←戻る
【劇場178】劇場公演 火曜の部村 [215番地]
~ギリギリまにあった・・・!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon やる夫
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon ぎん
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon スターマン
(生存中)
icon ドクオ
(生存中)
icon 双海亜美
(生存中)
icon 双海真美
(生存中)
icon ベイスたん
(生存中)
icon こぁくま
(生存中)
icon 親衛隊
(生存中)
icon 漆原るか
(生存中)
icon リップヴァーン・ウィンクル
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
村作成:2012/11/20 (Tue) 22:01:36
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ませんよー

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されませんよー

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう!

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできないよ!」
かり さんが入場しました
かり 「かり一番乗りィ!(ぶんぶん」
やる夫 さんが入場しました
やる夫 「ぬわー!!>2番手」
GM 「いらっしゃいませ」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 萩原雪歩
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 757 (モバマス・萩原雪歩)」
萩原雪歩 「よ、よろしくお願いしますぅ・・・」
やる夫 「ちょっとお花を摘みにいってくるお」
萩原雪歩 「は、はい、私は待ってますね・・・?」
やる夫 「      |┃三 ガラッ
      |┃  ____
      |┃/⌒  ⌒\
      |┃(●)  (●) \
───|┃:⌒(__人__)⌒:::::\だだいまだお!!
      |┃  |r┬-|     |⌒)
      |┃   `ー'ォ     //
      (⌒ヽ・    ・ ̄ /
      |┃ノ       /
      |┃  ■■■  <
      |┃  ■■■   ヽ
      |┃/    >  )
      |┃     (__)」
やる夫 「ってけっこう長いこと行ってたのにまだ誰も来てないのかお…」
三浦あずさ さんが入場しました
三浦あずさ 「よろしくね~」
萩原雪歩 「あずささんこんばんはぁ」
萩原雪歩 「・・・ひゃあああああ!!????
なななななななんですかそそそそ・・・・きゅう・・・>やる夫さん」
ぎん さんが入場しました
ぎん 「支援にきました!」
萩原雪歩 「あ、ありがとうございますぅ・・・よろしくお願いしますね?>ぎんちゃん」
ぎん 「みなさん、よろしくお願いします!」
やる夫 「  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \
 |   / ///(__人__)/// \
 !   !    `Y⌒y'´    |
 |   l      ゙ー ′  ,/ おっぱい!!おっぱい!!
 |   ヽ   ー‐    ィ (やったお!!人がきたお!!)
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ」
ぎん 「はわわ・・・ご丁寧にありがとうございます>雪歩お姉さん」
三浦あずさ 「あらあら~ よろしくねー」
GM 「よろしく~」
やる夫 「ななんか新しいタイプの銀ちゃんだお…」
萩原雪歩 「ほ・・・・本音と建前が逆ですぅ~!?
やっぱり男の人はケダモノですぅ!!>やる夫さん」
ぎん 「よろしくおねがいします!>あずさお姉さん
支配人さんも、いつもお世話になってるってオジさんがいってました!」
ぎん 「ぎんはぎんです!>やる夫さん」
やる夫 「あ…良かった突っ込んでくれたお…>ゆきぽ」
星井美希 さんが入場しました
星井美希 「おはようなの~」
萩原雪歩 「わ・・・わざとだったんですかぁ・・・
で、でもやっぱりそう思う心があって・・・ひゃああああっ>やる夫さん」
萩原雪歩 「あ、美希ちゃん来てくれたんだね。一緒に頑張ろう」
高槻やよい さんが入場しました
ぎん 「おはようございます!あ、えーと・・・こんばんわ!>美希お姉さん」
高槻やよい 「こんばんはっ!今日は私も頑張っちゃいますよーっ!」
萩原雪歩 「やよいちゃんもよろしくね。」
やる夫 「  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \
 |   / ///(__人__)/// \
 !   !    `Y⌒y'´    |
 |   l      ゙ー ′  ,/おっぱい!!おっぱい!!
 |   ヽ   ー‐    ィ(人が集まってきたお!!)
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ」
三浦あずさ 「よろしくね~」
星井美希 「雪歩、やる夫、あずさ、ぎんにやよい…みんな頑張って、私は寝てるから…すー…すー」
ぎん 「よろしくおねがいします!>やよいお姉さん」
三浦あずさ 「支配人さん? その方にもよろしくね~>銀ちゃん」
GM 「さ」
やる夫 「やる夫はね寂しいと死んじゃうんだお…>ゆきぽ
だからかまって!!」
GM 「さてとー、どうしますかねー」
高槻やよい 「わっ、今日は私より若い子もいるんですねっ!」
高槻やよい 「はーい、雪歩さんも一緒にがんばりましょー!
はい、たーっち!いぇい!」
仮 さんが入場しました
星井美希 「ん~…美希はどっちでもいいよ?始めても、待ってても>GM」
ぎん 「はーい!ちゃんと伝えておきます!>あずささん」
「こんばんは」
萩原雪歩 「美希ちゃん!
まだ寝ちゃダメだよぉ・・・お仕事始まってないから>美希ちゃん」
萩原雪歩 「こんばんはぁ」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 水瀬伊織
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 764 (モバマス・水瀬伊織02)」
萩原雪歩 「もうちょっと人が増えるのを私は期待したんですけどぉ・・・」
星井美希 「え~…それじゃ、お仕事始まるちょっと前に起こしてなの…>雪歩」
水瀬伊織 「というわけで・・・今日は私が来てあげたんだから、感謝しなさいよねっ」
三浦あずさ 「とりあえず、投票はしておくわね~
開始か待機かはお任せするわー」
萩原雪歩 「あ・・・伊織ちゃん。
一緒にがんば・・・って管理人さんなんだ。私一生懸命やるね>伊織ちゃん」
水瀬伊織 「OK,なら45分を最終って事にしておくわ」
高槻やよい 「伊織ちゃんがますたーさんだったんだね!
ありがとー!」
ドクオ さんが入場しました
双海亜美 さんが入場しました
ドクオ 「('А`) おいすー」
星井美希 「あー…デコちゃん、今日も輝いてるの~」
萩原雪歩 「え、ええっ!?
ほ、ほらリハーサルとかもあるし、準備とかもいろいろ・・・>美希ちゃん」
やる夫 「どうせやるなら17人でやりたいおね」
双海真美 さんが入場しました
ドクオ 「('А`) 何やらうまくすればハーレムになれると聞いて飛んできました」
双海真美 「続けて真美も参上ー!」
萩原雪歩 「亜美ちゃんに、ドクオさんよろしくおねがいしますぅ」
やる夫 「男は帰れお!!
(いらっしゃいだお)」
高槻やよい 「わっ、亜美も真美もよろしくねっ!」
三浦あずさ 「皆さんよろしくねぇ~」
水瀬伊織 「美希ィ・・・あんた、しょっぱなからケンカ売ってる?」
萩原雪歩 「って真美もきたんだね。
えへへ、頑張ろうね。」
双海真美 「ゆきぴょん、よろしくね!
やる夫の兄ちゃんに何かされそーになったら真美に言ってよね!
真美がパーフェクトに護ってあげるから!」
ドクオ 「('А`) やる夫……気持ちは分かるが、建前と本音、逆だぜ……?>やる夫」
双海亜美 「よろー」
やる夫 「大丈夫だお>ドクオ
これであってるから」
星井美希 「喧嘩なんて、売ってないよ~…本音を言っただけだよ?>伊織」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → スターマン
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 791 (スターマン)」
ドクオ 「('А`) というわけでよろしく頼む。引きこもりを噛める狼など
     いないと信じたい」
水瀬伊織 「ふふん、これくらい私にとっては朝ごはん前よ♪>やよい」
双海亜美 「よろー>やよいっち
いおりんで入ろうとしたら、はじかれちったのだ!
でも、真美がいるからモーマンタイだよね」
ドクオ 「('А`) そうか……奇遇だな……俺も実はそう思っている>やる夫」
やらない夫 さんが入場しました
高槻やよい 「って、美希さんも寝てちゃだめですよぅ……一緒に頑張りましょー!」
星井美希 「あー、亜美と真美もよろしくなの」
水瀬伊織 「本音、ね・・・まぁ、この伊織ちゃんが輝いてるのはいつものことよね、うん。>美希」
ベイスたん さんが入場しました
やらない夫 「よろしくだろ、」
双海真美 「亜美もミキミキもやよいっちもあずさお姉ちゃんもがんばろーね!」
ベイスたん 「宜しくやよ~」
萩原雪歩 「え・・・えへへへ・・・
うん、なんだかケダモノのなかのケダモノかもしれないから・・・心強いなぁ>真美ちゃん」
やる夫 「野郎は帰れお!!
(やらない夫!!よくきたお!!)」
こぁくま さんが入場しました
双海亜美 「真美はパーフェクトなの?
それじゃ亜美がこんぷりーとしちゃうよー>真美」
スターマン 「ストーブリーグなら主役になれる…なれるんやよ!」
こぁくま 「失礼しまっす、よろしくですよー!」
やらない夫 「    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)  お、やる夫じゃねーか
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /」
仮名 さんが入場しました
ドクオ 「('А`) アイドルばっかりで肩身が狭いというか色々と精神的にキャバイが、
     なにやら2chのキャラが増えてきて嬉しい限りだ>やらない夫」
星井美希 「う~ん…お仕事始まるまで寝かせて欲しいの…>やよい」
双海真美 「ナイトメアブラッドを着たお姉ちゃんが来たー!
…え、もしかして本物?」
仮名 「ズサーー」
双海亜美 「ミキミキもよろー」
やらない夫 「親友のたのみなら仕方ないだろ>やる夫」
星井美希 「うん、輝いてる輝いてるよ~…デコちゃん…むにゃむにゃ>伊織」
やる夫 「なんか一気に増えたおね」
ベイスたん 「今年の補強は楽しみやよね~>スターマン」
双海真美 「んじゃ亜美はミキミキを守っててもらえるかな?
ゆきぴょんは真美が守るから♪>亜美」
高槻やよい 「じゃ、じゃあ、お仕事始まったら一緒に頑張っちゃいましょう!
それまでは寝ててもしょうがないって思いますから。
……えっと、お水おいておくので、起きたら飲んで下さいね?>美希さん」
漆原るか さんが入場しました
ドクオ 「('А`) いやドクオ、発送を逆転させるんだ。俺もこの村にいる限りはアイドル。
     うん。そうに違いない」
萩原雪歩 「やらない夫」
星井美希 「う~ん、やよい~…ありがとうなの…すー…すー…>やよい」
ドクオ 「('А`) というわけで引きこもりニートの爆☆誕やで! ひゃほー!」
双海亜美 「おっけー
がっちりガードで多い日でも安心だね>真美」
リップヴァーン・ウィンクル さんが入場しました
スターマン 「ブランコにソーサにソト…それ以外もいっぱい欲しいんよ」
漆原るか 「あっ・・・12番目じゃなかった・・・
よろしくお願いします」
ドクオ 「('А`) いかんアイドルつけるの忘れてた。
     ひっきーあいどる! うん、この路線でいこう。多分かぶらない」
高槻やよい 「えへへ、美希さんに感謝されちゃった……♪
……にしても、美希さんってやっぱり綺麗ですよね……
私もこんな風になれるのかな……?」
やらない夫 「親友のたのみなら当然だろ>やる夫」
双海真美 「わ、すごーい!
もう埋まったんだぁ!」
やらない夫 「.     / ̄ ̄\     __人_
   /      \    `Y´                 _人_
   | 仟仡ト  仡心                     `Y´
   | .弋cソ   cソレ.     / ̄ ̄ ̄\
   |     (__人__)    /  仟仡   心”     ηノノ
   |      `i  i´ノ  /   .弋c    ソ.     ノ, ∃
   |   .   `⌒ }  ./      (__人__) ヽ   ./ ./´
   ヽ       .}  |       `i  i´  | ./  /
    ヽ     ノ    \ _     `⌒  / ./
   /      ヽ   /       ⌒   /
  /         ヽ, ./  .         /
  /  /      }  | .|  |         |
 .|  .{.      .|  | ヽ、 \        |
 .|  .|.      .|  |   |\ ヽ      .ノ」
萩原雪歩 「すごい、亜美ちゃんも真美ちゃんもこんなに心強くなってたんだぁ・・・
わ、私も頑張らないとっ」
こぁくま 「埋まりましたねー!」
星井美希 「大丈夫だよ、765プロのみんなはみーんな、輝いてるの…>やよい」
やる夫 「やらない夫達をさっさと始末してやる夫のハーレムにするお!!
(来てくれて嬉しいお!!一緒に頑張るお!!>やらない夫)」
星井美希 「すー…すーー…」
ベイスたん 「あやや でも福留はいらんと思うやよ・・・」
双海真美 「えへへ。御代はその自称ひんそーを触らせてくれるだけでいーよ♪>ゆきぴょん」
双海亜美 「真美といっしょだから、たつまきせんぷーきゃくだよ!>ゆきぴょん」
萩原雪歩 「そ、そんな生理用品みたなキャッチコピーで大丈夫なの・・・?>亜美」
ドクオ 「('А`) おう埋まったね。いいかんじじゃね? らっしゃいらっしゃい」
リップヴァーン・ウィンクル 「約束の刻限ま2時間と少し
急いて急いていらっしゃいな代行殿」
スターマン 「スぺ様も戻ってきたし打線に厚みが増えるんよ☆>ベイスたん
よしむ.rarは解凍できなかったのが残念だったんよ…」
仮名 「仮名 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮名 → 親衛隊
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 523 (クマ吉)」
やらない夫 「                / ̄ ̄\
            アッ… /‐' ヽ_   \
              ( ー)( ー)  |     ____
              (__人__)///   |     /      \
        γ⌒ヽノ l` ⌒´      |  / ─''  `ー  \ んッ…
        (  ⌒ )  {        |/  (ー)  ( ー)   \   γY⌒ヽ
        ゝ_ イ   {        / |   ///(__人__)///   | ー (   ノ )
               ヽ     ノ、 \    ` ⌒´      ,/   ゝ、_ノ
            / ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ '   ―-、
           /        ̄    /              ヽ
            |    、.   r‐x‐、,'    ,.‐x‐、   . /   /
           \.   \  ! (__) ヽ、. / (__) 〉_,./   /
                \    ミ、_,.   ̄ ̄ ̄      /
               `ー-------‐`ー―------―一'」
萩原雪歩 「え、えええっ!?
な、なにも出ないよっ(?)>真美」
双海真美 「たつまきせんぷーきゃく?じゃあ真美がケンの兄ちゃんやるねー!
ゆきぴょんがイライザ姉ちゃんで!>亜美」
水瀬伊織 「それじゃ、アイコン変更してメッセージ入力したら早く開始投票、しなさいよね!」
こぁくま 「え、マジですか>タヌランカー復帰」
スターマン 「スターマン さんが登録情報を変更しました。」
ベイスたん 「ソフトバンクで頑張って欲しいやよ!
スペ様もきっと頑張ってくれるやよ~>スターマン」
ドクオ 「('А`) そこのスターマンとベイスたん、亜美と真美、やよいと伊織……
    このへんが共有予想鉄板かな、うん もし上記の組み合わせになるなら
    俺はPHPを愛してるといいたい」
双海真美 「…なんかやばい感じの兄ちゃんが一人増えたぁ!!」
高槻やよい 「そう、でしょうか……
ありがとうございますっ!>美希さん」
こぁくま 「(あ、これは薄い本が書けるな>ない夫)」
水瀬伊織 「・・・・・いきなりなにやってんのよあの二人」
双海真美 「じょ、じょーだん!ゆきぴょんは本気にしちゃってかわいーなぁ♪>ゆきぴょん」
ドクオ 「('А`) クマナべ様じゃ! クマナベ様が降臨しおった!>親衛隊」
やらない夫 「おっと、すまねぇ、仕事の電話だろ、すまないがぬけさせてもらうだろ」
やる夫
\\ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  r'::::::::::::::::::::;;:;;:;;:ッ、:::::::::::
\ レ''''jrTf"    lミ::::::::
   |        〈ミ:::::::: すまない
\ |、_ ャー‐__二ゞ ヾ::、
`` ゞ:}   ̄'互.ヾ  }:j ん
   l/   """"´`    )ノ ホモ以外帰ってくれないか!!
=-- /           l  (ノ
== `弋"__,....._     !  !
     ゙、`ー‐'     ,'       \
''"´    ゙、 ̄    / ,'         \
/     ヽ__/::;' ,' ノ       `ヽ
  //      ヾ_,'∠..,,__
// //   /´」
萩原雪歩 「ひゃあああああ!??
男の人はやっぱりあくまですぅぅぅぅ!???>やらない夫sなn」
こぁくま 「はいはい、見ちゃいけませんよ>伊織様(めかくし」
親衛隊 「さぁ、始めようか。三浦あずさファンクラブの伝道の始まりだ」
双海真美 「あわわわわ!!ゆ、ゆきぴょんだいじょぶー!?」
星井美希 「うんうん、やよいなら、大丈夫だよ>やよい」
ドクオ 「('А`) 仕事なら仕方あるまい。頑張れ社畜…!>ない夫」
親衛隊 「>やらない夫 おつかれー」
やらない夫 は やらない夫 に KICK 投票しました
やらない夫さんの出演は延期になりました
<投票がリセットされました 再度投票してください>
スターマン 「たしかに福留さんは補強先としてはちょっと微妙やよね…
松坂さんとか先発できる投手が欲しいやよ>ベイスたん」
水瀬伊織 「ならやらない夫をキックしたら開始投票しなおしでいくわよ!」
萩原雪歩 「はわわわわっ はわー!?
男の人ってみんなあんなふうなの真美ちゃんっ!?>真美ちゃん」
双海真美 「あれー、やらない夫兄ちゃん帰っちゃった…
やる夫兄ちゃんのいいストッパーになりそーだったのにー」
親衛隊 「>ドクオ 一人で鍋をつついて悲しくならないかい?」
漆原るか 「親衛隊さんは誰の親衛隊なんでしょう…?」
水瀬伊織 「それじゃ・・・開始投票、よろしくねっ」
やる夫 「仕事頑張れおー>やらない夫」
高槻やよい 「お仕事なら仕方ありません……
また今度一緒に遊んで下さいねっ!」
星井美希 「やらない夫…いってらっしゃーいなの」
双海真美 「そうじゃないけどそういうつもりだと思って
真美もゆきぴょんを守るよ!>ゆきぴょん」
ドクオ 「('А`) ばーろー、ナベってのは、なんていうか孤独で救われてなきゃダメなんだって
     どっかのえらいおじさんが言ってた>親衛隊」
親衛隊 「>るか 決まってるだろう、三浦あずさ親衛隊の一員だよ」
高槻やよい 「けど、私、美希さんみたいにすたいる良くないから……>美希さん」
漆原るか 「あっ…やらない夫さん頑張ってくださいね…」
双海真美 「やよいっちはロリぃ魅力があるからだいじょぶだよ!!」
ベイスたん 「松坂さんがきたら横浜高校のOBがまた一人増えてしまうやよ・・・
メジャーなら高橋さんも結構よさそうだと思うやよ。>スターマン」
こぁくま 「はいなー!」
やる夫 「どっちかつーとやる夫よりはっちゃけてたよね>真美」
リップヴァーン・ウィンクル 「月影はまだ確かなもので
月光はまだ薄明かりの様
やがてその光も消える。」
高槻やよい 「わ、私だって大きくなるもんっ……!>真美」
双海真美 「ま、それもそーだね>やる夫兄ちゃん」
萩原雪歩 「う・・・うん!
私も自分である程度なんとか抑えてみる・・・っ>真美ちゃん」
星井美希 「大丈夫なの、やよいは成長してるほうだから…そんなこといったら、千早さんが…
>やよい」
如月千早 さんが入場しました
リップヴァーン・ウィンクル 「あそこから声がする
義務がこのわたしを呼ぶ」
親衛隊 「>ドクオ 聞くも涙のお話だね。僕はあずささんの写真と向かい合って鍋をつつくから悲しくなんてないのさ!」
双海真美 「うんうん、その意気だよやよいっち!>やよいっち」
ドクオ 「('А`) このぼっちでも雰囲気で楽しい村も、狼によって破壊されるのか……
     許さへんで……!」
双海亜美 「ストッパー不在なの?
永川にーちゃんの出番かな?>真美」
星井美希 「はっ!?ち、千早さん」
リップヴァーン・ウィンクル 「やがて日の光も失うだろう
運命は私を駆り立てた!」
こぁくま 「ええ、お仕事は大変ですよ、ええ。
…私もパチュリー様の下で働いたら女の子なのに筋力が…」
萩原雪歩 「(あっ)>千早ちゃんの来たタイミング」
如月千早 「あら、入ってもいいのよね?」
リップヴァーン・ウィンクル 「やがて日の光も失うだろう
運命は私を駆り立てた!
高槻やよい 「……ええっと、その、千早さんは、とってもスレンダーで素敵だって思いますっ!>美希さん」
ドクオ 「('А`) いや、うん。色々と悪かった>親衛隊」
三浦あずさ 「いつのまにか親衛隊ができてるのかしら~?」
スターマン 「確かに高橋さんは貴重な左腕の先発もできる投手やよ
日本に戻ってくるのなら欲しいやよ>ベイスたん」
双海真美 「セービングアタックってのには気を付けよーね亜美!>亜美」
親衛隊 「>ベイスたん 松坂が横浜入り?なにその罰ゲーム…」
漆原るか 「>親衛隊さん ファンクラブ…そんなものまであるんですね
アイドルって凄いなぁ…」
ドクオ 「('А`) 問題無い。社畜の代わりに女神様の登場やで>千早」
双海真美 「千早お姉ちゃんもよろー!」
萩原雪歩 「そ、それじゃあカウントしますぅ」
萩原雪歩 「3」
やる夫 「おっぱい!!おっぱい…お…っぱい…>72」
萩原雪歩 「2」
高槻やよい 「千早さんもよろしくおねがいしますねっ!
一緒に盛り上げちゃいましょうっ!>千早さん」
星井美希 「うん、そうだね、千早さんは、スレンダーでかっこ良くて、綺麗なの!!>やよい」
萩原雪歩 「1」
双海亜美 「ゆきぴょんが抑えに転向するんだね
来シーズンは期待できそうだね~」
リップヴァーン・ウィンクル 「Es sei! bei den Pforten der Hölle!
萩原雪歩 「始めますぅっ」
親衛隊 「>るか 何、君も年を取ればよさがでてくるさ」
ゲーム開始:2012/11/20 (Tue) 22:48:55
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆水瀬伊織 というわけでこの私、水瀬伊織ちゃんが今日の進行と控え室待機、やらせてもらうわね♪

