←戻る
【劇場65】劇場公演 水曜女神の部村 [75番地]
~18人村になりました~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開するキューピッド登場 (6人~)女神村
1 2 3 4 5 6 7
icon GM
(生存中)
icon 輿水幸子
(生存中)
icon スネーク
(生存中)
icon アサシン
(生存中)
icon ブースター
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 神崎蘭子
(生存中)
icon 高槻やよい
(生存中)
icon サム
(生存中)
icon 洩矢諏訪子
(生存中)
icon クマ吉
(生存中)
icon おにぎり
(生存中)
icon できる夫
(生存中)
icon 三浦あずさ
(生存中)
icon 右代宮戦人
(生存中)
icon 菊地真
(生存中)
村作成:2012/06/13 (Wed) 22:00:41
GM 「禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。

【参加者全員へ】
 完全ステルス防止のため入村時一言挨拶をお願いします。

【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。

【初心者の方へ】
 詳しいルールなどについては、以下のURLを御覧ください
 ttp://alicegame.dip.jp/shinku/info/rule.php」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■これから毎日初心者歓迎しようじゃねェか!」
GM 「・女神が登場します。初日に二人を選択し、陣営を「恋人」に変更します。(今回は自分を必ず選択してください。)「恋人」が両方生存すれば勝利となります。一方が死亡した場合、もう一方は自殺します。また、夜に恋人同士で会話できます。」
GM 「30分開始予定で延長は集まりをみながら考えます」
GM 「また今回は18人村となっておりますので満員の場合他人撃ちが許可されます!」
輿水幸子 さんが入場しました
GM 「そんなわけで入村どうぞ!」
GM 「幸子さんいらっしゃいませ!」
スネーク さんが入場しました
スネーク 「待たせたな!」
輿水幸子 「ボクが!このボクが!SRの輿水幸子ですよ!」
輿水幸子 「いやはや、今日はもともとボクが出る予定だったんですが…
まさかこんなことになるなんて…」
スネーク 「幸子アンカーは任せた、俺は狼をC4で爆破してくる」
GM 「待ってましたよスネークさん!」
GM 「SRおめでとう・・・おめでとう・・・!>幸子さn」
アチャ子 さんが入場しました
GM 「アチャ子さんいらっしゃいませ!」
輿水幸子 「始まる前に爆破しないでくださいよ…>蛇さん」
アチャ子 「アチャ子 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:アチャ子 → アサシン」
アサシン 「んー……呼ばれたのは良いけど、クラスはアサシンか。」
輿水幸子 「アチャ子じゃなくてアサ子になりましたね…>アサシン」
スネーク 「大丈夫だ、家の扉の前にクレイモアを仕掛けた ドアを開けた瞬間・・・ボンだ」
アサシン 「まあ、バーサーカーで呼ばれなくて良かったと思っておきましょうか。」
スネーク 「GM、ステルス迷彩の使用許可を頼む」
輿水幸子 「バーサーカーならバサ子ですね!>アサ子さん」
GM 「ブービートラップ・・・!!>スネークさん」
輿水幸子 「クレイモアですか…せめてインパルスにしましょう>蛇さん」
アサシン 「まあそうなんだけど、バーサーカーだとこうしてお喋りする事もできないからねぇ……>幸子」
GM 「どちらかというとあなたの横の方がアサシンな気がしてきました>アサシンさん」
輿水幸子 「大丈夫ですよ劇場効果できっと紳士的…いや淑女的(本当の意味で)な話し方ができるはずです>アサ子さん」
スネーク 「インパルス?航空自衛隊のブルーインパルスか?航空支援を要請するには早いぞ<幸子」
アサシン 「……むしろ隣のがマスターじゃない事にびっくりよ。
っていうか私のマスターどこよ?」
GM 「了解、」
GM 「ああ、ミスが、ミスが!」
スネーク 「ふ、ここは普段の法則が効かない場所だと効いた・・・
まぁ言ってみるならばVRトレーニングのようなものだろう<アサシン」
GM 「んー・・・今日は裏の村が多いですね、人数が集まるのはわりと辛いかもしれません」
スネーク 「何、待つのは成れているさ<GM」
輿水幸子 「知らないんですか?インパルスとは方向指定性遠隔操作地雷のことで
一定の方向に大量のベアリングを爆発で飛ばす兵器ですよ
これで相手は一瞬でミンチです>蛇さん」
アサシン 「まあ、ゆったりと待っているわ。
なんなら少人数でも私は構わないし。」
スネーク 「幸子は顔に似合わない知識が豊富だな・・・」
GM 「スネーク、今回のトレーニングは特定のルールに従い、行動を制限された上でのトレーニングとなる・・・
制限された状態であっても最大限の成果を君なら出せるだろう。期待している。」
輿水幸子 「たとえどんな知識でも吸収しておく…アイドルなら当然ですよ!>蛇さん」
アサシン 「マスターがいなくても不思議じゃない場所、か。
たまにはそんなイレギュラーがあっても……というか聖杯戦争自体イレギュラーだらけだしね。
けどそれだと私の持ってる単独行動のスキル意味ないけどもw」
スネーク 「ふ、俺はアイドルという職業を甘く見ていたようだな・・・<幸子」
GM 「狂人ならイメージ的に単独行動ですかね・・・いやちょっとちがうかなぁ>アサシン」
スネーク 「ああ、任せろ ところで狼は食えるのか?<GM」
GM 「・・・わからないが霊能者あたりなら食えたりするんじゃないか?
うまいかどうかは保証しないが>スネーク」
輿水幸子 「おっと今調べてきたんですけどインパルスはクレイモアの親戚のようです」
スネーク 「食えるものは全て食う・・・それがサバイバルの基本だ<GM
ふむ、ならば俺は使い慣れているクレイモアでいこう、慣れている武器が一番だからな」
輿水幸子 「罠としてはクレイモアのほうがよさそうですけどね…
ワイヤートラップ型は対人地雷禁止条約の規制がかかりますよ?>蛇さん」
スネーク 「ふ、相手が人でないならば問題はないな・・・!<幸子」
輿水幸子 「そうですね!インパルスももともと巨大な虫用ですし!>蛇さん」
仮 さんが入場しました
「こんばんは」
スネーク 「よろしくだ」
輿水幸子 「こんばんは!今日は幸運ですよこのボクと共演できるんですから」
GM 「スネーク・・・夜間行動には十分注意するんだ。
奴らは昼の間は常人と大差ないが夜の間だけは何者も寄せ付けない超人的力を発揮できるらしい>スネーク」
GM 「仮さんいらっしゃいませ!」
スネーク 「夜はスーパーマンか・・・このCQCが通用するか試す時がきたようだな!<GM」
輿水幸子 「ちなみにインパルスの活躍はこちらですよ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17179」
スネーク 「一体一体がメタルギア並の敵か・・・相手にはしたくないな<幸子」
GM 「いや、基本的に夜間奴らに出くわしたら君と言えども危険だ!
なるべく戦闘を避け、能力の低下している昼のうちに奴らを見つけ出し撃破してくれ!>スネーク」
スネーク 「解った、任せておけ<GM」
スネーク 「と、そろそろ時間だな?どうするGM?」
輿水幸子 「5人…このボクがいるのに来ないなんて…いったい何をしてるんですか!」
GM 「しかし・・・奇妙な噂がある。
実はその狼は誰が変異するのかわからないという噂だ・・・
この噂が本当なら、君が狼になる可能性もあるということになる>スネーク」
かりかりり さんが入場しました
かりかりり 「ちーす。・」
スネーク 「ほう・・・?<GM」
スネーク 「宜しくだ」
かーり さんが入場しました
輿水幸子 「まあ大きさがメタルギア並みなだけで多分メタルギアがあればなんとかなると思います>蛇さん」
かーり 「こんにちは!」
GM 「もう少し集まるまで・・・11人はほしいですがよろしいでしょうか」
スネーク 「そこはGMが決める事だ、任せるさ」
かーりん さんが入場しました
GM 「まぁまさかそんなことはあるわけないがな!
もし本当だったとしても私を噛むのはよしてくれよ、スネーク?」
かーり 「かーり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かーり → 星井美希
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 748 (アニマス・星井美希02)」
かーりん 「よろしくお願いします、ちょっと準備を~」
星井美希 「あふぅ。」
輿水幸子 「(でもGMさんって強制的に…)」
スネーク 「そこまでは解らんな・・・勝負は時の運と言う奴さ<GM」
GM 「どうしましたか、幸子さん?
僕はおいしくないよ」
神崎蘭子 さんが入場しました
GM 「皆さんよろしくおねがいします!」
輿水幸子 「おや?ボクが何か言ってましたか?>GM」
神崎蘭子 「廻れ廻れ廻れ!!
今世も叉宴の刻が訪れたッ!!!」
GM 「おいおい、冗談でもキツいぞスネーク・・・」
高槻やよい さんが入場しました
高槻やよい 「こんばんはー。」
神崎蘭子 「ふん、愚物の臭いが濃いな…………
全く、これだから世界を滅ぼしたくなる(意訳:…………よろしく」
輿水幸子 「神崎さんですか!同じSRどうし頑張りましょう>神崎さん」
星井美希 「ちょっとお花でもつみにいってくるね。覗いたら、ヤだよ。」
神崎蘭子 「貴様ら俗物と馴れ合うつもりはないッ!!
ええい、触るな、触るな幸子ぉッ!!(意訳:うん、よろしくねっ!」
GM 「やよいさんよろしくお願いします!」
GM 「いえ、気のせいならいいのですが>幸子さん」
サム さんが入場しました
輿水幸子 「……しかし」
サム 「よろしく頼むぜ」
GM 「サムさんよろしくおねがいします!」
輿水幸子 「なにか…箱のようなものが来ましたね…あれはあれでっさい大まで強化するととんでもないことになるんですが…」
星井美希 「ただいまなの。…なんか現世離れした人と中二系しかいないの。
やよいだけが癒しって感じ。」
GM 「とりあえず45分まで様子を見ます」
スネーク 「基本装甲1だな、足以外はダンボールで作られていると言っても不思議には思わんな」
輿水幸子 「(それにしても神崎さんはボクとは同い年のはずなのに…なんだか納得いきませんね)」
かりかりり 「かりかりり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりり → 四条貴音
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 743 (アニマス・四条貴音01)」
星井美希 「もうちょっと待ったらミキの魅力に釣られて集まると思うな。いつもそんな感じだし。」
サム 「おいおいちゃんとガムテープとボンドも使っているぜ?>スネーク
あと、ついでに割り箸」
神崎蘭子 「クク……始まりの時はすぐそこに迫っている。
私も準備をしなければな…………ラグナレクの終焉だ」
四条貴音 「……ふぅ。忙しい中、なんとか間に合いました……
亭主、らぁめんを>サム」
輿水幸子 「その材料でビームを打てるのは納得いきません>サム」
スネーク 「コスト削減とは聞いていたが・・・家庭でも作れるんじゃないか?<サム」
輿水幸子 「仲間はバルカンですね…あれは小型ですが…>蛇さん」
サム 「ビームは気合で出せる(キリッ」
四条貴音 「ふふ、神崎蘭子は愛も変わらぬ面妖振り。
しかしお家ではネコと戯れる幼き少女であることを私は知っています。」
GM 「しかしダンボール・・・
戦闘で使い道あるのでしょうか>サムさん」
スネーク 「ダンボールは万能だぞ!?<GM」
サム 「数で結構押せるぞ?>GM」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → ブースター
アイコン:No. 6 (水色) → No. 685 (ブースター)」
輿水幸子 「何を言っているんですか!段ボールはすごいですよ!戦車にもなります!
しかも家までできるんですから!>GM」
星井美希 「ここって現代だよねっ!?」
四条貴音 「やよい、それに輿水幸子もご機嫌麗しゅう……美希、そこで寝ると、風邪をひきますよ?」
GM 「いや梱包材としては万能だが・・・いくらなんでも戦争には使えないだろうスネーク?」
GM 「戦車!?」
神崎蘭子 「>四条
ふん、あれは猫ではない、我が眷属だ。
その名をレヴィアタンといい、真の姿を解放すれば一瞬でこの世界が焦土と化す。
私は宇宙意思によってその管理を任されているのだッ!!」
洩矢諏訪子 さんが入場しました
スネーク 「ふ、以外と潜入時に使ってもバレないものだ・・・<GM」
輿水幸子 「おや四条さんよろしくですよ(…この人が初代多くのプロデューサーさんを絶望に叩き込んだ人ですか…)」
洩矢諏訪子 「ズサー」
GM 「諏訪子さんいらっしゃいですよ!」
四条貴音 「おやおや、そのれヴぃあたんというのは、可愛い三毛の子猫なのですね。
響がみたら、さぞ、うらやましがるでしょう(にっこり>神崎蘭子」
輿水幸子 「しかもその状態でトラックに乗れば簡易タクシーですよね!>蛇さん」
星井美希 「寝てないの。さすがのミキもメンツの浮世離れぶりに狼狽せずにはいられないの>貴音」
洩矢諏訪子 「これで12人!バランスが悪くなったね
ズサーが増えて16オーバーになるといいなぁ」
四条貴音 「ふむ……12人、プロデューサーどの、これはやむを得ないかもしれませぬ。
開始を検討するべきでは、と。」
クマ吉 さんが入場しました
四条貴音 「――と、いえば3人はくると時の本にはかいておりましたが。」
GM 「45分超過しました。
今日は12人かGMが降りての13人での開催でいいでしょうか?」
クマ吉 「恋人ができると聞いて!!
     |┃三       ,,_,,___/⌒ミ
     |┃     _..,,,γ      ̄ヾ,
     |┃   〈_「/      ̄   ゙、 ハァハァ
 ガラッ. |┃     ,'  ̄    ●    ヽ
     |┃     i  ●         }
     |┃三  {      (⌒)      !    
     |┃     '、     _,入__ノ    ノ   
     |┃     ヾ,,    ヽ_ノ"  /
     |┃三     ヽ,, _ _ _,,- ゙. 个 ',
     |┃三     i/ .\^゜./゛li 人
輿水幸子 「おや気がつけば唯一王さんじゃないですか?
唯一仲間だと思っていた人にも裏切られた気持ちはいかがですか?>唯一王」
星井美希 「ネコ好きなの?じゃあ、あのブースターも可愛がってあげてね。>蘭子」
スネーク 「ほう・・・熊か・・・食っていいか?<クマ吉」
GM 「・・・と、クマ吉さんこんばんは!」
クマ吉 「ウヒョ~、可愛い女の子がいっぱいじゃないですか!」
かーりん 「かーりん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かーりん → 萩原雪歩
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 733 (アニマス・萩原雪歩01)」
星井美希 「クマ吉のアイコン、なんか粗いきがするの」
神崎蘭子 「ぐっ、いや、レヴィアタンと言うのは悪魔の一柱であってだな!>四条
決して三毛猫などではないッ!!
貴様にやにやするな!!ええい、鬱陶しい、これだから俗物はァ!!!」
クマ吉 「ちょ、男がいるじゃないか!>スネーク」
GM 「13人か14人どちらがよろしいでしょうか?(こういえばズサーが・・・!)」
洩矢諏訪子 「16、17、18>11>13、14>12>15かな?」
萩原雪歩 「遅れてごめんなさい・・・埋まってますぅ~(ざくざく
よろしくお願いしますぅ~!」
神崎蘭子 「>星井
ネコ好きではない!!
あれは我が眷属であってだな!!動物が好きだなんてことはないぞッ!!」
星井美希 「そろそろはじめないといけないなー、時間が時間だしなーなの(棒)」
輿水幸子 「変なクマがいますね…頼みますからあれに女神を渡さないでくださいよ…」
四条貴音 「ふふ、強がる神崎蘭子もまた、可愛らしきもの。
同じくーるとはいえ、私とは天と地との差を感じてしまいますね。」
クマ吉 「>星井ちゃん
モザイクがかかってるわけじゃないよ!
無修正だから安心して!」
高槻やよい 「今夜は熊鍋ですねっ!」
神崎蘭子 「投票はしておくがな。
私としては是非とも18人で、恋人混じりでやりたいところだ」
四条貴音 「……萩原、雪歩?
そんなところに埋まらずとも……ほら、こちらにきなさい?」
クマ吉 「自打ちしても構わんのだろ!(キリッ」
GM 「13だと擬似恋人ルール適用でしたっけ?>貴音さん」
スネーク 「不埒な行為に及んだ場合はCQCの練習台になってもらおうか<クマ吉」
洩矢諏訪子 「QP引いたら誰に刺すべきか・・・
アイマス鯖で東方なんて鉄板がいるわけないし」
星井美希 「できれば2人で恋人にでもなってればいいと思うの。恋人とかミキ今そんな気分じゃないし>クマ吉」
神崎蘭子 「>四条
ふん、だれがクールか…………この世の尺度で私を計るな。
ククっ、私ほどの器になると計る定規の選定に苦労する…………!」
輿水幸子 「蛇さんあの熊の近くに入念にトラップをお願いしますよ…(コソコソ>蛇さん」
四条貴音 「あれは火曜村だけの独自ルールですので?プロデューサー殿・
私としては、あなた様が降りられての、14の方がげぇむとしては面白い、
と思っています。」
星井美希 「やよいはそのフォークとナイフを置くの。あとよだれも。」
洩矢諏訪子 「14でもQP出ないルールなら共有=恋人じゃないかな?」
クマ吉 「女の子が皆照れてて可愛いなあ
僕がリードしてあげないと皆緊張しっぱなしだね、グフフ」
四条貴音 「はいはい。
あなたのぷろでゅうさぁ殿からお話は聞いています。
ホントはけなげで、がんばり屋の女の子だって(なでなで>神崎蘭子」
スネーク 「調整具合は解らんな、GMに一任しよう」
萩原雪歩 「はぅぅ・・・私ってノロマで(涙)
今日も上手くできるか不安ですけど・・・
ありがとうございます(照)>四条さん」
輿水幸子 「とりあえずボクの周りにインパルスと対空インパルスは設置しておきましょう…」
星井美希 「ほんとに?ネコってかわいくて好きだけどなぁ。
猫に触れ合えるテーマパーク知ってるけど、蘭子がキライならしょうがないの。」
GM 「むむむ」
GM 「わりとどうしまようか」
ブースター 「っ シルクのスカーフ >雪歩」
四条貴音 「ふふ、緊張せずともいいのですよ……?
……おや、いけませんね、萩原雪歩、穴を掘ったときの汚れが、顔に――
ほら(そっと顔を拭う」
神崎蘭子 「>四条
貴様その手を止めろ、ええい髪型、いや我が現世の映し鏡の姿が崩れるッ!!
にやにや笑うなバカにするな私の話を軽く流すなッ!!
ぐっ、これだから俗物は!!これだから俗物はぁッ!!!」
洩矢諏訪子 「13とか14とかは共有あり狩人なしとか共有なし狩人なしとかでもよさそうだけど
1314のバランスは難しそうだなぁ」
星井美希 「諏訪子はカエルだし、貴音がお似合いだって思うな。」
四条貴音 「と、いうよりここの14は特殊編成です>諏訪子
故に、13であるならいっそ14である方がよい
……まだ編成は変えていなければ、ですが。・」
輿水幸子 「シルフのスカーフは早さは関係ないような…?>唯一王」
アサシン 「14人は狂信が出るんだったかしら?」
おにぎり さんが入場しました
神崎蘭子 「>星井
なッ?!
………………ぐっ…………いや、
宇宙意思より眷属の管理を任された私にはそれらと接触する義務がある!
さあ教えろすぐ教えろ刹那が瞬く間に私の耳に忍び込ませろさあさあさあさあ!!!!」
高槻やよい 「でもお肉って響きが素敵ですよね。
クマ吉さんはどういう風に食べられたいですか?」
洩矢諏訪子 「そーなのかー>四条>この鯖の14」
輿水幸子 「……おにぎりですね…」
四条貴音 「ふふ、可愛らしいですね>神崎蘭子
……おや、いけない、そんなに暴れると、髪を結んだりぼんが、ほどけてしまいますよ?」
スネーク 「14人目が来たな・・・」
萩原雪歩 「(わぁ、四条さんのあの不思議な子(蘭子さん)と意志疎通できてるのかな、すごいなぁ・・・)」
サム 「こだわり鉢巻きじゃなかったっけ?>ブースター」
おにぎり 「メイン食材は遅れてやってくる……っ!
よろしくさ!」
GM 「14の場合 狩人1 狼2 狂信者1 狐1 ですね」
おにぎり 「食しても…いいんだぜ?>スネーク」
GM 「おにぎりさんこんばんは!」
四条貴音 「ふむ、14、なんだか14までくると15、15までくるとなんだかんだで16まではきてしまいそうな気もしますね。」
輿水幸子 「鉢巻はこうげきですよスカーフですスカーフ>サム」
ブースター 「もちもの> どくどくだま」
萩原雪歩 「えっ・・・これ、私に・・?優しいんですね、ありがとう、ウサギ(?)さん///>ブースターさん」
おにぎり 「ちなみに中身は…おぉっと これはさすがに秘密さ」
星井美希 「お、お、お、お、おにぎりなの!」
スネーク 「米か・・・俺はカップヌードルがいいな、あれは美味い」
洩矢諏訪子 「2Wと3Wの中間が思いつかないからなぁ」
おにぎり 「食してもいいのよ?>GM」
ブースター 「っ カップヌードル > スネーク」
四条貴音 「美希、落ち着きなさい。
まずは落ち着いて、中の具を確かめるのです。」
星井美希 「嘘なの。蘭子ってばかーわーいーいーの!」
おにぎり 「日本人の心のお供
どうもおにぎりです>美希」
GM 「僕降りたほうがいいでしょうか?」
神崎蘭子 「>四条
これは世を忍ぶ仮の姿、褒められてもなんにも感じないわこの痴れ者ォ!
ちょ、待ってタイムタイム!リボンが解けると私の能力が…………ッ!!」
洩矢諏訪子 「16来なかったらgdgdになっただけになっちゃうなぁ・・・」
輿水幸子 「輿水幸子 さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 817 (輿水幸子) → No. 918 (輿水幸子02)」
スネーク 「うまーい!最高だ!<ブースター」
おにぎり 「ば、バカよせやめろ!?
確認するのは食したものだけだぁ!?>四条」
輿水幸子 「天啓を受けたのでこちらですよ」
四条貴音 「……おや、萩原雪歩、どうしましたか?
なぜにそのようなふしぎそうな顔でこちらをみるのか……」
星井美希 「おにぎりの形状をしてれば全ておにぎりだから大丈夫!?なのっ!!>貴音」
クマ吉 「ふふふ、やよいちゃんは僕に大人の質問かな
ベッドの上で優しく食べてほしいなあ、ウヒョ~!」
洩矢諏訪子 「15はなんだっけ?16から1W減らすんだっけ?」
できる夫 さんが入場しました
できる夫
  |┃
  |┃ 三
  |┃
  |┃    ガラッ     ____
  |┃ 三      /     \
  |┃        /  ⌒  ⌒  \
  |┃ .      /  (⌒)  (⌒)  \
  |┃ 三   |   '"  __´___  "'   |
  |┃       \    `ー'´     /
  |┃        /ゝ    "`   ィ `ヽ.
  |┃ 三   /              \
,⊆ニ´⌒ ̄ ̄"  y           r、  ヽ
⊂二、 ,ノ──-‐'´|              | l"  |
  |┠ '       |              l/'⌒ヾ
  |┃三        |              |ヾ___ソ」
高槻やよい 「ぱそこんでぐぐったら熊の内臓料理なんてのもあるんですね。
お肉に内臓、牛さんや豚さんとまた違う味わいのお肉が期待できちゃいます。」
GM 「できる夫さんこんばんは!」
おにぎり 「ジャンクゥ?>スネーク
炭水化物もいいのものよ?(チラッ」
アサシン 「降りてくれば良いんじゃないかしら?>GM」
GM 「ひゃあ!降りるぜ!」
四条貴音 「おりても良いかもしれませんね。
ただ、時間も時間です。
このまま開始、でもよいかもしれません……降りましょうか>ぷろでゅうさぁ殿」
三浦あずさ さんが入場しました
クマ吉 「ピシャ!」
できる夫 「皆さんお困りのようでしたので」
サム 「お、これで15か」
星井美希 「海苔は!?海苔はどこ産なの!?
すごく磯臭いの!サイコーなの!!」
右代宮戦人 さんが入場しました
神崎蘭子 「>星井
誰が可愛いか!!
これは世を忍ぶ仮の姿であって褒めてくれても嬉しくないといってるだろうがッ!!!
いってるだろうがあー!!!」
おにぎり 「ヤダ、この娘ったら天使>美希」
三浦あずさ 「こんばんわ」
右代宮戦人 「応援に来たぜ
よろしくな」
洩矢諏訪子 「16くればバランスはよさそうだね
QPを無視すればだけど」
アサシン 「応援に来て貰えるのはとてもありがたいわね。」
おにぎり 「瀬戸内海……かな?>美希」
萩原雪歩 「ふあ・・・っ!?(照)>四条さん
ふ、拭いてくれてありがとうございます・・・えへへ
アイドルですから綺麗にしなくちゃですよね
・・・でも私、四条さんほど綺麗じゃないですけど・・///」
サム 「さらに17になったな」
高槻やよい 「クマ吉さん、まず内臓をえぐり出しちゃったほうが楽になれますか?
それともまずは頭を落としたほうが楽ですか?」
スネーク 「ズサが多いな、他の村が終わったか?」
輿水幸子 「(なんだかいつもの神崎さんと違いますね…症状が悪化しましたか)」
星井美希 「あ!沢山きた!!よろしくなの。
でも、おにぎりとるんなら戦争だからね!今のミキに近付かないほうがいいよ!」
四条貴音 「だかしかしまってください美希
私は本日のいべんと帰りでまだ二郎しか食べていないのです。
あのおにぎりは、私が食べてもバチはあたらないのではないでしょうか?」
アサシン 「ん……って事はGMが降りてくれば他撃ちになるのかしら。」
ブースター 「う~ん…ああいうのは、頭をたたきつぶすのはどうかなぁ?>やよいちゃん」
菊地真 さんが入場しました
クマ吉 「ヤダ、この子ったら僕を性的に食べたいみたい>やよいちゃん」
神崎蘭子 「>幸子
………………なんだ、眷属。
私の顔に何かついているか?」
おにぎり 「やめて、私のために争わないで!!>美希、四条」
右代宮戦人 「ん、皆考えることは同じか>ズサー
いっひっひ。あと一人で他打ちか」
四条貴音 「ふふ……なにをいうんですか、萩原雪歩
ほら――(頬を両手でつつみ)あなたは、こんなにも可愛らしいではないですか?」
洩矢諏訪子 「真占い、真霊能が両方いない可能性が増える運ゲー?」
高槻やよい 「しっかり血抜きしないといけないそうなので、まずは血液を全部出しちゃったほうがいいってぱそこんぐぐったら出ました。」
菊地真 「・・・!
18人になってるよ!ありがとうみんな!」
スネーク 「揃ったな!ショータイムだ!」
輿水幸子 「ふふん、ボクがこの姿になったとたん増えましたね…
まったくみなさん現金ですね!」
星井美希 「虚勢を張ってても根はやさしいとことか、デコちゃんに似てるからかわいいの。
ミキ、蘭子好きだよ?」
右代宮戦人 「恋人入りなんて大抵運ゲーだぜ>洩矢諏訪子」
クマ吉
恋人CO
輿水幸子ちゃんと恋人だよ!
アサシンちゃんと恋人だよ!
四条貴音ちゃんと恋人だよ!
星井美希ちゃんと恋人だよ!
萩原雪歩ちゃんと恋人だよ!
神崎蘭子ちゃんと恋人だよ!
高槻やよいちゃんと恋人だよ!
三浦あずさちゃんと恋人だよ!
菊地真ちゃんと恋人だよ!
アサシン 「さて、それじゃあ始めましょうか。
リア充を撲滅させる魔の宴を。」
サム 「埋まったなー」
クマ吉 「ふぅ」
スネーク 「やよい、クマ肉はしっかりと火を通せよ多分寄生虫が多いからな」
四条貴音 「それでは、今宵も18人無事に集まったということで……
集まれば、それでよいのですよ。良かったですね、真」
右代宮戦人 「異議あり!>クマ吉
それは女神の数と相反してるぜ!」
おにぎり 「おい、おにぎりが入ってないぞ!>クマ吉
日本人心の恋人だろう!」
神崎蘭子 「クク…………闇のゲームの始まりだ…………」
高槻やよい 「(包丁をクマ吉の頸動脈に当て)村始まる前にさばいたほうがいいですよね?」
輿水幸子 「お断りします>クマ」
サム 「破綻だな。吊ろう>クマ吉」
三浦あずさ 「サムさんや、スネークさんとは如何ですか?>クマ吉ちゃん」
菊地真 「身代わり君の名前がGMになっていますが木偶ですのでご注意を!」
洩矢諏訪子 「自撃ちのほうが考えやすかったけど」
アサシン 「宝具解放して欲しいのかしらね、このクマは。」
ブースター 「っ 血抜き針 >やよいちゃん」
神崎蘭子 「>星井
だだだだっ、誰が好きか!!
虚勢なんぞ張っておらんしその生暖かい目線を止めろッ!!」
星井美希 「……いくら貴音でも、おにぎり食べたら戦争だよ?
というか二郎食べればじゅうぶんなの・・・貴音の胃袋は宇宙なの」
菊地真 「雪歩、投票して!」
右代宮戦人 「おっと了解だぜ>真>GMが空」
サム 「雪歩は生きているか?」
三浦あずさ 「あらあら やよいちゃん包丁がもったいないわよ?」
星井美希 「えへへ~>蘭子」
輿水幸子 「いいですよ?インパルスの準備はできています>クマ」
高槻やよい 「クマ吉さん吊ったら私が腕を振るって料理しちゃいますよ!」
クマ吉 「皆僕のために争わないで!」
萩原雪歩 「あ、あうううう(ぷしゅー)>四条さん

