←戻る
【劇場番外】アイドルたちの探偵村 [79番地]
~探偵村らしいよ!来週は初心者村予定~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6
icon 3105GM
(生存中)
icon 水橋P
(生存中)
icon ハッサム
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon ギャリー
(生存中)
icon 竜宮レナ
(生存中)
icon 前原圭一
(生存中)
icon 双海真美
(生存中)
icon 星井美希
(生存中)
icon 四条貴音
(生存中)
icon 信念の一振り
(生存中)
icon 水谷絵理
(生存中)
icon 萩原雪歩
(生存中)
icon 池田華菜
(生存中)
icon 葵トーリ
(生存中)
icon 月の姫
(生存中)
村作成:2012/06/18 (Mon) 21:58:53
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 3105GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 911 (桂雪路)」
3105GM 「んじゃヒナテンプレよろしくっ!」
3105GM 「テンプレ(桂ヒナギク 1.10)
        __
     . : ´: : : : : : : :`: :ヽ
   , '´: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
. /: : : : : : ::::::::: : : : : : : : : : : : : : ',
.l:::li:i: : :|:::l:::|::l:::::::::l_::::: : : : : : : : ',
.l::::l:l::::::|:::|:::|::|::::::::|川〒、: l: : : : : :.| 
l::::l:::l:::::|:::|:::|::|!:::::::|   | : l:l: l : : :.|
.', ',::::l::::lーl、lヽl::ヽ::|´ ̄`|:: :l、l: lヽ、|
.ヽヽ:::l:ハ下ヽヽ  ,オ丁(ア::::|}}:l: ヽヽ         全くお姉ちゃんは・・・
  ヽヽ,_:ハヽ!j    ヽ_!_ノ.|:::|リ-、 _ヽ_\
.  ヽ//Tヽ 、      イ::l   }::::....ヽ\      仕方ないわね、私が説明するわ。
.   //|::::::|`ヽ、 ー.'_ ィ´ノ|:リ   .|:::::.....}:ヽ \
  // l:ヽ:::l  ヽ、 _ -/    l::.ヽ::::.j:ヽヽ ヽ
  {:{ .|:|::ヽlヽ  .\  /    イ:.__ノ::|:}.|:}  ヽ
.  l| |l::::l::ヽヽ ー-ヽ./__ - '´.ノフ 7ー 、リ リ  リ
  ヽ l l::::l:::`ト- 7「 ̄|=--- ´::::::::/:.:.:.:.:ヽ  /
   \lヽ:ヽヽ|イ::>ゝテ:.:.\:::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ヽヽヽ`>´//アー--`ー//:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.        // .//:.:.: :.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

【はじめに】
 ・ここはアイドルマスターの好きな人を中心に開催されている劇場よ。
  アイマスキャラが多いですが、アイマスキャラ縛りではないので気にせずに参加してね。
 ・楽しく自由に人狼しましょうね。

【禁止事項】
 ・GM許可以外の超過前の噛み。
 ・無益な村人騙り。
  (3人最終日のPP時以外の村人騙りは禁止よ)
 ・意図的な突然死、暴言。
  (昼夜、霊界下界問わずにね)
 ・ゲーム放棄。
  (一緒にプレイしてる人に失礼だし)
 ・昼AAの使用。
  (夜や遺言、開始前は自由にどうぞ)
これを破ったら基本的に注意や警告だけど、GMが悪質と判断したら通報もあるわよ。

【その他の注意点】
 ・完全ステルス防止のため入村時には一言挨拶してね。
 ・夜に【あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます】と表示されるけど
  狼、占い、狩人以外は関係ないからね。
 ・占い師をCOするときは占い結果のみ。占い理由は二言目以降にしてね。
 ・参加者のアイコンのすぐ下のところにある音声でお知らせをonにすれば、投票はアラームで教えてくれるわよ。
  突然死防止のためにonにしておくと良いわね。
 ・アイマス人狼の詳しいルールなどについては、以下のURLも参考にしてね
  http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/1.html

【他鯖の方へ】
 ・アイマス村だからといって、アイドルRPをしなければいけないわけではないわよ。なので、気楽に参加しててね。
 ・他には【四条劇場の特徴】も合わせてみてね。

【四条劇場の特徴】
 ・遺言の更新は開始前までよ。常時変更可能ではないから注意ね。
 ・夜の超過時間後も独り言を話せるのよ。推理メモなどに使うといいわね。
  (共有・狐・女神カップルは超過時間後でも会話出来るわよ)
 ・特に記述がなければ、天啓オプション入りよ。
  (死体無しが出てもどこで死体無しが出たのかは狩人にも狐にも分からないわ)
 ・その他はお姉ちゃん(GM)に質問するか、wiki(http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/24.html)を見てね。

【初心者の方へ】
 ・是非参加してね。まずはそこからよ。
  その上でなんでもいいので、自分なりの目標を持って参加するとより楽しく遊べると思うわ。

【ベテランの方へ】
 ・みんなが上手いわけじゃないのを理解してね。
 ・ミスしても許せない人はダメよ。

【最後に】
・人狼はみんなで遊ぶゲーム、一人で遊んでいるわけでないことを忘れないでね。
 ・GMは◇3105NAA55.。何かあればいつでも声かけてね。」
3105GM 「探偵村村アナウンス(桂ヒナギク 1.00)
                    __
                 _ - : : : : : : : :ー 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                / : : : : : : : : : : : /、_ヽ: : : : : :ヽ
               /: : : : : : : : : : : : /弌从l: 、 : i: : ヘ
            //: : : :/: : :i |: : l: :|     ヘ: !: :|: : : !
              /イ: : | i |: :| イ_|:l |:イ|- ´ `ート|: :|: : : :!
.            |' |: : |: l !:イ/|/|从|リ ィTtセァ:! :.|,、: |:.l
               | !: :ハ l | |ヤ孑ラ    之´j |l: :.|ソ.!:|: l
             | / !| ト! 弋タ      ̄ イ: !:|ノノ ヽ!
             |'  | |: ヘ    '、      |: !:|´: |: :|    探偵村なので、特殊ルールよ。
                   ,|: |:ト、   __    イ| |:.!: : i: :ハ
                    ||: |:|: : ヽ __ ‐´__|}|/ l: : : !: :ハ   はじめて参加するかたは一読お願いね。
                    ||: :!|-─イ´ ̄ ̄:::__ l| 人_:|: : ハ
                  /|: :l|   |, - 、:://: /   ク-、 ハ
                / | | : |   |-‐ -/  l: /  //´\l
.               /7  | ト、|、、  !  /  / / //l /  「i、
.              イ l ヽ .Y、ヽ!_\_| /__ r ソ彡 ´ / l   | iヽ
         / i !   ヽ! ヽ_了ー<´--―/  l    l   \
        /       |    jニニ/   ̄ ̄   l        \
       /          ィ´|   /  i|         ヽ            \

【具体的なルール】
 ・お姉ちゃん(GM)が初日の夜に共有から探偵を決めるわよ
  (よって初日夜の能力発動は探偵を発表するまで待ってね)。

【重要】※絶対に守ってください
 ・参加者は探偵の指定に従ってね。
 ・探偵を噛み対象にしてもだめよ。

【探偵の仕事】
 ・毎日自分以外の誰かを指定してね。指定がない場合探偵吊りになります。
 ・相方は死んだ時点で公表すること。公表しない場合は探偵にペナルティが発生するわよ。
それで村陣営を勝利に導いてね。

【その他】
 ・探偵の指定に反した投票は指定された人、及び、人外でPP出来る場合だけよ。
 ・間違えて投票しても、特にペナルティはないけど、意図的に行なっている人にはペナルティよっ。
 ・探偵がなんらかの原因で死亡した場合は、共有相方が探偵になるわ。(この場合、アナウンスあり)
 ・もし共有相方が生存していない場合は普通村よ。
 ・グレラン権なんてないわよ!」
3105GM 「大事なので赤で書いてみたわ!」
3105GM 「簡易テンプレ(桂雪路 1.10)
                     /              \       \
     , -─ - 、           , '        /ヽ          ヽ         \
    /       ヽ       /       /     ' ,         ',          ヽ
   ,'   ─┐O   ',      / /      , '     , -─     i        ',
   i    /    i     ,' /   /__ /    /   ', ',    ', l        i
   l    は    l     i ,'   / / `ヽ        ', ',     i l        l
   l    ぁ    l     l i   ,' /        Tて  ̄イ i     l l  ',      l
   l     )    !    l l   ,' , Tてイ     L::::::::ノ ', l    ll⌒ヽi l    l
   l    (    ,'    l l   i ,' !:::ノ         Ζ z i l    lへ ll l     l
    ',          /     ! !    ! ,イ  i            ll     ト、 l l l    l
    ヽ、___,.へ、   l l   l ,' l               l   ilノ / il l   l
                   l !    l  l   , '  ̄`ヽ       l   ll_ ノ  l l. l    !   ヒナの説明は長いのよね
             ,- 、 ノ   l ,' ヽ  i      ',      イ  ll i   l l l   l
             ( _.ノ  l   l イ li \ !      i    / il   ll li l l   ll  l
        r二二二二'ユ   l  li l l l l \     ノ ,  '´  lイl  ,' l l l !   l',  l
       l ____ l   l  ll l l l l o` ‐-r‐ ' ´      l/ァリ ! l l ,'   l ', l
     r ' ´ ノ ∧   ハ    l l !  l l  ',!, - '´:.l      /: : : lノ ! /   ! '!
     !, - ' ´ノд゚)ノシ', ヽ  ',! ,  ',!' ´: : : : : : l    /: : : : : : :l、
     「, - ' ´ノ プ   ト  l    ハ: : : : : : : : /l  /: : : : : : : : :/: :` ‐ 、
     ヽ、 イ_:ノ  汁 l  ノ  ,.-/: : '; : : : : /      l:ヽ : : : : : : /: : : : : : : :` ‐ 、
      ヽ'´_ノ__ j イ/: :/: : ; :i: : :, イ `   , -‐l: : \: : : :/: : : : : : : : : : : : : \
       l______l /:l : : /:/: : 」:/:::::::` ー--─l: : /: :\/: : : : : : : : : : : : ;. -─ヽ
         l ';:` ‐-‐'´: l: : : : : : 「: :/:::::::::::::::::::::::::::::l: /: : : : : : : : : : : : : : : / : : : : : : ',
         l: ` ‐-‐'´: :l: ';i: : : : :l: /:::::::::::::::::::::::::::く: / : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :i

【三行まとめ】
突然死・村人騙り・ゲーム放棄ダメ絶対。
アイマス村だけど、誰でも歓迎。
楽しく自由に人狼をしましょう。」
3105GM 「あ、入村どうぞー」
水橋P さんが入場しました
水橋P 「こんばんはっと」
3105GM 「こんばんは」
水橋P 「探偵村であれば俺にも生き残るチャンスが…」
仮ピー さんが入場しました
3105GM 「まぁ、まったりね!」
仮ピー 「よろしくー」
3105GM 「いらっしゃい」
3105GM 「入村速度が遅いとか来にしてはダメよっ」
仮ピー 「仮ピー さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮ピー → ハッサム
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 933 (ハッサム)」
ハッサム 「アイコンが無かったから自分で登録してきたでござる」
3105GM 「ハッサムかーよく燃えそうね」
かりのすけ さんが入場しました
かりのすけ 「こんばんは!」
ハッサム 「火だけは勘弁でござる!>GM
あと割と水も通るのでやめてほしいでござる」
3105GM 「こんばんは!」
3105GM 「>ハッサム
氷しかないわね」
水橋P 「ちい格闘地面が等倍なのが厄介だな…」
かりのすけ 「猿好きかい?>ハッサム」
ハッサム 「ヤメテー>サルのフレアドライブ」
ギャリー さんが入場しました
かりのすけ 「かりのすけ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりのすけ → 水瀬伊織
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 737 (アニマス・水瀬伊織01)」
3105GM 「いらっしゃい!」
ギャリー 「えーっと、来ても良かった、のよね?」
かりである さんが入場しました
水瀬伊織 「それじゃ改めてよろしくね、にひひっ!」
かりである 「よろしくお願いします。」
3105GM 「いらっしゃい!」
かりである 「我輩はかりである。
RPはまだ決まっていない。」
3105GM 「>かりである
それ作品終わるまで決まらないじゃない」
かりである 「そうともいう!」
ギャリー 「んー、遺言用にAA探したけどやっぱりアタシのは無いみたいね」
kari さんが入場しました
kari 「よろしくお願いします」
3105GM 「いらっしゃい」
3105GM 「>ギャリー
マイナーキャラは仕方ないね。
そしてそれ何のキャラかしら」
かりにこふ さんが入場しました
ギャリー 「フリーゲームの Ib ね。最近になって急に流行りだしてたのだけど、やっぱりまだまだ知られてないのねぇ」
かりにこふ 「こんばんは、よろしくお願いします」
ハッサム 「拙者は結構あるでござるな>AA

.     \                    |  |  |     ヽ| \
.      \     r 、           |   |  |.    r‐|.: : :\      |\
          \   |: : :\          |  |   |.     |: :V : : : :\    | : :\
\        \  |: : : : :\        |   |__|_.    |: : V.: .: : : :.\  | : : : :\
.  \          \|: : : : : : :\      |  i\.: : :` 、|: : :.V.: : : :. :. :.\| : : : : : :ヽ
.   \         V.: .: : : : : :.\    |.   |. \.: : : :.` 、.V.: .: : : :. :. :.\.: : : : :.ハ
      \         V.: : : : : :. :. :.\  |.  |.  |\.: .: : : :.` 、.: .: : : : : : :.\.: : : :.∧
       \        V .: .: .: : : :. :. :.\|   |  |.. \.: : : :. :. :.` 、.: : : : : : :.\: : :.∧
        \____V : : : : : : : : : : : \  |  |    \.: .: : : :. :. :.` 、.: .: : : :.ヽ.: :.∧
_  -‐. .: : ̄ ̄ : : : : : : : : :  ̄: . ‐- , : : : : : : \|.   |   | :\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
:. :. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./.: .: : : : :. :. :.\. |   |: : :.\.: .: : : : : : : : : : : : : :. :. :∧
:. :. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : :\|   | : : : : ヽ .: .: .: : : : : : : : : : : : :. :.'
:. :. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./\.: .: : : : : : : : : : : :.ヽ.  |.: : : : : :i: : : : : : : : : : : : : : : : :. :.i
:. :. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./.: : :.\ : : : : : : : : : : : : :',.  |.: : : : : :! : : : :ト、.: : : : : : : : : : : :.|
:. :. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./.: : : : : :.ヽ.: .: : : : : :._ : : ',  |: : : : : :|.: : : :.| |\:. :: : : : : :. :. :.|
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '.: : : : : : :. :.i`ヽ _/´.: : :`ヽi  |.: : : : :.ト、: .: :.| | i! i 、.: .: .: : :. :. :|
:. :. : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.i.: : : : : : : : :.|、.  /.: .: : : : : :.\|.: : : : :| 〉、: :ゝ乂ノ \.: : : : : :.|
:. :. : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|.: : : : : : : : :.|. \ |:. :. : : : : :. :. :.\___|ノ:::::\: :`ー一' : : : : : : |
:. :. : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|.: : : :./|: : :.|   `! : : : : : : : : : : :∧::::::::::::::::::,-ヘ.: : : : : : : : : : :.|
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \/ : :| : : :|   ヽ : : : : : : : : : : : i::::::::::::::::/__ > _.: : : : :.ノ
:. : : : : : : : : : : : : : : ./ ̄ ̄\.: : : :.|: : : :|    >、r‐、: : : : : /!:::::::::::::::! : : : :`ヽ   ̄ ̄
: : : : : : : : : : : : : :./  /\  ヽ : : | : :/ヽ / /: :/ー ‐ ´ : |:::::::::::::::|: : : : : : :.〉
:. :. : : : : : : : : : :./  /.   ヽ  | : :レ´: : : :',./. : :./: : : : : : : :|:::::::::::::/ : : : : :/
: : : : : : : : : : : : :|.  |.     |. | : : : : : : : : i.: : : :./:. :. : : :. :. :.|::::::::::/: : : : /
: : : : : : : : : : : : :|.  |.     |. | : : : : : : : : | : : :/|.: .: .: : :. :. :ノ:::::;〃: / ̄
: : : : : : : : : : : : :|.  |.     |. | : : : : : : : : | : :/ノ.: : : :./´ ̄  ̄ /: :/
: : : : : : : : : : : : :.\. \___ノ /.: .: : : : :. :. :| :/.: .: : : :./     /: :/
:. : : : : : : : : : : : : : :.\___ノ.: .: : : : : : :. :.|/.: .: : : :.{   _,. イ : :i
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:. :. : :. :. :.ヾ´ : : : :|-‐'ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:. :. : : :. :. :.i\.: : :.|.: : : :.',」
3105GM 「いらっしゃい」
星井美希 さんが入場しました
星井美希 「こんばんはなの」
水橋P 「無論自分のAAなんてないからそういうところはフリーだな…>AA」
3105GM 「いらっしゃい」
ギャリー 「アンタは炎で落ちるくせに生意気なのよね>ハッサム まぁ6>3の場合は炎誘うときもあるけど」
水瀬伊織 「・・・ちょっと美希!?
なによそのコメント!!」
3105GM 「>ギャリー
はじめて聞いたわ
今度プレーしようかしらね」
ギャリー 「面白いわよ、ホラーというか探索系のゲームだけど、いくつかEDもあるしね
まぁ詳しくはプレイしてってことでお願いね」
星井美希 「デコちゃんはミキのハートをさらっていったの
だからデコちゃんが犯人なの」
水瀬伊織 「・・・えっ
い、いえ、い、いきなりそんな事言われても、だ、ダマされないわよっ!!>美希」
3105GM 「>ギャリー
そうして眠れない夜の記録を伸ばすのね」
ハッサム 「炎に弱ければ相方をヌオーにしたらいいでござるの拙者です」
3105GM 「>ハッサム
統一パーティーではそれは許されていないので御座る」
四条貴音 さんが入場しました
星井美希 「デコちゃんになら、だまされてもいいの」
水橋P 「俺の相棒のエルレイドとルカリオを呼ぼう>ハッサム」
四条貴音 「よろしくお願いいたします」
水瀬伊織 「特殊猿ってヌオーで止まったかしら・・・>ハッサム」
ギャリー 「やろうと思えば何時間かで終わらせられるわよ
そんな長いゲームでも、難しい謎もないし
ただ全部見ようとすると大変なのよねぇ」
四条貴音 「美希と伊織は仲良しのようですね。」
かりにこふ 「かりにこふ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりにこふ → 双海真美
アイコン:No. 8 (緑) → No. 105 (双海真美02)」
3105GM 「いらっしゃい」
四条貴音 「・・・ふむ。ここは二人ともお持ち帰りしてしまうのもアリといえばアリ、でしょうか」
双海真美 「ヒャッハー、虫ポケは消毒だー!」
水瀬伊織 「べべべ別にあなたを騙すなんてそんな事するわけ無いじゃない!>美希」
ハッサム 「まあ、そもそも中の人はハッサム使わないけどな>水統一パ使い」
ギャリー 「相方はもらい火とかの特性持ちのほうが読み合いにはなるわよ」
四条貴音 「真美、よく来ましたね。ゆるりと待つと致しましょう」
水瀬伊織 「た、貴音は何言ってるのよ!!」
3105GM 「>ハッサム
水統一とか強すぎって薫先生が言ってたわよ」
ハッサム 「草結び耐えれば止まるぜ>伊織」
ただの一振り さんが入場しました
3105GM 「いらっしゃい」
四条貴音 「冗談です。ただ、二人が可愛らしく思えたのでからかってみたくなったのです。>伊織」
ただの一振り 「よろしく頼む」
ハッサム 「いやー、ニョロトノの夢特性はすげえ助かるぜー>でも好きなポケモンはドククラゲ」
星井美希 「そんなこと言っても、ゲームが始まればダマしあいなの
だから、上岡龍太郎にはダマされないけど、デコちゃんにならいいの」
四条貴音 「秋刀魚・・・二匹おりますが喋っているのはどちらでしょう?」
かりである 「かりである さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりである → マドべぇ
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 942 (QBマミ)」
マドべぇ 「ティロ☆」
水谷絵理 さんが入場しました
水瀬伊織 「う・・・うぅ・・・
そ、そんな事言われたら、嘘つけないじゃないの・・・///>美希」
四条貴音 「美希、ネタがわかりづらいですよ。」
3105GM 「いらっしゃい」
萩原雪歩 さんが入場しました
水橋P 「(なんだろうあの左下の生物…)」
水谷絵理 「えへへ……おはざーっす……」
3105GM 「いらっしゃい」
ギャリー 「私にとっての水タイプで印象深いのは、やっぱりトドゼルガかしらねぇ
氷タイプ? 何言ってんのよあんた」
ただの一振り 「我々は兄弟刀だ 兄なくして我はなく、我なくして兄もない>四条」
萩原雪歩 「こんばんは、ですぅ~♪
わあ、今日は賑やかですね~」
水谷絵理 「今日はその……ふふふ……よろしおねやしやーす……」
水橋P 「水谷の雰囲気がいつもと違うな…」
水瀬伊織 「秋刀魚なのは間違い無いわね
さんまがしゃべるかどうかは疑問だけど>水橋」
四条貴音 「おはざっす。(しゅばっ)>水谷絵理」
マドべぇ 「魔法少女の進化系……ってところかしら?(ニコ>水橋さん」
萩原雪歩 「萩原雪歩 さんが登録情報を変更しました。」
水橋P 「いや…その上だ俺の左下>伊織」
ハッサム 「トドゼルガは今の環境だと格闘で落ちちゃうから…>ギャリー」
水谷絵理 「ふふ……萩原さんの隣で……よかったかもしれない……
ポエムはどうされましたか…?」
四条貴音 「賑やかな事は良き事。萩原雪歩も楽しんでいくと良いでしょう。」
3105GM 「後3人だねー☆」
水谷絵理 「ひゃあ!や、やめてくださいいいいしんでしまいますううううううう>四条さん」
ただの一振り 「ただの一振り さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ただの一振り → 信念の一振り」
マドべぇ 「刀……そう、人は誰しも心に剣を持っているの。
悪と戦うための正義の刃を」
水瀬伊織 「・・・アレは・・・わからないわよ>水橋P
・・・え、ホントに何アレ?キモっ!!」
水橋P 「…(それにしても兄弟党なら二振りじゃないのか…?)」
信念の一振り 「・・・探偵村だった、だと?」
kari 「水タイプ…かいりきばさみ…紙装甲(特殊)…う、頭が」
ギャリー 「ワロストーンエッジなら怖くないわよ! というか1匹で対応するつもりは無いからいいのよそのへんは。ただトドゼルガより優秀な子がいるってだけの話で。あ、格闘は残念だけどNG>ハッサム」
星井美希 「最後は裏切りが待ってるの
悲しいけど、デコちゃんを手にかけて泣きじゃくるミキなの」
マドべぇ 「でも……人はその刃を親しい人に振るってしまうかもしれない。
人は、過ちを犯す生き物だから。
……でも、安心して。あなたは一人じゃない。」
萩原雪歩 「ポエムは・・・昔の自分の詩って
見返すとすごく恥ずかしいですよね・・・うう///>絵理ちゃん」
四条貴音 「水谷絵理、どうかしたのですか?」
3105GM 「3105GM さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 911 (桂雪路) → No. 816 (ニャル子02)」
マドべぇ 「そう、私達のことを……円環の理がいつでも見守っているわ!」
水谷絵理 「ふぅ、お、おどろいた……へへへ……でも……いきてる……いきてるでぇ…ひゅう……」
3105GM 「(」・ω・)」うまー!(/・ω・)/れー」
かりかりかり さんが入場しました
信念の一振り 「・・・探偵村か・・・探偵村 うむ 見ていなかった」
星井美希 「ポエム
  
