←戻る
【劇場173】劇場公演 木曜の部村 [209番地]
~あなたはそこにいますか~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 久慈川りせ
(生存中)
icon クマ吉
(生存中)
icon 鳴上悠
(生存中)
icon フォイ
(生存中)
icon 鍵山雛
(生存中)
icon 真田幸村
(生存中)
icon レティ
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon 真紅の稲妻
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 球磨川禊
(生存中)
icon サイネリア
(生存中)
icon ヌオー
(生存中)
icon 大正義ユッキ
(生存中)
icon 咲夜・C・ドルネーズ
(生存中)
icon マンタイン
(生存中)
村作成:2012/11/15 (Thu) 22:00:22
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ませんよー

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されませんよー

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう!

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできないよ!」
GM 「なお、オプション変更できるっぽいので何かあったらGMまで」
かり さんが入場しました
かり 「よろぴこ」
GM 「よろしくー」
かり 「人少ないいすねー」
GM 「最初10分はこんなもんです。・・・ズサー狙いばっかりだもの」
かり 「アイコンは入ってきて人のRPにのかかる形でいこうとおもうっすー」
フェストゥム さんが入場しました
フェストゥム 「私はそこにいますか?」
かり 「いいえ、あなたほトムです>フェストゥム」
GM 「ごめん、本気で反応に困ります>フェストゥム」
フェストゥム 「サブタイはフェフナーとかいう奴?」
GM 「ファフナーが元ネタだけどサブタイ思いつかないときに脳裏に浮かんだ言葉を入れただけだからそういう場所にしたい意味ではない」
鳴上悠 さんが入場しました
フォイ さんが入場しました
鳴上悠 「俺だ!」
かり 「いいえ、あなたはTOMYです>鳴上悠」
フォイ 「フォイだ!!」
フェストゥム 「アイドルいねーなー」
鍵山雛 さんが入場しました
フェストゥム 「アイドルと同化したい(意味深)」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!   というわけで、よろしくねーと
 ヾ(6'     |  |ノ
   .`i     '  /      
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|
GM 「・・・どうしよう、本格的に置いてけぼり系GM」
フォイ 「このまま男で埋め尽くすフォイ!!」
鍵山雛 「そこまでよ」
フェストゥム 「GMが心を解き放てばいいんじゃないかな?」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.}   >GM
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!   まあ、もうちょいしたらずさーがくるだろうから
 ヾ(6'     |  |ノ
   .`i     '  /     まったり待っていようじゃないか
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|」
鳴上悠 「鳴上悠 さんが登録情報を変更しました。」
かり 「GMのペルソナをうけいれればいいんじゃないの?>GM」
GM 「解き放ってもはっちゃけるのは無理」
鍵山雛
[SPLIT]
                                 ,. ==、
                                ,. イ-‐ ''"`丶、
                      ./`==、    /'";:;:,. -‐- 、;:;:;:}
                     /r===〉'二´--'"-、 ,. ‐ '´:;ノ
                     /ソ´;:;:;. -‐ '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\<´、
                           {;:;:,../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:\ヾ::ー- ..___
                     ,ゝ/:.:.:./:.:.:.i:.:!:.:.::.:.:.:.:.::.:\:.:.:.:ヾー-、::::::::::ヽ}
  ___  __    ._.  /〉     .|:.:..:.:!:.:|:.:iー!:.:.:./l´| !.:.:.:l.:.:.:ト!:.:.:.:.}ヾ};:;:;:;:!、
  |┌┐ 「┌┐|. i | ヽ/. //       !:/:.:.l:.:|:.:.!、!\イじツ |:.:.|:.:.:.!:.:.:.:.:i  ヾ};:;:;:;:!、
 ノ. |_i. L ー┘l. り ノ\//      レ|:.:.|:.ヽハァュ一   .|:.:.|:.:,'.:.::.:.:/  ./!;:;:;:;:;ハ> ./〉
         ̄     o'´     /'´;:;`ヘゝヽヘ.¨ f⌒>、/:´.レ'i:/:/   「{;:;:;:;ツヲ7/
                  rソ´:;:;:;:;/_,ソ〉/ヽド、ゞ .ノ/:.:./:.:./´    ,r'´1j│}ク'/
                 ノ/;:;:;:;イ_ソ  ゝ´ , ヽ>、 ィ.:.:./.:/~`ゝ,,/  メ'7´/
                     r'!;:;:;:;:;// /'´ ̄ ̄`¨ ┴┴'─<,!;:;:;|ソ   ´ _/
                 }';:;:;:;:;/!','¬、_        ,r='r'ソ´;:;:/7‐┬´
                 };:;:;:;;/i^メミュ! 丶、__,ニ‐'/;:;:;:;_=='´,',、_,、ゝ
                 |,.,-‐⊆ミ‐=' \_, `' Yr-/´;:;∠´´ ̄   /
                   ´ ̄   `ヘ __/__{/;;:,-='ソ     _ノ」
フェストゥム 「男4人に女1人…薄い本が出るな」
GM 「というか私に何を求めてるんだ・・・」
鍵山雛 「余計なものが・・・」
鳴上悠
              z  ̄` 、
           _ <       >、
          , ´           ヽ
         ,::             '、
         ,:::   乂       ヽ  ;
         ,::::. |   \ 、 、 ヽヽ i
         ,:l:::ム   \弌 、 \__弌イ   愛しさかな・・・?>GM
          ,V::::_ゝ_\ ヽr-r辷リ´フfリ_
             〉ヽ_ 辷リ /--ヽ__-' ヒく l
         ,' ヾ`ー一  l     ,'/ 〉ハ
         i  ,l ヽ     〈    , / .///\
       _<|   ',`ヽ ` ̄ ̄´, ./ィ//∧∨>x_
     <////\`ヽl  l> ―― ――,'//////////ヽ、
  γ´/”,//////|| ソ ´     `⊇〈/////////////ヽ
   l////”,//////|      ー一「////////∨//////l
   '/////”//////{        ク{///////∨///////!
   }/////”/////〈     _ ーl/ !//////∨////////|
   {///////〉///j \ γ´ /   l/.!///☆∨/////////}
   V/////”///〈   \| /  { !/|////イ∧////////」
フォイ 「いっそのことアイコン阿部さんとかにして張っちゃけるフォイ>GM」
フォイ 「かりは男でいいのかフォイ?>フェストゥム」
鍵山雛
                 r─r、
            [「 ̄|7ヽ|  |_|   , --‐ァ、
       rァ‐-、 「!  |] / |  / | /  / | |
        「|   \| __」 '-┴-'<7  // ./7
       レ' ̄>'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:`゙'<´>'/
     , -‐ァ/:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.';.:.:.:.:.:.\「\ ___
    r'///:.:.:./:.:.:|:.:.:.:.:.:!:.:.:.;.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:':,  `゙''ー‐ヽ、
   .// /,':.:.:.;':.:.:.:.ハ:.:.:.:/|__/ー-;ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:|\     |]
   |7  |_|:.:.:.|:.:.:イ |/  '´ ̄`。|:.:.:.:.!:.:.:.:!  ` ー-、 |」
   |' .//|:.:.:.|/ァ'´` .      ゙O:.:.:|:.:.:.:|      |/
   | .// !::.:.:o:.i'゚   rァ─-、  /:.:.:.:;':.:./:!      /|
   |/   ',:.:.:.:.:.!、  !    ノ ,.':.:.:.:.//:/    / /!
   /|    |、:.:.:.:|:.:> 、,_  /:.:.:/´:./   <,__/_」    やだこの村止められない!
  / |    |:.\:.|:.:/.:.r‐ァ|/:.:.:./ァ'"´ ̄`77、
 ,' /|    '、:.:.:\|>'"´r‐<´ ./    / /::::\
 ! |.」   r<}] ̄`Y 7´ ̄[{./    //::::::::::::::\
 |/    ト、/{」__ンく.,__|}   //:::::::::::::::::::::::::::'.,
      /::[|  /:.:.:.:.:)\   /_/|::::::::::::::::::_;rェ‐-、ノ
       /:::::::l]_/|:.:.ン´:::::::::\/_/八:::::::::rァ'´ ̄\]
    rヘ:::::::/:::::::::|/::::::::::::::::::::;:::::::::::/ >-へ    \」
GM 「だからそういうの苦手だと何度言えば・・・>フォイ」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!   まー、開始時間まで時間があるからまったりとさせてもらおう
 ヾ(6'     |  |ノ
   .`i     '  /      寒くなってきたから温かいお茶がおいしいねぇ
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|
フェストゥム 「フェストゥム さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:フェストゥム → クマ吉
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 523 (クマ吉)」
フォイ 「なせばなるフォイ>GM」
真田幸村 さんが入場しました
GM 「言い方を変えよう。苦手っていうか嫌>フォイ」
真田幸村 「支配人殿おおおおおおおお!援軍に参りましたぞおおお!」
クマ吉 「愛しさと切なさと心強さが足りないんじゃないかな…>GM」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!   まあ、待て時に落ち着けGM殿
 ヾ(6' U   |  |ノ
   .`i     '  /     ほら、GMだれかがわからないんだからね
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ      ほれ、ここはクールに一緒にお茶でも飲もう
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\」
フォイ 「また暑苦しいのがきたフォイ」
レティ さんが入場しました
鳴上悠 「俺が・・・御屋形様だ!>幸村」
レティ 「こんばんは、よろしくお願いします」
鍵山雛
                  /`>ー- ..,,_              ・
             /\  | /::::::::::::::::::/-ニニ;、          ・
            /::::`ヽ、ヽ!':::::::::::::::::/〆:::::::::::`ヽゝ        ・
           __/::::::::::::::::::\::::::::::::〆´:::::::::::::::::::::|.        ・
           ヽ、\:;_:::::::::::_;::>ー-' :;______i           ・
            く´,.ニ=>‐´       `ヾ、 ̄`ヽ<        ・
          /     ,     ,     ヽ i::::::\ヽ__
          /  /  __/」    」_i_     ',',::::::::::\ ヽ、
         /   /  '´_/ |    !__';_      i、';::::::::::::::\ ´ヽ,__,
         ´7 ./    /,':`i.! ,、. ,!'´::ヽヽ i  |_ '、::::::::::::::::`' .,_ `ヽ、
        '´7!   ./ |:::::|∨ ヽi::::::::::| ',|   ! ヽヽ:::::::::::::::::::::::::`'‐-/
           レ'!フ-/ |:::::|    l:::::::::::!  ! /  `ヽ \::::::::::::::::::::::::::/
           ./ /   '-' ,    ゝ-‐'_ - 、//  iへ \:::::::::::::::/
           フ .,'            ゝ-/     /  ヽ、 \:::/     むさ苦しくなった・・・
           ̄ ' - ..,,___⊂⊃ __,.  <'´   ノ /    \ノ
             .i `ヽ、_ ,.. ===__,. -'´' ´               こうなったら私がアイドルになるしか・・・
              |:::::::::::/:::::|-っ::::::/ /二フヽ
            !:::::;:ノー‐ヽ::::::::::|'ソ´::::::´:|ヽ、
              ∨´7   ,ノ、\ノ::::::::::::::::::| ヾヽ
                i   /::::::ヾ`´::::;:::、!`´::::::/」
真田幸村 「この幸村!支配人殿と共に闘えることを嬉しく思い、誰だお主>鳴上」
鳴上悠
                      ___
                   />´     ¨>
                  V く        ヽ
                 V{  ヽ        ヽ
                    | V \ \    ハ  ヽ
                 ハ  V  ヽ  ヽ  ヽ、  {
                 ∧ 、ト-__\ >r==r フ  ミ           いつから、男性アイドルがいないと錯覚した!!>雛山
                  ∧|`ー一"~ゝー一 ソΝ
                   ヽ    |〉   ,/>
                    へ  、_ ,  イ >
                   >- ヽ   // { ____
                 >| , ヘ ,  ̄  {  |///////ヽ
              ><//ゝ \ ヘ ゝ   V  トV///V/ハ
           ノ///ヽ////////>> ヘ   ',  V////|//ハ
          //////ハ////////O | ヘ  i   V///|///ハ
          |///////ハ////////リ   \」   ,///////ハ
          |////////∧///////|    0ヽ   V///リ//∧
          |////////〉ハ/////リ  //  i   V/V|//V∧
          |.///////女/|\////__/ /  |__  V/イ///V∧
          |///<⌒>リ/ .// ̄ ̄ ̄ ̄   >V__////V∧
          |ノ<//////// / f  __   r=⌒つ--r '|////V':,
        ///|///////{{/7  / `    `ヽ´ ̄¨   |Vヽ////V∧
       /__\//////||/|  i ヽ   て<  > __  |/|: :.V///V∧
     //////////>==>へ  ', 、ヽ  \  `>レン |i∧: : :V///V’,
   イ/////////////////>¨ ヽ , `ヽヽ  へ  |    |//Vく }////V 、」
クマ吉 「イケメン・フェイスフラッシュ(キラッ」
渋谷凛 さんが入場しました
渋谷凛 「よろしく」
フォイ 「幸村が援軍にきたフォイ>GM
これはもう親方様RPするしかないフォイ」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!   なん・・・だと・・・>真田
 ヾ(6' U   |  |ノ
   .`i     '  /     
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|
鍵山雛
           rァ‐ァ‐、   rr‐-、
           {| {|::::::\ {|:::::::::',、   ,..::´ ̄「l
            ', ',::::::::::::':,}|::::::::::|{   /:::::::::::/r'
            \\::::::::_|}___」{、_/::::::::::::::/r'
            __,>'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`゙''<」、
        rァ'"´:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ;:::\
       //::::::__/:.:.:.:.:;':.:.__!_:.:.:.:/!:.:.:.;'!:_:./|:.:.:.:\::::`::ー-rァ  r/\__
         ̄ ̄/:.:.:;.:/:.´/ |__//:.:.://:.:/`.!.:.:.:.:.|:.\:::::::/r'  /|::::::::/
        r/\:/7:.:.:;'ァ'iこハ. \/-ァテ=r'、|:.:.:.:.:.!:.:.:.:', ̄     |/:::/
      ,r/::::(\  |_:.:八 j__,r!    |  り ノ:.:.:.:.:.|:.:.:.:.!\    //
      .|7:::::::!と、`' <7""       ´ ̄ ゙゙/:.:.:.:.:;':.:.:.:/、:::::`>'´   そうよ私はアイドル~
      {|::::::::|{  \/:.,:ヘ、    i ̄`ヽ  /:.:;'.:.:./:.:/   ̄
      }|__/ _ |/:.:.:.:|`>,.、.,,__ノ /:.:.:.:/:/イ   /)      あなた達の厄を回収するわ~
      ,. -─    |:.:.:.:/}/  |_> '":.:.:.:./-‐rァ‐rァ‐'i´つノ-=ニ二>
  /        __. ',:./ゝ-‐''"´:.:.:.:.:.:.;: イ   /r'::::::}|_,./|'"´
  |         }|:::::::\ト、_;;::-‐rァ<´  ! / r'::::::/ |/    `ヽ
   `    、_ {!-─-、|こ〈:.:.:.:.:.|{::::::::\__./ /‐''"  /:| _ _ ノ
      `'ー  ,>-‐ア⌒ト<二リへr<\ ∨    /::/    -─ '
         |」_::::::::|:.:.:ノ:::::::::::/:::::::!;:--、:::':,    く/         ノ
         >、ヽ._レ'´:::::::::::::::::::::::ノ:::r‐、:::::|〉   _  --─ ''"´
        /モ、>ヽ二二ニ=-、__:::`::-':/|
        └‐'          .!ー-ハ二ン-'
                   |王/
                   └‐'」
真田幸村 「支配人殿はどの様な出で立ちであろうと支配人殿なり!>フォイ」
クマ吉 「>雛 じゃあ、僕の厄をあげます」
フォイ 「共には戦えんフォイ>幸村
そいつは初日にしぬフォイ」
鍵山雛
            / ヽ、
            |    ̄フゝ
        /',     | /  //´  ,. -‐,
       / ヽ,  |   // /    |
      ノ    \ |,.--、i/∠_     i
     /   _,. -/       `ヽ__ノ__
     `>/             ヾヽ ̄ ̄ ソ
    / /    i    ヽ、    ',ー  |
    \ /     |',    _ヽ i    i`'tー'
     /!    i_,」 ヽヽ ´,.--、', i ヽ  |  \
    / ,| 、  ´i ,-‐、ヾ ´!り '|ヽ!. i  ト、   \
  / / ! ヽ、 |!!り !   'ー'  !、 |、 | i\   ヽ
∠-<´   ヽヽ`ヾヽ` ´    ,,,,/ ヾヽ! ! `!ー-i       >鳴上
ヽ  ヽ,     |'\( ''''   ^  /  /  /ノレ` /   /
. \  i    ',   >- .,_,. イ  /  /__,.〆!/  _i_       そういうのは求められていないの
  \ \.  iヾ‐、 \ `i//   /7i__!_,ノニ二t、ヽ、 ,/ゝ
    \ `'‐`ー-ゝ---、,_!_i_,,. -ー,ソ'´\ \  '、ヽ二/     >クマ吉
.      \     ヽ ー! 〕ー  人    `ヽ',   \
        \ _ノ`i ,イ`´ヽ   /  `ー,  | iヽ    >      厄だけでいいからね他は受け付けないからね
        <,__  '´ ',  |ヽ' 厄 /    '、`ヽ\ /
         \ヽ、   \ |   _/      ̄´ ´
           \'i\__/:::|
              i:::::/   ',:::::l
             し'     ヽノ」
ライトニング大谷 さんが入場しました
ライトニング大谷 「よろしくっぴか」
高槻やよい さんが入場しました
真田幸村 「何と申した南蛮人!支配人殿はその様に簡単にやられる御仁ではござらぬ!>フォイ」
高槻やよい
                     _          . -‐-
                 .  ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`  . ‐v‐/..: .: .:.:.:.:.:.
                   /..:.:./.:.: : ⌒`丶、.:.:.:..\ノ-、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    うっうー!
              __/.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:..\ :.:.:.:.:.._ノ-、'⌒\:.:.:. |
             __(_/.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.‘,:.:.:.:.:.、ノ}⌒\}:.:.: |
.        . '" :/(_.′: : .′:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.: ‘,:.‘, :.:.:.:.く}:.:.:.:/ .:.:厶__   皆さん! よろしくお願いします!
.      /.:.:.:. /.:.:.(_l :.:.:.:.:l:.:.:.‘,:.:.:.:.:.|:.:.:.:.__」_:.: } : .:.:.‘, :.:.:.:{ .: /.:.:.:.:.:.:.:.:.}
.        {.:.:.:.:.:{:.:.:.:(_| :.:.:.: |.:.:.:.:.‘,:.:.:.:|`'く:.:.:.|\ハ :.:.:.:.‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
.         , .:.:.:.:.:.:.:.i| :.:.:.: |:.:.:.:.-‐\:. |   \|  │:.:|  :|`ア.:.:.:.:.:.:.:/
.        ‘:, .:.:.:.:. i| :.:.:. ‘ く:.:.:.|\|`^   x==ミ|:.:.ハ  |{__.:.:.:.:>
.         \ :.:. 八: |:.:.:.‘:,{\| _     .;.;.;.;.|:/} |:.: |    /.:.{_,ノ}
.            }:.:.:.:.:.:'.| :.:.:.:.:.\〃⌒゙  '     ノ' ハ:! : |    ゝ-=彡
          __彡 :∠⌒| : .:.:.:..\ ;.;.;.;.;   ⌒ヽ  /|:l:|_:/`'+.,,_   ┌┐         _
.        /..:.:.:.:.:.:.:.:.: 八: \ :.:.:..\   ヽ _ノ  イ :|:l:|/─‐  }    ̄           |  |
      {_,,.  -‐ァ :/  \:..\:.:.}/\゙' ┬‐ '" ト、|从/ ̄`' ∧   「 ̄`ヽ        :|  |
           /..: {_,ノ}   \/`/ /_,>、ノ     ‘, .∧/ ./_∧   `¨ヽ } ┌─┐  |_|
.           { :.:.:.: -<   〈{. 、  ─‐}.       }: ヽ{ ∧ }\.  _,ノ ,ノ    ̄ ̄   ┌┐
.           `¨¨¨¨¨´    /\ \   ̄〉、__  // {:\ ./ : : \`'ー            └┘