・・・あっ、真ちゃん達も来てくれたんだね、一緒にがんばろうね!」
神崎蘭子 「食いちぎれ我が火犬なる眷属ッ!!
逝け、ブースター!! アイツの顔を喰い千切れぇッ!!!」
スネーク 「女性陣が好戦的だな」
星井美希 「ミキはおにぎりと恋人なの。勝手にいれないでっておもうな。」
サム 「めんどくせえ奴だなあ>神崎
俺みたいにわかりやすいやつになればいいのに」
おにぎり 「ヤダ、こんなに愛されておにぎり嬉しい…>美希」
高槻やよい 「血抜き針お借りしますねー。」
輿水幸子 「そうですねあなたのために争っていますね…結果あなたが滅びますが>クマ」
萩原雪歩 「ととっ、ごめんね真ちゃん!
あと、やよいちゃんが何か凄いね!?!?」
右代宮戦人 「ひっひっひ。アイドルだらけで俺ういてんなぁw
ま、目の保養にいいけどな!」
神崎蘭子 「>星井
何を笑ってる!!」
ブースター 「…すりすり(もふもふもふもふ>蘭子」
菊地真 「おにぎりと恋人・・・!?>美希
比喩的な意味でだよね!?」
四条貴音 「……おや、顔が紅いですよ雪歩……
熱でも、ありますか?(おでこをくっつける」
洩矢諏訪子 「鉄板やると即消毒されそうだけど」
星井美希 「やよいは落ち着いて包丁をおくの・・・!
あずさが何気にひどいって思うな!」
四条貴音 「ふふ、神崎蘭子をみていると、とても微笑ましいですね。」
菊地真 「幸子、カウントダウンを!」
神崎蘭子 「>サム
ふん…………貴様には一生わかるまいよ。
十字架を背負いし者の辛さなんてな…………」
高槻やよい 「どーかクマ吉さんが2日目で食材になりますよーに!」
星井美希 「ミキ、おにぎりとなら結婚できるよ!>真くん」
輿水幸子 「さて準備できたようなのでカウントしましょうかね」
おにぎり 「おにぎりは、日本人心の友です>菊池」
輿水幸子 「3!」
クマ吉 「あれ、おかしいな
北斗七星の横にきらびやかな星が見える

