←戻る
【劇場56】劇場公演 金曜の部村 [64番地]
~はなきんですよ!皆さんのお越しをお待ちしてますねっ~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 音無GM
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
icon しまむらさん
(生存中)
icon 双葉杏
(生存中)
icon 橘 純一
(生存中)
icon かぐや
(生存中)
icon 市原仁奈
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon ムスカ大佐
(生存中)
icon 水谷絵理
(生存中)
icon 打ち止め
(生存中)
icon 蒼星石
(生存中)
icon 金糸雀
(生存中)
icon 泉こなた
(生存中)
icon かがみ
(生存中)
水谷絵理 「みなさんおつかれさま、小鳥さん村建てありがとう
初手●だけ出して、あとは○を出し続ける作戦だったけど
ほぼ狐勝ちだったとこを引き分けにしてくれてありがとう
微熱交じりでエロいことしか言えなかったけど、狂人だし許してね
それじゃまたね」
蒼星石 「それじゃーおつかれさまー」
蒼星石 「出さなくてよかった(真顔」
蒼星石 「初日狩で初日銃殺とか負けに突撃ラブハートだしな…」
しまむらさん 「わ、私はむしろ初日銃殺の方が美味しいとか、
そ、そんなの思ってませんでしたから!思ってませんよ!

思ってたまるもんですか!」
泉こなた 「まーよくあるけどね……あーもー!って良くなってる。」
蒼星石 「遊びでダメージ受けるのはまーよくあるけどね!」
泉こなた 「遊びに来てるんだし楽しまなくちゃ―――って事だよね。」
蒼星石 「ま、結局趣味趣味」
泉こなた 「ま、信頼か即抜きかは騙り狼次第だねぇ。
勿論潜伏側も大事なんだけど、騙りがゲームメーカーな事が多いし好きにやればいいのさ」
水谷絵理 「ナニの話?>こなたさん」
蒼星石 「しかし初手の占い予定が
真とこなたとしまむらさんだったのであった」
蒼星石 「深く 考えたら 負けだと思ってる」
泉こなた 「……絵理はなんの話をしてるんだろうね。」
水谷絵理 「私は即抜き派
1分あれば十分抜ける?」
水瀬伊織 「ソレニマキコマレタワタシハドウナノヨ、
トニカクワタシハイソガシインダカラコノママオチルワ
……ツギハダレノRPヲヤロウカシラネ……」
蒼星石 「割と趣味で選ぶかなー
大抵即抜きだと面白くないから信用勝負するけど(」
泉こなた 「まあ、そういう意味だと負けなくて良かったーってくらいかもねw>同陣営だと負ける>蒼星石」
水谷絵理 「騙りは真を噛むためのもの
信用勝負とか私には無理?」
水谷絵理 「それで十分なカタチが出来てたね
あとはしまむらさんとの対決だね>こなたさん」
泉こなた 「というか占い騙りって初日に信用が取れれば別に対抗即噛んじゃえば良いしどうにでもなるのさ。
そういうのは真占いと全然違う点だねー」
蒼星石 「だろーねぇ」
蒼星石 「(ただし同陣営だと負ける)」
蒼星石 「つまりっ…こなかがは同陣営が…正着っ…!」
ムスカ大佐 「さて、それじゃ私もそろそろ失礼するとしよう。
それじゃお疲れ様だ。」
泉こなた 「ぶっちゃけると、今日の場合、多分いおりんが騙りに出てたら真即噛みしてたね。」
水瀬伊織 「ソコマデノケイケンチガアルワケナイジャナイ、ヤルナラセメテシンウラナイヤッテカラニスルワ>絵理」
泉こなた 「あれは、うん、ログ見たけど色んな意味ですごいなーって思う。」
蒼星石 「この事実は…忘れてはいけないっ…!(ざわ…ざわ…)」
蒼星石 「そもそもこなかが伝説が伝説となった時には
「うわぁぁぁぁぁこなたぁぁぁぁ折角今日こそ同陣営だと思ったのにぃぃぃ」
であって同陣営に価値を見出している……っ!」
打ち止め 「いやあ、でもまあ女の子で四条を楽しめたし満足だぜ!
じゃばいばーい!村立てありがとみんな感謝ー!」
水谷絵理 「伊織騙りのかがこな潜伏のほうが、夢が広がった系?
伊織さんが騙りスキルをアップさせるチャンス?」
ムスカ大佐 「絵里真をきるわけじゃなくても、こなた先吊りでよかったと思うがね。
狼が吊れていないなら別だが焦る必要は無かったと思うよ>真」
蒼星石 「という説」
泉こなた 「そこまでのテンプレがやりたかったのにふたを開けたら二人とも狼だったんだ」
蒼星石 「別陣営別陣営連呼するのはこなかがではない……!
もっとおぞましい…何かだっ!」
打ち止め 「まーた投票に縛られてるよ。なんだよもう。投票なんて参考程度なのにって
ミサカはミサカは口調をやっとのことで戻す。」
蒼星石 「こなかがはお互い信じ合いながら途中で無理やり引き裂かれて
片方が相方の霊●を見せられるまでがこなかが」
泉こなた 「絡みやすい二人って事は発言稼げるし、灰に置いといてもグレランでは吊られにくいから
むしろ騙りに出る方向でも良かったんじゃないかな?>伊織」
泉こなた 「いや、私がかがみんを吊りに行きたかっただけなんだけどね!」
菊地真 「んー、狩人生存も一緒に見ていたんだよ。
それで、霊能が生きてる段階に色を見たかったかな。
狂人があの動きするわけないし、○なら占いの真偽を見きれたといえる・・・かなぁ・・・?>絵理」
橘 純一 「かがみ真なら霊噛む前に始末されてるわなーとw
水谷絵理 「結果的に引き分けれたんなら、無問題!?>こなたさん」
蒼星石 「こなかがは同陣営デスヨ?」
蒼星石 「いやその」
水瀬伊織 「ソシテミカタハコナタトカガミトカラミヤスイフタリ…ダッタラモウセンプクスルシカナイジャナイ!」
泉こなた 「つーかPHPが悪いんだよ。私とかがみんを同じ陣営にする時点で間違ってると知るべき!」
天海春香 「そっかーかがみ真ならとっくに始末されてるかー^^;」
蒼星石 「まーねw」
蒼星石 「どーせ出すなら言い逃れのできない出し方で
一発で決めたい(キリッ」
水谷絵理 「だとしても、まだグレーを詰めれる段階だった?>真さん」
萩原雪歩 「RP的に絡みやすい相手がいるかってのも重要だよね>伊織ちゃん
いると凄く助かっちゃう、ふふ///
絡んでくれた真ちゃん金糸雀ちゃん達、ありがとうございました!」
泉こなた 「それはしってた。だからそっちの正当性を見せまいと思って殴りに行ったわけだしねー。>蒼星石」
音無GM 「帰った方お疲れ様っ!
私も先に失礼するわね。今日は皆さんお待たせしてしまったけど無事17人村で開催できてうれしかったわ!
また来てくださいね(はーと」
蒼星石 「基本的に銃殺はそういう勝負するかなー」
蒼星石 「だって他の占いは○ないからね。」
水谷絵理 「かがみさん真なら噛まれてるし、って思ってた系」
蒼星石 「そーゆー意味で
銃殺狙うにしろ君しかいない。」
菊地真 「だって絵理真をあの段階で切れるわけないじゃないか>絵理」
泉こなた 「んむ、良いんだよ、対応されても。
それで真狼残りの強制的な信頼勝負になってくれれば私は、
信用薄い方の真の目も見れるからね>蒼星石」
打ち止め 「ミサカ狐見られるのは正直びっくりした。」
水瀬伊織 「ソウダソウダコンナハツゲンガデキナイジブンナド…ヤヨイガイテクレレバ…」
ムスカ大佐 「かがみが全然焦っていない=噛まれる心配の無い狼
だと思ったからな。そうなると狼2騙りか、蒼星石が真で狂特攻成功なわけで。
蒼星石の理由貼りが早かったのを含めて、
準備していた(元々狼2騙りか銃殺対応予定でなければ蒼真が十分ありうる)>伊織」
蒼星石 「とゆーか占い残す時点で銃殺対応前提とも言う」
天海春香 「メインヒロインは動じない^^;」
蒼星石 「それはわかるんだけどうーん>こなた
僕の思想だと真見てない占いから銃殺出る時って
大抵狼は対応できるんだよね」
かがみ 「それじゃ落ちます。お疲れ様でしたー」
金糸雀 「それじゃ、皆お疲れ様かしら!


                         /
                     /{     ノ
                     { 、 , ´厶=-―=ァ   、
                      > Y       .ィ ヽ、 ノ}
                     / , ´`ー-==ミ彡く二ニニィ /  )
                        { /-‐  ―-- ゝr‐-==彡'_ ノ}
       , ==ミ、         从 _ニ  ニ二、 リ}‐=ミ、ヽ.___彡'、
.     〃 / 人、 、.         } ,, ___  ,,,,   ⌒ヽ ヽ__ノ} }リ `ー'⌒ヽ
    /ム./ /  }} ハ       〈 /:::::ヽ    r'_ノ\__.ィ´ ̄〉      ノ
  r==-、 Y -==厂 }    ぼ お゛ ` 、_ノ__ ィ  ̄`ヽ___ {._人_/⌒)__ お゛お゛お゛お゛お゛お゛
.  {=}    }---―匚 } ~~        / 》 /     ∨ リ  ゝ-='´し'´(
  ゝく__ノ ノー―--}    ~~.       l /ー'    .ィ__}}八        て_
    {r-rく`ー-=厂 '           |{ ,'   / j ヽ ヽ. )
    lj ト、 ヽ._厶ィ′            | ∨   /     ∨⌒ヽ____
.    | |  ̄ ̄               _____|__'___./ __   }___ノ    {
.    | |               /   /    ヽー==   \_____   ̄`ヽ
.    | |                   {   〈    ヽ  \  ̄`ヽ   ̄ ̄ ̄     )
.    八_|                 \  \    、   ヽ             /
.     l   !                    \  ト、       ゝ=、          (
.     l   l                     ヽ ! ト、   、    )}           〉
.     l   |                       } } ヽ   }ー-='ヽ            /
.     l   |                   ゝ人__リ   )     ̄`ヽ     /
.     l   |_____                   r='  `7   /         }____ノ
 r―'´ゝ、__}}  `ヽ.              ゝt__.r'   /
 L二二二二二二 _ノ                  `='
かがみ 「そこは仕方ないですよ>伊織」
水谷絵理 「初手●でバクチ成功かと思ったら、伊織さんが吊れて焦った系?>かがみさん」
打ち止め 「個性派だったらもっと最終日に目立てばいいのに>しまむら」
水瀬伊織 「そこは本当にごめんなさいね…発言数が5→4へと下がれば吊られるわよ…>かがみ」
泉こなた 「あー、私わりとマジで言ってたんよ?
私の元々やってた場所だと真みてねー占いから銃殺とかしょっちゅうだったから。>蒼星石」
水谷絵理 「そうなの?私から見てると、蒼い子真で見てよさそうに思えたけど>真さん」
しまむらさん 「つ のワの? >音無さん」
蒼星石 「打ち止め吊って
最終的に何か票割れまくって村狂辺りの票で吊られるしまむらさんですねわかります」
かがみ 「まー素直に初手蒼星石噛みして伊織LWにしようかなー、って考えてたところにグレランで吊られるとは本当に想定外だったなーw」
水瀬伊織 「まあそれが原因ねムスカ噛めって言ったの私だし>ムスカ」
音無GM 「さりげに春香ちゃんdisりまくりじゃないw>卯月ちゃん」
菊地真 「え?
あの段階で蒼星石吊らない理由のほうがなくないかな?>絵理」
しまむらさん 「あーあ、あそこ、打ち止めちゃん吊りで良かったんだ。
ちぇー。」
蒼星石 「系の説は割と初日から精神的にはないこともないとゆーか
じゃあ真見てない占いを銃殺出るかも真見られるかものかもかも論で残そうとするこなたは
少なくとも割と真剣にアウトだったよね系の話だけなのでそこ占いは失策だったのかもしれない」
音無GM 「また伊織ちゃんがおかしくっ!?」
ムスカ大佐 「うーむ 初日噛まれたのが痛いな。
かがみの発言をみろというべきじゃなかったか。」
しまむらさん 「出てこない……
わ、私は個性的ですよ!個性派アイドル、島村卯月ですよ!>橘さん、打ち止めさん」
水谷絵理 「流れに任せて吊れたけど、蒼い子吊りは割と謎?>純一さん」
蒼星石 「まー多分きっと誰が真かとゆーのはどーでも良いんじゃないかなぁ」
泉こなた 「共有噛みは正直誰が真占いでもおかしいからなぁ。」
水谷絵理 「私が吊れてなかったら、狐が勝ってたよね>かがみさん」
橘 純一 「というか蒼い子吊ろうぜーがいまいちわからんかったのよねー
かがみ真にしても絵理真にしても噛みがおかしい気しかしなかったし」
水瀬伊織 「ホントウニツカエナイジムインダナ>小鳥」
打ち止め 「あっれー?あっれー?なんで出てこなかったんだろう?」
しまむらさん 「……ハ、これもしかして6月以降の私の暗示?

……2コスに逆戻り……本田SR化……CDは天海春香さん級に売れず……

……そして伝説へ?」
水谷絵理 「狐に持っていかれるところを引き分けに持ち込んだ手腕はお見事だった
かがみさんありがとう」
ムスカ大佐 「投票変えの話?
どちらでも一緒だね>GM
音無GM 「配役と初日の展開が面白かったわね。わたGMは毎回役職持ちですし」
天海春香 「しまむらさんあざといわあ^^;」
かがみ 「あと、打ち止めが先に吊れてたら(絵里よりも)、多分負けてた。
その意味は、運が良かった、と言えばよかった。」
金糸雀 「縦読みになってねーかしらw!>杏」
水瀬伊織 「やはり最後の最後で力尽きる…これがしまむらパワーなのね…」
かがみ 「それに賭けるしかなかったもんでw>しまむらさん
大正解だった、ということで。」
蒼星石 「7日目の投票が凄くどこ吊れてもいいやオーラ全開で
アウトじゃない…?>しまむらさん」
金糸雀 「しまむらさん吊りは出来て8の時点かしら。>橘さん」
双葉杏 「あめなめたい
りんごあめ
がりっとちゅう
とまと
うし」
しまむらさん 「いやー。多分普通でもこのキャラならあのテンションですからなんともはやええ。

