←戻る
【劇場57】アイドルたちの人狼劇場村 [65番地]
~日曜765ミステリー~Honey Heartbeat~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 小烏GM
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 水橋P
(生存中)
icon 双海真美
(生存中)
icon 堂島菜々子
(生存中)
icon 鍵山 雛
(生存中)
icon 鳴上悠
(生存中)
icon 道明寺歌鈴
(生存中)
icon アチャ子P
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 神崎蘭子
(生存中)
icon ころも
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon さにゃえP
(生存中)
icon 七夜志貴
(生存中)
icon 男色ディーノ
(生存中)
icon 高垣楓
(生存中)
道明寺歌鈴 「皆さん、お疲れさまでした」
道明寺歌鈴 「では私もここらで」
双海真美 「真美もこのへんで!
アヂュー!」
小烏GM 「と、いうことで私も今日はそろそろ失礼しますね。
みなさん、お疲れ様でした!これからも四条劇場をよろしくお願いしますね。」
道明寺歌鈴 「ああ、なるほどです」
アチャ子P 「中身が透けるのは経験の証でもあるから良いのだけどねw
けど、このアイコンだから~だけで特定されるのはなんかシャクなのw」
道明寺歌鈴 「特に意識はしませんけども」
道明寺歌鈴 「アチャ子さんお疲れさまでした!」
道明寺歌鈴 「私も隠す気ないですねぇ、そういえば」
アチャ子P 「というわけで私は失礼するわね。
また遊びましょう。」
堂島菜々子 「隠すの諦めてる私。RPに幅つけてもすぐばれるから。」
水橋P 「だから隠す気などないのだよ真美君(引き返し)」
アチャ子P 「まあ、水橋Pに言えるのは、信頼勝負になると若干複雑になるから
上手な人が信頼勝負の時にやってる占い先を見た方が良いと思うわ。(5日目以降)
後はもーちょい理由が書けるようになると良いかしらねってくらい。
最終的な決め打ちで負けただけで大きなミスなんてしてないんだから自信持ちなさい。」
双海真美 「隠す気0どころかCN=HNというツッコミ待ちかい?>ミズハッスィー」
水橋P 「"隠す気もないのが一度来て引き返して行きました"」
アチャ子P 「アチャ子さんすごーくRPしやすいんだけど、此処で使ってたら即中身透けるようになりそうでどうしよう。
というかやる夫村で使ってても高確率で透けるわよね、アチャ子じゃあ……」
鍵山 雛 「隠す気なんて今日は端からなかったからねー>アチャ子
たまにはRP完全破棄でもいいよねって思ったから」
アチャ子P 「……もう、今日とか初日にEBIさんわかっちゃうしどうしようかと思ったわ。
噛まれてメタプレイしなくて済んだのはある意味ありがたかったw」
鍵山 雛 「ああ、それは私の信条だから仕方ないわね>GM」
小烏GM 「少なくとも背後に忍び寄ってそっと首に手をかけるイメージは拭えませんね>雛さん」
アチャ子P 「あ、下のEBIさん吊りテンプレは冗談よ?w」
アチャ子P 「まあ、そのくらい潜伏狂人の時の切れ味が印象に残るプレイヤーって事よね、結局。
……っていうか実際のとこ、何やっても強くて怖いから。」
双海真美 「割と冗談!>雛お姉ちゃん」
鍵山 雛 「…え、私そんなキャラだっけ」
アチャ子P 「それだ!>真美ちゃん」
双海真美 「EBIさんが役職CO・・・!?
潜伏しないなんてEBIさんじゃない!中の人騙りだ!だよ!>アチャ子P」
小烏GM 「◇鍵山 雛 「大丈夫、私そんなに潜伏狂人しない人だから>アチャ子」

嘘だッ!」
双海真美 「それは違うよ!>アチャ子P」
アチャ子P 「EBIさんが占いCO 狂人だ、吊ろう。
EBIさんが霊能CO 狂人だ、吊ろう。
EBIさんが狩人CO 潜伏狂人だ、吊ろう。
EBIさんが完グレだ 潜伏狂人だ、吊ろう。
EBIさんが確定○だ 潜伏狂人だ、吊ろう。
EBIさんが相方噛まれの共有CO 潜伏狂人だ、吊ろう。

……みたいなイメージ。」
道明寺歌鈴 「自分の発言の粗さがしに必死になっちゃうあたり、まだまだ慣れが要るみたいです>GM
そして探しても心当たりが出てこないのがちょっと怖いところです・・・・
指摘されるまでわかりませんから」
双海真美 「えっ>雛お姉ちゃん」
鍵山 雛 「大丈夫、私そんなに潜伏狂人しない人だから>アチャ子」
小烏GM 「んーそうねぇ。
実際の余裕っていうのはね。発言していったら自然とできるようになるものって、
私はおもうかな。>道明寺さん
だから、今は発言が精一杯でも、そこが自然となると、不思議と考えるスペースはできる、っていうかね。」
アチャ子P 「まー今日みたいな状況だったら占ってもらってーで良いけど。
2-1だったら○貰いでも潜伏狂人考えて吊ろうか。>雛ちゃん」
道明寺歌鈴 「狂人残っても案外やること無いのは前回騙ったときに思い知ったもん>生き残り
であれば無駄吊りで吊り数稼いでやるっ!ってほうが狼にはいいかなって>真美ちゃん」
鍵山 雛 「え・・・吊りはいらないですよ>アチャ子」
双海真美 「真美も余裕ないよ!
余裕あるように見えるときは何も考えてない時だよ!>歌鈴ちゃん」
神崎蘭子 「.         /             ィ匕厶斗ミ从斗ミ刈斗ミ从斗ミ刈斗ミ仆
        /           ィ匕厶斗%~    ,,、     _       匕圦
.       /         ィ厶ソ-‐ァ゙:::〉_ ..,,___匕::ヽf'"´゚¨  \      廴ヾ
      /      ィ匕厶斗   /::/      .,,,. \::`y^ミ‐.、  \      匕圦
      /     ィ厶ソ/   ,ィ''゙´i´         ヾ  ヾ:::::::::::〉   ',    廴v
.     /  ィ匕厶斗  /  /:::::, '     ,'        ' . \≦;    '.   ィ厶ソ
   , '  ィ厶ソ     /  圦:::/    /      ;   ':、 }{::ヾ     ,  匕孑
   ィ匕厶斗      |  /:::::/  /   '       ハ    , !:::::::゛、    i .`廴v゚
  ヾん介       i  }::::::i  ,′        | '.   ∨!::::::::::Ⅹ   i ′
   ゞ 廴      ,′ 厶::_{i  :       ,ィ  /  i    Ⅵ::::::::::_ク   i
    \ ノ      |     | i   /   /,' /,..__ Иハ  刈ハ"~     }
      `廴v廴v廴|     i!     /!ナz./ i /'イ斧ア!ハ  ! }  .:´  ;i      それでは、私も魔界へと消え去ろう(そろそろ事務所の方に戻ります)
            /   ;  :!  孑伐テヾ  !′ 込ソ  }  }刈廴    丿
           /      i{ f´i  弋ソ         |  |乂 `≧<       闇に飲まれよ!(お疲れ様でした!)
          ,r'"¨′  -‐ハ ゝi     ,         ,ィ   !ミ、     丶、
         ,r'"""¨二ニ=ノ i  ト           / }   メ`丶ー‐-ュミ孑′
         ヾ  ≦   /  | |  、  `- '   イ  ,′ /、  ミミ':、-‐′
         乂 彡 孑≠}   | i!  ,y≧ __   ´ ト, /  /,. ヾ.   ヽ、
          冫 /  _丿   ! | _  ゞニ辷==斧=r'{ ! / .%  弋_ミヾ、乂
          ヾ/ ,r'"゙¨イ,r'"三=ヾ!圦ー斥三三三三ニ斗!/笊 %三ニ‐、 ヾ彡
           ゞ〈/弋{三三三ニ}=斗 ゙^~^~^~^~^"´  }=}:%三三\j/
               ノ三三三三=斗           匕圦:%=三三ヽ
              /三三三三{三斗      _    ヾ圦:%三三三〉
              〈三三三三ニ}三刈冖冖冖≦=≧冖冖ゞ厶 %三三/
              冫三三三=j三刈辷辷辷=厶ハく辷辷斥\ミ:%三\
              |=三三三三i三ミ}\_三三三三三三三三=仆、:%三ミ|
              |三三三三=|三ノミ、\三三三三三三三=ナ}三}%三|」
道明寺歌鈴 「お疲れさまでした!>やよいちゃん」
水橋P 「とりあえず今回は予想道理というか役職引けて満足だったんだがね…終盤にやる気をごっそり持ってかれたよ…はぁ今日はもう落ちるお疲れさん(グッタリ)」
小烏GM 「はい、お疲れさまでした。>やよいちゃん」
道明寺歌鈴 「実際にはまだまだいっぱいいっぱいですよー?>GM
発言数への意識、超過時間での準備、通った理論考えるのもままならん!です
もうちょっと余裕もってプレイできたらいいんでしょうけど」
小烏GM 「ええ、是非リベンジしにきてね?>やよいちゃん
それと、伊織ちゃんや、他のアイドルの子たちと絡めるようになると、
もっと楽しくなるから……そうね、例えば、今日の伊織ちゃんに絡もうとした
ああいう感じ、忘れないでくれると嬉しいわ。」
高槻やよい 「では、なごりおしーですけど今日はこの辺でしつれいします!
ζ*'ヮ')ζ<次回来る時はやよいじゃないかもです」
アチャ子P 「……だって雛ちゃんじゃん?そりゃ噛むか吊るかするよ!
けど、ほら、私程度なのに即噛みされる回数が多すぎて……ねぇ>雛ちゃん」
双海真美 「残るつもりが無いってちゃんと考えれていたのかー!
んじゃ今回の動きははなまる上げてもいいよこれ!>歌鈴ちゃん」
鍵山 雛 「生存勝利とかあきらめてます>アチャ子」
小烏GM 「いい考えね>道明寺さん
でも道明寺さんは随分と発言もこなれてきたし、これからもっと期待できるんじゃないかしらね?」
アチャ子P 「……なんか四条鯖で生き残ってなさすぎじゃない?って思って調べてみたら
18回中4回しか生き残ってなかった。」
高槻やよい 「小烏さん、色々ありがとーございました!
またりべんじしに来ますっ!」
小烏GM 「それから、村立て情報について。
これはツイッター利用しているのであれば、@imas_jinroをフォローすると
村たてたときに自動でつぶやかれるわ>やよいちゃん

それ以外の情報だと、私が@inufukusanで流してるから、よければフォローしてちょうだいね、。」
道明寺歌鈴 「そうなんです、あの時は「自分視点」っていうのが完全に抜けてて・・・・
そんなに残るつもりが無かったから、特に考えない占いしちゃいまして・・・・
結果オーライはちょっと怖いですからね、わかってやれるようになるのが目標です!」
小烏GM 「楓ちゃん、お疲れさま。
また遊びに来て頂戴ね。」
小烏GM 「ええ>やよいちゃん

こちらの管理人さんがつくったツールがいくつかあるわね」
道明寺歌鈴 「楓さん、お疲れさまでした!
またあいましょーね!」
小烏GM 「んー、やよいちゃん占いは道明寺さん視点はどうかしら。
ただね、道明寺さんはつられて仕事をする、そういう意味では
そのままでも良かった気がするわ。狂人が狼より後に吊れる状況って、
実際狼が追い詰められてることのが多いのよ。>道明寺さん」
双海真美 「うむうむ。
真美も一回共有で最悪想定失敗して村を崩壊に導いた経験があるからちょっち過敏なだけかもしれないけどね・・・>ランラン」
高槻やよい 「あ、サポートツールもあるんですね」
高垣楓 「さて、私はこれで失礼いたします。
皆さん今度は温泉に行きたいですね…
では、本日はありがとうございました。お疲れさまですよ」
水瀬伊織 「うん、また来てね!>やよい
多少不慣れでも大丈夫、だいたい誰か助け舟出してくれるしね~♪」
アチャ子P 「役職が透けたわけでもないのに、LWで超失言して最終日に残せない位置になっちゃった☆
とか私はよくやるわねw>真美ちゃん」
小烏GM 「http://www.petitnoir.net/zinro/sasuga/jinrosiki_tool.html

あとはこれ、発言まとめツールを簡単に紹介しておくわね。
使い方はリンク先にあるからみて、試すといいわ>やよいちゃん

それから……アイマス人狼の雰囲気をいろいろ知りたかったら、
ここと、「小鳥鯖」ってところのログを読んでね?」
神崎蘭子 「『現』を視た思考ではなく、『道』に従った思考だったわ
(自分の取った進行に対して都合の良い方向に考えていました)」
水橋P 「初日噛み呪殺の情報も残ったまんまだしな…ここではないのに>小烏」
鍵山 雛 「どうしてその組み合わせをぐぐってるのかしら…>千早
道明寺歌鈴 「現状、なにが失言かっていうのも完全に把握してないのがちょっと・・・・
今日のやよいちゃん占いも言われるまで何を言われているのか???でしたし・・・」
高垣楓 「>鍵山さん
はい、こちらこそ、今度もご一緒いたしましたら、宜しく
お願いしますね」
双海真美 「発言頑張って役職透けるのはよくわかるよー・・・>アチャ子P」
神崎蘭子 「…『毒』を発する宣言ね>双海
(…そうですね。あまりに見込みが甘かった>真美)」
小烏GM 「……やっぱり、アイマス独自のWiki作成、必要ねこれ……
現行のWikiがわかめてのままはやっぱりいろいろ、あれだわ……」
高槻やよい 「小烏さん、ありがとーございますっ!
次回までに勉強してきます!」
鍵山 雛 「と、今気づいたけどお二方ほど新規の方がいらっしゃったっぽいのかな?
ご一緒した時はよろしくお願いしますね>やよいさん&楓さん」
如月千早 「と、帰ると言ったのに長居してるわね。やはり居心地が良いからですかね。
また、よろしくお願いします。小烏さんも村建てありがとう。
初日朝挨拶が遅れて鍵山さんにいじめられた理由は、プロレスの組み合わせをググってたからだったりします・・・」
高垣楓 「ありがとうございます。そういっていただけると嬉しいです>道明寺さん」
小烏GM 「おまたせ、やよいちゃん

http://www37.atwiki.jp/yaruomura/

はい、まずはここ、短期人狼のルールや、明日へのためのステップなんかが乗ってるわ。

http://werewolfreplay.blog.fc2.com/blog-category-13.html

あとはこちらかしらね……取り扱い説明書や、発言のコツなんかを
AAで説明しているわ……

これ、ホントはアイマスじゃなくて、同系統のシステムを利用してる「やる夫村」の情報Wikiやまとめなんだけど
基本はアイマスでも転化できるから、活用してくれると嬉しいわ。」
高垣楓 「>鍵山さん
私は、本日とある方を見習って、○頂いたのもあって、
のんびりしておりましたから」
アチャ子P 「失言上等でガンガン喋って良いと思うけどねー。
……まあ、明らかに視点漏れな発言とかはアウトだけど。」
双海真美 「えーとランランの発言のうちの
(ディーゴさん、鳴上さん、ころもさんの中に1Wはいる)
これだにー
霊抜かれなんだし囲いバンバンあって吊れてない可能性高くね?ということが割と気になった!>ランラン」
高垣楓 「はい、こちらこそ宜しくお願いします、お手柔らかにお願いしますね>如月さん」
如月千早
高垣楓 「はい、その時間に空いていれば、遊びに行かせていただきますね>小鳥GMさん」
道明寺歌鈴 「これは口元が綻ぶいい駄洒落です>楓さん」
鍵山 雛 「まぁ私もちょっと視野が狭すぎたわね
楓さんいたことすっかり忘れてたし…(汗>共有」
如月千早 「あ、そうなんですね。あちらでみかけたらよろしくお願いしますね。>高垣さん」
高垣楓 「>神崎さん
ふふふっ…そうですね、私は悪い狼さんなので
どんなに可愛い子羊さんでも、祭壇にささげないといけないのです。
一応、突っ込まれた時ように、言い訳は考えてはおりましたが、それでいいわけ?
ですがね」
アチャ子P 「理由についてはまだ勉強の余地はあると思うわよ。
というか確実に一人だけを判断できる理由を作るべきだと思うわ。>水橋P」
神崎蘭子 「…そもそも、『道』を辿れなかったのが全てか
(進行も悪かったです。道明寺さんを4日目で切って2人を勝負させる形の方が良かった)」
小烏GM 「ん、短期の勉強の資料になるもの、かしら?
……他鯖のだから、使うのはきがひけるんだけどねーw>やよいちゃん」
道明寺歌鈴 「狼側役職になったときは常に失言にgkbrしてます私・・・>アチャ子さん
だから発言暴れはちょっと怖いんですよね・・・・」
如月千早 「怖いわよね。気持ちがわかる。>菜々子ちゃん」
小烏GM 「ええ、是非来て頂戴。
こちらは、火・水・木・金・日の22時に定期公演、それから、
不定期公演もだいたい22時からだからね?>楓ちゃん」
鍵山 雛 「私は静かに弱者で居たいだけなんだけどなぁ…>堂島妹」
神崎蘭子 「ええ。子羊を進んで祭壇へ運ぼうとしていた>高垣
(はい。村視していた所へ票を入れているように見えたので>楓さん)」
高槻やよい 「あわわ、小烏さんに何かもらえるんですかー?」
高垣楓 「普段は、別HNで居ますから…多分、見たこと無いかと思いますよ>如月さん」
堂島菜々子 「潜伏狂人で数々のレジェンド作った!
あとLWになって本気だしてからの狼とかも色々・・・LWのえびさんとの最終日はホントつらいの!」
アチャ子P
            _ .... .-‐‐、__
      -‐==ニ二        ヽ、_
        ,. -‐''"´ ,     、 ヽ \
          /  ,:' , /il!.  ヽ 、 ヽ ヽ  ヽ
       ヘ / / ,,'  |i、,-‐i|、‐ト、.l .|  ゙!
        : i! i,-ナ!-. リ!ハィ,!=リトi、| .|:  |
          ! i!、ハi!テf=i  リ込,,;ソ'ナ ト.  .!
        ,' 、ヘi´!┴' ,       | .レ iノ
       ノ .:ト!ヾliト、    _,   | .〉ヾト|
       ∨トリ\!ゝ、 ¨    . ィ,ゞくヾ、j
.        ∨ト! |:::i!::|:`:.、_ .ィ ´ , '   ヾ.\
         V  ノ!::i!:i!、ヾ::::::| /       Y:i|
            |::i!:ト、\::;イ,イ        トノ     はっきり言うけど、迷惑かからない程度に暴れて良いから気は楽よね、狂人って。
            |!:!ノ,.ゞ-´ ' ,i!        ,!:゙!
            |:i:!´  , /.:!       ,゚ト〈     その分どう暴れるかって部分が難しさもあるかもしれないけど>歌鈴ちゃん
            |:ノ 、 .ノ,/_;:i!       ,'. ト/
            !,' ノ'´ノ'´ l_, .-、 ./.:: レ′
           イ;' ,ィ'´i′ _/ ー=、ヽ:::: i゙〉
           ,''i ./ノ;ノ .'´  ー=.、 .ヽ〉 /V
          i{ 乂'i:!'゙>'   ┌-.、`Y:: ,'、ノ
          |!、 ヾ/    ` ̄`く:: ,′!
          |リ>'´   ,ゝ‐' ̄¨`!': /ヽノ
          !,'      /     ノ:: !ヾ,′」
小烏GM 「あ、やよいちゃんはまだ時間大丈夫かしら、
ちょっとまっててね……」
高垣楓 「>小鳥GMさん
はい、ようやく一人だけですが、アイマスRPできるようになってきたので
これからも遊ぼにこさせていただきます」
如月千早 「やる夫、ですか。そのHNは見かけないかもしれないですね。
私があまり見ていないせいもありますけど。>高垣さん」
小烏GM 「んー……わかめてアイマスの説明資料はあるけど、
こちら版の資料がほぼ皆無、なのよね……作るべきかしら、やっぱり。」
水橋P 「あ~うんとりあえずだが今日は再確認できるような気力がない…
一つだけ聞くとすれば理由はああいうので大丈夫か?」
水瀬伊織 「ふふっ、やよいはかしこいなあ///
って、千早が大丈夫だと思ったら今度は真美がやよいをっ!?///」
鍵山 雛 「そして堂島妹…私が伝説ってどういうことなの?」
道明寺歌鈴 「吊られる前提で動けるから、そういう意味では狂人は動きやすいですね!
ちょっと難しいですけども・・・・」
高垣楓 「投票先ですか?>神崎さん」
小烏GM 「あら、やる夫の方なのね。
通りで……最近の方なのかしら?
ともあれ、アイドルが1人でも増えることは、こちらとしても大歓迎よ。
なにしろここはアイドルたちの人狼村、四条劇場だから……ね?>楓ちゃん」
双海真美 「およ?
真美見間違えたっぽい?>ランラン」
神崎蘭子 「高垣への疑念は言よりも票にあり
(高垣さんへの疑いは主に投票先でした)」
アチャ子P
           __,ゝ―-- ....__
        ,ゝ‐ '          ``ヽ、
      /              `ヽ..、\
     /    _,.         i    、`ヽ、.\
    '    /´  /   ,    |,ハ  `ヽ ヽ.`ヽ.
        /'i   ,′  /i    i'"゙|     ゙、 丶
   '    /' .|:  i  ,ィ/ .| , .! .′ !i .i  i.ヽ ,ゝ
   |       .|l  i ,ナリ ̄iメ‐i.,′-!ナi!  i. i /
   l   , _ |i  |;_ィ彡=</!,' ,ィキ'ノ!  ,i.|.ノ.!
   ! , i / /,、゙!!  .ii `匕ソ/'ノ'  l'Yメ'ノ_.ノ,'ノ' |
   ノ,' .|/ !' 〈||  i.i! ////////ヾ'и . i ,!  .ii
  /'!ノ .i'  ゝ、!!  ト.! U      ,′ノ ,'!i|  ||
 ' ノ'〈/,ィ=! ,イ!!  | u   (⌒フ ,イi_ノ /ノ'|  .!!!
 ´  /ゝ`ヽ、/.|!  | ` ,.    /!::i.|//リ i  .ノ    いえ、どっちかっていうと覚えきれないかと思ってね……>水橋P
    ∨|: :`ヽヽ|  .|ヽ、/ >- '. :゙`ヽ!/ '´.ノ/
    jく: : : : : :'  iヾ.、;;;;;;;;`ヽ: : : ://  /       
   (,:'´ ̄`:ヽ:、! 、i: :〉〉;;;;;;;;;/: : :.//!
  /ィ'⌒`ヽ. 、: :i! ヘ!:冂;;;;;;;;ノ;、: /_'i!|
  !: : : : : : : ヾ.、ヘ i!メ=ニl====トメく!|」
如月千早 「高槻さんが冷たい!?育てがいがありそうね・・・ウフフ」
双海真美 「真美も押し倒しにかかるぜー!!
真美流柔道術!なんとか崩しをうけてみろー!!>やよいっち」
水橋P 「あぁ…でもあれ結局話それたまんまでしたしね…>アチャ子P」
神崎蘭子 「高垣への疑いは」
小烏GM 「こーら>水橋くん
確に信頼負けは響くけど、君は今回どこがまずかったか、
どういうところを判断点にされたか、そこはチェックしてもいいわよ?
例えば、神埼さん視点の材料であるとか、それから、どう動けばよかったのかとか。」
道明寺歌鈴 「私も相手してもらえてよかったです!>楓さん
でもごめんなさいね?初めてのアイドルRPだったのにわざわざ・・・・」
如月千早 「帰ったかた、お疲れ様。
私も今日は早めに失礼するわね。
高槻さん、また来てね!他にもあまり見ないかたと遊べて嬉しかったわ。
もちろん、高垣さん、も・・・ブッ
お、おつかれさまでした!」
神崎蘭子 「…違うわ。魔族の気配は感じなかった>真美
(あっ、いえ。鳴上さんは村視していました>真美さん)」
アチャ子P 「ちなみに水橋Pについてはごめんなさいって言っておくわ。
こないだ占い談義してる時に、信頼勝負の際の動き方も教えておけばよかったw」
堂島菜々子 「えっとえっと、これからも四条劇場をよろしくです!(ぺこり)>かえでさん、やよいちゃん」
小烏GM 「あはは、そうなっちゃうわねぇ……
私も何人か長期→こちら系にスライドした人を知ってるけど、
長期や、いわゆるカード人狼してる人からすると短期人狼は「おおおおお!」ってなっちゃうみたいね。>やよいちゃん

