←戻る
【劇場36】劇場公演突発村 [39番地]
~やりたいなら立てるしかないじゃないか・・・!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君天啓封印自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7
icon 身代わり君
(生存中)
icon 双海真美
(生存中)
icon 双海亜美
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 水橋
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 橘 純一
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 喜多日菜子
(生存中)
icon 厨二千早
(生存中)
icon 我那覇響
(生存中)
icon 渋谷凛
(生存中)
icon ベイスたん
(生存中)
icon giko
(生存中)
icon 池田華菜
(生存中)
身代わり君 「使わないと細かな部分はなかなかねー。まぁ改めておやすみなさい、伊織。
水橋さんもおやすみなさい。」
水橋 「結局復活したのはいいが特にいうことなかった
とりあえず改めて落ちようお休み
水瀬伊織 「そ、それはお疲れさまね・・・(汗)
私も仕事→帰宅→人狼→睡眠→仕事→帰宅→人狼・・・以下エンドレス状態だからアレだけど・・・///
いつもありがとう、それじゃ今度こそおやすみなさいっ」
身代わり君 「美希もおやすみなさい。参加は、毎日仕事があるんでプレイヤーとしてはまず無理ですね……。」
水瀬伊織 「うわっ、そうなのね・・・ホントに違った!
美希、間違えた事教えちゃってごめーん!!>村たて告知自体は四条劇場なら立てれば自動的にツイートされる

ツイッターってそんな便利な機能あったのね、単につぶやけるだけだと思ってたなあ・・不覚っ
(ありがとうございましたー!)」
身代わり君 「どうぞー。ツイッタークライアントソフトは常時起動してあるんで、
質問あるときは@jogetu から始めて書いていてくれれば暇なときに返事出しておきますよ。

あと村たて告知自体は四条劇場なら立てれば自動的にツイートされるので大丈夫です。
わかめての場合はボットのアカウントにログインする方式だったけど、
今はわかめてでほとんど立てないし、パスは非公開に近いかな。」
星井美希 「ミキも寝るね。管理人さん、おやすみなさい!
引退してるみたいだけど、もし気が向いて時間があったら、村で参加とかしてみてくれたら嬉しいな。」
星井美希 「デコちゃんもおやすみなの

あー、村建てアカウントのパスワードだったんだね。
やっと謎がとけたの。ありがとうね、デコちゃん!」
水瀬伊織 「うう、よく誘い受け体質とは確かに言われるかな・・・///>まとってる雰囲気がエロい」
星井美希 「よし!一応大丈夫だと思うの。
ありがとうございます、なの管理人さん。
分からなかったらツイッターで聞いてもいいかな?」
水瀬伊織 「村立て告知自体は、さっきの貴音誕生日を使って
村建てアカウントから発言するから、自分は最悪誰もフォローしてなくても大丈夫じゃないかな?>美希

違ったらごめんっ///」
身代わり君 「伊織もおやすみなさい。春香はどんまい。」
星井美希 「春香もおやすみ。」
星井美希 「真美もやよいもありがとなの

ご縁があったから、できたらふぉうどさんにサポートしてもらったら嬉しいって思うな!」
身代わり君 「それであってるよー」
天海春香 「今日は皆ごめんねー
本当にごめん。皆おやすみ、お疲れ様」
水瀬伊織 「・・・あ!そうだった!特にやよいは風邪なんだから休まなきゃ・・・
だから私は鳥頭だっていうのよね・・・orz
お大事にね、今日は私もそろそろ・・・とってもいい村だったわ、みんなありがとう~!」
高槻やよい 「はい、管理人さんもいつもありがとうございます!
それじゃ、おやすみなさい!」
星井美希 「んー、村建てbotをフォローしても、NNを誰もフォローしてなかったら
ダメ意味ないのかなって思ったけど違うのかな?」
高槻やよい 「みんなありがとう!
美希さんと伊織ちゃんと楽しみたかったがために、
勝負を捨てた感じになっちゃったのはごめんなさいです」
身代わり君 「やよいもおやすみなさい、お大事に。」
水瀬伊織 「おかえりっ

私、実は基本的に鳥頭(忘れっぽい)だから、
よっぽど回数一緒したことないと、相手を覚えてない事が多くて・・・///
ログ漁りつつフォローかなあ
あ、今いるみんなのレベルなら勿論バッチリ覚えてるけどねっ♪」
身代わり君 「>真美
村たてありがとう、お疲れさまでしたー。」
高槻やよい 「私もそろそろ寝ます
とにかく風邪を治さないとです」
高槻やよい 「春香さん、おかえりなさいです」
双海真美 「ところで真美はあたまがグラグラしてきたので落ちよーかなー
村立てサポートならいぬふくさんか、うみゃさんに頼めば真美が比較になんないほどしっかりサポートしてもらえるからね!」
高槻やよい 「ただ、表に出すエロさじゃなくて、なんかまとってる雰囲気がエロいんです
だから、じょっぱーはしないんです>伊織ちゃん」
星井美希 「あ、春香お帰り。
そろそろ眠くてすいみん不足が脳内に流れてきたの」
身代わり君 「>美希
たとえば、私がNNさんをフォローして、NNさんが私をフォローしてない場合、
私はNNさんの発言が見えるけど、NNさんは私の発言が見えません。
というか、通知されません、のほうが正しいかな。自分から見たい人のページに
アクセスすれば、非公開を選択してるアカウント以外は見れるので。」
高槻やよい 「村たてbotをフォローしておけば、
誰かが村を建てたときに知ることができるってことです>美希さん」
水瀬伊織 「うん、その認識でいいと思うわ>美希」
天海春香 「ただいまー……まだ会話が続いてたんだね」
水瀬伊織 「あうう、それはつまり(私の)雪歩がえっちぃってことで・・・///>やよい

あの子も私と同じ清純派を目指していたのに・・・どうしてこうなったっ!」
星井美希 「あ、発言見えないんだね。
じゃあフォローして、フォローされなきゃいけないわけだね。
村たて通知ボットのみをフォローしても誰にも伝わらないってスンポーかな?」
双海真美 「引退してるって話は聞いてたよー>管理人さん
経験が浅くて、そーゆー人とかはあんまり見たことないからにー」
星井美希 「乗月さんだね!あの偉大なツールを作った人だから、知ってるの。
よろしくお願いしますなの」
身代わり君 「美希> 村たて通知ボットと会話したい人だけフォローしておけばいいと思いますよー。
ただし、自分の発言が見えるのは基本自分をフォローしてる人だけなのが注意かな。」
高槻やよい 「私が使ってた『ゆきぽっぽ』はCV:ゆりしーなんですよね、私の中では」
水瀬伊織 「ふえー、あのツールとかも作った方だったのね
技術力世界一ね///>乗月さん」
高槻やよい 「逆にあずみんの雪歩は、なんかエロいんですよね
デレデコさんの雪歩はあずみんボイスで脳内再生されるかなー>伊織ちゃん」
星井美希 「そんな真美はみたくなかったの…、でも亜美より先に大人になりそうなイメージだよね」
双海真美 「よろしくおねがいします。>GM」
星井美希 「普通しないの…、やよいの脳内はそれはもう恐ろしいことになってるの>あずみんの雪歩」
高槻やよい 「はわっ!OLさんは事務員さんだったんですか!>管理人さん」
高槻やよい 「私のかつてのメインキャラですね、ゆきぽっぽ
語尾が「ぽ」で、じょっぱーするのがクセなんです>伊織ちゃん」
身代わり君 「美希> 乗月といいます。よろしくお願いします。人狼プレイヤーとしては
すでに引退してますが、式神研系発言ツールや戦績、わかめての発言つーる(のっとわかめてメモ)
なども作ってます。

やよい>OLさんは小鳥鯖がなくなって劇場の受付事務員として再雇用され・・・

真美>んー、検討しておきますー。」
星井美希 「あ、管理人さんじゃなくて水橋だったの
ありがとね、水橋」
星井美希 「フォローしといて、普通にツイートすればいいのかな?
ツイッターやってないから要領わからなくてごめんなの>管理人さん」
双海真美 「うう、礼節を知らずにして社会には出れないよねー」
水瀬伊織 「何その放送禁止レベルのゆきぽこわい///

でも声優さんの方はわかるかも、貴音さん激ラブだったり、ヤンデレCD出してるのがゆりしーさんの方だから、ゆりしーさんの方が壊れてる気がするのよね・・・(笑)」
星井美希 「丁寧な真美はなんか、世の中を知ってしまった感じで悲しいのww」
高槻やよい 「村に入り損ねたときは、
せめて終了後のいちゃいちゃに加わりたい!って思いますから>伊織ちゃん」
星井美希 「やよいも好きだし絡みやすかったから全然いいの!
律子さん期待してるね>やよい」
水橋 「簡潔にいえば@imas_jinroを"フォロー"しておけばいいのさ>美希」
高槻やよい 「そういえば最近、シオを吹く雪歩さんやってないです
私のイメージの中で、ゆりしーの雪歩さんはじょっぱーするけど
あずみんの雪歩さんはじょっぱーしないんですよね。不思議です」
水瀬伊織 「(なでなで)>真美
参加を逃しちゃうと結構ショックよね、楽しそうな所を、ただ眺めてるだけしかできないんだもの・・・///」
星井美希 「ありがとー管理人さん!
すごい数だね!ツイートは@imas_jinroに対して行えばいいってことかな?

管理人さんは管理人さんなんだね、ミキ大人だから分かったの>真美」
高槻やよい 「風邪でもわもわしてたから、あれが私の律子さんは限界だったんですよね
だから隣に伊織ちゃんもいるし、やよいでエロRPっていう安易なほうに流れちゃったんです
美希さんも絡んでくれそうで、嬉しかったんですけど
今度また調子がいいときにチャレンジしてみますね!」
双海真美 「あ、思わず素が・・・」
双海真美 「えっと、18人村の狐の数が2になっているんだけど・・・1にしていただけませんでしょうか?
女神村時に他うちできるようにしたいので・・・」
水瀬伊織 「私が攻めるってあんまり想像できなくて・・///>たまには攻めに転じても>やよい
それに、可愛がってくれるのが嬉しい、っていうか・・・うー///

(でも逆に、雪歩の時はかなり攻めちゃってるかもですがっ!)」
高槻やよい 「管理人が乗月さんで、支配人がOLさんでしたっけ?たしか」
双海真美 「そーなると真美の皆勤が危ういっぽいぞ!?
あ・・・もう、1回逃してたー>いおりん」
星井美希 「えー?やよいの律子…さんすごい良かったって思うのに。
実は変わってちょっとしょんぼりしちゃったの」
身代わり君 「美希>管理人ですねー。
つ言ったーは https://twitter.com/#!/imas_jinro/followers がアイマス村の村たて情報を求めてる人なんで
だいたい村に来る人も同じなので、このリストから村であったことフォローしたらいいと思います。

真美>はい、なんでしょう?」
水瀬伊織 「うん、そうね、そうしようかな///>作っちゃう

それで私が月曜、美希が金曜日に作ったらほぼ一週間ぶっ続けね・・・
楽しみだけど、体がもつかしら・・・///」
双海真美 「うん、それなんだけど
実は真美はよくしらなかったりする!>ミキミキ」
星井美希 「水橋復ッ活!!水橋復ッ活!なの」
高槻やよい 「キャーカンリニンサーン!」
星井美希 「あ、そんなことができるんだ。
管理人さんって、誰なのかな?」
高槻やよい 「だから今日はメッタにやらないツッコミをやろうとして律子さんにトライしてみたんだけど…
やっぱり私には難しかったかなーって>美希さん」
星井美希 「ありがとなの!>真美

デコちゃんもこの際作っちゃうの!」
星井美希 「ミキはキャラに引っ張られるから、ツッコミしやすいアイドルならすごくやよいと楽しめるって思うな!」
双海真美 「えーと、今は管理人さんが特権でGMになってるんだよ>ミキミキ」
高槻やよい 「回線がおかしくなったときに、村の誰かに連絡が取れる手段があると
助かるのは確かだよね>伊織ちゃん」
水瀬伊織 「あ、日曜日・・・つまり日が変わって今日あるってことよね
いつも忘れちゃう、ありがとー>日曜定期

あ、管理人さんこんばんは~」
水橋 「復活してしまった」
水橋 「ツイッターと聞いて」
双海真美 「fourd2 だよーん>ミキミキ」
星井美希 「あ、できないんだ。ならできればGMとして建てた方がいいね。
この身代わり君、喋るってことは…普通のGMさんなの?」
水瀬伊織 「私もやってないのよね~
正直、今は仕事以外の余暇時間はほぼ全部ここの人狼に費やしてるレベルだから、作っても放置だろうなーって思っちゃうし・・・///
でもそうね、いざって時はあると便利かなぁ>ツイッター」
高槻やよい 「私はもう、ボケとツッコミでいうと、圧倒的にボケだから
ツッコミ役がいるとすごくラクにRPできるんだよね」
双海真美 「あ、管理人さん?
ちょっとお願いがあるんだけどいーかな。」
星井美希 「なるほどなの。そしたら念のためアカウントとっておくの
ツイッターアカウント、ここで教えてもらっても大丈夫かな?>真美
双海真美 「あと日曜日もいぬふくさんが立ててくれてるよ!>いおりん」
高槻やよい 「今は日・火・水・木に定期的に建ててくれてる感じですね」
身代わり君 「仮GM時は投票延長はできませんね。」
星井美希 「デコちゃん攻めもありなの!
でも、それには高度なやよいの誘い受けスキルも必要だって思うな」
水瀬伊織 「なるほど、私も多分だいたいわかったわ、ありがとー
美希が月曜日が不安定なら、私が月曜日は試してみようかな?
火・水・木は確か、もう定期的に立ててくれる人がいるのよね?」
星井美希 「了解なの。
投票延長は仮GM時は最初に入った人?それとも村建てした人?」
双海真美 「んー、連絡手段があればいざって時サポートしてあげられるから・・・
なんでもいーよ!ツイッターは村たて告知botとかあるし、他のプレイヤーさんとかと交流取れるしおすすめってこと!」
高槻やよい 「たまには攻めに転じてもいいんですよ>伊織ちゃん」
星井美希 「なるほどなの。最初は心配だからGMに専念しようかな?」
双海真美 「仮GM時は残念ながら普通の村人と同じ扱いになっちゃうの・・・>ミキミキ
だからこういうのはGMとして入った時のみの特権かな!」
水瀬伊織 「そ、そんな、これくらい普通かもっていうか(かぁぁぁっ///)>優しすぎて食べちゃいたい

ううう、それにしても、美希はわかるけど、やよいにも攻められちゃう私って、本当受け体質なんだなって思っちゃう・・・///」
双海真美 「そうだにー>dummy_boy
で、村人登録せずに右上の「ログイン」にID dummy_boy、 パスワードを自分で設定したやつを入れればGMとしてログインできるってすんぽー!」
星井美希 「ミキ、ツイッターやってないんだよね
あった方がいいなら作るよ!」
星井美希 「村人として、だと投票時に周りの突然死にも気をつけるってことだね
遺言を残す、は仮GMの場合でもできるのかな?」
双海真美 「りょーかい!
あ、ミキミキはツイッターってやってるー?」
星井美希 「わかめてでいう仮GMかな?(dummy_boy)ってのは仮GMのこと?」
星井美希 「んー、じゃあ金曜日にGMとして、かな?
月曜は確実に行けるかどうかは分からないから>真美」
双海真美 「そーそー!
下界に発言したいことがあるなら「遺言を残す」でおっけーおっけー」
双海真美 「村人として参加したいなら
初日の夜は身代わり君:

仮想 GM が身代わり君としてログインします) にチェックして、好きなパスワードを入れてねー!」
星井美希 「画面はGMでもプレイヤーでも基本同じなのかな?
(今は)[投票/占う/護衛] になってるとこで開始とか延長とかできる?」
双海真美 「真美が代理で告知してもいーよ!
GMで参加したい?村人として参加したい?」
星井美希 「ミキは頭がお花畑なだけなのw>デコちゃん」
高槻やよい 「美希さんは頭がいいからゆとってる、っていう見方もありますよね>伊織ちゃん」
双海真美 「BANはGMなら一発だよー
GMのてで突然死させるの必要になったことがないからちらない!
投票時間えんちょーはGMの投票画面から!」
星井美希 「明日参加できるかわからないけど、告知した方が集まりやすいよね。
明日村来れなかったら、掲示板とかwikiでもいいかな?
月曜日とか金曜日に建てれたら建てようかな。
水瀬伊織 「そ、そんな事ないわ、やよいも美希と凄く上手く絡んでくれたおかげだもの・・///>やよい

