←戻る
【劇場55】劇場公演 木妖の部村 [63番地]
~西武ライオンズ、ピッチャー交代をお知らせします。~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)決定者登場 (16人~)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
icon 支配人
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon リグル
(生存中)
icon ミスティア
(生存中)
icon 加治木ゆみ
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
icon やる太
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 東横桃子
(生存中)
icon 沼者
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon giko
(生存中)
icon 宮小路瑞穂
(生存中)
icon 赤羽根P
(生存中)
村作成:2012/05/31 (Thu) 21:59:03
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/」
GM 「【ルールを知りたい方へ】
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
(左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「開始目標時間は22:30とし、遅くても22:40には人数に関わらず
皆さんの意志を確認して開始する予定です。」
高槻やよい さんが入場しました
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 事務人
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 44 (シンボルマーク)」
事務人 「こんばんわー。」
かりかり さんが入場しました
かりかり 「よろしくおねがいします」
星井美希 さんが入場しました
星井美希 「あふぅ」
リグル さんが入場しました
kari さんが入場しました
kari 「よろしくお願いします」
リグル 「こんばんはー」
加治木ゆみ さんが入場しました
加治木ゆみ 「ほぅ、よろしく頼むよ。」
事務人 「こーんばーんわー」
事務人 「集まるのはやいですね。」
菊地真 さんが入場しました
菊地真 「よろしくね」
高槻やよい 「あ~びっくりしました!」
事務人 「事務人 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:事務人 → 支配人
アイコン:No. 44 (シンボルマーク) → No. 822 (きらめく部隊)」
支配人 「よろしくぅ!」
星井美希 「どしたの?やよい。」
高槻やよい 「遅くなってごめんなさい!皆さんよろしくお願いします!うっう~!」
リグル 「なんか明るそうだったから、来てみたよー>支配人」
星井美希 「なんか虫が飛んでるの。バルサンどこだったかな」
支配人 「バルサンはやめなさい。」
菊地真 「美希、ゴキジェットならあるよー」
リグル 「や、やめて!
私しんじゃう!>美希」
かりりん さんが入場しました
リグル 「というか、私はGじゃないから!
蛍だから!」
高槻やよい 「え~っとね簡単に言うと入ろうとしたら追い出されてたって感じです>美希さん」
星井美希 「あ、ならゴキジェットでいいの。メンドーだから、真くん、退治しておいてね!」
やる太 さんが入場しました
支配人 「うーむ、SR島村さん強すぎじゃない?」
やる太 「よろしくだお!」
かりっと さんが入場しました
星井美希 「どういうことなの・・・>やよい」
東横桃子 さんが入場しました
菊地真 「咲がブームなのかな?」
かりっと 「よろしくお願いします!
SR島村さんですかー、どれくらいの確率で出るんでしょう・・コンプガチャ並みにきつかったりして~(笑)」
支配人 「よろしくだお!」
高槻やよい 「う~そうとしか言えない感じです!>美希さん」
かりかり 「かりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかり → 如月千早
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 732 (アニマス・如月千早01)」
東横桃子 「先輩!来ちゃったっす」
加治木ゆみ 「いや、別にそんな事はないと思うぞ。
単に新しい事に挑戦してみようと思っただけだ>真」
沼者 さんが入場しました
如月千早 「では、改めてよろしくね、みんな」
沼者 「熱 烈 歓 迎」
高槻やよい 「島村さんにガチャが変わってから引いてみたら私が出てきましたよ!うっう~」
やる太 「あにじゃでもおとじゃでもなく、沼者?」
如月千早 「ああ、マウンドに炎が見える・・・?>沼者さん」
リグル 「ひ、ひぇぇ!>美希・真」
天海春香 さんが入場しました
加治木ゆみ 「モモ、来たか。お手柔らかに頼む。」
天海春香 「いぇーい! プロデューサーさん、木曜ですよ木曜!」
星井美希 「なんかよくわからないけど、やよいが無事ならそれでいいの」
沼者 「しかし、最近は俺の出番がなくて悲しいな
ベイスターズならビハインドが多いから好投できるはずなんだけどな」
東横桃子 「大丈夫っすよ、私はいつだって先輩の味方っす」
giko さんが入場しました
如月千早 「あら、春香?
木曜だと何かあるのかしら?」
かりー さんが入場しました
giko 「マニアッター」
かりー 「ずさー」
星井美希 「あ、千早さんだ!」
沼者 「そういうネタがあるのさ…>やる太」
天海春香 「えへへ、特に意味は無いよ!>千早ちゃん」
如月千早 「ふふっ、美希も頑張りましょう?」
沼者 「おいおい、祭はまだ始まったばっかりだぜ?>千早」
星井美希 「なんか今日集まり良いね。とっても嬉しいな、あはっ☆」
沼者 「というかこのサブタイトルなら俺は入るべきだろう…な?」
カリカリ さんが入場しました
かりー 「かりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりー → 宮小路瑞穂
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 815 (宮小路瑞穂)」
支配人 「劇場だ!」
かりっと 「かりっと さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりっと → 水瀬伊織
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 547 (水瀬伊織07)」
高槻やよい 「なんだかよくわからない人もいますけど
よろしくお願いしますね!」
giko 「誰かやると思ったら公式で劇場をネタにするとは」
加治木ゆみ 「予想以上の集まりだな。……まあ、私が此処にいるのも予想外なんだろうけどな。」
沼者 「劇場はコバマサに任せている…俺達は炎上だ…!」
如月千早 「意味は無い・・・?
・・・ふふっ、春香らしいわね?」
かりりん 「かりりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりん → 四条貴音
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 743 (アニマス・四条貴音01)」
天海春香 「満員御礼だね! うーわっほい!」
支配人 「>沼者


      /  , -''"´     \
  / /  /  ,. ‐'''""~´ ̄ ̄\
 V /   /  /             }
  ∨ /  / ,,.. -一ァ',二二二{
   V  ,..,/ ,.ィ彳 f==<r'二二二{、    | ̄ ̄              __|__ |
   ∨| ヘ`<=''~   弋ッ-ミ'''テ~ナ/    |ー― \/ ´ ̄| 「 ̄`  |   | \/
    〉'| | ト、   i{   ,..`二/ =|/''′     |__ /\ 匚]__ !__,  |_ |  __/
   //ヽヽぅ   ヽ     {   =|
   //匚 ̄]〕       丶,-‐ ,>      ( そ の と お り でご ざ い ま す )
  /´r┐|__,|ト、       、____`7´
__人..二.」'   l>、    ヽ`,二/
     ´"''ー-∟_\  ∠三ノ
―-、__        ``ヾニ='′
     `ヽ      /、
       |‐- ...__   /ヽ\_
         \    ̄   `ヽ \」
東横桃子 「中継ぎってことは中堅ってことっすよね
ウチの中堅は部長さんっすよ!」
水瀬伊織 「みんな、やっほー!今日は盛況ね!
ちょっと間に合わないかと思っちゃった~
みんなよろしくね!」
星井美希 「埋まった、30分を待たずしてなの。」
やる太 「ぐぐってみたお。
なんというか・・・がんばってだお!>沼者」
天海春香 「いわゆるひとつの「えへへ、言ってみただけ」って奴だよ千早ちゃん!」
kari 「コバマサさん引退しちゃいましたけどね・・・>沼者」
天海春香 「あっ、貴音さんに伊織だー」
カリカリ 「カリカリ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:カリカリ → 赤羽根P
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 832 (プロデューサー)」
水瀬伊織 「やよいは可愛いから仕方ないわね///>島村さんにガチャが変わってから引いてみたら私が出てきました」
如月千早 「へぇ・・・
・・・ねぇ、春香?」
支配人 「では好きなときに勝手に始めてください。」
菊地真 「ごめん、3分ほどまってー」
四条貴音 「……ふぅ。今宵も二郎、おいしゅうございました……」
星井美希 「むー。デコちゃんはやよいバカなの」
加治木ゆみ 「私はいつでも問題ない。」
四条貴音 「ああ、天海春香、今宵も元気そうでなによりですね(ニンニク臭」
天海春香 「ああっ、プロデューサーさん!?
プロデューサーさんじゃないですか!!?」
赤羽根P 「というわけでみんな、よろしくな。社長命令とはいえ俺が表にでるのは無い方がいい気もするけど、やるからには頑張るよ」
星井美希 「30分開始だからしょうがないよね。早くおトイレ済ませてきてね>真くん」
菊地真 「もどりー」
赤羽根P 「や、春香。元気いいな」
四条貴音 「おや、プロデューサー……こんな時間に、お珍しいですね?(ニンニク臭」
東横桃子 「気配を消せるステルスモモに死角なしっすよ!」
沼者 「へっ…俺達は、俺達であり続けるから俺達なのさ…>やる太」
天海春香 「ちょっとこれは何がなんでもプロデューサーさんと同陣営引きたい的なアレが!
出来れば共有でゴニョゴニョ……」
高槻やよい 「あープロデューサさん!今日はプロデューサーさんと一緒にお仕事ですか?」
星井美希 「プロデューサー!?生きてたの?」
リグル 「もうすぐ開始、ドキドキだなー」
赤羽根P 「ん、どうしたんだ春香?」
天海春香 「ほえ? どしたの千早ちゃん?」
如月千早 「うっ・・・>四条さん」
天海春香 「ハッ……あ、いやあはは何でもないですよー♪>プロデューサーさん
いつも通り気合入れてるだけですっってああああどんがらがっしゃーん」
四条貴音 「ふぅ……それでは、食前の二郎でお腹もよい具合ですし……
ふふ、本日のメインディッシュは、如何いたしましょうか。
皆様、今宵もよいらぁめんを。」
星井美希 「貴音は、ちゃんと歯を磨いてから来た方がいいって思うな。せっかくきれいなのに・・・」
赤羽根P 「生きてるよ!っていうかなんで死んだ事にしてるんだ!>美希」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → ミスティア
アイコン:No. 7 (青) → No. 124 (ミスティア)」
天海春香 「死んだことにしてたの!?>美希」
四条貴音 「おや、どうかしましたか如月千早?(ニンニク臭」
加治木ゆみ 「貴音、毎日ラーメンだと栄養が偏るように思えるんだが……」
giko 「先発は完投するもの
人狼は…完投する状況は危ないと心得よ」
如月千早 「・・・ふふ、「言ってみただけ」>春香」
天海春香 「貴音さんからニンニクのかほりが……
ちゅ、中華料理店!?」
星井美希 「虫って、儚い命なんだよね・・・>リグル」
沼者 「炎上!炎上!とっとと炎上!燃えるぞ!」
菊地真 「kariで入村してあとからアイコン登録なんて技もできるんだねー」
やる太 「食前に次郎ってどんだけ食べるんだお・・・>四条」
星井美希 「あ、鳥さんなの。ミキ鳥さんは好き!>ミスティア」
支配人 「いおりんは遺言書き終わってたら開始投票してね。」
四条貴音 「はて、面妖な。
私は毎日歯を磨いていますよ、美希
ただ、さきほど神保町二郎でオオブタニンニクマシマシヤサイアブラカラメを
いただいたばかしでして。」
天海春香 「おおっと、千早ちゃんからまさかの
そんなカウンターが来るとは! えへへ、一本取られちゃったね>千早ちゃん」
赤羽根P 「おっと(受け止め)気をつけろよ?足元とか特に
・・・(ほこりほろい)よし、これで綺麗になった>春香」
リグル 「え、もう死ぬの確定なの!?>美希」
やる太 「複数系なんだおね・・・ちなみに何代目なんだお?>沼者」
水瀬伊織 「プロデューサーは(アニメで春香の関連で)死にかけたのよね・・・(ほろり)

・・・べ、べつに無事でそんな特別嬉しいとかって訳じゃ、ないんだからねっ///」
高槻やよい 「カウントは私がやりますよ~うっう~!」
giko 「あああ!譜面が!譜面が!>四条」
如月千早 「INFERNO・・・!>沼者」
支配人 「でもちょっとは先発にあやまったほうがいいと思う」
沼者 「熱烈歓迎GM者」
沼者 「俺は初代総帥さ>やる太」
沼者 「といっても俺今年投げてないし>支配人」
星井美希 「なんか・・・急にいなくなって、圧力的な大きな力を感じたからもう東京湾あたりかとおもってたの>プロデューサー」
如月千早 「・・・わ、割と恥ずかしいわね、こういうの・・・」
水瀬伊織 「おかしいわね・・・
今日は恋人陣営が無いのに、リア充の気配がするわ・・・///」
赤羽根P 「心配してくれてありがとうな、伊織。
純粋に嬉しいよ」
リグル 「ミスティア、こんばんはー
ウナギとかあるかな…?」
やる太 「総帥とかかっこいいお!でもあれ・・・西部・・あれ?>沼者」
赤羽根P 「無いから!?どれだけいない事になってるの俺!>美希」
天海春香 「えへへ、ついつい……
はわ、ありがとうございますっプロデューサーさん」
高槻やよい 「カウントはじめますよ~!」
四条貴音 「さて、それではそろそろかいしでしょうか?」
天海春香 「え、リア王がどうかしたって?>伊織」
星井美希 「貴音が謎の呪文を唱えたの・・・2D6でダイスを振るの・・・」
ミスティア 「ヤツメウナギなら入荷してるわよ~♪>リグル」
giko 「了解。ピッチャー交代。」
沼者 「俺達は…俺達なんだ…!>やる太」
支配人 「投げてないのに炎上してるんだ…>沼者」
高槻やよい 「3!
3000MCでお得ガチャ!」
加治木ゆみ 「さあ頑張ろう。モモとの明日を築くためにも―――な。」
星井美希 「え?そうだよ?(真顔)>リグル」
水瀬伊織 「だっ・・・だから違うって言ってるでしょっ!?(かぁぁぁっ)>P

ってごめん、投票忘れてたわね、準備OKだからねー!///」
菊地真 「ガチャゲーはちょっと…」
天海春香 「珍しくプロデューサーさんにズビズビな美希だなあ
(つまりこれはチャンス……)」
東横桃子 「はいっす、先輩」
赤羽根P 「元気な所は春香のいい所だけどもう少しだけ周囲を見ることができればもっといいアイドルになるぞ?>春香」
星井美希 「やよい、お金ないのに無茶しやがってなの・・・」
四条貴音 「3000……二郎が何杯いただけるのでしょうね?」
giko 「装甲騎兵…この村はクトゥルフ村だったのか!?
いや、オレはやってないが」
赤羽根P 「うん、それでもありがとうな>伊織」
天海春香 「はいっ、私頑張りますっ!
周囲ですね、目を河童の皿のようにして見渡しますよっ!>プロデューサーさん」
菊地真 「カウント長いね?w」
高槻やよい 「とととちょっと焦ちゃいました~
四条貴音 「美希、これは呪文ではありません。
二郎における標準言語です。」
高槻やよい 「2!
200友情Ptでローカルガチャ一回」
リグル 「おー、ちょっと欲しいなあ>ミスティア
もっと力つけなきゃだからね!」
赤羽根P 「・・・例え、微妙におかしくないか?>春香」
如月千早 「では、プロデューサー、みんな!
頑張りましょう!」
星井美希 「二郎…どんな魔界なの・・・>貴音さん」
高槻やよい 「1!
100MCでドリンク一本買えますよ!」
水瀬伊織 「う、うー・・・(ぷしゅー)

