←戻る
【劇場27】劇場公演 火曜の部村 [30番地]
~今日もフルスロットル全開~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
icon 双葉杏
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 雪歩様
(生存中)
icon 【悲報】
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon ランカ・リー
(生存中)
icon 水橋
(生存中)
icon 秋月律子
(生存中)
icon 持っててよかった
(生存中)
icon 曹操
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 道明寺歌鈴
(生存中)
icon 双海真美
(生存中)
icon 赤組青組
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon 鳴上P
(生存中)
icon 美樹さやか
(生存中)
村作成:2012/05/01 (Tue) 21:59:15
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
GM 「点呼はいつも通りの30分!」
kari さんが入場しました
kari 「案山子!」
GM 「いらっしゃいませ」
kari 「アイコンは周りを見て決める方向で」
kari 「アイマスキャラなら伊織とかやってみたいけど、やらないんだろうなと」
雪歩様 さんが入場しました
雪歩様 「よろしく」
GM 「いらっしゃい」
仮 さんが入場しました
雪歩様 「雪歩様 さんが登録情報を変更しました。」
「ふいー」
雪歩様 「ちょっと席を外すわ…一応戻ってこれなかったらキックお願いしておくわね>GM」
三浦あずさ さんが入場しました
GM 「いらっしゃいっ」
三浦あずさ 「うふふ、よろしくおねがいしますね」
ランカ・リー さんが入場しました
ランカ・リー 「……ええと、こんばんは!フロンティア船団からきました、ランカ・リーっていいます!
今日はよろしくお願いします!」
kari 「フロンティア・・・」
GM 「いらっしゃいませ~」
ランカ・リー 「あ、私もちょっといろいろ用事済ませてきますね!」
三浦あずさ 「フロンティアせんだん・・・?
そういうグループ名かしら~?>ランカちゃん」
水橋 さんが入場しました
水橋 「っとこんばんは」
GM 「いらっしゃいませ」
秋月律子 さんが入場しました
秋月律子 「こんばんは。」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 双葉杏
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 709 (双葉杏)」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 開拓者
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 833 (カタン)」
開拓者 「フロンティアはどこだ!
俺っち達の楽園を作るんだべ」
双葉杏 「働きたくないでござる!絶対に働きたくないでござる!(えーえーりゃく。めんどいから)」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 【悲報】」
【悲報】 「【悲報】 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 827 (ベイスたん)」
開拓者 「>GM
働かざるもの食うべかざるだっぺ」
【悲報】 「6つやよ」
三浦あずさ 「あら~、ちょっと迷っていた間に・・・
水橋さん、律子さん、よろしくおねがいしますね~」
開拓者 「>べ、ベイスたん・・・」
【悲報】 「今日はもう横浜の試合終わったけど、人狼で勝てば白星食べられるやよ
6つ賭けるやよ」
三浦あずさ 「・・・・あの、そんなに落ち込まないでくださいね?>今日の試合>ベイスたんちゃん」
開拓者 「べ、ベイスたん・・・それ負けフラグっ」
【悲報】 「【悲報】この名前入力しにくい」
開拓者 「中村紀洋はいないんだぞ・・・正気か!?」
双葉杏 「いいんだよ。杏はぬくぬくとCDの印税で生きるんだからはたらかなくていいんだ!」
【悲報】 「>開拓者さん
大丈夫やよ。勝てばなにも失わずに勝ち星が6つ増えるだけやよ」
持っててよかった さんが入場しました
持っててよかった 「よろしくー」
開拓者 「ベイスたん。もう日本を捨ててフロンティア開拓しに行こうぜ!
フロンティアなら麦があるはずよ!」
水橋 「最近大変そうだったから全部スタドリに変えておいたよ>杏」
開拓者 「ばんてふで6つ失うベイスたん・・・」
双葉杏 「よし、おまえをころす。>水橋」
三浦あずさ 「あら~?
でも、ちょっといいにくいんだけどCDの印税だけだと・・・>杏ちゃん」
【悲報】 「麦。麦はいいやよね。踏まれても踏まれてもまっすぐ上に伸びるたくましさがあるやよ
僕はそんな麦にあわせる顔はないやよ」
曹操 さんが入場しました
双葉杏 「なん・・・だと・・・!?
嘘だ!プロデューサーは印税で楽に暮らせるようになるぞって言ったんだ!そのために杏はしたくもないレッスンとかも!>あずささん」
開拓者 「ベイスたんって6月に消えちゃう☆の名前だからなぁ」
水橋 「ん?エナドリのほうがよかった?なら早く言ってよ…」
持っててよかった 「なにがどうあって麦の話になっているんだ?」
曹操 「うむ、本日はアイドルを我が軍にスカウトにきたしだい
宜しくな、皆の者」
天海春香 さんが入場しました
ランカ・リー 「……ふぅ、もどりました……
ええと、三浦さん、フロンティア船団っていうのは私たちのいる
マクロス船団の名前ですね。今日は久しぶりに地球にかえってきたんです。」
天海春香 「うー、わっほい!」
開拓者 「>ランカ・リー
フロンティアよこせっ」
ランカ・リー 「あ!この人知ってますよ!
ええと……サンゴクシ、ですよね?」
双葉杏 「げんきんでよこせ。勝手にドリンクかった慰謝料も込みで一生杏を養うといい>水橋」
開拓者 「フロンティアに街を建てるためだけの存在だ!
後道路と」
【悲報】 「6月に消えるなんてないやよ。いまはベイスターズのみんなは不調だけど
すぐにたくさんかって1位になってくれるやよ」
三浦あずさ 「あのね、杏ちゃん?
CDの印税って・・・作曲作詞をほかの人が担当しちゃうとだいたい単価の1~4%ってプロデューサーさんが・・・」
曹操 「おお、余を知ってるとは、いい目をしている
どうだ、我が魏プロでアイドルになってみんか?
>ランカ・リー」
開拓者 「>双葉杏
それ普通に水橋にプロポーズだべ?」
ランカ・リー 「え?あの……フロンティアって、まだ住民増やせるのかな……
ええと、SMSっていう民間軍事プロバイダーだったら、募集があるかもですけど>開拓者さん」
双葉杏 「宇宙のアイドル?なんかすごいひと来たみたいだし杏は寝てていいよね、けってーい」
開拓者 「>ランカ・リー
無断で家と街を立てるから問題ない」
持っててよかった 「このアイコンで大丈夫か・・・?>周りの濃さ的に」
ランカ・リー 「え、ええとその……あはは、私もう、デビューしてますしですねー……>ソウソウさん」
【悲報】 「アイドルのみなさんがたくさんですごい。みんながスタジアムに来てくれたら
今はちょっと空席のあるDeNAスタジアムも、おきゃくさんでいっぱいになるのかな?」
天海春香 「えっ、宇宙のアイドル!?
凄いなあ、今の時代はNASAもアイドルとタイアップするんだね!
いいなあ、私も国際宇宙ステーションとかとタイアップしたいなあ」
曹操 「杏君…余のところに来れば
天下一のアイドルにしてみせるぞ
>杏」
三浦あずさ 「あら~、そうなの?
私知らなかったわ・・・マクロスせんだん・・・行ってみようかしら~>ランカちゃん」
水橋 「お断りしまs…いやいいやうん>杏
双葉杏 「や、そうじゃなかったらとても一度じゃ払いきれない額を一括でよこせって言う所だしそれですませてやったんだから杏は優しいんだよ。
プロポーズっていうよりは債権者だね>開拓者」
開拓者 「>ベイスたん
ミルキーホームズというアイドルに来てもらってるやないか!」
ランカ・リー 「あははー……シェリルさんに比べたら、私なんてまで駆け出しだよ……>杏ちゃん」
曹操 「…かまわん!!
人材の引き抜きこそ、儂の真骨頂よ!!
>ランカ・リー」
【悲報】 「>開拓者さん
所詮単発やったやよ」
道明寺歌鈴 さんが入場しました
開拓者 「>アンケート
◇双葉杏 「一生杏を養うといい>水橋」
これがプロポーズに見える人挙手」
ランカ・リー 「いやだめですって!
多分怒られちゃいますよ!>開拓者さん」
道明寺歌鈴 「こ、こんばんわー」
開拓者 「ノ」
水橋 「そういうこと言うなよ!!>ベイス」
開拓者 「>ランカ・リー
大丈夫だ、最終的にそこの支配者に私がなるんだべ
問題ないべ」
【悲報】 「ああ、ぼくの名前の下に(生存中)ってあるおかげでぼくが生きてることを実感できるやよ」
双葉杏 「なんてことだ・・・いいや、杏もう寝る。ぜったいもうはたらかない(布団頭から被り)>あずささん」
ランカ・リー 「そうですね。
三浦さん、キレイだし、シェリルさんと2人のステージって、華やかなんだろうなぁ……」
雪歩様 「一生養うとか温いわね
一生傅かせるの間違いでしょ?>杏」
ランカ・リー 「……これがアルト君がいっていた、「ミコ」?すごい!初めてみた!」
開拓者 「ここだけアウェイだな」
天海春香 「え? それってもしかして愛の告白……!>開拓者さん
あっ、逆にしたら私も言われたいかも……ぷろでゅ、げふん……えへへへへ♪」
双葉杏 「天下一・・・寝てていい?>そーそー」
曹操 「ノ>開拓者」
開拓者 「えぇーい アウェイすぎるので私は別の星に行くぞ、JOJO!」
双海真美 さんが入場しました
開拓者 「サラバダッ」
三浦あずさ 「あらら~?
相変わらず人材大好きなんですね~?>曹操さん」
曹操 「構わん、新感覚寝てるだけのアイドル
これは、売れるぞ!!
さあ、ぜひ我がプロにくるのだ>杏」
双葉杏 「まー。自力で稼いだぶん全部杏によこしてもらうくらいはするよ>雪歩」
双海真美 「お兄ちゃんお姉ちゃん達、よろしくね~♪」
天海春香 「あっ、真美だー。やっほー」
道明寺歌鈴 「巫女は今じゃ珍しいみたいですね・・・・
私からみたら普通なのに>ランカさん」
持っててよかった 「後から来た人たちよろしくー」
開拓者 「開拓者 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:開拓者 → 水瀬伊織
アイコン:No. 833 (カタン) → No. 97 (水瀬伊織03)」
双葉杏 「はたらかなくていい。一生だらけてられるんなら話を聞こうじゃないか(キリッ)>そーそー」
曹操 「儂が人材を求めなくなった時
それは、死んでもないな
はっはっは、どうだね、あずさ君も我が事務所へ
>あずさ」
三浦あずさ 「カタンは昔興味もったけど結局やらなかったわね~・・・」
双海真美 「ふわっ!?今日は変わった人達がたくさんいるねぇ~」
天海春香 「おっと伊織まで。
なんだか懐かしい髪型だしっ」
水瀬伊織 「というわけで伊織ちゃんさんじょー」
水橋 「!?開拓者が額の開拓をしただと!?」
天海春香 「はっ! あずささんが引き抜きされそうになってる!?
プロデューサーさんに伝えなくちゃ!」
双葉杏 「あー、気がついたら30分なってらー。
適当にいおりん以外は投票しといてね。待ちたいっていうなら限界時間もそえてよろしくね」
水瀬伊織 「だれがでこっぱちよ!(パチン>水橋」
水橋 「だれもそんなこといってなオフッ」
【悲報】 「みんなきらきらしてる。まるで白星みたいやよ」
赤組青組 さんが入場しました
赤組青組 「よろしく。」
曹操 「うむ、それをLIVE配信してだな
ファンが付けば、その路線でいこうじゃないか
>杏」
双海真美 「やっほーはるるん!
このメンツの中ではふつ・・・じゃなかった安定のヒロインな位置だね♪」
水瀬伊織 「3分だけ、お時間頂いてもよろしいかしら?」
赤組青組 「参加してもいいかな?」
三浦あずさ 「私はいつまでもまつわよ~?>杏ちゃん」
双葉杏 「超時空シンデレラの動画はネットで見たけど人気すごいよ?駆け出しでも何段飛ばしでトップになってる感じに見える。
だから盛り上げは任せた。杏は寝る>ランカ」
天海春香 「えへへー、そうかなーヒロインだなんてもー♪>真美
あれ今ふつーとか言われかけたような……」
天海春香 「私もどこまでも待つよー♪」
秋月律子 「ベイスたんは処刑や襲撃がなくても死んでそうね。」
渋谷凛 さんが入場しました
道明寺歌鈴 「杏ちゃんもっと頑張ろうよぉ.....」
天海春香 「あと2人来たら普通人数だね
プロデューサーさんとか来ないかなー……チラッチラッ」
持っててよかった 「ア」
渋谷凛 「こんばんは、よろしく」
道明寺歌鈴 「凛ちゃんこんばんわー」
三浦あずさ 「あらあら・・・
でも、私はここが好きだし・・・せっかくだけど、お断りさせてもらうわね?>曹操さん」
双葉杏 「まっ、適当に参加してもいいよ。杏は集まってくれたほうが嬉しい。
だらけてられるし。」
持っててよかった 「とふたりだね」
曹操 「余の魏プロは、有望な人材ならば、男女異種問わず
誰でも、強く求めておる
さあ、儂と共に天下をとろうではないか!!」
【悲報】 「なにもしなくて許されるのはうちのバットもって立ってる人たちくらいだけやよ」
天海春香 「あっ、近頃人気沸騰中の凛ちゃんなう?」
持っててよかった 「3DSに勝ちたいです・・・>曹操」
鳴上P さんが入場しました
曹操 「くっ…
だが、余はあきらめぬ!!
そこに有望な人材があるかぎり>あずさ」
水橋 「おっしぶりんだ」
双葉杏 「そんなうたないんかい、ベイは・・・>悲報」
美樹さやか さんが入場しました
美樹さやか 「ガラッ」
鳴上P 「>よろしく」
赤組青組 「おっと。」
水橋 「あきらめたらそこで負けだぞ>PSP」
【悲報】 「あ、ぼくのこの名前読みにくかったらそれっぽいもの言ってくれればだいたい理解できるやよ
しろぼしくんとか1位さんとか、なんでもわかるやよ」
天海春香 「このままじゃP4G専用機になりそうなのをなんとか!>持ってて良かった」
三浦あずさ 「私の運命の人(ズサー勢)・・・見てたら来てくださ~い♪」
曹操 「よし、儂と共に
携帯ゲーム機の天下を狙うぞ!!
>持っててよかった」
渋谷凛 「……ベイスターズだから星なの?>悲報」
水瀬伊織 「おまたせと」
双葉杏 「開始したら遺言変えれないしちゃんと遺言ネタ仕込んでから投票しなよー。後々変えれないっつってめんどいことになるし」
天海春香 「あ、プロデューサー……さん!?
眼鏡だけど! 高校生で影使いだ!?」
持っててよかった 「VISTが正直微妙なんです・・・

