←戻る
【劇場652】劇場公演 木曜の部エクストラ村 [890番地]
~とときら聖靴学園ぐらし黙示録ハザード・オブ・ザ・デッド2~

リアルタイム制 (昼: 5 分 / 夜: 3 分)[5:3]初日の夜は身代わり君身代わり君は GM天啓封印自動で霊界の配役を公開する埋毒者登場 (20人~)
1 2 3 4 5 6 7 8
icon 謎の怪火GM
(生存中)
icon 多田李衣菜
(生存中)
icon 白坂小梅
(生存中)
icon ラッキージェイク
(生存中)
icon 依田芳乃
(生存中)
icon 喜多見柚
(生存中)
icon 双葉杏
(生存中)
icon 冷泉麻子
(生存中)
icon 舞風
(生存中)
icon P
(生存中)
icon (*^◯^*)
(生存中)
icon 島村卯月
(生存中)
icon 橘ありす
(生存中)
icon Tさん
(生存中)
icon 我那覇響
(生存中)
icon キリト
(生存中)
icon 佐久間まゆ
(生存中)
謎の怪火GM 「お疲れ様また来てぴにゃ~
楽しい祭りでしたねぴにゃ…」
冷泉麻子 「                /.: : . .           \
               / . : . _________ \
            . : : : i/ ___________\ \
.           /. :: :: : |/.::::::/::::::: :: :: :.\:: : .  :.
           .::|:: :: : |:::::: |::.|::.::::::::: :: :: :: | :: :: .  :.
            i.:::|:: :: : |:::::: |:::|::::| ::::: :: :: :: | :: |: : . |::. .¦
            |::::|:: :: : |:::-┼:ト人 : :: :: :: ∧:∧: : .|i: : .|
            |::::|::.::.:.∧ .斗- ミ. \ :: ::/.斗弍: : 八::. |
            |::::|::.::.: : . \ヒrツ  }ハ/ ヒrツノ.イ .: :: ,′     それじゃわたしも……
            |::::|:::::::::.\:: .\    ,    //.: :::/
            |::∧:::::::::::::ド ̄    _    イ.: :: :/:/
            |:::r‐┐:: :: ∨\       .イ ::::/l/|
            |: 「i |\|\∨ | ≧ r<:: 丿イ::::::::::|
            |: | ¦:「|_ノ\〈   |┐ \::: |:::::::::::|       村立て同村お疲れ様、四条は来るもの拒まずだから
            |: |  ∨ |   ハ>‐<|   \ ::::::::::|       自分の都合に合わせて、いつでも好きな時に来てくれ……
           /:∧  ヽ 〉    \:..†.:|   i ト :::::::|
          / .:| \ ∧\_____、:|__,,// | :::::|
        イ::::|   、\_|\,_____∨___,/|/, | :::::|
        |:::∧  \_,〉   ̄ ̄{ ̄厂  ∨ 〉 :::|
        |/  \   ′   /ハ「 丶   |{ ::::::|
.         /   ハ__/    /   |  _〉\│|:::::::|
        〈      /|     \/ ∧    「│|:::::::|
        |    / i|     く__,/|:.|___,ノ.∧|:::::::|」
謎の怪火GM 「夜は墓場で運動会」
白坂小梅 「あの子も一緒に……また、ね……」
白坂小梅 「あらためて……みんなに……ありがとう……えへへ」
ラッキージェイク 「それじゃお疲れさま
GMは村立てありがとうな
響は改めて久しぶり
また村で会えたら嬉しい」
ラッキージェイク 「まぁキモとしては翻訳サイトのトンデモ変換みたいに意味わからない翻訳されてる
ってネタだからな
狼仲間で前後の意味を知ったからこそのアレだったのかもだが」
ラッキージェイク 「日本で言うクソ○○ぐらいの感覚だからなぁ
そこは洋画や小説読まないと伝わらないニョアンスなのかもだが>響」
白坂小梅 「うん……やっぱり……良いな……」
ラッキージェイク 「狩り吊りは下で見えないし、狐特攻も見えないからな

狂人特攻失敗で同士討ちの挙げ句に狼も一人露出して
灰にLWと狐が残ってるからギリギリまで灰詰める村

にしか下では見えない>冷泉」
我那覇響 「いや、意味どうでも「ファ」のスラングは怖いから!>ジェイク」
ラッキージェイク 「五日目
狐の●吊りで霊結果で破綻且つ真占い噛み

以降、飼い狼位置になった占い騙りとパンダ狼残しつつ、残った2灰を共有が指定して勝ち」
我那覇響 「えへへ、にふぇーでーびる♪>麻子、小梅」
冷泉麻子 「聞くだけで頭痛がする村だ……>ジェイク」
冷泉麻子 「全然……わたしよりずっとすごいよ>我那覇さん」
ラッキージェイク 「響>怒ってたらファック イトとかだな
まぁスラングだから意味解らんと何を言いたいか通じないのは仕方ない
元ネタの小説でもジュウカン愛好者と勘違いされてたし」
白坂小梅 「確かに、「響さん」がここにはいたから……ばっちり……<響さん」
ラッキージェイク 「概要だけかいつまむと

狐特攻喰らった狼が霊CCOで真霊が対抗
様子見が真占いは間に合わず露出

三日目、ローラー反対してグレラン狩り吊り(狐が狼囲い)

四日目、潜伏占いCO狼が囲われ狼に●出しつつ真から●貰い。狐も更に出し●で●ラン」
我那覇響 「あまり来ない人だったけど・・・自分、RPさび付いてなかったかな・・・ッ」
謎の怪火GM 「また一人ぴにゃのモテカワファットボディの虜にしてしまったかぴにゃ…ギルティ」
白坂小梅 「うん……たまにのひとも、久しぶりの人も、よく来る人も、みんなと遊べるの……楽しいから……えへへ」
我那覇響 「割とそのスラングで「おおう、怒ってる」ってなってさりげなく萎縮してたCO>ジェイク」
冷泉麻子 「もっとカオスな状況だった……>ジェイク」
冷泉麻子 「我那覇さんと一緒の村、わたしも久しぶりか……
たまにこんなふうに一緒できたら嬉しい」
ラッキージェイク 「あってる>冷泉
ちなみに正確には灰じゃなくてパンダ」
ラッキージェイク 「T噛みも投票とか見た感じ、ここは無理だなと思って共有死体だったり
割りとヤギ前後って心から出たりしてたからなぁ俺も>響」
白坂小梅 「楽しんでもらえると……嬉しい……えへへ……<李衣菜さん」
冷泉麻子 「わかる>小梅ちゃんとぴにゃ」
冷泉麻子 「対抗、霊能、灰の狼それぞれに●が飛んでるってことで、あってる……?」
多田李衣菜 「小梅やGMに会いに来てる(参考にするため同村してる)からね 最近は」
ラッキージェイク 「いや、真狐狼>冷泉」
冷泉麻子 「ひとりは対抗に●って状況……なるほど」
我那覇響 「堪忍はするけど

す ご い へ こ む

だって言われてもわからない場合多いんだもの!」
冷泉麻子 「真狂狐……?>ジェイク」
ラッキージェイク 「そして内訳がこれ

初日狂
真狐狼―真狼」
Tさん

             __ -=-
             _ノ     ^ヽ
           _} /r_}i j_‐i }
            ノ }“'_i゙¨ |]ヽ\     覚えておけ! 北斗MADの最高峰は
           _j iハヾ.フ./ハ_i-┴=- 、
         { {__-ニ个‐'_彡iノ|ノ7Z__ \  「北斗のメモリアル」と「鋼鉄拳士アミバ」の2本だ!
        -<__ \_二r‐v′ =' r‐'′-=〉
     <¨二=-、 -―=:\__ }' ノ=、 ニニ:、
     /ニニ=- -=ニニ ニ¨¨ } ¨¨乂: Υ ニニ}   検索検索ゥ!(別れの挨拶)
      /ニニ_ ニニニニ/ ノ三三|i、_ _ノノ|ニ  ニ|
    ,:ニ-ニ ニニニニ 'ニi‐个‐ニ| iT¨ニ¨!ニ _ニ’,
    /=-ニ ニ ニニ/ニ/二二ニ|  |二三 ニ_ _ニニi
.   /ニニ= ニニニニ/ニ/三¨¨二i ノ|二三iニ二 _ニニ、
  /ニニニ ニ ニニニ'ニ,_ニニTニニ^}_.ノ二三|ニニニニニニ
 'ニニニ.ニニニニニニ/i__]/i二=< ___二二|ニニニニニニi
/ニニニ ニニニニニ/{|__// ̄”¨二二二}i「二二.ニニニi
ニニニ ニ ニニニ/i |- /ニニ}二¨¨¨¨¨二|二二ニニニニ|」
白坂小梅 「いるだけで村が華やかになるってすごい……私もそうなりたいかも……
今日の村はいっぱい華やかだった……よ……」
ラッキージェイク 「まぁ何のかんの付き合いは長いからな>響

自分が狼に関してだと小言多いのは堪忍してくれるとありがたい」
白坂小梅 「できると楽しい……えへへ……<李衣菜さん」
謎の怪火GM 「ぴにゃの血は開始前に刺されすぎて品切れだぴにゃ」
ラッキージェイク 「占いA「狼Aは●」
占いB「狼Bは●」
占いC「狼Cは●」
こういう状況な」
謎の怪火GM 「け、血粧嘴…!」
冷泉麻子 「ひどい誤変換を見た……」
多田李衣菜 「共有で初手呪殺対応見たときは驚いたよ > 小梅」
我那覇響 「職についてから精神削られる事があまりにも多くて人狼でがくーんときて次の日にスッキリ回復できるような精神状態にないことが多いからレアキャラだろうけど
嬉しいって言ってくれたのはちょっとやる気になるぞ♪>ジェイク」
Tさん 「◇我那覇響 「うん、Tさん超いや死刑」



ミ⌒       /  / /i  / | / {   / \  /!:: i \ \
/⌒  //  /   i / { /-┤!_ | :リ    } ! l :ハ :! |  i
/     { //  /{ i 〃リ''⌒リミ } :!    / /.//-| }/ 人
    /.7/ rリ-=彡ハ!/   ュョェx ,_ ) /ミ> / / /チ气リ// .ノ
  /  /  レ⌒7ミ   ,.シ'  C  VT彡イ/≦ョュ、,/´ / 〈
, -人__{   //\    =v>-’⌒¨’// {/_,. C  Vィ    )
 /  // } |  〉          〃    ! ⌒¨ーく/  //
 { i | /| !   ;!              〉    ⌒}   L _
 У/ ̄/ハ ⌒           ( ,.ヽ/:i       ,’   彡
イ__ イ/ 人_,ィ           .  i!^´    /    ミ
/   /i:!   T |        ィ⌒ニ;ヾ、   /     ;⌒
__彡' !     :! i         (' ̄¨::::;;::У   ,      ミ- _
/爪/ /i    | :八       八 ̄¨'-::/  /:、      ミ⌒
/ i ! !:|         \         ¨⌒'::´   ハ_ \⌒ヾ-<イこ⌒
 | r'  i           \        }   /  i } }  リ )==-----
 |    |    ;;     \       '   ,’  ;! / /='〃:/:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
 i| | \\   :|          __ _/ /  レ' 人 \⌒)::::::::::::::::::::::::
白坂小梅 「自分の血で化粧することになりそう……?<Tさん」
ラッキージェイク 「ちなみに
狼が全員違う占いから●貰って勝った事が一度だけある>例外的に俺も騙りに出て」
Tさん
                ___
              ,ィ´,,,,、`ヽ
      , --- .  / YZ ;ハ ハ、
     /// ノ  ` ''<l,ニ.イ{ (ハ._ヽ、 ◇白坂小梅 「占い師の血で化粧がしたい」
    ー'///`ヽ  \ ヽ=く ̄`ヽ) )
     `^/⌒\__、 >'ー-= `ヽ .:}ー))
      j {     { `ヽ      .::}((
     〃 ヽ.. _ ノ` ー=≧=彡'/ ))
    /' 、_ノ{ニー{ーヘー'ー'   /( ((
   /{   Y ヽ.rー{ー‐ヘノ イ  )) ))
   { i  ノ   }ー{ー‐彳⌒Y`ヽ( (´
   { l  /   ∧ .::///ヽ〉
.   V {   ∧ ∨//、   }
   {   ヽ ' ∧ ∨/  i'⌒ヽ
    ー‐' ' { .ヘ._/ヽ  l   i
       ;  /  |  ヽ.l  |
       |/  i | i  }  |
       |,'   .:.ハ. l ノ ヽ ,ハ
       { ヽ. /.:i:}\(   ∧
         Y:::. ^ヽリ   Y:.、 }ハ
.       、::..  ∧  ヽ::._ノ   ヽ
        | :: /  '.   Yヽ     '」
多田李衣菜 「じゃ みくにゃんの手料理食べに帰るー

ジェイク、響、P 組めて嬉しかった。 今度は勝とうな!」
P 「んじゃお疲れさん」
我那覇響 「うん、Tさん超いやしけい」
ラッキージェイク 「騙りはなぁ
俺苦手だから他の人の方が参考意見は出てくる>ダリィナ」
白坂小梅 「占い師の血で化粧がしたい……えへへ……」
Tさん 「我那覇は次に狼をやるときは、ちゃんと俺と組みなさい
豪華客船タイタニック号に乗ったつもりで豪華な船旅をプレゼントしてやる」
ラッキージェイク 「まぁなんだ
響はおかえり
また人狼できた事は嬉しいんだ」
P 「身内切りと灰●で全露出だろ?>Tさん」
多田李衣菜 「騙りはロックで ? なんか いらない
これが この村の収穫だ」
冷泉麻子 「全露出から勝利なんてこわい……
さすがTさん」
Tさん 「勝った側の俺が言うべきではないのかもしれないけれど、次があるさ>ジェイク
モヤモヤをすっきりさせるために次の村、行こう? ね?」
ラッキージェイク 「P>ぶっちゃけ、言っちゃなんだが狂人が悪いって事はないと思う今回
狼側にとってのプラスこそ無かったが」
Tさん 「だけどどうせなら人生20回分くらいの幸せが欲しいだろう?
だから占い師、吊ろう? ね?」
謎の怪火GM 「ぴにゃがぉぉぉぉぉ…」
喜多見柚 「それじゃポルターガイスト退治行ってくるのでこっちはさらば!
お疲れ様でしたー!」
多田李衣菜 「>ジェイク
騙りの信用勝負で勝つことが目標なのだから、不器用でも騙り続けて
真より先に対応するようになるよ!」
Tさん 「なお、1回だけ初手全露出からの劇的な勝利は収めている
あの1回の勝ちだけで俺は一生分の幸せを貰っているよ」
ラッキージェイク 「そこがなんか曖昧なままズルズル来てたからなぁ>T
勝敗は仕方ないんだが
そこハッキリしなかったのがモヤってるのかもな」
白坂小梅 「がぅぁぁぉぁぉぉ…」
喜多見柚 「結局狂人としての安定手がない時点できついっと…
よし全部ぴにゃのせいにしよう」
P 「アピるタイミングを測って結局アピらない悪い癖が・・・」
Tさん 「◇P 「Tさんそれで全露出って何回やってるの???」



.,、 'ミミミミミミミヽヽヽヽミ从从リリ从リ))ヽ
"ミミミミミミミヽ:ヽ:ヽ''' '' ' ヽ:、从从;;r-、ノノ}                ,,、
ミミミミミミ三ミミ;;;;;;;ミミミミミ从从ノ";;:: -、'、;;;}           ,、-'''''''''"  " ̄''ー
ミ''三ミ;;;r'''''iiiiiiア"  `"'''''''''''''":::::::;;;; i ヽ:';;;}~~ '''''''ー 、   )"
ミ三;;(::  ;;;;''"   :::::::: ::::::::::::::::::::;;; i ヽ:';;}、;:;:;:;:;:;;:;:;:;~ '' ,ノ    い お 百
ミミ;;;;ヽ::  ::::::、   ::::::~' 、 ;;;:::::::::::;;;;リ  ::ヽ;i;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:; :|     な ぼ 回
ミミミ;;;ヽ::..  }::::"  ::::、::::::''ヽヽ::tiiiy',、-''":::〉|:::::::::::::::   ::|    い え か
シ三ミ;;;;;;;ァ {"  ,,,,,,,,,,;;;;,,_::: ` m }'";;;;、ニ=::''t :::::::::   ::::|    // て ら
三三三彡} ,、;;'"ー―---z;;;~';;:ノノ: t゙'='彡''" i ::::::::::::: :::ノ    ・・     先
三三彡;ノ ソ:::::::;;、;;-ァ'',',"''レ"::::::ヽ:ヽ::::::::  i|:::::::::::::::::::::::~' 、         は
i~' 、三彡::  ~'-、"=三'"::;;;;;;;;;;彡":::ヽヽ:::::::   |::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
',ii :::'ヽ;;;;;';:::  ::::::ノ" :::::::::::~~ヽ:::::::、::::::{ ヽ::"  |:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽワー― 、 ,、-<"
:t、ij t::::ヽ;;';:::::::::(  ::::::::''"  :::(::''''""::ノ、、,  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::":::::::ヽ
:::ヽ'- 、ニ'ヽ;:::::::::~' 、:"    ;;; ~ゝiii||ii、-ー''  j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;
::::::|`i'ーマ :t、:::'''';;;;;;;;::::::  rii~;;;、-'";、::-'''~,  i;t:::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:::::::;;
:::::リ;;;i ::::::~~~;ヽ;:  ''':::::::: ~´`""~,,、 - ''~::   |;;;t::::::::::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;;;;;;
::::(iii;t :::::  ;;ヽ;::   ~、:::::::....::::::::::;;、::''~"'''  |;;;;::i::::::::::;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;;;;;;;;
:::::::ヽi;t :::::  :::;;~' - 、;::~' 、;;:::::::::::::::::::    j;;;; i、~''ー、ー- 、、;;;;;::::;;、-ー ''' """
::::::::::::i;t :::::  ::::::::::;;;;;;;~'' - 、,,''ー:::::::::::::::::::::;、';;;;::: i: ~' 、/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;~~''''ー 、:::"""
::::::::::::|j、t::::::  :::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;~'''ー---ー '" ;;;;;;; リ   ヽ;;;;、- ''''' ー 、;;;;;;;;;;~' 、;;;」
ラッキージェイク 「多田>そこは慣れるしかないな

