : :.\: : : : : : : : : : : : : : : : ∧
    〃⌒\: : : : `ー- : : : :_____彡/:::{ >ュ
    ,iK :::::::::::`::::::ー-: : :_:_: : : : : :__彡'ヽ::::}  }
  /:| 「¨{ ‐-ミ:::::::::::::::/ `¨¨¨¨|i|   Y   \
 ./ } j }   \:::::::/       |i|     |    \
 ′{´ / /      〉、′      |i|    |、.     \
/: : :} { {     /:::::〉      .|i|    }::::、 ノ   .\
: : :/  L.」     /::::::::}        ,|i|    /\:::、   /::::>=ァ´
: :/ / 〉     /::::::::::}         |i|
双海真美
                       __
             ____   _/:_: ハ
        ,. : :´: : : : : : : : : `´: : :.:.!、:l_
        ,.:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト、,.ィ
      ,.:´: : : : : /: : : : : : : : /: : : : :/: : :,ハ
    /: : : : : : :/: : : : :,: : : :/: : /::}/::::、: :!」
   ,': : : : : : :/: : : : :/: / イ: :./::::/:::::::::Ⅵ
    |: : : : : :.;': : : : :./: /:::::|: /::::::'::::::::::::,イ  時間定額制っぽいね>アイドルと恋人になれる
    l: : :./: : {:i: : : :/:j/::::::::l/::::::::::::::::::::/:{
   {: :/: : :_リハ: :/::::::::_,...  ´ ̄``ヽ、:!: !
   ∨: : /-、 Ⅳ            {:.|
    \:{  (             ⊿   !:{  
      ヾ、ー 、_            八:.
       \∧           イ: : :}
       ,. --.}  >   __,.イリ:./: ;
     __/   <|        |、_  /:イ: /
    / ー {_   `ヽ、   |-、 `ヽ!: /
  _,.{ -―- 、_ `丶、 `ヽ {、 }  /-'、
/    、     `丶、_   } `∨ '   }
諸星きらり 「にあぁー!どっちの杏ちんも構ってくれにぃー!(じたばた」
パチュリー・ノーレッジ さんが入場しました
坂田銀時 「全力で嫌な予感だー!?」
「私だって飴を食べるっていう大事なお仕事あるしそれとそこのきらりのことは任せた>私」
八意永琳 「姫様 お戯れを」
諸星きらり 「は、はやいにゃー!?
もっとしゃっきーんてぴょっきーんってはぴはぴしよーよー!>杏ちん一号」
かりに 「かりに さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりに → 八意永琳
アイコン:No. 8 (緑) → No. 224 (八意永琳)」
音無小鳥 「後4人・・・後4人で理想のCP・・・
集まらなかったら・・・男・・・そう男ね・・・逃さない・・・」
双葉杏 「はぴはぴー☆>きらりちゃん
・・・つかれた、寝ゆ」
如月千早 「ふう、ではあらためてよろしくお願いしますね。」
八雲紫 「アイドルと恋人になれる!…あら?なんだかどこかで聞いたような文句ね。」
諸星きらり 「どっちの杏ちんもかわいいにー☆きらりと一緒にはぴはぴしよー☆」
蒼星石 「よろしくね」
双海真美 「遺言が多分開始前ネタのみじゃないかな?」
仮GM 「仮GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮GM → 如月千早
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 543 (如月千早04)」
蒼星石 さんが入場しました
双葉杏 「フルネームだからって働かなくちゃいけないなんて…訴訟
私にはネットゲーという仕事が待ってるのよ!>私」
かりに 「よろしくねー」
音無小鳥 「               ,  -二二-  、
              /,ィ=-:: ̄ ̄::`ミ、:\
                 //´:::::::::::::::i::::::::::::::::ヾ、ヽ
            //::::::∧::::::::ハ:::::::::ト、::::::ヽ:'.
              l::{:::、/ レヘ/ uゞ‐┘N::::::::!:|
               |::|:::| ●     ● |::::::|::l
               '、|:::|   .:::::::::::::::::.   |::::::|::|   私と契約してプロデューサーになってよ!
                l:::|、    、_,_,     l:::::.;:/
               ヽ:::}ト  _・  _,..ィ´|:://
               `iLf圭)ス_人-w从リ (
                ,. イr ぅヽ/ヽ、
               / |: :ヽ爪Y: : : }ヽ、」
KAITO 「          /: : : : : : : : : : : : : : : : : \
         .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
        /: : : i{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
          イ : : : : 、: : : : : : : .:}i : : : : : : : : : : : }
      / | : : : : : iト、 : : |: : ∧: : : : : : :xr、rx :|      一応ボカロ代表ぽくなってるし…クールに、クールに
         |i : : : : : 「`\ { :/ ‐=ミ : : ムヽヽヽ
         |ハr㍉ : :トミ、ヽ{   ':. : : : : : :} i i l }      落ち着け俺…
          'い{ヽ{      ゞ==: :/ : :/   /
          _}::iト、   〈      ∨j:/   /
        ∨}圦   _      _イ    /
      r<´} j:/\   `  厂ノ{  -‐ ^ヽ
    -‐/: : : ` ー‐==≫===≦===/: : : : : : : : :.