ハードもソフトも・・・」
水橋 「アイドルかと思ったらさやかちゃんだったよ?」
鳴上P 「>どうやらアイドルをプロデュースするようだ……」
天海春香 「はっ! 遺言忘れてた!」
美樹さやか 「…いつかはいっぱいご飯が食べられるよ?>ベイスたん」
持っててよかった 「あってPSPとお呼びください>曹操」
渋谷凛 「無事埋まったね。よろしく」
美樹さやか 「きっと信じる者は救われるんだよ」
【悲報】 「>りんちゃん
うん。でもおほしさまだけどベイスたんなんだよ」
赤組青組 「それじゃ、よろしく頼む>ALL」
美樹さやか 「なんて、信じてた…」
鳴上P 「>新人の鳴上です。よろしく>春香」
美樹さやか 「あたしって、ほんとバカ」
持っててよかった 「てはとに変換しといてくだせぇ」
【悲報】 「よろしくたのむやよ。人狼さんのうわさがあるけど、ベイスたん、白星以外はたべられないからみんな安心してね」
双海真美 「変わったメンツが多いと思ったけど、人じゃない人までいるね→(笑)
PSP欲しいなー
VITA?えっと・・・(ノーコメント)
水瀬伊織 「真美の投票待ちよ」
曹操 「よし、今日から君はPSPだ
なーに、儂が軍勢を率いてそなたの敵の
任天堂を攻め滅ぼしてくれるわ!!
>PSP」
双葉杏 「真美ちゃんにランカさんは準備手間取ってる?」
ランカ・リー 「……おっと、埋まったようですね!ちょっとまっててください!」
双海真美 「あ、いおりんごめんね~準備いいよん!」
雪歩様 「あら…なかなかのいい男じゃないの
少しは期待してるわよ?>鳴上P」
水瀬伊織 「私を待たすとはいい度胸ね>ランカ」
三浦あずさ 「VITAは・・・その・・・」
水橋 「これ以上は…これ以上はやらせん!!>任天堂」
ランカ・リー 「ごめんなさい!おまたせしました!」
天海春香 「遺言出来たー!
おまたせへぇ」
持っててよかった 「VISTが正直微妙なんです
  ↓
VITAが正直微妙なんです」
【悲報】 「きらきらしてるランカさんがまだやよ。キラッてしてるから白星とか作れそうやよね」
赤組青組 「それでは、頑張ろうか。」
道明寺歌鈴 「わ、私はVITAも欲しいですよっ!」
三浦あずさ 「あらあら~?
なんだかゲハっぽく・・・」
渋谷凛 「……行こう、前を向いて」
曹操 「なに、別にPSPを一位にしてしまったも構わんのだろ?
>水橋」
水瀬伊織 「じゃあ行くわよ
ベイスたんが餓死するまで3ヶ月」
持っててよかった 「間違え取るー・・・」
水橋 「(ただPS3は欲しい…)」
鳴上P 「>雪歩様

>どうやら悪い印象は与えていないようだ……」
天海春香 「まさか同年代のプロデューサーだなんて!?>鳴上くん」
【悲報】 「うん、みんな、あとでいっしょに白星食べようね。コリコリッてしてておいしいやよ」
水瀬伊織 「ベイスたんの次の食事まで2週間」
水瀬伊織 「ベイスたんの今日の気持ち「ブルー←1」」
曹操 「あ、余は17歳(心は)ゆえ、よろしくな
>鳴上」
美樹さやか 「広島「やあ」」
持っててよかった 「そのカウントはひどすぎないか?」
鳴上P 「>P4U家庭用、PS3、箱○で発売……」
【悲報】 「餓死なんてしないやよ。ベイスターズは首位でシーズン終えてみせるやよ」
水瀬伊織 「開始ー!」
渋谷凛 「……なんで様?>鳴上P」
ゲーム開始:2012/05/01 (Tue) 22:41:03
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
「◆双葉杏 ん、はじまった?じゃ杏寝てるね。あとよろしくー。
『ってちょ!?・・・コホン、皆様よくいらっしゃいました。司会進行の双葉杏はだらだらしはじめてしまったので765プロのうみゃがご挨拶致しますね。
来てくれたこと、本当に嬉しいです。今日も楽しんでいってください!』」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆双葉杏 銃殺はキャンセルされますね、かまれたら」
双葉杏 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双葉杏さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
水瀬伊織 「ふと思い出す
たのしかった思い出
ばんごはんをやよいと食べたあの時
あぁ、なんで大切にしなかったのかしら?彼女はもうか
んおけの中」
雪歩様 「…おはよう」
秋月律子 「おはようございます。」
道明寺歌鈴 「おはようございます!
朝早い時間は起きるのが大変ですよね
さぁ、役職のある方は各々COをお願いします!」
鳴上P 「>おはよう」
【悲報】 「おはよ。なんとか今日も横浜の試合が見られるやよ。2回裏で3点差ついてるけど、なんてことないやよ」
美樹さやか 「おはよー!
可愛い女の子だと思った?残念さやかちゃんでした!」
渋谷凛 「おはよう。今日も頑張ろう。」
持っててよかった 「おはよう、曹操様ついて私はあなたについていきますよ

COがある人は早めにお願いな」
三浦あずさ 「おはようございます~
なんだか、狼さんがいるみたいですね~?
私たちで退治しましょうね」
双海真美 「おはよん~!
ふつ・・・安定のはるるんは別として、今日は本当に変わったメンツだよねん♪
ゆきぴょんはどこか黒いし、年齢層も全体的に高・・・げふんげふん」
天海春香 「プロデューサーさん、占いですよ占い! 
そんなプロデューサーさん(鳴上P)は○でした!」
ランカ・リー 「みんなーっ!抱きしめて!銀河の!果てまでっ!
おはようございます、地球の皆さん、ランカ・リーです!」
曹操 「理由 隣でありかつ
PSPを一位にすると約束した仲だからな
どれ、儂が占ってやろう」
赤組青組 「占いCO 渋谷凛○」
水橋 「心に剣輝く勇気、というわけでおはよう」
天海春香 「理由
ふっふーん、話は聞かせて貰いましたよ!
この私が占いということはつまり新人Pの鳴上くんを
占って確かみてみろってことですね!!」
鳴上P 「>COを聞こう」
「◆双葉杏 OK,これで合法的に寝れる(ドヤァ)」
曹操 「占いCO PSP ○」
赤組青組 「占い理由 隣占いだ。」
ランカ・リー 「占いさんは……ええと何人いらっしゃいますか?」
美樹さやか 「それじゃ霊共CO待ちでー。」
道明寺歌鈴 「占い3ですか」
天海春香 「というわけでメインアイドルの私が堂々の占いに就職!
見ててね、センターとして私頑張るから!」
赤組青組 「さて、共有はCOを頼む。」
雪歩様 「占い師は2人ってわけね
霊能って輩はとっととでなさい!」
【悲報】 「【悲報】霊能CO」
秋月律子 「占いは2人ですか?
出るならちゃちゃっとでてくださいね!」
曹操 「理由 隣でありかつ
PSPを一位にすると約束した仲だからな
どれ、儂が占ってやろう」
美樹さやか 「結構遅めに3COっと。」
持っててよかった 「曹操さまー?」
鳴上P 「>どうやら占いは三人のようだ……
○を貰っている」
【悲報】 「霊能者やよ。確かに最近内川さんとか村田さんとか見えてた気がしたやよ」
水瀬伊織 「よーし、ここは、にっくきPSPを破壊するわよ!
私は箱○派なのよ!」
水橋 「伊織…"ず"が足りん>伊織」
ランカ・リー 「占いさんが3人……ですね。
わかりました。そしたら、次に霊能さん、なんですけど……」
曹操 「んー、うっかり理由を先にだしてしまったわ」
渋谷凛 「3COね。共有と霊能もでていいんじゃないかな」
赤組青組 「悲報が霊能を把握。
共有も出てくれ。」
道明寺歌鈴 「霊脳はそこですね、わかりました」
三浦あずさ 「曹操さーん?
うっかりやさんですね~?」
天海春香 「見逃しそうな普通声だけど
悲報さんが霊能COでいいんだよね!」
雪歩様 「と、思ってたけど3人になったか…ふ~ん
ま、霊能と共有はお仕事お願いしておくわよ?」
【悲報】 「9割死亡確定と言って過言ではないやよ。白星食べれないやよ
というか僕が霊能者ってシャレになってないやよ」
秋月律子 「3-1ですか。これ以上ないなら3-1で確定ですね。」
水橋 「占いさんにんね~霊能把握」
鳴上P 「>じゃあ共有も出てグレランでいいだろう」
双海真美 「おー、はるるん普通の村人だと思ったら占いCOしてるし!
で、占い3かあ~」
水瀬伊織 「って、○ぅ?
ちょっとちょっと光栄は媚売ってるからって
PSPを優遇するんじゃないわよ!
渋谷凛 「曹操と赤青と春香さんが占いね。」
美樹さやか 「じゃ、共有はFOすればいいんじゃないかなってことで。
グレラングレランー。」
赤組青組 「無駄占いしたくないから共有はFOで頼む」
三浦あずさ 「それじゃあ、共有COするわね?」
持っててよかった 「これはもう運命としか思えない

・・・たとえ少し怪しい出た方としても」
【悲報】 「一応大きくも書いてあるやよ>春香さん」
曹操 「まあ、よい
それよりもPSPは○だったようだな」
天海春香 「と思ったらちゃんと大声でCOしてた……
えへへ……あれ、曹操さんって対抗だよね? 何かあったの?」
ランカ・リー 「……なんだろう。
別にいいけど、ソウソウさん、理由と結果が逆にみえるのは気のせいですか?」
美樹さやか 「相方なんて引っ張りだしちゃうぐらいでいいよ
遺言使えないんだし」
三浦あずさ 「相方さんは生存しているわ~」
鳴上P 「>頑張って一緒に白いおほしを手に入れような>ベイスたん」
秋月律子 「FOでグレランってところですかね。
まぁ、グレーが狭いのはいいことです。」
雪歩様 「そこが霊ってのはどうなのかしら、ねぇ?
死体検分して悲報流れるってのもどうなのよ>悲報」
持っててよかった 「相方は生きているか?>共有」
道明寺歌鈴 「共有あずささん了解です~
相方はどちらでしょう?」
曹操 「ん?理由を先にだしてしまったわ
わっはっはっは、天海」
水瀬伊織 「これはもう、春香真確定ね
だって、私それしか知らないだもん
後の人は知らない人だから偽よっ、にひひっ!」
双海真美 「いおりん、箱派なんだ~
でも箱版アイマス2では多くのいおりんファンが涙を流したよね、きっと・・・(しみじみ)」
天海春香 「何気にひどいっ!?>真美
まあ見ててよっ! こっから私が大活躍を(ry」
水橋 「相方は誰だ?」
雪歩様 「ああ、あずさが共有ね
グレーから出たのはよしとしておくわ」
渋谷凛 「3COならすぐにグレーはなくなるかな。
……占いが噛まれなければだけど。」
持っててよかった 「よし、生存しているならいいか