うー、美希ってキャラはゆとりに見えて
実は頭いいし・・・そういう事も考えられて凄いと思うっ・・・///」
星井美希 「わかめてとの違いはないかな?
突然死の処理とか同じ?BANは投票がないとダメみたいなことが書いてあったきがするけど」
双海真美 「で、それはわかるんだけど立てるときのサポートだよね?
そこはやっぱりあるてーど事前に告知するとかが必要なのだー!
明日の村に参加するんだったらそこがいいかもにーん!」
高槻やよい 「やよいおりの王道の楽しみ方ですね>美希さん」
星井美希 「デコちゃん優しすぎて食べちゃいたいの…」
星井美希 「あ、真美もどってきてくれたんだね!
もし、立ててもいいなら教えてくれると嬉しいな」
双海真美 「簡単な村の建て方!
画面を見てね!
ふつーに名前入れて。それでGMをどうするかだけ選択すれば普通村はおっけーおっけー!」
高槻やよい 「伊織ちゃんの気配り、やっぱりすごいです!」
星井美希 「やよいおりは、それはもう完成されているの
無邪気なやよいがでこちゃんの琴線をくすぐって、
段々高まっていくデコちゃんは無防備なやよいに妙な気持ちが抑えきれなっていって、やよいがデコちゃんの気持ちに気付いた時にはもう手遅れで…
妄想が止まらないの」
水瀬伊織 「わ、真美おかえりなさい、ありがとー///
私と美希に村立ての秘伝を教えてねっ!にひひっ♪」
水瀬伊織 「今日はほんと、美希とやよい、どっちと絡むにしても
もう片方の子と絡めなかったらかわいそうっ・・・って開始前は思ってたけど
始まったらそんな心配もなくなったし楽しいしで、凄く嬉しいかったんだから・・・///」
双海真美 「村立てと聞いてとんできたー!」
高槻やよい 「美希さんのキャラは押しが強いのが売りですもんね
みきいおは美希さんの押し次第で決まっちゃう感じですね」
星井美希 「デコちゃんの魅力は、そっけなく見えて周りをしっかり見てるとこだって思うから、それを体現してみたの
でもデレたデコちゃんはそれを凌駕し得るってここで気付いたけど!」
星井美希 「うみゃさんも、RPうまいよね
昨日もとてもお世話になったの」
水瀬伊織 「やよいおりは、綺麗なやよいとか今日みたいに楽しいやよいとか
どうなってもやってて楽しくて嬉しいのだけど、
みきいおは殆ど経験もなくて、あんまりピンと来てなかったのだけど・・・
今日のおかげで、結構楽しいなって思えたな///」
星井美希 「デレデコさんのデコちゃんと共有でいちゃいちゃするのは村皆の夢だもんね!
今日は神の存在を確信したの!>やよい」
星井美希 「デコちゃんが可愛すぎて理性がヤバいの」
高槻やよい 「伊織ちゃん…私も大好きだよ」
水瀬伊織 「前回(NNさんの)私もよかったわよね!
私は本来はキリッとカッコよくしてるのがいいと思うのよ!
でも・・・みんな素敵すぎてデレまくっちゃうのが今日の私っorz」
星井美希 「あ、ありがとなの、やよいは優しいしかわいいね
あのデコちゃんが自然体に近くてやりやすかったって思うな>やよい」
高槻やよい 「だから今またこうやって盛り上がってるのがすごく嬉しいです!>美希さん」
高槻やよい 「プロデューサーにべったりする美希さんのRPは、うみゃさんが上手いかなー
他にも上手い人がいるかもですけど」
星井美希 「あの頃のアイマス村、毎日建ってたし楽しそうだったもんね
ミキもログはいくつかみてたから何人かは名前だけは知ってるの」
高槻やよい 「私もいつか美希さんになって、デレデコさんの伊織ちゃんといちゃいちゃするんです!」
高槻やよい 「できればこの2人が素村でどんな動きをするか、見たかったかなーって
今日は占いと狂人だったから」
水瀬伊織 「魅力的とか、うー・・・私、選べないし恥ずかしいし・・・///
でも、二人とも今日、ますます好きになっちゃったんだから・・・(ぎゅー)」
星井美希 「うん、多分OKな気がするけど、突然死防止のマナーとかやり方とか細かい事わからないから、少ししてからにするね。
本当にやったらデコちゃんが持たないよ!ミキはそれでもいいけどね…(じゅるり)」
高槻やよい 「あの伊織ちゃんもすごくよかったです
気持ちよくボケれたのが、ありがたかったです!>美希さん」
高槻やよい 「今日は、ゆりっくちゃんとか、まるるるるん。とか
あの頃のアイマス村を知ってる人たちが久しぶりに来てくれたのも
すごくうれしかったかなーって」
星井美希 「ミキはやよいおり派なんだけどね!ミキが好きなのは歌とプロデューサーというイメージが強くて。
でもここのデコちゃん相手だとミキの方が楽しいの>やよい」
水瀬伊織 「基本的には、人狼スレ(↓)で告知して
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/10158/1258645148/
あとはツイッタで発言するだけでOKかな?って気はするけれどっ」
星井美希 「この前の木曜の村と言ってること真逆だもんね、ミキ…
なんか突き抜けちゃったの!文明開花なの>淑女」
高槻やよい 「22時がアイマス村のゴールデンタイムですから
これから毎日村ができるって、すごく楽しみです!」
水瀬伊織 「わわっ、本当?知らなかったーorz>美希
そうね、私も今度聞いてみたいな
ふふっ、美希も私もGMできるなら毎日でも開催できそうね!
(ほんとに毎日やったら大変そうだけど・・・///)」
高槻やよい 「みきいお派の私としては、今日の共有はすごく楽しかったです!
だからこそ噛みたくなかったっていうところが、勝負に徹してない部分なんですけどね」
星井美希 「うん、デコちゃんオーラはすごいの!
魅力的なはなびらなの!…間違った、花なの!」
星井美希 「パスワードは一応書いてあるね。
貴音の誕生日みたい
村建てした人に今度聞いてみようかな?」
高槻やよい 「そうですね、美希さん!
伊織ちゃんのお○こはとっても魅力的だもん!」
水瀬伊織 「めろんぱんさんとふぉうどさんの、はるちはで淑女ゴールデンコンビと思ってるけど
今日、新たな淑女ゴールデンコンビが誕生しちゃった気がするっ・・・///」
星井美希 「本当にシショーなんだね、発言残してるなんて!なんかいい関係なの
内容はでも酷いのww」
高槻やよい 「伊織ちゃんがいると、すごく華やぐっていうか
みんなが絡みたがっちゃうんですよね」
星井美希 「そういってくれるとすごくうれしいって思うな!
やよいとはデコちゃんを求める○姉妹だもんね!
RPだけじゃなく、通常プレイも頑張るようにしたいな」
水瀬伊織 「あ、ちょっ・・・私もその、二人の事は好・・・いえ、嫌いじゃないけど
選べないっていうか恥ずかしいっていうか・・うううー///>やよい&美希」
高槻やよい 「狼のときは萎縮して、うまくいかないっていう話をしたんですよね
切れがないっていうかなんというか>美希さん」
水瀬伊織 「あ、やよい(の中の方)も勿論凄いと思ってるっ
私ととっても仲良くしてくれるし・・・///

あ、ごめんね村立ては経験無くてわからないなあ、私もやっても良いって思う事はあったんだけど・・・

ツイッターの告知とかも必要そうよね
誰かいつもGMやってる方がパスとか知ってるのかな、ここでいうとふぉうどさんだけどもう帰っちゃったわね・・・」
高槻やよい 「文明開化といえば、こういうやりとりもありました」
高槻やよい 「@melonpan6 とすると、ゆきぽっぽの後を追うからには、
まこぽっぽも膜開けが必要になるわけですね。
それが新たな時代の膜開けとなるのか……
 
@marurunrun 新たな時代の膜開け、ニッポンの夜明けが近いぜよ!
文明開花、まさに花びらが開くね!! 」
星井美希 「かっこよすぎるの。
でも、委縮してあれだって言われてるのww>やよい」
高槻やよい 「美希さんはすごく上手いです
私も安心して絡みにいけるから、すっごくうれしいです」
星井美希 「パラダイス役職というワードに何か文明開化的なものを禁じ得ないの…!」
水瀬伊織 「うー、そう言ってくれると嬉しいな///>ソンケー
けど、ここで少しやった感じだと、他の方のが明らかに人狼も説明も美味くてびっくしちゃったから・・・またいずれ語れる機会あるといいわね!>美希」
高槻やよい 「これですね、前にも言った師匠の言葉
これでいろいろ吹っ切れたんです>美希さん」
高槻やよい 「萎縮してあれかよ!?w 
RPに力入れてると推理できないのは同意だから、
そういう時はもっとRPに力入れて推理投げ捨てればいいと思います。
どれもやろうとするから中途半端なんだよ!
それで疑われて吊られるなら、まぁしゃあない!
村認定されるまで突き抜けろ!!
勝ちたい、と思うから勝てないんだよ!
とりあえず潮吹きたいとか、
そんなことばかり考えてると意外に勝てるぞ!……たぶんな!」
高槻やよい 「これも師匠の名言ですね
お気に入りです」
水瀬伊織 「そっか、うん、まだここ4回目なのに凄く上手いし
その位は知ってたわよね///>美希」
高槻やよい 「@melonpan6 そうなんだよね……死体ってことを気にしなきゃ、一番好き放題できるのは霊能。しかも3-1の霊能なら長生きも充分あり。そうか、紳士霊能がパラダイス役職の1つだったのか……! 」
星井美希 「あ、そういえば村建てや運営の仕方って
わかめてとは違うとこあるのかな?
ミキ見るのも好きだから、突発でいつか建てようかなって思うんだけど」
星井美希 「まだトーシロ同然のミキだから、デコちゃんの師匠にも色々聞いてみたいな
ミキはデコちゃんもやよいもソンケーしてるけどね?」
星井美希 「やよい、ずるいの…
抜け駆けはヤ!なの
デコちゃんも、ミキの味が忘れられないよね?」
高槻やよい 「独特の香りで、こりっとしてるのがたまらないです」
水瀬伊織 「おつかれさま、ありがとー>水橋
そうね、私もいぬふくさんや、ないあさんも凄く尊敬してるけど今日はいなかったわね~
こういう時いたら、美希にも凄くいいアドバイスしてくれたと思うのだけどっ・・・!」
高槻やよい 「いおりちゃんのお○んこ、食べたいかな」
星井美希 「なるほど…、両方のアドバイスだったんだね
含蓄あることばなの>やよい」
高槻やよい 「美希さんは伊織ちゃんのおいしいとこ、もう食べちゃったから
今度は私に食べさせてください!」
水瀬伊織 「あら、水橋さんは誰を師って思ってるのかな?

そういえば、昼間美希がやよいとすごく上手く絡んでくれて嬉しいと思ってたけど
夜は寂しくさせちゃって、ごめんね(ぎゅっ)>やよい
・・・て。何を食べたいのかな・・・///」
星井美希 「水橋もお疲れ様なの。証拠写真を撮影する係として残ってもらいたかったけどしょうがないかな」
星井美希 「まとめや検索ツールはログ見て知ったの!さすがは勉強家で噂のミキなの!えへん!>デコちゃん」
高槻やよい 「前にも言ったかもですけど、
勝ちたいって思うより、RPを楽しめってことを言われたんだよね
その上で勝てばいいじゃんって>美希さん」
星井美希 「デコちゃんはそんな怖がらなくていいの…
やよいと3人で楽しいこと、しよ?」
水橋 「とりあえず花の匂いがきつくなってきたし
俺も落ちようかね…今日はお疲れそれと村立て感謝
…伊織やばくなったら逃げろよ問題ないならかまわんが」
水瀬伊織 「んー・・・そっか、美希(の中の方)はまだこちらは4回目かぁ
そういえば最初に美希で来てくれてから、一週間開いたものね~

あ、発言まとめツールとか戦績検索は知ってたっけ?>美希」
星井美希 「今の路線…?
それはRPかプレイスタイルかで評価がわかれるとこなのw>やよい」
星井美希 「響、おつかれさまなの!ありがとね!」
水橋 「(そういや今日は師匠来てなかったな…)」
星井美希 「デコちゃんは優しいね!恥ずかしいから過去の村みなくても大丈夫なの
ミキの全てをみたいなら否定しないけど!」
高槻やよい 「伊織ちゃん…すごくキレイだよ
食べてもいいかな?もうガマンできないよ、私」
水瀬伊織 「そっか、日菜子さんが師匠の方だっけ
うん・・・さすがの妄想だったわよね・・・///」
高槻やよい 「ホントはもっと「る」が多いんですけど、面倒なんで
る4で妥協してます>水橋さん」
水瀬伊織 「響おつかれさま
水橋さんは気にしすぎないでね、むしろ回数や経験を考えれば十分やれてる方だと思うから~」
高槻やよい 「村の展開とか、思ったことをもっともっと言うといいかなーって
素のキャラだと、色が付いてない分よけいにそう見えるから>水橋さん」
水瀬伊織 「なっ・・・何言ってるのよっ!?///>美希
そ、そんな訳ないでしょっ、ちゃんと履いてるからー///>やよい」
水橋 「…るが多くないか?…」
高槻やよい 「私の師匠みたいなもんです。スランプに陥ってた私が
自信を持って今の路線に落ち着いたのもまるるるるん。のおかげなんです>美希さん」
水橋 「お、お疲れ様
…あと今さらだが…
悪かったな薄くて…」
高槻やよい 「RPが楽しいから残すって考えの人なら、推理投げ捨ててRPやってるとこも残すかもだけどね」
我那覇響 「っと、自分も落ちるかー、明日仕事なんだw
村建て感謝、皆お疲れ様だぞ!

だらーっとしたRPメインでいこう、これからw」
水瀬伊織 「そうかな?それは光栄だけど・・・/// 最後の最後までいかないと
私もなかなかエンジンかからないのよね、うう>デコちゃん村で残るとかなり頼りになる>美希

ごめんね、美希の中の方と一緒したのまだそう多くないと思ったし、どうだろう・・・ちょっと今までの美希の村見てこようかな>村の流れに沿ってなさすぎてSGにされること多い」
星井美希 「さすがは噂のまるるん。…さんだね
前からの人なんだよね?」
高槻やよい 「伊織ちゃん、靴下だけなの?」
我那覇響 「そもそも最終日まで残れないしなぁ、自分>美希
なのでなかなか経験を積む機会がないとゆー」
星井美希 「あ、やよいお帰りなの
ちゃんと靴下残しておいしくいただいたよ!」
水橋 「でこれからどんどん死亡率が増えてくんですよ
わかっえます」
高槻やよい 「そして、
◇喜多日菜子 [狂] (まるるん。◇Piyo2xcyoI) 「……色々考えてみましたけど~やよいちゃんの中の人見るに、
単にRP楽しいから両共有噛んでないってだけな気しかしませんねぇw」
って、私の考えが見透かされてました」
高槻やよい 「うぅ~ ログ読んでみたけど、美希さんと伊織ちゃんが楽しいことしてて
すっごくうらやましいです!」
星井美希 「なんだ。思ったより生存してるんじゃないのかな、4回に一回は生存できないだろうし、ミキよくわかんないけど>水橋」
星井美希 「難しいよね、最終日。
ミキも勝った記憶がないの…
発言洗っても、そこからもっともらしい言葉が出ないし>響」
星井美希 「あんなこと…?
どんなことなの?ほれほれ、言ってみろ、なの>デコちゃん」
水橋 「…14…>美希」
星井美希 「3回…!?何回中かな>水橋」
星井美希 「デコちゃん村で残るとかなり頼りになるから参考になるの
一応ミキもそういうつもりで挙げてるんだけど何が違うのかな?
村の流れに沿ってなさすぎてSGにされること多いから、周りと意見が合わないのかな?
でもそれだけじゃないような…むー、難しいの>デコちゃん」
我那覇響 「グレラン最終日だったらもう全力で殴るしかないだろうなー>美希
とにかく発言洗って、怪しいところを打つべし打つべし!
まー、自分最終日に殴り勝ったことないけどなw」
水橋 「ただね成績だけは半分だったよ
これからももっと頑張るさ>伊織」
水瀬伊織 「あはは、気持ちは分かるけど、もうちょっと頑張りましょ!>最終日>水橋

特に、推理発言が無いと最後の最後まで生き残るのはなかなか難しいかも
もっとも、誰かを怪しむ発言をすると反撃されて逆に吊られる事もあるから中々難しいけどね」
我那覇響 「村人CO=吊れ、とほぼ同義だからなー>美希
初日でもなければ自分は足掻くぞw
なぜなら生き残ったほうがログが楽しい!」
星井美希 「確かに●貰ったときの行動はその占い師のアラ探し全力がよさそうだね。
ミキも努力はしてるの。
でも今回みたいなグレラン最終日だと、何したらいいか分からなくて難しいって思うな>響」
我那覇響 「自分9回だった>水橋
去年の12月からだからこんなもんか」
星井美希 「村人CO…ミキだったら信じられないの…ww
ミキ、村だって強く主張しすぎると裏目にでるし、3とかは良さそうって思うな」
水橋 「(今戦績見てたら生存3回かよ…俺…)」
我那覇響 「だんだん響の皮が剥がれてきたぞーw」
水瀬伊織 「ち、ちがーうっ!///>美希

まあ、その、あんな事されるとは予想外だったけど・・・///」
水瀬伊織 「そうねー、今までの展開とかをまとめつつ推理して
誰か行動が気になる人がいれば挙げてみる・・・って感じかな?>どうすればいいのかな?

でも、言うは易しで、それが難しいんだけどねっ///」
我那覇響 「>美希
やー、自分もあんま●貰ったら抵抗できないしなー
んー、理想を言えば自分に●出した占い師の発言から変なとこ探し出して
その占い師を偽確定まで持っていく、なんだろうけど
さすがにそこまでは出来ないなー、努力はしてるけど
水橋 「俺の場合
1:あきらめる
2:村人COしてみる
3:流れにまかせてみる
>美希

今回は1と3になった」
星井美希 「決めるって…最終日前の夜のことだね!
バッチリキメたの!>デコちゃん」
水瀬伊織 「ふふっ、私は少なくとも最終日(3人)までは
残す気満々だったけれどねっ・・・///>やよい

最終日の、美希の天才(?)的なひらめきっていうか・・・
何か本物の美希っぽさも出てて凄かったな~ふふっ」
星井美希 「村人でああいう位置になるとミキなにもできないの
どうすればいいのかな?>響、水橋」
星井美希 「ミキの気まぐれだったからね、あまり理論ないし。
噛まないの選んで、勝ってた流れもあるって思うな>やよい」
高槻やよい 「やっぱり今日の美希さんと伊織ちゃんに勝つのはむずかしいんですね
この2人なら、私を残して進行してくれるかなーって甘えてた部分もあるからだけど」
星井美希 「ログ見たら、共有COしてないのに共有デコちゃんだと思われてて笑っちゃったの」
高槻やよい 「亜美、おつかれさま
今度は誰になるのかな?楽しみだよ」
水橋 「すでに●貰ってたからなどうすっかは悩んださ
…結局投げたがな!>響
水瀬伊織 「うう・・・美希もその、決めるところは決めてカッコよかったわよ///」
我那覇響 「お疲れ様だぞー>亜美」
我那覇響 「そこを説き伏せるのが村人の腕の見せ所だからなー>水橋
ま、自分も同じ立場だったらちょっと自信ないけどw」
星井美希 「亜美もお疲れ様なの!」
水瀬伊織 「そうねー、最終日に私以外、誰も水橋さんに投票してなくて
亜美とやよいの対決になるとは思わなくて意外だったなあ」
水橋 「あお疲れさん>亜美」
双海亜美 「そんじゃー亜美もそろそろ落ちるかな!
おっつかれー!」
水橋 「うんまあ今回は吊られたらもう仕方ないな~とは思ってた>響」
高槻やよい 「共有噛むのは最後の最後って、そう決めてたから
それで戦える布陣なら、噛まないほうを選ぶよ、やっぱり」
我那覇響 「んーまあやよいと水橋だとどっちかというと水橋吊るよなー…水橋には悪いけど
やよいの方がなんぼか正体見えるかなって意味で」
水瀬伊織 「ううう・・・やよい、それに美希も
もっと正統派の愛について教育指導してあげる必要があると思ってたら・・・
二人揃うと逆に私が別の世界を教えられそうね、ううー///」
星井美希 「ミキがリードしていいのかな?って思ったけどRP的に何かみなぎってきて強くなれたの>デコちゃん