そうか、アレがリア充の星なんだね!」
菊地真 「えぇー!?>美希」
輿水幸子 「2!」
三浦あずさ 「クマ吉ちゃんに矢うって恋人勝利したら尊敬しちゃうわぁ」
輿水幸子 「1!」
神崎蘭子 「>ブースター
眷属ッ!
貴様なぜすりもふをする!喰い千切れと言ってるんだぞ!!
ええい言うことを聞かんかァ!!!」
四条貴音 「しかし美希、今宵ば」
おにぎり 「おにぎり、もう食されてもいいかなって>美希」
輿水幸子 「0!
まあボクが勝つのは当然ですけどね!」
ゲーム開始:2012/06/13 (Wed) 23:05:36
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐2 女神1
スネーク 「・・・・狼か」
おにぎり 「恐れていたことが…っ!
よろしく!」
神崎蘭子 「ふん…………今宵は私が眷属か。
よかろう、私の牙を以ってヤツラを滅ぼしてくれるッ!!」
おにぎり 「よーしどうする系?
騙る系?食す系?」
神崎蘭子 「ククク…………仕事はなんでもよい。
嘘偽りの言葉を並べ立てろと言うのなら、並べ立ててやろう」
スネーク 「ふむ・・・占いを騙らせてもらってもいいかな?
何分経験不足なので迷惑を掛けるかもしれんが」
おにぎり 「あ、ちなみにおにぎりは語りが苦手です
っと、ならお願いしよう!>スネーク」
神崎蘭子 「無論、ヤツらの背後に回れといならそれでも構わん。
私の牙は既にヤツらを捕らえている。
命令一つでヤツらを根絶やしにすることも可能だ」
神崎蘭子 「うーん?」
神崎蘭子 「苦手ならやめとけ」
スネーク 「解った、初手は何処に○を出そうか?」
神崎蘭子 「折角だ、勝ちに行こうじゃないか。
全潜伏で行こう」
スネーク 「ふむ・・・」
おにぎり 「好きなとこでいいよ
っと全潜伏、ふははそれもまた一興」
おにぎり 「まぁ出るか任せようw」
神崎蘭子 「くく………………!!
貴様らしくトラップで持って精するがよい!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
GM は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
GMさんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
クマ吉 「占いCO
高槻やよいちゃんは○だったよ!さあ僕と結婚しよう!」
右代宮戦人 「よう、みんなおはよう。今日も元気に行こうぜ!
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐2 女神1
…狐も2匹いんのねこの村w最大人外数9かよ!(狼3狂人1狐2女神1村刺さり恋人で2)
…恋人は基本噛まれてくれ!って路線だなこりゃ。噛めない組み合わせなら吊るしかねえけど」
スネーク 「        /| ∥/ヾ/ /
      /´ ヾ/      !彡ゞヾ
     /             /≦`ヽ、
    _r                  ゞ== 、
   / ∧                 ゝ、___\
   |〈`iヽ                    ゞメ
   |∧!|  \                 ミミ ヾ
   |  |   `≧=‐‐             ミ
   | ヽ          `ー――――--ミミ
   |  ゞゝ<_____         ,r≦`ヽミ
     ./  __`ヾ二二__ー‐―――f / `∥ゞ--
     i____冫        ミミミゝ= ´ /    ヾ__斗――
     彡 ミミ;;,,       ミミミ/_r´     ー――--
     ゞ`ー-、ヾi!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!/彡       ヾ、    `ヽ、
     /;;;;;;;;;;;,,,,,,ji!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!/彡彡斗≦ー 、ミミゞ-―
    彡彡彡彡刈i!i!i!i!i!斗<      ≠=≧ミミ \ヽ
     ゞ彡彡ヾゞ´ ̄  /      /    ≠==≧
    / ̄/ /ゝ! __/     /    /       ≧
  /  / /    -――==二/     /           ヽ
ミッションスタートだ・・・」
おにぎり 「へいらーっしゅ!
みんなの隣人日本の心、おにぎりでっす」
できる夫 「占いCO おにぎり●」
高槻やよい 「おはようございまーす!!!」
輿水幸子 「このボクが一番なんです…一番強いのも当然じゃないですか…zzz
おやもう朝ですかおはようございます!」
洩矢諏訪子 「おはよう」
星井美希 「おはよ、なの。」
三浦あずさ 「おはようございます。」
ブースター 「もふもふもふもふ
サム 「おはようさんっと
占いはよろしく頼むぜ」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~
ノロマでちんちくりんな私だけど、四条さんも真ちゃんもいてくれる・・・
精一杯、頑張りますぅ~!」
神崎蘭子 「我が眷属よッ!!
朝だ!!朝の時代だッ!!!」
四条貴音 「おはようございます。
皆様、本日もよろしくおねがいいたします。
……雪歩、お茶などはいれていただけないでしょうか?」
菊地真 「おはよう!」
スネーク 「ほう・・・行き成り●か」
おにぎり 「おぃぃぃぃぃぃ!?
霊能CO!!」
アサシン 「おはよう、さぁリア充を撲滅して私のハーレムを作るのよ!」
できる夫 「占い理由:
せっかくなので隣のおにぎりは僕が頂いておきますね
具はツナだとうれしいんですがね
まあ、左占いの理由ができて助かりましたよ」
輿水幸子 「というわけで…食べ物が狼ですか?」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふもふ」
クマ吉 「できる夫は男だから吊ろう!」
右代宮戦人 「●だふせろ!
クマ吉は早漏すぎんだよ!ww」
神崎蘭子 「クク…………」
星井美希 「お、おにぎりに●が!?」
右代宮戦人 「霊能COか?対抗いるかー?」
洩矢諏訪子 「○が早いような気がするけど
噛まれてから考えよう」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふもふもふもふもふ」
四条貴音 「……おや。
そして、いきなり霊能CO、ですか。
ふむ……雪歩、お茶を。」
三浦あずさ 「おにぎりさん●ね。
そして、クマ吉ちゃんが初日つられかいひで騙りにでたきがしてならないわ・・」
クマ吉 「おにぎりも美味しくいただきましょう」
サム 「ほう、霊能CCOか
対抗の霊能はいるか?」
おにぎり 「できる夫ぇ…
おにぎりこれ明らかに偽に見られるじゃないですかうわーん」
高槻やよい 「いきなり●がでましたよ。これは伏せて吊りましょう!」
できる夫 「あ、これ僕噛まれますね」
アサシン 「おにぎりに●で霊能COね。問題ないわ。」
スネーク 「ふむ・・・速度的にはどちらも真はありそうだが・・・」
三浦あずさ 「対抗霊脳CO!」
神崎蘭子 「ふはははっ!!
初手●とは面白い!!
此度の現世はトラブルに満ちているッ!!」
菊地真 「クマ吉が早すぎるね・・・2-1かな?」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふもふもふ」
四条貴音 「美希、おちつきなさい。
それは海苔の可能性があります。」
神崎蘭子 「ふむ」
右代宮戦人 「霊能対抗いねえならグレランしようぜ―」
菊地真 「2-2まで了解だよ。」
クマ吉 「そして、さようなら
僕を愛してくれた人よ!」
ブースター 「…もふもふもふもふもふもふもふもふもふ」
おにぎり 「対抗…
あぁうん、おにぎりはもう諦めた……」
洩矢諏訪子 「2-2で霊能に●?」
輿水幸子 「対抗も出てきましたね…さてさてどうしましょうかね?」
スネーク 「2-2か?これは案外面倒だな・・・」
サム 「よしでたな
そいじゃあ霊能ロラしたいのだがいいかい?」
神崎蘭子 「ローラーか?
片吊りでもいいレベルな気がするが」
できる夫
         ____,,,,,,,,..... -一ァ
        /      |    で ,!
       ./       | お す .,!
      /          | 断 が.,!
     / ____   | り   ,!
     // \  /  \ | し ,!
    /./( _) ( ●) ./ ま ,!
   //   、_',__,    ̄!.す.,!
   / |           Y~,!
  /  \         /,!
 /             .,!
 ゙゙゙゙゙゙'''''‐┘----、、、、_____,!」
ブースター 「もふもふもふもふ」
高槻やよい 「クマ吉さん占いだったら吊れませんね…。
残念です…。
せっかく20人前用意できる鍋があるのに…。」
萩原雪歩 「・・は、はいお茶ですね!?・・・はい、どうぞっ!
・・・
はうう・・・(ちょっと顔を赤くして)>四条さん」
四条貴音 「……ふむ。
あまり考える必要もなさそうです。
この形であれば、霊を吊る。そして、普通の村の進行のままに、
恋人をとらえればよいでしょう。」
星井美希 「あ、なるほどなの。安心したって思うな。じゃあみんな、おにぎりを吊らないよね?>貴音」
クマ吉 「あずささん残しで!(キリッ
女性のかたですから深い意味はありません」
アサシン 「ローラーすれば良いんじゃないの?」
輿水幸子 「あずささんとおにぎりロラ…仕方ないですね」
右代宮戦人 「あ、あずささんが霊能COと
んじゃローラーな
ちょっとあずささん出るの遅く感じたしローラーでいいだろ」
神崎蘭子 「クク…………」
三浦あずさ 「おにぎりちゃんバイバイでいいわよぉ~
私吊りかどうかは任せるわ。狩人保護も考えて吊ってくれても構わないし」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふもふもふもふもふ」
サム 「2-2なんだってあるだろ?>神崎
できる夫が偽なら狂が残ることもあるんだぜ」
おにぎり 「いやいや
残したらあとが面倒だなっておにぎり思うの…後々もめられても困るし…>神崎」
クマ吉 「僕がリア獣だ!!」
できる夫 「まあローラーでしょうね、他にすることがあるとも思えません」
四条貴音 「ずず……ふぅ、やはり雪歩のいれたお茶は美味……

おや、雪歩?そんなに顔を赤くしてどうしました?(顔を雪歩に近づける。」
高槻やよい 「えとこれは吊れないですか?
対抗霊能いますけど、どうしましょう?」
洩矢諏訪子 「霊能はローラーでいいんじゃないかな?
●が出たほうが無残になったり死体なしになったりしたときは止めるべき?」
ブースター 「もふもふもふもふもふ」
星井美希 「2-2なの?霊能ローラーになるのかな。」
スネーク 「ふむ・・・となると内訳は真狂-真狼か?●出しが真ならの話だが」
右代宮戦人 「いやエロ獣だろ!!>クマ吉」
三浦あずさ 「あのでかたから、クマ吉ちゃんが仮に噛まれるようであれば
ちょっと考えるけど。」
神崎蘭子 「>ブースター
我が眷属よ!!
貴様もふもふしてるだけでなく働けッ!!!
貴様には貴様の仕事があるのだろう?!
怠け者はメッ!だぞ!!」
四条貴音 「ふふ、神崎蘭子、あなたのいうのも最もです。
ああそれから……」
洩矢諏訪子 「共有いないの?」
高槻やよい 「女神さんが出てきてるってことも微レ存かもですけど、
2-2なら薄めですね。」
おにぎり 「美希、君に言っておかないといけないことがある……」
萩原雪歩 「あっ・・・狐2なんですね
それで女神もいるなら・・・騙りが増えるかと思いましたけど
2-2ならどっちも女神や狐がいない事も考えられるかな・・・うーん、ですぅ」
菊地真 「んー、一応片方は出たほうがいいね。
共有CO! 相方は生存しているよ!」
四条貴音 「狐が2匹おりますので。占い師はゆめゆめ、お忘れなきように。」
アサシン 「そもそもこの村で2-2になったから真がいるとか考えるのはどうなのかしらね。
狼QP-狼狂とかね。」
輿水幸子 「狐二人なんですか?それは厄介ですね…」
おにぎり 「俺の中身は……鮭なんだっ!!」
クマ吉 「まあ、状況的にはもう僕明日は居ないと思うんでやよいちゃんだけが頼りだよ」
三浦あずさ 「QPが特攻する可能性もあるわよぉ?
そこはなんともいえないわね。>スネーク」
右代宮戦人 「この場合無残になるのあってはクマ吉だろうけどな>洩矢諏訪子
その場合霊能のこしでいいんじゃねえか?」
神崎蘭子 「あーそうか。
QPいる上に狐2か」
星井美希 「えっ?何?おにぎり・・・さん」
サム 「それか真狼ー真狂の可能性もあるぜ>スネーク
どちらにせよ占いの内訳が真狼か真狂で対応を変えんとな」
アサシン 「あー……そうか。狐2いるのね、非常にめんどうだわ……」
輿水幸子 「そして恋人までいる…なかなかにカオスですね…」
高槻やよい 「霊能ローラーかグレランですよね。
私は霊能ローラーでいいかなーって。」
できる夫 「あ、今のうちに言いたいこと言っていいですかね?

アチャ子さんのマスターって我妻由乃さんだったりしません?」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふ?>蘭子」
スネーク 「初日真か?行き成りそこまで考えるべきなのか?<アサシン」
四条貴音 「……雪歩、やはり熱があるような……
顔があついですよ?(オデコを当てる。」
神崎蘭子 「あんまり単純に考えるべきじゃないのか…………
ククッ、まあ私はそれを一年前から予見していたがな…………!!」
洩矢諏訪子 「どっち先吊り?
おにぎり?」
三浦あずさ 「あれ?狐2もいるの?配役確認してなかったわぁ」
菊地真 「人外が多すぎるよ!
僕の聞いてた展開と違うよ!」
星井美希 「狐2匹だったんだ。それだと騙り少な目かな?」
右代宮戦人 「ああ、狐は2匹だぜ―
詰まり最大人外数9!なんて素敵だぜ!死ねる!」
できる夫 「把握しました>四条貴音」
サム 「あー、QPの存在を忘れていたぜ」
アサシン 「その世界線は知っているけれど……>できる夫さん
主人公昇格おめでとう」
四条貴音 「ゆえに、この内訳すら、実ははかないものなのかもしれません……」
星井美希 「真くん、りょーかいなの。」
おにぎり 「中身を分かったなら…食すか食さないかは君の自由さ…>美希」
ブースター 「もふもふもふもふ♪>蘭子」
高槻やよい 「狐2匹ってことは、厄介ですね。
呪殺対応が必須ではないってことじゃないですかー。」
クマ吉 「狐2を忘れてた・・・
じゃあもしかしたら噛まれないかもしれない!」
萩原雪歩 「あ、あうあう・・・
そ、その、四条さんのお綺麗な顔が近くて・・・っ(照)>四条さん」
神崎蘭子 「>ブースター
ええい鬱陶しいッ!!
私は我が眷属をそんな風に育てた覚えがないぞッ!!」
スネーク 「狐2か・・・占いは真主張するならば銃殺をださんとな」
四条貴音 「おや、神崎蘭子はすごいのですね。
預言者、というものでしょうか?」
サム 「一応張っておくぜ
村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐2 女神」
萩原雪歩 「真ちゃんが共有なんだ
頼もしいね!」
右代宮戦人 「まあ狐2いたって語ってくるかは疑問だけどな!>星井
女神はッ十分なりえるけど!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
輿水幸子0 票投票先 →三浦あずさ
スネーク0 票投票先 →おにぎり
アサシン0 票投票先 →おにぎり
ブースター0 票投票先 →おにぎり
四条貴音0 票投票先 →おにぎり
星井美希0 票投票先 →おにぎり
萩原雪歩0 票投票先 →おにぎり
神崎蘭子0 票投票先 →おにぎり
高槻やよい0 票投票先 →おにぎり
サム0 票投票先 →おにぎり
洩矢諏訪子0 票投票先 →おにぎり
クマ吉0 票投票先 →おにぎり
おにぎり15 票投票先 →三浦あずさ
できる夫0 票投票先 →おにぎり
三浦あずさ2 票投票先 →おにぎり
右代宮戦人0 票投票先 →おにぎり
菊地真0 票投票先 →おにぎり
おにぎり は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
神崎蘭子 「うむ」
神崎蘭子 「これで邪魔者は消えたな!!スネークッ!!」
神崎蘭子 「どうするどうする?!」
スネーク 「いや・・・実質これLWだろう・・・w」
神崎蘭子 「やっぱ飽和勝ちしかないよねっ!
4人地点まで二人で残るのなんてつらすぎるよ!」
スネーク 「●貰ったら素直に話すか?それとも狐に勝ちを譲るか?」
神崎蘭子 「だからだからっ!
なんとかしてできる夫噛みたいんだけど…………どうしよう」
神崎蘭子 「LWCOでいいんでない?」
スネーク 「とりあえずはできる夫を噛みたいが、護衛はどうだろうな」
神崎蘭子 「霊能が消えるし嘘はばれないはずっ」
神崎蘭子 「んー」
スネーク 「噛んでしまうか、しかしQPよ・・・お前のお陰でご覧のありさまだ!」
神崎蘭子 「バトラor幸子orアサシンかな>狩人」
神崎蘭子 「ありさまだー!」
神崎蘭子 「んー。クマ吉噛みもあり、か」
神崎蘭子 「ちょい悩んでくるー。」
神崎蘭子 「1:30で噛むね」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
三浦あずさ 「霊脳 CO! おにぎり○
洩矢諏訪子 「おはよう」
右代宮戦人 「よう、みんなおはよう。今日も元気に行こうぜ!
神崎蘭子 「ローラーか?
片吊りでもいいレベルな気がするが」
いっひっひ。おにぎりの霊能COからあずささんのCOは
ちょっと間があった気がするから盲信とまでは怖いぜ?
ま、黒自体はCO速度は普通だし、出来る夫真目に見てるけどな
まあ、この村騙り枠多いんで特攻も誤爆も狐当たりも十分あるのが嫌なんだけどな
あとクマ吉死んでたらグレランしてみようぜって提案しとく」
できる夫 「占いCO ブースター○」
サム 「おはようさんっと
占いはよろしく頼むぜ」
輿水幸子
な…なんですか…なんで腹パンしようとしているんですか
こんなに可愛いこのボクに…イヤッやめ…止めてください…
…ハッ
夢ですか…」
クマ吉 「占いCO
四条貴音ちゃんは○だったよ!さあ僕と結婚しよう!」
星井美希 「潜伏霊能CO おにぎりは●なの。」
アサシン 「◇スネーク(102)  「初日真か?行き成りそこまで考えるべきなのか?<アサシン」
役職を過信するなって言ってるのよ。
どうあれ、グレー見て人外を吊りあげれば良いのだから。」
洩矢諏訪子 「死体なしだね」
四条貴音 「おはようございます。
雪歩、今日はあなたのお茶うけにと、羊羹をもってまいりました
……一緒にいかがですか?