GMが何か持っていかなければねー」
ランカ・リー 「三浦さん、共有さんなんですね!
ええと、私はもうFOしてしまってもいいと思います!
この形だったら、灰は狭くした方がいいかなって!」
赤組青組 「持っててよかった=PSPでOK?」
【悲報】 「わりとぼくが幽霊見れちゃうってのがぼくも文句言いたいところやよ>雪歩様さん」
水瀬伊織 「相方は出ないんじゃなくて
既に出てるのよっ」
鳴上P 「>相方生存……遺言と囁きが無い事を考えると相方は出してほしい」
曹操 「ふむ、共有は相方を隠すか
ならば、余か対抗の○に居る可能性もあるわけじゃな
PSPが共有で無駄占いをしてなければよいが…」
天海春香 「私は箱は持ってないから……
PS3で初めてゲームに入った形だね~
それでもってあずささんが共有ですね! わっほーい!」
渋谷凛 「出てる……占いの○?」
三浦あずさ 「ん・・・
でてもいいんじゃないかしら?>相方」
雪歩様 「相方言わないのは大体想像つくからどうでもいいわ
一応初日だったら言っておくようにぐらいね>あずさには
水瀬伊織 「あんた達、察しないとだめよぉ?
伊織ちゃんは一秒で解っちゃったんだから」
赤組青組 「FOしないのか?
それなら無駄占いしても、文句は言わないでもらおう。」
ランカ・リー 「……いいなぁ>天海さん
そういう、積極的なところ、私、憧れちゃうな。
私ももっと積極的なら……あ、アルト君と……」
持っててよかった 「どういうことだ?>外道○箱伊織」
秋月律子 「相方は潜伏か、まぁいいでしょう。
どちらにしてもこれ以上情報はでないとみて、灰を見るべきですね。」
渋谷凛 「なら、出るわ。共有CO」
美樹さやか 「霊にせよ占いにせよ
護衛引っ張ったら意味ないからさっさと撤回させたらいいんじゃないかなーって程度」
双海真美 「あずさお姉ちゃんが共有かあ、何だか安心するね~♪
・・・でも村が迷子になって大変にちゃったりして!?(縁起でもない)」
三浦あずさ 「まぁまかせるわ~」
赤組青組 「げ。共有占いだったか。すまん。」
天海春香 「空気読まない発言するなら
共有さんは○の中にいるならどうでもいいですっ!」
水橋 「おっと三浦としぶりンが共有ね了解」
渋谷凛 「誰が真でも○は無駄になるからね。」
水瀬伊織 「対抗の○なんて初日で占われないし
噛まれるならラッキーだから潜っていいのにね」
道明寺歌鈴 「凛ちゃん相方さん了解です!
相方出ましたし、今日はグレランですね!」
美樹さやか 「ほむー。>○からCO
んじゃ共有混じり、とかじゃなくて普通の3-1っと。」
ランカ・リー 「ああ、渋谷さん共有さん……
なら、青赤さんは初手囲いなし、位ですね。」
【悲報】 「3-1-1進行やよ。順調に先発がくすぶり続けてる感じの点取られ進行やよ」
三浦あずさ 「あらら、大丈夫よ真美ちゃん?」
雪歩様 「しっかし…悲報とか紳士とかに役職持たせるPHPには鞭が必要かしら?
くすくすくすくすくすくすくすくす」
天海春香 「あっ、凛ちゃんなう! だね! 良かったー
(多少自分の○じゃ……とか思ってた)」
三浦あずさ 「相方あってるわ~」
双海真美 「お、凛ちょんが相方ね、OK~♪
確かにちょっと吊れそうな所だったし出てよかったかもねん~」
曹操 「ん?なんじゃ、そこが共有か
ふむ、ならば、対抗の囲い疑いが1つ消えたということじゃな」
秋月律子 「3-1-2ね。
まぁ○にいるだろうとは思ったけどね。
できったところでそれほど驚くこともないんだけど。」
鳴上P 「>俺視点初手囲いがありえるのはPSPだけ、と……」
美樹さやか 「個人的には共有が噛まれるのって別にラッキーとも思わないしなーって程度」
持っててよかった 「だが共有が噛まれたときに騙りがでたら対処できなくないか?>伊織」
双海真美 「おっ、今日のあずさお姉ちゃん頼もしい~♪」
雪歩様 「ま、妥当なところが共有相方よね
それぐらい発言みたらわかるんだけど」
天海春香 「えへへー、アイドルはあたって砕けろってプロデューサーさんが。
アルト君? もしかしてランカちゃん……(にやり >ランカちゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
水瀬伊織0 票投票先 →美樹さやか
雪歩様0 票投票先 →秋月律子
【悲報】0 票投票先 →ランカ・リー
三浦あずさ0 票投票先 →道明寺歌鈴
ランカ・リー2 票投票先 →水橋
水橋5 票投票先 →美樹さやか
秋月律子2 票投票先 →道明寺歌鈴
持っててよかった0 票投票先 →水橋
曹操0 票投票先 →秋月律子
天海春香0 票投票先 →水橋
道明寺歌鈴4 票投票先 →水橋
双海真美1 票投票先 →水橋
赤組青組0 票投票先 →道明寺歌鈴
渋谷凛0 票投票先 →ランカ・リー
鳴上P0 票投票先 →双海真美
美樹さやか2 票投票先 →道明寺歌鈴
水橋 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水橋さんの遺言                      i                \            /
                       , ⌒ |   _             〉         .|
                       /     > '´  ` >ミ..._   /     死   |  こ. 過
                       --/ /       ` く ― 、 ̄\.    ん   |  れ ぎ
                 ヽ、  /  /  /      l     \  ':.   だ   |  か た
                 '. ∨ ,′ ,′   /   l i        ヽ l    け    |  ら. 事
                   ノ   ∨  ,  _〃 ∠ノ_l  /     l    ど  <   の を
                      { { { '´////  `ヽハ :l   .- 、         |  こ. 悔
     ____        )  l l l:〃 { /    ∨`} :l   {:  :}.         |  と. や
    /       ヽ  \      ヽ{ lゝ、_   ゝ、____ !/ /、 `‐’- ァ´ヽ.    |   を. む
    |  一 お ..|    >    \ハ´ ̄,   ´ ̄` 〃/ 八 ヽノ  ノ   |  考 よ
    |  旦 茶 ..l    (_        八    、 ,   イ'´ ̄(  ̄´___彡く__.   |   え. り
    |  落 で  .|        ト、__.> >  __  ' _厶)  `=<_ -‐ '’ ) |   ま
    |  ち も  >        .ー, -―‐-ノ _{` v ´r‐‐ 1、   __  、 _彡ノ__ |  し
    |  つ 飲  .|          r‐〕 --- ´厶≧__l_ノ ` 7´  \  … 、 ).|  ょ
    l  い ん   |          .,{-l     ji __ニ「 ニ `フ ′     '.   _)   |  う
    |  て で  |        〃{-ヽ ___ノ´//7 ハ マ ¨´l l      ト 、     |
      \       ノ      /{{ `ーr‐/ //ミミミl }  l j        \   \
※AAはイメージです実際の中の人は別にお菓子作りはうまくありませんし、ましてや首から上が…ここでは無意味だった…
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
雪歩様 「…おはよう」
赤組青組 「占いCO 双海真美○」
ランカ・リー 「おはようございます!
ご、ごめんなさい!私、役職の人に怪しく思われてたみたいで……
こんなんじゃ、だめだよね。がんばらなくちゃ……!」
秋月律子 「おはよう。ちょっと地震かもしれないわ。
大きくはないけど…。」
持っててよかった 「おほよう、曹操様には結果を早くだしてもらいたいものです

COは早めにお願いするぜ」
曹操 「占いCO 水瀬 伊織 ○」
鳴上P 「>おはよう」
水瀬伊織 「みんとな季節。それが私たちの出会い。
ずっと好きだった。でも言えなかった。
はなれていく思い。私たちはやりなおせないの?
しさえ超えよう。その誓いは藻屑になって。」
渋谷凛 「おはよう。今日も頑張ろう。」
天海春香 「プロデューサーさん、占いですよ占い! 真美は●!」
赤組青組 「占い理由
◇双海真美 「お、凛ちょんが相方ね、OK~♪ 確かにちょっと吊れそうな所だったし出てよかったかもねん~」
俺の○なんだが…。ターゲットを見つけに行った狼狐の可能性もあるので、占っておこう。
発言も少なかったし、気になるところではある。」
双海真美 「おはよん♪
ログ見直したら凛ちょん○貰ってるし!うっかりうっかり~
なら潜伏も手だったけど、今回のように無駄占い回避で出てもよかったね~」
道明寺歌鈴 「おはようございます!
今日も一日がんばりましょう!」
三浦あずさ 「GJね♪
ランカ・リー 「……死体、ないですね!」
美樹さやか 「おはよー!
可愛い女の子だと思った?残念さやかちゃんでした!」
天海春香 「理由
事務所の皆に○が出たらいいな計画発動! はっ、冗談ですっ! 真面目にやりますっ!
凛ちゃんが吊れそうな場所って、真美ったら私じゃないんだからうっかり者~♪
……自分で言ってダメージを……グフッ それはともかくこのウッカリがちょびっと気になったので占いしまーす!
雪歩様 「遅い!
役職はとっとと仕事しなさい!」
曹操 「水瀬伊織(98)  「対抗の○なんて初日で占われないし
噛まれるならラッキーだから潜っていいのにね」
ほう、なかなか面白い意見だな
こういうところは、残しておくとのちのち
余が噛まれた時に助けになるやもしれぬ
人外ならば、ここで仕留める」
【悲報】 「【悲報】水橋さんは○やよ。これ、悲報というより訃報やよね。」
水瀬伊織 「にひひっ!
真美に●ね」
美樹さやか 「死体なしのパンダっと。
まぁ、吊っていいんじゃないかなーという程度」
渋谷凛 「パンダね。」
天海春香 「4分59秒に発言したつもりなのに吸い込まれていたなんて……
って真美ーーーー!?」
道明寺歌鈴 「今日は死体無しですね?
狐でも噛んだのかGJなのか・・・・」
曹操 「ん?死体なしじゃと」
鳴上P 「>死体無し。占いGJが濃い目か……」
赤組青組 「おい>天海春香
言っておくが、真美つりは反対だからな。俺の○が1人もいなくなる。」
持っててよかった 「占い結果が分かれたか・・・>双海○●」
雪歩様 「死体無し、実にいいことだわ…で、そこがパンダと
くすくすくすくす…」
天海春香 「765プロ全員○で幸せだな計画がーー!」
美樹さやか 「不幸と事故と悲劇の差ね>ベイスたん」
秋月律子 「それほど長くも大きくもないけど、大きくなりそうでちょっと不安ね。
まぁいいわ。」
道明寺歌鈴 「あとは真美ちゃんがパンダさんですか・・・・」
【悲報】 「真美ちゃんがパンダやよ。パンダということはぼく視点の占いさんの白星黒星がわかるということやよ。」
曹操 「そして、余の知らぬところで
パンダか…ふむ
余のグレゆえ吊って構わぬ」
双海真美 「えー!?
はるるんひどいよー!
こんな可愛くていたいけな真美を狼だなんて・・・><」
三浦あずさ 「そうね~・・・
真美ちゃん、ごめんなさいね?
COは聞くわよ?」
水瀬伊織 「>ベイスたん
共有が吊れた時は悲報になるわよ」
鳴上P 「>パンダか……」
ランカ・リー 「そして、春香ちゃんと、青赤さんでパンダ……
ここのパンダは吊るしかないなと思います。
真美ちゃん、昨日○の位置間違えてたけど、そういうのって関係あるのかな?」
持っててよかった 「ここは霊能がいるから吊ってつながるかどうか見るべきだな」
天海春香 「あっ、よく見たら対抗が○出してる!
これは囲いを潰せたーな流れでラッキーなのではっ!

……真美じゃなければ……ね」
渋谷凛 「ただ。ここで外れると赤青の○はいなくなる。」
雪歩様 「ま、真美に弁明の余地があれば聞いてあげるわよ?
これでも知り合いには寛容なつもりではあるし?」
双海真美 「ううう・・・COなし!
真美は死んだ!何故だ!
水瀬伊織 「霊能いようが居まいが、占いの●なんて吊るしかないのよね。
そうでなければその占い吊るだけだし」
ランカ・リー 「ともあれ、今日は真美ちゃんにCOないなら真美ちゃん吊るしかない……
噛みはね、GJだと思うし……」
赤組青組 「パンダ吊りは当然反対させてもらう。吊りの数も増えたことだし、グレランする余裕はあるはず」
天海春香 「もしかして私たちは最初から騙されていたんじゃ……
そう、この真美は真美じゃなくて亜美だとか……!」
秋月律子 「●ね。真美がパンダ、か。
吊って霊能かしらね。COなければ吊る以外はないと思うけど。」
水瀬伊織 「!?
なるほど、亜美なら普通にやりそうね>春香」
道明寺歌鈴 「CO無しなら吊ってもいいんじゃないでしょうか・・・・・?」
美樹さやか 「よっぽどの場合のパンダ(初手灰噛みあり)とかならちょっと考えるけど(大抵次で占いか霊噛みに来るから)
今回は別にいいかなーって感じだけど。」
ランカ・リー 「ごめんね、真美ちゃん。
私も地球のアイドルともっとお話、したかったんだけど。
……その分、他の人から勉強させてもらうわ。」
雪歩様
◇水瀬伊織 「にひひっ!
真美に●ね」
正直パンダだからそこまで喜んではダメじゃないかしら…ね?
死体無しだからいい判断材料にはなるだろうけど・・・ね」
美樹さやか 「COなしっていうかまぁ
死体なし出てる展開だし。」
持っててよかった 「なんでそう楽観できるんだ?>赤青

まだ1wも吊れていないのに」
天海春香 「仕方ないけど真美、これもみんなの為!
そしてメインアイドル(占い)に据えられたからには勝たなきゃいけないの!
分かって!」
鳴上P 「>噛みがGJだと思う以上真GJであれば大分余裕は出来るはず。
真美は吊っていいと思う。少々楽観的観測だが」
【悲報】 「そこ吊りを反対する理由は「自分視点のグレーが削れないから」意外にはあるやよ?>赤組青組」
三浦あずさ 「うーん・・・でも、私たちはあなたが真占いと確定できてないし・・・>赤青さん」
双海真美 「関係ないけど、【悲報】くんが霊能って凄い合ってるよね~
真美の悲報、みんなに伝えてあげてね~;;」
渋谷凛 「私思ったんだけど。COは狩人しかないと思う。」
水瀬伊織 「>雪歩
言ってるじゃないの、初日から春香真だって。
偽の○なんて気にすることないわよ」
天海春香 「あ、死体が無いの今気づいた!?」
美樹さやか 「自分の○だからもし次で自分噛まれたら普通に死ねるからじゃないかしらと思うけど。普通に。」
赤組青組 「楽観じゃない。双海真美を吊られたら、俺の○がいなくなる>持ってて良かった」
曹操 「ぬー、しかし
これは、まずい
誤爆であれ、なんであれ
対抗が●だしたということは、ここで狼に
ある程度情報がいってしまう
この形で、誤爆ならば、対抗が噛まれてくれるだろうが…
そうでない場合、余ピンチじゃ」
【悲報】 「ありがとう。自分でもよく似合ってるのが悲しいやよ>真美ちゃん」
持っててよかった 「遅いなwww>春美」
天海春香 「これはもしかしてプロデューサーさん、
じゅっじょぶかもですよじゅっじょぶ! 私が生きながらえた系の話ならいいなあ♪」
ランカ・リー 「あとは今更ですけど、水橋さん投票者、私もですけど、
その中に人外いるんでしょうね……だれだっけ、確認。」
美樹さやか 「曹操の真が一番薄そうだなーっていうのは以下略」
秋月律子 「死兆星が見えすぎてる霊能もなんか皮肉な話しよね。」
双海真美 「くぅ~、はるるん普通の可愛いアイドルぶって
本当は腹黒い騙りだとは思わなかったよ!><」
持っててよかった 「いえ、曹操様はご自分の道をゆけばよろしいかと・・・」
渋谷凛 「囲いに●が当たったのかもしれないし、真の○に被せてきたのかも」
ランカ・リー 「……水橋さん投票者が結構みんな微妙だった……!」
雪歩様 「一言もそんなこと言ってないじゃないの?>伊織
少なくとも私の眼には見えないんだけど?」
天海春香 「伊織が私を信じてる!?
な、なんかすごくプレッシャー! でも私負けない! 本気モード全開!」
三浦あずさ 「まぁ、真美ちゃん吊るしかないわね・・・
赤青さん真だったらごめんなさいね?」
【悲報】 「あ、赤組さん占い対象だったやよ。なーに、結果如何で信じる布石になるから許して、やよ」
天海春香 「晴美って誰!?>持ってて良かった」
曹操 「なーに、その場合余が噛まれればいいわけで…
ううう…そんな状況になってる、儂っていったい・・・
>さやか」
渋谷凛 「そうなると、曹操がどうなるのかなって」
道明寺歌鈴 「霊脳って遅かれ早かれ死んじゃいますし・・・・>律子さん」
美樹さやか 「自分GJだと思ってないムードの占いって
大抵びみょーんって話」
ランカ・リー 「……いいなぁ、春香さん、元気いっぱいで」
天海春香 「それってもしかして私もーー!?>ランカちゃん」
赤組青組 「当然反対させてもらおう>真美吊り」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆双葉杏 投票遅いよー。とっととしたほうがいいんじゃない?」
「◆双葉杏 システム:投票制限時間をリセットしました。」
3 日目 (1 回目)
水瀬伊織0 票投票先 →双海真美
雪歩様0 票投票先 →双海真美
【悲報】0 票投票先 →双海真美
三浦あずさ0 票投票先 →双海真美
ランカ・リー0 票投票先 →双海真美
秋月律子0 票投票先 →双海真美
持っててよかった0 票投票先 →双海真美
曹操0 票投票先 →双海真美
天海春香2 票投票先 →双海真美
道明寺歌鈴0 票投票先 →双海真美
双海真美13 票投票先 →天海春香
赤組青組0 票投票先 →天海春香
渋谷凛0 票投票先 →双海真美
鳴上P0 票投票先 →双海真美
美樹さやか0 票投票先 →双海真美
双海真美 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
天海春香 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双海真美さんの遺言              ,. . : ´ ̄ ̄`ヽ、__  /: : :ヽ、
             ,. :´: : : : : : : : : :;_: : : ヽ⌒}_: : : ::.
         /: : : : : :,: /: : : : / ´ー、_: ∨ ,): : : : .
           /: : : : : : :/:/!: : ; :./    _、:∨: : : : : : :.
        /: ,: : :,: : :/:l^ |: :/,イ ´ ̄ヽ ヽ: :ト、: : :,: : : :.
        |: l: : :l: : /l/__ {:/   __   {: :.; ヽ: :{: : : : .、
        {:ハ: : ;: ://,ィt、      ,ィt、ヽ l: /   Ⅵ: : ト、: :\  まさか真美が真美をやることになるとは思わなかったよ~!
        ' ∨:l: { i 弋ソ     弋ソ ノ ハ!    }: : : ! ヽ: :}  あと真美が村にいるのって珍しいよね!?
          Ⅵ: !     '      ハ!,}   /: : : :|  }:/
    (ニ-     ヽ!ハ    , ―- 、   ム:}'  /イ: : :.|   /
      ,ィ    {:iハ   {    }   八:! ´  |: : :/
      (ノ      リ  >  ゝ-- '  <  リ     ,j: :/
             / l  }> - <{ /ヽ、   /イ
           /  、Ⅵ      l { / ヽ  ̄
          / ̄ \  /イ      ∨  /、_
        {::::::::::',  ヽ  {     /  / /::::ヽ
        l::::::::::::}   `ヾ 、   /_,..イ /:::::::::::}
天海春香さんの遺言       __       ____    ト、
       |   Y´r'´` ´: : : : : : :.: :. :. :.` ヽ | `ヽ
       |  /: : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : |   ト、
     _>´: : : : : /: : : : : イ: : : : : : |: : : : :.└─‐ 〉‐-、
     〉/:.:.: :. : :.入: : : / |:.: : :. :. :.レ': : : : /  il ヽ 〈
.    /イ :. :.__/i_>'  └‐--<_|: : : : └┬、/|   \〉
  ー=彡' レ' ´ /   _          _ ̄`ヽ、ノ |: :.|_  ハ
     /: : : :i  /::::::|       |::::::::`ヽ、 `ミi : : : : \)i
.    /: : : : :| | : :::::::|       |:::::::::::::::::`i .|: : : : : : :|:.|
    l: : : : : :| |::::::::r'        l:::::::::::: : :/ |: : : : : : :|:.|
    |:. :. : : :} `¨¨´        `ヽ __r'´ /:. :. :.: : : |:.|     わっほいわっほい!!
    |: :|: :⊂⊃  r───────--、 _ イ:.:. : : : : :.//
    |:.:il: : 〈    V´              i ⊂⊃:.: : : :/: ≧=‐
    V从: : :.ヽ、  ヽ  r‐、         } /:.: : : :.イ/: : `マ__
      V∥ レ'≧ ゝ.\`ヽ、      ノ.イ: : : : /:/': : : : : ≦≧
       Ⅵ: :l__,r-─‐‐\ `V ̄ ´__./ : : /:/≧=‐´ ̄
          \ji  `¨¨¬7ハ`‐‐∨从 ムイ´ ̄ ̄ ̄⌒
                   / i: :.i    \
               / l:.:.:.l     `入
                 〈_,ト-┤__/__/
             〈_: : : : : _ : : ノ |
               Lノ`¨¨'´  ̄ヽ_l
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
鳴上P 「>おはよう」
ランカ・リー 「おはようございます。
……きょうの噛み、どうなっていますかね」
【悲報】 「おはよ。なんとか今日も横浜の試合が見られるやよ」
持っててよかった 「おはよう、昨日の占い結果で早くも曹操様狂が濃くなってしまったんだが・・・

