←戻る
【劇場22】アイドルたちの人狼劇場村 [25番地]
~日曜765ミステリー~CHANGE!!!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6
icon GM事務員(木偶モード)
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 水橋
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 我那覇響
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon やんねぇ香
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon ネコアルク
(生存中)
icon ネコカオス
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon giko
(生存中)
icon ねこまりさ
(生存中)
村作成:2012/04/22 (Sun) 22:01:33
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → GM事務員
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 780 (アニマス・音無小鳥01)」
GM事務員 「             x≦´ ̄ ̄ ̄`丶、
          //´::::::::::/:::::::::::::::::::::\
        /:::/::::::::::::;イ:::::::::::::::ヽ::::::::::\          r'l
         .'::::l|:::::::::::::l l::::::::::::::::::::ト、::::::::::ハ         / /
         l:::::||:::::::::::::|_|斗-:::::::::-|‐ト、:}__」'.     {`ヽ /_⊥_
         |::::::l:::::::::≦ レ'"´ ̄ ̄_` ̄{:::::|::|      ヽ / / /`}
         |::::::|>:r' 沂抔    r==x |:::::ト:!       } └{ r‐ ヘ
        l::::::::::::∧{{V:り     ,  .::::::.|:::::| |       |  └' ̄フ
       ヽ:::::::::::::ヘ.::::.        |:::::| |       l     /
         \::.へ:ハ、  r  ´ア ,.イ::::/       ト、_..イ
          ∠ -─、)⊇={::::}‐′ <|`}/        ,.イ    } 、     四条劇場へようこそ!
       /─‐-`ヽ}、」 ` ー‐ {⌒   _     { `ー -‐' |
      /  厂>- 'ア   > r<ヽァ─ヘ `丶、  ヽ      |     当劇場は推理ゲーム「汝は人狼なりや?」の
      r{___ イ´ ̄ヽ:::>─‐-{__,Y::::::::::::'、_  ヽ  |       |
     }     |    Y{:::::::::::::::::{__}:::::::::::::::ヽ::癶 \{      {     オンラインプレイを目的としています!
     ∧__ノヽ、   '.ヽ、::::::::::::ト、\__/:f⌒   l     ハ
    |      |   l: : 入__/::::l、 \:::::::::)、    |     l |     初心者さんも大歓迎っ
    |      |   |: /::::::::::::::::::| \ |:`ー' :ヽ   {       |
     ヽ       |   l: : ̄`丶、:::|: : : ヽ、: :..::::} 、         /     本日の開演予定時刻は22:30となっていますよ!
      |     l  /: : : : : : : : ̄: : : ..::::〉:::::::/  \     /
      |     ト、 ∧::..::::::::::::::..:::::::::::::0/:::::::イ     ー‐'´
     /       }Ⅳ '::.::.::.::.::.ヽ、::.::.::.:/.::.: : :|
      l       ノⅣ  ',:.::.::.::.::.::.|:.. : :/ : : : : l|
     ヽ、    /     、::.::. : : :|: : : :\: : : ∧
       \__/    /´ ̄ ̄: : : : : : ヽ、: : : 、」
GM事務員
                                                      . :: ´:: :: :: :: :: >.、
                                                     ,.:' :: :: :ィ:: :: :: :: :: :: :: \
                                                      / :: :: :/ |:: :: :: ::ハ ト:: :: :: ヽ 、
                                                  / :: :: :/__.| | l:|:: i|_}:} ∨ :: ::ハ::}
                                                   / :: :: :, ´ 乂从:_ハ リヽ∨:: :ト:}::!
                                                 ,:: :: :: ::|      ィ斧ミ、 ハ:: ハリ
                                                 |八 :: ::≧=ミ、   乂ン_ノム::}ノ:: :i!
                                                 l :: ヽ:: ト   _'_    /ハ〉∧: |
   ...当劇場の質問、村立て情報は                               ハ:ト: :: 、}   {´ `}  .ムイ::}、:ハ}
                                                  {ハ:\:ヽ .ヽ .ノ  ィハ : 八} ′
   ...http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/10158/1258645148/           .ヽ:}ヽ:}>  <ハリ レ′
                                                       /{     /ヽ、. ィ7⌒ ヽ
   ...また、人狼については、他鯖準拠となりますが                     _ .ィ ∧  /  //// /  ハ
                                                , ´ {//ハ_  ∨ .. :´: 〉 { '   i!
   ...http://www38.atwiki.jp/ijinrou/pages/12.html        ._   __        l  .| 〉: : : ゝ‐ィ´: : : 〈ニコV     i!
                                     ー 、  `ヽ      |  ,|{ : : : :{、_:人 : : : ム  :.     i!
   ...にてご紹介しております。                   /  ̄ ´ ハ    .| / 入:/!  ハ:ヽ:ノ :ノ   }     i!
                                     彡 ノ_ 、_ ノヽ.  〈!/  \: : |`く  }: : :/ . . '      i!
   ...不明な点は、ご遠慮なくお申し付け下さいね!     .- ´   〈    ハ l {. . . . . .ヽ:j ◯〉 !/. . . .イ}       |
                                           {`    ∧.| 、. . . . . . .:  / ` ー <  ハ       |
                                          ヽ    }'_ `ー‐ ´  /         / ∨   ∧
                                            ∨     ヽ  }    、       {   ∨   ∧
                                              V        ハ     \       `丶、∨   ∧
                                             ヽ      /  V   ◯〉         〉、、    i!
                                                \  /   }     /         //,ヽ      i!
                                                ー'     l   ./       , '/////\    i!
                                                     |、 / 、    //////// ハ   i」
GM事務員
        _,,..-二=ニニ'--.,,_
      ,.-'',..-''::― '::::'"゛::''‐ミ-,'.,_
    .///:::::::::::::::::::::::::::::::::::゛ヾ',ヽ
   /,r,r::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〝 ',
  ././/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',ヘヘ:::::::::::::::::::::i
  .i:::::::::::::::::::::/i::ii::::::::::::::::::::',. ヘヽ:::::::::::::::::i
  .i:::::::::::::::::::/ .',i.ヘ::::::::::::::::ヾ,,..--ヾ,:::::::::::|
  i::::::::::::::::丿,.-''"ヘ_,iヘ-''" _,,..,,_ |::::::::::|
  ヽ:::::',:',':i  ,,,,xzュ     "   " |::::::::::|
   ',:::::', ',', "            .i|::::::::::|   なお、本日は最大人数17人、いわゆる「普通村」となっております
    ',:::::',>ニユ,     _ '..__    /ヽ::::::|
    ',,r'"ヽヽ冫  ヾ  _ノ  ./:::::',:::::|   この時点で入村はOKです。皆様、奮ってご参加くださいね!
   / (_ノ,∧ヾ==‐r' ̄ ) /::::::::::::::|~|!
   ヽ  ヾ'  ',::::::i'''‐.ニニ-'"|:::::::|ヘr-ゝ.   
    \    〉'"i     / ヾ'、
     i゛''''‐-.'.., ヽ   /   / ̄゛'''‐...,_
   //    i_  ヽ/  ,,../_'‐-../ ̄ヽ
  / i~ ̄゛゛''''‐, 'ヽ<_>‐'"::::_ノ: :/   .ヽ
  / /      |二ニi |二::::::i: : : |     .i
  i .i      ./-‐:r'''i":~:'‐-:,>: : i     i
  'i |     ./::/  \::::/ミミ7 ',    .|
  .| ,|!    ./|'‐' ヘ  /ヽ/: : : : : : ::i    i
  |./     i.|: : : : `'<_: : : : : : : : : : : : :i    |
  ||      |: : : : : : γ‐、: : : : : : : : ::.|    i
  |       |: : : : : : :ヽ-': : : : : : : : : ::,'    .|
  i       i: : : : : : : .,.': : : : : : : : : :: /    .|
  ',      /: : : : : ::/: : : : : : : : : : : ,'     |
  ゛'‐--‐‐.i': : : : : : : ',: : : : : : : : __ i     |
       ノ: : : : : : : : ',: : : : : : : --‐ i     i」
GM事務員 「と、いうことで、開始時間はまず2230を目標に、随時変更予定です。
皆さんどんどんご参加を!」
GM事務員 「さてさて、各所に連絡だけしないとね。
どれくらい集まるかしら?」
GM事務員 「……あらら、これはちょっと今日はきついかもね。
久々に入村ないかも、だけど負けないわ!」
GM事務員 「で、各所通達はしたし……うん、そうね。とりあえず、だけどP@Pでみていよう。」
モモノキピンク さんが入場しました
モモノキピンク 「よっ!やってる?」
GM事務員 「おおう、中村先生こんばんは!」
GM事務員 「しかし今日はちょっとさみしい劇場なのです。
来てくれるとは思うんですけどねー。」
モモノキピンク 「こんばんは~」
水橋 さんが入場しました
モモノキピンク 「淋しい熱帯魚かー」
水橋 「こんばんはっと」
モモノキピンク 「今日は日笠、来てくれるかなー?」
モモノキピンク 「こんばんはー」
GM事務員 「はいいらっしゃーい」
萩原雪歩 さんが入場しました
モモノキピンク 「麻美ちゃんでもいいんだけどね~」
GM事務員 「んーまぁ、最悪、まてばいいか。
いつものことといえば、いつものことです。
雪歩ちゃんいらっしゃーい!」
萩原雪歩 「こんばんは、ですぅ~!
今日はちょっと出足が鈍いみたいですね」
モモノキピンク 「おっ、雪歩だ
こんばんはだよー」
GM事務員 「日笠ちゃんも今井さんも今日はイベントのお仕事とかあるんじゃないですかね。」
GM事務員 「まぁいつも千客万来というわけにもいかないからね。
30分になったらちょっと宣伝しますけどね!」
モモノキピンク 「日曜の夜って、ちょっとアンニュイだからかなあ?」
モモノキピンク 「イベントかー
中村も売れっ子声優になりたいなあ」
萩原雪歩 「ふふっ、そうかもしれないですね>アンニュイだから
あと、人狼の村って最初の方は入るのに勇気がいるけど、
集まってくるとすぐ集まるんですよね~♪
なので最初の方に入ったお二人は偉いと思いますぅ~!」
水橋 「自分はいっつも村が立ったら入るようにしてるしなぁ~>雪歩」
GM事務員 「中村さん芸人ですしねぇ」
GM事務員 「まぁ、入ってきたからきっとくるよ!きっとたぶんめいびー!」
モモノキピンク 「芸人ちゃうわ!>小鳥さん」
モモノキピンク 「ま、のんびり待つしかないか
雪歩、お茶いれてくれる?」
萩原雪歩 「水橋さんはいつも早いですよね、素晴らしいですぅ~♪

あ、はいっ、お茶ですね~♪」
GM事務員 「まぁのんびりでいきましょう。
最悪4人いれば人狼ってできますしね!」
星井美希 さんが入場しました
我那覇響 さんが入場しました
GM事務員 「おっと美希ちゃんこんばんはー。」
我那覇響 「よろしくお願いします」
モモノキピンク 「サンキュっ♪
ん~、やっぱお茶は落ち着くね~」
水橋 「ひ…びき…?」
GM事務員 「……ひびき、え?あ?やよい…・・・ちゃん?」
モモノキピンク 「お、美希もやよいも…って
あれ?」
星井美希 「ふー、間に合ったの・・・
思ったより今日は来てないけど」
我那覇響 「はい、なんでしょうか、水橋さん」
GM事務員 「え……ええええええ?」
星井美希 「響・・・なの?」
萩原雪歩 「お茶が入りましたぁ~!
旦~ 旦~ 旦~ 旦~ 旦~ 旦~ 旦~ 旦~ 旦~ 旦~ 旦
美希ちゃん達もどうぞですぅ~♪」
モモノキピンク 「月曜日が迫ってきてるからさ>美希」
我那覇響 「>小鳥さん
やだな、私は我那覇響ですよ!」
水橋 「(なんだ?俺の認識がおかしいのか?ん?ん?ん?)」
GM事務員 「中村さん、これ一体どういうことなんですか!」
萩原雪歩 「こ、これは(アイコンが)可愛い響きちゃんですぅ・・・♪」
モモノキピンク 「なにこれ?やよいの中身が響に変わったってこと?」
モモノキピンク 「ははーん、さては日笠のイタズラか?」
星井美希 「どっちかというと中身はやよいだよ!?」
我那覇響 「うっぅー!私はいつもどおりですよ!」
モモノキピンク 「沼倉と結託して何か企んでるな?」
四条貴音 さんが入場しました
四条貴音 「ご機嫌うるわしゅうございます」
モモノキピンク 「だまされん!私はだまされんぞ!
ふーっはっはっは!!」
四条貴音 「良い闇夜ですね、あなた様」
水橋 「~ただいま現場が混乱しております~」
モモノキピンク 「貴音、いらっしゃい~
このやよいっぽい響の正体、貴音なら知ってるんじゃない?」
我那覇響 「騙すとか行けないことだと思いますよ!」
萩原雪歩 「わぁ、4人でも出来ちゃうんですかぁ~>小鳥さん
あと今日もおつかれさまですぅ~!

四条さんもこんばんはですぅ~♪」
星井美希 「ゲーム開始前から騙りぎる村って・・・」
モモノキピンク 「あんたが言うな!>響
あーもう、どういうこと?」
GM事務員 「おっと貴音ちゃんもいらっしゃい。
ちょっと宣伝ブーストしてきますね。」
四条貴音 「ふむ?
ここにいるのはどう見ても高槻やよいのように見えますが?>天海春香

こんばんは、萩原雪歩。良い夜ですね>萩原雪歩」
萩原雪歩 「もしや、響ちゃんみたいに出る所が出てるのに憧れてるやよいちゃんとか・・・!?
ふふふ・・・可愛いですぅ♪(妄想)」
我那覇響 「見たまんまだと思いますけど?>春香さん」
我那覇響 「私の胸は108までありますよ!>雪歩さん」
四条貴音 「……面妖なことを>響」
水橋 「(108なんて最近出たやつより上じゃないか…)」
GM事務員 「宣伝完了。
ええと、とりあえず開始を2245まで延長しまーす。」
菊地真 さんが入場しました
我那覇響 「>貴音さん
うっうー!
私はノーマルですよ!」
GM事務員 「お、真ちゃんいらっしゃーい!」
菊地真 「皆さん!おっはようございまーす!」
萩原雪歩 「ふえっ!?
は、はいっ!今日も四条さんと会えましたし、素敵な夜になりそうですぅ~///」
星井美希 「ミキもその大きさにはキョーガクするけど108は無いって思うな!?」
星井美希 「真君、こんにちはなの!」
我那覇響 「>水橋さん
私の胸は消すことも可能ですよ!」
四条貴音 「ふむ、ではわたくしはあなたが響であるとして行動しますね>響」
我那覇響 「>美希さん
生まれ持ったものなので仕方ないですね。うっうー
持つものと持たざるものの違いですね」
菊地真 「あっれ?ひび・・・・き?
・・・・・やよい?」
四条貴音 「 顔 ト 私 l    /                   |
 面 .ボ .は  l   /  /   /      ヽ    ヘ  |  そ
 を け .響  l  /  ./    i       ヘ.    ヘ |  れ
 は た が  .| ,i'  ./__ i       _⊥-─- ⊥|  で
 た セ そ  | i  ナ __ユ=──‐∠ ⊥___|」 は
. く  リ .う  .| .ヒ'´T厂                       〉
. っ フ や  |  `| |彡三三ミx      ィ彡三三ミx ム _ ノ
 て を っ  .|   | |《三三三三》    《三三三三三》 .|
 い 吐 て  .|   | | ヾミ三三彡'     ヾミ三三三彡'   |
 う  く    |  ノ |      ____          |
 設 た    > ノ. |       .:.:.:.:.:.:.:.:.:i             |
 定 び   /  .ノ |       ゝ:.:.:.:.:.:ノ    .フ      |
ヽね .に  ,ノ  ノ. L         ̄/⌒ヽ ヾ キ    _」
 `ー─‐"   ノ     ┬ ____r┘:::  \_ フ -t'"./
         ノ      |  |  /| :::',:::. ヽ \ キ  ∨」
我那覇響 「>貴音さん
私は響ですよ!どっからどう見ても!」
星井美希 「じゃ、じゃあ数を増やしたり、相手の顔面に直撃させることもできるの・・・・!?>響」
萩原雪歩 「あっ、真ちゃんもいらっしゃいっ♪

(そういえば真ちゃんが来るまで、この村の女の人がみんな私より大きいのでちょっぴり凹んでたのは秘密ですぅ~!)」
如月千早 さんが入場しました
モモノキピンク 「んー、疲れてるのかなあ」
我那覇響
      ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙t,
     彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r''ソ~ヾ:;;;;;;゙i,
     t;;;;;;;リ~`゙ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    i,;;;;;;!
     ゙i,;;;;t    ヾ-‐''"~´_,,.ィ"゙  ヾ;;f^!   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ト.;;;;;》  =ニー-彡ニ''"~´,,...,,.  レ')l. < 貴音は何を言っているんだ
     t゙ヾ;l   __,, .. ,,_   ,.テ:ro=r''"゙ !.f'l.   \____________
      ヽ.ヽ ー=rtσフ= ;  ('"^'=''′  リノ
    ,,.. -‐ゝ.>、 `゙゙゙゙´ ,'  ヽ   . : :! /
 ~´ : : : : : `ヽ:.    ,rf :. . :.: j 、 . : : ト、.、
 : : : : : : : : : : ヽ、  /. .゙ー:、_,.r'゙: :ヽ. : :/ ヽ\、
  :f: r: : : : : : : : !丶  r-、=一=''チ^  ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、  ゙ ''' ''¨´  /   ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\」
如月千早 「こんばんは。」
星井美希 「千早さん、こんばんはなの!」
四条貴音 「ふふ、このくらいでステキな夜といってもらえるというだけで来た甲斐もあったというもの
ふむ、どうしました、萩原雪歩。顔がなにやら赤いですよ?
体調が悪いのでしたら休むことも大事だと思いますが>萩原雪歩」
我那覇響 「>美希さん
朝飯前ですよ!
ナイター設備を壊すこともできます」
我那覇響 「こんばんは」
菊地真 「お、大きいとダンスのとき邪魔になるしぃ~?
べ、別にきにならないしぃ~?>雪歩」
GM事務員 「千早ちゃんいらっしゃーい。」
四条貴音 「いつもどおりではないですか>響」
やんねぇ香 さんが入場しました
菊地真 「おはよう千早!」
やんねぇ香 「ふいー、さてよろしく頼むよ」
萩原雪歩 「千早ちゃん達も、こんばんは~♪
よかった、集まってきましたね!」
GM事務員 「おお、ここでやんねぇ香ちゃん登場。
いらっしゃーい。」
水橋 「(こんなこと言いつつもちょっと気にしてるまこりん可愛い)」
菊地真 「べ、別に気にしてなんかないよっ?!>水橋」
GM事務員 「とりあえず、あと6人こいよ!」
星井美希 「ま、まさか宇宙の中心まで飛ばして地球に流星群を降り注がせて恐竜を絶滅させることは・・・>響」
水橋 「とりあえずそういうことにしておこう」
萩原雪歩 「はうぅ・・・実は来る前にちょっとだけ、熱っぽくて少しお腹も痛い感じで
お休みしようかとも考えたんですけど・・・でも、四条さんやみんなと会えてお話してたら
こう、元気が出てきました!なので大丈夫ですっ!ありがとうございますぅ~///>四条さん」
我那覇響 「>貴音さん
ひどいです!うっうー!」
やんねぇ香 「あまり期待しないでおくれよー>事務員
だけどよろしく哀愁」
GM事務員 「えーと、とりあえず、2245最終、その時点の人数ではじめるわね。
まぁ、私は埋まらない限りはおりましょ。」
菊地真 「無理はしないでね雪歩?
倒れでもしたらって思うとボクも心配だよ......」
四条貴音 「ひどいことを言ったでしょうか……?>響
あなたはいつも喜んでいたではありませんか」
三浦あずさ さんが入場しました
GM事務員 「あずささんいらっしゃーい。11人!」
やんねぇ香 「おーぅ少人数か
その場合配役見とかねぇとなぁ」
三浦あずさ 「よろしくお願いしますね~」
菊地真 「あ、こんばんわ!あずささん!」
四条貴音 「では大丈夫という言葉を信じましょうか。
ですが今宵は早めに就寝するのですよ?>萩原雪歩」
モモノキピンク 「モモノキピンク さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:モモノキピンク → 天海春香
アイコン:No. 60 (天海春香02) → No. 98 (水瀬伊織04)」
四条貴音 「配役は小鳥嬢が知らせてくれるでしょう。」
我那覇響 「AAを探してたら


             l i(ノハヽ  i
   ___ \      i、゚ヮ ゚l) ノ        /.l ノノハ)i,| . / _,--‐|| |  ギギギギ
  ,'____+__ヽ \     ハ∨/^ヽ      /‡ .ヽ!|゚ ヮ゚ノ」 . / 〃  .|| |
  .l ノノハ)i,| / \  ノ::[三ノ :.'、    /┌┸┐┐こニlうう /:〃   || |
  ヽ!|゚ ヮ゚ノ」/ // \ ∧∧∧∧∧/  |   ヽ.ヽLリ拙¶¶/〃   _,|| |  ガガガガ
  | / つ¶_//_ .  <      雪 > .|####|コ¬ しLレ/〃    / V V
  L ヽ /. |  |   <   黙 歩  > `三三三三三/抂/   ,/__ノ_ノ
  _∪ |___|_|   < .の っ は  >(Θ豆豆豆豆Ю))_))
──────── < 予 て     >──────────
__|| l i(ノハヽ  i   ||__ < 感 て    >    _   ┌
|::||  i、゚ヮ ゚l) ノ  ||::| <  !!! !!     >  '´   ヽ │ はうぅ・・・実は来る前にちょっとだけ、熱っぽくて少しお腹も痛い感じで
.~|| ⊆⊇ ヽ ).  ||O /∨∨∨∨∨\. i  ノノハ)i | │ お休みしようかとも考えたんですけど・・・でも、四条さんやみんなと会えてお話してたら 
 || ̄ ̄◇ ̄ ̄| ̄| /  '´   ヽ    \∩^ヮ゚ノリ < こう、元気が出てきました!なので大丈夫ですっ!ありがとうございますぅ~///>四条さん
 ||_PONE__| /   i  ノノハ)i |      \r‐i、つ│    
 |_|三三三| /    ヽ (l゚ ヮ゚ノリ ガタッ    \ゝ │       萩原雪歩ですぅ!
 〔⊆__[二]_/       .r    ヾ         \ └
  ~ゞゝ__/        |_| /  ̄ ̄/          \
              ̄ ̄\/ 雪歩/ ̄ ̄

