←戻る
【劇場69】劇場公演 火曜の部村 [80番地]
~今日もぺちぺちと村立てる。どなたさまもどうぞ~♪~

役割希望制リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印早朝待機制自動で霊界の配役を公開する
1 2 3 4 5 6
icon
(生存中)
icon ゴルベーザ
(生存中)
icon 諸葛亮孔明
(生存中)
icon 加治木ゆみ
(生存中)
icon ハーピー
(生存中)
icon 神崎蘭子
(生存中)
icon やる太
(生存中)
icon 秋月律子
(生存中)
icon 水谷絵里
(生存中)
icon 灰色狼
(生存中)
icon はるるん
(生存中)
icon 東横桃子
(生存中)
icon 執念の二振り
(生存中)
icon 水瀬伊織
(生存中)
icon 双海亜美
(生存中)
icon 蒲原智美
(生存中)
icon かぐや
(生存中)
村作成:2012/06/19 (Tue) 21:58:45
GM 「【禁止事項】
 無益な村人騙り(PP時における、最終日の村人による狼CO等を除く)
 システムメッセージのコピーペーストによる能力結果CO、
 突然死、暴言(昼夜、霊界下界問わず)、ゲーム放棄、掛け持ちプレイ
 人外の村人騙り騙り
 ※これらの行為が発覚した場合、通報の対象とします。
【準禁止事項】
 初心者CO、初心者騙り
 超過0秒になる前の狼の噛み(できれば超過1分は待ってあげてください)
 昼間のAA禁止(村立人が許可する限りはこの限りではない)
 ※基本的に注意・警告のみですが、GMが悪質と判断した場合通報もあり得ます。
【参加者全員へ】
 リア狂、完全ステルス防止のため事件前日に一言ご挨拶をお願いします。
【占い師候補へ】
 最初の発言は一行の占い結果のみ。占い理由は二言目以降にお願いします。
【初心者の方へ】ttp://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
 ※重要)まず初心者の方は上記URLを必ず一度お読みください。
 (左端目次の「ゲームの基本ルール」から「さっそく参加してみよう」まで)
 また、初心者の方はゲーム中に初心者であることを明かす行為は禁止とします。
 ※狼の夜中の会話ではOKです。

【観戦者の方へ】
 このゲームはiM@S架空戦記の派生ゲームとなっています。
 参加希望者は、下記のURLからWiki等を確認してみてください。
 http://www38.atwiki.jp/ijinrou/

<初心者の方へ>
初日から会話が殺到します
それにあたって、下記のようにしようとすると必ず吊られると思ってください

全部読む→上手い返事を考える→実際に書く

これができるのはベテランさんだけです。
というかベテランでも失敗します。
まずは特定の2〜3人との会話に集中したり、全文読むのは夜の間だけにしましょう。
誰が占いで・・とかなんかのまとめも投票中に十分できます」
GM 「四条劇場の特徴
■狩人のGJ、狐噛みは表示されません
■遺言はゲーム開始前のみ残すことができます
■夜は超過後も話せます
■初心者熱烈歓迎!」
ゴルベーザ さんが入場しました
ゴルベーザ 「入ってもOK?」
GM 「別に許可制じゃないですよ?」
ゴルベーザ 「おーし!では」
ゴルベーザ 「いいですとも!」
ゴルベーザ 「ふう・・・満足した」
諸葛亮孔明 さんが入場しました
諸葛亮孔明 「我挨拶
(よろしくお願いします)」
国広一 さんが入場しました
GM 「なんか中国語じゃない気がするそれ・・・」
国広一 「よろしくねー」
国広一 「……まあ、どう見ても中国語には見えないね。」
ゴルベーザ 「平和(ピンフ)」
仮 さんが入場しました
諸葛亮孔明 「我在故人故差異有(昔の中国語なんだよ!気にしたら負けだ!)」
神崎蘭子 さんが入場しました
「こんばんは、よろしくお願いします」
神崎蘭子 「闇に飲まれよ!(こんばんは!)」
ゴルベーザ 「蘭子のが新しい中国語なのかね?>孔明」
国広一 「いや、うん、まぁそれで良いんじゃないかな……」
GM 「ウルトラマンは言いました。

