←戻る
【劇場177】アイドルたちの人狼劇場村 [213番地]
~日曜765ミステリー~自分REST@RT~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 小烏GM
(生存中)
icon こちょむ
(生存中)
icon きつねうどん
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 双美亜美
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 大神一郎
(生存中)
icon 水谷絵理
(生存中)
icon 赤羽根P
(生存中)
icon 相葉夕美
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 福本豊D審査員
(生存中)
icon 双海真美
(生存中)
icon オメガ11
(生存中)
icon G・U・M・I
(生存中)
icon ポン・デ・ライオン
(生存中)
村作成:2012/11/18 (Sun) 22:00:06
こちょむ さんが入場しました
こちょむ 「twitterから来ました
よろしゅう」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 小烏GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 825 (音無小烏(くされ))」
小烏GM 「.
        ,....::-‐-:::ー-、
     ー='´ :::::::::::::::::::::::::::\                            __)`==ァ     _    ,、
        /:;:::::::::!::::::r=、:::::::::::ヽ          ,ィ.)、                 r'    /゛    /, -= 二マヽ、
     ,.イ:/:::::::/!::::::| -刈::::::、::!         ({/〈  _              )--,_r'    , ´, /   `ヽ! `ヾ、             ,....  -===- 、
    ´イん/!:{ リヾ:| , rァ、:-、:|        ヽ ヾ/      ,r-、___          / /イ/{,L_ /{/、|    i ',            ,ィ´::::::::::`ヽヽ:::::::`丶
      !:::::}r'´.J }ー{  ー'.ノi ノ::、        .i  j     7::::::ヾ;:::i:_ヽ、        i,イ二 '  `二ー|    ! ',            ,.'::::}、::::::::::::::', ,i::::: ::::::ヽ
      !:八ヾ.ー ´ ' .  ̄  !'! ヾ      .>'、 .′   ._ノ:/-、。}'。'i:::::i`ヽ         }.心   甘}マ|   ,'  .',.         ト、├!:i):::i::::::::i.j:::::::::::::::::l
          ` 、  _    ,jリ         .}ミ 、ミ、 __,ィ´::::::::::,ィ:`:´::`ヽ_....,      7:i  '       | l |:.  ',           i::::F ` ヾ.!:::::::::ii!::::::::::::::::!
          ).、└ ` , '::j、       , ' `ヾr'  ̄,':::::::,::/、}:::::::/ー‐:´:(        !:;:、  r 、     | .j .!.',.、. '        |::ノ =-、 !:::::::::i:!:::::::::::::::′
          /|` ー ´< ヽ     ,.'   /'´ ,イ;:::::::,'( じ/イ:::/,..、ヽ:::::〈`<..   ノ  .〉、     ....::|/  | ':. 、. ',.        i .    i::::::::::i):::::::::::::/
          _/r'ー<´   /`> 、 , ′  /   /:rヽ:::!     ´, じ.),':::::,、!   ` 〈.  .:/ノ ´i __ノ., -ュj.  '::..\        !::. r フ i:::::::::j:i::::::::::::i
       > '´,'/{// ヽ /       ,.′  /   /::::i_ ヾ! , ュ--、   ,':::/ .リ、,:     ハ  ( ,=/.fi }_i  /   ',::. `:、 \   _,ィ/),:、___ .:j::::::ィ:!:r!::::/、:i
       f ,.   }ー{        ,.'    .〈   ,:':::/ノヌ  f-- 、 .  /)::i  /   , ' ', .}i ̄厂√!./    `丶    ).  i ' '/,'/リ _ノ/:!:/」-、!ノ'  `
.       !. !   .!ノi        .ゝ、   ゛ <::::::__::::ゝ.`  __ノ ノ':::::!/   , '.r‐=' .!j ,ィ-j/´) /    l  ヽ   /   .i  r'i{,-ァノv、´!'  __j、
        !     | .!     :.、  / > .      i.ヾ::,j!`  -::ニ.,>-'    , ′レr'7´`.´,'/iイ i/     .′   i /   !  | l i/´`ー、_/  .∨
      !'     | .,! ! ̄ ̄ i:.、 {:.     .>:..    | i:i.!    ./  !      ., '   .(」.ん  /.f _ 〉'     .′  ノ ,'     j   !x'/ト  /ヽ ,  =.、
      |    i/.| |     丶i     /::: >.、 _i i !i   ./}  i  _ /       .i. ー' レ 〉      ,′ ',(.  ∨   ,'`Y´/,イ ヽ '  .∨ / |
.      i   i ., '! \  ,   i  ,' /::::::::::::::::::/__i┴--〈_j   !. .:::',.イ        _ !   .  〈  /  .i   .i `ー乂r´`ー!/ .乂_iコ  ,.:'/   .i
       i   i/ .!   ′   ! ,' ,':,:::::::::::::::::iェュ'__   (二)} 、.':::::::、    .Xヾ、.',  ! :.、 .〉==- 、ノj    !    ヽ  !        {./    i
         }  j___  .i          ! ,'..:,':/.|::::::::::::::{,' , .,'o ,' ̄二7:.、 ):::::::::.、 r'ミ.、Y ).}-r===-}-- 、 /‐,′,' i   i  }. .:iヽ  ,   :::.、 ',     .!
       ,′「 ̄ ., '|       j/ '/. !:::::::::::::!i { ,'  i  !  ,{  ,':::::::::::::::.、 ゝ.┴' j`|::_!!:::::::::,   ,′::| ,'      ,' .i   ',O〉. ',  ー- i     .i!
       {   从/ /        (  ,//..!:::::::::::::',} ',! o !   ,/ , .'::::::::::::::x:::::ヾ:.>、 /´ `ー-,'  .,' ̄ `ヽ     / ./ i   , '  〉      !    i:i
      ゝ、_∧-∧       `Y´ ̄ i::::::::::::::}.', i  .! ! ) ' .′::::::::::::\`ー-- j.:::.:::.:::.::,′ ,.′.i!:::.:::.:.   / / i  .,ィ、   i      i    ,':..!
     /:::::}:三|[二:]三三}}≡==-┤ _,.-i、:::::::::i ;','! o ! .!._ {  {::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄二二ニ:.、  .,′.:::i!.:::.:::.:::.    ヽ  ¨  ic〉  ,-----, ∨  .i::. !
    ,'::::::::;'::l::::::::|::::|:::::::::::::i:::::::`::、:::Ti   :ヽ::::::j j ,.〉イ´i´ i{,...:::,'::::::::::::::::::::: ̄ ̄`>:、::.:, ′ .,′.:::.::i.:::.:::.:::.::. .,j ., |.   i/    ̄ ̄   ∨ .j::: i
    .′::::::!:::!:::::::i::::i::::::::::::::i::::::::::::::::::!.i   | ヾ //:! .i,..::イ i} ',.∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶  /.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::./ | ノリ.   .!:∨      /\'   ,
   ,′:::::::i::::!::::::::!:::|::::::::::::::i::::::::::::::::::i.i    |  .i('  〉イ    )  ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ′.::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::::. '     !::::∨   ./::::::::::\ .{
    i:::::::::::::|:::i: ヾ,:i:::! ̄:::::::::i:::::::::::::::::::!i    !  ! .〉。 ̄ ̄i.i ̄ ̄` -{::::::::::::::::::::::::::>-ァ---、::ヽ :.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.       .|::::::.乂__/::::::::::::::::::::::i ∨
.   !::::::::::::::!::::::::::::::::i、:::::::::::::::::::::::::::::::::!.!   ! .,'ー┬─  ̄从 -=.、ノ:::::::::::_>´i.:::.:.' 'j   i.:ヾ、 :::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.       .j_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  )
   |:::::::::::::::! ::::::::::::::::::::',::::::::::';:::::::::::::::::i.j   !. , ,' .'/     ゞ:、/.j::::::::::::`ー, .′ :::/〃ノ}j.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.i.    ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}¨i
   L_、::::|::::i:::::::::::::::::::',::::::::::';::::::::::::::r'   i i:.〈 ./         〉 '、:::::::::::`>.,:.:::.:::.:´:¨´:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::',.      ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 i
      j-゛:!::::!::::::::::::::::::::',::::::::::';::::::::::::}   ノ.j  /          .′  ̄ ̄  .!:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::::..       ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::j !
      L::::|::::!::::::::::::::::::::::};::::::::::i:::::::::::ヽj_,/..:} ./          ./         |::.:::.:::.:::.;i:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:i      Y ¨「 ̄ ̄ ̄ ̄¨.,く  iソ
       !:::!:::i:::::::::::::::::::::::!.;::::::::::',::::::::::::::i   .!.,′       , ′        |:.:::.:::.:::.;::!::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::i.       i___i       ∧ `¨´
      ゞi::::i :::::::::::::::::::::! ',::::::::::i::::::::::::::!   !′      , ′          |:::.:::.:::.:;:::|.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.::i      .i::::i ̄ ̄ ̄ ̄:,′
          !:::i::::::::::::::::::::::| ',:::::::::',:::::::::::::!  ./       .,ィ       ェ'´ ヾ:、.:::.:::;:::::!:.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.!.      V:!:::::::::::::::::::::′
          |::::',::::::::::::::::::::|  ';:::::::::';::::::::::::. ,′     /::,′    > ´ヾ、  i::! :::.::;::::::!::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::!       .〉!:::::::::::::::::::′
        ',::::';:::::::::::::::::::i  ',:::::::::';::::::::::∨        /  {-=-':マ'´   _ _i! ', i:.::.;:::::::|:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::|         .,'!::::::::::::::::,':.
          ',::::',:::::::::::::::::::!  ';:::::::::';:::::::, ′ .     / .,  :',    !  , ´ }X)、_}:',::;::::::::|.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.::__> ´         i::!:::::::::::::::;:::::.
           ',::::i:::::::::::::::::::!   ';::::::::'::::::!   ゛:.   .,' /   }   |<   `ヾ¨ T', ‐─:、.:.:::.:::.:::.:::.:::_,ィ´ ̄              i:i::::::::::::::::;:::::::.
            ',:::l:::::::::::::::::::!    ';::::::::::::j    ゛,__/ '   ,'  _j         戈j_j.     ーャーi'´¨: : : :.|                i!:::::::::::::::i:::::::::ヽ.
         i:::::::::::::::::::::::|    ';::::: r' `> 。.)   >='ー='´               乂:!: : : : : :.|:.                 |::::::::::::::::!:::::::::::::::.
         |::::!::::::';:::::::::i.     ';::::!___.   )ー ´                            ',: : : : : :|:::..               i::::::::::::::::i::::::::::::::::::',
         |::::!::::::::',:::::::i      ';::ア  ̄`ヽ/                              ',: : : : :.|:::::.、              .::::::::::::::::∧:::::::::::::::::',
         i::::i:::::::::::',::::j       !:,′   ,'.、                               ',: : : :.:|::::::::.、             i:::::::::::::::;′\::::::::::::::':,
            !:::l:::::::::::::::,'        ,′   .:::::ヽ                               ',: : :.:.|::::::::::丶         !:::::::::::::;'    ∧::::::::::::::∨
            !:::::::::::::::::::{        ′  ,.::::::::::::!                                ',: :.:.:|.ヽ: : : :)`ヽ       i:::::::::::::;′     ヽ::::::::::::∨
         .|::::::::::::::::::::}.      ,   ,.::::::::::::::i                               : : :.:! }: : :/ ,ィ:}       .!::::::::::::′         、:::::::::::ヽ_
            j:::i:::::::::::::::j      ,    /::::::::::::::::!                             i: : :.:i..j_`¨' /:/         ,:::::::::::;′        )___:::::::i 〉、
         {::::::::::::::::::::!          ∧:::::::::::::::::∨                              ,.ィ: : : ノi /  「 ´        .,'::::::::::;         八___二/,'.人
           j-、: r'Y´、`ー7ー'ヽ /. /::::::::::::::::::::}                        _=-:'ヾ)/'´}'  .j:.   ___,..<ヽ:::::::::i_         /\::::::j  ./
       ,> '::::>ーゝ.、` `:..j'_   `) r':::::::::::::::::::_ノ                          l´  ` ̄ `´  ̄ .:)_ノ .r==',   ',:::ゝ、'y-'´]      ___.く  .)/- '´
       {:: ̄ ̄::::;、___:`¨- 、`ヾ、ノ .i:::::::::::::::::::ノ                           ゝ=ニニ-'`ー--'   .{`ー-==ニ}___.〉O<´{        {-===> /
       ` ̄ ̄´        `ー-'  ` ̄ ̄ ̄                                     ̄ ̄ ---= 、___ノ        ̄ ̄

            ___ __ _ ___ _ __   __  _   _    _ /,,二ニO、 ____ _____ ____ __
            |_  ___|  |__| || ____||__|| __ \/ _,.,_ \| |   |  \ /  |/,,/=-、V ____||___  ___|| ___|| _ ヽ
              |  | |  ___  || ___|| || |▽) | (○) | |__|  ,   , |i / ///ノ ∧___ ヽ  | |  |  __|| 二" ノ
              |  | |  | | |ヽ ̄ ̄|| ||  ̄ /\  ̄ /ヽ___||  |ヽ_/| |ヽ ー= /|___/ .| |  ヽ__|__| \\
               ̄   ̄   ̄   ̄ ̄  ̄  ̄ ̄     ̄       ̄    ̄\二二/        ̄           ̄

                             四 条 劇 場 第 1 7 7 回 定 期 公 演

                                   11/18 22:30 開演予定

                                初  心  者  大  歓  迎  !」
小烏GM 「あら、いらっしゃい。元気な子はお姉さん大好きよ?」
小烏GM 「そういうの嬉しいわね。
集まるまで時間があるから、少しまってね?」
小烏GM 「.

                 -――- 、
              / / ̄`ヾフ´ ̄`ヽ.
             〃∠ __」 _____   \
              .'_〃_i__i ____ . イ、   '.
.              i i   |  ハ  i i   | i    ハ
            | l   l 厂`V从从リト!リ   l }               【禁止事項】
            | l    xf示    示x ト、__」ノ               無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
.              l l    { ヒり     ヒり∧  |         , -‐ぅ-―‐ァ   突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
              V   ト、     '   { ノ  |      /  i´ニ厂    ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
.              V  八   「 7   ノ7   l      {  人フ′
               Vハト、ト≧=⊇__. イ /ル'レ′    ,イ` ー‐イ      【参加者全員へ】
              ⅥⅥ}   iⅥN{           ! ` ーァ |      完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。
               xく `ヽ、 ト、≧=x__      |     !
              ∠ /\ , -―xY_  {、__     !       l        【占い師候補へ】
             / ̄`ヽ  く   ー }フ^ ト、>- 、__|     |      最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
               i     \ `ス   i !\ノ } `Y {     |
               |       } `ヾー-' ト、 |ノ  }  !、    l       【初心者の方へ】
           , -- 、       |      `ヽ  ノ___     ノ       詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
.          / 'ニ二Y)     i l           oイ     ̄         http://www34.atwiki.jp/imasjinro/
.           〈  r‐く-―く  |ノ 、 __ .. '´ /;                http://www38.atwiki.jp/ijinrou/pages/12.html
          \ `  }     l '.       く〈」
小烏GM 「分からないこととかあったら、今のうちに聞いてくれればお答えするわ。」
小烏GM 「四条劇場のお約束

遺言は開始前しか更新できません。
死体なしの際のGJ、狐噛みは表示されません。
超過後もしゃべれます。

以上を確認の上、楽しい人狼劇場を!」
小烏GM 「開始は22:30を予定。
初めてさんでも、大歓迎ですよー!」
阿部さん さんが入場しました
小烏GM 「いらっしゃい。」
阿部さん 「人狼やらないか」
こちょむ 「まいど
小烏GM 「そうそう、初めてさんにはここ、RPが強いからびっくりするかもだけど、
楽しいところだから、安心してね?」
こちょむ 「ウホッいいゲーム
阿部さん 「嬉しいこといってくれるじゃないの>こちょむ」
こちょむ 「リアルではそこそこやってたんですがネット人狼は初なのでミスするかもですがよろしくお願いします
阿部さん 「ネットで人狼は初めてか?力抜けよ…>こちょむ」
こちょむ 「天啓封印だけ教えていただいてよろしいですか?
専用ルールか何かか?(すとっぼけ)」
小烏GM 「なるほど、リアルとこっちの人狼は割と勝手が違うかもしれないわね。
昼が5分、夜が3分、システム面だけなら先にこっちでもいえるから、
どうすればいいかは質問してね?>こちょむさん」
阿部さん 「リアルで人狼とかやったことないな」
小烏GM 「天啓封印=狐噛み、狩人の護衛成功表示がこの系列のサーバー(他にいくつかあります)だとでるのだけど、
これが表示されない、また、遺言(死亡時にだせるメッセージ)が開始前にしか
残せなくなる設定ね。>こちょむさん」
こちょむ 「リアルだと人間補正で死ににくい人とかいるので
ネットの方がゲーム性はあるかもですね」
こちょむ 「了解です
狩人成功か狐噛みか分からなくなるんですね
今回は設定に×が付いてるんで表示される感じですかね
阿部さん 「逆じゃね?」
こちょむ 「風呂って来よう
さむい」
阿部さん 「しかし人が来ないな…」
小烏GM 「いえ、ついているので。こっちが見えない使用です。
22時30分過ぎに確認しますので、お早めのお帰りを。人が少ない場合は45分ごろまで延長しますね。>こちょむさん」
こちょむ 「了解です(√・ω・)
阿部さん 「>画面の向こう
            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、 一緒に人狼やらないか
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|」
千川ちひろ さんが入場しました
小烏GM 「いらっしゃい……ちひろさん?!」
千川ちひろ 「新人Pさんがいらっしゃったと聞いて!」
萩原雪歩 さんが入場しました
小烏GM 「雪歩ちゃん、いらっしゃい!」
萩原雪歩 「こ、こんばんは……
男の人がいるんですよね……」
阿部さん 「二人ともよろしく頼む」
小烏GM 「今お風呂にいっちゃったみたいですけどね……>ちひろさん
もう少ししたらもどってくるでしょう。スタドリの押し売りはだめですよ?」
双美亜美 さんが入場しました
小烏GM 「亜美ちゃんいらっしゃい。」
阿部さん 「安心してくれ>ゆきぽ
【君に】手は出さない」
双美亜美 「いえーい!!
亜美がきたよー!」
小烏GM 「せっかくだし、17人来てほしいわね。」
萩原雪歩 「な、なんですか、その意味深な……」
星井美希 さんが入場しました
双美亜美 「はっ・・・つまり亜美のほうに・・・
男はケドモノってやつ!?>阿部兄ちゃん」
星井美希 「じゃあミキが雪歩に手を出すの♪」
双美亜美 「ミキミキよろよろー!」
阿部さん 「気にするな!!>ゆきぽ」
萩原雪歩 「え、えぇ!?何言ってるの美希ちゃん……!」
こちょむ 「ほかいま」
星井美希 「亜美おはよー。こんな遅い時間でも元気なの…」
阿部さん 「おかえり」
小烏GM 「美希ちゃんいらっしゃい」
小烏GM 「こちょむさんはおかえりなさい。
丁度、アイドルのみんなも出演準備にきたところよ。」
双美亜美 「こちょちんおっかえりー!」
小烏GM 「ほらほらちひろさん、初めてさんがかえってきまたよ!」
星井美希 「反応が見たかっただけだから気にしないで欲しいな
雪歩もおはよーなの…」
千川ちひろ 「え、スタドリがないとアイドルを所属させることもできませんよ?
さぁさぁそこのアイドルさんたちもどうですかスタドリ」
双美亜美 「そりゃー亜美がユウウツになってたらみんな嫌っしょ!
いつでもスロットル全開なんだよ~>ミキミキ」
阿部さん 「せっかくだ17人で
やらないか」
小烏GM 「ん……」
阿部さん 「だからもっとこいよぉ!!」
小烏GM 「開始45分まで延長します。
最終的に何人でも50分で開始。」
星井美希 「スタドリって何?スタードリンクなの?」
こちょむ 「明日副業あるPも居ますしこの時間は厳しいですかね」
千川ちひろ 「おや、新人Pさんがお帰りですね
さぁさぁ、今ならスタドリが1本100MCのところ、なんと12本で1000MCですよ>こちょむさん」
千川ちひろ 「スタミナドリンクの略ですよ~
お仕事をするにはスタミナがいりますからね>美希さん」
小烏GM 「大体いつもこの時間ですし、他の系列鯖でもやられてる方がいますからね……>こちょむさん
大丈夫ですよ。45分位であればもう少し集まってきますから。」
小烏GM 「ちひろさんお得なセットは純真なPには刺激が強すぎます……!」
大神一郎 さんが入場しました
萩原雪歩 「どういうことなの……>美希ちゃん」
大神一郎 「ttp://www.youtube.com/watch?v=ur4BkAkR71w