さて……そうなると、勉強材料がほしいところね……」
水橋P 「いーさいーさ信頼皆無だったしきにせんでええさ>蘭子ちゃん」
神崎蘭子 「…」
道明寺歌鈴 「漏れてるよやよいちゃん!」
双海真美 「それより真美的には悠兄ちゃんで吊れてる想定にビクッた!>ランラン」
高垣楓 「>小鳥GMさん
それは、よかったです…
初アイマスRPだったもので、色々調べていたので、そう言って貰えると
嬉しいかぎりです」
高槻やよい 「(千早さんとは目を合わせちゃダメです」
水瀬伊織 「(こ、この千早・・・まさかの光源氏計画!?
で、できる・・・っ!)」
神崎蘭子 「…邪気眼遣いを見誤った私の『力』が足りぬまで
(水橋さんを信じ切れなかったのが私の弱さです)」
高垣楓 「えっとですね、やる夫鯖から遊びにこさせてもらいました>小鳥GMさん、如月さん」
道明寺歌鈴 「嗚呼、襲う前提なんですね・・・・>千早ちゃん」
如月千早 「いじめるとかいうレベルではないと思うのだけれど・・・>真美」
アチャ子P
           __,ゝ―-- ....__
        ,ゝ‐ '          ``ヽ、
      /              `ヽ..、\
     /    _,.         i    、`ヽ、.\
    '    /´  /   ,    |,ハ  `ヽ ヽ.`ヽ.
        /'i   ,′  /i    i'"゙|     ゙、 丶
   '    /' .|:  i  ,ィ/ .| , .! .′ !i .i  i.ヽ ,ゝ
   |       .|l  i ,ナリ ̄iメ‐i.,′-!ナi!  i. i /
   l   , _ |i  |;_ィ彡=</!,' ,ィキ'ノ!  ,i.|.ノ.!
   ! , i / /,、゙!!  .ii `匕ソ/'ノ'  l'Yメ'ノ_.ノ,'ノ' |
   ノ,' .|/ !' 〈||  i.i!         ヾ' .   i ,!  .i
  /'!ノ .i'  ゝ、!!  ト.!         ,′ノ ,'!i|  |      
 ' ノ'〈/,ィ=! ,イ!!  |.     ⊂二ア,イi_ノ /ノ'|  .!!!
 ´  /ゝ`ヽ、/.|!  | ` ,.    /!::i.|//リ i  .ノ    ……。あら、残念>千早ちゃん
    ∨|: :`ヽヽ|  .|ヽ、/ >- '. :゙`ヽ!/ '´.ノ/
    jく: : : : : :'  iヾ.、;;;;;;;;`ヽ: : : ://  /
   (,:'´ ̄`:ヽ:、! 、i: :〉〉;;;;;;;;;/: : :.//!
  /ィ'⌒`ヽ. 、: :i! ヘ!:冂;;;;;;;;ノ;、: /_'i!|
  !: : : : : : : ヾ.、ヘ i!メ=ニl====トメく!|」
小烏GM 「はい、落ちる人はお疲れさま。
来てくれてありがとうね。」
高槻やよい 「はい、まーったくの別世界でびっくりしました。
妖狐とか存在忘れてました!」
神崎蘭子 「…我が『結界』の中に初めから魔族は存在した
(…初日時点で高垣さん狼の可能性は視野に入れていました)」
如月千早 「高槻さんは、さすがにもう少しこなれてきてから襲うから今は大丈夫よ?>アチャ子さん、伊織」
道明寺歌鈴 「七夜さnお疲れさまです!」
堂島菜々子 「・・・いじめた・・・(じー)>ななやさん」
高垣楓 「ああ、さにゃえPさんが…」
七夜志貴 「ではお疲れ。
村立に感謝を。今宵今晩この場所で──
いつかまた、会うとしよう」
双海真美 「あー!ななやんさにゃえちゃんいじめたー!!」
小烏GM 「17が初めて……そうね。
そうなると、今まで経験してる人狼とは、全く世界が異なってても仕方ないかもね?>やよいちゃん」
さにゃえP 「んであw」
さにゃえP 「うにゃっ!?>七夜
堂島菜々子 「そんなそんなすごいものじゃないよ!?>真美ちゃん」
さにゃえP 「であであw」
七夜志貴 「(ザクッ>さにゃえ」
神崎蘭子 「【言霊の再現(遺言供養)】
.         /             ィ匕厶斗ミ从斗ミ刈斗ミ从斗ミ刈斗ミ仆
        /           ィ匕厶斗%~    ,,、     _       匕圦
.       /         ィ厶ソ-‐ァ゙:::〉_ ..,,___匕::ヽf'"´゚¨  \      廴ヾ
      /      ィ匕厶斗   /::/      .,,,. \::`y^ミ‐.、  \      匕圦
      /     ィ厶ソ/   ,ィ''゙´i´         ヾ  ヾ:::::::::::〉   ',    廴v
.     /  ィ匕厶斗  /  /:::::, '     ,'        ' . \≦;    '.   ィ厶ソ
   , '  ィ厶ソ     /  圦:::/    /      ;   ':、 }{::ヾ     ,  匕孑
   ィ匕厶斗      |  /:::::/  /   '       ハ    , !:::::::゛、    i .`廴v゚
  ヾん介       i  }::::::i  ,′        | '.   ∨!::::::::::Ⅹ   i ′
   ゞ 廴      ,′ 厶::_{i  :       ,ィ  /  i    Ⅵ::::::::::_ク   i
    \ ノ      |     | i   /   /,' /,..__ Иハ  刈ハ"~     }
      `廴v廴v廴|     i!     /!ナz./ i /'イ斧ア!ハ  ! }  .:´  ;i
            /   ;  :!  孑伐テヾ  !′ 込ソ  }  }刈廴    丿     魔を滅す滅びの剣…
           /      i{ f´i  弋ソ         |  |乂 `≧<
          ,r'"¨′  -‐ハ ゝi     ,         ,ィ   !ミ、     丶、   『死神』CO!
         ,r'"""¨二ニ=ノ i  ト           / }   メ`丶ー‐-ュミ孑′
         ヾ  ≦   /  | |  、  `- '   イ  ,′ /、  ミミ':、-‐′
         乂 彡 孑≠}   | i!  ,y≧ __   ´ ト, /  /,. ヾ.   ヽ、    暗殺先
          冫 /  _丿   ! | _  ゞニ辷==斧=r'{ ! / .%  弋_ミヾ、乂
          ヾ/ ,r'"゙¨イ,r'"三=ヾ!圦ー斥三三三三ニ斗!/笊 %三ニ‐、 ヾ彡    (不可)>鳴上>悠>番長
           ゞ〈/弋{三三三ニ}=斗 ゙^~^~^~^~^"´  }=}:%三三\j/
               ノ三三三三=斗           匕圦:%=三三ヽ
              /三三三三{三斗      _    ヾ圦:%三三三〉
              〈三三三三ニ}三刈冖冖冖≦=≧冖冖ゞ厶 %三三/
              冫三三三=j三刈辷辷辷=厶ハく辷辷斥\ミ:%三\
              |=三三三三i三ミ}\_三三三三三三三三=仆、:%三ミ|
              |三三三三=|三ノミ、\三三三三三三三=ナ}三}%三|
              |三三三三=!ラ三三ヾ ト、三三三三=≠ィ//=/三_% |

死神 (占い結果:村人 / 霊能結果:村人) [Ver. 1.4.0 β10~]
[耐性] 罠:有効 / 護衛制限:有り
暗殺成立時に死の宣告を付加する特殊な暗殺者。
死の宣告の発動日は投票した夜から数えて 2 日後の昼。

※この言霊は戯言であり、現の事象との関わりは無いわ(この遺言はフィクションです。この村の内容とは関係ありません)」
さにゃえP 「AA版の初日会話予定」
如月千早 「高垣さん、別鯖ってどのあたりなのかしら?PHP?少し興味があるのだけれど。」
さにゃえP
                        ィ ―
       _____  ,,..  ''"´ ̄ ̄` '´.  , '´ l
     ∠ _     ., ''´            /   ,
     `ヽ、ヽ /    /     ヽ    ヽ、,イ ヽ.
   ┼┼  \/    / ,|   / /‐‐-ハ    ',   ',  そ
.     ノ   ,'    |__/ ! //‐ァ‐-、 |   ハ|.   |   て
     ツ  !    .|/‐、レ'´   |  ハ〉!  /r'、    !
        |   ,  .|l lハ    ゝ-゚'' |/ | b)   |
     / . !__/| ./! ゝ' ,     ""|  !‐'|  i  ',
    / /   ∨ ,|"   rァ ̄ ヽ   i⌒ヽ /  ,ハ  ', にゃー!
    !. (     ./ ト,、   、_ ノ  /⌒ヽ‐ァ- 、 |
   '、        | / |>,、_  イ'⌒ヽ/::/   \
            .レ'//   _,.イ|/|⌒ヽノ::/     >‐‐┐
          /    .|::| /| ',_゚ ゚ノ::/ ,r 、  // ̄`\
         ,.'   ./  r|::|/::/|/レ'!::| /ヽ/:::/     \
        /    !  / ゞ|.:/    .|::|__///|:::::|        ':,
       ./    /|. /ヽ. .|::|      \_/,.'  \:|/_.       〉
      .|   / ノ./ .| |:::|       /   /         /
       |  /___/   | |:::|      |   /        /!」
七夜志貴 「共有で喋る時?
潜伏してる時ぐらいだろ?」
アチャ子P
     ,.',  ,::'/  .:   .  .  ヘ:. ヽ:.  `ヽ.`ヽ
    ,.''/ ,:::::/: .::; . .:i ハ. ハi.   i 、 `、  :::i::. : ヾ.、
   // .::;::/ :: .:// .::/ハi!i!i!|:  i:.i  i  ::::!::. : iヾ.i
  ,.' / .::,'::i ::.::,' i :/i.|    |i!_i_」__! ::::|::、:. l: i !
 '  ヽ :::i ::| ::::i :i,-ィ‐i!-   !i´_ノ_i!_!_ .l ::::iヾ::、i: i |
    ヽ :::!.::!i ::::ィ´!,=i=i!ミ   li'!'iち゚心ヾ、 ::::!、゙. ::| i、!
    ヽ:::!i :i、 :::|!メ' ち心   i!|ノ乂_ノ:i ィ'`ーi. i: :::! .!ii
     ゙i:::i.i :!゙、_,ハ、 乂_ノ」  ノ ! ゝ‐"'!:i'!:::::|:ノi ::| !i|
     !::i!i、i ヽ:ト.  `¨´  ,     ゙゙ !!i::i:::i"!:i :! .i |!         ちなみに疑問に思った点とかあればわかる範囲で答えるわよ?>やよいちゃん
   ,ィ、 i ::!i iヽ.ヽト. "    _  _   !i::i ::i :!、V .i i!
'ー彡、三! :!i !ノヾ、ハ    ヽ´.   ノ  ノ'/.! :i、:!_、∨ ヽ、        私がわからなくてもGMとか雛ちゃんが答えてくれると思うけど。
,ィー―'ーi .:!リi---ヽ!i>'´〉        /!:i|i ::i´7/ヽ!―--ヽ=__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::!ハ!;;;;;;ィ'´.::´:::《`>.__ /. /i |:!、 i::'/i ヽ〉___ `、
;;;;иイ´:::i ::ノ´i!´::ヽ:::::::::::ヾ、ー'¨¨¨¨¨¨¨`ゞ、 Ⅵ ,'/;;;;;;;;;;;;,`;;,、
;〈::...`ヽ:::ヽ`ヽ!、::::::、ー=、::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i、ヾ.ヽノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´.::`ヽ:::::゙ー`ヾ. }゙ー=ミ、:::.ヾゝメ、;;;;;;;;;:::::::::::::ヾヾ ヽ ̄ ̄`¨¨¨¨
::::::::::::ヽ、::::::::::)ハヽ、:::::ヽ:::::::ヾiiー=、::::::::::::;;::::ヾ、 ヽ ̄::¨¨`ヽ、
::::::::::::::::::ヽ:::ノ'.:::i i!、ヽ::::゙::::イ>心::::::::メ、:::::::::::::ヽ:. 乂:::::::::::ヽ」
小烏GM 「モバマスプレイヤーとしては、高垣さん!って感じで好印象だったわ。
だからこそ、千早ちゃんのキャラと楓ちゃんのキャラが噛みあって、
私としてはそこのやりとりがすごく面白かった>楓ちゃん

なれてるようだし、普段はやる夫か、鉄ってところかしら?」
水橋P 「はいさい、落ちる人はお疲れ様だよ…ふぅ…」
水瀬伊織 「ちょ、ちょっと千早!?
やよいを貴方の毒牙にかける訳にいかないわね・・・っ(笑)

あと、楓のダジャレも上手かったな、ふふ」
さにゃえP
       _」_             _ ィ:ア´`i
    ×´      _,,.. -──- 、,´、 /  }    `メ.
    /     ,  '"´          .ヽノ  ,′    _|__
       /             `ヽ.  ,/     . ノ
  r、─ /                 Y⌒ヽ.
  ∨ /   /           ヽ.   |   ',
   ゝ,'    !  ,   /!  ,| _   !.  |    !
    |    |. __/|_ ,' .| / ! __ `./!  /|    |
    |    |´/ |_/  レ'  ァ'´ ̄` |/、ト、   |
     '、   |/ァ'´ ̄`         ,, |  |ソ   ハ
      \,ハ ,,     '      (\|   / .| にゃっにゃっにゃっ!
        | ハ、   i7´ ̄`i   ,/ \_)  ,'  |
       ,' /  `> 、,`     ,. イ/\__!  !   !   |
      /   /    `T7´ //ヽ、__ノ__ |   | __,メ
      |   .| r/´`ー'-、/ ,'    .//::/`ヽ/
      八   i/    rノ  ,! ̄`ヽ、|/:/   i_
     ,'  X`;くト、  _ノ、  /ヘ`ヽ..Y  /:::>
     ! //  |:::| / .|:::|\/ ノ 八___ノr‐:':::://」
神崎蘭子 「フン…あの程度の『枷』、何の問題にもならないわ
(いえいえww私が今回だんまりだったのは共有者だからですw)」
さにゃえP
                        _  -―ォ
                    __ z'´    イ |
              r ァ≠´       く  'ーァ!
     , -- ‐‐―,_/ /    (0)___(0) ヽ //
  <        ノ  ` Y⌒  /:::::::_::::::',  i /
   ヽ. ̄`Z¬ァ// . '、 \`<___>'   )ハ`\
    \  ∨/      \ \  \    Y\ \
      .l { l {   l |       \_ 、}  l }  \ \
       `¬Y  . |      \´ \ ハ   リ   }  ハ
         リ   、 ト、, ト、 \ゝ rfテヌx=={ } 川   } にゃーんにゃにゃーん!
           i   メ´ト、\ `ヽ\  VtりY  V ) /   ノ/
           | ト、  ヘ rf心      xwxL==ヘ /  / .'
           人 、\ 、ヽ弋り  、     イ,ィ  \xく {
         {  メ7 \ト-xwx  ー ´/ 《{   ノ 》、| l
     , =-  | / ノ  ハ    ̄ }─-ー   /≫_´ f_..、__}、\_ノ
    { (  斗 ´    ヽ、 }ィヘ   ーァ´/   {彡ミ}lト-- 、
     \レ´    / /r ' ハ \   {{7     `ァ、)」__ノ}        __
     /   _ -ァ´  (ヘ从   \ \/_」===='´_ノ´ V_,ノ{{}     r:':´':':':':':'>
      l  /( { /    ゝ-ヘ     Y  Y´ ̄ ̄ ´{ '.   },  ムイx==≠:':':'>-':':了
     \ \ゞY   \ ト、 人   ノ   '、   /`\ `、 ノイト、:':':'7zx> ´ ̄\:':':'}
     \ `Y ) }     Y:':':':'\/:'l    \ ハ   》  Y;'ト、{  ̄          ̄
       ` ー  ゝ 、ト、 L:':-:':':':':人     \{ 。j   } };':ヘゝ、
           ヾノノ  `_< ̄  >‐--r ´ ハ`$   レヘ':':'. l
                ̄ r‐ヘ-「 Y´   !    ト、   /;';∧:':',\
              ___ ,ゝ;';'イ:':':'}   \_ノ;l;\_ノ;';''';'∧:':', l
           r‐:':'´':,':_>';'´,ノ T´     Y;';';|;';';';';';';'、;';';∧:':', |」
高槻やよい 「はい、ぜひアレンジしたいです!あれ?リベンジ?」
さにゃえP 「にゃ!」
さにゃえP 「んじゃ、ありがとねーおっつー」
高垣楓 「なるほど、それで戸惑っていらっしゃったのですね>やよいさん」
鳴上悠 「そんじゃま、お疲れ様
狼はお見事だったぜっと」
七夜志貴 「ああ、でも有りがたい時はある。
死ぬほど胡散臭いタイミングで霊能が出てきたケース」
神崎蘭子 「時空の王の導きに宝を捧げます(村建て同村ありがとうございました!)
新たなる試練を待ち侘びているわ(また次の公演でもよろしくお願いします♪)」
水橋P 「対抗占い迷ったんだよ正直そこかなーくらいは考えてたが>鍵山」
小烏GM 「ああ、長期の方なのね>やよいちゃん
そうね、こちらはいわゆる短期、わかめて発祥だし、おしゃべりが
5分のあいだにきちゃうのよ。あちらになれると、びっくりすると思うわw