焦ってたのはたしかだけど。」
橘 純一 「しまむらさんつろーぜってのが出てこなかったw
まぁかがみ真? ないよ、ねぇ?」
菊地真 「いっぱい疑問が生まれて解消する村だったから有意義だったよ!」
しまむらさん 「正直、狼が吊れすぎたー。的な。
で、もう噛む位置がそこしかないかしらー的な
あー勝てるかなーって思ったのに!なんてぇ中途半端な!」
音無GM 「どっちにしろ引き分け以下にならないかしら?>ムスカ大佐」
蒼星石 「焦り過ぎ焦り過ぎ」
打ち止め 「ああ、そういえばいたね。しまむらさん。」
萩原雪歩 「おつかれさまでした!
しまむらさん頑張りましたね~///惜しかったです!
狼さんがよく引き分けに持ち込んで頑張ったなって」
金糸雀 「投票0な村としてはこれ以上ない結果かしら!」
かがみ 「狐あるならそこしかねーな、とw>しまむらさん」
ムスカ大佐 「しいて言えば、両○貰ってはしゃぎ過ぎていたかな。
焦らなかったらいけたきがするが。>しまむらさん」
泉こなた 「いや、まさかかがみんと同陣営だと思わなくてさ。
初日夜に思いっきり噴いた。」
かぐや 「おつかれー」
天海春香 「せ、せーふ^^;」
菊地真 「お疲れ様!」
水谷絵理 「いい決着を見た?」
かがみ 「もー途中で泣きそうだった。でもあきらめなかった! それが良かった!」
しまむらさん 「この展開なら割とグッ!ってなれるとおもったけどなー。」
菊地真 「春香が抵抗するなぁ。
まぁ結局引き分けな訳だけど」
蒼星石 「今日引き分けても明日引き分けても一緒だしねぇ>ムスカ」
橘 純一 「ま、そうだろうけどねーと
お疲れ様」
水谷絵理 「おつかれさま?」
ムスカ大佐 「お疲れ様、狐は後一歩だったな。」
音無GM 「お疲れ様!」
打ち止め 「……おつかれー」
蒼星石 「せーふせーふ。」
蒼星石 「まぁそんなもんじゃないかなぁ」
金糸雀 「お疲れかしら!」
水瀬伊織 「セーフねセーフ、引き分けお疲れ様」
しまむらさん 「ちぇー」
ムスカ大佐 「かがみは春香にでもすればいいのに。」
泉こなた 「おっつかれー。きつかったけど、かがみんファインプレーだったよ。」
蒼星石 「お疲れ様ー」
打ち止め 「……あら。」
かがみ 「はーあぶなかった。」
かがみ 「おつかれー」
ゲーム終了:2012/06/02 (Sat) 00:29:35
[引き分け] 引き分けとなりました
8 日目 (4 回目)
しまむらさん0 票投票先 →天海春香
橘 純一1 票投票先 →天海春香
天海春香2 票投票先 →打ち止め
打ち止め2 票投票先 →橘 純一
かがみ0 票投票先 →打ち止め
8 日目 (3 回目)
しまむらさん0 票投票先 →天海春香
橘 純一1 票投票先 →天海春香
天海春香2 票投票先 →打ち止め
打ち止め2 票投票先 →橘 純一
かがみ0 票投票先 →打ち止め
8 日目 (2 回目)
しまむらさん0 票投票先 →天海春香
橘 純一1 票投票先 →天海春香
天海春香2 票投票先 →打ち止め
打ち止め2 票投票先 →橘 純一
かがみ0 票投票先 →打ち止め
8 日目 (1 回目)
しまむらさん0 票投票先 →天海春香
橘 純一1 票投票先 →天海春香
天海春香2 票投票先 →打ち止め
打ち止め2 票投票先 →橘 純一
かがみ0 票投票先 →打ち止め
再投票になりました( 4 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 3 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
橘 純一 「打ち止め狐は知らん
打ち止めLWで絵里真ならなんで票かえたしだし>絵理が」
天海春香 「私の反応より狐どこか言ってよ」
かがみ 「あ、投票済ませてるんでw」
かがみ 「狐はGMよっ! メ狐というねっ!」
しまむらさん 「あー、つまりかがみさん狐説。
そーなると絵理さんニセの蒼星石さん真ですよね?>春香さん

でもかがみさんここで噛まれませんよね」
打ち止め 「んーやっべえ春香ちゃんと橘ちゃんでとんとんだ。」
天海春香 「狐告発して!>◇かがみ」
かがみ 「吊るなら吊れ! それで絶望なのだーってさよなら絶望先生ってもうすぐ終わるの? マジで?」
橘 純一 「かがみここで噛まれると思う?>春香」
打ち止め 「いや、ねえよ。ミサカはねえよ。それするのはないわー>春香」
しまむらさん 「狼目だったら、今日吊る場所じゃないよーな。
そんなところかむかなぁって。」
天海春香 「じゃあ◇かがみ噛まれたと判断してかがみん先に吊って最終日でいいんじゃない?
まちがってる?」
かがみ 「こなた見てるー?」
橘 純一 「割と春香な気がするけどどーかね>しまむらさん」
しまむらさん 「その上で、

春香さん、昨日橘さん狼とかいってませんでした?」
打ち止め 「その策略は失敗したみたいだけど。」
しまむらさん 「はーい。
ぶっちゃけ私だとおもいまーす!>橘さん

だから、そこかわして別のところ噛みかなーって。」
橘 純一 「いや、意味わかんねーから>春香」
天海春香 「と思ったら打ち止めさにるじゃん・・・」
かがみ 「なぜか!? そう、それは怪しいからなのだぁぁわははっはあっはっはゲホッゲホッゲホッ」
打ち止め 「うっわ面倒くせえ。まあ、けどミサカは違うだろうね。超☆SGなわけだし。」
橘 純一 「ここで噛まれるところどこだと思うー>ALL」
しまむらさん 「だから、かがみさんがLWだったら、
あとは、どこをどうするか、なんですけど。」
天海春香 「かがみんが狐だったら引き分けしかないのよねー
というわけでもう◇橘 純一さん吊るしかない!
純一さんご覚悟おねがいします」
打ち止め 「びっくりしすぎて死体なし先に言っちゃったよ。」
かがみ 「さぁ! どうする!? 貴様ら!
我を吊るか!? さすれば地獄へ落ちるぞ!」
橘 純一 「 (で、でも少しだけど話もできたぞ!拾われて良かったなぁ…)
で、狐いるのかこれ」
しまむらさん 「……で、死体なしと?」
打ち止め 「えーと蒼星石とかがみんで真狼位置だとミサカは思ってるわけだよ。
だから必然的に絵里ちゃんは狂人とか狐位置。だから吊りたかったわけ。
でさ、だからさ、つまりなにがいいたいかというともし
かがみんが吊れてないならかがみんだよ!
ていうかもうたぶんかがみんLWだよ!」
かがみ 「フゥ不ははははははは!!!!!!!!!!!!!」
打ち止め 「……死体なし?」
しまむらさん 「……ふふ……このイベント終ってからも私はきっと……
SR……SR……いや、いや、2コスは、本田の隣はいやぁぁぁぁぁ!

は、おはようございます……」
かがみ 「LWCO」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水谷絵理さんの遺言 ヤラれちゃった?
それじゃ、いつものイクね? 
『ひみつのアッコちゃん』の替え歌だよ♪
 
     ,イ ̄ ̄ ̄> 、
    /´ ̄`´ ̄ ̄ヽ::ハ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::\|
   !::::::::::::人::、:::::::::\:::::l
   |:::::|:/‐- \l\__::_レフ!
   ト::::{r=ミ   _ |イ:::j
   .\:|/// ,   ̄`''|:::::/
    l\  ー ////::::/
    |:::::l\rくTヘ':::::/
    _|/「l 「ヽ  |l::/>- 、
  , < / | \|   |/: : : : : l
,イ:: : : :|: :|___∧_/フヘ: : : : :|
|:\: : :>|::::::::|_|/: ::∧: : : i
|: ::∧: :|: :i_/::ト、: : : : ∧: : :|
|: : : :|: :ヽ: ト::_小_ヘ : : : ∧: ::!
 
♪そいつの前には女の子
 ピンク色した これはなーに
 それはヴァ○ナ ヴァギ○の中身を ツンツンツン
 
 あったかい汁が飛び出した
 じょっぱっぱ~ これはなーに
 
 それはひみつ ひみつ ひみつ
 ひみつのマ○コちゃん
かがみ 「もうミリ」
かがみ 「LWCOしようっと」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
水谷絵理 は投票の結果処刑されました
7 日目 (3 回目)
しまむらさん0 票投票先 →水谷絵理
橘 純一0 票投票先 →水谷絵理
天海春香0 票投票先 →打ち止め
水谷絵理3 票投票先 →かがみ
打ち止め2 票投票先 →水谷絵理
かがみ1 票投票先 →打ち止め
7 日目 (2 回目)
しまむらさん0 票投票先 →水谷絵理
橘 純一0 票投票先 →水谷絵理
天海春香0 票投票先 →打ち止め
水谷絵理3 票投票先 →打ち止め
打ち止め3 票投票先 →水谷絵理
かがみ0 票投票先 →打ち止め
7 日目 (1 回目)
しまむらさん0 票投票先 →打ち止め
橘 純一0 票投票先 →水谷絵理
天海春香0 票投票先 →打ち止め
水谷絵理3 票投票先 →打ち止め
打ち止め3 票投票先 →水谷絵理
かがみ0 票投票先 →水谷絵理
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水谷絵理 「こわいこわい、まんじゅうこわい」
打ち止め 「普通に絵里ちゃん吊らないの?ふっつーにすげえ怖いでしょ。
え、すっごい予想外なんだけど。」
しまむらさん 「結局、ここまで真があーだ、そうじゃないところがこーだとしてきたことが、
そもそもの間違いな気もちょっとだけしました。
こうなったら、しまむらぱわーでなんとかするしかないですね。」
天海春香 「だめだったらあとは◇橘 純一さんくらいでしょ、狼候補」
水谷絵理 「ワイルドだぜぇ?>しまむらさん」
かがみ 「狂人が残って、狼COしての引き分け処理でしょ?」
しまむらさん 「はぁ、なんかこー、いろいろこー。という感じですけど。」
水谷絵理 「べんべべんべん、べんじょんそん!」
橘 純一 「引き分け以下処理だよね…>それって>かがみ」
天海春香 「打ち止めさんはなにか弁解あれば、なにか対応しますので」
水谷絵理 「引き分け処理?どうやって?>かがみさん」
かがみ 「よって絵里吊り。」
水谷絵理 「甘くない煮豆」
かがみ 「何も言わない。
少なくとも、今日は水谷絵里吊り。
そうでないと、最終日引き分け処理される。」
しまむらさん 「っていうか、それしかないですかねぇ。
絵理さん視点のLW吊りで。」
水谷絵理 「与作は木を切る?>打ち止めちゃん」
水谷絵理 「そういうことじゃない?>しまむらさん」
橘 純一 「蒼い子真を考慮するかしないかってとこだけど
どーしたものかねー」
打ち止め 「え、なんでこんなヘイト集まってんのこれ。冗談だよね。」
天海春香 「悪いけどかがみんはもう信じれないかなー○ばっかだし ほかにもいろいろあるけど」
しまむらさん 「ちょっとこれ、ここまで来てどっちか真じゃないっていうのはイヤです。
っていうか、ここにいるのが両方ニセだったらつまり私たちは真を
真っ先に吊った、そういうことになります。」
水谷絵理 「打ち止めさん吊って終わらせようよ?」
橘 純一 「まぁ狼でそこまで露骨は発言はしないつもりだよ>かがみ」
水谷絵理 「審議の結果、確定の赤ランプ?>しまむらさん」
かがみ 「……今日は絵里吊り。そして最終日。」
天海春香 「打ち止めさん吊ってLW宣言させよ^^」
水谷絵理 「黙って俺について来い?
俺とお前と大五郎?>打ち止めちゃん」
しまむらさん 「で、水谷さん視点は確定、共有さん噛みと……
ええと、これどうすればいいんでしょうか?」
かがみ 「はずれ、か。」
橘 純一 「と、いうわけでおはようだよ!
役職さんはお仕事よろしくね!」
かがみ 「占い理由 残る灰から占うわ。3択なんだけど。
春香、打ち止め、橘。どっちかしら。
あと、昨日は数え間違いしてごめん。」
水谷絵理 「昨日は投票間違えたよね、ごめんぺろ(・ω<)
かがみさん狐があるかもだから、そこ投票しないといけないのにね
こうなったら、かがみさん調べて終わらせる系でいいよね」
打ち止め 「お姉さまー!吠えのことに触れるのはいいのですかー!
黙ってろと言うなら黙ってますけどー!」
しまむらさん 「……ネタが……ネタが!もう!ないのっ!

……は、おはようございます。」
かがみ 「占いCO 橘 純一○」
橘 純一 「「でも、思いっきり足を踏まれたのに、少し気持ちよかった気が……。家に帰ったら、踏まれたところをじっくりと観察してみるか……」」
水谷絵理 「はたらきたくないでござる…
占いCO かがみさんは○でござる」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
金糸雀さんの遺言                           , :==‐                  r――‐, [][]
     ×         ' .        〃    `       ×       二二二_     r――‐,
    x             ` .       ト、   /\_      . ☆     └‐, r‐┘  └―, /       / )
                        X   ヾミx 1  \ `  、       /_,/     r―‐' ,/  [][]「|   lノ
                     /}  ,/ ;ハ    \   _>n__              └―‐'   ∠/  ☆
                  ×   / /  / / 彡ヘ      _y(X⌒fひyn、 . . ゜
                      _ノ_,ム / 〃j/   ヽ \ 爿「Y,エミhニX_〕     , ☆
                _/ /,. -‐〉{ .{/_,二ヽ、  \___〔ゞt{(kワ)リフ乃   ;
        ☆ . .    ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ     ´≧ミ てトゞfくスア´
            ×x .   ぃ       イ,^N =ミ、   7´:5iYヒ!T^ハ〈           x  ×
       . '´     ,. 介iー-、 {/:,べヨ       ,.  {└;りj片〉V }」            X
  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y /rヘ    ト- 、__  ̄ /ンkヘ〉     ; ☆
   x /      / /⌒ヽ   込_V>、ー->、_ |  ,.‐く ,/フ「ヽヽ   ゛
   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐ベ≧=ァ' .ヘ.__{:::::::}1 ´ ,人 }:i     ゜ .
    ー 、 ---'´   コ:..:.}:    \ 丶{≧ァ‐' -、匸⌒´:_;-、,彡'丿jノ        ゜ ×.
     `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、彡}`i  x          ☆
        ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう¨´ !
      x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X
          , ゛ヽ:..:..:..:../  ,.⊥_  /小\¬-{   ∨ヘ._,. -‐¬、
        ☆     ` ー′  j:..:..:..:Y´:´/ハ卜':..! :ヽ  ∧::ヘ .:..:... }
                      /:..:..:..:..j/:..:.`:..:´:..:..i  :..:ト-_ノ マ'’:..:..:..:..ヘ  × x
双葉杏さんの遺言                   、___,.. . : ´: ̄ `: : ..、              r―――- 、
                  >: : : : : : : : : : : : : : `: :.、         | 噛  よ |
                 /: : : : : : : : : : !: : : : : : : : : :.ヽ       | ん  く  !
             /: ,: : : : {: : : : : : |: :.|: : ',: : :',: : : ::.        | だ. ぞ !
                ': /: : : :.∧ : : : : {|: ∧: :|{ : : |: : : :|         |      |
             |: |: :|: 、/ { : : : : |{ム斗:}Ⅵ: |: : : :|     <____ノ
、/ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ    |: |: :|: /\_\:_」,.ィtrォ 、!: : !_: : ::.
     ┐      .   {: {: :{/ィチ示     {::::刈}|: : |,ハ: : |
権  杏  ほ   l   /l: |: :|:.{ 込リ     弋zソ |: : | /: : {      ☆
利  の   う   l  ,: : :.Ⅵ_}    '       |: :/': : : ':\   /
L.   代  び   l. {: : : :}:|人    v- ' ´)  .ィ|:/: : : :{ ̄ ̄::::7
を  わ  と  ! |: : l: :リ: : :`¨: : ―r--=≦: :/': : : : :r 、:::::_,.ィ、
や  り  し  { 乂 : : : : : :// ̄{-、  r-  ̄`ヽ、: : :>   }
る  に   て   |.  /:≦ー'/    \___,...イ⌒ヽ〉   ,'、
!  働    ..ノ /: : {, ´        ̄ ̄ ̄      ト、__/ :.
    く   イ  /: :/\   /        働   {   j!、 }   :
\___/   ,. ' ´   、 {   負      い   ト  /  j!   l
          ,. ´      , Ⅵ           た   | ∨、  '    ト、
   _   ,  ´     _,ィ ´  {    け      ら   {   \     /: :.
 __(_ Y     /: : :|     |              |       ー ': : : :.
 ーァ ヽ    ,.  ´| : : : |    /             |        /: : : :}
 〈,イ,r y-'´   、: : : :.  /                |        /: : : : |
金糸雀 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
かがみ 「占いCO 橘 純一○」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
双葉杏 は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
しまむらさん0 票投票先 →天海春香
双葉杏4 票投票先 →打ち止め
橘 純一1 票投票先 →双葉杏
天海春香1 票投票先 →双葉杏
水谷絵理1 票投票先 →双葉杏
打ち止め1 票投票先 →橘 純一
金糸雀0 票投票先 →双葉杏
かがみ0 票投票先 →水谷絵理
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
打ち止め 「ド道化師>絵里」
双葉杏 「なんでもいいけど飴ください>春香」
金糸雀 「いちゃらぶってんじゃねぇかしら!>打ちとめ」
水谷絵理 「マクドナルド?>打ち止めちゃん」
打ち止め 「いえーい!恋する二人は似てくるのさー!>しまむら」
橘 純一 「かがみ視点 LWか2W残り(この場合は狐不在確定) 対抗狂人 グレー 僕 春香 杏
 打ち止め