BGMスタート!」
星井美希 「雪歩が可愛いってだけだから気にしないで欲しいの♪>雪歩」
阿部さん 「か課金勢かッ!」
こちょむ 「ばんわ
大神一郎
  `'ヽ:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.rレ"  ")!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.',
     _`,.ゝ、:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..ryrノ"ゞ´      i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
   '''"´`'ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./i,.:'´"'"            !:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
         `',`ヾヽ、:;:;:;:、:;ヽ、/ !′           !//,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!
          ',                       彡/ry:.:.:.:.:.:.__:.:.:.:.:.:.!
           ',                      _,,.. - 'i!:.:.:.r'",..,`ヽ、:i     海軍上層部からの辞令により、
            ',                  ,.r_.'r'"    !/〆 ,:'...,_ヽ, 'y
        .   i                ,.r''",.. '"二,,. -    "   !...,_ .', i i!    本日よりこの村の勤務になりました、大神一郎少尉であります!
            ',,,,,,,,,___           ,:'._,. '",.ri∩‐)`/       `ヽ ') y ,'.i
            ヾ,'ー- `.,_ 、.    /'" /" ヾ∪ノ,.         /_ノ"r! i!   以後、よろしくお願い致します!
             ヽ=(``0ioヽ、       '''''''''''"           i  ,:'ヘi i
              `',  `'ー '゙'' ゙                   r--'  ':,!
                ゙, ヽ'"                      i    ',
                ゙ ,                       ,'      ',
                 ':,    ,.                   ,:'      ','',.:ヘ
                 r'"`'''ー-ゝ、 `     _,.ノ      ,.:'    ,,. ''"   ',
                ,.:'  __     ゙:,..... -‐'''"       ,.:'   ,. '"        ',
              ,/ '" `ヽ、:..  'i ':,  .,_,,.. .       ,.:' ,. '"           ':,
           _,. .‐'"_,. -‐''ヽ、  `ヽ、_ゝノ、        ,.:'_,. '"          _,. r ''"`ゝ、...,_
          ,' ''''"´     \.   ',/. /`ヽ、   _,..;:'"'"        _,.r '"_,. r '"´    \
          ,'  ー--‐―ー‐、   ',   〈 ./   `ゝ''",.:'"         ,r" ,.r'"          `' 、
        /i  ヽ、   i . ',  λ  i Y   /===ヽ、        _r" _,r'"               ``ヽ」
萩原雪歩 「か、可愛いなんて……あぅ……///
私なんて貧相でちんちくりんなのに……>美希ちゃん」
阿部さん 「ウホッ!いい男!!」
千川ちひろ 「あら、じゃあスタドリ10本にガチャチケ1枚をつけましょうか>GMさん」
小烏GM 「……みんな逃げて!この人(大神さん)からPの風上にもおけない女殺しの臭いがするわ!」
大神一郎 「なかなかいい鍛え方をしているようですね。軍部の方ですか?>阿部さん」
小烏GM 「そのガチャチケからSRが出てくれるなら大歓迎ですね>ちひろさん」
大神一郎 「し、失敬な! 俺はたまたま身体が勝手に動くだけですよ!>GM殿」
双美亜美 「Pの兄ちゃんいっつものんでるよー>スタドリ
一日100本とか飲んでるから栄養過多で倒れちゃわないか心配・・・。」
千川ちひろ 「1.5%の確率で出ますよ!」
星井美希 「おムネがミキよりはなくても余りある可愛さが雪歩にはあると思うな
背もちっちゃくてすっごく可愛いと思うよ?>雪歩」
萩原雪歩 「真面目な話、あれ……確率表示されてから売り上げどうなったんでしょうか……」
千川ちひろ 「あぁ、それは大変ですね。
もっともっとお仕事してもらいましょうね>亜美ちゃん」
大神一郎 「あとたまに理不尽な選択肢が頭に浮かんで、それ以外の行動を
とれなくなる時もあります! 主にそのせいです!>GM殿」
双美亜美 「一郎兄ちゃんよろよろー!
オンナコロシ?>GM」
小烏GM 「そうやって動くために具体的には6~7人の女の子をハントしてるのをしってるわ>大神さん
やめてください。ウチの子をスキャンダルに巻き込むのは。」
阿部さん 「               /:.:.:.:/  /     .!:ト、M:_:.:.:.:.:.:
               .′:.:/ ¨二二メ、  l:ル'   ´ヽ:.:.
     / ̄ ̄\  .   l_:.:.:.j  .ヘ弋以 ミメ   __  i .!:.:
   /  や   |   / l:.:l        j  / rrzx..`ヽj:.:.;
.   |        i   .//ij !/ /        :iト .ヾ┴ /:./
.   |    ら  .|. .l l(        v__,  |  ヽ  .':./
.   |        > ∨ し       `く__У   / ':_:{
.   |    な    .!.   Y :|    ー<⌒ヽ    ./ / リ
.   |        !.   | :!     、  ゙¨´  ./ / /
.   |    い   i   | 八      >一   /_/  ___
.   |       .!   !  丶、___      .ィ   / : `
   \  か  /    |   ∨////`ヽ=彡' :| <.   :
     ー‐─' ..  / |    ∨ZZZ彡'   :ト、  l.  :
.          __/  /|             |: \ \
        _/    :/ .!             !:  \
     .x<./    .′:!             :|    ト、
   x<   /     ;  !             :!    | \
       /     ;  J             :|     . | .   \
.       /      .;               :!    |」
萩原雪歩 「そ、そんな……嘘だよぅ……
嘘だってわかってても、そんな事言われたら恥ずかしいし……>美希ちゃん」
阿部さん 「嬉しいこといってくれるじゃないの>大神」
星井美希 「あ、スタミナドリンクだったの
じゃあ律子さん辺りが欲しがりそうな気がするの
ミキは安眠ドリンクとかあったら欲しいな♪>ちひろさん」
千川ちひろ 「売り上げは運営さんに全部吸い上げられていますからねぇ
私ではどうにも>雪歩ちゃん」
菊地真 さんが入場しました
小烏GM 「……SR確定チケットでもいいんですよ?>ちひろさん
真ちゃんいらっしゃい。」
菊地真 「こんばんは」
星井美希 「言って解らないなら行動で示すの♪(なでなで >雪歩」
千川ちひろ 「そんな美希ちゃんにはこれ
エナジードリンクですよー>美希ちゃん」
大神一郎 「やらないか……お手合わせ願える、という事ですか?

はは、まるでカンナみたいだ。おっと失礼、こちらの話です。>阿部さん」
星井美希 「真クンもおはよーなの!」
千川ちひろ 「そんなのあげちゃったら私の商売あがったりじゃないですか♪>GMさん」
萩原雪歩 「へぅっ……!?
こ、こんな人前で……(なでられ>美希ちゃん」
菊地真 「あ、おはよう美希」
赤羽根P さんが入場しました
小烏GM 「しかし、みんな元気ねぇ。
その調子で、新人さんのプロデュースもしっかりお願いするわ!」
大神一郎 「お、俺はスキャンダルなんて起こしませんよ!?
俺はただの海軍少尉で……華劇団のほうは、ええと、なんというか、
そう! 若い男が大体俺一人ってのがいけないんです!>GM殿」
赤羽根P 「おっ、今日は結構そろってるな」
阿部さん 「ウホッ!いいおと…いや女かよろしく頼む>真」
小烏GM 「あら、プロデューサー、お疲れ様。
今日は随分と遅くまで現場だったんですね?」
菊地真 「雪歩も亜美もよろしくね」
双美亜美 「まこちんよろよろー!」
千川ちひろ 「あら、これはこれはPさん。
どうですかスタドリっ!
今ならお得なガチャ券つきですよ!>Pさん」
星井美希 「エナジー…うん、解らないけどとりあえずもらっておくね!
お金の代わりにちひろさんにはおにぎりについてきた漬物を分けてあげるの>ちひろさん」
菊地真 「むぅ・・・どっからみてもカワイイ女の子ですよーだ>阿部さん」
大神一郎 「ふむ……何か僕と似たような匂いが……>赤羽根さん」
双美亜美 「あ、兄ちゃん!
今日は一緒に仕事なの?」
星井美希 「人前でもカンケ―ないって思うな
むしろラブラブっぷりを見せつけたいの♪>雪歩」
千川ちひろ 「えぇ、カフェインたっぷりですからね(にっこり>美希ちゃん
でも、おにぎりよりは・・・」
阿部さん 「赤羽根p
               /:.:.:.:/  /     .!:ト、M:_:.:.:.:.:.:
               .′:.:/ ¨二二メ、  l:ル'   ´ヽ:.:.
     / ̄ ̄\  .   l_:.:.:.j  .ヘ弋以 ミメ   __  i .!:.:
   /  や   |   / l:.:l        j  / rrzx..`ヽj:.:.;
.   |        i   .//ij !/ /        :iト .ヾ┴ /:./
.   |    ら  .|. .l l(        v__,  |  ヽ  .':./
.   |        > ∨ し       `く__У   / ':_:{
.   |    な    .!.   Y :|    ー<⌒ヽ    ./ / リ
.   |        !.   | :!     、  ゙¨´  ./ / /
.   |    い   i   | 八      >一   /_/  ___
.   |       .!   !  丶、___      .ィ   / : `
   \  か  /    |   ∨////`ヽ=彡' :| <.   :
     ー‐─' ..  / |    ∨ZZZ彡'   :ト、  l.  :
.          __/  /|             |: \ \
        _/    :/ .!             !:  \
     .x<./    .′:!             :|    ト、
   x<   /     ;  !             :!    | \
       /     ;  J             :|     . | .   \
.       /      .;               :!    |」
小烏GM 「ふむ……
では、こちょむさん、ちょっとよろしいですか?」
星井美希 「プロデューサーさんもおはよーなの。」
大神一郎 「ボーイッシュな女の子か。レニがもう少し大きくなれば、
君みたいになるのかもね>まことくん」
萩原雪歩 「は、はぅ……う、嬉しいけど、恥ずかしいよっ……///>美希ちゃん」
千川ちひろ 「千川ちひろ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:千川ちひろ → 四条貴音
アイコン:No. 908 (千川ちひろ) → No. 553 (四条貴音06)」
四条貴音 「ふむ、あの方は用があるとのこと・・・
よってわたくしが代理ということできましたが・・・」
星井美希 「貴音もいらっしゃいなの!」
こちょむ 「はい>GM」
小烏GM 「四条さんにかわった?!」
赤羽根P 「似たような匂いって・・・よくわからないですけど仲良く出来るなら俺も嬉しいですよ。よろしく>大神さん」
小烏GM 「ええと、45分すぎたら開始しますが、そのときに、こちょむさんには
アンカーというのをしていただきます。」
星井美希 「じゃあ仕方ないの 手をつなぐだけで満足させてもらうね?>雪歩」
赤羽根P 「ちょっと今日は書類仕事が溜まっていて、遅くなりました>小烏さん」
四条貴音 「美希、金銭で購入するものはきちんと貨幣を使わないといけませんよ>幹」
双美亜美 「おおー・・・
これはビデオカメラ準備しないと・・・(いそいそ>ゆきぴょん、ミキミキ」
大神一郎 「ええ、こちらこそよろしくお願いします>赤羽根さん

じゃじゃ馬な女性陣を相手取るのに、色々アドバイスをし合ったりできそうで
嬉しいです」
萩原雪歩 「あ、う、うんっ……///
人前だし、それくらいの方が良いな……(ぎゅっ>美希ちゃん」
相葉夕美 さんが入場しました
赤羽根P 「貴音も来たのか。今日はよろしくな」
こちょむ 「アンカーですか」
相葉夕美 「よろしくおねがいしますっ!」
星井美希 「雪歩の手、いつもと違ってすっごくあったかくなってるの
照れてるのかな…?>雪歩」
阿部さん 「阿部さん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:阿部さん → きつねうどん
アイコン:No. 572 (阿部高和) → No. 1050 (きつねうどん)」
こちょむ 「数少ないモバマス勢
小烏GM 「開始前になりましたら、
こちらから「開始投票の方法」をお教えしますので、
他の人の用意(用意ができた人は、ピンクの色がつきます。)ができたら、
カウントを開始してください。>こちょむさん」
小烏GM 「相葉さんいらっしゃい」
四条貴音 「えぇ、プロデューサー
ともに勝利ができることを祈っております>プロデューサー」
赤羽根P 「・・・大神さん、主に大神さんの上の方から危険な気配を感じませんか?」
きつねうどん 「阿部さんのRP疲れるから変えますた」
星井美希 「亜美も回してもいいけど、雪歩が照れちゃわないようにちょっとだけだよ?>亜美」
大神一郎 「……鍛えていた方が、うどんに!?」
星井美希 「相葉さんでいいのかな、おはよーなの!」
大神一郎 「ええ、俺も今そう思ったところです!>赤羽根さん」
萩原雪歩 「そ、それは……うん……だ、だって……美希ちゃんが悪いんだよ……?///>美希ちゃん」
水瀬伊織 さんが入場しました
四条貴音 「普段は、我ら765のアイドルよりも、もばます勢がいるのですよ。
わたくしなどは普段はもばますの縁起をしております>こちょむ殿」
きつねうどん 「なんときつねうどんが嫌いと申すか!!>赤羽根」
赤羽根P 「美希と雪歩の仲がいいな・・・今度、デュオでユニット組んで新曲出してみるか?」
水瀬伊織 「こんばんは」
星井美希 「うふふ、ごめんなさいなの じゃあお詫びにもっとくっつくの♪>雪歩」
こちょむ 「こちょむ さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 173 (タバサ) → No. 727 (東郷あい01)」
小烏GM 「カウントするときは「通常どおり発言する」の部分をクリックすると、
プルダウンで「大声で発言する」とでますから、それで「5」「4」「3」「2」「1「1」「スタート」で開始投票、という流れです。>こちょむさん」
赤羽根P 「いやいやいや、うどんは好きだぞ俺!・・・気配はなくなったみたいで助かる>うどん」
双美亜美 「いおりんもよろー!」
菊地真 「雪歩と美希、仲良しだねえ」
星井美希 「雪歩もよくお仕事疲れでくたくたみたいだし
すいみん不足を今度はデュオでやるのもいいと思うな>プロデューサーさん」
大神一郎 「きつねうどんが喋るとは……また黒之巣会の仕業か!?」
水瀬伊織 「あら?12…お邪魔だったかしら?」
星井美希 「デコちゃんもおはよーなの!」
菊地真 「あ、伊織だ!」
小烏GM 「……すごいわね。
久しぶりにアイドル百花繚乱って感じ。」
萩原雪歩 「こんばんは、伊織ちゃん」
こちょむ 「これかな?」
双美亜美 「うどん?亜美とのあいだになんか「ふぃーる」を感じるね!」
水瀬伊織 「相変わらず、元気ね…亜美」
大神一郎 「おや、新しくきたアイドルの方々、よろしく。遅くなってすまないね」
小烏GM 「いや、歓迎よ>伊織はん」
きつねうどん 「うどんがしゃべったっていいじゃないか!!>大神」
赤羽根P 「伊織、邪魔なんて言ったら駄目だ。俺は伊織がいてくれて嬉しいしいてほしいと思ってる。本気で」
福本豊D審査員 さんが入場しました
水瀬伊織 「デコちゃん言うな!!>美希」
萩原雪歩 「あぅぅ……うん……あったかい、ね……///>美希ちゃん」
小烏GM 「そうそう。
あとは、開始の時にお教えしますね>こちょむさん」
相葉夕美 「はい、モバマスから来た相葉ですっ、よろしくね♪>こちょむさん」
福本豊D審査員 「よろしくお願いしますわ」
小烏GM 「福本さん……!ドラゴンズの福本さん……!」
双海真美 さんが入場しました
水瀬伊織 「真に、雪歩もこんばんは」
相葉夕美 「っとと、ちょっと離席っ」
オメガ11 さんが入場しました
四条貴音 「皆、仲がよろしいですね、プロデューサー」
星井美希 「うん、ミキは真クンのことも好きだけど
雪歩のこともだぁい好きなの♪>真クン」
大神一郎 「よろしくお願いします>福本さん、真美くん」
オメガ11 「《オメガ11。インゲージ》」
双海真美 「亜美!亜美もいるじゃないか!」
こちょむ 「増えてまいりました」
オメガ11 「《宜しく頼むぞ》」
小烏GM 「いらっしゃい。
後2人いらっしゃいませんか!」
きつねうどん 「なんか濃いな>審査員」
福本豊D審査員 「ブレーブスやよ」
菊地真 「ふくもっさんだ!わーい」
星井美希 「真美も来たの!今日は事務所の皆の集まりがいいみたいで嬉しいな!」
大神一郎 「君から何やら軍部の匂いがするね。
僕も海軍所属だ。よろしく頼むよ>オメガさん」
赤羽根P 「そうだな。・・・うん、いい事だと思うよ>貴音」
水瀬伊織 「あら?なんか弱気じゃないの、やっぱり
この伊織ちゃんが必要ってわかってるだなんて
見る目あるじゃない…って、のは置いといて、どうしたのよ?>赤羽根P」
星井美希 「はぁぁ…柔らかくてサイコ―なの…♪>雪歩」
小烏GM 「45分ですがもう少しまちます。
せっかくです、16は欲しい!50分最終開始!」
ぐみ さんが入場しました
福本豊D審査員 「まぁ現役時代にね、ダンスのほうをちょっとやらせてもらってたんで
アイドルの審査をすることになったんですわ」
オメガ11 「《俺はISAF空軍所属だな。海軍か。宜しく頼む>大神》」
双美亜美 「真美ぃ!
これで双子が揃ったんだね!もう無敵っしょこれは!>真美」
大神一郎 「どういう理屈で喋っているのか……紅蘭あたりが見たら
喜びそうだ……>きつねうどん」
四条貴音 「ふふ、わたくしも見ているだけで楽しくなってまいります>プロデューサー」
オメガ11 「《こんばんはだ》」
ポン・デ・ライオン さんが入場しました
ぐみ 「よろしくねー、深緑のアイドルマスター、ぐみちゃんよ1」
きつねうどん 「あと一人こい!」
双海真美 「二人で共有になれたらいいね!
もう無双まちがいなしっしょ!>亜美」
赤羽根P 「そ、そうか?俺はいつも通りだぞ。心配ないない>伊織」
大神一郎 「これはご丁寧にありがとうございます。
俺は帝国海軍所属、大神一郎少尉であります!>オメガさん」
星井美希 「グミさんもおはよーなの。」
ポン・デ・ライオン 「もっちもちだが、名前はまだない
よろしく頼みまする」
小烏GM 「満員御礼、ありがとうございます!
それでは、こちょむさん以外の方は、投票をおねがいします。」
大神一郎 「埋まったようです。いらっしゃい、歓迎するよ」
萩原雪歩 「はぅ……美希ちゃんこそ、あったかくて……それに、女の子って感じ……>美希ちゃん」
小烏GM 「遺言は、今この時点でのみ残すことができます。」
星井美希 「うふふ、でも名前で呼ぶより愛着持った呼び方だって思って欲しいな♪>デコちゃん」
双美亜美 「狼でも負ける気がしないね!
それどころか狐でも負けないよこれは!>真美」
ポン・デ・ライオン 「おぉそうであった
遺言遺言」
星井美希 「あ!忘れてたの!!遺言用意しなきゃ!」
星井美希 「雪歩の方がずーっとかわいいよ…♪>雪歩」
相葉夕美 「おまたせしましたっ よろしくおねがいします♪」
小烏GM 「そうそう、こちょむさんは、キャラクタ名そのままでもいいですか?
東郷さん使ってるなら、名前東郷さんに変えてもいいですよ。」
四条貴音 「ふむ、こちょむ殿・・・少々質問があるのですが」
大神一郎 「そういえば気になったんですが、狐COってどういう扱いになるん
ですか?>GM殿」
きつねうどん 「いいか!!私を初日に占うなよ!!いいな!!絶対占うなよ!!!!
…振りじゃないぞ!!!!」
ぐみ 「ぐみ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ぐみ → G・U・M・I」
オメガ11 「《オメガ11オンステンバーイ》」
福本豊D審査員 「西武のマスコットかいな?>ポンデライオン」
こちょむ 「あーこのままで大丈夫です」
赤羽根P 「美希と雪歩、仲がいいの通り越してる気がするけど・・・気にしたら負け・・・なのか?」
水瀬伊織 「はぁー…愛着なんて持たれたくないわよ…まったく>美希」
萩原雪歩 「そんな事ないよっ……美希ちゃんの方がずっと可愛くて、人気があって……
私が隣にいて良いのかな?って思っちゃうくらい……>美希ちゃん」
G・U・M・I 「G・U・M・I さんが登録情報を変更しました。」
双海真美 「んっふっふ、期待がもてますなぁ、これは>亜美」
こちょむ 「どうぞ>貴音さん
小烏GM 「こちらでは特に制限はしていません>大神さん」
ポン・デ・ライオン 「>福本審査員
すまぬのう
うちいつもミスドに住んでるねん」
四条貴音 「あぁ、そうでしたか。
それは差し出がましいことを問うところでした>こちょむ殿」
大神一郎 「男が入れない世界ってのもあるんです。
それに立ち入ったら……酷いことになりますよ>赤羽根さん」
菊地真 「んー、なんかこのままじゃ絡めない感じかなあ
交代しようっと」
大神一郎 「なるほど、ありがとうございます>GM殿」
菊地真 「菊地真 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:菊地真 → 水谷絵理
アイコン:No. 545 (菊地真05) → No. 26 (水谷絵理)」
四条貴音 「いえ、げぇむますたぁ殿と同じことを問うつもりでしたので>こちょむ殿」
オメガ11 「《おい司令部!なんかいつも以上に開始前から砂糖が多いぞ!どういうことだっ!》