こんなの見つけたです!」
水橋 「おや春…あれ?いお…あれっ?」
萩原雪歩 「ふふふっ、真ちゃんは可愛いよね>水橋さん
それでいてダンスとかカッコ良くもあるし・・・♪

あずささんもこんばんはですぅ~!」
菊地真 「あれ、伊織?
あれ?春香?」
星井美希 「・・・どうやら、ミキもチョーシ悪いみたい・・・>春香」
天海春香 「にひひっ、これならどう?」
四条貴音 「……面妖な……」
我那覇響 「春香ちゃん、こんばんはです!」
天海春香 「こんばんは、響」
ネコアルク さんが入場しました
ネコアルク 「こんばんわー」
水橋 「それにしても今日は見事に765プロが…あれっ?俺…あれっ?」
萩原雪歩 「真ちゃんも四条さんも優しいのです・・・ありがとうございますぅm(__)m
はいっ、本当に無理なら来てませんから、大丈夫ですっ!
心配かけちゃってごめんなさい」
星井美希 「ちょっとミキSAN値チェックしてくるの・・・要求値いくつ?」
菊地真 「何この猫っぽいの可愛い!
こんばんわ猫ちゃん!」
天海春香 「大丈夫よ、美希
ほら、なにもおかしくない」
四条貴音 「……………………め、面妖な」
三浦あずさ 「みなさん元気いっぱいね~
ただなにか名前と姿が一致しなくてちょっと酔ってるかも~」
やんねぇ香 「まぁ始まるではコーヒーブレイク、ハブ ア キットカット」
ネコアルク 「ぷちますの代わりにどうですか奥さん、アチシなんか」
やんねぇ香 「ねk・・・ネコォ?」
天海春香 「飲みすぎちゃダメよ、あずさ」
GM事務員 「おーっとネコアルクさんこんばんはー。」
ネコアルク 「歌って踊れてビームも出せる!
……あれ?色々かぶってね?」
萩原雪歩 「美希ちゃんも大丈夫~?

・・・あれっ、私も何か・・・あの春香ちゃんにすごく個性があるように見えますぅ!(こら)」
四条貴音 「ならばその言葉を信じましょう
今宵も楽しみましょう>萩原雪歩」
星井美希 「も・・・もしかして新任のプロデューサーさん!?>ネコアルク」
水橋 「特に顔の上部な>雪歩」
GM事務員 「とりあえずあと5分まつわねー。」
ネコアルク 「いいえ、アイドル志望です>美希」
天海春香 「輝くお凸はサンシャイン!なんてね>雪歩」
三浦あずさ 「はい~、気をつけるわ、春香ちゃん(?)」
GM事務員 「あら、春香ちゃんがまぶしくなってるわ。」
ネコカオス さんが入場しました
星井美希 「背丈がミキの膝のあたりくらいまでしかないけど・・・>ネコアルク」
四条貴音 「……天海春香、で良いのですか?>天海春香」
菊地真 「オデコをネタにするなんて.....
あれは確かに伊織じゃなくて春香みたいだ」
GM事務員 「ネコカオスさんいらっしゃーい。あと3人っ!」
天海春香 「天海春香 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 98 (水瀬伊織04) → No. 62 (天海春香03)」
天海春香 「伊織のマネ、疲れた…
やっぱり普通の春香さんで行きますよ!」
我那覇響 「私は何人村でもいいですよ、うっうー!出来れば18人来て他内したいですけど!」
萩原雪歩 「ふふふ・・・それにしても四条さんも真ちゃんもいてくれるって
なんて私得な村でしょうか・・・にゅふふふ・・・♪

・・・はっ!? 黙ってろって言われない様に気を付けますぅ///>AA>響やよいちゃん」
菊地真 「ああ!猫ちゃんが増えたよ雪歩!」
天海春香 「響ちゃんの体力がいつまで持つかがミモノだね♪」
ネコアルク 「>ネコカオス
おおう!隣に見たことのあるナマモノ!
あれにゃ、のびきってうどんみたいになったラーメン系のネコと見たが、いかに?」
やんねぇ香 「おー何気に集まってるねぇ
しかし隣通りに同じようなの…トラップか!」
ネコカオス 「吾輩は、カオスである
故に、ネコでも、なんでもあるっと
宜しくお嬢さんがた」
GM事務員 「……ふむ。
じゃあ、GMおりますね。」
星井美希 「すごくほっとしたの・・・>春香」
我那覇響 「>雪歩さん
いやいや、大丈夫ですよ。
なんか面白いAAだったんで貼っちゃいました」
GM事務員 「GM事務員 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM事務員 → GM事務員(木偶モード)」
四条貴音 「面妖な生き物がもう一匹、ですか」
天海春香 「ほっともっと、だね>美希」
やんねぇ香 「(このネコたちはキットカット食うかなぁ…?)」
我那覇響 「>春香さん
むしろ名前を伊織ちゃんにするという発想(ry」
三浦あずさ 「あらあら、ネコさんが後に続いていますね~」
萩原雪歩 「はいっ!たとえ万全でなくても勝負は勝負、手加減は無用ですっ♪>四条さん

あっ、真ちゃんは可愛いものが好きだもんね!沢山可愛がってあげるといいと思うな♪」
ネコカオス 「むむ、我輩もみたことあるような、なんとも言い尽くせない
このナマモノは…そうかさては、貴様もまた
我輩と同じく、のびきったそばみたいなパスタ系とみた>ネコアルク」
水瀬伊織 さんが入場しました
ネコアルク 「アチシらに食い物よこすと……すごい、ぜ?>やんねえ香」
天海春香 「私は素直にいくことにするよ>響ちゃん」
水瀬伊織 「はいはい、可愛い伊織ちゃんのおでましよ。
あんたたち、ありがたくおもいなさいよね!」
菊地真 「ああ!伊織だ!
本物の伊織だ!おはよううううう!」
天海春香 「ちゃんとした伊織も来たし、安心安心」
やんねぇ香 「まじか!>ネコアルク
ならばやってみて確かめてみねばなるまいて
と言うことでキットカット、喰うかい?」
天海春香 「輝くお凸はサンシャイン!>伊織」
星井美希 「本物の凸ちゃんなの!
よかったの!」
四条貴音 「                      :′: /::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ: : : : ヽ: : : : : :ヽ
                       | : :/: :.:´ ̄ ̄ ̄ `ヽ::::::::Y: : : : }: : : : : :.∧
                       | :/´: : : / : : : :!: : : :\\:::! : : : :'. : : : : : :.
                       l/: : : : / !: : : :.ト、: : : : :ヽ: :| : : : : '. : : : : : :
                       |{: : Ⅳ{、 {: : : : :、 \ : : : Ⅵ: : : : : :、: : : : : :
                    八{ー=ミ_ヽ从、:_: ゝ=ヽト、 : {: : : : : : :\: : : : :
                    /: : : :、〈 心   -‐_..._ ヽ:|: : : : : : : : :\: : :それでもわたくしよりも優秀なのが
                  /: : : : :ハ ヾソ    ´{ 仡心|: : : : : : : : : :.\:萩原雪歩だと思いますが、ね
                /: : : : : :/ :}  〈      ` ー' ´ : : : : : : : : : : : : :
               / : : : : : : /: :人           人: : : : : : : : : : : :
             / : : : : : : : /: : { .{:ヽ  ̄ ¨¨´    /  ヽ: : : : : : : : : :
               〈: : : : : : : : : :{ : : :! .!: : \    .. ´-‐ ´   \: : : : : : : :
             \: : : : : : : : _:_: :} .} : : : :`r≦イ /         `ー=ミ 、: :
               \: : : : rへ `ヽ .!: :r 、:_|_./        .. ´: : : : :
                > :〈 _ヽ ヽ .|イ::/:/::/      .. ´: : :_: : : : : :
               /: : : : }ノ{ 〉  .|::|:/:/:/      .. ´: : : : :/   ̄ ̄」
ネコアルク 「>ネコカオス
ふふふ……やはり名のあるイービルキャットとお見受けしたにゃあ
雌雄を決するは村の中といこうじゃないのよさ」
ネコカオス 「ほう…お嬢さん、我輩にキットカットとは
なんとも…ネコを知らないと見える
そう、いや、いただきますけどね、ニャハハハ>やんねぇ香」
水瀬伊織 「ってことで45分よ!
春香以外は遺言さっさと書いて投票しなさいっ!
あと!入村迷ってるそこのあんた!今はいらないとはじまってもしらないんだから!」
ネコアルク 「うむ、えんりょなく受け取る>やんねぇ香」
萩原雪歩 「そうですね、時々、妄想で暴走しちゃう事もある私を
よく表しているかもですね・・あうぅ///>AA>響やよいちゃん」
四条貴音 「おや、今度は本物のようですね」
天海春香 「準備できたらカウントダウン、いきますよ~」
我那覇響 「伊織ちゃんが来たですよ、うっうー!」
やんねぇ香 「いやーネコじゃないように見えてなー>ネコカオス
だから今手持ちキットカットしか無いけど食うかなぁって
だが受け取るとは、そこがいい!」
giko さんが入場しました
giko 「募集かけられてたからちょっと無理して出るよー」
星井美希 「えーと、共有COはありかな?」
水瀬伊織 「あら、やよ……ひび……き?」
我那覇響 「>春香さん
流石春香さんかっこいいです!
私みたいな五流アイドルは普通にしていたら埋没しちゃうですよ。うっうー!」
ネコカオス 「くっくっく、貴様も、いや貴公もどうやら
名のあるネコと見える…ならば、雌雄は村の中で決めようでは
ないか…まあ、雌雄も何も性別あるか謎だが…な>ネコアルク」
やんねぇ香 「よく噛んで食うのだ!>ネコアルク
キットカツと書いてあるがまぁ気にするな」
水瀬伊織 「んー、あと1人ちょっとだれかきなさいよ!」
星井美希 「>>15getなの?>giko」
星井美希 「来てなのー早く来てなのー」
三浦あずさ 「あらあら、私の列はネコちゃんが多いわ~」
ネコカオス 「ちっちっち…お嬢さん、ネコは黙って施しを受けるものですよ
>やんねぇ香」
ネコアルク 「>ネコカオス
うむ
アチシらが並び立つって、どーなるんだろうにゃコレ」
天海春香 「その褒め言葉は、逆に褒めてない気がする…>響ちゃん」
萩原雪歩 「あっ、満を持して、可愛いと大評判の伊織ちゃんですね~♪