絵理視点 LW確定 対抗不明 グレー  杏 打ち止め かな? 
しまむらさん 「ああ、蒼星石さんは狼さんだから、かがみさんに水谷さん視点の狐さん、
残るんですねぇ……」
金糸雀 「まぁ、それで絵里の仕事は終了するハズかしら。」
双葉杏 「そーですかー(そーですねー)」
水谷絵理 「共有さんモテモテの流れ?」
打ち止め 「んーだってさあ。残り伊織ちゃん投票者がえーとログ見ると。
ミサカ橘杏しまむらなわけだよ。で、まこっちゃん噛んで減らしてるからさあ
なに?もしここにいるならドMなのかな?ってミサカはミサカは素直に思う。」
天海春香 「言いたくないなら言わなくてもいいけどなにが露骨?>◇双葉杏」
金糸雀 「今日は灰ランかしら。>ALL」
水谷絵理 「たつまきせんぷうきゃく!」
水谷絵理 「かがみさんは狂か狐だね」
双葉杏 「春香ちゃん露骨すぎて残してたけどもうめんどくさくなってきた」
しまむらさん 「そうなりますよねぇ?
で、共有さんとしてはこれからどうするんです?
占いを吊らないで灰を詰められるのは、正直占い真狂の確信がモテるときだけ、
それ以外は占い手を付けないともうどうにもなりません。」
かがみ 「杏、春香、純一LW候補。狐もね」
水谷絵理 「杏ちゃんと打ち止めさんと、かがみさんがグレーだから3吊りの順番次第?>しまむらさん」
天海春香 「かがみん狐の可能性ある?」
しまむらさん 「ってちょっと?
打ち止めちゃん!口調がそれじゃむしろ一方通行だよ!」
双葉杏 「なんでもいいけど飴なめたい」
金糸雀 「灰に狼。
かがみん目線ではまだ広いだけかしら。>しまむら」
打ち止め 「ってまたキャラ崩れたってミサカはミサカはなかったことにする!」
しまむらさん 「ええと、水瀬さん確定狼でいいですよね?そうなると、
水谷さん視点と、かがみさん視点って、残りどうなってるんですか?」
水谷絵理 「これで一応、私の仕事はほぼ終わりだけど」
打ち止め 「……あー。まーた疑い先が死んだよ。んだよ。じゃああれじゃね?
身内投票してねえのか。候補者減らすようなことしやがって。」
天海春香 「一番村がしっかりしてた真が死んじゃった
ログをみないとね」
橘 純一 「まぁ、そうなるわなーとはおもった
きのうかがみさんに投票した理由とか言った方がいいならいうけどどーするよ?」
金糸雀 「打ちとめちゃんと杏ちゃんの勝負になってしまったかしら……。<灰」
水谷絵理 「送りバントの練習してた?>カナリアちゃん」
かがみ 「私の真切りなら好きにしたら。」
水谷絵理 「橘純一(53)  「パンダ釣るなら占い吊った方がいいんじゃないって気しかしないけどどーなのかねー」
橘純一(38)  「9割あるんじゃないかーとは思うよねー>身内
ま、残った占いさんとこなたをどうするかってのよりもグレー広すぎだろ」
 
グレー広いと見せて、占い吊りを提案してきた?
なかなかクセのある位置取り?
東出の打席のときにレフトがライン寄りに守備する感じ?」
しまむらさん 「で、真さん噛みですかぁ。」
金糸雀 「ねぼすけELLIEかしら。>絵里」
水谷絵理 「はたらきたくないでござる…
占いCO 純一さんは○でござる」
かがみ 「占い理由 確定○作りでいかせてもらうわ。」
橘 純一 「と、いうわけでおはようだよ!
役職さんは仕事お願いするね!」
しまむらさん 「……SRだと思った?

残念!コス2の卯月ちゃんでした!


……は、おはようございます。」
打ち止め 「まこっちゃーん!!」
かがみ 「占いCO  菊池真○」
双葉杏 「ねむい」
打ち止め 「これはもしかしてあれかな?切った占いで詰めるという共有印の荒業って奴かな?
ミサカはそうだと思ったらうん、やってみたよ!!」
金糸雀 「まっこまっこりーん!」
橘 純一 「 「ティーバックは健康にいい」」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
菊地真さんの遺言 SRとか価値とか、重要じゃないんだ
泉こなたさんの遺言 用意してる時間なんてなかったんだよ。
だからしょうがないよね。
菊地真 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
かがみ 「LWCOしない方向性で。」
かがみ 「金糸雀噛み」
かがみ 「占いCO  菊池真○」
かがみ 「こりゃ終わったなー。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
泉こなた は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
菊地真0 票投票先 →泉こなた
しまむらさん0 票投票先 →泉こなた
双葉杏1 票投票先 →橘 純一
橘 純一3 票投票先 →かがみ
天海春香0 票投票先 →泉こなた
水谷絵理0 票投票先 →双葉杏
打ち止め0 票投票先 →泉こなた
金糸雀0 票投票先 →泉こなた
泉こなた5 票投票先 →橘 純一
かがみ1 票投票先 →橘 純一
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
かがみ 「共有なんだからしゃっきりしなさい!」
双葉杏 「なにしたいの」
しまむらさん 「んー。偶数、なんですよねぇ。
こなたさん吊りについてはまぁかがみさんの真キリですけど、
それはそれでいいかな。私は割とかがみさん昨日のあれで心証悪いです。」
打ち止め 「あー。うん。そうなんだ……>金糸雀」
かがみ 「私の真きりよ!? ○なんだから、こなたは!」
水谷絵理 「水曜どうでしょう?」
泉こなた 「いや、かがみんの真切らないなら灰狭めた方が良いとは思うけどね。
けど私がここで抗ってもしょうがないし。」
かがみ 「グレランでいいでしょう!」
水谷絵理 「子供がまだ食べてるでしょうが!?>かがみさん」
金糸雀 「いや別に切らないかしら。<かがみの真>ALL」
菊地真 「どうしようか、正直意見がまとまらないよ・・・」
水谷絵理 「つんくさんに頼まないと厳しい?>杏ちゃん」
橘 純一 「パンダ釣るなら占い吊った方がいいんじゃないって気しかしないけどどーなのかねー」
かがみ 「まだ灰が残ってるでしょ!?
私の○を吊らせるわけにはいかないのよ!」
天海春香 「えーこなたちゃん吊るってことはかがみんの真きるの?」
打ち止め 「うーん。あれ。まこっちゃん絵里ちゃんの○だった。」
しまむらさん 「でもですねー。
かがみさん、噛みと吊り間違えちゃうのはアイドル業界だとよくある
テヘペロ、ですよー?」
水谷絵理 「私視点では詰まってる?
ういろうの詰め合わせ?>純一さん」
かがみ 「こなた吊りは反対!」
双葉杏 「グレー死ぬほど多いのに占い吊って、暫定パンダ吊って、
印税もらえるの?」
金糸雀 「分かったかしら……。<こなた>ぽちっとな」
泉こなた 「けどま、占いは真狂残りだと思うしなんともかんとも。」
菊地真 「それが本線かなぁ・・・>絵理
難しいよ。」
水谷絵理 「素うどんの具はどこまで許されるか論争?」
金糸雀 「別に吊るから偽とは言ってないかしら。>かがみ

気持ちは分かるけれど。」
かがみ 「しまむらを占って○だったからよ>春香」
泉こなた 「COないない。吊りたいならどーぞ。」
橘 純一 「9割あるんじゃないかーとは思うよねー>身内
ま、残った占いさんとこなたをどうするかってのよりもグレー広すぎだろ」
双葉杏 「共有がなにしたいのかわからないから寝てていい?」
金糸雀 「かがみちゃん視点で絵里ちゃん吊らなくていいコトが分かっただけ十分かしら。>かがみ」
泉こなた 「え、いや、霊能噛まないのは、偽あると思わせたいのかなーって思ってた。
身内の有無はともかくとして。>杏」
天海春香 「かがみん素村になんで狐ないと思ったのやら^^;」
かがみ 「こなたは私の○よ!>金糸雀」
しまむらさん 「で、これで票が見えなくなったのも事実なんですけど。
実際蒼星石さんが○だったのか、●だったのか。

……はぁ、悩ましいですねぇ。
あ、切らないんですね。あとキンイト、だれがくんですかコラ」
水谷絵理 「色を見せたくなかった系?
私がホンモノだと、ほぼ詰みだし?>真さん」
かがみ 「何と言うか……もうやだ。失敗してる。」
金糸雀 「こなたCOあるかしら?>こなた」
打ち止め 「あれ、霊能さんが死んでる……うわーうわー。わかんねえ。」
双葉杏 「むしろ伊織に身内ないと思ってたの?>こなた」
水谷絵理 「おめでとう?>しまむらさん」
双葉杏 「もうなんか言う気も起きないなー、飴舐めたい」
打ち止め 「よし!書ききった!ってミサカはミサカは元気だぜ!」
金糸雀 「別に切らないかしら。>しまむらくん」
菊地真 「それで、ボクはこうして霊能を意地でも処理した理由について考えるべきだと思うんだ」
泉こなた 「つーかさ、昨日噛まなくて今日霊能噛むなら、いおりんに身内あるんじゃないの?」
橘 純一 「ああ、狩人いない系かこれ
さて・・・どーしたものかねー」
しまむらさん 「でうわ、蒼星石さん切るのであればこれ、
私確定○なんですけど……?」
水谷絵理 「仁奈ちゃんの防御失敗?」
打ち止め 「へいへいお姉さまがた。ポジティブにいこうぜべいべー。
ってミサカはミサカは新たなキャラ付けをしてみたり。
もし蒼星石●だったんなら、泉こなたちゃんを●にしたわけで、そこをSGにするのなら
まこっちゃんだと思いまーす。伊織ちゃん投票者的な意味で!」
かがみ 「霊能噛み……本当にごめん。確定○つくりに逝けばよかった……」
泉こなた 「狩人いなそうだねぇ。」
天海春香 「これ狩人いないでいいよね」
しまむらさん 「で、霊能さん噛みと
んー私昨日のあれそれで割と信じたくないんですよねもう、かがみさん」
かがみ 「占い理由
真狼狐の可能性について。ってか、単純にいい間違えだったら私なにしてんの……OTL
確認しておけ、私……もうやだ……。」
橘 純一 「と、いうわけでおはようだよ!
役職さんはお仕事よろしくね」
水谷絵理 「しまむらさん(62)  「……?
ええと、私狂人だったら、柊さん視点、これ狐混じりですか?」
 
村が始まってからは、しおらしい感じ?
シオらしい…潮…じょっぱー?
しまむらさんをイカせるといいってこと?」
かがみ 「占いCO 水谷絵里○」
泉こなた 「ほい、結果お願いねー」
金糸雀 「うさぎのきぐるみに防御性能はなかったのかしら……。」
水谷絵理 「はたらきたくないでござる…
占いCO しまむらさんは○でござる」
天海春香 「島村さんはなにがいいたかったのかなあって・・・
狂人てなに?利敵行為? ハンデか!
橘 純一 「(っと、いかんいかん。こんなにジロジロ見てちゃセクハラになっちゃうよ……)
菊地真 「狩人いないんじゃないかなこれ」
双葉杏 「はいはい」
しまむらさん 「えへ……4/24は私の誕生日ですよぉ……
きっとみんなバースデイケーキと私のSRをもって……

……制服コレクション?天海……春香?まって!
4月なの、卯月よ、島村卯月の!私の!私のぉぉぉぉぉぉっ!


……ハッ、夢……おはようございます。」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
市原仁奈さんの遺言 AAがみつからねーので、
特にいうことがねーのです。
共有者になれば寂しくねーのですが、人狼なら人狼で仲間がいるのでそれでもいいです。
市原仁奈 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
かがみ 「んじゃぁ1:30噛み、霊能@」
泉こなた 「噛みたいとこは相変わらずずれまくってる真なんだけど、
霊能噛んでみないと勝ち目がなくて色々きっつい気がするw」
かがみ 「霊能噛みやりましょう。」
かがみ 「ですよねーw」
かがみ 「噛みたいところあります?」
泉こなた 「多分護衛あると思うけどねー、やってみても良いんじゃないかなぁ、多分。
てかやってみないと多分勝ち目ない」
かがみ 「ただ、霊能結果○なら、占いロラってこなた吊って最終日かも」
泉こなた 「狼特攻か身内●の示唆だよね、それ。」
かがみ 「霊能噛みは無理。護衛あるならそこ」
かがみ 「これでいいかな?」
かがみ 「占いCO 水谷絵里●
占い理由
真狼狐の可能性について。ってか、単純にいい間違えだったら私なにしてんの……OTL
身内投票にもなるじゃない、そこ……もうやだ……。」
泉こなた 「うがー、見付かるとか予想外だわー!
けど真は死んだ。銃殺対応はいらない。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
蒼星石 は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
菊地真0 票投票先 →蒼星石
しまむらさん0 票投票先 →蒼星石
双葉杏0 票投票先 →橘 純一
橘 純一1 票投票先 →蒼星石
市原仁奈0 票投票先 →蒼星石
天海春香0 票投票先 →蒼星石
水谷絵理0 票投票先 →蒼星石
打ち止め0 票投票先 →蒼星石
蒼星石10 票投票先 →泉こなた
金糸雀0 票投票先 →蒼星石
泉こなた1 票投票先 →蒼星石
かがみ0 票投票先 →蒼星石
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
菊地真 「・・・あれ?
さっきから声が聞こえないと思ったら雪歩ー!・」
水谷絵理 「私も働かされてる>杏ちゃん」
打ち止め 「そうなんだー>金糸雀」
しまむらさん 「で、そういうこともあるので、これ、柊さん自分で自分の首しめてません?」
天海春香 「護衛先は、まあ任せますよ^^」
かがみ 「◇しまむらさん 「んー、了解です>蒼星石さん噛み
おそらく、ここでこなたさん吊るって選択はないですし。」」
双葉杏 「杏はさー、働きたくない分、働かせようとするのはキライだな」
蒼星石 「銃殺なんて
○噛み+自○とかでもない限り
確実に対応できるようなものに頼るなんて選択肢がそもそもない。」
泉こなた 「理由次第だけどね。>蒼星石
けど、銃殺狙ってないあんたは、いらないや。」
かがみ 「貴女が狂人なら>しまむら
でなきゃ噛むって言わないでしょう?」
金糸雀 「こなた吊りまで視野に含めるとそろそろかしら。>打ち止め」
橘 純一 「?」
しまむらさん 「だって、噛みは萩原さんですよね?
共有の。」
双葉杏 「蒼星石吊るってことはもうそこ2択(3択)を狩人任せするだけじゃん」
水谷絵理 「多分、ミネラル麦茶チャンスだね」
菊地真 「最初に言ったとおり霊能乗っとりも見なきゃいけないけど・・・
状況と3-1だからなぁ」
かがみ 「ありがとう>金糸雀
選択肢の1つにしておく」
市原仁奈 「仁奈が生きている保証はねーですよ。
なので、仁奈が噛まれた時のことは考えるべきですよ。」
しまむらさん 「……?
ええと、私狂人だったら、柊さん視点、これ狐混じりですか?」
蒼星石 「銃殺出して真見れる、と?」
双葉杏 「だからー、霊能か真占いかどっちに残ってほしいの?」
泉こなた 「どこの真も切りたくないから放置しときゃいいんだよー。
その上で、むしろ蒼星石真だった時に困るから銃殺してくれって思ってたのにさー。」
金糸雀 「別に自由にしてくれて結構かしら?>かがみん」
打ち止め 「んー。どうしようかなってミサカはミサカは困り顔。
占い切りって普通は10人時点じゃななかったっけ?
ていうか蒼星石ちゃんは真狼位置だから純粋に怖いのもあるし。」
水谷絵理 「伊織さん●だったんなら、ここで蒼星石ちゃんを吊るってことは…
パイパン注意報?」
双葉杏 「あめなめたい」
かがみ 「ってことは……対抗占いやってみるとか? 真狐狼?」
天海春香 「蒼の子吊ったらー、泉こなた●を置いといて
いや、霊能いるからそのまえに色みるか^^;」
しまむらさん 「多分それは世界が変わるかもしれないわ>杏ちゃん
そう、コンプがチャがしまむらガチャに変わったように。」
菊地真 「霊能○だったらボクは蒼星石真占いと見たいよ。
狂人だったら狼に出された●に対してのリアクションとしては自殺的行動だからね」
蒼星石 「それで吊り先が天海春香になるのが凄くずれてるよねって話だけどね。」
水谷絵理 「若干、大きくなる?>杏ちゃん」
橘 純一 「わりとほっておいても吊るから吊っただけだしなー>伊織に関しては>ぐーや投票もあったし