HQ《知らんがな》」
赤羽根P 「ひ、ひどいこと・・・?>大神さん」
ポン・デ・ライオン 「>きつねうどん
もっちもちにしてくれよう…(クワッ」
双美亜美 「うん!
こう、なんか歪んで狐2になる(きり>真美」
福本豊D審査員 「若い女の子のセカイはたいへんやね>大神くん 赤羽根くん」
小烏GM 「了解しました。
それではこちょむさん、このあとカウントを大きな声で「3」→「2」→「1」として
[投票/占う/護衛]をクリック、右下にある「ゲームを開始する」をクリックして、ゲームをはじめてください。大丈夫ですか?」
オメガ11 「AWACS《砂糖追加を確認》
《ナンテコッタイ》」
水瀬伊織 「あれ?真から、絵理になっったわね」
こちょむ 「投票/占う/護衛 ←これ押せばいいんですかね?
双美亜美 「あ、絵理おねーちゃんよろー!」
大神一郎 「おそらく……明日の朝日は拝めないでしょう……(遠い目>赤羽根さん

ええ、まったくです。俺ら男にはわからない世界ですよ>福本さん」
星井美希 「あ、絵理ちゃんが来たの。おはよーなの」
こちょむ 「了解です」
きつねうどん 「>ポンデ
受けてたつ!!(カッ!!」
こちょむ 「3」
オメガ11 「《全く女ってのは怖いもんだな》」
赤羽根P 「そうですね・・・本当に大変です>福本さん」
こちょむ 「2」
小烏GM 「それでは、みなさん、開始しますよ!」
こちょむ 「1」
大神一郎 「花見の準備をせよ!!」
ゲーム開始:2012/11/18 (Sun) 22:50:02
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
オメガ11 「《oh》」
大神一郎 「おや。また狼だ。よろしく頼むよ」
こちょむ 「はじまった」
オメガ11 「《四条支援に来ると狼振られるのは何故なんだろうね?》」
大神一郎 「僕は大体希望制じゃないと狼だよ>オメガさん」
オメガ11 「《宜しく頼むぜ。僚機さん達!》」
こちょむ 「ここは専用チャットですかね?」
「◆小烏GM 本日は、皆様ご来場いただきありがとうございます。
本日の人狼劇場、進行は私、音無小烏(おとなしこからす)@いぬふくがつとめさせていただきます。
どうぞよろしく。」
オメガ11 「《それはまたなんとも>大神》」
大神一郎 「うん、じゃあどうするか。
誰か騙りたい人とかいる?」
こちょむ 「とりあえずは潜伏ですかね」
オメガ11 「《おれは潜伏させて貰うぜ》」
大神一郎 「ああ、そうだよ。僕ら狼陣営だけが話せる、狼専用の夜時間さ>こちょむくん」
オメガ11 「《全員潜るのもありと言えばありだが》」
こちょむ 「弐順目以降で行きますか」
「◆小烏GM 能力発動、投票は1分半を目安に。
延長は一回のみ、2回目からは名指し警告となります。」
大神一郎 「よし、じゃあ俺が騙らせてもらうとするよ。

想定プランとしては真は即抜き路線だけど、何かやりたい事とかあるかい?」
大神一郎 「あ、ちょっと魅力的>全潜伏」
大神一郎 「じゃあ全潜伏といってみようか!

●があたったら、それぞれに対応は任せよう!」
オメガ11 「《Roger that》」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
小烏GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
小烏GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
「◆小烏GM なお、当劇場での昼AAの使用はご遠慮いただいております。
なにとぞご了承ください。

それでは、皆様、どうか良き一夜のミステリーを。」
オメガ11 「《おはよう!》」
水谷絵理 「おはようございます?」
こちょむ 「おはようございます」
相葉夕美 「おはようございますっ
さぁ、今日もがんばりますよ♪」
四条貴音 「占い師は早めの宣言をお願いしますね。
いつまでも様子を見ていたりすることは真を見てもらえなくなりますので。
はたして、此度の遊戯はどのような結果になるのか・・・。
早期に退場もつまりませんが、残り続けるのもまた不安というもの。
めざすは村の勝利、というのはほとんどの者と同じ考えですが
にっちもさっちもいかないことはありえましょう・・・。
宣言することがある者は吊られぬ内に
言ってしまうのもまた手であると考えます
水瀬伊織 「おはよう」
星井美希 「おはよーございますなの!」
オメガ11 「《いつもより朝早いなオイ》」
福本豊D審査員 「占いCO。双海亜美ちゃんは○やね。」
萩原雪歩 「はぅ、朝すっごく早くなかったですか……?」
相葉夕美 「それじゃっ、COある人達はよろしくねっ」
G・U・M・I 「朝ねー」
水谷絵理 「夜明けのミュー?」
四条貴音 「途中でした・・・」
大神一郎 「おはようってはやいな!?」
福本豊D審査員 「占い理由:
やっぱりチームがあがっていくには
若手が伸びてこんといかんねよ。
亜美・真美と二人の若手がいるから
ここの成長をまず確認させてもらいますわ。

亜美ちゃんが先の理由?
一応妹ってことで一番若いからね。」
双美亜美 「じってんじってーん!!」
赤羽根P 「おはよう」
双美亜美 「霊能者COしちゃうよー!!
亜美によるホラートークで村を戦慄させちゃうのだ!」
ポン・デ・ライオン 「おはようございまするよ
さてさて占いとやらもいるのなら出てきて良いのではないかな?
ちなみに30」
水瀬伊織 「なんていうか、早かったわねー…もっと寝させなさいよ」
G・U・M・I 「1-1?」
オメガ11 「《占い1か?》」
水谷絵理 「早起きは3問目に正解?>雪歩さん」
星井美希 「霊能COだよー!!」
福本豊D審査員 「夜明け早くてびっくりしたわ
ちょうど更新したとこやったけど、15秒たってたもん」
大神一郎 「うん、占いが1に……霊能が1だね。」
オメガ11 「《1-1進行みたいだな》」
相葉夕美 「あ、あれ、えーと、1-1?」
双美亜美 「朝早くてビクッとしたよ~・・・」
四条貴音 「これはまた、早めのCOが嬉しいですね。」
G・U・M・I 「どうしよっかー」
赤羽根P 「占いCOは一人か・・・油断しないでいこう、みんな」
オメガ11 「《って対抗が出たか》」
萩原雪歩 「み、美希ちゃん……あ、あれ……霊能さんが2人……」
G・U・M・I 「共有でてこないで霊能ローラーでもいいかも?」
こちょむ 「霊能がだぶったか」
ポン・デ・ライオン 「1-1とな
ふむー
これは初日の役職も頭に入れつつだのう」
水瀬伊織 「ん?えーっと…占い一人で、霊能が2?」
相葉夕美 「わわわ、ひっさびさにみたっ」
水谷絵理 「1-1かな?戦慄・・・
栗が震える感じかな?>亜美さん」
オメガ11 「《1-2か。ローラー安定かな》」
大神一郎 「おっと? 霊能が2か。
これならまあ○進行だし、共有が出て指示をお願いしたいね」
四条貴音 「美希、少々遅いのでは・・・?」
赤羽根P 「1-2ね。共有は両方でてきてくれるか?」
萩原雪歩 「わ、私はグレランが……その……
ローラーしちゃうと美希ちゃんが……」
福本豊D審査員 「わちゃー、霊能(狂人)かいな。
大事なポジションやけど、審査するにはもったいないとこやったね」
水谷絵理 「美希さんも霊能・・・これは霊ロラするしかない?」
オメガ11 「《共有出てこないで霊能ローラー。ありかもしれん》」
星井美希 「占いさんの2COめを待ちたかったけど
亜美が対抗してきたからつい出ちゃったの!」
相葉夕美 「って霊能さん2人なんだ
うーんと、私的には1-2だしローラーはまだいいんじゃないかなって」
双美亜美 「ミ・・ミキミキ・・・・・・!!!
まさか敵だったとは・・・!!」
ポン・デ・ライオン 「と思ったら1-2であったようである

ちなみにでないならそうなるであろうなぁ>GUMI
出てくるなら出るで指示を頼むぞ
そうなる故に」
きつねうどん 「おはようございます」
G・U・M・I 「共有が特に異論なければそのままでないで霊能ローラーでもぐみちゃんいいかなって思うよ」
萩原雪歩 「って言っても……朝が早すぎてなんともかんとも……」
四条貴音 「個人としては、繋がったところを吊るという進行が好みですね。
そうすることでどちらが占い霊能どちらが偽でも動けると思いますし。」
双海真美 「おはよー
あれ?亜美が・・・」
水瀬伊織 「んー、でもさ貴音
逆に美希が遅いってのは、亜美のCO見えてるでしょってのが
ポイントじゃないかしら?>貴音」
星井美希 「うー、亜美こそイタズラばっかりしちゃダメだよー?」
福本豊D審査員 「共有? 審査してまうで
まぁなるべく外すようにはしたいけど、占いの精度は落ちるで」
赤羽根P 「雪歩・・・美希と離れたくないのか・・・」
オメガ11 「《霊能ローラー安定だな》」
双海真美 「遺言ないのに?
きつねうどん 「霊能が二人か」
水谷絵理 「真美さん、お寝坊?」
双美亜美 「・・・あれ、真美おそいよ、おはよ!」
双海真美 「共有CO」
大神一郎 「しかし、共有2人が灰にいた場合、占われる確率もそれなりに
上がってしまうぞ?>GUMIくん

もし福本さんが真占いとしたら、それは結構な痛手だと思うんだが」
G・U・M・I 「そもそも共有GMなら既に出てると思うの」
萩原雪歩 「は、離れたくないですよぅ……>赤羽根P
だって、その、大事な人だから……」
オメガ11 「《お。出たか》」
こちょむ 「ネットは流れ早いですね
纏めるのが大変です」
ポン・デ・ライオン 「その場合占い1故にライン戦どうのとかもできるが
まぁロラられるならその時は云々」
水谷絵理 「じゃあ出ておく?
共有COだよ」
双海真美 「グレランする?」
きつねうどん 「1-2とか珍しいな…」
四条貴音 「朝が早すぎましたので、出るに出れなかった。
1-1がまずいと思った狂人がかぶせて出てきた、とも考えます>伊織」
福本豊D審査員 「二人で役役やね、今後が楽しみですわ」
G・U・M・I 「なんていうか占われる心配してる人はどうなんだろーってGUMIちゃんおもっちゃうかなぁ今は」
水瀬伊織 「んー…っていうか、亜美って福本さんの○ってのが
やっかいだわ…これ」
赤羽根P 「いや、俺は・・・プロデューサーで、アイドルを輝かせるのが仕事で、なのにローラー候補は両方うちのアイドル・・・くそっ、俺はどうすればいいんだ・・・!」
星井美希 「じゃあローラー前に開始前に言えなかったことを言っておくと
雪歩がよければミキはずっと隣にいて欲しいなって思うの♪」
G・U・M・I 「でちゃったかー致し方ない。」
オメガ11 「《真美絵理コンビだな。把握》」
水谷絵理 「相方、真美さんで合ってますよ」
こちょむ 「フリーメーソンが出た」
双美亜美 「だってさ、だってさ!
亜美はお約束通りやっただけだもん!変なことしたのはミキミキのほうじゃんかー!」
ポン・デ・ライオン 「ふむー、双子の片割れが共有かのう
と思ったら二人共でたのである
1-2-2である」
双海真美 「んーじゃあ形考慮してグレラン」
萩原雪歩 「真面目に進行を考えるなら、繋がった方からローラーが大安定とは思いますけどね」
福本豊D審査員 「亜美→真美・絵理はなんとなくでものっそい占い候補やったわw」
オメガ11 「《吊ればいいのよ>赤羽根P》」
相葉夕美 「えーとえーと、ロラ支持してる人が多いみたいなんだけど、1-2だし
もし占いさんが偽者でも対抗できるように残しておいたほうがいいんじゃない
かなって思うんですけど、みなさんロラしたいですか・・・?」
大神一郎 「真美くんと絵里くんが共有か。
うん、もし明日の噛みや占いが共有にあたっていたら、そこで微妙な
混乱が起こってしまうからね。情報がクリアになるのはありがたい」
G・U・M・I 「でちゃったならグレランでもGUMIちゃんいいかなーとか思っちゃうけど」
双海真美 「たまにはやってみよーか」
オメガ11 「《お。灰の色見せるのか》」
赤羽根P 「でも、ごめんな・・・俺は、プロデューサーだからみんなの安全を守らなきゃいけないんだ>雪歩」
水谷絵理 「最低、片方は出ておくほうがいいし
ムダ占いされるよりはよっぽどマシ?>グミさん」
相葉夕美 「ありがとうございますっ>共有さん」
きつねうどん 「共有が真美で霊能が亜美か?」
G・U・M・I 「よーしGUMIちゃんもえてきたぞー!」
オメガ11 「《ウィルコ。グレランだな》」
双海真美 「1-2で占いにせに対応できるのって
実はグレランしかないとかそんな話題を聞いたから」
水瀬伊織 「んー?まあ、共有が出たってなら別にって感じ
問題は、この形で霊能ロラっていいのかなって
結構悩んでるのよね…」
四条貴音 「共有は出るのですね。
がんばってください」
星井美希 「み、ミキは雪歩以外にヘンなことはしてないよ!?>亜美」
双美亜美 「うー、兄ちゃんお菓子の場所は教えてね?>Pの兄ちゃん」
萩原雪歩 「真美ちゃんありがとう……
これで、美希ちゃんと一緒にいられる時間が……えへへ……♪」
ポン・デ・ライオン 「ふむ、グレランとな?
ライン戦云々の話をしたが まさかほんとになるとはこのポンデライオンの目を持ってしても見抜けなんだ」
赤羽根P 「結果的にはそうでもそう簡単に割り切れるわけないだろう!>オメガ11」
G・U・M・I 「それって真前提ありきだからちょっと別物かも>水谷さん」
きつねうどん 「共有今日はグレランかそれとも霊能ロラか?」
水谷絵理 「共有とか噛ませたらいいし
ふくもっさんの真が切れるまでは、がっちりマンデー?」
福本豊D審査員 「グレランか、攻めるねぇ。
形的に霊能狼狐混じりは薄いけどね
吊らんのやったら、最後まで放置でいってな
中途半端にローラーとか始めるのが一番困るから>真美ちゃん」
大神一郎 「うん、グレランだね。がんばろう」
萩原雪歩 「わ、私にだってまだしてない……>美希ちゃん」
オメガ11 「《俺軍人だから……>赤羽根P》」
四条貴音 「伊織もそう思いますか。
不安は武器でもありますよ>伊織」
星井美希 「えへへー♪>雪歩」
双美亜美 「え、ゆきぴょんになんかいろいろしてんの!?
あ、あとでくわしくおねがいしますぜミキミキ!」
G・U・M・I 「ラインつながったらラインつながった霊能きるだけの話>審査員さん」
双海真美 「霊能結果は亜美からCO」
大神一郎 「アイマス華劇団! 出撃せよ!」
星井美希 「では、グレラン開始なの!」
水谷絵理 「とりあえず真占いだと思って動く感じかな」
水瀬伊織 「まあ、グレランもいいんじゃないかなって話なんだけど
そう言ってるみたいだし、そうすればいいんじゃないってきな?」
萩原雪歩 「されてないよっ!?」
双海真美 「んじゃよろ」
オメガ11 「《グレランも悪くはねえな。ラジャー》」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆小烏GM 投票時間です。
各自、怪しいとおもわれる場所に投票してください。
投票方法は[投票/占う/護衛]をクリック→投票したい人にチェック→右下の投票するをチェックです。」
「◆小烏GM 2分経過、投票確認をお願いします。」
2 日目 (1 回目)
こちょむ1 票投票先 →双美亜美
きつねうどん4 票投票先 →ポン・デ・ライオン
四条貴音0 票投票先 →オメガ11
萩原雪歩0 票投票先 →きつねうどん
双美亜美1 票投票先 →ポン・デ・ライオン
星井美希0 票投票先 →こちょむ
大神一郎2 票投票先 →きつねうどん
水谷絵理0 票投票先 →赤羽根P
赤羽根P1 票投票先 →ポン・デ・ライオン
相葉夕美0 票投票先 →きつねうどん
水瀬伊織0 票投票先 →ポン・デ・ライオン
福本豊D審査員0 票投票先 →きつねうどん
双海真美0 票投票先 →大神一郎
オメガ112 票投票先 →ポン・デ・ライオン
G・U・M・I0 票投票先 →オメガ11
ポン・デ・ライオン5 票投票先 →大神一郎
ポン・デ・ライオン は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
大神一郎 「ふむ、悪くないかな」
こちょむ 「まいど」
大神一郎 「ところで、昨日噛んだのはこちょむくんかい?」
オメガ11 「《真-真狂に10スタドリ》」
「◆小烏GM 投票時間遅いですよ。
ちょっと怖いので、気をつけてくださいね>該当者」
オメガ11 「《俺は噛んでないぜ》」
大神一郎 「奇遇だね。僕も賛成だ>オメガくん」
こちょむ 「GM噛みですか?私です」
大神一郎 「なので共有を噛もう」
オメガ11 「《超過1分30秒から2分噛みが四条だね》」
オメガ11 「《ウィルコ>共有噛み》」
こちょむ 「裏に居る真占いを噛みたいですね」
大神一郎 「ああ、噛む時間は大体上の時間が超過1分30ぐらいにしよう>こちょむくん

僕らにも色々考える時間が必要だしね」
オメガ11 「《占いは護衛付きだろうな。先ず抜けん》」
大神一郎 「いや、潜伏はいないと思うよ>こちょむくん

おそらく福本さんが真占い。これは間違い無い。
でも狩人がいるから、噛めない」
こちょむ 「了解です

大神一郎 「だからこそ、先に共有を潰す。」
オメガ11 「《その方針で問題ないな》」
大神一郎 「噛みは僕が生きてる間は僕が担当しよう。
超過1分30秒で噛む。」
こちょむ 「マミか水谷さんですね」
大神一郎 「では」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双海真美 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双海真美さんの遺言
.       r、
      ',ゝ、_                    ,....-==:.、  _>=--.、
        j_`  ヽ                  フ´:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.`ヽゝ_:.:.:.:.:.:i
      ヽ、   丶           ,イ:.:.:,イ:/!:.:.:.:/`ヽ;ヽ」 :.:.:.:.:!
          `ー-、  ` <       /.:.:/,r'仍i,イノ `ヽ',:.「:::.:.:.:.:i
           丶.   `<     レ」    ,  沙).}.|::::::.:.:.:i
              \   `  、   (_,    _    ノ;ハ:.:.:.:.:.:i
                、     ゛ 、. 、 (    ヽ , ' ).八:.:.:.:.:`ー.、
                  > .       t:、-==-<,.ノー '    ̄ フ::.:.:.:|
                      `ヽ  / j   ',´ ̄!   ='´ァ.:.:./リ
                       >._/    ',:ヽ`ヽ     i:.::ノ  ふたりそろってぇ!
                       ,(./ーイ>、   i!: i.ノ      !'´
                         / /V i  丶、 '  ′
                     /,イ /j i   ::;..   ,',
                        j' ! i i |   `:;  / 、
              -ゞー-=/ j//  ! 、   /   }
                    `ヽ _/ /:i/   !  丶  /-= ´
                 ´ ̄/ /.::i'   |     `i_
ポン・デ・ライオンさんの遺言    ○○○
  ○ ・ω・ ○ がおー
   ○○○
  .c(,_uuノ

              ○。  ○
    ミハックシュ   ○    o   ○
    ミ `д´∵° 。 o ○
  .c(,_uuノ  ○ ○   ○


    ∧∧
    ( ・ω・)      .○○○ ○○○
  .c(,_uuノ   ..○○ ○○○  .○○○ ○○
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
大神一郎 「おはよう。アイマス華劇団の皆! 今日も元気にいこう!
ところでライオンさんが吊れたようだけど、ちょっと俺的には微妙な位置かなぁ、ぐらいだね。」
オメガ11 「《オメガ11.インゲージ》
《占いと霊能の結果を頼むぜ》」
双美亜美 「苗字誤字に気づいた亜美の霊能COだYO!!
SO!!ポン・デ・ライオンは○だYO!!」
きつねうどん 「おはようございますだ」
G・U・M・I 「おはようー」
福本豊D審査員 「占いCO。赤羽根Pは○やね」
相葉夕美 「おはようございますっ
さぁ、今日もがんばりますよ♪」
水瀬伊織 「おはようー」
星井美希 「ミキが2番目に結果を出すんだよね?
ポンデさんは○だったの!」
四条貴音 「ぽぉとぴあ殺人事件・・・
ん・・・以前響がしていましたが
でかの方が・・・容疑者を殴って吐かせるという方法がなんとも・・・
りろん的ではないと感じました・・・。
ん、それとも時代背景ゆえに、なのでしょうか。
ぐー、とおなかがなったのでこれにて・・・。」
G・U・M・I 「へー共有噛みかー」
福本豊D審査員 「占い理由:
吊りたい場所二人に票が入ってくれたので満足。
あとはどっこいどっこいかな。
占い1への反応が少しあるけど
全体的に淡泊な感じやったからね。