・・・あれ、伊織ちゃんの輝きの前に春香さんの霊圧が・・・!?(こら)」
やんねぇ香 「3匹目の…ねこ!」
giko 「3分待ってこなかったら撤退するよ。」
菊地真 「伊織もある意味、猫かぶってますもんね!>あずささん」
天海春香 「そのままでしばらくおまちください>gikoさん」
星井美希 「それはいえてるの>真君」
萩原雪歩 「って私、いつも喋るのに一生懸命で遺言の準備忘れちゃうんですぅ~!
ごめんなさい、ちょっと待ってくださいぃ~(涙)」
如月千早 「15でも別にいいんじゃないかしら。」
やんねぇ香 「やべぇ、この猫イケメンだわ>ネコカオス
ネコでイケメンとか最高だろう、常識的に考えて」
水瀬伊織 「いや、撤退しなくていいから。
きたんだから、その人数でいいわよ。
余計なこと考えなくていいわ>GIKO」
我那覇響 「>春香さん
いえいえ、そんなことはないですよ。よっ天海春香!765プロの顔!
日本一!にくいねぇ!
あ、私喉乾いたのでジュース飲みたいですぅ」
ネコアルク 「ま、とりあえずこの村にはネコミミが似合いそうなのが多いので
全員ネコミミになるが良いと言っておこう」
三浦あずさ 「うふふ、上手いわね~>真ちゃん」
天海春香 「伊織は猫かぶってるっていうか、デコ光ってるって感じだよね」
水瀬伊織 「ちょ、ちょっと雪歩、あんたなにいってんのよ!」
ネコカオス 「キットカツ…お嬢さんどう考えても揚げ物だよねこれ?
ねえ??ねえ??
…が!!我輩は、ネコで有るがカオスでもあるゆえ、斯様なカツもまた
食べてみせると>やんねぇ香」
やんねぇ香 「やってもいいけど、その前になにか面白いこといいってみてよ>ネコアルク」
水瀬伊織 「あ、あと私のどこが可愛いって……あ、当たり前じゃないのっっ!」
ねこ魔理沙 さんが入場しました
giko 「…ねこになってる!?」
水橋 「ヤメロ…オレニツケテドウスルヤメロ>アルク」
天海春香 「(このやよいもどきの響ちゃん、どう扱っていいのやら)」
ネコカオス 「なーに、答えは簡単だ
カオスだよ、同胞よ>ネコアルク」
菊地真 「猫が、増えたよ!」
四条貴音 「……ねこ、なのですか?」
水瀬伊織 「魔理沙きたわね!
んじゃ、やるわよ!雪歩投票!」
ねこ魔理沙
 ┌ー‐[][]┌冖‐冖┐         , -----、   (´ ̄`ヽ      f⌒   / /  /   ノ
 └┐ / └i__n r┘┌─┐ . /::::::::::::::i´   ,ゝ‐- 、_〉-、 厂    / / /     く
  _,ノ  \   __/ l.  └─┘,/;--;__;---;:`ヽ、'´:::::::::::/{::::::\ ,へ //      ノ
 ヽ_/ \j  l_ノ   __,,,,-イ::-イ_,/Yヽ__<::Y─-;;;_;;;、 `7::::::::Yヽ `ー 、      Y
              `' -、イ~`~`~`~`~ノ-ゝ'´ ヽノ::::::::::::YL_   }    、ノ
                ) ヘi ハレ' i ハノレト、_〉,-、\¬ <ヽ::ノ`ヽ::::|  `ー'  人_ノ
                .レヽレハノ ` ̄ ∠_ ,ハr_j、ヾトr‐v^,R、ノ::::::l (、_ノゝ′
              fT「l    `ハ フ   ,、ツ-`‐-'、`Kスフ‐^ヽ>-ノ ノ
             ⊂' r'うー-rヘfVTh__くノ::、:::::::::::l‐ノノ __ノ^ ̄
             `ー'---ィ⊂.__ j´__,〉::::::::::::::ノ┘ ̄
                  `^ー─'´  `ー'‐--'」
天海春香 「伊織は可愛いよ、うん
ぎゅってしたくなるくらいにね♪」
ねこ魔理沙 「猫だと言ったら猫だ」
三浦あずさ 「あらあら~、またねこちゃんがきたわね~」
星井美希 「きたの!普通の魔法使いきたの!」
天海春香 「はいはい、それじゃカウントダウンいっくよ~」
やんねぇ香 「猫が細かいことを気にしたら負けじゃないかなって!>ネコカオス
ほら、アイスの天ぷらもあるからきっと美味しいさ、………たぶん?」
萩原雪歩 「                ,. ‐   ̄   ‐
                /               ` 、
              '       /        \,
             /  ,   ,             \
          / , /   / ,   // , 、     ヽ
          ,  / /  ィ′/ / / / ハ      '
           / / /ィ'/_l /∠_  / / i′ Vハ    '
          ,     イ  レ′    〈  」_  丶i  | i !
          /  '  /7  ` ̄`ヽ         `ヽ,ハ ;! ,ハノ
        ,  / /`i  "''        '⌒ヽ / }ィ' /   相変わらず四条さんは素敵だし真ちゃんは可愛いし・・・
        / ,. /  !                 / / レ′  でも、他の皆も可愛くてよりどりみどりですぅ!
      , / /    、    r‐- 、   "' / i' /    妄想・・・もとい夢が膨らみますぅ~♪
      / / /´ ̄`ヽ\    、 _,/   / , j /
     ,   /      `i 丶     _,. イ  ///
      { / ,ハ._     /|  `二7ヽ─-/{⌒ヽ
    / `´   ,>ァ'´ 〈 !/´      \' }   \
.   /     / /  /|         /_,>'⌒ヽ.  j>、
  /     / /   ,  |   / イ         \   Y -‐─‐‐-  .._
  〈      / ,ハ_/   |  / / ノ        丶ノ    _  _     `  、
.  \   ' /      ¨´ ' / /            ヽ ´     `  、   ヽ
.  \   ' /      ¨´ ' / /            ヽ ´     `  、   ヽ
     ヽ //` ‐-  _  / /, イ               ,  `  、     _,ノ
     V/        7 /,ノ ヽ                 j 丶     、_,ノ
.     〈.{           / /{                 /     j、__丿
      ヾ:,      / /,ノ    、       ,. ‐〈‐---‐'′
       }i        { {       \    /    丶
ネコアルク 「>やんねえ香
あ、アンタはいいです、なんか虎とかそのへんの猛獣になりそうなんで」
如月千早 「能力発動はあまり遅いと困るので、超過2分以内に発動してほしいわね。」
ネコカオス 「我輩にまで、猫耳をさせるとは…
それでこそ、我が天敵、我が同胞!!
>ネコアルク」
ねこ魔理沙 「でけえ!」
水瀬伊織 「遺言はここでしかのこせないわ!
それと、GJ狐噛み表示はなし!
あとしっかりやんなさい!」
星井美希 「こんなにも猫がいるけど猫又はいないの」
天海春香 「猫が5匹」
水瀬伊織 「ゆ、雪歩?」
萩原雪歩 「きゃああ!?
また焦って遺言誤爆~!!!
ごめんなさいぃ穴掘(ry~~!!!」
天海春香 「猫が4匹」
ねこ魔理沙 「ねこ魔理沙 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ねこ魔理沙 → ねこまりさ」
やんねぇ香 「タイガーと申すか…カッコいいじゃないか!>ネコアルク」
ネコアルク 「>ネコカオス
いや、お前もう生えてるから
耳四つとか化け物にしかならねぇから」
天海春香 「猫が3匹」
ネコカオス 「だが、吾輩もまた、ネコであるがゆえに
アイドル達の猫耳姿は見てみたい…と」
四条貴音 「萩原雪歩はどじっこのようですね」
星井美希 「千早さんの言う通りなの!
最近ちょっと怖いの!>突然死」
菊地真 「ドンマイ雪歩!
ボクもAAずれてないか心配だよ!」
天海春香 「ねっこひろし! ねっこひろし!」
giko 「よし、がむばる。」
ネコアルク 「>やんねぇ香
(この姉ちゃん、スルー力高ぇ……!?)」
天海春香 「にゃー!!」
天海春香 「それじゃスタートっ
ぽちっとな」
ゲーム開始:2012/04/22 (Sun) 22:53:19
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
三浦あずさ 「あら~、狼になっちゃったわ~
よろしくおねがいしますね~」
水橋 「人狼っしたよろしく
giko 「よろしくなー。」
三浦あずさ 「騙り希望聞きましょうか~
私はどちらでもいいですよ~」
giko 「騙りに出る必要があるなら出ておく。
基本的に即噛み戦術になるけどね、オレなら」
水橋 「騙り自信なしすまないが任せる」
三浦あずさ 「私も即がみ路線ですね~
信用は取れませんけど」
giko 「なら、行ってくるか。
早く寝たいしなw」
三浦あずさ 「gikoちゃんが出るのね、了解よ~」
giko 「ランダムで指定するよ、てきとーにね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM事務員(木偶モード) は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GM事務員(木偶モード)さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
ネコアルク 「うむ~、よい朝……♪
COとやらを聞きつつ、ネコミミに溢れた村をのんびり夢想しようじゃにゃいか」
星井美希 「おはよーなの・・・あふぅ
吠えが控えめでよく寝れたの。
役職さんはCOしてね!」
giko 「占CO。
菊地真は○」
四条貴音 「音といえば
無音の空間でも何か聞こえているような
小さな違和感を感じたりするものですが
鳥のような小動物もそういった感覚はあるのでしょうか……。
はてさて、今宵もまた楽しくいきたいものですが
木も草も眠るような、このような時間に村が始まるのもまた趣きがあるといえましょう。
偶然とは言え、萩原雪歩もいたことですしね。
人影もまばらになるこの時間、外出には何卒ご注意を。
形なき者も……またあなた様を狙っているやもしれませんゆえに……。」
水瀬伊織 「にひひっ♪伊織ちゃんの占いCOよ!
やよ……ひび……ああもう、響は○!」
天海春香 「おはようございます」
水橋 「おはよ~おはよ~ここにいるよっと」
やんねぇ香 「ほいさおはよーさん
キットカット、キットカットはいらんかねー」
三浦あずさ 「おはようございます~
ところでここはどこでしょう~?」
菊地真 「おっはようございまーす!
今日も元気に、役職の方はCOおねがいします!」
ネコカオス 「ふむ、おはよう
吾輩は、カオスである
ん~名言だな」
giko 「初手適当。
天元から指すかー。」
我那覇響 「おはようございます、プロデューサーさん!」
水瀬伊織 「やよい……あんたねぇ、ちょっといたずらがすぎるわよ。
今日は響っていうことにしてあげるけど、しっかりとがんばんなさい!
まずはあんたから占うわ!」
如月千早 「おはようございます。」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~!
今日はいつになく同じアイドルの皆が多くて心強いですぅ~♪」
ねこまりさ 「おはようさん出遅れたー」
我那覇響 「わーい、伊織ちゃんに占われたです!」
四条貴音 「ふむ?
占いは二人ですか?」
ネコアルク 「占いは2CO……
霊能と共有も出てきてネコミミになれ~」
水橋 「占いは二人だけか?」
ネコカオス 「ほう、占いは2のようだな
では、霊能と共有もCOしたまえ」
星井美希 「占い2まで把握なの!
霊能さんと共有さんもよろしくね!」
ねこまりさ 「占い2かー霊ー」
如月千早 「○進行のようなので、霊能COします。」
三浦あずさ 「占いは2でしょうか~
霊能共有もお願いしますね。」
天海春香 「キットカットくーださい>やんねぇ香ちゃん」
やんねぇ香 「んー占い2かね?
速度的にはまぁいっか
霊能は?」
我那覇響 「私は霊能が6出てくると予想します」
星井美希 「霊能さんいない?」
菊地真 「占いは2かな?
いるなら出てきてね!」
giko 「対抗は一人だけ、か。
確○戦術を希望するなら乗るつもりはあるぞ。」
水瀬伊織 「んで、一応、ええと●特攻だっけ?
それがないかどうかでちょっと様子見したけど……対抗はそこのネコだけね。
んじゃ、霊と共有もだしてちょうだい。
いい、狩人は私をしっかりとまもんなさい!」
ねこまりさ 「出てきたか
2-1で終わりのようだぜ
共有は吊られなけりゃ好きに品」
やんねぇ香 「ふむり共有COする!
相方はそこで死んでる」
四条貴音 「んー……如月千早が霊能
なるほど、765プロの者を疑わずにすむのは良いことですね」
天海春香 「占いは伊織とgikoさんの2人かー
霊能が何人か、きになるねー」
萩原雪歩 「ふむふむ、まずは2-1になりましたね
2-2になるでしょうか~?」
水橋 「え~っと霊能が千早…でいいのか?」
ネコアルク 「2-1ですかねぇ、これは
そして共有も確認……」
三浦あずさ 「あらあら、そうなったら面白いわね~>響ちゃん」
ネコカオス 「ほう、お嬢さんのような人が霊能か
にゃんとも、速度は遅いが、このような可憐なお嬢さんを
疑うなぞ、我輩にはできないな…」
星井美希 「千早さんリョーカイなの。
んー、役欠けあるっぽいね?」
菊地真 「霊脳は1なのかな?」
ねこまりさ 「出たな共有
相方初日かーそいつはいいな」
如月千早 「初日が共有者なのね。」
天海春香 「千早ちゃんが霊能か
鉄壁の安心感だね」
やんねぇ香 「と言うことでグレランなー
あとは頼んだ」
水橋 「共有はやんねぇと…木偶人形ね了解」
我那覇響 「霊能1・・・なんですって!こんな非常識な展開があってもいいの!?」
giko 「占
ギコ 真○
伊織 響○

千早

やんねぇ」
水瀬伊織 「千早霊能……で、やんねぇ香……
なら狩人生存ね。了解了解っと。

響!(ってことにしといてあげるわ)私達で人外殲滅するわよ!」
ねこまりさ 「真狂ー真か真狼ー真だけ見ればいいや
グレラン」
菊地真 「○進行だし、今日はグレラン?」
星井美希 「・・・あれ!?
役欠けないの!!
狼全潜伏かキョージンさん潜伏中なの!」
ネコアルク 「では、レッツグレラン♪
ドキドキタイムのはじまりよ~ん♪」
天海春香 「へー、2-1で共有初日かー
なかなか面白い展開だねー」
四条貴音 「2-1-1共有初日
潜伏などするには遺言なしは少々心許無い。
潜っている占い師か霊能者がいるならば今出るべきだと考えますよ」
やんねぇ香 「ほいさっさー>春香
いい働きをしたら後で追加報酬をあげよう!」
三浦あずさ 「2-1で共有は初日ですか~
となると対抗いないようだし千早ちゃん真は確定と見ていいですね~」
萩原雪歩 「あらっ、初日共有なんですね~
でしたら、2-1という事は内訳は真狂-真の
狼全潜伏の可能性が一番高そうですぅ~」
我那覇響 「>あずささん
常識の範囲内のCOを考えると当然こうなりますね!>6CO」
ねこまりさ 「お前の常識を疑う羽目になるぜ>響」
星井美希 「千早さん真はカクテーテキだね!
流石千早さんなの!」
天海春香 「さて、やることも決まったし
お菓子でも作ろうかなっと」
giko 「で、GM共有。
霊は真保障が成ったか。確○戦術を許可というか提案させて欲しい。
狩人が働けるうちに村優勢にしたいしな。」
ネコカオス 「ほう、これは僥倖
相方初日ならば、役欠けはない
つまり、占いにも真混じり、よって、真-真のラインは
できると、これは、あれか、ゆでたラーメンが確定でのびてしまうようなものだな」
水瀬伊織 「で、灰詰めになるけど、み、みんながんばってよね……
わ、私だって、みんなの力になるために……がんばるんだから!」
萩原雪歩 「鉄板の霊能ですね♪>春香ちゃん、千早ちゃん」
我那覇響 「>まこねりさ
私の常識は至って普通ですよ!うっうー!」
やんねぇ香 「まぁちゃっちゃと話してくれたほうが私は助かるかなって
と思いつつキットカットの袋を開けるのであったー」
ねこまりさ 「確定○作って噛まれても困るんだよな>ギコ」
四条貴音 「さて、出ないのであれば真狼か真狂か
どちらにせよ銃殺が出れば盲信できそうで良いですね。」
三浦あずさ 「あらあら、それが常識なんて響ちゃんは面白いわね~」
天海春香 「美希のカクテーテキ が カクテギ に見えたよ
おいしいよね~」
ネコアルク 「役職に真がいることは確定なので
呪殺出も早期に起こってくれるとアチシ感激♪」
如月千早 「しゃべることがなくなってしまいました。」
星井美希 「というかこれってラクショームード?
狩人さんもいるし・・・安心なの!」
天海春香 「鉄板といえばお好み焼き!
雪歩、お好み焼き食べに行こうよ~」
四条貴音 「と、いうことでどうでしょうか萩原雪歩?
今宵の月は
いえ、雨雲でしたか」
ねこまりさ 「あと●引くなら○出てるとこよりグレーから出てる方が詰み手順が作りやすいぜ
霊能が生きてる保障もねえし」
やんねぇ香 「ん、判断は任せるよ>giko
ただ状況は見てねっと」
我那覇響 「内訳予想をします!
狼狐ー共ー狩
こうみます!」
水橋 「俺もそんな感じだ、気楽にいこうぜ>千早」
星井美希 「千早さんミキとレッスンでもする?>千早さん」
菊地真 「あ、ボクも行きたいな!>春香」
giko 「ダメなら考えられるだけ考えて占う。
結果出せってならそれはそれだ」
四条貴音 「たいやきをお願いします>天海春香」
水瀬伊織 「……なんだろう、やよいのこれからがとっても心配だわ……
私、今人の心配してる場合じゃないんだけどなぁ……」
ネコカオス 「天海春香 「占いは伊織とgikoさんの2人かー
霊能が何人か、きになるねー」
ふーむ、なかなかに良い所に目をつける、霊能の数を気にするは
狼が全員潜伏したゆえに、霊能がどうなるか来にしている…というようには見えるが
はて、お嬢さん、吾輩とエンジョイしてみるきはないかい?>春香」
天海春香 「今日は広島風の気分かな~」
ねこまりさ 「たこやき飼ってくれ>天海春香」
giko 「OK。ミックスで行く>やんねぇ」
天海春香 「タイヤキ…また難しい注文だなあ>貴音さん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
天海春香1 票投票先 →ネコアルク
水橋4 票投票先 →ねこまりさ
萩原雪歩1 票投票先 →三浦あずさ
星井美希1 票投票先 →ネコアルク
我那覇響0 票投票先 →水橋
四条貴音0 票投票先 →萩原雪歩
菊地真0 票投票先 →やんねぇ香
如月千早0 票投票先 →三浦あずさ
やんねぇ香1 票投票先 →星井美希
三浦あずさ3 票投票先 →水橋
ネコアルク2 票投票先 →水橋
ネコカオス1 票投票先 →天海春香
水瀬伊織0 票投票先 →水橋
giko0 票投票先 →三浦あずさ
ねこまりさ1 票投票先 →ネコカオス
水橋 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
giko 「…厳しいな。戦場に出た方が良かったか」
三浦あずさ 「あらあら~
正直苦しいわね~」
giko 「身内票は打っておいた。
即噛みは通らなければ負け、だが通れば少しは補正が効いてくれる筈」
三浦あずさ 「素直に対抗噛みます?」
三浦あずさ 「そうなりますね~
ここが最大の勝負よ~」
giko 「というわけで、予定通り通しに行くよ」
三浦あずさ 「了解よ~」
giko 「ダメだったら、ま、役職配置を恨むしかあるまい
戦術がかみ合わなくて詰んだってのは割りとよくあることだしね」
giko 「130で行くぞ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水瀬伊織 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水瀬伊織さんの遺言                     ,. -‐<⌒ヽ-y―-、
                  /:∠ニ>ー'ー'ーrく
                 ,:' : : : : :>ー`ーrく : :',
                  .': : : : :./´      ハ Vノ
                    l : : :_:./    ̄´  `ーイ
               |: :〃ヾ ‐「幵 テ   ィzl|
                l: : ゞ、 ,,,,,゚ー'゙    じ!!
                   l: : : :八       ' ''''j:|   ……やよいなのか、響なのか、それが問題だわ
                    l: |.:/: : :>、  ⊿   ノl:|
               |: l>r-ト `ー=テ刀_:_l:|
                レ'   |:::|_  r、r'゙O.OYヽ
                  {.   |::::::::::::::::>ヘ ^  儿ノ
水橋さんの遺言    ,'  ,'.::,クx、≧X、: : /: : : : : /. /: : : :: :: : :: :://:: レ:: :: : ::/::/イ´.:7|:: :: :: ::
   .'  ,:::/≠7} ,':.::/: : : : : /≠:: :: :: :: :: :: :: ィ彳 /:: :: ::/../  | :!リ:: :: :: ::
  . ,::::ゝ'、≠::j ,': :/:: :: : : :/:: :: ::|:: :: :: ::,彡' /:: ::/::/    .乂|:: : :: :: : :
─='ニ、:,へ、////: :: :: :: :: :: :: :: :: : 〃:: :/  /:: ::/彡'       j:::: 从ハ|
  ( ̄ヽ,ィヽ::V ,:: :: :: :: :: :: :: :: :: /レへ`丶、ィ彡'´ ノ  /    __≠7:/ リLリ
.ゝ___≧ノヘ丶V/:: :: : :: :: :: :: :: / ,イK 弋ダヾ`¨¨   /   ≦==< レ:: ノイ
≦、/ ∧ V´`' ,'ミヽ.:: :: :: : : :,      ` ¨¨`リ ..:  .' ,',ィK弋ヅヾ ∨//
  \ ゝ'::fリ/  ,': :: :: :: :/         , '  :::  }!  `¨   ´ ∧リ
    丶/イ  /:: :: :: :〃            ..::::  リ   、    乂〃
、    , 'ヘソ  /:: /}:/           ,...:ノ::,'  .:      /彡'
、\ / 入_.ノ: :/彡' ヘ           Y'  、.::、 ノヘ     ., '
.:\ `ヽ (_ ノ:/: ://   ヽ.         ゝ_r、   リ }!   /彡'
.:   丶`¨:::/: ://      、           `ー=イ   , ' `丶
     .Y::7: ::〃       .::、    ィ、ー==─'_,'___、 , ヘ
\ ゝ=7::/: ::/|         .、    丶..`¨こ__フ´'///∧
 八彡'::∧∨|リ          丶     `¨¨¨ イ//////へ
イ::::::::://///∧           >-..... ___ < .!/////////\
:::::≠////////|                    |///////////≧、
生きてるんだろうお前たちはまだ… 過去が消えていくのなら
俺はせめて明日が欲しい…だから足掻き続けてるんだよ…
なぁ死人の俺の方が懸命に明日を求めてるってのは…
一体?どういう訳なんだ!
※AAはイメージです実際の中の人とは一切関係がありません
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
星井美希 「おはよーなの!
COをどんどん聞いて、頑張りたいの
ミキはトップアイドルを目指すの!」
菊地真 「共有CO見落としてましたよ.....
ごめんね、やんねぇ香ちゃん」
三浦あずさ 「おはようございます~
占い霊能さんは結果お願いしますね~」
ねこまりさ 「おはようさん
ネコアルクとネコカオスを間違えたのは内緒だぜ」
やんねぇ香 「はいおはよー様、今日もキットカット

あぁ、あと真は私への投票の意味教えて欲しいかな」
ネコカオス 「やあやあ、おはようじゃないか」
四条貴音 「水の清らかな川に
橋を架けるというのは、工事の影響で水質が変化するのではないか、とわたくしはたまに心配となります。」
菊地真 「おっはようございまーっす!」
ネコアルク 「おはよー
ネコミミ似あわなそーなの吊ったにゃー」
如月千早 「霊能結果よ、水橋さんは●だったわ。」
我那覇響 「いおりちゃあああああああああん」
giko 「占:貴音は○」
ねこまりさ 「占い死んでるしー」
星井美希 「あちゃー、占いさん抜かれちゃったね・・・」
天海春香 「おはようございます♪
まあいろいろ考えられますけど
○展開なら、霊噛みか占い噛み
こんなとこですかね」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~
って、伊織ちゃんが!?」
giko 「その初手発言、凄く気に食わないな
そこ人外で詰みましたとかシャレになってねえ。占わせてもらう」
やんねぇ香 「あぁ、なるほど>真
まぁ考えつつみさせてもらうよ