COがある人は早めにお願いするぜ」
曹操 「占いCO 秋月律子 ○」
道明寺歌鈴 「おはようございます!
霊脳さんの結果に注目が集まりますね!」
渋谷凛 「共有は忙しいけど、村の舵もしないとね」
赤組青組 「占いCO 水瀬伊織○」
雪歩様 「…おはよう」
美樹さやか 「おはよー!
可愛い女の子だと思った?残念さやかちゃんでした!」
水瀬伊織 「ふらっと立ち寄った喫茶店
たまたま?いえ運命よ
みんなは否定するかもしれないけど
まちがいないこれこそ本当の愛
みんなの否定は運命の証拠」
秋月律子 「おはよう。地震は気のせいだったみたい。
地震酔いかしら。」
赤組青組 「占い理由
◇水瀬伊織 「にひひっ! 真美に●ね」
これは真贋付いた狼、ということだろう。
銃殺を狙いたいところだが…。」
曹操 「理由 ふむ、●がでて
元気がなさそうじゃな
どうじゃ?儂と天下を取ってみぬか?
●を見てなにか思うことあったのかのう??」
【悲報】 「【朗報】真美ちゃんは●」
水瀬伊織 「>雪歩
◇水瀬伊織 「これはもう、春香真確定ね
だって、私それしか知らないだもん
後の人は知らない人だから偽よっ、にひひっ!」」
鳴上P 「>春香が噛まれている・・・」
持っててよかった 「占い抜かれているな・・・」
道明寺歌鈴 「春香さんが噛まれた・・・・ですか?」
渋谷凛 「ん、春香さんはお疲れ様。」
雪歩様 「…ふむ、今日はみんな仕事をし…
なるほどなるほど…そういうことかしら」
【悲報】 「霊能の結果で言えば、春香さんを信じる理由ができて、赤組青組さんを信じる理由はなくなったやよ
でも春香さん食べられちゃったやよ」
三浦あずさ 「春香ちゃん・・・」
美樹さやか 「それじゃグレラン何度かやって
人狼吊り上げて狐吊って最後に占いローラーするだけのお仕事」
赤組青組 「霊能初日?」
鳴上P 「>霊能とも繋がった。春香真でいいだろう。」
水瀬伊織 「春香なむなむー」
曹操 「ぬ?狂人誤爆じゃと
ふむ、じゃが、●誤爆は僥倖じゃ
これならば、儂が噛まれないのも納得がいく」
赤組青組 「はぁぁ想定外!!!!!!!!!!!!!」
ランカ・リー 「……ですよね。
ここ絶好の噛みスポットだから、霊なんか噛ませてもいいのに。
ええと、これ、曹操さん狼の狂人さんが赤青さんかなって。
だから、今日は赤青さん吊り、その上で曹操さんの吊り位置固定すればいいと思います。」
秋月律子 「占い噛まれか。
んじゃ、残りの二人は吊っちゃっていいんじゃないかしら?」
持っててよかった 「おお、1w吊れたか!>悲報

それじゃあ残った占いはどうします?>共有」
雪歩様 「それじゃ、見えてる占いにはみんなあの世に旅立ってもらおうかしらね?
くすくすくすくすくすくすくすくす」
三浦あずさ 「霊乗っ取りはさすがに考えてられないわね~」
道明寺歌鈴 「春香ちゃん真でみてよさそうですね
赤青さん吊っちゃいましょう!」
水瀬伊織 「赤組青組を吊ったらいいんじゃないかしら。」
【悲報】 「占い2人が白々しい感じやよ。新井さんやよ」
渋谷凛 「二択ね。
占いロラして攻める。
占いはあくまで最後に削る。」
ランカ・リー 「霊結果見せるなら、そういうことでしょうし。」
曹操 「じゃが、村の信用は無いに等しい
よって、銃殺ださんことには、儂の信用なさすぎじゃ」
美樹さやか 「あくまでも最後に吊りでいいんじゃないかなーって思うけどー。」
渋谷凛 「ただ、初手占いで○なら曹操は残せると思うけど。」
持っててよかった 「ただ赤青は残す理由はありませんけどね」
雪歩様 「ああ、その発言あったのよね
夜にもう1回見返して気がついたわ>伊織
気付かなかったら問い詰めようと思ったんだけど…ね?」
美樹さやか 「ここで占いロラる意味が真面目に無いっていうか
まぁ狼はグレラン抜ける自信があるんだよねって程度だし」
水瀬伊織 「狐どうとかいうより、狩人を保護するべきよ。
春香噛まれは痛いけど、生存している狩人を保護しましょう」
鳴上P 「>占いをロラるとLWLFになる……
占いを最後に削るグレランを押す」
秋月律子 「占いを最後に残す、狐対策かしら?
まぁ、真狂狼だろうしそれでもいいですけど。」
曹操 「まあ、こうなっては仕方あるまい
せめて、明日に結果をださねばいかんな・・・」
美樹さやか 「生存してる狩人保護して
狐に勝ちを譲るなんてアホ臭い展開になるのはゴメンかなーって」
道明寺歌鈴 「そうですね・・・・狐怖いですし>占い最後」
持っててよかった 「残った占い○はどうする?>鳴神

俺とか俺とか俺とか」
ランカ・リー 「個人的には、赤青さんは吊りでも曹操さんはまぁ、残していいかなーとおもいますけどね。
結果からみたら、赤青さん狼は考え出づらいので。」
赤組青組 「占いロラ。しかる後に霊能最終日路線。
これでいいと思う>共有」
三浦あずさ 「ん、これなら赤青さん狂目だし吊っちゃっていいかしら」
【悲報】 「新井さんズは吊り進行?狐どうするやよ。片方吊って、そっちが白ならもう片方キープするやよ?」
持っててよかった 「あと誰がいたっけ?」
美樹さやか 「何で赤青狂目なのか今ひとつ判んないんだけど…」
雪歩様 「奇数展開で偽占い候補と偽占い残してもって気しかしないんだけど?
ま、あずさが好きにしたらいいんじゃないの」
ランカ・リー 「あれ、道明寺さん、まだ真がいるって思ってる?
それはちょっと違うような。」
水瀬伊織 「狐怖いといってもねぇ。
それなら指定を提案すべきじゃない?」
三浦あずさ 「自分で「占いロラ」とかいうのはちょっと・・・」
鳴上P 「>真占いらしきが抜かれている以上
霊能や共有はあまり噛まれない・・・狩人を積極的に
保護する必要は無い」
赤組青組 「おう、それなら曹操から釣ってくれ。頑張って銃殺狙う。」
美樹さやか 「じゃあ別に
貴女指定でも良いんだけど?>伊織」
水瀬伊織 「何故それを提案しないのか、伊織ちゃん不思議よ、にひひっ!」
持っててよかった 「え?赤青って囲いにきた狼じゃねえの?>あずささん」
曹操 「吊るなら、対抗から先に頼む
そこは霊能と繋がっておらん
儂にもう一度チャンスをくれ」
道明寺歌鈴 「あ、そうですね、すみません>ランカさん
真は春香さんですね・・・・」
秋月律子 「曹操はともかく、赤青は偽確定だし吊ってもいいんじゃないかしら。
凛が占いを最後まで残すというのなら吊れないけど。」
美樹さやか 「私狩人なんて1回死体なし出してくれたらそれで
お仕事終了だって思ってるだけだもーん。」
ランカ・リー 「んー、昨日までの流れかなー。>さやkささん
最後まで残すならさっさとつりきってもいいと思いますし。」
雪歩様 「わざわざこっちからグレー狭める義理はないわねってことで
はいはい、そういう展開でいいんじゃないのかしら」
赤組青組 「霊能絶対真でみて負けるなら、それでもかまわない。狼が上手かったということで。」
鳴上P 「>……村なら頑張って発言して村として見れるよう頑張れ>PSP」
渋谷凛 「囲いに来たなら、なんで囲いに来たのか
って考えるかな。」
赤組青組 「占い最終日は無い。霊能生存で2Wになるから、無駄。」
ランカ・リー 「……ん、んー?
なんか変だな?あれ?」
水瀬伊織 「>さやか
私狩人のケースを考えないのね
そういうあなたが人柱に出てもいいのよ?にひひっ!」
三浦あずさ 「グレーなんて削ってあげないわ~」
持っててよかった 「というか春香が真の場合○って鳴神Pしかいないんじゃあ・・・?」
美樹さやか 「こっちからグレー狭めずに
狐に負けるってバカ臭いってだけ。
やれることもやらずに負けたら「狼が灰噛みしないから悪い」とか
私言いたくないもん。灰吊ってから占いに居るだろう狼吊り、でいいでしょ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
水瀬伊織1 票投票先 →赤組青組
雪歩様0 票投票先 →赤組青組
【悲報】0 票投票先 →赤組青組
三浦あずさ0 票投票先 →赤組青組
ランカ・リー0 票投票先 →赤組青組
秋月律子0 票投票先 →赤組青組
持っててよかった0 票投票先 →赤組青組
曹操1 票投票先 →赤組青組
道明寺歌鈴0 票投票先 →赤組青組
赤組青組11 票投票先 →曹操
渋谷凛0 票投票先 →赤組青組
鳴上P0 票投票先 →赤組青組
美樹さやか0 票投票先 →水瀬伊織
赤組青組 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
渋谷凛 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
渋谷凛さんの遺言             ,r ´ `´: 、ヽ` .、、
         ./':,r: : : : : : \\’,: .’,ヽ、
       .////: : !i: : : ! i: : \ヽ',: :.', ヽ
       //: リ: : :,i!i: : : :!:ト: : : ヾヽ,: : :!: .
      !:.!: :|': |: :! i:i: : : :!:!ゝ: :,: :ヾ|: : :.!: .
      ,! |: : | |!: :! V、: : :! ゝ;ト==,|: : : !: . .i
     ,i .||: :.| ||i |≠'ゞ、、!ミ" ,,' = _,ミi: : : : : ..i
     | .i| : :| |!|!|_, = _,` ゞ r ,ィ' tッア|: : :i: : . .!
     | || : :.|,! rf,"tッ,`     `ー ' i: : :.i: : . .!
     | || : :.|'ヽ `.ー'′        |: : : |: : : .!
    /イ !|: : :|ト.'.,_、.    '        !|: : :.|: : : . !
   ,リ V |: : :|: : :ゞi、     ,. -    .イ:.|: : :.|: : : : .!  ふふっ、これからも一緒に頑張ろうね
  .,リ ./: :ノ: : |: : :.| |>ュ,_   -  /!、: |: : :|: : |: : !i
 .,リ /: /:ハ: :.|: : : :! ,r ´|>= ´  ト,` |: : :|: : :|: : !i
 !i./:ノ//: :!: :|: : ,rイ / ノ       ),! |: !: !: ,: |,: : :.!
 !//!': ,': : !: :|r<-=ア、! ゚。   。.゚/=,!:.|:.!V、:| !: : :!
. !':/i: :,': : :,ィ!:.|:ニ||| ! iゝ  ゚p゚゚./ソ' |: !リ.ゞニヽ:!i: :.,',
.,':,! |: :!: : /ニ| |三!i   Y"^ニゝ/   .ノ: !三三三ヽ!: i!ゝ,
.|リ /イ|: :/三:| |三!ii   |,..._ ノ    イ!:i'三三三三ii!: |!ミ'
!レr'|: :|: !三ニ,) !三i,i!   | `|  /,イ!,!三三:,!三ニム: |.’
イ  V:!:i三ニ/:ム',三i,'i!, |r' |' /イ三|'三三:,'三三ニト,!
|!   ∨'三:i'三ニゞ三:i,i!(, ノ' イ三三:|三三:,!三三三ム
|ゝ /三三:!三三三三,.,<"´三三三三三:.,!三三三三!
  |三:.!三ム三三三:.(: :)|三三三三三三|三三三三ニ|
  /三三ニリ三三三三|.||三三三三三三三'三r三三ニ!
  /三三三!三三三三:.!||三三三三三三i三ニ/三三三:
 /三!三ニ/三三三三:.!i'三三三三三三:|ニイ三三三三
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
ランカ・リー 「おはようございます……
あ、あのすみません!私なんか、すごい変なこといってた!
真美ちゃん○出しの青赤さんは、だからって狂認定できるほど、情報もってなかった!
なんだか私の中で、凄い変な齟齬がおきてる……恥ずかしいな……」
三浦あずさ 「いやな予感がするわー・・・」
水瀬伊織 「あなたに会いたい それだけでいいの
かといって、あなたの負担になりたくない
ぐみのようにふにゃふにゃな気持ち
みのるのでしょうか?みのらせたい
あなたが好きです その8時を
おおきな声で伝えれない、弱い私
ぐるぐる回る頭の中で
みのるでしょうか?実らせます」
鳴上P 「>おはよう」
曹操 「占いCO 美樹さやか ○」
雪歩様 「…おはよう」
美樹さやか 「おはよー!
可愛い女の子だと思った?残念さやかちゃんでした!」
曹操 「理由 ふむ、対抗が噛まれてから
やけに、前にでてきた印象じゃな
発言数ではなく、内容が
かなり過激で目立つかんじじゃ
ここで、占い噛まれて喜びそうなのは
狐かのぅ?真証明のために、ここ銃殺ねらいじゃ」
秋月律子 「おはよう。」
【悲報】 「【悲報】赤組青組さんは○ まあ狂人だろうけどね。」
道明寺歌鈴 「おはようございます!
共有さん噛んできました・・・・」
ランカ・リー 「……共有さん噛みですね。
つまりは狼さんはそうすると。ふーんって感じです。」
水瀬伊織 「所で、雪歩
あんた悪いものでも食べたの?ちょっと怖い感じがするんだけど」
雪歩様 「…ま、そういう展開になるわね
悲報の結果次第ってとこかしら…ねぇ?」
三浦あずさ 「ふー・・・・
よかったわ・・・・」
美樹さやか 「まぁ、赤青○でも●でも
伊織吊っていいんじゃないかなーって程度ー。
赤青○なら露骨に狼の囲い位置で●なら正直狼狙いの吊りしてる狐にしか見えない。
赤青○なら、そこと「結果からして赤青狼見えない」って「囲い狙いの狼と見ていない」ランカは
同じく吊っていいと思うけど。
っていうか鳴上Pぐらいしか何か考えてるっぽい位置がいなくて色々もにょる」
持っててよかった 「おはよう、曹操様はなんとか呪殺を出して信用を得なさいませ。真ならば

