←戻る
【劇場23】劇場公演 火曜の部村 [26番地]
~今日も希望つき。15秒もある初心者歓迎!~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 高垣楓
(生存中)
icon 高槻駅
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon 島村卯月
(生存中)
icon 日高愛
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 小日向美穂
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 音無小烏
(生存中)
icon クマ吉
(生存中)
icon 道明寺歌鈴
(生存中)
icon 松尾芭蕉
(生存中)
icon 我那覇響
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon 双葉杏
(生存中)
村作成:2012/04/24 (Tue) 21:57:57
GM 「「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
GM 「というわけで22:30点呼予定!」
高槻駅 さんが入場しました
高槻駅 「うっうー!よろしくお願いします」
GM 「いらっしゃいませ~!」
かりー さんが入場しました
かりー 「よろしくお願いしますね~♪」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 三浦あずさ
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 549 (三浦あずさ06)」
GM 「いらっしゃいませ~」
島村卯月 さんが入場しました
高槻駅 「オリコン独占おめでとうですよ、うっうー!」
島村卯月 「は、初めまして!
新人アイドルの島村卯月ですっ、よろしくおねがいします!」
島村卯月 「あ、ありがとうございます!凛ちゃん達で、私じゃないですけど、
でも皆揃って10位以内とか凄いですよね、私も嬉しいですっ!」
高槻駅 「(先制パンチきめてやった。きめてやった。」
日高 愛 さんが入場しました
如月千早 さんが入場しました
日高 愛 「こんばんは、よろしくおねがいします!!」
高槻駅 「私たちに近づく日も近いですね!>卯月さん」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → ベテラントレーナー
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 820 (ベテラントレーナー)」
如月千早 「よろしくお願いします!」
ベテラントレーナー 「いらっしゃい、皆。」
島村卯月 「(決められました!(笑)
うう、あとは私もいつか、CDデビュできたら・・・(涙)」
高槻駅 「個人的にはGMに楓さんをやってほしかったり(チラッ」
ドリル少女 さんが入場しました
萩原雪歩 さんが入場しました
ドリル少女 「こんばんわですぅ…」
萩原雪歩 「……あ、被ってしまいました」
ドリル少女 「あ、被った」
ベテラントレーナー 「ふむ・・・リクエストかね。考慮するとしよう」
如月千早 「こ・・・これは・・・>荻原さん」
ベテラントレーナー 「口調、どんなんだっけ・・・」
萩原雪歩 「萩原雪歩 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 733 (アニマス・萩原雪歩01) → No. 741 (アニマス・星井美希01)」
高槻駅 「春香さんとキャラかぶりなんできついんじゃ(言ってはならない事>卯月さん」
島村卯月 「ああっ、有名アイドルの皆様が続々と!宜しくお願いします!
って、これがまさか双子アイドルで有名なあの!?(違)」
萩原雪歩 「バレちゃったなら仕方ないの」
ドリル少女 「(なんとか落ち着きましたね)」
ベテラントレーナー 「待ちたまえ、そもそも楓くんはアイコンがないじゃないか。」
小日向美穂 さんが入場しました
高槻駅 「>GM
頑張って作ってきてね^^」
小日向美穂 「こんばんは。」
ドリル少女 「※登録情報で名前も変えれるはず? >美希ちゃん」
高槻駅 「作ったら来週使うから(てきとー」
如月千早 「み、美希・・・?
名前はそのままなの?」
天海春香 さんが入場しました
萩原雪歩 「ベテラントレーナーって言うとポケモンなの?」
高槻駅 「雪歩さんが二人いてもいいじゃないかということですね!」
萩原雪歩 「……間違えたの(てへ>千早」
ベテラントレーナー 「まずは画像を寄越したまえよ。>高槻君」
萩原雪歩 「萩原雪歩 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:萩原雪歩 → 星井美希」
天海春香 「こんばんは」
島村卯月 「そういえば私、ベテラントレーナーさんにレッスンして貰えるのが憧れですっ!
レッスンして貰える事すら稀ですし・・・!(涙)」
ドリル少女 「では私も名前の方にしておきましょう」
高槻駅 「つ>GM
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B007AAPN7I/ref=dp_image_z_0?ie=UTF8&n=561956&s=music」
ドリル少女 「ドリル少女 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ドリル少女 → 萩原雪歩」
音無小烏 さんが入場しました
ベテラントレーナー 「私はアイドルのレッスンを受け持っているトレーナーさ。新人アイドルを鍛えるのが私の仕事だよ>星井君」
音無小烏 「失礼するわね。
いつもここで姉がお世話になっているらしいけど。」
萩原雪歩 「こんばんわですぅ!」
島村卯月 「わわわ、私なんかがあの、超普通アイドル・・・もとい
超王道アイドルの天海春香さんとキャラが被ってるなんて恐れ多いですよっ///>高槻駅さん」
星井美希 「ふーん、ポケモンみたいに戦わせるの?>トレーナー」
ベテラントレーナー 「画像の確保には素直に御礼を言おう。しかしながら私には画像加工技術は無いわけだ。すまないね」
萩原雪歩 「こがらすさんでいいんでしたっけ? 小鳥さんは今日も妄想してシバかれてましたよ?」
クマ吉 さんが入場しました
星井美希 「あれ?やよいが駅になってるの。
うん、でもそれもなんだか面白くって良いって美希思うな」
クマ吉 「愛の狩人クマ吉君がさっそうと登場!」
ベテラントレーナー 「戦わせるわけではないさ。ただ、新人が一人前の輝きを放てるようにほんの後押しをするお仕事だよ>星井君」
萩原雪歩 「ひ、ひいいいいいいいいいいいいいいいいい!?(配置的な意味で」
道明寺歌鈴 さんが入場しました
高槻駅 「なんでやねん( ・や・)つ)G・)ビシッ>GM」
クマ吉 「ペロペロペロペロペロペロ(配置的な意味で」
道明寺歌鈴 「こ、こ、こんばんは......」
高槻駅 「>卯月さん
そうやって春香さんを蹴落とすんだね。わかります」
音無小烏 「>萩原さん
……あの駄姉!」
ベテラントレーナー 「ふむ、島村くん。私のレッスンを受けてみたいのかね?」
萩原雪歩 「いやー!? 助けてー!? (配置的な意味で」
如月千早 「変態です!
変態がいます!」
高槻駅 「>クマ吉さん
どうしたんですか?小鳥さんの足を舐めて」
島村卯月 「と、噂をしていたら、本物の天海春香さんが!?
あっ!あと知ってる美穂ちゃん、歌鈴さんが来てくれて嬉しいです、よろしくね」
ベテラントレーナー 「いや、ツッコミ入れられても困るというか普通にイラッと来るのだが、君」
道明寺歌鈴 「ひゃあ!私の隣に変態さんがぁ!」
クマ吉 「先生!歌鈴ちゃんがが僕から逃げているように見えるんですが気のせいでしょうか!」
如月千早 「春香を蹴落とす・・・?>島村さん」
天海春香 「なんか一匹だけ違う種類のヤツが紛れ込んでますよ」
星井美希 「……動物園に電話したほうが良いんじゃないかなって美希思うんだけど」
音無小烏 「まったく……なにが「私超会議の参加で忙しいから事務所手伝って!」よ
そういって私をドラマにまでだしたり……ほんとなに考えてんのよあの駄姉……」
道明寺歌鈴 「あ、卯月ちゃんだぁ!こんばんわ!」
天海春香 「卯月ちゃん、よろしくねー」
クマ吉 「>高槻ちゃん
小鳥さんの足を舐めていいんですか!やった~!」
松尾芭蕉 さんが入場しました
天海春香 「千早ちゃんとの距離が遠いよー」
ベテラントレーナー 「アイドル達の仲がいいようで大変結構な事だ。裏方としてはそれこそが喜びだね」
音無小烏 「しかし……ちょっと見ない間に、随分と新顔が増えたものね。
あ、隣のクマは初日に死になさい。
これはお願いでも命令でもないわ。確定事項よ。」
島村卯月 「そそそ、そんな事はしないですよ!?
私なんて、お尻が少し大きいくらいしか特徴がなくて、胸もそんな普通ですし・・・あっ!>千早さん」
松尾芭蕉 「ちはやぶる――

かみよもきかず 龍田川――」
星井美希 「あ、あれ?
美希のせいかな?
美希一回出ようか?>春香」
天海春香 「蹴落とされないようにがんばるよ>千早ちゃん」
如月千早 「距離は遠くても・・・
きっと私たちはつながっているから、大丈夫よ>春香」
クマ吉 「僕がいじられる役回りをすることで、みんなの団結力が上がる
僕はそういうところでいいんだ

だからパンツください」
ベテラントレーナー 「出る必要は無いだろう。愛に距離は関係ないものだよ>星井君」
天海春香 「気にしなくていいよ、美希
私の思いは距離なんて越えちゃうんだから」
星井美希 「おもしろき
こともなき世を
面白く、なの!>芭蕉」
松尾芭蕉 「からくりサムライ――

――Now on セール


          芭蕉 心の俳句」
道明寺歌鈴 「はわぁ、ラブラブさんです・・・・・>はるちは」
我那覇響 さんが入場しました
萩原雪歩 「で、でもダメッ…私が耐えないと他の子が下にいる変態に襲われちゃう…!!」
松尾芭蕉 「これ俳句じゃないよーーーーーー!!!?」
天海春香 「そうだよね、千早ちゃん
私たちはずっと・・・でしょう?」
我那覇響 「はいさーい! よろしくだぞー!」
音無小烏 「……ねぇ、そこのトレーナーさん、ウチの馬鹿姉どこいったか知ってます?
事務仕事、っていっても、どこから手をつければいいのやら、大体、ここのプロデューサーはどこいったのよ……」
星井美希 「でも美希は仲良しの二人を邪魔したくないかなって
それで入りなおしたら良いかなって思ったの>春香 トレーナー」
島村卯月 「いえいえそんな、私のようなノーマルアイドルに
レアのベテラントレーナーさんなんてそんな勿体無いっ!(メタ)」
菊地真 さんが入場しました
松尾芭蕉 「な、なにきみ、俳句好きなの?>美希ちゃん
へぇー……ふぅん、なかなかやるじゃない、いや私ほどじゃないんだけどね?」
菊地真 「やっほー」
日高 愛 「日高 愛 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:日高 愛 → 日高愛」
双葉杏 さんが入場しました
天海春香 「美希はいい子だなあ」
如月千早 「それに私たちの距離は別に遠くないわ
ここのメンバー表左右端で繋がってループしてるから」
ベテラントレーナー 「くすっ、そんなことはないさ。誰にだって等しく輝く資格はあるもの。君も例外では無いよ、島村君」
双葉杏 「あふー。」
クマ吉 「つまり初日前に小鳥さんを舐め回してもいいということでFA」
道明寺歌鈴 「あ、杏ちゃん、こんばんわ!」
松尾芭蕉 「歌といえば俳句
俳句といえば、この廃人・松尾芭蕉――本日はアイドルの皆さんに勝負を挑みにきました!
芭蕉チャレンジ!」
ベテラントレーナー 「さて、各員揃ったようだね。心よりの感謝を伝えよう」
星井美希 「そんなこと
言った覚えは
ありません、なの!>芭蕉
クマ吉 「つまり僕と千早さんの距離も近いということで今晩おじゃましていいんですね」
クマ吉 「あ、ちょっとだけまってね。」
島村卯月 「はい!私、あなたみたいに普通・・・もとい王道アイドルになるのが夢なんです!>春香さん

ふふっ、緊張してるかな?私もだけど…新人アイドル同士、がんばろうね♪>歌鈴ちゃん」
ベテラントレーナー 「遺言仕込みをしてから開始投票したまえよ?でなくばさみしいからね」
萩原雪歩 「ここにいるのは
小烏(こがらす)さんですよ? >h…クマ吉」
双葉杏 「よし、私の代わりに頑張ってくれ!任せた!>歌鈴ちゃん」
音無小烏 「……あ、そういうの、とりあえず事務所通してもらえます?>芭蕉さん」
松尾芭蕉 「むむむむ! な、なかなかいい筋をしてるじゃないの>美希ちゃん
でもね、私が本気を出したら凄いよ? もう銀河系がビッグバンしちゃうんだから!」
双葉杏 「えーっと……えーっと……

……アイドル雀士のヒト!>小烏さん」
松尾芭蕉 「え、あの、はい、すみません>小鳥さん」
如月千早 「ただし私の斜め下は隔絶領域ですので>クマ吉さん」
星井美希 「うわぁ、見せてほしいの~>芭蕉」
我那覇響 「あれ、クマの着ぐるみのような名状しがたい何かと……
ええと、あれって何ていうんだっけ。そうだ落語家!
なんだなんだ今日は何の企画やるんだー?」
音無小烏 「◇クマ吉 「つまり初日前に小鳥さんを舐め回してもいいということでFA」

あの馬鹿姉の足なら溶けるまで舐め尽くしていいわよ。」
ベテラントレーナー 「とりあえず双葉君には特別メニューを組んでおいた。拒否は許さないよ」
松尾芭蕉 「……松尾芭しょんぼり」
道明寺歌鈴 「え、え?一緒にがんばろうよぉ杏ちゃん・・・・・?」
天海春香 「そんな、照れちゃうよ~>卯月ちゃん」
我那覇響 「あれ!? よく見たらぴよ子じゃないぞ!」
双葉杏 「古典の授業とかやだめんどくさい。>芭蕉」
クマ吉 「よく見たら小烏さんでした」
萩原雪歩 「クマ吉と芭蕉さんを最上川に流して遊ぶ企画ですよー(外道
>響ちゃん」
双葉杏 「だが断る!>トレーナー」
道明寺歌鈴 「がんばろう、ね!>卯月ちゃん」
菊地真 「それじゃよろしくお願いしまーす、トレーナーさん!」
我那覇響 「カラスって読むのかぁ
じゃあこの人は……かー子だな!」
ベテラントレーナー 「私が主催ということはやることは一つ、レッスンだ。・・・それも、表現力のレッスン!頑張りたまえ>我那覇君」
島村卯月 「こ、光栄ですー!(涙)いつか私もスーパーレアアイドルになって・・・!>ベテラントレーナーさん

杏ちゃんよろしくね、5人の中でCD1位は凄いよね」
音無小烏 「わかってくだされば、で、今日はどの子の取材ですかね?
私も今日いきなりやれっていわれて困ってるけど、一応、事務しないといけないんで。
オファーの内容をお聞かせもらえますか?>芭蕉さん」
双葉杏 「やだ!今日は私一日オフがいい!>歌鈴」
道明寺歌鈴 「私も一緒にがんばるから、がんばろ?
ね、杏ちゃん?」
クマ吉 「>雪歩ちゃん
僕が最上川と同化することでみんなの心のなかに生きるのであれば・・・」
高槻駅 「危ない危ない」
ベテラントレーナー 「許さない、と言ったはずだよ?(にこり)>双葉くん」
高槻駅 「危うく戻りそこねる所でした。」
クマ吉 「絶対領域とはマニアックなご趣味をお持ちで>千早さん」
如月千早 「今日の企画・・・人狼村・・・
春香となるべく・・・」
天海春香 「俳句ですか?
『華やかに アイドルたちも 咲き乱れ』
こんなのはどうですか?」
双葉杏 「うー…… そこまで言うのなら仕方ない……。>歌鈴」
ベテラントレーナー 「さて高槻くん、カウントのち開始を頼むよ」
高槻駅 「そして、GM>No.826」
音無小烏 「ああ、あなたは最近961から移籍してきた……我那覇さん、ね。
だからってかー子はないわね。ちょっとお姉さんお仕置きしたくなるわ。」
我那覇響 「あ、自分分かったぞ! クマと人間の水泳競争で、
自分たちは勝敗を予想するんだな! で、最上川ってどこだー?>雪歩」
島村卯月 「なるほど、千早さんと春香さんは、ある意味隣同士ですね!
素敵です♪」
高槻駅 「ちょっちだけ、遺言更新させてくださいな」
日高愛 「結構テキタイ陣営になったりするんです」
菊地真 「菊地真 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 14 (菊地真01) → No. 545 (菊地真05)」
松尾芭蕉 「え、えーと……今日は、その、俳句の心を皆さんに……>小鳥さん
えと、いやでも芭蕉は別に怪しいものじゃないから!
ちゃんとおみやげも持ってきたし!」
ベテラントレーナー 「あ、増えてる」
天海春香 「あの有名な俳句
『五月雨を 集めて林 もがみがよ』
ですよね?」
我那覇響 「ひー!! この人ぴよ子より仕事出来そうだぞー!
うわー逃げろぉぉ!>かーk……小烏」
ベテラントレーナー 「では交代するとしよう。少々待ちたまえ」
高槻駅 「んじゃ行くよー」
高槻駅 「お、」
星井美希 「お土産なの!?>芭蕉」
双葉杏 「曽良さんがいないとつまんなーい!>芭蕉<ツッコミ不在」
萩原雪歩 「芭蕉さんは好きです。でも曽良さんに虐められてる芭蕉さんはもっと好きです」
如月千早 「その人は小「烏」さんですよ?>松尾さん」
日高愛 「人狼はじまるよー」
双葉杏 「始まったら起こしてー。>ALL」
松尾芭蕉 「土産がわりに一句!

――アユレディ?

