←戻る
【劇場54】劇場公演 水曜女神の部村 [62番地]
~女神付きですよ、女神付き!~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)キューピッド登場 (6人~)女神村
1 2 3 4 5 6
icon 秋月GM
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon 川名みさき
(生存中)
icon ばらしー
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon 雪華綺晶
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon オランジーナ
(生存中)
icon V6
(生存中)
icon 金糸雀
(生存中)
icon
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 我那覇響
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
村作成:2012/05/30 (Wed) 22:03:23
GM 「禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■これから毎日初心者歓迎しようじゃねェか!」
GM 「・女神が登場します。初日に二人を選択し、陣営を「恋人」に変更します。(今回は自分を必ず選択してください。)「恋人」が両方生存すれば勝利となります。一方が死亡した場合、もう一方は自殺します。また、夜に恋人同士で会話できます。」
GM 「30分開始予定です!!」
GM 「では続々ときてくれるとうれしいなって思ってしまうのでした」
星井美希 さんが入場しました
星井美希 「一番のりなの!」
GM 「美希の速さは圧倒的に流石っていったところかな?」
如月千早 さんが入場しました
如月千早 「こんばんは。」
輿水幸子 さんが入場しました
GM 「千早もよろしく!」
如月千早 「少しの間離席するわね。」
星井美希 「そういえば美希、みんな大好きだから、皆恋人じゃダメなのかなぁ?」
GM 「幸子もどうぞどうぞ」
輿水幸子 「ふふふこんな僕と共演できるなんて皆さんは幸せ者ですね!」
仮 さんが入場しました
「こんばんは」
GM 「構いません・・・!
たとえ膝に愛の矢を受けなくとも思う存分いちゃついてもらえればよろしいのです・・!>美希」
「←男なの?」
GM 「仮さんもよろしくおねがいします!」
星井美希 「さー、確認した事ないから美希知らないの。>仮」
輿水幸子 「違いますよ!
ボクは可愛い可愛い女の子ですよ!
言わせないでください恥ずかしいなぁもう!」
かかかk さんが入場しました
かかかk 「よろしくね」
星井美希 「かかかkさんもよろしくなの」
「可愛い女の子が大声で発言するのは違和感あるんだけど?>幸子」
星井美希 「まぁ男でも女でもどっちでも良いの。
可愛ければそれが正義だって思うな」
GM 「かかかkさん、よろしくおねがいします」
輿水幸子 「ぐぬぬ>仮」
GM 「RP」
GM 「っとミスですよ、ミス!」
GM 「・・・うむむ、RP募集中ですよ、募集中」
輿水幸子 「アイコンNO.891をお願いしますよ…まさかこんなに可愛い僕のお願いを無視したりはしませんよね?>GM」
かかかk 「んーちょっとこないねぇ。」
星井美希 「女神村人気ないの。悲しいの。」
GM 「・・・ごめんね、入手してないんだ・・・>幸子」
輿水幸子 「まったく…このボクや他のアイドルのみなさんと恋人になれるせっかくのチャンスだというのに…」
星井美希 「うーん、掲示板とか宣伝した方が良いのかな?
美希、宣伝用の文章持ってないけど!」
GM 「女神はもっと流行るべきなんです。
某顔文字以上に!」
輿水幸子 「だったら適当に番号を募集してみればいいんじゃないですか?
まったく…僕の手を煩わせないでくださいよもう…>GM」
水瀬伊織 さんが入場しました
星井美希 「あ、デコちゃんなの。」
かかかk 「もうちょっと様子みて今日のRPを決めましょうかね。」
かかかk 「んー、じゃ、宣伝加速ですか。」
水瀬伊織 「みんな、やっほー!
ちょっと遅れちゃったけど、またそこまで集まってないのね~・・・
でも、焦らず待ってましょ。よろしくね~」
GM 「伊織もよろしく!」
輿水幸子 「おや伊織さんこんばんは
いつにもまして輝いてますね…おもに額のあたりが>伊織さん」
水瀬伊織 「うー、デコちゃん言わないのー///>美希

GMお疲れさま!
その・・・ベ、別に女神村待ってたとかって訳、ないんだからねっ」
如月千早 「戻りました。」
星井美希 「デコちゃんは相変わらずのツンデレなの。
けど、そういうとこがデコちゃんの魅力だって美希おもうな」
かかかk 「と、宣伝かそーく」
かかかk 「したけど、どうかねー
開始時間はどうするかい?>GM」
水瀬伊織 「なっ・・・幸子もこう
太ももが・・・そ、その・・・///(自分から見せつけてるー!?)>幸子」
天海春香 さんが入場しました
GM 「春香、よろしく!」
天海春香 「きましたよ」
星井美希 「春香もよろしくなの。」
雪華綺晶 さんが入場しました
輿水幸子 「ん?どうしたんですか?(チラッチラッ>>伊織さん」
雪華綺晶 「くすくすくす」
GM 「雪華綺晶さんこんにちは!」
天海春香 「よろしくね」
GM 「開始時間は・・・うーん、待ちたい人、始めたい人、どれくらいいますか?」
雪華綺晶 「おはようございます
こんにちは
こんばんは
そしておやすみなさい?>GMさん」
萩原雪歩 さんが入場しました
水瀬伊織 「うー、美希なりの親愛を込めた呼び方なんだ、っていうのはわかるけど・・・///
って、み、魅力って・・・(かぁぁぁっ)
そんな正面きって言わないのっ・・・ううー///>美希」
天海春香 「40分開始が目安かなあ>GM」
萩原雪歩 「こんばんは、よろしくおねがいしますぅ。」
かりー さんが入場しました
かりー 「こんばんは」
GM 「雪歩にかりー、よろしく!」
かかかk 「かかかk さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かかかk → ばらしー
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 46 (バラライカ02)」
ばらしー 「        /\                              ,.l/ /ー-、/、_ :/ ', i /^\ `‐、
    「r\__} i \        __/{             /´ / //    ´  /   i /rV/l \\
  ___, ∨`ー‐┘ ノム.、_人_   〉   >          /  / /,ィ r―      ヘ /^\< ̄ヾヘ  :__∧__
  | .iヘヽ\ー 、  `ー-..`Y´   ― 、/ 。  o。     / /  /.//.| /        / ハi|/∧ヽ \ \  `i,.、i
  Ⅵ `  ̄ ′ 、_,.ノ.            ゚    ・ 。_  /   l// |/| イ ハ i /  i|` ゙`´ ', ! /^\ ヽゝ
  \ー―┐     ̄`ヽト _               ,' / , | l/,. -、 ト! ィ:ハ i ノ   リ |,、  \ヽ  \  _人_
    ` ̄ /'  /r―==ト ミ__ _)             ! ! ii/乂,./ /L__V`'くハハ   、/ /∧ヽ  ヽ\ゝ   `Y´
      /{  //    廴_`¨ヽ             l///  / / |l  z'==ミ{/、   キ|⌒ _/厶  ', ヽ
      廴_ ノ      / ノnト、                  イ  ノ⌒j、|l/ゞ:.:彡7 `     ィラ:Tヽ|  〉  }
           ┌‐ ´ / }_}_}ハ         <\ { .//   r' _ ノ }-‐'――‐ 、     辷ツノ/厶∠/  ☆    l
             ̄´   _ /ノ.      ┌―‐z不 l   ‘7__ノ ,r┬――___’  ノ  `¨`//,.イl |/       - + -
                     `¨´       > ´ { {    `ヽ  /:|l i三彡∨ `ヽ     人| i l          l
             人     。o..斗゚ ´     ヽヽ.     ー〈::ハ|l}|!ゞ::、 `ー ´r― xく ! l l|!
             `Y_ノ ーァ  ,  ´          _人_イ_>―、  }ヽ|lii  ` ._ . ィ{ヘXX} | l i !i
              `j,.- ゚ /           ,. イ`Y´{´  廴._ }__ノ、!l.|!  !  /、:{/   `く ,ん.!l.|ゝ≦ヘ.__  __j__     |
                 /          /、    ∨.。 ゚  }  ヽi !i .`ヽ._ {  >    /  厂}、〉,、f´   i′     人
               ノ        ト ん{ >  o. ・゚ \   廴._ !l.|ゝ |       {   ,.イ´{  / / }ィ^ヽ__    ̄ `Y´  ̄」
星井美希 「せっかくの女神村だから美希は待って良いと思うな。
……まあ、皆の判断に従うけどね?」
星井美希 「恥ずかしがってるデコちゃんもすっごく可愛いの。
お持ち帰りしちゃダメかなぁ?」
雪華綺晶 「雪華綺晶 さんが登録情報を変更しました。」
天海春香 「天海春香 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:天海春香 → 菊地真
アイコン:No. 62 (天海春香03) → No. 738 (アニマス・菊地真01)」
ばらしー 「        /  /  < /  i   V/l \\l
        /  /  / /  / / l :l     \ゝ
      : /  /  / /〈〉 l/ `∧ ! /^\ l \\ \
      / | ∧ /  l / l l / ,、∨,、  \( ヽ\ \
      i ^ jメ、  l  /.l l ト/ ∧ヽ|/∧ヽ  )  l  ト: ',
      l  / / / / / l /l /´`"゙`´ ', !レハ. /人 l 丿 〉
      / / / / l  ハ l-レ孑-ト    7┼リ\ ll-、l/l l/
     / / / l l l i L j/              /l ) /
      i / /   \  /ヽ _≡三ミ   _≡三ミ.レイj/
     l l i ./ . レ\| ″              V^V
     l  ヾ /  ∧ /Z孖彡7       """  }
     l l /  / | l∨辷ミ彡彡{   _    /
     l l l  / | ll ヽ マ三彡7   `ー′  イ|    同僚のアイドルのみなさんこんばんは
     l l l  ! .l | |l  l l∨辷/_____.. <|i .|
     l l l l l .! li  ||    寸  `ヽ、:_:| .i |   765プロ所属世田谷区在住純情派人妻アイドル、ばらしーです!
     l l l r<| l  | \    }     | l .ト
     l l 厂  / / /  ヾ    |     | :l |
     l l \  | l |    \   |    | i l」
GM 「では、とりあえず40分まで!」
輿水幸子 「まあせめても女神が出る人数はさすがに欲しいですよね
先週もプロデューサーはお預けだったみたいですし…ふふいい気味です」
雪華綺晶 「うさぎさん?
あなたの兎は時計をもってる?
かわいいアリスにおいかけられる?>伊織」
水瀬伊織 「ちょ、ちょっと変態っぽいわよっ!?///>幸子

そ、その・・・でも、そこまで自分を売り込む根性は凄いかな、って(ほそっ)」
ばらしー 「               く ∠∠ ーく/⌒\ー 、
                _/    y      \  ゝヘ
               / r  / V \ ヽ\ ヽ  \
             / / /   ヘYへ ヽ | |  | \ヽ)
         イ    /   |   | /|ハハ イ 「  ヽ
         / /|  从ト|ヽ|ミ  ノノxレ≦ レ| ノ  「 ハ
           /イ   Ν彡≧ミ     ´んハヽ   |l |
          | |l  |〃んハ彡'   弋zツイ ハ|  |
             ヽ| ヽハミ弋tツて 、     .ノイ  ハ  |
           |Vハ彡ラミて          / / |  ',
           | | ハ そ彡_  rz‐_、   / /  l|  ',
           | l  人 そ「,rく>‐'    / ノ/ ノ |l  ',     誰だコイツ?という質問は認めません
           | ∨  个  `´      /  /  ヽ  ヽ
               ', \ { ム`Yミ ー /  /  /  \     モバマスではSRとしてデビュー予定です。l
         r―z ーヽ ヽ ∧ド=  /   ///\'     )ノ|
           ∧==彳ノ)  〉 ∧.   { / //| ///\    {
           |///,////   /:.:.:.:.∧  ヽ  ヽ/////∧えぅュ {
           |//,〈///  〈 |:.:.:.:.:.∧  \   ミ=ァ ∧ー―ハ\_ イ
           |/// V     ゝ:.:.:.:.:.:∧  /)ハ  )ノ_∧///,|  く
         ノ////,)ハ  ィノ |:.:.:.:.:.:.:.:∧ /   }/ / ///////|   \
       /| ////// ヽノ:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|///\//// | )ハ\}」
かりー 「893プロの間違いなんじゃ…>ばらしーさん」
雪華綺晶 「人数欲しいそう欲しい。
だけどだけれど考える。
少人数も楽しいよ?」
GM 「ぐっ・・・た、確かに先週は普通村を主催したが・・・
まだ女神を諦めたわけじゃないから!>幸子」
萩原雪歩 「こ、こんにちは、その、よろしくおねがいしますね(こそこそ>ばらしーさん」
ばらしー 「               く ∠∠ ーく/⌒\ー 、
                _/    y      \  ゝヘ
               / r  / V \ ヽ\ ヽ  \
             / / /   ヘYへ ヽ | |  | \ヽ)
         イ    /   |   | /|ハハ イ 「  ヽ
         / /|  从ト|ヽ|ミ  ノノxレ≦ レ| ノ  「 ハ
           /イ   Ν彡≧ミ     ´んハヽ   |l |
          | |l  |〃んハ彡'   弋zツイ ハ|  |
             ヽ| ヽハミ弋tツて 、     .ノイ  ハ  |
           |Vハ彡ラミて          / / |  ',
           | | ハ そ彡_  rz‐_、   / /  l|  ',
           | l  人 そ「,rく>‐'    / ノ/ ノ |l  ',     ……   
           | ∨  个  `´      /  /  ヽ  ヽ
               ', \ { ム`Yミ ー /  /  /  \  
         r―z ーヽ ヽ ∧ド=  /   ///\'     )ノ|
           ∧==彳ノ)  〉 ∧.   { / //| ///\    {
           |///,////   /:.:.:.:.∧  ヽ  ヽ/////∧えぅュ {
           |//,〈///  〈 |:.:.:.:.:.∧  \   ミ=ァ ∧ー―ハ\_ イ
           |/// V     ゝ:.:.:.:.:.:∧  /)ハ  )ノ_∧///,|  く
         ノ////,)ハ  ィノ |:.:.:.:.:.:.:.:∧ /   }/ / ///////|   \
       /| ////// ヽノ:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|///\//// | )ハ\}」
輿水幸子 「ふふん当然ですよなんたってボクはとってもかわいい女の子ですからね!>伊織さん」
ばらしー 「               く ∠∠ ーく/⌒\ー 、
                _/    y      \  ゝヘ
               / r  / V \ ヽ\ ヽ  \
             / / /   ヘYへ ヽ | |  | \ヽ)
         イ    /   |   | /|ハハ イ 「  ヽ
         / /|  从ト|ヽ|ミ  ノノxレ≦ レ| ノ  「 ハ
           /イ   Ν彡≧ミ     ´んハヽ   |l |
          | |l  |〃んハ彡'   弋zツイ ハ|  |
             ヽ| ヽハミ弋tツて 、     .ノイ  ハ  |
           |Vハ彡ラミて          / / |  ',
           | | ハ そ彡_  rz‐_、 u / /  l|  ',
           | l  人 そ「,rく>‐'    / ノ/ ノ |l  ',   (アイドルですよ?アイドルですからね?)  
           | ∨  个  `´      /  /  ヽ  ヽ
               ', \ { ム`Yミ ー /  /  /  \  
         r―z ーヽ ヽ ∧ド=  /   ///\'     )ノ|
           ∧==彳ノ)  〉 ∧.   { / //| ///\    {
           |///,////   /:.:.:.:.∧  ヽ  ヽ/////∧えぅュ {
           |//,〈///  〈 |:.:.:.:.:.∧  \   ミ=ァ ∧ー―ハ\_ イ
           |/// V     ゝ:.:.:.:.:.:∧  /)ハ  )ノ_∧///,|  く
         ノ////,)ハ  ィノ |:.:.:.:.:.:.:.:∧ /   }/ / ///////|   \
       /| ////// ヽノ:./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|///\//// | )ハ\}」
GM 「11人村敢行ですかね?」
ばらしー 「                 _ .. -‐==‐- .. _
            ,.<         _  `丶、
           / /^ ノ  . /^\< ̄ヾヘヽ、
        //    /   ,、,、  \ヽ  \ ヽ
       ∠..ノ /  /∧ ヽ ∨ ', !    ヽ\i  ヽ
       r' / ,'  ,'  从 "゙ "゙ リ |  ', ! l  l )
       | { l   V 汽从   /厶  リ |  |   |
       レヘ|\∧ {、{rリ》.   ノイ>//厶∠i l l
        /イトミ7`´    ィ汽ミ; / / / ,  丶
          |  .{ゞミ{ '    、y沙 V  /  !    \
          | .i l|:ゞ{     //// ・ノィ゙ /  i  l .   ヽ      あ、よろしくね雪歩ちゃん
          | l .l| 丶 `     、__/ /」  | \. ヽ }
          | :l |! l l | ヽ、___  ノヌ、 }´ /  {  \ l \    ところでこの衣装どうかな?
     .  /,,, ---/ ,- ' ゞ  ミ≧>:`:,,,,,__ヽ .⌒}、  |  ヽ
      ./  . /::/__  . _____/:::/   .'''' -、  `l    i
      /  i __,':::i__________'__/:::/       'i  }    |
   .  f.'、 ,!' .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: <,        _, 'i  `i   )
     i::::`v'         _____` .、 /.::: ./  i   i  /
     i::::/       /バラライカ/  .`V ./.::;i   i  レル |
     !;/_        ̄ ̄ ̄ ̄  .:;レ" .::::/    i  l l ヽ
  .   i::::::`:.....,,........,,,,..----...,,_ . ::: .::i  .::::/    'i  l | ノ
.     i:::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::`. ::::.::i .::::/     ,!    リ
     !::::::::::::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::...i::::i .::::/    ..:::::,!=-   ノ
  .   i:::::::::::::::;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::. i:::i:/.....:::::::::::::::/=-/  ノ
      i:i :::::::::::';:';:::::::::::::::::::::::  ::::::.';i----------! /  }
     /'   ::::::';:';:::::::      ':;::::'i------┬-┘/  /
     ヽ/.     ' ,        :'V     !∠/W∨
     i'               :::.i     i
     i'                :::.i     !
    .i                 :::.i   ./
    i              ::.   ::.i.  /
.    i               :::.   ::.i, /
   .i                :::..  :::'i
 .  i            .....   ';:::.  ::::'i
.  ,i             ::::::::::..  ':;::. :::::.i
  i ..::::::::            ::::::::::::..':::;:....::::i
  ';:::;;:::-..'''':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;::::::::::'::;::/
 . i ̄'''''''''''''''''''''.-------- ,,,,,,,,,,,,,'',,,>-'''i
   ,i'''''''''''''''''''''';------.,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, -''i
   .i       ` 、 ./           i」
水瀬伊織 「うー・・が、我慢しなさいよねっ///>美希
それに・・・美希も可愛いんだから、誰かにお持ち帰りされちゃうかもね?ふふっ