COがある人は早めにな」
曹操 「ぬー!?狐がおったじゃと・・・
そこにおっては真証明できぬではないか・・・」
鳴上P 「>共有の予想通り曹操狼か……」
美樹さやか 「ぶっちゃけ
狩保護して何処守らせたいの?って程度の疑問しか浮かばないけどまー。」
ランカ・リー 「……多分そうだろうなとは思いつつ、
なんだか、自分で言っておきながら、発言が不穏だなぁ。
一応、自分の昨日の発言がすごい真贋ついた狼に見える自覚、あります。」
持っててよかった 「この霊能結果では曹操様は狼じゃねえか・・・」
雪歩様 「か弱いあの子はもうい・な・い・の・よ・?>伊織
私は私なんだし」
美樹さやか 「曹操狼ならそこ放置してグレランなり指定なりで
良いんじゃないかなーって感じー。」
【悲報】 「現状僕視点信じられそう(春香さん真として)なのがあずささんと鳴上Pさんだけやよ。断然グレーが広すぎるやよ」
持っててよかった 「じゃあ春香真ということでほかの○も灰になるな

つまり俺も吊り位置だな!」
水瀬伊織 「かわいいあなたのほうが、私は好きだったわよ?
だって、雪歩は頑張っていたじゃない
そんな自分を偽るなんて、ダメよ!>雪歩」
三浦あずさ 「それじゃあ、指定ほしい人はお願いね?」
秋月律子 「ということは曹操は狼ね。
占いロラ完遂する?それともグレーで狐吊ってからの方がいいかしら。
2W1Fになって終わる可能性もあるけど。」
曹操 「ふっ、こうなっては
余が信用を回復するのは無理じゃな・・・
村の者ども・・・あとは任せた」
美樹さやか 「ぶっちゃけ
「占いロラりたい」ってだけの伊織と「灰狭めたくないから占い吊りたい」って雪歩なら
絶対伊織吊り優先じゃあるけど。」
雪歩様 「指定って言いたいけどみえてる狼っぽいのの票を固定させた上でのグレランでいいんじゃないかしら?
あずさの吊りたいところがなければだけどね」
道明寺歌鈴 「見えている狼なら放置もいいですよ、ね?
銃殺がでたら話はかわってきますけども・・・・」
秋月律子 「そうね。伊織も○2個あるけど、グレーだし。」
持っててよかった 「とうか春香の○が鳴神Pしかいないのがなー・・・」
三浦あずさ 「そうね、事故回避のために曹操さんは飼っちゃうわー」
ランカ・リー 「◇美樹さやか 「まぁ、赤青○でも●でも
伊織吊っていいんじゃないかなーって程度ー。
赤青○なら露骨に狼の囲い位置で●なら正直狼狙いの吊りしてる狐にしか見えない。
赤青○なら、そこと「結果からして赤青狼見えない」って「囲い狙いの狼と見ていない」ランカは
同じく吊っていいと思うけど。
っていうか鳴上Pぐらいしか何か考えてるっぽい位置がいなくて色々もにょる」

そうだよ、だから、私はすごい狼目だとおもうもん。
その上で、吊りかんがえていかないといけないよね。」
美樹さやか 「霊共○1って別に普通だし
1W吊れてるだけ随分マシでしょ…」
美樹さやか 「じゃあ曹操●でしょーから
別に貴女を吊ることに問題はないわよね>ランカ」
鳴上P 「>露出狼が居る段階でロラ完遂する理由がわからない……
2w1Fで終わらせないようにする為の灰吊りだろ?>律子」
三浦あずさ 「それじゃあ、指定グレランでいいかしら?」
ランカ・リー 「占いは別にそこが狂にみえたし、なんか曹操さんが狼っぽくみえたってだけだし。
だったらまぁ、残して進行だよね、としか考えてないし。」
秋月律子 「曹操を飼うのね。
まぁ連吊りして狐勝ちはよくあるし、わかったわ。」
【悲報】 「飼い了解。曹操さんは狐退治できるチャンスやよ。そしてそれしか挽回はできないと思うやよ」
持っててよかった 「というか狐とか確認できなくなったからどうやるんだ?>共有

曹操様を最終日まで残すのか?」
曹操 「もう、なんか儂発言しても
信用とれなさそうだから、銃殺も起きるけはいないし・・・
うぬぬぬ」
雪歩様 「いいんじゃないの>あずさ
貴女がカジ取りしたほうが無難なのは確かだもの」
水瀬伊織 「>あずさ
指定したほうがいいわよ
そういう意味込めて昨日吊ったと思うんだけど」
三浦あずさ 「なら、ランカちゃん 伊織ちゃん さやかちゃん」
【悲報】 「初日の吊り情報は見ても使い道なさそうやよね。」
ランカ・リー 「うん、っていうと思う?
それはもう、変な誘導になるし、私はお断りだよ。
だってさ、灰吊りだとしても、村が吊れたら余裕はないもの。

そういう吊り方でひっかけにくるなら、みきさんだって狐目ははずせない。」
三浦あずさ 「ここで指定グレランね」
美樹さやか 「対抗1噛まれ1霊○なんだから
曹操目線で生存してる可能性のある狐の可能性ある位置って霊ぐらいなんだけどみたいな話」
ランカ・リー 「狼目じゃないとは思う。
だから、狐目はありえる位置だよね、みきさん」
曹操 「儂投票できるの
一人だけなんじゃが・・・」
水瀬伊織 「2w残ってるから指定グレランってもっとタチ悪い気が・・・」
曹操 「そうだよ
だから、儂しょぼーんとしとる>さやか」
雪歩様 「どっちかっていうなら狐狙いって感じの指定ねそれだと
ま、いいんじゃないかしら、そこに狩人いるなら出なさいとだけ言っておくわ」
美樹さやか 「狼吊ってから吊ればいいんじゃない?それなら。>ランカ」
持っててよかった 「だが2wは」
【悲報】 「ランカさんは今日頑張ってるし、ミスはあってもがんばってる感じだから好感ある感じ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
水瀬伊織5 票投票先 →美樹さやか
雪歩様0 票投票先 →水瀬伊織
【悲報】0 票投票先 →美樹さやか
三浦あずさ0 票投票先 →水瀬伊織
ランカ・リー2 票投票先 →美樹さやか
秋月律子0 票投票先 →ランカ・リー
持っててよかった0 票投票先 →水瀬伊織
曹操0 票投票先 →ランカ・リー
道明寺歌鈴0 票投票先 →美樹さやか
鳴上P0 票投票先 →水瀬伊織
美樹さやか4 票投票先 →水瀬伊織
水瀬伊織 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
【悲報】 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
【悲報】さんの遺言 6つやよ。そしたらたくさんおほしさまたべれるやよ
水瀬伊織さんの遺言               ,ヘ、 ,.ヘ、
.            ,ィ<;;;;;;;∨;;;;;;;;〉、    (⌒⌒)
             /∠W/ハ|^Z\:ヽ     \/
.    (⌒⌒)    〃:N´ レ゙ リ ∠、ヽト、
.     \/    |:/:|        ヽ: : |
           |:レ'| ―‐'  ー― l: :l:|
            |:ト、! =≡  ≡= .|ト廾ー、   やよいはかわいいわねぇ
            |:r-l、"" 、_、_, ""厂⌒ヽノ
       ̄ ̄ ̄レ''⌒ヒー---―〈    厂 ̄ ̄
           ゝ__,ノ      ` ―'
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
曹操 「占いCO 【悲報】 ○」
雪歩様 「…おはよう」
鳴上P 「>おはよう」
ランカ・リー 「おはようございます。
残り4吊り。灰ラン選択だったら、指定吊りいってるところを
吊るのって、怖くないですか?それでそこが狼、ともおもえませんけど。

……正直、人外目ならどっちでもいい、そう思ってる私がいます。
だけど、みきさんのいってる、先に狼吊ればいいもわかる。ブレブレかもしれない。
だけど、昨日の伊織ちゃん吊りはちょっと疑問があります。」
持っててよかった 「おはよう、曹操様が狼だったなんて・・・。

COがある人は早めにな」
秋月律子 「おはよう。」
美樹さやか 「おはよー!
可愛い女の子だと思った?残念さやかちゃんでした!」
曹操 「理由 もう、どうせ信用ないなら
ここ狐にかけて占うしかないじゃないか!!
ここで、溶けてたら、やったぞ!!
儂、まさかの勝利!!」
道明寺歌鈴 「おはようございます!
ちょっと頭がこんがらがってきました・・・・
あ、霊脳さん噛まれました・・・・」
雪歩様 「…はいはい、悲報が来たってことかしらねぇ」
曹操 「うおーーーーー!?
銃殺??なんか溶けよったーー!!!??」
鳴上P 「霊能噛まれ、か」
持っててよかった 「曹操さま・・・、それは無理がありすぎではないでしょうか・・・」
美樹さやか 「何とも言いがたく何とも言いがたい感じの。
もし仮に悲報護衛してる狩人なんてのが居るんなら
COしてもいいんじゃないかしらみたいな」
ランカ・リー 「……霊能さん、いなくなりましたね。
囲いのPSPさんと、リツコさんも気にしないといけないのが辛いところです……」
美樹さやか 「SOSO目線
そこが溶けないと誰も溶けない>PSP」
秋月律子 「いつものベイスターズね。
はいはい平常運転平常運転。」
持っててよかった 「というかこれ本当に狩人生きているか?」
曹操 「いやいや!!霊能狐ならば、霊能結果○もうなずける」
道明寺歌鈴 「え、え?
銃殺なんですかこれ?!」
曹操 「わからんが、
儂視点、銃殺の可能性大
>道明寺」
雪歩様
◇秋月律子 「ということは曹操は狼ね。
占いロラ完遂する?それともグレーで狐吊ってからの方がいいかしら。
2W1Fになって終わる可能性もあるけど。」

