←戻る
【劇場番外】アイドルたちの初心者村 [73番地]
~初心者村だね~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 4 分)[5:4]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 雪路GM
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 双海真美
(生存中)
icon 如月千早
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon 水橋P
(生存中)
icon ユウちゃん
(生存中)
icon 南 倍南
(生存中)
icon 鏡音レン
(生存中)
icon アチャ子
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon 島村卯月
(生存中)
icon ベイスたん
(生存中)
icon 天海春香
(生存中)
icon 射命丸記者
(生存中)
icon 楊菲菲
(生存中)
村作成:2012/06/11 (Mon) 21:56:54
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 雪路GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 911 (桂雪路)」
雪路GM 「初心者村アナウンス(桂雪路 1.00)
            __
         , -'"´    ` ‐ 、
       /           ヽ
      /                ヽ
      .,'          \      `、
      i    l` ‐ 、  \  ヽ ',     ',
     l l  i l 。   ` ‐ 、\ ヽ',ヽ  ',
      l l  ll      /` ‐、 ヽノ 、 ',
       l l.  llー-  、// ̄   i、', i、 ',iヽ
       ', ',  ll弋ヽ     〃/l l',ヽlヽ', ', ',
   / l l ヽ  lヽ`┘、 _,.ャ  / -┴ー-!.、 ',   初心者村のアナウンスよ
  /     \',l、 ` ー‐r--‐'::::::::::::::::::::::::ヽ
  \       ヽ\ヽl',ヽl/:::::::::::::::::::::::::::::」
   \     「ヽ  ヽ/::::::::r'"´ ̄` ‐-く
    ─┐ rー┴、l   l::::::::/     l  l
   | |. ┘{  ̄` i l   ` ‐ l      l i l
   | |   l  ̄ ).ノ     l  l      l/  l
   ・ ・   ', 二 ) l`\   l  l       l   l
         ヽ_ノ::::::::lヽ l  , --ー─┤   l
          \__ ノ  `l'´,rー─┬ァプ   l
            \    ヽ l    l-'´    l
【入村許可制】
 ・この村はGMが入村許可を出してから入村してね。
 ・第一枠>第二枠>全開放になるわよ。

【入村条件】
 ・《第一枠》
  php人狼の普通村が50戦以下
  (php人狼がわからない人は条件満たしてると思うから気にせず入りなさい)
 ・《第二枠》
  アイマス人狼15戦未満
  (わかめて・小鳥・四条問わず)

【トリップについて】
 ・ユーザ名の欄にトリップ専用入力欄があるので、自分が好きな文字を入れなさい。
  成りすまし防止になるから、使用を推奨してるわよ。」
雪路GM 「1枠は22:00に
2枠は22:10
開放は22:15ね」
雪路GM 「でまぁ、テンプレなんだけど
面倒なので、ヒナー説明しておいて」
雪路GM 「テンプレ(桂ヒナギク 1.10)
        __
     . : ´: : : : : : : :`: :ヽ
   , '´: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
. /: : : : : : ::::::::: : : : : : : : : : : : : : ',
.l:::li:i: : :|:::l:::|::l:::::::::l_::::: : : : : : : : ',
.l::::l:l::::::|:::|:::|::|::::::::|川〒、: l: : : : : :.| 
l::::l:::l:::::|:::|:::|::|!:::::::|   | : l:l: l : : :.|
.', ',::::l::::lーl、lヽl::ヽ::|´ ̄`|:: :l、l: lヽ、|
.ヽヽ:::l:ハ下ヽヽ  ,オ丁(ア::::|}}:l: ヽヽ         全くお姉ちゃんは・・・
  ヽヽ,_:ハヽ!j    ヽ_!_ノ.|:::|リ-、 _ヽ_\
.  ヽ//Tヽ 、      イ::l   }::::....ヽ\      仕方ないわね、私が説明するわ。
.   //|::::::|`ヽ、 ー.'_ ィ´ノ|:リ   .|:::::.....}:ヽ \
  // l:ヽ:::l  ヽ、 _ -/    l::.ヽ::::.j:ヽヽ ヽ
  {:{ .|:|::ヽlヽ  .\  /    イ:.__ノ::|:}.|:}  ヽ
.  l| |l::::l::ヽヽ ー-ヽ./__ - '´.ノフ 7ー 、リ リ  リ
  ヽ l l::::l:::`ト- 7「 ̄|=--- ´::::::::/:.:.:.:.:ヽ  /
   \lヽ:ヽヽ|イ::>ゝテ:.:.\:::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ヽヽヽ`>´//アー--`ー//:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.        // .//:.:.: :.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

【はじめに】
 ・ここはアイドルマスターの好きな人を中心に開催されている劇場よ。
  アイマスキャラが多いですが、アイマスキャラ縛りではないので気にせずに参加してね。
 ・楽しく自由に人狼しましょうね。

【禁止事項】
 ・GM許可以外の超過前の噛み。
 ・無益な村人騙り。
  (3人最終日のPP時以外の村人騙りは禁止よ)
 ・意図的な突然死、暴言。
  (昼夜、霊界下界問わずにね)
 ・ゲーム放棄。
  (一緒にプレイしてる人に失礼だし)
 ・昼AAの使用。
  (夜や遺言、開始前は自由にどうぞ)
これを破ったら基本的に注意や警告だけど、GMが悪質と判断したら通報もあるわよ。

【その他の注意点】
 ・完全ステルス防止のため入村時には一言挨拶してね。
 ・夜に【あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます】と表示されるけど
  狼、占い、狩人以外は関係ないからね。
 ・占い師をCOするときは占い結果のみ。占い理由は二言目以降にしてね。
 ・参加者のアイコンのすぐ下のところにある音声でお知らせをonにすれば、投票はアラームで教えてくれるわよ。
  突然死防止のためにonにしておくと良いわね。
 ・アイマス人狼の詳しいルールなどについては、以下のURLも参考にしてね
  http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/1.html

【他鯖の方へ】
 ・アイマス村だからといって、アイドルRPをしなければいけないわけではないわよ。なので、気楽に参加しててね。
 ・他には【四条劇場の特徴】も合わせてみてね。

【四条劇場の特徴】
 ・遺言の更新は開始前までよ。常時変更可能ではないから注意ね。
 ・夜の超過時間後も独り言を話せるのよ。推理メモなどに使うといいわね。
  (共有・狐・女神カップルは超過時間後でも会話出来るわよ)
 ・特に記述がなければ、天啓オプション入りよ。
  (死体無しが出てもどこで死体無しが出たのかは狩人にも狐にも分からないわ)
 ・その他はお姉ちゃん(GM)に質問するか、wiki(http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/24.html)を見てね。

【初心者の方へ】
 ・是非参加してね。まずはそこからよ。
  その上でなんでもいいので、自分なりの目標を持って参加するとより楽しく遊べると思うわ。

【ベテランの方へ】
 ・みんなが上手いわけじゃないのを理解してね。
 ・ミスしても許せない人はダメよ。

【最後に】
・人狼はみんなで遊ぶゲーム、一人で遊んでいるわけでないことを忘れないでね。
 ・GMは◇3105NAA55.。何かあればいつでも声かけてね。」
雪路GM 「あ、1枠(php人狼の普通村が50戦以下)はどうぞ」
かり さんが入場しました
雪路GM 「いらっしゃい」
かり 「というわけで一番乗りしておきますね。」
雪路GM 「簡易テンプレ(桂雪路 1.10)
                     /              \       \
     , -─ - 、           , '        /ヽ          ヽ         \
    /       ヽ       /       /     ' ,         ',          ヽ
   ,'   ─┐O   ',      / /      , '     , -─     i        ',
   i    /    i     ,' /   /__ /    /   ', ',    ', l        i
   l    は    l     i ,'   / / `ヽ        ', ',     i l        l
   l    ぁ    l     l i   ,' /        Tて  ̄イ i     l l  ',      l
   l     )    !    l l   ,' , Tてイ     L::::::::ノ ', l    ll⌒ヽi l    l
   l    (    ,'    l l   i ,' !:::ノ         Ζ z i l    lへ ll l     l
    ',          /     ! !    ! ,イ  i            ll     ト、 l l l    l
    ヽ、___,.へ、   l l   l ,' l               l   ilノ / il l   l
                   l !    l  l   , '  ̄`ヽ       l   ll_ ノ  l l. l    !   ヒナの説明は長いのよね
             ,- 、 ノ   l ,' ヽ  i      ',      イ  ll i   l l l   l
             ( _.ノ  l   l イ li \ !      i    / il   ll li l l   ll  l
        r二二二二'ユ   l  li l l l l \     ノ ,  '´  lイl  ,' l l l !   l',  l
       l ____ l   l  ll l l l l o` ‐-r‐ ' ´      l/ァリ ! l l ,'   l ', l
     r ' ´ ノ ∧   ハ    l l !  l l  ',!, - '´:.l      /: : : lノ ! /   ! '!
     !, - ' ´ノд゚)ノシ', ヽ  ',! ,  ',!' ´: : : : : : l    /: : : : : : :l、
     「, - ' ´ノ プ   ト  l    ハ: : : : : : : : /l  /: : : : : : : : :/: :` ‐ 、
     ヽ、 イ_:ノ  汁 l  ノ  ,.-/: : '; : : : : /      l:ヽ : : : : : : /: : : : : : : :` ‐ 、
      ヽ'´_ノ__ j イ/: :/: : ; :i: : :, イ `   , -‐l: : \: : : :/: : : : : : : : : : : : : \
       l______l /:l : : /:/: : 」:/:::::::` ー--─l: : /: :\/: : : : : : : : : : : : ;. -─ヽ
         l ';:` ‐-‐'´: l: : : : : : 「: :/:::::::::::::::::::::::::::::l: /: : : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : ',
         l: ` ‐-‐'´: :l: ';i: : : : :l: /:::::::::::::::::::::::::::く: / : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :i

【三行まとめ】
突然死・村人騙り・ゲーム放棄ダメ絶対。
アイマス村だけど、誰でも歓迎。
楽しく自由に人狼をしましょう。」
雪路GM 「簡易テンプレも貼り付け、オッケー的な」
雪路GM 「後は入ってくるの待つだけね」
かりさん さんが入場しました
かりさん 「にばんめー!こんばんは!」
如月千早 さんが入場しました
雪路GM 「いらっしゃい!」
できる夫 さんが入場しました
如月千早 「よろしくお願いします。今日のために少し勉強してきました。」
かり 「RPに関してはそこそこ集まってから決めようかな……」
できる夫 「こんばんわ、モギリの仕事と聞いたんですがね?
      / ̄ ̄ ̄\
    / _,ノ  ⌒ \
   /  (●)  (●) \
  |       、 ´      |
  \      ̄ ̄    /
   ノ           \」
如月千早 「うまくできるかはわかりませんが。」
雪路GM 「いらっしゃい」
如月千早 「お仕事ですか?>できる夫さん」
雪路GM 「>千早
勉強なんていうのは学校ですればいいのよ!
遊ぶのが一番よ

>できる夫
映画館の受け付けとかわかりにくいわよっ」
できる夫 「            ____   _____
           /      \/        \       ‐-、
     、-‐   /⌒   ⌒        ⌒   ⌒\   ___,ノ-、
   、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ
   !、,___ l   ___'___             ___'___   |
        \ `ー'´     彡     `ー'´  /
         /                       ヽ
見目麗しいお嬢さん方にあえるバイトと聞きましてね<千早さん」
如月千早 「遊びもマジメに、真剣にすることにしようと思っていますので>GM」
如月千早 「私は存じ上げませんね>できる夫さん」
水橋P さんが入場しました
できる夫 「       ____
      /     \
    /  \   / \
  /  (●)  (●)  \
 |       __´___       |
 \      `ー'´    /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /
劇場のモギリは大神さんという大先輩が居ますよ<GM」
雪路GM 「>千早
ヒナみたいな事いうのね!
そんなお姉ちゃんには、お酒を飲ましてくれないと、泣いちゃうぞ」
雪路GM 「いらっしゃい」
水橋P 「1枠からの参戦水橋だ!」
かりさん 「かりさん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりさん → 双海真美
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 740 (アニマス・双海真美01)」
如月千早 「お酒はほどほどに。すぐ酔いつぶれて寝てしまう人を知っていますからね>GM」
双海真美 「真美だよーん!よろー☆」
雪路GM 「>千早
わ、私じゃないわよ?
私は水をお酒間違えて飲んで、そのまま授業をサボったりしないわよ!」
雪路GM 「真美はよろしくね!」
双海真美 「千早お姉ちゃんと、GMねーちゃんの妹って似てるよね。
特にあの部分とか。」
できる夫 「               ___
             /      \
           /⌒   ⌒   \
          /(ー ) (ー )   ヽ
            |     __´___   u   |
         \  `ー '      /
             /             \
GMの元ネタキャラを知りませんが、絵的にハヤテの如くですかね」
雪路GM 「>真美
声は似てるわね!
真面目な所も似てるけど」
雪路GM 「>できる夫
絵柄でわかるのに私を知らないなんて!?」
如月千早 「ダメじゃないですか……>GM

そう、かしら?よくわからないけど>真美」
雪路GM 「あ、2枠(アイマス人狼15戦未満)どうぞ」
できる夫 「        ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\
    /   ( ー)  (ー) \
    |  u      ___´__   |
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \
話題は聞きますが見たり読んだりしてない作品が増えてしょうがないですね」
雪路GM 「私は適当なので、気にしちゃいけないわ!」
ユウちゃん さんが入場しました
雪路GM 「>できるお
ウン、見なくていいと思うよ、あれは」
雪路GM 「いらっしゃいー」
ユウちゃん 「じゃじゃ~ん! うらめしやー!!」
南 倍南 さんが入場しました
如月千早 「うらめしや?私には何も見えないわね」
できる夫 「        ____
      /     \
    /   ―  ― \
  /     (●) (●) \
 |       ___´__     |
 \       `ー'´    /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /
某強いられてるアニメとか面白そうですけどね
一話を逃がすともう見る気がないのが難点ですね」
南 倍南 「よろしく頼むぜ」
雪路GM 「いらっしゃいー」
南 倍南 「まぁ、お手柔らかに頼むぜ」
双海真美 「似てるね!ふたりともコアなファンにモテモテな感じがすごくするよん!>GM」
ユウちゃん 「えぇー!?そんな冷たい反応しないで~!
ほら、そこは表は蕎麦屋って返すとこなので~す!>千早」
雪路GM 「>千早
駄目じゃないもん!」
できる夫 「               ___
かり 「私の中で3名ほどメメタァすぎてどうしようw」
できる夫 「おっと失礼」
雪路GM 「>真美
ヒナギクの方はメインヒロインだけどね
人気投票3連覇中」
双海真美 「うん、なんか陽気な声だけ聞こえるね?>うらめしや>千早お姉ちゃん」
南 倍南 「なんだ……綺麗どころのねーちゃんが集まる村だって聞いたんだが……
男もいるとはなぁ……」
如月千早 「・・・?>ユウちゃん」
如月千早 「メメタァ?」
如月千早 「表は蕎麦屋らしいわ>真美」
かり 「まー問題ない、何も問題ない。」
南 倍南 「多分、かりはカエルをぶん殴ったんだろう>千早」
できる夫 「            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \
     / (●)  (●)    \
     |    __´___    u.    |
      \ u. `ー'´       /
      ノ           \
モギリのバイトのはずが何故か舞台に上がっていましたね<プロ」
ユウちゃん 「あれれー!? もしかして私見えてない~!?
ユウちゃん大大大ピーンチ!!」
雪路GM 「あ、じゃあ、全開放」
雪路GM 「この緩さが私よ!!」
鏡音レン さんが入場しました
如月千早 「よくわからないけど、つまり動物虐待をしたわけね>南さん」
鏡音レン 「ガタッ」
南 倍南 「お前さんも女の子につられたクチかい>できる夫」
双海真美 「南 倍南……さん?誰!?だれなの!?上から呼んでも下から読んでも同じだよ→!こわいよー!」
アチャ子 さんが入場しました
初日犠牲者 さんが入場しました
初日犠牲者 「よろしくお願いします」
雪路GM 「いらっしゃいー」
鏡音レン
                       ト
                      | \    〟
                      |   `ヽ. 〃
                 `ヽ、ー― -     ∨{ ___         ィ
                     \    / `ヽ ヽ、 `ヽ、 / |
                  、 _ > ´  /∧. ¦∨.   V  _丿
                     > 、___,.ィ厶ハ ト、 vヘ  〈     と言うわけでこんばんみ
                 /    /`ヽ / ≠⌒、ヽ.`¨¨    .    
               ∠   ィ  .卞、   尓Zz、ヽ.ヽ、} ト、 }    あなたのお耳の恋人レン君です
                   厶ィ/代リ     v.い// >─v \   
                     [ |  ′   ¨´厶ィ [][] | 「∨n
                         {{人  マニフ     人  .ロ」「 v V |
                     こフ> `_ . イ /  / ̄ ri   | h
        ¬ r───…ァ ⌒`<⌒「丁く /  . ⊥ト、._{ r=    ニ コ
       | |     /  ィ  〃 |l   `x ´    `ヽ.  |    ┌┐!
        >┴─‐┬/ / }  /   |l /   ____ >.|    | | |
           └… 、厶ィ   こヲ  ̄ ̄ l /   ヽ、}   | |
                  /  / /       |/   / 〉|    | | ′」
かりりーん さんが入場しました
南 倍南 「大丈夫だ。カエル自体は無事だから虐待ではないな>千早
まあジョジョがわからんと通じんとは思うが」
アチャ子 「カカカカッ」
水橋P 「初日犠牲者…この前のようなことにならないことを祈ろう…」
カリカリ さんが入場しました
かかかり さんが入場しました
やみにのまかり さんが入場しました
できる夫 「       ___
      /     \
    /⌒   ⌒  \
   /( ●)  (●)   \
   i *  __´___ *::::::   |
   ヽ、  `ー'´     /
   /          \
モギリのバイトといったら帝国華激団・・・つまりはそういう事です<プロ」
双海真美 「そうなの?食べにいこっか?真美割と和風な女性だから蕎麦すきなんだよね~>蕎麦屋>千早お姉ちゃん」
カリカリ 「するりと」
かりりーん 「よろしくお願いします!」
かかかり 「たぶんまだ②枠に該当すると思いつつ」
南 倍南 「気になるかい? 俺ぁ、麻雀界じゃちっとは名のしれた玄人よ…>真美」
雪路GM 「お、緩やかだけどそろそろ埋まりそうね」
水橋P 「衝撃が波紋のように帰るを伝わり岩だけを砕くんだな>メメタァ」
如月千早 「でも叩いたら虐待ですよね?>南さん」
双海真美 「修羅が…修羅がきたのじゃあぁ…!」
雪路GM 「>かかかり
該当するならどんどん来ていいのよ!
GM調べないし」
如月千早 「別に構わないと思うけど。プロデューサーさんに怒られても知らないわよ?>真美」
かーりまん さんが入場しました
如月千早 「そこは調べてなくても調べるって言わないと>GM」
南 倍南 「;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 〉   
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      >できる夫
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/`ミ ー- 、;r≠=ェzz、  
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙/-‐-.、    ',     ヾハ 
;;;;;;;;;;;;;;;/`゙!;;;;;;;;;;_シ     ヽ   ',     ノツ  そういう事かい。
;;;;;;;;;;;;/ ,へ.!;;;;;;;f´   `,ー=>)ノ )  _,ィ"   
;;;;;;;;;;;{ l ,ヘ!;;;;;;;l        ヽ く  ̄    
;;;;;;;;;;ハ. 〈. ,!;;;;;;f\       ノ  ヽ      って事ぁ、誰とフラグを立てようとも
;;;;;;;;;;;;ヘ  f;;;;;;;l.  ヽ   ,ィ´     〉      
;;;;;;;;;;;;;/`ー!;;;;;;;!.  l.  /   ´ラ-‐'       それが完遂される事は無ぇってワケかい……
;;;;;;;;;゙/ ミ l;;;;;;;;!  l   /     /        
;;;;;; / ミ. l;;;;;;;;l  l. /     j        いや、お前さんも大変だな
;;;;;/  ミミ. !;;;;;;;;!.   / `,ー‐.く          
;;イ  ミミ !;;;;;;;;l.   !   '  ノ          
ヘ、 ミミ l;;;;;;;;;l   l.    〈           
Tト、`ー-、l;;;;;;;;;レヘ、      }          
|.|.|.|`Tト、!;;;;;;;;;!.   \_,.ィ"         
|.|.|.|.|.|.l.l.l.l;;;;;;;;;ト、                
|.|.|.|.|.|.|.|.l.!;;;;;;;;l\ヽ               」
初日犠牲者 「修羅って誰のことなんだろう?>真美ちゃん」
雪路GM 「あ、四条劇場初参加の人は
http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/24.html
読んでおいてね」
鏡音レン
   >‐-   __    7             ヘ
 ≦ __     /     /И     `ヽ ハ ハ
    / ¨フ´      /  j        Y/} / ,  >真美ちゃん
.    /  //       イ  ハ    \レ /}
   /  ∠__‐-ミ∠-‐‘〃 厶x:. iト   ー-  __ ・・・なんだろう・・・すごい親近感を覚える・・・この気持ち
    ,. tΤ ,x≡ミ    / , '__ 刈 `ー┬= ニ¨
  j/  { :l {{ ん心  厶イ〃乞㍉ミ、ト  k
     f^ヽ 弋:::ソ       ト-'::::ソ 》レ-ミ /
     八( } ,,`¨¨      `ー "   jrら }
      ヽ:.       j      '''  ム シ
      .圦            厶xく
          \   .、    //   ヽ
           、   ,.  〔 j/
              xz|`¨´     |__
  r┬t――=≦:厂      /::::ヽ
γ{:::| |:::::::::::::::::::ト __    -‐/:::::::::::≧=-
,  |:::| |::::::::::::::: レ´⌒≧x /:::::::::::::::::::::::://::7」
カリカリ 「カリカリ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:カリカリ → 島村卯月
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 896 (島村卯月02)」
できる夫 「       ___
      /     \
    /  ⌒   ⌒\
   /   ( ー)  (ー) ヽ
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /
決してRPできるキャラが少ないとかいうメタではないのです」
ユウちゃん 「こーなったら幽霊の面目躍如!
私のことを見ようともしない悪い子は、祟って呪ってぷよ地獄行きの刑だー!!」
かーりまん 「初心者村ってなんかわくわくするね。」
雪路GM 「テンプレもメモっておくと幸せよ!」
南 倍南 「叩いても大丈夫な技を使ったわけだな>千早」
如月千早 「えーと、ゆうちゃん以後からが修羅枠扱いで良いのよね、多分」
鏡音レン
 ',  //     /}}     }、      \ __ >
ー=彡 '    ´ ̄`メ |     / \ー=ニ _≧=-
\/   x≦一 ´  |   ′ ⌒ヽ ヾ  ヽ
∠-‐≪ /┌笊テ¨ミメ、 /    j∧  }i   :.    あ、遺言も今のうちに仕込まないといけないんだよね
γ⌒メ〃 {{ {i::::`1}   j/   xそ¨ヽ、', |   |
 / う}   弋zシ      {i:::`1 j/∧ l   |
 ゝ (_  "'〃/`7`〟       辷"  /うヘト . {
ヘ ‐-{             〉"〃厶イ     `
 レ}` 込      __       ′ `
__,//レく\    (`ー-   ¨ア   ノ
ニニニニニ\丶、 `    ´  /
ニニニニニニニ‘, 丶
ニニニニニニニハ   >=<
ニニニニニニニ/二≧x」
雪路GM 「>千早
そうですね、修羅枠的にはそんな感じ」
双海真美 「麻雀界ってどこの世界なの!?玄人ってなに?ぱいにんって読むなんて知らないよ!?>南 倍南にーちゃん(?)」
南 倍南 「AAを弱く発言すると、お里が知られちまう気がするが、まあ
もう癖だしいいよな」
島村卯月 「こんばんはーっ!新人の島村卯月です!
慣れていない方々、一緒に頑張りましょうね」
アチャ子 「         , ‐メ‐' ̄´ ̄ ̄`ヽ
           / ./   ハハ"`ヽ ヽ \
          ,' //, '/.ソ  i  ソ  、 ヽ
.          /〃 {_レ   ノノノノ リ| l i| 例えハヤテアイコンが間に合わなくても顔の面厚くくる勇気…ッ!
        | |小l●    ● 从 |i |
        レヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃|.ノヾノ、
.       /⌒ヽ_|ヘ   ゝ._)    i.! /⌒i〉   やっほーいー、よろしくねー
        \/:::::|i!i> ,、 __, イ. i.!/ ,/メ)
       `ヽ,:::|!i!. ] :〓||〓::: [ {ヘ、三〈ハ〉  うん、近日中には登録するよ、ええ。
            < |i!i|(:∥;;》《::∥;;) !ヾ彡' ∽」
かかかり 「かかかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かかかり → ベイスたん
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 827 (ベイスたん)」
かーりまん 「かーりまん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かーりまん → できない子
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 300 (できない子)」
双海真美 「え?怒られちゃうかな?蕎麦くらい、いいっしょー!減るもんじゃないし!>千早お姉ちゃん」
できる夫 「          ____
        /     \
      /  \   / \
     /   (●)  (●)  \
    |      __´___     |
    \      `ー'´    /
まぁ見目麗しいお嬢さん方が多いらしいので目の保養ですね<プロ」
水橋P 「気がつけば島村さん……」
如月千早 「なるほど。ありがとうございます>GM」
島村卯月 「元気で可愛い子がいるなぁ・・・♪(ユウちゃんを眺めつつ)」
双海真美 「あ な た で す>初日犠牲者さん」
南 倍南 「            ____                       
       ,ィ;; ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;フ                    
       f;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                    >真美
        l;;;;;;;;;;;;r''‐''-=tr''ヘ;〈                      
.      l;;;-xシ'  \ リ/ Y                       玄人(くろうと)をパイニンと読んじまうとか、
.       !;;l r|l. ´ ̄ ' l ̄ /                       
      l;;ハ、|ト、 / ー' /            ___         お前さん、素人じゃねえな……?
       l;;;;;;! |l  ´    (             /辷三三三二ニ≧:、 
        l;/ヽ!!\  --ァ'          /=== ̄ ̄ ̄ ̄´/  
      >' 、   |l  ヽ _ノ` ー- 、       .//////゙/ ̄ ̄ ̄`/ /  
   /     ',  |lヽ  ;イ |!   l ',     .//////゙/./二/ニ / /   
  / 、      ヽ.|l ',  | ll   l. ',    //////゙/./ー/― / /    
 l ∧       ゙|l  ', |. ll.   l.  ',   .//////゙/. 'ー―ァ / /     
. l   ',      リ、 ヽ! .ll .   l 、 ヽ //////゙/ノヽヽヽ/./ /    
.,! ヽ i      j' ',   i  l|   lノ  〉./////.'ー―――.' /     
j   ', l      l'   ヽ. l.  ll   l  ././〉/〉/〉/〉/〉/〉/〉./      
!   ヽ.!    ノ    l   l|.  l  イ /〉/〉/〉/〉/〉/〉/〉イ        」
如月千早 「でもおなか一杯食べたら動けなくなったりしない?>真美」
双海真美 「確かに……何かどこかで会ったっけ?>レンくん」
やみにのまかり 「やみにのまかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:やみにのまかり → 天海春香
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 753 (モバマス・天海春香03)」
雪路GM 「遺言は前日だけだからね
キャラ決めて、遺言かけたら投票してね」
南 倍南 「           ,,,-‐;;´ ̄ヽ                   
           ,,,<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ、                   
.        /;;;;;;;;;;;;;;;;;r'' ´_  ヽ _                 >できる夫
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l、´   /`  ` 7             
    f;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;f'   ´      !、               ま、そりゃ確かにな。
    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;;l、_  r―――f´              
.    V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| r‐ヾヽ\ \ ̄ ̄´               俺もその為にきたようなもんだ
.     V;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ.ヽーヾ\ヽ、`ー 、_  _,.┐          
.     V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`Tー'ヾ\_    ̄   ,)          
        V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l.    ヾ\  ̄7ー-´           
        V;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l     ヾ\ l               
        };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!__ .   ヾ\               
       };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!.|.|.|.「「「lTTTlゞ\            
.         };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!山山l.l.|.! ! !j.|.|ヘゝ、          
.         };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j.|.|.|.|.「「「|TTT十++込、         
       }::::::::::::::::::リl.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|.「l`ヽ、      
.         ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;イ.|.|.|.|.|.|.|.l.l_l」L++十トl、l.|.|.|.|.|.l\     
        j;;;;;;;;;;;;;;;;;;!.|.|.|.|.|.|,lイ「l.|.|.|.トl、.l.|.|.|.|.ト、l.|.|.|.|.|.|.\  
        f;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j |.|.|,rl'「l.l.|.|.|.|.|.|.|.|.l刈|.|.|.|.|.|刈|.|.|.|.|.|.l\  」
初日犠牲者 「え、そんなことないですよね?>GMさん」
できる夫 「モバマスは・・・プロすら顔真っ青の世界ですよねぇ・・・」
天海春香 「おまたせ!メインアイドルの登場だよ!」
如月千早 「幽霊は見えないものっていう定番があるわ>ユウちゃん」
ユウちゃん 「やっと私を見てくれる人がいましたよ~!
さあご一緒に、いざぷよ勝負~!!>卯月」
鏡音レン
          ヾ. . . : : :Y ⌒ヽ: : :._  ',   ∨彡
          ,Y´   }  ::     :.  ¨亥ニ=- }  ,'
      ー=彡:    /! i ::.     : .   \ ,'::ノ
        ,'    /,' A ::.     ヘ: .   \: : , '    >真美ちゃん
          j/    // ./- \     ';::`7 ーj-ミx、 :    あったことないけどなんだろうねー
           '.   /气ノヤ示≧ヾ     ';::」,.rt//: : : :
         从{ 弋}!  マ:i。}  }ヽ i∧. Ⅶ1', ∨: : : :    他人とは思えないよね?なんでだろう
               Y.  `゙ ノ  ∨〃ヽ} <::::>∨: : :
              く         :{ {    >/. : :/
              ヽ          ヽゝ - 彳   {
                 `r-      "   ∧ {ヽ〉
                  ヽ   ,..イ       i  \!
               〈 i フ }ヽ.r=j     ト --、
                {´ 〈フ¨ヽ} '"   ,. <: ̄:::::::}
              〈 \〉,≧  ! ,. ::':::::::::::== 、::::l
            ,彳:::Lヽ 〉{ ,. <::::::::≠ ´ ̄`ヾ∨:':,
             {ゞ===彡:::::::::彳r´      ', V:::':,
           〉::::::≧´:::::彳´ /        ':, V::::',」
雪路GM 「>初日犠牲者
まーじーでー?」
双海真美 「腹が減ってはなんとやらだよ!真美はちゃんとスタイル維持のために魔法のことば「腹八分目」を覚えたのだー!>千早お姉ちゃん」
ベイスたん 「よろしくやよ~」
島村卯月 「大丈夫!私3連鎖以上狙って組めません!(キリッ)>ユウちゃん」
できない子 「あ」
ユウちゃん 「そんな定番関係な~し!
現に私はここにいるのでーす!>千早」
鏡音レン
   ‘,: : : : .      . : : : : :. \ヽ.ハ
    ゝ; : ' . :∧ | ヽ.  . : : : : : .\'.}
   / . : : /  ', ! 〃`≧ュ、 _ : : >i   島村さんのアイコンがあざいとい!でもかわいい!
  / . : : /⌒` リ   仡:ハ ! ', }i { !11
< __._:_:/', ,f仡ヾ    乂::ノ   V人マt」   
     >、'`乂::ノ  、       !`¨7´     ./〉/.〉
     \ ヾ}、   r== ┐   ′ ′    ./ / /
      \_へ   ∨_ ノ  /, ,'  /^! / / //〉
        \≧つュ。 _,.イ,' /∨ 〆.| l/  '"_/
          _,'      ,'V  ./.:::∧ ',  _,.-一 ’
        ,〃:::::::::ヽ.  {‐-/.:::::::/::::':, イ¨::::フ
      r≦===ュ、::::::ヽ-‐/.::::::::::/::::::::::', ',.i´
    〃::〆 ⌒`ヽ、::\:::::::{,:::::::::::, '::::::::::::::∨}
    {/ _____∨>/:::::::::::::::::::::::::::>¨」
如月千早 「あ、そうでした。遺言初日だけだったんですね。何か準備しないと」
楊菲菲 さんが入場しました
初日犠牲者 「あたりまえじゃないですかヤダー>GMさん」
如月千早 「それなら大丈夫ね。でも2枚とか食べたらダメよ?>真美」
南 倍南 「 (  (      r'Tll´ll ̄|||||||||||||||||||||| ̄ `≧x         
.  ヽ  \    ヾl||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||\        あ、ちと遅れちまったけど、
    ゝ   Y     \||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||\      
 /  > '        `!|/´~~~`)l´~~~~~`リ、||||||||||||||||\    俺ぁ一応1枠だぜ?
/  /´           ノ/     /丿        ヾ||||||||||||||||iヽ、  
ゝ (           j´、、、、、 !{        _j||||||||||||||||||lllハ  
 ヽ.\           l     ノ `ヽ  ´ ゙̄ヽ  `メ|||||||||||||||||||||  そこんとこよろしく頼まぁ
   ヽハ       l   ,ィi|´    `         `!|||||||||||||||| 
    い         ! ,!||||i   _j、_        j||||f⌒゙!ll|||! 
    〈|i;、       j  `l|´    ` ̄`ヽ      ,j||||i´)! ||||||  
.     `<\.    !             |   ,イ||||イ|i;iソ'jl||lリ 
        \\  |           | _,ノ'´〉||! ノ) /||||l'   
        `(iゝノ´           /  ´ /||||`_,ノl||||||   
         ノ||iiヽ、__         /    ./ll|||||||||||||||||!   
         `ヾ、´ ̄~`''ヽ、     /    ノ||||||||||||||||||||!  
              ノ        `ゝ _ ´   /ィ||||||||||||||||||||ソ   
          _jヽ、__   _,ノ /イ ソ||||||||||||||||||||'    
    ,ィiTl´ ̄l 「|「 |「`Y´「レイ´ii`Y´//`Tlーェxl|||||||||||||||!    」
天海春香 「おお、そしてそこにいるのは島村卯月ちゃんじゃないかぁ~
最近頑張ってるらしいね。もっと頑張って早く有名なトップアイドルの天海春香さんみたいになれるといいね!」
如月千早 「でも幽霊でしょう?>ユウちゃん」
ユウちゃん 「ユウちゃん積み(端にとにかくぷよを詰める)の極意、しかと見届けよー!>卯月」
できない子 「できない子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:できない子 → 射命丸記者
アイコン:No. 300 (できない子) → No. 383 (射命丸 文02)」
雪路GM 「いらっしゃいー」
できる夫 「        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \
     /   (●)  (●)  \
     |      __´ _     |
     \        ̄    /
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /
何引くか解らないからネタ遺言ですよねぇ・・・」
かり 「遺言初日だけっていう事と、天啓封印がやる夫村との大きな違いですかね」
楊菲菲 「初人狼ダヨー…」
島村卯月 「あ、あざといって言わないでくださいよぅ・・・
ずっと無個性とか永遠の廉価版とか不遇枠とか言われ続けて、最近やっとスポットが当たった事に対する会心の笑みなんですから>レンくん」
如月千早 「あえて占い遺言にしておいても面白いんじゃないかしら?>できる夫さん」
楊菲菲 が「異議」を申し立てました
鏡音レン 「     -―=ニ     ⌒ヽ ー--‐ ヘ⌒ヽ
    -=ニ¨  / ハ、     \   / ヽ  ヽ
 /     / /\      \  〃/ヘ(⌒
彡   -‐ '-‐ ´/{   `ー-   `≧=ー-\,ハ
 `¨7 7¨´  /八   |、_¨ ‐-一=ニ´ \  最近よくみかけるけどベイスたんって
   { /     厶'"\  |  _二ニ\ ┬―ォヽ
.   Y   ,/,.x=ミ、 ヽ{ 〃んヌ`ヾァ }彡'リ  ベイスターズのなんかのキャラなのかな?
   |  イ〃 らハ      廴ツ j}∨うY
   |/ >、ヾ ∨ツ       `¨¨    ケリ
     Ⅳハ  ¨´  、       厶イ
      j人込              ハ {
        丶、    r‐-,   イ   ヽ!
          >x、  ̄ .   N
          ⌒}ハ `¨´  |____」
天海春香 「大歓迎だよ!>フェイフェイちゃん」
ユウちゃん 「ならもしかしたら、私と話せる貴方も幽霊かも~!? 恐ろしやー!>千早」
南 倍南 「           <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;≧x     >できる夫
              ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!     
             , =,zイ=二;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!     まあそれしかねぇやな。
               { 〈 _, ヾ;;;;;,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      
               `ノ  ̄`  |;;|=ヾ;;;;;;;;;;;;;;;|      
             ヽ 丶 ,ィ|;;|,'ィ|;;;;;;;;;;;;;;;;|       たまに近況報告とか見るが
.               _ 亅   ! l|;;|ヾf;;;;;;;;;;;;;;;;|      
            ゝヽ'‐-  |;;| {;;;;;;;;;;;;;;;;;',    .
             <二二)-‐ |;;| {;;;;;;;;;;;;;;;;;;‘,     
              {二二!   |;;|,ィヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',    
               {ニニ〉 x≦|;;|, イ !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',   
                 ヾ' !,////リ///.l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',   
                 ///////////!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',  
.              , イ//////////// ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  
           ////////ヽ///////,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ 
             ///////////\/////ヾ;!!;;;;;;;;;;!',l  
.          , ィ///////////// ヽ/////リ!;;;ハリ./l! 
         //////////////ヽ//│////,リ////l!  
雪路GM 「>かり
そうだねー基本はそんなところ」
島村卯月 「はい!私も春香さんみたいになりたいです♪>春香さん」
天海春香 「あ、千早ちゃん!
今日も元気そうだねっ!(背中に向かって」
南 倍南 「おう、埋まったかい。盛況で何よりだ」
楊菲菲 「押し間違えたダヨー…特に何も異議はないヨー」
雪路GM 「>千早
昔GMは狼で占いCO遺言にしたことがあったな」
かり 「んー……じゃあ、こうしよっかな」
初日犠牲者 「初日犠牲者 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:初日犠牲者 → 三浦あずさ
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 549 (三浦あずさ06)」
できる夫 「占い霊能共有狼狐村人です!多分どれかです!こうですかね?<千早」
如月千早 「春香?そっちは背中>春香」
鏡音レン
 ',  //     /}}     }、      \ __ >
ー=彡 '    ´ ̄`メ |     / \ー=ニ _≧=-  >島村さん
\/   x≦一 ´  |   ′ ⌒ヽ ヾ  ヽ
∠-‐≪ /┌笊テ¨ミメ、 /    j∧  }i   :.    あ、ごめんね、でも可愛いってのは本当の気持ちだから
γ⌒メ〃 {{ {i::::`1}   j/   xそ¨ヽ、', |   |
 / う}   弋zシ      {i:::`1 j/∧ l   |    うん、自信持ってもいいと思うよ、改めてよろしくね
 ゝ (_  "'〃/`7`〟       辷"  /うヘト . {
ヘ ‐-{             〉"〃厶イ     `
 レ}` 込      __       ′ `
__,//レく\    (`ー-   ¨ア   ノ
ニニニニニ\丶、 `    ´  /
ニニニニニニニ‘, 丶
ニニニニニニニハ   >=<
ニニニニニニニ/二≧x
.ニニニニニ/∠ア⌒≫x、」
天海春香 「ふふふ、有名なトップアイドルの天海春香さんみたいになりたいのかい。
そうかい……そうなると、まずはコンプガチャになってから、だねぇ?>しまむらさん」
三浦あずさ 「三浦あずさ さんが登録情報を変更しました。」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 星井美希
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 741 (アニマス・星井美希01)」
如月千早 「それも面白そうかもしれないわね>できる夫さん」
楊菲菲 「ありがとうネー!歓迎嬉しいヨー!>春香さん」
アチャ子 「とりあえず狩人にはなりたくないという意志を確認したっ!>できる夫」
如月千早 「占い騙りをしていたんですか?>GM」
天海春香 「うん知ってる♪>千早ちゃん」
双海真美 「んっふっふ~、真美を甘く見てもらったら困るね兄ちゃん!>南 倍南兄ちゃん」
射命丸記者 「それではがんばりましょう。」
星井美希 「あはっ、美希たちの村だし、やっぱアイドルは多くないとね?」
星井美希 「ってわけで、みんなーよろしくなのー」
鏡音レン