      ┌─┐       |: : : _/∨   ,ハ\  ./_,,.ノ',::::.∨ : : /.: :}、
.          ̄ ̄         | : /〈: : '.  /.::},_>'⌒\、',¨´.: : :/.: .:ノ:}、
       「 ̄ ̄`ヽ      | /: : ' : : \/ }: :||.: .: .: : :}}: :}¨¨¨´: : : : : :..\
.       `¨¨¨ヽ }    /..: : : :\ : : : イ.: :||: : : :oノ' : ‘,: : : : : : : : : :│
          __,ノ ,ノr ─┐|.: : : : : : : :`¨´:/.:.:.:||: : : : :. :. :. :.‘,: : : : : : : : : |
       `'ー‐   `¨7ノ :|.: .: : : : : : : : :/: : : :ヾo: : 、: : : : : : \: : : : : : : /
                 |: : : : : : : : /: : : : : : : : : : \: : : : : :..\__/
                     \: : : : /. : : : : : : : : : : : :. :..\ : : : : }
                 `¨¨´」
鳴上悠
              z  ̄` 、
           _ <       >、
          , ´           ヽ
         ,::             '、
         ,:::   乂       ヽ  ;  じゅ、重要がないわけじゃないだろう・・・うん>雛山
         ,::::. |   \ 、 、 ヽヽ i
         ,:l:::ム   \弌 、 \__弌イ
          ,V::::_ゝ_\ ヽr-r辷リ´フfリ_
             〉ヽ_ 辷リ /--ヽ__-' ヒく l
         ,' ヾ`ー一  l     ,'/ 〉ハ
         i  ,l ヽ     〈    , / .///\
       _<|   ',`ヽ ` ̄ ̄´, ./ィ//∧∨>x_
     <////\`ヽl  l> ―― ――,'//////////ヽ、
  γ´/”,//////|| ソ ´     `⊇〈/////////////ヽ
   l////”,//////|      ー一「////////∨//////l
   '/////”//////{        ク{///////∨///////!
   }/////”/////〈     _ ーl/ !//////∨////////|
   {///////〉///j \ γ´ /   l/.!///☆∨/////////}
   V/////”///〈   \| /  { !/|////イ∧////////
    V/////”//V\    \\ { !/|<>イ//l!/////∨
    V/////|/V\/\    /  Y{////f// |//////」
球磨川禊 さんが入場しました
クマ吉 「>雛 えっ…握手ぐらいいいじゃない?」
球磨川禊 「『やぁ。』」
鳴上悠 「いや、まあ・・・CV:大谷だけれども>ピカチュウ」
ライトニング大谷 「>鳴上
ああぁん?このワタクシーに喧嘩うってんのダスか?」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.}    >やよい
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!    お嬢ちゃん可愛いね
 ヾ(6'     |  |ノ
   .`i     '  /      アメちゃんをあげよう
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 水瀬伊織
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 737 (アニマス・水瀬伊織01)」
サイネリア さんが入場しました
高槻やよい 「……うー? アイドルの皆さんが集まるむらって聞いてきたんですけど……
渋谷さんだけ?」
フォイ 「思っていたより比較的ましな人選ばっかりフォイ…」
鳴上悠 「正直に言えよwお前キャラ固まってないだろうw>大谷」
鍵山雛
           rァ‐ァ‐、   rr‐-、
           {| {|::::::\ {|:::::::::',、   ,..::´ ̄「l
            ', ',::::::::::::':,}|::::::::::|{   /:::::::::::/r'
            \\::::::::_|}___」{、_/::::::::::::::/r'
            __,>'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`゙''<」、
        rァ'"´:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ;:::\
       //::::::__/:.:.:.:.:;':.:.__!_:.:.:.:/!:.:.:.;'!:_:./|:.:.:.:\::::`::ー-rァ  r/\__
         ̄ ̄/:.:.:;.:/:.´/ |__//:.:.://:.:/`.!.:.:.:.:.|:.\:::::::/r'  /|::::::::/
        r/\:/7:.:.:;'ァ'iこハ. \/-ァテ=r'、|:.:.:.:.:.!:.:.:.:', ̄     |/:::/  >鳴上
      ,r/::::(\  |_:.:八 j__,r!    |  り ノ:.:.:.:.:.|:.:.:.:.!\    //
      .|7:::::::!と、`' <7""       ´ ̄ ゙゙/:.:.:.:.:;':.:.:.:/、:::::`>'´      ここにその需要はないわね~
      {|::::::::|{  \/:.,:ヘ、    i ̄`ヽ  /:.:;'.:.:./:.:/   ̄
      }|__/ _ |/:.:.:.:|`>,.、.,,__ノ /:.:.:.:/:/イ   /)      >クマ吉
      ,. -─    |:.:.:.:/}/  |_> '":.:.:.:./-‐rァ‐rァ‐'i´つノ-=ニ二>
  /        __. ',:./ゝ-‐''"´:.:.:.:.:.:.;: イ   /r'::::::}|_,./|'"´          握手したいの?いいわよ?
  |         }|:::::::\ト、_;;::-‐rァ<´  ! / r'::::::/ |/    `ヽ
   `    、_ {!-─-、|こ〈:.:.:.:.:.|{::::::::\__./ /‐''"  /:| _ _ ノ
      `'ー  ,>-‐ア⌒ト<二リへr<\ ∨    /::/    -─ '
         |」_::::::::|:.:.:ノ:::::::::::/:::::::!;:--、:::':,    く/         ノ
         >、ヽ._レ'´:::::::::::::::::::::::ノ:::r‐、:::::|〉   _  --─ ''"´
        /モ、>ヽ二二ニ=-、__:::`::-':/|
        └‐'          .!ー-ハ二ン-'
                   |王/
                   └‐'」
高槻やよい 「わーい! ありがとうございますぅ!>鳴上さん」
水瀬伊織 「なんでこう・・・始まる前からこんなに疲れてるのよ・・・!」
クマ吉 「うっうー、やよいちゃんは健気でいいなぁ…春香?誰それ」
フォイ 「サイゼリア?」
真田幸村 「おぉ!これは四条の国名物と言われる『あいどる』なる芸者だな!?
武田軍の士気もあがるというもの!感謝致す!>やよい」
高槻やよい 「フォイさんはまともじゃないんですか?>フォイさん」
サイネリア 「リアドルの集会があると聞きまシタ。先輩はいませんネ」
ライトニング大谷 「>鳴上
残念だっただすな。
ダスという語尾はこのワタクシー大谷が勤めたキャラクターにいるダスよ?」
鳴上悠 「うん、いいこだ(なでなで>やよい
ところで妹に興味はないかい?」
かりーらいす さんが入場しました
大正義ユッキ さんが入場しました
かりーらいす 「よろしくー」
大正義ユッキ 「オッスオッス!」
鍵山雛
           rァ‐ァ‐、   rr‐-、
   ♪       {| {|::::::\ {|:::::::::',、   ,..::´ ̄「l
            ', ',::::::::::::':,}|::::::::::|{   /:::::::::::/r'
            \\::::::::_|}___」{、_/::::::::::::::/r'   ♪
            __,>'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄`゙''<」、
        rァ'"´:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ;:::\
       //::::::__/:.:.:.:.:;':.:.__!_:.:.:.:/!:.:.:.;'!:_:./|:.:.:.:\::::`::ー-rァ  r/\__
         ̄ ̄/:.:.:;.:/:.´/ |__//:.:.://:.:/`.!.:.:.:.:.|:.\:::::::/r'  /|::::::::/
     ♪ r/\:/7:.:.:;'ァ'iこハ. \/-ァテ=r'、|:.:.:.:.:.!:.:.:.:', ̄     |/:::/
      ,r/::::::/  |_:.:八 j__,r!    |  り ノ/\:.:.!\    //
      .|7:::::::!   <7""       ´ ̄ ゙/;;;;;φ.:.:/、:::::`>'´
      {|::::::::|{   /:.,:ヘ、   i ̄`ヽ  /;;;;φφ/:.:/L> ̄      >やよい
      }|__/ _ |/:.:.:|`>,.、.,,__ノ./;;;/(⌒イ   |)
      ,. -─   /|:.:.:.:/}/  |  /;;;/   ヽ `l  /ノ-=ニ二>   人員不足で私がアイドルよ~しゃかしゃかへい
  /      ((  l  l r'"  .丶/ヾゝ)イ   /r'::::::}|_,./|'"´
  |         }|::::::ヽr"|.__ /;;;;/ヽノ ! / r'::::::/ |/    `ヽ
   `    、_ {!-,/ヽノ /ヽ;;;/ 丶\./ /‐''"  /:| _ _ ノ
      `'ー  /''   |///|   |ヽ ∨    /::/    -─ '
         |     ヽ/_/   ノ丿:::':,    く/         ノ
         |      ::::::::::: //r‐、:::::|〉   _  --─ ''"´
        /\    :::::::  / ./__:::`::-':/|
        └‐' \___//ー-ハ二ン-'
                   |王/
                   └‐'」
高槻やよい 「うっうー! 伊織ちゃんがきましたぁ! 」
クマ吉 「>雛 いいの!?ちょっとトイレ逝ってくるね!」
ライトニング大谷 「ライトニング大谷 さんが登録情報を変更しました。」
サイネリア 「サイネリアでス。サイゼリアじゃありません」
桂木桂馬 さんが入場しました
鳴上悠 「誰だよwwwわかんねーよw>大谷」
桂木桂馬 「よろしく」
高槻やよい 「妹? 妹なら私にもいますよ? 名前はかすみっていいますぅ!>鳴上さん」
ライトニング大谷 「>鳴上
しらないダスか!?
あの爆走兄弟のニート兄弟の弟のほうだすよ!?」
真田幸村 「うおおおお!この幸村!燃えてまいりましたぞおおおお!」
鳴上悠 「っと、16人なだこれならっと」
フォイ 「まともと思われてたことに逆にビックリフォイ>やよい」
かりかりかり さんが入場しました
サイネリア 「今度DSやりなおしてくるデス。特徴忘れきってるのはよくありませんカラ」
かりかりかり 「すべりこみっ」
大正義ユッキ 「炎上www 雪村ンゴwwww」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 久慈川りせ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 813 (久慈川りせ)」
鳴上悠 「そうか、うん、君の妹なら可愛いだろうな>やよい」
かりかりかり 「アイコン決めてきます」
鍵山雛
              ,、___、
            ,.へ、{|:::::::/ノ,.-、
         _ソ___ヾ!;:_/∠--ヽ、
           i´:::::_;::=-'┴-ヽ::::::::i}
         ⊥〆       ヽ>_、__
        〆イ / i   i ヾヾ / l ))       >クマ吉
  ((  ,ヘ, /i} /!イ,ヒナλヤクイλノV /:::ヽ
      '、 '、イ 人i ○   ○ λ ',',ヾヽ::::ヽ      トイレは今掃除中
        >、.|/i 人""r-‐¬"∠  i  `i:::::::'i、
      {::くゞ:::'、、 弋ヽ、__,ノ_/  /::.' }!::::/
      {|::::r \_.>}><{∠_,.ノ:::)  }|:/
      '{'、:::> (::::弋::::::ヽノ::::::::::::イ    }レ
       ヽ;::|  ゙弋::::::∀ ::::::!}i.-゙
        `'  人:::::::::::::::::::.}λ
          /::::::―::::::::::::::::::ヽ:
        /::::::/::::::ノ:::::::::::::::::@ト,
        <ァ、_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::`:、」
久慈川りせ 「やっほー!!りせちーだよー!」
大正義ユッキ 「サイバスターさんオッスオッス!」
高槻やよい 「埋まりましたぁ! うっうー! 」
クマ吉 「四条にしては早く埋まったね、いいことだ」
桂木桂馬 「アイドルとは何か!? それは永遠の夢の体現さ。(ただしゲームアイドルに限る)」
鳴上悠 「歯を食いしばれぇええええ!幸村ぁあああああ!!」
久慈川りせ 「あ!!先輩もいたんですか!>鳴上」
大正義ユッキ 「埋まりましたなぁ……これは開始やと思うよ」
高槻やよい 「とっても可愛いですっ!
でも私もお兄ちゃんかお姉ちゃんが欲しかったなーって。私、一番上ですから>鳴上さん」
鳴上悠 「っと、お前も来たのか久慈川・・・そういえば、お前もアイドルだったな>りせ」
サイネリア 「暑苦しいオトコですネ。でも一部に人気デルのは私でもわかりまス」
レティ 「レティ さんが登録情報を変更しました。」
水瀬伊織 「さてと・・・それじゃ、準備出来た人から開始投票よろしく!
あとアンカーのりせはみんなが準備終わるまで待ってて!」
フォイ 「バカがいきなり暴れだしたフォイ」
サイネリア 「サイネリアだと言ってるさる!」
クマ吉 「りせちーの声と伊織の声が同じとか…」
真田幸村 「暑苦しい!?褒め言葉だ!>さいねりあ」
鍵山雛
             /\{{::}},ィヘ
          r=≧、:.:hiナ::ィ≦=ォ
       .__,ィj;=‐'''"´ ̄ ̄`゙゙゙''ヽ、jヾ、___
     /:.:.:.:.:.:/. : . : . : . : . : . : . : ..ヾ、:.:.:.:.:.:ヾ、_
    >:.::ソ ̄7/. : / :/ l |. : .! : .ハ:| l. : .',  ̄ヾ:.::.:.::ヾ
   ./:.::/   lj: . ;' :⌒j;,ハ;_;八;.⌒j j: . : l    ̄):.:.:)
   (:.:.:(    レヘl /ィ-tt、   .ィtt-ト/. : . !    .く:.:<
    .):.:.:)      .|: .ll .ヒリ   .ヒリ'イ: . : .!      .`ー'
    ̄        .l 人 " 、__,  ."/: . :ノ
        r‐ャャ‐ヽ、:.`マァ-ァ''",,..ィアーァァつ       アイドルが増えた!これで勝つる!
        `'^ ̄ ̄`マ{::>A<:.:}/" ̄ ̄.´
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,
            .L;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:厄.;,;l
            ゙ー゙ヽX;,T;7ー'ー'ー'
                  `┘」
かりーらいす 「かりーらいす さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりーらいす → ヌオー
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 1043 (ヌオー)」
ヌオー 「ぬおー」
久慈川りせ 「                  __
             ,、-‐<´: :ヽ:.`ヽ
               /: :\: : :\:_:i: : :ゝ-‐=‐- .._    _,.:―-.、
            /: : /⌒>':´,: :':´ ̄: `丶、: !: :∧、/´//:  ̄:`ヽ
              /: : /.: : : i: : /`:ー:-: :_:_: : : :ヽ!:':-:‐:.ヾ/: / ̄:`ヽ!
          /: : :.i: : : : ヽ/:ー :.,:ィ:´ ̄: : : : : : : : :`: 、:Y: : ‐-:、: : !
            〈: : : : ヽ: : : :.': : : /: : : : : : : :/: /: i!: : : ゙:!´: : :`:、: :.|  i
          ヽ: : : : :.`Y: : : /: : : : : : :/: :ィ: : /l: : :ヽ!: : : : : :.i: :ト-..'!
             \: : : :.!:´Y: : : イ‐-´、´ノ: : :./ .l: :/: :.!: : : .:.:.人:.ヽ‐'
              ノ: : : :!l '/:/、___    ´'ソイ__ ノイ: : :.l: : : /: i: ヽ: \
            -=彳: : : : ,ゝ'′ ´ ̄ ヽ   ´ __ `l:': 从: :/.: : :ノ: : | \:iヽ
             ,.イ: : :/ゞ'ヘ.        ィir'ノYイ:.イ: : Y: : '´ : : ノ  从 )
          (( |: :/!: : : : ハ.          `ー ''/´〉!: : :.!/: : :/:!
          、_人:! l: : : /: :(ヽ.  、__´_   , 'Yi´ヽ: : :l: : :/.: : :ヽ.. ___ノ
            /ヽヽ: :l: : : : ィ\  `´  ..イ: : |:!  \:、: :!: : : : : ヽ ̄
            ゝ-- 、Y:.ヽ.rf|ニ=` ー<⌒>ヽ: !:!    ヾ: |: : : :\: :\   イエーイ!!サービス、サービス!!
             /     i:!ヽ: :\` ー-ィ´ ̄ >ノイ:ヽ __ノ ノ: l: : : : : :.):ヽ:!ヽ.
.            /     ,リ  \: :`.ーイT、<   ヽ: : < ´ ̄ノ: : :./: : : l!  )
           /             )从フ !ト、\ `ー- 、)ノ)  ´ ̄イ: : : : :.ノ
.          /            /  l 丶 丶..._  Y     /: : :.:/
         /       /  /     、 、 \ `ヽ!    ィ: :.:/
.        /      /   . '       ≧=''ノ   \   l: 从_ ノ
       /       ∧ /       _          __  Y ノ '  )
        /     , ′∨          ̄二=‐=二 ̄   j
.      /       /   \                 /
     /     . '       \  . -‐――=====―-〈      r‐r‐r‐、  __
.    /     /        Y´             i    「i l! !, i'´/
   /     `ヽ          :.                |   /  ''   /'´
   \      、          .              l   /    /
.      \     \       l                | /!.  /
.       \      丶      l               !'´   /
          丶      \    ,'                l.  /
           \    ヽ  /                  !. /
            丶    冫              :.  !/
                \ /              ι l
          _.. -‐=-'、                     |
          `\__ヽ>Y⌒Y               !
                / / ̄ ゞ=イ\           l
.              //       \ `ー-  ... __ ..;」
              /'             丶.         /
          /                 \      / |」
大正義ユッキ 「そう怒らないで下さいよサイクロン掃除機さん」
高槻やよい 「今日は賑やかですねぇ。いいことですー」
鳴上悠 「ヌオーと大谷・・・どちらが勝つのか・・
あれ、地面/みずって相性どうなるんだw」
サイネリア 「褒め言葉とは初耳デス。あれですか先輩の腰巾着の豆タンクと同類デスカ」
大正義ユッキ 「これはヌオーの圧勝やろなぁ……電気きかへんよ」
フォイ 「サイだけあってりゃ判断つくフォイ」
クマ吉 「そうそう…怒るなよ、サイサリス(アトミックバズーカ装備)」
ライトニング大谷 「ライトニング大谷 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ライトニング大谷 → 銀ちゃん
アイコン:No. 530 (ピカチュウ) → No. 1011 (銀ちゃん燈)」
サイネリア 「私は空気の渦でゴミ吸い取ったりしませんカラ!」
かりかりかり 「かりかりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりかり → マンタイン
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 407 (マンタ)」
レティ 「ヌオーの圧勝ね…>悠」
鳴上悠 「・・・大谷が逃げやがった・・・!」
マンタイン 「よろしくね~」
クマ吉 「>ユッキ アニメ版ならピカ虫フリーダムやぞ」
ヌオー 「アニメ版だとあいつの十万ボルトはイワークにも聞くぬおー>番長」
銀ちゃん 「銀ちゃん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:銀ちゃん → 真紅の稲妻
アイコン:No. 1011 (銀ちゃん燈) → No. 131 (真紅02)」
桂木桂馬 「桂木桂馬 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:桂木桂馬 → 十六夜咲夜
アイコン:No. 458 (桂木桂馬) → No. 204 (十六夜咲夜)」
大正義ユッキ 「勝てないと踏んでアイコンを替えるぐう畜」
高槻やよい 「ねずみさんが銀色のおねーさんになりました!」
フォイ 「大谷が銀ちゃんになっちまったフォイ」
高槻やよい 「と思ったら紅くなりました! うー!?」
クマ吉 「青いイナズマじゃないのか…」
サイネリア 「ソロモンよ!帰ってこなくて寂しくありませんでしたカ!
お土産もってきましたヨ戦術核デス!」
大正義ユッキ 「アニメ版は必殺技「避けろ」とかで参考にならないから……(震え声)>クッマ」
十六夜咲夜 「気が変わ……もとい、入れ替わりましたわ。」
真紅の稲妻 「よろしくだわ」
久慈川りせ 「みんあー!準備はいいー!」
水瀬伊織 「にぎやかっていうか・・・何か違うような気がするわ・・・!>やよい」
真紅の稲妻 「だわわーだわわー」
マンタイン 「投票したよー」
高槻やよい 「あと「頑張れ!」もありますよね>ユッキさん」
鳴上悠 「ういうい、おk-おk-」
大正義ユッキ 「うわぁ、これは赤い彗星の紛いもんですね……」
久慈川りせ 「遺言は準備したー?」
クマ吉 「サイネリアから芸人魂を感じるね」
高槻やよい 「うっうー! 万端ですー!>りせさん」
十六夜咲夜 「……!」
フォイ 「何故みんなもっとネタアイコンに走らぬ…ッ!!」
鳴上悠 「それじゃあ、楽しく喧嘩をしようじゃないか」
高槻やよい 「しました! 今回の遺言はほんわかするのを頑張りました!」
真田幸村 「武士たるもの、いつでも死ぬ準備はできておりまする!」
マンタイン 「仲良く楽しく人狼しましょー」
久慈川りせ 「じゃー!!いくよー」
ヌオー 「ぬおー」
久慈川りせ 「4」
鍵山雛 「遺言間に合った!」
十六夜咲夜 「十六夜咲夜 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:十六夜咲夜 → 咲夜・C・ドルネーズ」
大正義ユッキ 「ネタアイコンは甘え、普通のアイコンでネタをするべしやな(達観)」
久慈川りせ 「3」
久慈川りせ 「2」
マンタイン 「ぼちぼち参りますかっ」
高槻やよい 「そっちの枠はもう十分埋まってるんじゃないんですかと思いますぅ!>フォイさん」
クマ吉 「>フォイ クイックイッ」
久慈川りせ 「1」
レティ 「最近冷え込んできたわね・・・皆は体調とかに気をつけてね」
サイネリア 「私が先輩を残して先に逝くと思っているのデスカ!
残して逝ったら先輩はあの豆腐メンタルになにをされるカ!」
久慈川りせ 「開始!」
ゲーム開始:2012/11/15 (Thu) 22:33:58
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
鳴上悠 「開始前に名前変えるのは死ぬほど嫌いなおれなんだがね
よろしくと」
レティ 「あらあら・・・よろしくね>お二人さん」
鳴上悠 「だれか、語りたい人はいるかい?」
鍵山雛 「あー狼希望だったわね」
鳴上悠 「普通村は久しぶりなんで、まあ
なんでもしよう」
レティ 「まぁカウント中じゃなければいいんじゃないかしら派・・・かしら>悠」
鍵山雛 「と言っても練習のつもりなのよー
騙りは任せるわ」
鳴上悠 「いや、カウント中に変えてた>レティ
ま、いいさ、ゲームに集中しよう」
鳴上悠 「誰も、でなければ俺がでよう渋谷凛○予定」
「◆水瀬伊織 みんな、今日は来てくれてありがとー!楽しんでいってね!