まず潜伏してる狼狙うのが村人としての展開じゃないかしら?
村人としての原点が矛盾してるここを吊りたいわね>本日は」
鳴上P 「>さあな。霊能、共有、どこを守ってるのかは知らないが……>PSP」
三浦あずさ 「そして、今日はどうしようかしら」
美樹さやか 「ってだけの。
まぁ、SOSO人狼仮定して
ランカが今んとこ吊り位置から外れたかなーって感じ
あたしが死ぬ気で伊織誘導してたからそういう意味で
ちょっとランカ昨日の吊り位置じゃないから曹操が投票しても死なないかなーとは思うんだけど
昨日身内入れる意味って薄いよねーみたいな」
秋月律子 「銃殺とかないわ。真狂狼-狐てよほどのことじゃないかしら。」
持っててよかった 「いえ、狩人がCOしなければ噛み合わせを疑うべきだ>道明寺」
ランカ・リー 「じゃないよ>カリンちゃん
だって噛まれた占いが1、霊結果○の占いが1、だったら、
曹操さんはもう、ホンモノの占いさんじゃないから。」
鳴上P 「>死体1、狩人出ていない ここまで言えばわかるな?>道明寺」
道明寺歌鈴 「狩人さん出てきてくれれば手っ取り早いんですけども・・・・
いきてます、か?」
三浦あずさ 「おちついてね、カリンちゃん?」
美樹さやか 「私が狼にせよ狐にせよ人外だーって思うんなら吊り切りだし
そーでないなら道明寺歌鈴が削り位置かなー。あたしの。
ガチ人外位置は昨日死んでランカは狼じゃないならって位置だし。」
道明寺歌鈴 「あ、皆さん親切にありがとうございますっ!」
曹操 「いやいや、霊能狐ならば
その内訳はなりたたん>ランカ・リー」
雪歩様 「ま、霊能が逝ってしまった以上なんともだけど
律子残すのは私には無理ね、ええ、無理だとも」
持っててよかった 「もし、ここで狩人COがないとしたら確定○が危ないかもな・・・」
ランカ・リー 「だから……私の票、かぁ。
もういっかい発言みます。こうなった以上、5で曹操さんを吊らないわけにはいかないんだし。」
美樹さやか 「初手曹操の投票先で
そんな吊られる発言してもない位置に身内票はしないんじゃないかなーと思うけど>雪歩」
三浦あずさ 「そろそろ指定するわね?
指定:律子さん」
美樹さやか 「>律子の位置」
秋月律子 「真狐狼-狂も可能性としてあるけど、現実的じゃないし、曹操が真ならありえないし。」
曹操 「いやいや、かみ合わせとか
儂の銃殺の可能性あるんじゃからな?
>PSP」
持っててよかった 「狼は灰を噛む気がないような気がします・・・」
秋月律子 「指定ですか、了解です。」
美樹さやか 「だからそこは結構非狼かなーみたいな」
持っててよかった 「そうそうさまぁ・・・」
雪歩様 「身内票は基本よ?
占い避けとかによく使う手じゃないの>さやか
危ないぐらいがちょうどいいのよ」
美樹さやか 「ぶっちゃけまー
狐死んでる気もするけど。伊織で。」
ランカ・リー 「◇持っててよかった 「もし、ここで狩人COがないとしたら確定○が危ないかもな・・・」

……?なんでそんな心配するんですか?
と、いうよりももう狩人頼る場面でもないですよね?」
曹操 「ううう・・・アイドル達の儂を見る目線がキツイ・・・」
秋月律子 「曹操からの○ですし、ちょうど囲われ位置ですからね。
仕方ないですね。」
美樹さやか 「そんなに票貰う状況じゃなくて
後で保護もしてないしーって感じじゃない?>雪歩」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
雪歩様0 票投票先 →秋月律子
三浦あずさ0 票投票先 →秋月律子
ランカ・リー2 票投票先 →秋月律子
秋月律子7 票投票先 →ランカ・リー
持っててよかった0 票投票先 →秋月律子
曹操0 票投票先 →ランカ・リー
道明寺歌鈴0 票投票先 →秋月律子
鳴上P0 票投票先 →秋月律子
美樹さやか0 票投票先 →秋月律子
秋月律子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
鳴上P は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
秋月律子さんの遺言 あぁ、とりあえずは仕事おわらせてくださいね。

         /:/ x.-‐≦.,_
   ____   /:.:レ:´: :/ __ ヽ __
   ` '<:.::ヽ|: : : : : :{イァ=ミY´ ̄ ¨`ミ:、
     __〉、::..!: : : /: :≧‐-.i{-‐‐-.. .  \
   ´  ヽ:::::::>彡'´: : : : : : : : : : : : :>、 ヽ
       |ラ': :/.: : : : :/: : : : :i: : : : :}:. : : :\
    ィ=‐ァ: : : : : :/.: :/: : :〃/} : : :l}:|ヽ: : : : :\
   〈〃/.: : :/.: :/: :〃.: :/// ノ : :/ リ  :i!: : : : l:ヽ
    } i : : : |: :/: :/'=-‐'/ ̄ミヾ' /  ハ}∨: : i: ∧
    〈ミ|:\: :|:/:イ{  xf'フi}¨ヽ   ∠¨ヽi}|: :从::ハ
     Y: : y‐ 、|: :| ̄`{乂タ   :)=、〃}\リノレ'' }
      ヽ://`.、|: :.',   ` ー‐ ´  ヒツ丿ル::{
       \ ハ: :.ハ         ノ  7´:: i
        ヾtji,: :ハ               . ;:.:ハ
         _八: : ヘ     r‐ュ    ノ ∨:ハ
        〃¨ヾ: : ∧...      /   ∨:.ヘ
          _ .}:\〈\:≧ュ._/       乂:∧
          j >、:`ヽ ヽ:/          )'ヘ
         ノzュ.,,_ >.} :|              }
         厂ニニ≧ュ. \            ノ
        /ニニニニニニ≧ュ、\
        八ニニニニニニニヽ }、
.        {ニニニニニニニニニニ片ュ
鳴上Pさんの遺言 |                        丶、  
|       /                 \ 
|     /   .′     i           
|     .′ /       │  {    :      
|       /   .′        、{     j      
|    {  .′ {       、 \  i{      
|'⌒ 、 j V{   {  、 {  、 \ 丶 j{__    
|   }ⅰ r'⌒トミ{\「`__\_\トミドミ⌒   
|  ,  、|   トミ{\〔‐f_厂`⌒  ___,  \  { 
|   ′ ハ|   i⌒^/⌒ト-- =≦丁}‐f_厂`)ハ厂     ペルソナッ!
|  {       L {   L     [__`ニニた/  
|  {   j  「  」  [    、__[__   ,ニ    
|_ {   _」|  |-‐ョ}  [,、 __  } ̄       
|ニ \匕ノ  |ニ7.′ { |  ̄`ラ^` /      
|三   `Tニ   し   川  {  /     ,,、  
|二二           { ト __j/` ……''‘’,}  
|          __j[_ |   /{_       /{___
|           ニ「 | {,仁{三     / 「`7
|        ニニニ{L. i‐┐ニニニ   /  」 ∧
|         ニニニニ}\|_)l ニニニニ 〈__, _]/ 
|    ニニニニニ^′, 〉 {三三三三 {ク___
|  三三三三三三///{\\ニニニ,  /{ー┬‐
|≧=ー------‐=≦{. / {  \\ニ,  / { ¦‐
|ニニニニニニ     /{ {   \∨/   {ニ¦‐
|三三三三      .',ハ{ {     〃[   {ニ¦‐
|ニニニニ      / 八 \   {Q「    {_ ¦‐
|⊇ニ=‐---‐=≦{  /  \ \ } j{__   \! ‐
|            /     丶 \ }「 ̄   \
|          /         ヽ〇\       
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
雪歩様 「…おはよう」
持っててよかった 「おはよう、曹操様が哀れすぎて辛い・・・

COがある人はもういないよな?」
曹操 「占いCO 鳴上P ○」
ランカ・リー 「おはようございます。
カリンさんは村でいいんじゃないかな、と思いつつ、
やっぱり昨日の狩人さん発言とか、気になります。素直に銃殺にのっかったところとか……
ただ、そういう意味ならもっててよかったさんも同じなのですよね。
だからこそ、ここ2人のどちらかが今日の吊り先だと思います。

雪歩さんと、みきさん、このまま最終日にもっていく理由がシンプルになりそうなので、すごく怖いけど。」
曹操 「理由 ふむ、そういえば、儂重大なことを忘れておった
狂人噛まれたのが誤爆なのか、実は鳴上を残すために
この噛みをしたか、見極めねばならん
よって、ここを占うぞ」
持っててよかった 「最終日に確定○が残っているかどうかは重要だぞ?>ランカ昨日の質問

灰だらけの最終日に残るぐらいなら霊界に行ったほうがましだ・・・」
美樹さやか 「おはよー!
可愛い女の子だと思った?残念さやかちゃんでした!」
雪歩様 「…ま、死体先は妥当ってとこかしら、ねぇ?」
道明寺歌鈴 「おはようございます!
○さんかまれちゃいました・・・・・
鳴上さんありがとうございました!」
曹操 「ぬー、村じゃったか・・・」
美樹さやか 「持ってて良かったが視界の外なんだけどまー
ランカにCO聞きつつぐらいになりそーかなーみたいな
あっちが霊噛みした以上LWCOなんて期待してもしょうがないよねーって思うから
狐ありそうな位置狙いになるんだけど」
三浦あずさ 「曹操さん・・・」
持っててよかった 「はい、春香さんの○噛みがきましたー・・・」
曹操 「儂を憐れみの目でみるでない!!」
ランカ・リー 「確定○が、のこる可能性を持ってる事自体おかしくないですか?ということです。
そんなのアテにできる状況じゃないでしょう。>PSPさん」
美樹さやか 「(じとー」
曹操 「見るな、儂をそんな目で見るでない!!
>さやか」
美樹さやか 「まー
正直狩人生きてないよねって噛みなのは認めるけど」
雪歩様 「ま、紳士的にはいい最期なんじゃないの?
奇麗どころに囲まれてハーレムなんだし?>SOSO」
持っててよかった 「ちょっとまて、何が言いたいんだ?>ランカ」
ランカ・リー 「私はお断りです。再三いっていますけど>みきさん
私の立ち位置は非狼、ただ、視点だけでいえば狼要素のが多いはずだったとおもいますが?」
美樹さやか 「まー
占い狐混じりでもないなら
明日曹操吊りで概ねOKと。」
曹操 「・・・おお!?そう思えば、余の大勝利じゃな!!」
ランカ・リー 「私は昨日の狩人COをいってるあれそれがちょっとおかしいなって思ってるんですよ>PSPさん」
美樹さやか 「割とそんな感じなんでまー
狩か狐じゃないかなぶっちゃけと思ってる>ランカ」
ランカ・リー 「あんなこと、昨日いう必要、どこにもないじゃないですか。」
持っててよかった 「狩人がいたら楽になれるなー、というのがそんなにおかしいのか?>ランカ」
雪歩様 「ん・・・確定○が残ってること自体は不思議じゃないんじゃないの?
というか今日までは残ることが確定してるじゃないの>かりん」
三浦あずさ 「あ、仮指定
ランカちゃん」
曹操 「ふはははは、可愛いお嬢さんと+1ゲーム機
余が狐を成敗したゆえ、安心せい
たぶん・・・」
道明寺歌鈴 「今日も指定、ですよね?
今日はどこになるんでしょう?」
ランカ・リー 「だからといって霊結果わからない状態なら、吊り候補ってことですよね?
そうなると、私としては村勝ちしたいですから、最後に萩原さんとあなたもっていって、
PSPさんとカリンさん、どちらかを吊りたいんですけど。」
美樹さやか 「かりんとランカが混ざってる気がするんだけど」
ランカ・リー 「私吊りの意図を教えて下さい。
お断りですよ。COないですし。」
雪歩様 「名前のゴロは似てるから多少は仕方ないわね>さやか」
持っててよかった 「この展開はもう狼といるかもしれない狐を最終日まで吊りきることが

重要だぞ?

確定○が生き残るだけでどれほど有利になるか」
ランカ・リー 「正直、私の今までの視点+曹操さんからの執拗な投票からしたら、
私狼よりも他ってのはわかります。でもそれならヨソをみてください!」
美樹さやか 「割とどーかと言われると
今日は其処吊り避けての歌鈴吊りで良いよーな気が」
美樹さやか 「しないこともないけど」
持っててよかった 「だから、狩人は生きて確定○を残してくれるかどうか気になっていたんだけど・・・」
三浦あずさ 「狐狙いはかわらず、です。
そして狩人の発言取りが、」
美樹さやか 「どーなんだろーこれ」
雪歩様 「ま、SOSO吊って狐&2W残りケースの対策はしておいた方がしておいた方がいいとは進言しておくわね
律子で結構手ごたえあったと思うけど」
ランカ・リー 「それをなんで執拗にアテにするんですか。
そんなことより今は灰視が先じゃないんですか>PSPさん
そんなのは、最後にどうなっているかでしかないんです。」
持っててよかった 「というかランカさんしてい?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
雪歩様0 票投票先 →曹操
三浦あずさ0 票投票先 →ランカ・リー
ランカ・リー5 票投票先 →持っててよかった
持っててよかった1 票投票先 →ランカ・リー
曹操1 票投票先 →ランカ・リー
道明寺歌鈴0 票投票先 →ランカ・リー
美樹さやか0 票投票先 →ランカ・リー
ランカ・リー は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
美樹さやか は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
美樹さやかさんの遺言 可愛い女の子だと思った?残念、支援さやかちゃんでした!
ランカ・リーさんの遺言 ええと、私、精一杯頑張りますね!
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
三浦あずさ 「・・・?
えーと?」
持っててよかった 「おはよう、今日は曹操様吊りの日ですか・・・

もう、COは無いんだよな・・・」
曹操 「占いCO 道明寺歌鈴 ○」
雪歩様 「…おはよう」
曹操 「理由 んー、残りはどっちじゃ?
どっちが狼なんじゃ!?
ということで、二択じゃし
儂の好みで」
道明寺歌鈴 「おはようございます!
ちょっと緊張してきちゃいました・・・・・」
持っててよかった 「いやったー!

共有が残った!」
曹操 「ぬー・・・なんということじゃ」
雪歩様 「SOSOに投票した理由は
SOSO狼と仮定してるなら霊いないのに7で吊らない理由がないからよ>あずさ」
三浦あずさ 「指定:曹操さん」
曹操 「雪歩狼じゃったとはな」
曹操 「ふっ・・・良い夢であった・・・」
曹操 「アイドル達に囲まれて、天命を全うする・・・」
持っててよかった 「まてよ、明日が最終日ってことはあと一回噛みがあるってことか・・・?