     アイムレィディ

           ジャポネスク


                 松尾・心の俳句」
クマ吉 「あ、遺言忘れてた」
音無小烏 「はい、わかりました。
では今回のオファーに対して当社のアイドルの拘束時間、及び今回発生する
ギャランティについておおしえいただけますか?>芭蕉さん
ウチの子たち、最近はスケジュールもつまってるんです。」
我那覇響 「あ、そうだ遺言!」
菊地真 「それジャポネスクじゃないですよね!?>芭蕉さん」
ベテラントレーナー 「ベテラントレーナー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ベテラントレーナー → 高垣楓
アイコン:No. 820 (ベテラントレーナー) → No. 826 (高垣楓)」
双葉杏 「なんとすてきなじゃぽねすく。」
松尾芭蕉 「……何か違うよ!? ジャポネスクって何さ! 季語じゃないじゃないのさああああああ!」
萩原雪歩 「高垣さん… いつも私のPがお世話になってますぅ!?」
道明寺歌鈴 「川柳、ですねっ!>芭蕉さん」
高槻駅 「遺言待つよー」
星井美希 「……英語、なの?>芭蕉」
高垣楓 「トレーナーさんに言われて交代しましたけれど・・・突然で迷惑じゃないでしょうか?」
音無小烏 「こ、こら待ちなさい!
あとあの馬鹿姉に比べたら……誰だって仕事はできます!>が花さん」
我那覇響 「危ない危ない、忘れるとこだったさー」
双葉杏 「(じたばたごろごろ。」
高垣楓 「というわけで皆さん、よろしくお願いしますね」
我那覇響 「自分は用意出来たぞ! 待たせてごめんみんな!」
クマ吉 「遺言を パンツかブラジャー 悩むなあ」
高槻駅 「私も楓RPしたいけど、できないので、まずはGMにやらせるという策略」
天海春香 「無季語俳句も、自由律俳句も、なんでもアリですよ>芭蕉さん」
高垣楓 「あ、いえ、私の方こそお世話になり通しで……>萩原さん」
道明寺歌鈴 「こちらこそ、よそしくおねがいしますね!楓さん!」
音無小烏 「が……が花さんってなによ、我那覇さんよ我那覇さん……」
如月千早 「では、頑張りましょう!
主に私と春香のために!」
三浦あずさ 「あらあら~、やよいちゃんはしっかりものね~♪」
双葉杏 「…… このぬいぐるみはいらない。>クマ吉」
クマ吉 「>楓ちゃん
ペロペロペロペロペロペロ」
松尾芭蕉 「芭蕉駄目! もう超スランプ!
蝶スランプとか言っちゃいそうなくらいにスランプだよこれ!?」
島村卯月 「楓さん大人気ですよね、羨ましいです!
私もいつか・・・!」
菊地真 「えっと…咳をしてもむせる、だっけ?>春香」
天海春香 「いっしょにがんばろうね、千早ちゃん」
高槻駅 「じゃクマ吉の遺言ok次第はっじめるよー!」
我那覇響 「妹だったのか……ぴよ子より出来そうだから
てっきり姉の方かと>小烏」
萩原雪歩 「なんてもので悩んでるんですかw >クマ吉」
クマ吉 「カウントOKだよ>」
松尾芭蕉 「待って! 芭蕉まだやれるから!
今、とっておきのがひらめいたから!」
菊地真 「後遺言準備できてないのって誰なんだろ」
高垣楓 「うみゃのRPは基本的に自己流アレンジきいちゃうので参考にはしないほうがいい、とプロデューサーからのお知らせです>高槻さん」
高槻駅 「んじゃ行くよ」
萩原雪歩 「咳をしても 独り身 (音無小鳥」
高槻駅 「3」
音無小烏 「……芭蕉さん?
本日のオファーについては、キャンセルということでよろしいでしょうか?
その場合は、おかえりはあちらになりますが。ここは、あなたのコントステージではありませんよ?」
高垣楓 「確認。ではお願いしますね、高槻さん」
高槻駅 「2」
松尾芭蕉 「――松島や」
高槻駅 「1」
高槻駅 「開始~」
松尾芭蕉 「――ああ松島や」
ゲーム開始:2012/04/24 (Tue) 22:32:38
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
音無小烏 「さて、よろしく、高槻さんにクマ吉さん。」
高槻駅 「よし、クマ吉君、特攻の用意はあーゆーれでぃ?」
音無小烏 「方針は自由でいいかしらね、この面子なら。」
クマ吉 「・・・わーい」
高槻駅 「よろしくお願いします>小鳥さん」
クマ吉 「初日吊り候補だよ~こういう時に限って・・・」
高槻駅 「ま、クマ吉は初日つられ確定だけどね^^;」
クマ吉 「んじゃ、特攻して落ちるね」
高槻駅 「好きなアイドルをぺろぺろするといいですよ!
うっうー!」
「◆高垣楓 皆様、来てくれてありがとうございます。
本日は楽しんでいってくださいね?
皆様の本日のお相手は私、高垣楓が努めさせていただきます。
……揃ってらっしゃるようなので表彰頑張る、とうみゃプロデューサーも張り切っています。
本当に有難うございます」
音無小烏 「特攻して●だして真抜いて勝負、かしらね。」
高槻駅 「ですねーうっうー!」
クマ吉 「じゃ、後はお任せいたします
呪殺出たら潜る前提で」
高槻駅 「じゃあモバマスCDの話しましょうか」
音無小烏 「なら、それもよし、よ。
対抗の●が見えたらちょっと変えないとだけど……」
高槻駅 「あれ、すごいですよね。ヤフーニュースになるくらい」
クマ吉 「噛みは130ぐらいを予定で」
音無小烏 「モバ……マス……?
あら、私がドラマに出てる間に時間って随分すすんでるのね……」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆高垣楓 お久しぶりです。そしてうみゃさんも喜んでいますよ>該当者」
高垣楓 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高垣楓さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
「◆高垣楓 超過が長いようですよ・・・?気をつけてくださいね」
高槻駅 「うっうー!おはようですよ」
天海春香 「おはようございます」
小日向美穂 「お、おはようございますっ。」
星井美希 「朝だけど
眠くて起きぬ
星井美希、なの!」
如月千早 「おはようございます!
皆さんの朝のCOと春香の保護をお願いします!」
双葉杏 「Zzz……。」
三浦あずさ 「あらあら~もう朝なのね~」
クマ吉 「占いCO 道明寺歌鈴のパンツは●」
萩原雪歩 「おはようございますぅ」
日高愛 「おはようございます!!!1!!!」
道明寺歌鈴 「おはようございます!
皆さんCOあればお願いしましゅ!」
島村卯月 「おはようございます!
今日の誕生日にSレア化濃厚と言われながら、まだ何もないですけど・・・がんばります!(涙)」
音無小烏 「……おはよう、みんな。
ええと、アイドルのみんなはこっちきて、
今日の予定渡すわよー。

……なんでこの事務所、こんなテキトウなスケジュール管理で今までやってこれたのかしら。」
菊地真 「おはよーございまーすっ!
それじゃCO待ってるよ」
クマ吉 「理由
一番ぴんと北女の子です
というか隣」
我那覇響 「はいさーい!」
三浦あずさ 「皆さん、おはようございます~♪
今日もいい天気ですね~」
高槻駅 「出たーパンツ泥棒!」
双葉杏 「あ、あれ…… 楓が居なくなってる……。」
如月千早 「これは伏せてください!」
道明寺歌鈴 「(噛んだ////」
星井美希 「あれ、●なの」
松尾芭蕉 「ちやはやぶる

    千早にちなんで

           レッドブル」
音無小烏 「……とりあえず役職、ふせなさい!
ど、道明寺さん、あなた、COは……あるの?」
菊地真 「それじゃ歌鈴のCO待ち、かな?」
双葉杏 「?!」
天海春香 「よし、クマ吉さんを仕留めよう」
萩原雪歩 「…歌鈴ちゃん●ですか。
これはどうしましょう?」
島村卯月 「ふふっ、噛んでる歌鈴ちゃんかわいい♪
・・・って、●ですか!?」
我那覇響 「●が出たぞー! COを聞いてえーとえーと
後はどーするんだっけ!」
小日向美穂 「いきなり●がでていますよ。これは吊ってしまいましょう。」
クマ吉 「・・・やだ~~
これなら芭蕉でも占っときゃよかった」
道明寺歌鈴 「ってえええええええ?!
私ですかぁああああ!?」
日高愛 「グレランするよーって思ったけど●吊りだよー!!」
三浦あずさ 「いきなり●でてますね~♪
●さんのCO待ちってとこかしら~?」
松尾芭蕉 「――松尾芭蕉、心の俳句」
高槻駅 「ぺろ、これは変態の味です。うっうー!」
双葉杏 「お、おい…… 歌鈴、なんかされてる……。」
菊地真 「ドジっ子…これがドジっ子か…!」
音無小烏 「道明寺さん、明日神社のイベントの巫女参加のしごとあったのに……
どうしましょう」
島村卯月 「これはもう、思わずクマ吉さんの方を吊りたくなりますね!」
星井美希 「歌鈴はCOあるの?
あるんならしちゃったほうが良いと思うの
ないんならないって言っちゃえば良いって美希思うな」
如月千早 「COありますか?>道明寺さん」
松尾芭蕉 「ってヒャアアアア!!!?
何かもう始まってるぅぅぅぅ!? やめて! 見ないで、それはまだ構想中の歌なの!」
萩原雪歩 「COあるならどうぞ、ですぅ」
我那覇響 「歌鈴がCO無いなら悪いけど今日は吊らせて貰うさー
ところでこの子たちどこの事務所のアイドルなんだろ?」
日高愛 「朝の挨拶が終わったら●を吊る健康的な生活!!」
菊地真 「やっぱり僕もこんな風に…
露骨にファンサービスを…」
道明寺歌鈴 「COは特にないですぅ・・・・」
クマ吉 「あ~、うん
多分明日生きてない気がするけど仕方ないよね」
双葉杏 「やーだー 歌鈴吊るなんてやーだー(じたばた。」
天海春香 「いきなり歌鈴ちゃんに●とか、いい度胸じゃないですか!まったく」
高槻駅 「まさに外道っ」
音無小烏 「……ええと、島村さんも杏ちゃんも落ち着いて。
こんなんでも一応占いなのよ、占い。私も死んで欲しいけど。」
三浦あずさ 「共有さんだけは自由にしていいんじゃないかな~とは思いますね~♪
占いさんは個人が特定できる占い理由を書いておいてくださいね~♪」
双葉杏 「歌鈴……。>歌鈴」
松尾芭蕉 「あ、何だクマ吉くんが占いCOしてたんだ……ふぅん、そっかそっか……
(びっくりしたぁ……てっきりみんなが松尾コールをしているのかと思っちゃったよ)」
日高愛 「一番右の列の3人は太陽が似合う気がします!
ひまわりさんさんです!!」
如月千早 「そして共有COです。
相方は・・・初日に・・・」
天海春香 「歌鈴ちゃん、変態に襲われた無念は晴らしてあげるからね」
小日向美穂 「とりあえずCOないならそのまま吊り進行ですね。
ところで、占い師さんってひとりだけですか?」
松尾芭蕉 「COが特に無い……?>歌鈴ちゃん」
菊地真 「ありゃ。>相方初日」
高槻駅 「>千早さん
すこぶる初日です」
双葉杏 「ぬいぐるみなんだよ!>雀士の小烏さん」
道明寺歌鈴 「クマ吉さん、ただの変態さんだと思ってたのに・・・・!」
天海春香 「千早ちゃんの相方になりたかったよ~」
松尾芭蕉 「なんだってぇぇぇぇ!!!?(ガビーン>千早ちゃん」
クマ吉 「ペロペロペロペロペロペロ」
三浦あずさ 「COないなら今日の方針は決まりましたね~。
それじゃ、夜がくるまでゆっくりまったりすごしましょうか~」
星井美希 「千早……
どんまいなの……」
萩原雪歩 「うーん、このまま伏せて
●を釣る展開…? どうしましょう。」
我那覇響 「おー! 千早さが共有ならなんくるないさー!
しっかりしてるから頼りがいあるもんな! 相方は……楓だったのかー!?」
音無小烏 「ええと、それからですね>芭蕉さん
弊社への挑戦状をたたきつけた、ということなのですが、それは戦争、という解釈でよろしいでしょうか?」
日高愛 「安定の初日役職率かもです」
高槻駅 「初日って言っちゃうとまずいような・・・」
菊地真 「じゃ、やっぱりレッスンかな?」
小日向美穂 「共有さんは千早さんですか。相方は初日ですか。
ということは全役職生存ですか。」
三浦あずさ 「千早ちゃんの共有と相方さん初日把握ですよ~。」
天海春香 「私も、ひまわりチームに入れてくれるの?>愛ちゃん」
双葉杏 「ちってた(キリッ。<千早さんは夜も一人」
松尾芭蕉 「松尾芭ショック!! こんな小さな女の子が、たった一人で頑張っているなんて!」
音無小烏 「あら……千早ちゃん、共有なのね
そして、相方初日……ええ?」
島村卯月 「千早さんと楓さんでクールなコンビでしたね、なるほどー」
星井美希 「あずさあずさ、美希もご一緒したいなって>あずさ」
如月千早 「春香・・・私、さみしいの・・・
・・・慰めて、くれる?」
天海春香 「とりあえずあの変態、なんとかしないと」
高槻駅 「>雪歩さん
道明寺歌鈴さんCOなしなのでそこ吊りですね。
どうしても吊りたくないなら、クマ吉吊りですけど」
萩原雪歩 「霊能出すべきか否かsな点」
日高愛 「COと初日を別々にわけたほうがいいかもですけど
大丈夫みたいです」
萩原雪歩 「…うん、出ましょう
クマ吉 「あれ、もしかして
僕のセンサーって好感度と考えればいいんじゃね?
つまり・・・選ばれなかった人は・・・」
音無小烏 「ということは、クマ吉さん真かもしれないってことじゃない?
信じたくないけど!私だって道明寺さんを吊りたくはないわ!」
天海春香 「うん、千早ちゃん…
千早ちゃんがよければいつでも来ていいよ」
松尾芭蕉 「あ、いや、あの、松尾今、ちょっとスランプ中で……>小鳥さん
全盛期の松尾なら16対1でもいけるんだけど、今はちょっと難しいかな? なんて」
萩原雪歩 「霊能CO」
我那覇響 「あれ、千早はひとりぼっちで寂しいのか?
じゃあ自分が遊びに行くぞー! ハム蔵たちも千早のこと気に入ってるし、
よかったらみんなも連れてくるさ!」
三浦あずさ 「じゃぁ私がプロデューサーさんから頂いたおにぎりいっしょに食べませんか~?>美希ちゃん」
松尾芭蕉 「――はっ! 閃いた!」
星井美希 「雪歩は何で出たの……?」
島村卯月 「歌鈴ちゃんがいなくなっちゃうのは寂しいけど・・・
もしクマ吉さんが嘘つきなら、きっと明日、霊能さんが潔白を証明してくれるよ・・・
ごめんね!」
双葉杏 「お茶飲む?>雪歩さん」
萩原雪歩 「正直出るか迷いました
かりんちゃんはごめんなさい」
天海春香 「千早ちゃん、夜はひとりなんだよね?
私が一緒にいれたらいいんだけど…」
小日向美穂 「え、霊能さん出てしまったんですか?」
三浦あずさ 「雪歩ちゃん、出なくてもよかったんですよ~とは言うもののこればかりは個人の自由ではあるかしら~」
如月千早 「お、荻原さん!?」
菊地真 「…まぁ、好きにしたらいいんじゃないかなって程度>霊CO
同陣営で良かったね!>雪歩」
我那覇響 「ゆ、雪歩ー!
雪歩なだけに潜ってるとこじゃなかったのか!?」
道明寺歌鈴 「きっと潔白を証明してね!>雪歩さん」
双葉杏 「うぅ…… 歌鈴……。」
萩原雪歩 「正直出ていいのか困ってたんですよ?」
菊地真 「潜っとけば良かったんじゃないかな」
天海春香 「千早ちゃん、荻原じゃなくて
萩原だよ~」
松尾芭蕉 「――道明寺