あるいはもう、疑問系いりませんよってぐらいに自分で断定で言い切るか」
P 「舞風●でもアピじたいはまぁできるので囲えてない想定でアピレって話ですねわかります。」
謎の怪火GM 「明日は探偵村だからそれもよろしくぴにゃー
たぶん真紅で」
Tさん 「なら、最後まで響の自由にさせればいいさ>ジェイク
それも一興よ」
P 「Tさんそれで全露出って何回やってるの???」
Tさん 「俺が漆黒の殺意を持って舞風とPを同時に吊る>喜多見」
P 「まぁ大体こっちが囲えませんでした、で終わる」
多田李衣菜 「>ジェイク
私が全潜伏嫌いなので 騙る! と明言するべきだったね」
ラッキージェイク 「まぁ、響やりたいようになるべくならって感じではあったからな今回>T」
Tさん
     ∧_∧
     ( ゚ω゚ )  騙りは任せろー
 バリバリC□l丶l丶
     /  (   ) やめて! 2昼に全露出はやめて!
     (ノ ̄と、 i
        しーJ」
喜多見柚 「舞風●だとどうでしたっけ」
P 「囲うタイミング難しいんだよなぁ」
我那覇響 「ちなみに自分の場合、場の流れを感覚で感じて感覚で波乗りするスタイルだから騙りとかと相性激悪なのよね。

それを忘れてたのも久しぶりだからとおもっとけおもっとけorz」
ラッキージェイク 「俺は苦手だからな
最初にしないと宣言したしな>響
なら全潜伏やるかとすら言ったと思う」
多田李衣菜 「確かに会話で疑問形が来ると 夜の思考リソース余計に割く」
P 「因みに響のキリト投票を見てキリト●でアピっとくかまでは考えた
取り下げた模様。」
冷泉麻子 「<方向性を決めたら、夜の相談に疑問形は不要よ>
共有者としても、頭にとどめておくといい気がする……」
P 「ただジェイクに○うって響つって最終日じゃないですか
どうなるか読めない」
Tさん 「任せろー(バリバリ」
多田李衣菜 「<方向性を決めたら、夜の相談に疑問形は不要よ>
これ狼会話 共有会話で 参考になる」
Tさん 「理想論だけどな」
ラッキージェイク 「●もなぁ
霊噛み通ったらって話ではあったし
でなければせめて舞風になんだよなぁ」
P 「6の日狂人COしてT投票明言か、ジェイクに○打つかなんだよなぁああああああ」
冷泉麻子 「露骨に両偽を見に行くなら舞風が見られてもおかしくないタイミングだし
囲うとしたらやっぱりここなんじゃないかなぁ……って気がしたんだ>柚」
我那覇響 「っていうかね?…中身ひーさんだとわかってたら騙り任せてました(ヒデェ)」
喜多見柚 「それこそ初日に狩人がP護衛してないことに賭けての初手噛みするしかないよね
他のタイミングでのP噛みもあるにはあるけど結局ジェイク囲えなきゃむーりぃー」
Tさん 「よく狼の中でリーダーを立てる方法をやるだろう?>ジェイク
1夜の時点で決めるといい、遅くても2夜だ

方向性を決めたら、夜の相談に疑問形は不要よ
「ぶっ殺す」と決めたなら、その行為は既に完了していなければならない」
ラッキージェイク 「俺はラッキーだからな
何とか、かんとかグレラン頑張るさ>P」
多田李衣菜 「あーRPしやすい (ロックというだけでOK (ただし ナツキチ みくにゃんが来ると 破綻する」
ラッキージェイク 「あーうん
まぁ流れそう見たなら仕方ないなうん>響」
多田李衣菜 「TのロックがPをロックしたのか!」
佐久間まゆ 「Pさんとは別陣営だったけど結果的に真だったので初日狂人ということにしてお疲れ様でしたぁ。
これから毎日お味噌汁作らなきゃ(使命感)」
P 「P噛みも結局ジェイク囲えないならやばない?」
ラッキージェイク 「いや、してはいるんだ色々>T」
冷泉麻子 「なん、だと……?>Tさん」
喜多見柚 「舞風のところって露骨に両偽ですって見る人は見るけどね…」
Tさん 「それ無理>麻子

俺が念力で舞風○に結果を変えたから」
多田李衣菜 「身内殴りのつもりの 響殴りが裏目ったっぽいなぁ
視点漏れしてともいえるし > グレラン落ち」
我那覇響 「ちょっとずつ流れがこっちよりになったから噛むこともあんめぇと思ってると言おうとしたら間に合わなかった>ジェイク」
ラッキージェイク 「P狂人ならいいなぁとかは考えてなかったからな
ラッキージェイクやるには、俺自身は致命的にラック値が低すぎる」
白坂小梅 「                     _____
                  >................:::::::::::::::::::.<
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::| \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::\
             /:::::::::/   Z _:::::::::::::::::::::::::::::/⌒´_-`ヽ-、:\
               /::::::/     / `ー 、::::::::::::{ // /-、`ヽ ,〉:::::ヽ
                l:://      l/ .、_ ∨ ー 、:|' l 〈_ム)/ 〉 !:::::::::l    あ…、あの子が…迎えに来ちゃった…
            /´//|       |     ∨    L_\_-./_ノ、:::::::!
              〈////|       |     ___∨     | >-、_/、\\::ノ     が、頑張って、ついてくね…
            ∨//|       |   ´ |:ij::l ヽ   /^|xixix|::::::\)ノ  
            ヽ/|       |    ー_'ノノ // )|xixix|::::::::::::::l     お疲れ様……です……ありがとうございました……
              Vl      |        レ' ´ニ[]'|xixix|::::::::::::::!
                |丶N 、   |   _ ,   / ∨ ー-〈::::::::::::::|
                |/////`ヽ | > 、   ィ    _∨///∧::::::::ノ
                 乂///////////  ̄ /‐v‐v'>――‐.':ユ´
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ≧ -― <::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                  {二二二,/▼ ▼ |二二ニ- 、::::::::::::::∨
                  入二二〈     /二二二二\:::::::::::∨
                  /:::::{二二 ムムムー '二二二ニニ/::::::::::::::∨
                  /::::::::::::l二二///∧二二二二ニ/::::::::::::::::::::/l
               /〉::::::::/ ∨ o///o \二二ニ/:::::::::::::::::::::::l | 」
冷泉麻子 「自分で言ってるとおり舞風のタイミングなんじゃ?>Pさん
わたしに何か言えるようなことでもないけど……」
Tさん 「そういう時は、自分から提案してしまうもんさ>ジェイク
LW役がプラニングンをしてもいい、むしろするといい
占い騙りの狼は占いを騙ってくれるだけでも偉いのよ」
喜多見柚 「2日目だけで決め打たないと無理ってレベル>Pサン」
舞風 「お先に失礼します お疲れ様でした」
ラッキージェイク 「途中でP噛む路線とかも考えてはいたんだよ>P
とりあえず響はどうしたいか、でなんか答え聞けないままズルズルなし崩しになっちまったんだよな」
P 「響狼ならジェイク狼だけど気づいたら手のうちようがなくなってたんや!!

さっさと囲えという話は知ってる。」
冷泉麻子 「               /: : : : : : : : : : : : : : : : \: \
               /: : : : :_____: : : : : : : :ヽ : ヽ
            /://  ̄          ̄\: : : ∧: :∧
              /:/  >'´  ̄ ̄ 「 ̄ ̄: <ヘ: : : ∧: :∧
           /: :| / :/: : : : { : 人 \: : : : : ∨ : : |: : ∧
.            .: |: {/: : : {: : : : : ト: : : :\ \ : : : ∨ : }: :|: ::     ……ううん、こっちこそお世話になった
          {: |: { {: : :∧ : : : ∧\:_|\:\: : :|: : :|: :|: |
          |: |:∧\_:_厶 : : : ∧ \{ ̄ マ\ } : リ: :| | |
          |: {: : 大:\: : \: : ∧  斗芹芋テ|: / : リ | |
          |:∧: :∧\{\{ \ ∧   乂::ソ |/ : / : | |
            j/ }厶r‐「¨マニミ   \}        ;/: / : : | |      今日はゆっくり休んで明日も惰眠を貪ろう、おつかれさま>依田さん
          /´Y } |/´〉             /: / :|: :||
            /└'ーヘ_ノ .∧   `        ./: /: : |: :||
        r〈    }  ノ:込.      rっ    / イ : :|: :||
        | { > く_∠: |: : :{ ≧=-   __,.. イ/'´ |⌒:大: :| :.
       /{_{ { { } } ∧ :|: //  i       У: /ヽ|:∧
.       /   :>x _」/_∧{\{://: > ノ    /: : /  >:∧
      {          :ノ }//:/ {/‐-、 r'´ // : :厶イ´  ヽハ
      |       イ / :/:/  /       厶/: /      ハ\
.     ,       |'   :/{: { /     / :/イ /         } ハ
.      /        :|  :/ 从|:/      / :/   :/       |   }
     /        } /   /      /    {{         |  /
.    /         ノ /    {       /      :|          | :/」
我那覇響 「基本感情論だしな、毎回参加してた頃から・・・w」
Tさん 「>ジェイク

          「考えずに感じるんだ」

     l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ィ: l     /: : : : : : : :
     l: : : : : : : : : : : : : : : : :/// ',:l      /: : : : : : :::
.     l: : : : : : : : : : :/  ̄     ノi      ll : : : : : : :
     ',: : : : : : : : :/ 三二ニニ i彡i       lト、: : : : ::
      l: : : : : : : : l   _,ィtッ、  lィjぅ       l_ ヽ: : ::::
      l: : ミ: : : : l     ̄  ヽ l       ´ぅ  ',: : :
       l: :ヽ\: :ノ     /_ ),'          ノ  ',::/
       l: : : :1 ¨',     i ,.-‐、l          ( i
       l: : : :l  ' ,     ヽ=彡        j
     _,.-ヾwソ、   \    ー‐''l         〉
  _,.-'": : : : ', : : :ヽ、  `ヽ、   ノ、       ,.ニ、
,.-': : : : : : : : : :ヽ: : : : ヽ  /` ̄: : : \      l -、つ
: : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : i /: : : : : : : : : : : `ー、  /-、\
: : : : : : : : : : : : : : : : `ー‐/: : : : : : : : : : : : : : : ヽf -、 ヽ' 」
P 「両贋見えないようにジェイク囲うタイミングってどこって・・・」
我那覇響 「というか進行ちゃんとやるってなんなんだ・・・他の人みたいにコレガセオリーだとかそういうの前々からわからないし!」
P 「でも実際のところですね?」
ラッキージェイク 「アッハイ>響」
Tさん 「『呪殺が欲しいんだろ? 来いよアアン!』な狐>キリト

ただ、あの時点で響とジェイクの2択に迷って
「響LWだったら……あるいは響狂のジェイクLW?」とか色々とブレた、すまない」
佐久間まゆ 「Pさんが結果真だったの忘れてました」
喜多見柚 「3日目4日目でなんか狼吊れましたよって感じの吊りになっちゃってる時点で大概きつい形だしなあ」
依田芳乃 「村立、同村ありがとうございましたー
特に相方殿は、いろいろとお世話になりまして―。

      / ̄\  /
    /|⌒!   |   ではみなさまおやすみなさいー
 ,x芳~ ⌒ヾ  |  \
 Kノ |_|_|_|__|ー'′
 ::l|l l |ト、
./ l. レト-f升!ノ
| // ト-少シ′
\二二/|」
我那覇響 「いや、進行中は両方やろうとしていっぱいいっぱいだったからそんなの宣言するどころじゃなかった。結果的にRP全ぶっぱになったけど

つーか


考えても、わからないのは前々から>ジェイク」
ラッキージェイク 「割りと何がどーなってんだよってなるから
貴音でいきなり響ぶつAA張るレベルで疑問符増殖するから」
キリト 「まだまだなのは俺な(勘違いされそうな文面だったから補足)
んじゃ風呂行ってくる」
P 「響はまぁ別に特にこれっていうのはなくない?
形で不利だし、狂人が囲い損ねましたっていうだけの話だと思うよ。」
キリト 「まぁそこら踏まえてもまだまだってことだ、お疲れさん」
冷泉麻子 「Tさんはプロデューサー……
……なら舞風はDa特化型のアイドル?>Tない夫さん」
キリト 「計算してて投票忘れてて焦って結果間違えてた俺が言える台詞ではない(だからと言って吊れるとは思っていなかった)」
喜多見柚 「詰む詰まない以前に
狼視点P真がいつまでも消えてくれないのに狩人探しとか狐探しとかで灰減らしてる余裕がない>まゆチャン」
キリト 「だったらジェイク吊ってPに俺を占わせるで良かったのではないか>T」
多田李衣菜 「響が貴音を捨てて、だりー が ナツキチとみくにゃん捨てて
真ユニット ハイサイロック 結成」
ラッキージェイク 「いやまぁ、うん
復帰してRPにだけリソース割きたいならそれはそれでいいからせめて一言言ってくれ
別にそれで駄目とは言わないし
勝敗度外視なら度外視なりにサポートはするから」
P 「舞風のとこで囲うしかないんだけど、それやると見えそうで・・・!!」
冷泉麻子 「ちゃっかり解散してる……」
我那覇響 「それを すてるなんて とんでもない!>りーな」
Tさん 「狐は正直、キリトで吊ったと思っていた>まゆ」
キリト 「まぁお疲れさん、狩人で完全灰に残れたと言う結果論だけを蓄えにしていく
あそこで吊られなきゃ俺噛まれか舞風護衛成功かの2択だったしどっちにしろ悪くはなかったはず」
白坂小梅 「そっか……でもこれ……真狂信頼勝負だよね……実質……
狐さえ吊れれば……対抗の真に○を出しても……すごいな……」
Tさん 「だからTさんはプロデューサーだと何度も言っているでしょ!>麻子



.  +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ
     ,l;;;;;;;,r"__~_,,,,'i;;ヽ
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l      贈るー 言葉ー
    ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/
     ヽ;;;iヽ、~`'''''" /;;ヾ
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''
     / \ `ー- '"ヽ`ヽ、
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
  ;;,,   フ  ヽ. 〈/ヽ, |   ::''
   '';;,, \   ヽ |  ヽ |,,::''
     '';;,,\   ヽ|,,;;;;;::::'''
      ''::::::;;;;;;;;;;;:::::::::
      ''::::::;;;;;;;;;;;:::::::::」
P 「非狐探しながら狼囲いはまぁ本隊に任せるかってなったらジェイク囲うタイミング逃しましてね?」
佐久間まゆ 「あーいや、そもそも狐がいたら負けるような状況なんですか」
多田李衣菜 「響、わたし みくにゃん 捨てるから ユニット組もう!」
我那覇響 「でも・・・中身自分だと考えたら納得だろう?(ドヤァ)<リソースRP全ブッコミ>ジェイク」
舞風 「狐って言葉が多くなるのは自分が狐好きだからなんだ 多分」
ラッキージェイク 「ダリィナ>俺も死ぬ時はアッサリ死ぬから気にするな」
冷泉麻子 「時子様には勝てなかったよ……>Tさん」
我那覇響 「その分自分が占い騙りのくせにフリーダムにRPして遊びまくるというロックを完遂したぞ!