いやだー・・・・」
道明寺歌鈴 「指定、了解です
曹操 「これほどの、天命があったであろうか・・・のう?」
三浦あずさ 「終わってくれたら私のおなかにやさしいんですけどね~・・・」
雪歩様 「ああ、彼方にはちょうどいいお仕置きはたっぷり考えておいたから今日の夜(着たらね)に楽しみに待っておくといいわ♪>SOSO」
曹操 「・・・なんじゃろう?
なんか楽しみなようで、すごーく怖いんじゃが・・・
(ガクガクブルブル)>雪歩様」
持っててよかった 「そうだ!曹操様が1wだったら今日が最終日なんだ!」
曹操 「いやー、モテる王というのは、罪じゃなー
はっはっは」
三浦あずさ 「それで、今のうちにLW探しの旅に出るといいと思います
・・・狐さんがいたら、ごめんなさい」
雪歩様 「くすくすくすくす・・・さぁてねぇ♪
…しかしこれどっちもどっちで悩ましいんだけどーってとこね>明日来たら」
曹操 「LWCOしても、信じてくれんじゃろ?」
三浦あずさ 「カリンちゃんは「見えない」のよね~・・・
ただただひたすらに、だけど。」
曹操 「第一、儂は真じゃ
よって、雪歩狼なんじゃが
どーせ、そんな無様な真似をして生き残っても
吊らんじゃろうなー」
持っててよかった 「いや、もう今日で終わりだよな・・・?>あずささん

最初のほうのログ消しちゃったんだけど・・・」
曹操 「結果だしても意味が無い・・・うぬぬぬ」
雪歩様 「さやか噛まれてる時点でね>SOSO
ま、あずささんの胸を見ながら死にたい願望あるならしらないけど」
道明寺歌鈴 「私自身、何を言ってるのか・・・・」
曹操 「明日が来ればいいのう・・・」
曹操 「狼なんで、霊能噛んだんじゃ・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
雪歩様1 票投票先 →曹操
三浦あずさ0 票投票先 →曹操
持っててよかった0 票投票先 →曹操
曹操4 票投票先 →雪歩様
道明寺歌鈴0 票投票先 →曹操
曹操 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
三浦あずさ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
三浦あずささんの遺言 遺言忘れてたわ~・・・
曹操さんの遺言
        ∨∨/}    ///
      __,.ィ::`ヾ.//___,イ/イイヘ        //
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾー〈`ヽ,ィ.\ , イ.//〃
  _./:::::::ゞ::::::::::::::ゞ:::_:::_:::::::::::::}__.j- 、 ゛ー ゙yク/,イ,/
  八イ}::::::::::::::\::::::::::::::::::::::: ̄::::{  ノ  \ ., ィ///,イ
  ゞミ八:::::ヾ:::::::}:ヾ::::::::::::::::::::::::八イー、_ `ヽ二≧ニ、
,ィ彡"::::::ヾ::::::\ィ",'\:::::::::::::::::::::::}_.}  ≧、 }
ゞミヾ::::::::::::::::::::::;>/ / ∧::::::::::::::::::ノ .ゝ < ⌒个.、
 _..>、:::::::::::::::::〉ト / .,' /\:::::::::::;'ゞ< // >`>― 、
. ハゝ二_二.ヾミ、__.八// /ー‐"_ノ/ ,.ィ´彡三三ミ}
/;イ`ー __ , ィ、  ̄  {八{,.イ_/_/ 〃 ヾミ ,.イ≦ ̄`
i::ヾミー‐ ―‐ イ     ′ ゞ:::ツヾ/,イィ=ヾー<\
.ゞ_,|  ̄  ̄ .l ∧ 丶′_    ̄ ,.イ,.イ三ミ、≦⌒´
  , {      .{":::ゝ   ,..... ,...:<_  ̄ ̄>ミ、  ._
. /;イ    i /j\/水"、::::::::::::>- ゞ ヾ< ̄ヾ/ ,イ }    私の魏プロは、男女異種問わず広く人材募集中よ
/:/ }     y;ノ-.、イゞゞヽヾイー―- ァ  `ヾヽ./ ,イ
:/ j   /イ::::::::::`ヽ、 ,ヘ.、`ー<:::/ーァー.、 .,イ  ./ ー 、
  .{、__, イ 八:::::::::::::::::`´::::ヾ/::ゞ__>イ;∧:、 \__,.ィ   \
  }_,.イ:::::::゛::::::::::::::::::::::::人::::::::::::::::}/;;;}、\. Y _` ,ヘ、\
  V///{::::::::; イ∧,::イヘイ/∧,:、:::::::/;;;;/ ゞ、_ , ゙=.' t'.  \_ヽ
   }///∧イ///.∧////////∧;イ};;ィ/:::}     〉〉
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
道明寺歌鈴 「おはようございます.....
最終日、気が重たいです.....」
持っててよかった 「おはよう・・・」
雪歩様 「…おはよう」
道明寺歌鈴 「さぁどうしましょうか!」
持っててよかった 「はい、共有噛みますよねー・・・」
持っててよかった 「みんなの怪しいところまとめ

道明寺→しゃべらない、ほとんど目立たなかった。意見なにか言ったけ?

雪歩→曹操様指定狼?発言がRPで怖かった・・・。正直無いと思う

俺PSP→曹操様の初日○、ランカに殴られたり、さやかからアウトオブ眼中宣言されたり・・・
      正直客観的にみて囲い位置なのが困る・・・」
雪歩様 「…朝が来ちゃうわけか
…まSOSOには私からお仕置きしておいたとしてこの二人の中から選ぶわけね
くすくすくすくすくすくすくすくす」
道明寺歌鈴 「私からじゃどっちが!っていうのがちょっとわかりません・・・・」
持っててよかった 「というわけで俺が殴るのは道明寺だ!」
道明寺歌鈴 「初手囲いみるとPSPさんなんですけどもねぇ・・・・?」
持っててよかった 「正直雪歩さんはあんなに曹操様に言われたのでないと思っている

というか雪歩さん狼だったら曹操様どれだけ策士ですか・・・」
雪歩様 「ま、私に殴りかかってくるなら殴り倒すだけだけど?
…ふふふふふふ…まぁ発言見た感じだと」
道明寺歌鈴 「私とPSPさんが殴りあうんですね、やっぱり」
持っててよかった 「というかほんとうに道明寺さんは意見をいっていなくて

失言も見当たらないし雪歩さんが曹操様にああやらなければ殴れませんよ」
雪歩様 「当然ね、支配者ってのはそういうものよ>かりん」
持っててよかった 「というわけで・・・

どうしましょう・・・」
道明寺歌鈴 「どうにも私の意見は筋が通らないようなので.....
ほかの皆さんの尻馬に乗せてもらうのが精一杯です」
雪歩様
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
9 日目 (1 回目)
雪歩様0 票投票先 →持っててよかった
持っててよかった2 票投票先 →道明寺歌鈴
道明寺歌鈴1 票投票先 →持っててよかった
持っててよかった は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
持っててよかったさんの遺言 3DSはもっと安くなるべきだ!
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
ゲーム終了:2012/05/02 (Wed) 00:16:09
【悲報】 「正直雪歩様、今回決め手持てないよね」
渋谷凛 「お疲れ様。ありがとう。」
天海春香 「お疲れ様ー! うー、わっほい!」
持っててよかった 「負けたー!」
三浦あずさ 「あぁ・・・よかったわー・・・」
雪歩様 「ま、そっちが狼よね」
道明寺歌鈴 「は、はふぅぅぅぅ・・・・・・」
曹操 「お疲れ様ー」
鳴上P 「>どうやら勝てたようだ……お疲れ様」
三浦あずさ 「なれないRP挑戦と共有で頭がおかしくなったわ~・・・」
【悲報】 「【朗報】ベイスたん満腹のもよう」
ランカ・リー 「……ほ、よかった。
ありがとうね。萩原さん、かりんちゃん」
道明寺歌鈴 「みなさん、お疲れ様です!」
天海春香 「さやかちゃん噛まれてなかったら危うかったけど
勝ちは勝ちですよ、プロデューサーさん!」
曹操 「いやー、雪歩噛みで勝てたのかと思うと
わからんものだねw」
双海真美 「あちゃー残念だったね・・・でも頑張ったよ!おつかれさま→
真美があんなに早く当てられなければ~ごめんね><」
ランカ・リー 「最後は、かりんちゃんの素直さ勝ちかな。
良くがんばったね。」
鳴上P 「>よかったな、ベイスたん>ベイスたん」
曹操 「PSPと双海にさやか、信用とれなんですまなんだ」
美樹さやか 「お疲れ様ー」
持っててよかった 「くぁー・・・
俺の渾身の村アピが・・・」
美樹さやか 「ごめんねー」
【悲報】 「ありがとう。しろぼしはおっとっとのひとでさんの味があるやよ>鳴上Pさん」
道明寺歌鈴 「なんかもう、なんでしょうか
途中から何言っても駄目な気がしてました・・・・」
双海真美 「普通なら、最終日わからないとかって態度は怪しまれる事が多いけど
歌鈴ちゃんの素直さ勝ちだったね!(笑)」
美樹さやか 「>SOSO
占い噛んだ時点で信用もクソもないよ…w」
雪歩様 「律子狩人の方だったのね…ごめん狩人ならCOしてくれてもよかったんだけど」
天海春香 「やっぱり純粋って強いんですね……!
ぴゅあっぴゅあ!」
ランカ・リー 「割と曹操さんに票入れられてるのもいやだなーとはおもったけど、
あれだけじゃ私人外証明にはならないよね……んー、つってくれる人を残せばおk、かぁ。」
三浦あずさ 「うーん、結局今回もダメ共有だったわね・・・」
水橋 「やっとおわったねお疲れ様」
曹操 「まーのーw
でも、さすがに初日から切られるとちょっとヘコむのじゃw
真抜けば信用もなにもないから気楽なもんじゃったが
>さやか」
【悲報】 「PSPさんはたぶんその渾身の村アピが新井さんしてしまったやよ」
天海春香 「そーいや占いでかつてない程発言したなあ
12発言とか一体何これw」
双海真美 「ううん、曹操たんとPSPくんは超がんばったよ!
潜伏で生き残らなきゃいけなかった真美が速攻当てられたのが一番ダメだった~><」
鳴上P 「>おっとっとって形で味違っただろうか……>ベイスたん」
双葉杏 「みんなおつかれー。今日は杏だったけど来てくれてあんがとー。いじょ。

とゆわけでプロデューサー。審査よろしくー。あ、待てる人は待ってていいんじゃない?
美樹さやか 「いやー
あそこで噛まれるぐらい狐オーラ出してたあたしが不味いw」
ランカ・リー 「ああ、そうだ、PSPさん、
白を気にするのは、人外目だと思うよ。」
美樹さやか 「噛まれなきゃ狂COするつもりだっただけにーみたいな」
持っててよかった 「俺が村でもああ思ったはずだ・・・!>悲報」
曹操 「二択じゃったんじゃがなー
>さやか」
持っててよかった 「ってさやか狂人かよ!」
三浦あずさ 「私もさやかちゃんが噛まれる直前に「狐じゃ・・・」って思ってたわね~・・・
だから噛まれてて「えっ」て」
ランカ・リー 「それってつまり、狩人がいたらラッキー、そこ噛めるって思うことだし、
それ以上に、白がそもそもいる前提ですすめることしか言ってないってことは、
そういう風に進めたい何かにみえるし。」
【悲報】 「ギリギリの勝負やったやよね。9回裏3-2で勝ってるときに山口が一死一、三塁を迎えたみたいな展開やったよ」
双海真美 「凛ちゃんに○出てるの見落としたのが致命傷になるとは~><
ここに来てからそういう事すごく多くて反省っ
特に人外の時はもっと気を付けなくちゃダメだね→」
曹操 「道明寺と持っててよかったの最終日が見えてるから
どっちを判断役にするかーで
悩んでた感じですね>さやか」
天海春香 「とりあえず今日の教訓としては
早朝待機は落ち着いてCOしようと!」
ランカ・リー 「そのあたりは占いポイントにもなっちゃうからね>真美ちゃん
私も、今回「おや?」ってなったし……でも、私もよくする間違いだけどねw」
持っててよかった 「さやか噛むんじゃなかったか・・・」
曹操 「さて、それでは私はこのへんで失礼しますね
皆さん、お疲れ様でした」
双海真美 「狂アピがそう見えちゃった所はあったかもだね~>さやかちん狐に見えた
狂人潜伏はやっぱり難しいよね~ハマると強いんだけどね→」
道明寺歌鈴 「意見出さないと最終日まで放置されがちなのが今回でよくわかりました.....」
雪歩様 「いや、そもそもSOSO7で吊ってないのがどーにもなんだけどね>村としては」
渋谷凛 「途中もつれたけど、最終日に狼吊れてよかった。流石。」
美樹さやか 「だがそこで投入される久保>ベイスたん」
持っててよかった 「まあ、実際その通りだったんだけどねw>ランカ」
三浦あずさ 「ちょっとPSPさんが発言が臭すぎて一周して村に見えていたのは・・・その、認めるわ~・・・」
曹操 「いや、こう私が言うのもなんだけど
3-1で狼狐真の狂人潜伏を見ぬいてーの
さやか噛み回避っていうと、難しいのかなーって
>PSPさん」
持っててよかった 「いや、普通は初日のグレランで吊られるんだけどなー・・・>道明寺」
美樹さやか 「あたしにも無理だから大丈夫>SOSOとPSP」
鳴上P 「>2w1f考えるなら7で曹操吊りだからな……雪歩」
ランカ・リー 「私吊りの位置で曹操さんですか?>萩原さん」
【悲報】 「全米がHARAAAAAAAAAAAAAA!!!>さやかちゃん」
水橋 「つ身代わり>PSP」
曹操 「そうなんだ、よかったー!!
>さやか」
道明寺歌鈴 「何の因果か、生き残っちゃいましたからね・・・・>PSPさん」
ランカ・リー 「……あー、そうですね。
最悪想定考えるなら、そこで先に曹操さんはただしいや。」
曹操 「霊能噛まれたから、吊りを早める必要があるということかのう?」
持っててよかった 「まあ、あのときでたらローラー大会にになっていたからしょうがないな・・・>さやか」
双海真美 「ううう、今日のは良い教訓になったよぅ・・・しくしくしく>ランカちゃん」
雪歩様 「霊いないなら飼う理由もないしね>ランカ&かりん」
曹操 「それでは、お仲間達ありがとうじゃな
次は勝ちましょう!!
お疲れ様でした」
道明寺歌鈴 「そうそうさんお疲れ様でした!」
持っててよかった 「今回は惜しいところまでいったから悔しいな・・・

それではみなさんおつかれさまでした」
双海真美 「うん、一緒できたのは短かったけど会話面白かったよ!
曹操たんおつかれさま→」
天海春香 「真美の間違いは実際村でもするからねw
だからこそ吊りよりは占いするって感じでー」
鳴上P 「>じゃ、お疲れ様だ
村建て感謝。それじゃあ」
【悲報】 「ベイスたん、村アピで黒くなってしまうことを新井さんと呼ぶことを今後とも主張していく模様」
美樹さやか 「辛いです…」
三浦あずさ 「・・・・うぅん、今回も突っ込みどころが多いですね・・・」
水橋 「いいんじゃないかな>ベイ」
雪歩様 「辛いさんっていわないだけまだ良心的ね>ベイスたん」
ランカ・リー 「落ちる人はお疲れ様。
かりんちゃんは、今回ホントよく頑張ったなって。
むしろ、素直にしてたのが一番の勝因かもね。」
美樹さやか 「(根っからトラキチ」
渋谷凛 「無事に勝てたのはみんなのおかげだね。ありがとう。次もよろしく。」
天海春香 「(野球見ない人)」
双葉杏 「MVP&RP賞

雪歩様(いろいろな意味でぶれない)

最終的に信頼度をもぎとって最終日に安定した判断役となっていた雪歩様。村人として最高のお仕事なのではないでしょうか。お見事です。
あと、なんであんな具体的なんですか。おっかないですよ・・・!