みんな、がんばんなさいよ!今日の私は特定の誰かに肩入れすることはできないけれどみんなを応援してるんだからっ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆水瀬伊織 超過後に共有が話せないのかしら・・・とりあえず共有は試してみる?」
水瀬伊織 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水瀬伊織さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
親衛隊 「L・O・V・E あ・ず・さ!」
ぎん 「おはようございます!」
如月千早 「おはようございます。皆様。よろしくお願いしますね。」
ドクオ 「('А`) おはようさん。俺がニートでいる為にはまずは
    占いCOが1でかつ銃殺が起きており、霊能、共有、狩人が初日でない
    という事が必要か……  ……なんだその無理ゲー…… 期待しすぎるのも
    ダメかなやっぱ。うん。がんばろう(自分なりに」
双海亜美 「んっふっふ~
朝だよー」
萩原雪歩 「この村には・・・17人の村人がいました。
小さな村だけど・・・みんな仲良しで。個性豊かな人たちが協力して生活していました。
けれど、ある朝・・・村のアイドルの伊織ちゃんが・・・・!!」
双海真美 「おっはよーみんな!それじゃCOお願いするね!」
スターマン 「おはようやよ」
やる夫 「おはようだお!!
占いはさっさとCOしちゃってくれお!!」
三浦あずさ 「おはよ~
役職さん?はCOお願いするわ~」
漆原るか 「おはようございます」
こぁくま 「さーて、ちゃちゃっとCO済ませちゃってくださいな!
たいむ・いず・まねーですよ!」
親衛隊 「YES!あずさ NO!タッチがモットーの
三浦あずさファンクラブ92番クマ吉が2日目をお知らせするよ」
リップヴァーン・ウィンクル 「用が済んだらとっととおっちねライミー!」
如月千早 「では占いお願いしますね。」
星井美希 「占いCO やよいは○だったの~」
ベイスたん 「占いCO スターマン○」
スターマン 「役職は仕事してほしいんよ」
高槻やよい 「おはようございまーす。
765のみんながいて、とってもたのしいむらになりそーです!」
ベイスたん 「理由:初日だし、横浜を愛する
   同士を占わない訳にはいかんやよ!
   人外ならせめてベイスたんの手で・・・やよ。」
リップヴァーン・ウィンクル 「占い2?」
ドクオ 「('А`) 親衛隊に朝1取られるとか……鬱だ……」
星井美希 「理由
はぁ~…占いなんて、面倒なの
さっさと、寝たかったのに、美希に仕事させるなんて
ちょっと、プロデューサーひどいの…
う~ん…まあ、せっかくの占いだし、となりにいる
やよいを占うの、やよいはどんな色で輝くのかな~♪」
ぎん 「あふあふ・・・朝は、少し眠いです・・・」
双海亜美 「ちゃっちゃとみんな出ちゃっちゃってよー」
三浦あずさ 「占いさんは二人かしら?」
リップヴァーン・ウィンクル 「ちゃっちゃか霊能もでようねー」
やる夫 「…あれ?占いは?」
漆原るか 「ほぼ同時…ですね」
星井美希 「っということで、やよいは村だったの」
こぁくま 「遅めの2COになりましたね 
霊能者さんもCOお願いしたいですねー」
親衛隊 「占いCOよりもあずささんの役目があるかないかが大事だ!」
ドクオ 「('А`) 占いは2っぽいか? ○進行だから霊能、共有も
    ババンと出てきてほしいねー」
高槻やよい 「美希さんが占い師さんなんですねっ!
頑張ってくださいねー!>美希さん」
萩原雪歩 「ああ!
これは言い伝えによる「人狼」による攻撃・・・!?」
リップヴァーン・ウィンクル 「潜伏とか基本はそういうのイランからさー」
ぎん 「2CO把握しました!霊能さんと共有さんもお願いします!」
スターマン 「煌めくフィールド 荒波SHOW! 見せてくれ
歓声浴びて翔け さぁ疾風(かぜ)の如く~♪
【コール:かっ飛ばせー! 荒波!】