りーな、お前のロック力をもらったんだ!」
Tさん 「時子様になんて負けない!」
依田芳乃 「占い狐混じりで両偽は考えるべきことでしたが考えられていませんでしたねー
その可能性もあるので、対抗に○だしての2COは
ある程度狐に無防備にならないぐらいでないと、狼きびしいのですねー」
佐久間まゆ 「灰噛んだら詰むような状況でしたっけ?>柚ちゃん」
白坂小梅 「狐は吊れば警戒しなくて良いんだよ……えへへ」
冷泉麻子 「提督じゃなかったの?>Tさん」
我那覇響 「その無駄な爽やかさ、伊織あたり呼んできて踏んづけたい。もしくは時子様>T」
キリト 「あとここでもぐってりゃ7割強舞風噛むと思って伏せてたのもある>佐久間
依田に関しちゃ完全に狐警戒だしそれで狐警戒してねぇんだなってので読めた」
多田李衣菜 「正直 防御力低すぎて 3日めで吊られて厳しくした わたしロックじゃなかったよ>お仲間&P」
白坂小梅 「Pさんが島流しでTさんがプロデューサーに着任……?」
冷泉麻子 「これがスマイルワールド……>依田さん」
P 「響真→まゆ投票不可能
響狼→ジェイク投票危険
T投票→でもジェイク吊れるよね

ってなったのでジェイク非狼を祈りました。駄目でした。」
喜多見柚 「狼がいつだって狐を割り出してくれると思うなよ!

…ってどっかの誰かが言ってた」
Tさん 「俺は……プロデューサーだからな……>響」
ラッキージェイク 「まゆ>勝つにはそれしかなかった
響がリソースRPに全ブッ込みで
おいどうすんだよってなりながらどうにかこうにか」
佐久間まゆ 「キリトさんが出られなかったのは平和出てなかったのでまあ。それにあの状況で共有連噛みしてくると思わないですし」
キリト 「割と双葉護衛は行けると思ったっつーかそこ狼は提案から見てなかったから
灰噛みしてるならだけどなこれ」
謎の怪火GM 「村GJで吊り増やして勝つのも、狐でGJ出してよく分からないことになって死ぬのも一興ぴにゃ」
喜多見柚 「おうどん待ったなしでもそういう噛みをするしかできないというあれもあるんだよね杏チャンが結構何度も言ってたけど>まゆチャン」
依田芳乃 「キリト 「いや、だって占い両偽で狐いたら共有噛めないだろ>依田」
冷泉麻子 「狐警戒って意味だからキリトにそんなショボンとした顔向けないであげて>依田さん」

          _
     厶`ヽヾ´  ` 、
   x≦     \,/ `ヽ
  ′l  l l l、l、′, 、 ヽ
  , .l  斗l ├-l  l,  、 ,
  .V l         l  l  l
  爪ィ=ミ  ィ=ミ、、  l . /
  ,气l "     " l   l∨     なるほどでしてー
  i ^.、  ワ   .l   .l≦ワ
  从丿` -┐´ ノ 从ノ 气 、
      ,/::\/:::\   、  、
      /l:::::::/:::::/ \  )  )」
P 「狂人COする→投票先ないやん!!ってなるから(震え声)」
我那覇響 「正着手考えるなら、Tさんに黒出すべきだったけど・・・

Tさんとわいわいやるの楽しすぎたんだ・・・ッ!」
白坂小梅 「でも……狂人COしてどこ投票するのとか……ジェイクさん村狐のときに、勝ちの目が消えちゃうことがあるから難しい……?<Pさん」
冷泉麻子 「わたしは狐警戒より指示役欠けが怖いから護衛してそうだけど……
灰なら別に噛ませていいや、って」
P 「狂人COするのが安定なのは自分でも何度も言ってるからわかるんだけどさぁ。」
我那覇響 「      l \   /::/::::::::,:::::::::::ヽ /l
      ',   \__:::l:::::::/::,..--_、:/  }
       \/三ミ、::_ /,イ、/   /.、
        / \_/r..\/´, -―-、/::::::; 貴音?自分にとってはねーねーみたいな存在で、親友!
         /,.::´::::::::::`´::::::::::::::::::\::::::{
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::.
      /:::::::::::;::::::i:::::::::::::::::{::::、:::::::::::::::\、
      ,:':::::::::::::::::{::::::{:::::::::::::::::l、:::、\:::::::',:::::ヽ、
.     /:::,:::::::::|::::::|::::〈:::::::::::::::::{イ ̄、:!、::::i:::::|::{:::.、
    / イ:::::::::::{::::::|イ´\_::::::::::| ヽ! リ 、:l:::::|:::}:::::::.
      |:::::/::::::、:::{ _ \\:{ ,ィチ斥下,::::|`::::::::::::.
      |::::||::::::::ル'イテ弍ミ   ` 弋zソ  从ト,:::::;:::::,:::::.
.     八:::{l:::::::::圦 弋zソ   ,       lr.,/:::::l::::::::,::::::.
     ヾjハ、r、!、               ;-'i:::::::|::::::::}、:::l
      /:::::,ヽ、_ハ    <  ̄ ソ   人::!::::/:::l:::::| l:::!
.     /:::イ::::::::::込、     `   ´   /:::::::|::/:::::j、:リ l:/
     /´  |:::::::::::::::::::::>     _  イ::::::::::::j/:::::/ / /
        /::::::::::::/::::::::::::::l     |::::::::::::/:::::/
        ,':::::::::::,イ:::::::::::_}      ` ̄777―-- 、
     /:::::::://-‐77{ ___        {//l  / ̄`ヽ
      /::::://´  {//!   `      ///| / =´ `ヽ }
     ,::/{ ̄ ̄`ヽ、//\      _,////='´     \」
佐久間まゆ 「占い両偽でこの噛みっておうどん待ったなしだと思ってたので捨てました(真顔)」
ラッキージェイク 「でもできればP○は覚えておいてほしい」
冷泉麻子 「狐警戒って意味だからキリトにそんなショボンとした顔向けないであげて>依田さん」
白坂小梅 「だけどそれがいい……!あのありすちゃん○がすごいじわじわ効いたよ……<響さん」
依田芳乃 「キルヒアイス殿ならば4日連続で●を出し、神話で増えた狼も吊ってしまうのでして―」
謎の怪火GM 「>柚
リング型のレーザーだと…ぴにゃ…」
キリト 「いや、だって占い両偽で狐いたら共有噛めないだろ>依田」
Tさん 「そしておそらくだが

Pはここにいる誰かさんを最後の狼だと思ったのだろうさ……ここにいる、誰かさんをな(クイックイッ」
P 「ありす噛みがあったんでやっぱすごい悩むんだよ>ジェイク
大体響狼だろうな、なんだけど真の可能性も否定できなくてぐにゃあああってなった。」
舞風 「Pと響吊るならP選んでたと思う >響」
Tさん 「ボウイは最後まで69だったからな、当然さ>多田」
我那覇響 「というかRPにむっちゃリソース裂いてる状況で占い騙りとか最高にロックだよねヒャッハー!

間違って占い(騙り)先噛んだし!」
ラッキージェイク 「それは前後ですね>響」
依田芳乃 「キリト 「一つだけ言い訳するなら依田護衛だけは絶対できねぇ」
          _
     厶`ヽヾ´  ` 、
   x≦     \,/ `ヽ
  ′l  l l l、l、′, 、 ヽ
  , .l  斗l ├-l  l,  、 ,
  .V l ,示ミ   ィ=ミ  l  l  l
  爪{{ ヒ:ツ ,   ヒ:ソ》、  l . /
  ,气l "     " l   l∨      しょぼーん
  i ^.、  、   .l   .l≦ワ
  从丿` -┐´ ノ 从ノ 气 、
      ,/::\/:::\   、  、
      /l:::::::/:::::/ \  )  )」
多田李衣菜 「>Tさん 夜会話で遺言拾ってくれてありがとう」
喜多見柚 「ここ鍋じゃないから(ぐさーっ>ぴにゃ」
Tさん
                      O
                      |
                   ,. - ―┴‐-,、
                /―――‐ '´  ヽ
               /,rニ二!    /O7 ヽ     貴音のことをどう思う?>響
               ,! ヽOヽ    ヽ ̄/ i
               ! ヽ ̄/         |_
            <I´「|     /`ヽ      |」_I>
             ``| ヽ  / ー'`J ヽ  / |´
                 !  | |      ヽ  | |
              |   | r'⌒ヽ_/⌒ヽi、 | |
                 l   | |  ,rー ‐''^ヽ | | |
               ヽ  | ,レ-‐--、」 ,!   !
               ヽ  ヽ _ ノ⌒ー-'/   /
                ヽ_         /
                 |[口]ヽー――i'´
 , ,、 ,、       ,.. -‐ '''i"´ ̄`\) ̄ ̄ `iヽ、
(。Y。V。,!     /| \O |           | O,ヽ、
..ヽ  /     /  |   `ー'           `ー' | ヽ
  |  |     /  .|    /|   _i⌒U⌒L    | ヽ
  |  |     /  ,/|   / |  (_  _ _|   |  ヽ
  |  |    /   ,/ ,|   し'! |  _| |__| |_   |   .ヽ
  |  |   ,/   /i l |    | |  (_____|   |ヽ   ヽ
  |  |  /   / | ||    | |   ,へ  へ      .| |ヽ  ヽ
  |  |  /  /  | ||    | |  / /  ヽ ヽ   .| |l ヽ  ヽ
  ヽ  V  /i   | |,|    | |   レ'    `ー'   | || ヽ  ヽ」
冷泉麻子 「わたしには無理、すごい>我那覇さん」
多田李衣菜 「>響 最高にロックだった!」
喜多見柚 「本物のキルヒアイスなら響チャンのCO見て即響●余裕だよ?」
ラッキージェイク 「なんかまぁ
色々とごめんな>狼陣営の皆」
謎の怪火GM 「神話マニアの存在をお忘れですか?」
白坂小梅 「グッド……!<響さん」
P 「響狼パターンでジェイク狼が一番あるんだけど、○出すタイミングなんか逃した。」
Tさん 「くいっくいっ>多田」
我那覇響 「あと、実に三ヶ月ぶりの人狼でこの立ち位置になった上に根性でRPはやりきった自分になにかひとこと(ドヤァ)」
冷泉麻子 「               _,   -――‐-   .,_
                /.: : . .           \
               / . : . _________ \
            . : : : i/ ___________\ \
.           /. :: :: : |/.::::::/::::::: :: :: :.\:: : .  :.
           .::|:: :: : |:::::: |::.|::.::::::::: :: :: :: | :: :: .  :.
            i.:::|:: :: : |:::::: |:::|::::| ::::: :: :: :: | :: |: : . |::. .¦
            |::::|:: :: : |:::-┼:ト人 : :: :: :: ∧:∧: : .|i: : .|
            |::::|::.::.:.∧ .斗- ミ. \ :: ::/.斗弍: : 八::. |
            |::::|::.::.: : . \ヒrツ  }ハ/ ヒrツノ.イ .: :: ,′     ……今回のPさんは不運だったし
            |::::|:::::::::.\:: .\    ,    //.: :::/
            |::∧:::::::::::::ド ̄    _    イ.: :: :/:/
            |:::r‐┐:: :: ∨\       .イ ::::/l/|
            |: 「i |\|\∨ | ≧ r<:: 丿イ::::::::::|
            |: | ¦:「|_ノ\〈   |┐ \::: |:::::::::::|       大目に見てあげよう?
            |: |  ∨ |   ハ>‐<|   \ ::::::::::|
           /:∧  ヽ 〉    \:..†.:|   i ト :::::::|
          / .:| \ ∧\_____、:|__,,// | :::::|
        イ::::|   、\_|\,_____∨___,/|/, | :::::|
        |:::∧  \_,〉   ̄ ̄{ ̄厂  ∨ 〉 :::|
        |/  \   ′   /ハ「 丶   |{ ::::::|
.         /   ハ__/    /   |  _〉\│|:::::::|
        〈      /|     \/ ∧    「│|:::::::|
        |    / i|     く__,/|:.|___,ノ.∧|:::::::|」
多田李衣菜 「ひ 引き分けの 狼COしないの? > P」
ラッキージェイク 「え、何それ怖い>まさか俺村で見た?>P」
P 「ジェイク○出さないと駄目だね」
Tさん 「最後までP狼を考え続けたが、噛みがそれを否定してくれていた」
謎の怪火GM 「ぴにゃがカワイイばっかりに…ごめんぴにゃ…」
キリト 「一つだけ言い訳するなら依田護衛だけは絶対できねぇ」
喜多見柚 「その狂人視点でまゆLWを捨てられないからこうなるしかない>舞風チャン」
P 「生存時の狂人勝率は脅威の0%だ。」
佐久間まゆ 「結果真とはたまげましたね…」
P 「いいかよく聞け」
白坂小梅 「Pさんにキルヒアイス称号を付けようね………えへへ……」
依田芳乃 「お疲れさまでした―
今日は初日占い師が狼にとって悪く働いた感じでしてー」
冷泉麻子 「            / // / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ ハ : \
            /: : /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : :Ⅵ: : : :ヽ
         / : : :/: : :/: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : ヽ : : |: : : : ∧
.       .′: :/ : : 〈: : : : :{: : : : : : : : : : : ハ: : : : ヽ : : : : :∨ } : : : : ∧
       {: : : :{: : : : :\: :八: : : : : : : : : : : : {: : : : : ハ : : : : :∨: : : : : : :}
       { : : 人: : : : : : :ト: : \ : : : : : : : : : |、: : : :|: :{: : : : : :|: : : : : : : :
       ∨: : : :\: : ̄丁\: :大ト、: : : : : : {斗七:{ 大¨ ̄ : } : : : : : : ;
.        ∨ : : : : \: : {  \: :\: : : : : | \{\: \ : /: : : /: : イ
          ∨: : : : : ∧ 孑芹芋芯{` 、 : :| 芹芋芯气У: : : /: : /:      おつかれさま……なんだかんだで村勝ちだね
         ∨: : : : : ∧ ∨r'こソ   \:{ ∨r'こソ /: : : :/: : /: |
             ∨: :\ : ∧                 /: : :/: : /: : |
            ∨ : : \: :ゝ、      '           /: :/: : / : :| |
           |\: : : :`ーヘ    _ _        厶イ : :/: : : : | |      依田さんも相方おつかれさま
           |: : :\: : : : {>            イ{ : / /:::| : : : : ! !
           , : : : : :}\: 人'´/_}> __,.. </\::}: :イ:::::::::|::: : : ||
             厶斗< ̄ `ーヘ{´.       /ヽ}彡ヘ |::::::::::!:: : : : ||
        /⌒ヽ        {         /  /   \:::::::|:: : : : ||
       /    ∨       { ̄ヽ      /      \:|:: : : : ||
.      /       ∨      {     ´ ̄ /          \: : : ||」
Tさん 「狐っぽい位置に○ばかり出して! 悪い子! 悪い子!>P」
我那覇響 「Pおめでとう!キミは仕事したぞ!!」
ラッキージェイク 「ヤギ前後」
多田李衣菜 「お疲れ様でした」
P 「ジェイク囲いきったんだよおおおおおおおおおおおお」
佐久間まゆ 「なんやて!>P狂人」
我那覇響 「うたいみそーちー!」
謎の怪火GM 「お疲れぴにゃ~」
Tさん 「セーフ」
橘ありす 「おつかれさま
Pにはいちごぱすたあげますね」
舞風 「お疲れ様でしたー」
ラッキージェイク 「Pぃぃぃぃぃぃぃ」
P 「はい。」
謎の怪火GM 「銀河の歴史がまた一ページ…」
Tさん 「ナムサン!」
喜多見柚 「おつかれさまでしたー」
舞風 「(明日勝ちなんだからまゆ投票でも良かったのでは)」
島村卯月 「お疲れ様です!」
双葉杏 「おつー」
白坂小梅 「                              ,。ャf拆寵霾靈竅發ミitx、
                         ,,g?徹蓼气崎敎魂鸚櫢鸛博發ty
                        ,.ィ穆*'"゚    丶 `へ気襴柩_尅【
                   (、    ,.fテ,´      /`ヽ^ 、 弋rく,.-トミi¥|
                     } ヽ 〈紗’      /  ,    ∨ {:|::{旦 )|;!
                        (@) 刋'      l /   ¨¨¨  | l 廴三У\
                          縮      | ′   ,斗乎梺  !∨ムヽ-'
                          訓      |      l::{0}:::l 》: / |獺レ’    お疲れ様……
                         喇 |    |     、::::::ノ/ /- 、!爍/
                       ゚k。. !   | /       ̄ ム っ /紗'     スプラッターショーの始まり…
                       `゚ミぅ 、 |   、__ァ  ,..ィ全ー゚ "
                          ー=三≧―――≦彡´
                           /⌒\{(゚m゚)}::ヽ       |
                            , -‐ / / ol\ ー_ハ::::.、      ノ{
                        i  ,( `'~~:/ ¨  L:_:」、   (@)
                        | l lソ 〉  //     (*):::\
                       '^~~~  //个个个个个 、☆\
                           //::~∧-f~ーf~^L 」:☆::.ヽ、
                        ノ::::/::l::/、:|^|::::l:∧^^l::::::☆::ヒ':!
                            ^~У^v'゚  |x|~^~、∧x!^ 、:ノ、::}
                                 、l     !ノ    V
キリト 「お疲れさん、割と悪かったと思ってる」
キリト 「ヤケになってPに投票しても勝てる」
ゲーム終了:2016/01/14 (Thu) 23:59:42
[村人勝利] 村人たちは人狼の血を根絶することに成功しました
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
ラッキージェイク は投票の結果処刑されました
8 日目 (1 回目)
ラッキージェイク3 票投票先 →佐久間まゆ
P0 票投票先 →ラッキージェイク
Tさん0 票投票先 →ラッキージェイク
佐久間まゆ1 票投票先 →ラッキージェイク
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
Tさん 「俺? 俺は……Tだ」
Tさん 「Pが狼でまゆが村人の可能性もあるんだ。だから答えるんだよ、2Wは誰か?
Pは既に答えを出している、ジェイクあとはお前さんの番だ」
P 「狐まで見るならば響吊り。狐見ないのであればどっちでも変わらん。
まぁここまでの噛みで響非狼はないだろうと思ったのでな。」
佐久間まゆ 「T狂人は響ちゃんに投票してるのでまぁないかなって」
ラッキージェイク 「そして
四条貴音は最高のアイドルだ>T」
ラッキージェイク 「響狐の可能性を見たからまゆは響吊り?
Pは俺吊りで響狐を考えていなかったみたいだが」
佐久間まゆ 「99.9%ないですけど響ちゃん狐もあるわけですし。
まゆ視点Tが狂人でない限りは勝てますし…」
Tさん 「諦めちゃいけないんだよ。一番大事なところなんだ
お前さんは今、誰よりも情報を持っている