ポエムは甘くておいしいの
でも、もさもさしてるから、飲み物が必要なの ミキ」
水橋P 「(本当に誰だよあの水谷…)」
四条貴音 「くすっ・・・この前拝見した詩、見事でしたよ?萩原雪歩」
3105GM 「あ、40分開始で行きたいと思います。そんな、あれこれよっ」
かりかりかり 「(」・ω・)」かー!(/・ω・)/りー!」
四条貴音 「ポエムとは食べ物なのですか?>美希」
マドべぇ 「さぁ、一緒に祈りましょう?
ティロティロフィッナーレキャンデロロ♪
マミマミマーミッターシャルロッテ♪」
水谷絵理 「ふふ……では、インターネットという新しい世界で、あたらしいポエムを作るのはいかがですか……?>雪歩さん」
3105GM 「>さんま
(」・ω・)」おっちょこー!(/・ω・)/ちょいー」
萩原雪歩 「は、はいっ!>四条さん
・・・そ、その、四条さんと一緒なら私、それだけで何だか楽しいな・・・って・・・///(小声)」
ハッサム 「今の環境は格闘技が蔓延しているからなー>インファイト・ばかちから
氷にはちとつらいね>ドラゴンキラーは今は昔」
星井美希 「http://www.poeme.co.jp/g_poeme.html
これなの>貴音」
3105GM 「(」・ω・)」ようこー!(/・ω・)/そー」
信念の一振り 「あぁ、どうしたものか てっきり普通村だと思っていた・・・
しかしここで抜けるのも忍びなし」
kari 「氷の攻撃範囲は魅力的なんだけどねー
いかんせん耐性が…>ハッサム」
3105GM 「>信念
(」・ω・)」たいさー!(/・ω・)/にゃいー」
葵トーリ さんが入場しました
マドべぇ 「そして、このRPがやりづらいことに気づいたから、得意なのに変えるわ^^;」
四条貴音 「てぃろてぃろふぃっなーれきゃんでろろ。
まみまみまーみったーしゃるろって

・・・ふむ。」
マドべぇ 「マドべぇ さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:マドべぇ → 安定のさやかちゃん
アイコン:No. 942 (QBマミ) → No. 564 (美樹さやか)」
3105GM 「(」・ω・)」やっー!(/・ω・)/ほー!」
ギャリー 「そもそも、ガブマンダは4倍弱点だからサブの冷ビとかこご風とかめざ氷で対応できちゃうし…」
水谷絵理 「い、いいええなんでもないですぅぅぅぅぅぅぅ……へへ…なんでも、ないでぇ…>貴音さん」
お姫ちん さんが入場しました
水橋P 「変な生き物だと思ったらさやかちゃんだった!」
四条貴音 「・・・凄い漢字です>美希」
水瀬伊織 「うん・・・もう少し・・・というかもっと言葉を選べばいい詩になるんじゃないの?
ニュアンスとしては悪くないわよ・・・ちょ、ちょっとだけよ?>美希」
ハッサム 「炎に地面に格闘に鋼にというメジャーどころに弱いのが氷なんだよなー>kari」
かりかりかり 「かりかりかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりかりかり → 池田華菜
アイコン:No. 6 (水色) → No. 506 (池田華菜)」
信念の一振り 「どうしようかと思っていたら、埋まってしまった ○」
星井美希 「母の恵の夢なの
やわらかくてあまくて、もさっとしてるの>貴音」
萩原雪歩 「そ、そんな、インターネットで全世界に公開なんて・・・
恥ずかしくて、もう・・・・穴掘って埋まりますぅ~!!(ざくざく)>絵理ちゃん」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 前原圭一
アイコン:No. 4 (オレンジ) → No. 137 (前原圭一)」
お姫ちん 「さて、入ってみたものの、ややこしいですよね」
3105GM 「(」・ω・)」うまっー!(/・ω・)/たー!」
安定のさやかちゃん 「>池田
   _    __   /            /    ___    /           イ:| ..:..:....:....:....:.....:.. ミ...、
   /  /        /   ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄           /      ./........:| ..:...:......:ヽ:、:...:. \:.. \
  _/  \__  /  __/  / \_/   ___    ___/   /  ./ /| ..:...:{:....:|:..ヽ\ヽ:.ヽ:.....ヽ
  /          /   _____            /       ./ ..:..:,i:/ i:i:...:.乂:__ト_:..ト:..ヽi:.....∨:..‘,
. /          /   /          /          /      / .:′/{/___乂..:..:..ト.丁x=ミ、..:i!..:..:..iう):..:
_______/   _______/     \_/        ,′:|...:|l ,ァ=ミ ∧{:..:{  'f.::うi}ト、|..:..:...i)):....{
                                     役満     イ 八 :{ { ん:.1   \}   ヒ..ソ |:..:...|::.八:.、
                        (.`ヽ(`> 、                  八:..ド ヒツ  '   / /i ハ |:..:...「i:.i:. ト  +
                         `'<`ゝr'フ\                 | ト\/i/            |:..:...|ノ::|:..|
                      ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)              ....:|:{     __ .  ≦ `i   |:′:..};  +
                      ⊂l二L7_ / -ゝ-')´             ...:込.   ‘廴     ノ   j{:..:...
                           \_  、__,.イ\        +      > ..         . イハ|r<   .+
    /i´Y´`ヽ   ./i´Y´`ヽ    /i´Y´`ヽ   /i´Y´`ヽ
   ハ7'´ ̄`ヽ.  ハ7'´ ̄`ヽ   ハ7'´ ̄`ヽ  ハ7'´ ̄`ヽ
   l ,イl//`ヘヘ!   l ,イl//`ヘヘ!   l ,イl//`ヘヘ!  l ,イl//`ヘヘ!
   リノ(! ゚ ヮ゚ノリ   リノ(! ゚ ヮ゚ノリ  リノ(! ゚ ヮ゚ノリ  リノ(! ゚ ヮ゚ノリ
   ノ ⊂)i杏i| つ ノ ⊂)i杏i| つ ノ ⊂)i杏i| つ ノ ⊂)i杏i| つ 」
葵トーリ 「          |: : :/ , <: : : : : : : : : :> 、
            __V: :l/: : : : : : : : : : : : : : : : :i` .、
       /: :l: :.ゝミヽ_ : : : : : : : : : : : =ミ:/   \
      〃: : /V: ; : :.l: : : :、:\、_: :.ヽ: /.ヽ >、/:\
     /.; イ , `/ 7|:ト---:ト、_\`<V  ハ/:ヽ ̄
     iレ' /:ヽ,'  ,' / l:|V   ', `ヽ`ィ´ V_../:.'; : : :丶   やっほーい!女の子いっぱいだぜー!
      ; : : il:`:T7ー‐∨∨_.i.ー'´ `,ィミ |:´:; : :i:.i_r‐ 、ハ
        l: : :ハ: :lミミ、__   \:.:.:',,ィ彡'´ .|: ;イ: :.|';l_ヘ   ̄`
        |: ;イ l.ヘ.:', _`_ニ=  \|=ミミ=リ:/ l: :んl l |
        |/人  l.`テ'´   ___    /' ノ:/_.ノ /       よろしくなー!ついでにおぱーい揉ませてくれる子を募集する葵ト―リはここにいるぜ!
       「`i〉ヘ ,ィ._r'´ ̄, '´   ̄`i__./l',イ-〈ヾ
      i´/`l、/rヽ//7ヽ/      ///Y..└‐ァヽ〉
      乂.ノ:.:.冫 ∨//ト、___., ィ////_<
           \`7 .〉‐'ノ`Y、ヽ/Yヘゞイr‐ヘ、」
四条貴音 「そうですか。ならば、一緒にいましょうか。私もそうしていると楽しいので>萩原雪歩」
水谷絵理 「リアル世界では膨大な黒歴史ノートとなるポエム……
ですが……私の「ナーサシス」にかかれば、雪歩さんのポエムは革命を起こします……!」
信念の一振り 「まぁ、行きはよいよい帰りは仏とはよく言ったもの
及ばずながら、斬らせてもらうか」
星井美希 「デコちゃんにはミキのポエムは難しかったかもなの
ミキが目指すのは、さんとーかのセカイなの>デコちゃん」
ギャリー 「あらあら、ちょっとみないうちに随分と沢山来てるわね」
安定のさやかちゃん 「安定のさやかちゃん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:安定のさやかちゃん → 竜宮レナ
アイコン:No. 564 (美樹さやか) → No. 138 (竜宮レナ)」
四条貴音 「狼藉者がいるようですね。主に私の真下に」
3105GM 「(」・ω・)」ゆいごんー!(/・ω・)/いれてー!
(」・ω・)」てんぷれー!(/・ω・)/よんでー!」
葵トーリ 「氷は水系のサブウエポンって感じだな!
よく俺しらねーけど!>ハッサム」
水橋P 「トンファーキックをかましましょう>四条」
竜宮レナ 「絡めそうな人がきたんだよっ! だよっ!」
信念の一振り 「私は至って大真面目だ」
池田華菜 「池田華菜 さんが登録情報を変更しました。」
水谷絵理 「◇萩原雪歩 「そ、そんな、インターネットで全世界に公開なんて・・・
恥ずかしくて、もう・・・・穴掘って埋まりますぅ~!!(ざくざく)>絵理ちゃん」

ふふ……ふふふ……萩原さんのあなすらも……私の「イノミニティ」のなかではすでに計算済……!
大丈夫、萩原さんのポエムは……きっとインターネットの歴史をかえる!」
水橋P 「…あれっ?四条二人いない?」
星井美希 「『せきをしても ぽろり』なの」
四条貴音 「・・・私らしき者がいる・・・

面妖な」
3105GM 「(」・ω・)」あみまみもー!(/・ω・)/おなじー!>姫」
お姫ちん 「お姫ちん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:お姫ちん → 月の姫」
水瀬伊織 「・・・そ、そうなの?そういう方向性だったのね・・・
私が浅はかだったわ・・・ごめんね?>美希」
ギャリー 「あら、ダメよ~
書いた物は広く晒すのがイマドキの若いコの青春だもの」
萩原雪歩 「はううっ・・・!?
う、嬉しいです、そう言って頂けると・・・///

あと、褒めてくれた詩は・・・その・・・あうう///>四条さん」
月の姫 「これで良し、と」
前原圭一 「前原圭一 さんが登録情報を変更しました。」
ギャリー 「今ほど、遠慮なく公開してみてもらえる時代なんて無いもの」
3105GM 「(」・ω・)」かぐー!(/・ω・)/やー!」
星井美希 「デコちゃんも、思ったことを素直にポエムにするといいの
『わけいっても わけいっても 広いデコ』なの」
四条貴音 「恥ずかしがる事はありません。私は己の思った事を言ったまでですので>萩原雪歩」
葵トーリ 「         、 ,.__,..、___
         ,.}::::::::::ヽ::ヽ:::ヽ`ヽ
       /::::/ヽ::::iヽ:::ヽ:::::\
      //:::/ ノ   i;|三|:i::ヽ::::ヽ|   そんなぁん♪つれない事いわないで!
      |:/:|,,三 _, ==|::::r i |
        ||  |  ヽ  ` >'      俺は全てのおぱーいを愛しているだけさー♪もちろん君のおぱーいもね!>貴音ちん
        `ヽ ヽr-'―' ̄`ヽ、
        / ̄        ヽ
       /            ヽ
      /    /          |
      |    /           /ヽ、
竜宮レナ 「圭一君のプロフィールが開始前から本気だぁ……はぅ~」
萩原雪歩 「わわっ、四条さんによく似た方がもう一人!!」
信念の一振り 「(あぁ、正直どうしようもないなぁとは中の人のつぶやきであった)」
水谷絵理 「ふふふ……私のプログラムで……そう、今日、ポエムは変革の時を迎える……!」
月の姫 「この世には、面妖なことなど如何様にもございましょう>四条貴音」
水瀬伊織 「・・・・それも前衛的ポエムなのね・・・理解を深めなきゃいけない・・・
・・・ってんなわけないでしょうが!!明らかに私の気にしてることにふれてるじゃないの!!>美希」
星井美希 「貴音と生き別れの双子ってことでいいのかな?>月の姫」
四条貴音 「この下郎!765プロの皆には指一本触れさせはしません>トーリ」
ギャリー 「やだ、この流れ着いていけないわ…」
星井美希 「もっと分けいれよ! なの>デコちゃん」
月の姫 「双子、とはまた違うと思いますね>3105支配人殿」
信念の一振り 「全くだな>ギャリー」
ハッサム 「ポエムって基本的に恥ずかしいものでは?」
葵トーリ 「わかるわかる、みんな俺は大真面目におぱーいを信仰してるのに割とどうしようもない風に扱われるんだよ…
お前とはいい関係がきづけそうだな!>信念の一振り」
月の姫 「さて?秘密、ですよ>星井美希」
水橋P 「(そういうのって俺の役目だと思うんだけどな…まあ陰から頑張りますか…)>四条」
ギャリー 「キェェァァァァァァァシャベッタァァァァァァァァァ!!>一振り」
水谷絵理 「(……四条さんが二人……?こんなこと「イミノニティ」でも演算できてない……な、なにかがおこるでぇ……嵐がまきおこるでぇ……!)」
信念の一振り 「俗物なら、斬っても構わんと聞くが?>トーリ」
萩原雪歩 「あはは、美希ちゃんの面白いね>ポエム

・・・と、話題は尽きないけど、もう開始だね、準備OKです!」
ハッサム 「胸は基本的に飾りでござる>トーリ

                                 ,、
             i`  、                  } \
                !`ヽ. \                 j   \
              ! 丶 \     ゙.`  、      ,′   \  f´!
         _ ...... _   !    \ `lヽ   \  ` ' ‐-イ      ヽ j│
       . ´     `  、    \ l ` 、  ヽ.              ‘{ .l
    /            \     !    \ ゙.          !l
.  γ                 ヽ     ヽ/' < ヽ i  、             l
  /            Y⌒YV    {    `ヾ! !ト、          j
               l   !‘,   1     ゙‘, 代ソヽ        .′
 .′             !   l ‘,_ .-‐ ´     \ `"     ..ノ/
 i              λ  !  }_ ..-rー-    ‘,\       /
 !              ゝ='  l \ ヽ      .イ<l i\ _. イ_ .. _
 l        ,.‐- .      j-‐'´ ̄ Y -‐ ゙´   ヾハ`ヾ´   /
 ゙,   /> 、/::::::::::::::::`ヽ, へ、 /     !        V  ‘,  /
  、 ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j`j      ,ハ          k'´
   ゙.‘.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ′    /  、           l ‘,
    ‘ ゙、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /、    /    ゙.        ∧ ゙、
      ヽヽ::::::::::::::::::::::::::::::::イ / ` ー ´     ,}       /  ゙、 _,>ー- ... _
     丶\:::::,、:::::::::::/ .イ__      . -rf'ヘ     γ´     〈          ` ''  、
        \` ' ` " ´ //   `  、 /´  l l \>- -ヘ       ヽ、             \
         ` 、   /  {      \   l ゙.  \   jヽ     ヘヽ、           ヽ
          ` ー'   !         ヽ l \  `"´ .ハ       ゙, ヘγ⌒Y      ゙.」
3105GM 「3105GM さんが登録情報を変更しました。
アイコン:No. 816 (ニャル子02) → No. 864 (北条沙都子02)」
水瀬伊織 「二人の貴音・・・・!!
いったい何が始まるのよ・・・!!」
ギャリー 「ん、ああ
16人村なのね」
水橋P 「ん、さてそろそろ始めるか?」
四条貴音 「・・・ですね。貴方が何者であれ、今ここに存在するという事は間違いの無き事実。>月の姫」
信念の一振り 「刀が喋ってはいけない理でもあったか?
貴様の世界では絵が喋っていたのだろう?>ギャリー」
ギャリー 「えーっと、
・遺言更新が開始前のみ
・護衛成功表記なし
ってことでいいのね、確か」
萩原雪歩 「え、絵理ちゃんがすさまじい・・・!
あうう・・・私のポエムに秘めたものがあるなんて言えなくなっちゃったよう・・・///
(正解は遺言で♪)」
竜宮レナ 「16人村って1GJ出ても吊り増えないよぉ。
レナこわいよ~><」
池田華菜 「華菜ちゃんにおまかせおまかせー」
3105GM 「さて、探偵の決め方ですが、私がコイントスしますので、入村が早い人ほど表
遅い人を裏にします。
そんな豆知識っ。使用は100円玉でっ」
葵トーリ 「         _  /:}  __
         --=く<:.:.:.:.:.:.:.:....
      /:.:.:.:./}:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ:.\
      /:/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:,ー-:.:.:.:}:.:.:.::.
       /:/:.:{:.:./_,入:.:.:.:, 、_}ト、:.:.:.:.:.,
.     {:.{:.:.:{:.:.「   〉:.: }  ^ ヘ:.:.:.:i|
.      j从:.:.\三 ノ'^ヽ{ 三 /:.:.:.i{   えー、触れなかったらおぱーいの感覚とか触感とかかんじられないじゃーん
    ー今{ \:.{^        /:.:.:./{_,
     ^ヘ,_  ヽ    _  u/イ/^`
   ト、  _//\   ´`   イ{ -ァ --ァ   貴音ちん、きびしーい。可愛い子にはとげがあるなぁ>貴音ちん
   _}__ \j {r==介ー- r‐≦--/   --く,__
-‐  ̄    jニニ} >-‐ヘニニ}}      /
\ /    j{__/\   /}__}}   ヽ く
  /  -=ァ/::::::::\ \/ /::::::::\{\fニ=-」
月の姫 「えぇ、どうぞよろしくおねがいいたします>四条貴音」
四条貴音 「秘めたるもの、ですか・・・私も楽しみにしていましょう>萩原雪歩」
3105GM 「ま表が出たか裏が出たかなんて教えませんけど、アンカーとズサー以外」
ギャリー 「いや、別に悪かないんだけど。あんまり良い思い出が無いのよね」
星井美希 「デコちゃんを ペロペロしたい ウサギ」
水橋P 「カウントしていいか~?」
双海真美 「よろちくねー」
水谷絵理 「秘めたもの……うへへ……大丈夫、大丈夫ですよぅ雪歩さぁん……
この「ロジック・エリー」にすべてお任せくださぁい……ひゅう……」
3105GM 「>ギャリー
そんな所ね」
水瀬伊織 「構わないわよ!>水橋」
葵トーリ 「やぁん♪俺を俗物扱いしないでぇ!>一振り

そんな事はない!子供を育てるのと俺が生きるために必要なものだ!>ハッサム」
竜宮レナ 「わーい♪ さとこちゃんだー♪
一緒にがんばろうねー♪」
信念の一振り 「さぁて、死に逝くか、はたまた折れるか 錆びるまで」
水橋P 「よっしゃいこうか!」
3105GM 「>信念
これをどうぞ
【四条劇場の特徴】
 ・遺言の更新は開始前までよ。常時変更可能ではないから注意ね。
 ・夜の超過時間後も独り言を話せるのよ。推理メモなどに使うといいわね。
  (共有・狐・女神カップルは超過時間後でも会話出来るわよ)
 ・特に記述がなければ、天啓オプション入りよ。
  (死体無しが出てもどこで死体無しが出たのかは狩人にも狐にも分からないわ)
 ・その他はお姉ちゃん(GM)に質問するか、wiki(http://www34.atwiki.jp/imasjinro/pages/24.html)を見てね。」
ギャリー 「それだけ解れば何とでもなるわね」
四条貴音 「・・・女性に関してはもう少し抑えた接し方をせねばいけません。特に萩原雪歩は男性恐怖症です。気をつけるよう・・・>葵トーリ」
萩原雪歩 「みんなを守ろうとする四条さんかっこいい・・・!!