開始は・・・私はいくらでも待って良いけれど、他のみんなの都合次第ね~」
ばらしー 「            r┴' / /  ∧ ! ! /^ \ ヽ 丶
           // /   / ,、 ∨,、  \ヽ \ \
          ∠..ノ   /   / ハ|/ ',ト !  ヽ\ ヽ  ヽ
          r' /    /i /  i|`  "゙リ | ! 、   ',  ヽ  }
          |   l   リィ:ハ i ハ   ノ斗-l、  〉  }  } リ
          レヘ |\ト{从=≠ミ     ,ィ宍ミx∠L/ lイL
.               ∧ト、ゝ{ ;ィ笊h    ヒりノ’ハ}´/ // |イ
            ヽ// , 〈 ヒり’    xxx ・ /イ//,'  |/ |
             ト-  ハミ::.:.ゞ  、      イ///! /  i \
                /  ∨^人彡::7 -―    .///    |   \   まぁ11でもいいけど様子見の人は入るといいんじゃないですかね
            /  ,イ,'l  >   _    / [//    ∧    \
          / :// |  .|_/ヽ ̄´彡 //  /,イ「⌒ヽ     \
         /   / /:.| :|   lヘ,_    _//  :〃 リ   '.   ト、  ヽ
        /    /  | ,ハ l  :/彡'7  ` '´//   /      |   | \. 、
.      , '  ,イ  l  | | | ,! :/ 彡゙      У ;イ  / ゞ彡 |   .|  |  |
     /  //.:/ :!  V'"´l.:/        /{   (⊥ 〈 三::. l    |  |  |」
水瀬伊織 「えっ・・・?
私のウサちゃんは時計は持ってないけれど・・・
それに、アリスって・・・あなたは一体・・・?>雪華綺晶」
萩原雪歩 「わぁ、すごくお似合いだと思います♪>ばらしーさん」
菊地真 「お持ち帰りか~
いいなあ、あこがれちゃうなあ」
V6 さんが入場しました
ばらしー 「(……おかしい、おかしいな……私765所属のアイドルなのに、
みんなの反応が……雪歩が天使だ)」
雪華綺晶 「私は私
あなたはあなた
あなたの兎は何かしら?>伊織」
V6 「ガチャッ」
星井美希 「ごめんなさいなの。美希、遺言の準備してたの>ばらしー」
ばらしー 「           __,,,,..----.,_  ハ.⌒.. 、
        _,r‐''"   へ.、  `ヽ,, .:::ヽ:ヽ
      ,f";,へ_  //´: : ヽヽ、   `、: :ヽ..ヽ
     .、f:,/´: . :,;_: :, : :i iヽ  `、 :i,: : i, i::i: : i
.     !'´/ /: ∧|∧ 'i; 'i;'; :ヽ : 'i;ノ,i; :.'i,...:i::i::i
    : :!: / / :i'i:i   'i; ii; iヾi;'i、: :'i彡! : 'i,  リ
    / :/:,' : : ! i;!   V`Vーヾト,--i :.; :: 'i, i│
.    (; ;i i:!/`′    ー‐-!_: f‐.、:: :.'i,ルノ i│
    !; ;、'´! ___     ,r' ̄ヾ; i i .i,: :'i,:::::i: i i
.    ヽ .; 'i; if"  `    //.i: ノ ' i; :i: i: i
     ! '; ';.'i;!ミ//ミ       J/i : i: i ;); i: i:: :i  V6の誰ですか!
     i::::i : : 辷ミミ  _,r‐ー' ,.イi:i: i: ト;!V│:: │
      i: ::i;i :ト; マ. .,_  / レi: )!;): : :,!: i:: i
      V(:i:i,!,(:│:i λ  ''´'y‐ ‐ ‐- .、::  /
       'i<i,'''─ i ',i    ,/ /r'ニ´-'''`、
       f i;  ; i-:.'7 ̄`7<´: f f,, -‐‐ ''''i,
       !  ヽr‐ニ>ヾ⊃、,,,,!: ;!,i'      !
.     ,r' r‐'''´⊂ニ><,  `ーi      ,ノ
     ,i ,!   .⊂ニニニ>   ,!ー-、,, '' /
.    _,!r/____ー┬‐.'''''´`ーf==ノ 'i 'i, <
.    i .i    ,ト; : : : : : : :>  _,ノ  'i, /」
V6
 | ̄ ̄\
 |  「   \
 | ( ●)(●)   どうも、V6です
 |     | |
 |   __´_ノ
 |   `ー'´}
 |       }
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
雪華綺晶 「ここにまぎれた偽者さんは
どうしてどうするこうなるの?」
萩原雪歩 「ぶ、V6ってあの有名なV6さんですか…!?」
金糸雀 さんが入場しました
嵐 さんが入場しました
V6
 | ̄ ̄\
 |  「   \
 | (●)(●)    いえ、ですから6番目なのでV6です>ばらしーさん
 |     | |     V1~V5は置いて来ました
 |   __´_ノ
 |   `ー'´}
 |       }
 |     ノ
 |    ヽ
(⌒ー─' )」
金糸雀 「ずさーかしらー」
萩原雪歩 「わぁ、嵐さんまで!?」
「どうも、嵐ですっていうwwww」
ばらしー 「           /  / / ` ∧ ! /^ \ \
              /   / /   / ,、∨,、 \ ヽ
           i   イ / i / ∧ヽ|/∧ヽ .\ト
          l イ /  ハ/l /´`"゙`´ ', ! l 丿 >
          | ム l ノ.ハ/"^   '"" レj /i /
          | イハ \|从ト     ,. _ リ |  /
.            | jV\トレ''⌒    ⌒`./ j!
              l {ハ  iミヲ彡'7  .   イ  /l
            l│ヘ lマ三彡. r‐ァ  ハ i l   そうでしょうそうでしょう
           | |  ト |イゞミヲ    ,.イ/ l  |
            | |  | i  i` ‐- ´|:.i  |  |   やっぱアイドルだったらこれくらい可愛い衣装きないとね!>雪歩ちゃん
             | |  i  }.:.:.:}∋   彡|、__.:!:_|
              | l  ! ; !rf′      }:「    `丶、
.            |,. ′'´ 」:| - 、  -‐/Y"ヽ   ム彡:.
          ´      |:|        rヘ`  :. 巛三!
          .′     |:|  ミゞ    「ヽ   } {   i
.         l        ムl_         }   ,゚ 、   ト、
.         {   \ , /  `丶、 `、 ∧   {  ヽ  い
       ,ハ    { ,′     ヽ ':.' ハ   ‘ 、 :. ‘:.:..、
.      / ,ハ.    v        、}! ′゙、   \ }  ':.:.ヽ
      l /| .     {         Y   、   丶、 :.: |
      {:|│j::.   ヽ、       ,.ィハヽ、_,.、 ム彡ヽ.}l |
      {:| ∨ '   │ヘ ー--‐ '" {{|| }しノ   \     }リ
        :| //|  彡| l∧ミ       `i| j}      \   ノ
          //ヘ!     |从ム≧ヲ            ‘「`¨´
       //   }     !ノ' }                 ‘.
      /   l     |  ′ミ               、
            l《ミ.  | /彡ミゞ     {:      .≦',」
菊地真 「いのはらさん?>雪歩」
V6 「ええ、そりゃもう有名かもしれないV6です>萩原さん
V3先輩ほどじゃないんですがね」
GM 「みなさんよろしくおねがいします!」
高槻やよい さんが入場しました
星井美希 「えー。美希、お持ち帰りされるよりする方が好きなの。
具体的にはこの村のみんなが美希の恋人なの>デコちゃん」
「この村に嵐を起こすぜ・・・っていうwww」
水瀬伊織 「あ、真達も来たのね~!
雪歩もいるしお似合いね♪

雪歩にお持ち帰り役は出来るか分からないけど・・・ふふっ」
ばらしー 「                    ,   - ,‐i,.ヘ ',  ヽ:
              r┴' / / `∧/^\< ̄ヾヘ`
            // /    / , ∨,、  \ヽ  \\
           ∠..ノ /  /  / ∧ |/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
               r' / ,'  /  /l /´`゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}
           | { l   リ ,' 从    ノリ |  〉  }  } リ|
           レヘ |\トヘ{ト{从    リ_ |イ /厶∠L ヽ
               | i r f代圷ヽ '´弋乏ア. ノ}:| ,′\
               | iヽハミ彡7 j   ////  _ノ/ /  /  )  ところで坂本、森田、ティガ
               │/ j_,ヘ、 -―――‐‐<∨ /  /   リ
       _..  -=ニ二 ̄ ̄/.:::...:::::.:::       .:.: ̄}∠/  l   誰ですか?>V6
      {::.:.:..    x -―  ニ二つ'__    .:.::  /   ̄`ヽ |
      l::.:.:...::...::./        t-‐-`⊃.:.:.::::: :lィ三ミ:  ! |
      |::.:.ヽ.:/         z、\  .:.:.::::: .:.,ゞミ三.  l i
      l::.:./    /` ー-、ヾ、\‐'...:.:.:::  .::/     ∧ l
      l/    /  ::.:ノ:.:.:.\)\)::.:.    .:/     / `、 |
      孖彡.7  /:ヽ      :.:.:、_:.:.    .:/      ∧  l
.     / .ミ彡彡{/::.:.:.             :.ヽ .:/     /     i |
    / 三彡7/::.:.: :.:.:.            :..∨三彡;,;7 /   :j  !  )
     l 三彡7イ::.:.:.::. ::.:.:..       :.:. .:./     /}  /
    `ー―''´{ :.:.:.::.:.:.::.:.:.::..... .     .:\.:/、:.:.:   / j  {
       ノ ̄`ヽ、__      ___/ =;,;_  / {   ヽ\
       >'゙        ̄ ̄ ̄ ト-=;,;_i、;,/  /=〈ヽ  } jノ
       {     _            =:{  /    ∨j/
       ,ゝ-‐<´/ ¨7 ―――――--- イ _x.=lv┘」
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → オランジーナ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 894 (オランジーナ)」
高槻やよい 「まにあいましたー!よろしくおねがいしまーす!」
V6 「荒らし……ゆ"る"さ"ん"!>嵐」
オランジーナ 「オランジーナ さんが登録情報を変更しました。」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 川名みさき
アイコン:No. 6 (水色) → No. 884 (川名みさき)」
我那覇響 さんが入場しました
輿水幸子 「なんだかボクの知っているV6と嵐とは違いますね(ゲシッゲシッ」
菊地真 「え?美希がお持ち帰りするの?
白馬の王子様がお持ち帰りするんじゃないんだ…>美希」
「うははwwwっw>V6
俺様の人気に嫉妬するなっていうwww」
金糸雀 「あれ?カナが支援する必要がなかったみたいかしらー」
V6 「ええと、……風見志郎じゃない方?>ばらしーさん」
星井美希 「GMも下界に降りてみると良いの。
多分、その方が良い気がするの。」
V6 「ちょ、待て蹴るな、メイクが>興水」
GM 「響とやよいもよろしく!」
我那覇響 「じゃ、やよい持ち帰るんで自分」
水瀬伊織 「私のウサちゃんは・・・
私の大切な・・・友達よ?
(この子、何なんだろう・・・なんだか、とっても不思議な感じ)>雪華綺晶」
星井美希 「じゃあ、美希が真くんの白馬の王子様になるの。……ダメかな?>真くん」
ばらしー 「            z-へ へ──-、_
          /__/_/ /     ヽ \\
         , '   /  /         rV/l \\
       /    / z-へ へ─ ─ト/^\< ̄ヾヘ
        .′ //__/_/     | ,、  \ヽ  \',}
      fi  <┴' / / ` ヘ |}  /|/∧ヽ  \  ヽ ヽ
      |i / // /   / ハ,|/, ∨,、  \ヽ', ヽi
      |i/〈〉 l/  /i /  i|`   "゙ |/∧ヽ  ヽ}  }l
      |i | l   リ ィ:ハ i ハ    '}/]厶斗 }/ l }
      |i   {  {从=≠ミ、    ィ爪_刋/ l ∧ l
      |i   ∧  V弋込外     ` ` ・ア|/ l /
      |  /  ヽ、ヽゞ:.:彡´   :::.   /  l」 |
      l  ,'     ト-ト =;,;_i'        /l  爪 |
      | '     i  ヾ、;,/  r、‐  .イ | 小、ヾ、  ところで、伊織も美希も他の765の子も
      |/     |    i个 . |│/| | i|// } ヽ '.
      {   i   |   | l  `|│  { { i|/ 小、   i  私に構っていいんですよ?(チラッ
      l   |   }   } ィ三ミ|│  比7   },rヘi }
       l   ,    , i   //ゞミ;,/ ⊥_/^i/   /厶 }_
        ,  /   /厶イ´   / ー‐、 V:l  / {{    `ヽ
     /  /   { { 川「 ̄` / 、 __ V:/ /  ヘ       ,
        ,     ノノメイ   |  ,r 、 レ/ ,′ {  ヽ    }
     i  l    //}′{ィ三ミ |  /  し'/ {{ ハ ヽ ヽ   ト、
     |   |   〃/.::| }ゞミ / l     /    |レ'   ヽ、ヽ ヽ  ,
    {   {   {{/}::::} ト=V ト、  イ:}  {く     ヽ ヽ ヽ }」
「俺様が来たからには視聴率20%まちがいなしっていうwww」
我那覇響 「よろしくだぞ、765プロ!>GM」
菊地真 「みさき先輩!お久しぶりです!」
GM 「ではゆったりとおりてみます」
高槻やよい 「って、沢山増えてますっ!?」
琥珀 さんが入場しました
「そこのおじさんグループとは違うんですよwww
いやいやwww」
雪華綺晶 「遅いですよ黄薔薇のお姉様
だから世間ではいらない子扱いなんです」
琥珀 「とりあえずさっですよー」
GM 「っと!
埋まりましたよ!!」
輿水幸子 「お持ち帰り?なら当然ボクを持ち帰りますよね、こんなに可愛いんですから…あれっ?」
高槻やよい 「えっ>響さん」
菊地真 「美希が王子様かあ…悪くないかも」
金糸雀 「楽してズルしていただきかしらー」
星井美希 「ゆったりと……って程の間がなかったのw
GMには悪い事したかな、って思うの。」
萩原雪歩 「そ、その私、水着はまだちょっとはずかしいですぅ>ばらしーさん

いのはらさん?>真ちゃん」
雪華綺晶 「本当に?
それは本当?
嘘じゃない?
あなたがただただ、そう思うだけ?>伊織」
水瀬伊織 「あ、やよい達もやっほー!
って早速響に狙われてるー!?///