んで占いぬくかー」
三浦あずさ 「あらあら、伊織ちゃんが~」
四条貴音 「そして水瀬伊織が抜かれていると
さて、ではgiko殿をどう見るか。」
菊地真 「CO見落としてたよ、ごめんね....>やんねぇ香ちゃん」
天海春香 「伊織がやられちゃったのかー、残念」
やんねぇ香 「まじか!?>霊能
ラッキーだ」
我那覇響 「giko吊りですね。仕方ないですね」
ネコカオス 「水瀬君!?
おいおい、同胞よ
にゃんてことだ、水瀬君が寝てるじゃないか、風邪を
引く前に、蒲団をかけてあげたまえ>ネコアルク」
萩原雪歩 「あら、霊能●ですかぁ~
うーん、そうですねぇ」
ねこまりさ 「へえいきなり狼吊れかー
投票者あたりは若干非狼めで見とこう」
天海春香 「千早ちゃんの報告によると、水橋さんは狼かー」
三浦あずさ 「あら、水橋ちゃんは●だったのですね~
それはよかったです~」
ネコカオス 「おや、●とは
ならば、gikoをどうするかだな」
四条貴音 「気に食わないと言われましても
初手発言くらい遊ばせてほしいものですね>giko殿」
星井美希 「で・・・●吊りなの!?
ラクショームードかどーかはわかんないけど・・・」
giko 「これは、足掻いてもPPライン前に吊られるな。
余計なことはしない、狂人COで。」
やんねぇ香 「まぁgikoは呪殺頑張ってねという感じかな」
ネコアルク 「霊能から○、占い噛みでもう一人は四条に○……
んー、ベグ?それとも昨日で判別ついた?」
天海春香 「ベグったか、それとも…
まあ今日は放置でしょうね」
萩原雪歩 「ひとまず、占いは昨日も言ったように真狂の可能性が
高いと思いますので、今日は見分けを付けずに狂を噛んだって可能性もありますぅ
なので、とりあえず占いはそのままで、呪殺が出ればラッキー程度に思っておくと
いいと思いますぅ~」
星井美希 「早い!?
もうするの!?>giko」
四条貴音 「狼吊れましたか。
でしたら……と、狂人でしたらgiko殿吊りで良いでしょう。」
菊地真 「狂人COかー」
やんねぇ香 「まじでー>giko
まぁ真はないと思ったけど」
ネコアルク 「狂人COって、それ……
んー、ならば真が囲われている可能性を考えてみたくなるにゃ」
天海春香 「gikoさん、諦めが早いよ~
諦めたらそこでモアイ襲撃ですよ!」
如月千早 「水瀬さんが噛まれたのね。
べーぐりを考えてもう2日ほど様子見でもいいのだけど。」
三浦あずさ 「残ったgikoちゃんをどうするかですね~
真狂でベグったのかどうなのか~」
giko 「ほっとくかどうかは村の判断次第ー。」
星井美希 「えーと、これってgiko-真君ランだよね?」
菊地真 「狂人宣言したなら、吊りでいいのかな?」
三浦あずさ 「え、狂人CO?」
ねこまりさ 「ギコは占い真狂の狂噛みありえるから放置でいいか
10人あたりで真贋決め撃てばいいぜ」
四条貴音 「giko殿●ならば何をしているのだということで。」
我那覇響 「gikoはなんで、自分じゃなくて対抗噛まれたか考えないんだね。
自然と真さん吊り加速するけど、そこ狼の可能性結構あるのに、giko視点」
ネコカオス 「んー?狂人なのか
ならば、吊らざる負えないな
君がネコをやめて狼だというならば、あれだな
焼きそばの上に乗った紅しょうがの如く残しておけないな
いや、吾輩好きですけどね>giko」
天海春香 「吊りでいいよ、うん
まあ噛まれるよりはってことか」
やんねぇ香 「一応聞いとこうgikoの処遇はどうしようか
まだ後回しでいいからグレラン?
それとも今日釣っとく?」
星井美希 「とりあえず真君吊りたいな!
囲いで真贋ついたかもだし!」
四条貴音 「かりうど殿を保護するために吊りましょうそうしましょう。」
ねこまりさ 「パソコンが固まってる途中に狂人COでマッハ」
三浦あずさ 「なら吊っていいのでしょうかね~」
やんねぇ香 「あぁ、あと2回も言わなくっていいさw>真」
如月千早 「狂人COですか。
では、吊ってもいいですね。
あとはグレーから2W1Fを見つけないといけませんが仕方ありませんね。」
ねこまりさ 「奇数だしつっときゃいいだろ」
星井美希 「あ、とーぜんgiko吊りが最初なの!」
ネコアルク 「狩人保護かねて吊ろうぜ>やんねぇ香
グレランで村吊りたくもないし」
天海春香 「さあ、それじゃ昨日リクエストがあった
たこ焼きパーティーしちゃいますよ~」
我那覇響 「>やんねぇ香
吊る以外の選択肢がないよー
そこ吊らないなら、真さん吊りだけどね、こっちは7で吊りたいです」
ねこまりさ 「狂人だろうが
あと時間稼ぎ」
giko 「後は、護衛食わないように気をつけてねってことで。
人数減るまでは安全策を指針としてで>残り2W」
萩原雪歩 「あらっ、あっさりと偽COですかぁ~
狂人らしいと言えば狂人らしいですけど・・・」
星井美希 「ってことで真占いは伊織ちゃん確定だね・・・」
天海春香 「どんどん焼くよ~
くるっくる~♪」
やんねぇ香 「おっけーならgikoつろうか
あ、狩人は私よりも霊優先で」
giko 「まあ奇数のうちならワンミスできるけどねー。」
菊地真 「ちょっと反省気味だったんだよ・・・・>やんねぇ香ちゃん」
ねこまりさ 「まあ分かりやすいことやってくれたのはいいや
以降グレラン村」
如月千早 「そうですね、狩人保護を考えて狂人を吊ってしまいましょう。」
ネコカオス 「吊りでいいだろう、
自分から狂人COするなら、狼なら
狐対策にでも残りに行くべきだというのにな
よって、このCOは狂人でよかろう
そう、これは我輩がネコであるように、確定的明らか>やんねぇ香」
天海春香 「大グレラン大会ですね!」
四条貴音 「しかしここは狼狙いの吊りで良いのでしょうか……
既に1W吊れている、ということは狼を先に吊るのは怖い?
いえしかしどこがどう狼ぽいか、などはわかりませんし……。」
ネコカオス 「まあ、霊能軸にして戦うだけだな」
萩原雪歩 「そうなると、明日からのグレランが勝負ですね~」
やんねぇ香 「まぁ、残りで挽回しておくれw>真
キットカットでも食べるといいさ!」
三浦あずさ 「素直に吊られにきたということで~
後は私達でがんばりましょう~」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
天海春香0 票投票先 →giko
萩原雪歩0 票投票先 →giko
星井美希0 票投票先 →giko
我那覇響1 票投票先 →giko
四条貴音0 票投票先 →giko
菊地真0 票投票先 →giko
如月千早0 票投票先 →giko
やんねぇ香0 票投票先 →giko
三浦あずさ0 票投票先 →giko
ネコアルク0 票投票先 →giko
ネコカオス0 票投票先 →giko
giko12 票投票先 →我那覇響
ねこまりさ0 票投票先 →giko
giko は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
三浦あずさ 「あらあら、どうしましょう~」
三浦あずさ 「わお~ん」
三浦あずさ 「発言は適当に稼いでみるとして~」
三浦あずさ 「響ちゃん噛みでいこうかしら~」
三浦あずさ 「ただ狩人が霊護衛しているかどうか~」
三浦あずさ 「霊能は無理かしら~」
三浦あずさ 「 」
三浦あずさ 「響ちゃんで読まれそうだけど~」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
菊地真 「おっはようございまーす!」
ねこまりさ 「おはようさん」
ネコアルク 「まー、ネコ仲間とはいえ人外に味方するのは吊るしかねーよにゃー
おはよーさん」
四条貴音 「ぐっどもぉにんぐえぶりわん
あいしんく……はんたぁがぁでぃどねくろまんしぃ
きっとかっといずべりぃでりしゃす
おぅ……」
星井美希 「おはよーなの!
今日もがんばっていくの!
霊能さんはよろしくね!」
三浦あずさ 「おはようございます~
占い霊能さんは結果お願いしますね~
って占いはもういませんでした~」
やんねぇ香 「あいあいおはよー
さーて今日のキットカットは宇治抹茶風味ですよー」
天海春香 「おはようございます♪
めざめがいい朝ですね
こんなに清清しいなんて」
如月千早 「霊能結果です。gikoは●でした。」
ねこまりさ 「死体無かい
狐当てたなら告発すれば」
菊地真 「GJかな!?」
ネコアルク 「おお、死体なし
これはGJか狐かどっちかにゃ」
我那覇響 「じゅっじょーぶ!」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~」
ネコカオス 「ほう、死体なしとは僥倖僥倖」
ねこまりさ 「あー?>●」
四条貴音 「おや、死体無しはすばらしいですね」
ネコカオス 「はい?」
三浦あずさ 「あらあら~、死体なしですね~」
萩原雪歩 「って霊能●ですか!?」
星井美希 「んー、狐噛みかなこれ?
GJある?」
やんねぇ香 「ンー死体なし
ここは狩人が守ったか狐か…」
如月千早 「狂人は潜伏しているようですね…。」
我那覇響 「gikoちん・・・」
ネコアルク 「え、ちょい待って
giko●なの?」
菊地真 「●だったのか!」
四条貴音 「……何をしているんでしょうかね、彼は」
三浦あずさ 「はい~?gikoちゃん●?」
天海春香 「宇治抹茶味、私好きなんだー>やんねぇ香ちゃん」
ネコカオス 「なにやってんの!?
っとさすがの私も叫ばざるおえない>Giko」
やんねぇ香 「おい、霊能●って狼何したいん?
狐勝ちさせたいん?」
星井美希 「は・・・?
つ、つまりどういうことなの!?」
如月千早 「LWになった以上告発は期待できないでしょう。」
ネコカオス 「四条貴音(79)  「しかしここは狼狙いの吊りで良いのでしょうか……
既に1W吊れている、ということは狼を先に吊るのは怖い?
いえしかしどこがどう狼ぽいか、などはわかりませんし……。」
はっはっは、お嬢さん、占いはもう居ないが
霊能がいるので、怪しいところを吊っていけばいいのですよ
えっ!?我輩が一番怪しい、失礼しました>四条」
ねこまりさ 「狼でも告発役になれたのに
まあいい狐潰すぞ」
天海春香 「は?giko●?
よくわかんないなー」
ねこまりさ 「真占い生存確定を自覚しているうえで呪殺を期待してるネコアルクは吊りたいぜ
美希が発言を見てる様子がなくて囲い候補吊り主張してるのがいやだが
実際に真が胡散臭いから吊ってもいいや
村っぽい場所がさっぱり見えないからこいつら吊った後に考えよう」
萩原雪歩 「むむむ・・・という事はもうLWという訳ですね
それでは、仮に今日が狐噛みだとしても告発はできないですね~」
我那覇響 「ぺろっ、やっぱ霊能は狩人なんですね!
わかります!」
三浦あずさ 「ということはもうLWですか~
これは狐が怖いですね~」
菊地真 「ここからひたすら狐探しなのかな?」
四条貴音 「ならば霊GJと見るのが妥当だと思います
わたくしの見解ではそれくらい
giko殿が何を考えて先に釣られたがったのかは……」
やんねぇ香 「狐優先で潰そうなー
わかってるとは思うが」
天海春香 「これはLW役によっぽど信頼を置いてるか何かですか?」
ネコアルク 「つまり占い真狼で……霊能狂もありえる内訳かー
狐吊りたいにゃー……」
星井美希 「ちょ、ちょっと待つの!?
これって狐勝利一直線なの!
千早さん偽はありえないし・・・えーと!?」
如月千早 「狂人と思っていただけに○しか用意してなかったのですが。
結果をみてビックリしました。」
ねこまりさ 「んで投票を見たら三浦あずさ・ネコアルク・水瀬伊織が水橋投票者だぜ
こいつら非狼で見れるならますますネコアルクが吊れるぜ」
ネコアルク 「それ初日の発言だにゃ>ねこまりさ」
四条貴音 「いえいえ、あなた様を怪しいとはまだ思っておりません。
わたくしには狐も狼もよくわかりませんので」
萩原雪歩 「やよ響ちゃんの内訳予想は豪快すぎですぅ///」
やんねぇ香 「あー、美味いよな>春香
アレは時期見てあったら確実に買うレベル!」
ねこまりさ 「初日じゃなけりゃ疑う意味がないとでも?>ネコアルク」
天海春香 「狼に当たったら終わり~ってのが、なんだか怖いですよね」
我那覇響 「じゃ、ねこまりさ吊って考えようか!」
星井美希 「ってことは狂人潜伏でもあるわけだよね!?
うわ、わぁ!?」
ネコカオス 「まあ、これはあれだ
告発とかそういう狐対処を忘れた狼が
狂人COで生き残りを計ったのか…
まあ、それよりもだ、霊能結果見せないつもりだっただろうが
それも、また悪手…そう、ネコ飯に鰹節をかけないごとき所業」
三浦あずさ 「どういう意図があったのでしょうかわかりませんけど。
とにかくあとは吊りに注意ですね~
幸い狩人はまだいるのは確定ですし~」
ねこまりさ 「呪殺呪殺言うやつは狐ってけーねがいってたしネコアルク狐あると思うぜ」
天海春香 「まあもう、それっぽいとこに入れていって
それっぽい流れにするしかないですよね」
菊地真 「あと昨日はキットカットありがとね!>やんねぇ香ちゃん
甘くておいしかったよ!」
萩原雪歩 「gikoさんはあえて狂人COすることで
見逃されての生き残りを図ったのかもしれませんねぇ・・・」
四条貴音 「giko殿が狼なのでしたら、菊地真が狼かどうかは置いておいて
最終日判断で良いところではないかと考えます。
ただしそれよりも狐っぽいと思ったならば吊るのもやぶさかではない、というレベルかと」
ネコアルク 「>ねこまりさ
待て待て
普通共有初日だったら真占い生存確定なの当たり前だろ
初日時点では」
星井美希 「と・・・とりあえず真君のあつかいどーしよ!?」
ねこまりさ 「ギコは狼だった以上どうでもいいだろ」
ネコカオス 「まあ、吾輩は夜いろいろ考えたわけだが
霊能は居る、あの結果から身内はしていなくても
そこまで、票が固まったわけじゃない、ならばこそ
占い噛みを優先したのではないかと、と、推察したけど
残念なことに我輩は、ネコであるがカオスであるゆえに
その、重要な投票結果を失念してしまったのだよ
無念である」
ネコアルク 「ぶっちゃけ、お前は何を言ってるんだレベルなんだが、お前さん>ねこまりさ」
ねこまりさ 「だったらなんでなおさら呪殺を望む?>ネコアルク
奇数信仰なんだぜ?」
やんねぇ香 「おぉ、ならよかったw>真
村ならがんばろうな!」
星井美希 「うげー・・・気が重いの・・・」
如月千早 「狂人は今の時点生きていますから潜伏はしていますね。
ただ、その潜伏も狐を見つけられなければ意味はあまりなさそうですけど。」
菊地真 「もっちろん!がんばらせてもらうよ!>やんねぇ香ちゃん」
天海春香 「それじゃ、たこ焼きでロシアンルーレットして決めましょう
ここに10個のたこ焼きがあります
 