・・・私はそんな狙われるほどじゃない、ひんそーですが・・っ///」
水橋P 「3トレース!」
ハッサム 「いや、拙者卵生でござるし…>トーリ」
3105GM 「よろしくお願いしましてよ?>レナさん」
水橋P 「2ドース!」
水橋P 「1ウーノ!」
水橋P 「開始するぜ!」
星井美希 「ポエムって難しいの…
デコちゃんにこの思いを伝えるにはどうしたらいいのかな?」
ゲーム開始:2012/06/18 (Mon) 22:43:48
出現役職:村人6 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆3105GM コイントスの結果
探偵は【ハッサム】さんですよ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆3105GM では【ハッサム】さんは指定よろしく
※ランダム権はないので注意

能力発動・噛みもそこは対象から外すようにお願いしますね。」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3105GM は無残な姿で発見されました
月の姫 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
3105GMさんの遺言 探偵村村アナウンス(桂ヒナギク 1.00)
                    __
                 _ - : : : : : : : :ー 、
                /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                / : : : : : : : : : : : /、_ヽ: : : : : :ヽ
               /: : : : : : : : : : : : /弌从l: 、 : i: : ヘ
            //: : : :/: : :i |: : l: :|     ヘ: !: :|: : : !
              /イ: : | i |: :| イ_|:l |:イ|- ´ `ート|: :|: : : :!
.            |' |: : |: l !:イ/|/|从|リ ィTtセァ:! :.|,、: |:.l
               | !: :ハ l | |ヤ孑ラ    之´j |l: :.|ソ.!:|: l
             | / !| ト! 弋タ      ̄ イ: !:|ノノ ヽ!
             |'  | |: ヘ    '、      |: !:|´: |: :|    探偵村なので、特殊ルールよ。
                   ,|: |:ト、   __    イ| |:.!: : i: :ハ
                    ||: |:|: : ヽ __ ‐´__|}|/ l: : : !: :ハ   はじめて参加するかたは一読お願いね。
                    ||: :!|-─イ´ ̄ ̄:::__ l| 人_:|: : ハ
                  /|: :l|   |, - 、:://: /   ク-、 ハ
                / | | : |   |-‐ -/  l: /  //´\l
.               /7  | ト、|、、  !  /  / / //l /  「i、
.              イ l ヽ .Y、ヽ!_\_| /__ r ソ彡 ´ / l   | iヽ
         / i !   ヽ! ヽ_了ー<´--―/  l    l   \
        /       |    jニニ/   ̄ ̄   l        \
       /          ィ´|   /  i|         ヽ            \

【具体的なルール】
 ・お姉ちゃん(GM)が初日の夜に共有から探偵を決めるわよ
  (よって初日夜の能力発動は探偵を発表するまで待ってね)。

【重要】※絶対に守ってください
 ・参加者は探偵の指定に従ってね。
 ・探偵を噛み対象にしてもだめよ。

【探偵の仕事】
 ・毎日自分以外の誰かを指定してね。指定がない場合探偵吊りになります。
 ・相方は死んだ時点で公表すること。公表しない場合は探偵にペナルティが発生するわよ。
それで村陣営を勝利に導いてね。

【その他】
 ・探偵の指定に反した投票は指定された人、及び、人外でPP出来る場合だけよ。
 ・間違えて投票しても、特にペナルティはないけど、意図的に行なっている人にはペナルティよっ。
 ・探偵がなんらかの原因で死亡した場合は、共有相方が探偵になるわ。(この場合、アナウンスあり)
 ・もし共有相方が生存していない場合は普通村よ。
 ・グレラン権なんてないわよ!
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
星井美希 「おはようなの!」
水瀬伊織 「ポケモンが探偵なんて・・・
人間がポケモンをパートナーにする時代は終わったのかもしれないわね」
信念の一振り 「ただ1匹の化外を殺す ただそれにだけ、我が命を賭す」
四条貴音 「おはようございます。
・・・萩原雪歩、良い和菓子が四条の家より送られました故お茶を淹れてはくれませんか?」
水橋P 「狂気の沙汰ほど面白い…zzz
これでこそ人狼だ…zzz
…もう朝か…」
ギャリー 「おはよう、占いはCOヨロシクね」
前原圭一 「みんな、おはようだぜ!
さぁさぁ部活「人狼」を始めようぜ!」
ハッサム 「探偵に就職したハッサムでござる
よろしくお願いするでござるよ」
双海真美 「おっはー。探偵は消毒だー!」
池田華菜 「華菜ちゃんは図太いんだ!
占いCO! 月の姫○だし!
葵トーリ 「おっぱいに貴賎なし!
貧乳の子でも巨乳の子でもおぱーいはおぱーいだ!
それに恥じる事なくもませてくれ!!(迫真>雪歩ちゃん
竜宮レナ 「はぅ~、おはよーなんだよっ! だよっ!」
水橋P 「初日から呪殺か…」
ギャリー 「とりあえずは3-1になれば楽といえば楽だけど」
水瀬伊織 「・・・呪殺!?」
信念の一振り 「ふむ 遅い」
水谷絵理 「ふふふ……おはようございます。
……死体があああああああ」
萩原雪歩 「おはようございますっ!
四条さん、男性が苦手な私の事も気遣って下さって
本当に素敵な方ですぅ・・・///

・・・で、ですが!そんな私の前にもう一人、
四条さんと瓜二つのお綺麗な方が!
わ・・・わたしはどうしたらー!?///」
池田華菜 「犯人は…探偵には近づかない!」
星井美希 「貴音の生き別れの双子が消えちゃったの」
ギャリー 「占い1りだけかしら」
ハッサム 「あと相方はちゃんと生存しているので心配しなくていいでござる」
前原圭一 「初日銃殺とはまぁ何と豪勢なスタートだな…
あ、もちろん役職はお仕事よろしく!」
ギャリー 「って、銃殺でてるのね…」
水谷絵理 「死体があるでぇぇぇぇぇ
これはあかんでぇぇぇぇぇ!死んでしまうでぇぇぇぇぇぇ!」
竜宮レナ 「わーい♪
池田ちゃん、麻雀だけじゃなくて占いも強いんだねー♪
じゃあ、霊能COするんだよっ」
葵トーリ 「という事でおっはよー!
俺、葵トーリはここにいるぜ!
…そういや気になったんだけどさ!ハッサムちんって女の子だったりするのん?>ハッサムちん」
ハッサム 「そして占いはよくやったでござる!」
水橋P 「そんじゃあ探偵のお仕事はよろしくな…zzz」
星井美希 「雪歩…貴音の双子のほうを埋めちゃったの?」
信念の一振り 「呪殺にしては、遅い が、特段偽を見る必要もなし
ならばこの遊戯、あまりにも、温いな」
ギャリー 「銃殺、でいいのよね?
死亡アイコン見慣れないもんだから」
水瀬伊織 「・・・遅かったけど、池田さんだけ。
これ狩人ゲーじゃないかしら・・・探偵の意味って何よ?」
ハッサム が「異議」を申し立てました
四条貴音 「霊能者、COいたします」
双海真美 「え……なにこれ……なにこれー!
探偵楽にしすぎじゃんよ! もっと試練あたえればいいのに!!」
ギャリー 「占いは1だけ、良い展開ね」
池田華菜 「……お、おう」
前原圭一 「ああ、真占い確定でいいなこれ
と、いうわけで霊能は…えっとこの場合はどーすっか」
萩原雪歩 「…って、ああっ!?月の姫さんがいなくなってしまいました!?
まるで・・・四条さんの美しき(ビューティフル)幻影(ミラージュ)のような方でしたね・・・」
ギャリー 「っと、霊能2COになってるわね」
ハッサム 「これでいいでござるか?>トーリ」
水谷絵理 「しかも占いが1人、やでぇ……
こ、これは……真確定村になってしもうたでぇぇぇぇぇぇ!」
水橋P 「それで霊能は2人ね…zzz」
ギャリー 「真ー真狂ってところかしら?」
葵トーリ 「おーっと銃殺発生…!
あぁ、貴重なおぱーいが一人消えてしまったぁってGMぅぅぅ俺の先生みたいなおぱーいだったのにぃぃぃぃ」
星井美希 「で、池田さんがホンモノでいいの
安心してデコちゃんとイチャイチャできるの」
ギャリー 「ま、狼交じりってことは早々無いでしょ」
竜宮レナ 「はぅ~……対抗さんが可愛い子だけど、すぐローラーとかつまんなぁい」
池田華菜 「対抗引っ張り出した方が楽しいかな…って…」
信念の一振り 「霊能者宣言が二つ おおよそ狂人が結果を割りに来たか?
狼ならば、あまりにも愚か 吊りきりで構わんよ」
前原圭一 「あ、これはいいな
狩人ゲーな以上保護できる展開は望ましいし」
水瀬伊織 「この展開で1-2なら霊能ロラしちゃいましょうよ」
四条貴音 「対抗が出ている・・・?

これは・・・ろぉらぁもやむなしかと存じまするが、如何か>ハッサム殿」
水谷絵理 「ひゃああああああ霊能が2人もいるぅぅぅぅぅ!
あかんでぇ!これは、しんでしまうでぇぇぇぇぇ!」
双海真美 「えーい、狼がいる村なんかにいられるか!
真美は一人で村から出ていってやるからな!!」
ギャリー 「霊能は無理に手をつけるところでもないわね
勿論、狩保護みるならって、指定展開だから無意味ねw」
星井美希 「レナと貴音が霊能?これはロラっていい感じだと思うな」
水瀬伊織 「対抗割ってもしかたないでしょ・・・>秋刀魚」
ハッサム 「ふむ、霊能は少しようすみでござる」
池田華菜 「どうせ指定ゲーだからグレー吊りでいいし!」
萩原雪歩 「あ、はいっお茶ですね、よろこんで!
和菓子も楽しみですぅ~♪
・・・って、霊能2の霊能さん・・・ということは
月の姫さんに続き、四条さんともお別れですかー!?うわーん!///>四条さん」
信念の一振り 「村がみるべきは 抜かれたところに対する村人の声と言った所か」
水谷絵理 「狩人保護のためにも占いは死ぬべきやでぇぇぇぇぇ!

……ひゅう」
葵トーリ 「んー?
あれ、霊能2でてるのかー。
両方女の子なのがめのほよう!でもローラーかな?


…(ぐっもみっハッサム」
竜宮レナ 「でもでも、ハッサムちゃんもすっごくかぁいいからがんばってほしいなー♪」
星井美希 「探偵の目を盗んで、デコちゃんと逃避行なの
逃避行って打とうとしたら豆腐って打ちそうになったの」
水橋P 「zzz…ちなみにハッサム…終わったらルカリオで突撃かますからな…zzz」
ギャリー 「16ってロラ余裕あるのかしら
ちょっとわかんないわね、ホント
あー、占い確定してる分、余裕あるのね」
ハッサム 「というわけで指定水瀬でござる」
前原圭一 「ただ吊りが減ってるんだよなぁ…そこんところもネックっちゃネックではある…か
でもローラーしときゃいいんじゃねってのが感想」
水瀬伊織 「1-2だけど真確定よ?
ロラでよくないかしら?」
双海真美 「銃殺で吊り減ってるのが悲しみなんだよねー」
竜宮レナ 「あと、魚さんもかぁいいよねー♪
えへへ、かぁいいだらけがいっぱいで嬉しいなー♪」
池田華菜 「いいところでござる!」
水瀬伊織 「CO無いわよ!」
ギャリー 「あ、銃殺で減ってるのね
人数が。で吊りも減ってるのか…」
水谷絵理 「占いやないでぇぇぇぇ!
霊能やでぇぇぇぇ……あ、あかん、死兆星が……」
水橋P 「…ローラーは後に持ち込むか?…zzz」
信念の一振り 「占い師の宣言が1つのみ ならばそれは、ある意味で
どれだけ役職に対して思考力を裂くかといった狼の戦い方でもある」
星井美希 「デコちゃんのお○こ、分け入ってみるの!」
ギャリー 「あ、霊能残すのね」
水瀬伊織 「まぁ私吊りならそれはそれで構わないわね」
双海真美 「占い吊り! そういうのもあるのか!>絵理」
四条貴音 「様子見?・・・こうなっては霊能者など形骸に過ぎないのではないでしょうか。何故ろぉらぁではないのか、理由をお教えください
>ハッサム殿」
星井美希 が「異議」を申し立てました
ギャリー 「霊能はロラも遅くすればするほど微妙ではあるけど」
星井美希 「えええええ!デコちゃん吊るなんてNOなの!」
水谷絵理 「え、そこつるのやめません
ほら……ねぇ?わかるでしょ……えへへへへ……>ハッサムさん」
萩原雪歩 「わ、わたしじゃないよ犯人は!>美希ちゃん
わたしだったらむしろ、四条さんを二人に挟まれたりとかって
シチュエーションをきっと望んだよ!!!」
水瀬伊織 「美希・・・・
早いけど、先に行くわね・・・」
竜宮レナ 「あれー?
吊らないのー?
えへへ、そっちの方がレナ嬉しいかな♪ かな♪」
双海真美 「最終日まで放置系だねぇ」
葵トーリ 「おー、ローラーしないのかー。
まぁ霊能真狂みて占い真確定してるなら吊りを2回使う事もねぇ!ってことかな!

まぁ普段から1-2の形って微妙だけど!」
ハッサム 「COが無いならそのままでいくでござるよー」
前原圭一 「ああ、もう霊真狂決め打ちして吊り温存するってことね
なかなかアグレッシブなことで」
水谷絵理 「水瀬さんってお金持ちだし……
そこつるといろいろこまるの、わかりますよねぇ……えへへへへ……ひゅう」
竜宮レナ 「だって、かぁいい子みーんなとずっといれれるもーん♪」
信念の一振り 「我は、すくなくとも盲信するつもりはない
というより、そんなことを考えるつもりははなからない
自分の意志で斬って、折れるまでよ」
ギャリー 「あーむせる」
星井美希 「そんな…デコちゃんがいないと、ミキはどうしたらいいの・・・」
ギャリー 「とりあえずは夜のうちに考えまとめたいわね」
葵トーリ 「俺は…君の事もかぁいいこだとおもってるぜー!>レナちゃん」
星井美希 「探偵の鬼! むー!!」
水瀬伊織 「美希、強く生きなさい。
まぁ占い生きてれば勝ちなんだけれど・・・」
水谷絵理 「そこつるなら……ほら、あの
あなたのポケモンに、ウイルス……おくっちゃいますよ……?」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆3105GM 指定【水瀬伊織】
あれ?みなせでいいよね・・?

☆おまけ(霊界より)
北方領土などの国家間の問題や
条例による都市間での問題
沙子の如く細かなものから
都市をも超える大きなものまで
子供の時分には、まこと途方もなきことでしたね。」
2 日目 (1 回目)
水橋P0 票投票先 →水瀬伊織
ハッサム1 票投票先 →水瀬伊織
水瀬伊織13 票投票先 →ハッサム
ギャリー0 票投票先 →水瀬伊織
竜宮レナ0 票投票先 →水瀬伊織
前原圭一0 票投票先 →水瀬伊織
双海真美0 票投票先 →水瀬伊織
星井美希0 票投票先 →水瀬伊織
四条貴音0 票投票先 →水瀬伊織
信念の一振り0 票投票先 →水瀬伊織
水谷絵理0 票投票先 →水瀬伊織
萩原雪歩0 票投票先 →水瀬伊織
池田華菜0 票投票先 →水瀬伊織
葵トーリ0 票投票先 →水瀬伊織
水瀬伊織 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
水橋P は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
水橋Pさんの遺言 ./:::.:.:.:.::.::::_:∨ {┤ | 、 ;  ハ 
{:.:::.:.:.:::/::::::∨ ヘ'、 }:、 }  ;  |
;:.::.::.:./:::::::::::::::\ハ ヽト、ヾ  , -┴ 、   | l | |li| |l | ||i| l ||i || |l ||i
;:.:.:::_.、-‐rッ  ̄ \ フ´| /__:::::::} 二                     三
  |::: ̄:::::ー─‐  ´ . :.:.:| |::__.:::}.::/ 三 オレはいつでも死んでやる…!  ニ
  |::::::::::::::.:        .:.:.:l |::_::V.::/  二                     三
  |:::::.::::::::.:      .:.:.:.l レ:::Y::/  三      綺麗に……!       二
  |::.:.:::::::.:      . :.:.:.l |__/:/   ニ                     三
  |::::.::.:.:      . :.:.:.ハ|__ノ_     l| l ||i || l ||i || l ||i || l ||i |
  |:.:::.}      . :.:.:.:/ ノ/三 \
、_ノ'"´       . .:.:.:イ /三三三ヽ_
──────'.:.:.::/f| /三三三三 {三≧= __
___   ..:.:.:.:.:/.::{レ三三三三三;三三三三三≧= 、_
圭三´ . .:.::.:.:.:/.:::::::.l三三三三三三,三三三三三三三三
  . .:.:.:.:.:.:./.:::::::::.: :|三三三三三三!三三三三三三三三
 . ..:.:.:.:.:/.::::::::::::. :. :|三三三三三三;三三三三三三三三
※AAはイメージです中の人はあんな天才的な麻雀は打てません
水瀬伊織さんの遺言 探偵は・・・この私よ!!
多分ね!!
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
竜宮レナ 「レナが霊能COだよっ! だよっ!
水瀬伊織さんは○みたいだってー♪」
四条貴音 「おはようございます。さて、霊能者COですが水瀬伊織は○でした。」
前原圭一 「みんな、おはようだぜ!
さぁさぁ今日も部活「人狼」を始めようぜ!」
信念の一振り 「役を見るならギャリー、葵トーリでも占うといい
そこが村ならよし、そうでないのならば
最後の一人をするべきであろう狼である位置だ

他は知らんな 大概だ 我は少なくとも
そこ二人をどうにかしない限り考えを変えるつもりはない」
ギャリー 「んーと、この構成なら占いは真で確定ね
で、霊能は真狂ってパターンだから
狩人抜かれるかどうかの戦いだけど…
まぁ方針は探偵さんまかせね。
アタシとしては占いの結果隠しまで想定、で、指定を少し早めに前倒しにする
ってーところなんだけど…」
双海真美 「わっほー」
星井美希 「おはようなの」
水谷絵理 「ふふふ……おはようございます……ひゅう」
池田華菜 「○も出す? 出した方が好き?」
萩原雪歩 「おはようございますっ!
昨日見落としてましたが///
私のひんそーなのなんて揉んでも楽しくないですよ・・・っ>葵トーリさん

そ、それに・・・私の胸は四条さん専y(ry///」
ギャリー 「まぁ、とにかくは占い軸で展開の
霊は最終日まで手をつけない方針までは理解したわ」
ハッサム 「いや、出さなくていいでござる>池田」
双海真美 「いおりんたぶん確定○吊りマジサイコー!」
四条貴音 「私の所見を申しますれば・・・

真狂だろうから残す、はNGですよ?
それで狼だったという事例や本当に真狂であった場合最終日反逆で終わった事例など、探偵村ではおおいにありますが故。
……私が言う事では無いやもしれませぬが、どうかご一考を・・・納得しきれません」
竜宮レナ 「水瀬伊織さんの遺言 探偵は・・・この私よ!!
多分ね!!

