←戻る
【劇場171】劇場公演 水曜普通の部村 [208番地]
~普通の日だよ!!!!!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 三浦GM
(生存中)
icon 今井加奈
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 古明地こいし
(生存中)
icon 杉下右京
(生存中)
icon 古畑任三郎
(生存中)
icon ジャック・O
(生存中)
icon ゆきぽ
(生存中)
icon キョン子
(生存中)
icon 黒タイツの人
(生存中)
icon メイド
(生存中)
icon でっていう
(生存中)
icon イリーナ
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon 真犯人
(生存中)
icon 初音ミク
(生存中)
icon 日向創P
(生存中)
村作成:2012/11/14 (Wed) 21:59:56
GM 「禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 占いCOの発言は一行の占い結果のみ。占い理由はそれ以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます(共有は会話も可能です)
■これから毎日初心者歓迎しようじゃねェか!」
GM 「30分に人数確認を行い,
45分には人数に関わらず開始します」
GM 「お・・おふう・・・」
今井加奈 さんが入場しました
GM 「いらっしゃいませ・・・!いらっしゃいませ・・・っ」
今井加奈 「うわぁ・・・ここが人狼村・・・私こんなとこ始めてきましたよ!
あっ! よ、よろしくお願いします!」
萩原雪歩 さんが入場しました
萩原雪歩 「こ、こんばんはぁ…」
GM 「いらっしゃいませ!」
今井加奈 「あっ! よ、よろしくおねぎします!  ・・噛んじゃった」
GM 「お鍋の美味しい季節ですね」
萩原雪歩 「よろしくお願いします!
…何だか人が少ないですよね、最近…」
今井加奈 「そうですよねっ! 私はお鍋大好きです!
カニ・・・ブリ・・・うふふ!」
萩原雪歩 「私も、しゃぶしゃぶとか鴨鍋とかジンギスカンとか…お鍋料理は好きです」
GM 「ぐぬぬ・・・水曜村は女神との兼業なせいか人が来にくい傾向があったりするんですよね・・・」
萩原雪歩 「え…?女神村って確か隔週だったような…」
今井加奈 「あっ、私のメモ帳は水曜女神村って書いてあったの間違いじゃなかったんですね!
普通村でびっくりしたんです!」
GM 「隔週開催ですよ、前回女神・・・ですよね?あれ・・・?」
萩原雪歩 「先週と来週が女神村で、再来週が普通村で…っていう感じみたいです
女神の週に女神が必ず来るわけじゃない分、普通の方が多いことになりますね」
古明地こいし さんが入場しました
今井加奈 「隔週っと、メモメモ・・・うん、これで間違えません!」
萩原雪歩 「はい、そうです
ここ何週間か見てると女神村の方が1度少ないんですが
今はいつも通りのペースに戻っているはずで」
今井加奈 「あ、いらっしゃい!」
萩原雪歩 「こいしさん、こんばんはー。」
杉下右京 さんが入場しました
杉下右京
  /;;;;;:::ミヾ,゛..-、、,,..!l从ノノ''"゛゛ ミミニヽ                
  l;;;三ミミ゛     ゛        '三ミ',               
.  lニ=-‐ミ           ...:   ミミ::l                
  !三二';    ..     ....:::    "';::l                
  l-=ニ彡   ::        _.-‐=、 i/ヽ              いやはや、最近、朝晩の冷え込みが一段と
   !三彡'  _,=-;;_-..、   :::',,..ニ-‐-、 ',~il              
    'i,;'彡  '" __,,...二.,_::  i .ィ''t_テ` li"レ|               厳しくなって参りましたね。
   ,''-彡‐,_,'"、‐''t_ア> )‐=ヽ.__..,, ‐' .::iノ              
   ',ヽ~;"  ` ..__,,.. '   :::..   ...:: l'                皆さん、本日はどうかひとつ、よろしくお願い致します
    ヽ`、!、          ;;::';:.    |                 
     \`、     .'゛ '‐- .:''^  '、  !                 
      `-、    '    .:: __.、 i ,.'ヽ_              
.        ' 、   ;''-‐‐'' ~_ ' ' /  .〉\            
          \     ''~   ,. '  /   '、.,,          
       _,,...-''iト、ヽ、.., ___ _,,.. '   , '    i ゛' .、._         
    _,,. -r゛   |!. \  '';::/    /     |     ''‐- ..,_」
古明地こいし 「よいっとー ここに人狼がいるって聞いたんだけどー」
GM 「いらっしゃいませ!」
今井加奈 「こんばんわ! け、刑事さんですか!? 私何もやってないですぅ―!」
古畑任三郎 さんが入場しました
古明地こいし 「こたついいよねこたつ
お姉ちゃんずっと入ってたよ」
杉下右京 「どうやらこの村で人狼などという化物が暴れ回っていると
通報がありましてね? 私が自ら足を運ばせて頂いきました。」
古畑任三郎 「えー、今回、狼は三つのミスをしました」
萩原雪歩 「!?」
杉下右京 「いえそんな、すみません>今井さん
私は刑事なのは確かですが、何も犯罪を犯していない女性を逮捕したりはしませんよ」
古畑任三郎 「ひとつは、狼の初手囲い
これは狼がもっとすべきことではないと思えます」
今井加奈 「いいですよねこたつ! 田舎にいたときは使わなかったんですが、都会に出てきて潜りっぱなしですよ!
うう、何でこんな寒いんです?」
杉下右京 「おや、古畑さんですか。お噂は、かねがね>古畑さん」
GM 「いらっしゃいま・・・なんだこのメンツ!?」
古明地こいし 「警察さんに探偵さんかなーわくわく」
ジャック・O さんが入場しました
ジャック・O 「…こんなアイコンもあったのだな」
ゆきぽ さんが入場しました
古畑任三郎 「二つ目は、狩人目ではなく共有を三日目にかんだこと

これにより、釣り数がひとつと増えました」
ゆきぽ
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l     ぽー。
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
.  |,rヽ、   △  ,'⌒ヽ/: : : : : : :|
  ,フ| ̄二二二二二 ̄|ヾ ̄ ̄ ̄ヽ
..∠___|  |       .|  | ヽ___ヽ
    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |      .|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
杉下右京 「いえ、古畑さんも刑事ですよ?>こいしさん
私の先輩にあたりますね。私などよりも、余程すごい刑事さんですよ」
今井加奈 「よ、よろしくです?>古畑さん
よ、よかったです・・・改めてよろしくお願いしますね>杉下さん」
ジャック・O 「なんだか手前の二人が凄い雰囲気なのだか!!」
古畑任三郎 「三つ目、はそう」
古明地こいし 「私の部屋寒くってー」
古畑任三郎 「そう、私を疑ったことですよ」
ゆきぽ
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l     ぽー?
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
.  |,rヽ、   △  ,'⌒ヽ/: : : : : : :|
  ,フ| ̄二二二二二 ̄|ヾ ̄ ̄ ̄ヽ
..∠___|  |       .|  | ヽ___ヽ
    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |      .|」
古畑任三郎 「んぇー、・・・ご無沙汰しております>杉下右京」
杉下右京 「いえそんな、滅相もございません>ジャックさん

私などはそんへんにいる、ただの刑事ですよ」
今井加奈 「ふぇ!? 炉、ロボット!? 流石都会は凄いです! もうこんなロボットがいるなんて!」
古明地こいし 「あれれー>杉下さん
じゃあ警察さん2人だーすごーい」
萩原雪歩 「ふぇっ!?」
ゆきぽ 「          _____
        , <: : : : : : : : : : : > 、
      /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
      /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
      |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
      レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    ぽぉ~~♪>雪歩
.     / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
 ,^,> 、/: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
 { .}.    ̄ ̄ ̄二ニ)       /: : : : : : :|
 { .}   ム二7/‐--.r---一 'ム--─‐'"
 ',,ノ>´¨ ̄ ̄   ,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ
          / | .|  ヽ \  j
          |_,|  |   ヽ_ノ .ノ
.           }  |       /
            亡7 ̄ ̄てフ」
杉下右京 「恐縮です。こうして貴方と同村できるとは>古畑さん」
GM 「いらっしゃいませ!」
萩原雪歩 「よ、よろしくねゆきぽー。」
今井加奈 「お、お隣さんのそっくりさん?
・・・ずいぶん可愛いですけどー」
ゆきぽ 「        _ ,,,,_
    _,,.-''".::::::::::::::::::::::::゛ヽ、
   /::::::::::::;;|:::::::::::i::__:::::::::::::\
 ∠:/::::::::ノ |,:::::::,=|ヽ:i,:::::::::::ヽ::ヽ
  |::::::::/,r':::i ヘノ┌:::: ,,゛、:::::::i::::i
  |::::::/i:::::ノ    |:::::::::::>ヾ::::::|::::|   ぽ!(よろしくのポーズ)>雪歩
  /::::/::: ̄      ̄ ~:::/::::::::::::::|:
  |,::::ヽ、   ,   r‐x  /::::::::::::::::|
  !|__,,..-'r‐-..,,---ヘ| ヾ‐:::::::: _;;;|
       ̄゛'''''| .|! ヘノ‐‐,\ ̄
         / .|     | |
        ヽ、 ヽ     ノ
         〈ヽ人_r‐'/
           ~     ̄」
杉下右京 「亀山君にも、古畑さんに会わせたいものですが、今間の悪い事に
出張に行っておりましてね。 
ああ、亀山君というのは私の部下でして、私などを慕ってくれる、いい人ですよ」
ゆきぽ 「       _____
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : /-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ゝ.---┐    ぽぉ~?ぽー!>今井加奈
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/く    .|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ />   .|
.  | : ヽ、   △     //\ /
  |/. ` ‐--.r---γ⌒ヾ-─‐`'
        .,r',r'⌒ゝ、   )r、ィ
       ./   ノ `ー'゙  .j
       ゝ、_,イ       ノ
        .}  |       /
         亡7 ̄ ̄てフ」
古明地こいし 「あれ・・・・あれ?>雪歩 ゆきぽ」
古畑任三郎 「んぇー、人がなかなか集まりませんね、本スレで宣伝とかどうでしょうかー」
萩原雪歩 「うふふ♪元気そうでよかった。>ゆきぽ」
今井加奈 「わわっ!? かーわーいーいー!>ゆきぽちゃん」
ゆきぽ 「     O 。  _____
       , <: : : : : : : : : : : > 、
     /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ バッ
     /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
     |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l    ヽヽ
     レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: :〃 ̄ ̄7    ぽっぽっぽー>こいし
.    / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}:〃__/
   c /: /   ̄     ̄ ̄ /: : :〃: |
.    | : ヽ、   △      //¨) : : :| っ
    |/. ` ‐--.r---一/ /─‐'"
  バッ      ,ィ△∠l¨(__/、r、ィ
        / | .|       .j
 (( r===t==と_/|  |       ノ
.  L__」     }  |      /ヽ、
           亡7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
萩原雪歩 「事務所で飼ってるぷちどるの子たちの中の1人ですよ?>こいしさん」
ゆきぽ 「          _____
        , <: : : : : : : : : : : > 、
      /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
      /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
      |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
      レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    
.     / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|    ぽぉー♪>今井加奈
 ,^,> 、/: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
 { .}.    ̄ ̄ ̄二ニ)       /: : : : : : :|
 { .}   ム二7/‐--.r---一 'ム--─‐'"
 ',,ノ>´¨ ̄ ̄   ,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ
          / | .|  ヽ \  j
          |_,|  |   ヽ_ノ .ノ
.           }  |       /
            亡7 ̄ ̄てフ」
杉下右京 「丁度真紅鯖では普通村は建っておりませぬしね。宣言すれば
村に飢えたジャンキーと呼ばれる方々が、こぞって参る事でしょう」
ゆきぽ
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l     
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l      …ぽー
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
.  |,rヽ、   △  ,'⌒ヽ/: : : : : : :|
  ,フ| ̄二二二二二 ̄|ヾ ̄ ̄ ̄ヽ
..∠___|  |       .|  | ヽ___ヽ
    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |      .|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
今井加奈 「ぷちどる、って言うんですか?
都会の生きものって可愛いですねぇ」
古明地こいし 「>雪歩 ゆきぽ
.           __
           |/ ,.-‐──- 、.,
 O 。   く|   ./-──-- 、;;:`ヽ ヘ,_
    l> _,,...-‐'──-- 、..,,__ `゙'<._/ く
    ,.:'"´:::::::::::::::::::::_;;:    `"' 、 .\」〆
 オロ ヽ、__::>'"´ ̄  ´ ̄``'ー、   \  Y´     )
 ,..-‐  /            `ヽ、 `','´   -‐''
.(    / /  / ハ .ハ、       ';::::::〉   _ノ
   、ノ !  / /  ∨ ー-\    |イ      オロ
    >:'  /.イ       ● `'ァ  .!. | ./ ̄`ヽ o
゚  /   ∨! ●       "" ン ./ ! |   └ 、
  (⌒ヽ.   7''"   r‐- 、   <.,イ / ,'      |
    , -)  .人    、___ノ ι/   'V     _/
   / /    ヽ、. ___   イ 八___,..> ̄ ̄
  .|  |  ヽ  _;r<|___/| /   /
   ',  '、__.ノ∨´  | / ヽ/ ̄`>'、
   \   /  \ レ' 〈〉 __ / l`ヽ、___
     \  |    ,'ー―(~)r-‐'    !:::::/
      \|    |  〈〉`´ ヽ.  /:::\!
        /    .|       .|/:::::/ \
.      /     |  〈〉    \/」
杉下右京 「おや、これは可愛らしい>ゆきぽさん

このような動物……と言っていいかはわかりませんが、ともかく飼ってなさるとは
羨ましい限りです>雪歩さん」
古畑任三郎 「んぇー、ちょおと私は夜食を軽く作ってきます、
なんていうか、お湯をあたためて入れるだけなのですがね、
少し、席をはずします」
萩原雪歩 「都会というか、色んな場所から発見されてますね
みうらさん(あずささん型ぷちどる)はエジプトからだったり♪>こいしさん」
ゆきぽ 「       _____
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l    ぽー>杉下
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|  
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
.  |,rヽ、   △  ,'⌒ヽ/: : : : : : :|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
杉下右京 「おやおや>ゆきぽさん」
ゆきぽ 「     O 。  _____
       , <: : : : : : : : : : : > 、
     /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ バッ
     /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
     |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l    ヽヽ
     レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: :〃 ̄ ̄7    ぽっ!ぽっぽーぽー♪>こいし
.    / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}:〃__/
   c /: /   ̄     ̄ ̄ /: : :〃: |
.    | : ヽ、   △      //¨) : : :| っ
    |/. ` ‐--.r---一/ /─‐'"
  バッ      ,ィ△∠l¨(__/、r、ィ
        / | .|       .j
 (( r===t==と_/|  |       ノ
.  L__」     }  |      /ヽ、
           亡7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
今井加奈 「なるほどー!
私の田舎にもいるのかもしれませんね! うふふ、夢が広がります」
古明地こいし
              _,,... --─-...、,   r─-、
          .,..:'"´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!    >─┐
         /::::::::::::::_;;;::: --‐─- 、:;_:::|  /    |
        /:::;;:: ‐''"´__,,,... --‐─- 、</ /   _./
      __/´,,. ‐''"´ _./      ヽ   `"<,___」
    /::::::/´  //レ'| .ハ  /!z≧ミx      \:::::::\
   /::::::::::::'、  /!,イ≠ミ/ | /〃,テハ ヾ\.  i   |::::::::::::',      >雪歩
   '、;;:::::::::::::゙':イ〃灯ハ  .i /  {トzイ} !} !  |   ノ:::::::::;;ノ
     ''‐--ンi ヾ ヒ:zリ  ´  ゞ- '   |  !  (--‐'"        ぷちどるすごーい
     //  /⊂⊃          ⊂⊃ノ  !   `ヽ. f´⌒)
    / /   {              く   ',    ノ |  ι´⌒i
    j  {   >、    rー-、       /\_,..>  ./ |     ノ
    ヽ; '、 //. \   ー- '     ,.イ⌒V  ハ  !..,,_|__,,,,. -''"
    , -) V//ヾ{ > 、    _,. <、,.   / ノノ  .ノ
   //  ノ   r―<ノ_ ̄ _ /:::::::::::>‐'r‐ 、´  /」
ゆきぽ 「  すー  _____
○   , <: : : : : : : : : : : > 、
 O /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
   レイ: /  .i!ヘ|     .ヽ: : l: : l   ぽ……zzz……。
.  / |/ ニ三   三三ニ ノヽ}: : :|
.  /: /            /: : : : : :|
.  |,rヽ、   △  ,'⌒ヽ/: : : : : : :|
  ,フ| ̄二二二二二 ̄|ヾ ̄ ̄ ̄ヽ
..∠___|  |       .|  | ヽ___ヽ
    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |      .|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
杉下右京 「亀山君もこのように可愛らしければ……いえ、詮無き事を言ってしまいましたね」
ゆきぽ
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    (哀れみのポーズ)>杉下
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
.  | : ヽ、   △      /: : : : : : :|
  |/. ` ‐--.r---一 'ム--─‐'"__
        .,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ'T:::::} ',:::',ヽ
       / | .|  ヽ \  j }:::::} ';::::',ハ
       |_,|  |   ヽ_ノ .ノ }:::::} .}:::::} .}
        .}  |       / /:::/ /::::/./
         亡7 ̄ ̄てフヽ、ムム_ムム'゙」
萩原雪歩 「ゆきぽは確か真美ちゃんが拾ってきてくれたぷちどるで
ぷちどる達の中で一番最初に来た子なんです>今井さん
あふぅ(美希ちゃん型ぷちどる)ちゃんも確か亜美ちゃんが拾ってきてくれてて。

