←戻る
【劇場168】劇場公演 金曜の部村 [203番地]
~突発開催その2!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3
icon 八雲GM
(生存中)
icon 武田蒼一
(生存中)
icon シャケ
(生存中)
icon 橘ありす
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon ネコ・カオス
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon 前川みく
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 十代P
(生存中)
村作成:2012/11/09 (Fri) 22:14:43
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ませんよー

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されませんよー

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう!

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできないよ!」
GM 「15分ばかし遅れたすまぬすまぬ」
GM 「ナンバリングをミスっていたすまぬすまぬ」
GM 「開始時間はそうだな。15分遅れたし23時で」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 八雲GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 218 (八雲紫)」
八雲GM 「GMならこれが気に入ってるの」
17歳P さんが入場しました
17歳P 「お邪魔いたす!」
八雲GM 「いらっしゃい」
八雲GM 「今日急いで帰ってきたから休憩しているわ」
八雲GM 「戻るまで何か話しててもいいかもね」
17歳P 「後詰もボチボチ来るでしょう!GM殿」
17歳P 「先ほどは恋色決闘が建っておりましたからな!」
シャケ さんが入場しました
シャケ 「ぴちぴち
17歳P 「ぬぬぬ!これは面妖な!」
八雲GM 「いらっしゃい
鮭は好きよ」
シャケ 「びたーんびたーん」
八雲GM 「決闘もこの村も突発なのよね
あー、私も決闘潜りたかったー」
17歳P 「ぬ!?GM殿一つ気が付いた事があるのですが!」
八雲GM 「何かしら?」
仮人 さんが入場しました
17歳P 「ふふふ、次はご自分で建てれば良いでござろう」
仮人 「こんばんは」
17歳P 「この村・・・色物村ではござらんかな!?」
シャケ 「ぴちぴち」
渋谷凛 さんが入場しました
八雲GM 「所用で10時に帰るのが精一杯なのよねえ」
八雲GM 「いらっしゃい」
渋谷凛 「ん?こんばんは」
17歳P 「後詰が到着しておりますな!」
シャケ 「びったんびったん」
渋谷凛 「色物か…ちょっと、来るタイミング間違えたかな」
八雲GM 「色物ねえ。劇が始まる前にやるわねえ」
17歳P 「なに、某の後に来たものがそこなシャケですからな!
これは外から見るに色物と間違えられてもなんら可笑しくはありませぬ!>凛殿」
仮人 「仮人 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮人 → 橘ありす
アイコン:No. 7 (青) → No. 1092 (橘ありす)」
シャケ 「ぴちぴびたんびたん」
橘ありす 「こんばんは
橘…橘ありすです。橘と呼んでください