それはまゆにも同じことが言えるんだが……こっちは、その、なんだ。無理だ」
P 「理由はいった>ジェイク」
ラッキージェイク 「なら、Pは何故響吊りじゃない>まゆ」
Tさん 「それは響がPの灰だからだよ。それで説明は成り立つ>ジェイク」
P 「中身不明だけど狐ないならどっちもいっしょ。
安全策って意味なら響吊りです。
不安要素はなんもない。」
ラッキージェイク 「両偽なら諦めるさ>T
だが俺はラッキーなんでな」
Tさん 「その上で3Wの見積もりだ
見積もりは社会人の基本……社会人の基本だからな」
ラッキージェイク 「ぶっちゃけ、Pが真なら俺吊りで終わる可能性もあった訳だ
なのに響から吊った

別に響狼はP―まゆで確定していない筈だ」
佐久間まゆ 「見えてる狼は最後に残すのが普通だと思います…」
Tさん 「まゆか、Pか。それをはっきりさせてくれ」
P 「手順として正しいのは響吊りだよ。中身不明なんだから。」
Tさん 「ジェイク。その前に質問に答えろ、まゆがLW想定でいいんだな?」
ラッキージェイク 「まず
まゆは何故響から吊った?
Pに合わせて俺吊りじゃないのか」
佐久間まゆ 「(立会人が頭がTなのがちょっと不服ですけど)」
Tさん 「おい誰だよ杏が怪しいとか言ったの」
P 「死んでる>Tさん」
ラッキージェイク 「俺はラッキーだからな
引き分け目指すだけだ」
Tさん 「質問その4。対抗の○である杏を最後まで占わなかった理由はなんだ?>響」
佐久間まゆ 「赤い糸がまゆとPさんを繋いでくれましたぁ」
朝日が昇り、8 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
我那覇響さんの遺言                            _,ィ
                        ,。-'^ |
                  _,.‐' ´    l
_           __,.。- ‐ '"´           |
\"''' ー―ー '' ^ ̄                  |
  ヽ                         l
.   ヽ     ,、,....,r:':ヽ,.,_           |
     ヽ   { ヾミ:ヾ::::1:::1_,。r1          |
     \ ,:':\.ヽ.,_入_j::,r',__ ノ        l
  .n    /:::::::::::゙>:-'ー=i/:-.>      r1 ,ィ1
'=-l ヽ∧/::::::::::;r'::::::::;:::::::::::、::::::ヽ   ヽ'く '^レオ
Σ,.  i }:::::::::;:'::::j::::r!:::;1:::::}ト;::、:_::'、    〉 _.フ{
  ̄/ヽ, \:/!::::::!::lr-L_l:::::リ l:i>:!::i::} ./ ,r'  |
,..r:'゙:::::::::ヽ. ヾlヘ::{` ○'i:;/ O^j1:/N  /     l    自分もできるぞ!
‐ァ'^::::::;::;:ヘ j\ '' rvー-、 ,,r{::ノ ./  1 l  1
:'´::::::::::::/:::;〈  ^ヽ.,ヽ  .ノ ノ `'テ   .ノ ノ  |
::::::::::::::;::::;r:;::}  ハ lミl,^'Tェiプ´ _ノ        l
::::::j':::::::::/:;:;rへ!  ヾミ三fジ ij.ノ  .\      |
:::::j::::::::/:/  .j'゚ ̄<ハ>' ‐1     \    1
::/|:::::::レ'  _,r|   ./, l  ,ノ       ヽ、_  {
j 1:::::{、,rァ    /i   ∧            `ヽゝ
双葉杏 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ラッキージェイク 「まぁだよなぁ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
我那覇響 は投票の結果処刑されました
7 日目 (1 回目)
ラッキージェイク1 票投票先 →佐久間まゆ
双葉杏0 票投票先 →我那覇響
P0 票投票先 →ラッキージェイク
Tさん0 票投票先 →我那覇響
我那覇響3 票投票先 →佐久間まゆ
佐久間まゆ2 票投票先 →我那覇響
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
我那覇響 「え?」
Tさん 「そこからどうして再びキリト狼になったのか
それを答えてくれ

質問その2。プロジェクトフェアリーのことって黒歴史?

質問その3。正直、貴音のことどう思う?」
我那覇響 「あの時はわかんなかったからびしっときたひとに投票した」
ラッキージェイク 「いやというかな
この状況や流れ読めずに響に信頼任せる狼に見えるか俺が?という話なんだが」
Tさん 「お前さんはキリトを「自分視点で狼かなりある所」と評価した
3日目の時点では吊る気がなかった、と解釈していいんだな?」
Tさん 「まず、2日目のキリト投票が3日目に喜多見投票になった理由>響」
双葉杏 「その質問に4回だけ「答えられるわけがない」と言って良い」
P 「初日の結果を覚えてないなんて・・・」
ラッキージェイク 「狩りに関してはダリィなだったのか?ってなるが
アイツ響偽って言ってたんだよなぁ」
我那覇響 「うん!」
Tさん 「響。3つ、質問をするぞ」
P 「響は本当に残念だなぁ」
Tさん 「前後は前後だよ
……そんなこと言ってる場合じゃないな」
双葉杏 「李衣菜のロックみたいな意味じゃない?>前後」
佐久間まゆ 「◇我那覇響 「まゆとP狼、に自分はベットするしかないぞ!あんずあやしくないし!」
響ちゃん視点Pさんは狂人なんですがそれは」
P 「キリト吊りして「終わってないキリッ」って言われましても>Tさん」
ラッキージェイク 「少なくとも、最大で引き分けだから響吊りも前後じゃないです」
双葉杏 「我那覇は設定をちゃんと覚えておこうか」
我那覇響 「前後って何?」
Tさん 「昨日の時点で俺が考えた行動をもう一度なぞっているんだ
謎った投票の理由を自分で納得するために、な」
佐久間まゆ 「Pさん、一緒に行きましょう…?」
我那覇響 「まゆとP狼、に自分はベットするしかないぞ!あんずあやしくないし!」
P 「狩人がいればまぁいけるね」
佐久間まゆ 「どちらにしても決め打ちの日です」
Tさん 「昨日の時点の話だ、俺の中でまだ昨日の吊りは終わっていない>P」
ラッキージェイク 「悪いが前後じゃないです>杏
少なくとも、狼で俺が選択しうる進行じゃない」
我那覇響 「TさんTさん、あと二回しか吊れない」
Tさん 「そうだ。ジェイク=響で投票を迷ってたら、
とんでもない方向に飛んでしまったんだ」
P 「なんで3吊りになってるのかkwsk」
双葉杏 「6人で3吊りできるってどうやったらかなえられるミラクルなのかな」
P 「一日どこから捻出すんだよ>Tさん」
我那覇響 「そう、そっちくるよなぁ…こうなったら正々堂々勝負な!」
ラッキージェイク 「ブッダ前後してください」
佐久間まゆ 「じゃあ響ちゃん吊りましょう」
Tさん 「ならばジェイク → 佐久間 → 最終日の方がよいのではないだろうか」
双葉杏 「んじゃ、我那覇→ジェイクね」
P 「ここしかあるまい。」
Tさん 「俺の響投票がキリトに吸い込まれたんだけど。なにこれ? ソードスキル?」
我那覇響 「…まゆ占った時に気づくべきだった。Tさん、騙りに占われてた。あわわ、急がないと!」
P 「占いCO ラッキージェイク●」
佐久間まゆ 「まゆはPさんに全てを委ねています…」
我那覇響 「自分が占いCO!Tさん○!」
双葉杏 「今日、両占いが○を引いたら、まゆ→我那覇響って吊って占いに真がいるなら詰められる吊り方ができる
そんで、P視点で○がでる可能性が高いのは囲いのジェイクよりもキリトのほうなんだからジェイク吊りでキリト占いでしょうに」
朝日が昇り、7 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
舞風さんの遺言 はい、ここでくるっっとターン!
舞風 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ラッキージェイク 「狩り日誌用意してないからなぁ
ありゃまた違ったかもだが」
ラッキージェイク 「杏かまゆかTかP吊れたら勝ち
問題はそれがキツイ
P○がネックすぎる」
我那覇響 「とりあえずここはTさんに白出して明日の噛み確保」
我那覇響 「舞風は噛むとして・・・」
ラッキージェイク 「P今から噛んでもなぁ」
我那覇響 「もうなんというか色々きつい」
ラッキージェイク 「んーどうすっかねぇ」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
キリト は投票の結果処刑されました
6 日目 (1 回目)
ラッキージェイク2 票投票先 →我那覇響
双葉杏0 票投票先 →ラッキージェイク
舞風0 票投票先 →キリト
P0 票投票先 →ラッキージェイク
Tさん0 票投票先 →キリト
我那覇響2 票投票先 →キリト
キリト3 票投票先 →佐久間まゆ
佐久間まゆ1 票投票先 →我那覇響
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
我那覇響 「まぁな。なんか流れ違うし>まゆ」
P 「おせぇよ!!>Tさん」
キリト 「んー……計算が間に合わねぇ まぁ俺占わせときゃいいよ」
舞風 「うーん…狐のこと持ち出したらまた提督に怒られる」
双葉杏 「狂狼と潜伏狂人生存の両方のパターンに対応できないって話>P」
Tさん 「お前の番だ、舞風。指定権をパース!」
ラッキージェイク 「というか
Pが狂で偽判明するパターンだと
まゆが●だと遅すぎるんだよ」
佐久間まゆ 「響ちゃん視点だとまゆ吊りしかないと思うんですけど…
まあ通らないと見てその発言なんでしょうけど」
我那覇響 「それを主張しまくるから狐と思ったんだぞ!<両方偽>舞風」
Tさん 「両方偽なら、それこそお前の力が必要だ>舞風
さて」
キリト 「んまぁって打とうとしたらミスった」
P 「それはどんな形でも10すぎたら対応できなくないか?>杏>狐混じりの潜伏狂人」
双葉杏 「ってことでジェイクつりね」
我那覇響 「自分視点で狼かなりある所だしキリト吊っておきたいかなって」
佐久間まゆ 「まだお嫁さんじゃないので…」
双葉杏 「けど、P真だとおもうし、一応念のために我那覇真も追ってみようかなーって感じ」
P 「それすでに狩人出てるレベル>ジェイク>響真で銃殺あった」
舞風 「まだ私狐に見られてる… うん。両方偽も一応考えてるけどねっ」
ラッキージェイク 「いやだから
詰まないならP噛まないか?って話な>キリト
真狼ならP噛みで残った狼に任せた方が勝ち目ありそうじゃないか」
Tさん 「(Pの正妻COとかじゃないんだ……)」
双葉杏 「両偽+潜伏狂人生存に対応できない」
キリト 「ん」
我那覇響 「殺られる・・・!」
P 「大体キリト○だろうからそれでもいいよ>杏」
佐久間まゆ 「あ、言うまでもないですけどまゆにCOはないですよぉ?
あったら●出された瞬間に言ってますからぁ」
Tさん 「狐じゃないなら最終日への切符はお前のものだよ、舞風」
双葉杏 「今日、まゆを吊ると明日P噛みで詰まないんだよねー」
舞風 「キリトは完グレー。占い以外で吊るならこっちからじゃない?」
Tさん 「Pか響が狼で舞風を灰に放置するかどうか → 微妙
Pか響が狼で舞風に○を与えるかどうか → 微妙
Pか響が真なら → 残す」
ラッキージェイク 「ぶっちゃけなぁ
呪殺出てるか
呪殺出てて響実は真なんですよ
やってるかなんだが」
我那覇響 「自分だってホントはいやだったわぁ!だって、まゆが露骨にP贔屓するから!!」
キリト 「どっちに>杏」
P 「つまり灰吊って狐吊れるってことだろ>キリト
良贋考えなくて良くなったな。」
双葉杏 「キリト○ならまゆ→我那覇響でつろっか」
我那覇響 「…ほらー、こうなるから、刃物持ち出して来るから占いたくなかったぞ!
黒だった場合この殺意の目線がさぁ!!」
キリト 「ギリギリ詰まないぞ>ジェイク
灰3人に響で3吊りだからな」
舞風 「うーん。役持ちがいなくなっちゃったね…
今日の方向だけでも決めないと」
双葉杏 「ラッキージェイク吊って、キリト占わせて」
佐久間まゆ 「うふふふ、これで遠慮無く響ちゃんを殺しに…いえいえ、吊りに行けますねぇ」
Tさん 「おめでとう、舞風
これは最終日への切符だ」
P 「貴様あああああああああああ!?俺のまゆになんて真似を!!>響」
ラッキージェイク 「キリト>
P真ならP噛んだ方が勝ち目なくないか狼
2W残りもある訳だから」
双葉杏 「んじゃさー」
Tさん 「1(中) キリト
2(右) 舞風(Pの占い結果次第)
3(捕)佐久間まゆ」
佐久間まゆ 「響ちゃんは偽だったんですねぇ」
キリト 「正直共有連噛みって狐探そうとしてる気がしないんですがそれは」
我那覇響 「露骨なRP、こういうのが狼だと・・・やられるんだよなぁって思ったぞ
というか残ったグレーこれがって怪しいところわからぬわぁ!」
舞風 「(結局完〇になったよ)」
佐久間まゆ 「やっぱり、」
双葉杏 「んー」
P 「真面目にやるか。
響狼として囲い位置として考えられるのはジェイク。
ジェイク囲いっていうなら舞風噛みはあるだろうが
昨日共有噛んでるっていうならば舞風噛みなんかしないだろうと思われる。

ので残ったうちで狐ありそうな舞風をチョイス」
佐久間まゆ 「ここで芳乃ちゃん死体になるケースってあんまりなくて、多分灰の誰かが死んでます。
2死体になってたらいいんですけど…(だいたいPさんが真になる的な意味で)」
ラッキージェイク 「ケツ·ノ·アナ!」
我那覇響
自分が占いCO!まゆ●!」
P 「占いCO 舞風○」
舞風 「おはよー」
キリト 「おはよーさん、っと
P【 ジェイク / 舞風 / キリト 】
我那覇【 杏 / Tさん / キリト / まゆ 】
今日P噛まれでギリギリ詰まないがほぼ噛まれねぇだろ
とりあえず今日は占い吊りって感じ」
朝日が昇り、6 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
依田芳乃さんの遺言 お茶職人1人に聞きました。急須で入れた綾鷹はどれでしょう?