    COがないなら

       パンお食べ

           心の俳句」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
高槻駅0 票投票先 →道明寺歌鈴
三浦あずさ0 票投票先 →道明寺歌鈴
島村卯月0 票投票先 →道明寺歌鈴
日高愛0 票投票先 →松尾芭蕉
如月千早0 票投票先 →道明寺歌鈴
萩原雪歩0 票投票先 →道明寺歌鈴
星井美希0 票投票先 →道明寺歌鈴
小日向美穂0 票投票先 →道明寺歌鈴
天海春香0 票投票先 →道明寺歌鈴
音無小烏0 票投票先 →道明寺歌鈴
クマ吉1 票投票先 →道明寺歌鈴
道明寺歌鈴14 票投票先 →クマ吉
松尾芭蕉1 票投票先 →道明寺歌鈴
我那覇響0 票投票先 →道明寺歌鈴
菊地真0 票投票先 →道明寺歌鈴
双葉杏0 票投票先 →道明寺歌鈴
道明寺歌鈴 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
高槻駅 「小鳥さん潜伏COします?
噛みは響さんかばしょーですけど」
クマ吉 「歌鈴ちゃんごめんね
明日は僕が送られる予定だから」
音無小烏 「んー、しないわ。
ちょっとキツイ。」
音無小烏 「響ちゃん→芭蕉さんの順に噛んでみるかしらね。
潜伏COするなら、狩人の用意位だわ。」
高槻駅 「まぁ、何も考えずに響さんか芭蕉抜けばいいだけですけど」
「◆高垣楓 さみしいのはわかりますが、少し切ないです・・・」
高槻駅 「んじゃ方針決めたんで、今日はモバマスの話しましょうか」
音無小烏 「ええと、とりあえず日記書くわ。
噛み時間だけ頂戴。」
クマ吉 「ちょっと噛み遅れてごめんね
雪歩ちゃんはどうなんだろそこ護衛されてそうな気がしないでもないというかするわ」
音無小烏 「ごめんね。私、モバマスよくわからないのよ。」
高槻駅 「あれすごいですよね。私もやりたいけど、課金したら死ぬので抑制中です」
クマ吉 「じゃ、カミ頼みます時間どうぞ」
高槻駅 「にゃにー!?」
高槻駅 「1:30で響」
クマ吉 「と思ったけど噛むよ200に響ちゃん」
高槻駅 「ok」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
我那覇響 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
我那覇響さんの遺言               ト 、           _ __   /     /
              \ ` ー-- 、_, --/:::l::::>''´       /
               \_    `ヽ:::::::::::/   , ==フ /
              /´::::::: ̄`ヽ\ ヽrイ, --<___/\
             //´ ̄,二>、:| ̄`-<:::::::::::::::::::::::\::::\
              /   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\
           /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\::::::::\::::\
              /::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/\::::::l::::::::::\:::::: ハ::::::∧
              /:::/::::::::::::/:::::∧:::::::::::::::::/ //\ト、:::::::::::l::::::::l::::::::::l 
              /:::/:::::::/::/::::人 ∨\:::::/ //__ ヽ::::::::|:::::::|:::::::::::|
           レ´|::::::/l::::|:::/ \\  ∨ // ̄ ̄ ).|:::::::|l::::::|::::、:::∧
             |::::/::|::::|/,ィ===、   (____/ |:::::::| !::∧::::ヽ::∧
             |:/:::::|::::|(___ノ    _,,--、   |::::/ |/ノ:::::::::l:::::ハ     必殺ヒビデバビデブー!!
           /|:::::::::l::::|     ┌─ ''´_r、rヘ   |/ /::::::::::::::::::|\:ハ
   ト------─''´::::::::::::::::ヽ:|       |´ ̄ ̄:::::::::::::::ハ  /::::::::::::::::::::::|  ` ̄
    `ー----ァ::::::::r‐、:::::::::::::\    |:::::::::::::::::::::::::::::::::!/:::::::::::::::::::::::l::::!
       /::::::::::|  |:::::::::::::::::::> 、_|::::::::::::::::::::::::::, イ:::_::__::::_:::::::::::::::l:::ハ
     /:::l´ヽ::::::::l  |:::::::::::::::::::::::::::_:二二ニコ'''´   |´   ´ ヽ:::::::::::l:::∧
    /::::::::ハ ∨::::|  |:::::::::::::::::::::ノ    ,ィ=(ヽ---'フヽ、    }::::::|:::ヽ::∧
  ./,-( `マハ ∨_|  l___,イ    /ヽヽ //´||´ /イ   /:::::::|::::/ \ハ
./    \ \)    \    ゝ、   } \|/--||-イ/|  ,人:::::/|::/   ` ̄
    __/_)    _   \_ /::::\  `l___ ̄ リ ̄_/__/  ∨ |/
   (    _  /  ー、    ̄ヽ::| ハ  |:::::::::::::::::::::::::|  |\   \
     ̄ ̄|::::::::`ヽ_,,--‐'´>---イ:::ト、 \|:::::::::::::::::::::::::|  |:::/\   \
       .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧/\|:::::::::::::::::::::::: /ト-'|/ \   \
       .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::/  `lヽ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/      \   \
道明寺歌鈴さんの遺言                        _ `、
                     ,: :´-‐.:.:`.:.ゞ、  ィ´
       /ヽ< ̄>、-―-、   ,.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,≦.:.:.:ヽ、
      '、/  `¨´  ` ̄ ̄7 ,:,ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.. : ´.:.:.:.:.:., '.:.:ヾ.:.::.:.__
     / ,′      i ̄¨7,' 7.:.,.':.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:'.:,\一'´
    〈 /     , -‐┼‐.// /.:.:.:.:/::.:.:.:.:./ハ.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.`、
     ,:ヽ,     i_.__!. // /7.:.:i/.:.:.:.,.'./ ./_\.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:}
   〈 /    /ヽ.  //  {.:.:.:i.:.:.:.:/"` /  -、ヾ.:.:.:!}从ノ
    〉〈     ヽ、'-i//   ヽ:.:.!ハ.:.:!´佗    イ彑`}i:.:.:!':リ
    ∨       .//  ∧ `刈.:.:! "" '  "" j.:/i! !
           ,: ∩、   i \,'!/ ヾ≧ 、⊂ニつ ./!:/ j
           iヾ゙j ' i   {   i! /´,',.,"´`_ァ‐ ´ ,' !/ \.      n、
           ゞ '  j   !    / i!/   / ′/ /  /"`、   /| y7、 -‐'¨7
          //、 ヽ、 \  { 、/  / /  /  /   ‘, __ゝ! ヾ,.'/〉  /
         `  '.. \  冫、/   i!/   i /     }r´  \ `、 ._/
              、  ` y′ {  /     i ,'     ノ、    /  ,.'
              \    ヽ、i′     .i !    ,:  \ /  /
               ` 、_ /___{       冫弋______,/   ,.'
                 _乂ヾニx______.廴〉」 `丶.  i′   /
                厶=-メ一゚'======-''.\ \   /
                  / /:::,:::::::::i:::::i::::::::i:::::::\ i  `ー '
                    i/:::::::::::::::::::::::::i::::::::i:::::::::::::'.j
                 /::::::::::::::::::::::ヾ:::!:::::::::::/:::::::::::::',
                /::::::::::::i::::::::、::::::ヾ:::;:;:;,.'::::::::::::::::::i
                i:::::::::::::::i:::::::::::::',:::::':;:::/::::::::::::::::::::::i
                }::::::::::::::::!:::::::::::::,::::::.ッ::::::::::::::::::::::::::i
              ,. ':::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::i
            /::::{:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::/
           ,':::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::}:::::::::,::::::::::::,'
           {::::::::::::::::::'.:::::::::::::::::::::::::、::::::/:::::::::::::::::::::,'
             !::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::::::::y::::::::,'::::::::::::/ヽ
             !::::::::::::::::::::::‘,::::::::::::::::::::::|:::::::i:::::::::::,':::::::::\
            ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::i::::::::::::::::::::::::::::',
[SPLIT]
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
双葉杏 「がはな……げふん。
がなはさん!」
小日向美穂 「お、おはようございますっ。」
「◆高垣楓 役職の方は残り時間に気を配ってくださいね?」
日高愛 「おはようございます!!!!1!!」
クマ吉 「占いCO 小日向美穂のパンツは○」
三浦あずさ 「あらあら~もう朝なのね~」
星井美希 「これっくらいの♪
おべんっとばっこに、おっにぎっりおっにぎっりちょいとつめて、なの♪>あずさ」
天海春香 「おはようございます」
音無小烏 「おはよう……道明寺さん……
残念だったわ、いい素材だったのに」
菊地真 「おはよーございまーすっ!
それじゃCO待ってるよ」
萩原雪歩 「霊能CO 道明寺歌鈴さんは○ですぅ…。」
如月千早 「お、おはようございます・・・
春香、昨日の夜はいきなりそんな・・・¥¥¥¥」
高槻駅 「おはようございます!」
島村卯月 「おはようございます!」
松尾芭蕉 「春香ちゃん

 一文字変えて

    春一番


        ――芭蕉、心の俳句」
クマ吉 「理由
◇小日向美穂(62) 「とりあえずCOないならそのまま吊り進行ですね。
ところで、占い師さんってひとりだけですか?」
占いが一人って表現がすごくきにかかったから占うね」
音無小烏 「で、萩原さんの結果はどうかしらね。」
菊地真 「ほー。」
三浦あずさ 「皆さん、おはようございます~
今日もいい天気ですね~♪」
松尾芭蕉 「松尾潜伏占いCO!

如月千早ちゃん○!
天海春香ちゃん○!」
萩原雪歩 「クマ吉 破綻ですよ… 私視点で」
クマ吉 「・・・え?」
菊地真 「とりあえず占い対抗居るならCOどーぞみたいな感じ。」
高槻駅 「霊能対抗なしと
そして占いも対抗なしと」
島村卯月 「昨日はすみませんでしたっ、私ったらつい///>音無小烏さん

って、占いと霊能が割れちゃいました!?」
音無小烏 「……どういうことなのかしらね。これ
ちょっとクマ吉さん、ご説明願えます?」
星井美希 「で、この噛みってことはクマ吉偽者なの
と思ったら霊能と割れていたの……」
三浦あずさ 「クマ吉さんさようならでいいのかしら~♪」
天海春香 「1文字じゃないですよ、芭蕉さん!」
松尾芭蕉 「もう無理! 芭蕉、これ以上潜っていられない!
堪忍してぇ!?」
菊地真 「で、クマ吉目線だとまぁ
響霊が確定的に明らかみたいな」
双葉杏 「お前…… お前!>クマ吉」
日高愛 「狂人特攻の潜伏占い噛みです! ママが言ってました!」
天海春香 「たしかに香と番って似てますけど」
如月千早 「これは誰が見ても真騙-真ですね?」
音無小烏 「いや、島村さん、あなた、正しかったようね。
そして潜伏で占いがでる……と、これはまぁ、間違ってないわ。」
小日向美穂 「潜伏?
え、えーとこれは春香さんを今日占ってことですよね。」
双葉杏 「なんで歌鈴にあんなコトをしたんだ!>クマ吉」
島村卯月 「これは・・・我那覇響さんが霊能でなければ決まり、ですかね!」
三浦あずさ 「いや…響ちゃん霊の場合がありますか~…どうしましょうかね~」
星井美希 「あ、芭蕉が占い師なの?
もう一人出るのかなーとか考えてたけどそういうことでもないんだね」
松尾芭蕉 「怖かった、すっごく怖かったよ芭蕉スリル満点過ぎたよ!
昨日も一人だけ挨拶遅かったし!」
高槻駅 「ばしょーさんはなんで朝一COしなかったんですか?」
如月千早 「あ、我那覇さんの可能性も大いにありますが・・・」
星井美希 「あ、そっか
響霊っていうのもあったの……」
萩原雪歩 「正直 あんな状況になると出るか困るんですよ!?
伏せなのは分かるんですけど! 共有初日とか!」
天海春香 「雪歩が結果を割ってきたというより、
芭蕉さんが真ってことになる?」
日高愛 「今確認しましたけど、響さん噛みはあからさまに挨拶遅いばしょ噛みですし!!」
松尾芭蕉 「あ、はい……そうです、その、別に怪しいこととかしてないですから、はい>小日向さん」
音無小烏 「てことは、千早ちゃんの初日発言で狼してんは潜伏占いが見えていた、
そういうことでの噛み……かしらね。」
菊地真 「まーんーむ。
決め打つか霊吊ってかどーしたい?みたいな感じ。」
クマ吉 「霊能は響ちゃんだよね
というか芭蕉が占いとか無いわ~無いわ~」
島村卯月 「・・いや、霊能だったら昨日COしてますね、すみません!
我那覇響(110) 「ゆ、雪歩ー!
雪歩なだけに潜ってるとこじゃなかったのか!?」
この発言があるので、霊能だったらCOしてたと思います!」
日高愛 「そして昨日の芭蕉さん投票の私はせんけんのめーです! たぶん!」
天海春香 「どっちかというと、初日の動きからはそう見たいよね
雪歩が狂人で出てきた感じに見えたし>美希」
菊地真 「まー
クマ吉偽9ぐらいだと思ってるんだけどとは言っとく」
松尾芭蕉 「え、だってせっかくの一句だし先にお披露目したくて>高槻駅ちゃん」
双葉杏 「クマ吉を殺処分にしてから明日話すでdo-dai.>ALL」
星井美希 「どうしてないって言い切れるの?>クマ吉」
高槻駅 「クマ吉真ー雪歩狼でもない限り、普通クマ吉さんか雪歩さん噛まれると思いますよ。」
小日向美穂 「えーと、2-1-2で●が霊能で○ってことですか。
そして、霊能が雪歩さんのみってことは、●だしたクマ吉さんは偽。
め、めんどうですね。」
音無小烏 「で、芭蕉さん、潜伏占いとのことですが、そのことにより
弊社が受けるメリットについてご説明願えましょうでしょうか?
あなたと弊社のアイドルを共演させるのは、そこが重要だと思うのですが。」
萩原雪歩 「…正直 響さんは狩人探しかな~と
クマ吉さんは騙り特攻に見えるので」
松尾芭蕉 「ごめん松尾反省しているから! でも頑張ってるから、スランプなりに頑張ってるから!
……あ、何か来た!」
クマ吉 「芭蕉狼想定でキープでいいでしょ
僕呪殺出せば問題ない!」
三浦あずさ 「まぁ霊吊りかクマ吉さん偽決め打ちになるんじゃないでしょうかね~これは
流石に初日共有ということも踏まえると響ちゃんが対抗で出ないのも不思議ではありますし~」
高槻駅 「>ばしょーさん
それなら仕方ないですね」
双葉杏 「真なら露出人外2でしょ?へーきへーき。
こっからはちひゃーさんが抜かれるかどーか、でいいよ。」
天海春香 「まあ疑心暗鬼だよね、これじゃ
芭蕉さんのこれからの働きに期待するしかないかなあ」
星井美希 「●出たから潜ったっていうのは妥当だって美希思うよ?>子烏さん」
日高愛 「ですのでクマさん吊っちゃっていいんじゃないかとかそんな感じだと思います!
思い切っていきましょー」
島村卯月 「響さんが霊能の可能性は無いと思います!
芭蕉さん真進行でいいと思います!」
高槻駅 「単純に潜伏狙いなので、クマ吉偽で吊ればいいと思いますけど。」
萩原雪歩 「もちろん皆さん視点でクマ吉真が捨て切れない可能性もあると思うので
指示は従いましょう 私はクマ吉釣りがいいです」
松尾芭蕉 「えと、急に俳人の方がコられたときに会話が弾みます>小鳥さん
双葉杏 「曽良のいない芭蕉さんの寿命は噛まれなければ残り8人だな……!
それまでに面白いコトが言えなかったら……!」
音無小烏 「まぁ……この状況だったら、クマ吉さん吊りは問題ないわね。」
菊地真 「別に
展開見て出るでいいとは思うけど系の話>潜伏CO
少なくとも霊のCOを見て出るで割と全く問題ないという話」
小日向美穂 「霊能に対抗いないならもう雪歩さんが真霊能は確定ですよねっ?」
天海春香 「まあ千早ちゃんにおまかせしようかな
村も、私も」
菊地真 「>芭蕉が占いに出たタイミングの話ね」
高槻駅 「>卯月さん
1行目は賛成だけど、2行目はどうかなー?」
星井美希 「他に霊がいるならあの場面で出るんじゃないかなって美希思うの」
クマ吉 「いやまて、雪歩ちゃんが共有で単に僕が嫌いなだけという可能性を捨てては居ないか!
なら・・・グレランだ」
松尾芭蕉 「――古池や

  

  盗んだバイク

     走りだせ」
音無小烏 「ええ、その通りよ、美希ちゃん。
だからこそ、人外側には潜ったのはすぐにわかるからの噛みとはみてる」
三浦あずさ 「まぁ熊鍋にして雪歩ちゃんがどうなるかみてからでもいい気はしますね~>状況的に」
双葉杏 「おぉ…… なんかかしこい!>美穂」
日高愛 「響さんの占い潜伏死があるかどうかぐらいですね!!」
菊地真 「まぁ
響が真占いの可能性は
全然消えてないのはあんまり否定しないけど!」
松尾芭蕉 「なんか違う! ごめん、本気だすから! 明日から本気だすから、見捨てないで!?」
小日向美穂 「なんか、いきなりの状況で把握するのがいっぱいいっぱいですっ!」
如月千早 「・・・わかりました
クマ吉さんを、切ります!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
高槻駅0 票投票先 →クマ吉
三浦あずさ0 票投票先 →クマ吉
島村卯月0 票投票先 →クマ吉
日高愛0 票投票先 →松尾芭蕉
如月千早0 票投票先 →クマ吉
萩原雪歩1 票投票先 →クマ吉
星井美希0 票投票先 →クマ吉
小日向美穂0 票投票先 →クマ吉
天海春香0 票投票先 →クマ吉
音無小烏0 票投票先 →松尾芭蕉
クマ吉11 票投票先 →萩原雪歩
松尾芭蕉2 票投票先 →クマ吉
菊地真0 票投票先 →クマ吉
双葉杏0 票投票先 →クマ吉
クマ吉 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
音無小烏 「……ごめん、投票盛大にミスった。」
高槻駅 「このまま千早さん噛めばいいと思いますけどね。芭蕉偽ですし」
音無小烏 「えと、とりあえず護衛日記は継続するけど、もしかのときは頼むわ。」
高槻駅 「ドンマイです>小鳥さん」
高槻駅 「はいさーい!」
高槻駅 「んー」
高槻駅 「千早1:30で」
音無小烏 「偽、ねぇ。
そうなると、あれ狂人ってことよ?」
高槻駅 「芭蕉は
・占い先が都合いい
・理由ない
・そもそも朝一COじゃない」
音無小烏 「はいはい。それじゃ、私は継続して日記を書くわ。
共有初日である以上、響ちゃん真ってみることになるし。」
高槻駅 「この辺で一度偽路線がいいと思います」
高槻駅 「私は芭蕉が狂人だと思いますけどね」
音無小烏 「もしくは、まだ潜んでいる占い師がいるか、ね。」
音無小烏 「了解。
なら心置きなく芭蕉さんで日記がかけるわ。」
高槻駅 「その場合はドンマイですねぇ」
音無小烏 「ちょっと美希ちゃん気にかけておいて。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
如月千早 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
如月千早さんの遺言 ゆ、遺言準備していませんでした・・・
クマ吉さんの遺言
        / ̄ ̄\
    ./   ヽ_   \ 
     (●)(● )     |
    (__人__)      |
    ヽ`⌒´      |                  ,,_,,___/⌒
     {         ヽ              _..,,,/      ̄ヾ,   スロゥリー、ベリースロゥリー
     ヽ        人            〈_「/    ⌒    ゙、  僕がパンツを盗み終えた瞬間に
     __|       /  \           ,'  ⌒   ●    ヽ  全ては動き出すのだ!!!
     / ヽ____/   /\            i  ●         }
   /| │__丿;;;\_/\_/\ ヽ        !     (⌒)      !
  /  ヽ/|ヽ;;;;;;;;;ノ/ \   丶/丶         !、    _,入__ノ   ノ
  |   | | /;;;;;|/\─       丶       ヾ,,   ヽ_ノ"  /   
  |    | |/;;;;;;;/  >__  /   |         ヽ,, _ _ _,,- ゙/
  j    | |;;;;;;;/  /|--┌│ |   │        /ヽ|   /⌒l;;;;|
  │   | |;;;;;/ /.│ ││ |   │       │ |;;L__/  /;;;|
  |    │|;;/ /  |___|__| │   |        / |;;;;;;;;;;/  /;;;;;;|
  |     \|/         |   │         |  |;;;;;/  /;;;;;;;;|
  |              / ̄丶 |     (⌒(⌒ヾヾ /;;;;;;;;;;;;;|
  ヽ______彡( ̄ ̄ヽ ̄|  |    (  (   |ヾ_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  /;;;;[__];;;;;;;;;;;彡(二二 ││ /     (_(_ノゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
双葉杏 「……えっ。」
松尾芭蕉 「松尾占いCO! 双葉杏ちゃん○!」
菊地真 「おはよーございまーすっ!
それじゃCO待ってるよ」
三浦あずさ 「あらあら~もう朝なのね~」
高槻駅 「おはようございます」
日高愛 「おはようございます!!!!1!!」
星井美希 「銃殺して
  真証明を
    頑張って

   信じたいけど
     信じ切れないなの>芭蕉」
天海春香 「おはようございます」
萩原雪歩 「霊能CO クマ吉さんは●ですぅ。」
音無小烏 「おはよう
さて、今日もCOをお願いするわ。」
菊地真 「へー>共有噛み」
小日向美穂 「お、おはようございます。」
天海春香 「って、千早ちゃん!」
双葉杏 「なんで?!杏昨日すごいいいっぽいこといったよ?」
松尾芭蕉 「あ、あのね小鳥さんはきっと違うと思う、テンションとか初日と同じだし
むしろ急にヤル気を出した双葉杏ちゃんに松尾注目するかな!
残り8人とかそういうこと言って大人を脅すのって、松尾良くないと思う! 松尾プンプン!」
菊地真 「雪歩は狼特攻主張と。」
島村卯月 「おはようございます!
そうでした、響さんは霊能の可能性はなくても占いの可能性はありましたね・・・」
星井美希 「んー? なんか悠長なの
共有噛む場面なの?」
三浦あずさ 「皆さん、おはようございます~
今日もいい天気ですね~」
音無小烏 「……如月さん!?
ちょっと狼、ウチのアイドルに手ェだすなんていい度胸してるわね!」
天海春香 「狼め、千早ちゃんを噛むなんて…」
萩原雪歩 「…狂人じゃなかったという驚き。
私は狂人特攻で見てたのに」
高槻駅 「クマ吉さん狼ですか。うっうー!」
三浦あずさ 「あら~●なのですか~…なるほどなるほど」
双葉杏 「共有、噛んでもいいけど……
噛まれたコトが予想外……。>美希さん」
日高愛 「噛みみて狂人特攻からの真占い噛み→占いのっとりあるって思いました!
霊能●なら薄いですね!」
天海春香 「千早ちゃんとのロマンスが始まる前だったのに…」
松尾芭蕉 「……来た! 何か来た!