人狼に関しては論述ゲーと聞いています」
渋谷凛 「そうだね…歴史上の人物に、鮭だもんね…>17歳P」
17歳P 「む、それがし17歳Pと申します、以後お見知りおきを>橘殿」
渋谷凛 「あ、まともそうな人が、いらっしゃい>ありす」
橘ありす 「あ。渋谷さんだ。最近よくCMやネットでお見かけする…」
八雲GM 「いらっしゃい
アイドルも来たわね」
橘ありす 「きっと私より先のおひとりと1魚が異常なだけです>渋谷さん」
シャケ 「ぺちぺち」
渋谷凛 「あ、CMとか見てくれてるんだ…ありがとうね>ありす」
ネコ・カオス さんが入場しました
17歳P 「ふ、しかしながら・・・某は真の姿ではないのですな」
八雲GM 「あら。私はまともじゃないかしら」
渋谷凛 「それもそうか…っていうか鮭がなんか、だんだん元気なくなってる気が…>ありす」
八雲GM 「いらっしゃい」
橘ありす 「こんばんは」
ネコ・カオス 「                     .   ノ^ヽ、
                  ____/ /乙ヽ
                  /       ∠_三≧
              _/           \
          r―‐'´              \  イロモノの流れをより止めるために吾輩が参上。
          K7 ̄|    ∧ ∧/\|\l\
              V,ィl/}  |∨ ∨ ニニニ  |   ジョーシキ的でムァーベラスなジェントルキャット。
            \/  |ニニ           ヽ|
                |  |__, 、_,、__ノ  ー、/ | ̄
                l    \ノ      ,.∠\」   このカオス、乙女のためににぼしを脱ぎましょう(ジョージボイス
.          ̄ヽ  |/|/V´ ̄`Y´ ̄`ヽ/\
          └‐| ̄二= {    |     ト、   }
.         __ノ ̄l_三=-ヽ__人___ノl 丶 |
               // |/|    |/   /|
           /´ ̄ヽハ   / ̄|     ̄ ̄ |
              〉}/   ,ノ         |」
17歳P 「むむ!?喋る猫とは面妖な!?」
渋谷凛 「真の姿…きっと、曹操とか名乗るつもりなんじゃないでしょうね?>17歳P」
橘ありす 「鮭ですし焼いてしまえばよいのではないでしょうか?」
ネコ・カオス 「よし満足、AAはこれでやめとこう」
シャケ 「ぺちんぺちん」
橘ありす 「喋る猫…なんでしょうか
見慣れた感が……」
渋谷凛 「それじゃ、ネコも来たし鮭焼いちゃおっか?」
八雲GM 「んー。AAは村たて人がいいならいいのね」
渋谷凛 「いや、普通にあんたも色物だし…>カオス」
17歳P 「ふ、凛君の目もまだまだと・・・
おっとつい口調が出てしまいましたな・・・
もう少し人数が集まり次第お見せしましょうか」
シャケ 「ぺち…ペち…」
橘ありす 「そうですね!ええと七輪は…
八雲GMさん。スキマから取り出せないでしょうか?」
三浦あずさ さんが入場しました
渋谷凛 「?そうなんだ…
まあ、楽しみは後のお楽しみかな>17歳P」
三浦あずさ 「よろしくね~」
橘ありす 「こんばんは」
八雲GM 「七輪?あるわよ。使いなさい>ありす」
渋谷凛 「だんだん、鮭が弱々しく…」
三浦あずさ 「すこし席はずしてるわねー」
渋谷凛 「あずささんいらっしゃい…迷子になって色物が多い村に
迷って着ちゃいました?」
橘ありす 「ええと…アイドルはあまり詳しくないんですけど
竜宮小町のメンバーの方でしたよね>三浦さん」
三浦あずさ 「よろしくね~>ありすちゃんと凛ちゃん」
シャケ 「(口ぱくぱく」
橘ありす 「ありがとうございます!>八雲さん
さてと…焼いてもいいですよね?」
ネコ・カオス 「ふふーん、むしろ喋らない猫が面妖なんじゃないかにゃ?>17歳P
ほー、見慣れた、即ちレディと吾輩は前世からのブラッドな縁ということか>ありす
ふふ、はたしてそうかな……?吾輩すた~いるがスタンダードかもしれません>凛」
橘ありす 「こちらこそよろしくお願いします>三浦さん」
八雲GM 「鮭が弱ってきてるから、早めに捌いておくのよ」
八雲GM 「いらっしゃい」
ネコ・カオス 「っと、あずさんいらっしゃい、よれば吾輩とにぼしぱーちーしませんか」
渋谷凛 「…(生簀にぽいっ)>鮭」
八雲GM 「喋る猫ね。うちにもいるわね。」
橘ありす 「魚捌いたことが無いや……どうしよう……
そのまま焼いちゃってもいいのかな…」
渋谷凛 「いや、どう見ても…色物…>ネコ・カオス」
シャケ 「\ざぶん/(すいー」
橘ありす 「ああ!逃げられた!」
渋谷凛 「そのままだと、大きすぎだし
いくらあったらもったいないから…ここは調理出来る人くるまで
鮮度たもっておこうか?>ありす」
渋谷凛 「大丈夫、生簀だから、生かしておくだけ」
橘ありす 「そうですね…>渋谷さん」
ネコ・カオス 「吾輩、尻尾は二股じゃないけど666ぐらいの獣要素を自在に出せますぜ
むしろこれくらいすればすべての需要にダイレクツ!>ゆかりんGM」
八雲GM 「丸焼きにするならこの串を使うのよ。口から肛門を狙って刺すの。」
橘ありす 「最近の猫は実にアグレッシブですね」
渋谷凛 「(…まあ、鮭が飛び出したりして、弱ってた場合は知らない…)」
ネコ・カオス 「にゃにゃにゃ、正解、えー正しく正答したあなたには猫耳が進呈させれます<凛」
シャケ 「(ガラスに体を寄せて口パクパク」
渋谷凛 「え?正解…っていうか、猫耳なんて、い、いらないよ!?>ネコ」
佐久間まゆ さんが入場しました
橘ありす 「猫耳といえば前川みくさんですね
今どき猫耳+語尾が「にゃ」はあざといってクラスの男子が言ってたなあ」
佐久間まゆ 「うふふ♪」
橘ありす 「こんばんは」
八雲GM 「あらあら。うちにもほしいわね。>ネコカオス
うちの猫は未熟だけど可愛いものよ。」
佐久間まゆ 「佐久間まゆ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:佐久間まゆ → 前川みく
アイコン:No. 1022 (佐久間まゆ) → No. 1061 (前川みく)」
八雲GM 「いらっしゃい>佐久間まゆ」
ネコ・カオス 「これぐらいじゃなきゃ生き残れないあの激しい夏と冬の聖戦(ジ・ハード)を…>ありす」
前川みく 「呼ばれたから交代したにゃ」
星井美希 さんが入場しました
橘ありす 「こんばんは」
星井美希 「あふぅ…zzz」
ネコ・カオス 「猫耳になれ…人気、急上昇にゃ。と思ったがキャラ被りするからやめておこう>凛」
八雲GM 「交代?そんなこともあるわね」
八雲GM 「いらっしゃい>星井美希」
前川みく 「って、みくの上に魚にゃー!?」
橘ありす 「みくさん魚苦手とネットで見たんですけど……
シャケの下で大丈夫ですか?>みくさん」
17歳P 「ふむ、ではそろそろいいかな」
橘ありす 「あ。やっぱりダメみたい…」
シャケ 「(生簀すいー」
17歳P 「17歳P さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:17歳P → 武田蒼一
アイコン:No. 93 (17歳P) → No. 125 (武田蒼一)」
星井美希 「!? もー、びっくりさせないでほしいの>みく」
武田蒼一 「そう!僕だ!」
前川みく 「す、好き嫌いは仕方ないもん!」
渋谷凛 「みくに、美希さん、こんばんは」
武田蒼一 「凛君も僕に気付かないとは、まだまだかな?」
橘ありす 「武田さん絵tん…ええとどこかで聞いたことがあったような無かったような…
すみません」
ネコ・カオス 「鹿とかワニとかゾウとか出せます。
ふ、しゃましゃまの破壊力は吾輩も認めざるおえません>GM」
渋谷凛 「あ、あなただったの!?>武田」
前川みく 「だって美希にゃん、みくの上に魚が!魚がー!>美希にゃん」
星井美希 「・・・だれ?>武田」
八雲GM 「魚は嫌い?>前川みく」
前川みく 「魚は苦手にゃ>ありす」
渋谷凛 「…いや、どう考えても歳とかヒゲとか…>武田」
前川みく 「魚は嫌いにゃ!>GM」
ネコ・カオス 「みくにゃんは見どころがあるにゃね。猫要素がいい感じにゃ。」
八雲GM 「こちらも交代かしら>武田蒼一」
武田蒼一 「そう、僕さ!今度大陸物のドラマに出る事になってね、役作りをしていたのさ」
星井美希 「よしよし、全く、にゃーにゃー言ってるのにお魚さんが嫌いなんて珍しいの>みく」
橘ありす 「きっとシャケとみくさんで共有か狼になるんだろうなあぁ…(遠い目)」
渋谷凛 「あ、みくに鮭さばいてもらおうか(生簀から取り出し)>みく・しゃけ」
前川みく 「え、縁起でもにゃいことを言うにゃ!>ありす」
橘ありす 「ごめんなさい
その方が村的には面白い気がしたので…>前川さん」
前川みく 「ふんだ、ネコちゃんかわいいからしかたないにゃ!>美希にゃん」
渋谷凛 「別にしゃけと共有でも食べるわけじゃないから、いいじゃないか>みく」
八雲GM 「あらあら。猫らしいのに。>前川みく」
前川みく 「凛ちゃんひどいにゃ!?
なんでそんなことをさせるのかにゃあ!?>凛ちゃん」
武田蒼一 「女優が化けるように、メイクは日々進歩している・・・
これからのアイドルには、メイクを見破る目が必要なんじゃないかな?>凛君」
渋谷凛 「いや、絵面的に?>みく」
渋谷凛 「んー…そういうものかな…私も頑張んないと>武田」
前川みく 「みくが面白くないにゃあ!>ありす

アメリカのネコは魚は食べないにゃ!>GM」
武田蒼一 「GMは好きにするべきだろう、アイコンを選ぶも選ばないも君の自由さ」
橘ありす 「メイクよりせいけ…(CoPにより検閲されました)」
シャケ 「(ミジンコパクパク」
前川みく 「そんな絵はないにゃ!>凛ちゃん」
橘ありす 「(前川さんってやっぱりあざとい…)」
八雲GM 「アメリカの子にも見えないわね>前川みく」
前川みく 「みくは自分を曲げないよ!」
星井美希 「そーだねー、ねこさんかわいいねー、もふもふしたくなるの>みく」
渋谷凛 「ほら、ファンの前はあのキャラ通さないといけないし>ありす」
星井美希 「それが持ち味なの>ありす」
ネコ・カオス 「ほう>ネコ可愛い=吾輩可愛い=カオス大勝利」
萩原雪歩 さんが入場しました
渋谷凛 「はいはい…しかし、ネコキャラなのに魚嫌いってのは
ファンが知らないと、プレゼント大変そうだね>みく」
橘ありす 「なるほど…アイドルの皆さんはやっぱり苦労されてるんですね>渋谷さん」
萩原雪歩 「こんばんはー…」
橘ありす 「こんばんは」
八雲GM 「いらっしゃい>萩原雪歩」
前川みく 「みくはネコだにゃ!
でもお魚は嫌い>GM