そして満員、一度来出すと凄いわね~みんな、よろしくね!」
我那覇響 「おう、プロト貴音のタカネか。スッゴイナー金髪な貴音とか想像するだに凄いぞ>ばらしー」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 四条管理人
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 750 (アニマス・四条貴音02)」
萩原雪歩 「(こ、呼称表がニコニコ大百科のメンテで見れなくなってて慌てて探してました…!)」
星井美希 「美希がお姫様だっこで真くんを連れ去ってあげるの!
それで、いつまでもいつまでも幸せに暮らすの。御伽噺みたいに>真くん」
高槻やよい 「すごい勢いですねっ」
琥珀 「琥珀 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:琥珀 → 四条貴音
アイコン:No. 888 (琥珀) → No. 743 (アニマス・四条貴音01)」
我那覇響 「ふっふーん。自分、SP仕様だからな!
能力値はチートだし、戦闘力も86あるんだぞ!>伊織」
四条貴音 「…あら、面妖な。(げふん」
ばらしー 「            r┴' / /  ∧ ! ! /^ \ ヽ 丶
           // /   / ,、 ∨,、  \ヽ \ \
          ∠..ノ   /   / ハ|/ ',ト !  ヽ\ ヽ  ヽ
          r' /    /i /  i|`  "゙リ | ! 、   ',  ヽ  }
          |   l   リィ:ハ i ハ   ノ斗-l、  〉  }  } リ
          レヘ |\ト{从=≠ミ     ,ィ宍ミx∠L/ lイL
.               ∧ト、ゝ{ ;ィ笊h    ヒりノ’ハ}´/ // |イ
            ヽ// , 〈 ヒり’    xxx ・ /イ//,'  |/ |
             ト-  ハミ::.:.ゞ  、      イ///! /  i \
                /  ∨^人彡::7 -―    .///    |   \   あ、そしたらダイナの方ですかね>V6さん
            /  ,イ,'l  >   _    / [//    ∧    \
          / :// |  .|_/ヽ ̄´彡 //  /,イ「⌒ヽ     \
         /   / /:.| :|   lヘ,_    _//  :〃 リ   '.   ト、  ヽ
        /    /  | ,ハ l  :/彡'7  ` '´//   /      |   | \. 、
.      , '  ,イ  l  | | | ,! :/ 彡゙      У ;イ  / ゞ彡 |   .|  |  |
     /  //.:/ :!  V'"´l.:/        /{   (⊥ 〈 三::. l    |  |  |」
四条管理人 「それでは皆様方、ご私宅の方をよろしく御願いたします」
V6 「おのれ、こんな場所に嵐がいるとか……これ絶対デストロンの陰謀だろ」
輿水幸子 「ふふ、こんなに一気に集まったのもボクの魅力のおかげですね!」
萩原雪歩 「し、四条さんがふたりっ!?」
我那覇響 「た、タカネが三人いる。なんだってーーー」
四条管理人 「・・・ひゃー!!!
かえますぅ!!」
菊地真 「おかしん?美希は難しい字を使うなあ」
ばらしー 「             //__/_/ / .|  ヽ \\ '\\
           /r┴' / / `∧! /^\< ̄ヾヘ  ヽ
          / // /    / ,、!∨,、  \ヽ  \\ハ
.         ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ l
.          |:r' / ,'  /  /l /´` "゙`´',ト ! 、   ', ヽ\ }
.          .!| { l  斗セ,' 从     リ |刈メ〉  } } リ|
.           | ||ハ 从刈 从L     ノリj/」イ从 l lイ L|
.           | ||  ハヘ,ィさ乙ミ、    代辷ノY´/ // ! |
            ノヘ ! .  ハゝゞ=㌢     `¨゙゜/.//,' |  |
           } ! | |ミゝ、彡ゞ"   j  ///彡イ /  l  |  嵐はあれでしょう?
           | !| | ト  ∧彡::7   _    イ |   |   |
          」└‐<iハ : ヽ、ゞ.      /</ ! | | |  |  本名高木功で、覚せい剤つかって捕まった
         /    | |`ヽ从ハ } `  ー  ゝ | .| | /<  ̄`ヽ
          /ゞ:.  7 ! ! }. !ゝ'彡::.ゞ /  | | .| |       '  元全日本のレスラーさんでしょう?
         { 彡::.ゞ{ | | / ./ /、    / _,.. L.| |/          |
           !   ヽ,  | レ. / /  `ヽ '´    从:(_   ミ彡  |
         :.    V  / /           )、,ヽ:.ヽ/.:マ三:、 |
            '.     {:. / ./            ',⌒ヽ\    ,′
.            ',   , ' ´ /     \:..ノ       ',  .`ヽ   /
            ヽ/   /         )′ 彡   ハ、   \/
          /  ,,.≪{ゞ:、::.:.ゞ     ′  三:  j//≫,.、  ',
           / ////∧         :.      ∧/////\ .::
.          |///////ハ ミ彡    :.       /////////ハ}
         {////////人マ三:、   !    人/////////い
          ∨/////////\     i   /////////////ノ
           \//////////>‐- 'ゝ.イ://///////////
            ` ー-====彡'′    ` ー--====彡'′」
四条管理人 「3人!?>響」
水瀬伊織 「もう、ホントに贅沢な子ねー・・・
でも、美希のそんな所、私も嫌いじゃないっていうか・・・///>美希」
星井美希 「ちがうの、真くん!
それはおとぎばなしって読むの!」
四条貴音 「…3人とは恐ろしいですね」
V6 「やべぇ、V4とV5にも声をかけておくべきだったろ……だがこの程度の局面、俺一人で十分ですよ
見てて下さい少佐」
高槻やよい 「響さんもかわいくて大好きですけど・・・・私的には、伊織ちゃんの方がいいかなーって///」
我那覇響 「はいさーい
冗談はさておき、貴音と隣とか幸先良いぞ!」
菊地真 「おとぎばなし、ね
うん、知ってたよ、知ってた>美希」
星井美希 「開始投票と遺言の準備をお願いするの!」
雪華綺晶 「3人?3人?私には二人に見える。
あなたが見ている3人目、それはなぁに?>響」
萩原雪歩 「さ、さんにん・・・?あとお一人はどちらにいらっしゃるんでしょう?(きょろきょろ」
四条管理人 「四条管理人 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:四条管理人 → 秋月GM
アイコン:No. 750 (アニマス・四条貴音02) → No. 735 (アニマス・秋月律子01)」
川名みさき 「にぎやかだね、いっぱい人が集まったのかな?」
我那覇響 「えっ>やよい」
四条貴音 「…いえ、良いでしょう。
貴女と私、どちらが真のらぁめんを食するか…!
いざ、尋常に!」
「V6とかマジ型遅れで困るっていうwwww」
高槻やよい 「真さん!私も読めなかったから安心してください!」
我那覇響 「ちっこくて可愛くてモフモフしてペットして飼われるのは
やよいの方がピッタリだぞ?」
秋月GM 「それじゃみんな!頑張ってね!」
高槻やよい 「え?>響さん」
ばらしー 「             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏ムヘ/ u. `ソイ リi //    |
        Vi ハ ─    ─.^ヾイ}.リ|    |
        ハ/||ミ彡》、_,、_, /// / |ノ| .|   |  ……ところで、私765アイドルなのに
         \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |  雪歩ちゃん以外相手してないどころか浮いてるんですよ
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |  どういうことですかプロデューサーさん、なんですかこの「なんだコイツ」感は」
金糸雀 「そういえば遺言なしの鯖だったかしらー」
輿水幸子 「おやおやこの程度も読めないんですか?やよいは仕方ないとして真さんは…ねぇ?」
水瀬伊織 「ほ、本当よっ・・・!?
この子は、私の寂しい時にずっと側にいてくれた、んだし・・・っ
(うう、なんだろう、心の中を覗かれてるような、不思議な子ね・・・)>雪華綺晶」
V6 「3人目の四条さんなら先ほど二郎に行かれましたよ>萩原さん」
星井美希 「え、美希贅沢じゃないよ?
皆大好きだから皆恋人にしたいのは普通の事だって思うな。>デコちゃん」
川名みさき 「私は目が見えないからね。その人のことを知ろうと思ったら、お話するしかないんだよ

菊地真 「あ、うん、そうだね>やよい
やよいに慰められちゃった…」
我那覇響 「ええっと、ばらしーとか雪華綺晶って貴音の並行世界の同一存在じゃないのか?」
四条貴音 「……その、どちら様でしょうか?新しい事務員…の方でしょうか」
高槻やよい 「幸子さんの苗字も難しいです!簡単なのにしてくださいぃ~>幸子さん」
V6 「へっ、そーいう嵐こそSMAPになりそこねているじゃないか……
おとなしく芸能界から消えるんだな、貴様らでは20年後まで持たないだろ」
星井美希 「デコちゃんデコちゃん、開始投票して欲しいの。」
「ちなみにオレンジーナは俺様好みに合わないっていうwww
つまりお前さんを食すことはないっていうwww>オランジーナ」
秋月GM 「え?
いや、私あなたの元ネタを知らなくて・・・>ばらしーさん」
ばらしー 「                     ______
               ___,.-‐='"´_     `丶
               ,./´    ヘ'"⌒|  ヽ \ \
            r┴' / / `∧ ! ! /^ \ヾ ヽ 丶
          // /    / ,、∨∨,、  \ヽ \ \
         ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\ ヽ  ヽ
           r' / ,'  /  /l /´`"゙"゙´', ! 、   ',  ヽ  }
         | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ l
         レヘ |\ト x-ミ、    ,斗ミ、∠L/ lイL l
           ∧ト、ゝ{{ rく}    " rく:ハ}´/ //  |イ /
           // ,ハ`::.:.ゞ’     ヾ- '・ //,' |/| イ
          /  l {ハ彡::7  '   //// ノ/i   i ||  私はどこにでもいる普通の可愛い人妻アイドルですね>響ちゃん
          |  l ! トト ト、ミゞ c っ    , イlイ  . |´ i
          \l,! ヘ|从|/|;;丶、__ .. ィ:Yi '(('i  / l i l|
            ト.ヽ、ヽ {  _,.ノ:.:.ゞ  ノ'ヽノイ  イ!  l
             /    /   ` ´   ,リ     `ヽ. l
            /ミ彡 /     ゞ:、:  l'l .三彡{   ヽ
            l ノ//      ミ彡  ノ_| .マミ彡7    ヽ
           .レ"ニニ:lミゞ  .:'   /ニニ゙、 、 /、     ヽ
           .lニニニニニ、  .:  /ニニニニl ヽ  >、  ゞ:、: ヽ
          ,llニニニニゝ、.:::/ニニニニニ゙l l /l l ヽ ミ彡  ヽ
          .l.゙ニニニニゝ`=´、ニニニニニニニリ/ l l  ヽ     ヽ
         /  ゝ-===-´フ「l l`゙==ニニニニ='/l l / / ヽ ,.   ヽ
         l      l   |.| |.|  ` ̄ ̄ ̄´/ l l l / /     ヽ
        .ヘ    |   Ll  Ll丶     /  l l l !/     ,.ノ
         ヘ    l            lミ  l l  /    ,..-'"
          ヘ   ,l彡::7        ヘ彡,   /   ,.-'".
           ヘ ./     ,       .ヽ' /-ーー"---、=
            〉      '      ,.--ッ-'"___-ーー  /
            l ゞ:、:      _,...-ー'ヽ (=ニー、 ヽ、 /
           ,.ト、_____,,....-ー'"//ゝ、ヽヘ  `ヽヽ_ \」
菊地真 「なんだよー!ボクはバカじゃないぞ!」
萩原雪歩 「はうっ!?
あ、は、はい、そうなのですか!教えてくださってありがとうございますぅ(こそこそ>V6さん」
我那覇響 「それはズバリ、自分のプロトタイプもタカネも
要領の都合で削られた幻のアイドルだからだぞ!>バラシー」
「>V6
あんなオワコンと比べるなっていうwww
俺たちにはリーダーOONO(おでこ広い)がいるんだっていうwwww
負けるわけがないっていうwww」
川名みさき 「人妻なんだ…すごいですね~>ばらしーさん」
星井美希 「人妻アイドルとか新しすぎて誰もやらないの!
そこに挑戦するばらしーさんは凄いって思うの。」
高槻やよい 「なにそれこわいです!あいがんどうぶつ、ですか?
でもでも、響さんの方が動物っぽいかなーって>響さん」
輿水幸子 「これは"こしみず"って読むんですよ是非覚えておいてください未来のスーパーアイドルの名前ですからね!>やよい」
V6 「【ここだけの話】
ばらしーは実在のロシア人アントニオ・バラライカが元ネタ>秋月GM
ウィキペディアで調べてみよう」
雪華綺晶 「なにをいっているのでしょう?
見えてはいけないもの?
お目目の検査は大丈夫?
女王様に気に入られた?>響」
四条貴音 「…………雪華綺晶は兎も角として、流石に私、そちらの趣味は…」
ばらしー 「             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        Vi ハ ●     ●.^ヾイ}.リ|    |
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |  やだなぁ、元ネタとかあるわけないじゃないですか
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |  強いて言えばばらしーは可愛くて小鳥鯖で「ばらし-村」って検索するくらいですよ
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |
                             ともあれ私はアイドルです。」
オランジーナ 「うるさいザンス!
甘味料漬けのファンタでも飲んでるといいザンス!>嵐」
星井美希 「みんな準備完了っぽいの。カウントするね?」
四条貴音 「……アントニオはロシア人の姓ではありませんよね?」
我那覇響 「ソレを言うなら野生的だぞ!>やよい
愛玩動物とか難しい事言われても解らないし、ペットでいいんじゃないか」
V6 「うっせー、俺達だって技の1号さんと力の2号さんから目をかけられてるV3さんがいるんだぞ>嵐
ゴルゴムが出てきてからあんまり見なくなったけどよ」
輿水幸子 「まあまあオランジーナはプロデューサーが好きですよ…ボクはあんまり好きじゃないですけどね!>オランジーナ」
「>オランジーナ
俺様は「なっちゃん」派っていうwww
残念だったなっていうwww」
萩原雪歩 「うん、おねがいするね!>美希ちゃん」
ばらしー 「             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        Vi ハ ○     ○.^ヾイ}.リ|    |  まじで!>響
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |  でもあれだわ。私来月DLC化だしあとモバマスデビューもするから問題ないわ
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |」
水瀬伊織 「ととっ、ごめん準備OK!
美希、よろしくね!
この村、どうなるかしら・・・」
菊地真 「アントニオって、猪木さんの苗字だよね?>貴音」
高槻やよい 「みさき先輩、目がみえないって大変ですね。お話たくさんしましょうね!>みさきさん」
V6 「俺もどちらかといえばバヤリース派だから……>オランジーナ」
我那覇響 「銀髪ウェーブならもう、全部貴音でいいんじゃないかって自分思うぞ>キラキー」
秋月GM 「男性アイドルユニットの割には体格がヘンね・・・>V6、嵐」
星井美希 「美希の恋人になってない人があと3人」
「>V6
V6はライダーになりそこないっていうwww
オダギリジョーを見習うべきっていう!(キリッ」
川名みさき 「こちらこそよろしくね、やよいちゃん>やよい」
四条貴音 「南米系の苗字ですね…>真」
ばらしー 「             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏\    /  リi //    |
        Vi ハ ●    ●. ^ヾイ} リ|    |
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ \_|   ./ | }.|   |  ……よし!こうなったらばらしーが可愛いことを
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |  今!ここで!改めて!広めてやる!絡みづらい?知るか!
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |」
輿水幸子 「片方は饅頭型もう片方に至ってはどう見てもトカゲですからね>律子さん」
「>真
アントニオ小猪木のことか?っていうwww」
星井美希 「美希の恋人になってない人はあと2人」
菊地真 「みさき先輩は確か、カレーライスが大好きだったはず…」
オランジーナ 「ぐぬぬ…」
V6 「オダギリ先輩の話はやめろよ……!>嵐
いいじゃないか、日曜ホームドラマの視聴率が少しくらい低いからってさぁ!」
星井美希 「美希の恋人になってない人はあと2人」
菊地真 「アントキノ猪木かもしれないね>嵐」
雪華綺晶 「無茶はいうものでは
ないですよ?
人は身の程、知るものです>ばらしー」
萩原雪歩 「がんばってくださいね!ばらしーさん!」
ばらしー 「             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        Vi ハ ノ     `ヽ  ^ヾイ} リ|    |
        ハ/|ミ ●    ●.   / |ノ| |    |  これでも純情派で通ってるからね>美希ちゃん
         \ゞミゞ 、_,、_,⊂⊃../ | }.|   |
           { /⌒l ァr‐七⌒ |  |リ |   |
           /  / メ^く_/  |  |ヽ |   |
             |  l /:∧∨ 〉 |  ト   |   |」
「>V6
あれは歴史に残る汚点だっていう・・・
さすがの俺も引くわ・・・」
星井美希 「美希の恋人になってない人があと1人」
雪華綺晶 「それはあまりにもあまりな極論のような……>響」
V6 「それでは聞いてください、V6で新曲【Choo Choo TRAIN】」
川名みさき 「そうだね~、カレーは好きだから何杯でも食べれるかな♪>真ちゃん」
高槻やよい 「確か沢山ご飯をたべたはず・・・貴音さんとどっちがすごいかな?>みさき先輩」
オランジーナ 「小猪木の方が細かすぎて伝わらないモノマネ選手権に出ている方ざんしたかね?」
我那覇響 「あ、真にはダンスで負ける気はないかんね自分」
「それはEXILEだろっていうwwww」
V6
                / ̄ ̄\
              /  「  ヽ \/ ̄ ̄\
              |  (●)(●) | 「  ヽ \
              |     |     | (●)(●) |
              |   __´_  |   |     |
          / ̄ ̄\ `ー'´  |  __`_ |
        /  「  ヽ \    へ  `ー'´ ノ
        |  (●)(●) |   ト ヽ     /\
        |     |     |   |/ ノ   ∧ ノ
        |   __´_/ ̄ ̄\/    / / 
        |   `-/  「  ヽ \   //
         ヽ    |  (●)(●) / ̄ ̄\
      /  ヽ   |    | /  「  ヽ \
      |  〈|   |   __´_ |  (●)(●) |   ファンファンウィーヒッタステーッステー
        \  i   |   `ー'´|     |     |
         (  )  ヽ.       |   __´_  |
         / /  ヽ       |   `ー'´  /
          | |  〈|        ヽ      /
           ヽ  |    / ヽ     ト ヽ
            (  ) ___|  〈|     |/ ノ
            /  /   ヽ  |     / /
        _ / /       (  ) _ (  )
       (__/     /  /   \ ヽ
              _/  /    /  /
             (__/      丶_\」
星井美希 「やったぁ!美希のハーレム、完成なの!」
ばらしー 「             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        Vi ハ ○     ○.^ヾイ}.リ|    |
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |  ムチャじゃねぇ>きらきー
         \トゞミゞ      / | }.|   |
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |」
「>オランジーナ
大差ないっていうwwww」
萩原雪歩 「ぶふぅっ!?>V6さん」
菊地真 「ウガンダ先輩とどっちがすごいんだろう?」
ゲーム開始:2012/05/30 (Wed) 22:54:21
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1 女神1
「お前ら最高に不幸っていうwww」
萩原雪歩 「こ、こんばんは!よろしくおねがいします!」
「よろしくっていうwww」
「◆秋月GM 四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
如月千早 「よろしくお願いします。」
萩原雪歩 「嵐さん狼さんですか!?が、がんばって、としか言えないですぅ!?」
「実質2wスタートぱないっていうwww」
如月千早 「最近狼が多いですね。」
「もし誰も騙らないなら
俺様が占いか霊能で出るっていうwww」
萩原雪歩 「語りのほうおまかせしてもいいでしょうか・・・?」
如月千早 「よろしくお願いします。」
萩原雪歩 「騙り」
「◆秋月GM GMは秋月GM(ふぉうど◇WUdA2mF4wY)よ!
みんな、頑張ってちょうだい!」
萩原雪歩 「おねがいします!」
「臨機応変にするっていうwww」
「一応基本はV6●だけど・・・いいよな!っていう」
如月千早 「お任せします。」
萩原雪歩 「wwwwはいっ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
秋月GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
秋月GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
V6 「【ここだけの話】
V6の“V”は、バレーボール、ビクトリー、バーサス、ベテランなど20~30もの意味が存在する
バラエティとかも含むんじゃないだろうか

だが、バラライカだけはありえない。絶対に」
如月千早 「おはようございます。」
我那覇響 「貴音ーーー!ゴーヤプレイの時間だぞーーー!」
菊地真 「まっこまっこりーん!
それじゃ霊能COしちゃうナリ~☆」
雪華綺晶 「秋の夜長に月を見る
届かぬ願いと知りながら。
あぁ、あなたは何を考え何を見る?
私はそれを見守るの。届かぬ想いを見守るの。
諦めぬあなたが、自覚するまで。
そんなあなたが、愛おしい。くすくすくす。」
星井美希 「おはようなの。
なんか狼以外にも女神っていうのがいるらしいの。
女神って美希だよね?他にいちゃダメだよね?
だから女神も狼も全部美希が駆逐してやるの!」
ばらしー 「きらっミ☆
765プロダクション所属世田谷区在住純情派人妻アイドル、
ばらしーの占いCOです♪

V6さん占ったら○ですよ、○!」
金糸雀 「おはようかしらー」
輿水幸子 「まあこの僕がいれば勝利は間違いないですよ!!」
水瀬伊織 「みんな、おはよー!
この村には人外・・・それから
その・・・いわゆる、不純交友してる人がいるって、本当かしら・・・///」
四条貴音 「…ふむ、どうやら夜が明けたようですね。
では、占い師のかみんぐあうとを待ちましょう
誰か、夜明けのらぁめんをお願いします。」
オランジーナ 「占いCOザンス! ばらしーは○」
ばらしー 「V6さんだったら、やっぱりティガかダイナかガイアだと思うんですよね。
ところで一体中はだれなんでしょう。私としてはティガだと思うんですけど、確かめますね?」
V6 「ということで……どーもー!
V6です、趣味はデカスロン!」
川名みさき 「皆さん、おはようございます
今日はいい天気…なのかな?」
高槻やよい 「おはようございまーす!律子さんがかまれぅ!」
金糸雀 「○が結構早いかしらー」
オランジーナ 「理由
おフランス生まれのミーがロシアに遅れを取るわけにはいかないザンス!
あと人妻はもうモバマスにいるんでコレ以上いらないザンス!
……893プロというよりロシアンマフィry」
萩原雪歩 「お、おはようございますぅ、よろしくおねがいしまーす!」
「おはようっていうww」
菊地真 「あと、恋人は爆発しろ!」
V6 が「異議」を申し立てました
萩原雪歩 「それではCOある方はCOお願いしますね!」
ばらしー 「対抗が人じゃない……なんて時代ですか!」
我那覇響 「うわ、2―1で
オランジーナ視点真狂」
四条貴音 「霊COが更に早いというのには目を向けないのでしょうか>金糸雀」
「んじゃ俺様が最強の霊能を・・・COっていうwww」
金糸雀 「2-1かしらー」
V6 「嘘だっ>ばらしー」
輿水幸子 「ん~霊能COちょっと早いんじゃないですかね…」
高槻やよい 「霊能さんはやおきですね!
占いさんは2人ですかね?」
水瀬伊織 「ふむふむ・・・2-1で終わり?
ちょっと少ないかなー」
川名みさき 「役職さんはお仕事をしてくれると嬉しいかな
もう占いさんは…えっと二人でているっぽいのかな」
オランジーナ 「うっ!ばらしー狂人ザンスか・・・」
我那覇響 「真、正直そのキャラはどうかと思うぞ」
ばらしー が「異議」を申し立てました
萩原雪歩 「ひゃあ!?
い、いきなり異議ありってなんなんですか!?」
如月千早 「占いは○進行ですねが、
対抗を占っているようですね。
グレーは狭まりそうではないですね。」
ばらしー 「ホントだっ!>V6」
星井美希 「2-1で真狂っぽいの?
まぁどうでも良いの。
さっさと女神も狼も駆逐すれば良いの。」
菊地真 「こんなもん、さっさとしておくに限るよ>霊能CO」
「>響
俺がCOする前に・・・って対抗いたのかw」
我那覇響 「あ、ごめん
女神って自打ちだっけか?」
四条貴音 「2-1、片方視点だと全潜伏濃厚と。
では、霊対抗が居るのであればどうぞ。共有者もかみんぐあうとを。」
V6 「嵐も霊能者で2-2か
……えっ、じゃあ、もしかして、いや、マジでばらしーが○?