双葉杏

   ねるねるじぇらじぇら

           ポリス沙汰



        ――芭蕉、心の俳句」
星井美希 「真贋ついてるなら偽で、真贋ついてないなら吊らせる?
よくわかんないの」
星井美希 「美希もまだ噛むところじゃないって思ったかな>杏」
天海春香 「そしてクマさんが狼ですか
まあ変態はそこに転がっててください」
双葉杏 「…………。>芭蕉」
高槻駅 「クマ吉さん●だすなら、雪歩さんは完全に真ですね。
狂人や狼なら●なんて出すはず無いですから」
三浦あずさ 「消極的にいくならグレランといいたいとこなんだけどこの状況下でグレランってのはどうなのかしら~?」
天海春香 「芭蕉さんが絶好調だなあ
ねるじぇらとか懐かしいですね」
双葉杏 「他に護衛するトコだってないって……。<美希」
音無小烏 「ともあれ共有噛み、萩原さん視点、狼の●特攻……
んー、萩原さん偽を考えるのは、共有初日考えるとちょっとあれなのよね。
だからこそ、潜った占いである芭蕉さんは真だと思うんだけど……うーん。」
日高愛 「これなら今日はグレランですね!!
芭蕉さんへの粘着投票は一時封印しないとダメなのかなー」
松尾芭蕉 「何だか凄く不穏当だけど信じて、松尾超信じて!
杏ちゃん絶対狼じゃないか、って思って占ったの!」
島村卯月 「そして共有の千早さん噛みですか・・・むむむ
占いが偽なのか、それとも・・・占いが偽だよ~って疑心暗鬼を呼び起こすための噛みなのかっ!」
萩原雪歩 「真占いとみてグレランが良い選択肢でしょうか?
ただ狼特攻にはびっくりですね」
菊地真 「まー展開的には普通に
真狼-狂か真狼-真ぐらいかなって感じ」
小日向美穂 「え、霊能結果は●なんですか。ということは狂人は潜伏してるってことなんですね。
でも、狼占いでいきなり●だしって随分アグレッシブですよね?
身内切りで信用取りに行くのならともかく…。」
高槻駅 「>あずささん
積極的に行くなら指定ですよ。うっうー!
グレランは積極的というより普通ですね」
星井美希 「雪歩が偽で●出す意味はないしー
芭蕉がどうかってところなの」
双葉杏 「ぐれらんでいいと思うよ!>あずささん
理由は簡単!めんどい、じゃなくて他に吊るとこがない!」
天海春香 「グレランでいいんじゃないんですか?
とにかく芭蕉さんに仕事してもらう感じで」
松尾芭蕉 「あの投票の痛み、忘れないから!>愛ちゃん
君だけは占ってあげないんだからね、松尾プンスカ!」
星井美希 「そう、美希もそれを考えてるの!
卯月はどう思う?>卯月」
三浦あずさ 「むしろ雪歩ちゃん偽なら●出す場面のような気はしますけどね~
まぁ今そういうことを言っても栓無きことなんですけどね~」
菊地真 「実際問題
○吊りたいわけでも役職吊りたいタイミングでもないのに
グレラン以外の何かを言い出す意味が真剣に判らない」
島村卯月 「雪歩さん偽は考えにくいので、焦点は響さん占い、芭蕉さん偽があるかどうかですよね。
その可能性はかなり低いですけど・・・」
萩原雪歩 「芭蕉さんはお願いしますね。
私もいつ命がなくなるかわからないんですから…」
松尾芭蕉 「え、でも芭蕉的にはもう、十分したんじゃないかな、って……>春香ちゃん
もう限界、他に灰で怪しい人あんまりいなかったし……」
日高愛 「狂人はこの天海ならあって引き分けですし、気にしても仕方ないですよ
芭蕉さん狂人でも囲えるかどうかわからないですし!
なので、素直に灰吊っていけばいいかなーって思います」
音無小烏 「まぁ、今日も灰を詰めるしかないわ。
ちょっとここで共有噛んでるのが気になるけど、雪華綺晶にしてもしかたないわね。
ああ、あと……松尾さん、今更ですがすみません。
ホンネが投票にでました。」
小日向美穂 「いきなりPCが重なった…。」
島村卯月 「あ、そうか、真-真なら狂人潜伏・・・
これも気を付けないといけませんね!」
三浦あずさ 「確実に指定できる人がいないのに?>やよいちゃん
松尾芭蕉 「あ、でもクマ吉くんが狼なら芭蕉的にはすっごく納得
残り2匹なら……うぅん、きっとこう役割分担しているのかも」
日高愛 「松尾芭蕉さんはこの前のテストで答えられなかったんです!
だから 投票したって いいかなーって!」
高槻駅 「>あずささん
だから攻めるならです。
私は霊能真で見てますから」
萩原雪歩 「グレラン意外に選択肢がないとも言えますが…」
音無小烏 「んー、ちょっと美希ちゃんが引っかかるのよね。」
星井美希 「ん、でも別に今は考えることじゃないかなってところかなー」
天海春香 「まあ雪歩はもう、雪歩の仕事に専念してもらって
あとは、この村で千早ちゃんの変わりになってくれる
私との相性がいい子をみつけないと、ですよ」
双葉杏 「あっても春香さんと美穂ちゃんだけだもん。<囲いの可能性>卯月ちゃん

そしてもし、もし…… 春香さんが狼で千早さんをおそ……

あれ、襲う?>春香さん」
松尾芭蕉 「松尾超ショック!>小鳥さん
もう、もう貴方には歌ってあげません!」
小日向美穂 「指定でもグレランでも灰を狭めていくしかないですね。
私も○もらってるけど、偽からなので普通にグレラン参加ですよね。」
松尾芭蕉 「――あ、何か来た」
天海春香 「誰がいいかなあ?
千早ちゃんみたいに感度良好な子がいいよね?」
音無小烏 「昨日は私に粉かけた割には、今日は別の人にいってる……まだそういう時期じゃないから、かしら?」
三浦あずさ 「なるほどね~…まぁ霊偽だったらちょっと対処無理な進行になりそうだしね~>やよいちゃん」
星井美希 「やよいはどうかな?>春香」
萩原雪歩 「春香ちゃん少しはおとなしくw」
日高愛 「美穂さん○でてなくないですか?」
小日向美穂 「共有いないと方針がわかりませんね。」
松尾芭蕉 「我愛山中月
烱然疎林掛  
幽独人憐為」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
高槻駅1 票投票先 →島村卯月
三浦あずさ4 票投票先 →小日向美穂
島村卯月2 票投票先 →小日向美穂
日高愛1 票投票先 →高槻駅
萩原雪歩0 票投票先 →三浦あずさ
星井美希2 票投票先 →三浦あずさ
小日向美穂2 票投票先 →島村卯月
天海春香0 票投票先 →三浦あずさ
音無小烏0 票投票先 →星井美希
松尾芭蕉0 票投票先 →星井美希
菊地真0 票投票先 →三浦あずさ
双葉杏0 票投票先 →日高愛
三浦あずさ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
高槻駅 「んー」
音無小烏 「んー」
高槻駅 「あずささんへの長文書いてたのになw」
音無小烏 「ええと、とりあえず芭蕉さん護衛……と。」
高槻駅 「>あずささん
初日の夜の段階で狼視点は真ー真狂狼 狂ー真狼 狼ー真狂狼
これがパターンです。
そして、狼が混じらないパターンは狼視点全て真まじりです。
なら狼はクマ吉か雪歩さん噛むはずですよと」
音無小烏 「美希ちゃんが気になる、なんか取り繕ってそうで気になる。」
高槻駅 「美希さん噛みましょうか」
音無小烏 「噛みはどうしましょう。
灰噛むよりも役噛みか○噛みでしょうけど。」
高槻駅 「んー」
音無小烏 「んー、いいか、そこは正直役見てるし>高槻さん」
高槻駅 「芭蕉を機能噛まなかった以上○かんでもと」
音無小烏 「美希ちゃん噛んで、芭蕉さんは残し、でしょう?
ようは芭蕉さんを吊る展開だわ。」
音無小烏 「おっけ。
まぁ、春香ちゃん位だしね。」
高槻駅 「手数稼ぎましょう
もし銃殺出ても狩人候補噛みますしね」
音無小烏 「そういうことね。
じゃ、130でお願い。」
高槻駅 「りょーかいです」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
三浦あずささんの遺言 遺言内容は夜にしゃべっておきますね~♪
星井美希さんの遺言                , -フ=─
              ( [_,,,-- ,,,_
             /ヽ!       ` ヽ
              /             ヽ
.          / ,            、 ヘ
          i .i    ト    、  、  ヘ ',
             i .i .i .ハ |ヽ   ',  ',  i } ',
          i { | / __',」 ヽ、 ヘヽ. ', .i .!. ',
         /ィ.',∀´ ̄'j`  ヾx.弋弋┼、|l   ,
      -─'7  .人',斤忝孑  ` ``__!} 从.  ,   噛まれたの?
          ノ, イ ヽ、ヘ弋゙ツ    〃 ̄ `ソ'^ ヽ、 ヘ  それとも吊られた?
      〆´ ノ    ` ,""   :i   "" ./     ヾ-ゝ この遺言、なの♪
       ,ノ,-彳  , 、 _ゝ、  ー ‐  ィ"    ヾヽ、
      '´彡/, /  、 ̄7/ゝ.....‐ ヘ t─‐‐-、 ヾヽ `
       // i    ヽ// ! ""/  〉ナ    ', ヘ ヽ
      ノイ, イ' |.    // ̄ヽ /, ‐ /∧゙,    i ', ヘ
      メ´ /  l.   V/ .    「V ム.゙, Vi   i ヾj
     /  l.  l   厂 兀`ー<┤!// \ヘ   'l  ',
        l|  ∧  )⌒^`ーH_{ !」ノ/ .斤   'l i i
          !イ ハ. i.  !         ゝ ~ く }.   i. ハ |
        !/ l i  ',        \  ` 、.  V l|
        'j  ヤハ.  \ _,,,....,,,_ ,ゝ    `ヽ',
           |  'j .!   ツ=      \    .i
            |   ヤ   ̄      {ゝ、 _.ノ
            |    :廴三__==‐ヘ
               ヘ    |_ ! _,-_'=ヾ^ヽ
           ∧i    |さ '⌒`Y。〈0 )ツ‐ヘ
             /:::::::l    |'弌二ノー‐''可__」
          P:::=|   |::::|::::::::|:::::::::::::::::::::::::゚',
          | `ー=:l   |::::|::::::::|:::::::::::─ ̄:::::::i
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
小日向美穂 「お、おはようございます。」
天海春香 「おはようございます」
日高愛 「おはようございます!!!!1!!」
松尾芭蕉 「松尾占いCO! 小日向美穂ちゃん○!」
萩原雪歩 「霊能CO 三浦あずささんは○ですぅ。

投票者は私、美希ちゃん、春香ちゃん、真ちゃんですぅ。」
高槻駅 「私は美希さんと春香さんと真さんが村だと思います。
理由は仲間だからです。うっうー!」
音無小烏 「おはよう。
ええと、美希ちゃんがね?
3日目に響ちゃん潜伏霊の可能性を考えてるのがちょっときになった。
昨日はそんなことおくびにもだしてないのに。」
双葉杏 「美希しゃん……。」
島村卯月 「ああっ、美希さんよく考えてるところでしたよね・・・残念です」
松尾芭蕉 「えとね、こういう大胆な攻めをできる人ってあまりいないと松尾思うの
その場合は真ちゃんか高槻駅ちゃん辺り、もう1匹がいるとしたら小日向ちゃん辺りかな、って
霊能結果へのリアクションとか、共有がいないと~とか慌てるところとか、何だかとても演技っぽいな!」
菊地真 「おはよーございまーすっ!
それじゃCO待ってるよ」
天海春香 「美希がやられたんだね
狼はどういう子が好みなんだろう?」
音無小烏 「で、その美希ちゃん噛み?
はぁ、やれやれねぇ。」
菊地真 「割と嫌いじゃないかなー>そこ○」
双葉杏 「うーわーん(じたばた。
どうなってんだよぅー(ぐすぐす。」
高槻駅 「こ、これが噂に聞くゲバなのね

◇萩原雪歩 「霊能CO 三浦あずささんは○ですぅ。

投票者は私、美希ちゃん、春香ちゃん、真ちゃんですぅ。」」
日高愛 「一瞬銃殺を期待させる死体場所でしたけど、そんなことはなかったです!!」
萩原雪歩 「まぁ、投票見ても疑うとこはないかな、と言う心象ですね
今日もグレラン進行になるわけですが…、」
小日向美穂 「灰噛みですね。」
双葉杏 「冷静……!>雪歩」
島村卯月 「ところで、獲物・・・もといお相手は私的には
可愛い杏ちゃんを押しますね!(笑)>春香さん」
天海春香 「杏ちゃん、泣かないで」
菊地真 「まー、特に何か言うこともなく
グレラン続行と。島村卯月外した上で
人狼狙うなら小烏さんになるけど。」
双葉杏 「わわわ、私はやんないぞ!やんないからな!>卯月・はるるん」
松尾芭蕉 「――小日向や

     兵どもが

        ロマネスク   」
音無小烏 「で、小日向さんが○ね。
……なんだか、不穏だわ。
すみません、失礼ですが芭蕉さん、あなた本当に占い師さんですか?
弊社には足のくさい占いはいないはずなのですが。」
日高愛 「芭蕉さん、灰にいる誰かを忘れてませんか!!(チラッ」
天海春香 「んー、杏ちゃんかー あんまり好みじゃないかなあ
どっちかというと卯月ちゃんのほうがいいかも!」
萩原雪歩 「…うーん、これどうだろう。卯月さんはまだ早いと見てるけど
正直困る位置が小烏さんですかね 残すなら占って欲しい位置かなと」
高槻駅 「ばしょーさんのグレーが
卯月さん・愛さん・小鳥さん・真さん それで私と」
音無小烏 「で、グレラン続行、ね。
松尾さん視点の灰は……んー」
双葉杏 「ほっ。>はるるん」
松尾芭蕉 「松尾ね、君か高槻駅さんのどっちかだと思ったの!>真ちゃん
だけど君たちならどうせ噛まれるし○だったらもったいないし、あと多分戦えるかな、って!
ごめん、もう松尾超スランプ」
双葉杏 「小烏さん…… 雀士!」
天海春香 「よし、決めた!卯月ちゃんを開発しちゃおう!
『ちきゅう』をくすぐっチャオ?」
菊地真 「4票貰いが吊られて2票貰い噛んだら
残りの2票貰いが割と吊られ得る訳で
芭蕉が狼でも真でもそんなに美希噛まないかなーって思うけど
卯月が身内投票されてるなら別だけどね。
だから高槻駅か、美希を噛みしそうな小烏さんかなって。」
日高愛 「特に外す必要もなくないですか? 自由に投票しましょう!
人間は自由を勝ち取るのです!!」
島村卯月 「芭蕉さん真を信じたいところですね~
これで芭蕉さん偽とかだったらもうどうしようって感じです」
高槻駅 「ばしょーさん視点明日○なら詰みですね」
音無小烏 「残り5人、それで、残りは4吊りか。
一応灰詰めて芭蕉さん真ならなんとかなりそうな雰囲気ね。」
小日向美穂 「灰は5ですね。今日明日は○進行ならこのままグレランで狭めていくだけですね。
呪殺を期待したいところです。」
天海春香 「ほらほら、春香さんにキレイな『ちきゅう』を魅せてごらん?>卯月ちゃん」
松尾芭蕉 「あと、もう松尾予告占いするべきだよね、これ
噛みあわせしてくるならそれはそれでオッケーだし、松尾的に

今夜は小鳥さんにする!
吊れたら日高愛ちゃん!」
菊地真 「割とそこ2人を2択って感じ。
個人的には美希噛み鑑みるなら小烏さんかなー」
双葉杏 「霊目線残り2●で引けない真とか状態だよ!夢見過ぎだよ!>小鳥さん」
音無小烏 「ああ、それは昨日私が美希ちゃんに粉ふっておくからかしら?>真ちゃん」
萩原雪歩 「信頼できそうな所程 ここが●だと困る ので
疑う、というのが私の考えですので 芭蕉さんお願いしますね」
島村卯月 「えええっ!?私ですか!?
私なんてそんな特徴ないですし面白くないですよ!?
特徴と言えばちょっとお尻が大きくて感度も・・・あっ!?///」
日高愛 「ここまできたら銃殺期待するよりも、狼狐すぱっと吊ったほうが楽ですよ!」
松尾芭蕉 「真ちゃんと高槻駅ちゃんの2人とも狼ってことは、多分無いと思うし!」
双葉杏 「だよねー。わかってるじゃないか!<雪歩」
音無小烏 「……じゃ、夢をみておくわ。
私は噛ませて頂戴。狩人CO。」
菊地真 「単純に
2票貰いって観点で見るなら
噛みする理由が強いのは投票者で
今日吊っときたいというかもう片方芭蕉だよってだけの話>小烏さん」
高槻駅 「狩人CO頂きました。うっうー!」
音無小烏 「小烏の狩人日記

初日
あら、私が狩人……ねぇ、そもそもなんで765に関係ない
私が駆りだされてるのか未だ納得いかないんだけど……ああ、
それもこれもあの馬鹿姉のせいか、あーはらただしい。でもま……
仕事は、しましょ?