ねー、Pちゃんの家でネコ飼ってもらったらみくはPちゃんの家に行き放題だし
ネコちゃんも触り放題だにゃ>美希にゃん」
橘ありす 「魚美味しいのに…秋刀魚の塩焼き非常に美味ですよ?」
渋谷凛 「まあね…自分のキャラってのがあるみたいだよ?
私は、別に素だから、いいんだけどね…>ありす」
シャケ 「(生簀すいー」
星井美希 「雪歩いらっしゃいなのー」
前川みく 「そうなんだよにゃあ・・・
お魚のキーホルダーとか>凛ちゃん」
渋谷凛 「萩原さんいらっしゃい」
橘ありす 「そうですね…自分を見失わないように頑張りたいです!>渋谷さん」
ネコ・カオス 「ゆきぴょんシャラーセー」
星井美希 「あ、それいいね、一緒にごろごろしほーだい!>みく」
前川みく 「雪歩にゃんいらっしゃいだにゃ」
渋谷凛 「そこの、元気に泳いでる鮭と一ヶ月同居生活で
克服してみたら?>みく」
前川みく 「Pちゃんこないかにゃあ>美希にゃん」
武田蒼一 「おや、雪歩君は良く来たね
ゆっくりしたまえ」
前川みく 「え・・・ひどくない・・・>凛ちゃん」
渋谷凛 「まあ、私が言えるのは、無理のない自分でいることだからね…頑張って、ありす」
萩原雪歩 「あずささん、美希ちゃん、皆さん、こんばんは♪」
八雲GM 「我儘なあたりは猫らしいわ>前川みく」
シャケ 「\ぱしゃっ/」
渋谷凛 「いや、プロデューサーがそういう企画もらってきてたよ>みく」
星井美希 「(じー>シャケ」
前川みく 「お断りにゃ!>凛ちゃん」
橘ありす 「1か月おさかな生活?」
シャケ 「(口ぱくぱく」
渋谷凛 「社長も乗り気だったけど…>みく」
八雲GM 「醤油がほしくなるわ>おさかな」
星井美希 「クールの二人は仲いいねぇ、よきかなよきかなー、なの」
渋谷凛 「で?誰か鮭捌ける?」
星井美希 「そこのネコが捌けるんじゃない?」
前川みく 「社長がなんと言おうとみくは自分を曲げないよ!>凛ちゃん」
八雲GM 「丸焼きにしても食べられるけど、あなた達には似合いそうにないわね>渋谷凛」
橘ありす 「ネコ・カオスさんなら捌けそう・・・」
渋谷凛 「できれば、シャケ弁に入ってるような形がいいな>GM」
ネコ・カオス 「にゃ?吾輩?吾輩にぼし料理専門にゃんで。シャケでもにぼしにするにゃよ?
>美希>ありす」
橘ありす 「みくさんとなら絵になるのでは?>丸焼き」
萩原雪歩 「猫と言えば、なんだろう
美希ちゃんってちょっと猫っぽいなーなんて思ったりします♪」
シャケ 「\ばしゃばしゃ/」
渋谷凛 「相変わらず…みくのその気合には、社長もプロデューサーもNOいえないんだろうな…>みく」
前川みく 「さっきからありすちゃんがひどいにゃあ・・・」
渋谷凛 「鮭でも煮干し…だめだ…このネコ」
星井美希 「鮭の煮干しかー、おいしいのかな?」
前川みく 「とーぜんにゃ!
だってみくはみくだもん>凛ちゃん」
橘ありす 「ごめんなさい……
前川さんは弄れってCoPが…」
八雲GM 「そぼろ?捌いて火を通して解せばいいかしら>渋谷凛」
星井美希 「ん?ミキ?そうだねー、確かにミキも自分のことネコっぽいって思うかも>雪歩」
ネコ・カオス 「シャケをだね、煮干し、煮て干す、いいじゃない。シャケでもきっと、噛み砕けるにゃ」
三浦あずさ 「あらあら~もうすぐ時間ね~」
前川みく 「CoPは変態ってホントだったのかにゃ・・・>ありすちゃん」
ネコ・カオス 「カオス心の一句」
渋谷凛 「プロデューサーも…大変だな…>みく」
橘ありす 「そろそろ開始ですね

決闘は多かったようですけど」
シャケ 「(ぱくぱく」
渋谷凛 「あ、鮭のそぼろはいいね
お茶漬けにもできるし>GM」
橘ありす 「どうなんだろう……>前川さん」
橘ありす 「Σ
変態という名の紳士!」
八雲GM 「大きくて食べられそうにないわ>ネコカオス」
萩原雪歩 「うん、目がぱっちりしてて、マイペースで、ふにゃーっとしてて…>美希ちゃん」
橘ありす 「って言ってた…」
星井美希 「そーなんだ?鮭の骨ってかったいイメージだから干しても無理かなって思ってたの>ネコ」
八雲GM 「じゃあ、時間よ
開始投票しておいて」
武田蒼一 「四条は、真紅と違って開催が見れないからね
ある程度は宣伝でもしないと人が中々来ないのさ
得に金曜は最近村が建っていなかったからね」
萩原雪歩 「じゃあ一応、開始投票だけはしておきますね」
星井美希 「はーい!>GM」
星井美希 「寝るのも好きだしね!>雪歩」
シャケ 「\ばしゃばしゃ/」
前川みく 「それ、変態だよにゃ・・・>ありす

こーんなにかわいいみくをプロデュースできるんだからPちゃんは幸せ者だよにゃあ>凛ちゃん」
ネコ・カオス 「キミにはそのりっぱな口があるじゃないか>GM
キミにはそのりっぱな歯があるじゃないか>美希」
渋谷凛 「あずささんが…迷わず帰ってこれるなんて…」
橘ありす 「11人以下の村はかなり久々だなあって後ろでCoPが呟いてる……


うん…>それ、変態だよ」
星井美希 「ミキの歯はそんなに何でも噛み砕けるわけじゃないの>ネコ」
八雲GM 「投票終わったわね
10人村だけど、私が混ざる方がいいかしら?」
三浦あずさ 「わたしだって~迷わず帰れることぐらいあるのよ~」
渋谷凛 「そこは、GMの好みかな?>GM」
シャケ 「(すいー」
十代P さんが入場しました
八雲GM 「あらおかえりなさい>三浦あずさ」
萩原雪歩 「そうそう、だから可愛いなって…あずささんも可愛いですけど>美希ちゃん」
渋谷凛 「あ、いらっしゃい」
前川みく 「Pちゃんにゃ」
星井美希 「はっそういえばそうなの! あずさ方向音痴克服なの!やったね!」
十代P 「っとっとっと!遅刻遅刻ー!」
八雲GM 「いらっしゃい>重大P」
武田蒼一 「10人村は実質グレラン状態だね
11人なら狩人が入るので、ゲームとしてはお勧めといったところかな?」
橘ありす 「こんばんは」
萩原雪歩 「よかったぁ。あずささん、おかえりなさい」
ネコ・カオス 「ふむ、ならばいっそのこと砕いて米にでもまぜますかな>美希」
八雲GM 「じゃ、カウントね」
星井美希 「えへへ、ありがとなの♪雪歩も小物系ですっごくかわいいよ!>雪歩」
三浦あずさ 「みんな心配性ね~」
橘ありす 「11…狩人込ですね」
十代P 「これからアイドルをプロデュースするっていうのにどうしてこうなるんだよー!
……って間に合ったか!」
武田蒼一 「了解した」
ネコ・カオス 「いらっしゃいにゃー」
萩原雪歩 「そ、そうかなぁ……(もじもじ >美希ちゃん」
武田蒼一 「開始まで5!」
八雲GM 「ぎりぎりに何人くるかしらん」
星井美希 「このPってばおっちょこちょいなの」
シャケ 「(口パクパク」
武田蒼一 「4!」
武田蒼一 「3!」
武田蒼一 「2!」
橘ありす 「大丈夫かなこのシャケ…」
武田蒼一 「1!」
武田蒼一 「開始だ!かけね無しに!」
ゲーム開始:2012/11/09 (Fri) 23:03:29
出現役職:村人5 占い師1 霊能者1 狩人1 人狼2 狂人1
ネコ・カオス 「……ぶー」
シャケ 「ばしゃばしゃ(おう、狼か、よろしゅうな)」
「◆八雲GM 遺言を変え忘れちゃった。てへっ