いやいやいやいや」
金糸雀 「2-2になったかしらー?
ローラーかしらー」
萩原雪歩 「ま、真ちゃんどうしたの・・・?」
輿水幸子 「霊能は2なんですか?それとも1?」
星井美希 「17人だから自撃ちなの>響」
菊地真 「響もまだまだだなあ
こうやってキャラ付けして印象を残していかないと!」
高槻やよい 「自打ち固定のはずですよっ>響さん」
四条貴音 「自撃ちが確定していますね>我那覇響」
V6 「ああ、自撃ちだな>我那覇さん
よって騙りに出る確率は狐の騙りくらい低い、はず」
「ま、真が対向でいたとか
そんなの気付かない俺だったwwww
俺様の目節穴っていうwww」
雪華綺晶 「鏡に映ったあなたの瞳
全てを見透かす占い師。
しかしこの日は恋人見えぬ
二人の占い候補から、○はでれども片方対抗
あなたの見えるその先は狂人占い。狂ったその人みるけれど。
それはホントに狂ってる?」
川名みさき 「えっと…真ちゃんも霊能でいいのかな?
それなら2-2だし…いつものでいいのかな」
ばらしー 「まぁあれですよねぇ。
対抗さん視点は私は狂さんっと。
どうだろうなぁ、とりあえず、今日は灰を狭めるしかないですけどねー。」
水瀬伊織 「ふうん・・・
あなたって、その・・・思ったより、情熱的な事言うのね?///>雪華綺晶」
輿水幸子 「じゃあボクもCOしますよ
共有CO相方は川名さん!」
菊地真 「今日のボクは仕事しないよ!するもんか!>雪歩」
星井美希 「2-2になったの。共有も伏せてローラーすれば良いって思うな。」
オランジーナ 「女神有りでこの占い損は若干痛い感じはあるザンスね…
取り敢えずミー視点は真狂(女神)ー真でほぼ確定ザンス」
四条貴音 「では、2-2のようですのでろぉらぁから始めるとしましょう。
何、痛くはしません。痛くなければ覚えませぬ。」
如月千早 「どうでも良い話題に異議を唱えられても…。
ひとまずCOを確認したいのですが。」
我那覇響 「ブッチャケ、女神が役職に矢を打ってる可能性あるんだよなー>美希
んで、自打ち女神だから当然潜るんだよな。18みたくポンポン出ないで」
高槻やよい 「真さん・・・、霊能真だと信じたいけどキャラがおかしくて信じ辛いかも~?」
V6 「霊能者が2人いるが、共有が混じっていなかったとしてもだ
騙りの枠的には足りている、占いに真がいない可能性はちょい低目

……でも、ばらしーだぜ?」
金糸雀 「いつものってどんなのかしらー?」
ばらしー 「ってあれ?霊2の2-2?
撤回ないならロラでよろしくね?」
星井美希 「真狂ー真狼ならローラー大安定なの。」
雪華綺晶 「全ての繋がりみるべきは
霊能共有出すべきで。
繋がりあるから信じれる。
そんな共有早く出て」
萩原雪歩 「え?え?2-2?2-1じゃないんですか?」
水瀬伊織 「そうね、だから女神1恋人2じゃなくて
女神1恋人1になるわね>響」
川名みさき 「あ、あいかたさんは幸子さんであってるよ」
V6 「いや、今夜どっちの占いが狙われるにしてもフルオープンは悪くないだろ>興水」
四条貴音 「では、オランジーナ視点真狂-真狼ないしは真狐辺りが濃厚、と。」
「んまぁ、対向吊るならなんでもいいんだがな
俺様の仕事なんて1人外道連れぽいし」
我那覇響 「あ、嵐も霊能COしてたのか」
輿水幸子 「相方、川名さん確認しましたよ!」
高槻やよい 「2-2-2の進行ですかね?
これだと役職に打たれてる可能性も低めかもですね。」
ばらしー 「あはは♪私が可愛いんだから真で決まってますよね?
だって対抗、一発屋の炭酸飲料ですよ?>V6さん」
雪華綺晶 「そうしてあなたは真狂といえるのそれは視点漏れ?>星井美希」
オランジーナ 「ああ。自分打ちザンスか。なら対抗は狂人でほぼ固定ザンス」
V6 「朝一番で菊地が霊能者を宣言しているだろ>萩原さん
そしてそこの荒らしが霊能者、これで2-2だ」
菊地真 「安定の霊ロラだね、うんうん
ボクの見せ場は終わったし、みんな頑張ってね」
川名みさき 「どうしよっか?
面倒だったら霊能ローラーでいいとはおもうかな>幸子さん」
星井美希 「うーん、ローラーなら潜ってても良いと思ったけど、フルオープンでも別に悪くないの。」
オランジーナ 「2-2-2?霊能は1COしか見えないザンスが…」
ばらしー 「ってことで、まぁ狩人さんはよろしくっミ☆」
萩原雪歩 「あ、嵐さん、霊能さん赤字COだったのですね・・・」
V6 「つまり、占い師はどっちも一発屋ということか……」
如月千早 「霊能が2ですか。
嵐さんのCOが地味だったので見逃していました。」
雪華綺晶 「霊ロラ挟むの良いですが。
星井美希はいなくなる。
そんな希望を呟いて。」
オランジーナ 「ああ嵐の奴が…」
水瀬伊織 「え?2-2?
ごめん見逃してた~
人が多いから、みんなの発言拾うのも一苦労よね~」
我那覇響 「真、村のロリ巨乳枠は自分が死守するから
真は心おきなく人気が無惨になるといいぞ!」
V6 「よし、よいこの諸君のためにまとめを作成してこよう
30秒あればイナフだ」
菊地真 「できることなら、美希の口にういろうを詰め込みたかったんだけどなあ
残念だよ、すごく残念だよ…」
星井美希 「なんで美希なの!?こんなに皆を愛してるの!>きらきー」
高槻やよい 「嵐さんもです!>オランジーナさん」
オランジーナ 「よーし表でるザンス>V6」
如月千早 「霊能2名いるなら霊ランでいいのではないでしょうか?」
金糸雀 「霊能ローラー安定かしら?」
輿水幸子 「ん?そういえばグレランで投票しやすい人いなくなってしまいましたね
まあかまいませんよボク共有ですし」
星井美希 「え、真くんもなんでそんなに美希の事、いじめたがるの!?」
ばらしー 「私はこれからの未来が明るい人妻アイドルですよ!>V6
ね?>765のみんな」
萩原雪歩 「そうみたいですね、大文字しか見ていなかったのでみのがしちゃいましたぁ…
ありがとうございますぅ>V6さん」
「>V6
お前は一発もなかった気が・・・おっとっていうwww」
オランジーナ 「基本的には吊れない所占っていく方針ザンス」
V6 「占い師
ばらスィー:V6○
オレンジーナ:ばらしー○

霊能者
菊地真
荒らし

共有者
興水
川名」
我那覇響 「どうした真!らしくないぞ!!
相手を先に吊るんだって無駄に暑苦しい体育会系が真だぞ!
熱くなれよ、もっと熱くなれよ修造」
オランジーナ 「釣れそうなとこは村にまかせる」
四条貴音 「後、ごぉやぷれいとは何なのでしょうか…?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
星井美希0 票投票先 →
如月千早0 票投票先 →菊地真
輿水幸子0 票投票先 →
川名みさき0 票投票先 →
ばらしー0 票投票先 →
水瀬伊織0 票投票先 →
菊地真4 票投票先 →
雪華綺晶0 票投票先 →菊地真
萩原雪歩0 票投票先 →
オランジーナ0 票投票先 →
V60 票投票先 →
金糸雀0 票投票先 →菊地真
12 票投票先 →菊地真
高槻やよい0 票投票先 →
我那覇響0 票投票先 →
四条貴音0 票投票先 →
嵐 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
萩原雪歩 「おつかれさまでしたっ!>嵐さん」
如月千早 「どうしましょうか。」
如月千早 「お疲れ様でした。>嵐さん」
萩原雪歩 「占いのどちらかを抜いてみますか?」
如月千早 「そうですね。グレラン村になったらなったでどうなるかわかりませんけど。」
如月千早 「どっち噛みます?」
萩原雪歩 「真贋は、うーん、ばらしーさんが怪しいかな・・・」
萩原雪歩 「怪しい=真かなって!」
如月千早 「おまかせします」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言             ∩_
           〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
     /ニYニヽ  |   |
    /( ゚ )( ゚ )ヽ !   !
   /::::⌒`´⌒::::\  /
  | ,-)___(-、|/  こいつ最高に狼っていうwwwwwwww
  | l   |-┬-|  l |
   \   `ー'´   /
  / __     |
  (___)   /
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
ばらしー 「占いCOですよ♪
響ちゃん占ったら●ってでました!」
菊地真 「まっこまっこりーん!
霊能結果だよ~ 嵐は●!」
V6 「【ここだけの話】
V3こと風見志郎には26の秘密があるが
本編で使われたのは4分の1にも満たない

有名なものとしてはV3バリヤー、全身の表面に特殊コーティングバリアーを張って電気エネルギーを吸収したりする」
金糸雀 「おはようかしらー」
オランジーナ 「占いCO 我那覇響○」
星井美希 「おはようなの。
なんか狼以外にも女神っていうのがいるらしいの。
女神って美希だよね?他にいちゃダメだよね?
だから女神も狼も全部美希が駆逐してやるの!」
四条貴音 「…ふむ、どうやら夜が明けたようですね。
では、かみんぐあうとを待ちましょう
誰か、夜明けのらぁめんをお願いします。」
雪華綺晶 「山風を嵐というらんそのことを
詠い詠んだ詩もある。
されど嵐は全てを飲み込み
そして無残な姿へと……」
萩原雪歩 「おはようございます、それでは今日もみなさんよろしくおねがいしますぅ!」
水瀬伊織 「恋ってどうしてするのかしら?
人って分からない事でいっぱいね・・・
どきどきしちゃう
こころの中を見てみたいかも」
ばらしー 「ええと、昨日の発言からだったら単純に後で吊れないだろうなー、面倒かなー?
ってところをチョイスしますよ。ここ、○が出るならそれはそれで頼りになりそうだし!」
我那覇響 「ゴーヤプレイを知らない……流石異世界の貴音
なら、今夜体にシッポリ教えてあげるんだぞ!」
オランジーナ 「理由
うむむむむ…占い先に迷うザンス…
昨日啖呵を切ったものの飛び抜けた発言は無かったザンス…
半分直感混じりザンスがこの手のネタガチ半々は残ると面倒なので占っておくザンス…
如月千早 「おはようございます。」
V6 「よし(ベネ)!」
輿水幸子 「おや死体無ですか狼さんは残念ですね!」
高槻やよい 「おはようございます!はわっ、死体無しですか?」
菊地真 「へー、これはちょっと意外だったかなあ」
雪華綺晶 「霊能に、狼混じりと見る理由
片側視点と見るのです
どうしてあなたは占いの
狼混じりは見ないのかしら?>星井美希」
金糸雀 「死体なし
これで吊りが増えたかしらー」
ばらしー 「ってうわああああ●でてますよぉぉぉぉぷろでゅーさぁぁぁぁぁぁ」
四条貴音 「まぁ、割と予想通りですが>霊●出し」
オランジーナ 「イラッ」
水瀬伊織 「真はおかしくないわ!気持ちはわかるけど・・・///
がんばったの・・・がんばったのよ(ほろり)>やよい」
川名みさき 「皆さん、おはようございます
今日はどうやらいい天気のようだね、夕焼け、きれい?」
V6 「我那覇が中国原産の大熊猫に」
我那覇響 「ばらしーがタカネじゃなかったーー!?」
萩原雪歩 「わわわ、ぱ、パンダさんですか!?え、でも、霊能さんローラー中ですし、ええと?」
菊地真 「響がパンダかー
まあボクには関係のない話だね」
星井美希 「ああ、別に見てないわけじゃないの。言葉が足りなかったのは謝るの。
真狂ー真狼の目があるならどっちにしてもローラー安定かな?って思っただけなの。>きらきー」
如月千早 「見事なパンダですね。
でもまずは霊能をつりきってしまいましょう。」
オランジーナ 「我那覇は少しCOを待つザンス」
雪華綺晶 「そして、大熊猫ですね
うふふふ、これの処理は大変大変
くすくすくす」
高槻やよい 「霊能さんの結果は●!?霊能に狼出てたんですか?
しかも響さんがパンダかなーって。」
我那覇響 「パンダとか春香だけで十分だぞ!」
ばらしー 「で、真ちゃん視点は真狂―真狼ですね!」
オランジーナ 「共有。指示を出すザンスよ」
菊地真 「そうだね、伊織
美希の口にういろうを詰め込むチャンスがまだあるんだもんね!」
ばらしー 「ん、っていうか。
吊ってくださいね。
死体なし、GJ目だし。」
オランジーナ 「正直そこ役職は十分ありうるザンス」
輿水幸子 「さてさてパンダですかね…まあほっておいて霊ロラ完遂がいいと思うんですけどねボクは」
高槻やよい 「野生的って言ったらパンダになりましたね!>響さん」
川名みさき 「ローラー続行かな
まぁ響ちゃんはがんばって情報のこしておいてくれるといいかもだね」
我那覇響 「で、ばらしー視点どうしたいんだ?」
雪華綺晶 「あらあらあなたの感性似てますね?
あなたは残して眺めていたい。
いやかしら?どうしてかしら?>V6」
四条貴音 「では、霊能ローラーを完遂した後、響の処遇を考えることとしましょう。
しかし残念ながら私と響は閨を共にする仲ではありませんので…
ごぉやぷれい、とやらはお預けのようですね?」
金糸雀 「パンダとかやめろかしらー」
水瀬伊織 「響がパンダかぁ・・・霊能両方いたら判定見るのも良かったけど
片方しかいない今は見てもどうしようもないかな・・・
とりあえず霊能完遂かしら」
星井美希 「ローラー始めたなら完遂するの。
今日の噛みが占いなら狩人には真偽ついてるはずなの。
だから狩人さんが頑張ってくれれば勝てるはずなの。」
V6 「霊能ローラーをこのまま続行しつつ、内訳を考えるしかないな
明日の予定は以下の3択

1.我那覇が狩人でないのならば、そのまま吊り
2.我那覇狩人の可能性を考えて、暫定○でもあるので放置してグレラン
3.ばらしーに重石を抱かせて水に沈める、死んだら本物死ななかったら魔女」
ばらしー 「……んーああ、でもこの結果、私は信じていいか微妙だな。
あくまでも視点真狂は対抗の意見ですから。」
菊地真 「でもなあ、美希にカレーを無理やり食べさせて
あふあふさせるのも捨てがたいんだよなあ、迷うねえ」
我那覇響 「ん?
ウッカリ狼吊り切りとか恋人勝ちとか怖くないのかばらしーは」
ばらしー が「異議」を申し立てました
高槻やよい 「頑張ったけど・・・真さんのあれは誰も得をしないよ伊織ちゃん・・・」
雪華綺晶 「目だけです?
どうせ二人の霊能は、ひき潰される、そうされる。
それならわざわざ視点を言う。
あなたは一体何かしら?>星井美希」
萩原雪歩 「うーん、響ちゃんは正直に言って、よくわかりません・・・。」
ばらしー 「◇我那覇響 「ん?
ウッカリ狼吊り切りとか恋人勝ちとか怖くないのかばらしーは」

なんで内訳が確定してるの?響ちゃんの中で?」
V6 「パンダにはちとうるさくてな>雪華綺晶
知ってるか? パンダってさ……おとなしいんだぜ?」
水瀬伊織 「・・・ご、ごめん、やっぱり私にも
ういろうはちょっと理解できないかも・・・///>真
・・・ゆ、ゆっくり休んでね(ほろり)」
川名みさき 「?
異議ありってどういうことなのかな?>ばらしーちゃん」
我那覇響 「むぅ、お預けもヤムなし
自分は961。ここの貴音は765だからな!」
菊地真 「得とか損とか、関係ないよ!
やよいは打算的すぎるよ!」
ばらしー 「これ、あくまでも真狂確定してるのは対抗視点だけでしょ?
真ちゃん真かどうかによるけど、確実に固められる状況じゃなくない?