護衛:明日より   噛まれ:楓さん

2日目
……えー、すごくまもりたくない狩人
でも、共有初日なら、仕方ないっていうか……うん。
守るしかないわよね。妥協だわ、妥協

護衛:クマ吉    噛まれ:我那覇さん

3日目
道明寺さんをかえせこの変態!
……で、潜伏占いCO、共有初日である以上、ここは護衛しないとだめっていうか
抜かれたらこまるわ……はぁ、どうしてこうなったのかしら

護衛:芭蕉さん   噛まれ:千早ちゃん

4日目
はぁ……私あまりのことに芭蕉さんに投票してるし……
でも共有噛み、ねぇ。随分と気になるわ。
だけど、それでも噛まれたら困るのは、結局芭蕉さん、よね。
護衛鉄板と

護衛:芭蕉さん   噛まれ:」
小日向美穂 「噛み合わせ上等な予告ですか。
まぁでも灰が狭まっていけばいずれ詰みですね。」
菊地真 「ふむ。>狩CO
ごめんね。それじゃやよいにごー。」
萩原雪歩 「…対抗は…。」
音無小烏 「場合によっては吊られかねない。
ならでておくわ。」
松尾芭蕉 「あ、でも多分だけど……真ちゃん占って○だったら、何だかほんとにしょんぼりしちゃうから……>雪歩ちゃん」
天海春香 「んっふっふー
ここがいいのかな?>卯月ちゃん」
日高愛 「狩人出て来て一気に緊張感が薄れました!!」
双葉杏 「うん…… うん?!」
天海春香 「小鳥さんが?」
高槻駅 「>真さん
ひどいですね!」
松尾芭蕉 「やっぱりー!?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
高槻駅3 票投票先 →島村卯月
島村卯月4 票投票先 →高槻駅
日高愛1 票投票先 →島村卯月
萩原雪歩0 票投票先 →高槻駅
小日向美穂0 票投票先 →島村卯月
天海春香0 票投票先 →菊地真
音無小烏0 票投票先 →日高愛
松尾芭蕉0 票投票先 →島村卯月
菊地真2 票投票先 →高槻駅
双葉杏0 票投票先 →菊地真
島村卯月 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
高槻駅 「さて」
音無小烏 「さて、これでもう芭蕉噛めないね。
真なら終了なんだけど。まぁ。」
高槻駅 「占いがどうしようもない感じかな」
高槻駅 「んー」
高槻駅 「 」
音無小烏 「これ、やよいちゃんつれちゃうわね……んー。」
高槻駅 「どうするかなぁ」
高槻駅 「仕方ないね」
高槻駅 「霊能噛もうか」
高槻駅 「GJ出させよう」
高槻駅 「あーでも、ダメか」
音無小烏 「そうね。
最悪、だけど、芭蕉は吊れる方向でもいいわ。」
高槻駅 「ばしょー噛みもあるけど」
高槻駅 「まこりんに勝てないなぁ」
高槻駅 「んー」
高槻駅 「もういいや。霊能噛む」
音無小烏 「そこ強いから、いっそそこ噛むのはありよ?」
音無小烏 「ただ、その場合は私の偽目も一気に上がるけど。」
高槻駅 「これは深みにハマってるんで」
高槻駅 「逆噴射狙うしかない」
音無小烏 「じゃ、とりあえずGJ2つ書くわ。」
高槻駅 「でも、まこりん噛んだらばしょー視点で真の吊り切りだし」
高槻駅 「はいさーい」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
萩原雪歩 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
萩原雪歩さんの遺言            /::::::::::::::
          /::::::::::::::::::::::::::::::::
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         /:::::::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         i::::::::/:::::::::::/:::::::イ:::::/|:::|ヘ::::.',,:',::::::::::::::|!
         |::::::,i:::::::::://::/ .|::::/ |::/ ',:::| ',|ヘ:::::::::::|
         |::::::|::::/|/ /彡-'"|ノ .|/  ',:|  ∨::|ヘ|
         |::::::',/ |  ゛''-.,,_    ._,,..'|''" ∧::|
         .|::::::::::::::| __ ,,..-‐'"    ゛''-.,,__  |::∨
         ',::::::::::::|O '      γ ̄λつ |::::/
          ',:::::::::::|      △ /-i   ヽ ノ::/
          ',|'',:::::i゛'‐-..,,_ __ニゝ_  〉',::/
            .',::::| ',::::`,〈;;;/゛''-.,,/  ./ |!
            /ヘ  ヽ<o  ト.、 .|   |
            /  ',   ',  ,| \  __/
           ./  _.',   ', へ    ̄
           /    〉 ,.-'ヽ \
      _    |   ./    ゝ、 \
  .,-‐ニ"r= ゝ--┴''""|      )ゝ‐'"ヘ ̄i゛'ヽ.
 ( / ',〉〈.|         ヽ _,,.. '.〉    ) |〉〈| )
  ゞ__|ニ┴'''''"゛゛''''‐-....,,,,_ __ノ゛'''‐-‐'`‐--- ''

あ、穴に…落ちちゃいました…!
島村卯月さんの遺言 私のAAとか探しても見つかりませんでした~!!
うう、私が皆さんと同じような有名アイドルになれるのはいつの日か・・・・!
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
双葉杏 「ぐっもー。」
小日向美穂 「お、おはようございます。」
日高愛 「おはようございます!!!!1!!」
高槻駅 「おはようございます」
音無小烏 「護衛:芭蕉さんよ」
天海春香 「おはようございます」
松尾芭蕉 「松尾占いCO! 日高愛ちゃん●!」
日高愛 「小烏さん偽にかけて占い噛みくると思ったけどなー
霊能噛みか……」
音無小烏 「……萩原さん噛み?
霊能さん噛み、ねぇ……」
双葉杏 「お、おう……。<ばしょーん」
松尾芭蕉 「――現し世は

       はかなき夢ぞ

             豆タンク」
菊地真 「おはよーございまーすっ!
それじゃCO待ってるよ」
天海春香 「雪歩をここでイカせたんだね
じょっぱーしたのかな?」
菊地真 「まー
芭蕉偽にするか真にするかってだけの選択をしてる印象の>狼」
日高愛 「うわー……やってしまったね!」
天海春香 「愛ちゃんの豆は●だった!
衝撃の事実!!」
双葉杏 「小鳥さん偽でかつばしょーん偽だったとするなら小鳥さん●打つよな、という顔!」
松尾芭蕉 「見つけたよ! 松尾大発見!
狐じゃないことが解っているなら、こう来るよね、そうだよね」
高槻駅 「小鳥さんはどうして生きてるんですか?うっうー!」
音無小烏 「で、ここで日高さんに●がでると。
ちょっと気が抜けてる気もするけど、実際どうなのかしら。」
小日向美穂 「芭蕉さんから●でましたね。愛ちゃん吊りですか。
LWの可能性はあるのかな。」
天海春香 「まあ芭蕉真で普通にいくと詰むからねえ>真」
音無小烏 「私にきかないでくれる?>やよいちゃん
私だって、狼に聞きたいわそのことを。」
松尾芭蕉 「ち、違うもん!>杏ちゃん
小鳥さんはどうか知らないけど、芭蕉的には贋作なんかじゃないし」
菊地真 「んで実際雪歩狂の場合だと
あんまりここで噛みする意味もないよねーって程度
吊られないんだから●出して誰か吊れば引き分け以上確保なんだからという印象の
素直に小烏さん噛みするんじゃないかなー」
小日向美穂 「小烏さん噛まれないんですね。」
双葉杏 「大切なのは芭蕉さんが偽でもきっちり勝つこと!えへん!>はるるん&まこりん」
高槻駅 「当然、ばしょーさんか愛さん吊りですけど」
日高愛 「松尾芭蕉さんあって狂人だし、もう放置でいい。
昨日○見てたけど、とりあえず杏ちゃんも○でいいと思います。
で、○あるなら美穂ちゃん、まぁ最終日まで吊れないだろうけど……」
天海春香 「芭蕉さんが真だったら、小烏さん噛みからの芭蕉さん噛みだとどうしようもないから
じゃないかな?>やよい」
松尾芭蕉 「クマ吉くんでしょ、愛ちゃんでしょ、でも身内票はしないと思うの、私>小向井さん
だからきっと卯月ちゃんは非狼」
高槻駅 「愛さん狼なら、小鳥さんも自然と狼になりますけどね
・・・でもないか」
小日向美穂 「雪歩さん偽だとすると響さんが霊ってこと?
それはないと思いますけど。」
菊地真 「そりゃ
芭蕉偽に見せたいからじゃないかなって程度の
愛吊りも芭蕉吊りも抜きでやよい吊り推し変わらず」
日高愛 「私素直に吊られるわけにはいきませんから。
狼だとしても最終日にまわすとこですよ!」
双葉杏 「愛ぽん吊りかなー。小鳥しゃん偽ならだって狐だと思う。
つまりつってはいけない!」
日高愛 「ただ、私を吊らず灰を吊ってしまうと狐が吊れる可能性もあがるもろ刃の剣なんですよね……」
松尾芭蕉 「つまり、まだ2匹いるとしたら愛ちゃんと高槻駅さん、もしくは小鳥さん
でも小鳥さんが狼であんなことしないと松尾的には思う」
音無小烏 「……これ、困るわね。
私と芭蕉さんを偽に見せようとしてる噛みにも見えるだけに。」
高槻駅 「>春香さん
芭蕉さん噛めないんですよね。狼視点。」
菊地真 「まー
愛狼でも最終日っていうのは割と
論理的には正しかったりしないこともないというか
芭蕉の灰が広いんだよね」
小日向美穂 「え、クマ吉さんを早々に切ったってことは芭蕉さん真じゃないんですか?
共有者初日ですし。」
高槻駅 「それか、噛まないのか」
天海春香 「そして、どうして私が卯月ちゃんを開発しようとしたとたんに
みんなで私から隔離させようとするんですか!まったくもう!」
日高愛 「残念ですけど、響さん占いみたいですよ……」
双葉杏 「雪歩しゃんが真!という吊り方だよ!>美穂ちゃん」
菊地真 「いや普通に
響真は考えてたけど結構>美穂」
天海春香 「私は次に誰を開発したらいいんですか!
美穂ちゃんですか?そうですか!」
音無小烏 「ああ、そうか、狼視点、私いるから噛めないか。
そうなると、なんとか偽に見せたくなるって話だけど。」
高槻駅 「>美穂さん
響真を完全切りですか?」
松尾芭蕉 「……ハッ! 何か来た!
何か一句きました、松尾歌います!」
小日向美穂 「個人的には小烏さんを占って欲しいですけど。」
菊地真 「それで僕のことスルーっすか芭蕉さん!」
菊地真 「アイドル泣いちゃうよ!」
日高愛 「たぶん松尾さん狼はないと思うので、最後まで放置でいいです!
私吊られたくありませんけど! 吊られた場合は○の人の発言もちゃんと見てください!!」
双葉杏 「美穂ちゃんより吊りたいトコばっかなんだもん!>愛ちゃん」
小日向美穂 「雪歩さんの結果でクマ吉さんを吊った。
その時点で、響さん真を切ってると思ってます。」
菊地真 「あ、うん。
どっちにせよ芭蕉の灰詰めでいいよねって。
芭蕉目線3W生存はまぁないわけだし。」
天海春香 「芭蕉さん真だけど、そうじゃなかったときのことも考えておきたいっていうお話だよね
そんなことより、開発させてください>美穂ちゃん」
双葉杏 「はるるん狼でちひゃーを襲う……
襲わないとちんじた!」
高槻駅 「そうならないでしょ?>美穂さん」
松尾芭蕉 「I lost my heart in the dark

Fu-Fu-Fu in the dark...

You are my dark angel, I lost my heart in the dark angel...

Fu-Fu-Fu ...oh, in the dark」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
高槻駅3 票投票先 →松尾芭蕉
日高愛4 票投票先 →高槻駅
小日向美穂0 票投票先 →高槻駅
天海春香0 票投票先 →日高愛
音無小烏0 票投票先 →日高愛
松尾芭蕉1 票投票先 →日高愛
菊地真0 票投票先 →高槻駅
双葉杏0 票投票先 →日高愛
日高愛 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
高槻駅 「狂人は遅かったですねー●
誤爆恐れずに打って欲しかったですね」
音無小烏 「ここで満ち溢れる小日向ちゃん狐臭」
高槻駅 「んじゃそこ噛みましょうか」
音無小烏 「まぁ、おかけで勝負はできるんだけどね。
ニートちゃんと真ちゃんはもう、どうにもならないわ。」
高槻駅 「小鳥さんに告発してもらえれば問題ないですし」
音無小烏 「そうねぇ。その場合は。
じゃあ、確かめるためにも、明日は私が噛むわね。やよいちゃん」
高槻駅 「はいさーい」
音無小烏 「噛んだら告発、で。」
高槻駅 「ちなみに、これ本来の使い方と乖離してる気がするけど、
響さんなら笑ってゆるしてくれるはずです。」
音無小烏 「最終日、芭蕉さん、やよいちゃん、ニートちゃん、真ちゃん……か。
まぁ、最終日がないよりはマシ、かな。」
音無小烏 「いずれにせよ私は明日まで、よ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
小日向美穂 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
日高愛さんの遺言                                     / /
             ___           /\    / /
          _,,.-''"::::::::::::::::::::゛'‐..,,       /   ゛'‐-..,,/ /
        /::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ    / /     ゛''-.,,_  
       /:::::::::::::::::::::::::゛''-.,,_::::::ヽ:::::::::::ヽ-//
      ./::::::::::::::::::_,,..-‐‐''r---i 、 ヽ,,   i /     
      .i::::::::::::::'-.,,_    |:::::::::| ヾ,ヘiヾri/―へ
      |:::::::::::::::::::::::\  ヾ ̄    .iヘ / /      
   _..-=|::::::::::::::::::ヾ:::::::\      . |::| |/          ゛''-.,,_
  //,r'".|::::::::::::::::::::::\\ヾ __   '" .ヽ   ',  ',        ゛'‐-
  |;///  ',\::::::::::::::::::::::\ |:::::::::|:    / \_', ',
  //.   \::\::::::::::::::::::: `.|,r―''  _,,.‐'     ヽ_.',
  |/     \::::''-.,::::::::::::::゛'-=二二>__    ヽ   ///
  |!      \ :::''-,,_::::::::::::::_,,..-‐_'".-‐  ''''‐-....,/ヽ///
           ゛''-.,,::::\ニ(,.ニ-‐_ニ_._ ̄      ゛`‐-,_ゝ
              ゛'‐-..< ̄゛''''‐‐‐----....,,,,__
                                ゛'‐-..,,_
小日向美穂さんの遺言 えーと、まぁAAがまだないので、とりあえず、
よ、よろしくお願いします。
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
双葉杏 「美穂っち……。」
音無小烏 「護衛:芭蕉さんよ
っていうか、どっちにしても芭蕉さん視点は詰みになるはずなんだけど……」
天海春香 「おはようございます」
高槻駅 「おはようございます」
松尾芭蕉 「松尾占いCO! 菊地真ちゃん○!」
菊地真 「おはよーございまーすっ!
それじゃCO待ってるよ」
音無小烏 「で、小日向ちゃん噛みねぇ。」
天海春香 「美穂ちゃん…またもや開発させてもらえないんだね」
菊地真 「まー
小烏さん吊ってからやよい吊るか
やよい吊ってから終わらないなら小烏さん吊るかって感じの」
松尾芭蕉 「狐だったら危ないってことに気付いたし、ここまで来たら○の方が早いから、そのつい真ちゃんをね?」
高槻駅 「さて、ばしょーさん視点の狼は小鳥さんと・・・ってなわけないでしょうに」
天海春香 「芭蕉さん占ったの、真のほうですか?
小烏さんにしてほしかったかなあ」
双葉杏 「別に間違ってはいないよ!>やよいちゃん」
松尾芭蕉 「あっ! ちょっと待って、何かいいの来たから!