も、もう、そういう恥ずかしい事をよく面と向かっていえるわね、まったくっ・・・///」
リグル 「そ、そんなあー>美希」
ミスティア 「そうね~♪ リグルにならただで焼いてあげるわよ~♪
ちょっとまってね~♪>リグル」
宮小路瑞穂 「あの応援システムはどっちかといえばスパムな気がしないでもない」
星井美希 「春香は実に春香だね」
高槻やよい 「0!始めちゃいますよ!!」
沼者 「さあ 炎 上 の 始 ま り だ 」
水瀬伊織 「やよい・・(ほろり)」
四条貴音 「魔界とは面妖な。
二郎とはそれがひとつの国家といってもいいでしょう。
そして、その空間は戦場とでもいうべき場所。」
天海春香 「あれ、そうでしたっけ? σ(のワの) >プロデューサーさん」
ゲーム開始:2012/05/31 (Thu) 22:30:30
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1 (決定者1)
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆支配人 あーあーテステス」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆支配人 ようこそ皆様四条劇場へ。
本日の木妖の部は代理といたしまして>>76◇IDOLort6.が勤めさせていただきます。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆支配人 あ、今回決定いるわ。
まあ気にしないで。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆支配人 一枚岩チキンで>該当者」
支配人 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
支配人さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
菊地真 「おっはよー!」
ミスティア 「みんな~♪おはようよ~♪
今日も元気にがんばろうね~♪」
如月千早 「おはようございます、いい朝ですね。
力を合わせて必ず勝利しましょう!!」
沼者 「先発のGMがKOされた…
つまり俺達の出番だな!?」
giko 「さって、さくさくとCOを。」
天海春香 「うー、わっほい!
おはようございまーす!」
加治木ゆみ 「私は恐れない。
異能や怪物など恐れるに値しない。
さあ、怪物狩りをはじめようか。」
宮小路瑞穂 「占いCO!赤羽根Pさん○」
星井美希 「あふぅ。おはようなの。…ミキがグレラン勝てないわけないと思うから、もう寝てもいい?」
東横桃子 「おはようっすよ」
宮小路瑞穂 「理由
隣占いですね。
あとAA勢を除くと僕と赤羽根Pさんしか男がいませんし
なにかの縁と思って占いました」
高槻やよい 「うっう~皆さんおはようございます!」
やる太 「占いCO 四条貴音○」
ミスティア 「役職さんはお仕事おねがいするわね~♪」
沼者 「なあに、2点差ある
3点までは盗られて構わないはずだ」
四条貴音 「……ニンチョモヤサイマシマシアブラカラメッ(くわっ」
やる太 「理由:初日だし、左占いだお!
   やる太にもらぁめんくれるかお?
   やる太は豚骨らぁめんが好きだお!」
菊地真 「占い2かなー?」
リグル 「おはようだよー
寝坊は気をつけてね!」
giko 「2CO。」
加治木ゆみ 「霊能CO―――させてもらおう。」
赤羽根P 「おはよう!」
水瀬伊織 「みんな、おはよー!
Pがいるって珍しいわよねー
ま、春香といいコンビよね・・・っ」
天海春香 「一瞬占いがソロユニットかと思ったけど
コンビになったね! え、何か違う?」
四条貴音 「……おはようございます。
皆様、良い朝を迎えられたようですね。」
東横桃子 「占い2の○展開っすかね
では霊能もCOよろしくっすー」
赤羽根P 「あと伊織・・・恥ずかしいことか?感謝の気持ちを伝えるって大事な事だと思うんだ、俺>伊織」
如月千早 「遅目の占いCOですね、霊能と共有も出てはいかがでしょうか」
やる太 「対抗1かおー それじゃ共有もでてほしいお!」
星井美希 「貴音の呪文のせいで眠れないの・・・」
菊地真 「それは何の呪文?>>貴音」
ミスティア 「占いさんはお二人なのかな~♪
それじゃ共有さんも霊能さんもでてきてね~♪」
沼者 「コントロールが定まらない投手をマウンドに送るとどうなるか…みせてやろう!」
天海春香 「ふぇ、プロデューサーさんといいコンビだなんて……!?
やだもー伊織だったらうえへへへへへ……♪」
高槻やよい 「CO確認しました~!2-1でいいのでしょうか…?」
沼者 「いけっ!力者!まずは場を整えろ!」
宮小路瑞穂 「ふむ。対抗1霊能1ですね」
giko 「2-1了解。役欠け、潜伏あり。占いは油断できないと」
リグル 「占い2かな?
霊能と共有最低片方出してグレランだね」
赤羽根P 「占いは二人、霊能もでたか・・・共有もでてくれると助かる」
四条貴音 「ふふ、美希は面妖なことをいいますね。
これは二郎における標準言語、おぼえねば、しにますよ?」
ミスティア 「2-1まで把握よ~♪
まぁ共有FOでいいんじゃないかな~♪」
宮小路瑞穂 「共有はFOが望ましいですね。COお願いします」
天海春香 「貴音さんがまた謎の呪文唱えてる……
多分全体に炎属性のダメージが行くよ……」
東横桃子 「きゃー先輩、霊能者とかかこよすぎっすよ
似あってるっす」
沼者 「続いて星者!左打者にワンポイントフォアボールだ!」
星井美希 「2-1かな?あふぅ。」
加治木ゆみ 「占いCOが2人で対抗が出ないとはな。
占い真狼で狂人潜伏なのか、それとも狼が全潜伏か」
水瀬伊織 「ね、寝たらいくら美希でも高確率で吊られるわよ!?
死にたくなかったら、ちょっとは頑張りなさいよねっ///>美希

・・・ちょっとは、心配だし(ぼそっ」
菊地真 「2-1って面倒なCO数だよねー。潜伏か初日かって分かりにくいもん。」
如月千早 「・・・春香、コンビと言うよりはフェスのライバルじゃないかしら?」
やる太 「あれ?共有さんでないのかお?
それじゃそういう事だと考えて、対抗の○は占いにいかないお?」
高槻やよい 「共有さ~ん出てきてくれませんか~!」
沼者 「最後に沼者!止めの一発を食らってやるぜ!」
赤羽根P 「春香とは結構やりやすい所あるかもな。うん」
giko 「占いが効き易いので、FOしない意味が無いはず。」
四条貴音 「二郎という国民食を食するのに必要な言葉です。儀式といってもいいでしょう>菊地真」
リグル 「こ、こっちに冒頭はやめてね!>沼者」
菊地真 「あれ?共有でないの?」
沼者 「…というのももうできなくなったんだよな」
天海春香 「なるほど、敵同士なんだからソレだね!
つまりソロユニット同士のフェス対決……
私たちはさながら観客……あれっ>千早ちゃん」
菊地真 「ニンチョモってどう言う意味なんだろう・・・w」
赤羽根P 「共有両方隠れてるってどういう展開だよ!?頼むからでてほしい」
如月千早 「美希、やる気を出して?
あなたもこの村の一員なんだから、頑張らないと>美希」
水瀬伊織 「あ、それじゃあ出るわね、共有CO相方生存
相方はどうするのかな、ちょっと様子見」
天海春香 「ニントモカントモがなまったんじゃないかな?>真」
宮小路瑞穂 「共有が出ないのであれば○に両方居るとかそんな邪推しか浮かびませんが…」
四条貴音 「ということで共有COです。
相方、水瀬伊織……」
沼者 「狙って暴投するわけないからどこにいくかわからないものだろう?>リグル」
星井美希 「し、しぬの!?二郎は怖い場所なの。ラーメンって食べるのめんどくさいから、ヤ。>貴音」
やる太 「グレランするならするでいいけど、
吊られないでくれおー 
できるだけ占い先からは外すつもりでいくけど」
東横桃子 「霊1なら先輩は真っすよね
同陣営確定で感動っすよ」
加治木ゆみ 「むしろ両方出ても良いくらいではないか?
恐れるのは狂狼ー真のパターンくらいだと思うが。」
やる太 「無駄占いぇ・・・」
沼者 「共有は気まぐれ。つまり栄村」
宮小路瑞穂 「グレランしましょう。吊られたら怒る」
菊地真 「共有が出ないということは明日は占い噛まれてたらベグってことになるのかなー。
○の中にいるの濃厚って考えていいのかな?かな?」
giko 「…○位置とかともかく、灰で出ないのは相当リスキーだが…
占いは自由だな、こうなれば」
ミスティア 「あと占いさんは個人が特定できる占い理由はお願いしておくわね~♪
しなかったら…私が鳥目にしてあ・げ・る・わ・よ~♪
しないとだめな理由はわかるでしょうしね~♪」
天海春香 「伊織と貴音さんが共有だね!
つまり伊織は次第に貴音さんの
ニンニク臭に染められてゆくという……」
水瀬伊織 「貴音でOK,最初に占われちゃったのは
ちょっと運がなかったけどしょうがないわよね~」
宮小路瑞穂 「はい。共有把握しました」
高槻やよい 「伊織ちゃんと貴音さんが共有さんですか
も~びっくりさせないでください」
如月千早 「・・・い、いえ。
その、私たちもきっと主役になれるわ!>春香」
giko 「ん、結局FOか。」
星井美希 「んー、千早さんが言うなら少しやるきだすの。
共有さんFOだね。両方ともアイドルなの」
リグル 「2-1。
役かけもある…感じだね」
四条貴音 「ということで、余計な心配はなさらずとも結構。
私と伊織は、これから関内二郎に並んでまいりますので、皆は灰を詰めておくよう。


よしなに。」
赤羽根P 「伊織と貴音が共有か!これは頼りになるな!よろしく頼む。」
菊地真 「伊織も共有なんだねー分かったよ!」
星井美希 「デコちゃんニンニクくさいの・・・」
天海春香 「わ、私もプロデューサーさんがプロデューサーで
すっごくやりやすいなって思ってますよ!」
ミスティア 「あら~○に共有いたのはちょっともったいないわね~♪
グレーが広い展開だからいろいろ気をつけないとだめかな~♪」
やる太 「ま、気を取り直していくしかないお。
がんばって人外みつけるんだお!」
沼者 「さて、この16人も詰め込まれたブルペンから最初に炎上するためにマウンドへ向かうのは誰かな?」
菊地真 「運が無い、っていうけど「狼を占ってない」っていうのは大事な情報じゃないかな?>>伊織」
giko 「戦術も把握、まあ普通に普通にだな。」
高槻やよい 「う~私も伊織ちゃんと共有になりたかったかな~って」
天海春香 「そうだよね……!
つまりこっから二人で転職して真占い大増殖とかもきっとある!>千早ちゃん」
加治木ゆみ 「モモ、私はそれで思考停止して良いと教えた事はないだろう?
2-1なら私が狂人である事まで想定して動くのが正しい村人の在り方だよ」
東横桃子 「これから先輩と私の愛の巣づくり・・・じゃなくて村勝利のために頑張るっすよー」
やる太 「狩人さんやる太の○いないから護衛よろしくだおっ!(目きらきら」
如月千早 「・・・プロデューサー、その、頑張りましょう!
私達も舞台へ上がれるように、お願いします!」
赤羽根P 「貴音ー、伊織に無茶させんなよー?
俺でもきつかったし、二郎」
宮小路瑞穂 「占い方針としては見えにくいなーといった所を占わせて頂きます」
四条貴音 「ふふ、なにをおっしゃられているのですかプロデューサー。
あなたさまの車で、いくのですよ?>関内二郎に」
リグル 「うん…、無駄占いになったかもだけど、これから勝負だよ!
共有さんも了解!」
水瀬伊織 「ちょっ、私も決定なのー!?>二郎に並ぶ
っていうか貴音の最初の発言、同じ共有の私でも分からないわよー!?///」
ミスティア 「ま、やることとなすべきことはもう決まってることだし~♪
皆たのしくおしゃべりしたらいいんじゃないかしら~♪」
星井美希 「ミスティア先生は歌ってるの?かわいいの」
赤羽根P 「あぁ、もちろんだ千早!俺がみんなをトップに連れて行く!」
東横桃子 「うう・・・先輩ごめんなさいっす
嬉しくってつい」
如月千早 「それやったら出禁よ春香!?」
天海春香 「ハッ!? 急にプロデューサーさんの周りにみんなが集まりだして来た気が!?」
沼者 「関内二郎って言われるとバファローズあたりにいる二軍投手の匂いがする」
加治木ゆみ 「……私が狼の場合?それは私にも教える事のできないケースだからな。」
赤羽根P 「俺のかよ!?」
菊地真 「願わくば狼が全潜伏してる展開でありますよーに。」
giko 「占いが出揃ってからが本当の勝負だけど、灰に人外は確実にいる
アドとるよ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
高槻やよい2 票投票先 →沼者
如月千早1 票投票先 →高槻やよい
星井美希0 票投票先 →リグル
リグル5 票投票先 →ミスティア
ミスティア1 票投票先 →天海春香
加治木ゆみ0 票投票先 →リグル
菊地真0 票投票先 →沼者
四条貴音0 票投票先 →giko
やる太0 票投票先 →高槻やよい
水瀬伊織0 票投票先 →リグル
東横桃子0 票投票先 →giko
沼者4 票投票先 →リグル
天海春香1 票投票先 →リグル
giko2 票投票先 →如月千早
宮小路瑞穂0 票投票先 →沼者
赤羽根P0 票投票先 →沼者
リグル は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
リグルさんの遺言    __                     __
   し厂\               / ̄リ
        ヽ              /
         ヽ             /
            ヽ ーーーー--   /
        /   ヽ  _... -----、/ヽ
     /, -―ヽ 入 、/`ヽ´  / `ヽ
    //      /     ハ     ヽ
   / /       ./     ', i     ヘ
  〃i./     |  /  /   | | |  l  ハ
 / /     |  | i l   |. ! | .!   ハ 私も目立ちたかった…
   | |   |  | { , |  、 ,' ハ } |   i  !
   | /!  | |,≧=<ヽ',  /≧=< |  | ハ
   lイ |   Ⅳ {イ_ノ}   ∨ {イ_ノ} V /,| ハ}
   Ⅵ\|`ヾ、`ー'   ,  `ー' / ィ /レ′
     ヽ、!`{  :::::::  -( ::::::::: ´}ィレ′
       _\≧- ... __  _... - イ∠____
      / :::::::ヘヽ   /l ̄l i  / /::::::::ヽ
      i::::::::::::::::', }。/ { } |。/ /:::::::::::::|
     小::::::::::∧| V  ∨ ∨ .lへ:::::::::::,!、
    /::! ̄ ̄  |     |゚    !  ̄ ̄!::::ゝ
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
如月千早 「おはようございます!
役職の皆さんは結果を教えて下さい!」
やる太 「占いCO 如月千早○」
giko 「占い「情報が」ね。時間無いから文字足らずになった…orz
結果よろしく。」
ミスティア 「みんな~♪おはようよ~♪
今日も元気にがんばろうね~♪」」
天海春香 「ヴぁい!
おはようございます!」
沼者 「熱 烈 歓 迎 蟲 者」
四条貴音 「ファーストロットォ!(くわっ」
宮小路瑞穂 「占いCO gikoさん○」
やる太 「◇如月千早(28) 「遅目の占いCOですね、霊能と共有も出てはいかがでしょうか」
●特攻あったらいやだから、様子見するのは当然じゃないかお?
信頼を落としにきた人外あると見て占うお。
東横桃子 「おはようっす」
菊地真 「おはようー!」
赤羽根P 「・・・・・・食べきった。・・・・・・胃が、重い・・・
というかなんで俺も自分の分まで食べなきゃいけないんだよ貴音・・・・
伊織がツラそうにしていた時のための救援要員だって言ったろ?
伊織のギブアップ分と自分の分両方食うとか拷問だった・・・生きてて、よかった」
高槻やよい 「みなさん今日もおはようございます!うっう~!」
宮小路瑞穂 「全体的に様子見的な発言が目立ちました
きっちり推理はしている位置なので○でも●でも情報的にはありがたい位置

