←戻る
【劇場169】劇場公演 土曜の部村 [204番地]
~昨日突発村建ってたんだ…!? ぐぬぬ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7
icon GMかな子
(生存中)
icon 鏡音リン
(生存中)
icon 木村夏樹
(生存中)
icon 徳川吉宗
(生存中)
icon ちるの
(生存中)
icon 丹羽仁美
(生存中)
icon ドクオ
(生存中)
icon 双葉杏
(生存中)
icon 森久保乃々
(生存中)
icon 悪徳記者
(生存中)
icon 軽鴨
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon 永江衣玖
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
村作成:2012/11/10 (Sat) 22:00:05
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/」
GM 「【ルールを知りたい方へ】
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
(左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「【貴音鯖特有の注意事項】

1―狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定メッセージは出ません。

2―夜の共有の「ひそひそ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません。

3―遺言は前日にしか書けないので、温めているネタは今のうちに仕込んで下さいね。

4―夜の超過時間後でも、「共有」は相談できるようになりました!
(人狼は自動で独り言に切り替わるので相談できません)

(特記事項)

1―夜が明けてから15秒の間、発言が行えません。
(オプション:早朝待機制がオンの村のみ。今回もオンにしてます。)」
GM 「さて待ちますね!」
鏡音リン さんが入場しました
鏡音リン 「やっほーこんばんはー!!
もう入ってよかったんだよね?」
GM 「リンちゃんこんばんはっ もちろんです、いらっしゃいませ!」
鏡音リン 「わーいありがとー!
それじゃ、わたしが一番乗りだねっ!!」
かりむら さんが入場しました
かりむら 「こんばんは」
GM 「そうだよっ! ちょっと待つことになっちゃうかもだけど、
お茶でも飲んでゆっくりしていってね。」
GM 「こんばんは!灰色のひと!」
鏡音リン 「こんばんはー!
うん、いいよいいよー、待つのには慣れてるし!」
かりむら 「まぁ、ゆっくりまちましょうか。」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → GMかな子
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 701 (三村かな子)」
GMかな子 「ひょこ。」
GMかな子 「お茶といえば、先日窯だしカステラというものを買ったんですよ。
文明堂の工場で月に数回だけ出す限定品。
すっごいふわふわで、それでいてしっとりしてて。
カステラの概念が覆えりました!」
鏡音リン 「わ、ふわふわな人になった! よろしくね!!>GMかな子」
GMかな子 「ふわふわ時間とかそういうのにかけてるだけですよね!? 見た目じゃないですよね!?>リンちゃん」
鏡音リン 「焼き立てを出してるんだ……美味しそうだなぁ>窯出しカステラ
……あうぅ、お腹空いてきたよー」
鏡音リン 「雰囲気がふわふわしてるイメージだったから……>GMかな子
こう、ぎゅーっとすると柔らかくて気持ちよさそうっていうのは思ったけど!」
GMかな子 「後処理をしてないので足が少し早いかわりに、よりカステラの良さが引き立ってる、
そんな感じでした!」
GMかな子 「確かにファンの方に「抱き枕にしたい!」とか言われますけど、
それって喜ぶべきなんでしょうか…!>リンちゃん」
鏡音リン 「あ、はは……気持ちは分からなくもないかも。
でも、そういうのって解釈が分かれるから、あんまり本人の前で言っちゃダメだよね。

でもルカ姉の抱き枕ならわたしも欲しい!!(ぐっ」
徳川吉宗 さんが入場しました
かりむら 「かりむら さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりむら → 木村夏樹
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 978 (木村夏樹)」
徳川吉宗
  デデデーーン!! デンデンデンデーーン!!
       __                                        _,,
      _.ノ, `ヽ                 r、          ,.-、    r、, -'"rァ `)
   ∧,.=、l /      r,       _    く ヽ {,_ヽ_,..、    /`) ,ノ ,r'、  r' ノ,コ ヾー'
   {. r='_ ,'_     /r'.,イ,}  .ノ.〉    l. 〔_,.- '  ,r'  ノヽ'! l'ニ'、.V ノ  `'^_=' r,`ヽ
    ヽ ー' r'   r_´ `ノil ;_/, '   ヾ´ /.ヽ  '‐、   ヽ-1 l_,ヽ`' `,ン   ヽ ニ r /
   く..ク ''_ r’   / ,〈 ヽ,´,r'  ,,   ,>,冫/.ノ } r'   / .iゝ-,ヾ l´     _ーァ ,.. =ヽ
  (`~_ ,. ヽ>\  ` ヽ' .〈_rヽ..ノ }  く_r' .,r',ハヽ/./  く_,r1.lヽ ..コ |.  r‐'´-┐|
  ` /,rァ, {(<ヽ`ヽ、     `ー'    ノ_/  ヽノ      l_} ` ヽ..」  `'´ .、l l
  `ー'ゝ' J `'゙ `~´                                 ヽ'
            パカラッ パカラッ パカラッ パカラッ   ヒヒィーーーン!!
徳川吉宗
           ,--、、,,,,,,,,,,,,,,,,          
             {::::::::}三三三ミミミ`、、     
            >ー-"'" ⌒,,ィシヽミミiミミ 、   
         /     三彡彡彡ィ`、ミミミ`、   
        /      シ彡彡彡彡ノ'ヽミミミ`、    余だ。
        ,'        ,三彡彡彡彡彡ソ,ー--'  
          l    _ _ """'彡彡彡彡彡ノi     
       {;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - 、ノノi      ふわふわ江戸幕府で知られている、余だ。
          kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ}彡i     
.        レ'  ..      シ彡' )ァ' /彡'    
       {_,,,、 ;、      シ彡 ニンミミ{      
        l         '''"::.   彡ミi     
         ! ̄"`     ...:::::::: ノ""{      
        l    .......:::::::::  /   \_   
        `''ー- 、::::    /     /    
         _,..-'ト、   /     /     
       , -'" /  |l:   /    /      
     /  //  i| l ,/    /  ()     
    / () //   | l//     /         
    / / // ()  | /     /          
                             
                             」
木村夏樹 「ういーす。いやープロレス見てんだけどやっぱいいわ。
同じ選手ばっかりだとうんざりしちゃうけどなー。」
GMかな子 「…その場合はどっちの意味でですか!?>リンちゃん」
徳川吉宗 「今宵の人狼村、伏して宜しくお願い致すところ。
お手柔らかにな。」
木村夏樹 「ヨシムネさん?
ロックじゃねぇなぁ。ロックだったら中邑とか、真壁とかにしてくれよ?」
鏡音リン 「こんばんはー!
……今日ってこういう設定のステージの日だったっけ?」
GMかな子 「あ、将軍いらっしゃいませ!
でもそんな幕府に日本は任せたくないです!」
徳川吉宗 「ろっくであろうが じゃずであろうが 余だ。

唯一無二と言っても過言ではないな うむ>木村殿」
鏡音リン 「いい意味で解釈した方がきっと幸せなんじゃないかなぁ>GMかな子
ほら、雰囲気がふわふわしてるから夜もリラックスできるとかそういう!」
徳川吉宗 「うむ、宜しく頼むぞ、GM殿。」
GMかな子 「あ、夏樹さんも。今日もろっく…?ですね!」
徳川吉宗 「余もMMDでは少しは名の知れたモデルであるらしいぞ?>リン殿」
徳川吉宗 「税制とか御布令をその時の気分で決めるふわふわさが売りです>ふわふわ江戸幕府」
木村夏樹 「あたし、ロックなのがいいんだけどな?
ホラ、イングウェイとかさ、ディープ・パープルとか?>ヨシムネさん」
木村夏樹 「知ってるでしょ?ロックスター?」
徳川吉宗 「横文字にはとんと疎くてな、すまない。
三味線や和太鼓ならお聞かせする事ができるが>木村殿」
鏡音リン 「いつもミク姉がやってるのを将軍がやるのかな……?(少女想像中)

……うん。その、頑張ってね?」
ちるの さんが入場しました
ちるの 「\あたい参上!/」
丹羽仁美 さんが入場しました
徳川吉宗 「歌って踊れるアイドルはなにも女性だけではないということだな>リン殿
うむ、言われずとも全力で頑張る所存」
徳川吉宗 「¥余 参上!/」
丹羽仁美 「こんばんは」
徳川吉宗 「変換ミスってしまったな。これは恥ずかしい」
木村夏樹 「んー?あれかい?んじゃ、杵家七三とか、藤山晃太郎とか良くきいたりすんの?>ヨシムネさん」
GMかな子 「きたひといらっしゃいませ! GM部屋を追い出されて移動してました!」
鏡音リン 「こんばんはー!」
徳川吉宗 「よくぞ参られた>ちるの殿 丹羽殿

ごゆるりとしていかれるとよい」
木村夏樹 「あ、チルノに……それから、あぁ、名古屋の歴女だっけ?
よろしくなー。」
ドクオ さんが入場しました
ドクオ 「よろしくお願いしますよ、っと」
丹羽仁美 「吉宗…きゃー!?マジ?あの米将軍じゃない>吉宗」
徳川吉宗 「余のいちおしはやはり北島三郎殿だな。余の番組のえんでぃんぐ曲なる
ものを歌っておるしな>木村殿」
徳川吉宗 「よくぞ参られた>ドクオ殿
歓迎致すぞ」
ちるの 「米将軍・・・なんだ、あめりか人か。はろー!」
鏡音リン 「こんばんはー!
あれ、部屋追い出されたってだいじょうぶ?>GMかな子」
徳川吉宗 「いやちがう、ちがうぞ? 欧米の米じゃないぞ?>ちるの殿」
木村夏樹 「あれ?和楽器とかなら山本邦山とか今藤長十郎、あとそーだな、 都一中じゃねーの?そのあたり、メジャーだろ?>ヨシムネさん」
丹羽仁美 「あ、宜しくお願いします
突然ですが、みなさんは西軍、東軍どっちが好きです?
私は、西軍、だって前田慶次カッコいいしー!!」
GMかな子 「妹の部屋を間借りしてただけですから、自業自得みたいな感じです!
自分の部屋にもどってまいりましたっ>リンちゃん」
徳川吉宗 「余も名の知れたものよな うむ>丹羽殿」
木村夏樹 「あっれ、丹羽って時代どこでもいいの?
この殿さん、戦国の人じゃないけど。」
GMかな子 「今日は集まりゆっくりめかもですね?
昨日で疲れちゃったのかも。
45分の人数ではじめようとはおもいます!」
鏡音リン 「何か理由があったんだねw>自分の部屋じゃなかった
まぁ、無事に戻ってこれたならオッケー!」
双葉杏 さんが入場しました
徳川吉宗 「それ余が 西軍 などと言ったらご先祖様に申し訳が立たぬのだがなあ>丹羽殿」
木村夏樹 「おっけ、それでいこーぜ?>かな子」
丹羽仁美 「え?歴史好きなら、米将軍ぐらいは知ってますよ…
ペリーさんと喧嘩した人ですよね?(キリッ)>夏樹さん」
双葉杏 「やっほー、よろしく~」
木村夏樹 「うっす、杏」
徳川吉宗 「了解仕った>かな子殿」
森久保乃々 さんが入場しました
森久保乃々 「あの・・・森久保ですけど・・・」
ちるの 「あ、あたいは天才だから、そう、わざと!わざと間違え!>米将軍」
徳川吉宗 「よくぞ参られた>双葉殿

歓迎致すぞ」
鏡音リン 「こんばんはー!
45分開始了解だよー!!」
双葉杏 「はぁ・・・そっすか・・・>森久保」
徳川吉宗 「うむ、よくぞ参られた>森久保殿

ゆるりとしていかれよ」
木村夏樹 「あれ?確か仮面ライダーと一緒に戦った人だよな?>丹羽
あ、鳥女もきた。」
森久保乃々 「手羽先とは関係ないですけど・・・>木場さん」
双葉杏 「あー、夏樹さんやっほ~
じゃ、杏そこらへんで休んでるからさ、終わったら呼んでよ>夏樹さん」
悪徳記者 さんが入場しました
木村夏樹 「おい森久保!声ちっちぇーぞ!
もっと腹から声だそーぜ!」
ちるの 「米俵で黒船沈めたんだよね、あたい知ってる!(どや>丹羽」
徳川吉宗 「仮面ライダー……ああ、あの おーず とかいう怪しげな輩か。
彼奴もなかなかの強者であったな」
丹羽仁美 「えー、でも石田三成と徳川家康だったら
やっぱり、カッコいい石田三成かなーって>吉宗さん」
森久保乃々 「か、かえりたいですけど・・・>江戸時代のコスプレの人」
悪徳記者 「へっへっへ。あっしも混ぜて貰いやすぜ」
GMかな子 「杏ちゃん、ののちゃんいらっしゃい!よくきたね!」
丹羽仁美 「そうそう、仮面ライダーで成敗やってましたね>夏樹さん」
木村夏樹 「あと、あたしゃ木場さんじゃねーよ!
木村だ木村!>森久保」
徳川吉宗 「よくぞ参られた>悪徳記者殿

ぞんぶんにスキャンダルを探していかれよ」
GMかな子 「悪徳さんも…いらっしゃい? ちょっと怖そうなひとです…ね?」
森久保乃々 「あの、お肉も関係ないですけど・・・>かな子さん」
鏡音リン 「こんばんはー!
なんかシリアスな雰囲気纏ってるけど、そういう人?」
森久保乃々 「ま、まぎらわしいんですけど・・・>木村さん」
徳川吉宗 「その基準で選んだら、余が先祖様に祟られてしまうわ>丹羽殿」
GMかな子 「(デレマス村?)」
ドクオ 「俺とアイドルの熱愛を報じてくれ、頼む>悪徳記者」
木村夏樹 「あとあれだろ?
ご先祖さまの部下がロボットで本人頭突きだけで天下統一した人だよな?>丹羽」
丹羽仁美 「えー、せっかくなんか歴史的な人いるから
乃々ちゃんも、楽しもうよー>乃々」
双葉杏 「あ、杏は別に望んできたわけじゃないからな!この仕事をこなせば飴がもらえるから
釣られた訳じゃないからな!」
GMかな子 「お肉のこと私っていうなっ!?>ののちゃん」
双葉杏 「やっほー>GM」
徳川吉宗 「完全な虚聞になってしまうが、それでもよいのかお主>ドクオ殿」
森久保乃々 「社会は苦手なんですけど・・・>丹羽さん」
木村夏樹 「ってまてよ>杏
丹羽も森久保もあんたが世話しろってプロデューサーサン、いってたぜ?」
丹羽仁美 「8代前だから、よーゆー、よゆー、祟られませんって>吉宗さん」
森久保乃々 「・・・?かな子さんと焼肉はなんの関係もないですけど・・・>かな子さん」
ドクオ 「ぼぼぼ、ぼっちちゃうわっ!?>徳川吉宗」
木村夏樹 「ったく……声がちっちぇーんだよ!
そんなんじゃ、アツくなれねーぜ!>森久保」
森久保乃々 「杏さんとは気が合いそうですけど・・・」
徳川吉宗 「ほう、なれば余からは米俵を送ろう>双葉殿
生存かつ陣営勝利ならば5俵贈呈しよう」
悪徳記者 「>ドクオ
いやあ、流石に明らかにガセとわかるネタはちょっと」
丹羽仁美 「通称本ダムって言われて、本ダム量産の暁には
西軍なんぞ、アッと言わせてやるわ…って書いてますね>夏樹さん」
森久保乃々 「あ、熱くなれなくて良いんですけど・・・
もりくぼはも、もう出ようかなって・・・>木場さん」
双葉杏 「は、はぁ、そっすか>森久保」
丹羽仁美 「あれ?そうなの、私が教えてあげるよー
戦国時代中心になりそうだけど>乃々」
ドクオ 「名誉棄損で訴訟だな、決まりだ>悪徳記者」
徳川吉宗 「先祖様に夜毎枕元に立たれるのは勘弁願いたい>丹羽殿」
木村夏樹 「そうそう>丹羽ちゃん
だからこの人、ライダー使ったりロボつかってんだから、実は戦国武将じゃなくね?」
徳川吉宗 「待たれよドクオ殿。明らかにそちのほうが分が悪い>ドクオ殿」
GMかな子 「う、うん…知ってるよ!関係ないの知ってるよ!>ののちゃん」
丹羽仁美 「ご先祖様、枕元に総立ち?
なんか、東方のスペルカードみたいw>吉宗」
双葉杏 「じょ、冗談じゃないぞー!?なんで杏がそんなことしなきゃにゃらないんだー!PはどこだーPは-!>夏樹さん」
丹羽仁美 「世直し将軍なら、当たり前なんじゃないかな?きっと>夏樹さん」
ドクオ 「成歩堂あたりに弁護してもらえば3割くらいで勝てると思うんだ>徳川吉宗」
木村夏樹 「だーかーらー!あたしはあのヴァンパイアねーちゃんじゃねーっつーの!
木村だ!き・む・ら・!>森久保」
森久保乃々 「み、見ないでほしいんですけど・・・>杏さん」
徳川吉宗 「いやまて随分とものすごい知識の偏りようだぞお主>木村殿