それから美希、昨日のおにぎり、海苔といいましたね。
もしかすると違うかもしれませぬ……もし、あのおにぎりが時間を経たものだとしたら……」
菊地真 「・・・あ、死体がないね、おはよう!」
スネーク 「おはよう」
高槻やよい 「おはおうございまーす。」
クマ吉 「理由
お嫁さん候補で僕のCOに一番反応が薄かった所
共有じゃありませんように!」
ブースター 「もふもふもふもふ☆」
神崎蘭子 「よう…………くくくっ」
できる夫 「占い理由:
ちょっと何言ってるかわからないですね…、なのでもふりに行くことにします
というのはさておき、狐二匹と伺いましたので
発言的に怪しいところと占いますよ」
サム 「おー、死体なし」
星井美希 「…つまり、シャケ味なの。オーソドックスで、芳醇な味わいだったの!」
洩矢諏訪子 「霊能増えるなwww」
右代宮戦人 「…おい>霊能ライン切れたと思ったら
潜伏霊能
おまけに死体無?」
輿水幸子 「と、というわけでおはようございます」
ブースター 「もふもふもふ♪」
クマ吉 「・・・え?>潜伏霊能」
三浦あずさ 「あれ?繋がらなかったわよ?とおもったら潜伏主張がでてきて割ってきたわね?」
萩原雪歩 「おはようございますぅ~
・・・ううう、ちょっと私、熱があるかも~ですぅ~・・・(ぷしゅー)」
神崎蘭子 「くくっ、世界は一つではない……無限にあるのだ>ばとら」
サム 「あー?>潜伏霊能CO」
洩矢諏訪子 「占いも霊能もローラーしたくなるよwww」
星井美希 「あ、昨日は対抗出た時点で潜伏にしたよ。だってどうせローラーの流れだったし。
今日わざわざ出る人外はいないし、信じてくれると皆幸せになれるって思うな。」
神崎蘭子 「ふむ」
四条貴音 「……ほう、美希視点、あのおにぎりの黒は海苔ではなく、やはりふるくなってついたむ……なんでもありません」
アサシン 「あら、ロラし切れば人外2確定じゃないw」
輿水幸子 「これはこれは…」
高槻やよい 「潜伏霊能ですか?
2-3ってことですよね?」
神崎蘭子 「霊能のラインが切れつつ。
潜伏霊能がCOか」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふ?」
右代宮戦人 「無げんかよ!?どういう解釈!?>神崎」
クマ吉 「霊能が増えた、ローラーだね・・・
女の子じゃないですかヤダ~~~~」
スネーク 「死体無しか?行き成り占いを噛んだのかそれとも
グレーから狩人目を狙って狐に当たったか?後者はありそうだな
狐2だからな」
萩原雪歩 「霊能さんが、ふえ・・た・・・?」
できる夫 「2-3、と
なかなか面白い形ですね
僕はこれは星井さんに感謝すべきなんでしょうね」
菊地真 「この人外数なら割となんでもあるからなぁ・・・」
輿水幸子 「とにかく引き続き霊能ロラですかね?」
サム 「これってあれか?霊能は真狼に狂orQPってか」
右代宮戦人 「なんかこの潜伏霊能ってなんだ?
つーか昨日出ないで今日出た理由は?」
ブースター 「もふもふ?
もふもふもふ!」
クマ吉 「どうするの・・・これ
もしかしておにぎり狐に見えてきたんだけど」
四条貴音 「ちなみに死体がないですね。
まぁいいでしょう。あと、美希の潜伏霊COは、今日つられを覚悟でそうでたのなら、大したものです。」
三浦あずさ 「んー 私目線おにぎりちゃんは狂狐QP 
対抗がラインつなぎに来る理由ってなにかしら・・?」
神崎蘭子 「正直霊能ローラーで良いと思うな。
霊能のCO状況的に、誰かを残す、というのは無理だ。
不確定な状況を頼りにするのは難しすぎる」
スネーク 「潜伏霊能・・・だと?何故昨日でなかった」
菊地真 「そもそも占いに狐がいる可能性があるかもね>スネーク」
星井美希 「真っ黒なおにぎりだったね!でもおいしかったよ?>貴音」
クマ吉 「まあいいや、僕のリア獣生活は始まったばかりだ!」
洩矢諏訪子 「QPが吊り稼ぎにきてるとしてもノイズが多すぎるよ・・・」
四条貴音 「故に、ラインが繋がる美希を残し、死体なしの勢いにまかせて明日から灰詰めも面白い、そう申し上げましょう。」
星井美希 「その理由は書いたよ?>右代宮戦人、スネーク
ブースター 「もふもふもふもふもふもふもふ
輿水幸子 「完璧なはずのボクが…全然わからなくなってきました…」
神崎蘭子 「よって、ロラ。
18人スタートしてる以上吊りは一つ多い。
序に本日の死体なしを鑑みるに、もう一つ増える可能性がある。
ならロラをしてもリカバリーが聞く」
できる夫 「人外数が多いとタケノコも発生しやすいようですね
困ったものです」
右代宮戦人 「ん…なんか信じちまいそうなんがいやだなこれ>潜伏霊能
ココで出る霊能何ぞどう考えてもあって○しか出ない騙りだろうし」
高槻やよい 「えーと、とりあえずローラーですね。
COが増えるのはビックリです!しかも霊能って…。」
菊地真 「ともかくローラーは継続だ!
美希も含めて轢くぞ!」
洩矢諏訪子 「潜伏の星井視点1W吊ってるから先に吊ってもよさそう」
萩原雪歩 「は、は、はい、頂きます・・・っ>四条さん

・・・あうう、私、なんだか何も考えられないかもーですぅー・・・」
三浦あずさ 「できる夫ちゃん狼だったとして、特攻補助でもう1狼が出てくる可能性は
考えにくいし・・・うーんどういう内訳なんでしょう。」
クマ吉 「まあ女の子のどっちかが偽物ということで
だけど割りと潜伏は吊られるために出ててきている気がするから
美希は真-女神で考えておこう うんそれだけ」
ブースター 「もふもふもふ★
もふもふ♪
…もふ?」
四条貴音 「◇萩原雪歩 「おはようございますぅ~
・・・ううう、ちょっと私、熱があるかも~ですぅ~・・・(ぷしゅー)」

……それは大変です、雪歩……ほら……お水……飲めますか?」
星井美希 「まぁ、みんなそういう反応するよね。
この反応を見とくといいかもなの。」
アサシン 「……まあ、占いには全力で銃殺を狙って欲しいところかしらね……
狐2とかわりとどころか相当余裕ないと思うわよ。」
右代宮戦人 「ああ、悪い今見た>星井
昨日素直に出てくれた方がわかりやすかったが」
神崎蘭子 「クク……安心しろ。
この村には第666代継承者の私がいる…………どうにでもなるさ…………ククッ」
スネーク 「占い狐?するとできる夫が狐寄りって事か?<真
初日●特攻できそうなのは真狂狐な感じがするからな」
サム 「あー、このままロラでいいか
一応死体なしだから狩人が生存の可能性が高いから
グレランで吊るようなこともなしな」
菊地真 「・・・ん?
あ、そうか・・・擬似的にライン戦に持ち込むんだね?>貴音」
高槻やよい 「真狼-真狂狐だと思ってるんですけどー。
狂アピ?」
サム 「あー、なんか重いな…?」
洩矢諏訪子 「これは面倒な村だなぁ」
四条貴音 「ああ、熱があるのにあなたにそうして食べさせせるのも申し訳ない
さ、口を開けて……(そっと羊羹を雪歩の口に――」
できる夫 「で、この死体なしは何事でしょうかね?

僕GJで是非ともお願いしたいわけですが」
右代宮戦人 「ただこれ。できる夫視点
梓さんは女神か狂人が妥当か?」
三浦あずさ 「ラインが繋がる方を残すのは悪手だよ?
ラインが切れているほうを残せば、銃殺出した場合に私をきればいいですし。
銃殺できる夫からはでないですが>四条」
星井美希 「…ほんとはネコ好きなのにね>蘭子」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふ!」
アサシン 「ま、そもそもがわりと人外場なのよ。
だから、気楽に楽しんで、人外を惨殺していけば良いと思うわ!」
四条貴音 「ですかねぇ。
正直、美希がここで●で出るのであれば、真か狐。そう思うのですが。」
できる夫 「そうなりますね>右代宮戦人
まず狼はないかと」
右代宮戦人 「ただ、死体無出てる以上ローラーでいいんじゃねか?
占いも両方生きてるし」
神崎蘭子 「>バトラ
できる夫視点だとそうなるな。
狼が霊能に2というのはおかしな話だしな。
狐もありうるかもー、というくらいか」
高槻やよい 「変に霊能を残すとその結果でパニックになっちゃうんですよね…。」
スネーク 「判らんな、そしてブースターのもふもふが気になるってきたのが困る」
星井美希 「迷ったんだけどね。昨日出る必要ないかなって思ったの>右代宮戦人」
洩矢諏訪子 「2-3って・・・普通逆でしょ」
四条貴音 「そして、私は今の時点でできる夫真目が高い、そう感じてしまうのです。」
神崎蘭子 「>星井
ええい、貴様!
私をバカにしているのか!プロデューサーさんに言いつけるぞッ!!!」
萩原雪歩 「ふ、ふにゅ・・・(四条さんにされるがまま///)」
菊地真 「指定 美希」
右代宮戦人 「だな>できる夫
さてこれどう判断するべきか」
サム 「まあ、人外が数人吊れることは確かになるからまだ大丈夫か・>占いも生きているし」
ブースター 「もふもふもふ?>スネークさん」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
輿水幸子0 票投票先 →星井美希
スネーク0 票投票先 →星井美希
アサシン0 票投票先 →星井美希
ブースター0 票投票先 →星井美希
四条貴音0 票投票先 →三浦あずさ
星井美希13 票投票先 →クマ吉
萩原雪歩0 票投票先 →星井美希
神崎蘭子0 票投票先 →星井美希
高槻やよい0 票投票先 →星井美希
サム0 票投票先 →星井美希
洩矢諏訪子0 票投票先 →星井美希
クマ吉1 票投票先 →星井美希
できる夫0 票投票先 →三浦あずさ
三浦あずさ2 票投票先 →星井美希
右代宮戦人0 票投票先 →星井美希
菊地真0 票投票先 →星井美希
星井美希 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
神崎蘭子 「んー」
神崎蘭子 「サム狐」
スネーク 「サムが狐か」
神崎蘭子 「んーで、こうなるとアサシン噛みたくなるなあ」
神崎蘭子 「諏訪子or雪歩、雪歩なあ」
神崎蘭子 「幸子はいいや」
神崎蘭子 「よし」
スネーク 「ブースターは共有か?それとも素なのかあれは?」
神崎蘭子 「やよいorアサシン」
神崎蘭子 「どうじゃろ。
銃殺出んかぎりやよい噛みかなあという気がする」
神崎蘭子 「噛みは1:30」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
右代宮戦人 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星井美希さんの遺言


      / /   /                      \
.     { /   /                          \   ┼_
     レ'  /             ,イ              :ヘ   (又 )
       /        i      .ハ              :ヘ
.      /       /|      i  ヽ    ハ         :::',     ゝ
      / .:::      /  |      i   \  | ヘ      ::.   ::::i   / 、_)ヽ
      | .::::: i   / ‐'" l      i'  └、\」.  ゙,      ::::. :::::|
      { .:::::: :|  /─-、 ',  ,、   |    __,,,,__   ゙,     ::::::. :::::|     ヽ
      | ::::::::..::l /;;;;;;;;;;;;ヽ ', ハ   |   /;;;;;;;;;;;;;ヽ  ゙,    ::::::::::::i      つ
      ',::::,イ::::} ,i;;;;;;;;;;;;;;;;} ` ヽ  |   {;;;;;;;;;;;;;;;;;;}  ゙,   /:::::::::::i
.      ∨ }}::/∨ゝ-- イ    ヽ |   弋;;;;;;;;;;;ノ    i  ん:::::::::::i
.       /∨           ヽ      ̄     .i  /} .}::::::::{
.       / {                        | ./ノ |:::::::::i
.      ノ ...i ⊂⊃               ⊂⊃  _レ_ノ:::::::::::ヘ
.   __/ ..:::::::::',         }\           /::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
   \:::::::::::::::::::ゝ         ̄         ィ ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
     `ー-─フ:::::`   、_         , -‐ '"::::::::::::::::::::::::::::ヘ `ー‐'"
 ( //    /::::::::::::::::::::::::::`  ー-‐i'" .{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 と,、_,┘ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ|.  /7:::::::::::::::::::::::::ヾ 、____ゝ
      `ヽ、__:::::::::::::::::::::::::::::::::/ i`ー-! ! 'l:::::::::::::::::::::::::ヘ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::/./  ̄`ー'l l:::::::::::::::::::::::::::ヘ
.        ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::/./     'l l::::::::::::::::::::::::::::::\
.       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/./      'l l::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
       \:::::::::::::::::::::::::::::::::::/./       'l l::::::::::::::::::::::::::::/
右代宮戦人さんの遺言 | | | | | | | | | | | | | | )ヽ、| | | | | | | | | | | | | | |
| | | | | | | | | | | | | ./ ∠...--――'´`ヽ,|| | | |
| | | | | | | | | | | | ノ∠l ロ`ロ`ロ`!二、 | | | | |
| | | | | | | | | | | | | .二l ロ ロ ロ !二,-、 | | | |
| | | | | | | | | | | | ヽ---‐―――――一' | | | |
| | | | | | | | | | | | | |/}.|lヽ. | l`v'7´ヾ‐.、| | | |    _/  //
| | | | | | | | | | | | | (ノ.| |ヽノ | ヽ_ノ | | ゝ_).|| |    / ̄7
| | | | | | | | | | | | | | | | | ノヽ、 | ,ー、|,.__ | | |    /  /
| | | | | | | | | | | | | | | ./ __,.ゝ | |. i_ノ .ノ | | |
| | | | | | | | | | | | | _/∠_ゝヽ、!  l ̄´∧. ||    |
| | | | | | | | | | | | く_=ニ二ヽノヽ、`ー' _ノ ||    |
| | | | | | | | | | | | | | i l二l .ゝ | ,ー、 ̄,.__. | |
| | | | | | | | | | | | | | | == |||. i_.ノ ,ノ | |   ̄ ̄ /
| | | | | | | | | | | | | | | l ̄l. | | !  l ̄´∧. | | ___/
           ‐(__! ヾ、_.|―ヽ、`ー' _,ノ、_    (
         /  ヽ l  '´____      ===-
.        ∥   ヾl /´       ̄ヽヽ 、  `ヽ、
.        l  / / ヽ ,‐‐‐- 、  ヽ、 ヽ、 `ヽ、_`ヽ、
        i /  / / ̄ヽ/ ̄` ヽ、ヽ 、`ヽ、ヽ、ヽヽ、``
        !. l / / / ̄      `ヽ、_≦_ヽ、ヽ、ヽ、
.        ! l/ / / .l   ;;l::l;|:::::  |;!!;;!::! ヽヽ、ヽ
        ! / /、 | u '!|:::||;::::   ||:||::::|   `         _
        ヽ { / ヽ !  ::::::l|:::::  :l|:l|::::: u      --‐‐   ̄/
      r -----ヽ ヽ ヽ u   u    u  i --‐‐   ̄/ / /
       ヽヽ ‐‐‐ ヽ---、.        ___  ,' :::::::::::::::::::::::/ / /
        \ヽ:::::/ / ノヽ、. J  /   ,'::::::::::::::::::::::::/ / /
.         ヽ// /  / ヽ      ,.' :::::::::::::::::::::::  / /
       __i         イ`ナ  --- ' |`ヽ:::::::::::::::::  i  |‐‐- 、
    , '"´::::::::/       /レ': :ヽ、_   !: : :\:::::::::::::...|  |    \
   , '   :::::::/       / 、: : : : : : : :  ̄ ̄ノヽ、: :ヽヽ:::::::!  '―‐--  _ヽ__
.  ,' : : : : : ノハ     /:::ヽヽヽ::::::: : : : : : : :/::::::::::ヽ 、ヽ ヽ  ̄ ̄ ̄ ‐‐-- ___‐- ,
  ! : : : : : ! i   ヽ、____ノlヽ:::::ゝ-、ヽ::::::::.... : : :!ヽ:::::::::!ヽヽ   ヽ:::::::::::::::::::r‐ 、::::/ /!
. i : : : ::::::! ヽ     ノノノ::::ゝ、,_`ヽヽ:::::::..::::!: :ヽ-‐',: ヽヽ  <;::::::::::/ゝノ / /:::::\
  ! : : : ::::::!   `ヽ、___/ iヽ、ヽ、::::`ヽ、_` ‐-----'__',__l__ヽ_, -‐'",/::::::/ /::: : : : : ̄ヽ
 ノ: :::::ノ:::i         !:::::::`ヽ、ヽ、:::ヽ ̄ヽ----  ____ -‐'"´ l::::::::/ /: : : : : : : : : :_ヽ___
/ -‐'" ::::i         i: : : : : : : :` ヽ、:ヽ  ヽヽ: : l::::::ヽ:::! ヽ    o !::::/ /_ -‐‐‐  二 -----、
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
洩矢諏訪子 「おはよう」
三浦あずさ 「霊脳 CO! 美希○」
神崎蘭子 「歌え歌え狂え狂え!!!
我が名の下に宴を開け、我が闇より来たりし眷属たちよ!!
ふはははは!!時は満ちた!!今より全ての終焉に向けて動き出すぞッ!!!」
高槻やよい 「おはようございまーす!」
スネーク 「おはよう」
サム 「おはようさんっと
占いはよろしく頼むぜ」
クマ吉 「占いCO
神崎蘭子ちゃんは○だったよ!さあ僕と結婚しよう!」
できる夫 「占いCO 萩原雪歩○」
ブースター 「もふもふもふもふ」
四条貴音 「おはようございます。
三浦あずさを残すのであればそれでもよろしいかと。
COする以上、そこ恋ではなく、この吊り方はおにぎり狼前提となり
ひいてはできる夫殿真全体となるのですが。