  , i{: : :`\: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : -‐ ニニヘ
/ 八: : : : : \: : : : : : : _: :-‐: /: : : : //´ : : :_:_:_:.
    \: : : : : ` ー-=ニ: : __〈: : : : //: : : /´⌒ヾ
     \: : : : : : : : : : : : : : : ` <´/: : : /       ',
         丶: : : : : : : : : : : : : : : :\: :/
かりに さんが入場しました
八雲紫 「            __,..- '-、
       ,. '" ̄  ̄`゙ヽ、. ヽ_
      .〈.(⌒ヽnノ⌒ヽ, ヽ. \
     r'、_r'-、_,.''、_,.-、ノ __ ノ.、/ ',
     ヽレル_イヽハ_i_ハゝニヽ:::::ヽi あら、そうなの?わかりましたわ。でしたら遠慮なく>GM
      'ゝ|ハ.'l.)  ´i_ンi ゝ |´:::::::::l
       〈人" _ "ノイi  i_,;;;::ノ 
       ノiノ`>rγ´ヽ 〈
      /⌒l).`レ〈.,_,__,.)  〉∞
      (ゝノ_ゝ_,./ /i }>イ<{ノl
     _(_ノ:::::r'=、__ノ.イγ'"::::::ノ
   /::::::::γ`l/   、ノ:::゚ω゚)ノ
  /,,゚∀゚//,...--...,,,,/ ヽ、:イ
∞   〈γ( (´ `γヽ、_,ゝ
 |)    ゙ー`ヽ〉、ノヽ!´
         ヽヽノ」
双海真美 「1ライン見えた!」
音無小鳥 「まぁ真紅と比べると中々集まらないだろうけどねぇ
向こうに宣伝すれば来るんじゃないかしら?>GM」
「やだよめんどくさいフルネームなんだからそっちがやんなよ>私」
KAITO 「なんだろう…この全力でやな予感がしてきた」
坂田銀時 「アレー? ギンサンキュウニオナカガー」
まりんかりん さんが入場しました
双葉杏 「       _,,,..-──- 、 ,,
     , ":::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    :':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    i:::::;::::::;::::;:::::i、;:::::::;:::;::、:::::::',
   |:::::!::.::i::__;!イハ,!'ーメ-レハ:::::::::|
   kL::i::.イ ____,.   ー─' |::!::::::::|
    レ|::!:|"       "i:::!::::::::|   あら、私がいるわ
     |:::|:|ヽ、  rー、  ,.イ!::l:::::::::|
    |::::i:::|:::::`_rTニyT yγ/⌒ヽ、        ちょうどいいわ、ちょっと私の代わりにアイドルやっといてよ
    |::::::i:::|γ"へ、_.へ、イ ', し、  〉 ) )
   |::::::::レ' イi.__ニuニ、」 lゝ、 `ーi
   |::::::::レ  イ、 く,ン ヽ>  「ヽ、ニ='
  |:::::::〈   k   §   イ::::::::::::::|
 |::::::::::::::ヽ、 .,.イ ニ=-=ニニ ヽ::::::::::::::|
|:::::::::::::::::ノ/ン        \:::::::::|」
諸星きらり 「りょーかーい☆>GM」
双海真美 「ピヨちゃんきた!これで勝つる!」
仮GM 「あ、昼AAは許可ですよ
特に問題ないと思いますのでー」
音無小鳥 「イエスイエス!さぁ私にQPを寄越すのよ!」
「入ろうとしたらすでに同じ名前の人がいるってどういうことなの…訴訟」
仮GM 「たぶんだいじょうぶ」
坂田銀時 「よろしゅう。」
諸星きらり 「あ、杏ちんが二人いう・・・!にゃはー☆はぴはぴ☆」
仮GM 「霊界公開設定オプションの設定によって配役が変わります。初期設定は以下です
常時公開:暗殺者ベース
非公開:埋毒者ベース
自動公開:キューピッドベース 」
音無小鳥 「我が夜の春が来たー!」
音無小鳥 さんが入場しました
杏 さんが入場しました
かりりん 「よろしくー」
かりりん さんが入場しました
双海真美 「そういえば昼AAはOKかどうかいっておいてもいいかもよー」
双海真美 「リ→チなんだね!」
坂田銀時 「おー。」
諸星きらり 「ねーねーGMGM-、四条の決闘って恋人オプションついてもあいこんでない系?」
八雲紫 「よろしくおねがいしますわ」
KAITO 「さて、よろしく」
坂田銀時 「寸前だから!」
双葉杏 「働かないぞー…ねむぅ」
KAITO さんが入場しました
八雲紫 さんが入場しました
諸星きらり 「おっすおっす☆」
双葉杏 さんが入場しました
双海真美 「糖尿の人だ→」
諸星きらり さんが入場しました
坂田銀時 「ザッ」
坂田銀時 さんが入場しました
仮GM 「RP考え中なう」
双海真美 「やっほ→」
双海真美 さんが入場しました
仮GM 「開始予定は・・・どれくらい待てばいいのかわからないけど、9時25分くらいを目安にします」
仮GM 「と、ところで設定大丈夫だよね?ね?(そわそわ」
仮GM 「あ、テンプレ用意してな・・・」
仮GM さんが入場しました
村作成:2012/11/09 (Fri) 21:02:17