みんな頑張ってね~」
シャケ 「すいー(どうしようかこれ)」
ネコ・カオス 「う、うんよろしくにゃよ。なんか、うん」
ネコ・カオス 「シャケか吾輩が初手で死ぬ未来しか見えないにゃ」
シャケ 「びったん(一応潜伏するけどもどうしましょうかねー)」
シャケ 「ぺちぺち(まあ・・・そこは狂人期待age?)」
「◆八雲GM ドジじゃないわよ。ぼーっとしてただけよ>該当者」
ネコ・カオス 「そうにゃねー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆八雲GM いやまあ疲れてるけどね?おゆはんまだだし。」
八雲GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
八雲GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
渋谷凛 「おはよう、それじゃ占いはCOよろしく」
武田蒼一 「おはよう、吊り4で人外3だね
余裕は1回だけさ、さてそれではCOしてもらいたいね
灰は出来るだけ狭く・・・それが少人数で勝つ秘訣だと僕は思うね」
三浦あずさ 「占いCO~シャケは●だったわ~」
前川みく 「おはよーにゃ」
十代P 「この村には人狼っていうのがいるんだろ?
なんかのカードの精霊なのか……?
まぁいいや!役職はCOしてくれ!」
橘ありす 「おはようございます
狩人居るので占いはCOしていいと思います」
萩原雪歩 「おはようございます、じゃあCOの方をお願いしますね」
星井美希 「あふぅ…おは…zzz」
シャケ 「ぺちぺち(おはようございます)」
ネコ・カオス 「キャット! ラック! キャット!
ここは地獄だネコったれ!」
三浦あずさ 「アイドルもお魚も鮮度が命よね
あら~親近感?」
渋谷凛 「鮭…」
十代P 「なんかもういうことなくなっちまったぞ!
シャケはCOよろしくな!」
橘ありす 「シャケ…」
武田蒼一 「ほう?行き成り●とは素晴らしいね!
ここが真ならば・・・だけどね」
前川みく 「あ、うん。
シャケCOあるかにゃ」
ネコ・カオス 「にゃ、●にゃね?」
星井美希 「しゃけ・・・こげこげなの…」
三浦あずさ 「傷んでるわね~」
橘ありす 「占いは1ですか?」
シャケ 「びったん(COないよ。ってかなぜかテレパシー使えるようになってた)」
橘ありす 「CO無いなら吊っていいと思います」
武田蒼一 「ふむ、とりあえず霊能は出なくていい展開だね
一応シャケにCOを聞いてみようか」
渋谷凛 「COないんなら、鮭が今日の晩御飯ね…」
萩原雪歩 「●ですか…じゃあ今日はここ吊りで決定でしょうか?」
前川みく 「んー、じゃああれにゃー
みくは食べないから、他のみんなで食べてにゃ?
みくはお魚嫌いにゃ」
三浦あずさ 「霊能さんは~」
十代P 「COないならシャケ吊りでいいよな!
ってことはシャケを皆で食べるってことでいいのか!?」
ネコ・カオス 「まーなるほど、シャケたんにCOがないと言うなら吊るしかないにゃ。
みんなー今日はシャケ料理だよー」
星井美希 「えーと、シャケで○出てる占いさんいるかな?
人数少ないし出てきてもらったほうがいいと思うの」
渋谷凛 「犠牲になる鮭の為に
食べてともらうのが礼儀じゃないかな?>みく」
シャケ 「ぴちぴち(シャケを吊るのね…せめて魚らしく、料理してください)」
橘ありす 「霊能さんは出てもいいと思いますし噛まれない自信がおありでしたら潜るのもありかと」
十代P 「霊能は伏せていいと思うぜ。
まぁ遺言残せないのが面倒くさいんだけどさ>あずささん」
ネコ・カオス 「¥ わぁい /」
三浦あずさ 「頑張ってもどうしようもないですね~(こつん」
星井美希 「わーい!ミキシャケおにぎりがいいな!>ネコ」
前川みく 「カード?
Pちゃんカードもってるのかにゃ?
クレカとかかにゃ?>十代P」
武田蒼一 「CO速度も遅いわけでは無いしね
狼特攻よりも、真狂目の●と考えるべきだろうか?
そこら辺は皆どう思うのか聞きたいね」
三浦あずさ 「残りの狼さんは~」
橘ありす 「シャケ…私もおにぎりがいいかな」
萩原雪歩 「シャケは軽くあぶってお寿司にしてもおいしいですよ♪」
ネコ・カオス 「霊能は伏せてていいんじゃないかにゃ。ふつーに」
十代P 「俺のターン!ドロー!シャケ召喚!」
三浦あずさ 「頑張らないでくださ~い」
前川みく 「鮭が死んでも代わりはいるにゃ>凛ちゃん」
シャケ 「びったんびったん(でもまあ、そこの占いさんは偽だよ。1COに騙されないでね)」
三浦あずさ 「これでだいじょうぶ~」
萩原雪歩 「あとマヨネーズなんかも合いますよね…」
渋谷凛 「まあ、霊能はどっちでもいんじゃない?
まあ、あずさが霊能っぽいの避けて占えればOKだし
あずさ偽ってなら、それはそれでなんかCOが増えるでしょう
そんくらい」
ネコ・カオス 「ほー、いいにゃね。吾輩、シャケおにぎり好きよ。あれってうめぼしとか
わかめと一緒に食べるとなんかもっとおしくなる気がするにゃ>美希」
橘ありす 「どっちもあり得ると思います
この人数です。狂人としては1手でも吊り稼ぎたいでしょうし
占いだとしても潜る必要ないかと」
十代P 「とまぁ本編で言っておいたセリフを言うくらいしか特にいうこともなくなっちゃったな……。