大変!
いきなり探偵が!
……って、あれ? じゃあハッサムさんは……?」
信念の一振り 「出さんで良い」
水谷絵理 「ああああああやっぱりぃぃぃぃぃ
なんでそこをつったんですかぁぁぁぁぁ!>探偵」
星井美希 「デコちゃん、真っ白だったの
分け入っても分け入っても白いお○こ なの」
池田華菜 「遺言ないから一応ね!」
ギャリー 「っで、占いってダレだったかしら…」
前原圭一 「指定があるから指定先が○だったら出した方がいいんじゃね?>池田
狩人死んでると思ってるなら出すべきだが」
四条貴音 「は、萩原雪歩・・・いきなりなぬを、もとい何を申しているのか・・・!///」
竜宮レナ 「……って冗談は置いておいて、水橋さんって男なのかな? 女なのかな?」
萩原雪歩 「と、妄想はさて置きまして!
昨日、霊能2で霊能吊りにいかなかったのは不思議ですね・・・
ただ超個人的には、四条さんと一緒にいられる時間が増えた訳で
とっても嬉しくはあるのですけど・・・うぅ///」
ギャリー 「あ、いたいた
死んでたかと思ったじゃない」
双海真美 「○抱えて探偵死亡だね!
マミわくわくしてきたぞ!」
水谷絵理 「これは、これはあかんでぇぇぇぇ
ロジック・エリーシステムの構築が間に合わなくなるでぇぇぇぇ!」
葵トーリ 「◇双海真美(91)「最終日まで放置系だねぇ」
何かこの発言見て霊能吊ろうぜ!っておもってきた感。

おはよう!葵とーりはここにいるぜ!」
池田華菜 「はーい! はーい!>ギャリー」
ハッサム 「あー、そうだったでござるな>遺言が無い
だったら○を言って欲しいでござる」
信念の一振り 「四条 おおよそ狂人 少なくとも狼はないとみる
少なくとも狼は噛まん 」
星井美希 「ああ、そういうやり方もあるんだね
指定してからの占いCO」
ギャリー 「結果隠しがまぁ、ガチでいくなら強いわよね
で、その場合は指定をやや早めにしないとダメよ」
竜宮レナ 「◇ギャリー 「っで、占いってダレだったかしら…」
かぁいい池田ちゃんだよー♪」
四条貴音 「白でも出してください。ここで結果隠しなど無為です」
水谷絵理 「とにかく、結果はないといかんでぇぇぇぇ!」
ギャリー 「あ、わかったわ
そして遺言が無い事をまた忘れていたわねww」
前原圭一 「そういう時のための仮指定でしょ>ギャリー
探偵に負担はかかるけど」
池田華菜 「りょーかーい、双海真美○だしー」
ギャリー 「ついつい、遺言前提で考えちゃうわね」
星井美希 「探偵が仮指定してから占い結果出していいんじゃないかな?」
双海真美 「決定権は探偵と占いにあるのさ……
マミ的にはもっとハッスルしたらいいじゃーんてか」
信念の一振り 「どうしたものか あまりにも、臭う
切り捨てるべきなのか 否か」
ハッサム 「あー、仮指定前原」
葵トーリ 「おや?○隠し?って感じだけど。
まぁ明日までならいいんじゃないかなー、狼なら恐らく2回はチャレしてくるだろうから。
遺言ないのネックだけどタイミングとかもあるだろうし大丈夫じゃね?と雑感!>いけだぁ!」
竜宮レナ 「同じくだよっ。
インターフェイスの違いにレナはちょっと戸惑ってますとレナはレナは恥じてみたり」
水谷絵理 「ふふ……ふふふふふふ……いい○出し……です!>占いさん」
ギャリー 「いや、結果出すなら仮指定の前後とか意味が無いわよ>星井ちゃん」
双海真美 「ぐあああ、伏せておいてよ!
マミがバン・トーじゃん!?」
竜宮レナ 「け、圭一くぅうううううううううううんっ!!?」
萩原雪歩 「あうあう・・・(照)

えっと、四条さんの霊能に関する御意見もよくわかりますし、すごく村のためを思った意見だと思います。
でも、探偵さんには何か深い考えがあるのかもしれません
今は、探偵さんにお任せしましょうっ」
双海真美 「あ、タイプミスったw」
竜宮レナ 「……ならいいやー♪ ばいばーい♪」
ハッサム 「COあるならどーぞ」
池田華菜 「おべんとお待ち!!>真美」
前原圭一 「ん、俺指定?
信念の一振り 「ふむ? そこも確かに反応は少しばかり気にかけていたが
まぁ、構わんよ」
ギャリー 「んー、単純に一振りさんは気になるけど
なんなのかしらねぇ、占いに対する初日の態度とか引っかかったわよ?」
前原圭一 「ま、COなし
星井美希 「銃殺は出たわけだし、占いの真が確定してるなら
仮指定→占いCO→本指定って流れでもいいかも」
水谷絵理 「前原さん……ふふふ……いい、いい指定ですよ……!
それはいい指定です……!」
四条貴音 「私は潜伏にメリットを感じ無いだけなので。邪魔と思うのならばすぐにお切捨てくださいませ>秋刀魚」
ハッサム 「では改めて指定前原」
葵トーリ 「おや、真美ちゃん○かー。
昨日の段階であれ言えるってのは割と評価できるしおっけー!

まぁぎゃりーあたり占って欲しいなぁとおもったりおもわなかったり!」
萩原雪歩 「あ、白を隠すのは良くないですね
そうです、遺言もないですし、最悪占い明日噛まれる可能性もゼロではないですから・・・
結果発表はおねがいします」
竜宮レナ 「圭一君を生贄に、霊界のさとこちゃんをしょうかんっ!!」
信念の一振り 「どうしたものか 消していくのならばギャリー狼はなさそうだが、はて」
星井美希 「真美は川相さんなの?キッチリ送るの?」
ハッサム 「あと各自灰をよく見ておくように」
ギャリー 「ま、指定に云々言うほど前原さんは見てないわねぇ
村にって意味でもなにかにってわけでも」
水谷絵理 「やからこれでまずは狩人さんつらなきゃ……えへへ……ひゅう
問題ないでぇ……」
信念の一振り 「個人的に信用はしているから安心せい 別にだからといった話だがな>四条」
池田華菜 「霊能残すならグレー大概死んじゃうし、適当だよ!」
葵トーリ 「やべぇ!だんだん真面目になってきておっぱい分がねぇ!
誰かもませてくれ!しにそうだ!」
四条貴音 「・・・そう、ですね・・・理由をお教えいただけない事だけが解せませぬが・・・今は抑えると致しましょう>萩原雪歩」
双海真美 「人生送りバントなんてまっぴらだよ!」
信念の一振り 「ふむ 水谷か」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆3105GM 指定【前原圭一】

おまけ
水橋P「俺はガンダムだ」
じゃなくて、「俺は男だ」らしいです。」
3 日目 (1 回目)
ハッサム0 票投票先 →前原圭一
ギャリー0 票投票先 →前原圭一
竜宮レナ0 票投票先 →前原圭一
前原圭一11 票投票先 →水谷絵理
双海真美0 票投票先 →前原圭一
星井美希0 票投票先 →前原圭一
四条貴音0 票投票先 →前原圭一
信念の一振り0 票投票先 →前原圭一
水谷絵理1 票投票先 →前原圭一
萩原雪歩0 票投票先 →前原圭一
池田華菜0 票投票先 →前原圭一
葵トーリ0 票投票先 →前原圭一
前原圭一 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
池田華菜 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
池田華菜さんの遺言                 \\         }:i.       ,.ィ      / ,     /
                 \\     {::',     __//      / ./.     /'
                  {:::::\__ }::::个=::⌒:::::::`丶_,ィ/:{//    /, '
                 _ Y:::::::::, -¬:':::'´..{:::{..............ミ::::::/{::::::::/  /..:::} ,
                   ゞ,:::::ハ::::,'........._;:::.........ヾ.r:::⌒...Y::::{......コ...L__/.....:::;≠
     _                |:ハ:V::::{....._/::l............c..ヽレ_.......}:::::::::::::r-、::::......::/
     `ー'´      _    i::,...:::::::レ'ハ:::::{................................j::,'⌒ヾ...............ヾハ
          ゞ' ト -  ___{:::::::::::::,'....ゞ、...................::::::::::::::::ヾ.....<>................}:::i          _
.                ` <:::.....::::::::::::{.........................ロ................./7.........。........}ハ.::::::¬i '⌒_,. -,   ゞ- '
                 `Y::',::ハ::ヾ.........〈〉.....マ.r-、...j7...........................,:':::::::::::::::::::::::> ' ´
            _,. -=ニ::´:::....ヾ..ヾ.........................ゝ.'....^..........r Z..........::::::,ハ::::::::r ' ´
     z─==二:::::::_::::..i::::{..............................,.::=--、..........................................}:::::r=ミ::::::、
                {:::ヘ、.........`.....,::...i::'..........................、..........................j::::::}   `丶\
                   ゞ:::::::::.....:::::r'......{:...............゚.....b......ヾ::::..............::::..::::リ      ゙ \
              ,.r≦:::'..ヘ::.....{::ト、........................................ノ:::::::::::::::ィ::::::::::ヘ、      丶
           _    ̄フ:::::::>'Y..:::::ヘ、ヽ................::.........../::L........::::::ソー-=:::\
.            ゞ'  />'´ /::::__ンi::::::__厶、::ハ:::::::-:::'::〃....::::::::ノ.       ` \
      r¬      / '´  //   /:/    }:.....〉_:::::rへ::......}::|ヾ',          ` r-、
.       ̄   /   //     /      j:レ,' }::i   ヽ::::∧ ヾ           ⌒  、
                          |::::/  |::{    \:ヽ
前原圭一さんの遺言 羽入「……全身ーー。 嘘です。 では、あなたの目は? 口は? 耳は? そして頭と、心は?」
「まだ動いているではありませんか。 それに、その赤い血は今も、あなたの全身を駆け巡っていないのですか?」

圭一「ーーーそ、それは……ッ!」

羽入「それが動いているのは、あなたの意志の力。 生きたいと願い、誰かを守りたいと願う、優しくて尊い魂の導き」
「ならば、強く願え。 もっと強く、猛々しく、目の前の敵を倒し、大切な人を守りたいと、その五臓六腑と手足、指の先にまで命令しろ!」
「運命など幻想、神の力など無力!」
「サイコロの目を決めるのは天でも、神でも、ましてや偶然でもない!」
「それはあなたの意志、全てを打ち貫こうとする、誰にも負けない意志の力ッッ!!」

圭一「ぐ………ぐぅおぉぉおぉッッッ………!!」

羽入「前原圭一。 誰よりも罪深く、そしてそれゆえに高潔で優しさを貫こうと志す強き心の人よ!」
「岐路は全て用意した、しかしそれを乗り越え壁を打ち破ったのはお前の力だ!」
「負けるな! 立て! 立ち上がれッ! そして運命が人の意志よりも脆くて儚いことを、この私に見せてみろぉぉおぉッッッ!!!」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
ギャリー 「私は一振りさんがきになってしょうがないのよね、この人は初日の展開でやたら疑いっぽかったし。
まぁそれが村らしいって言う人もいるかもしれないんだけど
なんか疑いまくってるって感じが凄くてね
共有相方がここだったらとんだピエロだけど
明日は生きてたら別のところ見るわね」
四条貴音 「霊能者、CO致します。前原圭一は○でした。」
竜宮レナ 「レナが霊能COだよっ! だよっ!
圭一君は●みたいだってー♪」
信念の一振り 「前原に役を見ていた 少なからず我の半身はそう告げた
それだけのこと、という訳ではない
だが、霊能吊り切りを言うでもなく狩人に期待する水谷に
我はあまり心地の良いものを感じぬ
できるのならば、吊りたい

しかし、探偵はどうにも役職者と見受けられるもの
強弁所を吊りきるのを旨としているように思われる
ならば、前述したように葵トーリを吊りたい
無論、そうでないのならばギャリーも含める」
双海真美 「ごまえー」
水谷絵理 「ふふふ……おはようございます……
いい朝がきましたね……?」
ハッサム 「あー、フラグでござったか・・・>水橋狩人」
星井美希 「おはようなの」
萩原雪歩 「おはようございますっ!

◇四条貴音(22) 「は、萩原雪歩・・・いきなりなぬを、もとい何を申しているのか・・・!///」

四条さんが噛んじゃってる・・・!?
かわいいです・・・ふふ///」
ギャリー 「あ、抜かれてるのね」
水谷絵理 「ふふふ……割れてる……割れてるでぇ……!」
ギャリー 「で、霊能割れると」
星井美希 「霊能が割れたの
デコちゃんのお○こみたいにパックリ割れたの」
竜宮レナ 「圭一君……(メラ
そして池田ちゃん;;
ひどいよー……」
葵トーリ 「雪歩-ギャリー-一振りが最終日残し位置or占い位置って感じかね。
貴音ちんは割と何をめざしてるのかわからない印象!

おっはよー!誰か夜の間にもませてくれるって考えた子いるー!?」
信念の一振り 「ふむ やはり悪い感は当たるというのは誠だな」
萩原雪歩 「・・・な、なんてことでしょう
こんなに早く、占いさんが抜かれてしまうなんて・・・」
水谷絵理 「池田ァ……あかん、狩人がいないでぇ!」
星井美希 「あすみんがアイマスのアニメについて熱く語りはじめたの」
双海真美 「おい! 占い噛まれたら真美が次に噛まれるぢゃん!?」
ギャリー 「割れたからって攣ってる場合じゃないわねコレは
占い抜かれたなら真いるだろう霊を狂ごとロラってのもナンセンスな気がするけど…」
四条貴音 「ふむ・・・割りにきましたか。こうなるから初日ろぉらぁしておいてほしかったのですが・・・」
星井美希 「で、池田さんが噛まれたの
この時点で狩人がいないとか、悲しすぎるの」
葵トーリ 「ほーん、霊能割れるんだ。
まぁ前原んはどっちつかずって位置だったし判断しづらいけど。」
ギャリー 「まぁ、そこは本人のセンスだけの話だけどね」
双海真美 「吊り4で灰6か~ きびちいねぇ」
水谷絵理 「こうなると、霊能はいてもしかたないでぇ!
吊ろう!吊るべきや!そないにせんとあかん!しんでまうでぇぇぇぇぇぇ!」
ハッサム 「あー、狩人は生きていたら出てこなくていいでござるが双海護衛で
あと指定星井」
葵トーリ 「…って池田ァ!?」
信念の一振り 「さてと、この噛みならば 葵を吊りたい
無論、霊をひき潰すのも構わん
むしろ占い師が抜けた今、それらは不安要素だとも思う」
双海真美 「ミキミキ~、真美と一緒に霊界行こうよぅ」
ギャリー 「もちろん、霊だって真狼 真狂 狂狼パターンはあるっちゃあるけど…
特に最後は議論するのもなぁっておもうわね」
竜宮レナ 「ここで対抗割ってくるんだ。
へぇーって感じ。
とりあえず、狼は薄いかなって程度かなー」
四条貴音 「騙っているほうは十中八九狂人だから残しはナンセンスではないか、とも思うのですが・・・
いえ、これは言ってもせんなきことでしょうか」
星井美希 「やよいたんはぁはぁしてるの」
双海真美 「さっすがぁ、探偵は話がわかるッ!」
水谷絵理 「ふふふ……指定が……入りましたね?」
信念の一振り 「霊能を残すのならば狼をその前に斬り捨てる
霊能を残さないのならば、残ったもので選ぶ それだけだ」
ギャリー 「あくまで、私の感性では、ってところね>四条
そのあたりの感覚の違いのすり合わせも人狼の妙よ」
星井美希 「ミキ指定は納得の流れなの
デコちゃん吊った勢いで昨日吊りに来るかと思ったけど、違ったの」
水谷絵理 「だけどあかんでぇぇぇぇぇ!
そこを吊るとあとでメガネが……メガネがこわいでぇぇぇぇぇ!」
ギャリー 「んー、一振りさんには手を付けてくれないと
とすると別のところ見たほうが建設的ね」
双海真美 「霊能もう真狂決め打ちで最後まで放置でいいぢゃん?
LWにしときゃー 真狂共狼で引き分けはもらえるわけだしさ」
葵トーリ 「やべ、今日は抜いてこねぇと思って油断してた。

えーと、ハッサム-共有相方-まみが確定○か。
吊りは後3だっけか?」
星井美希 「ミキ吊ったあとの、霊能の結果がミモノだよね」
水谷絵理 「ああ・・・・・メガネ、メガネ怖いメガネ怖いメガネ怖い」
信念の一振り 「狼候補を切り殺す ならばあまり女子供に手をかける気にはならん」
萩原雪歩 「そうですね・・・私、実は霊能さんの片方(特にレナさん)が
共有って可能性もあるのかなって思ってて・・・
でも、今日も撤回無しで割ってる所から見て、それもないのかな・・・
狩人さん吊ってたりしたら最悪ですが・・・指定がうまくいくことを祈るしかないかもですね・・・>四条さん」
四条貴音 「正直ここで狂人だからと両方残しても村は混乱するのみではないかと思うのですが・・・
私が村なら何があってもろぉらぁ主張いたしますし>ギャリー殿」
ギャリー 「両方から●がでてくれたら人安心だけど・・・」
竜宮レナ 「対抗狂人なら、それまでに狼吊りきればいいんだよっ。
こっからロラとか健全じゃないし。
占いぬかれて吊り数ピンチなのにそれはないよ。」
ハッサム 「後各自灰で残したい人を決めておくように」
ギャリー 「残す人?」
星井美希 「絵理がひとりで何かと戦ってるの
雪歩、埋めといたほうがいいと思うの」
双海真美 「霊能共有! そういうのもあるのか!」
ギャリー 「まぁ消去法でいいなら残せるけど…」
四条貴音 「シンプルでないと辛いというのが正直な感想ですね・・・」
星井美希 「両方●が出たら、霊能は両偽なの>ギャリー」
萩原雪歩 「いおみきちゃん達、おつかれさまですぅ・・・」
竜宮レナ 「対抗は吊り数わかって言ってるのかな?
レナ視点はロラっても余裕あるけど」
信念の一振り 「我は半身を残してくれるのならばそれで戦場の鬼となって見せる」
ギャリー 「そういう方法ってやったことないのよねぇ
期待しないでちょうだいな」
水谷絵理 「ふふふ……それをして……それがどれくらい意味があるのでしょうか……?
まぁいいでしょう……ふふふへへへ……明日までに……結論を……ひゅう」
四条貴音 「残したい人・・・ですか。・・・私の言う事は片っ端から無視、なのですね・・・」
ギャリー 「あー一個ずつって事よw>星ちゃん」
信念の一振り 「どうにも、手が足りぬか」
萩原雪歩 「絵理ちゃん!?
あうあう・・・ど、どうしよう///」
双海真美 「んー、噛まれるぐらいなら狂人COしとく」
星井美希 「それじゃ、ミキはデコちゃんとちゅっちゅしにいくね
あとはがんばってなの」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆3105GM 指定【星井美希】