んー…12>10>8>6>4で1wは吊れてると」
かがみ 「噛み?>しまむら
あんた狂人?」
泉こなた 「え、ぶっちゃけ私は占いの真切りたくないから切るべき日まで放置で良いよ、って思想なだけだよ?
もし銃殺出してくれるなら確定できるしねー」
蒼星石 「初日にしようよそれは。
僕が狼だと仮定しても無意味でしょ…」
水谷絵理 「検討デリカット?」
市原仁奈 「蒼星石を吊るのには賛成ですよ。」
双葉杏 「ねぇ蒼星石吊ってなにが変わるの?」
しまむらさん 「んー、了解です>蒼星石さん噛み
おそらく、ここでこなたさん吊るって選択はないですし。」
金糸雀 「そーいうコトかしら。>こなた」
かがみ 「そして共有噛み……
信用勝負って感じなのよねぇ……」
水谷絵理 「私も添い寝したい>杏ちゃん」
金糸雀 「まぁ、仁奈が犠牲になっても貴方の結果は覚えておくから安心してほしいかしら!>蒼の子」
双葉杏 「だからさー蒼星石吊って狩人に2択(3択)で働かせようとするのやめようよ」
蒼星石 「んで論理的に考えた場合
僕真切り推してる天海春香を何と見て吊るのかも全く判んない投票してる
泉こなたが村である筈があるだろうか(反語表現」
天海春香 「あれーこれ銃殺起きたらもう狼ほぼ露呈しそう」
打ち止め 「……ああ、割と納得かも。だってかぐやちゃん投票者だったりしたし。
直観的に吊りやすいところに投票する人はだいたい人外。
ミサカはミサカは自論展開キリッ>」
泉こなた 「りょーかい、それで霊能○だったら私吊りも検討ってことだね。」
菊地真 「そんなわけで蒼星石狂人はないはず。
真狼が濃厚かな。」
水谷絵理 「ストレートが速いとチェンジアップが活きる?>蒼星石ちゃん」
かがみ 「それでOK>金糸雀」
双葉杏 「ねぇ杏働いたよね、村人の結束力だよね、寝ていい?」
橘 純一 「ああ、そこ●なのね>霊
で・・・そこに●でてるけど…どーしたもんかねー」
水谷絵理 「雪歩さんがじょっぱー?」
しまむらさん 「ええと、萩原さん噛み
そして、霊結果●の……泉さんパンダですか。
んー。」
蒼星石 「流石にストレートすぎてちょっとワロタ」
金糸雀 「今日は蒼星石を吊って色を見るかしら。>ALL」
双葉杏 「ほら、杏働いたよ?」
双葉杏 「蒼星石偽として吊ってどうなるって話だよ、どうでもいいけど飴なめたい」
かがみ 「霊能●、そして私の○に●とか……」
泉こなた 「ん、んー?これはひどいね。私●とかw」
金糸雀 「おでこちゃん狼だったかしら?>仁奈」
蒼星石 「何かもう普通に人狼かい…」
橘 純一 「と、いうわけでおはようだよ!
役職さんはお仕事よろしくね!」
水谷絵理 「狼とケンカする位置は要注意? 
春香さんはDELLがお気に入りっぽい?
インテル入ってるか、見せてもらう?」
菊地真 「なんだかなぁ
大体いくら●が出てるのに占いが吊られたかどうか
霊能COがいない可能性もある状況だったしそこを見ていくよ。
・・・ん、確かに霊能に伏せるように最初から指示をしている。
信用ならないなら吊って云々は一応理には叶う。CCOを見られた場合の占いはなかなか信用されない。
となると考えられるのが本当に蒼星石が真占いか、蒼星石-仁奈で狼ラインが形成されているかのどちらかだよ」
蒼星石 「◇泉こなた(35)  「銃殺GJならかがみんの方が真目がありそうだよね。
まぁ、ぶっちゃけ、誰より絵理が真ぽいんだけどさ。」
自○のかがみをそんなに信じないって態度+基本的に僕真切り路線。
その割に吊る気もないという感じのムーブ。
銃殺GJなら狼だと思っても吊っていいし何故切りたくないのかもはっきりしてない。
真見えてるから狐削って欲しいんでしょ。」
かがみ 「RP多くて困る位置なのよねぇ……票も少ないし。
灰を潰しておくためにも占っておくわ。確定○を作るには早いと思うし。」
金糸雀 「雪歩ちゃん……。」
打ち止め 「ミサカはミサカはしまむらで服買ったことなんだよね。……それはとくに関係ないけど
しまむらちゃんから何も見えねえ。こええってミサカはミサカは本音を吐露して
みたり。」
しまむらさん 「うふ……うふふふ……千絵ちゃんはいいなぁ……スタドリ1200かぁ……
私なんて……私なんて……わたしなんてぇぇぇぇぇっ!

……ハッ、夢か……おはようございます。」
蒼星石 「占いCO:泉こなた●」
水谷絵理 「はたらきたくないでござる…
占いCO 春香さんは○でござる」
かがみ 「占いCO  しまむらさん○」
市原仁奈 「霊能結果ですよ。
水瀬伊織は●ですよ。」
双葉杏 「戦略的休憩をしたい」
橘 純一 「(そ、それよりもこれは、僕が大丈夫じゃなくなっちゃうよ……)」
天海春香 「あのなんで蒼星石吊らないのかな
絵里ちゃんの真偽もつくんじゃない?
さすがに昨日の発言はダメだよ・・」
泉こなた 「おはよーさん。」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
萩原雪歩さんの遺言             ,. -‐ ─- 、
             / ,. -      ⌒ヽ
            / /            \
        //  ,   / {   、 ヽ  ハ
        , イ ' /  // ハヘ  !  ',  l
         i ! { ィ7フ  ヽ>ト、 l }   |
         トハ. ,. ‐-   -‐ 、 リ/  ' 招待私をずっと大切にとっておいたら
            トヘ}' り    り }/' / / いつかドリンク10くらいの価値に・・・ならないですよね(涙)
             、 ゝ''   '    '' j, / / こんな低価値な私は穴掘って埋まってますぅ~!
            _,ゝ」> ^ -ァ¬7/ /
        《二二}}ィ_人/ 〉、
         \/⌒) 。i `Y l
          {   }  :!   l  l
           ト-fヘ 。i  |  |
            l  | 〉ヘ _」  |
            | ,ハ   __ノ
           `7 。V__,/ \
             /   i Vヘ.  丶
            /   。i Vヘ   \
           /    i  Vヘ    \
          /    。i  Vヘ──┐ 、
         /     i /   ~^ |  〉
         〈     i \^~    |/
            \    i  \     ノ
             ` ┬ ┬ ┬` ー ′
水瀬伊織さんの遺言       、____
          `ヽ     `丶. __
          __\__>-'=、.、: : :`ヽ
       <´_     _,.//: : : : : ∧ V : : ∧
           ̄ ̄ {/ノ-''¨´ミ三ハ.|: : : : :ハ
             /Yリ _  ミ三l|: : : : : ::!  今日はどうだったかしらね…
              l ´ ___  ミ三!: : : : : :|
              /:! イオリ/   ,': : : : //
            /::ノ      /: : :/:/|  __
           /: : ヽ  __   /,ィ": /: |/´   /
         /: : : : : : \ _, ィ/ /イ´二二___/
        /: : : : : :/,ィ: : //l `/´Τ´:r─ミ、
       //: : : : :/://: //: :|/| /:::::/:::::::::::∧
      l/: : : : :/:/ /: :l/: //l |/|:::::::l:::::::::::::::l::!
       |: : : :://  /:/: : ://z'=| |:::::::::::::::::::::::|::l
       !: |: :/::i  ,': :l: : ::l/: :lイl |::::::::l::::::::::::::i:::l
       |: l: ,'|/  l: : |: : |:|: : |_」ハl:::::::::',::::::::::::|::::',
       l: |/     !: :|: ::」´ ̄  ヽ\::::::l:::::::::::|:::∧
       ヽ|     ヽ/´       l::ハ::::i:::::::::::|:::::::})- .、
             __          }::::l:〈ヽ::::::∧ノ>:::::::::::〉
           //   ̄`> ..,__ l:::::|:::|:::::::::::::l/:::::::::::/
             / /            ̄FF!:::::::::::::|::::::,.ィイヽ
          l l     、         |_|_|::::::::::::::|三>、||::ll
          `ヽ、     `lヽ     FF|::::::::::ol:l ̄ _X∧||
            \   /::::::\.   FF|::::::::::o|:|三彡'`Xl
              \/::::::::::::::`ヽーEE,!==='l===イノ
               \:::::::::::::::::ハと「 l l   _ノ──‐'
萩原雪歩 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
泉こなた 「あいさ。今日はお願い。明日からは手伝うよん。」
かがみ 「理由書きしておく」
かがみ 「とりあえず、確定○作りは……しないほうがいいか。」
泉こなた 「おっけおっけ、銃殺出たらその時はその時で。
なるべく理由書いておくようにはするけど。」
泉こなた 「マゾ進行しかないね、もう。」
かがみ 「共有噛みしましょうか。」
かがみ 「こうなったら蒼星石は徹底的に噛まない。」
かがみ 「キツくなるわねぇ」
かがみ 「圧倒的得票」
泉こなた 「んー、まずったなぁ。こうなるなら身内しておくべきだった。」
かがみ 「あら」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
水瀬伊織 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
水瀬伊織6 票投票先 →双葉杏
菊地真0 票投票先 →水瀬伊織
しまむらさん0 票投票先 →水瀬伊織
双葉杏1 票投票先 →水瀬伊織
橘 純一2 票投票先 →水瀬伊織
市原仁奈0 票投票先 →蒼星石
天海春香1 票投票先 →蒼星石
萩原雪歩0 票投票先 →水瀬伊織
水谷絵理0 票投票先 →蒼星石
打ち止め0 票投票先 →水瀬伊織
蒼星石4 票投票先 →橘 純一
金糸雀0 票投票先 →橘 純一
泉こなた0 票投票先 →天海春香
かがみ0 票投票先 →蒼星石
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
金糸雀 「昨日時点で私の意見は述べたし、
それに対する村の投票と結果も見たし、
そもそも役職の信用云々に関してカナは別に何とも……。」
萩原雪歩 「グレランかなーですぅ」
天海春香 「霊能は守ってね」
しまむらさん 「あと、だめですよー?
蒼星石さん?
女の子でしょ?女の子がそんな言葉遣いだったら、トップアイドル島村さんが
ダメダメしちゃううぞミ☆」
水谷絵理 「はに丸くん?>真さん」
双葉杏 「杏は昨日とおんなじ投票するよ」
泉こなた 「んー、あれだよ。村がそんなに蒼星石の真見れないってんなら吊れば良いんだよ。
けど、ぶっちゃけ真目薄くても切りたくはないんだな、私は。」
打ち止め 「ああ、うん、とりあえずグレラン!ムスカちゃん見てたけどいきなり無残だし
ちょっと頑張るってミサカはミサカはえいえいおー!」
蒼星石 「フカクキニスルコトジャナイヨハハハ」
天海春香 「共有指示ないならー吊るよ占い」
双葉杏 「役職全部出たなら吊ってあげる必要ないよね、飴舐めたい」
菊地真 「なんだろうこれ
なんだろうこれ」
水谷絵理 「春香さんはDELL?」
橘 純一 「霊能は知らないというかまぁあの状況で潜る意味がわけわかめ
発言見た感じでへたすりゃ乗っ取りまでありえそうなとこだし>市原さんが霊っぽすぎて
蒼星石 「…アブナ」
市原仁奈 「いろんな意味で殺伐としてやがるですよ。
仁奈もそのいち要因なところなんですが。」
かがみ 「うーん、蒼星石狂人、水谷絵里狼、ってところ?
理想系で1F死亡、残り2W。」
しまむらさん 「まぁ、信頼はとってないけど、
銃殺とか、逆転要素はまだあるわけで……
とりあえず、ってなりますが、蒼星石さんは水谷さん視点のキープ狼にした、
そういう判断だってことですよねー。」
蒼星石 「…えっ」
蒼星石 「何て言うか
内訳視がずれてる位置だよねーとは思ったけど>ムスカ」
水谷絵理 「取れるほど有給が残ってない系?>杏ちゃん」
金糸雀 「その、蒼星石……。
私の相方は雪歩かしら……。>共有について」
泉こなた 「考える事がないならツンデレってれば良いんじゃない?>伊織」
萩原雪歩 「あうう、春香ちゃんも蒼星石さんも抑えてくださいぃ~><
私としてはどこの真もまだ切ってませんので!」
打ち止め 「ってキャラが崩れてたってミサカはミサカは慌てて語尾をつけたり!」
天海春香 「じゃあさー^^ 蒼の子吊って色みればいいじゃん
絵理の真偽も一緒にでるよ」
かがみ 「ヘイトじゃないけど、私疑いみたいなところはあった>打ち止め」
蒼星石 「なら初日に切れっつってんだよ>天海春香」
水瀬伊織 「で、結局今日はどうするのかしら?
…悔しいけど私考える頭ないのよね…」
水谷絵理 「男の人とワチャワチャしたい系?>杏ちゃん」
菊地真 「いや、だからさ!
真なら真ってみてもらえるように努力してもらわないとこっちもさぁ・・・村として真きりなんて下の下だし!」
泉こなた 「いや、この村だと銃殺GJは確定にはならないからさー
狩人目線でも、噛みあったのか銃殺なのか不明なんだよ>純一」
市原仁奈 「共有が目立たなくてよくわからねーですよ。」
金糸雀 「ぐーやはニートだったから死んだのかしら……。<投票結果」
橘 純一 「ま、正直昨日のグレランならそこ吊れるだろうな~だったからなんともだねー>しまむらさん」
打ち止め 「えーと、かがみんと蒼星石ちゃんだね……あれじゃないかなあ。
銃殺対応って奴で噛みと占いって奴。えーでもムスカちゃん全然狐とかに見えないよ。
占いのヘイト稼ぐようなこと言うとか。」
しまむらさん 「え?>水瀬さん