あと、ネタにノれないGMでごめんね、ほんと・・・脳がついてこなかったわ」
レティ 「ああ・・・私もたまーにやらかすからそこらへんは気をつけないとねぇ
鳴上悠 「対応はりせとやよいかね」
レティ 「ん・・・把握よ>悠」
鳴上悠 「それじゃあ、噛みは1:30で」
「◆水瀬伊織 あー、テンプレに記してたと思うけど、開始後遺言変更できないから、ここ」
鳴上悠 「他になにかあれはよろしく
対応文書きに戻る」
レティ 「しかし冷え込んできたわねぇ
・・・暖房はまだ使う気はないんだけど」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆水瀬伊織 オバちゃんって・・・ケンカ売ってる?>該当者」
「◆水瀬伊織 あと狼の相談以外(狼はひとりごとになる)は超過時間でも出来るから。」
水瀬伊織 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水瀬伊織さんの遺言 どうしてこうなったって叫びたい気分よ・・・


ま、まぁでも・・・来てくれて・・・ありがと。
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
真田幸村 「支配人殿おおおおおお!」
マンタイン 「ゆーらゆら~マンタインが海の朝をお知らせ~
なんちゃって。
占いさんCOお願いします!」
レティ 「・・・おはようございます」
大正義ユッキ 「村の諸君、オッスオッス!
じゃあさ、占いたちはCOしてくれる? はい、ヨロシクぅ!」
咲夜・C・ドルネーズ 「お花を摘むのはすませましたか?
神様にお祈りは?
部屋の隅でガタガタふるえて命乞いをなさる心の準備はOKでしょうか?
それでよければ、はじめましょう。」
真紅の稲妻 「朝だわ」
高槻やよい 「うっうー! おはようございます!!」
フォイ 「おはようございますフォイ!!」
球磨川禊 「『占いCO 大正義ユッキ○』」
渋谷凛 「おはよう」
鳴上悠 「占いCO 久慈川りせ○」
鍵山雛 「くるくるー」
久慈川りせ 「占いCO 鳴上先輩○」
咲夜・C・ドルネーズ 「さあ、それでは占いCOを始めてください。やるならば容赦なく、ですよ?」
真紅の稲妻 「鳴上、紅茶をいれるのだわ」
真田幸村 「お!某が共に居ておきながら・・・・!」
ヌオー 「ぬぬぬ」
サイネリア 「おはようございます。さあ楽しい人狼のお時間デスよ」
レティ 「役職さんはお仕事してね」
高槻やよい 「い、伊織ちゃんがー!?
どうなってるんですかこれー!」
鳴上悠 「理由
俺が番長だ!というわけで作品繋がりでりせでいいだろう
個人的にはあいつの腹は黒くないので心配はしてないが
一応確認のためというやつだな」
球磨川禊 「『僕からしてみれば正義なんて』
『どうでもいいんだけどね』
『主役候補張れる”正義”の名の基にってね』
『人外だったら面白くないかい?』
『そんな出来心の占い理由さ』」
久慈川りせ 「りせちーはやっぱり初日は先輩しか占うつもりがないっていうか、
ここ占いでいいよねー。
先輩を夜に占っちゃうなんてりせってばだいたん!?
真紅の稲妻 「あ、あと赤は私が許すのだわ」
クマ吉 「うひひ…雛ちゃんの握手会の前にチ○コ触っておこ…」
咲夜・C・ドルネーズ 「3CO○進行。
把握したしました。では、霊能共有ともに表明を。
ああ、できれば簡潔に。趣向を凝らすのも好きですがね。」
真紅の稲妻 「鳴上、紅茶を早くいれるのだわ」
真田幸村 「うぉおおお!遠からん者は音にも聞け!近からん者は目にものを見よ!
幸村が心の槍、まだ折れはせん!折れはせんぞおおおお!」
サイネリア 「○進行ですカ。占い3CO確認シマシタ」
高槻やよい 「占い3人さんですねー。そして○進行ですっ!」
鍵山雛 「相互占いになってるわねー」
大正義ユッキ 「おっ、占い3COですね~。
んじゃ霊能と共有も出てきて、どうぞ」
マンタイン 「ん、占いさん3人で○進行だね!
じゃあ霊能者をCOするよ!」
ヌオー 「球磨川禊が真狼って言う事を覚えておいてグレランぬおー」
真紅の稲妻 「私はのどが渇いているの。あとクンクンのソファーももってくるのだわ」
鳴上悠 「そんじゃ、球磨川狼固定で
りせ・・・腹は黒くなかったが狂人か・・・やめろ真面目に」
渋谷凛 「ふむ、お互いに○投げ」
高槻やよい 「うっうー! 共有者を宣言しまーす!

私のもやし……もとい、相方は、なんと! 渋谷 凛さんでーす!(拍手ー!」
球磨川禊 「『無駄占いがないことがいいんだけどね』」
クマ吉 「占い3COで速度に差はないね
じゃ、霊能共有出て御出で」
久慈川りせ 「きゃー!!鳴上先輩が人外なの!!
でも相互占いってりせうれしい!」
レティ 「占い3把握・・・グレーが広いのね
ちょっと面倒かしら>グレー管理的な意味と露出してる可能性的な意味で」
真紅の稲妻 「あ、あとクマ吉は汚らわしいから私の半径100メートルに近づいちゃだめだわ」
咲夜・C・ドルネーズ 「やばい今なにかものすごく解体したい言動を見た気がする。」
鳴上悠 「おけー、感謝だ早い霊能COはそれだけで信用するにたりる>マンタイン」
渋谷凛 「共有よ
相方はやよいさん」
真田幸村 「武将共が名乗りを上げたか!さすればこの場、この真田全力で参るのみ!」
フォイ 「占い3COフォイ霊能と共有も出るフォイ」
クマ吉 「キャー、やよいチャーン」
球磨川禊 「『おいおい、君達人外は仲がいいみたいだな』」
真紅の稲妻 「>やよい
わかったからさっさとクッキーと紅茶をもってくるのだわ」
球磨川禊 「>対抗」
大正義ユッキ 「おっ、シブリンとやよいさんが共有把握やでー!」
サイネリア 「霊能CO了解。3-1は普通の展開デスね」
真紅の稲妻 「それと・・・・ちょっとおしゃれなテーブルもほしいのだわ」
高槻やよい 「うっうー! いえーい!>くまきちさん」
レティ 「3-1-2把握よ
じゃ・・・適当にお話でもしようかしらね」
鍵山雛 「プロデューサーいる?クマ吉追放ね
3-1-2」
ヌオー 「球磨川禊が真なら、まあ、結構ルナティックな事になっているんで、狩人が色々頑張ってくれる事を期待ぬおー」
鳴上悠 「そんじゃま、共有COをよろしくっと
すでにFO済みかありがとう

これ以上俺の○がないってことならなくてすむ
この後の占いでな」
真紅の稲妻 「マンタインとクロコダインってなんか似てるのだわ」
大正義ユッキ 「33-4?(難聴)」
マンタイン 「3-1-2の○進行だね。
二つ無駄占いがあるからちょっとグレーは広いけど、グレランかな」
久慈川りせ 「あら、そこのうさんくさい、あんたこそ、人外じゃないの>球磨川禊」
クマ吉 「3-1-2という感じ
呪殺でろでろと祈っておこう」
鍵山雛 「阪神・・・」
渋谷凛 「まあ、占いはある意味わかりやすいわね
球磨川さんが噛まれたのなら残りは全部偽と」
咲夜・C・ドルネーズ 「はい、かしこまりましたわ。3-1-2。そして占い二人が相互に○を出している
形ですか。通じ合ってるとは聞こえがいいですね。聞こえは」
真紅の稲妻 「グレランより鳴上、紅茶はまだなの?」
真田幸村 「こちらの武将が1人・・・そして間者と思われる武将が2人・・・・!」
マンタイン 「似てない似てないって!>真紅の稲妻さん」
フォイ 「占い先からみて番長とりせ共有かと思ったけどそんなことはなかったフォイ」
球磨川禊 「◇ヌオー 「球磨川禊が真なら、まあ、結構ルナティックな事になっているんで、狩人が色々頑張ってくれる事を期待ぬおー」

『へぇ。』『君はそんなこと言えるご身分なのかい?』」
サイネリア 「なんでデスか阪神関係ないじゃないデスか」
鳴上悠 「ここで、最悪なのがここで俺が死ぬ場合だが・・
それがないことを切に願う

この配置で俺が死んで勝てるとはおもえねぇ」
真紅の稲妻 「私をずいぶん待たせるとは下僕にしていい度胸してるのだわ」
クマ吉 「>真紅 先に霊界に逝けば近寄られないで済むよ?」
真紅の稲妻 「あ、球磨川。お前は私のために早くテーブルを用意するのだわ」
レティ 「ああ、占いは個人が特定できる占い理由をお願いしておくわね
初日のグレーが広いからこういうのも大切だとおもうわ」
鍵山雛 「ひとまず球磨川真狼ねー狐混じりじゃないなら
グレラン」
真田幸村 「灰が広かろうと、意気込みなくして勝てる戦なし!
気張れええええ!>まんたいん」
鳴上悠 「>真紅の稲妻
そして、お茶か・・・この御前に入れるお茶が最後の晩餐にならないことを願ってるぜ

アールグレイでいいかい?」
大正義ユッキ 「うーんこの……占いの2が対抗占って○出てはんのんね……
これ初日真贋ついた可能性あんな。 明日の死体、見とけよ見とけよ~」
クマ吉 「誰や、猛虎魂とか言っとるのは!」
真紅の稲妻 「>鳴上
駄目、ハーブティーでお願い」
フォイ 「3-1-2フォイねじゃあ今日はグレランフォイね」
ヌオー 「なぜ絡まれているのか分らないけど、
そういう君こそ、そんな事言ってられる身分じゃないぬおー>球磨川禊」
久慈川りせ 「まぁ、球磨川がかまれることはないわ、そこ私視点狼ですもの
だけど、狩人が奇策に走ってたりするとしらないわ。
まぁ、球磨川は狼よ>渋谷凛」
球磨川禊 「『裸エプロンも用意した方がいいかな?』>真紅ちゃん」
咲夜・C・ドルネーズ 「ああ、そうそう、名前変えてますので。今の私はドルネーズでございます。
Cはクムの略ですのよ。覚えて帰ってくださいな」
鍵山雛 「占い次第なのよねえ>レティ
というかグレーの広さ関係ないわね」
高槻やよい 「とりあえずは えっと……ぐれーらんだむ?(カンペ見ながら

ですっ!  これでいいですよね…?>渋谷さん」
真紅の稲妻 「灰なんかより今は紅茶とクッキーのほうが大切なのだわ」
サイネリア 「占い結果の相互は少し助かりマスね
ですが他の真も考えると相互対抗占いは村にとってちょっと残念デスね」
クマ吉 「>雛 チョコ触ってから行こうと思ったのに…
アイドルの全身チョコ姿…あると思います!」
真田幸村 「明日の事は明日考えるが某の戦い方!
さぁ、姿を現すが良いぞ間者め!」
レティ 「虎といえばドラフトですっごく久しぶりに勝ったわね
…来シーズンはどうなるやら」
大正義ユッキ 「とりあえずさ、占いはさ、呪殺出して。
それ一番言われてるから」
鳴上悠 「どちらしにてもグレラン進行で構わんだろう
この状況でそこの球磨川が初手囲いとかいう割と怖いことをしてなければ
まだ、灰に人外の入る確率はたかい」
真紅の稲妻 「そんなことよりクマ吉が残念なのだわ。」
サイネリア 「なんか変な事言ってますネ私」
渋谷凛 「それでいいですよー>やよいさん
ぶっちゃけそれ以外すること無いですし」
球磨川禊 「『なぜからまれてるからって』
『君がそういう発言しているからだよ』」
咲夜・C・ドルネーズ 「ランドグシャ食べたい。白い恋人のアレ」
鍵山雛 「ベタベタするからダメ>クマ吉」
真紅の稲妻 「なんか下僕の鳴上が全うなこといってるのだわ・・・訴訟」
真田幸村 「助かる・・・とな!?なぜだ!?この幸村、考えてもおらぬが分からぬぞ!>さいねりあ」
クマ吉 「ふん、不人気にふさわしい死に方をさせてやるよ!」
真紅の稲妻 「あら、時間だわ
クッキーと紅茶が届かなかったわね」
サイネリア 「虎はこれから暗黒期デスよ」
真紅の稲妻 「使えない下僕ね
>鳴上
>球磨川」
マンタイン 「りせさん視点、鳴上さんは狂人確定
鳴上さん視点、りせさんは狂人確定。
フォイ 「やだこのクマー予想以上にキモいフォイ…」
高槻やよい 「うっうー! あってました!」
鳴上悠 「ハーブティーか・・・まったくわがままなお嬢さんだ>真紅の稲妻
ほら、一緒にスコーンもつけておいた」
大正義ユッキ 「これもう(カオス過ぎて)わかんねぇな……」
久慈川りせ 「そうね、私視点、球磨川は狼だから、そこ初手囲いがあるね、
でも今はまだ占いはしないつもりよ、灰をせばめて人外をおいつめましょ!」
クマ吉 「>雛 チョコファウンテンみたいな?」
レティ 「占いの内訳透けてる可能性あるのがねー>特に人外視点の
グレー管理的にもあれだし・・・>雛」
ヌオー 「球磨川禊は思いつく限りの真アピをして、この形はどうせ真狂の相互だろなんて言う先入観をもつ狩人でない事を祈って護衛を貰う事を祈らないと行けない立場だぬおー」
サイネリア 「私も良くわからないデスね。変にデタ発言デス」
真田幸村 「うぉおおお!燃えてきたあああ!武田が一番槍、参る!」
球磨川禊 「『というか、まぁ、僕以外が絡まないってのが意外だったわけだが』」
クマ吉 「フォイとか…萌えキャラ狙い?」
鳴上悠 「球磨川がほぼ狼で確定でいいよこれなら>マンタイン
狐がこの状況ってのは薄いし」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
久慈川りせ0 票投票先 →フォイ
クマ吉4 票投票先 →真紅の稲妻
鳴上悠0 票投票先 →フォイ
フォイ6 票投票先 →クマ吉
鍵山雛1 票投票先 →フォイ
真田幸村0 票投票先 →サイネリア
レティ0 票投票先 →クマ吉
渋谷凛0 票投票先 →鍵山雛
真紅の稲妻2 票投票先 →クマ吉
高槻やよい0 票投票先 →フォイ
球磨川禊0 票投票先 →ヌオー
サイネリア1 票投票先 →ヌオー
ヌオー2 票投票先 →真紅の稲妻
大正義ユッキ0 票投票先 →フォイ
咲夜・C・ドルネーズ0 票投票先 →クマ吉
マンタイン0 票投票先 →フォイ
フォイ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鳴上悠 「球磨川噛み」
鍵山雛 「おっけー」
レティ 「まぁありがたい状況よね」
鳴上悠 「狩人候補は◇大正義ユッキとヌオーくらいかね」
鳴上悠 「後はお前さんたちに任せるよ」
鳴上悠 「後は俺はできる限り胡散臭く振る舞う」
「◆水瀬伊織 そりゃ見えないわよ。だって、遺言開始前にしか仕込めないもの。
テンプレくらいちゃんとみなさいよねっ>該当者」
レティ 「日記は書いておくわね」
鍵山雛 「霊能鉄板の日記でも作るわ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆水瀬伊織 昨晩の発言には関係ないから心当たりの人は安心しなさいよ?」
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
フォイさんの遺言 フォイ!!フォイ!!フォフォフォフオォーイ!!!!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
球磨川禊 「『占いCO サイネリア○』」
大正義ユッキ 「おっ、死体無しゥー!! ええんちゃう、最高ちゃう」
真紅の稲妻 「朝だわ、まぁそういうことだわ」
マンタイン 「霊能CO、フォイ○だよ!」
咲夜・C・ドルネーズ 「私は何者にも命を受けずにここに立っている。私は私として立っている 
咲夜・クム・ドルネーズとしてここに立っている。
私は私の殺意を以ってこの夜明けに人外ども…と、言わずもがなを切断しようと思う」
鳴上悠 「占いCO クマ吉●」
鍵山雛 「おはよう」
真田幸村 「形だけで言えば!敵の本陣はまだ伏せているのが定石!
名乗りを上げた武将の誰が噛まれようとおかしな状況ではござらん!」
レティ 「おはようございます」
クマ吉 「初日に吊れない悲しさに負けそう…
球磨川噛まれるなら、鳴上とりせちーは処分してよさそうだね」
渋谷凛 「ナイス」
ヌオー 「すげーどうでも良い所が吊れたんで人外吊りっぽくないぬおー
球磨川が偽っぽくて、他の二人が真っぽいから、球磨川狼でいいとおもうぬおー」
高槻やよい 「うっうー! 死体なしです! 1吊り増えました!」
鳴上悠 「理由
発言数10だけど基本的には発言で水増しされている位置
ぶっちゃけ、なんでもありえる位置なんで占っておく

クマ吉 4 票 投票先 → 真紅の稲妻

ここを投票するには発言強度もものすごく微妙とみての判断」
サイネリア 「おはようございます。死体なしデスカ」
球磨川禊 「『ヌオーちゃん投票が好みだね』
『投票理由をもっと突っ込みたいけど』
『占った方が手っ取り早いかな』
◇サイネリア(94)「占い結果の相互は少し助かりマスね
ですが他の真も考えると相互対抗占いは村にとってちょっと残念デスね」
『まぁ、想定がちょっとわからない感じではあるが』」
マンタイン 「死体がない!
吊り増えたよー!」
レティ 「役職は仕事してね」
久慈川りせ 「占いCO サイネリア○」
咲夜・C・ドルネーズ 「死体なし。素晴らしいですわ。」
鳴上悠 「おk,ここで死体なしが出てくれるのならものすごくありがたい」
真紅の稲妻 「クマ吉とヌオーはひとまずくたばればいいだわ」
ヌオー 「良い朝だぬおー」
クマ吉 「あっ(お察し)」
鍵山雛 「吊りが増えたわー
●とー」
真田幸村 「そして!この形・・・笑っているのは山腹に身を潜めていると思われる第三軍!
浮き足立つはず・・・!この幸村には分からんが、そんなものは捨ておくぞ!
なぁ?クマ吉よ そうは思わぬか?」
久慈川りせ 「サイネリア(94)  「占い結果の相互は少し助かりマスね
ですが他の真も考えると相互対抗占いは村にとってちょっと残念デスね」
◇サイネリア(74)  「なんでデスか阪神関係ないじゃないデスか」
◇サイネリア(54)  「霊能CO了解。3-1は普通の展開デスね

票はいっ票だけね、ここ、私から見ると狼目があるからリサうらなっちゃうね。
鳴上悠 「そんじゃま、ここでそこを吊らない理由がないで
吊って遅れという印象と」
大正義ユッキ 「これもう●吊ってさ、色見るでいいんじゃない?」
レティ 「ん、死体無しね
幸先いい感じ」
クマ吉 「りせちーがあまりにも遅いので球磨川真目かね」
渋谷凛 「クマ吉さんはCOあったらどうぞ」
真紅の稲妻 「素直にそれでいいのだわ」
鍵山雛 「4票もらいで占うのは個人的にどうかとも」
ヌオー 「んじゃ、クマ吉にCO聞いてなんもなかったらさよならぬおー」
球磨川禊 「◇ヌオー 「すげーどうでも良い所が吊れたんで人外吊りっぽくないぬおー
球磨川が偽っぽくて、他の二人が真っぽいから、球磨川狼でいいとおもうぬおー」