あとカードってのはデュエルモンスターズのことだって!
プロデューサーだけど、俺、デュエルもしてるんだ!>前川さん」
前川みく 「チーズが良いにゃあ。食べるなら。
牛乳美味しいにゃ」
渋谷凛 「食材には感謝しなさいって、言われてるからさ…>みく」
前川みく 「デュエル?ってなんにゃ?>十代Pちゃん」
シャケ 「ぴちぴち(まあ、吊るならちゃんと料理してあげてね…僕ら食材は、おいしく調理されることが幸せなんだ)」
星井美希 「ううん、霊能についてはどうなんだろう
ミキ的には●出たし噛めないで吊らせそうな位置?な気がするし出てもよさそうかなって思うんだけど
誰かデメリットあったらおしえてほしいかなって」
前川みく 「みくが食べるんじゃないもーん>凛ちゃん」
三浦あずさ 「みんな~」
ネコ・カオス 「吾輩はー、んー、正直いくらのほうがry)」
十代P 「まぁ役職の真偽については明日の霊能のCOの数を見れば……
っていいたいけど面倒くさいんだよなこれ……遺言云々のせいで。
まぁそのへんは噛まれた奴の発言から察するとかするっきゃないよな!」
星井美希 「あ、二行目は占いさんがって意味ね」
渋谷凛 「デメリットは、せいぜいあずさが真で霊能占うと
もったいないってくらいじゃないかな>美希さん」
萩原雪歩 「はーい。じゃあ吊った後でおにぎりにして美希ちゃんに
ムニエルにしてあずささんにあげたいと思います!」
前川みく 「デメリットはにゃー
狩人が占いと霊能で悩んじゃうことだにゃ>美希にゃん」
三浦あずさ 「ちゃんとまっすぐ帰るんですよ~」
シャケ 「ぴちぴち(いくら…?私の子供に何をする気なの?)」
武田蒼一 「ふむ?しかしながら偽の●だった場合は
真占いの潜伏は許される行為じゃないかな?
・・・しかしながら、●出しに対して慌てて出てきた方が
狂人に見える感じはうけるのかな?>ありす」
十代P 「デュエルっていうのは文字通り、カードとカードを使って戦うことさ!
勝ったらすっげえ嬉しいし楽しいんだぜ!>前川さん」
星井美希 「わーいおにぎりなのー♪>雪歩」
橘ありす 「どっちもどっちかなと>メリットデメリット」
ネコ・カオス 「あ、メスですかそうですか、まあ食べるんですけど>シャケ」
渋谷凛 「そんなに魚嫌いとおしてると、ネコキャラが崩れるよ?>みく」
橘ありす 「そこは襟能の判断しだいかな」
萩原雪歩 「うふふ。私自分の分も作るから一緒に食べようね♪>美希ちゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
武田蒼一0 票投票先 →シャケ
シャケ9 票投票先 →三浦あずさ
橘ありす0 票投票先 →シャケ
渋谷凛0 票投票先 →シャケ
ネコ・カオス0 票投票先 →シャケ
三浦あずさ1 票投票先 →シャケ
前川みく0 票投票先 →シャケ
星井美希0 票投票先 →シャケ
萩原雪歩0 票投票先 →シャケ
十代P0 票投票先 →シャケ
シャケ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ネコ・カオス 「……勘が囁いたにゃ。美希にゃん噛むな」
ネコ・カオス 「   」
ネコ・カオス 「   」
ネコ・カオス 「   」
ネコ・カオス 「   」
ネコ・カオス 「  」
ネコ・カオス 「  」
ネコ・カオス 「   」
ネコ・カオス 「   」
ネコ・カオス 「  」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星井美希さんの遺言                      _____
                            \`ヽ
                         . -- . 〉/
                      ,. ´     `¨` 丶
                      /              \
                   /  {            ヽ
                    ,′ ! |   |    ト、       ;
                     l   |八   |\  | \      ′
                     l:  l |   \j  \} _ \    .;     ∩     ,.. -- 、
                     |i:..l抖ャ=x       _  ヽ}  i    } |   r‐<,.ァ─一'
   .               ,仆八ヾ V心    ´ ̄¨ /\ \,  / `¨´し‐‐ }
               /八  ハ     ,         /   八 ヽ {     } -ヽ
                /  込、  _   ,    /  /厂ヽ! ′    〈つ /
                 /   {仆〕ト。.     イ    /   }  ヽ   >‐'
                   / l|  |八   〕=-‐ ´ ,{    {   八, _|   {         じゃ!一足お先におつかれさまなの!
             ー=彡 八 |  ヽ___ノ   ー=彡    |  (}-、 {廴___込、
              ハ {   ヾ厂o。   ー‐=彡   人_.ィ: : :i |: : : : : : : :〉
           //: : 〉|  /    ゚0゚゚´(/   /: : : : : : :.V: : : : : : : :{
          (,/: 仁八  |       //_彡':/: :_;_: : : : : 〕:ー一'⌒ヽ〉
           /: : :|ニニニ} 人   ,.  / /⌒ヽ:.{( : :´¨ : : `:.厂}: : : : : / /{
          /: : : : :iVニイニニハ {,.仁}..ィ: : /: : : : \; . : : : : 〉 .|.: : : :.∧ Vハ
       ァ一′: : : : :.|: : |: : |ニ仁《ニニ| : : :.:l: : : : : : : ヽ: : : : :{ ∧: : : :/∧ Vハ
     /: : ̄ヽ: : : : :_〉 ;ゝ: :》´¨¨¨`ヾ.{ : :_;⊥: ;_:_: : : 人; : : : : \}: : : :/: :| }: :}
.    ∧: : : : : { :\: { : :{ : :〃       /: / : : : : :`ヽ{/ ハ: : : : : :.} : : : : : | |::/
   .,′l: : : : : : :〈¨¨厂 ̄勹       /_:/ : : : : : : :_⊥  / \: : : /: : : : : : | |:{
   {.  レ'⌒ヾ: : } 〈三フ一'      〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/〉  / /\: ヽ : : : : : i {:.|
   .廴/: : : : :o。{   /         `ー=ニ.___〈/ /l /  \: : : : : :./ 厂
   ヽ : : : : /Ⅵ /。       i       ∨ // 八(     \: : : {_/
    L_:./  У   ゚0o。 .  '           ∨{(     \     ` ̄´
シャケさんの遺言               ∩___∩
            /  ノ   \  ヽ
            | ●    ● |
          彡   (_●_)    ミ
           /、   |∪|    ,\   綺麗な色をしているだろ?
          /.|     ヽノ    | ヽ
       ,,/-―ー-、, --、   .|_,|   これ、マスなんだぜ?シャケ弁当の中身こいつだよ
    r-、,'''";;:;;:;::;;;;:;;::;:;:;;::;:;`'- /_,l,,__ )
   |,,ノ;;:;r'" ̄ ゙̄^"`Y'-、;;;::;:;::;:;:;:;::;:|
    .ヽ,′       ;   `"";;;;;⌒゙')
     ´`゙'''''''''''‐-‐'"`‐-‐'"゛  `゙´
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
橘ありす 「おはようございます
占いと霊能は結果をお願いします」
三浦あずさ 「占いCO~武田さんは○だったわ~」
ネコ・カオス 「紙一重の戦いだった。
おそらくニボシ一匹分の差。
……一歩間違えれば、倒れていたのは
私の方だったかもしれないな……」
十代P 「この村には人狼っていうのがいるんだろ?
なんかのカードの精霊なのか……?
まぁいいや!役職はCOしてくれ!」
萩原雪歩 「霊能CO!シャケさんは●でした!!」
渋谷凛 「おはよう」
前川みく 「◇十代P(70) 「デュエルっていうのは文字通り、カードとカードを使って戦うことさ!
勝ったらすっげえ嬉しいし楽しいんだぜ!>前川さん」
つまりPちゃんはトランプを武器に戦う人だったんだにゃ!
にゃんかかっこいいにゃ~