エージェント

     夜の街往く

          エイドリアン


            ――松尾 大人の俳句」
音無小烏 「……あの、ですね。
松尾さん、弊社としてはあなたの占い師の資質を非常に疑わしいものであるとして
考えなければならなくなるのですが……」
菊地真 「>春香
いや単純に何ていうか
小烏さん噛みの小烏さん占いだと
詰まないじゃないか」
高槻駅 「>杏さん
いやいやいや
小鳥さんー愛さんならどんな勝負ですか」
松尾芭蕉 「小鳥さん、どうせ噛まれるかな……って>春香ちゃん
ごめんね、松尾油断してるね!
でもやっぱり狼じゃないと思うし、狐なら噛まれてくれたらありがたいし、真だったらやっぱりもったいないし、その」
天海春香 「ああうん、小烏さん噛みの~があったね
じゃあもう芭蕉さん真で詰ませるカタチってことでいいよね、これ」
菊地真 「ぶっちゃけ真でも偽でもまぁ
確○不在+愛が非狼だって宣言するんならきっと非狼なんだろうってことで
残しでいいんじゃないかなって判断>芭蕉」
松尾芭蕉 「す、すみません!>小鳥さん
でも私、占い師以外の特技ならたくさんありますから!
指パッチンとか、凄く得意なんですよ、ほら! (ピッピッピッ」
天海春香 「これ、芭蕉さんと真の2Wあると思う?>小烏さん」
音無小烏 「というか、これちょっと松尾さんを最終日に残していいものかどうかが
非常に疑問なわけですが。
松尾さん視点、あとは私とやよいちゃんだけよね?あとだれか灰いる?」
高槻駅 「私は、改めて宣言します
響さん真の、ばしょーさん狂人ですよ!
ね?ばしょーさん」
松尾芭蕉 「え、あ、はいどうも>真ちゃん
ちょっと待っててね! 本気の俳句はこんなものじゃないから、もっと凄いのお届けできるから!」
双葉杏 「やよいちゃん吊って(結果がどちらにせよ)ゲームセット!おつあーしゃー!寝る!

という方針の予定!」
音無小烏 「ないとはいいきれないわね。>春香ちゃん
ただし、その場合は春香ちゃん、あなたも疑いの範囲には入るわ。
どちらにしても、霊能がいないもの、ちょっと怖いわね。」
天海春香 「芭蕉さん真なら、小烏さんとやよいを吊ったら終わりです」
高槻駅 「だいたいばしょーさんは3日目の理由なしですよ?
4日目からあるのに。潜伏占いって時間あるから、理由作りません?」
松尾芭蕉 「違うもん、夢見がちだけど俳人だもん!>高槻駅ちゃん」
双葉杏 「自体は普通なんだけど、その場合狼2で「狐小鳥さんじゃないてへぺろ」だと思ってる。<やよいちゃん」
松尾芭蕉 「理由を作る暇があったら一句読みたいだけだもん!」
菊地真 「何て言うか
そこで「芭蕉偽ならどこが怪しい」じゃなくて
芭蕉吊りに行く辺りでかなり普通に吊りたいとしか言えない現実が>やよい」
高槻駅 「私はばしょーさん偽です。
そして真さんも春香さんも村です
なぜなら仲間ですから!」
天海春香 「じゃあうん、もうやよい吊って終わらなかったら考えよう
ここまできたらそうしかできないわ」
双葉杏 「小鳥さんーはるるんの2Wだとしよう!続いたらはるるんが性的にちひゃーを襲ったんだ!」
菊地真 「ふむ。」
高槻駅 「現実偽ですからねぇ>真」
松尾芭蕉 「あ、来た!


夏草や

     アバンギャルドに

            うっうっうっー!」
菊地真 「まーね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
高槻駅5 票投票先 →松尾芭蕉
天海春香0 票投票先 →高槻駅
音無小烏0 票投票先 →高槻駅
松尾芭蕉1 票投票先 →高槻駅
菊地真0 票投票先 →高槻駅
双葉杏0 票投票先 →高槻駅
高槻駅 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
音無小烏 「結局、こうにしかならないのよね。」
音無小烏 「……あーあ、松尾視点は、私が狼ってことだから、結果真……」
音無小烏 「多分、真ちゃん吊れば、話は別。でも。」
音無小烏 「春香ちゃん、2手目で囲ったって判断でいいの?
それは違う気がするわ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
菊地真 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高槻駅さんの遺言 私が人外?

            ノヘ,_
    ,へ_ _, ,-==し/:. 入
  ノ"ミメ/".::::::::::::::::. ゙ヮ-‐ミ
  // ̄ソ .::::::::::: lヾlヽ::ヽ:::::¦
  |.:./:7(.:::::|:::|ヽ」lLH:_::::i::::: ゙l
 ノ:::|:::l{::.|」ム‐ ゛ ,,-、|::|:|:::: ノ
 ヽ::::::人::l. f´`  _  |:|リ:ζ  < ないない
 ,ゝ:冫 |:ハ、 <´ノ /ソ:::丿
 ヽ(_  lt|゙'ゝ┬ イ (τ"
 r、     r、ヘ__>}ト、
 ヽヾ 三 |:l1 ===<l|:::::|
  \>ヽ/ |` }    l|Y:::|
   ヘ lノ.:`'ソ|     ! |::::|
    /´.::::/ .h__n′|:::::|
    \. ィ  /ーョヘ |:::::|
      |  ミ  丿 |:::::|
菊地真さんの遺言 ご苦労様ですっ
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
天海春香 「おはようございます」
双葉杏 「まこりん……。」
音無小烏 「護衛杏ちゃん。
まぁ、もう芭蕉さん噛まれないし。」
松尾芭蕉 「松尾占いCO! 音無小鳥さん●!」
天海春香 「なるほどね」
音無小烏 「……で、真ちゃん噛みってこれものっそい私狼!って言わせたい噛みね。」
天海春香 「じゃあ小烏さん、さようならで」
双葉杏 「小鳥さんと結託してはるかさんと投票を揃えるかどうかの読み合いしかない!」
松尾芭蕉 「空になる

   君は最後の

      ブルータス


             ――松尾 締めの俳句」
音無小烏 「で、芭蕉さんニセモノと。
ここで問題なのが、芭蕉さん視点だったら、どーなるか、だけど。」
双葉杏 「芭蕉さんが狂で小鳥さんが本当に狼ではるるんが3票で吊られてもあたししらない!」
松尾芭蕉 「騙されたよ……芭蕉、すっかり騙されたよ……」
双葉杏 「内訳とかどーでもいい!>小鳥しゃん&はるるん%ばしょーん」
天海春香 「杏ちゃん噛まれてないのが、アレですよね
でもここまできたら小烏さん狼が濃厚かなって」
音無小烏 「ねぇ春香ちゃん

◇天海春香(22)  「これ、芭蕉さんと真の2Wあると思う?>小烏さん」

これの意図、教えてくれない?
あなた、なんであそこで真ちゃんと芭蕉さんの2Wをみたの?」
双葉杏 「いま大事なのは各自のとーひょーさき、OK?
私をしんじて!>小鳥しゃん」
天海春香 「杏ちゃんは何?
吊られたいの?」
松尾芭蕉 「どうでもいいってことはないよ!>杏ちゃん
だけど、大事なことはここで狼を吊るし上げることだよ、君と僕と彼らの共同作業だよ!」
双葉杏 「はっ…… はるるん目線で私狼か!」
双葉杏 「小鳥しゃん狼だとして、芭蕉ちゃん真ありうるの?>はるるん」
天海春香 「いちばんあるとしたらそこかなっていうのと、
小烏さんがこの質問で何かを見せてくれるかなっていう意図ですけど>小烏さん」
音無小烏 「しょーじきね、この噛み方するならハイハイ私狼狼なのよ。
でもそれだと、ものすごーく、この残り方が納得いかない。
んで、杏ちゃんと春香ちゃん両方だったら、杏ちゃんぶっちゃけ狐目にみるわ。」
松尾芭蕉 「私、スルーされてる?
……ウソ、超ショックなんだけど……いいの? 読んじゃうよ、投票はもう済ませたし俳句読んじゃうよ?」
天海春香 「小烏さんが狼っていうのを一番の候補にしてるけどね
でも、杏ちゃんの動きも看過できないんだよね」
音無小烏 「で、その反応をみてのメリットはどうなるのかしら?
松尾さん真とすれば、あなたが噛まれてないのも割と不自然なんだけど。>春香ちゃん」
天海春香 「あとはまあ、私が狼だったらとっくに芭蕉さんを漂白噛みしてるわっていう」
天海春香 「私は噛む場所じゃないからでしょう
狼としては私をここまで残して最後に吊ればいいわけですから」
音無小烏 「はい、弊社といたしましては天海春香に協力している何者か、それがあなただと
現在考えている所存です。狂人の芭蕉さん」
松尾芭蕉 「では、一句

『この味がいいね』と君が言ったから

              七月六日は

                  スペイシーハグ」
双葉杏 「はるるん狼でちひゃー襲撃したか否かだよ!」
音無小烏 「え、それって自分が囲い候補だからって自覚をもっていっているってことだけど?」
天海春香 「じゃあ杏ちゃんだよ」
松尾芭蕉 「何者か、と聞かれたら芭蕉ですよ! 松尾ですよ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
天海春香1 票投票先 →双葉杏
音無小烏2 票投票先 →天海春香
松尾芭蕉0 票投票先 →音無小烏
双葉杏1 票投票先 →音無小烏
音無小烏 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
音無小烏さんの遺言 と、死んじゃったかぁ……ま、ついてなかった、かな。
お疲れ様、あとはよろしくね?
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/04/24 (Tue) 23:55:07
我那覇響 「どうなる!」
小日向美穂 「おつかれさまでした。」
高槻駅 「お疲れ様」
双葉杏 「あってた!<できない夫は偽」
クマ吉 「・・・芭蕉ぇ」
天海春香 「おつかれさま」
菊地真 「まー
杏がこっちを人狼と見るならってだけじゃないかなという>春香の投票」
高槻駅 「まぁ、こうなるよね」
日高愛 「おつかれさまー。わりとカオス!」
菊地真 「お疲れ様ー」
如月千早 「春香ーーーーーー!!!!!」
天海春香 「って、えええええええ」
萩原雪歩 「おめでとう!!
芭蕉さんが新占いだよwwwwwwww」
道明寺歌鈴 「お疲れ様でした!」
菊地真 「芭蕉は犠牲になったのだ」
三浦あずさ 「お疲れ様、つかれたから先に落ちますね
GMさん、村立てありがとうでした」
我那覇響 「うたいみそーちー!」
音無小烏 「……そうなるよなぁ……芭蕉……」
菊地真 「真占いという名の犠牲にな…」
高槻駅 「ばしょーさん真なら私村で、勝利ですよね
やったー!」
双葉杏 「歌鈴ちゃん……。」
島村卯月 「おー!!杏ちゃんGJです!!!
狂人さんと狼さんは・・残念でしたね(ほろり)」
道明寺歌鈴 「芭蕉さんェ・・・・・」
我那覇響 「自分、真占いだと思ってたけど狂人だったみたいだ……」
日高愛 「たぶん狐さんが一番可哀そう!」
道明寺歌鈴 「杏ちゃぁん・・・・」
天海春香 「芭蕉さん…自分が吊られに行けばよかったのに
もったいないですよ~」
松尾芭蕉 「しまった、ついやり過ぎた!」
双葉杏 「かったよ!(えへん>歌鈴ちゃん」
如月千早 「春香、(自主規制)!
(自主規制しましょう!)」
音無小烏 「あのですね、松尾さん、私、最後に「天海春香に投票しろ」こう、申し上げましたよね?」
高垣楓 「皆様お疲れさまでした。二転三転する超展開の連続に私もはらはらでした・・・

というわけでうみゃプロデューサーは表彰の準備に入るそうなので待てる方、待っていてくれると嬉しいです。
では、本日のお相手は高垣楓でした。
・・・こういうのでよかったんでしょうか、私・・・」
菊地真 「僕の狐誰だと思ったらそこか…>道明寺」
高槻駅 「ばしょーさんは狂人COでもしないと、引き分け以下しかなかったね」
萩原雪歩 「真のMVPは村役職の狂人への洗脳電波だと思う」
双葉杏 「美穂ちゃんえらい!なんか狩人になってる!」
天海春香 「っていうか芭蕉さん、狼の追い込み方がパネェっすよ」
クマ吉 「僕と歌鈴ちゃんの犠牲をものともせず芭蕉はよく頑張った!
・・・で、どーしてハーレムになっているのかなあ」
道明寺歌鈴 「おめでとう!>杏ちゃん
って言えない立場なのがどうにもね・・・・?」
星井美希 「お疲れさまなの」
菊地真 「見えないと思う>投票先指定」
天海春香 「千早ちゃーん!
さびしかったよー」
菊地真 「見事な灰残しである。」
高垣楓 「うみゃPメモ:MVPまじどうしよう」
我那覇響 「狂人は2日目に噛まれたんだよ……!
でもこれだと愛も犠牲になるよな結果的に」
双葉杏 「うーん……うん?<投票先について」
日高愛 「投票先指定はわかりやすく発言しないとスルーされることはよくあることかもです」
クマ吉 「MVPは歌鈴ちゃんでいいんじゃないかな」
島村卯月 「音無さんは暗に伝えようと凄く頑張ってましたよね
グレラン回避の狩人COも上手かったですし
最終日に伝わらなかったのだけが残念でしたね、難しいですよね」
道明寺歌鈴 「まさか特攻もらって沈むなんて思いもしなかったの・・・・>真ちゃん」
高槻駅 「>小鳥さん
いや、そもそも小鳥さんが勝ち狙うのが間違えで
狼COして引き分けで満足したらよかったのに」
双葉杏 「だって芭蕉さん的にははるるん狼しゃんだもん!>小鳥しゃん」
菊地真 「杏でいいんじゃないかな…>MVP>最終日結局狼吊ってるし
僕全然疑ってなかったしみたいな」
松尾芭蕉 「噛み筋から天海春香が狼だと思っただろ……>小鳥
お前さんが噛まれないのも十分すぎる程に不自然だけど狐候補と見ているんじゃないかという系のそれがだな、待て話せばわかる!」
高槻駅 「私ならそーするかなぁ
ばしょーがうまく機能してないんだから」
音無小烏 「その点について、そちら様ではどのような態度で望まれたか、
ご意見をいただけますでしょうか?弊社としましては、先方とのお付き合いを
お茶漬けいっぱいですませる用意もすんでおりますので……>芭蕉さん」
天海春香 「最後は芭蕉さんに2票集める方向でしょう
そうすれば狼が持っていけたと思いますけど>小烏さん」
双葉杏 「そして私の変わり身の早さを褒めるべきだね(キリッ。<はるるんの気配を察した」
如月千早 「高垣さんは春香の(自主規制)用意してなかったから・・・
直接(自主規制)、してくれないかしら・・・」
島村卯月 「ふふっ、千早さん私に手も出さずに、春香さん一筋でずっと待ってたんですよ♪」
高槻駅 「狂人がミスってもそのせいにしちゃいけないぜ☆」
我那覇響 「自分は霊界で反省会とツッコミしかやってなかった記憶しかない!」
音無小烏 「故に、私は、天海春香を狼だと申し上げましたよね?(にっこり」
双葉杏 「しかし……
はるるんがつひゃー襲撃じゃなかった……。」
天海春香 「私狼なら芭蕉さん噛んでます~
そうすれば漂白完了ですもんね~>芭蕉さん」
萩原雪歩 「そも 芭蕉さんが○出して 髪もらってない時点でセルフ真位置だしなぁ」
天海春香 「千早ちゃんは村に置いてじっくり嘗め回すのがジャスティス!>杏ちゃん」
松尾芭蕉 「あ、すみません……一句捧げるから見逃して?>小鳥」
双葉杏 「小鳥しゃんのミスは……
私を信じたコトだ……!(くわっ」
日高愛 「クマ吉さん狼なんだから、芭蕉さんLWはさすがにないと思いますよ!>春香さん」
島村卯月 「うん、村で言えば最終日に正解した杏ちゃんMVPかな
もし別の人に投票したら負けちゃってましたし!」
高槻駅 「>ばしょー
面白いAAはってほしいな(チラッ」
音無小烏 「んー、芭蕉さんは正直そこまでの流れで狂人、だから
それだったら、芭蕉さんに集めるよりは春香ちゃんのが有効だよ。
芭蕉さん残すっていうのは、そういうことだもの>春香ちゃん」
高垣楓 「ずっと怯えていた私よりマシかと・・・>我那覇さん」
クマ吉 「いや、僕と芭蕉が狼だったら騙りで2枚出すよ>愛ちゃん」
菊地真 「そもそもまー
なら集める先はせめて
春香じゃなくて杏じゃないかな…」
菊地真 「と思う」
天海春香 「そして哀れなのは歌鈴ちゃん…
さくらもちぺろぺろしたかったよ」
菊地真 「割とマジに。」
双葉杏 「あるよ!<ばしょーんLW」
音無小烏 「ニートちゃんは……
真ちゃんよりもブレる可能性を秘めてたのよ!
それで狐だったら仕方ないわ!」
道明寺歌鈴 「じたばたしても生き残れる気配がなかったんですよぉ・・・・・」
如月千早 「ふふっ。春香?
今からでもいけるわよ?>さくらもち」
双葉杏 「ただ「響真見切り+狂潜伏2騙り」とか勝たせてあげるべきかなって!」
萩原雪歩 「しかし 私 出るの正解だったんだろうか(ずっと悩んでる」
菊地真 「ばしょーLWはふつーにあるかなーとは思ったけど
小烏さんの何かここでやよい吊られるとやばいよオーラが
全然村っぽいオーラじゃなくて何かここで吊られると自分まで吊られて負けるよオーラに見えたから
多分生きてたら投票してから考えるぐらいかな…」
松尾芭蕉 「>高槻駅