そのうえで、みんなアイドルしたりしてるからね~。
……どうかな?またきてみようって、おもった?
きっと慣れれば、今よりもっと楽しくなると思うわ。」
水瀬伊織 「あ、楓も初めての方?
自分囲いの判断とか、凄く良かったわねー!
あとさにゃえPも信頼取ってくれて見事だったし、楽できちゃった感じ」
双海真美 「3-1ってぶっちゃけ霊能盲信占い真混じり!以外考えること無いっていうか!>ななやん」
鍵山 雛 「やよい占った日に」
如月千早 「神崎さんはRPの強烈な縛りのなかよくやっていたと思うわ。
来てくれてありがとう。」
さにゃえP 「灰がひろいから対応しやすいのはありがたいかなー」
鍵山 雛 「やよいじゃなくて楓占ってたら割とまだわからなかったかもねー>補足>水橋P
高垣楓 「>道明寺さん
はい、貴方が囲ってくれたからこそ
狐の可能性を追うことができました、援護ありがとうございます」
アチャ子P 「千早ちゃんから何か漏れてるわねぇ……まぁ良いけど。
私は観察しておくわ。」
水橋P 「ちょいと終盤にリアルで面倒事が舞い込んだもんでね…いやいや申し訳ない>小烏」
七夜志貴 「○が1人少ないだけだしな」
七夜志貴 「初日共有は 正直喜べん。3-1では」
双海真美 「聖域みたいなもんだよね>ナナッチ」
如月千早 「(高槻さん初々しくてかわいい・・・)」
高垣楓 「>小鳥GMさん
そうですね、別鯖から遊びにきました
アイマスRPは初めてやってみたのですが、できていたでしょうか?」
高槻やよい 「17人レギュも初めてだったので、基本戦術べんきょーしてくればよかったかなーって」
アチャ子P 「あー、やっぱ長期出身なのね。
初日役職持ちに疑問覚えるなら、そうよねぇ。」
小烏GM 「水橋くんは、今回は占い先より、諦めないこと、かしらね。
最終日についてはだけど。」
さにゃえP 「3Wの時にきめないと厳しいなっておもってた>七夜
どこが信用勝負する?ってはなしされるとまける」
高槻やよい 「人狼BBS経験はあったんですけど、
チャットでガンガン進むの初めてだったんでうわーってなりっぱでした」
堂島菜々子 「いつの間にか狐だと怖いって噛まれてる。奈々子の中の人的には超よくあること。

ふしぎげんしょう。」
七夜志貴 「只逆信用の場合
仲間狼がやれって言うかどうかだから
そういう意味では水橋狼は薄かったかもしれない。
その場合の相方がやよいとなると」
道明寺歌鈴 「霊界移ったときに「あっれー?」でしたもん・・・・・
結構出任せ考えでもなんとかなるものですね?>楓さん」
神崎蘭子 「…子羊達に我が血肉を(村の皆さん、申し訳ありません)」
水瀬伊織 「狼の仲間のみんな、歌鈴もありがとね!
歌鈴は最初に吊られはしちゃったけど、誤爆もなく助かったわ」
小烏GM 「高垣さんもお見かけしないかたね。
こちらにはこられたこと、あるかしら?」
七夜志貴 「信用勝負しそうなの?
さにゃえしかいなかったわ まともな信用勝負は。
逆信用なら全員やりうる」
さにゃえP 「あ、ちがうならよかった。」
小烏GM 「あぁ、そうなのね。私がお知らせしたのみて、きてくれたんだ。
ありがとうね>やよいちゃん

そうね、基本、こちらの人狼では役職初日というのがありえるわ。
やってみて、どうだったかしら?」
高垣楓 「>小鳥GMさん
あら?本当ですか、それは嬉しいですね…
アイドルになれたような気がして、嬉しいです」
さにゃえP 「なんか覚えが。。。」
高槻やよい 「さにゃえさんは多分ふぉろーしてないから違うっぽい」
さにゃえP 「あれ、もしかして、私フォローしてくれたひと?>やよいちゃん
ごめん、人狼ってかいてないからブロックしたっぽい」
神崎蘭子 「…魔族の者共には至上の杯を!(狼陣営のみなさん、おめでとうございます!)」
高垣楓 「>道明寺さん
ちょっと、グレランに自信がなかったもので、さにゃえPさんに
プロヂュースしていただきました」
アチャ子P 「んー、霊界番長的には、初手霊能噛みするのはどこが真占いだったら?
って感じだったのだけどねw>真美ちゃん」
小烏GM 「あと、楓ちゃんが千早ちゃんのツボにはまったこと、これは重要よ。
千早ちゃんが笑い上戸であることを逆用した楓ちゃんのオヤジギャグ攻撃、やるわね……」
高槻やよい 「(発見したの自体はちょっと前なので記憶があいまい」
七夜志貴 「正直3人が3人とも
俺の好みで行く場合
真っ先に斬るタイプだったからどうしたもんかと」
さにゃえP 「にゃーにゃーいってるだけにゃったにゃー」
高槻やよい 「ここはたしかツイッターで見かけた来た、だったと思います」
水橋P 「やれやれなの…本当にやれやれなの」
双海真美 「結果論からいうと「信用勝負を望むのは?」ってとこが正解へのスタート地点だったねー>蘭子ちゃん」
神崎蘭子 「…魔族の可能性は追っていたわ(高垣さん●で非常に揺れました)」
鍵山 雛 「まぁ水橋真は一応あるなーとは
でもあの占い信じるのは無理だわ>私は」
鳴上悠 「>志貴
共有初日は霊能抜かれるとGJ出しにくいっていうか
出す位置が、後半の後半で共有噛むくらいしかないしなー」
小烏GM 「狼強い、という点より、
私からみるとシンデレラの絆の勝利にもみえるわね。
きっと765の子が共有であったら、村が勝ったようにもみえるわ。」
道明寺歌鈴 「楓さんが本当に初手囲いとは思ってませんでしたw」
高垣楓 「ふふふっ…狼勝利できるなんて、嬉しいですね」
水瀬伊織 「おつかれさま、やよいはここは初めてかしら?
こんな形にしちゃってごめんね!
でも、また参加して慣れていってくれると嬉しいな」
七夜志貴 「噛まれて死ぬ役職系統なら
どれでもありえる>やよい」
七夜志貴 「霊能ぐらいだな出せたの」
高槻やよい 「GMが共有者とかあるんですね、これ」
さにゃえP 「きがついたらやよいちゃんしか●がいなくなってた」
如月千早 「お疲れ様です。狼に翻弄された、という感じでしたね」
七夜志貴 「俺がどっかしらでGJ出せるかどうかなんだが」
高垣楓 「ふー、緊張しましたね…さにゃえPさん、水瀬さん、道明寺さんありがとうございました」
小烏GM 「やっぱりね。
あら……そうすると、他の経験はあるのかしら?

いずれにせよ、ようこそ!四条劇場へ!かしらね。>やよいちゃん

よければ、こちらをしったきっかけを教えてくれないかしら?」
神崎蘭子 「…闇に飲まれよ(お疲れ様です)」
さにゃえP 「おなかまさんくー!」
鳴上悠 「というわけで、お疲れ様ーっと」
アチャ子P 「お疲れ様よ。
狼は良く頑張ったわね。
村は頑張ったけど残念。
……やよいちゃんは初心者ながら凄く頑張ってたと思うわ。」
ころも 「ではではお疲れ様ー」
道明寺歌鈴 「狼さんありがとうございました!」
鳴上悠 「              /     ヘ.             丶 、  ヽ
              ,'  ,    ヽ丶        、    ヽ  i   ハ
                i 丨l i  ! ヽ\ ヽ 丶  ヾ、 丶 ヽ  !  ,ハ
                 |  { .! ト、 ヽ 、\\丶 ヽ  ! \ ヽ ', リ   }
                !  ト.! ト、ヽ \ ヽ丶.ヘ、. _\ 丨 \ヽ ハ ソ !ハ.!  菜々子と同村できた・・・これは俺の勝利といえるのではないだろうか
             ヽ  !ヽ { {\ヽ\ヽ ヽ \` \ {ヽ、 ヾ、レ'ヽ,ノノリ
              ヽ `r,`=゙= ヾヽ` ヽ \,._\`=゙=.ヾ//、} } ,/
               ヽ|l`゙、で_,ハ `ヾ,ヽ.〃´ ク じ,) ノ` }} 〈ヽ //'
                >ゞ `ー '´ 〃ニ,ヘ ´ ー‐' ノ′r'´/i´
               / ∧`" =‐ '´    ` ==‐ "´  ,`7l´.ll
                 , / ,/  ',       ;         /グ | |lー、
         ,, r<´〃,/    ゝ     、- ,.       / / l ,/lヽ. ヽ、
     , r<´-─、 // !ヽ    ヽ   _ _      ,イ /  l/ | l ヽ、 > 、
   ,.イ-‐      {.{   ヽ \.   iヽ  、二  ´  /r'´  /  !,' /  ヽ、 `>、
   / l         ヾヽ   \ \ lヽ\     / /l  i′  / /     ヽ、
.  i {          \\  ヽ  ∧!   ` ー '   / |  ,|  /  /
  l  V            ヾ\/!} / / !  \     / { /l ,/ , ′
  l  ∨            冫 { ゙ /ヘ. ト、   ヾ   _/!  !/ | / /
  |  ∨           / l /  ヽヘ `ヽ _〆/´    ,|'」
水橋P 「ハイサイお疲れ様ですよ」
さにゃえP 「きつねそこかー」
鍵山 雛 「あら、負けたかしら
ま、いいわね」
双海真美 「お疲れ様ー!」
如月千早 「◇双海真美「まぁいきなり勝てるほどこのゲームは甘くないのさ・・・(ドヤ顔」
真美・・・wwwそれはギャグで言っているの?」
ころも 「狐は割合勝負諦めてた」
道明寺歌鈴 「お疲れさまでした!」
堂島菜々子 「おつかれさま、です」
七夜志貴 「お疲れさん。
まあこう 正直夜が来るたびに頭抱えてた」
高垣楓 「お疲れさまでした」
ころも 「お疲れ」
さにゃえP 「おっつー」
堂島菜々子 「えへへ・・・♪>お兄ちゃん」
高槻やよい 「ここは初です」
ゲーム終了:2012/06/03 (Sun) 23:40:34
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鍵山 雛さんの遺言                 rァ=-、_     ,.rァ‐-、
        rr-‐rァ    「/::::::::::ヽ!、    i/:::::::/7
        Y::::::〈!     '、!'⌒ヽ、_y'ー、,/::::::/!7
        ヽ;::::ヽ     ,!>-ァ'ヽr-ヘト、ン/:::::!'
    /    !}::::!{ ,.. '"´く::::/}      `y^i'ー'^ヽ.   目が回るぅ~
   .,'      ヽゝ/    Y-'      /:::!{  、 ヽ.
   i  , '"´   'y'  ./  /!   ,'  ,  く:;__」}   ':,  '、
          ;'  ./   /ー!--! /'!   ハ  ',   ',ヽ、',
     i´`ヽ.,  L__;'  _/,.',ニ、ヽレ'  ! ァ'ー!-'、! i  i:::::: `'' ー-‐=ァ
    ,.、_!,   ヽ.  `>、,ハ.! !,_ー' ノ  レ' ,.',ニ、ヽ.! !  i`ヽ、:::::::::::::/
    ヽ、,___   `'ァ'   7' `'ー‐'      ! !,_ー' ノr┴-、!  ,' `ー='
       `ヽ、, '   .イ⊃ ,.-_、.,,__   `'ー‐' /   !   /
          /   .ノゝ、i´     ̄`ヽ. ⊂⊃ .,'  /
         ,'   ,.イ   /!>.、.,__  __,,.. イ   ,:' イ
         !___/_ノ!__,,...'-‐''"´   ̄    ./ヽ、ノ    ',    .!
   (     }i::::::`r、_,,. -‐rァ、.,,________,,,,... イ _,rメ、!7、   !   ,'
    `"'' ー }レ'7へ:::::::::::!{><:::::::i    rン'::::::::::ヾ!  ノ   ノ
         (.  ン^ヽ、」}ニ<:::::::::i   r/!::::_r'" ̄ヽ!_    ´
      rァー_r)'":::::ヽ;ヽ、::::::::::::::;:イ!__,/::!ヤ、__'、   7'iーァ、,__,,.. -‐ァ
    _rァ''"´:::::::::::::::/`ーヘ、__二ン::::::::::::::::::`'く >.、.,!/::/  `ヽ:::::/」
    ノ」:::::::::::::::::::::'´:::::::::::/::::::::::::::!::::::,.-‐‐-:::::::`ヽ.   `ヽ、)、___ノ ̄
    !ヘ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::γ:::y'⌒ヽ:::::::::::::':,         __
    ヽ,へ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::!::::ー-':::!:::::::::::::',      - 、 `ヽ.
    /;:-X::>、:;__::::::::::::::::::::::::::::::メ::::::::ゝ、;__ノ::::::::::::::::〉、   ___,,..ノ  ノ
    ,'::::::::::/`'' ー、,'^ヽ、:;____:::::::メ::::::::___::::______:::_;;:::イ ン'
 ( ( `' ー'        ̄`"'ー-、.,_二ン'-r'"ー-‐'"    ̄
                  |::::X:::7
                  !:::::::::;'
                  `'ー-'

鍵山 雛 は無残な姿で発見されました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
高槻やよい は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
高槻やよい4 票投票先 →さにゃえP
水橋P0 票投票先 →高垣楓
鍵山 雛0 票投票先 →高槻やよい
神崎蘭子0 票投票先 →高槻やよい
さにゃえP1 票投票先 →高槻やよい
高垣楓1 票投票先 →高槻やよい
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高垣楓 「占い決め打ち…その結果うらない?なんて…」
さにゃえP 「てち!」
さにゃえP 「てちてち!」
さにゃえP 「にゃーん」
さにゃえP 「でも、多分あの日記の量と灰残りみると狐じゃないかとか。」
さにゃえP 「いおりにゃんが狼狐どちらかはわからないにゃー」
鍵山 雛 「○ならあぶないんじゃなくてどうにかして楓さんがあやしいか言わないと…>やよい」
高垣楓 「>やよい
やよいさん、それは私も同じですよ
特に真占いを吊ったと思ってしまうのなら、余計にです」
さにゃえP 「にゃー!」
神崎蘭子 「宣告:高槻やよい(指定:高槻やよい)」
水橋P 「一応だが言っておく、俺を信じるなら楓に投票を」
さにゃえP 「あと、ちはやちゃんへの誤投票とか
いろいろ狼の要素はあるにゃー、初日のステで発見がおくれたにゃー」
神崎蘭子 「魔界の神々よ…私達に救いの手を(どうか…お願い…)」
高槻やよい 「ううー、私白ならすっごく危ないですよ!」
さにゃえP 「にゃーももういれたにゃ」
さにゃえP 「じゃ、にゃーをしんじるひとはやよいちゃんとうひょーにゃー」
鍵山 雛 「ま、やよいに入れるわよ
間違ってたらごめんなさいでいいわって気しかしないし」
高垣楓 「おや?道明寺さん真ですか…確かに無いわけではないですが…>やよいさん」
さにゃえP 「にゃー!(●ランでおねがいするにゃ)」
鍵山 雛 「というか2w残りよねこれ
狐はいないケースで」
高槻やよい 「ううー、真占いはつるしちゃった気がまんまんです」
高垣楓 「ふむ、まあ貴方視点それが妥当でしょう>水橋Pさん」
さにゃえP 「んにゃにゃにゃにゃー!」
高垣楓 「さて、霊能不在…3Wは否定されましたが、最大2wありえるわけですね…」
鍵山 雛 「ま・・・狩人お疲れ様ね」
水橋P 「理由:続いての対抗占いここの場合囲いがありそうなんだよなあ…
というわけで占い」
さにゃえP 「にゃーにゃーにゃー!」
水橋P 「占いCO高垣楓●」
神崎蘭子 「煩わしい太陽ね(おはようございます♪)」
鍵山 雛 「と、いうわけで役職は
お仕事お願いするわね」
さにゃえP 「理由
にゃーんにゃーんにゃーん
(ラストにゃー)」
高垣楓 「水瀬さん…どうか堂島さん兄妹に
草津の湯の花を持っていてください…
下呂温泉の元を手にいれたかったのですが
どうしても、手に入りませんでした…」
さにゃえP 「占いCOにゃー!水橋は●にゃ!」
高垣楓 「おはようございます」
鍵山 雛 「おはよう・・・今日も厄いわね
実に・・・厄いわ」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
七夜志貴さんの遺言
                       __ _\
                   __,,. . -‐-ミメ、ヽ}
                   > ::::::::::::::::::::::::'‐-ミ__
                   /:::::/::::::::::::::::::::::::::\<
               `7.: :/ : :::::::::::::::::::::::::::::::::::.
               //.:/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::N
               /イ ::::::::::::::::::::::::::/7|: ∧ノ
                   |∧ ::::::::: / ::::/.」ハ/|ノ       吾は蜘蛛、水面に映る
                    Ⅵ从/イ|/   ノ         只一晩限りの夢にして影。
                   |ニニニ=-〈 /
                 /7ニニニニニニ=- ,,_      このまま消え去るもまた道理。
                 /二|ニニニニニニニニニニ=-      当然の報いゆえにこそ。
              -ニニニ|ニニニニニニニニニ/ニニ|
              |∧ニニニ|二ニニニニニニニ/二ニニ∧   ──いいだろう。此のまま無残に
              |=∧|ニニ:|二二ニニニニ\ニ/二ニニニ∧   幻と帰す。其れもまた吾の選択
              |=二|ニニ:|二二二二ニニニ∨二二二二∧
             r''=二:|ニニ:|二ニニニニニニ',ニニニニニ/
.              ノニ二:∧ニニV二二ニニニニニ',ニニニニ∧
             /ニニニ∧ニニVニニニニニニニ',二ニニニニ|
         /ニニニ二∧ニニV二二二ニニニニ',ニニニニ|
           /ニニ二二/   、ニニV二二二ニニニi二二二 ∧
.          /ニニ二二/     \二Vニニニニニニ|ニニニニ∧
         /ニニ二二/       ∨ニV二ニニニニ∧二ニニニニ|
水瀬伊織さんの遺言               ,.ィヘ -‐- - _
           r‐くン´.´.  ̄: .`ヽゝ、
           ゝ'´/. : : . :   : . .`ヽ}、
        /. :'、{/´\: .  : . : . :.ヾ,
       ,{! 、ソ′   丶: . : .',: . .:!: .j
         ハ!.、} `ヽ   \: . i: . .:!:. }!
      /. :Y゙kイ'ハ   ' ー- ヽj.: . ' / !
        ' . : ヽ!,,ゞ'′  'ィハヽ Y / '.: ! 今日はアイドルの皆が少な目の珍しい村ね~
     /. : . :八   '   ー'クイ ' /.: ! どこまで見極められるかしら・・・
     / _/.:/´ ヽ ,、  "/ 7. :/. : i 私の技量が試されそうね・・・!
     /r{7.:/._    ゝ- ィ  _,/. :' ,: . l
    /fV.:/  `ヽ  ヽ:、,/Y´:/ , .:/. : :!
    , .:'V/   (ハ  ∨。」:.;′!/:): . {
   , : .{i    、j{:!   ,、:.:。:! . :{:;ハ; : .、
   !. : : .'、   ヽ!   :!\:。、_八} ,: ..ヽ
   i: .i . : ヽ    j    :!  `イ   ヽ , : . ,
    ! !: : : .丶   i    i   /ヘヽ_-}、 ',: . !
.    !|: . : : : . 、  {    :! {  }_j }!j〕 ', :!
    !: . : . : .\.`   .ノ ̄ヽヽ゚-くー- jノ
     , . : ヽ: . : . 丶._,/  __ ┘`┘   }
    丶 冫 Y. :/ 、 ,ィ'´ ̄T ‐ .__   _,!
          ノノ`ソ┴ゝノ ; ; :| r 、{ :「
             / ,' ;  ; :, :!_」 i」 :l
七夜志貴 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
水瀬伊織 は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
高槻やよい0 票投票先 →水瀬伊織
水橋P0 票投票先 →水瀬伊織
鍵山 雛0 票投票先 →水瀬伊織
水瀬伊織7 票投票先 →七夜志貴
神崎蘭子0 票投票先 →水瀬伊織
さにゃえP0 票投票先 →水瀬伊織
七夜志貴1 票投票先 →水瀬伊織
高垣楓0 票投票先 →水瀬伊織
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高槻やよい 「いおりちゃんごめんなさい・・」
さにゃえP 「これがすべてにゃー」
さにゃえP 「高槻やよい 「ううー?狩人さんって七夜さんみたいないでしゃばるものでしょーか」」
水瀬伊織 「ただ・・・私はもうちょっと
やよいと一緒にいたかった・・・ただ、それだけ・・・」
さにゃえP 「水橋P 「この場合は…最悪七夜が狂というわけだが…まあ安定で伊織吊りか…」」
高槻やよい 「ううー?狩人さんって七夜さんみたいないでしゃばるものでしょーか」
水瀬伊織 「ふむ、これはもう私吊りを避ける方法はなさそうね・・・」
水橋P 「この場合は…最悪七夜が狂というわけだが…まあ安定で伊織吊りか…」
神崎蘭子 「宣告:水瀬伊織(指定:水瀬伊織)」
さにゃえP 「にゃー!にゃー!>七夜くん」
鍵山 雛 「デスヨネー」
高垣楓 「水瀬さんいおりのなかで、お茶を一緒にのんでましょう」
七夜志貴 「ということでさようなら」
さにゃえP 「伊織ちゃん釣りにゃ!」
七夜志貴 「七度の夜でまた会おう──
豪華絢爛、殺人鬼による殺人記録

初日殺害:不可能
2日目殺害:道明寺  無残:アチャ子
3日目殺害:水橋   無残:千早
4日目殺害:蘭子   無残:真美
5日目殺害:蘭子   無残:

2日目殺害理由
──弔毘八仙、無情に服す……!
正直占い全員趣味じゃないんで霊能守りたいレベルだが
此処が死ぬと其のまま俺が死ぬ。
というか其れ以前にいっちゃんマシなのが此処という時点でお察しだ

3日目殺害理由
どうしようも無いな。どいつもこいつも素で怪しすぎる。
判断材料が一切無いのも1人いるし。
やれやれ、まあいいとしよう。
恐らくは俺が死ぬんだろうが、何。大した事じゃあない。
信用勝負と言うのであれば 占いが死なぬもまた只の道理だ

4日目殺害理由
はてな。此処で千早が死ぬ道理も理由も見当たらないんだが。
さにゃえの銃殺?いやまあ問題ないだろう。
どうせこの展開から先、占い師を噛む事はあるまいし。 
で、あれば。……できれば俺自身を護衛したいんだがな。
足りないとあらば仕方ない。共有を守ればいいんだろう?