まずそれは家康様であって……いやそもそもフィクションのキャラクターだしな
うむ」
双葉杏 「おコメかー、おコメはなー、貰っても炊くのめんどいしー>将軍」
軽鴨 さんが入場しました
天海春香 さんが入場しました
軽鴨 「お困りのようだな?」
森久保乃々 「も、もりくぼも知ってますけど>かな子さん」
軽鴨 「こんばんはだ」
徳川吉宗 「くらえ! をする証拠を見つけねばならぬぞ…!>ドクオ殿」
天海春香 「うひゃああっ!!
なんとか間に合ったっ!!」
如月千早 さんが入場しました
双葉杏 「あ、どんがら先輩おっすおっす>天海先輩」
徳川吉宗 「そのままポリポリかじるとよい>双葉殿
非常に出来のいい米は、生でも美味いと言われるぞ?」
悪徳記者 「>ドクオさん
いや、まあ、その
あっしもこんな商売なんでそういう裁判とかはよく知ってますがいいんですか?」
ドクオ 「待てよ、この場合裁判長は将軍だよな…
…将軍様、こちらに黄金の菓子がございます(スッ」
森久保乃々 「どど、どっちも似たようなものだと・・・思いますけど・・・
きむらときば、画数でいったら9画と9画で同じなんですけど・・・>きむらさん」
GMかな子 「あ、美味しそうな…じゃなくて…! 鴨さんいらっしゃい!」
徳川吉宗 「よくぞ参られた>軽鴨殿 春香殿 千早殿

歓迎致すぞ」
双葉杏 「こっち見てきたのそっちだろー!?>森久保」
軽鴨 「おい盛大に空気読めてないじゃん>Me」
GMかな子 「これが噂のトップ百合アイドルのはるちはさん…」
軽鴨 「ちょっと離席する」
森久保乃々 「み、見てませんけど・・・
もりくぼは杏さんなんてちっとも見てませんけど・・・>杏さん」
木村夏樹 「お、天海センパイに如月センパイ、今日はよろしくおねがいシマス!」
双葉杏 「鴨ェ」
ドクオ 「いけるいける、将軍こっち側に引きこんだし>悪徳記者」
森久保乃々 「も、もりくぼは幕末のほうが好きですけど・・・>丹羽さん」
徳川吉宗 「ほほう……余を前にして白昼堂々、賄賂を渡し、神聖なる白州の場を汚すとは、
なんたる不届き者であろうか!!

ええいお主は市中引き回しの上、磔獄門とする! >ドクオ殿」
丹羽仁美 「つまり、現代の武田信玄と高坂弾正さんですね…わかります!!
>千早さんと春香さん」
天海春香 「あ、千早ちゃんこんばんは!」
鏡音リン 「……はっ、ぼんやりしてた!
来た人こんばんはー!!」
木村夏樹 「ああ、もう、杏ー、この鳥なんとかしろよー!
ったく、新人教育っていわれたけどさ、変なのばっかじゃん!
だりーどこだよ、だりー!」
双葉杏 「えーやだやだ、おコメは柔らかく炊き上がってないとやだー>将軍」
丹羽仁美 「幕末かー…新選組とか、土方さんとか斎藤さんとか
かっこいいよねー>乃々ちゃん」
ドクオ 「oh...>徳川吉宗」
天海春香 「先輩なんて堅苦しいよ
春香、でいいんだよ!>夏樹ちゃん」
悪徳記者 「>ドクオさん
いや、というか物凄い勢いで失敗フラグ建ててる気がするんですが大丈夫ですか?」
双葉杏 「見てるジャン!?めっちゃちらちら見てるじゃん!?>森久保」
ドクオ 「おっかしーな、こうなる予定じゃなかったんだけどな…」
天海春香 「そう、私こそが千早ちゃん究極のファン・・・(キリ>かな子ちゃん」
双葉杏 「だいじょうぶかー?寝落ち気をつけてなー>リン」
徳川吉宗 「まずは獄を抱き、己がせんとした事を身をもって反省致すとよい!>ドクオ殿」
鏡音リン 「黄金の菓子が本当に黄金の菓子である可能性がちょっとだけ>悪徳記者
ほら、ちょうどカステラの話も出てたし!」
木村夏樹 「◇丹羽仁美 「つまり、現代の武田信玄と高坂弾正さんですね…わかります!!
>千早さんと春香さん」

当たらずとも遠からじじゃん?
春香センパイ、本当に武田信玄してるからな。如月センパイは上杉謙信だけど。
あと、つっこまねーよ?武田信玄に対して高坂弾正っていってるあたりはつっこまねーよ?」
如月千早 「あれ?春香がいる、よろしく」
森久保乃々 「あ、杏さんの自意識過剰なんですけど・・・
森久保はべ、別に杏さんのことなんて眼中にないんですけど・・・>杏さん」
鏡音リン 「うん、もう大丈夫だよー! 心配かけてごめんね!!>杏」
GMかな子 「あ、ちょっとそういう生々しいのはいいです>春香さん」
ドクオ 「まぁいいか、あばよーとっつぁーん(ダッ」
木村夏樹 「うす、んじゃ春香サンで!」
丹羽仁美 「ちなみに、説明すると
武田信玄が「他の男に浮気してごめんね」って送った相手が
高坂弾正で、武田四名臣であり、イケメンなため戦場では
見惚れないよう、面をつけてたりとかー」
双葉杏 「鳥ってどれだー?鴨のことかー?>夏樹さん」
徳川吉宗 「要らぬ心配をかけてしまったようだな。許せ>悪徳記者

こともあろうに余を引き込もうとするとは不届き千万。余直々に裁きを申し渡したでな。」
丹羽仁美 「えー・・・夏樹さん、知ってるでしょう…(ニヤー)」
森久保乃々 「あ、あのこけないでほしいんですけど・・・>春香さん」
GMかな子 「あ、時間ですね!あと一人来てくれてもいいんですよ!」
木村夏樹 「あれ?高坂弾正ってさ、謙信襲ってるヤツの一人じゃなかった?
あとはなんだあの、愛のカブトの人。」
GMかな子 「(ちらちら」
徳川吉宗 「ええい逃がすか! ものども! であえい!>ドクオ殿」
木村夏樹 「これだったらさー。
あと3人位こいよなー。」
徳川吉宗 「今からズサった者には余のサインを進呈しよう」
鏡音リン 「高坂さんというと、味方の速度を上げる陣を張る人?>仁美」
天海春香 「タケダシンゲン・・・?
歴史の教科書の? ???」
ドクオ 「HAHAHA、さらだばー>徳川吉宗」
丹羽仁美 「愛の兜の人は、直江兼続ですね
あの人は、上杉景勝さんっていう、上杉謙信の次代ですね>夏樹さん」
軽鴨 「おうすまぬな
少しばかり腹の調子が」
森久保乃々 「確か、短足だった人ですけど・・・>春香さん」
永江衣玖 さんが入場しました
天海春香 「チョード千早ちゃんが来るのとおんなじくらいに。
ホントはもっと早く来たかったんだけどね>千早ちゃん」
ドクオ 「所詮ふわふわ幕府にござる」
双葉杏 「んなわけないしー、絶対見られてるわー おうワレ飴よこせー>森久保」
軽鴨 「おう魚が来たぞ」
徳川吉宗 「余のサインをやろう>永江殿」
木村夏樹 「あーしってるしってる、謙信サンに「大人の本気を教えてあげる」っつーて迫った人だろ?>丹羽」
丹羽仁美 「ちなみにー、その愛の兜の直江兼続さんも
主人の上杉景勝とは、そういうキャーな関係で…」
軽鴨 「こんばんはだ」
永江衣玖 「ここは空気を読むところですかね?
皆様、よろしくお願いします」
軽鴨 「14特殊配役じゃないですかー」
GMかな子 「あ、いらっしゃいませ! ないすずさーです!
はじめましょうか! 投票どうぞ!」
徳川吉宗 「ふわふわな気分のまま、ドクオ殿に懸賞金100両かけたわー
完全に勢いだわー>ドクオ殿」
鏡音リン 「こんばんはー!
……わお、もう開始時間かぁ。もうちょっと来てもいいんだよ(ちらっ」
かり さんが入場しました
森久保乃々 「ひぃっ・・・杏さんの相手とかむーりぃー」
丹羽仁美 「そうそう、そんな感じですね
戦国時代は…そういう色々な?関係が…」
GMかな子 「キャーイクサン!」
天海春香 「でもちょっと食べるのはイロイロ難しそう・・・>軽鴨ちゃん」
軽鴨 「おう仮こんばんはだ」
丹羽仁美 「あ、だったら私と歴史の話しません?>乃々ちゃん」
森久保乃々 「あ、あ、あとひとりとか・・・むーりぃー・・・」
GMかな子 「いらっしゃいませ! 増えます!」
軽鴨 「リュウグウノツカイだしな>春香」
かり 「少々お待ちを…」
徳川吉宗 「よくぞ参られた>かり殿

これで15人。面白き人数である」
ドクオ 「マジかオイ、超高額賞金首じゃねえか
ルフィもびっくりだわ>徳川吉宗」
丹羽仁美 「よーし、者ども戦じゃーーーー!!」
軽鴨 「これがいわゆる歴女という奴か・・・」
森久保乃々 「れ、れきし・・・?
森久保べ、べんきょう苦手なんですけど・・・>丹羽さん」
木村夏樹 「おいおい森久保、そんなんでアツくアイドルなんてできんのか?
天海サンとか如月センパイみたいによ、アツク輝かないと嘘だろ?」
悪徳記者 「おっと。準備が遅くていけませんね、へへ。
ま、これであっしの準備も終わりというものです」
軽鴨 「食糧は任せろ―>丹羽」
双葉杏 「んーあーだるー…
んーと、15だとなんか変更あるっけー?」
丹羽仁美 「大丈夫、大丈夫カッコいい人見てると
キャーってなるから>乃々」
GMかな子 「ののちゃんがむーりぃ、を連発しだした…!」
かかあkり さんが入場しました
かかあkり 「支援支援っと。」
丹羽仁美 「兵糧まであるとは、この戦もらったぞーーー!!>鴨」
森久保乃々 「あ、アイドルとか・・・むーりぃー・・・>木場さん」
徳川吉宗 「なんてったってふわふわだからなー 
もちろんポケットマネーで支払うしなー>ドクオ殿」
軽鴨 「よし鴨はバトンタッチするぞ」
悪徳記者 「>ドクオさん
今なら報道できますな。犯罪者的な意味で」
GMかな子 「15よりは16ですかね…? っと言ってるうちに。 いらっしゃいませ!」
かかあkり 「かかあkり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かかあkり → 三浦あずさ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 18 (三浦あずさ01)」
軽鴨 「と思ったがこのままいくか」
徳川吉宗 「お主こそ真のもののふよ>あずさ殿」
kari さんが入場しました
軽鴨 「やだ俺最高にKYじゃん…>村の面子を見て」
鏡音リン 「わーい滑り込んできたー! こんばんはー!!」
kari 「こんばんわはー」
永江衣玖 「永江衣玖 さんが登録情報を変更しました。」
木村夏樹 「オイオイ、仮にもあんた事務所に所属したんだろ?
プロデューサーがさ、あんたのことを見初めたんだろ?
だったらさ……期待に答えないと、嘘だろ!>森久保」
天海春香 「あずささんよろしくお願いしますよ!」
GMかな子 「まさかの満員御礼です! 皆さんには私の作ったお菓子をプレゼントしたい気持ちです」
徳川吉宗 「心配するな。余がついておる>軽鴨殿
空気なぞ読まんでよろしい(キリッ」
鏡音リン 「浮いてるとか気にしたら負けだよ! きっと!!>軽鴨」
双葉杏 「おー、うまったうまった、んじゃあとよろしく
杏は寝るから ノシ」
ドクオ 「逃亡生活とか嫌だなオイ、愛の逃避行でお願いしたいところ>悪徳記者
そこら辺うまく美談にしといてくれ、得意だろ?」
木村夏樹 「あーとーなー!
あたしはきむらだ!木場サンじゃねぇ!>森久保」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 星井美希
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 85 (星井美希02)」
森久保乃々 「プ、プロデューサーさんもそのうち森久保のこと見捨てますけど・・・>木村さん」
軽鴨 「徳川将軍にそう言われると
…自信がつくな!」
鏡音リン 「あ、ぜひ終わった後にいただいてもいいかなぁ?>GMかな子」
丹羽仁美 「そうですよ、私なんて空気読まずに
歴史の話ばっかりしますよ、しちゃいますよ!!>軽鴨」
徳川吉宗 「お主こそ江戸で唯一のもののふよ>kari殿」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 菊地真
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 738 (アニマス・菊地真01)」
菊地真 「おまたせっ!」
悪徳記者 「>ドクオさん
いやだから誰ですかい相手は。
そこの将軍とかだったら割と書けそうな気がしますが」
軽鴨 「丹羽仁美さんはパッションだと思うの(576かん)」
丹羽仁美 「貴方こそ、戦国無双です!!」
GMかな子 「それでは投票お願いしますね。 あと遺言は前日しか仕込めないのでご注意を!
それと、呪殺と噛みの区別がつかない仕様なのでそれもきをつけてくださいね!」
徳川吉宗 「うむ。全く問題無い。根性入れて己の道を貫き通すのだ>軽鴨殿」
軽鴨 「Σハッ1俺消される!>ここは765」
星井美希 「よろしくおねがいしますなの」
GMかな子 「それではりんちゃんよろしくおねがいします!」
天海春香 「わっほい!765プロは遅れてやってくる(きりり」
鏡音リン 「はーい、カウント始めるよー!!」
木村夏樹 「あーもう、杏みたいなニートやかな子みたいなデ……食欲旺盛なヤツみすてないプロデューサーがあんたのこと、みすてるわけねーだろ!
ダカラもう少しがんばれよ!おい!>森久保」
徳川吉宗 「始まる前に自己紹介といこう」
徳川吉宗
|┌──────────┐ 履歴書     2012年11月10日
|│{;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - | ┌────────────────
||kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ .| |氏名: とくがわ よしむね
|│レ'  ..      シ彡' )ァ' /| ├────────────────
|│{_,,,、 ;、      シ彡 ニンミ.| |生年月日 1684年10月21日(貞保元年
||l         '''"::.   彡 .| ├────────────────
||..! ̄"`     ...:::::::: ノ"..| |現住所: 江戸城
||..l    .......:::::::::  /..i....| ├────────────────
||..`''ー- 、:::    /.| i  | | |連絡先: 0120-xxx-xxx ( フリーダイヤル )
|└──────────┘ └────────────────
| ┌───┬─┬─┬────────────────────
| | 年   |月|日|          活動記録
| ├───┼─┼─┼────────────────────
| | 1716 |06|03|八代将軍に就任
| ├───┼─┼─┼────────────────────
| | 1717 |07|09|享保の改革を開始する
| ├───┼─┼─┼────────────────────
| | 2012 |11|10|東京都知事選への出馬を決心。記者会見に臨む
| ├───┼─┼─┼────────────────────
鏡音リン 「フランシスカが3つ」
軽鴨 「おい遺言誤爆界」
ドクオ 「そうだな…衣玖さんで(切実>悪徳記者」
徳川吉宗 「今度の都知事選、よろしくお願いするぞ」
森久保乃々 「私は・・・クールでもパッションでもキュートでもないと思いますね・・・」
天海春香 「まって!都知事になるの!?>徳川さん」
GMかな子 「もちろん! 頑張ったら追加でご褒美を!>りんちゃん」
木村夏樹 「うっしゃ!765のセンパイ方、アツく胸をかしてくれよな!」
丹羽仁美 「よーし、者ども、陣触れじゃーーー!!」
鏡音リン 「いろは唄が2曲」
悪徳記者 「そんじゃ取材を始めますかね。
へへ、隅から隅まで暴いてやりますぜ」
双葉杏 「将軍ェ」
鏡音リン 「ココロが1つ」
徳川吉宗 「もうそこらの奴らには任せておけん。余が知事となる!!>春香殿」
ちるの 「将軍も就活する時代か」
森久保乃々 「む、むねがないひともいますけど・・・」
鏡音リン 「そいやっさぁ!! はじまるよー!!」
如月千早 「何か」
天海春香 「765にスキャンダルなんて・・・ない!(きりり」
ゲーム開始:2012/11/10 (Sat) 22:54:53
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
森久保乃々 「お、おおかみとか・・・むーりぃー・・・」
菊地真 「あおーん!」
ドクオ 「狼か…、よろしく頼む」
森久保乃々 「ど、どうするか決めておきますけど・・・」
ドクオ 「はい、では役割分担を決めようか
俺は何でもやらせてもらうよ、二騙りから身内切りまでな」
森久保乃々 「で、出たくないなら・・・騙りも出る必要、ないと思いますけど・・・」
菊地真 「ボクは今日は潜りたい気分かなー」
森久保乃々 「わ、私も・・・まったりと灰にいますけど・・・」
ドクオ 「全潜伏は避けたいな、俺が占いに出ようか」
「◆GMかな子 本日も満員御礼ありがとうございます。
両陣営がんばってくださいね!