   ‘,: : : : .      . : : : : :. \ヽ.ハ
    ゝ; : ' . :∧ | ヽ.  . : : : : : .\'.}
   / . : : /  ', ! 〃`≧ュ、 _ : : >i   それじゃあ、僕魂の占い師遺言にしておこう!!うん!
  / . : : /⌒` リ   仡:ハ ! ', }i { !11
< __._:_:/', ,f仡ヾ    乂::ノ   V人マt」   
     >、'`乂::ノ  、       !`¨7´     ./〉/.〉
     \ ヾ}、   r== ┐   ′ ′    ./ / /
      \_へ   ∨_ ノ  /, ,'  /^! / / //〉
        \≧つュ。 _,.イ,' /∨ 〆.| l/  '"_/
          _,'      ,'V  ./.:::∧ ',  _,.-一 ’
        ,〃:::::::::ヽ.  {‐-/.:::::::/::::':, イ¨::::フ
      r≦===ュ、::::::ヽ-‐/.::::::::::/::::::::::', ',.i´」
できる夫 「          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
     / u (=)  (=)  \
    |      __´___      |
    \     `ー'´     /
本当ボトムズと合うのがなんだかですね・・・モバマスは」
三浦あずさ 「皆さんよろしくお願いしますね~♪」
南 倍南 「やっぱ綺麗どころが集まったなぁ、という感じだな」
雪路GM 「かりりーんは大丈夫かな?」
島村卯月 「や、法に触れるからムリなんですけど・・・>春香さん」
ベイスたん 「魂の占い師とかっこいいやよ!
遺言で狼全部指定しておいてほしいやよ!>レン」
かりりーん 「かりりーん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりりーん → 高槻やよい
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 546 (高槻やよい07)」
天海春香 「お、美希とあずささんもきたんだ。これはまけてらんないねぇ~♪
卯月ちゃん、超えられるか……この背中をっ!」
双海真美 「        ,. . : ´ ̄ ̄`ヽ、__  /: : :ヽ、
             ,. :´: : : : : : : : : :;_: : : ヽ⌒}_: : : ::.
         /: : : : : :,: /: : : : / ´ー、_: ∨ ,): : : : .
           /: : : : : : :/:/!: : ; :./    _、:∨: : : : : : :.
        /: ,: : :,: : :/:l^ |: :/,イ ´ ̄ヽ ヽ: :ト、: : :,: : : :.
        |: l: : :l: : /l/__ {:/   __   {: :.; ヽ: :{: : : : .、
        {:ハ: : ;: ://,ィt、      ,ィt、ヽ l: /   Ⅵ: : ト、: :\
        ' ∨:l: { i 弋ソ     弋ソ ノ ハ!    }: : : ! ヽ: :}
          Ⅵ: !     '      ハ!,}   /: : : :|  }:/
    (ニ-     ヽ!ハ    , ―- 、   ム:}'  /イ: : :.|   /
      ,ィ    {:iハ   {    }   八:! ´  |: : :/
      (ノ      リ  >  ゝ-- '  <  リ     ,j: :/
             / l  }> - <{ /ヽ、   /イ
           /  、Ⅵ      l { / ヽ  ̄
          / ̄ \  /イ      ∨  /、_
        {::::::::::',  ヽ  {     /  / /::::ヽ
        l::::::::::::}   `ヾ 、   /_,..イ /:::::::::::}

じゃあ気のせいかな・・・。でも、なんか真美たちちょっと似てるかもね。声とかかな?」
双海真美 「>りんくん」
高槻やよい 「ごめんなさい!遅れちゃって
よろしくお願いします、うっうー♪」
できる夫 「案外抜けてる所が配役で来るフラグだったりしますねw<アチャ子」
水橋P 「能力なら既に超えてるがね…・>春香>しまむらについて」
南 倍南 「  x≦;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..-‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      
<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..-‐''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     
 ヽ;; ;; ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;x≦´゙/ ̄`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     >真美
   ヾ;;;;;;;;;;;;;;;,,=---‐;;/ ̄´  /      ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      
     ヾ,;;;;;;;;l 、   |;;|    ∠ -‐==、  ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      おい、その兄ちゃん呼ばわりはやめねぇかい。
      ,';;;;;;;, _\, ':|  , /   ・_ , = l  `;;;;;;;ji¨ヽ      
     ヾ;;;/´ ・ ゝ \  ', =´ ̄     U   |;;;;;;|,ィ -      
        ヾ  ̄´ /  `  ´´          |;;;;;;| ‐-、      俺ぁもうジジイの域だぜ?
          ',  /     ., ‐ - 、      /` |;;;;;;| l ,イ/;;;;    
             ` ‐- 、       ',    |! .|;;;;;;| {/´;;;;;    
         ヽ  ::::::´        ',    l!  |;;;;;;|‐ ´;;;;;;     せめておじさんとかよぅ
            )           l       |;;;;;;| 弋;;;;;;;    
             /                 |;;;;;;|  ',;;;;;;;    
            ゝ─┬‐‐ー - 、        ,.|;;;;;;|  ',;;;;;;    
            , -┴''" ゙̄'' 、.,_)      / .|;;;;;;|   ',;;;;;;   
             ` -‐‐、            /  |;;;;;;|  ,x≦三  
                 )          /::::... |;;;;;;| /三三三  」
島村卯月 「わ、わたしだって負けませんよ!端っこに積みまくる事にかけては!>ユウちゃん」
天海春香 「ちひろさんがこないだたるき亭で小鳥さんと飲んでて、「おか……ユーザーのためならこのちひろ鬼になる」っていってたってさー>卯月ちゃん」
双海真美 「アイドル増えた!やった!ユウちゃんもレンくんもアイドル枠だよねぇ?」
アチャ子 「アチャ子 さんが登録情報を変更しました。」
雪路GM 「>千早
その春香は千早をいじめたくていじめたくて仕方ないみたいね
気にせず付き合ってあげるといいわよ」
水橋P 「さて…水橋で来た以上水橋の本領を発揮する時が…」
できる夫 「           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ
          i(ー)  (ー )    |
          ゝ  __`____      j
         ` _`ー'´    /
         /    _    `i
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |
       ,|    |    |´  ハ
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
         (   (  ̄ノ `ー-'′
まぁ頑張るとしますか」
南 倍南 「           __ __ __ _____       
        , . .. .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. . \     
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉    
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     ……ボトムズ?
    l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      
    l:::::::::::::::::::::::::::「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |:| ̄ ̄|::::::::/      
    l:::::::::::::::::::::::::::l ─- 、    リ     |::::〈      
    l::::::::::::::::::::::/   __`ヽ     ∠ 〈::::/         ……むせるのか?
    l:::::r‐-、::::::|      ̄  \ / ̄  V         
    l:::::|   l::::|          |    l         
    l:::::|   l::::ト、         |    !        
    l::::::\ l::::| ヽ    /  ___」    /         
    l:::::::::::ヽ|::::|  ',  /       /          
    l:::::::::::::::|::::ト、   /       /          
    l:::::::::::::::|::::l \   r‐  ─- /           
    l::::::::::::/l:::::|   \   ´ ̄ /i            
    l::::::::::/ l::::::|    \ __/::l            
    l:::::::/  l::::::l         i:::::::l           
    l:::::/  l:::::::l         |::::::l            」
天海春香 「おっと、やよいもいるんだぁ。
765プロアイドルとシンデレラの大集合だねっ!」
ユウちゃん 「ちっちっち~、ユウちゃん積みの凄いところは、何だかんだで5連鎖行くこともあって、
無理でもフィーバーが狙えるところなのだー!>卯月」
島村卯月 「ちひろさん……」
楊菲菲 「やっぱりアイドルいっぱいが楽しいネー?」
鏡音レン
 ',  //     /}}     }、      \ __ >
ー=彡 '    ´ ̄`メ |     / \ー=ニ _≧=-  >真美ちゃん
\/   x≦一 ´  |   ′ ⌒ヽ ヾ  ヽ
∠-‐≪ /┌笊テ¨ミメ、 /    j∧  }i   :.    あ、そだね、確かに声が似てるかも
γ⌒メ〃 {{ {i::::`1}   j/   xそ¨ヽ、', |   |
 / う}   弋zシ      {i:::`1 j/∧ l   |    今度一緒になんかの曲を歌ってみたいね
 ゝ (_  "'〃/`7`〟       辷"  /うヘト . {
ヘ ‐-{             〉"〃厶イ     `    もちろん僕もアイドルだよ
 レ}` 込      __       ′ `
__,//レく\    (`ー-   ¨ア   ノ
ニニニニニ\丶、 `    ´  /
ニニニニニニニ‘, 丶
ニニニニニニニハ   >=<」
双海真美 「んっふっふ~、日本語まだ不自由だったりして!>押し間違い>菲菲ねえちゃん」
射命丸記者 「さあ、皆さんは一体どんな素顔をみせてくれるのか。
楽しみですね!」
水橋P 「かなり…むせます>南さん」
星井美希 「おっと、みんな準備できたみたいなの。」
高槻やよい 「えへへっ
新しい子もいっぱいいるみたいですね、楽しみですーうっう-♪>春香さん」
天海春香 「フェイフェイちゃんもよろしくねー♪
むふふ、今日はなにしてあそぼっかなぁ……?」
島村卯月 「うわ、すごっ!?なんか勝てる気がしません!>ユウちゃん」
鏡音レン
          ,ィ  ト.
        / .|  | `、,........__      _,../|
         ヽ,.ゝ' l  \._ >'´ ̄ ̄,. -‐ /
      ,. '´   ,.ゝ.  ヽ、フ. , ,. '´     /
.     | ,   / ,..-ヽ、     { (     _/    なんで、アイマス村でボトムズの名前が
     l/ヽ‐-'--'-‐ '´     /  、 '`ヽ、__
     <_i`‐ァ、 ___... -‐ 'ア ノ  \-、-‐'´
     | =`<./ ─  u   u/,.イ    ト-`=-    むせる・・・・
      l.ll ll.||| ○ u   ─  | ,   |
     ` ‐-< u    u ○ /ヘ     |
        `、_>、  u┌┐ u ./ ,ノiヽ.  ',
     /:.:.:ヽヽ、 └┘ /-へ.| `ヽ、ヽ
    ,ヘ\:.:.:.:∨.`‐‐  ´         ̄
    /  \\_:ヾ ̄iヽ、」
できる夫 「       ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\
    /   ( =)  (=)\
    |  u    ___´___   |
    ヽ、    `ー '´  /
     ノ          \
課金騎兵モバマスで検索するといいかもしれませんね、ニコニコの垢が要りますが<プロ」
雪路GM 「>美希
それじゃカウントお願いね!」
天海春香 「おー、やよいは今日も元気だね。
よーしあれやろうあれ!>やよい」
アチャ子 「ねー、でも割と狩人ってこの村だとGJでたかわからないからちょっと不安ではある気がするわね。
…よし、できる夫君。貴方狩人やりなさいよ!(きっ>できる夫」
島村卯月 「隣はやよいさんにベイスたん・・・両方かわいいかも」
ユウちゃん 「もっちろんで~す! 幽霊アイドルのユウちゃんだ~!(嘘)>真美」
如月千早 「そう>春香

どう付き合えば良いのかしら?>GM」
双海真美 「兄ちゃん意外とかわいいから兄ちゃんでいいと思うよん♪>南兄ちゃん」
星井美希 「じゃあいくよー?」
ベイスたん 「ボトムズって漢の世界って感じやよ かっくいー」
南 倍南 「            ___         
         弋_:::::::::::_ハ        
            { ‐ァ - }::i        ……綺麗どころが集まったはいいが……
           八└ 、 }::|       
            {:::::>ニィ::::|        
          ,ィ:爪! /厂\        いかんな、とてつもない場違いオーラが
            / / | レ'/: : :i :ヽ     
        /: :!: :i/:/: : : :}: :∧     俺から迸ってるぞ
          / : :{ :/:/: : : : :| //∧    
.      /: : : :V:/: : : : : :| //: : \  
.       / : : : : :rチ======仏: : : : : :ヽ  
      { : : : : : ヒ三三三ミ」八 : : : : : }  おいできる夫、ちょっと助けろや
     ` ̄ ̄ |: : : : : _/ |   ̄ ̄´  
             |: : : : : : : |        
            |: : : : : : :.|        
           l : : : : : : |       
          l: : : : : : :|        
.            |: : : : : : |        
.           |: : : : : :.|       .
             l : : : : : |        
            l: : : : : :|        
           └‐ッ‐=1ヽ      .
           ,ノ{_ 」_ノ       
           に二 ブ         」
雪路GM 「>千早
占い騙りを遺言でしてたわね

まあ、暖かく見守るとか」
鏡音レン 「【占】


【霊】


【共】

【吊】
→→→→→→→
【噛】
→→→→→→

【完全グレー】
◇できる夫 ◇アチャ子 ◇ベイスたん
◇ユウちゃん ◇三浦あずさ ◇南 倍南
◇双海真美 ◇天海春香 ◇如月千早
◇射命丸記者 ◇島村卯月 ◇星井美希
◇楊菲菲 ◇水橋P ◇鏡音レン ◇高槻やよい 」
できる夫 「回ってきますかねぇ・・・?<アチャ子」
星井美希 「さ~ん」
楊菲菲 「こ、これでもかなり勉強したダヨー!ふぇいふぇい日本語ペラペラダヨー!>真美サン」
水橋P 「プロローグ
ガチ勢とエンジョイ勢……
この2つのプレイヤー層は原因も定かでない有料DLCとの戦い5年も続けていた。
初めは小さなお楽しみ要素だったが、俺が参戦する頃には戦線が拡大し、2つの層に属する100万以上のPが戦火に巻き込まれた。

俺は戦った。
はじめは、俺達が楽しめるアイマスのためと信じて戦った。
だが、戦いは長引くばかりで 終わりがなかった。

俺は疲れた――誰も彼もが疲れていた――

“PS3版アイドルマスター”戦争も末期、Pは新たなフロンティアである携帯ゲームに参加していた。
だがそれは、他のプロデューサー達からアイドルの衣装を奪い合う不可解な戦場であった。
ローカルオーディションでSレアを引き当ててしまったPは、かつての同志から追われる身となり、
LIVEからLIVEへ、イベントからイベントへ……幾多の戦場を放浪する。