5日目殺害理由
鉄板。正直占い死なないだろもう。
というか 霊能護衛しときゃよかったわマジで」
鍵山 雛 「歌鈴真でも伊織狼普通にあるから問題ないし
その場合でも3w残りはなくなるから問題ないわね>伊織」
七夜志貴 「悪いな 出るしか無いらしい。狩人CO」
さにゃえP 「んにゃ!?」
水瀬伊織 「スーパーアイドル神狩人伊織ちゃんの、狩人CO!

二日目 護衛 さにゃえP 噛まれ アチャ子P
うーん、無難に霊能守りもいいかもだけど、
狼も霊能は護衛してると見て噛んでこなさそう
とすれば、占いの中で・・・一番しっかりしてそうな
さにゃえPを護衛してみるわね!

三日目 護衛 さにゃえP 噛まれ 如月千早
やられた・・・霊能抜かれちゃうとはー!
村のみんな、ダメ狩人でごめんなさい・・・
その代わり、真占いは守ってみせるわ!
相変わらずしっかりしてる占いは、さにゃえPかな

四日目 護衛 さにゃえP 噛まれ 双海真美
危ないっ・・・!狩人の私が完全グレーに残されて
ピンチだったけど、まさか狩人ですと今言う訳にもいかなかったし・・・
なんとか残れて良かったわね、吊られちゃった、ころもには申し訳ないけど・・・
その分の働きは、きっとしてみせるわ!

五日目 護衛 さにゃえP 噛まれ ?
占い吊り開始で・・・最悪、歌鈴が真だけど
でも、よく考えると三日目で、さにゃえPが千早占って千早が死んでるから
これが私の呪殺GJの可能性があるのよね・・・
共有守りと悩むけど、もうちょっと占い護衛を続行してみようかしら」
七夜志貴 「というか この期に及んで占いロラを提言してる
水瀬を吊らない理由が特に思いつかなかったりする」
さにゃえP 「んにゃにゃにゃにゃー(どっちでも大丈夫だよ)>七夜くん」
高槻やよい 「できればさにゃえさんからですけど、材料あんまりないです!」
水瀬伊織 「んー、ごめん。じゃあ狩人CO」
神崎蘭子 「仮初の宣告:水瀬伊織(仮指定:水瀬伊織)」
鍵山 雛 「七夜狼ケースが消えたのはわりと大きいし」
高槻やよい 「ううー、ここまで来たらもう占ロラでいいと思います!」
七夜志貴 「結構な勢いで各視点の灰が死んでるから」
高垣楓 「つまり、道明寺さん視点でもありということですか>七夜さん」
さにゃえP 「にゃんにゃにゃーにゃー!」
水瀬伊織 「え?最悪、歌鈴が真占いかもしれないのよ?
ここで占いローラーを止めるの?」
七夜志貴 「実を言うと 高明寺視点ですら
水瀬吊りで明日は来る予定だ>高垣」
水瀬伊織 「そ、そんな・・・やよいが、●?
信じたくはないけど・・・でも、あんまり情に囚われすぎるのもよくないわよね・・・

さて、さにゃえPと水橋P、どっちを今日は吊るべきかしら」
さにゃえP 「にゃー!」
鍵山 雛 「そうね、伊織吊りでいいんじゃないかなって系」
高垣楓 「水瀬さんって両視点の完全灰でしたね>七夜さん」
七夜志貴 「こうだろ今。
真残ってるなら 水瀬吊りで3Wパターンが消える」
水橋P 「対抗から俺の○に●ねぇ…」
さにゃえP 「そこ○だったらなんだろうっておもうにゃー」
鍵山 雛 「まぁ割と・・・伊織・やよい・占いの3w残りじゃねって気しかしないんだけど
そこ死体ならなおさら」
七夜志貴 「水橋
道明寺-さにゃえ-不明-不明-不明

水瀬 高垣

さにゃえ
道明寺-水橋-やよい-不明-不明

水瀬」
七夜志貴 「両方視点で 水瀬吊りでいいんじゃないのか?」
高垣楓 「…堂島さん…霊界でもお兄さんと一緒に温泉入っていてくださいね…」
七夜志貴 「……」
さにゃえP 「凄くなっとくしたにゃ。」
水瀬伊織 「おはよー!
そろそろ終盤に入ってきたわね・・・」
水橋P 「理由:続けての対抗占い正直判断がつけづらいんでな確定はさせておきたい」
鍵山 雛 「と、いうわけで
役職は仕事してね」
さにゃえP 「理由
にゃーにゃーにゃー♪
(灰みてて、人外がありそうなところ考えなおすと
伊織ちゃんもあんまりそんな気がしないんだよね
かといって完全灰占いもどうなの?とおもうにゃー
やよいちゃんとかそんな露骨な場所囲うのか?という)」
神崎蘭子 「煩わしい太陽ね(おはようございます♪)」
水橋P 「占いCO七夜志貴○」
高垣楓 「おはようございます」
七夜志貴 「そして死んでた」
さにゃえP 「占いCOにゃー!やよいちゃんは●にゃ!」
鍵山 雛 「おはよう・・・今日も厄いわね
実に・・・厄いわ」
七夜志貴 「まあ愉快な事に
其の発言からして全員アレなんだがな>堂島

発言で考えられる程度の位置が存在しないという意味で。
まあ 尤も、だからこそこの筋になってるんだろうが」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
堂島菜々子さんの遺言                         ̄ ̄ ̄ ̄
                   '               `
                      '                   丶
                    ,
                 /   /      |          ∧  .\ ∨
                     |      |      | | | | .| | | | |  |
                  |   .|    | | | |∨| | .| | .从i从 ヽ从i从  |
                  | ||  从i从 从i从丿   ´  ̄ `ヽ 从
                ,    |从i从 ´  ̄ `                | .|
                 ,   '    ´           x===ミ |/ }
                ∨  ∧    r===x             | } }> 、
            l二二 ⌒ヽl              :::::::::::: .|//   \
           ===/|| { ヽ∨   ::::::::::                |∧
                / ..||,´ ヽ_ ∨         、 .〉      j  )     }
              /  ./  ヽ__.∨                   ∧
            ,    ./       ヽ       t   7  .∠ ‐=三 __ /
            ,   /      _彡 | | ≧        ̄  イ  .` ┬-
             \  |   , -‐    | | | |` 、__‐  | .|    .|  .丶
              \彡'´  .∨   \|__|   .|  ..| __|/|     ',   |
                ./    ∨    \`‐┴‐‐┴´ /       ',   |
              |      .∨       \      /        |  .|
              |        ∨      ヽ    /        |  .|

お兄ちゃんとなら、どこでも楽しいよ?
堂島菜々子 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
道明寺歌鈴 は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
高槻やよい0 票投票先 →道明寺歌鈴
水橋P0 票投票先 →道明寺歌鈴
堂島菜々子0 票投票先 →道明寺歌鈴
鍵山 雛0 票投票先 →道明寺歌鈴
道明寺歌鈴9 票投票先 →さにゃえP
水瀬伊織0 票投票先 →道明寺歌鈴
神崎蘭子0 票投票先 →道明寺歌鈴
さにゃえP1 票投票先 →道明寺歌鈴
七夜志貴0 票投票先 →道明寺歌鈴
高垣楓0 票投票先 →道明寺歌鈴
「◆小烏GM 投票時間です。
時間が連続して2分を超えています。
突然死防止のためにも、2分内の投票をお願い致します。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
堂島菜々子 「けっかがよくわかんなさすぎて誰が真なのかのはんだんってはつげんしかないよね・・・」
道明寺歌鈴 「冥土の土産に、いただきました////>楓さん」
さにゃえP 「ななこちゃんうらなうひつようはなさそうにゃ。最悪かんがえたら
●をみつけないといけないんだから、呪殺以前にゃ」
神崎蘭子 「宣告:道明寺歌鈴(指定:道明寺歌鈴)」
高槻やよい 「うーんうーん」
水瀬伊織 「あとやよい、昨日、やよいに●出せば吊れる~って言ってたけど
でも、吊れそうだったやよいに●を出すと信用下がるかもしれないから
出さない、って占いもいるかもしれないのを忘れないでね」
七夜志貴 「死体無し出てないんで
其処から分かる事は何ひとつない筈だがな>蘭子」
高垣楓 「うーん、ちょっと苦しいですね…」
さにゃえP 「んーにゃー?」
高垣楓 「道明寺さん、霊界に行っても、それ、いかいようにはなりませんからね>道明寺さん」
道明寺歌鈴 「流石にこの結果じゃ信じろっていうのも酷な話ですもんね・・・・」
神崎蘭子 「魔人の告発は?(道明寺さんを護衛していた狩人さんはいますか?)」
水橋P 「次はどことにしようかね…ふうむ…」
堂島菜々子 「占いさんひとり・・・誰も結果でてないし、しょうがない、のかな」
七夜志貴 「不思議な事に
霊能を除き昨日まで死んでいるのは『単独○』以下。
つまり其処を殺す意味があったって事なんだが」
さにゃえP 「水橋P 0 票 投票先 → 堂島菜々子
道明寺歌鈴 0 票 投票先 → 堂島菜々子
んなー?」
鍵山 雛 「ま、そこ指定ならいいかしらね
特に止める要素はないし」
高垣楓 「占いを処刑するのは、しかたのないことですね…
そして、悲しいですが、道明寺さん…仮指定なのですか…」
水瀬伊織 「ん?完全グレー?
昨日の地点でそうね、菜々子の言う通りの3人だったわね」
道明寺歌鈴 「むむ、じたばたしたいとこなんですけどね・・・・」
さにゃえP 「んにゃ!」
堂島菜々子 「うん!すっごく楽しみ♪>かえでさん」
七夜志貴 「ちなみに 共有の指定で占い1人吊る日だな」
神崎蘭子 「仮初の宣告:道明寺歌鈴(仮指定:道明寺歌鈴)」
水瀬伊織 「正直、悩むわね~・・・
ただそうね、3人の中では歌鈴のやよいに○のタイミングは
やっぱりちょっと変に見えちゃうわよね」
さにゃえP 「多分どっかで1はつれてるっぽいにゃこれ」
鍵山 雛 「伊織・堂島妹かしら>完全グレー」
堂島菜々子 「あれ?やよいちゃんも占われてなかったの?昨日ころもちゃんと菜々子と伊織ちゃんだったような・・・>ななやさん」
高槻やよい 「ここまで黒でないとなにがなんだかです・・・」
水橋P 「流石に参るぜぇこいつはぁ…」
道明寺歌鈴 「参りましたね・・・・
流石にここまで●でないとちょっと厳しい・・・・」
七夜志貴 「灰の纏めだ。
この期に及んで 灰最低3人だとさ」
鍵山 雛 「まぁさすがに真混じってるからどれかは本物なんだろうけど
なんだろうこのグレー減らない進行>七夜」
さにゃえP 「やよいちゃんにゃ?
あれで?」
高垣楓 「はい、今度一緒に温泉に行きましょうね>堂島さん」
七夜志貴 「道明寺
水橋-さにゃえ-不明-不明-不明

菜々子 鍵山 水瀬

水橋
道明寺-さにゃえ-不明-不明-不明

菜々子 水瀬 高垣 七夜

さにゃえ
道明寺-水橋-不明-不明-不明

やよい 菜々子 水瀬」
水橋P 「さてと…全然読めん」
堂島菜々子 「プールみたいな温泉!楽しそう♪>かえでさん」
七夜志貴 「正直全員吊りたい位に低い位置で横一線だ。
○の先々まで含めれば
当然の如く、水橋か道明寺になるんだが」
高垣楓 「双海さん…」
さにゃえP 「どこにゃ?完灰?」
七夜志貴 「示し合わせてるかのように○しか出ないなこの3人」
堂島菜々子 「真美ちゃんまで・・・菜々子仲良しになるとみんないなくなる・・・?」
高垣楓 「堂島さん
昨夜、堂島さんにピッタリの温泉を思いつきました
下呂温泉です、ここは塩素温泉と言って
ちょっとプールっぽい香りですが、貴方くらいのお子さんには
温水プール気分で楽しめるところかと」
さにゃえP 「にゃ!」
水瀬伊織 「おはよ~
さて、今日から占い斬りになるのかしら・・・
真偽をしっかり判断しないとね!」
さにゃえP 「ええええ?」
神崎蘭子 「煩わしい太陽ね(おはようございます♪)」
道明寺歌鈴 「理由:さにゃえさんの対抗、かつ初日の占い
囲いがあるならばここ、です!
個人的に●目は見たくないところです・・・・」
水橋P 「理由:◇高槻やよい(17)「どーみょーじさんが真でしたか!」
この発言が少々気にかかったんでな対抗占いだが仕方ない」
高垣楓 「おはようございます」
鍵山 雛 「と、いうわけで
役職はお仕事よろしくね」
さにゃえP 「理由
にゃんにゃーにゃ!
(対向の○占い続行
かなりの確率でここが囲いとおもうのと
灰であまり占いたいひとがいないので
やよいちゃんが人外っぽくないのでここから)」
堂島菜々子 「おはようございます!」
水橋P 「占いCO高槻やよい○」
道明寺歌鈴 「う、占いCOです!
楓さん○です!」
七夜志貴 「えー、まあいつツッコミ入れようかと悩んだが。
やよいはアレだ わざとか?

其れと灰の数えを間違えていたな。
一人だけ、昨日時点で灰数『5』が居た。
惜しむらくは 死を見るにどうやら其れが値しないという結末のようだ、と言う事なんだが」
さにゃえP 「占いCOにゃー!鍵山雛ちゃんは○にゃ!」
鍵山 雛 「おはよう・・・今日も厄いわね
実に・・・厄いわ」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双海真美さんの遺言 ううぇえええ、死んじゃったー・・・・
ころもさんの遺言 衣が死ぬとか片腹大激痛!
双海真美 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆小烏GM 投票の再度確認をおねがいします。」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ころも は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
高槻やよい0 票投票先 →鍵山 雛
水橋P0 票投票先 →堂島菜々子
双海真美0 票投票先 →ころも
堂島菜々子3 票投票先 →水瀬伊織
鍵山 雛1 票投票先 →水瀬伊織
道明寺歌鈴0 票投票先 →堂島菜々子
水瀬伊織3 票投票先 →ころも
神崎蘭子0 票投票先 →ころも
ころも5 票投票先 →堂島菜々子
さにゃえP0 票投票先 →ころも
七夜志貴0 票投票先 →水瀬伊織
高垣楓0 票投票先 →ころも
「◆小烏GM 投票、2分経過ですよ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
道明寺歌鈴 「が、がんばります!>真美ちゃん」
堂島菜々子 「温泉?温泉気持ちいいよね!>かえでさん」
高垣楓 「堂島さんには、そうですね
どこの温泉がいいでしょう…うーん」
双海真美 「んまー、今日もグレラン?
あと歌鈴ちゃんは狐抜くか、対抗○占うか。
個人が特定できる理由も書いて出してねー?」
さにゃえP 「にゃぁーーー(この灰の広さでランするより
正直対向1切ったほうが効率的にゃー、最悪つめきれないにゃ)」
堂島菜々子 「なるほど・・・」
ころも 「完灰吊りしんこーってことは、占い師については決め打ちの方向だな!
衣はそっちの方が面白いから好きだから問題ないぞっ!」
堂島菜々子 「あぁー、かくうらないさんのしてん!」
鍵山 雛 「狼目でみてたところが死んでたらそりゃ驚くわよ>七夜
水瀬伊織 「完全グレー吊りね、私もまだ占いの真偽ついてないし
異議はないわ
えーと、私含めて3人?」
高垣楓 「>堂島さん
はい、今日はちょっと冗談を言える気分ではないですね…
堂島さんを見ていると…そうです温泉の話をしましょう」
水瀬伊織 「あ、ころもはその・・・お話聞いてあげてもいいのよ///
でも、今のはちょっと難しくてわからないかも・・・」
水橋P 「…あれが○でね…となるとあれはあとまで残すしかないね…」
七夜志貴 「各占い師視点で
灰は最低でも6だぞ?このどこが狭いと言う>堂島」
鍵山 雛 「正味そこ囲いにしかみえなかったからね>七夜」
さにゃえP 「きびちぃにゃーー><」
神崎蘭子 「…灰への最後の磔刑を下す
(今日まで完全グレーを吊ります)」
道明寺歌鈴 「あ、そっか・・・・
吊るつもりなら別に占わなくてもいいんですね・・・・」
堂島菜々子 「広すぎる・・・?えと、3人って広いんですか?>ななやさん」
七夜志貴 「はて、自分が怪しんだ位置が死んでいるのに
銃殺が発生しているという発想は無いのか?>鍵山」
さにゃえP 「ひろいにゃぁーーーー><」
双海真美 「んー、で、結果として何出したい占いだっのってことだよにー>歌鈴」
高垣楓 「そして、狼は占いを噛んでこないのですね…
3人占いが残るというのはこれまた…信用勝負ということでしょうか?
ですが、それなら共有が残ってるのが不思議かな?」
ころも 「機に熟して万里の長城
まさに鬼神のごとく」
鍵山 雛 「そして千早が死んでることに驚きを隠せないわね
なんでそこ死んでるのよ? 」
堂島菜々子 「かえでさんもありがとうです(ぺこり)」
ころも 「やよいは占うと言うより今日CO聞いて吊るかどうか、って日だったと衣は思うぞ!」
水瀬伊織 「って、やよい!?
真美も言ってるけど、自分に○くれた占いだからって妄信しちゃダメよ!?」
七夜志貴 「灰が広すぎる。
どの道、此処まで残しているその段階で
既に己が智を知らしめて候!」
さにゃえP 「んにゃー・・・・」
道明寺歌鈴 「いえ、どうにも初日が引っかかっててです・・・・
あれはしょうがない発言1だったのかなって・・・・>雛さん」
堂島菜々子 「今のじょーたいで自分噛まれるの気にするってちょっとびみょー・・・かも」
高槻やよい 「それもそうですけど
昨日までの私なら黒だしすればまず吊れたかなーって」
水瀬伊織 「・・・ちょっと嬉しくなっちゃうのは、
私もやっぱり甘いってことかしらね・・・///」
鍵山 雛 「論外、歌鈴真切りたいわ
霊いないなか非狩人アピしてるようなところ+吊り逃れのところ占うのはないわ」
水瀬伊織 「とは言え、場合によっては
そろそろ情を捨てた判断もしないといけないかしら・・・
って、やよいに○出てる!」
さにゃえP 「にゃーにゃーにゃー!にゃー!?>千早ちゃん」
高槻やよい 「雛さんの投票とか、真美とつながってそうかなーって」
高垣楓 「>堂島さん
…お兄さんがお亡くなりになって、寂しいでしょう…
元気出してくださいね」
神崎蘭子 「【真なる未知の領域(完全グレー)】
◇ころも ◇堂島菜々子 ◇水瀬伊織」
双海真美 「やよいっち!
○出されただけじゃ確定しないよ!?>やよいっち」
堂島菜々子 「えっとえっと・・・ころもちゃん、菜々子でよかったらお話いっぱい聞くよ?」
七夜志貴 「はん、どうも道理で一悶着ありそうな光景だ。
銃殺GJ……だとしても分からないんだったな。
さあて、明日だ。明日占い1人を切り裂いて 其れからが本番と行こう!」
水橋P 「で俺の○が噛まれてるっと…俺そろそろ噛まれるんじゃね?
まだか」
さにゃえP 「にゃんくるにゃいにゃー!」
ころも 「衣は今日占い1切りやっていいと思ってるぞ!
特にやよいなんて位置占っている占い師!」
鍵山 雛 「やよい占いとか…
よっぽどちゃんとした理由があるのよね?>歌鈴」
堂島菜々子 「ありがとう、真美ちゃん♪」
水瀬伊織 「おはよ~
わたしがやよいに投票できるわけないじゃない・・・っ(涙)」
さにゃえP 「にゃぁーにゃーにゃー!」
双海真美 「んーと、ミズハッスィーの○抜き?」
堂島菜々子 「・・・お兄ちゃん、いなくなった・・・」
道明寺歌鈴 「理由:言が少ないのはしょうがないことなのか、
現状ではちょっと判らないです・・・・
もし狐だったら怖いので、一応占っておきます・・・・
グレーですしね!」
高槻やよい 「どーみょーじさんが真でしたか!」
高垣楓 「如月さん…」
ころも 「そして吊り逃れするところを占うとは片腹大激痛!」
さにゃえP 「にゃ!?」
水橋P 「理由:なんだかやけにかかってくるな…このやり方人外臭いし占わせてもらう」
堂島菜々子 「おはようございます」
七夜志貴 「奈落より這い山河を越え大路にて判を下す。
ヤマの文帖によると、アンタの死は確定らしい──
ようこそ、この素晴らしき殺戮空間へ!」
鍵山 雛 「と、いうわけで
役職は仕事してね」
水橋P 「占いCO鍵山 雛○」
さにゃえP 「てちてちてちてち!
(昨日の占い理由がすべてだけど
確定○が一個つくれるから方針を変更する気になれないにゃー
それとあんまりステを村認定したくはないけど
初日にやよいちゃん投票してるのをかんがえて、確定○作り以前に正直囲いっぽい)」
神崎蘭子 「煩わしい太陽ね(おはようございます♪)」
高垣楓 「如月千早(69)  「ブッ やめてwww>高垣」
もう、ひどいですね、私を見ただけで笑ってしまうなんて
ダメですよ?そういう子は、めっです」
ころも 「ころもがいわなくてもよくなった!」
道明寺歌鈴 「う、占いCOです!
やよいちゃんは○ですよ!」
双海真美 「ナナッチ・・・大丈夫?
ほら、悠兄ちゃんいなくても真美が遊んたげるから!」
鍵山 雛 「おはよう・・・今日も厄いわね
実に・・・厄いわ」
さにゃえP 「占いCOにゃー!千早ちゃんは○にゃ!」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
如月千早さんの遺言   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                 /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.;イ:.:.:.:,イ__:.:.:.:.:.:.:.、
             /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:./ }:.:.:/`ー^:.:.:.:.:.:.:.::.
               /:.:.:/:.:.:.:.:,:.:/7:.;:<   /:.:/   :.:.:.:.:.:.:.:.:.
            ;.:.:.:.l:.:.:.:.:/ィテ芥、ヽ   /:.:/ ‐- 、 }:.:.:/:.:.:.:.:
             |:.:.:.:|:.l:.:.;' `弋rタ     //ィ芍ミ、 ノ:.:/:.l:.:.:.::|
             l:.:.:.:j人:l        ´  {rタ ツ:.:/:.:/:.ハ:.j
             |/:∧( ,リ        丶      /7'|:./|::ハノ
            __,/:./::::ゝ、    rー -、     /}:.l/ j/
              } ヽ'::::::::::::ヽ   丶  ̄V〉    /イ:.:.|
            ノ   j::::::::::::::|_\    ー ′   .イ::.:l:.:.:|
          j   ,:::::::::/   )丶/ ̄ヽー、:升:.l:.:.:l:.:.z≠=、
          /l   l >"   /r/  . ′ /7::|:.:l:.:.:|/     ヽ
       /___{   /   ..:くヲ'   /  / ハ::|:.:l:.:.:||        '.
        /  | /    //   /  / /::::::l:.:l:.:.:lヽ    ァ==ッ
      /   ,人      ′   /  / ∧_:_:::l:.:l:.:.:l:.:.トュ、{   〉'⌒ヽ
   / ̄_フ´    ー、       ′ /  イ }}\`ー‐、:.:l::::::∧__/  /⌒ー、
.   { /        ヽ r-、__,__/((⌒⌒))\   \:.:/⌒ー‐く  ___, }
私の歌で、霊界からも応援しますね。
鳴上悠さんの遺言               /     ヘ.             丶 、  ヽ
              ,'  ,    ヽ丶        、    ヽ  i   ハ
                i 丨l i  ! ヽ\ ヽ 丶  ヾ、 丶 ヽ  !  ,ハ
                 |  { .! ト、 ヽ 、\\丶 ヽ  ! \ ヽ ', リ   }
                !  ト.! ト、ヽ \ ヽ丶.ヘ、. _\ 丨 \ヽ ハ ソ !ハ.!
             ヽ  !ヽ { {\ヽ\ヽ ヽ \` \ {ヽ、 ヾ、レ'ヽ,ノノリ
              ヽ `r,`=゙= ヾヽ` ヽ \,._\`=゙=.ヾ//、} } ,/
               ヽ|l`゙、で_,ハ `ヾ,ヽ.〃´ ク じ,) ノ` }} 〈ヽ //'
                >ゞ `ー '´ 〃ニ,ヘ ´ ー‐' ノ′r'´/i´
               / ∧`" =‐ '´    ` ==‐ "´  ,`7l´.ll
                 , / ,/  ',       ;         /グ | |lー、
         ,, r<´〃,/    ゝ     、- ,.       / / l ,/lヽ. ヽ、
     , r<´-─、 // !ヽ    ヽ   _ _      ,イ /  l/ | l ヽ、 > 、
   ,.イ-‐      {.{   ヽ \.   iヽ  、二  ´  /r'´  /  !,' /  ヽ、 `>、
   / l         ヾヽ   \ \ lヽ\     / /l  i′  / /     ヽ、
.  i {          \\  ヽ  ∧!   ` ー '   / |  ,|  /  /
  l  V            ヾ\/!} / / !  \     / { /l ,/ , ′
  l  ∨            冫 { ゙ /ヘ. ト、   ヾ   _/!  !/ | / /
  |  ∨           / l /  ヽヘ `ヽ _〆/´    ,|'
  |   ゝ         ヽ ! {   ヾ、   /´   /|