むーりぃ、とかいわないでね!
今週はGMはぷかぷかが。先週は一太刀さんありがとうございました。」
森久保乃々 「ぜ、全員で占いから逃げ回るのも良いと思いますけど・・・」
ドクオ 「囲いはなし、対応もないの即席だけどな」
菊地真 「ん、わかった、任せるね>ドクオ」
ドクオ 「んじゃ130で噛むべ」
森久保乃々 「ま、まかせますけど・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆GMかな子 CNはかな子ですから!>該当者」
「◆GMかな子 ごくり…>該当者」
「◆GMかな子 夜時間とか関係なく今私の部屋はまっくらです。諸事情で。」
GMかな子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMかな子さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
徳川吉宗 「余が!! 朝一番を告げる!!(デデデーーン!!
さあ、宣言のある者は速やかにな。兵は神速を尊ぶのだ!」
永江衣玖 「皆様、おはようございます」
丹羽仁美 「戦の時ぞーーー!!
先陣は占い師宣言であるぞー!!」
森久保乃々 「も、森久保ですけど・・・
あの、あの・・・なんでもないです・・・」
軽鴨 「おはよう。軽鴨が一発変換できない貧弱辞書に泣いている軽鴨です
こんなことならアイドル呼べばよかったんや!!」
天海春香 「わーっほい!
さあ、ズサーした765の数を数えろ!」
菊地真 「おはよっ!」
木村夏樹 「んじゃ、アッツいライブ、はじめよーぜ?」
鏡音リン 「占いCOだよー!
悪徳記者さんは○(村人)!!」
ちるの 「\さいきょーのあたいが朝一で朝をお伝え!/」
双葉杏 「だる…めっちゃだる…占いCO-・・・
森久保乃々は○だったぞー…」
星井美希 「おはようございます、なの」
三浦あずさ 「おはようございます~
それじゃ役職さんはCOをお願いしますね~」
如月千早 「おはようございます」
徳川吉宗 「よろしい、朝一は余のものだな。」
ドクオ 「占いCO 双葉杏○」
悪徳記者 「おはようごぜーやす。
そんじゃ、取材を始めさせていただきやすよ」
双葉杏 「理由:おう、こっちちらちら見てるんじゃないよ(迫真)
とRとR+で左右への視線ずらし完璧だよね
すごくもないしあこがれもしないけどー
あぁ、フェスってたファンのみんなはおつかれさまー」
丹羽仁美 「あれ?ごめん、張り切りすぎて、大声になっちゃった…」
ドクオ 「占い理由:
まあ隣占い、将軍と記者は灰で渇いてゆけ
んで左右二択でなんかシンパシーを感じる方をチョイス」
軽鴨 「占い3だな」
森久保乃々 「早朝待機なのに誰も出てないってことは・・・
○展開だと思うんですけど・・・」
星井美希 「今日の狼さんは1:30噛み派なんだね
ミキ、さくさくしてて好みって思うな」
永江衣玖 「占いさんは3人ですかね
霊COさせていただきます」
三浦あずさ 「占いはちょっと遅れて3CO、○進行ですので共有さんと霊脳さんもでましょうー」
木村夏樹 「ふーむ。
占い3人だったら霊能もとっととでなよー。」
鏡音リン 「初日に理由とかいるのかなぁ……と、思うけど。
とりあえず怪しかった! それだけ!!」
軽鴨 「霊能も出ればいいんやで」
天海春香 「おおお・・・
占い3ってなんだか新鮮な気分だよ・・・」
徳川吉宗 「ふむ、占い衆は3人とな? そして○進行。
これならば霊能、共有ともにズズイといでよ!!」
ちるの 「べ、べつに兵じゃないから遅くてもいいんだもん!」
菊地真 「占い3CO確認!霊能と共有もいってみよ→☆」
双葉杏 「左右からちらちらみられてる…逃げ出したい・・・」
軽鴨 「3-1か」
丹羽仁美 「そんじゃ、霊能もでたし、共有さんもどうぞー!!」
木村夏樹 「うし、共有CO。相方軽鴨な。
フツーにアッツくいくぜ?」
悪徳記者 「ほうほう。それじゃ、霊能者の方と共有者の方はCOをお願いしておきますよ」
森久保乃々 「も、森久保占われてるんですけど・・・
楽ちんですね」
ドクオ 「特攻の有無の確認大事、マジ大事
早朝待機アリなだけにな、んで対抗は二人だな」
如月千早 「とても、スムーズですね。気持ちいいです」
星井美希 「あはっ! せんせーが共有さんなの!
頼りにしてるね!」
軽鴨 「共有COだ
もう一人はロックで熱い木村夏樹さんだ」
丹羽仁美 「くっくっく、さあ誰か一人くらい
傾いてもいいんですよ」
鏡音リン 「対抗は2人かー。素直に狂狼って見ていいかな。
霊能者さんはもう出てるし、共有者さんどうぞ!!」
軽鴨 「おk。確認した」
森久保乃々 「霊能さんと共有さんも把握ですけど・・・
熱いのは簡便ですけど・・・」
天海春香 「初日に2分超えたりしちゃうともーこーもにゅもにゅしちゃうよね!>美希」
悪徳記者 「おっと、遅かったようですな。
へへ、記者の情報が遅くちゃ仕方がありやせん」
三浦あずさ 「共有FO了解ですよ~灰が狭い形ですねー
それじゃ狼さんと狐さんを吊り上げちゃいましょう~」
徳川吉宗 「ほほう、3-1-2とな?
そして占いかぶり、役占い(目に見えているところは)無しと。
これは重畳。グレランもはかどるというもの」
ちるの 「うん?楽ちんなの?>のの」
如月千早 「なんか妙に息があってるみたいで」
軽鴨 「3-1-2だな」
木村夏樹 「おっけー。
そんじゃ、グレラン……アッツく、よろしくぅ!」
菊地真 「3-1-2、と。○被りもないし、理想的かな?」
丹羽仁美 「さーて、ではこれから私が乃々ちゃんに
あつーく歴史を語っちゃいましょう」
鏡音リン 「はーい、FO了解したよー!
それじゃ後は、グレランで人外吊り上げるだけだねっ!!」
ちるの 「あたい、徳川埋蔵金って人に会いたい>米将軍」
徳川吉宗 「うむ。気持ちよきグレランは気持ちよきCOから、だな>千早殿」
軽鴨 「グレランの自由占いしかあるまいて」
永江衣玖 「…ドクオさん視点狂人は露出済みですよ>吉宗」
丹羽仁美 「任せて、アツーク歴史を語っちゃいますよ」
ドクオ 「霊能と共有も出たな、展開が早くていいな
無駄占いもないな、グレーは最大限に狭まってる
グレラン日和だな、頑張って人外を落とそうぜ」
星井美希 「あふ、アイドルはみんな灰に残っちゃったの。
血で血を洗うグレランのはじまり、なの」
如月千早 「特攻の有無を確認するのはいいですけど
特攻があったらどうするつもりでしたか?>ドクオさん

様子見を真アピするならそこまで言わないと意味が無いですよ」
森久保乃々 「えぇ、とっても楽ちんですけど・・・
だって、何もしなくても良いんですし>チルノさん」
双葉杏 「んーと3-1か、霊は真でみてよさそーだねー
共有も出てきてくれてありがとさーん
じゃ、杏寝るからあとよろしくぅ~」
三浦あずさ 「初日だけじゃなくて、明日以降も同じ時間にしてくださるといいのですけれど・・・>春香、美希」
軽鴨 「この星井さん怖いです>血で血を洗うグレランのはじまり」
悪徳記者 「へへ。しかし3-1-2展開たぁ、ありふれてますなぁ。
記者としちゃ記事にもしがいがありませんや」
丹羽仁美 「いいですか、まず関が原の戦いですが
実は、一日で決戦が終わっちゃったのは、本当に
想定外だったらしいですよ」
如月千早 「流石将軍、なんか普通の言葉なのに
重くありがたい言葉に感じます。>吉宗さん」
双葉杏 「あついのはやだークーラーぷりーず>夏樹サン」
徳川吉宗 「あつくとは余はよくわからぬが、
このグレランにて人外が吊れれば後が楽というもの。
だがしかし、気負うのも勧められぬな。自分の気持ちを素直に信じればよろしい」
星井美希 「不規則な朝はお肌によくないもんね>あずさ」
ドクオ 「◇永江衣玖 「…ドクオさん視点狂人は露出済みですよ>吉宗」
ゲッ、マジだ
確認ミスってやがる俺、すまねえ」
ちるの 「ま、発言からドクオが真ぽくないなーってとこまで分かった」
天海春香 「3-1で内訳は特殊さはなさそう。
いや狐騙りとか私読めないだけなんだけどね(キリリ」
三浦あずさ 「あれ、灰狭い形だと思ったら
ドクオさん対抗占いだったんですね~」
菊地真 「普段人狼妄想する時に一番考える形がこの形だよね。
グレランするけど吊り先が難しいよね。」
軽鴨 「霊能は真目に見て進めてもんだいなさそうかな」
木村夏樹 「ってことだ。
森久保ォ~、杏ゥ~、あんたら、わかってんな?

765のセンパイ方にシンデレラのアツさ、わからせてやろうぜ!」
星井美希 「流血派アイドル! そういうのもあるって思うよ!>鴨せんせー」
三浦あずさ 「ドクオさん視点内訳ほぼ確定と。
(狐騙りとかレアケースのぞけばですが)」
森久保乃々 「杏さんが占われてるということは、リンさんはドクオさんからは狼目なんですけど・・・
リンさん噛まれてたらドクオさんは偽で良いんですけど・・・」
ちるの 「まさに、ローマは1日にしてならず、だね(どやぁ>丹羽」
天海春香 「一応対抗占いは発生してるから程ほどにいいって感じかな?>真ちゃん」
徳川吉宗 「ちなみに余に投票した者どもらは不届き者として余の頭の隅に入れておく(キリッ」
軽鴨 「シンデレラというより相方は白馬の王子とかそっちな気がする」
双葉杏 「だるい…めんどい…かったるい…>夏樹サン」
悪徳記者 「ところでドクオさん、あっしは○にいるんですが、今どんなお気分です?
いえね、ちょっと聞いておきたいんですよねぇ」
鏡音リン 「一定のものがタイミングずれたらそれは何かあったってことだから、一応判断材料にはなるかな?>あずさ
夜の仕事がいちばん遅くなるのって、大体は狼の噛みだと思うし!」
星井美希 「わざわざ霊真で見るって発言してた人が占いと共有だったの……」
菊地真 「あ、ドクオは対抗占ってたんだね。じゃあグレーは1広いわけだ。」
森久保乃々 「ひっ・・・い、いやなんですけど・・・>木村さん」
軽鴨 「報復投票とかしてもいいのよ?(チラ」
丹羽仁美 「徳川軍としては、豊臣方の戦力を少しでもそぎたかったりして
戦力をかなり拮抗させたかったらしいんですが
なんていうか、徳川に味方した武将が、あんまりにも
あつくーく頑張りすぎちゃったらしいです」
三浦あずさ 「そうですよ~
アイドルは睡眠第一。そのためにも狼さんをやっつけちゃいましょー!>美希」
永江衣玖 「…占いさんはしっかり頑張ってくださいね
空気を読んだ行動を切に願いますよ」
ドクオ 「>如月千早
そりゃ潜る…と言いたいとこだが遺言ないからな…
まあ変わらず10秒前後で出ただろうな」
ちるの 「きにすることがふえるとはげるぞ>米将軍」
丹羽仁美 「あ、古代ローマもいいですよね
カエサルとか・・・>ちるのさん」
徳川吉宗 「3-1の布陣であれば、まず信用してもよかろう>軽鴨殿
最後まで噛まれず残り、違和感があれば初めて見るレベル」
如月千早 「3人いる占いの内訳が特殊なのを読むのは
出方が変かつその後の死体状況でよっぽど不自然じゃないと
なかなか読めないわね。今日みたいなときはあまり考えてもしょうがないわ>春香」
軽鴨 「うむ>徳川将軍」
星井美希 「でもでも、ハニーみたいな狼さんだったら、ミキ赦しちゃうかもしれないの>あずさ」
森久保乃々 「じゃ、じゃあ森久保は安全なところでじっとしてるですけど・・・
がたがた震えてますけど・・・」
徳川吉宗 「こ、こここれはハゲではなくて剃っておるだけであってな!?>ちるの殿」
双葉杏 「森久保を生贄に杏は逃げる!逃げるぞー!」
三浦あずさ 「占いさんと狩人さんは当然ながら時間前に
投票しておかないと、生存がばれちゃいますしね~>リン」
菊地真 「わざわざ霊能真見てる人を見てるーとか言う場面かなあ…w」
ドクオ 「>悪徳記者
ちくしょおおおおおおおおおお!!(AA略」
天海春香 「ほほー・・・よくわからない!>歴史>仁美」
丹羽仁美 「ちなみに、私の丹羽って人に
戦国時代、米五郎左っていう信長の腹心が居たりします(キリッ」
木村夏樹 「ホラホラ、あんたたち2人はもっと丹羽ちゃんを見習えよ!>森久保、杏
みてみろよ!丹羽ちゃんなんて、ちょっと痛いだけで明るくきてんじゃねーか!」
悪徳記者 「……ああ、しかし、ここってタバコは吸えないんですかね。
これじゃ乾いて仕方ありやせんや」
軽鴨 「禿はPaPだけで十分ではないかね?」
三浦あずさ 「それはメーですよ!>美希」
ちるの 「じゃぱにーずちょんまげ>しょうぐん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
鏡音リン0 票投票先 →菊地真
木村夏樹0 票投票先 →菊地真
徳川吉宗0 票投票先 →丹羽仁美
ちるの5 票投票先 →如月千早
丹羽仁美1 票投票先 →菊地真
ドクオ0 票投票先 →天海春香
双葉杏0 票投票先 →ちるの
森久保乃々0 票投票先 →天海春香
悪徳記者0 票投票先 →菊地真
軽鴨0 票投票先 →ちるの
天海春香2 票投票先 →ちるの
如月千早3 票投票先 →ちるの
永江衣玖0 票投票先 →如月千早
菊地真4 票投票先 →星井美希
三浦あずさ0 票投票先 →ちるの
星井美希1 票投票先 →如月千早
ちるの は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
菊地真 「さ、さるのー!」
森久保乃々 「じゃ、じゃあ・・・リンさん抜いちゃいますけど・・・」
ドクオ 「潜れば良かったかね、狂人占いってことになっちまった」
菊地真 「あぶないにゃあ。ってことで占い噛んじゃおうか。」
菊地真 「ドクオ目線破綻しちゃうけどね。」
森久保乃々 「べ、別に問題ないですけど・・・
でも、リンさん抜かれてたらドクオさんは確定で破綻ですけど・・・」
ドクオ 「それでいいならそうしてくれ>森久保乃々
んで俺は破綻、遊ぶ役になると」
ドクオ 「ま、真占い師を生かしておいていいことはねえか
発言的にもまあ噛めるかね?」
森久保乃々 「じゃ、じゃあ混乱させるために早く噛むのもありだと思うんですけど・・・。
護衛成功されても銃殺は起きるだけなので、ひとつ○か●を作っておいてほしいですけど」
ドクオ 「んじゃテキトーに○出し&鏡音リン噛みでいきますかね」
菊地真 「1分くらいかな?頑張ってね。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ちるのさんの遺言        iヽ、     /ヽ、____
     _ノ _,.ゝ-=-<、__   フ
   _____ゝ'"        `ヽ _ゝ
   `γ´    ,    、     ヽ\       /!
   ,.イ  /ヽ!、 ノヽ,  /_メ」_ ゝ ', ゝ    ./  l
  く i / ハ rト、  V´ト、 iゝル  ヽイ   /   /
 ,.ヘi`レハ ハイヒ.!   ゙ー ' / i   ヽ、/    /    ___         ,
 ', ヽ、ノi  l "   _ ,  "〈/ ハ  ヽ 〉   /    /    /     /  _/__    / |
  \  ハハヽ、      ,.イ /__ゝルヘ!   /     /    /    /|    / /    /  |
    `〈ヘレヘル`ニi=ニ´ヽ、V´  __ニヽ、∠____  /__ /.      |   /     /  |__/
     \/´7ヽ!/ //  と´__   `ヽ  7
     r〈_  / }><{ ̄/ i   -(/    ,.ノ/
    /ヽiゝ/ /   /   ヽ、 / / __,.ノヽ、
   〈    、/  ̄ ̄     i 'ー´ ̄´   ̄
   `ヽ、 /         :ハ
┌─┌─┌─┌─┌───────────┐
│A │K..│Q │10│⑨┌────────┐│
│♠ │♠ │♠ │♠ │♣ │ ≫≫≪≪≪≪≪ ││
│  │  │  │  │  │ ≫≫≪≪≪≪≪ ││
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
永江衣玖 「霊結果を報告いたしますね、ちるのさんは○でした。」
森久保乃々 「も、もりくぼですけど・・・
あう・・・あうぅ・・・
した、死体なしですね」
徳川吉宗 「うむ、おはよう。