『別にいいけど、君が灰にいる限り投票し続けるよ』」
サイネリア 「私占われマスね。ついでに●もありますがそれ以上に私◎とか困っちゃいマスネ」
真紅の稲妻 「あとりせちー真は今のでちょっとみれないのだわ」
久慈川りせ 「やだー、リサGJ-!?狩人さん愛してるーーCHU!CHU!」
真紅の稲妻 「ついでにいうと、それに相対して球磨川自身もちょっと怪しいのだわ」
クマ吉 「なんでや、初日ヘイト抜けたらこんな仕打ちかい!?」
高槻やよい 「クマ吉さんは果たして……ただのクマなのか変態さんなのか……!?」
咲夜・C・ドルネーズ 「……クマ吉●。いえ、元々淑女的に吊る気満々満だったんで別によろしいのですが。」
マンタイン 「うん、ここはクマ吉さん吊りでいいんじゃないかな」
真田幸村 「この形からの被害なし・・・・!
これは、好機と見る!我らが武田の兵站には余裕が出来た!
今ならば真偽を確かめられるぞおおおおおお!」
レティ 「●見えてるわね
CO聞いて判断でいいんじゃないかしら」
鳴上悠 「ぶっちゃけ、フォイが吊れてる時点で
そのあたり票はカンけないと見る手の占い」
真紅の稲妻 「さてナンバーワン下僕決定戦を鳴上と球磨川でするのだわ」
ヌオー 「どこからでもどうぞ>球磨川」
クマ吉 「クマ吉(きち)じゃありませんクマ吉(よし)なので無実です(COなし)」
鳴上悠 「ぶっちゃけ、役的にないかもってそうだったっていうのはある」
ヌオー 「え?あの発言の意味を説明しなきゃ行けないぬおー?」
球磨川禊 「◇真紅の稲妻 「ついでにいうと、それに相対して球磨川自身もちょっと怪しいのだわ」

『それはサイネリアちゃん単体の占いが怪しいって言っているのかな?』」
鍵山雛 「放置して無視し続ける予定だったけどなー」
渋谷凛 「まあ、球磨川GJが一番ラッキーな形ね」
大正義ユッキ 「っていうかさ、球磨川とクマでWクマ紛らわしいから片方のクマポイーで」
マンタイン 「今日の平和はGJだろーなーって思うよ!
この場面で狐を噛みにいくことは少ないと思う。」
咲夜・C・ドルネーズ 「ああ、CO確認がありましたね。まあないでしょうけど。」
真田幸村 「逆に言えばああああああ!
そのクマが、本丸出なかった場合!
敵は・・・我らが武田だけでは手に余るやもしれぬ」
クマ吉 「いや、僕狼なら騙るし…」
マンタイン 「名前の読み初めて知った!>クマ吉さん」
渋谷凛 「フォイさんと友好を温めてきてくださいね」
高槻やよい 「紛らわしいです! それじゃー、あっちでフォイさんといちゃいちゃ
してきてください!>くまよしさん」
真紅の稲妻 「>球磨川
どっちかというとりせちーの行為から立場的に鳴上の方が真の可能性が高いのだわ
今日の噛みはどこだったか、でいうなら占い師噛みの死体なしがしっくりくるのだわ。
で、あんた噛みはおそらく、ないと思うのだわ」
サイネリア 「私かなり怪しかったはずデスガ、理由見ると球の言い分がしっかりしてる気がしますネ」
レティ 「まぁそのアイコンの時点で有罪じゃないかしら・・・それか取り調べ室で強制的に有罪にさせられるかよね>クマ吉」
鳴上悠 「おk-、おk-、ここで死体なしが出て
●吊ってくれるのならあとはどうとでもなると

狼としては球磨川がいるしねっと」
大正義ユッキ 「グッバイ、クッマ!」
ヌオー 「球磨川真だったら、狂狼の相互で、真贋が速攻でついてて速攻で球磨川が噛まれてえらいこっちゃえらいこっちゃな村にしかならない未来が見えたって言う意味で」
クマ吉 「いやや~、男と霊界なんていやや~」
渋谷凛 「やよいさんと似た感じのことを言っちゃったw」
高槻やよい 「やっぱり渋谷さんと息があいます!
うっうー! さっすが渋谷さんですぅ!」
咲夜・C・ドルネーズ 「いや、クマ吉(キチ)でしょうなにちょっと信じそうな嘘ついてるんですか。」
球磨川禊 「『僕とこの変態紳士ちゃんを見間違えるなんてことがあるのかい?』>ユッキちゃん」
久慈川りせ 「クマ吉さん釣りは問題だいないわ、私の灰出し、
だけど、その対抗の先輩の占いってどうなのかなーって感じ、
さすが狂人なだけあって、昨日4票もはいっているクマ吉さんに
黒丸だしって露骨よねー、まぁ、狂人だし、先輩は狂人の仕事を
しているのよね」
真紅の稲妻 「だからこのケースでいうと、鳴上の明日の結果次第だわ(霊能の○●
どっちにせよ球磨川は分が悪い位置なのだわ」
クマ吉 「ファッキュー、ユッキ」
真田幸村 「そうも言えぬぞ渋谷殿!この形、最悪は敵に腹の内を知らせてしまったかもしれぬ!
そういう意味では、今後の被害は少しばかり目を光らせる必要があると
この幸村、恐れながら申す!>渋谷殿」
ヌオー 「何がお気に召さなかったのかわからんぬおー」
真紅の稲妻 「さて・・・と
紅茶が冷めてしまうのだわ」
大正義ユッキ 「微粒子レベルで似ている(震え声)>球磨川」
サイネリア 「デモ、私視点で誰が真占いかはわかりませんネ
私は○貰っただけデスカラ」
渋谷凛 「まあ、霊能が噛まれるのなら占いでGJ
占いが噛まれたのなら霊能GJ…かも!」
久慈川りせ 「まぁ、球磨川くんはリセは必ずいつか吊ってもらわないとこまるわね、
だって、そこ狼だもん」
球磨川禊 「『その根拠がもう少し欲しい所だ』
『今のことろは君をそこまで強く占いたいとは思わないからね』>真紅の稲妻」
マンタイン 「でもクマ吉さん4票もらいなんだよね……
鳴上さんが占った場所としてはあんまりよくないかも」
クマ吉 「【急募】僕のとこに慰問に来てくれるアイドル【良待遇】」
真田幸村 「クマの色さえ見えれば流れも見えるというもの
それは同意できる。しかし、球磨川殿の分が悪い様には思えぬが?>真紅の稲妻殿」
鳴上悠 「そんじゃま、俺は灰視にもどるが
これなら真紅の稲妻はとりあえず後回しで良い感じかねと」
咲夜・C・ドルネーズ 「まあどこか役職GJなのでしょう。そこは狩人がお知らせしてくれることを期待
しておきます。気合で噛まれないで吊られないでください」
高槻やよい 「くまよしさんの裸えぷろんをどうぞ……? (カンペみながら>球磨川さん」
真紅の稲妻 「>球磨川
根拠というより、状況がそう流れている、という感じなのだわ
あくまで状況の話なのだわ」
レティ 「裸エプロンとか言ってる時点で・・・その・・・ねぇ>禊」
渋谷凛 「狼に頼んだほうが早いわよ?」
大正義ユッキ 「しかしどこ噛みいったんかね。
占い真贋ついたとしたら昨日の時点だと球磨川真のケースだけですよねって」
サイネリア 「私の動画に100万投資するなら考えてもいいデスヨ」
球磨川禊 「『誰得』>やよいちゃん」
クマ吉 「あっは~ん(裸エプロン)」
鳴上悠 「もう一度いっておくけど
そこフォイが吊れるなら今日吊れる保証はないとみての判断だよ>丸太印」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
久慈川りせ0 票投票先 →クマ吉
クマ吉13 票投票先 →鳴上悠
鳴上悠1 票投票先 →クマ吉
鍵山雛0 票投票先 →クマ吉
真田幸村0 票投票先 →クマ吉
レティ1 票投票先 →クマ吉
渋谷凛0 票投票先 →クマ吉
真紅の稲妻0 票投票先 →クマ吉
高槻やよい0 票投票先 →クマ吉
球磨川禊0 票投票先 →レティ
サイネリア0 票投票先 →クマ吉
ヌオー0 票投票先 →クマ吉
大正義ユッキ0 票投票先 →クマ吉
咲夜・C・ドルネーズ0 票投票先 →クマ吉
マンタイン0 票投票先 →クマ吉
クマ吉 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鳴上悠 「さて、多分狩人は大正義ユッキだと思うけどどうする?」
レティ 「・・・あらあらちょっとめんどくさいわね」
鳴上悠 「信頼勝負すんなら霊能噛み」
レティ 「まぁ任せるかんじよね>悠に」
鳴上悠 「ないし、占いを連続噛み・・・
は無理だな、あの状況じゃ真判別しての噛みとしかみえん」
鍵山雛 「私はどっちでも」
レティ 「りせ護衛で日記書いておくわ>私は」
鍵山雛 「霊能は噛めると思うけどねー」
鳴上悠 「それじゃあ、大正義ユッキを噛んでだな」
鳴上悠 「割りとそこを噛むと露骨になるけど」
「◆水瀬伊織 ・・・こちら控え室。変なやつしかいない。・・・胃が痛むわ・・・」
鳴上悠 「その路線でいくからなっと」
鳴上悠 「それじゃあ、噛みは1:30でいく」
鍵山雛 「狩探しね」
鳴上悠 「あと、雛山に●ブッパするからそのつもりで」
鍵山雛 「まあレティと真紅は狩ないでしょうね」
鳴上悠 「COしなくてもいいからね」
鍵山雛 「おーらいー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
大正義ユッキ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
大正義ユッキさんの遺言 44-3
クマ吉さんの遺言 クマ吉(きち)じゃありませんクマ吉(よし)です。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
球磨川禊 「『占いCO レティ●』」
レティ 「おはようございます」
ヌオー 「いおりんも変な奴に含まれるのかなぁと思いつつ

あれぇ?球磨川真だったりするぬおー?」
真紅の稲妻 「だわわーだわわー」
マンタイン 「霊能CO、クマ吉○だよ!」
鍵山雛 「おはよう」
咲夜・C・ドルネーズ 「「老い」すら楽しむものでございます。人間というものは。
ご安心を。死ぬまでは一緒にいますから。」
久慈川りせ 「占いCO 咲夜・C・ドルネーズ●」
高槻やよい 「おはようございます! 

って、ユッキさん噛み?」
鳴上悠 「占いCO 雛山雛 ●」
真田幸村 「この采配がああああああ!!
球磨川殿が本に我らが武田の盟友だとするならば
この噛みをするのは、名乗りを上げた両名のうちでいうのならば
鳴上殿が敵方の総大将であると、この幸村思う所存!
逆に言ってしまえば我らが武田の軍勢!
この程度の重包囲ならば負ける理はなしとみる!
ならばこのままじりじりと攻めれば勝てる!
渋谷凛 「あっれ?」
球磨川禊 「『昨日の死体なしで一番反応が怪しかったところを占う』
◇レティ(46)「●見えてるわね
CO聞いて判断でいいんじゃないかしら」
『この発言が一番曖昧且つそれ以上占いに触れないところが怪しい』
『初日よりも発言の質が落ちてると見える』」
レティ 「役職はお仕事してくださいね」
サイネリア 「おはようございまス。今日は禊の○噛みみたいデスネ」
鳴上悠 「理由
そんじゃま、●出されたときは
他の人の反応を見ようぜという話で
割りとこのあたりが顕著で臭い位置と

7→4発言に減っている位置とそいうわけで
気になる位置は占う派なんでチェックっと」
真紅の稲妻 「じゃー、鳴上は地獄へ落ちるのだわ」
久慈川りせ 「夜・C・ドルネーズ(41)  「……クマ吉●。いえ、元々淑女的に吊る気満々満だったんで別によろしいのですが。」
◇咲夜・C・ドルネーズ(19)  「死体なし。素晴らしいですわ。」

この発言がりせにとっては引っかかるかなー、この発言て
なんか、自分が釣られなくて安堵した人外ぽいってリセおもうなー
マンタイン 「●三つ!?」
高槻やよい 「うわあ●乱舞ですよ!?」
ヌオー 「だってー、大正義ユッキを噛む理由がそれくらいしかないぬおー」
鳴上悠 「おk、後はほぼ銃殺出すのみ」
球磨川禊 「『それじゃ、ばい~ばい、番長ちゃん』」
鍵山雛 「●乱舞ね、鳴上偽」
サイネリア 「占い全●デスカ酷い展開デスね」
真紅の稲妻 「●乱舞で動じる必要はないのだわ」
マンタイン 「うん、僕視点鳴上さん偽確定」
ヌオー 「レティ吊りゃ良いじゃんぬおー」
鳴上悠 「うん、さいこーにまずい霊能偽!」
咲夜・C・ドルネーズ 「…はぁ、●三つでございますか」
高槻やよい 「とりあえずは破綻した鳴上さんを吊っちゃってー、でいいんですかね?」
真田幸村 「なん・・・・だと・・・・!?
鳴上、貴様が振れ者であったかああああああああ!」
真紅の稲妻 「先に吊るべきは鳴上なのだわ」
久慈川りせ 「先輩お疲れ様ー、霊界で私をみつめててね、CHU☆CHU☆」
マンタイン 「球磨川さんの昨日の投票は予告投票? ミス?>球磨川さん」
レティ 「あら・・・●乱舞してるわね
悠さんは破綻確定と・・・で、わたしにも●と」
渋谷凛 「鳴上さん吊りがいい人ー」
咲夜・C・ドルネーズ 「まあ破綻占いを吊ることは確定といたしまして」
真紅の稲妻 「私は鳴上つりでいいのだわ」
マンタイン 「はーい>渋谷さん」
鳴上悠 「俺にGJがあったら狩人はCOしてもいいよこれ
というか、出てもらわないと困る」
球磨川禊 「『というか、この噛みで僕真にしかならないけどね』>ユッキちゃん無残」
サイネリア 「番長は破綻したのでいつか吊りデスネ。
今は霊能がいる内に他の占いの●を吊るのがいいと思いマスネ」
真田幸村 「この幸村!この場でそ奴を切らぬ道理が見当たりませぬ!」
鍵山雛 「霊ライン切れてるし
たぶん狂人だから吊っても大丈夫なはず」
高槻やよい 「はーい!>相方さん」
久慈川りせ 「はーい!!リセ、先輩は狂人だから狩人保護もふくめて吊ってほしいかな☆
先輩、大好き☆」
咲夜・C・ドルネーズ 「りせ様、わたくし、朝一の発言、いいえ、初日から完全にクマ吉様を17分割したい
と言っていたのに……!私の殺意をそうやって無下にするのですね!」
レティ 「まぁ破綻した占い吊ればいいんじゃないかしらね」
ヌオー 「球磨川真の場合、番長吊って、●ならりせちー破綻で最高だけど
○だったら、りせちー破綻しないから、レティ吊った方が実りがあるぬおー
レティ狩人の可能性がどう乗って言うんだったらまだ違うけどぬおー」
鳴上悠 「ごめん、霊能盲信したら負けるんだつーはなしこれ
切るなら、対抗の占いからだろ!」
真紅の稲妻 「そもそも昨日の死体なしは狐噛みの可能性もあるのだわ」
高槻やよい 「これで鳴上さんGJ(とおもわれる)情報を持った
狩人さんが出てくれば、まだわからないんですかね?」
鍵山雛 「咲夜は吊りたくないのかしら>りせ」
渋谷凛 「まあ、鳴上さんが狼でもりせさんと球磨川さんのどちらかが真なら
確保している狼はいるので吊っても問題ないですね」
久慈川りせ 「でも、あなんた、狼でしょ、リセ結果を言ってるだけだから、しんなーい>咲夜・C・ドルネーズ」
サイネリア 「皆さんは破綻占い吊り押しデスカ。流れに身を任せて同化スル……」
真田幸村 「ついでに言えばだ・・・・おおよそそこが振れ者であるならば
おおよそ戦が始まったあの日・・・明らかに、腹の内を隠していたものを吊ればよい!」
咲夜・C・ドルネーズ 「まあ直接は言っておりませんが、淑女たるものオブラートですわ」
高槻やよい 「3-1で霊能初日だと、狼2騙りか狐さんが出てるって事になっちゃいますねー」
鍵山雛 「というか、鳴上狼ならりせ偽確定だったわ」
鳴上悠 「もう一度いう、あのタイミングでCOできるのは
基本的に狐ないし狂人ののっとりと見てもいい!
よって、占いに狐混じりの可能性があるせめて球磨川を占わせろ」
マンタイン 「この噛みだと真目は球磨川さんかな!
球磨川さん噛むと破綻するりせさんが狼目。」
ヌオー 「確保している狼をいつ吊るのかって言うお話があってぬおー>渋谷凛」
球磨川禊 「『サイネリアちゃん、いいんだよ?』
『番長ちゃん真を見るって言いたいんなら言えば』」
サイネリア 「霊能はお仕事終わったらケアすればいいんじゃないデスカ」
久慈川りせ 「どうしよう、狂人の先輩の●の雛さんがすごく狐目にリサみてるんだけど、
そこ占っちゃおうかなー」
鳴上悠 「ええい、もう知らん・・・
ここまえ言って俺を吊るのならおれの説得力不足だった
そういうことだ、くそが」
真紅の稲妻 「>サイネリア
霊能ケアする暇はないと思うのだわ?」
真田幸村 「逆があるのはりせ殿が真で鳴上振れ者のみ!
ここまでくれば両真をつめればそれだけで終わるとみうる!
もう一度言う、某は名乗りを上げた武将が指揮を執っていると見る」
渋谷凛 「吊りが増えたから計画もたくさん建てれますよ>ヌオー
うん、夢が広がるねー」
レティ 「激流に身を任せて同化する
特性 すいすい みたいなかんじかしら?」
咲夜・C・ドルネーズ 「というよりもレティ●は普通に納得できますしね。反応的に考えましても。」
サイネリア 「見てませんヨ。単にまだ吊るのは早い気がしただけデス」
鍵山雛 「鳴上吊って○だったら●両方吊って2人で信頼勝負路線なり」
高槻やよい 「ぶっちゃけていうと、ここで霊能さん切る=鳴上さん盲信に
なっちゃうんですよねぇ……それってどうなんでしょう」
鳴上悠 「球磨川禊 「『サイネリアちゃん、いいんだよ?』
『番長ちゃん真を見るって言いたいんなら言えば』」