狼よりかは狐狙いでいくとこやし
占っていくことにしたわ。
水谷絵理 「おはようございます?」
水瀬伊織 「四条貴音(78)

「朝が早すぎましたので、出るに出れなかった。
1-1がまずいと思った狂人がかぶせて出てきた、とも考えます>伊織」

ああ、なるほどね、朝が早かったってのは、確かに
そう見るポイントね…さすがは、貴音いいこというじゃない
ってことで、美希は狼狐はないってなるわけよね」
四条貴音 「共有噛みですか」
きつねうどん 「占いと霊能は結果を頼む」
双美亜美 「ま・・・真美ぃぃぃっ!?」
こちょむ 「おはようございます」
オメガ11 「《霊能は割れねえな。ふむ》」
水瀬伊織 「へー、ここで共有噛み」
G・U・M・I 「ところでー今日きつねうどんまったく吊る気ないんだけど共有さんー」
オメガ11 「《で共有噛み。無難だなオイ》」
赤羽根P 「おはよう。」
萩原雪歩 「っていうかその、霊能の結果順番は指示しなくて良いと思うんです。
その代わり結果出すのが遅い方が信用がなくなるってだけで……」
きつねうどん 「ふむ共有噛みか」
星井美希 「ま、真美が噛まれちゃったの…」
水谷絵理 「真美さんがいきなり消えちゃった・・・
これ、私まで噛みきってから考えるヤツだね」
大神一郎 「ふむ、霊能は2人とも○同士か。
まあ福本さんが●を出したりしないと、結果は割れないのかな?」
赤羽根P 「・・・・真美・・・?」
相葉夕美 「福本豊D審査員(116)「グレランか、攻めるねぇ。
形的に霊能狼狐混じりは薄いけどね
吊らんのやったら、最後まで放置でいってな
中途半端にローラーとか始めるのが一番困るから>真美ちゃん」

グレランが攻めるっていう理由をよければ教えてもらってもいいかなっ?
ちなみに私は、1-2だから慎重に行きたいと思って残して貰えるようにお願いしたんだ。」
G・U・M・I 「昨日の票的に結果●出るのはちょっとないかなーと思うよ>オメガ」
四条貴音 「狐はないでしょうが、狼はないとも言い切れませんね?
そこで固定させないためになら狼も出ると思いますので>伊織」
大神一郎 「ここで共有噛みか……その意図を考えたいところだけど、うーん?」
双美亜美 「狼は残虐・・・!!まさに残虐無比・・・・!!
いたいけな姉妹の絆を・・・・うわああああん(えぐえぐ」
オメガ11 「《だろうな。占い結果で●出ねえ限りな》」
福本豊D審査員 「僕の○もおらんし、まぁありあり
霊能両○がちょっと残念やね。
そこときつねの二人は狙い目やと思ってたから」
赤羽根P 「ウソ、だろ・・・真美・・・!」
G・U・M・I 「GUMIちゃん的には大神・オメガ11・相葉さんがきになるかなぁって」
水谷絵理 「たぶん、ふくもっさんを噛むつもりない系?
もしくは狼とか>オメガさん」
オメガ11 「《投票ねえ>グミ》」
萩原雪歩 「ところでGUMIさんは、きつねうどんさんを残したいんですか?
理由が気になるんですけれど……>GUMIさん」
赤羽根P 「どうして、どうして真美が・・・くそっ!」
G・U・M・I 「>雪歩
突然のグレランで票集まった位置が二箇所だから占い処理のほうがいいと思う」
きつねうどん 「占いも一人しかいない以上盲信は危険だな…」
四条貴音 「おそらくは、彼視点では彼は真占いゆえに、でしょう。
わたくしたちは不安でも、彼視点では霊能をひき潰せば狩人は吊られずに安定すると思ったゆえの発言かと>相葉嬢」
水瀬伊織 「んー…あるかな?美希狼ってってもさ
そうなると、福本が狼って線は消えるわけなんだけどさ>貴音」
水谷絵理 「適当にがんばるコケシたち・・・
真美さんいなくなったし、この村の指揮系統は破綻しました?」
福本豊D審査員 「そら、僕からしたら狩人保護+霊能に狼狐警戒でのローラーのほうが安定やからね
まぁ亜美ちゃん○やし、後者の警戒はあんましいらんやろけど>相葉ちゃん」
G・U・M・I 「片方吊って、もう片方吊るのは展開的にどうなのかなーって話かなぁ」
大神一郎 「グレ吊りした人に対して結果が割れても、村視点、どちらが
本当のことを言っているのかがわからない、ってのがどうにもなぁ。

吊れた人の印象論なら、それこそいくらでもなんとでも言えるだろうし」
双美亜美 「にいちゃーん!
亜美にお菓子の置き場所教えといた?>赤羽根兄ちゃん」
相葉夕美 「あれ、共有さんなんだ…
うーん、ちょっとまだ色々判断するには早いと思うけど、
灰を噛まないのが少し怖いなって思うかなっ。
でも、まだ判断するには早い時期かなって思うから、様子を見ていきたいかな。」
G・U・M・I 「あと結構今出てる役職三人の中に狼いそうかなーって雰囲気もある」
星井美希 「ミキは普通に寡黙だなーと思ってこちょむさんに入れたんだけど
ポンデさんは何だろう、行数稼ぎに思われたのかなぁ?」
四条貴音 「偽霊能がここで割る意味がわかりませんね?>オメガ殿」
オメガ11 「《1-2進行なんだ。今日もグレランで問題ないべ》」
萩原雪歩 「私は占い処理よりは吊ってしまう事を考えます。
……っていうかポンデさん発言できそうなとこで初日に吊る場所じゃないと思ってたし、
だったらそこ投票者の方が気になるのは自然ですよね>GUMIさん」
オメガ11 「《いえーす>貴音》」
水瀬伊織 「まあ、今日も粛々とグレランやっていけばいんじゃない?」
水谷絵理 「ここで考えたいのは、
ふくもっさん狼で、赤羽根Pを囲ったパターンかな」
大神一郎 「吊るなら両吊りしたい。残すなら最終日まで。

ライン戦ってのは割れない限り、こうなっちゃうんじゃないのかな?
実際、僕はライン戦てのをやった事があまりないから、適当な事しか言えないんだけど」
福本豊D審査員 「真狂ならほっといたら割れると思うけどね
パンダじゃなくて○○なら問題ないし」
赤羽根P 「俺の机の下にコンビニ袋があるぞ>亜美」
きつねうどん 「1COなんだし占い騙りの線が強い気がする…」
こちょむ 「すみません ネット人狼初回で情報量についていけてません>ミキ」
双美亜美 「舞台裏じゃ暇だからせめてスイーツの場所教えてあげた・・・
・・・あ、亜美もいかないと教えられない!?うあうあ、今のナシ!」
四条貴音 「出ているならばどこだと思われます?
わたくしは案外霊能にいるのかもしれぬ、と考えていますが>GUMI嬢」
水谷絵理 「狼-真狂っぽいと思う今日この頃
グレランしていきまっしょい?」
オメガ11 「《役職なんて皆吊っちまえば問題ないって司令部が通達してきた》」
萩原雪歩 「いいえ、変則的ですけど、ラインの切れた霊能を残しての信頼勝負というのもあります>赤羽根P」
オメガ11 「《司令部……。
でグレラン続行だな。ウィルコ》」
きつねうどん 「頑張れ>こちょむ
でもあんまり言わないほうがいい」
福本豊D審査員 「そら僕と○以外はその警戒はもちろん必要やね
しっかり発言みていってええで>絵理ちゃん

もちろん、僕が銃殺出すのが手っ取り早いけどね」
大神一郎 「なるほど>福本さん

では割れた時どうしたら? そのへんのところ、しっかりとプラン立てて欲しいのが
本音です>絵里くん」
G・U・M・I 「>雪歩
この展開で言えるのは情報の出ないきつねうどんつりよりは他の票がどこにいくか見てみたい、それが私のアイドル魂かなぁ」
こちょむ 「了解で>うどん」
水谷絵理 「まあ真占いが初日なら、勝ちスジを見つけるの大変だし
私が噛まれたら、いよいよふくもっさんの偽が強まる感かな」
萩原雪歩 「……まあ、初心者さんって分かるとそれだけで票の入り方が違いますからね。」
四条貴音 「ふぅむ・・・」
G・U・M・I 「というか占い師狐みないならずっと放置でいいし」
赤羽根P 「まぁ、占い1ならそれも可能性ではあるよな。
・・・ただ最後まで放置した挙句それを理由に最終日吊りっていうのは勘弁してほしいけど。
その疑いで吊るならなるべく早くにな?>絵理」
水瀬伊織 「ん?そういや、福本が真狂ってなら、
まあ、初日かこってなかったよねーってくらいなのかな?
亜美狼でも、あれで囲ってもらってんなら出る必要ないのよね…」
大神一郎 「頑張れ、一人に絞って発言を追ったらどうだい?>こちょむくん」
きつねうどん 「今日もグレランかね>共有」
萩原雪歩 「発言できそうなとここそ占い処理して欲しいですけどね>GUMIさん」
双美亜美 「真面目な話すると、占いよりも投票の方が肝だよ。
ミキミキと亜美が割るならとくにね。」
福本豊D審査員 「はやまったらあかんよ>絵理ちゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆小烏GM 投票時間です。
投票は1分半で。」
3 日目 (1 回目)
こちょむ2 票投票先 →星井美希
きつねうどん2 票投票先 →オメガ11
四条貴音1 票投票先 →相葉夕美
萩原雪歩0 票投票先 →こちょむ
双美亜美0 票投票先 →四条貴音
星井美希1 票投票先 →こちょむ
大神一郎1 票投票先 →相葉夕美
水谷絵理0 票投票先 →オメガ11
赤羽根P0 票投票先 →オメガ11
相葉夕美2 票投票先 →きつねうどん
水瀬伊織0 票投票先 →大神一郎
福本豊D審査員0 票投票先 →きつねうどん
オメガ114 票投票先 →G・U・M・I
G・U・M・I1 票投票先 →オメガ11
オメガ11 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
大神一郎 「おめがぁーーー!?」
こちょむ 「あちゃー」
こちょむ 「これは痛い」
大神一郎 「うーん、これで明日、結果が割れたらいいんだけど>霊能2の結果」
大神一郎 「身内投票はできなかったけど、割ってくれたら問題無い。
どっちも○だしたら笑うけど」
こちょむ 「霊能結果で真偽がはっきりしますね」
大神一郎 「さて、ここからどうするか。
福本さんを噛むか、残った共有を噛むか」
こちょむ 「どこを噛むかですね ワンチャン狩人狙いに行くか」
大神一郎 「灰はあまり噛みたくないかな? 噛むとしても○の赤羽根くんだ」
こちょむ 「福本さんは厳しそうですね 」
大神一郎 「狩人狙うって事は、福本くんが真だって言ってるようなものだしね。
せっかく初手共有噛めたのだから、あまりそれはしたくない」
大神一郎 「共有、占い、どちらも護衛がありそうなのが痛いんだよねぇやっぱり」
大神一郎 「よし、がんばってみるよ。僕が噛む」
こちょむ 「噛みはお任せしておきます」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
福本豊D審査員 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
オメガ11さんの遺言                                   ( 0w0) << オメガ11イジェークト >>
                                 ∥Ol-lO|
                                  \∪∪
                                    ll
                                     lili        
                                      , i li  ボ     
                                       rl .|h  フ   
                                        l,|  | ヾ ア    
                                        (  ,::)::) ツ/
                                     ( .,;:/´  'ヽ
                 / \                  / /  ∨ヘ/
                   ヽ   \             _/'´    / //、_
                  ヽ   \        , <´ ̄::\    /_// ::::::77
                        ヽ    \   r /  \、::::::ヽ / //:::::::://
                    ヽ_ , -‐ ' ´/ / \  _`_-‐_弋 _ノ_`‐-'/ ` ‐- 、 _
                _ , -‐ ' ´       / /  / /レ' ー───‐ァ、 ´      ` ‐- 、 _
       __ , -‐ ' ´       __/   \ /_/〈 = //〃 / , -> ── _7___  ` ー 、
        'ー-7───∠二二二二>‐ァ7 /`-、 〉/ /互7/互, ヘ// 、 ̄ ̄    ̄   ̄ ̄ ̄
           ̄ ̄ ̄´_ , -‐ ' ´    / / _ `ー、/_∨_ ̄_ ̄/∠/パカッ\
             /__  _, -‐'  ̄´ ` ー '`ー'ul;_.,.|u<    __/
                   ̄              ':i li   ` ̄ ̄
                                   lili
                                ll
                              ヽ(0w0)ノ << オメガ12 アイムイジェクティン >>
福本豊D審査員さんの遺言 僕のAAあったんやね


       , イ777彡'''… _
     f升::::::::::::::::::::::;;;;;; ヽ
     {ミY⌒ヾツ´ ̄  `}ミ:ハ
     {{「 -     -  イ:::ミ
     {》≡=、{ {,,=≡= ヾリミ
       { rtッ、}  ::rtッ、シ  }j^}
     {{ " ::  、ヾ" ` :|rリ
       |   ,({_ _ ゙,、   .} トィ
      ', ( _,、_,、__゙y〉 ,' ,1
       ハ. `=== ''´   /「)、
   ̄ ̄ f人 ⌒  /, イ / \
       { {{`Tニ ニ   ,イ  / \
      レヘ|     /   /   \
.        |     /     /
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
きつねうどん 「おはようございます」
大神一郎 「おはよう。オメガくんが吊れたのは順当なところ、と
いったところなのかな? うーん……

今日の噛みがどこになるか、そこが気になる。霊能の結果もね。そろそろ
進展が欲しいところなんだけど」
星井美希 「霊能結果だよー
オメガさんは○だったの…あふぅ。」
双美亜美 「撃墜されたオメガの兄ちゃんの飛行機見てきた!!なんかもえててよくわかんなかったけど・・・
・・・んー、霊能結果的には●じゃね?と亜美は思うわけですなー!」
G・U・M・I 「おはよー」
大神一郎 「おや……!? 福本さん!?」
赤羽根P 「おはよう」
水瀬伊織 「おはようー」
こちょむ 「おはようございます」
水谷絵理 「おはようございます?」
相葉夕美 「おはようございますっ
さぁ、今日もがんばりますよ♪」
四条貴音 「おぉけすとらの演奏を
めの前で聞いたときのあの高揚
がなりたてるような者もおらず、とても良い気分です。
11番目に良い経験でした。生きてきて。」
きつねうどん 「占いが噛まれたか…」
G・U・M・I 「えっと狩人死んじゃった系かいなかったけいに感じてしまう」
水瀬伊織 「あら?福本さんが…」
萩原雪歩 「気付いたんですが、昨日美希ちゃんと絡んでなかったんですよぅ……
うぅ、何時まで一緒にいられるかわからないのに
話しかけないなんて私のばかばか……」
四条貴音 「ふむ・・・」
水谷絵理 「んー、ここでふくもっさん噛みかー
狩人いなかったのかな?」
大神一郎 「1の占いが噛まれて、霊能が割れた……!?」
相葉夕美 「G・U・M・I(21) 「ところでー今日きつねうどんまったく吊る気ないんだけど共有さんー」

私は初日の発言がこう、フィーリングで申し訳ないんだけど、吊りたいなって思ったのと
昨日、慎重を通り越して露骨に占いさんを疑っているように見えたから
吊っておきたいと思ったんだけど、詳しく聞いてみていいかな?」
きつねうどん 「霊能も割れただと」
赤羽根P 「・・・福本さん・・・ということは・・・狩人は・・・」
星井美希 「亜美がしっぽを出したの!」
水瀬伊織 「って、霊能が●でてわれてんじゃん…」
双美亜美 「おお・・・ここで●出る位置なのかぁ・・・」
G・U・M・I 「占い死んだしひとまず灰つり継続かなー」
相葉夕美 「えーと・・・」
四条貴音 「もしくは、共有にぶれたか・・・?
というところかなと思いますね>GUMI嬢」
萩原雪歩 「もう霊能の信頼勝負で良いんじゃないかな。
あるいは偶数だし永遠に放置」
きつねうどん 「これは占いが真狂だったのか…」
水谷絵理 「ふくもっさん真で見ていいとなると・・・
どのラインを消していくか、だね」
G・U・M・I 「>相葉
むしろ真前提で見てる人が多かったからの提案かなぁ」
大神一郎 「狩人がいるとしたら、占い護衛のはず……? いや……それは安直か……?」
萩原雪歩 「狩人について話してもしょうがないですよぅ……
一応ですけど共有守ってた可能性もありますしね。」
双美亜美 「ちなみに亜美的には投票者は確認して欲しいってとこだよー。」
赤羽根P 「霊能ローラーをしてグレラン村にしてしまったほうがいいと思うけどな、俺は。こうなってしまったら」
星井美希 「あ。今日は特に順番指定されてなかったと思うから
待たずに自分から出てみたの」
G・U・M・I 「>四条さん
んーまぁ、狼の懸念なくなったしまぁいいかなーって」
四条貴音 「んー・・・難しい・・・。」
きつねうどん 「いっそ両方吊ってグレラン村というのもありかもしれん」
水瀬伊織 「んー?ぶっちゃけ…福本さんの○って亜美とプロデューサーなんで
ここ、残して最終日いけるかなってのはなんか不安があんのよね
亜美が霊能COしてるし…うーん」
大神一郎 「ああ、なるほど。共有噛みを見ての共有護衛か。共有噛み切りは
怖いしね……>貴音くん」
水谷絵理 「まあ少なくとも、結果真と見てよさそう?
囲われ候補は赤羽根Pだけだけど、そこ狼なら噛まないと思う>きつねうどん」
水瀬伊織 「ねー…悩むわよね、貴音」
四条貴音 「まず、プロデューサー殿は○と見て良い・・・。
残ったら考える位置・・・かと・・・。」
G・U・M・I 「問題なのは雪歩が真ありきで昨日発言してたのがちょっとひっかかったからなぁ
ってのも」
水瀬伊織 「大神一郎(33)

「ここで共有噛みか……その意図を考えたいところだけど、うーん?」
大神一郎(50)

「グレ吊りした人に対して結果が割れても、村視点、どちらが
本当のことを言っているのかがわからない、ってのがどうにもなぁ。
吊れた人の印象論なら、それこそいくらでもなんとでも言えるだろうし」