来週も、アイドル達と地獄に付き合ってもらおう。」
鏡音レン 「とりあえず、こんなのを落としておくね
よかったら使ってね」
天海春香 「うん!
ってねー千早ちゃーん?ノリわるいよー?
ここはさー?胸と背中が同じ厚さだってシーンだから「くっ」っていうところだよー?ねー?」
星井美希 「に~」
ユウちゃん 「運と偶然を味方につける、それがユウちゃん積みの極意!>卯月」
南 倍南 「       ,x≦;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\               
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',              
     刈;;;;;;;;;;x=≦ ̄ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',             >真美
   __ゞ;;;;;/      {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;             
    {;;;;==斗'   x ´ ̄ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧             
   1;;!   ,'  ,ィ       ≧x;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧            まぁ……お前さんがそれでいいなら、固ぇ事は
.   |;;|   ┐ ___ _       .〉;;;;;;/ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧           
.   |;;|.   /   ̄ `      l;;;;;;;|ヽ ヤ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧          言わねえがなぁ。
.   |;;   /   ヽ        , l;;;;;;;| l! !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧         
    ヾ  /         / !;;;;;;|{,..イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧        
     | ゝ‐,        !   !;;;;;;| l!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧        
       <    _, ゝ  |   !;;;;;;| ヾ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧        
         `  ̄       |   !;;;;;;|  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧       
         ヾ,:::         , !;;;;ソ  ∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧      
.           }     / /;;;;/  /.∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧     
            ヾ:..____ 入  ,';;;;/ .////.∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧     
                  ', /;;;////////.∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧    
                ヾメ ////////,ィ..∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧   
                    /∥////// ,イ///..∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧  
                  ///リ//// , イ///////≧x;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  
              __////│/////////////////\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| 
           ///////.│ イ //////////////////\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  
.           /////////∥/////////////////////\;;;;;;;;;;;;;;;;|!  
           /////////,ィ//////////∥//////////////`、;;;;;;;;;;;i!  」
高槻やよい 「あれですね!
はい、た~っち!>春香さん」
星井美希 「い~ち」
双海真美 「長い!産業でっ>水橋っち」
アチャ子 「ボトムズ村ってスコープドッグとかいそうよねぇ、狼とか滅ぼせそうだけど。
でも日本語訳で底辺達ってアイドルには…!」
天海春香 「たーっち!いぇい!>やよい」
南 倍南 「なるほど、あとで調べてみるぜ>できる夫」
星井美希 「はじまりはじまりなの~☆」
双海真美 「いっくよ~ん☆」
如月千早 「レンさんはかっこいいですね」
南 倍南 「ロォーーーン!!」
ゲーム開始:2012/06/11 (Mon) 22:33:00
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
射命丸記者 「やあやあ、こんばんわでございますよ。」
島村卯月 「うわぁ・・・ひきたくないものひいてしまいました」
島村卯月 「よろしくです。」
南 倍南 「……四条にくると毎回狼な気がするんだが。
まあよろしく頼むぜ」
南 倍南 「綺麗どころのねーちゃん2人か。ヤロウがこなくてよかったかもな」
射命丸記者 「さ、誰が騙るか決めましょうか!」
島村卯月 「えぇと・・・南さん騙りますか?正直グレラン初日吊り候補の予感がします」
「◆雪路GM はい、みんな適当に頑張ってね!
何かあればGMまで」
島村卯月 「そんな、綺麗どころだなんて・・・わ、私なんてまだまだですよ!」
南 倍南 「うむ。このメンツはやばい気がするな?」
射命丸記者 「ちぇきちぇき」
「◆雪路GM 四条劇場の特徴おいておきますね^^
http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/24.html」
南 倍南 「しかしそこを敢えて挑むのが玄人よ。
他に語りたい奴がいねぇなら騙るが」
島村卯月 「私は占い理由だすの苦手なので騙りやめときます。」
南 倍南 「ふむ、じゃあ俺が騙りでいいのかい?」
射命丸記者 「あ、わたしはちょっと遊びたいので潜伏がいいですね」
島村卯月 「大丈夫ですよ!お願いしますっ」
射命丸記者 「どうぞどうぞ」
南 倍南 「んじゃま、がんばりますか。
超過2分ぐらいで噛むぜー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
雪路GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
雪路GMさんの遺言                      /              \       \
     , -─ - 、           , '        /ヽ          ヽ         \
    /       ヽ       /       /     ' ,         ',          ヽ
   ,'   ─┐O   ',      / /      , '     , -─     i        ',
   i    /    i     ,' /   /__ /    /   ', ',    ', l        i
   l    は    l     i ,'   / / `ヽ        ', ',     i l        l
   l    ぁ    l     l i   ,' /        Tて  ̄イ i     l l  ',      l
   l     )    !    l l   ,' , Tてイ     L::::::::ノ ', l    ll⌒ヽi l    l
   l    (    ,'    l l   i ,' !:::ノ         Ζ z i l    lへ ll l     l
    ',          /     ! !    ! ,イ  i            ll     ト、 l l l    l
    ヽ、___,.へ、   l l   l ,' l               l   ilノ / il l   l
                   l !    l  l   , '  ̄`ヽ       l   ll_ ノ  l l. l    !   おさらいよ
             ,- 、 ノ   l ,' ヽ  i      ',      イ  ll i   l l l   l
             ( _.ノ  l   l イ li \ !      i    / il   ll li l l   ll  l
        r二二二二'ユ   l  li l l l l \     ノ ,  '´  lイl  ,' l l l !   l',  l
       l ____ l   l  ll l l l l o` ‐-r‐ ' ´      l/ァリ ! l l ,'   l ', l
     r ' ´ ノ ∧   ハ    l l !  l l  ',!, - '´:.l      /: : : lノ ! /   ! '!
     !, - ' ´ノд゚)ノシ', ヽ  ',! ,  ',!' ´: : : : : : l    /: : : : : : :l、
     「, - ' ´ノ プ   ト  l    ハ: : : : : : : : /l  /: : : : : : : : :/: :` ‐ 、
     ヽ、 イ_:ノ  汁 l  ノ  ,.-/: : '; : : : : /      l:ヽ : : : : : : /: : : : : : : :` ‐ 、
      ヽ'´_ノ__ j イ/: :/: : ; :i: : :, イ `   , -‐l: : \: : : :/: : : : : : : : : : : : : \
       l______l /:l : : /:/: : 」:/:::::::` ー--─l: : /: :\/: : : : : : : : : : : : ;. -─ヽ
         l ';:` ‐-‐'´: l: : : : : : 「: :/:::::::::::::::::::::::::::::l: /: : : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : ',
         l: ` ‐-‐'´: :l: ';i: : : : :l: /:::::::::::::::::::::::::::く: / : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :i

【三行まとめ】
突然死・村人騙り・ゲーム放棄ダメ絶対。
アイマス村だけど、誰でも歓迎。
楽しく自由に人狼をしましょう。
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
「◆雪路GM 与えられた役割に文句言わない!>犠牲者」
如月千早 「おはよう。役職の人はCOをお願いします。」
三浦あずさ 「皆さんおはようございます~♪
今日もいいお天気ですね~♪」
鏡音レン 「はーい、おはようっとそれじゃあ
占い師さんはCOをしてくれるかな

まずは占い師のCOの確認基本だよね」
ベイスたん 「おはようやよ。
ベイスターズではファンクラブ絶賛募集中やよ!
皆で応援しにきてほしいやよ。
星井美希 「じゃ、美希はオフだからゆっくり過ごしてるね?
誰か遊んでくれる人いないかなぁ。」
双海真美 「おっはよ→ん!
みんながんばろうねー!」
天海春香 「おっはよー!はるるんだよー♪
千早ちゃん、それじゃ、いつものアレいこっか!

せーの!」
島村卯月 「おはようございます!」
できる夫 「おはようございます」
高槻やよい 「おはようございます!
島村卯月さんに可愛いって言われちゃいました、うっうー♪
でも、卯月さんの方こそ
普通・・・じゃない主人公オーラみたいなのがあって凄いかなーって!」
ユウちゃん 「表しかない(うらない)CO! レン君は○だー!」
南 倍南 「玄人の俺が占いCOだ……

できる夫は ○だ!」
三浦あずさ 「役職さんはお仕事お願いしますね~♪」
ベイスたん 「占いさんのんびりやよ」
射命丸記者 「おはようございます!」
天海春香 「……せーの!>千早ちゃん」
アチャ子 「世界大戦末期、ドイツは「ヤークトティーガー」なる世界最高クラスの戦車を持っていたの。
その威力・タフさはどれをとっても他の国の戦車より圧倒的に上だったわ…しかしドイツはそれを動かす燃料がなく敗北した。
…と、いう事で燃料切れには気をつけてね!
おはよう!
占いはCoよろしく!」
南 倍南 「占い理由

俺と同じで綺麗どころなねーちゃん達を見に
やってきた仲だからな。ここは最初に占いてぇところだぜ。」
水橋P 「なんだよ今日も遊ぼうと思ったのに!
占いCO卯月ちゃん●」
ベイスたん 「霊脳さんもでてほしいやよ」
如月千早 「……あれ?ってなに?>春香」
双海真美 「ちょっとミキミキ!頑張ろうっていったとたんに!勝手にオフ過ごしちゃだめだよ~!」
ベイスたん 「うっわー 遅い●」
できる夫 「おや、早速○を貰いましたね
それで占いは2でしょうか?」
水橋P 「理由:モバマス勢から行こうかねフェイフェイと卯月ちゃん…
卯月ちゃんにしよう」
三浦あずさ 「占いさんはお二人ですか~?
霊能さんと共有さんはお仕事してくださいね~」
如月千早 「えっと、遅い●だけど、どうしようこれ」
鏡音レン 「占い師さんが2COは確認したよー
それじゃあ、霊能さんはどーぞっと」
ユウちゃん 「レイ君がお休みだからねー! こっちの弟を占おー!」
楊菲菲 「オハヨーゴザイマース!占い師は誰ネー?」
星井美希 「●が遅すぎてどうしよう、なの。
とりあえず霊能潜ってていーよ」
高槻やよい 「占いさん2・・・と思ったら3ですね!
そして・・・卯月さんが、●・・・!?」
できる夫 「うーんちょっと●が遅いですねぇ・・・」
南 倍南 「……ちっ! 遅い●かい!」
島村卯月 「主人公オーラ・・・?
そんなそんな、私なんて春香さんに比べたら主人公度足りないですよ!」
射命丸記者 「三浦あずさに不倫熱愛発覚!?

アイドルの三浦あずさ(21)がどうやら不倫熱愛中らしい!
お相手は有名カメラマンのA氏。
Aは現在妻と子供2名の家庭持ちながらも職業柄若手女優やアイドルなんかと付き合いがおおい

そんな中グラビアの撮影中に意気投合。最近ではホテルのバーでいいムードを匂わせていたという証言もあり
これは波乱を呼びそうだ。
天海春香 「えー、あれはあれだよ、千早ちゃん。
千早ちゃんが最近考えた、ファンにバカうけのとっておきの挨拶があるでしょー?
あれのことだよー♪」
できる夫 「霊能COをします!」
双海真美 「占い3?島村さんが真っ黒だよ~!いつもどおり?」
如月千早 「ユウちゃんと南さんの灰だから吊っても良いんじゃないかなとは思うけど……」
ユウちゃん 「対抗が●出しだー! なら対抗は狂人目なので~す!」
鏡音レン 「>水橋さん
・・・●がものすごい遅い件について
なんで、そんなにCOが遅かったの?」
島村卯月 「ってうわー!?私黒ですか?」
アチャ子 「うん、2COで
ユウちゃんがレン君占い
南君ができる夫君占い
ね、把握!霊能共有もよろしく!」
如月千早 「あ、対抗霊能COしますね」
三浦あずさ 「うわ、●なのはいいけどすっごく遅いCOね~
まぁCOの有無を聞くことになりそうだけど~」
南 倍南 「霊能は潜っててくれよ? 」
ベイスたん 「えーと今霊脳でるべきじゃないやよ>できる夫」
南 倍南 「おおおおおいいい? できる夫ぉぉぉお!?」
できる夫 「他はでませんかね?霊能」
天海春香 「で、はいー?しまむらちゃんに●……だって?
これはどういうことだってばよ!>フェイフェイちゃん」
ユウちゃん 「とっと、南さんを見てなかったぞー!そっちが狼目だね!」
射命丸記者 「島村さんに●!?
では吊り先は決定ですね。」
鏡音レン 「・・・3-2なんで霊能ロラでいいと思います」
水橋P 「遅かった理由、ある意味単純なミス他の情報整理してた」
できる夫 「霊能撤回 共有をCOします!」
星井美希 「まあ良いの。霊能2人出たなら結果おーらいって感じなの。」
高槻やよい 「卯月さんが、●・・・!?
まさか、SRになれなかった期間があまりにも長くて、暗黒面に堕ちちゃったんでしょうか・・・///」
如月千早 「いえ、どう考えてもでるでしょう
でたくなかったですけど」
島村卯月 「えぇとですね、その・・・
吊ってくれて構いませんよ。初日ですししょうがないと思いますし」
双海真美 「あ、二人でた!3-2!?全然初心者に優しくないよ~!?」
南 倍南 「って霊能2COかい!?」
ベイスたん 「んじゃ共有CO するやよ。
相方霊脳交じり」
アチャ子 「む、遅いけど●でてるわね…
卯月ちゃん、COあるかしら?>卯月ちゃん」
できる夫 「なので3-1です」
如月千早 「…………えっと共有さん」
星井美希 「卯月はごめんなの。けど村のために吊られて欲しいの。」
如月千早 「あの……」
天海春香 「で、でたー!千早ちゃんの霊能COだ!
これはもう、信じるしかない!
だからもうあれだね!あの挨拶をいまこそ!」
双海真美 「あ、共有さんだった!これなら少し安心できるかな。」
三浦あずさ 「ふむふむ、3-1-1まで把握よ~
共有相方さんは生存してらっしゃるかしら~?>共有」
南 倍南 「びっくりさせんなよぉ……心臓に悪いぜ……>できる夫」
ユウちゃん 「えー!?●出しなのに霊能が2人も出たぞー!?
どうしようどうしよう? 私は●吊ってもいいんだぞー!」
射命丸記者 「普通に3-1-2になりましたね。
はぁーどっこいどっこい」
水橋P 「ベイスたんとできる夫が共有ね」
高槻やよい 「あ、共有撤回で、霊能さん1になりましたね
3-1ということですね」
鏡音レン 「ああ、共有の霊能呼びだったんだね
そんじゃま、千早さんがほぼ真でみていいやこの形なら」
できる夫 「FOですね・・・さて●はどうしましょうか」
如月千早 「ど、どうしましょう私……こんなときどんな顔すれば良いのか……」
星井美希 「……ダメダメなの。具体的には撤回しない方が良かったの。」
島村卯月 「SRになれなかった期間の事を言われた・・・でも私頑張ってますもん・・・(いじいじ)>やよいさん」
ベイスたん 「狩人さん苦労かけてごめんやよ。
霊脳さん護衛するも、占いさん護衛するもまかせるやよ。」
南 倍南 「んあ、って事ぁ、俺は無駄占いってワケかい。
ちぃ、絡み占いはすべきじゃなかったか」
双海真美 「卯月おねえちゃん・・・ごめんね。
村の未来は真美におまかせあれ~!」
天海春香 「ってことで狩人さーん♪
すっごい悩ましい二択へGO♪

キヒヒヒヒヒヒ……ここは遺言ないから、こういうこともあるある~♪」
島村卯月 「皆さんのためならしょうがないですよ。>美希さん」
三浦あずさ 「ああ、結局3-1-2ですね~♪
それなら島村ちゃんのCO待ちね~」
ユウちゃん 「っと思ったら共有! これで霊能は1人だ!なら●吊りでいいんじゃない?
私にとっても灰なのだー!」
星井美希 「春香!春香なんかおかしいの!なんか外道っぽいの!」
如月千早 「わ、私頑張って朝一番で●がでても噛まれないように頑張ったのにー!?」
アチャ子 「ふむ、COなし。
ここであえて対抗霊能した千早さんは真でみていいんじゃないかしら。

まぁ南君視点無駄占いになったけどGJ!>できる夫君」
鏡音レン 「そんで、ユウちゃんユウちゃん!
レイ君ってだれだ」
ベイスたん 「んじゃ卯月さんCOないそうなので、そこ吊りでたのむやよ。」
できる夫 「ま、そこは運ですね ●引きか銃殺で真を証明していただきたい<プロ」
天海春香 「っことで、しまむらちゃん、もうすぐ限定SRとしての役目も終わるにあたって
何か一言最後にっ!」
水橋P 「なんだよもう課金騎兵のコピペしようと思ってたのに…」
星井美希 「千早さん……噛まれないでね?美希、千早さんの歌もっといっぱい聞きたいの。」
鏡音レン 「島村さんはポンポン
僕は島村さんのこと大好きだったよ」
射命丸記者 「これは…
天海春香さんと如月千早さんの間になにかありそうですねえ…」
島村卯月 「それに村の皆さんのために自分が矢面に立つってアイドルっぽくありませんか?
こういうのも悪くないかなって私思うんです!あくまでぽじてぃぶ、ですよっ」
ユウちゃん 「私の弟なので~す!>レン君」
双海真美 「あずさお姉ちゃんもやるねぇ~。運命の人が既婚者?>文ねーちゃん」
高槻やよい 「ああっ!?ごめんなさい!;;>卯月さん

えっと・・・吊られてしまっても、
今の卯月さんは、間違いなくモバマスのメインヒロイン、シンデレラガールです・・・っ!」
如月千早 「美希、私頑張ったのに……どうしよう、共有に引きずりだされちゃった……>美希」
アチャ子 「で、今日はCOもないし卯月ちゃん吊り。
じゃ、狩人さん頑張ってね!ここで死体無なら多分GJ(きっ」
天海春香 「頑張った感がすごい!
でも千早ちゃんかーいいから100点!
真面目さが……ハァハァ……かーいいよぅ……」
南 倍南 「了解、●吊りだな。狂狼の特攻にしか見えねえが……
まあ霊能の色さえ見れりゃあ大丈夫だな。」
三浦あずさ 「まぁ占いさんはできるかぎり個人が特定できる占い理由はお願いしておくわね~
できれば占った動機とかも書けるならかいておいてくださいね~」
星井美希 「せめて体操服とブルマの姿で吊ってあげるの。>卯月」
楊菲菲 「卯月サン…●なら仕方ないダヨ…」
ベイスたん 「アチャ子はチェックやよ。
●出しで霊脳出ることで真をみる
なぜ噛まれること心配しないやよ」
鏡音レン 「それじゃあ、みんなまた明日、会える事を祈ってるよ」
できる夫 「霊能には申し訳なかったですね・・・」
如月千早 「春香は落ち着いて」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
星井美希0 票投票先 →島村卯月
双海真美0 票投票先 →島村卯月
如月千早0 票投票先 →島村卯月
できる夫0 票投票先 →島村卯月
水橋P1 票投票先 →島村卯月
ユウちゃん0 票投票先 →島村卯月
南 倍南0 票投票先 →島村卯月
鏡音レン0 票投票先 →島村卯月
アチャ子0 票投票先 →島村卯月
三浦あずさ0 票投票先 →島村卯月
高槻やよい0 票投票先 →島村卯月
島村卯月15 票投票先 →水橋P
ベイスたん0 票投票先 →島村卯月
天海春香0 票投票先 →島村卯月
射命丸記者0 票投票先 →島村卯月
楊菲菲0 票投票先 →島村卯月
島村卯月 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
射命丸記者 「こまりましたぁねぇー」
南 倍南 「いかんなぁ」
南 倍南 「●が出て、俺の○が共有だ。こりゃきつい」
射命丸記者 「 」
射命丸記者 「 」
南 倍南 「まだ水橋が真と決まったわけじゃねえが、可能性は高いだろうな」
射命丸記者 「まあ、どっちか噛まないといけませんなあ。」
南 倍南 「 」
南 倍南 「 」
射命丸記者 「 」
南 倍南 「どうしたもんかな。おそらく護衛は霊能だとは思うが」
射命丸記者 「水橋さん言ってみます?」
南 倍南 「おう、即抜きだな? 
んじゃ適当なとこに○射つか」
射命丸記者 「あいーよろしくおねがいしゃっす!」
射命丸記者 「 」
南 倍南 「というわけで囲いはいらねえな? 」
南 倍南 「ちょっくらロラされてくっからよ!」
射命丸記者 「hうぇいy!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水橋P は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
島村卯月さんの遺言               ,.-‐ ´- `_` ‐- 、
           _ - ´      ` ‐、   ヽ
         γ , γ´ ` ‐-、   ヽ- 、 ヽ
         l' γl  i \   、\  ヽ  ヽ,ヽ
        l .γ/ ,-i \ヽヽ'\ヽヽ  ,ヽ`-_l l-,、
        l  | || .|.l lヽ\ ヽヽ\ヽヽヽ  l >l) ))
       l  | || | l ヽ\ヽ\, -l´  ̄` | ヽ.彡,|彡
        l | || '|_ll-‐‐      -‐。 、' l '| ノ ll .|
       l |l .lγ ll _ _-_    ´l.l_ .ll i  ,l .ト、 |.l'| l
         .l |'i l l vγ'( .゚l`    '- '-.´ .l | l |.l |.l
        l .l ヽl v l_ヽ-'         .7l.l.'.i | l| l
        .l l .(v'ヽ.     ’      ト ´l | ||| l
        .l.l .`‐-ヽ.    -‐‐ ´7   ノ| |l'| | |l.| l
         ll l| |  .|ヽ _.  `‐ -‐' _.-´l l .| | '| |.| l
         ノヽ..ノ l .|  |` i‐- ._ _-´ |_ | |ノ .| .| l | l 'l
         ノ./'ヽ ./|/_ /`┐ ┌ '´ ヽ_ l .| l ll l | .l
        .ノ /./ λ.-´く/` ‐-__ノ-‐ ´| / ` ソ ,ノ-l ll l ,ヽ
      .ノ.ノi'´T´7`',-|/ .`-( .)っ  |`'ノ、 ノ / /'ヽ | 'ヽ
    _.-‐ /l l  | 三‐´く -‐ー7'ヽ‐- _ 」 > '>∠` |  '|ヽヽヽ_
 _- ´ γ /,/  .|i'    `i-、 ./ |゚ .> _ -´ / ノ l   .l ヽ `‐`_‐-i、
(   ./ /_ .l   lヽ   .ヽ ヽヽノ .> .γ  / i l    ) ヽヽ  `、l )
  , -‐ ´./|  /, -'ヽ   .ヽ  ./  /l /   l     l ) )、 ヽ  ) /
 .(   ,// .l  .l |mbgaト.、 'ヽ/  _( ヽ    l     lヽ ヽヽl l l
 ヽ  / .(i .|   l '>‐_‐< `‐-_ ヽ_./ 'ヽ ヽ   .l'     l )  / (
  `ーヽ '| .|   l `.‐.´    ` -|    ノ    l'     l ' /
      l    ヽ     .-○ .|   .‐´    λ     | (

きらめくステージに・・・やっと立てました!
水橋Pさんの遺言       __,,,,,,,,,,,,、
    ,-〈<o 、   `ヽ、
   /く,ニゝ、  j─-、  `'''''''''-、
   ヽi'´゙j´ ヽ / -‐i ,,-‐‐ 、  \        ,,-─- ,,,,,,_
      ヾ    ''´    ''´`ヽi─ヾニ==彡彡∠_,,,,,────二二二二─────--/ ヽ__
       ヾ          i/ i i ヽ j j ヽ三i三ニi‐-i-i ,,,,,_          ,,,,-‐''''´ ヽ /jニゝ-二ゝ 、
        ヾ     ,' ,' ,'   / i i.i i i i iヽニi二i二i二iニニiニi三ニ >-‐''''''´´   ,,,∠ニ/ /jj二iニニi二i_j
         i    ,' ,' ,', '     i  i  j j/ j 、ヽヽヽ-iニiフ-''''´´´      ,,,,∠二iニ/  /jj二iニi-i‐フ
         ヾ   ,' ,' ,'   /   i  i    i iヽi i i i/        ,,,-∠jニニj二 /  /jj二j-''─'''´
          ヾヾ、、 / /   ./ /  ./i   j i  ii〈       ,,,,-'''´   jj j j ./  /jj>
               ヽ    /  / 、 i i / i/ ii i ヽ、___/フ──>-'‐'''' ̄7  iヾ´
                ヽ j     ヽ ヽi i,,,,,,,,,,,,,,--、jj_,,,,-‐‐‐'''フ  jヽ    /  /ヾ
                 ヽヽ/     /彡             / /jj    / /jj
                 i ヽ    `j               / /jj     /. /jj
                 .j  j    ,,j              / /jj     ./ /jj
                 .i  .i   彡j             / /      / /jj
                ノ   ヽ   /             j,,,,-、 ̄ヽ、  / ./,,、
              /ヽ/ ,-'''´_  /                 ̄ ̄ 〈 /ニj、゙二>=ヽ
             ´ ´´フ-∠_/                      ̄

タカ! トラ! バッタ!

タットッバッ! タトバ、タットッバッ!!

なぜこれにしたかは本人にもわからん
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
三浦あずさ 「皆さんおはようございます~♪
今日もいいお天気ですね~♪」
星井美希 「じゃ、美希は今日もオフだからまったり過ごしてるね?
今日は服でも買いに行くの。」
できる夫 「おはようございます」
アチャ子
◇ベイスたん 「アチャ子はチェックやよ。
●出しで霊脳出ることで真をみる
なぜ噛まれること心配しないやよ」

えーっと、逆に聞くけれど。霊能噛まれてたらどうだっていうのかしら?と。
基本的に狼の行動は二つに絞られるわ、
狩人を探して真占いを噛みに行くor霊能を噛んで占い信用勝負と行く
だから霊能噛まれてたら占い信用勝負でいいんじゃないかしらね、少なくとも千早さんが偽霊能だったって事にはならないでしょ?

もう一つ、ここで共有が霊能アーマーしてきた。
で、明日出た霊能は正しい。だって潜るだけで吊られないしライン繋がりも確認できる。
…でも貴方、それを信じきる事できるかしら?>ベイスたん

さて、おはようよー
占いはCOよろしくね」
高槻やよい 「おはようございます、うっうー♪
卯月さんは果たして○だったのか●だったのか
その結果は見られるでしょうかっ・・・」
南 倍南 「玄人の俺が占いCOだ……

三浦あずさは ○だ!
ベイスたん 「おはようやよ。
ということは●やよね?」
三浦あずさ 「役職さんはお仕事よろしくお願いしますね~」
天海春香 「おっはよー!
さてここでフェイフェイちゃんが元気にステキな挨拶をしてくれるよ!
せーの!
楊菲菲 「オハヨーダヨー!」
如月千早 「●」
双海真美 「おっはー☆水橋のにーちゃん!」
できる夫 「千早さん結果をお願いします」
鏡音レン 「はーい、おはようっとそれじゃあ
占い師さんはCOをしてくれるかな

まずは占い師のCOの確認基本だよね

おはよう!それじゃあ占い師さんは結果をだしてくれるかなって

3-1の形なんで基本、真占いはいるとみて
水橋さんが死んでるか死体無しが出てるかの話かなと思ってます

灰は、まあ楊菲菲さんどうしうかって話」
南 倍南 「占い理由

三浦あずさ(108)

「まぁ占いさんはできるかぎり個人が特定できる占い理由はお願いしておくわね~
できれば占った動機とかも書けるならかいておいてくださいね~」

これが灰で言えるたぁ、気に入ったぜ。こういう生真面目なところが村なら心強いけどなぁ?
ちと疑がわせてもらうぜ? どっちかっつーと狐よりだがな」
天海春香 「さて、真面目に考察するね!
千早ちゃんは、ホンモノの霊能さん!
そして、千早ちゃんは鉄板だから、狼さんは噛めない!
つまり、狩人は占い鉄板で千早ちゃん……じゃない鉄板だね!

あとやよいはだめだよー?
ほら、人には触れられたくない過去があるんだよー?
そんなこといってると後ろから本田ちゃんが恨めしい目でやよいをみるよー?」
射命丸記者 「おはようございます。」
如月千早 「正直ね、占い吊っちゃいましょうって気分で。」
ユウちゃん 「射命丸 ○」
射命丸記者 「あの有名アイドルの天海春香に同性愛疑惑!
お相手は765プロの歌姫こと如月千早!