◇giko(119)  「占いが出揃ってからが本当の勝負だけど、灰に人外は確実にいる
アドとるよ」

この言い回しも若干気になりました」
加治木ゆみ 「霊能COだ。リグルは●だったよ。」
星井美希 「おはようなの。
昨日はデコちゃんにも応援されてたし俄然やる気出てきたの!」
giko 「死体無し。GJ濃い目かな」
菊地真 「死体無しだねー」
如月千早 「・・・死体無しですね、GJと見ていいでしょう」
四条貴音 「死体がない。すばらしいですね。
故に……GJとみておきましょう。」
東横桃子 「死体なしとか素敵っすねー」
水瀬伊織 「ぐ、ぐぎゅぅぅぅぅ・・・・(らぁめん食べ過ぎの悲鳴)
た、貴音と共有になって
まさか、これほどの試練が待ち構えていたなんて・・・っ(がくぅ)」
沼者 「おいぃ!?なんでこの試合は一人しか炎上してないんですかぁ!?」
ミスティア 「死体がないわ~♪
やったわ~♪ 吊りが増えたわよ~♪」
天海春香 「死体がないね!
吊りが増えるよ、やったね千早ちゃん!」
やる太 「お 死体なしかお? こりゃ僥倖僥倖」
高槻やよい 「死体無しですよやりました!みなさん一緒に
ハイタ~ッチ!」
赤羽根P 「お、かまれは無しか」
宮小路瑞穂 「いい死体なし。そして霊能●ですか」
沼者 「いいことだろうけど、炎上マニアの名が廃るぜ」
星井美希 「あ、死体なしなの。占いさんにトライしたのかな?」
四条貴音 「……おや、そして初手狼ヒットですか。
ならば、投票者を確認しましょう……」
天海春香 「私ナイス!?>リグルちゃん●」
やる太 「お、しかも●つれてるおないすだお!」
giko 「これはかなりいい流れだな。」
加治木ゆみ 「多少意外というか、全く意外ではないというか。
……発言稼ぎのような台詞もあったところだからな。」
菊地真 「霊能●だったのなら霊能GJが一番ありそうなラインかなぁ?
2COの占いはいきなり行くとは思えないし…」
水瀬伊織 「あら、それじゃあ狼1吊れてピンチで占いか霊能噛みしたけど
GJされた・・・って感じかしら・・・?」
赤羽根P 「ほら伊織、胃薬。水で飲めよ?」
四条貴音 「おやおや、水瀬伊織?
顔色が悪いようですが……もしかして、お腹がすきましたか?」
宮小路瑞穂 「占い方針を狐狙いに変えてみます」
東横桃子 「霊結果●すか>先輩
幸先いいスタートっすね、これで二人の勝利に一歩近づいたという感じっす」
星井美希 「デコちゃんのうめきごえが割とかわいくないし、ニンニクくさいの。」
如月千早 「更に霊能から●ですか!
霊能は信じる方針で行くべきとは思います」
沼者 「ビハインドで燃えた蟲者は俺達ですらないな‥‥」
天海春香 「えーと、他にリグルちゃんに投票した人は
美希と沼者さんだね。役職以外で
占いはどっちも非とうひょー」
高槻やよい 「リグルさん●だったんですか…よかったです…かね?」
ミスティア 「リ・グ・ル~!
貴女狼ってどういうことなのかしら~♪ 
ツケテタ代金請求しないとだ・め・ね~♪」
高槻やよい 「伊織ちゃん…大丈夫?」
菊地真 「伊織……替え玉がほしいの?」
天海春香 「伊織が……伊織が瀕死の重体に……
ふぁ、ファイト!」
赤羽根P 「初手で黒が吊れるとは幸先がいいな♪」
水瀬伊織 「昨日の話、私もやよいあたりと共有がよかったかもー・・って///>やよい」
やる太 「さすがに、○無いやる太噛みに来たとは思えないし
対抗がなにかわからないけど、霊脳でGJの可能性が高いとみるお!>伊織」
四条貴音 「リグル 5 票 ミスティア 星井美希 , 加治木ゆみ , 水瀬伊織 , 沼者 , 天海春香 ,

ふむ……身内しそうなメンツがいるかどうかですが、一旦はずしてよさそうですね。」
如月千早 「・・・美希がやる気出してくれたようで何よりね。
私も負けていられないわ!」
沼者 「しかし、俺達要因は!まだ!こんなにも!残っている!!!」
宮小路瑞穂 「リグルさんの投票先がミスティアさんなので
そこの狼は薄めかなと」
星井美希 「あぁ、霊能●なんだね。じゃあ霊能GJもあるのかな。」
高槻やよい 「うっう~それなら本当によかったのにね~>伊織ちゃん」
赤羽根P 「やめろって!どう見ても辛そうだろ!>貴音」
giko 「全潜伏策区なら、単純に2W1F。
他の配置なら、囲い考慮。ま、今は灰を詰めるべきか」
東横桃子 「初手●吊りで死体なしとかかなり有利な感じの展開っす
これは先輩と遊んでても文句は言われないんじゃないっすかね
というわけでデートしようっすよ先輩」
ミスティア 「で、占い結果は○っと~♪
まぁ今日もすることは変わらないしみんなで楽しくおしゃべりしたらいいんじゃないかしら~♪」
菊地真 「第一印象だけで投票したからなー沼者さんはひとまず後回しかなっ」
やる太 「逆に霊脳GJだとすれば、身内してない可能性が高いお。
それ考えながら削っていけばいいきがするんだお!」
加治木ゆみ 「5発言にしては割と票が少なかったようにも思う。
だからまぁ、身内は薄めと見ているよ。」
沼者 「さあ、ゲームセットまではまだまだ終わらないぜ!(もちろん相手の攻撃的な意味で)」
天海春香 「あ、そういえば夜の能力発動
2分ぐらいだったし占い狼混じり目ですね(キラッ」
四条貴音 「ほらほら、皆、そんな顔をしていると心配しますよ?>水瀬伊織
本日は、プロデューサーが野猿街道二郎につれていってくれるそうです。
もやしもりもりですね。」
宮小路瑞穂 「リグルさん投票者に狼が混ざっていても不自然では無いといった感じですが
逆にリグルさんの投票先は違う気がします。あって狐」
星井美希 「虫さんだから、儚く消えてもらっただけなんだけどね。>投票」
水瀬伊織 「あ、ありがと・・・ほんとこう、アンタって
まるで女房役みたいに気が利くっていうか・・・

って、べ、べつに深い意味はないから勘違いしないでよねっ///>赤羽根P」
如月千早 「2-1ならどこからGJでも不自然ではないわ>美希
信用か即抜きか・・・しっかり見定めるか、狩人に期待しましょう。」
菊地真 「占い2COでグレーが広い中狼一本釣りはいいねー。
……もっとも霊能真ともはっきり言い切れないCO数なのが怖いけれどー」
やる太 「gikoが昨日から全潜伏がどーとかうるさくて、
占われたい潜伏狂人かと疑いたくなるお・・・」
高槻やよい 「あ~なんだかプロデューサーと伊織ちゃんが怪しいです(む~)」
ミスティア 「炎上までに~首脳陣の信頼をある程度得ていくことが俺達のコツなのよね~♪>沼者」
giko 「決定的にピンチって訳でもなかったから、身内についてはなんとも言えないわな。
インスピレーション重視で行った方がいいかも」
天海春香 「取り敢えず沼者さんは今吊らない感じかなーというか
もしリグルちゃん投票者が全員村だったら
そっち投票者に狼がいそうな感じかなって!」
加治木ゆみ 「まあ、確かに余裕はありそうだが……気を抜くわけにもいくまい。
色々と懸念事項もある。特に狐だな。」
沼者 「しかし狩人選手の一発が決まって点差が3点に開いた。
つまり、燃えても許される状況が増えた!!!」
赤羽根P 「行かんわ!せめて伊織は休ませるぞ!>貴音」
やる太 「といっても対抗の○だから吊れないのがなんともというとこだお。」
東横桃子 「霊GJって話でてるっすけど
この展開で霊噛みはともかく霊護衛する狩人とかいたら凄い人か心配な人かの両極端っすよね」
星井美希 「デコちゃんが旦那さんなの?」
四条貴音 「ふむ……そうですか。
しかしそうなると私一人で、二郎……如月千早、最近、胸が大きくならないと
悩んでいませんでしたか?」
天海春香 「プロデューサーさんがフォローに奔走している……
ある意味これって役職のお仕事だよねえ」
菊地真 「リグルの投票先は・・・ミスティアかー
ミスティアも保留、かなっ」
如月千早 「燃えないでください!?>沼者」
沼者 「ビハインドで好投、僅差で炎上、それが出来ぬものは俺達にあらず>ミスティア」
天海春香 「えええええ!?
伊織がプロデューサーの旦那さん!!?」
沼者 「燃えない俺達などタダの燃えないごみだ!>千早」
赤羽根P 「ま、これが俺の仕事だからな。
それで少しでも苦痛が和らぐんなら安いものさ(頭撫で)>伊織」
星井美希 「ミキなら、霊能じゃなくて占い護衛するかな。
どちらにしろ、死体なしは嬉しいよね>千早さん」
天海春香 「そっそんなっ!?
聞いてないですよそんなの!?
本当なんですかプロデューサーさん!」
giko 「なら、占えばいいさ>やる太
どっちか真見てるしな ただ共有方針が許すかどうか」
東横桃子 「うー先輩つれないっすー
先輩が心配するから占いはぱぱっと呪殺出せばいいと思うっすよ」
加治木ゆみ 「更に、初手狼吊れであれば、囲いが入っている可能性もわりと高く見えるな。」
四条貴音 「どうでしょう?
二郎をいただくと、胸が大きくなるのですが>如月千早」
如月千早 「四条さんと二足のわらじで・・・あ、いえ」
水瀬伊織 「他のみんなも個別間に合わなくてごめん!ありがと!
(でも・・・こんな優しい皆の中にも、もしかしたら狼が・・・)」
giko 「ああ、狂人なんら吊りたいって話か」
ミスティア 「2軍から上がってこれない子は僕達っていわれるんだっけ~♪>沼者」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
高槻やよい2 票投票先 →東横桃子
如月千早2 票投票先 →菊地真
星井美希0 票投票先 →高槻やよい
ミスティア4 票投票先 →如月千早
加治木ゆみ0 票投票先 →ミスティア
菊地真4 票投票先 →高槻やよい
四条貴音0 票投票先 →ミスティア
やる太0 票投票先 →菊地真
水瀬伊織0 票投票先 →ミスティア
東横桃子2 票投票先 →ミスティア
沼者1 票投票先 →東横桃子
天海春香0 票投票先 →菊地真
giko0 票投票先 →如月千早
宮小路瑞穂0 票投票先 →菊地真
赤羽根P0 票投票先 →沼者
3 日目 (2 回目)
高槻やよい2 票投票先 →ミスティア
如月千早1 票投票先 →菊地真
星井美希0 票投票先 →高槻やよい
ミスティア6 票投票先 →如月千早
加治木ゆみ0 票投票先 →ミスティア
菊地真4 票投票先 →高槻やよい
四条貴音0 票投票先 →ミスティア
やる太0 票投票先 →菊地真
水瀬伊織0 票投票先 →ミスティア
東横桃子1 票投票先 →ミスティア
沼者1 票投票先 →東横桃子
天海春香0 票投票先 →菊地真
giko0 票投票先 →ミスティア
宮小路瑞穂0 票投票先 →菊地真
赤羽根P0 票投票先 →沼者
ミスティア は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
星井美希 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星井美希さんの遺言
    /                 \  \
                    -=ミ 、ミ 、       ヽ ミ廴__
            /   , ´  \ ⌒丶_\- \      ハ  \⌒ ー
          ′  /{ ト    \ /⌒ヽ.ヽ  \    :  \:.
         :     {八{ `トミ 丶,_  ヽ __ \ 八}     ミ=-  _
         i i{ :  {:  丶    ` ー一 ,,  ⌒  i:ト(   \:.  :.  ⌒
         |八  人 ,,-\      〃 .:/.:/: 从 .:}  :  トミヘ、
         :. 、\  \                ∨    : : ー- ≧=-
.      ___,厶斗 ┐\{\ , = ,            ,′   :  |: : : : \
.     ,ゝ一 ´ ,、` <_` \〃      , ‐'′   / ,ハ   :  |: : : : :ヽ:\
     ′ -‐ ´  ̄`'ー辷======ミーァ′   /イ } .: 、|: : : : : : :ヽ \
    /   -‐   ⌒ぅヘ }ト、   ヽ             / / .:   `ヽ: : : : : : : : : : : .、
    .′   ノ´  ̄Υ  }八トi  个ト。,_         ′ ′ :  }: : : : : : : : : : : : \
          「 ̄´  /  |〉  、ートミ「竑垰=‐'’  //}   .:  / ̄⌒ア'ト、 : : : : : : ヽ
  :       ノ        / ∧  ≧=ー ´: : jハ   /´ /   .:: / ⌒て¨⌒Ⅵ.: : : : : : : :
  i    丨         /ィ__rヘ   マ7‐o_; o'}     /  .: イ     /´   ‘j : : : : : : : :
  |     |           八__ }}   トミ゚  ゚。   。{/ -=彡'{ ⌒h{     ’: /: : : : : :
  |    !         , :⌒以,リ   }{ ゚。   ☆゚  {     ミ=‐  |J     V: : : : : : :
  |     :        /: :ー=彡ヘ、  ヽヽ゚0。 。o。 。o0\ , ハ  、jk      , /.: : : :
  |     :.         ′; ’ しヘ∧   、‘~〈_尺_〉~' 、У } }  厶 ヘ       V : : : : :
  l             {/     人 }  }、川 l〈八〉l | l /,  ル'⌒ヽ、 _,:.     ’: /: : :
  :      ',     , ´       ′ リ  /    l | l | l   {八{       マ∧     V :/
  :      '    /        i ‘ーr',',Y,',',ヽ- -~'⌒′  ヽ   \   ノ.       ‘:{
  :.       V/      ィ{:._ _ノ⌒ξミ、}',',',ヽ             丶/ ∧     ',
   ',      ヽ       /f⌒r=ミV´ `V =ミ,',',}ト、_          丶// : : :.
                //i⌒ヾk㍉ | .::. |-=彡,','/⌒}         〃: : : :∧
    ‘,       / く⊥::. },'}ミY{´ ̄`'く⌒ r一'⌒ヽ  、   丶}!: : : :/ : :.
          /  Y´_,ノ⌒´ , Y⌒) f⌒Y个ー¬、` <` __ /: : : : : : :∧
     ‘、_/   ‘く    {//ノ{ ´__,ノ  ノ}ノ⌒ ̄    ` <`ヽ :_:_:_:_; : -‐ ‐
                   \   / ー-ミヽ{__r ´ -─┐        } :}
                 ーミ爻爻爻爻父ー'´ -‐ ┘       ノ ノ

イチゴババロアは魔性の食べ物なの♪
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
やる太 「占いCO 東横桃子○」
如月千早 「四条貴音 「どうでしょう?
二郎をいただくと、胸が大きくなるのですが>如月千早」

案内してください、四条さん」
加治木ゆみ 「霊能COをさせてもらう。ミスティアは○だった。」
沼者 「熱 烈 歓 迎 鶏 者」
天海春香 「おっはよーう!」
giko 「はいおはよー。
ちょっと不安になってきた」
やる太
東横桃子 「霊GJって話でてるっすけど
この展開で霊噛みはともかく霊護衛する狩人とかいたら凄い人か心配な人かの両極端っすよね」

この展開でって2COで霊GJは別に変な事無いと思うお?
中身が見えてる可能性あるとみて占うお!」
東横桃子 「おはようっすよ!」
天海春香 「ミスティアちゃん投票者ロラりたいとすら思いかけたけど
半分役職だったよ!」
沼者 「熱 烈 歓 迎 星 者」
菊地真 「おはよ!」
高槻やよい 「おはようございます!うっう~!
今日も頑張りましょう!!」
宮小路瑞穂 「占いCO 高槻やよいさん○」
赤羽根P 「おはよう。

・・・うん、とりあえず落ち着こう春香。誰もそんな事は言ってない。
それに俺みたいなのとそうなってるなんて言われたら伊織も嫌がるだろ?」
菊地真 「美希ー!!!」
水瀬伊織 「きょ、今日のらぁめんはお肉満載、凄くコッテリだった・・・っ!(涙)
で、でもね・・・私、やよいより胸が無いみたいでその
らぁめん沢山食べたら、貴音みたいに良いプロポーションになれるかもっていうか・・・///(ぼそぼそ)」
宮小路瑞穂 「グレから占い
ここは非常に中身が見えにくいので
後半に残って村決め打ちされると若干面倒な気がします」
giko 「あー、あと。自分でやっといてなんだけど、発言酷い。
素村COするから瑞穂に偽を見たらオレからでいいよ。」
天海春香 「うわあ、このタイミングでやよい○出てくるとか
なんてタイムリーなんだろうね」
四条貴音 「美希……二郎にいちごばばろあを合わせるとは……なんたる冒険者……っ!」
如月千早 「私に2票入っているのですが・・・どういうことでしょうか」
高槻やよい 「う~美希さんが噛まれてます…」
沼者 「星者っていうとアレだな、ベイスターズの誰かのようにみえるよな」
やる太 「うんうん、狼からの投票なのに
なんであんなに票あつまったのか謎だとおもったお>春香」
赤羽根P 「美希!
・・・くそっ、誰がこんなことを・・・」
菊地真 「gikoさんそういう発言は瑞穂さんが真だったとき失礼だからやめよう?」
沼者 「美希者、ミキ者というのも思いついたが、ネタとしては星者がベストだろう」
東横桃子 「グレー噛みっすかー
昨日のがGJだとしたら狩人探しっすかねー」
赤羽根P 「なんでも二郎に繋げるなよ!?」
四条貴音 「では、如月千早……ついてきますか。私に二郎坂に」
高槻やよい 「うっう~もちろんですよ~」
天海春香 「とりあえずこーみんなリグルちゃんの投票先を
いきなり吊るとか剛毅すぎるよー」
giko 「素村COは愚手だからこそ活きる場面がある>真」
やる太 「1狼吊れてるとはいえ、柱するのかお?>giko」
宮小路瑞穂 「そして最大の謎が昨日のミスティアさん吊り」
沼者 「やはり、一晩で二人の俺達が出るのは定番というか落ち着くな!」
菊地真 「違う。それは意図的に瑞穂さんの真目を落としてる発言にもなるから仮に村だったとしてもやるべきじゃないと思うんだ。」
天海春香 「んー、桃子ちゃんもやよいも○出たし
ギコさんああ言ってるのがめんどくさい……」
四条貴音 「と、いうことで、私としてはグレラン継続。
ただし。菊地真を除く、としたいのですがどうでしょうか?
そこは昨日、占い両者から投票されています。」
如月千早 「あの、そういのはどうかと思いますが。
村なら全力でリカバリーしてほしいです。>gikoさん」
宮小路瑞穂 「確かに狼を狙う場面ではないですが
少々極端すぎるような」
水瀬伊織 「べっ・・・別に嫌じゃないわよ・・・っ!?