共有残しじゃなければ恐らくなんとかなってたって思うな
発言だけだと分からなかったの>やよい」
双海亜美 「偶数になってたらはるるんがどうなったかなーてゆー感じで
んーでも、その場合だと灰3にした方がやよいっちの勝率高いかも?」
双海亜美 「真美ー、おっつーん!」
星井美希 「デコちゃんに診察されたい!>保健室」
我那覇響 「あー、そこで水橋吊って、か>やよい
確かに何とかなるかもなー」
高槻やよい 「奇数だから、共有どっちかを欠くことになりますけど
そういうプランだったんです」
高槻やよい 「自爆っていうか、私、伊織ちゃん、美希さん、水橋さんっていう最終日なら
なんとかなるかなって思ってたんですよね>響さん」
星井美希 「バイバイなの、真美!」
我那覇響 「お疲れ様だぞー>真美」
水瀬伊織 「ふふっ、私はどっちかっていうと自分から絡むの苦手で・・・
そ、その、村も会話もリードしてくれて、ありがと・・・///>美希

最終日は・・・やよい本来の読みだと偶数になってたから、
あの地点で6人・・・そうなってたら厳しかったかもね~」
星井美希 「欲望そのものだったの!?さすがはやよいなの…
さすがのミキも白旗を高らかにあげることを辞さないの」
高槻やよい 「亜美は吊るつもりだったんだ
考えが甘かったね」
我那覇響 「自爆志望とは獣のヒビキの目をもってしてもウンタラカンタラ>やよい」
双海真美 「あ、真美は別村いくね!
おっつー!」
高槻やよい 「保健室プレイとか、すごくいいですよね!」
双海亜美 「うあうあー、やよいっちはその中に亜美を含めてくれなかったのか→!
ぐすんぬ!」
我那覇響 「自分で墓穴というか……んー、虎穴にとびこむ子兎?>伊織」
星井美希 「保健室…それはありだね!かなりありだね!ミキも同席するの!」
高槻やよい 「なので、狐噛みで偶数になれ!って思って噛みを選びました」
水瀬伊織 「・・・はっ!?
そ、その、さすがに病院とまで言っちゃうと可哀想だと思ったから・・・///
で、でも雪歩のごとく自分で墓穴掘っちゃったかしら・・・うう///>響&水橋」
我那覇響 「そういえばこっちの探偵村って面白そうなんだけどなー
ドラマっぽくなりそうで」
高槻やよい 「伊織ちゃんと美希さんといっしょに最終日を迎えたいっていう
欲望に正直な感じだったので、亜美と雪歩さんを吊るプランだったんです>美希さん」
星井美希 「デコちゃんに夢中で他の皆にまで頭が回らなくてごめんね!
今や賢者モードのミキには、周りがちゃんとみえるの」
水橋 「そういや今さらだが謝っておこう
純一俺も後で行くと言ったが…すまんありゃ嘘だ」
双海真美 「読めなかったとしても双子探偵は無敵ー!」
我那覇響 「保健室でやよいに襲われる伊織……うん、アリだぞ!
……でも実現しないシチュだよなー、これ」
双海真美 「その展開でいおりんしんじゃうとか真美も読めなかった!」
星井美希 「んー、ログ見直してもやよいは割と村っぽいの
今回は敢えて灰を狭めたのかな?
我那覇響 「や、そっちじゃなくて、性的にw>亜美」
水橋 「密室はやばいな普通に病院だろ…黄色い救急車呼ぶか?>伊織」
双海亜美 「そして数時間後、無残になったいおりんの姿が……
これは密室殺人だ! 名探偵双子姉妹出動!」
我那覇響 「やめろ伊織!保健室じゃ襲われるシチュエーションだぞー!?>伊織」
水瀬伊織 「こ、これほどニゴってる・・・とは違うかな、
早くなんとかしないといけないやよいは初めて見たかもっ・・・(笑)
保健室へ連れていってあげるべきかしら・・・///」
我那覇響 「えー、自分は吊られると思ったけどなー?>やよい
めっちゃフラフラしてたし、意見も微妙だし」
双海真美 「ともかく明日また雪辱をはらすね!
次村に向けて蓄えとく!」
我那覇響 「なんか卑猥っぽいぞー!?>やよい
ってゆーかその歌詞を見るとどうしてもドリフの方が脳内再生されて……w」
高槻やよい 「響さんは狐探し気味の噛みだったんですけどね
どっちみち響さんは吊りにいけないなーって思ったから」
高槻やよい 「スジさわりパークです!
♪ほんとにほんとにほんとにほんとに○イ○ンだー!>響さん」
我那覇響 「やっぱり狼自ら灰を狭めるってのはキツイと思うぞー>やよい
むしろ共有噛めばRP的に隠れ蓑になったかも?」
双海真美 「寝坊しなかったら生きられたっぽい!」
双海亜美 「次は誰のRPやろっかなー
んっふっふー」
双海真美 「うむむ、みんなの優しさが染み入りますな!
不憫属性とかいやだー!?」
双海亜美 「しぶりんにぎこにゃんもおっつー!」
水瀬伊織 「ううん、実際のところ、美希ややよい、それに他の数人のみんなも要所で
楽しく絡んでくれて、私なんかあんまり大した事できてない気がするけど
凄く嬉しかったな・・・その、み、みんなありがとね///

真美はうん、対抗いる霊能は仕方ないとは言え・・・亜美といい感じだったと思うな、もうちょっと長く生きられるポジションならよかったわね~」
高槻やよい 「雪歩さんが吊れたとこで、きついなーって感じだったかな
あそこで亜美吊って、そのあと雪歩さん吊るプランだったのに…>美希さん」
高槻やよい 「最後は自滅に近い負け方だったかなーって
もっと上手いやり方あったから、もったいないことしました>伊織ちゃん」
星井美希 「gikoもお疲れ様。またよろしくね!」
水橋 「しぶリンお疲れ様~」
我那覇響 「お疲れ様だぞー>凛」
星井美希 「お疲れ様なの、凛」
双海亜美 「絡みは時と場所を選ばぬが吉だよ真美!」
水橋 「むしろ早々に死ぬと遺言ネタが不発するっていうね>真美」
giko 「さて、オツカレサマでした
どっかにRP募集また投げてみるか」
星井美希 「真美はいつも不憫でかわいいの
絡みにくいなら、予告通りからもっか☆」
渋谷凛 「さて私はそろそろ失礼するね。
村建感謝するよ。
みんなお疲れ様でした。」
我那覇響 「なるほど、まっちょちょんか!納得だぞ!>美希」
双海真美 「うあうあ~、早々に死んじゃうとめっちゃ絡みにくいよー!」
双海亜美 「ぶっちゃけ亜美もおもいっくそミスリーしてたけどね!>いおりん」
星井美希 「やよいのまっちょちょんはすごいからね!
筋肉に決まってるの!>響」
双海亜美 「それもまた面白さの一つだよミキミキ!
クチヨセしてRPするってつまりそーゆーことだから>ミキミキ」
我那覇響 「さすがにカバディアピをやる勇気は自分にはないぞーw>亜美」
星井美希 「今日は7割RPだった気がする…の
雪歩吊りがあの日にできなかったら、結構やばかった気がするな。」
双海亜美 「おのれ師匠! 許すまじ!
別にもう気にしてないけど!!」
双海亜美 「カバディはやめルンダ!!!>ひびきん」
双海真美 「んむむ~・・・
あ、なら名前にPを入れてみるとか?それでプロデュースするのだ!」
我那覇響 「>やよい
スジってなんじゃいw
どこのスジだw筋肉かwww」
水瀬伊織 「(ガーン!)そ、そんな・・・・(涙)>凛

くっ、ならば次回あたりは、本気の私を見せる必要がありそうねっ!(フラグ)」
星井美希 「すっごい楽しかったよ!デコちゃんかわいすぎでもーたまらんかったの>やよい」
水橋 「そうなんだよな~でも無駄な抵抗を続けている何かがいる
それを倒すまで俺のRPはないな…(´・ω・`)>真美」
星井美希 「今日は口寄せされたキャラがいつもと違ったの…
デコちゃんの前日の発言のおかげで妙なスイッチが入っちゃったって思うな>亜美」
我那覇響 「>水橋
まあ初日大体COも出揃って、方針も決まった
そんな時に『じゃ、ラーメンの話でもしよーぜ!』って言ったwww

ちなみにこの村アピの元祖は『カバディ』だぞーw」
水瀬伊織 「うー、一応、その、ありがと・・・///>NADENADE

私は推理的には冴えなかったなあ・・・投票はいい感じで吊れたけど
共有じゃなくて村だったら、多分吊られてたかも・・・
今回は狼のやよい、狐の雪歩も強かったけど、村が強かったわね。私も見習わないとなあ」
高槻やよい 「私は8割~9割かなー>亜美」
高槻やよい 「スジには自信があります!
伊織ちゃんほどキレイにお手入れしてないですけど…>響さん」
双海亜美 「人狼の3割はRP会話で出来てますのだ
割りとマジで!」
双海真美 「そろそろRPに挑んでもいいと思うけどにー
それだけでだいぶ絡みやすくなるっぽいよ?>みずはっすぃー」
水橋 「そうだな、手遅れだよな…>凛ちゃん」
我那覇響 「>美希
自分推理するだけで精一杯だからなー
今日はあんま深く考えてなかったけど

>やよい
投げ捨ててあれなのか…すごいな
しっかり筋通ってるように見えたぞ
噛まれるまで正体掴めなかった」
水橋 「なんかそれ聞いたことあるな…
誰であったかは忘れたが…>響」
高槻やよい 「伊織ちゃんが乗ってきてくれて、すごく嬉しかったです!ありがとう!」
渋谷凛 「すっかりそっちの世界に入っているように見えるけど…
普段がすでにそっちに…>水瀬さん」
高槻やよい 「美希さんと伊織ちゃんの共有、さぞ楽しかったんだろうなー
ログみてこよ」
高槻やよい 「私、推理とか投げ捨ててます、正直なとこ>響さん」
星井美希 「推理しながらはすごいシンドかったの…
でも昨日あまりに酷い素村やってしまったから両方必死で頑張ったよ!>響」
我那覇響 「>水橋
初日とか喋ることないって時あるじゃん?
そんなときに出せばいいのさー
自分はラーメンの話して生き残ったぞw」
双海亜美 「まあ、RPって結局はフィーリングに落ち着くから
何も考えないでってのは割りと分かるかな!
こー、なんてゆーの? キャラをクチヨセするノリ!」
水橋 「一度絡みが合えばいいんだけどね…
そういう時に限って役職が…>真美」
水瀬伊織 「うう、まさか、私の伏字からやよいも来てここまで
盛り上がっちゃうとは思わなかったわっ・・・///>凛

ふ、普段の私はもっとキリッとしてるんだからねっ!」
星井美希 「千早?さんもお疲れ様なの!」
双海真美 「みずはっすぃーは一回ネタ路線に挑んではどーかね!
生き残れるかも!」
水橋 「そのネタを出す暇がないというね…>響」
星井美希 「考えないでRPできるやよいは正直ソンケーを凌駕してよくわかんないことになってしまうの」
我那覇響 「推理しながらエロトークとか自分には高度過ぎるぞー…」
giko 「ネタを出来る力が無いからなーうらやましす」
星井美希 「デコちゃんに褒められて、天にも昇る想いなの…!
今度はもっと優しくするから、これからもよろしくね!」
我那覇響 「むしろそーいうネタを村で出せば残れると思うw>水橋
確定じゃないけどw」
渋谷凛 「なんというか、ここはエロさが高度すぎるね…」
双海真美 「真美もぴゅあっぴゅあだもんね!」
水橋 「俺に関してはもうグレランを生き残ることを…
\            /: : : : : :ハl\; : ト、: : : : : : : : : :.:\  /    /
  \          /: : : : : :>   \l \ト、: : : : : : : : \     /
           /^ヽ: : : :/         \ト、: : : : : : :\  /
\ \       / ヘ |: : :/              \: : : : : : /、         _  -‐ ´
    \.    / /ノ: :/    ヘ      |        `\:\ーヽ    -‐'"´
       ___j  |/: ノ    __\.   |   ./       /:;\i
       |: : :.| . /:.:/     ´ tテ‐≧__ノ   /       //´       
       /: : : し': :/         ̄_>,  r≦___、  /      
       \: .ソ厶/              /<tj ヽ. ′ノ         -‐‐‐‐ "´
      _/^7 .//           / \ ` ´ /    強いられているんだ!!  
     //レ′{ /        、   /      /             
____/  |.  ヽ/  ._ -‐ _  - ´     ノ
   /  八 l  \   |^l  ヽ ` -、_     ./          `゛ ー- 、_
    {    \    '、 \\__ 〉/   /       \          `゛ ー- _
    |      ヽ    ヽ\`‐---‐'´ ,. ィ´}           \
    |        \   \  ̄   / / .|\     \  \
…だからな>響」
我那覇響 「>水橋
霊ロラだとロラ終わるまでは生き残れるからなー
一行発言ばっかだと、吊らせようとして狼も噛まないし
でも最後まで生き残れたことは経験になるから、ガンバレ!」
双海亜美 「亜美はえろいの出すの苦手だな→
ぴゅあっぴゅあだから!」
星井美希 「う、ミキも反省するの。>日菜子さん」
高槻やよい 「変態RPはなにも考えなくていいから、いちばんラクなんです>美希さん」
水瀬伊織 「はうーっ!?>美希
も、もうこんな恥ずかしい事しないんだから・・・///

でも、最終日の日に美希が噛まれてたら多分ダメだったかも・・・
こんなに美希ができる子とは想定外だったな、これからも楽しみかも(なでなで)」
厨二千早 「お疲れ様でした
ここではない場所でまた逢いましょう、それでは」
高槻やよい 「私にはむずかしいです、師匠
そこはかとないエロの出し方、伝授してください!>日菜子ちゃん」
我那覇響 「水橋とやよいは発言から正体掴めなかったけど、
亜美はなんか村で納得してたからなー
すごくいい動きだったぞー」
星井美希 「風邪気味であれって、やよいの中の人はすごいの…
ミキは無理しすぎたせいか反動が…」
水橋 「(結局は霊能×2とgikoに救われた感じだなぁ>今日生き残れたの)」
高槻やよい 「亜美を噛んでたらどうだったんだろう?
それでもやっぱり私が吊られちゃうよね」
喜多日菜子 「追伸ですよ~