日本語でおk>自称こうめいさん」
諸葛亮孔明 「我不関与(しらねーよwwww>ゴルペーザ)」
仮な さんが入場しました
ゴルベーザ 「そうか・・・つまりはパワーをメテオにって事なんだよ!」
諸葛亮孔明 「我不知宇宙銀河的英雄(ウルトラマンとか知らないっすかwwwちょりーすwww>GM)」
仮な 「よろしく~」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → P
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 315 (直枝理樹)」
リクエスト募集 さんが入場しました
神崎蘭子 「異国の言葉ではないわ!(失礼な!日本語ですよ!熊本弁でもないですよ!)>ゴルペーザさん」
リクエスト募集 「よろしくお願いしますー」
諸葛亮孔明 「我望司馬懿仲達(司馬懿仲達出来て俺にボコられるってどうっすか?www>リクエスト募集)」
リクエスト募集 「そんなわけで765か876でわっふるわっふるしたいのですが誰かお願いしますッ!」
国広一 「ところでなんでゴルペーザさんって言われてるんだろう?
ボクの目にはゴルベーザに見える!」
ゴルベーザ 「ゴルベーザ ○ ゴルペーザ× 撤回を要求する!>蘭子」
リクエスト募集 「むむむ>孔明」
ナターリア さんが入場しました
諸葛亮孔明 「我望男性的偶像(それがいやなら、あまとうさんでwっw>リクエスト募集)」
ナターリア 「こんばんハ、よろしくおねがいするネ?」
ゴルベーザ 「アイマス村?いいえメテオ村です」
仮な 「仮な さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮な → やる太
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 703 (やる太)」
神崎蘭子 「ふむ…これは失言だったな…(すみませんでした!)>ゴルベーザさん」
「では村であまり見ない律子さんとかどうでしょう?>募集の方」
ナターリア 「変な人ばっかりネ?」
やる太 「やる太だお!よろしくだお!」
リクエスト募集 「まて、ここで仲達になれというのはもしや定相殿からの暗号・・・」
リクエスト募集 「了解です!>GM」
諸葛亮孔明 「暫離席(ちょっと離席っすwwww)」
神崎蘭子 「(ゴルペーザだと一回で変換出来たのになぜかゴルベーザだと一回で変換できなかった…)」
灰色狼 さんが入場しました
はるるん さんが入場しました
はるるん 「こんばんはー、プロデューサーさん
あれ?千早ちゃんいないの?」
やる太 「ゴルベーザの兄ちゃん、質問何だお!」
ゴルベーザ 「何かね?>やる太」
やる太 「遺言はゲーム開始ってのは、役COを遺言でできないってことなのかお?」
かりっかり さんが入場しました
kari さんが入場しました
国広一 「できないね。
だから専ら、遺言はネタ披露のためのものに……>やる太くん」
水瀬伊織 さんが入場しました
リクエスト募集 「リクエスト募集 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:リクエスト募集 → 秋月律子
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 735 (アニマス・秋月律子01)」
ゴルベーザ 「その通りだ!だからネタに走ってもいいし、自分は占いです!(キリッでも良い>やる太」
水瀬伊織 「はいおつかれさん。
あら、アホの春香じゃないの。相変わらずアホそうね。」
秋月律子 「よーし、気合入れていくわよ!!」
ゴルベーザ 「登録できるのはゲーム開始前・・・つまり今しか無い好きにせよ>やる太」
神崎蘭子 「(伊織さんの雰囲気がいつもと違いますね…)」
双海亜美 さんが入場しました
かーりまん さんが入場しました
双海亜美 「やっほー」
はるるん 「伊織ったらあっていきなりひどいなー。
でも私に一番に超えかけてくれるって事はそう嫌われてるってわけじゃないんだねー」
やる太 「>国広一 ゴルベーザ 教えてくれてありがとうだお!」
秋月律子 「伊織に亜美も来たわね。
・・・あずささんまた迷子かしら・・・」
水瀬伊織 「で、亜美に律子と、なによこれ、765の過激派のあつまり?」
かりーまん さんが入場しました
かりーまん 「よろしくお願いします」
はるるん 「そんなことより伊織!
知らない人の家にピザの宅配いってドッキリしかけようよ!
きっと楽しいよ!ふへへ!」
神崎蘭子 「文字を具現化した物だったり言霊を並べるだけでもよい(AAを使ったりただ台詞を並べるだけでもいいですよ♪)>やる太」
水瀬伊織 「しかたないでしょ。
なんの因果か、あんたとユニット組んでんだし。
だからってポエムしりとりは勘弁よ。春香。」
kari 「kari さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari → 執念の二振り
アイコン:No. 2 (暗灰) → No. 320 (秋刀魚)」
秋月律子 「・・・待ちなさい伊織
だーれが過激派ですって!?>伊織」
ゴルベーザ 「閣下が黒いな」
双海亜美 「亜美は穏健派だもんね、いおりん」
水瀬伊織 「……誰の家か、によるわ>春香」
「はやっ・・・埋まるのはやっ・・・!今までからはそうぞうもつかない速さ!」
灰色狼 「あぁ、退屈だ退屈だ
君何か面白い話でもないものかね」
はるるん 「いやいや、ポエムしりとり楽しいでしょ!
雪歩がいなくてもいっしょにやろうよーやろうよー」
水瀬伊織 「それから、そういう話はここですぐにはなすんじゃないわよ……
もう少し策をねってから……でしょ?」
国広一 「とーかが呼び込めるかと思ったけどそんな事はなかった。」
水瀬伊織 「ああん?あれやらせたら消すわよ?>春香」
諸葛亮孔明 「我戻(もどったっすwwwwちょりーすwww)」
秋月律子 「亜美が穏健派かどうか・・・はまぁ、一旦置いとくとして
私はプロデューサーよ?プロデューサーがテロ行為でもするっていうんですか!」
神崎蘭子 「さあ、すべての始まりをまとうか…(準備完了です!)」
はるるん 「いやいや、知らない人の家にアポ無しでいくのがたのしいんじゃん!
んー、千早ちゃんとかきっと部屋いれてくれないだろうし!」
ナターリア 「ナターリア さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:ナターリア → 水谷絵里
アイコン:No. 901 (ナターリア) → No. 939 (水谷絵里(ハリアー))」
双海亜美 「そりゃ千早ねーちゃんの家、一択っしょ>いおりん、はるるん」
ゴルベーザ 「()使いの多い事よ・・・」
かりーまん 「かりーまん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりーまん → かぐや
アイコン:No. 1 (明灰) → No. 225 (蓬莱山 輝夜)」
水瀬伊織 「……絵理あんたなにしてんの」
秋月律子 「そもそもポエムしりとりが何か分からないわよ!?>春香」
ゴルベーザ 「アイコン変更をしばし待とうか」
かーりまん 「かーりまん さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かーりまん → 蒲原智美
アイコン:No. 281 (サム) → No. 946 (蒲原智美)」
執念の二振り 「万能故仕方なし>ゴルベーザ」
かりっかり 「かりっかり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かりっかり → 東横桃子
アイコン:No. 3 (黄色) → No. 505 (東横桃子)」
蒲原智美 「ワハハ」
水谷絵里 「ただいま帰りました・・・
このメンツはヤバい!地獄をみるでぇ・・・!」
はるるん 「千早ちゃんさすがにロシアンピザやってら今度こそインターホンにでてくれなくなっちゃいそうだしなー・・・。>亜美」
水瀬伊織 「ポエムしりとりのことをいうのはやめて!
雪歩がくるでしょ!>律子」
国広一 「む、そういう風に来るのか」
「仮 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:仮 → ハーピー
アイコン:No. 10 (さくら色) → No. 936 (ハーピー)」
諸葛亮孔明 「劉禅様現(やる太様じゃないっすかwwwwwwちょりーすwww)」
神崎蘭子 「怠惰なものが二人…(似たような二人がいますが…片方は何やら雰囲気が違いますね…)」
水瀬伊織 「……ねーぇ、絵理ぃ?
あんたさーぁ、876に帰らずこんなところでなにしてんのぉ~」
「・・・ダメだ、空気についていけない・・・」
水谷絵里 「なんすか伊織さん・・・睨むのやめてくださいよぉ・・・うへへ・・・」
国広一 「国広一 さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:国広一 → 加治木ゆみ
アイコン:No. 921 (国広一) → No. 507 (加治木ゆみ)」
秋月律子 「な・・・なんなの!?
ポエムしりとりってそんなに恐ろしいナニかなの!?>伊織」
双海亜美 「大きなしゃもじもって行けば、ヨネスケと間違えて入れてくれるんじゃない?>はるるん」
はるるん 「聞いてくださいよ律子さん!
こう、胸の中の普段抑えられた気持ちとかを解放して
どうたらこうたらがアレで痛い感じのしりとりをですね!>律子」
諸葛亮孔明 「我主君居故救村(やる太さまいるならちょーあんしんっすねwwww)」
加治木ゆみ 「なら、こうするべきだろう?」
やる太 「孔明だお! ちょりーすwww ねぇ、あれやって、あれ!」
水瀬伊織 「あんたねぇ……私の前で露骨に卑屈になんのいいかげんやめなさいよ……>絵理」
諸葛亮孔明 「我君謎好(あれじゃわかんねーすよwwっw>やる太様)」
双海亜美 「ゆきぴょんにしかできないよ、あんなの>りっちゃん」
蒲原智美 「おー、みんなそろった。」
執念の二振り 「落ち着け>P」
秋月律子 「私もよくわかりませんよプロデューサー!?>GM
今日の765は亜美以外なんだかちがいますよね?私が違うんじゃないですよね!?」
東横桃子 「お…おお…龍門渕の痴女をイジりにきたら」
はるるん 「仕方ないよ伊織、いつも悪い顔してるしw
そりゃエリちゃんもそんな態度になるって。」
水瀬伊織 「最近開発された死のしりとりよ。
あんなのやる奴、頭がおかしいわ>律子」
やる太 「ほら、孔明の決め台詞聞かせ欲しいんだお!」
双海亜美 「真美がいないから、亜美も火力半減なのだ>りっちゃん」
水瀬伊織 「ああん?>悪い顔>春香」
「えぇ、なんか足を踏み入れちゃいけない場所にいるような・・・>律子さん」
神崎蘭子 「……これが混沌か…(なんだかカオスですね…)」
秋月律子 「命にかかわるしりとり!?
そんなの危ないから永久に封印しなさい・・・しりとりで命にかかわる!?>伊織」
はるるん 「ほらねwww
その顔がダメなんだってw
私みたいに見る人がみんなの心が温まる笑顔が必要なんだって!(力説)>伊織」
加治木ゆみ 「……痴女と言ってやるな。
―――はっきり言ってしまえば、咲世界の常識がおかしいだけだ>モモ」
諸葛亮孔明 「死孔明生仲達走
(まじ仲達とか俺にビビりすぎっすよwwww
 ヘタレ乙wwww>こうですか?やる太様)」
水谷絵里 「へへ・・・貴方たちの舎弟っすから・・・へりくだるのは当たり前ですよ>伊織さん」
ゴルベーザ 「皆のもの準備はいいか?」
蒲原智美 「ワハハ。
あの世界に生きてる私らのいえるセリフじゃないなー。」
水瀬伊織 「あんたの顔みて千早と雪歩の顔がひきつるってんのはわかるわ……
ったく……誰か、アホの相手に響と真でもつれてきなさいよ……」
双海亜美 「なんだか今日は濃い人たちばっかだねー」
水瀬伊織 「いや、舎弟とかそういうのいいから……ってこれじゃ律子ね」
ゴルベーザ 「では始めるとしようか」
水谷絵里 「いつでも準備は出来てますよ・・・ひゅぅ・・・」
ハーピー 「よろしくね~♪」
やる太 「     ____
   ノ( \   /\
  /⌒ ○    ○ \ >孔明 ちがうお!はわわ、ご主人様だお!
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ    (_ノ   ィ‘
  Y   v、    、 ヽ
  乂_   )  ζ  )  ドンッ !!
      ̄   ) `ー' て
         '⌒γヽへ」
双海亜美 「いおりんもなんか取り乱してる感あるし…
はるるんはどっか外れてる感じだし…」
「ではそろっているのでカウント後開始、お願いします」
ゴルベーザ 「いいですとも!←この発言から30秒ぐらいで」
神崎蘭子 「我の準備はすでに完了している…(いつでも大丈夫ですよ!)」
秋月律子 「そうだプロデューサー!
これ多分夢なんですよ!!ちょっと私をつねってください、多分目が冷めますから!
突かれちゃってデスクで寝ちゃったんですよ!>プロデューサー」
諸葛亮孔明 「我君勘違(それ違う孔明っすよwwwww>やる太様)」
水瀬伊織 「あんたが冷静すぎるのよ。
真美がいないせい?いつもは一番の混沌のくせに>亜美」
ゴルベーザ 「20・・・」
ゴルベーザ 「10・・・」
はるるん 「いやいや、マコトはともかく千早ちゃんはああ見えて喜んでるから!」
「基本絡みづらいよね・・・>亜美ちゃん」
ゴルベーザ 「パワーをメテオに!」
水谷絵里 「突かれちゃって・・・だと・・・?>律子さん」
ゲーム開始:2012/06/19 (Tue) 22:29:42
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆P 皆様ようこそいらっしゃいました。こういう時どういう顔したらいいのかわからないけど来てくれて嬉しいです。
楽しんでいってくださいね。
本日のお相手はGM兼審査員兼給仕兼プロデューサーのうみゃです。どうぞよろしく」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
「◆P わけがわからないよ>該当者」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
「◆P 狼は超過後会話出来ないですよ・・・できたらちょっと狼ガン有利すぎる」
P は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
さんの遺言 僕はおいしくないって言ったのに……
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
執念の二振り 「一匹だ 一匹の化外を斬り伏せる事だけに
我が命を賭す それだけだ」
双海亜美 「おっはよー」
ゴルベーザ 「おはようですとも!」
加治木ゆみ 「ふむ。ここに来ている知り合いは―――モモと蒲原だけか。
モモの身は私が全力で守ろうじゃないか。
蒲原は自分の身くらい自分で守れるだろう?」
秋月律子 「おはよう、占い師は早く出なさい!
出社時刻はちゃんと守ること!!」
水谷絵里 「占いCO 秋月律子○」
東横桃子 「サッ」
水瀬伊織 「おはよ。
んで、春香狼?
絵理、さっさと吊り殺しなさい。いいわね。」
ハーピー 「は~らひれほろはれ~♪」
やる太 「おはようだお!
ニュー速でやる太6歳。
好きなものはハンバーグだお!」
諸葛亮孔明 「我占村人(ちょりーすwww俺っちが占いっすww)
対象君対象成(やる太様占ったっすよwww)
結果示(結果は●っすwww)」
神崎蘭子 「我が力を見せてくれよう…
(今日も頑張ります!)」
灰色狼 「混沌の欠片を集めたまえ。
このわたしに、この事件を解決して欲しければな。」
諸葛亮孔明 「初日占理由不要(まぁ我君ですしwwww)
(ってもバカ殿なんで、安心できないっすねwww)
(あ、やべwww本音がちらほらwww)」
はるるん 「うへへ、おはよーごじあまーす」
蒲原智美 「ワッハッハ」
執念の二振り 「いささか、早いな」
かぐや 「おやすみ」
ハーピー 「役職さんはおしごととろしくね~♪」
秋月律子 「役職は伏せたほうがいいわね、これ」
水瀬伊織 「……なんか●でてるけど」
水谷絵里 「理由:メガネこわい。なんやて・・・!あのメガn、律子さんが○だと・・・?」
双海亜美 「こーめいちんが●いの出したー!にっげろー」
ゴルベーザ 「ほう?行き成り●とは流石孔明・・・」
灰色狼 「●だ―伏せるんだ君」
諸葛亮孔明 「我悲(ってやる太様狼じゃないっすかwwwwマジっすかwwww)」
水瀬伊織 「あら絵理……あんた、占い?」
やる太 「霊能COだお!」
蒲原智美 「私にまかせろーワハハ>ゆみちん」
秋月律子 「やる太のCOを聞きましょうか?」
ハーピー 「●でてるわね~♪
●のCO待ちでいいんじゃないかな~♪」
双海亜美 「リッチャンは怖くないよ、扱い方をちゃんと心得さえすれば>絵理ちん」
秋月律子 「よーし、しっかり分析するわよ!霊能者をCOするわ!」
ゴルベーザ 「ではCOを聞こうかやる太よ・・・!」
神崎蘭子 「ふむ闇からの使者か…(あら…●が出ていますね…)」
灰色狼 「ざわ…ざわ…」
はるるん 「ちょwww伊織www
いやいやww伊織こそ狼でしょww
昨日の大きな遠吠えぜったい伊織が
「私が狼なんてありえないわっ!」っていったやつでしょw>伊織」
水瀬伊織 「いきなり律子占うなんて、なんて命知らずな……!」
水谷絵里 「対抗●・・・!これはこれは。
霊能さんは潜っててくださいねぇ・・・」
加治木ゆみ 「さほど遅い●というわけでもなかったな。
……と、そこが霊能COか。」
ハーピー 「はいはい~♪
霊能ローラーね~♪」
双海亜美 「●から霊能出た!盛り上がってきたね~」
ゴルベーザ 「よし、●霊能からロラだな異論はないか?!>各々」
執念の二振り 「宣言者が2人 どちらとも騙りが少しばかり強いか
霊能もか ふむ」
灰色狼 「非霊脳CO」
秋月律子 「そんなわけで真贋確定ね?」
蒲原智美 「セオリーどおりだなー。」
はるるん 「えりちゃーん・・・。律子さんは終盤までグレーで残すと楽しいポジションだってばー>水谷」
かぐや 「しばらく働かなくてすむわ
すばらしい」
東横桃子 「めんどくさいっすね…」
やる太 「孔明の罠だお!」
双海亜美 「あれ?リッチャンも霊能?
占われた人たちが霊能って、なんか面白いねー」
水瀬伊織 「あん?
私が狼なわけないでしょ?この完全完璧全知全能の伊織ちゃんのどこが
狼だっていうのよ、んん?」
水谷絵里 「黒だったら即吊りできて、春香さんたちに貢献できるかと・・・>伊織さん」
やる太 「孔明は騙りだお!みんな騙されちゃいけないお!」
諸葛亮孔明 「我推測対抗狂人(ここで対抗狼ならやる太様普通に釣られるっしょwww
対抗狂人とか狩人次第っすねwwww)」
秋月律子 「あ・・・私視点だけか>真贋確定」
灰色狼 「あぁ、律子出てるのか 2-1でとまったかと思ったよ君」
双海亜美 「だよね、はるるん
絵理ちんはまだまだ分かってないみたいですぞ」
ハーピー 「共有さんは出てあげたらいいんじゃないかしら~♪
水瀬伊織 「まー、それでもいんじゃない?」
加治木ゆみ 「ローラーして構わないだろう。
情報が増えるのは●を出されてない霊能からだと言われているが、
……まあ、ぶっちゃけ、●霊能のやる太から吊りたい気分だな。」
蒲原智美 「どうせロラなんだから何も考えないでいいじゃないかワハハ」
はるるん 「えりちゃん!今日は伊織つりの日でしょ!>水谷」
双海亜美 「いおりんはウサギだもんね」
水谷絵里 「2-2になった!?●から霊能・・・だと?」
執念の二振り 「暫定的に、真狼としておこう あまり狂人交じりには思えん」
東横桃子 「あ、一応出とくっす。共有CO。」
諸葛亮孔明 「我偽主君(やる太様、来世がありますってwwww頑張りましょうよwww
ちょりーすwww)」
ゴルベーザ 「やる太・・・●から霊能COで対抗が出ているのだ・・・後は解るな?」
水瀬伊織 「そんじゃ、灰狭めにでとくわ。
私は共有。残念だったわね。春香。」
やる太 「こんなにかわいい、やる太から吊るのかお?」
双海亜美 「とりあえず、ルーレット回して決めたらいいじゃん>はるるん」
秋月律子 「しかし噂に名高き軍師殿!
いきなり狼を引き当ててしまうとは・・・感服です!>孔明さん」
東横桃子 「相方はそこの……です」
神崎蘭子 「2-2で怪しきものを裁くか…(麗のうローラですね)」
蒲原智美 「モモ共有かー。
相方はゆみちんかー?」
水瀬伊織 「片方はでるかでないかはまかせるわ。
どっちにしても今日は霊しかつらないし。」
ハーピー 「あと占いは個人が特定できる占い理由は書いておいてね~♪
それができない占いなんていらないから~♪」
水谷絵里 「伊織さんの共有COマジ最高!」
東横桃子 「なんでっすか? なんで先輩じゃないんすか? 先輩さえいれば他にはなにもいらないのに」
加治木ゆみ 「共有については潜っても出ても構わないだろう。
無駄占いを避けられると思うのならば潜れば良い。
まあ、私としては出てくれた方が良いと思っているけどな。」
水瀬伊織 「あんたがいまから読むポエムの内容によるわ>やる太」
かぐや 「ショタッ子ペロペロ」
やる太 「おのれ、孔明…ぐふっ だお」
執念の二振り 「あまりひき潰す利を感じないが・・・まぁよいよい
不安要素は切るべきだ」
はるるん 「えええええ、嘘だーー!
伊織が共有なんて嘘でしょー!
っていうか伊織の相方さんが不憫でしかたないよ。」
双海亜美 「ももっちといおりんが共有ね
んじゃ、ぱぱっと霊ロラからはじめよーでいいんじゃない?」
ゴルベーザ 「2-2-2か、占い真狂が硬いところか?」
蒲原智美 「ワハハ。モモとられちゃったみたいだぞゆみちん。」
諸葛亮孔明 「我不望両吊(ロラというよりやる太様吊ればいいんじゃないんですか?俺っちが死んだら対抗残せばいいわけですしwwww)」
水谷絵里 「結局FOですかねぇ・・?」
秋月律子 「伊織が共有ね?
これで亜美も村なら竜宮小町は安泰ね!」
水瀬伊織 「ポエムが雪歩のお眼鏡にかなうないようなら……残すことをかんがえてもいいわよ?」
ハーピー 「2-2-2把握よ~♪
桃子ちゃんは相方さんが先輩さんじゃなくて残念だったわね~♪」
加治木ゆみ 「ふむ、モモが共有というのは私にとってはとても素晴らしい事だな。
―――既にモモが狼や狐に成り変わられている心配をしなくて良いのだから。」
灰色狼 「あまりにもみごとな霊脳カウンターに若干 身内切りを考えるわ―」
東横桃子 「おかしいっす、こんなのおかしいっすよ、どうして先輩がそばにいてくれないんすか」
水瀬伊織 「と、ああ、でてたわね、きづかなかったわ。
ってことでそこのステルスが相方よ。」
ゴルベーザ 「占い真狼ならば狂人どこ行った状態だが、真狼ならば2Wで美味しいと行った所か
楽観はせんがな」
はるるん 「雪歩www村に参加してないのにポエム審査のためだけに来させられるとか
wwwwwwうぇっゲホ」
加治木ゆみ 「……それは言うな……>蒲原」
双海亜美 「亜美は村だけど、リッチャンがナニモノかは分からないのだ!
そのめがね、じんじょうにしらべたてまつる!」
秋月律子 「それだと私にせ確定の方向になっちゃうわよ?>ゴルベーザ」
東横桃子 「お断りしま…」
神崎蘭子 「(今日はおとなしくしておこう…)」
水谷絵里 「そういや違和感だらけで気付きませんでしたが、小町にあとあずささんだけなんですね・・・・>律子さん」
蒲原智美 「秋月はどっちの占い視点でも狼はないんだから吊らなくていいんじゃないかなー。ワハハ。」
双海亜美 「あずさ姉ちゃんはまた迷子だよ」
加治木ゆみ 「お前が望んでくれるなら、いつだって傍にいるだろう?
例え共有じゃなかったとしても、それは変わらないよ>モモ」
諸葛亮孔明 「我疑灰色狼発言
(◇灰色狼 「あまりにもみごとな霊脳カウンターに若干 身内切りを考えるわ―」
そう思うなら対抗がいなくなってから考えたらどうっすかねwww
今考える必要もないかとwww)」
やる太 「ポ…ポコ○ンが
エ…エッチな夢で
ム…夢○した」
はるるん 「っちぇー、それにしても伊織が共有とか・・
もう村での目標がなくなっちゃたよ」
ゴルベーザ 「ではそこの●からの霊能COはなんだね?>律子」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
2 日目 (1 回目)
ゴルベーザ0 票投票先 →やる太
諸葛亮孔明1 票投票先 →やる太
加治木ゆみ0 票投票先 →やる太
ハーピー0 票投票先 →やる太
神崎蘭子0 票投票先 →やる太
やる太11 票投票先 →諸葛亮孔明
秋月律子3 票投票先 →やる太
水谷絵里0 票投票先 →かぐや
灰色狼0 票投票先 →やる太
はるるん0 票投票先 →やる太
東横桃子0 票投票先 →秋月律子
執念の二振り0 票投票先 →やる太
水瀬伊織0 票投票先 →やる太
双海亜美0 票投票先 →秋月律子
蒲原智美0 票投票先 →やる太
かぐや1 票投票先 →秋月律子
やる太 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
諸葛亮孔明 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
諸葛亮孔明さんの遺言
ノ::::゙、 ヽヽヽヽ ゙、
ヘ:::::::::;;: -‐''''""( )1
 ゙、::::::::-‐''""" ̄"'i
  :V;;||:::: '~ニ=ッ, r='|
  i!f !:::::      ゙、i 巨星墜(死んじゃいました、さーせんwww)
  i!ゝ!::::     ‐/リ
  i::/:、 :::、  /''ii'V
  ̄ハ:::::\ "''il|バ''
やる太さんの遺言           ___
         /⌒  ⌒\
  〃   / ●   ●  \   ミ テレビで見るアイドルばっかりだお!
   /⌒ヽ|⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |/⌒i  でも、サム(粗大ゴミ)はいらないお!
   \ll|l     ヽ._)    l|lll  /
    人l||l         |l||l 从 バンバン
    ( ⌒ )        ( ⌒ )
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
神崎蘭子 「すべてはここから始まる…
(今日も全力で行きましょう!)」
双海亜美 「おっはよー」
かぐや 「おはよー」
秋月律子 「霊能者CO!やる太を分析した結果・・・●!!」
灰色狼 「ふぅ・・・騒々しいだけの初日だった。
しかも展開自体は退屈だ。
わたしの嫌いなものが両方とは・・・何とかしてくれたまえよ?諸君」
水谷絵里 「占いCO ハーピー○」
ハーピー 「薔薇の首輪つなげて 銀の鎖くわえて今宵もひとり果てる あなたが憎らしい~♪
跪いてお嘗めよ 苦い愛の雫を天使に施す青いドレサージュ~♪」
加治木ゆみ 「ふむ、蒲原が言っていたが良く考えれば律子を吊る必要は全くないのだな。
例え孔明と律子のラインが繋がらなかったとしても
孔明視点は真狼ー狂狼となるだけだ、そして律子は狂。
同時に絵理視点でも律子は真狂なわけだ。
ローラー完遂する必要はないと断じようじゃないか。」
東横桃子 「ね? 言ったでしょ?」
水瀬伊織 「おはよ……なに、これ。」
執念の二振り 「両方に真がある 無論、盲信する気はないがな
考えるべきは 狂狼-真狼のみだ
それ最悪を旨とし、斬っていけば良い