すごいですよー、色んな能力を持っていて>こいしさん」
古明地こいし 「>ゆきぽ

    |     /::::::::::::::::::::__ / ⌒マr─‐ 、::::::::::::::::::::\
    |    /:::::::::::::::::::::/             ヽ::::::::::::::::::::
    |     {::::::::::__/    / /   \      \::::::::::::::
    |    、:::::::::ヽ__/    ̄/ ,イ   {   ̄     |:::::::::::::
    ∧    \::::::::/    l/ |  ∧   ノ   | |:::::::::::::
    ∧      \_l  /  /7フl从 |7フlヽ l  Ⅵイ:::::::::::::
     ∧       ヽ l  {ヽ{_ ノ  ヽ|{_ノ// 人 \!::::::::/
      \     ノイ) 、ゝ:::::       :::::::/イ   ̄ 7/
   \   \ __    ノ从 {           / ノ l/  「
      ‐-  \\    />r‐-  r´ .ァ7  / |   {
    し.     ヽ二 ⌒ト、   /  |  /」//  {  |   二ニ'
    __    /´ 」:::ト、/   〈/l/ l/   ハ    ヽ
   ̄   /   人 {:::::::l(    } 〈〉 )人 、从 l     l
     /  / >‐r':::::/ {  人{_,    )'  ヽ )( l   (  ーァ
        /ぎ }::「::::::/   `( | \\__, ´ ̄ ヽ.  l   } ̄ ̄
      /l ゅ<::」::::::|      |    ー┤ ー‐ ' }__\ノ_, -‐-、
        | っ L:::::/      |  〈〉  ゝ - 'ー──<⌒ヽヽ」
萩原雪歩 「あ。そうだね 冬が近づいてきたからしっぽが生えたんだ…>ゆきぽ」
杉下右京 「おやおや? 古畑さんはインスタントをお召し上がりで?
いけませんよ、食生活の管理は健康に直結しますからね。
あまりオススメはできかねますねぇ>古畑さん」
ゆきぽ 「  -っ○
 ιゝヽ あ ⌒ー'゙⌒ー-
          _____
        , <: : : : : : : : : : : > 、
      /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
      /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
      |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
      レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    ぽぉ~~~~~♪>こいし
.     / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
 ,^,> 、/: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
 { .}.    ̄ ̄ ̄二ニ)       /: : : : : : :|
 { .}   ム二7/‐--.r---一 'ム--─‐'"
 ',,ノ>´¨ ̄ ̄__,.△∠l¨, -、ヽ
       O─(__/ |r "¨ /  ヽ
 トン   ((     / /ゝ--'゙   ヽ
. トン    i=ニ二二O=i__/\__〉
.      |_____|   ̄ ̄
杉下右京 「おやおや、可愛らしい子に慰められてしまいましたね。
いやはや、面目ない事です>ゆきぽさん」
ゆきぽ
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l    ぽ!(寒さ対策)>雪歩
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
.  | : ヽ、   △      /: : : : : : :|
  |/. ` ‐--.r---一 'ム--─‐'"__
        .,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ'T:::::} ',:::',ヽ
       / | .|  ヽ \  j }:::::} ';::::',ハ
       |_,|  |   ヽ_ノ .ノ }:::::} .}:::::} .}
        .}  |       / /:::/ /::::/./
         亡7 ̄ ̄てフヽ、ムム_ムム'゙
今井加奈 「ちっちゃいのに凄いんですね!
いいなぁ、私も頑張らないと!」
古明地こいし
            , '"::::::::::::::::::::::::::|   ハー、, '"i
  (⌒⌒)   /_ - '" ̄"ー― テ  :::::::ト._メ  /
   `γ'   r;"=-― '"ー-― "''ヽ_,, >´`f::::  /
       /_ -ァ- ー ' "" ̄ "テヌー ‐- _:::::::\_l3
     , ' "::::/        i l ヽ     "' 弋::_::\
   <::::::::::/  ,'     i  /ヌート、  i    '、:"'\\
     ` メ  /   ァーノl ノリ   ハ  /     )::::::::::\` 、
      ヽ  |   /_ム.レ   ヌーァl  |      ハ::::::::::::::::::リ
       )へ `、 /メlヽr!   トuノリ人 !  i  | i_.. -‐ '"
            )' i/  ヽ"     ""ハ / `  )  i ノ
          /   人  n   /  ト  /ハヽ、(         >ゆきぽ
         ( !    `.ノノ iイハ i 人ヘ(レ' ` 、∧
          )'ー、>'´ ハrテ ' >ヘ( \     )        (わくわく
            /´  `=ァ/i/ ::: :::  ヽ,     _
      , ‐- 、 _r ̄トへ< /   ::::∠ -‐γ/   , '" ハ
    /    ' ,\i::::::__リノ |    |  ::::  メ-‐ "   /.i
    |     ヽフレ' "'弋   ノ_ :::::  /      /.:/
.     |      /:::| :::::::: `<:/ー 'マリ_     /::/
     l     (   \ ::::::  `ヽ   、::>  ``、、//
     ヽ    人_. -ゝ     ト uト´     /.X」
ゆきぽ 「         _____
       , <: : : : : : : : : : : > 、
     /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
     /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
     |: : : /-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
     レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : l
 じ  ./ |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|    (お茶でも飲んで元気出してくださいのポーズ)>杉下
  ゃ /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
 │ .| : ヽ、 ._ △_   /: : : : : : :|
    |/. `(_)--(_`ヽ'ム--─‐'"
    , < ̄` ー--一 '¨'l'゙ヽ
    {________|  ヾ¨`ヽ
     |il| |         |      )
     |il| |         |     /
     |il| |         | ̄てフ
  . l ̄ ̄l         | ̄ ̄ ̄ ̄'|
  . L__,」‐────一'────┘
キョン子 さんが入場しました
ゆきぽ 「          _____
        , <: : : : : : : : : : : > 、
      /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
      /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
      |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
      レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    
.     / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|    ぽぉー♪
 ,^,> 、/: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
 { .}.    ̄ ̄ ̄二ニ)       /: : : : : : :|   ぽっぽっぽー♪
 { .}   ム二7/‐--.r---一 'ム--─‐'"
 ',,ノ>´¨ ̄ ̄   ,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ     ぽぽぽっぽー♪>こいし
          / | .|  ヽ \  j
          |_,|  |   ヽ_ノ .ノ
.           }  |       /
            亡7 ̄ ̄てフ
キョン子 「よっろしくぅ」
古明地こいし
            __
        ,.::''":::::::::::::::::::`"'::.,. ∧.,、
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/ }
     ,::-‐__ノ´  ´`´ `ヽヘヘ_ー::,,!
   ...:''´:::/´            `ト;::`゙丶、
  (:::::::::::ソ /             {::::::::::::)
   `"'ー}, )   ナノノ  )ノヽ、ヽ 人-‐'"
      ノノ .リ,ィ;=ミ jノノ.r;=ミxY )∫))
      彡ノハ〈::_:}   {:_::}八{メ (_
       (( 小 "   '   "( .ノ _)'"("'Y'")     >雪歩
       )ノハノ>- /)  イ)ノ Y   .ヽ /
        (/: : {L/、`Yヘ_l}: :ヽ_,,./)       能力ー?何かできるのー?
         〈: : : : !::::::`ヽ!く : : : /:〉  /
        /: ノ : |:::::::::::::\): : :{: :{./
        ∨: : ノ`'ヽ、::::::ハ__ :!: :i
        〈 /: : : : :\/___::Y : |
         | /: : : : : : :/、::;;ノ : : |
         ∧: : : : : : :/ : : : ll : : :|」
杉下右京 「おや、よろしくお願い致しますよ>キョン子さん」
黒タイツの人 さんが入場しました
ゆきぽ 「        _ ,,,,_
    _,,.-''".::::::::::::::::::::::::゛ヽ、
   /::::::::::::;;|:::::::::::i::__:::::::::::::\
 ∠:/::::::::ノ |,:::::::,=|ヽ:i,:::::::::::ヽ::ヽ
  |::::::::/,r':::i ヘノ┌:::: ,,゛、:::::::i::::i
  |::::::/i:::::ノ    |:::::::::::>ヾ::::::|::::|   ぽー!(よろしくのポーズ)>キョン子
  /::::/::: ̄      ̄ ~:::/::::::::::::::|:
  |,::::ヽ、   ,   r‐x  /::::::::::::::::|
  !|__,,..-'r‐-..,,---ヘ| ヾ‐:::::::: _;;;|
       ̄゛'''''| .|! ヘノ‐‐,\ ̄
         / .|     | |
        ヽ、 ヽ     ノ
         〈ヽ人_r‐'/
           ~     ̄」
今井加奈 「いらっしゃい! よろしくお願いしますねっ!>キョン子さん」
メイド さんが入場しました
でっていう さんが入場しました
でっていう 「でっていうwwww」
杉下右京 「今日は特に冷え込みますしね。ありがたくいただくことにしましょう。
ありがとうございます>ゆきぽさん」
黒タイツの人
              ______
           /::::::::::::::::::::::::丶
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
        r ⌒:::::::::r‐‐‐ 、:::、:::::;::::::::,'
        i:::::::´::::::::::ー―゚′::`:r --v
         ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ゚ー/
         >:::::::::::::::__:::::::::::::::::__>リ
        /::::ヽ:::::::::::::‐--- 、::::::/
       ./::::::::::::ヽ:::::::::`  ̄´:::::/      ククク・・・よろしくだぜ
       人:::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::/
  _____/::::::i:::::::::::::::::::\::::::::::::/
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー<´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::::::/::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー 、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\」
今井加奈 「は、犯人ですよ!? あからさまに怪しい人です!?」
ゆきぽ 「        _ ,,,,_
    _,,.-''".::::::::::::::::::::::::゛ヽ、
   /::::::::::::;;|:::::::::::i::__:::::::::::::\
 ∠:/::::::::ノ |,:::::::,=|ヽ:i,:::::::::::ヽ::ヽ
  |::::::::/,r':::i ヘノ┌:::: ,,゛、:::::::i::::i
  |::::::/i:::::ノ    |:::::::::::>ヾ::::::|::::|   ぽー!(よろしくのポーズ2)>黒タイツの人、メイド
  /::::/::: ̄      ̄ ~:::/::::::::::::::|:
  |,::::ヽ、   ,   r‐x  /::::::::::::::::|
  !|__,,..-'r‐-..,,---ヘ| ヾ‐:::::::: _;;;|
       ̄゛'''''| .|! ヘノ‐‐,\ ̄
         / .|     | |
        ヽ、 ヽ     ノ
         〈ヽ人_r‐'/
古明地こいし
                  _,.- ‐‐- ...,,__
    /\          /::::::::::::::::::::::::::::::"'- 、
   /ぼ  ヽ       /::::::._,.-┴"⌒ー'^ヽ::::::::`、       口
    \ う  ヽ    .〈::::::/    /    l´``、::::\/`>‐、     口
      ヽ し  l     \/ ̄  , イ    |   \::::丶!   〉
       ヽ   l      レi  /  | ト、  /∧    ヽ:::::::ヽ./
       └-γヽ   /ム/  ● レ |/V  l    |:::::::::〉 /⌒ヽ‐、
          !  〉、/ ⊂⊃  ___ ● |∧   |:::/ `、    ノ
              ヽノ::::.\.レ |   |    |  ⊂⊃ヘ /    ∧_/    >ゆきぽ
               ヽ丿  \ \   、__ノ   /  V    ノ /`l
              ヽ    \_二l  ,==-.ノ_,.ィ / _,.∠..f'´  l     もっともっと~
               \   ,リ|:::::ハ:::::::/.{ー─´‐'´  {::::{__,./
                \/   <>  __ /     _,. -‐'"´
                  /   .<> ( ~).|_,.-‐' " /
                   l   <>  .`´ヽ.{    /
                ノ   l   ヽ」
杉下右京 「ようこそ。よろしくお願いいたしますよ」
ゆきぽ 「       _____
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    ぽー?>緑色の変なの
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
.  | : ヽ、   △      /: : : : : : :|
  |/. ` ‐--.r---一 'ム--─‐'"
        .,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ
       / | .|  ヽ \  j
       |_,|  |   ヽ_ノ .ノ
        .}  |       /
         亡7 ̄ ̄てフ」
でっていう 「アイコン的に杉下右京だなっていうwwww>ゆきぽ」
イリーナ さんが入場しました
輿水幸子 さんが入場しました
杉下右京 「なんと……明らかに怪しすぎて職務質問すら躊躇われる……!>黒タイツさん」
萩原雪歩 「あ。こんばんはー…>来られた方々」
真犯人 さんが入場しました
今井加奈 「あ、よろしくですよ?>犯人の人 メイドさん でっていうさん」
イリーナ 「よろしくおねがいします!」
古明地こいし
            ...,,----: : .,, ∧
          ,,<:::::::::::::::::::::::〃 ヽ
        r'≦:::::::::::::::::::::::::::::,'   i:、
    : : : ==ニ'"'":ニニ:::::-:: 、{  、 }::゙、  _ __
 r''::::::::::::::::::::,.:・''" : : : : :`゛丶: .`'ヽ、:{~}'"~    ヽ
 'i、::::::::::::::.イ: : :/ :/: : : : : : :`゙'‐.::::: ヾ     ,ノ
  ';:::::::::::::(: :}: :λ: /: : : : : : : :〉: :}: : :゙':、;;丶   /
.  ':;::::::::::::):ノ: ,i,:ィ={: : : : : ノi,人 人 λ: :\ 、 r''´
   ヾ::::::彡 ハ{"{ :: i、 : ト,/ん.ヾミ"'": :T'''~ : !ヾヽ      こりゃこりゃごちゃっときたわね
    \:::;' ゞt ':,,,ノ ヽ:} { ::: ノ'゙: : : : :! : : :ノ:::::`、':、
      ゛i ノ :ヽ     _  'ー(r~ : :ノ: : :/::::::::::::ヽ',
     .ノへ,,、`:'::-,、 _,..(: : :人( : : :〈::::::::::::::::::゙、
         ゙vr'".::(,イ"^゚i、).,ィ :ノ: : : 、:ヽ:::::::::::::::::〉」
輿水幸子 「話は聞かせていただきました!
つまり皆さんカワイイボクが大好きなんですね!」
ゆきぽ 「     O 。  _____
       , <: : : : : : : : : : : > 、
     /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ バッ
     /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
     |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l    ヽヽ
     レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: :〃 ̄ ̄7    ぽぉぉー♪
.    / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}:〃__/
   c /: /   ̄     ̄ ̄ /: : :〃: |      ぽっぽっぽー…(息切れ中)>こいし
.    | : ヽ、   △      //¨) : : :| っ
    |/. ` ‐--.r---一/ /─‐'"
  バッ      ,ィ△∠l¨(__/、r、ィ
        / | .|       .j
 (( r===t==と_/|  |       ノ
.  L__」     }  |      /ヽ、
           亡7 ̄ ̄」
真犯人 「おっと、危ないところだった」
黒タイツの人
            _________
         , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::/
  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ハ,'iヽ
`ヽ ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   y::,'::/
::::::/:ヽ::::::::::::::::::::::::::; _______::::::::::::::::ヽ___/:::レ′
:::::',:::::::\:::::::::::::::< __    _>‐´::::::::::::::、::::::::::/     (怪しい人・・・?一体誰だ・・・?俺はまだ怪しまれてはいないはず・・・)
:::::::i::::::::::{:::::::::::::::::::::::` ̄´::::::::::::::::::::::::::::\:::::,'
:::::::::`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>∧
::::::::::::::::\__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::\
::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::\__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄ ̄´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i」
杉下右京 「私がどうかいたしましたか?>でっていうさん」
萩原雪歩 「1分ほど離席しますね…」
ジャック・O 「うむ?ちょっと目を離してたら15にまで増えていたか」
キョン子 「少人数支援のつもりだったが、埋まってしまいそうだな
とても良い事だ」
杉下右京 「よろしくお願い致しますよ。どうかお手柔らかに」
メイド 「よろしくお願い致しますね」
初音ミク さんが入場しました
真犯人 「なんでも犯人役が欲しいそうなので、応募してみました。」
初音ミク 「よろしくねー」
でっていう 「腹出せよwwwwなあwwww輿水だwwww輿水だろ?wwwwなあ輿水だろお前っていうwwww」
はり さんが入場しました
ゆきぽ 「          _____
        , <: : : : : : : : : : : > 、
      /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
      /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
      |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
      レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    
.     / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|    ぽぉー♪>イリーナ、輿水、真犯人。初音
 ,^,> 、/: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
 { .}.    ̄ ̄ ̄二ニ)       /: : : : : : :|   ぽっぽっぽー♪
 { .}   ム二7/‐--.r---一 'ム--─‐'"
 ',,ノ>´¨ ̄ ̄   ,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ     
          / | .|  ヽ \  j
          |_,|  |   ヽ_ノ .ノ
.           }  |       /
            亡7 ̄ ̄てフ
古畑任三郎 「おやおや、夜食を用意している間に、どうにも事件がおきそうな村になりましたね」
GM 「あっ、GMでこの状態から村変えられるようになってる・・・」
杉下右京 「これはこれは。ご丁寧にどうも>真犯人さん」
黒タイツの人
           , -- ‐‐ ‐‐ ― -- - 、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ___::::::::::::::::::::::::::',
       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    `ヽ::::::::::::::::::i__
     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::: /0     /::::::::::::::/:::::ヽ    (馬鹿な・・・!真犯人がいただと・・・!)
     ',::::::; ‐ 、 :::::::::::::::::ヽ     /:::::::::::::::;:::::::::::::',
      ',::,'  0ヽ:::::::::::::::::::::`ー一´::::::::::::::::::::::::::::::/
      i:ヽ   ,'::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ___, --- ‐‐‐‐‐‐‐v- ‐‐‐‐‐‐‐‐
      ハ:::`ー´::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ',::ヽ::::::::::′:::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::y´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ',:::::ヽ:::::::::::::::::::, イ二 `ヽ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ヽ::::::',::::::::::<_/}     ∧::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         `ヽ',::::::::::::ヽ ハ   ,/ i::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           `ヽ::::::::::::Vー一′ノ:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            /::\:::::::`ー‐‐´:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ',:::::::::`ヽ:::::::::::::::::__/:ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ',::::::::::::::`ー一 ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::」
はり 「おや入れた」
古明地こいし
             ,. -―‐- .,_  ,ィ ,、
            ,;;'゙;;;;;;_;;;;;;;_;;;;;;;`V//
            /-‐_',_'´`ヽ/`ヽ;;";~;ヽ.
         ,;;'"´;;:r,'γ⌒`'⌒ヽーヽ;;;;;;ノ_
   ((  ,ヘ,. 弋ゞ.( ノ.コ.イシλレ'.レソメ.人/ | ))
       '、 ソ;;ク〈/,レi ○   ○ λ/,;;;\ゝ      >ゆきぽ
       /;;;/ ノ'レル""r-‐¬""イ/  ヾ;;;ノ
       \   ソゞゝヽ、__,ノ_ノ/   /        フレーフレー
         `ヽ.  /ゞ_/〈〉ヽ__ス  /
.           弋!i|   〈〉`Θ´i_ノ´
.             ノ___〈〉__λ´
.            く__ハ、___ゞ
.            /: :`: : : : : : :.:ヽ,
.          /: :/: : : : : : ノ:ヽ: :.:\」
初音ミク 「これは黒服二人きっと村ですね」
今井加奈 「これは殺人事件が起こっちゃいますね!」
ゆきぽ 「       _____
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : /-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ゝ.---┐        ぽー!>はり
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/く    .|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ />   .|
.  | : ヽ、   △     //\ /
  |/. ` ‐--.r---γ⌒ヾ-─‐`'
        .,r',r'⌒ゝ、   )r、ィ
       ./   ノ `ー'゙  .j
       ゝ、_,イ       ノ
        .}  |       /
         亡7 ̄ ̄てフ」
でっていう 「雛苺鯖みたいなシステムなんかね?っていうwwww>GM」
古畑任三郎 「犯人に、推理者にはかかさないアイドルをいますしね」
杉下右京 「それは便利ですねぇ。
日々進化していくのですね。真紅鯖にある発言アイコンもそうですし>GMさん」
萩原雪歩 「すみません、戻りましたぁ…」
ゆきぽ 「     O 。  _____
       , <: : : : : : : : : : : > 、
     /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ バッ
     /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
     |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l    ヽヽ
     レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: :〃 ̄ ̄7   ぽっぽっぽっぽっぽっぽーーー>こいし
.    / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}:〃__/
   c /: /   ̄     ̄ ̄ /: : :〃: |      ぽっぽっぽー…ぽ!
.    | : ヽ、   △      //¨) : : :| っ
    |/. ` ‐--.r---一/ /─‐'"
  バッ      ,ィ△∠l¨(__/、r、ィ
        / | .|       .j
 (( r===t==と_/|  |       ノ
.  L__」     }  |      /ヽ、
           亡7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
イリーナ 「黒タイツと真犯人の二人から邪悪な香りがします!
ここはファリス式取り調べをするところですね!」
GM 「システム:村のオプションを変更しました。」
真犯人 「幸子、宇宙(そら)へ…」
今井加奈 「ちなみに私のメモによると先日市場にも導入されたみたいですよ?>アイコン表示」
GM 「こうやってサブタイトルの!を増やせたりします(キリ」
杉下右京 「システムメッセージが流れていますねえ>GMさん」
真犯人 「さぁ、犯人を捜そうじゃないか!」
ジャック・O 「ほう?立てた後でオプションの変更ができるのか」
でっていう 「オプション変更すると投票がリセットされるようだなっていうwwww」
キョン子 「何か変わったか?
システム変更すると、投票がリセットされるからあんまり乱発はせんほうがいいぞ」
ゆきぽ 「        _ ,,,,_
    _,,.-''".::::::::::::::::::::::::゛ヽ、
   /::::::::::::;;|:::::::::::i::__:::::::::::::\
 ∠:/::::::::ノ |,:::::::,=|ヽ:i,:::::::::::ヽ::ヽ
  |::::::::/,r':::i ヘノ┌:::: ,,゛、:::::::i::::i    ぽ?(開始投票がかいじょされました?)
  |::::::/i:::::ノ    |:::::::::::>ヾ::::::|::::|   
  /::::/::: ̄      ̄ ~:::/::::::::::::::|:
  |,::::ヽ、   ,   r‐x  /::::::::::::::::|
  !|__,,..-'r‐-..,,---ヘ| ヾ‐:::::::: _;;;|
       ̄゛'''''| .|! ヘノ‐‐,\ ̄
         / .|     | |
        ヽ、 ヽ     ノ
         〈ヽ人_r‐'/」
イリーナ 「ゆきぽちゃんは雪歩さんのアルラウネなんでしょうか??」
古明地こいし
             ,. -―‐- .,_  ,ィ ,、
            ,;;'゙;;;;;;_;;;;;;;_;;;;;;;`V//
            /-‐_',_'´`ヽ/`ヽ;;";~;ヽ.
         ,;;'"´;;:r,'γ⌒`'⌒ヽーヽ;;;;;;ノ_
   ((  ,ヘ,. 弋ゞ.( ノ.コ.イシλレ'.レソメ.人/ | ))
       '、 ソ;;ク〈/,レi ○   ○ λ/,;;;\ゝ
       /;;;/ ノ'レル""r-‐¬""イ/  ヾ;;;ノ    >ゆきぽ
       \   ソゞゝヽ、__,ノ_ノ/   /
         `ヽ.  /ゞ_/〈〉ヽ__ス  /       わわわー(きゃっきゃきゃっきゃ)
.           弋!i|   〈〉`Θ´i_ノ´
.             ノ___〈〉__λ´
.            く__ハ、___ゞ
.            /: :`: : : : : : :.:ヽ,
.          /: :/: : : : : : ノ:ヽ: :.:\」
キョン子 「たいした手間ではないがな」
杉下右京 「おや本当ですね。まあ誤投票を防ぐ為ですかね>でっていうさん」
黒タイツの人 「俺にはアリバイがある!そこの真犯人ってやつと一緒にいた!」
GM 「おうふ・・・すみませぬ・・・
出来心だったんです許してくださいなんでもしますから!」
真犯人 「>でっていう 幸子は腹パンよりもヘリから落とした方がおもしろいぞ」
ゆきぽ 「     O 。  _____
       , <: : : : : : : : : : : > 、
     /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ バッ
     /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
     |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l    ヽヽ
     レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: :〃 ̄ ̄7   ぽっー♪(あくしゅ)>こいし
.    / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}:〃__/
   c /: /   ̄     ̄ ̄ /: : :〃: |     
.    | : ヽ、   △      //¨) : : :| っ
    |/. ` ‐--.r---一/ /─‐'"
  バッ      ,ィ△∠l¨(__/、r、ィ
        / | .|       .j
 (( r===t==と_/|  |       ノ
.  L__」     }  |      /ヽ、
           亡7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
古畑任三郎 「んえー、遺言は事件前日に鹿の越せないので、ぜひとも、今のうちに
暖めておいたネタを開放してください」
杉下右京 「では一番いい配役を……>GMさん」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 三浦GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 736 (アニマス・三浦あずさ01)」
今井加奈 「胃にやさしい配役をください>GM」
黒タイツの人 「(出来心か・・・俺も初犯はそうだったな・・・」
キョン子 「入ったときのオプションと違う村になったら、遠慮するという人も居るだろうからな
あとは、GMが開始直前に普通村を鍋にしてそのまま開始なんて事にならない為の予防措置」
古明地こいし
     /´ ̄ヽ'⌒ヽ
     '、 <O> /
      \   /  __
       \,/  |/
     く|       ,. -‐──- 、.,     ト 、,
   l>     /-──-- 、;;::_:::`ヽ /  `!-─ァ
     _,,... -‐'───-- 、..,,__ `゙'<._  /   〈
  ,.:'"´:::::::::::::::::::::_;;: '"´ ̄   `"' 、 \」 / _」
  ヽ、__::>'"´ ̄    /     !     \ Y´ ̄
    7         ,'     ,ハ-‐    ∨`ヽ.
    l     ,  ‐!‐.! !  ./ _」_   ノ   |::::::::::)
  、_ノ    ./  ,ハ_」/| / '´;'´ハY     ├ ''" , '⌒ヽ.
   `>  |  7´;'´ハ レ'   弋__ソイ    八  l    '⌒ヽ
  /    .l 八弋_り  .    ⊂⊃  .,'  )  ヽ、    ノ    >ゆきぽ
  (⌒ヽ.   ∨⊂⊃   __ ノ  |    !  (    ',  /
    , -)    八          ,.イ \_,.> `ヽ.   !/      握手ー?いいよー(ぎゅっ
   / /  /   |`7ァ=‐-rァ  レ'、,⌒V     ノ  /|
  .|  |      ./しイ_>'/ /:::::::`>ァ、   / /) |
   ',  '、__.ノ´∨ `ア7::::/ `'|::::::::://   Y !`V  レ'´)
   \ r/´i/) / 、レヘ'〈〉 !::;:イ/  ,.. -ト、l  `ヽ  'つ
     r'7ーr'-、'つ /  `メγ ⌒ヽ._/  「:八_   _,ァ'
     |/-┴、:::`ンv'  〈〉 .l ー~ l'   /!::|   'ア´::|
    /|     \_7     .ゝ、_ノ! '7´ .|-|  ./::/::,'
  / ,|       /!、 〈〉    _,,.〈`l.   |:7 /::/::/」
古畑任三郎 「んえー、メイドさん、なぜ、あなたは。んぇー
奥様がこの日にいらっしゃらないとご存知だったのですか>>メイド」
はり 「はり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:はり → 日向創P
アイコン:No. 5 (赤) → No. 1065 (日向創)」
萩原雪歩 「あ、あずささんがGMさんだったんですね!
よろしくお願いします、あずささん♪」
日向創P 「よし、と」
ゆきぽ 「        _ ,,,,_
    _,,.-''".::::::::::::::::::::::::゛ヽ、
   /::::::::::::;;|:::::::::::i::__:::::::::::::\
 ∠:/::::::::ノ |,:::::::,=|ヽ:i,:::::::::::ヽ::ヽ
  |::::::::/,r':::i ヘノ┌:::: ,,゛、:::::::i::::i    
  |::::::/i:::::ノ    |:::::::::::>ヾ::::::|::::|      ぽー♡>こいし
  /::::/::: ̄      ̄ ~:::/::::::::::::::|:
  |,::::ヽ、   ,   r‐x  /::::::::::::::::|
  !|__,,..-'r‐-..,,---ヘ| ヾ‐:::::::: _;;;|
       ̄゛'''''| .|! ヘノ‐‐,\ ̄
         / .|     | |
        ヽ、 ヽ     ノ
         〈ヽ人_r‐'/
           ~     ̄」
杉下右京
  /;;;;;:::ミヾ,゛..-、、,,..!l从ノノ''"゛゛ ミミニヽ                
  l;;;三ミミ゛     ゛        '三ミ',               
.  lニ=-‐ミ           ...:   ミミ::l                
  !三二';    ..     ....:::    "';::l                
  l-=ニ彡   ::        _.-‐=、 i/ヽ              さて、埋まった事ですし、改めてみなさん、よろしくお願い致しますね
   !三彡'  _,=-;;_-..、   :::',,..ニ-‐-、 ',~il              
    'i,;'彡  '" __,,...二.,_::  i .ィ''t_テ` li"レ|               寒暖差が激しい季節ではありますが、
   ,''-彡‐,_,'"、‐''t_ア> )‐=ヽ.__..,, ‐' .::iノ              
   ',ヽ~;"  ` ..__,,.. '   :::..   ...:: l'                皆さんも風邪など引かぬよう、健康にお気をつけ下さい
    ヽ`、!、          ;;::';:.    |                 
     \`、     .'゛ '‐- .:''^  '、  !                 
      `-、    '    .:: __.、 i ,.'ヽ_              
.        ' 、   ;''-‐‐'' ~_ ' ' /  .〉\            
          \     ''~   ,. '  /   '、.,,          
       _,,...-''iト、ヽ、.., ___ _,,.. '   , '    i ゛' .、._         
    _,,. -r゛   |!. \  '';::/    /     |     ''‐- ..,_」
真犯人 「火曜サスペンス始まるよ!」
ジャック・O 「…水曜日ではないだろうか」
萩原雪歩 「はい、始めていきましょう!」
今井加奈 「そ、それじゃ!カウント行きますねっ!」
今井加奈 「5」
でっていう 「さあwwww上wwげwwてwwいwwこwwうwwぜwwww」
今井加奈 「4」
ゆきぽ 「                      ト、                          |       }     /_
                       /  \                    ヽ、   _/ ̄`ヽ、 /   \
                          {    `ヽ                  /´`ヽ、 |{      }     /
                        \    /                 /      ヾ、    ノ_   /
                       \l/                     \   r'  `‐‐‐‐´   ヽ´
                            ´                     `‐‐┤      l     |
                                                 \    人     /
                                                    `‐‐´  `ヽ、/
                                _______
                 / ̄〉             .  ´  :. :. :. :. :. :. :. :. :`  、
                `Y´               , ´                   :. :. :.`ヽ、      /|
                        /    :. :. :/:. :. :. :. :|.:. :.       : \    ├┘
     /\               /    . :. :. : /|:. :. :. :. :. ト、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ
    ___/   ヽ_              / /   :. : |:. :./' | :. :. :. :. :.| \:. :\. :. :. :. :. :. :.ト、
    |__{     〉 |           /  ,イ  . :. :. :|: /  |:. :. :. :. :./ =-─‐-、\| :. :. :. :. |:.:',
 _/  >‐v´ ̄`〈           /:.//  . :. :. :._j斗-‐十:. :. :. /     \ :. ヽ :. :. :. :|:. .',    (荒ぶる開始前のポーズ)
 ヽ  {   }    ヽ          |/  | :. :. :. :|´ハ:.:|   ヽ:. : /   ___`‐-|:. :| :. : ´:. :',
  \_, ゝ‐<_   ,∠_        l|   |:. :. :. : ∧| ハl_ -┐ `v´    ´|::::::::::::::`ヽ,|:.:.:|:. :. :. :\ヽ
   /     |` ̄/ ̄ ̄´       |   |:. :. :. : | _/:::::::::|        |:::::::::::::::::__}|: ∧:. :. :. :. ト、|
   ヽ  / ̄´              ∧:. :ヽ:. |〈:::::::::::::::r'        ̄ ̄ ̄`´ レ' | 〉 :. :. :. |
    `v´                | :.ヽ :. ト、| \__/            xxx   レ| :. :. :.,イ           / ̄`ヽ
                     |:. :. :. : |ハ\ xxx       ( ヽ          /: |:. :. :/l |         /   /
                      |:.l:. :. :. ヽ、}´                 r'7 /__/ :./ l|        │  /
                      |:.| :. :. ヽ:Vヽ     _           / /<\/:/             ` ̄´
                      |:.ト、:. :. :.\\>‐--\`ヽ、--- -r´ヽ〈;; ;; ;;;イ´
                      |/ ∨ ̄ ̄\|   /;; ;\〃:::》_《リ;;;__>;; ;/
            /`l            ___     \;; ;;/`;; ;| ̄ ̄ヽ、_/::\
              /   }              |   `Y´ ̄`l____,<´    /ヽ:: :: ::|
              \__ノ             ヽ、___r'く    |〈:: :: ヽゝ---´:: :: :: :: : ノ
           /                  /  ヽ_ノ‐‐< \ :: :: :: :: :: :: :: :: :X´ヽ
                               |___人   /   \:: :: ____/  ̄
                                    ̄        ̄`ヽ_}
真犯人 「大丈夫だ、四条鯖の建て主が曜日を間違えてタイトルつける確率は150%だ」
今井加奈 「3」
古明地こいし
                     __,,,,...........,,,,__
                 ,,.. -''"´:::::::::::::::::::::::ヽノソi
                ,'´:::::_,.-‐'' " ̄`‐-:、>'´ !
               /<'.. -‐'' "´ ̄ ̄`""'' ー--'、
            ,::'"´:::::::::;;;:r,'γ⌒`'⌒ヽーヽ_:::::::::::`ヽ.
           〈:::::::::::; _丿⌒'          ト々;:::::::::;〉
            ヽ、::;i´r  /       ハ 人 ヽ, ヘ;:::;ノ
              r'´>、 ノ〈  i ,ィヽ八,,、ノ'レ- ルi ハ〉 ハ ,ノfヽ
             ヽf;::「〈 / ,ヘレ'!.ヒ__ri   ヒ__ri)| /人〈/|::r'丿
               {:::|ノ'レ',/ .i⊃  __  ⊂i イr!/ ` ノ:f´    >ゆきぽ
.             `;::| 〈´Y 人  ヽ、 ノ  イ.ハノ   |::r'
.            );i  ) .i´ Y>.、.,____,,,..イイシ'´    i;ノ     グリコー!
            ´\     |   {L,ハ_」}  |    /`
                 \   \ `^〈〉^´  /  /
                     `ー-ィ `ー‐θ‐(ー)' ├'´
                        」___〈〉___」_
                      く_____∧____ゝ
                    /      .i : : : ヽ:ヽ
                 /: : : : : :l : : ノ⌒ト一、ノ
                  ノ : ノ : : : :l_ノi  |─ '
                 (_,-、_ノi_ノト-イ──‐'
                    ,`ー--|  |  `ー'
                     (    |,、,,|
                `ー--ィ:Y:i
                     ヽ_ノ」
三浦GM 「じゃあみんな、がんばってね~」
今井加奈 「2」
イリーナ 「よろしくおねがいします!!」
萩原雪歩 「うふふ♪ゆきぽも嬉しそう」
今井加奈 「1」
日向創P 「……今日が俺の初仕事だ。
気合を入れないとな」
三浦GM 「やめてっ>犯人」
今井加奈 「開始で素っ!」
杉下右京 「さて、ではお仕事、頑張りましょうかね。」
ゲーム開始:2012/11/14 (Wed) 22:51:38
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
三浦GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
三浦GMさんの遺言 あらあら・・・
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ジャック・O 「諸君、おはよう
では占い師とその騙りはCOしたまえ」
でっていう 「おはようだっていうwwww
おらおらwwww朝だぞ起きろっていうwwwww
さっさと役職共はCOしろっていうwwww」
ゆきぽ 「        _ ,,,,_
    _,,.-''".::::::::::::::::::::::::゛ヽ、
   /::::::::::::;;|:::::::::::i::__:::::::::::::\
 ∠:/::::::::ノ |,:::::::,=|ヽ:i,:::::::::::ヽ::ヽ
  |::::::::/,r':::i ヘノ┌:::: ,,゛、:::::::i::::i    
  |::::::/i:::::ノ    |:::::::::::>ヾ::::::|::::|     ぽー♪ぽー!
  /::::/::: ̄      ̄ ~:::/::::::::::::::|:
  |,::::ヽ、   ,   r‐x  /::::::::::::::::|
  !|__,,..-'r‐-..,,---ヘ| ヾ‐:::::::: _;;;|
       ̄゛'''''| .|! ヘノ‐‐,\ ̄
         / .|     | |
        ヽ、 ヽ     ノ
         〈ヽ人_r‐'/
           ~     ̄」
キョン子 「おっはよー」
杉下右京 「おはようございます。」
今井加奈 「お、おはようございます!
え、えっと役職の方はCOをお願いするのがせおりぃ?なんですねっ!」
輿水幸子 「カワイイボクが占い師なのは当然ですね!
真犯人さんは○に決まってるじゃないですか!」
萩原雪歩 「おはようございます!じゃあCOの方お願いしますね」
古畑任三郎 「犬を飼っている人に一言、
犬にはかならず【ちゃん】をつけないでください
犬は【ちゃん】をつけないと振り向かないようになってしまうからです。