た、ただ・・・春香とのがお似合いだと思うし・・・
も、もっと春香の気持ちも気にかけてあげなさいねっ///>赤羽根P」
加治木ゆみ 「私は異論ないよ>共有」
赤羽根P 「いや、それはたぶんないぞ伊織。とりあえず落ち着こうな<バストアップ効果」
giko 「狂人見られたいんだよ、言わせるな。
やって意味あるかは実戦で判断してみる」
天海春香 「あー、そういえば真も両占いから
投票されてるんだね。そこも除くとなると
今グレーいくつかな?」
沼者 「残して問題になるならgikoをgiko者として吊っとくのがいいんじゃないかな?」
菊地真 「ミスティア吊るならボク吊りのほうが良かったんじゃないかな。
霊能に真目みるなら余裕ある場面だったでしょ?」
如月千早 「胸が厚くなりますね・・・!>四条さん」
高槻やよい 「うっう~グレラン続行です!」
東横桃子 「占い結果が○だけっすし、グレラン継続っすかねー」
天海春香 「えーと、私と美希と沼者さん。
……リグルちゃん投票者しか残らないよ!
どうしたものかな千早ちゃん!」
沼者 「胸板を鍛えて投手になるのだな!わかる、わかるぞ!>千早」
水瀬伊織 「私は、身内投票とか考えるとそんなに投票先って気にしてないんだけど
でも、貴音の方針で異存ないわ
手掛りの一つではあるものね」
四条貴音 「プロデューサー……あの有名な推理小説「すべては二郎になる」をご存知ないのですか?
森羅万象、すべてが二郎につながることは文壇ではもはや、常識だとすらいうのに。」
赤羽根P 「春香の気持ち、って言っても・・・なんというか、兄みたいに慕ってくれてるよな。>伊織」
菊地真 「◇天海春香「あー、そういえば真も両占いから
投票されてるんだね。そこも除くとなると
今グレーいくつかな?」
投票されてる割に占われてないんだけどねー…w
初日0票、昨日いきなり4票でわりと注目されてるはずなんだけどなあ。」
やる太 「対抗狼でみるならそれでokだお!
初日の沼者投票から、リグルを生き残らせたい狼かと思ったけどおね。>四条」
天海春香 「あ、美希死んでた!!」
四条貴音 「ということで水瀬伊織、よかったですね。
道添えができましたよ?(にっこり」
giko 「後は投票決めるしか手がないかね」
天海春香 「というか」
赤羽根P 「そんな常識無いから!頼むからこっちの世界に戻ってきてくれ!>貴音」
沼者 「俺達の宿敵サワムラーが筋トレしているように、好投手になるには強力な筋肉が必要なのSA!」
如月千早 「真は両占いから表が入っているわ。
両偽をみないかぎりは安全かと。」
天海春香 「これ、真除くなら事実上
私と沼者さんのランってことにならないかなーという途中送信」
四条貴音 「と、いうことで、灰詰めを続行。
菊地真を除いてください。」
菊地真 「一応ボクもいれたほうがいいと思うんだけれど……>>貴音
ちょっと村終了後にでも意図を教えてーw」
東横桃子 「同陣営投票云々気にするような展開じゃないと思うっすけど
今積極的にグレーの狼だけ狙う意味をあんまり感じないっす
話題になって初めてリグルの投票先って知ったっすよ・・・」
宮小路瑞穂 「やる太さんの中身は…発言的には狼寄りといった印象でしょうか
菊地真さん投票外し把握しました。僕的には占いたいので占いはさせて欲しいのですが」
やる太 「対抗狂人なら狼投票はありえるんだお!>千早」
高槻やよい 「残りは沼者さんか春香さんか…」
如月千早 「歌わせてください!!>沼者さん」
水瀬伊織 「(うわぁ、鈍感・・・!っていう顔///)>赤羽根P

・・・は、春香、これは強敵よっ
アタックがんばりなさいよねっ///」
沼者 「逆じゃね? 真狂以外で安全でしょ>ちひゃー」
天海春香 「そ、そんなあ私とお似合いだなんて
もももう伊織ったらもー!!(ぴょんぴょん」
加治木ゆみ 「両占いから投票されているから、だ。
狼が騙りを出している可能性がわりとある以上、そこは非狼に見えるんだよ>真」
四条貴音 「……おや?おやおやまぁまぁ>菊地真除くと灰が春香と沼……」
giko 「まあ、まだ灰詰めの段階。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
高槻やよい0 票投票先 →天海春香
如月千早0 票投票先 →沼者
加治木ゆみ0 票投票先 →沼者
菊地真0 票投票先 →沼者
四条貴音0 票投票先 →沼者
やる太0 票投票先 →沼者
水瀬伊織0 票投票先 →giko
東横桃子0 票投票先 →沼者
沼者9 票投票先 →giko
天海春香2 票投票先 →沼者
giko2 票投票先 →沼者
宮小路瑞穂0 票投票先 →天海春香
赤羽根P0 票投票先 →沼者
沼者 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
沼者さんの遺言  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     ゴオォォォォォ……  ⑪
 |  沼者を探せ! .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   _、_∩
 |__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|俺達だぞ  .! ( ,_ノ` )
...   _|.  俺達だぞ  .|___| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(    ...   )
... ( ,_|_______|_ ..|| . |.  俺達だぞ  .| (,,,  ,, ⌒)
  /  づΦ_、_ || ( ,_ノ` )|| . |_______|ゴオォォォォォ……
      ( ,_ノ` )||  /  づΦ   _、_ .||       (⌒ :::)
 ̄ ̄ ̄|../  づΦゴオォォォォォ….( ,_ノ` )|| .| ̄ ̄ ̄ ̄从:::;;;从
だ..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /  づΦ |.  俺達だぞ  .|
__|.  俺達だぞ  .| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|....|_______|
.......|_______| |.  俺達だぞ  .|    _、_ ||
..   _、_ ||        .|_______|   ( ,_ノ` )||
  ( ,_ノ` )||         _、_ ||          /  づΦ
  /  づΦ      ( ,_ノ` )||
     ゴオォォォォォ…… /  づΦ   + 激しく俺達 +
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
天海春香 「おっはよーうございまーす!
伊織のプッシュがあるのはいいけど
肝心の本人が気づいてくれそうもないよう……」
如月千早 「◇沼者 「逆じゃね? 真狂以外で安全でしょ>ちひゃー」
◇やる太 「対抗狂人なら狼投票はありえるんだお!>千早」

・・・そのとおりでした・・・
狼まじりなら安心、でしたね。」
東横桃子 「おはようっす!」
赤羽根P 「・・・えーと、昨日の発言見返してみたけど・・・伊織、嫌じゃないって、つまり、その・・・
それで、そこから繋がるのは、春香もってことか・・・?



って待て待て待て待て!?ありえないよな、さすがに。
年離れてるし、プロデューサーだし。彼女いない暦=年齢だぞ俺!」
加治木ゆみ 「霊能COをしよう。沼者は○だったよ。」
四条貴音 「おはようございます……おやおやおやおや、まぁまぁまぁまぁ」
やる太 「占いCO 高槻やよい○」
菊地真 「おっはよー!」
高槻やよい 「おはようございま~す!!」
やる太 「対抗の○で一番囲いありそうな位置だお。
はやくキープ狼見つけたいんだお!」
giko
まあ、瑞穂の占い理由が若干囲い狙いを見れたこと(狂人ならば)
推理しているようには見えないんじゃないかなあ、と。

やるたが狂人を疑ったなら、疑わせるだけ疑わせてあげようじゃない
それで見られれば瑞穂真でも対応できるかな

そんな感じ
要は自爆覚悟のアドリブ。



で、狂人紛いの発言をすれば裏の裏で噛んでくれる=心証低くても噛み手を消費できる
そんな期待を持っての村奇策 お前らは真似するなよと」
水瀬伊織 「私は・・・戻れない修羅の道に入っちゃったのかしら・・・
でも、千早までらぁめんで貴音のように成長しちゃって
私だけ取り残されちゃったら・・・うう、らぁめん美味しいなぁ(涙)」
宮小路瑞穂 「占いCO 天海春香さん●」
菊地真 「また死体無しなのかー」
宮小路瑞穂 「理由 完グレ
昨日真さん占いをしたいと言いましたが
今日とりあえず即吊られるということは無さそうなので
明日真さんを占っておくつもりです

身内票警戒も兼ねて
多弁なので吊られたくない印象もありますね
念の為に」
如月千早 「死体無しですか。
狐かGJか微妙なタイミングですが・・・」
四条貴音 「……ふむ、そこに●をうつのですね。」
天海春香 「………や、やよい!
疑ってゴメンね! 別に今日やよい吊ろうとか
言おうとか思ってた訳じゃないからね!(一応2-1ではあるけど)」
高槻やよい 「わ~い確定○ですうっう~」
giko 「この死体なし…どうだろ
位置次第では狐もGJもどっちもある」
菊地真 「春香●…えー?」
天海春香 「というわけでプロデューサーさん!
満を持しての狩人COですよ!」
赤羽根P 「白か。吼え減ったからLWあるかとも思ったけど甘かったか」
宮小路瑞穂 「また死体無しですか…」
天海春香 「【アイドル春香の愛の狩人日記】
アイドルだけに愛の狩人とかほら、なんかウマくないですか!?
というわけで狩人ですよ狩人っ!
えへへへへプロデューサーさん護衛とか出来たらいいなあ~

【二日目】 護衛:やる太くん
うーんどっちの占いも微妙かな~? でも霊能護衛は趣味じゃないからパス!
瑞穂ちゃんはなんというか、占い方針話しちゃうのが
イマイチ真っぽくない感じ。やる太くんの護衛誘致の仕方も多少アレだけど。
共有への推測が素早くでちょっといい感じかなー、うん

【三日目】 護衛:ゆみさん
おういぇー! GJなら真狼っぽい感じおういぇー!
1W吊れてるしGJ見てーの連噛みは無いと見てーの
こっからのスライド護衛はいかがでしょーか! ドンッ!

【四日目】 護衛:やる太くん
セーフ! まあ負けるランじゃないと思ったので持ちこたえますよっ!
そして狩人探しの噛みと見て護衛は占いに戻しますっ!
しかし発言傾向のなんて役っぽいこと……余裕のなさがにじみ出てる……
完グレだからそうそう噛み位置にはならないはずなんだけど。
東横桃子 「うーん、春香さん●っすか?
あんまり狼には見えないんすよねーそこ」
四条貴音 「ん……吊り数は5、ですかね……」
やる太 「およよ?やる太の灰に●なら別にいいけど」
水瀬伊織 「わー、やよい確定○?
よかったー、発言少ないからいつか吊られちゃうかも、って心配してたのよっ・・・
これからは一緒の共有みたいなものね///(ぎゅー)」
giko 「狩人非対抗。」
やる太 「とおもったら狩人・・・」
菊地真 「狩人COかー。」
四条貴音 「まぁそうでしょうね。
対抗は出なくてもいいでしょう。」
赤羽根P 「とりあえず完グレ占う時点で瑞穂はアレだった気がするけど、そこ狩人か。春香、ナイス!」
如月千早 「・・・春香!
私は春香を信じますよ!」
加治木ゆみ 「まあ、瑞穂真でもキープする場所だろう、春香は。
―――私偽を見るというのなら別だけどな。」
東横桃子 「狩COなら春香さんは放置でいいっすねー」
天海春香 「昨日の私投票で察しました!>瑞穂ちゃん偽
まー初手で占いGJっぽい死体無し出てるんですけどね」
高槻やよい 「はわ!春香さんに●で狩人COです!これは困りました!」
宮小路瑞穂 「む。ギコさん非狩人ですか…」
菊地真 「千早……RPズレてる(ボソッ」
やる太 「これ真狩人なら、やるたに初日で噛みにきてたってことかお?
狼アグレッシブだおね・・・」
宮小路瑞穂 「対抗は今出る必要は無いです」
四条貴音 「では、今この場において灰が存在しません。
私としては、ここで決め打つ動きをしたいと思いますが、どうしますか?」
水瀬伊織 「おー、春香にしてはいいアピールになったわね、にひひっ♪>狩人CO