来年もセンターの守備は任せんよ 盗塁はもうっと増やしてほしいんよ」
双海亜美 「占いはミキミキとベイスたんの2人かな?
どっちも○いねー」
ベイスたん 「対抗一人と、それじゃ霊共有も出て欲しいやよー」
ぎん 「霊能者さんいません?」
双海真美 「わお。占いがどっちも星つながりだ!!」
親衛隊 「ふーん、占い師は2人と
あと霊能共有かな」
三浦あずさ 「それじゃぁ、残りの方もCOお願いしたいわね~」
リップヴァーン・ウィンクル 「ここまでで出ないなら出ないでいいわ」
スターマン 「占いは2なんよ
・・・ベイスたん信じていいんやよね?」
星井美希 「うん、なんか占いになっちゃったから
頑張らないといけなくなったの…
やよいは、村なんだから、やよいも頑張ってね>やよい」
高槻やよい 「……あの、えっと、出てこないなら霊能さん初日なのかなーって……」
やる夫 「けっこう遅かったおね心配したお」
こぁくま 「2-0-0ですか。
せめて共有は出て欲しいところですね」
如月千早 「では、共有COです。」
双海亜美 「それじゃ真美、きょーりょくして悪いヤツらをたおそーね」
リップヴァーン・ウィンクル 「こっから先はなんか結果もって出るかじゃないと魚のえさだから」
ベイスたん 「あやや 霊脳さん初日は困るやよ・・・」
親衛隊 「開始から1分経って出て来ないなら霊能初日で見積もった方がよさそうだね」
ドクオ 「('А`) 占いさん2人はどっちも様子見しながらのご登場。
     まあ早朝待機あるしね。様子見もわかるわかる。同時とは思わんかったけど」
高槻やよい 「うんうん、美希さんと一緒に勝てるように頑張っちゃいます!>美希さん」
三浦あずさ 「あらあら? 霊能さんは出ないのかしら?」
リップヴァーン・ウィンクル 「はいじゃぁ私が相方ね」
如月千早 「もし私の胸が貧しいなどと見当違いの思想を持っているのならば
市民、自決しろ。さもなくば私に勝利を。」
双海真美 「2日目とか、●出次第ってれいのーの兄ちゃんたちもいなくはないんだけど
遺言がないからそんなにありえることじゃないよね…」
やる夫 「じゃあ共有と霊能も出てほしいお!!」
星井美希 「あれ?霊能さんでないの?
初日なら、狩人生存確定なんで、護衛宜しく~なの」
リップヴァーン・ウィンクル 「2-0-2ってことで4649」
親衛隊 「>千早 共有COは分かったけど、相方は?」
ぎん 「初日っぽいですねー・・・
2COで霊能さん宣言無なら、大体初日でしょうか?
ぐむむ・・・嬉しいような、あんまり嬉しくないような?」
萩原雪歩 「「人狼」は・・・村人の誰かに成り代わって、毎日ゲームをするかのように人を毎夜毎夜・・・・噛み殺していくんです。
そして・・・今伊織ちゃんが・・・犠牲に・・・!!」
双海亜美 「んー、霊能いない感じかな?
となると、占いは真がいるから安心していいかもね」
スターマン 「霊能さんは初日さんっぽいんよ
千早さんが共有把握やよ」
ドクオ 「('А`) ここで霊能出ないなら初日、でいいんだろうさ。うん。
    占いと霊能のラインが見れなくなるのは痛いが、まあ乗っ取られるよりは
    マシと考えよう」
リップヴァーン・ウィンクル 「グレランねグレラン」
漆原るか 「初日の理由だけでは判断出来ないので発言を見ていこうと思います
初日占いじゃなければいいなぁ…」
如月千早 「……こほん。とにかく。霊能初日とします」
三浦あずさ 「共有さんは千早ちゃんとリップさんなのねー 了解だわー」
ベイスたん 「共有FO承知やよー
それじゃがんばってグレーの人外やっつけるやよ。」
高槻やよい 「まぁ霊能初日なら一応相方さん伏せても面白かったかもですけども
無駄占い考えたら出る方が良いんですよね、やっぱり。」
双海亜美 「ちはやおねーちゃん、言ってることがむずかちーよ・・・」
星井美希 「あー、千早さん共有か、よかった初日占い候補だったから
そこ占わなくて~」
こぁくま 「霊不在ならその代償に占いに真が出ている可能性が高いです。
2COの真目ありは大きいです、ポジティヴに!」
リップヴァーン・ウィンクル 「ラインラインとかどーでもいーけど」
双海真美 「そ、そんなこと思ってないよ!!
真美たちより小さいって思ってるだけで!!>千早お姉ちゃん」
やる夫 「80回ってから出直してこいお>72」
親衛隊 「共有は欠けなし
さらに霊能初日が強くなったね。
遺言システムもないし、もう出てくることもないだろう」
三浦あずさ 「ん、霊能さんは居ないと見た方がよさそうね~」
如月千早 「リップヴァーンさんで共有合ってますよ」
高槻やよい 「けどけど、美希さんが占い師さんで私を最初に占ってくれたのは
すっごく嬉しいかなーって!」
スターマン 「…どっちかっていうなら胸が貧しいんじゃなくてこころが貧しいと思うんよ>千早さんの言動は
こぁくま 「胸?こまけぇこたぁいいんだよ!
パチュリー様も設定が定まらないんですから!>千早様」
ドクオ 「('А`) 逆説的に、占い、狩人、共有2人は生存確定。
    まあ狂人もだけどね。 結構内訳的にはクリアになるんじゃない?
    いい情報さ。うん。そう思おう。ぽじてぃぶぽじてぃぶ」
ぎん 「2-0-2・・・うーん・・・真狼なら、いっそのことがぶってきちゃいます?
でもでも、真狂ならGJ発生しても分かりずらい・・・
むずかしいですねー>ドクさん」
萩原雪歩 「こ・・・こわい・・・・!!
私は思わず、肩を掴んで身をすくめてしまいました。
昨日まで、仲良くしていた伊織ちゃんが、いきなり、こんな!」
双海亜美 「それじゃ、ミキミキとスターマンを見くらべつつ
まったりいこうじゃなイカ」
リップヴァーン・ウィンクル 「初霊くせーから
真狂ベースの狼っつーよりも
真狼の狂もぐりのがありそうだわ」
ドクオ 「('А`) というわけで俺はニートになるぞぉーーー!! じょじょぉーー!!」
双海亜美 「いおりんは犠牲になったのだ・・・>ゆきぴょん」
やる夫 「霊能はCOないおね…初日かお?」
親衛隊 「アニマス最近見始めて、星井美希のイメージがいい方向に変わったのは内緒だ!」
リップヴァーン・ウィンクル 「占いもちょっと早めに切りたいわ」
星井美希 「うーん、でもこのパターンだとやよいが噛まれたりする可能性あるから
やだなーって…もし、美希が噛まれたらやよい…仇はとってなの!!>やよい」
漆原るか 「霊能不在…こんなこともあるんですね
でも、この場合は占い師に真がいて…狩人を護らなくちゃ…ですね」
スターマン 「そして共有FO把握やよ
○進行だしグレランするやよ」
三浦あずさ 「ただまぁ、麗初日なら占いに真混じりがほぼ確定したのは嬉しいわね
・・・その分霊能さんが居ないんだけど」
ベイスたん 「下の2人で共有って固まってるやよね。
下占いしてたら危なかったかよ。」
ドクオ 「('А`) 胸に貴賎などない!! 胸はそこにあるだけで、ある種の神秘性を
     醸し出すのだ!! 何故それがわからん!」
双海真美 「パチュリー姉ちゃんは765プロで言えば、
真美たちくらいの背でスタイル的には貴音お姉ちゃんくらいじゃないかなーって思ってる」
高槻やよい 「まぁ占いの内訳は今日から考えても仕方ないと思いますねー>リップさん
どうせ噛みとかで見えてくるものがあるって思います!」
如月千早 「反逆的兆候が多いですね。まったく。まあいいです。勝てば官軍です。」
リップヴァーン・ウィンクル 「霊いないなら狐判断でズルズルとか勝ち目薄くなるだけなんで」
双海亜美 「大きいとか小さいとか、あんまり関係ないと思うよ
ちょっとだけ真美のほうが亜美より大きいけどね>真美」
やる夫 「2-0-2とはまためんどくさいお…」
萩原雪歩 「でも・・・人狼を、倒さないと。
これからもっと伊織ちゃんのように、犠牲になっちゃう人が、でてきてしまう・・・!」
ぎん 「ん~・・・ま!○も最悪は吊る様に吊れれば幸いです?
まぁ、ぎんにはそれがすごーく難しいと思います!が、がんばるます!」
リップヴァーン・ウィンクル 「さっさとロラにもってく流れで私は考えてますネー」
スターマン 「個人的には着やせ派やよ>こぁくま」
高槻やよい 「はいっ!その場合でも美希さんと一緒に勝てるように頑張るだけですっ!>美希さん
けど、できればやっぱり、二人で一緒に生き残りたいかな……って……」
双海真美 「姉の方が小さいわけがないでしょー亜美ー>亜美」
リップヴァーン・ウィンクル 「べつに跡で霊でてくるならそれはそれで内訳見えてくるんで」
萩原雪歩 「だから・・・私は、戦う覚悟を決めて・・・」
親衛隊 「ズボンをパンツと言うようになってしばらく経つが
なら、ハァハァ、パンツ見せてよっていっても犯罪にならないんじゃないだろうか」
ドクオ 「('А`) 面倒ではない。占いに確実に真がいる。
    この情報は 2-1 ではわからない情報だ>やる夫」
やる夫 「今日はグレランだおね」
双海亜美 「犠牲を最小限に食い止めるのが、亜美たちのお仕事だね>ゆきぴょん」
こぁくま 「まーグレランです!
基本はこれですから、これだけで勝てれば一番楽なんですからっ!」
ベイスたん 「比べる対象違うやよ?>双海亜美」
ぎん 「大変クリアーっぽい内訳だけど、確かにそうですねー!>やる夫さん」
双海真美 「お、ミキミキとやよいっちが仲いーね!
真美とゆきぴょんも負けてらんないね」
星井美希 「うーん、生きてられたらがんばろうね>やよい」
萩原雪歩 「役職者はCOしてくださいと・・・あああ!今日が終わって!?」
高槻やよい 「後で出てきた霊能なんて偽で良いと思いますけど……
潜伏とかありえませんもん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
萩原雪歩0 票投票先 →やる夫
やる夫6 票投票先 →親衛隊
三浦あずさ0 票投票先 →こぁくま
ぎん2 票投票先 →やる夫
星井美希0 票投票先 →こぁくま
高槻やよい0 票投票先 →漆原るか
スターマン0 票投票先 →親衛隊
ドクオ1 票投票先 →やる夫
双海亜美0 票投票先 →やる夫
双海真美0 票投票先 →やる夫
ベイスたん0 票投票先 →漆原るか
こぁくま2 票投票先 →漆原るか
親衛隊2 票投票先 →ドクオ
漆原るか3 票投票先 →ぎん
リップヴァーン・ウィンクル0 票投票先 →ぎん
如月千早0 票投票先 →やる夫
やる夫 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
リップヴァーン・ウィンクル は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
リップヴァーン・ウィンクルさんの遺言 Bald wird der Mond erblassen,
Mein Schicksal reißt mich fort!
やる夫さんの遺言           ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒).    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/
|      .ノ     | |  |   \   /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) そ.(⌒_(⌒)⌒)⌒))
        Σ / ̄ ̄ ̄\て   Σ / ̄ ̄ ̄\て
          /  ⌒  ⌒ ヽ      /  ⌒  ⌒ ヽ
            /  ( ●)(●) |     /  ( ●)(●) |
            |    (__人__) }    .|    (__人__) }
          /、.    ` ⌒´  ヽ.   /、.    ` ⌒´  ヽ.
       /            | ./            |
        |           | /. |           | /
         ヽ_|  ┌──┐ |丿 . ヽ_|  ┌──┐ |丿
           |  ├──┤ |.    |  ├──┤ |
           |  ├──┤ |.    |  ├──┤ |
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
スターマン 「おはようやよ」
星井美希 「占いCO あずさは○だったの~」
こぁくま 「ひゃっはー、COをお願いしますよー!」
三浦あずさ 「おはよ~
今日はどうなってるかしら~?」
如月千早 「おはようございます。」
高槻やよい 「こと四条に限っては
初日○進行で霊能出なかったら初日と見て良いと思うんですよね。
なので、占いさんを吊る理由が見当たりませんし
そもそも最後に決め打ちすれば良いだけで……」
ドクオ 「('А`) おはようさん。や、流石に真占いが2人の内にいるのが確定してるのに、
     面倒くさい、ってのはないわー。すまんねやる夫。
     こうして俺はハーレムへの道を着実に進むのさ……! ヒャホー!」
萩原雪歩 「お、おはようございますぅ・・・
昨日は覚悟を決めてるうちに一日が終わってて・・・うう・・・」
双海亜美 「んっふっふ~
朝だよー」
ぎん 「んーと!んーと!狩人が自分じゃないよって言ってるのは
るかお姉さんとドクオお兄さん?ドクオお兄さんの方は、ちょっと難しいけど・・・
あんまり役狙いでいかないほうが進行的にはぐー!な感じなのかなぁ・・・」
ベイスたん 「占いCO こぁくま○」
双海真美 「千早お姉ちゃんの相棒さんが噛まれてるー!!」
ベイスたん 「理由:対抗の投票先やよ。
   霊初日で、身内ないならそこは非狼かもとして
   対抗も占ってる可能性がある。○なら確定○つくりできるやよ。」
星井美希 「理由
ぶーぶー、やる夫なんか狐っぽかったから
占いたかったのにー!!
それじゃ、次の占い候補、あずさかな
見た感じ、霊能について言及しまくりなの
一番、気になったのは霊能が居ないことをなんか
とーっても嫌そうだったの…うーん?真占い居ることの
方が、嬉しくないのかな??って違和感
あとは、あずさの色でこぁの色が見えてくるのかな?って
思った」
如月千早 「ふむ、いきなり相方が噛まれましたか」
漆原るか 「おはようございます」
スターマン 「役職は仕事おねがいするやよ」
ぎん 「ほえ?共有噛みですか?」
親衛隊 「割と発言数で一段見劣るものの、るか投票とか怖くてできません。
なのでやる夫っていうヘイト役がいて助かったよ
え?お前もヘイト役だって?ご冗談を」
スターマン 「この地で風切り 果敢に走れ
君の力で勝利を もたらせ直人
【コール:かっ飛ばせー 直人!】