◇渋谷凛(74) 「そんなに魚嫌いとおしてると、ネコキャラが崩れるよ?>みく」
崩れないもん!みくはみくだもん!」
武田蒼一 「おはよう、さてCO結果を聞きたいね」
ネコ・カオス 「にゃ、にゃ、にゃ、じゃ、霊能COしていただこうかにゃ?
シャケの料理具合を検査した結果、お腹壊したくないしにゃ。
どういう具合になるかも気になるし。」
十代P 「正直遺言の仕様上、潜伏占いはあんまりいないと思ってる。
だって潜伏噛まれとかしたら最悪だもんな!
その意味じゃむしろCOして狩人に護衛してもらうように
期待する方がよっぽどマシだしな。」
十代P 「あと吠えがどう見ても吠えまし臭かったからな。
どう見ても1W吊れたって感じがプンプンしてるぜ!」
三浦あずさ 「理由
一番発言を作ろうとしてる感じがしたから~
グレランに耐えたい人にみえたわ
雪歩ちゃんはどっちかっていうと霊能があるからやめたわ~」
萩原雪歩 「…美希ちゃん噛まれちゃったんだ…」
武田蒼一 「ふむ、ラインは繋がったようだね
いい事じゃないかな?」
渋谷凛 「十代P(34)

「霊能は伏せていいと思うぜ。
まぁ遺言残せないのが面倒くさいんだけどさ>あずささん」
んー?霊能が噛まれた時の想定してるってのが
なんか役持ってる感じがするんだよね
こう…霊能が不在になることを想定してる感じ=
霊能狙いの噛みってわかってる感じというか」
三浦あずさ 「よね~」
橘ありす 「ええと萩原さんが霊能COで●ですね」
ネコ・カオス 「ほー>●」
十代P 「それはどう考えても違う作品のキャラクターだぜ!
具体的に言うとVジャンプと週刊少年ジャンプの壁がある!>前川さん」
前川みく 「んー、美希にゃん噛み、ねぇ
遅いところじゃないから占い狙いの噛みには見えないにゃ?
ということでどちらかというと別の役職狙いに見えるにゃー」
渋谷凛 「あれ?霊能と占いつながって対抗なしとか…」
橘ありす 「星井さんは役持ちと見て噛まれたのかな…」
前川みく 「まぁ、そうなると霊能や狩人ってことになると思ってるんだけどにゃ?」
ネコ・カオス 「ふむ、対抗もなしかにゃ?正直出るんじゃないかとか思ってたんにゃけど……」
武田蒼一 「では、灰を削っていくだけでいいだろう
しかし狂人がどこかに潜伏しているのだけは間違いないから
そこが少し怖いところかな?」
萩原雪歩 「はい。私が霊能でした!
潜ったの悪かったかなぁって思ってましたが…
昨日皆さんが潜っててもいい状況と言ってくださってほっとしてました…」
十代P 「ラインつながる=まぁ真想定、でいいんじゃないか?
レアケース考えようにも……占い初日の狼占い騙りの●特攻からの
霊能初手噛まれて狂人ラインつないだ、くらいか?」
橘ありす 「1-1ですね
初日なんか持ってたのかな」
渋谷凛 「じゃないかな?美希さんが噛まれるとしたら
昨日の霊能潜るデメリット聞いてたから
そこを役とみたんじゃないかな>ありす」
十代P 「自分で言っておいてあれだけどないと思いました(小並感」
前川みく
◇星井美希(58) 「ううん、霊能についてはどうなんだろう
ミキ的には●出たし噛めないで吊らせそうな位置?な気がするし出てもよさそうかなって思うんだけど
誰かデメリットあったらおしえてほしいかなって」

この辺りが何かもってるように見えたのかもしれないにゃあ?>ありすちゃん」
三浦あずさ 「灰は~ありすちゃん・凛ちゃん・ネコちゃん・みくちゃん・十代ちゃん
灰で3吊りね~」
萩原雪歩 「はい。初日狂人とか正直あるかもしれないですね…」
武田蒼一 「まぁ11人で初手●は色々と考えてしまうからね>あずさ君」
橘ありす 「そうですね。私も何となく役持ちかなという気はしていました>前川さん」
橘ありす 「グレランですね。さて」
前川みく 「問題はまぁ、どちらかに真はいるってことにゃけど。
どっちかが偽者もありうるというかそんな感じの。かにゃ?」
武田蒼一 「初日狂人なら確かに楽だけどね、最後まで気を抜かないでいこう
事故は思わぬ事で起きるからね」
十代P 「真面目に考えても占い視点と霊能視点でも互いに真だろうって感じなわけで
仮にレアケースがあるとしても一番ありえるのはえーと……
まぁあずささん狂特攻占い初日で霊能初手噛まれ狼が乗っ取り?
それするくらいなら潜伏占い考慮する方が狼は考えそうだしないよなぁ」
渋谷凛 「まあ、みくが出したセリフだね
ってことで、美希さんのセリフから
どっちかというと潜伏霊能狙いっぽいんで、あずささんは萩原さんの結果もさながら
あずささん真追えば勝てると思う」
前川みく 「しばらくは放置するつもりだったんにゃけどね?>ありすちゃん」
十代P 「というわけでレアケース考えるのだるいし
普通に真ー真っぽい想定でグレランしようぜ!」
ネコ・カオス 「美希にゃんはそんなに役持ちっぽかったのかにゃ?と思ったけどなるほど>みく」
武田蒼一 「ふむ、その場合はどちらか2COになるんじゃないかな?
それともどちらか人外の乗っ取りを考慮だろうか?>みく」
渋谷凛 「少なくとも、私は美希さん噛みが
あずさ真って言ってる気がするんだよね>みく」
三浦あずさ 「11人で初手●で潜る真占いって
信用できないわよね~潜伏死どうするのかしら
だから逆説的に私が真というあぴしてみちゃうわ~>武田さん」
前川みく 「んー、んー、レアケは・・・怖いのがひとつだけあるにゃが・・・
ほっといてもよさそうな幹事・・・かにゃ?」
萩原雪歩 「そうですね、狂人誤爆っていうのもなくはないんですが
今はあずささんを信じたいです」
橘ありす 「狂人潜伏したとしても今日出るように思うし…うん素直にいこう」
十代P 「狂誤爆だとしても致命的なのは武田さんが人狼ってくらいだしな。
そこまで今は考慮ってしなくていいんじゃないか?>雪歩さん」
前川みく 「結果真ってだけにも感じるんだけどにゃー
まぁ、現状あずさにゃん真は問題なしかにゃ>凛ちゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
武田蒼一0 票投票先 →ネコ・カオス
橘ありす1 票投票先 →十代P
渋谷凛0 票投票先 →前川みく
ネコ・カオス4 票投票先 →橘ありす
三浦あずさ0 票投票先 →ネコ・カオス
前川みく2 票投票先 →ネコ・カオス
萩原雪歩0 票投票先 →前川みく
十代P1 票投票先 →ネコ・カオス
ネコ・カオス は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ネコ・カオスさんの遺言                   ‐ヘ
          ----――'´<ミZr
        _{        \ ヽソ
.   ∠二_       ト、   ヽ \      お前がこのボイスを聞いているということは、父さんはもうこの世にはいないのだろう。
.    八=彡i :| :i ト、   ィ―、 ト、ハ  \    ―――――どうか父さんの勝手を許してほしい。
     弋ソj :l :ハノ \ノ三三三 -i    ミ=- 
      V :ト三三      ー┬}     }    ただ一つだけ……お前がアイドルデビューする姿をこの目で見られない、それだけが心残りだ。
       }  {    r  ¨ア  `¨フ ト ゝ、ノ
      ,' / ハノl ,.イ` ̄     ,イト、j    ∬いや、まだあった。予約済みのエロゲが月末あたりに届くはずなんだが……ああっ!待てっ切るなっちょっま
   ̄`‐z j从,.ィ「>v __ ィムノ , -‐‐ 、 ∬
.     ン´    广)    /  Y   ャ===
  ___ ノ       / /     ',   八   _ノ
    /⌒ヽz―´y′    ', j { フ ハ
.   /     rハ  |         ',  `ミ=彳
   ヽ、__  イブ___{____込____ ィ′
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/11/09 (Fri) 23:26:00
ネコ・カオス 「無☆理」
渋谷凛 「あれ?」
武田蒼一 「御疲れ様だ」
三浦あずさ 「・・・・なるほど~」
渋谷凛 「おつかれさま」
十代P 「ガッチャ!楽しいデュエルだったぜ!」
星井美希 「おつかれさまなのー!ストレーット!」
八雲GM 「長く険しい戦いだったわ」
シャケ 「シャケ━Σ゜lllllE━!!」
橘ありす 「お疲れ様でした」
萩原雪歩 「!?」
前川みく 「えっと、あぁ、うん
お疲れ様にゃ」
武田蒼一 「まぁ吊られたくない発言はするさ、狩人だからね>あずさ君」
橘ありす 「PHP凄く空気読んでる…」
ネコ・カオス 「占い先が鬼畜すぎる、初日狂人やめて霊能やーだー」
十代P 「というか想定することが本当になかったな。
レアケース考えるのも限度があるってことか!」
シャケ 「ええ、まあうん。カオス、ごめん。これ無理。」
三浦あずさ 「納得したわ~>武田さん」
前川みく 「いやまぁ、みくは
占い初日の霊能噛みまで考えちゃったけどにゃ・・・>Pちゃん」
十代P 「グレー吊り回避>○噛み>グレー吊り回避>占いチャレンジ
で勝てたかな?人狼は」
八雲GM 「もうちょっとで村のより厳しい狭義完全勝利だったけどねえ」
萩原雪歩 「なるほど、初日狂人な上に狼さん1人吊られちゃったから
狼さんも霊能対抗したくても出来なかったんですね…」
橘ありす 「武田さんが狩人だったんだ……そこ狼かと思ってたけど三浦さんが○出ししたので助かった・・・」
武田蒼一 「そして多分カオスが吊られていなくても、GJが起きただろうね
狼としては占いチャレンジをするしか道は残っていないからね」
三浦あずさ 「この人数の初手●は初手私チャレンジでも誰も責めないとおもうわよ~」
シャケ 「初日 シャケ鍋
二日目 ねこ鍋