……し、知ってました!しってましたよ?」
蒼星石 「吊りする訳でもないのに「信用してないよー」とか共有に言われてむかっと来ない理由もないと思うけど。>市原」
双葉杏 「普通に見れば死体に○出したとこが真狼目ってそれだけじゃない?
有給とっていい?」
水谷絵理 「蒼の子が焦ってる系?
ピンクの小粒、コーラック?」
泉こなた 「後霊能はあんまり疑ってないよ、私。
なんせとりあえず●吊りの目が昨日あったからギリギリまで潜ってたんだろうし。」
天海春香 「えええええ^^; なんかケンカ売られた>◇蒼星石
なに?吊ってほしいの? もう切ってもいいんだよ^^」
市原仁奈 「そこまで突っかかる蒼星石はどうかしたんですか。」
かがみ 「なんだろ。」
しまむらさん 「まぁ面倒ですよね。
昨日の態度からすると正直、非狩であればいいやーってのもありましたし。>橘さん>かぐやさん吊り。」
萩原雪歩 「死者に二人も○が出てるのは、ちょっとアレですね~
呪殺GJにも見えますし、はたまたそう見せかけたようにも見える・・・
まだちょっと判断つかないかもーですぅ・・・」
橘 純一 「ま、銃殺+GJなら狩人さんがその情報をもってればいいだけのことだし
○進行だから適当におしゃべりしておくかなー」
金糸雀 「まじでー?それどこ情報ー?それどこ情報よー?>しまむら」
水谷絵理 「そんなことより、おめ○なめたい…」
水瀬伊織 「卯月…それ…カナリアよ…>卯月」
蒼星石 「そうじゃないなら共有が占いの信用に口出しするのやめて。」
金糸雀 「まぁ、村の皆の意見はよく分かったので引き続きグレランかしら。>ALL」
水谷絵理 「干ししいたけの陰謀にやられてる系」
双葉杏 「狼狽ってさ、前足の長い狼と後足の長い狼でわちゃわちゃしたっていうのが語源らしいけど、
おかしいよね、寝れば一緒じゃない?」
しまむらさん 「で、きんいとすずめさん。
昨日あなた、ひれふせっていいましたか、この現在シンデレラガールズトップを
走るこの!島村卯月にっ!」
菊地真 「狼視点そこを齧みたいかどうか」
泉こなた 「銃殺GJならかがみんの方が真目がありそうだよね。
まぁ、ぶっちゃけ、誰より絵理が真ぽいんだけどさ。」
蒼星石 「だから真目見ないんなら初手で吊れっつー話だよ>天海春香」
水瀬伊織 「ムスカにが死んでて占い二人が○出してるわね~これがどうなるかしらね…にひひっ」
打ち止め 「んー?ん、なんでそこ?そして出る○二つ。」
市原仁奈 「サングラスのおっさんが噛まれましたか。
昨日はよくわからなくてろくに会話みてねーですよ。」
水谷絵理 「ムスカさん、大人気?
だけどその流れには乗らない系?」
橘 純一 「ま、あんだけ票が集まったらそこは○だろーねーと>霊結果
で…めんどうなことになってるのねー」
しまむらさん 「夢ですよ。
まさか、あの渋谷凛ちゃんに私がうなされるなんて、
そんなの、夢以外のなにものでもありません>杏さん」
金糸雀 「起きるかしら。
起きないと、次は……。>杏」
蒼星石 「何か凄い銃殺GJ出しちゃった気がしてやだこれ
僕が霊噛みでも対抗噛みでもなく囲いして噛みをする理由って
人狼だと100%ないんだけど」
天海春香 「大佐○もらいでしんでるって^^;」
菊地真 「呪殺GJあるんじゃないかな、これ」
打ち止め 「あれ。ムスカちゃんが死んでる。」
かがみ 「……どうしてそこが噛まれてるの? 銃殺だったらいいんだけど……。」
金糸雀 「落ち着くかしら!貴方は十分SRになったかしら!>しまむら」
しまむらさん 「そしてムスカさんが死体でー。
かがみさんがムスカさんに○っと。」
泉こなた 「おはよーさん!」
双葉杏 「夢なんだ」
橘 純一 「と、いうわけでおはようだよ
役職さんはお仕事お願いするね」
打ち止め 「雪歩ちゃん共有COしてたのね…気づかなかったよ。
あと、ムスカちゃんの最期の発言がなんとなく
占いヘイトに見えたから投票しちゃったって
ミサカはミサカは素直に告白してみたり。」
水谷絵理 「◇菊地真 「いや、真ならあがいてもらわないと・・・
初日霊能濃厚なのに・・・」
 
真さんが真にあがいてもらうって言うロマン?
濃厚な真さんの様子を調べてみたい感?」
天海春香 「やだー橘さん相互投票!>橘 純一
蒼の子怪しいけどさ、ちょっとまだ吊れないわ
占いも噛んでくるし、でも真目はちょっとねー^^;
萩原雪歩 「おはようございますぅ~
・・・えっと、共有としては公平に見るべきなんでしょうけど
昨日の真ちゃんは頑張ってる感じがしてカッコ良かったですぅ~///」
蒼星石 「単純に人外狙い。◇ムスカ大佐(55)「hm。 この遅い●はつるのも不安だ。
水谷視点の飼い狼でも良いのではないか?
霊出してグレランでも良いと思うがね。」
「僕の占いCOが遅かったこと」じゃなくて
「水谷絵理が占いCOが遅かったこと」をテーマにしてる辺りが気になる。」
かがみ 「占い理由
◇ムスカ大佐 「いまきにすべきはかがみの発言」すでに内訳が見えたってことかしら?
銃殺よか●狙いになるけど、怪しいといえばそこしかなかったので占うわ。」
菊地真 「まぁ・・・蒼星石の真は呪殺がない限り切ってもいいと思うよ。
雪歩が共有かぁ!なら、ボクと一緒に勝利しよう!」
双葉杏 「夢だこれは夢だ」
蒼星石 「占いCO:ムスカ大佐○」
しまむらさん 「……うう……しぶや……シブヤ……シブヤァァァァァ!!

……は、私また夢を。おはようございます。島村卯月です♪」
市原仁奈 「霊能結果ですよ。
吊られたかぐやとかゆーのは○だったです。」
水瀬伊織 「華麗なる伊織ちゃんの活躍…見逃したら後悔するわよ!」
金糸雀 「元気な朝はカナリアの玉子焼きから!」
水谷絵理 「はたらきたくないでござる…
占いCO 真さんは○でござる」
かがみ 「占いCO  ムスカ大佐○」
橘 純一 「(それにしても、壮絶な感触だったな…)」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
ムスカ大佐さんの遺言
              /:::::,r'´      ヽ:::::::::l,
             l:::::::l_,,_    _,,-‐-: :'l:::::::::l
              ゝ::iィ'"`゙`t‐l´ ̄~〕、:.l:::::::::l
               ゙ビ'--‐i  ゙'‐-‐'  〉'´i丿
               ゙i    ``     : : : リノ
                  l  r--‐‐ ッ : :r、/   ほう……はっはっは! 見ろ、アイドルがゴミのようだ!!
                  l ``''''"´ : :/::l'"
               .  !、,___/: :l_
               _,,(F-、, _,,-‐''''""´ !、,_
          _,,,..-‐/''´::l゙`-、-V_,,, -‐''''"ノ;;;;;;;`゙`'‐ 、,_
    ,,-‐'""´ ̄:::::::::/:::::::,rレ'´  i、ヽ--‐ 丿::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙`'‐-- 、
  ,ィ'::::::::::::::::::::::::::::/_/     i : ヽ ,ィ':::::::::::::::::::l:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ
 r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r       i : : l:::::::<⌒ ̄:::::::::::::::::::,i::::::::::::::;;;;;;;;;;ヽ
_l;::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::i          :l::::::::::::::>::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;l
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::ゝこヽ       :l::_,,,..-‐''´:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;l、
::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::/:::::::ゝ   
かぐやさんの遺言          , - ...、       _, ‐-‐― 、
        /    ::':,      ヽ_...  ,へ.._.ノ
         |    ::::::l        ̄     _
   l´: ̄"-‐`l_ ....::::ノ         , -‐ '":::::::::"':...、
    `‐´ ̄ ´   ̄           / :::::::/::::::::::::::::::::::::ヽ
                    /::...:.__::/i::/::::::::::::i::::::::::::ヽ
                      /::::::::ト-( l::ハー-:::l:::::::::::::::':,
 今日できる事は        ,'/|:::::/!:::ハi -メ=ァム::::i:::::::::::|
   明日でもできる       ! !:::i⊃'   !:::c'リ::::::/:::::::::/
                         `'ハ   _  `⊂/::::/ノ:::::/
  だから明日やれば         ,'::::>ェ_ _ ノ::::/::::::::::/
        いいよね…     ,'::::::::::/フV `メ!:::/::::::::::::i
                     ,':::::::/>ノハノ i|:::(、:::::::::::l
                      /:::/`< ∞  ::ハ::ハi::::::::::::|
     蓬莱山輝夜       .i/,..'"~!ー-―^ト` ',\:::::!
                 r</ :::/::::::::::::::::l   '、 `ヘ
                r-ハ   /  :::::::::::|       トァ_
                   `、 |       ::::::ト、_  _ _.ノノ r ´
                     i_.`ー--、  ..::::::::::::::::__,..-'"/
                   ̄ヽ.  `、_...-―'""~ .メー、ノ
                     `ー^ヽ、_/~ヽ/

ムスカ大佐 は無残な姿で発見されました
「◆音無GM しませんからっ!?>該当者」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
かがみ 「じゃぁムスカ」
泉こなた 「あいあいさ」
かがみ 「噛めるうちに噛むよ。」
水瀬伊織 「まあムスカあたりでいいんじゃないかしら?」
水瀬伊織 「クラムヒトガイナイノチョットダケサビシイノ(ゴロゴロ)」
泉こなた 「狂人噛みでも面白いとは思うけど。」
泉こなた 「気になるのはまぁ、ムスカと真あたりかねー」
かがみ 「あ、ごめん、超勘違い。」
かがみ 「もしくは、蒼星石即噛みしてグレラン村にする?」
泉こなた 「絵理狂人だから!」
「◆音無GM ちょびっと投票遅いので気をつけてくださいっ!? ひやひやしますから!」
かがみ 「水谷絵里が役もちかなーってくらいで。
何も無ければ、そこに○を出すわよ」
水瀬伊織 「まあまあってところね(私が)」
泉こなた 「狂人ナイスって感じだねー」
かがみ 「かみたいところある?」
かがみ 「さーてと。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
かぐや は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
水瀬伊織2 票投票先 →かぐや
菊地真0 票投票先 →かぐや
しまむらさん0 票投票先 →かぐや
双葉杏2 票投票先 →水瀬伊織
橘 純一1 票投票先 →天海春香
かぐや5 票投票先 →蒼星石
市原仁奈0 票投票先 →打ち止め
天海春香1 票投票先 →橘 純一
萩原雪歩0 票投票先 →水瀬伊織
ムスカ大佐1 票投票先 →双葉杏
水谷絵理0 票投票先 →蒼星石
打ち止め1 票投票先 →ムスカ大佐
蒼星石3 票投票先 →かぐや
金糸雀0 票投票先 →蒼星石
泉こなた0 票投票先 →かぐや
かがみ0 票投票先 →双葉杏
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ムスカ大佐 「いまきにすべきはかがみの発言」
水瀬伊織 「結局霊能は出てくるのね…」
天海春香 「う^^;」
双葉杏 「なんでもいいけど投票先自由とか言ったってグレーで指定でもしとかないと割れて●吊れるよね」
かぐや 「意見なんて投げ捨てて共有にあわせれば楽よ、あふあふ>ムスカ」
萩原雪歩 「とりあえずグレランで良いと思いますぅ~」
水谷絵理 「干ししいたけ?>ムスカさん」
橘 純一 「いや、吊るのがわからんってことだよ>金糸雀」
かがみ 「共有把握よ。」
金糸雀 「投票先は自由でいいかしら。>仁奈
ただし、私は蒼の子に投票しておくと、そういうコトかしら。」
菊地真 「いや、真ならあがいてもらわないと・・・
初日霊能濃厚なのに・・・」
市原仁奈 「もうしらねーです。
しっかり方針とらねーなら責任とらねーです。
この市原仁奈が霊能COしやがります。」
しまむらさん 「ひれふす……この[スタドリ800超え]島村卯月が、ひれふす?」
泉こなた 「占い吊らない方向だから、霊能潜らないで出ておきなよ?」
水谷絵理 「蒼星石ちゃんが吊られたガールなら、吊っていいんじゃないかま?」
天海春香 「いやいいわけないでしょ^^; 銃殺してよ」
金糸雀 「相方は雪歩であってるかしら。>ALL」
打ち止め 「まあ、出ないんだったら、グレランじゃないかなあ。
なんか怖いし。」
ムスカ大佐 「やれやれ大分他の村人とは意見が違うようだ。」
かがみ 「あら、霊能は?共有片側COだけ?」
橘 純一 「ほいほい共有FO把握
女の子同士仲良しそうで実に健全だねー」
水谷絵理 「ひれかつ?」
蒼星石 「●出てないか様子見してたら自分に出てた。泣ける。>遅い理由」
金糸雀 「いようといまいと3COで1●なら吊っていいだろうと、そういうコトでもあるかしら?>橘さん」
水瀬伊織 「あら結局もう一人の共有も出てきたの?ま雪歩だということがわかったわ」
泉こなた 「霊能出てないから吊る選択肢があるんだと思うけど。
霊能出てたら普通の3-1として処理すれば良いと思うからねー。
3-2とかなったら霊ロラだし。」
萩原雪歩 「霊能さん出ないんですね
これは初日と見てよさそうですね・・・」
天海春香 「やれやれ・・・^^;>◇金糸雀

あれれ~蒼のこ 吊ってくれって失言かな~?」
打ち止め 「えー。と、あ、そういえば霊能がいないね?
出損ねちゃったら出てもいいんだよ?ってミサカはミサカは表だけ
聖母な顔してみたり。」
かぐや 「5日目ぐらいになったら目覚めるかもZzzzz……」
市原仁奈 「グレランですか?●吊りですか?
どちらです?」
菊地真 「真占いならあがいて!
じゃなきゃ君は利敵行為をしているだけだよ>蒼星石」
水谷絵理 「こういう日はエロいことだけひたすら言ってればいいお仕事をしたい気分」
しまむらさん 「今、ひれふすっていいましたか、きんいとすずめさん」
蒼星石 「真だから吊られていいんだよ。
偽だったらグレランのがありがたいって話。」
ムスカ大佐 「hm 吊るのか。」
しまむらさん 「◇金糸雀 「あってるかしら。>春香