ってことは、霊能ロラりたいって言ってるように見えるんだけど
その前に、共有噛みについて、考えてるのが違和感かしら?
結局のところ、共有噛みって、福本を偽にしたいか、偽かの噛みなんで
福本噛む噛みにはあんま見えないってのが現状
なので、なんか、霊能ロラって吊り稼ぎたそうに見えたって感じかな」
赤羽根P 「信頼勝負・・・?
霊能者の結果とか二人いる時点であまり信じられるものじゃないと思うんだけど、俺」
G・U・M・I 「あとぶっちゃけ霊能吊るとしたら星井みきオンリーだから」
きつねうどん 「共有はどちらがいい?
霊能ロラか今日はグレラン」
水谷絵理 「ここ共有護衛は攻めの護衛だったね
狩人さん、残念」
四条貴音 「そこがないのはとても良いこと、ですね。
狂人の結果真ならば、尚良いところですが、さて・・・>GUMI嬢」
相葉夕美 「共有噛んでたし、ううん、ぶらされたのかな…
そうだとしたらごめんなさいするしかないです。」
萩原雪歩 「真ありき?
真狼とは見てましたけどね、だから占い結果も重要かな、とは。>GUMIさん」
双美亜美 「オメガさん安全圏内っぽくないし、
霊能2身内表する意味?何それ??なのでまあ投票者の狼はまずないよー!」
水谷絵理 「美希さん吊ってから考えてもいいんじゃないかま?」
G・U・M・I 「>雪歩
その場合、発言いいとこ占ってほしい、はちょっと微妙かなとかんじちゃうよ」
赤羽根P 「オンリー?決め打ってるってことか?>GUMI」
四条貴音 「えぇ、霊能は信用するならば亜美なのですが
そこ以外がまったく・・・>伊織」
大神一郎 「信用のおけない情報に価値は少ないしね。
それよりも人外が確実に吊れる「結果」のほうが遥かに嬉しい>伊織くん」
G・U・M・I 「あ、それはない>水谷」
水瀬伊織 「さすがに…亜美-赤羽根Pで狼2はないかって思ってるから
まあ、そこ徹底的に残すってのが策なんじゃないかしら」
星井美希 「仮に狂人だとしても亜美が残って最終日PPされたらまずいなとは思うの
占いさんがいない今、どれだけミキを信じてくれるかっていうのはもちろんあるけど…」
きつねうどん 「それは指定と受け取っても?>共有」
G・U・M・I 「>赤羽
決めうちというか、亜美狼でこの噛みはちょっと不思議に感じる」
水谷絵理 「亜美さんは、あって狂だし残す感じで」
萩原雪歩 「っていうかですね、きつねさんとこちょむさんはどうあっても残せる位置じゃないですよ、これ。
……後、真ありきで見ていたというなら、昨日きつねうどんさんを占い処理したいと先に言っていたGUMIさんこそ、ですね。」
水谷絵理 「なぜ?>グミさん」
双美亜美 「ん、んー・・・
別に構わないけどそれで亜美の信用上がるってわけでもないし・・・」
相葉夕美 「なるほど、だから疑っているところは残したかったんだ、ありがとっ>GUMIさん」
萩原雪歩 「それはないです。
初手にローラー入れなかった以上、偶数なら放置が良いです。」
四条貴音 「いえ、伊織
亜美の速さでの霊能COは元から狼が霊能宣言するつもりがなければできないと思っています>伊織」
G・U・M・I 「>雪歩
○つり進行になっても痛手ない提案だったんだけどね、先を見ていうのであれば」
水瀬伊織 「結果ねー…私にはなんか吊り数稼ぎたそうに見えたってだけなのよ
まあ、悪かったわね>大神」
萩原雪歩 「○吊りどころかグレランで落とせば良いだけですし。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆小烏GM 投票時間です。
投票は1分半までに。」
4 日目 (1 回目)
こちょむ4 票投票先 →星井美希
きつねうどん0 票投票先 →こちょむ
四条貴音0 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩1 票投票先 →こちょむ
双美亜美0 票投票先 →相葉夕美
星井美希3 票投票先 →こちょむ
大神一郎1 票投票先 →相葉夕美
水谷絵理0 票投票先 →星井美希
赤羽根P0 票投票先 →星井美希
相葉夕美3 票投票先 →大神一郎
水瀬伊織0 票投票先 →こちょむ
G・U・M・I0 票投票先 →相葉夕美
こちょむ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
大神一郎 「OH」
大神一郎 「俺はいったいどうしたら(白目」
大神一郎 「まあいい。あがくだけあがいてみせるさ」
大神一郎 「 」
大神一郎 「 」
大神一郎 「これ吠え稼ぎして何の意味があるんだろうね(白目」
大神一郎 「霊能はおそらく真狂。なら最終日までに持ち込めば、引き分けはいける。」
大神一郎 「ふーむ?」
大神一郎 「まあ○噛むのは違いないんだけどー……ってところかな?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
G・U・M・I は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
G・U・M・Iさんの遺言
  ,.-っ_,.-'"´二二二ヽ、
          /,.'r'":: )=(::::   ): :\
       ,. '" _,.っミ、/ 八 `ヽ_ノ:: rミ):ト、     |
      /   /r,.-'": :ィ: /!:|!: ー-、人_: :|!、   /!
    _/__ノ /: /リ|:/ |/ |/リ リ リ |イ: |!://: `ー'"ノ ,.イ
    |0   /  `|:リ|,.─、    二_`ヽリ:|!| 8!: : : `ー' /
   ,.イ  /  (_ゝ:f了ハ     イfoハャ リ:/8[|: : : : | ̄
 / /|  /     ハ 弋:ソ    ゞ-' /: |: /: : : : / /
/,. イ |  ,'    /: /|!〃 、 __  〃|: :|/: : : : : :し':ノ
  /  | |    /: ∧|!ヽ  ヽ  ソ  ,イ: :|: : : : : : : 彡
 ,'   V   /: : / (ノ`=⊂⊃__ ,. '" ∧: ト、: : :彡'"
/   ノ ̄ ̄|: :/ー──┬┬∧  / |∧:!/ / ̄`ヽ
`ヽ、     |: |      | |/  V   |/ |! |    ';
   `ー──-|:{ ___ V /,.-(○) `ヽ、!/  |    ',
             `/ ' | |/\/ /   | 、   ',
             く   ',    /    ト、ハ   ヽ
              |  / `ヾr' /  |ー-'"  | ヽ   ',
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
星井美希 「おはよーございますなの!
こちょむさんは○だったの!」
萩原雪歩 「>GUMIさん
なぜいきなり○吊り進行を考えるのでしょうか?
どうせ残せない位置なら、占いを浪費する前に吊れば良いだけの話ですし。
それとも、占い真と知っていて最終的に○吊りをさせたかったのですか?

>きつねうどんさん
グレランとローラーで意見のぶれが見えます。
最終的にグレーに投票していますけど
考えを教えて頂いても良いでしょうか?」
きつねうどん 「おはようございます」
双美亜美 「霊能結果CO!!
こちょむんの結果は・・・んー、若干微妙だけど●らしい!」
大神一郎 「>伊織くんへの返答

いや、客観的に見たら明らかに吊り稼ぎっぽかったのは認めるし、
どうやら俺の意見はこの村では少数意見のようだ。俺の認識が間違っていたのだと思う。すまない。」
赤羽根P 「おはよう。」
水谷絵理 「おはようございます?」
相葉夕美 「おはようございますっ
さぁ、今日もがんばりますよ♪」
四条貴音 「こうなると・・・
ちょっとでも残せそうなところを探すか
ようく狼を探すか、ですか・・・。
むぅ・・・悩みますね・・・。」
双美亜美 「おいいいい」
水瀬伊織 「おはようー」
大神一郎 「うん、おはよう 」
水瀬伊織 「ん?」
水谷絵理 「あー、ここでグミさん噛まれるとか安心していい感?」
四条貴音 「・・・えぇ、そこはかとなく、感じていましたが>こちょむ殿狼」
萩原雪歩 「亜美ちゃん視点だと2狼吊れ……」
相葉夕美 「あれ?えっと、また●?」
大神一郎 「おや……亜美くんは●2連打かい? そうなると亜美くん視点ではLW警報か」
赤羽根P 「若干微妙、だけどなぁ・・・うん。メタメタな理由でだけど疑ってた所ではあるし亜美の結果には納得」
四条貴音 「GUMI嬢が噛まれるのですか。
安心はありますね・・・。」
水瀬伊織 「あー…でも、まあ言ってることは
わかんないわけじゃないかな、ぶっちゃけ私もすんごい不安だったわけだし>大神」
水谷絵理 「というわけでLWっぽいね
狐と狼、どっち先に吊るか悩んで負ける感じかもね」
星井美希 「正直こちょむさんはそこまで狼かなぁとは思ってなかった位置なの
…でも、かといってミキとしては最終日に残したり、吊らないまま残しておくのも
また不安要素だったのが事実なの…」
水瀬伊織 「んー、絵理には悪いけど
美希-亜美-赤羽根Pを徹底的に残す
作戦がいいと思ったから、グレに投票させてもらったわ
ここで、美希吊って考えると
亜美にも手をかけないとって感じになりそうだし
ぶっちゃけ、赤羽根Pで囲ってないなら
真狂なんで、まあ、あるなら最終日どこを
赤羽根Pと戦わせるか…ってくらいじゃないかなって
両方残ってりゃ、狼の噛みが歪になるんじゃないかなってね」
双美亜美 「もうLWだよ!ちょっとあれ、こう、投票者吊ってこう!
狐対策全力でいかないとやばい!」
大神一郎 「完灰噛みでGUMIくんか。ふむ、
村ならば噛まれそうなところではあった、というところかな? 
割りと信じてた人が噛まれてくじけそうだけど うん」
きつねうどん 「結局指定かがわからなかったのだ>ゆきほ
とりあえずこちょむへ入れた」
赤羽根P 「あとは狐疑いの所か・・・どうするかな」
水谷絵理 「じゃあもう霊能の2人は真狂と見て残す感じ?
美希さん狐よりも、どこか他のところが狐っぽい?」
相葉夕美 「私としては狼っていうのがちょっと意外。
だって、夜に色々相談できそうだから、もう少し発言稼げそうだから。」
萩原雪歩 「私は霊能はもう両方残して、赤羽根Pも最終日だと思います。」
水瀬伊織 「っていうか、美希視点一人も狼吊れてないわけなんだけど…どうするかなこれ?」
四条貴音 「それにしても、何故GUMI嬢なのでしょうね?
純粋に吊れないところ噛み?」
きつねうどん 「まあ実際最終日まで残していいものではなかったからな」
大神一郎 「霊ロラではなかったようだし、俺は自分の疑い場所に投票させてもらった>絵里くん」
星井美希 「ミキは動物で言えばしいて言えば猫なの
キツネさんでも狼さんでも狂人さんでもない霊能なの」
赤羽根P 「・・・きつねうどんさん、かなぁ。この中だと」
水谷絵理 「伊織さん、さすが
へっぽこ共有をサポートしてくれるとありがたい?>伊織さん」
きつねうどん 「狐探しではないか>グミ噛み」
相葉夕美 「だけど、美希さんは出るのが少し遅かったから、ちょっとうーん、って。」
水瀬伊織 「まあ、真狂なんじゃないの?
美希の出方も亜美の出方も、狐には見えないし、当然狼にも見えない」
水谷絵理 「狐っぽいのは・・・きつねうどんさんと貴音さんを候補に上げてみる感じ?」
四条貴音 「その進行で良いでしょう。
さすがに霊能が両偽はないでしょうしね。>雪歩」
大神一郎 「どうだろう。残しておいても俺は釣りたくなかったかな?>貴音くん
内容がどうあれ、思考と発言が一環している部分は見ていて好ましいしね」
双美亜美 「それもあるし連続でオメガ投票っていうのも大きいかも?>お姫ちん」
水瀬伊織 「はぁ?いや、なんで私がサポートしなきゃなんないのよ
絵理、あんた自分を信じなさいよ!!私は信じてるから>絵理」
四条貴音 「亜美が真であったとしたら狐を探す余裕は狼にあるのかというところですが・・・」
水谷絵理 「まあグレランして頑張るしかないよね
組織票とかもないし」
双美亜美 「き・・・狐だけに?>兄ちゃん」
星井美希 「ミキは2日目にいった通りだよー
占いさんが出そろうまで待ってから霊能COするつもりだったの
亜美の騙りが早かったから慌てた部分はあるよ?」
萩原雪歩 「更に言えば、赤羽根Pまで含めた3人の内に狐はいないと思いますし
そもそも赤羽根Pがもし狐ならそれは狼が考える場所ですよね、という感じですかね>貴音さん」
赤羽根P 「主張の内容で考えてたぶん雪歩は残していい所だし、伊織も発言に問題はない。でもきつねうどんさんはこちょむさん投票者の中で考えるならちょっと確認の色が強く感じたから」
水谷絵理 「とらすとみー、とらすとゆー?>伊織さん」
水瀬伊織 「まあ、昨日指示に従わなかったのはごめんね
私は、そう思ったから…だったのよ…ごめん>絵理」
四条貴音 「しかしそこ以外を考える余裕はない・・・ともいえますか・・・?」
大神一郎 「偶数までに人外を吊りきらなければ、最終日偶数で引き分け処理か。

というか今LW警報なのだから、指定するに限ると思うんだが>絵里くん」
相葉夕美 「私は、それ+意見の強いところ噛みかなって>四条さん」
水谷絵理 「赤羽根Pは○でいいよ、うん>雪歩さん」
赤羽根P 「ギャグじゃなくてちゃんとした理由あるからな?(頭ぽむ)>亜美」
四条貴音 「なるほど、狼を狙い撃ちしたから、ですか>亜美」
水瀬伊織 「みーとぅー?>絵理」
萩原雪歩 「……ちょっと精査は遅れてますけど
投票を見て狼ではなさそうで、でも役目なところ狙う感じですかね。
狩人には期待する展開でもありませんし。」
水谷絵理 「逆に色々見れたからありがたかったかな>伊織さん」
きつねうどん 「これは私が吊れるな
相葉夕美 「あ、>純粋に吊れないところ噛み?
これに対して!」
双美亜美 「あ・・そっか。
さすが兄ちゃん、頭良いね!>兄ちゃん」
星井美希 「まぁ福本さんはミキも真だったのかなって思ってるの
だからプロデューサーさんは疑わないよ」
きつねうどん 「狩人だ
きつねうどんの狩人日記(はあと)

初日 犠牲小鳥GM 護衛不可 吊りポンデ
始まったな何故私が狩人なんだよここはきつねのところだろう…
ポンデ君すまぬ…君のお陰で助かった…

二日目 護衛審査員 犠牲真美 吊りオメガ
ここは唯一の占いを護衛でいいだろう…初日が占いかも知れんが…
共有噛みか…占いはまあ護衛よけだろう

三日目護衛絵里 犠牲審査員 吊りこちょむ
真ならすまぬ…まあ偽で見てたしいいかな?
これで今日からグレラン村か…嫌だな…

四日目護衛絵里 犠牲 吊り
こちょむ君すまぬ…私には吊れる所に投票するしか道がない
とりあえずここまで来たら共有を護衛しかないなうん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
きつねうどん1 票投票先 →四条貴音
四条貴音3 票投票先 →水谷絵理
萩原雪歩1 票投票先 →水瀬伊織
双美亜美0 票投票先 →四条貴音
星井美希0 票投票先 →水瀬伊織
大神一郎0 票投票先 →相葉夕美
水谷絵理1 票投票先 →四条貴音
赤羽根P0 票投票先 →きつねうどん
相葉夕美2 票投票先 →萩原雪歩
水瀬伊織2 票投票先 →相葉夕美
四条貴音 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「◆小烏GM 投票確認お願いします。」
大神一郎 「ふむ、貴音くんが吊れるか。ぶっちゃけ全然見れていなかった」
大神一郎 「これ僕に投票がこないのは、
すっごい狼丸出しだからじゃないのかな?(白目」
大神一郎 「しかも遺言頑張ったのに、僕LWだからプレイ中に晒せないし……!!
どうしてこうなった!」
大神一郎 「騙りに出てオメガくんとこちょむくんに連囲いしていれば、もしくは!」
大神一郎 「まあ、たらればさ。
うん。さてこっからどうしよう」
大神一郎 「今9人。噛んで8人。
そして3吊り。8-6-4.
奇数にすると、9-7-5-3.4吊り。霊ロラされるだろうから、実質2吊りか」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
赤羽根P は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
赤羽根Pさんの遺言 やれるだけはやってみた。後は任せるよ
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
双美亜美 「COすることもないし・・・
●投票位置をまとめようとしたら共有と占われと狩人COだけだったよ・・・」
星井美希 「おはよー
貴音は●だったの」
水谷絵理 「おはようございます?」
きつねうどん 「生きとるがな」
水瀬伊織 「おはよう」
大神一郎 「うん、おはよう。昨日のきつねうどん君の狩人COは驚いたね」
萩原雪歩 「おはようございます。」
水谷絵理 「まさかの○噛み・・・」
双美亜美 「に・・・にいちゃああん!?」
萩原雪歩 「ちなみに護衛はどこですか?」
きつねうどん 「とりあえず改めて狩人CO」
相葉夕美 「おはようございますっ
さぁ、今日もがんばりますよ♪」
水瀬伊織 「ん?きつねうどん残して、赤羽根P噛み??」
水谷絵理 「生きてるって、素晴らしい!>きつねうどんさん」
きつねうどん 「きつねうどんの狩人日記(はあと)

初日 犠牲小鳥GM 護衛不可 吊りポンデ
始まったな何故私が狩人なんだよここはきつねのところだろう…
ポンデ君すまぬ…君のお陰で助かった…

二日目 護衛審査員 犠牲真美 吊りオメガ
ここは唯一の占いを護衛でいいだろう…初日が占いかも知れんが…
共有噛みか…占いはまあ護衛よけだろう

三日目護衛絵里 犠牲審査員 吊りこちょむ
真ならすまぬ…まあ偽で見てたしいいかな?
これで今日からグレラン村か…嫌だな…

四日目護衛絵里 犠牲グミ 吊り四条
こちょむ君すまぬ…私には吊れる所に投票するしか道がない
とりあえずここまで来たら共有を護衛しかないなうん

5日目護衛絵里 犠牲 吊り
まあ死ぬだろうが一応昨日はすまないなこの進行だと噛まれはあっても吊られるのは
許されんから出たとりあえず共有護衛だあとは頼む」
星井美希 「死体無しなの!」
相葉夕美 「ええとええと、狩人さんってことなんだけど
もしよければ占いさんを偽目に見たのはなんでか聞いてもいいかな?>きつねうどんさん」
萩原雪歩 「あるよ……>美希ちゃん」
水谷絵理 「噛まずに吊らせたい系かな?>伊織さん」
きつねうどん 「狼のこの噛みは私を偽にしたくてやったのかな?」
水瀬伊織 「あー、もうプロデューサーのあんたが居なくなったら
私がしたい形にならないじゃないの!!」
大神一郎 「これはもう実際、福本さんが真だったって事でいいのかな。
いやまあもう真確定してもあんまり意味無いんだろうけどね」
相葉夕美 「Pが死んじゃってるよー!>ミキさん」
大神一郎 「美希くん、君、とうとう目までヤられたのかい……!」
双美亜美 「ミキミキェ・・・」
きつねうどん 「単純に1COだったからだな>占い偽目」
水谷絵理 「ふくもっさんが狂だとしたら、美希さんが狼になる?>大神さん」
水瀬伊織 「吊らせるねー…ってもさ
なんか、ここで残すって狼よっぽど余裕あんのかしら的な?
1GJも出させたくないはずだし、噛まない理由ってのがいまいちわかんないというか
まあ、どっちにしろ放置なんだけどね>絵理」
星井美希 「意外だったけどこれは何なのかな
貴音の色を見せたくなくて狙ったらなのかな?

と思ったけど狩人さんのCOみると違うね 絵理噛みかなぁ?狐さんかなぁ」
萩原雪歩 「今日は放置で良いんじゃないかなぁ。
明日も生きてたら考えなきゃだけど。」
大神一郎 「死体無いが起きていたらきつねうどん君が本当に狐だった、ってのは
考えていいんだろうけど、死んでいるのは赤羽根さん。
ならこれはきつねうどん君を偽に仕立てるルートってことなのかな」
双美亜美 「んで、亜美狐目考察もう本当にうどんしかいないんだよね。
・・・信じれるなら信じたいけどさ」
水谷絵理 「美希さんは明日吊るとして・・・
今日は相葉さん吊りでいい?」
水瀬伊織 「あー…もう!!貴音が絵理投票して●とかとんだお笑いぐさよ」
大神一郎 「それは怖いなあ。
でも今更霊ロラとかしないんだろ? なら、このままいこうじゃないか>絵里くん」
相葉夕美 「ええと、一応、霊能さんどちら視点でも狼さん1人吊れてるからえーと」
きつねうどん 「昨日は進行的に私は噛まれこそあっても吊られるのは
不味いと思ったからだ」
相葉夕美 「どうぞー>共有」
萩原雪歩 「その吊りには異論はありません。大神さんとどっちか、って考えていたので。
……決め切れてませんけどね。」
双美亜美 「冒険だなぁ、絵理姉ちゃん。」
星井美希 「ミキ吊ってもいいけど亜美も吊ってね
ミキ視点じゃなくてもお仕事終わってるわけだし」
きつねうどん 「共有の指示に従う」
水谷絵理 「いやいや、6人の日に美希さん吊らないと
4人の最終日に狂が残るんだよ?>大神さん」
水瀬伊織 「ん?ぶっちゃけさ、狼が狩人吊らせに行く理由ってないんじゃないの
って思うのよね?別にそこ狐うどんしんでないからってさ、対抗いないわけだし」
水谷絵理 「残念、吊りはあと3回だ?>美希さん」
大神一郎 「最終日に霊ロラ完遂しろと?>美希くん