水橋Pが眠っているので落書きしてくれる人募集なう」
4 日目 (1 回目)
ハッサム0 票投票先 →星井美希
ギャリー0 票投票先 →星井美希
竜宮レナ0 票投票先 →星井美希
双海真美1 票投票先 →星井美希
星井美希9 票投票先 →双海真美
四条貴音0 票投票先 →星井美希
信念の一振り0 票投票先 →星井美希
水谷絵理0 票投票先 →星井美希
萩原雪歩0 票投票先 →星井美希
葵トーリ0 票投票先 →星井美希
星井美希 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
双海真美 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
星井美希さんの遺言                 ,r‐‐‐‐‐" _,,._`---〉'"-ヽ
             __//彡ミ"ヽ,r' ,,.-''ノ'>v',,.r'ヾヾ 、__
            /_r"''(ミ( _,,i /ヾ三ノ | r )i,} _}-、丶
           ./ '〆〉ヽ- >_ノ:::゛゛::::'‐‐‐":::::,,,__i ',_)~)',
           /  /-'彡':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゛'‐‐|..丶"',
          /  /7"::::::::::::/|:::: ,:::::::ヽ:::::::',::::::::::::::::::::ト、  ',
          /   i/|::::::::::// ',:::::ヽ:::\ヽ:::ヽ、::::::ヽ:::|: ',   ',
         /   .i:|:|:::::::/|!   \:::',\::ヽ',:::| ',ヘ::::|:::|: ::',   ',
         /   | |:|:::::::|,,..-‐'''"''‐ヾ,,_ ゛'‐ヘ| .', |::::|:::|: i :i   ',
        /    ノ i,:|:::::',|     _    ._    |::/ |ノ|::|    ',
       i   /:ノ:.|ヾヽ', ==‐'"     "''=="フノ|: :ノ-..,,_  ',
       /   " ̄/: :|弋 ',゛:::::::::        :::::::'"7ソ,'|: ヽ`""   ',
      /    // |:::::ヾ',      '      /_ノ::|: ヾ|_ヽ    .',
     /  _,,.-"'/: : ::|:::::::::::'.,     r,     /::::::::::|: : ::iヽ:''._    ',
    /      /: : /::|::::::::::::::\       ,,.-'::::::::::::::|: :ヽ| ', "'    ',
    /     .///: ::|:::::::|::::',:::::::i゛-. ,,__. -'"|:::::::::::::::::: |: : \',',      ',
   /i     // /: ::/|::|::::ト、:',,.-ト`i'"`"'i"_,,|.,,_/::::::|::::i|: : ::|: ',ヽ      '.,
   / |    .// / / |',:', :', ゛'-- ゛'`-.-'   /::::::/::/|_,,.-|: : ',       ',
  /  |    / /,'..-‐'" ',:''|i,',..,,__‐- 、.r‐''"/':::/// ゛‐-|..,,,,_',       ',
 /  .|     ./ i ',   '.||,, '‐-.,-‐' ..┬‐-ノ>¬、.'/i|   |  ノ.',       ',
/   i     /: :| _i   _..-- Y1ヽ - `' ,,_i ―ーユ ,,`-i ./ λ__  ',     _,,..-'
゛''-.,/,_________,/,..-i‐'".,,, -冖 .. 、ィx コ-:‐r" 、 - .._  '''`丶     .|:',゛:'','''゛゛ ̄ |
  /     ./:::::/| . -,' `'l゛ ン .. マン'<ゝ Tj 'べ _- "ゝ、  ..|::::',::::i    .|
 ./     /:::::/:::i ../´゛  ゙゙  「 <|'‐'' '| ナ│`ー-―  」' 、 ....i::ヽ:::::|     ',
../      ,i:::::/::::::i..:ニュ'、,⊂ 弋‐-v ノ",l ´ -,, ゞ 、 7--′ .i::::::',',::|      ',
/      |::::/|:::::::i .lハ"、\ ''くニ''ニ..-< i ../- ''、〈 l│   .i.::::::::i ',|,     ',
双海真美さんの遺言    小 72    /                                      _ノ
   学 cm    L_                                     )   72 え
   生 が    /     ‐ 、   ___             ____  、 ‐    ヽ  cm  |
   ま 許    /    ィ´   ○'        `ヽ、        /     ○   `ィ  i  !?  マ
.   で さ    l    /   ,○ ./!  !  \  \     ./!  !  \. ○,   ゙i  く    ジ
   だ れ   i      |,イ /// /  ヽ ヘ ヽ ハ ヽ. ハ    /// /  ヽ ヘ  ゙i ゙i゙i゙i\ト,|   厶,
   よ る   l      ヽi [ [ ! ⌒  ヽ ⌒\ ] ]  ]   [ [ ! ⌒  ヽ ⌒\ ] ]]      ヽ
   ね の   _ゝ       ∨ { r=z   r=z レi|、 !   ∨ [ r=z   r=z レi|、 !      レ、⌒Y⌒ヽ
    l は  「         Xl⊃  r―ィ ⊂⊃ノXノ    Xl⊃  r―ィ ⊂⊃ノXノ
         ヽ      /⌒ヽ ヘ   ヽ ノ   j /⌒! /⌒ヽ ヘ   ヽ ノ   j /⌒!  
 -┐    ,√      \  \>, 、 __ , イ /  /  \  \>, 、 __ , イ /  /
   レ'⌒ヽ/ !          \/ ∠7―ヽヘ[ヘ、__∧   \/ ∠7―ヽヘ[ヘ、__∧
        人_,、ノL_,iノ!                  「   真  /    
              /                  ノ 小 美 [  / 
        ハ キ  [  /                 ) さ た ヽ/  
        ハ ャ   ヽ/                く   |  ち   > 
        ハ ハ    >               !   い よ  /  
        ハ ハ   /                ノ     り  [   

朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
水谷絵理 「ふふ……ふふふふふ……
最終日……見えました。
萩原さんと、一振りさん……それに、私、ですね……
それ以外をつっていけば、問題ないでぇ……」
竜宮レナ 「レナが霊能COだよっ! だよっ!
星井美希さんは○みたいだってー♪」
ギャリー 「残したいところ一人、っていうなら四条ちゃんかしら
意見が結構違うから、みやすくもあるし、こういうところと議論するのが妙だものね
安定してるってのもあるし。

水谷、雪歩あたりから共有が出てくれるとたすかるんだけどなーってところかしら?
そういえば相方さんって伏せないとダメだっけ
まぁ指定するのが探偵さんなんだからいらないのね、忘れてたわw」
四条貴音 「霊能者、CO致します。星井美希は○でした。」
信念の一振り 「残すところと聞かれると、いささか悩むものではある
どうしたものか ギャリーも少しばかり不穏ではある
が、お互いにお互いの探り合いをしている
ならば、そこで構わん
殺し合いと言うのは、平等でなければならない
すくなくとも、誰かにとって利があってはいけない
それは我にこびり付く血糊の様に我を鈍らせる
殺し合うのならば、ギャリーが良い
そうであってほしいと願うばかり」
水谷絵理 「ひゃああああああああ!狩人はもうおらんでぇ!
絶望やでぇ……!」
萩原雪歩 「おはようございますっ!

◇双海真美(68) 「んー、噛まれるぐらいなら狂人COしとく」

そ、そこが狂人さん、なのですか・・・!?」
葵トーリ 「◇双海真美 「んー、噛まれるぐらいなら狂人COしとく」
………えーとだな、うん。今日たかねちんから○出たら狼全残り線になるんだが。
しかも霊能混じりの。
おはよう」
ハッサム 「あー、相方が噛まれた」
竜宮レナ 「えーーーーー
昨日の狂人COでえーってなったけど、さらにえーーー」
水谷絵理 「そして四条さん視点が、もうノーミス段階に入ってるでぇ……」
四条貴音 「くぅ、重力で出遅れました・・・!」
ギャリー 「一振りさんはノータッチで
昨日の様子見ると最後までって感じになりそうだしね
それまでにどっちか噛まれれば楽だけどねw」
ギャリー 「あ、そこが相方さんだったのね」
ギャリー 「じゃぁ一振りさんは共有じゃないんじゃないの…」
水谷絵理 「狂人を騙る共有……さすが、やでぇ……」
竜宮レナ 「え、どういうことかな? かな?>ハッサムさん」
葵トーリ 「相方だったのん(´・ω・`)
いや、安心したwwww」
四条貴音 「もうノーミスですね・・・完全に。」
ハッサム 「じゃあ指定雪歩」
萩原雪歩 「あ、そうだったんですね・・・狂人COの共有さんだったのですね

それじゃあ、確実に霊能に1人、狼さんがいることになりますね・・・」
水谷絵理 「ふふ…・・・・ふふふ……」
四条貴音 「狂人を騙る共有・・・?!面妖な・・・」
ギャリー 「なんか残したいところって言う割にはあんまり聞かない感じなのかしら」
ギャリー 「いや、釣りたくないわけでなしだけどさ」
四条貴音 「萩原雪歩を指定・・・?!」
竜宮レナ 「あー……対抗狼かと思ったらそういうことなんだぁ
びっくりしちゃった~」
信念の一振り 「やはり、狂人ではなかったか そんな馬鹿な真似をする狂人でなくてなにより
しかしこれで狼視点、霊能に狼がいないことは分かった
共有は英断を感謝する 心より、感謝する」
萩原雪歩 が「異議」を申し立てました
萩原雪歩 「さすがにそれはありません
確実に狼1いる霊能を吊るべきです!>ハッサム」
水谷絵理 「あかんでぇぇぇぇぇ!
そこを指定するとか、サイネリアのバチがあたるでぇぇぇぇぇ!>探偵」
ギャリー 「んー、そういやぁトーリって無風よね?」
信念の一振り 「なにを言っている?」
ギャリー 「いうほどなんかつつかれて無いでしょう?」
ハッサム 「なぜ霊能に混じっていると思ったのだ?」
水谷絵理 「……あれ?
なんで、萩原さんは、そこが狼がいると、しってるんやでぇ?」
萩原雪歩 「・・・あれ、違うか、狂人COは共有さんだったんだから
確実でもないのかな・・・
あうう・・・すみません・・・」
四条貴音 「萩原雪歩・・・何故、確実に狼1がいると言えるのですか?

狂人COは・・・共有だったのですよ?」
竜宮レナ 「◇萩原雪歩 「さすがにそれはありません
確実に狼1いる霊能を吊るべきです!>ハッサム」

え? 共有の話見てないのかな?
まみさん相方だって言ってるじゃない」
信念の一振り 「狼が狂人を宣言したものを食う理由を考えろ
真狼で狂人宣言者を食うという場合に想定させたい
しかしそうではないから食らったのだ
ならばどう考えても真狂だ」
ギャリー 「いやぁ、やっぱり遺言先ずみちゃうわよねw
そこでCOないしってなっちゃうw
わかるわーww」
四条貴音 「把握ミスですか。・・・強く言ってしまい申し訳ありません(撫で)」
萩原雪歩 「ごめん、狂人COした共有さんと、霊能残しって展開が
レアケースすぎて混乱しちゃった・・・>絵理ちゃん」
水谷絵理 「それは、それはおかしいでぇぇぇぇぇ!
ここで内訳がわかるのは、狼だけやでぇぇぇぇぇぇ!」
葵トーリ 「いや、共有が狂人騙ってただけなんだけどんー>雪歩

…まぁノ―ミスには変わりないけどな、たかねちん真の場合」
ギャリー 「霊能のこしってそんなにレアなのかしら?」
竜宮レナ 「四条さん対抗だけどかぁいいー♪(なでなで」
ハッサム 「まあ、ここで外れたのなら私の負けさ>四条が真なら」
信念の一振り 「水谷 葵 ギャリー 」
ギャリー 「1-2で占い抜かれた場合は
真混じり強い霊をある程度の軸に…あぁ、第サン陣営ここって狐だけだからか」
竜宮レナ 「ゆきほちゃんもかぁいいから、まとめておっもちかえりー♪」
水谷絵理 「だけどお茶目な萩原さんやでぇ
あかん、ここ残してほか吊ろりましょうやぁ、そうしましょうやぁ……」
ギャリー 「地元基準過ぎる考えなのねコレ」
四条貴音 「レアというかメリットを感じ無い展開です>ギャリー殿」
萩原雪歩 「四条さん・・・指定されちゃって私、無力な自分がくやしいです・・・
どうにかできたらよかったんですけど・・・

・・・あの、最後に私、あなたのことが・・・・・」
信念の一振り 「それ以外に狼が居たのならば 我は、誰に許しを乞えばいい」
葵トーリ 「まぁ2残してやるならレアなんでない?>ギャリー

でも割と今の失言であんたと雪歩で」
四条貴音 「な、何をするのですか!?>竜宮レナ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆3105GM 指定【荻原・・・じゃなくて萩原雪歩】

ふれふれ頑張れ千葉ロッテ
ふれふれ頑張れマリーンズ!
http://www.youtube.com/watch?v=VIwQbNAJXEI」
5 日目 (1 回目)
ハッサム0 票投票先 →萩原雪歩
ギャリー0 票投票先 →萩原雪歩
竜宮レナ0 票投票先 →萩原雪歩
四条貴音0 票投票先 →萩原雪歩
信念の一振り0 票投票先 →萩原雪歩
水谷絵理1 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩7 票投票先 →水谷絵理
葵トーリ0 票投票先 →萩原雪歩
萩原雪歩 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆3105GM 個人的に好きだったフラグ

◇双海真美(共有者) 「ふっふっふ、3日目にビビっと占われてやんよ!
池田華菜 は 双海真美 を占います

噛みはいつでもどうぞ」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
四条貴音 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
四条貴音さんの遺言                 /〃(0(〇r‐γ,_ヽ`7       \
                     /"⌒´ `{ { ( ヾノノ/ ヽ  \   ヽ
                 /  ´       ̄(ゞ-'ノ__ノ´        .
             / ' / , i   i    、 `ー 'ヘ::|           l
                / i i | |   | i   、   、 `|    i l i  l
                | | |ト、  | | 、 ヾ  ヽ |    l   |  |
           l  | | || V |、 |  ヽ l 、 l |      |i   |
           、 i V ! l|, -ヽ」 ┼‐-l-zトヽ」,リ    | i ||  |
.             ヽ | ゙┴´ゝxz、   彡辷=zァ/ ,     l | | |   l
            /    / "ヾ)   丶ゞ-'' //l   イ  ,' l  、
              i     l  .:| У    :::::::::: ///   〃,' l ハ  丶
              |     | :::、 ヽ      | レ   イ l  |   ハ   \
            、   ハ \  丶  ー   ノ'   / | |  |   ハ    \
                  .. _ ` ーニ=- ≧‐- 彡  /rェzェzェ,,|    \    ヽ
                   / / 二ニ,y' 彡   /r': : : :´: : ::<_     ヽ    .
                  //   `7´ イ' 7T ´f/ :>:_::z: : : : :ハ     、   l
            / ./    ノ´      | ,f/: :,{::::: : : : : : : : ::ヽ     ヾ   |
            / ´ ,ノ >ァ ´ /      / f/": :::):、: : : : : : : : ノ::l、      l l 、`  .. __
.         /   / /   /l    x、∧f/:ヽ:::|{:: : : : : : : :/イ7        |  ヾ 、   `ヽ
       /'    くゝ、l/ //ヽ   ハ }: : `ヽ|ハ:: : : : : :´:::::::ハ  \     l  ハ \
      / /     /ライ ,. '´ V   \: :\:::{::: : : : : : : : : ,イ ハ   ヾ:/ /    ハ  \  |
.    (  、     /〃,:' ,x==キ,_、x彡ヘ: : ::::::〉:: : : : : : :ノノ |  ハ      /    リ   ヽ.|
     `   )    .: : : ゙テ": : : : : ::∧    V:::::::}/:: : ::::::イ|     > ´ ∧     /    〃
      /   /: : : : ,': : : : : : : ::Vハ    V::::〉:::: : : ::::::| |   /  /  ヽ  /    //
     /     ヽ:; : ::i: : :(:;;: : : : : : :ハ     Y{`>ァzzュrェァ    /ヽ    ,//     l/
     ( `ヽ     l 、::::::、:::::::::::::::::::::::::::ハ     ゞ=,:〃||:ヾ、ヽ, i//   i    |'/     ノ
      〃    | ` 、::::::::_:::::::::::::::::::::::ヘ      ヾ=||=l|" / イ |    |   /
     /       l    ` 7 ┬:ー─‐rf〔ヘ      |  /   { l リ l    |  , `ヽ
     `      l  _ .   ´|::|:::::::::::::::::::::::\    ′/、 \  | ,/    ノ /`ヽノ
               ̄    |: }: : : : : : ::::::::::::\   ,/  \ lソ |´ ,. ‐ / / 〃

ともに在る事の幸福・・・かみ締めると致しましょう
萩原雪歩さんの遺言               ___ _
            . < : : : : : : : : : : > .
           , r ´ : /: : : : : : : : : : : : : : > .
.        . : : : : : / : : : : : : : : : : /: : : : : : : \
        / : : : : : : : : : :/ : : : : /:/ : : : : : : : : : :ヽ
.       / : : : : : : i : :_:/_ : /: :/ : : : / : :j : : : : : : .
.     . : : : : : : : { ´:/ : : / `/イ: : :/:_: :/: : } : : : : :.
.      { : : : : : : : |: /: :.∠=ミ、/ | : / }:/Tメ:i: : : : : :i
.     l : : : : : : : |/ イ:芹丐 ヽ | / -≠ミ  lヽ: :j : :l あ、あの、四条さんが褒めてくれた私の詩
      l: : i: : : : :.|: : |.∨少    /  笊ハ  : : :/| : ′その正体は・・・そ、その・・・
     ', : |: :i: : : : : :|  ¨¨ `      んソ ' / : / .!/  四条さんへの、恋・・・(ぷしゅー)
.       Ⅵ: :|: : : : : :|         j ¨ ` ,' : :イ /
       Ⅵ : : : : ∧   「   ,     //| |
         丶: : : :∧>  ー    . イ: : : :! !
.           j\: : ∧__  > <  \: :. :.| |
      ___ ノ、 > -\ヽ∠ヘ ― -.、 \: |リ
     ´ - .    \  /`>≠<rヘ    l  .}/
.   /    ヽ    \/ {////} 〈   :|  ′
.    !            `ー.∧  \.:|
   r、             l///∧   \
    j ヘ    ゝ i、      !/// ∧    . :
   /        Y     |//// ∧. . . : :}
.  /         |: . . . . : :l///// ∧ : : /
.  \         ノ: : : : : : :|//////.∧ イ!
    ` ー‐┬一1 ` : : : : l:///////∧{j
          l   .j.       \///////:l
          |  〈.           \//// :l!
         :  }:、         \/  l
         l  ∧: : .              ,'
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
[人狼・狂人勝利] 最後の一人を食い殺すと人狼達は次の獲物を求めて村を後にした
ゲーム終了:2012/06/18 (Mon) 23:30:21
双海真美 「やめーやw」
水橋P 「うまいこというな…zzz」
3105GM 「◇3105GM
 (dummy_boy)
[狩人]
(死亡)」
双海真美 「お疲れ様ー」
池田華菜 「華菜ちゃん大勝利…!」
水橋P 「ようこそ完敗村へ…zzz」
3105GM 「てへっ」
月の姫 「お疲れさまでした」
星井美希 「おつかれさまなの」
3105GM 「お疲れ様ー」
信念の一振り 「やはり そうだったか」
水瀬伊織 「勝てるわけ無いわね・・・お疲れ様」
竜宮レナ 「お疲れ様なんだよ♪
だよ♪
     _, -.'´ ./  , ,!   |`ヾ-┤   l  .ヽ
    フ,   '  , l| |.、_,水| '丶__!./|  .イ  |
   ./ /   l、 |、| _y ヽ_| `   ソ_| ,イ ,   |
   |./!     丶| ` _>    <_ ′ ! /  |
   !| | 、 丶  .l、‐"    ,    `‐ レ  , |     _
r‐ _' ヽ.N  「ヽ、⊂⊃   ハ   ⊂⊃' イ´ l、_ - ´ ノ
.\ ~``|>' 、丶|                l>、 \  /
  ヽ、/ /  , .l、             丿 、ヽ、 l×_
    / イ /'-‐丶_            ,イ-l\l、`i、|
.   |/|,/l || .|、  丁エー--─エ ̄7、  | || | l |
       '┴' \ l´`、、\=/ / ヽ , -=l‐´ l
           |   `-=ⅴ= '   |
           ∧    / ヘ    λ
          ヽ     〈  〉   ' >」
信念の一振り 「お疲れ様である」
ギャリー 「狂も残ってたのね
完全勝利じゃない」
水谷絵理 「……人外全残りやでぇ……」
四条貴音 「雪歩・・・守れず、申し訳ありませんでした・・・」
星井美希 「護衛がもらえないことでおなじみの占いさんだったの
PHPのいたづらが過ぎると思うな」
竜宮レナ 「わー、初日狩人だー!
さとこちゃんが協力してくれたんだね♪ ありがとー♪」
萩原雪歩 「おつかれさまでした・・・っ