 ,x芳~ ⌒ヽ
 Kノ |_|_|_|__|   ……
 ::l|l l ||__ 
  l. レト‐fゞ(仁ノ
. // ト-个トー'′
((x/√介|



 ,x芳~ ⌒ヽ
 Kノ |_|_|_|__|   ぶおー
 ::| |ー ‐||__ 
  l. レト‐fゞ(仁ノ
. // ト-个トー'′
((x/√介|

少々難しかったみたいです。
喜多見柚さんの遺言            _
       . : : : : : : : : : :‐-ミ
      /: : : : : : : : : : : : : : :\
.     /: : : : :./: : : : : : : : : : :. :.‘:,
    /: : : : :./: : : : /: ://:/ : : : ‘:,
.   /: : :./: /: : : :./\ //:/: : /: :ヽ: ,
    : : :/: /: : : : ∧:_:/〈:/: : /:/: |: :,
   |: : :|: :l: : : : /γY    ̄ `ー‐ァ: :, 三角コーナーなんか
   |: : :|: :|: : : / し'   γY  /:|: :.|  こーんなになればいいんだ!
   | : 人 |:|:.:/ xx      し' /:.:.|: :.|   _
   人: : :{ |:|: |   /:.:.:.:.:ァ x:x人:.:.|: /  .(__) (ぐさぁーっ!
.   __\{ |:ト |\ ,乂:_:_:ノ ∠7: :/|/   l  | |
 /     |ハ|{/ ≧=‐=≦}/}//   l |  | |  /し ァ
,:′`ヽ  |/ヽ\ | 「\| ヽ.    l|  l |  | | ,/  (_
    :}  ∧∨\ ノ{:| |   /\  l|  l L,,_| |_    /
    :}   ∧∨77/|! /  ノ‐/| ̄く 〉-- |  {
    :}    ∧∨/{ | |,/   /      〉ニニ|   >
    :}    ∧∨r | |   ./ |`ヽ>‐‐‐‐<:`ヽ‐┐
    :}      ,∧V] |/       >'´::::::::::|`ヽ::::}:::ノ}::〈
依田芳乃 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
ラッキージェイク 「Tでいい」
ラッキージェイク 「すまん、ログ取り逃したんだが
皆P吊り言ってたか?」
我那覇響 「次まゆ黒出すぞ」
我那覇響 「とりあえず噛みは・・・よしのいっとく?」
ラッキージェイク 「勝ち筋としては信頼やるか
P噛んで俺がグレラン抜けるか」
我那覇響 「ん、この流れならP吊りになるんじゃないか?」
ラッキージェイク 「響は信頼やりたいか?
やりたいなら、共有以外噛みにいく」
ラッキージェイク 「8 6 4 響吊り入るなら
6 4
P噛み通るかどうかなんだよなぁ」
我那覇響 「よくわかんないけどいいながれになってるぞ!」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
喜多見柚 は投票の結果処刑されました
5 日目 (1 回目)
ラッキージェイク0 票投票先 →喜多見柚
依田芳乃0 票投票先 →喜多見柚
喜多見柚8 票投票先 →舞風
双葉杏0 票投票先 →喜多見柚
舞風1 票投票先 →喜多見柚
P0 票投票先 →喜多見柚
Tさん0 票投票先 →我那覇響
我那覇響1 票投票先 →喜多見柚
キリト0 票投票先 →喜多見柚
佐久間まゆ0 票投票先 →喜多見柚
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
P 「割りと候補いなくね?ってなってる」
舞風 「段々ピリピリして来たね…」
我那覇響 「ありがとう!提督プロデューサー」
喜多見柚 「じゃあ両偽捨てる進行ねこれ」
ラッキージェイク 「なんで何かヤギ前後にはなってる」
Tさん 「これから、俺が最終日に連れて行くメンバーを3人、公表する」
我那覇響 「あ、うん、わかったぞ?>ニセモノプロデューサー」
喜多見柚 「誰も言ってないけどここでわざわざ狼ありそうなほう吊る理由もない>Tサン」
キリト 「まぁ状況的にはなんともいえねぇなって感じなんだが、P真なら呪殺出してお願い(半ギレ)って感じなのはずっと変わってないし」
舞風 「占いに狼がいるなら流石に村にもいる筈だしねー」
依田芳乃 「喜多見柚殿指定するのでしてー」
佐久間まゆ 「あ、響ちゃん真だと狐ほぼいないだろうからどこ吊ってもだいたい同じですね…
訂正します」
Tさん 「つまり、狂人は吊り噛みで仕留めたってことだよ>響
翻訳なら任せろ」
P 「わからないならいいんだ。響はそのままでいいんだ。>響」
喜多見柚 「だから内訳何にせよ別に必要はないと思う
仮に両偽見るんだったらPサンが舞風占う気がなさげだからで舞風行っちゃってよしな空気」
双葉杏 「Pの灰の数的には、灰吊りでも悪くはないよ
我那覇含んで5人」
依田芳乃 「了解です― で、完全灰は誰なのですかー(汗)」
ラッキージェイク 「キリト>Pが速攻囲い成功してる狂且つ、ありす呪殺
ないしP狼且つ響狂
のどちらかに限り
そしてそれは希少事件ですね」
P 「P:島村卯月○双葉杏○Tさん○佐久間まゆ○
 視点灰:◇キリト ◇ラッキージェイク◇喜多見柚◇舞風

Hey>芳乃」
キリト 「ここはGJかわからない、だからこの状態だと響は噛み放題だと思うけど>佐久間」
我那覇響 「えーとあの、Pホント何言ってるの?」
佐久間まゆ 「吊らせませんけど(鋼の意思)」
Tさん 「誰がそんなことを言った>喜多見」
我那覇響 「え?狂人二日目死んでる、どういうこと?」
佐久間まゆ 「響ちゃん視点だとPさん吊りでしょう。狂人なので狐も狼も吊らずに済みますし」
キリト 「響吊ると普通に狐いないというのが響真ならの噛みでわかってるんで割とな」
舞風 「うーん…占い両方偽…ってあり得るのかな…?
私は占いに出てるのは狐よりは狂だと想うしそれなら今日占い手掛けなくても良いと思うよ >共有」
Tさん 「LWだと思う? 俺は思わない、あっても多田と響の2W>杏
両偽ならたとえ2Wであろうと残り10人は妥当」
我那覇響 「うーん・・・ここまで白引かないの悲しくなって来るんだけど!」
喜多見柚 「何を見てるにせよ占い吊りって言ってる時点でPサン吊ろうってなりそうなんだけどねえ
響狂P狼考えないかぎり」
P 「え?そこ狂人は2日目死んでるから君狼じゃないか。
ここからどう挽回するのか教えてほしいんだよ。>響」
佐久間まゆ 「呪殺GJであれば噛めないと思いますよぉ?>キリトさん」
依田芳乃 「あ、あと各占い師は現時点の自身の灰を提示してもらえればうれしいですー
メモしていないのでー」
双葉杏 「Pが真だとすると、灰噛み→霊能噛みって狼がつれたから仕方なくって言うせんがそこそこあって
そんで、1度灰吊りをはさんじゃったから、我那覇吊りにリスクがある」
キリト 「指定は必須だぜ、って感じなのは変わらないな
あと我那覇視点はP吊る意味ないしな」
ラッキージェイク 「共有噛み
信用で勝てるって見込めるのはPなんだよなぁ
響信用やって勝てんの?っていう」
Tさん 「俺だって嫌だよ。最後まで探したよ、この展開を止める術を
それに足る理由を、代わりの案を」
佐久間まゆ 「占い吊りは両偽想定という形ではあるんですが」
我那覇響 「プランニング?噛み?何言ってんの?」
依田芳乃 「今日は別に占い切りリミットでもなくー
真狂ならば残してもいいのではと思いますがーどうしたいですー?>皆さん」
我那覇響 「無駄にかっこいい事言ってるぞこのニセモノP!」
双葉杏 「今現在、占い吊りにはそこそこのリスクがある」
P 「響くん、響くん。噛みのプランニングどうなってるの???」
キリト 「我那覇真で噛まない理由が割とないと思うんだって思考してるんだが」
喜多見柚 「やってるように見えるんだよねえ」
舞風 「うっ 共有抜いてきて完全に占い放置する感じかな…?」
Tさん 「ということで。占い師を、吊ります」
佐久間まゆ 「Pさん…
信じてました…
Pさんは絶対まゆを裏切らないって…」
我那覇響 「なんかさ・・・昨日の発言がとっとと占い排除したい狐に見えて仕方ないんだ・・・うらなわざるをえない」
双葉杏 「Pは、我那覇をKP狼として飼うのと、中身わかんないから吊っちゃうのとどっちがいい?」
Tさん 「(#^ω^)>P」
喜多見柚 「やっぱりどうにかこうにか信用してますって」
ラッキージェイク 「>P
響真で呪殺出てるなら
呪殺真証明は起き得ない
霊噛めばほぼ決め打ちになったら響吊るだろ流れ的に」
依田芳乃 「相方は霊界で見守っていてくださいー」
Tさん 「占い師を吊ります。まさに、苦渋の決断でした

多田○の場合に備えた消極的な吊りだからな、小梅は
多田○なら暫定○の方がよほど見るべきだというのに」
舞風 「おはよー」
P 「ぶれるんじゃあない!!俺だけを見ろ。
お前が信じる俺を信じろ!!」
佐久間まゆ 「どちらの占いが真であっても灰で戦えそうな狼ってキリトさんくらいしか思いつかないですね…
柚ちゃんは投票履歴から考えてまゆからじゃ吊りにいけないですし…」
双葉杏 「んー」
我那覇響 「自分が占いCO!舞風○!」
P 「占いCO 佐久間まゆ○」
キリト 「おはよーさん、っと
P【 ジェイク / 柚 / 舞風 / キリト / まゆ 】
我那覇【 柚 / 杏 / 舞風 / Tさん / キリト / まゆ 】
これ全然詰まねえんだよなぁ
っていうかこれ霊能→我那覇で連噛みもありえそうだし気軽に我那覇護衛不要言う必要なかったわ
まぁ、そうなったらそうなったでかなり不運かつジェイク村で判断できるし悪くはない、はず

灰に関しては舞風の◇舞風  「あー…両方偽考えて無かった… 失敗失敗。」
あたりが割と気になるというか、酷い事を言うとあざとい」
朝日が昇り、5 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
白坂小梅さんの遺言                             ______
                           /二二二二二二\
                           /二二二二二二ニニニ\
                        /二二二二二ニ, 仁二二ニニ\
                          /ニ二二二二二/、\二,.へ-.、ニ\    ___
                      /二ニ/l |   | ,_ `|:::/-\::|ニ\. /     `ヽ
                        /ニニ/三:| ト、  |/ __ K:::|<|:|::>}::>ニ/    さ     !
                    /ニ/三   | | \ | ⌒ヽ|`、\/」/ニ/ み  `    !
                      //三   | |/ ,/ \   ,,,|  ーiー'、」 /   ん 最.    !
                        〈/三三   |//    _ ィ l  /Lx,|ニ|   な 終.    |
                   /   `ヽ.  |:′   T_ノ ム/ /三二 |   頑 日   |
                  /    l`ヽ ! /三→__ ..<三三彡/|  張. :     |
                   l  ト- 、 ー' 〈-'_/ /ニ≧-≦二二二/  _」.   ろ  :     !
                      \_ー_'_.   >一' -/ ̄ ̄ヽ―‐ァ二二ヽ ヽ   う  だ   .|
                 ,、_ノ _\/ム::::::::::!、゚ 。 ゚ ノ::::::/二二二|  l   ね。よ。  |
                    // ―_、(/ニニマム、_/ LLL! \/二ニニニ|  、_____.ノ
                | |/´  ノ ニニマム | $ | | | $ ! |/∨|ニ(`iー 、
                レ    /`ヽヘ ニマム |: | | | |: |◇- ' ∧ニ)//∧__
                  ,<//////∧ >"<○>― 、_∨//////////フ
                    /ー、_`ヽ/> "    / (_○_)ー 、///////∧
                      ///|  /         /     V     \//////∧
                  ////{ ′      /       ノ \    \/////∧
冷泉麻子さんの遺言             / // / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ ハ : \
            /: : /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : :Ⅵ: : : :ヽ
         / : : :/: : :/: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : ヽ : : |: : : : ∧
.       .′: :/ : : 〈: : : : :{: : : : : : : : : : : ハ: : : : ヽ : : : : :∨ } : : : : ∧
       {: : : :{: : : : :\: :八: : : : : : : : : : : : {: : : : : ハ : : : : :∨: : : : : : :}
       { : : 人: : : : : : :ト: : \ : : : : : : : : : |、: : : :|: :{: : : : : :|: : : : : : : :
       ∨: : : :\: : ̄丁\: :大ト、: : : : : : {斗七:{ 大¨ ̄ : } : : : : : : ;
.        ∨ : : : : \: : {  \: :\: : : : : | \{\: \ : /: : : /: : イ
          ∨: : : : : ∧ 孑芹芋芯{` 、 : :| 芹芋芯气У: : : /: : /:      人間は朝は起きられないようにできてるんだ……
         ∨: : : : : ∧ ∨r'こソ   \:{ ∨r'こソ /: : : :/: : /: |
             ∨: :\ : ∧                 /: : :/: : /: : |
            ∨ : : \: :ゝ、      '           /: :/: : / : :| |
           |\: : : :`ーヘ    _ _        厶イ : :/: : : : | |
           |: : :\: : : : {>            イ{ : / /:::| : : : : ! !
           , : : : : :}\: 人'´/_}> __,.. </\::}: :イ:::::::::|::: : : ||
             厶斗< ̄ `ーヘ{´.       /ヽ}彡ヘ |::::::::::!:: : : : ||
        /⌒ヽ        {         /  /   \:::::::|:: : : : ||
       /    ∨       { ̄ヽ      /      \:|:: : : : ||
.      /       ∨      {     ´ ̄ /          \: : : ||
冷泉麻子 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
我那覇響 「噛みは冷泉でいくー」
ラッキージェイク 「作中では俗な慣用句だから日本人に通じなくてジュウカン趣味と勘違いされたりとかしてる」
我那覇響 「舞風占うことにするぞー。ホントに狐だったら自分偽認定して騙りの白でつればいいし」
ラッキージェイク 「ああそうそう
ゴート○ァック
しっかめっちゃかとか大混乱という意味の俗語>ヤギ前後」
我那覇響 「うーん・・・つなげるなら共有落とし、だろうなー」
ラッキージェイク 「なら舞風だけ対応用意すればいい」
ラッキージェイク 「P噛むか、共有噛むか」
我那覇響 「舞風が すごい きつねっぽい」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
白坂小梅 は投票の結果処刑されました
4 日目 (1 回目)
白坂小梅4 票投票先 →舞風
ラッキージェイク0 票投票先 →喜多見柚
依田芳乃0 票投票先 →キリト
喜多見柚3 票投票先 →佐久間まゆ
双葉杏0 票投票先 →白坂小梅
冷泉麻子0 票投票先 →白坂小梅
舞風2 票投票先 →白坂小梅
P0 票投票先 →喜多見柚
Tさん0 票投票先 →白坂小梅
我那覇響0 票投票先 →喜多見柚
キリト2 票投票先 →舞風
佐久間まゆ1 票投票先 →キリト
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
舞風 「驚異って無いからセーフ >T」
キリト 「両偽ならそれなりの噛みになるとは思うが」
喜多見柚 「呪殺GJだった場合昨日のりーなチャン吊りはだいたい狼見ていい
そうじゃないなら詰めろ詰めろで、最後どーにかこーにかで決めちゃいなよでしかないしね」
白坂小梅 「爆発すれば…いいのに…」
ラッキージェイク 「ボビンズじゃないかな>小梅」
Tさん 「俺はプロデューサーだからな
遊びで来ているんじゃないんだ、仕事なんだよ
(響をおちょくるのが)」
双葉杏 「だとすると、灰噛みを1手挟むのがなんかよくわかんない」
舞風 「あー…両方偽考えて無かった… 失敗失敗。」
P 「最後大体勝てなくない?>ジェイク
それつまり響真で俺狂人確定なわけでガツガツ灰吊りにしかならないんだから
狼それで勝てるのか?っていうとNO

狼側の選択肢になりえないよ。」
佐久間まゆ 「あ、初手で判明してる説もありますねぇ…信じたくはないですけど」
白坂小梅 「両偽判明しても……囲ってるとは限らないと思うけど……<まゆさん」
双葉杏 「占いが狂狼で狼にそれがわかってるとして
狂狼が判明するタイミングっていうと杏視点だと初日からわかってたって事になる」
キリト 「とりあえずまぁさっき言ったことの反復になっけど
Pは呪殺さえ出せばいい、我那覇は噛ませていいとまで思ってる」
冷泉麻子 「Tさんユーモアにあふれまくってると思うけど……>ジェイク」
ラッキージェイク 「というかツッコミが入れにくい>T」
Tさん 「プロデューサーのTさんだと言っているだろうが!>響
何度言えば解るんだ!」
白坂小梅 「その3つのどれか……っていうのはすごく賛成……<ジェイソンさん」
佐久間まゆ 「両偽が判明してるなら100%杏さんが囲いってことになりますねぇ…
3日目の囲い位置がそこしかないので…」
依田芳乃 「明日からはきっと指定展開でしてー」
ラッキージェイク 「RPブン投げるが
もう少しこう、ユーモアないと反応しづらい>T」
舞風 「うーん… 私的にはそろそろグレランだけってのも怖くなってきそうな数な気もだけど…
了解!」
Tさん 「いいか? 初日からそうだが、狐狐言い過ぎだ>舞風
3割くらい控えなさい」
依田芳乃 「○が2つー共有2人ー人数12-灰8-
グレランでよろしいかとー」
白坂小梅 「霊能さん噛まれたら……むしろ強固に占い護衛になる気がするけど……」
キリト 「わかってる、だからこそ今行ったが呪殺出たら我那覇の真を切る>佐久間」
P 「灰噛み合わせ→霊能噛みっていうのはぱっとみ響が銃殺出したように見えるわけで―
そんで狩人視点響護衛してないならブレる要素はあるわけだしな。
ということで騙されずに俺護衛でオナシャス。」
喜多見柚 「それでいいと思う>まこチャン」
Tさん 「あ、そうだった。すまんすまん>舞風」
我那覇響 「TなのかPなのかはっきりしろォ!?>T」
ラッキージェイク 「可能性としては