自分の○にこんなことをいう占いがいるか?」
ヌオー 「そこは村視点別にどうでも良い所だから占いたきゃ占っていいぬおー>りせちー」
久慈川りせ 「球磨川は狼だからかまれないわよ>マンタイン」
真紅の稲妻 「吊るのが早い、というのはいつ吊るの?にしかならないのだわ。」
久慈川りせ 「OK>ヌオー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
久慈川りせ0 票投票先 →鳴上悠
鳴上悠12 票投票先 →鍵山雛
鍵山雛1 票投票先 →鳴上悠
真田幸村0 票投票先 →鳴上悠
レティ0 票投票先 →鳴上悠
渋谷凛0 票投票先 →鳴上悠
真紅の稲妻0 票投票先 →鳴上悠
高槻やよい0 票投票先 →鳴上悠
球磨川禊0 票投票先 →鳴上悠
サイネリア0 票投票先 →鳴上悠
ヌオー0 票投票先 →鳴上悠
咲夜・C・ドルネーズ0 票投票先 →鳴上悠
マンタイン0 票投票先 →鳴上悠
鳴上悠 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
レティ 「さて・・・どうしたものかしら」
レティ 「ユッキ狩決め打ちで禊噛んでもいいけど」
鍵山雛 「えーと吊り多いのよねー」
レティ 「雛はどうしたいかしら?」
鍵山雛 「露出人外2に灰5」
鍵山雛 「吊り6 うん追いつかないわ」
レティ 「吊りが増えてるのが痛いわねー
3日目ブラウザ固まったのが思いっきり裏目にでちゃったのはまぁ事故だからしかたないけど」
鍵山雛 「これ今日○引きなら詰んでたじゃない」
レティ 「超無難にいくなら霊噛みだけど
私吊りまでは規定路線だし」
鍵山雛 「霊噛んで真狂で勝負してもいいけどねえ」
鍵山雛 「ふーむ」
鍵山雛 「占霊2択なわけよ」
レティ 「まぁ雛が決めたらいいわ
というかちょっとブラウザが怪しくて噛み厄しづらいのよ(汗」
鍵山雛 「他に狩人いないかどうかね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鳴上悠さんの遺言
                         /    i      i                               ',
                         ,     |         ',                            i
                            i  i.     |       ヽ       ヽ        \  .、         |
                        |  {    ヽ     ヽ \       \  _   \__>       |
                        |   ヽ    \     ゝ.._`>      ` <.._               !
                ,. - ―― - 、 !  ヽ \     \_    ヽ    ヽ..     _> ,..-..、      ,
              /        `ー、  \ \.  ヽ __>     \     `  ̄ ̄  ≧=ァ⌒ヽ.   |. ,′
             /    ァ'ー‐ 、 __ ソトト、  \ \.  \ ヾ、    \    、 _フ三ニ,/ /´  i    i/
           r‐´―=  ̄ヽ       {i!ヾ从!r-乂__>\ヽ  、廴__ヽ、__>__>三三// 〈 i;  !  /
          , - ''        ',    , --マト、  ト、弋i}ニニニ{ヽ}`ヽ! _..ニニ二、マム三三,/!,.j  ハ.! ハ  /
       /     `ー- 、   ,  /   )ヾミ、! __ム厂マム   '"´ __ゞ:::ソ''|川|三/  "  r ..,ノ / },/
      /   ヾ、       i.  } /   /   ヾ三彡'  ∨ト、      ̄´ ,j川|/     i' /   |
     ./       ` ー 、  |  /'    /      ', /    ` ー=ニ二三三三彡''      __ ィ /  i|
     ./   .、_       i.  !_/   ,         У                     / /イ   ,リ
    /      `ヽ.   !  /     ,         ゝ.、                     /   | / /{ニミ、 ー- .、
    ,          /  ./. 7    , ′              ヾ¨´                         iハ {  ノ |`ヾ;; ;;!
   ,        / ,.  ム- '   /             ,ィ∧ヾニ=-          .イ       _,,.-''´  .!イ ;; ;;|
  ,′       ゝ{_ノ    ノ             /  ∧廴__            ..イ   _,,.. - ''´ __,,> ´ ;; ;; ;; ;;.|
  ,:         ,__ .. -‐ ´              /    .∧         イ  ,,..ィ´  _> ´;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;!
           /  ハ             /{ヽ      ゝ.. __  ,,.. イ   r'} ,,|..ィ ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;ト、
        ー- '    リ!               r''  i! ',         }       |r''.;; ;; > ´ }.;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;/:::::ヽ
               / |        _,,..::ハ___  |  ',     > ´ ',.         || ;; ;; ;{. rォ.i;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;/::::::::::::::\
           ./   i!     ,...ィ:;´;;:::;;::;;::{ツ  !.  ',   //   ',     {ニ|;; ;; ;; i |::| ! ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;/::::::::::::::::::::::
        /    |    /:::/:::::::::::::::::::::::ヽ  }  } ./ /    j        || ;; ;; ;;| !::! i;; ;; ;; ;; ;; ;; /::::::::::::::::::::::::::::
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
渋谷凛 「ナイス、ベリーナイス」
鍵山雛 「おはよう」
高槻やよい 「おはようございます! 今日も死体無しです! うっうー!」
球磨川禊 「『占いCO 咲夜・C・ドルネーズ○』」
咲夜・C・ドルネーズ 「意地も張れぬ繁栄など、こちらから願い下げでございます。
意地とは意志なのですから。」
真紅の稲妻 「朝だわ」
真田幸村 「この幸村ああああ!一生の不覚うううううううう!
鳴上が狼だとするならばあのような出し方はせぬ!なぜ気づけなかったあ!
つまり鳴上は振れ者だと置き考え大正義殿噛みも布石だとするならばあああ!
名乗りを上げた武将の是非は潜む敵方武将には関係などござらんかった!
マンタイン 「霊能CO、鳴上悠さん●だよ!」
久慈川りせ 「占いCO 鍵山雛○」
ヌオー 「路線としては球磨川真でGJ食らったから狩人探しっていうのと
球磨川狼でGJ食らったけど、信頼勝負の為に球磨川の○を一つかんだって言う路線ぬおー
後者だったら惚れるぬおー」
レティ 「おはようございます」
球磨川禊 「『1w見つけたので狐目狙いで』
◇咲夜・C・ドルネーズ(73)「というよりもレティ●は普通に納得できますしね。反応的に考えましても。」
『この発言がすり寄りに見るので占わせてもらうよ』
『噛みの方針がユッキちゃん噛みだから』
『狩人候補探し?かな』
『僕がなくなったときにこの発言していると残されやすいからね』」
咲夜・C・ドルネーズ 「まあ、まずは霊能の色が見たいですわ。」
久慈川りせ 「昨日言ってたとおり占っておいやわ
ここ狐で占ったから
銃殺でていたらうれしいわ。
真田幸村 「しかしだああああ!この幸村、ただでは起きん!
あの大正義殿噛みはなんだ!?何故あそこを噛む!?
そう考えた時、某には敵武将の青い顔が浮かんだ!
つまりこれは後々邪魔となるであろう護衛を言い渡した
佐助を消すための采配ではござらぬであろうか!?」
サイネリア 「おはようございマス。今日も死体なしとは珍しいデスネ」
高槻やよい 「これでまた吊りが増える夢が出てきましたー! すごいですー!」
マンタイン 「わーお、狼だった……」
鍵山雛 「死体無しねー」
ヌオー 「んじゃ、球磨川真かぬおー」
久慈川りせ 「はーい、霊能さん、偽でーす」
真紅の稲妻 「じゃ、りせちーつりでいいのだわ」
ヌオー 「かりうどはいったいだれなんだー」
高槻やよい 「あ、鳴上さん●だ」
球磨川禊 「『いやー狩人ちゃん最高にクールだぜ』」
マンタイン 「僕視点球磨川さんの真が確定したよ!」
鍵山雛 「って鳴上●ですって」
渋谷凛 「りせさん吊りでいいですかー?」
マンタイン 「しかも平和!
やったねー!」
サイネリア 「霊能結果が●デスか。ちょっと意外デスね?
りせが破綻したのでりせさん吊りでいいでしょう」
真田幸村 「・・・・!佐助ええええええ!よくやったああああああああ!
この幸村には分かるぞ!お主が姿声色を変えてもこの武田の為に動いてくれることを!」
高槻やよい 「となると球磨川さんに●を出した(結果的に)りせさんが破綻になってしまいましたー」
マンタイン 「はーい!>凛さん」
咲夜・C・ドルネーズ 「大正義ユッキ様が噛まれたということは球磨川様護衛を選びうる狩人候補噛みであると
思われます。すなわちありえるはチャレンジか、あるは新たな狩人候補噛み。
そして霊能抜きですか。…まあとにかく死体なし。素晴らしい」
ヌオー 「●をあとからパンダにする球磨川先輩マジ球磨川先輩」
真紅の稲妻 「りせつりで問題ないのだわ
あと球磨川真占いならあとで裏出て来いなのだわ」
高槻やよい 「はーい!>渋谷さん」
球磨川禊 「『リセちゃん吊ってレティちゃん飼いでいいよ』」
久慈川りせ 「悪いけど、みんなは、二日目と、今日の死体なしどうみているの?
これってさ、狼が霊能噛んで、死体なしならそこすごく狐だから!!
そこうらなわせてよ!!」
咲夜・C・ドルネーズ 「いいですわ。もちろんでございます>凛」
ヌオー 「いいぬおー>りせちー吊り」
久慈川りせ 「そこ、占ってとけるかどうか、みるべきだとリセおもうんだけど」
高槻やよい 「ここでりせさんGJ(とおもわれる)狩人さんが出ない限り、
りせさんがこの結果を覆す事はないです!>りせさん」
マンタイン 「これもう僕には護衛いらないと思うよ
狩人さんが球磨川さんきっちり守ってくれれば勝てるよ!」
サイネリア 「狐噛んで告発するなら狼の仕事デス」
真紅の稲妻 「というかそもそも鳴上視点、3W1F露出してるのにそれ指摘してない時点で
ちょっと真見るの無理なのだわ」
久慈川りせ 「私視点、霊能初日で、そこにいる霊能は狼狐よ」
渋谷凛 「その場合告発とかしなければ
マンタインさんを吊る予定はないので大丈夫ですね」
真田幸村 「今更、まんたいん殿を間者と決め撃って戦って勝てるとは
この幸村、思えん。ならばあああああああああ!」
ヌオー 「ぶっちゃけ」
真田幸村 「斬って捨ておく」
高槻やよい 「うっうー! 渋谷さん、素敵ですー! きゃー!>渋谷さん」
久慈川りせ 「まだ、狼一匹も私視点釣ってないのよ!!先輩は狂人だし!」
真紅の稲妻 「ぶっちゃけマンタイン吊る予定はない、はいう必要ないのだわ」
サイネリア 「りせさん吊りはいいのですが、雛さんのパンダはちょっと気になりますネ
なんでまた占われているのか」
咲夜・C・ドルネーズ 「まあ言われてます通りレティ飼い球磨川様で進めていけば勝てますし。」
真紅の稲妻 「この先吊るケースあるかもしれないのに、共有がそれを先んじていうのは
紅茶が冷める行為なのだわ」
ヌオー 「マンタインが何らかの乗っ取りであったとして、
この死体無しの状況からして狼はあんま告発している余裕ないっぽいから諦める路線ぬおー」
高槻やよい 「狐目狙いだそうですよ?>サイネリアさん」
久慈川りせ 「私視点そこ狐で、占ったのよ
昨日もそれについてちゃんと理由をはなしたわ>サイネリア」
真紅の稲妻 「そもそも球磨川はなんで十六夜うらなってるのだわ?」
サイネリア 「狐デスかそうデスカ」
真田幸村 「我らが武田はもはや揺るがぬ 第三の敵がどうしたというのだ
この幸村、戦場に骨を埋める事厭わぬ」
渋谷凛 「まあ、明日結果が出れば球磨川視点詰め切れると」
球磨川禊 「『対抗の●が無残なら思考にクールだろ?』」
マンタイン 「僕視点、狼は2匹見つかったのと一緒だね。
球磨川さんが真って確定したから、鳴上さんとレティさんで2w。
残りは狐と狼だけ」
真田幸村 「狙い目としてはむしろ妙手と言えよう
すくなくとも某はそう思っている>真紅殿」
久慈川りせ 「狂人の先輩の黒だと最後までつられないから、そこ狐だと高槻やよい、村に勝ち目ないもの>やよい」
渋谷凛 「球磨川の灰は鍵山真田真紅」
高槻やよい 「球磨川さんには期待してます! うー!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
久慈川りせ11 票投票先 →マンタイン
鍵山雛0 票投票先 →久慈川りせ
真田幸村0 票投票先 →久慈川りせ
レティ0 票投票先 →久慈川りせ
渋谷凛0 票投票先 →久慈川りせ
真紅の稲妻0 票投票先 →久慈川りせ
高槻やよい0 票投票先 →久慈川りせ
球磨川禊0 票投票先 →久慈川りせ
サイネリア0 票投票先 →久慈川りせ
ヌオー0 票投票先 →久慈川りせ
咲夜・C・ドルネーズ0 票投票先 →久慈川りせ
マンタイン1 票投票先 →久慈川りせ
久慈川りせ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
レティ 「どこ噛みかしら?」
鍵山雛 「いやまあ、積んでいそうな」
レティ 「まぁ一応ね」
鍵山雛 「いそうというか詰んでいるんだけど」
レティ 「狐以外は詰んでるけどね」
鍵山雛 「狐も詰んでいるわよ露出狼いるし」
レティ 「投了するかどうか決めておきますか」
レティ 「あー・・・わたし●もらってたっけ忘れてたわ」
鍵山雛 「投了しか考えていないけどねw」
レティ 「じゃ、早噛みしましょうか」
鍵山雛 「んじゃ超加速」
レティ 「どこ残してあげるぐらいよねw」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
マンタイン は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
久慈川りせさんの遺言                   __
             ,、-‐<´: :ヽ:.`ヽ
               /: :\: : :\:_:i: : :ゝ-‐=‐- .._    _,.:―-.、
            /: : /⌒>':´,: :':´ ̄: `丶、: !: :∧、/´//:  ̄:`ヽ
              /: : /.: : : i: : /`:ー:-: :_:_: : : :ヽ!:':-:‐:.ヾ/: / ̄:`ヽ!
          /: : :.i: : : : ヽ/:ー :.,:ィ:´ ̄: : : : : : : : :`: 、:Y: : ‐-:、: : !
            〈: : : : ヽ: : : :.': : : /: : : : : : : :/: /: i!: : : ゙:!´: : :`:、: :.|  i
          ヽ: : : : :.`Y: : : /: : : : : : :/: :ィ: : /l: : :ヽ!: : : : : :.i: :ト-..'!
             \: : : :.!:´Y: : : イ‐-´、´ノ: : :./ .l: :/: :.!: : : .:.:.人:.ヽ‐'
              ノ: : : :!l '/:/、___    ´'ソイ__ ノイ: : :.l: : : /: i: ヽ: \
            -=彳: : : : ,ゝ'′ ´ ̄ ヽ   ´ __ `l:': 从: :/.: : :ノ: : | \:iヽ
             ,.イ: : :/ゞ'ヘ.        ィir'ノYイ:.イ: : Y: : '´ : : ノ  从 )
          (( |: :/!: : : : ハ.          `ー ''/´〉!: : :.!/: : :/:!
          、_人:! l: : : /: :(ヽ.  、__´_   , 'Yi´ヽ: : :l: : :/.: : :ヽ.. ___ノ
            /ヽヽ: :l: : : : ィ\  `´  ..イ: : |:!  \:、: :!: : : : : ヽ ̄
            ゝ-- 、Y:.ヽ.rf|ニ=` ー<⌒>ヽ: !:!    ヾ: |: : : :\: :\   イエーイ!!サービス、サービス!!
             /     i:!ヽ: :\` ー-ィ´ ̄ >ノイ:ヽ __ノ ノ: l: : : : : :.):ヽ:!ヽ.
.            /     ,リ  \: :`.ーイT、<   ヽ: : < ´ ̄ノ: : :./: : : l!  )
           /             )从フ !ト、\ `ー- 、)ノ)  ´ ̄イ: : : : :.ノ
.          /            /  l 丶 丶..._  Y     /: : :.:/
         /       /  /     、 、 \ `ヽ!    ィ: :.:/
.        /      /   . '       ≧=''ノ   \   l: 从_ ノ
       /       ∧ /       _          __  Y ノ '  )
        /     , ′∨          ̄二=‐=二 ̄   j
.      /       /   \                 /
     /     . '       \  . -‐――=====―-〈      r‐r‐r‐、  __
.    /     /        Y´             i    「i l! !, i'´/
   /     `ヽ          :.                |   /  ''   /'´
   \      、          .              l   /    /
.      \     \       l                | /!.  /
.       \      丶      l               !'´   /
          丶      \    ,'                l.  /
           \    ヽ  /                  !. /
            丶    冫              :.  !/
                \ /              ι l
          _.. -‐=-'、                     |
          `\__ヽ>Y⌒Y               !
                / / ̄ ゞ=イ\           l
.              //       \ `ー-  ... __ ..;」
              /'             丶.         /
          /                 \      / |
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
高槻やよい 「うっうー! おはようございます!」
真田幸村 「ここまでの敵の采配を見るに彼奴らは戦場を広く取りたいと見受ける!
でなければあそこで大正義殿が噛まれる理由なし!
そして、そこを役に見ていたのはどこであろうなと
この幸村思案した所存であるが、わからああああああああん!」
ヌオー 「ぬぬぬぬぬおー」
真紅の稲妻 「朝だわ」
鍵山雛 「おはよう」
球磨川禊
『占いCO 真田幸村○』」
サイネリア 「おはようございます。霊能抜かれましたネ」
咲夜・C・ドルネーズ 「私が糸使いかナイフ使いかは内緒です。
なに、どちらも解体に不自由はございますまい。」
渋谷凛 「あらまあ、なんていうか」
高槻やよい 「あれ? 霊能さん噛んでる暇、狼さんにはあるんですか?」
ヌオー 「論理的に、球磨川偽って何かあった?」
咲夜・C・ドルネーズ 「霊能噛みでございますか。」
ヌオー 「ああ、霊能狂人があったぬおー」
真紅の稲妻 「>ヌオー
占い全偽」
高槻やよい 「この噛み……村のプラスになってません?」
球磨川禊 「◇真田幸村(7)「この幸村ああああ!一生の不覚うううううううう!
鳴上が狼だとするならばあのような出し方はせぬ!なぜ気づけなかったあ!
つまり鳴上は振れ者だと置き考え大正義殿噛みも布石だとするならばあああ!
名乗りを上げた武将の是非は潜む敵方武将には関係などござらんかった!

この発言が村っぽいね
村狙いで積ませようかな」
真紅の稲妻 「じゃあ、鍵山雛あたり吊ればいいのだわ」
ヌオー 「占い全偽と、霊能狂人か」
渋谷凛 「まあ、それじゃあグレランでー
グレーに狩人がいるのなら出てきてもいいですよー」
真田幸村 「!いかん!この采配・・・まさか道連れにする心積もりかああ!」
球磨川禊 「『まぁ、ジリ貧の噛みにしか見えないけどね』」
ヌオー 「まあ、んなもん追っかけんでしょうから、ヌオー吊っておいていいぬおー」
真紅の稲妻 「あと霊能狂人は球磨川偽のケースありえないから」
サイネリア 「霊能抜きは優しいと思うのデスヨ」
高槻やよい 「●もぬかすなら、グレーってヌオーさんと真紅さんでしたっけ」
渋谷凛 「灰は鍵山真紅ヌオーと」
真紅の稲妻 「以上、だわ」
真紅の稲妻 「なんで、霊能は確定真なのだわ」
ヌオー 「普通のケースなら狩人は生存してて、球磨川に張り付いているだろうから明日の結果だす為にヌオー吊り」
ヌオー 「で良いはず」
真紅の稲妻 「あと4つりだからレティかい、というのは6でつりでいいのだわ」
高槻やよい 「雛さんは球磨川さん先日占ってませんでしたっけ」
鍵山雛 「まーお察しのとーり狩人CO」
サイネリア 「灰の中から選ぶのなら雛さんですかネ?
クマ吉吊りの日と昨日、非常にだんまりが続いてマシタ
●吊りが決まると発言がかなり減るのはどうしてなのか気になってマスよ」
真田幸村 「いや、宣言が出ておる」
鍵山雛 「球磨川鉄板よ」
ヌオー 「狩人はサイネリアだと思ったのに」
球磨川禊 「『そういうヌオーちゃんをあえて吊らないで雛ちゃんを吊りに行く勇気っと』


『狩人だったか』」
渋谷凛 「占っていないよ>やよいさん
占ったのは鳴上さんとりせさんだけ」
真紅の稲妻 「雛山鍵が狩人は納得だからOKなのだわ」
咲夜・C・ドルネーズ 「……ほお>雛狩人CO」
高槻やよい 「あ、どうやら私、色々間違ってたぽいです! 
昨日のログが飛んだばかりに!」
真田幸村 「あぁ、すまんが書付を見せてもらっても良いか?>鍵山」
高槻やよい 「すみませんですー>渋谷さん