あ、右代宮戦人はCOないなら吊りたいですね。
割と真面目そうにみえますが、その実霊についての話しかしてませんでしたし。」
アサシン 「おはよう。さてどうなっているのかしら。」
クマ吉 「理由
お嫁さん候補で初日には僕に興味なかったようだけど
だんだん僕の魅力に気づいてくれてるよ
昨日の発言も頼もしいしうらなっちゃお」
できる夫 「占い理由:
今日はとりあえず僕を真目でみてくれた四条さんと右代宮くんは除外します
というわけで二日目の発言5、三日目の発言4の寡黙目萩原さん占いです」
三浦あずさ 「狼じゃないとなるとますます謎ね。」
輿水幸子 「今日はいやな夢は見ませんでしたね…おはようございます」
四条貴音 「……雪歩、熱は、大丈夫でしょうか?」
ブースター 「もふもふもふもふ?
…もふもふもふ」
スネーク 「ふむ・・・銃殺も出ないな」
高槻やよい 「えーと、たたかいびと…さんですね、かまれたのは。」
洩矢諏訪子 「ラスト霊能視点だと1Wも吊っていないのかー」
サム 「灰噛みか
昨日の死体なしがGJなら狩人探しかね?」
萩原雪歩 「ごくん・・・はむ、はむ・・っ(雛のように四条さんのを一生懸命に食べて)
・・・あうう、四条さん、美味しかったですけど
私、赤ちゃんみたいで恥ずかしかったです・・・っ///」
神崎蘭子 「ぐっ……右腕が…………ッ!!!
うあああああああああああああ!!!(バゴーン>クマ吉」
三浦あずさ 「クマ吉が噛まれない点みても
占い両偽在りうるかしら?」
アサシン 「貴音ちゃんの言うように、あずさは放置してランしても良いところかもしれないわね。
吊り数が足りないし。」
神崎蘭子 「あずさ視点対抗狂狐QPが確定か」
四条貴音 「昨日の夕方には、あなたがまるで動けなくなっているようにみえました
……もしかして、私がなにか良からぬことを……そうだとすると、申し訳ないですね。雪歩。」
ブースター 「………もふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふ♪」
できる夫 「ほら、右代宮くん噛まれてますよ
星井さん指定はまだわかりますがギリギリの指定はご容赦願いたく」
アサシン 「足りなくはない、か。
余裕がいつもと比べてもかなりない、ってとこね」
神崎蘭子 「ふむ」
輿水幸子 「とりあえずクマは占いだからといって調子に乗らないでください>クマ」
菊地真 「あずささんを残してもいいと思うだけどどうだろう?
偶数だし、対抗COだったから狼狐では無いと思うんだ。だから吊るべき存在が多い以上残してもいいかなと思っている」
クマ吉 「モテる獣は辛いぜ」
スネーク 「しかしこうなると占いはどうなのだ?
美希とラインは繋がったが、あずさ真ならばできる夫は偽なのだろう?」
四条貴音 「ええ、ランして決め打つかどうかを考える、でよいと思います。
疑い先噛まれましたが。」
萩原雪歩 「は、はい、お水を飲ませて頂いて
少し落ち着きましたっ・・・!
でも・・やっぱりちょっとドキドキしてるっていうか・・・あうう///>四条さん」
洩矢諏訪子 「真狂Q?」
クマ吉 「輿水さんは僕を踏んでもいいのよ!」
四条貴音 「実質考えるのは占―霊のラインですが。」
高槻やよい 「グレーは結構ひろいですもんね。
今日で霊能ロラは完遂ですね。
いつもより人数が多いと思わぬところでCOがでるんですねっ!
びっくりしちゃいましたー!」
サム 「クマ吉が噛まれないから両偽があるというのは無理がないか?>あずさ
というかもしクマ吉が真でも信用の差で吊れると思っているんじゃねえの」
ブースター 「もふもふもふもふ☆」
洩矢諏訪子 「2人外吊ったことだけ覚えればいいか」
三浦あずさ 「狼特攻が狐にヒットで狂人がラインつなぎに来たぐらいかしら?
うーん ただ狐なら占い騙るきもするしなんとも」
菊地真 「そこは決めつけていいと思っているよ>諏訪子」
輿水幸子 「それじゃあご褒美になりそうなので踏みません
インパルスならごちそうしますが>クマ」
スネーク 「内訳2-3・・・霊にQP交じりが妥当な所か?」
アサシン 「で、共有さん?今日はランするの、それともロラ完遂?」
高槻やよい 「あずささん盲信ってわけじゃないですよね?>まことさん」
四条貴音 「……でも、力が抜けて……ほら、あぶない、よろけてるではないですか、雪歩(そういいながら雪歩の体を優しく受け止める。」
神崎蘭子 「真狂Qで固定するならできる夫偽だがな。
あんまり私はそれを断定できないぞ」
サム 「あー、どうかな?>霊能残し
だったら昨日の星井の正体はなんだったんだって話になるけど」
萩原雪歩 「えっとね・・・ごめんね、やっぱり霊能残しは怖いと思うんだ
吊りは完遂した方がいいと思う>真ちゃん」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふもふもふ~★」
三浦あずさ 「生き延びたがってるやよいあたりは占いどころだと思うのだけれど・・・」
輿水幸子 「ボクとしてもロラ完遂でいいと思いますね」
できる夫 「もうすでに三浦さんに投票しておきました(キリッ」
四条貴音 「コレ以上のロラはあまり意味がない、そう考えます。
ゆえに、先に灰吊り断行。吊るのであれば諏訪湖、サム、アサシンあたりでしょうか?」
神崎蘭子 「んー」
スネーク 「ふむ、占い視点で内訳はどうなっているんだ?現状でいいぞ」
洩矢諏訪子 「固定はできないよね
潜伏以外と対立しているのがなぁ・・・」
菊地真 「ロラ完遂希望が多いか・・・」
三浦あずさ 「狼つれてないいじょう私残して欲しいけれど?」
高槻やよい 「グレランならそれでもいいと思います!
でも疑う要素があるならあずささん吊って完遂の方が後腐れはないかなって。」
クマ吉 「男は吊るか噛まれるかしてくれれば占う身としては楽になるかなー
僕のハーレムには男は不要だし」
サム 「あー?霊能残しで騙りが残るのが怖くねえっつのかい?>四条
俺はほんのちょっとだが怖いね」
四条貴音 「ふふ、大丈夫ですよ。雪歩。
……何しろ、村にはこの私がいるのですからね?」
スネーク 「ブレ無いクマだな・・・」
菊地真 「よし、なら総意にそうよ。
ロラ指定だ。」
洩矢諏訪子 「3COなら霊能ローラー完遂すべきだよね
狩人どころか恋人も保護しそうだけど」
できる夫 「占い
真狂か真狼

霊能
真狂狐もしくはQ

ですね」
萩原雪歩 「あ、でも、真ちゃんもしっかり考えた上での事だと思うから
それで断行するならしてもいいと思うよ、あんまりはっきりしなくてごめんね」
神崎蘭子 「できる夫真の場合で、狼を一つ吊ってると。
で、クマ吉視点の場合でも、人外は一つ吊っていることが確定。
その上で6吊り。
狐と狼だけなら5吊りでなんとかなるがなあ。偶数だし」
アサシン 「了解したわ。>共有」
四条貴音 「怖くないですね。
なぜなら、これは占―霊でみる擬似ライン戦ゆえに、最終的には決め打ちです。」
三浦あずさ 「信用の差ねぇ ならなおのこと私とらいん繋がるかみたいのだけれど・・・>サム」
萩原雪歩 「あっ・・・し、四条さんは何も悪くないですっ・・・!
ただ、わたしが・・・あうう(ぎゅー)>四条さん」
スネーク 「有難う<できる夫
クマも宜しく頼むぞ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
輿水幸子1 票投票先 →三浦あずさ
スネーク0 票投票先 →三浦あずさ
アサシン0 票投票先 →三浦あずさ
ブースター0 票投票先 →三浦あずさ
四条貴音0 票投票先 →輿水幸子
萩原雪歩0 票投票先 →三浦あずさ
神崎蘭子0 票投票先 →三浦あずさ
高槻やよい1 票投票先 →三浦あずさ
サム0 票投票先 →三浦あずさ
洩矢諏訪子0 票投票先 →三浦あずさ
クマ吉0 票投票先 →三浦あずさ
できる夫0 票投票先 →三浦あずさ
三浦あずさ12 票投票先 →高槻やよい
菊地真0 票投票先 →三浦あずさ
三浦あずさ は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
神崎蘭子 「んー」
スネーク 「さてロラ完遂、明日からはどうなるかだ」
神崎蘭子 「四条、アサシン」
神崎蘭子 「アサシンが気になるなあ」
神崎蘭子 「アサシンどう思う?」
スネーク 「四条は目だっているからな・・・潜伏気味という意味ならばアサシンだろうか」
神崎蘭子 「相方!相方ッ!!」
神崎蘭子 「ふーむ」
スネーク 「ならば控え気味な霊ロラ押しが狩人目なのではないかと思う・・・強く言えなくて済まない」
神崎蘭子 「できる夫かみたいなあ」
神崎蘭子 「そうすると幸子か」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
できる夫 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
三浦あずささんの遺言 あらあら皆さん頑張ってくださいね~
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
サム 「俺は怖いな>四条
役職決め打ちは呪殺をだした占い意外に信用したくない性質なんだよ
だいたい占いと霊能を残しても霊能が圧倒的に不利じゃねえの
どっちを信用しやすいか、真証明できるかと考えたら霊能は残したくねえな」
スネーク 「おはよう」
高槻やよい 「おはようございまーす!」
輿水幸子 「なんですか?プロデューサさん?…へ嫁げ?何を言ってるんですか?
スタドリのため?そんな!?まってください!?ボクはまだ…
…ハッまたこんな夢ですか……夢で良かったですね…」
四条貴音 「おはようございます。
どうなのでしょうね。これは。

いずれにせよ。これからは灰詰め、ともなるのでしょうが――吊りを増やしたいものです。」
クマ吉 「占いCO
萩原雪歩ちゃんは○だったよ!さあ僕と結婚しよう!」
洩矢諏訪子 「おはよう」
アサシン 「おはよう」
ブースター 「もふもふもふもふもふ」
神崎蘭子 「ふはははっ!!
これよりラグナレクを開始するッ!!」
クマ吉 「理由
お嫁さん候補で僕に興味をまだ示してないね
発言も少ないし占うよ
対抗を追っかけるにしても薄い発言のほうがいいからね」
輿水幸子 「…おはようございます」
サム 「うわぁ…>占い噛まれ」
萩原雪歩 「あうう、四条さん(ぎゅー)
あ、あのっ、ふらついてる私を受け止めてくれて、ありがとうございます・・・っ///
暖かいです・・・、まるで四条さんの優しい心みたいに・・・えへへ」
アサシン 「共有をCOするわ。
私のマスターは真よ。
確認お願いね?」
ブースター 「…もふもふもふもふもふもふ」
輿水幸子 「占いさんが噛まれましたか…」
高槻やよい 「あ、できる夫さんが噛まれてますね。」
神崎蘭子 「…………うん?」
菊地真 「別に真を見なくてもいいんだけどね
吊る必要のある役職かどうか>サム」
四条貴音 「いいえ。それでも、ですよ>サム殿
そしてできる夫殿が噛まれると。ふむ。

ならばクマ吉殿の○は灰に戻してもいいのでしょうね。」
輿水幸子 「アサ子さんが共有ですか了解しましたよ」
クマ吉 「っふ、男は滅びた!
あとはスネークとサムとブースターがいなくなればハーレム完成だね!」
神崎蘭子 「ふん、宣告する者が噛まれたか………………」
ブースター 「もふもふもふ~♪
もふもふもふもふもふもふもふもふもふ★」
洩矢諏訪子 「なんか残った占い吊ってもよさそうだなぁ」
菊地真 「よし、ボクがアサシンのマスター・・・菊地真だよ!」
萩原雪歩 「・・・はわっ?
占いさんが噛まれちゃいました!?
霊能吊りは、死体無しでGJ出てると見て狩人保護も兼ねて
それがいいかなって思ったのもあったんですけど・・・なんてことでしょう・・・っ」
四条貴音 「……ふふ、やさしいだけでは、ないかもしれませんね?(そっと耳に息を吹きかけながら」
スネーク 「アサシンが共有か、霊ロラ展開なので遊んでいたブースターが共有かと思っていたがな」
クマ吉 「アサシンが共有だね占わなくて良かった
灰が狭くなってこれで人外を追い詰められるね!」
神崎蘭子 「ふむ、共有了解だ。
貴様ら通じる者たちのありよう、しかと見届けよう…………!!」
高槻やよい 「なんですか、その某鯖の貴族と奴隷みたいな共有関係は。」
四条貴音 「ふむ、そしてここで共有FOすると。
灰が狭まった。そう考えましょう。
できる夫の灰をみますね。」
洩矢諏訪子 「霊能全偽も考えられるようになったなぁ・・・」
ブースター 「もふもふもふもふ?>スネーク」
サム 「だとしても霊能に出てくるような役はだいたい吊らねえと残してもいらんことしかねえ
と思うがね>共有
というか占い噛まれていやがるのが問題だろうが」
菊地真 「どうかな、占いもできる夫が真だったかどうか・・・」
クマ吉 「というかさ、できる夫の占った所
雪歩はいいとしてもブースターって占うところなのと思ったんだけど・・・
いや、発言的にさぁ」
高槻やよい 「クマ吉さんはどうしましょう。呪殺を期待して1~2日残しますか?」
萩原雪歩 「・・け、結婚ですか!?>クマ吉さん
わ、わたし・・・女の人にしか興・・・じゃなくて
男の人が苦手で・・・その、ごめんなさい!!!」
四条貴音 「【完グレ】 ◇サム ◇スネーク
◇洩矢諏訪子 ◇輿水幸子

クマ吉  やよい○>貴音○>蘭子○」
神崎蘭子 「ではランか。
クマ吉の○を灰に戻して、殺し合い、か」
スネーク 「できる夫噛みならばそこが真目だろう、美希ともラインが繋がっていたしな
するとクマ吉は・・・狂目か?狼にしては信用を取る気が無いように見えるな」
クマ吉 「なので雪歩を僕のお嫁さん候補として占いました(キリッ」
輿水幸子 「そこはボクも思いましたね…>ブースター占い」
神崎蘭子 「うーん」
菊地真 「最悪想定・・・げ、まだ3-2か・・・」
四条貴音 「ふむ。高槻やよいはクマ吉から銃殺がでるのを期待していると。」
ブースター 「もふもふ?
もふもふもふもふもふもふ♪>幸子」
クマ吉 「>スネーク

女の子を占って何が悪い!
 女の子を占って何が悪い!」
アサシン 「クマ吉に信用がないのはわりとRPのせいもあるような気がするけどね……」
神崎蘭子 「できる夫ほぼ真でいいと思うけど。
偽考えると余裕が更にぱないぞ…………」
四条貴音 「んー。
最悪想定はせねばならない。
だがしかし、ここで決められるのはくま吉をどこで吊るかだけ、ですよ。
>菊地真」
サム 「真じゃなかったら噛まんだろうよ>できる夫が
というかクマ吉真だとしたら死体なしの日には狐噛み濃厚になっちまうんじゃねえか?
>クマ吉護衛する狩人がいるかどうかで」
洩矢諏訪子 「噛まれの○は後で考えるとして・・・」
菊地真 「今日はグレランだね」
輿水幸子 「…モフモフですね…>ブースター」
萩原雪歩 「ふわ・・っ!?(照)
あうう・・・わ、わたしも・・・ちょっといけない感情が芽生えちゃったかも・・・
って、えへへ///>四条さん」
高槻やよい 「クマ吉さんの全グレーに戻しですね!
グレラン祭りです!
もやし祭りです!」
輿水幸子 「さてとグレランですか…」
クマ吉 「というかさ、できる夫が死んでるからってそれで僕偽は早計だと思うよ
リア充がここから居なくなったら女の子が寂しくなるじゃないか!!!」
四条貴音 「なお、サムは残せると判断します。
スネーク、諏訪子、輿水幸子、ここから1吊り。
灰ももどすのですね?」
高槻やよい 「逆にクマ吉さんが呪殺だしたら一気に○が増えるんですよね。」
洩矢諏訪子 「あえての狂噛み?
うーん・・・あるのかな?」
ブースター 「もふもふ♪
もふもふもふもふもふ~♪>幸子」
菊地真 「狐2だから普通に占いにでてくるんだよ・・・>サム」
サム 「まあ、できる夫の○は残して損はねえと思うがね」
スネーク 「もふもふ言っていては解らんだろうよ<ブースター
俺も占ってみたい所ではあったがなブースターはもふもふ言ってるだけではわからん」
神崎蘭子 「余裕がねえな。
できる夫偽と考えた場合でも、
霊能とそこで狂QP狐だったらお終いか。はは、笑えん」
四条貴音 「……ふふ、お手柔らかに、萩原雪歩?(ニッコリと微笑む」
輿水幸子 「とりあえず雪歩さん以外がグレー戻しでいいですかね…?>クマ占い」
萩原雪歩 「真ちゃんと共有になってみたかったかも・・・
・・あ!私確定○ですぅ!?
それなら、共有みたいなものかな、えへへ」
菊地真 「もどすよ!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
輿水幸子2 票投票先 →四条貴音
スネーク2 票投票先 →洩矢諏訪子
アサシン0 票投票先 →輿水幸子
ブースター0 票投票先 →洩矢諏訪子
四条貴音2 票投票先 →輿水幸子
萩原雪歩0 票投票先 →洩矢諏訪子
神崎蘭子0 票投票先 →洩矢諏訪子
高槻やよい0 票投票先 →洩矢諏訪子
サム0 票投票先 →洩矢諏訪子
洩矢諏訪子6 票投票先 →四条貴音
クマ吉0 票投票先 →スネーク
菊地真0 票投票先 →スネーク
洩矢諏訪子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
神崎蘭子 「よしよし」
スネーク 「ううむきっつい・・・」
神崎蘭子 「10 - 8で確実にクマ吉吊るので大丈夫」
神崎蘭子 「明日か明後日凌げば勝ちが見えますよ!」
神崎蘭子 「あーいや」
神崎蘭子 「確実に狐が死んでるので」
スネーク 「頑張っていきたいが・・・さて何処を殴ろうか」
神崎蘭子 「もう一個か」
神崎蘭子 「んー」
神崎蘭子 「自然にブースター吊れたらなあ」
神崎蘭子 「あっこがきついですよ兄貴」
スネーク 「もふもふ喋っているだけでなんか嫌な感じだなw<蘭子」
神崎蘭子 「うーぐ」
神崎蘭子 「共有噛みでいいと思うんだけど。思うんだけど!」
神崎蘭子 「GJが!怖い!
バトラで噛めといてー!!」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
菊地真 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
菊地真さんの遺言 流石に遺言を仕込む時間がないよ!
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
クマ吉 「占いCO
輿水幸子ちゃんは○だったよ!さあ僕と結婚しよう!」
高槻やよい 「おはようございまーす!」
スネーク 「おはよう」
四条貴音 「おはようございます。
クマ吉をどうみるか、でもあるのですが、
狂狼よりの狼と見ています。その場合、初手囲い発生をみる。
つまり、ここで銃殺期待でクマ吉を見ている高槻やよいは狼目ではないかと愚考します。