楽天から移籍してもらったときは申し訳なかったんよ
怪我に気をつけて二遊間をしっかり〆てほしいんよ」
ドクオ 「('А`) おや、共有噛み? 不穏だけど、それは占いに真がいるかどうか
    わからん場合に限ると思うんだが」
漆原るか 「どうしてここまでやる夫さんに票が偏ったんでしょうか…
僕にはわかりません…灰に人狼3がいるようには見えなかったので
○か占いに狼が混じっているのかな…?発言もぎこちない人は見つけられませんでした…」
ベイスたん 「あれー?共有噛み?」
三浦あずさ 「共有噛みかしら~?」
双海亜美 「やる夫ちんの遺言
『ひらけ!マンチョッチョ』に出てくる緑色の怪獣みたいだね」
星井美希 「ありゃ?あずさ村だったの…それじゃ、あずさもやよいと一緒で
頑張ってねー」
親衛隊 「あずささんが○だって!?」
こぁくま 「ふむふむ、共有噛み…?」
ドクオ 「('А`) この真占いがほぼいる状況の中で共有噛みはなぁ。
    うん、よくわからん。」
親衛隊 「これは星井美希盲信するしかねぇ!」
如月千早 「○進行、ではグレランをお願いしましょう。」
ぎん 「んー悠長な噛み噛み狼さん?ぎんは不思議でなりません
ねーヒトデさん>ベイスさん」
高槻やよい 「るかさんはとりあえず良いかなぁ、っていうのが思った事です!
投票しちゃいましたけど……w」
ベイスたん 「対抗狼で信頼勝負でも挑まれたやよ?
うーん。」
三浦あずさ 「ん~? 信用勝負に持っていきたいのかしら?って印象だけれど」
双海真美 「これはどーいうことだろね、きょーゆーが噛まれるって…」
萩原雪歩 「共有噛みですね・・・
初手占いは行けないと思って、ひとまず噛める共有を噛めるうちに・・・といったところでしょうか・・・。」
星井美希 「へー、共有噛み?霊能初日濃厚で、そこ噛む余裕??
うーん??」
ドクオ 「('А`) それ違うで!? それ明らかに深夜番組や!>亜美」
双海亜美 「共有噛みなんだねー
霊能いないし、オオカミ的にもしばらく占いさんを走らせてみようのコーナーっぽいね」
ベイスたん 「ヒトデじゃないやよ ベイスたんやよ!ぷんぷん>ぎん」
三浦あずさ 「頑張るわー
占いは、私とこぁくまちゃん・・・割と疑ってた位置なのよね」
スターマン 「共有噛みやよ
これは占い内訳が狼に真偽ついてないっぽいかんじがするんやよ
そうじゃないなら温い噛みをしてるんやよってかんじやよ」
高槻やよい 「まぁとりあえずは
美希さんと一緒にまた朝が迎えられてよかったです!」
ぎん 「ん~・・・真占いさんおおよそ確定でいるのに、かぁ・・・
強い所が狼さんです?でも、あずささん○・・・むむむむ!」
親衛隊 「霊能初日と見られるから、強制的に信用勝負の形になる
真狼か真狂かは分からないがね、それなら真を吊らせる噛み方もしてくるかもね
そういう共有噛みの感想」
双海真美 「まぁ、噛みはともかく今日もグレランになるのかなー?」
こぁくま 「よっぽど心証勝負に持って行く自信があるってことなんでしょうけど
この陣形だとやっこさん達からすりゃ●銃殺に弱いのでちょっと分からない戦術ですね…」
漆原るか 「共有さんが…この噛みだけならただの確定○噛み…今後の噛み次第で
狼の意図が見えて来そうですね」
双海亜美 「あれ?「ひらけ!マンチョッチョ」だよ?
緑と赤の怪獣、デカチンとファックだったよね?>ドクオちん」
星井美希 「なるほど…そうやって動いてくるなら
こっちも、こっちで指示役切らさない動きも考えるかな
って感じかな」
ドクオ 「('А`) まあこの噛みなら狼さんは信用に行きたいコース、か
    と見せかけてーのー! のどっちかだべー?
    そんなんより灰よ灰。全然見れてないけど うん」
ぎん 「ご、ごめんなさい!>ベイスたんさん」
萩原雪歩 「初日共有だと・・・護衛ブラシと言う点では効果がうすそう?」
ベイスたん 「萩原雪歩だけ、視点が違うけど
そこ狩人もありそうでグレランでいれていいか悩むやよ・・」
スターマン 「来年は白星いっぱい食べれるといいやよ・・・>ベイスたん
ドクオ 「('А`) チガウ、チガウよ!? 多分それ深夜でもアウトや!>亜美」
萩原雪歩 「あ、初日霊能の共有噛みですぅ・・・」
双海亜美 「見えすぎちゃって困る感じかな?>るかねーちゃん」
こぁくま 「割と、以前に投票してましたよね?>あずささん
なら、それっぽい理由があってもいいと思いますが。」
親衛隊 「なので、占い師には是非、呪殺だしてほしいね。
占い理由よりも結果さ。それが伴わないのでは吊らざるを得ないからね」
ぎん 「ぎんは、信用なら灰噛みでいいのかなぁって思います
これ、どっちの信用も微妙になってます?
ぎんだけかもしれませんが・・・ドクオお兄さんはどうですか?>ドクオお兄さん」
如月千早 「ふーむ、霊能初日であるなら真混じりが確定である――ですか。
信用勝負とらえるのは早計でしょう。占い抜きもありえます。
共有両方処理って信用勝負(指揮なし)にするというのもありますが」
双海亜美 「あれ?この前、絵理ちんにオファーがキタって言ってたよ?>ドクオちん」
ドクオ 「('А`) まあグレラン継続だろうし、狩人は やべえ! と思ったのなら
     自発的にドギャーン! でもいいのよ? いいのよ?」
高槻やよい 「っていうか吊る必要あるのかな?占い師さん。
流石に昨日出ないなら霊能初日だと思うんだけどっ!>親衛隊さん」
星井美希 「うん、やよい、あずさも村だったから
二人で頑張ってほしいの、美希がいつ死んでもいいように
二人が戦えるよう、美希もがんばるの!!>あずさ・やよい」
漆原るか 「え…?ええと…どういうことでしょう?>亜美ちゃん」
スターマン 「でもって○展開だし今日もグレランするやよ
がんばって悪い子を吊りあげるやよ」
双海真美 「確かにゆきぴょんの目線はなんか優しさを感じるねー」
ベイスたん 「白星大事やよ!
でも黒星出して、きっちり村も守りたいやよ!>スターマン」
双海亜美 「黒いおまんじゅう、たくさん食べ過ぎちゃったもんね>ベイスたん」
萩原雪歩 「ちなみに真狂だったら占いが噛まれていないのがなおさらおかしくなるので、ひとまずは狼混じりでしょうね、これだと・・・」
ドクオ 「('А`) ぶっちゃけ先の噛み見てみないことにはねー>ぎんちゃん
    多分共有噛み切りきたら、もう色々と面白い事になるんだろうけど」
こぁくま 「グレラン続行ですね。
結果が見えない、というのが霊ゼロのネックですがー…」
双海亜美 「るねーちゃんも立派なモノをお持ちですな、んっふっふ~>るかねーちゃん」
萩原雪歩 「え・・・っ
そ、そっかな・・・でもどっちかっていうと気弱なだけで・・・うう・・・>真美ちゃん」
三浦あずさ 「グレラン進行、吊れるといいのだけれどねー」
親衛隊 「しかし、美希は次はどこ占うのか…
ああ、双海姉妹がいたか
ならどっちかで狼出るかも?そんなジンクス期待」
ドクオ 「('А`) 断ったほうがええで!? 多分それ成人指定や!>亜美」
星井美希 「個人的にはやる夫すんごい占いたかったんだけど
ちょっと、残念なの…なんか、役持ってそうな感じありありだったし」
ぎん 「真交じりの進行ーで、いいんだろうけど・・・うん、ぶらしちゃ駄目ですね!
てなわけで○と占い師さんは最終日送りです?
囲いが怖いですが・・・うん!がんばる!」
漆原るか 「共有噛みなら…やる夫さんは村人っぽいですね…
初日狼が吊られたなら、狼も焦るでしょうし…でも、そうでもないみたいです…」
ベイスたん 「おまんじゅうたべられないやよ・・・>双海亜美」
双海亜美 「ゆきぴょんは癒し系だね
まもってあげたいね、ユーミンだね>真美」
三浦あずさ 「何となく票が固まってたのは気になるわねぇ・・・」
双海真美 「あ、えっとその…(もじもじ >ゆきぴょん」
ぎん 「なるほどです・・・>ドクオさん」
こぁくま 「…アイドル用の仕事じゃないような>ドクオさん」
スターマン 「黒星もださないといけないのが占いの辛いとこやよ・・・>ベイスたん
シーズン中はできるだけ減らしたいやよ・・・」
双海亜美 「おまんじゅう・・・なんかやらしいね」
親衛隊 「スターマンっていうと貧乏なあいつを思い出すぜ…
ジャンプ連載してたけどな」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
萩原雪歩0 票投票先 →ドクオ
三浦あずさ0 票投票先 →ぎん
ぎん3 票投票先 →ドクオ
星井美希0 票投票先 →ぎん
高槻やよい0 票投票先 →ぎん
スターマン1 票投票先 →双海亜美
ドクオ4 票投票先 →こぁくま
双海亜美1 票投票先 →親衛隊
双海真美0 票投票先 →漆原るか
ベイスたん0 票投票先 →漆原るか
こぁくま1 票投票先 →漆原るか
親衛隊1 票投票先 →ドクオ
漆原るか3 票投票先 →ドクオ
如月千早0 票投票先 →スターマン
ドクオ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
如月千早 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
如月千早さんの遺言         , -:::: ̄゛::::'‐...._
      ./:::::::::::::::::::::::::::::::::゛ '- _
     ./:::::/:/:::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::\
    ./:::::/:::::/::::/ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    i:::::/::/|/  |::::∧:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    ∨/三ミ    |ノ .∨:::::ヽ:::::::::::::::::::i
    /゛ヾミ'    ミxュ、.∨:::::::i:::::::::::::::::::|
   入:::::      .ミミミミミ.∨:::::|::::::::::::::::::i
   l;:ノ\ (_,>    ヾ'  〉::::::|:::::::/::::::/
      \     ;;;;;;  /:::::::,'个":::::./
      / \      /:::/_ノ:::::::::/
    γγて└-'>_--"~::: ̄::::::::::::/
    /__.メ, }川.リ / ヽ:::::::::::::ヽ:::::::|
   ./ }  >ヾ彡! (   i::::::::::::::::i::::::|
  /  ゝ/  \ /  /::::::::::::::::i::::::|
  i  ヾミ,,__,,_ _    /:::::::::::::::::::i:::: |
   ヽ   /  ~ ノ  ノ:::::::::::::::::::::::i:::: |
   / ゛''-ゝ-‐'゛'‐''"∨:::::::::::::::::|:::|:::::|
   \         ∨::::::|::::/:: i:::::i
    |\/ヽ、 _,,..-i'"ヘ.;;_ |:/::::/::::/
    .|:::::::::::::|ヘ"::::::::::l    .゛''-"~
    |:::::::::::::|. ',:::::::::::',
    .|:::::::::::::| |:::::::::::',
    ヽニ>' .r'"\.ノ
          └‐''".
ドクオさんの遺言
          / ̄`` ー 、
         ノ,' 〃,リ   ヽ
        /./ '〈 !ゝ-,イ
         / ,' ; ∨!‐'‐'`´          ,,-―ー-、            ,..._
        /i : :  !ハ              /   ,r,   ゙、         ./,.-‐‐ ``ヽ、
      / ! ','  ; ハ       ._,,. '^ 、      iヾ      ..〉、⊃!、  ノ  !
     i  ',  } ,リ  i___    ..(;;__,..)     i        .`ー--'¨¨! ,  ',
     { ) ヽ{ ,ノ  ゙', `ヽ.-‐==‐、   .ゝゞ;:;:;:;:;:´,l|\         ./´〉,、     | ̄|rヘ
     ∨'ヽ、_.{  __,...=.._ } ''"  ヽヽ  ヽ;:;:;:;ノ:;:;:;:ヾ:\ ..l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
       ヽー-、` ̄ ¬   `ヘ   / '`゙´、 ;:;:;:;:;:;:;:、  \--、.二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
       \ ヽ、.  ヽ,.. .. ノ},イ    リ{ . .........:::::::::::.... ......./__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
           `ヽ.ヽ`ーゝ、__,..ノ . .____  .... .........::::::::::..'´               (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
              ヽ、_ー、___,.,.-/      \ .... .........::::::::_ ) (_  〉-- <_ ,/                        `ー-、__,|     ''
               ̄   /   /   ヽヽ.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃) ヽ / ' ノ
                     |       /|   | ..... ......: ::::`二⊃ノ...__, ,.- '´
                   ,.\___/ ̄|  /..... ......: :::: ((  ̄_  _/     
                     i ;.r'ニニヽ._\_./.. ..... ......: ::::::  ;;.. ̄
                 r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
               /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
                  /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
              | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
                  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
               |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
                  |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :
               |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
萩原雪歩 「おはようございますぅ
なんだか、吠えが減ってるような・・・」
親衛隊 「哀れ、ベイスたん…共有に真切られてるの巻」
スターマン 「おはようやよ」
星井美希 「占いCO 親衛隊は○だったの~」
双海亜美 「んっふっふ~
朝だよー」
ベイスたん 「占いCO 三浦あずさ●」
高槻やよい 「まあ、予想通りというか……その、共有噛み切ってきましたね」
こぁくま 「ドクオさんは占い結果を見れていないのかと思ったら吊られていたという。
さて、結果を!」
三浦あずさ 「やる夫さん投票者に狼いそうで、連続して吊りにかかわってる二人に注目したい印象かしら~
雪歩 , ぎんちゃんの二人なんだけれど~」
双海真美 「千早姉ちゃんまで…!」
ベイスたん 「理由:信頼勝負なら確定○つくりに動くやよ。
   ●なら●でokやよ。やよいとあずさならこっちやよ。」
星井美希 「理由
親衛隊(61)