占い先が反対になってました」
サイネリア 「狩人デスか。村側ならそうだと思っていたのでまあ納得はできるのデスヨ
でも日記とか欲しいですね」
球磨川禊 「『まぁ、雛ちゃん噛みすれば狼どこ吊るんだよねっていう気しかしない』」
真田幸村 「鍵山殿?どうされた?」
鍵山雛 「途中で日記書くのをやめたわね」
真紅の稲妻 「ここで雛山鍵は放置でいいのだわ」
真田幸村 「構わん 見せてくれ」
渋谷凛 「まあ、狐はあり得ないと思うので信用しましょう」
球磨川禊 「『・・・』>日記なし」
ヌオー 「日記があろうがなかろうが球磨川GJ主張の狩人を今日どうこうする理由が存在しないぬおー」
渋谷凛 「というわけで真紅さんかヌオーさん吊りで」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
鍵山雛0 票投票先 →ヌオー
真田幸村0 票投票先 →真紅の稲妻
レティ0 票投票先 →真紅の稲妻
渋谷凛0 票投票先 →真紅の稲妻
真紅の稲妻6 票投票先 →ヌオー
高槻やよい0 票投票先 →ヌオー
球磨川禊0 票投票先 →真紅の稲妻
サイネリア0 票投票先 →ヌオー
ヌオー4 票投票先 →真紅の稲妻
咲夜・C・ドルネーズ0 票投票先 →真紅の稲妻
真紅の稲妻 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
レティ 「さて・・・」
レティ 「雛いるかしら?」
鍵山雛 「咲夜噛むわねー」
レティ 「ほいほい」
レティ 「あ、早めに噛んでもいいわよー>ちょうかまえでも」
レティ 「日記書いてるならだけど」
鍵山雛 「なら噛むわよー」
咲夜・C・ドルネーズ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
咲夜・C・ドルネーズさんの遺言             _,y-r─y-r-,、
           ,-ゝ_,'-'─'-^イ,ヽ,,.,.,
        r─,ゞ´       ヽノブ ,ヘ ))  
   ((  ,ヘ,弋ノ.イ!ヌノλ!'メ-ド、ノゞ/ /
       '、 '.、.7(y)i(ヒ_]'`' ヒ_ン(y)/ /
       ヽ ヽ.(yル""r-‐¬""(y) /
        ヾ..[<>]|ゝヽ、__,ノノ[<>]/
         .r   r/.ヽロ/ ../   )ノ''ミ  ))
         .弋___.[;;;く∧」;;;],___,ノゞ /""彡
            从;;;;;;;;;;;;;;;λ/  ミ  彡ゞ 
           ./ `― ‐´ヽミ'"  彡ゞ  ))
         ./ ヽ、  ノ   ト,--''"´   
         .>ァ、_       ノ::`:、
真紅の稲妻さんの遺言 く た ば れ 鳴 上
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
ヌオー 「えーと」
高槻やよい 「おはようございまーす! あれぇ!? 超過前でしたよね!?」
球磨川禊 「『占いCO ヌオー○』」
鍵山雛 「球磨川護衛よー」
サイネリア 「おはようございマス。真紅の遺言がバンチョー責めてますヨ」
真田幸村 「8人だ」
球磨川禊 「『ラスグレ』」
渋谷凛 「もうくたばっていますよw」
レティ 「超過前に噛んだらだめなのは初日だけよー>やよい」
ヌオー 「3吊りあるカラー」
高槻やよい 「誰ですか! 私と渋谷さんのイチャイチャタイムを邪魔したのは!」
ヌオー 「えーと」
渋谷凛 「それじゃあレティさんを吊りましょうか」
球磨川禊 「『詰めるなら雛ちゃん吊り>レティちゃん吊りでいい』」
真田幸村 「球磨川偽でないかぎり、というか球磨川殿が本に事実を伝えてるならば
もはやすべてを出来る」
サイネリア 「禊視点の狐はどこですカ?」
ヌオー 「球磨川の○を何かひとつ吊って」
レティ 「私に決まってるジャン>やよい」
高槻やよい 「私は許しません! 渋谷さんとイチャイチャする為だけに、私はいるんです!>レティさん」
鍵山雛 「超過前に噛まれるなら護衛遅らせてもーよかったかしらー」
ヌオー 「雛占わせて」
真田幸村 「鍵山殿ではないのか?>渋谷殿」
渋谷凛 「ちょっとw」
ヌオー 「まった」
ヌオー 「一応詰めるぬおー」
レティ 「RPとか滅びればいいのよ
可愛い子なんてぜんぶ凍りつけばいいんだわ(にっこり>やよい」
高槻やよい 「ひぅ……この人怖いですー!?>レティさん」
ヌオー 「球磨川の○ランして、雛占い
そんで、明日レティ吊りぬおー」
渋谷凛 「他に狩人いないのなら鍵山さん真でいいんですよ
あとレティさんはヤサグレないで」
鍵山雛 「レティ吊るならいいけどねー私視点」
高槻やよい 「最大限詰めるなら鍵山さん→レティさん吊りなんですかね?」
球磨川禊 「『まぁ、出方からして雛ちゃん偽が見えないんだけどね』」
高槻やよい 「そのほうが私としては渋谷さんとイチャつけるので!」
サイネリア 「雛さんケアは大切だと思いますヨ。真の気がしますけど」
レティ 「じゃ、明日凛噛むわー
やよいの幸せなんて認めないからー」
渋谷凛 「○吊りするぐらいなら球磨川さん吊りますって
まあ、そんなに言うのなら鍵山さん吊りで」
渋谷凛 「ちょ!?」
高槻やよい 「雛さん真だとすると、狐ってどこいったんでしょう? ふぉいふぉい?」
真田幸村 「?球磨川殿 お主は昨日鍵山殿が日記を出さないことに
不満を抱いておった様に見えたが、間者ではなしと?」
渋谷凛 「クマ吉さんという線もあり」
高槻やよい 「ちょっと!? レティさーん!? 噛むなら私を!! 」
ヌオー 「狐はクマ吉かフォイ」
レティ 「狐?
昨日吊ったわよ」
高槻やよい 「なるほど、素直に吊られたという?>渋谷さん」
ヌオー 「狼は真紅ってことに」
サイネリア 「クマ吉が狐とかお稲荷を上げる気にもなれませんネ」
球磨川禊 「『幸せ者なんて妬ましい?www』」
高槻やよい 「おぉぅ!?>レティさん」
渋谷凛 「まあ、私は真田さんが狐かなーって思っていたんだけどねえ
なんで溶けないし」
真田幸村 「・・・・まぁ、よい。詰めるだけだ」
球磨川禊 「『へー』>レティちゃん」
レティ 「嘘だけどね」
鍵山雛 「○吊りって私を占わせたいってことでしょう?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
鍵山雛4 票投票先 →真田幸村
真田幸村1 票投票先 →鍵山雛
レティ1 票投票先 →高槻やよい
渋谷凛0 票投票先 →鍵山雛
高槻やよい1 票投票先 →鍵山雛
球磨川禊0 票投票先 →レティ
サイネリア1 票投票先 →鍵山雛
ヌオー0 票投票先 →サイネリア
鍵山雛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
渋谷凛 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
渋谷凛さんの遺言                   ,...::::´ ̄ ̄ ̄:::`ヽ、
             /:::::,..:-:,-- 、:::\::::::::::\
                /::::::::/:::::/::::::::::∨:::ヽ::::ヽ::::ヽ
            /:::::::: ':::::/ ::::::::::: |:::::::::∨:∧::::::.
              '::::::::/:::::::|::::::::::::::::|::::::::::::',:::::::,:::::::.
             /:::::::/::::::::,イ:::::::::::::: !::::::::::: |:::::::|:::::::.
           ':::'::::,'::::::::/ { ::::::::::::: | 、___::::|:::::::|::::::::.
           ,|:::|::::|:::_|__ ∨:::::::::::| ´\__|:::::::|::::::::|
          /|:::|::::|:::::|::{  ∨::::::: l  ィ斥ァ:::::|::::::::|
        {/|:::|::::|{::::|,ィチ沁 ヽ从::〉弋_zソ:::::::|::::::::{i    まあ、なんとかなるでしょ
         |! |:::|::::|八{弋こソ    '     |:::::::|::::::::|{
         |! |:::|::::|:::::ム      ;      |:::::::|::::::::|:.
.        乂!:::!::::!:::::::込           イ:::::: |::::::::|::.
.           |:::|::::|::::::::::::::::>  ` . ´::|::::::::|::::::::|:::.
         {:::{::::{::::::|:::::::,.ィ |  `´  |:/ ::::: |::::::::|::::.
         |:::|::::|::::::|イ´  /     |{:/:::::::|::::::::|::::::.
         |:::|::::|/   _  {',     / {::::::: |ヽ、:::::::::::.
         |:/::|-- '´ {ヽ| ヽ ,...イ /:::::: リニニ、:::::::.
            /ニ:::|ニ|   マ:ム ゚  /:_,/j!:::::/ニニニヽ:::}
           ,ニニマ{ニ{   マ:ム__/:イ /::::/ニニ/⌒∨
        /ニニニ|ニ ', 〈: : ̄`ヽ' /::::/ニ /ニニニ',
       ,イニニ/ニニ 、   }_: : / ,:::::/ニニニニニニ :.
        {ニニ /ニニニニ, /: : :Y ,.{/:/ニニニYニニニニ}
       |ニニ{ニニニニ ∨イ: //ニ:/ニニニニ}ニニニニ',
       /ニニ八ニニニニニ\イニニニニニニニlニニニニ :.
        {ニ /ニニ}ニニニニ (:)ニニニニニニニ!ニニニニニ,
        |ニニ{ニニ|ニニニニニ|ニ|ニニニニニニニ{ニニニニニ.
        |ニニニ{ニニニニニ|ニ|ニニニニニニ /ニニニニニニi
     /{ニニニ }ニニニニニ|ニ|ニニニニニニ{ニニ/ニニニ{
     ,ニニニニj!ニニニニr=ミ/ニニニニニニ|ニ/ニ=ニニi
    ,ニニニニ/ニニニニ 乂ノニニニニニニニ∨ニニニニニニ.
     {ニニニニ'ニニニニニ |ニ|ニニ\ニニ/´ニニニニ\ニニi
     |ニニニ/ニニニニニ |ニ|ニニニ{、{ ̄ニニニニ\ニニ`ヽ}
     |ニニ //> ニニニニjニjニニニ Yニニニニニニニ、ニニ ;
    /ニ ,.イ_/ニニニニニ(:)ニニニニ∨ニニニニニニニニ /
.   /ニニ{ニニニニニニニjニjニニニニニ\ニニニニニニ /
  /ニニj!ニニニニニニニ{ニ{ニニニニニニニ、ニニニニ/
  {ニニ/ニニニニニニニ |ニ|ニニニニニニニニ\,.イ ´
   \ニ|ニニニニニニニr=、|ニニニニ、ニニニニニニ〉
    {ニ{ニニニニニニニ乂ノニニニニニ\ニニニニ/
    TT}ニニニニニニニイ\ニニニニニニニニニ{
.    { | !王王王王王王/: : :.∨王王王王王王王 リ
    乂'{王王王王王__/: : : :|: \王王王王王王ニ{
      /:|: : : : : : |: : : : : | : : |: : : |: : : : : :|: : : : : : |::.
      i: |: : : : : : |: : : : : | : : |: : : |: : : : : :|: : : : : : |: :〉
     ` ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄¨ {¨ ̄ ̄ `ヽ、_:|:/
        :         {   :.         |
        i          |     i          ;
        |           |    :.         i
鍵山雛さんの遺言                、____ _,
                ('、::::::::::::| | ___,.、
                〉ヾヽ'、:::::::::|ノ´/´ヽ、
             /::::::::\ヽ::ノ/::::::::::::::::\           ゆ
            <ニ( ̄`ー-'-、---―‐ '´ノ
            /´ \    ´ `\====l            で
            /              `ヽ:/´
          /    |'、   、         |:\   __    玉
            /  ,__| ヽ  |弋ー     |::::::ヽ'"´::::::::/
.   !ニ ̄ ̄ ̄,'   |、 |  \ .|  \ | i´ヽ ';::::::::::::::::::::/     子
   ヽヘ\::::::| /:〉、 |-―-  ヽ!´ ̄ ̄| ,ノ_ノ lー-、::::::::/ よ
     ヽヘ\:レ:/ \!'''  ,----―┐ イ´  ,ノ ̄ヽユコ       は
      ヽヘ∨   '、> ゝ.._.. -ェ´__ ノ!/         い
        ´    ヾーフ<二< ̄:/ ./\\            ・
             >/´`ヽ'i `ヽ//::::::::::`ヾ'     ね
              |   i ̄ |、 ∧;:、::::::::::::::/               ・
               /  .,!ヽ〆ヽ /,/ \__ゝ      !
―----- ...,,,,_   /  /  ∧ノ'∨   /:::::::'、
    ,. - .,     ̄/  /_ヽ,/:::∨ノヽ. /::::::::::::`7
.   /   ヽ, _  ヽ.,__/   ̄ ''''ヽ   /;;_::::::::::: ゙゙̄ヽ
   l     .l ノ             'ー'´    ̄ ''' ー--ヽ ,,,_
. (_',_ , .  '7´
   ゝ、__ ,ノ
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
高槻やよい 「ああーー!?」
球磨川禊 「◇レティ 「嘘だけどね」

『クッソwwww騙されたwww』」
レティ 「おはよー」
高槻やよい 「夜に一言すら! 喋らせてもらってませんよ!?」
サイネリア 「おはようございマス。センパイセンパイセンパイセンパイ」
ヌオー 「夜がなかったぬおー」
レティ 「会話する時間?
あたえらんねーわ!>やよい」
高槻やよい 「レティさん……私を噛めといったのに……! もう、許しません!!」
サイネリア 「ああセンパイセンパイセンパイ何故いないんデスカ」
ヌオー 「ゆで卵は良い物だぬおー」
高槻やよい 「指定! レティさんです!!(えふぇくとずごーん さうんどがしゃーん!」
球磨川禊 「『まぁ、投票済みだ、ばいばい、レティちゃん』」
サイネリア 「でなんですか早投票とかありなんデスカ」
高槻やよい 「うっうー! 渋谷さんの敵討ちです!

吊り上げるだけなんて生ぬるい事はしません! アイアンメイデン! 
アイアンメイデンはどこにあります!?」
8 日目 (1 回目)
真田幸村0 票投票先 →レティ
レティ5 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい1 票投票先 →レティ
球磨川禊0 票投票先 →レティ
サイネリア0 票投票先 →レティ
ヌオー0 票投票先 →レティ
レティ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
レティさんの遺言                        「`丶、  ___,,,,,..............,,,,,,___
                        |   `マ __,ォ--──-t、,,_ ¨''ー:、
                     |   ,ィ''ア´          ',  `ヽ-、`ヽ .,,ヽー'^⌒^⌒ ー一ァ
                         ,| ,:ク′   ,'       .}     ':r''´ | |         f
                     l.|// /   .l!       .j.   .',  ', |i !         |
                       | jノ ,'  ,イ_△,.     ,,ム,,_,ィ j   .i! j.| }    冬     |
                         ,レ′.{ . ナ'{/  j,ハ. ,/)/ レ丁イ  .`ミ| j            \
                    ¨| ,ハ/,,x=テミ、.V  ,ィテャx、 } ハ  ヽ,,}    !!   /´
                     ,'Vrテ{ {{ んハ       んハ }} ノノミヽ「「`.|          j
                       i   ':,ハ  弋:り  ,  弋:り  .,'アノ  ', |           {
                     ! .i  ゙ミ : : : :  r--‐ヘ : : : : ,レ'   i i ノ          (⌒
                     ,' | .   ',    {     }   .,r'   .,' .| ´ ̄ ̄ ̄ ̄`⌒
                       i : }ハ . ト.、    ゙、__,ノ   /{,ィ. ,ィノ,イノ
                       ヽヘ、トヽハ!::` : . .. __  イ`f≧;レ',イノ
                         ,r''¨¨ ̄ ̄}:ト、`''ー──'''ジノ:/ ̄ ̄`ヽ、
                    /     .j:ト、 ニ=──</        ヽ
                   ,,厶     ,ノ:ヾ二__二/fく⌒ヽ^Y^Y´|ヽ .',
                   / ー≧:、_ ,ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/./:.:.:ノ }|  | ||_}人ヾ
         `Y^ーヘ、_{___,ノイ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄ ̄ ̄ ̄L__L_|_,ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          |            じイ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| 冬の案内人レティと共に 。゚ 。 |
          |                 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ( 露天風呂を巡る ) 。 ゚。∬.。|
          |     露    と   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ( 幻想交流旅行 )  。⊂⊃ |
          |     天    い   i:.:.:::::::.:.:.:.:.:::::::.! .^ー~~~~~~''^        |
          |     風    え   |:.:::::::::::.:.::::::::::::| @種族は問いません。 ゙ * |
          |     呂    ば  :|:.::::::::::::::::::::::::::|  気軽にご参加ください。 .* |
          |     よ         |':,:::.:::.:::.:.:.:::.:::.:|    :==== ≡≡≡    .|
          |.   !!        .〉》:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| [以下の方はご遠慮ください] |
          |               く/-、:.:.:.:.:.:.:.:_;_;,| ・寒さに弱い方   Y ` ̄`^⌒'ー―ァ
           _,ノ               /_}`:ー<´:  | ・飲酒が苦手、不可|         フ
            フ              {            |.・衝動的に人間を襲|          i
          )             \  i     |    = 詳しくは010-|  雪   と   |
          ´ ̄ ̄`\r~ヘ、/⌒   ノ.       |,_________|  見  い |
                /       レ.'                   ヽ |  !! え  :|
            /                             ソ      ば |
           /                          \   /           〉
              |       :                     \ )            (
          /|     /  l                    ,,,‐''''¨:::⌒ヽ        (
           /:.:|    /   ノ                /:::::::.:::.:::.:.:.:.:.:.}/⌒ヽ'⌒⌒⌒`
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
ゲーム終了:2012/11/15 (Thu) 23:41:09
レティ 「ま、詰みが確定してる飼い狼だもの
理にあわないことだってするわよ>霊だっておいしそうだから噛んだし」
鳴上悠 「破綻はしてないけどね」
真紅の稲妻 「お疲れ」
高槻やよい 「オーウ!?」
マンタイン 「お疲れ様」
サイネリア 「ゆで卵はいいものデスヨネ。箱根の黒卵とかいいデスヨ」
大正義ユッキ 「オッツオッツ。占いなんておらんかったんや!!」
球磨川禊 「                  、_    ___ `ヽ、
                 ゞilァ',イ.,イi,il l il}l`ミX!、
               ,ィiリ',イ州il|!i{州!Ⅶl!}l Ⅶl≦ミ、
             //,イィ州州l州l州!Ⅶl.}li l Ⅶli、
               〃.i州州lト、l州!.Ⅶi!_Ⅶl|i.}i l州li
              / .l州州ハ! Ⅶi|!´Ⅵ!.Ⅶ州!.}.l州
             ′ ,iリl州iト、`_ Ⅵ _` |!Ⅷ州l州i、
              〃/.}lⅦ!`じ!  `ーr‐ァ,i州lハ'i{li、
                 .リ }ハ   /    `´イl'ノ リ      『僕は悪くない』
                 l、:ヽ 、__,   '.イ'ilil{_
                      \.__....イ:/  } ' ,}!
                   lf<ヘ,;;;;;:/< x≦ミ=z、
                   ,}ト、.Y .rz'///////////>, 、
                   , イ//ミl.| .,|////////////////i
              , イ'//////,'〉〈!////////////////,|
              .|li'/ハ'/////○'//////////〈///////ト、
               }ili'/ハ'///////////////,`ヽヽ、//////|
               |'/ハ'l}'////,○'///////////,ヽ'//////,{」
ヌオー 「ひでーことになったぬおー」
真田幸村 「逆か」
鳴上悠 「まあ、ちゃんと積めるなら球磨川吊ってから→レティだけどねこれ」
久慈川りせ 「                                 、,, -==-、     , ==-、
                                 イ ,r = =-ソ_ __ _ノ  ヾ .:':,
                                 ノ:,:',:': ,:r'": : : : : :ゞ、:.ヽ: :',::',',
                               、_/: .i:.i ,イィ::´: :`ヾ、: :: ヾ: i: :i :i::',
                              r=--、ソ: :ii:.レ: i : : ;: : : : :ヾ: : :ii:.i: :i;,': :ゝ、
                            ゞ=-:.、:ソ: :i,:':ii: : ::',: : : : : .i:彡l:.i : i : :iヾ
                            /:_:_:_:_r'イr:i:.リ.ゞ、: :iヾ、: : :.iソ<i:',: :ゞ: i '
                           イ:.r-i: :ii: :ii i ii.l,沁、` i.心::.i .ノ|:. i: ソ: ゝ、
                              i:.;' ゞリゞリ:ソリ i   ,  `¨´.リ.ソ: : /ゞ、: : :`ヽ、  お疲れー
                            リ   ` '   ゝ、 ー  , r'.ii/: :;イ ゞソヾ, ヾリ
     __ __.,r:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=:=: -.-.-.-.-.-.-.-.r=-、>r '´  レ:. r'=ソ---、
    r'__,  `i .i; ii_ii_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_; : : : : : : : : : : :ii: ゞ、  i__ノ ムイ i: : : :\
 __r.、_//,イ ̄i: : ;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_`;_`:-::.、:_: : : : ii: : : ゞ`ーゝ◎ムイ, イ: :i: : : : : ヘ
 `ゝ==イ,イ                      ` ―-==、:_:ii-:-, ..,ゝ- .ッ く: : : : : : i;,: : : : ::ヘ
   ´ ̄                             `.ゝ'  , r': : i  .l: i: : i : ソ\: ヽ: :ヘ
                                  /, ッ'"i: :i : イ .ノ: i :.ノ イ  \: : : ヘ
                                  ´ . i:ヘ: '; :.| ./: : i: i : :i    ヘ: : : :ヘ、
                                     ヘ: i: i: :¨: : : :i: i: : i    /: /: ../
                                     イ:i: i: : : : : :.i: i: : i   ./: /: :./
                                     イ: i: i: : : : : : i: i: : l   /: /: :./
                                   ,イ: :/: i : : : : : :.i: !: :.l  /: :/: :./
                                  ,イ: : : i: : i: : : : : : :.i::i: : i .〉--、./
                                /: : : : : /: :/: : : : : : : i::i: : :l/`ヽ,/¨
                                `ゞ、: :./: :/: : : : : : : : i:.i:. : .l  ハ
                                ./: . :`ー=、_: : : : : : : :i:.i: : : l   l__
                                _____,イ: . : . : . : . : .`ー:-.-:-.-:-.-r'    i l
                           i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .l`ー'`¨´」
マンタイン 「超過前早噛みは禁止じゃないかな!>レティさん
初日以外も!」
鍵山雛 「これはひどい」
クマ吉 「あんなに早く夜が明けることに誰か気づいてくれ…」
渋谷凛 「お疲れ様でした
うん、ミスはなかった。狐がうまかっただけ」
真紅の稲妻 「ちゃんとつめようね、というぐらい」
サイネリア 「あれあれ。してやられてますネ」
球磨川禊 「『お疲れさまっと』」
高槻やよい 「なにこの流れ怖いです!?」
クマ吉 「お疲れー」
真紅の稲妻 「>ヌオー
そういえば鍵山つりの日に○つりしよう、というのは何想定だったのかな」
レティ 「ま、占いしてる時間すらないはずで噛み通ったからそれは考慮しておいたわ>ALL」
ヌオー 「いやーひどいひどい」
マンタイン 「えーと、ちゃんと詰めるなら占いさん吊ってからだったね……>凛さん」
ヌオー 「鍵山占わせ>真紅の稲妻」
高槻やよい 「うわあ、しかも相方がうっかレジィさんでした(白目」
久慈川りせ 「               _     _        .ィ'⌒ヽ
              _.厶ヽ.__/: :\  ⌒) /:/
           ,. ':´: : : : : Y≠:、: :`ー=弁´: :.'‐- 、
         ,ィ' : : : : : : : : :ゞ-: :ヽ:Y: : : : : : :‐:-:、:Y
         l:!´i´`_zチ- 、: : :i!:Y:.|::ト、: :‐< ̄`ヽ:.!
          ノ' 'l! イr'メ   Y-、: :\:.\`:<. ̄`  ソ
          ノ     、_/: : : :从: : : : : :`ヽ
          ∧マフ   └ yヘ!´  `)ノ ̄ `ヽ!   じゃぁ、りせはこれでお先にしつれーい
           j::ハ. __ .. イ  jヽ-=≦‐-.、__ .. -‐
              `ヽ- '  Y:::::://´ ̄!:/
                r'::::Y   l::::/  |    ̄〉、
                〔\::ヘ-==!:/!  V/  /::/
                 /`  `i、\.|'ィ   |、  /::/ \
               ∧  !  ゞ-{コ‐-=. _ ! iヽ'::/.  丶
               〈::::\_\  〈ヽ`  ̄  V、.   \   \
            冫、:::::::::::>、 ヽ!  _ l! \.   \  \
                /   7 ̄  ヽ/  ̄   ` < _   \  丶
           /   /    〈        / Y、   \  \
             /   /       |__       //  \    \  \
.            /   /         ヾ二ニ=≦ ´    |ト、     \  \
           /   /           \      //  \    \  \___
.〈ヽヘ.-、_   /   /            |  /  ∠       |!    〈   ` ー―‐`、
 \\\ \/   /            _」/ │       ∧     | r――――‐ '
.   \   ´`  ,/           | ̄   /  │ |   ,/ |      | !
 と二二..__ イ             |/ ∠ -‐=ヲ__」     /!      `´
                         l /:/    ̄フ___,/__,/│
                         ∨:::/       ̄ /::ィヽ/
                      〈::::/         / ̄
                         V         /
                       /      , /
                          /       , ' /
                      /      / /
                         {    /  ィ=‐- .. _
                        │    ',         ` ー‐、―――--fニニf Y
                       |    L_______. イ___l! j!  l! |
                      |     :                 ヽl!  .l! |
                     │   .!                   Y  .l! |
                          |   │                    l/ .l! |
                         |    !                        /   l! |
                       ト=-‐'|                      ゝ=彳┘
                      l   !
                      l    !
                          |   .|
                          |   〉
                         | / ヽ
                     r'=′ _/〉
                       /   /〉`´
                    r=≦ ̄ / '
                    |L._//
                    ` ̄ ̄´」
水瀬伊織 「お疲れ様ね」
真紅の稲妻 「>ヌオー
凄く意味ないよ」
球磨川禊 「『灰視が結構あってたのでよかったw』」
渋谷凛 「真決め打ちしていたもの。よっぽど用心深い人じゃないと球磨川を吊る進行は取れない>マンタイン」
水瀬伊織 「とりあえず、できれば超過前噛みはしないでほしかったっていうのが本音よ」
レティ 「狼視点詰んでるもの
どこに禁止する理由があるのかしら?>マンタイン」
マンタイン 「でも球磨川さんがうまかったねー
脅威の●ヒットだよ!