その場合……そこで2Wともなり、割と詰まってしまっているのですが。」
ブースター 「もふもふもふもふ?」
クマ吉 「理由
呪殺出さないと今日で終わりなのは肌で感じてる
さて、狐っぽいところはどこかを全力で・・・
って、残った女の子は彼女だけだ!これで勝つる!」
輿水幸子 「ふう今日もいやな夢は避けられました
おはようございます」
アサシン 「おはよう。相方噛まれたわ。」
四条貴音 「んーそこ○出すんですか。
まぁどうでもいいですが。」
神崎蘭子 「舞われ舞われ舞われ舞われ!!
世界は美しく汚くなればこそ美しいッ!!」
クマ吉 「よし、勝った!
あとはスネークとサムとブースターを吊るだけだ!」
輿水幸子 「占いは感謝しますよ
結婚はしませんが」
四条貴音 「そうそう、萩原雪歩
……ふふ、昨晩のあなた様はそう……まさしく甘露、という言葉がふさわしかったかと。」
サム 「共有は占いの内訳をどう考えているんだ?>真狂だと思うが真狐もあると考えているか
そいで三日目の死体無しはクマ吉噛みだと想定しているのか
まあ、ありえなくもない噛みだと思うけど>ベグりとかで

後はやよいはいつまでクマ吉真を追っているんだよ
○しか出さねえの占いは信用できねえだろうが
>とは言っても●出しても呪殺がでねえと完全には信用できねえけどな」
萩原雪歩 「おはようございま・・・ま、真ちゃん!?
あうう・・・確定○の私を置いて、先になんて・・・」
輿水幸子 「真さん…お疲れ様です」
ブースター 「…もふもふもふもふ
もふもふもふもふもふ」
高槻やよい 「もうクマ吉さん真はなさそうですね。
狂人の出し方みたいです。」
神崎蘭子 「こう我が眷属どうしよう>ブースター」
萩原雪歩 「あうう・・・/// あの、四条さん・・・その、私・・・
もう、離れたくない、ですぅ~・・・(ぎゅー)」
アサシン 「さて、皆はどうしたいかしら?」
スネーク 「ふむ・・・ここで噛まれないならばクマ吉は偽ではないか?
銃殺も期待できそうにないしな、となるとここは狂目か?」
サム 「というかクマ吉は信用とる気ねえだろ>○ばっか」
ブースター 「もふもふもふもふ?>幸子」
クマ吉 「やっぱり女の子がみんな僕のお嫁さん候補じゃないですか!(一部除く」
四条貴音 「割とスネーク、サムはあって狐寄りではないかと思うのですよね。
そうなると、私、神崎蘭子、高槻やよいに1Wはいる。
私としては、高槻やよい、なのですが……」
輿水幸子 「とりあえず今日はクマ、吊りますかね?」
神崎蘭子 「我が第三の眼を持ってしても何考えてるかわからん」
高槻やよい 「え?私は両方の真の可能性を追ってましたよ。>サムさん」
神崎蘭子 「一方で四条 - 雪歩も何してるかわからん」
スネーク 「クマはとりあえず2-3の内訳を出しておけ、話はそれからだ」
四条貴音 「離れなければいいのです。>雪歩
その白い肌は、私だけがほのあかくそめる、というのも悪くないのですからね?
(そっと抱きしめる」
輿水幸子 「そうですねこのボクの可愛さを持ってもわかりません>神崎さん」
神崎蘭子 「我がシックスセンスを如何なく発揮してもラブ以外が読めん」
アサシン 「まぁ、クマ吉を吊って考えれば良いかな、って気はしてるんだけどねー。
あぁ、私恋人探す気はないから。
どう考えても村きっついのにそこまでしてる余裕ないわ。」
サム 「しかも共有が噛まれるねえ。確定○つぶし?狩人がいないのを確信しているのか?
あとクマ吉はもう吊っていいと思う」
クマ吉 「結果で信頼を取る気がないってどういうことだい?
僕の占い結果で信頼がないという言い方ならわかるけどさ>サム」
ブースター 「…もふもふもふもふ♡
もふもふもふもふもふ?」
高槻やよい 「どっちもありえたので迷いましたけど、この噛みからして
クマ吉さんは狂狼レアで狐だと思います。
それよりもスネークさんがぜんぜんわかりませんっ!」
萩原雪歩 「正直、できる夫さん真と見て、
クマ吉さん吊りで壮大なグレラン
それで狐2なので狼の告発に期待する、ぐらいしか思い浮かばなくて・・・ううう
もっと良い方法もあるかもですが・・・」
輿水幸子 「…そういえば恋人を忘れていましたね…」
スネーク 「狐ね・・・サム辺り何か持っていそうなのだがな」
四条貴音 「んー。」
スネーク 「ほう?解らないとは?<やよい」
神崎蘭子 「>幸子
貴様は我が眷属ではないッ!!
友達だろう?! 私とお前は、対等で、競い合い、時に助け合う友達だろう?!
悲しいことを言うな目を覚ませ私を見ろ!!幸子ォっ!!!」
四条貴音 「いいでしょう。
クマ吉吊りましょう。
ただし、その場合高槻やよいをかなり後半まで残すことを提案します。
そこ囲いLWまでありますから。」
サム 「いや、今さらクマ吉真は無かろうよ>やよい
というかクマ吉が真ならどんだけ人外が偏っているから」
萩原雪歩 「四条さん・・・幸せです///(ぎゅー)
でも・・・私、確定○ですから、きっとそのうち・・・

・・・あの、私が死んでも・・・頑張ってくださいね(強く抱きしめ)」
高槻やよい 「貴音さんはRPで雪歩さんとベタベタしてるんですけど、目立ってないスネークさんが気になります。
本職は目立っては行けないんでしょうけど。」
四条貴音 「今のところ、神崎蘭子を狼とみていないから、というのもありますがね。」
輿水幸子 「そんなどんどん痛くなっていく神崎さんは見たくありませんね!>神崎さん」
アサシン 「ま、良いわ。クマ吉を吊って明日に賭けましょう。」
クマ吉 「サムの言い方が凄く引っかかったなあ
で、女の子を信じれば問題ない結果ですよと」
ブースター 「もふもふもふもふもふ!
……もふもふもふもふもふもふ」
高槻やよい 「ゼロじゃない以上は考えるべきかなって思うんです。<クマ吉真」
神崎蘭子 「>幸子
貴様ァ!!!(顔真っ赤」
四条貴音 「……ふふ、心配せずともいい。
あなた様には私がいます。そうでしょう?萩原雪歩?」
サム 「そんな簡単だったら苦労せんわい>クマ吉」
スネーク 「絡みが少ないという点がな・・・<やよい」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
輿水幸子0 票投票先 →クマ吉
スネーク0 票投票先 →クマ吉
アサシン0 票投票先 →クマ吉
ブースター0 票投票先 →クマ吉
四条貴音0 票投票先 →クマ吉
萩原雪歩0 票投票先 →クマ吉
神崎蘭子0 票投票先 →クマ吉
高槻やよい0 票投票先 →クマ吉
サム1 票投票先 →クマ吉
クマ吉9 票投票先 →サム
クマ吉 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
神崎蘭子 「スネークやん!」
神崎蘭子 「恋人の勝利条件は」
スネーク 「発言が微妙になっていくな・・・済まない」
神崎蘭子 「『村終了時点で生き残っていること』なので」
神崎蘭子 「飽和終了させるのが一番手っ取り早いっす」
神崎蘭子 「なんで、狐潰す必要はにいよ!」
スネーク 「ああ、そうか・・・サムを叩いてはダメなのか
恋人を真面目にやるのが2回目なのでな・・・スマン」
神崎蘭子 「もっとも、もう1人しかいないし偶数なので」
神崎蘭子 「ほかに叩けるところなさそうなら、そこでも構わんぜお」
神崎蘭子 「とりま明日は四条にのっかってやよい叩こうと思ってるので」
神崎蘭子 「乗っかれそうなら乗っかってみて」
スネーク 「何処を叩くべきかな・・・」
神崎蘭子 「乗っかれなさそうなら、サム叩きを続けてかまわにい」
スネーク 「解った、やってみよう」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ブースター は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
クマ吉さんの遺言
        / ̄ ̄\
    . 「  ヽ _   \  
     (●)(● )     |
       |        |
     __`_       |                  ,,_,,___/⌒
     `ー'´       ヽ              _..,,,/      ̄ヾ,
     ヽ        人            〈_「/    ⌒    ゙、
     __|       /  \           ,'  ⌒   ●    ヽ
     / ヽ____/   /\            i  ●         }
   /| │__丿;;;\_/\_/\ ヽ        !     (⌒)      !
  /  ヽ/|ヽ;;;;;;;;;ノ/ \   丶/丶         !、    _,入__ノ   ノ
  |   | | /;;;;;|/\─       丶       ヾ,,   ヽ_ノ"  /   
  |    | |/;;;;;;;/  >__  /   |         ヽ,, _ _ _,,- ゙/
  j    | |;;;;;;;/  /|--┌│ |   │        /ヽ|   /⌒l;;;;|
  │   | |;;;;;/ /.│ ││ |   │       │ |;;L__/  /;;;|
  |    │|;;/ /  |___|__| │   |        / |;;;;;;;;;;/  /;;;;;;|
  |     \|/         |   │         |  |;;;;;/  /;;;;;;;;|
  |              / ̄丶 |     (⌒(⌒ヾヾ /;;;;;;;;;;;;;|
  ヽ______彡( ̄ ̄ヽ ̄|  |    (  (   |ヾ_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  /;;;;[__];;;;;;;;;;;彡(二二 ││ /     (_(_ノゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
輿水幸子 「またあなたたちですか!?…もうわかってるんですよ!
ボクが弱いのを知っていて殴りに来ているのを!
くそぅ…ボクは…どうしてボクは…
……またこんな夢ですか…」
四条貴音 「おはようございます。
サム、スネーク、両名にお聞きしたいことが。

1・あなたたちはクマ吉をなんだと思っていますか?
2・高槻やよいをいつ吊りたいですか?

よろしければ、お答えいただければと。」
スネーク 「おはよう」
四条貴音 「あぁ雪歩……その……裾が乱れていますよ?(裾を直してあげる」
神崎蘭子 「我が眷属が読めんのでそこ放置。まあ村だろう。
四条がやよい叩いてるのでそこ2Wはないという設定で(2W残っている前提にたった時)。
ただまー、どっちかに1Wはいそうという」
輿水幸子 「…なんでえあんな夢ばかり見るんでしょう
おはようございます」
高槻やよい 「おはようございまーす!」
サム 「あー、っとグレランなら吊りたい位置はやよいとスネークだな
やよいはクマ吉真を追いすぎているし
スネークはなんか俺に探りを入れてきてなんか持っていそうな感じ

どちらも吊られたくなさそうだが
昨日の絡み方で2wはなさそう
でもどっちかに1wはいるはずだ」
アサシン 「さーて、後が多分そろそろないわよー。
最悪吊り数足りてないレベルよー」
神崎蘭子 「村認定な瞬間に噛みか…………ククっ、
面白い、面白いぞ狼ッ!!!」
萩原雪歩 「・・・私、生きてます・・・っ!?
お、おはようございます・・・」
神崎蘭子 「んー?」
四条貴音 「噛まれるのはブースターと。
ふむ、もう人外狙いでいい、というアサシンの判断は正しいようですね。

神崎蘭子、輿水幸子が吊りにくいのがなんとも。」
サム 「あー、狂目だな>四条
あってQP
狐の可能性は低いかな」
高槻やよい 「ブースターさん噛まれてますね。
もふもふしか言っていなかったので素村でもちょっとアレかなって。」
神崎蘭子 「クマ吉で1つ。
霊能で二つで、三つか」
輿水幸子 「まあ可愛いボクが生き残るのは当然ですけどね!」
スネーク 「クマ吉か・・・あって狂人かQPなのではないかと思う
狼にしては信用取りがないからな<貴音」
四条貴音 「……大丈夫ですよ、雪歩。
あなたのまさしく白雪の肌、そうそう鮮血の赤にそめられるものではない、
そういうことでしょう。」
神崎蘭子 「できる夫真を前提におくと1W吊れてるので、その2つの内に狼が一つ混ざってるかもなーという気もしますね」
萩原雪歩 「はうぅ・・・四条さん、昨夜も、その・・・素敵でした(ぷしゅー)
・・・なんだかもう、すっかり恋人同士ですよね///

・・・でも、私達は村が始まってからの恋人
そう・・・倒すべき最初からの恋人さん達が、別にいるのですっ・・・!」
神崎蘭子 「可能性はなきにしもあらず、というくらい」
神崎蘭子 「こー、」
アサシン 「一瞬雪歩ちゃんが何言ってるのか謎だったけど、一応わかったわ。」
輿水幸子 「クマ吉さんの結果をグレーにした場合は…
高槻やよい 四条貴音  神崎蘭子 輿水幸子 サム スネーク
こうですかね」
神崎蘭子 「アサシン、LWで恋人だったりするとどうなるのかなーという」
四条貴音 「2・高槻やよいをいつ吊りたいですか? >この点については