全くそれは勘弁願いたいよ」
双美亜美 「ちなみに信用勝負って観点では、亜美が●●連打してそんでどーすんの?
という話なんだよね。」
水瀬伊織 「ん?相葉か…まあ、いっか」
星井美希 「あ、そっか…
じゃあ亜美を吊って欲しいとしか言えないの。」
水谷絵理 「きつねうどん狐に期待してるかも?>伊織さん」
大神一郎 「うん、お仕事完了したら吊られちゃうしね>亜美くん
人外には見えないよ」
萩原雪歩 「4人で狂残りなら別に良いんじゃないかなぁ……
狼COが出るなら引き分けにはなるけども……
まぁ最終日前に終わらせるのが主眼だしね、これ」
水瀬伊織 「大神、雪歩あたりをもっていきたかったし」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆小烏GM 1分半経過 投票確認お願いしますね。」
6 日目 (1 回目)
きつねうどん0 票投票先 →相葉夕美
萩原雪歩1 票投票先 →相葉夕美
双美亜美0 票投票先 →相葉夕美
星井美希0 票投票先 →相葉夕美
大神一郎0 票投票先 →相葉夕美
水谷絵理0 票投票先 →相葉夕美
相葉夕美7 票投票先 →萩原雪歩
水瀬伊織0 票投票先 →相葉夕美
相葉夕美 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
大神一郎 「さて、もちろんきつねうどん噛みますよ? 偽にする? 無理すぎワロスwwwwwwwwwwwww」
「◆小烏GM 投票時間、同じ方が2分半こえています。
お気をつけを。」
大神一郎 「何故、今日俺が狩人ではなく赤羽根くんを噛んだか?
それはだね……」
大神一郎 「発言するネタを増やす為さ!!(デデーン」
大神一郎 「村人はうどんが狩人なら噛まれるだろう、で思考を止める。
だからそれをあえて残す。
そうすることで村のリソースをそちらに引き寄せることができるのだ!!(超理論」
大神一郎 「まあこれで本当にうどんが狐だったら俺泣くんだけどね」
大神一郎 「ま、それはうどんを噛んでから、のお話」
大神一郎
              ∧ト、}\ .,イ  ,.イ
                  N::::}|\ヾ/::|/:::::|/レ'レィ
                  }::::::::|::::::::::::::|:::::::::/::::::::::::|/|,.イィ ,.イ
             ト、::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::|彡'イ/
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   やってやる……やってやるさ!!
                l|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 !|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             l ∨}、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             | {イヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             | |.}ノヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             | -'   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 ',   }.   \ :::::::::::::::::::::::::/
                、 ノ.     \ノ二二ヽ/_
              ヽ、ヽ   , <       ∧
               ゝイ              ∧
                  }-‐ 、二二二  ̄ ̄`.∧
           < ¨  ̄                `丶
         イ `ヽ                     \」
大神一郎
                   ,ィ  ,. ..ィ/ ,.     ,ィ
                 ノ! ,イム.:'"::::::;イ7",. .ィム.:':/ _,.
             ,イ ,イ!i|イ!イ::::::::::::::::::;イ"::::::::::::::::ム':7 ,
            iム|イ!li|!li;!;'i;i;;::: :.:.:: .:.:::.:....::::..::::::'":::::/ィム;"
          、  !il!li|!lil!li|!lil!lil:i;;:.:'i;::;l;..:;ィ;.,ィ.::;;ィ':;ィ:::'::::::::/イ
          ヾ;,i|!lil!li|!lil!li|!li|!lil!lil!l|!l;イ!li|!lil!li|!lil!ムィィ!;'イ::iィ   そう、俺は大神一郎!
             il!li|!lil!li|!f;`ミミト!lil!li|!li|!lil!li|!lil!イ彡イ!lil!:.::イ!
              !lil!li|!lil!l!;;;;;.:.:.:.:.:.`゙ヾ'"'´:´:.:.:.:.:.  'ラlil;:.:::7
            li|!lil!li|!l|;;;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ';!lィ:.::;',
             il!li|!lil!l!;;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヾ!li;ィ:/   帝国歌劇団……いや! アイマス華劇団の、隊長だ!!
               ,!lil!li|!ト;;;;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._;,;_ 'l|!li'´
                fl|!li|!lil!li|!lil!セir、:.:.:.:.:.:,.ィ;'´=..':'':"´` !'´`,
            ヾ!lil!li|!lil!lil!fii|lil!li;.:.:;'´;;-''ー、-`  /'´i, i
             `!li|!lil!li|!;'"´;イ!li|:. :.':;';;;:''`:.:.:.:  ,'、';ィ'/
              `'i|!lil!li|!、イ!li|!i!:. :.:'':.:.:.:.:.:  ;f-'r'´
                  'il!li|!lil!li|!lil!!;;,.. :.:.:.:.:.:.:.:  /ー'´
                  `!lil!li|!lil!ム';;_:.:.:.:.:.:. ,ィ;!
                _|!li|!lil!li|!lミュァ;.`:.:.: / |_
                r'lil!lil!li|!lil!f:´:.:.:.:.: /:,:.  !;;.`;
                 !li`、!li|!iヾ!liー-- イ'.: /;. '´   '、
           ,.ィil`r;i|!li|!r`ヾ!、`:、!li|!lf",. '´  .     f`r、、
      _ ,. ,ィ'"i´|!lil!li|!lil!lil!li|!l`;:::.\`_´'´ ,. ィ,´'´    ,イ ..`,!:.:.`ヽ..、
  ,. ィ'"il!li|!lil!li|!lil!li|!lil!l!;!li|!lil!!lil!;r'ー'--='; i::;.'     ,ィ/ :::::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ. 、
,.ィil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!!::!lil!l:':`、ト;;;.:.:.: :.:.;!、´   ,.イ::' :::/:.::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!` ヽ 、
|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil、::!li!::;.イ!lil;;._:_:::;イ!liヽ、 /::  /:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::.!:::::.   `ヽ、
li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!、:'!'::::::`ラ':.: :`f":;. .ァ`、/ /:.:::::::::.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:|:::::    :.  `;、
!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!li;:::::::;イ;':.:. :;;;!!´'´:::::::: .::;':.::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.i::::    .::::. ,. ' i
i|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!li;::/;;;':.:.:. ;;;;;;|::::::::::..::::/:.:::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;!:::   :::;/.   !
lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li|!lil!li;';;;;;:.:.:.:.;;;;;;;;|:::::::::::::/:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;!:::   ,.イ':::::::::.   !」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
きつねうどん は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
相葉夕美さんの遺言         -―…―-:
      .: ´: : : : : : : : : : : `丶、
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : \
   . : : : /: : : : : : : ハ: : : : : : : : : :',
   /: : : /: : : : : : : :i i: : : : : : '.: : : i
  ,': : : ,′: : :i!: : i: }  ':、: : : : ‘,: : :.
.  i: : : :i: : : : :j!: : : : !  ゝ: :、: : : i: : :i
  {: : : :,ィ: : /¨`メ:/!/  -‐弋:! : ::}: : :i
  |:!: : 刈y´ィfX     ィ 灯ゞ: : :!ヾ: :}
  !ハ: : : : :{ ヒⅥ       ヒツ ゞ:! .}:リ
  { ‘,: : :ト、   ,       !_, :':/
    ',: :゜   ___ __      !: :ヘ!
     ヾ: ト、  ヾこ::::ノ   ,ィ:.'从/
      ヽ!  > 、__  /  {:个、____ ,..
    ァ―‐/ _ァ}         | i      ‘,
   / ,  /   /;       ; } ‘,        }
   {   /   | ; ー、  /  : j   ', '´    |
   | ./    { .i      ,.'/   ∨     |
   ! 厶个 、 | i      ,//\ y´     i
   ヾ   } ヾ! :     ,'{.    \!.,      |
    〉  !  ト、'.__,.;_.,,!_ィ}__ .,,,.{     {
    ', √⌒7:゚¨ヾ, : : :i : 辷___。..,,斗  /  弋     USAフェスやってる人は一緒にがんばろーっ!おーっ!
     ‘, {`¨¨´弋: : :ヾo,': : ヾ    } , '゛    }
     ヾ \   〉: : : :゜: : : : 〉___/|       〈
       !  \ ̄\ : : : : : :/` .:´ i       }
       \  \___\___._/_    /|¨‐-―-斗丶、
        ヾi      ̄7〈_{~\/: : ヒ_   _]: : :\
         ゛tー―‐"/   i{  }: : : : i ̄ ̄ :!: : : : : : : :、
         ヾー-‐ / ___j|  |: : : : |    i: : : : : : : : : ',
          ヽ  !/ i: :乂 |: : : : |    i!: : : : : : : : : :‘,
           ‘,    i: : : ヾ!: : : : i    l: : : : : : : : : : : :i
             !    i!: : : : : : : : j    _ !: : : : : : : : : : : :':、
            i:;i   i: : : : : : : : {"゚ ̄¨゚}: : : : : : : : : : : : :ヽ
           .,イ: ;i   i: : : : : : : : 匚__,..コ: : : : : : : : : : : : : : }
         _/: : : :!__.i: : : : : : : : i   {: : : : : : : : : : : : : : i;、
       ,r´: :i : : : : i{三=彡: : : : : : |    ',: : : : : : : : : : : : : : ヽ、
        \: : : : : : }辷_彡゚ヽ: : : : :{      \: : : : : : : : : : : : /
         ヾ:、: : : : |    \: : :!、 ; ;{ 〈`ヽ': : : :_:_:_: : : :/
          i \:_: :j    rー:ヽ'、!ヾ冫ゝ': : : : : :_: : 、,: '
           |    / ; i iヽ i i ̄"´i‐―゛ ̄ ̄ ̄ i ̄´
           |   /ィ / j ハ} !   |        |
きつねうどんさんの遺言
          ,.ィ'" ̄;.;.`ヽ、
         /;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヘ
         ,イ;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.「 ̄ `' ー-.、.
       / ル,;.;.;.,.r‐--、;.;r、;.:L_      ヽ、
        |  L_`"'、 __,.、 l;llヘ!;f'  ,      ',
       ∧ ヾ=,!´ー≡″L/   !         '、
      ,'    ヽl   __ j /ヘ   i!       ,  ',
      ,'     i!`く-‐' ,イ   ,./i l      /   ',
     i  !   iヘ  ̄ヾ レ'"´  l`ー    ト、   i
     !  l    l `ヽ、 ',、    l      l ヾ l
     !  ヽ  /     ̄ヘ\___!      l   l
     ,'   _,./        `>-、_」    l  l   lヽ
    i /  /       ,,. ''´  ヽ!   l  l     i
    !     ',     ,. '´      i!   l  !     l
     ! l    l   /;, .       l     l     l l⌒ヽ.
     l l    !  /;, , . ,      /     i !     l !   l
    l l    !  /;:. ;:.        /     /      /  ノ
    l    l /;,. .        /      /      l ム/´
    ',   l /         ,ィ′ /  /; .;, .    //
     !=-  !|     _ _,.//  /  /; ..; .    //
    /   ヘヾ、   ,. '  /     /;. ,  .    //
    /    、'、`ー─'_,. -'´   /;. , ;;. .    //
    //! i^! !i ト-,.ィ´7     /|       /,ノ′
   U ! l l l ', l  }イ/ / / ,.-'´ ヾヽ    //
     U U U   /ノノ_/     `ー─'″
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
星井美希 「おはよーなの
相葉さんは○だったよ」
水谷絵理 「おはようございます?」
水瀬伊織 「おはようー」
双美亜美 「おっはよー!
ニート役職と化した双子妹!」
水瀬伊織 「大神一郎(31)

「死体無いが起きていたらきつねうどん君が本当に狐だった、ってのは
考えていいんだろうけど、死んでいるのは赤羽根さん。
ならこれはきつねうどん君を偽に仕立てるルートってことなのかな」
んー?ごめん、やっぱりここで、きつねうどん偽に持ってきたそうな
発言が、どうにもこの噛みしてる狼に見えて来てるんだけど…」
萩原雪歩 「>伊織ちゃん
一応私疑いの理由聞いても良いかな?

で、発言見直すと大神さんは非狐っぽくて
伊織ちゃんはすごく非狼に見える感じ。」
水谷絵理 「うん、普通にきつねうどんさん噛まれたね」
大神一郎 「うん、おはよう。

>絵里くん
おっと、僕はてっきり霊能2人残して、狼をそれまでに吊ってしまおう、という
ルートだと思っていたよ。すまない」
水瀬伊織 「また、妙な噛み方してるわね」
水瀬伊織 「んで、雪歩を見ると
萩原雪歩(52)

「4人で狂残りなら別に良いんじゃないかなぁ……
狼COが出るなら引き分けにはなるけども……
まぁ最終日前に終わらせるのが主眼だしね、これ」
って言ってんのが、まあ、村目なんじゃないかなって感じ?

大神と相対して見ると、村目でみるなら雪歩>大神だと思ってるわ」
星井美希 「うーん…残り2Wだからまずいと思うの
きつねさんは噛まれ真ってやつでいいのかな?」
水谷絵理 「じゃあ 伊織さん、雪歩さん、大神さんの3人が
熱い火花を散らす最終日に行きまっしょい」
水瀬伊織 「ん?雪歩疑ってないわよ??」
双美亜美 「(すごいほっとした系亜美)>死体」
大神一郎 「そう言われてもなあ、すまない。
思った事を言ってみたまでさ>伊織くん

僕自身はきつねうどん君はぶっちゃけ放置の位置だったしね。
そもそも噛まれてると思っていたし」
萩原雪歩 「あれ……?
◇水瀬伊織(53)  「大神、雪歩あたりをもっていきたかったし」
この発言が気になってたのに……w」
水谷絵理 「狐っぽいとこを削って、勝ちにいける形にしてみたんだけど
ダメだった?>大神さん」
大神一郎 「それはつまり美希くん吊りか。了解した>GM殿」
水瀬伊織 「もし、最終日あんなら
雪歩と大神を残しておきたいってだけ>雪歩」
星井美希 「あふっ!?」
大神一郎 「ていうかいつから一人称が僕になっていたのか。俺は俺だ。
アイマス華劇団の隊長だー!」
水谷絵理 「うん、だいたい私も伊織さんと同意見?
大神さんと雪歩さんを最終日に持って行けばいいなって思ってたよ」
星井美希 「うーん。ミキ吊ってる暇はないと思うんだけど」
水瀬伊織 「あれよ、きつねうどんが怪しかろうと
徹底的に残すっていえば、狼噛んでくれるんじゃない的な
ぶっちゃけ、狼があっこでCOするとは思ってなかったってもあるし>大神」
萩原雪歩 「私は大神さんを吊っての最終日を希望する感じかな。
グレーにいるなら大神産だけだと思う。
明日は霊能も含めて考えたいから。」
星井美希 「まずはデコちゃんから吊って欲しいって思うかな
見えてるところが防げてないって凄くヘンな感じ」
大神一郎 「とりあえず俺としてはだね?

今日きつねうどん君が噛まれて、すなわちこれ俺のハーレム状態だから
もう色々と満足なんだよね結構」
水谷絵理 「最終日のために、男根・・・じゃない
ダンカン・・・じゃない、弾丸を用意しておいてね>伊織さん、雪歩さん、大神さん」
双美亜美 「ミキミキ吊りは多分狂人吊るだけって感じだから思い切って灰いきたいのが亜美(キリッ」
星井美希 「でも雪歩はミキの物なの!」
水瀬伊織 「防げてない?なんかよくわかんないわね>美希」
大神一郎 「なに……!? 俺のモノを!?>絵里くん

まて! 俺はこれまででもそんなことはした覚えはない!」
萩原雪歩 「っていうよりは伊織ちゃんがあまりにも狼に見えないので
大神さんを今日残す意味が……」
水谷絵理 「美希さん真なら2残りってことだよね?
でも、もう戻れない?>美希さん」
星井美希 「PP防ぎたいと混ざったの…ごめんね…>デコちゃん」
水瀬伊織 「ダンカン?ああ、あれでしょ
タンカンとかだっけ、柑橘類の?」
水谷絵理 「灰行きたい系?>亜美さん、雪歩さん」
大神一郎 「おや、随分疑われているね>雪歩くん

綺麗な女性に疑われるのもまた格別といったところかな、うん」
萩原雪歩 「4人で引き分け処理はあったとしても
PPはありえませんよぅ……」
星井美希 「とにかく落ち着くの。おにぎり食べて落ち着こう?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
萩原雪歩0 票投票先 →大神一郎
双美亜美1 票投票先 →大神一郎
星井美希3 票投票先 →双美亜美
大神一郎2 票投票先 →星井美希
水谷絵理0 票投票先 →星井美希
水瀬伊織0 票投票先 →星井美希
星井美希 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
大神一郎 「さあやってまいりますた!!」
大神一郎 「おいwwwww 遺言かえてねえじゃねえかwwwww>うどん」
大神一郎 「さて、弾丸、弾丸かー。ぶっちゃけ狼視点からの弾丸って、
それっていちゃもんだよね」
大神一郎 「伊織ー雪歩チームは強固だよなー。ぶっちゃけ。
ていうか見た目からして俺じゃまもんだしね?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双美亜美 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星井美希さんの遺言
         \       /   _/_
           |  |    /     /  i ヽ  ⌒ヽ
         | ̄| ̄|\  / \_,ノ   | ̄|\     `ー‐' ̄``ー ~ ~
          ̄             ̄
  _|_ヽ _|_i_  __|_  \    _/_   _|_  |   i _/_   /  ̄/ ̄|
  _|_   |  !  〉 ┌┤   _|  |   / _i ヽ   |    |   |  / _i ヽ |  /   |
.  |_|  〉  |     └┤   ,|_| ̄|\  |_|\  |___  └  」  .|_|\ L_/   /
                                ヽ | /
                                 ○
                                 (    r、r、 _ ミヽ
                            ,-'フ ̄  )  ._ } } ノ )┐
               ___         { 〈 -‐"⌒ヽ、 `ヽ ヽ   ノ
            / ̄      ̄`ヽ 、__,, -''"       ヽゞ {__  ノ
          /             /      八    ヘ  | |
.         /              ,i    ハ_/ ヽ ∟__ i .ノ /
         /               ノ_  |几i   Vヽハ-ゝ./
       /  /     |     / ノ 厂J '´ ̄   `ヽ|」/
    __ノ          |     /  ̄フ_lゑ ____匸Z_从   ┼_   ゝ   ヽ
  /─'"⌒ ̄`ー- 、__  __ノ   イ i i iヽ/ x  )    `,^   (又 ) / 、_)ヽ つ
  〉──‐'⌒ ̄ ̄`ー-─ =ー-、_∠⊥─┴ゝ─-─-─‐┴-─- 、
  ゝ                                     _)
    ̄¨¨`ー-──-─-─-─-─-─-─-─-─-──‐'''''''""" ̄
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
水瀬伊織 「おはよう…」
大神一郎 「うん、おはよう。」
水谷絵理 「おはようございます?」
萩原雪歩 「おはよう、美希ちゃんは破綻したわけだね」
大神一郎 「おはよう。ざっと雪歩くん、伊織くんの発言を洗っては
みたが、どうも俺にはこう、ビビっとくる発言がなかったようだ。
なので途中で見つけた副産物……投票を理由にちょっと質問したい。」
水谷絵理 「うん、亜美さんのほうだよね
噛まれるのは」
水瀬伊織 「まあ、今日が着てる時点で、亜美真よね」
水瀬伊織 「まあ、私の意見は変わんないわね
昨日言ったのがすべて」
水谷絵理 「最終日の形にこだわりすぎて、融通が利かなくてゴメンね
それじゃ3人で思う存分、叩き合ってね」
大神一郎 「質問はひとつだ。

こちょむ君について。彼女を吊った日の投票理由、教えてくれないかな?」
萩原雪歩 「ちなみに大神さん吊りを昨日おした理由は
伊織ちゃんが狼に見えなかったため、この残り方になるとほぼ大神さんを疑う形になってしまうからだね。
……もし大神さん吊って終わってなかったら考えたかった部分だったの。」
水瀬伊織 「この形になってるなら、
大神>雪歩で狼だと思ってる」
大神一郎 「まあ亜美君噛みはまさかの偽警戒もあるだろうしね。噛まれるのは
当然そこだよね。」
水瀬伊織 「ん?あっこ残っても戦えるか不安だし、もし赤羽根Pが狼だった場合
戦うにはそれなりの人じゃないと無理って判断したわけよ
こちょむには申し訳ないけど>大神」
萩原雪歩 「ん?投票理由って残したくなかったからですよ。
かつ、霊能は偶数である限りは残しで良いと思ってましたし。>大神さん」
大神一郎 「いかん、この女性陣に勝てる気がしない。助けて絵里くん!
そっちも女性だけど!」
水谷絵理 「うん、その意見はすごくよくわかる
そこ吊って終わらなかったらで動くほうがよかったね
引き分け確保できてたわけだし>雪歩さん」
萩原雪歩 「で、亜美ちゃんが真霊能で確定した時点で
伊織ちゃんはそのこちょむさん吊りの日にこちょむさんに投票してるんだよね。
もし伊織ちゃんが狼なら、それこそ相葉さんに投票してると思うんだ」
水瀬伊織 「ぶっちゃけていうと、きつねうどんの扱いが
どーにもって感じなのよね」
大神一郎 「なるほど。やはりそうくるよね。
でも、そうだとしたらその投票理由は、初日、二日目にこなきゃおかしいはずなんだ>2人とも」
水瀬伊織 「雪歩と大神で見比べたらね」
水谷絵理 「うん、この形にしたってことは・・・
大神さんをLW想定で動いてたわけだから
昨日吊りが正解だったんだね>大神さん」
萩原雪歩 「……あはは、あれはほんとに、GUMIさんと狩人COなかったら
私は吊っちゃってたと思う……w」
萩原雪歩 「>きつねうどんさんについて」
水瀬伊織 「ん?占い生きてんじゃない?
占わせればいいかって思ったけど?」
水瀬伊織 「でも、その占いがもう居ないってなら話は別…ってだけよ?>大神」
大神一郎 「ていうか俺は2人を相手どってどっちを吊るのかも決まってないんだがどうしよう絵里くん」
萩原雪歩 「……まぁ、メタなので自重してましたけど。
初心者なのわかってたので初日は流石に躊躇しただけの話ですね。>初手外し」
水谷絵理 「きつねうどんさんは吊り位置想定だったかな、私も>雪歩さん」
大神一郎 「どっちも人外には見えない……だからこじつけっぽいのを
探してきたのに! どうしたらいい……!? 」
大神一郎 「あ、うん。そう言われると納得できる>雪歩くん」
水谷絵理 「大神さんが村だったら、負ける未来しか見えないから
昨日吊らなくて本当にごめんなさい>大神さん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
萩原雪歩0 票投票先 →大神一郎
大神一郎3 票投票先 →水瀬伊織
水谷絵理0 票投票先 →大神一郎
水瀬伊織1 票投票先 →大神一郎
大神一郎 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
大神一郎さんの遺言
          }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ィ´:::::::/
          ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ/
          |::::::::::::::::::::::::ィ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
          |:::::::::::::::::::::::リ  ``ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          |::::::::::::::::::::::ミ      ``ヾ、,,:::,,ィ::ィイ-:::::/     勇気と正義を愛する心がある限り!
          .⌒ヽ:::::::::>'"               }:/
         Y/ ハ Yイ - 、__              i/       例え吊られても負けはしない!
            l Y ノ   ─‐ァミy、             l
         ヽヽヘ    ヽヾ=<ヘ\::l,,   ,..ィニ=-./        そう! それがアイマス華劇団だ!
        __人_          '"´ /ゞ='ノ´/
     r'"´__,,r/  l                /           (檄帝、イントロスタート)
     |、 ヘ:::|.ヽ  ヽ          {    /        __, -、
 ..__/`ヽ|::ヽ ヽ、 \  ヽ    ,ィ=-.___ イ   ..イ          /    `ヽ、
/ ヘ ∨::::::::\ ヽ  \ \.  (   /  ∠、ヽ       / / -、 __  /`ヽ、
 ) Y .ヽ::::::::::::::ヽ、.>、 .)` ヽ  .== ' ∠/:::::::) 〉、__  / {´    /``ヽ、_::::::}
イ  ノ ヽ ヽ:::::::::::::::::`ヽ 〉   `ニニ ´  Y:r'">'ヘ ヘ`ヽ ゝ-l,、--、、_/__:::::::::Y::|
イ    \ \::::::::::::::/ /    {、   Y  / /:::}  } ゝ、  .{_    /::::::::::::::::::::::イ
       ヽ ヽ::::::〈 〈    { l   .} / /:::/ / `ヽ、__/´ ̄``─、_:::::::::::::::/ }
        ヽ  ヽ:::ヽ ヽ   Y   ./ /:::/ /     ヽ、__ Y::::::::::::::::::::/ /
        __  ヽ  〉:::\\  .}   .|. 〉:::|  }        <-=::::::::::/ ./|
       (__)) / ./:::::::::::} }  i    ヘ ヽ::\ ヽ Yハ     /`::::::::::::::|__.ノ:/〉