こんな狐占いの勝ち方ログでしか見た事ないや」
サイネリア 「それを考えるべきデシタね
気が急いていましたカ」
高槻やよい 「そうですよね、球磨川さん吊りは最大限詰めるならアリ、というか
しないとダメですよね……」
ヌオー 「鍵山雛が噛まれた狐で
狼は詰んだから占い放置って言う路線を少し」
鍵山雛
      F==、 {|::::::::〆_,.,_,.、
      |_ :`ヾ!:::/〆´ ̄`|
    ,ュ>'´`二(_)ニー―┘、、
    >/´     ´ ̄ヽ`>`ヾヽ
  ,〆:;:イ   / i    i   ',`ヾ\:`ヽ、
 //::/ .! i |、 |    /  ,i |  ',ヾ\::::ヽ
.//:;イ  人!´∩'ー-ー'∩-' ∨',  ', ヾヽ:::::ヽ
{;'::::|} / i、!. ∪    ∪  / i  ヽ、`i::::::::'i、
{|:::::レ'  ∧  ヾ=ヽ   ∠,  !   i` }:::::::::i{     対抗狩人COでないなあってずっと疑問に思っていたのに
{|::::::'、、  > .,_ゝ-' _. ,./ /   /  }!:::::/
'{'、:::::::>` ̄フ=ゝt<=ニ__∠_,.ノ   }|::/
 ヽ;:::|  __ |';:::://`i、::`>::::::ヽ
   `'  ヽ`::i' / ノ `'∧::_,./ソ
      /,>|/| / 〉、/:::}´'-<,\
     ///::::``':::::::::: ニー、\\=ニ7
    /-、::_::::::::::::::::,i./;、))'`ヽ`ー' ;」
大正義ユッキ 「早めに霊界いったワイでも驚いた。
下界にいた皆はもっと驚いたやろなぁ」
鳴上悠 「まあ、球磨川がうまく立ちまわったつーはなしだね
お見事、狼にもちゃんとヒットさせてるし」
マンタイン 「いや、詰んでるのと、村の進行は関係ないんじゃない?>レティさん
GMさんが許可したわけじゃないし
それにどこにも初日以外の早噛みOKなんてテンプレになかったよ?」
鍵山雛 「球磨川狐で狩人初日吊れって何よー」
高槻やよい 「球磨川さん偽、の思考なんて、どっかいっちゃってましたからねぇ>渋谷さん」
球磨川禊 「『死体なしがそういう反応してたからね。』
『まぁ、フォイちゃん狩人は予想してなかったけどね』」
渋谷凛 「しないとだめというわけじゃない
だって最後に残った占いが狐だなんてレアケ以外の何者じゃないもの」
レティ 「もちろん言わなかったけどね
いないとおかしいはずなのにでないもの、でも教える義理も理由もないものねー>雛」
高槻やよい 「これは驚きですよホントー!>ユッキさん」
真紅の稲妻 「じゃーお疲れ様なのだわ
狐はお見事なのだわ」
サイネリア 「驚きましたねまさか狐だとは
私○出しておいての発言で少し疑ってましたけどネ」
鳴上悠 「というわけで、お疲れさんと」
高槻やよい 「いやはや、これは驚きましたねー。
なんというか、うん。どうしてこうなったんでしょう」
球磨川禊 「『余裕の失言』>サイネリアちゃん
狼じゃないから見てなかったよw○出しも忘れるぐらい村っぽかったしw」
鍵山雛 「まー占い真狼狐で潜伏狂人がいたら球磨川ケア吊りして引き分けだけどねーケア吊りの発想はあっていいと思うわー」
ヌオー 「あとはー
球磨川偽の場合(全偽になるけど)グレーよりかは囲われている方が可能性としてはある程度高いと見て、そこ吊り狙い」
大正義ユッキ 「初日占い+狼に●を出す騙り狐=噛まれない真占い

チートやな……」
レティ 「書いてないならしてはダメって規則はないでしょうに>マンタイン
高槻やよい 「そして真田さんの中身に驚きました(白目」
ヌオー 「一応、GMにしていいか聞いてからやると平和ぬおー>レティ」
真田幸村 「いや某今回あれだから、ほら、あれだから」
鍵山雛 「準禁止項目ね早噛み」
サイネリア 「あれでりせ真かなってちょっと傾いていたデス
でもりせ破綻したから禊真なんだと思っちゃいましたネ>禊」
真田幸村 「あ、やよいも咲夜もお疲れ様 見ていて面白かったよ 特に咲夜」
球磨川禊 「『僕の失敗としてはもう一つ咲夜ちゃんに○ってのもあったかな』
『狐狙いの占いって難しいね(棒』」
高槻やよい 「てっきりヒゲの方だとばっかり>中身>真田さん」
マンタイン 「準禁止項目だよー>レティさん」
真田幸村 「適当RPには定評があるつもりだ(キリッ >やよい」
渋谷凛 「やっぱりあれだね。真いないと私の役視まったく役に立たないやw」
レティ 「言い方変えるのなら個人裁量にまかせる範囲よね>雛
高槻やよい 「どうせなら遺言出したかったです……頑張ったのに!」
マンタイン 「【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

これね>レティさん」
高槻やよい 「こうなりゃ供養です!

                        x‐==‐- . _
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>-ヽ、_                  ,.ィ:.> .
                        /:.:.:.:.:.:.::.:_;,.≠:.'':.“¨“:.'':.:.=‐ ._      _,,.:才:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`-―
                    ,,r≠:.:.:.:, イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:..、+、:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                  ,イ:.:.:.:.:.;,イ:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:マヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    おおぅ……なんて美味しそうなんですかぁ……!
                  {:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.,イ:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:マヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                 l:.:.:.;イ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.マ} ̄`:.:、‐:.、:.:.:.:
     x=\  _         ,!:/:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./⌒:./:.:.:.:.:.:.:.:.:/´ ̄`:.ト、|:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.マヽ:.:.:.:\:.:.:.:..    うっうー!! お肉なんて久しぶりすぎて、
.     {.    X .ヽ.     /:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.;':.:"_,,. -、L. - =、:/L:.:_:.:.:.:.:.:,'ヽ:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.';.:.:.マ}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
      〉 、  \ヽ=x  〈:.;':.:.:.:.:._」 -'''7´ _,..、       ,二ニ‐_"L:,_:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::';:.:.:マ〉:.:.:.:.:.:.:.:.
.      !  ゙ヽ、ノ、.\} lヽ Vィ:''´,':.:.:.:.:.:.: / ,..ヽ      '"xュ、  ゙ヽ  `'、!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:./:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.    ヨダレが止まんないですぅ!!
      /''ト 、  )、 \.}. 〈:.:.:.:.;':.:.:.:.:.:.:.:!,'  i人!         i::l!::ヘ   ヘ   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.}:':.リ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     ‘、   `¨).\\\-、:,':.:.:.:.:.:.:.:.:!.!  {:Yリ         |ノマ:::}   }  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.!:./}:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       !、   _)  .ヾ,\\ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..   V_'         !:Ycノ   !  .,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:l:.':.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.    いっただっきまーーす!
.      //`¨彡',//,' . . . .゙.┘}:.:.:.:.:.:.:,'     ~         `¨´      .,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.l:/:.:.';.:.:.:.:.:.:.:
.     ゝ'' ´>": :,',' . . . . . . . ,'l:.:.:.:.:.:.: ////       ///////// . ,':,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:,':.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;ィ
.       }~´: : : : :l.: . . . . . . ..,'l:l!:.:.:.:.:.:.       ,ィ―- 、  /////// ,':/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:,':.:.:!、:.:.:.:.:.:/:.:
      /: : : : : : :.{: . . . . . . ..!. ll.';.:.:.:.:.:.:.i、   !: : : : : : : ヽ.      .〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:.:.:,」:.:. ̄´:.:.:.:.:.
      '、: : : : : : ',', . . . . . . l. l! ∨:.:.:.:.! ヽ   ヽ : : : : : : :}.     '/:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:./:〃イ >:.:.:.:.:.:.:¬´
.      ヽ: : : : : :.',', . . . . ..ノ.  ゙ ∨:.:.:|.   > 、¨ ¬、_)  .  7:.:.:.:.:.::.:.//=-'   \:.:_;,r‐'´
        | : : : : : : ゙ー-=‐''゙     ∨:|  _,,.-―'~゙ー''Tノ     ,イ:.:.:.:.:.>'‐''"        そ
        | : : : : : : : : : : ∧       ヽ!イ : : : : : : : : }.ヘ   ∠ - ''ヽ._
       | : : : : : : : : : : :.∧、  ., イ´: : : : ,: : : :,. イ .ヘ.ヘ      _,,...≠_ム、
.        l : : : : : : : : : : : : ヘ:ヽィ": : : : : : :,:,.才´     ゙ー ニニ¨-‐'゙了´: : : :`i
        l : : : : : : : : : : : : :.l :.`: : : : : : : :/                   | : : : : : :ヘ


                            
               ,,-―ー-、        
              /   ,r,   ゙、      
              '^ 、      iヾ     
           (;;__,..)     i        たぁんと召し上がれ……やよい君……
              ヽ       \    
           ,. -‐‐'";...'!,;-'"‐'"´   `ヽ 
          ./  .,.'    ,     ノ,.-   }  
          ,! _,.!、   i!  _,._ /"  ノ ,!'   それは俺の鍛え抜かれた、強靭なる太もも肉……!!
          ,}./=-、ヽ_,. '"'"´  7.  ,i ,i   
          i ,戈-'"´   ,. -‐'''‐.、'´ /   
          .!.7 _,.   ,/;;;;;,,,,   .,;i'    
          .'i,;;;;;'_,,.. ;'"`' ‐.、.,,__,,.、,..ノ     いくらでも鴨肉なら鍋に出来るからね。ローストとかもね。
          `"´,! ! '"i!ヽ ノ ,/       
            i. !  i!  /  i       
            / /" .i! "'! ., '、       お腹いっぱい食べるのよ……!
           rソ_ !  i  .ノ /_,,..!ヽ     
           }、i/`"""´ ̄ ̄l,.ソノi'´      ぐふっ(白目
          .,!  ! i!    / .i!l.´  !     
          i'  i i'、   / .i! i   .'.,     
          i  .l. i!   ' ,! l   'i,     
          !  i;  'i!;,  ,i!  l  :  !  ←このへん
          !  l;;  'i!;;;;;,;i!'  l i   l    
          i  l;;;,  'ヾ;;i!   ! i   !    
          '! l;;;;;,       l  i  ,i    
          .'i i`"i';;;;'i!ー'''''i";,  i!.  .i   
          '! ';ヽ!;;;;i    ヾ;;;;,,i::::、 ,i!   
           'i ";;;;;;;;!    .'、ソ::"':::::!   
           i,  ';;;;;;i     i,:::'  ':::!   」
ヌオー 「狼に告発しろって言うのは無理な形だからー」
鍵山雛 「禁止は禁止だけど完全に禁止しているわけでもないわねー」
真田幸村 「良い遺言ではないか・・・・>やよい」
サイネリア 「|| |            ||   _   _,,- 、 ||
.|| |         _,,.-'.|_,,.‐":::::::::: ̄::::::::::', .|.|
..|| |      _,,.-'_,,,__/::::::::::::::::::::::::::::::::::::| | |
. || |   _,,.-''_,,.-" i:::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::|'.ノ
 || |_,,.-'_,,.-'"   .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|',::::',     カチ
 ゝ_,,.-' ヘ ヽ ,,-''"i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ヽ::ヽ 
     _,>.'    |:::::∧::::::::::::::::::: /_ ヽ| カチ
    <       |:::/  ゛''-.,:::::::::` ̄:::::',
     \     .(',|:::|__,,.._,,-' :::::::::::::::::::ヽ         カチ
       \ ,iヘ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       カチ
          ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ _ カチ
         / |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /i
       // |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/ノ
    _,,.._'"'"   /::::::::::::::::::::::::::::::_,,..-'"/ .|
==-''"   . /::::::::::::::::::::::i"ニニ..-‐'"   |
     _, , <::::::::::::::::::::::::::::i |       .|   カチ
__,,..-‐'"    ヽ::::::::::::::::::::::::| |       |
         |ヽ::::::::::::::::::::| |       ノ
         |ヽ゛''-.,,_:::::::| |    _,,.,-|
         | ',    ̄.| |_,,..-‐'"  | |




   見つけ
   マシタよ・・・


   セ ン パ イ ・ ・ ・ 
サイネリア 「遺言にこれ仕込んでいたのに出番なかったデスネ。実に残念デス」
高槻やよい 「でしょー?>真田さん」
大正義ユッキ 「鴨肉とかいいもん食うとるなやよい君」
ヌオー 「村的に球磨川ケアの方向に行かないと行けないんだけど」
鍵山雛 「この村だったら占いケア吊りというだけねー
ヌオーの提案通すのが一番いいと思うけど」
高槻やよい 「全くです>サイネリアさん

ぶっちゃけいいかんじのとこで噛まれたかったですホントに(キリッ」
渋谷凛 「まあ、どっちにしろ今回の場合狐の不利になるから
できれば自重しておいたほうがいいくらいね>超過前噛み」
真田幸村 「うむ>やよい」
ヌオー 「しかし、球磨川GJの狩人がいて
真狂の薄く狐として球磨川をあつかって」
咲夜・C・ドルネーズ 「ふむー」
ヌオー 「んー、ちょっと待てよ」
マンタイン 「それじゃーお疲れ様ー!
いやはや、狐占いなんてびっくりすぎる……」
高槻やよい 「そうですね、私が朝一に「投票ストップ!! 超過前噛みだとしても、
狩人さんに占いさんもいるのに、朝早すぎませんか!?」
とか気づいて言えてればよかったのですけれども>渋谷さん」
大正義ユッキ 「じゃあワイも落ちるで、同村村立て感謝感謝。
サンキューイッオ!」
ヌオー 「霊能噛みで、りせちーと、番長は破綻
真があるのならば、球磨川
死体無し+球磨川GJの狩人がいる」
鍵山雛 「狼は狼で狼の自滅にしかならないわねえ」
真田幸村 「あぁ、咲夜はリクエストにこたえてくれてありがとう>咲夜」
渋谷凛 「まあ、正解は鍵山さん吊りの日に球磨川吊りね
あのとき3吊りあったからそれでもよかったし」
サイネリア 「○二つ貰って噛まれるかと思ったら来なくて残念でしたよ>やよい」
高槻やよい 「うっうー! 落ちる方はお疲れ様です!」
真田幸村 「どちらにせよ、レティが最終日の順番ですべきだったなぁとは
考えていたが思考停止の魔力は怖い>渋谷」
ヌオー 「占い全偽だったら、りせちーが狐で球磨川狂人の場合もあるわけで、球磨川吊りよりは○吊った方が狼吊りがしやすくて、球磨川狂人の場合に勝ちやすい」
咲夜・C・ドルネーズ 「ああ、どういたしましてですわ。そこまでよくはできませんでしたけどね>真田」
ヌオー 「んー」
高槻やよい 「前日の流れから、もう球磨川さん偽とか吹き飛んでましたからねぇ>真田さん」
渋谷凛 「気付けたとしてもやっぱりずるっぽい気がするけどね>やかも
まあ、噛まれていなくても気付けていなかったと思うけど」
ヌオー 「雛吊り→球磨川吊り→レティ吊りだと、球磨川狂雛真で、囲いがあった場合負けるのよね」
真田幸村 「いやいや、中々に良かったと思うぞ?悔やまれるのは
変更に気づかなくてログがみれなかったことだが>裂夜」
高槻やよい 「うーん、難しいですー>渋谷さん

やかもって言い難くないですか?wwwww」
ヌオー 「んー」
鍵山雛 「まあ私が真になっていたからそれを使えばワンちゃんあったと思うけど 霊噛みで勝負捨ててるけどね」
真田幸村 「最悪は吊り数があるとは、程度の認識だな>やよい」
ヌオー 「やっぱ球磨川吊りは難しい形な気がする」
鍵山雛 「どっかで球磨川狐に気づく他ないわねえ狼視点」
高槻やよい 「真を決め打たれた占いの狐って、狼さん視点
どうしようもないですしねえ…>雛さん」
ヌオー 「完全真位置だったから」
サイネリア 「石橋を叩いて渡る慎重さがなければ勝てませんデシタカ
ではお疲れ様デス。参加者とGM、ありがとうございマシタ」
真田幸村 「落ちる方はお疲れ様」
高槻やよい 「これ、石橋を叩いてぶっ壊した後に、コンクリの橋を掛け直す
ぐらいの慎重さが必要ですよー>サイネリアさん 

お疲れ様でした!」
渋谷凛 「いろいろと条件が重なっちゃったからね>真位置に
●をちゃんと狼にあてているし。こうなったらちょっとやそっとじゃ
信用を覆せなくなる」
咲夜・C・ドルネーズ 「ああ、やっぱり?ぎりぎりCN変更してから、
ああこれやってしまったかなあなんて思ってました。>実田」
ヌオー 「たんっじゅんに、仕事終わった球磨川吊り→狐の狩人COケア→レティ吊りなら勝てるんだけど」
ヌオー 「それ、結局球磨川真決め打っているわけで、球磨川吊る意味あるん?っていう」
真田幸村 「個人的には嬉しいがな 俺も最近やったし、気を付けないとなぁとしみじみする>裂夜」
鍵山雛 「んじゃお疲れー」
高槻やよい 「あの流れでは難しそうですよねぇ>ぬおーさん

その責任の一旦は私がはっちゃけたせいもありますー うー」
高槻やよい 「雛さんお疲れ様ー」
高槻やよい 「あれ? 私、透けてませんでした……よね?」
高槻やよい 「なるべく鴨オーラは出さないようにしたつもりですけど!
どうなんでしょうか、一番話した渋谷さん!?」
真田幸村 「え?>やよい」
咲夜・C・ドルネーズ 「ごめんなさい。やよいさんは見てなかったからわからないですわ」
高槻やよい 「あれ? マジですか?>真田さん