はうっ・・・/// そ、その
今は春香を沢山褒めてあげなさいねっ!>赤羽根P」
高槻やよい 「う~伊織ちゃん心配してくれてありがとう(ギュー)>伊織ちゃん」
東横桃子 「一応真さんが完グレっすけどね>共有」
赤羽根P 「俺も春香を信じる。ここでのCOで対抗でないんなら信じるに値するさ」
菊地真 「んー、春香狩人だからってやる太真占いじゃないんだよね。
やっぱり2-1めんどくさいなぁ」
天海春香 「千早ちゃん!
私も千早ちゃんを信じてるよ!
ていうか私視点千早ちゃん村じゃないなら両偽だよ!」
如月千早 「そもそも瑞穂さんは両方○が出た場合自然と吊ることになる春香を何故占ったのかしら?」
四条貴音 「と、失礼>東横殿
……ふむ。」
giko 「春香真なら、楽勝かな。」
天海春香 「あ、後で対抗出てgdgdとかやめてねそういうの
共有も決め打つゆってるしー」
やる太 「なんでやる太真占いじゃないっていえるんだお?>真」
菊地真 「◇東横桃子「一応真さんが完グレっすけどね>共有」
意図的に昨日吊りから外してたし完グレとしては処理するつもり無いんじゃないかな。ボクのことは。」
東横桃子 「真さん村決め打ちするなら瑞穂吊りっすけど
私のことみ的にはラスグレ吊りでいいんじゃないかと思うっす」
赤羽根P 「え、あ、うん・・・そうだな。
でも、その気持ちも忘れないからな?>伊織」
四条貴音 「では、灰詰めを行なってもいいでしょうか。
詰まりは、本日は菊地真吊り、となりますが。」
高槻やよい 「春香さんは…明日様子見るしかないですね…」
giko 「まこっちん吊り了解だな。」
水瀬伊織 「普通に考えれば、やる太真よねえ・・・
って、そっか真もいたわよね
悪いけど真吊りにしちゃう?>貴音」
菊地真 「◇やる太「なんでやる太真占いじゃないっていえるんだお?>真」
たとえば狂狼だったりしたらどうだろう?」
加治木ゆみ 「了解した。私としては問題ない。」
如月千早 「では、指定了解です。」
giko 「流石に裏の裏はかけなかったか
まあこれはこれでいい展開」
赤羽根P 「決め撃ちか・・・問題ないぞ>貴音」
宮小路瑞穂 「一つに呪殺狙いと言うのがありますね>妃宮千早さん
天海春香さんは生存欲があったので呪殺を早い目に出しておきたかった
もう一つは対抗の○がどこも占いたくなかった」
四条貴音 「そうですね。
菊地真、申し訳ないですが、つられてもらえないでしょうか?」
天海春香 「わっほいわっほい! さあ私を噛まないなら
読み勝負だよ狼s!」
赤羽根P 「指定了解、と」
水瀬伊織 「・・・ごめん、私の発言、「しん」と「まこと」が混ざっちゃった(汗)」
菊地真 「ん、まぁ●出てるしまだ大丈夫だね。
ボク吊りおっけーだよー」
高槻やよい 「う~真さん…ごめんなさい!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
高槻やよい0 票投票先 →菊地真
如月千早0 票投票先 →菊地真
加治木ゆみ0 票投票先 →菊地真
菊地真11 票投票先 →宮小路瑞穂
四条貴音0 票投票先 →菊地真
やる太0 票投票先 →菊地真
水瀬伊織0 票投票先 →菊地真
東横桃子0 票投票先 →菊地真
天海春香0 票投票先 →菊地真
giko0 票投票先 →菊地真
宮小路瑞穂1 票投票先 →菊地真
赤羽根P0 票投票先 →菊地真
菊地真 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
天海春香 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
菊地真さんの遺言                           ,r:.,=- ,..-─-_.、
                         /:.:/ /:./ ̄ _   ___
                    r-..、 _ l:.:.l /:.:/ ,..-‐':´: : :l‐'´:.:.:.:.:._`ヽ
                   /: : : : : :`:\ヽ!// : : : : : : : l:./ ̄彡:.:/
                ,..-‐:':l : : : : : : : f :l: f: : : : : : : : : : :l ヽ、 .ミ:.:/
               〈:.:.ミ´ l: : : : : : : : >-,ーヽ: : : : : : : : /、:.:.:` ミ:.:/
                \:.ミ L:_: : :/ /:.:.__:.ヽ、:__:_:/:.:..\:.:.:.ヽ:.ヽ
                  \r‐,、_ / // ノ : : : : : : \:.:.:.:ヽ:.:.:.l:.:.:!
                  ./ / / ).ィ / /:.ヽ: : _ -‐ ̄ 、:ヽ:ヽ:.:.lヽ:l
                __/ `'ゝイ`ヽ´ /__ヽ:.:.:!`´  ,, =、ヽ:.:.:!.ヽ:l
              /  `ヽ、  ヽ ,r'´!´  ヽ:.l    イヒ:::l l \:.l:.:.l:l
             /        ,r‐<:_:ヾ ,,r==  ,  ー‐'' .レヽ!:/リ
             >ヽ、    /-、   `ヽ、   ,. -─┐  ハ、/`ヽ
           /: : : :ヽ、 ./: : └-.、_   ヽ  ヽ、  丿 ./      l
          /: : : : : /`´: : : : : : : : : :)   ヽ、 __ イ       /` ー-、
         !: : : : : / ̄`: : : : : : : : : :f     !‐--ゝ,. -‐- 、    /: : : : : : l
         ヽ_: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、_   ヽ / ,. -‐- ヽ   \: : : : : :l
            ̄`` ーi: : : : : : : : : : : : : : : :)  ノ: l /  (⌒) l    ヽ: : : : l
                  ヽ: : : : : : : : : : : : (    l: :l     ! l ノ    /: : : : l
   , .-─-. 、        __ \: : : : : : : :_; :-'\   l: : `.ー--'"! l   /: : : : ;〈
 /: : : : : : : :`ヽ、    /   ̄`` ー-<´!. : . : .    ´ ̄ `´ ̄ /  j: : : : : : : ヽ
(: : : ,. -‐-、: : : : :ヽ   /         `ヽ. : .        ○  /  <r- イ: : : : : ヽ
 ` ´      ヽ: : : :ヽ  !           ノ: .          /  __ l /: : : : : : ノ
        ヽ: : : :ヽ l         /: .           //  `ヽ、: : : /
          ヽ: : : :ヽl   _ -‐ '"´ ̄  ヽ         ○ /-、      ヽ/
          \: _,.-‐ ´         ヽ         /   `ヽ、   )
          /               ヽ、、      ソ __  ヽ、
        ,. .'"``.ー.─.-.-. . .、 __        ` ー-‐    ヽ: : : ̄:``: ヽ、
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /                  ヽ: : : : : : : : : ヽ、
    ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/                    ヽ : : : : : : : : : : \
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!                        i: : : : : : : : : : : : :\
   ̄/_ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !                        l: : : : : : : : : : : : : : :\
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :!                     l: : : : : : : : : : : : : : : : :ゝ
     '─‐┐: : : : : : : : : : : : : : : : !                       l: : : : : : : : : : : : : : :r┘
       /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ                     !: : : : : : : : : : : : : : ヽ、
       '─-,: : : : : : : : : : : : : : : : :\                /: : : : : : : : : : : : : :l ̄ `
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\                 /: : : : : : : : : : : : r‐ヽ

ここ10戦の素村率驚異の8割! 菊地真でーす!
天海春香さんの遺言               . <: : : : : : : : 「≧ュr¬> .
            「ヽ/」: : : : : : : : :`フ八マヽ: : :.ヽ
              / </ ゞ> /: : : : ト、: : : : : : : : : : : : :∧
         〃: : :/: : :/!___| \_ヽ: : :ヽ : : : : :.
        // /___:/       ̄ ヽ ゝ_: :ヘ: : :',: :!
.        /: /__/ γ´       ニニニ.  ヾリ : : }: i
         >< : : Y-ニ三      三三三   У: : /: :l    
.       /: : : : : : : ! 三ニ        ̄ ̄ ̄  /: : : ハ: : !   プロデューサーさん、ドームですよドームっ!
      /: : > : : : j     ____  、    /: ;.イ : |.:.∧
       ,' / { : :/ :Y     V´: : : : : : : }   ,'〃{:.ト、: |: : ∧
.     |/   |: /、.:入     ヾ : : : : : : ノ  /´イ|: !.ヘイ:r―ヘ
.      , -、 |/∠ \!≧ュ _ 二二 < ¨>.入|`<」
     ゝ、 ` zz _、―― 、〃    r―― ^ヽL  \
      / 〆// ァ}     j      ー <   j    Y
      (_ノ   ` ー ' ___ ノ>イ    .ヒ ___ノ、___ノ
                   |      V :|  ∧
                   i      V:|  ∧
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
やる太 「占いCO 赤羽根P●」
如月千早 「おはようございます!
結局春香は役職だったわね・・・私は・・・まぁ、頑張ります。」
東横桃子 「おはようっすよ!」
giko 「へーいおはよーさんっと。」
加治木ゆみ 「霊能者をCOする。真は○だった。」
やる太 「共有としか絡んで無いと思ったら?
占いの真贋に口出し・・・
ここ人外ありうるかお?」
宮小路瑞穂 「あっ」
如月千早 「・・・あ、やはり春香真でしたか。」
高槻やよい 「うっう~おはようございま~す!」
やる太 「対抗破綻っと。」
赤羽根P 「おはよう。」
四条貴音 「……ふむ。」
giko 「やっぱそこ真だよねぃ。」
東横桃子 「春香さん真ってことっすかね」
高槻やよい 「春香さんが噛まれています…真だったんですか…」
水瀬伊織 「おはよ~
・・わ、私、食べ過ぎて眠くなっちゃって、そしたら貴音が、その・・・///(もじもじ)」
如月千早 「では、ここからは両偽あるかどうかが問題ですね・・・」
やる太 「赤羽根Pキープで対抗吊りだお。」
赤羽根P 「って春香・・・それに、俺に黒、か・・・両偽だった・・・ってことかな」
四条貴音 「では、やる太殿視点狐候補はGiko殿、それに霊能といったところでしょうか?」
加治木ゆみ 「瑞穂の真が消えたな。吊って中身を見てみたい―――が、明日私が噛まれるんだろう。」
giko 「これは、よっぽどじゃなければ詰んでるくさいかな。」
東横桃子 「赤羽根Pに●出てるなら、先に瑞穂さん吊りっすかね」
水瀬伊織 「って、ふぬけた気分じゃいられないわね!
春香がやられちゃって・・・まさか・・・
P,あなたが・・・!?」
やる太 「やる太は明日噛まれると思うから、
後は任せたお。」
四条貴音 「いずれにせよ4吊り、足りますね。吊り。」
高槻やよい 「そしてプロデューサーさんに●…ますますわからなくなりました!」
水瀬伊織 「そうね
ひとまず破綻の瑞穂が先ね」
やる太 「先につれてなきゃそうなるおー!>四条」
giko 「つっても、オレ吊って羽根P吊ってはいそこまでよ、としか思えない
それ以上続いてやる太偽考慮といっても平たい灰戦だし」
赤羽根P 「そんなわけない!俺が春香を殺すわけない!

・・・春香を殺すくらいなら俺が死ぬ!」
東横桃子 「やる太のグレーはあとgikoだけで4吊りあるっすから
やる太真なら詰んでるっぽいっすね」
四条貴音 「……?
ちょっとまってください。

やる太殿、あなた視点の灰を、今一度、おしえていただけますか。」
宮小路瑞穂 「あと昨日の誤字修正
×妃宮千早さん
○如月千早さん」
四条貴音 「そうですよね?>東横桃子」
四条貴音 「と、いうことで、本日は宮小路瑞穂を吊ります。」
赤羽根P 「・・・ゴメン、流石にどう反応していいかわからないんだ。・・・できれば信じてほしいけど、俺怪しすぎるよな・・・」
やる太 「やるたのけっかは四条貴音○ 如月千早○ 東横桃子○ 高槻やよい○ 赤羽●だお>四条」
如月千早 「あれ、書き込めてない・・・」
加治木ゆみ 「春香を噛んだ時点でほぼ詰みなんだよな、これ。
占い狂狼でなければ、だが。」
水瀬伊織 「・・・いいわ、あなたの事は明日聞くから・・・>赤羽根P」
やる太 「伊織が共有、四条が共有」
高槻やよい 「残ってるのは…gikoさんと対抗さんみたいですよ>やる太さんの灰」
四条貴音 「あなたの結果ではないです。
あなた視点の灰、です。

どうして、あなたはあした噛まれる、あとは頼む、と?
あなた視点、吊り方はほぼ確定、しかも仕事は終了しています。」
如月千早 「やる太さんの占い先と発言を見て両偽あるかないか、見ないといけませんね。」
giko 「ならばやる太偽を考えさせるだけのアレをしないと>羽根P
定石で1吊りあまっておかしくないかとか 突っ込めるところはあるはず」
東横桃子 「仮にやる太偽だと、私、千早さん、やよいさんの3択で一応最終日勝負になるはずっす
あ、当然これは先輩真前提っすよ。先輩信じてるっす!」
加治木ゆみ 「ああ、一応私もやる太のグレーではあるな。
占う意味があるとは感じられないが。」
赤羽根P 「考えさせるだけのアレ?」
水瀬伊織 「あと・・・やよい?
私に、もしもの事があったら・・・貴音とがんばってね?」
四条貴音 「ということで、まぁいずれにせよ最終日はくるのですが……1吊り、あまるのですし。」
やる太 「順番だけ考えて吊ってもらえばいいだけだおね。>四条」
高槻やよい 「う~伊織ちゃんそんなこと言わないでください!>伊織ちゃん」
やる太 「たしかに、明日噛まれないのか・・・
盲点だったお。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
高槻やよい0 票投票先 →宮小路瑞穂
如月千早0 票投票先 →宮小路瑞穂
加治木ゆみ0 票投票先 →宮小路瑞穂
四条貴音1 票投票先 →宮小路瑞穂
やる太0 票投票先 →宮小路瑞穂
水瀬伊織0 票投票先 →宮小路瑞穂
東横桃子0 票投票先 →宮小路瑞穂
giko0 票投票先 →宮小路瑞穂
宮小路瑞穂9 票投票先 →四条貴音
赤羽根P0 票投票先 →宮小路瑞穂
宮小路瑞穂 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水瀬伊織 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
宮小路瑞穂さんの遺言           〃´⌒ヽ
     ., -――  メ/_´⌒ヽ
   /   / ̄  ´ヽ ヽ
  ./  ,  /// ト. !  、 丶ヽ
  l  / /(((リ从  リノ)) '
  |  i  l   . ヽノ .V l
  l ,=!  l  ///    ///l l    ねんがんのPS3をてにいれたぞ!
  l ヾ! ', l    ヽ_フ   l l  
  |  ヽヽヽ        //
  l    ヾ≧ , __ , イ〃
  li   (´`)l {ニ0ニ}、 |_"________
  li   /l, l└ タl」/|´ P S X  l
  リヽ/ l l__ ./  |___________|  
   ,/  L__[]っ /       /   2006-11-11 AM7:00 ビックカメラ有楽町にて
水瀬伊織さんの遺言                    ,、 __
                ,-≠"´>='ー゙-^'、'z _
            ,r/': :: :: :: :: :: :ヽ`ヽ、ヽミゝ、
           /::/::r ≒、: :: :: :: :: :\∧ ∧カヽ
            /::l::{/´  \: :: :: :: :: :ヽヽ バ3゛.
          i': :/'        \: :: :: :: :: ::ハ  }ミ::.
          {: :| =- 、     ヽ: ::ヽ: :: :: ::; } 〕:i
           〉{ __、     -―‐÷、:: ::: :: :l! ' 〉::|
            /∧ I;心    ._,.==-V: :: :: :: :l! ,' '、:|
          _,../: :: :} V}      {っし|ハ:: :: :: :|;',^;::::|
       r'"  L._: :,{  ¨      ゛ ー=| {:: :: :: :レ;:;: : :| やよいの方が私より、乳率(胸囲÷身長)が高いんですって・・・
      ,'  ;::..   八             '/}:: :: ::/;:;:;:;;: ::| つまり、やよいのが大人なスタイルってことで・・・うううー///
     ,   , ゙ ー、 三、ヽ. 丶    ...:':/: :: :/;:;:;:;:;:;,:::ハ こ、子供じゃないもんっ
     ,′  l    ∨r‐ヽ}> . ッ≠-‐{: :: :i'=ァ;:;:;:;:,: :∧
        l! __   从‐'''" `7ミ‐-{}=-{: :: :}/;:;:;:;:;:;:;: :: :ヽ
    l    Εヽ`¨"      L._,,.()''' |: :: :| `゙<;:;:;:;:;; ::: ::::\
    l   |,} }       /  ,'l!゛ーt{: :: :{   ヽ;:;:;:;:;:: :: :: ::ヽ
     |  ...:::};{ {    ,,  /_  ' l!   | V: :ハ   /"´∨;; :: :: :: :∧
    └ -‐='ヽ ≒、,..'/    `゙" rミー┘ ゙ヽヾ/  ,{   V;:;::: :: :: :: }
        /;:;:\l ∧.    ,'  ,.r}!l ,r'"´¨ ≦ニ弋  ∨;:: ::: ::;/
       {;:;:/|;ト、;:×.゙ ‐x' ミ."    V     ゞ、._ ` ー∨;: :::/
        ∨ ゛ ヾ、_≧=≒ヽ,    、   。 。}ニニ三  ∨::/
                _}___,) \   }-、  ・人/ー'"ヽ、 Vし'i
           ,. '"゙ニ^ー"-"   \ ヽ、_)7´)/      `¨"
          /         (У ゙ヽ、   "/
          /          {     `T´ \
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
赤羽根P 「おはよう。」
giko 「ういっすと」
加治木ゆみ 「霊能COだ。瑞穂は●だったのか。」
東横桃子 「おはようっすよ!」
赤羽根P 「・・・伊織・・・・嘘だろ・・・?」
高槻やよい 「伊織ちゃんが…伊織ちゃんが噛まれてます!」
如月千早 「やる太さんの発言は春香の狩人COの時のリアクションが真とした場合
やや不自然なものがありますね。
対抗破綻の可能性・・・朝ですか」
四条貴音 「……赤羽根P、あなたという人は!」
やる太 「占いCO Giko○」
赤羽根P 「そんな・・・どうして、こんな・・・」
giko 「あれ、結果まだ?オレのはずだが」
やる太 「霊?占うところじゃないお。
それじゃ灰つめだおー」
高槻やよい 「狼…絶対に許さん!」
加治木ゆみ 「というか、何故私は生きているんだ?
私疑いに向けさせたいのか。」
四条貴音 「確定○、と。
ならば」
giko 「OKOK。
よっぽどじゃなければこれで勝ちっぽい。」
やる太 「それじゃ 霊偽じゃない限り赤羽つっておわりだおー」
高槻やよい 「あれ今私へんな声が出たような…」
東横桃子 「やる太真の場合狐もいないっすから
赤羽根P吊りっすかね」
赤羽根P 「俺どうしたらいいんだ。どうして俺が殺さなきゃいけないんだ・・・」
如月千早 「高槻さんが羅刹のような顔に・・・!」
赤羽根P 「とりあえずさ、誰を占ったじゃなくて残りグレーを聞いてるのにどうして残りグレーを答えてくれないのか、それを教えてほしい。
何か理由あるのか?>やる太」
四条貴音 「提案したいのは加治木ゆみ→赤羽根Pの順番の吊り
やる太殿は死体なしの夜の天海春香の護衛先、よって真狂とみます。」
加治木ゆみ 「真狼ー真の初手囲い。うん、わりと納得のいくところだな。」
やる太 「誰占ったかみて、その後共有2人いるからっていったお?>赤羽」
東横桃子 「プロデューサーさん吊って終わればらくしょー村って感じであとは先輩とスーパーイチャラブたいむっすよー(ホクホク」
加治木ゆみ 「私吊りか。余裕あるしそれで構わん。」
赤羽根P 「考えてたのはこれくらい、だな・・・正直・・・あと、東横さんの発言がいまいちよくわからない印象。」
giko 「多分、万が一があっても…でオレをSGにしたかったんだべ。
GJがあって、それで調整したと。」
高槻やよい 「伊織がいない村なんて滅びればいい」
東横桃子 「そ、そんなー!先輩吊りとか嫌っすよ!」
四条貴音 「再度、私は現在、やる太殿の○が噛まれていない事実から考えます。
加治木ゆみ→赤羽根Pと吊り、その上で最終日がくるかを確認、いいですか?」
赤羽根P 「あ、言ってたか・・・」
加治木ゆみ 「勝つためには非常にならねばならぬ事もある。そういう事だ>モモ」
giko 「了解。>たかね」
高槻やよい 「あれなんだか私さっきから変な声が…」
やる太 「ああ まぁ無いとは思うけど、それでいいおー
まんがいち狐の乗っ取りは考え難いけどおね。>四条」
赤羽根P 「もう確定なんだな、俺・・・ごめんな、無能なプロデューサーで。」
高槻やよい 「わかりましたよ!貴音さん!」
東横桃子 「私はいつも変わらないっすよ!先輩ラブ!これ以外ないっす」
四条貴音 「加治木ゆみ視点も問題ないはずですね?」
如月千早 「了解しました。
最悪私が最終日にいる展開も考えておきます。>四条さん」
giko 「まあ、それが読める占い理由だったからあえて素村COしたけど
やっぱり使われないからこその奇策なんだよなとしみじみ」
加治木ゆみ 「あのタイミングで出て狐ケアで吊られるのは想像の外だが、まぁ悪くない。
少なくとも、私視点で2狼は吊れている。
であればやる太偽でも最終日は来るからな。」
赤羽根P 「貴音はやる太真と決め撃った。それでいいか?」
東横桃子 「いやっす・・・先輩とお別れしたらこの村に残る意味が無いじゃないっすか・・・(グスグス」
giko 「じゃあ狩人はなんなんだ>赤はねP」
赤羽根P 「そこが少し気になった。両偽を考慮していないのかいるのか」
四条貴音 「真狂、と決め打ちました>赤羽根P」
加治木ゆみ 「というか占いに真がいるならやる太しかない。
もし真がいなくても最終日までは行けるから問題ない>赤羽根P」
やる太 「自分が狂人なら、狼の囲いがありそうな赤羽根の位置に●うつかお?」
如月千早 「プロデューサー・・・
村ならいいんですが、狼でしたら茶番が過ぎますよ?」
四条貴音 「故の選択。」
高槻やよい 「(待っててね伊織ちゃん…仇は必ず私が…くふふふふ…)」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
高槻やよい0 票投票先 →加治木ゆみ
如月千早0 票投票先 →加治木ゆみ
加治木ゆみ6 票投票先 →赤羽根P
四条貴音0 票投票先 →加治木ゆみ
やる太0 票投票先 →加治木ゆみ
東横桃子0 票投票先 →赤羽根P
giko0 票投票先 →加治木ゆみ
赤羽根P2 票投票先 →加治木ゆみ
加治木ゆみ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
四条貴音 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
加治木ゆみさんの遺言
                   ___
               , z ´: : : : : : : : : : :` 丶
            /: : : : : ;, z ヘ: : : : : : : , ヘミ、
           /: : : : ::,/  ::::::.∧: : : :/ ..::.   \_
.          / .::..........{    :::::、::::∧: :/....::::::::    `}
.         ,' ::::::::::::/    .:::::::}:::\∨/}::::::::.    .i
.         / ::::::::::::ノ    .:::::::/`¨z -~-{::::::::    ハ
         .} :::::::::::/   ...:::::::/      {::::::::::::.   ハ
         .{ .:::::::/  . :::::::::::/       {:::::::::::::.  ∧
         ,'-=彡  ...:::_ __/__       .∨__:::::.. ーミ、     
        /彡´ ::::...::´/ /   `     ´ .∨  `::::...  \
    -=ニ三 __ 彡 ノテ=─、      , =─.、ヘ_::::::  >、_
        } ̄::::}:::::/}.く {_ノ:::::}       {_ノ:::::} ゝミ_} ̄ ̄ ̄ ̄    さて、ここからどのようになるか―――
       / ::.:::/{}:::::::N  ヒ三ソ       .ヒ三ソ ノ{  ノ/
       ,' /.:::/::丶}}∧                / / }}
       /./ ::::{:::::::{{.`八         '      ./´{::::  }
      // :::::i:::::::{{:::::::::\     _ _     人 }:::: }.i
      {{i ::::::.i::::::/::::::::::::: > 、       , <} }::::::i:::: i i
      ii } __i_{_::::::/ { \ ` - _   ィl、:::::::::::l::|::::::i::::::|:|
.    /─‐ヘ    :`´:::::::::i  >──´─ ´¨ミ 、_:::::i:::::ll i
.   }     }   ::::/ /ヘ´        ヽ ヽ`, . ̄ ─ _
   /:::::::::......  `、   レ´   ∧       ヽ \/     , .}
  .}....................  } /      ∧‐┬‐┬ヘ ゝ./.}     } .i
.  ,'        / \      ∧ |:::::::|  .∨_ノ´     /  .|
.  }      /.    \  O ./..|:::::::|  .{´\_     ./   |
  ,'     /        \_/ヽ .|::::::ハ ,'   `7   ,'::::  .|
四条貴音さんの遺言                 /ヽ
                /  s i
          /    .|/\――ァ      _ / ̄/ ̄:::''‐、.       ら
.    r―――くS    /   |―― ァ     ./::/ /::::::::::::::::::::::\.   お.  あ
     \__r――― '――― ァ_ノ    /::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.   か  め
.    r、{ ̄∽  \∽   ∽∽ ノ―ァ ア    ./_/__i i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ  わ.  ん
  r、! \   r――――― '‐―ァ/}.     ../ | .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  り
 !\ S. ` 、r‐` ――――――‐ァ―ァ      /┃ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  r――――.\______ ,ノ―ァ     (   (7::::::::i:::::::::::::::::::::::::/
.  \∽   { ̄∽   ∽∽  ,フ /       .\ /::::::::::/:::::::::::::::::::::::(
.   \: : : : :\: : : : : : : : : : : :/: :/        /:::::::::::く::::::::::::___\_______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::::::::\:::::::::::/ __  _  /
                        ,r'―――.//_,,..-‐"::::::/ /  / /// /
                        ,`‐η‐-' く::::::\:::::::::::/ /ヽ / /~/ /
―――――――――――――――ヽ‐<...,,__/)λ" ):/ / / / / / /――――
                                 ヽ ) (/ / "/ / / /
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
やる太 「赤羽根P●