そう、今回の犯人もそうでした。
犯人も【ちゃん】づけされたばっかりに
今回の事件はおきてしまったのですから」
今井加奈 「ではでは! COお願いします!
メモを取る準備はばっちりですのでっ!」
イリーナ 「占いCO。黒タイツの人は○でした。」
日向創P 「さて……まずは、自己紹介から始めよう。
俺の名前は、日向創(ヒナタ ハジメ)。
超高校級の生徒ばかりを集めた、希望ヶ峰学園の生徒……らしい。
らしいって言うのは、俺にこれまでの記憶が無いからなんだが……、
そんな俺を拾ってくれた高木社長には、感謝している。
この765プロでプロデューサーとして活動していれば、俺の超高校級の才能も、何時かは思い出せるかもしれない……
そんな期待を抱きながら、初仕事に今、臨む所だ」
古明地こいし 「おはよー」
初音ミク 「おっはよーございまーす」
でっていう 「おらっwwww輿水さっさと腹出せよっていうwwww」
ゆきぽ 「ぽ!(霊能CO)」
輿水幸子 「ボクはカワイイからPHPがデレるのも仕方ありませんね!
つまりすぐ隣に真犯人っていうモロなCNがいるのも
ボクがカワイイから当然なんですよ!(まさにドヤァ」
イリーナ 「占い理由:
村の中で黒タイツ一丁なんて邪悪です!
センスイービルでピカピカ光るはずですよ!!」
杉下右京 「役職の方々には、スムーズなCOをお願いしますよ」
メイド 「いらっしゃいませ!
お嬢様、お坊様!」
黒タイツの人 「ふむ、おはよう」
キョン子 「同じ事を考えて占ったっぽいな>占い二人」
杉下右京 「○進行ですねぇ では……」
ジャック・O 「超絶的に怪しい二人がグレランで吊れないだと!?」
キョン子 「はいはい霊能CO」
でっていう 「占い師は二人だなっていうwwwwさっさと霊能と共有も出ろっていうwwww」
真犯人 「おはようだ。俺に●投げてくる奴はいねーかー」
杉下右京 「では、共有者を宣言致します。こちら特命課。

私の相棒は……真犯人さんです!!」
ゆきぽ 「        _ ,,,,_
    _,,.-''".::::::::::::::::::::::::゛ヽ、
   /::::::::::::;;|:::::::::::i::__:::::::::::::\
 ∠:/::::::::ノ |,:::::::,=|ヽ:i,:::::::::::ヽ::ヽ
  |::::::::/,r':::i ヘノ┌:::: ,,゛、:::::::i::::i    
  |::::::/i:::::ノ    |:::::::::::>ヾ::::::|::::|     ぽーぽー!
  /::::/::: ̄      ̄ ~:::/::::::::::::::|:
  |,::::ヽ、   ,   r‐x  /::::::::::::::::|
  !|__,,..-'r‐-..,,---ヘ| ヾ‐:::::::: _;;;|
       ̄゛'''''| .|! ヘノ‐‐,\ ̄
         / .|     | |
        ヽ、 ヽ     ノ
         〈ヽ人_r‐'/
           ~     ̄」
古明地こいし 「2-1だけど占い先・・・www」
初音ミク 「そこ二人から○になってくのはこの村らしーですね」
日向創P 「……そんな訳で、この劇場公演が俺の初仕事になる。
成功させる為に頑張るから、皆、力を貸して欲しい」
輿水幸子 「ハッ!カワイイボクに対立するなんて
命知らずもいいことですね!
いいですよ、今ここでどちらが優れたアイドルなのかを教えてあげようじゃないですか!」
黒タイツの人 「対抗がいる?霊能COだ」
今井加奈 「え、えっと!
占い師さんが2人、霊能さんが1人ですか?」
メイド 「共有が混じってるなら撤回どうぞ」
イリーナ 「そんな!? 黒タイツさんが邪悪じゃないなんて……」
古畑任三郎 「んぇー、○進行ですね、共有さんはでて灰をせばめてください」
真犯人 「霊能は2人か、ローラーかね?」
ジャック・O 「2-3-2!?」
ゆきぽ 「       _____
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : /-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : l    ぽー?>キョン子
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
.  | : ヽ、   △      /: : : : : : :|
  |/. ` ‐--.r---一 'ム--─‐'"
        .,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ
  /¨l   / | .|  ヽ \  j
. < .(二}ニニ|__|  |   ヽ_ノ .ノ
  \__l    .}  |       /
         亡7 ̄ ̄てフ」
今井加奈 「2-3ですかぁ!?」
でっていう 「2-2かよっていうwwwwおい共有wwww出てこいwwww
指示出せよっていうwwww」
真犯人 「共有CO 杉下右京の今回のクールの相棒は俺だ」
杉下右京 「すみませんね、幸子さん。無駄占いをさせてしまいましたか」
キョン子 「遺言無しの環境で共有が騙るとも思えんから、どうせ狂人が出てきたとかそんなんだろう」
輿水幸子 「何やってるんですか!
ボクの隣に共有者を配置するだなんて
空気読めてませんよ!?」
黒タイツの人 「対抗2なんだが」
古畑任三郎 「霊能3CO確認」しました、共有がいないのならローラーでかまいませんね」
初音ミク 「ローラーローラーと
と書いてて2-3でフリーズ」
メイド 「混じってない・・・・・・・・・ですって?」
萩原雪歩 「2-3…ですか?」
でっていう 「早く撤回しろっていうwwww間に合わなくなっても知らんぞっていうwwww」
キョン子 「ああん?」
今井加奈 「まってまって!? 目も放り投げたいんですが!」
杉下右京 「ええ、共有は霊能に混ざってはおりません」
古明地こいし
              _,,... --─-...、,   r─-、
          .,..:'"´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!    >─┐
         /::::::::::::::_;;;::: --‐─- 、:;_:::|  /    |
        /:::;;:: ‐''"´__,,,... --‐─- 、</ /   _./
      __/´,,. ‐''"´ _./      ヽ   `"<,___」
    /::::::/´  //レ'| .ハ  /!z≧ミx      \:::::::\
   /::::::::::::'、  /!,イ≠ミ/ | /〃,テハ ヾ\.  i   |::::::::::::',
   '、;;:::::::::::::゙':イ〃灯ハ  .i /  {トzイ} !} !  |   ノ:::::::::;;ノ
     ''‐--ンi ヾ ヒ:zリ  ´  ゞ- '   |  !  (--‐'"          (どう見てもゆきぽ残さない進行で唖然としてるこいし)
     //  /⊂⊃          ⊂⊃ノ  !   `ヽ. f´⌒)
    / /   {              く   ',    ノ |  ι´⌒i
    j  {   >、    rー-、       /\_,..>  ./ |     ノ
    ヽ; '、 //. \   ー- '     ,.イ⌒V  ハ  !..,,_|__,,,,. -''"
    , -) V//ヾ{ > 、    _,. <、,.   / ノノ  .ノ
   //  ノ   r―<ノ_ ̄ _ /:::::::::::>‐'r‐ 、´  /」
ジャック・O 「予想外すぎるだろう、霊能3CO…

狐か?それとも狼2騙りか!?」
ゆきぽ 「     O 。  _____
       , <: : : : : : : : : : : > 、
     /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ バッ
     /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
     |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l    ヽヽ
     レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: :〃 ̄ ̄7   ぽっ?(共有まじりじゃない…ですと?)
.    / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}:〃__/
   c /: /   ̄     ̄ ̄ /: : :〃: |     
.    | : ヽ、   △      //¨) : : :| っ
    |/. ` ‐--.r---一/ /─‐'"
  バッ      ,ィ△∠l¨(__/、r、ィ
        / | .|       .j
 (( r===t==と_/|  |       ノ
.  L__」     }  |      /ヽ、
           亡7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
イリーナ 「2-3でしかも共有騙りないなら、ローラーですね!
狐さんが特攻でもしたんでしょうか?」
でっていう 「2-3-2wwwwバロスwwwwなにこれっていうwwww」
真犯人 「2-3は驚いたな。人外にとってデメリットしかないと思うが…」
メイド 「2-3とはこれはまた
珍しいものにお目にかかれましたね。
素晴らしい、眼福です」
日向創P 「と……まず、占い師の二人が元気よく声を上げた。
この内の最低でもどちらかは、人外による騙りらしいが……

……って、おい、霊ノウ!?」
萩原雪歩 「え、共有さんもFOで…本当に2-3なんですか!?」
輿水幸子 「……?対抗狼‐真狂狐 対抗狼‐真狂狼
まあどちらでもいいです。霊能ロラしましょう!
皆さんの命はカワイイボクが村を救う
そのための礎になるんですよ!」
杉下右京 「2-3とは、人外の方々には恐れ入ります。
どうぞ、霊ロラの始まりでございます。」
今井加奈 「ろ、ローらしない手がありませんね!」
初音ミク 「とりあえず占いは人外狙ってください。
3吊り固定で人外3露出なんで」
黒タイツの人 「狼?狂?か?
狼狐もあり得るな」
キョン子 「私視点で、ほぼ輿水幸子真とみていいぞ」
日向創P 「違う、霊能3!?」
古畑任三郎 「んぇー、これで、人外の枠は二人つぶせることになりますね>右京さん」
ゆきぽ 「       _____
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : /-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ゝ.---┐        ぽー!(自分の分まで生きて欲しい目)>こいし
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/く    .|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ />   .|
.  | : ヽ、   △     //\ /
  |/. ` ‐--.r---γ⌒ヾ-─‐`'
        .,r',r'⌒ゝ、   )r、ィ
       ./   ノ `ー'゙  .j
       ゝ、_,イ       ノ
        .}  |       /
         亡7 ̄ ̄てフ
[SPLIT]」
黒タイツの人 「狼狂よりは狂狐か」
古明地こいし
              _,,... --─-...、,   r─-、
          .,..:'"´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!    >─┐
         /::::::::::::::_;;;::: --‐─- 、:;_:::|  /    |
        /:::;;:: ‐''"´__,,,... --‐─- 、</ /   _./
      __/´,,. ‐''"´ _./      ヽ   `"<,___」
    /::::::/´  //レ'| .ハ  /!z≧ミx      \:::::::\
   /::::::::::::'、  /!,イ≠ミ/ | /〃,テハ ヾ\.  i   |::::::::::::',
   '、;;:::::::::::::゙':イ〃灯ハ  .i /  {トzイ} !} !  |   ノ:::::::::;;ノ
     ''‐--ンi ヾ ヒ:zリ  ´  ゞ- '   |  !  (--‐'"         (さらに2-3で唖然とするこいし)
     //  /⊂⊃          ⊂⊃ノ  !   `ヽ. f´⌒)
    / /   {              く   ',    ノ |  ι´⌒i
    j  {   >、    rー-、       /\_,..>  ./ |     ノ
    ヽ; '、 //. \   ー- '     ,.イ⌒V  ハ  !..,,_|__,,,,. -''"
    , -) V//ヾ{ > 、    _,. <、,.   / ノノ  .ノ
   //  ノ   r―<ノ_ ̄ _ /:::::::::::>‐'r‐ 、´  /」
真犯人 「俺はもう一人共有者が出てきても驚かんぞ」
ジャック・O 「うむ…これは霊能ローラー推奨だ」
メイド 「霊能3の中身を考えるとこんがらがりますから
占いの内訳を想定したほうがいいですね」
でっていう 「輿水占いでざけんなって言おうとしたら現実はさらに上だったっていうwwww
何を言っているかわからない(ryっていうwwww」
今井加奈 「えっと、注目すべき点は、幸子さんが霊能を占ってる点ですか
え?旧友?ど、どっちなんですか!」
杉下右京 「ええ。まさか狼2wが霊能を騙っているとは思いませんし、狐への心配も
大丈夫そうです>古畑さん」
イリーナ 「とりあえず対抗の囲いはないですし、ローラーの間に結果出して行きたいです!
噛み? 筋力25の前ではワーウルフ程度の攻撃跳ね返しちゃいます!!」
ジャック・O 「うーむ、占い師にスライドCOなどはしてくれるなよ?」
古明地こいし
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ヽ二二)__
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\l ̄ ̄  /
       |::::::::____,.ノ \ ̄/ ̄ ̄  \:::::::::::::::::::::\   /
      、::::::\_/  |  /´ | ,_|___`ヽ:::::::::::::::::::\ /
      \:::::::::::|   >= l/-=<     ヽ::::::::::::::::::::::ヾ
       r^`/=! ⊂⊃ ___  \      l::::::::::::::::::::::::        >ゆきぽ
      _`//  ハ 人 l´     `ヽ⊂⊃   ト、::::::::::::::::::::::::
      ノ:/    j人  \      l  /\  | リ:::::::::;;;r‐rラ       楽しかったのにー!
     {:::|       `ー-ト、―---'= /  入  | ̄ ̄ l::} 彡
     }:::|       \__/\   ∠..-''"} \!    l::}_ソ
     {:::l     ___/   <>  \__,、,ー''       l::ノ
     `ヾ、_-‐'"  l     ,,..---..、 j、         l::}
             ヽ < >/___ト、 `ヽ       /:j
             ノ    不、::::::ノノ |   \      //
             /  ∧  \二 /     \二二ノ」
輿水幸子 「いや まあボク視点でも
ふっつうに霊能狂人交じってておかしくないというか
むしろそっちの方が確率高い訳で>キョン子さん

ま、まあボクが真占いというのは当然ですがね!