9個はチクワ入り、そして1個はトウバンジャンが入ってます」
ネコアルク 「>ねこまりさ
アチシ呪殺って発言したの初日の一回だけにゃんだけど
そこまで突っ込まれることなの、コレ?」
四条貴音 「あぁ、いえ。
菊地真が狼で囲ったのでしたらわざわざ対抗を噛まないのではないでしょうか
そうなると……うん、狼は囲われていないところにいるということ……?
いえ、それは菊地真が狐でない場合も同じ……となりますか」
ねこまりさ 「占いに真がいる以上真占い生存の証明のための呪殺はいらん
さらに奇数信仰だから呪殺すれば吊りが減るぜ
発言稼ぎで呪殺祈願したように見えるぜ>ネコアルク」
萩原雪歩 「あ、そっか、狂人潜伏でもあるんですね・・・
LW、狐、狂人が潜んでいる・・・難しい村ですぅ~」
星井美希 「えーと、
キツネ目を探さなきゃ・・・」
ねこまりさ 「1回だけなら突っ込まれないとでも?>ネコアルク」
天海春香 「さあ、トウバンジャン入りのたこ焼きを食べるのは、だれかな~?」
三浦あずさ 「あら、そうね狂人も確実にいることになるのですね~
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
天海春香1 票投票先 →ネコアルク
萩原雪歩0 票投票先 →三浦あずさ
星井美希1 票投票先 →ネコアルク
我那覇響0 票投票先 →ねこまりさ
四条貴音0 票投票先 →ネコアルク
菊地真0 票投票先 →ネコアルク
如月千早0 票投票先 →天海春香
やんねぇ香0 票投票先 →星井美希
三浦あずさ1 票投票先 →ねこまりさ
ネコアルク5 票投票先 →ねこまりさ
ネコカオス0 票投票先 →ねこまりさ
ねこまりさ4 票投票先 →ネコアルク
ネコアルク は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
三浦あずさ 「うーん、狩人にやられましたね~」
三浦あずさ 「LWばれてますし稼ぐ必要はないですね~」
三浦あずさ 「霊能噛みじゃ弱い、グレー狙うのもきついわ~」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星井美希さんの遺言                ,. -‐ニ==- 、   ,,,  - ― ― - 、
               ,r' .,r'´   , ィ `´_ _` '' ‐- 、  `ゝ、
                〈  ./   ,r.´' ´ ̄__      ̄   ―`ー _ ` 、
            `、 .i   ,ri, ィ ' ´ ` ー ._` ‐ ._` ‐ _      ` ゝヽ_
           _ _`ゝゝイ´       、`ヽ、`.`、、  ` ゝ、       `ゝ、
         、r.γィ-,フ´   、   、   .\ \ヽミ、     `.ヽ、   - ‐`ヽ
         >`∧ /  λ  ヽ\ _\ュ,,,__ヽ  \iヘヘ       `ヽ.、     i  i
            ビァ .i/  i i `、  .ヽ'\ゝ \__ .`、  .i、iヘ、       , `ゝ、 .i   ノ
          (iー'i   .ii.i /`ゝ、`、 冰<宍か λ  i .`、 `ゝ、 _ _ ノ    `< /ノ     ,i
         .ャゝィ.i i  i iリ _^_     ' =-ー ' `!kヽ.i  `、.、 _  , ィ ' _, ィ ' ,iィ'   , ィ 'ィ'
         (.'Yλ`   i、 ,かか         i' /、   .ヽヘ ̄  ̄    ,∠ + ' ´ , ィ'
           .ヘ〈ヘ ヽヽ i`ト ゝ'´ ヽ   __    ∧  `ゝ- `ゝ 、  _ ∠´-ィ' ノ  `゛゛ ‐- .._
                レ' ` .iゝ、`ゝ   ,r'.´  〕  ./ `、_       `ゝ_, ィ '´ ./  ー- 、_ _ `ゝ、
                   i/i ``、   .ゝ   .'  .,r'.ィ´  `ヽ、   -‐‐- 、` ー- '  ニ二___`ゝ、 ̄` ゝ、
                 リ .i  j` ‐   _ ,/ i  ,r  ー- `、_               `ヽ`.ヽ、   ヽ
                     i ノ.i       ヘ...ト/       .`、ヽ             _   `、
                 ノr'´ .i  ∧ .i  ,/ ノ'`、      .i .i .i             、`ゝ、ヘ
                  ´   `、i...,r` ー´-, /_  `、    .ヘ.、i .i              i . ii.`.i
                        i' 、 ,r'´ノ  `ヽ.`、  _ ヘ i`i     ̄` ゝ、      i i.i ノ
                   ,-、λ</, ィ'      .`ヘ /´  ,.ヘ 、i、 _         .`ヽ、   レ' .i
                 .,ヌフ'ノ }i'ィ'´        `、j`-'  ヘ 、、 `ヽ、  i 、   `ヽ     /
                     ヘ`y' iノ- ‐ ''       ,  , r、ィ'´=-、ヘー.i---'.ヽ .i ` 、   i i  /
                   iJ-ィ'`'''ー-   ---ィ',r'´ ,.レ.' ´   `ヘ、i     リ  、_ヽ i ,r'´
                       `、ー ⊂_- _,.. - .,´.- ´           i        ` ー '´
                      `i.ー、  ,...-‐ ´       __,, - '´              _  _       , _    __
                     ,. '-‐`´ _ .. - ‐ _,.. '' -‐´i´           _ ,, ....∠ニ、'''´    `ゝ< ´   `<´
                 /   .レ_,.. -‐  ´    '、 `、, - _.,.ィ'´ `  '´ー 、    `ヽ、      .、 ヽ、    `ヽ
                 /    ノ.' ヘ        _ ,,. v'´    ` ゝ 、      `ゝ、 ̄`ヽ〉'  .i  `、  `
                / i 、, , ./´`、 .ヘ、    _ ,..ノ、     、... _ _    .`ゝ、   _ ` y    i   .`、
                 i'〈 〈i 「゚'l ./ヽ、 `ゝ、`<´ `ゝ、 `ゝ   `ヽ、  ` >    ヽ、 .`>,r'     i .   `、
             /  `i`-'`< '   `ゝ、  `ゝ`    `ヽ、       `ゝ 、 _  _ _ _ _ `/ _,..      .i     .i
              /   .ヘ   \`ヽ、   `ヽ、  .\  .ゝ.、 `ゝ‐----------――''''´'''´ .       ,ノ    .i
               /    ヘ   .\  ` 、  `     \ .`.ヽ.、 _                 ,.ィ'         /
             ./    .i `、   \   ヽ、       \    .`` 、ゝ 、 ._            ィ'´          /
       ,. - ,フ /    .i  `、    .\    .`ヽ    .、 \     `ゝ 、` ー--            ,.  /
      〈i,ィ '´/ /     .i   .\    `ゝ 、  \   \ .\       ` ゝ 、           ,.r'  ィ'  ./
      〈ヒ`ー/. .i      .、     \      ` ゝ‐`     \\\、        ` ー -  .........,.ィ'      ,r'、
      .ヘ.ム/   i       `ゝ _ ,,... ィ          ,...、      \.\ 、                 _,,.r.''´
      /`´i   ,,.r‐ '''"'' ー 、 _       _ _ _,.r'    i`ゝ、ー   ` \`.、ゝ、 _ _ _ _...  --‐<、´
   ,ィ/ /! iィ'´/../         ヘ` ゝ、 ... ィ''´   ,    、. .i  `i、      \ヽ` 、   .` `、''' ー- ...,, _ ` '' ー- ,,
.,.r'./ / i/ ./ /,.. - - ,, _ `、  i .i    /     `、     .i `ゝ 、 _    \\`ゝ、   `ゝ.、_     `_⊃'
 /  ,r'.. ./     .ii i      i .i ヽi         /-‐ '''  -、ヘ    i __   `ヽ    \\   、    ` .´ . ̄
/  /  ,/ _,,...........ノ.!      i .i..ノ       `、i     i  .i `〉   (_ `ヽ .ヘ`、    .\ \  ` 、
 / ,.r.'.<´  i i   .i       .i と_         _j     i  .<      `>...\.i ト、._j   \   `ゝ、`ゝ 、
./,ィ'´ ,r.' `ー.、!  .i ,.r ''' .i''t 、  `   τ,ニ - - 、  i   `.i ー-‐ ´ i., 、`、 i  `、   \     .`ゝ、  ` '' ー‐
  .,.r.'´. .i /!   ./´ .i   i ヒ'      と´   i、  .i`ヽ.i    k‐- 、   .`、 `´  .ト 、 `、     .\
r'´  .,.r.' K__i    'ー-、!   .i .`、      ´ゝ、 .ii\ .i,-‐`    .`、ヘヘ ヽ、.i\    `、`、.ヘ     `ヽ、
  ,.r.'  ,.   i _ ,,.. -' .i  ノ  .`、        >`、  ゝ 、   ,,...r.' ヘ ヘ .i`、 `ゝ- '´ `、i 、   i . ヽ `ゝ、...,, _
ィ'_,,..ィ '´  i<...,,,_  i  i i    i.ゝ-  -‐ ''´   .\  、 ` ´ 、   .ヘ  i i  .,-、  i\ヘ `ゝ-<  `、
ネコアルクさんの遺言                                 /\
                       ゞ、    ヘ   / /レ`ヽ
                    ヾ入 \`ヽ i.∧ / /<_ ∧
.                       \ `ヽ”ヾヘ|  ∨ /.:.:.:.:_ノゝ∧
                  ゞー──-、ヘ.       ∠__`ーyzx !_ノ!
                  \:::...._    `  ⌒ヾヘ   `ヽ人ゞ   ノ
            _z-─ '" ̄ ̄   `       j´\      ,イ\
.           {::::::::≧z─‐-、_                      \
            }::::∠_yZ   /            ヘ   `ゞ   .∧
            ゞ::::::::/   /       /.     ,>´ ̄ ̄`ヽ \  ∧
.              \//! /        /|  ノヽ./  入     ∨ \ ∧
.     \     ∧',  \/ソ       _,. -──-、.Y   .f::::',    } ヘ `ヾ、
.       \ \    /        y'" 入    ヽ!,   ゞ:::〉    /      ネコ、地獄へまっしぐら!
.         \、 \   ̄`フ"  ,ィ´ /   f:::不    }廴_.∨_ ,イ
        ヽ、入ヾ  ⅳ/!   ./ ,'.{    ヘ:::::〉   ./    ̄  ,ィ⌒ヽ     キャットフードは、ウェルダンでお願いします
      ー==、  ゞ`~,/::::i   / / 弋    .∨  , イ  λ   ノY     ノ‐-、
..ー=ニ二三   才 /:::::::|  ,/ /  ./ `ー─-‐'"ヽ、_ノ `ー'" 人__.,イ   ∧
   ー=ニ二 `ー{ /::::::::::|/イ´  ,∧ |ー,イ´ ̄ ̄ ̄”`ヽ_,/ ./     .::::}
... ー──==  < {::::::::::::::::::∧i/   ∨/            ∧`ヽ__{     ..:::::::i
  `ー=ニ二  Z |::::::::::::::::::::∧ ',  ./             ..::::}:::::} 弋   ...::::::_,ノ
  -==ニ ̄   ゞ i:::::::::::::::::::::::::\i  {           ..:::|::::ノ  ` ̄ ̄
.    <_   ー=ニ.∨::::::::::::::::::::::::::`ー|         ..::::::|'"
.     / _    ,ィ \::::::::::::::::::::::::::::::∨        ...:::::::/
.   /イ´才 /   /ィ\:::::::::::::::::::::::::::∨ .    ..:::::::::/二ニ=一
     / / //  ∨`ー───'" .`ーz___,/ ヽ、_
      /ゞ/イ  /!  Ⅳ入j/´λ∨ヾヘゞ \ 入 `ヽ  \
.    /    ./ / // /     | Y `i!  ヾ  `       \
 . /     /´  /  /i i ∧  .| ! j    `          \
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
菊地真 「おっはようございまーっす!
昨日はどうだったのかな千早!」
天海春香 「ざっと見た限りでは
10人の中で誰が食べたのか分からないなあ
めだつようなリアクションは取らないか
ん~、入れるもの間違えたかなあ?」
四条貴音 「ねんねころりよおころりよ
こう言ってはなんですが、もうすぐ日付も変わりますよ。
あなた様は本当に夜更かしでいらっしゃる。
るびぃのごとし情熱的なこともあれば
くりすたるのごとく神秘的なこともあり、あなた様の底が見えませんね>ネコカオス殿」
ねこまりさ 「おはようあsん」
ネコカオス 「ふーむ、我輩の同胞たる、ネコアルクは死んだ
なぜだー!!
ということで、哀悼のネコ缶受け付けてます」
三浦あずさ 「おはようございます~
霊能さんは結果お願いしますね~
って意味無いですね~」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~」
やんねぇ香 「おはとーおはよー
ブラックサンダーって完璧だわ」
我那覇響 「おはようございます、プロデューサーさん!」
四条貴音 「ふむ?
共有でも水瀬伊織の○でもなく、星井美希噛み、ですか?」
萩原雪歩 「そうですね、もう霊能は○しか出ないですぅ~
そして美希ちゃん噛みですかぁ」
如月千早 「おはようございます。
霊能結果はネコアルクさん○でした。」
ねこまりさ 「霊狂まで主張してるネコアルクが吊れなかったら村何やってんのレベル
あとあずさが投票がらみで非狼度高いぜ
村で見れる奴が意見出してる貴音ぐらいなんだけどー主張が少なめなのが気がかりだな」
天海春香 「まあ千早ちゃんは仕事終わっちゃったしねえ」
やんねぇ香 「ん、そこ噛むか」
ネコカオス 「ほぅ、お嬢さん縦読みとは
おもわずネコ可愛がりたくなるほどの
文章…このネコアルク、感服しました
>四条」
如月千早 「というわけで、もう○しかでません。」
我那覇響 「美希さん・・・ぺろっ
これはミルクの味ね」
三浦あずさ 「う~ん、美希ちゃん噛みね~
天海春香 「狩人探してるんかなあ
別に○は1個だけ残るようにすればいいから」
萩原雪歩 「四条さんも気になります?
多分ですけど、昨日は響ちゃんあたりでGJだったのかな
それで、今日はGJを避けて別の所を噛んだ・・・といったあたりかも」
ねこまりさ 「グレー噛みは狐探しだろうしどうでもいい
誘導されてた真の扱いかー」
我那覇響 「>貴音さん
次はもやしパーティーで縦読みお願いします。うっうー!」
天海春香 「千早ちゃんから○しか出ない…
濃厚なミルクの予感?」
菊地真 「◇如月千早 「というわけで、もう○しかでません。」

>だよね、打った後気づいたよ・・・・」
四条貴音 「星井美希は慌てていましたね、先日。
ただそれだけですが。菊地真狼は果たしてありうるのでしょうか」
ネコカオス 「さて、真面目に話そう、潜伏狂人もいるわけだが
ここで、気になったのは、ねこまりさだ
ここで、吾輩の同胞たる、ネコアルクを狐として処理に
走った動き、これは狼というよりは狂人らしき所業
残して、村に見れるかというと、我輩は、悩むが
さて、そうこれは高級ネコ缶を前に、して1円しかない状態」
ねこまりさ 「gj場所なんて狼狩にしか分からねえんだからどうでもいいよ」
天海春香 「貴音さんの縦読みには、かなわないなあ」
我那覇響 「粛々とこまねりさ吊りですね!」
四条貴音 「先日もしてはおります
しかしあるふぁべっとは苦手なもので、あのような醜い文章となってしまいました>ネコカオス」
ねこまりさ 「あそこで狐狙わない吊りしてるなら村何やってんのってレベル>ネコカオス」
三浦あずさ 「狐探しと見れば素直ですか~
結局私にはGJか狐かはわかりませんし~」
ねこまりさ 「響がうざったいけど○もらってるっつー」
やんねぇ香 「菊池が狼はまだいいかな>貴音
それよか菊池含めてもいいから狐を頼んだ!」
如月千早 「情報もなしに狼を吊る前に狐を先に吊るというのが至難の業ですね。」
ネコカオス 「お嬢さん
○しかだせないなら、吾輩とレッツエンジョイしようじゃないか
今なら、シュールストレミングという猫缶を手に入れてましてね
>千早」
萩原雪歩 「そういえば、昨日は凄い票が集まってましたけど
指定とかでしたっけ」
ねこまりさ 「あそこで私投票したやつに人外いるんじゃねえのと期待してみる
直接言えばあずさにネコカオス
ネコカオスの私誘導があれだからネコカオスかな」
四条貴音 「なるほど、その可能性は多分にありますが……
しかし狂人CO者の●を隠したいと狼が思うかもしれないと思えば
それもまたなんとも考えづらいですね>萩原雪歩」
天海春香 「うどんでも作ったら、狐さんがあぶり出せたりできないですかね」
四条貴音 「もやしぱぁてぃ……
ふむ、考えてみましょう>響」
天海春香 「その缶は危ない!
千早ちゃん、早く逃げて!>ネコカオス」
ねこまりさ 「あと狐吊りに行ったから狼より狂っていう根拠はどこだよ>ネコカオス」
ネコカオス 「そう、故に
貴公は非狼でみるといっているのだよ
どうだい、吾輩とネコ缶でも食べないかい」
菊地真 「むしろ揚げかな?>春香」
ネコカオス 「>ねこまりさ」
如月千早 「シュールストレミングは遠慮しておくわ。
天海春香 「貴音さんの発言が もやしぱんてぃ に見えた…
どんなパンツなんだろう?」
四条貴音 「いえいえ、わたくしなどまだまだ>天海春香

狼を見つけることができれば狐はそこを吊らずに考えることもできる、との考えで考察していましたが……
間違えていたでしょうか?やんねぇ香殿」
ネコカオス 「ん?なぜ逃げるんだい」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
天海春香0 票投票先 →三浦あずさ
萩原雪歩1 票投票先 →三浦あずさ
我那覇響0 票投票先 →ねこまりさ
四条貴音0 票投票先 →ねこまりさ
菊地真0 票投票先 →ネコカオス
如月千早0 票投票先 →ねこまりさ
やんねぇ香0 票投票先 →萩原雪歩
三浦あずさ2 票投票先 →ねこまりさ
ネコカオス2 票投票先 →ねこまりさ
ねこまりさ5 票投票先 →ネコカオス
ねこまりさ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
三浦あずさ 「響狂人とかだったら面白いですけど~」
三浦あずさ 「もう○噛むしかないでしょうか~」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
やんねぇ香 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
やんねぇ香さんの遺言                                               ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(
         ,イ  >--<、                         7iヽ         \
       ,ィ /:::|/:::::::::::::ヽ--- 、            _,,,,_   /V/;;|;;|     E     /
       (:|/:::::::::::::::::::::::`ヽ::::::<、           ../フ´  r-!V;;;;;|;;;;;;;;;ヽ         |
     , <:::/::::/:::::::/:|::::::::::l::::::、::::<       /¨(=|  ヽV;;;;;;;;;;;;;;r''ヽ;;;;ヽ   ・    |
    /:::::::::::|:::::l::::::/| :l|:::::::::|:::l:::l:::::::::`ヽ   ./   ヽヽ !¨;/¨|;;;;;;;;|∩ヽi;;;|       ヽ
   `フ::::::::::::|:::::l/|'-、ミ|::::|:::/::/::::|:::::ヘヽ|  .//_ r_ _> 〈;///^ ¨|_,-! ) | |;|  T    /
    (λ:::::::: |:::::|//::うl从|/|/|/|/::|:::::ノ ../ _,ヽ_, 〉`i_, - 、 /_-7    ノ / 〉         (
      |:/::::::|:::::|,,,ヾニ'   lッう)-、||/     .i_人'´_ヽ__,-〉リ/     Y /   !!   |
      リ|:::::::|:::::|    , ''' ./@l::|              .ノ ヽ!     | /_,-‐-,, --__/
     、ノ::::::::|/`ヽ.(:::::::フ ノ  /::|           └ i _,,_     ||  /  |  〉
     冫::::::::/ : /´ ̄>‐'´  /|:::|               '-‐|    ノ::ヽ/   |   |
    /::::::::::/ : /: : :/ノ  ヽ / |:::|                   _/   /:::::::|   |   |
     i:::::::::/: : : : : //   、  `!.l;;」___              .`7  :::::::::::::::|ヽ、 ||   |
    {::::::〈 ̄\: : | |  \ \ノ  __ノ               ヽ_ _, -‐''´| !)ヽ\|   |
     .{::::::::∨  ∨ヽヽ_ノ--'_,ィ<                           \ヽ);;;||  ヽ
     {::::::::::∨  ヽ__>-ヘ ̄: : |」: ヽ                           i |;;;;;|ヽ
ねこまりささんの遺言
              ,, - ― ‐‐ -  、
           ., ' "´             
          /     ./            ' ,
         /    ./   |    ハ _/ イ i     ヽ    ああ、私?
         ,'     .|、 |∧  / レ'-‐  |  /   !
        |      レ>‐、∨    _ ,iイ  |  .!    そうだな、博麗霊夢、猫だぜ
        .八 、  |〈 l´ハ    '  ` !  /!   
         .)ノ \,ハ. ゝ'゚ .     ".|/ .|    \
           / ,|"    -‐ '    /   |     ノ
          /  / ゝ、,        , イ  / /    | (
         〈   ,ハ  / |`ミ7ァr '" ハ|  .レ'  __ハノ
          ) イ  レ' `ヽrく__∧_ 「\rート'´|   `゙く
             , - '"´|/   ハ |_/ゝrヽ」.     ヽ
           /   {7  ./| |   |ノ::|/        \
          r'  /)' i::| /,_|__||  /|::::|         ' ,
          |>、/  'ー‐''つ::::::::::::|_/ ̄:::::::'、    __  ___ 〉
         //    ‐ァ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、 ,イ´ _」__/
       ./ /   _ノ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/` ーく´   `\
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
天海春香 「かえってきたとき
リビングに
くまがいたら
ビックリだよね」
如月千早 「霊能結果です。ねこまりさは○でした。」
四条貴音 「もう少し……
やるせない気持ちを胸に秘め
しあわせを願う彼女は呟く
ぱんだが見たい。と
1度もぱんだを見たことがない彼女にとって
てれびや図鑑から流れるぱんだは、ひどくかわいらしいものとうつりました。
いちど、そう。1度だけ。彼女はそれで幸せとなれるのです。」
三浦あずさ 「おはようございます~」
菊地真 「おっはようございまーす!」
四条貴音 「ねむる時間に
コオロギの鳴く季節に
まなぶ夕暮れ
リスも冬眠の準備をし
さぁ、冬が訪れようとしています。」
天海春香 「猫が消えていく村なのかなあ、ここ」
ネコカオス 「ねこの同胞同士で争う…なんとも哀しいことじゃないか」
我那覇響 「ぺろぺろ・・・これはもやしの味!」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~」
菊地真 「共有噛みかぁ」
ネコカオス 「天海春香(37)  「占いは伊織とgikoさんの2人かー
霊能が何人か、きになるね
やはり、初日のこの言葉が気になるな
なにか、見えていたのかもしれないと思うと
お嬢さんのことを思うと、吾輩夜も眠れないのだよ
これは、つまり恋…というやつか」
天海春香 「うわあ、貴音さんすごいなあ」
四条貴音 「では、これでよろしいですか?>響」
我那覇響 「やんねぇ香はもやしだったんですね!」
萩原雪歩 「はう~!!共有さんが抜かれちゃってますぅ・・・
狩人さんが二択に負けたか、それとも・・・」
ネコカオス 「共有噛みとは…」
三浦あずさ 「あらあら、共有噛みですね~」
四条貴音 「褒めても何も出ませんよ
しかし、褒めてくださるのは嬉しいことです>春香」
我那覇響 「>貴音さん
頑張りましたね!はなまるですよ、うっうー!」
天海春香 「何も見えないからの発言ですよ
占い2って2-1になったら役欠けを考慮しないといけないから面倒なんですよね>ネコカオスさん」
ネコカオス 「ET…アース・トラック
地球のトラックということだなと
>やんねえ香」
萩原雪歩 「お二人の縦読みが別ベクトルですけどどっちも凄いですぅ~(笑)
あと昨日の真ちゃんは霊能さんの勘違い可愛かったね!」
四条貴音 「共有かまれ、ということは霊能である如月千早に指揮をとってもらうのが最上かと」
三浦あずさ 「貴音さんは毎朝見事ですね~」
如月千早 「死体なしは私を狙ってGJがでて、それは狼はgikoを狂人に見せたかった、というのは単純すぎでしょうか?」
天海春香 「雪歩は真のことよく見てるよね~
やっぱり好きなの?」
我那覇響 「うっうー!即興縦読みに挑戦です