>やよいちゃん
オープンにしすぎるとむしろ興奮しなくなるってプロデューサーさんが言ってましたよ~。
アメリカンポルノは飽きるとかなんとか……プールサイド村とかあるならありかもしれませんけどねぇw」
双海亜美 「あれ、ミキミキも?
ゆきぴょんとのグレランで吊れそうだからびみょいと思われてたと思ってた」
高槻やよい 「やっぱり、みきいお最高だよね」
星井美希 「確かに亜美に一番助けられたって思うな。
一番信じられた感じなの」
水橋 「残念ながら王子様候補が少なかったからな
お疲れ様>日菜子」
高槻やよい 「ありがとう、池田ちゃん」
水瀬伊織 「そうだったのね、お大事にね(なでなで)>やよい
もう、美希と最強コンビすぎてもうねっ・・・(笑)」
双海亜美 「えっへへー、さっすがいおりん話が分かる!
とゆーわけでほうびにODECOをNADENADEしてあげよー>いおりん」
池田華菜 「そういえば村入ったの今年初かもしれない、ありがとうだし!!」
我那覇響 「んー、アイマスRPもっと練習しないとなー」
星井美希 「こんなにおいしーキャラなのにAAまだないんだね、意外なの>日菜子」
喜多日菜子 「それじゃ、そろそろ日菜子は帰りますねぇ。
王子様は射止められませんでしたけど、濃厚なみきいおが見れたので満足ですぅ。
では、おつかれさまでした。むふっふ~♪」
高槻やよい 「そうなると響さんじゃなくて亜美噛みだったかなー>伊織ちゃん」
双海真美 「真美は幅が狭くてきびちーなぁ」
高槻やよい 「まるるるるん。のエロ全開RPも見たいです!
やよいで、伊織ちゃんもビックリするほどの攻めを見たいかなーって」
水瀬伊織 「あ、そうね、真美がいなくなった後も凄く頑張ってたし
やよい以上に村で見てたから、最後やよいに投票する決心も私ついたし
偉かったと思うな。私もそんな村人を目指したいわね・・・って
あんまり恥ずかしい事言わせないでよねっ///>亜美」
高槻やよい 「亜美はなんでもできるね!さすがだよ~」
我那覇響 「というかやってることは普段と一緒+一週間のブランクありなのに
何でこんな生き残ってるんだろう、自分……」
双海真美 「ベイスたんおっつー!
真美は中日ファンだよ!」
喜多日菜子 「でも日菜子はまだAAないみたいなんですよねぇ……>伊織ちゃん
AAできればもっとみんな使ってくれると思うんですよぉ。性的な意味でも」
高槻やよい 「銃殺出させてからの噛みだったかなー、ごめんね」
双海亜美 「とりあえず何事もチャレンジでっせ!
興味があるならやってみたらいいんだよぐりーんだよ>ひびきん」
渋谷凛 「お疲れ様ベイスたん。私ベイスターズファンだよ。」
水橋 「…しまった遺言不発った
今日の占われた結果ならぴったりだったかもしれないのに」
双海真美 「あ、4日目だった!」
双海真美 「ちなみに噛まなかったら呪殺でてんだよにー>三日目」
星井美希 「おつかれなの、ベイスたんは応援するの」
我那覇響 「春香と響は何度かやったけどなー>亜美
というか、春香で入ろうと思ってたら先に春香がいたので
アイコンからだらーっとした響ということで入りましたw」
渋谷凛 「すごいね。
全員はさすがにしてないな>亜美さん」
水瀬伊織 「日菜子は凄い存在感だったわね(笑)
あと、占いの華菜がすぐ純一当てたのも大きかったわね
それから水橋はこれだけ後半まで残ったの珍しいかも、よく頑張ったわね!(私、投票しちゃってたけどっorz)」
双海亜美 「876はDSやってないからあんま自信無いかな→
CGは……きがむいたら!」
水橋 「地獄を見れば心をきめるってな…覚悟も決めろ>亜美」
双海亜美 「ヒャメロー!!>みずはっすぃー、ぴなこん」
渋谷凛 「今年の勝利は凛での2勝のみなんだ…
ということはこれ、早死するのがいいのかもしれない。
なーんてね、ふふっ」
高槻やよい 「あの池田なら、純一さん捕捉しにくるなーって思ったから
さっさと噛みたかったんです、できれば即噛みで>純一さん」
双海真美 「シンデレラは地獄だよみずはっすぃー!?」
双海亜美 「やればできる! 絶対私NO.1!>ひびきん
割りとやってみたらなんとかなったよ、亜美は」
我那覇響 「お疲れ様だぞー>ベイス」
ベイスたん 「それじゃベイスたんは寝るやよ。
みんなもベイスターズ応援してほしいやよ。」
喜多日菜子 「>亜美ちゃん
むふふふ、そんなあなたにはCG100人衆が待ってますよぉ~」
双海亜美 「(ミスリーしてたけどね!)」
双海真美 「さすが亜美だ!
真美にできないことをへいぜんとやってのけるなんとか!」
双海亜美 「いおりーん!
やよいっち吊り言い出した亜美もほめてほめてー!
でないとODECOをTUNTUNしちゃうぞー!」
星井美希 「ひっぺ、になってるところも含めてかわいいの…!
しんぼーたまらんの!(がばーっ)>デコちゃん」
高槻やよい 「律子さんで行こうかなって思ったんですけど
風邪ひいててちゃんと突っ込み出来そうになかったんで、やよいにシフトしました!
伊織ちゃんが隣にいたし>亜美」
水橋 「じゃあ次から876からの961からのジンデレラね>亜美」
我那覇響 「自分、あずさとか貴音ができる気しないんですが>亜美」
水瀬伊織 「あと、みんな沢山話しかけてくれて嬉しかったのに
あんまり返せなかったな、ごめんねー!
そんなにタイピング早くないし、美希とやよいてほぼ手一杯だったっていうか・・・ううー///」
喜多日菜子 「まぁ、私も初日gikoさん○で出る予定が出遅れて霊能に……なんてことしちゃってますし。
なかなか全てが狙い通りに行くことなんてないってところですかぁ? 妄想ならなんでも思い通りなんですけれどねぇ。
ほら、みきいおにやよいちゃん交ぜて3Pだってこう……むっふー」
giko 「投げ>亜美」
双海亜美 「んっふっふー……全アイドルのRPをこなした
亜美はこれでもうムテキング!」
高槻やよい 「千早さん共有としか思えなかったです
伊織ちゃん共有っていうのはあくまでRPで言ってたことなんで」
双海亜美 「それにしてもめろんぱんさんのやよいっち狼率高いねなんか」
水橋 「いいぜ…おまえがそんなこと言うんだったら
俺も付き合ってやるぜ!>真美」
橘 純一 「まぁ僕があっさりみつかりすぎてたしね>やよい
…最近被弾率が高すぎて足しか引っ張ってない感じ>狼だと>僕がね」
水瀬伊織 「う・・ま、まあその、美希がこの村のMVPだと思うし・・・
その、昼間も進行頑張ってくれたし、凄く頼りになったわ
・・・ありがと(ひっぺにちゅっ)」
星井美希 「これをみきいおと言っていいかは疑問の余地があるの…w>日菜子」
我那覇響 「なんかもうふつーに亜美は村だと認定してたからなー>亜美
発言見て『あ、村でいいや』って思ってた」
giko 「とかいうと、狩人引いて戦犯なんだよなあ
世の中はままならぬよ」
高槻やよい 「日菜子ちゃん、まるるるるん。だ!
私の心の師匠だ!わーい!!」
双海真美 「あ、みんな突発だったけど来てくれてありがと!
これから毎日村を建てようぜ(キリリ」
giko 「真占い、そろそろ欲しい」
厨二千早 「RPが固まってなかったから、正直○もらってかなり安心してたわw」
高槻やよい 「純一さんもギコさんも日菜子ちゃんも、勝てなくてごめんね
攻め方が甘かったね」
我那覇響 「中の人騙り……だとー?>美希」
双海亜美 「そして今回で765アイドルRP一周したよーん!」
喜多日菜子 「ただ、やよいちゃんの性欲を重視した噛み筋は素晴らしいものでした……
ありがとうございますぅ!」
giko 「んー。悔しいな。
というか、やよいほんとごめん」
星井美希 「やよいが残ると一番村が負けそうな気がしたから投票したの
…私怨じゃないよ?」
高槻やよい 「私、あやしいこと結構言ってたんだけどなあ
RPの陰にかくれて、なんとかならないかなーって感じだったかな>伊織ちゃん」
双海亜美 「ふふふ、全てはこのスーパーアイドル亜美の輝ける白さのおかげですな(キリ」
我那覇響 「あー、なんか自分だらーっとしたRPだと生き残れるなー
テンション低くてもできるし、これでいっかー」
橘 純一 「いや、僕もノーゲームにしちゃったばっかりだからねぇ…>真美
…役職でWOしたときの絶望感は半端ないねってとこで」
giko 「かもねぇ。まあ、プラスに働くかどうかはさておいて>日名子」
星井美希 「村では騙ってなかったけど、中の人騙りなの…w>響」
我那覇響 「それは早死にしても仕方ないんじゃないかなw>凛」
水橋 「大体初日グレランで吊られるからね!ありがとう>ベイス」
水瀬伊織 「やよいはRPですごく絡んでくれたのは別にしても
全然怪しんでなくて・・・RPも推理発言もすごく上手かったー!
ただ、相方の美希が投票してて、吊れないまま最終日っていうのも可哀想だと思ったし・・ごめんね~」
厨二千早 「水橋さんは灰放置なら普通に吊れた可能性はあるわね」
渋谷凛 「その要因として初日に必ず○もらうからなんだけど…」
双海真美 「純一兄ちゃん、気にしちゃだめだよ~!」
喜多日菜子 「あそこは水橋さん●じゃなくやよいちゃん○でよかったんじゃないですかねぇ。
逆囲いっぽく見せる●なら、亜美ちゃんにぶつけるべきだったかも」
我那覇響 「霊界でびっくりしたぞーw>美希」
高槻やよい 「うん…だから悲しかったんです>純一さん」
ベイスたん 「お 初めてやよ?
おめでとう、お祝いするやよ>水橋」
水橋 「(雪歩アイコンの狐率半端ないな…)」
giko 「何れにせよ、流れを生かしきれなかったというのはねぇ。
精進しないとね」
渋谷凛 「なんというか、このキャラにすると早死しやすいのかな…>亜美さん」
橘 純一 「…突然死>やよい」
星井美希 「雪歩、狐だったんだ…
正直以外なの。投票したけど」
我那覇響 「あれで逆に吊られなくなったてのはあるかも?>ギコ
最終日があれば吊られてたかもだけど」
高槻やよい 「偶数で行って 共共灰狼の最終日に行きたかったんです…」
水橋 「ってやっぱりというか初日狩人か…」
双海亜美 「そしてまた早死してるかくかさんなのであった」
giko 「春香もどんまい。」
水瀬伊織 「あ、ちなみに伏字は
お○こ→おでこ
う○○→うなじ
だったんだからねっ、別の変な想像しちゃった子はお仕置きねっ!///」
双海真美 「やったよ亜美ー!
真美そーそーに吊られたけどね!」
星井美希 「春香、回線はしょうがないの。災難だったね」
厨二千早 「くっくっ、≪完全なる白≫も残った≪無能力者≫もよくやったわね」
giko 「水橋は普通に吊れたよなぁ、っていうのはある。
狼見せてしまったせいかもだけど」
双海亜美 「ゆきぴょんすっかり村目に見てたな→
そこんとこは村GJだよん!」
水橋 「あ…初めて素村で最後まで生き残ったよ…やったね!!」
星井美希 「じゃあごほーびに、いいよね?デコちゃん…!」
双海真美 「あ、離席している間におっつー!」
我那覇響 「無事だったんならおkだぞー!>春香」
橘 純一 「まぁ流石に美希噛まないとやよい狼ってばれるわなーってとこだね」
双海亜美 「うーいぇー! 真美と同陣営勝利!」
ベイスたん 「どんまいやよ>はるか」
水瀬伊織 「や、やよいが狼・・・!?
さすがだったわね・・・///

そして、そこを怪しんだ相方を美希に乗ってみたわ
美希偉い!GJ!」
giko 「うーん、しゃーないな。
ちっと空回り癖直さないと。初手で噛みたかった」
水橋 「雪歩が狐だったかでやよいちゃんが狼…だと…」
我那覇響 「共有両生存の村勝利かー
ちょっと珍しい?」
高槻やよい 「狐、雪歩さんだったんですか…」
双海亜美 「あそこで亜美吊る意義はないよやよいっちー
亜美狐ならふつ→にみずはっすぃー吊ればいいだけだし」
天海春香 「お疲れ様でした。皆ごめんなさい>突然死」
橘 純一 「お疲れ様」
喜多日菜子 「おつかれさまでしたぁ。
むふふふ、濃厚なみきいおでしたよぉ……」
星井美希 「やったの!狼から護ったよ!ほめてデコちゃん!!」
池田華菜 「そろそろ混ぜろよ」
ベイスたん 「お疲れ様やよ」
水橋 「お疲れさん」
厨二千早 「おつかれさまー」
萩原雪歩 「お疲れ様でした。」
渋谷凛 「お疲れ様でした。」
双海亜美 「なんとゆきぴょん狐か!
おっつーん!」
giko 「うーん、お疲れ様。」
我那覇響 「お疲れ様だぞー」
高槻やよい 「おつかれさまです」
我那覇響 「これやよいが狼じゃなかったら明日吊られるな水橋w>ギコ」
ゲーム終了:2012/05/13 (Sun) 00:02:13
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高槻やよいさんの遺言           /.:.:/.:.:.:/.:.:/ i:.:i:.:.:.:i:.:.:.i:.:.:.:.:ヽ:.:.}}
            〈:.:.:.:.′:.:.i:.:.:′|:.:!:.:.:.:!:.:.ハ:.:!、:.:.Ⅵ         十_,
           ヽ、:{:.:.:i:.:|:.:.i_,厶从ト、! ≧=xトⅥ〃 L|」   (」_/ )
.             〉Ⅵト:{ Ⅵf:{_ji    f:{_ji V}≪  L」_」   /
          〃.:.:.:i:.:i { 込ソ    込ソ ノi:.:.:》 ┼─  ∧_ノ
          〈:.:.:.:.:.:!:.:.}'"( ( ‘  '"( (" !:〃  二)    ―ァ
              ヽ、:.:.:l:.:{   ) f7´ ̄ ̄`ヽ )≪     や   、_
            〉:.:!:.:> 、 廴_    ノ/.:.:.》  |  l  ┼、ヽ゛
              /.:.:∧ハ:.:.i:.{≧、二二 イフ:〃   レ   ′  | )
               ヽ、:{  Ⅵv'´i l トミ==r―≪   ニ|ニ
              ___    /: : N lー-i|-‐  ヾ  Cト、
          r'´ ,-‐L. /: : : : | |`Y^l二   }} ‐┼
          |   -‐{^Y: : : : : :! | 人_{  , ≪  C|
          |   -‐{.ノ: : : : : :.! |   `ーi   }}   ′
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
高槻やよい は投票の結果処刑されました
7 日目 (2 回目)
双海亜美1 票投票先 →高槻やよい
水橋0 票投票先 →高槻やよい
星井美希0 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい4 票投票先 →双海亜美
水瀬伊織0 票投票先 →高槻やよい
7 日目 (1 回目)
双海亜美2 票投票先 →高槻やよい
水橋1 票投票先 →双海亜美
星井美希0 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい2 票投票先 →双海亜美
水瀬伊織0 票投票先 →水橋
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 「自身あるってことは共有の読みがはずれてるってことだね」
水瀬伊織 「ほ、本当よ///>やよい

んー・・でも真面目にどうしよう」
水橋 「あえてというかなんというかいうことがない…」
高槻やよい 「どういう仕掛け方なのかな、これ」
星井美希 「なるほどなの>亜美」
双海亜美 「真美! ぶっちゃけ陣営分からないけど
真美の敵は亜美が取るYO!! 見ててくれたまへ!」
高槻やよい 「亜美はここで逆囲いを持ち出すの?」
星井美希 「大変ならいいよ、狼が誰かの方がもんだいなの>亜美」
水橋 「何やってんだお前ら…>伊織、美希」
双海亜美 「おけおけ。」
高槻やよい 「いいな、美希さん!
ひとりじめなんてずるいです!」
双海亜美 「んとね→、純一兄ちゃんが華菜ちんよりって亜美言ってたっしょ?
ぎこにゃんに不安抱いてた感じからそうだと思ったんだんだよね→
華菜ちんの信用低めで出た発言だから華菜ちん真めがっさブーストな発言っぽいし

でもその時点で純一兄ちゃん●貰ってたから華菜ちん寄りとかありえないじゃん! ってね!>ミキミキ」
双海亜美 「まって、今Ctrl+Zで復元してくる!>ミキミキ」
高槻やよい 「ところで美希さんと伊織ちゃんが一線を超えてないって本当なんですか?」
星井美希 「とってもジューシーだったの!」
双海亜美 「みすはっすぃ→狼見てやよいっちから吊りだと考えてるんだけどね」
星井美希 「あ、亜美、ミキもこれ気になるの

「◇双海亜美(54)  「そしてひとつ勘違いというか
これな」」
水瀬伊織 「あ、あと昨日まさか美希に
私のう○○をペロペロされるとは思わなかったわ・・・///
(スルーでいいですよっ///)」
双海亜美 「亜美的には最終日までやよいっちが行くなら
吊らないって感じだったんでこー。」
高槻やよい 「となると、やっぱり水橋さんからなのかなー」
双海亜美 「だよだよ→>やよいっち」
高槻やよい 「っていうか、グレー3人が自分以外吊りに行くってヤツですかこれ」
双海亜美 「どーするもこーするもないじゃん?
別に詰んでないんだし。」
星井美希 「今の印象では水橋かな。狩人もありそうだから残しといたの」
水瀬伊織 「しかも響噛みだから私の投票大外れ・・・
雪歩はそうね、雪歩に限らず全体的に村っぽくて難しいけど
慎重で隙を見せなかったのが狐に見えたかなってところ>雪歩」
双海亜美 「じゃあ自分以外吊る勝負で問題は吊り順だね
昨日ひびきん投票しなかった時点で狼見るならみずはっすぃーかな」
高槻やよい 「共有さんは生かすつもりですね、これ」
星井美希 「共有噛まないんだね、驚いたの。狼さんはどういうつもりかな」
双海亜美 「そして返事充填したらひびきんが死んでいるのだった
タイマンにするつもりなんだ、狼」
水橋 「ん~共有噛まれるかと思ったんだがなぁ…」
星井美希 「ふぅ…おはようなの」
水瀬伊織 「おはよー
って私達を噛まないの!?
すごいなあ・・・」
高槻やよい 「んー、これは…」
双海亜美 「なんでゆきぴょん吊っちゃったんだろ→ ってゆ→」
水橋 「おはようさん」
高槻やよい 「おはようございます!」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
我那覇響さんの遺言               ___
            /::::::::::\      , イ           _
          /:::::::::::::::::::ヽ   /  l           /
          Ⅵヽ_/`ヽ、:::::}/    }   }:::ヽ     Z  ̄
                __  /l:::/     / /::::::/   z
            ,:::::::`ヾ、 }/, -:::::: ̄ ̄:::`:::::....、ニ‐ 、
        _/::::/`ヽ-::く::::::::::`ヽ、___::::::::::::::`ヽ、
        ー---'//:::::::::::::::::::::::::::::::. r‐ 、ヽ::::::::::l:::::::::..
 _ - ――― Y /::::/::::::::::::::,l_\:::::::::::} 、___,ヽ::/::::::::::::\
、           ,イ/::::/:::::::::::::/::|   \:::::l   ̄´ l/`ヽ::::::,}リ `
 `丶、     /:/::::::{:::::::::::、::::::j  /} ヽj,...イヽ       }::/:}:::、
    `ヽ、__,イ:ノ:::::/i::::::::::::::、Ⅳ_,ノイ  {V     }    ハ{/::::::}
     /::イ:/- '´l::!::::::::::::::::\      \  _ノ _,-,./:::::::::∨_
      / ̄`ヽ{:::\:::::::::::::::::\     U /, ,、´`ヽ-、:::::::- ´_,.ィ
     /  ̄`ヽ、 、::::: \::::::__:::≧   /´ {_ ,. `'  ヽ:::::::<___
      { \    `ヽ、ヽ:::ト,:::ヽr- ,r::‐:::´ ー{ /      }r、-- 、::::::::/⌒`
     \ `丶、   ', ヽ::}::::l--::´:::::::{´ ̄/7ー--、__ _ノイノ _}:::/
       \   `ー- | |:/::/:::::::::::::::::l_ / {` ー-、_,ィ'彡- '´三三\
        `ヽ、  __,| /::::/::::::::::::::::::::::ヽ!_/-!     /三ヽ三ニ/⌒ヽ!
             ̄  }/イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   /三\三/∨\  ヽ
         、__,..ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_', /三--∨´     }__ノ
          ` ー---/::::::::::::::::/::,. - ´/イ  Ⅵ三{、  ヽ
               {( ̄ ̄ ̄{/           ヽ、_)
萩原雪歩さんの遺言 よろしくお願いしますぅ。

         ,.  ´ ̄` ー‐-
      ,. ´               丶
    / ̄                ヽ
   /    /   ,/           ヽ',
.  / /  ハ   〃 {         i
  {  |   | {-‐┼!  ト、 ┼-      | i
.  ', ト、 ,イ \. | \! \! \ `y′,'│
   Y  \! ,ィf示x    ィf示ミx/ レ′!
.   |  il { トィハリ'    トィハリ }} ハ │
.   |   ハ,  `ー'′     `ー'′   i ,′
   ', .i八´´´         ' ' ' ,′}./
    \!  >、     ○     , く 〃
       Y   >─r┬‐ <.   _j/′
        / } {_/___\/ { ヽ
        ,' {/    ',  }  !
         l/  、__ノ┘ ,' │
.       |   イ       〈{   ',
         し' /   o    ヽ  _rュ
         /           ',___フ
.        /     o      \
我那覇響 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高槻やよい 「こまったなー
プランが見えないよ」
高槻やよい 「狐探し いちおうやろうか」
高槻やよい 「伊織ちゃん噛みたくないなー」
高槻やよい 「雪歩さんが先ですか…
亜美はつれそうにないかなー」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
萩原雪歩 は投票の結果処刑されました
6 日目 (2 回目)
双海亜美2 票投票先 →高槻やよい
萩原雪歩4 票投票先 →双海亜美
水橋0 票投票先 →萩原雪歩
星井美希0 票投票先 →萩原雪歩
高槻やよい1 票投票先 →双海亜美
水瀬伊織0 票投票先 →萩原雪歩
我那覇響0 票投票先 →萩原雪歩
6 日目 (1 回目)
双海亜美2 票投票先 →高槻やよい
萩原雪歩2 票投票先 →双海亜美
水橋1 票投票先 →萩原雪歩
星井美希0 票投票先 →萩原雪歩
高槻やよい1 票投票先 →双海亜美
水瀬伊織0 票投票先 →我那覇響
我那覇響1 票投票先 →水橋
「◆身代わり君 システム:投票制限時間をリセットしました。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
我那覇響 「◇双海亜美(54)  「そしてひとつ勘違いというか