ボクはカワイイので!(ドドドヤァァァ」
真犯人 「おい、霊能騙りに狐いるなら、ゲロっちまえよ。
ある程度まで残してやるからよ」
キョン子 「イリーナが黒タイツに○を打っている
イリーナが真ならば、黒タイツは狂人となるが
2−3で狂人を占っている確率が非常に低いとおもう」
黒タイツの人 「共有乗っ取りがあり得るだと・・・!>真犯人」
でっていう 「真狩-狂狼狐とか期待してるわっていうwwww」
日向創P 「どういう事なんだ……ともかく、これで占い師初日はなさそうだな、というくらいか。
流石に騙り数4とか想像を絶しすぎてるしな」
萩原雪歩 「2-3とはどういう内訳でしょう…
真狼-真狂狼?
真狼-真狐狂?」
メイド 「真混じりなら
占いは真狂か真狼か真狐しかなくて

真狐だと霊能が自動で真狂狼になるので(真狼狼はアホすぎて考えない)」
ゆきぽ 「       _____
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : /-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : l    ぽー(ローラーーお願いします)
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|    ぽ(そして占いの方は早期に黒見つけてくれるのが理想です)
.  | : ヽ、   △      /: : : : : : :|      (2語り狐混じり両方対応できるように)
  |/. ` ‐--.r---一 'ム--─‐'"
        .,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ
  /¨l   / | .|  ヽ \  j
. < .(二}ニニ|__|  |   ヽ_ノ .ノ
  \__l    .}  |       /
         亡7 ̄ ̄てフ
初音ミク 「>キョン子
別に黒タイツ狂人あると思いますけど」
今井加奈 「霊能さん占ってるのはイリーナさんでした・・・紛らわしいです」
杉下右京 「ええ、どちらにせよ、どのような結果になろうとも、霊能3人の方々は
吊りきります。これは共有が噛まれても変わりはありません。」
ジャック・O 「狩人の占い騙りというのも、奇策ではあるそうだが…」
キョン子 「ので、輿水幸子の真が強め」
古明地こいし 「へえへえ>ジャック」
イリーナ 「ふっふっふ、3人いる霊能候補のタワゴトなど聞き流せとヒース兄さんが言ってましたよ」
ジャック・O 「ふむ、イリーナ真だと黒タイツは真狂か」
メイド 「そっから推理していけばいいんじゃないでしょうか」
輿水幸子 「ボクの占い先は共有ですよ>今井さん
まったく、大好きなカワイイボクの隣に
しかも凄く怪しいアイコンで共有者を配置するとは
PHPってのはツンデレなんですね!(ドドドヤァァァ」
杉下右京 「なので私はちょっと真犯人さんの過去を洗ってきますね?
何やら色々やらかしているそうなので(調書を読みつつ」
黒タイツの人 「◇でっていう 「真狩-狂狼狐とか期待してるわっていうwwww」

俺も期待してるぜ?この村の犯人が一体だれかをな、ククク」
でっていう 「真霊-狂狼狐でもいいなっていうwwww
うはwwww夢がひろがりんぐっていうwwww」
古畑任三郎 「んぇー、そうですね、狩人さんは共有か占いの護衛に専念できますからね、>杉下右京」
イリーナ 「対抗狂人の真狂-真狐狼なんてアホっぽいですし
普通にどっちでもありそうですね」
今井加奈 「霊能3人・・・となると逆に考えて占いは真狼?
狂人は霊能目ですよねこれ(めもめも」
真犯人 「霊能に狐がいる場合、占い師の真証明は難しくなる
よっぽどの理由がない限り、決め打ちはできんな」
ゆきぽ 「          _____
        , <: : : : : : : : : : : > 、
      /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
      /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
      |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
      レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    
.     / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|    ぽぉー♪(黒タイツは狂人目)
 ,^,> 、/: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
 { .}.    ̄ ̄ ̄二ニ)       /: : : : : : :|   (○もらいで狼が出てくる可能性は低いです
 { .}   ム二7/‐--.r---一 'ム--─‐'"
 ',,ノ>´¨ ̄ ̄   ,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ     
          / | .|  ヽ \  j
          |_,|  |   ヽ_ノ .ノ
.           }  |       /
            亡7 ̄ ̄てフ」
日向創P 「>萩原
別に、占い師が真狂である可能性自体は無くもないが……
今内訳について考えるのは危険だと思うぞ」
萩原雪歩 「うーん…霊能ロラですか…黒タイツさんからでしょうか
社長なのかな」
メイド 「キョン子視点対向からさらにでてきた黒タイツは
狂人じゃないですか?>キョン子」
杉下右京 「ともあれ、霊ロラです。おねがいしますよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
今井加奈0 票投票先 →黒タイツの人
萩原雪歩0 票投票先 →黒タイツの人
古明地こいし0 票投票先 →黒タイツの人
杉下右京0 票投票先 →キョン子
古畑任三郎0 票投票先 →黒タイツの人
ジャック・O0 票投票先 →ゆきぽ
ゆきぽ5 票投票先 →キョン子
キョン子3 票投票先 →ゆきぽ
黒タイツの人8 票投票先 →ゆきぽ
メイド0 票投票先 →ゆきぽ
でっていう0 票投票先 →黒タイツの人
イリーナ0 票投票先 →キョン子
輿水幸子0 票投票先 →黒タイツの人
真犯人0 票投票先 →黒タイツの人
初音ミク0 票投票先 →ゆきぽ
日向創P0 票投票先 →黒タイツの人
黒タイツの人 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
黒タイツの人さんの遺言 ※特に意味はありません
            ,. -――‐- 、
          ∠--_、__,. , ---\
         /:∠二、   ´_二二_'ヽ
       __/ / ,. ― ミヽ  /,. ―-、ヾ,マ、_
     __/,、匸:| {  ● }}={{ ●   } |::] ,、ヽ__
  r―/: :|├/ヘヽゝ--彡'―ヾミ ---'ノノヾ┤|: :├: 、
  /: : : : :ハ Y  `三三{_    _}三三´_  Yノ : ノ: : :}
  V: : : : : :`| ({{ : : : : : : ≧≦: : : : : : : }}) |: : : : : ノ、
  ` ヾ: :_ -ヽ   ̄マ ̄ ̄  ̄ ̄タ ̄  /‐- :_: : : :}
_ -‐'"    /\   ` ー---‐ ´    /ヽ   ` ー- _
       /  | ` ー .____, - '" |  ヽ
      /   | 、 : : : : : : : : : : : : : : ; :|   ヽ
      /   | : ` : ―――――: :´: :|   ヽ
     /    |: : : : : : : : : : : : : : : : : : |    〉
     >  /|: : : : : : : : : : : : : : : : : : |ヽ_ /
      __ > |: : : : : : : : : : : : : : : : : : |  > 、_
     |      |: : : : : : : : : : : : : : : : : : |     |
     |      |: : : : : : : : : : : : : : : : : : |     |
     |      |: : : : : : : : : : : : : : : : : : |     |
     |      |: : : : : : : : : : : : : : : : : : |     |
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ジャック・O 「諸君、おはよう
昨日は分けが分からなかった。今日はそうでない事を祈りたいな

例えば霊能結果●とかは混乱が深まる」
輿水幸子 「カワイイボクが占い師なのは当然ですね!
でっていうは○に決まってるじゃないですか!」
でっていう 「おはようだっていうwwww
霊能吊り切ったら2~3人外はいなくなるんでwwww思考停止余裕でしたっていうwwww
●とか出たらそのうち吊ってやんよっていうwwww」
今井加奈 「ええとですね、霊能3人なわけですよ!
となるとここで吊って情報が増えるのはエリーナさんの○である黒タイツさん!というわけでそこから手を付けさせていただきました!
キョン子 「○」
イリーナ 「占いCO。初音ミクさんは○でした!」
ゆきぽ 「ぽ!(霊能CO黒タイツ○)」
古畑任三郎 「んぇー、おはようございます、
黒タイツさんの色は何色でしたかな?その色により
輿水幸子の信用がかわってきます」
杉下右京 「おはようございます」
日向創P 「想像を絶していた……意味がわからなかった……
霊能者が三人も声を上げるだなんて、誰が予想しただろうか……?」
輿水幸子 「いやー参ったなーボクはカワイイから守られちゃうなー
カワイイボクを守らないなんてありえないから
人外絶望ゲーにしちゃうなー(ちらっちらっちらっ

◇でっていう(90)「真狩-狂狼狐とか期待してるわっていうwwww」
◇でっていう(107)「真霊-狂狼狐でもいいなっていうwwww
うはwwww夢がひろがりんぐっていうwwww」
この辺りの発言から『狼2騙りじゃないのを知っている』雰囲気ですね!
ヘイトですがどうせ後2吊りは霊能ロラですし 今のうちに占いましょう!
なあに、ボクはカワイイですからどうにでもなりますって!(ドドヤァ」
真犯人 「お、死体なしか!」
メイド 「ほうほう。」
今井加奈 「私のメモによると、ですね
黒タイツさんは○もらい、となると狼では無さげですよね。対抗確認して出てる時点で狐さんもなし
つまりそこはあって真狂なわけですよ、ここ●出す霊能さんはほぼ偽ですね! ・・・あれ? だから何って話ですかこれ?」
キョン子 「◇メイド(115) 「キョン子視点対向からさらにでてきた黒タイツは
狂人じゃないですか?>キョン子」
よくよく考えると、それも一理あるな
というか、ゆきぽがグレランだと生き残れないっぽいRPなので、ワンチャンに賭けた狐というのが少しあるきが」
ジャック・O 「死体が無い?」
イリーナ 「理由:
2-3という変則的な展開ながらあまり動じた感じがしませんん!
霊能者の発言に反応したりと、ここは占っておいて損はないと思いました!」
萩原雪歩 「おはようございますぅ…
死体無しですか?」
輿水幸子
                  __
              ,, ': : : : : : : : :ーミ、
            , ': : : : : : : : : : : : : : : : : 丶
             , ': : : /: : : : : , : :´ ̄: : : : : : :_ヽ
          ': :// : : : /: : : : : : : : : : : : : ヾ、
         l/: / : : /: : : : : : : : : /: : : : : : :,
     、_,,: :': : : 辷==: /: :_/:/: : /: : : : : : :,
      ≧==-: イ===}イ/} イ/}: : : / : i : : : : : l
        ̄「:l .|: : : 、ィ===ミx ノイ / ̄`ト / : : /   大事なことだから2度言いますよ!
        |: :、|: : | ヒ云 `   .j/ _ }イ : : /{
         .ノヘ: `| : : |``       ヒ戎ヾ アイ: :\
     _   }Ⅵ: : |           .イ://`ー一  いやー参っちゃうなー
.   ,,:::::::::::ヽイ |: :|、  、_  '    /ィ : /
   /::::::::::::::::::::}‘、‘、: :| ィ丶 ー'  _ イノ: : /      ボクはカワイイから守られちゃうなー
  」::::::::::::::ー-'-、‘ ヽ{ l::::::≧ァ⌒ ア_ イ 、
  {:::::::::::::::\::::::}「 ̄Y「^}::::::::`T⌒{メ ___  l      カワイイボクを守らないなんて
 ./::::::、:::::::::::::`ヽ::廴_LLノ:::/:::‘'┐    /  l       ありえないから人外絶望ゲーにしちゃうなー(ちらっちらっ
../:::::::::‘;::::::::::::::::‘;:/__}_>;_::::::{    /ーミ,廴
'::::::::::::::‘;:::::::::::::::::‘;:::::::::::::::|::::::::::::::',    j:::::::::::ヾハ
:::::::::::::::::‘、::::::::\:::‘,:::::::::::::l::\:::::::::, ,ノ:::::::::::o::ン」
杉下右京 「おや、死体無し。これはいい兆候ですね。」
古明地こいし
                ,,.. -─ ─ ‐-..、
              /:::::::::::::::::::::::::::::_::_ヽ、/|
             /;;:: -‐ '' "´ ̄  ̄__>K]´ ̄ノ
           _,/-‐/´  ̄`ヽ ̄`ヽ─-<ー'´-..、.,
       ,,..‐''"´:::__;ノ             `ヽ、::::::`ヽ、
     ,.:'´:::::::::::::;'´      ,           \::::::::::',
     l::::::::::::::::〈  i´   _,/L,_      ノ    `i:::::::ノ
      \:::::::::::l  /   '´ /_」_ _,.イ   ノ〉,...,_l   〈:/
       `' ー/  l   ァ'´, -、 ヽノ__,.ノ´ /__ ,ノ   、|
         (  〈 ,/ | l.ノ。!     /,-、ヽ!  , 〉
           | ,ノイ、 ト ゝー'      |ノ.l 八 ノノ
         ノイ ,/ \!'"       '  ー' l レ' /     せめて霊ロラ終わるまではたくさん遊ぼうっと
           〉 !   ヽ、    ` ー    "ノ //⌒ヽ‐、
         / / `ヽ、  〉、,       ,.イ ( ',    ノ    >ゆきぽ
   /´i     ,〉_ノ_r_''"´レイ´ \` ' ーr<_ ,ノ  `) \_/     お菓子食べる?
   l  ',  /´ノイ / `ヽ、レゝ,  \,_,ノ  }ン `'ァ、ノ´_ノ´ヽ
   ,〉 ヽ l   )!   , \T、   /ヽ r7  、 Y´   |
  ,'´ r‐- \rァ、__|    ヽ, \ゝ,/〈_〉Y,ノ_| ,|    /
  '、,__,>ー  l__7 `ヽ、   ',    ̄ `\ ,'´、_V l  /
    `ーrく´ K_]       |      〈_〉ゝ;_,ノ ! /
     ! ヽノン        !          | 〈  !
     l 〈_7       ,ノ     〈_〉    〉 `''rァ'7-、
      Vン_   _ _ /ヽ、.,_    _ ___,.ノ、  /_7´ ̄`ヽ
          ̄   /      ̄  /l     \!_」 rヽ_ノ ノ、」
でっていう 「死wwww体wwwwなwwwしwwww
なにwwwwGJなの?wwww狐噛みなの?っていうwwww」
輿水幸子 「ふっ、ボクでGJですね!分かってますよ!」
初音ミク 「真狼-真狂狼とかでの狐噛みとか出てたりすると胸熱」
今井加奈 「死体なし! いいことですね!
一晩かけた推理が無駄になった文嬉しいです! ぐすん」
キョン子 「ってことで、黒タイツは私視点で狂狐
村視点ならば、真狂狐となる」
メイド 「まあほぼ死体なしがGJタイミングだと思うので
素直にロラ完遂すればいいんじゃないでしょうか」
ゆきぽ 「        _ ,,,,_
    _,,.-''".::::::::::::::::::::::::゛ヽ、
   /::::::::::::;;|:::::::::::i::__:::::::::::::\
 ∠:/::::::::ノ |,:::::::,=|ヽ:i,:::::::::::ヽ::ヽ
  |::::::::/,r':::i ヘノ┌:::: ,,゛、:::::::i::::i    
  |::::::/i:::::ノ    |:::::::::::>ヾ::::::|::::|     ぽーぽー!(狂人か狐。9割狂人です>黒タイツさん)
  /::::/::: ̄      ̄ ~:::/::::::::::::::|:
  |,::::ヽ、   ,   r‐x  /::::::::::::::::|      ぽー・・・(キョン子さんは狼の可能性が8割です。狐が占い2COで出てくるのはやや可能性低いと観ます)
  !|__,,..-'r‐-..,,---ヘ| ヾ‐:::::::: _;;;|
       ̄゛'''''| .|! ヘノ‐‐,\ ̄       ぽ♪(そしてナイス死体なしです)
         / .|     | |
        ヽ、 ヽ     ノ
         〈ヽ人_r‐'/
           ~     ̄」
日向創P 「必然的に俺達はこの後……霊能者ローラーに3手を使いながら、その後に方針を決める事になる……

その意味では、この死体無しは行幸か」
キョン子 「でだ」
初音ミク 「多分占いGJだよねーとも思うけど」
イリーナ 「私の正義の前では噛みなどこんなものです!」
古畑任三郎 「んぇー、なるほど、黒タイツさんは丸ですか、
まだ輿水さんの信用がないわけではありませんね」
輿水幸子 「まあ吊り増えたので霊能ロラ続行してくれます?
対抗占いに入るかどうかは
残り灰数見て勝手にやりますよ!」
真犯人 「占い噛んでGJが本命ではあるが
薄いだろうが、霊能呪殺を見せようとして噛んだら狐だったとか?」
杉下右京 「では引き続き、霊ロラを続行してください。
グレランで吊られる、という事はないので、今日、明日が灰を見る
絶好のチャンスと言えます。皆さん、頑張って下さい」
でっていう 「ざけんなwwww俺様占いとかしてんなよっていうwwww
せっかく4日目までフリーで生きれるのにっていうwwww」
ジャック・O 「うーむ、○進行か

占いが二人とも役職占いだが、霊能3COでグレーはそれほど広くは無いかな」
キョン子 「なんかこう、村視点でこっちの信用低いんだよなぁっていう占いがいたりするか?」
メイド 「狐噛みだと灰からピンポインツで
狐噛んだとか、占い狐噛みとかなんですけど
真狐ー真狂狼ってどういうリアルがあるとありえるのかわからないので」
輿水幸子 「だから占ったんじゃないですか!>4日目までマークフリー」
真犯人 「ここでタイツ黒だったら、ワロリンヌwww」
初音ミク 「ないないない>真犯人」
日向創P 「単純に吊りも増えるしな。
それじゃローラー続行しつつ、流れを追っていく事にしよう」
今井加奈 「ここで噛みに来る市って、占いさんですよね
あって狩人探しのグレー噛み? まぁその辺は追々です!」
古畑任三郎 「今日の死体なしは占い真交じりで問題はないでしょう
即噛みしてくるあたり占いのない役は真狼とみてまちがいないでしょう」
輿水幸子 「むしろ霊能ロラ展開じゃないなら占いませんよ!
占わずに吊り殺しますよ!蜥蜴ですもん!」
メイド 「遅れて出てきた霊能2視点の
ゆきぽさんの色をみたかったんですよね