すまぬすまぬ。COまとめておったらドクオ殿が対抗の双葉殿を占っておったのを
見落としていたな。うむ。ドクオ殿真の場合は双葉殿が狂人、自動的にリン殿が
狼となるわけか。狐の事を考えねば、ではあるが、まずはこれで問題なかろう(ドクオ視点では」
三浦あずさ
おはようございます~
それじゃ役職さんはCOをお願いしますね~

初日から占いさんの真贋を~とか言ってしまう
チルノさんが吊られるのは判るとしても、
ドクオさんじゃなく双葉杏さんが投票してるのが面白いですねぇ。

と思ったら、良い死体無し。」
ドクオ 「占いCO 徳川吉宗○」
星井美希 「おはようございます、なの」
木村夏樹 「おはようさんっと。
うっし、死体ねーな。」
丹羽仁美 「占いに霊能よ、宣言じゃー!!
戦はまだ始まったばかりぞーー!!」
天海春香 「天海春香 2 票
如月千早 3 票
菊地真 4 票
・・・あ、あははは、私たち人気者だね・・・(びくびく
さ、3-1は今日からが本番ってプロデューサーが言ってた!」
軽鴨 「おはよう。さて結果はよ
死体無しか」
双葉杏 「だる…めっちゃだる…占いCO-・・・
菊地真は●だったぞー…」
鏡音リン 「占い結果だよー!
徳川吉宗は○(村人)!!」
如月千早 「やあ。これは嬉しい」
菊地真 「おっはよー!」
ドクオ 「占い理由:
順当に0票9発言の強めのところを占っとくかね
灰で吊り殺す?スマン、ありゃ嘘だった」
丹羽仁美 「おや、死体なしですね」
双葉杏 「理由:菊地真(80)「普段人狼妄想する時に一番考える形がこの形だよね。
グレランするけど吊り先が難しいよね。」
冷静に場を見てるけどドクオの○を見落としたり
菊地真(111) 「わざわざ霊能真見てる人を見てるーとか言う場面かなあ…w」
さりげなーく周りをディスってるのがなーんかひっかかるんだよねぇ
というわけでおらー正体だせよーついでに飴だせよー(ごろごろ」
徳川吉宗 「む、ちるの殿は○か。
して死体なし。これは重畳。吊りが増えたな」
永江衣玖 「死体無し、善きかなですね」
菊地真 「死体無しだね!」
丹羽仁美 「木村夏樹(115)

「ホラホラ、あんたたち2人はもっと丹羽ちゃんを見習えよ!>森久保、杏
みてみろよ!丹羽ちゃんなんて、ちょっと痛いだけで明るくきてんじゃねーか!」

痛い…って、いわないでくださいよいー」
森久保乃々 「あ、杏さんが●出してますけど・・・
真さん、ですか・・・?」
軽鴨 「ほうまこまこりんにオレオ…じゃねえ●か」
鏡音リン 「得票0組で、よく考察してると思った方。ホントは千早さん占いたかったけど保留。」
天海春香 「わーっほい!
やりやすい展開ですよみなさん!」
星井美希 「○出て●出てあふぅあふぅ、なの」
三浦あずさ 「え、真さん占うところなんですか?
チルノさん○なら確かに怪しそうではありますけど・・」
ドクオ 「オーライオーライ、死体なし
俺GJだといいんだがな」
悪徳記者 「■悪徳記者のアイドルNEWS
・3-1-2、まずは平凡なスタート。対抗占いが一つ
・丹波仁美の戦国講座
・軽鴨の赤ちゃんが生まれました」
双葉杏 「あ、●だ、吊りヨロシクー」
木村夏樹 「ん、おっけ。
んじゃ、真サン……アッツく、COヨロシクゥ!」
徳川吉宗 「ふむ、余に○が2つ飛んでくるか。
これには余も苦笑い」
如月千早 「実はですね、昨晩色々考えてたんですが
どうも灰であまり吊りたい人がいないんですよ」
丹羽仁美 「ほむ?真さんですか
4票もらいを占って●っていうのは
また、妙な感じですね」
菊地真 「むー、次点に●ぶつけてくるとか取りあえず臭がすごいよ!」
悪徳記者 「ほう、こいつは号外ですな!
死体ナシとは」
軽鴨 「CO無いなら吊って確認かね」
ドクオ 「ないわー、4票貰い占って●とかないわー」
菊地真 「あ、COないよ!」
天海春香 「さっきだしたとおり真ちゃんは次点位置だったよね。
占うの怖くなかった?>杏ちゃん」
森久保乃々 「将軍って・・・どれ、どれだけ・・・
あう、あうぅ・・・」
星井美希 「吉宗ってキャラが濃いはずなのに、美希的に空気だったの……
なんでだろ?」
軽鴨 「徳川将軍
それ狐しおー?」
如月千早 「将軍様はちょっと面白いので
すごくいいです、ベリーグッドですね」
双葉杏 「なんかまこまこ先輩占っちゃ駄目な理由でもあったー?>森久保」
鏡音リン 「ん、死体なしはめでたい。吊り増えたしねっ!
真さんに関しては……COなければ吊って色見ようか。わたしの灰でもあるし」
丹羽仁美 「逆に4票もらいに●って信用できますけどね?
だって、そこってほっといても、吊れますよ??>ドクオさん」
徳川吉宗 「余のスキルだな。というか初日はそんなに目立たぬ目立たぬ。
もっとこう、ハッスルせねばな>美希殿」
丹羽仁美 「ああ、ドクオさん占いでしたね」
森久保乃々 「で、でもこれって噛まれる?
がが、がんばってくださいね>将軍」
木村夏樹 「おっけー、アッツく、真サン吊りで!」
軽鴨 「占いは己の信念に従い占えばいい」
三浦あずさ 「んー 真さん狼で、他の方から●でて助けるならわかるんですが
これは狼さんの身内切りも考慮ですかねぇ・・・」
丹羽仁美 「はい、ということで私の歴史な話第二弾
吉宗さんのご先祖さま、徳川家に関する逸話」
如月千早 「違うと思いますよ。
なんか目立ちたいお茶目将軍様に見えます>軽鴨さん」
天海春香 「次点占いに理由を聞かずに脊髄反射で偽言うのは危なっかしい気がするよ!」
徳川吉宗 「なんでやねん>軽鴨」
ドクオ 「おいおい将軍、俺としちゃ村だとありがたいから占ったんだ
狐疑いとかされないでほしいわけだが」
軽鴨 「うむ
真君吊りだな」
丹羽仁美 「三方ヶ原の戦いで、負けた家康さんは
浜松城に戻った時に、ですね真っ先にしたのが
絵師を呼ぶことでした、なんで読んだかって
負けた時の自分の姿を描かせたんですね
その姿を、いっつもみて、家康さんは
もう二度とあのような敗戦はしまいぞっと
誓ったわけです。」
鏡音リン 「個人的な解釈なんだけど、灰にいたかったんじゃない?>軽鴨
さすがに狐COと解釈するのはちょっと吹っ飛び過ぎかも」
如月千早 「まあ4票もらいに追いパンで●だす
狼騙りがいるかどうかはすごく疑問ですが」
星井美希 「占い師が序盤の灰でどこ占おーが知ったこっちゃないって、ミキ思うよ」
三浦あずさ 「いずれにせよ、狩人さんは遺言残せませんので
適当なタイミングでのCOをお願いしますね~」
徳川吉宗 「うむ。任せておけ>森久保殿

狼どもの牙なぞ、余の愛刀でたたっきってくれるわ」
木村夏樹 「……杏、票みようぜ票」
菊地真 「任せた! 多分リンが真だと思うよ。
この●の出し方はどっちかっていうと狂人っぽいし。」
軽鴨 「徳川将軍○2つの時は狐って兄ィが…」
双葉杏 「えー、4票だけどなんか吊れない感じしない・・・?えー」
森久保乃々 「き、木場さんはがが、がんばって・・・?
森久保は・・・よくわかんないんですけど・・・」
ドクオ 「>丹羽仁美
まあそういうわけなんだな」
星井美希 「○か●かは真くんの反応見て決めればいいし
あと霊能と」
永江衣玖 「武田軍は強敵でしたね…>丹羽さん」
三浦あずさ 「そうです?4票貰い占って、仮に○だった場合
信頼すごい落ちちゃいそうなきがするんですけど。>美希」
如月千早 「という考えから杏は真狂じゃないかと」
森久保乃々 「森久保は・・・あんまり好きではないですけど
微妙なんですけど>杏さん」
軽鴨 「まあ揺さぶりかけただけなんで気にしないでいいんよ?」
天海春香 「でも次点を占いたくなった理由って大事だと思うんだよね。
ややセオリーの外を付く占い方だし>美希」
悪徳記者 「ま、投票している、という事は疑っていた、という事ですしね。
別にそこに●が出るのは特にどうこう言う事じゃないですよ。
得票云々ではなく、この●が菊池さんに相応しいかどうかですな」
木村夏樹 「……森久保ォ!
だからあたしは木村だっつーの!キ・ム・ラ!」
丹羽仁美 「はい、ちなみに
ぼっちゃんで有名な、夏目漱石さんですが
実は、この方、この三方ヶ原の戦いで、家康さんをかばって
身代わりに討ち死にした、夏目さんという方の子孫なんですね
意外な繋がりがあるものなのです
歴史って楽しいですね」
軽鴨 「占いは結果が全てだ」
徳川吉宗 「ここで多票貰いを占い、かつ●。
これは明日の結果が楽しみであるな。吊りが増えた事だし、破綻したので
あれば内訳が見極めやすくなるというもの。真であればなおよし」
星井美希 「占い師の信用なんて投げ捨てるものだよ?>あずさ」
如月千早 「丹羽さんが占わせるといい位置
発言がちょっと役っぽい
個人的な見解をいうと
灰より初日の○のほうがなんかいそうな雰囲気がします」
森久保乃々 「や、ややこしいんですけど・・・
あうぅ・・・>キバットさん」
如月千早 「そんなとこですね。」
丹羽仁美 「武田軍…やっぱり騎馬隊とか
風林火山って素敵ですからねー>永江さん」
ドクオ 「まあ霊能結果次第だな、破綻してくれりゃ楽だわな
んじゃ俺も●引きか銃殺を狙いにいく、と」
永江衣玖 「ま、空気を読んだ展開になってくれたら私からは特にいうことはありませんね」
木村夏樹 「いやややこしくねぇだろ?>森久保」
星井美希 「美希的には軽く誘導受けてたから真くん吊りはモーマンタイなの(にっこり)」
三浦あずさ 「あらあら、うふふ。
信用投げ捨てるとか、乱暴なこといっちゃメーですよ?>美希
悪徳記者 「更に究極的に言ってしまえば、明日どこが噛まれているかですな、へへ。
ま、こいつは今日の議論を全て吹っ飛ばしてしまうので好きじゃないんですがね」
如月千早 「まあ3昼死体なしが
GJじゃないことってあまりないですから。楽な展開だといいですね」
天海春香 「まあここでCOない真ちゃん吊らないのだけはありえないから指示どおりにですよ!わっほいほい!」
徳川吉宗 「COなき者をこの段階で吊らず、というのは進行上ありえぬ。
が、そなたが村人であったのならば、その無念、余が晴らす事をちかおう>菊池殿」
菊地真 「うーん。特に言うことが無い……多分この死体無しは占い噛んでのGJだと思うから、狩人さんは日記提出を何時かしてね!ってくらい?」
森久保乃々 「・・・?
きが似てるじゃないですか>キバヤシさん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
鏡音リン0 票投票先 →菊地真
木村夏樹0 票投票先 →菊地真
徳川吉宗0 票投票先 →菊地真
丹羽仁美0 票投票先 →菊地真
ドクオ0 票投票先 →天海春香
双葉杏1 票投票先 →菊地真
森久保乃々0 票投票先 →菊地真
悪徳記者0 票投票先 →菊地真
軽鴨0 票投票先 →菊地真
天海春香1 票投票先 →菊地真
如月千早0 票投票先 →菊地真
永江衣玖0 票投票先 →菊地真
菊地真13 票投票先 →双葉杏
三浦あずさ0 票投票先 →菊地真
星井美希0 票投票先 →菊地真
菊地真 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
森久保乃々 「え、えっと・・・
杏さん噛むのもありだと思うんですけど・・・」
ドクオ 「わかりやすく偽だな俺…」
森久保乃々 「あと、噛みはもっと早くても良いと思うんですけど・・・」
森久保乃々 「あ、あと
千早さんは対応しておいてくれても良いかもしれないんですけど・・・」
ドクオ 「すまん、そこは俺の腕不足だ>噛み」
森久保乃々 「も、問題ないんですけど・・・
リンさん噛みを言ったのは森久保ですし」
森久保乃々 「も、森久保は狼は苦手なんですけど・・・」
ドクオ 「んじゃまあ狂人噛んで漂白かね、んで銃殺対応ね
…なんとかするべ」
森久保乃々
◇如月千早(33) 「実はですね、昨晩色々考えてたんですが
どうも灰であまり吊りたい人がいないんですよ」

占われたくない狐、とでも言いたいような理由で良いと思うんですけど
他の人の理由も一人くらいは作っておいてほしいんですけど」
森久保乃々 「狐よりも役職?みたいな感じで良いと思うんですけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双葉杏 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双葉杏さんの遺言              (
              ≧.―. . . .-. .、
              /:, : : : : : : :ヽ: \
            ,:./:./!: : : !; : : : : ': : :ヾ,ー
               ,.':/; ;ィ!: i : !,ヾ:、i : : ト,; ;ヽ;、
           / :i:i:/!; ヾ:_;.:」 ィミヾ!: !:ヾ: :ゝ \
            !;: :!iイ== .   l三i゛!:;、: :i j::k!  j
            i: : !{t!゚   __    ,/ッ:/:/: jj /
         _  >:i!ノ! ,, {゙´  ) . イ/: !;,ヽノ ./!
     ..<;7; ヾ,(: / '彡'i!ニ,―イ: シ :ィ': : iヘ/;,l
    /; ; ; ; ヾシ; ;/  _ ソ _ノ   "f ´ !: : :i! !;,;,;,l
   ,イ;.; ; ; ; ; ; /  /;; ;ヾー-=―ノ   i!: : l 、;,;i{      働かないでござる!絶対に働かないでござる!
  /; !; ; ; ; ; ; ;.;/  /; ; ; ;必     ,   !: :.!  '/
 i; ; ;!; ; ;゚ ); ;,/  /;ヾ; ; ; ;i; ! 彳千十i  i!: !/
 !; ; ;ト; ; .; ;!  /   !; ; /; ヽ .i! 里ノ 」  i: :!
 i!; ; ;l>;ξ;ヽ/   ./; ; ;!; ; ノ        ヽi!ヾ.;、
 ヾ_シi; ; i゙´;!i   /; ; ;/    「!  「!   .l .ヾヽ
    !; ;,l// iヾー'; ;_;/     ヾメ "    !  ヾ:\
    !; ; !/ ヽ; ; ;/; ; 「! =╋= 十 ー  i    ゙tーミ、
  ./ゞシ/  }; ;f,!;_;ノ ii!  ┃  i!  ー   l     \:.゙ヾ
  /: / /:.!   ;ヘj/ 、 ヾ" ノ    l  ゝ  .i      ): : :!
  ! :! i: :i!   /   ヽ       ゙つ    l    /: : ソ
 ヾソ  ヾ   /                _il   /: ≦"
 ノ      ./_,,,. _ _ _ _ _, t- ー<;,;,;,;,;,)≦彡"
            。i三三彡i i三三三!
             /」! ̄ ̄ T .「 ̄  ̄i゚!>
              l   . | |   |
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
軽鴨 「おはよう。では結果はよ」
ドクオ 「占いCO 天海春香○」
鏡音リン 「占い結果だよー!
如月千早は○(村人)!!」
天海春香 「千早ちゃんは杏ちゃん真狂ってみてるみたいだけど
狂人が今にも吊られそうな位置に●うつのってそれはそれで????って話だよね。むしろ騙りなら結果が読み切れる狼の方があると思う・・・まあ霊能結果次第なんだけど。
・・・噛まれてた。」
星井美希 「おはようございます、なの」
丹羽仁美 「者どもー!!かかれーーー!!」
永江衣玖 「霊結果を報告いたしますね、真さんは●でした。」
徳川吉宗 「さて、ここで重要なのはまこと殿の色。
先日の死体なし、GJであれば、ここでも狩人と狼の、熱き読み合いが発生するのだな。