つまり、あなたたちは昨日高槻やよいを攻撃しましたが。
高槻やよいをどうみているか知りたい。」
高槻やよい 「クマ吉さんは狂か狼だと思います。QPは霊能で出てると思います。」
サム 「というわけでどっちか吊りてえ
でもどれだけ狼が吊れているかわからんから
最終日まで確実な吊りとか全然思いつかねえのよ…」
スネーク 「やよいか、少し聞きたい点があるからなそこ次第と言ったところか」
神崎蘭子 「んー」
高槻やよい 「クマ吉さんが狼でまっさきに私を囲った、とそーゆーことですね。」
神崎蘭子 「恋人がなあ。恋人がなあ!」
スネーク 「やよいに聞こうと思ったのだが、やよいの中で占-霊の内訳はどうなっているのだ?」
サム 「吊られたくない役といやあ狼目濃厚のあって狐
でもって大穴の恋人かね>四条」
高槻やよい 「打つの遅いですけど、答えますよー!!」
萩原雪歩 「まさかGJぽい死体無しが出た後に、呪殺が一回も出ないまま
占いがやられちゃうなんて思わなくて・・・これなら
真ちゃんの言うように、あずささん残すべきだったかも、反省ですぅ・・・
でも、過ぎた事は悔やんでも今は始まりませんね・・・」
アサシン 「恋人を狙ってももう良い事ないわよ。
狼が恋人でもない限り、噛ませる以外ないわ……」
四条貴音 「ええ、その通りですよ。雪歩。
私たちの夜の睦言とは別に不埒千万にも愛をかたる恋人は、是が日でも倒さないといけません……が、哀しいかな、余裕がない。」
神崎蘭子 「うーぐ」
高槻やよい 「私は真狂-真狼QPか狐って思ってます!」
四条貴音 「ふむ……それでは、と。」
輿水幸子 「う~むむ」
神崎蘭子 「>アサシン
LWと恋人がおったら終わりじゃないですかやだー!!」
アサシン 「で、狼等の人外が恋人陣営ならそれこそ吊ってやれば良い。
まぁ、結局人外狙って吊る以外の選択肢はないわね」
高槻やよい 「ただ、クマ吉さん狼の可能性もあるので、霊能は真狂QPか狐かなって。」
神崎蘭子 「んー。
考え纏まらない。
狼濃厚なやよい吊っていいのかな。
それともフラットにするために四条吊った方がいいのだろうか」
四条貴音 「私は今日、スネークかサムの二択で悩ませて頂きます。」
サム 「あー、やっぱりやよいとスネークは同陣営じゃなさそうだな」
神崎蘭子 「クク…………!!」
輿水幸子 「まあボクもその二択で悩みましょう」
神崎蘭子 「よし、やよい吊り。」
高槻やよい 「恋人、そういえばまだ生きてるんですよね。
実際イチャイチャしてる貴音さんと雪歩さんがそのまま恋人ですか?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
7 日目 (1 回目)
輿水幸子0 票投票先 →高槻やよい
スネーク4 票投票先 →高槻やよい
アサシン0 票投票先 →スネーク
四条貴音0 票投票先 →スネーク
萩原雪歩1 票投票先 →スネーク
神崎蘭子0 票投票先 →高槻やよい
高槻やよい3 票投票先 →萩原雪歩
サム0 票投票先 →スネーク
神崎蘭子 は恋人の後を追い自殺しました
スネーク は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
スネークさんの遺言                           /|              __∧
                      / !、            ´  ∧
                      !         斗<     r‐<`ヽ
                      ゝ   斗<         //´,rl i  \
                         `r´  `ヽ|      /ミ 〉( ∧|   `i
                       |          /``゙ミ/ /i  |__   |
                       \     , イノ     ヽ|├‐┤ \_/       ___
                         ー― ´ ゙̄   -―==__ーi:::::::|∨ .\r‐‐┬―´      `ヽ、
                           ヽ    r‐´::::::::::::::::::::`ヽ:::::|/|   ∧:::::.|           \
                      ,rf爪| ̄ !  __,〉ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| j   .∧::::|
                   斗<    |   ̄ ヽ三ー´|:::::::::::::::::::::::::::| /    .∧〈
             __,斗<         |    ハ!、;::,!/:::::::::::::::::::::::::::|/     ∧|
            / ̄             |   /  ー |:::::::::::::::::::::::::::::ゝ      .∧
       斗<´∧゙             ヽ  ミ_   ∨::::::::::::::::::::::/:::::::::斗<| ̄:::ヽ
      ,r┴―--、∧                |  |::::>  ∨::::::::::::::::/:::::::/:::::::` x:::::::::|
   /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ__               | __|_\   \::::::::::/:::::::/::::::::::::::::::::.`゙┴-、
   | /:::::::::::::::::::::::::::::::::!     _____| |    | \   ヾ /:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
   |/::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::\r―゙´       `ヽ|    |  \  ∧ゞ、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、_,
   〈:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::`i`ヽ            i|__|    \  |  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  / ̄ ̄|:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i::::|          ー―      ヽ/    \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::|_           〉      |        \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「こちらスネーク、大佐任務を開始する!」
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
ゲーム終了:2012/06/14 (Thu) 00:16:52
おにぎり 「おにぎり釣れた時点でもう無いよww>クマ吉」
神崎蘭子 「んむー」
サム 「あー、勝った」
スネーク 「はははw」
おにぎり 「あ、お仲間釣れたか
お疲れ様w」
菊地真 「うわあああ、お疲れ様!」
星井美希 「おにぎりさんはただの鮭おにぎりなんかじゃないよ!
すごい魅力的なひとなの///」
クマ吉 「お疲れ様でした」
輿水幸子 「おおうお疲れ様ですね!」
洩矢諏訪子 「お疲れ様でした」
できる夫
        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \     お疲れ様です
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \」
スネーク 「そして済まん蘭子・・・最後で発言が減ってしまったな」
三浦あずさ 「あー スネークさん吊れちゃったか」
右代宮戦人 「p           _,,, -=-----、__''‐-- 、_
       r‐‐‐‐`'''''''''''''''''''‐- 、_` ‐ 、 ヽ/!
        \:::::::::::::......  :::::::::......` ...ヽ、ヽレ7
        r‐-\-‐‐‐-- 、_:::::::...... `ヽ、`ヽ、
        l ::::::::::;-‐''''''''''‐- 、_` ‐ 、‐- 、_`ヽ-ヽ、
.        V:::::{        `ヽ、、`ヽ、`ヽヽ、   お疲れさんだぜ…!
.        ヽ::::i、__ 、   _,-‐二`lヽr、/ヽ ヽ`
          ヽヽテテ= ヽ‐'=チ毛、. |ノヽ)'" ヽヽ
.           `{{" ノ::::::. U""ハ`/ ィ'    `
            弋   ャ=ニニヽ } } /|
             ゞ、、 ー‐--'' ノノ'./ト
             ,-} `- _, - '"-';;;;;;/ ヽ、
           _,/ ノ:ヽ_,, - ";;;;;;;;;;;/  :::ヽ:‐- 、__
       _,, -‐,/  /:::/-ヽ:::::::::::::::/     ヽ   `' >、
   r‐‐'"   ヽ、  /ノllllllllll>、::::::::/    /´     /   |
   |l    _, -‐'" _,/'":/lllll/::::::ヽ.o/   ー--- 、 /:    |
   | ヽ { に‐-,に {::::/llllll|:::::::::::::/      o //:::     l
   l  ヽ ヽ て_ゝ'"l|:::llllllllll|:::::: /      o /:/::::     !
    |   ヽ ヽ ‐'- { l|、|lllllllll|:/::/     o /::/:::::::.  :::.. i
    |   |  ヽ  l llヽ!llll/::::/    o  /.::::::i:::::::::::..  :::::..l
   l |   l  ヽ 、 ヽ /:::::::/   o / ...::::::::∧:::::::::::ヽ  ::l」
アサシン 「お疲れ様。妖孤2残りかぁ」
おにぎり 「あぁそうだ
末代まで祝ってやる>恋人狼」
洩矢諏訪子 「これは無理だねwww」
サム 「というか狩人生きていたのかwww」
星井美希 「あ、おつかれさまなの!」
四条貴音 「神崎蘭子とか吊ったらだめでしょう……!
スネークですが。」
高槻やよい 「おつかれさまでしたー!」
三浦あずさ 「お疲れ様。」
輿水幸子 「残念ですが生きていましたよ
まあボクですから>サム」
星井美希 「そうだよ!オニギリサンにアヤマッテ!>恋人狼」
神崎蘭子 「こりゃー相方援護が不足かあ。」
右代宮戦人 「終わってみれば順当な狐2残りの狐勝利か―
ま、おめでとうだぜ」
輿水幸子 「日記はこんな感じでした
【初日】 護衛:無理です 死体GM
この今日もっとも輝いているボクに狩人を渡すとは分かっていますね!
まあせいぜいやってやりますよ
【2日目】 護衛:真さん 死体:無し
狐が二人いたのを失念していましたね…このボクとしたことが…
しかも恋人がいるとなると…安定はここですかね…?
【3日目】 護衛:真さん 死体:右代宮戦人
死体無し…更に霊能が増えますか…
狐噛んだと思うんですがどうでしょう
まあ霊能はほっておいて今日も共有さんで
【4日目】 護衛:真さん 死体:できる夫
なんだか不安ですね…正直これでいいのか…
だがこれを崩すわけにもいきませんし今日も共有護衛です
【5日目】 護衛:アサ子さん 死体:真さん
占いの片方が噛まれてしまいましたか…これに関しては素直に謝りますよ
ですが…今日も共有さんですかね…
【6日目】 護衛:アサ子さん 死体:
くっ…真さんに行くとは…このボクとしたことが…とんだ失態です
ですがもうこれは最後まで行くしかないようですね…
【7日目】 護衛: 死体:
【8日目】 護衛: 死体:」
おにぎり 「ヤダ、ありがとう美希……
そうだな、おにぎりはもうただのおにぎりじゃないんだ…トップおにぎりを目指すおにぎりなんや・・・っ!!!」
萩原雪歩 「あうう・・・狐さん両生存、お見事でした・・・っ」
サム 「なんで占い護衛しなかったしwww>幸子」
菊地真 「参加してくれたみんなありがとう!
狐2にボク自身びっくりしたけどね!」
三浦あずさ 「スネークはサムへの発言がもったいなかったかしらねぇ」
できる夫 「狐はおめでとうございます
サムにあと一歩届きませんでしたよ」
高槻やよい 「恋人に救われた妖狐でsね!」
神崎蘭子 「クク…………私で末代だ…………!!!>おにぎり」
四条貴音 「んー……
高槻やよいの見方をまちがえた気がします。」
おにぎり 「美希さん美希さん
祝っとるからw>美希」
クマ吉 「おにぎりがいなくなった時点で僕はハーレムを目指すしか無かった
つまり僕は最善手を指していたわけだ!
あ、お疲れ様でした」
スネーク 「いや、自分が発言できていなかったそれだけさ
実力不足だな、噛みもまかせっきりだ、ここまでこれて本当に有難うといわざるを得ない」
アサシン 「ていうか村陣営吊り数足りてないじゃない。
多分ここでやよいが吊れてても、サム噛まないでしょうし。」
おにぎり 「祝ったのにそこで終わるなよwww>神崎」
神崎蘭子 「くー。きっつ。超悔しい」
四条貴音 「あと、輿水幸子、なんでできる夫を……
と、あなた視点、できる夫はなんだったのですか?」
スネーク 「失言だったな、次回からは気をつけよう<あずさ」
輿水幸子 「残念ながら情報が倒錯しすぎて
安牌とっちゃったんですよ>サム」
高槻やよい 「女神のスナイパーっぷりに感動しました!」
右代宮戦人 「恋人狼だから狐探す意味がないからなw>アサシン
まあ共有でも噛んだんじゃないかw」
星井美希 「!じゃ、じゃあミキも祝ってやる、なの……>恋人狼」
菊地真 「いあや、GJがあるよ>アサシン」
三浦あずさ 「あ、霊脳騙ったのと占い騙るのどちらがよかったかしら?>スネーク、蘭子」
四条貴音 「いや、これ無理ですよ。
正直、狼恋でも神崎蘭子は最終日送り、
その前にスネークかサムは吊りますし。」
スネーク 「おにぎり?ああ済まん戴こう(ムシャ」
アサシン 「……あ、狩人生きてた。」
萩原雪歩 「まさかの、狼さん同士で恋人でしたかぁ・・・///
片方が吊れると両方吊れてしまうという、きつい状況だったんですね・・・」
神崎蘭子 「>おにぎり
これもまた世の中の不条理だ…………!!
世界はその内包する者達にとって厳しいものであるッ!!」
星井美希 「末代だった!?>蘭子」
右代宮戦人 「GJ出てもうん、
正直狐勝ちだった気がするわw」
サム 「探りを入れたならもっと突っ込んで来ればよかったのに>スネーク
あれだけだと吊られたくない人外目だと見られるぜ>実際吊られたし」
洩矢諏訪子 「グレランで1ミスしただけで絶望とか・・・
村陣営ごめん」
おにぎり 「ふ、味方と思ったらこの有様で笑わせてもらったw>スネーク
ただおにぎりも幸せになったから許すキリッ」
四条貴音 「まぁ、萩原雪歩との生存勝利で実質私得ともいえるのがなんとも。」
神崎蘭子 「>あずさ
どっちつかずやねー…………
ただ、霊能の方が安定する気はする。
占いだとどうしても難しいし」
スネーク 「うーん、噛みは一任していたが霊結果で狩人がぶれていたのは僥倖だったとは思う<あずさ」
星井美希 「狐さんはここまで2残りなのはすごいね。占い早めに消えたとしても。」
菊地真 「勝利はしてないよ貴音!?」
高槻やよい 「恋人と妖狐が同時に条件みたしたらどっちが勝ちになるんですか?」
アサシン 「貴音ちゃんと灰視がほぼ被っててねー。
スネークとサムで狐、蘭子とやよいで狼はありそうだなぁってのは。
後最終日の発言で蘭子恋人は完全に透けてた。」
四条貴音 「やはり美希真霊能ですよね。これ。」
アサシン 「恋人ね>やよい」
三浦あずさ 「恋人になるはずよ>やよい」
右代宮戦人 「恋人が勝つぜ>やよい
恋人が一番勝利条件優先」
神崎蘭子 「恋人!>やよい」
クマ吉 「まあPHPの配役が村不利かもしれないけど
狼陣営は初日で終わったんだ・・・そう初日で・・・
やよいちゃん初日呪殺出てたら対応できたのに~~~ぐぬぬ」
星井美希 「たかゆきだっていい感じだったけど、時代はみきおにだよ!>貴音」
スネーク 「だな、だが突っ込むべき材料が不足していたのも事実
藪をつついてヘビを出すだな<サム」
輿水幸子 「正直偽で見てましたが…結局「どっちかは考えてなかったですね
結局その程度です>四条さん」
高槻やよい 「妖狐2と恋人狼2匹が生き残って村人がガリガリ減ってったら」
四条貴音 「蘭子狼で残し、
ただしその場合、高槻やよいをどうするか、になってしまうのが。>アサシン
少し位置を勘違いしすぎたともいいますが。」
おにぎり 「ふっ、そうか だがおにぎりとてもうただのおにぎりで無くなった>神崎
その厳しさを抜け出てトップを目指すと決めたからな……っっ!」
高槻やよい 「なるほどー。」
サム 「やよいがクマ吉から○貰ったのが大きかったな>星井
俺はどちらかというと占う位置じゃなくて吊れるかなーって感じの位置だったし」
菊地真 「うん、だから君はよくやってくれたよ。
ボクみたいなマスターに付きあってくれたこと、うれしく思う。>アサシン」
神崎蘭子 「なんで、早期に発見したサムを吊るす気が0という。
やよい狐も見えてたら多分全力で四条殴ってたと思うよー」
右代宮戦人 「まあそこはできる夫がおみごとだったってことだw>クマ吉>狼陣営が初日で勝ち目なし
運だけどな…」
おにぎり 「初手●でごめんよー!w>クマ吉」
萩原雪歩 「えへへ、恋人は狙われる村なのに
まったく自重しないで私達、らぶらぶしちゃいましたね・・・///>四条さん

私が噛まれなかったのが不思議だったですっ!」
輿水幸子 「まあ最後まで生き残っていたので満足ですよ
COするタイミングつかめませんでしたけど…」
四条貴音 「2-3であれば真を追ってもよいと思いますかね。
この形であれば割と狼は占い噛みいきますでしょうし>輿水幸子」
星井美希 「うん、真よりで見て残してくれないかなぁと思ったんだけどね。
主張しすぎると怪しくなるし、加減が難しかったの>貴音」
スネーク 「しかし狼狼カップルか・・・何故恋人になると狼CPに毎回なるのだろうな・・」
神崎蘭子 「>アサシン
じゃよねー。
スネークやばくてかなりてんぱったし、めっちゃボロ出てたと思う」
クマ吉 「致し方なし>おにぎり」
四条貴音 「ふふ、これも私の輝く白さと貴方様への愛、ゆえにでしょうね?>雪歩」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふ」
できる夫 「いやあ、夜食は強敵でしたね」
洩矢諏訪子 「QPは占いとのラインを切るといういい仕事をしていたね」
神崎蘭子 「貴様……五目オニギリの使い手か…………!!!」
アサシン 「そこ二人で恋人はないのはわかってたわよ。
貴音ちゃんは灰視かぶってたのもあるけど、疑ってたとこがほぼ一緒。
進行についても的確。恋人ならそこまでする意味もないし、噛まれかねないからね。>雪歩ちゃん」
三浦あずさ 「矢打っただけだと陣営どこかわからないのよね。
なので、どっちに転んでもいいように霊脳にでたのだけれど。」
星井美希 「発言面はハニーといちゃいちゃしててあまり見れなかったのw
ハニーすごいね!そこまでみてるなんて!>おにぎりさん」
萩原雪歩 「うん、美希ちゃんとおにぎりさんのカップル(?)も新しくて斬新だったね、ふふ」
三浦あずさ 「どうみてもできる夫は真だったし。」
右代宮戦人 「                 ヽ>====彡´
               __/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:弋.:.:>__
              ム.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:彡
              j.:.:ゝミx.:.:.:>x.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:/
              ハ.:ゞ"~"ヽ.:ヘ.:.:.:ヽ、.:.:へ.:乂
              〃寸ー 、 ヽヘヽ.:.:.ヽ.:.:.:.:.:弋>- そんじゃお疲れさん、村建てありがとうな
             イ  ∧弋リ, ´´ー丈).:.:ヽ>.:.:.:.:ヽ
                ! 、 j    クへハ ヽ ヽリ     右代宮戦人はKOOLに去るぜ。
                 ヽ 、__, "イ ハヽ、レ'
             / ̄ ̄/\__ イ´ /: リ  ト、     狐陣営はおめでとうさんだぜw
            ,7  ./  /: : }  /: : : /|  ', > 、
            八 /  /7: /Y个、: : //!  、  /\
           , 」气> /レ"リ三/: : \|: /    、/   |
           , ,'   /: : : ノ三/: : : : : :/ ー=| ;    .|
          ,  i   イ: :/三レ': : : : : : i    ソ/   .|
          ,  |  //三レ': : : : : : : :イ   ン ,     .|
         ,  イ /三レ": : : : : : : : : :|  ソ (     !
     ___// |イ三レ': : : : : : : : : : : : | ソ  /ト、   |
 _ <   ノ""<三三レ': : : : : : : : : : : : : |ソ  ´ イ| ヽ  !―― 、
"     ノ /三≧テ": : : : : : : : : : : : : : : :|   チ  |  ヽ !    ヽ
___ / //フ三'/| 八: : : : : : : : : : : : : : : |     イ    |    ヘ
 _<"  /ニ F/ム」  八: : : : : : : : : : : : : : :!    ノ ゝ-  /     ',」
スネーク 「もう少し発言力で生き残れるようにはなりたいな、今のままでは勝負にならん」
輿水幸子 「しかし今日のボクに狩人渡すとは…
PHPさんはわかっていますね…」
アサシン 「っていうか、私の中でスネークより先にサムを吊る選択肢が全くなかった!」
クマ吉 「あとできる夫の占い先がどう見ても真に見えなかったから初日占いかと思ってしまった
普通に真だったんだね、雪歩を狼に見てしまった自分がアレだなあ」
おにぎり 「いやー、村の重要役だったのにおつかれw>できる夫
あの時生きてたらまだ村も戦えただろうけど、おにぎりなら仕方ないキリッ」
四条貴音 「神崎蘭子はよく頑張りましたね。
いつもより凶暴なかおもあったようですが、やはり可愛らしいものです。」
星井美希 「霊界で二人っきりだったからこっちだって負けて無かったよ。
二人もすごかったけど!>雪歩」
菊地真 「雪歩と貴音はセットの存在で見ていたよ・・・雪歩噛まれなら貴音は即座に村決めうつつもりだったかな」
サム 「いや、結果はどう見ても真だっただろ>クマ吉
できる夫が噛まれるまでいつ占われるか恐々としていたぜw」
高槻やよい 「とりあえず妖狐で勝てて良かったです。」
おにぎり 「ただの鮭おにぎりだった、がだ
今は守るべき者が出来たおにぎり、さ…っ!>神崎」
クマ吉 「女の子の家に忍び込んで占うふりをする妄想でお腹いっぱいになりました
ありがとう、そしてありがとう!」
星井美希 「戦人、懲りずにまたきてね!なの!」
アサシン 「いえ、マスター……貴方に仕えられて私こそ嬉しく思います。>マスター
今日の私は裏切りの騎士『モードレッド』ですけれど、ね。

と、こんな感じでサービスしておけば良い?w>できる夫さん」
スネーク 「玉砕覚悟で貴音さんを殴るのもありだったかもな」
輿水幸子 「それにしても今日の四条さんはどうしても敵にしか見えませんでしたね…
…いや深い意味っはないんですよえぇ」
四条貴音 「サムが狼に見えない。
ならば、村狐のいずれか、そういう判断になったときにどうか、ではないですかね>アサシン

私は起点が高槻やよい狼目なので、そこを吊れないという点で間違ってしまった。
個人的には、やはりロラが痛すぎたと。」
萩原雪歩 「ふふ、そうですね>アサシンさん
それによく考えたら、狼さん二人が恋人だったので
恋人とか気にしなくてよかったんですよね・・・///」
クマ吉 「いや、おにぎり狐でできる夫特攻狼or女神かと思った>サム」
おにぎり 「ふむ、見れなかったとはスマナンだ…wおにぎり反省>美希
ただおにぎりもチラチラとしか見てないからねw」
星井美希 「ハニーってばかっこいいの///
おにぎりとしては甘すぎるくらいって思うけどそこもステキだよ!」
サム 「そんな感じに見られていたらうれしいねえ>アサシン
たとえ順番の問題だとしてもさ」
できる夫 「サム溶かせればよかったんですがね…>アサシン

お疲れ様です、まあ早くに噛まれるだろうことはわかってましたので>おにぎり」
萩原雪歩 「そうだったんだ?あとで読ませてもらうね、ふふ♪>美希ちゃん」
神崎蘭子 「>四条
クク…………褒めてくれてありがたい、が何も出るものはないッ!