そっち先につっちゃうと一番乗っ取り
狙い位置の速度のゆきぽさんの色が参考にならないという。
でっていう 「くそがwwww腹出せよwwww
お前GJとかwwwwありえんっていうwwww>輿水幸子」
キョン子 「イーブンならば別にどうでもいい
信用低いっていう占いが居るんだったら、私を吊ってゆきぽを占わせてみるというのはどうかと思うんだが
理由は、私の今日の2発言目を参照」
ジャック・O 「共有GJという可能性はどうだ?>真犯人」
古明地こいし 「5日目まで気を抜いてても勝ち筋は残りそうな。遊ぶけど」
萩原雪歩 「では今日も霊能ロラですね」
イリーナ 「霊能噛みはないでしょうし、たぶんGJ。
共有よりは私ですね!」
古畑任三郎 「狂人は霊のうにで照る可能性が高いですからね」
日向創P 「霊能狐自体ほぼないだろ、タイミング的に……
ゆきぽのCO、相当早くなかったか?」
ゆきぽ 「     O 。  _____
       , <: : : : : : : : : : : > 、
     /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ バッ
     /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
     |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l    ヽヽ
     レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: :〃 ̄ ̄7   ぽっぽっぽ(死体なしはほぼ占いGJか占い狐まじり)
.    / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}:〃__/
   c /: /   ̄     ̄ ̄ /: : :〃: |        ぽー(黒の扱いには一応注意をお願いします)
.    | : ヽ、   △      //¨) : : :| っ
    |/. ` ‐--.r---一/ /─‐'"
  バッ      ,ィ△∠l¨(__/、r、ィ
        / | .|       .j
 (( r===t==と_/|  |       ノ
.  L__」     }  |      /ヽ、
           亡7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
今井加奈 「ローラー! しつつグレーを負いますよ!
霊能さんはサヨナラです!」
杉下右京 「GJか狐噛みかは、それを行った人達のみ知るところ。

GJ濃厚ならしっかりと狩人日記はお願いしたいですねえ」
初音ミク 「役で狐が出てるなら霊じゃないですかね」
輿水幸子 「ま、真面目にいうのであれば
黒タイツさんは挨拶遅くて 対抗2確認から出てきた=狂人でしょう。
残り2人で真狼か真狐と思うので別にボク噛みが発生してたらロラストップもありでしたが」
ジャック・O 「ゆきぽのCOは最速だったな。占いの直後と言って良い
キョン子も中々早い部類だったか」
でっていう 「くそっwwww俺様の優雅な灰での遊び時間がっていうwwww」
メイド 「真狂ー真狼狐否定の発言がなんとも
見えてない人っぽくないオーラがするとか言って見ちゃいます」
古明地こいし 「ほぼ占いgjだと思うけどね~」
キョン子 「簡単に言えば夜の間に黒タイツ狂人あるじゃん
そう思うとゆきぽ狐あるじゃんと思ったので、信用の低い方にゆきぽを占わせたら逆転があり得るという」
真犯人 「>日向 では、タイツが飛び出してきたのを何と見ますか?」
今井加奈 「雪歩さんが早め、キョン子さんが共有COに紛れてあって、そこから黒タイツさんが対抗確認ででてましたねぇ」
輿水幸子 「でもボクGJ出てますからロラ完遂ですね!
カワイイボクでGJ出てるので!ボクでGJ出てるに違いありませんから!(ドヤッドヤッドヤァァァ」
古畑任三郎 「んぇー。あなた視点、黒のタイツは狂人ですよ?扱いの注意はどういう意味ですかな>>ゆきぽ」
ゆきぽ 「      /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
      /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
      |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
      レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    
.     / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|    ぽぉー♪(20たったら即でたつもりですが>CO>日向)
 ,^,> 、/: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
 { .}.    ̄ ̄ ̄二ニ)       /: : : : : : :|   (その速度で黒出す占いは信用に値しませんし
 { .}   ム二7/‐--.r---一 'ム--─‐'"
 ',,ノ>´¨ ̄ ̄   ,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ     
          / | .|  ヽ \  j
          |_,|  |   ヽ_ノ .ノ
.           }  |       /
            亡7 ̄ ̄てフ
メイド 「実際COが多い時は早ければ早いほど怪しいでいいはずですよ
対向ででて美味しい騙り系って基本あんまりありませんもの」
萩原雪歩 「占いさんで言えば幸子さんの理由がどちらかといえば真めかなぁ…」
初音ミク 「狂人で自分なしで2-2になったら潜ったほうがいいと思うのは私だけなんですかね?」
杉下右京 「霊能内訳、真狂狼、真狂狐、はたまた真狼狐。どれもありえます。

しかしどう考えても真狼狐の内訳のみ、なかなかの度胸が要ります。

なので占いお二人が狂狼、というのはあまり考えてはおりません」
イリーナ 「霊能占いはないですし、確定○も微妙
トカゲさんのオーラは気になりますけど断然グレーですね!」
キョン子 「◇メイド 「遅れて出てきた霊能2視点の
ゆきぽさんの色をみたかったんですよね

そっち先につっちゃうと一番乗っ取り
狙い位置の速度のゆきぽさんの色が参考にならないという。


非常に良い意見を言うな」
真犯人 「うん、まぁ。狩人は死ぬなよ…とだけ」
今井加奈 「ゆきぽ、黒タイツさんが真狂位置で、キョン子さんは真狼位置なんですよね
狐はちょっとわかりかねますぅ!?」
古畑任三郎 「んぇー、黒のタイツ狐の線もありましたね>ゆきぽ」
ゆきぽ 「ぽ(キョン子狼占い狼の可能性)>古畑
(狐混じりじゃない買った場合の時です)」
でっていう 「もう俺様占えよっていうwwww>イリーナ
確定○になって噛み位置とかwwwwバロスっていうwwww」
メイド 「だから想定は占い固定のほうが楽ですよ>共有さん」
杉下右京 「いえ、なかなかに正常だと思いますよ?>ミクさん
そのへんは人によりけりなんでしょうけどね」
キョン子 「多分メイドさんは村だと思うぞ」
初音ミク 「なんであれ狂人だったらよくみてなくて
みてでてきたなら真なんだろーな系統くらい」
日向創P 「>真犯人
狂人もしくは真と見るけどな。
もし黒出ると面白いからそこ吊ったけど」
ゆきぽ 「ぽーー(両方の可能性見ていけということです)
輿水幸子 「タイツさん狐って
とっても自殺じゃないですかねそれ>古畑さん
霊能結果2人が両方○なら普通に狂人かと思いますよ」
イリーナ 「それはフリですね、わかります!>でっていう」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
今井加奈0 票投票先 →キョン子
萩原雪歩1 票投票先 →キョン子
古明地こいし0 票投票先 →キョン子
杉下右京0 票投票先 →キョン子
古畑任三郎0 票投票先 →キョン子
ジャック・O0 票投票先 →キョン子
ゆきぽ5 票投票先 →キョン子
キョン子9 票投票先 →萩原雪歩
メイド0 票投票先 →ゆきぽ
でっていう0 票投票先 →キョン子
イリーナ0 票投票先 →ゆきぽ
輿水幸子0 票投票先 →ゆきぽ
真犯人0 票投票先 →ゆきぽ
初音ミク0 票投票先 →ゆきぽ
日向創P0 票投票先 →キョン子
キョン子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ジャック・O 「諸君、おはよう
話を追うので精一杯で、昨日は寡黙になってしまったな

2-3の内訳だが、狐交じりならあって占いだろう
2CO確認して直後のゆきぽは狐では考えづらく、それ以降の二人は狐の観点からは論外だ
そうなると、黒タイツは真狂、真なら当然、狂なら自分の位置を知らせる必要があるのだからな

銃殺は出ずに、信頼勝負の流れとなると見る。無論、占いが噛まれなければの話だが」
今井加奈 「霊能●が出るなら納得して吊り、真狂狼だったんですね
○が出るなら真狂狐?とか考えながら、人外が生き残ってたんですねで吊り、この場合も真狂狼目っと(メモメモ」
でっていう 「おはようだっていうwwww
◇イリーナ 「占いCO でっていう○」
(チラッチラッっていうwwww」
輿水幸子 「カワイイボクが占い師なのは当然ですね!
古畑さんは○に決まってるじゃないですか!」
イリーナ 「占いCO。雪歩さんは○でした!」
ジャック・O 「死体はどうした!」
今井加奈 「占いさんは対抗占ってほしいですけどね、霊能3人&死体なし
確定○を作るだけで詰みにバリバリ近づきます!」
萩原雪歩 「おはようございます…
また死体無しですか?」
ゆきぽ 「ぽ!(霊能COキョン子●)」
輿水幸子 「ま、まあ1回や2回外れることぐらいありますよ!
弘法にも筆のあやまりって言いますしね!
◇古畑任三郎(46)「今日の死体なしは占い真交じりで問題はないでしょう
即噛みしてくるあたり占いのない役は真狼とみてまちがいないでしょう」
占い噛みを知ってるという視点漏れ起こしてますよ!(ドヤァ!
まあ、実際可能性が高いのはそう(占いGJ)なんですけどね。
正直霊能ロラ路線で 他に気になる場所も無いので」
古畑任三郎 「◇輿水幸子(88)  「タイツさん狐って
とっても自殺じゃないですかねそれ>古畑さん
霊能結果2人が両方○なら普通に狂人かと思いますよ」

んぇー、今回、輿水さんはひとつ大きなミスをおかしました
あなた視点ではは真の可能性がありますのに、狂人の線を押すのはどういうことでしょうか
○もらいなら潜伏もあるでしょうが、二人のCOみたCOすことは自分のCOで
対抗二人の人外を連れる意味なりませんか?」
今井加奈 「えっ!?」
日向創P 「黒タイツが飛び出し云々って言ってるけど、黒タイツって発言的には
CO時はキョン子のCOは見えてなかった気がするんだよな
ゆきぽの速度は狼ならともかく狐にはできないと思うんだが」
イリーナ 「理由:
死体無が出て発言ダウン
ローラーと占いの真にしか触れていませんし、ここから邪悪な香りがします!!」
杉下右京 「おはようございます。今日も死体無し。なんですかこれ」
でっていう 「死wwww体wwwwなwwwwしwwww」
メイド 「死体なし2連続?」
古明地こいし
|l|l.:'"´:、´..,,__ `゙'<._  /   〈
|lヽ、__/   `"'-、.\」 / _」   !⌒)-、
   /    / ,   、 `\Y´ ̄`ヽ.   |_ ノ
、_ノ  / レ_,Vi /'、__ヽ| ∨::::::::::::)
 ノヘ /i:::o::::レ':::::::o:::::|  |-''""/⌒ヽ‐、
  ( ).从"  _    "ハ ハ   ',    ノ    あーゆきぽ吊りたくないー
  ノ/ヘ,!>ー,--r=7´/、 )  \_/
  (   lノ /kムイ::!/ヽ (   ノ´ヽ.
    ,ィ'⌒Y´ ̄ヽ/,.-、!   ,´    〉
    i⌒ヽ|__r⌒ヽ,  /  ノ    ノ
    `i´__」_,ゝ-イ-i‐'ヘ     (.
    くィ二ィ二7^ト、ノ::!:`ゝ、   ノ
    └‐‐'ー‐‐'´ ̄ ̄ ̄´」
初音ミク 「この状況下で2死体なしが出るとは考えられなかった」
日向創P 「……?」
ゆきぽ 「        _ ,,,,_
    _,,.-''".::::::::::::::::::::::::゛ヽ、
   /::::::::::::;;|:::::::::::i::__:::::::::::::\
 ∠:/::::::::ノ |,:::::::,=|ヽ:i,:::::::::::ヽ::ヽ
  |::::::::/,r':::i ヘノ┌:::: ,,゛、:::::::i::::i    
  |::::::/i:::::ノ    |:::::::::::>ヾ::::::|::::|     ぽーぽー!(まあ狼で予想どうりです>キョン子さん)
  /::::/::: ̄      ̄ ~:::/::::::::::::::|:
  |,::::ヽ、   ,   r‐x  /::::::::::::::::|      ぽー・・・(昨日のが占いGJなら狐混じりも視野に入れつつ)
  !|__,,..-'r‐-..,,---ヘ| ヾ‐:::::::: _;;;|
       ̄゛'''''| .|! ヘノ‐‐,\ ̄       ぽー!(あと黒釣りに注意というのは黒はもちろんつってもいいですが)
         / .|     | |         (その場合2語りだと狐残る場合があるんで、黒釣るなら
        ヽ、 ヽ     ノ         占いに狐が混じってるかどうか真剣に見極めてください、残すか残さないかという意味で)
         〈ヽ人_r‐'/
           ~     ̄」
真犯人 「占い内訳が真狼の場合、共有を抜く余裕はない。
とにかくGJでどちらの占い師が真か知っている狩人を抜くのに賭けるだろう」
今井加奈 「古畑さんって共有・・・じゃなかった、勘違いですか」
でっていう 「おいwwwwフラグは完遂しろよっていうwwww>イリーナ」
メイド 「これ真狐あるんですかね?
この類での死体なしって」
輿水幸子 「死体無し2連続!
これはつまりボクを噛もうとして
狩人霊能騙りに賭けた狼の仕業に違いありませんね!(ドヤァァァ」
ジャック・O 「ふむ、ゆきぽ視点、霊能は真狼狂?でいいか
というかタイツ狐は無理が有るだろう」
日向創P 「狐見つけて2連噛みとかそういうのなんだろうか」
イリーナ 「これ対抗狐あるんでしょうか? ここでの連続死体無しは」
古畑任三郎 「えーなんで、占いは霊のを占っているんでしょうか」
ゆきぽ 「       _____
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    ぽー(今日も死体なしなら占いに狐混じり真剣に考えてください)
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
.  | : ヽ、   △      /: : : : : : :|
  |/. ` ‐--.r---一 'ム--─‐'"
        .,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ
       / | .|  ヽ \  j
       |_,|  |   ヽ_ノ .ノ
        .}  |       /
         亡7 ̄ ̄てフ」
メイド 「いや、真狂のスライドとか?
こう、この死体なしって真狐の時のデジャブが凄いんですが」
輿水幸子 「2回も守られちゃうなんて流石ボクですね!
なんといってもボクは カワイイので!
もう一度いましょう、カワイイので!!(ドヤァァァ」
杉下右京 「いいですね、あと1回、死体無しが出ると吊り増えますよ?
ぜひとも狩人さんには頑張っていただきたいですねえ」
今井加奈 「多分狐噛み、とGJですか?
同じところ噛むとは思えませんし・・・? えっ?」
ジャック・O 「霊能を占ってないぞ?>古畑」
古明地こいし
|l|l.:'"´:、´..,,__ `゙'<._  /   〈
|lヽ、__/   `"'-、.\」 / _」   !⌒)-、
   /    / ,   、 `\Y´ ̄`ヽ.   |_ ノ
、_ノ  / レ_,Vi /'、__ヽ| ∨::::::::::::)
 ノヘ /i:::o::::レ':::::::o:::::|  |-''""/⌒ヽ‐、
  ( ).从"  _    "ハ ハ   ',    ノ    でーもー吊らないといけないー
  ノ/ヘ,!>ー,--r=7´/、 )  \_/
  (   lノ /kムイ::!/ヽ (   ノ´ヽ.
    ,ィ'⌒Y´ ̄ヽ/,.-、!   ,´    〉
    i⌒ヽ|__r⌒ヽ,  /  ノ    ノ
    `i´__」_,ゝ-イ-i‐'ヘ     (.
    くィ二ィ二7^ト、ノ::!:`ゝ、   ノ
    └‐‐'ー‐‐'´ ̄ ̄ ̄´」」
でっていう 「ねえよwwwwなんでわざわざローラーされに行くんだよっていうwwww>輿水幸子」
日向創P 「>古畑さん
違う、それ灰の大きい方の雪歩や」
輿水幸子 「この村 雪歩さん2人いるんですよ>古畑さん」
萩原雪歩 「これはどうなんでしょう…
狐噛みか、狩人さんがバランス護衛すると思ってのものでしょうか…」
ゆきぽ 「ぽー(占い真狼か狐が本線です)>ジャック」
初音ミク 「多少は考えるけど、
そんときは時期見計らって占いに対抗そのものを
占いさせりゃーそれでいーです>真狐」
古畑任三郎 「おや、これは失敬、同じような二人が二名いました」
真犯人 「にしても、占い師から●でないな…これ占いと霊能に狼2騙りの可能性あり?」
イリーナ 「万が一の噛みかぶりを警戒ですよ!>でっていう
対抗○いくときはこっそり占います!(ガッチャガッチャ」
ゆきぽ 「       _____
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    ぽー(ドナドナされる目)>こいし
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
.  | : ヽ、   △      /: : : : : : :|
  |/. ` ‐--.r---一 'ム--─‐'"
        .,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ
       / | .|  ヽ \  j
       |_,|  |   ヽ_ノ .ノ
        .}  |       /
         亡7 ̄ ̄てフ
今井加奈 「占い・・・狐混じり?
それならそれで、銃殺プリーズ!と叫んじゃっていいものなんでしょうかね?」
真犯人 「>古畑 キョン子も間違えてたからしゃーない。」
古畑任三郎 「萩原さんとゆきぽさんを混在させてしまいました>ジャック・O」
でっていう 「キョン子もミスってたっぽいけどなwwww
雪歩とゆきぽがいてwwwwゆきぽが霊能の方だろっていうwwww」
ジャック・O 「ほぼそのつもりで見てるな>ゆきぽ
狼2騙りで占い2COで早々に狼が出るだろうか?とな」
輿水幸子 「まあ真面目にいうなら
多分GJ→狐噛みだと思うんですけどね。
ただその場合ボクの○であるでっていう噛んだ方がいいのに
って思います。ええ、とっても思います。

何故って?ボクはカワイイですから!(ドヤァ」
萩原雪歩 「紛らわしくてすみません…ゆきぽは私とは別な生き物で…」
イリーナ 「霊能はゆきぽさん、私の占い結果は萩原雪歩さんです!!」
メイド 「イリーナさん対向占おうか?っていうかイリーナさん
視点霊能凄いことになってませんか?」
輿水幸子 「対抗狐のパターンについては いずれ占いますよ。
とりあえず狼狙いです。基本的には『対抗は吊っていい位置』なので」
日向創P 「どっちにしても、なんだか嫌な気配を感じる……
粘つくような……そんな、這い寄ってくるような気配を」
ジャック・O 「うーむ、占い狐交じり…となると、これは占いGJと占い狐噛みなんてケースもあるのか?」
でっていう 「おいwwww自分の○を見捨てるんじゃねえよwwwwざけんなっていうwwww>輿水幸子」
メイド 「これ考えるの面倒なの放棄すれば
ほぼ幸子さん真なんじゃないかっておもうんですが」
古明地こいし
              _,,... --─-...、,   r─-、
          .,..:'"´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!    >─┐
         /::::::::::::::_;;;::: --‐─- 、:;_:::|  /    |
        /:::;;:: ‐''"´__,,,... --‐─- 、</ /   _./
      __/´,,. ‐''"´ _./      ヽ   `"<,___」
    /::::::/´  //レ'| .ハ  /!z≧ミx      \:::::::\
   /::::::::::::'、  /!,イ≠ミ/ | /〃,テハ ヾ\.  i   |::::::::::::',
   '、;;:::::::::::::゙':イ〃灯ハ  .i /  {トzイ} !} !  |   ノ:::::::::;;ノ     あーゆきぽが行っちゃうー
     ''‐--ンi ヾ ヒ:zリ  ´  ゞ- '   |  !  (--‐'"
     //  /⊂⊃          ⊂⊃ノ  !   `ヽ. f´⌒)
    / /   {              く   ',    ノ |  ι´⌒i
    j  {   >、    rー-、       /\_,..>  ./ |     ノ
    ヽ; '、 //. \   ー- '     ,.イ⌒V  ハ  !..,,_|__,,,,. -''"
    , -) V//ヾ{ > 、    _,. <、,.   / ノノ  .ノ
   //  ノ   r―<ノ_ ̄ _ /:::::::::::>‐'r‐ 、´  /」
輿水幸子 「きっとそれはボクのカワイさが
村を覆い尽くす前触れに違いありませんね!(ドヤァ>日向さん」
真犯人 「しかし…平和だ」
ゆきぽ 「>ミクさん
ぽー(占い狐の場合狼側がGJか狐かはわかってないでしょうけど、噛みで隠される場合ありますんで、頑張って見抜くことも考えてください)」
今井加奈 「何でしょう・・・凄く不穏です・・・
私は占い狼に見てましたから、●が出ないのは当然かなぁって思ってたんですけれど・・・」
ジャック・O 「最悪は占いもローラーだ。吊りも増えたはずだしな
灰視がたぎるな」
メイド 「今井加奈(79)  「ゆきぽ、黒タイツさんが真狂位置で、キョン子さんは真狼位置なんですよね
狐はちょっとわかりかねますぅ!?」
なんか今井お嬢様がの想定が
全然わからないような、ゆきぽさんって真狼狐位置じゃないですか?
というよりもっというと。対向二人出てる時点でそこの想定が真狂って

推理してるふりに超みえます

ここ占い超おすすめです>幸子さん」
イリーナ 「対抗占い? 狐でもしませんよ
灰詰めていくほうが確実ですし 真狐-真狂狼でもLW吊りになるのはまだ遠いですし」
輿水幸子 「蜥蜴は蜥蜴らしく
ボクの代わりに噛まれ死ぬといいと思うんですよ!>でっていう」
でっていう 「いやーwwwwまさか四日目の朝日を拝めるとは思わなかったわっていうwwww」
日向創P 「>ジャック・O
その状態で占いスライド噛みする狼がいるかどうかが問題だな。」
初音ミク 「メイドさんも多分ゆきぽさんと雪歩さんで勘違いしてますよ」
古畑任三郎 「んえー、同じような名前の人物の事件は私も一度経験しましたから
大丈夫です、ゆきぽと雪歩のちがいはちゃんと理解しました>いりーな」
杉下右京 「いえ、油断は禁物です。両視点、詰めれるだけ詰めたいのが本音ですね。
吊りも増えている事ですし、ね。
真犯人 「>幸子 調子乗ってると宇宙に飛ばすぞ、オイ」
ゆきぽ 「     O 。  _____
       , <: : : : : : : : : : : > 、
     /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ バッ
     /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
     |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l    ヽヽ
     レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: :〃 ̄ ̄7   ぽっぽっぽ(まあもういっかい死体なしお願いします)
.    / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}:〃__/
   c /: /   ̄     ̄ ̄ /: : :〃: |        ぽー(欲を言えば2回、それで完璧です)
.    | : ヽ、   △      //¨) : : :| っ
    |/. ` ‐--.r---一/ /─‐'"
  バッ      ,ィ△∠l¨(__/、r、ィ
        / | .|       .j
 (( r===t==と_/|  |       ノ
.  L__」     }  |      /ヽ、
           亡7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
でっていう 「うるせえwwwwまずはお前が噛まれろっていうwwww
そしたら俺様の位置は安泰だっていうwwww>輿水幸子」
メイド 「ああ、雪歩二人いたんですか」
萩原雪歩 「今日ゆきぽを吊った後は占いさんの真贋を見つつでしょうか…?
幸子さん真寄りで見てましたが…」
輿水幸子 「ちょ、やめてくださいよ!
いくらボクが天使のごとくカワイイからって
ほんとに飛ばすことないじゃないですか!!」
イリーナ 「偶数なって銃殺出るなら出たほうがいいですけど
あくまでの確定の銃殺で灰からですよ!」
ジャック・O 「確認のため…とかなら
どうせ、吊りは増えんのだからな、2回目なら>日向」
真犯人 「幸子に腹パンしたくなるでっていうの気持ちが超分かった!」
杉下右京 「これまだ狼さん、殺人の罪を犯してないんですよね。