          / ̄ ̄\
   _     /  「  ヽ \     ネタ振りを
  (  ;)  .|  (●)(●) |
  ヽ ;;i    |     |     |        されても困る
   .| ;;l    |   __´_  |
   l ;l   |   `ー'´   |             ハイタッチ
   l ;l   ヽ       |   
   l ;i  ィ ヽ     ノ;;ヾ
   .l ::l ィ彳彡彡 ,央 ミミミミミミミ
    已 7 ィ彳彡/;;;;;;\ミミミミミミミ
    ヒ 1ィ彡彡/:::::   ::::\ミミミミミミ
    .l ::i 彡/ ::: 金 :::: ヾミミミミミ
     | :l ミ/ \ ;;;;;;;;; / \ 彡彡
    .l :i  { _ ノ \/ ヽ  ,,}
     l i  \ )    丿/
     .l i  / /    (  \
      Li ~^~      」
島村卯月 「・・・ああっ、私の誕生日が終わっちゃいました!
念願のSR化することもなく・・・しくしくしく」
菊地真 「多分
芭蕉が安心して投票できる
非狼位置は絶対杏>>>春香だと思うんだ(真顔」
如月千早 「結果論的には素晴らしかったです>萩原さん
霊能真決め打てましたからね」
天海春香 「残した上で、ああやっぱ芭蕉偽で狼だったじゃんか!
って主張からの芭蕉へ誘導でいけないかなあ
私は芭蕉さん狂人に固定してなかったし>小烏さん」
高槻駅 「ばしょー残すというのは、ばしょーに託したわけで。
ばしょーが機能しないなら負でいいという布陣。
だからといって、ばしょーには非がなく、ばしょーに託した狼が悪い
だから、実力不足だね。私たちの。」
クマ吉 「僕が占いCOした時点で出て正解、誰も僕を守るわけがない>雪歩」
音無小烏 「んー、正直、杏ちゃんに集められるかはちょっと疑問。
それはそれで、いいんだろうけど。私はそれなら春香ちゃんかなぁだったし。」
松尾芭蕉 「【速報】
高槻駅……狐臭い
音無小鳥……狐臭い


狐臭くて○を出したくなかった2人が狼でした」
我那覇響 「余裕あったのに対抗出なかったしなっ
自分霊能って可能性も潰れたし。」
高槻駅 「もちろん、中の人的には受け取って欲しいことは色々あるけど
それはそれ。
欲張り過ぎたのがいかんねぇ」
高槻駅 「>ばしょー
そこはパイタッチにするといいでしょう」
菊地真 「何ていうか
クマ吉が吊りのがれ占いCOっぽくて
そーゆー奴って大抵初手●特攻するよねって思考メタは
ちょっとあった感じはしないこともない僕」
双葉杏 「(ナデナデ。>卯月ちゃん」
松尾芭蕉 「最終日の流れを見ているうちに「あれ、双葉が狼? 噛み的には天海……いや、でもその次の日に双葉にも出したよな?」と>菊地
天海がどこに投票するか最後まで読めなくてこう、オロオロとだな!」
音無小烏 「それが通るかなーという気持ちもあるのよ>春香ちゃん
そうね。それだったらやよいちゃんよりも先に芭蕉さん吊りたいっていうかも私は。
それでも、最終日はくる!って主張は霊がいないならできるかどうかだけど……」
菊地真 「なむなむ>ばしょーん」
萩原雪歩 「初日真なら出ても影響ないかな
と踏んだけど 実際焦ってましたねw >初日出るの」
如月千早 「◇我那覇響(110)「ゆ、雪歩ー!
雪歩なだけに潜ってるとこじゃなかったのか!?」

我那覇さんのこの発言に助けられたとも言えますが・・・」
日高愛 「私は霊能出てくれたほうが嬉しいかなーって思いました
初日共有者さんでしたしね!」
我那覇響 「遺言無し村では潜伏は自殺行為! 響おぼえた!
……でもあってもCOした方がいい挨拶位置だったよなあ。慣れ、だなあそこは。」
菊地真 「いやまぁ実際問題
占われないなら潜りで良いとは割と思ったり思わなかったりどーでもよかったり
そんな感じじゃあるけど>●で初手霊」
松尾芭蕉 「最終日手前で俺orお前さん吊りの流れにならなかったのも何というか、こう予想外だったんだが>小鳥
俺吊りなら狐ケアがちょい不安だがオッケー、お前さん吊りでも狐ケアになるからオッケーと読んでいたのに」
双葉杏 「えすぱー的才能によってはるるんが私に投票することをみぬいたのだ!>ばしょーん」
萩原雪歩 「あと島村さんは正直最初にグレランがあるなら
落とす位置かなと踏んだので放置してましたね
正直人外とは見てなかったですしねー」
双葉杏 「おっけーおっけー。<雪歩しゃんCO」
島村卯月 「ううう・・・ありがとう杏ちゃん
私、これからも普通(ノーマル)なアイドルとしてだけど、頑張っていくから・・・!(涙)」
菊地真 「卯月は何ていうか
美希噛まれた場面だと限りなく人狼薄い位置じゃない?っていうのは
割とふつーにあるような」
高垣楓 「MVP

菊地真(揺れない心)
というわけで最終的に噛まれはしたけどそれまで真実に肉薄していた村人さんにMVPを。見事にドンピシャでした。お見事っ

裏MVP

松尾芭蕉(・・・どんまい。)
白出し圧殺・・・占いとしては強力な一手。狂人としても狼囲えてしまえばいけるいける、そんな感じの戦法。
だけど・・・狼をピンポイントで追い詰めてしまう事もあるのです。
今日は星の廻りが悪かったんですよ、えぇ(遠い目)

RP賞

松尾芭蕉(カオスそのもの)
というわけで意味不明なHAIKU(俳句にあらず)を発表し松尾ワールドを作っていた貴方にこちらの賞も。色々な意味でお見事ですっ

MDP
如月千早(・・・もう、なんというか)
というわけでガチで狙いにきてるなこやつ、と思いましたがこの賞を与えるしかないレベルに暴れてくれたのであげます!ある意味おめでとう!
音無小烏 「まぁ、実際そうなのよ。
私もやよいちゃん吊るなら先に私、って考えてたわ。>芭蕉さん」
松尾芭蕉 「くそっ、見ぬかれたか!>双葉」
クマ吉 「>まこりん
吊り逃れというより真占い師をあぶりだすという目的で今回の特攻は成功だよ
その点は仲間に感謝
占いを抜けるのであれば騙りにでて特攻するほうが一番のリターンじゃないかなー」
菊地真 「まーうん
真ぶっこ抜けたんだから上出来だよねー>クマ吉」
高槻駅 「ではお疲れ様」
双葉杏 「おっつー。>かえでちゃん」
島村卯月 「響さんは潜伏で良かった場面でしたね、噛まれる可能性は本当にわずかでしたし
でも、こういう事もあるんだぁ・・っていうのが、今回の村でしたねっ!」
菊地真 「ごえーひっぱって真占いぶっ殺すって一点で
完璧な仕事してるからねぇ」
如月千早 「やりました!
初受賞ですよ・・・(ドヤァ」
萩原雪歩 「ぶっちゃけ 共有初日って割れてなければ潜るのが正解だったと思ってました
あの状況で噛むとも思えなかったですけど >初日CO」
菊地真 「おっつおっつー>おちるひと」
松尾芭蕉 「流れ的に噛まれない狩人も噛まれない占い師も放置するのは怖いだろうなー、俺が真だとしても狐ケアで狩人吊りだろうなー、と>小鳥
千早噛みが結果として首を閉めちまったんだろうな……すまねぇだろ、くそぅ」
天海春香 「ところで千早ちゃん
卯月ちゃんの開発は上手くイッた?」
日高愛 「おつかれさまでした、皆さんありがとうございましたー」
菊地真 「てゆーことでおっつん」
クマ吉 「というか初日特攻で狐に●あてて次の日に狩人に○あててるとかよくわからない第六感が働いてると思うんだ」
道明寺歌鈴 「お疲れ様です!」
島村卯月 「おー、真さんも鋭かったですよね!おめでとうございますっ!
芭蕉さんも面白かったですよね~(笑)
・・・あれっ、MDPって何でしたっけ?」
天海春香 「おお、千早ちゃんおめでとう!」
双葉杏 「いやーでもよかったよあれは。
クマのぬいぐるみだったし。<立ってた占い」
音無小烏 「まぁ、千早ちゃん噛みはさ、
あなたを狂とみての噛みなんだし、それはそれでいいわ。正直。
だからあなたの視点から見たときに私に狐あったのが問題ね。」
双葉杏 「おめおめ!>ちーひゃー」
道明寺歌鈴 「大迷惑被っちゃいましたよまったく!>クマ吉さん」
天海春香 「みんなで だんこんを ぷるぷるさせよう
の略だったかな?>卯月ちゃん」
高垣楓 「MDP=モスト デンジャラス プレイヤーの略称で

もっともひどい変態に授けられる賞です」
松尾芭蕉 「初手で狼が特攻して次の手でフォローがないのはアレか、……俺に期待してたのか>クマ吉
だとしたら申し訳ないだろ、狐の特攻もありえるかなって」
クマ吉 「狼引いちゃったからごめんね>歌鈴」
我那覇響 「真や千早、おめでとうだぞー!」
音無小烏 「受賞者の人はおめでとう。
ん、たまにはいいわね。こういう立ち位置も。」
如月千早 「いえ、島村さんはあまり。
それよりも我那覇さんが(自主規制)する勇気がないそうだから、私と春香で実演してあげたいんだけど・・・」
天海春香 「それにしても芭蕉さん大活躍っていうことですよね
私は正解にたどり着かなかったわけですから」
松尾芭蕉 「そこまで俺を信じてた……だと……>小鳥
馬鹿を言うな、どこからどう見ても真占いのムーブだったはずだろ、狂人なんてとてもとても」
島村卯月 「ふふっ、千早さんは春香さん一筋だったんですよ♪>春香さん

・・そういえば、あの日私が吊られなかったら大変な事になっていた予感です///」
我那覇響 「その話題まだ引っ張ってたのか!?>千早」
天海春香 「響ちゃんにそんな気配あったの?<千早ちゃん」
如月千早 「そのまま変態つながりで

明日、紳士淑女村を立てます!」
萩原雪歩 「私ははっちゃけられる自身がないなぁ… >MDP」
高垣楓 「そ、そろそろやめたほうが・・・!引くひとだっているような気が致します・・・!>如月さん」
音無小烏 「言い方を変えるなら、だけど、そこで狂人に頼った狼だって悪いのよ。
本来は一本立ちできてた展開なんだし、ね>芭蕉」
双葉杏 「アイドルってたいへん……やっぱり私は部屋でねていよう!<はるるん&ちーひゃー」
天海春香 「むむむ、これはログ見てこよっかな>卯月ちゃん」
クマ吉 「初日狼特攻した場合の狂人へのフォローというと?>芭蕉」
高垣楓 「紳士淑女村ってなんですか・・・!」
天海春香 「どんどんぱふぱふ~>千早ちゃん」
島村卯月 「な、なるほどです・・・納得です!(笑)>楓さん
おめでとう(?)ございますー!

そういう発想が即座に出てくる春香さん凄いです・・・さすがトップアイドル・・!(何)」
高垣楓 「あ、部屋でトレーナーさんが待ってますよ・・・?>双葉さん」
星井美希 「紳士淑女かぁ」
双葉杏 「びくっ!>楓ちゃん」
音無小烏 「……ああ、そうか、芭蕉狼目でつるはありなんだ。
だって、私は立場的に狐はある、最終日は狐を吊る場所じゃないんだから。」
高垣楓 「MDPは狙うような賞じゃないとおもいます、まる。

気がついたらなっているものだと」
萩原雪歩 「正直はっちゃける時は黄色いネズミの皮をかぶらないとなぁ…」
松尾芭蕉 「いや、俺からお前さんへのフォローだろ>クマ吉
この場合は霊能Coして結果●を提示、だな」
音無小烏 「紳士淑女はたててもいいけど、まともな発言は期待できないわね。」
我那覇響 「自分ははっちゃける時はでっていうとかじゃないとだなあ」
道明寺歌鈴 「はっちゃけ・・・・・私にできるかなぁ・・・・・?」
双葉杏 「きゅ、急用を思い出したので私は急ぎ退散する!
あそんでくれたみなはありがとー、また遊んでくれたまへ!

やーだー トレーニングはやーだー(ずるるー。

        /: :/: : :/: : 、: :\\
       /: ;:/:,: : :/!: : : :ト、: : ',: ヽ
       ,: : :/: !: : ; !: : i: ! ,: : :,: :!
       !: : :!: l: i/!メ、ヾ:、v' ヾ: :!: !、
      /: : :,!: !;ィ三「  イミ;、ヾi:i: :ヽ
       /:!:,-;{ i: ! ゙ー゚   . ゙ー゚ , yi:!: : ;l
    _ /マ!i∠: :ヾ!.   、._ .   /: /;'∞)_ _
  入T! ヾ.一'8: '; >,- ̄t.<: :y'>|; ;}; ー; 、ミ
./  >ゞ;´: ∠__二ヾノ   !、_ー/:/ ; ;l; ;! ; ; ; ; ; .;ヘ
(   /  ̄ ! ヽ \ii!゚。   __.゚ノ≦ ̄l; ;l. 。; ・; ;! ;,ヾ,
 ー,-.,-一ヽ」_  >゚.。-" .゚  .ヾー,!; lミ ヽ ;/ !; ;,!
  /:!/       i     ゚r‐゚、  i; ; ; ;i!;l; ; \ .\ !; ;,|
 !: ヽ       i!     (` i /, ; ;"/!;i_; _\ノ.!; ;l
 ト,: : \     }      ⌒ i l; ; ヾ !/   j; ヽ!; ;l
  \ : : \  / ,       / !i ; ;;,゙,;>-―'; ; ; !!;.ノ
    ーミ、ヽ/ /      /  ヾ; ; ;゙ ; ; ; ; ; ; ; ;i!!/
       _)ヒミ、ミ    /   };ー,_;<" ̄ !シ
高垣楓 「あ、あの・・・私えろねたにがてなので紳士淑女村はたぶんムリです・・・ごめんなさい・・・」
島村卯月 「紳士淑女村・・・正統派美少女(笑)な私には向いてなさそうなので
明日は別の誰を送り込むか悩みます~!」
島村卯月 「杏ちゃんおつかれさまー!最終日GJだったし可愛かったよ♪」
松尾芭蕉 「初手で狼が特攻した場合、灰噛みは不自然じゃなくなる
代わりに翌日の展開として1-1ないし2-1で霊能○、もしくは1-2や2-2になるだろ

この場合、狼-狼ラインでつなぐ方がやりやすい、2-3とかになると狼特攻が露呈しやすい
なので対抗の占い師が出ない時点でラインを霊能COに切り替えてラインを繋ぐ……という芸当もできたわけだ」
萩原雪歩 「では私もー
…いい加減トリップ付けるかなぁ」
天海春香 「響ちゃん、自分を信じてすべてを解き放って、ほら♪」
クマ吉 「>芭蕉
あー、そういうことか、確か3日目の夜に言ってたね
2-2のライン線で僕真の可能性が残るのなら強い形になるね
音無小烏 「あー……霊能、ね。」
如月千早 「特殊RP村 紳士淑女村

17人普通村(予定)
以下の特殊ルールを追加
紳士淑女な発言(らぶらぶちゅっちゅからHENTAIまで)の発言をいっぱいします。
もし仮に紳士発言を受けた場合、「紳士淑女的に返す」ことを義務付けます。
またグレランを行う場合強制的に「非紳士淑女ラン」となります。」
道明寺歌鈴 「そういえばトリップは付け方知らないですねぇ・・・・」
天海春香 「歌鈴ちゃんは淑女の素質、かなりあると思うけどなあ
開発のしがいがありそうだよね、千早ちゃん?」
高垣楓 「あ、あの・・・これ言っちゃダメな気がしますけどそれ、17人集まらないと思います・・・」
我那覇響 「いや、自分を信じるといわれても!?
解き放つって何をさー!?>春香」
如月千早 「あ、いえ・・・
ここ一週間ほど抑えすぎていたので少し今日は強くなってしまいまして・・・>高垣さん」
島村卯月 「あ、歌鈴ちゃんはトリップを知らないんだね
えっとね・・・ちょっと待ってね」
天海春香 「ほら、あの、汁っぽいなにか?
そう!海ぶどう!響ちゃんの海ぶどうペロペロ!>響ちゃん」
音無小烏 「ああ、トリップはそうね
「自分のHN#任意の文字」でつけれるわ>道明寺さん
たとえば「自分のHN#天海春香」とか。これで生成される。」
クマ吉 「紳士淑女村なら芭蕉は出場するしか無いよね~(チラッ」
高垣楓 「や、気持ちはわかりますけどその・・・ちょっと、素でどんびきしちゃいまして・・・(汗)」
松尾芭蕉
如月千早 「それはわかってます>高垣

でも、「こういうふざけた村」をちょっとアクセントとして取り入れたいって考えてまして・・・」
天海春香 「もずく酢プレイとか、イケそうな気がする~
あると思います!」
松尾芭蕉 「えと……その、ちょっと、熱があるかなー、って>クマ吉
これはいけないな、病院に行ってこよう」
クマ吉 「ということで狂人が特攻を見たら霊能COの結果をどうするかは想定しておいていいね
真の初日●引きも視野に入れておいて考えておきますか」
如月千早 「間違えて呼び捨てに」
松尾芭蕉 「(むしろ病院をここに連れてこよう)」
道明寺歌鈴 「なるほど、わかりました!
次回から試してみますね!>小烏さん」
天海春香 「たまには、ね
フルゲートの人数そろわないかもだけど、新しい風が吹いてるときにやってみたいかなって>楓ちゃん」
高垣楓 「えっと、その・・・でも、アクセントにはなりますけれど・・・マトモに始められる人数になるのか心配なんですよね・・・>如月さん」
星井美希 「もうここが病院になろう?」
我那覇響 「汁っぽい何かって何だー!
やめ、自分海ぶどうなんてつけてないぞー! うぎゃー!!>春香」
クマ吉 「さすがに僕でもそれは引く>海ぶどう、もずくプレイ」
音無小烏 「松尾さんは今日はもうゲイドルマスタータグか北米版アイマスタグ以外見ちゃいけないわね。」
高垣楓 「……まぁ、うん、参加できないなこれって思ってワガママ言ってるだけですね・・・ごめんなさい・・・」
島村卯月 「http://www.dawgsdk.org/tripmona/download
私の使ったのはこれですっ。適当に文字を入れるだけでもトリップは作れますけど
頭4文字くらいを好きな文字で検索して作るのも楽しいですよ♪」
如月千早 「うーん、日曜日に勢いで決めた企画ですからね・・・
ちょっと無理がありすぎかもしれません」
道明寺歌鈴 「もう、何がなんだかわからない単語が飛び交ってます、ひぃーん!」
高垣楓 「求められてるのなら、その、頑張りますけど・・・必死で」
如月千早 「北米版アイマスは私もよく見ますよ」
我那覇響 「それじゃあ自分はそろそろ家に変えるさー!
ハム蔵たちにエサやらなきゃだぞ! んじちゃーびら!」
音無小烏 「まず、やるということが目的だし、そこの告知をちゃんと千早ちゃんがやるのなら
それは問題ないと思うよ。自分の立てる村の責任は自分で負うべき、
だから、無理ならこなくていいし、だめならだめで次どうするか考えてもいいし>高垣さん
だから、そこで無理、とかだめ、とかいっても仕方ないかな、とは思う。」
松尾芭蕉 「狂人視点だと、
1.真の●
2.狼の特攻
3.狼の身内
4.狐の特攻