関係者の話によると、天海春香さん(16)と如月千早さん(16)は仲がよくて有名なのだが
先日この二人が如月千早さんの部屋から出てきたというのだ。

まあ、コレだけならよくある話。特に天海春香さんの住まいは遠いためよく泊まっているとのこと。
だがしかし、部屋から出てくる際に天海春香さんにはキスマークがついていたり
事務所内でキスやあまつさえセクハラにも近いスキンシップを繰り広げているという。

もしこの証言が本当なら765プロ切手の大騒動に間違いない!」
三浦あずさ 「なるほどね~…
となると残った占いさんどうしようかしら~♪」
天海春香 「み、みずはしぃぃぃぃ!」
鏡音レン 「あ、うん水橋さんかまれてるならそういうことだと思うよ」
南 倍南 「んな、占い即抜きかい?」
ユウちゃん 「発言のアラを探すにはちょっと情報不足なのでーす!
というわけで、発言数の少ないところを占いまーした!」
鏡音レン 「霊能結果●だしねと」
高槻やよい 「はわわ、卯月さん●だったんですね
そして、●を出した水橋Pさんが噛まれてしまいました・・・」
ベイスたん 「んじゃ1W吊れてる形やよ。
占いきりは急ぐ必要ないやよ。
ただ狐にも警戒しながらやよ。」
楊菲菲 「え…えっと…ニーハオダヨー!」
如月千早 「アチャ子吊りたい」
双海真美 「噛まれで、結果も●。
これは水橋のにーちゃん真かな?
その場合は狼は信用勝負を捨てたってことになるけど。」
ユウちゃん 「ごめんねー! ちょっと回線が悪くなったよー!!」
天海春香 「ってことでー、だーめだよぅ?占いさん2人はさー?
ちゃーんと呪殺かんがえないとねー?これはさーぁ?」
鏡音レン 「◇南 倍南 「んな、占い即抜きかい?」
まあ、これ言えてるんで
僕は倍南さんの真を一切見ない」
できる夫 「ふむ・・・ならばこの噛まれ占いは真狂と・・・
しかも特攻よりも真目な感じですね」
南 倍南 「あー、俺視点、狂の特攻がブチあたったとしか見えねーんだが、
村の意見はどうだ?」
星井美希 「んー、水橋P真だったのかなー?
まあ、即抜きするなら囲わないんじゃない?って気もするけど
グレランするにもびみょーなの。」
双海真美 「ひっ昼になっただけ!?>菲ねーちゃん」
射命丸記者 「なお神戸にはすでに断りの電話を入れた模様。」
三浦あずさ 「ああ、一応初心者村だから誰が吊られたかを書いたほうがいいかもね~♪>千早ちゃん」
アチャ子 「あ、占い真とみて即噛みの方向忘れてたわ。
まぁライン繋がっても狂誤爆の可能性もあるし●なら占い残しときましょ
狐対策になるしねー。」
天海春香 「◇楊菲菲 「え…えっと…ニーハオダヨー!」

100点!こんながんばるフェイフェイちゃんを釣るとかあるかいやない!」
天海春香 「だよね、やよい!」
ベイスたん 「とりあえず、狼2匹つって狐とのグレラン勝負は簡便やよ。
そういう意味でも千早がいきててくれるなら、飼っていけばいいやよ。」
鏡音レン 「これなら、そこの占いはまあ、10-8で吊りでいいんじゃないってその程度
霊能の色をみつつかな」
ユウちゃん 「ありゃりゃ、霊能と繋がるかー!
でも身内切りとか3Wでするとも思えないし、誤爆かなー!?
ラッキーかもね!」
南 倍南 「そんなに変な言葉かね? >レン

ああ、占いって言葉か? 対抗、もしくは狂人と言えばよかったかい?」
如月千早 「うん、じゃあ共有には決めてもらうとして。
吊るなら両占いの○も吊りましょう。
そんな感じ。得に初日の○が気になるわ。」
星井美希 「ふぇいふぇいは頑張って喋ろうとしてるのはわかるの。
まだ慣れない日本語だから大変なの」
射命丸記者 「んー、真に近いと思われる占いが噛まれてますけどほっといてグレランでいいんじゃないですかねえ。」
天海春香 「そ・し・て・~
ちーはやちゃんっ♪(背中から抱きしめっ」
双海真美 「うん!その通り!はるるんちょっとおかしいけどよくわかってんじゃん!>菲ねーちゃん吊りはない」
如月千早 「なに?>春香」
鏡音レン 「うん、真占い師さんなら絶対でない言葉だよ>倍南さん」
三浦あずさ 「初日の○ってレンしかいないんじゃないかしら~?>千早ちゃん
アチャ子 「●出たのに占い吊るって狐はどうしたのかしら?必要ないと思うわ>千早

んで、今日はまぁグレランと。」
できる夫 「昨日私がCOした後に出てきて、尚且つ噛まれる心配をされていたので
千早さんは真目とみてみたいですね」
星井美希 「占い飼っておいて、もし銃殺が出るようなら
狂人誤爆だったって事で良いの。」
高槻やよい 「はわわっ!?春香さんごめんなさい!
わたしもSRになれない期間が長くて、つい・・・(涙)」
射命丸記者 「(かしゃーかしゃーかしゃーかしゃーかしゃー>春香さん千早さん」
双海真美 「レンくんは真面目だねぇ~んっふっふー☆
狼に噛まれちゃうよー?」
ユウちゃん 「まあでもこのラインと噛みで私の信用は下がっちゃった!
ならどうする?呪殺をがんばればいいのでーす!」
如月千早 「じゃあ吊って良いとます>あずささん」
天海春香 「だめだよー?そんなに固くっちゃ~さ~♪
ほらほら、スマイルスマイル♪(こちょこちょ>千早ちゃん」
ベイスたん 「今日はグレランでおっけーやよー
明日以降○つりたかったら開放もかんがえるやよ。」
楊菲菲 「みんな…アリガトーダヨー!ふぇいふぇいも真美サンには投票しないヨー!」
如月千早 「わざとらしいし南さん狼なんじゃないかしら」
天海春香 「おかしくないよ!
おかしいとしたらそれは有名なトップアイドルの天海春香さんだよ!>真美」
天海春香 「あ、あとそういうの事務所通してくださいね>射命丸さん」
南 倍南 「そうかねぇ? >レン
そこだけにこだわられて真切られたんじゃたまったもんじゃねえんだがなぁ
ま、いいさ。ロラ前に結果出せってんだろ?」
できる夫 「千早さん、アチャ子さんを吊りたいようですが何かありましたか?」
三浦あずさ 「まぁグレーにもどすとか宣言しておいてあげたらいいんじゃないのかな~とは
○一応ついてるから投票はしづらくはないでしょうしね~ってので>千早ちゃん」
星井美希 「いや、間違いなく春香はおかしいの。
だってアイドルっていうか外道っぽいもん>春香」
ユウちゃん 「まあ私としても対抗狼で見てるし、グレランでいいかな!」
双海真美 「ユウちゃんがんばって!真なら狐たおしてねー!」
如月千早 「あの、占い師さん抜かれてるんだけど>春香」
アチャ子 「あなた真なら結果で証明しなさいな、というわねぇと。>南」
天海春香 「よーしフェイフェイちゃんもっとみんなとおしゃべりして人狼やっつけよー、ふぁいとーおー!」
射命丸記者 「私は特に釣りたい人は決めていませんねえ。」
南 倍南 「まあ噛み切りだけが怖いんだがな。
どういう方針でいくかはわかんねーが」
天海春香 「そうだねっ♪
よくあるよ!>千早ちゃん」
双海真美 「うわわああああ、はるるんがなにいってるかわからない!」
ユウちゃん 「まっかせなさーい!>真美」
南 倍南 「了解だ>アチャ子」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
星井美希0 票投票先 →高槻やよい
双海真美1 票投票先 →アチャ子
如月千早0 票投票先 →鏡音レン
できる夫0 票投票先 →双海真美
ユウちゃん0 票投票先 →天海春香
南 倍南0 票投票先 →鏡音レン
鏡音レン3 票投票先 →楊菲菲
アチャ子4 票投票先 →高槻やよい
三浦あずさ0 票投票先 →天海春香
高槻やよい2 票投票先 →アチャ子
ベイスたん0 票投票先 →アチャ子
天海春香2 票投票先 →鏡音レン
射命丸記者1 票投票先 →アチャ子
楊菲菲1 票投票先 →射命丸記者
アチャ子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
南 倍南 「まさか狂人のほうが囲うたぁ思わんかったな」
南 倍南 「まぁ水橋Pが真ってのは確定したからよかったか」
射命丸記者 「まあ、その辺はいいと思いますよ。」
南 倍南 「んじゃ俺からは○はださねえぜ?
思いっきり疑われてるしな。主にレンきゅんあたり」
射命丸記者 「水橋さん真ばればれでいきまっしょい。
とりあえず共有さんかみましてぇー。」
射命丸記者 「あ、いいですよーん」
南 倍南 「了解。んじゃ俺は春香に●出すぜ。すげぇ狐くさいところだ」
南 倍南 「共有はどっちだろな。ベイスたん抜くか」
射命丸記者 「 」
射命丸記者 「そ、ですね…」
射命丸記者 「そっちのほうがしっかりしてそうすかね。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆雪路GM 「タトバダヨって言っておいて>GM」」
ベイスたん は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
アチャ子さんの遺言     ,:/  /  .ィ./' ヽ / ヽ ー、 ヽ
  〃  .'  / /   /゙''ヘ 、 . ト、 `.
  /   / ー=ァ´ |i:.  |   ! i|.i |  ゙l }
  !   ヽ /i ィ 卅、‐ト  !ィナレト、 !. {
      '. !ハ トィ仡符゙  ノ仍尓ゝイ r゙、
       }. |.ヽトゞ一′  `゙‐チイ,イi. }、 村に天下無敵の幸運を…それじゃ、みんながんばってね
        ( ト!. ヾ、  、 ′,  .イ ハl/
      r、ヽ! ヽ マ> __ イ`j /、〉  ,、
      |jヽ !__,j::ヽⅥー‐一jV./:|__〉 /']
      V}、!/}:ヽ>:! !-=_ .-「//.´ r、:゙j/ i
      !ヾ、ヽ※jノー、 ィi//.:※| j/'//
      ∧ ヽ! VV======{ {=VV !, ,::、
      j::ハ  ノ^::::.\V/ヾ:、:^{   ハ::!
       |::!/\.ム ::::::::::.V.:::::::::ヽ::,ゝ_ヘノ、|
     ノ:/\__/、::i:::::ノハ::ヽ.:::i::イヽ._/}
    /.:/.:::::::::イ.::::|::::::/. ヽ:::::::|:::ヽ::::::::::::{
    ,/.:::::::::/イ:::::|::::/ >ヽ::::!::::」}::::::::::::ヽ
ベイスたんさんの遺言
           . ヘ
            /  ' .
         /    ',
        r‐一'  ′ ` 'ー‐ァ
      \    ▽     ノ
         l    _     l
          l  /  ヽ。   l
          レ'     `ー'

みんなベイスターズ応援してほしいやよ。
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
鏡音レン 「そんじゃま、楊菲菲さんは昨日吊らないなら
村決め撃ちなんじゃななかなと思いつつ

ぶっちゃけ、アチャ子がつれたのがなぞいわけであってだねと
個人的に思考が似通ってたんでってお話だねとそんな感じ

そんで、灰を見て・・・えーと、ごめんまったくわからねぇ!
とりあえず春香さんと昨日吊らなかった楊菲菲さんの越していけばいいんじゃないの
そんな感じです」
三浦あずさ 「皆さんおはようございます~♪
今日もいいお天気ですね~♪」
星井美希 「じゃ、美希は今日もオフだからゆったり過ごしてるね?
今日は、んー……お昼寝するの。」
如月千早 「○」
南 倍南 「玄人の俺が占いCOだ……

天海春香は ● だ!
天海春香 「おっはよー♪
はるるんだよ~
◇星井美希 「いや、間違いなく春香はおかしいの。
だってアイドルっていうか外道っぽいもん>春香」

ムキー!誰が外道だよ外道っ!
そんなこという美希のおにぎりには気づかれないようにハバネロボール仕込んでやるっ!」
双海真美 「おはよーん☆
今日もがんばるよー!」
ユウちゃん 「表しかない(うらない)CO! 美希は○だー!」
南 倍南
占い理由

初日と比べて、いきなり発言が増加したところだな。
占いがロラ決定したのを見て、テンション高くなった狐が見えちまった。
悪ぃけど、狙わせてもらうぜ」
三浦あずさ 「役職さんはお仕事よろしくお願いしますね~」
高槻やよい 「おはようございます、うっうー♪
残った占いさん・・・どこまで信じればいいのかな」
楊菲菲 「ベイスサン…」
できる夫 「おはようございます・・・相方が噛まれましたね・・・」
星井美希 「やっぱり外道なの、この春香はおそろしーの>春香」
ユウちゃん 「◇星井美希 「んー、水橋P真だったのかなー?
まあ、即抜きするなら囲わないんじゃない?って気もするけど
グレランするにもびみょーなの。」
◇星井美希 「占い飼っておいて、もし銃殺が出るようなら
狂人誤爆だったって事で良いの。」

なんだか何をしたいともどう見ているとも言ってないね~
情報を出したくない人外。特にグレラン嫌がってるし狐に見るよー!!」
天海春香 「ほう……>倍満さん
この村が静寂に包まれるね。」
南 倍南 「っと、なんだ。そっちかい」
如月千早 「あ、南の●なら私は反対」
鏡音レン 「まあ、うん、そういう噛みをしてくるだろうねと
これなら霊能○だろしね」
射命丸記者 「おはようございまーっす」
できる夫 「そしてアチャ子さんは○でしたか・・・」
天海春香 「あ、ちなみにね、美希
ハバネロボールのはいったおにぎり、私にもわかんないんだ♪」
ユウちゃん 「ありゃりゃ…結構自信あったんだけどな~……」
南 倍南 「ほう……? どういう意味だい……?>春香きゅん」
天海春香 「千早ちゃんいいこといった!(背中に向かって」
双海真美 「ここで南にーちゃんから●かぁ・・・
はるるんは残しても良さげなばしょなんだよねー・・・」
星井美希 「倍南さんの●で考えるのはしょーじき、逆囲いがあるかどうかだけなの。」
射命丸記者 「ふぅーん…ってぐらいじゃないですか?」
鏡音レン 「え?いや、うん吊らなくていいと思うけどその●
あって、倍南さんの色を確認してからだと思うよ」
如月千早 「やっぱり吊りましょうか?>春香」
高槻やよい 「うー・・・そうですね
残った占いさんには悪いですけど、●吊りより占い吊りにいったほうがいいかも~」
三浦あずさ 「まぁ割と南狼で逆囲いはある位置なのがやっかいね~>そこ
どーしたものかしら~」
天海春香 「私がいないともりあがらないですよ!

だって私はメインアイドルですしおすしっ!>倍満さん」
ユウちゃん 「共有噛まれで●出し! でもでもこの●は狼の●だろうから吊りたくないなー!」
南 倍南 「まあ、俺ぁたんたんと銃殺狙うだけよ。こうまで信用落ちちまってるしな。
今日の●は事故だ事故」
できる夫 「相方の遺言でユウちゃんを暫定の狼でみて進行したいと思います
各々●をどうしたいかお願いします」
高槻やよい 「あ、あと占いさんの名前、倍満じゃないです!
それじゃあ麻雀です!!>春香さん」
ユウちゃん 「狐をどうするつもりなのー!?>やよい」
如月千早 「ユウちゃん狂人と見て、レンさんが囲われてることのほうがありうると思う。」
天海春香 「え?あははやだなー千早ちゃんたらもー

……美希のおにぎりたべる?(差し出し」
鏡音レン 「>できる夫
うん、できる夫は指示したほうがいい思うよ
個人的には●吊らなくてもいいと思ってるこの状況下でね
楊菲菲 「ふぇいふぇい、ユウちゃんサンの占いは信じられるケド…南サンは…」
星井美希 「え、できる夫はユウちゃんを狼に見てるの?
美希は倍南さんが狼だと思うの。>共有」
双海真美 「狼吊れてるし、身内切りもないだろうしねぇ。南にーちゃん狼だった場合。」
南 倍南 「霊界でもトップアイドルを目指せば、いいじゃない!>春香きゅん」
三浦あずさ 「●吊るなら南吊りでいいんじゃないかな~と思う人
グレランで狼吊れるのは楽観だと思うし」
できる夫 「解りました・・・では一応春香さんのCOを聞きましょうか」
天海春香 「あ、このひとしょぼいバイニンさんだから倍満でも倍南でいいとおもうよ!>やよい」
如月千早 「灰の狼を吊ってしまって占い師をキープ。そうすればなんとかなるんじゃないかしら。」
射命丸記者 「高槻やよいさんに生活保護の不正受給疑惑!

アイドルの高槻やよいさん(15)になななんと今話題の生活保護不正受給疑惑が発覚した!
貧乏清純派アイドルで売り出し中の高槻やよいさん。実際に親御さんの経済状況は悪いらしく普通なら家庭が破綻してしまうとのこと。
だが高槻やよいさんはグラビア、CD,テレビCM出演なのですでに一般人の年収の何倍という収入があり、それで家庭を支えているのである。

ではどうしたらこういう事態になったのか?

関係者の話によると今現在高槻さんは事務所の寮で生活しているのですが、実際には家族一緒に住んでいるとのこと。
しかも!兄弟を障がい者と偽って生活保護を不正受給しているのだ!

元々、アイドルになる前の収入はたしかに少なかった。
だが今現在の高槻さんの活躍を見ると論理が問われることになりそうだ」
高槻やよい 「どっちかっていうとそうですね
悪いですけど、南さんを切っちゃった方がいいのかもって思います>●をどうしたいか」
如月千早 「レンさんを吊ってからもう一度考え直したい。」
天海春香 「だが断ります。
そんなことしたら霊界で私美空ひばりこえちゃいますよ>ばいなんさん」
双海真美 「霊能●出てるし、割と水橋にーちゃん真だと思うよ?>菲ねーちゃん」
ユウちゃん 「私は、私と対抗残しの進行がいいなー。
対抗は狼にしか見てないし、呪殺出せればそれで万事オッケーなのです!」
鏡音レン 「>千早さん
・・・いや、そのー水橋さんかんだらそれほぼ全露出の噛みだと思うんだ出すけどと
まあ、思考をフラットにするべきっていうのならば吊りするのはあり
ただ、吊るのは今日まで」
星井美希 「そーだね、美希も倍南さん吊りに異論はないよ。
まぁそこ●だったら狐とのチキンレースになるだけなんだけどね。」
如月千早 「記者さんはちょっと面白くて好き」
高槻やよい 「ふえっ!?
わ、わたし、そんな・・・!?>射命丸記者さん」
天海春香 「や、やよいんちはいいだよ文ちゃん!

だって、昨晩の晩御飯のおかず、輪ゴムだよ?」
双海真美 「レンくんは確かに誘導的で怪しいとは思うけど、狼かというとアグレッシブすぎるような>千早お姉ちゃん」
射命丸記者 「じゃあこうしたらどうですか?
天海さんと南さんてラン、というのは?」
南 倍南 「素晴らしいじゃねえか。天国にいったじーちゃんばーちゃんも喜ぶぜ?>春香きゅん」
できる夫 「COが出ないならば春香さんを吊りたいと思います
狩人は霊能の護衛をお願いしたい」
ユウちゃん 「あ、後対抗の○を占うことを許可して欲しいかなー!>共有」
星井美希 「レン吊りは今のところ考えてないの。」
如月千早 「じゃあ今日私はあなたに投票します>レンさん」
天海春香 「◇如月千早 「記者さんはちょっと面白くて好き」

千早ちゃんに嫌われた!」
できる夫 「占いは任せますよ」
星井美希 「春香吊るくらいなら倍南吊っておけば良いと思うんだけどなぁ」
天海春香 「あははーやだなー。
私若い子に大人気あいどるだしー」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
星井美希0 票投票先 →南 倍南
双海真美0 票投票先 →南 倍南
如月千早0 票投票先 →鏡音レン
できる夫0 票投票先 →天海春香
ユウちゃん0 票投票先 →天海春香
南 倍南7 票投票先 →射命丸記者
鏡音レン1 票投票先 →射命丸記者
三浦あずさ0 票投票先 →南 倍南
高槻やよい0 票投票先 →南 倍南
天海春香2 票投票先 →南 倍南
射命丸記者2 票投票先 →南 倍南
楊菲菲0 票投票先 →南 倍南
南 倍南 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
射命丸記者 「おっつーでっす」
射命丸記者 「さて」
射命丸記者 「んー、と」
射命丸記者 「できる夫さんでいっかー。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できる夫 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
できる夫さんの遺言              /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    細かい事はいいんですよ!!
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒ ___´___ ⌒::::\
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /
きっと村です!
南 倍南さんの遺言 _____                  「r  〈ゝ〈ゝ           
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;≧x               l |_, -ァ              
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ                /, -‐''´      , -――- 、    麻雀の玄人COだ!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                   l (__       `´  ̄ ` フノ  
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;厶ェz 、            `ー―一      ,ィ       
;; /´ 、 ̄ι`\  `ヾ\           ー‐|l‐一       ヽ`ニニニゝ   能力? とりあえずひと通りのサマは使えるぜ?
;/ _j L \     \  `!ハ        ニニ北ニニ               よくバレっけど。
;;〉ァ r‐  ヽ、ヘV ノ   }リ        _く/_,ゝ、             
f   ____ゞ))}〈   /'         ,ノ ||`ヽ、         __   
  ´ ̄ー≡三三> ヽ、'                       /,. ァ,.-、ヽ  
、  ヽ  ー''”// ヽ \              「!            / 〈,//  l |   一応、麻雀で生計立ててるしな。
ハ   し    レ'   し   `ヽ             ,!|            ヽ _,/  ノノ  
;;ハ        彡   ,r‐'         / ヾ、                そこらの奴らにゃ負けるつもりは無ぇぜ
゙vハ        /´     |             /   \_、             
`Vハ     l      ',                             
. V;ヘ      l      ヽ            /7 〈ゝ〈ゝ           
`ー'V;;ヘ.    ',  ι  /'ヽ       .=/,、ヽ\、             
!  V;;;ヘ    ',    . /  j|         // |.|  ゝ)             
    V;;;;ヘ. υ ヽ   l. |  ゙ヽ、      〈/  」_!                
    V;;;;;ヘ    ハ ヽ-‐   )         /〉               
    V;;;;;;ヘ           /         //                
..    V;;;;;;;ヘー―‐r‐- -‐'            〈/                 
.       V;;;;;;;;ヽ   l             〈〉                
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
天海春香 「おっはよー♪
●だされちゃった有名なトップアイドルの天海春香です!
フェイフェイちゃん、もっと元気だしていこう!」
三浦あずさ 「皆さんおはようございます~♪
今日もいいお天気ですね~♪」
鏡音レン 「あー、共有の支持見逃しはごめんね
しかし、倍南さんと投票がシンクロするという割と面白い展開

まあ、春香さんはCO聞いてから吊りする位置だと思います
倍南さん吊るなら灰を吊ったほうがいいだろうという判断ですよ」
射命丸記者 「おはようございまーす」
ユウちゃん 「表しかない(うらない)CO! あずさは●だー!」
双海真美 「おっはー!」
三浦あずさ 「まぁあんなこと言ったらそりゃこうなるわよね~」
如月千早 「あぁ、狼狼」
楊菲菲 「オハヨーダヨー!」
高槻やよい 「おはようございますっ・・・
あ、あのっ!射命丸記者さん!
その記事、一般に広まる前にもみ消して貰えませんか?
そうしたらわたし、もっと良いネタを代わりに提供する用意があるんです・・・」
星井美希 「倍南さん9割方狼だと思ってるの。
けど○だったらどうしようかな。」
鏡音レン 「霊能結果待ちと」
天海春香 「そんでそんでー♪おもしろい投票結果だったねー?」
ユウちゃん 「倍南に占われた日、ずっと千早にだけ話してたね~!
その次の日も倍南吊りたい以外に目立った発言はな~し!
役職と戯れてて情報を出さない人は人外目だー!」
鏡音レン 「そんじゃ、ユウちゃんは6で吊りで」
双海真美 「できない夫…むちゃちやがって…」
天海春香 「ほーほー。
とりあえずレンきゅんは私を何と思ってつるのかなー?」
如月千早 「はい、2W吊れました。どうしましょう?
なんで見えてる狼吊りに動いたのか私には理解できません。
それくらいです。」
三浦あずさ 「ですよね~
一応聞いておくわね、私吊りたいかしら?>千早ちゃん」
ユウちゃん 「ほらほらやっぱり倍南狼じゃないの!
あずさを残して狐探しだよー!」
如月千早 「狼とは見ていませんので>あずささん」
天海春香 「で、これで内訳的にあずささんもつーらないっと。
ってことさー?ちはやちゃーん!
村の明暗が千早ちゃんに託されちゃったよ!どーしよう!」
高槻やよい 「倍南さん狼でしたか・・
じゃあ残りの占いさんは真狂、かな?」
星井美希 「どーでも良いの。春香最終日送りにして、ユウちゃんを吊るかどうかなの。
狂人だから放置しても良いと思うけどね。」
鏡音レン 「うん、倍南さんが身内できる狼に思えないんで
射命丸さん非狼濃い目じゃないのとちょっと思った」
如月千早 「今日はグレランで良いんじゃないですか?
ユウちゃんを信じていない人はユウちゃん投票で」
鏡音レン 「>春香さん
え、いや、吊りたいなんていってないよ?
吊るなら指定でCOを聞いてからだってこと」
双海真美 「あ、やっぱり狼?確かに冷静に考えると狐残りがこわいかも。」
射命丸記者 「星井美希さんストレスにより奇行癖発覚!?

今を輝く大人気アイドル星井美希さん(15)ですが精神的に不安定なのか昼夜問わず奇行を繰り返していると当社に取材により発覚しました。
その奇行とは、一人なのに誰かと会話しているかのようなことをつぶやく、ふらふらと出歩き誰彼かまわず声をかけるといったもの。

心理学の教授によると、これは疲れが溜まっているサインであり、タレント活動がストレスとなっているのではとのこと。
また、星井美希さんのそばには765プロのプロデューサーがいるのですが、この人がなんと、事務所のアイドル全員と付き合っているという不埒者!
星井美希さんもご他聞に漏れずプロデューサーにほれており、恋愛感情などもストレスと思われる、。

今波に乗っているだけにここで休止するのはファンにとっても本人にとっても手痛いのだが…」
ユウちゃん 「共有がいない以上、票がばらけるのを防ぐためにも千早の指定がいいと思いまーす!!」
三浦あずさ 「まぁ狂人(9割5分)か狐よね>残ったのは
2騙りしてるのなら8ないし6で滅びるわけだし>狼が自動的に」
天海春香 「ん、だってさ、たのしーじゃん?これ、
狐さんと狼さんと村さんのチッキンレースってことだしね♪
まぁ、あずささん吊りなし、レンきゅんどーみるかだけど、

そーじゃなきゃやよいと美希がなんなのかーって話で。
……?文ちゃん?頑張ってるよね。超頑張ってるよね!」
楊菲菲 「ふぇいふぇいはユウちゃんサンを信じることにするヨー!」
如月千早 「ただ、春香やあずささんが狐あると思うなら吊りにいくのもありですけど。」
射命丸記者 「え…う、うーん…

まあ考えますよ>高槻さん」
如月千早 「どうしてです?>ユウちゃん」
高槻やよい 「わたし・・・実は麻雀を勉強してて!
倍満!役満とか分かるんですよ!

・・じゃなくて、それで、
今度、麻雀アイドルとしてデビューするんです!
そ、それで、麻雀でやよいに勝つと・・・その・・・(照)」
鏡音レン 「まあ、文さんよーみたらあれ非狼だよねっと思わなくもなかった>春香さん」
双海真美 「あずさお姉ちゃんは少し怪しかったけど、ユウちゃんから●出るのは明らかにできすぎだよねぇ・・・・」
星井美希 「美希奇行なんてしてないの、捏造記事なの!>しゃめいまる」
天海春香 「◇鏡音レン 「あー、共有の支持見逃しはごめんね
しかし、倍南さんと投票がシンクロするという割と面白い展開

まあ、春香さんはCO聞いてから吊りする位置だと思います
倍南さん吊るなら灰を吊ったほうがいいだろうという判断ですよ」

さて問題です。私を吊るって話、いったいどこででるんでしょう?
ちーなみにねー?この状況なら、逆囲いかんがえない限りさ、私は
村狐だよー?

さーどーする!君狼目濃いから吊るの怖いけど!」
三浦あずさ 「ま、ここでグレー減らして狼楽にさせる理由もないからユウちゃん吊り賛成って言っておくわね~」
双海真美 「ど、どうなるの?(ごくり>やよいっち」
鏡音レン 「ただ、狐吊りするんならものすげぇありな位置だけど
文さんについて

あずささんー美希さんいついては保留」
天海春香 「あーでもどうだろう、ここで私吊るっていう発言がでる人は、村じゃないとはおもうって話だけど。」
星井美希 「それ間違いなの。
あずさー春香だと思うの>レン」
ユウちゃん 「居るなら狩人の保護にもなるでしょう~!>千早」
鏡音レン 「>春香さん
いやいやいや、昨日の話で君が吊りするかどうか話題があがったんじゃんそこだよ」
射命丸記者 「ええ!765プロ内部ではそんなことになっているんですか!?