灰いないんだおー」
東横桃子 「おはようっすよ!」
高槻やよい 「気が付いたら朝になっていました!
とりあえずおはようございま~す!」
赤羽根P 「・・・ちょっと待って。」
giko 「はいおはよ。
今日は確定と。」
如月千早 「春香を噛み抜いたのがあなたではないと・・・私も信じたいのですが。
プロデューサー・・・すみません、処刑させて頂きます・・・!」
東横桃子 「うぅ・・・せんぱい・・・」
やる太 「投票済みだおー」
giko 「一応、投了の早進行は認めるけど。
万一あるから考えることだけはしておく」
高槻やよい 「共有さんが噛まれています…
四条さんお疲れ様です…」
赤羽根P 「貴音は真狂決め撃ってるって言ったよな?

なら・・・瑞穂黒はなんなんだ」
赤羽根P 「・・・ま決め撃っているんなら俺には何も言えないよな。」
東横桃子 「せっかく・・・せっかく一緒に生存勝利できると思ってたっすのに・・・
どうして、どうしてこんなことになったっすか!」
高槻やよい 「あ~そういえばそうですね!」
赤羽根P 「守れなかったんなら俺が殺したのと同じか。
・・・さ、やってくれよ。無能なプロデューサーは、不要だろ?」
やる太 「ん?やる太が真狂ってことだお?
真だけれども」
如月千早 「瑞穂●・・・?
どういう意味でしょうか>プロデューサー」
giko 「ん。把握だぬぇ。」
高槻やよい 「瑞穂さんが●なら真狂ではないんですよね…」
東横桃子 「正直そこは突っ込もうと思ったけど時間無かったっす
けど赤羽根P吊りは変わらないっすよ、残念っすけどやる太を偽決めうつには2回目の死体なしがちょっと」
赤羽根P 「霊能結果だよ。宮小路瑞穂(占い破綻)は黒だったんだ。」
高槻やよい 「なんていったって●なんですから!>千早さん」
やる太 「霊が真であれば瑞穂狼が確定ってだけだお。
仮に瑞穂偽だったとしても、そこが釣られている以上はなしてもいみないことだお。」
高槻やよい 「とりあえず今日は四条さんの遺志を継ぎ
プロデューサーさんを吊ります!」
如月千早 「・・・あ、たしかに。
加治木さん視点 真または狂人、狼。どういうことでしょう・・・」
東横桃子 「まあ先輩狼と考えるなら真狂もあるっすけどね
私は信じてるっすけど」
やる太 「潜伏狂がいたか、初日狂人だったかじゃないかお?」
高槻やよい 「…プロデューサー…本当に狼だったら……わかっているな…?」
東横桃子 「瑞穂●判定というより、狼の全数として先輩狼以外で真狂はないんすよねー」
giko 「真狂=霊偽です
まあ、コレで失敗してたらほぼ負けだけど。具体的にはあの展開でまだやる太の候補になんかいた。

…ねーとおもうけどなー、あの狩人真で見れるし」
赤羽根P 「あぁ、わかってるさ。だからこそ俺は自分が違うと言い続ける。>やよい」
やる太 「gikoの吊られたさ加減から潜伏狂人あるかってほんとになやんだお。
初日の感じからもあれだったし。」
giko 「投了受けと見て早投票はしたよ」
如月千早 「高槻・・・さん・・・?
般若のようなオーラが・・・」
東横桃子 「あ、霊偽なら数も関係ないのか・・・
先輩盲信してたっすからあんまり考えがまとまらないっす」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
高槻やよい1 票投票先 →赤羽根P
如月千早0 票投票先 →赤羽根P
やる太0 票投票先 →赤羽根P
東横桃子0 票投票先 →赤羽根P
giko0 票投票先 →赤羽根P
赤羽根P5 票投票先 →高槻やよい
赤羽根P は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高槻やよい は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高槻やよいさんの遺言
       ___/ : ヽ /:\           , -、
      〉: : : :__, - 、: : __j_        ,r―/: : :`ー-- 、
       ヽ: : ム-- ': : : : :z : `ー- 、/: i: : : : : : : : : : : : 丶
      /:, ': : : ̄:` : : : : ―: 、: : : : \'¨¨`┐/: : : : : : : : : :\
      X : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : \  ー、: : : : : : : : : : : :ヽ
    /: :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : ヘ  〈: : : : : : : : : : : : : |
.   /: : /: : : : : :/: : i: : : :i : : : : : : : : :ヘ : : : :ハ {__: : : : : : : : : : : /
  /: : /: :/ /: :/| !: :|: : : :|! : : |i : : : : : ハ: : : : :}-' ヽ: : : : : : : : :〈
  |: : ハ: :|: :| _ i | !: :|: : : :ハ : :i||: : : : : : :|: : : : ,     \: : : : : : : ヽ
  |_|」 i!__ヒニ`  ー ' -=- 、 リハ: : : : : : |: : : :/    /: : : : : : : /
  ∧: : : ヘ,イテz    zァx 、、│: : : : : |: : :/     {: : : : : : : /    うっう~今日もバッチシです!
  | : : i: : :}弌;ソ     たハ y ! : : : : : |「〉'     \: : : : 〈
  | : : |: : :|xx      ゞzン〃/:イ : : : : |/      /⌒ヽヽ: : : ヽ
   v: :i!: :∧  '  __   xxx/// ,: : : :/>、   /   ハ 〉: : : }
   ヽ:ヽ:N:へ  V_ノ    /ソ/ イ : : / /!ヽ /     } / : :/
    \{: : : : :> 、´     イ ///: /i/  | レ'     /〈: : : ヽ
      ー、 : : : /¨ ´ヽ   /:/〃/   / i_   イヽ >: : :〉
       /: : : //´ ∨ 〉  // /― / /__)    ノ{ : : /
       `ー、: }ム/      /  / /  \   ) `ー、¨}
          /: |  {    , <´  >' /      \/   jノ
          -代´ ¨¨i  > ´ > '         \
         ヽ、`ー十 ´ > ´   ヽ           \
          ,,=v=ミ ´ r' ¨>    ー\           \
          {    }}  <_ン       \           \
           ヽ /
赤羽根Pさんの遺言 さて、たまった書類を片付けないとな
朝日が昇り、9 日目の朝がやってきました
東横桃子 「おはようっすよ!」
giko 「…続いてしまったか
瑞穂偽で1つ、ゆみ偽でもう1つ。
霊真ならばやる太狂狐。瑞穂は負け試合前提で吊り進めている。

死体ナシは一手目三手目、初手でやる太偽は見切れない
瑞穂狼なら囲いがあって候補がオレとやよい(ただしやる太でGJが起きているから…策変える予定はあったのか)
やる太 「ってわけなんだお。」
如月千早 「・・・おはようございます。」
giko 「噛まれたのはやよいと。」
如月千早 「やる太さんが狂人でなかったら内訳がアレすぎますのでそこはどうでもいいとして」
東横桃子 「夜入った瞬間思わず両偽wwwwwwwwって草生やすところでしたよ」
giko 「霊偽は見ない。なら、どっちで狼と狼側が理解したか
それが問題。」
やる太 「それじゃ狼ぎぶあっぷならいうんだおー
そうでないなら、やる太の勘でいくんだお。」
東横桃子 「やる太さん放置で2択っすねー」
giko 「で、やる太狐ならどうしようもないな。」
如月千早 「高槻さんを疑おうと考えましたが・・・
gikoさんは、狼ならあの挙動はしません・・・多分ですが。」
giko 「なんでこの状況で桃子余裕あるのか
それがちょっと違和感」
やる太 「桃子ふるぼっこな件」
東横桃子 「◇如月千早  「では、ここからは両偽あるかどうかが問題ですね・・・」
◇如月千早  「やる太さんの占い先と発言を見て両偽あるかないか、見ないといけませんね。」

6日目でこの発言は先走り過ぎじゃないっすか千早さん。両偽知ってたんじゃないんすか?」
giko 「この展開だとブレインは恐らく瑞穂位置。」
如月千早 「◇東横桃子(72)「霊1なら先輩は真っすよね
同陣営確定で感動っすよ」