ハーピー、加治木ゆみ、灰色狼
此処に人外が紛れていれば少しばかり難しいか
そして抜かれたか」
はるるん 「ん、こうめいさんがかまれてるんだね」
秋月律子 「ゴルベーザ 「2-2-2か、占い真狂が硬いところか?」
こっちに対しての発言ね。
少し書くのが遅れてその後の発言にかかっているようにみえちゃったわね・・・」
水谷絵里 「理由 発言内容が無難すぎる・・・というところですかねぇ
   1日じゃぶっちゃけ何もわかりませんよ・・うへへ」
双海亜美 「やる太ちん、せっかくいいポエム残してくれたのになー」
神崎蘭子 「……真実を見る者か…(占いさんが噛まれていますね…)」
灰色狼 「てか、そこ抜かれるって…どういうことだってばよ…」
秋月律子 「あと伊織!!
なにが「いきなり律子を占うとか」ですって!?
私を悪魔か鬼みたいに言ってくれて!!
これは教育を一旦叩きなおしてやる必要があるわね・・・!」
蒲原智美 「ワハハ」
ハーピー 「と、いうわけでおはようよ~♪
役職さんはお仕事してね~♪」
ゴルベーザ 「おはよう、遅くなったな」
かぐや 「働かない狩人。仲良くなれそう」
ゴルベーザ 「冷静になって発言をみたら孔明も狂じゃね!?と思わせるような・・・
絵理は内訳どうなってるのか聞きたいところだ、まぁ一つ言いたいのは銃殺だ

霊能?真狼じゃね?以上」
水瀬伊織 「あんた疫病神かなんか?
ちょっと加治木っていったっけ、これ、あんたのとこのでしょ
ちゃんと成仏させてよ。」
水谷絵里 「ひぅっ!?対抗噛まれてるんですが・・・?」
秋月律子 「・・・これでも絵理真をみるかしら、みんな?」
加治木ゆみ 「まあ、狂人が誤爆して噛まれたのか、それとも孔明が真だったのかはさておき。
真狂ー真狼の形だったのだろう。
占いはしばらく放置してグレランにでも興じようじゃないか。」
双海亜美 「こーめいちんが噛まれたってことはそういうことだよね
狩人も2択だし、ちかたないね」
東横桃子 「加治木先輩を騙してるのは誰…かなぁ…」
執念の二振り 「ふむ 狼を見ていた方が抜かれるか
なら、吊り計算に入れて進めるほかあるまい」
ゴルベーザ 「ふーん・・・まぁロラだなロラ問答無用でロラ」
水瀬伊織 「あと絵理あんた……


わ か っ て る わ ね ?」
はるるん 「狼残り2狐1の状態になるまでは静観かなー・・・。」
蒲原智美 「ワハハこれはもう秋月真とみて残していいよなー、ゆみちん」
双海亜美 「絵理ちん吊ってから考える系でいいんじゃない?」
水谷絵里 「真狼-真狂じゃないかとは思いますが、真狂-真狼のアグレッシブも有ってとこですかねぇ・・・ひゅう・・・>ゴルベーザ」
神崎蘭子 「(ロラ続行ですかね?)」
ハーピー 「ん~♪
10までに真って証明できなかったらいらない子扱いでいいんじゃないかしら~♪>残った占いさんは」
水瀬伊織 「ってことでグレランなのよね……春香」
かぐや 「亜美かゴルピー吊っておけばいい気がする」
はるるん 「いやー、えりちゃん偽者なら伊織に黒とかせっかくだからぶつけてほしかったなー。」
灰色狼 「というか、噛まれてるのに今更な話で悪いが 
身内切りしたら対抗何ぞ噛まずに信用勝負だよきみ>孔明
なんのために身内を切るのかという話だ」
加治木ゆみ 「ローラーを完遂する必要なんて全くないんだが、
なぜローラーの完遂を提案するのか教えて欲しいものだな。>ゴルベーザ」
水瀬伊織 「もう、灰なんてないに等しいわ。
むしろ囲いだけ考えればいいからそういう意味では楽なのかしら。」
双海亜美 「カマボコだよ、たぶん」
はるるん 「霊脳ロラじゃないんだ?
そういう決断も嫌いじゃないよ~>伊織」
蒲原智美 「と、いうわけで私はグレラン押しだなー。」
東横桃子 「蒲原先輩っすか? ねぇ、蒲原先輩が加治木先輩をたぶらかしてんすか?」
秋月律子 「絵理吊りは・・・どうかしら・・・狂人ならいいけど狼だとチキンレース村よ?」
加治木ゆみ 「逆だろう、それはw
オール灰だよ>伊織」
執念の二振り 「ローラー完遂する意味はなし
ただまぁ、ローラーで始めたという名目はあるが」
ゴルベーザ 「ふむ・・・真狼-真狂と思っているならば君は対抗が噛まれた以上、狼目なのだが?>絵理」
水谷絵里 「ひいぃ!?なんですか伊織様!?私何か悪い事しましたかっ!?どうか命だけは・・・」
神崎蘭子 「まあ通鶴ものに任せよう(共有さんの指示に従うとしましょう…)」
水瀬伊織 「律子、それが雷使えるあんたがいうの?
やめてよね……私までまきこまれるんだから。」
双海亜美 「チキンライスなら、亜美も好きだよ>リッチャン」
灰色狼 「普通に考えて まぁやる太は●だった系の噛みであるのは確か」
はるるん 「いやー、今日はエリちゃんが目立つ日だから私は影でこっそりしてよ~っと」
蒲原智美 「ワハハ。いきなり矛先をこちらに向けるもんじゃないよ>モモ」
ゴルベーザ 「狩人保護でいいだろうそんなもん、万が一片方も偽だったらどうするのだ!>ゆみ」
かぐや 「絵理吊るなら止めない。
グレランはしんどいわー、しんどいわー」
水瀬伊織 「ってことで、霊ロラストップ。
灰つめるわよ。
霊の扱いはあとで考える。
絵理は死ぬ気で銃殺をだしなさい。」
東横桃子 「加治木先輩の姿が見えない加治木先輩の声が聞こえない加治木先輩がいない加治木先輩が」
ハーピー 「まぁ面倒だったらローラーでいい形~♪
その辺は共有さんのお好みね~♪」
秋月律子 「私占い両視点で狼無いもの。
・・・ぎりぎっりで狐はあるかもしれないけどそんな度胸ある狐いないわよ・・・」
灰色狼 「◇かぐや 「絵理吊るなら止めない。
グレランはしんどいわー、しんどいわー」
>10まではすくなくともないね」
執念の二振り 「どう考えても灰に一匹は化外が紛れてる それを狙って殺せばよかろう
真占いが要る前提で話を進める意味はない」
神崎蘭子 「狭間に生きる者を断つか…(グレランですね!)」
水瀬伊織 「この噛みするなら絵理狼はないでしょ。」
ゴルベーザ 「ふむ?まぁ共有が残すならば従おうて」
はるるん 「うんうん、いいよいいよ~☆
伊織はすこしぐらいわがままな方が輝いてるって私思ってたんだよ~」
蒲原智美 「みんなにはモモの姿のほうが見えないんだけどなー。」
加治木ゆみ 「孔明が真なら霊能は真だ、そして絵理が真でも霊能は狂人だ。
ならば放置すれば良いだろう。」
水谷絵里 「そうですね・・・。だから割とてんぱってるんですが。真狂-真狼しかない・・・とは思いますがアグレッシブすぎませんか>ゴルベーザ」
双海亜美 「うん、それでいいんじゃないかな
狩人の出番もそれほどなさそうだし>いおりん」
はるるん 「でも、ここでつりたくなるのって・・・そんなにいないんだよねぇ・・・。」
秋月律子 「さすがリーダーの伊織・・・頼りになるわね・・・」
かぐや 「共有で働くのはしんどいけど、安心してステルスできるのはうらやましいわー」
水谷絵里 「わ、わ、わわかりました!>伊織様」
執念の二振り 「と言う訳だ ゴルベーザでも斬ってみるか」
水瀬伊織 「うん、そうね♪
わたしってば、少しくらいわがままな方が可愛いもんね?はーるか?」
蒲原智美 「ワハハ。」
はるるん 「決めセリフ的に蘭子ちゃんだっけ?
あたりが闇に飲まれるのが妥当なんじゃないかなー?(適当」
加治木ゆみ 「モモ、落ち着け。
お前がしっかりしてくれれば、二人で起き残って勝利できる>モモ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 1 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
再投票になりました( 2 回目)
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
3 日目 (1 回目)
ゴルベーザ4 票投票先 →かぐや
加治木ゆみ0 票投票先 →ゴルベーザ
ハーピー0 票投票先 →蒲原智美
神崎蘭子0 票投票先 →ゴルベーザ
秋月律子0 票投票先 →双海亜美
水谷絵里0 票投票先 →かぐや
灰色狼0 票投票先 →かぐや
はるるん2 票投票先 →蒲原智美
東横桃子0 票投票先 →双海亜美
執念の二振り0 票投票先 →ゴルベーザ
水瀬伊織0 票投票先 →はるるん
双海亜美2 票投票先 →かぐや
蒲原智美2 票投票先 →はるるん
かぐや4 票投票先 →ゴルベーザ
3 日目 (2 回目)
ゴルベーザ4 票投票先 →かぐや
加治木ゆみ0 票投票先 →ゴルベーザ
ハーピー0 票投票先 →蒲原智美
神崎蘭子0 票投票先 →ゴルベーザ
秋月律子0 票投票先 →双海亜美
水谷絵里0 票投票先 →かぐや
灰色狼0 票投票先 →かぐや
はるるん1 票投票先 →蒲原智美
東横桃子0 票投票先 →双海亜美
執念の二振り0 票投票先 →ゴルベーザ
水瀬伊織0 票投票先 →双海亜美
双海亜美3 票投票先 →かぐや
蒲原智美2 票投票先 →はるるん
かぐや4 票投票先 →ゴルベーザ
3 日目 (3 回目)
ゴルベーザ4 票投票先 →かぐや
加治木ゆみ0 票投票先 →ゴルベーザ
ハーピー0 票投票先 →蒲原智美
神崎蘭子0 票投票先 →かぐや
秋月律子0 票投票先 →双海亜美
水谷絵里0 票投票先 →かぐや
灰色狼0 票投票先 →かぐや
はるるん0 票投票先 →蒲原智美
東横桃子0 票投票先 →かぐや
執念の二振り0 票投票先 →ゴルベーザ
水瀬伊織0 票投票先 →双海亜美
双海亜美2 票投票先 →かぐや
蒲原智美2 票投票先 →ゴルベーザ
かぐや6 票投票先 →ゴルベーザ
かぐや は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
秋月律子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
かぐやさんの遺言      ,..:::─:::.、
    ,;:'=-:::::::::::ヽ─、
    L:iλ:::i:i:」>;i /
   /|:(-ω-`i|:::i /
   r-くっ⌒cソ、ノ/ ん、働くよ? 大丈夫働くよ。稼ぐ稼ぐ。
  ノ '、 , 、 _, ' / /  ちょっと休止期間なだけ。ちょっと本気出してないだけ・・・
.(_,.       ././
,(.,_ `'─、_,,..ノ/
  ~`''──‐'

朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
双海亜美 「おっはよー」
神崎蘭子 「主、なる者から不穏な発言が聞こえたが聞かなかったことにしよう
(なんだか春香さんにひどいことを言われたような気がしますが気にせず今日も頑張ります!)」
東横桃子 「いいんすか、そこ。霊能っすよ」
ハーピー 「まだ云わないで 呪文めいたその言葉 愛なんて羽根のように軽い~♪
囁いて パパより優しいテノールで 奪う覚悟が あるのならば~♪」
水瀬伊織 「はいおはよ
はーるか♪

な ん で い き て る の ?」
執念の二振り 「双海亜美、役職目筆頭
ハーピー、神崎蘭子、ゴルベーザを吊りきりたい所だ
神崎は意味のある投票変えをしていない
無論、気まぐれもある だが、それとする気はない

ゴルベーザ狼だったとして、それに対する援護がない
となると、全員水面下を漂ってるのかも知れぬな
吊るが 不穏なのはまぁ、どうしたものか」
蒲原智美 「ワハハ。」
はるるん 「伊織ーひどいよ本気に吊る気で投票したでしょwwwww
私が伊織のゴージャスセレブプリンに激苦カラメル混ぜたのまだ怒ってるの?」
灰色狼 「昨日はそこそこ楽しめたといったところだろうか。
さて、今日はどうだろうか?
わたしがこの“知恵の泉”を使うような場面になるとよいのだがな。」
加治木ゆみ 「◇ゴルベーザ(60)  「狩人保護でいいだろうそんなもん、万が一片方も偽だったらどうするのだ!>ゆみ」
万が一偽だったらなんだというんだ?
君がどんな内訳を見ているのか非常に気になるんだよ。
孔明視点で偽だとしても、律子は狂人。
しかもその場合の内訳は真狼―狂狼という形になるだろう?
それとも君は、律子が狐で○貰いからCOしただとか
あるいは律子が狼で、真狂ー狼狼の形にしたとか考えているのか?」
双海亜美 「リッチャン、かまれちったかー」
ゴルベーザ 「おはよう」
水谷絵里 「占いCO 神崎蘭子○」
水瀬伊織 「って、なんで霊能なんてかんでんのよ……
今噛むところじゃないわよ?」
ハーピー 「と、いうわけでおはようよ~♪
役職さんはおしごとしてね~♪」
ゴルベーザ 「神崎蘭子はとりあえず票を変えた意味を教えて貰おうか?
私を怪しいと思った理由とかぐやを怪しいと思った理由をだ!
神崎蘭子 「今日は魂を見る者か…(今日は霊能さんが噛まれていますね…)」
はるるん 「いやいや、伊織民意は私の生存を選んだんだよ!」
ゴルベーザ 「私がかぐやに投票したのは推理をしていない!
◇かぐや(40)  「亜美かゴルピー吊っておけばいい気がする」
なら何が怪しいと思ったのか言って欲しかった所だな!
水谷絵里 「理由 伊織様の言う通り・・・狐だと後から困りそうなところを・・・!
   占いにも言及してますしまずはこのあたりを。
   来い!銃殺来い!来ないとわぃの命がマッハやでぇ・・・」
灰色狼 「特に昨日の吊りは情報につながるかもしれない動き方だね?君」
ゴルベーザ 「で、だ
◇水谷絵里(36)  「真狼-真狂じゃないかとは思いますが
真狂-真狼のアグレッシブも有ってとこですかねぇ・・・ひゅう・・・>ゴルベーザ」
◇水谷絵里(74)  「そうですね・・・。だから割とてんぱってるんですが。
真狂-真狼しかない・・・とは思いますがアグレッシブすぎませんか>ゴルベーザ」

どっちなのだね?一日のうちで意見をコロコロ変えられては信用できん
私は君の真は切らせてもらおうか」
蒲原智美 「ワハハ、みんなの予想通り秋月真なんだろうねー。」
双海亜美 「いおりんとはるるんは相変わらずだし」
執念の二振り 「無駄な噛みをありがとうと言った所だ
となると あれだな 余裕があるところか
灰色狼 加治木ゆみあたりか」
水瀬伊織 「あら、春香?
私は心がひろいからそれくらいじゃ怒らないわよ?


そういうことが積み重なってる今は殺意だけだけどね?」
加治木ゆみ 「まあ、正直ゴルベーザは残せないから吊るべきだと進言しよう。」
はるるん 「んー、今日の霊脳噛みはどういう狙いなんだろうね?」
東横桃子 「狐と狼のシーソーゲームっすね、村人はただ無様に狼狽えるだけっす
村人が狼狽ってなんか、私たちは…俺たちが人狼だ!って感じっすね、ハハッ」
はるるん 「伊織が本気すぎてちょっとひくぐらいだよぉ
千早ちゃん助けてー!」
双海亜美 「ゴルちんは見た目で損してる系じゃないかな?」
水瀬伊織 「大丈夫よ。
私の意思は――いずれ天をつくから>春香」
神崎蘭子 「わが心に従ったまで
(グレランなんですから直感ですよ、かぐやさんに変えたのはらちが明かなそうだからです)>ゴルベーザさん」
水谷絵里 「霊能が噛まれてるやと・・・!?これはパないでぇ・・・」
蒲原智美 「ワハハ、深い意味なんてなさそうだなー。」
灰色狼 「かぐや投票理由的には 占い吊り押し 他人誘導 この辺りが気になったというところだね
割とヒットしている感があったから今日の結果は見たいものだったのだがね」
ハーピー 「ま~わりと極めて妥当な噛みね~♪としか言えないんだけどね~♪
気にすることでもないことだし~♪」
はるるん 「かぐやちゃんはなんだかよくわからないから吊られちゃった雰囲気じゃないのかな?」
東横桃子 「……そんなことはどうでもいいんすよ、結局誰が加治木先輩を私から遠ざけるのかって話っす」
ゴルベーザ 「逆に私投票者で残せるのは、加治木ゆみ-執念の二振りと言ったところか
加治木ゆみ 「そして投票変えの理由はともかく、投票理由がそれだとすると、
蘭子も私の中で残せない位置になってしまうのだが……」
蒲原智美 「ワハハ、私が考える内役だと真狼ー真狼なんだよなー。
ゆみちんはどうおもう?」
双海亜美 「千早ねえちゃんのうちに持っていくピザでも用意しようかな」
水瀬伊織 「んじゃ、灰詰め継続