これは大スクープです!
見出しは

【新鋭765プロ!深夜の脱衣麻雀大会】

これで決まりですね!」
双海真美 「あのタイミングで逆囲いなら狼おみごとだから考えない!」
高槻やよい 「そ、それは・・・
今は記者さんだけへの秘密かなー///>真美」
天海春香 「やよい!だめだってば!そうやって100円いれた瞬間に天和だして10秒でコンティニューさせるアイドルになったらだめだってば!」
如月千早 「いるかもわからない狩人保護してどうするんですか?>ユウちゃん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆雪路GM 投票早めにね?」
5 日目 (1 回目)
星井美希0 票投票先 →高槻やよい
双海真美0 票投票先 →ユウちゃん
如月千早0 票投票先 →ユウちゃん
ユウちゃん5 票投票先 →高槻やよい
鏡音レン0 票投票先 →射命丸記者
三浦あずさ2 票投票先 →ユウちゃん
高槻やよい2 票投票先 →ユウちゃん
天海春香0 票投票先 →ユウちゃん
射命丸記者1 票投票先 →三浦あずさ
楊菲菲0 票投票先 →三浦あずさ
ユウちゃん は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
射命丸記者 「えーっと」
射命丸記者 「疲れてきましたよ。」
射命丸記者 「 」
射命丸記者 「どしよっかなあー」
射命丸記者 「 」
射命丸記者 「  」
射命丸記者 「 」
射命丸記者 「 」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
鏡音レン は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
鏡音レンさんの遺言                        ト
                      | \    〟
                      |   `ヽ. 〃
                 `ヽ、ー― -     ∨{ ___         ィ
                     \    / `ヽ ヽ、 `ヽ、 / |
                  、 _ > ´  /∧. ¦∨.   V  _丿
                     > 、___,.ィ厶ハ ト、 vヘ  〈     
                 /    /`ヽ / ≠⌒、ヽ.`¨¨    .    
               ∠   ィ  .卞、   尓Zz、ヽ.ヽ、} ト、 }    あなたのお耳の恋人レン君です
                   厶ィ/代リ     v.い// >─v \   
                     [ |  ′   ¨´厶ィ [][] | 「∨n
                         {{人  マニフ     人  .ロ」「 v V |  僕の歌をきけぇええええ
                     こフ> `_ . イ /  / ̄ ri   | h
        ¬ r───…ァ ⌒`<⌒「丁く /  . ⊥ト、._{ r=    ニ コ
       | |     /  ィ  〃 |l   `x ´    `ヽ.  |    ┌┐!
        >┴─‐┬/ / }  /   |l /   ____ >.|    | | |
           └… 、厶ィ   こヲ  ̄ ̄ l /   ヽ、}   | |
                  /  / /       |/   / 〉|    | | ′
                  /  / /       〈    / / l    └┘
.     、 _         / ,.   ´ /    ー … →、   /   |
.     \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /         /  `¨ ヽ.   L  二 ィ
ユウちゃんさんの遺言 おおユウちゃんよ、死んでしまうとは情けな~い!

でもでも平気。だって私幽霊なので~す!! イェイ!
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
楊菲菲 「オハヨーダヨー!」
天海春香 「おっはよー♪
さーてさて、そろそろ名探偵天海春香の
名探偵スイッチがオンしちゃうよー?覚悟はEかい?」
三浦あずさ 「皆さんおはようございます~♪
今日もいいお天気ですね~♪」
如月千早 「はい、○です」
「◆雪路GM 能力超過よろー」
星井美希 「ふーん、そこが噛まれるんだ?」
射命丸記者 「おはようございまーっす」
双海真美 「おはよーん!」
天海春香 「さてと、まーとりあえず、ここからってさ、狐目狙えって話でしょ?
なら見るべきはまず機能のユウちゃん投票者かなぁって。
ぶっちゃけ私、やよい、美希、あずささん、千早ちゃんで。千早ちゃんのぞいた4人。

今までの発言傾向から、美希は違うって思う。
だからやよいか……あずささん、どっちか吊ってもいいかなぁ?って、ねぇ?」
如月千早 「あ、狼さんありがとうございました。」
双海真美 「ひとがどんどん減っていくのだ…たたりじゃぁあ!」
楊菲菲 「レンサン…」
高槻やよい 「うううー麻雀アイドルの事は恥ずかしいけど
生活保護の事がバレちゃってアイドル廃業よりマシですぅ

それに・・・あの麻雀は設定が超きつくて画像も滅多に見られないけど
やよいの画像は見えそうで見えないレベルに留められてるし・・・
記事になって有名になって売上増えたら
わたしももっと大金持ちです、うっうー♪」
三浦あずさ 「ああ、朝明けるの遅かったけど
さすがにこーいうかたちの突然死は勘弁してね」
天海春香 「っておお、レンきゅんかんだー?
ってフェイフェイちゃんがはええ!朝一とかイカすね!」
高槻やよい 「(何事もなかったように)
おはようございます、うっうー♪
みなさん、今日も元気にがんばりましょー!
はい、たーっち♪」
双海真美 「で、レンくんいなくなるとは思わなかった。狐いるならそこかなって思ったんだけどな→」
如月千早 「と、いうか、もう結果はる意味ないですよね」
星井美希 「やよい、体を売るような仕事はダメなの……」
射命丸記者 「大人気中華系アイドル大ピンチ!?

現在人気急上昇中の外国人タレント楊菲菲さん(15)ですが、いま芸能界では大変問題になっているといいます。
その問題とは実は彼女違法入国者である、ということなのです。

菲菲さんは中国は雲南省出身。子供のころはとても貧しく母や姉は売春で生計を立てていたらしいのです。
そんな環境の中育った菲菲さんですが12歳のときに地元マフィアと知り合い、偽造パスポートを手に入れ二本に着たとのこと
もちろん。単なるうわさに過ぎないかもしれませんが、警察関係者によるとすでに逮捕の準備は整っているらしいのです。

もし、このまま逮捕拘留されれば菲菲さんだけでなく事務所、ひいては芸能界中大騒ぎになるでしょう

いったい何が真実なのか、これから警察と菲菲さんの動きに注目です。」
天海春香 「あ。真美もだ>ゆうちゃん投票。」
三浦あずさ 「え、霊能が吊りたがってたところ噛むとか
ずいぶんやさしい狼なのねぇ…ふーん」
楊菲菲 「ふぇいふぇいもレンサン●と思ってたヨー…」
天海春香 「しかも美希やよい投票じゃん!

……やーよーい?」
如月千早 「え、レンさんもう最終日でいいやって思ってましたよ?>あずささん」
高槻やよい 「えっ・・・
この超清純派アイドル・高槻やよいを吊っちゃうんですか・・・?

そりゃ今度、ちょっぴり恥ずかしくて
刺激的な麻雀アイドルに挑戦しますけど、そんな、ひどい・・・>春香さん」
双海真美 「そだよ。真美誰にも構ってもらえなくて、さみしーんだよ!>はるるん」
星井美希 「狐がいるなら真美―やよいのどっちかだとは思ってるの。
ふぇいふぇいとかしゃめーまるは疑えないから狐なら噛まれろなの。」
楊菲菲 「あっでもそしたら人数が…推理難しいヨー」
射命丸記者 「あ、あと私はあずささん何かあるんじゃないかなって思うんですよね。
記者の勘…として。」
如月千早 「なんかもう最終日までグレランで良いんじゃないですかねぇ。
灰狼1なんだから仕方ないと思いますし。
じゃあ皆さん頑張ってください。」
三浦あずさ 「最終日に釣り候補筆頭のところ噛んだのよ?>逆に言うなら
双海真美 「やよいっち…やよいっちがこの村の毒気にやられてしまった…」
天海春香 「あ、千早ちゃん、こーなったらあれだね。
フェイフェイちゃんはもう最後まで残したら村決め打ちの勢い、
狐狙うなら昨日のゆうちゃん投票者……つまり765アイドルからっておもうんだけど、どーかな?」
楊菲菲 「ふぇいふぇいビザ持ってるヨー!>しゃめいまるサン」
双海真美 「真っ赤だ!赤い字のいみないね!」
如月千早 「じゃあレンさんの何か恐かったんじゃないです?>あずささん」
天海春香 「文ちゃんもよーわからんけど面白いしねー。」
三浦あずさ 「これがやさしいといわずに何というのかしら?>千早」
如月千早 「皆さんが灰LWにしたんですから
私に指定なんて押し付けないでください、と言う話ですけど。」
射命丸記者 「それ今確認させていただけますか>フェイフェイさん」
双海真美 「もう真美は狐いないと思うなぁ。
まぁそれは予想なだけで、確実じゃないから狼ぽくないとこに投票したいけど。」
天海春香 「それはね!真美、真美の特殊能力、「真美は不憫」だよ!」
高槻やよい 「だいじょうぶです!
ギリギリのラインにとどまってます!>美希さん

アイドルって、こんなに過酷なお仕事だったなんて
やよい、知らなかったんだ・・・>真美」
射命丸記者 「面白い記事を作るのが新聞記者のお仕事です!>天海さん」
如月千早 「でもまぁ、そこ噛む理由があったんじゃないです?>あずささん
レンさんの発言でも夜みておくと、狼わかったりするかもしれませんね」
双海真美 「菲ねーちゃんがかわいすぎてつらい」
天海春香 「やよい……そこまでいうなら……
私と……アカギハルカと勝負する、そういうことだね?」
楊菲菲 「えっと…今は忘れてきちゃったダヨー>しゃめいまるサン」
三浦あずさ 「となると最終日まで生き残ると考えてないところにLWいるのかしらね~
…いや、1枠欲しかったかって考えるのなら狼は大体予想はつくんだけど」
双海真美 「やよいっちの一人称が、やばいかんじに!」
天海春香 「よし、わかった。
天海春香さんの提灯記事かいていいですよ>文さん」
星井美希 「それはなんか違う世界の春香なの>アカギハルカ」
射命丸記者 「え、今なんていいました?
忘れてきた?忘れてきたぁ…へぇ~」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
星井美希1 票投票先 →高槻やよい
双海真美2 票投票先 →高槻やよい
如月千早0 票投票先 →双海真美
三浦あずさ2 票投票先 →双海真美
高槻やよい3 票投票先 →星井美希
天海春香0 票投票先 →高槻やよい
射命丸記者0 票投票先 →三浦あずさ
楊菲菲0 票投票先 →三浦あずさ
高槻やよい は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
「◆雪路GM 能力発動は早めにね
ちょっとだけGMは席外します」
射命丸記者 「あーつかれた。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
三浦あずさ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
高槻やよいさんの遺言        ___/ : ヽ /:\           , -、
      〉: : : :__, - 、: : __j_        ,r―/: : :`ー-- 、
       ヽ: : ム-- ': : : : :z : `ー- 、/: i: : : : : : : : : : : : 丶
      /:, ': : : ̄:` : : : : ―: 、: : : : \'¨¨`┐/: : : : : : : : : :\
      X : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : \  ー、: : : : : : : : : : : :ヽ
    /: :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : ヘ  〈: : : : : : : : : : : : : |
.   /: : /: : : : : :/: : i: : : :i : : : : : : : : :ヘ : : : :ハ {__: : : : : : : : : : : /
  /: : /: :/ /: :/| !: :|: : : :|! : : |i : : : : : ハ: : : : :}-' ヽ: : : : : : : : :〈
  |: : ハ: :|: :| _ i | !: :|: : : :ハ : :i||: : : : : : :|: : : : ,     \: : : : : : : ヽ
  |_|」 i!__ヒニ`  ー ' -=- 、 リハ: : : : : : |: : : :/    /: : : : : : : /
  ∧: : : ヘ,イテz    zァx 、、│: : : : : |: : :/     {: : : : : : : / わたしなんかに新しい人に教えられる事、あるかな・・・?
  | : : i: : :}弌;ソ     たハ y ! : : : : : |「〉'     \: : : : 〈  で、でも、できるだけがんばります!
  | : : |: : :|xx      ゞzン〃/:イ : : : : |/      /⌒ヽヽ: : : ヽ うっうー♪
   v: :i!: :∧  '  __   xxx/// ,: : : :/>、   /   ハ 〉: : : }
   ヽ:ヽ:N:へ  V_ノ    /ソ/ イ : : / /!ヽ /     } / : :/
    \{: : : : :> 、´     イ ///: /i/  | レ'     /〈: : : ヽ
      ー、 : : : /¨ ´ヽ   /:/〃/   / i_   イヽ >: : :〉
       /: : : //´ ∨ 〉  // /― / /__)    ノ{ : : /
       `ー、: }ム/      /  / /  \   ) `ー、¨}
          /: |  {    , <´  >' /      \/   jノ
          -代´ ¨¨i  > ´ > '         \
         ヽ、`ー十 ´ > ´   ヽ           \
          ,,=v=ミ ´ r' ¨>    ー\           \
          {    }}  <_ン       \           \
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
射命丸記者 「おっはようございまーっす」
如月千早 「◇双海真美(40) 「もう真美は狐いないと思うなぁ。
まぁそれは予想なだけで、確実じゃないから狼ぽくないとこに投票したいけど。」

楽観的な村なのかどうか。
正直イヤですので吊りましょう。」
天海春香 「おっはよー。

おっはよー♪
私も!千早ちゃんの!役にたつところをっ!
見せるっ!

ってことでさー?ギリまで狐狙っていいんだから、真美―あずささん……それに
文ちゃん加えて、かなぁ?ってね。」
楊菲菲 「あずささん○だったヨー!?」
双海真美 「おはよーん。いきなり吊りせんげんっ!?」
星井美希 「まあ、真美吊りには賛成するけどね。
昨日も言ったように、真美かやよいだと思ってるから。」
天海春香 「ってあれ、狼さんあずささんとか噛むの?
んー・・・・・・」
射命丸記者 「あ、あずささん噛まれてますね。
まあ助かりました。」
双海真美 「あずさお姉ちゃん噛まれちゃったか。あそこは村だよねえ。同時にはるるんも村だと思うな。」
射命丸記者 「天海春香さんのセクシーグラビア写真集発売!

タレントの天海春香さん(16)が初となるグラビア写真集を発売した。
この写真集、天海さんの普段見れないような私生活やきわどい水着姿、そしてセミヌード姿などが収められており
ファン必見の代物。

彼女は会見で「。テレビでは見られない私(たち)の(愛の)姿を皆さんにぜひ見てもらいたいです。」
という意味深な発言をしており、今熱愛中の同事務所所属のプロデューサーを熱愛中であることを匂わせた。

発売は7月6日全国の書店なので販売されるとのことです。」
天海春香 「ちょーっとさ、文ちゃんのロック外れすぎてるの、気になるんだよねー。」
如月千早 「6>4>2ですから
じゃあ真美と記者さんのランなんじゃないかなぁというところ」
楊菲菲 「もうふぇいふぇいには誰が狼か分からないヨー…狐吊る?」
天海春香 「ナイス。吊る気特大ダウン>文ちゃん>記事」
星井美希 「美希は真美→最終日に考えるだと思うな。
真美は狼目ってより狐目に見えるもん」
双海真美 「みんなの言い分は納得できなくもないなぁ。
やよいっちも真美も村だったりするけどね・・・こーいう場合。>ミキミキ」
如月千早 「狐位置を吊りたいですね?>ふぇいふぇいさん」
射命丸記者 「あの中で一番狐っぽいのは間違いなくあずささんでしたよ。」
天海春香 「よしフェイフェイちゃんにいいことおしえてあげよう。
村には、もう狼は1匹しかいません!
で、吊りはあと2回できるから、今日までは狐が狙えちゃう今の状況なんです!」
双海真美 「しょーじき文ねーちゃんと菲ねーちゃんは得体が知れないなぁ。
ミキミキは、割と村っぽいし。」
星井美希 「ああ、うん、ごめんね>しゃめーまる
あずさはいつも飄々としてるからわかんないの。」
射命丸記者 「大ダウン攻撃とは酷いですね!」
楊菲菲 「狐吊るが良いと思うヨー!>千早サン」
天海春香 「うんそんでさーみーきぃ?
にしししししし……おーかみさんじゃないのー?」
如月千早 「ですよね?
頑張りましょうね>ふぇいふぇいさん」
天海春香 「でもダウン系はフェスでしかやくたたないから、
持つなら特大アップにして出なおしてくれないか(真顔>文ちゃん」
楊菲菲 「あ…確かに!アリガトーダヨー!>春香サン」
星井美希 「あ、そっか、美希が狼の可能性もあるんだね?」
双海真美 「んー、どうしよ。全然みえないよ→!
天海春香 「私さーぁ?
これさーぁ?
この噛み方、噛みかたならねーぇ?あるとおもうんだよねぇ。
ついでにいうとフェイフェイちゃん狼もねーぇ?さーどーなるか。」
射命丸記者 「んー真美さんはわりとあちらこちらを見ている発言がありますね。
フェイフェイさんや私なんかまで見てます。

あわよくば隙を見つけてってにおいをいまさせました」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
星井美希0 票投票先 →双海真美
双海真美5 票投票先 →射命丸記者
如月千早0 票投票先 →双海真美
天海春香0 票投票先 →双海真美
射命丸記者1 票投票先 →双海真美
楊菲菲0 票投票先 →双海真美
双海真美 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
射命丸記者 「まお、真剣につれた模様。」
射命丸記者 「 」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
如月千早 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
双海真美さんの遺言        ,イ
      { /::|      ,, -....――........、_     .......- ― -...,, _
      ヽ:{:::;!z_ _>'"::::::::::::::::::::::::::::::::::\\_/:::;::::::::::::::::::::::::::::..ヽ      N
     ィ⌒ヽ(;;; )⌒ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ Y:/::::::::::::::::::::::::::::}:::::: - 、   ヽ}::ヽ
    /::::/,イ⌒Y、:/´⌒ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::Y´:::::::::::::::::::::::::::;:::::FミxニミY⌒Yソ::::::)
.   //  {{ ゞ-'::::/    ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ!::::::::::::::::::::::::/:::::ノ.   Yニゝ _ス-<
  〃     ト.、{  ,,ィ=ミ \ト、:::ト.、:::::::::::リ:::::::::::,イ///::/-- 、  }彡(;; )ヽ::ヽ
         |ヽ::{ 〃  __   ` \{ \::::::::i:::::::/ 〃/´     ',  }彡'`¨´ }::}ヽ:i
            !:::N.  ,イんハ    ,ィ⌒ヾヽノ ≠≡ミ、   r≠ミ、  r'ヅ    リ リ
         ヽ;rヽ 圦ゝrリ         |         {::J:;;ハ /彳
              ヽ「ハ  `¨´   '  ノ   小  ( ヽ _ '  ゝ-'' 'r'ヽ:!
           }:;>、   ` ̄    /:从ヽ  `  _ フ    /_ン:|
           /!/!::::>―ァ‐ァ― <イ ̄ヽ,r‐く> _ ,, ... イ::::::::N
             !/ ヽ/ッイ  〃    :!  ヽx_ K}:从/!:::/リ/
              r'" 〃 ` 〃     i    ヾ` ヾ}⌒ヽ
              { _〃_ ソ(  i    ,   !  )ヽ _」ヽ, }
            r「ヽ7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ!    ,   ; /.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽhぅ、
           」 ヽノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   ;   :!ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「/ ;!
           ヽ r'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   i   i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:(,/ }
            ソ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   i   ;.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.てノ
               ,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j   ;!   !.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.リ
            ,..:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:._,.:.:.:,!   :{!   !.:.:r'.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ソ
               ,.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.l   リ   :!.:.:ヽ.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;
              ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:!   }    !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!

しょちんちゃだからようじょになってみまちた!
如月千早さんの遺言              ,.....:::::´ ̄`ヽ
          ,...:::´:::::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ、
        /::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::.
       ,:'::::::::::::::::::::::::::::::,:::::ハ!、:::::::::::::::::.
        /:::::::::::::::::::::::::::/!:::;'  {::::,:::::::、:::::.
      ,:::,::::::: /:::::::/:::,:' /::/   ,:::::l::::::{:l:::.
      |::!::::::/:::::::/l:/__, /:/ ー- ',::::',::::lリ:::!
      l:!{:::::{:::::i/ /   /イ    _\lⅥ:::::l
       Ⅵ:l:::::{ ,ィ=ミ     ´ ̄`` ハ:::::|
         |::::Ⅵ  , , ,   ,   ' ' '   {_ノ::::|
         |::::∧、    r,、/^ヽ、,    八::l:::!
         ;::/:::::込、  ∨ イ- \ /::::::::l::::.
         /:,::::::::::::::::> { '⌒  }i´ ヽ::::: |:::::.
      /::/::::::::::::::{-、 }∨¨_`  { ! /`}_:!:::::::.
      ,:::/:::::::::::_,.ィ! l / `マ}   !Ⅳ |__≧- 、、
     ,::::{, - ´  _l/ {    {   | |、 {  7   }:.
      {:::/  \´ /イ}    ',   _Ⅵ∨  ,/   i:::.
      |::{    ∨ /|、   ∨´  ',   l!     |::::.
      |::|      {   l }`ヽ、. ',    }    l     |::::i

占い師かもしれません
ユウちゃん○
できる夫さん○
春香●
南さん●
楊さん○
記者さん○
あずささん○
水橋さん○
美希○
真美○
ベイスたん●
高槻さん○
アチャ子さん○
レンさん○
島村さん○
かもしれないわね。
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
天海春香 「おっはよー♪
さーて、騙り占い(ユウちゃん・多分狂人)の票もらいにして
倍南さんの●、トップアイドルの天海春香さんだよー♪」
星井美希 「春香はなんで昨日、狼位置として
美希もふぇいふぇいもしゃめーまるの名前も上げたの?
どこが吊れても良いのって人外だけじゃないのかな?」
射命丸記者 「おはようございますー」
楊菲菲 「千早サン…」
天海春香 「さってさて、この噛み方するんなら、
私は正直さ、美希か、それとも文ちゃんだとおもうんだけど。」
星井美希 「まーとりあえずふぇいふぇいはないと思うんだよね」
天海春香 「◇星井美希 「春香はなんで昨日、狼位置として
美希もふぇいふぇいもしゃめーまるの名前も上げたの?
どこが吊れても良いのって人外だけじゃないのかな?」

だね。そして、どこが吊れてもいい人外ってどこだろうね?
それがいえるのはさ、狼かな?美希?」
星井美希 「その反論おかしくない?>春香
どこが吊れても良いように名前たくさん上げたのは春香だよ?」
天海春香 「「◇射命丸記者(18) 「あの中で一番狐っぽいのは間違いなくあずささんでしたよ。」

◇射命丸記者(8) 「あ、あずささん噛まれてますね。
まあ助かりました。」

ねーねー文ちゃーん。なんであずささんに昨日こだわったのー?
私ここがすっごいひっかかるー。」
射命丸記者 「如月千早さんセクシーライブ!

現在世界中でCD売り上げNo1を誇る如月千早さんですが、8月から始まるワールドツアーでは、
大胆なスリットをした超セクシードレスを着るという情報が入りました。
このドレス、NYのデザイナーセバスチャン・フレイ氏のデザインで胸が半分以上露になり、太ももは丸まる露出するというマドンナ張りの衣装

ここに来て自らの歌だけでなくセクシーアピールをするのだが、彼女、実は体系がコンプレックスであり、普段は絶対にこんな服をきない。
ではなぜ、この衣装にはOKがでたのか?

それは彼女、このツアーを前に豊胸手術をするというのだ!」
星井美希 「昨日だけじゃないよ、しゃめーまるは一昨日からあずさを気にしてたかな」
楊菲菲 「春香サンの発言、村人吊らせたいっぽく見えマシタ」
天海春香 「そーだよ。
だから反論として成立する。
昨日狼は狐狙わないといけない。だったらさ、どこが吊れてもいいわけがないんdなよ。

だから、それがいえるのは村か、狐だけなんだ。>美希」
射命丸記者 「昨日どころは一昨日もその前もずっと私の投票はあずささんですよ>天海さん」
天海春香 「その上で聞くよ、美希、フェイフェイ、文、今日は狐を狙う日?

私が人外なら、ここはもう絶望村だよ。」
星井美希 「なんかずれてるの。
春香は昨日の段階で3人の名前を狼位置としてあげつつ、
けど投票は真美なの、だから反論としてずれてるって言ってるの。」
星井美希 「明らかに最終日、今日を見越しての発言にしか見えないの。」
天海春香 「6日目のこれでしょー?>美希

◇射命丸記者(28) 「あ、あと私はあずささん何かあるんじゃないかなって思うんですよね。
記者の勘…として。」

これがあるから、私ちょっと文ちゃん狼か、美希狼化悩んでる>美希」
射命丸記者 「フェイフェイさんはもう可愛いでいいんじゃないかなってのはいっしょ。
私視点星井さんと天海さんだと、攻撃性が高い天海さんは狼っぽくみえるんですよね。」
星井美希 「けど、あずさを狐あるかもしれない、って噛みそうなのは
しゃめーまるなんだよね。だから2択で悩んでるのはあるんだけど。」
天海春香 「ふーん。
だとしてさ、そこを昨日突っ込まずに、ここにもってくる理由は?
あと、それって私が逆囲いになる理由をもってこないといけないよね。>美希」
星井美希 「春香ならなんていうか、あずさが狐でも最終日に対決して吊れば良いってしそうなの。」
星井美希 「昼の間に全部の発言を見れる人なんていないの」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
8 日目 (1 回目)
星井美希1 票投票先 →射命丸記者
天海春香2 票投票先 →星井美希
射命丸記者1 票投票先 →天海春香
楊菲菲0 票投票先 →天海春香
天海春香 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
天海春香さんの遺言           ┏  ━ゝヽ''人∧━∧从━〆A!゚━━┓。
╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’  ,。、_,。、     △│,'´.ゝ'┃.      ●┃┃ ┃
┃┃_.━┛ヤ━━━━━━ .く/!j´⌒ヾゝ━━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
       ∇  ┠──Σ   ん'ィハハハj'〉 T冫そ '´; ┨'゚,。
          .。冫▽ ,゚' <   ゝ∩^ヮ゚ノ)   乙 /  ≧   ▽
        。 ┃ ◇ Σ  人`rォt、   、'’ │   て く
          ┠──ム┼. f'くん'i〉)   ’ 》┼⊿Ζ┨ ミo'’`
        。、゚`。、     i/    `し'   o。了 、'' × 个o
       ○  ┃    `、,~´+√   ▽ ' ,!ヽ◇ ノ 。o┃
           ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;
          話 は 聞 か せ て も ら い ま し た
    つ ま り 皆 さ ん は 私 が 大 好 き な ん で す ね ! !
[妖狐勝利] マヌケな人狼どもを騙すことなど容易いことだ
ゲーム終了:2012/06/12 (Tue) 00:05:26
水橋P 「喫茶SRへようこ…間違えたお疲れ様だな!」
南 倍南 「お疲れ様だ!」
射命丸記者 「(夕刊フジ編集委員・射命丸文) 」
島村卯月 「・・・ないですね>アチャーさん」
できる夫 「はいお疲れ様でした、狐おめでとうございます」
雪路GM 「お疲れ様」
鏡音レン 「お疲れさまーと」
ベイスたん 「お疲れ様やよー 狐はおめでとうやよ。」
如月千早 「お疲れさまでした」
南 倍南 「LWお疲れ様だ射命丸。よく頑張ってくれた」
三浦あずさ 「んー・・・文ぶん殴って狐勝ちね
狼そこしかいないから>GM」
天海春香 「んーそっちになったかー。
で、そこ狐はもう、しかたないね。おつかれさまー。」
ユウちゃん 「ばたんきゅー」
射命丸記者 「フェイフェイダヨー」
鏡音レン 「いや、どうやって自分に投票するのさってはなしでねw>アチャ子」
星井美希 「絶望村だったの、まぁこれは仕方ないの。」
雪路GM 「進行だけなら南吊りがやりすぎですね>レン」
ユウちゃん 「おつかれさ~ま!」
双海真美 「おつかれーん!」
島村卯月 「お疲れ様でした!フェイフェイ凄いよ!私びっくりしちゃった」
楊菲菲 「初人狼でした、お疲れ様ダヨー」
鏡音レン 「楊菲菲さんはおめでとう!それでも粘った狐がお見事でした」
雪路GM 「南吊りして、狐>狼でアテれるなら別ですが」
三浦あずさ 「死体無しがでたら狐吊る自信はあるけど>補足>GM」
アチャ子 「お疲れ様よー、狐はおめでとう!