                 ,,-―ー-、       
                /   ,r,   ゙、       
              _,,. '^ 、     i     
             (;;__,..)    i、       ………アイマス華劇団?
                ノ ヾ、__ノ/ !    
            _,,..‐'"´、、 〉フ ∨/     
           / `´ ^ ヽ`ヽ、〈i/`ヽ、   
            / {      }   ∨レ^ハ \     (大神)>あ、一応、アイマス村なので。
            ハ       / ‐- 、∨ミ {   }  
         /  ヽ_  _,,.ィ     ヽ-‐-、 /  
           { .、 } X  ハ      |    Y   
         ∨ヘノ {   / \、  ノ`、   ノ   なにお前、メインキャラ食い尽くしたんでアイドルにも手ぇ伸ばすの?
            〉,、ノ   / >‐、`T´ i }/    
         i { 个、 八 ヘ`ヽヽ´  ノ {     
         ノヘ   Y ヾ \丶<   レ       (大神)>そ、そんな事は……!!
        /i  i   !、\,..ゝ   } -く!ノ     
          i i  ハ / 〉^     ',  hl      
          | し // / }´⌒ ヽ 、ノ、 `}       言っておくけど、紅蘭ちゃんとロベリアたんは俺の嫁な
          |`′ /_ノ/ ̄ ̄``ヽミ  } }     
          | ∨> /       ',ヽ、}        (大神)>…………じゃあ俺は亜美ちゃんか真美ちゃんあたりで
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
ゲーム終了:2012/11/19 (Mon) 00:10:09
G・U・M・I 「お疲れ様」
水瀬伊織 「お疲れ様」
小烏GM 「これは仕方ないですかね。」
星井美希 「それはボーガンなの!」
水谷絵理 「うん、なるほどね
おつかれさま?」
萩原雪歩 「狐ありありだったけど、無理。」
大神一郎 「なん……だと……!?>いおりん狐」
福本豊D審査員 「お疲れさん」
小烏GM 「お疲れ様でした。」
水瀬伊織 「ふー…ごめんね、二人共>絵理・雪歩」
ポン・デ・ライオン 「お疲れ様だのー」
双海真美 「おつー」
四条貴音 「中身は大阪の者ですので>美希」
G・U・M・I 「普通に水瀬伊織が1枚上手だったかなーぐらい」
四条貴音 「お疲れ様でした」
オメガ11 「《お疲れ様だ!不甲斐ないパイロットですまない!>狼陣営》」
水谷絵理 「伊織さん狐なら勝たせる進行をとったわけだから、うん>GM」
赤羽根P 「ん、お疲れ様」
双海真美 「いおりんは狐勝利おめでと→」
星井美希 「あ。終わってたみたいだね
お疲れ様なの!
ごめんねー狼さん達、あまり活躍できなかったみたいで。」
G・U・M・I 「村側は四条吊りはちょっともったいなかったかなぁという程度だなー」
きつねうどん 「お疲れさま狐はおめでとうだ」
四条貴音 「伊織が上手でしたね。
わたくしも信用してしまいました。」
大神一郎 「まあこの狐さんになら騙されようが何されようが恍惚モノだよね。
お疲れ様!」
水瀬伊織 「ありがとう、真美」
双美亜美 「ぐぬぬ、やられたー!お疲れ様!」
星井美希 「あ、流石なの>貴音」
萩原雪歩 「四条さんよりは伊織ちゃん吊りたかったからねぇ、私。」
ポン・デ・ライオン 「伊織はおめでとうだのー
いい位置に潜り込んでるからの、おめでとおめでと」
オメガ11 「《全潜伏提案した俺がOUTなので>美希》」
大神一郎 「いやあ、久々にハッスルできたよ>オメガくん」
水谷絵理 「私が貴音さんを狐候補に見てたわけだから、仕方ないかな>グミさん」
四条貴音 「美希は充分な仕事はしたと思いますね。
ひき潰すかどうかの物議を醸し出しただけでも、村のリソースを奪ってますゆえに。」
きつねうどん 「いやしかし私綱渡りでギリギリだったな
はっはっは」
オメガ11 「《霊界逝って驚愕した>大神鴨氏》」
水瀬伊織 「かなり、危なかったわけよね…
こう、大神落っことせなくて失敗した感が>雪歩」
大神一郎 「いや、その潜伏案に乗った上で、しかもLWになって最後まで
勝ちきれなかった俺の責任だ。やはり最終日は怖い うん>オメガ」
小烏GM 「本日の日曜765ミステリー、狐の勝利と相成りました。おめでとうございます。
四条劇場は現在、金曜日以外は毎日22時より定期公演を行なっておりますので、なにとぞ、よろしくお願い致します。

本日のご出演、ありがとうございました!
双海真美 「んっふっふー1-2のグレランはそれなりに
ありだね。という感じ。結果は負け?気にしない」
星井美希 「初日に狼さんがどっちを騙ってくるか少し気になってはいたの>オメガさん」
G・U・M・I 「>水谷さん
今回のケースだと初日のグレランでかなりの情報湧き出てたのと、3日目の
票遷移見ると四条の役持ちって状況的に薄かったかもぐらいだなぁ」
オメガ11 「《実はここだけの話、霊ロラしない辺り真美の中身透け……(インカミーンミッソーミッソー!》」
双海真美 「であであー」
星井美希 「小鳥もお疲れ様ー。」
福本豊D審査員 「大神隊長はロックオンのされっぷりがすごかったね」
ポン・デ・ライオン 「それじゃ名無しのライオンは落ちるかのー
ではでは、GMは村だて感謝さらだばー
役持ちはお疲れ様だの、狐はおめでとだの」
大神一郎 「うん。ありがたいありがたい>美希くん」
G・U・M・I 「>マミ
展開によるけどこのケースは問題なかったかなぁ」
萩原雪歩 「四条さん吊った時点で村決め打ちするなら一位が伊織ちゃんだったからね。
そこを軸に考えて行く形になったかな、って。>伊織ちゃん」
星井美希 「真美もお疲れ様なのー」
水谷絵理 「伊織さん吊るつもりないよって
はっきり言ってたら噛んでくれてたかな?」
大神一郎 「どうにも、発言がノらなかったね。
多分RPのせい(白目>福本さん」
小烏GM 「ふむさて。
こちょむさん、実際の流れはこんな感じですね。
時間が短いので大変だったでしょうが、楽しんでいただけましたか?」
G・U・M・I 「>水谷
噛む日がなくなってた」
きつねうどん 「狩人は苦手なんだよまったく…」
双美亜美 「前回のRPみてたらわかる(キリッ>大神鴨」
双海真美 「普段は真ー真狼がこわいから>GUMI
でも亜美○っていうのがあったらいいや的なサムシング」
オメガ11 「《PHP先生。支援で入ったときは素村が欲しいです》」
水谷絵理 「流れ的に、大神さんLWの進行でいいよね
って思ってたから>ふくもっさん」
水瀬伊織 「亜美から、こちょむ投票から吊ろうって言われたときは、ドキッとしたのよね…
心臓に悪いわ…」
G・U・M・I 「>真美
それが一番よねー
正直占い死ぬならミキだけ吊ればいいーになるし」
四条貴音 「わたくしもこの形ならば霊ろらしませんが>オメガ殿」
双海真美 「ただこの形の問題点は○だされたほうが
どうしても信用されやすいとか」
オメガ11 「《え>お姫ちん》」
大神一郎 「すまないね、こちょむくん。
十分なサポートができなかった>こちょむくん」
星井美希 「そうだよね、正直ミキもデコちゃんよりは雪歩が仲間かなって
願望交じりで思ってたの。大神さんとは正直思ってなかったけどダジャレなの?」
萩原雪歩 「私が共有でも霊能ローラーしてなかったと思います。」
G・U・M・I 「んー今回○出された、というよりオメガ●の結果が強すぎたかなぁとおもう」
オメガ11 「《あーなるほど。把握
おkおk》」
双海真美 「そこら辺はある、今回真だったからいいけど」
赤羽根P 「流石だな、伊織。すっかり負けた。伊織狐とは思わなかったし」
水瀬伊織 「んー…最終日手前で、私か雪歩と一騎打ちを大神が望めば
噛まれはあったかも?ってくらいかしら」
水谷絵理 「赤羽根P噛みのとこ、伊織さん噛みくるかな?って思ってたけど
想定が違ったね>グミさん」
双海真美 「というわけでおつだよ→
亜美が裏切るわけない(きりっ」
大神一郎 「実際霊ロラだひゃほーと思っていたらグレランでしたの巻。
まずそこから噛み合わなかったね、うん」
水瀬伊織 「あら?ありがとう、それじゃこんどやよいとの仕事増やしてね>赤羽根P」
G・U・M・I 「>水谷さん
結構そういうのがあるからねー。
吊らない、と思うよりは可能性レベルで見ておいたほうが視野はやっぱ
広くなるなーとも思う」
星井美希 「あ。こちょむさんは初心者さんだったの…
何だか悪いことしちゃったの…ごめんね」
四条貴音 「こちょむ殿はお疲れ様です。
どうでしたか、こちらの人狼は」
オメガ11 「《同じく>大神少尉》」
きつねうどん 「生前占い1COとか占い初日の騙りに決まってんだろJK!

死後なん…だと…?」
大神一郎 「そのほうがいいかなーと思った時もありました>いおりん

だっていおりんと雪歩がもうがっちり手ぇ組んでるんだものー」
水瀬伊織 「んー、こちょむさんそういえば、初心者だったのよね
ごめんね…勝負とはいえ…ね」
オメガ11 「《四条は明日初心者村だな。そういえば》」
水谷絵理 「私はロラってから考えたい派だから、途中でどうしようか悩んだかな
でも亜美さん真が強い形だったから助かった感>雪歩さん」
G・U・M・I 「>きつねうどんさん
霊界でもいったけど基本は5日目ぐらいまでは占い護衛でいいよ!」
星井美希 「うん、ミキも占い自信なかったから
道連れのつもりで霊能を選んで2日目を迎えてたの」
双美亜美 「個人的には兄ちゃんと思考回路が一緒すぎて発言することがなくなったぜ(きりり」
赤羽根P 「わかった。
あ、あとこの前のやよいと二人で出したミニアルバム、結構売れ行きいいぞ。
このままいくと正式にユニット組んでも充分やれると思う」
大神一郎 「だよねー>オメガくん」
水瀬伊織 「それをやられると、割りと参ったわよ…噛まれて死体なしなら、大神より
わたしか雪歩吊りになるだろうし>大神」
星井美希 「何か仲よくていいなーっておもうの>伊織と雪歩
ミキも入れてほしかったけど♪」
赤羽根P 「・・・えーと、俺亜美の喋る事大体とっちゃってた?」
きつねうどん 「だって偽で見てたんだもん…>グミ
ごめんなさい」
水谷絵理 「こちょむさんは、思ったことをどんどん発言してくとこから、かな?
エロいことでも、なんでもいいし」
萩原雪歩 「なるよねぇ……
っていうか確実に私か伊織ちゃんのどっちかが吊れるよ……w>死体なし出たら」
大神一郎 「あそこで俺に時間を与えてくれた1吊りは大きかったさ>美希くん

問題はそれを俺が活かせなかったって事だね。いやあ、面目ない」
水谷絵理 「というわけで、私が共有だと狐が勝つ伝説
またクリアしちゃったね」
G・U・M・I 「>きつねうどんさん
謝ることじゃないし、ミスというレベルかというとどっちでもないからね
噛まれたから真に見れた、というのもあるし。
ただ一人の判断で真きるんじゃなく村全体のことも~ってかんじかな」
水瀬伊織 「本当ー!?やったわ!!ちょっと、帰ってやよいに電話してく…
Σは!?べ、別に私とやよいが組めば当然よ!!>赤羽根P」
G・U・M・I 「>水谷さん
今回単純に狐が強かったのもあるから仕方ない気も」
大神一郎 「やっぱり俺に票があまりこなかったのは、
狼っぽいからだよねえ>伊織くん」
四条貴音 「正直GUMI嬢がほとんどわたくしの言いたいことを言ってくださっていたので本当に困りましたね」
水瀬伊織 「そうなのよねー…だから
狼が灰3勝負を望んでくれて、助かったー的な>雪歩」
G・U・M・I 「じ、じんろう初心者だしグミちゃん・・・」
萩原雪歩 「伊織ちゃんと仲良かったというよりは……
伊織ちゃんが狼に見えなすぎたね。
大神さんは狐には全く見えなかったんだけども。」
水谷絵理 「死体ナシ出たら、伊織さんが吊り筆頭になるけど
きつねうどんさん生きてるときに死体ナシ出たら、
きつねうどん吊りか、ひょっとしたら美希さん吊りになってたかな」
双美亜美 「双子は同陣営(キリッ>真美」
きつねうどん 「村全体か…なるほどそこら辺も考えないとか…」
赤羽根P 「ははっ、よかったな。(頭ぽむ)
俺も精一杯フォローするから、これからも3人で頑張っていこう!>伊織」
G・U・M・I 「>水谷さん
狐噛みなら保証になるから今回だとミキ吊りかなーとも思うその場合だと
その翌日に指定でCOきくか、狩人出すかかな」
水瀬伊織 「あー、でも私は途中まで大神村もある?だったわ
ただ、やっぱりきつねうどんに対しての意見が、噛みと一致した
ってのが、捉えたきっかけだったし>大神」
赤羽根P 「ダイーン・・・(ぼそっ)>GUMI」
水谷絵理 「で、私も伊織さん狐ならいいやって進行にしたわけだし、ね
伊織さんと考え方が似てたから、残したかった感>グミさん」
G・U・M・I 「>赤羽根
ちょっと誰かわかりませんね・・・・」
星井美希 「そうだねー、ミキも狐さんはどこかで吊れたのかなって思ってたし…>雪歩

一緒の陣営っていいよねー>亜美」
水瀬伊織 「狼をつる進行になれば、もう私は吊れない…ってことね」
オメガ11 「《オメガ11何もしていない。いやホント申し訳ないです》」
G・U・M・I 「>水谷さん
だいたいのことは把握したし、納得したよ。
共有が想定もっての結果なら納得だし仕方ないからぬー」
大神一郎 「あー、そこかー。
俺の思考は夜のひとりごと見てもらえたら分かると思うんだけど、
噛みの情報をやっぱり取り切らないといけないね、発言に。
ああ、もう、難しいねえ うん>伊織くん」
きつねうどん 「COしなくても生き残れるようになりたいな…」
水谷絵理 「そういえば
遺言エロ替え歌、披露できなかった・・・」
水瀬伊織 「ふ、ふん、わたしとやよいのコンビにプロデューサーも入れてあげないことも
ないわよ…まあ、頑張りましょう>赤羽根P」
G・U・M・I 「それにたぶん下界いたら四条吊りの日に大神と相葉吊り提案してただろうし・・・(震え声」
水瀬伊織 「ということで、私はこのへんで失礼するわね
同村のみんな、お疲れ様
それじゃ、また会いましょうね」
星井美希 「遺言が間に合わなかったんだね…>絵理」
きつねうどん 「だって皆凄い勢いで殴りかかってくるんだものwww」
四条貴音 「COしなくても生き残れるのは最後の2人か3人となってしまいますよ>きつねうどん殿」
大神一郎 「多分鴨RPなら勝ってた(キリッ>雪歩くん」
星井美希 「はーい、デコちゃんお疲れ様なの!」
大神一郎 「ログ終わりに出てるけど、とりあえず遺言供養だ……!

          }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ィ´:::::::/
          ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ/
          |::::::::::::::::::::::::ィ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
          |:::::::::::::::::::::::リ  ``ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          |::::::::::::::::::::::ミ      ``ヾ、,,:::,,ィ::ィイ-:::::/     勇気と正義を愛する心がある限り!
          .⌒ヽ:::::::::>'"               }:/
         Y/ ハ Yイ - 、__              i/       例え吊られても負けはしない!
            l Y ノ   ─‐ァミy、             l
         ヽヽヘ    ヽヾ=<ヘ\::l,,   ,..ィニ=-./        そう! それがアイマス華劇団だ!
        __人_          '"´ /ゞ='ノ´/
     r'"´__,,r/  l                /           (檄帝、イントロスタート)
     |、 ヘ:::|.ヽ  ヽ          {    /        __, -、
 ..__/`ヽ|::ヽ ヽ、 \  ヽ    ,ィ=-.___ イ   ..イ          /    `ヽ、
/ ヘ ∨::::::::\ ヽ  \ \.  (   /  ∠、ヽ       / / -、 __  /`ヽ、
 ) Y .ヽ::::::::::::::ヽ、.>、 .)` ヽ  .== ' ∠/:::::::) 〉、__  / {´    /``ヽ、_::::::}
イ  ノ ヽ ヽ:::::::::::::::::`ヽ 〉   `ニニ ´  Y:r'">'ヘ ヘ`ヽ ゝ-l,、--、、_/__:::::::::Y::|
イ    \ \::::::::::::::/ /    {、   Y  / /:::}  } ゝ、  .{_    /::::::::::::::::::::::イ
       ヽ ヽ::::::〈 〈    { l   .} / /:::/ / `ヽ、__/´ ̄``─、_:::::::::::::::/ }
        ヽ  ヽ:::ヽ ヽ   Y   ./ /:::/ /     ヽ、__ Y::::::::::::::::::::/ /
        __  ヽ  〉:::\\  .}   .|. 〉:::|  }        <-=::::::::::/ ./|
       (__)) / ./:::::::::::} }  i    ヘ ヽ::\ ヽ Yハ     /`::::::::::::::|__.ノ:/〉


                 ,,-―ー-、       
                /   ,r,   ゙、       
              _,,. '^ 、     i     
             (;;__,..)    i、       ………アイマス華劇団?
                ノ ヾ、__ノ/ !    
            _,,..‐'"´、、 〉フ ∨/     
           / `´ ^ ヽ`ヽ、〈i/`ヽ、   
            / {      }   ∨レ^ハ \     (大神)>あ、一応、アイマス村なので。
            ハ       / ‐- 、∨ミ {   }  
         /  ヽ_  _,,.ィ     ヽ-‐-、 /  
           { .、 } X  ハ      |    Y   
         ∨ヘノ {   / \、  ノ`、   ノ   なにお前、メインキャラ食い尽くしたんでアイドルにも手ぇ伸ばすの?
            〉,、ノ   / >‐、`T´ i }/    
         i { 个、 八 ヘ`ヽヽ´  ノ {     
         ノヘ   Y ヾ \丶<   レ       (大神)>そ、そんな事は……!!
        /i  i   !、\,..ゝ   } -く!ノ     
          i i  ハ / 〉^     ',  hl      
          | し // / }´⌒ ヽ 、ノ、 `}       言っておくけど、紅蘭ちゃんとロベリアたんは俺の嫁な
          |`′ /_ノ/ ̄ ̄``ヽミ  } }     
          | ∨> /       ',ヽ、}        (大神)>…………じゃあ俺は亜美ちゃんか真美ちゃんあたりで
G・U・M・I 「>大神
たぶん料理されてる」
オメガ11 「《この前鍋にされていたじゃないですか…>鴨大神》」
水谷絵理 「私の考えと伊織さんの考えがシンクロして
伊織さんにいい方向に行ったってことだし
伊織さんが上手かったんだね、うん>グミさん」
大神一郎 「吊られて負けたけどね(白目」
大神一郎 「落ちる方はお疲れ様だ 」
オメガ11 「《落ちる人お疲れ様です》」
大神一郎 「ミギャァー!>GUMIくん」
相葉夕美 「おつかれさまっ」
G・U・M・I 「>水谷さん
元々が説得に加えた対話ゲームだし、信じるのも無理もないからねー。
話が納得いったら、次は状況どうなってるかーとかぐらいしか見るものないからね」
大神一郎 「だってあれもう詰んでたんだもの(白目>オメガ」
水谷絵理 「伊織さん、おめでとう、そしておつかれさま
伊織さんともっとイチャイチャしたかったな
雪歩さんと美希さんが仲良しでうらやましかったし・・・
真美さんと夜にゴロゴロして過ごすのもちょっとだけだっったし・・・」
星井美希 「ロリコンは消毒なの>大神さん」
福本豊D審査員 「お疲れさん。
あんまし遅くまでおったら、加古川より向こうの人は帰れんくなるよ。
ほなね。 ノシ」
きつねうどん 「お前アイリスとか好きだろwww>大神」
オメガ11 「《あれは仕方ないよな…うん>大神》」
水谷絵理 「私は説得せずにセックスするでおなじみだけどね>グミさん」
きつねうどん 「とりあえず遺言変えるの忘れてたごめんなさい」
G・U・M・I 「>水谷さん
バックから許せるわね」
星井美希 「そうだねー、絵理とは結構ミキも縁があったはずだけど
雪歩をなでなでしてるうちに変な気持ちになってたの>絵理」
大神一郎 「待つんだ美希くん。別にそういった意味じゃないぞ?