ひれふすといいかしら!(えへん。>打ちとめ」

ひれふす……」
金糸雀 「投票先については任せるけど、カナは涙をのんで蒼のこに投票しておくかしら(よよよ。」
橘 純一 「というか霊能でてないのに蒼の子吊るとかよくわからんのだけど
萩原雪歩 「ありがとう、真ちゃん・・・///>雪歩が人外じゃなきゃボクが守ってみせる
その心配はないから守ってね、えへへ・・・
共有COですっ!相方カナリアちゃん!」
双葉杏 「働いたらやっぱ負けだと思うんだよね」
しまむらさん 「んー……ああ、一応遅いし、
カウンターの形も考えられないことはない、って感じなんですかね。」
蒼星石 「割と何かテンポ的に僕吊られるのが死ぬほど無駄っぽくて泣ける>金糸雀」
市原仁奈 「蒼星石は真とは思えないので、占いCOしていても吊ったほうがいいかもしれねーです。
真なら吊ってもいいですよなんて言わねーです。」
水谷絵理 「夢見すぎ?三杉里?>杏ちゃん」
水瀬伊織 「ふぅん…カナリア共有ね把握したわ」
金糸雀 「あってるかしら。>春香

ひれふすといいかしら!(えへん。>打ちとめ」
橘 純一 「ま、占いさんは個人が特定できる占い理由はお願いしておくよ
理由はまぁ占いさんならわかるよね?
僕はそこまで紳士じゃないからさ」
蒼星石 「まー吊らないんならいいや。グレランいこーか。
狐吊ったら泣くからよろしく。」
泉こなた 「ん、●吊りなの?
霊能も出てグレランして噛み見る方が良い気もするけど。」
打ち止め 「へー。じゃあ。
放置でいいんじゃないかなってミサカはミサカは定石的に言ってみたり。
で、共有は金糸雀ちゃんだったんだね。」
天海春香 「いまの状況は 3-0-1でいいですね?」
水谷絵理 「ボラギノールで自信があります?」
かがみ 「金糸雀共有把握よ。」
菊地真 「霊能・・・?
多分この感じだと初日な気もするけど・・・」
金糸雀 「ちなみに吊る予定かしら。>蒼の子
……初日霊な気もするけど。」
水谷絵理 「蒼星石ちゃんは吊られたガール?」
しまむらさん 「ってことは……灰詰めってなっちゃいます!
いやだなぁ、卯月まいっちゃう!(キラリン」
双葉杏 「印税で一生過ごせるならいいよ>絵里」
かぐや 「●吊ればいいわよ……あふぅ>カナリア」
市原仁奈 「なにいってるですか。蒼星石は占いではないんですか?」
かがみ 「できれば共有出てきてくれない?
無駄占いしたくないから。」
天海春香 「あ、でも蒼のこ占いCOしてるし ここは吊ることはできませんよ^^;」
金糸雀 「共有COかしら!相方は生きてるかしら!>ALL」
萩原雪歩 「真偽は別として、蒼星石くんの真ちゃん占いは微笑ましいなぁ・・・ふふっ
二人ともカッコ良いし・・・///」
ムスカ大佐 「hm。 この遅い●はつるのも不安だ。
水谷視点の飼い狼でも良いのではないか?
霊出してグレランでも良いと思うがね。」
蒼星石 「カウンターって見られるくらいなら多分吊られた方が幾らかマシかなーって思うけど
まぁその辺は共有次第だからそっちだけ出てー」
水谷絵理 「杏ちゃん、お仕事かわってくれない?」
しまむらさん 「そして、これ……ってあああああ!
蒼星石さん、占いに出てます!出てますよ!」
菊地真 「大丈夫!
雪歩が人外じゃなきゃボクが守ってみせるから!>雪歩」
金糸雀 「二人とも起きるかしら!>杏・かぐや」
打ち止め 「ってあれ。ホントだ。みんな言うとおり●が占いさんの対抗に当たってるね。」
市原仁奈 「占いは3出やがりましたが、
●だしは対抗へですね。」
泉こなた 「へー、占い3で内訳がある程度固定されてる感じ、と。」
かぐや 「おやすみ」
水谷絵理 「みんなも働きたくないよね?」
かがみ 「真狼狐でもないかぎり、かがこな別陣営は消えうせたわ!
……こなた狂人じゃない限りね。」
双葉杏 「別になんでもよくない? これもう寝ていいんだよね?」
萩原雪歩 「あ、●ですけど占いCOしてますね~・・・」
水瀬伊織 「おや占い3で対抗の一人に●が出てるわね?」
菊地真 「あ、CCOしてたか>●出し先」
蒼星石 「正直霊潜らせて僕吊ってくれる方が幾らか嬉しいかな。」
橘 純一 「●出てるけどCOしていると…
ま、それなら霊能さんと共有さんもお仕事お願いしようかな」
打ち止め 「子供は風の子元気な子ーってミサカはミサカはことわざ引用ー>金糸雀」
天海春香 「Pさん! 3COに●ありですよ 役職伏せて伏せて!」
水谷絵理 「…ホントに●だった?
しかも、対抗とか」
金糸雀 「蒼星石……?」
しまむらさん 「っていきなり●が?
ええとええと!
とりあえず、役職はふせーーーーーーっ!で!」
市原仁奈 「●がでやがりました。霊能はでなくていいですよ。」
泉こなた 「かがみんが占いなら良いなー、同陣営って事で。
けどぶっちゃけ、ジンクス的に敵陣営な気がするぅぅぅ」
菊地真 「COがなければ吊るしか無いかなぁ・・・」
かぐや 「おはよう」
萩原雪歩 「絵理さんがニート化してるですぅ・・・///」
ムスカ大佐 「とおもうとCCOの形。」
双葉杏 「ねぇ、杏起きるだけで息切れたんだけどこれもう病欠じゃない?」
橘 純一 「と、いうわけでみんなおはようだよ!
役職さんはお仕事よろしくね!」
水谷絵理 「おなかいたい?大丈夫?
ラッパのマークの正露丸あげる?
これで●が出たら狙いすぎって言われそうかも」
蒼星石 「キャラがっ…被るんだ…!
ショートカットにボーイッシュに僕っ娘…!
占うっきゃ…ないだろっ…なぁ、プロデューサーさんっ…!?(ビキィ)」
打ち止め 「あ、そういえばミサカってこの中で最年少なのかな?
〇歳だし」
ムスカ大佐 「そして遅い●だしだね。」
金糸雀 「ハイテンションな子かしら……。>打ち止め」
しまむらさん 「あれれ?
占いさんがお寝坊さんな気がしますよ?」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~!
真ちゃんと同陣営だったらいいな、えへへ・・・」
蒼星石 「占いCO:菊地真○」
市原仁奈 「さっさと占いはでやがるのです。」
かがみ 「占い理由 必要?」
泉こなた 「おはよーさん。
さって、今日のかがみんは敵かな、味方かな?」
水谷絵理 「はたらきたくないでござる…
占いCO 蒼星石ちゃんは●でござる」
ムスカ大佐 「おはよう。
それにしても、さすがアイドル村。
見渡すかぎり女性ばかり。
男としては、少々居心地が悪いかね。

それにしても、ラピュタ王たるこの私を男性とくっつけようとは
何を考えているのかね?>かがみ」
かがみ 「占いCO  泉こなた○」
天海春香 「さ、朝ですよ 起きてください!」
かぐや 「ZZZ……」
しまむらさん
……やめてくださいプロデューサー!
2コスはレッスンの足しにならないからって、移籍は……移籍はっ……!

……は……夢、ですか、おはようございます。
ええと、占いさんはCOしてください。」
水瀬伊織 「にひひっ伊織ちゃんの華麗な活躍を目に焼き付けておきなさい!」
市原仁奈 「おはようです。」
打ち止め 「いえーい!ってミサカはミサカはのっけから元気いっぱいだぜ!
勝ってアイドルなミサカで彼に”凱旋”しちゃうかもって
ミサカはミサカは意気込み十分!」
菊地真 「よーし、必ず勝利して高レート組に逆襲だ!
まず役職はCOして!」
橘 純一 「(今日は何だかスッキリした目覚めだな。まるで紳士みたいだよ)」
双葉杏 「はぁはぁはぁはぁ…」
金糸雀 「元気な朝はみっちゃんの玉子焼きから!」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
音無GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
音無GM は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
かがみ 「超過2:00噛み」
「◆音無GM 当劇場はそのようなシステムではございません(にこり>該当者」
水瀬伊織 「あと噛みは1:30を基本としてほしいわ」
泉こなた 「おっけー、よろしくー!」
「◆音無GM そうね、変わったわ。>該当者」
水瀬伊織 「それじゃかがみ、よろしくね」
かがみ 「じゃ、こなたに○出すよ~」
泉こなた 「ああ、いおりんが騙るなら別の話にもなるしあれか。
私は今のとこ希望はなしー」
水瀬伊織 「もう…こんなんじゃ私は潜伏させてもらうわ…」
かがみ 「で、騙りたいのいる?」
泉こなた 「初手囲いか身内切りかのどっちかでお願いするよー」
かがみ 「いや、身内切りよか、普通に進めていいと思う。」
水瀬伊織 「(私とんだ場違いじゃない…)」
「◆音無GM 【貴音鯖特有の注意事項】

1―狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定メッセージは出ません。

2―夜の共有の「ひそひそ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません。

3―遺言は前日にしか書けないので、温めているネタは今のうちに仕込みましょう。

4―夜の超過時間後でも喋れますが、人狼と共有は独り言に切り替わるので相談はできません。

(特記事項)

1―夜が明けてから15秒の間、発言が行えません。
(オプション:早朝待機制がオンの村のみ。今回もオンにしてます。)

それでは頑張ってね!みんな!」
泉こなた 「かがみんよー、あたし身内切らないかい?w」
かがみ 「よっし、囲いましょうか?www」
水瀬伊織 「で人狼とわね…まあよろしく!」
かがみ 「ぶwwww」
泉こなた 「同陣営wwwwwwwwwwwwwwwwww」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2012/06/01 (Fri) 23:02:57
水瀬伊織 「0!
まあせいぜいがんばりなさい!にひひっ♪」
泉こなた 「か、かがみん?何時の間にそんな子になっちゃったんだい!?」
打ち止め 「うへへ>金糸雀」
萩原雪歩 「はうう・・・(照)
でも、真ちゃんも本当は可愛い所があるのを、私・・・///」
橘 純一 「空気の乾燥とかノドの使い過ぎによる声枯れなどが原因の痛みなら効果あるんじゃないかな?>打ち止めちゃん」
双葉杏 「杏、初日犠牲者を希望しま~す」
水谷絵理 「変態は男の勲章?>ムスカさん」
金糸雀 「……おませさん(ぷにー。>打ちとめ」
水瀬伊織 「1!」
天海春香 「3分間待ってやる^^」
水瀬伊織 「2!」
かがみ 「橘純一を下から攻めるムスカ大佐……(ゴクリ」
水瀬伊織 「カウント開始!
3!」
菊地真 「雪歩は女の子らしくて可愛いなぁ・・・」
音無GM 「お待たせしましたっ!56回劇場公演はじまりますよっ!
伊織ちゃん、よろしく!」
打ち止め 「あー、だめだよって貧弱厨二もやしはミサカのだよーってミサカミサカはっきゃっ!
なことを言ってみたり>杏」
金糸雀 「あざといかしら。<雪歩」
しまむらさん 「よし!揃いました!
これもしまむらぱわーのおかげです!
みんなひれ伏してください!」
ムスカ大佐 「慎みたまえ、だれがこんな変態と一緒にいたがるというのだね>かがみ」
菊地真 「・・・っと、ちょっと目を話している間にあつまったね!」
水谷絵理 「春香さんの透けブラでご飯3杯余裕です?」
金糸雀 「ヒロインにだってやんごとない事情はあるかしら。>蒼星石」
音無GM 「お帰りなさい!無理しないようにね。蒼星石ちゃんがんばれるなら開始で!」
泉こなた 「何言ってるのさかがみん……」
蒼星石 「ごめんねー、ただいまー」
水瀬伊織 「さて蒼星石も戻ってきたことだしカウントはじめるわよ~!」
萩原雪歩 「・・きゃぁぁ!?
大きくと小さくを間違えましたぁ!!

・・・ううう、恥ずかしすぎて穴掘って埋まってますぅ・・・///(ざくざく)

あ、蒼星石さんおかえりなさい~」
かがみ 「ここにはオトコが2人いる?
つまり……仲を邪魔しちゃいけないってこと?」
泉こなた 「お、戻ったね。これで憂いなく開始できるってものさー」
蒼星石 「腹痛で遅れるヒロインは嫌だなぁ…>金糸雀」
天海春香 「透けとか、いやらしいー^^;」
しまむらさん 「あれはもうあざとい以外のなにものでもないとおもいますよ!>萩原さん」
打ち止め 「あ、お帰りー>蒼星石」
水谷絵理 「お、ナニ言ってる?>伊織さん」
かがみ 「集まったよー」
打ち止め 「そういえばのど飴ってアレ効くのかなぁ?すっごい喉はすかっとするけど
どうなんだろうってミサカはミサカはふと疑問を漏らしてみたり。」
音無GM 「いちおー連絡はとってみましたが、回線トラブルなら復帰むずかしそうですし」
金糸雀 「(遅れて登場するだなんてまるでヒロインじゃないかしら……!<蒼星石」
双葉杏 「杏にも貧弱もやしちょうだい?>打ち止め」
萩原雪歩 「でも個人的には
春香ちゃんの透けブラが一番あざいといかなーって///」
蒼星石 「ただのぽんぽんぺいんー」
橘 純一 「いいんじゃないかな?>GMさん」
しまむらさん 「あ、いいですよー。
せっかくですし、いるなら一緒にしたいですしね!>音無さん」
水谷絵理 「おめ○>杏ちゃん」
蒼星石 「ごめん、ただいまー」
水瀬伊織 「///ちょ、ちょっと絵理!あなた何言ってるのよ!///」
音無GM 「23:05まで待っても良いです?」
双葉杏 「ギャルゲーの主人公ってすごい」
打ち止め 「黒飴>杏」
ムスカ大佐 「トイレだと思うが、まぁ余り戻ってこないようならGMが判断したまえ。」
水谷絵理 「ニートリオ…頭に「オナ」を付けると、いい感じ?>伊織さん」
天海春香 「プロデューサーさん、ズサーのチャンスですよ 再度^^」
橘 純一 「っ べっ甲飴>杏」
かがみ 「回線トラブルかしら?>蒼星石」
双葉杏 「なんでもいいけど飴なめたい」
水谷絵理 「ところで、蒼い子は大丈夫なのかな?」
橘 純一 「おなか痛いって言ってたような気がするかな>春香」
ムスカ大佐 「彼は既に君に夢中な気もするがね。>打ち止め」
金糸雀 「23:00までは待つかしら。」
しまむらさん 「ところで、蒼星石さん、大丈夫なんでしょうか……?」
天海春香 「蒼の子寝たのかなあ?」
水谷絵理 「中身バレとか怖がってたら、ナニもできない?」
水瀬伊織 「流石に所謂ニートリオは揃わなかったわね…まあそっちのほうが収拾つかなくなるけどね…」
打ち止め 「ホント?
一方通行(アクセラレーター)もアイドルになればミサカに夢中になってくれるかなって
ミサカはミサカは目的をばらしてみたり!>GM」
市原仁奈 「(この島村はやべー方の島村ですよ…)」
泉こなた 「いやー、私としてもかがみんがいた方が頑張れる気がするっていうか?
別陣営だろうから微妙な気もするけどさ。」
金糸雀 「(けぷー。<エビ」
かがみ 「ばっバレバレなんていわない!>こなた」
菊地真 「えっ・・・
いやそこは恥ずかしがってもらわないと・・・うぅ・・・///>雪歩」
橘 純一 「あれ…海老どこいった?」
しまむらさん 「私が一番可愛いですけどね♪>音無さん」
泉こなた 「まー中の人がバレバレだしなんともかんともだけど、
とりあえずかがみんだからまぁいっか」
水谷絵理 「私が先に帰るから、ダメ?>杏ちゃん」
天海春香 「ちょ、小鳥さん 絵理ちゃんがいますよ^^;>◇音無GM」
かがみ 「ありがとー>こなた」
橘 純一 「エビチリねぇ…となるとネギと豆板醤かってこないとなぁ
ちょっと時間かかるかもだけどいいかい?>金糸雀」
萩原雪歩 「ふ、ふえっ!?