これな」
水瀬伊織 「その・・・やよいと共有もよかった、かな?///
美希も凄くいい子だけど・・・
でも一線は超えてないからっ!(強調)」
萩原雪歩 「だって吊れてるのCOとか●とかだよ?」
星井美希 「グレランなの!狼さんはミキのハーレムをとったらあれだよ!ボンっ!だよ!」
双海亜美 「ゆきぴょんとみずはっすぃ→残しでEかな!」
水橋 「今のところは狐が怖いからなぁ響」
高槻やよい 「水橋さんはあるとしたら狐っぽいですよね
逆囲いは…どうなんでしょうね」
我那覇響 「あー、亜美
4日目の勘違いってなんだったんだ?」
我那覇響 「んー、雪歩が狐生存に触れてるのくらいかなー気になるの
というか狐いるのかわからない状況なんだけどさー」
星井美希 「んー、ミキはやよい村っぽいかなと思ってるけど、共有の方が視点狭いから難しいとこだね。
今回何も考えてないし!>亜美」
高槻やよい 「伊織ちゃんのお○こは、私が奪うんです!」
水橋 「…初日は狩人っぽいか?これ」
双海亜美 「みずはっすぃーも残しでEと思うんだけどう
ん→、ただ順当に共有2噛まれて灰3残りになるのがおしいなあ」
萩原雪歩 「私は千早ちゃんが共有だと思い込んでたから意外でした。
あとは水橋さん亜美ちゃん辺りでしょうか、
私が注視しているのは。」
高槻やよい 「私、ぜったい負けません!
美希さんだけにいい思いさせるなんて、ひどいじゃないですか!」
水橋 「構わねえ>美希」
水瀬伊織 「そうね、共有じゃなかったらここまで
RP編重にはならなかった、かな///>雪歩
それでも、占われない様に要所では頑張ってたつもりっ」
高槻やよい 「吊り3ですか…みんなで伊織ちゃんのお○こ争奪戦ですね!」
双海亜美 「んー、消去法で亜美的にはやよいっち吊りかな!
でもこういうこと言っちゃうといおりんとミキミキがはんにゃになるのでは!」
星井美希 「7>5>3>1
あと3吊り!水橋もグレーでいいよね?」
水橋 「はいはいっと>伊織」
我那覇響 「んー、水橋の扱いがなー
ギコの逆囲いなのかちょっと悩む」
高槻やよい 「本当のところは○の中で安心してた千早さんが共有さんだったのかなーって
でも、伊織ちゃんと美希さんが共有となると…夜が大変です!」
水瀬伊織 「あ、昨日はありがと///>水橋
でもここからみんなの殴り合いだから、水橋もみんなも覚悟して頑張ってよね」
星井美希 「千早さん噛まれるとは…、村認定してたからむずかしいの」
萩原雪歩 「伊織ちゃんRP成分濃かったから吊りたかったけど、
共有だったんだね。
これでひとり容疑が晴れた感じですぅ。」
水橋 「グレラン祭りや…」
双海亜美 「そいや吊り3か
じゃ→みんな最終日に持ってくのを一人考えればEだけだね
……ってみずはっすぃーの存在忘れてた!」
高槻やよい 「伊織ちゃんは吊られないだろうなーって位置だったから
潜っておいてよかったかもです!>美希さん」
我那覇響 「おっけー
灰はあと五人か、自分含めて」
水瀬伊織 「あ、でもね、まだ一線は超えてないからねっ!!!」
星井美希 「やよいの嗅覚はヤバいの!抜け駆けさせてもらっちゃったよ!」
高槻やよい 「って、伊織ちゃんが共有さんですか!
おもってたんとちがうー!です」
萩原雪歩 「今日からグレランですねー。
華菜ちゃんの○は全滅してしまいましたね。」
双海亜美 「やっぱいおりんか→
これでいおりんが噛まれたら「いおりんのことか……いおりんのことかー!!」
ってミキミキが覚醒するんだね! って元から金髪だった!」
水橋 「共有は伊織ね了解」
星井美希 「おはようなの!まだ生きてて嬉しいな!」
我那覇響 「グレラン村するなら共有相方出しておいて欲しいってのはわがままかなー?」
水瀬伊織 「おはよ~
何かこう、鋭いやよいにはバレてた感じがするけど
恥ずかしながら、私が美希の共有になっちゃったのよね、うう///」
双海亜美 「んじゃグレランだろ→し相方出してね、ミキミキ!」
水橋 「○ばっかりかまれてんなぁ」
高槻やよい 「千早さん…どうみても共有だった千早さんが…」
双海亜美 「はろろーん!」
水橋 「おはよ~おはよ~っと」
我那覇響 「はいさーい
うーん、千早噛み」
高槻やよい 「おはようございます!」
萩原雪歩 「おはようございますぅ。」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
厨二千早さんの遺言 これも運命石の選択だと言うのね……
厨二千早 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高槻やよい 「噛みは45秒でいいかな」
高槻やよい 「伊織ちゃんペロペロしてやりすごせたらいいのに」
高槻やよい 「偶数で、狐と一緒にいきのこりーとかないですよね」
高槻やよい 「狐、どこかな?
どこだとしても、私が先に吊られるかもですね」
高槻やよい 「千早さん噛みからの、どう攻めるかですよね」
高槻やよい 「どうみてもLWです
ありがとうございます」
高槻やよい 「はうぅ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
giko は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
双海亜美0 票投票先 →giko
萩原雪歩0 票投票先 →giko
水橋1 票投票先 →giko
星井美希0 票投票先 →giko
高槻やよい0 票投票先 →giko
水瀬伊織0 票投票先 →giko
厨二千早0 票投票先 →giko
我那覇響0 票投票先 →giko
giko8 票投票先 →水橋
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
厨二千早 「大丈夫よ、問題ない」
giko 「ま、この状況であんま喋らないからなぁ、水橋も自分もw
とりあえず適当に流して欲しいね」
水橋 「あ~ならおれの後ろにいろとりあえずな>伊織」
高槻やよい 「はじらうように紅潮する伊織ちゃん、そしてそっと抱きしめる美希さん…
なんかうらやましいです!」
厨二千早 「くっくっ、明日からは血で血を洗う闘いね
高みの見物と洒落込もうかしら」
双海亜美 「さてさてー、吊りたくないとゆ→か
最終日に持ってく感じでよさそ→なのは
ひびきんとゆきぴょんかな!」
萩原雪歩 「gikoさんのノイズはそれほどないですよね。
幸か不幸かあまり発言ないですし。」
星井美希 「千早さん…、なんというか、手遅れなの…ミキがいうのもなんだけど…」
水瀬伊織 「でも・・・真っ昼間からそんな恥ずかしい恰好はできないわっ!///

あと、誰か私の清純派を守ってくれる人募集っ///」
厨二千早 「さすがの狼もそこまでまが抜けていたわけではない、と」
高槻やよい 「美希さんがなにか隠してます!
伊織ちゃんの秘密の小部屋ですか?」
星井美希 「狼じゃないかわからないから、いちおーきいたの。>やよい」
水瀬伊織 「何て言うか、美希もあなたも
上級者よね・・・ううう///>やよい」
我那覇響 「LWCOはなし、ならそのままギコ吊りでいいな
グレラン村かー」
萩原雪歩 「gikoさんは狐を考えると残しておきたい気もしますけど。」
双海亜美 「ぎこにゃんLWだったら華菜ちん噛まないと思うけどな→」
giko 「ありませんよ。」
厨二千早 「≪完全なる白≫が灰の中から吊り場所を選べばいいわ
今はまだあなたにまかせておく、美希」
高槻やよい 「これ、春香さんが狼じゃないって、確定なんですか?」
萩原雪歩 「響ちゃんとベイスたんが言い合いみたいのしててたけどどちらも村っぽい感じにみえて、
ベイスたんをここで噛むというのは響ちゃんはより村目ですぅ。」
我那覇響 「相方生存か
それは嬉しいニュースだなー」
双海亜美 「あ、今日吊んだ
んじゃグレランの未来へ向けてごごっごー!」
星井美希
gikoの主張が少なすぎてとても真には見えないし、相方さんの意向もあって吊ろうかな。
LWCOある?
星井美希 「相方はまだだよ。出たいときに出るように任せてあるの。」
高槻やよい 「美希さんの相方、伊織ちゃんですか?
夜な夜な楽しいことしてるんですか?」
水瀬伊織 「春香が狼でなければgiko吊ってもいいと思うんだけどね・・・
吊ってもいいって言ってるし、吊ってから考える?」
我那覇響 「んー、ギコ吊るのか
破綻したわけじゃないけど残せないししょーがないのかな」
星井美希 「その村の方針でOKなの!やよいは偉いね!」
厨二千早 「≪暗黒の星≫も堕ちたのね……」
高槻やよい 「春香さん、静かだなーって思ったら
あんなことになっちゃうなんて…」
giko 「ま、形勢変化無く灰が減ったんだから寧ろツキはあるかもしれん。
で、オレ吊りだよな?後は頼むぜ」
我那覇響 「ということはベイスたん狐ではなかったかー
ギコ真でいいのかなー」
双海亜美 「んあ、そーいやミキミキ
相方出してたっけ?」
高槻やよい 「伊織ちゃん、靴下を残してハダカになる感じでいいですか?」
星井美希 「おはようなの!朝は一番性欲が高いらしいよ、デコちゃん!」
厨二千早 「くっくっ、まさか円環の理に導かれる者が現れるとはね」
萩原雪歩 「突然死哀しいです。」
水橋 「…で星が噛まれたっと」
双海亜美 「じゃーギコ兄ちゃんは7で吊りーの?
○は全灰戻しでEよね」
高槻やよい 「ベイスたんはお星様になったのです」
水瀬伊織 「おはよ~
何かこう、お・・・の危機を感じるんだけど
まだ清純派を守れてるわ、色々な意味で///
水橋 「とりあえずおはよう」
我那覇響 「はいさーい」
高槻やよい 「おはようございます!」
giko 「結果的には確定作りの流れだけどね。
RP型と思えば無難な発言だし、銃殺が出たときのメリットも大きいしね」
双海亜美 「はろろーん!
吊りは減らないけど逆に1回じゃ増えなくもなっちったね」
萩原雪歩 「おはようございますぅ。」
giko 「占いCO。
千早は○」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ベイスたんさんの遺言 今日はばんちょうが頑張ったやよ
もう少しでノーヒットノーランだったやよ

みんなもベイスターズ応援してほしいやよ!
ベイスたん は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高槻やよい 「死体ナシでてもいいですもんね」
giko 「…キャ、キャラじゃないしなあ。
(…裏アイコンのときにどうぞ。)」
giko 「ま、そうそう上手くはいかないと思うが
折角1回噛みミスできるんdなしね」
高槻やよい 「gikoさんは、ちゅっちゅしないんですか?」
高槻やよい 「あとは、私があやしい発言につっこまれないかどうかです
がんばりますね」
高槻やよい 「ベイスたん噛みでいいですね
告発のゆくえが気になりますね!」
giko 「先のとおり。
とりあえずこれで不利にはならないはずだよ」
高槻やよい 「のこると面倒なのはベイスたんな気もしますけど
どこ噛みたいですか?」
giko 「ん、そこらへんは任せた
まだ灰はそれなりにあるからね」
giko 「さて、ベイス噛みからの千早噛み。
告発狙った進行で行くけどいいかな」
高槻やよい 「gikoさんまで規定路線として
あとどうやって生き残るかですね」
高槻やよい 「春香さん…」
giko 「突然死か…やれやれ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
橘 純一 は投票の結果処刑されました
天海春香 は突然お亡くなりになられました
4 日目 (1 回目)
双海亜美0 票投票先 →橘 純一
萩原雪歩0 票投票先 →橘 純一
水橋1 票投票先 →橘 純一
星井美希0 票投票先 →橘 純一
橘 純一9 票投票先 →水橋
高槻やよい0 票投票先 →橘 純一
水瀬伊織0 票投票先 →giko
厨二千早0 票投票先 →橘 純一
我那覇響0 票投票先 →橘 純一
ベイスたん0 票投票先 →橘 純一
giko1 票投票先 →橘 純一
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
<投票がリセットされました 再度投票してください>
天海春香 さんは突然お亡くなりになられました
「◆身代わり君 天海春香の発言がないため、回線切れを考慮し一度だけ延長しました」
「◆身代わり君 システム:投票制限時間をリセットしました。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ベイスたん 「なんだろ、印象から灰と勘違いしたやよ??共有占いだと思ってたし>響」
萩原雪歩 「自分の○を噛むということは真にみさせるってことだよね。
信頼取りにいこうとしたけど、占い噛みに転じたってことかな>亜美ちゃん」
双海亜美 「いおりんがんばれ!
いおりんのODCOならその二人に勝てるはずSA!」
高槻やよい 「そんなことより、美希さん!
伊織ちゃんの服はどこから脱がすんですか?
私は靴下は最後にとっておきたいかなーって」
giko 「あぃよ。
今日は橘吊りで、ってことぬぇ」
水橋 「純一すまないが先に行ってくれ…俺も後で行く」
双海亜美 「そしてひとつ勘違いというか
うっかりしてたアレコレがあったけどキニシナイ!!」
ベイスたん 「gikoは残すやよ??
狼だとしても真だとしてもどっちでも残していいやよ。
銃殺出したら大手を振って●吊れる訳だし、がんばるやよ」
厨二千早 「水橋さんの●は気にしないでいい
ただのノイズ。要るなら残す、要らないなら吊るだけの話よ」
我那覇響 「そこまで書いて何で間違うのかなー…?>ベイスたん」
水瀬伊織 「ちょっ・・・何、この、何?
美希とやよいが何かシンクロした最強コンビすぎて勝てる気がしないっ・・・///」
双海亜美 「初手に○噛むというのがなんだかにゃー
ケース見るとしたら真狂で様子見兼ホニャラララとか
最初から占いずどかーん目的のホニャラララとかあるんだけどね」
高槻やよい 「ただ、はっきり狼だって言えるのは純一さんのほうかなーって
だから吊っておくならgikoさんからがいいかもです」
我那覇響 「まー吊るなら橘からだと思うぞ?
噛まれた占いの●だし」
萩原雪歩 「えぇ!?
私に任されても。とにかく、今日は噛まれた華菜ちゃんの●を吊るね。
ベイスたん 「oh...りん○ってなってたやよ!ベイスたん間違ってたやよ>響」
ベイスたん 「ギコ狼と仮定した場合、水橋吊る意味って逆囲い以外にないやよ??
池田狂人だとして、そこ噛む理由が誤爆意外にないし
COないなら橘吊りでいいやよ。」
水瀬伊織 「吊るのはgikoでも純一でも代わらないっぽい気がするわね
多分どっちも狼でしょうし・・・>雪歩」
我那覇響 「>ベイスたん(79)  「ただ灰噛みからいって

昨日はギコの○噛みだぞー」
萩原雪歩 「真狼だったら噛まれた●吊りで、
gikoさんの●は吊らないべきなんじゃ…?
真狂ならともかく。」
水橋 「ちっ…呆れるほど有効な戦術だぜ…」
厨二千早 「gikoか橘さんのどちらかを冥府に送ればいいわ」
高槻やよい 「だからgikoさんの●の水橋さんを吊るのは、んーって感じです」
星井美希 「どちらからでもいいよ!まかせるの!>雪歩」
橘 純一 「…なんでそっちが死んでるのかなぁ…霊に狼いる飛んでもケースと仮定して
…LW役相当強いところにいるっぽいのねなるほど」
双海亜美 「まーぎこにゃんを8ぐらいまで飼いつつーの?
今日は純一兄ちゃん吊る感じっしょ!」
我那覇響 「ベイス狐の場合、ギコが騙りということになるんだよなー」
ベイスたん 「グレー把握ミス?なんか間違ったやよ?>響」
水瀬伊織 「あ、あんたはまっ昼間から何をいっとるかーっ!!ぺしっ(突っ込み)>美希」
高槻やよい 「普通なら真狼-真狂ですよね
ってことはgikoさん狼って考え方が普通かなーって」
星井美希 「占い真狼ぽいけど、とりあえずは
好きな●でいいって思うな」
萩原雪歩 「美希ちゃん、●吊りって橘さんでいいんだよね?」
双海亜美 「割りとこの結果になるなら純一兄ちゃんが
華菜ちんよりだったの納得いきそ→かなって!」
ベイスたん 「ま人外1は確実につれてるわけだし、
今日は橘にCOきいてないなら吊って~やよ。」
我那覇響 「なんかこー、昨日のグレー把握ミスからベイス狐じゃないかなーって思ってるんだけど」
水橋 「しかも占い噛まれね」
厨二千早 「くっくっ、獣らしい誇りのない噛み方ね」
高槻やよい 「んー、どっちかなあ
前からじゃないかな?>美希さん」
水瀬伊織 「あちゃー、占いやられちゃったかー・・・
これは真噛みかな、やっぱり」
星井美希 「占い噛まれたの!?むー、めんどうだけど考える必要あるね」
我那覇響 「で、ギコからも●かー
んー」
高槻やよい 「はわっ!池田さんがやられちゃいました…」
萩原雪歩 「占いが死んで、gikoさんが●だしですぅ。」
giko 「ん、黒ローラーよろしく。
多分、オレも轢かれるなあw」
水橋 「…俺に●か…」
双海亜美 「華菜ちんふつーに真あると思ってたのに
やっぱごえ→外されやすいよね→
とゆーか噛むんだ」
橘 純一 「と、いうわけでおはようだよ!」
星井美希
おはようなの!今日は●吊り!終わり!
やよいはデコちゃんの服、上から脱がしたい?それとも下から?
ミキ的には下からってコーフンするって思うな!」
水橋 「気づいたら朝だった…とりあえずおはよう」
ベイスたん 「と思ったら池田噛まれてるやよ・・・」
橘 純一 「 「プリンかぁ、お姉さんの肌みたくプルンプルンなのかなぁ……どれどれ」」
giko 「朝遅い、一行発言多用、加えて反応が方針に偏ると。
狙っていくならここかなあ。