絵理はこれ以上銃殺でないなら、明日から買ったPC一台づつウチにひきあげさせるわ。」
灰色狼 「かぐや●なら相当広い範囲が非狼になるから噛む可能性はあるけどまぁ低いかなぁ」
双海亜美 「よくわからないところを削っていけば、キレイになるんじゃない?>はるるん」
はるるん 「私は蒲原さん釣りたかったのは
霊脳ローラーストップからの切り替えがやたらはやかった印象があって、
なーんかあるのかなーって思ったからなんだけどー
あれ?みんな聞いてない?」
執念の二振り 「ふむ どうしたものか 斬りたいのは ゴルベーザと神崎だが はて
とりあえずは双海亜美を吊るか
ゴルベーザ村の方がまだある」
水谷絵里 「普通にミスだとしか言えないでぇ・・・
こっちは命がかかっててもう余裕ないんですマジすんません>ゴルベーザ」
ハーピー 「偽と思ってる占いの投票先が人外の可能性なんて極めて低いと思うんだけどね~♪
その発言はちょっと違和感あるんだけど~♪>灰色狼」
蒲原智美 「ワハハ、私は初日から秋月残しは名言してたからなー>天海」
水瀬伊織 「あら、私は聞いているわよ?春香?
いつあなたが正体を表すか、わからないから♪」
ゴルベーザ 「ふむ、私が人外だと思うならばなぜそこの占いは私を占わないのかね
真と主張し、私が狐ならば銃殺、狼ならば●が出るだろうに」
水谷絵里 「!?
そ、それだけは・・・堪忍や・・・堪忍やでぇ伊織様・・・>PC」
はるるん 「今回は吊り誘導が積極的なところを残したいな。」
双海亜美 「ちくわと鉄アレイをまちがえて投げるみたいな感じだよね>サンマちん」
灰色狼 「ゴルー亜美は相互だったため そこはつながっていない感じだね君」
東横桃子 「先輩以外で頼りになりそうなのはあなたぐらいっすね、サンマさん」
水瀬伊織 「なんで関西弁なのよ……>絵理」
蒲原智美 「ワハハ、そのぐらいの発言は見てほしかったなー。>天海」
水谷絵里 「まぁ、どうせ吊れるし良いだろうというのが本音ですね・・・>ゴルベーザ」
加治木ゆみ 「お前との距離は離れてないぞ>モモ
どんなに物理的な距離が離れていたとしても、心はいつでも共にある」
はるるん 「ちょっと伊織www
私狼じゃないよwww
はるるんだよー尻尾とか生えてるはずないからねw」
双海亜美 「あずさお姉ちゃん、どこ行ったのかなあ?」
ゴルベーザ 「間違えなのは許してもいいが、視点が定まってないのはどうなのだ?>絵理」
加治木ゆみ 「残したい位置になるのは、執念―灰色狼あたりか。」
灰色狼 「ゴル君がココに来て頑張っているので票もらった人外感もあるのだが
発言する以上残してよいと考えるね」
東横桃子 「加治木先輩、私が見えるっすか? 本当に?」
蒲原智美 「私もいるぞー>ゆみちん、モモ」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
4 日目 (1 回目)
ゴルベーザ1 票投票先 →神崎蘭子
加治木ゆみ1 票投票先 →ゴルベーザ
ハーピー0 票投票先 →灰色狼
神崎蘭子1 票投票先 →双海亜美
水谷絵里0 票投票先 →執念の二振り
灰色狼1 票投票先 →加治木ゆみ
はるるん1 票投票先 →蒲原智美
東横桃子0 票投票先 →双海亜美
執念の二振り1 票投票先 →双海亜美
水瀬伊織0 票投票先 →双海亜美
双海亜美4 票投票先 →蒲原智美
蒲原智美2 票投票先 →はるるん
双海亜美 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
東横桃子 は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
東横桃子さんの遺言 .        /:./:/:.:.:/:〃:.:|::|l:.:|:.:.:.:l:|:.:l::::::|:|:.:l:::l:.:.:|:.:.:l:.
       |:.:|:.:|:.:.:.l:.:|:l:|:.:|::|l八:.:.:.l:|l:.l::::::|:|i:.l:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:|:.:.:.l:.:|:l:|l:.|::|i::::::\i八i::::::l八i:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:|l:.:l:l从i八i::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:|l:.:l:|:.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.八从.:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:|.:l::::::::/ ̄ ̄ ̄`¨¨¨¨ |´i:.:.:|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:|:.l  ̄   _____   l 八:.|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:i:个:...   〈_____〉 .イ:.:l:.:.|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:l>...  __ . ´ l:.:.l:.:.|:.:.:l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:i:.:.i:.:「\{___,リ:.リ:.:.|l:.:.l:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:l:.:.l/ ̄/--ヘ   /∨:.:.:.リ:.リ:.|
       |:.:|:.:.:.:|:.:l:.:|:.:.:.:|:/i  ∧i:i:i:∧  /}:.:./:./:.:.:|
       八:l:.:ハ:|:.:l八//:.:l / /i:i:i:l ', /: ∨:./ ̄: :`: : . . _
         ∨,斗<: : /: : :!/ ,:i:i:i:i| ∨: : : ∨: : : : : : : : /: :\
       /:/: : : : : :〈: : :/| /:i:i:i:i:i| /: : : :_:_:〉: : : : : : :./: : : : !
        i:∧: : : : : : :7: :.l i:i:i:i:i:i:il /: : :∨:./: : : : : : : /: : : : :.|
        |:/∧: : : : :/: : : :Ⅵ:i:i:i:i:i:l,': : : : ∨: : : : : : : /: : : : : :.|
       /:/:.∧: :/: :\: : : Ⅵ:i:i:i:/: : : :/: : : : : : :.∨: : : : \ !
       }: : : : : ∨: : : : :.\: :Ⅵ:i/: : :/: : : : : : : : : :.i\: : : : : :.
       |: : : : : /: : : : : : : : \∨: /: : : : : : : : : : : : |: : \: : : : :.
双海亜美さんの遺言     __
  .r'"   /
゛'-|.,,_  〈,,..--、   ._,,,,,,,,__
.._,,  ヘ_,,i_   i..-'":::::::::::::::::::::::::::::::゛'''‐...
'  二ミ   `i-'':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
//~ヽ_ノ::\::::\:::::\::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::ヘ
|/    ,':::::::::::/\:::\:::::\:::ヘ:::::::::::::::::::::::::::',
    .,':::::::::::/   \::ヾ,.:::::ヽ、::',::::::',',:::::::::::::',             ., '
    .|:::::::::/     ''-ヘ゛ヽ=,,_ヘヘ:::',',:::::::::::::i            , '
    |:::::::::i  _,,..---     "―'--;;,',::::::::::|          , '
    .|::::::::|                .∨|_:::i         ./
     i r‐|!  ,,ィx=ュ,,      x==ュ,, .i,' .i i       /
     ',:| ヽ ~               .,' .|i      ./       /
     ',ヽ ',        '         i_ノ.i    ,,../       /
      .i::`┐     ┌──┐    .|::::::|   /\\     ./
      |::::::ヘ     .\  ./    ./::::::|  ,r" \\ \ ./
      )::::::::::'''‐.,_   .`‐."   /::::::::::|/    .\\ \ \ヘニ、ヽ、
      i:::::::::::::∩::::~>.-..,___,,.. ‐'ヾ,:::|\ノ∨___    \\/  ', .', ):::::i
     /W~W/ |/ ',      ._,.- '"::::::::::::::::::'''‐‐-..,_゛'''-..,r" ̄ヽi:::'’:::ノ_,,..-‐‐-、
             〉    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゛'‐..,_i   _,,.i.:::: ̄::゛:::::,,::::::::::::ヽ
            //   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`γ   ヽ゛''''‐ ,::::', ̄' ,:::::i
          /.if    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::λ  .丿ミ ヽ. ',:::|  .',:::i
         /: : ::|i    i:::::::::/:::::::::::::::::::::,::'::::::::::::::::::::::::::,-、:::::::゛',’   ヘ:', |::|   i::|
        /: : : : |',    i:::::::/::::::::/::::::/::::/〉 _,-,"_,-"  .',::::::::::::i     ',i i/    .|!
      ./: : : : : : ::i ',  .|:::::/:::::::/::::/:://,-' ,.;r'"     ',:::::::::::i
      /: : : : : : : : i ',  |:::::::f::::/:// 彡'  "       ',:::::::::|
     ./: : : : : : : : : :', ', |,r'"||/  二゛''      _,,..-‐-..,,_ .i::::::::i
    /: : : : : : : : : : : :', ', ||  | .《 f てリト      ,ィ==xュ  /-、,'
    .i: : : : : : : : : :\: :ヽ ヽ|、 |  ヘ_メ       ハてリ 》 / i/
    人,,_: : : : : : : : /: : : ヽ |:ヽ|            `ー´  ./ /'
   /.゛''-.ニ,,_-.,_./ \: : ::i::::::!       '        .,'-."/
   /.     /     ∨/:::::::ヽ_    -..,,_,,      ノ::::::i
        ./ , -"゛' 、  〉:::::,r'",,.''-.,          ,r丶、:::i
       //<__/ )- !/ /: : : :>.,,_     .,,.-ニ":::\.\i   _,.,-ヘ、
      /   (__/  ), / ̄'|゛''"   ゛''''‐''"ヽ: : : ゛''-、\ \λ .!、'ヽ\
    ./      .゛''-'" 丿: : ::|          ヽ: : : : ヽ ,-、( ヽ_ ,>'  .ヽ
 _,,..‐"         _,,..-‐'"',: : : :|           |: : : : /ヽ ゛‐-..,ノ     .',
       _,,..‐'"" ̄: : : : : : ',: : /            .|: : ::/: : : : ゛‐..,,_      \
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
蒲原智美 「私は君がほしい!」
水瀬伊織 「おはよ……へーぇ?」
加治木ゆみ 「ああ、勿論見えているとも。
流石に自分から隠れようとされると見付けられないが。
―――少なくとも、モモが生きている事が、私の心に余裕をくれるからな>モモ

蒲原はまぁ、なんだ、自分の身は自分で守ってくれ。
正直現段階では狐狼だとは思っていない。
お前だけはローラー主張の初日にも、しっかりと律子残しを宣言していたからな。>蒲原

そして私の中では、やはりゴルベーザは残せないところ。
偽と見ている占いにそんなに突っかかるくらいならば、灰に目を向ければ良いと思うしな。」
はるるん 「亜美・・・真美と一緒に天国でなかよくね・・・・。」
ハーピー 「信じてた 信じられた その全てを 今始めよう~♪
不器用なこの勇気は コンプレックス・ イマージュ
乾いた風が 追いかける波のようにそっと背中を押す気がした~♪
耳をすませば ざわめくローフリケンシー新しい その場所への 扉を開け放て~♪」
神崎蘭子 「我が力を見くびるか…ならば真の力を見せるとしよう…
(なんですか私を疑うなんて…もういいです闇に飲まれてますから…)」
水瀬伊織 「おはよ……へーぇ?」
執念の二振り 「最終日の形として 加治木、蒲原、灰色狼、それに我があるとする
霊能者を吊りきる必要がないと言った加治木には狼なし
そも、ここ人外なら村は勝てん
蒲原が少しばかり疑問に思うところか 真狼-真狼ならば考えるべきは
狐の所在だが、あまりそれを探しているようには思えん
灰色狼 消去法で狼と言った所か 狐勝ちがなかった場合は
ここと蒲原で悩むことになりそうだ まぁ、斬るがな」
灰色狼 「出だしの吠え出しがずいぶんとゆっくりだね 昨日は吊れた感があるね
ゴルー亜美の相互がちょっと見やすくなった感じがある ゴル村的な」
ゴルベーザ 「おはよう」
加治木ゆみ 「モモ……?なんだと、モモが―――」
ゴルベーザ 「◇灰色狼(57) 「ゴルー亜美は相互だったため そこはつながっていない感じだね君」
これは何が相互なのかね?私は亜美に投票はしていないが?
ハーピー 「と、いうわけでおはようよ~♪
役職さんはお仕事してね~♪」
水谷絵里 「占いCO 執念の二振り○」
蒲原智美 「ワハハ、ゆみちんの真似をしてみたぞ。

ってモモ噛まれてるじゃないかー。」
はるるん 「私は断然弁の強いお魚さんと・・・あとだれかいたっけ?
あたり残すのをおすすめするよ!」
灰色狼 「◇執念の二振り 「無駄な噛みをありがとうと言った所だ
となると あれだな 余裕があるところか
灰色狼 加治木ゆみあたりか」
◇加治木ゆみ 「残したい位置になるのは、執念―灰色狼あたりか。」
途中でいきなり意見変わったように見えたんだけど なんで?」
水谷絵里 「理由 そろそろ来ないとマシンが大変なことに・・・!
   伊織さんマジ鬼畜やでぇ・・・。
   アグレッシブな人外に見えるのは確か。票とかからやや狼よりだけど
   占ってみますか。」
水瀬伊織 「絵理……怒らないから、正直にいいなさい?
あんた狂人?(にっこり」
水谷絵里 「狼でも狐でもない・・・だと!?」
神崎蘭子 「(逆に私は弁の強い人が狼かもしれないと思うんですけどねぇ…)」
ハーピー 「じゃ、絵理ちゃんさよならね~♪
名前微妙に違ってるけど気にしたら負けよね~♪」
ゴルベーザ 「共有噛みか・・・まぁ狼が残るには共有噛みだろうな
するとまだグレーに2Wか?」
水瀬伊織 「ってことで灰詰め続行。
1W吊れはわかってんだから。人外吊りなさい。」
はるるん 「まぁまぁ、エリちゃんの事は放置で今日もグレランでいいよ!伊織!」
蒲原智美 「ワハハ、狐なんて探そうとしてもそう見つかるわけじゃないからなー。」
加治木ゆみ 「残したい位置としては変わっていないぞ。
私が残ると仮定して最終日の形を整えるのであれば、
私―蒲原―灰色狼―執念にしたいという希望はある。
その形で残せるならば、そも、最終日前に終わる気もするしな。>灰色狼」
執念の二振り 「ふむ 殺すか 真ならばどうしようもなし
そしてそこの○も解除してもらいたいものだが?>共有」
灰色狼 「うわ、はずかしいね アミーゴルで相互はいってると思ってた、なんでだろ
吊られかけていたところが固まっていたところまではあってるのだが
推理の前提がくずれたよ」
水谷絵里 「ま、ま、ま待って下さいよぉ・・・?
確率的にまだ普通に有り得る範囲じゃないですか・・・!
見た目狂ってても心は伊織様のものッスよ・・・」
神崎蘭子 「(狐さんが残ってたらそれはそれですよねぇ…)」
水瀬伊織 「わかってるわ春香。
だからあんたもリボンズのメンバーとして、リーダーの私に
隠してあることがあるならいいなさい?」
はるるん 「あれ?リーダー?私?伊織がリーダー?」
水瀬伊織 「さきにいっとくわよ。
絵理は残す。絵理の○?そんなもんとっくにないわよ。」
はるるん 「狐は運で勝負でいいでしょ!」
水谷絵里 「(ついにばれた)>ハーピー」
神崎蘭子 「(とりあえずおとなしくしていましょう…)」
執念の二振り 「ゴルベーザや神崎が狼だとして、そんな悠長な噛みはしない
自分を殺しに来た人間と共有をかみ殺すに行くべきだ
だからこれはどちらかと言えば、傍観者の噛みである>灰色狼」
ゴルベーザ 「正直言うとな・・・昨日で燃え尽きた感がある・・・
今日吊りたいのは蘭子ぐらいというところか