「なので、占い師には是非、呪殺だしてほしいね。
占い理由よりも結果さ。それが伴わないのでは吊らざるを得ないからね」
って発言から、銃殺欲しいそうだったの~
だから、ここで銃殺どうのっていうなら、狐さん?
やる夫だと思ってけど、この発言見るとなんか、こっちかな~って
確定○作りは、後一手置いてもいいかなって」
スターマン 「役職はおしごとしてほしいやよ」
三浦あずさ 「あらら、内訳がこれではっきりしたわねぇ~」
スターマン 「【前奏:横浜の空高く ホームランかっ飛ばせ筒香】
さぁ打て筒香 飛ばせ空の彼方
横浜に輝く大砲 かっ飛ばせホームラン
【コール:Go Go 筒香(つつごう)!】

将来の4番、期待してるやよ☆
確実性と夏バテ気味なのが気になるからその辺もしっかり頑張ってほしいやよ」
ぎん 「今日も共有さん噛みなら、ぎんとるかお姉さんは非狼目?
焦りがでてないっていうのは、とてもすてきな意見だと思いました!

えーっと・・・理由は・・・
・初日投票の二番手組だったぎん、るかお姉さん、ドクオさんが
 吊られても、噛み筋が変わらない=状況に変動なし?

 この噛みをして、痛まないのは初日から投票を貰ってない
 雪歩お姉さん、あずさお姉さんが、位置としてはあるとおもいます!
星井美希 「あちゃー…村だったの」
双海真美 「ベイスの兄ちゃんは対抗占い?」
双海亜美 「噛みきり・ア・ゴーゴーだねえ 」
萩原雪歩 「か・・・完全に信用ですよこの噛み・・・」
親衛隊 「共有噛み切り…確定○作ってほしい
そんな朝のけだるさ」
こぁくま 「噛み切ってきましたか…で、パンダ。
一番面倒くさい感じになってしまったような」
星井美希 「そして、千早さん…」
漆原るか 「亜美ちゃんそんな所、気にしちゃ駄目だよ…凄く恥ずかしい…>亜美ちゃん」
ベイスたん 「対抗の○占いだったやよ!
囲いだったやよ!>真美」
双海亜美 「囲うなら昨日今日ってとこじゃない?
狙い目としてはわかるよね>真美」
星井美希 「あずさに●ね…」
三浦あずさ 「共有切り抜きからの●、見事に人外臭マックスだわ~」
ぎん 「ベイスたんさんが●発見!・・・ん~でも、あんまり嬉しくない?
まだあずさお姉さん吊れないです・・・」
親衛隊 「ベイスたんを吊ろうぜ!
あずささんが狼の訳ないじゃん!
それに、共有投票があれなんだぜ?」
スターマン 「んー・・・信用勝負っぽい噛みやよね・・・
パンダを吊るのはまだ早い気がするやよ」
高槻やよい 「私とあずささんならこっち~の中身が知りたいですっ!>ベイスたんさん」
双海真美 「んー、あずさお姉ちゃんをどうするかだよねー…」
星井美希 「うーん…ごめん、こうなってくるなら確定○作ればよかったの」
双海亜美 「そんなとこ?そんなとことはドコのことかな?(うりうり)>るかねーちゃん」
漆原るか 「すみません…この村は誰が指揮を執るのでしょうか…
こぁくま 「正直これあずささんもベイスたんもどっちも信用しづらくて
私としてはなにこれ超面倒。」
ぎん 「ぎん的には、囲いが強いのかなぁとは思いましたけど」
ベイスたん 「ぎんさん あずささん狼はあってたけど、
自分非狼いっちゃうのはどうかとおもうやよ>ぎん」
萩原雪歩 「とりあえず、吠えの減り方が尋常じゃないですよね・・・
8吠えくらじゃありませんでした・・・?
相談量が明らかに減ってますぅ。」
双海亜美 「この展開、確定○は心強いからねー>ミキミキ」
漆原るか 「亜美ちゃん…も、もうやめ…て…」
双海亜美 「もしかして:LW?
って思っちゃうふいんきだったね>ゆきぴょん」
星井美希 「本当ごめん、指揮役絶やさないようにって思ってたんだけど
親衛隊で銃殺がすんごく、でそうかなーって
思って、投票せずに置いていただけに…うーん」
三浦あずさ 「混乱させて吊り増やしという点からは真狂かしら?と」
親衛隊 「あずささん吊りなんて、もってのほかさ!」
双海真美 「そーだねー、やる夫兄ちゃんかドクオ兄ちゃんが狼さんだったのかな」
スターマン 「吠えは狼さんも意図的に減らせるから正直あてにならんやよ・・・>雪歩
・・・どうしたもんやよね」
ベイスたん 「え、発言的にあずささんのほうがなんかもってそうだったやよ。
昨日のやる夫投票者に~とかの誘導とか>やよい」
高槻やよい 「んー……灰潰しした場合間に合うんですかね?
ちょっと頭働いてない感じなのでわからないですぅ……」
こぁくま 「吠え数判断なんてしちゃいかんとです
今日まで灰削って、そこからでしょうかねぇ」
双海亜美 「なんだっけ?五月雨だっけ?
オカリンにーちゃんがたまに握ってるって言ってたヤツ>るかねーちゃん」
ぎん 「言葉のあやです>ベイスたんさん

でも、たぶん、るかお姉さん狼すくないです?
だって、出した三人と親衛隊さん、吊れておかしくない場所です。
そこが減ってるのに、噛みが変わらないなら、たぶん、違うと思いました」
萩原雪歩 「形として信用をするのに、3Wでどう立ち回るかを相談するときにこの吠えの量は何かを感じるなって。」
漆原るか 「吊り数が心配ですけど…あずささんは今日は吊りたくないですね
霊能もいないのに占いの○を吊るのは抵抗があります…」
星井美希 「あー…ごめん、みんな
指揮役作らなかった、私のミス」
こぁくま 「あと、親衛隊さんは通常推理の量も増やして欲しいかなあ。
美希さん寄りなのは私もですが、理由内容も量も傾いてますし」
双海亜美 「ここ、あずさおねーちゃんを吊るより、グレーせまくしていくほーが
いいんじゃないかま?」
高槻やよい 「んー、そういう事ですかー……
噛み切りありえるから、役目のない方を占ったのかな、って思ったので
一応聞いてみたんですけれどっ!>ベイスたんさん」
双海真美 「れいのーがいないのが辛いよね…
色が見れないっていうのが…」
星井美希 「聞いてもらえるかわかんないけど、グレランをお願いしたいの…」
双海亜美 「こっからもりかえしていこーぜ!>ミキミキ」
萩原雪歩 「けど、推理の一部として活用できないわけじゃないですよ>スターマンさん」
ベイスたん 「なるほど。吊りじゃなく占い先に考慮って事やよね
わかったやよ>ぎん」
ぎん 「ん~ある程度、お仕事が決まってる?もしくは、
騙り役さんがリーダーさんとか・・・むむむ・・・
むずかしいですね>雪歩お姉さん」
星井美希 「ごめんね、亜美…う~…」
親衛隊 「<かたむ>いているのか<かぶ>いているのかどっち読み?>小悪魔」
スターマン 「まぁ灰を狭めるのが一番無難じゃないんよ?
という結論しかでないやよね」
ぎん 「あ、そです!ありがとうございます>ベイスたんさん」
こぁくま 「ぶっちゃけ美希さん真なら囲って無いんじゃないかなってのはありますがー。んー。」
双海亜美 「あずさねーちゃん吊らずに、次の噛みを見てみたほうが
なんかピラメキーノしそうじゃん?」
萩原雪歩 「う、うーん・・・現状グレラン打つ理由は、どうなんでしょう。
1W吊れたオーラもちょっと感じてるので。」
双海真美 「グレランならるか姉ちゃんにと思ってるかな
真美も人のこと言えないけど発言数少ないと疑いきれないけど信じもきれない部分だと思うし」
ベイスたん 「いやいやグレランとかだめやよ?
狩人生存の可能性考えたら●吊って欲しいやよ!」
双海亜美 「るかねーちゃんも盛り上がってきたよ!ほら!」
萩原雪歩 「下手するとLWまで見えるんですよね・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
萩原雪歩1 票投票先 →漆原るか
三浦あずさ2 票投票先 →ぎん
ぎん4 票投票先 →双海亜美
星井美希0 票投票先 →ぎん
高槻やよい0 票投票先 →三浦あずさ
スターマン0 票投票先 →萩原雪歩
双海亜美2 票投票先 →ぎん
双海真美1 票投票先 →漆原るか
ベイスたん0 票投票先 →三浦あずさ
こぁくま0 票投票先 →双海亜美
親衛隊0 票投票先 →双海真美
漆原るか2 票投票先 →ぎん
ぎん は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
親衛隊 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ぎんさんの遺言 わぎゃー!
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ベイスたん 「占いCO 親衛隊○」
漆原るか 「真美ちゃんごめんなさい…昨日も実のある発言は
出来なかったから吊りたくなるのは当然だと思う…
亜美ちゃんが言うように気持ちを盛り上げていかないと…
とりあえず五月雨を素振りをして…」
スターマン 「おはようやんよ」
星井美希 「占いCO スターマンは○だったの~」
双海真美 「おっはよーゆきぴょん!おっはよーみんな!」
三浦あずさ 「印象としては雪歩ちゃんも怪しいのよね~
昨日時点でLW想定はまだ早いんじゃないかなって?
やる夫さんは例初日にもかかわらず大量票、そこ投票者のドクオさん吊りで2wが吊れてたとは考えにくいから~」
こぁくま 「二日前の発言になってスイマセンが

◇ベイスたん 「いやいやグレランとかだめやよ?
狩人生存の可能性考えたら●吊って欲しいやよ!」

狐ぜんっぜん考慮してませんよね。
ただでさえパンダだから慎重になるべき位置、だというのに「今押す」
正直狂人ムーヴ狼を思考せざるを得ません。」
ベイスたん 「理由:ベイスたんをディスりすぎやよ。
   あれだけ目立つなら●はないきがするけど
   ○なら○で疑わなくていいやよ。」
高槻やよい 「もうなんていうか、私的にはこぁくまさんに
指揮お願いしても良いんじゃないかと。」
萩原雪歩 「れ・・冷静になったら・・・
LWになったとしても・・・九分九厘占い騙りに狼がいるでしょうから、慌てる必要性ありませんでしたー!!
ベイスたんさんに真を見たなら美希ちゃん最後にすればよくて・・・」
双海亜美 「んっふっふ~
朝だよー」
星井美希 「理由
確定○狙いなの、こぁくまと見比べると
こっちのほうが、村っぽいんだけど、占うと
噛まれてそうで、なんかやだなーって感じなの…
こぁくまがなんか囲い狼っぽいのが…うーん?
だって、美希が真なら、囲いなしって発言おかしいの!!」
スターマン 「役職は仕事してほしいんよ」
こぁくま 「っつーわけで、ふむぅ。やっぱそこ村ですよね>スターマンさん」
双海真美 「噛みあわせって奴なのかな?」
三浦あずさ 「ベイスさんは露骨な吊り誘導、やっぱり人外でいいわねぇ」
双海真美 「呪殺GJの線もなくはないんだけど…」
双海亜美 「なるほろー
噛み合わせにも銃殺GJにも見えるしってヤツだね」
星井美希 「ほっ…スターマン村っぽいから、美希が確定○狙いっていってるから
噛まれたらどうしようかと思ったの…って、親衛隊さーーーん!?」
スターマン 「んー・・・こうなるんよ
今日は指揮とった方がいいんやよ?>ALL」
ベイスたん 「狐考慮?っていっても対抗狂人で共有かみぬくとおもえないやよ?
狼じゃなかったらなんだとおもうやよ?>こぁくま」
漆原るか 「2人○が出来ればよかったんですけど…一人でも指揮する人が出来てよかったぁ…」
高槻やよい 「流石にこれ、占い真狼だと思いますよー」
こぁくま 「お願いします。>スターマンさん」
萩原雪歩 「そうなると、狼は狂人に信用を託して勝負をはじめたってことになっちゃいますけど・・・>こぁくまさん」
三浦あずさ 「噛み合わせか銃殺GJか・・・同なのかしらね」
ベイスたん 「村視点は灰吊りになるかもしれないけど、
ベイスたん的には噛まれる可能性を考慮して●吊りするところやよ。」
双海亜美 「灰詰めしといたほうがいいと思うしね
狩人いたら必死に生き延びてほしー感じで」
スターマン 「一人気になる人がいるんよ
COの有無聞きたいけどいいかな?」
高槻やよい 「あるとして噛み合わせか噛み合わさったか、くらいだと思いますけどね。」
星井美希 「うん、よかったの…やよいが、あずさ投票で
全然美希のこと信用してくれてないってのが、わかって
ちょっとショックなの…>るか」
双海真美 「まぁ占いに手かけてない感じはそーだよねー…」
こぁくま 「論点ずらしてますよね、貴女?>ベイスたん¥んさん」
ベイスたん 「◇三浦あずさ 「噛み合わせか銃殺GJか・・・同なのかしらね」