……あとね、V6さん?」
V6 「あまりにもおとなしすぎて、密猟者が来ても逃げないから捕まえるのが簡単すぎたくらいにな
でもそのおかげで今や世界中にいる

野生のは全滅しそうだってのに……あいつら生まれつきのペット体質か?」
如月千早 「そういえば恋人がいるんだったわね。」
我那覇響 「真が変態な件について」
萩原雪歩 「3・・・は冗談として、うーんうーん・・・。」
星井美希 「恋人いるから、霊能真狂っぽいなら放置してライン決め打ちでも良いかなって思ったの。
恋人ケアしなきゃ行けないんだから無駄吊りするのは嫌なの。>きらきー」
水瀬伊織 「やよいは黙・・・らなくていいわ
あなたの言う通りだったっ///(なでなで)>やよい」
金糸雀 「パンダはローラー完遂してから考えるかしらー」
四条貴音 「それはまぁそれは
響目線あってオランジーナ真であるならば
霊はほぼ真狼か真狐ぐらいでしょう…?>ばらしー」
V6 「はい、なんでしょうか>ばらしーさん」
高槻やよい 「真さんには悪いですけど、完遂ですね。
死してかっこよく生まれ変わってください!」
ばらしー 「3だけはありませんよ!私占いアイドルですしおすし!>V6さん」
オランジーナ 「しかし美希の若干視点漏れ臭い発言に反応しているのはきらきーだけザンスか…
もっと他にも反応して欲しかったザンスが…」
雪華綺晶 「ですがアレは肉食の
クマと同義と見えますよ?>V6」
四条貴音 「ひびきは あなたさまの ●です」
V6 「あ、いっけね
ちょっとまとめやってこないと……忙しい忙しい」
菊地真 「損して得取れ、ドクター中松って言うじゃないか!
というわけで美希、ボクのういろうをたっぷりお食べ♪」
輿水幸子 「では霊ロラ完遂しますよ」
高槻やよい 「伊織ちゃんはやっぱり優しいかもです!真さんは変だし、ういろうとか良く分からないうわごとをいってますもん!」
萩原雪歩 「うーん、まずはローラー完遂・・・なんでしょうか、真ちゃん…ごめんね?」
川名みさき 「…恋人も狐も狼もいるんだけどね>千早ちゃん
今日は霊ローラー完遂だよ!」
ばらしー 「つーか怖いとかいってらんない。
この状況だったら私視点1W目の可能性はまだあるんだから、明日、響ちゃんは吊ってもらうよ」
我那覇響 「それ言い出したら、ばらしー視点でも対抗占いキープ言えない状況だぞ?
見えてる●即吊りしてくださいね、は
情報がない時の真占いの発言じゃないさー」
星井美希 「視点漏れだったらこんな発言しないって思うの。
ってか真狼ー真狂っぽかったらグレラン提案してたの。」
四条貴音 「とくればぁにツッコミを入れてみました。
これもまたアイドルとしての務め……!」
菊地真 「ういろうと、ようかんは、似てるけど違うんだよ!
どうしてわかってくれないんだよ・・・」
V6 「まとめ

占い師
ばらスィー:V6○>我那覇チョコ●
オレンジーナ:ばらしー○>我那覇チョコ○

霊能者
菊地真:嵐●
荒らし:×

共有者
興水幸子
カレクック先輩」
雪華綺晶 「霊能の、色は一応狼を
吊ったことを考える。そしてそうなる大熊猫を吊り上げる。
どちらが真か知りません。ですが少し怖いとこ。
我那覇響 「つまり、情報得てる狼目か?
でもそうすると真偽なんだよなーという」
菊地真 「しろあんだよ!」
V6 「え、でもばらしーを見かけたら疑えってお母さんが>ばらしー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
星井美希0 票投票先 →菊地真
如月千早0 票投票先 →菊地真
輿水幸子0 票投票先 →菊地真
川名みさき0 票投票先 →菊地真
ばらしー1 票投票先 →菊地真
水瀬伊織0 票投票先 →菊地真
菊地真13 票投票先 →我那覇響
雪華綺晶0 票投票先 →菊地真
萩原雪歩0 票投票先 →菊地真
オランジーナ0 票投票先 →菊地真
V60 票投票先 →菊地真
金糸雀0 票投票先 →菊地真
高槻やよい0 票投票先 →菊地真
我那覇響1 票投票先 →ばらしー
四条貴音0 票投票先 →菊地真
菊地真 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
如月千早 「GJですね。どうしましょうか。」
萩原雪歩 「オランジーナさんが真でしたぁ、すみません…」
萩原雪歩 「あと昨日、夜明けまでの時間表示が消えちゃってて変な時間に患者ってすいませんでした。」
如月千早 「噛めそうになさそうですね。」
萩原雪歩 「オランジーナさん噛んで見てもいいですか?
●出しで、護衛GJでたようなので噛んでしまえるし、噛んでも大丈夫なきがするんです。」
如月千早 「はい。」
萩原雪歩 「あ、下一行はばらしーさんが、です。」
萩原雪歩 「ありがとうございますぅ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
菊地真さんの遺言                         -=、.、
                       -=、、 l::|
                  _r‐v' ̄ヽリ/
                /:::::「 _,,...-─-..、_`´|
               /:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.〉
              .〃/:.:/:.:.:.:.-ナ-:.:./:.:ハ:.:.:.ヽ
           __l^!   ル/:.:/:.:.:.;.:.ォ=t、//メ !:.:.:.:i
        〈 | |    l:./i:.:/レ' ヒソ  ,rt、 l:.:ィ:/ はい
       r'' | (`ヽ  "__ヾ:`ヽ、゙゙_   ヒソ./"リ/   あーん
       ト、_ーバ! |  /  _`ヽ/l_X._`)_゙゙イ、 "
       ゙t-/r‐`=ミf,-''´:::::! ヽ \Y   ./
        `|l    iト、:://::L _. `v´::ヾ、 〈
         ヾ、_,,.イヽ`ヽ::::::::::〉 .〉─-ゞ、 ト、
          `ー-‐'  l  l::::::::ヽ/     V:::ヽ
             ヽ、  ! 丿::::::::/     /::::丿
            ヽ_/ー‐- r'_    /;,:イ
          <´ ̄ ̄ ̄`` 、_  ̄`_〉二|._r‐、_
            \ ´ ̄,.ィ 7    ̄f(´ ̄ ̄.し(_)
         ,r''"´ ̄ヽ/::/ /     ! ` ー--‐''(_)
      .,r、‐'     //:::::>!      ` ー---(_ノヽ、
     f /:::`:-.、__/::::/:::::( ヽ、       .ノ r::::::::l
     /〈:::::::::::::::::::::::::::i:::::::::: ̄( `ー--_-‐''ノー'::::::::::::l
     i. ヽ:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::: ̄:`´:::::::`´::::::::::::::::::::::l
     ヽ、゙、::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      ヽヽ、::::::::::::::::::`:::、_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
V6 「恋人は今の内から探すものものじゃないさ>水瀬
人狼が最大勢力である以上、まずは狼くさい場所を落とすんだ
おいおい噛まれる可能性もあるからな、両方とも非狼の場合は
前にあったケースとしては女神=恋狼のカップルなんてのもあったが
さて、それなら他の2匹と狐を先に仕留めれば済む話だろ
んー……やはり昨日の死体なし次第
じゃ
ね?



【ここだけの話】
V5とV4はデキている」
萩原雪歩 「おはようございますぅ、それでは今日もみなさん、よろしくおねがいしますぅ!」
四条貴音 「…ふむ、どうやら夜が明けたようですね。
では、かみんぐあうとを待ちましょう
誰か、夜明けのらぁめんをお願いします。」
ばらしー 「キラッミ☆占いCOですよ♪
雪華綺晶ちゃん占ったら○ってでました!」
金糸雀 「おはようかしらー」
我那覇響 「おはようだぞ!
水瀬伊織のダイアモンドは砕けない。アイドルマスター第四部

本体:金糸雀
スタンド:ピチカートⅤ
卵焼きを烏に喰われ再起不能」
星井美希 「おはようなの。
なんか狼以外にも女神っていうのがいるらしいの。
女神って美希だよね?他にいちゃダメだよね?
だから女神も狼も全部美希が駆逐してやるの!」
雪華綺晶 「菊は地に咲く華と見る。
真美麗なその華は死出の旅路のお供にも。
これまで散った死霊使い。彼らの旅路も菊が彩る。」
如月千早 「おはようございます。」
高槻やよい 「おはようございます!また死体無しですか!?」
ばらしー 「んーと、占い先候補、美希ちゃんときらきーちゃん
かるーく殴りあってるところで、きらきーちゃん優勢ってところかな
私としては、今美希ちゃん占って○だと囲い?って思われるのもやだ。
ということで、こっちの色を先にみさせてね。」
四条貴音 「二度目の死体なし、と。」
水瀬伊織 「恋したいなって思うけど
しーっ
ただの胸の動悸よ、こんなの
いわないもん、私からなんて」
輿水幸子 「おはようございます今日も思う存分僕をほめたたえてください!」
V6 「ベネ(よし)!
これで恋人が飛んでも吊りは減らないだろ」
オランジーナ 「占いCOザンス 四条貴音○」
川名みさき 「皆さんおはようございます
今日は…いい天気のようだね、夕焼け、きれい?」
ばらしー 「んでまーた死体なしですかプロデューサーさん!」
萩原雪歩 「わぁ、2GJ目ですか!?すごいですぅ!」
金糸雀 「また死体なしかしらー」
雪華綺晶 「おやおや二度目の死体無し。
狼狩人探してて、狐辺りを噛みました?」
如月千早 「死体がないですね。」
星井美希 「狩人さんすごいの。真狂っぽいならスライドかな?それとも連噛みかな?
まぁどっちでも良いの。」
我那覇響 「まぁ、死体無しはGJだぞ!
恋人死亡でも吊り減らないからな!」
ばらしー 「んでー、今日は割と私視点は響ちゃん吊ってもらわないと真剣に困りますよー。」
四条貴音 「殴りあっている位置を占いで削りたい、という思想でしょうか。>ばらしー」
V6 「ばらしーが真の場合
ややオランジーナが占い先や発言から狼目になる、この場合は我那覇を処理しても構わない
ばらしーが偽の場合、狂人

こっちはオランジーナに任せるしかないだろ」
川名みさき 「ん?
今日の死体無しがGJだと思ってるのかな?>雪歩ちゃんは」
オランジーナ 「作戦変更。呪殺狙いに入るザンスよ

◇四条貴音(87)  「とくればぁにツッコミを入れてみました。
これもまたアイドルとしての務め……!」
◇四条貴音(77)  「ひびきは あなたさまの ●です」
◇四条貴音(71)  「それはまぁそれは
響目線あってオランジーナ真であるならば
霊はほぼ真狼か真狐ぐらいでしょう…?>ばらしー」

この辺りの流れを見る限りでは、きっちり役職を見ているザンスね
なんというかその辺のツッコミ方が狼らしくない役職持ちっぽいザンス」
四条貴音 「別に困る展開でもないと思いませんが
吊りを止める何かがある訳でもないので響の発言だけ参考にすることにしましょう。」
水瀬伊織 「あら、死体ないのね
どっちかはGJ,どっちかは狐噛みと見るのが妥当かしら?」
高槻やよい 「オランジーナさん、今日もちょっと遅くて気になるかもです」
我那覇響 「理由三行で>ばらしー」
V6 「あるいは、狩人を探して女神を噛んだけど狩人が今度は恋人を守ったか、だな>雪華綺晶」
オランジーナ 「昨日GJと見るなら狐噛みっぽい印象」
雪華綺晶 「そうしてわたくし○ですか
星井美希を占って、そうしてくれれば良かろうと。
考えていたのにうまくない……」
金糸雀 「パンダはどうするのかしらー?」
ばらしー 「理由としては、私視点最悪まだ1もつれてないですからね。
つまり、占い対抗狼の可能性考えたら、響ちゃん吊るしかないんです。
つらなくていいのは霊能真狼が確定してるときだけですよね?」
如月千早 「えーと、我那覇さんを吊るわけですね。」
水瀬伊織 「響は何かCOあるのー?」
四条貴音 「狂狼-真狼辺りはそれなりに真剣に考えているかもしれませんけど、まぁ
そういう感じではありませんからね>死体なしの出るペースが」
我那覇響 「というか、両偽ないよな?ってのが少し怖くなる感じだぞ、これ」
萩原雪歩 「あれ?違うんでしょうか?灰を噛むタイミングでは無いと思いますが・・・?>みさきさん」
星井美希 「んー、けど、美希の発言そんなに変だった?
女神いるんだから占い真狼っぽいなら霊能放置でライン決め打ち、
占い真狂っぽく見えるならローラースタートの方が良いと思うんだけどなぁ」
ばらしー 「下一行削除でおkよー>響ちゃん」
雪華綺晶 「しかし考え言ってみます
狩人占い守る意味あるのでしょうか私には。やはりどうにもしないと見ます>V6」
V6 「恋人はこの村に限って言えば女神と何かしらのカップル
もしも狩人が恋人になったら、狼を減らすために占い師を護衛するのは、ありえるだろ」
金糸雀 「内訳は真狂ー真狼濃厚かしらー」
水瀬伊織 「昨日は、なんだか態度からも
まこと(霊能)おかしかったわね~・・・狂だったかしら?
占い真狼-霊能真狂と見ておくべきかなぁ」
川名みさき 「んー・・・仕方ないかな
今日死体無しでてなかったらばらしーちゃんVS響ちゃんの形にはしたかったんだけど
四条貴音 「そこまでして力説しなくても
放っておいても吊るすとは思いますが…?>ばらしー」
ばらしー 「美希ちゃん、それは、他ウチ女神の場合だけよ?
自うちだとちょっと状況がかわってくる>美希ちゃん」
川名みさき 「響ちゃん、COあるかな?」
我那覇響 「狼が吊れてないだけで、少なくとも霊能真狂吊れてるケースがある
で、ばらしー噛まれた場合、自分―オランジーナで狼2吊りが確定で入る
つまり、ばらしー視点猶予が寧ろある方だぞ?」
オランジーナ 「美希の発言は昨日納得出来たので保留
そこへのツッコミ方的に雪華綺晶も若干クロ目だけど狐っぽくない(目立つ殴り方だったんで)保留」
星井美希 「まあ、狩人さんでも狐でも死体なしは嬉しいから良いの。
狩人さん吊らなきゃどうにでもなるんじゃないかな。」
ばらしー 「うん、だけどちゃんと吊ってもらわないと、
私視点最悪は考えないといけないもの>四条さん」
金糸雀 「狩人大活躍かしらー」
四条貴音 「死体なしが出たからこその●-占いはむしろ正着だとは思いますけれども。>共有者」
雪華綺晶 「なるほど、その考えがありました
至極納得、いたします>V6」
V6 「恋人って夜も会話が筒抜けとか辛くないか?>水瀬
すっげぇ夜喋る方なんだが、もしもそれが相手に見えてると思うとちょっとコワイ
れっきとした公認カップルならまだしも、片思いとかだとほら、気まずいじゃない?
ばーみやんで相手でも探せば
いいじゃないか」
高槻やよい 「COなしだと響さん吊ることになるんですかね?吊りは増えてないですが、吊らない理由もないかもです」
星井美希 「……そうなの?
吊りが割と足りないから、霊能真狂ならローラーってのは間違ってるの?>ばらしー」
我那覇響 「COはないぞ
ただ、ばらしーは吊らせるの焦り過ぎてる、って事は忘れないでほしいぞ
ばらしー視点、灰吊って占いで灰を狭めて良い状況だから」
川名みさき 「恋人って不確定要素がなければね>貴音ちゃん」
V6 「いや、真狼‐真狂も真狼‐真狼もありえるぜ>金糸雀
油断しないことだろ」
雪華綺晶 「おやおや納得したのです?
そうしてわたくし黒が出る?
ならばわたくし占って、白黒はっきりすれば良い?>オランジーナ」
四条貴音 「正直な所を申すならば
パンダ吊りを力説するその暇で灰に対する意見を出しておくと
もしあなた様が噛まれた場合にはお役に立つと思いますが>ばらしー」
ばらしー 「……増えてないよね?」
水瀬伊織 「あ、今気付いた~
ふふっ、さすがに私恋人なら
こんな目立つ事は言わないんじゃないかしら♪>V6」
オランジーナ 「クロ目を占ってる暇ないです>雪華綺晶」
四条貴音 「割と増えてますね、銃殺出なければ。」
ばらしー 「んーそれはそうだと思うけど、
まぁそのあたりは感性ってことで!>四条さん」
V6 「まとめ