まだ初日狩人だったのですね・・・ううう///」
双海真美 「ワトソンは やっぱり ダメだな!」
月の姫 「人外全残りならば狐も残っているはずなのですがね」
前原圭一 「まぁ極めて妥当な結果だしって感じ?」
ハッサム 「あーなんてこったい」
3105GM 「ぐぬぬ>レナさん」
葵トーリ 「.         /:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.';:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        /:./:,:.:.:.:./:.:.:./^ヽ:.:.:.:.:.:.';.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.       /:./:/: :.:.:.!_:._/_ ' ;.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.         i〃:.i: :.:.:.:.|:.i:.|   `}:.}:.:.: | _,}:!:.:!:.:.:.:.:.:.:i
.        !| :.:.|:.:.:.:.:.i:ハ:レ气㍉j:ハ:.:.; __jハ|:.:. :. :.i:|
.      ノ:.:rヘ:.:.:.:.≪i赱タ  '  }/斧心}i:.:.:./://  ___    お仲間が強くて思考停止気味してたら何か勝ってたでござるのまき!
.     ーえ:./} ハ个>=-      { ` ^7:.:.:ィ}:/,'.   |     ‐-
.       ー‐' {:.!\ヽ          /ィ:f{:レ'/     |          i
 ト        V\::n}   \    _,  / `      |          |  そしてギャリーがおねぇけいだとしってどうしようのまき!
 } \    ト、  }|ハ`          ィ   1    |          |
ヾ\  \ / ‘,__]!_}__j\     / }} /  j__  -‐|          |
 }     }    }////∧    ーイ__jヽ/__ /    /.            |
        }   ノ=x///∧   ///////∧     今}     / \  |
         '⌒YY^^^^7⌒≫'⌒ヽ},////}   ー--リ    /  ,   \i|   2ほんでおおくりしました!お疲れさん!
-‐      ⌒ヽ::}____/ /    } ̄ ̄}      j  ノ  '⌒\  /:|」
水谷絵理 「奇数なら……PP示唆まであったけど……
あそこじゃいえへんでぇ」
水橋P 「狩人は初日霊ロラはしない…その他etcetc勝てない勝てない…zzz」
信念の一振り 「ふむ どうにも こうにも そう見せたい噛みであったか
乗せられてしまったものよ」
池田華菜 「探偵の周りがキレイに死んだよ! はじめちゃん!」
ギャリー 「霊ロラさせたくなかったのよねぇ」
水谷絵理 「ふふ、ふふふふふ、ふふ、ご無礼……人狼陣営全残り、でした……>月の方」
ハッサム 「裏目に出てしまったよ…」
3105GM 「ドンマイですのよ?>ハッサム」
萩原雪歩 「いえ、とんでもないです・・・!>四条さん
絡んで頂いてありがとうございましたー///」
ギャリー 「そのアタリもうまく言ったのが結構楽だったかもね
初日に助けられもしたけど」
信念の一振り 「すまなかった 前原圭一 お主の死を生かせぬまま食われてしまったようだ>圭一」
池田華菜 「霊ロラしてても結果は変わらないのだし! 元気だせよ!」
水橋P 「俺がなんか役職もってるなら寝てやしないさ…zzz」
水瀬伊織 「霊ロラしなかったのが割りと本気で謎ね。
1COの占いの真が確定していたのに狂人が霊能COするわけないじゃないの、と」
四条貴音 「だから霊能残すなと・・・!」
ハッサム 「というか狩人初日は辛いってこの展開は…
拙者は廃止が壊滅なのだから…」
3105GM 「霊能ロラしても
今回は厳しかったかな?」
竜宮レナ 「じゃあ、村建てと鯖管さんに感謝だよ! だよ!
負けたみんなも勝ったみんなも、レナがおっもちかえりー♪
お疲れ様ー♪
              __-────--、___
          _ - ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :` 、
       _ - ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ` 、
     _ ´: : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :`\
    _ ´: : : : : : : : : :/: :/: : : /`ヽ: : : : : : : : : : : : : :ヽ
   /: :/: :,: ::/l: : :/: : : :/: : : :/ヽヽヽヽ/⌒ヽ: : : : : : : : : ヽ
  /: : :/: :/: :/l: : /l: : : : l: : : :/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`` l: : :ハ:、: : :、: :ヽ
  ///: : l: : :l: : : 八: : : 八: : l     、    /: : /: :l: : :、ヽ: :l
 ´V l: : : l: : : l: : :l ハ-─´\l     `-、_ /: : : ハ: :l: : : l: :l: :l
   l: : : l: : : ハ: :ハ \l__      __ //: :l: :l: : : l: l: : l
   l: : ハ\: : :l\ハ  ──       ──- /: :l: : :l: : :l: l: : l
   \l \l \l,_               /: :/: : :/l: :ハl : : :l
     /: : :(  `) ///  +─--、 _,、 /// (´ ̄`) / l/ l/]: :l
    //: / ̄ ̄     l/:::::::::::::::l   / ̄/:/: :/: : ハ:l
   // /´         l:::::::::::::::::::::l  // /: :/: : /:l;: : :ハl
  / / //`-、_        l:::::::::::::::::::l     /: :/: ://: : :/ l
 l ハ/ /-─´l/`─-、__  ヾ:::::::::::::ノ    /: : /: :/:/: :/
 ll / //'''´  _    `─--二二二─´~/: :/ハ/:/:/
 l l /     ヽ  ̄`l ll l二ヾヽ ヽ/ ̄/ /、l/ l:/l: :/
  ll       `ー-、l ll l::::/:::ヾl////  l/   l  l/」
四条貴音 「ふふ、いいのですよ?貴方とともに在る事は私の幸せですもの(なでなで)>萩原雪歩」
信念の一振り 「難しいものだ グレランできぬというのは難しい限り」
ギャリー 「多分だけど、一振りさんの言うようにアタシかトーリ狙えばよかったかもしれないわねー
結構、役外そうとしてるみたいだったけど」
水谷絵理 「そういえば……霊能真狂とみたのですか……?>ハッサムさん」
星井美希 「まあ探偵が思うようにやってみれるのが探偵村のいいところなの
つれづれなるままに なの」
竜宮レナ 「◇水瀬伊織 「霊ロラしなかったのが割りと本気で謎ね。
1COの占いの真が確定していたのに狂人が霊能COするわけないじゃないの、と」

えー、レナはCOするけどー?
そっちの方が狼さん、いっぱい灰噛めるもーん」
双海真美 「占い噛みが1っ手遅れる感じで灰の数同じかな~? 霊能ロラ」
池田華菜 「霊能なにに見ようがグレー指定は別に間違ってないし!」
ハッサム 「そうでござる…>水谷」
葵トーリ 「まぁんじゃお疲れさん!
村建て同村感謝!因果の交叉路でまた逢おうぜ!
…探偵って何か生き残りに全力かけない分適当にやってると村目にみられるもんなのかねぇ…」
3105GM 「逆に言うとこの展開、探偵村じゃないと割りと厳しいと思いますがね」
月の姫 「探偵の考えも聞かずに、否定から入ることのなんと愚かしいことか。
気持ちはわかりますけれど、探偵の言葉に耳を傾けるのも良いのではないでしょうか。」
池田華菜 「1手遅れるかも指定吊りだから変わらなくね?
村人に狩人候補少なすぎたし!>真美」
信念の一振り 「前原圭一を吊ったのだから、お主ら二人に見るべきは
狩人か否かではなく村か否かで見たのだがな
どうにも、うまくいかぬものよ>ギャリー」
竜宮レナ 「◇池田華菜 「霊能なにに見ようがグレー指定は別に間違ってないし!」

真狂でも真狼でも、霊能残して問題ないでしょ。
真狂なら最終日までに狼吊る、真狼なら最終日に霊能きめうち。
初日に吊らないならずっと残しだよ」
水谷絵理 「ふふ……ふふふ…だめやでぇ……
そうしたことは、こういうときにどうしようもなくなるから、
だめやでぇ……>ハッサム

狂人はでても、結局灰詰めて狼の首締めるから、こういうときは潜るでぇ……」
四条貴音 「考えを聞いても答えが見受けられなかったのが悲しいわけです。見落としかもしれませぬが>月の姫」
月の姫 「秋刀魚は良い目を持っていましたね。
魚であるのに」
池田華菜 「だよねー>レナレナ」
星井美希 「普通じゃ味わえない展開が味わえるのは、ミキもいいと思うの>GM」
ハッサム 「あー、素直に霊能ロラするべきでござったかー
探偵村は狩人保護しなくていいでござるから
霊能にでてきた狂を相手にしなくてもいいと判断したのが間違いでござった…」
信念の一振り 「探偵は、よくやっていた しかしまぁ、化外が煙に巻くのがうまかった」
竜宮レナ 「だから進行は間違ってないと思うな。
池田さんの言うとおり。」
ギャリー 「こういう指定村はどうせ狩ひいても1余裕あるんだし、COさせられるんだから狙えばいいのにね
アタシとかかなり占い避けようとしてたし、やばいなーっておもってたもん」
水谷絵理 「だからそのあたりは好みにもよるけど、
灰噛むくらいならつってほしいから、私はもぐるでぇ……
占いなんて1か2で噛めないとかてないんやでぇ」
信念の一振り 「我は幾創生の我を犠牲にして我となった
そしてあるべきは、殺してから考えろと習ったのでな>星の姫」
池田華菜 「しかし占い師は探偵の周りに死体を積み上げることに専念した…!>ギャリー」
月の姫 「検討会では話してくれるかもしれません。
霊能者真狂と見たとも言っておられます。
では探偵が霊能残しを選んだことも、納得の理由ですよ?>地上のわたくし」
双海真美 「今日の形だと灰指定でLWにしつつ、最終日霊能どうすっかだもんねー」
3105GM 「たまにならありですわね>美希さん」
ギャリー 「探偵村は探偵だけ騙せばってのもあるから
探偵さんはそこに機を使ったほうがいいかもねぇ」
水谷絵理 「それは違う?>ハッサムさん
だって、今回は探偵村だけど真確の狩人ゲー村?
だったら真狂だろうが真狼だろうかがひききるべき?」
竜宮レナ 「>まみさん
そうそう。
だから、進行ミスっていうより灰視だね。
敗因は。」
3105GM 「村参加者はありがとう&お疲れ様」
ハッサム 「それじゃあ拙者は落ちるでござる
お疲れ様でした
……灰視って難しい」
水谷絵理 「ちなみに、四条さん真は確信していた?
だからこそ、狼全員残りも確信していた?」
池田華菜 「ありがとー! まったねー」
竜宮レナ 「だからロラしなかったから負けたーってのは違うんじゃないかな?ってレナは思うなー」
双海真美 「狩人初日と唯一の○が共有だったのがかなちみなのさー」
信念の一振り 「難しいものよ 吊りは無駄にできぬが何よりも狩人も守らなくてはならぬ」
四条貴音 「だから真狂でも残すのは云々とも申したのですね。
理由としては納得しつつ反論もしたのですがそれに対するレスポンスも無かったわけですよ?>月の私」
水谷絵理 「うへへへへ、アイドルを吊ると、こうなるんやでぇ……?」
星井美希 「探偵の進め方としては特に問題ないし、
デコちゃんが吊られた流れでミキが吊られるのも見えてたし
圭一さん吊ったとこでミキが指定されるかなってくらいだったけど」
水橋P 「お疲れさま…ルカリオを連れてくるのを忘れた…>ハッサム」
月の姫 「もちろん。狩人であろうとなんであろうと
吊ってから考えれば良いのです。
露骨な狩人臭?狼に噛まれます。避ける必要はあまりないですね>秋刀魚」
水瀬伊織 「狩人保護も兼ねて霊ロラが一番だとは思うのだけれども・・・
理論は難しいわね・・・」
ギャリー 「そういう意味で、レナの真美噛みはよくやれたなって思うわねw」
ギャリー 「あんなのアタシなら出来ないわぁ」
双海真美 「17人村で初日銃殺ならともかく、16で銃殺出ると偶数になっからねー」
信念の一振り 「化外が上手かった 村は探偵を説得できなかった
それだけが全てで それを次につなぐべきだ 
ただ、それだけで 人は鍛えられ、磨かれる」
水谷絵理 「萩原さんは、どうだろう。
あんまり人外って気もしなかった?
でも私、今回遊んでただけ系?」
星井美希 「指定できるからこそのグレー吊り進行じゃないかな
霊能真狂みたなら、なおさら>デコちゃん」
信念の一振り 「今回はよく分かる進行であったな
そういう意味では前原が吊られなければ危うかったかもしれん>月の姫」
双海真美 「霊能真狼で8人なら、灰吊り一回逃れで勝てるから狂人いらないぢゃんw>ギャリー」
月の姫 「感情のみではなく、切にこのような理由から
と告げたのならばありだと思いますが。
わたくしは脱落した身ゆえにしっかりとは見ていませんでしたしね>地上のわたくし」
水橋P 「俺なんて寝てただけ…zzz>水谷」
水谷絵理 「……あ!」
ギャリー 「アタシ、味方削ってたたかうとかできない人なのよw>真美ちゃん」
前原圭一 「あれ、真美狂人なわけないもの
霊に狼いるって教える潜伏狂人とか…ねぇ?」
星井美希 「噛まない理由がねーよ、なの>真美」
水谷絵理 「やったでぇぇぇぇぇ!
デフォルト潜伏狂人から狂人剥ぎとって勝利してやったでぇぇぇ!
潜伏勝利やでぇぇぇぇ!」
月の姫 「前原殿は、ぼーっと見ている限りではあまり怪しいと思いませんでしたね
何故指定を受けたのやら>秋刀魚」
信念の一振り 「難しいものよ 真狂に見えても真狼がある
しかし、真狂ならばその前にすべてを切り捨てれば・・・
見返りが大きいからこそ、たまには賭けもしたくなる
博徒は言った 人生は少しばかり馬鹿に賭けろと>四条」
双海真美 「霊能真狂なら霊能に共有出てると見て霊能噛んでくれるかなーって思ったけど
特に意味なかったよねー、しかも真狼だったしw>みきみき」
萩原雪歩 「はわわ・・・二人の四条さんが・・・

えっと、四条さんはほんとに、霊能完遂しない理由とか丁寧に訪ねておられましたので
月の姫さん、どうか愚かしいとかおっしゃらないでくださいね・・・
お二人がそんな風ですと、わたし悲しいです・・・」
信念の一振り 「個人的には他のものとは違う霊能への対応を役職と見たのであろう
少なくとも私はそこから吊りきるか残すかを考えた>月の姫」
信念の一振り 「とりあえず、狼は秋刀魚なんだから遠慮なく食えよ」
水谷絵理 「んー雪歩さん、結局はあれ?
ちゃんと探偵さんが真狂みてて、偶数展開だから残す、といえばよかった系?
その場合は、霊結果はあまりアテにはできなくなるけど。」
ギャリー 「正直、めんどくせーからロラっちゃってよかったのはよかったんだけどね」
信念の一振り 「それは確かに確かに 四条はよくやっていた 本当によくやっていた
ただまぁ、少しばかり 皆に余裕がなかった 
難しいものよ 初日にはじめられなければ残しであるのだから>雪歩」
ギャリー 「村としては中途半端にしちゃうよりも、クリアだったんだと思う
アタシはどうしても恋あり前提の脳みそだから残しっていってたけど
いないならロラでいいじゃないってねw」
星井美希 「霊能真狼をばらしにくる狂人とかどうなの?って思うし
真美のチャレンジ精神は面白いけど、展開上意味がなかったのが残念だったの>真美」
信念の一振り 「霊結果なんぞはなから期待はしていないかった
それぞれの信用度はそれなりに重視するべきではあったが」
水瀬伊織 「地上の貴音は・・・・今回は「何故私達を残す?」と聞いていたわね。
実際今回のパターンでは有用性が高い(真狂の可能性が高い)し、別に否定し切ることでもないとは思うけれど
いえ、月の貴音がその理論を否定していないのはわかってるけどうまい表現方法がね・・・」
水谷絵理 「ただ、それにこだわり過ぎても結局はなにもならない系?」
月の姫 「そのようなところまで見ておられたのですね
初めて同村したときはあれほどに頼りなかったというのに>秋刀魚

わたくしが愚かしいと言ったのは検討会で探偵の言を聞かずに否定をしたことに対してです。
言い過ぎではあったかもしれませんが>萩原雪歩」
信念の一振り 「最近感じるのだ 真紅は少しばかり息苦しいとな>月の姫」
水谷絵理 「水瀬さん、結局は、
そこが説明、なんだと思う。
意図が通じない場合は察しろ、は時として傲慢?
そして、四条さんは、なにも言わないならそれがある、今は偶数、ここだけはみとくべき?
その場合の残しは、四条さんのせいじゃない?」
双海真美 「霊能に共有まじってるって狼思ってくれるかなーって思ったんだ
素直に噛まれるのもさびちかったからさw
結局は意味ないムーブだったってのはうん、ちかたないねw」
3105GM 「>信念
土曜日以外は四条劇場は村がありますので
是非ご贔屓に」
月の姫 「息苦しい?>秋刀魚」
双海真美 「結局はゆきぴょん混乱させただけっぽいし、意味ないどころかマイナスだったねー」
信念の一振り 「うむ 暇ができたら足しげく通わせてもらうつもりだ
此処は良い 本当に良い 気楽に、茶でも飲みながらやっているようだ>GM」
水橋P 「村で推理放棄してzzzしてるような人がいるところですから…
まあまた今度来た時もゆっくりしていってください>一振り」
ギャリー 「まぁ、あれよ
四条視点で3Wだったわけで、鉄火場で雪歩に手をつけるのはってのはちょっと渡ししてんだけど思わないでもないかしら?
いや、なんていうかとりあえず削っておこうみたいな位置だった気がして…
失礼な物言いかもしれないけどねー」
3105GM 「>信念
まぁね。真面目にやっても、遊んでも楽しめますよ」
信念の一振り 「どうにも、詰まるものを感じてな 無論、すがすがしい気分の村もあるぞ?
しかし、どうにも、まるで霧雨の様でな 我を離してはくれぬ>月の姫」
萩原雪歩 「ううん!噛まれないためと思えば意味はあったと思うよ>真美ちゃん
結局噛まれちゃったのは残念だったけどね
あと把握ミスは、私がおっちょこちょいだったせいだから///」
星井美希 「狼には見えてるけど、村には見えてないって意味では裏目に出た感じかな
エンドランかけたけど空振りしたような感じ?>真美」
信念の一振り 「それも一興、また一興 他人の遊びを侵さぬ程度に遊べるのは
なんと良きことか なんとすがすがしいことか>水橋P」
四条貴音 「何も返答を返してくれなかったからむくれているだけなのですよね。

子供じみた理由で否定してしまい申し訳ありません」
ギャリー 「あと、最終日まで四条ちゃん霊能じゃないとおもってた
素村だと思ってた!
でも霊能誰だよって言われるとわかんないwwww
把握してなかったわwwwww」
信念の一振り 「共有者 意味がない訳ではない 裏目には出てしまったが
我は本当に助かった まぁ、狼の罠にはかかったがな はっはっはっ>真美」
月の姫 「良いではありませんか。
霧雨もまた風情がある。
晴れも、雨も、曇りも雪も、嵐でさえ楽しめるようになれば
あなたもまた一流の遊戯者となることでしょう>秋刀魚」
水谷絵理 「萩原さんは、おちょこちょい?
でもそういうところが可愛い?」
萩原雪歩 「はい・・・貴女のお気持ちも立派です
でも、やっぱり、もう少し柔らかい言い方をして欲しかったのです
きつい言葉は、人の心を容易に傷付けてしまいますから・・・>月の姫」
星井美希 「とりあえずエロいことしか言わないプレイヤーもいるし
みんな気軽に来てほしいの」
信念の一振り 「まだまだ、遠すぎる道のりだ・・・寄り道でもして目指すとさせてもらうさ>月の姫」
3105GM 「何が正しいか、正しくないか
どう過ごすのか