さて、どうなるか。皆の衆、静かに見守ろうではないか」
三浦あずさ 「杏子さん真の場合 ドクオさん狼でリンさん狂人ですかね?
(初日にリンさんの投票先が真さんなので、
 あそこで吊れそうでもある真さんに狼さんが投票しそうには・・・)

逆にドクオさん真であれば、杏子さん狂人で
リンさんが狼=そこの投票先は狼ないので
そこに●ってのは納得なんですが。

リンさんは昨日発言が落ちてるのがちょっと・・・どうなんでしょう?」
森久保乃々 「も、森久保ですけど・・・
あの、あの、真さんが杏さん投票じゃないのが気になったんですけど・・・
う、占い師に投票するものなんじゃないかなって・・・」
ドクオ 「占い理由:
んじゃまあここ占いしとくしかないわな、もう吊れないだろうしな
発言力も中位だしな、損はないべ」
悪徳記者 「■悪徳記者のアイドルNEWS
・双葉杏、菊池真に●。霊能結果は如何に?
・死体無し発生!GJ?狐噛み?その真相に本誌記者が迫る!
・ドクオさんの輪郭がやけに角張って見える」
軽鴨 「杏がやられた!」
三浦あずさ 「とおもったら噛まれちゃってますねぇ・・」
如月千早 「何故そこが死ぬ」
丹羽仁美 「うわ…そこ護衛されてないとか…」
木村夏樹 「んーやっぱり、
ごめんなー杏。ちょっと誤爆もありそうだけど。」
鏡音リン 「◇如月千早 「まあ4票もらいに追いパンで●だす
狼騙りがいるかどうかはすごく疑問ですが」
◇如月千早 「という考えから杏は真狂じゃないかと」

わたし視点、杏狼だとドクオから○を出されてるから、最悪2手で真占いが決まる手を打ってることになるんだよね。
そういうのはよく見てるなぁっていうのと共に、逆に『見えてる』人外かな? と。どちらかと言えば狼目」
永江衣玖 「…真占い死亡と考えてよさそうですね」
丹羽仁美 「三浦あずさ(53)

「んー 真さん狼で、他の方から●でて助けるならわかるんですが
これは狼さんの身内切りも考慮ですかねぇ・・・」
ん?身内切りが、こう出てくるっていうのは
妙な話だなーと」
軽鴨 「徳川将軍確定○ならず」
悪徳記者 「まーそりゃそうですな」
星井美希 「杏これでゆっくり休めるの、あふあふ」
徳川吉宗 「ふむ、双葉殿が抜かれ、そして真殿が●、と。

成程、人外が1吊れたのは重畳であるが、引換に失った者は真と思わしき双葉殿、か」
森久保乃々 「ま、真さん●で杏さんが噛まれてるんですね・・・
真なのかな・・・?でも誤爆もありえそうな気がするんですけど」
木村夏樹 「まぁ、しゃーねーや。
狐はこっちでなんとかすっか。」
軽鴨 「私的にはこっちの方が痛い」
三浦あずさ 「真さん●であれば、ドクオさん狼目でしょうか。
(朝1発言参照)」
徳川吉宗 「うむ。残念無念また来週>軽鴨殿」
鏡音リン 「……わお、誤爆かぁ。それなら杏噛みも納得いくかな」
ドクオ 「…>霊能結果●
誤爆乙、まあそりゃ噛まれても不思議はないな
狩人は霊能護衛だったろうしな」
軽鴨 「だなー>残念無念また来週」
天海春香 「あるいは結果が真だったってことだけど、狂人っぽいとは言えないよね>イクさん」
如月千早 「リンさんが真がないのはもう
昨日の将軍様への発言でほぼわかってるので
これは杏さんの○を除いてグレランですかね」
森久保乃々 「でで、でも、杏さんはこれで、ゆっくりとおやすみできるんですね・・・。
狼のおなかの中で・・・うふ、うふふ」
丹羽仁美 「あー、そういえば真さん投票者は、非狼と思っておきたいですけどね」
木村夏樹 「占いはまだいいよな?
灰詰める。○解除なしでヨロシク!」
三浦あずさ 「昨日いったとおり、何故4発言を占ったんだろう?って
所からきた発言ですよ~>丹羽仁美」
軽鴨 「占い葬ってもいいんよ?」
星井美希 「自分が護衛もらってる可能性は考えないんだね、あふあふ>ドクオ」
軽鴨 「灰詰めか
それが市場バンダナ」
如月千早 「リンさんのほうが狼に見えますけど>あずささん
ドクオさんのほうがふらふらしてて○系にみえます」
ドクオ 「とまあお互い同じようなこと言ってるわけだが>鏡音リン」
徳川吉宗 「しかし占ったところがやはり気にかかる。あくまでも双葉殿は真狂として見る。

残った占いについては明日以降からのロラでよかろうとは思うが」
悪徳記者 「はてさて、どうした物ですかね。
ま、占い吊るのは無しにしときましょう。
急いで出ている狼を吊ってしまうのも良くはない」
永江衣玖 「まぁ吊りたい候補が○もらっていて個人的にはあふあふなわけですが…どうしたものか」
軽鴨 「ちーちゃんと意見一緒なんよ…>占いの内訳考察」
森久保乃々 「あ、あうぅ・・・解除なしは了解なんですけど・・・
あ、杏さんの意思を次いでがんばるのは・・・やっぱりイヤですけど・・・」
星井美希 「今日の最初のほーの発言で仁美吊っていいかなーって思ったけど
こうなるならあずさ吊りでもいい気がしてくる不思議なの」
天海春香 「急ぐ必要性はないよ。まあ万が一は常に期待して動く方が広く見れるしね。
偽結果でもそれはそれで情報だよ>軽鴨」
悪徳記者 「8>6で十分ですよ。>占い吊り」
如月千早 「んー狼狙いという意味では私囲い候補のほうが吊りたいんですよね
駄目ですか?>軽鴨さん」
三浦あずさ 「ドクオさん狼本線でいいと思うですけどねぇ。
そこ真だとして、狂人誤爆+リンさんが初手から身内切りですよ?」
ドクオ 「>星井美希
うーん…あの状況で俺護衛来るかね?いやそりゃ来れば万々歳なんだけどな」
丹羽仁美 「怪しいから占ったって感じだと思ったんですよ
普通に、票とかじゃなくて、だからこそ、そこ占える
杏さんってかなり真っぽいなーって
でも、身内切りって警戒のしかたが、ん??って思って>あずささん」
星井美希 「どっちか吊ればよくない? って思ったけど
美希除いたら灰がその二人しかいなかったね、あふぅ」
軽鴨 「占い1欠け後の結果はノイズなのでな」
徳川吉宗 「双葉殿が真狂、となれば必然的にリン、ドクオ殿どちらかに狼が紛れこんでおる。

さて、出来れば黒い方を先に吊るしたいものだがな? ロラ日には」
鏡音リン 「お互い気が合うってことなんじゃない?>ドクオ
わたし視点あなたが狼or狐確定だし。逆もしかりでしょ?」
永江衣玖 「ああ、吊り増えてるのでその辺は忘れないようにお願いしますね>悪徳記者さん」
森久保乃々 「・・・?
身内切りって杏さん噛まれてるんですけど・・・」
星井美希 「狼1匹吊れたんだから、焦って占い吊ってLWにしちゃったら狐が怖いの
だから、灰削り優先だって思うよ」
如月千早 「正直灰で吊っていいのかわからない人のほうが多くて。
さりげなく記者さんのほうがつりたかったり」
三浦あずさ 「あれ?ドクオさん○系です?私の想定と大分ずれるんですけど・・・>千早さん」
軽鴨 「ダメとかいわれてもそのなんだこまる」
丹羽仁美 「逆に言えば、初手双葉さん護衛じゃなかったでしょうねくらいか…」
ドクオ 「だわな>鏡音リン
まあ結果で評価は覆すべな」
悪徳記者 「はてさて、と。
ま、あっしはのんびりと見物させて頂きやしょう」
丹羽仁美 「どんなになっても、私は歴史講座をやめない!!」
丹羽仁美 「私の歴史講座第3弾
またしても、徳川さんの逸話!!」
森久保乃々 「あ、杏さんは護衛をもらえそうに思えませんでした・・・しね・・・>丹羽さん
も、森久保も同じ考えなんですけど」
徳川吉宗 「こうなると先日の死体無し時のアレが気にかかるが、そこは
狩人に任せよう。狐噛みなら狼が動くであろうしな」
丹羽仁美 「二代目の秀忠さんは、あんまり戦が上手くないと評判で
しかも、なんか、政治ばっかりやってそうという
感じなんですが、実は、この人の遺骨を見ると
実は被弾してたらしいんですよ。
当時の鉄砲はそんなに射程ないんで
相当前線にいってないと、被弾しないんですね
もしかしたら、本当は、前線にしっかりと出る大将だったのかも?
そんな、夢見る二代目の話でした」
三浦あずさ 「怪しいから占った~で○だった場合に信頼なくしちゃう可能性があるから
どうなのかな?って思ったんですけど>丹羽仁美」
如月千早 「想定っていっても。予想でしかないですから>あずささん」
星井美希 「そこ護衛されてない発言見るなら、仁美は狩人なくて村狼っぽいかなーって思ったけど
あずさ責める内容はポイント高いって思ったの」
森久保乃々 「な、名古屋の手羽先はとっても美味しいんですけど・・・
も、森久保はなんの関係もないんですけど・・・」
徳川吉宗 「お主……まだネタが尽きぬのか……(白目>丹羽殿」
天海春香 「リンちゃんとは視点があっているから一緒に先に行きたいなぁ。
・・・占いCOなんだけど。」
悪徳記者 「どっちかと言うと灰に狼が居るならそっちを吊りたいですな。
……丹波さん吊りでもいい気がしますがね、昨日の発言的に」
軽鴨 「グレランですな
うむ」
三浦あずさ 「双葉さん護衛でも、色確認したいから霊護衛への
スライドとかはありえそうですけどねぇ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
鏡音リン0 票投票先 →星井美希
木村夏樹0 票投票先 →三浦あずさ
徳川吉宗0 票投票先 →丹羽仁美
丹羽仁美4 票投票先 →三浦あずさ
ドクオ0 票投票先 →星井美希
森久保乃々0 票投票先 →三浦あずさ
悪徳記者0 票投票先 →丹羽仁美
軽鴨0 票投票先 →三浦あずさ
天海春香0 票投票先 →丹羽仁美
如月千早0 票投票先 →三浦あずさ
永江衣玖0 票投票先 →三浦あずさ
三浦あずさ7 票投票先 →丹羽仁美
星井美希2 票投票先 →三浦あずさ
三浦あずさ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ドクオ 「ずいぶん愉快な投票だな」
森久保乃々 「は、灰が少なかったんですけど・・・」
森久保乃々 「ち、千早さんは怖いところなんですけど・・・」
ドクオ 「んじゃ噛みますか、LWのオーダーには従うのがモットー」
森久保乃々 「丹羽さんと星井さんの対応をお願いしたいんですけど・・・」
ドクオ 「悪徳記者に○出しとく感じ、んで千早噛み先対応かね」
森久保乃々 「基本は千早さんに○を出す方向でお願いしたいんですけど」
森久保乃々 「そ、それもありだと思うんですけどそうしましょう」
森久保乃々 「も、森久保は狼苦手なんですけど・・・」
ドクオ 「オーケー、例によって時間もらうわ
対応の腕が貧弱で悪いな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
如月千早 は無残な姿で発見されました
丹羽仁美 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
三浦あずささんの遺言 あらあら道に迷っちゃったかしら?
皆さんの無事を願っていますね。
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
鏡音リン 「占い結果だよー!
丹羽仁美は○(村人)!!」
天海春香 「いまのとこ内訳は
リンちゃん狂人、ドクオ狼かなぁ・・・ほわあああ!?」
徳川吉宗 「さて、狼としては確○の2人、霊能を噛みたいはず。
だがしかし、狩人生存は濃厚、と。さてどこを噛むのであろうな?

そして、あずさ殿の色を見たい。●であればよいのだがなぁ。」
永江衣玖 「霊結果を報告いたしますね、あずささんは○でした。」
悪徳記者 「■悪徳記者のアイドルNEWS
・双葉杏、狼に噛まれる。霊能結果は●、ほぼ真であると明らかに
・そういやGJ出てたので7>5ですな、占い吊りは
・そろそろネタが無い」
星井美希 「おはようございます、なの」
木村夏樹 「ん、よしおっけ。」
ドクオ 「占いCO 如月千早○」
軽鴨 「杏ちゃん誤爆だったのね」
ドクオ 「占い理由:
対抗の初手囲いをまあ潰しに行きますよっと
ここが○ならまあいい、銃殺ならなおいい」
鏡音リン 「あずささん占いたかったんだけど、灰二択で残るならこっちかなぁ。
美希さんに比べて考察力が弱いのと、なんとなく長文稼ぎで生存したい欲が見える。

◇丹羽仁美 「怪しいから占ったって感じだと思ったんですよ
普通に、票とかじゃなくて、だからこそ、そこ占える
杏さんってかなり真っぽいなーって
でも、身内切りって警戒のしかたが、ん??って思って>あずささん」

あと、占いについての考察が多いのも狐っぽい」
森久保乃々 「えっと、えっと、銃殺なんですけど・・・」
軽鴨 「ドクオ見事だ」
徳川吉宗 「非常によろしい結果である。」
永江衣玖 「おや、これは嬉しい誤算ですね」
木村夏樹 「やっぱりな?>杏誤爆」
悪徳記者 「おお、こいつは更に号外ですな!」
ドクオ 「んでまあこんな感じなわけですよ」
軽鴨 「千早さんやっぱ人外なんよ…」
鏡音リン 「よっしゃ溶けたっ(ぐっ」
天海春香 「杏ちゃんェ・・・
まさか、その、狂人でやったんだね・・・度胸あるというかなんというか・・・」
星井美希 「狂人誤爆確定で、占い真狼残りかな」
森久保乃々 「狼さん、狂人噛みなんて豪気なんですけど・・・
じゃあこれは占い師さん最終日で良いと思うんですけど」
軽鴨 「まあリン吊りで問題ないよな?」
軽鴨 「◇森久保乃々 「狼さん、狂人噛みなんて豪気なんですけど・・・
じゃあこれは占い師さん最終日で良いと思うんですけど」

え」
悪徳記者 「という訳で徳川さんは確定○ですなぁ」
木村夏樹 「あーんーちょっとまった。
対応できてるな。これちょっとまった。」
ドクオ 「というわけでこの後の進行をどうすべきか進行役にお任せです
…これでもうやりきった感あるで」
軽鴨 「真狼なんですけど……」
星井美希 「占い真狼だし、最終日に投げればいいんじゃない?」
天海春香 「え、え?
はたんでてないでてない!?」
木村夏樹 「リン吊るわけねーだろ!>鴨」
森久保乃々 「が、がんばってほしいんですけど・・・
え、リンさん吊っちゃうんですか・・・?
真かもしれないんですけど・・・>カルガモさん」
徳川吉宗 「つまりは双葉殿の●である真殿は誤爆。ふむ、なるほどな。