◇神崎蘭子(33)  「わが心に従ったまで
(グレランなんですから直感ですよ、かぐやさんに変えたのはらちが明かなそうだからです)>ゴルベーザさん」
吊りたいor怪しいと思った理由はそんなものなのか?」
加治木ゆみ 「っていうか執念と意見が被りすぎているのだな。
これは非常に怪しいところだ。
―――これだと、私と執念が繋がっているように見えるではないか。」
はるるん 「エリちゃんはゲスト扱いじゃないかな?」
蒲原智美 「ワハハ、孔明即噛みして水谷を噛む気配がないからなー。」
水谷絵里 「なん・・・だと?>絵理の○はない」
水瀬伊織 「あんたメンバーでしょうよ。
んで、村は今日まではミスできんの……にひひひひひ、この意味、わかるわよねぇ?春香?」
執念の二振り 「・・・な、に?」
はるるん 「灰色狼さんもよくしゃべるから是非残したいところだよね!あとゴルゴンゾーラさんも!」
ゴルベーザ 「なんんだ・・・間違えか?>灰色狼」
はるるん 「端的に言えば女の子ランでいいんじゃないかな?」
灰色狼 「孔明狂誤爆を恐れてない感あるからなぁ 微妙なところだよ君」
水谷絵里 「なんて美味しそうな響き・・・>ゴルゴンゾーラ」
水瀬伊織 「じゃあきくわ執念。
あんた、絵理つって「人外が」減ると思ってる?
人外陣営じゃないわ。人外が、よ。」
ハーピー 「独裁者おつね~♪>伊織
まぁ割と二振りの生き残りたいっぷりから多分そーいうことなんだろうなーってのと
二人ほど狩人じゃないって自白してて発言に違和感あるところをどうにかしたい印象ね~」
蒲原智美 「ワハハ、実際のところ天海は吊りたいんだがみんな釣る気配がないんだよなー。
時点だと二振りぐらいだ。」
加治木ゆみ 「どこかで囲いの形が出来ている、と見るのが一番妥当なところだとは思うけれどな。
として、さて、どこで狼を囲ったか。」
神崎蘭子 「フフフ貴様と我の心は違うのだ…(そんなものですよ?少なくとも私はね?)>ゴルベーザさん」
執念の二振り 「微妙ではあるな 少なくとも、不安要素除外は優先するべきだ>水瀬」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
5 日目 (1 回目)
ゴルベーザ0 票投票先 →神崎蘭子
加治木ゆみ1 票投票先 →神崎蘭子
ハーピー0 票投票先 →加治木ゆみ
神崎蘭子4 票投票先 →はるるん
水谷絵里0 票投票先 →蒲原智美
灰色狼0 票投票先 →蒲原智美
はるるん3 票投票先 →神崎蘭子
執念の二振り0 票投票先 →神崎蘭子
水瀬伊織0 票投票先 →はるるん
蒲原智美2 票投票先 →はるるん
神崎蘭子 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
狼の遠吠え 「アオォーン・・・」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
ゴルベーザ は無残な姿で発見されました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
神崎蘭子さんの遺言          /             ィ匕厶斗ミ从斗ミ刈斗ミ从斗ミ刈斗ミ仆
        /           ィ匕厶斗%~    ,,、     _       匕圦
.       /         ィ厶ソ-‐ァ゙:::〉_ ..,,___匕::ヽf'"´゚¨  \      廴ヾ
      /      ィ匕厶斗   /::/      .,,,. \::`y^ミ‐.、  \      匕圦
      /     ィ厶ソ/   ,ィ''゙´i´         ヾ  ヾ:::::::::::〉   ',    廴v
.     /  ィ匕厶斗  /  /:::::, '     ,'        ' . \≦;    '.   ィ厶ソ
   , '  ィ厶ソ     /  圦:::/    /      ;   ':、 }{::ヾ     ,  匕孑
   ィ匕厶斗      |  /:::::/  /   '       ハ    , !:::::::゛、    i .`廴v゚
  ヾん介       i  }::::::i  ,′        | '.   ∨!::::::::::Ⅹ   i ′
   ゞ 廴      ,′ 厶::_{i  :       ,ィ  /  i    Ⅵ::::::::::_ク   i
    \ ノ      |     | i   /   /,' /,..__ Иハ  刈ハ"~     }   神の怒りに触れしときか……
      `廴v廴v廴|     i!     /!ナz./ i /'イ斧ア!ハ  ! }  .:´  ;i      (お外が大変になってきましたね…)
            /   ;  :!  孑伐テヾ  !′ 込ソ  }  }刈廴    丿
           /      i{ f´i  弋ソ         |  |乂 `≧<
          ,r'"¨′  -‐ハ ゝi     ,         ,ィ   !ミ、     丶、
         ,r'"""¨二ニ=ノ i  ト           / }   メ`丶ー‐-ュミ孑′
         ヾ  ≦   /  | |  、  `- '   イ  ,′ /、  ミミ':、-‐′
         乂 彡 孑≠}   | i!  ,y≧ __   ´ ト, /  /,. ヾ.   ヽ、
          冫 /  _丿   ! | _  ゞニ辷==斧=r'{ ! / .%  弋_ミヾ、乂
          ヾ/ ,r'"゙¨イ,r'"三=ヾ!圦ー斥三三三三ニ斗!/笊 %三ニ‐、 ヾ彡
           ゞ〈/弋{三三三ニ}=斗 ゙^~^~^~^~^"´  }=}:%三三\j/
               ノ三三三三=斗           匕圦:%=三三ヽ
              /三三三三{三斗      _    ヾ圦:%三三三〉
              〈三三三三ニ}三刈冖冖冖≦=≧冖冖ゞ厶 %三三/
              冫三三三=j三刈辷辷辷=厶ハく辷辷斥\ミ:%三\
              |=三三三三i三ミ}\_三三三三三三三三=仆、:%三ミ|
              |三三三三=|三ノミ、\三三三三三三三=ナ}三}%三|
              |三三三三=!ラ三三ヾ ト、三三三三=≠ィ//=/三_% |
              |三三三三ニ{三三三_i lト、`¨‐-ミ孑‐"´ィ' /=/ニ,-‐‐-、
              /三三三三三!ヾ三三=} }ニ≧...,,__≦//三{/ ニニニユ_
             〈三三三三三 {.  }三三} } ≠-‐斥⌒ヽ、 /   -一ァ'゚^,.、
              ヾ三三三三=厶__|三三乂仆√介}__/    ィ个'.(_/__i    ,、
              冫圦-=ニニ三三,r'二二¨¨三三介 {      /= 匕{t/_____j   ヾヽ
             匕仆イ三三三/三三三三三斗 圦 ――一'三三介ゝ、_と_イ    ノ ノ
              i{ ! l三三三三三三三三三三√辷}  |三三{ 三辷{    \`,一' , :'
ゴルベーザさんの遺言        |{、_ ,ム 、__/j
  ト、 _ \」 _,.心´ _ノ!
  ヽ_>。`Y弋廴_了≦ _ヾ,
  i´t ,.爿=r勹、__ーェノ;彳アカ
  ヾ/ ,イフ ̄クーァ―ァ‐'"マ、ーァ
    .Vヘト、_i'L 斗=弌ー- スミjトゝ      「引けていれば狐!」
     い1^>'‐≦彡=E公y1!
     ヾ |:::冫==!!'" |ト、:::::| ト
     ト」 ヾー三7j  ,!トゞ:::j j |、
     ゙! ト、\ニ7-イ^ヾ:::|j1!、\
      |! ト.ヽ \ ,!  _|:::;!| ハヾ、\
     ぃヾ:::、 :::\_ク テ:川::::i、゙:::\\
      |::i l!ヾ;:、Y:::\.|::|| |::::::::、ヽ::\ヽ
        }::! |∧::i |::::いヘ| !゙i::::::::\\::i,.リ
        |::1|:| !レ::::::i ハ!l ト、:::::::::\小,
        !::l |:| |::::::::::} ゙i N ヘヾ:::::::::::ヽリ
      i::/ |:| |::::::::ノ   ;}}l 弋 \::::://
     _レ ノ/ ノrァ::/__/イ:::ト\::ヽ Y/
      ム辷_イ==_厂ー、:::::; -\:::レ/
       ̄ー‐―' ̄ ̄     レ′
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
はるるん 「おっはよーう!」
水谷絵里 「占いCO 加治木ゆみ○」
ハーピー 「「迷い」との「決別」は キミの瞳に隱れた
明日だけを見る その「確信」~♪

媚藥のように 薄らぐ感覺 存在の真意さえ 曖昧にしまい迂む
失った者 大きなフィロソフィ
あの日の世界分岐はAngelic bright?
それでも片隅で騷ぐ 夢中に 驅けるようなエナジ一
「キミが生きた証になる」
未來(あす)への扉に 手を伸ばして 解き放とう────♪」
水瀬伊織 「おはよ。
まー悩みすくなくしてくれるいい狼ね。」
灰色狼 「はるるん 3 票 投票先 → 神崎蘭子
執念の二振り 0 票 投票先 → 神崎蘭子
ゴルベーザ 0 票 投票先 → 神崎蘭子
加治木ゆみ 1 票 投票先 → 神崎蘭子

残していいかなぁ感」
はるるん 「あー・・・ここ噛まれちゃうんだー・・・。」
執念の二振り 「水谷絵里は、狼ないし狂人である そこは良い
そして吊り方針は、狼を全て轢き殺す 最終日前にだ
共有はそういった断をした そこに異論はない
だからこそ、灰色狼を吊りとしたい
8>6>4 使えるのはこの一手のみ

皆の意見が効きたい」
加治木ゆみ 「笑え……夜の間にログが飛んだ私を……」
蒲原智美 「ワハハ。」
水谷絵里 「理由 村の人ちょっとくらいは信じてくださいよww
   勘が全然冴えないから狼狙いで行ってみるでぇ・・・。
   吊れる位置だと思ったけど、残りそうだし昨日の票の集まり方が不自   然だと思ったので。このあたりにいるんじゃね?」
蒲原智美 「ワハハ、私の考えだとこうだ。

はるるん狼
ゴルベーザ潜伏狂人
生きてる中で一番狐っぽいのは二振りかなー。」
蒲原智美 「ワハハ>ゆみちん」
ハーピー 「と、いうわけでおはようよ~♪
絵理はお仕事してね~♪」
水瀬伊織 「ぶっちゃけ、昨日の蘭子投票組から指定したい衝動。」
はるるん 「昨日までは弁の強いところ守っていいけど今日からはそういうの関係なしでいいかなー」
水瀬伊織 「さすがに……2W考慮、指定でいいわね?」
蒲原智美 「ワハハ、あと吊りは3回だしもう吊ってもいいと思うなー。」
はるるん 「ちょww伊織www」
灰色狼 「吠え見る限り LWかなぁ?と
いや2.3発言で 誰誰誘導OK的な会話してる狼なら知らないがね?君
昨日今日あたりで吊りに参加してるところは割と残せる位置と思う」
水谷絵里 「ゴルベーザは村っぽく感じましたねぇ・・・、初日は違和感がありましたが。
蘭子投票者に間違えなく人外いるでしょうねぇ・・・」
水瀬伊織 「狐?知らないわ。もう。」
はるるん 「ん、指定でOKだよ~」
執念の二振り 「我の中では灰色狼 他一匹いるか否かと言った所
順序良く行くのならばハーピー吊って灰色だ
だがまぁ、狐か 譲ってもいいというのなら
いきなりでも灰色を吊りたい」
はるるん 「私は残す狼候補抱えてる誰かさんを釣りたいなー。」
蒲原智美 「んー、私にはゆみちんは疑えないんだよね。
だからそこ以外がいいな。」
加治木ゆみ 「蒲原は多少狐が怖いが、昨日言った通り初日の発言から村目に見ている。
灰色狼と執念は私からは疑えないな。
だから、最終日前に吊り切るという方針であれば、はるるん>ハーピーの順で吊って最終日に行きたい。
―――本当に潜伏狂人がいて真狼ー真狼だった場合は考えてられん。」
ハーピー 「まぁ絵里吊らないなら指定するしかないんじゃないの~♪
割と絵里狼あると思ってるから吊らなくていいの~ってのはあるけど」
灰色狼 「ほむ、君誘導理由は聞いておこうじゃないかね?
>二振り」
はるるん 「そして見事に誰もハーピーさんを気にしてないから
ハーピーさん白い!」
蒲原智美 「ワハハ。
私を釣りたがっているのに私の発言の大事な部分を見落としているのが狼要素なんだよ。>天海。」
水谷絵里 「全く真だと信じてくれないこの村は非常やでぇ・・・割とマジで。」
執念の二振り 「消去法だ 最終日に残る面を考えて
その中で狼ありけりと思うのがお主だけだったという
なんとも弱き理由だ 蒲原とは悩むのだがな
狐を考慮しないなら吊りきりたい>灰色」
灰色狼 「孔明狂誤爆を恐れずにのエリのこしからハ―ピー即囲われ
あたりが本線かなとみているが、かみ筋的には多弁にも1いておかしくない噛みだったので悩ましいところではある」
ハーピー 「まぁ二振りは生き残るに必至すぎるからたぶんあっちよりだとはおもうけど
…まぁ残したくない位置ではあるかな~♪」
水瀬伊織 「灰色か、二振りかな。」
蒲原智美 「ワハハ、実は灰色狼は全然みれてなかったりするんだな。
ゆみちん、灰色狼はどんな感じ?」
ハーピー 「…絵理狂だと決め打ってるのがむしろわからないんだけどね~
水瀬伊織 「んじゃ、指定灰色。」
灰色狼 「蒲原智美君は投票してるが全然吊れる気配が無くてな
完全にステルス位置だし最終日には持って行きたくないのだが」
加治木ゆみ 「ログが飛んだから詳細は言えないが
今までの発言の印象として残っているのは、妥当だとだけ。>蒲原」
灰色狼 「COなし」
水瀬伊織 「おそいから意異議はみとめるわ。」
あと3分で投票完了されない方は死して地獄へ堕ちてしまいます
6 日目 (1 回目)
加治木ゆみ1 票投票先 →はるるん
ハーピー0 票投票先 →加治木ゆみ
水谷絵里0 票投票先 →灰色狼
灰色狼4 票投票先 →執念の二振り
はるるん1 票投票先 →蒲原智美
執念の二振り1 票投票先 →灰色狼
水瀬伊織0 票投票先 →灰色狼
蒲原智美1 票投票先 →灰色狼
灰色狼 は投票の結果処刑されました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
灰色狼さんの遺言 がおーたべちゃうぞー
…だそうだよ、君?
[妖狐勝利] 人狼がいなくなった今、我の敵などもういない
ゲーム終了:2012/06/19 (Tue) 23:34:21
東横桃子 「おつかれさまでした」
ゴルベーザ 「しゃーない・・・!」
秋月律子 「狂人位置に入った狐は強い
その典型ね・・・お疲れ様」
はるるん 「ちょwwwwエリちゃんwwwwww」
執念の二振り 「な、にぃ!?」
双海亜美 「おっつー
絵理ちん、おめでとー!」
かぐや 「おつかれさまー」
蒲原智美 「ワハハ。」
神崎蘭子 「闇に飲まれよ!
(お疲れ様です!)」
神崎蘭子 「…ふう」
東横桃子 「加治木先輩…ログが消えて…私のこと、ほんとに見えなくなっちゃったんすね…」
水瀬伊織 「絵理……あんた……!」
ハーピー 「ああ、やっぱり狂じゃないよね絵里は
狐だったのは外したけど」
加治木ゆみ 「お疲れ様。―――狐だったか」
灰色狼 「おっと、うーん そうかぁ」
執念の二振り 「お疲れ様・・・これは、難しいというか 我には無理だ」
はるるん 「ちょwww私www狩人生き残ってると思ってたのにwwwプロデューサーさんひどいなぁ~」
ゴルベーザ 「ふぃー・・・最初に決めた二人が村、蘭子狼だったので満足です」
加治木ゆみ 「ログが消えた事など私とモモの前では些細な事だろう?>モモ」
蒲原智美 「あそこまで指定に悩むんだったら無難に水谷指定してもよかったんだぞー。」
はるるん 「お、蘭子ちゃん狼だったのはちょっとうれしいかも!
やればできるぅ~♪」
執念の二振り 「難しかった 今回は本当に難しかった」
ゴルベーザ 「今日はえらい頑張って灰を見てみた、霊ロラ?2なら許されますよそこが真でも」
水谷絵里 「か、勝った!!なんかわからないうちに勝ったでぇ!」
はるるん 「エリちゃんは残しちゃうでしょ!
からかうの楽しいし!」
東横桃子 「ちゃんと言っておくべきでしたね
二振り○加治木先輩○灰色狼○なら絵里さん吊っていいって。
それで蘭子さんは吊れるとして、灰色狼さんLW吊り上げられるかは別の話ですが。」
神崎蘭子 「(ちなみに言っておきますけど私も村でもあんな感じですからね…zzz)」
「お疲れさまでした。では表彰に入りますので少々お待ちを」
水瀬伊織 「さすがに位置として狂人みてたわよ……!
だから潜伏!ハービー狂じゃないのに潜伏!」
ハーピー 「あれ狂はないもの>絵里」
灰色狼 「蘭子あのタイミングで吊れたのはちょっと予想外だったね君
伊織の指定ならばこちらに来ないと踏んだのが失敗だったが
私の発言も視点漏れいくつかしてるな今思い返すと」
ゴルベーザ 「3105先生・・・俺頑張って噛まれたよ・・・!」
水谷絵里 「すんませんでした・・・>伊織さん」
蒲原智美 「ワハハ。」
かぐや 「占い出ようと思ったら●出てるし、霊能も2出てるし
潜伏しかなかったわ>伊織」
ゴルベーザ 「狐はあってかぐやだったかなぁと」
東横桃子 「ああ…そうですよね、加治木先輩…私と先輩の間に言葉なんて要らないっすもんね
そばにいてくれれば、それでいいっす」
加治木ゆみ 「絵里は最終日に残るなら狼として吊っていたな。
逆に灰色狼は絵里残しで最終日に行くなら私には無理だっただろうな。」
執念の二振り 「吊れるにして吊れるタイミングだったとは思ったがなぁ>灰色」
はるるん 「私も占いやりたかったのになぁ~」
水瀬伊織 「だってなんか噛みが……うう、こればっかりは私の失策ね……>ハーピー」
秋月律子 「私も噛まれてなければ絵理最終日吊り予約選択してと思うわ・・・」
諸葛亮孔明 「お疲れ様でしたwwww」
水谷絵里 「少なくとも真と狼っぽくない動きにしたつもりでしたが・・・ダメでした?>ハーピー」
ゴルベーザ 「◇灰色狼 「孔明狂誤爆を恐れてない感あるからなぁ 微妙なところだよ君」
狂誤爆・・・ね、なら絵理が噛まれてないのはなんなのだ?
まさか真の可能性があるから狩人が張り付いてます!狼は怖くて噛めません!
という訳ではないだろうな?