お兄ちゃん(占い結果:村人 / 霊能結果:村人)

お兄ちゃん陣営の基本種。勝利条件は「村陣営の勝利と妹の生存」。
村に妹アイコンらしきものがなかった場合ものすごく悲しむ。
「堂島菜々子」アイコンがいるのならば「堂島菜々子」の勝利が自分の勝利となる。
ここまで、読んでくれた、君、うん、ただのネタなんだ、すまない
如月千早 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆小烏GM 延長投票については一回まで処理、
次回以降について、名指しでの警告を行います。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
鳴上悠 は投票の結果処刑されました
3 日目 (2 回目)
高槻やよい4 票投票先 →鳴上悠
水橋P0 票投票先 →鳴上悠
双海真美0 票投票先 →高槻やよい
堂島菜々子1 票投票先 →鍵山 雛
鍵山 雛2 票投票先 →高槻やよい
鳴上悠6 票投票先 →高槻やよい
道明寺歌鈴0 票投票先 →鍵山 雛
水瀬伊織0 票投票先 →鳴上悠
神崎蘭子0 票投票先 →高槻やよい
ころも1 票投票先 →鳴上悠
如月千早0 票投票先 →ころも
さにゃえP0 票投票先 →鳴上悠
七夜志貴0 票投票先 →堂島菜々子
高垣楓0 票投票先 →鳴上悠
3 日目 (1 回目)
高槻やよい4 票投票先 →七夜志貴
水橋P0 票投票先 →鳴上悠
双海真美1 票投票先 →高槻やよい
堂島菜々子1 票投票先 →鍵山 雛
鍵山 雛2 票投票先 →高槻やよい
鳴上悠4 票投票先 →高槻やよい
道明寺歌鈴0 票投票先 →鍵山 雛
水瀬伊織0 票投票先 →双海真美
神崎蘭子0 票投票先 →高槻やよい
ころも1 票投票先 →鳴上悠
如月千早0 票投票先 →ころも
さにゃえP0 票投票先 →鳴上悠
七夜志貴1 票投票先 →堂島菜々子
高垣楓0 票投票先 →鳴上悠
「◆小烏GM システム:投票制限時間をリセットしました。」
「◆小烏GM 2分経過、投票された皆様も、今一度、投票の確認をお願い致します。」
「◆小烏GM 再投票です。
皆様、2分での投票をよろしくお願いします。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
高垣楓
結果が遅いが、本日のように銃殺もなければ場が動くような
結果でなかれば、そこまで気にいたしますのでしょうか?」
鳴上悠 「さて、菜々子・・・明日あえることを祈ってる」
ころも 「じゃあころもの話、きいてくれるか?」
鍵山 雛 「初日挨拶遅かったし
なにより不自然に票がはいってなかったからね>千早
まぁ…あの初日の状況だとやむなしの部分はあったんだけど」
さにゃえP 「にゃん?>鳴上くん
「○だし」?」
水瀬伊織 「ああっ、泣かないの!>ころも
やよいもきっと、沢山のみんなに心配されてびっくりしてるのよ」
如月千早 「高槻さんはなんかいっぱいいっぱいなのよ・・・かわいい・・・>ころもさん」
堂島菜々子 「あ、えっと・・・なかないで?(なでなで)>ころもちゃん」
鳴上悠 「とりあえず、俺の言えることは菜々子は可愛い!
それだけだ!あと、この形なら灰を狭めて行こうぜとそんなかんじだよっと」
双海真美 「真美もさにゃえPもふもふする!」
高槻やよい 「共有者素で勘違いしてたです、あうー」
水瀬伊織 「ふふっ、でも真美、千早達も気にかけてくれてるようだし、
そんなに心配することなかったかな?

逆に、男色がちょっとかわいそうになってきたわね・・・(笑)」
如月千早 「鍵山さんは私が気になるみたいね?どの辺が嫌なのかしら?」
さにゃえP 「んにゃー。」
高垣楓 「ふふふっ…昨日に続きありがとうございます>道明寺さん」
鳴上悠 「ああ、そういう意味ね真切りでない限りはそれは握手ではあるしな>志貴」
ころも 「ふええええーん!
やよいが無視するよぉ!」
高槻やよい 「真狂なら占い残しですかー?」
神崎蘭子 「【真なる未知の領域(完全グレー)】
◇ころも ◇堂島菜々子 ◇水瀬伊織 ◇男色ディーノ ◇鍵山雛 ◇高槻やよい ◇鳴上悠 」
如月千早 「ブッ やめてwww>高垣」
鳴上悠 「>志貴
あれ?そいうもんか?対抗の○への●出しで霊能噛みって
あると思うんだけど

噛めない要素ってなんだ」
さにゃえP 「みゃふー♪>菜々子ちゃん」
双海真美 「あるいはいきなり狼さんツレちって隠したかった説!
んまーあとの祭りでなんもわかんないけどね!」
鍵山 雛 「ま、今日もグレラン続行なわけなんだけど
占い噛まれてないならやよい吊り提案していいかしら?(千早吊りたいけど○でてるし)
なんで共有に投票してるの?非狩りアピなの?」
高垣楓 「あ、あらご好評なようで、ありがとうございます>如月さん」
七夜志貴 「霊能が野垂れ死にした後に
パンダなんぞ作っても吊らんし、吊らせん。
其れが俺であれ、俺以外であれな」
堂島菜々子 「菜々子は・・・んーと、さにゃえさんもふもふしてますっ(もふもふもふ)」
さにゃえP 「じーーー>ひなちゃん」
如月千早 「高槻さんは、回線の都合かと思って投票したのだけれど大丈夫みたいね。」
水瀬伊織 「ふむふむ、やよいは男色に組織票と見るのね!
やよいはかしこいなあ///

私もそうだと思うわ!!(キリッ)」
ころも 「…落ち着いていけばそれほど難しい展開でもあるまい
まさに明鏡止水」
堂島菜々子 「だんしょくさんあやしいあやしくないより今いるひと、どうしようかなって」
鳴上悠 「あと、道明寺歌鈴は占いCOが遅いってのは
はっきりいってものすごい信用ダウンだからその当たりは
発言や、占い位置でフォローすること、真ならね」
高垣楓 「初手で霊能さんを噛むというのは信頼勝負、
そこからの占い噛みなんでもありですからね
明日の噛みを見ることが出来れば、狼の方針が見えるのでしょうか…
道明寺歌鈴 「不謹慎なはずなのに・・・・悔しいっ///>楓さん」
七夜志貴 「ま、そもそも俺に●を投げるつもりであれば
霊能は噛めないがね>番長」
さにゃえP 「にゃーんにゃー!」
ころも 「あとはやよい、昨日の発言1だったのは
何か意図があった、と見て投票しなかったぞ!」
双海真美 「ねね、やよいっち!
さにゃえPすっごく可愛いよ!
なでなでしてみなーい?んー?>やよいっち」
水橋P 「グレラン続行…っとなら次は…」
鳴上悠 「そんで、早苗が狼なら志貴に●投げそうではあるなと思わんでもない
そこ占うんであればだ、霊能噛みをみるとすればね」
如月千早 「高垣楓(82) 「霊能真…それいのう、どこがうれしいなんちゃって…」
これ・・・なn・・・ブッ!!アハハハ!くだらすぎるわよ、高垣さん。
これからあなたを見るたびに、わ、わらっちゃいそうだわ・・・(プルプル)」
鍵山 雛 「個人特定できてないし気に入らないわ
次からは気をつけるように>水橋」
如月千早 「って、水橋Pは・・・それはなんか気になる出し方ね。」
さにゃえP 「にゃー><」
道明寺歌鈴 「いきなり確定の霊噛みとはまた・・・・
リスキーな気もします・・・・」
神崎蘭子 「灰伐を続行する!
(ぐ、グレラン継続でよろしくお願いします!)」
高槻やよい 「そしきひょーの疑いありかなーって思ったのですが」
堂島菜々子 「しろしんこー・・・って事は。グレー続けるんだね、お兄ちゃん!」
ころも 「ただ、明日の噛み次第で狼共がどんな手を打つか、見えてくるな
しかし、それでも衣に勝てるわけがない!」
水瀬伊織 「わたしも男色が怪しいとは思えなかったけど・・・
ただ、普通ならあなたが吊れてたと思うわ
何でもいいから、お喋りしましょ?(ぎゅー)>やよい」
さにゃえP 「にゃぁ・・・?」
鍵山 雛 「へぇ…そこ○なんだ?
ふーん>水橋」
高垣楓 「そして、アチャ子Pさんがお亡くなりにアチャー…」
七夜志貴 「別段大した話ではありゃしない。
『真占い師がもう1つ結果を出せた』──
只それだけの話だろう?そういう訳だ。問題は
鍵山を何故か占わない連中、という事なんだがね」
鳴上悠 「ふむ、霊能噛みとそれなら男色狼がどうこうだけど
ちょっと、その当たりは保留かなと」
さにゃえP 「にゃふ?>アチャ子ちゃん
てしてしてし」
双海真美 「霊抜きかー・・・んむむ、真は噛めないと判断したのか信用に自信あるのか」
鍵山 雛 「まぁaa張ったか様式美として吊れたってとこじゃないの?>やよい」
ころも 「霊能抜き・・・本格的に真狂狼かな
下等生物の狼共が選ぶ戦略はなかなかのものだ」
水橋P 「で霊能噛まれかいな…まあお疲れ様」
道明寺歌鈴 「遅れてすみません・・・・」
堂島菜々子 「霊さんが・・・」
高垣楓 「あら?道明寺さんが起きて来られないですが」
さにゃえP 「○にゃぁー♪」
鍵山 雛 「どっちそれ?>水橋」
水橋P 「理由:投票数から見てみよう〇以外で投票が二番目に少ないんでね
発言数は…ログとり忘れた…」
ころも 「咆号がすさまじかったの」
如月千早 「高垣さん、昨日の発言で聞きたい事があるんだけど(キリッ」
鳴上悠 「ア、アチャ子ー!!!」
道明寺歌鈴 「占いCO!
真美ちゃん○です!」
水瀬伊織 「おはよー!
昨日は、やよいが1発言で吊れちゃうかと思って
泣きそうだったわよ・・・空気を読んでみんな投票避けてくれたみたいだけど・・・っ(涙)

その代わり、9発言もしてた男色が吊れちゃったのは・・・
ヘイトが高かったのかしら///」
水橋P 「ミスッた占いCO如月千早○」
神崎蘭子 「煩わしい太陽ね(おはようございます♪)」
如月千早 「おはようございます。さて・・・」
鍵山 雛 「と、いうことで
役職は仕事すること」
七夜志貴 「そもそもカタチが悪いんじゃあないか?
本気で優劣を競うのであれば、
手の1本や2本、投票の1つや2つ。
増やしてこその殺陣だろう──」
高槻やよい 「ううー、男色さんそんなに怪しかったですか?」
さにゃえP 「理由
にゃーんにゃにゃーん!
(対向の○うらにゃー
囲い潰しというより確定○が1少ないから
そういうの作りやすい形にするにゃー。)」
堂島菜々子 「あ、ごめんなさい、とうひょうまちがえました!
殺すとかいろいろ怖かったから投票しちゃいました・・・(しゅん)

にせものとかおもったとかそんなんじゃなくて・・・ごめんなさい」
高垣楓 「温泉、温泉て素晴らしいと思いませんか
昨夜は、草津温泉に行ってきたのですが、温泉の香りって
いいですね…あそこの温泉は強酸でして、色々と皮膚病にもいいらしいですよ」
鳴上悠 「とりあえず、灰の雑感、俺の男色投票に関しては
もちろんRP投票だ!ただ、割りと吊られたのが以外っちゃいがいで

それを差し引くのであれば、やよいさん1票がこーものすごく
あれでそれで微妙と言わざるおえない

あと、菜々子よ、七夜は暫定○やで、グレランやから投票はまだ速いぞ
この、ドジっ子め

占いについては正直どっこいなので発言的に見て、まあ
そこは噛みをみつつでといったところかな」
水橋P 「占いCO如月千早○●」
さにゃえP 「占いCOにゃー!七夜志貴くんは○にゃ!」
高垣楓 「おはようございます」
双海真美 「おっはよー!
今日も役職のみんなのCOに期待してるよ!」
七夜志貴 「まあ其処に票が集うは実に実に道理なんだが。
予想外にも灰からの投票が芳しくないねえ。
実に不条理、実に不合理。故にこそ鍵山辺りは占っておけ。
あまり俺も気が長い方じゃあ無い」
鍵山 雛 「おはよう・・・今日も厄いわね
実に・・・厄いわ」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アチャ子Pさんの遺言
               , . =-´ ̄ ̄`ゝ‐、
                  ,ィ.‐フ´,      、 \
                ,''´// ,′ トyi i: 、 ヽ. ゙.
              (. / ,.' i i.i |`゙i!__!、_゙. :ト. !.',
               ヘ i! l!'TIヽ! '! /_!、_! :l::.i:ミ.゙!
              ,'::!、├'仗リ` リ '之リ´:!、:!ミ./
                 ./: ::i:ヽi!:i,,¨ 、  ,,¨ノ' :lノ:/ }!
                ( :.:il!、ヽ!:ト、 丶-' ' ,| ::|;'i|.レ
                  ゞ(ヾ、| |:ヽ` .r イ´.i| :i':i!l.:`ヽ.、              /レ
                 ´゙| |ヾ、,..リ   | :!人、_,:::マミァー、__          { Y }
                   .| | __ ノ__,,イ| :!.:::::::::::::::ヽ`ーヘソ、スー 、      r-γ´
                     ,..l !;':::::::::::::::::ヘ.lヽ:::::::::::::::::\   jヽ ゝメ⌒ォ⌒メ、ノ
                   {::.i !ィ⌒ヽ::::::::::ヾ!.:/`γ´ ̄ マ  / /    `¨^ー´
                     リ:::.ll    ム;;;,::::::::/    ヽ   У {__,,.. -‐  ̄ `)
               /:::::ヾ!:ゝ=::'::::::::::/     '.,   ,,. -― 、- " ̄
               /;;;;;:::::::::::::::::::::::::::ミ{        {  , ,.- ー- ミ
                 (´:::| ` ̄ ̄ `゙''ヾ:!        ゝ( ヾ ー- 、'
                 `ヽ!   ,      ヽ       `ー-`ー-'           後は任せたよ。
                  /  }          \
               ,            ',                私の自慢のアイドルなんだから
                 !    __,,.. -‐== ニニ≧x、
                 .|,.ィ≦彡i ´   ヾー= ..,,__i} ハ                貴女達ならできるわ。
                j__ノ   } }      ,  ,ィ彡ヘヽ
               ,.ィ 、   { {    /   > ⌒ヽゝ
                  /ヽヽ.  V  /,.ィ彡´       }
               .,    ` ミ 、ヽ  ,''´
                /       `ヾァ/         !
            /          / ,         |
            ,′       / .{         !
                        ,   !
             .′        /    ,         i.
            .,          ,'    ',         i
男色ディーノさんの遺言                   ヽ人人人人人人人人人人人人人人人ノ
         / ̄(S)~\  <                      >
       / / ∧ ∧\ \<  嫌なら見るな! 嫌なら見るな!  >
       \ \( ゚Д,゚ ) / /<                      >
         \⌒  ⌒ /  ノ Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Yヽ
          )_人_ ノ  
          /    /
      ∧_∧ ■□ (    ))
     (   ; )■□  ̄ ̄ヽ
   γ⌒   ⌒ヽ  ̄ ̄ノ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   
アチャ子P は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
男色ディーノ は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
高槻やよい1 票投票先 →神崎蘭子
水橋P0 票投票先 →鳴上悠
双海真美0 票投票先 →ころも
堂島菜々子0 票投票先 →七夜志貴
鍵山 雛0 票投票先 →如月千早
鳴上悠3 票投票先 →男色ディーノ
道明寺歌鈴0 票投票先 →男色ディーノ
アチャ子P0 票投票先 →男色ディーノ
水瀬伊織0 票投票先 →如月千早
神崎蘭子1 票投票先 →鳴上悠
ころも3 票投票先 →鳴上悠
如月千早2 票投票先 →高槻やよい
さにゃえP0 票投票先 →男色ディーノ
七夜志貴1 票投票先 →男色ディーノ
男色ディーノ5 票投票先 →ころも
高垣楓0 票投票先 →ころも
「◆小烏GM それと、男色先生、恐れ入りますが、昼AAの利用は本公演中はお控えください。
ベルト剥奪となる恐れがあります。
「◆小烏GM 投票時間です。