で、狐吊る時私吊られて村はごめんなさい!>村」
雪路GM 「お疲れ様>ふぇいふぇい
そして初人狼、初勝利おめでとうございます」
ベイスたん 「初人狼で狐勝利とか凄いやよ!
今後が楽しみやよ!」
鏡音レン 「うんうん、あれも僕?だったものすごく>GM」
南 倍南 「初人狼で狐勝利とかちょっと羨ましくて涙が出てくるぜ>フェイフェイ」
天海春香 「美希ー
あそこであれいえるのは、マジで狼か狐だけだって。
もー、文ちゃんありえるから頑張ったけど、むりだー。」
水橋P 「初日狩人なのが悪い」
双海真美 「確かにあの日の吊りは反省しときたい!でもやよいっちと菲ねーちゃんつれないよ!>レンくん」
天海春香 「違う、村か狐。」
如月千早 「ふぇいふぇいさんおめでとうございます」
南 倍南 「俺も飼われると思ったんだがなー、吊られた日」
高槻やよい 「おつかれさまでした!
狼さんの潜伏が上手かったのと、狐さんが吊れない位置に行っちゃっていたので
村は勝つのは難しい展開になってしまいましたね・・・」
できる夫 「まぁ狩人初日とかそうそう思いませんからねぇ・・・<水橋」
アチャ子 「うん、言った後気付いた!
でも何かの不思議な力が起こるかもしれないという可能性が微存して今消えたわ!>レン・卯月」
双海真美 「初人狼狐勝利…だと!?w」
星井美希 「だからふぇいふぇいが狐なら噛めって言ったの。」
射命丸記者 「夜時間と投票時間の大半を記事に費やした私はほめられていいと思います!」
三浦あずさ 「ま、初日役職はここの名物みたいなものだから初日狩人かなーぐらいは考えてたわね>割と>水橋」
鏡音レン 「というか、初人狼で狐勝利とか・・・>楊菲菲
僕は狐勝利に・・・・何戦かかったことか

うん、本当におめでとうー」
水橋P 「そうなんだよな…ただここでは機能を除いて連続なんだぜ…>初日狩人>できる夫」
楊菲菲 「めっちゃ初心者質問ですみませんが、狐が噛まれて死者出なかったら、狼側には自分が狐ってバレるんですか?」
ユウちゃん 「初人狼で狐勝利は本当に凄いので~す!」
星井美希 「いや、明らかに最終日見越して3人の名前を挙げるのはダメだって思うの。
全方位誘導とかどう考えても負けフラグなの。
……けど、美希の投票はしゃめーまるだったりするの。」
南 倍南 「よく頑張った射命丸! 最高の賛辞を送る!!」
雪路GM 「春香は、自分の疑いを、自分の発言でフォローするのは厳しいですね
推理なんてそれぞれですから」
ベイスたん 「ベイスたんもまだ1回しか狐勝利ないやよ
仲間仲間やよ~>ふぇいふぇい」
できる夫 「それはなんというか・・・w<水橋」
射命丸記者 「ほぼバレマス>フェイフェイさん」
双海真美 「◇南 倍南 「はっはー、どうだー鴨だぞー>真美」
南にーちゃんがへんなものみせてくる!けーさつよんで!けーさつ!」
アチャ子 「初人狼狐勝利とか狐勝利した事ない私にはまぶしいっ…ああ、夏の日が辛いぜ…>楊菲菲
水橋P 「まあ自分も狐勝利してるからうれしいことはうれしいのさ…」
ベイスたん 「狩人が護衛していないかぎり、そこが狐やよ!>ふぇいふぇい」
雪路GM 「>ふぇいふぇい
そうですね、バレていますね。
狩人が護衛したなら別ですが」
三浦あずさ 「こういう時に限って村人とか…面白くないわねぇ」
高槻やよい 「はい、バレますね~>楊菲菲さん
ただ、狩人が偶然狐さん護衛してたって可能性も僅かにあるので、100%ではないですがっ」
南 倍南 「あきらかに護衛無いとこ噛みで死体無しなら、狼は気づくねー>ふぇいふぇい」
楊菲菲 「ビギナーズラックだと思うヨー!」
ユウちゃん 「倍南が吊られたのは私もびっくりだったのだよ~!
私が真占いだったとしても倍南は残したと思うな~」
水橋P 「詳しくはログ見てくるといいさ役職だけでも>できる夫」
鏡音レン 「>真美ちゃん
そこはRPを重視するならもう村決め撃ちして負けた事さw
だから、これは、ああいう残し方をするのであれば
こうなるってことだと思うよw否定はしないけどねw」
如月千早 「わからないけど、役職じゃない人を噛んで死体無しだったらほぼ狐だと思われると思いますよ>ふぇいふぇいさん」
双海真美 「怖い事ぼそりといわないでよ~!?>あずさおねえちゃん」
雪路GM 「実践的に言うと
グレーで狐噛まれると相当厳しいですね」
天海春香 「最終日は見越すよ?>美希
ただ、あそこで全員の名前あげて、どうこうできる位置は、狼じゃ無理って
話かなー。
見越さないとだめっていうか、どーだろ?」
南 倍南 「おいまて真美! そっちじゃない! そっちじゃないぞ!?>真美」
如月千早 「ふぇいふぇいさんが勝てて良かった」
できる夫 「噛まれる前日で、役持ちは春香さんかフェイフェイさん辺りかなぁ?とは思ったんですよね
方や多弁で方やステスルですから」
雪路GM 「もちろんグレーを護衛する人もいますけど
少数派なので」
島村卯月 「初心者村で初日吊られ・・・
まぁ、うん、今日私はホールスタッフとして呼ばれたんです。そうに違いない」
鏡音レン
-=ニ¨            ∧      \ ハ   へ⌒≧
        //  / ‘:.   ト、  `込、/ jハ、 \
      -‐ ¨ _ノ  /、__,,メ、{\` ー--≧ノ ノ 刈 ̄`
`¨7 ー=ァ二斗' /    x斧=ミメ    `≧=- }
      }{ 厶≪  u  〃  乞ハ `}〉ヽ. }=く  }   というか、GMは狩人もっていきすぎじゃね?
 }   / } 〃 ヶx`     弋rツ  ′ ∨f⌒Y :′
_ノ /イ{〈{ 弋,ツ       ー一     !>こ〉}′  逆ゲルト的な設定でもあるのw
 ̄´   j f:、 、___ノ〈     ''""  U   ノー'/
    厶ヘ‘,'""            厶=く{
        Ⅵ          __      ∧{\ ヘ
        圦   r=ニ -一'^`)  , ′'. `¨`
         \   ー‥  ̄´ /   ‘ __
          `       xく  ij /::::::::.
             `ア´ヽ     /:::::::::::::::.
                 ‘, /.:x====
                     j/.:// ̄二ニ」
星井美希 「んー、ふつーに考えたら狼でも村でも狐でもあれ言ったら疑われるの。
だって、最終日になってどこが吊れても良いようにしか見えないもん>春香」
楊菲菲 「なるほど…じゃあ今回は本当にビギナーズラックかと!>all」
できる夫 「PHPは空気を読みますからね<水橋」
天海春香 「◇楊菲菲 「めっちゃ初心者質問ですみませんが、狐が噛まれて死者出なかったら、狼側には自分が狐ってバレるんですか?」

状況次第、だね。
ただ、フェイフェイ噛むーってなったら、そこ護衛ないだろうし、まず死体なしだったらバレるかなぁ。」
南 倍南 「俺もそれを思って●撃ったんだよなぁ……>できる夫」
双海真美 「>レンくん
うーん、反省はしてるんだよね。ちょっとRP重視しすぎたかなって。
今日は初心者村だったからさ、初心者っぽい人に長くやってくれた方が嬉しいなという気持ちもあったり。」
水橋P 「ここのは読んでないよ絶対…だって遊ぼうとしてる人に役職渡すからな!>できる夫
南 倍南 「まあ初日●はしょうがないw>卯月」
星井美希 「ある意味、卯月で良かったと思うの。
だって、初日ふぇいふぇい銃殺だったら目も当てられないのw」
ユウちゃん 「ま~狩人が居たらきっと初日水橋P護衛でまた違った展開になっていたと思いま~す!」
できる夫 「共有もバシバシ抜かれましたからねぇw」
水橋P 「仕方ないじゃないかモバマス勢でくるんだから>卯月」
双海真美 「言質までとったんだからもうしょうがないよ!ぱいにんなんてもうニートみたいなもんだし社会的責任も少ないよっ!>南にーちゃん」
水橋P 「それがありえたから怖いんだよ…>美希」
星井美希 「美希が狩人だったら倍南護衛してたよ?
●遅かったし、倍南の○ないもん>ユウちゃん」
雪路GM 「>ユウちゃん
いやーここは霊能護衛もあるのでなんとも
私なら霊能護衛しますね」
南 倍南 「今思うと切羽詰まってたとはいえよく水橋噛みにいけたなぁ、とは思うけど
勇気って大事だね!」
天海春香 「いやいやいや、最終日にあれってのよりは
その前の水撒きになるから、狼はあれいわないとおもうよー。>美希
狼だったら、もっと別の方向からLWは決めてくると思うし。」
高槻やよい 「ともあれ、初心者村おつかれさまでした!
えっと、楊菲菲さんの他に、アイマス村が初めてって方はいらっしゃいますか?」
如月千早 「私の言ってたことって間違ってたんでしょうか。
南さん狼がほぼ見えててどうして皆さん吊りにいったのかがわからないんですが」
南 倍南 「美希ちゃんはエエ子や……」
鏡音レン 「>双海真美
まあ、そこはゲームなんだからどこの重点を置くかだと思うよ
人狼ゲームっていうのであれば、初心者だからって吊らないっていうのとは違うと思うかなとは思うけどね

そこは主観がどうしても入っちゃうけどねw別段あそこで村を決め撃ちしたって話なわけだしさ、真美ちゃんが悪いわけじゃないさ」
ユウちゃん 「な、なんだってー!? そうだったのかー!>美希 GM」
雪路GM 「>千早
間違えてないよ。言い分も」
星井美希 「けど鴨の真は見たくなかったからなんともかんとも(ry」
如月千早 「でもグレランで狼が吊れてない以上もっと早く終わっていたんでしょうねぇ、こうなると」
島村卯月 「むしろ悪い事じゃないんです。ホールスタッフも楽しかったですし>水橋さん」
アチャ子 「狐戦法としてああいうRPで残って吊れない位置まで行くという戦法はあるわ
でもそれは結構難しいから…今日の勝利誇っていいわよ!>楊菲菲

初日狩人でも村が頑張れば、と思っていた時期が私にもありました!」
双海真美 「南にーちゃん吊りは冷静に考えたら間違いだったね。
明かにあれで村の動きが鈍った感じがした。こっちの方が反省すべきかも。」
南 倍南 「フ……俺があまりにも狂に見えたって事だろう>千早

なんで吊られたか俺もよく分からんが」
雪路GM 「>千早
ただ、言い分通らない時もあるから
その次どうすればいいのかを考えるといい。
一番勝ちやすい道を取れなくても、負けじゃないしさ」
射命丸記者 「なお残った村の中でレンくんを噛むのは私しかいない模様。」
如月千早 「そうですか、そう言っていただけると嬉しいです>GM」
南 倍南 「おいそこwwww メタ禁止wwww>美希たん」
できる夫 「ああ、自分もここのGMのお誘いで鉄鯖からの新規参入ですよ<やよいさん」
双海真美 「ちゅがうよ!全然ちがうよ!かわいさの勝利だよ!>菲ねーちゃん」
射命丸記者 「ノ>高槻さん」
南 倍南 「メメタァの時点でそっちこそ透けてたわぁぁぁーー!!>美希」
天海春香 「まーでもあれだもん。
正直さぁ、フェイフェイ以外の2人ー!ってなっちゃったんだから、
仕方ないじゃんかー!美希はもう、ツッコミどころないから狼!
文ちゃんはあずささんあずささんってあずささん大好きかEBIの香りでもかいだかっ!ってノリだもん。」
ベイスたん 「レン噛みで射命丸狼は見えそうなきがしたやよね~
よくあそこでかわせたと思うやよ。」
如月千早 「いえ、私狼に見てました>南さん

私には求心力がなかったということですね>GM」
南 倍南 「あっれ、」
できる夫 「やよい-フェイフェイのステルスラインをどうするかがキモでしたかねぇ・・・」
南 倍南 「……射命丸、この前の村で鴨アイコン使ってた気がしたが……?」
三浦あずさ 「ああ、春香はそこで正座な>春香」
雪路GM 「>千早
人狼は正しいかどうかを言い争うと、結論が出ない時がある
でなくて、やってしまった後、どうリカバリーするかも大事だね」
アチャ子 「CO位置は遅いし割と悪くない噛みだったと思うわ、狩人いても護衛するか人次第…かどうかはわからないけど!
ただあの位置で噛むとライン繋がりで真固定になるからまぁ2択よねぇ>南」
ベイスたん 「自分かまれは予測できてたやよ・・・ただ狼位置勘違いだったやよ。」
鏡音レン 「          ,ィ  ト.
        / .|  | `、,........__      _,../|
         ヽ,.ゝ' l  \._ >'´ ̄ ̄,. -‐ /
      ,. '´   ,.ゝ.  ヽ、フ. , ,. '´     /
.     | ,   / ,..-ヽ、     { (     _/
     l/ヽ‐-'--'-‐ '´     /  、 '`ヽ、__  >文さん
     <_i`‐ァ、 ___... -‐ 'ア ノ  \-、-‐'´ ですよねーw射命丸さん誘導予定でしたしw
     | =`<./ ,.-‐,、 ヽ  /,.イ    ト-`=-
      l.ll ll.||| l:l::;!,!ヽ    '_--| ,   |     狐みるなら射命丸ーあずささんでしたし僕視点で
     ` ‐-< ヽ-'    /ノフi/ヘ     |
        `、_>、  、   , `''´'/ ,ノiヽ.  ',
     /:.:.:ヽヽ、 ` ‐  /-へ.| `ヽ、ヽ
    ,ヘ\:.:.:.:∨.`‐‐  ´         ̄
    /  \\_:ヾ ̄iヽ、
   ノ     `‐-ニヽ、l,.イ、
  /        ヽ `-iコ l }」
射命丸記者 「交わすも何も突っ立ってただけですね>ベイスたんさん」
星井美希 「そもそも、『狼ならやらないはず』だから『私は狼じゃない』なんてのがまず幻想なの。>春香」
楊菲菲 「初参戦COで逆に皆さんやりづらくなってたら、なんか申し訳ないデス…」
高槻やよい 「そうでしたかー!できる夫さんも初めましてですー!
今回の霊能COは疑問手になっちゃいましたけど、
普段なら(占いから●出てない時とか)有効ですよね!

とっさにそういう事ができるのは凄いなーって思いました!
よかったらまたがんばりましょうねー♪」
双海真美 「   

  /: : : : : : : : : : : : : : ;: : \__ノ: : : : : :l
        /:/: : : : : : : : : : : :,: : : :}:_: : :.∨_): : : : |
         ,: /: :/: : : : :/: : : :/: : : :; ミ、: :.∨: : : : :.!
       ,: {: :/: : : : :/: ://: : : :/   ヽ: : }: : : : : ;
        {: |: {: : : : :/:イ /: : : :/  __ ∨:|: : : : :/
       Ⅵ: !: : : /l/`ヽ {/: : / ´    Ⅵ: : : :/
       }:lリ: : :/ /__   {: :/  _,.  Ⅳ: : : {
        rⅣ/ ィ ⌒ヽ  l:/  ´ ̄ ヽ /!: : : : :l
        { }ハ         ´ ,      {ハ: : : : :.:.
        ヽ!: l.               八:!: : : : : .
         |: |〉、    <-二 フ  /: : リ: : : :l: :}
         ∧:!、   、   ` ´ ,..<_ l: : : : : :./j:/
       /ヽ//ハ     ュ - く/}  /ヽ: /!: : { /
     /   ∨/ハ   {   _}/l/   }' 、: :.!
    / `ヽ、_}//∧ー-  ´/イ    /  ヾj
    /       ̄  ー― '´   /  ,'
今日は沢山新しい人がいて、絡みきれないけどすっごいうれしいよ、真美!
またみんな来てくれるとさいこ→だね!」
雪路GM 「>千早
求心力というより、共有の思考と、村の主流の思考
千早がそこで決断して、大声で指示すれば、変わったかもしれない
いいか悪いかは別として」
ユウちゃん 「は~い!アイマス村自体は初めてなので~す!>やよい」
双海真美 「あたまがずれたー!」
鏡音レン 「あ、僕も倍南護衛かなもし狩人だったらね」
島村卯月 「えーと、コホン。
慣れていない方々、わざわざご足労いただき本当にありがとうございます。
明日火曜日は四条劇場火曜日、通称うみゃ村がございますので
そっちにも来てくれたら私・・・いっしょうけんめいおもてなしするのでよかったら遊びに来てくださいね♪」
ベイスたん 「自分狩人なら霊でちゃってるから霊護衛だったかなぁ・・・
占いのみだったら占い護衛してたと思うやよ。
残り2人の発言微妙だったやよ。」
水橋P 「大丈夫だ問題ない>フェイフェイ」
雪路GM 「>千早
村はね、共有や霊能の言うことはあまり見てないの
疑う必要ないから。その為の大声や色つき文字だよ」
双海真美 「ゆうちゃんも他の鯖なの?」
できる夫 「一応相談してからやりましたが・・・・
まぁ今回は悪手でしたね<やよいさん」
南 倍南 「霊能噛みか占い噛みか。うーん、初日の噛みですら色々展開が広がるね。
ワクワクが押し寄せてくるね>アチャ子」
鏡音レン
          ヾ. . . : : :Y ⌒ヽ: : :._  ',   ∨彡
          ,Y´   }  ::     :.  ¨亥ニ=- }  ,'
      ー=彡:    /! i ::.     : .   \ ,'::ノ
        ,'    /,' A ::.     ヘ: .   \: : , '
          j/    // ./- \     ';::`7 ーj-ミx、 :
           '.   /气ノヤ示≧ヾ     ';::」,.rt//: : : :  ところで四条鯖ではお鍋は食べれないんですかね(チラッ
         从{ 弋}!  マ:i。}  }ヽ i∧. Ⅶ1', ∨: : : :
               Y.  `゙ ノ  ∨〃ヽ} <::::>∨: : :
              く         :{ {    >/. : :/
              ヽ          ヽゝ - 彳   {
                 `r-      "   ∧ {ヽ〉
                  ヽ   ,..イ       i  \!
               〈 i フ }ヽ.r=j     ト --、
                {´ 〈フ¨ヽ} '"   ,. <: ̄:::::::}
              〈 \〉,≧  ! ,. ::':::::::::::== 、::::l」
島村卯月 「支配人さんが妄言ほざいてます・・・!」
如月千早 「あれはあまり使いたくないんですけどねぇ>GM」
ユウちゃん 「私はいつもは鉄村に居るのだ~!>真美」
高槻やよい 「おー、射命丸記者さんも・・・って、えっ?えっ?
修羅枠、ですよね・・・?///

あうあう、あの記事がいきなり来てどうしようかなーって!
一晩考えて、とにかく面白くしたいなーって思ったら
ちょっと変な方にいっちゃったかもーで恐縮でしたが(照)
乗って下さってありがとうございましたー!」
射命丸記者 「あ、あとあずささん噛みに意図はまったくありません。
ぶっちゃけ時間ないよーでかみまみた。」
星井美希 「正直発言なんて後で見れば良いと思って見てなかったの。
村人だとこーんな感じで適当に過ごせば良いの。」
南 倍南 「大丈夫だ問題ない>フェイフェイ

皆、誰しも初参戦の時はあったんだぜ」
島村卯月 「闇鍋はちょっと・・・って人多いですよ、アイマス村には>レン君」
双海真美 「>レンくん
ん、ありがと。。懲りずにまた来てくれると嬉しいな。真美頑張るからさ。」
鏡音レン 「>ベイスたん
いやー、残りの占いも微妙だったけど
水橋もね・・・」
雪路GM 「>千早
ま、その場合はリカバリーだね。
ほら、毎回毎回正しい道ばかりじゃ飽きるでしょ?
人は失敗するものだし」
双海真美 「なるほど!よろしくねー☆>ゆうちゃん」
鏡音レン
     ヾ. . . : : :Y ⌒ヽ: : :._  ',   ∨彡
     ,Y´   }  ::     :.  ¨亥ニ=- }  ,'     >島村さん
 ー=彡:    /! i ::.     : .   \ ,'::ノ
   ,'    /,' A ::.   u ヘ: .   \: : , '     うーん、そっか残念
    j/    // ./- \     ';::`7 ーj-ミx、 :
    '.   /气ノ ミミ ヾ     ';::」,.rt//: : : :    いや、食べてみるとおいしいんだけどね、うん
    从{ 弋}!  三=  ヽ i∧. Ⅶ1', ∨: : : :
        Y.  ̄ ̄    ∨〃ヽ} <::::>∨: : :
       く       u :{ {    >/. : :/
        ヽ          ヽゝ - 彳   {
         `rー      "   ∧ {ヽ〉
           ヽ   ,..イ       i  \!
        〈 i フ }ヽ.r=j     ト --、
        {´ 〈フ¨ヽ} '"   ,. <: ̄:::::::}
       〈 \〉,≧  ! ,. ::':::::::::::== 、::::l
     ,彳:::Lヽ 〉{ ,. <::::::::≠ ´ ̄`ヾ∨:':,」
星井美希 「そういえばしゃめーまる!
ツイッターで叫んでたけど、倍南アイコン登録したのそこの鴨だと思う!
むしろそこの鴨=reason以外あり得ないと思うの!」
双海真美 「たべたいけどこわい!>レンくん」
できる夫 「闇鍋はもうセオリーからまったく違いますからねぇ・・・
まぁ初日から役職COすればとりあえずはグレランから逃れる程度ですかねぇ」
水橋P 「正直生きてたら次にレン次にフェイフェイ占ってたね」
島村卯月 「いつでもRP絡みができればどうしようもなくなるまで他を投げ出す勇気!!(キリッ)」
如月千早 「それはそうですね。
狼見えないときは先吊りどちらにしようかまよってしまいますし>GM」
ベイスたん 「ベイスたんいつも遅い●のときは残りの占いの必死さをみるようにしてるやよ。
この遅い●に護衛とられて自分が噛まれたら村が負ける!って雰囲気が
ぜんぜん感じられなかったやよ>レン」
水橋P 「ちなみに私はシクゲとかやってみたい」
島村卯月 「少なくとも私は行く度にトラウマもらってるので・・・>レンくん」
南 倍南 「わざわざ絡みにくいRPで入った勇気!!(ドヤァ」
雪路GM 「>美希
霊界でも言ったけど
メタは、ゲームの面白みと成長する機会を失わせるだけ
使う必要なんてないし、使っても言わないのが暗黙の了解かな」
射命丸記者 「玄人のひとりごとは好きでした」
双海真美 「やよいっちの豹変ぶりにはさすがのまみも戦々恐々だったよ・・・」
水橋P 「そんなもの水橋で通ってる道なの>南」
ベイスたん 「しかも今回霊が出てたやよ。
そっちに狩人の護衛が行く可能性もあるのにというところ。」
如月千早 「みんな元気ね……」
鏡音レン 「あー、うんそれはあるかなーと>ベイスたん
まあ、たればの話だしね、狩人はどうしても趣味が入っちゃうから
正解はないしねw」
南 倍南 「なるほど。横からだが勉強になるぜ>ベイスたん」
ユウちゃん 「おー!多分また来ることもあるだろうから、そのときはよろしくなので~す!>真美」
双海真美 「ほんとだよ!wどう処理するか困ったよ!>南にーちゃん」
星井美希 「んや? ゲーム中には持ちこまないし、そんなの使ってもつまらないの。
具体的にどれの事を指してるかがわからないけど。」
アチャ子 「ねぇ、個人的には村だと占い噛み。狼だと霊能噛みの方がヒャッハーできる。
苦手な方はふりわけるやよ!>南

鴨鍋ならそこの南君がやってくれるやよ!>レン」
水橋P 「あと真美遺言のあれだけど
あれはタトバだとしか言いようがないね>真美」
できる夫 「こそこそと何回か闇鍋には参戦してますね、神話マニアとか暗殺とか引かせて戴きました」
双海真美 「わーい!そっちにもそろそろ出るつもりだから、会ったらよろしくねー☆<ユウちゃん」
雪路GM 「>千早
千早はさ、頭いいんだから、他の人より先見えることもあるじゃない?
でも皆がそうじゃない。ならどうしたら皆が自分の意見乗っかかるかを考えたり
方向性決めたりするのも大事。人狼の魅力は人を操ることにあるわけよ」
高槻やよい 「ユウちゃんさんもー!
特に偽と断定されず隙のない占い騙りさんでしたね!
真占いが噛まれた後もおつかれさまでしたー!」
天海春香 「◇楊菲菲 「初参戦COで逆に皆さんやりづらくなってたら、なんか申し訳ないデス…」

あ、そういうのないから大丈夫だよ
ええとそうだ、ここってどこでしったのかな?」
鏡音レン
     ヾ. . . : : :Y ⌒ヽ: : :._  ',   ∨彡
     ,Y´   }  ::     :.  ¨亥ニ=- }  ,'     >島村さん
 ー=彡:    /! i ::.     : .   \ ,'::ノ
   ,'    /,' A ::.   u ヘ: .   \: : , '     僕をズタボロにした狼がなにかいってる
    j/    // ./- \     ';::`7 ーj-ミx、 :
    '.   /气ノ ミミ ヾ     ';::」,.rt//: : : :    
    从{ 弋}!  三=  ヽ i∧. Ⅶ1', ∨: : : :
        Y.  ̄ ̄    ∨〃ヽ} <::::>∨: : :
       く       u :{ {    >/. : :/
        ヽ          ヽゝ - 彳   {
         `rー      "   ∧ {ヽ〉
           ヽ   ,..イ       i  \!
        〈 i フ }ヽ.r=j     ト --、
        {´ 〈フ¨ヽ} '"   ,. <: ̄:::::::}」
星井美希 「さっきの鴨占い信じない!ってのはまぁネタだしね。
自分が狩人だったら必死に発言読み返して決めてるの。>GM」
アチャ子 「開始前RPほとんどせずに吊られる蛮勇!(きっ」
如月千早 「レンさん吊りはハズレでしたけど、やっぱり吊っておきたかったなぁ。
そこで3日目や4日目に思考とまってしまってましたし」
雪路GM 「>ユウちゃん
是非来てね!
今回は来てくれて有難う」
射命丸記者 「南さんは兄ちゃんというかおじさんですよ>双海さん」
島村卯月 「ズタボロ・・・え?え?
その、えと、あっと、ご、ごめんなさい!よくわかんないけど悪い事しちゃったみたい!」
雪路GM 「>美希
ま、言えるのはメタ嫌な人もいるから言うのはほどほどになって事」
ユウちゃん 「モチのロンだー! イェーイ!>真美」
南 倍南 「俺が狩人だとしたら、霊能護衛だっただろうしな……!>アチャ子
うむ、面白い。
そして鴨鍋とかドンとこいですが」
双海真美 「千早お姉ちゃんも元気出していこうよ!新しくきてくれた人がたくさんで真美うきうきだよ!>千早お姉ちゃん」
鏡音レン
 ',  //     /}}     }、      \ __ >
ー=彡 '    ´ ̄`メ |     / \ー=ニ _≧=-
\/   x≦一 ´  |   ′ ⌒ヽ ヾ  ヽ    >真美ちゃん
∠-‐≪ /┌笊テ¨ミメ、 /    j∧  }i   :.
γ⌒メ〃 {{ {i::::`1}   j/   xそ¨ヽ、', |   |   あー、明日一応お鍋の初心者村があるよとだけいっておくね
 / う}   弋zシ      {i:::`1 j/∧ l   |
 ゝ (_  "'〃/`7`〟       辷"  /うヘト . {  やる夫鯖だけどね
ヘ ‐-{             〉"〃厶イ     `
 レ}` 込      __       ′ `
__,//レく\    (`ー-   ¨ア   ノ
ニニニニニ\丶、 `    ´  /
ニニニニニニニ‘, 丶
ニニニニニニニハ   >=<
ニニニニニニニ/二≧x
.ニニニニニ/∠ア⌒≫x、」
如月千早 「難しいですね……>GM」
星井美希 「はーい、そこはごめんなさいなの。>GM」
ベイスたん 「南 倍南 「了解、●吊りだな。狂狼の特攻にしか見えねえが……
まあ霊能の色さえ見れりゃあ大丈夫だな。」