ああ、これ食材村だったんだね…(遠い目」
ネコ・カオス 「くっそ素直に発言の速さで噛めばよか……ても死にますのでございますことよ?」
十代P 「正直仮に特攻して潜伏死亡を考慮すると怖すぎるし
そもそも初日占いを人狼が決め打つかはわからないってところだな>前川さん」
三浦あずさ 「私時々やっちゃうもの~
噛めれば勝てる~で」
橘ありす 「なんだろ。凄く納得です>食材村」
萩原雪歩 「最近多いですよね、食材鍋…

じゃあ改めてあずささんと美希ちゃんにシャケ料理を♪」
前川みく 「美希にゃんに対する発言が正直、ちょっと胡散臭かったにゃ?>ネコちゃん」
萩原雪歩 「ほー、のあたりが少し怪しかったでしょうか
…投票した後、でしたけど」
三浦あずさ 「ネコとシャケとか素敵よね~」
星井美希 「わーいなのー♪>雪歩」
武田蒼一 「どう見ても生存臭を出してるのが僕だけだったからね
正直噛まれるかと身構えていたよ」
渋谷凛 「まあ…この人数で、初手●で初日狂人は狼きついよね」
八雲GM 「鮭鍋と猫鍋で平和に終わるのね」
前川みく 「まぁ、決め撃つかどうかは、なんだけどにゃ
一度あったから怖い怖いにゃ>Pちゃん」
萩原雪歩 「喉つまりしないようにお茶もどうぞ♪>美希ちゃん」
渋谷凛 「食材が食べられて村が平和…か(もぐもぐ)」
三浦あずさ 「雪歩ちゃんと迷ったわね~
ネコちゃんはあんまり見てなかったわ~」
星井美希 「わーい!いたれりつくせりだね!>雪歩」
三浦あずさ 「というわけでお疲れ様よ~」
十代P 「グレー5で、今日の吊りでグレー4。
明日○ひきだったらグレーは3……だよな?噛みは狩人だとしてさ。
で、グレラン回避して占いチャレンジ行けば……。
えーと一応詰みじゃない、ってところか」
ネコ・カオス 「あーそうかにゃー>みく」
橘ありす 「初日狂人は痛恨ですね…この人数だと…」
十代P 「一度あったのか?だったら大変だよな。俺もそういうのが一度でもあったら
変なこと想定しちまいそうだったぜ!>前川さん」
橘ありす 「それに初日●はかなり狼辛かったように思います」
十代P 「つまり2回グレラン回避して占い1回回避できれば
最終日はいける!結果論だけどな!」
八雲GM 「初手●の宿命よねぇ
狂人が初日にCOして護衛ぶらしでもしていれば勝ち目もあったのにねぇ」
シャケ 「ああ…私食べられてる…みんなに食べられ…て…」
萩原雪歩 「わ、私は真霊能ですよ…>あずささん」
十代P 「まぁ正直きついけどな!勝ち筋がなかったってわけじゃないから
そう考えると面白いもんだよなぁ……」
シャケ 「意識が…途絶える…前に…一言だけ…」
萩原雪歩 「うふふ。いっぱい食べてもっと大きくなってね♪>美希ちゃん」
十代P 「狂人いたらすげー楽だったな!>GM」
十代P 「もちろん狼視点では、だけど」
シャケ 「PHP、この配役は正直鬼畜過ぎます」
ネコ・カオス 「つかとりあえず占いの視界外行きたかった、狩人もう一回探してチャレしたかった
と犯猫は語っており。」
星井美希 「うん!(もぐもぐごっきゅん>雪歩」
シャケ 「お疲れ様でした…がくっ」
武田蒼一 「まぁ占いについての想定発言からだね、決め撃ったのは
他の人間が、ここを真だという発言に対して
◇ネコ・カオス(24)  「ふむ、対抗もなしかにゃ?正直出るんじゃないかとか思ってたんにゃけど……」

この発言だからね、あずさ君が真で無い事を思っているか
真だと確信して、他の占いに出てきて欲しいか・・・そんな風に見えたよ」
橘ありす 「鬼!悪魔!ちひろ!…さん?>シャケ」
前川みく 「みくとありすちゃんと凛ちゃんの3人が役見てる美希にゃんをまったく見てなかった風に見てたのは違和感、にゃ?
ちょっと気づいてないから狼ないですよって言い足そうだったかにゃ?
凛ちゃんとありすちゃんが最終日にいって戦わせれば良いとみくはおもったにゃん>ネコちゃん