[投票/占う/護衛]をクリック、怪しいな、と思う人を選択して、
右下投票するをクリックしてください。

投票時間は3分となっていますが、2分までによろしくおねがいします」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
鳴上悠 「お兄ちゃん(占い結果:村人 / 霊能結果:村人)

お兄ちゃん陣営の基本種。勝利条件は「村陣営の勝利と妹の生存」。
村に妹アイコンらしきものがなかった場合ものすごく悲しむ。
「堂島菜々子」アイコンがいるのならば「堂島菜々子」の勝利が自分の勝利となる。
ここまで、読んでくれた、君、うん、ただのネタなんだ、すまない
鍵山 雛 「即噛み大いに結構じゃないの
それしないとだめな位置に狼がいるってことでしょ>逆に言うなら>七夜
さにゃえP 「んー(ごろごろ>真美ちゃん」
鳴上悠 「さて!それじゃあ俺もお兄ちゃんCOをして
今日はターンエンドだ!!またあした会えることを祈ってる」
道明寺歌鈴 「い、いえ!すみません!つい!>楓さん」
堂島菜々子 「ありがとうお兄ちゃん♪」
男色ディーノ 「狩人はグレー把握を明確になさい
状況次第で詰み手順が打てるのは狩人なのだからねー」
アチャ子P 「……ってわけで私は後はちょっと妄想して楽しんでるわね。
なので蘭子ちゃん、後よろしく。」
ころも 「ふっ、かかってくるがいい
この衣に太刀打ちできる下等生物がいるならな!」
神崎蘭子 「…漆黒宴の主催に我は相応しいのか否か…
(ううう…私で本当にこの村を引っ張っていけるのかなぁ…orz)」
堂島菜々子 「お兄ちゃんお兄ちゃん、菜々子すっごいしあわせ!」
双海真美 「喉とか触るといーらしいけど・・・
どー?(さわさわ)>さにゃえP」
鳴上悠 「ふう、菜々子のためにお兄ちゃんがんばってまとめたぞ!」
高垣楓 「道明寺さん…あ、ありがとうございます>道明寺さん」
水瀬伊織 「ん?
なあに、私の方を見て・・・?///>さにゃえP」
水橋P 「あれだ蘭子ちゃんにひとこと
…無理そうなら元に戻れ…>蘭子ちゃん」
さにゃえP 「ふしゃぁーーーー>ディーノ」
鳴上悠 「【占】
◇道明寺歌鈴  ◇七夜志貴 ○
◇水橋P  ◇神崎蘭子○
◇さにゃえP  ◇高垣楓○
【霊】
◇アチャ子P

【共】
◇神崎蘭子
相方初日
【吊】
→→→→→→→
【噛】
→→→→→→

【完全グレー】
◇ころも
◇双海真美 ◇堂島菜々子 ◇如月千早
◇水瀬伊織 ◇男色ディーノ
◇鍵山雛 ◇高槻やよい ◇鳴上悠

鍵山 雛 「今回のケースだとグレーが広いから共有初日は割と非歓迎な部類だけどね
せめてグレーからでてくれたらなーぐらい」
堂島菜々子 「真美ちゃんも一緒にぎゅーって♪」
如月千早 「あぁ、確かに霊能は真確定なのね。占いも真がいるんだし。
小烏さんには悪いけど、それは嬉しいニュースね」
さにゃえP 「みーみーみー>真美ちゃん」
道明寺歌鈴 「プッ・・・・・///>楓さん」
さにゃえP 「み?>真美」
堂島菜々子 「さにゃえさんぬくぬく・・・♪(ぎゅー)」
水瀬伊織 「蘭子は・・・うん、色々な意味でおつかれさまね・・(笑)
(訳;訳があるのはわかりやすくていいけど、無理しないでね!)」
男色ディーノ 「私がオオカミだったら男から食べちゃうもの??」
高垣楓 「あ、冗談です。本気にしないでくださいね」
水橋P 「ま役職引いただけでも良しとしよう…うん…泣いてない泣いてないよ」
双海真美 「おぉー、ナナッチにさにゃえPがなついた!
ねね、真美にも触らせて!」
七夜志貴 「あまり真占いが有利な戦いになると
即噛みが入るんであまり好みじゃないんだがね>鍵山
尤も、其れを差し止める理由も力もありゃしないんだが」
鍵山 雛 「霊能真確定より占いに真がいることが保障されてかつ狩人生存を喜ぶべきよ>道明寺歌鈴
霊能なんて狼からも利用できるところだし」
高垣楓 「霊能真…それいのう、どこがうれしいなんちゃって…」
ころも 「まず、下郎であろう男達から始末すればよい!」
さにゃえP 「じー>伊織ちゃん」
男色ディーノ 「まあ状況としてはこんなところね

私が狼じゃないことの証明は簡単よ?」
アチャ子P 「……やばい、やばいわね。
アイドルたちより同僚のさにゃえPの方が可愛いという事実が―――」
堂島菜々子 「ふわ、やっぱりテレビで見たのと同じくらいやよいちゃんと伊織ちゃんって仲良しさんなんだぁ・・・♪」
鳴上悠 「>神埼
うん、まあCOの仕方と3-1の状況であんまり疑ってはなかったけど
盲信できるってのとは又違うからな」
如月千早 「菜々子ちゃんとさにゃえを見てると・・・こう・・・和むわね」
さにゃえP 「ふにゃぁ・・・♪>菜々子ちゃん」
七夜志貴 「更に無益な手筋をこなすもまた存在。
せめて誰でも無いあいつのように──
嗚呼、何を呟いているのやら。七夜の殺害に道理も意味も結末すら不要。
故にこそ吾の瞳は存在しなかったのだから」
水橋P 「…てか歌鈴ちゃんも占おうと思ってたのに…残念だ」
道明寺歌鈴 「霊脳真確定は心強いですね!
がんばってください!」
アチャ子P 「……なんとなく訳がなくてもわかりそうな時は()いらないんじゃないかしら?>共有」
男色ディーノ 「霊能真確定はまあいいのだけれど
占い生存しだいで狼と村のチキンレース

あす●が出てくる展開よ?
うち放題なわけだし」
高垣楓 「あら?初日共有さんですか
初日共有さんですと、全役職が生存で喜ばしいですね
ですが、狂人が居ることとと共有の○が1つ少ないのが、悲しいですね」
ころも 「ふっふっふっ、衣はもうこの勝負の勝敗がどうなるか、わかるぞ!
…また、衣はきっとひとりぼっちになるんだろうけど」
堂島菜々子 「えへへ、ありがとうです♪(ぎゅー)>さにゃえさん」
さにゃえP 「ねぼすけにゃー(ぺち>千早ちゃn」
双海真美 「千早お姉ちゃんねぼすけー!
まぁ真美も結構寝坊したけど・・・」
鍵山 雛 「それと占いさんは個人が特定できる占い理由を必ず書いておくこと
理由? 占いさんならわかるよね?
わからない? それなら※ねばいいわ」
鳴上悠 「さて、水橋が共有占いでもったいないなという印象と
○を見ての雑感はそれくらいかなっと」
神崎蘭子 「フフ…『解』を得たか>鳴上>霊能真確定
(その通りです!>鳴上さん)」
ころも 「この形なら衣達村は圧倒的に有利!
狼共の心が朧のようにかすんでいくのが目に浮かぶ!」
水瀬伊織 「やよいはお寝坊さんだったわね~?
ふふ、ちゃんと目覚めた?(なでなで)」
堂島菜々子 「うらないさんたくさんで共有一人・・・絶対本物さんいるってこと!よかったぁ・・・」
さにゃえP 「にゃぁー(てしてし>菜々子ちゃん
ふぁいにゃー!」
アチャ子P 「ああ、共有初日なのね。私が一瞬で真霊能確定したじゃない。やったね!」
双海真美 「ぶっちゃけ3-1で占い全部ニセとかかんがえないけどにー・・・」
水橋P 「とりあえず役欠け無し…で占い先はばらばら…次はどうしようかね」
如月千早 「まぁこれならグレランですね。」
男色ディーノ 「共有を無駄占で一手存している占候補がいるというところから」
鍵山 雛 「それじゃ○進行だし適当にお話しましょうか>ALL」
ころも 「共有第一とか片腹大激痛!
事後にかえることがないまさに修羅の道」
如月千早 「すごい寝坊しちゃった。
3-1-1で相方はもういないのね・・・FOですか。」
高垣楓 「なんといいますか、一番最後ということで私占いなのですね>さにゃえPさん」
神崎蘭子 「灰に潜む魔の手の者共を撃ち砕け!
(グレランでよろしくお願いします♪)」
さにゃえP 「にゃぁ?」
鳴上悠 「ああ、それなら霊能も盲信していいわけだな了解だ>神埼」
道明寺歌鈴 「初日さんが共有さんですね!
わかりました!」
アチャ子P 「そう、私が貴方達を育て、そして判定してあげるわ!
トップアイドルへの道は厳しいわよ?」
水瀬伊織 「あ、蘭子は小鳥と共有・・・つまり共有初日なのね?
それで3-1なら霊能真確定で展開できるわね」
七夜志貴 「3-1で其れは嬉しくないな>共有初日
この出方をした霊能が真であるのは道理だし
3名もいれば殺害対象の一人や二人、いるのもまた只の道理」
鍵山 雛 「3-1-2把握
○から出てるのが気に入らないけど仕方ないわね
男色ディーノ 「AA禁止把握」
双海真美 「3-1!
んで真混じり確定ってわけだね!」
鳴上悠 「そんじゃま、この形なら共有さんはどうぞっとね」
水橋P 「FOで…あ~くそ共有占いか…」
堂島菜々子 「しーおー、いっぺんにたくさん?」
さにゃえP 「にゃぁん♪>楓ちゃん」
男色ディーノ 「3-1で使用日共有確定」
ころも 「有象無象の下等生物達が、この天江衣に勝てるわけがない!」
如月千早
おはようございます。皆さん、村の為に頑張りましょう。」
鍵山 雛 「3-1把握ね
仕事が早くていいことだわ、ほめてあげる>能力者たち」
道明寺歌鈴 「理由:斬刑とか殺人とか・・・・ちょっと物騒で怖いです・・・・
ここは初日で占っちゃいます!」
さにゃえP 「なーななー♪」
鳴上悠 「綺麗な・・・・役職連続COや!!」
高垣楓 「占いが3CO、霊能が1COですね」
水瀬伊織 「おはよー!
さて、CO数はどうなるかしらね~?」
堂島菜々子 「うん!菜々子がんばるよ!」
男色ディーノ 「見事にバラけたわね」
高槻やよい 「おはよーございます!」
神崎蘭子 「私こそが『機関』の者である!運命を共にするのは死したる情動!
(きょ、共有者CO!相方は小鳥さんです!)」
双海真美 「おっはよー!
いい朝だね、がんばろうじゃないか!真美についてコーイ!」
ころも 「臭うぞ、うまそうなにおいが」
さにゃえP 「理由
GMーにゃーにゃーにゃーにゃー
にゃーにゃーにゃーにゃーにゃー
にゃーにゃーにゃーにゃーにゃー
にゃーにゃー←ココ」
水橋P 「理由:まあとりあえずだけど…初日だし蘭子ちゃん辺りから判断していこうかね」
七夜志貴 「十五、十六、十七──十八分割とは皮肉が効いてる!
嬉しいねえ。舞台はやっぱりそうじゃなきゃあ。
悪夢にせよ虚夢にせよ最初が肝心。竜頭蛇尾は其れも困るが、
頭の頭で切られていたんじゃあどうにもならない!」
鳴上悠 「AA禁止やで>男色」
鍵山 雛 「と、いうことで
役職はさっさと仕事することね」
ころも 「ふっふっふっ」
アチャ子P 「霊能をCOするわ。流石私、プロデューサー!」
さにゃえP 「占いCOにゃー!高垣楓ちゃんは○にゃ!」
水橋P 「占いCO蘭子ちゃん○!」
道明寺歌鈴 「占いCOです!
七夜志貴さん○です!」
高垣楓 「おはようございます」
七夜志貴 「吾は面影糸を巣と張る蜘蛛──
ようこそ!この素晴らしき惨殺空間へ!」
神崎蘭子 「煩わしい太陽ね(おはようございます♪)」
堂島菜々子 「おはよう、ございます!」
男色ディーノ
 、        ヽ
 |ヽ ト、  ト、 ト、 、.`、
/|l. l. | |l l | | l |l.| |l. l
/' j/ ノ|ル'/レ〃j/l |
-‐7" ヾー---┐|_.j
 ̄   ./゙ニ,ニF、'' l _ヽ
::   ,.,. |ヽ 」9L.` K }.|
    l'  """  l ) /
  h、,.ヘ.      レ'/
          レ′
 r.二二.)     /  
  ≡≡    ,イ
.       / !
\   /  ├、
::::::` ̄´   /  !ハ.」
アチャ子P 「おはよう。
さ、今日のトレーニングはまずランニングからね?
それからボイストレーニング。
最後に私が直々にマッサージをして疲れをほぐしてあげるわ」
鍵山 雛 「おはよう・・・今日も厄いわね
実に・・・厄いわ」
鳴上悠 「おはよう、さて菜々子どうやら
参加者一体型ゲームが始まったみたいだぞっと

この村で
 人狼3 狂人1 妖狐1この5人をやっつければ俺達の勝ちらしい
一緒にがんばって生存勝利を目指そうな
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
小烏GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
小烏GM は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆小烏GM 個人的には高梨×さくらえみですね>該当者」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆小烏GM 注意事項については先日の通り。
能力発動、投票は1分半~2分をこころがけるよう、お願いいたします。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆小烏GM 改めて、皆様、四条劇場にようこそおいでくださいました。
本日の進行は私、音無小烏(おとなし こからす)@いぬふくがおおくりいたします。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2012/06/03 (Sun) 22:28:31
高槻やよい 「うっうー!」
堂島菜々子 「うん!
・・・えーと、えーと、こんにちわ~>さにゃえさん」
男色ディーノ 「スキル 電気あんま的に吸収」
道明寺歌鈴 「えへへ、褒められちゃいました///」
高槻やよい 「1,」
高垣楓 「>鍵山さん
そうですか?温泉とは実に気持ちがいいものですから
厄も少しくらいは洗い流されてくれないのでしょうか…」
高槻やよい 「2,」
高槻やよい 「3!」
小烏GM 「3,2,1、うっうー♪でいきましょうか?>やよいちゃん」
鍵山 雛 「それ別のゲームじゃないかしら…>悠」
如月千早 「鳴上さんは勇者の呪文も使えるんですね・・・ あまり効いてないようですが・・・」
高槻やよい 「てきとーに行っちゃいます!」
水瀬伊織 「5カウントくらいでいいかも>やよい
まあ、みんな準備できてるだろうから、そんな深く考えなくてOKよ♪」
男色ディーノ 「カウントは3
プロレスの教科書にあったわ? 70ページくらいかしら」
高垣楓 「道明寺さんも、お上手でしたよ>道明寺さん」
如月千早 「みなさん、よろしくお願いしますね。」
鍵山 雛 「鍵山 雛 さんが登録情報を変更しました。」
水橋P 「男色…俺に地価継ぐとトンファーが火を噴くからな…?>男色」
双海真美 「よし、真美が後ろから回りこんで捕まえてみる!
気を惹きつけといてね!>ナナッチ」
鳴上悠 「ギガデイン!>男色」
高槻やよい 「…カウントって何秒くらいでとればいいでしょう?」
堂島菜々子 「みなさん、おねがいしますっ」
如月千早 「音無さんだと思いきや、小烏さんなのよね。誤解しやすいけれど、別人らしいわ。」
男色ディーノ 「番長>私と貴方で共同体よ?決まってるじゃないの」
堂島菜々子 「アイドルのみんなと一緒ってすっごいね、お兄ちゃん!がんばろ♪」
高槻やよい 「りょーかいです!」
鍵山 雛 「温泉ぐらいで流せるのなら苦労はしないわね…>楓
道明寺歌鈴 「か、楓さんの駄洒落も、なかなか素敵だと思いますっ!>楓さん」
アチャ子P
     ,.',  ,::'/  .:   .  .  ヘ:. ヽ:.  `ヽ.`ヽ
    ,.''/ ,:::::/: .::; . .:i ハ. ハi.   i 、 `、  :::i::. : ヾ.、
   // .::;::/ :: .:// .::/ハi!i!i!|:  i:.i  i  ::::!::. : iヾ.i
  ,.' / .::,'::i ::.::,' i :/i.|    |i!_i_」__! ::::|::、:. l: i !
 '  ヽ :::i ::| ::::i :i,-ィ‐i!-   !i´_ノ_i!_!_ .l ::::iヾ::、i: i |
    ヽ :::!.::!i ::::ィ´!,=i=i!ミ   li'!'iち゚心ヾ、 ::::!、゙. ::| i、!
    ヽ:::!i :i、 :::|!メ' ち心   i!|ノ乂_ノ:i ィ'`ーi. i: :::! .!ii
     ゙i:::i.i :!゙、_,ハ、 乂_ノ」  ノ ! ゝ‐"'!:i'!:::::|:ノi ::| !i|
     !::i!i、i ヽ:ト.  `¨´  ,     ゙゙ !!i::i:::i"!:i :! .i |!         まあ、行きすぎなければ良いと思うけどね。
   ,ィ、 i ::!i iヽ.ヽト. "    _  _   !i::i ::i :!、V .i i!
'ー彡、三! :!i !ノヾ、ハ    ヽ´.   ノ  ノ'/.! :i、:!_、∨ ヽ、        私も好みに関しては人の事言えないし>鳴上悠
,ィー―'ーi .:!リi---ヽ!i>'´〉        /!:i|i ::i´7/ヽ!―--ヽ=__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::!ハ!;;;;;;ィ'´.::´:::《`>.__ /. /i |:!、 i::'/i ヽ〉___ `、
;;;;иイ´:::i ::ノ´i!´::ヽ:::::::::::ヾ、ー'¨¨¨¨¨¨¨`ゞ、 Ⅵ ,'/;;;;;;;;;;;;,`;;,、
;〈::...`ヽ:::ヽ`ヽ!、::::::、ー=、::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i、ヾ.ヽノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´.::`ヽ:::::゙ー`ヾ. }゙ー=ミ、:::.ヾゝメ、;;;;;;;;;:::::::::::::ヾヾ ヽ ̄ ̄`¨¨¨¨
::::::::::::ヽ、::::::::::)ハヽ、:::::ヽ:::::::ヾiiー=、::::::::::::;;::::ヾ、 ヽ ̄::¨¨`ヽ、
::::::::::::::::::ヽ:::ノ'.:::i i!、ヽ::::゙::::イ>心::::::::メ、:::::::::::::ヽ:. 乂:::::::::::ヽ
双海真美 「警察よんでいおりーん!?」
堂島菜々子 「うん!すっごく触りたいです!>真美ちゃん」
小烏GM 「はい、確認しました
――おまたせ致しました。それでは四条劇場、第57回公演
日曜765ミステリ―、開演いたします!
やよいちゃん、カウントしたら投票をおねがいね?」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!    番長わかってる、俺と菜々子で共有だってこと
 ヾ(6'     |  |ノ
   .`i     '  /
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|」
水瀬伊織 「遺言も含めてOK~!
ちょっと遅れてバタバタしちゃって、やよい達と話せなくて残念ね・・・
でも、よろしくね!」
高垣楓 「>道明寺さん
ふふふっ…そうですね
面白い回答ありがとうございます」
男色ディーノ 「                  ヽ人人人人人人人人人人人人人人人ノ
         / ̄(S)~\  <                      >
       / / ∧ ∧\ \<  嫌なら見るな! 嫌なら見るな!  >
       \ \( ゚Д,゚ ) / /<                      >
         \⌒  ⌒ /  ノ Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Y´`Yヽ
          )_人_ ノ  
          /    /
      ∧_∧ ■□ (    ))
     (   ; )■□  ̄ ̄ヽ
   γ⌒   ⌒ヽ  ̄ ̄ノ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                   」
神崎蘭子 「ククク、魂が猛るわ(頑張ります♪)」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!   菜々子はかわいい、それが全てさ>アチャ子
 ヾ(6' /// | /// 
   .`i     '  /      シスコンは褒め言葉
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\」
双海真美 「ひなお姉ちゃん、あの人ぴよちゃんじゃないよ?」
如月千早 「確かに・・・かわいいわね。触ってもいいかしら?>さにゃえ」
高垣楓 「小鳥さんですから…厄なんて温泉に入って洗い流せればいいのですが>鍵山さん」
道明寺歌鈴 「え、えっと・・・・
極物・・・・でしょうか>楓さん」
小烏GM 「ちょっとまってね>やよいちゃん
堂島さん、伊織ちゃん、投票、おねがいね。」
如月千早 「?どうしたの高槻さん。」
鍵山 雛 「特にあの小鳥って人から厄があふれ出してるのだけど…>楓」
高槻やよい 「えっと、みなさんよろしいでしょーか?」
道明寺歌鈴 「あっ、あっ
ちょっと近寄りたくない量の厄が向こうの方から・・・・」
高垣楓 「際物をきわめると…どうなるのでしょうね?>道明寺さん」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!   メギドラオン!メギドラオン!>男色
 ヾ(6' U   |  |ノ
   .`i     '  /    
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\」
アチャ子P
           __,ゝ―-- ....__
        ,ゝ‐ '          ``ヽ、
      /              `ヽ..、\
     /    _,.         i    、`ヽ、.\
    '    /´  /   ,    |,ハ  `ヽ ヽ.`ヽ.
        /'i   ,′  /i    i'"゙|     ゙、 丶
   '    /' .|:  i  ,ィ/ .| , .! .′ !i .i  i.ヽ ,ゝ
   |       .|l  i ,ナリ ̄iメ‐i.,′-!ナi!  i. i /
   l   , _ |i  |;_ィ彡=</!,' ,ィキ'ノ!  ,i.|.ノ.!
   ! , i / /,、゙!!  .ii `匕ソ/'ノ'  l'Yメ'ノ_.ノ,'ノ' |
   ノ,' .|/ !' 〈||  i.i!         ヾ' .   i ,!  .i
  /'!ノ .i'  ゝ、!!  ト.!         ,′ノ ,'!i|  |      
 ' ノ'〈/,ィ=! ,イ!!  |.     ⊂二ア,イi_ノ /ノ'|  .!!!
 ´  /ゝ`ヽ、/.|!  | ` ,.    /!::i.|//リ i  .ノ    ……相変わらず貴方はシスコンねぇ>鳴上悠
    ∨|: :`ヽヽ|  .|ヽ、/ >- '. :゙`ヽ!/ '´.ノ/
    jく: : : : : :'  iヾ.、;;;;;;;;`ヽ: : : ://  /
   (,:'´ ̄`:ヽ:、! 、i: :〉〉;;;;;;;;;/: : :.//!
  /ィ'⌒`ヽ. 、: :i! ヘ!:冂;;;;;;;;ノ;、: /_'i!|
  !: : : : : : : ヾ.、ヘ i!メ=ニl====トメく!|」
小烏GM 「おや、エニウェアフォールもそこまで進化したんですね。
これ、アイアンマンがネット流出するのも、遠くないんではないですか?>男色先生」
水橋P 「えっ?>歌鈴」
さにゃえP 「ふにゃぁ」
堂島菜々子 「あ、伊織ちゃんだー!真美ちゃんもすっごく近くでうれしいなー♪」
水橋P 「俺は射程外ね…油断はできんが助かった…>男色」
男色ディーノ 「男は度胸なんでもやってみるものよ?>番長
私のペルソナはマーラ様だけど」
鳴上悠 「             _
           ァ'´ ̄ ̄`ヽ、
         / `丶、 、 ハ
          l  \ 、ヽ、\l        菜々子が幸せそうで番長、うれしいです
         :':、トraミ_ゞ`-‐'})
            ヾ`¨┘└¨ハ
          /i/\ ー .イノ|、
    ,.、-  ̄ > | l  ̄ / '| <` ┬-、
    /  ヽ. / \ ト-` 、  | ハ l  ヽ.
  /    ∨    ヽl   |!  レ   `>  i
  入 へ |`____|  |i   ||____,|  ゞ
_/_ \_|.  || ||_人__|| ,||._|_!/ \
         .{  || || ¨  ¨  ||  ||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
______.|  ||  ||   l:   ||´ ||  l___ __________|
       .|  ||  ||   |:   || ||  l                   |
_______.| ||  ||  |:    || ||  |_____ ,. -  ̄ \____ |
        | ||  ||  |!::   || ||  | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|」
道明寺歌鈴 「(この村、際物しかいないっ!?」
高垣楓 「厄いですか…そんな厄は、はやくなくなるといいですね>鍵山さん」
堂島菜々子 「えへへ、元気なねこさん♪>さにゃえさん」
水瀬伊織 「ごめんね遅れちゃって!よろしくね~!」
如月千早 「集まり早いですね。繁盛するのは嬉しい事です。」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!   ・・・お、俺に近寄るなーーーーー!!>男色
 ヾ(6' U   |  |ノ
   .`i     '  /    
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|
双海真美 「ナナッチも触る?
めっちゃかわいいよ!!」
小烏GM 「では、やよいちゃん以外の方は遺言の用意ができた方から、開始投票をお願いします。
開始の方法は[投票/占う/護衛] をクリック→画面右下のゲームを開始するをクリックです。