ん」
四条貴音 「ふふ、響ありがとう
でも、やはり響ではなく……>響」
我那覇響 「どうですか?(ドヤッ」
ネコカオス 「ふむ、だが霊能2になるのを期待していた
ともおもったのだが、まあそこは人それぞれ故に
我輩、お嬢さんに恋をしてしまったようだ
どうだね、吾輩と一緒にレッツ・キャッツカットというのは>天海」
萩原雪歩 「今の確定○は、千早ちゃんとやよ響ちゃんだけですものね
ある意味、この二人が新共有ですぅ」
菊地真 「だってここまで霊脳さんが生きてるの初めてだったし......>雪歩」
天海春香 「千早ちゃんと響ちゃんが確定○だからねえ」
我那覇響 「>貴音さん
気づいてしまいましたか・・・」
三浦あずさ 「>千早ちゃん
私もその可能性は高いと思ってます~」
萩原雪歩 「えっ!?
そ、それは、その・・・二人の間で揺れ動いているというか・・・///>春香ちゃん」
四条貴音 「いちもにもなく
おりじなるを作ろうとするのは
りすくが高いと思います
ちよっとわたくしには
やるのが難しいと感じますね
んー……」
我那覇響 「千早さんが相方なんですね、うっうー!」
天海春香 「うわ、やよいがぶん投げたよ…
完成するのかな、あれ」
ネコカオス 「響…なんとも可愛いじゃないか
どうだね、お嬢さん、我輩と一緒に新しい
鯖缶でも食べないかね、なに!?ネコとは食べない
失礼しました>響」
四条貴音 「……やはり高槻やよいでしたか……>響」
菊地真 「ボクは雪歩のこと、好きだよ!(ニコッ」
我那覇響 「私の完成品に追加するなんて!?」
三浦あずさ 「響ちゃんはかわいいわね~」
ネコカオス 「…響がやよい…
にゃんだとーーーー!?」
我那覇響 「>貴音
そうです、私は実は亜美なのだー!」
四条貴音 「流石に速度勝負となると
完成度が低くなってしまいますね」
天海春香 「完成品ちがうよ、響ちゃんのは笑点でいうところの
「これを埋めてください」っていうフリップだよ」
ネコカオス 「そして、四条お嬢さんは
これまた、縦読み…
どうして、即興できるのか」
萩原雪歩 「と、真面目な話もしないといけませんね
非狼狙いでいくなら、初日に水橋さん投票者が狼でないと判断もできるかも」
如月千早 「言葉の少ない真を囲ったというgikoの判断、そして狂人CO。
そこに集約されるのではないかと思います。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
天海春香1 票投票先 →三浦あずさ
萩原雪歩1 票投票先 →三浦あずさ
我那覇響0 票投票先 →ネコカオス
四条貴音0 票投票先 →三浦あずさ
菊地真0 票投票先 →三浦あずさ
如月千早0 票投票先 →ネコカオス
三浦あずさ4 票投票先 →萩原雪歩
ネコカオス2 票投票先 →天海春香
三浦あずさ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
三浦あずささんの遺言 .         ,.へ、   /⌒ ヽ.
        /   \∠7: : : : : : :\
.       / / ̄ `: : :/ \: : : : \
       { /: : : 「 ̄≧レ√⌒ヽ: : : : :ヽ.
      ∨: : : :.|:/        \: : : : ヽ
      ∧: : : :.|       ____,ヽ: : : : :',
     ,':.: ヽ: : :|   ノ  ` ̄ ̄  ヽ: : : : ',
      {: : : : : : |-≠'     彡三ニミ: : : : ト、
.      ;l:: : : : : : ! yz三、     xxxN : : : |: :',     ところで、あの~
.     ,':!: : : : : : l {/     '      レ|: : :|: : ',     ここはどこでしょう~?
    ; :!: : : : : : Nxxx      <j    l: : :!、: :.',
     i: ト、 : : : :N }    く/ : : : :/   /l: : |∧.:.:',
     |: !: : : : : :! Vヽ.   ` ー'   ,イ::l:./:|/∧: :',
    V: :l: :l: : :l 〉ー>、       /::|:::l∧j.//∧: ',
.    |: : lヽト、: `r:、  ´ ̄⌒ヾ...:::::::::l ///////∧: ',
      |: :.j、: : :\|::::::>=、__ノ_/ト、///////∧: ',
     |: /: >=――‐| /j rこハ 〉<ーイ ><////∧: ',
     |: :./     \l {ノ `¨¨゙ {〉/ / /      </∧: ',
     l: :{         ', V ̄ ̄Y゙´ / /_/       \ハ: :',
     l: ∧  、    V    |ニ<_∧      ,     }ハ ',
      l//∧  \  /     .|___) ト、   /:    ///j: :',
.    ∨/∧     >7      !__ノ  \〈: : .  ////|: : i
     ∨/∧   / /       |         ヽ: : . {////!: : !
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
ゲーム終了:2012/04/22 (Sun) 23:49:43
星井美希 「ああっ!?>投票」
水瀬伊織 「んーこれ、ネコ吊れないなわね」
ねこまりさ 「終わったお疲れさん」
四条貴音 「むむ
お疲れさまです」
やんねぇ香 「だな、あそこの護衛は大きかった!>美希
響は◯わかってるから、感謝感謝」
星井美希 「うわーなのー!?」
giko 「あーらら…お疲れ様」
ネコアルク 「んーむ、こうなったか
お疲れ様にゃ」
水瀬伊織 「あ、一気にいっちゃった。
……ま、しかたないわね。お疲れ様。」
我那覇響 「あらら」
菊地真 「わ、おわった!?」
天海春香 「おつかれさまです」
ネコカオス 「おや、お疲れ様」
如月千早 「お疲れ様でした。
さすがにこれは難易度が高い展開でしたね。」
三浦あずさ 「おつかれさまでした~」
やんねぇ香 「わっほう
おつかれさまだー」
我那覇響 「ネコカオス吊らなかったんだねw」
水瀬伊織 「思ったよりあずさが非狼に見られすぎた結果、かしら。」
萩原雪歩 「ぎゃー!!!そこが狼さんでしたかぁーー!!
発言数から、そこだけは無いと思っていたんですけど・・・ごめんなさいー(涙」
星井美希 「ミキの狩人日記
【1日目】 護衛:なし 死体:木偶無小鳥(身代わり君)
ミキはね、狩人さんなの。
日記をつけないといけないの。めんどくさいって思うな。
あのデク(身代わり小鳥)は使い物にならないから捨てるの
ミキはテンサイだ~!なの!
【2日目】 護衛:giko猫ちゃん 死体:凸ちゃん(伊織)
んー、どっちも真っぽいなあ・・・
でも、真狂とみて真贋ついてない場合こっちのほうが噛みやすそうなの。
なら猫ちゃん護衛なの!
【3日目】 護衛:響 死体:なし
いや・・・やんねぇ香ちゃんはそういったけど・・・
どーみても狼視点でも村視点でも狩人かけてないから
処理のためにここを噛むとヨソーするの!
ここなら狩人処理かつ○を消せるの!
・・・凸ちゃんは、ごめんね?
【4日目】 護衛:雪歩 死体:
変態護衛タイム開始なの!
GJっぽいのはうれしいけど・・・
何が何でも1吊り増やさなきゃいけないの!
で、オーカミもグレー狙いが見えるから今日は変態護衛なの!」
四条貴音 「あぁ……あそこまで反応をもらうと投票できません……」
我那覇響 「せっかく最終日前日と最終日でアイドル格付けをしようと思ってたのに!(ロンハー方式」
ネコカオス 「やはり、見えてる狼が
早々に消えてしまうのは痛いのではという感じですな
お嬢さん、どうです一緒にキャッツカットなど」
ネコアルク 「真狼-真じゃそりゃ占い即抜きできるよにゃー……」
giko 「一応狂人COの意図。
☆あずささんが既に手負いとみた(2票)
☆黒見せたいなー
☆ハッタリで流れを変える」
天海春香 「あずささんとネコカオスさんを吊って 最終日判断だったけど
吊り順とか分からないし、これはもう仕方ないですよね」
水瀬伊織 「雪歩は……うん、どんまい。
この状況なら仕事はもう、狩人COか最終日に村人投票だけよね……
相変わらずの生存能力はお見事、だけど。」
萩原雪歩 「ネコカオスさん、ネコ一族で唯一生き残っての狐勝ち、
すごいです、おめでとうございますぅ~!」
giko 「多分、あそこでしなくても生き残ってたかも、とは考えられるが
まだ飼われる状況だと狼でも狐でもいいや、はありがちだし」
水橋 「終わってたよお疲れ様っした
三浦あずさ 「響噛みが安易でしたね~
素直に霊能にすれば。
とっていももったかどうかは難しいですけど~」
星井美希 「というかあずさの目に完敗なの・・・!」
giko 「あと、狂人ゴメン。
この戦術、潜伏非対応なのだorz」
ネコカオス 「ふっ、お嬢さん
我輩に惚れたのなら、いつでもネコミミ受け付けますよ
えっ!?ネコは趣味じゃない、これは失礼しました
>雪歩」
水瀬伊織 「ようは、話ができているという意味でも、ネコカオスが良かった、ってことよね。
おめでとう。
美希は……そ、そうね、私護衛しなかったのは許せないけど、頑張ったんじゃない?」
天海春香 「猫同士の争いだなーって見てたけど、猫処分が正解だったとは」
やんねぇ香 「最終日までに響と四条と菊池と千早を残すしか考えてなかったからなぁ
これは1W1Fの状況じゃ厳しかっただろう」
ネコアルク 「んーむ、そんな戦術もあったとは……>giko
一つ勉強になったにゃ」
四条貴音 「ネコカオス殿は吊りたかったですが、言っても詮無きことですね」
giko 「ネコカは十分褒められるに値するだけ動けてたと思うよ。」
我那覇響 「gikoのCOのおかげで村は楽だったけどね。
非アイドル吊ればどうにでもなる展開でしたし」
我那覇響 「>ネコアルク
参考にしないほうがいいと思うよw」
三浦あずさ 「>美希ちゃん
あらあら~
私はただティンときただけよ~
ちょっと雰囲気が違うかな~って程度で。」
水瀬伊織 「霊能噛むとどうかしらね。
割と人外吊りがブーストかかるから、やっぱりあそこだったら
響噛むと思うわ>あずさ」
星井美希 「ちなみにミキ見事に変態護衛で狂人さんまもってたの」
やんねぇ香 「キャッツカットよりもきのこの里が食べたいかなって>ネコカオス」
ねこまりさ 「私が吊れたのが痛いんじゃないかな!」
giko 「あくまで、「奇策」だよ>響
あずささん、一手死も見えたし」
如月千早 「それでは、お疲れ様でした。」
水瀬伊織 「最終日前に吊れるかどうか、じゃない?>貴音」
我那覇響 「奇策じゃなくて、愚策だと思うのよね」
ネコカオス 「さて、それでは吾輩はこれにて失礼しましょう
ではでは、可愛いお嬢さんがた、ネコビバレッジはいつでも
貴方達をまっていますよ、キャットダッシュ!!
お疲れ様でした」
giko 「慣れていない場合は普通に足掻く。
ここは黒どうしても見せたかったからね」
ネコアルク 「なんかここ来ると大抵千早が霊能なんだけど
ほんで村人と村人で殴りあうハメになるんだけど、アチシが」
菊地真 「ボクもやらなきゃいけない課題があって今日は長居できないんだ......
お先に失礼するよっ!」
萩原雪歩 「こちらこそ仕事しなくてごめんなさいですぅ~>gikoさん
ちょっと趣向を変えて潜伏狂人チャレンジしてみたんですけど、やっぱり狼さんの思惑と合わせるのが難しいですよね・・・

今回で言えば、gikoさんがそのまま騙って頂ければ、こちらは真狂だから吊らなくていいよ~ってフォローはできたのですがっ。」
やんねぇ香 「途中まで飼ってはいいかなーとは思ったけど釣りが多かったので釣ったらごらんの有様だよキリッ>giko
2連●でどうしようかと思ったわw」
giko 「そこまで叩かれる程のアレはないと思うけど?
村を不利にさせる一手、ということで。狐?そんなもの吊らせなきゃ負けダヨこれ。」
四条貴音 「寡黙目を吊るのはそろそろおしまいにしなければならない位置でしたからね
ネコカオス殿は良い位置にいました>水瀬伊織」
星井美希 「まぁ混乱はしたよね・・・
村のほとんどが真狂-真を信じ切っていただけにその前提がひっくり返るのは・・・」
三浦あずさ 「>伊織ちゃん
なるほど、そうですね~
そもそも狩人狙いということも兼ねてましたし。」
我那覇響 「>giko
叩くも何もないよ。感想だからw」
giko 「正直、狂人だからのこすってのがあまりないように見えたんだけどなあ」
ねこまりさ 「あとなんだ、LW警戒で指定してもよかった程度か」
星井美希 「ミキもそこはヨソーできたな。
指示を無視する価値はあったって思うな!>あずさ」
giko 「正直、村不利にしてしまってアレかと。そう俺は考えたけど>響
まあ、喧嘩になるからこれ以上はよしておく」
天海春香 「もう1手あとでよかったのかも、gikoさんの狂人CO」
萩原雪歩 「あとは、生き残っていればもし狐噛めたら告発もできたので
そういう利点もあったと思いますですぅ~>gikoさん」
ねこまりさ 「どっかに●撃って吊り稼ぎぐらいはできたぜ>ギコ」
やんねぇ香 「いや、アリだと思うよ敵対してるんだしw>giko
ただ狼のメリットで勝てるのかなとは考えたけれどもw」
三浦あずさ 「初日の時点で狼陣営はもう危うかったのでgikoちゃんの行動は仕方ないことなのよね~
普通にやってたんじゃどうしようもないですし~」
giko 「(ぶっちゃけると、「ワンパだけのクソプレイヤー」の汚名を返上したかったのもある。
 というかこっちだとRP鯖だしね、変化がないと)」
我那覇響 「gikoの戦略取るなら一回●投げて空のほうが美味しいと思うけどね。」
星井美希 「んー、確かに動きは狂ったよね>giko
グレラン力が狐の方が高かったってことなの」
ネコアルク 「>giko
gikoは狼陣営なんだから村不利にするのは当然にゃ
今回はそれがたまたまハマらなかっただけ
村混乱させれば奇策の意味はあるというのがアチシの考えにゃ」
我那覇響 「ではお疲れ様」
萩原雪歩 「個人的には、真ちゃんか四条さんが狼で、
こう、狼と人の禁断の愛!?みたいなことを考えてた・・・なんてことはないですよっ///」
ねこまりさ 「落ちるかお疲れさん」
水瀬伊織 「◇giko 「(ぶっちゃけると、「ワンパだけのクソプレイヤー」の汚名を返上したかったのもある。
 というかこっちだとRP鯖だしね、変化がないと)」

ねぇ、あんた、それここ馬鹿にしてる発言って、わかってる。
割りとそういう自虐とガチがどうとかいうと、温厚な伊織ちゃんもきれるわよ?」
天海春香 「それにしても、雪歩が狂人かー
なにを仕掛けてくるか面白い位置だったねー」
星井美希 「あ、確かに一発●投げしてからの方がよかったよね・・・
確定○を作る宣言してたし、響に投げたら面白かったって思うな>giko」
giko 「…すまん。キックはいつでも受けるよ>伊織」
四条貴音 「おや、ではわたくしが狼でしたら萩原雪歩はわたくしに投票していましたか?>萩原雪歩」
giko 「んだな、そこは反省>美希
時間はまだ稼げた。」
ねこまりさ 「なんか私が死んだ原因がRP鯖だってことのせいに見えるから困る>ギコ」
giko 「違うって。オレはオレが下手だってことを言いたかったってだけ
ちょっと言い方が間違った。orz」
天海春香 「まあRPしかしない私みたいなのを見下してるのは確かでしょうけど」
萩原雪歩 「ふふふっ、最終日辺りまでいければ面白かったんだけどね♪>春香ちゃん

ただ、潜伏狂人も基本的には狼さんに負担をかけちゃうものだし、そういう点では
今回は即真占い抜きできたから良かったけど・・・基本的にはやっぱり普通に騙るのがいいなとは思うなぁ、うーん」
水瀬伊織 「だれがあんたキックしたいっていったのよ。
いい加減、あんただけが周りをみてるんだっておもってるたいど、改めてくんない?
あんたが蹴られようがなにしようが、きてるんなら誰も蹴らないわよ!
気遣い無用、着てる人数でやるの、それが誰だろうとそれは一緒よ!>GIKO」
giko 「見下してなんかいないよ
こう、発言ゲーでRPしないオレなんだから俺のほうが下手なのは間違いない」
ねこまりさ 「殴り合いでRPしてる場合じゃねえ!」
四条貴音 「まぁ、私も最近RPしかしてないからなぁ」
giko 「そういう方面でしか、闘えない育てられ方をされてきているからね」
天海春香 「初日共有じゃなければねえ
役欠けをにおわせる潜伏狂人の本領発揮だったけど、難しかったねえ>雪歩」
水瀬伊織 「……悪いけど、あんたのそういう露悪的な態度は、ちょっと腹が立つし、
きてるならきてるで、それでいーじゃないの、あんたがかつためにうった施策なら、
もっとそれ誇りなさいよ!>Giko」
星井美希 「ミキ的にはRPでなぐり合うの!」
四条貴音 「落ち着きなさい>水瀬伊織」
水瀬伊織 「別の場所なんていい!
ここはここよ!」
水瀬伊織 「……ごめん、ちょっと熱くなりすぎた>貴音」
ねこまりさ 「とにかく殴れよお前ら」
星井美希 「この鯖を馬鹿にする意図はなかったって思うな
よーは「ガチガチに戦術を固めた鯖より奇策を打っても受け入れらると思った」ってことでしょ?>giko」
ねこまりさ 「こちとら殴り合いに命かけてんだー」
ネコアルク 「多分、アンタが一等賞だにゃ>まりさ」
四条貴音 「その言葉ではただの上から押し付けているだけです
それでは闘争の原因となり管理者殿やひいてはこの場で遊んでいる方も迷惑となるでしょう
言葉は少し選ぶことをおすすめします>水瀬伊織」
水瀬伊織 「だから、頼むから、自分からキックしていいとか
自分はクソだからとか、そういうのいわないでよ……ここはそういう韜晦する場所になんかしたいくないのよ、私は……」
ねこまりさ 「なんのだ!?」
天海春香 「まあうん、楽しもう
人それぞれいろんなアプローチの仕方があるけど」
ネコアルク 「真性にゃ、真性の殴り屋がいるにゃ……」
四条貴音 「ここはきゃっきゃうふふする鯖ですからねぇ……>ねこまりさ」
萩原雪歩 「うーん、どうでしょう?ふふっ>四条さん
ただ、最終日に向けてだんだん狂人アピールは加速するつもりでしたぁ
早すぎても吊られちゃうのでっ。そうして伝わったらいいなって・・・えへへ」
天海春香 「ねこまりささんは、殴られたいの?
ねこぱんちなの?」
星井美希 「討論会でもなぐり合う新しい人狼のスタイルなの?>魔理沙」
giko 「ん、まあね。>美希
これだからこうすべき、はあっても、これじゃなきゃダメはオレは流石にNO出したいし」
ネコアルク 「え、殴り愛の一等賞>まりさ」
ねこまりさ 「ねこますたーすぱーくだ>春香」
ねこまりさ 「ああまあいいやそれなら>ネコアルク」
天海春香 「そうだよね、貴音さん
今日はちゅっちゅする相手がいなくて淋しかったなー」
ねこまりさ 「まあそれはおいといてもアイマス知らないから軽い壁あるんだよなー」
ネコアルク 「あ、そういえば今回アチシが吊られた時一票差だったわけだけど
傍から見てて、アチシそこそこくらいには殴り返せてたん?>ALL」
やんねぇ香 「んーなんだろうなー
人それぞれの考え方はあるだろうけど、それを貶したり馬鹿したらアカンでしょと
そうなると話は変わるしね」
四条貴音 「なんというか
やはり戦績の妙を感じますね
見えない凄みを感じます……>萩原雪歩」
水瀬伊織 「わかってるわよ>貴音
……ごめん、熱くなりすぎてる。今。」
giko 「モバマスをネタにしてしまう枠だぜ、オレだって>ねこまり」
萩原雪歩 「(なでなで)>伊織ちゃん

ごめんね、今回のは何ていうかたまたま、私の潜伏狂人と
gikoさんの潜伏狂人非対応の戦術が凄くかみ合わなかったっていうか・・・
それについてはお互い、次はもっと上手くできるようにって勉強にはなったと思うし・・・ごめんね」
天海春香 「猫同士が争ってるなー って傍観してた>ネコアルクちゃん」
ねこまりさ 「つか私が死んだのってRPのせいなのか?」
giko 「違うと思う>ねこまり
突貫の弊害」
星井美希 「で、「キックしていい」は人数のバランス考慮だったんだよね?>giko
15村ってやったことないからわからないんだけど・・・」
四条貴音 「いえ
ただ単に共有初日で霊能狂を言っているところを残しておきたくなかっただけです>ネコアルク殿」
ネコアルク 「ま、凄く伊織らしい言動ではあるんだけどね>伊織
取り合えずネコ被って、はいポーズ」
天海春香 「伊織もgikoさんも、熱いものを持ってるってことだよね
青春という名のラーメンだね」
giko 「そっちわ割とネガい意味だから忘れて>美希
GM勢からの評判が地なのは周知だし」
ねこまりさ 「その熱いものをぶっかければ目出度く殴り合いの完成だー」
giko 「潜伏狂人の戦術にも対応できるのを作る
これをしばらくは戦術組みの指針にしてみようか、と思う」
四条貴音 「わかっているのならば良いのです>水瀬伊織