自分噛まれること考えてないやよ。
霊の色か○で自分噛まれてたらどうする気やよ。

ユウちゃんも自分噛まれる心配まったくしてないやよ。
水橋P 「通常ならあまり話せず吊られる運命(キリッ」
楊菲菲 「Twitterでお知らせツイートを見て知りましたー>春香さん」
三浦あずさ 「それはほめてるからそこで謝らないの>島村」
ユウちゃん 「やりたいことが出来て私は満足だー!>やよい」
高槻やよい 「あはは・・・黒いところのある私を演じたのは初めてだったね(照)>真美
でも、あれしか上手い返しが思い付かなくて~///

あれだけはっちゃければ、村認定もらえるかと思って頑張ったけど
ちょっと難しかったかなぁ(笑)」
雪路GM 「>千早
むしろ楽ゲーなら、16人も集まらないし
ハマらないと思うのよ。
難しいけど、千早は出来ると思って今言ってみた」
鏡音レン
≦⌒>"   /        ,′   ` <⌒
二7  ∠ ____/     //    ト   \
-‐爪     /     //     ル ヽ   \
 ハ \  // /    〃   / }  }}
. k ` ー-ヽ/ '       , ′/ /--‐1゙ ∧┌‐- ヽ
  \  / { |  ∠-‐厶≠トミ |/,斗{     ・・・僕、島村さんに汚されちゃった・・・
八 -=≦=-‐Ⅵ  /ル《   fi}   j/゙f}ハ
      Y⌒ヽ‘、 //   ゙    リ     リト、{
.   \ !Y^く ∨////`¨゙  // 、{ `
    y〉、`¨              ノ}
   ノ/  `¨T    U        /
   _,厶イヽ、{        ,.-‐
     __ 厂    ¨ ァ‐-   _/
   _ノ::::::::`丶    /‐-
 /≠===ミ :::\  ∧:::::::::i l:〕
〃´‐-  ̄ ̄丶.\::\__ :.:::::::l |:|`ヽ
南 倍南 「まあ、俺なら大丈夫だぜ>GM
美希も俺以外にゃ、んな事言うよーな奴じゃなし」
如月千早 「え、でもやっぱり反省点は振り返らないと>真美」
ベイスたん 「四条鯖で明日の村の告知してるのに、
時間かぶるそれは言わない方がいいと思うやよ・・・w>レン」
双海真美 「いえーい!はいたっち!>ユウちゃん!」
三浦あずさ 「ま、メタはやり過ぎるとろくなことにならないわねーとは>GM」
鏡音レン 「あー、っとそれは配慮が足りなかったねめんごめんご>ベイスたん」
雪路GM 「>南
うん、大丈夫だけど、他の人もいるからほどほどにねーってことさ」
できる夫 「共有だと見るところが多くて困りますねぇ・・・ベイスさんに突っ込まれて
ようやく占いの発言を見返した感じでしたし」
南 倍南 「うん、そこ指摘されて泣きたい>ベイスたん」
星井美希 「そのために共有は2人いるんだと思うな。
それぞれ気付いた事を伝え合えば良いんだと思うの」
鏡音レン
     /   x==ミ{  ∠ ー-=ニ´-‐   7
   / -ァ   ´                 /,
   //         /  ト \    /j ,ハ
   /  // ⌒  イ {  | \ \ くノノ_彡}
  ー=≦´_____ ノ 八  !  \   、\-=ケ
 ∠ __  | 〃⌒ヽ \{ '"´⌒ヽ ー‐一 /   しっかし、まあベイスたんはうまくなってほんとに
    /rぅ、{  〇    ` ◯   ’ 》=く, ′
   ,厶{ <ヘ     ,       /zうハ    その灰視をよこせこのやろう
     \ }               厶イヽ}
       込、          u /
       }/ 丶、  cっ    イ
          _}` ー  ´{ ∨
        x≪ニ{       kニヽ
    -=≦ニニニニハ‐-  -‐}ニニ≫x」
南 倍南 「了解だ。うむ、TPOだなTPO>GM」
双海真美 「千早お姉ちゃんはオカタイなー!うきうきしながら振り返ればいいんだよ!
真美だいぶ反省してるよ、これでも!吊り先とかメタ見過ぎとか。」
雪路GM 「>あずさ
私に言わせればメタ・・・というよりデータを戦術に出来るレベルじゃないと
それを使ってる人は弱いとしか言えませんけどね。
なくても分かりますし・・・」
できる夫 「毎回気が付くとログに翻弄されてますね自分は」
如月千早 「楽ゲーとは思ってないですけどある程度の難易度がないとやっぱりダメですしね。
遊びは>GM」
ベイスたん 「逆にいえば、自分吊られる心配しなくてよいのと
最終日に残れる可能性も低いから、残すべき位置考えて
最終日を迎えられるようにするのが共有の仕事だと思うやよ。
ベイスたんも進行苦手だからあれやけど・・・>できる夫」
天海春香 「◇楊菲菲 「Twitterでお知らせツイートを見て知りましたー>春香さん」

あー、今日のお知らせ、みてくれたのかな。
来てくれてありがとうねー。アイマス人狼自体はしってたりしたの?」
島村卯月 「レン君・・・そうやって私の村の人数削ったり変な風評広げたりして・・・

泣いていいですか?」
ユウちゃん 「ハイターッチ!!>真美」
双海真美 「菲ねーちゃんツイッターやってるだと?(ごくり」
ベイスたん 「そんな事ないやよ、最近はお鍋いってもいぢめられてるやよ・・・>レン」
如月千早 「でも改善点は真摯に見据えないと。
悪いところを見つけて次は頑張るのが一番だと思うの>真美」
水橋P 「これは探るしかないな…>真美」
できる夫 「狼もそうですが進行役はなんか苦手ですねぇ<ベイスさん」
雪路GM 「>千早
そうそう。覚醒だって、1度クリアしたのに
ノーマルカジュアルとかやりたくないでしょ?
そういうものです」
三浦あずさ 「ま、そういうことね>GM
それ以前に言われた人を不快にさせることも多々あるからってのもあるし」
鏡音レン 「いやー、ごめん、なべについてはごめんねそれは謝ります。>島村さん
あと、いや、汚されたとかは冗談だからねうん、ごめんなさい」
雪路GM 「>南
ま、他の人もいますしね
そういう気遣いが大事ですかね」
南 倍南 「しかしまー、占い騙りはやっぱ難しいもんだな。
ポロポロ失言しまくるしなあ」
ユウちゃん 「狂人で占い騙るとログとかほとんど見なくても何とな~く何とかなるから楽チンだったよ! ピース!!」
楊菲菲 「>春香さん
アイマス人狼自体初めて知りました。
人狼は知ってたけど、敷居が高い気がしてなかなか参加できなかったんですー」
ベイスたん 「ベイスたんも昨日狼で進行とちってお仲間に申し訳ない負けしてるやよ。
間違っておぼえてくしかないやよ~>できる夫」
双海真美 「えっ!明日の初心者村行こうとしてたけど鍋なの!?誰とはいわないけどだまされたー!でも行けたら行きたい!あ、でも四条とかさなるかな?>レンくん」
如月千早 「すぱっとクリアするためならありかもしれませんけどね>GM」
水橋P 「それにしても今日は課金騎兵紹介してかまれかなんかする予定だったんだがな~
そううまくいかないもんだ」
鏡音レン 「>ベイスたん
ゲシゲシ、普通村でそんだけ強ければ
鍋でも普通につよくなるさね」
できる夫 「メタで遊ぶのは前日ぐらいですかねw
ゲームが始まったら気持ちは切り替えて行く感じですかね」
南 倍南 「うむ。美希には後で頭ナデナデしながら言って聞かせよう>GM」
楊菲菲 「あ、非公式なりきりさんじゃないですよ?>真美さん」
ベイスたん 「ベイスたんも騙り苦手やよ・・・
1回ぐらい信頼勝負で勝ってみたいやよね>南」
雪路GM 「>南
ぜひ愛でてください」
星井美希 「それはだが断るの。>倍南」
鏡音レン 「まあ、そこはうん、聞かなかったことにね>真美ちゃん」
高槻やよい 「なるほどですー!>楊菲菲さん
そういう方がいらしたのなら、やっぱり初心者村、あってよかったですね!」
如月千早 「21時かららしいわ>お鍋の初心者村>真美
ちょっと1時間では終わらないでしょうね」
三浦あずさ 「CNを初日犠牲者か潜伏狂人にしてプレイすることはちょっと検討したけどねw>GM」
できる夫 「まぁ自分はここのGMに師事してますので、頑張りますよ<ベイスさん」
鏡音レン 「信頼勝負ができる狼がすげぇと僕はいつも思います」
南 倍南 「大丈夫だ。俺も遊んで吊られる予定だった>水橋P

そんな予定なハズだったんだ……」
島村卯月 「あ、うん、えぇと、その・・・基本人が来ない悲しみを味わい続けたGMだから人数もってかれることに関してはどうしても過敏になっちゃって・・・
こっちこそごめんなさい>レンくん」
アチャ子 「霊能噛まれるとだるいからねぇ、占い以上に。
よろしい、ならばまさかのアイマス決闘を…!>南」
雪路GM 「>あずさ
ま、そうだね。まぁ、あの人がこのRPだから絡みたいから近いのにしようとか
そういう程度なら個人の自由だから許されるんだけどさ
言っちゃ駄目ね」
ベイスたん 「普通でもいっぱいやってる人には全然敵わないやよ・・・
やっぱ経験は力なりと思うから、参加するしかないやよね。>レン」
双海真美 「た・・・たとば?>水橋にーちゃん」
南 倍南 「GMに言われちゃなーしょうがないよなー>美希
もうナデくりまわすしかないよなー」
天海春香 「そっか。
ん、ようこそ、アイマス人狼へ!
よくきてくれたね、ありがとう!>フェイフェイちゃん

また、きてくれるかな?」
鏡音レン 「うん、こっちこそごめんね・・・>島村さん
鍋民の血がちょっとね、今度からは自重して発言するね
ごめんなさい」
できる夫 「春香さんとかもそうですけど、基本しゃべれてる人程なんか怖いですからねぇこのゲームは」
ベイスたん 「ここのGMさんはいろんな人のお師匠やってて凄い人やよ。
いっぱい教えてもらうべきやよ!>できる夫」
雪路GM 「>できる夫
できる夫も、今回の行動が良かったのか悪かったのか
まぁ、それだけ考えてくれればGMからは基本何もないです!」
南 倍南 「……いかんアイマスのRPできないよ!? どうしよう!>アチャ子」
楊菲菲 「いいとも!>春香さん」
如月千早 「……そういえばここの鯖でも姉は有名なのかなぁ
なんだかどこの鯖、と言っても二つだけだけど、姉の話聞いてるし」
水橋P 「いやフェイフェイのアカを探そうかと…止めておくか>真美」
双海真美 「今の盛況ぶりならそんな過敏になんなくても大丈夫だよ。
一番人気の村だし、堂々としてたらいいよん>うずきん」
三浦あずさ 「私もたまに言っちゃうことあるから注意しないとねー
汚いログは見返す気力も失せるし」
南 倍南 「いいともー!>春香」
双海真美 「はるるん、サングラスの人みたいwww」
鏡音レン 「そこはねー、数がどうしたってものを言うしね>ベイスたん
ただ、才能ある人ってのは確実にいる!
これは間違いないよ、うん」
ベイスたん 「有名やよ! KMP!っていったら大体誰か反応するはずやよ>千早」
雪路GM 「>千早
何度もその緩さだと飽きる!
ハードしたり、ルナティックしたりね」
高槻やよい 「あはは、そうかもですー///
私も、序盤はスロースターターで、後半に比較的ノってこれる事が多いんですけど
後半に発言増えると、人外だと思われて吊られちゃう事が多いですー///
なんとかせねば~ですー!>基本しゃべれてる人程なんか怖い」
鏡音レン 「うん、有名だと思うよw>千早さん」
できる夫 「ま、反省点といえば最初の霊能COですかね
やりたくてやってみたに近いので何も考えてなかったですし」
南 倍南 「主にそこのやよいちゃんが尾ひれに背びれにヒゲまでつけて布教してます>千早」
天海春香 「いや、でもまーきてほしいじゃん?
あ、姉はここでもアイドルだからまぁ、しられてるよ?>千早ちゃん
あと、ごめんねー。絡みづらい私でねw」
ベイスたん 「ベイスたんきっと下積みが長いタイプやよ
明日の巨人の星目指してがんばるやよ!・・・あベイスターズの星やよ!!」
アチャ子 「普通村で三日目で吊られるのにお鍋なんかいけない件、そういってる間にどんどん強い人が増えていくんですよねぇ。

よし、では落ちるのです
村建て同村感謝、お疲れ様!
因果の交叉路でまた逢いましょう!」
如月千早 「あれ、ベイスたんはこちらの人なの?>ベイスたん

ルナティックは面白いですね。自由にならないところが好きです>GM」
双海真美 「>千早お姉ちゃん
それは同感だよ!真美おカバさんだから割と頑張りたいと思ってるの!>改善点
村は、21時かぁ。」
雪路GM 「お疲れ様>アチャ子」
島村卯月 「私は怖くないですよ、たぶん・・・>できる夫さん」
できる夫 「お疲れ様」
南 倍南 「アチャ子お疲れ様だよー」
ベイスたん 「○進行ならありだと思うやよ。
●でてたのがあれやよね・・・>できる夫」
鏡音レン 「お疲れさまーとアチャ子」
三浦あずさ 「姉って誰なのかなーと思った人
割と他鯖のことは知らないし」
雪路GM 「>千早
GMはルナティックを序章クリアで3日かかり
それ以降はクリア出来ずですよ」
楊菲菲 「お疲れ様ダヨー>アチャ子さん」
ベイスたん 「アチャ子お疲れ様やよー」
アチャ子 「ああ、大丈夫さ…。
鴨アイコンで入って初日吊られるだけの簡単なお仕事です(きっ>南」
双海真美 「やめてあげてーw>水橋にーちゃん」
如月千早 「なんだか、あの人がよくわからないですね、ホントに
何してるんだろう、あの人」
ベイスたん 「んー やる夫村が多いやよ。
こっちは最近ちょくちょくきてるやよ。まだそんなに回数ないけど>千早」
三浦あずさ 「むしろ怖がらされる側よね>島村は」
鏡音レン 「まあ、●なら霊能もぐりがセオリーだしね>できる夫
護衛を2択にさせないためにもってところ」
ユウちゃん 「おつかれさ~まで~す!>アチャ子」
高槻やよい 「あうあう・・・///
ヒレとか付けなくて本心だったつもりですが
ちょっとやりすぎたかもーって最近反省してますー///>布教>倍南さん」
南 倍南 「鍋とかハゴロモフーズワワワワーとかゴーヤの料理レシピ言ってりゃ
配役がなんであろうと勝てるって聞いたけど>レン君」
水橋P 「そうだな、止めよう、きっと向こうから来てくれるさ>真美」
鏡音レン 「あれは、特殊な例だwww参考にするんじゃないw>倍南」
南 倍南 「問題ないもっとやれ(ドヤァ>やよい」
南 倍南 「俺も鴨料理のレシピ言ってりゃ大丈夫かな!?>レン アチャ子」
雪路GM 「千早のお姉ちゃんは、ラーメンなのだよ
みんなが美味しい惜しいというから評判で一度食べに来る。
食べて美味しいから、流行る。以下ループ」
星井美希 「そういえば自分の話ばっかりでふぇいふぇいにあんまり絡んでなかったの。
楽しんでくれたなら良いんだけどなぁ、ってすっごく思うの。
あ、勝てたのはふぇいふぇいが頑張ったからだよ?
初心者さんに優しくするのと、ゲームで手を抜くのは違うしね。」
できる夫 「ですねぇ・・・まだ全役職のセオリーが把握しきってない感じですからね
そこら辺は体で覚えるしかないですね<レンさん」
楊菲菲 「ふぇいふぇいの中の人は特にふぇいふぇい推しってわけでもないただの軽課金クールPダヨー…?」
如月千早 「あ、えっと、ないあって人なんですけど>あずささん

んー、自分で自分のことをそんな風に言うのはよくないと思うわ
でも一緒に頑張りましょう?>真美」
鏡音レン 「ちなみに、ぼくは「あの人」の弟子です(キリリ>やよいちゃん」
島村卯月 「い、一番人気なの?!>真美さん」
三浦あずさ 「ああ、あの人ね
なるほど…>千早」
星井美希 「知ってる、それ美希もちょー知ってるのw>ないあさん>千早さん」
鏡音レン 「うん、絶対吊り殺されると断言してやろうw>倍南
あれは食品RP村だからこそだw」
如月千早 「へぇ、じゃあこれからよろしくね?かな
あまり時間がないからこれないけど>ベイスたん」
楊菲菲 「すごく楽しかったダヨー!アリガトーダヨー!>美希サン」
南 倍南 「ですよねーwwwww>レン」
雪路GM 「◇鏡音レン 「ちなみに、ぼくは「あの人」の弟子です(キリリ>やよいちゃん」
全く認められてない弟子だね。
ある意味破戒僧に近い」
できる夫 「後はグレラン力というか村力を鍛える為に早苗鯖で修行しようかなぁ」
双海真美 「お弟子たくさんいるんだねぇ、さすが。
レンくんもなのか!」
鏡音レン 「・・・馬鹿な!?なぜ、それを知っている!?>GM」
水橋P 「フェイフェイに一つ面白い遊び方を教えよう」
天海春香 「課金兵だったー!>フェイフェイ
私もよくいる課金兵の一人だけどねw」
如月千早 「ラーメン?>GM

急に出しても困りますよね、ごめんなさい>あずささん」
星井美希 「あ、美希無課金兵になったよ、4日くらい前に>もばます」
射命丸記者 「サバンナエリア小日向さんが仲間にならないのはなんでですか!」
雪路GM 「>レン
そりゃ、GMはネットワークがあるので、色々な情報が入ってくるのです」
鏡音レン 「早苗鯖は殴り合いがすごいって聞くね>できる夫さん
まあ、いろんな鯖を経験するのって重要だと思うから
一緒にがんばろうねー」
双海真美 「ちなみに初心者村あるよと言われたのはないあさんだったりするよん!
そういえばあの時鍋の話だったから騙されてないや。」
雪路GM 「>千早
日本人で嫌いな少ないでしょ?
そういうもの。」
南 倍南 「リピーターの多いラーメン屋、という例えだねー>千早」
高槻やよい 「な、なんだってー///>レンくん

破戒僧ならぬ破戒弟子・・・押しかけ弟子みたいなものでしょうか///
なるほどです、それは私も全然知りませんでしたー!」
鏡音レン 「うんうん、お弟子さんたくさんいるけど僕は2番弟子だね>真美さん」
三浦あずさ 「いや、知ってる人だから大丈夫よ>千早
いろいろ師弟関係とか姉妹関係とかあるものねーと関心してるとこね」
水橋P 「知らないよ人徳だよ、ちなみに俺はサバンナはALL一撃>記者」
楊菲菲 「何何?気になるヨー!>水橋P」
如月千早 「嫌ってる人があまりいないってことでしょうか?>GM

あれ?そうなの?>真美」
できる夫 「破戒僧だと、弟子になったはいいが破門(追い出し)喰らったって感じですけどねw」
鏡音レン 「GM・・・いったい何者なんだ・・・」
ベイスたん 「村によって特色あるやよね~
この村潜伏狂人多いきがするやよ・・・ま、それもメタになるきがするから
可能性があるぐらいにとどめておくべきだと思うけど。」
南 倍南 「やよいも、ないあさんの弟子になりたいです! とか言えば
多分蹴ってくれるね、うん。事実そこのレンきゅんは蹴られまくっとるし>やよい」
双海真美 「そりゃあそうだよ!埋まる流れとかみても、そんな感じ。
真美もあんな感じで運営出来たらなあっていつも思ってる。>うずきん」
水橋P 「それはな…コテハンで参(ry
※危険ですのでまねをしないでください」
雪路GM 「>できる夫
いや、破戒僧っていうのはちゃんと入門せずに、自称でやってる僧なのだよ
歴史用語ね。これテスト出るからね!」
鏡音レン 「とりあえず、バーボンは奇策の玉手箱やで~とだけいっておくよw」
如月千早 「リピーター多いんですかぁ>南さん

んー、えっと、一緒に住んでますからねぇ>あずささん」
ベイスたん 「よし、それじゃベイスたん寝るやよ。
みんなおやすみぃー」
双海真美 「何でお姉ちゃんなの?お弟子だから?>千早お姉ちゃん」
星井美希 「……多いって事はないと思うの。>ベイスたん」
雪路GM 「>千早
そうだねー
好きな人は多いけど、嫌いな人は聞いたことないね」
できる夫 「あれそっちでしたっけ?なんか間違って覚えてましたね<GM」
鏡音レン 「うん、2番弟子ですよ、いつも師匠にお世話になりっぱなしではい>やよいちゃん」
できる夫 「お疲れ様です<ベイスさん」
雪路GM 「>できる夫
私、こう見えても先生だからね。いちおー」
双海真美 「おやすみぃ!潜伏狂は主にひとりが!ってことだよねぇ>ベイスたん」
島村卯月 「師匠弟子関係かぁ・・・」
鏡音レン 「ベイスたんはお疲れ様ーと」
雪路GM 「お疲れ様」
南 倍南 「ベイスたんおちかれー」
楊菲菲 「さすがに…それは勇気ないヨー…>水橋P」
如月千早 「そうじゃなくて、一緒に住んでるっていうか、リアルでっていうか>真美

たまにいそうですよね>GM」
楊菲菲 「お疲れ様ダヨー!>ベイスサン」
三浦あずさ 「潜伏狂人は都市伝説レベルだしね>真美」
ユウちゃん 「おつかれさ~ま!>ベイスたん」
星井美希 「その遊び方はオススメしないの。っていうか水橋Pくらいなの。>水橋P
普通だったら心折れるくらい吊られてると思うのw」
できる夫 「初心者村でこうするといいよーと積極的に言ってれば弟子付くかもしれません!(実体験」
双海真美 「菲ねーちゃんはかわいいなあ!かわいいなあ!」
高槻やよい 「あはは・・・わたしは蹴られたい、より
認められたら嬉しいかも、系かな・・・えへへ>倍南さん

そうでしたかー!わたしもお師匠さんの縁で
そこの倍南さんと仲良しになりましてー///
覚えました!これからよろしくおねがいしまーす!>レンくん」
南 倍南 「なんと……水橋PはMとな?>水橋」
雪路GM 「>千早
でもそれ以上に好きな人が圧倒的だからいいじゃないのー
嫌いじゃなくて、好きで自分を語れよ!って偉い人が言ってたし」
水橋P 「うん言ってなんだけどやらなくていいよ>フェイフェイ
それでも勝っちゃったことがあるのが怖いところ…>美希」
如月千早 「ふぇいふぇいさんはかわいらしいですねぇ」
三浦あずさ 「あら…そういう意味の姉妹だったのね
なるほど…貴女もそして貴女のお姉さんともまた同村したいものね>千早」
双海真美 「あぁ、そういえばそんなこと言ってた気が!?千早お姉ちゃんのお姉ちゃんがあのお姉ちゃんなのか!あたまがこんがらがってきた~>千早お姉ちゃん」
島村卯月 「私のやり方って基本人に教えられる系統じゃないんですよね・・・主流から外れすぎてるっていうか>できる夫さん」
水橋P 「Mの防御力とSの攻撃力を持った何かです>南」
南 倍南 「まて騙されちゃいけない!
……まあいいか、後でわかるだろうし!>やよい

ないあさんに直にそう言えば、あの人ならしっかりと認めた上で助言してくれるさ」
双海真美 「ソウデスネー>あずさお姉ちゃん」
南 倍南 「なるほど……強敵だな!? >水橋P」
できる夫 「いんじゃないですかね?十人十色ですよ<卯月さん」
如月千早 「なにかのアニメじゃなかったですっけ>GM」
楊菲菲 「ふぇいふぇいもそろそろ落ちるダヨー!お疲れ様ダヨー!」
双海真美 「南にーちゃんもないあ姉(C)に蹴られてるの?」
できる夫 「お疲れーふぇいふぇい」
水橋P 「お疲れ様だな、また来てくれよな!>フェイフェイ」
星井美希 「おつかれさまー、またあそぼーね!>ふぇいふぇい」
双海真美 「ばいばい、菲ねーちゃん!また来てね!やくそくだよ!」
南 倍南 「おう。そりゃもう。
蹴ってくれと言えばすぐさま蹴ってくれるね、うん>真美」
双海真美 「なんという人気>菲ねーちゃん」
雪路GM 「>千早
打ち切り漫画です!ツギハギですね


          ・   j∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,
       __... -=¬.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
       ``ヽ、.:.:.:..:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      何
     o ./.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:/  .嫌    が
  O    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`ヽ、.:.:.:.:ト、.:.:.:.ト、.:.:.:.厶  い
     ∠_,ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:厶斗rf \.:| ヽ.:.| ヽ.:.:./  か
ヽ, fヽx/ Ⅵ.:.:.:.:/7:::/f! {!  ヾ   ヽ!  ∨   よ
 ∨!       ''"'´ /}::≧x {!  ヽ ,''   ,ィ≦_   り
              レf´ __ `ヽー }j{、ー/ __   7
   自   何   厶 ((O))   竺   ((O))ム,イ  , ィ
   分   が   / `¨´ ,  i!i!   、 `¨´ _,厶イ^}| ,/^ヽ{
   を.   好  ⌒>{¨f¨´  ^ ^   `¨¨こ,   ム'' |/ ・ .
   語   き   イ:::{⌒¨¬ー‐―一¬¨´  }ヽ 厶イ{ノ{__,ィ_
   れ   か   >i「i「}TfTfTfTfTfTfT{!「i「i!i}/::::.'. '. '. '.
   よ..  で    `>{f¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨}⌒)'ヘ:::::::.'. '. '. '.
.   !!!        く:`ヽ、`¬=ー―一¬´/^ヽ}::::::::.'. '. '. '
            「 : : : .`ー  .._...  ' . : : : /}::::::::::.'. '. '.
如月千早 「便宜上ですけど。
どんな感じのプレイヤーなんでしょう?>あずささん」
ユウちゃん 「おつかれさ~ま!>フェイフェイ」
南 倍南 「ふぇいふぇいお疲れ様。
またきて一緒に遊ぼうぜー」
如月千早 「マンガでしたかぁ>GM」
水橋P 「あぁあれツギハギのだったのか…>GM」
如月千早 「ふぇいふぇいさんお疲れさまです」
三浦あずさ 「どんな感じとは…結構返答に困るわねぇ
貴女のお姉さんのことでいいのかしら?>千早ちゃん」
できる夫 「ないあないあと連呼していると名状し難き何かが窓に張り付きそうです」
雪路GM 「>千早
漫画ですねぇ。でも、アニメも漫画も大差ないですよね」
双海真美 「あ!偽ワンピースだ!
打ち切り決まった後は割と面白かったよね→>GMねーちゃん」
雪路GM 「>水橋
そうですよー!」
星井美希 「ああ、窓に!窓に!>できる夫
いあ・いあ・くとぅるふ・ふたぐん!」
水橋P 「どうでもいい話:課金騎兵の記事が増えてて噴いた…」
雪路GM 「>真美
実は読んでないのだ!セリフしかしらぬw」
ユウちゃん 「そして幽霊ももう休む時間だー!
というわけで、また来ることがあったらよろしくおねがいしま~っす!
じゃ、お疲れ様でした! イェイ!」
如月千早 「そうですね。PCがアレなので同村できないから
やっぱりどんな評価を受けているのか気になりますね>あずささん」
水橋P 「お疲れ様、そっちもまた来てくれよ!>ユウ」
双海真美 「いあ!いあ!ないあ!>できる夫」
如月千早 「そうですね、どちらも面白ければ良いですし>GM」
高槻やよい 「そういえば、千早さんもアイマス村初めてかな?
えっと・・・遺言で私の事、高槻さんって書いててくれて呼称が合ってたり
良く調べてるなー!って思いました!」
南 倍南 「るるいえーーーー!!>できる夫」
南 倍南 「おっすユウちゃん狂人お疲れ!」
双海真美 「割と面白いのに、皆ワンピースだっていうんだよねwしょんぼりだよ。>GMねーちゃん」
双海真美 「ばいばーい!>ユウちゃん」
雪路GM 「>千早
アニメは長いからあんまり見ないですけどね。
漫画だとすぐ読めるので」
水橋P 「全然わんぴーすじゃないと思うんだがねぇ…>真美」
高槻やよい 「堕ちるみなさまおつかれさまでした!」
できる夫 「え?ワンピースならマガジンにのってるじゃないですか」
できる夫 「落ちる方はお疲れ様でした」
三浦あずさ 「そこまで一緒に同村してるほどではないから深く評価するのは難しいけれど…
発言とかしっかりしてるし同時にRPもこなそうとしてる見てて楽しいプレイヤーって感じかしらね>千早ちゃん」
星井美希 「あー、ユウちゃんもお疲れ様ー、またあそぼーね!」
高槻やよい 「・・・て堕ちちゃダメですね!
今日の私はちょっと堕ちちゃってましたけどー///
落ちるみなさまおつかれさまでした!」
如月千早 「マンガも1冊1時間くらいかかっちゃうから、ちょっと大変ですね>GM」
南 倍南 「それはRAVEだ! ……フェアリーテイルか? >できる夫