あの2人ならウチのコクリコやアイリスと歳が近いから、いい遊び相手に
なってくれそうだな、と!>美希くん」
相葉夕美 「それじゃー一足お先におつかれさまっ」
水谷絵理 「遺言では、真さんがエロ替え歌を歌ってるので・・・>美希さん」
大神一郎 「いや、笑えたからいいと思う>うどん

ここの遺言は笑わせたもん勝ちだ」
G・U・M・I 「ではでは、お疲れ様よ」
水谷絵理 「おつかれさま?私の動きが護衛を外させたみたいでゴメンね?
たこやきみたいやね>ふくもっさん」
オメガ11 「《遺言はネタに走るもの。特に四条ではな》」
大神一郎 「俺は花組全員を愛してるさ……!!>うどん

そこに分け隔てなど、全くない!」
水谷絵理 「やさしくしてね>グミさん」
きつねうどん 「遊び…だと…?>大神」
星井美希 「はーい、グミさんお疲れ様なの

確かに真クンも溜まってる部分はあると思ったの♪>絵理」
水谷絵理 「むしろネタを仕込まずになんとする?>オメガさん」
大神一郎 「福本さんを噛めたあたりまでは、思い通りにいってたんだけどね。
いやはや、やはりLWってのは胃が痛いもんだ。」
四条貴音 「では、らぶれたぁでも書いてくるとしますか
お疲れ様です。」
きつねうどん 「nice boat、>大神」
星井美希 「うーん、女の子同士の友情なら邪魔はできないの>大神さん」
水谷絵理 「美希さん、狂人ならもっと暴れてもよかったかも
暴れて私に抱きついてくるとか、してほしかったかも・・・>美希さん」
萩原雪歩 「狂人決め打ちされてるかな、って思った時点で
ノイズを撒く方向に走っても怒られませんからねぇ……w」
星井美希 「ラブレターが気になるけど貴音もお疲れ様なの」
オメガ11 「《皆様お疲れ様でした》

《俺 実はモバマスはじめたんですよ》

《R+の嫁はお迎えできたからからSRの嫁に手を出そうと》

《スタドリも貯め始めたりして》


AWACS《警告! アンノウン急速接近中!》

AWACS《ブレイク! ブレイク!》」
水谷絵理 「むしろふくもっさん噛みで大神さんLWコースを描いた感?
グミさん噛みも追い風になったし>大神さん」
大神一郎 「だいたい俺はハブられて、支配人と一緒に酒でも飲んでる立場さ>美希くん

もしくはステージの掃除とかね」
オメガ11 「《ウ、ウワー!オメガ11ヽ(0w0)ノイジェークト》」
大神一郎 「それは修羅の道!! が、がんばれ!?>オメガ」
きつねうどん 「落ち着け!!まだやり直せる!!!!>オメガ」
水谷絵理 「うん、せっかくなら撹乱させないともったいないよね>雪歩さん」
星井美希 「流石にそれは雪歩にしたかったの♪>絵理
でも絵理もすらっとしててキレイだと思うな」
大神一郎 「まさかこうなるとは(白目>絵里くん」
水谷絵理 「美希さん、おつかれさま?
今度はもっとイチャイチャしようね?」
大神一郎 「うん、落ちる歌劇員の人はお疲れ様だよ」
水谷絵理 「カフェオレは 得意なんです スラィリー?>美希さん」
星井美希 「ミキは雪歩のそばにまだいるつもりだよ?
でもそうだね、今度はまたイチャイチャしたいの♪>絵理」
きつねうどん 「しかしこの村は凄く疲れたな私ギリギリ過ぎるだろ…」
大神一郎 「まあ俺としてはハーレム状態が2日も続いたから、
ある意味俺の勝ちだよね?」
水谷絵理 「雪歩さんと美希さんがラブラブで、うらやましかったかな
真さんで入ってみたけど、流れに乗れそうになかったし・・・>美希さん」
大神一郎 「大丈夫だ。初日に吊られる狩人を知っている

俺の事だ!!>うどん」
四条貴音 「わたくしは初めての課金でSRをひいて、現在900ほどのスタドリがありますゆえに>オメガ殿」
大神一郎 「というか大体みんな狩人については同じ感想だと思うよ?>うどん

村役職の中では一番むずかしいと言っていいしね」
きつねうどん 「帝劇の皆さんに通報しますた>大神」
四条貴音 「あぁ、ただの志望動機ですよ
企業に対するらぶれたぁ、ということですね>美希」
水谷絵理 「吊られずに噛まれたのは立派なお仕事だったと思うかな
狩人も何かをかもし出すから狙われやすいし>きつねうどんさん」
きつねうどん 「この高音さんガチだ…」
大神一郎 「あそこもまあ大体俺ハーレム状態だから うん。

たまに飽きてくる(キリッ>うどん」
四条貴音 「9千円のみ課金しただけですので・・・
微課金ですらありませぬ・・・」
きつねうどん 「オーラないよなお前
と言いたいんですねわかります>絵里」
大神一郎 「課金かー。ネトゲの月額課金ぐらいしかしたことないなぁ。」
星井美希 「むしろ真クンと雪歩を取り合ってイチャイチャする気満々だったの!>絵理
けどなんだかごめんなの…」
水谷絵理 「それじゃ、私も落ちる?GMさん、村建てありがとう
村のみんなは勝てなくてゴメンね。狐勝ち伝説、健在だったよ・・・
下手な私なりに考えてたどり着いた結論だったから、許してね」
きつねうどん 「今すぐ死ぬか掘られるか
選ばせてやろう…>大神」
萩原雪歩 「ちゃんと狩人は仕事してると思いますね。
タイミング見てCOしてますし、噛まれてますし。
霊能両残しだったから、終盤でGJ出ても困るというのもあったし……」
大神一郎 「うん。とにもかくにも狩人の仕事の重要性は

吊られない>GJを出す>全てを導き村を勝利へ誘う>8GJ達成

とかだと思ってる」
水谷絵理 「雪歩さんが美希さんに夢中チュウだったから、付け入れなかったかな
そのへんは私の甘いRPスキル不足だから・・・ゴメンね>美希さん」
四条貴音 「狩人は村役職では素村の次に面白いと思いますね。」
オメガ11 「《ログ読んでたらお姫ちんが爆弾発言していたので帰投》」
オメガ11 「《oh...初課金でSRと華》」
水谷絵理 「あと、真さんのRP慣れしてないのが、うん
やっぱり絵理がいちばん動きやすいから>美希さん」
きつねうどん 「あの場面私COしてなかったら吊られてたよね」
水谷絵理 「でも、美希さん可愛かった・・・
もっとこっちから攻めればよかったね、反省」
四条貴音 「今のSRが出ましたゆえに・・・>オメガ殿」
大神一郎 「俺は不滅さ。そう……具体的に言うなら、サクラ大戦の劇中、武道館で俺の中の人が
ステージ移動をミスって落下事故が起きても、俺は死なない(事実です>うどん」
水谷絵理 「うん、吊ってた
だから、ファインプレイ!>きつねうどんさん」
星井美希 「あ、ううん、大丈夫だよー
絵理もお疲れ様なのー。」
星井美希 「うふふ、一方通行の連鎖っていうのも面白いかもしれないね♪>絵理」
オメガ11 「《おめが11 はちからつきた (しろめ)>貴音》」
きつねうどん 「お前サクラあたりにniceboatされてこい!!」
大神一郎 「問題無いのさ。吊られずに、噛まれた。

その時点で君が持っていた情報は全て村に伝えれたし、
村の視点としても狩人を無駄吊りせずに他を吊れた。

GJとかは副産物と思っていい>うどん」
水谷絵理 「それじゃ今度こそ、おつかれさまでした?
伊織さんのお○こをなでなでしたかった・・・」
四条貴音 「水谷絵理のわたくし、きつねうどん殿狐視→きつねうどん殿狩人宣言
→タイミング的にきつねうどん殿に多少票が入りそう→ではわたくしが吊られやすくなるべき→水谷絵理投票
このような考えでしたね。」
星井美希 「そうだね、デコちゃんの色んな所磨いてみたいな」
大神一郎 「俺は何故か相葉くんに票入れてたな。

オメガやこちょむくんに身内できていれば、どれだけよかったか……」
きつねうどん 「でも私噛まれなかったら吊られてたよね」
大神一郎 「絵里くんお疲れ様だ」
星井美希 「じゃあミキも落ちるかな
ミキは雪歩のこと大好きだよ♪」
大神一郎 「いや、おそらく残っていただろうし、君を残すという事はGJが怖くなるという
事。
俺じゃなくても噛まれていたさ >うどん」
萩原雪歩 「わ、わたしもっ……美希ちゃんのこと、その……大好き……///」
大神一郎 「うん、美希くんもお疲れ様だ。不甲斐ない狼ですまなかったね」
きつねうどん 「あれ書き込んだの残り一秒だったから泣きそうでもうwww」
大神一郎 「赤羽根護衛は無いと読めても、次の一手は? となる>うどん

霊能、共有、どちらも怖くて噛めなくなる。すると灰噛み? うわあ怖い。
そないな事でけまへん(白目」
きつねうどん 「なるほど>大神
でもお前はサクラあたりにしばきまわされてこい」
星井美希 「それじゃあ雪歩のこと抱っこしちゃうの♪(むぎゅうう >雪歩」
オメガ11 「《さて俺もお姫ちんに非常に驚愕させられたことだし徹底しよう》
《皆お疲れ様でした》


《え…今相場680スタドリかよ……これは(アカン)オメガ11ヽ(0w0)ノイジェークト》」
大神一郎 「あれはもう本当に村視点、ファインプレイさ>うどん

だから君の判断は正しかった。自信を持っていい」
オメガ11 「《徹底してどうする!撤退!だ》」
大神一郎 「狼視点じゃ「お前このやろう!!」だったけどな!!
狼虎滅却するところだったわ!>うどん」
萩原雪歩 「え、ええっ……あの、美希ちゃん……皆見てる、よ……///>美希ちゃん」
大神一郎 「うん、オメガはお疲れ様。不甲斐ないLWですまなかったね」
星井美希 「大丈夫!皆落ちてるから人数もそこまででもないの♪(ちゅうっ >雪歩」
大神一郎 「実は福本さん噛めた時点で、「まさかの狩人初日ありうるでコレ」とか
ちょこっと思ってました(白目」
きつねうどん 「はっはっはただでつられるものかよ!!>大神」
萩原雪歩 「は、はぅっ……そ、そうだけど……恥ずかしいよっ……>美希ちゃん」
大神一郎 「全く君たちは……>美希くん 雪歩くん

仲が良いのはいいが、もうちょっと人目をだな?」
きつねうどん 「キマシタワー」
大神一郎 「そう、その意気さ>うどん

俺視点、どうやって殺してやろうかとげふんげふん」
星井美希 「ミキも恥ずかしいよ?でもね、なんだかそれ以上に雪歩が可愛くて仕方ないの…(見つめる >雪歩」
きつねうどん 「やだこの大神隊長なんか恐い」
大神一郎 「思わず二天一流の構えを取るところだった>うどん」
萩原雪歩 「あぅ……美希ちゃんの方がずっと可愛いのに……///>美希ちゃん」
きつねうどん 「            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ
             ト.i   ,__''_  !かかってこい!!>大神
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|」
大神一郎 「君は今回のプレイで色々と悔やんでいるようだが、
僕がこの前見たログで君を見かけた時とは、見違える程に発言出来るように
なってたじゃないか。進歩と言っていい。>うどん」
大神一郎 「oh……!>うどん」
きつねうどん 「やめて!!あの頃の私を見ないで!!!!>大神」
大神一郎 「それに加えて今回のファインプレイ、狩人COだ。

GJ出せなくて真占いが噛まれて凹むのは分かるが、なに、気にする事はない(キリッ>うどん

俺のプランのほうが上手だったって事さ(キリッ」
星井美希 「どう見ても雪歩の方が色白で目がとろんとしてて可愛いと思うな…♪(もみっ >雪歩」
大神一郎 「初日●出されて狩人COしてGJ出せずに吊られた俺が言うんだ、間違いない。
今回の君はいい狩人だったさ>うどん」
きつねうどん 「全力で右ストレートを叩き込みたい」
きつねうどん 「それ俺もやられたことあるわ…>大神」
大神一郎 「狩人と狼は決して相容れぬ存在……

お互いに思考を読み、噛み、守る……!>うどん」
大神一郎 「あれつらいよな……>うどん

自分の視点じゃ共有とか霊能以外守れないしさ……」
萩原雪歩 「きゃあっ……それは、うん、流石に、だめだよ……!///>美希ちゃん」
きつねうどん 「残念俺は狐に●特攻くらった!!」
きつねうどん 「次の日速攻で破綻して吊られてたわ…」
大神一郎 「それは、うん。ご愁傷様だ……>うどん

ていうかそれ狼視点丸儲けじゃないか……」
星井美希 「ミキのも触っていいけど…うん、雪歩がそういうならやめておくね(ちゅうう… >雪歩」
大神一郎 「ていうか今思ったけどやっぱりいおりん、狐フィーバー中だな……羨ましい」
大神一郎 「今日のログは読むのがちょっと楽しみだ。
どれだけズタボロに言われているかが楽しみだ(キリッ」
きつねうどん 「狩人の生死が不明だったのがまだ救いだった…」
大神一郎 「というわけで俺はログを読んでこよう。

皆、今日はお疲れ様だ。いい村だった。ありがとう
GM殿も、村建てお疲れ様。   では!」
きつねうどん 「さてそろそろログ読んで落ちるわ」
萩原雪歩 「大神さん視点、最終日の詰みっぷりがひどいですよね」
大神一郎 「俺の場合は狼から●もらってCOして、噛まれたら破綻するから
噛まれなかったけど、うん。結局GJ出せずに吊られたね>うどん」
きつねうどん 「村建て同村ありがとう
大神はなんかすごい苦しんで死ね」
萩原雪歩 「うん……えっと、せめて人目につかないところで……>美希ちゃん」
大神一郎 「むしろ雪歩くんを噛んでいたらどうなっていたかな、のほうが
勝ち目があったように思える>雪歩くん」
大神一郎 「ふふん、俺はもげないし死なない! ファンの皆がいる限り!>うどん」
星井美希 「じゃあ雪歩の家、いってみたいな…(ぺろっぺろっ… >雪歩」
大神一郎 「伊織くんとしてはどっち吊ってもいいけど、
俺のほうがアラもあったし釣りやすかったはずだ。

その状況をクリアにしたら? 確○視点、俺LWが上手く行きすぎな状況に
ならないだろうか? という淡い期待」
萩原雪歩 「多分ないんじゃないかなぁ……
あそこで私噛んでも狐噛んでの引き分け狙いにしか……w
ちなみに死体無しだと吊り筆頭は伊織ちゃんだから、
引き分け狙うなら私噛みの方が多分確実。」
萩原雪歩 「ふぇっ……え、あ……あぅ……///>美希ちゃん」
大神一郎 「なるほど、狼狐○○で引き分け処理か……>雪歩くん

そっちは全然考えてなかった うん」
星井美希 「いいカオしてるね、…場所を移す前にそのカオが見たかったの♪(指を絡め >雪歩」
大神一郎 「よしじゃあログ呼んで悶絶してこよう」
大神一郎
          }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ィ´:::::::/
          ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ/
          |::::::::::::::::::::::::ィ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
          |:::::::::::::::::::::::リ  ``ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          |::::::::::::::::::::::ミ      ``ヾ、,,:::,,ィ::ィイ-:::::/        それじゃあ俺は次なる戦場へと赴く!
          .⌒ヽ:::::::::>'"               }:/
         Y/ ハ Yイ - 、__              i/           帝都の皆を落としたからな!
            l Y ノ   ─‐ァミy、             l
         ヽヽヘ    ヽヾ=<ヘ\::l,,   ,..ィニ=-./            次は巴里の団員を落としにかかる!
        __人_          '"´ /ゞ='ノ´/
     r'"´__,,r/  l                /               ていうか風組も落とせるようにしてリメイクしてくれよ!(必死
     |、 ヘ:::|.ヽ  ヽ          {    /        __, -、
 ..__/`ヽ|::ヽ ヽ、 \  ヽ    ,ィ=-.___ イ   ..イ          /    `ヽ、
/ ヘ ∨::::::::\ ヽ  \ \.  (   /  ∠、ヽ       / / -、 __  /`ヽ、
 ) Y .ヽ::::::::::::::ヽ、.>、 .)` ヽ  .== ' ∠/:::::::) 〉、__  / {´    /``ヽ、_::::::}
イ  ノ ヽ ヽ:::::::::::::::::`ヽ 〉   `ニニ ´  Y:r'">'ヘ ヘ`ヽ ゝ-l,、--、、_/__:::::::::Y::|
イ    \ \::::::::::::::/ /    {、   Y  / /:::}  } ゝ、  .{_    /::::::::::::::::::::::イ
       ヽ ヽ::::::〈 〈    { l   .} / /:::/ / `ヽ、__/´ ̄``─、_:::::::::::::::/ }
        ヽ  ヽ:::ヽ ヽ   Y   ./ /:::/ /     ヽ、__ Y::::::::::::::::::::/ /
        __  ヽ  〉:::\\  .}   .|. 〉:::|  }        <-=::::::::::/ ./|
       (__)) / ./:::::::::::} }  i    ヘ ヽ::\ ヽ Yハ     /`::::::::::::::|__.ノ:/〉」
大神一郎 「さらばだ! また会おう!」
星井美希 「大神さん、お疲れ様なの!」
萩原雪歩 「お疲れ様です」
萩原雪歩 「美希ちゃんのいぢわる……
そ、それじゃあ……私たちも、いこ……?>美希ちゃん」
星井美希 「そうだね…ミキももう限界が近いし…
手、繋いでいこーね、ゆきほ…♪ >雪歩」
星井美希 「      (⌒'
     . '´` ⌒ヽ
      ! リ(ヾ))リ,i
    (ノ´(l´ -`ノ ゝ じゃあミキも雪歩の家で寝てくるの♪
   ノ⌒U'⌒と))ヽ   特に眠気以外の意味はないと思うな!
  /        i!./  それじゃお疲れ様なのー あふぅ。
(_,.        //
く.,_`^''ー‐、_,,._ノ/
  `~`''ー--‐-‐'」
大神一郎
              ∧ト、}\ .,イ  ,.イ
                  N::::}|\ヾ/::|/:::::|/レ'レィ
                  }::::::::|::::::::::::::|:::::::::/::::::::::::|/|,.イィ ,.イ
             ト、::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::|彡'イ/
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   なんかログ見てたら
                l|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 !|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    とんでもなく俺がLW想定で皆話をしていた。
             l ∨}、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             | {イヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             | |.}ノヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
             | -'   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 ',   }.   \ :::::::::::::::::::::::::/      悲しくない、悲しくないさ……ふふ……!
                、 ノ.     \ノ二二ヽ/_
              ヽ、ヽ   , <       ∧
               ゝイ              ∧    明日は月曜。初心者村の公演だ。皆、こぞっての参加、
                  }-‐ 、二二二  ̄ ̄`.∧
           < ¨  ̄                `丶  待っているぞ?  じゃあ……酒でも飲んでくるさ……
         イ `ヽ                     \」