さて。銃殺がおき、なおかつどちらも対処しておる、と。
こうなれば灰を吊り切り、明日から互いの○を吊っていくのがよかろう」
悪徳記者 「ん、ちょっと待ってください」
鏡音リン 「問題しかない!>軽鴨
……んだけど、ローラー完遂してくれるんなら」
軽鴨 「え。あ俺間違ってんの?」
星井美希 「お互いの○が悪徳・春香の4吊りと」
軽鴨 「すまぬ……!すまぬ……!」
木村夏樹 「どこも破綻してねぇよ!
だから、これ、千早か丹羽で噛み先対応してる可能性たけーっつーの!」
森久保乃々 「真吊る可能性、怖いんですけど・・・
ドクオさんもリンさんも銃殺主張なんですけど・・・」
徳川吉宗 「占いロラもありっちゃありだが、それは今日ではないな。
まだまだ真にも、狼にも情報を吐き出させねばならぬ。」
天海春香 「というか理由文差でいけばリンちゃんのほうが上ではあるよね。」
悪徳記者 「ええと、吊りが減って、と」
ドクオ 「対抗切りねえ、まあ反対は多いだろうよ
曲がりなりにも対応は出来てるしな」
鏡音リン 「というかさー、残り4吊りで銃殺出てるならまだローラーするにも早いと思うよ?
銃殺が出た上に霊能ほぼ真で2Wだし、まだ1手余裕はある」
永江衣玖 「まぁ吉宗さん村確はいいことですね。
10…ですか、ふむ」
悪徳記者 「……これ」
軽鴨 「もう軽鴨鍋にでも何でもして下され(白目)」
悪徳記者 「もう一つ確定○作れば詰んでませんかね?」
ドクオ 「まあそれは否定できぬ、ぐぬぬ>天海春香」
徳川吉宗 「そこで黙って乾いてゆけい>軽鴨殿」
木村夏樹 「んー、ぶっちゃけ、迷ってる。」
永江衣玖 「美希さんが狩人ならばCOしていいんじゃないですかねって感じですね」
森久保乃々 「森久保も・・・そう思うんですけど・・・
だから、うん。リンさんか鴨さんが噛まれたら吊れば良いかなって>春香さん」
星井美希 「春香か悪徳吊って、のの確定○にすれば良い気がしてきた」
軽鴨 「メモ間違ってたよガッデム!」
天海春香 「両占いを極限まで詰める勝負。
あ、森久保さん非狼は変わらないからそこは占いせず放置じゃないかな。」
徳川吉宗 「リン殿の占い先は、余としては非常に好感が持てる。
何故ならば余が初日から継続して投票しておった場所だしな。
わからぬところを占ってくれたのはありがたい限り」
星井美希 「てか、美希完全グレーだから出るね 狩人CO」
森久保乃々 「だだ、だから狩人さんがいるなら共有さんか霊能さんを護衛して、最終日確定で二択にしてくれると嬉しいんですけど・・・」
星井美希 「狩人日記
美希ね、狩人さんなの。
わるーい狼さんからハニーを守ればいいって
思うな。

2日目
護衛:リン 犠牲:なし
GJ狙いなら霊能もいいけど
美希的には占い3択なの。
噛まれて困るのはドクオさんだけど
一番噛まれそうなリンを守ってみるの

3日目
護衛:リン 犠牲:杏
あふあふ、真占いGJなら美希のお仕事半分終わりなの。
杏・リンで真狂だけどどーしよーかな?
杏の●吊ったならリン護衛でいいや

4日目
護衛:イク 犠牲:
真クンの発言見て杏護衛できなかったのはミキの弱さだね、ごめんなの。
でもまぁ奇数にはなったし
あとはのんびり霊能張り付いておくの。」
鏡音リン 「というわけで、森久保さんを灰戻ししてグレランじゃないかなぁ」
ドクオ 「星井美希、悪徳記者、森久保乃々かね
俺視点の残りグレーは」
悪徳記者 「狩人居るなら霊能護衛でお任せしましょうか。
占い噛まれても痛くないので」
天海春香 「結果が真でないとこういう噛みは起きないと思うし。」
木村夏樹 「ごめん、判断できない。
だったら悪徳さん指定する。」
永江衣玖 「OKですよ
というかそれ真占い透けてるんじゃ…」
徳川吉宗 「よろしい。美希殿が狩人な。

で、あればだ。悪徳殿、春香殿のランでよろしいな?」
悪徳記者 「ま、構いませんが」
軽鴨 「了解」
徳川吉宗 「指定はいらぬと思うが」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
鏡音リン0 票投票先 →天海春香
木村夏樹0 票投票先 →悪徳記者
徳川吉宗0 票投票先 →悪徳記者
ドクオ0 票投票先 →悪徳記者
森久保乃々0 票投票先 →悪徳記者
悪徳記者8 票投票先 →天海春香
軽鴨0 票投票先 →悪徳記者
天海春香2 票投票先 →悪徳記者
永江衣玖0 票投票先 →悪徳記者
星井美希0 票投票先 →悪徳記者
悪徳記者 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ドクオ 「こんなんで良かったんかね」
ドクオ 「んーと?どうすべきだこれ?」
ドクオ 「俺視点●が一つ足りないか?」
森久保乃々 「ん・・・も、森久保に●もありだと思うんですけど・・・」
森久保乃々 「美希さん噛まないと始まらないんですけど・・・」
ドクオ 「んじゃ森久保●でいくか、んで美希噛みは確定と」
森久保乃々 「8>6>4>2
あと3吊りですけど・・・」
森久保乃々 「あ、ダメ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
悪徳記者さんの遺言
            __
          ./:::::::::::::::\          ■悪徳又一の送るアイドルニュース
         /::::::::::::::::::::::::::ヽ、    
        ./:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_
       ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::┌''"      ・事務所内に根を張るアイドル達の関係……上下関係、不穏な空気、更には禁断の関係も!?
       \::::::::::::::::::::::::::::::::::,ノ
        .ノ::::::::::::::::::::::::::::::::.ゝ
      ノ":::::::::::::::::::::::::::::::::i゛         ・あのアイドル事務所に不祥事!?事務所内に蔓延る不審者の影
    _,,.-'::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠___
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヘ        ・アイドル達の特別公演に単独潜入……取材結果を丸々公表
 ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
  ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゛''.
   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     ――◇乞うご期待!
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
永江衣玖 「霊結果を報告いたしますね、悪徳記者さんは○でした。」
軽鴨 「盛大に勘違いしていたことをお詫び申し上げます・・・」
鏡音リン 「占い結果だよー!
天海春香は○(村人)!!」
徳川吉宗 「しまったしまった。半グレならば森久保殿も候補の内であったな。うっかり。
まあ初日判断ついておらず、という状況なので非狼であるのはいいな。

して、だ。指定には従わせてもらったが、リン殿と美希殿のラインは繋がっておる。
悪徳殿を吊るにしても、それは美希殿が噛まれずに残った場合であろう、と
思ったのだがなぁ。いやはや、時間が足りなかった。許せ。

して、だ。当然、今日は●が出るであろうな? 春香殿、森久保殿に。

さあ、正念場である。皆の者、心せよ」
木村夏樹 「よっしゃしたいねぇ!」
天海春香 「狩人結果がリンちゃん真であると言っているような・・・
でも、美希が真狩人かどうかの勝負がまだ一応残ってるし
COなしを一応宣言した悪徳さん吊りは仕方ないね・・・
終わったね。うん。」
ドクオ 「占いCO 森久保乃々●」
星井美希 「なんか生きてるの
あ、霊能護衛ね」
ドクオ 「占い理由:
偽確定した双葉の○を占っておくと
ここの結果次第で俺視点の3Wが決まると」
森久保乃々 「お、おはようございますなんですけど・・・」
鏡音リン 「ごめん、冷静に考えると昨日の進行でよかったかも……自分の○を吊られるのは癪だから投票は変えたけど。
詰めの作業で交換だね。ここ○なら森久保さんが狼、かな」
木村夏樹 「春香サン確定○昇格……?はー?」
徳川吉宗 「ここで死体無しは確定で美希殿真狩人であるな。おめでとう>美希殿」
永江衣玖 「ふむ・・・春香さんも確定○と
軽鴨 「森久保さん…」
森久保乃々 「え、えぇと・・・?」
星井美希 「美希吊りまで入れて詰んでるの
確定GJだから対抗出てこないと真確だけど」
天海春香 「いやその結果はどうなの・・・!?>ドクオ」
ドクオ 「死体なし、んで真確定おめでとうだな」
森久保乃々 「も、森久保もびっくりなんですけど・・・」
永江衣玖 「あれ…これ森久保さん吊っても吊り切れるんじゃないですかね?」
鏡音リン 「おー、GJお見事だよー!!>美希」
星井美希 「これで霊能狼もないし
●吊ろうが占い吊ろうが好きにすればいいって思うよ」
天海春香 「えーと」
徳川吉宗 「しかし春香殿。リン視点であっても森久保●になるぞ?>春香殿」
木村夏樹 「あ、うん、森久保ちゃん、吊ろうな?
吊り増えたし。」
永江衣玖 「確定○に対抗狩人がいらっしゃるのならばでてよろしいかと>一応」
ドクオ 「菊地真-鏡音リン-森久保乃々で3Wな結果か
あ、これ俺含めても吊りきれるな」
木村夏樹 「うん、これ、そうだよな?>ドクオの●で春香サンが○だったら
だから、森久保吊りして、んで、次でいいや。」
徳川吉宗 「うむ、それがよい>木村殿」
森久保乃々 「ん、まぁ吊ってもらっても構いませんけど」
天海春香 「・・・お、おおう!?
ももも!?うーん!?」
軽鴨 「問題ないです」
星井美希 「リン狼→千早さん狐
ぶっちゃけ狐把握して○囲うとも思えないし
素直にリン真でいいって思うけどね」
天海春香 「仕事終わったドクオさんからでいいんじゃ・・・?」
森久保乃々 「で、でも森久保狼でこんな噛みが発生するわけがないんですけど・・・」
木村夏樹 「だってサ、リンの灰って今日の時点では、春香サンと、森久保サンだけだろ?」
ドクオ 「うんまあ俺からでも問題ないな、そこは任せるわ」
徳川吉宗 「霊能狼だけは怖いが、うむ。」
星井美希 「森久保さん確定狼だし、占い2択で吊って霊能見ない??」
軽鴨 「ドクオは仕事終わりだね・・・うん」
星井美希 「霊能狼はないよ、霊能でGJ出したから>吉宗」
木村夏樹 「んー。」
天海春香 「万が一の霊能則り警戒(キリ」
森久保乃々 「んー・・・」
徳川吉宗 「だよねー>美希殿

いかんなんかアホになっとる余」
天海春香 「あ、そっか>美希」
森久保乃々 「む、無理なんですけど・・・
こ、降参」
木村夏樹 「うっし、んじゃ、仕事終了のドクオから吊ろうか。
どっちにしろ釣り余るわ。」
星井美希 「杏が狂人確定で銃殺も出てるから、霊能は真確定なの」
永江衣玖 「というかよほど吊り方間違えなければ狼完全に詰んでるわけなんですが」
鏡音リン 「そうだよー>夏樹
だから、春香さんが○だったのと、今日の死体なしの時点で残りの2Wは森久保-ドクオで確定」
木村夏樹 「おっけー。じゃ、森久保→リンで。」
森久保乃々 「ドクオさんと、も、森久保が狼なんですけど・・・」
軽鴨 「徳川将軍
私の呆け移ったんですか(白目)」
ドクオ 「あ、さいですか」
天海春香 「じゃあこれ、分かって噛んだんだ。
確定○に入り込もうとしたんだね>森久保さん」
森久保乃々 「ドクオさん、がんばってもらったんですけど
その、ごめ、ごめんなさい・・・」
徳川吉宗 「YO! ここで余、なんか推理があやふやになったでござるYO!?

なんたることかぁぁーー!!!>森久保殿降参」
軽鴨 「慮旅順攻略
じゃなくて了解した」
ドクオ 「オーケー、森久保→俺で吊ってくれ
白旗挙げるべ、すまん森久保」
星井美希 「そこ●なら噛み切ってたほーがよかった気がしたの、あふあふ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
鏡音リン0 票投票先 →森久保乃々
木村夏樹1 票投票先 →森久保乃々
徳川吉宗0 票投票先 →森久保乃々
ドクオ0 票投票先 →森久保乃々
森久保乃々8 票投票先 →木村夏樹
軽鴨0 票投票先 →森久保乃々
天海春香0 票投票先 →森久保乃々
永江衣玖0 票投票先 →森久保乃々
星井美希0 票投票先 →森久保乃々
森久保乃々 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
星井美希 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星井美希さんの遺言
             r‐-、
             i/ ̄""
            < ̄ ̄ ̄ ヽ                  /_|_
         /: : : : : : : : : : : : : : : \             /|  /|ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヘ              | ./ |  \
        /: : /: i: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ          /     ,
        |: : i: :∧: : ::i: : : : ヽ: : : : ::i: : ::i.         i   千 |二|   .i
       .|: : |!/ ヽ: : |: : ヘ: : ヽ: :|: :i: : ::|.         |    口 |二|   .|
       ノ::ノ| ̄゛゛''\ヘ\_i\_iヾ|ノ: : : :|             ハ_'_'_   |
      "7: :Y"≠=x  " .,,__ _,,, ∧: : :ヘ      ・  な          |
      /: : :::i     ,  ゛゛ ̄  /ノ.\_>     ・  の   ┌‐‐|‐┐  .i
     <(ヽ、::ヘ          /_: : : : 二≧    ・   ./.    |__|_|  /
    r‐'-ニヽ,ヾ,ヘ、.゛''''''   /ミヾ" '\: : ::__>  あ //\.   |   ./
    >ニ',-.,",,..-'i_,,..>-‐‐ ゛゛'''-..,,,ii_ミミ , \::"ヽ、 .ふ     \__/
  /,,..-i‐"|!井ニi      _  /゛'‐-"ミ;;;;; ヽヘヾ  .ぅ
r'"  _,,||.i-"|!井ニi_,,..-‐'"  ̄ ̄iニi井| ̄||! ̄  .ミ\"
i..-‐'"-‐||'i"_.ヘ井,,.!,,__.    .| |井| .||!=====ミ)
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
徳川吉宗 「なるほど、つまりは敢えての狂噛みにGJとな。
いやあまっこと恐ろしい」
永江衣玖 「霊結果を報告いたしますね、森久保さんは●でした。」
木村夏樹 「あっぶねー。悪徳吊りしといてよかったマジで!」
ドクオ 「すまねえ森久保、やっぱ美希偽ルートだったわ」
鏡音リン 「結果は言わなくてもいいよね?」
木村夏樹 「んじゃ、リン吊りでなー。
ミキサン、サンキュ!」
永江衣玖 「…え?」
7 日目 (1 回目)
鏡音リン2 票投票先 →ドクオ
木村夏樹0 票投票先 →鏡音リン
徳川吉宗0 票投票先 →ドクオ
ドクオ5 票投票先 →鏡音リン
軽鴨0 票投票先 →ドクオ
天海春香0 票投票先 →ドクオ
永江衣玖0 票投票先 →ドクオ
ドクオ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ドクオさんの遺言                                      ,、   --
                                 〈ン'/:.:, -- ミ、                 /7     _
                        ┃┃        V:.:/    ヾ                   / .′    / /
                      ━┛┗━      .':.Λ    .r、_廴_            / ′    ./ /〉
                      ━┓┏━     . -、|:ハ'Λ  ィ/厶≠、:::x:ミ、        rv'  |_∠>、_/ //
                    _.. -=┃┃:.:.:.:.:.ミ /:.:.:.:|:lメミ.Λ〃 エ`   ノミ}}、:::ヽ       |厶-= </ ,、 ノ{
                    二=-:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ:.、:.:.|:|:{:.}}.Λ、_,,., .、  ,リ V::::'.     . '´:::::::::::::::::::::`'く/ /  >
                  /イ:.:.:'`メイ:.:./i/レi':.:.:.: i:.:.ヽゞ='":.'.Λ  )ィ”vヾ=='、.l:::i:::'.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゙〈_/::丶
                    /イ:{`ト、l:./ '´.斗=ォ:.:.:|:.:.:.:.:,:.:.:.:.:廴廴,、_,ィ---'7::::lヽl イ::::::::::::::::::i::::::::::::i:::::'.:::::::'.::::::::::::::,
                    /:リ弋ン   乂ン:.:.:Λ:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:l ̄ ̄>、`_  /::::/ノ.'/ jメ、::::::::::::i;廴;::::}::|:::::::'.:::::l',:::::::::::'.
               __    /}:イ,, ̄ ' _, 、 ''/:.:.:./ ノ:.:./:.:.:.:.:.: 几 ̄::::::::::::::`¨`'く::::/  |ォミ:::::::ィlx抖=ミ_|:::::::::'ヽ:! ,::::::::::::,
             .'::::::::::::\ /:八  '‐-'ゥ'´:.:.:.:.:入':.:イ:.:.:.:.:.: /┴―- ミ:::::::::::::::::ヽ  ./弋}/ 'ん刈 ./::::::::::Nノ.' ',:::::::::: ,
              i::::::::::::::::::::ヽ:.:.:/> _. ':.:.:.:.:./:::::: ̄`''</       丶__:,ノ /イ::l,, ′ ゚ー‐'./ィ::::::::;イ   ',:::::::::::,
              l:::ヽ::::::::::::::::::V   ,/イ,ィ<:::::::::::::::::::::_ノ       rェェュ ヽ:::{::',  、::>、 ー   ./:::::::Λ,   i:::::::::::::l
              l:::::‘;::::/  ̄ ミ',  厶/:::::::::::::::::::::::_∠---v'       非   V:::::',  ヽ ノ>-=ニ -彡:川ム  |:i::::::: l
                 ‘.:::::::V    _Lノ/:::::::::::::::::::ィ'"´ ̄ ̄> ム-   ,,  、  .l:廴::',  イ/辷ト.二ア/=斥__ノ!  .|/|::::::::′
                  ‘.:::::::',  ,、rヘ'.:::‘;::::::::::::::://u   .//      ´ , 、 `  .ハ{:::::\.〈 .//   / ./ / {_ ィ   / |:::::/
              ,',::::VV  \',::}:.:.、_j_/ァ==r―/<_     /―ヽ.  ':::::::::::ィ' V i  .i ./ /   匚只>   /::; '
              . ':::::',:く     r‐ ト--イ::::::::::」/'"/   丶      イ::::::::/:::l::' ‘. 辷ァト」 廴. 1〈/ iア7¨iメイ
          . '::::::::::::::/イ_>、   ̄、'. 与コ>:::「' '" '       '.   <_j、_:ィ:::::::: l::::l ヾく_ノ}ハ::L_. '!厂`У ./ Λ
        . '::::::::::::::::/≠'"/入ヽ  /7ヽ_:// . '       i   l /  |::/:',  l:::::::::::l::::l   マ〉' .>ミ、  |l_rァ'-イ / /i
      . '::::::::::::::::;// .//  ヽア∠=--ニ// /        |   l.イ  |イ::/}'. .':::::::::::'::/   // /::::: ヾ、|三ヨ:::VT_ノ:::l
   _/:::::::::::::イ./ /  ./ ./   / 厂 ̄ ̄//´./      |   '::|   .| }/ }:.:V::::::::::ム'   .// /:::::::::::::/マ-ヘ:::V::::::::::l
   `丶::::::; '   / /  ./ ./   / /    //  '         |   .':::|   .|  },:/:::::::::::′  // /-、:::::::/Lハ>‐イ::/:::::::::/
      `´   厂]   匚]   .' .'    .//  l       ミ、 |   |_::|   .|  //:::::::::::Λ  〈/ /ニン、〉// /ニ´:/::::::__/
           ̄           | i    〈〈    、        `|   l `|   .|  ./:::::::::::/ ', /_/―'ヽ/」/ /‐r':/:::厂:/
                       | |     .〉〉   丶        \ ヽ‘~ーヘ /:::::::::::/   ', ./::::::::::/ .|ィ/―':/辷イ7
                       | 〉   <<   / `   .._  `¨´ヽ  ≠--‐ァ   ノ 〈{ク::::; '   r厶::::厶-= '´
                       〈〈      []   L  -------  _ノ-‐ └‐ '"└― '´  └―'   匕二ア