◇水橋 「ってしぶリン噛まれてるじゃないかよ!!」
これも、演技を見てみたい発言だったし。」
水瀬伊織 「みんな、おはよ~
もう、お・・・が大人気で私
どうすればいいかわからないの・・・///」
我那覇響 「はいさーい
華菜噛みだぞー」
厨二千早 「双子の星がまず一つ堕ちたわね
魂の片翼を失った亜美が心配、かな」
萩原雪歩 「おはようございますぅ。」
高槻やよい 「おはようございます!」
giko 「占いCO。
水橋は●」
ベイスたん 「橘が狂人が安心して●だせる位置に見えないやよ。
池田の評価ちょっとアップやよ。

giko真なら今日噛まれてる気がするやよ。」
双海亜美 「おっはろろろーん!」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双海真美さんの遺言 うあうあ~!?
ひどいよー!!
池田華菜さんの遺言                      _____
                 ,..-‐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::..、
                 //:::::;. -―-、::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              / /:::::/     /:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   / ̄ ̄ ̄\
              |/d、/       {:::|:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::ヽ /         、
             /:^y′       Y{::::::::ハ:ハ:::i::|:::::::::::::::::::::: i|  し  元  |
             /::::::ノ|、\      \ノ リ i::::!.|::::::::::::::::::::∠   て  気  |
          /:::::/ ノだハ     --――  ノ:::::ソ::::::::::::::::::::::::| |   た   に  |
           /:::::/ /::|.i:::::}      ̄ __/:::::::/::::::::::::::::::::::::::| |   か     |
           /::::/ /::::代ソ     ̄ち:::`Y:::ハ::/:::::::::::::::::::::::::::::| 、  ?     /
            {/ /::::/~   ,      辷ー/::/ ソ::;;;;::::::::::::::::::::::::::| \___/
              (ハ::::::{            `ン::/ /::/っi::::::::::::::::::::::::|
            V|:::ゝ、 ^ー    ~ /:::/ /::/__ノ:::::::::::::;.ヘ::::::}
             iル′>- 、__/::/ ソ::{:::::/:::::/ル'  }::::i
        r-、              ノ {イ ハ::|/ー-、      レ′
      _,ゝ \        /  、         i
池田華菜 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高槻やよい 「それじゃ純一さん吊られからの、占い噛みですかね
私●でそうですけどね」
giko 「通せれば乱数黒特攻。
ダメでもどっかに黒。で。」
橘 純一 「うん、噛みぬき方針なのかな?
日揮はかいてるよ」
高槻やよい 「銃殺出ちゃうとジリ貧ですしね
がぶっといっちゃいましょう」
giko 「うみ。そんなわけで通るうちに特攻行くよ。」
高槻やよい 「できるとこまで頑張ってみますね」
giko 「そのうち銃殺まで持って行かれるのがオチだと思うんだよね、このままだと」
高槻やよい 「まかされました」
giko 「やーちゃん。任せても良い、この勝負?」
高槻やよい 「まあそうなりますよね」
giko 「さて、面倒なことに。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
双海真美 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
双海真美13 票投票先 →厨二千早
双海亜美0 票投票先 →双海真美
萩原雪歩0 票投票先 →双海真美
水橋0 票投票先 →双海真美
星井美希0 票投票先 →双海真美
橘 純一0 票投票先 →双海真美
天海春香0 票投票先 →双海真美
高槻やよい0 票投票先 →双海真美
水瀬伊織0 票投票先 →双海真美
厨二千早1 票投票先 →双海真美
我那覇響0 票投票先 →双海真美
ベイスたん0 票投票先 →双海真美
giko0 票投票先 →双海真美
池田華菜0 票投票先 →双海真美
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ベイスたん 「ただ灰噛みからいって占いに狼混じってる気がするやよ。
明日占い噛まれてるかどうかは大事やよ。」
我那覇響 「そーいうことじゃないぞーww>華菜」
高槻やよい 「ペロペロしてたらなんとかなりますよね、伊織ちゃん」
水瀬伊織 「な、なによそれー!?
でも何か、春香よりメインヒロインっぽいわね、亜美?にひひっ♪>亜美」
橘 純一 「狩人の護衛先取り意外にあるのかって感じ
それとgikoさんの反応見て組み立てようって意図が見え見えなのにねぇ…」
giko 「ほんじゃま、こっからが勝負かね。」
天海春香 「共有の決定ならちかたないねー」
双海真美 「占いを見極めるのだ!
真はたぶんいるっぽい!」
双海亜美 「おんなもおーかみなのっよー♪
きをつけなさーいー♪>いおりん」
星井美希 「じゃあこっちが疲れないようにデコちゃんは交互にぺろぺろしてあげるの!」
高槻やよい 「伊織ちゃんが先にいっちゃうと、美希さんも私も残念かなーって」
池田華菜 「にゃーって言えばいい? にゃーって言えばいい? >響」
水橋 「…俺が昨日やりかけたんだよ…>亜美」
萩原雪歩 「狂人は霊能に出てるんじゃないのかなぁ>gikoさん」
我那覇響 「んー、どーも華奈に真見にくいなー…
お前真ならもーちょい頑張れ?色々と」
双海亜美 「双子トラップで亜美が吊られる可能性が微レ存……?>みずはっすいー」
橘 純一 「霊ローラーしてるのに身内切りとかいう発想がでてくる真占い(僕目先)…なんというか…頑張ってくれとしかいえないんだがなぁ(汗」
高槻やよい 「それじゃ方針も決まりましたし
美希さん!伊織ちゃんのお○こを頑張って攻めましょう!」
双海真美 「そーだよ、情報は残せるけど、兄ちゃんが狩人でCOを控えてたらヤだし!
ふつーに真美をつるのだ!」
萩原雪歩 「真美ちゃんの分もきっと亜美ちゃんが頑張ってくれるよ。」
水瀬伊織 「ふふっ、やよいは優しいなあ
やよいとだったら、私・・・な、なんでもないっ///

あ、あんたは共有のくせに狼すぎるわーっ!!!>美希」
天海春香 「別に、真美絶対信用って訳でもないけどね>真美
真狼目でみるなら霊能は必然、真狂
吊り回数良一回増えたら吊ろうねって位置なんだし」
双海亜美 「任された! この村の平和は
ODECOアイドルに就任したいおりんに代わって
スーパーアイドルになった亜美がなんとかしちゃうよん!>真美」
星井美希 「千早さんは一瞬素に戻るくらいやべー感じなの…」
水橋 「さて一応言っておくけど
亜美と真美を間違えるなよ?」
ベイスたん 「giko目線の狼も早く見つけるように頑張るやよ。」
池田華菜 「その結果、貴様はすでに泥中…! >純一」
高槻やよい 「霊能の判定に左右されないってつもりなら
●先吊りでもいいですけど、まあ今日明日の2日は決まってますもんね」
双海亜美 「ぎこにゃん的に華菜ちんの●に
特攻以外の何があるのかとおもったけど身内切りとか考えてんのかな→?」
水橋 「OK霊ロラ完遂と…」
我那覇響 「おっけー
じゃ、真美吊りだな」
双海真美 「だよに~・・・
亜美、村ならあとは任せた!」
giko 「霊ロラ→橘→
の間に黒出せるかどうか
狂人突貫ならここで狼が呼応してくる、からなあ。今日死ぬ可能性もあるか」
星井美希 「霊ロラ続行だよ?途中で止める必要はないの。
真美はごめんね。あとで色々遊んであげるから!」
橘 純一 「ごめん、本編途中で相手側のなめプレイで箱すれすれまで逝った人が目ざといはないわーw>池田」
厨二千早 「先に≪能力者≫の片割れを消しておけばいいわ
無駄な情報に踊らされることはないもの」
水瀬伊織 「凛は残念だったわね
そして●かあ・・・霊能いないのは残念だけど動きがあったのは悪い事ではないかもね
ひとまず霊能完遂が先かしら」
双海亜美 「ロラ中断して●吊ってもね→って感じ
亜美的にはどっちの霊能が残っても出るの遅かった時点で
材料にしたくないし、だからこそロラってるんだし→」
萩原雪歩 「そうですね、●の前にロラ完遂が必要ですね。
●先に吊って惑わされるのは確かに良くないですし…。」
高槻やよい 「伊織ちゃん、頑張ってください!
疲れたら休みながら頑張りましょう」
ベイスたん 「んー 霊2状態でその出した色信用できるやよ?
もし橘が狩COだったりしたらあれだし、明日でいいとおもうやよ>はるか」
池田華菜 「◇giko 「ふむ。そこの黒なら特攻かねえ。」

お、おう」
我那覇響 「●吊って真美の結果見てみる手もあるけど
ローラーに手をつけちゃってる以上、ノイズになる可能性は残したくないぞー」
水橋 「とりあえず共有の指示待ちだな霊ロラ完遂か?●吊りか?」
双海真美 「先●吊りでもいいけど・・・
みんな真美の事信用しちゃうの?危なくない?」
高槻やよい 「純一さん●ですけど、霊ロラですよね?」
giko 「ふむ。そこの黒なら特攻かねえ。」
池田華菜 「華菜ちゃんこういうとこ目ざといし!」
萩原雪歩 「噛みは○噛みなんですね…。
今日はCOなければ橘さん吊りですね。」
双海亜美 「というわけで真美、さらばー!
ちきゅうよー! たびだーつふねはー!」
星井美希 「●とかどうでもいいの。狼力ならミキの方が勝ってるの。
デコちゃんはぁはぁはぁ」
橘 純一 「いや、意味がわからないよ>占い理由のね
ま、僕視点君は偽ってのはわかったけどさ>池田」
水瀬伊織 「あうう・・・二人いっぺんにとか
体がもたない予感だわ・・・///」
厨二千早 「はたして真実の●か、偽りの●、か」
天海春香 「んー、先に●吊ってみる?ってぐらいかなぁ」
双海真美 「んー、普通に狂人っぽい?
狐だったら・・・あんま嬉しくないかな!」
我那覇響 「まー今日は霊ロラだしなー
真美視点で喜多日菜子狂人と」
水橋 「!!…純一…お前…」
ベイスたん 「橘●でてるけど、まずはロラ続行やよ。」
高槻やよい 「はわっ!池田さんが●を見つけました!」
双海亜美 「んー、ぎこにゃんの○噛みだね
んで●が出たけどー、霊ロラ完遂だよね?」
萩原雪歩 「●! ●でてますぅ!」
水橋 「ってしぶリン噛まれてるじゃないかよ!!」
池田華菜 「ここはアンパイ」
giko 「◇ベイスたん 「あれ・・・この遅い霊脳信用するやよ・・・?」

2COの展開でこれが出るってことは結構発言以外のところに頭がいっていたのか?
喋れていたし多弁優先」
橘 純一 「と、いうわけでおはようだよ!」
我那覇響 「はいさーい
gikoの○噛みかー」
水橋 「みんな今日もおはよう!」
水瀬伊織 「みんな、おはよ~!
なんていうか、なんでそんなに私のお・・・が人気なのかしら、うう~///」
星井美希 「今日はローラー完遂。お話終わり。
さぁ、やよい!続きをするの!デコちゃんカモンなの!」
双海亜美 「はろはろ→!」
橘 純一 「 (ふとももの白さが目にまぶしかった…)
萩原雪歩 「おはようございますぅ。」
giko 「占いCO。
ベイスたんは○」
厨二千早 「くっくっ、朝日がこんなに美しいものだとはね」
双海真美 「それじゃあ真美の霊能結果はっぴょー!
ぴなこんの招待は・・・○!」
池田華菜 「占いCOせずにはいられないな、
橘純一●だし!!」
高槻やよい 「おはようございます!」
ベイスたん
ギコ真狼目、池田真狂目と見るやよ。
ともあれ、今日は霊ロラ続行やよ。

昨日もいったけど、あの速度だと信じられないやよ。
2COじゃなくても吊りたかったやよ
まみは朝来るのに気づいてなかったみたいだけど>橘」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
渋谷凛さんの遺言          ,....::―-::'´ ̄`ヽ、-、
         /::,..::::::::::::::::::::::::ヽ:::ヽ:\
       ,.:'::::::/:::/::::::::::::|::::::::::::マ:::ム:::ヽ
.     /:::::::/:::: |::::::::::i::{::::::::::::::∨:∧:::::.
      ':::::::/::::: ∧ ::::: |::∨:::::ヽ:::',::::',:::.
    /:'::::::|:|::::/ ',:::::|::::{\:::::|:::::',::::::',::::::.
    '::| ::: |:|:|:{  ∨: |:::ムイ\}从∨:::::,:::.
.     ':::j::::: |:|从 ̄` マ;从マi ,ィチ斥ヽ{::::::::,::::::.
    |:::|:::::::|:{ ,ィテ汽    弋;(ソ  |::::::::i::::::::.
    {:::|:::::::|ト { 弋;(ソ        |::::::::|:::::::::.       いらっしゃいませ。
    |:::|:::::::ト ム       ,       ;|:::::: |:::::::::::.       皆さんお花いかがですか?
.     Ⅵ::::: |:乂o:.       _   .:':|:::::: |::::::::::::.
    /::|::::: |:::::::::::::.、   ´   ィ::::::|:::::: |:::::|::::::::.
    ,:::: |::::: |:::::::/::::::,.>  . _  ´ {\_:::::: |:::::|::::::::i
.  /::: ∧::::{:::::/:::/  _|    ∧、 |:::: リ:::::|::::::::i
  /:::::/::::}::::|:://イ{ /_{!_,  __%- /-j::::∧、::|::::::::::.
 ,::::::/::::: |:: |{ニ||{ ∧ { ヽo% // {::://ニヽ:::::::::::.
 {:::/::::: /|:: |ニ ム  }=≧__,..ノ イ j::/'ニニニヽ::::ム
 |::{::::::::{ニマ:{ニニ{   },.イ= 〉    /i/ニニニニ :.:::::|
 |::|:::::::,ニ Ⅵニニ',  {⌒ /   / /ニニニ,ニニ',:}
 Ⅵ::::::{ニ /\ニニヽ |/{ /ニニニニニ/ニニ ∨
   、::/ニ {ニニニニ \__/ニニニニニニ'ニニニニ,
    /ニニiニニニニニ ヽニニニニニニ/ニニニニi
   {ニニ八ニニニニ(:) }ニニニニニニ{ニニニニ |
   |ニニニ}ニニニニニ |ニニニニニニ|ニニニニ |
喜多日菜子さんの遺言 伊織さんのお○こを平手でぺしーんと……むふふ
渋谷凛 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
giko 「今日のところは心証策でいくか…さて。」
高槻やよい 「対抗の○に○をぶつけていくパターンもアリっちゃアリですけど」
高槻やよい 「ギコさんが持っていきたい方向に行ってみてください!」
橘 純一 「大丈夫、昨日回線死んでどうしようかなと思ったけど
今は復活したから(汗」
橘 純一 「ま、そうだろうねー>共有相方
護衛ソース引っ張りたくなかったってとこかなーと」
giko 「黒ぶっぱ、試みる?
それとも心証に持っていくか」
高槻やよい 「とんとんですね
まあ池田さんを守りたくはなりますけど」
高槻やよい 「純一さん、生きてますか?」
橘 純一 「対抗即噛みできるかは五分五分ってとこかねーって感じかな>見た感じだと」
giko 「中盤から寡黙になっていたから自爆も誘えないと」
高槻やよい 「まあ共有相方は千早さんか凛さんですけど」
giko 「行ってもいいが、確実性は無いな。」
高槻やよい 「対抗即噛み、いけますか?
信用勝負に持ち込みますか?」
giko 「ふむ。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
喜多日菜子 は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
双海真美7 票投票先 →喜多日菜子
双海亜美0 票投票先 →喜多日菜子
萩原雪歩0 票投票先 →喜多日菜子
水橋0 票投票先 →双海真美
星井美希0 票投票先 →双海真美
橘 純一0 票投票先 →喜多日菜子
天海春香0 票投票先 →双海真美
高槻やよい0 票投票先 →喜多日菜子
水瀬伊織0 票投票先 →双海真美
喜多日菜子9 票投票先 →双海真美
厨二千早0 票投票先 →喜多日菜子
我那覇響0 票投票先 →喜多日菜子
渋谷凛0 票投票先 →双海真美
ベイスたん0 票投票先 →喜多日菜子
giko0 票投票先 →喜多日菜子
池田華菜0 票投票先 →双海真美
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
厨二千早 「くっくっ、霊能など飾りにすぎない。
そんなものを見ている暇があるのなら、獣を探しなさい」
星井美希 「村よりもデコちゃんとやよいとあそぶの」
高槻やよい 「メンタンピンです!」
双海亜美 「さあ、みんなでいおりんのODECOを拝むのだ→!」
天海春香 「ゆとり過ぎるよミキ~>気付いてなかった」
萩原雪歩 「気づいてなかったんだねw
じゃあ、霊能ロラするね。
真美ちゃん、日菜子ちゃん、ゴメンね。」
渋谷凛 「はい、ローラーね。
そういうことね。」
水橋 「OK霊ロラからね」
水瀬伊織 「ううう・・・そうなのよね///>凛
凛は私みたいにならないでね・・・色々な意味で!」
高槻やよい 「あると思います!>春香さん」
星井美希 「春香よりはメインヒロインな自覚はあるの」
喜多日菜子 「ん? 美希さんは占いを真狂と見るんですか。ちょっと面白いですねぇ」
双海真美 「あれ、ロラされなかった・・・
どーも対抗は狂人かどうかびみょいしロラされてもいいんけど・・・」
双海亜美 「それだとまず霊能真狼だけどあるかな→?
ま、遅めだったし乗っ取り狙いが無い訳じゃ→無いかもだけどね>ミキミキ」
我那覇響 「あ、気づいてなかったのか
オッケーだぞー霊能ローラーだな!」
giko 「うぃ、おkおk。」
天海春香 「たかいお。そういうのもあるのか>やよい」
水橋 「まずは霊ロラ?それともグレラン?」
橘 純一 「霊能のタイミングはまぁあまりにも遅かったら疑うって感じだし
それ以前に2出てるから・・・まぁ?って感じかなー>ベイスたん」
池田華菜 「それじゃあリーチもかけられない!」
高槻やよい 「2-2でグレランってめずらしいですね」
giko 「ロラってしまえばおkはおkだけどね。
とりあえず潜伏共有よけながらってのが案外面倒だから云々。