両偽なので霊噛んだ
昨日吊れた
呪殺見えたんで霊噛んだ
の三つぐらいなんだよなぁ霊噛みが狼の勝ち筋って」
冷泉麻子 「……もう一手グレランでいいかな」
佐久間まゆ 「なのでここの霊能噛み自体はどちらの占いが真であってもあるとは思います。
まゆはPさん真だと思ってますけど…(恋は盲目)」
舞風 「私、話しかけられて放置!?」
双葉杏 「我那覇が銃殺だしてGJでー
そんで、狩人にもその結果がわからないから霊能を噛んでみたっていうせんはなくもないけど
我那覇視点全潜伏って言うのがどうしても足を引っ張るね」
喜多見柚 「でもりーなチャンの結果が見れないことと合わせれば身内はないという推理は最後まで信じていいよアタシを信用できるかは別として
依田芳乃 「でしてーでしてー」
我那覇響 「わ」
Tさん 「キリトと杏はそのままイチャイチャしてなさい」
キリト 「逆に言うと呪殺出た瞬間俺は我那覇の真を切る、以上
って事でグレランか灰指定かの2択」
Tさん 「何度でもダメ出しをしてやる>響
俺はお前のプロデューサーだからな」
白坂小梅 「でも、Pさん真だと……なんだかブレブレって感じの噛みだし……
噛み以外は確かにPさんの方が上って感じなんだけど……」
冷泉麻子 「霊能ここで噛む理由っていうのも思いつかないけどね
多田さん狼でも見せておけばいいし……」
佐久間まゆ 「>キリトさん
響ちゃん真だと呪殺出てる可能性が高いので真狂であっても信用勝負が成り立つ説があって、
Pさん真なら信用勝負に行っただけなんじゃないかなって思うんです」
双葉杏 「我那覇真だとしたらちょっとよくわかんない
我那覇偽ってーか狼だとしたら、狩人探しに灰をかんだらお仲間がつれちゃって泣く泣く霊能をかんだって感じ」
Tさん 「お前の占った○、つまり確定○やぞ>P

いいか? 今後、お前は舞風以外を占うな
まゆとか占ったら大変なことになるぞ(まゆが)」
我那覇響 「よしのー?卯月霊能者だぞー」
キリト 「これ我那覇真だったら昨日呪殺GJで狂人に信用勝負させていいなって感じになったって感じにしか見えねえ」
P 「真狂です、で霊能噛みは状況の先送りでしょこれ。
ってことで護衛外れてくれませんかねッて感じかなこりゃ。」
舞風 「うーん。霊能噛まれると狼吊った…とも思いたくなるけど。
安直すぎるのもあれだよね。」
ラッキージェイク 「ヤギ前後
グレラン継続路線か」
喜多見柚 「Pサン真だったらそもそも平和でもなんでもないんだけどね>まゆチャン」
白坂小梅 「どうなんだろう……もう占い噛まなくて良いってことなら……
昨日呪殺GJでも出たのかな……?」
我那覇響 「やり直しさせすぎィ!?>T」
Tさん 「男がなぁ! 一度信じると決めたらやめるわけにはいかねぇんだよ!>P
だがな!

信じるからこそ、疑うんだよ。全力で」
双葉杏 「順当ってわけじゃないと思うけどね
とくに、我那覇響視点では」
依田芳乃 「島村殿灰と思っておりました―
響殿護衛するならそこが狩人と… 霊能殿でしたねー」
P 「却下。お前の指示には従う理由がない>Tさん」
キリト 「霊能噛み、ってかそれだったら初手灰噛みした理由があんまわからん」
ラッキージェイク 「庶子!
霊噛みですね」
白坂小梅 「うーん……」
佐久間まゆ 「霊能噛みだとそれなりに狼吊れたような気がしますよぉ?」
冷泉麻子 「……霊能噛みかぁ
昨日は狩人探しっぽい噛みだったのにね」
舞風 「なーに? >Tさん」
Tさん 「違う、やり直し>占い師共」
P 「立ち位置が中途半端に見える。
片方信じますよって言ってるけどすぐふらつく女々しさが見える。
1文字ヘッドは二人もいらないんだよ!!」
喜多見柚 「なんだかんだでまだ両方の真見てるーって感じだからもう少し見てみなきゃってとこかなー」
依田芳乃 「おはようなのでしてー」
舞風 「っと。 今度は順当な役職噛み?」
我那覇響
イマイチ周り見て発言抑えてる感じなんだよなぁ・・・
ボロ出さないようにしてるっていうか。そういう印象のジェイクを占うぞ!」
ラッキージェイク 「それでは来て外の時間ですね」
双葉杏 「我那覇真の銃殺GJはあるはあるんだけど
いまんところP真のほうがつよいかなーってかんじ」
Tさん 「舞風。話がある」
佐久間まゆ 「我那覇響 0 票 投票先 → 喜多見柚
Pさん真だと9割くらい響ちゃん狼で、平和出たタイミングで身内票するかと言えばあんまりしそうにないんですよねぇ」
白坂小梅 「がぅぁぁぉぁぉぉ……」
Tさん 「信じて送り出した位置がこぞって胡散臭いんだ、俺を慰めてくれ>芳乃
俺……プロデューサーに向いてないのかな……?」
我那覇響 「自分が占いCO!ジェイク○!」
キリト 「おはよーさん、っと
響噛まれたら杏が黒い、逆だったらもう村で打つ
◇白坂小梅  「うーん……狩人→占いって噛もうとしてるなら灰噛みもわからないでもないけど……<キリトさん」
霊能噛みなら小梅じゃねぇのかな、狩人噛んでから占い噛むって思わせてるのもあると思う
ただ霊能噛みだったらそれこそもう我那覇護衛はいらないんじゃねぇのって感じじゃないのか」
P 「占いCO Tさん○」
朝日が昇り、4 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
多田李衣菜さんの遺言 ハーフタイムショーで無理やりデヴィッド・ボウイの曲を演奏させられるコールドプレイ期待

                   ____  _  __
                   . . . . . . . . . . . .``丶、.,:.:゚'*.
                  /. . . . . . . . . . . . . . . . .\゚'*.:.:゚'*.
.               /. . . . . . . . . . . ._._. . . . . . . . . .、゚'*.:.゚*
               /. . . . . . //. . / .|⌒\. . . . . . . . .  *:.:.*
           // . . . ./ . . ./. . ∧    : . . . . . . . . .  ゚:.:.::
.          / _.| . ._./(. |. / | . ′'.  |. . . . . . . . |  ::.:;
.            / /-|. . 厶ニ.|/  . .|‐‐‐- | /. .|. . . . .  ::.;
.             /匕| . ⌒忙|   . |_..二.._ |./ . 厶. . . /_j77
            | I圦.| 炒    「 丁Lh∨. ./ィ |. /_/V|/]__
          __| \」\  ,     炒 //./  ノ( 、/ハ 〈 {/
.          /У   ]八   __     /. ./ イ. [癶\/ /〉 〉
.       r ; ; ;/{  __,,!. .\ ‘┘   . .イ. /. . . 八V    /
.       |; ; ;〈; ;\(; 〈__), .LL≧=┬   ¦.′. ./ /    /
.       |; ; ; ; ; 、_);/ /∧V \∧    ノ〈 }/; ; {_ -‐=ニ7
.     ┌|; ; ; ; ; ; ; ; ; /  〉V〈 ;      ,’ア゙; ; /}; ; ;_{ ; ;/\
.     ||; ; ; ;_; ; ; ;|;\ / ∧ ;   ,’_,:゙ ; ; ;{;_;_ ; ; ; ; ; ; ; 〈
...    | |; ; ; ; ; ; ;/ ; ∨;/  _;.*   7; ; ; ; ; }; ;\; ; ; ; ; ; ;}
      | ; ; ; ; ; ;{_;_; ; ;|i{  ♂    .′; ; ;/} ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
     | ; ; ; ; ; ; ;\ ; ; | \        _| ; /; ; ; \; ; ; ; ; ; ; ; ;
.       | ; ; ; ; ; ; ; ; ;}; {__  ≧=‐‐  ] /; ; ;Q; ; ;};丶; ; ; ; ; ; :,
.      | ; ; ; ; ; ; ; ;/; ;/つ)___     ___ ]; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; :,
.     \; ; ; ; ; :/; ;∧「 冂| ___ |{/); ; ;(☆); ; ; 、; ; ; ; ; ; ; ; ; :.,
        \_;/ ; / : \|凵|{匸 | <゙!; ; ; ; ; ; ; ; ;\ ; ; ; ; ; ; ; |
島村卯月 は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
我那覇響 「ヤギ?」
ラッキージェイク 「ヤギ前後
明日は俺○か、霊噛めたら●頼む」
我那覇響 「え?!話してただろふつうに!」
ラッキージェイク 「というがダリィなが仲間だったかそうか
ウッカリしてた」
我那覇響 「うぇい」
ラッキージェイク 「んー
仕方ない
霊噛み
GJ出たらスライドP噛み
呪殺出たら諦める」
我那覇響 「えーと?じぇいくー?」
我那覇響 「純粋に操作ミス」
我那覇響 「Pかむよていだったんや・・・」
我那覇響 「ごめんかみさきまちがった」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
多田李衣菜 は投票の結果処刑されました
3 日目 (1 回目)
多田李衣菜4 票投票先 →キリト
白坂小梅2 票投票先 →多田李衣菜
ラッキージェイク1 票投票先 →Tさん
依田芳乃0 票投票先 →多田李衣菜
喜多見柚1 票投票先 →Tさん
双葉杏0 票投票先 →白坂小梅
冷泉麻子0 票投票先 →多田李衣菜
舞風1 票投票先 →多田李衣菜
P0 票投票先 →キリト
島村卯月0 票投票先 →白坂小梅
Tさん3 票投票先 →舞風
我那覇響0 票投票先 →喜多見柚
キリト2 票投票先 →ラッキージェイク
佐久間まゆ0 票投票先 →Tさん
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
白坂小梅 「血の色をしたアイス……えへへ……」
双葉杏 「狂人は死体に○意味ない論ってよくみるけど
実際は「そこしか占い理由を用意してなくてかみ合わせになっちゃった」っていう事は往々にしてあるよ」
キリト 「んー、つーか真狂だったら我那覇噛むと思うんだよなぁやっぱ
まさか我那覇護衛はないだろうし」
我那覇響 「自分アイドル!のっと芸人!>T」
島村卯月 「信頼勝負なら私噛んでると思いますよプロデューサーさん!
喜多見柚 「2匹いるならいるでもっとやりやすいじゃん>小梅チャン」
依田芳乃 「冬場にアイスはきついのでして― 
それにありす殿はイチゴパスタの創設者、きっとよろこんでもらえるでしょうー>柚殿
ラッキージェイク 「>舞風
占い狐混じりの場合、全潜伏か初日だからな
かなりレアケではあるその可能性は」
舞風 「まぁねー。Pさん占われてるし >P」
Tさん 「アイドルだからだろうが!>響」
多田李衣菜 「呪殺'出したら 手のひら返すね>響先輩」
我那覇響 「>りーな」
白坂小梅 「後でっていうか……真狂自体は無くはないけど、真狂で信頼勝負はやらないだろうし……
何を狙ってるんだろ……?」
我那覇響 「判断早っ!?」
Tさん 「それでいい>まゆ
俺はたとえどれだけ劣勢であろうと響とジェイクを信じることにしたんだ、できる限りな

だからお前はPを信じてやれ」
我那覇響 「アイドルに何求めてるんだー!?>T」
喜多見柚 「少なくとも狼混じってるって見ていいのかなー
でも真狂だからってこの数で灰噛みはあるもんだと思ってるしー」
佐久間まゆ 「もう迷わない…迷いませんよぉ?>頭がT」
舞風 「ただ、呪殺と狩が合わさってたらまた難しくなりそうだね… 唯一死体2出る可能性が」
多田李衣菜 「正直
響さん切ってる
全潜伏はないと思うから」
キリト 「あー、それ普通にありそうか……?>杏

ただまぁ言えるのはさっきも言ったが我那覇ほぼ真狼目っつーか非狂人目
狂人だったら灰に○打つなり●とっとと打ちに行くと思う、死体に○は狂人じゃ意味ない」
我那覇響 「落ち着けまゆ!自分の愛を信じるんだっ!!」
P 「それ大体響狐だよね>舞風」
ラッキージェイク 「まぁ、グレラン継続なんだが
遺言残せないのがキツイな」
Tさん 「情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ>響
そしてなによりも


ユーモアが足りない」
我那覇響 「うーん、ここのウラナイは重要だなー・・・しっかり見つけないと」
白坂小梅 「両偽で占い狼混じりかつ杏さん狼じゃなければ、灰に2匹いるかな……
要は杏さん狼視る……?<柚さん」
佐久間まゆ 「一瞬でもPさんを疑うなんて…まゆはなんて愚かなことを…」
P 「基本真狂主張の信用勝負なんてものは成り立たないので噛む前提なんだろうってとこで。
まぁ銃殺出たら死ぬんだろうから噛み先対応しておこうってとこじゃないの?」
舞風 「ありす噛む理由も確かに微妙な所な気がするんだよね。
霊能も一人だけで、グレー行ったら狐の危険性もありそうな気がするし。まぁ占い片方狐の可能性もあるけどねー」
喜多見柚 「仏壇が汚れる。そこはイチゴアイス>芳乃チャン」
依田芳乃 「響さん真ならばきっと銃殺gjでしてー そこを噛む理由が思いつかないので―
そなた視点対抗は狼ですねー」
Tさん 「おやおや? どうしたのかな?>まゆ
まさかその程度で信頼が揺らぐの? Pがお前さんに●を出したわけじゃないだろうによ」
ラッキージェイク 「それは前後ですね」
島村卯月 「狩人探しっぽい噛みというほど露出しているお二人にそこまで信用差があったようには見えなかったですね
多分、単純にお二人の占い結果がほぼないに等しいので灰をとりあえず噛んだといった感じに見えますね」
キリト 「どうであれ占いなんかは後で見ればいい」
双葉杏 「どっちかって言うと、我那覇狼ーP真狂で、形的に噛めないから狩人を探そー

ついでにかみ合わせして村に銃殺GJを考えさせよー

って感じじゃないの」
我那覇響 「なにがさ!?<足りない>T」
佐久間まゆ 「あ、冷静に考えたらPさん視点だと灰噛みはありますね。
響ちゃんの中身はほぼ狼で固定になりますが」
我那覇響 「ぐ、グレラン継続な!了解っ」
喜多見柚 「どうせ初手から真いないんだとしても狼は1匹まだ灰にいるんだしぞっこーぞっこー」
Tさん 「足りない、やり直し>響」
我那覇響 「あ、やられてた」
白坂小梅 「うーん……狩人→占いって噛もうとしてるなら灰噛みもわからないでもないけど……<キリトさん」
冷泉麻子 「グレラン継続で……」
キリト 「とりあえずグレラン続行でいいだろ、これで我那覇真狼目ってのがわかった」
Tさん 「1人は杏を占い、もう一人は俺の橘を占う
どいつもこいつも……!