このくらい、あるだろ>クマ吉
この場合、基本的に1と4は●を出すと致命的、2と3の場合は●を出してもいい
なので基本的に●はハイリスクハイリターン、○は安定ではあるけど霊能ローラーをされるのも一長一短だろ」
クマ吉 「さて、それじゃアイドルの皆さんお疲れ様でした
うみゃGMは村建てありがとうございました」
如月千早 「んー、やっぱり見送ります・・・。
企画するにしても勢いだけで云々、では厳しいものがありますね」
松尾芭蕉 「>小鳥さん
ごめんなさい、ぼく英語とかわかんないです><」
音無小烏 「まぁ、道明寺さんはまずは発言を頑張る方向でいいと思うわw
ちょっと……●貰いは不幸、だったけどね?」
星井美希 「歌鈴……考えちゃだめなの……」
音無小烏 「あらそう、だったらニコニコで「アイマス艶本」で検索するのをおすすめするわ。」
萩原雪歩 「それくろりちんさんじゃないですか >あいます艶本」
如月千早 「ただ、こう、1、2週間に1回くらい特殊村があってもいいと思うんですよ・・・
恋人有り村を立てているのもそこが一番のポイントでして・・・」
道明寺歌鈴 「が、がんばります!>小烏さん」
島村卯月 「んー、当然苦手って方もいて難しいのかな。私は何でもチャレンジの精神ですけど
無理強いはできないですしっ・・・千早さんおつかれさまです」
松尾芭蕉 「検索:アイマス艶本

カチカチッ」
道明寺歌鈴 「か、考えたらきっとドツボだもんね・・・・・?>美希ちゃん」
音無小烏 「いろいろコンセプトを取る、というのは悪いことじゃないわね>千早ちゃん
それを周りにちゃんと派生させるにはどうするか、という点はあるけど、
そうね……女神村よりもコンセプトが尖るから、そういう意味でちょっと敬遠する人はいるかもしれない、かしら。」
松尾芭蕉 「キーワードに一致する結果が見つかりませんでした

……ホッ」
高垣楓 「特殊、ですかー・・・わかるんですけどねー・・・
そもそものやれる人数が集まるかどうかが運って状況で参加する人限られる村を立てるのはどうかって気もするんですよ・・・」
星井美希 「うん、気にしたらいけないの……>歌鈴」
如月千早 「そうですね・・・
まずこんな勢いだけで決めた突拍子のない村よりも、うーん・・・」
音無小烏 「あ、ちがった。あいます笑本だ

http://www.nicovideo.jp/watch/nm15432860」
如月千早 「あ、でも明日はいつも通りの女神村は立てますよ!」
高垣楓 「僕の村はルールは普通だけど割と特殊な扱いだと思っていますけれどねぇ・・・表彰ついたり、手当たりしだいに宣伝してみたり。」
島村卯月 「おー、女神村ですか!
それも楽しみです!」
音無小烏 「もうひとつ考え方があるわ>高垣さん
できるか、できないのかじゃなく、やるか、やらないのか、よ。

私は無理でも後者をするなら、そこからまた考えることもできるから止めても仕方ないかな、とは思うわ。」
萩原雪歩 「小烏さん
ののワゑもんとかの方が検索に良いんではないかなと一瞬思った私は病気ですか」
如月千早 「実際聞いてみたいですね・・・
このメンバーで特殊村をやるとしたら、何がみなさんやりたいって思いますか?」
高垣楓 「あ、そうだ!GMがRP表彰する村とかやってみたらどうでしょうか?
村展開の表彰は難しくてもRPのお気に入りを表彰する村なら誰にでもできるはず>如月さん」
萩原雪歩 「女神村 うみゃP以外がGMの」
道明寺歌鈴 「女神村は結構複雑になっちゃいますよね
考えるのが大変そうですね・・・・」
松尾芭蕉 「カチカチッ

……おい、これいいのか運営いいのか、これ」
高垣楓 「昔アイマス村メインGMになる前の僕がやってたのです<RPだけ表彰する村」
萩原雪歩 「大丈夫だ 修正前はもっと過激 >芭蕉さん」
島村卯月 「うーん、正直、私はほとんど普通村の経験しかないので
特殊村って何があって何がいいとかとか、今一つピンとこなくて・・・ごめんなさい>千早さん」
高垣楓 「あと特殊・・・CN指定、とか。仮で入れるようになったしCN指定はできるはず」
松尾芭蕉 「ああ、特殊村か>如月
色々とあるが……そうだな、まずはお前さんがやってみたいものを、前々から(できることなら1週間くらい前がベター)から告知してみるといいと思うだろ
魅力的な企画なら人が集まる、そうでないのなら仕方ないね☆という

事前準備は大事だとおもうだろ」
高垣楓 「何故私GMでは女神ダメなのだらぅか・・・w
まぁ、私が女神村たてると集まらないジンクスはあるけれど」
音無小烏 「私は大体どんな村も企画する時は1週間前位からしこむしね。」
如月千早 「アクセントというか「ちょっと変わった趣向の村」を立ててみたい、というのは
あるんですよね・・・・

大喜利村とか参加して、ああ、こういうのもいいなって」
星井美希 「面白そうな村なら必然人は来ますからねぇ」
高垣楓 「大喜利みたいな村は参加人数に余裕が出来てからだと思うのよね・・・人を選ぶものだし」
音無小烏 「ああ、そうね。
ああいうの、ちょっと突発的にみえるものね……
うん、ならば、だけど人を増やしましょう。ここに訪れる人がもっと増えれば、
おのずとそういった企画モノもできるようになるわ>千早ちゃん
私はその挑戦精神は大好きよ。」
如月千早 「そうですね・・・「やりたい」ばかりが先行しすぎてますね、私・・・」
星井美希 「やりたいって気持ちがあるなら大丈夫だと思うかなー」
高垣楓 「大丈夫ではありますね」
天海春香 「ログ読んできたー
千早ちゃん、大活躍」
天海春香 「あ、結局明日は女神村にするの?>千早ちゃん」
島村卯月 「うん・・・私もそうですね、つい自分がやってて楽しい事ばっかり考えちゃう事がよくありますけど
他の皆にも楽しんでもらえるように・・って事も、もっと考えた方がいいかな、とか思っちゃいました///」
音無小烏 「やりたいはいいのよ>千早ちゃん
だから、挑戦してみるのは悪くないかもね。
人を集めるなら、少し癖のない村の方がよい、それくらいよ。」
高垣楓 「ほかの人、というかいつも来てる人が楽しめそうな・・・を考えた結果
特殊ルールやる気にならなくなったGMがここに。
みんなでやれたほうが楽しいし・・・」
天海春香 「♪やりたいと思うことが なによりも大切だよ
 ビラビラの内側にある クリに目を向けて~
 
って、浪漫飛行の歌詞にもあるしね>千早ちゃん」
如月千早 「ちょっと、今日は頭を冷やしてきます。
あ、女神村は行いますからね!」
音無小烏 「もっとも、地元で妄想だけで人狼やる村月一でたててる私のいうことでもないけどね……(ふ」
天海春香 「火照っちゃったもんね、千早ちゃん
そんな千早ちゃんも可愛いよ~」
道明寺歌鈴 「千早ちゃんお疲れさま!
私もそろそろ寝ちゃいます!」
萩原雪歩 「(いい加減帰るのー 皆さんおつかれさまー」
島村卯月 「千早さんは真面目ですね、ふふ。お疲れ様ですっ!
明日村立てありがとうございます、よろしくお願いします!」
道明寺歌鈴 「GMさん、皆さん、今日はありがとうございました!」
星井美希 「気持ちがあればそれを実行しようとするために頑張れると思うの」
音無小烏 「はい、落ちる人はお疲れ様。」
天海春香 「おつかれさま。明日もよろしくね、千早ちゃん
結局、千早ちゃんとちゃんとちゅっちゅできなかった…残念」
音無小烏 「否定はしないわ>美希ちゃん
それを実行して形にする意思って、とても大事だからね。」
星井美希 「まぁ、美希はがんばんないけどねー」
天海春香 「歌鈴ちゃんもおつかれさま~
可愛い歌鈴ちゃんと、もうちょっと絡みたかったな~」
音無小烏 「あなたは少し頑張りなさい>美希ちゃん」
天海春香 「しかし、今日の村の展開はすごかったなあ
相変わらず私の役に立たなさっぷりがハンパないね
そりゃ噛まれずに残されるわっていう」
天海春香 「美希は美希なりに頑張ってるよね?」
星井美希 「やー>小烏
美希も全然役に立ってないから問題ないの>春香」
音無小烏 「頑張ったらいろはすのりんご水あげるわよ?>美希ちゃん」
天海春香 「それでも、噛まれた美希のほうがお仕事してる感じだったよね
狼に怖がられてるわけだし」
星井美希 「頑張らなくても買えるからいいの」
天海春香 「リンゴジュースって、なにかに似てますよね」
島村卯月 「まさかの真占い噛まれ死にですもんね・・・
私もちょっと残ってたら正しい判断ができたかどうかわからないですよ~」
天海春香 「戦いやすい私を残した狼の作戦に、狂人まで翻弄された感じだったのかな
 
最後の私は、芭蕉さん偽なら、小鳥さん狼ってあからさますぎない?って思っちゃったし」
星井美希 「芭蕉なんだか偽っぽかったし小烏もなんか怪しいなぁって思ってたら噛まれたの
追求できたかどうかはわかんなかったから問題ないの」
如月千早 「あー、無理です無理
寝れませんね・・・」
天海春香 「むずかしかったね、うん
私が絡もうとする人がことごとく消えていくのが悲しすぎて…>卯月ちゃん」
音無小烏 「実際、それくらいしか今回はないのよ。
杏ちゃんまで広げても良かったんだけど、
多分真ちゃんはブレないだろうからね>春香ちゃん

私ももう少し融通きけばなー。あーちょっと悔しい。」
天海春香 「芭蕉さんがだんだん偽っぽく見えては来たけど、
それ以上にやよいと小鳥さん吊って終わりっていう
ことのほうが自然に見えちゃったからねえ」
音無小烏 「美希ちゃんは、あそこで言及にブレじゃないけど、一貫性がないから
ちょっと役目で処理したのよ>美希ちゃん」
天海春香 「まあ私を叩くのがいちばん簡単ですよ
狂人も私を狼認定してたわけですしね>小烏さん」
星井美希 「久しぶりに何も仕込まなかったらこの体たらくなの」
音無小烏 「千早ちゃん、別に千早ちゃんがおかしいことをいってるわけじゃないわ。
っていうかね、私は人が集まらない特殊村なんてたくさん企画してるからいえるけど、
それくらいチャレンジしないと、いい村なんて作れない、そうも思うのよ。」
天海春香 「千早ちゃん、眠れないの?
ちょっとだけXXしちゃう?」
音無小烏 「仕向けるなら、そうね。
問題は、私が狐ぽじにいっちゃったことだけど。」
如月千早 「実際私が村に干渉できたのは、クマ吉さん吊りだけですからね・・・
あまり反省会に口は出せませんよ」
島村卯月 「うううー、私もです~>春香さん
歌鈴ちゃんが初手で消えた分、普通な私はモバマス知らない方にはインパクト無いでしょうし
たぶん私に絡むのとか皆さん難しかったかなぁとっ・・・!」
音無小烏 「んー、そうね。
千早ちゃんは、今そういうアクセントをつけた村がしたいのでしょ?
そのポイントの1つが女神村」
音無小烏 「島村ちゃんはモバマスの春香ちゃんなのにねぇ」
如月千早 「ただ、私は不相応なことをしよう、というのがあったのは間違いないです。
少し今日は暴走しすぎでしたし。」
天海春香 「上から見た感じでどうだったかっていうのも反省会の意見としてはアリアリだと思うけどなあ
私はずっと下にいたから、そこでは見えない何かがあったわけだし>千早ちゃん」
島村卯月 「千早さんおかえりなさい~

最終日はもう、最後まで噛まれない占いも怪しいけど噛まれない狩人も怪しい・・・で私だったら相当悩んでたと思います~!」
天海春香 「千早ちゃん!そんなことないよ!
千早ちゃんなりにいろいろ考えてるわけだし、
今日のだって楽しかったんだからそれでいいじゃない!」
天海春香 「小鳥さんを狼にしたい杏ちゃんの陰謀って思っちゃったんだよね、最後は
芭蕉さん偽ならそれがいちばんしっくりくるし>卯月ちゃん」
天海春香 「いつも頑張ってくれてる千早ちゃんに本当に感謝してるんだよ
すぐになんでもできるわけじゃないかもだけど」
島村卯月 「わかりますー!誰も確定○じゃなかった訳ですし無理もないです~>春香さん

もはやメジャーな春香さんと違って、誕生日なのにSR化もしない不遇ネタ・・・っていうのも
知らない方には通じないですしね、自分だけそういうネタで楽しんじゃった感じかもです・・・
反省しつつ、もっとメジャーになりたいです!>小烏さん」
如月千早 「うーん・・・少し、卑屈になってるかもしれませんね、やっぱり。
無茶なRPしようと今日は決めていて、それで、行き過ぎたというのが、本当に、なんというか。」
音無小烏 「あ、でも島村ちゃん主役のノベマスで人気なのあるじゃない。
私は、島村ちゃん好きだけどなぁ……いや、COOL単なんだけど。」
天海春香 「でも小鳥さんと芭蕉さんを噛んでも普通に勝てるから
冷静に考えたら杏ちゃん狼のスジではないんだよね
最終日の魔力にやられちゃったかなって>卯月ちゃん」
天海春香 「まずは自分の中で楽しくないと!
その楽しさは伝播するよ、まちがいなく!>卯月ちゃん」
島村卯月 「千早さんはそうですね、普段より凄く積極的でびっくりしました///
頑張ってるんだな~とは思ってましたよっ!」
天海春香 「千早ちゃん…
私のぶんまで暴走してくれたんだよね?」
音無小烏 「卑屈になる必要はないわ。
凹むことはあっても、また立ち上がる位の気持ちがないと、
企画やこういうことはできない、私はそう思ってる。
経験者の言葉よ、信じていいわ>千早ちゃん」
天海春香 「これって決めたRPがちょっと空回りしちゃって、
あとでぐんにょりしちゃう感じ、私も分かるなあ
でも、楽しかったんなら、ね?それでいいんじゃない?>千早ちゃん」
天海春香 「小烏さんもいろいろ経験してるんだよね
企画を立てて実行することの難しさとか
私はそこで遊ばせてもらうだけだから、気楽にしてるけど
いつもありがとう、だよね」
如月千早 「そうですね、無理をせずに、自分のできる範囲で・・・
少し初心に帰りたいと思います」
島村卯月 「はい! 私も私が大好き~♪って歌じゃないですけど///
主役級のはずなのに誕生日にすら何もない私が可哀想で、今日は思わず私で来ちゃいました!>小烏さん

ふふっ、ありますあります、後で冷静に考えると、それはないなーっていうの。
私もRPで、この子はこんなに楽しくて面白い子なんだ・・・とかっていうのが
出せればいいのですけど、まだまだそこまでは至りません・・・でも頑張ります!>春香さん」
天海春香 「足場を固めながら、版図を拡大していくんだね!
千早ちゃんの野望はまだまだこれからだね!」
天海春香 「千早ちゃんがどんな世界を見せてくれるのか、楽しみだよ~」
天海春香 「卯月ちゃん、カワイイ…
やっぱり滲み出る何かがあるよねえ」
音無小烏 「ちなみに島村さんの誕生日が終わったということは今日は私の誕生日だったりするのよね。
中の人の。」
天海春香 「卯月ちゃんにも、小烏さんにも、おめでとう
で、いいのかな?」
星井美希 「よし、もう少し会話を眺めていたいけど
お風呂に入るの
あがっても続いてたら参加するかも?なの」
島村卯月 「ありがとうございますー/// でもまだまだだと思いますっ・・・!
あと今日も絡んで頂けてありがとうございました!>春香さん

わー!?本当ですか、おめでとうございますー!!>音無さん
今日の次回の村で、良い事があるといいですね♪」
天海春香 「美希はお風呂?どこから洗うのかな?
春香さんが洗ってあげようか?」
島村卯月 「美希さんいってらっしゃいです~ごめんなさい、私はそろそろ失礼いたします~(土下座)
今日も村ありますし、それに備えて休みますねっ。今日もありがとうございました~!」
音無小烏 「はい、ありがとう。
まぁ年とったなー位なんだけどね。私ももうw」
音無小烏 「落ちる人はお疲れ様。
さて、今日はじゃあ、これくらいで切り上げましょうか。美希ちゃんには悪いけど、ね?」
天海春香 「今日は絡みがいのある人がたくさんいたよね
みんなでワイワイできるって本当にうれしいよ」
天海春香 「うん、みんなありがとう
明日もよろしくね」
天海春香 「美希もお風呂で寝ちゃダメだよ~」