翌日残れてたら聞いてた事」
灰色狼 「ケア噛み一応したのにグレーや無くてそっち狐かぁ感はあるね」
諸葛亮孔明 「>ゴルベーザ
よくやったwww褒美やるっすwww」
水瀬伊織 「だって加治木―二振り―蒲原―春香のこせるんだもんこれ
私の中で、加治木指定も考えたけど、ちょっとうん。」
蒲原智美 「ワハハ。
モモはにおいでわかるぞー。」
ゴルベーザ 「あざー・・・あれ気が付いてませんでした>先生」
水谷絵里 「村の精度が良すぎましたね・・・ぶっちゃけ勝った気はしないですよ。」
はるるん 「いやー、私は伊織が私を吊るなんて思って無かったよ
なかまだもんげ!」
執念の二振り 「狼 秋刀魚は嫌いか むしろ魚は食わぬか」
諸葛亮孔明 「>ゴルベーザ
何にっすか?」
ゴルベーザ 「中身w」
「MVP

水谷絵理(騙りにでる度胸)

というわけで、騙り占いになった結果狂人と決め打たれた狐の作戦勝ち・・・でしょうか。
流れを活かした辺り、お見事です。

RP賞

はるるん&水瀬伊織(ギスギス)

もうなんというか、世界作ってましたね。周囲を半分シャットダウンするようなギスギスした空間。
GM個人としてはわりと苦手ではありますが、RPとしては見事なので表彰いたします。お見事!」
水谷絵里 「私の態度でそれはないですもんね>狩人張り付き」
諸葛亮孔明 「>ゴルベーザ
中身メタはしない約束っ(キリッ」
水瀬伊織 「あんた村決め打つ代わりに全力であとでツケに回すつもりだったけどね>春香」
加治木ゆみ 「逆に絵里がいなくて私の求めていた最終日が来るのなら、
執念も蒲原も最終日では全く疑えないから灰色狼を吊っていただろう。
……というくらいかな。
はるるんとハーピーに関しては村狐目に見えてはいたが、まさか占いが狐とはな。」
双海亜美 「んじゃ、おつかれー
ちょっとだけリッチャンといい感じになれてよかったよ、ありがとね」
諸葛亮孔明 「もうちょい長く居たらRP賞とれ・・・なかっただろうけど
遊べたのにな、残念」
ゴルベーザ 「居ないものと思っていたのでログを閲覧させて戴きますw>先生」
はるるん 「ええええwそこはリーダー(笑)の伊織が責任とらないと!
私はほら!真ん中に存在がリーダーで、責任のリーダーが伊織だから!」
灰色狼 「いや、真狂の狂誤爆の可能性があるのに 噛まないのは不可解。よって
即囲いで偽判明してる可能性が高く。狼の可能性も一応ある

これが微妙と発言した理由 狼だった場合別に囲われてなくても残すけどね」
水瀬伊織 「絵理は絵理じゃなかったら……吊ったかもしれないのに……
私としたことが、とんだ計算違いだったわ。」
執念の二振り 「今回は途中でRPハゲた」
ゴルベーザ 「MVPおめっとー!」
神崎蘭子 「(いやあさんまさんは候補にはいなかったですね…zzz)>二振りさん」
東横桃子 「加治木先輩が私を見つけてくれたので、私は笑って村を去れるんす。
ありがとうございました。おつかれさまです。」
水谷絵里 「Pの優しさは五臓六腑に染み渡るでぇ・・・
騙りに出たけど勝てたのは展開のおかげって感じですけどね・・・」
はるるん 「いやー、エリちゃんお見事!
あっぱれだね!
今日はエリちゃんのおごりでご飯だねぇ~♪」
蒲原智美 「ワハハ、モモとゆみちんで狐志望食い合ってるじゃないか。」
ハーピー 「RPは投げ捨てるものって誰かが言ってたわ~♪
秋月律子 「ん、亜美お疲れさま。
また、その、プリン食べましょうね?」
執念の二振り 「そろそろ食われないと腐敗が怖いのだ・・・>神崎」
水瀬伊織 「……それがあったわね。
絵理、今日はあんたのおごりよ。
どっかいい店つれていきなさい。」
加治木ゆみ 「モモが来ていると聞いて、慌てて駆けつけたからな>モモ
こちらは部活はもう卒業だが、これからもこうして遊べるのなら私は嬉しいな。」
ゴルベーザ 「そしたらじゃあ吊ってもいいですよね?(ニコッ 
とでも発言するつもりだったかな?>灰色狼」
水谷絵里 「いつもの卑屈さが功を奏すとは・・・!>伊織さん」
諸葛亮孔明 「w>ゴルベーザ
まぁ、次は金曜日までおそらく入らないと思うけどwww
よろしマッコリ!っすwww」
はるるん 「それにしてもこういう時に響がいないとか本当・・・」
ゴルベーザ 「いえいえ、今日は恐ろしく疲れましたよ>先生」
水瀬伊織 「どっちにしろ二振り吊る気もないのよね。
二振りも、ゴルもつんないならどこかってくらいしかなかったわ。」
執念の二振り 「反省するのならば 双海亜美吊りとかぐや吊りに行けない事か
村に助けられた面が多すぎて嫌になる しかしこれだからやめられん」
水谷絵里 「ちょっと春香さんの方がめちゃくちゃ稼いでるじゃないですか・・・
今月メモリ買いためてお金ないンすよマジで・・・」
灰色狼 「無論狼的には吊っていんだけど 偽占い」
水瀬伊織 「響と真がいたらどんだけ惨劇が起こるのよ……>春香」
執念の二振り 「扱いがひどくないか>水瀬」
蒲原智美 「ワハハ、私もかえるかー。」
水谷絵里 「ふ、ふふ・・・PCショップ以外にいい店を私が知ってるとでも?>伊織さん」
はるるん 「いやいや、慶事は別でしょ!
ほらほら、はやくはやく!
諸葛亮孔明 「>ゴルベーザ
私を護衛しない狩人が悪い!(キリッ」
水瀬伊織 「あんたアイドル以外にも非合法に貯めこんでんでしょうが……>絵理
お願いだから、やよいん家以外に、あんなPC作るんじゃないわよ……」
ゴルベーザ 「うん、そしたらまぁ残したくない場所に灰色狼さんがランクイン・・・したかな?」
はるるん 「マコトはともかく響は一応リボンズの仲間なのにwww>伊織」
水谷絵里 「ちょっと春香さん引っ張らないでください!?
誰か!誰か助けて!」
神崎蘭子 「(せっかく噛みは通ってたんですけどね(コロコロ))」
ゴルベーザ 「GMに言ってくだされ!>先生」
水瀬伊織 「涼でも愛でもいいから店聞いてきなさい。
それくらいは許すから。>絵理」
はるるん 「それじゃ、今日は久しぶりに参加したけど楽しかったよ~♪
エリちゃんおめでとー☆
またね!」
執念の二振り 「私なら情報量的な意味で護衛にはいけん>諸葛孔明」
秋月律子 「・・・こ、こら春香!!
あんたいい加減にしないと、その・・・
さ、再教育するわよ!?>春香」
水瀬伊織 「そりゃそうだけど、よく考えたらあんたがいることが一番の元凶な気がしてきたわ。
響なんて、最近おとなしいもんじゃない。真はこだまのあれと変な争いしてて忙しいみたいだし。」
ゴルベーザ 「最初の発言でもいいましたが、狂っぽかったですね
でも絵理は逆に内訳も考えてないから、護衛するとしたら先生ですかね」
諸葛亮孔明 「>ゴルベーザ
そこは希望性で希望しない村が悪いってことでっ」
水谷絵里 「(逃げるチャンス!?)はい、聞いてきますとも!>伊織さん」
執念の二振り 「ふむ 寝るか お疲れ様」
ゴルベーザ 「狐で騙り練習のつもりだったんです・・・!まぁ外れましたが>先生」
ゴルベーザ 「はい、お疲れ様でした」
諸葛亮孔明 「>ゴルベーザ
狂人で騙りなさいよ!?」
加治木ゆみ 「狩人はなぜか希望率も低いように感じるな……
というか、なんとなくだが狐希望が多いんじゃないだろうか?」
水谷絵里 「先生が抜かれるのは予想外でしたねぇ・・・初日狩多くないですか>ゴルベーザ」
ゴルベーザ 「噛まれて死なず・・・占われない・・・素敵ですよね?>先生」
ハーピー 「私が狂人を希望しなかったら存在意義問われるからなぁ…引き負けちゃったけど」
秋月律子 「・・・呪い、かしら?>絵理」
ゴルベーザ 「えーと・・・3回ぐらい経験したような?初日狩人>絵理」
諸葛亮孔明 「>ゴルベーザ
吊られますw」
神崎蘭子 「(えっとここしばらくのログを見てくるといいかもしれないですね)>ゴルベーザさん」
水瀬伊織 「こっちもどるまで、あんたん家のアカウント凍結してるから、安心してね?>絵理」
ゴルベーザ 「そこまで頑張ります(>ω・)bΣ >先生」
秋月律子 「噛まれたらアウトよ普通>ゴルベーザ」
水谷絵里 「GMで4/5という快挙をこの間・・・>ゴルベーザ
今日はその呪いのおかげで勝ったと言っても過言ではないです>律子さん」
加治木ゆみ 「今回のような形になれば良いが、狐占いは結構厳しいからな……
3-1になると狂人扱いで吊られる事が多い。
3-2になると狐混じりが最初から考慮に入る。
2-2ならばどうせ真が噛まれて偽バレする。
―――狂人扱いで残された今回は、運が良かったのだがな。」
諸葛亮孔明 「がんばって(>3・)bΣ>ゴルベーザ」
ゴルベーザ 「ピンチをチャンスに替えるチャンス・・・!どうでしょうか?(ぉ>律子」
ゴルベーザ 「まぁ狐の勝率は・・・あれ?さっきの村も狐が勝ったような・・・」
水谷絵里 「!?
は、はい・・・安心しました。
戻らないわけないじゃないですかぁ、伊織さん。へ、へへ・・・」
加治木ゆみ 「私も同村していたが、先程の村は占い初日で、更に狐自体の動きも上手だったよ。
狂人の囲いもあって、ある意味狐のボーナスゲームという形だったな。
今回の村は狐と狂人の動きが逆になった結果、それが狐に良い形に作用したわけだ。」
水谷絵里 「練習のつもりで、まさか生き残るとはという感じが。
まだ狼目で見てもらった方が生き残れますからね、普通は>ゆみさん」
加治木ゆみ 「まあ、いずれにせよ私も含めて村側としても十分な勉強になった。
狂人決め打ちで残す事のリスク、とかな。」
ゴルベーザ 「なるほど・・・>ゆみ」
ゴルベーザ 「まぁ今日はローラー教の教祖の霊が取り付いていたのだと思います、はい」
秋月律子 「今回のパターンで偽を残す自体は進行としてありなのよね」
ゴルベーザ 「ほうほう>律子」
秋月律子 「村の誰もが狼狂視なわけでして」
加治木ゆみ 「まあ、LWを吊りあげる事ができてしまったのが、村にとっての不運だったからな。
正直、村目の位置が多すぎて辺に勘ぐってしまったのも良くなかったと私自身は思う。
村目に見える位置が多いのなら、素直に偽確定の占いを吊るべきだった、と。
……今更悔やんでも、って感じだがな。反省材料にはするが。」
秋月律子 「なら最終日どっちかジャッジ!
これなら狐も吊れる可能性が高い(狐勝利をあまり恐れなくてもいい)し、安定した最終日の吊り候補を残せるのよ」
執念の二振り 「まぁ、ある意味で吊らないと決めたからこその進行でもあったのだがな
難しい限りよの」
ゴルベーザ 「まぁ狼が吊れなかったら、翌日吊りだったでしょうから
そこはまぁ運と共有の指定がドンピシャだったという感じでしょうかね」
執念の二振り 「まぁ、確かに タイミングの問題でもあったが
改善できるから来世がんばるとする」
ゴルベーザ 「2W吊りが確定でもない限り、偽っぽい占いを吊るのは正義(キリッ」
秋月律子 「もし今回占いを先に吊ったとして、さあ1W1Fあるぞという場が生まれるとするわ
こうなると村の吊りは狐狙いにシフトして、2Wの場合危険、というのも少しあるわね」
執念の二振り 「今回はどちらかと言えば皆それを危険と判断したという感じだな」
ゴルベーザ 「霊能も居ない以上は残りの狼数は解りませんからねぇ
そこは難しい所ですねやっぱ」
ゴルベーザ 「解った・・・!狩人が居ない状態で狼3狐1を吊り切れとのGMの教えなんだよ!(ぉ」
秋月律子 「そうねぇ
私の真が濃厚になったのも私が噛まれた後しかありえないし・・・
むしろ私真で見られてなら逆に絵理が吊れなくなりかねませんでしたが!」
ハーピー 「そもそも狩人と狂人をあてにするなってのが基本な気はする…」
秋月律子 「狩人に期待したら村は弱くなる、それは間違い無いわね・・・」
執念の二振り 「とはいっても最近の狩人初日と潜伏狂人は多い気がするがな」
加治木ゆみ 「狩人は最初から期待するものではないからな。
GJが出たら、あるいは生き残ったらそれだけで十分なんだよ。」
ハーピー 「潜伏狂人とか気にしたらきりがないんだけどねー」
ゴルベーザ 「まぁいいところまで追い詰めたのは確実なので
これから善処できる部分ではありますな」
秋月律子 「今回の潜伏狂人はなりゆきじゃないの?
●でてから挨拶してるし>秋刀魚」
ゴルベーザ 「むしろ狂人無しで勝てるならば、それは狼が強いって事ですもんねぇ」
執念の二振り 「まぁ、それもそうなんだが 結果的にーって意味で頼む>秋月」
加治木ゆみ 「あの形で狂人が出るとそれはそれで厳しいからな。
わりとこう、真狂狐ー真狼が透けるというか。」
ハーピー 「まぁ狼が弱かったら狂人がいくら強くてもどーにもならないし…」
執念の二振り 「難しい限りだ>狂人なしで狼勝ち」
執念の二振り 「そう考えるとぐうやパネェ 我だったら間違いなく出てるな」
秋月律子 「そのとおり!
結局自分を磨いて、自分が強くならなきゃいけないわ!!
チームプレーの前に基礎がなきゃ話にならないもの!」
ゴルベーザ 「あれ、そういや希望はどうなってたんですかね?>GM」
蒲原智美 「ワハハ、吊り先に困ったらつればよかったんだぞ。」
ゴルベーザ 「狼はまだまだ苦手意識が強いので・・・頑張りたいなぁ」
執念の二振り 「そういや希望制だったな」
加治木ゆみ 「真狂狐が透けるとまでは行かないか。
真狂狐ー真狼か真狂狼ー真狼がほぼ確定。
更に言うとその形で孔明がほぼ真であれば狼視点非常に厳しい―――という感じだろうか。」
執念の二振り 「三人最終日で加治木、我、蒲原だったら吊っていたぐらいには
村に見えていたぞ>蒲原」
ゴルベーザ 「◇蒲原智美(53)  「ワハハ、実際のところ天海は吊りたいんだがみんな釣る気配がないんだよなー。
時点だと二振りぐらいだ。」
ふむ・・・すまんが閣下が怪しいという理由を聞かせて貰えるか?
発言数の割りには推理に混じらないという点だろうか?