人それぞれですからね。」
月の姫 「えぇ、ではその寄り道では、草の香を楽しむのも良いでしょう。
なに、わたくしでよければ同村したときならば話し相手となりましょう>秋刀魚」
水橋P 「エロい事をいいまくるアイドル、死亡フラグを立てまくるプロデューサー
いろいろなことを紹介するアイドル、真面目に推理するアイドル
いろいろな人が楽しめるからいいのさ…zzz」
信念の一振り 「とりあえずは、秋刀魚として噛まれることを切に願う刀であった
ではまた会おう 次は何時かいつの日か
水谷、月の姫は久々に話が出来て嬉しかった また会おう
化外は勝利おめでとう 強かった 次は切るがな」
水橋P 「一振りお疲れ様だな…
あれ結局二振りじゃないのかな…」
信念の一振り 「ふ、双振りで一振りということにしておいてくれ!>水橋P」
月の姫 「病み上がりの身には初日銃殺は優しいことですね
華菜嬢には感謝をいたしませんと。」
水橋P 「そうか鋏みたいに考えればいいんだな?>一振り」
水瀬伊織 「ん、貴音・・・いる?」
四条貴音 「おりますよ・・・?」
信念の一振り 「せめて双剣にしてくれ>水橋P
と、いかん 寝なければ 誠、良き村であった 本当にお疲れー」
水瀬伊織 「私から見るとね、以前の・・・潜伏狐占いCOのこと覚えてるかしら」
月の姫 「それにわたくしはどう答えれば良いのでしょうね。
はい、ということは容易ですが。それで納得もしますまい?>萩原雪歩」
四条貴音 「む・・・」
水瀬伊織 「あのとき完全に頭ごなしに、感情だけをぶつけてただけだったわ。
でも、今回は少し歩み寄ろうと、考えの違いを埋めたい、って動いたのが伝わってきたの>貴音」
水橋P 「さて今日は特に何もしなかったんでこのまま落ちませう
乙kじゃれ様でした~……zzz」
水谷絵理 「お弟子。」
四条貴音 「説明せねば成り立たない・・・自分の提示するメリットとデメリットを提示しただけですが・・・」
月の姫 「何か?」
水瀬伊織 「だから、今回私は貴女のその努力を、評価したいって思っているの・・・あなたがそういう進行を望んだとき、どうしたかったか、相手に少しでも近づきたかったというか・・・言葉が下手ね・・・・www」
萩原雪歩 「どうして・・・そんなに悲しい事を言うのですか・・・?
あなたが、本当は優しい方で、自分の間違いにも気付ける方だと私は知っています
なのに、私が納得しないとか、そんな・・・自分の考えなんて理解できないだろう、みたいな・・・>月の姫」
水谷絵理 「否定に否定でぶつかっても、どうにもならないのは、
私みてわかってるよね?
だから、納得いかないことについては、納得できないでいい。
ただ、あまりみてない、ということをいってしまったら、多分うみゃたんも立つ瀬がないかな。
多分、お弟子に非があるとしたらそこ。」
水瀬伊織 「そうね、そこの段階にもう一つ一言入れられれば。ね。
月の貴音?の要求はそこなのよ、きっと」
水谷絵理 「初日銃殺でどうしても霊界視点、そしてやってられない分の気持ちの加味はあるよね?
当然、うみゃたんについても問題はあるよ。結局言い方さえ間違わなければ、
ろらしないならじゃあ先をどうするか、そこを考えられるなら、きっと別の考えはできたから。」
3105GM 「>雪歩
まぁ、落ち着きなよって」
水瀬伊織 「歩み寄ろうとわよ、間違いなく。
今回は間違いない。そこだけは絶対私は譲れない。」
月の姫 「そこを偽るのはそれこそよくないと思ったからですが>絵理
見返すくらいはした方が良かったですね、たしかに。

そのようなつもりはないですよ。
ただしかし、わたくしは探偵殿を責めているように見えたが故の言葉です。
そのことに対してはやましい思いも何もありません。
たとえ誰に何と言われようとも>萩原雪歩」
水谷絵理 「ただまぁ、
デコさんにはちゃんとあやまりな。
デコさんに、さっきみたいな混ぜっ返しするのは、お弟子らしくないよ。」
四条貴音 「いえ、良いのです萩原雪歩。今回のそれは私の幼稚性が招いた事というだけ。
あと柔軟性が無いのが大きいですね。」
水谷絵理 「うみゃたん。
四条さんじゃなくて、うみゃたん、っていうよ。」
月の姫 「あなた一人に言ったわけではないです。
ご自身が全て悪いというのは良くないと思いますよ。
わたくしが悪くないということでもないのですから>地上のわたくし」
水谷絵理 「誰が悪い、ってのは私は今はいわない。
だけど、うみゃたんももう一回、「私だから仕方ない」「RPだから仕方ない」じゃなくて
どうしてそういわれたのか、は考えてほしい。
お互いが否定で返し合うでどうにもなってないのはわかるから。
だから、ここでいちいち傷つかないでほしい。
水瀬伊織 「んー・・・言葉が出ないわ」
水谷絵理 「それは、周りを心配させても、結局は解決を生むことはない。
私はそう思うよ。」
萩原雪歩 「・・・ごめんなさい>落ち着け>皆さん
私・・・その、四条さんも、月の姫さんも大好きで、ここに来て下さる皆様も大切です。

それで、意見の相違はあったとしても、もうちょっと穏やかに雰囲気よく話せるはずだって思って、でもそれがどんどんこじれてる感じがして、悲しくなっちゃって・・・でもなんとかしたいって・・・
でも、それも私の、月の姫さんの意志を封じ込めるようなわがままだったかもしれません・・・ぐすっ・・・ごめんなさい」
四条貴音 「どうしてそういわれたかを考えても結局私が悪いと思ってしまう辺りが・・・ね・・・RPだからしょうがない云々じゃなくて思考の柔軟性というかそういうものがないのですよ。
もう一つの視点というのを持てないというか一直線すぎるというか」
前原圭一 「…もど…何があったし」
3105GM 「テンプレ抜粋
        __
     . : ´: : : : : : : :`: :ヽ
   , '´: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
. /: : : : : : ::::::::: : : : : : : : : : : : : : ',
.l:::li:i: : :|:::l:::|::l:::::::::l_::::: : : : : : : : ',
.l::::l:l::::::|:::|:::|::|::::::::|川〒、: l: : : : : :.| 
l::::l:::l:::::|:::|:::|::|!:::::::|   | : l:l: l : : :.|
.', ',::::l::::lーl、lヽl::ヽ::|´ ̄`|:: :l、l: lヽ、|
.ヽヽ:::l:ハ下ヽヽ  ,オ丁(ア::::|}}:l: ヽヽ         全くお姉ちゃんは・・・
  ヽヽ,_:ハヽ!j    ヽ_!_ノ.|:::|リ-、 _ヽ_\
.  ヽ//Tヽ 、      イ::l   }::::....ヽ\      仕方ないわね、私が説明するわ。
.   //|::::::|`ヽ、 ー.'_ ィ´ノ|:リ   .|:::::.....}:ヽ \
  // l:ヽ:::l  ヽ、 _ -/    l::.ヽ::::.j:ヽヽ ヽ
  {:{ .|:|::ヽlヽ  .\  /    イ:.__ノ::|:}.|:}  ヽ
.  l| |l::::l::ヽヽ ー-ヽ./__ - '´.ノフ 7ー 、リ リ  リ
  ヽ l l::::l:::`ト- 7「 ̄|=--- ´::::::::/:.:.:.:.:ヽ  /
   \lヽ:ヽヽ|イ::>ゝテ:.:.\:::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.ヽ
     ヽヽヽ`>´//アー--`ー//:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.        // .//:.:.: :.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ

【はじめに】
 ・楽しく自由に人狼しましょうね。

【ベテランの方へ】
 ・みんなが上手いわけじゃないのを理解してね。
 ・ミスしても許せない人はダメよ。

【最後に】
・人狼はみんなで遊ぶゲーム、一人で遊んでいるわけでないことを忘れないでね。
 ・GMは◇3105NAA55.。何かあればいつでも声かけてね。」
四条貴音 「……貴方が気に病むことではありあませんよ。

だから、その・・・泣かないで?(なでなで)>萩原雪歩」
月の姫 「わたくしの言い方が少々良くなかったがゆえの、ですよ>前原殿

参加してくださった皆様には申し訳ないことをいたしました。」
水谷絵理 「納得できないことについては話せばいいと思うよ。
ただ、私もそうだけど、それで火がついてこじれちゃうと、いい結果にならないことのが多い。」
水谷絵理 「今回はそういうことだと思う。
あ、EBI師、狂人あざーす……」
四条貴音 「そうですね・・・今回はもう想定外に状況把握でせいっぱい+なんで無視するんだぁー!で私の心の良くないギアが二段階入ってしまっていたのが申し訳ないわけです。
直情的にすぎる元々の性格もあるかと思いますが」
3105GM 「月の姫・四条貴音・萩原雪歩・水瀬伊織・水谷絵理

それぞれ言い分は理解できるさ。
中立なGM目線として見た時に全員が正しいと思う。
ただ、言えるのはお互いを理解するには今必要なのは議論なのか時間なのか
議論だと思うならGMは止めないかな。
時間だと思うなら一度落ちてこのことから晴れてもいいと思う。

無理に押し付けるのも、無理に納得するのも好ましくない
けど、時間が立てばそれぞれ受け入れたり、押し付けがなくなったりするんじゃないだろうか。

またROMります。」
水谷絵理 「うん、だから私はいぬふくとしてうみゃたんにはそこはちゃんとみてもらいたい。
それでうみゃたんがずっと損してきてることであることは十分にわかってるでしょう?」
四条貴音 「一応見てはいるんだけどね・・・見てないと思われてるのが少しだけショックかもです」
水谷絵理 「それがダメなの>うみゃたん
みてるつもりでも、今それが実際おこって、そういううみゃたんをみて、
それでみんな心配するんだよ?」
四条貴音 「もう少しかるーく考えられれば違うのでしょうけどね・・・聞いていても自責の念ばかりが大きくなってくるのですよ・・・
心配かけるのは申し訳ないと思うのです
前原圭一 「まぁ…見てても伝えないと人には伝わらないってことだよ、たぶん>うみゃさん

そしてお前は絶対許早苗>絵理」
前原圭一 「まぁ探偵村で狂人引いてもトラウマしかねーからいいんだけどさ」
水瀬伊織 「よし、整理がついたわ!」
水瀬伊織 「今回こうやってお互いの感情の部分に触れ合って、たしかに今は空気がちょっと悪くなったかもしれないけど」
水瀬伊織 「それでもお互いの芯の部分は見えたでしょう?」
水瀬伊織 「なら、そこを理解しながら、相手の考えを知りながら、次に動けばいいだけよ!」
水瀬伊織 「だれも悪意なんてちっとも無いんだから、絶対進展はあったはず。
相談に乗れることがあったら私で良ければなんでも聞くわ
必ずいい方向に転がるって思ってるから!」
水瀬伊織 「とにかく今言いたいことはこれで全部よ。
負の面ばかり見てくよくよしないの!ってことね!にひひっ!」
3105GM
_))  / /   / / ,.<   l   |   ヽ      \ \    /
彳 | | l  l |/  \ 、 ゝ l     V |    、\ \ /_
| | | l  Vrf==ミ.ヽ\` \    l V  l   } /\/  \
| | |  、 l リ  ィ心\ヽ\__,    l/   ' /∨  |
| | |   トl  、__廴fソ ハ i  ̄   /  //=/ / /\
∧ | |ーゝ.\   ̄``      ∠. ィァ≦Zz.ノ ィ /  /\
 ∧\\   `\          ,  ´心ハ} ´iア //  / //   敢えて言わせて貰おう。
__∧ ヽヽ                {   弋_fソ_/ //  /ヽx/
   |∧ ∧∧             〉     ` ー=彡   /  / ∨    私がグラハム・エーカーであるとな。
ヘ || | |   ,_     ⌒ ∠ノ     , '    /  / /
〈∧ヘ.| | |  {ニニ_ 、_          /   / ./  ' /
 V〉 ヽ |_|   ゝ  ` `ミ _ 、_    / _  ´_  ´ //
  =\ \\\   丶、    `ン`  / / /  .∠/」
水瀬伊織 「なん・・・だと・・・>GM」
3105GM
                __、_、__
                ,  ´-‐- 丶 丶\_
          ,  /´、 \ \\ ヽ v ヽ
          `.ニ,  | lヽ トヽ \\   ヽヽ
           / {|/ レ∠ィ  V  | | {  ,}ヘ
         , l/ノイ {./ノ付ッ 、丿 .イ ム、こソ L..ィ
         `ァ.l ゝ ゝ. ´   ̄ ノ´rノ ノ l  l‐ ´
         ゝlゝlツ  ̄       r<  ル′   お互いガンダムとスサノオで惹かれ合っている。
            ゝ、=ァ     '  || {
             ヽ`ニ    /  jヘ }      こんな素晴らしいことはない。
              ',      ´  ∠ ¬ー-、____ -――-、
              ` ¬  /    /    |    /     ∧
                 ,j_/    '     /    /         ∧
                / .:\  / ,  <      l        |
               ,/}  /∨ /   /    /        |
              ノ / V  , ' /   /__ 〈      \  ヽ
           __.-'´/ / /     /-―‐┘ ヽ       \ ノ
.            /_.>/  /,        /      |       \  {__
          //  /  //     /       ゝl           \ l
            l l  /   l/    /          \          ヽ
            l | ./  /   /       |       \         ∧
           `|| /   /      |        \        ∧                __、_、__
                ,  ´-‐- 丶 丶\_
          ,  /´、 \ \\ ヽ v ヽ
          `.ニ,  | lヽ トヽ \\   ヽヽ
           / {|/ レ∠ィ  V  | | {  ,}ヘ
         , l/ノイ {./ノ付ッ 、丿 .イ ム、こソ L..ィ
         `ァ.l ゝ ゝ. ´   ̄ ノ´rノ ノ l  l‐ ´
         ゝlゝlツ  ̄       r<  ル′   お互いガンダムとスサノオで惹かれ合っている。
            ゝ、=ァ     '  || {
             ヽ`ニ    /  jヘ }      こんな素晴らしいことはない。
              ',      ´  ∠ ¬ー-、____ -――-、
              ` ¬  /    /    |    /     ∧
                 ,j_/    '     /    /         ∧
                / .:\  / ,  <      l        |
               ,/}  /∨ /   /    /        |
              ノ / V  , ' /   /__ 〈      \  ヽ
           __.-'´/ / /     /-―‐┘ ヽ       \ ノ
.            /_.>/  /,        /      |       \  {__
          //  /  //     /       ゝl           \ l
            l l  /   l/    /          \          ヽ
            l | ./  /   /       |       \         ∧
           `|| /   /      |        \        ∧」
水瀬伊織 「二回!?なんで二回出てくるの!?>GM」
3105GM

                    __r‐≦z_ ___,
                  _ノ,      `¨≦z_
                 フ´          ミ、
                彳(( ,           `=z
               _ イ j从          ハ  ド
               孑 _ノ          , 、ノ トミ
               オ           rf r' l l トl   だからといって他を愛でないのでもなく
                V r       j l八(ノl小!
                _廴ヘ        V/V } ハ    常に不変である必要もない
                  )、 ト、   )   } トl  /
                  "ヘ ,  く r ,jハ  /
                   小从 川、l´ ├ ′
                   _j  rWK `  `ー 、
                 ,  ´  。     。  u\
              ,  ´ u    j         _>‐- 、
           , -‐´‐   ―    u     -‐ '´       \
         /                 ,       。  l ',
           /  。  u      j    。 |         ij  l
        i          u           ゚       /
        |                              r   , /
        r‐〉 r'                          |  〃
       r゙´}       r j  ,      ,             / /
       i-く      /       /    '、      |/
       lヽj     ハ   。    ´         \   /
       {ン゙      ム ',           u       /
       i、     ' `゙,   。        l   /
       }     ′  i              ij   '
        l     l   l 。       /     '
.      l   。  /    ;   。  ij  '       l
      ,!  r  {.     i          !   j  |
      /    r |      !        l      |
       l     / !.    }          、      l
.     |     |     ,'    ゚    `     lヽ
.     |  j  |    /     。        u   ゙、         .....::
       !     ,'     '  u   j           ヽ      ....::.::.::.::
      l     /    l                   ゙、   .....::.::.::.::.::.::.:
.      l    {    | lj             u     ', ....::.::.::.::.::.::.::.::.::
       l     !     |           丶       ...!::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
      |   l.     |            }   ...........::.::i::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
.        |   {.     |.....::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
.       |   ヽ .......::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:」
3105GM 「>伊織
わからんw」
3105GM

                        _
                 _∠二 ̄`ヽ \__
             {、_,  ´          ―ヽ
            >―   _、}         、\
              / /  /     、  \    ``ヽ
            ,レ !__/       ヽ ヽ   ヽ      ,
         辷彡 人_,       ,}   、  '、  |   |
             ア  l | /   ,  //{ ! |  ヽ  ヽヽ! i |
            / 、___l Ⅳ!  / // l八l\ i  iヽl、 ゞミ、
             { { ¬ | !l l/l/ ,xャラア∧l  !┬≧=-
           ヽハ {ヾ、lへl  ∠二二/ } / /ノ /
           ` jノヽ 「 厂   ―――ノル'r ト{
               V    ___    {/|川z┐   つまり、ミスター・ブシドーを愛でてもいいということだ。
                ヽ匸二.‐-、ヽ  丿 レ /∧
                 弋__\ く __// 〃 ハ
                 /{⌒ヽヽ彡≪  /   ∧
                 ,l∧__ン   》_〃     ` ‐- 、__
              __/ !!`ー―― ´ {{           ` - 、_
         _ -‐    /ll          ||                `ヽ、
      ,   ´           ||、______/||  /                丶、」
水瀬伊織 「どういうことなの・・・>GM」
3105GM 「>伊織
1枚で貼ったはずなんだけどなw」
3105GM