そ、それは・・・その、むしろ待ち望んでるかもっていうか・・・(ぼそぼそ)
あうう///>真ちゃん」
かがみ 「OK!」
しまむらさん 「ああ、でもだめですよ?
海老を食べるときはみんなで仲良くはんぶんこってきいてことありますから!>橘さん」
双葉杏 「負けたから帰っていい?」
海老 「海老 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:海老 → かがみ
アイコン:No. 38 (EBI) → No. 332 (柊かがみ)」
音無GM 「ミサカちゃんはかわいいわねっ!アイドルになれるんじゃないかしら?」
泉こなた 「アイコン332がかがみんだね>海老」
水谷絵理 「私の勝ち?」
泉こなた 「泉こなた さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 286 (泉こなた01) → No. 331 (泉こなた02)」
橘 純一 「嫌いじゃないってとこかな>しまむらさん」
音無GM 「しりとりなのかしら、あれ・・・さすがは杏ちゃん、一人遊びが上手ねw>春香ちゃん」
海老 「アイコンが見つからなかった>こなた」
金糸雀 「カナはエビチリがいいかしら。>純一」
しまむらさん 「あれ、橘さん海老がお好きなんですか?」
双葉杏 「ち…」
しまむらさん 「えへへーそんなほめないでくださいよー>萩原さん」
橘 純一 「了解…さて180℃になるまで油をあっためておきますかねー」
水谷絵理 「杏ちゃんに「も」で終わる単語を言わせるゲーム?」
打ち止め 「いえい!ってミサカはミサカは無理やりテンションを上げて望んでみたり!>GM」
水谷絵理 「もち>杏ちゃん」
泉こなた 「今からでもやればいいじゃん?>海老」
萩原雪歩 「しまむらさん・・・価値で攻められたら
画像の内容で勝負に来るなんて・・・
さすがあざとい春香ちゃん並みにあざとい(何)」
市原仁奈 「ちゃんといやがりましたね。」
双葉杏 「うんも」
菊地真 「全く・・・そんなこというとボクも恥ずかしいこと言うからね?>雪歩」
かぐや 「調理が完成したらもってきてね>純一」
音無GM 「蒼星石ちゃんを待ってからスタートね!蒼星石ちゃんはくれぐれも無理はしないよーに!」
海老 「かがこな別陣営をやってみたかったCO」
しまむらさん 「じゃあ、蒼星石さんまちですねー。」
水谷絵理 「モルワイデ図法>杏ちゃん」
金糸雀 「しりとり……でもなんでもないかしら!>杏&絵里」
天海春香 「なんかしりとりやってる・・・w」
海老 「あ、やっぱいいやー」
ムスカ大佐 「失礼、少々作業していたものでね。
準備はできているよ>市原仁奈」
双葉杏 「すもも」
橘 純一 「油と塩の準備をしておこうかな?>海老」
打ち止め 「え?どういう意味で?どういう意味でかなん?
ってミサカはミサカはつい気になってみたり!>絵里」
水瀬伊織 「それじゃ蒼星石が戻り次第カウントはじめちゃうんだから」
水谷絵理 「もずく酢>杏ちゃん」
萩原雪歩 「あっ!? ・・・えへへっ///>真ちゃん
つい勢いで余計な事まで喋っちゃったかも(照)」
双葉杏 「がんも」
音無GM 「あら美味しそうなエビさんいらっしゃい!GJよ!」
金糸雀 「大佐の反応がない……かしら?>ムスカ」
水谷絵理 「ももんが>杏ちゃん」
海老 「ちょっと待ってー」
金糸雀 「錯綜して苦労するコトになるんじゃないかしら?>打ち止め」
天海春香 「エビさんがきました、要注意ですよ! 要注意!^^」
しまむらさん 「投票はありますし、大丈夫じゃないですかねー。」
双葉杏 「いも」
金糸雀 「お鍋の準備は出来てるかしら!>エビ」
水谷絵理 「やめられないとまらない?>エビさん」
打ち止め 「ああ、そういえば情報が同期できるんだよね妹達(シスターズ)。
はっ……これってもしかしてナルトの影分身みたいに同時特訓できるのかなっ!
>金糸雀」
水瀬伊織 「なんだか海産物が来たわね…まあよろしく」
泉こなた 「GMも光臨してみれば良いと思うよ。
幸いGMなしでそこまで問題になった事もなかった、よね?」
市原仁奈 「ムスカ大佐がいきなり静かになって不気味ですね。」
しまむらさん 「あ、せっかくだから音無さんも、どうですか?
16もおつだとはおもいますけどねー」
海老 「よろしくー」
市原仁奈 「ムスカ


海老 さんが入場しました
金糸雀 「まぁ、始まってから体調不良になるよりは……かしら。>歌鈴」
音無GM 「16と17人GMなしどっちがお好みかしら?たまには16人もいいかしらね?」
水谷絵理 「強硬…強くて硬いって、なんかスゴイよね?>打ち止めちゃん」
菊地真 「・・・お、王子様!?
いやその、えーと・・・///>雪歩」
天海春香 「プロデューサーさん! ズサーのチャンスですよ、ズサー^^」
打ち止め 「う?うん?ミサカもなんか自動更新がスムーズにいないなって。
あ、でも大丈夫かなたぶん。強硬強硬。」
水谷絵理 「歌鈴ちゃんは危険日だったらしい?>ゆにくろさん」
双葉杏 「人生で一番頑張った気がする」
萩原雪歩 「歌鈴さんは回線不良で抜けたようですね
残念ですけどおつかれさまですぅ~・・・
もう一人っ」
水瀬伊織 「あらあら歌鈴は残念ね、ま、また来て頂戴」
金糸雀 「姉妹の絆なんてたやすいモノかしら……。<打ち止め」
音無GM 「もー一度再投票おねがいしますねっ」
しまむらさん 「……あれ?
なにかあったんですかね?」
水谷絵理 「おめ○なめたいにも似てる?>杏ちゃん」
しまむらさん 「I WANT っていい曲だと思いません?>音無さん
春香さんより、私が歌うともーっといい曲だと、思うんだけどなぁ?」
<投票がリセットされました 再度投票してください>
道明寺歌鈴さんの出演は延期になりました
道明寺歌鈴 は 道明寺歌鈴 に KICK 投票しました
水谷絵理 「始める前に立つ…春香さんも好き?」
打ち止め 「うわーうわー。緊張するかもってミサカはミサカは心情的な不安を吐露してみたり。
歌ったり踊ったりは今はできないけど学習装置(テスタメント)借りてこようかなって
ミサカはミサカは科学の力をためらいなく使ってみようかなって思ってみたり。」
金糸雀 「カナには全然元気に見えるからノーかしら。>杏」
萩原雪歩 「だ、だいじょうぶだよ伊織ちゃん!
伊織ちゃんはまだ若いんだし、私なんかより将来性もあるし!>ペタペタ

真ちゃんもぺったんこだけど、それは別に私の王子様的にはそれで構わないしっ
真ちゃんが大きくても誰も得しないもんね!!」
音無GM 「あら、歌鈴ちゃん。しょうがないです。またきてくださいね!」
道明寺歌鈴 「すみません、今日はリタイアです・・・・」
音無GM 「離席の方が帰ってからね!」
双葉杏 「あめなめたいって、あたまいたいと似てない?
杏、病欠していい?」
天海春香 「ほらー、もうすぐはじまるから立つんだよー^^>◇双葉杏」
水谷絵理 「間違えた…こういうときは「危険日?」って突っ込むのがエレガントだった…」
橘 純一 「っ 千歳飴 >杏」
道明寺歌鈴 「すみません、ちょっとこれは怖いので今日は抜けます・・・・!」
音無GM 「春香ちゃんと同じ轍を踏もうとしてるわこの子っ…!orz>卯月ちゃん」
金糸雀 「(どうやら金糸雀の仕掛けたワナに蒼星石が掛ったかしら……。)」
双葉杏 「杏もあめなめたい」
水谷絵理 「歌鈴ちゃん、リタイア?」
しまむらさん 「あ、蒼星石さんが離席されてるので
もどってきてからですねー。」
双葉杏 「ほらほら、みんな働きたくないって言ってる」
水谷絵理 「♪ハーブの香り~」
水瀬伊織 「さて私以外の投票が完了し次第カウントはじめちゃうわよ!にひひっ♪」
天海春香 「インテルはいってますよ^^」
蒼星石 「あ、ごめん、投票してから難だけどちょっと離席…
おなかいたい…」
道明寺歌鈴 「す、すみません!
ちょっと今日は危なそうです・・・・」
橘 純一 「橘 純一 さんが登録情報を変更しました。」
金糸雀 「準備もバッチリかしら!」
水谷絵理 「インテル入ってるかも>春香さん」
音無GM 「ということでさくさくっと準備してくれると割と助かります!遺言は今のうちにねっ」
しまむらさん 「ひれ伏していいんですよ?>音無さん」
菊地真 「え?
いや春香dellはOSじゃないような・・・」
水谷絵理 「おしゃれショップ・キリンヤで事足りる感?」
しまむらさん 「ってことであれですね。
ローゼンメイデンの第9ドールの島村卯月としては、
ドールズにもまけたりしませんよー!」
天海春香 「え?ウインドーズだけど^^;>◇水谷絵理」
泉こなた 「さてと、これで行けるかなー」
道明寺歌鈴 「あう、なんか、回線がまずい、です・・・・・」
音無GM 「と思ったら揃った!島村様のご加護やで~!!大勝利やで~!!」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 泉こなた
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 286 (泉こなた01)」
水瀬伊織 「あら揃ったわね…悔しいけどこれもしまむらぱわーとやらのおかげなのかしら…」
金糸雀 「ユニクロにするかしら?>しまむら君」
打ち止め 「よし!準備完了だよってミサカはミサカは報告してみたり!
ここに来ればアイドルになれると聞いてやって参りました!」
萩原雪歩 「わ、揃いましたね!来て下さったみなさんありがとうございます!
よろしくお願いしますぅ~♪」
水谷絵理 「春香さんはDell?」
音無GM 「蒼星石いらっしゃい!15人ですね!GM私降りた方が良さげかしら?バランス的にはどうなの?」
双葉杏 「みんな私が寝てたらサボりだって言うんだよ、おかしくない?」
しまむらさん 「しまむらパワーの勝利です!」
かぐや 「代返……いえ、不在者投票のシステムはあるのかしら?」
水瀬伊織 「……(ペタペタ)」
かり 「こんばんは。」
金糸雀 「かしらー!」
かり さんが入場しました
金糸雀 さんが入場しました
菊地真 「うぅっ・・・>価値はともかく
そ・・・そうだ!ボク達の友情で!」
天海春香 「私も でるところでるんですよ^^」
音無GM 「投票したらもう帰れません!働くしかないのよ杏ちゃん!!」
水谷絵理 「かえりたい?>杏ちゃん」
しまむらさん 「あと1人だったらしまむらぱわーでまちます!>音無さん」
しまむらさん 「っべーわー
島村卯月のSR画像まじぱねーわー
ブルマで実は隠れ巨尻だってことがばれちゃったわー!」
蒼星石 「やあ」
蒼星石 さんが入場しました
音無GM 「遺言と投票も徐々にしていってくださいね!
まだ待ちます?始めちゃいます?>みなさん」
水谷絵理 「支度した?たくした靴下、竹下景子に3000点?」
打ち止め 「ふ、ふぉお!登録した瞬間になぜか別ページにぶっ飛ばされたって
ミサカはミサカは驚愕をそのまま垂れ流してみたり!」
双葉杏 「開始投票したからもう今度こそ帰ってもいいよね?」
道明寺歌鈴 「卯月ちゃんは自分より高い人を見るとカクつく・・・・?」
萩原雪歩 「きっとSR化しちゃった
ショックでこうなっちゃったんだろうね・・・(ほろり)>伊織ちゃん」
市原仁奈 「(人狼の気持ちになるですよ…)」
しまむらさん 「あと2人!
大人気アイドルの島村卯月はここですよー!ここにいますよー!
いまここに時価スタドリ800の限定SRアイドルの島村卯月がいますよー!」
天海春香 「40秒で、支度しな^^」
萩原雪歩 「えへへっ
そうだね!二人で力を合わせれば価値はともかく
ステータスではしまむらさんにも勝てるもんね///>真ちゃん」
水瀬伊織 「卯月が何だかおかしなことに…」
双葉杏 「働くって画数も多いよね、かえりたいって書くより長い」
音無GM 「40分ですっ!そこでこっちを見ている人!まだ今なら間に合いますよっ!?」
道明寺歌鈴 「キュー・・・・・ト?>杏ちゃん」
しまむらさん 「イヴサンタクロース?ナンデスカソレハジツザイシナイジンブツノコトナンテイワナイデクダサイヨイヤダナァアハハハハハh」
打ち止め さんが入場しました
双葉杏 「労って感じには不が似合うよね、キュートだよね」
かぐや 「働かなくてもいいから3人ぐらいいらっしゃいな」
双葉杏 「明日から本気だす…よ?>伊織」
道明寺歌鈴 「あ、ややっ、そんなつもりじゃなくですね・・・・!>卯月ちゃんより高価値」
天海春香 「遺言はいまのうちにセットだね^^」
しまむらさん 「あ、13人かぁ……しまむらぱわーであと3人きてくれませんかねー。」
市原仁奈 「サングラスのおっさんがしまむらさんを「さん付け」してるのがツボにはいりやがりましたよ。」
音無GM 「絵理ちゃんいらっしゃい!」
水谷絵理 「ぱらっぱらっぱー」
萩原雪歩 「ああっ!?
歌鈴ちゃんがしまむらさんの弱点(自分より高価値の人?)を発見したっ!?///」
しまむらさん 「あはは♪よくいわれます♪>ムスカさん
いや、私が可愛くて面白いのは昔からわかってたことなんですけどね?
それをなかなか世間が認めてくれなくって!ね?そうですよね天海さん!
水瀬伊織 「あんたはもっと働きなさいよ!>杏」
水谷絵理 さんが入場しました
双葉杏 「人はゴミのようだよね、ゴミは動かないよね、働かないよね」
音無GM 「今の俗世はかわいいアイドルがゴミのように餌として扱われる時代なんでお勧めしません・・・>ムスカさん」
しまむらさん 「ダレデスカソレハ、ワタシハシリマセンヨゴウホウロリダトカマホウツカイダトカ>ドウミョウジサン」
菊地真 「(目をそらす)・・・雪歩!
今日も一緒にがんばろう!二人ならきっと勝てるさ!」
ムスカ大佐 「ほうラピュタをね・・・くはは 面白い冗談だ。
君、アイドルを辞めてお笑い芸人にでもなったらどうかね?>しまむらさん」
双葉杏 「やだなーあついなー帰りたいなー早く終わらないかなー」
しまむらさん 「んー、宣伝しましたが、きせんねー。」
道明寺歌鈴 「1000じゃ千枝ちゃん買えないよ卯月ちゃん・・・・・」
ムスカ大佐 「この村に限っていえば、アイドルがゴミの様だとでも言えるだろう。
自分の価値を物に例えて右往左往・・・
そんなものを喜ぶのは庶民だけだと思わんかね?>春香君」
しまむらさん 「なにか?(くわっ>菊地さん」
萩原雪歩 「大丈夫だよ、私も真ちゃんもそんなに差はないよ!