初日の発言ですが、2-1は即座に霊真を見れるかどうか。」
東横桃子 「余裕なんてないっすよ
余裕あったらもっと喋ってるっす」
giko 「あえて言うなら千早は発言が硬いかな。」
やる太 「GIKOが空気だお・・・」
如月千早 「あ、それはもう詰み路線がみえますからね>やる太真なら>桃子さん
そこから先、こうなるのはありうるでしょう。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
9 日目 (1 回目)
如月千早2 票投票先 →東横桃子
やる太0 票投票先 →giko
東横桃子1 票投票先 →如月千早
giko1 票投票先 →如月千早
如月千早 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「◆支配人 本拠地、横浜スタジアムで迎えた中日戦
先発三浦が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
スタジアムに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声
無言で帰り始める選手達の中、昨年の首位打者内川は独りベンチで泣いていた
WBCで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
それを今の横浜で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」内川は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、内川ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」内川は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、内川はふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにベイスターズの応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「セイイチ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った内川は目を疑った
「す・・・鈴木さん?」  「なんだアゴ、居眠りでもしてたのか?」
「こ・・・駒田コーチ?」  「なんだ内川、かってに駒田さんを引退させやがって」
「石井さん・・・」  内川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:石井琢 2番:波留 3番:鈴木尚 4番:ローズ 5番:駒田 6番:内川 7番:進藤 8番:谷繁 9番:斎藤隆
暫時、唖然としていた内川だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
中根からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっている内川が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
giko は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
如月千早さんの遺言 くっ・・・。
朝日が昇り、10 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/06/01 (Fri) 00:01:50
星井美希 「あっ、ダメだったの。千早さん、お疲れ様。惜しかったね」
沼者 「なんで内川コピペがはられてるんだwww」
東横桃子 「おつかれっすー」
giko 「ごめんなさーい。」
菊地真 「キュラキュラキュラキュラ…」
沼者 「お疲れ様でした」
天海春香 「お疲れ様ですっ!」
高槻やよい 「お疲れ様ですよ!うっう~!!」
リグル 「お疲れ様ー>千早
内川コピペ…!」
giko 「自分信じていればよかったなあ」
菊地真 「まぁボクはどっちが勝ってもいいんだけどねーw」
赤羽根P 「お疲れ様。・・・無能なプロデューサーでごめんな、皆」
支配人 「うーん、おしい。」
宮小路瑞穂 「おつかれー!相方狂人GJ!」
やる太 「桃子お疲れ様だおー」
加治木ゆみ 「お疲れ様。やる太より瑞穂真であって欲しいとは思ったが、両偽とは思わなかったな」
天海春香 「プロデューサーさんが無能だなんてことないですよっ!」
四条貴音 「お疲れ様です。
おそらくこうなるかなという展開でしたね。
赤羽根Pで終わらないことは、想定できていただけに。」
沼者 「熱 烈 歓 迎 ギ コ 者」
如月千早 「くっ・・・申し訳ありません・・・!」
支配人 「お疲れ様」
水瀬伊織 「おつかれさま、惜しかったわねー!
でも初日占いって考えれば十分頑張った方だと思う~
狼狂人さん達はおめでとー!」
東横桃子 「両偽で助かったっす・・・」
giko 「うん、死んでくる>沼者」
リグル 「お疲れ様ー
うん、仲間は早々に吊られてゴメン」
沼者 「村人陣営は無事全員炎上することが出来ました!!!1!」
giko 「発言レスポンス差で考えてしまった
もう2分欲しかった・・・」
天海春香 「春香です……2GJ出したけど狂人でした……」
如月千早 「プロデューサー・・・疑ってしまって申し訳ありませんでした・・・」
東横桃子 「先輩、騙してごめんなさいっす・・・
同陣営が良かったっすよー」
菊地真 「2日目3日目とグレラン乗り切ったのに占われなかったのが失策だったなーw
狂狼なら占われれば勝利だったのにw」
やる太 「Giko非狼は決めうってそこ投票だったお。
千早も桃子も両方ある位置で悩んだおw」
沼者 「別にそういう意図じゃないって>ギコ
勝負は時の運さ」
宮小路瑞穂 「初日に救われた感じかなぁ…騙りとしては」
天海春香 「レスポンス差って割と中の人次第だからアテにならないよーな」
加治木ゆみ 「まあ、モモが勝ったのは素直に祝福しておこう。良く潜り切ったな。」
高槻やよい 「うっう~ごめんなさいプロデューサー疑った…
ふん仮のプロデューサーなどにはようはないな…」
星井美希 「gikoも難しかったね。千早さんと桃子だとかなり迷うとこなの。」
菊地真 「ギコの視点はズレてて面白いなーw」
沼者 「ステルスモモはおめ。というかその位置ねらってたんだが…速度で負けた・・・‥・
狼陣営はおめでとう」
菊地真 「途中まであんまり殴られてもなかったし流石のステルスモモだったね。
おめでとうー」
天海春香 「私は割りと2日目から千早ちゃん村って信じてたよ~!」
東横桃子 「先輩にほめられるのは嬉しいっす!潜伏狼はステルスモモにおまかせっす!」
星井美希 「RPのせいだって思うな♪>リグル」
giko 「まだ非情になりきれてないか
空気悪くする前におさらば…」
やる太 「雰囲気的に対抗狼だと思って、どきどきしながらだったお。」
水瀬伊織 「ううん・・・あなたはいいプロデューサーだったわ・・・>赤羽根P
ほんとに熱演だったし、優しかったし・・・///
春香とお幸せにね♪ふふっ」
天海春香 「とりあえずあれ、今までタイミングが来れず
しばらく劇場に来れなかった系の話~」
支配人 「気にするな。戦犯は新井だから。>giko」
高槻やよい 「…さてこれらの動画をあげておけば任務は完了…」
如月千早 「春香も即座に信じましたし・・・
両偽臭くはあったんですが・・・くやしいですね」
やる太 「狩狐ある位置は占ったらあぶないんだお
しょて狼吊れだと●も投げ難いしね>真」
菊地真 「な辛関>>支配人」
水瀬伊織 「や、やよいが黒い・・・っ///

あ、あと私と貴音の夜とか撮っちゃダメだからねー!?///」
如月千早 「あ、100戦目敗北じゃないですか・・・」
加治木ゆみ 「ここで空気が悪くなるなんて事はないからいて良いさ。
狼が上手だった、ただそれだけの事だからな。>giko」
星井美希 「桃子と千早さんはミキ的には村よりの上位2だったから、かなり迷うのは仕方ないの」
菊地真 「◇やる太「狩狐ある位置は占ったらあぶないんだお
しょて狼吊れだと●も投げ難いしね>真」
占ってくれてもよかったのにーw」
リグル 「そうは思いたくなかったよ…!(白目>美希」
星井美希 「gikoはおつかれさま。またきてね?」
高槻やよい 「ふぇ?何のこと?伊織ちゃん?」
菊地真 「狩狐臭消すためにミスティアとの決戦投票は吊り逃れしなかったんだけどなーw
ちぇーw」
赤羽根P 「あ、いや、その・・・照れるな・・・」
四条貴音 「ふむ……やる太殿は勘定に入れない吊り故に……
自信を持ってのこの形、でもあったのですが。」
星井美希 「春香と千早が信じ合ってるのはRPの力の様な気がするのw」
沼者 「俺ができることはあんまなかったのが悲しいな
霊界に行った全員に熱烈歓迎できたからいいとするか
東横桃子 「RP的なこともあるっすけど、真霊でも霊能は完全放置してるとたまに吊ってもらえるっすから、安易に噛むのが正解ではないっていう感じの論拠になるようなプレイングをした感じっすかね、と偉そうに語る部分は語る。」
星井美希 「途中まで綺麗なやよいだたったのに・・・」
天海春香 「んーと、それもあるんだけどw 2日目最後のツッコミが
あれ村でこそじゃないかなーって感じがすっごくしてね>美希」
加治木ゆみ 「赤羽根Pについては、位置が悪かっただけだ、吊られた事を気に病むな。
むしろ吊られた事で両偽がわかる重要な位置だったんだよ。
私も共有だったら同じ進行をとっていたよ。……それくらいどうしようもなくてな。」
星井美希 「虫に生まれたのが運の尽きなの。来世では頑張ってね?>リグル」
天海春香 「まあプロデューサーさんと霊界でいちゃつけましたし
私としては大勝利なアレですよ!!」
高槻やよい 「ふふふhこれが私の真のプロデューサーの作戦…>美希」
如月千早 「プロデューサーは私と一緒に即座に「春香が真!」といっていたあたり村だったのですが。
ただあの状況ではこうするのが正着手ですから・・・う~ん・・・」
星井美希 「桃子ぱないの・・・」
リグル 「う、うわーん!(ダッ>美希」
星井美希 「あの突っ込みは村でこそなの?よくわからないのw>春香」
高槻やよい 「今日の私は駄目駄目でした!」
星井美希 「ふられたけどね?>春香」
如月千早 「脊髄反射的だったのだけれどねwww>春香」
四条貴音 「真霊としても、あの時点でやる太に狐をみず、真狂とみるならば
最終日のことも考えて吊ります……それを怠ってひどい目をみたことがあるから、というのもありますが>東横桃子」
加治木ゆみ 「実際その通りだな。余裕ができて狐ケアなんて良くある話だ。対抗のいない霊能ならな。
対抗いたらローラーされているからどうでもいいんだが。」
菊地真 「それじゃボクはこのへんでー おつかれさまっ」
星井美希 「あ、でも来世(次村)もきてね、約束だよ♪>リグル」
天海春香 「えっ……>美希」
四条貴音 「赤羽根P最終日だけは、吊り数からいってない、そういう状況ですしね。」
天海春香 「なんとなく、ほとんどガイアだけどねーw>美希、千早ちゃん」
星井美希 「ミキ的には貴音の進行が納得できるかな。下界にいたらわけわからなくなってたと思うけど」
星井美希 「え?>春香」
支配人 「まあやっぱりかじゅ吊りが微妙かなあ。」
リグル 「うん…!>美希
それじゃ、私はこのへんで
村建て&同村ありがとうだよ!」
四条貴音 「そこ吊りそんなに微妙ですかね?>支配人」
星井美希 「じゃあ、今日は眠いからもう帰るね?お疲れ様なの。新しく来た人、また遊びに来てくれると嬉しいって思うな。
春香は気を落とさないようにね。現実を見つめるんだよ?」
加治木ゆみ 「疑問手と言えば疑問手だし、安定している手と言えば安定してるのがなんとも、な。>私吊り」
東横桃子 「霊吊り自体は悪くはないかな。真決め打ちで吊らないほうが有利だけど、その有利さを消してもリスクをケアする価値はあるとは思うっす
そういう選択を強いることにもなる、という話っすね」
天海春香 「……わ、私は諦めませんからねええプロデューサーさーん!
お疲れ様ですっ!」
星井美希 「あっ、代理村建ての事務員さんもありがとうなの。またね!」
四条貴音 「ああ、水瀬伊織、今回のげぇむの夜は実に良い夜でしたね……楽しかったですよ?」
支配人 「なにを見て吊ったかじゃない?
狼見てるんだったら赤羽根P先吊りのほうがいいんじゃぬ?」
東横桃子 「ただじゃあこの村でどの吊り省くと勝てたかという思考をすると
先輩吊りは省ける余地はあるよね、という議論も理にかなった話ではあるっす」
四条貴音 「ふむ、結局、最終日が来れば、負けではないし、それにやる太は
少なくとも狼ではない、であれば狂狐、狂でみるしかないのでそうする、と
いう考えですかね……偶数でしたし。」
水瀬伊織 「ううー言わないでー(ぷしゅー)>貴音
どうしてこうなったのかしら・・・///

ともあれ、全体的にみんな熱演で素敵だったなー
でも、特に美希とか早く死んじゃったのもあるけど絡み切れなくてごめんね~」
東横桃子 「それじゃ寝るっす
久々の村で狼引いて大変だったっすけど、支配人に助けられて勝てたので楽しかったっす
お疲れ様でしたっす」
四条貴音 「ああ、いえ、支配人、あの吊り方している以上、加治木ゆみを狼とはみてませんよ?
赤羽根Pが狼なら、加治木ゆみいなくても翌日終わります。ついでにいえば、
そこで終わらなくても最終日はくる、そういう吊り方ですから。」
加治木ゆみ 「役職だと中々絡みづらいところはあるしな、仕方ない。>伊織
……村人だったらモモとひたすら絡んでいる予定だったんだけどな。」
支配人 「あたいはずっとなんJwiki読みながらだったのでアレだけども、占い真狂決めうってたんなら、霊能は狐か狼。
まあ空気的にやる太真で霊能狐なら赤羽根Pもかじゅも残して占わせたほうがいいんじゃぬーとか。
狼見てたんなら赤羽根P吊っても狼1残るとかそんな考え。」
四条貴音 「ふふ、そういえば、水瀬伊織は私との絡みは初めてでしたか。
まぁ、最近はこういう面妖貴音もあまりみかけませんので……こういうのも、

よろしいかと。」
高槻やよい 「伊織ちゃん!私は!?>伊織ちゃん」
水瀬伊織 「あ、やよいもごめんね、あんまり絡めなかったよね・・・
でも今日も凄く頑張ってたわね、見てて楽しかったわよ、ふふっ(なでなで)」
四条貴音 「んー、つまり、あれです。
占い真狂決め打ち、ただ、霊に狼ないけど狐はある可能性がある、ここは2-1であることが大きいですね。
確かに占いについてはそうなのですけど……両偽は考えこそすれど、
状況から白が噛まれず最終日くるならそういうことだろう、でいいと
思ってましたからね。」
高槻やよい 「ふわっいきなり撫でないで…む~おかえしです!(ナデナデナデナデ)>伊織ちゃん」
赤羽根P 「絶対吊られる位置ってしょうがないけど、目をかけてたアイドル殺害の犯人にされるわみんなからフルボッコにされるわ精神がヤバかった・・・」
高槻やよい 「ふふ私にとっては仮のプロデューサーでしかなかったうえにあの状況では私は普通に疑っていた…つまり「シカタナイネ」というやつだ>赤羽根」
加治木ゆみ 「その辺はもう慣れるしかないな。
……赤羽根Pに慣れろというのも酷な話ではあるが。」
赤羽根P 「何度やっても慣れないな・・・」
水瀬伊織 「ありがとー、それと霊能おつかれさま!>ゆみ
うん、役職だとね~!今回は貴音がさすがの上手さでRPも進行も頑張ってくれて
私は楽な方だったと思うけど、それでも時間足りなかったなぁ・・・///

うう・・・まさか、画像でまでらぁめん攻めで来るとは・・・っ///>貴音
美味しそうではあったんだけど、やっぱり量が多すぎるっ(笑)
でも、それも貴音らしくて面白かったな、ふふっ」
高槻やよい 「せめてそこまで生きていたことを感謝することだ…
…私の真のプロデューサーなら即吊られてる…>赤羽根」
水瀬伊織 「きゃっ!? やよいにやりかえされちゃうなんて・・・うー、くすぐったいっ///>やよい

ごめんね・・・ほんとに、あれは位置が悪かったのであって
P本人に悪い所があった訳じゃないから、元気出してね・・・(なでなで)>赤羽根P」
四条貴音 「私は、ああいう攻め方が好みですからねw>水瀬伊織

それから、赤羽根P、状況として吊られる、ということはやはりあるのです。
それに、「自分が吊られる状況が怖い」のであれば、私がRPしてるかいなぞまったくありませんよ?」
加治木ゆみ 「まあ、貴音。赤羽根PのようにRPを全面に出すタイプにそれを言ってもしょうがないとは思うがな。
それよりは前も言われていたが、状況を楽しむ余裕も持てるようになるべきじゃないかな。」
赤羽根P 「そういうもんでもないけどね。正直・・・場が怖かったからモチベは落ちてたってだけ。
Pとして昼間は演じきったけど内心もう小動物だった。>貴音」
高槻やよい 「小動物のようなプロデューサー…それはそれで可愛いかな~って」
加治木ゆみ 「ふむ、思い出させて悪いとは思うが、どう感じたのかをある程度詳細に聞いてみたい。
私は自分が吊られそうな状況でも、怖いと感じる事はあまりないから、怖いだけだとアドバイスができないな……」
赤羽根P 「何かを言おうとする事すら封じられて一方的に糾弾する人がいたかな。
しかも定石を知っている事を前提として話されると何も言えない訳なのさ>ゆみ」
四条貴音 「それがよくない、といっているのです。
つられざるを得ない場面というのは存在します。
それを怖い、とかんじず自分で乗りきれるかどうか、吊られても
その場合は白からのチョイスとなるだけですし。」
赤羽根P 「あと、あれだな。もう決め撃ちになった流れで黒出された絶望感とRP的に絶対に死なせたくない人がかまれてたショック・・・
これは『僕』ではなく『俺』のショックもごった混ぜになってだいぶキてた。そこの弱りっぷりが土台かも」
四条貴音 「ふむ、そこは確かなのですがね。>加治木ゆみ
如何せん、赤羽根Pに足りないのは立ち向かう勇気である、とも思う故に。」
如月千早 「早い段階で両偽いいだしたのはPがホワイトすぎてですね・・・」
赤羽根P 「RPキャラのショックと自分のショックを同時に感じてダメージ受けちまうのがどうもな・・・」
加治木ゆみ 「定石、か。
まぁ、貴音が説明していた通り、あの場面では3吊りで私と赤羽根Pを吊って終わらなければ両偽ケアして更に最終日が来る、
というような場面だったから定石かと言われると疑問ではあるが。」
水瀬伊織 「演じきったあなたは偉いわ、誇っていいくらいよ(ぎゅー)>赤羽根P

・・・春香や私が噛まれてショックなのもあったのかな、優しいんだからっ・・・
その優しさも・・・その、大好きっていうか・・・おかしいことじゃないと思うな

あなたに●出た時、夜会話見てもらえれば分かるけど、私もすごく悲しかったし・・・(かぁぁぁっ)」
如月千早 「うーん、例えば逆に考えてみては?
人狼の設定上「善良な村人なのに吊られてしまう」展開は割と美味しいシチュエーションなわけで。
必死に村に訴えかける立場として云々のRPをするとか・・・何か違いますね・・・」
赤羽根P 「ま、そこが俺の弱さだよ・・・ホントごめんな、全部抱えてもそれ背負えるだけの強さすらなくって」
加治木ゆみ 「地味にRPがのってなくて喋りにくいから外してしまおう。」
赤羽根P 「していた。>千早」
如月千早 「やっぱりですか>P」
加治木ゆみ 「するしないより、それを楽しめるかどうか、ってとこじゃないかな>吊られる際のRP」
ミスティア 「もどり~♪
今日も盛況のようね~♪」
赤羽根P 「RP自体は楽しめるけど、話聞く気無いんだろうなーとか思うと内心少し滅入っていたりもしてしまったのがねー・・・」
加治木ゆみ 「そうなー……例えば、霊能やってての赤羽根Pのイメージってのは、あんまり推理してなさそうな感じ、だったんだよ。
逆を言えば、私の立場からしてやる太真なら赤羽根P狼がしっくり来る場所。
『推理してない、進行に口出さない=村っぽい』よりも狼がありそうな場所に見えてたわけさ。」
加治木ゆみ 「からして、ってなんだろうね。から見て、だよね。」
加治木ゆみ 「赤羽根PがRP優先してるのは勿論わかってるけど、まぁ、村中は中身透けて見えてるわけでもないしね。
……なので、少しは推理を言って欲しかった、というのが私視点で気になってた点。」
如月千早 「最後の最後に私は確信に変わって来ましたがね」
加治木ゆみ 「何が言いたいんだか自分でもわからなくなってきたけど、まぁ、なんだ。
その辺のバランスじゃないのかね、結局は。」
赤羽根P 「正直発言推理とか出来ないタイプなのは元からなんだよな・・・(汗)
推理とか言われても全然ピンと来ないし。
状況見て怪しいと思ったらそこに投票、もしくは絡みづらい所に投票とかそんな感じ」
赤羽根P 「それを説明しろとか言われてもそんなん言葉にならないし」
加治木ゆみ 「RPにつぎ込めるリソースの大半を割いてるのは知ってるんだw
だからあんまり言える立場でもないし、私も推理してない時とかあるし!
つまり、なんだ。こう、メーターをもう少しだけ推理に宛ててみる事があっても良いんじゃない?とは思うかな。」
赤羽根P 「あててもわかんねぇんだよこんちくしょう!