確○狙いはとりあえずこのターンはやらないよ
ただ、隙が見えてきたら作るかも」
ベイスたん 「んー ベイスたん的には霊脳は疑われないように
素早く挨拶して他に騙りしない事のアピールしながら
占いのCOとまったらすぐ出て欲しいやよ>響」
星井美希 「霊能2なの?きずかなかったの。ローラーしようか」
我那覇響 「指示はグレランなのか
まあいいけど、ロラするなら早いほうがいいぞ?」
萩原雪歩 「グレランなんだ。相方潜伏してるのにいいの?
霊能ロラならわかるんだけど。」
高槻やよい 「伊織ちゃんのお○こは天下一品です!
貴音さんもうらやむほど天下一品です!」
天海春香 「ああ、霊能に混じってるのね>グレラン」
喜多日菜子 「ロラじゃなくライン戦とかしてみるのも楽しそうだと思いますよぉ?
真美ちゃんと対決……なかなか激しく責められちゃいそうで、日菜子どきどきですぅ」
厨二千早 「美希が≪完全なる白≫だったのね。
お手並み拝見させてもらおうかしら」
双海亜美 「真美……霊界でも強くいきるのだ……!
後のことはこの亜美にまかせんしゃーい!」
水橋 「さぁねぇ?>純一」
渋谷凛 「水瀬さんは見かけの強気によらず弄られキャラなのね。」
水瀬伊織 「美希が共有かぁ、村大丈夫かしらねー?
昼間、寝たりしないでしっかりしなさいよねっ、にひひっ♪

2-2だと霊能ローラーになっちゃうかしらね」
池田華菜 「霊ロラして霊ロラして役満アガればあたしの勝ちだし!」
我那覇響 「霊能のタイミングなんてそんなもんじゃないかー?>ベイスたん」
星井美希 「方針?めんどくさいの。
真狂かな?占いは。とりあえずグレランだね!」
橘 純一 「・・・おでこがジューシーってどういうことなんだろうねぇ」
天海春香 「あれ……何でそんなメインヒロインみたいな役職なの美希?」
双海亜美 「あっと間違えた!いおりん!
ミキミキに安価投げるつもりで!」
高槻やよい 「はうっ!私もくんかくんかしたいです!」
ベイスたん 「遅くないとみるやよ??
2COの占い素早かったのに、そこから20秒以上たってでたやよ>響」
双海真美 「うあうあ~!
ロラとかやだよー!亜美ー!」
萩原雪歩 「美希ちゃんが共有。
初日相方じゃないんだね。えーと、2-2-1で霊能ロラなら
相方潜伏でもいいと思うよ。」
双海亜美 「ミキミキのDECOを拝むと
金運アップって兄ちゃんが言ってた!」
水橋 「とりあえずCOは落ち着いたかね…」
我那覇響 「相方伏せの美希共有か
で、ロラなのかー?」
高槻やよい 「美希さん、共有さんですか?
相方さんとペロペロしちゃうんですか?」
星井美希 「デコちゃんのお○こはじゅーしーなはずなの。
この前寝てる時にクンカクンカしたからまちがいないの!」
厨二千早 「くっくっ、獣の位置などいつでもわかるけれど
霊能ローラーでじわじわと嬲るのもよさそうね」
天海春香 「ピンク文字の人が言ってたよ。イオリンの○マ○マジ最高って>伊織」
渋谷凛 「共有了解、指示たのむよ。
霊ローラなのかどうなのか。」
giko 「了解、方針よろしく>共有」
水橋 「相方潜伏共有美希ね…」
高槻やよい 「伊織ちゃんのお○こも気になりますけど
日菜子さんがお○んこスキってのが気になります!」
双海亜美 「おっとミキミキが共有ですな!
んふっふ→、この村の命運はミキミキに託したよん!」
橘 純一 「ほいほい、美希さんが共有っと
相方さんも生きてるのね把握」
喜多日菜子 「おやぁ……対抗さん、居るんですかぁ?
占い2ということは、狂人さんってとこですかねぇ……」
ベイスたん 「共有混じってるなら撤回するやよ。
残った方だけでも吊るべきだと思うやよ。」
萩原雪歩 「真美ちゃんが霊能なんだね。間違えないようにしないと…。」
双海真美 「遅いCOで・・・結果的に人外吊れちったぽいぜ・・・」
星井美希 「共有COなの!相方は…な・い・しょ・なの!いきてるよ!」
我那覇響 「遅くはないと思うぞー?>ベイスたん
想定の範囲内だなー」
水瀬伊織 「ちょっ・・・美希はともかく
やよいまで何言ってるのっ!?

・・・そ、そんなに私のアレ、良いのかしら・・・///」
双海亜美 「おっとお!? 真美も!?
こいつあ2-2ですな……ぶっちゃけ遅かったしろらろらしちゃえばいいよね→
でも真美も吊るのかあ……ちかたないのかねー」
水橋 「さあもうFOしてしまうんだ」
giko 「霊ロラ定石だなぁ。」
喜多日菜子 「むふふふ……亡くなった人の心と体をあれやこれやできるお仕事……
これはちょっとたまりませんよぉ……」
萩原雪歩 「2-2これは霊能ロラで行ったほうがいいかもしれないですねー。」
池田華菜 「んっふっふー、華菜ちゃんはずーずーしーから!」
厨二千早 「私に○……これも運命石の選択だというのね」
高槻やよい 「これは、うわさの霊ロラからですか?」
渋谷凛 「霊能2ね。
これ共有混じってるかな?」
星井美希 「霊能COも確認したの。妄想がはかどりそうな人だね」
橘 純一 「2-2把握だよ!
共有撤回とかないならローラーでいい気しかしないかな」
ベイスたん 「あれ・・・この遅い霊脳信用するやよ・・・?」
双海真美 「寝坊ちた!
ごめんみんな!」
giko 「2-2.FO希望だね」
天海春香 「あ、二人かー
共有混じってなきゃローラーだねぇ」
水橋 「霊能が…2…?」
我那覇響 「2-2か?
じゃ、共有頼むぞ」
高槻やよい 「って、2-2ですか?」
渋谷凛 「もういないかな、霊能共有もどうぞ。」
双海亜美 「霊能がいない予感!!
とおもったらぴなこんが出た」
ベイスたん 「霊脳初日とみるやよ。
占いに真交じりと思って進行するやよ。」
水橋 「さあさあ役職はCOするんだ!!」
高槻やよい 「美希さん、ぬけがけです!
私も伊織ちゃんのお○こペロペロしたいです!」
giko 「2CO。対抗が… …NGワード:SEGAでやれ
で、霊は出て欲しいな」
星井美希 「占い2?
まぁどうでもいいの。デコちゃんくんかくんかするの」
天海春香 「あれ、霊能さんはー?」
双海真美 「あ、霊能CO!」
喜多日菜子 「占いCO、もうないですよねぇ?
じゃあ、霊能CO、しちゃいますよ~」
萩原雪歩 「占いは二人だけですか?
○だし霊能共有もでていいと思いますぅ。」
双海真美 「グモニングッモニーン!
みんな朝が来たよ!
占いはよろよろー!」
天海春香 「せずにはいられないな、ガンダム!」
橘 純一 「占いさんはお二人かな?
それじゃ霊能さんもお仕事よろしくだね!」
水瀬伊織 「みんな、おはよ~!
さあ、この伊織ちゃんのためにみんなCOしなさいねっ
潜伏とか許さないんだら、にひひっ♪」
ベイスたん 「占いは2人ともすばやいやよ。
霊でないのやよ?」
我那覇響 「占い2かな
霊能もそろそろいいんじゃないか?」
渋谷凛 「占いは早々に2ね。」
厨二千早 「くっくっ、≪人狼の遊戯≫とはね。
しつけの悪い犬コロに躾をする必要があるみたいだわ。」
双海亜美 「占い2ーな感じだねん!
んじゃれいの→ときょうゆ→もかむかむ!」
喜多日菜子 「おはようございます~。
太陽が黄色いですねぇ」
池田華菜 「これでテンパイ」
水橋 「今日こそは…今日こそは生き残ってやるんだみんなおはよう!」
高槻やよい 「おはようございまーす!」
橘 純一 「と、いうわけでおはようだよ!」
萩原雪歩 「おはようございますぅ。」
我那覇響 「はいさーい
んじゃ、COある人はよろしくだぞー」
giko 「初手に理由なんてあったもんかスットコドッコイ
隣だから、というのも芸が無いので今回は乱数です」
星井美希 「おはようなの!デコちゃんのお○こゲットだぜ!なの!」
ベイスたん 「おはようやよ。
今日はしぅまい食べてお星様リュックに入れたやよ。

頑張ってお星様貯めてハマスタに応援にいくやよ。

狐と狼全滅させたら、きっとベイスターズ優勝やよ!」
橘 純一 「(ふとももの白さが目にまぶしかった…)
渋谷凛 「おはようございます。
ちょっと危ない場所だけど…まあ、悪くないかな…。
…ってそんな訳ないでしょ…
私くらいしっかりしよう…」
天海春香 「おっはよー」
池田華菜 「占いCOせずにはいられないな、
厨二千早○だし!!」
giko 「占いCO。
凛は○」
双海亜美 「やっほろほっほっほーい!
そんじゃ占いの兄ちゃん姉ちゃんはCOよろ→!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
身代わり君さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
身代わり君 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高槻やよい 「うっうー!」
高槻やよい 「それじゃ、3人で頑張りましょー!
えいえいおー」
高槻やよい 「とりあえず、真占いを噛みぬけたらお仕事です!
任せました!」
高槻やよい 「あんまりしゃべってないと、狙われるかもです
夜会話は盛り上がっていきましょう!」
giko 「ま、場の流れによっては戦略は変えるかもねん」
giko 「了解。心証策は基本的に取れないからよろしくね
2手目黒もありえるかも。」
高槻やよい 「狩人日記くらいは用意しとこうっと」
高槻やよい 「じゃあgikoさんにおまかせです」
橘 純一 「騙りは環境上無理なので遠慮させていただきますね
前回もWO連打でひどかった・・・」
高槻やよい 「騙りは任せました!
それじゃ私は美希さんと伊織ちゃんを狙ってがんまります」
giko 「まあ、例によって特攻兵器が必要なら騙る。
それ以外の作戦があるならお願いするが」
橘 純一 「っ ポン酢」
橘 純一 「デスヨネー
橘さんが狼じゃないわけがないじゃないですかヤダー」
giko 「大根おろし…」
高槻やよい 「はわっ!狼さんです!
これはピンチです!」
giko 「とまあ、狼になったわけで
おろしく。」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2012/05/12 (Sat) 22:48:57
双海真美 「・・・うあうあ~!?
これ終わんないからもう始めちゃうね!」
喜多日菜子 「純一さん、日菜子をあまがみしてもいいんですよぉ?」
我那覇響 「ねこーこっちこーい」
ベイスたん 「カウント長すぎるやよ・・・」
池田華菜 「にゃー!!!!」
渋谷凛 「突っ込みが重要なところかな、ここ…」
双海真美 「763!」
橘 純一 「…んー・・・未通女のどこがアウトなんだろうねぇ」
高槻やよい 「それじゃ、美希さんといっしょに伊織ちゃんを
うっうーってしちゃいまーす!」
双海亜美 「573!」
双海真美 「764!」
喜多日菜子 「華菜ちゃんをとりあえず涙目にしてみたい……むふふぅ」
水瀬伊織 「あうー、もう美希とやよい達も絶好調で
突っ込みきれないわっ///」
双海真美 「765!「」
高槻やよい 「リンシャンカイホーです!」
双海真美 「よーし!真美がかうんとするねー!
765から!」
喜多日菜子 「お新ことかお猪ことか、どんな言葉を入れても妄想膨らみますよねぇ……」
星井美希 「パニックになったデコちゃんかわいい!食べちゃいたいの!…もとい食べちゃうの!」
giko 「どっちかというと自爆 貢献-10pt っぽいが
一応SEGAネタだからこのへんにしとこう。やっぞー!」
双海亜美 「だがロン!」
我那覇響 「それじゃー皆、よろしくなー」
池田華菜 「リーチだし!」
高槻やよい 「はわっ!池田さんは突っ込み得意なんですか?」
厨二千早 「ラグナロクへのカウントダウン、ね」
水瀬伊織 「うー、みんなの優しさが目に染みるわ・・・

ごめんね準備OK,お待たせしてごめんなさい」
双海真美 「味方に誤射 -10pt って話だね!」
我那覇響 「どっちにしても卑猥だぞー……>春香」
双海亜美 「それじゃ真美! カウントをはじめたまへ!」
星井美希 「やよいは素直でいいね!
今日は突発村だし、村のことはどーでもいいから一緒にデコちゃんとお○こするの!」
水橋 「それ…結局アウトだからな>春香」
池田華菜 「つっこまずにはいられないな」
萩原雪歩 「伊織ちゃんおちついてー。」
双海亜美 「おおっとここでいおりんがフレンドリーファイアか!」
厨二千早 「くっくっ、誰しもヒトの皮の下には獣性が隠れているもの
黒き炎が燻っているわ」
水瀬伊織 「・・・あああ、そして焦ると遺言誤爆するしーorz

み、みんなも遺言忘れには気を付けなさいよねっ!!!(自分の事は棚に上げた)」
高槻やよい 「二宮清純もビックリの清純派です!>伊織ちゃん」
渋谷凛 「……水瀬さん…可愛いかも」
天海春香 「まだと思った?残念ぼでした!>オ○コ」
水橋 「そ、そうか…ならいいんだよ…ホッ>凛ちゃん」
双海真美 「いおりんが誤爆だー!」
ベイスたん 「ベイスたんひとつ賢くなったやよ
有難うやよ>響、水橋」
星井美希 「千早さんがミキの千早さんじゃないの…
何か特殊な力を身に着けている気がしなくもないこともないの」
水瀬伊織 「              ,.ィヘ -‐- - _
           r‐くン´.´.  ̄: .`ヽゝ、
           ゝ'´/. : : . :   : . .`ヽ}、
        /. :'、{/´\: .  : . : . :.ヾ,
       ,{! 、ソ′   丶: . : .',: . .:!: .j
         ハ!.、} `ヽ   \: . i: . .:!:. }!
      /. :Y゙kイ'ハ   ' ー- ヽj.: . ' / !
        ' . : ヽ!,,ゞ'′  'ィハヽ Y / '.: ! は、初めてアレな伏字使っちゃったわ・・・!
     /. : . :八   '   ー'クイ ' /.: ! 毒されてきちゃったのかしら///
     / _/.:/´ ヽ ,、  "/ 7. :/. : i 落ち着いて、私は清純派のスーパーアイドルよ、伊織!
     /r{7.:/._    ゝ- ィ  _,/. :' ,: . l
    /fV.:/  `ヽ  ヽ:、,/Y´:/ , .:/. : :!
    , .:'V/   (ハ  ∨。」:.;′!/:): . {
   , : .{i    、j{:!   ,、:.:。:! . :{:;ハ; : .、
   !. : : .'、   ヽ!   :!\:。、_八} ,: ..ヽ
   i: .i . : ヽ    j    :!  `イ   ヽ , : . ,
    ! !: : : .丶   i    i   /ヘヽ_-}、 ',: . !
.    !|: . : : : . 、  {    :! {  }_j }!j〕 ', :!
    !: . : . : .\.`   .ノ ̄ヽヽ゚-くー- jノ
     , . : ヽ: . : . 丶._,/  __ ┘`┘   }
    丶 冫 Y. :/ 、 ,ィ'´ ̄T ‐ .__   _,!
          ノノ`ソ┴ゝノ ; ; :| r 、{ :「
             / ,' ;  ; :, :!_」 i」 :l
          ' ,   ,  ;  , :,  ; ', :!
         / ,  ,   '  '  ;  ,  ,  !
          / ,   '  ;  :,  ;  :,  ,  !
       / ,    '   ,  :'  '   ;  ,  !
      く`´ヽ  /´ヽ. _  :'  '   ;  :, :!」
喜多日菜子 「プロデューサーさんもみんな紳士だって言いますもんねぇ。むふ>純一さん」
高槻やよい 「いいんですか!?
それじゃ、いっしょに狙っちゃいます!>美希さん」
渋谷凛 「私はそういう気ないから…>水橋さん」
我那覇響 「遺言変更できないからなー始まっちゃうと>ベイスたん」
水橋 「遺言は始まる前にね!!」
双海真美 「お○こは最近の流行だからダイジョーブ!
あ、ヒワイなこと考えたギココンえっちぃー!」
双海亜美 「遺言は開始前しか残せないかんね→」
星井美希 「そうだよ!やよいも一緒に狙う?きっと楽しいよ!」
ベイスたん 「ん?遺言って前日に用意する必要あるやよ?」
giko 「とりあえず、ノーマルな時にそれはケモノがNOな人が嫌がるからやめようかw>日菜子」
我那覇響 「一皮向けば皆同じ
でもいいじゃない あいどるだもの
                     ひびき」
水橋 「凛ちゃんはまねしなくていいからね…>凛ちゃん」
橘 純一 「言っておくけどこれでも僕は紳士なんだよ?>日菜子さん」
星井美希 「まずは魅力的なおでこをぺろぺろしたいな!
お○こはめいんでぃっしゅにとっておくの…>デコちゃん」
渋谷凛 「アイドルってこういう世界なのね…」
高槻やよい 「なんかこうやって○を使うほうがいい感じかなーって」
giko 「(アイドルの村とは思えない猥談だ、これは女子会なのか?)」
厨二千早 「そう、ならいいのよ
こんなセカイ、本当は関わるべきではないのだから」
喜多日菜子 「gikoさんを獣と見て油断して近寄った響さんに、獣の荒々しさを教えてやると飛び掛るgikoさん……
まだですか?(チラッ」
渋谷凛 「やっぱりここ危ないよ…」
水瀬伊織 「ととっ、ごめんなさい、ちょっと待ってー!
いつも忘れちゃうのよね、遺言準備~」
天海春香 「その伏せ字の下はどっちなのかしからねやよい」
双海亜美 「いおりんのお(汁)こだと……!?
亜美も食べたい、おしるこ!」
我那覇響 「一気に村が卑猥になったぞー」
双海真美 「お○こ大丈夫ー?>いおりん」
高槻やよい 「美希さんが伊織ちゃんのお○こを狙ってるんですね!」
橘 純一 「…なるほどねー>水橋さん」
池田華菜 「(もっと言って~もっと)」
我那覇響 「自分は運命石の扉に触れられない一般人だぞー>千早」
高槻やよい 「伊織ちゃん、お○こがピンチなんですか?」
ベイスたん 「お星様いっぱい貯めてハマスタに応援にいくやよ>真美」
双海亜美 「いおりーん、とうひょ→!」
giko 「いけだぁー!」
厨二千早 「はっ!?
あなたもこちら側の人間だと言うの……響」
双海亜美 「んっふっふー、それじゃ亜美たちの活躍に
期待してもらおっかな→! とゆー感じで、はじめよ→!」
喜多日菜子 「日菜子は……王子様2人に激しく責められる最終日なんかがいいですねぇ。
水瀬伊織 「なっ、なっ、何か凄い事されそうなんだけどっ!?>美希
ううう、お○この危機かしら・・・(初めてこういうの使ったっ!///)