キョン子、ドクオ、リップヴァーン・ウィンクル、本多・二代(4514Byte)

('A`)<リップヴァーンがはっきりみえないのは仕様です
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/11/10 (Sat) 23:54:35
三浦あずさ 「私誘導で、丹羽さん占わせた狩人の勝利ですね。」
丹羽仁美 「はーい、お疲れ様でした」
悪徳記者 「お疲れ様ですな」
永江衣玖 「おつかれさまでした」
徳川吉宗 「なん……だと……>リン吊り」
三浦あずさ 「お疲れ様ですよ~」
軽鴨 「ふええ……お疲れ様だよお」
鏡音リン 「おつかれさまー!!」
森久保乃々 「お、お疲れ様なんですけど・・・」
星井美希 「おつかれさまなのー」
木村夏樹 「あ、ごめんこれあれか、ドクオでよかった。
ごめーん。」
天海春香 「発言悪すぎてウボボボボ」
徳川吉宗 「うむ、お疲れ様だ。皆の衆、大義であった」
如月千早 「呪殺でたらどうせ詰むから真の○を噛むより噛み合わせ狙ったほうが
よかったね>ないあちゃん」
丹羽仁美 「くそう…第四弾をお披露目できなかったのが悔しい」
ドクオ 「お疲れさん、すまねえ>狼陣営」
如月千早 「そこは結果論じゃなく、理屈で」
悪徳記者 「……木村さんは人の話聞きませんか?
いや本当に」
徳川吉宗 「可愛くない。可愛くないぞ!?>軽鴨」
永江衣玖 「美希さん吊りたくなかったから仕方なくあずささん吊り上げたのが功を奏しましたね
星井美希 「銃殺出してくれて助かったの! リンすばらしいの!」
軽鴨 「これで可愛いといった人が居たら俺泣くぞ>将軍」
鏡音リン 「けっきょくわたし吊られるのー!? ってちょっとびっくりしちゃったよw>夏樹
それでも勝利確定だったんだからいいんだけど、どうせならやっぱり生存したいなって!」
森久保乃々 「さ、最後のほうすごく・・・混乱してたんですけど・・・
丹羽さん噛むか、占うべきと言っておくべきでしたけど・・・>千早さん」
木村夏樹 「つーかすまねぇ!>リン
あれだわ。割と悪徳吊りはねーわ。
でも結果それが妙な方向にいったみてぇだけど!」
如月千早 「どうせ負けるルートはひたすら考えず切っていくのは大事」
双葉杏 「おつかれー、おのれ呪殺、ぐぎぎぎ」
軽鴨 「し。しえんで素村だった試しがない(白目)」
徳川吉宗 「よい返答だ。うむ>軽鴨殿」
森久保乃々 「あ、杏さんには本当に申し訳ないんですけど・・・」
悪徳記者 「あの時点でなら占いと狩人死ななきゃどこ吊りでもいいやって思ってたんでどうしても決まらないなら人柱でもするつもりでしたが、
あれ森久保さん吊りでいいですよ?」
如月千早 「対応しても勝てない事多いから
漂白に関してはわりと呪殺はでないか噛み合わせる!
でおもいきっていい>ないあちゃん」
天海春香 「RPが乗らないとそもそもゲームに入れてない気がしてならない・・・ぐぐぐぐ」
森久保乃々 「そ、それ覚えました・・・。
す、すごく臆病だからそういうのは苦手なんですけど・・・>千早さん」
木村夏樹 「しょーじき、誤爆確定ならありゃ森久保吊りでいいわうん>悪徳」
悪徳記者 「灰を非狼言い切るよりも確定○一個増やせば詰むんですから」
永江衣玖 「RPなんて投げ捨てるものですよ>春香さん
ドクオ 「まあミスが多すぎた、あまりにも多すぎた」
丹羽仁美 「大丈夫、歴史ネタしか考えてなかった私がいますよ>春香さん」
三浦あずさ 「森久保両灰ですしねぇ・・>悪徳記者」
双葉杏 「べ、べつにきにしなくていいんですけど・・・>森久保」
軽鴨 「RP投げ捨てるときは鴨アイコンおすすめですよ?(チラッ」
徳川吉宗 「余に……絡んでいいのよ?>春香殿」
天海春香 「私にとっては発言のスターターなんだよう>イクさん」
鏡音リン 「交換で●二つが出た時に面倒だからその考慮かなって思ったんだけど……>記者吊り
ほら、今回は護衛成功出たけど、そうじゃなきゃ足りてなかったし」
ドクオ 「というか対応の腕があまりにもなさすぎた」
森久保乃々 「に、丹羽さん占う気しかしなかったのに
それをいえなかったのはとっても、とっても自分の弱さなんですけど・・・」
軽鴨 「将軍は丹羽さんとハッスルしてたじゃないか・・・」
如月千早 「さて、そんなとこだね。
将軍様面白かった、じゃあまた」
悪徳記者 「ぶっちゃけまあRP乗らなくて喋る気も誘導する気も起きなかったですが(」
菊地真 「おつかれさま~」
木村夏樹 「占い一手置き、あと如月センパイになんかみえたのだけで良しとすっかー?
正直、リンがいいところ占ってくれたわ。」
三浦あずさ 「千早さんの、ドクオ真狂ってどこで思ったんでしたっけ?」
如月千早 「ドクオは対応しようとしたプラン自体が間違い>ドクオ」
徳川吉宗
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
     ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V::: レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
       .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
       .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
          .V     U                             〈:::/ \/

        / ̄`` ー 、                       ,--、、,,,,,,,,,,,,,,,,
       ノ,' 〃,リ   ヽ                     {::::::::}三三三ミミミ`、、
      /./ '〈 !ゝ-,イ                      >ー-"'" ⌒,,ィシヽミミiミミ 、
       / ,' ; ∨!‐'‐'`´          ,,-―ー-、         ./     三彡彡彡ィ`、ミミミ`、
      /i : :  !ハ              /   ,r,   ゙、      /      シ彡彡彡彡ノ'ヽミミミ`、
    / ! ','  ; ハ       ._,,. '^ 、      iヾ  ..,'        ,三彡彡彡彡彡ソ,ー--'
   i  ',  } ,リ  i___    ..(;;__,..)     i    .l    _ _ """'彡彡彡彡彡ノi
  { ) ヽ{ ,ノ  ゙', `ヽ.-‐==‐、   .ゝゞ;:;:;:;:;:´,l|\  .{;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - 、ノノi
   ∨'ヽ、_.{  __,...=.._ } ''"  ヽヽ  ヽ;:;:;:;ノ:;:;:;:ヾ:\.kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ}彡i
     ヽー-、` ̄ ¬   `ヘ   / '`゙´、 ;:;:;:;:;:;:;:、    レ'  ..      シ彡' )ァ' /彡'      カモンズ・ドリーム
     \ ヽ、.  ヽ,.. .. ノ},イ    リ{     i /´ .{_,,,、 ;、      シ彡 ニンミミ{     余の『鴨 魂』は、すでに鍋に入っている……!!
         `ヽ.ヽ`ーゝ、__,..ノ .ゝ、  ノ \、    {   .l         '''"::.   彡ミi
            ヽ、_ー、___,.,.-‐'"¨`ー 、_,.へ ヽ,   ト   ,.! ̄"`     ...:::::::: ノ""{     皆の衆、お疲れ様だ!
             ̄  ハ、_      {   リ  〉   /..l    .......:::::::::  /   \_
                   { \`ヽ.、 ',  /   人  {. . `''ー- 、::::    /     /   狼陣営は不運が重なった感じだな。
                 ,': ヽ`ヽ ` ´` ='.  i} ヽ   j  ._,..-'ト、   /     /
                   i ;   >=ニ'''''''"  ノ‐'⌒` ., -'" /  |l:   /    /      あえての狂噛みが成功しておれば、また違った結果になったやもしれぬ
               {ハ  {       ,/′ .../  //  i| l ,/    /  ()
                   |'ヘ  ',ヽ   /├-` ./ () //   | l//     /
                              / / // ()  | /     /」
如月千早 「ん、ぶっちゃけ間違っててもいいから見てない>あずささん」
天海春香 「歴史ネタ本当に詳しくなくてアバーッ!」
如月千早 「だってどっちでもいいんだもん
素村視点。あっちむいた発言ならそれはそれでスーパー村アピになるし」
木村夏樹 「しょーじき、対応できてたんで、そこ勿体なかったな。>森久保
あとはあれだわ、灰がつまり過ぎた。ドクオ視点も、リン視点も、あんたが狼にしかならなかったのは痛いぜやっぱ。」
悪徳記者 「>リンさん
私吊りの日が残り4吊りだった気がするので足りませんっけ。
灰が4人の占いが二人で、確定○作らせていけば」
ドクオ 「さいですか、やっぱ噛み切りが一番だったと>如月千早」
軽鴨 「思いのほか今日はアイドル多くて戸惑ったCO」
徳川吉宗 「千早に面白いとか言われるとか……こういう時、どういう顔をしていいか
わからないの……(白目」
丹羽仁美 「歴史オタなんて、周りに構わず…ネタを言いまくるんですよ…(ドヤ)>春香さん」
菊地真 「ごめんねちょっと離脱する~ おつかれさま!」
森久保乃々 「か、噛みは苦手なんですけど・・・>木村さん」
天海春香 「どうしよう!変態ネタ復活でリハビリとかしたほうがいいかな!?」
徳川吉宗 「余はぶっちゃけ気にしてない>軽鴨殿

というかすでに気にするアレソレは通り越しておる(キリッ」
軽鴨 「落ちる人お疲れ様です」
三浦あずさ 「あら?適当だったと?
それは予想外。」
如月千早 「んー噛み切りでもいいね、
それか対応捨ててさっきいった呪殺は起きない路線か、
噛み合わせ路線。あそこまでいったら>ドクオ

とにかく全部に対応する手ってのはあんま勝てないことが多いって
覚えておくとよし」
悪徳記者 「どーだったかな、計算ミスしてたなら微妙ですが」
如月千早 「将軍様・・・・」
鏡音リン 「春香さんが狼、森久保さんが村、で、

森久保吊り→狩人噛み→占い二人が相手の暫○をパンダにする→どっちか吊る→霊能噛み

だと吊り足りなかった気がする。狩人噛みがリスキーな手だけど>悪徳記者」
徳川吉宗 「落ちる者は大義であった。
機会があればまたよろしく頼むぞ」
悪徳記者 「多分灰から狩人出てきたら詰む計算してたんですが、ええと」
木村夏樹 「んー、あの状況だったらまぁ、あたしだったら噛み切るな?くらいか?
そん場合は、如月センパイの処理がめんどいことになるかもだけどな、
んでも、今よりはマシかもしんない。

あとはまぁ、灰が結果的に詰まりすぎた。」
ドクオ 「うす、勉強になります>如月千早」
徳川吉宗 「千早殿……(デデデーーン!!」
GMかな子 「おつかれさまでした!す、睡魔が…!
参加くださりありがとうございました!」
如月千早 「んじゃおつかれさまー!」
星井美希 「狂人誤爆+狂人噛み+銃殺でひどいことになってたもんね あふあふ」
徳川吉宗 「おねむなかなちゃん萌え萌えきゅんきゅん」
徳川吉宗 「お疲れ様でござるYO!>千早殿」
悪徳記者 「>リンさん
あー、それだと足りないですね確かに」
軽鴨 「…>おねむなかなちゃん萌え萌えきゅんきゅん」
木村夏樹 「あの状況で森久保の囲いが活きるのは、やっぱ噛み切りだよな?>千早サン」
丹羽仁美 「それじゃ、私はこのへんでー
なんか、狐だと、大抵狂人が噛まれて、銃殺されて
村有利になってるんですけど…」
鏡音リン 「落ちる人はおつかれさまー!
GMさんは眠たいんなら無理しない方がいいよー?」
丹羽仁美 「GMさん、村建てありがとうございましたー!!」
徳川吉宗 「うむ、丹羽殿お疲れ様だ。

っていうか其方、本当に最近狐フィーバーだのぅwww>丹羽殿」
悪徳記者 「と思ったけど>リンさん
それはそれで占いGJ出てるようにしか見えないのでって話になる気はしました。
霊GJ出てると微妙になるので結果論ですが」
GMかな子 「やめてください!? 負け宣言あたりからの記憶が…<将軍」
丹羽仁美 「あ、吉宗さん
第四弾歴史講座があるんで
あとで、ご先祖さまと来てくださいね
ではでは~」
軽鴨 「皆様お疲れ様でしたよ
ふええっ……昼の大ポカが恥ずかしいよお……」
軽鴨 「ではライトダック
帰投する」
徳川吉宗 「まだネタが尽きぬと申されるか(白目>丹羽殿」
GMかな子 「眠くないけど部屋がくらくて…!w ありがとう、りんちゃん」
星井美希 「お疲れ様、ありがとなのー ノシ」
丹羽仁美 「私の歴史講座第4弾
今度は、昨日の秀忠さんを痛い目あわせた
真田さんのお話!!