視点漏れ頂いたやよ?あずさ視点銃殺GJありえないはずやよ。」
高槻やよい 「ん、スターマンさんが指揮進行で構いませんっ!」
漆原るか 「スターマンさんが○なんですね…すみません、正直疑ってました…」
双海亜美 「ほぼ真狼っしょ、これ」
星井美希 「そのために、占ったんだよ?>スターマン」
双海真美 「確定○が出来たのはおいしーよね、スター兄ちゃんよろー」
三浦あずさ 「正直CO聞くくらいなら占ったらいかが?
貴方は真占いかどうかなんて村には真偽付かないので~>ベイスさん」
高槻やよい 「っていうかあずささん吊って美希さんの●が出たらそれ吊っての方が明らかに安定しそうなんですよねえ。
だってあずささん残しても、霊能がいない以上は明日吊る事になるだけですよ?」
双海亜美 「スターマンちんが指示役だね
筒香みたいにホームランねらっちゃって!」
スターマン 「・・・雪歩さんにCOあるかどうかききたいんよ>指定」
三浦あずさ 「あら・・・ちがったごめんなさいね」
双海真美 「ゆきぴょんに!?」
星井美希 「はぁー…美希の懸念は、○の中に潜伏狂人がいるんじゃないかってこと
真狼っていうなら、なおのことね…はぁ~…」
萩原雪歩 「親衛隊さんを噛むということは、美希ちゃんの半○。
こっちを噛む利点が狼があったってことですう。」
ベイスたん 「そもそも自分の○と殴りあう趣味ないやよ。
説明に納得できなかったらもうちょっと教えてほしいやよ>こぁくま」
双海亜美 「んー、やよいっちは今日あずさおねーちゃん吊り派?」
萩原雪歩 「ひううううう!?な、なんにもありませんーーー!!>スターマンさん」
双海亜美 「ゆきぴょんかー
ふところになにかかくしてませんかな?」
スターマン 「吠え気にしすぎて狼にしてはちょっとおかしいんかもだけど
逆に占い内訳すけてそうないいまわしにもみえたんよ>指定理由」
高槻やよい 「昨日吊らなかったら明日だよ。
で、明日決め打ちとほぼ同義なわけなんだけどね>亜美」
こぁくま 「…んー。自分の中での思考がなんともかんとも。」
星井美希 「正直、やよいが私を全然信用してないってのがわかって
泣けてきてるの>亜美」
漆原るか 「亜美ちゃんと真美ちゃんは疑いたくはない、です…
2-3日目の発言が狼には見えなかったので…き、狐はあるかもしれませんけど…」
双海真美 「ゆきぴょんは確かに数値よりおっきく見えるけどねー…」
三浦あずさ 「そこは人外に見えたしね~
で、吊りどうするのかしら?」
双海亜美 「ベイスたん狼なら、○を出して噛めば灰が狭くならないっていう思惑はあるよね>ゆきぴょん」
ベイスたん 「銃殺でたのか、かみ合わせなのかその辺はベイスたんにはわからないやよ・・・
ただ遺言残せないから、銃殺でてたら今日でててもおかしくないと思うやよ。」
スターマン 「・・・わかったんよ
・・・雪歩さん吊るんよ」
萩原雪歩 「な、何の話?
私はやっぱり貧相で・・・・>真美ちゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
萩原雪歩9 票投票先 →双海真美
三浦あずさ0 票投票先 →萩原雪歩
星井美希0 票投票先 →萩原雪歩
高槻やよい0 票投票先 →萩原雪歩
スターマン0 票投票先 →萩原雪歩
双海亜美0 票投票先 →萩原雪歩
双海真美1 票投票先 →萩原雪歩
ベイスたん0 票投票先 →萩原雪歩
こぁくま0 票投票先 →萩原雪歩
漆原るか0 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
こぁくま は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
こぁくまさんの遺言                , --― - 、_
   こぁ      ,ヘ、,./:::::ァヽ,r'ヘ!::::::ヽ;ヽ/7`ヽ
          ,.ィ´ / 〉';:ィ/::::/:i:::::i::';::';:::';ィヽ.r⌒^  こぁ
     ((  ヘ⌒ヘ/ /:/::i-/‐::ハ:::ハ‐!ハY ヘ ))
        '、 ヽ、_ iルLi. ○   ○ λ/ /
          >、ソ ヽミリ ""r-‐‐┐""/ ̄ソ
          ヽ、ソ,/ノ:|,ゝ,ヽ、__,ノ_ノイ,`´イ
            弋  /ヽr-ヽ、/γ/',.‐'
            ,ヘ人.イ:::::::|/」:::::::::j,.へ.,人.,ヘ
   こぁ      // 7 ヘ::::::::V::::::_,.://` l ハ
          /へr⌒!/,イ:::::::ハ::::::_;:>⌒',⌒ヽノ
              /ヽー'ーrヘ-‐''::、ヽ     こぁ
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
スターマン 「おはようなんよ」
三浦あずさ 「おはよ~
昨日の4発言目ぐらいのはスターマンさんとベイスタンさんごっちゃになっちゃった・・・ごめんなさいね?」
ベイスたん 「占いCO 双海真美○」
高槻やよい 「おはようございます」
双海真美 「ごめんねゆきぴょん。吊る前にちゅーとか、したかったなぁ」
星井美希 「占いCO こぁくまは○だったの~」
スターマン 「役職は仕事してほしいんよ」
ベイスたん 「理由:銃殺GJより、先に噛み合わせ?って出た理由が怪しいやよ。
   ここ狐あったりするんじゃないやよ?」
双海亜美 「んっふっふ~
朝だよー」
星井美希 「理由
確定○狙い、でも、なんか
こぁくま(70)

「ぶっちゃけ美希さん真なら囲って無いんじゃないかなってのはありますがー。んー。」
美希が真なら、囲いはなしっていう妙な発言から
人外な気がして、いやーな気配はあるんだよね…
でも、スターマンがいつまでいるかわからないし…
占って見るの」
星井美希 「あちゃー…」
三浦あずさ 「ふむ~?」
双海真美 「今度はミキミキの占い先が噛まれてちゃったんだねー」
スターマン 「グレーそれぞれあげてほしんよ>占いは」
星井美希 「読まれたか…溶かしたかわかんなくなったの…うーん」
漆原るか 「そろそろ占い師のどちらかが真か決めなくちゃ…」
双海亜美 「うん、そこ○でそこが死体だよねえ
で、ベイスたんから真美に○かー」
高槻やよい 「占いさんのグレーが気になるところですね」
星井美希 「亜美、真美、るか>スターマン」
ベイスたん 「あうちー ○が・・・」
漆原るか 「凄く…意外です…>こぁくまさん○」
双海亜美 「なんでベイスたんが、やよいっち占わなかったのか気になるけどね」
双海真美 「亜美と、るか姉ちゃんかな?」
ベイスたん 「やよい るか 亜美と対抗が灰やよ>やよい」
星井美希 「正直、ここでこぁくま占っちゃて
そこが死んじゃったのは、してやられた感があるの…」
双海亜美 「両方の灰は亜美とるかねーちゃんだけだよー>やよいっち」
三浦あずさ 「占い師の真贋は私視点なら決まってるけど」
漆原るか 「美希さん、やよいちゃんを潜伏狂人かって疑ってるんですよね…?」
高槻やよい 「私を信じて貰えるなら、あみさんかるかさんで明日安定ではあるんだけども。」
スターマン 「んー・・・グレーに狩人いるならでてほしいんよ」
双海亜美 「それはわりとそーていのはんいないじゃない?>ミキミキ」
星井美希 「ん?あれ?よく考えたら、ベイすたん囲ってないや」
ベイスたん 「えー そこ村っぽくなかったやよ?
あずささんで囲ってるし、連続囲いとはちと考えにくかったけど・・・
信頼勝負ならあるのかしら。>亜美」
高槻やよい 「これはベイスたんさん向けですね。
美希さん視点は亜美・るかさんのどっちでも明日は来る」
星井美希 「スターマンあたり噛まれちゃうかなーって怖くて
確定○作りに動いちゃったんだよね…>亜美」
漆原るか 「…亜美ちゃんと真美ちゃんのどちらかに狼がいるのかな」
双海亜美 「ベイスたんはなんだろう?
クイックモーションでボーク取られるような動きに見えちゃうなあ」
三浦あずさ 「やっぱり囲いなしから考えてもベイス狂人の狼全潜伏かしら」
ベイスたん 「それとも狐か。
んー 真美の方が狐っぽく感じたんやよ。」
三浦あずさ 「なら後は占って、グレー吊ってで勝てそうねぇ」
高槻やよい 「や、それでもないか。結局この日が一番嫌な感じ。」
スターマン 「【悲報】グレーに狩人不在」
双海亜美 「占い位置はそこでよかったと思うよ>ミキミキ」
双海真美 「るか姉ちゃんを割と見てたから
亜美は怪しいとは思ってなかったんだよねー…」
星井美希 「んー??でも、ベイスたんにまかせて、狼潜伏ってあるのかな??>あずさ」
双海亜美 「るかねーちゃん、狩人っぽく見えたけど
違ったみたいだね>スターマンちん」
漆原るか 「ベイスたんさんは1,2回目の投票で僕に投票してるのが
引っかかって…吊りやすい人に投票してる感じがして…正直、信用し難いです…
僕がこんなこと言っちゃ駄目ですよね…」
高槻やよい 「どっちの占い視点でも、灰から吊るとなるとリスクが……なぁ……」
ベイスたん 「ギンが狩人だったりしないといいんだけど。
あそこかなり役もちかと思ったやよ。一番は雪歩だけど。」
三浦あずさ 「どうなんでしょう?
あの位置で出る役職が無かったんじゃって思うわ、霊能は初日有力だったし>星威さん」
高槻やよい 「まぁ、るかさんでいいか。」
双海真美 「でも確定○はかなり増えてるよね」
双海亜美 「最後はミキミキとベイスたんの対決だよね、これ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
三浦あずさ0 票投票先 →漆原るか
星井美希0 票投票先 →漆原るか
高槻やよい0 票投票先 →漆原るか
スターマン0 票投票先 →漆原るか
双海亜美2 票投票先 →漆原るか
双海真美0 票投票先 →漆原るか
ベイスたん0 票投票先 →双海亜美
漆原るか6 票投票先 →双海亜美
漆原るか は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双海亜美 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双海亜美さんの遺言 んっふっふ~
それじゃ亜美がとっておきの替え歌、うたっちゃうよ~ん

「ウンパッパ」の替え歌なのだー
 
                |\    ,/
                |::::::..  //
         __    |::::::::∨:::/___
        ⌒\::`ヽ|::::::::::|::::::::/⌒
           \::::\:::::::::::/
            `:::::::::::::::/   ......-‐……‐-....
                 V⌒X,>'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               乂/::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::::>\|::::::::::::\:::::::::::::::::::\
                 /:::::::⌒ア^    |::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::\
                  ::::::::::/      |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::\¨¨⌒
              |:::::^7  ‐- .   |:::L\:::::::::::|::::::::::::{:::\
\          |、/⌒V ,x==ミ \ `¨¨⌒\:::::|\:::::::::\::::\
     ____xへ|:..| 〈  ^ ん癶         ヽ|  `:::::::| `¨⌒
          `く ̄「V:.、    乂/        ー―-ミ  }:::::|\
.,__     ¨¨¨¨`<〉 V〉┤              万豕ヽ_  ∧:::|⌒
ニニ≧=-  .,____/⌒¨¨`つ__       しシ ノ^/〉|/∧
ニニニjニニニニl ̄ ̄「|圦  〈ヽ\   ´      ,__/
<ニニlニニニニ|    l∧ 丶 \    ー┐   /  ┌r 、__
  `¨Vニニニニ/〉   | ∧  \   ー―'゙ ⊂ニ`'<厂ア〉ト
    Vニニニ//∧   }/{   \__..   -=≦ゝ }>. '¨¨⌒ヽ\
.    |ニニ//〈,∧   |\   //      人  \
.   ノl,//: : : :}: : 、  ∨l/⌒7"     /-ニ\     ┐   {
.   [ ̄/\: : : : : :{ :\ |/   /       /|ニニニ∧  / ̄ ̄ ̄\
   /´     \ : : : } : : `'く>∠,,___/! :/ニニニニ≧x\____  〉
.  /       \: : : : : : // : : : : : : : : : |/ニニニニニニ〉_|     |‐′ 