わー、やよい、そして他のみんなもいらっしゃい!
やっぱり揃うと嬉しいわね~♪」
ベイスたん 「きっといっぱい勝つやよ
ノリ選手がホームランいっぱいうってくれるやよ>橘」
我那覇響 「池田ァ!と言っておいた方がいいのかこれは?」
星井美希 「日菜子が変な妄想をしてるの…
でももっとやるべきなの!」
双海真美 「まだ希望の星は尽きていないっしょ!!>ベイスたん」
水橋 「ノーサンキューだ…以外に偏食で食えるネタが限られてる>純一」
ベイスたん 「もちろん最後は優勝やよ!>やよい」
橘 純一 「これでやっと10勝だっけ…交流戦で白星どれだけ食べれるか…かな?>ベイスたん」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → 池田華菜
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 506 (池田華菜)」
我那覇響 「それが世界の選択だなー>千早」
高槻やよい 「この勢いで最下位脱出も夢じゃないです!>ベイスたん」
厨二千早 「くっくっ、17の選ばれし光が集まるとはね
ラグナロクは近い、か……」
水橋 「でもあそこって港町だから海星でもあながち間違いじゃないような気がする>ベイス」
我那覇響 「動く星型って時点でヒトデだぞー?>ベイスたん」
ベイスたん 「そうやよ ばんちょう凄いがんばったやよ
でもきっと次は完全試合やよ!>橘」
渋谷凛 「今日の番長…かっこよかったな」
橘 純一 「…あなたって人は………
…特上寿司で手を打ちません?>水橋さん」
高槻やよい 「律子さんを期待してた人はゴメンナサイ
変わりに私が頑張ります!」
ベイスたん 「ヒトデじゃないやよ ベイスたんやよ>響」
双海亜美 「満員だ→!
やったね真美! これで亜美たちがさいきょ→だということが証明された!」
星井美希 「きたひとよろしく!17人だ!ミキの魅力のおかげだね♪」
我那覇響 「おめでとーだぞー真美ー」
水瀬伊織 「なっ・・・!?ほ、本当かしら///>春香&亜美
はいはい、春香さんメインヒロインメインヒロイン

でも、この村のメインヒロインは誰になるかしらね・・・にひひっ♪」
橘 純一 「ベイスたん今日は番長さんおしかったね>ノーノー的な意味で」
双海真美 「満員御礼ー!
やりましたぞー!」
水橋 「この村へのカメラの持ち込みは禁止となっております
ただし"外部"からの村内撮影は可能となっております>純一」
喜多日菜子 「この星型のでこぼこ……妄想をかきたてられますねぇ」
星井美希 「あ、律子さんいなくなっちゃったの。
やよいが代打なんだね、よろしくね!」
我那覇響 「あ、ヒトデもいる>ベイスたん」
喜多日菜子 「心の受け攻めが重要なので、別に肉体的な攻めポジでもいいんですよぉ真さん。
美希さんのゴールマウスをこじあけようとする真さんですが、それは美希さんが周到に張り巡らせた罠の只中で……
むふふ、ありですねぇ」
かりかり 「ず、ずさー」
かりかり さんが入場しました
高槻やよい 「律子さん、「なんか今日はツッコミが冴えないわ」って
変わりに私が来ました!」
渋谷凛 「そうならいいんだけど…>我那覇さん、真美さん、橘さん」
星井美希 「デコちゃん…かわいいの
痛くしないから、痛くしないから… ね?(じりじり)」
橘 純一 「いや、アイドル活動のためのPV資料作成用のカメラなんだけど…>水橋さん」
我那覇響 「おー、ねこだねこ>giko
ほれほれこっちこい」
双海亜美 「おおー! 16人になった→!
やー突発でも集まるもんだね!」
高槻やよい 「交代しちゃいました!」
giko 「援軍要請があったのでー」
双海亜美 「りっちゃんがやよいっちになった!」
giko さんが入場しました
我那覇響 「あ、『だいじょーぶだ、なんくるない』のほうがよかったか?」
ベイスたん 「宜しくやよ」
橘 純一 「ま・・・大丈夫だとは思うけどね>凛さん」
双海真美 「だいじょーぶ!
765は健全なプロデダション・・・っぽいよ!>しぶりん」
水橋 「けどこのカメラは没収な
記録していいのは自分の記憶の中だけな>純一」
天海春香 「真とか響とか武術家タイプは基本、Mっぽい気もするんだよね
変な意味じゃないよ?自己鍛錬に没頭できるっていうか、最悪他者を必要しないというか」
ベイスたん さんが入場しました
星井美希 「むー。ミキはいつもマジメだよ?律子…さんはもうちょっと肩の力を抜いた方がいいって思うな。
マッサージしてあげよっか?ミキ、得意だよ?この前もプロデューサーに上手だね、っていわれたの」
秋月律子 「秋月律子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:秋月律子 → 高槻やよい
アイコン:No. 91 (秋月律子02) → No. 546 (高槻やよい07)」
秋月律子 「んー、なんかしっくりこないわ…
やよいと交代するわね」
水瀬伊織 「うー、頑張りたいけど買いかぶりすぎかもしれないわ
特に美希にペースを握られちゃうと、私・・・///
律子にも期待しちゃってるんだからっ>律子」
我那覇響 「だいじょーぶだいじょーぶ、なんくるないさー>凛」
双海亜美 「だよねー、まこちんはこういうスポーツ系だと
だいたい主役級の活躍しそ→だもん>真美」
厨二千早 「運命石の扉、か……。 懐かしいワードね
どこでそのワードを識ったかはしらないけれど、深入りしないほうが身のためよ、真美」
渋谷凛 「なんかここやばそうな雰囲気がするけど…大丈夫なの?」
喜多日菜子 「むふ。王子様候補が2人になりましたぁ」
双海亜美 「さああと2人遠慮しないでズサるのだ→!
かむひあかむひあ!」
天海春香 「何かこう、隕石からスタンドウィルスに感染発症ぐらいはしてそうなんだけど千早ちゃん」
橘 純一 「そうだね…これはなかなかいい絵が撮れそうじゃないかな?>水橋さん
(PV的な意味で)」
双海真美 「まこちんはミッドフィルダーっぽいよね!>亜美」
双海亜美 「いおりん知ってるかい……
ゆきぴょんは月齢で性質が変化するらしいですぜ(ヒソヒソ」
喜多日菜子 「雪歩さんもこちらの世界の住人だったんですかぁ。
いらっしゃいませ~楽しいですよねぇ毎日いつでもどこでも」
厨二千早 「ふっ、私は何も患ってなどいないわ。
そう、あなたには関係ないこと。
いいえ、関係してはいけないことよ>春香」
水瀬伊織 「!?
ほ、他に人が沢山いるのに、何言ってるのよ、ばかっ・・・///>美希」
双海真美 「おぉー?
運命石の扉とかんけいありそうですな!>千早お姉ちゃん」
我那覇響 「なんてゆーか、ハマったらすごそうな気がするぞー、雪歩は>伊織、春香」
水橋 「おっ純一じゃないか見ろよ周りが女の子ばっかりだぜ!!」
秋月律子 「美希はもう少しマジメにやってくれたらいいんだけどね」
双海亜美 「攻め? サッカーの話?
まこちんが守備ってなんか意外なチョイスですな→」
橘 純一 「やっぱり、ハーレムは阻止の方向でっと」
天海春香 「えー、雪歩は公式でムッツリだと思うな私>伊織
そして春香さんは可愛いですよ」
我那覇響 「千早ーいい年して厨二発症しちゃだめだぞー」
厨二千早 「よろしく……お願いします」
秋月律子 「なせばなるでもアーセナルでもなんでもいいわ>亜美」
星井美希 「確かに律子!…さんはあんまり見ないから嬉しいな!
ちょっと口うるさいけどミキの面倒も見てくれるから好きなの>律子さん」
双海亜美 「千早お姉ちゃんの様子がおかしい!
なんかエル・プサイ・コングルゥとか言ってそう!」
喜多日菜子 「そういえば伊織さんも受け基本ですよねぇ。やよいおり……みきいお……むふ」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 橘 純一
アイコン:No. 5 (赤) → No. 711 (橘 純一)」
天海春香 「ち、ちーちゃんが。私のちーちゃんが何か発症してる!?」
水瀬伊織 「雪歩はアレよね、時(中の方)によって差が激しいわよね、うん(笑)>雪歩の同類?」
星井美希 「頭突きよりは、がばーってしたい!いいよね?>デコちゃん」
天海春香 「四条さんとのドラマで雪歩の妄想が酷かったんだよ、真美……」
渋谷凛 「いつもここは賑やかなんだね。」
喜多日菜子 「とりあえず~みきまこにしてもゆきまこにしても、真さんは基本受け位置だとか~。
春香さんは攻め位置なんですよね~」
中弐 「中弐 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:中弐 → 厨二千早
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 12 (如月千早01)」
水瀬伊織 「はうっ・・・べ、別にいつも
やよいとか美希達とかと絡めて嬉しいなとか思ってないんだから
勘違いしないでよね///>日菜子」
我那覇響 「おー、リボンズ揃ってるなそーいえば」
双海真美 「ゆきぴょんはもうちょっと綺麗だよはるるん!?」
双海亜美 「ダイジョーブだ、問題なーい!
エライ人は言いました……なせばなる!>りっちゃん」
水橋 「(っとしぶリン来た!これで俺の勝利は決まった!!)」
天海春香 「あれ、リボンズメンバー揃ってる」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 中弐」
秋月律子 「あんたがいたら私じゃなくても村を引き締めてくれそうな気がするわね>伊織」
星井美希 「凛もこんばんは!村がにぎやかになってきたね」
双海亜美 「ひびきんにりんりんもよろ→!
kariもねん!」
天海春香 「この子……雪歩の同類だ…>日菜子ちゃん」
双海真美 「こーなったら16人までまっちんぐしちゃう~?」
我那覇響 「なんか等身低い気もするけど自分は元気だぞー」
星井美希 「そこの人(kariさん)に響もこんばんはなの!
夢の17人、もう少しだね!」
秋月律子 「いつも通りなのが怖いのよ、あんたたちは>亜美真美」
渋谷凛 「よろしくおねがいします」
かりー 「なるほど…ねぇ>水橋さん」
水瀬伊織 「なっ・・・何よそれ、頭突きでもしたいのっ!?///>美希

ありがと、律子もね。わりと見るの珍しい方だと思うし、今日は来れてよかったわね♪>律子」
渋谷凛 さんが入場しました
双海亜美 「あっと3人! あっと3人!
でも時間が来ちゃった→」
水橋 「どっちでもええよ、うん>仮赤」
我那覇響 「はいさーい」
我那覇響 さんが入場しました
双海真美 「だいじょうぶだよりっちゃん!
真美も亜美もいつもどーりだもんね~!」
喜多日菜子 「小鳥師匠には色々とご指導ご鞭撻いただいてます~おかげで765プロの皆さんの見方も色々と教えていただきましたし……むふふふ~」
水橋 「その点は固定法使ってるからな…問題ない>春香」
kari 「こんばんは」
kari さんが入場しました
かりー 「えっとこれはどうしたほうがいいかなー>水橋さんや
ハーレム阻止かそれともハーレム続行か」
双海亜美 「んっふっふ~、どうしましょ→かね→♪>りっちゃん」
双海亜美 「この感じだと11人村の流れかな→
さっきみたいにばばんと5人流れてもEんだよ?(チラッチラッ」
天海春香 「個人的には、発掘装備でランナーで帰る方が早いと思うかなー>次の穴掘りにまた爆弾用意する手間を考えると」
秋月律子 「あんたたち、今日は大人しくしてなさいよ
2人揃ったらとんでもないこと始めるんだから>亜美真美」
水橋 「はっ!>亜美」
星井美希 「日菜子はあれだね。小鳥と同じ変な病気な子だよね
よろしくなの。」
双海真美 「みずはっすぃーは許されないですな!」
喜多日菜子 「亜美さんはろろ~ん♪」
双海亜美 「さりげに竜宮小町、あとあずさお姉ちゃんだけだね→」
水瀬伊織 「ほんと、私含めて一気にきたわね(笑)
でもこれで、集まりそうでよかったな

それで思わず、ニコニコの開拓村を思い出しちゃう私は卓マス中毒ね(とおいめ)>そのAA」
秋月律子 「良かったわね伊織、間に合って」
水橋 「そうだ只今火山で樽爆弾を蹴っている最中だ>春香」
星井美希 「デコちゃんきた!これで勝つる!でこちゃんのデコに凸したい!」
双海亜美 「はっ! (かりー次第だけど)みずはっすぃーのハーレム!!」
双海亜美 「はるるんにりっちゃんにいおりんにぴなこん、はろろ~ん♪」
双海真美 「おぉー!すごいよ亜美ー!
みんなよろよろー!」
喜多日菜子 「王子様候補は……1人ですか。少ないですねぇ」
水橋 「ん何だやけに明るいと思ったら…」
秋月律子 「亜美に真美に美希に春香に伊織…結構いるわね」
双海亜美 「おお、本当にズバっと来た!
亜美ってば預言者!?」
水瀬伊織 「村立ってるじゃない!寝る前にチェックしてよかったわ1
このスーパー光ってるアイドル、伊織ちゃんがいないと始まらないものね~
よろしくね、にひひっ♪」
水橋 「一気に来たな、悪いがまとめてこんばんはだ」
天海春香 「水橋さんってハンターなんですねー>炭鉱夫」
喜多日菜子 「むふふ……こんばんは~」
星井美希 「沢山きたの!みんなこんばんは」
喜多日菜子 さんが入場しました
秋月律子 「こんばんは」
天海春香 「プロデューサー!普通村ですよ普通村!」
双海真美 「やっぱ流行んなかったー!」
水瀬伊織 さんが入場しました
秋月律子 さんが入場しました
天海春香 さんが入場しました
星井美希 「村の中でもそのAAは流行らないし流行らせないの>真美」
双海真美 「さすがミキミキだねぃ!
よくわかんないひと(かりーさん)よろー!」
双海亜美 「やっほろほっほっほ→い!」
水橋 「だがそのAAははやらないしはやらせない>真美」
星井美希 「祈りが通じた!こんばんはなの」
かりー 「こんばんは」
星井美希 「そうだよ、村に入ろうか考えているそこの人!
もうズバっと入っちゃうの!」
かりー さんが入場しました
星井美希 「亜美と真美いつも元気だね。
ミキはちょっとねむいの。あふぅ」
双海真美 「(*´ω`*) 流行る!」
双海亜美 「さあこっからズバッと10人ぐらい駆け込んでくるのが流行る!」
双海亜美 「ミキミキやっほ→い!」
双海真美 「みずはっすぃーが修羅の道へと・・・」
水橋 「しばらく様子を見ながら炭鉱夫になってよう…」
双海真美 「きたー!ミキミキきた!これで勝つるー!」
星井美希 「村が建ってたの!嬉しいな♪」
双海真美 「そもそも現状が定期開催型ですからなぁ」
星井美希 さんが入場しました
双海亜美 「こっちも突発で立てて人集まるぐらい
盛り上がったらいいもんですなあ(シミジミ」
双海真美 「11人集まればうれちいけどね!」
双海真美 「ゆきぴょんひどいー!
真美と亜美は同陣営になるべくしてなるよ!」
双海亜美 「そもそも共有出る人数ぐらい集まるかなって感じだけどね!>ゆきぴょん」
水橋 「今日こそ狩人になるんだ…(フラグ)」
双海真美 「アクアブリッジだとお店の名前っぽいー>みずはっすぃー」
萩原雪歩 「位置的に亜美ちゃん真美ちゃんで共有はなさそうですぅ(メタ」
水橋 「そうだな、
だけど自分はどちらかというと
アクアブリッジと変換してしまう(どうでもいい)>亜美」
双海亜美 「ま→突発だからちかたない感あるけど→
画面の前の兄ちゃん姉ちゃんたち、もっとかむひあ→!」
双海真美 「なんかヨーロッパのあたりでじょわわーん!ってなってそーだよねー」
双海亜美 「めっちゃどうでもいいけど
ウォーターブリッジって書くとなんか外国の名所みたいだね!」
水橋 「なん・・・だと・・・>真美」
双海真美 「んっふっふ~・・・
いつから四条が定期開催だけだと錯覚してたのだ・・・>みずはっすぃー」
双海真美 「ゆきぴょんとみずはっすぃー!よくぞ来てくれた!
よろー!」
双海亜美 「まあ大丈夫っしょ!>真美
ほらもうゆきぴょんとみずはっすぃー来てるし!」
水橋 「油断してたぜ…」
水橋 「いつの間にか村できてるじゃないですかヤダー」
萩原雪歩 「こんばんはー。」
水橋 さんが入場しました
萩原雪歩 さんが入場しました
双海真美 「そちらこそ亜美さんですねェ
突発だけど大丈夫だよね!」
双海亜美 「おー、こいつは真美さんじゃ→ないですかァ」
双海真美 「それじゃ、よろよろー!」
仮GM 「仮GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮GM → 双海真美
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 740 (アニマス・双海真美01)」
双海亜美 「んっふっふー、遊びに来たよ→ん」
双海亜美 さんが入場しました
仮GM 「さて・・・
開催が突発すぎるのでやる夫のほうにも宣伝すべきですね・・・」
仮GM 「一応30分開始予定です。
延長は人数次第で行います。」
仮GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php」
仮GM さんが入場しました
村作成:2012/05/12 (Sat) 22:00:02