というより開始前に絡んでくれてどもですよー
あれで大分RPつかめた気がしますw」
アサシン 「そうね、ローラー完遂したのは確かに痛手だったわ。
まぁ、あの日からもう5秒あれば共有COを捻じ込めるように準備はしてたんだけどね」
洩矢諏訪子 「潜伏真霊能とか遺言なしでやるのはやめてー」
星井美希 「おめでとなの、やよい。狐2は楽しそうだね。」
できる夫 「あと一日生きていられれば溶かせたんですがね、惜しい>サム」
クマ吉 「それじゃ、おやすみ~」
三浦あずさ 「さて、それじゃ失礼するわね。
せっかくのキューピッドだったのに残念ね。
同村の方は又宜しくおねがいするわ。」
輿水幸子 「できる夫さんはごめんなさい、そこは正直に謝りますよ
ただブースター占いでどうも真に見えませんでしたよ…」
スネーク 「やれやれ、発言が弱くなってしまうのがまだまだ欠点だな
殴る時はとことん殴る事としよう」
神崎蘭子 「んー」
サム 「いや、霊能ロラは悪手じゃなかったと思うぜ
ただ狩人が占いを護衛しなかったのが問題だったというだけで」
おにぎり 「ふっ、おにぎりも甘くなるときはあるのさ>美希
ただ、おいしくありたい、かな」
神崎蘭子 「初手候補で、幸子、アサシン、バトラ、サムで役職は見切れてるんじゃけどねえ」
スネーク 「蘭子は有難う、俺の不用意な発言で勝ちを逃してしまったな」
萩原雪歩 「四条さんは、私以外の方にも絡んだり、推理進行発言とかもできて凄いよね・・・
私なんか、四条さんに返すだけでほぼ精一杯になっちゃって・・・(笑)」
できる夫 「あ、いえいえ>輿水幸子
ブースター占いが信用を得られないだろうことはわかってましたので
おにぎり 「呪殺タイミングでもうちょいだったんだケドね
あれは見てて残念だったw>できる夫」
洩矢諏訪子 「銃殺できていれば吊りが足りるんだけどなぁ・・・」
星井美希 「ハニー、かーっこいいの!!ステキすぎるのっ!
店頭に並んだら198円は固いの!」
神崎蘭子 「>スネーク
クク、共に戦ったのだ、胸を張れ…………!
守るものがいる、頑張る理由なんざそれだけだ、
勝てるに越したことはないが、良い勝負ができたろうに!」
神崎蘭子 「っちゅーかまー」
アサシン 「んー……やっぱりスネーク狐に見てたのがミスと言えばミスね。
サムはどっちかっていうと村>狐目に見てたしねぇ」
できる夫 「ブースターみたいなタイプはケアせずにはいられないのです(キリッ
それもできるだけ早めに」
星井美希 「貴音の包容力は異常なの>雪歩」
神崎蘭子 「無理に狐殴っちゃったのは、
私の説明不足とかもあったと思うので」
サム 「ブースター占いはそんなに変とは思わんかったけどな
RP組は人外だった時残ると厄介だからさ」
神崎蘭子 「そこはこっちがごめんなさい、というくらい」
おにぎり 「198か
ただ、残念ながらおにぎりは買い手が決まってるから売られないのさキリッ>美希」
星井美希 「狼よりでみられてなかったし、良かったと思うの。
狐目で見られると今回はきついかもだけど。>スネーク」
アサシン 「ブースター占いについては同意かな。
残った時に厄介だからお弁当にしてくれて一向に構わん(
……まあ、吊り候補になるような人でもないんだけどさ、こうして中身見ると。」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふ
(まぁ普段はRPなんてしない人なんですけどねー)」
洩矢諏訪子 「落ちます。お疲れ様でした
村建て感謝」
四条貴音 「んーいや、そういう問題じゃないですよ?>諏訪子
純粋に、あそこで美希を吊るとするならば、それは真を見るからであり、
余計なのはあずさ吊りでしょうから。」
輿水幸子 「よく見たら潜伏して暴れる人でした…>ブースター」
星井美希 「ミキとハニーの生活はぷらいすれすってやつだねっ!>おにぎりさん」
菊地真 「ローラーは完遂したくなかったけど
村が処理しきれなくなりそう(霊能で会話がうめつくされそう)だったから思考的余裕のために吊った形になったかなぁ」
サム 「まあ、狐は怪しい村目で見られるのが一番だな
今回みたいに占いがいないときは特に」
スネーク 「うむ、機会があれば勝ちを狙うとしよう!<蘭子
いや、あの役持ち発言は脊髄反射に近い感じだったのであれはミスだな
発言量が落ちていて焦った感じだな」
四条貴音 「◇ブースター
 (海◇
XjEBI/8XY.)
[村人]
(死亡)
>[村人]
>[村人]
>[村人]

大変です、PHPがバグを。
星井美希 「もふもふかわいいの。いつもそれならいいのに・・・>ブースター」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふ?
(別に暴れてはないとはおもいますよ)>幸子さん」
アサシン 「まあ、前日夜からロラ完遂するかどうかの相談はしてたからね。
村の反応を見て決めましょう、と。」
星井美希 「ばいばい、けろちゃん!>諏訪子」
おにぎり 「あぁ、値段は付けれないさ>美希
美味く食べてくれれば、おにぎりは大満足なのだよ」
三浦あずさ 「私は吊り稼げればそれでいいしねぇ。
そうでなかったら適当なところで●だして混乱させるよう誘導してたかしら」
輿水幸子 「むしろ暴れるというより仕掛けてくる人でしたね…>ブースター」
神崎蘭子 「>スネーク
狼だから考える時間少ないかもしれませんけど、
夜の間に方針決めとけば楽ですよー、って!」
星井美希 「完全におかしいの・・・
PHPさん、風邪でもひいたの?>村人」
神崎蘭子 「ではではっ

村建てありがとうございました
御同村のかたがたは村をどうも
失礼しますー」
アサシン 「そういえばスネークさんってわりと新人さんだったかしら?
3105さんの新しいお弟子さんって聞いたのだけどw」
おにぎり 「今回、占いいなくなった時点で狼はグレラン抜けるだけ
だから割と狐の処理が大事だったかなって印象かな、ずっと上から見てて」
星井美希 「ステキなの。必ずトップおにぎりになれるよ! 一生ミキにとってのおにぎりは、ハニーだから、安心してがんばってね。」
サム 「やる夫村のほうでも最近見かける人だよな>スネークは」
輿水幸子 「神崎さんの疲れ様です…
(なんだかいつもの神崎さんじゃなかったような気がしますけどまあいいでしょう)」
ブースター 「もふもふもふもふもふもふ♪
(ああ、そこの二人は屋上で語り合いますか♪)>四条さん&星井さん」
スネーク 「まだまだ不慣れなのでな・・・精進するとしよう!
さて、そろそろ自分も落ちるとする!ミッションコンプリート!
恋人兼仲間だった、蘭子は有難う
そして、偽ってしまったおにぎりは済まんな!
GMも村建てお疲れ様だ!では」
星井美希
 \美希はそろそろおにぎりさんと寝るの。同村ありがとなの!またね!/
        (
         _>──- 、
       /        \
     / ′/ ||ヽ     ヽ
      И ∧/ |ノ\|\ ヽ ヽ|
      ヽハ ─   ─ヽ|\L
      _八"   ヮ  '',6) く
       `Z_`O ̄ ̄とノヽ _ゝ
        (_■___とノV」
四条貴音 「新しい方ではありますね。」
輿水幸子 「お疲れ様ですよ蛇さん、また来てくださいね」
四条貴音 「さっぱりすっきりお断りいたします♪>ブースター殿」
スネーク 「ああ、あの人にはお世話になっているさ<アサシン
まだ100戦も行ってない、セオリーからだな<サム」
アサシン 「発言力、というか量はそう問題じゃないと思うのよね。
何かしら、内容?とかその辺なのかしらねぇ……とかそんな感じ。」
サム 「なーに俺も似たようなもんさ>スネーク
これからもっとうまくなっていこうぜ」
輿水幸子 「それにしても今日は最初からボクが来る予定だったんですが…
まさか夕方あんなことになるとは思いもよりませんでしたよ…」
スネーク 「総合的な流れを把握できないのが問題だとは思うかな、視野の狭さが目に付く感じだ」
四条貴音 「いずれにせよ、吊りが足りない。
であればどこを残すか、で迷いすぎましたね。
輿水幸子と諏訪子、スネークで狐に票が入ってないのも痛い。」
菊地真 「まぁ恋人村は配役が厳しいからね・・・www>スネーク」
スネーク 「有難う、機会があれば宜しくだ!では失礼する!<サム」
おにぎり
 さておにぎりも落ちようかな
  まさか絶望の中に幸せになれるとは思わなんだ……美希、ありがとうな おにぎり頑張るよ!

    元お仲間は末代まで祝ってやる 狂人共々みんなおつかれ様さ!

  ,.-、  ,.-、  ,.-、  ,.-、  ,.-、  ,.-、  ,.-、   ,.-、  ,.-、  ,.-、  ,.-、  ,.-、  ,.-、  ,.-、
 (,,■) (,,■) (,,■) (,,■) (,,■) (,,■) (,,■)  (,,■) (,,■) (,,■) (,,■) (,,■) (,,■) (,,■)
アサシン 「やよいに票が入ってなかったのを狼と勘違いしたのよね、私は。
どちらにしても諏訪子投票者から吊って行くつもりしかなかったのだけど……
まあ、票集まりすぎよね、あれw」
輿水幸子 「一応最後は狐投票だったんですけどねぇ…」
サム 「そいじゃあ俺も落ちるとするか
お疲れ様だ

…やっと狐で勝てるようになってきたぜ!」
菊地真 「幸子はいい働きだったよ。
グレーにいて吊られない狩人は強力だからね!>幸子」
輿水幸子 「でもごめんなさい、噛まれてしまった時がちょうど共有内で変えてしまった時なので>真さん」
四条貴音 「クマ吉をどうみるか、で見誤った気がします……
スネークとサムが高槻やよいを総攻撃して吊りたがっているのが。
やよいLWの可能性を示唆しているようで怖かったというか>アサシン」
アサシン 「ええ、こっちも似たようなものよ>貴音ちゃん
それでスネークとサムを同陣営……狐だろうと思ったのもあるし。」
菊地真 「ん、GJはおまけだからね?>幸子
GJ出せなくても君は十分だよ。というか褒めていいレベルの働きだから今回」
萩原雪歩 「輿水ちゃんは、今日は結構発言頻度とか頑張ってたよね。
狩人として吊られないようにって頑張ってたのかな、良かったと私も思うな!
強いて言えば、外れてもいいから占い護衛をチャレンジしてもよかったかなって位で」
四条貴音 「輿水幸子は、確かに吊られない、という意味ではしっかりと仕事をしているのですよね。
そこは大したものです。というか……感慨深いですね。なんだか。」
輿水幸子 「まあそう言っていただけるとありがたいですよ>真さん
それなら次からはやってみますよ!
何故ならボクは自分の利益となる努力は惜しみませんからね!>雪歩さん」
輿水幸子 「今日は…はあれですね記念すべきことがあったから余計に頑張りましたよえぇ
>四条さん」
四条貴音 「神崎蘭子は最後まで残せる、そう思ったのですよ>アサシン
その上で、高槻やよいの扱い、ここにつきた気がします故……

それ以上はその、萩原雪歩との睦言がですね///」
アサシン 「吊られない・占われない・噛まれない狩人はほんとそれだけで強力だもの……」
アサシン 「まー、こっちも堪能させて貰ったわ、その辺はw>貴音ちゃん
恋人をやよい―蘭子じゃないかなーとか思ってしまったのも、ね。」
輿水幸子 「でも今日の発言数はいつもと変わってないんですよね…
平均6ですし」
アサシン 「なら内容が良くなったのよw」
四条貴音 「輿水幸子の一番の良い点、をあげるとするならば」
輿水幸子 「あんまり変わってないような気がするんですがねぇ…
まあこれもボクの力ってことですかね!(輿水ちゃんの力)」
四条貴音 「おそらく、アイドルをするようになって無駄な力が抜けてきたのではないか、と。
水橋をするときよりも自然に感じますし。」
四条貴音 「やよい恋人は考えましたねぇこれ。」
萩原雪歩 「にゅー///
わたし、清純派なのでらぶらぶとか奥手なんですけど///
あれだけ上手く乗りやすくRPされちゃうと、ほんと四条さんさすがーって感じですね・・・!」
輿水幸子 「ふ~む、やっぱりアイドルの力ってすごいんですねぇ…」
萩原雪歩 「共有のお二人もしっかりしてましたし、安定感はありました!
しかし狐2恋人陣営3はきつかったですね・・・」
菊地真 「そうなんだよね、こう、溶け込んでるっていうか・・・
緊張がほぐれて違和感のある存在じゃなくなっているのは本当に成長だよね」
四条貴音 「>わたし、清純派なのでらぶらぶとか奥手なんですけど///

私はなにも聞きませんでした。」
菊地真 「人外の的は絞りきったんだけど・・・!
あの内訳は辛かった!>雪歩」
輿水幸子 「ボクも何も聞きませんでした>四条さん、雪歩さん」
ブースター 「もふもふもふもふ?
(せーじゅんはとはなんだったのか?)」
四条貴音 「あとはおそらく、変わったことをしよう、ということを
できるだけ抑えるようにしてきたから、それに経験が伴ってきたということだと思います>輿水幸子
そういう意味で、成長してるのが嬉しくありますね。」
四条貴音 「ブースターさんの最近のRPのノリノリっぷりもなにかと思いましたけどね。」
輿水幸子 「まあそれでもプロデューサーは「たまには武器を捨てて素手で挑みたい」
とか馬鹿なこと考えてるみたいですけどね
とりあえずは止めておきますが」
輿水幸子 「まあ変わったことお冴えているというのはありますね
今日は安牌な共有護衛選んでましたし」
ブースター 「まぁ素村での楽しみ方を模索中ってかんじなわけですよ
誰かをいじめたりするとかだけじゃ芸がないなーと思いまして>四条さん」
輿水幸子 「しばらくそうしていてください>ブースター」
四条貴音 「ああ、うみゃたんとかうみゃたんとかうみゃたんとか>ブースターさん」
菊地真 「あそこで共有噛みはあんまりないんだけどね?
ログで初日の噛みを中心に見てみると研究になると思うよ>幸子」
アサシン 「まあ、私は良いマスターに恵まれて幸せだったわw
けどほんと……私共有は村滅亡フラグなのよねー……」
ブースター 「うみゃさんはむしろ可愛がる側ですよ?>四条さん」
萩原雪歩 「・・・あれっ!?
あうう・・・これ以上ないくらい清く純粋な乙女ですのに・・どうしてこうなりました///

あ、穴掘って埋まって清純度を高めてきます!わたしも今日はこのあたりで・・ありがとうございましたー!!!」
サム 「うみゃさんの可愛さはすごいですからねー」
ブースター 「強いて言うなら………勢いあまって絶望させたりするのはご愛嬌の範疇ですし」
四条貴音 「そうなのですね……のーこめんと、で」
四条貴音 「萩原雪歩はお疲れさま。」
菊地真 「君の意見がなければ絶対ここまで持ってくるの無理だったからね?
本当にありがとう>アサシン」
アサシン 「私あんまり何かした覚えもないんだけどねw
灰視に力入れだしたらマスターが噛まれてしまったしw」
菊地真 「貴音云々は割りとさまようラインだったんだよ、確信できたのは君のおかげさ>アサシン」
サム 「ログを読んできたけど割と村にとって惜しかった村だったな
狩人が占いを護衛できていたら村の勝ちはほぼ確定だった感じだね」
できる夫 「今日は探偵村といいサムに負けっぱなしですよ」
アサシン 「どうでも良いけど、やらない夫が死に続けるのは素敵だった。新作も期待している。
というわけで、私アチャ子こと、『モードレッド』が勝手に宣伝をしていくわ。」
できる夫

     ┃|
     ┃|
     ┃| ̄ ̄ ̄\
     ┃| ⌒  ⌒ \
     ┃|(●)  (●)\
     ┃|   __´___   |    僕が主人公なんですよ>新作
     ┃|   `ー'´  /     キーワードはできる夫 聖杯戦争 欲望 ですよ
     ┃|      /      宣伝乙
     ┃|{ヽ,__   )」
輿水幸子 「う、うむむ、そこは本当にごめんなさいです…
ほらプロ―デューサーが謝ってくださいよ
結局プロデューサーの勇気が足りなかったんですから…」
サム 「やらない夫編終わったのか
やる夫編は読んでいたがやらない夫編は読んでいなかったな」
アサシン 「まあ、クラス名をアサシンにして入ったのは間違いなくアレの影響だからねw」
できる夫
           ____
           /⌒  ⌒\
        /( ●)  (●)\
      /    ___'___    \
       |     |r┬-|     |   そ、そんなエサにこの僕が(棒
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ
        /    (___   |
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |」
できる夫

            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )       そろそろ寝ましょうかね
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3     それでは失礼します、お疲れ様でした
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ        来週も、サービス♪サービスゥ♪
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´
サム 「お疲れさん>できる夫
俺は決闘村にでも行くか」
輿水幸子 「サムとできる夫さんはお疲れ様です…
そろそろ僕もお家に帰りましょうかね。
…それにしても今まで狩人が来なかった反動がここにきて来てますね…」
アサシン 「では私も。お疲れ様。」