さて、真田さんといえば、幸村さんが有名ですが
実は、この人のお兄ちゃん、信之さんと言いますが
幸村さん以上に、活躍してるんですね
戦歴も、勝率も幸村さん以上で、幸村さんのほうが
有名になっちゃってますけど、当時としては評価は
お兄ちゃんの方が高かったようですよ。
なんせ、あのホンダムもとい、本多忠勝さん(義理のお父さん)が
家康さんに「真田信之に罰を与えるならば、殿と一戦交えまする」
っと、言っていますからね」
徳川吉宗 「うむ、お疲れ様だ。大義であったぞ>軽鴨殿」
悪徳記者 「パターンとしては低い確率ではなさそうなケースではあるので>霊GJ
詰み確定ではないですねぇ確かに」
丹羽仁美 「夜は、推理より、こっちを重点的に…
だって、狐なんで、楽しもうかなと…(キリッ)>吉宗さん」
双葉杏 「GM、電気つけようよ・・・?w」
丹羽仁美 「では、では、ではではでは~」
徳川吉宗 「本田もあの世で自分がロボになるとは思ってもみなかったであろうなぁ……」
徳川吉宗 「その心意気……余は敬意を表する!!>丹羽殿」
徳川吉宗 「ぶっちゃけ余は適当に発言していただけであったなぁ。

ううむ、あえての狂噛みか。怖い怖い。もし通っておったら
それこそ森久保殿に手が出たかどうか」
悪徳記者 「うむ、ミスですな。
別にあっし吊りでもいいやありゃ」
GMかな子 「部屋の鳥が起きちゃうんです… 深い少し浅い理由が…w>杏」
鏡音リン 「狩人の護衛結果があんまり考慮されてなかった……ような……?>悪徳記者」
徳川吉宗 「せ……せきせいいんこ!!>かな子殿」
双葉杏 「どっちさそれ!?w うんまー、眠いなら寝ちゃえー?>GM」
徳川吉宗 「よしちょっといろいろ勘違いしてるっぽいからログ熟読してくる。
なんか今日、色々とアホや、余」
悪徳記者 「詰み云々の話するなら詰まないルートはどうやっても作れなくはない(狩人対抗前提っぽいですが
んで、狩人じゃないなら吊り位置は趣味ですなこりゃ」
悪徳記者 「>リンさん
……ぶっちゃけ何故かは知りません。なんで狩人の結果を見てすらいなかったのかあっしにはわかりません」
GMかな子 「さすが将軍ご名答…! セキセイ×2ですっ」
天海春香 「ううーん・・・どうすればいいんだろ。
置物みたいな位置ばかりになっちゃう。」
森久保乃々 「ん、こ、今回はブレインをしていたも、森久保の噛み筋が悪かったですね・・・。
せっかく良い位置にもぐりこめたのに・・・。」
木村夏樹 「結果論だから、あんまりいいたくねぇけど。
やっぱり悪徳サン(リン視点の○)をつったのが村にいい方に働いたキがするなこれ。

もう、ドクオは霊結果でたら森久保を●にするしかなくなる=確定狩がいるのに霊能を噛むしかない。」
GMかな子 「まだ遊び足りない!(きり)>杏ちゃん」
徳川吉宗 「置物名物とは余のことである(キリッ>春香殿」
森久保乃々 「と、トリも良いですけど・・・魚も良いんですけど・・・」
徳川吉宗 「当たるとは思いもよらなんだ(白目>かな子殿」
木村夏樹 「そもそも、元が森久保非狼の可能性をみてたから、そのあたり妙なことにならなくて本当、よかったわこれ……!」
ドクオ 「>ドクオは霊結果でたら森久保を●にするしかなくなる=確定狩がいるのに霊能を噛むしかない

灰がなさすぎたので霊能始末して悪徳記者を狼に仕立て上げよう→GJ、詰みでござる」
徳川吉宗 「今回は色々と狼方面に不運が重なった印象を受ける>木村殿

やはり時の運というのはなかなかに面妖なものよ」
ドクオ 「まずリンGJ出るとは思わなかったという>徳川吉宗」
徳川吉宗 「第一の不運いただきました>ドクオ殿」
鏡音リン 「森久保さん非狼(=春香囲い)だと怖かったかなぁ>夏樹
こういう詰みが近い状況で欲しいのは、●じゃなくて○だし」
天海春香 「将軍は○なくても票はあんまりいれたくならなかったかな(キリ>徳川さん」
悪徳記者 「というかですな。
星井さんがリンさんGJ出してるっぽいんですからそこ見ましょうよ……?」
徳川吉宗 「リン噛みが通っておったならば、双葉は噛んでおったのかのう…」
徳川吉宗 「溢れ出る置物オーラ!! しゅわんしゅわんしゅわん(超サイヤ人のSE>春香殿」
悪徳記者 「そこを認識してるんなら吊り位置は趣味の問題ですしどこでもいいのですが」
ドクオ 「俺の好みは噛まない、それで2W勝利ルートいけるべ>徳川吉宗」
天海春香 「指定とCOがぐちゃぐちゃしたからなぁ>悪徳さん」
双葉杏 「なら遊ぶしかないな!>GM」
徳川吉宗 「森久保指定がなければ、余、めっさそなたを吊る気マンマンであった(キリッ>春香殿

あ、ふぉうどちゃんが怪しいとちゃうんやで!? 状況、配置的にやで!?
勘違いしたらアカンで!? 」
悪徳記者 「>天海さん
指定もCOも少々遅かった気はしますねぇ、愚痴だけ言うなら。
あっしもあまり強くは言えませんが」
森久保乃々 「も、森久保狼の経験30回ないんですけど・・・」
木村夏樹 「だからまぁ、春香さんが確定○になった時点で、森久保が●にしかならざるを得なかった環境をサ、
無意識でも作れてよかったなって。>リン」
徳川吉宗 「ふむ、なるほど。
どうあがいても占いロラは避けられぬであろうしな>ドクオ殿

丹羽殿は多分ツッテタ」
天海春香 「狩人は悩む場面だからね。美希は位置も位置だし
再指定考慮の時間が間に合わなかったかなって>徳川さん」
木村夏樹 「んー、あれは無理無理、あの状況でどこ吊るかとか割と判断できねぇよ。>悪徳サン
例え趣味だとしてもサ。」
天海春香 「ちがう、悪徳さん!」
徳川吉宗 「やべえ狩人だ! じゃあそっち! な勢いなだけだったと愚考(キリッ>春香殿 木村殿」
鏡音リン 「悪徳川さん?(難聴」
森久保乃々 「に、丹羽さん狐だとほぼ確信していたから・・・
丹羽さん噛んでもらうほうが良かったかも・・・>ドクオさん」
鏡音リン 「うん、そこは結果オーライだね>夏樹
こういう風に一見奇妙な手が噛み合うことがあるから、人狼はおもしろい」
徳川吉宗 「余が悪とか許されざるよ(白目>リン殿

全国4000万のファンであるじじばばが決起を起こすレベル」
ドクオ 「だな、そしたら噛み+銃殺で銃殺は悟られずに狐が処理できたわけだ>森久保乃々」
森久保乃々 「そ、それをいえなかったのは森久保の弱さななんですけど・・・
も、もっと頼れるようになるようにするんですけど・・・>ドクオさん」
徳川吉宗 「銃殺だとわからねばやはり占いロラはどうしても
起こったであろうしなぁ……いやぁ怖い怖い」
ドクオ 「あんとき確か…千早の占い理由をメインで作って
対応用の理由を美希まで作って超過2:00という体たらく
…丹羽仁美まで手がまわらなかったでござるの巻」
悪徳記者 「……ん?」
森久保乃々 「う、占いはリンさんとドクオさんで最終日がんばってもらう予定でしたけど・・・
も、森久保が残るよりも安全なんですけど・・・」
悪徳記者 「あ、すみやせん。あの日の吊りあっしもしくは天海さんが最善ですな。
結果論抜きに。」
悪徳記者 「あの時点でやるべきなのは騙りの●候補、もしくは●本人を落とす事なんで、
占いの片○を吊るのは理に適ってやす。
こいつは盲点でしたな」
ドクオ 「占い最終日は想定してたんだがいかんせんそこまでたどり着けなかったわ>森久保乃々」
徳川吉宗 「うーん、ぶっちゃけ春香殿と悪徳殿のランでよかったのではないか、と
思ったのだがなぁ、余としては。」
ドクオ 「まああれだ、先の展開をもう少し考えるべという反省」
森久保乃々 「お、お互いもうちょっとがんばるべき・・・?>ドクオさん」
徳川吉宗 「それは余も頑張らねばな うむ>ドクオ殿

なに、お主だけがミスをしておるわけでもない。
着実に上をちょこっとだけでも目指しておれば、いつかは……!」
ドクオ 「ですわな、まあほぼ丸投げしてた感あるんで俺>森久保乃々」
木村夏樹 「まーこう、今回はいろいろあたしもぼけてたし、修行は必要ってことじゃね?」
三浦あずさ 「あれだねー 自分が囲われ狼の場合、理由作るのは手伝おうと思った。」
悪徳記者 「と思ったが確率的には変わらんのだろうか」
森久保乃々 「ち、千早さんと丹羽さんで狐だと思ってたから・・・
ほ、ほんとうにそれをいえてれば良かったんですけど・・・>ドクオさん」
ドクオ
          / ̄`` ー 、
         ノ,' 〃,リ   ヽ
        /./ '〈 !ゝ-,イ
         / ,' ; ∨!‐'‐'`´          ,,-―ー-、            ,..._
        /i : :  !ハ              /   ,r,   ゙、         ./,.-‐‐ ``ヽ、
      / ! ','  ; ハ       ._,,. '^ 、      iヾ      ..〉、⊃!、  ノ  !
     i  ',  } ,リ  i___    ..(;;__,..)     i        .`ー--'¨¨! ,  ',
     { ) ヽ{ ,ノ  ゙', `ヽ.-‐==‐、   .ゝゞ;:;:;:;:;:´,l|\         ./´〉,、     | ̄|rヘ
     ∨'ヽ、_.{  __,...=.._ } ''"  ヽヽ  ヽ;:;:;:;ノ:;:;:;:ヾ:\ ..l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
       ヽー-、` ̄ ¬   `ヘ   / '`゙´、 ;:;:;:;:;:;:;:、  \--、.二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
       \ ヽ、.  ヽ,.. .. ノ},イ    リ{ . .........:::::::::::.... ......./__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
           `ヽ.ヽ`ーゝ、__,..ノ . .____  .... .........::::::::::..'´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
              ヽ、_ー、___,.,.-/      \ .... .........::::::::_ ) (_  〉-- <_ ,/                        `ー-、__,|     ''
               ̄   /   /   ヽヽ.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃) ヽ / ' ノ
                     |       /|   | ..... ......: ::::`二⊃ノ...__, ,.- '´
                   ,.\___/ ̄|  /..... ......: :::: ((  ̄_  _/     なあ将軍、俺はこの修行の成果をどうすればいいんだろうな?
                     i ;.r'ニニヽ._\_./.. ..... ......: ::::::  ;;.. ̄
                 r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
               /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
                  /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
              | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
                  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
               |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
                  |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :
               |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/」
徳川吉宗 「うむ。向上心は常に大切、ということだな>木村殿

余としては 遊び心7:向上心3 ぐらいが ちょうどいい(白目」
木村夏樹 「ドクオも、森久保もサ、噛みはこういう失敗しねーよ、覚えねぇぜ?
だから今日の村なんて、狼からしたらいい教材サ。」
鏡音リン 「さってと、それじゃあわたしもそろそろ帰るねー!
お疲れ様、GMは村立てありがとう、いっしょに遊んだみんなもありがとう!!
またよろしくー!!」
悪徳記者 「よくわからん。勝ってるし最悪ないしいいのだろうか」
森久保乃々 「も、もっと銃殺対応手伝ってあげればよかったんですけど・・・
も、森久保は気が利かなくてごめんなさい・・・」
徳川吉宗
    /::ヽ.   「::::l /}  /:::/ /´::::/     /´::::> ,.-.、_        __,,..、
    〈:::::::ハ  |:::::j '´   |:::::/ /:::::::/./!   /:::::/ /:::::/      /::::::::j__
     ';:::::::l l/ _    l::::i /:::::::://:::/  /:::::/ /::::://::7   ,:'::::::::/::::::〉    __
     V:::::l /::::}.   l:::::!ヽ一' l/   /::::::< └-' 〈_:/  /::::://:::::::/,.ヘ.  /:::::/
     V::: レ::::::::r'  .l:::::l       /:::;へ::::\      /:::::<  ー-'<:://::::::://:ヽ
       .';:::::::::/   ;:::::└‐:::ァ    ∨  丶;::::>.    ,'::::;ヘ::丶、  ´ /::::::::/':::::::/
       .';::::〈     !::::;_:::::::/          `     レ'   `¨   /:::::::< ヽ;;/::::>
       ヽ::::〉    |::/  ̄                        /::::;::::::::\ ヽ'
          .V     U                             〈:::/ \/

        / ̄`` ー 、                       ,--、、,,,,,,,,,,,,,,,,
       ノ,' 〃,リ   ヽ                     {::::::::}三三三ミミミ`、、
      /./ '〈 !ゝ-,イ                      >ー-"'" ⌒,,ィシヽミミiミミ 、
       / ,' ; ∨!‐'‐'`´          ,,-―ー-、         ./     三彡彡彡ィ`、ミミミ`、
      /i : :  !ハ              /   ,r,   ゙、      /      シ彡彡彡彡ノ'ヽミミミ`、
    / ! ','  ; ハ       ._,,. '^ 、      iヾ  ..,'        ,三彡彡彡彡彡ソ,ー--'
   i  ',  } ,リ  i___    ..(;;__,..)     i    .l    _ _ """'彡彡彡彡彡ノi
  { ) ヽ{ ,ノ  ゙', `ヽ.-‐==‐、   .ゝゞ;:;:;:;:;:´,l|\  .{;、 ';;;='''"""`  彡彡彡 - 、ノノi
   ∨'ヽ、_.{  __,...=.._ } ''"  ヽヽ  ヽ;:;:;:;ノ:;:;:;:ヾ:\.kr) .ィェー   彡彡' r、ヽ}彡i
     ヽー-、` ̄ ¬   `ヘ   / '`゙´、 ;:;:;:;:;:;:;:、    レ'  ..      シ彡' )ァ' /彡'      なんと、余の他にも『鴨魂』を扱える者がおったとはな……!>ドクオ殿
     \ ヽ、.  ヽ,.. .. ノ},イ    リ{     i /´ .{_,,,、 ;、      シ彡 ニンミミ{     
         `ヽ.ヽ`ーゝ、__,..ノ .ゝ、  ノ \、    {   .l         '''"::.   彡ミi
            ヽ、_ー、___,.,.-‐'"¨`ー 、_,.へ ヽ,   ト   ,.! ̄"`     ...:::::::: ノ""{      流石はドクオ殿、といったところか。いや感服仕った
             ̄  ハ、_      {   リ  〉   /..l    .......:::::::::  /   \_
                   { \`ヽ.、 ',  /   人  {. . `''ー- 、::::    /     /    あれだ、非常食とか夜食とかにいいのではなかろうか
                 ,': ヽ`ヽ ` ´` ='.  i} ヽ   j  ._,..-'ト、   /     /
                   i ;   >=ニ'''''''"  ノ‐'⌒` ., -'" /  |l:   /    /      
               {ハ  {       ,/′ .../  //  i| l ,/    /  ()
                   |'ヘ  ',ヽ   /├-` ./ () //   | l//     /
                              / / // ()  | /     /」
森久保乃々 「も、もうちょっと素村以外もきてほしいところなんですけど・・・」
ドクオ 「狐とみてるのはわかったんだけどな
まあ狐噛みまで頭と手が回らんかったべさ>森久保乃々

んで対応うんぬん言うなら護衛取れねえ騙りでこちらこそ悪かったになるしな」
悪徳記者 「ま、あっしも落ちるとしましょう。
お疲れ様ですな」
徳川吉宗 「素村も必要なのだよ……精神安定剤的な感じで……>森久保殿

あ、狩人全然やってねーんで狩人やりてたいな。あと萌え萌えしまくってるんで
びしっと占いを うむ」
森久保乃々 「う、占いはすぐに噛まれるから面白くないんですけど・・・」
徳川吉宗 「なんか先日よりレベルアップしてないかお主>AA改変の腕>ドクオ殿」
木村夏樹 「灰の数と、結果どうなるか位は頭いれとくといいぜ?>森久保、ドクオ
占いって噛まなきゃいけないタイミングってあるしな。
今回のケースだったら、厳しいのはわかるんだけどよ。」
徳川吉宗 「噛まれた噛まれたで、うむ。霊界にて大暴れよ(キリッ>森久保殿」
ドクオ 「渡世AA人パワー、きらりん☆>徳川吉宗」
木村夏樹 「占いなんざ残ってたら人外かてねーだろ?>森久保
あたしは無理だ。いくら真吊りが男の子の味だとしてもな。」
ドクオ 「なんか気づいたら○が増えててなんだこれとか思ってたでござる>木村夏樹」
ドクオ 「うむ、狼39回の現在11連敗中というね」
徳川吉宗 「今日から画面の前の皆も、渡世人でGO!☆>ドクオ殿」
森久保乃々 「す、素村で噛まれるほうが楽しいんですけど・・・」
徳川吉宗 「それは誰しもそうだよ……(白目>森久保殿」
ドクオ 「というわけでまあ皮脱ぐときのお供にどうぞてな寸法っすよ>徳川吉宗」
徳川吉宗 「なるほどそういう意図か(白目>ドクオ殿

でも余のドクオ、結構透けるらしいよ? 何故かわからぬ(キリッ」
徳川吉宗 「まあいそいそと保存するのだが……!! ありがたやありがたや」
ドクオ 「やむなし」
ドクオ 「んじゃ落ちようかね、村建て&同村感謝
お仲間は再度すまんね、反省反省
お疲れさんっと」
徳川吉宗 「うむ、お疲れ様だ。大義であったぞ>ドクオ殿」
徳川吉宗 「では余もそろそろお暇させていただくことにしよう。

決闘が建っておるでな(キリッ」
徳川吉宗 「ではさらばだ! また会おう! (デデデーン!」
森久保乃々 「も、森久保も落ちますけど・・・
もっと強くなってみせるんですけど・・・」