忘れたと思ったにゃが、忘れきれてなかったみたいにゃ>Pちゃん」
萩原雪歩 「ご飯粒ついてるよ…(ぺろっ >美希ちゃん」
十代P 「ただまぁ、遺言ないってキツイよな!
実際仮に人外が特攻してうまく霊能かめたらとか考えると
初手●出すから(ry とかそんな流れで信じちまいそうだし!」
八雲GM 「初日に鮭が占われるのを見てねぇ。達観したわ」
橘ありす 「とりあえずアイドル以外吊れば勝てるかなって……」
武田蒼一 「まぁ事故は何時だって起こりうるものさ」
ネコ・カオス 「あー、それ占いについてじゃなくて霊能についてにゃ。
もうちょっと発言稼ぎもとい詳しく言うべきだったかにゃ>武田」
星井美希 「あ、おにぎりおっことしちゃったの(すっ>雪歩」
渋谷凛 「すべて、鮭が美味しそうだったのが、いけない…うん」
八雲GM 「鮭いいわよ鮭」
渋谷凛 「それじゃ、ちょっとみく見てたら花子に会いたくなってきたから
またね…お疲れ様」
萩原雪歩 「うふふ、おかわり後であげるね?>美希ちゃん」
十代P 「じゃ、俺も落ちるかな!
ガッチャ!楽しい人狼だったぜ!」
八雲GM 「ん、お疲れ様」
ネコ・カオス 「美希噛みが実は根拠ない電波だったから言いたくなっちゃったんだ……!>みく」
武田蒼一 「霊能に関して言ったとしても
結果については、ラインを繫げて欲しくないという発言に見えるからね
どちらにせよ、僕は君投票に代わりは無かっただろうね>カオス」
萩原雪歩 「それじゃ私も落ちますね
お疲れ様でしたぁ…」
星井美希 「だいじょうぶ!ミキの運動神経でばっちりキャッチしたの!(残りもぐもぐ>雪歩」
八雲GM 「言葉足らずで怪しまれるのはよくあるのよねえ」
橘ありす 「私もお暇しますね
GMさん村立て有難うございました
ご一緒した方々お疲れ様でした」
前川みく 「根拠はなくても根拠があるように見えるのが噛み、にゃ?>ネコちゃん」
ネコ・カオス 「ぐぐぐぐ………>武田」
八雲GM 「もしくは発言が浮いていればね」
武田蒼一 「後は、霊能が二人COして
そこをロラ展開よりかは、灰を吊った方がいいだろうからねぇ
中々難しいものだね」
ネコ・カオス 「あれだね、「あの映画のあのシーンにはあんな象徴があったんですね!」
「いや別にないけど」って言っちゃう監督の心理だね!>みく」
前川みく 「そこを利用した狼が出てくるかもしれないにゃ?>武田」
武田蒼一 「まぁGMは夕飯も食べていないのに、村を建ててくれて有り難うだね
狼勢は、初日狂人ゆえに・・・だね、次回があるさ」
萩原雪歩 「あ。本当?よかったぁ…(なでなで >美希ちゃん」
武田蒼一 「勿論それはありうる、しかしその場合
ラインを切ってきた霊能だけを吊るという展開もありうるからね
どちらにせよ狼としてはリスキーな選択だよ>みく」
八雲GM 「狂人が潜って真ー真からの狩人吊り狙いか、霊能騙って真ー真狂からの灰を広げる作戦か
ラインが切れた占い霊能で残すのはどうかしらね。なんだかんだで霊ロラになりそうな」
八雲GM 「狼が騙りに出るのもお勧めは」
武田蒼一 「そうだね・・・狂人が居た場合は
両●結果の可能性が高いかな?その場合はロラも止む無し
最終的に灰勝負となるだろうか」
ネコ・カオス 「とりあえずお疲れ様にゃー、同村ありがとにゃー。じゃにー」
八雲GM 「お疲れ様>ネコカオス」
武田蒼一 「まぁ○を貰った以上は、狩人COでもいいのかもしれないね
噛まれる可能性が高い上に、騙りの権利を作る事になる
ならば出てしまっても悪くはないかな?どうだろうか>GM」
八雲GM 「ふうん、4日目○引き狩噛まれとして、確定村が占霊○の3人、生存者6人の灰3吊り2。
上々ね>武田蒼一」
八雲GM 「4日目●引きなら詰み。○が狂人なら最終日引き分け以下。まあ狂人はいないと思うけど。悪くないわ」
武田蒼一 「そこで●を引けば、ゲームセットだしね
そうでなくても、残せそうに無い場所に○でも村としては
SGにならずに済むから楽と言ったところかな」
前川みく 「ラインを切った霊能を吊ったら占い偽だったときに対処不能なもんだと思うけどにゃ?
村はどっちを真か見極めるために繋いだほうを着るもんじゃないかにゃ?>武田」
八雲GM 「 」
八雲GM 「さて進行は問題なかったかしら。でも15分遅れてナンバリングを間違えたからまだまだね。
じゃあまた会いましょう」
前川みく 「じゃ、ま、みくも落ちるかにゃー
お疲れ様にゃ」
武田蒼一 「占い1の場合は初日占いになってしまうからねぇ
占い偽の想定か・・・言われるそうなるかもしれないが
実情的に、ラインを繋いだ場所を吊るのは難しいんじゃないかな?
占いが狂人の場合、護衛が成功したならそこを覆えすのは相当厳しいだろうしね」
星井美希 「それじゃーミキもしつれーするの、占い1だから噛まれ場所で推理しようとしちゃって
狂人潜伏見てなかったから噛まれなかったから危なかった気がする、じゃーねー!」
武田蒼一 「初日狂人は狼が不利
初日霊能及び、狩人は村がやや不利
初日占いに関しては、村が不利・・・

あずささんが狂人かつ、誤爆で狼を吊った場合
霊能に出れるのは、真と狼のみ、この場合はロラ展開でゲーム終了
ラインを繋いだ方を吊るとなれば、狼は生存すると・・・
この展開の場合は、みくの考えだと美味しくはないね、ロラという前提ならば
話は別だろうが」
武田蒼一 「ふむ、皆は御疲れ様だ
僕は少し考えていよう」
武田蒼一 「では、占いが初日であずささんが狼で●特攻の場合はどうか?
霊能に出れるのは、真と狂のみ、結果は割れるのでこの場合のみ
みくの提案は生きる事になる、だがこの時点で吊り2を消費していて
尚且つ、占いを吊らなければならないのでロラに走った場合は負けが確定する」
武田蒼一 「となると占い1COが偽の場合は
みくの提案は占いを何処かで吊る前提で話さないと意味が無くなるんじゃないだろうか?
これが17人ならば占いは10or8で切るだろうから、航続的な乗っ取りの心配は無いだろうけどね」
武田蒼一 「つまりだ、3日目にCO状況が1-2になった時こそ
占いを切るかどうかの問題が発生するんじゃないかな?
これは11人の場合だけどね」
武田蒼一 「しかし、もし占いが真の場合は無駄の極みの一手になるしね
初日村役職前提の条件で考えると、11人は相当シビアだねぇ」
武田蒼一 「これが17の場合は、霊能ロラ
占い護衛を外して噛まれない、こんな展開なら占いも吊られる可能性が大だろうけどね
初日役職欠けを考慮すると、11人では村勝利は相当厳しいと言わざるを得ないね」
武田蒼一 「ここに書いたのは僕の考えだからね
他の最適解があるのかもしれない、それを考えてみるのも
人狼の楽しみの一つだろうね、ログを読むかもしれない誰かの為に
僕は僕なりの意見を書いておこう」
武田蒼一 「さて、それでは失礼しよう
いい村だったよ、掛け値無しにね」