理由を拝見(冷静)」
多田李衣菜 「私と 杏と キリトさん *^◯^*)投票」
依田芳乃 「ありす殿が御臨終でしてー
イチゴパスタを仏壇にそなえましょー」
佐久間まゆ 「響ちゃん視点だとだいたい呪殺GJっぽいです…
これじゃPさんの偽目が…ち、違う、そんなはずが…」
P 「俺が死ななきゃどうでもいいです。灰が減ってくれるっていうのはそれだけで+。」
ラッキージェイク 「GJ呪殺あるのかまさか」
双葉杏 「全潜伏"濃厚"とかいって視点を隠そうとしてたっぽかったから>Tさん」
我那覇響 「・・・ゑ?」
舞風 「うーん 呪殺の狩り成功… または合わさったか… むー…」
喜多見柚 「一応死体○投げが一人ーの」
キリト 「Pからありす○出るな(確信)と思ってた時期があった
いや、ありす噛む意味とか絶対ないだろ……」
我那覇響 「同時?」
白坂小梅 「呪殺GJ……にしては響さんかぁ……」
Tさん 「オマエラーッ!>占い師共」
双葉杏 「○もらったらおはようからお休みまでさぼれる」
島村卯月 「響さん視点で銃殺GJがあるかどうかですね」
冷泉麻子 「……狩人探しっぽい噛み」
依田芳乃 「初手判断がついているのならば両偽だと思うのですが―
それで霊能を見る… ああ、霊能偽を考えたのですかー? まあ薄いと思いますが―」
我那覇響 「確認多め、発言少ない位置だったからすすっと・・・ね」
舞風 「ん、響さんは今度は噛み同時だねー」
ラッキージェイク 「ありす?
狩り狙いか」
Tさん 「えー? なんで?>杏
狐っぽいなら舞風の方じゃないにゃしぃ?」
佐久間まゆ 「Pさん視点灰噛みみたいです…(絶望)」
双葉杏 「んー?」
島村卯月 「灰噛みですか?」
P 「おはようからお休みまで働くんだよ!!」
キリト 「呪殺GJかなんかか?(ど直球)」
佐久間まゆ 「Pさん! 早くありすちゃん○の結果を!」
多田李衣菜 「ありす噛みか????」
我那覇響 「自分が占いCO!ありす○!」
喜多見柚 「おはよー
組織票だったらウケるなーってとこかなー」
Tさん 「当ててやろうか? 今日、占われるのはお前だ>舞風
2人から白だといいな(舞風視点では)」
舞風 「おはよーっ」
白坂小梅 「血がね、パーッて飛び散るの……。」
P 「占いCO 双葉杏○」
ラッキージェイク 「前後してください貴方。庶子!>T」
双葉杏 「なんらかの人外だとおもうけどねー>顔文字」
島村卯月 「プロデューサーさん! 1人前の霊能者になりたいです!
(*^◯^*) ○」
佐久間まゆ 「P 0 票 投票先 → 喜多見柚
これはまゆのことを信じてくれてるんですね?
うふふ、だったらもっと頑張らなくっちゃ……」
キリト 「おはよーさん、っと
どこもどこっつーのかなぁ、なんとも言えない(KONAMI)」
朝日が昇り、3 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
(*^◯^*)さんの遺言
   l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
   |l  \::      | |             |、:..  |[], _ .|:[ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |         .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   (*^◯^*)     ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    そうだ
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   これは夢なんだ
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    ぼくは今、夢を見ているんだ
   |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   目が覚めたとき、
   |l    | :|    | |             |l::::   横浜は1点リード
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   そのリードを佐々木が守り切って
   |l \\[]:|    | |              |l::::   横浜にもこんな選手がいたんだって全国に発信されるんだ
橘ありす は無残な姿で発見されました
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
我那覇響 「怖い事言ってるぞ…」
ラッキージェイク 「そこは狩り次第なんだよな」
我那覇響 「えぇと・・・?」
ラッキージェイク 「まぁ、P噛みも有りと俺は見るが」
多田李衣菜 「P噛んで まゆを追い込もう(ゲス」
ラッキージェイク 「ちなみに前後ないし上下=ファッ○
何故かは字を見て動きを連想すれば解る」
我那覇響 「うーん・・・今のうちにP噛むのも手っちゃ手だぞ?」
多田李衣菜 「灰で噛むなら 杏とか 柚 あたり?」
ラッキージェイク 「割りと、霊噛み行くと狩りが読むなら初日に限るなら噛める」
多田李衣菜 「狩位置とこかなぁ」
我那覇響 「どうしよう、うん。」
多田李衣菜 「さて これで霊能結果で ◯ださせるか」
日が落ち、暗く静かな夜がやってきました
(*^◯^*) は投票の結果処刑されました
2 日目 (1 回目)
多田李衣菜1 票投票先 →(*^◯^*)
白坂小梅1 票投票先 →舞風
ラッキージェイク1 票投票先 →Tさん
依田芳乃0 票投票先 →(*^◯^*)
喜多見柚1 票投票先 →ラッキージェイク
双葉杏1 票投票先 →(*^◯^*)
冷泉麻子0 票投票先 →多田李衣菜
舞風2 票投票先 →白坂小梅
P0 票投票先 →喜多見柚
(*^◯^*)5 票投票先 →橘ありす
島村卯月0 票投票先 →(*^◯^*)
橘ありす1 票投票先 →舞風
Tさん2 票投票先 →双葉杏
我那覇響0 票投票先 →キリト
キリト1 票投票先 →(*^◯^*)
佐久間まゆ0 票投票先 →Tさん
「◆謎の怪火GM 幽霊に投票延長はあんまり期待しちゃだめぴにゃ
早めの投票するぴにゃよー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
Tさん 「できるできないじゃない、やるんだよ!>ジェイクリーナス」
キリト 「囲いはない、というわけではない>白坂
さっきも書いたが最初で判別ついてる可能性は普通にあるからそれでも囲いにはなる
まぁ色々考えてやってけばどうにかなるだろ」
白坂小梅 「占い真狂で信頼勝負って……成り立たないよね……」
双葉杏 「ん?
Pの背中にまゆの手形がついてるよ
真っ赤な血の色で」
P 「基本的に●優先っていう心づもりで行こうと思う。
単純に狼の残数減らしたほうが狼の選択肢を減らせるっていうのもある。」
我那覇響 「それは単なるおもいこみでしかないぞ!現実見るんだっ>まゆ」
佐久間まゆ 「Pさんを傷つけるなんてそんなわけないじゃないですかぁ(ねっとり)」
Tさん 「おい、ジェイク。ジェイクリーナスのモノマネはどうした?」
ラッキージェイク 「RP一旦ブン投げるが
真狂の形はほぼ無いので
狂狼ないし真狼
響噛まれるのはどちらのパターンでもほぼない
辛うじて真狂なら噛まれるかもだが
護衛まずPに行くだろうからなぁ」
佐久間まゆ 「(これで翌日呪殺等に対応できず破綻したらどうしようという顔)」
Tさん 「ここに1人、頼れるプロデューサーがいるさ
だから今日はみんなの実力を見せてほしい」
(*^◯^*) 「勝たなきゃ・・・駄目なんだ・・・!
アイドルの仕事だってオーディションで勝たないと普通は回ってこない・・・よね?>卯月さん」
舞風 「何か村が赤い!赤いよ!」
キリト 「それもそうだしこれ最悪初手で両偽狼視点で判別ついてる可能性が出る奴だからな>柚」
我那覇響 「大丈夫だぞプロデューサー!まゆはプロデューサーに直接危害は加えない!




はず」
双葉杏 「問題は狂人が身代わりになって噛まれてくれるってことじゃなくて
狼が騙らないで全潜伏って言うのがあんまりないって感じで狩人から見放されて、その上我那覇が噛まれたらその後最低真狂だからーと騙りが残されがちになるってことなんだけどね>T」
多田李衣菜 「一応普通文字COもないこと指先確認」
白坂小梅 「そうはいっても……灰に白が出てても暫定白ってだけだし……
囲いが無いって言えるだけだけど……<キリトさん」
喜多見柚 「で、昼ドラなっちゃってんだけどさー
ツッコミとかアタシらが勝手に入れていい状況なのこれっって?」
舞風 「全潜伏もあり得ない訳じゃ無いし、どれにしても狐か狂人のどっちかは出て無いっぽいしね。」
Tさん 「ははは、こいつぅ。このあわてんぼさんめー>舞風」
キリト 「真狂だったら我那覇噛まれるんじゃねって感じがふつふつどころかすっごいする」
佐久間まゆ 「Pさんが別陣営なわけがないから仕方ないんです、響ちゃん…」
橘ありす 「そこら辺考えるの後でいいよね>小梅
どうせ答えでませんから」
(*^◯^*) 「薄い本が厚くなるってネガケロくんがもだえてだんだ!>Tさん」
我那覇響 「身代わりになってプロデュースして訓ないのもやだし・・・ぐぬぬ・・・」
P 「まておちつけまゆ終わったあとにゆっくり話そう。今はそれどころではない!!」
Tさん 「頭のこれ? 制服」
多田李衣菜 「そういえば 縦に シンデレラプロジェクト並んでる」
島村卯月 「ダメ・・・なんですか?>(*^◯^*)さん」
喜多見柚 「キリトクンがやけに霊能重視してるのは、って思ったけど2-1だと存外霊能重要だからで納得してみる」
Tさん 「舞風、舞風
しまむーをよーく見るんだ」
白坂小梅 「単純に……占い真狂で全潜伏……無いわけじゃないけど……」
佐久間まゆ 「もしかしてアピールが足りないのかな…」
舞風 「それじゃ普通にグレランだね。オッケー」
我那覇響 「自分がホンモノだから!」
Tさん 「いいじゃん、狂人ならお前さんの身代わりになって噛まれてくれるさ>響
前向きに考えようぜ?

Pに寝こみを襲われるのと、Pが身代わりになって退場する
どっちがいい?」
(*^◯^*) 「頑張ります!だけじゃだめなんだ!>卯月」
我那覇響 「まゆ、そのりくつはおかしい」
キリト 「その情報はあるけど灰が狭まってねぇ
杏も言ってるが我那覇視点全潜伏ってのは確かに情報だが>白坂」
多田李衣菜 「>舞風
霊能出てるよ」
島村卯月 「出てますよー?>舞風さん
何を隠そう私です(えっへん」
我那覇響 「じゃあなんでその頭なんだよ!日本人なんだろ?!>T」
ラッキージェイク 「共有と霊確認
灰乱数の時間ですね」
橘ありす 「まあそういうことです>響」
双葉杏 「朝から晩までまくらと目覚ましのモニターの仕事なら良いよ>P」
佐久間まゆ 「Pさんがまゆを見てくれない…」
舞風 「って霊能出てたーごめんごめん」
(*^◯^*) 「初手で対抗占いしてる子に村の命運は託せないんだ!>響」
P 「因みに拒否権はないよ?馬車馬のように働くといい。」
白坂小梅 「スプラッタに……なりたいな。」
多田李衣菜 「よし CO状況把握。
響視点 Pは狂だね」
Tさん 「英語で言うとウィーアージャパン人
だから些細な事にこだわるな、オーケー?>響」
舞風 「霊能出ないでグレランってちょっと怖い気がするけどまぁ大丈夫かな?」
我那覇響 「って良く見たらP狂人だったー!?うぎゃあああああああ!!」
双葉杏 「PとT間違って占ってましたーとか言うのかと思った」
橘ありす 「響→P→卯月
占ー占ー霊」
P 「杏くん、明日から仕事朝から晩まで入れてもいい?>杏」
キリト 「お前が噛まれるのも困るんだよなぁ……>卯月」
(*^◯^*) 「共有で霊能もでたからグレランの時間なんだ!」
佐久間まゆ 「響ちゃんが真なPさんが偽になっちゃうので響さんは偽、間違いないですね(漆黒の意思)」
ラッキージェイク 「(ヘッドショット殺)>T」
喜多見柚 「やっぱり当てずっぽは良くないねちゃんと考えなきゃ。うん。」
双葉杏 「ああ
◇Tさん 「おっす オラ、プロデューサー」
これに対してね」
白坂小梅 「ゼロじゃないよ……?見えてるよ……?響さん視点でPさんが狂人……<キリトさん」
Tさん 「アルファベットが何だ! 俺たちは日本人だろうが!>響」
我那覇響 「共有確認したぞ!自分に任せて、おーぶねに乗った気持ちでいて言いと思うぞっ(ドヤァ)」
橘ありす 「んじゃまあ、適当に視点確定してって形で
頑張ってください
いちごぱすた上げますから」
依田芳乃 「相方はあってますゆえー
狩人殿は頑張ってくださいー(丸投げ)」
島村卯月 「どちらかが噛まれたらやっかいですね、ううう怖いです>キリトさん」
双葉杏 「ん?」
ラッキージェイク 「響=サンが明日死体かどうか」
P 「割りと結果がないのと対抗が俺に○打ってるっていうのを加味した場合微有利ってとこかなぁ。」
Tさん 「響はそのままお仕事を頑張りなさい
橘は灰のままのようだが、まぁお前なら大丈夫だ
ジェイクはジェイクリーナスっぽい決めゼリフを連呼する、OK?」
キリト 「存在認識しないとかPに対するイジメかなんかか?>杏」
冷泉麻子 「それじゃあグレラン
わたしは寝る……」
舞風 「えっと、〇出た所が占いで出る…
つまり響さんはPさんを狂人主張だねー」
(*^◯^*) 「響くん視点全潜伏濃厚なんだ!」
双葉杏 「我那覇視点で全潜伏だってさ」
我那覇響 「アルファベット違うー!?>T」
喜多見柚 「役に立たなーい!」
島村卯月 「あわわわ、Pさんの○になっちゃいました・・・しょんぼりです」
依田芳乃 「わたくしが共有者でしてー」
キリト 「まったく結果が残ってねぇなこの占い!!」
冷泉麻子 「共有CO
相方は依田さん」
我那覇響 「Pは信じたいじゃない?ほら、自分アイドルだしさ・・・」
双葉杏 「Pいたっけ?っておもったらいた」
橘ありす 「それじゃあ他もどうぞ(ズズズズズ」
佐久間まゆ 「Pさん…まゆのこと、信じてくれますよね?」
依田芳乃 「この人は狼ではありませぬー」
喜多見柚 「よし、早速メモ帳に」
P 「誤魔化さないでよ!!(裏声)」
Tさん 「おっす オラ、プロデューサー」
(*^◯^*) 「役職の人はお仕事お願いするんだ!」
島村卯月 「島村卯月、霊能者です。私、精一杯頑張りますから」
白坂小梅 「スプラッタに……なりたいな。」
ラッキージェイク 「それでは来て外の時間ですね」
P 「占いCO 島村卯月○」
双葉杏 「おはよー」
依田芳乃 「GM殿は遅れましたが村立ありがとうございましてー
おはようございますみなさまー」
冷泉麻子 「そういえば隣が海軍だった……(今更)
まあ、わたしも陸軍ってわけではないし……」
喜多見柚 「↑この人と↓この人が狼だったら面白いなー、なんてね」
舞風 「おはようございますーっ!」
我那覇響 「カンペキな自分が占いCO!Pは○!」
島村卯月 「今日も1日がんばります!」
橘ありす 「おはようございます。
いちごはなにに混ぜてもおいしくなる万能食です。」
佐久間まゆ 「頭がTとか人間じゃないです」
多田李衣菜 「おはよう、この村に プロジェクト・クローネがひとりいる!」
(*^◯^*) 「おはようなんだ!」
キリト 「おはよーさん、っと
ふと思ったが人狼で双剣スキルとか意味ないんだよなぁ」
朝日が昇り、2 日目の朝がやってきました
夜が明けると前の日に亡くなった方の遺言書が見つかりました
謎の怪火GMさんの遺言 ぴにゃの可愛さの余り初手呪殺を見逃すかもしれないので
AA遺言はしないやさしみ
謎の怪火GM は無残な姿で発見されました
「◆謎の怪火GM >該当者
生きてる間なら食べれたのに残念ぴにゃー」
あと3分で投票完了されない方はスキマ送りされてしまいます
我那覇響 「1:30くらいに噛むぞ!」
ラッキージェイク 「(トンチキ変換される翻訳機を使ってるという設定)>響」
我那覇響 「ん、じゃあ騙るぞー」
我那覇響 「スライド?」
多田李衣菜 「>響
任せる。
なら自分は狩人日記書く」
ラッキージェイク 「ここ最近の傾向見るに狐に期待はできないしな
まぁ占いスライド路線で潜るならそれも良しだが」
多田李衣菜 「あと、噛み先は 考えてて夜教えてくれると助かる」
我那覇響 「あ、それなら自分がやる?騙り。」
我那覇響 「仏陀前後?」
多田李衣菜 「じゃあ 騙るけどあまり期待しないでね」
「◆謎の怪火GM 噛みは超過後130~200を目安に
占いと狩人は超過前に投票を済ませてね

それじゃあがんばれぴにゃ
なにかあれば>GMで返答するかもしれないし しないかもしれない」
我那覇響 「うわー!なんかあのマスコット黒いぞ!黒井社長レベルにまっくろだ!」
ラッキージェイク 「それはブッダ前後ですね>響」
多田李衣菜 「誰も出ないなら りーなが騙る ただ 呪殺対応無理なレベルです」
我那覇響 「自分はウソつくのがものっそいニガテだから任せるぞっ!」
ラッキージェイク 「俺はよしておこう」
「◆謎の怪火GM 来場感謝ぴにゃ
どうせ君たちのうち大多数は死んじゃうけどみんながんばってねぴにゃ★
死んでも生きられるぴにゃ