♪またをひらいて 汁を飛ばせば
 広場で 街で 公園で
 鍋で煮込んだ 小豆のように
 しっとりぬれた クリとリス
 
 マンチョッチョ マンチョッチョ だれでも
 マンチョッチョ マンチョッチョ やっている
 きみとぼくとは ともだちさ
 だから マンチョッチョ~
 
 パンツの中を のぞいて見られる
 メガネがあったら 便利だな
 あの子ははやく おとなになって
 まいにちマンチョを イジりたい
 
 マンチョッチョ マンチョッチョ だれでも
 マンチョッチョ マンチョッチョ やっている
 そんなに短い ポコ○ンじゃ
 ダメよ マンチョッチョ~
 
 夢を大事に しながら こどもは
 すてきなおとなに なるでしょう
 おとなはいつも マンチョつついて
 はげしい声で あえぐでしょう
 
 マンチョッチョ マンチョッチョ だれでも
 マンチョッチョ マンチョッチョ やっている
 こどもも 乙女も 奥さんも
 びっしょり マンチョッチョ~
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
双海真美 「亜美ーーー!?」
星井美希 「占いCO 真美は●だったの」
ベイスたん 「占いCO 高槻やよい○
三浦あずさ 「おはよう~
今日美希ちゃんが生きてれば詰みね~」
星井美希 「理由
ごめん、亜美か真美で迷ったけど
確定○狙い
っていうか、亜美が村っぽいし占って
○だったら、とっても嬉しいんだけど
ここは、詰めささせて、ごめんね亜美」
スターマン 「おはようやんよ」
高槻やよい 「どこで吊れてたかはさておき、2狼以下です。」
ベイスたん 「理由:んー 村っぽい気はしたんだけど
   狐あったりしてもいやだし、○なら村視点も
   確定○扱いで悩まずともすむと。」
星井美希 「って、うわーーーーー!?そこ狼だったの…」
双海真美 「ミキミキ信じてたけどなー…そっか」
星井美希 「ごめん、決め打ちをお願い…」
スターマン 「両視点のグレー0なんよ」
三浦あずさ 「ふむふむ、これで残り2吊、美希ちゃん真で詰めれるわ」
星井美希 「こっちが、びっくりだよ!!」
星井美希 「ダメなんだよ、あずさ
あずさが、●だされてるから、ここが決め打ちどころ>あずさ」
ベイスたん 「6>4> 狐もういないやよ。
対抗が●だししてくるとか」
スターマン 「…やよいはどうするんよ?」
双海真美 「ゆきぴょんが大好きでしたCO 以外ないよー」
ベイスたん 「今日決めうちの日やよ。」
高槻やよい 「んー……私とスターマンさんの判断で決まる感じなわけですよねぇ……
どうする、って言って良いんでしょうか?
って言ってもギリギリまで考えるだけですけども。」
星井美希 「つまり、村視点最大2wあるわけ
だから、今日で決め打たないと、負けることになるの>あずさ」
スターマン 「あ、僕狂人なんよ
だから引き分けは保障できるんよ>狼」
星井美希 「うわ…最悪」
三浦あずさ 「ならベイスさんから吊りでいいけれどね」
三浦あずさ 「えっ」
双海真美 「でもこうなるとあずさお姉ちゃんとミキミキ…?」
高槻やよい 「……ええと、票はそれぞれの偽だと思う占いさんへ。」
ベイスたん 「スターマンとやよいに任せるやよ。
この信頼勝負の形で、ベイスたん狼ならが囲ってないってのが証拠やよ。
対抗は共有噛みきりながら、あずさ囲ったってことやよ。」
双海真美 「ん、了解したよー」
星井美希 「はぁ~…ごめんね」
高槻やよい 「偶数の狂人さんって辛いですよね。
奇数と違って確定じゃないし、狼さんがCOしたらしたで引き分けにしか……>スターマンさん」
双海真美 「…亜美の遺言が凄いけど触れないでおくよー」
スターマン 「んー・・・そうでもないんよー」
ベイスたん 「え?スターマン狂人??」
高槻やよい 「まぁ実質的に私の肩に……肩に……あの、途中まで遊んでた私に
何を期待するって言うんですかー!?」
ベイスたん 「勘弁してほしいやよ・・・」
三浦あずさ 「えー・・・どうしましょうね、これ」
星井美希 「やよい…なんか、途中であずさ投票してたから、すんごく不安なんだけど」
ベイスたん 「といっても狂人視点どっちが真かわかってないはずやよ。」
双海真美 「だいじょーぶ、やよいっちはいずれ成長して
あずさお姉ちゃんみたいにおもーい何かで肩こることになるから!」
高槻やよい 「あずささん投票の日とは状況が違いますけどねー」
スターマン 「じゃ、僕はやよいに投票するんよ
狼さんはしっかり考えて投票してね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
三浦あずさ0 票投票先 →ベイスたん
星井美希3 票投票先 →ベイスたん
高槻やよい1 票投票先 →星井美希
スターマン0 票投票先 →高槻やよい
双海真美0 票投票先 →星井美希
ベイスたん2 票投票先 →星井美希
星井美希 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
スターマン は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星井美希さんの遺言          / _,二つ∠.. _
            ,≠´       `  、    美希の出番終わり~…おやすみなさい
       /             \       _
              |丶   丶     ヽ     ⌒ヽ`ヽ
       /    ∧斗-\      ヽ         } ノ'⌒丶
  i{ ̄ ̄′   / }/   ノヽ  ',   }  \    /      \
 八        | '′ ㌻´   i   }   ノ_  `ー=彡      、          )ヽ
     i 人  N         }/}/ Y´:.:.:.:.:.: ̄:.¨:.:.:<⌒       \ノ     /  }
  ⅰ |   \ト、ノ} 、     '′/  {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <⌒ヽ   ー=彡 __/
  | 人{\  ハ       /ィ   \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:....._    /
  |     \ 人   (⌒ / /     ミ=-:.:.:.   、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー'^Y
  |  乂ー=彡' 个: . ノ}  /  ,. <⌒ヽ}i }:.     \:.:.:.:.:.:.:.:     {
  人   `て   ー=个く { xく⌒ヽ く\└ミ      .:\:.:.:.:.
     ヽ    ` ー={`V^Yーヘ、  )ー}   \ヽ:.:.\  .:.:.:.:.:\:.
         f⌒ヾヽ} 乂  r<:.:.:.└=ミ、..}:.|:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.}:.:.:.\
      ',  人'ー┘J   }_に  \:.:.:.:.:.:.ヽ}人:.:.:.:.:.:.:\冫:.:.:.:.:.:.ヽ
        }   > .   {_、    丶_:.:.:.ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:rく:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        人____,> . __\               ̄{ {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.', __
                  `ニ=-         _\\:.:.:.:.:.:.:.:.:.}   ` ー─
                                       ̄`    ´
スターマンさんの遺言 先発:ソト、ネルソン
抑え:ソーサ

2番小池
3番福留
4番ブランコ
5番ノリ

*中日ではない
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/11/21 (Wed) 00:04:31
双海亜美 「勝てるときはちゃんと勝たないとね>ドクオっち」
星井美希 「お疲れ様~」
ベイスたん 「お疲れ様やよー」
双海真美 「おつかれさまー!!」
高槻やよい 「お疲れ様です。ごめんなさい。」
如月千早 「お疲れ様―でーす」
ドクオ 「('А`) へいお疲れさん!」
親衛隊 「お疲れ様」
スターマン 「…あのさぁ なんで僕噛まれてるんよ」
三浦あずさ 「お疲れ様よ~」
双海真美 「ごめんねゆきぴょん…」
ベイスたん 「信頼勝負やったの初めてやよ。」
高槻やよい 「私噛み大安定なんですけどね……w」
漆原るか 「お疲れ様です…!」
双海亜美 「おっつー
亜美噛みが見事だったと思うよ>真美」
ベイスたん 「あ ログ参照やよ。
一応あずさと、やよい狩人考慮やよ>スターマン」
双海真美 「仮にあずさ姉ちゃんややよいっちが狩人でも
狂人護衛はないからってことらしーよ>スターマン兄ちゃん」
星井美希 「うーん…占いで吊り死んだの初めてだよ…はぁ~」
ドクオ 「('А`) まあ悩みに悩んでだした結論にケチなんかつけれないよね うん
     そもそも俺それ以前だったしね(白目」
親衛隊 「今度から双海姉妹はロラでいいじゃないかな(真顔)」
双海亜美 「ひどい話だね>スターマンちん」
双海真美 「噛みと占いは全部ベイス兄ちゃんに任せて真美は潜伏にしゅーちゅーしてたよー…>亜美」
高槻やよい 「最終的には占いさんたちの差がなくて、それぞれの●を見ちゃいましたからねぇ」
如月千早 「共有やって共有連続噛みされるのは3~4回目くらいですかね。」
ドクオ 「('А`) まじかよ幸せな占い人生歩んできてたのぅ!>美希」
双海亜美 「ってか、GJ出ても5ならPPできるっしょ>真美」
スターマン 「なるほどねー・・・そのまえにやよいに投票あわせたらもっと楽なんだけど(狩人候補もあずささんしかいなくなるしね)」
星井美希 「とことん、噛みで狼に上回れた感しかないなー…はふぅ」
ベイスたん 「噛みはまずいところ処理していくだけでーって感じやったやよ。
信頼は取れてなかったと思うけど、一人騙せばいいってその点だったやよね。」
双海真美 「まーそーだねー。けど結果的に勝ててよかったよー…>亜美」
双海亜美 「確定○になって上手く舵取りしたスターマンちんと
噛みがハマった狼の見事な勝利だったよね」
萩原雪歩 「よ、ようやくもどれました、おつかれさまですぅ」
こぁくま 「おつかれさーん、と。
噛みがよかったというわけでどうか。」
ベイスたん 「わかるけど、スターマンが狂人ブラフの事考慮すると
なかなかやれなかったやよ。狼同士で意思疎通ができればあれだけど。
そうでないと引き分けになるし、
逆に吊られても翌日片方噛んで引き分け確保のがおいしくないやよ?>スターマン」
ドクオ 「('А`) 出した○に噛みかぶせられると一気に、こう、狼の首を、こう、くきっと、
     うん。我慢せんでええで?>美希」
漆原るか 「6日目のグレランが最後のチャンスでした…そこまでに
頑張れなかった僕が駄目だったんです…」
星井美希 「うーん、親衛隊を占うところをスターマンにして
かませるようにさせたほうが良かったかなという感じはあるね
ちょっと、あそこから計算が狂っちゃった感じ>ドクオ」
ぎん 「ふぃぃ、初日から目をつけられていたんなら吊りも納得といったところでせう!」
双海真美 「ゆーきぴょん!お疲れ様! …ごめんねー>ゆきぴょん」
ドクオ 「('А`) この光り輝かんばかりのニートの俺が吊られた訳をkwskお願いしたい。
    あ、男だからってのは無しで(キリッ」
双海亜美 「ベイスたん3票あつまっても、引き分けまでだから
狼視点は狂人に乗ってやよいっちに票入れるほうが確実だよね>ベイスたん」
高槻やよい 「まぁ、私残しは狼必勝だと思うよ。
私の視点からの話をすると、美希さんが私を攻撃し始めたとこで真目を下げるしかない。
それと、5日目のあずささんの失言があったのでどうにもひっくり返らなかった感じ。
萩原雪歩 「指定されたのはわりと悔しかったですぅ。村で、狂人にですけど……」
如月千早 「やはりあれですよ。72なんですよ!」
ドクオ 「('А`) あ、ぎんちゃん生き返った」
双海真美 「や、ほんと意外だよね>やる夫ドクオ両兄ちゃん達吊り」
スターマン 「雪歩さん狼なら土下座も辞さなかったんよ・・・>雪歩さん」
ぎん 「お風呂気持ちよかったです>ドクオ」
萩原雪歩 「うん、真美ちゃんお疲れ様(なでりなでり」
ドクオ 「('А`) 月給72まんえんほしぃ>ちはや」
星井美希 「別にやよいを攻撃したわけじゃないんだけどね
ただ、あずさ吊りってのは私信用してないってことだから
こっちとしては、とーっても不安になっちゃったって話>やよい」
親衛隊 「村建て感謝、おっつー」
双海亜美 「亜美的には、ミキミキのほうが占い先もよかったと思ってたからねー
ミキミキ偽ならスターマン●出ると思ってたし、そこ○なら信じていいっしょって思ったよ>ミキミキ」
萩原雪歩 「うう、何ねらいでしたぁ?>スターマンさん」
ドクオ 「('А`) 酒飲んだ後に風呂とか 幸せだなおい!>ぎんちゃん」
ぎん 「じゃ、じゃあこの妖狐が吊られた理由もお願いします」
双海真美 「ゆきぴょんは可愛いから気をつけなきゃねー…>ゆきぴょん」
ぎん 「シャワーですけどね!(血の涙>ドクオ」
星井美希 「囲いが怖いっていってたから?>ぎん」
ベイスたん 「狼のもう一人がその場で狂人にのるって判断がつくかどうかやよ?
片方が乗ってないと、人外がバレテその時点で引き分け。
なら、勝てるチャンスなら勝負して、仮に吊られてもその後対抗噛んでもらって引き分けの方がいいとおもうけどなぁ・・・>亜美」
双海真美 「えへへへへ。ゆきぴょんの手、優しい…♪
ごめんねー、ゆきぴょんのこと守る狩人になれればって思ってたんだけど気が付いたら狼さんで…>ゆきぴょん」
高槻やよい 「実際問題として霊能が見れないから、両視点で●1個ずつ吊って行くのが安定じゃないかな、あそこ、って。
じゃないとひどい場合8人の日に決め打ちになるか、そこで終わるかってなるし。>美希さん」
如月千早 「24時間自給1000円で働けば月給72万ですね。計算したら>ドクオ」
如月千早 「自給→時給」
ドクオ 「('А`) 狼の運(狂人初日○出しプラス噛まない)が良い感じに働いて
     美希の運(噛みに○被り、○出したクマが狩人で噛まれる)がうまいこと
     いかなかったって感じだね。感想としては うん>美希」
双海真美 「あと、ミキミキに●出されたとき意外そうに思われてたのがちょっと嬉しかったかな」
ぎん 「ひどい計算です>千早」
ドクオ 「('А`) まあ運だけで片付けられるもんじゃねえのは うん。アレだ。わかるよ!?」
ぎん 「なるほど・・・!?そこは予想外でした ありがとうございます>星井お姉さん」
ドクオ 「('А`) うん それ俺2日も待たずに干からびるわ>千早」
漆原るか 「村立てありがとうございました…狼さんの噛みがうまかったし
占いさんの視点の広さも良かったです…
ログ読んで来ます…お疲れ様でしたぁ…」
双海亜美 「んー・・・占い吊りにしておけば3-3になっても
やよいっちが票をずらす可能性を考えたらってことかあ>ベイスたん」
如月千早 「計算なんて非人道的ものなんですよ(キリッ>ぎん>ドクオ」
ドクオ 「('А`) 湯船に入らんと、身体の汚れはともかく、身体の疲れと、魂の汚れは
    とれへんのやで……!>ぎんちゃん」
星井美希 「んー…そこは、確定○を作らなかった美希のミスではあるかな…
グレランになった結果、やよいの投票が美希を信用してないって見えちゃったのが、
美希の不安材料であり、この結果になってるから、指定で、あずさ吊りなら
やよいに不安を持たなかったんだろうけどね…ごめんね>やよい」
ぎん 「落ちる人はお疲れ様です?