おや、わたくしならばいつでも歓迎ですが?
ちゃんと返せるかはわかりませんが。>天海春香」
天海春香 「猫の争いに敗れていった感じだったかなあ
なんか村の雰囲気が「猫落としていけばええやん?」って感じだったから>ねこまりささん」
ねこまりさ 「¥」
星井美希 「んー?
そんなことないよ!
ミキ、gikoに狩人の時にここで打ち負かされたこと忘れてないの!>giko」
ねこまりさ 「ああ、そういう?>春香
じゃあネコカオス吊ろうぜー」
ネコアルク 「んーむ、殴り愛の道は険しいにゃー……
まだまだ初心者だにゃー……」
ねこまりさ 「猫ロラ反対ー反対ー」
天海春香 「はるたか…あんまりピンとこないカップリングだなあ
でも、ちゃんと煮詰めてったらうまくいくのかな?>貴音さん」
やんねぇ香 「アルクと魔理沙どっち釣るかって聞かれたら僅差で私はまりさだったかなw>ネコアルク
ただ殴り返せてるかと言われたら、返せてる方じゃないかなとは」
水瀬伊織 「ゆ、雪歩が謝ることじゃないわ……わ、私だってムキになっていってるんだし……
そ、その、悪かったわよ。勝ち負けとか、そういうのは仕方ないと思ってるわ。」
天海春香 「かくいう私はあずささん投票を続けてたんだけどね>ねこまりささん」
星井美希 「ミキの中で逆襲したい人ランクの1位なんだよ!?もっと誇るの!>giko
来てくれるたびに「絶対に勝ちたい!」とか「鼻をあかしてやる!」って思ってるの!」
四条貴音 「ぴんとこないからこそ、やる意味はあるのではないでしょうか
新しいかっぷりんぐを作るなどの>天海春香」
天海春香 「ネコカオスは私を殴りに来てるし、もう1日置いてもいいかなって思ったんだよねえ
殴りで見えるものがあるから>ねこまりささん」
ねこまりさ 「潜伏狂人に期待するのもどうかと思うがなー」
ネコアルク 「LWピンポイントはちょっとすごいと思ったにゃー>春香

ちょびっとくらいは成長してるのかねー>やんねぇ香
以前は殴られたら喋れなくなってたし」
giko 「…ん。ありがと>美希
ま、日ごろの行いはこれからよくしていくしかないよ
これまでやってしまったことは返らないし」
やんねぇ香 「しかしホント猫ロラしとけばよかったなぁキリッ」
ネコアルク 「ネコ権侵害はんたーい!>やんねぇ香」
ねこまりさ 「殴り返せばもっと深く見れるぜ>春香」
星井美希 「だから、ここの鯖に来るのを遠慮なんてしなくていいからね!
来たくないならそれいいけど、ここはミキからも絶対のお願いだから!」
天海春香 「じゃあ、やってみる?>貴音さん」
ねこまりさ 「× 猫ロラ
○ 私以外の猫ロラ」
四条貴音 「おやおや、逆襲したいらんきんぐの1位とは、先輩ぷれいやぁ冥利に尽きるのではないですか?>giko殿
うらやましい話です」
天海春香 「残念ながら私は殴り返す術を持ってないのです、惜しい!>ねこまりささん」
萩原雪歩 「うん、初日共有だと狂人潜伏がモロバレしちゃうもんね>春香ちゃん
ただ逆に言うと、狼にも狂人潜伏が分かるから、そこは強みでもあるんだよね」
星井美希 「熱くなりすぎて誤字が・・・」
やんねぇ香 「半数人外じゃないかキリリッ>魔理沙、ネコアルク」
三浦あずさ 「うーん、収穫は狩人噛めたことくらいね~
発言はもう今はダメダメですし。
後半生存意欲を無くす感じで逆に開き直ってました。」
ネコアルク 「何言ってんだー、ネコ四人で仲良くロラされよーぜ?>ねこまりさ
……待て待て、ロラされちゃダメじゃん!」
ねこまりさ 「ノーノーわたしじんがいちがう」
四条貴音 「わたくしアニメ6話分しか知識がありませんが……>天海春香」
ねこまりさ 「そういやギコも猫だな」
ネコアルク 「アイアム村人……じゃない、村ネコ!」
三浦あずさ 「ネコちゃん達は仲良いいですね~」
星井美希 「猫M@s村なの」
水瀬伊織 「ただ、入った以上はお願いだから人数あわないから自分けれとか、そういうのいうのだけはやめて。
きた人とは、ゲームしたいのよ。私は>giko
そもそも無理してきたっていう人、無下にできるわけないでしょう?」
やんねぇ香 「あとその感覚はわかるなぁ、私もだし、たぶん今もどうかわからないしw>ネコアルク
でも返してるのはわかったし、一言のあれで殴り入ったから村なのか違うのか私は迷ったかなー
指定求められるまではそこ放置するつもりだったし」
天海春香 「そうだよね、美希。ここで遊んで、楽しいって思ってほしいもん
だから私も不快な思いをさせないように、だよね
気をつけないといけない、うん
挑発的になってごめんねgikoさん」
ネコアルク 「今思ったけど、ネコアルクでやるなら猫又がいいよにゃー
蘇生能力はともかく、毒があるってアチシらしいじゃん?」
ねこまりさ 「『15人村はいやだから人増えないなら出るよ』というならいいと思うぜ」
天海春香 「知識なんて、欲望の前には無力ですよ貴音さん!
さて、どういうシチュエーションがいいかなあ
やっぱり貴音さんがお姉さんポジションのほうがいいよね?」
ネコアルク 「いやー、初日ポロッと考えナシに言った一言が殴りを招くとは>やんねぇ香
やっぱ殴り屋ハンパねーw」
giko 「ま、言い方がへたっぴなのは許して欲しい
この方、殴り屋やっているにも関わらずそういったオブラートな発言が未だに出来ていません。
修行不足ですねえ」
水瀬伊織 「きた人数でやるわ。
それ以上も、それ以下もないわよ>まりさ
そうじゃないと、多くに開いている意味、ないもの。
それだって、人数次第だとわかってるけどさ。」
天海春香 「狼は潜伏狂人を噛まないように
潜伏狂人は狼に噛まれないように、そして吊られないように
すごく難しいけど、雪歩のお手並みを見てみたいね!」
星井美希 「あ、それならいいいけど・・・「遠慮」はしなくてもいいよ!
狼3占いCOでもなんでもこいなの!」
ねこまりさ 「人外の中には村っぽくしてるところでぽろっとぼろを出す奴もいるんだぜ>ネコアルク」
星井美希 「まぁ特定の人数がいやってのはミキはふつーに受け取るかな。
「強制」はなくていーしね!」
四条貴音 「わたくしが起点となるのは少々恥ずかしいものがありますね>天海春香」
天海春香 「貴音さんに徹底的に甘える感じがいいかなあ
 
たかねぇちゃん~、尻まくらして~
 
こんな感じかな?」
やんねぇ香 「というか私も昔言われたからなー、初めに呪殺期待するのは狐だってw>ネコアルク
それ以降、呪殺と言わずに、真贋決めたいみたいに言うようになったねw」
ねこまりさ 「個人がいやなら強制させなくてもいいってことだ>伊織」
星井美希 「狼の村騙り(?)ってすっごく難しいよね・・・>魔理沙
情報があるのを隠すのが本当に大変なの」
ネコアルク 「殴り屋の前ではいかなる隙も見せてはならないというのかっ……!>まりさ
うん、やっぱ修羅と呼ばれる人々、目の付け所がハンパねーっす」
天海春香 「だからRPでごまかすんだよね~>美希」
四条貴音 「>天海春香
           /: //: : : : : : : : : : : : : : `-ミ: : ',: : : : :',       |ニコ
           |: //: : : |!: : : : : |,: : : : : : : : : : : : ::',: : : : |       |.┼┐
  ,ニ、       |/: ::i: : : : ||: : : : : :ト,: : : ヽ: : : : : : : : :',: : : :',      .丿ノ レ
   __/       i: : ::|: : : : ハ: : : : ヽヽ: : : ヽ: : : : : : : : : : : : ',
           |: i: ト: : : : ', ',: :_-‐ '  ̄`''-: : : :|: : : : :',: : : ',
   つ      .|: :|: ', ',: _彡  ~    、-‐_.',: : :|: : : : : ',: : ::',     |ニコ
           |: : ',: :〉         彡|ノ:::::::::i',: : |:,,、: : ::|: : :|     |.┼┐
  -┼-     /: : |: |/ ‐ニ_      _ゝ:::::_彡|: ::|/ ヘ: : |: : :|     .丿ノ レ
  ⊂     ./: : : 〉,:', / |し::::::i       ̄  ノ: ::|' , |: 〈: : :|
         i: : : : |: ヘ',.ヘ ゝ- '         /: : : |彡'/: : ',: ::|
  i  ヽ    |: : : ::|: : |` 、     `     /: :/: : |/: : : : : : |        つ
  ヽ      ヘ: : : :',: ::ト ,',          (: : :',: : :|': : : : : : : ヽ
          ヽ: : :',::ソ ヾ'、     ,-‐、  ',: : :',: : ',: : : : : : : : ヽ
   Z|/ヽ      ): :∨::::::|:`ヽ、    ̄  _/ヘ: : ',: : ',: : : : : : : : ヽ    __
    | /     /: : : ::',:::::::|::::::|::`7i‐-,,- '":::::::::/: : :|: : :〉: : : : : : : : :ヽ    /
         /: : : : : : ',::::|:::::ソ::i:::||::|:|:|__,, -/: : : |: :/: : : ', : : : : : : : :',   (__
        /: : : : : : : : : i|:::ヽ/::::ヘr‐ニ o/ /: : : : //: : : : : |: : : : : : : : :i
       〈: : : : : : : : :/::_/-‐_'' ̄   o/ ',: : : /ヘ: : : :/: : : : : : : : /
        .',: : : : : : γ: ̄::::/:      / .', ',: : : :〉/: : : : : : : : : : |
         ヽ: : : : : ヽ:::::::::|      0/  ノ   /: |: : : : : : : : /ヘ: |」
ねこまりさ 「だから常にキャッキャウフフされてると殴れないんだよなーwwww」
ネコアルク 「尻枕と聞いて遅ればせながらやってきました!!>春香」
天海春香 「好きを見せたら、ちゅっちゅしてくるよ!>ネコアルクちゃん」
水瀬伊織 「わ、わかってるわよ……>まりさ
ああもう!なんかちょっといまぐしゃぐしゃになってる
強制なんてしたいわけないわ!」
天海春香 「むぅ…たかねぇちゃんのいぢわる~
いいじゃんかー 尻ふかふかさせてよ~」
星井美希 「殴り屋VS殴り屋で両方村だと村にとってはサイアクな展開だよね!
どっちか人外なら逆にサイコーなんだけど!」
ネコアルク 「うん、こりゃー殴れねーわ
なんつーか、脳内ピンクなのと同じだもんw」
giko 「まあ、某所ではオレ思いっきりちゅっちゅ枠だし」
ねこまりさ 「なにこのしゅらこわい>春香」
星井美希 「ちなみにミキも・・・フフ・・・>脳内ピンク」
四条貴音 「天海春香はいけずです……」
水瀬伊織 「どんなことでも、強制なんかしたら、面白いわけ無いじゃない!
わかってるわよ……私だって面白いことしたいんだし」
萩原雪歩 「お姉さんとロマンチック恋路線かと思ったら、すごく台無しですぅ~(笑)>尻まくらして~
でも欲望に忠実な春香ちゃんらしいね、ふふっ」
天海春香 「gikoさんもちゅっちゅ枠なら
存分にちゅっちゅを楽しめばいいのよ」
ネコアルク 「キャッキャウフフは苦手だけどー
村のペットとして認識してもらえばもーちょい生きられたのかにゃー」
ねこまりさ 「こんな村にいてられっか!私は家に帰らせてもらう!」
三浦あずさ 「さて時間も時間なので失礼しますね~
村建ありがとうございます~
皆さんおつかれさまでした~」
天海春香 「はっ!そうだよね、雪歩
どうして私がらぶらぶをしようとするとこうなっちゃんだろう…」
萩原雪歩 「伊織ちゃんも、開始前とかも凄く可愛かったよ
今日はすぐ噛まれてあまり出番が無かったのは残念だったけど・・・」
四条貴音 「初日の最初の発言でgiko殿に「気に入らない」の理由で占われたのは二度目ですねぇ」
星井美希 「あ、そんなわけでやっぱり水曜日にも村建てるの!
火、水、木と連続講演する四条劇場をよろしくなの!」
ネコアルク 「ほんじゃ、アチシも巣に帰るかニャー
村建て感謝!皆お疲れ様にゃ!

……しっかし四条劇場入るたんびに千早が霊能なのは面白いニャー……」
天海春香 「私に、らぶろまんすは向いてないんだ…
あぁ憧れの甘い生活」
giko 「さて、お疲れ様でした。だね
日々、勉強、前進あるのみ。」
ねこまりさ 「というわけでお疲れさん」
やんねぇ香
              ____
              \:::::::::`ヽ   .ト、
         ャ──---、ゝ:::::::::::`ヽ、 |:ヘ
         >:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙::::ヽト、
.        /⌒ア::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::ヘ`く     少し見てない間にチュッチュの話になってた…
         /::|::::|:::::/\:::::::::/\:::|::::::|:::::\
       .∠/::::::|::::| />x人::::::|x<`|::::::|:::::::::::\   えぇい私は落ちるぞー!変な進行はしてないけど共有怖いね!
          .|::イ:::|::::|/ ◯三 \|◯ .|::::::|::::::::} ̄
.           レ八:|::::|           |:::::|勹 ::|      それではみんなおつかれさま!またあったらその時はよろしく!
           {:::::|::::|'、    △     .|:::::|,ノ::::}」
天海春香 「貴音さーん
私に甘いらぶらぶの仕方をおしえてくださーい」
ネコアルク 「あと最後に、『尻枕って屁をこかれたら地獄だよねw』sと言い残してみる」
giko 「「ワンパ殺し」というわけで>貴音
自分も愛用していた戦術を自分で殺せなくてどうするのですか」
ネコアルク 「お疲れ様ニャー」
水瀬伊織 「う……その……ありがと<雪歩
おちる人はお疲れ様」
星井美希 「ところで水曜日はアクセントに特殊村をたてよーかなって思ってるの。
なにか希望とかってあるかな?」
ねこまりさ 「尻枕?そんなことより胸枕やろうぜ」
水橋 「とりあえず俺も落ちようかねぇ…まあさっきからは無しの流れについていけないんだけど…とりあえず感想か…俺リアルでも感想とかすぐに出てこないタイプなんだよなぁ…………」
天海春香 「好きな人の屁くらい、屁でもないですよ!>ネコアルクちゃん」
萩原雪歩 「落ちるみなさん、おつかれさまですぅ~
ありがとうございましたぁ~!」
四条貴音 「役職であんなことをする暇はわたくしにはありませんよ
まぁ、少し傷つくのでもう少しびぶらぁとに包んで欲しいかなというわがままを言ってみたいだけです>giko殿」
ネコアルク 「こっちって鍋できないんだっけ?>美希」
giko 「参考に:一応狐疑惑で殺す要因には出来ます>書き溜め」
星井美希 「んー、ロジック教えよっか?>水橋くん」
四条貴音 「甘いイチャラブと言われても……よくわからないですね>天海春香」
萩原雪歩 「わー、火水木ってできるのは凄く楽しみですぅ~♪」
天海春香 「水曜日は恋人さんとちゅっちゅする村が恒例になるのかなって思ったけど
美希の思うように建てたらいいと思うよ~ いつも村建てありがとね♪」
ネコアルク 「甘いイチャラブ……マリみてによればロザリオとか渡して
『お姉さま』『妹』と呼び合うといいと聞いたことがあるニャー」
四条貴音 「書き溜めではないですよ
ただの前日の吊り死体の名前をもじった縦読みですから
その日その日、となります>giko殿」
星井美希 「遺言の残せない闇鍋ってまさにカオスだよね・・・>ネコアルク」
giko 「素村見せるため、のを封じて狼に見せたいわけですよ
ま、もう少し言葉選びます」
ネコアルク 「うん、こっち遺言のこせなかったニャ>美希
カオスすぎて無理だコレ」
天海春香 「そっかー、貴音さんなら得意かなって思ったんですけど
こういうのは雪歩と伊織のほうが得意なのかな?」
giko 「…すまん。中の人、そこまで見やる余裕なし>貴音
修行が足りないけどね」
萩原雪歩 「四条さんが即興で縦読み分作ったのには驚きましたですぅ~!
みなさん流石たって唸ってましたね~(笑)」
四条貴音 「わたくしはただすっと放つかすっと受け入れるかしかしませんからね>天海春香」
星井美希 「闇鍋やるなら真紅鯖とかを間借りしないといけないかな。
でも、この面子でやってみたいとは思うな・・・」
天海春香 「山百合系かー
チャレンジしてみたいけど、それこそ知識が足りないんですよねー>ネコアルクちゃん」
天海春香 「職人芸だったよね、あれは>雪歩」
水瀬伊織 「あ、美希、真紅とここ、基本仕様は同じバージョン使ってるから、
ちょっと違うけど同じことはできるわ」
四条貴音 「初日は「音無小鳥は木偶人形」
二日目は「水橋」
三日目はアルファベットになおすと「giko」
四日目は「ネコアルク」
五日目は「もやしパーティ」と「ねこまりさ」
でしたねぇ>giko」
ネコアルク 「ま、思いつくのは恋人村とか探偵村とかその辺かニャー>美希
いつもイチャイチャしてるし
ま、参考までに留めておいて欲しいニャ」
星井美希 「そーなの?
遺言変更オプションってあったっけ・・・>凸ちゃん」
天海春香 「響ちゃんを放置プレイして遊ぶの好きそうですもんね、貴音さん」
萩原雪歩 「水橋さんは残念だったね
発言数はそれなりにあったと思うけれど・・・あとは長さかな
一行の短文を連発すると発言稼ぎって思われやすい場合もあるし、たまに2~3行くらいの長めの発言を頑張って作っていうと吊られにくくなると思うですぅ~!」
ネコアルク 「んじゃ、お疲れ様ニャ
特殊村、仕事次第だけど行けたらお邪魔するニャー」
四条貴音 「ひらがなだけでしたのでやりやすかったですよ>萩原雪歩 天海春香」
天海春香 「にゃー! >ネコアルクちゃん」
萩原雪歩 「い、いちゃラブですか!?
伊織ちゃんは何でもできる凄い子なのでやらせたら本当に凄いと思いますがっ
私は・・・基本的に受けしかできないのでっ・・・///」
giko 「…なるほど。>貴音」
星井美希 「もし水橋君が見てたら宿題なの!