前半はまだ大丈夫でしたよね? 透けたの後半ですよね?(迫真」
レティ 「ま、テンプレ読み返しても準禁止ならやっぱり個人裁量の範疇でしょ
私の行動が悪質だというのなら通報していいよぐらいよね」
高槻やよい 「ですよね! そうです、共有の目立たない方とか見ないのが普通です!>さくやさん」
真田幸村 「ぶっちゃけ分からなかったというか
まったく集中してなかった どれくらいかっていうと
正直初日かなぁ程度には集中してなかった>やよい」
鍵山雛 「あまり極端にものを見ないほうがいいわよ~」
咲夜・C・ドルネーズ 「私は透けてない、ほら、これ真田発祥ですし」
球磨川禊 「『開始前に『やぁ。』しかしゃべってない僕が透けるはずがない』」
高槻やよい 「いや、その前にGMさんにお伺いたてました? って感じじゃないですかね?>レティさん」
高槻やよい 「え?>さくやさん」
渋谷凛 「テンションがいつもやよいをやっている人じゃないとは思ってわね>やかも
けど鴨とまではたどり着けなかったなー」
咲夜・C・ドルネーズ 「なん……ですってー>やよい」
真田幸村 「※四条でHELLLSINGorミリタリーネタをやる奴
筆頭:michi 二番手:でっちゃん 後詰:にゃるほとらぷ」
高槻やよい 「ああ、それだけに遺言を村中に出せなかったのが
悔やまれます!!>渋谷さん

何度夜会話の時に、鴨AAを出そうと思ったことか!」
真田幸村 「つまり俺がやってない以上・・・!ということだな!>裂夜」
レティ 「貴女は早噛みしていいですか?とGMに聞くの?
仲間が狩人騙りしてるのに?>やよい」
高槻やよい 「とは言っても、渋谷さんの中身がわからなかったので、
そっちのネタは避けたんですけどね! プレイ中は!」
咲夜・C・ドルネーズ 「あれですわ。ほら。リップバーン、リップバーンいるじゃありませんの>実田」
真田幸村 「Yes Noだけで答えてもらう様言えばよかろう>レティ
まぁ・・・私は思いつかんだろうが」
渋谷凛 「リップバーンは2回しかしてないからあんまりやっているってイメージないと思うけどw」
マンタイン 「じゃあなおさら早噛みしちゃダメじゃないかな……>レティさん」
真田幸村 「リップバーンの人はリップバーンしかしないから・・・ホロリ>裂夜」
高槻やよい 「狼視点詰みきって、あとは村を噛んで勝利ーってな時にも、
GMさんがいる村なら、聞くんじゃないんですかね? 一応>レティさん」
マンタイン 「戦術とかそういうの以前に、マナーとしてのテンプレがあるからさ……>レティさん」
レティ 「私は基本聞かないからよくわからないわね>やよい
長々待たせる方が悪いとは考えるけど」
咲夜・C・ドルネーズ 「二重のがーん、ですの>凛>実田」
ヌオー 「詰め方よりも早噛みの方が盛り上がる検討会」
高槻やよい 「だって……さくやさんは変更前桂馬さんでしたし……
うん……私がよく言われる「何故透けないと思った?」
って感じかと!>さくやさん」
レティ 「まぁたまにはいいんじゃないかしら>ヌオー」
真田幸村 「まぁ、あれだ うむ レティ殿も良かれと思って即噛みしたのだ
ここは私の臓物に免じてこれ以上なしにはせぬか?ほら、介錯もまだだし」
咲夜・C・ドルネーズ 「早噛みはGMに聞いた方がいいですわ。だって、GMが早噛み許可ーって言ったら
え?負け?負けなの?どこでやってしまったんだってちょっとした混乱が起きるじゃ
ありませんの。」
真田幸村 「そもそもHELLSINGのRPはもはや真紅ですらないからホロリ>裂夜」
高槻やよい 「今回の場合、私と渋谷さんの間での共有会話にて、
万が一にでも、「球磨川さんつっとこうか」という策が生まれていたかもしれませんよ?>レティさん

実際、まずありませんでしたけどwwwwwww 」
咲夜・C・ドルネーズ 「ほら、一瞬だったですし。見てない大丈夫的な>やよい」
高槻やよい 「がっつり見てました! ええ!>さくやさん」
咲夜・C・ドルネーズ 「ま、まだアーカードさんはいたと思いますわ!たしか!きっと!>真田
見られていたなら仕方ない、私以外の桂馬はあんまり見たことないですし>やよい」
真田幸村 「めいびー!>裂夜」
レティ 「そりゃあの即噛みみてその発想でてこないのなら・・・ねぇ
それとも何か? もういちど禊噛んでほしかったのかしら?>やよい」
高槻やよい 「特に真紅さんとさくやさんは名前とかキャラを変えていて、

登録しなおしになったので、特に!(ゲス顔>さくやさん」
咲夜・C・ドルネーズ 「まあ、登録し直し表示、あれって面白いですよねー。何を変えたんだい?みたいな」
咲夜・C・ドルネーズ 「さてと、そろそろわたくしもお疲れ様指していただきますわ。
このような時間でございますし。同村感謝しますの。ではでは」
高槻やよい 「いえ? 狼視点詰んでいようとも、村視点ではまだ勝利への道が
あったじゃないですか、という事ですよ?>レティさん

もしかしたら共有以外でも誰かが夜の間に推理して! 気づけていたかもしれません!
すごい他力本願ですけど!」
球磨川禊 「『3度目の僕噛みがあったら、村勝ちにしかならないだろうなぁ』」
レティ 「え、狼がなんで村に協力してあげないと駄目なのかしら?>やよい」
レティ 「まぁそうよね>禊
雛に対抗いない時点で禊狐あるわねー・・・だから何?だったけど」
高槻やよい 「ああ、渋谷さん噛まないなら別にどこ噛んでくれてもよかっtげふんげふん」
真田幸村 「協力ではなかろう 村が戦いきる権利を奪ったのだよ
それは狼が詰もうが詰まんが関係ない
だからそこのやよいは「協力しろ」ではなく「考える時間を取るな」
と言ってるのだ」
球磨川禊 「『狼の優しさを見た。これからは●を打たずに灰圧殺方針にしよう。戯言だけどね。』」
高槻やよい 「えー、それ言っちゃいます?

だったら初日に狼さん達が方策全部決めて、毎日毎日超過前噛みするのもアリに
なっちゃいますよ? そんなの嫌ですよ?」
高槻やよい 「真田さんが私のいいたい事をまとめてくれた! 素敵! 」
クマ吉 「…まだやってんかい」
レティ 「飼い狼からいわせたらそれ甘え以外なにものでもないけどね>幸村
というか昼間に考える時間はたっぷりあったとおもうんだけど>今回は」
球磨川禊 「『僕は超過即噛みをよくするけど』
『GMのときは超過前噛みありなんだよね』
『僕は基本、夜は狼の時間と思ってるから』」
球磨川禊 「『僕がGMの時は、ね。』」
真田幸村 「そう思うなら今後も我を通せばよいさ
某が言ってることが本当に分からないなら 某はもう何も言わんよ」
真田幸村 「そうか>球磨川」
レティ 「ま、次があればこの手は使わないでおくわ
…次があればだけどね>幸村」
高槻やよい 「んー、ちょーっと納得いかないですねー? 
こう、モヤっとボール投げたいです。そこの狐に」
真田幸村 「お主次第だろうが その気持ちだけあれば
俺はなんも言わんよ」
高槻やよい 「そうしてもらえるとありがたいですよホント
渋谷さんとイチャイチャできなかったんですから!
最後の日だから、って言って鴨AA見せる予定だったのに!」
真田幸村 「それは煩悩というのだ>やよい」
球磨川禊 「                _
             ,.ィ<´__
          ,ィ≦爪マムマムミム、__
         ,ril州lム.Ⅶli、マムⅥli圭圭≧=‐'
        ィil州州Ⅶl|!ト州州Ⅶ州州圭'′
        i!ソリl州}.Ⅵliムヾ;rt‐Ⅶ州州ミヾ、
        リjネィf'li ̄ヾⅦ、,`リ '.}州州lム、
        イ州州iz‐zミ   イl云lil州州` ヽ
        ,ル州=li fサ    ゞ-''洲ハヾl、    『ま、僕がこういったところで』
          .lr.、マ、     .}     i|ハ!
          .!}ヽ_ム、   ., ァ  ./′        『僕だからという結論になるわけで』
            l从}.ヽ.、` _, イ_
          |l二ニ===┬┴≧          『各々のGMに配慮すれば諍いが無く平和だね、そんだけ』
          .,ィ≦三三三}.| l三Zト、_                   / / ,___
.       ,.ィ//////////ミリ///////7777z、             / ` ̄`ヽ、二ニ≧
     ,ィ/ハ'//////////,o'///////////,'ハ、            .|   , -―‐―─‐}
    〃///ム'////////f´_ ̄-=}'//////,i//i、        ,ィ77Z} ./  , '´ ̄ ̄´
   ,イ'/////,ム'///////,{;;  ‐=}'/////,i///≧、      ////l,.ヽ__z,/
    f三ニ=///ム'//////l=--、=}'/////l//ニ三ハ、    //////>zzハ、
   ル'/////////Z7=/'´ ー―‐`/////,{三三三'ム、_ _////////////>
   }三二彡'///,.イ/}l{   `二二/////,{///////////////////////
    ル//ィzzzrz'///|..|    ,.ィ///////,トミ//////////{:|l///////,'´
  .,'/,イ/////o'///l、`Z7///,o'//////ハ  ヾ////lリ'//!:!;'//////
  .///////////////>zイ////////////i   `ヾ////ム'/////」
高槻やよい 「ぼんのうのなにがわるいんですか!
ぼんのうにいきるのが共有です!>真田さん

とくにー 今回は渋谷さんが指揮いろいろとってくれて、私は
やる事無かったんですよ! うっうー言ってるだけでした!(白目」
真田幸村 「うむ」
高槻やよい 「もやっとぉー!!>球磨川」
球磨川禊
         ,.ィ佳州州liⅥlⅦ州Ⅶ州州l}li、
       ィ州リ'州lⅦliⅦ'.wⅦi州i }l州lⅦⅦ{li、
   _ ィリ'州州!川.!州}liⅥ州}l}Ⅶ州il}l}l! li i,Ⅶ{li!
   ̄ ̄ノリ,イi州l}ll州i}l}lⅦ`Ⅶ{iイl}.ⅦⅧ州州州州li}!
    /.州イ州l州Ⅶ州l、ヽ .メ_`'__l}_l.Ⅶ州l州州|州i
    ,' 州lリ州Ⅶ}、Ⅵ{l|、.、_/イrZハ,ヾli}リ}州l州州州
.    l|}!.|!Ⅷ}》}lハ.≧x    行/リ リ}! l州l州州州
.    |l} .l} }リ州}l,ノl 必    ゞ‐′  .lリ'lⅣⅦ、} }     『平和主義者の僕に』
.    l}! Ⅵハ}l}Ⅶ}弋リ.}         リ' l! ∠メイ{
     '}  ノ{ ⅣⅦ`  ヽ        〃 /ーイ州l}      『もやっとボールとか』
     ',  `  ヽlハ    <⌒ヽ  / ./:  lⅦ、}!
     \     !  \  ヽ-'′   イ    Ⅵ`-、      『平和主義者仲間のガンジーが黙っちゃいないよ!』
             / ̄`,  / _ x≪´  _ィzヘ、
              / ー‐'-、}‐'フx≪   ,xz≦////ハ、
               |  、___.|.// .x≦彡/////ィ彡≦/>、_
               | 、_  |' l}  |///////ィ彡//////////≧
               |     ̄.〉 ll  |////ィ彡////////////ィ//
          ,.ィl|   ァ'/ | .l| ル'ィ彡/////////////イ////
       x<///リ  イY:::ム /////////////////イ/////」
高槻やよい 「あんた狐騙り占い勝利2回めじゃないですか!

狐騙り占いで負けた村人は、すべからずモヤっとするんです!>球磨川」
高槻やよい 「もやっとぉー! もやっとぉー!>球磨川」
真田幸村 「あのなぁやよい お前のその一言はだ
傷つける意図が無くても棘になっているのだぞ?

レティだって言葉が悪いだけで、本心は『残務処理に時間ををかけたくない』
という彼女なりの心遣いを無用に抉ってるに見えるよ」
高槻やよい 「あと平和主義者は占い騙りしないと思うんです(白目」
真田幸村 「レティにしてみれば、最早最終日確定の吊りに超過ぎりぎりまで
雑談するようなことを避けたかったに過ぎん」
球磨川禊 「『初日4COになったらもう終わりの狐の占い騙りだぜ?』
『少しぐらいいいじゃねぇかw』」
高槻やよい 「う、そのような意図はありませんですよ!?>レティさん

わ、私はそこの球磨川をイヂりたい一心で! すみません!」
レティ 「割と詰んでるゲーム(作業吊り展開など)につき合わせるのもなんだしねー>幸村」
球磨川禊 「『ガンジーだって嘘はつくさ』」
高槻やよい 「それはちょっとガンジーさんに助走つけて土下座してきてくださいwwww>球磨川」
真田幸村 「うむ だが、通すべきモノというものがあるのも俺の意見だ
個人的には レティが悪意だけで前噛みをしてなくて嬉しいしな>レティ」
高槻やよい 「レティさんに悪意とかあるわけないじゃないですかー」
レティ 「悪意だけで人狼やるならさすがに引退するわよ・・・そうなったらお終いでしょ>幸村」
真田幸村 「俺は頭に来たらしてしまうかもしれんから言ってるのだよ
まぁ、杞憂だがな」
球磨川禊 「               , -‐ ――- 、
            ,.ィ仭ィ,イ州ムムマム.、、`ヽ、
        ≧チ州'/州リi州l-l|lハツリ.|l li li, 、ヽ、
      ィ仭lレ'イil,州ilイ'リ_' ヽ`リ仭l|l l,|li li,マム
     ,.イ州仭il|.|! 'l!イ'´7テモ、//州lリ州|li.!川ム
     ./イ州州lリ|!    ヒムイ/〃州リ州州!|l|i州l
    /,仭'|ハill´           ,州'仭州|li,州州   『それじゃ、御疲れ様&村建て感謝』
     .lリ' .l!.!l,|           ,イリイ.lリ レイト,トl州lリ
        州i! 仁ニ=‐'´   ,〃  , <',うノ州ソ′   『平和主義者だからといって』
       /  |       ./  , --- イ州州ミト、
          .|     ,  -‐ '´    |州|洲トヽ、    『正直者という方程式は作れないぜ』
           ヽ≦_ ´    〃   _'|リ_!_ヾ!
            `V   ,ムイ´ ̄ ̄ ̄ ̄!`_
           /ヽ、〉ィ "   ,ィ仁三二Z二三三
             |  .|´  ,ィ仁ニ三ヲ仭州洲州l州
             ノ  ! l|州州|lア,イ州洲州州洲州」
高槻やよい 「くまがわおつかれさまですよ! うー!(申し訳程度のRP」
真田幸村 「海さんはあれだ、言葉が突っ張りすぎて損をしているのだよ
俺は好きだがな まぁ・・・何が言いたいかというとだな?

頼むから言い合いは穏便にしてくれ 正直に言えば両方友人だと思ってる
俺からしてみれば気分が良いものじゃない」
真田幸村 「まーそんな俺が一番の問題児を宣言する」
高槻やよい 「本気の言い合いだったら多分RP剥げてますよきっとwwww
気分悪くさせたのならごめんなさいです>真田さん」
真田幸村 「こうな、こう、なんとも言えん気分になる
両方とも人狼が好きだし目をそらしたくないから話してるのも分かるが
こう、な!」
高槻やよい 「問題児なら負けませんよ!? 萌え占い2回の実績はそうそう
覆せません! 狐COのごときAA昼誤爆もあります!(キリッ」
レティ 「…ご忠告感謝するわ>幸村
…やよいも悪かったわね」
真田幸村 「まぁ、そろそろウッカリを襲名してもいいな」
高槻やよい 「真田さんがデレてる……可愛い!」
レティ 「でも可愛いキャラは踏みにじりたいのよね(真顔」
高槻やよい 「いえ、こちらもすみません。
でも渋谷さん噛んだのでモヤっとボールなげます(キリッ>レティさん」
高槻やよい 「キョェエエーーーー!!>レティさん」
真田幸村 「できればだ 我は見ない名前と言うのが出来てない欲しくだけだ
自己満足だから、お付き合いしてもらってるのはこちらだ
すまんな、いらんことを多々言った>レティ」
真田幸村 「デレてはおらんが・・・・>やよい」
高槻やよい 「うっかりはレジィの専売特許ですしおすし(白目>真田さん」
真田幸村 「ハハッ>やよい」
高槻やよい 「えー デレましょうよー ほら、私、こんなに可愛い! うー!(あざといRP」
レティ 「…」
高槻やよい 「昼の内に鴨オーラを出しまくってたらもしくは渋谷さんが
生き残っていたかも……!? うー!?」
高槻やよい 「まあ可愛い言うても俺鴨やけどな うん(素」
真田幸村 「ん?どうした?」
レティ 「…仲いいわねぇ
二人を引き離して別々に氷漬けにしてやりたいわぁ>幸村&やよい」
真田幸村 「素に戻るな素に・・・」
高槻やよい 「どうしましたレティさん!? ついに私の鴨っぷりにホレましたか!?」
真田幸村 「こうなれば寝ている咲夜を召喚して三位一体防御の陣をry>レティ」
高槻やよい 「あ、私それを見て笑いますので、どうぞお好きに(逃げながら>レティさん」
真田幸村 「お前が盾の役割だろうが(掴み>やよい」
高槻やよい 「純真無垢な鴨を盾にするとか、動物愛護団体が黙っちゃいませんよ!?
熊鍋とか牡丹鍋とか大好きなうちのおじいちゃんに言わせると、「あいつらはクズの集まりだ」
っていう感じらしいですが!」
真田幸村 「よし、寝るとしよう うむ仲良きことは何よりだ」
真田幸村 「いや奴らはなにかネジがおかしいのは確かだ(真顔>やよい」
高槻やよい 「うちのおじいちゃんが所属してた猟友会にも色々抗議とかきたらしいです。
視察にきた人とっつかまえて、熊狩りに同行させたらしいです(白目」
レティ 「・・・ま、この村はこういう〆方のほうがいいわよね
おつかれさま&長々突き合わせて申し訳なかったわね>おふたりさん」
高槻やよい 「いえーいおやすみなさいです 真田さん! 」
高槻やよい 「いえレティさんがデレたので私的には満足です(キリッ
レティさんもお疲れ様でした!」
高槻やよい 「じゃあみなさん、お疲れ様でした! 次こそはもっといちゃつきます!
では! また!」
高槻やよい 「                   
         ,┤        
     y,,,,,,,/゙.l゙        
      ゙''i、 .,,,"i、       
      /`i "`         
    l''ー" ‘''┐  〟     
    `'''i、./''"   ゙l゙l    
      ゙l .゙l、   ,l゙.}    
      `ヽ`ー--'゙,,/     
       `''―''"        

   .,,,,,,, ,,,,,,,     
   i  ゙!「  i,,,,,,,,,  
    i、  l・    ゙゙i, 
 , ,‐‐゙~  」 .」゙゙゙i、  ! 
 li,,, , i,  .i  ,,l゙  !′
   ″ i,. l, !==゙゙゜  
      .i, i,      
      i, l     
       !lll!゙    


  |\              
  |  |         
  |  |         
  |  |         
  |  |         
  |  |      ∧  
  \ \__ノ ノ  
    \___ノ   
高槻やよい 「あ、今ログ見てて気づいたんですけど」
高槻やよい 「共有同士の夜会話の超過後なんですが、
私の視点からじゃ渋谷さん喋ってなかったのに、ログでは
喋っていました。」
高槻やよい 「ということはつまり、共有の超過後会話がひとりごとになって
いるということに!(白目」
高槻やよい 「昨日も共有やってて、なにかおかしいなーとは思ってはいたんですが!」
高槻やよい 「とりあえず忘れないようにログに残しておきます。
明日……は金曜か。次の村でも、GMさんに話してみますー」
高槻やよい 「では改めて」
高槻やよい 「                   
         ,┤        
     y,,,,,,,/゙.l゙        
      ゙''i、 .,,,"i、       
      /`i "`         
    l''ー" ‘''┐  〟     
    `'''i、./''"   ゙l゙l    
      ゙l .゙l、   ,l゙.}    
      `ヽ`ー--'゙,,/     
       `''―''"        

   .,,,,,,, ,,,,,,,     
   i  ゙!「  i,,,,,,,,,  
    i、  l・    ゙゙i, 
 , ,‐‐゙~  」 .」゙゙゙i、  ! 
 li,,, , i,  .i  ,,l゙  !′
   ″ i,. l, !==゙゙゜  
      .i, i,      
      i, l     
       !lll!゙    


  |\              
  |  |         
  |  |         
  |  |         
  |  |         
  |  |      ∧  
  \ \__ノ ノ  
    \___ノ