やよいちゃん、開始はやよいちゃんがカウントしておねがいね?」
堂島菜々子 「さつじんき・・・なんだかこわいです>ななやさん」
男色ディーノ 「あれよ?ハードコア的にはネットでもフォールが可能とか言うことらしいわ>GM」
かりりりーん 「かりりりーん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりりーん → 水瀬伊織
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 547 (水瀬伊織07)」
小烏GM 「また、本公演では、昼のAA貼りをご遠慮いただいておりますので、予めご了承ください。」
高槻やよい 「なにか邪悪なけはいを感じたです」
鍵山 雛 「この村…厄いわねェ…実に厄いわ」
さにゃえP 「にゃーにゃー!>菜々子ちゃん」
水橋P 「でそういうこと言ってるやつから向こうへ逝くわけか…>七夜」
鳴上悠 「                               ____
                        >.:´: : : : :`:.<
                       /: : : : : : : : : : : : :.ヽ
                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : \
                    /: : : : : : : : : :.',: : : : : : : : : : :.',
                      i: i: : : : : : : : : : ', : : : : : : : : : : ',
                      |: |: :',: : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : ',    さて、そろそろ開幕時間だな
                      |: ',: :.ヽ: :\: : :ヽ: :ゝ;_:_≧=- : : :i
                     !: :.',: : :\: :ヽ、:_:_> ̄´ r V: :.|     菜々子、ポップコーンとオレンジジュース買ってきたぞ
                    ',: : ヽ:_:_:_:>` 弋リ    {y /: : :|     一緒にこっちでみようか
                     ヽ: :{ 弋リ         ー'; : : :i!
                        `ハ    j       ,: }: : :.;
                             ヽ  ゝ        ./ 从ハ'
                             \ ゞニア   /! ̄ ̄ ̄ `i
                           ハ \ ___ ..イ .:!|       |
            __人__         |i. ',    i  / |!      |
    rーi<二二>;.`Y´          || !  ,..:j  / _j|   ,. -―'ー- t、
    ゝ-||、_____ r-、|              ,.:|jr-' /-、 r ''! ゝ''´     /  ̄`ヽ
     /、):.:.:.:.:.:.:ヽ \      __,.ィ ´  !. /    / /        /        ',
     >|i:.:.:.:.:.:.:.:.:',.  i       / /     } {   / /           ,          ,
    ノ ,ヘ、 ニニニ彡}.  }    ,  {      ヾ', / /          ,:         i
   `¨  .',  Y´   /    ,:  .:!      V  /         ,'       \  |
         ヽ.     /    _j  .::|    ___io /_____     !          ヽ.|」
堂島菜々子 「あ、ねこさんだー♪(とてとて)>さにゃえさん」
如月千早 「私には高槻さんがいるから、大丈夫です(にこっ>鳴上さん」
小烏GM 「さてそれでは開始に先立ちまして、当劇場の特徴についてご説明いたします。

■狩人のGJ、狐噛みは表示されません

■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます

■夜は超過後も話せます

■占い、霊能の結果は翌日の朝、表示されます」
kari-n 「kari-n さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari-n → 鍵山 雛
アイコン:No. 6 (水色) → No. 234 (鍵山 雛)」
男色ディーノ 「まあいい男がいのなら関係ないのだけど>番長&志貴」
双海真美 「あと今から開催するのはサスペンスげきじょーじゃなくて真美達のライブだよー?>ななやん」
小烏GM 「そして高垣さんもいらっしゃい。
満員御礼、ありがとうございます。」
七夜志貴 「さあ虐殺を始めよう──
殺人鬼に『殺し合い』などは不要。
せめて断末魔の声で此の夜を彩ってくれ!」
小烏GM 「あら、男色先生。今日は新木場ではないのですか?」
如月千早 「真美だってそんなに変わらない癖に・・・ってまた大きくなった気がするわね・・・ くっ」
高垣楓 「えっと…皆さんよろしくお願いします」
道明寺歌鈴 「皆さんよろしくですよ!」
高槻やよい 「えっと、ななやのおにーさんは「しんせい」だってPさんがいってました」
鳴上悠
              z  ̄` 、
           _ <       >、
          , ´           ヽ
         ,::             '、
         ,:::   乂       ヽ  ;     目に入れても痛くない俺の妹分だからな>千早
         ,::::. |   \ 、 、 ヽヽ i
         ,:l:::ム   \弌 、 \__弌イ     可愛いだろうけど、やらんぞ
          ,V::::_ゝ_\ ヽr-r辷リ´フfリ_
             〉ヽ_ 辷リ /--ヽ__-' ヒく l
         ,' ヾ`ー一  l     ,'/ 〉ハ
         i  ,l ヽ     〈    , / .///\
       _<|   ',`ヽ ` ̄ ̄´, ./ィ//∧∨>x_
     <////\`ヽl  l> ―― ――,'//////////ヽ、
  γ´/”,//////|| ソ ´     `⊇〈/////////////ヽ
   l////”,//////|      ー一「////////∨//////l
   '/////”//////{        ク{///////∨///////!
   }/////”/////〈     _ ーl/ !//////∨////////|
   {///////〉///j \ γ´ /   l/.!///☆∨/////////}」
さにゃえP 「にゃ!>真美」
高垣楓 さんが入場しました
男色ディーノ 「あれ?阿部さんいないのかしら」
神崎蘭子 「…『死神の声』…!?
(はわわ、私と似た雰囲気の人がいる!?)」
如月千早 「ふふっ。鳴上さんは菜々子ちゃんには弱いのね。」
堂島菜々子 「えぇと・・・なんだかつらそうだけど、だいじょうぶですか?>蘭子さん」
水橋P 「"プロデューサーが増えました"…大丈夫なのか?」
男色ディーノ さんが入場しました
七夜志貴 「おいおい、あいつと一緒にするなよ?
吾は影。水面に映る一晩限りの夢幻
──一夜と果てるこの身とあらば、せめて愛しい女と踊りたがる事は
まさしく道理。だというのに、釣れないねえ、あのお姫様は」
双海真美 「んなこと言ってないってば千早お姉ちゃん!?」
道明寺歌鈴 「(蘭子ちゃんが可愛くてどうしよう・・・・」
双海真美 「お?なにこれ可愛いー!!
んーと、ほら、お手!!>さにゃえP」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!   ・・・いや、うん、お前が幸せならいいんだ>アチャ子
 ヾ(6' U   |  |ノ
   .`i     '  /     お前さんは幸せになるべきだしな、うん
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|」
水橋P 「ホント大変そうだよな…喋るほうも翻訳するほうも>小烏、やよいちゃん」
堂島菜々子 「こういう時っていろいろな人とお話するのがけーけんになるってお父さん言ってたからいろいろお話してみよっと・・・(きょろきょろ)

どうしよ」
如月千早 「いくら私の影が薄いからって・・・、って誰が薄いですって!>真美」
アチャ子P
          ,‐-. 、__
      ,ゝ―'´   ` ゙ <
    , '´         、 -`丶、
   ,.′,  . .        `ヾ、ヽ`ヾヽ、
  / .,/  !i  :  i i、 /!  、ヾ、ヽ  `ヽ
. /  ,''  !l  i  :l !゙"""!i  ヽ.、ヾ、
. !  ,',i  .ii!i  !  i !  u !i!  i 、ト、 ヾ、
. ! ,'i/!  !i_!、__i!i i!i    i!i  l .ilヾ、  }
. ! ir-!__,ェi二ニミ‐!! ィニ三´! i! ヘ.i ./
 !i.(ゝ!i `匕乃ヾヽi!! 乞万¨ゞl‐i! ヘi i
..ノi iヘメ!! .i、! ̄     ¨¨¨リ ノ!'!i!i i!.!
´iノ !i!i`i! i!iヽ    ′  ´iノ!'i ,'ii! ノ.l
ノi 'ノノ,'il! i!i、  ― 一  ,.イi| !' .i!i´ ヘ
 乂'_i|i i|!i≧ 、  . <ノノ!i ! i!.! ノ    ……ああ、なんか私なんか比べ物にならないくらい
 ヽ:.(...、iトi、i!i__ `;i`ヽ、丿!i! !  !/
 _≧ト、::ii ヾ.ヽ::i| ,'、:::.. /:`ヽ,i!  !i     やば~いのが来ちゃった感じ。>七夜
,ィ'`ヽ:::ヾ!i::::゙、 ヽ! !ヽ:::i`ヽ/、i!i  ノ'
ヽ.:::::ヽ::::ii:::::::i! i|!ゝ'ーヽi、::::ヾ、iヽ、
::::i::::::::`:::i!:::::::i! ヾ.   i:::`7::i`.i!:::::i、
:::::!::::::::::::i|:::::::::i i! !   !:: /::::ヾi!:::::!:!
:::::!::::::::::::i!::::::::::ヾ.i! ヽ. i:/:::`ヾ.!::,ノ::!
:::::i:、::::::::ノ:;'::::::::::i !!\У.:::::::::::ヾ.、::ノ!」
神崎蘭子 「フン…私の『力』には未だ枷が掛けられている>やよい
(いえ、あのその、喋り方については、あの…>やよいさん)」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!    ああ、そうだな身近に感じられるいいイベントだな>菜々子
 ヾ(6'     |  |ノ
   .`i     '  /    せっかくだから隣にいる真美さんにでも話しかけてみたらどうだい?
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|」
如月千早 「変な目を持ってる人が来ましたね・・・?」
kair 「kair さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kair → さにゃえP
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 802 (ねこちやさにゃえ)」
双海真美 「ごめんごめん、よくみてなかったー>千早お姉ちゃん」
道明寺歌鈴 「狼じゃなくても人殺せそうな人が・・・・・」
小烏GM 「ふふ、確かにね>やよいちゃん
でも、蘭子ちゃんはいつもああだから……

プロダクションの方、慣れだっていってたけど、大変そうよね。」
堂島菜々子 「うん!お兄ちゃん、客席すっごく近いね!アイドルの人ともお話できそう!」
双海真美 「瞳をもってそうだけど持ってない人きたよー?>ななやん」
七夜志貴 「さて、では殺人劇を始めよう!」
アチャ子P
           __,ゝ―-- ....__
        ,ゝ‐ '          ``ヽ、
      /              `ヽ..、\
     /    _,.         i    、`ヽ、.\
    '    /´  /   ,    |,ハ  `ヽ ヽ.`ヽ.
        /'i   ,′  /i    i'"゙|     ゙、 丶
   '    /' .|:  i  ,ィ/ .| , .! .′ !i .i  i.ヽ ,ゝ
   |       .|l  i ,ナリ ̄iメ‐i.,′-!ナi!  i. i /
   l   , _ |i  |;_ィ彡=</!,' ,ィキ'ノ!  ,i.|.ノ.!
   ! , i / /,、゙!!  .ii `匕ソ/'ノ'  l'Yメ'ノ_.ノ,'ノ' |
   ノ,' .|/ !' 〈||  i.i!         ヾ' .   i ,!  .i
  /'!ノ .i'  ゝ、!!  ト.!         ,′ノ ,'!i|  |      まぁ、否定はしないけどね>鳴上悠
 ' ノ'〈/,ィ=! ,イ!!  |.     ⊂二ア,イi_ノ /ノ'|  .!!!
 ´  /ゝ`ヽ、/.|!  | ` ,.    /!::i.|//リ i  .ノ    けど、可愛い女の子の多いこの職場って私の天職だと思うのよ。
    ∨|: :`ヽヽ|  .|ヽ、/ >- '. :゙`ヽ!/ '´.ノ/
    jく: : : : : :'  iヾ.、;;;;;;;;`ヽ: : : ://  /
   (,:'´ ̄`:ヽ:、! 、i: :〉〉;;;;;;;;;/: : :.//!
  /ィ'⌒`ヽ. 、: :i! ヘ!:冂;;;;;;;;ノ;、: /_'i!|
  !: : : : : : : ヾ.、ヘ i!メ=ニl====トメく!|」
如月千早 「もう、真美。私はいるわよ?」
七夜志貴 さんが入場しました
道明寺歌鈴 「ひ、瞳はどうかな・・・・?
と、とにかくがんばろ、う?!>蘭子ちゃん」
鳴上悠 「                ,,r-='""`ー 、
              ノヾ、. ヽ、     ゝ、
            ,r'"i !、ヽ  ヽ  ヘ    ,ゝ、
            i .i   ヽ ヽ .ヽ ヘ  ゝ、i    >菜々子
           ノソ i   `ヽ `ー- ヘ ヾ ヾ-'   ああ、俺も当たったんだチケットがな
         ―'´l l l ゝ  ヾヽゝ,ゝヘヘヾヾ l
           lヾ,!ヽヽヽゝーヾヾ,rr、ァヽ/ヽゝ    せっかくだ一緒に楽しもうじゃないか
         __r'ヾ'´r`ヽ它ァ i '_, 二'_,r彳i彳;
         ノ r`、ヽソ.`i'´"""ii=´i ̄ ̄ソ´ /ソ,    たまにはこういうのも悪くないしな
        .i !、 `.l  .,ゝ==彳ヽ.`==彳 .ノ.l
          l  l i .ゝ' ノ´ヽ、 ー一 ./ lー- 、
        ノ  ly    /_,r-==lヽ`  ノ l  ,!ソ ノl
      r 、l __  ,r'i´i´r'"´  l `´  l i'"i'"´ l
      ゞl `ー--´i l .lヽ   .l    ./ l.l/ Ⅱソヽ_
     l.:.:ヽ、   /ー'ヾl l ヽ  ,rソl    l l ll ,イ'.:l.:.:.:`ー 、
    ノ.:.:.:.:.`""´/.:.:.:.:ゝl .ゝ´/ l   l,r'ノ.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ー 、
  ,r.:.:.:.:.::;:;:;:;:;:;/.:.:.:.:.r'.:.:´K l`ー 、,rl  l.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ」
高槻やよい 「はわわ、蘭子ちゃんのしゃべりかた大変そうです」
水橋P 「"プロデューサーが減りました"…オイ」
堂島菜々子 「 /: :.:.: .:.:.:.:.: : : .:.: : : : : : : : .:.:: : : : : :.: : : : :l: : : ヽ.: : : : :.:.}
. {: :..:.:.:.:.:.:l!:.: : .i:.:.: :.: : .:.: : .:.:.:.: : : : ::.:.:. : : .:}: : : : : .:.: : :.:.:|
 { :.i:.:.l:.:.:ハ.::..:.:l|:.:.:..:: :.:i:.:. .:.:.|:.:. : : .::.:ト、.:. .:}:.:.:\: : .:.:.. :_l_
 ヽ:|:.:.トヘl-リ|_::ハ:.:.:.:...:ハ:.:.:.:.:ハ:.:.:. .:.:.::| }:.:.:.:.}、:.:.ヘ_\_ヽ/>ミマ>、
  ^ ̄{  ゙ ¨__`¨`ヾ レヘソ-==ミリノ.ル,:.:./ }:.:.:.:.:__‐-{/:.:. \ゝ:'.,
   /::l ン≠=ミ、      ___  `ヽ "´  }:.:イ´_ ',:.:/\:.: : : : : :',
.  //:.:} ! {il:・:リ゙`     _,≠示=ミ、_    }/ ノ、 //  ';.:.: : : : : :',
  {/: :.:.}  `ー"          {il:・:爿`>'   〃r!ノ/'´   }:.:.: : : : : :.
   l: :.:.:.} XXX        `ー" '´    !'´ノ     }:.:.: : .:: ..::}
   ヽ:.:.:.:{           XXX      ィ‐{´      }:.:. .:.:.:.:.:.}
    \:∧   ヽ :.           ///}、   、_/:.:.:.:.:.:.:.:.ノ
     `¨ン、   、- __       /イ / /ヽ'>、 ≦≠:.:.:.:.//
      /  \.  `‐-'´     /イ  ィ_イ/  >、----‐"
.      {  //.\ `   _  <¨´   /'´   //`\
.      |  .l l  //`i≦__      _,//    //    \
     /l i |.| //  !`ゝ、 ̄_ , イ'//    //       }
     i .} } |.| |.|   `___ /'´ .//   .//        |