占い師
ばらスィー:V6○>我那覇チョコ●>雪華綺晶
オランジーナ:ばらしー○>我那覇チョコ○>四条○

霊能者
菊地真:嵐●>×
荒らし:×

共有者
興水幸子
カレクック先輩」
金糸雀 「占いを吊るときに狩人COを要求すればいいかしらー」
オランジーナ 「こっちは霊ロラでほぼ1W釣れてるから
欲しいのは呪殺」
我那覇響 「まぁ、狩人保護的な意味で吊る、ってのは別にいいけど
占い師真がオレンジなののを願うだけさ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
星井美希0 票投票先 →我那覇響
如月千早0 票投票先 →我那覇響
輿水幸子0 票投票先 →我那覇響
川名みさき0 票投票先 →我那覇響
ばらしー1 票投票先 →我那覇響
水瀬伊織0 票投票先 →我那覇響
雪華綺晶1 票投票先 →金糸雀
萩原雪歩0 票投票先 →我那覇響
オランジーナ0 票投票先 →雪華綺晶
V60 票投票先 →我那覇響
金糸雀1 票投票先 →我那覇響
高槻やよい0 票投票先 →我那覇響
我那覇響11 票投票先 →ばらしー
四条貴音0 票投票先 →我那覇響
我那覇響 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
萩原雪歩 「すいませんでした・・・」
萩原雪歩 「護衛がスライドしていたのか、片方が狐さんなのか・・・。」
如月千早 「狐はないとは思うんですけど。護衛がかわったかですかね。」
萩原雪歩 「共有さんの片方抜いてみる、でいいのでしょうか。」
如月千早 「そうですね、共有で様子観ましょう。」
萩原雪歩 「はい!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
輿水幸子 は無残な姿で発見されました
水瀬伊織 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
輿水幸子さんの遺言                  . :-‐‐-  ..,,_
                /   ,: ¨   丶、
               ,:  , ' , ' ,:    .   :.
              / , '  / /  ハ   :i   i
              / :i ,从_ ハヘ / i  }  :i .:i 可愛い女の子だと思いました?
          一'=彡'7斥| , ⌒、′ j/ !リ: :; :}      残念、こんなにも可愛い可愛い輿水ちゃんでした!
             iゝ!  :| ヾ仗テ     刈 :人
             | .:{  :|       灯ゞ / ソ丶、
             ヽ:!  :|      '   / :!´ ̄
               !{ :!\ ヽ_ ァ  , '^丶、!
               \!  丶 -‐ `ァ{_{/ }
              /   \  {、\ }   }
            /ヽ     r'"~`r⌒ヽ!  _/
           /:::::::::::`丶、 ゝ ,_/ヽ、,:´\ `}\
           i::::::::::::::::::::::::::ヾ廴,'_},:__/:::::\,'::::::ヽ
           ',:::::::::::::::::::::::::::ヾo::::::::::::oヽ:::}::::::::::::`丶、
            }::::::::::::::i::::::::::::::::!l::::::::::::::::::::}}::!::::::::::::::::::::::、
            '.:::::::::::::|:::::::::::::::::!lo:::::::::::::oil:::|ヽ、:::::::::::::::::}
水瀬伊織さんの遺言               ,.ィヘ -‐- - _
           r‐くン´.´.  ̄: .`ヽゝ、
           ゝ'´/. : : . :   : . .`ヽ}、
        /. :'、{/´\: .  : . : . :.ヾ,
       ,{! 、ソ′   丶: . : .',: . .:!: .j
         ハ!.、} `ヽ   \: . i: . .:!:. }!
      /. :Y゙kイ'ハ   ' ー- ヽj.: . ' / !
        ' . : ヽ!,,ゞ'′  'ィハヽ Y / '.: !
     /. : . :八   '   ー'クイ ' /.: ! 比較的いつものメンバーは揃ってて嬉しいけど
     / _/.:/´ ヽ ,、  "/ 7. :/. : i 不思議な子もいるわね・・・雪華綺晶、だっけ
     /r{7.:/._    ゝ- ィ  _,/. :' ,: . l どう接すればいいのかな・・・でも、気になるかも
    /fV.:/  `ヽ  ヽ:、,/Y´:/ , .:/. : :!
    , .:'V/   (ハ  ∨。」:.;′!/:): . {
   , : .{i    、j{:!   ,、:.:。:! . :{:;ハ; : .、
   !. : : .'、   ヽ!   :!\:。、_八} ,: ..ヽ
   i: .i . : ヽ    j    :!  `イ   ヽ , : . ,
    ! !: : : .丶   i    i   /ヘヽ_-}、 ',: . !
.    !|: . : : : . 、  {    :! {  }_j }!j〕 ', :!
    !: . : . : .\.`   .ノ ̄ヽヽ゚-くー- jノ
     , . : ヽ: . : . 丶._,/  __ ┘`┘   }
    丶 冫 Y. :/ 、 ,ィ'´ ̄T ‐ .__   _,!
          ノノ`ソ┴ゝノ ; ; :| r 、{ :「
             / ,' ;  ; :, :!_」 i」 :l
我那覇響さんの遺言
              ,.イ__
            //rへ、  ̄` ‐- ._
        _, -くV"二二^くこ> ─-、>   大
      ∠ィ    `´     \ \   \ ス 丈 ね ホ 社
      /     「        ヽニ>    バ タ 夫 つ ム 長
え   ペ {イ 〃ィ {、 トハ } ヽ. }| | な レ イ ! ぞ ペ !
| ペ チ  .{ iイ⌒ \} '⌒トW  リ、| ん な ル ち |の
  チ コ. ト、∨.| ◯     ◯ .| jソ / く い よ ょ し 3
  コ☆〃\゙ー|NN r─┐NN lノ /  る バ く っ よ サ
-─- 、⊥⊥.>ゝ_ゝ ノ__ ノレ'    な レ し と う イ
      ̄`ヽ─‐ゝ_ハ.__f__人_`ノ^>、 い な て く よ ズ
     ハ ヽ☆|  |__|   | ̄ ̄  さ い も ら .!
     U ハ. }└┬' ,.└‐┬    ∧ |    い
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
萩原雪歩 「おはようございますぅ、それでは今日もみなさん、よろしくおねがいしますぅ!」
金糸雀 「おはようかしらー」
V6 「【ここだけの話】
デビュー前のV6には、岡田准一とチェンジされた幻のメンバー原知宏がいる
同じくTOKIOはボーカルの小島啓というメンバーがいたが、いつの間にか長瀬智也に変わってた」
如月千早 「おはようございます。」
星井美希 「おはようなの。
なんか狼以外にも女神っていうのがいるらしいの。
女神って美希だよね?他にいちゃダメだよね?
だから女神も狼も全部美希が駆逐してやるの!」
雪華綺晶 「常夏の動植物の楽園で
黄色い鳥を見ることの
鳴き声か細いカナリアは
哀れ主人に締められて
響渡るかその声は。」
ばらしー 「キラッミ☆占いCOですよ♪
水瀬伊織 ちゃん占ったら○ってでました!」
V6 「呪殺だな」
金糸雀 「銃殺出たかしらー」
高槻やよい 「おはようございます!共有さんと・・・伊織ちゃん!?」
オランジーナ 「占いCO 水瀬伊織○」
萩原雪歩 「あれ?死体が二つですか!?」
川名みさき 「皆さん、おはようございます
…幸子ちゃんお疲れ様だよ」
オランジーナ 「昨日狐を噛んだとして推理していく
除外されるのは昨日言った雪華綺晶と美希
そしてパンダで真偽が付いてからV6を噛むのはイマイチ。ここは待ってもいい

残りから比較的生存欲が高い位置から占っていく。

◇水瀬伊織(70)  「あ、今気付いた~
ふふっ、さすがに私恋人なら
こんな目立つ事は言わないんじゃないかしら♪>V6」
◇水瀬伊織(49)  「昨日は、なんだか態度からも
まこと(霊能)おかしかったわね~・・・狂だったかしら?
占い真狼-霊能真狂と見ておくべきかなぁ」
◇水瀬伊織(31)  「あら、死体ないのね
どっちかはGJ,どっちかは狐噛みと見るのが妥当かしら?

このへんが非常に占い避けくさい」
V6 「俺の推理が正しければ、これは恋人の後追いじゃあない
なぜかって? 簡単な推理ですよ」
四条貴音 「…ふむ、どうやら夜が明けたようですね。
では、かみんぐあうとを待ちましょう
誰か、夜明けのらぁめんをお願いします。」
ばらしー 「んー、ちょっとログが……
わからないね。カンで。」
川名みさき 「占いに真は混じってると
…ふむふむ」
星井美希 「銃殺なの。けど占いがどっちも遅いけど、ばらしー真っぽいの。」
如月千早 「呪殺ですね、恋人表示ではないのでどちらかに真占いはいますね。」
萩原雪歩 「お、お二人とも理由をおねがいしますー!」
高槻やよい 「共有さんと、伊織ちゃんが恋人どおし・・・ってのはないんですかね?
メッセージ違います?」
四条貴音 「まぁ、うん、銃殺の。」
ばらしー 「ってことで、銃殺かなー。」
雪華綺晶 「そうして銃殺が出ることの
これは真狼で良いでしょう。
ならば対抗○出した。オランジーナが偽とみる。」
金糸雀 「指定展開を要求するかしらー」
四条貴音 「何というか何と言えばいいんでしょうね、まぁいいでしょう。
グレランと参りましょうか」
V6 「ああ、メッセージが違う>高槻
そして素晴らしいくらいにばらしーがぶれてくれたが、真狂ならそこは狂人
つまり恋人を考えれば、まだまだ占いは残せるってわけだな」
高槻やよい 「早さ的にはばらしーさんかもですね。でも、理由はオレンジ―ナさんはっきりしてます。」
川名みさき 「そこでばらしーちゃんの占い理由が残念な件について…さてどうしようかなー」
雪華綺晶 「……信じようとしたところでそれですか
思わず素になってしまいますよ
ばらしー切りますよ私」
萩原雪歩 「ううん・・・ばらしーさんの方が早いですけど理由が・・・?」
ばらしー 「なんで、私視点はこれで対抗狼かどーかなんで。
吊りした分、後は指定展開でもどっちでも。」
V6 「まとめ

占い師
ばらしー:V6○>我那覇チョコ●>雪華綺晶○>水瀬○
オレンジ:ばらしー○>我那覇チョコ○>四条○>水瀬○

霊能者
まっこまっこりーん:嵐●>×
嵐:×

共有者
"輿"水幸子
カレクック先輩

グレー
如月千早
星井美希
萩原雪歩
金糸雀
高槻やよい


指定も考えるならと早めに提示しておくぜ」
川名みさき 「そうだね、一人気になった子いるから指定していいかな?」
オランジーナ 「1W1Fは取り敢えず消去
恋人考えたとして吊りは4で2Wと恋人
カツカツだわ」
星井美希 「……占い理由がびみょーだったの」
ばらしー 「しかたないでしょー。
正直、ログ飛んでるのは確かなんだもの。」
如月千早 「今日はグレランですね。
まぁグレーはまだいますし徐々に削って行きましょう。」
高槻やよい 「じゃあ、銃殺ですね。
すぐに占い結果出せてるので私はオランジーナさん真かなーって。」
四条貴音 「ご自由に>川名みさき」
川名みさき 「雪歩ちゃん、指定していいかな?」
如月千早 「なんか鼻水が止まりません。」
ばらしー 「っていうか、それいったら、対抗の占い理由、発言の水増し理由圧殺じゃないですか。」
V6 「来な>川名
いつでもWELCOME!(ようこそ)だろ、暫定○吊りだって我那覇の分を考えりゃ構いやしない」
雪華綺晶 「あぁ、はいどうぞお好きに
私は本日無気力に、苛まれようと思います>共有」
萩原雪歩 「あ、はい、どうぞー!」
金糸雀 「狩人候補が確実にいるかしらー」
ばらしー 「だからこそ、カンでいった私にどうこういわれても困りますよ。これ。」
萩原雪歩 「CO無しです!」
オランジーナ 「んじゃ明日遠慮なく雪華綺晶行かせてもらうザンス(ニコッ」
星井美希 「ま、まぁ……オランジーナ真ならばらしー狂だからまだ残せるの。一応。」
如月千早 「理由をちゃんと用意してる偽占いなんてたくさんいますからね。」
V6 「そうだな、最初の3行を除けば他の灰全てに適用できる理由ではある>ばらしー
だが問題はそこじゃあないんだ」
川名みさき 「一応COあるならよろしくしておくよ>雪歩ちゃん」
高槻やよい 「はわっ、指定ですか?グレランでも良いかもですけど既にしちゃってますか。」
オランジーナ 「物量なのはわかってる」
雪華綺晶 「ですが狩人恋人護衛
それもあります黄薔薇のお姉様」
ばらしー 「もしかして、理由:私

とかいったぶち殺すぞヒューマン?>V6」
川名みさき 「ない・・・のね
ん・・・指定続行でお願いしておくよ」
V6 「どれだけ"いつも通り"か、が問題なのさ
この場合、ばらしー→オランジーナの順で護衛成功があるんじゃないかと思えるほどにな」
四条貴音 「この前からずっとそれですし
其処を占う理由、としては灰占い前提ならそれなりですし
少なくとも占い師を切るタイミングじゃありませんね、というのと
ここで共有噛みするというのがまぁ、2つでしょうか>考えるべき点」
如月千早 「指定ですか。
狐もいないことですし、早々とつりあげておきたいところですね。」
V6 「ハハッ>ばらしー」
金糸雀 「死体なし→霊能ローラー→死体なし→COなし吊り→共有+銃殺
狩人生存確定かしらー」
雪華綺晶 「えぇ、えぇ、どうぞお好きになさって
わたくし噛まれるそうなると
思うけれどもそれなら恋人疑い晴れる>オランジーナ」
オランジーナ 「実際それ以外を除くグレは発言3とか流され気味だったんで最高に占いにくい」
ばらしー 「なんで、物量自体、ってところで話もってこられると、すっごい困る。
ただでさえ私偽目にみられてるんだから。」
高槻やよい 「ログ飛びですか、それも一応考慮します>占いさん」
V6 「答えはお前さんの胸の中にあるさ>ばらしー
シリコンのことじゃねーぞ?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
星井美希0 票投票先 →萩原雪歩
如月千早0 票投票先 →萩原雪歩
川名みさき0 票投票先 →萩原雪歩
ばらしー0 票投票先 →萩原雪歩
雪華綺晶0 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩10 票投票先 →高槻やよい
オランジーナ0 票投票先 →萩原雪歩
V60 票投票先 →萩原雪歩
金糸雀0 票投票先 →萩原雪歩
高槻やよい1 票投票先 →萩原雪歩
四条貴音0 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
如月千早 「萩原さんお疲れ様でした。」
如月千早 「お風呂から上がって、モニタ前に座って、村が始まってから途端に睡魔が襲ってきて、ちょこっと意識が飛んでいる。」
如月千早 「原因は何故だかわからない。
超眠いです。」
如月千早 「今も意識朦朧としているのでちょっとどうしたらいいかわからない。」
如月千早 「突然死したらすいません。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
V6 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
萩原雪歩さんの遺言                  >: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\         `ヽ、
                ,:' : :ィ: : : : : : {: : : : : : : : ト、: : : : : : 丶.     ,.....-‐ァ′
                  /://: : : : : :.:/|: : : : : ハ : }ハ: :}、: : : : : :ト、   ∧:::::::/
                    //  ′: : : : {/´{: : : :./ : /⌒∨ヽ: : : : : !: :\∧ ヽ/      -‐ 、
                 {/  {: : : : : /{ ム: : :/ /イ   j!  ∨ : : ; : : : :/∧      /     /
                      { : : { :/ x=ミ :/     x==ミ '; ハ/: : : : '//∧          //⌒Y
                      ∧: : {// /rヘ {      /rヘ ヾ}: : : : : : {////〉 ./     /  /
                    ′:\ハヾ {/‐リ       {/ーリ ': : : : : : : ∨'/  /   .  ´    イ>─
                 /: : .::::::::}」、__¨¨  、      ¨/: : .:::::/: : : :人 ハ 〕  ´     イ/   /
                   /: : .:::::::::}:、 〈           /: : : .::::::/: : : >ァ/, ´       く ,/    /
               /: : .::::::::::从/⌒  rァ ´ ̄ `Y: : : .:::::::/: : : / //{     .../   ヽ   /   が、がんばっていきましょー!
                 /: : .:::::::::/::::::ヽ    、      ′: .::::;:斗 : 斗-‐ァ ハ    .:::::/      ̄   ‐-
             / !: .:::::::;仏 -‐¬ヘ   ヽ _,.イ: : : //// /|\ノ/ノ   .::/    .::‐- _
 r'^´ ̄`ヽ       |: :{/       >     {: : :///厶 /| { {Y′ .:: '´     .:/ /´ 厂 ‐
/ /´ ̄ ̄ヘ        L:」           〕r::≦{: :////// .{|j斗{ ../´      ..  ∨   /
{////     }     r ⌒ ー-  _        斗rャ¬//<>//  ∨/>    /  .:::; ヘ  ∨,/
ゝ/  , -─ヘ_   、         ̄__/ //ー==//////    ヽ/  ,..:::::{  {´ 人  〈
  ヾ{ /⌒\ ヽ   \      -‐\<> ///  .//<>/〈    '   /} /|  |/ /\  、
   У -== 、__ヽ}    丶   /  _j/////、_/{//////\ /  /丶´ ‐ |  | /  丶  ヽ
V6さんの遺言                       \____/
                 /\.V6 / \
                /   .\/   \
               | (::::::)| 0 |(::::::) |       ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人__从人ノ
                rl^i|      .V     |^ln    <      _n__                  ∩  ∩   .>
              .:|il 「l / . ̄| ̄. \ |1 li|  <      └i┌z」  に二二l   [][]「l  ∪  ∪     .>
              | ./ l| |   ___´__   .| |゙ i. |    <       U            くノ . o  o    .>
             ./ 、トi..\|  /___ヽ .|/iイ、 ヽ.    Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒WY
           /   ,イ   ´       ` .ト,   \
           l     l              .l     l
           、_ _./.j           ,.ヽ.._ _/
                   .l             !
                     !          }
                   ヘ           l
                  []==[<…]==[]
  ___ 00   _   _               r‐‐┐ ┌―┐
  └‐┐l    ,ノ /   辷l /7     [][]「l   く,勹|  `フ∠ 
     (ノ   └1_|     くノ     くノ    く_ノ.  └'^ー┘
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
金糸雀 「おはようかしらー」
ばらしー 「占いCO♪やよいちゃん◯です♪」
オランジーナ 「占いCO 雪華綺晶○」
星井美希 「おはようなの。
なんか狼以外にも女神っていうのがいるらしいの。
女神って美希だよね?他にいちゃダメだよね?
だから女神も狼も全部美希が駆逐してやるの!」
四条貴音 「…ふむ、どうやら夜が明けたようですね。
では、かみんぐあうとを待ちましょう
誰か、夜明けのらぁめんをお願いします。」
オランジーナ 「予告通り占い。理由としては二日目三日目に美希を四日目のグレランで吊り殺そうって目論見の
殴りが見受けられたから。
個人的には三日目の美希の意見は非常に納得できる理由だったので
アレでもターゲット変えないなら生き残りを狙っている人外に見えてくる印象。画面見てない的な意味で」
如月千早 「おはようございます。」
ばらしー 「んー、ということで、きのうやった分ログはしっかりみよっと。
んで、やよいちゃんね。昨日の印象で唯一、占いについて印象考慮してくれたところ
正直、助かるし、むしろそこで媚売ってる感じも受ける、ここ占いするよ。」
雪華綺晶 「萩の花咲く平原も冬となれば雪原の
銀世界へと姿を変える。
歩んだ道を振り返り、雪に残った足跡は
私だけの道となり、あなたの姿は夢へと掻き消え……」
川名みさき 「皆さん、おはようございます
今日は…あんまりいい天気じゃなさそうだね」
高槻やよい 「おはようございます!○噛みですか。」
四条貴音 「とりあえず、雪華綺晶が確定○。やよいが暫定○、と。」
オランジーナ 「狼はそこ噛むといいザンスよ(苦い顔で」
金糸雀 「グレー狭すぎるかしらー
狩人COかしらー」
ばらしー 「んで、私の◯噛みねぇ。」
金糸雀 「簡易護衛:ばらしー>オランジーナ>オランジーナ>オランジーナ
占い両方で死体なし発生」
星井美希 「グレーから狩人出てくれるのはありがたいの。しかも完グレなの。」
四条貴音 「ばらしーが目指すべきものは
LWを確実に捉えることなのですが…」
金糸雀 「1日目夜
護衛:不可能 無残:秋月GM
狩人になったかしらー
重要なところが生き残るようにがんばるかしらー