今ならまだ出頭すれば、罪は軽いですよ? っていうか無罪じゃないですかね?」
メイド 「やっと今理解しました。雪歩トラップに
かかっていたようですね・・」
日向創P 「どうなんだろうな。
どちらにしろ占いかまれそうな気配はないからそっち考えておくべきか」
杉下右京 「あ、GMさん忘れてました」
でっていう 「だろwwwwwwwwww>真犯人」
初音ミク 「どっち真とか考えるの面倒なので詰まないかなあ」
ジャック・O 「ばかな!幸子君はこんなに可愛いではないか!!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
今井加奈0 票投票先 →ゆきぽ
萩原雪歩0 票投票先 →ゆきぽ
古明地こいし0 票投票先 →ゆきぽ
杉下右京0 票投票先 →ゆきぽ
古畑任三郎0 票投票先 →ゆきぽ
ジャック・O0 票投票先 →ゆきぽ
ゆきぽ13 票投票先 →メイド
メイド1 票投票先 →ゆきぽ
でっていう0 票投票先 →ゆきぽ
イリーナ0 票投票先 →ゆきぽ
輿水幸子0 票投票先 →ゆきぽ
真犯人0 票投票先 →ゆきぽ
初音ミク0 票投票先 →ゆきぽ
日向創P0 票投票先 →ゆきぽ
ゆきぽ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
杉下右京 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
杉下右京さんの遺言
                    /;;;;;:::ミヾ,゛..-、、,,..!l从ノノ''"゛゛ ミミニヽ
           ,,-―ー-、 .l;;;三ミミ゛     ゛        '三ミ',
はい!      /   ,r,   ゙ lニ=-‐ミ           ...:   ミミ::l
右京さん! _,,. '^ 、     i !三二';    ..     ....:::    "';::l
         (;;__,..)    i.l-=ニ彡   ::        _.-‐=、 i/ヽ
           ヽ      /_.!三彡'  _,=-;;_-..、   :::',,..ニ-‐-、 ',~il      さあ、いきますよ、鴨山君!
              /,...ヽ.._ / ノ .'i,;'彡  '" __,,...二.,_::  i .ィ''t_テ` li"レ|
              / ヽ ‐、 / '/...,''-彡‐,_,'"、‐''t_ア> )‐=ヽ.__..,, ‐' .::iノ
           ,.イ  l \   /__.',ヽ~;"  ` ..__,,.. '   :::..   ...:: l'
          /   !| ., ' ´ ,=.ヽ`、!、          ;;::';:.    |
     ,. -'ァ‐==ニ_‐-v′   ^ヘ \`、     .'゛ '‐- .:''^  '、  !
    /  /-     ._ 〃,     ', . `-、    '    .:: __.、 i ,.'ヽ_
    /   ハ`     ミ {/      〉   ' 、   ;''-‐‐'' ~_ ' ' /  .〉\
   i  ,イ`       _,,.t'      /      .\     ''~   ,. '  /   '、.,,
  ! ,厶ヘ        ヘ.     ,′  _,,...-''iト、ヽ、.., ___ _,,.. '   , '    i ゛' .、._
    v'  / ヽ     -_込._   ._,,. -r゛   |!. \  '';::/    /     |     ''‐- ..,_
ゆきぽさんの遺言
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l     
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l     ぽー(人はどこから来てどこに行くのでしょうか…?)
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|      ぽー?(そして昨日の晩御飯はなんだったでしょうか?)
.  |,rヽ、   △  ,'⌒ヽ/: : : : : : :|
  ,フ| ̄二二二二二 ̄|ヾ ̄ ̄ ̄ヽ
..∠___|  |       .|  | ヽ___ヽ
    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |      .|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
輿水幸子 「カワイイボクが占い師なのは当然ですね!
今井さんは○に決まってるじゃないですか!」
今井加奈 「キョン子さんが真狼想定前提だったので・・・ついつい雪歩さんの考察がおざなりになっちゃいました>メイドさん
吊りきっちゃうしいいやって・・・」
イリーナ 「占いCO。こいしちゃんは○でした!」
でっていう 「おはようだっていうwwww
◇イリーナ 「占いCO でっていう○」
(チラッチラッチラッチラッチラッっていうwwww」
ジャック・O 「諸君、おはよう
正直に言う、狼視は苦手だ

信頼勝負なら、既に囲っている可能性は高い…偽占いが狼ならな。とりあえず完全グレーから見ていくつもりだ
こいし君は謎過ぎて困る
メイド君は相当推理をしている。基本的に噛まれるだろうと思われる…そうでなければ、狼視したくなるな
日向君、今井君はよく分からない」
輿水幸子 「えーと 完全灰の数を確認。
ジャックさん メイドさん こいしさん 日向さん 今井さん
うん、これだけいるなら灰占いでいいや。

◇今井加奈(7) 「占いさんは対抗占ってほしいですけどね、
霊能3人&死体なし確定○を作るだけで詰みにバリバリ近づきます!」
メイドさんの言う事をただ聞いた訳でも無いですが
なにやら占われたくないらしいので。狐とかアレっぽさもありますが。
偶数になったなら占ってもいいかなって思ってますね!」
イリーナ 「占い理由:
AAがウザ……げふんげふん
ここはグレランで吊れる位置ですけど
奇数→偶数になったので村なら保護したいと思って占いました!
対抗が占いづらい場所ですし、銃殺や●でももちろんアリです!」
萩原雪歩 「おはようございます…
共有さんが噛まれちゃいましたね…」
真犯人 「…右京さーーーん」
古畑任三郎 「んぇ、今回、占いの結果は自分のGJした占いが黒引きならCOしてくれてかまいません、
そこの○をのこして、●と対抗を釣って残りの灰を吊ればチェックとですから

ゆきぽの黒COをみるなら、狐が灰にいるか、占いにいる可能性が高いですね。
銃殺がでれば、その占いを妄信すればいいでしょう」
初音ミク 「この状況下で共有なんでよーかむわ」
日向創P 「おはよう。ついにネタがなくなった」
メイド 「そんじゃ占い残してグレランしましょうか」
今井加奈 「共有さん噛みですか?」
古明地こいし
|l|l.:'"´:、´..,,__ `゙'<._  /   〈
|lヽ、__/   `"'-、.\」 / _」   !⌒)-、
   /    / ,   、 `\Y´ ̄`ヽ.   |_ ノ
、_ノ  / レ_,Vi /'、__ヽ| ∨::::::::::::)
 ノヘ /i:::o::::レ':::::::o:::::|  |-''""/⌒ヽ‐、
  ( ).从"  _    "ハ ハ   ',    ノ     さーて本気出すかー出すかー出すかー出すかー
  ノ/ヘ,!>ー,--r=7´/、 )  \_/
  (   lノ /kムイ::!/ヽ (   ノ´ヽ.
    ,ィ'⌒Y´ ̄ヽ/,.-、!   ,´    〉
    i⌒ヽ|__r⌒ヽ,  /  ノ    ノ
    `i´__」_,ゝ-イ-i‐'ヘ     (.
    くィ二ィ二7^ト、ノ::!:`ゝ、   ノ
    └‐‐'ー‐‐'´ ̄ ̄ ̄´」
ジャック・O 「うむ?完グレに残ったか。そして共有噛み…ふーむ」
日向創P 「狐噛みっぽい死体ではある>共有」
輿水幸子 「灰:ミクさん・こいしさん・雪歩さん・ジャックさん・メイドさん・日向さん
前者3人が対抗の○で後者3人が完全灰です」
でっていう 「右www京wwwwさwwwwんwwww
なんか背後にみえるんですけどっていうwwww」
輿水幸子 「と言う事で完全灰3人から指定してください>真犯人さん
できますよね!カワイイボクの○ですから!!」
ジャック・O 「相棒だろう。気にしてはいけない>でっていう」
古畑任三郎 「んぇー、右京さんが噛まれましたか、おしいいかたをなくしました。、
これで狼は連続殺人をおかしたことになります」
イリーナ 「共有ですか、残念。せっかく噛みも対応も難しそうな場所占ったんですけど」
今井加奈 「うーん?
何というか、完全○が欲しいかなぁって・・・」
メイド 「なんか真GJでて信用に切り替えたようにしかみえないから
占い真狼でいいんじゃないでしょうか」
ジャック・O 「指定?まあ狩人保護はそろそろ気にするべきか」
日向創P 「真犯人は……特命係ではなかったのか……」
真犯人 「灰吊ろうか…異論ある人いる?」
萩原雪歩 「異論ありません。」
今井加奈 「完全ハイが3人、片方グレーが3人ですか」
古畑任三郎 「んぇー、連続殺人をおかした狼は絶対みつけないといけません。」
初音ミク 「ある程度吊りたいかなーって思ってるのが全員灰にはなってるんでそこはいい」
でっていう 「イエーwwwwこの村初のグレランだっていうwwww
うはwwww俺様吊れないとか今どんな気持ち?wwwwどんな気持ち?っていうwwww」
メイド 「占いが真狂か真狐だったときに
こういう噛みってありませんよねーという」
萩原雪歩 「ゆきぽを吊るのが惜しかったのは確かに同意なんですが
こいしさんは少し内容寡黙だったかなって思ってたりします」
イリーナ 「灰吊りで、3択ですから狩人吊り考えて指定もありだと思いますよ!」
ジャック・O 「死体無しは2度、一度は灰の狐と考えるのだろうか>メイド」
輿水幸子 「と言うよりも 灰が3と狭いので
うっかりそこに狩人が残ってた場合やばいですからね>ジャックさん
既に占ってればいいんですけどね!
まあ、ボクはカワイイですから!どこにいてもきっとボク護衛ですよ!(ドヤァ」
真犯人 「うわぁ、超でっていう吊りたい…」
今井加奈 「指定は了解です?」
初音ミク 「が、その上でどこを吊るべきかってなると
死ぬほど悩むのがこの完全グレー3なんですよねえ」
メイド 「まったく意義ありません、ええ
わりと眺めてればいい村に見えます」
古畑任三郎 「んえー、灰釣りでいいでしょうが、そのなかに狩人がいるのならでてきたほうがいいです」
日向創P 「というかまあんー
灰に狩人いるなら自主的に出させてのグレランでもいいんじゃないかとは思うんだが。
灰にいるのなや早期に狩人COさせた方がなんかいい気がするんで」
ジャック・O 「こいし君はちょっとどころかかなり寡黙に見えるが…」
でっていう 「やwwwwめwwwwてwwww>真犯人
輿水は冗談で済むけど共有のお前はシャレにならんっていうwwww」
今井加奈 「12人、残り5吊りですね、灰が狭まっていくことを考えれば」
萩原雪歩 「でっていうさんは口調と違って目が鋭いんですよね…」
古明地こいし
|l|l.:'"´:、´..,,__ `゙'<._  /   〈
|lヽ、__/   `"'-、.\」 / _」   !⌒)-、
   /    / ,   、 `\Y´ ̄`ヽ.   |_ ノ
、_ノ  / レ_,Vi /'、__ヽ| ∨::::::::::::)
 ノヘ /i:::o::::レ':::::::o:::::|  |-''""/⌒ヽ‐、
  ( ).从"  _    "ハ ハ   ',    ノ    遺言は見なかったことにしよう
  ノ/ヘ,!>ー,--r=7´/、 )  \_/
  (   lノ /kムイ::!/ヽ (   ノ´ヽ.      イリーナ偽より幸子真より 以上寝る
    ,ィ'⌒Y´ ̄ヽ/,.-、!   ,´    〉
    i⌒ヽ|__r⌒ヽ,  /  ノ    ノ
    `i´__」_,ゝ-イ-i‐'ヘ     (.
    くィ二ィ二7^ト、ノ::!:`ゝ、   ノ
    └‐‐'ー‐‐'´ ̄ ̄ ̄´」
初音ミク 「3日目の○からの反応と提案位置的にでっていうなんか
後々グレー戻すといわれても吊らないでしょーよ」
イリーナ 「指定進行ありきでの占い方・残し方しましたし
灰の残り方的には当然ですよ!>ミクさん」
真犯人 「狩人いるなら、立てこもらず出てきてええのよ?」
古畑任三郎 「んぇー、共有のして進行でもいいではないでしょうか」
ジャック・O 「完全グレーに居るなら、狩人は出ても良いだろうな
そうでなければCOする必要は無いだろう、指定されるまで」
輿水幸子 「あ、個人的にはメイドさん狼っぽくは無いです。
ここまで、対抗狼の噛みなので
対抗の○出し先を勘違いしていたそこは狼としては不思議が残るので。
狐はあるっちゃありますけど 占えばいいですしね!偶数なので!」
日向創P 「どっちにしろ今そこまで張り切る必要があるかと言われたら微妙」
古明地こいし 「指定しろって言ってるんじゃーないのー?」
でっていう 「どこがだwwwwぶっちゃけ灰視してねえぞ俺様っていうwwww>萩原雪歩」
ジャック・O 「指定するなら早めにな!」
メイド 「なら問題ないんじゃないかなー」
古畑任三郎 「んえー、指定進行がいいと思われます。>共有」
古明地こいし 「メイドさんあたり吊っちゃってさー」
輿水幸子 「えー、指定無さそうなので
完灰3名にいたら出てきてください。
吊られるよりは噛まれた方がマシです」
今井加奈 「グレーからラン何ですか?」
メイド 「と愚考いたしながら
私は幸子さんが本当に可愛いか考察することにします」
ジャック・O 「指定する時間は無いと思うが?
完全グレー3人での藍で良いのではないか」
真犯人 「んじゃ、指定する! ジャック、君に決めた!」
イリーナ 「3択ならまよいますけど、メイドさん吊って欲しいところではありますね
昨日とか占い方に口出してきましたし!」
古畑任三郎 「狩人がでるなら、GJしてないほうの占い釣りでいいのですから」
日向創P 「考えるに古畑さんから嫌な感じするんだけど、
○だしどうなんだろうな、ってぐらいだけどな」
輿水幸子 「っと 無しで!
カワイイボクの発言は無しで!」
ジャック・O 「うむ、COはない