・・・ふふっ、真ちゃんはやっぱり、カッコいいな///」
菊地真 「いやさすがにそれは・・・>しまむらさん」
かぐや 「汗水たらして働くなんて……しんどいもの
一生えーりんに食べさせてもらうわ」
しまむらさん 「だいたいそうですねー。
スタドリ1000あれば、ラピュタをムスカさんのものに3回はできますね。」
水瀬伊織 「…まああんたはそのまま疎いほうがいいのかもしれないわね…>ムスカ」
ムスカ大佐 「時価・・・?スタドリ・・・?
ふむ俗世に少々疎くなってしまったようだ。」
天海春香 「はは、人がゴミのようだー^^」
しまむらさん 「あ、気づいたら働かずに全国の紳士の皆さんから血税を絞り上げた杏先輩が
いました~♪よろしくおねがいします!」
菊地真 「くっそー!
モバマスのレート差なんて大したことない!
実力でトップになってやる!」
音無GM 「サプライズの小鳥SRはいつ出るんですかねっ」
道明寺歌鈴 「ナターリアちゃんの時価はいったいどこまで行くんでしょうね?」
しまむらさん 「はい。大丈夫ですよムスカさん
なんたって私は時価スタドリ800超えの女ですから!」
双葉杏 「タイポ直すのもめんどくさい、飴なめたい。」
道明寺歌鈴 「おかしくない!微塵もおかしくないよ杏ちゃん!」
双葉杏 「働くって感じは人が動くって書くんだよ? おかしくない?」
道明寺歌鈴 「あ、私の中の人ですよ!?
いわゆるプレイヤーですよ!」
菊地真 「雪歩・・・お互いに強く生きよう・・・!
・・・あ、でもガチャSRのレート差・・・が・・・」
萩原雪歩 「ふぇぇ・・・
SR私の十倍くらいあるよぉ>しまむら様」
水瀬伊織 「杏と…かぐや…?から何か似たような雰囲気を感じるわね…」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → 橘 純一
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 711 (橘 純一)」
菊地真 「中の人!?」
音無GM 「働いて~!(涙 まだ人あまり集まってないですし!>杏ちゃん」
ムスカ大佐 「ほぅ、君がシータをね。
ラピュタ王の伴侶の役をこなすのに相応しいか、
この村できっちり見極めてくれよう>しまむらさん」
双葉杏 「あれ? 仲間のにおいがする」
道明寺歌鈴 「SRの真ちゃんは中の人が欲しがってます!
まだまだ需要はあります!大丈夫です!」
萩原雪歩 「真ちゃん、私も招待カードになったけどドリンク2位の価値しかなくなっちゃった・・・
お互い、辛いねっ・・・!(涙)」
天海春香 「見かけによらず非課金の頼もしい味方のツンデレ伊織ちゃん^^>◇水瀬伊織」
市原仁奈 「なんか偉そうなおっさんがいやがりますね。
王だかなんだかしらねーですが、この村に入った以上はGMにはさからえねーですよ。」
しまむらさん 「と、ちょっと宣伝しないといけないかな。」
水瀬伊織 「真は…あれよ、そろそろ招待枠がくるわよ…多分>真」
しまむらさん 「あ、萩原さんおはようございます!
いやだなぁ、先輩たちがいないと私のレートなんてそんなそんな
最近ちょっと1000切ったかなー位ですよぅ♪」
かーりー 「かーりー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かーりー → かぐや
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 225 (蓬莱山 輝夜)」
音無GM 「えっ、何この村レートで偉さが決まってるの? フォロワー数が多いと偉い的な?」
双葉杏 「登録情報変更したからもう帰っていい?」
道明寺歌鈴 「杏ちゃんこんばんわっ」
天海春香 「そうそう、私は普通じゃなくて王道と言ってほしいなあ^^」
菊地真 「うぅ・・・確かにボクはモバマスじゃレート低いけどさ・・・
ダウン系じゃ辛いよ・・・」
かりかりかりかり 「かりかりかりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりかりかり → 双葉杏
アイコン:No. 6 (水色) → No. 709 (双葉杏)」
水瀬伊織 「なんかいやな空気ね…まっ初心者の味方の伊織ちゃんには関係ない話だけどね!」
道明寺歌鈴 「なにこの村怖い・・・・・」
しまむらさん 「あ!ラピュタのムスカさんですね!
おはようございます!今度シータをやることになりました、島村卯月です!」
ムスカ大佐 「慎みたまえ、君はラピュタ王の前にいるのだよ。>音無GM」
天海春香 「島村さんは特に今度の動向が気になるかなあ
あ、別になんとなくだけど^^;」
萩原雪歩 「こんばんは~
よろしくお願いしますぅ~
・・・はわわっ、レートの高いみなさんがいっぱいいます!!」
しまむらさん 「まーたまたぁ!
[普通の女の子]とかついて全員の攻撃ダウンさせたり
[王道アイドル]で明らかに土管の中で誘ってる先輩はいうことが違いますねぇ~♪>春香さん

よ!元祖あざとい系!」
道明寺歌鈴 「卯月ちゃんは誕生日認知されてたり、劇場の一話にちょっと出てたりしたけど、
未央ちゃん、未だに公式露出皆無だった気がするの・・・・」
音無GM 「春香ちゃんが強い・・・!?何このギスギスした村っ!?」
菊地真 「雪歩に・・・あ、ラピュタの人?
よろしく!」
天海春香 「よろしくね、新人ちゃんたちもね^^」
しまむらさん 「へぇ、そんな子がいるんですかぁ。
きっと無料ガチャでドヤ顔しながら出てくるパッションな子なんでしょうねぇ~♪>道明寺さん」
音無GM 「わぁ、なんかすごいのきた!?大佐いらっしゃいませ?」
道明寺歌鈴 「ノーガートの殴り合いの予感・・・・・」
菊地真 「「空気」とか「地味」とか言われている間はまだ存在感があるんだよ・・・
それすらおきなくなると・・・」
音無GM 「雪歩ちゃんもいらっしゃい!」
ムスカ大佐 「宜しく。」
ムスカ大佐 さんが入場しました
天海春香 「あの、不遇時代の話はいいから^^; いまもそんなに変わらないから」
音無GM 「とりあえず仮で私にわた音無さんRPしたい人いたら譲りますからねっ」
水瀬伊織 「あら春香じゃない今日はよろしく」
萩原雪歩 さんが入場しました
道明寺歌鈴 「個性って、素晴らしいものなんです、ね>真ちゃん」
菊地真 「春香、よろしく!」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 音無GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 29 (音無小鳥)」
道明寺歌鈴 「少し前までの卯月ちゃんと同じ・・・・
いえ、もしかしたらそれ以下の境遇の子よ・・・・・」
しまむらさん 「ああ!そして私の下に「元」普通の女の子の先輩が!
天海春香さん、おはようございます!トップアイドル、島村卯月です!」
菊地真 「地味にすらなれなかった存在・・・
それは悲しいことだよ。芸能界はそういう場所だけど・・・>歌鈴」
天海春香 「みなさん、お待ちかねのメインヒロインの登場ですよー^^」
GM 「春香ちゃんもいらっしゃいませー!」
しまむらさん 「……本田未央さん?
誰ですかそれは>道明寺さん」
道明寺歌鈴 「春香さんこんばんわっ」
しまむらさん 「ええ、もうピクシブのタグに「しまむらさんは不憫」とかつけさせません!>GMさん」
天海春香 さんが入場しました
水瀬伊織 「あらちょっと離れている間に増えてるじゃない…まあほとんど仮だけどいいんじゃない?」
道明寺歌鈴 「でもね、卯月ちゃん
たまには、未央ちゃんのことも思い出してあげると、いいんじゃないかな?」
しまむらさん 「あ、仁菜ちゃんいらっしゃい!
島村卯月と愉快な仲間たちの村にようこそ♪」
GM 「どや卯月様大勝利すぎますね…」
しまむらさん 「ええ、そうですねぇ~きっと仕事も増えると思いますよ~ぅ?>道明寺さん


そう、もう毎日レッド○ル朝から配ったり遊園地で熊の着ぐるみきたり
プロデューサーに「人数足りないしお前移籍な」なんてもはやレッスンの
餌とすらみてもらえなかったり、そんなこと、そんなこと、そんなこと……っ!」
GM 「かーりー、仁奈ちゃんもいらっしゃいませー!」
菊地真 「燃えてるなぁ・・・
よし、ボクも負けていられないな!>しまむらさん」
市原仁奈 「こんばんは。」
市原仁奈 さんが入場しました
かーりー 「こんばんは、よろしくお願いします」
かーりー さんが入場しました
GM 「いらっしゃいませー>橙仮さん」
道明寺歌鈴 「やったね卯月ちゃん!
これできっとお仕事も増えるよ!」
しまむらさん 「だけどですね。
今、時代は確実に私に吹いていますよ!
さぁ、今こそ[王道アイドル]島村卯月の大逆襲の時です!


ってことでこのトップアイドルと遊びたい人、入ってきてください!」
GM 「水色かりさんいらっしゃい!真もよろしくね!」
「こんばんは」
仮 さんが入場しました
菊地真 「それじゃあ、みんなよろしく!」
菊地真 「菊地真 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 738 (アニマス・菊地真01)」
かりかりかりかり 「かりかり」
菊地真 「ああ、アイコンが変わってないのに!」
かりかりかりかり さんが入場しました
しまむらさん 「頑張る?

ええ、頑張りましたよそうですよだってね?同じ2コスの渋谷凛ちゃんがね?
最初から優遇されまくってね?他のキュートNの子たちがどんどん強くなってね?
やったーCDだー私の出番だーとおもったらそこでニートですよニートなんだアノヤロウ
それでね?卯月だし誕生日とおもったら個性がリボンなだけのアレが、アレが……
どれだけ苦労したと………」
かりんとう 「かりんとう さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりんとう → 菊地真」
水瀬伊織 「うぅ・・・誤爆しちゃったじゃない…」
水瀬伊織 「          、____
          `ヽ     `丶. __
          __\__>-'=、.、: : :`ヽ
       <´_     _,.//: : : : : ∧ V : : ∧
           ̄ ̄ {/ノ-''¨´ミ三ハ.|: : : : :ハ
             /Yリ _  ミ三l|: : : : : ::!
今日はどうだったかしらね…  l ´ ___  ミ三!: : : : : :|
              /:! イオリ/   ,': : : : //
            /::ノ      /: : :/:/|  __
           /: : ヽ  __   /,ィ": /: |/´   /
         /: : : : : : \ _, ィ/ /イ´二二___/
        /: : : : : :/,ィ: : //l `/´Τ´:r─ミ、
       //: : : : :/://: //: :|/| /:::::/:::::::::::∧
      l/: : : : :/:/ /: :l/: //l |/|:::::::l:::::::::::::::l::!
       |: : : :://  /:/: : ://z'=| |:::::::::::::::::::::::|::l
       !: |: :/::i  ,': :l: : ::l/: :lイl |::::::::l::::::::::::::i:::l
       |: l: ,'|/  l: : |: : |:|: : |_」ハl:::::::::',::::::::::::|::::',
       l: |/     !: :|: ::」´ ̄  ヽ\::::::l:::::::::::|:::∧
       ヽ|     ヽ/´       l::ハ::::i:::::::::::|:::::::})- .、
             __          }::::l:〈ヽ::::::∧ノ>:::::::::::〉
           //   ̄`> ..,__ l:::::|:::|:::::::::::::l/:::::::::::/
             / /            ̄FF!:::::::::::::|::::::,.ィイヽ
          l l     、         |_|_|::::::::::::::|三>、||::ll
          `ヽ、     `lヽ     FF|::::::::::ol:l ̄ _X∧||
            \   /::::::\.   FF|::::::::::o|:|三彡'`Xl
              \/::::::::::::::`ヽーEE,!==='l===イノ
               \:::::::::::::::::ハと「 l l   _ノ──‐' 」
道明寺歌鈴 「ご、ごめんね卯月ちゃん・・・・・
最近すごい頑張ってたもんね、すごいよね!」
しまむらさん 「この真トップアイドルにしてスタドリ時価800超えの島村卯月に卯月ちゃんっていいました?>道明寺さん」
水瀬伊織 「卯月?どうやら最近調子いいらしいじゃない
でもあまり調子に乗ってると痛い目見るわよ…にひひっ」
道明寺歌鈴 「え、う、うん?」
しまむらさん 「……卯月ちゃん?
え?あれ?聞き間違いですかねぇ?今道明寺さん、卯月ちゃんっていいました?」
GM 「うわぁくろい」
道明寺歌鈴 「あぅ・・・・」
GM 「島村さんもようこそ!」
しまむらさん 「おはようございまーす……

なんだぁ、スタドリ時価150前後の水瀬さんと「上位SRの割には」時価が振るわない道明寺さんですかぁ~」
道明寺歌鈴 「卯月ちゃんこんばんわっ」
道明寺歌鈴 「可愛いと思ってもらえるのは、その・・・・・
ありがとうございますっ!>GM」
しまむらさん さんが入場しました
GM 「かわいければいいのです>歌鈴ちゃん」
道明寺歌鈴 「と、ともかくよろしくね!」
道明寺歌鈴 「SR化は需要が微妙って方々様々言われてるよ・・・・・」
水瀬伊織 「あなたがつい最近SRになったっていう歌鈴ね…とりあえずよろしく」
道明寺歌鈴 「さすが伊織ちゃんだね!
そのまっすぐな姿勢、見習いたいです」
道明寺歌鈴 「「よ」がぬけるのは確かに珍しいかも・・・・」
GM 「歌鈴ちゃんもようこそ~。ゆるりとお過ごしくださいね」
水瀬伊織 「ニシシッまあやっぱりこの私が一番乗りだなんて当然よね!」
かりんとう 「おお?謎の誤タイプを・・・」
かりんとう 「ろしくおねがいしますよ」
道明寺歌鈴 「こんばんわっ」
道明寺歌鈴 さんが入場しました
GM 「黄色いかりんとうさんもようこそ。色的にあんまりおいしそうじゃないですね」
GM 「伊織ちゃん、ようこそっ」
かりんとう さんが入場しました
水瀬伊織 さんが入場しました
GM 「※早朝15秒は発言できない設定にしてあるのでご注意を!※」
GM 「さて、とりあえず30分までは待ちます。その後は40分あたりで村の皆さんと相談って感じですかねっ」
GM 「【貴音鯖特有の注意事項】

1―狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定メッセージは出ません。

2―夜の共有の「ひそひそ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません。

3―遺言は前日にしか書けないので、温めているネタは今のうちに仕込みましょう。

4―夜の超過時間後でも喋れますが、人狼と共有は独り言に切り替わるので相談はできません。

(特記事項)

1―夜が明けてから15秒の間、発言が行えません。
(オプション:早朝待機制がオンの村のみ。今回もオンにしてます。)」
GM 「【ルールを知りたい方へ】
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
(左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/」
村作成:2012/06/01 (Fri) 22:00:32