2日目夜
護衛:ばらしー 無残:なし
2-2で対抗に○はロジック護衛がやりやすいかしらー
○もらいは真狂濃厚かしらー

3日目夜
護衛:オランジーナ 無残:なし
死体なしが出たけど
油断できないかしらー
パンダ吊りしてしまうと
オランジーナの○がなくなってしまうかしらー

4日目夜
護衛:オランジーナ 無残:輿水幸子+水瀬伊織
両方の占いで死体なし発生かしらー
後に出たほうの死体なしを信じるかしらー

5日目夜
護衛:オランジーナ 無残:
銃殺出たかしらー
占い2択かしらー」
如月千早 「占いに真はいるのは確実なのであとは狭めていくだけですね。」
ばらしー 「ええと……と。
んじゃ、私の灰確認ー。」
雪華綺晶 「私はただただ詠うだけ。
そしてあなたがわたくしに
●を出せば楽なのに」
川名みさき 「対抗いるならでていいんだよ?」
オランジーナ 「金糸雀狩人把握ザンス」
高槻やよい 「狩人COですか!?この場面で・・・とも思いましたけど結果が面白いかもです」
四条貴音 「ふむ。>両護衛で両死体なし
三日目が狐噛みなのか、それともGJなのか、でしょうね。」
四条貴音 「ここで女神の矢を受けた潜伏占いが、とかいう最悪の展開が待っている訳ですね。>如月千早」
星井美希 「3日目?これで狐噛みあるなら2日目だと思うな。
占い真狂っぽいし、オランジーナ真っぽいもん。」
オランジーナ 「手っ取り早く自分視点詰めるなら対抗吊りが一番安全ザンスね
とりあえず恋人に持っていかれるということは無くなるザンス」
雪華綺晶 「ふむふむ、それではスライド噛みの可能性
占い二人で真狂と見る
黄薔薇のお姉様が皆を守る狩人と、思わずそのうち吊ろうとは」
金糸雀 「霊能ローラー展開で助かったかしらー」
ばらしー 「 ◇四条貴音 ◇如月千早 ◇星井美希

この3人かな?」
高槻やよい 「両占い噛みに行ってる可能性があったら、真狂ー真狼もあるかもですけど、
多分三日目はグレーで伊織ちゃん噛みだよね。」
星井美希 「その3人で合ってるよ>ばらしー」
ばらしー 「なら、私視点、ここに1Wないし2Wってことで。」
如月千早 「狩人対抗いなければ真確定ですかね。
狐いませんし。」
川名みさき 「そうだねー…そして恋人がまだ死んでないんだよね
どうしようかな」
ばらしー 「割と最終日占い勝負まで、これだったらみえるかなー。うん。」
雪華綺晶 「あなた視点の対抗は、狂人でしょうそうでしょう?
どうしてあなたは吊るそうと
思うのかしらどうかしら?>オランジーナ」
星井美希 「恋人狙った指定で良いと思うな。
わりと余裕あるし、恋人吊って狼飛ぶかもしれないし。」
四条貴音 「セオリー的な話をすると
私個人的には真狂の両GJが一番高めには見ておりますが。>星井美希」
オランジーナ 「LW吊ってしまって恋人勝利が見たいとは思わないザンスからね>雪華綺晶」
金糸雀 「V6が無残になってるけどどうなのかしらー>真確定」
高槻やよい 「2日目の占い結果だけじゃ、真狂判明しないしどちら真かは関係ないかなーって思います>美希さん」
ばらしー 「ま、狩人灰なんでそこだけ助かった、かな。」
如月千早 「原因不明の超睡魔。」
星井美希 「まあ、スライド噛みはありそーだけどね。
どっちにしても占い真はオランジーナさんだと思うからどっちでも良いの>貴音」
雪華綺晶 「ふむふむなるほど
納得ね。恋人狼噛ませると>オランジーナ」
オランジーナ 「吠え見ただけでLWって決め付けてるだけザンスけど
2W居て吠え減らしする場面?」
ばらしー 「あとはえーと、対抗は確実に吊らなきゃだけど……
まぁあと3回占える中でどーかか、ええと、まだ詰みじゃないんだよねぇ。」
川名みさき 「恋人っぽいのっていったら…んー」
高槻やよい 「占いの後連続で噛む方がセオリーですか。…確かにそうかもです」
四条貴音 「噛ませる、というか
吊る時間ぐらいは稼ぎたいという話ではないかと思いますがまぁ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
星井美希2 票投票先 →如月千早
如月千早5 票投票先 →星井美希
川名みさき0 票投票先 →如月千早
ばらしー2 票投票先 →如月千早
雪華綺晶0 票投票先 →ばらしー
オランジーナ0 票投票先 →ばらしー
金糸雀0 票投票先 →如月千早
高槻やよい0 票投票先 →如月千早
四条貴音0 票投票先 →星井美希
如月千早 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
如月千早さんの遺言 正直、狼や狂人は苦手です。
他に迷惑かけない狐の方が多少はマシです。

               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                 /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.;イ:.:.:.:,イ__:.:.:.:.:.:.:.、
             /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./ }:.:.:/`ー^:.:.:.:.:.:.:.::.
               /:.:.:/:.:.:.:.:,:.:/7:.;:<   /:.:/   :.:.:.:.:.:.:.:.:.
            ;.:.:.:.l:.:.:.:.:/ィテ芥、ヽ   /:.:/ ‐- 、 }:.:.:/:.:.:.:.:
             |:.:.:.:|:.l:.:.;' `弋rタ     //ィ芍ミ、 ノ:.:/:.l:.:.:.::|
             l:.:.:.:j人:l        ´  {rタ ツ:.:/:.:/:.ハ:.j
             |/:∧( ,リ        丶      /7'|:./|::ハノ
            __,/:./::::ゝ、    rー -、     /}:.l/ j/
              } ヽ'::::::::::::ヽ   丶  ̄V〉    /イ:.:.|
            ノ   j::::::::::::::|_\    ー ′   .イ::.:l:.:.:|
          j   ,:::::::::/   )丶/ ̄ヽー、:升:.l:.:.:l:.:.z≠=、
          /l   l >"   /r/  . ′ /7::|:.:l:.:.:|/     ヽ
       /___{   /   ..:くヲ'   /  / ハ::|:.:l:.:.:||        '.
        /  | /    //   /  / /::::::l:.:l:.:.:lヽ    ァ==ッ
      /   ,人      ′   /  / ∧_:_:::l:.:l:.:.:l:.:.トュ、{   〉'⌒ヽ
   / ̄_フ´    ー、       ′ /  イ }}\`ー‐、:.:l::::::∧__/  /⌒ー、
.   { /        ヽ r-、__,__/((⌒⌒))\   \:.:/⌒ー‐く  ___, }
[恋人・キューピッド勝利] 愛の前には何者も無力だったのでした
ゲーム終了:2012/05/30 (Wed) 23:53:32
如月千早 「お疲れ様でした。」
「お疲れ様と」
金糸雀 「お疲れ様かしらー」
秋月GM 「お疲れ様!」
我那覇響 「お疲れ様だぞ」
星井美希 「やったの!やよい、美希たちの勝利なの!」
オランジーナ 「おつかれー」
ばらしー 「だよなぁ。
そこ狼だったら、もうかてないよ。これ。」
萩原雪歩 「おつかれさまでしたぁ・・・すいませんでした。」
雪華綺晶 「あると思ったんですけどねぇ、美希恋人」
川名みさき 「ああ、やっぱりやよいちゃん恋人だよね」
高槻やよい 「やったー!愛してます!美希さん!」
輿水幸子 「恋人が勝ってしまいましたか…ボクを殺すからこんなことになるんですよ!」
秋月GM 「祝 四条鯖初CP勝利」
ばらしー 「あと、やっぱり雪歩も狼だったしー。
んー。」
金糸雀 「やっちまったかしらーwww」
高槻やよい 「指定なかったから助かったかもー。」
V6
   / ̄ ̄\
 /   「   \ __
 |    ( ●)(●) )( ゙ヽ     すみません、警察ですか?
 |       | | |.(  .',     ええ、ばらしーが現れました、至急お願いします
 |     __´___ノ _|.(  ..ト-a‐-a,
 |     `ー'´.(_)(.__.ノ      'a,,
 ヽ        }  i ̄ !       "'a,
  ヽ     ノ /   /  _/「i__「i  .ノ
    /    ヽ/ /.. /      Y」
水瀬伊織 「くっ・・・やよいが私を選んでくれないなんて・・・///
しかも霊界で見せつけられたし・・・///

うわーん!もう二人でよろしくやってなさいよー!
で、でも一応祝福してあげるわ!おめでとー///」
星井美希 「初恋人で初勝利なの、やよいと一緒だったからできたって思うな。
ほんとにすごくすごーく嬉しいの。」
川名みさき 「今日指定して吊りたいとこだったんだよねー>やよい
雪華綺晶 「お疲れさまです」
我那覇響 「まぁ、最終日勿体ない事したなーってぐらいだぞ」
ばらしー 「                             rtr、
                           >弋¨¨ナ-、
                            ァイ从|`'''´从ヾヽ                     /  ̄ ̄ ` ヽ
                             { {Yミ㍉ ーミ㍉ ハ                       /           ',
                           (l |.彡ソ '¨'' イ爪 ヽ、    __         |    同 行   l
                             | 〃-=  j从ハヽ 辷==ニ三三辷 、         |   志 こ    |
                           イ小、 _  イ::. ヾ  \ ≧==ー- ヾ弋      |   諸 う   |
                             -‐< | l从    |:::::.. ヽミ辷ー-- =ニ辷 (      '    君 か   l
                       ィ彡<: : `从  ヽ、 ' Y人  \ ≦⌒ヾミ辷二 ニ=ー- 、 人   `    /
                     |: : > 彡: : :ヾ 彡イ  ヽ: :ヾミヽハ    ヾミー---    )  ヽ        /
                      イ/: :/: : : : : ㍉ソ弋ヽ ト≦...、いヾミ≧≠ ==ニア⌒ヾイ )   `ー─一
                    />''´: : イ: : : 〈: :`ヽミヽ(::、: : : : ト辷ー- 弋 r彡′  从ノ
                      />′: : :.ノ: : : : ハ: : /⌒ヽソ::、: : :.|㍉⌒ ー一'′     jル
                        /: : : : : :/: : : : : : : )ノ::::::::(::::::::\:|: ハ
                 /: : : : :/: : : : : : : /イ:::::::::::::::::::::::::::{ヽ: ヽ
                  彡: : : : /弌㍉: ≦彡::::::O::::::::::O:::::::::::|: : :ヽ}    >できない夫
              /: : .....::<: : o: : 彡<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{: : : :'{l
             />イ: : : : : : : :./:::::< }::::ノ):O::::::::::O::::::::::|::...: : ハ
             //  /: : : : o: :イ:::::::::::::://   ̄辷、:::::::::::::::::::::::::. : 八\
          .//   /: : : : : :〃: >、::::://、_   、ヽヾ:::::::::::::::::::::从: : :.`ヽ: :o....
          .//   ノ: : :o: : /: : : : : : :¨: :/::::::::`7 ハ_ト/::::::::::::::::::::::}::ハ: : : : : : >、: :o:ー---
    .> ´ ̄ ̄` <: : : : : : :/: : : : : : : : ::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::l: : : : : : : : : : 辷=ー--
   /           ヽ:o: : /: : : : : : : : : :{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::|: : : : : : : : : : : : : : : : :
.  /              ∨:/: : : : : : : : : :从::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::|: : : : : : : : : : : : :
  ′    起  撃       |/⌒ヽ: : : : : : : : :.j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:彡l: : : : : : : : : :
 l.     こ  鉄      |   .): : : : : : : /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   〉: : : : : : : :
 |     せ  を     |   (: : : : : : :∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ノー′: : : : : :
 |     !           |   ㍉: : : : : {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : : :
 ',                j   (: : : : : : :ト─-------一───‐=ニT: : : : : : : :
..从                 /    ヽ: : : : : |        /         ,': : : : : : :
  \            /      ヽ: : : :|        ,'|       /」
輿水幸子 「後千早さんにひとこと「お風呂上がりはとても眠くなる状態ですのでその状態でのプレイは危険ですよ!」
プロデューサーも同じ状態ですけどね!
高槻やよい 「初カップルです!美希さん!式をあげましょう!」
オランジーナ 「イヤミの口調なんてザンスつけとけば何とかなるザンス」
金糸雀 「囲いなしなら仕方ないかしらー」
四条貴音 「そちら恋人でしょうにー」
V6 「くそっ、負けたというのに祝福したくなるとかなんて時代だ……!

いいぞもっとやれ」
高槻やよい 「美希さんか、私を指定されそうな予感はしたので、間に合わなくて助かりました・・・>みさき先輩」
四条貴音 「まぁ気付いたの超過時間でしたので
あんまりにもあんまりなのですが」
ばらしー 「       .//i´ノ// 'ノ | ヘハ',  \`ヽ_ // / |  l | ',  ',|/ |   .l
     / /ノ//ソ /  ハ  ハ', `ヽ \_`ヽ   ,r'',  | l  ',  リ/|.   l
    /´/N/ i|/l/ | ,r'´li }\ `ヽ  \__ `ヽ//,rl  l |.  ',  l|l |   .|
   .|/ ,r'´/ l | l/|  ハ  .ヘl\ ` ̄`ヽ}`フ`//r| .l |  l  l|ソ.  |
   .l/ N__/ l /|/ r' \|`ヽ/ } ̄\l`'v|/// // | .l.|  l  l|i''   .l
    | l /N´ / / |\i' ヘハ .`i/´|/_//|/`ヽl/  ///.| .l|   .l  lil.   |
    ∨l   {\|ノヽl\ ヘ |li|/{uヽ`ヽ|/´//   /| .|  N  l|.   |
     \|ヽl\ヽハ\_`ヽ|ソ/l| |ヽ .}_ノノ  //,r.| .|  |   .|   .|
        `ヽl ',\  }/l |リ´ハ Yl l、.// / // | |  |  .| .   |
.             ',   / |/|/ i|ハ J /ゞ/// // /,| |  |.  ノ  /|
                ', / / .|l |liハ _ノ  彡////////||/ /  .|   / .|  っていうかね、久々にばらしーでね
                ',   /|| .,'|ハ i   ´"'ゞ  ////|/   ./  /  |
                \  .|l  ,'| l      `"'ゞ//|i   .|/   .|  |  真狂信頼勝負ってないよね
                 \ .|  /| |           ||  l    .|  |
                   `| / | | 、         l   l   ハ  |
                   /|./  | .|_,ハ          八  ヘ  / } .|
                l |/   | .|//ハ           \_ ∨  |  |
                リ|   /.ソ///∧          `'ー-、ノ  |
                   ソ  .|,l/////ハ               } /|
               /| l`ヽ\//Y   )            ソ ./ |」
我那覇響 「ちょっと普通村支援ってくるぞ!
皆お疲れ様!」
V6
    / ̄ ̄\
  /      「ヽ
  |       ( ●)   初手で噛まれりゃ楽になれたのにな……>ばらしー
  |        |
  |       _´
  |      `nl^l^l
  ヽ      |   ノ
    ヽ    ヽ く
    /     ヽ \」
星井美希 「狂人さんは泣いて良いの。あれは銃殺出た時点でどうにもならないの。」
雪華綺晶 「やれやれ」
ばらしー 「     /  /ヾ /  / / i   V  ヽ \\
    〈    /ヽ ヽ /  / /  / / l :l   ヽ \ ゝ
    ノ 〈 /ヽ  / / / / / /∧ ! /^\  \\ \
   / / ,' ゝ丶 / i / / /  / ,、∨,、  \( ヽ \ \
  /   l  {ヽ `/ / / / ト / ∧ヽ|/∧ヽ  )  l  ト: ',
  |  l ! i ミヽ i  / / / l /l /´`"゙`´ ', !レハ. /人 l丿  〉
  \l  ハ ミ /  / l  ハ l-レ孑-ト    7┼リ\ ll-、l/l l/
    ヽ、 `ヾ_\ l l i L_j/.:.:.:.:.:.:.:.ミ;       /l ) /
     ./ /.i´ ヽ\ レ./ヽ_≡三ミ   _≡三ミ.レイj/
    / i ヘ、  ゝレ\|巛;:;:;:;:;:;:;:;7        V^V
    / 、l./ `ゝイi   iZ孖巛彡ヲ          }
   /l l l /  i | l  i辷ミ彡彡{   _     /  まぁ、アイドルカップルならいっか!
   l l l l l   / | ll  iマ三彡7   `ー′  イ
   / l l l /   ! | |l  ll∨辷/_____.. <|i |    2人ともおめでとう!V6さんがお祝いくれるらしいよ!
 / l  ,',  i l l .! li  ||     寸  `ヽ、_| i |
//.l /,',',. / r<| l  | \    }      | l ト
 / :/.  / .厂  / / /   ヾ    |     | l |
´ / |  |  \  | l |    \   |    |  l」
高槻やよい 「美希さんがいたからです。一緒に死ぬ覚悟があったから強気で行けました!
…伊織ちゃんは、見せつけてごめんなさい。でも、美希さんがすごく優しいんですもん。」
川名みさき 「ちょっと躊躇したらWOとかあんまりすぎるよー
もうカレーやけ食いしてくるね!」
オランジーナ 「割りと全部渾身の占いだったつもりザンスが…外れたりパンダにされると堪えるものがあるザンスね」
「ばらしーが潜伏してたら
俺がV6○出してたかな」
水瀬伊織 「負けっちゃったのはアレだけど、初恋勝利で嬉しくもあるのよねー///
村も普通なら買ってたほど頑張ったし、
狂人のばらしーも呪殺の○は出せたしでみんな頑張ったとは思うな、おつかれさま~」
星井美希 「デコちゃんには見せつけちゃってごめんなの。
けどデコちゃんに刺さってたら恋人狐とか面白い事になってたと思うの。」
雪華綺晶 「それでは恋人おめでとうございます。
お疲れさまです。」
ばらしー 「        /  /  < /  i   V/l \\l
        /  /  / /  / / l :l     \ゝ
      : /  /  / /〈〉 l/ `∧ ! /^\ l \\ \
      / | ∧ /  l / l l / ,、∨,、  \( ヽ\ \
      i ^ jメ、  l  /.l l ト/ ∧ヽ|/∧ヽ  )  l  ト: ',
      l  / / / / / l /l /´`"゙`´ ', !レハ. /人 l 丿 〉
      / / / / l  ハ┼ーレ孑ヘ  ー┼リ | ll-、l/l l/
     / / / l l l i L j〃⌒ヾ     〃`ヾヽ /l ) /
      i / /   \  /ヽ{{   }}     ヾ、_,ノ .レ イj/
     l l i ./ . レ\|  `ー='"          V^V
     l  ヾ /  ∧ /Z孖彡7            }
     l l /  / | l∨辷ミ彡彡{         /
     l l l  / | ll ヽ マ三彡7   r‐ュ    イ|   うん、ぶっちゃけね
     l l l  ! .l | |l  l l∨辷/_____.. <|i .|
     l l l l l .! li  ||    寸  `ヽ、:_:| .i |   あの日速攻それでも伊織○出した自分、ほめてあげたい
     l l l r<| l  | \    }     | l .ト
     l l 厂  / / /  ヾ    |     | :l |   ていうかほめて
     l l \  | l |    \   |    | i l」
輿水幸子 「さすがにやよみきは予想できませんでしたね…なんですか?羨ましくなんてありませんに余ええ…」
高槻やよい 「あれは難しいかもですね、最初はばらしーさん真で見てましたけど>占い