ジャンプとマガジン同時に書いてるとかすげえよなー」
雪路GM 「>千早
私は適当だから10分くらいで読んでしまう
適当すぎるから内容すぐ忘れるけど」
できる夫 「まったく、流石としか言い様がないですね尾田先生は<プロ」
雪路GM 「お疲れ様!>ユウちゃん
来てくれてありがとう」
水橋P
如月千早 「そんな評価が出るんですね。私も頑張らないといけませんね>あずささん
もうちょっと村でお喋りできたら、あずささん疑わずにすみそうだったのが残念です。」
水橋P 「あれっ?」
天海春香 「あれ、やよい堕ちるってどこに堕ちるのさー?
ゆり世界?」
双海真美 「違う!全然違うよっ!同じひとじゃないよ!>南にーちゃん、できる夫」
南 倍南 「どんだけ速筆なんだよと思ってしまうよな。あんだけ線書いてんのに>できる夫」
如月千早 「それだけ早いとなんだかお金だしたのが損に感じるかもしれません>GM」
できる夫 「あれ?そうでしたか?余りにも似ているのでパク・・・いやインスパイヤしたのかと<真美」
双海真美 「あ、大師匠がかえってきた。」
南 倍南 「一枚絵の構図とか、どう見てもパク…げふんげふん、
同じ人にしか見えねえ方が問題なんだ!>真美」
雪路GM 「>千早
忘れるから読み返すの連続だから
そのぶん元は取れてるはず」
三浦あずさ 「そうね・・・だけど私が残ったとしたらノータイムで文吊りに行ってる気がするわね(汗>今回のだと>千早ちゃん」
天海春香 「大師匠って誰さ?!」
南 倍南 「春香女王様がお帰りになられたー」
如月千早 「あ、なるほど。私読み返すことが少ないからそう見れば損なのかも>GM」
双海真美 「もうすでに手遅れなくらい堕ちてるよ、やよいっちは…>はるるん」
南 倍南 「どうやらお前さんとは美味い酒が飲めそうだ……>できる夫」
星井美希 「まあ、今日のやよいは堕ちてた感じはするねぇ」
天海春香 「文ちゃん吊りはすっごい困った。
あずささん狐狐いってるのがホントにあれなのかすごい困った>あずささん」
三浦あずさ 「春香のことじゃないの?>多分だけど」
双海真美 「そりゃあ、四条村のおかーさんことはるるんだよ。>大師匠」
如月千早 「記者さんも春香も美希も残すのが凄く恐かったです>あずささん」
雪路GM 「>千早
いい意味で息抜きだからねー
読み返すの前提で、ストーリーの続き早く知りたい気持ちが大きい」
高槻やよい 「あうう・・・それは、その・・・///>春香さん

いつもながら、春香さんのRPはさすがですね、話しかけて頂いたりありがとうございました!
私もそれくらい積極的にRPかけられるように見習わないといけないです!」
双海真美 「なにこのシンクロニシティ>できる夫、南にーちゃん」
できる夫 「まったくですね、あ御無礼それロンです
タンピンイーベードラ2、親ハネです<プロ」
天海春香 「だから私がおかーさんってなんなのさ!
そんな年じゃないよ!アイマスPはみんな女子小学生だよ!」
南 倍南 「俺らは美味い酒を飲める同志ってこった……>真美」
如月千早 「なるほど……細かいところまで見ちゃうのが私ですから>GM」
水橋P 「いつの間にか麻雀打ってる…」
高槻やよい 「や、やよいには何の事か分からないな~♪>真美

・・つ、次はもっとRPとか清純度とか頑張るもん・・・っ(涙)」
南 倍南 「……俺から親ッパネだとぉ!?
こっ……このド素人がっ……!!>できる夫」
天海春香 「あーいやーあのねやよい。
しょーじきムチャブリしかしない私に付き合うみんなのがえらいかな……って
わ、わりと本気でおもってるよ?
こう、私からしたら脱衣麻雀いいだすやよいがなにごとかって感じだけども!」
双海真美 「昨日ミキミキが言ってたのが妙に納得しちゃってw>おかーさん
課金兵だってみんな女子小学生だよねっ!」
三浦あずさ 「確かに春香は怖い位置だったわねー
逆囲いは割とあって困ったし…ね>千早ちゃん
美希はまぁ狐ならごめんなさいだったかな(汗」
できる夫 「はいはい・・・あ、ツモですテンホーですね<プロ」
雪路GM 「>千早
だいたい電車の中とか移動中だからねー集中して読めないことが多いのである。」
双海真美 「RPは良かったよ?素がもう手遅れなだけっ!w>やよいっち」
如月千早 「真美ももう狐いないって安心させようとして勝ちを狙ってる狐に見えましたし>あずささん」
天海春香 「最終日、美希は村でいいよねー?とおもいつつ
対抗に文のこったら私がつられそーで本気で怖くてバーサクモードになりました>あずささん」
三浦あずさ 「ま、面倒だし狐ならラッキーと思って誘導かけてたんじゃないのって気はするかな>春香」
南 倍南 「,,--――--===,,,、    ’,    
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`>x   ,   
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ   ;    >できる夫
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;厶,_、  ,  
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;シ' `゙ー'-'r≠‐x;;;ハ    いい度胸だ……
;;;;;;;;;;;;;;;く   ``ヽ  ',    )ソ ’  
;;;;;;;;;;;;;/     |   ヽ /" ,   
ヾ;;;;;;f'    、 '、 、i(   ‘    
ミ|;;;;;l.      `ー_ゝ、 ヽ  ’    いいぜ、今日はとことん付き合ってやろうじゃ
` l;;;;;l l   //´  _ \      
_(l;;;;;l !            _,ノ     ねえか!>白捨て
、'l;;;;;l ヽ      r ´  ,’  
! l;;;;;l  |.       L、       
l. !;;;;;l   }   /⌒ー‐'   ’   
;! l;;;;;;!  '  ,'vVーフヽ ,    
;l. l;;;;;;!    〈   / l´       
;;!. !;;;;;ト 、  '、_丿  ', ;      
;;}ーl;;;;;;!、 丶、    }      
;ハ.|.|l;;;;;;!.|`lヽ( `ヽ. _丿 ;    
.l.l!|.|.!;;;;;l.l.l.|.|.|.l\   ,’      」
できる夫 「美希さんは村目で見てる感じでしたかね・・・
むしろ真美かな?と人外目あるとしたら」
天海春香 「やよいの手遅れ感がものすごいことになってるなぁ……

やよい、このままで本当にいいのか!」
双海真美 「はるるんの速度とボキャブラリーにはいつも驚かされるよね。
あれは真似できないよ→」
できる夫 「あ・・・すいません国士13面待ちなんですよ・・・<プロ」
三浦あずさ 「いやー逆に狐候補実質1しか吊れてない段階で狐がそれを言うのは度胸がありすぎるのよねって後で気づいたかな>真美は  >千早ちゃん
南 倍南 「こういう灰視の話題だと、俺はどうしたらいいのか路頭に迷う。

あ、春香さんは正直狐に見えてしょーがなかったんで黒打ちやした(テヘッ」
如月千早 「……狐候補1?>あずささん」
双海真美 「真美が狐ならさすがにあんなあからさまな発言しないかも。
でも、吊られないための反論はできんかった。>千早お姉ちゃん
天海春香 「推理のリソースほとんどとられるけどねぇw>真美
まぁ、私の場合それが味になってるからなー。
っていうかリボンズ春香モードが抜けないのなんとかしないとw」
南 倍南 「;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 〉   
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      >できる夫
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/7ミ ー- 、;r≠=ェzz、  
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙/,ィナメ、   ) ',     ヾハ 
;;;;;;;;;;;;;;;/`゙!;;;;;;;;;;_シ'//厶-ヽι ',     ノツ  
;;;;;;;;;;;;/ ,へ.!;;;;;;;l'////メ,_,. 、`。、ノ )  _,ィ"    ……ドシロートじゃねえ、ってのは理解したぜ……
;;;;;;;;;;;{ l ,ヘ!;;;;;;;レ//////// , ヽ く  ̄    
;;;;;;;;;;ハ. 〈. ,!;;;;;;f'メ、///// 'ι ノ  ヽ      
;;;;;;;;;;;;ヘ  f;;;;;;;l//,ハ// ' ,ィ´     〉      
;;;;;;;;;;;;;/`ー!;;;;;;;! '  l 、 / ヽ ´ラ-‐'      
;;;;;;;;;゙/ ミ l;;;;;;;;!  l レ/   υ/         ええい! もう半荘だ!>西捨て
;;;;;; / ミ. l;;;;;;;;l  l. /     j        
;;;;;/  ミミ. !;;;;;;;;!.   /  , - く          
;;イ  ミミ !;;;;;;;;l.   ! /  .ノ          
ヘ、 ミミ l;;;;;;;;;l   l '   〈           
Tト、`ー-、l;;;;;;;;;レヘ、      }          
|.|.|.|`Tト、!;;;;;;;;;!.   \_,.ィ"         
|.|.|.|.|.|.l.l.l.l;;;;;;;;;ト、                
|.|.|.|.|.|.|.|.l.!;;;;;;;;l\ヽ               」
できる夫 「春香さん狐だったら、占われそうな立ち位置ですからねぇ
●出しがなんか納得いったような気が」
雪路GM 「>千早
狼>グレー>狼>狂人
このグレー=アチャ子 しか狐候補が居ないと」
天海春香 「南さん、いーことをおしえてあげよう。
南さんほぼ黒の状況の私●ウチは吊られないフラグ。
だから、私狐疑いで吊りたいなら、○うたないとだめだよー。」
双海真美 「って時間やばい!
みんなありがとねー!真美はいいこだから寝る時間になったのだ!
また遊んでね→
GMねえちゃんもあんがと!」
できる夫 「あ、それカンです あ、ツモりました
えーとドラは・・・南表記ですよ?<プロ」
雪路GM 「吊り的に狐になりえるのがアチャ子だけだってのがポイントね」
南 倍南 「ぶっちゃけ吊れる期待はしてなかったけどなー。
射命丸に○打たねー以上、つよそーなとこに○やら●やらを投げてたな」
雪路GM 「お疲れ様>真美」
天海春香 「私が吊られるの、最終日前じゃなかったら狼としてしか吊られないから、
まぁその意味ではいいんだろけど。」
星井美希 「ん、ログ読了なの。」
天海春香 「お疲れさま。」
高槻やよい 「よ、よくないです・・・っ(涙)>春香さん

そう・・・わたしは登り始めたばかりなんです
この清純派人狼アイドル坂を・・・」
如月千早 「えっと、ごめんね?>真美

でもそれだと狐連れちゃったはやっぱり不自然に見えちゃうけど>GM」
双海真美 「最近はいつもあのはるるんだもんねぇw>リボンズモード」
三浦あずさ 「アチャ子しか狐候補吊ってる進行じゃなかったし>真美の発言の時だと
島村→アチャ子→倍南→ユウちゃん だったしね」
星井美希 「違うの。あの状況で○打っても囲いと見られたら最終日まで吊られないと思うの。
正しいのは完グレに放置する事なの。」
南 倍南 「  x≦;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..-‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      
<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,..-‐''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     
 ヽ;; ;; ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;x≦´゙/ ̄`、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     >できる夫
   ヾ;;;;;;;;;;;;;;;,,=---‐;;/ ̄´  /      ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      
     ヾ,;;;;;;;;l 、   |;;|    ∠ -‐==、  ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      大明槓……嶺上開花……ドラ4!?
      ,';;;;;;;, _\, ':|  , /   ・_ , = l  `;;;;;;;ji¨ヽ      
     ヾ;;;/´ ・ ゝ \  ', =´ ̄     U   |;;;;;;|,ィ -      
        ヾ  ̄´ /  `  ´´          |;;;;;;| ‐-、     
          ',  /     ., ‐ - 、      /` |;;;;;;| l ,イ/;;;;    
             ` ‐- 、       ',    |! .|;;;;;;| {/´;;;;;    
         ヽ  ::::::´        ',    l!  |;;;;;;|‐ ´;;;;;;      運任せたぁやっぱドシロートか!?
            )           l       |;;;;;;| 弋;;;;;;;    
             /                 |;;;;;;|  ',;;;;;;;    
            ゝ─┬‐‐ー - 、        ,.|;;;;;;|  ',;;;;;;    
            , -┴''" ゙̄'' 、.,_)      / .|;;;;;;|   ',;;;;;;   
             ` -‐‐、            /  |;;;;;;|  ,x≦三  
                 )          /::::... |;;;;;;| /三三三  」
双海真美 「いやいや、真美がうまく釈明できないのが悪いのだよ、ちはやくん。>千早おねえちゃん」
南 倍南 「どっち打つか迷ったんだよなあ>春香

っと、真美はお疲れ様だぜ」
双海真美 「ではっ」
雪路GM 「>千早
だからこそ、狐がいうのは不自然というのがあずさの主張かな?
多くの人は生きていると考えてるから」
天海春香 「やよい。
私むかし狐でその言葉いった次の日の朝に銃殺された雪歩しってるよw>アイドル坂」
如月千早 「私ももうちょっと聞く耳を持っていれば良かったかなって>真美

○は噛むために撃つものって聞いたわ。」
南 倍南 「それ言っちゃうと未完のまま終わりそうだからやめるんだー!>やよい」
雪路GM 「人外は浮く事を嫌うのが多い
だから浮く=人と極端に違う考えをするのを嫌うと」
如月千早 「不自然だから潔白、ということ?
それは考えなかったかも>GM」
雪路GM 「正しいかどうかじゃなくて、あずさの主張ね」
雪路GM 「>千早
潔白ではないけど、候補としては可能性が下がるって意味じゃない?

千早もさ、推理するときに、村として信頼出来るなら疑うの止めるでしょ?
そういう見方もあるってことだね」
三浦あずさ 「狐がわざわざああいう発言するかって考えたらやっぱりしないわねーって思ったのよね
目立ちに行ってどうするのかってので」
できる夫 「          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
    /   (●)  (●)  \
     |      __´___     |
    \      `ー'´    /
やだなぁプロは・・・あ、ハコみたいですけど続行しますか」
如月千早 「裏の裏は表、みたいな考え方で少し難しいかも>GM、あずささん」
南 倍南 「_____                  「r  〈ゝ〈ゝ           >できる夫
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;≧x               l |_, -ァ              
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;リ                /, -‐''´      , -――- 、    タネ銭切れだ!
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/                   l (__       `´  ̄ ` フノ  
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;厶ェz 、            `ー―一      ,ィ       
;; /´ 、 ̄ι`\  `ヾ\           ー‐|l‐一       ヽ`ニニニゝ  
;/ _j L \     \  `!ハ        ニニ北ニニ               ……っちぃ、後で覚えとけよ!
;;〉ァ r‐  ヽ、ヘV ノ   }リ        _く/_,ゝ、             
f   ____ゞ))}〈   /'         ,ノ ||`ヽ、         __   
  ´ ̄ー≡三三> ヽ、'                       /,. ァ,.-、ヽ  次はきっちり絞ってやるからな!
、  ヽ  ー''”// ヽ \              「!            / 〈,//  l |  
ハ   し    レ'   し   `ヽ             ,!|            ヽ _,/  ノノ  
;;ハ        彡   ,r‐'         / ヾ、                
゙vハ        /´     |             /   \_、             
`Vハ     l      ',                             
. V;ヘ      l      ヽ            /7 〈ゝ〈ゝ           
`ー'V;;ヘ.    ',  ι  /'ヽ       .=/,、ヽ\、             
!  V;;;ヘ    ',    . /  j|         // |.|  ゝ)             
    V;;;;ヘ. υ ヽ   l. |  ゙ヽ、      〈/  」_!                
    V;;;;;ヘ    ハ ヽ-‐   )         /〉               
    V;;;;;;ヘ           /         //                
..    V;;;;;;;ヘー―‐r‐- -‐'            〈/                 
.       V;;;;;;;;ヽ   l             〈〉                」
星井美希 「占いいなくなったら究極的に怖い存在いないから、
美希が狐だと逆張りしてちょー目立ったりする事はある、かな。
まぁそれで最終日に行って狼として吊られたりするんだけど。」
雪路GM 「>千早
単純に考えたらいいのよ
狐は生存した勝利=吊られたくない
人と違う発言すると目立つ=吊られる可能性上がる
なので狐≠目立つ発言をする
こういうこと」
雪路GM 「これが正しいとは言わないけど
推理の手法の1つとして存在する」
できる夫 「        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \
ははは青天のいいお店を知っているんでそこいきましょう<プロ」
高槻やよい 「なんだってー/// 死亡フラグ・・っ!?>春香さん

はうう、そうでしたー!(涙)>倍南さん」
如月千早 「たしかにアレを言うのは目立つから、うーん
わかるようなわからないような
でも、真美の非狐要素はわかった気がします>GM」
天海春香 「しょーじき、私最終日はそこまでしてるからもう私狼じゃないよねはいろんぱー!
だったw>美希」
星井美希 「まー、初日が無難な人が狐って事は多い気がするよね。
占われたら終わっちゃうから余計そうなるんだろうけど。」
できる夫 「多弁で占われない所ってのもそれはそれでなんか持ってそうとか思いますねぇ」
南 倍南 「             >;;´;; ̄;;;;;;; ̄;;`≧;x                          
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、                       >できる夫
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ                     
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'                      
            f;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィヘ;;ハ                         いいだろう……!
            !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r''‐''-''‐''‐tハ´   ヾリ                       
.           l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;シ ぅ'r   / } ,イ゙ ノ                        玄人をコケにしてくれた礼、
         l;;;;;;;;;l´`!;;;|  ⌒>、,ノ /lノ・ニ .l、                        
            ,!;;;;;;;;ヘ(.l;;;|   ´ー’" ,  ',、   };ヽ                        きっちり返してやるぜ!
.         ,';;;;;;;;;;;ィヽl;;;;! ヽ.   / `ー' ,!  リ‐込、_                    
        /;;;;;;;/.|V、!;;;l.  l.  l   __, 、  /.ト、|.|.|.|.「lTlー,、_                
.       /;;;;:ィ'.l.|.|.|.l〉.l;;;;l\.l  l , / -ヘ ' ,イ;!.|.lヘ.|.|.|.|.|.|.|.|.lヽ「lTlー,、           
      //|.ハl.|.|.|.|.|`l;;;;l  \ `ー' '; ゙ /、l;;l.|.|.|ハ.|.|.|.|.|.|.|.|.|.ハ.|.|.|.|.|.ト.、         
..    /|.|.|.|.|.|ヘl.|.|.|.l.l.l;;;;ト、  `ー- _ ノヽ ゙!;l.|.|.l.lハ.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|〉|.|.|.|.|.|.|`lーx       
    /|.|.|.|.|.|.|.|.|.|ヽ.l.|.|.|.l;;;ハ \     .:::::::ハ !;l.|.|.|.|.ヘ.|.|.|.|.|.|.|.|.|.|ヽ.|.|.|.|.|.|.|.|.|.「lTlーr-,、  」
如月千早 「多弁で占われない人ってすごく身近にいる気がする」
星井美希 「実は美希もよく似たような感じで村アピ忘れるのw>春香」
南 倍南 「ようするに、その時その時の発言次第って事になってくるともう
頭がパンクしちまうワケなんだが」
できる夫 「            ____
           /       \
   .     / _,ノ  ⌒ \
       l^l^ln  (●)  (●) \
       ヽ   L   、 `       |
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /
      /   /          \
     /   /             \
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))
プロともあろう方が見知らぬ店について行くのもどうかと思いますがね」
雪路GM 「>千早
私の言ってることもわかりにくいし、もうこんな時間だし、起きて考えたらどうかな?
明日も用事あるだろうし
もし疑問解消されないようなら、明日でも金曜日でも付き合うしね」
天海春香 「死亡フラグだよー?
超死亡フラグ、でもそーいや、やよいは私が貴音で共有してたときもふにゃーってなったもんねぇw」
できる夫 「ふむもうこんな時間ですね、プロとの麻雀も一息付きましたし
私もそろそろお暇しますかね」
南 倍南 「                    , - 、                        
            , -‐'   ',                      
          , -'   、  ゙!     _,,... 、_              >できる夫
         _,.-'   ',    !.   ! ,ィ≦;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄`)           
.        {  、  ヽ   ゙! = .トi;;;;;;;;;;rヽヽVrヾ;;;;;/            
        V ヽ ,, V`´ l  l i;;;;;;シ 丶 リ_ノ゙V            
         ヽ_)ー_'∨ l、 }';!jf、´ ̄ ,ヽ ̄ノ              玄人、卓を選ばず、ってな。
         f `ー'"  ゝr' ヽノ;ィ代l '、__‐' ,イ              
         |         ヽ二〉. Vハ、  ー /!;!             
          |          | ヽ ヽ!ハヾーrヘ`vハ、            俺ぁ麻雀さえ打てりゃあ……あ、あと競馬な。
          !       ,!  ト、 vハ. \. ヽ vハ`ー- 、         
.          |!ヽ       ,'  |、ヽ vハ.  ヽ ', Vi!   ゙i       
.           |ト、 \   ,.イ   | ゙i ', vハ、  ', ', v! ヽ/ V         それさえ出来りゃ問題ねえさ。
         l.! ヽ `ー' ,ノ .   l l  ', Vi!\ ヾ !} リ , \      
          |   ',       l. !  ハ Vi! ヽ. j .リ //   ヽ     
           |    ヽ、      l  l.  l ゙i}  `|  f'  _   ',    
         \         l.  !   .l     ,! .〔  _ ゝ、 V    
          ヽ、      j.  l   l     ,'   / ̄     ヽ、  
            ∨       ,!   /     /  j, ´  ̄ ` ヽ _ノ  
                ∨     /. , '     ./ . /       ノ'    
                 \   ノ /    /./         /     
                 `ゝ-‐'   ,-,―-ヘ   _,.-‐≦       」
如月千早 「あ、はい。ありがとうございます>GM」
南 倍南 「おう、お疲れさんだぜ>できる夫」
如月千早 「それではお疲れさまでした。
ふぇいふぇいさんはおめでとうございます。」
できる夫 「              
          ____
       / ⌒  ⌒\
.     /  (  ゚) ( ゚)\
    l^l^ln    __´___   \
    ヽ   L    `ー'´    |
     ゝ  ノ        /
   /   /           \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))
気が付いたらプロとしか会話してなかったような・・・」
雪路GM 「おやすみなさい>千早」
南 倍南 「おう、千早もお疲れさん」
三浦あずさ 「GMさんが私の言いたいことほとんど言ってくれたわねー
こういう風に村終わった後でも検討会っぽいのができるようになったのはやっぱりいいことね…」
三浦あずさ 「お休みなさいませ>千早ちゃん」
南 倍南 「それが俺の玄人たる所以ってとこだな。
というかお前さんが俺を知ってるのが悪いwww>できる夫」
天海春香 「落ちる人はお疲れさま。」
できる夫 「ぶっちゃけアイコン見て吹きましたけどねw
これあるのかよってw」
できる夫 「ではGMお疲れ様です、また金曜にでも」
天海春香 「まぁ、検討会だからなぁw>あずささん
確実に人は集まってるってことで、それはステキだとは思いますね。」
南 倍南 「登録したのも俺だけどな! あ、やる夫鯖にもあるぞ? 
ノーマーク爆牌党もちょこちょこと>できる夫」
雪路GM 「お疲れ様>できる夫」
南 倍南 「うむ。占い騙りは難しいが面白いな。がんがん経験値積まねーとなー」
三浦あずさ 「…たまには騙りしたほうがいいのかしらねぇ?」
星井美希 「美希が狐だと真美みたいな感じになる事もあるからこう……非狐要素として決め打てなかったなぁ。
倍南さんに投票してなくてあれ言ったのなら非狐決め打ったんだけども。」
雪路GM 「>あずさ
理想としては5:5かな
無理なら7:3くらいでしたほうが健全ではある」
天海春香 「あずささん、そこで悩むのってあずささん位だからw」
高槻やよい 「あうう、それは・・・///
にゅー・・・言っちゃやーですー・・・(ぷしゅー)>春香さん」
天海春香 「私は、真美吊りしても良かったと思うよ。
あの噛みされるとさ、フェイフェイ村決めうちしちゃうと。
吊るところがホント、狭まる。だから私困ったんだもの>美希」
星井美希 「やよいは大抵いつもふにゃーってなってる気がするの。」
天海春香 「んじゃ、今度ははるるんが特別に本気だしてやよいに仕込みますかねーぇ(ニヤリ」
南 倍南 「こう、つっつくとふにゃふにゃしちゃうのか……>やよい」
南 倍南 「やだっ! エキセントリック!>春香さん」
南 倍南 「っと、遊んでたらもう1時半かい。楽しい時間はすぎるのも早いねえ」
三浦あずさ 「…ただ狼だとWOが割と怖いのよね…最近はそこそこおさまってくれては来てるけど>GM
狂人で騙る? うん…想像できないわねw」
星井美希 「美希的にはまー、ふぇいふぇいが良い位置になってたってくらいしか言う事なかったかな。
もしふぇいふぇいが狐じゃなかったとして、噛まれたら文が浮いちゃうしね。
美希は真美狐も捨てられなかったからあんな感じの。」
南 倍南 「というわけで皆さんお疲れ様だ。俺は日課の決闘に行って寝る事にするぜ。」
南 倍南 「GMは村立てありがとう。同村してくれた人、楽しい一時をありがとう。
ではさらばだ。また会おう!」
水橋P 「にしても初参加で単独勝利とかホントすごいよなー
あの状態なら一発で天和、大四喜和、字一色、いけそうだな…」
高槻やよい 「そ、そんなことは、ないかも、あるかもー・・・///>美希さん

はわわ、お手柔らかにですー(照)>春香さん

あうあう、蹴る系じゃなくて、優しくしてくれたら、なっちゃう、かもー・・・>倍南さん」
天海春香 「ふーむ。
しょーじきねー。美希にはそこまで粉かける必要なかったかも今回は。
だってさ、そこまでの発言経緯が村だろうけどいーのって思っちゃったしなぁ。」
三浦あずさ 「ああ、やっぱり可愛い子はいじめたいわーそしてそのあとに可愛がりたいなぁ…」
水橋P 「さらに+四暗刻単騎だな…」
高槻やよい 「と、私も今日はこのあたりで!
村中で特に前半はあんまり絡めなくてごめんなさい!
ありがとうございましたー!」
水橋P 「落ちる人お疲れ様ついでに俺も落ちよ
それじゃあな!」
星井美希 「今日の美希は全力でだらだらしてたからねー。
LWはしゃめーまるの囲いと春香の逆囲いでずっと悩んでた感じなの。」
雪路GM 「>南
お疲れ様でした!」
雪路GM 「とみんな落ちるぽいですね
お疲れ様です」
三浦あずさ 「GMさん、村立て運営お疲れさまでした
皆さんもお疲れさまでした~」
天海春香 「おてやわらかにできればねー?>やよい。
あ、落ちる人はおつかれさまだよー。」
星井美希 「そうみたいだねー
美希も落ちるかな、お疲れ様ー!」
天海春香 「そんなんいったら私今回暴走超特急だってば美希w」
天海春香 「さて、とそんじゃ私も落ちようかな
おっつかれさまー。」
星井美希 「今日の春香が暴走特急だったのは否定できないのw」
星井美希 「推理的には良いんだけど、なんであんな外道春香がデフォルトになっちゃったのか……(」
星井美希 「まあおつかれさま!」
天海春香 「だってさー、リボンズモードが抜けないんだってば!>美希
こんど眼鏡怖い律子でもしてみようかなこーなったら」