.          l: /:.:./.:.:.:.:.:i:.:.:.:.i:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.ハ k
        イ.i:.:.:.i:.:.:.:.:.:.i`ヽ '"".i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.ハく
        /: : :.i:.:.:.:i:.:.:..:.:.:i     i:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.i:.:.:.:ハ:.:.:.ハ:.:.,\
        `ヽ、:ノi:.:.:.:i:.:.:.:_:.:i     i:.:i:.:.:.:.:.:i:.:.:'、:.:.:.:i:.:',:.:',:.:i‐‐ヽ
.       '<: i:i:.:.:i:.:.:.:.:.`>x、,, i:.ハ:.:.:.:.i ',:.i ,x斗i:.:.:i:.:i:.:!
          i:.:.:..:i:.:.:. イ伝≧ぅxiー i:.:. ,'xィセ示x、i:.:.:i:.:.N
           i:.:.:.ri:.:.:.:.:.ifr';;;;::リ    i:.:; fr';;;:::リ i:.i:.:.i リ i
.          i:.:.:.:'i:.:.:.:.:.i 弋_以   i:;' 弋_以 ハ:.:.:i
         i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:i          ,      .ハ:.:/i   でも、私をあいするのはやめなさい>グラハム
.         i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.: ヽ               , ':.i:.:iハ
.          i:.:.:.:.i:.:.:.:.::.:.:i:.:>.   ´ `   <:i:.:.:i:.:i.i:.i
.         i:.:.:.:.i:.:..:.:.:.i:.:i,ィ |  `  - i´,:.:i:.:.:i:.:.:i:.:i i:.i
         i.r‐ i:.:.i:.:.:.:i:.:iハ       {, ` ー―‐x.iリ」
四条貴音 「グラハムなのかブシドーなのかがはっきりしませぬ!」
3105GM 「_))  / /   / / ,.<   l   |   ヽ      \ \    /
彳 | | l  l |/  \ 、 ゝ l     V |    、\ \ /_
| | | l  Vrf==ミ.ヽ\` \    l V  l   } /\/  \
| | |  、 l リ  ィ心\ヽ\__,    l/   ' /∨  |
| | |   トl  、__廴fソ ハ i  ̄   /  //=/ / /\
∧ | |ーゝ.\   ̄``      ∠. ィァ≦Zz.ノ ィ /  /\
 ∧\\   `\          ,  ´心ハ} ´iア //  / //   敢えて言わせて貰おう。
__∧ ヽヽ                {   弋_fソ_/ //  /ヽx/
   |∧ ∧∧             〉     ` ー=彡   /  / ∨    「こ」「と」「わ」「る」とな。
ヘ || | |   ,_     ⌒ ∠ノ     , '    /  / /
〈∧ヘ.| | |  {ニニ_ 、_          /   / ./  ' /
 V〉 ヽ |_|   ゝ  ` `ミ _ 、_    / _  ´_  ´ //
  =\ \\\   丶、    `ン`  / / /  .∠/」
3105GM 「>貴音
ミスター・ブシドーは皆の心にいる
つまり、私も君もミスター・ブシドーだ」
3105GM
  厶'´ /ゝ/                 | \ \ \``ヽ ~ヾ /
    > /;;{    /          ./^\7l   \   \ `    |
   ( /  /!  /           /  丶ヘl.    \    \  |
    廴」〃ノ /       '!    l.::.  ∨ヘ          ヽ _j
     \/´ |.       /l\   l:::/!        〉     |  `、
     ,/i 斗:       ト、ヘゝ |//!       /     !:.   ',
    / ./ /|:.:.       .|^ヽヾメ/-‐ハ!      /i     l::::.   l
   / ./7 /::|:::       l       |     1|::|   /      li'
  / / レ::::::|:.    l   l        !    メ!::::k  l       l|l
 / ⊿ :.:.:.:.:.:._|:.   l|  lー-L_       |    /ヽ::l::|_,_l´:. .:|:::.   |l
. { /:::} .::/|´|::   !| l:l,斗♯≧vx、_ニ/ ./|  /__|;_≧<|.l  .|li:::. /
│ハメイ:.:.:.:| |:   l| il ̄l〈小メ゙cヌゞ // .| ,/ィ代ofl/l /|  ./)}:: ./ j
 リ レ/:.:.:.:.:| |:|  || .::l  |.弋彡_ソ     |/ .辷_孑!;l〉|│ / }//
   ∧:.:.:.:.:| |::| /:|  :l  |                _ノ│/ /;l./
  /::::ミ:.:.:.:.:| |::i:|:::::| ::::.l  ト、        、    , ィ  ∨ /::::y   ばかばっかっ・・
  |:.:.:.:ヘ:.:.:.:| l::lj:.:.:.! .:::.X l:..l`:::..._   ;ゝ  , . ‐"´    |∠i:.:.:.::|
  |:.:.:.:.:lヘ:.:.:| l:::::::::|l ::::::|l:l:.ヘ 丶、` ' ‐  T        │ /.:.:.:/
  |:.:.:.:.:.|:::. | l:::::::::|ハ:.:.:.:||j ,ハ  ヽ '´ ̄/         .| l:.:.:.Y|
  |:.:.:.:.:.{:::::. |  ヘ::::ヾΛ::::| `  ヘ     /         | l::::/!l
  i|.:.:.:.:.ヽ;;;.V  \:`、 \|    ヘ.   /            | li/;;;;l
   \:.:.:.:ゞ;;;|    ヽヘ,   _レ'^\!V/ゝへ、       | l/;;;;l」
月の姫 「刹那違い」
3105GM
                                 ,、-'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      ト、                      ─,、-'´               i
      └'´                  ∠f込     勿´              l
                              / =_ト、_ ̄  ̄ ̄》           l
                               /: : : : :/ !: : : : : : : : へ)の )イー‐:≪___   l
                        ,: : : :〃  ヽ : : : : : : :|\マ( ヽ」 、         `` ‐ 、
                         |: : : / -―-i|: : : | : : |   \ヽ、ソ`ヾ ` ‐ 、        ` ‐ 、
                        l: : /il  ≠ミ|: : : :l: : : |   . \( のく>              ` ‐ 、     ト、
                        l: :ハソ  _jりj: : : : : : : !      \、ソ@)`                i    ヽ、」
                         ヽ|く   xxx|: : : : / l |     《ヽ入ソノ`` ‐- 、._             l
                         |: ヽ っ   |: : : / | |     ヽ ` ‐ 、      `` ‐- 、._       l
       ト、                  |::∧.\_ ,/: ::/||:.。o@\   ヽ   `‐、       ``     /
       ヽ、_ゝ                   ∨/ . _.,,'´´V 丶-、_ \          \       /
                                   i´            ` ‐\                   l
                 ミ( ) (-) ノーく⌒)l              `‐ 、              `‐、ヽ
      |         ∠二〉ヽ、_人  ) ト l    /    l     i `` ‐- 、.____       `‐、
     ∥         ミ/ へ⌒ ) `‐ーく ̄ヽ  l    ノ   l  .l           `` ‐- 、._   `‐、
  ─=  =─    <三l ヽ┘イ ',/フプヽト:::::::::〉イ-lヽィ     l l .l   <>            ` ‐ 、  \
     ∥        /_「 入7ト\   \ノヽゝ /  L,ヘ  l   l                     ` ‐ ヽ
      |            ̄l し',ノ l ヽ   l    l    レL_,.イ /'"´ ̄',
             , -'´/ イ 入人ソ,ゞ ',  l    l        / /  ,、 `` ‐- 、
          , -'´ / // /レ´ヽ、ノ l ',. l    l    , - 、  l /   〉  ,、-'´l               _ , 、 -‐ー
        /  / / / / ,' l人ノ  ̄  ', !    l  ,-'´   \、-‐、-、' /   /       _ , 、 -‐ー ''"´
       / / /   / / ,' ,'l ',      ヽ、_ノl く    ヽ  \ ヽ 〉/_,、-‐''´_,、 -‐ー ''"´
       /// /   / / i l ヽゝ、_,、-‐ー- 、    l \      ,、-l_」ノ  ̄ ̄ ̄    く
      レl  ヽ',   / /  l l_,、-‐ー-、 ̄ ̄ ヽゝ  l  ヽl  /  ,イ',ヽ` ‐ 、.__,、-‐''"´ `` ‐- 、._
      l l   ヽi  ,' /    ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ       l   l /   / l .', \       ヽ   \   `` ‐- 、._
      lノ  /ノ  i,'           ヾ 、      l  ヽ-‐'"´  l  ', ヽ、__    ' ,    \

【FIN】
グラハムイッケメンだし、刹那はきゃわいいよねぇ~
この組み合わせありだと思うんだけど。

そんな感じでお疲れ様。
参加してくれてありがとう。
来週は初心者村行うので来てね☆」
3105GM 「一発ネタ>姫
でもこの二人がいちゃついてると脳内補完したらすごいラブストーリーになると思う」
信念の一振り 「ふぅ・・・待たせたようだな 」
月の姫 「がんばってくださいね>支配人殿」
月の姫 「さ、秋刀魚?」
月の姫 「なんという出オチ……」
信念の一振り 「なんだか揉めていたのが気になって戻ってきてしまった
スマホで少しばかり見ていたから、納得がいったようでなにより」
信念の一振り 「あれだな 君ら仲良いよね」
月の姫 「いやはや、お恥ずかしい」
信念の一振り 「うらやましい」
信念の一振り 「まぁ、寝る前に酒をあおったテンションのたまものでもある>月の姫」
月の姫 「あなたも4人組にされるぐらい仲の良い方がいるではないですか>秋刀魚」
信念の一振り 「あと、GMの刹那ネタで入らざるを得ないと感じたのも事実」
前原圭一 「ちょっと戻ってみたら醜いものをみせられた、訴訟も辞さない」
月の姫 「いってらっしゃい>訴訟」
3105GM 「刹那可愛いじゃん・・・」
信念の一振り 「あれは男友達の様なものだ ありがたい限りだけどね
なんつーかあれだ かわいさ余って憎さ100倍を地で行っててパルパルしちまう」
信念の一振り 「秋刀魚のどこが悪いというのだね」
前原圭一 「いや、下の方のやつねw>GM」
3105GM 「ぶっちゃけ、理想ですね
ちっこくて、ツンデレで。芯が通ってるとか

二次元最高ですね。やはりっ」
3105GM 「>秋刀魚
GMは二次元ならぶっちゃけどっちもいけるんだぜ?
3次元には興味ないから安心していいけど^^」
月の姫 「いいじゃないですか。
わたくしなどそこまで仲良しに見られる方がいませんからね>秋刀魚」
信念の一振り 「そして駄目だな 風呂に入った後の酒はダメだ
なにをしに戻ったか思い出せん」
3105GM 「>圭一
これかっ

     |  j  |    /     。        u   ゙、         .....::
       !     ,'     '  u   j           ヽ      ....::.::.::.::
      l     /    l                   ゙、   .....::.::.::.::.::.::.:
.      l    {    | lj             u     ', ....::.::.::.::.::.::.::.::.::
       l     !     |           丶       ...!::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
      |   l.     |            }   ...........::.::i::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
.        |   {.     |.....::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:」
信念の一振り 「秋刀魚の二次元とか、深夜の拷問スレの常連じゃないか・・・>GM
お弟子さんとお師匠さんに囲まれててなんだか家族団らんみたいじゃない>ないあさん」
3105GM 「>秋刀魚
刹那を愛でに来た?
グラハムを愛でに来た?
刹那はやらんぞっ!!」
月の姫 「最近反抗期でねぇ>秋刀魚」
前原圭一 「まあ、なんでも、いいですけれど。 (9393.jpg」
信念の一振り 「いや、元ネタも知らぬよw>GM」
3105GM 「>信念
おい・・・嘘だろ?・・・
やる夫住民の君がスクイズしらないなんて!?」
信念の一振り 「反抗期おそいな・・・・私は中学生の頃が一番ひどかった
え?あ、お弟子さんの方ですか あ、すいません>月姫」
月の姫 「どういう……>秋刀魚」
信念の一振り 「あぁ、スクイズだったのかあれ。AAでは見たことあったんだけどねぇ>GM」
信念の一振り 「月姫さん自身が反抗期って事?それはそれでまぁ、愛い愛いな訳だが」
3105GM 「>信念
まぁ、誠・世界・言葉に比べるとマイナーだしね。
刹那は世界のゆーじんらしい。ゲームやってないからしらんがっ」
前原圭一 「…話がかみ合ってない気がするけど気のせいかな?」
月の姫 「ないない、私は反抗期なんて特に無しに今を迎えてますよ」
月の姫 「従姉妹じゃなかったっけ……>刹那」
信念の一振り 「綺麗な誠は仲間 そうじゃないならしかるべき処刑
世界?言葉?ちょっとなにいってるか・・・言葉さんコトノハっていうんだよね」
3105GM 「詳しくは知らないのだよ。>姫
はっはっはっ。とりあえずセリフとかいろいろかわいいなと」
信念の一振り 「結構話が頭に入っていない だから風呂上りの酒はやめろと言ったんだ!俺!

そういやお弟子の子最近みないねぇ 決闘にいるらしいけど まぁ、行かないし・・・」
信念の一振り 「まぁ、なんというか、考え方の違いで色々分かれるのが人狼の戦略な訳で
そりが合わないならまぁ、仲が良くても疎遠にはなるかな とは思うよ>月姫」
四条貴音 「仲良し・・・素敵な事です」
信念の一振り 「あれよね 酔ってる時に行動すると良くないを今物凄く実践してる気がする」
信念の一振り 「お、四条さんおかえりー いやーなんか愛してるわー」
月の姫 「そりの合わない人とはそもそも会話しないんでそこは問題ないと思いますね。
会話をする人は好ましいですし>秋刀魚

私も詳しくはしらないな>GM」
四条貴音 「え!?・・・い、いきなりそのような事を言われましても・・・!///>秋刀魚」
信念の一振り 「まーあれだ 反抗期の後はありがたみが分かるから
それまでは親の心子知らずで耐えるとたぶんなんか目覚めるんじゃない」
四条貴音 「ではここにいる方皆が好ましいという事ですね。なお良き事です。>月の私」
前原圭一 「まぁ・・・そりのあわないひとと会話するのって難しいよねー
信念の一振り 「喋るのは大好きなんだけど大体脊椎で話すから中身伴わないんだよねぇ」
3105GM 「脊椎で話すとか新しいな」
信念の一振り 「わたしゃー露骨に避けるからね>前原」
月の姫 「考えて会話なんてそうそうしませんよ
恐らくね>秋刀魚

もちろん。でなければきてはいないでしょう?>地上のわたくし」
信念の一振り 「結構何も考えてない むしろ何も考えてない
だから中身が伴わない 違和感を指摘で来ても理由が言えない>GM」
3105GM 「>信念
GMも何も考えてない。欲望のままに動きます」
信念の一振り 「まーあれだ 君らは結構うらやましい関係とだけいっておこう!>月姫」
信念の一振り 「なんというか、今回はログ見ててよく当てれたなぁとは思ったけどね ガイアの割に
四条の住人の癖もあるのかもしれないけどね」
月の姫 「甘えれる先輩か甘えてくれる後輩でも見つけてはいかがでしょうかね>秋刀魚」
信念の一振り 「誰かに師事するってことができない秋刀魚なんです>月姫」
月の姫 「いいんじゃないですかね
てきとーてきとー。考えるのってめんどくさくないですか?>秋刀魚」
四条貴音 「甘えてくる後輩を愛でるとこちらの心も温かくなりますね・・・♪」
3105GM 「じゃあ私が甘えても・・・>貴音」
信念の一振り 「考えずに負けるのは嫌かなーだから必死に論理武装
2手先、裏は読めないけど見えるだけの意図だけは拾いたい」
月の姫 「まったくです。
そこの秋刀魚もとてもかわいらしかったのですがね。
今じゃあこの通り、美味しそうな秋刀魚になってしまって>地上のわたくし」
信念の一振り 「あとまぁ、あれだ 果たすべき義理ってのが分かったのかもしれん
まぁ、考えないときもあるけど」
月の姫 「立派になりましたねぇ……。
わたくしなど、「私が吊られなければその分敵対陣営が吊れる可能性あるって~」ってテキトウにしているのに>秋刀魚」
信念の一振り 「結構小生意気なししゃもだったのに、
なにがどうしてこうなったのか本人にも・・・・>月姫」
月の姫 「おや、秋刀魚は誰かに義理があると
がんばってくださいね」
前原圭一 「後輩ねぇ…」
信念の一振り 「中途半端に死にたくないだけなのかもしれんねぇとは思う
ときたま進行を考えると泣きたくなってAMENするけど>月姫」
月の姫 「指定に逆らってまで保護しようとしたのですがね、わたくしは
あのとき容赦なく吊っておいても良かったかもしれませんねぇ>秋刀魚」
信念の一振り 「あいや、その村々でね?今回前原吊ったじゃない?
だから、個人的にはそこで怪しいと見てた水谷に投票した
前原を村で見たんだ 村ならば、勝つのが義理であり責任だと思うからー
だからー『ここ人外ぽいけど、村もありそうだから別吊り』なんてのは
誰に対しても顔向けできないっていうのが、それぞれあったり」
月の姫 「中途半端は良くないと思いますね。
私は別に生き残るつもりはないですけど。」
信念の一振り 「やめたげてよぉ!いや、あの時は本当に聖母かと思いましたよ?
今でも5割ぐらい思ってますけど」
月の姫 「かっこいいことを言えるようになって……
なんとも嬉しいような寂しいような」
信念の一振り 「まぁ、私は初心者だからまだまださー>圭一」
3105GM 「歳暮ないあ・・・ふむぅ」
月の姫 「キミら3人は何故私を聖母というのか……>秋刀魚」
信念の一振り 「出来るのは人狼の調子が良い日と体調の良い日だけなのが残念極まりないです>月姫」
前原圭一 「そうなのですか、私も初心者ですよ>秋刀魚」
月の姫 「充分充分>秋刀魚」
信念の一振り 「いやまぁ、他は知らんが少なくとも俺は思ってるなぁとは
実際問題、誰からも疑われて死んでいく最初期の頃に
人の優しさにすがれるというのは大事だとは思う訳で」
信念の一振り 「HAHAHA 冗談 KOOLダネー >圭一」
信念の一振り 「歳暮だとだいぶ意味がちげぇw>GM」
前原圭一 「いえいえ、わりとまじめに言ってますよ(迫真>秋刀魚」
月の姫 「しょしん・・・しゃ・・・?>前原殿

だって発言少ないだけで、怪しいことは言ってなかったからねぇ>秋刀魚」
3105GM 「>信念
むしろ逆にありかもしれませんよ?」
四条貴音 「いや、後輩というか先輩な気がしますが・・・!>GM」
月の姫 「愛でても良いのですよ?>地上のわたくし」
3105GM 「>貴音
アイマス村来たのは確実に後ですから・・・
それに重要なのは甘えていいか、どうかってことですよ、猿渡さん」
信念の一振り 「ちょっと、戦績ツールは あてにしないようにしてるんで(キリッ>圭一」
信念の一振り 「今は逆に役職を見られ死んでいく秋刀魚であった>月姫」
前原圭一 「探偵村の素村はそこまでやることありませんしね(特にあの展開だと」
四条貴音 「・・・まぁ、こまけぇことは良いのですね。甘えたい人は来るといいと思います。受け入れます故」
3105GM 「>貴音
よーし、じゃあ明日から甘えまくろっと♪」
月の姫 「それは初心者を一手抜けたところなんじゃないかな。
いやぁ、私が500戦にいくよりもはやそうだ>秋刀魚」
信念の一振り 「探偵村は結構好みかもしれん 特に占い1COだと考えなくて済むからありがたい>前原」
信念の一振り 「一日1村が出来なくなってきたから、だいぶ遠いかなぁ・・・>月姫
まだまだ足りんよ 経験値が」
月の姫 「充分でしょう、恐らく>秋刀魚」
信念の一振り 「あぁ、そしてやばい2時だ 寝よう 電車止まると泣きたくなるしな
そいじゃ、寝る前に楽しい雑談をThanks All」
3105GM 「おやすみー>秋刀魚」
月の姫 「はい、お疲れさま
また同村しましょうね>秋刀魚」
四条貴音 「またお会いしましょう、秋刀魚殿」
前原圭一 「おつかれさまー>秋刀魚」
月の姫 「ではわたくしもおちましょうか。
此度はお目汚しを失礼いたしました。
それでは、お疲れさまです。」
前原圭一 「お疲れ様です>月の姫様」
3105GM 「お疲れ様」
四条貴音 「お疲れ様でした」
3105GM
             _,    ,.≦三
            /(fう⌒Y ¨  ̄  ミ¨二ニニミ 、
            ,乂ン', ‐l   ̄ ̄  ミ 、 \__\
         r‐彡 //  ! {` ミ、丶  ヽ \ <
         iヘr/ ,  ,| ' 、_》、 { 、 \ 丶 ミ,
        、___,/  V ∠}八 乂 r==弐 \  ー  \
          ,>=彡 八{r=弌〉ヽミー   `ミ =-   (\丶
        ; ィ ´{ { , ト   }丶      |,l  r    \ヽ!
         i八 いノ i    ,r== 、    iリ ハ ;  、ヽ
          /  |  リ  , -ミ,   _从{_ノ /^ヽ{ヽi
          Y ィ 从ミ=-  V⌒  ,ノ    r弌 {     ふぅ、快感~♪
           ヘ八{ノヘ 〉、  ゝ=_彡    , !   乂
                 气〉、      /  !  {、 \
                    ぃ〉、   イ   ,弋 い{ ̄`
               ノ ‘,  ̄     i  }ノー _
             〃, /,〉 :.       | ノ′   `丶、
              ′{' / ‘,ヽ      l          `ー‐――- 、
               /    }        ;           ,   ̄     \
                ,      ノ        ,       /            \
          __,/       '、   /〈     _/               ヽ.
        ,. ´   ⌒ヽ      ヽ  / , -‐         {
      /           ー--― 、 _                ' 、
      ;        /       丶 ′           \     __ -‐=
      i        ,            i                   `;¬=ミ,
.       〉.     ノ            :              /  !   \
      ; ヽ    ;           .:                 /  ;     \
.     ,!  \_ |           、              ,     八       \
.    / ヽ    ,r气            ,. ‐ ..,,         /   /
    ;      T ´  ‘,、       /        ‐--‐ '^     .′
    l     丿     ! ` --‐                    /

【TRUE END】
グラハムいいよな

さて二度目になるけど、お疲れ様。
参加してくれてありがとう。
来週は初心者村行うので来てね☆」