まぁ、私と美希さんにとってはどっちでもいいのですが!!」
V6 「暫定○に狼っぽいのがいないし恋人っぽいのも水瀬くらいですごく困っただろ
まさか狐とは想いもよらなんだ

お祝いの品?
……何かあったかしら(ガサゴソ」
秋月GM 「ばらしーさんすごいです>ばらしーさん」
四条貴音 「ログ飛んだのはまぁしょうがないですけど…」
V6 「お前らそんなに俺○が好きか>ばらしー&嵐
謎の白い液体や白い粉は関係ないだろっ!」
オランジーナ 「おつかれざんす
村盾感謝ザンス。同村した皆もメルシー・ボクー」
四条貴音 「では、お疲れ様でした。」
金糸雀 「狩人でもどうしようもないことがあるかしらー
村村CPなんて占いでは対処しにくいかしらー」
オランジーナ 「負けた瞬間にシェー!叫ぶの忘れてたのはナイショザンスよ…」
高槻やよい 「矢は伊織ちゃん、美希さん、真さんで悩みました。あとは勝ちに行くために金糸雀さんあたり。
伊織ちゃんに刺すと、死んで終わる結果しかみえなかったです・・・w」
金糸雀 「落ちるかしらー
お疲れ様かしらー」
水瀬伊織 「ふふっ、いいのよ、ちょっと言ってみただけ!>やよい
勝つなんて本当に凄いし・・・新しくて素敵よ?
美希、やよい、幸せにねー///

私はまた別の恋を見つけてみせるんだから・・・っ///」
V6 「汎用性の利く適当な理由を用意しておけばまた違っただろうな>ばらしー
スピードよりも占い師の○を予想して●をぶつけるその技量はさすがだろ

だけどばらしーという時点で負いきれない十字架背負ってるよな」
高槻やよい 「ばらしーさんすごいです。
だからもっと美希さんと私をたたえてくださいっ!」
菊地真 「今日はうまく乗れなかったからねー
ボクに挿さなくてよかったよ!>やよい」
ばらしー 「        ,.             へー-
       〃                  \._
    ,.r‐''"    .// / /     /^\   `‐、
.    /  /   /ー-、/、_ :/ ',  rV/l \\ ', ヽ
   /  /  r―´   ´  /   i ト/^\< ̄ヾヘ ヽ
   !  l  ノ          ヘ | ,、  \ヽ  \\ \
   ! /| i ,.イ        / ハi,|/|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ ゝ
  / i l  /   i ハ  i /  i|`  `´ ', ! 、   ', ヽi ヽ
  |  ! ヽ  'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   /リ |  〉  }  }l  i
  |  ! !ヽ ハ/|  |iL__V`'くハハ    、__/厶| /|  /} | |
.  !. i.l  \  \  >t,≧彡     ミ三 .,イl | / /
   ! il|   iヽ   `7l |ヽゞ:.:7        〃 } ||メ/
   ! ll|   ! } !  { l l !ミ彡{  _ ,.   /  !   やだなぁ「こいつ初手囲いってことでつれねぇかな……」
   ! lリ  i  从__ l|ヽ  ヽ::/ `ー ' _, イ   /、
   ! 〃  i / / `ト, \  `.!'ー-ァ' ´ {´  /-、_ヽ  とか思ってませんよ?>できないさん
   ! ii    !./ / / __,.>、〉  iヽ ト'^ヽ l  |--、``ヽ,
  //   //,./ ノ!/-‐- 、!  ! Y´:ヽ,.:ヽ, ヽ,/~ヽ、 ヽ
  〃  ノ ./ ./' /     |  |  ト : : |: : :ヽ、 ヽ、 ヽ」
秋月GM 「しかしですね、あの速度での変更・・・いったいどんなタネがあったかは聞いてみたいですね>ばらしーさん」
高槻やよい 「帰ったかた、お疲れ様でした!
ちゃんとお祝儀置いて行ってくださいね!」
秋月GM 「真、次は私と一緒に暴れるわよ!」
星井美希 「やよいがちゃっかりしすぎなの。美希ご祝儀の事とか忘れてたの。」
川名みさき 「まぁ、今度は容赦しないからね♪>やよいちゃん&美希ちゃん
高槻やよい 「(伊織ちゃんに見せつけるまでを考えた高度なプレイなんて言えないっ…)」
ばらしー 「     /  /ヾ /  / / i   V  ヽ \\
    〈    /ヽ ヽ /  / /  / / l :l   ヽ \ ゝ
    ノ 〈 /ヽ  / / / / / /∧ ! /^\  \\ \
   / / ,' ゝ丶 / i / / /  / ,、∨,、  \( ヽ \ \
  /   l  {ヽ `/ / / / ト / ∧ヽ|/∧ヽ  )  l  ト: ',
  |  l ! i ミヽ i  / / / l /l /´`"゙`´ ', !レハ. /人 l丿  〉
  \l  ハ ミ /  / l  ハ┼ーレ孑ヘ  ー┼リ | ll-、l/l l/
    ヽ、 `ヾ_\ l l i L_ ムチテュレ     ィチテテl、 /l ) /
     ./ /.i´ ヽ\ レ./ヽ{}l}'fr'.j}    ´ {'lr': jl レ イj/
    / i ヘ、  ゝレ\|巛;:;ゝ- ';;7    ゝ- ' ・ V^V   いやもう見て一瞬で判断しただけです
    / 、l./ `ゝイi   iZ孖巛彡ヲ          }
   /l l l /  i | l  i辷ミ彡彡{          /     私知ってる人からしたら「すげぇ、ばらしーが結果速度で勝った」レベルで>GM
   l l l l l   / | ll  iマ三彡7    △   イ
   / l l l /   ! | |l  ll∨辷/_____.. <|i |
 / l  ,',  i l l .! li  ||     寸  `ヽ、_| i |
//.l /,',',. / r<| l  | \    }      | l ト
 / :/.  / .厂  / / /   ヾ    |     | l |
´ / |  |  \  | l |    \   |    |  l」
輿水幸子 「ふん、あなたたちに渡すお祝儀なんてありませんよ
あなたたちなんてこれで十分ですよ~だ つ裂けるチーズ」
水瀬伊織 「ふふっ、やよいなら良いお嫁さんになりそうね♪>美希
・・・はい、水瀬家の奮発したご祝儀!」
高槻やよい 「中身はだだもれでしたけどねっ!w>真さん」
V6 「よし、お祝いとして2人にはこれをあげるだろ


          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
高槻やよい 「だめだよ、今日から美希さんは私と暮らすんだから、ちゃんと家計のことも考えないと。
貯金は大切、ですよ?」
星井美希 「まあ、やよいってばドMだから見られて楽しむ癖があるの。
けど、美希も可愛いやよいを見せつけるのは悪くないって思うの。」
ばらしー 「                , '  ヾ   ',:: ト 、
              _/{   | |  i ';::..|! }
            _/¨´ / ,|    | |  l  ';: |! |
             〈 ' / {:/|    | |:: l  i |! !
           / / /  |    l l  l  l '; l
           }ハ八', / |   ! !  l  l  i ',
.             ヾ 〉、!、 l   ! !  l  l:: l: ',
                 | |ヾY |   l !  l  l:: l  l
                 | l 《ヽ,| :l  l !  l  l:: l  l   こんな可愛いばらしーが人外のはずがない
                 | | l゙ ! l:  l !  |  :::: :   |
                 | |: 八!,イ::   !:!  l  ::::: :  :ト 、
.              / Y:l / !::  l !   :::::: : ::|i \
            } j::j / |:   l:l  l  :::::::.  ::!   \
               ゞ´/   } l  l:!  l  ::::: :  : .    )
        .<::::::::(.、 / /:  l:!     :::::::    ',::   /:`.ー..、
     .<::::::::::::::::::::::)) l /   l:!  l  ::::::    {:: 八::::::::::::`x._
      |::::::::::::::::::::::::::ノ :}  (:   l!  l  :::::::.、 八(   \::::::/:::::}
      |::::::::::::::::::::/ / i  )   ll     :::::::.ヽ   ヾ.   \:::::::l
      |:::::::::::::::::(  {   l {     !   j   :::::::::::)   \     ):::l
      |::::::::::::::::::::)  )  ! l:   ノ  /   :::::.::::八    )  (::::::l」
菊地真 「そうだね、プロテインだね>律子」
星井美希 「えー、美希アイドルのお仕事で稼いでくるから、家の事はやよいに任せちゃいたいの。」
秋月GM 「・・・私には無理なことはわかったわ>ばらしーさん」
V6 「【地下アイドルのブロマイド】

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |    /     ヽ       |
       /   (●) (●)     /_____
       /       |        /ヽ__//
     /        `       /  /  /
     /       'ー=-'     /  /   /
    /              /  /   /
   /                  /  /   /
 /                  /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌────────────────────────────────┐
│                                              ..│
│┌────────────────────────────┐    │
││                 z-へ へ──-、_               .│    │
││ ばらしー☆       /__/_/ /    ヽ \\           ...│    │
││            , '   /  /    :  rV/l \\         ..│    │
││           /    / z-へ へ─  ─ト/^\ ヾヘ        .│    │
││     .      .′ //__/_/ / ,、}  /|/  ヽ \',         │    │
││          fi  <┴' / / ` / ∧ヽ /, !∨,、、  \ヽ     ...│    │
││          |i / // /   /l  /´`"`リ |/ヽ  \  \      .│    │
││          |i / // /   /! 从   /厶ノ,rヽ/  \ ヽ     .│    │
││          l  ,'   ト / //__\ト  ヽ ィ=、 !/厶/} ヽ} ゝ   ...│    │
││          | '    i  ノイ_____,`   ` {ノ::} |  ∠ }/     ...│    │
││          |/    | { ヽ ~~~'~ ゛  丶 `~゛lヾ/リ |  〉     ....│    │
││          {   i  |ヽ、 ゞ:.:彡7´      ノリ | / !       │    │
││          l   |  }ヽ`゙彡::.ゞ{  ー一 /i∧/  ノ      ......│    │
││          l   ,  , i  ト>-―-、   ´ イ | / l /(       .....│    │
││          ,  /  / /     \ー ´ヽ,ヽ/ `ヽ \     ......│    │
││         /  /  { /        i(_ヽヽ| イi イト.  ヽ       │    │
││          ,    ノ/         }\`_  /イト、   ル     │    │
││        i   l   //          | //    _ノ } __ノ      │    │
││        |   | 〃{          / くく/⌒ヽ ノ´        .│    │
││        {   {  { .ト.        レ'   \ r‐ ‐ 、\         .│    │
││        |i | l  | .リ       j     \r‐‐‐ 、\      ....│    │
││        |i   {\i〈        〉   ,. -- ヽ ヘ   i\     ..│    │
│└────────────────────────────┘    │
└────────────────────────────────┘」
高槻やよい 「15秒ルールなしで真に勝つとかすごすぎます…>ばらしーさん」
水瀬伊織 「やよい・・・恐ろしい子!///」
高槻やよい 「お祝儀、ろくなものがこないなーって。」
V6 「この間、屋根裏の掃除をしてたら出てきたやつでな
どこから紛れ込んだか知らないが、まぁきっと売れば二束三文にはなると思うだろ

すまないだろ、俺も生活が苦しくてこんなものしか贈れなくて……」
菊地真 「ボクからは使い損ねたういろうの詰め合わせを贈るよ>やよい、美希」
高槻やよい 「ど、どMじゃないです!美希さんだって、楽しんでたじゃないですか!
確かに美希さんが働いてる方が絵になるかもです。でも、ちゃんと朝早く起こしますからっ!」
V6 「あ、ポケットの中に5百円記念硬貨があった
ブロマイドよりこっちの方がいいか」
輿水幸子 「みなさん見事に現物支給ですね…まあボクもですけどね!」
ばらしー 「◇高槻やよい 「お祝儀、ろくなものがこないなーって。」 


            _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        Vi ハ ○     ○.^ヾイ}.リ|    |  やだ、この子毒舌。
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   | 
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |」
水瀬伊織 「美希・・・そこまでやよいの事を知り尽くして・・・///>やよいってばドMだから~」
ばらしー 「             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏ムヘ/:::::::::`ソイ リi //    |
        Vi ハ ⑪:::::::::::::::⑪.^ヾイ}リ|    |
        ハ/||ミ彡》、_,、_,::::⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ::::ヽ._)::::::: / | }.|   |  あと!私地下アイドルじゃないから!
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |  765プロのれっきとしたアイドルです!アニマスにも出てたでしょ!
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |」
高槻やよい 「ういろう、裂けるチーズ、五百円硬貨・・・
夕飯の食材にするのも難しいですっ!
はっ!…五百円でもやしういろうチーズ祭りしかっ!」
萩原雪歩 「えっ、ばらしーさんアニマスにもいたんですか!?」
秋月GM 「全く、あなたたちはもっと実用品を渡しなさい!
・・・そんなわけで特製栄養ドリンク「モリモリZ」!!」
萩原雪歩 「え、ええと、それじゃあ私からはこれを… つ スコップ」
V6 「えっ>ばらしー」
星井美希 「実用品は実用品なんだけど、なんか違うって思うな>モリモリZ」
秋月GM 「・・・効くわよ?>美希」
V6 「……アニマスって、
ちょっと前にネット上で話題になったハッカー集団のアノニマスのことか?

いつの間にそんな情報化を?
誰か機動六課呼んでこい、笑い男追っかけてる場合じゃないだろ」
高槻やよい 「でもでも、今晩のおかずにぴったりかなーって!さすが律子さんです>モリモリZ」
輿水幸子 「ん?プロデューサーもお祝儀出すんですか?いったいどんなもの…え?
50kもだすきなんですか?正気ですか?そんなにあればガチャを…まさかプロデューサーこのロリコン!この変態!」
萩原雪歩 「あ、あれ?色々混ざっちゃってませんかぁ?>V6さん」
ばらしー 「             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏\    /  リi //    |
        Vi ハ ●    ●. ^ヾイ} リ|    |
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ \_|   ./ | }.|   | い ま し た ! >雪 歩
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   | あとハッカーじゃないから、アニメ版アイドルマスターだから!
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |」
高槻やよい 「スコップは・・・雪歩さんがそんなに大切にしてるものをくれるなんて!
ありがとうございます!幸せになります!(でもあまりいらないかもです!)」
V6 「えっ>萩原」
V6 「>ばらしー
                      ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|   またまた ご冗談を
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、           _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/       ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /」
ばらしー 「http://www2.cscblog.jp/blog/cscblog.jp/akg/img/kanji-file-name-5481.jpg

証拠画像だってあるよ!
ほら、この画像でちゃんと律子と春香と美希と写ってるでしょ?」
輿水幸子 「別物じゃないですか!>ばらしーさん」
高槻やよい 「わー>ばらしーさん」
萩原雪歩 「え?あれ?攻殻機動隊って公安9課じゃなかったですっけ?あれ?>V6さん」
萩原雪歩 「・・・・・・えっと、え?ばらしーさん」
萩原雪歩 「うん、お幸せにね!やよいちゃん!美希ちゃん!」
V6 「Don't think, just feeeeeel it.>萩原
(考えるんじゃない、感じるんだ)

ばらしー 「             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
.        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
        Vi ハ ●     ●.^ヾイ}.リ|    |
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |    |
         \トゞミゞ ヽ._)   / | }.|   |  ははは、いやだなぁ、手前にいるの、どうみても律子さんじゃないですか。
          | |> ァr‐七⌒ |  |リ |   |
          | |/ {メ^く_/  |  |ヽ |   |  
          | ト /:∧∨ 〉.|  ト   |   |
V6 「よしログも読んだしそろそろポリスも来る頃だろうからお先に失礼するだろ
アイドルの熱愛スクープ、こいつは高く売れそうだろ……!」
高槻やよい 「律子さんは認めますけど・・・春香さんはちょっと違うかなーって・・・。」
星井美希 「まあ、確かにどう見ても律子だよね。うん。」
秋月GM 「・・・!?
ちょ、違うわよ!?>右手前」
萩原雪歩 「りょ、りょうかいですぅ・・・?>V6さん」
ばらしー 「http://www.nicovideo.jp/watch/sm6564603

あっれーおかしいなー。これだと律子と……あっ!千早じゃん手前!」
萩原雪歩 「それでは私も失礼しますっおやすみなさーい!」
高槻やよい 「律子さんには、「さん」をつけないと怒られますよ!
これからずっと一緒なんですから、しっかりしてくれないと困ります!」
ばらしー 「はいよー雪歩おやすみ。」
ばらしー 「しかしあれだねぇ
美希とやよいは中の人的にも勝利は絵になる感じw」
V6 「http://www.youtube.com/watch?v=9V3Dovwgqn8

          / ̄ ̄\
        /   「  \
        |   ( ●)(●)   全盛期のばらしーさんのPV見つかったんで置いてきますね
        |      | |    マジおそロシアだわぁ
        |     __´_ノ
        |     `ー'´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ     ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_」
V6 「サッ」
高槻やよい 「私も美希さんと巣に帰ります!
ブーケ投げといたので、再来週の恋人村で勝ちたい人は持って帰ってください!」
高槻やよい 「こ、これだと逆にばらしーさんがいないかなーって>動画」
星井美希 「実は何気なく四条劇場三連勝なんだよね。すっごく嬉しいの。」
輿水幸子 「(シュバッふふふブーケはこの僕が頂きましたよ…え?なんでってそ、それは…あこのあとプロデューサーと約束があるんでしたそれじゃ失礼しますね(ピュッー」
星井美希 「連勝自体はどーでもいいんだけど、それでもやっぱり嬉しいんだよね。
……まあ、こういう事言うと明日あたり負けるんだろーけどw」
秋月GM 「みんなお疲れ様!またよろしくお願いね!」
秋月GM 「(・・・この間まで10連敗していたわ)」
菊地真 「律子も村建てありがとう、やよいと美希はおめでとう
恋人同士っていいね、うらやましいよ」
輿水幸子 「やはりボクには誰かと力を合わせるなど…やっぱりボクは狐独勝ちが一番なんです!」
輿水幸子 「まあとにかく今日は皆さんお疲れ様とは言ってあげますよ
律子さんも村立てありがとうございました」