蒲原さんに聞こうとした点、こんな感じ」
執念の二振り 「なるほど 難しい限りだ」
加治木ゆみ 「その3人だったらどうだったろうな。
どちらも正直狼がありえなさそうだったから、
その3人での最終日だったら胃が痛くなっていただろうなw」
執念の二振り 「私は確実に泣いていたな 主に決断的な意味で>加治木」
執念の二振り 「閣下て天海のことだったのか 天海=はるるん もさっき繋がったばっかりなのに・・・」
ゴルベーザ 「まぁ春閣下とか黒閣下とか俗に言われてましてな>二振りさん」
加治木ゆみ 「まあ、私としては、初日が終わった時点で鶴賀の2人が両方とも村陣営っぽかったのでやりやすかったな。
特にモモが共有であってくれたのはありがたかった。疑いたくても疑いにくいしな……」
執念の二振り 「なるほど>ゴルベーザ」
ゴルベーザ 「んー・・・そこ居たら加冶木さん投票ですかねぇ・・・
蒲原さんは吊る時期は過ぎているような・・・

だとしたら二振りさん残して、加冶木さん投票・・・かなぁ」
ハーピー 「そーいや…村で村っぽくする方法忘れたわね~♪」
加治木ゆみ 「少なくともどう見てもそこの二人は狼目じゃないからな。
そんな残され方をしたらもう、『私狼だったんじゃないか?』って疑うくらいだ。」
ゴルベーザ 「いやでもどっちが狼でも素直に上手いなという感想ですかね>お二方」
執念の二振り 「加治木投票意見がいがいと多くてびっくりだ」
加治木ゆみ 「私だって傍観者なら私に入れる。
それくらい二人が村目だったって事だよ。
―――人外なら、あって狐だろうしな。」
ゴルベーザ 「んー・・・残ってるログを見る限りは
ゆみさんが囲いについて発言してて、二振りさんが噛み筋からの推理なんで
ん・・・でも両方とも説得力はあるからなぁ、悩むでしょうね」
執念の二振り 「ない、かなぁ・・・・というよりそんな賭けの釣りをするなら
水谷-灰色つって、と行きたかったのもある」
執念の二振り 「え、噛み筋からの推理なんてしたっけなぁ(」
蒲原智美 「◇はるるん [村] (ビッグ3は甘え) 「私は蒲原さん釣りたかったのは
霊脳ローラーストップからの切り替えがやたらはやかった印象があって、
なーんかあるのかなーって思ったからなんだけどー
あれ?みんな聞いてない?」

ワハハ、私は初日から秋月残しを明言してたんだけど、こういわれたら夜に発言を見れてない狼だとおもうじゃないか。」
ゴルベーザ 「5日目のこれですかね

◇執念の二振り(38)  「ゴルベーザや神崎が狼だとして、そんな悠長な噛みはしない
自分を殺しに来た人間と共有をかみ殺すに行くべきだ
だからこれはどちらかと言えば、傍観者の噛みである>灰色狼」」
ゴルベーザ 「これを狼でいえるなら凄いと思ったので、まぁここは殆ど村じゃないかと」
執念の二振り 「単純に、フーン で済んでしまった我が・・・!>蒲原
あぁ、なるほど それか いやまぁ、安直なものだが
言わないよりはましかなぁと>ゴルベーザ」
蒲原智美 「ワハハ。
ゆみちんを疑うわけないじゃないか。」
蒲原智美 「ワハハ、吊りたいヤツの発言をじっくり見ない村なんていないのさ。」
ゴルベーザ 「うーん・・・それだけで吊りたいだと若干なんか足りないかなぁ?ぐらいですかね>蒲原さん」
執念の二振り 「まぁ、消去法でない限りそうだな」
加治木ゆみ 「ゴルベーザについて思っていたのは、
3日目の霊能ローラー完遂主張が浮いていた点と、
全体的に偽視されている占いへの絡みが多すぎた点だな。
前者については内訳想定、後者については灰視が全く見えなかったのが私にとっては、な。」
ゴルベーザ 「ゆみさんのマイナス点は・・・あーと・・・
RPなんでしょうけど共有と絡み過ぎ?ぐらいかなぁ・・・w
基本的にはしっかりしてると思うので、逆に理由をどうしようかな悩む感じで」
加治木ゆみ 「基本的に自分からは絡みに行っていないのだがな。
私についての発言がモモから出ていて、余裕があれば返すくらいのスタンスだったとは思うが。」
執念の二振り 「確かに、ロラ完遂が致命傷だったかもしれんなぁ、ゴルベーザは
あとは・・・特にないな うん 内訳考察はある程度必要だと思うし」
ゴルベーザ 「まぁ真は無いとは思ってるんですけども
真を切る要素をがつんとぶつけたいな、って思ってた感じですかね」
執念の二振り 「誰とも絡めなかった私は泣けばよろしいか」
ゴルベーザ 「いえいえ、目だってましたよ?アイコンが!」
加治木ゆみ 「一貫してRPやってるならそれはそれで別の見方にはなるんだがなw
内訳なんかについての考察をしていて、となるとやはり怪しく見えてしまう。」
執念の二振り 「嬉しくねェwww>ゴルベーザ」
ゴルベーザ 「ふーむ、まぁ・・・吊りたい気分だったんです!>真霊能」
執念の二振り 「そこは個人個人の方針でもあるな
今回は占い師の○もメモってなかったほどの馬鹿な私だ>加治木」
加治木ゆみ 「私も○なんてメモしていなかったな。
だからこそ、ログが飛んだ時に真っ青になったものだがw」
ゴルベーザ 「まぁお陰様で残れてバシバシ発言できたので
今日は37戦中でもっとも良かった日だとは思います」
加治木ゆみ 「ちなみに執念の名前が『干将・莫耶』とかだったら大笑いしていた自信があるw」
蒲原智美 「ワハハ、モモはゆみちんしか見てなかったからなー。」
執念の二振り 「この前は備前長船という名前でやっていてな
一発ギャグを求められていたので「カンショウ・バクヤCO」と叫んだぞ>加治木」
執念の二振り 「噛まれた共有がステルスモモの方でありがたかったとは内心のつぶやきであった」
加治木ゆみ 「リードしている共有の方が思考が見えやすいからな。
サポートに回って遊んでいるように見える共有の方が基本的には怖い。
―――まあ、自身が狼で疑われている時には、リードしてる方を噛んだりもするが。」
ゴルベーザ 「伊織さんが噛まれたら、またちょっと違ってたかもしれませんね」
ゴルベーザ 「さて、それでは今日は落ちるとします」
執念の二振り 「あーなるほど それは感じたことはなかった
ありがとう、参考になる>加治木」
ゴルベーザ 「さてと・・・(ゴホン」
執念の二振り 「うむ、お疲れ様ー>ゴルベーザ」
ゴルベーザ 「パワーをメテオに!」
ゴルベーザ 「いいですとも!」
執念の二振り 「では私も落ちるか お疲れ様 次は切って捨ててやる 化外」
ゴルベーザ 「はい、有難うございましたーw」
加治木ゆみ 「私も落ちようか。
それじゃあまた。―――まあ、遠くない内に会えるだろう。」