そして指定が遅い」
萩原雪歩 「ジャックさんですか…?
了解しました」
でっていう 「うはwwwwおkwwww把握っていうwwww」
ジャック・O 「COできなかったらどうするのか」
真犯人 「灰吊り→指定にいきなり要望変わったから仕方ない」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
今井加奈0 票投票先 →ジャック・O
萩原雪歩0 票投票先 →ジャック・O
古明地こいし0 票投票先 →ジャック・O
古畑任三郎0 票投票先 →ジャック・O
ジャック・O11 票投票先 →日向創P
メイド0 票投票先 →ジャック・O
でっていう0 票投票先 →ジャック・O
イリーナ0 票投票先 →ジャック・O
輿水幸子0 票投票先 →ジャック・O
真犯人0 票投票先 →ジャック・O
初音ミク0 票投票先 →ジャック・O
日向創P1 票投票先 →ジャック・O
ジャック・O は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
古畑任三郎 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ジャック・Oさんの遺言              ノ "''===='
_r~~~'"^⌒⌒⌒^`ヾ'"=ニ二二ユ
_`二ニ='       '"^丶
   /      .r.、‐、   _z'ニ三二ニ nice jack.
__l__ _|ミl:゙':l| ___l___
三二三二三二三二三二三二三二三
二三二三二三二三二三二三二三二 完
古畑任三郎さんの遺言
                 __,,.,,.__
          ,:~'゙⌒'"`     `丶、
        ,:='゙               `ヽ、_
      ,:'゙                  ヽ,
      ノ                     `:、
     ;′                     ヽ.
     }                _.,... -ー- .._      `:、
     ノ        r''''"´         `ヽ,     }
     }           {                 i.  /^′
     ,}         ,:彡              | /
     {       ,.イ´         j: i_,,. -ーt′
     } /~"ニフ {.   /二ニニィ  {フ=ニ、ト、
     j | {// ,i'     ,ヘツ_>'/  : ド=’イ | ヽ
     '; |`<''/  {    丶 ̄ ./    |、   ルリ  /んぇー、今回の犯人は
      〉 \イ,.,.、冫              l.、 |    )三つの大きなミスを犯しました
      l、  \,,ハ.          /` 丶  :},)|   ノへ._______ ノ
        ヽ、 ,ハ ヽ      / ` ‐⌒ー ' , |‐- .._
        >'i \ ヽ.    , ‐--ー一 ''゙!丿    \
       ,/l   ヽ \ 丶、    `"二´ ,' |       ト、
       ノ |    ヽ.  丶、 `ヽ、    ___ノ  |.      | |
    / /ヽ     \   ` ̄ `了~ヽ|    |
  ./ /    |      \      |  |  /
/ /     |       ヽ    /、__,.ィ|   ̄
 /       |      ヽ   / | ||
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
輿水幸子 「カワイイボクが占い師なのは当然ですね!
初音さんは○に決まってるじゃないですか!」
今井加奈 「【イリーナグレ】◇でっていう ◇メイド ◇今井加奈 ◇古畑任三郎 ◇日向創P ◇輿水幸子
【輿水幸子グレ】 ◇イリーナ ◇メイド ◇初音ミク ◇古明地こいし ◇日向創P ◇萩原雪歩
【完全グレー】◇メイド◇日向創P」
でっていう 「おはようだっていうwwww
◇イリーナ 「占いCO でっていう○」
(チラッチラッチラッチラッチラッチラッチラッチラッチラッチラッっていうwwww」
イリーナ 「占いCO。でっていうさんは○でした!」
萩原雪歩 「おはようございますぅ…」
輿水幸子 「完灰2ですし対抗入った方がよさそうですね。
ここで噛み合わせ狙いされる可能性は
(普通に考えれば)低そう、というかその3人で狐あるのって
位置的にミクさんぐらいな訳で。だったらミクさん占い以外は
対抗破綻する可能性ゼロと思われるので
ここを一番最初に占うのがいいですね!」
今井加奈
ふむふむ?現状霊能-共有-指定COなしの人しか吊られてないから、2連狐噛み以外は狩人さん生きてるんですよね?
となると割合楽なんじゃないでしょうか?」
日向創P 「暗闇の中をもがくような感覚……
花畑の中を歩いていながらも、どこかに落とし穴があるような気がしてたまらない不安感……
そんな中に……今、俺はいる。くそっ……狼はどこなんだ?」
イリーナ 「占い理由:
ここで トカゲを 占うときです!!」
日向創P 「え?>そこ噛み」
でっていう 「ホントに占う奴があるかっていうwwwwちくしょうっていうwwww>イリーナ」
真犯人 「古畑噛みか…まずかったか」
メイド 「ここで幸子さんの○噛みと。
灰つめましょつめましょ」
輿水幸子 「なんか対抗狐っぽくなってきたんですけど
これ占った方がいいんです?
これまでずっと対抗狼‐真狂狐/対抗狼‐真狂狼
とばかり思ってたんですけど」
今井加奈 「何でしょう?この噛み?」
古明地こいし 「|l|l.:'"´:、´..,,__ `゙'<._  /   〈
|lヽ、__/   `"'-、.\」 / _」   !⌒)-、
   /    / ,   、 `\Y´ ̄`ヽ.   |_ ノ
、_ノ  / レ_,Vi /'、__ヽ| ∨::::::::::::)
 ノヘ /i:::o::::レ':::::::o:::::|  |-''""/⌒ヽ‐、
  ( ).从"  _    "ハ ハ   ',    ノ      どこかに逃げたい
  ノ/ヘ,!>ー,--r=7´/、 )  \_/
  (   lノ /kムイ::!/ヽ (   ノ´ヽ.      あと狩人出ていいよ
    ,ィ'⌒Y´ ̄ヽ/,.-、!   ,´    〉
    i⌒ヽ|__r⌒ヽ,  /  ノ    ノ
    `i´__」_,ゝ-イ-i‐'ヘ     (.
    くィ二ィ二7^ト、ノ::!:`ゝ、   ノ
    └‐‐'ー‐‐'´ ̄ ̄ ̄´
日向創P 「ちょ、ちょっと待ってくれよ……
そこが怪しいって推理は間違ってたのか……くっ……」
初音ミク 「なんか両方視点で詰みそーなそーでもないのかーという」
萩原雪歩 「ミクさんが確定○でしょうか?」
イリーナ 「あぶな……古畑さんと迷ってましたけどでっていうホイホイされて正解でしたよ!」
真犯人 「共有が増えたよ、やったね真犯人ちゃん!」
輿水幸子 「灰:こいし‐雪歩‐メイド‐日向」
でっていう 「あれだわwwwwグレー殲滅しようぜっていうwwww」
今井加奈 「残りが4吊り? 占いさんのグレーが」
輿水幸子 「+対抗なので
ボクの灰に狩人いれば詰みですけどボク視点。
少なくとも狼は」
日向創P 「どちらかというとイリーナ偽っぽい噛みではあるんだが、なー
というか狐把握してるならそうでもないのかもしれないが」
真犯人 「でっていうとミクが確定白」
でっていう 「うーすwwwwよろしくオナシャースっていうwwww>真犯人、初音ミク」
メイド 「計算とかしてませんけど
多分幸子さんは空から飛び降ろさせたくなるぐらい
カワイイでいいんじゃないでしょうかという結論にいたってしまった私」
初音ミク 「どっち削るのがいいんだろーかなあこれ」
今井加奈 「イリーナさん3人、幸子さんが4人
・・・うん決め打つなら詰みも視野ですかこれ?」
萩原雪歩 「灰で言うのもなんですが私はこいしさんでしょうか…
けどあからさますぎるなぁとも思うんですが…」
イリーナ 「吊りが4で灰が加奈さんと完全グレー2・対抗の4ですから
明日銃殺がベスト、村○でも私の視点で詰みますね」
日向創P 「ただ狐把握してる場合メイドかジャック狐がなんだが」
輿水幸子 「ふっ、そうでしょうそうでしょう!
空から飛び降りるのは変わってあげてもいいですよ!>メイドさん」
真犯人 「仮指定:日向」
メイド 「いえいえ、どうぞどうぞ>幸子さん」
日向創P 「そこが初日に噛まれ得るのかと言われるとさっぱりだ。」
でっていう 「うはwwww噛むなよwwww絶対噛むなよっていうwwww」
イリーナ 「昨日グレーから狩人出てないんで、灰に狩人いませんし
完全グレー吊りで問題ないです!!」
日向創P 「COはない……やっぱり、俺に才能なんて無かったのか……?」
輿水幸子 「こいしさん‐雪歩さん狐は無い筈。
対抗狼で狐噛みが発生していた場合
(そしてボクはそれを一番可能性高く見積もっています)
狐に○って投げる訳無いので。よほどじゃなけりゃ」
メイド 「何回見なおしても信用勝負なら私イリーナ真にみえないんで」
古明地こいし 「狩人いなさそうだけどね」
萩原雪歩 「日向さんですか…
特に怪しむことはなかった人なんですよね…」
今井加奈 「むむー これでえっとどうなんでしょう?
明日からの進行?」
輿水幸子 「ふっ、そうでしょうそうでしょう!
このボクを信じたその慧眼に敬意を示して
『かわいい幸子ちゃんステッカー』をあげますよ!>メイドさん」
真犯人 「日向を崖から突き落とすぞー!」
でっていう 「さーてwwww進行は丸投げして草を生やす仕事の始まりだおっていうwwww」
初音ミク 「狩人いないなら古畑任三郎ジャスト狩人なんだけどねーほぼ」
メイド 「だから思考をやめた系メイド(きりり」
今井加奈 「狩人さんが居ないなら古畑さんか、初日で2連狐噛みになっちゃいません?」
イリーナ 「明日の結果でほぼ詰みですから、信頼なんて投げ捨てるものなんですよ!>メイドさん」
輿水幸子 「明日占い結果次第ですけど
灰は2になりますね○と●どっち引いても」
でっていう 「うはwwwwばいばーいっていうwwww」
真犯人 「狩人に当たらなければOKよね>指定」
日向創P 「ただまあ占いは狐噛み無かったと考えていると見ていいんだろうか、これ。
古畑噛まれてる辺りもうなんともいえないんだが」
真犯人 「古畑狩人っぽかったよね…」
輿水幸子 「ボクが噛まれてる場合?
ふっ、もし古畑さんが狩人だったとしても
ボクを霊界から護衛できます!ボクは カワイイので!!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
今井加奈0 票投票先 →日向創P
萩原雪歩0 票投票先 →日向創P
古明地こいし0 票投票先 →日向創P
メイド1 票投票先 →日向創P
でっていう0 票投票先 →日向創P
イリーナ0 票投票先 →日向創P
輿水幸子0 票投票先 →日向創P
真犯人0 票投票先 →日向創P
初音ミク0 票投票先 →日向創P
日向創P9 票投票先 →メイド
日向創P は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
輿水幸子 「カワイイボクが占い師なのは当然ですね!
こいしさんは○に決まってるじゃないですか!」
でっていう 「おはようだっていうwwww
うはwwww俺様生きてるっていうwwww
ここまで生きてるのとかどれくらいぶりだっていうwwww」
真犯人 「…」
今井加奈
【イリーナグレ】 ◇メイド ◇今井加奈 ◇輿水幸子
【輿水幸子グレ】 ◇イリーナ ◇メイド ◇古明地こいし ◇萩原雪歩
【完全グレー】◇メイド」
輿水幸子 「灰:メイド‐こいし‐雪歩
ボクが生きてて かつ○引けば狼は詰み。
●でも相当狭まるのでどちらでもいいと言えばいいですが
(狩人情報次第ですけど)
対抗狼と見た方がやはり分かりやすいので○狙います。
こいしさんの方ですかね!雪歩さんより!」
萩原雪歩 「おはようございますぅ…」
真犯人 「はい?」
メイド 「デスヨネー」
イリーナ 「占いCO。メイドさん○でした!」
輿水幸子 「えー、狩人出てきてください」
でっていう 「死wwww体wwwwなwwwwしwwww」
今井加奈 「指定展開が多い分、狐目が吊れてない印象
霊能混じりならいいんですけど、それ以外だとジャックか日向さんぐらいしか今まで吊ってないのが怖いんですよね」
イリーナ 「占い理由:
対抗狼だとすると、ここまで残った灰●は非常に薄いです!
占い先にいろいろ言ってきましたし
狼は薄くても狐はありありと思います!」
今井加奈 「死体なし2連続からの共有噛みも結構不穏ですし、狐噛み挟んでるならどこにいたのかって話ですし
萩原雪歩 「こいしさんが○だったんですか…?」
初音ミク 「狩人でていいです」
メイド 「狩人はもうでてきていいですよー」
輿水幸子 「いないなら 狐がいます。イリーナ‐雪歩‐メイドに」
今井加奈 「占いさん吊りきっちゃいたいんですが!が!」
真犯人 「狐居るとかって説?」
でっていう 「俺様がwwww俺様たちが狩人だっていうwwww」
でっていう 「-------------狩人日記-------------
【一日目】護衛-できないっていうwwww 死体-三浦GMっていうwwww
【二日目】護衛-輿水幸子っていうwwww 死体-なしっていうwwww
【三日目】護衛-輿水幸子っていうwwww 死体-なしっていうwwww
【四日目】護衛-輿水幸子っていうwwww 死体-杉下右京っていうwwww
【五日目】護衛-輿水幸子っていうwwww 死体-古畑任三郎っていうwwww
【六日目】護衛-輿水幸子っていうwwww 死体-なしっていうwwww
【七日目】護衛- 死体-
【八日目】護衛- 死体-
-------------護衛理由-------------
【一日目】
かwwwwりwwwwうwwwwどwwww
ざけんなっていうwwww吊られるだろっていうwwww
俺様知ーらねっていうwwww吊るなよwwww絶対吊るなよっていうwwww

【二日目】
なwwwwにwwwwこwwwwれwwwwなwwwwにwwwwこwwwwれwwww
まあ占い護衛なんだけどなっていうwwww○はどっちも役だしっていうwwww
共有の方を占ったことを評価して業腹だけど輿水護衛してやんよっていうwwww

【三日目】
死wwww体wwwwなwwwwしwwww
しかも占われたっていうwwwwもう護衛続行するしかねえっていうwwww
うはwwww護衛先が実に不満なんだけどっていうwwww

【四日目】
死wwww体wwwwなwwwwしwwww二wwww連wwww続wwww
もう輿水でいいやっていうwwwwGJとか狙いにいかないで鉄板護衛しとくわっていうwwww

【五日目】
地味に信用勝負っぽくて嫌なんだけどっていうwwww
輿水かwwwwそれとも真犯人かwwww明日の噛み次第なんだけどなっていうwwww
まあいいやっていうwwww賭けるわwwww輿水護衛継続っていうwwww

【六日目】
ではwwww再び二択のお時間ですっていうwwww
ここで真犯人護衛の度胸はないわっていうwwww
ほらwwww真犯人噛まれても変わりはいるものっていうwwww」
初音ミク 「多分今日は確定○GJに見えるので
そろそろ死体なしの内容知りたい」
古明地こいし
              _,,... --─-...、,   r─-、
          .,..:'"´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!    >─┐
         /::::::::::::::_;;;::: --‐─- 、:;_:::|  /    |
        /:::;;:: ‐''"´__,,,... --‐─- 、</ /   _./
      __/´,,. ‐''"´ _./      ヽ   `"<,___」
    /::::::/´  //レ'| .ハ  /!z≧ミx      \:::::::\
   /::::::::::::'、  /!,イ≠ミ/ | /〃,テハ ヾ\.  i   |::::::::::::',
   '、;;:::::::::::::゙':イ〃灯ハ  .i /  {トzイ} !} !  |   ノ:::::::::;;ノ     寝てるだけで終わりそうな
     ''‐--ンi ヾ ヒ:zリ  ´  ゞ- '   |  !  (--‐'"
     //  /⊂⊃          ⊂⊃ノ  !   `ヽ. f´⌒)
    / /   {              く   ',    ノ |  ι´⌒i
    j  {   >、    rー-、       /\_,..>  ./ |     ノ
    ヽ; '、 //. \   ー- '     ,.イ⌒V  ハ  !..,,_|__,,,,. -''"
    , -) V//ヾ{ > 、    _,. <、,.   / ノノ  .ノ
   //  ノ   r―<ノ_ ̄ _ /:::::::::::>‐'r‐ 、´  /」
今井加奈 「5人時点に占いさんが居たら狐勝ちも十分ありますって!」
真犯人 「でっていうwww狩人wwwwっていうwww」
輿水幸子 「ふっ、ボク護衛なのは当然ですね!
なぜって?ボクは カワイイですから!!
カワイイですから!!(強調)」
メイド 「はいはい、投了」
イリーナ 「そんな予感はしてました!>でっていう」
萩原雪歩 「占いさん吊りも考えるべきでしょうけど…
どうでしょうか。」
今井加奈 「対抗は居ないんです?ならイリーナさん吊っちゃいたい?」
メイド 「素直にでっていう噛みでよかったかー」
輿水幸子 「ま、マジで!?>メイドさん」
でっていう 「お前wwww吊られかけてめちゃくちゃあせったからなっていうwwww>真犯人」
萩原雪歩 「え?」
真犯人 「あー、もう占い師同士で占いあえばいいんじゃないかな?」
古明地こいし 「メイド狼かー狐読みだったのにー」
初音ミク 「メイドさん人外ですよね」
メイド 「これは多分勝ち目ないですよ。」
輿水幸子 「一応雪歩さん吊り→他どちらかボクが占います。
それで問題無し」
真犯人 「投了?同情するわ」
イリーナ 「狐には申し訳ないことをしましたね!」
メイド 「というわけで早回しいいですよね>GM」
初音ミク 「この噛みで対抗狼以外ないと思いますよ」
真犯人 「>メイド 内訳言える?」
メイド 「いや仲間証明しましょ>イリーナ」
古明地こいし 「雪歩素村なら柱に建ってねー狼吊りきりの狐ケア警戒してー」
イリーナ 「まぁ対抗狐もありますけどね!」
今井加奈 「後4吊り!詰み切れますね!」
メイド 「うん?投了っていってるんだけど>真犯人」
萩原雪歩 「私ですか…?」
輿水幸子 「メイドさん‐イリーナさんで2人外
狼狐、狼狼のどちらかは知りませんが
両方が人外COしてるなら両方残して片方占えば狐勝利は消えます」
イリーナ 「イリーナ メイド ゆきぽ デス」
メイド 「イリーナと」
でっていう 「まあwwwwキョン子じゃね?っていうwwww」
古明地こいし 「メイド狐あり得るしー」
真犯人 「早回し希望ってことは狐居ないのね?」
イリーナ 「雪歩さんじゃない? 狐」
メイド 「投了って言葉がきこえないん?」
メイド 「LWCOじゃなくて、投了」
萩原雪歩 「ということはイリーナさんが狼さんってことでしょうか?」
今井加奈 「狐がいるかどうか狼さんにわかるんでしょうか?
あれ?」
輿水幸子 「だから狐がいた場合に備えて
雪歩さん吊り>メイドさんかイリーナさん占い>
●出たらそっち後回し、で確定勝利ですよ」
古明地こいし 「ああ幸子の言うとおりよー
2人残せば狐勝ちで終わらないよー」
でっていう 「ゆきぽだったのかっていうwwww」
輿水幸子 「あ、でっていうはボク護衛ですからね!
絶対ですよ!絶対ですからね!
……フリじゃありませんよ!!」
でっていう 「わかったよっていうwwww」
古明地こいし 「でっていう噛みするんだったって言ってたのにー>メイド」
初音ミク 「ジャックOあたりかな>狐死亡なら」
イリーナ 「吊り進行的に霊能にいなきゃ雪歩さんっぽいです
素直に吊られてない限りは」
萩原雪歩 「狐はてっきり霊能さんにいるものと思ってましたが…。」
古明地こいし 「雪歩吊り
占いは幸子に任せればいいや」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
今井加奈0 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩5 票投票先 →メイド
古明地こいし0 票投票先 →萩原雪歩
メイド2 票投票先 →イリーナ
でっていう0 票投票先 →萩原雪歩
イリーナ1 票投票先 →輿水幸子
輿水幸子1 票投票先 →萩原雪歩
真犯人0 票投票先 →萩原雪歩
初音ミク0 票投票先 →メイド
萩原雪歩 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
でっていう は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
萩原雪歩さんの遺言
       _
      '´   ヽ
    i  ノノハ)i | ゆきぽ、あふぅちゃんやぴよぴよちゃんと
     ヽ (l゚ ヮ゚ノリ 仲良くしてあげてね…
      ⊂r‐iつ  ミクさん、お勉強させてもらいます!
      ノ拙ゝ
      (´`し'ノ
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
輿水幸子 「イリーナさん●。
メイドさん>イリーナさんでオーケーです」
真犯人 「でっていうーーーー」
輿水幸子 「でっていうに……敬礼!!」
「◆三浦GM いま狐が吊られましたので、ここからどうなっても狼が騙りつぶせるルートが存在しませんので早回し許可します~・・あら~・・・もう回ってました・・・」
真犯人 「狼って誰だったけ?ログ取ってなかったわ」
今井加奈 「了解ですー」
イリーナ 「雪歩さんゴメンね」
古明地こいし 「メイド吊りー」
輿水幸子 「メイドさん‐イリーナさんですね>真犯人さん
一応メイドさん投票しましたが
GMから宣言入ったので多分どっち吊りでもオーケー」
今井加奈 「真狼狂、と真狼だったんですね、(もメモメモ」
真犯人 「狐吊れたのね、メイド投票」
8 日目 (1 回目)
今井加奈0 票投票先 →メイド
古明地こいし0 票投票先 →メイド
メイド5 票投票先 →イリーナ
イリーナ1 票投票先 →輿水幸子
輿水幸子1 票投票先 →メイド
真犯人0 票投票先 →メイド
初音ミク0 票投票先 →メイド
メイド は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
輿水幸子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
輿水幸子さんの遺言              /   /    i    ヽ、  \  ヽ、::::::|     命
  ナ┐   ー十-〃 /   / / λ.  lヽ ヽ、   ゙i  \__  ゙̄|     を
 /  」   ノ 」 ヽ  レ| / /  ハ   l ヽ_⊥k--.,,_ |   |\__|  仕  狙
 ┌-┐  ノ―ュ   / | i (.  | ヽ  l ヽ ヽ ヽ、 `|   |、 .|.  方  わ
   ノ    /   |  {.| |,-t十  ヽt、 i. ,-‐比_ヽ |   | .ヽ|.  な   れ
   ノ         |ヽ、iハ. 'k |り-‐-  ヽ!  '下て不`,ー-  kヽ|   い  た
  ‐'´|    は    |  / ヽ |`,イてミ      ー=' 7   .|ー、 |  こ  よ
   ノ         |/ ノ.ト女.Y=┘      /// / ィ  |子)|  と   う
  -'´|.         |__ | | ///  '       /ノ|  | ノノ |   で  で
            |_ ノノ|ヽヽ、.            |  ├'´  |.  す   す
  の         /.   | `t-`   t_´ ̄フ    |  | /  .|  ね  が
  で         |    |  |k_         _, |   | /  <_ !
  !!.        |. /  | | | ! ゙ー.,_     _/.  |   レイ ノ ノ ヽ    ノ
             |    Vi | ヽ、|、`弋ーイ    |   |  レ'レ'    ̄ ̄
/\/\/ ̄ ̄ ̄ ̄/)  .ハ |  `' `ー`.゙-,|   / /tノ、__   \  \
 ┃  . ┃┃/┃ へーニつ./ ̄`>フー'´ノ====レ' フ ノノ フ⌒ヽ .\  \
  ┃   ┃┃ ┃ ┏┓ ニつ /┃┃ュ./介`」  / ノノ /     |  \
  ┣━┓    ╋┛ ┃ つ  / ┃┃./  川  /ュ ノノ /      |
   ┃  ┗━  ┃   ━┓  ┃┃ L_,,..-‐'´0ノ´r´  / /     |  \
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
イリーナ 「MOGUMOGU」
古明地こいし 「とどめだ犯人!」
真犯人 「んじゃ、お疲れ様でした。」
今井加奈 「貴方が犯人ですね!(ビシィ!」
真犯人 「でっていうに阻まれてNDK?>狼」
初音ミク 「2騙り+狂霊は不運だなー」
真犯人 「アオォーン・・・」
9 日目 (1 回目)
今井加奈0 票投票先 →イリーナ
古明地こいし0 票投票先 →イリーナ
イリーナ4 票投票先 →真犯人
真犯人1 票投票先 →イリーナ
初音ミク0 票投票先 →イリーナ
イリーナ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
イリーナさんの遺言 イリーナ死すとも正義は死せず、です!!
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/11/14 (Wed) 23:59:38
萩原雪歩 「あ…そんなに早く解ってたわけじゃないんですね>右京さん」
イリーナ 「古畑噛んでから でっていうの狩人臭が すごかった」
メイド 「おつかれさまー」
でっていう 「お疲れっていうwwww」
ジャック・O 「お疲れ様だ」
古畑任三郎 「んえー今回、狼は三つのミスを犯しました。」
萩原雪歩 「お疲れ様です。」
古明地こいし 「おつかれー」
ゆきぽ 「          _____
        , <: : : : : : : : : : : > 、
      /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
      /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
      |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
      レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    
.     / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|    ぽぉー(お疲れ様です)
 ,^,> 、/: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
 { .}.    ̄ ̄ ̄二ニ)       /: : : : : : :|   ぽー(先に楽になってしまい申し訳ないです>お仲間)
 { .}   ム二7/‐--.r---一 'ム--─‐'"
 ',,ノ>´¨ ̄ ̄   ,r△∠l¨r.、`ヽr、ィ     
          / | .|  ヽ \  j
          |_,|  |   ヽ_ノ .ノ
.           }  |       /
            亡7 ̄ ̄てフ」
イリーナ 「お疲れ様ー」
真犯人 「お疲れ様でした。」
古畑任三郎 「一つ目は占いを即噛みしてGJだされたこと、」
杉下右京