「3-1-2」誰がどう騙ってるか、あるいは本物がCOしているのか考えてみてね!」
giko 「もう少しでも、融通が聞く子になってきましょう。
では、再見(サイツェン)。」
四条貴音 「いえいえ、そのようなことは>天海春香

だって、夜暇なのですよ>giko殿」
天海春香 「楽しそうに誰かと絡んでるなあ、とか
この人のRP、もう少し見ておきたいなあ
 
っていうのがあれば初手のグレランは抜けれると思うけどね
まあ、数をこなして慣れてくしかないかな」
ねこまりさ 「殴れば吊られないぜ」
天海春香 「受け雪歩かあ
可愛いなあもう」
星井美希 「ふぅ。
そういや最近淑女モードしてないなー・・・」
天海春香 「殴りすぎると中盤から終盤にかけての地位が危うくなるかなあ
それで白く見せれるんなら凄い技量だと思うけど、私には無理!>ねこまりささん」
萩原雪歩 「私は頭の回転が遅いので、仮に無職でも夜は発言見直したりとかで精一杯です~><
でも、今日みたいに平気でLWあずささん吊っちゃうとかまだまだですぅ~・・・」
四条貴音 「ここ、殴ることあんまりないですからね>まりさ
鯖の気風の違いと申しますか」
天海春香 「今日の美希は、あふぅだったもんね
私と美希とほんわからぶらぶってのもいいね」
四条貴音 「今宵のように二つ作ったりしていない限りは超過時間くらいは残りますよ>萩原雪歩」
星井美希 「「殴る」って行為自体すごく難しいよね。
「アラを突く」「認める」・・・同時にやらなきゃいけない(以下略」
ねこまりさ 「そんな感じだよなあ>貴音
殴り合いを求めて私は彷徨う」
天海春香 「潜伏狂人が投票するには、あずささんは怖い位置だったよねえ
アピールしつつ狼を狙わない投票ってなると難しいねえ>雪歩」
四条貴音 「わかめて?>ねこまりさ」
星井美希 「でも人外をボコボコにできたときはソーカイそうだよね!
ミキも挑戦したいことの一つかな!」
ねこまりさ 「るる鯖かな
わかめては一番最初だが一昨年にアク禁に巻き込まれて以来だ」
四条貴音 「早苗なども殴りあいの気風があるそうですね>ねこまりさ」
ねこまりさ 「わかめてで仕込まれたんだろうか
そういやギコの狼結果ばらして得するのは投票されてるあずさだけだからあずさ狼見れたなあ」
星井美希 「るる鯖は「話さなければ死ぬ」という地獄の鯖ってきいたことが・・・>まりさ」
ねこまりさ 「まあ霊gjあるかもしれないから厳しかったが
あれそんなこと言われてんの?www>美希」
星井美希 「わかめてであった人が言ってたの!
「ここの2倍は話さないと容赦なく吊られる」って・・・!>まりさ」
萩原雪歩 「ふふっ、私もわかめて出身ですけど
私はよほど確信を持てた時以外は、あまりしないですね~

最終日近くになって判断がまとまったら、ようやくって感じです
でも、結構そういう態度も怪しまれちゃうんですよね。なので最初から推理できて誰かを怪しめる人はすごいなーって思いますぅ」
ねこまりさ 「るるは初心者が多いイメージがあったのにだいぶ変わったなあ」
ねこまりさ 「怪しい反応が見えても村でやる奴もいるから殴って探るんだぜ」
四条貴音 「急に殴り出すのは人外と言われますからね
まことに難しい話です>萩原雪歩」
ねこまりさ 「根拠のない殴りは吊りどころ作りたい人外あるからなー」
星井美希 「わかめては「昔の話」よりはキビしくないけどやっぱり実力主義が強いってイメージかな」
星井美希 「あ、参考までにききたいけど・・・
殴ろうって思ったときどこから見るのか教えてほしいの!>まりさ」
天海春香 「殴らずにのらりくらりと生きていく、私はそんなポジションだから」
四条貴音 「あやふやな意見を言っているところは探っても良いと思いますよ>星井美希」
四条貴音 「わたくしもです>天海春香」
萩原雪歩 「ううっ、そうなんですぅ~!!>四条さん
先日、私が村人愛ちゃんで、最終日に吊られちゃったのがいい例ですよねっ・・・・
この方が狼に違いないっ!って言っても、いきなりそんな事言っても狼の誘導にしか見えないぞっていうっ(涙)」
ねこまりさ 「ずれてると思ったところは殴って探るかな>美希
意見が見えないところはステだから吊りたいとだけ」
星井美希 「ミキはキヨウビンボーを目指してるの!
状況に応じてスタイルを変えれるって強そうだよね!」
四条貴音 「日高愛はあそこまで残ったのならば非狼と見る位置だと思っていたのですけどね>萩原雪歩」
ねこまりさ 「4日目5日目を見ればそこらへん見えると思うがー」
ねこまりさ 「私の発言の」
星井美希 「んー、たとえば内訳推理が変だったり、予想外の事態が起きたのにあんまり混乱してなかっり?」
天海春香 「わーい、なかまー>貴音さん」
萩原雪歩 「ありがとうございますぅ~!>四条さん
でも、霊界と下界の見え方も違うと思いますしねっ。あの時の私はやっぱり凄く怪しかったんだなって」
天海春香 「あれはねー、うん
上で見てて「どうしてこうなった」だったねー
愛ちゃんは置いて、○もらい2人の対決って意味の吊り進行だと思ってたから」
ねこまりさ 「前者は殴る>美希
後者は頭の切り替えをしていなけりゃ殴る」
萩原雪歩 「美希ちゃんは何でも吸収しようとしてて、偉いね
確かに上手い叩き方・・・探り方っていうのがいいのかな?
は、学ぶべきかも・・・」
天海春香 「そうじゃなければ、○もらい2人から吊っていく進行にしないとだよねえ」
星井美希 「見てきたの・・・
なるほど、あーやってボロが出るまでしつこく殴るんだね。
今回は村がドーチョーしちゃったけど・・・>まりさ」
ねこまりさ 「『この発言おかしいぞ?』と思ったところを『~~って言ってるけどここって~~だからおかしいよね?』みたいなことを言えれば殴り成立だぜ」
四条貴音 「だからわたくしは殴られないところに行きたいのですよ>天海春香

いえ、あそこで○二人を延々とおいているということは最終日そこ二人を殴り合わせる進行だったと思っていましたゆえに。>萩原雪歩」
萩原雪歩 「あっ、私から話を振っておいてごめんなさい、
終わった村の事で、ここにいない方もいるのに色々言うのも、あんまり良くないと思うから・・・

えーっとね、実は、それ以外にお話ししたい事があったんだけど・・・何だっけ・・・」
四条貴音 「わたくしはまりさ殿の殴りこれっぽっちも見ずに吊りましたがね。
恐らく村だけど、内訳把握ミスしているし残すの怖いからいいや、と思って。」
四条貴音 「問題はないですよ
以前の村の検討をするのも必要なことだと思いますので>萩原雪歩」
ねこまりさ 「まあ私は理論を重視してるからむちゃくちゃな理論を並べてるやつは殴るぜ
発言稼ぎの部類には弱いんだよなー」
萩原雪歩 「あ、そういう追求はけっこう受けちゃいますね、
私けっこううっかりなので・・・///>ねこまりささん

何とか切り返せるように頑張りますがっ。ここで切り返せないと吊られちゃう事が多いですね~」
星井美希 「んー・・・わかったの!
それじゃ、逆に殴られちゃったときはどうするの?ミキはできる限り素直に返すぐらいしかできないけど・・・」
ねこまりさ 「雪歩なんて見直せばギコや狩人のことばっか言ってて発言稼ぎしてたしなあ」
天海春香 「最終日の魔力にやられたのかなあ、結局
狼の上手さってことになるけど」
ねこまりさ 「殴られたときー?相手がおかしいって思ったところに『そこは~~だからそう思ったんだよ』とか
んで相手がむちゃくちゃな殴りをやってると見たら殴り返す
ネコカオスに殴られてるから5日目参照かな」
ねこまりさ 「時間切れで十分に殴り合いできなかったから参考にするには足りねえが」
萩原雪歩 「ですです~あの指摘は鋭かったですぅ(涙)>ねこまりささん
内実は、凄く強引に話題を作って喋ってただけっていう・・・///
狂人としては、まだまだ寡黙吊られ死にだけはする訳にはいかなかったのでっ」
四条貴音 「さて、萩原雪歩
体調が悪いのではなかったですか?」
萩原雪歩 「でもでも、時々どうでもよさそうな事から、意外な発見ができることもある・・・かもっ(?)」
ねこまりさ 「つーか、あの殴りは『なんで狂人っぽい私吊りに行くんだよ狐吊りたくねえのかよ』って殴り返せたなー」
星井美希 「ん~・・・
受け入れるか、突き返すかが重要なんだね!
ミキ、今度実践してみるの!ありがとなの!>まりさ」
萩原雪歩 「上手く、相手も納得できるように切り返したいですよね>殴られた時
そうすればピンチが転じて信用が得られてチャンスになることもありますぅ~♪」
天海春香 「右から左に受け流す!かきーん!!>美希」
萩原雪歩 「あっ・・・えへへ、不思議ですよね
四条さん達を話してると、そんなの忘れちゃう位っていうか・・・///」
ねこまりさ 「どーも>美希
こうして殴り屋が増えるのであった」
四条貴音 「やれやれ、悪化しないと良いのですが……>萩原雪歩」
天海春香 「そうそう、いつだったか私が伊織で、純一を攻撃したときに
「ああ、この返しがくるんなら村でいいや」って思ったのとか>雪歩」
ねこまりさ 「むちゃくちゃな殴りやっててこっちが何度言っても聞かないときは大声使ってもいいぜ>美希
『あいつ人の話聞いてないから人外だろ』とか」
天海春香 「雪歩、無理しないでね
お薬飲んでゆっくりしないと」
ねこまりさ 「ときどき見るなそれw>春香」
星井美希 「うわー・・・見直せば見直すほど的確になっていってるの・・・>まりさ
殴りの反動が無ければ・・・てとこなの・・・」
四条貴音 「しかし星井美希
殴るということは目立つことです
そこでヘイトを稼いでしまうと翌日の魔理沙のように吊られることとなりますからね。
そこにはお気をつけて」
星井美希 「じゃあビシビシ殴りを入れるの!
人狼SMプレイなの!」
ねこまりさ 「いいぞもっとやれ」
天海春香 「そうそう、目立つと自分が危うくなるんだよね」
星井美希 「とにかく実践あるのみだね!
次の村が楽しみなの!」
ねこまりさ 「今回はなんか知らんが○から異様にヘイトもらったな
○だから殴りづらいし」
星井美希 「(ただし火曜の村は変態千早RPを考えているCOなの)」
四条貴音 「しかし、自身にあったぷれいんぐを模索しているのが見えて
とても懐かしいですね。わたくしも以前はあぁだったな、と言うのが思い出されるといいますか。
ほぉむの方でもう一度殴りを実践してみるのも良いでしょうか」
萩原雪歩 「うんうん、そういうのは大事だね!そうして推理していけたら、まさに人狼の醍醐味かも>春香ちゃん

あとは途中に疑われてる人が最終日まで来ると、
何か謎の信頼感が生まれちゃって、最終日前まで殆ど疑われてなかった人が吊れるっていうのも結構あるですっ

私の愛ちゃんも、今思えばそんなパターンだったかもですぅ~」
ねこまりさ 「あと目立つと人外票がくるから厄介なんだよなー
それで人外探すこともできるが」
天海春香 「○からヘイトくらったら、あきらめるしかないね
自分が吊られてもいい進行にもっていけるように叩く場所を考えるくらいしか」
四条貴音 「響はただアイマス村だからアイドルだけを残そうとしていたのではないでしょうか
本当かどうかは知りませんが>まりさ」
ねこまりさ 「なら最初から猫ロラ言えよw>貴音」
天海春香 「人外は吊りやすいとこを吊りにくるからねえ
ほっといても吊れる場所を叩くのは怪しんでもいいかな」
星井美希 「この鯖は「殴り」の習慣があんまりないの>まりさ
だからちょっと誘導っぽく見えちゃったのかな・・・
そもそもあの状態で人外が角出すとは考えにくいんだけど」
四条貴音 「しらんがな>まりさ」
ねこまりさ 「とまー確定○がヘイトを表せば人外票とくっつきつつ村が死ぬという典型的なパターンだぜ」
ねこまりさ 「だろーな>貴音」
天海春香 「私が残っちゃうと○対決にならないけど、愛ちゃんが残るんなら大丈夫だろう
っていう意図で私が吊られにいったんだけどねえ、あのときは
最終日の魔力って怖いよね>雪歩」
萩原雪歩 「ちょっとだけアイドルじゃない方は吊られやすい感じはありますねっ
ただ絶対的なものじゃないですね、今日はけっこう偏ってましたけど
私の雪歩も以前、二日目あたりで吊られ余裕でしたぁ///」
星井美希 「この鯖の特徴
「アイドルは妙に死にません。輝くステージだからです。ただしヘイト吊りもあまりありません。平和です」」
天海春香 「まあ確定○は進行を操れる位置だから
まずそこ吊ってから考えたいっていうことなんだろうけど」
ねこまりさ 「主人公だってアイドルなんだぜ!ねこもアイドルなんだぜ!」
天海春香 「うん、アイドルじゃないと吊られやすくなるのは否めないね」
四条貴音 「わたくし、主人公にもネコにもあまり魅力は感じておりませんので」
天海春香 「2人並べて同じような発言だったら、男と女どっち吊る?
っていうお話」
四条貴音 「面白いほうとおもしろくないほうどっち吊る?というお話でもありますね」
萩原雪歩 「えへへっ、遅れましたけど私の体調を気遣って下さって
四条さんはやっぱりお優しいですね・・・

ちょっとだけ身体が熱いので、鎮めて欲しいな、とか・・・きゃっ♪」
星井美希 「ちなみに最大の特徴は「RPがよければそれだけで生き残れる」ことなの!
ラーメン二郎を熱く語って最終日まで生存した人とかいるの!」
天海春香 「きましたわー」
ねこまりさ 「こんな村にいてられっか!私は決闘村に帰る! つーことでお疲れさん」
星井美希 「キマシキマシ」
萩原雪歩 「きゃぁぁぁー! いちゃラブのお話を流しちゃってたのでっ!
それっぽい発言をしてみたのですがっ!
私にこんな艶っぽい発言は似合わないかもー!?
貧相ですしー!ごめんなさい埋まってますぅ~!!」
四条貴音 「ふむ……ではよく眠れるおまじないをあげましょうか(おでこにちゅ
あまり無理をしてはいけませんよ>萩原雪歩」
天海春香 「面白いことをイって残される人に、私はなりたい」
天海春香 「私は、貝を舐めたい…」
星井美希 「おつかれなの、ありがとー!>まりさ
さて、実はミキも明日最終面接なので寝た方がいいの・・あふぅ」
天海春香 「こういうこと言ってるから、ダメなんだよなー」
天海春香 「ねこまりささんおつー」
萩原雪歩 「!?!?
は、はわわわー!(ぷしゅー)」
星井美希 「面白くイって、逝くのもいいって思うな>春香」
天海春香 「私も雪歩と貴音さんのこういうのに憧れるのに…程遠いよ、ホント」
四条貴音 「相変わらず、ですね。
このお二人は」
萩原雪歩 「ふふっ、でも私もそんな春香ちゃんの楽しさを生かせるようになりたいな
人狼はベテランでも、RP的にはまだまだ初心者なんだなぁって思うの~」
星井美希 「淑女タッグパワーの強化がいるの!>春香」
天海春香 「ありがとう、美希
いつも美希は優しいよね(ぎゅっ)」
四条貴音 「静かに、そしてしなやかに
あまり騒ぎ立てるのも無粋、というものです」
天海春香 「RP初心者だなんてとんでもない
こっちこそ雪歩みたいなRPを目指したいよ~」
星井美希 「ふふー、そういう春香さんもー・・・んっ(ぎゅぅっ)」
四条貴音 「というか、本当にRP初心者なのでしょうか……
とても上手なのですが」
天海春香 「淑女村での美希の活躍、見てみたい!」
萩原雪歩 「えへへっ・・・とっても嬉しいですぅ>四条さん
だから四条さんが大好・・・あ、いえっ///」
天海春香 「美希、やわらかい…
このまましばらくこうしてていいかな?」
星井美希 「淑女村・・・
そうだ、水曜日は淑女村にするの・・・」
星井美希 「んー、なんならずっとでもいいよー?」
萩原雪歩 「こんな誘い受けっぽい事しかできない感じですし、まだまだ初心者ですよぅー///

春香ちゃんと美希ちゃんもいい雰囲気♪ Wデート状態かもっ!」
天海春香 「人数揃うか不安だけど、やってみよう!
淑女じゃない人から吊られていくんだよね?」
四条貴音 「くすくす、わたくしも萩原雪歩が大好きですよ
おや、このようなことを言っては萩原雪歩が眠れなくなってしまいそうですね?」
天海春香 「えへへ…みき~
だいすき」
四条貴音 「淑女村……?」
星井美希 「淑女村ルール
普通に人狼してください。
ただし淑女的な発言をされた場合、淑女的に返すのがルールとなります。

ってどうかな?」
四条貴音 「淑女的な発言とはどのようなものなのか……」
星井美希 「そして「グレラン」は「非淑女ラン」を強制します。
グレーの中で最も淑女ではない人に投票してください。

これも追加なの」
天海春香 「要は、変態さんを長生きさせようね
っていう村かな」
萩原雪歩 「えへへっ・・・確かにそうですけど、大丈夫ですっ!
四条さんが一緒にいてくれると、眠っているようにとっても安らげますし・・・
それに、こう・・・まるで夢みたいですから・・・///」
星井美希 「たとえば「春香さんのもやし食べたい」ってミキがいったら「全部食べる?ソースはいる?」って返すとか・・・・」
四条貴音 「ふむ、どちらかというと月一くらいの開催がオススメですね
どちらかというとRP重視村のようですし。」
天海春香 「人狼とは違う別のゲームになっちゃうかもだけど、たまには、ね」
萩原雪歩 「痴早・・・もとい千早ちゃんが大活躍な村の予感ですね、ふふっ>淑女村」
四条貴音 「おやおや、それでは夢の中の夢とはどのようなものなのでしょうね。
少し興味が出てきましたよ、萩原雪歩」
星井美希 「淑女村はミキが開催したいと思ったときに開催なの。
問題はミキが参加できないことなんだけど」
星井美希 「この手の村はGM必須なのがつらいところなの
そしてGMはもっとも淑女である必要があるの・・・」
萩原雪歩 「あ、それでしたら、私には多分難しい所があるので、
勉強も兼ねて、私がGMしてもいいですよっ>淑女村

あるいは今日の小鳥さんみたいに、下界に降りてきてもいいと思いますっ」
萩原雪歩 「・・・あ、そっか、GMさんはやっぱり必要なのかな、そういう特殊ルールだと・・・」
天海春香 「http://jinrou.dip.jp/~jinrou/kako/58541.html
過去のアイマス村でいうとこんな感じかな
貴音さんはごめんね、わかめてログだけど」
星井美希 「個人的にはいつものメンバーが淑女的になったところがみたいってのもあるから、初回はミキがGMするね、ありがとなの!>雪歩」
星井美希 「そんなわけで明日寝坊するわけにもいかないからそろそろミキお休みするね?
おつかれさ・・・あふぅ」
天海春香 「美希、おやすみー」
四条貴音 「ふむ、なるほど。
まぁ、わたくしの師匠はどこぞの妄想村のGMをしているのでそちらに聞いてみれば良い、ですかね。
おそらくは>天海春香」
萩原雪歩 「はうー・・・四条さんの語りが素敵すぎて
もう返す言葉も見つからないくらいですぅ・・・///

何か凄い身体が熱くなって、ちょっと落ち着いたら急に眠くなってきちゃったっていうか・・・
私もこれ以上、皆さんに心配をおかけするのも恐縮ですし、今日は休みますね、今日も本当にありがとうございましたぁ~!」
四条貴音 「お疲れさまです
さて、では萩原雪歩にも休んでもらわなければいけませんし
わたくしも落ちましょうか。
それでは皆様、ごきげんよう」
萩原雪歩 「ログありがとう、今度見てみるね!>春香ちゃん
どういたしまして!おやすみなさい>美希ちゃん」
天海春香 「はい、それじゃ今日はここまでかな
貴音さんも雪歩もありがとう」
天海春香 「雪歩と貴音さん、いいなあ
私も美希とちょっとだけいい感じになれたし、よかったかな」