・・・ここまで言わないとわかってもらえないのか・・・っ」
赤羽根P 「でも正直わからんとか昼言ったら利用されるしいらないこ扱いだろ?
・・・これでも結構必死なんだよ・・・!」
加治木ゆみ 「毎回とは言わないし、むしろ今のままの赤羽根Pでいてくれて私としては一向に構わん!のだけど。
内訳が少しでも見えるようになるなら、それは新しい見方もできるようになるんじゃないかなー程度やね。」
加治木ゆみ 「勿論それは知ってるよ。だから無理にとは言わないし、つーか言えないわ。」
如月千早 「見えないなら見えないでいいとは思いますけどね?
私だって見えてませんし・・・www
でも、このゲームってそんなに気負う必要はないと思うんですよ。」
加治木ゆみ 「ぶっちゃけ私としてもどう言えば良いのかそろそろわからん!」
赤羽根P 「あとタイピングが物凄い早ければRP返せて推理もできるんだろうね・・・」
加治木ゆみ 「私はしょっちゅう人外目に思われてる位置だし、って感じなんだよな!
推理というか占いの内訳とか言いすぎなせいなんだけどな!」
如月千早 「推理ができたならそれを発表して、ないなら村にいること自体を楽しめば、それでいいんじゃないでしょうか?」
赤羽根P 「わかれば、ね。わかれば・・・ごめん・・・」
加治木ゆみ 「というか、今のままでも十分なのよ?正直楽しめてるなら良いんだから。結局はゲームだし。」
加治木ゆみ 「ただ、何か新しい視点で見えるようになる事を目指すのなら、そういうのもアリじゃない?ってだけ。」
如月千早 「タイピング速度なんていいますかあなたは・・・
私なんてあの言量でほとんどタイピングに費やしてるというのに!
遅いとかそういう次元を超えているのに!くっ!くっ!これ書くのに1分くらいかかってますよ私!」
ミスティア 「はいはい、熱くなるのはほどほどにね~♪>お二人さん」
加治木ゆみ 「私が言ってるのは所詮はただの提案だからねー。
色んな案をあげてみて、赤羽根Pが「面白いかも」って思えるものがあれば拾って貰えば良いわけさ。
案を20個だして、その中で気にいるのが1個でもあって拾ってくれて、それで赤羽根Pがより楽しめるなら良いんだから。」
加治木ゆみ 「つまり最初から19個までは捨てられる前提で話すのが好み」
赤羽根P 「目指しちゃいないんだけどね・・・ただ、そっちが推理もしてくれって言ったから答えただけ。
バランスとかわかってる。そうしようと思っててもわかんない場合tどうすればいいんだほんと。」
加治木ゆみ 「え、わからないなら素直に楽しめる方向につっこむしか?
吊られ候補になったりした時にテンション下がってしまうのを心配してはいるが……うーん。」
赤羽根P 「別に吊られたからテンション下がったとかじゃなくて抗いよう無い状況に抗えとか勇気持てとか言われてもピンと来なかったっていうのが大きいよ。今日の事に関しては。
フルボッコにされたのがorzだったのは確かにあるけどね?」
如月千早 「吊られるのも人狼じゃないかな、とは。
毎回吊られない、吊り位置にいかない人なんていないわけで・・・」
赤羽根P 「だからわかってるから。吊られる事が当然の状況だってことくらい。」
加治木ゆみ 「ちなみに今日の場合は抗うってより、あれよね。
「LWだと思うなら吊れ!それで両偽を証明してやる!」」
如月千早 「いえ、あの情報はありがたかったですよ?>吊られるまでの
内訳想定が早くできて吊り位置が定まりましたから・・・」
赤羽根P 「PのRP的には伊織と春香がいなくなってしまった&その犯人扱いされたほうのショックのほうがでかくてあぁなっただけなんだってば・・・w」
加治木ゆみ 「ちゃうねんな。状況に抗え!とは多分言ってないんよ。
怖いと思う気持ちに抗え!って事だと思うんよ。」
加治木ゆみ 「RP的に仕方ないのは仕方ないなw」
赤羽根P 「夜に愚痴るくらい許してよマジで・・・昼頑張ったんだから」
赤羽根P 「というのがホンネ<怖いに抗え」
加治木ゆみ 「状況に抗うのはよっぽど強い位置の人しか無理やもん。共有とかね。」
如月千早 「特に信頼関係のできていたとこがいなくなっちゃうと私もキツいですwww」
高槻やよい 「わ…私に関しては攻めちゃってましたぁ…ごめんなさい!>プロデューサー」
赤羽根P 「いいんだ、いいんだよ・・・俺怪しかったしな・・・>やよい」
加治木ゆみ 「愚痴るな、とは言わんし言えんなぁ。独り言とか半分は愚痴でできてるもんだしね!」
赤羽根P 「いなくなるだけじゃなくその犯人扱いだもんなぁ・・・w>千早」
ミスティア 「攻め立てられるうみゃさん見てああ、こういうRPもありなんだなぁってのとああやっぱりこうなっちゃうよなぁと思った人」
加治木ゆみ 「まあ、春香噛みの時点で違和感感じてたのに言い出せなかったのは私も悪かったんだけどな。」
如月千早 「愚痴言うな、なら「わからーーーん!!」も言えませんしねwww」
加治木ゆみ 「ちなみにミスチーは潜伏狂人が怖かったので投票しましたまる」
ミスティア 「流石に狂人であそこまで遊ばないわよ~♪>ゆみさん」
加治木ゆみ 「裏の裏を読んだら投票するしかなくなったんだw
具体的には「まさか狂人ならあんなに遊ぶわけが」狙いされるのが怖くて。」
加治木ゆみ 「深読み万歳。結局裏の裏は表なのがなんともw」
ミスティア 「そんなに怖がることないんだけどな~♪
私の狂人って基本的には遊んでるだけなんだし~♪>ゆみさん」
赤羽根P 「というかみすちー吊りはメタ吊りにしか見えなかったわ!」
加治木ゆみ 「まあ、なんだろう?私が言える事って実はあんまりないよね。って事に気付くよね。
人の振り見て我が振り直せじゃないレベルの事も色々あるし。」
加治木ゆみ 「メタもあるけど、リグルの投票先だからだよ。
身内票はないと読んでたからね、狼は流石にないわ、と。>赤羽根P」
赤羽根P 「狼がないと思うならもう少し見てもいいんじゃないかな、と。
潜伏狂人怖いのは確かにわかるけどw」
加治木ゆみ 「ぶっちゃけ遊んでる狂人はありえても他の役職には見えなかったし丁度良すぎて(ry」
赤羽根P 「まぁ、うん、あれだ。狼巧いでいいんだよこれ」
ミスティア 「なるほどね~♪>ゆみさん」
加治木ゆみ 「そりゃそうだよ。負けたら勝った陣営が上手だったんだよ。」
加治木ゆみ 「まあ、リグル投票は村目に見てたし、その上でとりあえずRP繋がりのある桃子省くと
ミスティア・やよい・真しかなかったんや。
つまりとりあえずみすちー安定、四条劇場的に。」
ミスティア 「ミスチーだってアイドルでいいと思うんだけどなぁ~♪>ゆみさん」
加治木ゆみ 「今言った理由全部当てはまってたからねw
狂人アルカモ・狼ナサソウ・リグル投票デハナイの複合役だよw」
ミスティア 「それはどうしようもないわね~♪>ゆみさん」
加治木ゆみ 「後見てた部分で言うと、
やる太は千早占いが囲いに見えたりとか、
むしろどっちも真投票から動かさなかった次点で信用ダウンはしてたりとか、
GJ→灰噛みだったから真狼ー真に見てた、
とかそんなもんかなぁ。」
水瀬伊織 「・・ととっ、ごめんなさい言いたい事がうまくまとまらなくて・・・
そ、その・・・私、今日は赤羽根Pが絡んでくれたおかげで凄く楽しかったの

だから・・・これからも楽しんでプレイができるなら私も嬉しいな、って・・・
きっとそれは皆も同じ想いだと思うけど・・・うー、やっぱりまとまらないっ・・・ごめんね///」
赤羽根P 「まとまらなくても、気持ちは伝わった。・・・ありがとな」
ミスティア 「なるほどね~♪」
加治木ゆみ 「私が色々言うと、気性や口調もあって殴ってるようになっちゃうのがすごく自分でも嫌なんだよね。
だめや、なんつーか、人に助言するのに明らかに向いてない人選だった、と。」
赤羽根P 「や、でも悪いの俺だしなぁ・・・>ゆみ」
加治木ゆみ 「悪い悪くないの話なんてしてないんよ!というか別に元々悪いとこはない!
そうだよ、そこだよ!ネガティブにならない方向に頑張ろうよ!」
水瀬伊織 「今日はキャラ知らない事もあって絡めなかったけど
普段はとってもお世話になってるわね///>ゆみ
だいじょうぶ、きっとあなたの気持ちも伝わってるっ」
赤羽根P 「ごめん、ほんと・・・」
加治木ゆみ 「既にRPなんて投げ捨てて中の人になってるけどねw>伊織
まあ、たまーにモモは来るから呼び水になってみようと思って選んだ、それだけだw」
高槻やよい 「と、とりあえずですけど…みなさんお疲れ様ですよ!」
加治木ゆみ 「あーやーまーるーなー……!
赤羽根Pの思うようにやってみれば良いんよ、それで負けたら一言『ごめんなさい』で良いんよ。
卑屈になったりネガティブになる必要なんてないんよ。
吊られそうなら開き直るくらいでも良いんよ。」
赤羽根P 「ごめん、そこまで強く言われるとゴメンとしか言えなくなる…」
加治木ゆみ 「それは私が怖いってことかー!?って思って私が凹むフラグですね、わかります。」
ミスティア 「RPなんて検討会では投げ捨てていいと思うわよ~♪」
赤羽根P 「というかゴメンな、俺だいぶ参ってるみたいだ・・・」
水瀬伊織 「あっ・・・そう言ってくれると嬉しいな・・・///>伝わった>赤羽根P
ホントに優しいんだから・・・っ・・・

・・・そんな貴方だからお願いしちゃうけど、そろそろ眠くなっちゃった・・・
寝室まで運んでくれる・・・?(ぎゅー)」
加治木ゆみ 「んーむー……まぁ、参る気持ちもわかるっちゃわかるんだけどね。
理解はできるが共感がしにくい、というべきか。
ぁーぅー。スタンスの違いとか色々、難しいとこだからなぁ」
赤羽根P 「ん、わかった。お供するよ(お姫様だっこ)>伊織」
水瀬伊織 「やよい、ミスティアも遅くまでおつかれさま!

ふふっ、むしろ検討会の方がノリノリになっちゃうかも、私・・・///>RPなんて検討会では投げ捨てていい」
加治木ゆみ 「ああ、おつかれ。またな。」
高槻やよい 「う~ん伊織ちゃんいいな~…でもなんでだろうプロデューサーが私のプロデューサーに思えないのは…う~ん」
ミスティア 「まぁ目指してる方向がそもそも違うかも知れないしね~♪
それが違うならどうしても合わないこともあるだろうしってことじゃないのかな~♪」
水瀬伊織 「うん・・・♪
私も村でお別れして悲しかったから・・・今日は寝るまで、一緒ね///>赤羽根P

みんな、大した事言えない私が申し訳ないけど
適度な所で休んでね、おやすみなさいっ」
水瀬伊織 「やよいも積極的にアタックしちゃえばいいかもね、ふふっ///」
加治木ゆみ 「スタンスの合う合わないよりも、会話が食い違うのは私の問題かな、とも思うんだよ。
理屈での説得はできても、私は他人の感情に対しては超がつくくらい疎いからねぇ。」
高槻やよい 「ん~そういうことじゃないんだけどなう~んまあいいや
それじゃみなさん今日は本当にお疲れ様でした!
今日はもうお家に帰りますね!」
赤羽根P 「あー、たぶんそこだな。俺理屈ではわかってても感情で嫌って事ものすごく多いし。

だから理で話してくる人には
「その方が有利ってわかってんだよ!」ってなるんだよなぁw」
加治木ゆみ 「『理で話してる』じゃなくて私の場合は『理でしか話せない』んだけどなw
ぶっちゃけ他人の感情なんてわからんし、それを全部経験と観測と知識でカバーしてる状態やからね。
……むしろ感情で動ける人には憧れる事のが多いよ。自分が感情に動かされなすぎるからね。」
赤羽根P 「そうかなー?理をわかっててその一部を否定してるわけだから結構タチ悪いと思うぞ?
そのくせもっと重要な事はわからないし」
ミスティア 「まぁ他人の感情理解して話すのって難しいと思うしね~♪
私? そんなのわからないけど後でログ見た時後悔するような発言は極力抑えるようにすることだけはなんとかしようかな~ぐらいね~♪」
加治木ゆみ 「正直理屈を否定するのなんて簡単だよ。
だって、理屈じゃ動かない人間が存在する事を認めれば良いんだから。
んで、当然此処まで生きてきてる上で、理屈じゃ動かない人がいるのは沢山見てる。
けど、理屈じゃ動かないとこまでわかっても、じゃあ何なら動くのか?って部分で共感できないから数打ちゃ当たる作戦になるわけだ。」
加治木ゆみ 「んで、一番重要な事はあれやね。『人それぞれだって認める事』じゃね?
逆説的にはそれ以外わからないから適当に色々提案しだす。」
加治木ゆみ 「普段マイノリティな事のが多いからなー。とりあえずそれだけ認めておけば良いって気付いた。」
ミスティア 「人を認めるってのは大切なのかもね~♪
でもなかなか難しい気はするけどね~価値観とか考え方とか特に…ね~♪」
加治木ゆみ 「恋愛って何?え、皆経験した事あるの?
……あれって漫画とか映画だけの世界じゃなかったのかぁ。
って大真面目に言った時の奇異なものを見る視線とか、忘れられない思い出デス。」
giko 「一晩明けてすらっとログ見直し。
んー。ロジックを重く見すぎたか、見るなら最後まで見るべきだったな
狩人GJが頭の中にちらっとちらついた。これもあるか

ちょっと「真似するな」的作戦を取ったこと、大いに反省します。
他にもやりようがあったし、あのタイミングでの千早の反応もちょっとヒントになったかな

何れにせよ、今回はぬるい点ばかりだったので大反省
思いっきり敗戦投手だったしね 次回は圧勝で10倍がえししたいところ

では