                    /;;;;;:::ミヾ,゛..-、、,,..!l从ノノ''"゛゛ ミミニヽ
           ,,-―ー-、 .l;;;三ミミ゛     ゛        '三ミ',
そうですね!  /   ,r,   ゙ lニ=-‐ミ           ...:   ミミ::l
右京さん! _,,. '^ 、     i !三二';    ..     ....:::    "';::l
         (;;__,..)    i.l-=ニ彡   ::        _.-‐=、 i/ヽ
           ヽ      /_.!三彡'  _,=-;;_-..、   :::',,..ニ-‐-、 ',~il      お疲れ様ですよ、みなさん。
              /,...ヽ.._ / ノ .'i,;'彡  '" __,,...二.,_::  i .ィ''t_テ` li"レ|
              / ヽ ‐、 / '/...,''-彡‐,_,'"、‐''t_ア> )‐=ヽ.__..,, ‐' .::iノ      相棒はよくやり通してくれました。
           ,.イ  l \   /__.',ヽ~;"  ` ..__,,.. '   :::..   ...:: l'
          /   !| ., ' ´ ,=.ヽ`、!、          ;;::';:.    |       あとでっていうさんには頭が上がりませんねぇ
     ,. -'ァ‐==ニ_‐-v′   ^ヘ \`、     .'゛ '‐- .:''^  '、  !
    /  /-     ._ 〃,     ', . `-、    '    .:: __.、 i ,.'ヽ_
    /   ハ`     ミ {/      〉   ' 、   ;''-‐‐'' ~_ ' ' /  .〉\
   i  ,イ`       _,,.t'      /      .\     ''~   ,. '  /   '、.,,
  ! ,厶ヘ        ヘ.     ,′  _,,...-''iト、ヽ、.., ___ _,,.. '   , '    i ゛' .、._
    v'  / ヽ     -_込._   ._,,. -r゛   |!. \  '';::/    /     |     ''‐- ..,_
  /  丨  \__,,.. ァ'´  { `¨¨¬     /  /  /
  ,′ !   ',  ヘ._,. 个、___,,. }__ー‐'´   v'  /
  {     ',   ハ  ノ    ,、,.-‐'´    )   V//
  ∨  ,ハ.  / ,{  ヽ-‐'/      /     {/
黒タイツの人 「御疲れ様
初日にでっていう特攻占い理由がぱっと思いつかなかったばかりに・・・!すまぬ!」
メイド 「露骨すぎてこう、噛んだら負けだと思って共有噛んだ私がいけない」
輿水幸子 「お疲れ様ですよ!
まあボクはカワイイですから
ボクが勝利しちゃうのは仕方ありませんよね!!(ドヤァ」
今井加奈 「お疲れ様ですー」
古畑任三郎 「二つ目は狂人が霊能が二人いるのに霊能COしたこと」
古畑任三郎 「三つ目はそう、」
でっていう 「もはやwwww隠すつもりなどなかったっていうwwww>イリーナ」
古畑任三郎 「私を狩人目でかんでしまったことです。」
キョン子 「おつつん」
古明地こいし 「村村狼狐ヒット・・・」
古畑任三郎 「んぇー、でっていうさん、お疲れ様
いい狩人でしたよー」
メイド 「ま、しゃーないね。噛みが安易だったと。」
初音ミク 「イリーナがメイド吊り誘導で
幸子がメイド残し誘導ならメイド吊りって無茶苦茶利点あるように感じたんですけどね。」
ゆきぽ 「ぽー(狂人さんは狐混じりを考えたらCOしてきても仕方ないですし…w)>古畑さん」
古明地こいし 「まあいいんじゃない?たぶん」
イリーナ 「対抗即噛みはやっぱり苦手です!(護衛が自分につかない的な意味で)」
でっていう 「奇跡的だったわっていうwwww>古畑任三郎
占い2でのGJ出るか出ないかってマジ天地なっていうwwww」
萩原雪歩 「きっちりとした戦いでしたねー、楽しかったです」
古畑任三郎 「んぇー、丸もらいなら占いCOも手ですけどね>ゆきぽ」
真犯人 「随分アグレッシブな狼だったぜ…」
黒タイツの人 「キョン子のCOは見えてねーっかったよ」
黒タイツの人 「CO時」
ゆきぽ 「         _____
       , <: : : : : : : : : : : > 、
     /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
     /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
     |: : : /-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
     レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : l
 じ  ./ |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|    (お茶でも飲んで疲れを癒してくださいのポーズ)>メイドさん、イリーナさん
  ゃ /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
 │ .| : ヽ、 ._ △_   /: : : : : : :|
    |/. `(_)--(_`ヽ'ム--─‐'"
    , < ̄` ー--一 '¨'l'゙ヽ
    {________|  ヾ¨`ヽ
     |il| |         |      )
     |il| |         |     /
     |il| |         | ̄てフ
  . l ̄ ̄l         | ̄ ̄ ̄ ̄'|
  . L__,」‐────一'────┘」
初音ミク 「そしてキョン子の狐役臭がすごいのは何か当然のことを感じる」
古明地こいし 「発言やら理由やらで幸子>イリーナだったのもあったけど
5日目に私が占われたのが非狩狙いに見えたのよねー」
今井加奈 「ああ…把握ミスだったんですか>霊能3CO」
メイド 「んー2騙りはやはり壊滅するときはしちゃうんだなーと」
古畑任三郎 「んぇー、それは仕方ないですね>黒タイツの人」
ジャック・O 「…しかし、人数が少ないと誘われてきたら、なんでこんな修羅村になってるんだ
強いわ動きが」
杉下右京 「でっていうさんはよく初日の占い状況で、幸子さんを護衛できたものです。
称賛に値しますよ>でっていうさん

どちらも霊能占いで、見極めが出来るといえば、無理でしょうしねぇ」
ゆきぽ 「ぽー(まあ占いCOする気かどうかもありますしねw>古畑さん)」
メイド 「やはり3-3を狙うべきだった・・・・・」
古明地こいし
              _,,... --─-...、,   r─-、
          .,..:'"´::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、!    >─┐
         /::::::::::::::_;;;::: --‐─- 、:;_:::|  /    |
        /:::;;:: ‐''"´__,,,... --‐─- 、</ /   _./
      __/´,,. ‐''"´ _./      ヽ   `"<,___」
    /::::::/´  //レ'| .ハ  /!z≧ミx      \:::::::\
   /::::::::::::'、  /!,イ≠ミ/ | /〃,テハ ヾ\.  i   |::::::::::::',      >ゆきぽ
   '、;;:::::::::::::゙':イ〃灯ハ  .i /  {トzイ} !} !  |   ノ:::::::::;;ノ
     ''‐--ンi ヾ ヒ:zリ  ´  ゞ- '   |  !  (--‐'"        狼ィ
     //  /⊂⊃          ⊂⊃ノ  !   `ヽ. f´⌒)
    / /   {              く   ',    ノ |  ι´⌒i
    j  {   >、    rー-、       /\_,..>  ./ |     ノ
    ヽ; '、 //. \   ー- '     ,.イ⌒V  ハ  !..,,_|__,,,,. -''"
    , -) V//ヾ{ > 、    _,. <、,.   / ノノ  .ノ
   //  ノ   r―<ノ_ ̄ _ /:::::::::::>‐'r‐ 、´  /」
でっていう 「余裕とかこけるメンツじゃなかったわっていうwwww>ジャック」
イリーナ 「全員騙りが大正義ですよ!」
黒タイツの人 「初日にイリーナ偽っぽいから○ゼロにすれば護衛来るかなーっと思った程度よ>今井」
今井加奈 「それって確実に人外涙目にしかなりませんよ!?>3-3」
萩原雪歩 「それだと占いさんもローラーされて終わっちゃいそうな…>メイドさん」
古畑任三郎 「んぇー、人外ローラーで終わるのでわ?>メイド」
真犯人 「結論:でっていうは初日に吊るか噛め」
杉下右京 「ほんわかムードの中によく修羅が混じっているのはよく見かけますねえ>ジャックさん」
ゆきぽ 「  -っ○
 ιゝヽ あ ⌒ー'゙⌒ー-
          _____
        , <: : : : : : : : : : : > 、
      /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
      /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
      |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
      レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l    ぽぉ~~~~~♪(荒ぶる狼のポーズ)>こいし
.     / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
 ,^,> 、/: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|
 { .}.    ̄ ̄ ̄二ニ)       /: : : : : : :|
 { .}   ム二7/‐--.r---一 'ム--─‐'"
 ',,ノ>´¨ ̄ ̄__,.△∠l¨, -、ヽ
       O─(__/ |r "¨ /  ヽ
 トン   ((     / /ゝ--'゙   ヽ
. トン    i=ニ二二O=i__/\__〉
.      |_____|   ̄ ̄
メイド 「くっ・・・・」
ジャック・O 「そして浮かび上がる狐勝利の3文字…」
イリーナ 「こっそりと、黒タイツさんに初日特攻も考えてましたけど
しなくて正解でしたね!」
真犯人 「>メイド そこまで言うなら4-3にしてください」
メイド 「私が占いにさえ出ていれば・・・・」
ゆきぽ 「ぽー(3-3…勝敗は置いといて見てみたいかもですw)」
メイド 「光の速さで真決め打たれてなんとかなるさ・・・」
萩原雪歩 「QPがいたりする村では見たことがありますね>3-3」
でっていう 「俺様噛みとか割と負け気分を味わえるっていうwwww>真犯人」
古畑任三郎 「デン、デデデ、デン、デン、デデデ、デン
デレレレーレーレーデレレレレーレー」
古明地こいし 「>ゆきぽ
\  \\     ,.:'´  '::::,-ー、-ー- ::;;_::::::::::ヽ )」 /   _」    <
          ,.:'´::::::::::::,:/   /     ヽ::::::::::ヾ:  Y       /   お
   \\    !:::::::::::::://    i    ハ   :::::::::::ヽァ"⌒゙'ヽヘ,   \
      \   \::::::::/ l  !  ハ  /!ィ' i   ヽ:::::;;ゝ !―--―) )    >
`' 、        ヽ`'、::i  !/!メ、!」 レ-';'´ハ   ∨`iゝヽ.,,_,,.ノ´(    /  し
    i´ヽ.     、_ノ.! !   !-;'´ハ     '、,::,ノ !__トr┘i>入`'´  ノ ヽ  \
  (`ヽ;、 `ヽ    `>、, ハ. '、::ノ     ⊂⊃!   > .Y  /   i <
  ,.-`ヽ  >  `ー .,,_、〈  i⊃   r '' " フ    /ハ__,,ノ. _ ./  ./   ノ /    お
  `ー‐ァ (´__,ノ  !::| `ゝ、!__ >,、.,__'‐‐'' ,.. イ!'、,i ´ノ! 'y:ヽ.. :/  / /
    'ーri´ヽ:::`"/::ノ      7「>'/ /:::::`> ':、 ' 、ヽ:i:::ヽ- ´   \     き
      (::|  (:::ノ        7::::/ `|::::::::/    ヽ ヽ:V::/ ´    \
      ノ::ノ (::/  , 、,,--'、 ,'レヘ'〈〉 !::;:イ    ヽソ`'、::::ノ     /     だ
     (::::i  / /     _';     V     ‐ンヽ.ヽ::;/     く
      ):::::ノ/       イ  〈〉      7´   V       >      l
      V          i         〈`l.、           く
                ,/   〈〉      \             \
               <'           ,.イ            <    !!
              rく `>='ー-、.,_,_____,--7 `` ..、         /
             ''"´ヽ、__-‐-r、.,_____,,.>へ!_、_____ソ
          .イ:::::::::::::::::/::::::::::::::i::::::::::::::::';::::::::::::`ヽ. ヽ」
黒タイツの人 「別にいいのよ?霊能に一枚出すなら俺怪しくすっし>イリーナ」
輿水幸子 「まあボクのRPが適当になってる気もしますが
問題無いですね!ボクはカワイイですから!」
杉下右京 「相棒の真犯人さんはお疲れ様ですよ。
いやはや、噛まれてしまい申し訳ない>真犯人さん」
メイド 「ちょっと2-3の時にゲームプランが安易になったのは
確実に私が2-3で何をスべきかわかってなかったのもあるので」
初音ミク 「この黒面子であるならば
きっと犯人はメイドだと何かが私に囁いてた」
古明地こいし 「狐を狩人に出して3-3-2-2やろうよー」
ゆきぽ
     , <: : : : : : : : : : : > 、
   /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l     
   レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: : :l      ぽぽぽーぽぽぽーぽぽぽぽー♪(古畑さんのエンディングテーマに合わせて)  
.  / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}: : :|
.  /: /   ̄     ̄ ̄ /: : : : : :|     
.  |,rヽ、   △  ,'⌒ヽ/: : : : : : :|
  ,フ| ̄二二二二二 ̄|ヾ ̄ ̄ ̄ヽ
..∠___|  |       .|  | ヽ___ヽ
    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |      .|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
メイド 「逆説的に。
共有噛みスタートなのかなぁ」
イリーナ 「狂人なら黒ヒット問題ないですねw
真犯人さんとごっちゃになってましたw」
輿水幸子 「             _
           ''"    `  <
         ´            `ヽ、
        /                 ∨
     /           ヽ      ∨
      '    ::N    ::|ヽ ヽ ___! \ ∨
     '   l  :::! ヽ   ::l ヽ  [____].  \
    j   ! :::l  ヽ ::|   ノ <二> ー- `=-   久々に初手○展開で
    / !  ::, ::l ー  V   卞芯 ! :::!     ∨
  /イ |  ::!ヽ ::卞芯    弋_ソ.! :::!   ::!、∨     護衛を貰えました(キリッ
     |  ::l V 弋_ソ       | ::j  :::! \l
      , :::! 八     、___,   ,,|::/ ::/ヽ|
      ∧::|ヽ ::! ー ---、--, ''"`|'::/
         | ヽ|. YYー‐ ri――  `"'<
            |   |\/!! ヽ/ r    `<
                 | 〉/_ノ|_/   ヽ"> __ `,r-、
             <  /o o|  ./: ̄:: ̄:: ̄:: ̄` >
         ,, - '": :\p__q /: : : : : : : : : : : : : ! )
      >: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | )
    >´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | )
   <\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | }」
ゆきぽ 「     O 。  _____
       , <: : : : : : : : : : : > 、
     /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ バッ
     /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
     |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l    ヽヽ
     レイ: //::| i!ヘ|  |:::::゛‐. ヽ: :l: :〃 ̄ ̄7   ぽっぽっぽー(話せば分かるポーズ)>こいし
.    / |/ ',:::::|    .|::::::::/ ノヽ}:〃__/
   c /: /   ̄     ̄ ̄ /: : :〃: |        ぽー(私悪い狼じゃないです)
.    | : ヽ、   △      //¨) : : :| っ
    |/. ` ‐--.r---一/ /─‐'"
  バッ      ,ィ△∠l¨(__/、r、ィ
        / | .|       .j
 (( r===t==と_/|  |       ノ
.  L__」     }  |      /ヽ、
           亡7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
杉下右京 「共有2人も占いを騙りますよ、そこまでいけば>こいしさん

つまりは5-3-0です」
真犯人 「>右京 こちらこそ組めて、楽しかった。またの機会があればお願いする」
メイド 「んー
まあというわけでおつかれさまー」
古畑任三郎 「デン、デデデ、デン、デン、デデデ、デン
デレレレーレーレーデレレレレーレー>こいし」
ジャック・O 「ブラボー…ブラボー…!!>右京」
萩原雪歩 「けど確かに占いを噛んで一発でGJ出されたら
辛いですよね…」
初音ミク 「ではおつかれさまん」
杉下右京 「ええ。ちなみに私は貴方が、貴方であるというのは、
開始前から分かっておりました(キリッ>真犯人さん」
ゆきぽ
  すー  _____
○   , <: : : : : : : : : : : > 、
 O /: : : : i: : : : : : : : : : :ヽ: :ヽ
   /: : : : /i l: : : i、: : : i: : : : ヽ : l
   |: : : :/-|ナ!: : |弋ト-}ヽ: : : :i: : l
   レイ: /  .i!ヘ|     .ヽ: : l: : l   ぽ……zzz……(それではお疲れ様です。負けましたけど
.  / |/ ニ三   三三ニ ノヽ}: : :|     楽しかったです♪>お仲間)
.  /: /            /: : : : : :|
.  |,rヽ、   △  ,'⌒ヽ/: : : : : : :|
  ,フ| ̄二二二二二 ̄|ヾ ̄ ̄ ̄ヽ
..∠___|  |       .|  | ヽ___ヽ
    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |      .|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
ジャック・O 「さて、お疲れ様だ

もうちょっと気楽な面子でやりたいです、ジナイーダ先生…」
真犯人 「>右京 ちくしょうwwwちくしょうwww」
イリーナ 「即噛みGJはリカバリー効きますけど、連続噛み→共有噛みで自滅したっぽい感じですね>雪歩さん」
杉下右京 「今回の展開では共有はただの置物係でしたので、
もっとはっちゃけたかったですねえ ホント それだけが心残りです」
古明地こいし
            , '"::::::::::::::::::::::::::|   ハー、, '"i
  (⌒⌒)   /_ - '" ̄"ー― テ  :::::::ト._メ  /
   `γ'   r;"=-― '"ー-― "''ヽ_,, >´`f::::  /
       /_ -ァ- ー ' "" ̄ "テヌー ‐- _:::::::\_l3
     , ' "::::/        i l ヽ     "' 弋::_::\
   <::::::::::/  ,'     i  /ヌート、  i    '、:"'\\
     ` メ  /   ァーノl ノリ   ハ  /     )::::::::::\` 、
      ヽ  |   /_ム.レ   ヌーァl  |      ハ::::::::::::::::::リ
       )へ `、 /メlヽr!   トuノリ人 !  i  | i_.. -‐ '"
            )' i/  ヽ"     ""ハ / `  )  i ノ        >ゆきぽ
          /   人  n- ' /  ト  /ハヽ、(
         ( !    `.ノノ iイハ i 人ヘ(レ' ` 、∧        後でこしょこしょの刑ねー
          )'ー、>'´ ハrテ ' >ヘ( \     )
            /´  `=ァ/i/ ::: :::  ヽ,     _      お疲れー
      , ‐- 、 _r ̄トへ< /   ::::∠ -‐γ/   , '" ハ
    /    ' ,\i::::::__リノ |    |  ::::  メ-‐ "   /.i
    |     ヽフレ' "'弋   ノ_ :::::  /      /.:/
.     |      /:::| :::::::: `<:/ー 'マリ_     /::/
     l     (   \ ::::::  `ヽ   、::>  ``、、//
     ヽ    人_. -ゝ     ト uト´     /.X」
輿水幸子 「ではお疲れ様ですよ!
今日はカワイイボクの為に村に来てくれてありがとう!
村立感謝、いつかまたお願いしますよ!」
イリーナ 「私が護衛もらってればよかっただけの話ですけどね!」
古明地こいし 「5-3-0-2!そういうのもあるのか!」
黒タイツの人 「犯人ならばれちゃダメだろ・・・何のために黒タイツ被ってるんだ・・・!」
イリーナ 「それではお疲れ様でしたー」
でっていう 「二連続でそれだったら俺様の心に絶大なダメージがっていうwwww>イリーナ」
萩原雪歩
            -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`  、
       /:::::/::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.        //::::::/::::::::::/::::::::::::::::::}:::::::::::::::、:::::::::::::ハ
      //.:::::/::::::/,イ::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::.
      {' :::::::!::::://-!:{:::::::::::::イ:::ハ:::::::::::::::::ハ::::::::::::'
         {::::{::/j/ jハ::::::::/-|-ト::::::::::::::::::::',::::::::/
       Vハ ィ芹ト ',::::/  j/ ',:::::::::::::::}::}:::::/
        }:::ハヽヒソ  V  f笊卞}:::|ヽ::::::{/::::,   それでは私も帰りますね…
       ,::::::::!  ,     ヒソノ !ノ:::::\j:::::::{ ゆきぽー、事務所に帰ろう♪
       {:::::::.           ,::::::::i::::::::::::::!
       |!:::{人   、        ,:::::::::!:::::::::i_ノ
       |!:/'  \   ´   ィ,::::::::::|:::::/
        j/     `. -‐ 爪  /::::::j/j/`ヽ
               r=}  厶イ/   ∧
               厶'´ ̄ ̄         ハ
              /             }
             /___                |
           //:::::::::::\           〉
             //´ ̄ ̄\::ハ           イ
         //{ : : : : : : : V∧      /}::!
           //{::! : : : : : : : :V∧    /: :/jノ」
今井加奈 「お疲れ様ですよー」
杉下右京 「占いCOだけでえらいこっちゃになりますね、ええ>こいしさん

ちょっと見てみたいです」
でっていう 「んじゃ同村ありがとなっていうwwwwお疲れっていうwwww」
杉下右京 「落ちる方はお疲れ様でした。まとめてで申し訳ありません」
古明地こいし 「メロディが頭に出てこない・・・」
古畑任三郎 「デン、デデデ、デン、デン、デデデ、デン
デレレレーレーレーデレレレレーレー」
杉下右京 「江頭さん、落ち着いて下さい>黒タイツの人」
古畑任三郎 「えー、よく、館物ででる、家政婦さんはなぜか、若い方が多いですね。
うわさ好きだったり、親方様のめかけだったり、おっちょこいだったり
合鍵をもっていたり、」
古畑任三郎 「えー、いかにも犯行の動機がありますね。んふふふ。
しかし、今回の彼女はなぜか村目に見られてました。」
古畑任三郎 「おわかりですか?」
黒タイツの人 「まー御疲れさん&村建て感謝
初日夜に方針固めてねーとダメだな、そんな狂人心」
古畑任三郎 「えー、今回私が言いたいのは、あやしくない人は逆に
しっぽをだすとすぐつかまってしまうものです」
古畑任三郎 「デン、デデデ、デン、デン、デデデ、デン
デレレレーレーレーデレレレレーレー」
杉下右京 「デデンデッデデン デデンデッデデン」
古畑任三郎 「古畑任三郎でした」
黒タイツの人 「なぜばれたし」
杉下右京 「どうも、お疲れ様でした。>古畑さん」
古畑任三郎 「えー、実は初日の夜でアイドルのゆきぽさんが犯人だと
OPで言いました、ぜひみてください>杉下右京

古畑任三郎でした」
杉下右京 「なんと、まさか推理だけでなく予知までなさるとは、
さすがは古畑さんですねぇ…! お疲れ様でした」
杉下右京 「黒タイツの人って誰? っていうアンケートを実施すれば、
まず間違いなく江頭さんが1位かと>江頭さん」
杉下右京

                    /;;;;;:::ミヾ,゛..-、、,,..!l从ノノ''"゛゛ ミミニヽ
           ,,-―ー-、 .l;;;三ミミ゛     ゛        '三ミ',
そうですね!  /   ,r,   ゙ lニ=-‐ミ           ...:   ミミ::l
右京さん! _,,. '^ 、     i !三二';    ..     ....:::    "';::l
         (;;__,..)    i.l-=ニ彡   ::        _.-‐=、 i/ヽ
           ヽ      /_.!三彡'  _,=-;;_-..、   :::',,..ニ-‐-、 ',~il     では私もそろそろお暇させていただきましょうか。
              /,...ヽ.._ / ノ .'i,;'彡  '" __,,...二.,_::  i .ィ''t_テ` li"レ|
              / ヽ ‐、 / '/...,''-彡‐,_,'"、‐''t_ア> )‐=ヽ.__..,, ‐' .::iノ      本日も村建て&同村、感謝致します。
           ,.イ  l \   /__.',ヽ~;"  ` ..__,,.. '   :::..   ...:: l'
          /   !| ., ' ´ ,=.ヽ`、!、          ;;::';:.    |       共有は久々でしたが、やはり相棒がいると楽しいですねぇ。
     ,. -'ァ‐==ニ_‐-v′   ^ヘ \`、     .'゛ '‐- .:''^  '、  !
    /  /-     ._ 〃,     ', . `-、    '    .:: __.、 i ,.'ヽ_
    /   ハ`     ミ {/      〉   ' 、   ;''-‐‐'' ~_ ' ' /  .〉\
   i  ,イ`       _,,.t'      /      .\     ''~   ,. '  /   '、.,,
  ! ,厶ヘ        ヘ.     ,′  _,,...-''iト、ヽ、.., ___ _,,.. '   , '    i ゛' .、._
    v'  / ヽ     -_込._   ._,,. -r゛   |!. \  '';::/    /     |     ''‐- ..,_」
真犯人 「村建て感謝、お疲れ様」