あとその72mm砲の人は何を誇らしげに(>千早」
双海亜美 「っていうか、あずささん残しつづけてる時点で
ミキミキ真決め打ちコースだと思ってたよ>やよいっち」
ドクオ 「('А`) あそこでやよい投票合わせとか狼視点、怖くて俺だと出来ないねー うん。
    安全策で行ってまうわ」
萩原雪歩 「ううん、大丈夫だよ。せっかくなら真美ちゃんに噛まれてやられたほうがよかったかも。」
こぁくま 「落ちましょうか。お疲れ様!
次はちゃんと仕事するぞー…」
星井美希 「たぶん、どこかで、あずさを吊って2w警戒させないのが
一番だったのかもね、あずさには申し訳ないけど>亜美」
ドクオ 「('А`)もしあそこであずさが吊れてれば、占い切りの時はバランスでベイスたんが
   釣れてたのかね? (そこまで美希視点●が見つかってなければ」
ベイスたん 「そそ、やよい残した理由はやよいからは信頼取れてそうな気がしたってのもある。>亜美」
双海亜美 「で、LWだと怖いからベイスたん最終日送りでいいっしょ
って思ってたかなあ」
双海真美 「…え?ゆ、ゆきぴょん…じゃあ今噛んじゃっていいかな?ぱく、って…>ゆきぴょん」
ドクオ 「('А`) 決起せよ! 決起せよ! ウウオオアアァー!>千早」
双海亜美 「そのあたりは、狼の噛みが上手くいったってことだよね
お見事だったのだ!>ベイスたん」
星井美希 「個人的には、亜美が一番私を信用してくれそうだから
占って保護したかったんだけど、遅かったの…ごめんね>亜美」
如月千早 「これぐらいがいいんですよこれぐらいが。>ぎん」
高槻やよい 「私はずっとフラットに見てたんですけどねぇ。
特に5日目で転びましたね。」
双海亜美 「まあ灰詰めのとこで真美が狼だったのを吊れなかったのも
亜美たちの責任だしね、ゴメンね>ミキミキ」
ベイスたん 「ベイスたん 「◇三浦あずさ 「噛み合わせか銃殺GJか・・・同なのかしらね」

視点漏れ頂いたやよ?あずさ視点銃殺GJありえないはずやよ。」

これ?>やよい」
萩原雪歩 「……ふぇっ?
あ、う、うんっ>真美ちゃん」
高槻やよい 「ですねぇ、あずささんが村なら撤回なり弁解なりしないとダメな場所ですから。>ベイスたんさん」
星井美希 「うーん、今回は狼にしてやられちゃったの>亜美」
ぎん 「88mm砲ぐらい欲しくありません?>千早」
如月千早 「やっぱりドクオ吊りと、るかー亜美でしょうかね。
無駄吊りを減らせば必然的に無駄じゃない吊りになりますし。そこでしょう。やはり」
双海亜美 「亜美占われてたら、もっと早く噛まれてたかもね
ま、これは狼と狂人が上手かったってことだよ>ミキミキ」
双海真美 「えへへ…きっと真美、ゆきぴょんがおいしそうだって思ってるの見透かされて
狼に当てられちゃったんだね…(ぱくっ…  >ゆきぴょん」
如月千早 「ノンノン、ウウウオアアー。リピートアフターミー>ドクオ」
双海亜美 「まあでも妥当な進行だったとは思うよ
亜美は、るかーねーちゃん狩人だと思ってたけど>ちはやおねーちゃん」
高槻やよい 「と、言いたいんだけど、考えてはみたけど
るかや亜美より先に真美ちゃんが吊れるのが見えなかったので
結局は似たような状況になったんじゃないかと思っちゃいますね>千早さん」
ぎん 「あたし吊りも省いて!>千早」
双海真美 「女なら真美も100mm砲をものにしたいと思うけど
真美は真美だから、真美としては80mmで十分かなぁ…
ゆきぴょんはまだまだ育ちそーな感じするし…」
ドクオ 「('А`) それ言われて僕嬉しい>千早
     泣いちゃう グヒヒョブドゴーン」
萩原雪歩 「あっ……
えへへ、じゃあ私に何もなかったのもこうなるためなのかもね、真美ちゃん(なでなで」
ドクオ 「('А`) まずその尻尾と耳を無くしてから言おうや嬢ちゃん>ぎんちゃん」
双海亜美 「真美はゆきぴょん好きだね!
亜美もミキミキを抱きしめよっかな」
如月千早 「Bあるんですしいいんですよ。別にー。別にー>ぎん」
ベイスたん 「さてさて、それじゃベイスたんおちるやよ。
同村の方はありがとうやよー」
双海真美 「えへへ…ゆきぴょんのお肌、甘くておいしいよ…>ゆきぴょん」
星井美希 「うーん、狼がうまかったし、美希のミスが手痛かったの
やよいをフラットに戦わせるには、自分の○どうしで戦わせないと行けない
っていうのが、美希にはきつかったの…色々とごめんね」
ぎん 「砲兵器の重要性は口径ではなく畏怖と知るべきです!(震え声>真美」
ドクオ 「('А`) ……ウウウオアアー!> 千早」
萩原雪歩 「……あ、ちょっと早く落ちるね。お疲れさまでしたぁ」
双海真美 「千早お姉ちゃんがB…!?
そうなるとゆきぴょんは何カップになるんだろう…
……あ。鼻血出ちった…」
ドクオ 「('А`) 小口径には小口径の。大口径には大口径の。
    それぞれの良さがあると何故わからん!?」
高槻やよい 「千早さんは元がものすごく細いから……>真美」
ドクオ 「('А`) あ、落ちる人はお疲れ様です。まとめてでごめんぽん」
双海亜美 「亜美はもっと占い上手くないから・・・
ミキミキも頑張ったけど、うん、ちかたないね(もふもふ)>ミキミキ」
萩原雪歩 「ひゃ、くすぐったい……♪>真美ちゃん」
双海真美 「お、お疲れ様ー、ゆきぴょん。
…もっとゆきぴょんの色々なとこ噛みたかったなー…
ま、いっか♪」
如月千早 「まあそうですよね。その進行を歪められるのは指揮役だけと言ってもいいですし。
それ以外だとちょっとどころじゃなく辛いと思います>やよい>亜美」
スターマン 「非狼狙いなんよ>雪歩
素村でも放置したら残りそうだし処分しておこうかなって」
ドクオ 「('А`) 全ての大砲を愛でてこその うん。紳士よ! おっぱい紳士!(キリッ」
双海真美 「どっか行くなら真美も連れてってね…
それでその後ゆきぴょんのその…おムネとか噛みたいな>ゆきぴょん」
ぎん 「通報しました!>ドクオ」
如月千早 「グッド!>ドクオ」
双海真美 「ゆきぴょんだってすっごく細いと思うよ!!>やよいっち」
ドクオ 「('А`) というわけで俺も落ちるとしよう。
    最後のセリフが「おっぱい紳士!」ってどうなの、って思うけど うん。
    気にすんな」
如月千早 「あと狐乙>ぎん」
星井美希 「2wまで落っことしてただけに、真美を早急に捉えてたらだったね
うー、次は勝つよー(もふられ)>亜美」
双海亜美 「その視点もれは、村だから言えるんじゃない?
あずさおねーちゃん狼の位置だと、この発想は出ないっしょ?>ベイスたん」
ぎん 「うーん、やはり強気じゃないとぎんは駄目みたいです。。。>千早」
ドクオ 「('А`) イエスイエス!>千早
    
    お前さんに投票してりゃ引き分けて、どっちかガチ勝負になってたのにー>ぎんちゃん」
双海亜美 「そうだよ、ミキミキ
明日はホームランだ!」
星井美希 「よーし、明日はホームラン打つぞー!!えいえいおーなの!!>亜美」
ドクオ 「('А`) まーまた会おうや。 ばいびー!
    おっぱい紳士は颯爽と去るぜー! うわはははは!!」
双海亜美 「カワイイは正義だよ
性戯でもいいっしょ>ぎんちゃん」
高槻やよい 「あずささんが村だと銃殺GJはありえないんだよねぇ……
そこに気付いて何か言って欲しいのはあったけど、何も言わなかったから。>亜美」
星井美希 「それじゃ、美希はこれで落ちるの~
村陣営のみんなごめんね
おやすみなさいなの~」
ぎん 「ねー お疲れ様!>ドクオ」
ぎん 「銀も落ちます!お疲れ様でしたーふぃー」
如月千早 「では、私もお疲れ様です。同村感謝します。今度もよろしくお願いしますね」
双海真美 「そーだそーだ!!ミキミキもあずさお姉ちゃんもやよいっちも千早お姉ちゃんもいおりんも可愛いから正義なのだ!
そしてゆきぴょんが一番の正義だー!!」
双海真美 「手強い真占いだったよー!お疲れミキミキ!」
双海亜美 「素で発言しちゃうと気づかないもんだよね>やよいっち」
双海真美 「千早お姉ちゃんもおつかれー!」
双海亜美 「ミキミキ、おっつー
こんどはいっぱいモフりあいしよーぜ!」
高槻やよい 「言っちゃうのは仕方ないんだよね。
だから、そこに突っ込まれた時にどう返すか、返せるか。>亜美」
双海真美 「ミキミキはモフるよりモミモミしたいかも!」
双海真美 「んじゃ真美も落ちるね
ゆきぴょんの柔肌を堪能して、いちゃいちゃしてくるね」
双海亜美 「あずさおねーちゃんはミキミキの結果だけ気にすればよかった、ってことだもんね
それにとっさに気づければってことだなあ>やよいっち」
双海亜美 「真美もおっつー
真美はやっぱりかちこいなー」
高槻やよい 「美希さんが私を攻撃すると、私視点からは
信じない私を狂人として処理しようとしてるように見える、ってのもあったりね。
まぁ、信頼勝負は難しいんだよねー、私も勝てないもん」
双海亜美 「詰めていく段階でギリギリまで囲わずに残った真美が上手かったってことだよね
ただ、6日目にやよいっちじゃなくて真美を占ったとこで、
アレ?ってなったけどね>やよいっち」
双海亜美 「銃殺が出なかったのも、狼に有利に働いたよね
スパッと出ちゃうと勝負アリだからね>やよいっち」
双海亜美 「んじゃ、亜美も落ちるよー
村建てありがとー」
高槻やよい 「あの状況は実はどっちでも良いかなって感じ。
○と灰の数考えたらむしろ●探す方が良いと思うから。
べいすたんさん視点から見た時、私は狼っぽくはないしね。」
双海亜美 「あそこで真美を○にしたとこに、何かを感じたんだよね、亜美的には
その前にミキミキからスターマン○が出たとこで
ミキミキの信頼がグンとアップしたのもあったし>やよいっち」
双海亜美 「あずさおねーちゃんとミキミキ、つながってなくない?って感じてたのもあるし
そのあたりはもう感覚でしかないしね、むずかちいね」
双海亜美 「まあ亜美に●出されてたら、もっとどうしようもなかったと思うし
やっぱ狼と狂人をほめるべきっしょ、うん。おみごと!」
双海亜美 「そんじゃ、またねー
こんどは誰でイチャイチャしよっかねー>やよいっち」