ほんと?!お兄ちゃんすごーい!」
神崎蘭子 「ククク…貴女達も『瞳』の持ち主かしら?>小鳥・歌鈴・水橋
(皆さんこんばんはっ♪一緒にがんばりましょう!>小鳥さん・歌鈴さん・水橋P)」
双海真美 「んむ!いい返事だね!
真美のようにスターとして輝けるようこの村で精進するべし!>歌鈴」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!   ・・・いや、お前の職場ってこう・・・ちみどr>アチャ子
 ヾ(6' U   |  |ノ
   .`i     '  /      いや、なんでもないです
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|」
小烏GM 「あら、真美ちゃんたちも今度ポスターにする予定よ?
それにほら……千早ちゃん、きたでしょ?」
kair 「yoro」
鳴上悠
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!    菜々子がいるなら俺はただの鳴上に戻ります
 ヾ(6'     |  |ノ
   .`i     '  /    なー、綺麗な人がいっぱいだな、後でサインをもらうな
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|」
kair さんが入場しました
双海真美 「っと千早お姉ちゃんきたね!よろよろー!」
堂島菜々子 「あ、お兄ちゃんだ!どうしたの?お兄ちゃんも客席当たったの?」
アチャ子P
     ,.',  ,::'/  .:   .  .  ヘ:. ヽ:.  `ヽ.`ヽ
    ,.''/ ,:::::/: .::; . .:i ハ. ハi.   i 、 `、  :::i::. : ヾ.、
   // .::;::/ :: .:// .::/ハi!i!i!|:  i:.i  i  ::::!::. : iヾ.i
  ,.' / .::,'::i ::.::,' i :/i.|    |i!_i_」__! ::::|::、:. l: i !
 '  ヽ :::i ::| ::::i :i,-ィ‐i!-   !i´_ノ_i!_!_ .l ::::iヾ::、i: i |
    ヽ :::!.::!i ::::ィ´!,=i=i!ミ   li'!'iち゚心ヾ、 ::::!、゙. ::| i、!
    ヽ:::!i :i、 :::|!メ' ち心   i!|ノ乂_ノ:i ィ'`ーi. i: :::! .!ii
     ゙i:::i.i :!゙、_,ハ、 乂_ノ」  ノ ! ゝ‐"'!:i'!:::::|:ノi ::| !i|
     !::i!i、i ヽ:ト.  `¨´  ,     ゙゙ !!i::i:::i"!:i :! .i |!         あら、私がこの職場にいるの、おかしい?>鳴上P
   ,ィ、 i ::!i iヽ.ヽト. "    _  _   !i::i ::i :!、V .i i!
'ー彡、三! :!i !ノヾ、ハ    ヽ´.   ノ  ノ'/.! :i、:!_、∨ ヽ、
,ィー―'ーi .:!リi---ヽ!i>'´〉        /!:i|i ::i´7/ヽ!―--ヽ=__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::!ハ!;;;;;;ィ'´.::´:::《`>.__ /. /i |:!、 i::'/i ヽ〉___ `、
;;;;иイ´:::i ::ノ´i!´::ヽ:::::::::::ヾ、ー'¨¨¨¨¨¨¨`ゞ、 Ⅵ ,'/;;;;;;;;;;;;,`;;,、
;〈::...`ヽ:::ヽ`ヽ!、::::::、ー=、::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i、ヾ.ヽノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´.::`ヽ:::::゙ー`ヾ. }゙ー=ミ、:::.ヾゝメ、;;;;;;;;;:::::::::::::ヾヾ ヽ ̄ ̄`¨¨¨¨
::::::::::::ヽ、::::::::::)ハヽ、:::::ヽ:::::::ヾiiー=、::::::::::::;;::::ヾ、 ヽ ̄::¨¨`ヽ、
::::::::::::::::::ヽ:::ノ'.:::i i!、ヽ::::゙::::イ>心::::::::メ、:::::::::::::ヽ:. 乂:::::::::::ヽ」
鳴上悠P 「鳴上悠P さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:鳴上悠P → 鳴上悠」
道明寺歌鈴 「私こそ、よ、よろよろ~・・・・・・?>真美ちゃん」
双海真美 「公演ポスター?
あ、はるるんと千早おねえちゃんじゃん!
・・・でもいまんとこいないよ?詐欺じゃね?>GM」
堂島菜々子 「すごい!アイドルのひとがいっぱい!きれいなひとばっかり!」
鳴上悠P 「             _
           ァ'´ ̄ ̄`ヽ、
         / `丶、 、 ハ
          l  \ 、ヽ、\l        ・・・菜々子と同村できた・・・俺はもう死んでもいい
         :':、トraミ_ゞ`-‐'})
            ヾ`¨┘└¨ハ
          /i/\ ー .イノ|、
    ,.、-  ̄ > | l  ̄ / '| <` ┬-、
    /  ヽ. / \ ト-` 、  | ハ l  ヽ.
  /    ∨    ヽl   |!  レ   `>  i
  入 へ |`____|  |i   ||____,|  ゞ
_/_ \_|.  || ||_人__|| ,||._|_!/ \
         .{  || || ¨  ¨  ||  ||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
______.|  ||  ||   l:   ||´ ||  l___ __________|
       .|  ||  ||   |:   || ||  l                   |
_______.| ||  ||  |:    || ||  |_____ ,. -  ̄ \____ |
        | ||  ||  |!::   || ||  | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___     | ||  ||   |i    || || l___ /   , /     ヽi__.|」
如月千早 「こんばんは。よろしくお願いします。」
ころも 「ほう、うまそうな匂いがする。衣に踏み倒される有象無象の下等生物達のだ!」
道明寺歌鈴 「わわっ、蘭子ちゃん!?
こ、こんばんわ!」
如月千早 さんが入場しました
堂島菜々子 「|・) こ、こんばんわー・・・」
水橋P 「蘭子ちゃんが来たな…こいつ…できる…」
小烏GM 「蘭子ちゃん、いらっしゃい。」
ころも さんが入場しました
双海真美 「んじゃやよいも歌鈴もプロデューサーもかり達もよろよろー!」
神崎蘭子 「新月の夜に漆黒の亡霊が目覚めん(こんばんは!)」
カリカリカリ 「カリカリカリ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:カリカリカリ → 堂島菜々子
アイコン:No. 6 (水色) → No. 814 (堂島菜々子)」
神崎蘭子 さんが入場しました
かりりりーん 「よろしくおねがいします!
ちょっと準備してきます済みません!」
水橋P 「今日はプロデューサーが三人か…熱くなるな」
小烏GM 「ということで、こられたみなさんはよくおいでくださいました。」
刈り 「刈り さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:刈り → 双海真美
アイコン:No. 8 (緑) → No. 740 (アニマス・双海真美01)」
かりりりーん さんが入場しました
アチャ子P 「どうぞよろしくね。……ああ、可愛い女の子が一杯な職場、なんて素敵なのかしら。」
小烏GM 「……あら、今日ははいりが早いわね。
ちょっとは公演ポスターの効果、あるのかしら?」
鳴上悠P
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!   ・・・お前Pなのか!?>アチャ子
 ヾ(6' U   |  |ノ
   .`i     '  /      なんという武闘派
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|」
鳴上悠P
              z  ̄` 、
           _ <       >、
          , ´           ヽ
         ,::             '、
         ,:::   乂       ヽ  ;     今日こそ妹系アイドルをプロデュースしてみせる
         ,::::. |   \ 、 、 ヽヽ i
         ,:l:::ム   \弌 、 \__弌イ
          ,V::::_ゝ_\ ヽr-r辷リ´フfリ_
             〉ヽ_ 辷リ /--ヽ__-' ヒく l
         ,' ヾ`ー一  l     ,'/ 〉ハ
         i  ,l ヽ     〈    , / .///\
       _<|   ',`ヽ ` ̄ ̄´, ./ィ//∧∨>x_
     <////\`ヽl  l> ―― ――,'//////////ヽ、
  γ´/”,//////|| ソ ´     `⊇〈/////////////ヽ
   l////”,//////|      ー一「////////∨//////l
   '/////”//////{        ク{///////∨///////!
   }/////”/////〈     _ ーl/ !//////∨////////|
   {///////〉///j \ γ´ /   l/.!///☆∨/////////}
   V/////”///〈   \| /  { !/|////イ∧////////
    V/////”//V\    \\ { !/|<>イ//l!/////∨」
アチャ子 「アチャ子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:アチャ子 → アチャ子P」
アチャ子 さんが入場しました
鳴上悠P
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:.ヽ
 iイ.:.:.:.:iヘ_トィ_廴,,i:.:.} 
 トlr:l:r.l -ー   -、 レ.!    よろしくね
 ヾ(6'     |  |ノ
   .`i     '  /
    |─┐ ̄ , '
  ,,rへ ⅱヽ 〔´ゝ
/l: : : : : : : |〆i゙ー、
: : |: : : : : : : | / : : :\
.: : : : : : : : : | |: :@ : : :|」
道明寺歌鈴 「こんばんわです!」
道明寺歌鈴 さんが入場しました
小烏GM 「いらっしゃい。よくおいでくださいました。皆さん。」
鳴上悠P さんが入場しました
kari-n 「よろしくお願いします」
kari-n さんが入場しました
カリカリカリ 「よろしく」
カリカリカリ さんが入場しました
水橋P 「異議…あり…っ?」
小烏GM 「水橋さんとかりさんもいらっしゃい。
やよいちゃんは今日も元気ね。」
刈り 「よろしくおねがいしますよー!」
刈り さんが入場しました
高槻やよい が「異議」を申し立てました
高槻やよい が「異議」を申し立てました
水橋P 「今日なら…今日こそは…っ!
役職を引ける気がする…っ!」
水橋P さんが入場しました
高槻やよい 「こんばんはです、小鳥さん!」
高槻やよい 「うっうー」
小烏GM 「ということで、こんばんは、やよいちゃん!」
小烏GM 「本日は17名普通村、開演時刻は22時30分を予定しております。
観戦、参加は大歓迎。
皆様、奮ってのご参加をお待ちしております。」
高槻やよい さんが入場しました
小烏GM 「おまたせいたしました。
これより、アイマス人狼劇場、開場いたします。」
小烏GM 「……これで!」
小烏GM
┌────────────────────────────────────────────┐
│┌────────────────────────────────────────┐    │
││                                    ,,r= _v-ヘ                   .│    │
││                                  ,. :≦:r'_ -ゝ'‐ ミハ‐-..、             .....│    │
││                   _............._  .,=-、   ,.': : :/ ¨:ヽ''ヽ.≦'´: : : :`: ッ            ...│    │
││                   ,. . : :´: : : : :,.......`<  __ハ  ': : :/: : : : : : : : : : : : : : : ノ:/|ヘ...          ....│    │
││              ∠: : : : : : : : :〈  ./.K-.. 「  .l: :/: :/: : : /: : //: :; ;: :,ノ:/: : ハ          ..│    │
││            ,-‐,/´: : : : : : : : : : : :ヽ {.ムl: : :.ハ.  |: :| / {: : :.斗+メ-<.'/ /: : : :ハ         ....│    │
││.          〈 /: : : : : :.:.N: : :.ヽ: : : : : : : : : : : ヘ |: :|': : l: : :l./r‐廾ヽ'''´  ム_||:.: : .l           │    │
││         ソ:;: : :.:.:.|.: :.Nヘ: : :l、! ヘ:. : : : : :: :.:.:, .l: :l :/¨、:/ |沁'リ./    ム∧: : /l         ...│    │
││.          l l: : :.| |ヘ.八 .ゝ'⌒ ̄`lヘ; : : : : : : l ;: :; lY´N|  `‐'‐'     心 }/: :./リ         ....│    │
││.          l|.l:.:.:.:l.,レ¨ヘゝ` ,rて:..㍉l: : :X: : :.:l  ;:.ゝ`ヽ`        ,  ゞ' '//ノ '            │    │
││             lヘ: : ヘヘ     弋ゞノ |: : |': : : : ミ=A: : :`: :ゝ、   ヽ.__   /' '             │    │
││             ` `K: :ヾi¨゙''     ̄  l: : :|: : : : : : ゝ'; : : : ;.  ヽ、     .ィ..               │    │
││              |: : :.|ヘ、  ' ..-‐, 人: : ::,=--ヽ, =ニ=-.,'_   `':‐: :´: : : : :\            .│    │
││             '; : : | ≧- ` ‐‐'イ  .>/    .l    `¨¨' ' {,: : : : : : : : : : :\         ......│    │
││             '; : :'  ,':;.ヘ: :; :l / ノ/       |        ハ:ヽ:ヘ、: : : : : : : : : : :ヽ        .....│    │
││             ゝ'ヘ _ _,''/'´ , - |::|  ,    |    l   }:::::lヽ:l¨¨ベミ==_ __: : :ヽ       ....│    │
││                 /´  , '/´ヽ'  ,' .l  ,     .|    |   /:::::::ヘ'::\ ,.'.``=‐ ヽ、:.ヘ      ....│    │
││               /  , ,.'./    ムL__.!.     |    |  ./::::::::::::::::::::::\=≦'、   ヽ: ハ      .│    │
││.             /..   V::,.'   , ./::::::::::::::l    |     |,/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ; : :へ.、 〉: :ヘ      .│    │
││            /     /-/._   l/::::::::::::::::::::l     .|    .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}, : : ::/ /: : : ハ     .│    │
││         /      イ::::::::::::`ヽ._l:::::::::::::::::::::ノ     .|    .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ: ; ' ./: : : : : :.     .│    │
││.      , ´.    , ´ .l::::::::::::::::::::::;::...、::_::=-' |     |   |::;=-‐_三三__¨_‐‐.{  〉.   ム: : : : : :.   ...│    │
││.     f     , , ´   ゝ:::::::::::::::ノ         .l     |    |'>´         ̄{ ./   ,'   ヽ、: :ハ  .....│    │
││.    ∨   ハ        | ¨¨´            l.   |   .| ヘ     ,/´   |.|   /.     \::|    .│    │
││     ',   .l        l            ハ    .|.  .l  .l         |ヽ、 /         `  .....│    │
││.     ,   i.      l           , .|   |    l. ,'          l  `´          ...│    │
││        ,   .,.     ./       !      .l .|    .|   |ノ           ,ハ            ......│    │
││       ∨  .,     /      l       ' l    .|    K、         ,' .|、             │    │
││.         ,  ,     /      ij.       ', |   ||   .| ,ヽ___.    !,/             │    │
││.         ,  ヘ  /'-..__       '.        , ,   .||   .|ハ ,、r', _   ̄ ̄  ',             │    │
││          l,   ,ヽ'<_:::::`::::‐-......_____,...-.....___v.  .|.|   |f¨ゝ'-ソ ノ.       ∧            .│    │
││.          | , ,.ヘ:::::::::::::≧:--::::____ヽ:::::::::}__:ハ  | l  | ヾ斗.'r_ソ       ハ          ......│    │
││.          |ハ, ',`':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L-.'/:::::::l  .| |  |  ゞ‐'´.         ,           .│    │
││        ハ,ヘv` ‐= ___::::::::::::::::::::::::::::::`¨:::::::::.|  .| .|  .|   .ヘ          ヘ            │    │
││          '|`'       ヽ::::ヽ __:::,====、::::::|  Y   .|   ハヽ         .ヽ         ....│    │
││         l       ヽ::::::::::::::/.       !  |  .l    ',.ヘ         ヘ        .....│    │
││          |.           ヽ ::_/         ',   ',  .i.     l ヽ          ヽ       ....│    │
││          |              i'''           ド,'_´,-,-     .l   ヽ         .ヘ        │    │
││         l          |,'           ゝ_彡/       l   .ヽ        ヘ       .│    │
││.          '            ||              |´         .|    ヘ          .ヘ     ....│    │
││.           ,          |            l          |      ヘ           \    ..│    │
││                                                           .│    │
││              四 条 劇 場  ア イ マ ス 人 狼 公 演               ..│    │
││                                                           .│    │
││               22時会場 22時30分~開演 出演者:17名                  .│    │
││                                                           .│    │
││                 参 加 ・ 観 戦  ・ 大 歓 迎 !                 ......│    │
│└────────────────────────────────────────┘    │
└────────────────────────────────────────────┘」
小烏GM 「う……やっぱり崩れた……」
小烏GM 「┌────────────────────────────────────────────┐
│┌────────────────────────────────────────┐    │
││                                    ,,r= _v-ヘ                   .│    │
││                                  ,. :≦:r'_ -ゝ'‐ ミハ‐-..、             .....│    │
││                   _............._  .,=-、   ,.': : :/ ¨:ヽ''ヽ.≦'´: : : :`: ッ            ...│    │
││                   ,. . : :´: : : : :,.......`<  __ハ  ': : :/: : : : : : : : : : : : : : : ノ:/|ヘ...          ....│    │
││              ∠: : : : : : : : :〈  ./.K-.. 「  .l: :/: :/: : : /: : //: :; ;: :,ノ:/: : ハ          ..│    │
││            ,-‐,/´: : : : : : : : : : : :ヽ {.ムl: : :.ハ.  |: :| / {: : :.斗+メ-<.'/ /: : : :ハ         ....│    │
││.          〈 /: : : : : :.:.N: : :.ヽ: : : : : : : : : : : ヘ |: :|': : l: : :l./r‐廾ヽ'''´  ム_||:.: : .l           │    │
││         ソ:;: : :.:.:.|.: :.Nヘ: : :l、! ヘ:. : : : : :: :.:.:, .l: :l :/¨、:/ |沁'リ./    ム∧: : /l         ...│    │
││.          l l: : :.| |ヘ.八 .ゝ'⌒ ̄`lヘ; : : : : : : l ;: :; lY´N|  `‐'‐'     心 }/: :./リ         ....│    │
││.          l|.l:.:.:.:l.,レ¨ヘゝ` ,rて:..㍉l: : :X: : :.:l  ;:.ゝ`ヽ`        ,  ゞ' '//ノ '            │    │
││             lヘ: : ヘヘ     弋ゞノ |: : |': : : : ミ=A: : :`: :ゝ、   ヽ.__   /' '             │    │
││             ` `K: :ヾi¨゙''     ̄  l: : :|: : : : : : ゝ'; : : : ;.  ヽ、     .ィ..               │    │
││              |: : :.|ヘ、  ' ..-‐, 人: : ::,=--ヽ, =ニ=-.,'_   `':‐: :´: : : : :\            .│    │
││             '; : : | ≧- ` ‐‐'イ  .>/    .l    `¨¨' ' {,: : : : : : : : : : :\         ......│    │
││             '; : :'  ,':;.ヘ: :; :l / ノ/       |        ハ:ヽ:ヘ、: : : : : : : : : : :ヽ        .....│    │
││             ゝ'ヘ _ _,''/'´ , - |::|  ,    |    l   }:::::lヽ:l¨¨ベミ==_ __: : :ヽ       ....│    │
││                 /´  , '/´ヽ'  ,' .l  ,     .|    |   /:::::::ヘ'::\ ,.'.``=‐ ヽ、:.ヘ      ....│    │
││               /  , ,.'./    ムL__.!.     |    |  ./::::::::::::::::::::::\=≦'、   ヽ: ハ      .│    │
││.             /..   V::,.'   , ./::::::::::::::l    |     |,/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ; : :へ.、 〉: :ヘ      .│    │
││            /     /-/._   l/::::::::::::::::::::l     .|    .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}, : : ::/ /: : : ハ     .│    │
││         /      イ::::::::::::`ヽ._l:::::::::::::::::::::ノ     .|    .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ: ; ' ./: : : : : :.     .│    │
││.      , ´.    , ´ .l::::::::::::::::::::::;::...、::_::=-' |     |   |::;=-‐_三三__¨_‐‐.{  〉.   ム: : : : : :.   ...│    │
││.     f     , , ´   ゝ:::::::::::::::ノ         .l     |    |'>´         ̄{ ./   ,'   ヽ、: :ハ  .....│    │
││.    ∨   ハ        | ¨¨´            l.   |   .| ヘ     ,/´   |.|   /.     \::|    .│    │
││     ',   .l        l            ハ    .|.  .l  .l         |ヽ、 /         `  .....│    │
││.     ,   i.      l           , .|   |    l. ,'          l  `´          ...│    │
││        ,   .,.     ./       !      .l .|    .|   |ノ           ,ハ            ......│    │
││       ∨  .,     /      l       ' l    .|    K、         ,' .|、             │    │
││.         ,  ,     /      ij.       ', |   ||   .| ,ヽ___.    !,/             │    │
││.         ,  ヘ  /'-..__       '.        , ,   .||   .|ハ ,、r', _   ̄ ̄  ',             │    │
││          l,   ,ヽ'<_:::::`::::‐-......_____,...-.....___v.  .|.|   |f¨ゝ'-ソ ノ.       ∧            .│    │
││.          | , ,.ヘ:::::::::::::≧:--::::____ヽ:::::::::}__:ハ  | l  | ヾ斗.'r_ソ       ハ          ......│    │
││.          |ハ, ',`':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L-.'/:::::::l  .| |  |  ゞ‐'´.         ,           .│    │
││        ハ,ヘv` ‐= ___::::::::::::::::::::::::::::::`¨:::::::::.|  .| .|  .|   .ヘ          ヘ            │    │
││          '|`'       ヽ::::ヽ __:::,====、::::::|  Y   .|   ハヽ         .ヽ         ....│    │
││         l       ヽ::::::::::::::/.       !  |  .l    ',.ヘ         ヘ        .....│    │
││          |.           ヽ ::_/         ',   ',  .i.     l ヽ          ヽ       ....│    │
││          |              i'''           ド,'_´,-,-     .l   ヽ         .ヘ        │    │
││         l          |,'           ゝ_彡/       l   .ヽ        ヘ       .│    │
││.          '            ||              |´         .|    ヘ          .ヘ     ....│    │
││.           ,          |            l          |      ヘ           \    ..│    │
││                                                           .│    │
││              四 条 劇 場  ア イ マ ス 人 狼 公 演               ..│    │
││                                                           .│    │
││               22時会場 22時30分~開演 出演者:17名                  .│    │
││                                                           .│    │
││                 参 加 ・ 観 戦  ・ 大 歓 迎 !                 ......│    │
│└────────────────────────────────────────┘    │
└────────────────────────────────────────────┘」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 小烏GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 825 (音無小烏(くされ))」
村作成:2012/06/03 (Sun) 22:03:07