敢闘賞
美樹さやか(潜伏狂人)

というわけで狼優勢の一因のひとりとなった狂人さん。でも痛いところでかまれてしまった印象。
でもギリギリまで持っていった豪腕を評価して、敢闘賞です♪」
道明寺歌鈴 「判らないことは判らないって言えっておじいちゃんに言われました!>ランカちゃん」
双海真美 「ううう・・・はるるんにしっかりお仕事されちゃったねー(涙)
つ、次はこうはいかないもんっ><」
ランカ・リー 「あ、受賞者さんはおめでとうですよ♪」
道明寺歌鈴 「受賞者さんおめでとうございます!」
天海春香 「受賞者さんおめでとー♪」
三浦あずさ 「受賞者さんはおめでとう~」
天海春香 「それじゃあ受賞を見届けたことだし私はこれで!
お疲れ様でしたプロデューサーさんっ!」
双海真美 「あるある~(笑)>発言が臭すぎて一周して村に見えていた
真美も、あずさお姉ちゃんの立場だったら初手囲いなんてするかな?
とか考えちゃって吊れなかったかも~」
ランカ・リー 「それでいいよ>
かりんちゃん、そうやっているうちに、だんだんわかってくることもあるからさ

まみちゃんはあれだね、次こそは……だね!
っていうか、私亜美やればよかったなw」
ランカ・リー 「吊る先については悪くないと思うな。
ただ、曹操さん吊る位置が5じゃなくて7だよね。って話で>あずささん」
双海真美 「しっかり吊り候補から外れて
最終日の選択を当てたゆきぴょんは流石だったよね~おめでと→♪」
道明寺歌鈴 「とりあえず、恥ずかしい思いをして覚えたこともあります、し.....」
雪歩様 「ああいうRPするときはぶれたら負けなのよ>杏
表彰は…ありがたく受け取ってあげるわ…………ありがとう(ぼそっ」
三浦あずさ 「そうね~・・・
また最悪想定失敗してたわ・・・
考えはしたのだけれども狐が怖くて怖くて・・・」
ランカ・リー 「あれだから雪歩さんは怖いっていうか、
あれでしれーっと人外だったりするからなぁ……あはは>真美ちゃん
カリンちゃんは、そんくらいでいいよ。思ったことを吐き出せばなにか答えてくれる人もいるもん。」
雪歩様 「そうね…あれで人外だったら面白いんだけどねぇ…>ランカ」
ランカ・リー 「それ最悪ですよ>雪歩さん
そのキャラクタ私昔思い出すからやめてくださいよ。
トラウマえぐられるんですよ。」
三浦あずさ 「雪歩ちゃんは途中で村決め打ちしてたわ~
個人的には最初の指定の時律子さんを選んじゃったのが不覚ね~」
三浦あずさ 「(トラウマ・・・?)」
双海真美 「真美は真美を初体験で、未知の領域で超むずかしかったー!
けど今日は先にゆきぴょんがいて、いおりんも前回やったから別の子にしようって感じでっ
双子揃ってれば楽しかったかもー♪>ランカちゃん」
ランカ・リー 「じゃ、今度はそれでもいいかなw>真美ちゃん
そうやってどんどん幅広げるのはステキなことだしね!」
ランカ・リー 「ああ、私、雪歩ちゃんやね、雪歩ちゃんの中の人のあずささんに
初心者のころメタメタにやられたから。>あずささん」
三浦あずさ 「あら~?
それなら私もランカちゃんにメタメタにやられてるような・・・」
ランカ・リー 「やられてないじゃないですか。
私そんな辛いことしてないし!>あずささん」
双海真美 「ゆきぴょんがデレた~(笑)

ふふっ、初心者の頃は信じちゃった人に限って狼とか人外ってのは、あるある~(笑)」
ランカ・リー 「そういうポイントデレがすごく上手いのよ……>萩原さん
道明寺歌鈴 「とたんに周りが見えなくなりますよね>信じてた人が人外」
雪歩様 「後ろから突き落とすのが私の流儀なのよね
ま、強引なのもきらいじゃないけど?」
ランカ・リー 「まぁ、突き落とす感じになるからね……>かりんちゃん
ああ、そうだ。かりんちゃんに一言いうとすればだけど、

最終日の最後の言葉はいらなかったかもなーって。」
双海真美 「うんうん♪>今度はそれでも&どんどん幅広げるのは~
いおりんとゆきぴょん以外もできるようになりたいな~

今日のはるるんやあずさお姉ちゃんは凄く雰囲気出てて良かったと思うな~♪」
ランカ・リー 「正面から笑顔でちかづいて気がついたら刺してるじゃないですか>雪歩さん
小鳥さんいると最初から殺意100%だけど。」
双海真美 「って、初心者の頃は~とか偉そうな事言っちゃった真美だけど
真美もランカちゃん狼でコロッと信じてやられちゃったのを思い出したよ!(笑)」
ランカ・リー 「あ、あれはその……
わ、私は悪くないよ!>真美ちゃん」
道明寺歌鈴 「あれは確かにどうかと思いました>最後
一応今までのも考えて発言したものでしたし」
ランカ・リー 「今日はいつもの面子が何人かいなかったけど、
それでもいい雰囲気ですすめられたしね。
やっぱり、アイドルRPがステキな村はいいなーって思います>真美ちゃん」
ランカ・リー 「あれって、結局私はなんにも考えてないよ!
真似してるだけだよ!でそーかだとすると人外かもなーって
思う人はいるかも、実際、今回はPSPさんのが黒要素あったから、
いける可能性は高かったけどね>かりんちゃん」
三浦あずさ 「慣れないRPというか傾向として苦手なRPに挑戦してみたわ~>RP
絡めなかったわ・・・」
ランカ・リー 「そういえば、この面子ってのも珍しいかも。
今日はめろんさんとお弟子いないからなーw」
道明寺歌鈴 「曹操さんが銃殺じゃー!
って騒いでた所は本気で混乱してましたけども.....///」
ランカ・リー 「私ももっと絡めればよかったかなって!>あずささん
シェリルならもう少し絡めたかなぁ。」
ランカ・リー 「あれは不覚にも可愛かったw>かりんちゃん
でも冷静に考えると、銃殺ないのわかったでしょ?」
双海真美 「そうだねー多分真美なら
PSPさんの方が推理してるっぽいし頑張ってるから歌鈴さん吊りを選んだかも・・っていうのは正直あるかな→

でも、今日のゆきぴょんみたいに見抜ける人もいるしねーそこはやっぱりすごいな→」
ランカ・リー 「そのあたりが難しいところだよね>真美ちゃん
例えば、今回、だけどPSPさんについては白を気にしすぎたでしょ?
あれは私は人外要素だったかな。
かりんちゃんはあそこで銃殺信じようとするあたり、なんか乗っかった人外に
見えないこともない、でもリアクションそこまで計算するかなーって」
双海真美 「あずさお姉ちゃんって、結構孤立しちゃう傾向あるかもね・・・
はるちは、やよいおり、ゆきまこ、ゆきたか、辺りは私的に絡みやすいと思うけれど
あずささんと絡みやすいの誰だろー?って思っちゃう・・・///」
道明寺歌鈴 「そうですね、夜になって顔真っ赤でしたもん私///>ランカちゃん」
双海真美 「あ、あとちはやよい忘れてた~(笑)>絡みやすいの」
三浦あずさ 「あららー♪>歌鈴ちゃん
うふふ、そこはこれから勉強していきましょうね♪」
ランカ・リー 「私は、あずささんだと割とみんなと絡むかなぁ。メインなせいもあるけど。
あとそうだなぁ……あずささんっていうと私はあずちはなんですよね。
アイマスで一番好きな組み合わせ。」
双海真美 「なるほどなるほど・・・>ランカちゃん
確かにそういう所を、視野を広く総合的に見てると説得力あるなあ
ありがとーとっても参考になったよ!」
双海真美 「歌鈴ちゃんは本当にかわいいなあ(笑)」
道明寺歌鈴 「がんばりましゅう!>あずささん」
道明寺歌鈴 「・・・・これタイプミスでも噛んだように見えちゃうんだ・・・・」
ランカ・リー 「や、私とかまだまだあれだよ?>真美ちゃん
私よりも、さやかちゃんとか、雪歩ちゃんのがいろいろ考えてるし、
私は割と自分のことでいっぱいいっぱいだし!」
三浦あずさ 「(あ、本気でかわいい)」
ランカ・リー 「かりんちゃんはこう、ホント発展途上って感じがしていいよね。
今のここの魅力は、そういう発展途上さにもあるのかもしれないなーって。
みんなまだまだ人狼が楽しい!って感じだしね。」
三浦あずさ 「私は自分の面倒を見れるレベルになりたいわね~・・・」
三浦あずさ 「あずちはは勉強中だわ~>ランカちゃん」
双海真美 「あずちは!そういうのもあるんだ!
なるほど~真美のアイマスRPの参考にしてる卓マス動画には
その組み合わせは滅多になかった気がするから気付かなかった→!」
ランカ・リー 「あずちはは私の中では王道かもしれないレベルかな。
好きすぎて、それでお話作ってるしね~>あずささん、真美ちゃん」
道明寺歌鈴 「だんだんと皆さんが何言ってるのかは解るようになってきたので、
段々と、なれていければいいかなって」
三浦あずさ 「おすすめのあずちは教材のCOを求めるわ~>ランカちゃん」
ランカ・リー 「そうだね!それは絶対わかるようになるわ!>かりんちゃん」
双海真美 「あ、そうそう、いつもの面子・・・今日はキャラ的にもいつもと雰囲気が違うな~
とは思ってたけど、縦読みマスターの方とか下ネタマスター(酷)の方がいなかった!

でもそうだね、今日の他のみんな全体的に凄くRP頑張ってたし、いい雰囲気だったね♪」
ランカ・リー 「http://www.nicovideo.jp/watch/sm13329425

これでしょ……JK……」
ランカ・リー 「私が求めてるのは、そういう空気だし、
うん、あの人たちがいなくても、ここまで成立してるのは、嬉しいかな>真美ちゃん」
双海真美 「おお~それは凄い→!
そこまで好きになれるっていうのは素敵だね>好きすぎて、それでお話作ってる

あとは、あず歌鈴なんて新境地を開拓してもいいんじゃないかな→とか♪(こら)」
ランカ・リー 「ただまぁ、ウチのお話はネクロニカっていう、少女ゾンビ系のTRPG元だから、
ちょっと表現がえぐいけれどもね……w>真美ちゃん
だけど、それの影響で、とあるサイトさんに、そのゲームの二次創作パーツウチのお話元に作ってもらったりしたな」
道明寺歌鈴 「あず歌鈴.....///
縁側でお茶とか飲んでそうですね///」
ランカ・リー 「あずちはは、いつか動画でもしたいなーって思うくらいCPとはしてはすき。
次はたかゆきかなぁ。」
三浦あずさ 「対抗下ネタマスターCOよ~

そうね~、誰かがいなきゃ始まらない村じゃなくて、誰がいても始まる村。
まさに理想じゃないかしら?」
ランカ・リー 「さっきね、ある人から「やっても無理だろって思ってたけど、ここまで成果がでてるのはみててホントに嬉しい」っていわれたよ>あずささん
でも、そこはあずささんがきたからこそ、だからやっぱりあずささんに感謝だね。」
ランカ・リー 「物凄いのんびりしてそうw>あずかりん」
双海真美 「んっふっふ~妄想が広がりますなあ///>あず歌鈴
でも、ドジっ子ちゃんと迷子ちゃんが組んだら大変なことになりそうだけどね!(笑)」
道明寺歌鈴 「それでも私はやっぱり慌ててそうです.....
あ、でも、あずささんがそれ見てあらあらうふふしてるのは割りと目に浮かぶっていうか.....///」
ランカ・リー 「転んで迷子になってどこまでも……かなーw」
三浦あずさ 「モバマス勢の理解も詰めなきゃいけないわね~・・・
目指すは全キャラ全カップリング対応プレイヤーかしら~?」
三浦あずさ 「・・・とりあえずお家に帰れなくなりそうね?
うふふ>歌鈴ちゃん」
ランカ・リー 「モバマスのキャラはかなりテキトウだけどね!
私以外に誰か蘭子ちゃんしてほしい!」
道明寺歌鈴 「わ、私が覚えてますっ!>あずささん
・・・・・多分」
道明寺歌鈴 「今蘭子ちゃんなんてやったら挨拶だけで一日の発言が終わりそうです・・・・」
ランカ・リー 「蘭子ちゃんするなら、朝の一言目は

「煩わしい太陽ね(みんな、おはよう!)」っていっとけばいいわw>かりんちゃん」
三浦あずさ 「それは難易度が・・・w>蘭子ちゃん

発言数が半減で済めば御の字ね~>ランカちゃん」
道明寺歌鈴 「朝の挨拶に全力を注ぐRP・・・・・・(ゴクリ」
ランカ・リー 「私、蘭子で8発言できるよ!>あずささん」
ランカ・リー 「そのかわり進行は投げ捨てるけど!」
三浦あずさ 「究極のおはステを目指して・・・!」
三浦あずさ 「わ、私は遠慮しておくわね>ランカちゃん
モバマスなら・・・雪美ちゃんとか挑戦してみようかしら~?」
道明寺歌鈴 「モバマスでは・・・・・うーん誰がいいでしょう」
ランカ・リー 「私、今和久井さんやってみようかなっておもってるんですよね。
で。だ。」
ランカ・リー 「だれか大西さんやりましょうよ!」
道明寺歌鈴 「大西・・・・さ・・・・ん」
三浦あずさ 「腐ってますね・・・!」
三浦あずさ 「小鳥さんと超融合ならぜひ見たいですねー」
ランカ・リー 「結局私か!私が大西さんと喜多ちゃんやらんといかんのですか!」
道明寺歌鈴 「今度やるときまでに探しておきましょうか、ね」
道明寺歌鈴 「喜多ちゃんは可愛いと思います、よ!」
ランカ・リー 「と、さて
今日はそろそろ切り上げようかな。
明日まで仕事すれば連休だぁ」
ランカ・リー 「ということでおつかれさま。
あずささん、明日はよろしくおねがいしますね。」
三浦あずさ 「まず中の人が腐ってないんですよ~・・・>ランカちゃん
そういうネタに疎くて・・・」
三浦あずさ 「そういえば、私も明日朝からいろいろでした~
失礼します~

・・・あら~?なんで出口に壁があるのかしら・・・?」
双海真美 「・・うわっ、ごめんね教えてもらった動画見てたら
疲れが出てウトウトしちゃってた~
まさに下ネタマスターCOしちゃうような(良い意味で)変態あずささんだ~(笑)」
道明寺歌鈴 「ああ、私も寝ないと・・・・
明日は9時から講義です・・・・」
双海真美 「みんなおつかれさま~
モバマスキャラは卯月ちゃんやったけど見事に空気だったかも・・むずかしー(笑)
それじゃあ、またねん♪」