GMは有栖酸◇ARSSNPh142だよ」
ラッキージェイク 「ヤギ前後」
我那覇響 「うぎゃー!ひさしぶりに現れたらこれだー!」
多田李衣菜 「よろしく 誰か騙る?」
出現役職:村人7 占い師1 霊能者1 狩人1 共有者2 人狼3 狂人1 妖狐1
ゲーム開始:2016/01/14 (Thu) 22:38:12
ラッキージェイク 「ぴにゃこら太が食品
それは前後ですね>P」
多田李衣菜 「ロックンロール 開始!」
佐久間まゆ 「知らない人ですね…>T」
多田李衣菜 「1」
多田李衣菜 「1」
謎の怪火GM 「>りーなチャン
宜しく頼むぴにゃ」
多田李衣菜 「2」
多田李衣菜 「3」
冷泉麻子 「陽炎って意外と胸あるよね……」
キリト 「よろしく」
多田李衣菜 「じゃあ カウント」
ラッキージェイク 「別に宣伝じゃないが
明日の交流探偵も探偵村になるぐらい埋まるといいな」
Tさん 「ん? 呼んだ?>まゆ」
謎の怪火GM 「>P
パン好きの子に喰われて死んだ過去があるぴにゃ」
Tさん 「ママandパパは ラーブラブッ(ママandパパは ラーブラブッ)」
佐久間まゆ 「うふふふ、探したんですよぉ?>Pさん」
橘ありす 「お茶が美味しいですね」
舞風 「(陽炎抜錨派って言えなさそう)」
謎の怪火GM 「ぴにゃの可愛さが戦士達を召喚してしまったぴにゃ…」
ラッキージェイク 「な、埋まったろ
俺はラッキーなんだ」
P 「おお、まゆじゃないか。」
P 「因みにぴにゃこら太が食品カテゴリってどうなのって。」
多田李衣菜 「みんな用意できたら開始するね」
佐久間まゆ 「Pさん
見つけた」
謎の怪火GM 「満員御礼」
喜多見柚 「実はあのへんてこ頭の2人は宇宙人にキャトラれて魔改造されたのだ!
な、なんだってー!」
冷泉麻子 「舞風の活躍が見たい人は鶴翼の絆をよろしく……(ステマ)」
依田芳乃 「あとはAさんが来れば完成でしてー」
謎の怪火GM 「墓標みたいな頭で惹かれるぴにゃ >T」
白坂小梅 「えっ……?>Tさん」
佐久間まゆ が入場しました
ラッキージェイク 「パクリ?春香=チャンのパクりナンデ?>卯月=チャン」
我那覇響 「はいさい!よろしく頼むぞ!」
キリト が入場しました
Tさん 「舞風はダンスやってるからな……」
多田李衣菜 「舞風 黒いでしょ(脳内設定」
我那覇響 が入場しました
舞風 「T…P……
トライアド……」
Tさん 「コラッ! そんな下品なことを言うんじゃありません!>小梅」
P 「大人オパンティーではないのか・・・>舞風は白」
橘ありす 「TP>小梅」
喜多見柚 「この際だからAさんも…って2人いるかー」
Tさん 「制服>しまむー」
白坂小梅 「PT…?」
Tさん 「今日も白いなー、舞風は」
P 「聞きたいか?>卯月」
舞風 「うわっ、提督に下付けられた!」
島村卯月 「ところでPさんとTさんの頭ってなんでイニシャルなんですか?」
多田李衣菜 「>GM 了解」
ラッキージェイク 「俺は少し待ってもいい
俺はラッキーだからな」
依田芳乃 「そなたが二人―? いえいえ一人は提督さんのようでしてー」
謎の怪火GM 「35分まで延長してみよう
その時点でいる人数で」
白坂小梅 「あの子共々……よろしくね……」
橘ありす 「(ズズズズズ」
Tさん 「↑

ちらり」
冷泉麻子 「私は寝てるよ……」
島村卯月 「GMさんにお任せしちゃいます」
Tさん 「この位置を待ってたんだ!」
多田李衣菜 「14なら初めてもいいのかな」
Tさん が入場しました
島村卯月 「プロデューサーさんドームですよドーム」
謎の怪火GM 「やんややんや(歓迎)」
ラッキージェイク 「危険だな>袖
逃げろー、トンチキ時空に巻き込まれて危険だ!(byヘッズ)」
多田李衣菜 「延長希望で」
橘ありす 「よろしくお願いします。」
島村卯月 「皆さんよろしくお願いします」
白坂小梅 「李衣菜さんやみんなにお任せ…」
喜多見柚 「だらだら待ってても埒が明かないしさくっと始めようか」
謎の怪火GM 「らっしゃり」
橘ありす が入場しました
島村卯月 が入場しました
謎の怪火GM 「延長希望者が多ければ延長するぴにゃけどどうする?
すぐ始めたい人がいれば遠慮なく言って」
(*^◯^*) 「よろしくおねがいしますなんだ!」
(*^◯^*) が入場しました
P 「遅くなったな。よろしく頼む」
多田李衣菜 「>GM
どうする? 延長するのは構わないよ だりー」
謎の怪火GM 「らっしゃりらっしゃり」
双葉杏 「どーせなら11人ほしいなー」
冷泉麻子 「……振り返るとみんなは遠く?」
舞風 「よろしくー」
P が入場しました
喜多見柚 「要約するととにかく危ない犯罪者さん?>ラッキージェイク=サン」
謎の怪火GM 「いらっしゃいぴにゃー」
依田芳乃 「ぶおー」
謎の怪火GM 「んー、今日は待っても厳しそうぴにゃ」
舞風 が入場しました
ラッキージェイク 「前後してください!>GMを基本に忠実にヘッドショット殺だ!」
かり 「かり さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:かり → 依田芳乃
アイコン:No. 5 (赤) → No. 1382 (依田芳乃01)」
ラッキージェイク 「ラッキージェイクとは

ネオサイタマで緊急事態が発生した。ブッダを逮捕したと主張する男がコケシモールに立てこもり、日本政府に対して3億円の身代金とオキナワ高飛び用のジャンボジェット機を要求したのだ。

という話に登場する不法滞在重サイバネアウトロー外人である」
喜多見柚 「イーツモヒトリーデーアールイテター」
冷泉麻子 「三角コーナーならすぐに壊れてまた来世に転生できる……」
謎の怪火GM 「らぶりーなマスコットの腹を棒で捌いたりしたら来世はそうなるらしいぴにゃ。ソースはネット」
白坂小梅 「いっぱい遊んで……成仏させる……?<柚さん」
喜多見柚 「むしろ三角コーナーって前世で何をしたのか知りたい」
ラッキージェイク 「それはブッダですね。寝てるだけに>冷泉」
謎の怪火GM 「来世が三角コーナーになる呪いを掛けてやるぴにゃ…」
喜多見柚 「さすがに血まみれの人形と遊ぶだなんて不気味だって>小梅チャン」
白坂小梅 「いっぱい……遊んであげてね……<柚さん」
冷泉麻子 「朝起きなくて済むなら永眠もいいかもしれない……」
謎の怪火GM 「おやすみ…(永眠)」
多田李衣菜 「2昼になっても ぴにゃが生きてたら怖くない?」
冷泉麻子 「おやすみ……」
冷泉麻子 が入場しました
謎の怪火GM 「いらっしゃり(血どばどば)」
喜多見柚 「誰だぴにゃをこんな目に遭わせたのは!」
双葉杏 「おやすみー」
双葉杏 が入場しました
謎の怪火GM 「ピギャーッ」
喜多見柚 「ぴにゃが死んでる!(ザクッ」
多田李衣菜 「(このぴにゃの中身 ありす?」
白坂小梅 「あ……伝説の編み棒の……」
謎の怪火GM 「いらっしゃい。イチゴパスタしかないけどいいぴにゃ?」
喜多見柚 が入場しました
多田李衣菜 「>闇ぴにゃGM
ありがとう。 みんなの個人垢とかスレで確認するね!」
白坂小梅 「えへへ……?」
ラッキージェイク 「リビングだけに。前後 イェー!>小梅」
謎の怪火GM 「>りーなチャン
無いぴにゃ。一応ツイッターでも個人垢から発信してるけど
今は修復待ち」
ラッキージェイク 「基本に忠実にヘッドショット殺だ!>GM」
白坂小梅 「リビングだけに……?」
ラッキージェイク 「これが本当の
リビング オバケだな>白梅」
多田李衣菜 「ここのTwitter告知botが 垢凍結されたって知ったんだけど
新しい告知botアカウントってある?」
白坂小梅 「スプラッターショーの始まり…。ミゼラブル・マーダーケース…」
謎の怪火GM 「だから殺人鬼召喚して襲ってくるのは勘弁して下さい
ぴにゃぴにゃ。ぴにゃは悪いぴにゃじゃないぴにゃ」
白坂小梅 「ま、まだ生きてる、よ……?」
ラッキージェイク 「HAHAHA!」
謎の怪火GM 「闇系の仕事から戻ったぴにゃ~
この世はまた一歩闇に近付いたぴにゃ」
ラッキージェイク 「シーノーイーヴィル」
かり 「こんばんはー」
かり が入場しました
ラッキージェイク 「ジャパニーズ オバケ?>小梅」
白坂小梅 「うーらーめーしーやー……」
ラッキージェイク 「ドーモ」
ラッキージェイク が入場しました
白坂小梅 「よ、よろしくお願いします……悪夢に、招待するよ……<李衣菜さん」
多田李衣菜 「>小梅
よろしく、 一緒にオオカミたちに勝とうね!」
白坂小梅 「お化け……えへへ……」
多田李衣菜 「ぴにゃこら太は闇のマスコットだったか (知ってた」
白坂小梅 「が、がんばり…ます」
白坂小梅 が入場しました
多田李衣菜 「よろしくね!」
kari-na 「kari-na さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:kari-na → 多田李衣菜
アイコン:No. 7 (青) → No. 1534 (多田李衣菜02(ロッキングガール))」
kari-na が入場しました
謎の怪火GM 「GMは闇系の仕事があるのでちょっと離席ぴにゃー」
謎の怪火GM 「2230開始予定 入村どうぞ ぴにゃ」
謎の怪火GM 「【四条劇場からのお願い】

1.戦犯とか軽々しく口に出してはいけません。

自分の立ち回りがうまくいかなかったのは残念な事です。
でもそれで自分戦犯とか言い出すのはいかがなものでしょうか。余計につらくなるだけですよ?
あ、人を戦犯とか言うのはもっとNGです。
開始後だからとて人を呪わば穴二つ。出来るかぎり他参加者を尊重してさわやかに終わりましょうね

2.まったり仲良くいきましょう。

勝利を求めるのも一つの楽しみ方ではあります。
でもそれだけだと疲れませんか?
時にRP、時にしっかり。メリハリは大事ですけどガツガツしすぎずほどほどにゆるく、まったりと。
みんな仲良く終了後も和気藹々。それがプロデューサーの目指す理想の公演です。
できれば、協力してくれると嬉しいです。

3.他の参加者を尊重しましょう。

相手も人。その言葉は『自分のやり方』を意識しているとついつい忘れてしまいがちなポイントです。
いや、わかっていても「その考えをしている人はおかしい」
とか思ってしまう時だってあります
でも、そこは結構大事なのです。
やりすぎなければ殴りあうもいいでしょう。論戦もいいでしょう。
でも、勝敗が関係無くなった時・・・
例えば、霊界や終了後に於いて
「言い過ぎたかも」「ごめんね」などの少しのフォローで構いません。
「これが正しいから私は悪くない」ではなく、相手が傷ついているもしくは気にしているようならフォローも忘れずにしましょう
ちょっとした気遣いが、場の空気をよくしてくれます。」
謎の怪火GM 「※13人共有恋人ルール
 
 13人村のときだけの特殊ルールで
 共有の2人を恋人陣営として扱います
 
 すなわち
  1.村陣営
  2.狼陣営
  3.恋人陣営
 の3つの勢力の戦いになります
 
・各陣営の勝利条件
  1.村陣営 :『通常の勝利条件』&『共有の片方(もしくは両方)を死亡させること』
  2.狼陣営 :『通常の勝利条件』&『共有の片方(もしくは両方)を死亡させること』
  3.恋人陣営:『共有2人とも生存して村終了』
     共有の相方が死んでも後追いはありません。負け確定のまま生き続けましょう。 

・初日犠牲者が共有だった場合
  恋人陣営は不在です
  共有は村人陣営扱いとなり、CO禁止です
  この場合、他のプレイヤーは恋人陣営不在を知らないまま戦うことになります」
謎の怪火GM 「■禁止事項■

・PP回避目的を除く村人騙り
・システムメッセージのコピペ使用
・AAを用いた占いCOまたは霊能CO(占い理由は可)
・占い理由と占い結果の同時貼り付け(騙りによる銃殺対応などに差がですぎるため)
・超過前の噛み実行(※超過前噛みは、原則的に全視点で詰んだor狼側の勝ちが確定したor狼側から投了宣言があった場合のみ許可とします)
・かけもちプレイ
・突然死(可能な限りGM付きの場合は回避させるよう努力しますが万が一回線トラブルなどで突然死した場合は必ず謝罪を)
・他者に対する「戦犯」等の発言
・事件前日を含め、昼の会話で初心者であることを明かす行為(騙り初心者COも禁止です。冗談でもやめましょう)
※アイマス村への初参加COはOKです。但し人狼経験の有無は昼間に言わないこと。

昼AAの使用は自由ですが、過度の大型AAの使用は控えていただけると幸いです
またシステムメタに繋がるので、占いや狩人といった村役職の投票は超過時間前にお願いします」
謎の怪火GM 「 【四条鯖の特徴】
1--狩人の「護衛成功」と人狼の「狐噛み」判定は出ません

2--夜の共有の「ヒソヒソ」発言(アオォーンの共有ver)は表示されません

3--遺言は前日にしか書けません。温めているネタは今のうちに解放しましょう

4--超過時間でも喋れるけど、狼は独り言になるので相談はできません(共有は喋れます)

5--占い結果と霊能結果は、朝に出ます。呪殺と噛みが同時の場合、狐は生存します」
謎の怪火GM 「■はじめに■
ここはアイドルマスターの好きな人を中心に開催されている人狼サーバーです。
アイマスキャラが多いですが、アイマスキャラ縛りではないので気にせずに参加してください。
楽しく自由に人狼しましょうね。


■注意事項■

・COはわかりやすく。基本的には独自の形でいいのですが、他の参加者の事を考えて。
・リスキーな戦略を実行した場合は、その後リスクの影響を受けた人との関係に気を配りましょう。
・霊界・終了後の議論は穏やかに。特に相手の人格などを否定するなかれ。


■初心者の方へ■
人狼・共有になった場合は夜の間に素直に仲間へ自分は初心者だと打ち明けて
どのように動けばいいのか指示を仰ぎましょう。
全員初心者だった場合?開き直りましょう(ぉ
また、その他の役職やわからない人狼用語がある場合は
http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
で調べるか、過去ログで確認してから参加推奨です。

■経験者の方へ■
この村は人狼をネタにしたアイマス動画をより楽しむために、人狼を知らない人も一度やってみようという経緯でスタートしており、
初心者やプレイ回数の浅い人、ブランクのある人、わかめて鯖以外でしか経験の無い方が多数参加しています。
そのため、細かなミスや用語の誤解、セオリー通りではない言動、タイプが遅く返答や反論が遅いという事がございます。
経験者の方は、その点ご了承していただいた上、間違いを指摘する場合や取るべき戦術を主張される場合は、
何故そうなるかという説明も含めて、あまり強い語調を用いないようお願いいたします。

■マナー(ルールではありません)■

あまり不快感を誘発するような言動は控えましょう。ゲームの楽しみやゲーム性そのものを損ないます。戦犯CO駄目絶対。
本人以外によるニコマスP名での参加もできるだけ控えましょう。
結果から他プレイヤーを責めたりするのも好ましくありません。どちらの結果も人狼なのです。
画面の向こうには他人がいます、熱くなることもありますが最終的に仲良くプレイ出来るといいですね。


★回線等の事情により、投票ボタンを押しただけでは投票がなされていない場合があります。
必ず、「○○さんに投票しました」という表示を確認するようにしてください。
特に、週末等、回線が重い時は気をつけて、締め切り1分前ぐらいには投票を入力するようにしましょう。

名前の変え方:行動内容から名前変更を選んで、発言内容欄に名前を入力して行動
アイコンの変え方:行動内容から追加アイコンの変更を選んで、発言内容欄に番号を入力して行動


■再ログイン方法■
ページを閉じてしまった場合は、以下の方法で再ログイン出来ます。
ログイン→自分が参加している村を選択して「ログイン」をクリック。
→自分の名前を選択→パスワードを入力→「村に行く」をクリック。」
GM 「GM さんが登録情報を変更しました。
村人の名前:GM → 謎の怪火GM
アイコン:No. 0 (身代わり君用) → No. 2337 (ぴにゃこら太(謎の怪火))」
村作成:2016/01/14 (Thu) 22:00:44